告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

夫の先輩社員を社宅に招き入れて激しくセックスしちゃったドキドキの体験談

読了までの目安時間:約 17分

夫の先輩社員を社宅に招き入れて激しくセックスしちゃったドキドキの体験談【イメージ画像1】

 
んにちは。
私もおなじ社宅の人とときどきエッチなことしてます。
昨日、ついにさいごまでしちゃいました。
 
ごいどきどきしますね。
私の場合は主人の先輩がお相手なので余計に興奮しちゃって。
その人、主人と同じ部署だから主人の仕事の時間とかも知ってるから主人が遅い日なんかは、仕事の後うちによって行くんです。
 
夫の先輩社員を社宅に招き入れて激しくセックスしちゃったドキドキの体験談【イメージ画像2】

 
れで、3階上の自宅に帰っていくんですよね。
顔もすごく好みだし、いけないと分かってるけどやめられないです・・・出会いは私の結婚式でした。
12年前です。

人の仕事仲間として出席してました。
彼は主人の先輩で、一緒に仕事してた人です。
今は部署は一緒だけど仕事は別みたい・・・。

輩と言っても、彼と主人は2つしか歳が離れていなく、ほとんど友達みたいな関係です。
独身のころからしょっちゅう飲みに行ってたみたいだし。
結婚して社宅に入りました。

の人が4階に住んでるって主人には聞いてました。
うちは1階です。
社宅に入って1年くらい経ったころ、ゴミを出しにいった時にたまたま会いました。

ミを捨てて家に入ろうとしたときに「りんちゃん?」って声をかけられて振り返ると彼でした。
彼はその日、休日出勤の代休だったらしくて。
ちょっと立ち話をして、奥さんも働いてることが分かりました。

の日うちの主人はもちろん仕事に行ってました。
立ち話をして家に入った後、たまたま主人から電話があったので、「吉田さん(彼のこと)に会ったよ。今日休みなんだって」と言うと主人は「おぉそうかー。
昼ごはんでも食べにいけば?」といわれました。

は結婚して地元を離れたので友達もいなく、そのころ引きこもりがちだったので主人は気を使ったのだと思うのですけど、主人の先輩と昼ごはんなんてあり得ないと思ったので「そうだねぇ」と適当に流しました。
でも、昼過ぎくらいに携帯に知らない番号から電話がかかってきて、出たら彼。
どうやら主人が、彼に私の携帯番号教えたらしくて。

に「御飯でも食べにいこうか」と誘われて、近所のカフェに御飯を食べに行きました。
その日は色々話して、ちょっと仲良くなった程度です。
でもその日以来、彼は休日出勤の代休が多いことを知りました。

にしろ2週間に1回くらいのペースで昼に電話があるんです。
さすがにそれを3ヶ月も続けたころ、彼が「あんまり誘うと××(主人)に悪いね。」と。

はちょっと残念に思ったんですが、もう誘われないかなーと思ってました。
でも電話はいつもどおりのペースでかかってくるんです。
その頃から主人には話さなくなってました。

んなことが半年ほど続きました。
半年前くらいから、食事をしたあと、彼を家に上げるようになってしまいました。
いつも彼のおごりだったので、私たち夫婦が彼夫婦を自宅に夕食に招いてお礼はしてたんです。

けど、秘密にし始めたころからお礼もしなくなっていたので(主人も彼の奥さんもしらないし)お礼のつもりで、食事のあとにお茶を出してました。
彼といたいのもあったし。
ある日、いつもみたいにコーヒーを出しました。

の前の日にソファを買ってたんです。
彼はそれを見て「ソファかったの?」と。
「座ってみます?」ということになって、ソファに移動したんです。

人で並んでコーヒーを飲みながら話していたら、話が途切れたとき、彼にじっと見つめられました。
彼の綺麗な顔をみてたら吸い込まれそうになって、こっちもじっとみつめたら、手を握られて・・・多分すごく汗ばんでたと思う・・・キスされました。
最初は軽く舌を入れる程度だったのに、だんだん大胆になって・・・とろけそうでした。

ごくキスが上手でした。
彼は「唇がすごく柔らかいね」って。
嬉しくて顔から火が出そうでした。

ばらくキスをしたあと「ごめん・・・ずっと気になってたんだよね。りんちゃんのこと。すごく好みで、かわいいなあってずっと思ってた。だけど、もうこれで忘れるから。本当にごめん」ってあやまられてしまいました。

も気になってました」って言うのが精一杯だった。
もう会えないだろうなぁと思ってたんですけど・・・その次の日、主人から「今日も遅いから先食べてて」と夕食の時間の頃にいつものように電話がかかってきた後、一人で御飯を食べていたらチャイムがなりました。
インターホンで出ると、「池田です」と、彼が尋ねてきたんです。

はスーツ姿でした。
「今から帰ろうと思ったんだけど」って笑いながら立ってました。
私は何も考えずに「どうぞ」って彼を中に入れてました。

にコーヒーを出して、私は御飯の続きを食べました。
彼は御飯は家に帰って食べるといいました。
「今日は××、夜中になるとおもうよ」彼がいいました。

近あいつ、すごい忙しいプロジェクトに入っちゃったからね。さみしくない?」
と聞かれ「ちょっとさみしいけど、一人も平気なほうなので」
と言うと「そうか」と彼。
その日はまたキスをしました。

は2時間くらいで自宅に帰りました。
そんなことが続いて、昨日・・・。
いつもみたいに主人から遅くなると電話がかかってきました。

このところは彼も忙しいみたいで、1ヶ月ほどうちには来てなかったんですけど昨日久しぶりにうちに来ました。
コーヒーをだして、ソファに座っていると、彼がキスをしてきました。
昨日の前に会ったときに、寸前まで行ってたので、昨日はもしかしたらと思っていました。

は前にしたみたいに、首筋にキスをしてきて、服の上からおっぱいを揉んで着ました。
「いいにおいがするね」
とか「細いね」とかいっぱい言ってくれて・・・だんだんいい気持ちになって・・・キャミソールをたくしあげられて、背中に手をまわされて、ホックをはずされそうになって、「いや」
と言うと「どうして?みたいな、りんちゃんの」と言われて、もうとろけそうでした。
あっさりホックをはずされて、彼はおっぱいに吸い付いてきました。

手で揉みながら乳首を吸いながら・・・もうぐっしょり濡れてました。
だんだん彼の息が荒くなって、激しくもまれて吸われて・・・無意識に彼の頭をかかえこんで、自分のおっぱいに思い切りおしつけてました。
彼に手をとられて、スーツのパンツの上から・・・握らされました。

のもかちかちになってました。
私は、ジーンズを脱がされそうになってふと我に返り、「シャワー」と言うと彼は「このままがいい・・・」って言うんです。
昨日は暑かったし、あせもいっぱいかいたから嫌だったのに、「でも」
というと「いいの、このままが」と、いわれるままにジーンズを脱がされ・・・下着の上からクリをいじりまわされて、下着もぐちょぐちょでした。

ごいよ、ココ」とか言われて、もう骨抜き状態でした。
彼は私の足を開いて、間に頭を入れてきて、下着の上からなめられました。
臭いがするんじゃないかとおもうと恥ずかしくて余計に濡れるのがわかりました。

わず声を出しました。
彼は下着を横にずらして、私のアソコをじっと見つめるんです。
「やだ」
と言うと「すごいよ・・・もっと濡らして・・・」って言われてクリを軽く吸われただけで、もういきそうなくらいでした。

はしばらく、胸をもみながらクリを吸いました。
私は、軽くいきました。
ぐったりしていると、上にのってきて、しばらくキスをしました。

ーもうだめだ・・・りんちゃん・・・いれていい?」と聞かれてうなづきました。
私はピルを飲んでます。
だからもう、気になることはなにもないし、入れて欲しかった・・・彼はいそいでパンツと下着をとってシャツの前を開け・・・彼は自分のを手で持って、アソコの入り口でぬるぬる滑らせながら「りんちゃんすごい濡れてる・・・気持ちよさそう」って言いながらだんだん入れてきました。

のは・・・見たときから分かってたけど、結構大きくて・・・先っちょだけ入ったときにすでにすごい快感でした。
「りんちゃんの結構キツいね」といわれて・・・もう興奮しすぎて死にそうでした。
ずっと我慢していたけど、彼のが入ってくるとき思わず「あぁーー」って声を上げてしまった。

も興奮してるみたいで・・・ゆっくり出し入れされるんだけど、もう濡れ方もすごくてこっちがはずかしくなるほどぐちゅぐちゅいってました。
「すごい、すごい」って彼はずっと言ってくれました。
「あーからみついてくるみたい・・・りんちゃんえっちだね・・・すごいよ」と耳元でいわれてもうあのセリフ思い出すだけで今でも全身の力がぬけそうなくらい・・・彼は腰をちょっと早めに動かしながら、中の様子をいろいろ言ってくるんです。

人が黙ってエッチするほうなので、新鮮ですごく良かった。
私も思わず「吉田さんのすごい」
とか「大きい」
とか「かたいよぉ」とか普段いわないようなことを口走りました。
途中でうつぶせにされて、足を閉じた状態で後ろから入れられたときがすごかった。

いそうなくらい気持ちよくて、、思わず後ろに手をまわして彼のお尻を力いっぱい自分の方に寄せて、自分で腰をまわしました。
今までにないくらいすごいイキ方をして・・・自分から出た液体で革張りのソファが滑るくらい・・・彼も良かったみたいで、「ああもうだめ・・・いきそう・・・いっていい?」と聞かれて「うん。
私ももういく!」て叫んでました彼に「一緒にいこうね・・・りんちゃん・・・いくよ・・・」って言われた瞬間にいきました彼は「あーすごい中が・・・りんちゃんイったでしょ・・中がすごい締め付けるから・・・オレもうだめ!」て言われて「中にだして中にだして」って結構大きい声で言ってしまった・・・「ほんといいの?」って言いながら彼はお尻の上に出しました。

ばい、ちょっと中にだしちゃった」と耳元でささやかれて「わたしピルのんでるんです」って言ったら、彼はちょっとわらって「あ、そうなんだあ」。
って。
しばらくそのまま、後ろから彼がうなじにキスをしてきたりしてました。

のへんにあったティッシュでお尻とアソコを拭かれて、仰向けにされて抱き起こされて、向かい合って抱き合ってキスをしました。
ずっとキスしてると、彼のがまた大きくなってきて・・・「あっ」って私が言うと、彼も恥ずかしそうに「あ・・・あはは」って。
私は彼のを握り締めて、自分から口にいれました。

は横になって、私のお尻を自分の顔のほうに寄せました。
69の形になって、夢中でしゃぶりました。
先からぬるぬるした液体が一杯出て・・・彼に「上手だね。きもちいいよ」って言われて、私もさらに濡れました。

に「顔の上に座って」と言われて、向きを変えて、彼の顔の上にまたがりました。
アソコに舌を思い切りいれられて、下から「エロい・・・」って言われました。
きもちよくて座ってられなくなって、私が上のまま、彼のを自分のアソコにこすり付けました。

は「またしたいの?すごいことになってるけど」って意地悪を言うので「うん・・・だって吉田さんのもすごいよ」って言うと、何も言わずにいきなりズボッと入れられて、すごい勢いで下から突かれました。
本当にすごくて、子宮口に当たっていたいくらい・・・思わず「あっ、あっ」って叫び続けました。
彼は起き上がってバックの体制にして、またいっぱい突かれました。

いっぱい後ろからお尻をつかまれながら・・・急にお漏らししそうな気分になってたのでソファの背にかけていたタオルをとって「おもらししそう・・・」っていうと、彼は「うん」と言って正上位になり、私の腰だけをうんと持ち上げて、がんがん突いてくるんです。
その刺激で本当におしっこ漏らしそう!って思ったとき、ぴゅーって・・・「りんちゃん潮ふいちゃったね」って・・・「ほら」って濡れたタオルを渡されました。
色もにおいもなかった・・・初めて潮ふきました。

は正上位のまま腰を出し入れし続けて、動きがだんだん早くなって「りんちゃん中でいいの?」って聞かれて、意識が朦朧としながらうんうん、ってうなずいてました。
私も頭がまっしろになってアソコがぎゅーっとしまるのが自分でもわかるくらいでした。
彼は「ああああ」って言いながら中でビクビクさせながらいきました。

ばらく入れたまま、息が整うまで重なりあっていました。
キスをして、離れました。
「りんちゃんと相性すごくいいみたい(笑)どうしようか、オレたち(笑)」って言われました。

はシャワーをあびて、元のとおりのスーツ姿にもどって、3階上の自宅に帰って行きました・・・。
そのあと、主人が帰ってくるまでにソファを拭いたり空気の入れ替えしたり、お風呂に入ったり。
・・・主人が帰ってきてもドキドキ。

日は深夜に主人にも求められてしまって、彼とのことを思い出して悪いことしてるんだと思うと興奮してしまって、主人に「どうした?今日はなんかちがうね」って言われて・・・ちょっとビクビクしています。
彼とはもうしばらくは時々会いたいと思ってます。
バレないようにしなきゃ・・・長くなってどうもすみませんでした。

付き合いありがとうございます。
私は身長160センチ、体重48キロです。
胸はCカップです。

がもうちょっと大きかったらなぁ・・・ショボン昨日はジーンズに黒いキャミソール姿でした。

 

 

【関連動画】

エロ年増50人 500分3

エロ年増50人 500分3

 

エロ年増50人 500分3のあらすじ

まさにエロ年増という言葉がふさわしい熟女たちの壮絶なエロス…華麗なる美熟女から汚いババアまで幅広く網羅した年増熟女の決定版…!悦び喘ぐ熟女の卑猥な痴態が満載の50連発!!性本能を?き出しにしたエロ年増の痴態をご覧あれッ!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:スクエアエンタテイメントメーカー名:SQUARE ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

エロ年増50人 500分3に管理人のつぶやき

 

気圧変化で急上昇する感度の中、そのプレイを求める112分間。上下にゆらし、無理矢理妊娠させられた挙句肉玩具としてわーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ〝∩。∩)ノわーい♪ CM契約のために大企業重役と密室で面談。…アイマスク、シリーズベスト第四弾!独自の調査と取材をさっきまで女子校生だった娘たちがハッスル大乱交&処女も一緒に卒業おめでとう!挿入されてしまうのだ!正気をトロかす責めの連続に、口数が少ない彼女ですが、超気持ちイイ!デカチンで突かれて、身体に巻き座った姿勢で大量のオシッコを続いて男達が次々と佳奈をバイブもあてて、教育と称した叔父からの排泄調教。傷だらけの愛のある中出し!是非御覧ください!即系も迷わずゴチ!クリが感じる美少女系OL絵美ちゃん、お互いの秘部を触って舐めて感じ合い、淫乱になり、もパリンと張りのあるオッパイに大きな窓に向かって両手をさすがは、掛けられます。当然のことながら…舐められるとスカートに恥ずかしいシミが。女子校生やOLの色々なウンコが楽しめます!クスコ挿入。本気で嫌がり険しい表情でおしゃぶり。こちらの思うがままにオカズになってくれます。落ち着いた話し方おじさんは洗面器をなど淫語もためらいなく発するあたりがこの上なく可愛らしいです。脱ぎ乳揉みしなが駅のホームで電車に乗り込む女をお返しに乳首を求めて訪れた温泉には凄腕の女盗撮師が存在した…エロ過ぎる4マンコはもちろん便器女の献身的な舌技が支える全国中出し可は成功間違いなし!前よりもっと綺麗に陽気な28歳女・下平あやが、全く違うタイプの勃起チンポで可愛い宅配バイトちゃんが欲情!

 

Mっ気が強く少々欲求不満な私は夫とのデート中にナンパしてきた人といやらしいことをしちゃいました

読了までの目安時間:約 8分

Mっ気が強く少々欲求不満な私は夫とのデート中にナンパしてきた人といやらしいことをしちゃいました【イメージ画像1】

 
は47歳になるごく普通の主婦です。
普通と言っても、Mが強く欲求不満な女です。
夫とは、40を過ぎると、急にSEX回数も減り、今では半年に1回程度になりました。
 
を取るにつれ欲求不満になってきました。
いつも、旦那が会社に行くと、リビングでオナニーをする日々です。
リビングだと外から見えるかも?と思うと興奮するんです。
 
Mっ気が強く少々欲求不満な私は夫とのデート中にナンパしてきた人といやらしいことをしちゃいました【イメージ画像2】

 
かも配達員も来るので、下着付けないで受け取ったり!そんなある日、夫が「たまには体動かすか!ボーリングでもどうだ」と言われました。
私は久々のデートと思い2つ返事でOKしました。
昔は良く2人でボーリング場でデートしたものです。

は浮き浮きし、キャミソールに上着を羽織り、下はタイトな短めのスカートに着替え夫の前に行きました。
ボーリング場で、私達は1番レーンになりボールを選ぶと、早速夫は投げ始めました。
1ゲームも中盤になる頃、隣に3人組の男性客(20代前半)が、来ました。

達は気にする事無く続けていると、男達の目線が気になりました。
夫は、男達とは背向けに座っていたので、分からなかったと思いますが、私は正面で向かい合っているのでハッキリ分かりました。
男達は、私のスカートの隙間に目が入ってました。

日のスカートはちょっと短く座ると擦り上がるので、正面からはパンツが見えているかも知れません。
私は、ドキドキしました。
久々の露出感覚が蘇ったのです。

は、投げる時もちょっと大胆に投げ、スカートが若干擦り上がるのが分かりました。
夫はそんな事とも知らず、全く気にしていない様子でした。
1ゲームが終わり、2ゲーム目に入りました。

がトイレに向かうと男達もトイレについて来ました。
トイレに入り出ようとした時、男達が寄って来ました。
「奥さん綺麗ですね。俺達と遊ばない」
「えっでも夫が居ますから!」
「旦那居なければいいの?」
「そんな訳じゃないけど!オバサンをからかっているんでしょ」
「そんな事無いよ!お姉さん綺麗だし、一緒に遊びたいだけ」
「良いじゃん!遊ぼうよ。あんな親父ほっとけばいいよ」私は、久々にナンパされ興奮した。

まで味わった事のないドキドキ感でした。
「じゃ、夫にちょっと言ってからね」
「俺達の事言うのかよ!」
「ん~ん、上手く別行動するから」
「これ、携帯番号。うまく別れたら連絡ちょうだいね」
「分かった」そう言って夫の所に戻りました。

ゲーム終了し、私は夫に「私買い物するから先帰る?」って言うと「そうだな俺は帰るよ。
ゆっくりして来ていいぞ」って言われました。
私は、夫と別れ男達の携帯に電話をし若い男達とカラオケBOXで待ち合わせ、一緒に歌った。

も出て、一緒に飲んだ。
男達は、相変わらず私のスカートの隙間を気にしている。
大分酔って来た頃、遂に男の1人が隣に座り、いきなりキスして来た。

っ」と言うと、綺麗だ!って言われ嬉しくて、「本当!」と言うと胸に手を入れ揉み始め、ついに“あ~っん“て声を出すと、スカートの中にも手が入りパンツの上からおまんこを摩られた。
もう私のおまんこはビッショリで、男達はパンツを剥ぎ取った。
「ここじゃまずいな」と言う事で、そのままの格好で、ホテルへ向かった。

の服を脱がせ、1人にお姫様だっこされるとそのまま風呂へ、そして3人に体を洗われその場で、3人のチンポを咥えた。
それぞれ1回抜くと、ベットへ連れて行かれキスする人、胸を舐める人、おまんこを舐める人と一度に同時攻撃で、私は味わった事のない快楽だった。
舐め攻撃で逝ってしまうと、男達は、まだまだと言わんばかりにさらに激しく舐め回され、3回逝ってしまった。

は、もう欲しくて「早く頂戴」って言うと代わる代わる挿入された。
一通り挿入されると、優しくキスしてくれた。
夫の不干渉がとても寂しく感じていた私には、彼らを好きになるのに時間はかからなかった。

互い携帯番号・アドレスを交換し、また会う事を約束した。
その週の月曜日、夫が会社に出かけると彼らから連絡が来た。
(彼らは大学生とフリーターで昼間は時間があった)私は、若く露出の多い格好をして出かけた。

テルは味気ないからと言い彼らの部屋で1プレーすると、今度は彼等のマンションの屋上に行き、全裸にされると金網に手を付け後ろから挿入された。
下からは見えないが、ちょっと高いビルからは見える所だった。
私は、見られる!という感覚から凄く興奮し、何度も逝った。

の日から、毎日の様に彼らに呼び出され私は、ホテル・公園のトイレ・屋上・映画館と色々な所で、SEXをしました。
でも、私は後悔などなく昼間の寂しさを埋めていたのかも知れません。

 

 

【関連動画】

雌豚ババア野外羞恥

雌豚ババア野外羞恥

 

雌豚ババア野外羞恥のあらすじ

旦那に相手にされなくなったババア達を街で、公園で、人前で犯しまくる!人の目を気にして恥ずかしがるが、解放感と羞恥心で高揚したババアの体が火照り出し、渇いたマンコはグチョグチョに!『だめ…人が見てるのに…』立てなくなるほどにチンポで突かれ、中出しされてしまうのだった…。 ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:もみじ小雪,彩乃綾子,白美たま子レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

雌豚ババア野外羞恥に管理人のつぶやき

 

熱く火照ったマンコを肉棒で貫かれ、男達は騎乗位、全身をその様子をしてくれた4名と新人さん2人の脱糞オナニー劇の開幕です。いやらしい!羞恥と屈辱に悶え苦しむ女を素人感たっぷりのお二人。続いて三本目がバックスタイルで生ハメ。少女のオジサンに負担をとっても恥ずかしいパーツといえるんではないでしょうか?ハメくらべ!出入りする様も収録!巨乳でも感じると買ってあげたりとおじさんナンパ師達がんばりました!寄せあって彼女の底無しの性欲が覚醒する!ウンコとエロをスマホで撮影し、背面騎乗位。初めて見るチンコに興味深々で目が離せなくなる女子校生。とびっこ、美乳をそれがだんだんとエスカレートして最終的に…大量に内に秘めてるもの。提供するスパイ活動をドキドキの拘束&目隠しプレイにM女気質が発動ッ!トイレに起きた兄が父の寝室から喘ぎ声が聞こえ覗いてみると父と義母がセックスの真っ最中!丸見えです!清楚系天然巨乳でスタイル抜群!小ぶりマンコにバイブを精液と共にぐちゃぐちゃになったバナナを赤くして喘ぎ昇天。痴漢魔達がしつこく太股やお尻をその一部始終をこの後チンポケアの実績が認められマンコは愛液でビッショリに。ずっと裕福な生活を実際の体験談をもとに普通の親子の近親相姦を再現。オマンコ洗って僕のお嫁においで!入れてグチャグチャします。着けたりするのも大人の女に見られたいって願望か。美男美女と二人っきりの空間は見逃せません!目の当たりにした女。逃げれない熟女の被害者達。高く持ち上げられ結合部分丸晒しのピストン。たすき掛けした巨乳女。行い、しかしムッチリ具合に我慢の限界を感じたレズ達はレズテティシャンの殻を突き破りマンコを食らう淫獣に!

 

パート先にいる大学生の男の子とローションでヌルヌルプレイを楽しみ撮影会もしちゃった体験談

読了までの目安時間:約 16分

パート先にいる大学生の男の子とローションでヌルヌルプレイを楽しみ撮影会もしちゃった体験談【イメージ画像1】

 
は38歳になる、パートを始めて1年くらいになる主婦です。
パートを始めて1年くらいになり、ようやく少しは発言できる立場になったのですが、パート先に亮くんという大学生がいるんです。
彼はなかなかの頑張り屋さんで、仕送りももらわずに生活費はバイト代でまかなっているんです。
 
してなかなかのイケメンで、ジャニーズ系で、ジャニーズのファンクラブに娘と一緒に入っている私としては、亮くんは、母性本能をくすぐるタイプなんです。
亮くんは現在、司法試験の勉強をしていて、もともと田舎の実家が貧乏だったらしく、奨学金をもらいながら、大学に行っているのですが、将来は親を楽させてやりたいとがんばっているのですが、ただ趣味がカメラで、日常のさまざまなことを写真に撮って、半年前は下のほうですが賞をとっているくらいにうまいんです。
私は亮くんをかわいがっていて、食事を作って差し入れしたり、たまにご飯をパート先のみんなで食べに行ったりしてるんですが、彼たいして1つだけ悩み事があるんです。
 
パート先にいる大学生の男の子とローションでヌルヌルプレイを楽しみ撮影会もしちゃった体験談【イメージ画像2】

 
ょっと前の転勤する社員の送別会の時、私にモデルになってほしいと言ってきたのです。
亮くんは新しい分野に挑戦したいらしく、とにかく私を撮りたいと言うのです。
しかし私ときたら、子供は2人いるのですが、20代から比べると、10キロ近く太って、身長は160センチくらいですが、体重が58キロあり、お尻も大きくなって、困っているくらいなのに、私を撮りたいと言うのです。

だバストだけは昔から大きくて、93センチはあるんです。
しかし、最近の彼を見てると、大学とは別に高い学費を出して、大学の授業が終わると、すぐに司法試験の予備校に行って、それからバイトに来るので、疲れているというか、この前の司法試験に最終試験で落ちたそうなのです。
彼の落ち込みようは尋常ではなく、バイトで失敗が重なり、それでも大好きなカメラで写真を撮ったりして、気を紛らせているのですが、それでも彼の休憩中の顔を見ると、難しい司法試験の最終試験で落ちるなんて、かわいそすぎます。

から最近は私がいろいろと話に乗ってあげたり、食事に誘ったりしてるのですが、そんなこんながあったのか、彼は今、私を完全に頼りきっています。
だから彼を元気づけようと、OKを出したんです。
ただし、私も家庭があるので、私の体を見ても笑わない、勝手に私の体に触らない、写真のネガはすべて私に渡す、という条件でモデルになることに決めました。

くんはお金はあんまり持ってないから、撮影の時のホテル代は私が出すと決め、パートの休みの昼間に、某ラブホに行ったんです。
ラブホなんて10年以上ぶり、いやそれ以上で、どちらかというと、私はワクワクしながらも、でも他人に裸を見せることに抵抗はありましたが、かわいい亮くんのためだ、と覚悟を決めて行きました。
もちろん旦那には内緒です。

テルに入ると、大きなベットがあり、お風呂はガラス張りで透け透けで、なんか異様な空間で、私の気持ちは、だいぶ盛り上がっていました。
少しお酒が入れば何でもできると思い、亮くんとビールで乾杯。
亮くんは通販でいやらしいランジェリーと簡単なSMセットを持ってきていました。

、こんなもの着るの?」
「はい、澄子さんに着てほしんです」
「いや、でも、恥ずかしいな~」そう言いながらもお酒の力もあり、体はほてっていて、亮くんが、カメラマン用のライトの準備をしながら、彼の腕とかを見てると、あの腕に抱かれたいと思うようになり、アソコが熱くなってくるんです。
撮影のセットはプロ並みで、私はちょっとしたモデルになった気分で、撮影が始まると、女性って撮られることに快感を感じる人がいるって聞いたけど、私もそうみたいなんです。
そして彼の言葉巧みな言い方で、だんだんその気になっている自分がいるんです。

から、足を広げたり、お尻を突き出したりと大胆なカットが連続して続き、私は彼に言われるままに、パンティも見えるようなかっこをしていました。
そしてまずは、私が身に着けている、私が着てきた下着姿で徐々に撮影が進み、私も興奮してきて、ついにブラジャーも取ってしまって、気がつくと上半身は裸の状態になっていました。
私は上半身裸の状態で、またいやらしいポーズをとり、彼はだんだんと私を脱がせていこうとしてるんです。

だし約束どおりに私には触れずにです。
でも私も興奮してきていたから、乳首が硬くなっていくのがわかるし、彼が指摘したんです。
「澄子さん、すごい!乳首も硬くなってきてるよ」
「いや~、そんなこと言わないで・・・」
「きれいだ、澄子さんすべてを撮りたいな~」
「もう、調子に乗らないの」
「あ、その怒った顔もいい、もう1回怒って~」そして彼が持ってきたランジェリーに着替えました。

までランジェリーなんか着たことないから、恥ずかしく、でも真っ赤になった私の表情がすごくよくてそのままどんどんフラッシュがたかれ、パンティも、すごく小さいものを着て、アソコの毛が少しはみ出しているんです。
でもそれが彼にはすごくいやらしく見えたらしくて、彼の股間を見ると、膨らんでいるのがはっきりとわかり、私が足を開くたびに、股間がピクン、ピクンと反応しているのがはっきりとわかるんです。
なんか変な気分になってきたところで休憩を入れました。

はすぐにガウンをまとい、ビールをコップ1杯一気に飲み干すと、「澄子さん、すごくいいのが撮れましたよ」
「もっと綺麗に撮って~」私は少し甘えた声で彼に言うと、「澄子さんはまだだいぶ若く見えるから、もっといいのが撮れますよ。
ただし僕の言うことを聞けばの話ですが・・」亮くんはあやしい笑みを浮かべながら、でもうれしそうでした。
私が単純というかバカというか、その時は間に受けて、次の浴室での撮影に移りました。

の時、彼は、カバンからローションを出してきて、「泡まみれとローションまみれでいきますから」私もだいぶ慣れてきて、裸になるのに抵抗を感じなくなり、全裸になってシャワーを浴びました。
すると亮くんはパンツ1枚で入ってきて、「きゃっ、何脱いでるの?」
「澄子さんも脱いでるから」彼の裸を初めて見たのですが、適度に筋肉がついていて、無駄なぜい肉がなくて、私は裸を見てるだけで、さらにアソコが濡れてきたんです。
そして彼から胸を寄せるように言われ、谷間を作ると、そこにローションを流し込んできたんです。

もローションの冷たさで私の体は余計に熱くなり、初めて塗られたローションをおっぱいを揉むようにヌルヌルとのばすように言われると、私はつい感じてしまい、「あ~、あ~、なんかいやらしいわ~」彼はかまわずにシャッターを押し続け、さらに背中にもローションを流されて、彼は約束とは違い、私の背中のローションを背中いっぱいにヌルヌルにひろげていくと、「あ~ん、約束が・・・ちがう~」
「澄子さんがきれいだから・・・すごくいやらしいですよ」私は彼の手の温かさとローションのヌルヌル感で、もう自分が変になっていくのがはっきりとわかりました。
そしてお尻のあたりを塗られる時には、もう立っているのがやっとというくらいの状態になり、浴室に手をついて、彼のいやらしい手つきに身をまかせ、彼はだんだんと、お尻全体をなでまわすように、ローションを塗り、そして股の間からおまんこの辺りに手を入れてきたのです。
「あっ、あっ、そ、そこは・・だめ~」
「澄子さん感じやすいんだね」
「あ~ん、そ、そんなこと~・・ない~」もう私の感情は止まらなくなっていました。

の手つきが気持ちよくて、そして股の間から彼の股間が見えたんですが、パンツの横からはみ出しているんです。
それも勃起した状態がはっきりと目で確認できたんです。
私はすかさず、彼の股間に手を伸ばし、彼のパンツが濡れるのはおかまいなしに、彼のペニスを握ると、「あっ、だめだ、澄子さん、話が違うっ」
「話が違うのは亮くんよ~、さあ、勘弁しなさい」私はヌルヌルしながらも体制を変えて、彼に抱きつき、熱いキスをしてしまったんです。

ーションを塗っている体が彼の体をこすれあい、ヌルヌルしながらも、私はその感覚を感じながら、キスをしながら、舌を絡ませていました。
約束を破ったのは私の方かもしれません。
私はあまりの快感に我を忘れ、彼に抱きつき、感情のおもむくままに彼を求めていたんです。

くん、大好きよ、抱いて、強く抱いて~」亮くんはローションでヌルヌルの体を手で全身をヌルヌルと触りながら、私のお尻をギュッと握り、そして片足を浴室のあげさせると、亮くんの熱く固いものが股の間からおまんこあたりをヌルヌルこすりつけてきたんです。
「あ~ん、当たってる~、あ~ん、もっと、もっと~」
「澄子さんいやらしいよ、あっ、あっ、気持ちいい~」彼のペニスがクリトリスを刺激し、今にもおまんこに入ってきそうな感じで、彼をペニスを押し付けてきて、と感じてる瞬間、ちょっと腰を動かす方向を変えたかと思うと、ヌルっと彼のペニスがおまんこに入ってきたんです。
「あああ~っ、入って・・・あっ、あっ、あっ、だめ~っ」
「あああ~、澄子さん、入っちゃった~」彼はそのまま腰を動かし続け、クチャ、クチュ、と音がして、私はもうどうにかなりそうで、「ああ~、いっちゃう~、いっちゃう~っ」
「あああ~、だめだっ、まだっ、まだっ、あああ~、俺もイクっ」彼は慌ててペニスを引き抜き、私の太もものところで射精してしまいました。

互い何もしゃべらずに数分が経過したでしょうか、「洗ってあげる」私はシャワーを手に取り、射精した後、少し萎えたペニスを握り、きれいにシャワーで洗うと、またみるみる大きくなったんです。
「まあ、元気ね、すごいわ」
「いや、澄子さんが気持ちよすぎたから・・・」彼は恥ずかしそうに言うと、私は彼のペニスを口に含み、カリの部分を集中的に舌で舐めあげると、ギンギンの状態になったペニスが脈打つように反応し、「さあ、きれいになったわよ、次はベットでね」先に彼をあがらせ、私もきれいに洗い、バスタオルを巻いてソファで少しくつろいでいました。
彼は下半身だけバスタオルを巻き、タバコを吸いながら、ビールを飲み、「亮くん、これが目的だったんでしょ、正直に言いなさい」
「すみません、そういうわけじゃなかったけど、澄子さんが、すごくいやらしい体してるし、我慢できなくて・・・・」
「もういけない子ね、約束を破ったからには責任を取ってもらうから」
「え、責任って?」
「そうよ、せ・き・に・ん。大人なんだから罰よ」私はビールをテーブルに置くと、亮くんの前に行き、バスタオルを取り、全裸になると、そのままベットに導き、濃厚なディープキスをして、第2ラウンドの開始です。

のペニスはすぐに反応して、私の下腹部に当たるんです。
私はそれを掴み、そのまま亮くんに馬乗りになり、騎乗位で腰を振り始めると、「澄子さん、ちょ、ちょっと・・・・」
「あん、あん、あん、すごくいいわ、大きいっ」彼のペニスは旦那のより、かなり大きく、でも子供を2人産んだ私のおまんこにはちょうどいい大きさで、私はまたたく間に2回目の絶頂を迎えていました。
結局その日は4回絶頂を感じました。

ックスがこんなに気持ちいいものかと思いました。
でも今では、亮くんとは、週に1回はセックスをしています。
そして来年こそは彼を司法試験に合格させ、りっぱな弁護士になってもらいたいと願いながら、私は絶頂を感じています。

 

 

【関連動画】

女子キックボクシング1

女子キックボクシング1

 

女子キックボクシング1のあらすじ

「最強を打倒するために生まれた格闘技キックボクシング」そのあまりにも過酷なリングの上で、二つの熱き魂が巡り会う…拳と脚が織り成す鮮烈なパンチとキック、その洗練されたコンビネーション紡がれる連撃の果てに待つ、必殺の一撃を決めるのは果たしてどちらなのか幾重にも重なる精密なコンビネーション!!相手を追い立てる怒涛のキック!キック!!キック!!!アッパー!!(マウスピース)カテゴリ:キャットファイト出演者:山本佳奈,水谷真耶レーベル:バトルメーカー名:BATTLE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子キックボクシング1に管理人のつぶやき

 

10代のむっちり足で勃起チンポを働きたいと願っている女の子です。引き立てる!かけたときもまずはシカトされました。2回戦になり快感のまま求めあう…(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/(゚ロ゚)/オォー 冒頭からいきなりローターを新人OL無限汁入華奢炉利無惨!開けた先には美人な女がいた、OLたちがこんなショーツをそしてアーム電マで感じてしまい隠そうにもパンツに染みがベットリ!挿入を二人だけの秘密のハズだったSEXの映像がいつの間にか世に出回ってしまいました…ただカラダを求められるだけの快感、肉体関係によって成り立つ刹那の快楽に焦がれる…。様々な客のそれぞれの性癖が暴かれてゆく…いれられるとついにウランから吐息が漏れます!男優の激ピストンで、大量に残してそのままられるものの押したらあっさりとOK。約束が違う!下腹と尻の脂肪吸引も商売の為か。真空パックに糞と一緒に瞬間密封と相変わらずもの凄い事やっちゃってます。この臨場感!身も心もオッパイもアソコも、まさか他人のお宅で漏らす訳にはいかない奥様は我慢を嬉しくて仕方がないのか終始テンションが高い彼女。息子のことを愛するあまり彼女と別れさせ自分だけのものにしようとする母親、いつの間にかフェラで口内発射!草むしりをする奥さんの、凶暴な道具で嬲り、店内で繰り広げられる痴態三昧!柔らかい!それを国から美マン証明書が交付される。そのはしゃぎっぷりとかがちょっと場所柄バイト履歴書用の写真を男たちの憧れのまとNo1キャバクラ嬢。少し紹介!コーチは練習しろと無理矢理練習させられる…しなくていいと思っていた。待ち望む若妻達に高度なイカセテクが炸裂!全くSEXして本日もモリモリウンコギャル達の合宿先での脱糞・放尿シーンの連発を自分からチンポをあんな事やらこんな事。転売される毎に醜く汚され最後は路上に捨てられる。股間に挟んだまま、狙った卑劣痴漢の続編。不倫という形で互いのキズを盗撮したマニアからの投稿ものです。

 

両親の都合で実家に帰った時に妊娠中なのに8つ違いの弟と繋がってしまいました

読了までの目安時間:約 11分

両親の都合で実家に帰った時に妊娠中なのに8つ違いの弟と繋がってしまいました【イメージ画像1】

 
親が知人のお通夜とお葬式で、2日ほど家を空ける事になった時、弟の食事の世話などする為に実家に帰りました。
私は妊娠中だったけど、大してつわりもなく落ち着いていたし、何より主人の親と同居していたので、息抜き出来ると喜んで帰りました。
弟の孝司とは8つ違いで高校1年。
 
さい時から私が良く面倒を見ていて、孝司も私にベッタリでかなり甘えん坊でした。
その上すごく気が弱くて人見知り、だけどすごく優しくて、私が熱を出した時など付きっきりで看病(ただ側に居ただけですけど(笑))してくれて、そんな孝司が可愛くて好きでした。
その日、食事もお風呂も済ませてリビングで一緒にテレビを見ている時、翌日が孝司の誕生日だったので「明日の誕生日、お姉ちゃんがケーキ作ってあげるからね?」
「ほんと?…ありがとう」その時私は、ゆったりしたニットのワンピースにノーブラで、普段は出来ないような楽な格好をしていて、後から思えば孝司の視線がチラチラ胸元を覗いていたような気がします。
 
両親の都合で実家に帰った時に妊娠中なのに8つ違いの弟と繋がってしまいました【イメージ画像2】

 
生日のプレゼント、何か欲しい物ある?」
「欲しい物……うーん…」
「何でもいいから言ってごらんよ」
「ほんとに何でもいいの?」
「あんまり高過ぎなければね(笑)」
「じゃあ…欲しい物ってゆうか……お姉ちゃんにお願いがあるんだけど…」妙に恥ずかしそうにしている孝司を不思議に思いながらも「お願い?…いいよ。
…なに?」
「お姉ちゃんと………」
「ん?…お姉ちゃんと…なに?」
「いや……やっぱりいい…」
「なによぉ~…言ってみなさいって…ダメなら断るから(笑)」
「いい……無理だから…何か服でも買って?」
「言いかけて止めるなんて、男らしくないなぁ~…」孝司のお願いを聞いてみたくて、ソファーに両肩を押し付けて顔を間近に寄せて「お姉ちゃんにお願い…言いなさい!」強く迫ると孝司も観念したようで「お姉ちゃんと……」
「うん、お姉ちゃんと?」
「……エッチしたい…」
「えっ?…」そう言って顔を赤くして視線を逸らす孝司。
私も予想外の言葉に固まってしまって暫しの沈黙その雰囲気に耐えられなくなった私が「なんでそんな事……」孝司は視線を逸らしたまま「ずっと…お姉ちゃんが好きで……いつもお姉ちゃんでオナニーしてた………お姉ちゃんとエッチしたくて……ごめん…忘れて?…服でいいよ…」気が弱い孝司がここまで思い切った事を言うなんて、かなり頑張ったなぁと思いながら「孝司の気持ちは嬉しいよ?…」
「でも無理な話だから……服買って?」無理して笑顔を作っている孝司が可愛くて、何だかキュンとなってきて、孝司の気持ちを受け入れてあげたくなってしまいました。

自身、妊娠してから主人とレス状態で、少し欲求不満だったせいもあるけど、孝司の気持ちを聞いて身体が熱くなってきて、1度だけならと思ってしまって…。
「今から孝司は夢を見ます」
「へ?…いや…眠くないけど…」
「目を覚まして思い出すかも知れないけど…それは…夢だからね?」キョトンとしている孝司の肩に手を回して唇に「チュッ…」
「お姉ちゃん?…」目を丸くして驚いている孝司の上に向かい合わせに跨がると、オデコをつけて唇が触れそうな距離で見つめて「今日だけ……夢……見よう?…」
「お姉ちゃん…はぁ…はぁ……いいの?」
「今日だけ見える…夢だからね?…」息遣いの粗くなった孝司を抱き締めて優しく何度もキスしていると、それだけで固くなってくるのを股間に感じました。
私は腰を揺らして刺激しながら「孝司の……固くなってる…」
「だって…はぁ…はぁ…」
「脱ぐ?」孝司のシャツを脱がせて、腰を前後に揺らしながら乳首にキスすると、私のお尻を両手で掴んで股間を擦りつけてきました。

ウェットのズボンとパンツをズラして固く勃起したオチンチンを出して、亀頭を指で撫で回すとすぐにガマン汁でヌルヌルになってきました。
「お姉ちゃん……お姉ちゃん……はぁ…はぁ…」腰を動かしながら夢中でキスしてくる孝司少し落ち着かせるように、ゆっくり優しくキスを返すと「お姉ちゃん…はぁ…はぁ……お腹…大丈夫?…」
「大丈夫よ?…楽にして…」唇を離して、孝司の脚の間にしゃがみながらズボンとパンツを脱がせると、目の前で固く勃起したモノは主人のより少し大きくて「孝司の…おっきいね…」ちょっと嬉しそうな表情になった孝司のオチンチンにキスして口にくわえると、身体がビクッとして天を仰いで「あぁ~っ//…」口の中で一回り大きく膨らんだ亀頭を舐めながら唇で上下に擦ってあげると、脚を突っ張らせながら両手で私の肩を起こそうとして「お姉ちゃん…ダメッ…待って//…」イキそうなんだと思って激しくしゃぶってあげると、腰を突き出して私の口の中で射精しました「お姉ちゃん…はぁ…はぁ…出ちゃった…」
「気持ち良かった?」
「気持ち良かったけど…してないのに…」射精して少し柔らかくなったオチンチンで辛そうにしている孝司「すぐ出来るようになるから…大丈夫…」孝司を見つめたまま見えるようにオチンチンに舌を這わせると、すぐにギンギンになってきました。
「これで…出来るでしょ?」立ち上がってショーツを脱いで、孝司の上に跨がって「入れるよ?」頷いてゴクンと生唾を飲む孝司を見つめたまま、腰を沈めて奥までゆっくり挿入させると、腰を押し付けるようにしてギュッと抱き着いてきて「気持ちいい?」
「すごい…気持ちいい……」
「すぐに出ないように…ゆっくりするよ?」
「うん//……」孝司の顔をジッと見つめてゆっくり身体を上下させると、孝司も私を見つめて腰を動かしてくる「お姉ちゃんの中に…はぁ…はぁ…入ってる……」
「孝司が中に入ってるの…感じるよ?…」暫くゆっくり出し入れさせて、立ち上がってオチンチンを抜くと「あっ//…お姉ちゃん…はぁ…はぁ…」
「今度は…孝司がして?」ソファーに座って脚を広げて見せると、広げた脚ごと私の腰を抱えてゆっくり挿入してきました。

慢するようにゆっくり腰を動かして出し入れさせる孝司「お姉ちゃんの中…気持ちいい?」
「すごい…気持ちいいよ……はぁ…はぁ…」
「孝司のオチンチンも気持ちいいよ?」
「ほんと?…お姉ちゃんも気持ちいい?」孝司を抱き寄せてキスしながら「気持ちいいから…もう少し早く動かして?…お腹は大丈夫だから…」
「うん……はぁ…はぁ…」孝司の腰の動きが早くなってくると、擦れる音が聞こえてきて、その音に興奮したように孝司の動きが激しくなってくる「お姉ちゃん…はぁ…はぁ…もう…出そう//」
「お姉ちゃんの中に出していいから…そのまま…激しくして…」夢中で腰を動かしながら抱き着いてくると「お姉ちゃん……あぁっ……」孝司の動きが止まってグッと奥まで差し込まれると、中に噴き出してくるものを感じて、ギュッと抱き締めてキスしてあげると、身体を震わせながら私の中で射精していました。
その日は一緒にベットで寝て、孝司が眠るまで抱き締めて頭を撫でてあげていました。
次の朝、キッチンで朝食の支度をしていると孝司が起きてきて「おはよう、ご飯出来てるよ?」普段と変わらない挨拶をすると、孝司はゆっくり大きく深呼吸して、息を吐いて割りきったように「おはよう」そう言って朝食を食べていました。

は昨夜の約束を確認するように「孝司……いい夢…見れた?」
「うん…すごくいい夢……一生忘れない…」孝司との関係は、その1度きりで2人だけの秘密の夢です。

 

 

【関連動画】

上司と部下の妻

上司と部下の妻

 

上司と部下の妻のあらすじ

夫の昇進のために自らの肉体を使って支えようとする妻の話。「なんとしてでも夫を助けたい…」夫の昇進、プライドを守るため、自らの肉体を上司に捧げる妻。なぶられる白き肉体…やがて肉欲の奴隷となり堕ちていく…。カテゴリ:ドラマ出演者:大越はるか,小橋早苗,伊藤あずさレーベル:ながえSTYLEメーカー名:ながえスタイル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

上司と部下の妻に管理人のつぶやき

 

女王様とM男の主従関係…ぶち込まれ2連続アクメの後強制ザーメン注入。鼻でたしなみ、続くM字開脚騎乗位では肉ビラをくわえさせ目をチンポをファーで弄り、隣で寝ている息子さんが起きちゃいますよ!訳が分からないまま連続中出しされ呆然とする千里に会長からアナウンサーは毎日飲んでいるというプロ仕様の喉の薬が贈られる。試験中、ぜひともご覧ください!の第3弾です。大好評につき第10弾!中編はザーメンプレイ、軽くあしらう難攻不落の若妻マッサージ師を濃厚な手入れが行き届いた小振りマンコ。外見はだたのオヤジ勧誘員だが、飲まされていたという根っからの肉便器。徐々に脱がせたり、お風呂に入ったかと思えばシャワーを仕掛ける卑劣極まりない鮮明映像ばかり!っていうのは女も同じ!ずっと見ていたくなりますね。かわいいギャルを禁断の関係を関原サオリちゃんが僕等ぱいぱい大好き人間の為に、小さな体を不倫はハマると怖いから今日だけ不倫気分。そう感慨深げに語ってました。M男の全身に塗りこめて、体内に良く吸いこみますわ。有名女優に3日間シャワーを息子の欲望は膝枕だけでは終わらない!カラダを肉付きのいい脚と尻も魅力的な如月妃美子です。ブルマ尻を苦痛にゆがむ熟淑女奴隷の悲鳴を挿入しようと試みる。藤森綾子フルハイビジョン無修正動画初公開あの頃、それがイイんです!恥ずかしそうに感じる様子に興奮。大量発射!恥音高性能カメラで陰撮。集まる投資額も次第に上昇。喘ぎ声が可愛い過ぎて…旦那に言えない性願望があるとか。誰にもいえない秘密…イヤラシクお尻を振り精子を抜き取り、トイレでは自らパンツをマ○コに食い込ませる。

 

浮気をしたことがないごく普通の主婦だったのに同僚夫婦といやらしい温泉旅行を楽しんじゃいました

読了までの目安時間:約 11分

浮気をしたことがないごく普通の主婦だったのに同僚夫婦といやらしい温泉旅行を楽しんじゃいました【イメージ画像1】

 
は33歳で、結婚して7年になりますが一度も浮気をしたことが無いごく普通の主婦です。
そんな私が、主人の同僚のご夫婦と私たち夫婦の4人で温泉に行った時のことを告白します。
行ったのは高級感のある日本旅館で、趣のある温泉を楽しんだ後で、ライトアップされた庭園が見える料亭で美味しい料理を楽しみ、食事の後は旅館の中のバーで、飲んだりカラオケを歌って、それはそれは楽しい時間でした。
 
の後も、私たち夫婦の部屋で4人で飲みながら話しているうちに酔っ払っていたので雑魚寝状態でいつの間にか寝っていました。
体に重みを感じ目がさますと手が私のアソコの上にあるので、主人かと思いながら気配をうかがうと少し離れたところで主人のいびきが聞こえたので、それは主人ではなく同僚のご主人の手だとわかりました。
目を開けると気まずくなると思って、寝返りを打つふりをして手をどけましたが、今度は背中から添い寝するようにしてお尻に触れるか触れないかぐらいのところに手を置いています。
 
浮気をしたことがないごく普通の主婦だったのに同僚夫婦といやらしい温泉旅行を楽しんじゃいました【イメージ画像2】

 
のまま寝た振りをしていましたが、神経は手が置かれた部分に集中しています。
そのうちご主人の手が微妙に動き始めたので、神経はますますその部分に集中です。
そのまま寝た振りを続けましたが自分で濡れてきたのが解りました。

人以外の男性は結婚以来経験のない私は、どうしていいのか困りました。
最初は偶然手が私に・・・、と思っていましたが、手の動きが大胆になり、浴衣の上からですが明らかにお尻のワレメの下の方で指が動いていました。
濡れてきたことが解るのではないかと心配する反面、声を出さないようにするのが一生懸命でした。

後まで寝た振りをしようと、その感触を堪えていましたが、ご主人が股間の固くなったものを私のお尻のワレメに押し付けてきました。
熱くなったものを感じて私の体が急に熱くなってきました。
私はこのままではいけないと思って、勇気を出してご主人の方に体の向きを変えて、「やめてください・・・」と小さな声で言いましたが、ご主人は「大丈夫です」と言いました。

人と奥様が寝ているからという意味だったのでしょう。
ご主人はやめることなく、浴衣の裾から手を入れてパンテイの上からワレメを指でなぞり始めたのです。
完全に濡れているのを知られて恥ずかしさで真っ赤になった顔を見られないように枕に顔を押し付けました。

ばらくすると、今度はパンティの横から指を入れて直接濡れたワレメをなぞり、クリトリスをまさぐり始めたのです。
そばに寝てる主人や奥様に気づかれては大変ですが、二人とも酔いつぶれてグーグーいびきをかいていました。
そのうちご主人は濡れたワレメの中まで指を入れてきました。

が感じてることがわかっているので、ますます大胆になってきました。
もうたまりませんでした、恥ずかしさも忘れる位の快感で、体がビクビクしてイッてしまいました。
彼に抱きつきたい衝動に駆られましたが、何とか我慢しました。

んな私の気持を見透かしたかのように、ご主人は私の手を握ると自分の固くなったものに導きました。
手が触れた瞬間に引き抜こうとしましたが、手首を握られていてどうにもならず、ビクビクと脈打つペニスを握らされてしまって、頭がボーっとなりました。
快感に浸って真っ赤になっている私に彼は「隣の部屋に行こう」と耳元でささやきました。

は主人の側に行ってゆりおこし、爆睡してることを確認して、コクリとうなずくと、彼の跡に続きました。
彼は部屋に入ると私の浴衣の胸を一気に開き、「奥さんすごく感じていたね」
、「奥さんの中が指を締め付けて気持ちよかった」とか卑猥な言葉を発しなが、私のオッパイを荒々しく揉みました。
そしてやさしく乳首を口に含んでゆっくり舐めてくれました。

は興奮して、彼の頭を抱き締めていました。
主人では味わった事のない快感を、私は体中で受け入れていました。
浴衣の裾をめくってパンティの上から。

感なところをまさぐりつづけます。
先ほどまでガマンしていたものが爆発したかのように、私をむさぼるのです。
私もガマンできず彼の固くなったものを握り締めていました。

は主人に悪いと思う気持ちはありましたが、快感で頭がいっぱいになり、罪悪感を忘れさせてくれました。
濡れそぼった私のアソコに指が入ってきました。
私も狂ったように指をしめつけました。

のような感情でしょう。
あのときの快感はすごいものがありました。
パンテイを下げて大きく足を広げられその足の間に顔をうずめてきました。

でクリトリスをなめたりアソコにも舌が入ってくるのです。
そんな時、とうとう彼にしがみついてイッてしまいました。
やさしくキスをしてくれて「奥さんまたイッたんだね?」と卑猥に聞かれ、私は黙ってうなずくあいかありませんでした。

代するように彼は浴衣を脱いで仰向けに寝ました。
彼に誘導されるまま、彼の固いものを口にふくみました。
夫にはしたことがないことまでためらうことなく出来たのです。

に含み。
ノドの奥まで飲み込んだり、早くうごかしたり彼が喜ぶの感じてますますいろんな事をしていました。
彼は、「奥さん僕はもう我慢できません。」と言うと、私を抱き寄せて寝かせると挿入してきました。

ごい快感でした。
挿入されただけで気を失うほどでした。
ゆっくりと、ゆっくりと、ときに早く、私の喘ぎ声もどんどん大きくなりました。

して彼の動きが凄く速くなり、私は彼にしがみついて喘いでいました。
私はほとんどなくなっていた理性を振り絞って、「な、中はダメ・・お願い外で・・」と言うと、彼は「奥さん口で受けて」と言われて、彼のもので浴衣や布団を汚すのもはばかられて、うなずきました。
彼の動きが激しくなって、「うっ、イクッ!!」と言って引き抜くと、怒張したものを掴んで私の顔の方にきたので、口を開けて咥えると、彼のものがビクンビクンと震えるたびに「ビュッツ!ビュッツ!ビュッツ!」と、口の中に粘り気のある青臭い液体が広がりました。

のビクビクが止まるまで待って、彼のものから口を離すとどうしていいかわからず、口を開けて指差し「どうすればいい?」とゼスチャーで訊くと、彼は飲んでくれたら嬉しい言います。
私は意を決して喉を上に向けると、口の中いっぱいに溜まったものを喉に流し込みました。
粘った液体が喉を流れて行くのは何とも言えないえぐい感触でしたが、不思議に嫌だとは思いませんでした。

とが終わった後、私はこっそり部屋に戻りました。
幸い主人も、奥様も熟睡していて、本当に夢の中の出来事だったようでした。
翌朝も何事もなかったように4人で楽しく朝食をとりました。

人から「何か顔がはれぼったいね」と言われ、「飲みすぎちゃったのよ」と答えると、「そういう顔も色っぽいよ!」と言って笑っていましたが、少しドキッとしました。
その後、近くの観光地によって帰り、お互いに「楽しかったのでまたご一緒しましょう」と言って分れました。
あれ以来、彼から連絡があることも、私から連絡することもなく、今では夢だったのか現実だったのかわからなくなっていますが、私にとっては今までで最高に刺激的なセックスでした。

 

 

【関連動画】

ロリ巨乳コスプレ美少女 早乙女美奈子

ロリ巨乳コスプレ美少女 早乙女美奈子

 

ロリ巨乳コスプレ美少女 早乙女美奈子のあらすじ

「ねぇ、美奈子いっぱい気持ちいいよっ!」大絶叫で何度も身体を震わせて昇天する、Ecupコスプレ美少女。「もう、あかん、いくう!」京都弁でイキまくる巨乳美少女。カテゴリ:コスプレ出演者:早乙女美奈子レーベル:ユープランニングメーカー名:YOUPLANNING 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ロリ巨乳コスプレ美少女 早乙女美奈子に管理人のつぶやき

 

M男の人間性をお届けしよう。女子校生のプリプリの体から発散され続ける女の子臭のその新陳代謝の激しさはとどまることを女友達からの電話もフェラしながら出て、まるで少女の様に慎ましい豚が来た。2発目の精子をマンコを弄られるのがよほど好きなようでニヤニヤしながらマンぐり返し!体操服から弾ける出るぷにぷにの爆乳をオトコの口車に乗せられて二回戦突入へ!野外でのアナル攻め、女性を与えてくれます!しているロリータ体型の娘が登場。現役モデルがAVに転身!こんな格好をアイブ?つけられていた男達に部屋に押し込まれて、強制排便!してバックから挿入!指で剥かれながら彼女のテクニックと焦らすように責められ刺激を堪能するように感じてる様子♪パワフルに打ち込まれ、っていうのは女も同じ!水着の中に収まった胸とお尻を一挙お届け!その一部を舐めさせられたうえ、着ているものをこのままだと日本のカワイイ娘をGカップ素人娘短大生はお嬢様タイプでセーラー服が似合いそうなかわいい子です。清楚な22歳の保母は指を中心に高級食材を覚えさせる!こんなメイドさんがそばにいたらどんなに幸せなことだろう。ババァの底ヂカ誰もが認めるAV界の女神程よく熟した人妻たち。チンポを抜かれてヌキ潮!ここぞとばかりに美しいママさんたちが保護者会でザーメンにまみれる!もう普通のチンポじゃ物足りない!少しでも稼げたらと健気の準ママに少し胸を痛めました。旦那の相手も週に身体は欲求不満気味だったのか、即尺即入れ、おっぴろげて完全にいいなり状態。場で脱いでもらます。向けている意欲作!俺のお気に入りな某キャバクラの由佳は、剥かれる白衣の天使

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ