告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

主人のことも子供のことも愛しているのに、やっぱり不倫てできてしまうんですよね。幸せと別の私のメスの本能が、他人棒にハメられることを求めているんです

読了までの目安時間:約 9分

婚して6年、夫に対しても不満がなく、子供もできて幸せの真っ最中といっても、なぜか不倫ってしてしまうんですね。
 
恋愛してたいっていうか、ドキドキしてたいっていうか、パート先で知り合った8歳年下の大学生とそういう関係になってしまいました。
 
週に4日してるパートの休みの日に会っています。
 
夫とのエッチは、もうおざなりな感じですが、それに比べて彼のはすごく元気でビンビン、力強くて精力絶倫って感じなんです。
 
休みの日は、彼の部屋に行って子供が学校から帰ってくるまでエッチしまくっています。

 

主人のことも子供のことも愛しているのに、やっぱり不倫てできてしまうんですよね。幸せと別の私のメスの本能が、他人棒にハメられることを求めているんです【イメージ画像1】

 
 
 
エッチをするたびに彼のたくましい体に溺れていくような日々でした。
 
パートの行き帰りのちょっとした空き時間でも会いたくなって、公園のトイレとか、パート先の駐車場の影でしたりしたりしました。
 
そんなことが続いていると、「この体は、僕だけのものだよ。旦那さんとはもうしないでね」なんて言うようになりました。
 
彼と会えない週末、特に3連休なんかあった日の次の日なんかは、いつもにも増して激しいんです。

 

それもエッチしながら「旦那としてないだろうな?なんで電話でなかった」なんて言い出すようにまでなってきました。
 
私が彼の体から離れられないのを知ってるから、彼も調子にのってきてるみたいで、「僕を初めての男にしろ」って言ってきたんです。
 
もう子供もいるし、処女じゃないのは知ってるのに何?って思ってたら、「こっちの穴だよ」って、お尻の穴をいじってきたんです。
 
エッチの最中も舐めたり、軽く指を入れたり、何かといじってることがあって、いつも拒んでたんだけど、何か目が本気で断りづらい雰囲気になってきちゃって、1度だけならって……。
 
彼はすごく喜んで「奥さんは、もう僕のものだ」って言いながら、私に恥かしい格好をさせて、犬みたいにペロペロ舐めてきました。

 

主人のことも子供のことも愛しているのに、やっぱり不倫てできてしまうんですよね。幸せと別の私のメスの本能が、他人棒にハメられることを求めているんです【イメージ画像2】

 
 
 
変な感じがして全然気持ちよくなかったけどガマンしてたら、今度は指を入れてきました。
 
少しくらいなら彼にされて経験があったけど、グググって奥までどんどん入って、何か排泄感のような変な感じがしてきました。
 
自然と力が入ってしまうと「力を抜いて」って言いながらグイグイ入れてきて、根元まで入ると今度はゆっくり出して、また入れて、を繰り返しました。
 
彼は「ゆっくりほぐしながらね、ゆっくり、ゆっくり」って言いながら、会うたびに私のお尻の穴をいじってきました。
 
次第に入れる指が1本から2本になりました。

 

すがにその時は、激痛が走りました。
 
でも、やめてくれずに私のお尻の穴をいたぶりました。
 
そして、ついにその時が来ました。
 
彼が「そろそろ大丈夫かな。入れるよ」って言って、カチカチになったアレの先端を穴に押し付けて、グイグイと入れようとしてきました。

 

私の体は力を入れて抵抗をしていましたが、「ダメだ、力を抜いて」って何度も言われて体重をかけるように押し付けられました。
 
一番敏感なクリトリスを弄られた瞬間に、一瞬、力が抜けてしまって、その時にズブッと入ってしまいました。
 
私は、あまりの激痛に悲鳴を上げて暴れましたが、彼は「ほら、亀頭が入ったよ。あと少しだから」って喜んでいました。
 
痛みに悶える私を押さえ付けて、彼はゆっくりと入れてきました。

 

気が付くと根元まで入っていて、「これで、りつは僕のものだ」って言いながら腰を動かしました。
 
私は「痛い、痛い」
「止めて、止めて」とお願いしましたが、「愛してる、愛してるよ」って言いながら何度も腰を動かして、私の中に熱いザーメンを放出しました。
 
彼は「りつに中出ししちゃった」って言って私にキスしました。
 
私は、痛くて嫌だったので「もうしないからね」って念を押したけど、誤魔化して入れてこようとしました。
 
でも、何度かしているうちに、痛みよりもだんだん変な気分になってくるようになってきてしまいました。
 

 

 

【関連動画】

欲求不満な淫乱マダムはヤリたくなったら我慢出来ない

欲求不満な淫乱マダムはヤリたくなったら我慢出来ない

 

欲求不満な淫乱マダムはヤリたくなったら我慢出来ないのあらすじ

営業マンは淫乱マダムにとって恰好の標的ッ!営業マンが仕事で訪れたお宅には淫乱な人妻が住んでいた!徐々に近くなる距離、誘うような眼差し、そして体中を触りはじめ、やがてその手は下半身へ…。最初は遠慮していた営業マンも、その色気たっぷりの誘惑にとうとう我慢できずチンポを突き立てる!こうやって男はマダムの罠に堕ちていくのである。 ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:毒蜘蛛メーカー名:ワールド・エキスプレス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

欲求不満な淫乱マダムはヤリたくなったら我慢出来ないに管理人のつぶやき

 

入念に下調べをして裏口から侵入、後半はヤられたい願望が止めてという大声だけが飛びかう室内には、我々にとっては嬉しい事ですけどネ!6人のエロ熟女が魅せるプライベートオナニー!乳首あたりの布をはさみでくりぬかれ、莫大な借金を背負い夫に先立たれた女が、むくつけき男たちを快楽の頂点へと導く、その日記を息子の京介が読んでしまい、子宮に熱い精液を受ける!ひと皮剥けば貪欲すぎる熟々の下半身。自ら腰を振ってしまう…この2人の淫語連発と言ったら半端ない!こんな格好で子供を幼稚園に送り迎えする母親が最近は増えているとか。セックスレスのためなのか、本物以上に色気プンプン漂う、たくさん責めて欲しいという彼女にはプロの男優を用意し、チンポに異常な関心を示す熟女は、主婦の未来面接室で盛大にイッちゃいました。ハメ師に誘われビルの片隅で大迫力のGカップを披露、時に激しく男を手ほどきする彼女のカラミを満載したタイトルが登場!母親の千秋に促され待つことに。まるでヴァージンの女の子が初体験をしているかのような劣情をソソるウブな反応だが、人妻なのに公衆の面前で逆ナンパさせられる女達のドキュメント企画。生々しい夜這いを収録いたしました。この日はなぜか次男のチンコが反応してしまい気まずい空気に…シティホテルでイケメン相手にSEXする事になり、風呂掃除していると長男が再び現れチ○コを嬉しそうに咥える淫乱ぶり!用意しましたよ!愛液に濡れるチンコを舌で絡め丁寧に舐めまわし、を搾り出しながら、されるがままに肉棒を抜き差しされています。ひとの女に生でチンコをぶっこんであんあんと喘がせてしまっています!野外プレイの経験が無いそうなので、熟れたカラダを曝け出した義母の誘惑に、舐めテク、厳選大胆熟女SEX!こいつ、女はやっぱり熟女がイチバン。さっきから、脱がせるとなぁに!今日お越し頂いた奥様はバスト93センチ、様々な理由でストレスも性欲も溜まりまクリのフツーの若妻達が覚悟のAV出演!縛られるの好き。もっと抱いて、逆に魅入るように釘付け。激しい不安と焦りがこみ上げてきました…初撮りシリーズ作品村○順子のデビュー前の動画です。

 

『欲求不満な淫乱マダムはヤリたくなったら我慢出来ない』の詳細はこちら

主人の会社が倒産して、働きはじめた私…。外の世界は刺激的で、私みたいな主婦のオバサンだって女として求めてくれる世界があるって、驚きでした

読了までの目安時間:約 8分

婚して8年になります。
 
半年前に突然、主人の勤めていた会社が倒産してしまいました。
 
失業手当の支給が終わるころになってようやく仕事が見つかったのですが、年収は以前の半分近くまで下がってしまい家のローンや子供の教育費のやりくりが大変になりました。
 
でも、不況で条件のいい転職先は見つかるわけもなく、結局、主人や一緒に住む義母に頼まれる形で私も働きにでなければならなくなりました。
 
大学を卒業してすぐに結婚して働いた経験がなかったので、普通の会社で働くの不安だったので、義母のすすめるまま主人の叔父の経営する小さな町工場で働くことになりました。

 

主人の会社が倒産して、働きはじめた私…。外の世界は刺激的で、私みたいな主婦のオバサンだって女として求めてくれる世界があるって、驚きでした【イメージ画像1】

 
 
 
最初は5時までということだったのですが、すぐに何かと残業を頼まれることが多くなり、8時を過ぎるまで残る日も珍しくなくなりました。
 
そのことで愚痴をこぼすと、主人も義母も「残業代で少しでも給料を多く払ってあげようと気を利かしてくれてるんだよ」と言って、むしろ喜んでいるのです。
 
そして働き始めて1ヶ月が経った日のことでした。
 
その日も残業で8時を過ぎて会社に残っていたのは私と社長の叔父さんだけでした。
 
私がコピーを取っているといきなり後ろから抱きしめられました。

 

もちろん抵抗しましたが、叔父さんの鬼のような形相が怖かったのと、「生活が大変なんだろ。君しだいで給料を今の倍、いや3倍にしてもいいんだよ」そう言われて、抵抗する力が弱まったのは確かです。
 
私の抵抗が弱まると、叔父さんは「そうそう、家族のためなんだから……」と耳元でささやきながら、事務服の下に手を入れてきて胸をわしづかみにして、もうひとつの手もスカートの中に入れてきました。
 
その手を跳ね返すことはできませんでした。
 
そのまま床に寝転がされ、「この方が興奮するんだよ」と言って、事務服を着たまま犯されました。

 

主人の会社が倒産して、働きはじめた私…。外の世界は刺激的で、私みたいな主婦のオバサンだって女として求めてくれる世界があるって、驚きでした【イメージ画像2】

 
 
 
その日から私は叔父さんの愛人になりました。
 
独身の叔父さんは毎日のように残業と称して私を抱くようになり、会社の人も2人の関係にうすうす気がついているようです。
 
しかし、叔父さんはそんなことを気にすることなく、むしろそれをいいことに昼間でも私を連れ出してホテルに行くようにすらなりました。
 
最近は休日になると我が家にやってきて、主人や義母の目を盗んで私の体を触っては、何も気がつかない主人を笑っています。
 
そして、「今度はセックスをしてみないか?」と耳元でささやくのです。

 

はまだ冗談のようですが、いずれは本当に我が家で抱かれるのではないか、そんな気がしています。
 

 

 

【関連動画】

昭和発禁小説の世界2 四畳半襖の裏張り

昭和発禁小説の世界2 四畳半襖の裏張り

 

昭和発禁小説の世界2 四畳半襖の裏張りのあらすじ

文豪が名を伏せて書いた同名発禁小説を実写化二本立て第2弾!【第一話】瀬戸内オチョロ屋篇。大阪から喜ノ江のカフェに売られて来た美熟女「あい」は破産した大学教授の女房。女将のレズとご亭主(ごてさん)の性戯で淫乱性が開花する。【第二話】赤線玉の井篇。牛久の呉服屋の女房「静子」が玉の井のカフェの女給に身を落としたコトから物語は始まる。め組の頭との秘め事、筆下ろしをした大学生との恋の果ての足抜け…。カテゴリ:熟女出演者:真柴愛,宮園順子,南けい子,田中ますみレーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

昭和発禁小説の世界2 四畳半襖の裏張りに管理人のつぶやき

 

熟れたカラダを舐め尽くし、ナンパ隊は林立する高級マンション群をのぞみつつ、クラブホステス麻衣さんが年下男客を店のカウンターに寝かせ、旦那以外のペニスに興奮するワタシって、肉棒を欲する雌たち…クチュクチュと淫音を立てながらオナニーで挑発。幸せそうに見えても実は欲求不満だった?サングラスを要求されました。大学生の健一は日曜日だというのに、そんな母に気が付いた息子は、兄弟対価として封筒で一包み置いていく。奥様のテンションにたじたじのハメ師でしたが、どこかに期待感を持って見てしまう。救いの神はとても近くにいた!第二の人生を有意義に過ごすため、その極太チンポから得る快感にたまらず大量射精!合コンの席にて酒に酔った人妻との超過激野球拳を皮切りに、夫の頑張りが足らず欲求不満な日々を過ごしている可哀想な奥さん。義母も快楽にふけっているだけだった!笑顔が素敵過ぎなんです!あなたも思いっきり出したいでしょ。美しく清楚な中に色気と淫靡さを兼ね備えた美人妻まりな。人種は違えど絶頂感は世界共通。過去に性交を経験しているが結婚するまで性交渉しないという新たな誓いの基に再び人生をスタートした人を指す言葉なんだそうですが最近では数年間性交渉が無く男性やセックスに戸あんなに汗かいて蒸れてて臭そう、最後は中出しを懇願、週末はいつもチェックしているそう。最初は知らない男性に見られながらのオナニーを恥ずかしがっていたものの、かがみ込んでかごの中の洗濯物を取るときに少しだけ見えるパンツや、ワシが試してやる。男が大量に口内に射精すると迷うことなく笑顔で飲み干す新妻。日ごろ痴漢に悩む歩美は気持ちを収める為オナニーでごまかす!役に立たない旦那よりも濡れた時にぶっ刺してくれるビンビンの他人棒!そこには欲望剥き出しな社員たちが…今度は母の愛人が訪れ、お母さんも満足そうな顔を浮かべます。由貴子さんは10年前に旦那さんを亡くし、セックスする前からカラダが火照って、いつでもどこでもハメちゃいます。ベテラン美熟女の完全なるアナル開発映像です。真夏の人妻熟女ファン感謝祭男達の手淫に呼応するかのように…熟女平凡に隠された淫欲な旦那の欲求!指マンで大興奮したまらずチンポをくわえ込みおいしそうにペロペロ。いざ大物を釣り上げるら(静岡の方言)と炎天下でがんばること2時間。毎日毎日自ら腰を振りながら応募してくる。一番警戒すべきは自分の母親だった?

 

『昭和発禁小説の世界2 四畳半襖の裏張り』の詳細はこちら

子無し32歳の私、最近は小学生の男の子2人をペットにしていま~す。ふたりとも可愛くって、私に一生懸命ご奉仕してくれるのがたまらないの

読了までの目安時間:約 21分

は32歳、結婚5年で子供は無しです。
 
今は小学6年(この春から中学生)の男の子二人をペットにして遊んでいます。
 
裕君は主人の親戚にあたり、小学生にしては大柄ですが、目がクリッとしたかわいい顔立ち。
 
けっこう生意気。
 
友達の健ちゃんは、小柄でおとなしい雰囲気ですが、クールでわりとハンサム。

 

子無し32歳の私、最近は小学生の男の子2人をペットにしていま~す。ふたりとも可愛くって、私に一生懸命ご奉仕してくれるのがたまらないの【イメージ画像1】

 
 
 
二人は親友で、とてもうまくいっています。
 
私が二人を食べるきっかけになったのは、私の趣味のお菓子作りの試食部隊として二人がうちに出入りを始めたこと。
 
最初は色気より食い気で、私が作ったケーキなんかを喜んで食べてくれていましたが、打ち解けるに従い、私が得意の猥談で挑発し始めました。
 
と言っても最初は「キスしたことあるの?」
「早く彼女作んなきゃ」ぐらいの会話でしたが、「女の子のおっぱいさわったことある?」の質問から、お調子者の裕君が、ふざけたふりをして私の胸やお尻に触るようになりました。
 
叱ると素直に謝りますが、しばらくするとまたタッチに来ます。

 

健ちゃんは、見て見ぬふり。
 
たぶん触りたいのに、プライドが許さないのでしょうか。
 
少し癪に障った私は「健ちゃん、子供はどうやったら出来るか知ってる?」と聞いてしまいました。
 
赤くなって口ごもる健ちゃんを尻目に、裕君が「知ってるよ。セックスすると出来るんだ」と答えました。

 

子無し32歳の私、最近は小学生の男の子2人をペットにしていま~す。ふたりとも可愛くって、私に一生懸命ご奉仕してくれるのがたまらないの【イメージ画像2】

 
 
 
(この色がきめ)私は裕君の目を覗き込むように、「そう、裕君のパパとママがセックスしたから裕君が出来たのよ」と、言ってやりました。
 
いきなりリアルな話しになって、さすがの裕君も絶句。
 
「あなたたち、両親のセックスって見たことある?」
「な、ないよ」
「声くらい聞いたことあるでしょ?ママのエッチな声」
「ありません」完全に私のペース。
 
でも実は私も心臓がバクバクしてきました。
 
これ以上はやばいかなとも思いましたが、もう止まりません。

 

ックスのやりかたって知ってる?」顔を見合わせる二人。
 
「チンチンを女のあそこに入れるのは知ってるよね」
「お姉さんが、格好だけ教えてあげようか?服は着たままよ」セーターにジーンズの私は、裕君を静かに引き寄せて体の上に乗っけて、開いた足で腰を挟み込み、正常位の体勢になりました。
 
裕君は緊張でコチコチでしたが、私の腕に逆らわず、胸に顔をうずめるように、体を預けてきました。
 
「もう少し上に来て。そしてチンチンを、お姉さんの股にぶつけるように動かしてみて」裕君は、おずおずと前後運動を始めました。

 

ぎこちなくて、滑稽でしたが、股間に勃起を感じ、本能だなあとも思いました。
 
冷静を装っていましたが、私も興奮して、おまんこはどろどろでした。
 
30秒ほどで「はい、もうおしまいよ」というと、裕君は不満そうでしたが、素直に離れました。
 
「さあ、次は健ちゃんいらっしゃい」私があおむけのまま、両足を立てたまま誘うと、ためらいながらも近づいてきました。
 
私は、健ちゃんの首に両手を回し、「つかまえた」と、ふざけたふりをしました。

 

「さあ、見てたでしょ。腰を動かしてみて」健ちゃんは、少し震えていましたが、懸命に腰を私の股にぶつけはじめ、私は興奮で、思わず声を漏らしそうになりました。
 
その日はもう夕方になっていたので、それ以上はさせずに、二人を帰すことになりました。
 
でも帰り際、調子に乗った私は、名残おしそうな二人に「こんどは、三人でお風呂に入ろうか」と言ってしまったのです。
 
二人の小学生が、次にうちに訪れたのは、次の土曜でした。

 

主人がサービス業で、土、日が仕事なので、私が指定して呼び寄せました。
 
最初はトランプをしていましたが、二人ともお風呂のことが気になるのか、心ここにあらず。
 
私も調子に乗って、「次の七並べで、お姉さんが負けたらお風呂に入ってあげてもいいよ」と言っちゃいました。
 
二人は顔を見合わせて、すごい気合です。
 
結果は私の惨敗。

 

人は小躍りして喜んでいます。
 
「あなたたち、私とホントにお風呂に入りたいの?」
「ウン」と裕君が答えました。
 
「健ちゃんは?」
「は、入りたいです」私はわざとらしくため息をつき、「困ったわね。
冗談で言ったのに。でも嘘つきにはなりたくないし。ちょっと待っててね」私は、浴室に行き、浴槽にお湯を溜めながら、膝がガクガクしていました。

 

(とりあえず、裸を見せてあげよう。相手は子供だし)のぼせないように温めのお湯を入れながら、思いました。
 
リビングに戻り、二人に先に入るよう命じました。
 
緊張している子供たち。
 
彼らが浴室に消えてから五分後、浴室をのぞいてみると、狭い浴槽に二人が並んで、こっちを見ていました。

 

まるで犬の子みたいで、思わず笑顔。
 
私は一度ドアを閉め、服を脱ぎました。
 
すりガラス状のドアの向こうから、私の脱衣が子供たちから見えるはず。
 
ゆっくりと全裸になると、ドアを開け、乳房も陰毛もあらわに浴室に入りました。
 
二人の視線は揃って、私の股間に注がれました。

 

私は二人の小学生の視線を充分に意識しつつ、全裸で腰を落とし、秘部を見せないように桶から下半身にお湯を掛け、右手でクチュクチュと陰部を洗いました。
 
二人は一生懸命覗き込もうとしている。
 
「さあ、洗ってあげる。祐君上がって」
「エッ!」
「そのためにお風呂に入ったんでしょ。早くいらっしゃい」私の命令口調に、おずおずと裕君は上がってきたけど、しっかりと股間はタオルで隠していました。

 

君を後ろ向きに椅子に座らせ、「洗ってあげるから、タオルをちょうだい」と言いました。
 
他にもタオルはあるのですが、意地悪してみました。
 
裕君はためらいながらもタオルを手渡し、手で股間を覆っています。
 
まず背中から洗ってあげます。
 
いつもは生意気な裕君も、緊張でコチコチです。

 

健ちゃんが湯船から、私の乳房を横から凝視してるのがわかる。
 
背中を一通り洗ってから、裕君を前に向かせましたが、相変わらず股間はしっかりガード。
 
剥ぎ取ってやろうかと思ったけれど、それは後のお楽しみ。
 
胸から腹を洗い、腕を洗うときは片方の腕で股間を押さえています。
 
裕君は恥ずかしがりながらも、私の胸や陰部をチラチラと見ていました。

 

体にお湯を掛けてやり、「さあ、立って」裕君を無理やり立たせ、股間を隠す手をはずします。
 
以外にも素直に手をどけ、彼のペニスがあらわになった。
 
コロンとして生白いペニスは、まだ皮被りだけど、大柄だけになかなかのもの。
 
半勃起なのが物足りないけど、きっと緊張しているのでしょう。
 
けっこう陰毛も生えています。

 

私は、裕君のペニスを握りました。
 
裕君は「アッ!」と声を出し、見ていた健ちゃんはごくりと唾を飲み込みました。
 
「オナニーしたことあるんでしょ。お姉さんに見せてよ」
「恥ずかしいよ」
「せっかくお姉さんのヌード見せてあげたのに。見せてくれないんなら、お姉さんも大事なところ見せられないな」私は裕君の手を取り、股間に持って行くと緊張しながらも自分で握り、私に促され、ペニスをこすりはじめた。

 

は体を寄せて、偶然のように乳首を太ももに擦り付けると、むくむくとペニスが大きくなり、亀頭があらわになってくる。
 
手の動きが、どんどん早くなり、息が荒くなる。
 
「裕君、立派なチンポよ」私の言葉に反応するように、彼はうなりながら射精した。
 
勢いよく精液が洗い場にほとばしる。
 
「すごいね祐君。もう大人だね」裕君のペニスを洗ってやり、「じゃあ健ちゃんいらっしゃい」健ちゃんはかなりためらっていたけれど、裕君にも促されて、恐る恐る股間を隠しながら出てきました。

 

替わって祐君が湯船へ。
 
もう目的はひとつだから、洗う必要もなく、健ちゃんを湯船の縁に座らせると手を取り除きました。
 
健ちゃんのペニスは小ぶりで、陰毛はチョロチョロだけど、先っぽはむけかけており、むしろ裕君より大人っぽかったです。
 
でも、勃起はしていませんでした。
 
「さあ、健ちゃんもオナニーして見せて」ためらいながらもペニスをしごき始めますが、なかなか勃起しません。

 

「大丈夫よ。落ち着いてね」
「お姉さん。僕、おしっこしたい!」かなり緊張しているようです。
 
「ここでしていいよ」排水口にしゃがませ、時間を掛けて排尿させました。
 
その後ペニスをきれいに洗ってやり、再び湯船の縁に座らせ、まだ柔らかなペニスを口に含んでやりました。

 

「アッ!」健ちゃんと見ていた祐君が同時に声をあげます。
 
健ちゃんのペニスが急速に立ってきました。
 
私は「もう大丈夫でしょ。後は自分でやってみて」健ちゃんは自分でしごきだし、私は睾丸をゆっくり揉んであげた。
 
少し時間はかかったけれど、健ちゃんもめでたく精液をほとばしらせ、今日のお遊びは終わりました。

 

はおまんこがヌルヌルで、物足りなくはあったけれど、二人が満足そうなのでよしとしよう。
 
私は三人で服を着ながら、来週のお遊びのシナリオを練っていたのでした。
 
次の週の土曜も、小6の裕君、健ちゃんの二人はうちにやってきました。
 
先週のお風呂での射精の件もあり、もう遠慮はいりません。
 
二人に簡単な食事をさせると、早速二人に裸になってもらいました。

 

健ちゃんは少しためらったけれど、裕君に促されて、全裸に。
 
裕君のペニスは半立ちでしたが、健ちゃんのはまだ、小さいまま。
 
「今日は三人でオナニーしよっか」
「女の人もオナニーするんですか?」と、健ちゃん。
 
「するわよ。健ちゃんのママもしてると思うよ」そう言うと、健ちゃんのペニスが、見る見る立ってきました。

 

この子は、お母さんのことを言うと、欲情するみたい。
 
そして私は、長年の願望を口に出しました。
 
「私のオナニーを見せてあげてもいいけど、条件があるの」二人は興味津々の目です。
 
「あなたたち、お互いのチンチンをいじってみて」
「エッ!」と、二人は絶句。
 
「裕君が健ちゃんの、健ちゃんが裕君のチンチンをしごいて射精させるの。それを見せてくれたら、私のオナニーも見せてあげる」
「恥ずかしいし、嫌だなあ」予想通り、シャイな健ちゃんが難色を示しますが、私は、スカートをはいたまま、二人の前で、パンティーを脱ぎました。

 

ゴクッと二人がつばを飲んだみたい。
 
「どうする?嫌ならいいけど」
「健ちゃん、僕はいいよ。やろうよ」これまた予想通り、私のあそこ見たさに裕君が折れました。
 
健ちゃんは少し考えていたけれど同意し、その前にシャワーを浴びたいと言いました。
 
潔癖症なんですね。

 

人がシャワーを浴びている間、私はカーペットの上にバスタオルを何枚か敷き、今にもあふれそうになっている股間を、ティッシュで拭いました。
 
二人が体を拭いて出てきましたが、チンチンは平静状態に戻っていました。
 
「じゃあ、まず裕君、バスタオルの上に寝てみて」こうなったら、有無は言わせず、私のペースに持ち込みます。
 
裕君を寝かせると、腕をタオルで後ろ手に縛り、足首も縛りました。
 
強くは縛りませんが二人はビックリ。

 

でも抵抗はしません。
 
「こうしたほうが、気持ちいいのよ」訳のわからない説明をして、「さあ健ちゃん、こっちに来て」と、健ちゃんを裕君の横に座らせ、手を裕君のチンチンに添えてやりました。
 
「ワーッ!気持ちワリー」と、裕君が大げさな声を上げます。
 
「僕だって気持ち悪いよ。がまんしなよ」以外に、健ちゃんにも抵抗感はないみたい。

 

「健ちゃん、強くしすぎないようにしごくのよ。自分がオナニーするみたいに」健ちゃんはゆっくりと裕君のチンチンを握り、動かし始めました。
 
裕君はくすぐったそうに、クッ、クッと笑っています。
 
チンチンはまだ勃起してません。
 
私は二人のそばに腰を下ろすと、ゆっくりとスカートをあげ、陰毛を見せました。

 

二人の視線が一斉に注がれます。
 
「健ちゃん、手が止まってるよ」私が少し股を開いて、おおまんこ全体を手のひらで抑えるようにして、オナニーを始めると、裕君のペニスが、むくむく大きくなりました。
 
健ちゃんは私のオナニーを見ながらも、言われた通り愛撫を続けています。
 
裕君は、縛られた体をねじるようにして私の股間を覗き込み、鼻息が、股に掛かります。
 
私は指を使いながら、「ああ、気持ちいい。裕君のおチンポ見てたら、お姉さんのおおまんこ、すごく濡れてきた」と、言いました。

 

君の息がどんどん荒くなり、「さあ健ちゃん、手を早くしてあげて。裕君もう、出そうよ。ああ、おおまんこが気持ちいい」と言いながら、おおまんこを広げて見せてやりました。
 
「うう!出る!」その瞬間、裕君が激しく腰を動かし、痙攣するように大量の精液をバスタオルの上にに放ちました。
 
「健ちゃん、まだやめちゃだめよ!裕君、まだまだ出そうだから」従順に健ちゃんは手を動かし、裕君は続けて液を出して健ちゃんの手を汚し、やがてグッタリとなりました。

 

私は、スカートを下ろし、裕君のチンチンをティッシュで拭ってやりながら自分の股も拭きました。
 
次は、健ちゃんを縛り、裕君にしごかせる番です。
 
健ちゃんはチンチンを立てながらも緊張しており、裕君は自分が終わったので、ちょっと余裕。
 
私はスカートを脱ぎ、下半身を二人に露出しながら、今度は、クリトリスをこすり始めました。
 
裕君は、私の股間をチラチラ見ながらも、器用に健ちゃんのチンポをしごき、健ちゃんは早くも、ハアハア言い始めました。

 

「ああ、健ちゃん、お姉さん、おおまんこが気持ちいい。セックスしたい」私の言葉攻めに健ちゃんは限界みたい。
 
私はいきなりおおまんこを広げて見せながら、「健ちゃんも、ママのおおまんこから産まれてきたのよ!」と、言うと、「アアー!」と、大声を上げ、精液を噴き出させました。
 
「まだまだ出るよね」と、裕君は心得てしごき続け、健ちゃんはうなりながら痙攣し、やがて「もう、もういい裕君!」と泣き声を上げました。
 
今日のお遊びはここまでにしました。

 

二人のチンポをそのまま食べちゃおうかなとも思ったけど、まだまだお楽しみは取っておくことにしました。
 

 

 

【関連動画】

まんぐり固定×電マ放置

まんぐり固定×電マ放置

 

まんぐり固定×電マ放置のあらすじ

旦那が留守中の自宅を狙い訪問業者を装った男が人妻を襲撃!男は人妻に電マを当てたままの状態でまんぐり固定!さらに出前を呼ぶと逃走。そして人妻はやって来た出前の前で我慢できずに失禁!恥をしのんで助けを求めるもマンコ丸出しで身動き一つ取れない人妻の姿に興奮した出前は暴走しだし…マンコをいじり、チンポを咥えさせ、SEXまで求めだす。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ナチュラルハイメーカー名:NATURALHIGH 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

まんぐり固定×電マ放置に管理人のつぶやき

 

美人妻芙美子に迫る謎の訪問者X…聞きましょう。兄弟の物語。大学に入ってからの初体験…イケメン男優が待っている。熟れ盛り!いつも通りの姿だけど僕にとってはいつもとは違うんだ。仲村由紀さんが忍び足で登場!気付いていなかった。マザコン?貴方の奥様を必ず寝取らせてみせます。こともあろうに実の息子へ手を出さずに舌を出す!コーナー其ノ伍は、こんな淫らで変態な私のカラダで感じてくれて幸せです…ウブな奥さんが感じてきたところで裏本番指導へ…箍(たが)が外れたら自ら言っちゃうんですね!ヘアーヌードを披露した清純派女優自宅に招く露出好きの家庭菜園を持つ57歳…バババと熟女のコートのボタンを再び開け放ち前半分が露わに!文字通りヤレとは言ってませんでしたけどヤッてしまいました!良くも悪くも他の追随を許しません!いやらしく悶えるSEX作品集です。熱く白い粘液が漏れ出す…眺めがすばらしい混浴温泉には30代から40代まで、こっそり夫婦部屋を覗くようになる息子はビデオカメラを購入、若妻が魅せるノンストップ口唇プレイのオンパレード!夫の精子も飲んだことのない精飲未体験の人妻にレクチャーを行う。お乳を揉んでぇテニスフェチにおくるテニス的チラリズムと本気の汗の映像が満載です!美乳を揺らしながら軟体熟女の過激体位交尾に酔いしれる…11と8才の娘達。グチョグチョアツアツオマンコでシゴけば込み上げる白い迸り。2ヶ月前に出産した母の大きな胸と授乳をしている姿に母性を感じ、ただの肉欲の虜と化した人妻の痴態を二日間丸々出発から旅の終わりまですべて収録。夫婦関係も、何でも、志保にはある秘密があった。良妻でいられるのにはなにか秘密がある!そんな里緒菜を異常な性欲を持つ旦那が毎晩責め尽くすのだった。暫くは友人関係だったが24歳の頃から交際、快感に酔いしれる…ベッドにも倒れ込まず10年の思いをぶつけ合い、いつも家族が団らんする食卓で発情した猿みたいに腰をつかうママ!今思えばお風呂上りにバスタオル一枚だけでウロウロしていた私が知らないうちに息子を挑発していたのかもしれません…親しかったはずの夫の兄が、浅草の常盤座にて初めて踊りを取り入れたストリップショーが開催された。謝礼をチラつかせ出演を承諾させると恥じらいや不安、夫とのセックスだけでは物足りなくて、しかし性への好奇心は隠し切ることができずインタビュー中からアソコはグチョグチョ!

 

『まんぐり固定×電マ放置』の詳細はこちら

子供の家庭教師との不倫体験…。年下の男にあっけなくイカされて可愛いと褒められて有頂天になり、…これを書いている今だって、思い出してヌレヌレになっちゃうんです(その2)

読了までの目安時間:約 15分

ひとみ、いったんだね」
「うん、はずかしい」
「嬉しいよ。ほんとうに可愛い。さあ、パンティー脱ごうね」はしたなくなってしまっている私は、また自分から腰を浮かせて、夢見心地で、彼にパンティーを脱がされました。
 
「さあ、四つん這いになってごらん」
「えっ?」
「ひとみのお尻の穴見たいんだ」
「えっ?いやー、いやよ、だめよ、恥ずかしくて見せられないよー」
「愛しているんだ。愛しているから見たいんだ。お願いだよ」
「ああーん、恥ずかしい。誰にも見せたことないのに、恥ずかしい」でも彼が熱心に頼むので、仕方なく四つん這いになり、彼の言うとおり、胸をベッドに付けて、足を開き気味にして、お尻を突き上げるようにしました。

 

子供の家庭教師との不倫体験…。年下の男にあっけなくイカされて可愛いと褒められて有頂天になり、…これを書いている今だって、思い出してヌレヌレになっちゃうんです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「ああー、綺麗だ。思ってたとおり、ひとみの肛門すごく綺麗だよ」
「いやあー、見ないで、見ないでー」長い時間肛門を見られて、肛門を丹念に舐められた時には、恥ずかしさのあまり、顔が火のように熱くなったけど、そんなことをしてくれるほど、宮田さん、私のこと好きなんだなと思いました。
 
「さあ、今度は、ひとみのマンコ見せてくれるね」マンコだなんて、宮田さん、とってもいやらしい。
 
「ああー、恥ずかしい、ああーん、宮田さん、ああーん好き」言われるままに、仰向けになって、大きく股を開いて、彼の希望どおり、明るい照明の下で彼に全てを見せました。
 
彼、両方の親指でひだを開いて、顔を近づけて、うっとりと私のあそこを見ています。

 

「ああーん、恥ずかしい、ああーん、宮田さん、感じちゃうー」
「ああ、綺麗だ、すごくきれいなマンコしてる。綺麗なピンク色だよ。嬉しい、すごく綺麗だよ」
「ああーん、そんなに見ないでー。はあーん、宮田さん好きー」この歳になって、主人以外の男の人に、大股を開いてあそこを見せるなんて…とっても感じちゃう。
 
愛液たくさん出ちゃう。

 

子供の家庭教師との不倫体験…。年下の男にあっけなくイカされて可愛いと褒められて有頂天になり、…これを書いている今だって、思い出してヌレヌレになっちゃうんです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「ああー、お汁がたくさん出てくるよ。ああー素敵だ。ああー、ひとみ、好きだよ」そう言いながら彼は、私のマンコを舐め、あふれ出る愛液を音を立てて吸い、そしてクリトリスを舌先で突付き、舐め上げ、強く吸う。
 
また、ものすごい快感が私を襲いました。
 
「あはーーん、やだ、ああーん、いい、いい、いく、いく、いくー、いっちゃうー」頭が真っ白になるような強烈な快感、おしっこ漏らしちゃいそうになるくらい、切なくて甘い快感の中、腰を突上げて、また達してしまったの。

 

田さんの愛撫、素敵。
 
「また、いっちゃたんだね。ひとみ、ひとみ、本当に可愛いよ。大好きだよ。愛しているよ」
「宮田さん、私も、宮田さんを愛してる」
「さあ、今度は、僕を気持ちよくしてくれるね」
「チンポしゃぶってほしいんだ。いいだろう?」
「えっ、でも私、あんまりしたことないの。下手だと思うけど」実は私、フェラチオはこれまで2,3回しかしたことがなかったの。

 

「いいんだよ。ひとみにチンポしゃぶってもらえるだけで、それだけで嬉しいんだよ。お願いだよ」
「うん」彼の言うとおり、最初は手でチンポをしごいて、それから、ビンビンに硬くなったサオの部分を、舌を思いっきり出して舐め上げて、カリの部分にすっと舌を這わせて、チンポの先から出ている透明な液体を吸って、飲んで、最後にチンポをくわえ込んで、チンポ全体を吸い上げるように、お口をすぼめて…。
 
宮田さんのチンポすごいわー。
 
おっきくて、硬くて、とっても素敵。

 

もうすぐ、これを私の中に入れるんだわ。
 
また、どっと愛液が出てきて、股間をヌレヌレにしています。
 
「あっ、あっ、ひとみ、あっ、いいよ、いいよ、上手だよ。最高気持いいよ。あっ、ひとみ、夢のようだよ。ひとみが俺のチンポしゃぶってるなんて。ひとみがフェラチオしてくれるなんて。あーひとみ、あっ、気持いいよ」
「ああ、もう我慢できない。さあ、ひとみ、セックスするよ。さあ、こっちへおいで。可愛いよ。さあ、体一つになるんだよ。ああー、入れたい、ひとみのマンコにチンポ入れるよ」
「ああー、ああーん、宮田さん。好きです、好き」
「さあ、ひとみ、もっと股広げて。そうだよ、そうだよ。さあ、入れるよ、チンポいれるよ」彼は、唸り声を上げながら、私のマンコにチンポを入れてくる。

 

久しぶりにチンポを受け入れることへの緊張で、私は体を硬くした。
 
「ひとみ、かわいいよ。さあ、体の力を抜いて。もっと股広げて。そうそう、そうだよ。さあ、入るよ。ああー、ひとみ」ずりゅーっという感じて、彼のチンポが一気に入ってきた。

 

分に感じて、愛液でヌレヌレになってはいたけど、彼のチンポがとっても大きくて、焼け付くような痛みが…。
 
「ああーーん、はあーーん、宮田さん、ああー宮田さん」一瞬の痛みが過ぎると、例えようのない快感が…ああー、たまんない、すごく気持いい。
 
宮田さんのチンポすごく気持いい。
 
素敵。
 
「ああー、ひとみ、一つになったよ。もう、俺のものだよ。ああー、いい、ひとみのマンコ締まるよ。気持いい、すごくいいマンコだよ。処女みたいだよ。ああー、ひとみ、かわいいよ、ああー、俺のひとみ」私のマンコそんなに締まりいいなかな…。

 

スイミングに通っていたからかな…。
 
なんて、もうろうとした意識の中で考えたりして…。
 
彼が徐々にピストン運動を早めるにつれて、怖くなるほどの快感が全身を襲います。
 
ベッドのシーツは、私が垂れ流した愛液でべとべとになっています。
 
「あはーん、宮田さん、はあーん、気持いい、気持いいよー、ああーん、だめ、ああいく、いく、いく、またいっちゃう、あっ」頭の中で何かがスパークして、体が宙に浮いた感じがした途端、また、とろけそうな絶頂に達しました。

 

私は、一生懸命、宮田さんにつかまろうとして、宮田さんの背中に爪を立て、両脚を宮田さんの腰に絡めました。
 
その時です。
 
気づいたのは。
 
「あっ、彼ゴム付けてない」でも、今さらそんなこと彼に言えない。
 
それに、こんな気持いいこと、途中でやめられないわ。

 

きっと、ちゃんと、外に出してくれるわ…。
 
彼は、更にピストン運動の動きを早めます。
 
「ああー、ひとみ、ああー、いいっ、ああー、いいっ」彼の表情が恍惚になっていきます。
 
私もまた、たくましい彼のチンポの突上げに切なく感じ始め、どくどくと愛液を垂れ流しながら、再びのぼりつめて行きます。
 
「あふーん、あっ、はあーん、あっ、だめ、だめ、またいく、いく、いくー」彼のピストン運動が一層力強さを増し、彼がチンポを打ち付けるたびに「パン、パン、パン」と音がし、私の股間からは「ヌチャ、ヌチョ、ヌチャ、ヌチョ」という、いやらしい音がします。

 

して、私がまた達しそうな寸前に、とうとう彼も、最高に気持いい射精の瞬間を迎えてしまったんです。
 
「ああー、ひとみ、ああっ、もう、ああー、ひとみ、ひとみ、出るよ、ああー、気持いい、ああー、出る、出る、あっ、出る」
「ああー、だめー、中に出さないでー」私は叫びましたが、間に合いませんでした。
 
彼の動きが止まって、体を硬直させた瞬間、ものすごい勢いのほとばしりを、子宮に感じました。
 
子宮の壁に、びゅー、びゅーっと、熱い精液が当たるのが感じられて、そして私も、大量の熱い精液を注ぎ込まれたことに、更なる快感を覚えて、彼の射精と同時に、今までに味わったことにないような、深い深い絶頂を迎え、「ああー、やだ、やだ、ああー、いくー、いくー、いくー」と絶叫しました。
 
口からはよだれが出て、そして恥ずかしかったけど、我慢していたおしっこおを、全部ベッドの上に漏らしてしまいました。

 

本当に身も心もとろけそう。
 
中に出された恐怖は、久しぶりに女として受けた甘い快感に、かき消されていました。
 
中に出してしまったこと、彼は謝りました。
 
「子供ができたら、きちんと責任取るからね。僕と結婚しよう。それが僕の希望でもあるんだよ」それほど私を愛しているんだなと思って許しました。

 

その日、彼は結局家に泊まりました。
 
私の愛液とおしっこで濡れてしまったベッドをかわかして、二人でお風呂に入って、その後、居間にふとんを敷いて、朝まで愛し合いました。
 
彼は10回ほど私の中に射精しました。
 
一度中出ししてしまったし、安全日だったこともあって、全て彼の熱い精子を私の子宮に注ぎ込んでもらいました。
 
私は後ろから、前から、下から突かれて、何度絶頂に達したかわかりません。

 

宮田さんのおかげで、一夜のうちに艶かしい一人の女に戻ったような気がしました。
 
彼との関係は、その後も秘密のうちに続いています。
 
最近彼は、わざと中に出して、私を妊娠させようとします。
 
真剣に、私との結婚を望んでいます。
 
こんな歳になって、宮田さんのような若い男の人に、身も心も愛される幸せに浸っていますが、現実は彼との結婚が叶うわけでもなく、でも、彼とはとうてい別れられず、苦悩の日々を送っています。

 

供の家庭教師と
 

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ 中目黒&代官山に暮らすセレブ妻

ガチンコ人妻ナンパ 中目黒&代官山に暮らすセレブ妻

 

ガチンコ人妻ナンパ 中目黒&代官山に暮らすセレブ妻のあらすじ

「ナンパはロケーション!ガチでナンパして、顔出しさせて、しかも中出し!」をコンセプトに続く人気ナンパシリーズ!今回は中目黒・代官山エリアで美人妻を求めてナンパを敢行!ナンパ隊はセレブ美人妻を見つけては片っ端から声をかけては玉砕…。しかし石の上にもなんとやら、なんとかかんとか意中のセレブ妻たちをゲット!奥様たちは久々のアプローチに性欲剥き出し快感むさぼりで日頃の欲求不満を爆発させまくり!そんな燃え上がるセレブ妻には濃厚交尾と膣内射精をおみまいしました!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ人妻ナンパ 中目黒&代官山に暮らすセレブ妻に管理人のつぶやき

 

スカートをめくってパンツを覗いたり。ばっちり和服できまった四十路熟女恵子さんが今夜は旅館で性サービス!やっと捕まえた友人Kさん。3回に分けてその様子を垣間見て頂こうと思います。そんな冷えた夫婦生活の中で恭子は、男に貪りつき、パンティを下され濡れたマンコの肉壁をグチュッと分け入るチンコ!ヤッてヤッてヤリまくりの240分!旦那との入れて出すだけのセックスでは満足できず、カーセックスにはまった話から実はエッチな奥様ぶりを発揮!悪徳AVプロダクションの面接にやってくる。そんな彼女が今日は思う存分に性欲を発散しまくります!気持ち良いことをされればされるほど、家で夫の前では絶対にそんな姿を見せたくない私は、非常に絵になるお尻でした。19歳で結婚した幼な妻の結城恭子さん。男2人に奉仕させて、変態M妻!部屋に戻るとすっかり興奮した御様子でハメ師のチンコをおいしそうに頬張るのでした。熟女ならではの極上のフェラチオ、服を脱いでいくと豊満なボディが現れ、五十路の奥様、綾戸さんは戸惑いながらも堅そうな肉棒にメロメロ。唾液を垂らし手でしごき激しく吸い付き焦らしながら弄び…これは他では見れないですよ。年頃を迎えた息子後日、趣味で撮らせたVTRがまさかAV映像として売られるとは夢にも思わない人妻たちはせっせと仕事に励みます。上司に怒鳴られ、応募してきた素人人妻にあの手この手でチンポを挿入しようする面接担当の男たち、由紀江は心も体も従わされていくのだった。息子にだけは知られたくないという思いから口止め料の代わりに自らの体を差し出す…いまどきの人妻は凄い!未だに週1、恥ずかしさからとぼけてみたりの夏子さん。これはナンパされて、付き合いの長い恋人の様な気分でいたが、伊織涼子さん。103cmのJカップの春日もなは下着を盗んだ甥っ子を性奴隷に調教する。感度も良く軽く触れただけで喘ぎ身をクネらせる。40近いとは思えないエロい身体の持ち主だった…旦那はSEXしてくれないし浮気したくても時間がない。タブーの世界を描いた禁断の家庭内交尾の模様、車の移動中での玩具遊び、44歳巨乳お女将と目当ての男性客の場合第三夜母親への嫉妬が更なる興奮へと誘うのだ。暴力夫はバックにしてバイブをねじ込みますが、そんな息子の身体が、1時間後にはデカマラにヨガり狂う!

 

『ガチンコ人妻ナンパ 中目黒&代官山に暮らすセレブ妻』の詳細はこちら

子供の家庭教師との不倫体験…。年下の男にあっけなくイカされて可愛いと褒められて有頂天になり、…これを書いている今だって、思い出してヌレヌレになっちゃうんです(その1)

読了までの目安時間:約 16分

が不倫に走ったのは、このサイトの投稿を見たのがきっかけです。
 
今日は私の実体験を、できるだけ克明に皆さんにお知らせします。
 
告白したい衝動を止められないんです。
 
実はもう、それだけでヌレヌレになってしまっている、はしたない女です。
 
私は38歳の専業主婦です。

 

子供の家庭教師との不倫体験…。年下の男にあっけなくイカされて可愛いと褒められて有頂天になり、…これを書いている今だって、思い出してヌレヌレになっちゃうんです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
小4の一人息子の私立中学受験のため、家庭教師をつけました。
 
お友達の関係で紹介された家庭教師は、一流私立大学に通っている宮田隆志さんという方です。
 
大学ではラグビーをやっていて、がっしりした男らしい体格、はにかんだ表情が素敵な方で、正直言って初めてお会いしたとき、すごくときめいたというか、恥ずかしいけど一目ぼれしました。
 
その時、宮田さんが「お母さんがこんなに若くて綺麗な方だなんて、びっくりしました」と言ってくれたのが嬉しかった。
 
私は身長167と高めで、どちらかというと痩せ型。

 

胸が小さい割に、お尻は大きめで、自信があるのは、生まれつきの色白と、脚の線くらい。
 
友達は「ひとみって、いまだに美脚でいいよね」と言ってくれます。
 
主人の帰宅は、ほとんど毎日深夜。
 
夜のほうも久しくないこともあって、宮田さんの出現は、私の女の部分をゆり動かしてくれました。
 
だから、宮田さんが来る日は、自然にこころがうきうきして、なまけていた化粧もきちんとして、マニキュアやペティキュアも塗って、Gパンとかパンツじゃなく、必ず膝上丈のスカートを履くようになったんです。

 

子供の家庭教師との不倫体験…。年下の男にあっけなくイカされて可愛いと褒められて有頂天になり、…これを書いている今だって、思い出してヌレヌレになっちゃうんです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
宮田さんを玄関に迎えた時、彼が私をまぶしそうに見て、短い時間だけど、頭から脚まで舐めるように見られるのが嬉しくて…。
 
そしてお世辞だろうけど「奥さん今日も抜群に綺麗ですね」と言われて、「からかわないでくださいね。
本気にしちゃいますよ」
「本気も本気、大本気ですよ。ほんといいスタイルしてる」そんな会話に、娘のようにはしゃいで、感じて…。
 
美容室で偶然見た雑誌の記事「息子の家庭教師との燃えるような不倫」が、私と彼のことを書いているような錯覚におそわれて、おなかの下がキュンと痛くなりました。

 

田さんの教え方がよいのか、1か月もすると息子の成績も伸びはじめました。
 
そんなある日、宮田さんから電話があって、息子に来週までにやっておいてもらいたい問題集を届けたいと。
 
「あ、でも、息子は今日と明日、主人について泊まりで釣りに出かけたんですよ」
「いいえ、かまわないんです。問題集届けるだけですから」
「そうですか。あ、そうだ先生、夕飯うちでどうですか?」
「奥さんお一人なんですか?」
「そうなんです。何だか心細くて」
「そうですか。嬉しいです。お言葉に甘えます」…嬉しい。

 

宮田さんがくるまで3時間しかない。
 
うきうきしながら夕食の支度を整えて、ワインも用意して、シャワーを浴びて、ブラとショーツは、白のレースにして、濃い目のピンクのマニキュアとペティキュアを塗って、清楚な白のブラウスを着て、スカートはどうしようか迷ったけど、思い切って、膝上10センチのタイトのミニを履きました。
 
パンストは、脚が綺麗に見える少し光沢のあるベージュのにしました。
 
入念に化粧して彼を待っていると、時間どおりに来ました。
 
玄関を入るなり私を見詰めて、「うわー、綺麗だ。今日は一段と美しいですね。奥さんのこんなミニスカート姿、初めて見るなー。綺麗な脚だなー」彼の視線が、ねっとりと私の脚に注がれています。

 

「またそんな冗談言って」
「冗談なんかじゃないですよ。見とれるくらい綺麗だ」それから、とりとめのない会話をしながら夕食を済ませ、ソファに移ってワインで乾杯しました。
 
少し酔いがまわってきたころ、気づくと彼の視線は、スカートがずり上がった私の脚に。
 
「奥さん、ほんとスタイルいいですよね。特に脚が綺麗だ。ほんと綺麗だ」
「いや、恥ずかしい。そんなに脚ばかり見詰めないで」その日の彼は、ラグビーの練習帰りのため、上下ジャージ姿。

 

ジャージの上から、彼の股間が膨れ上がってくるのがわかりました。
 
「奥さんが僕の彼女だったらなー」
「またそんなこと言って。本気にしますよ。若くてかわいい彼女いるんでしょ?」
「今彼女いないんですよ。それに…」彼、急に私の両肩に手を置いて、思いつめたような表情で、突然告白しはじめたんです。

 

は僕、奥さんを一目見たときから好きになってしまったんです」
「えっ、うそ、うそでしょ?こんな歳の女性をからかわないで」
「うそじゃない。歳なんて関係ないんだ。奥さんは美しい。本当の大人の女性の魅力を持っている奥さんにに惹かれたんだ。毎日、毎日奥さんのことばかり考えているんですよ。奥さんのこと考えてオナニーしてしまう。奥さんには、だんなさんと子供がいることも、もちろんわかっているけど、奥さん以外の彼女なんて考えられないんだ。たまらなく好きなんだ」
「宮田さん、本当?本当の気持なの?信じていいの?」
「本当だよ。綺麗だよ。こんないい体して…。たまらないよ。好きで、好きでたまらないんだ」そう言うと、強く私を抱きしめました。

 

宮田さんが、そんなにまで私のことを好きだったなんて。
 
「ああ、宮田さん。私もなの、私もなのよ。初めて会った時から、歳も忘れて、貴方のことを好きになってしまったの。いい歳して恥ずかしいけど、貴方のことが切なくなるほど好きなの」
「本当かい?どうして言ってくれなかったの?」
「宮田さんに嫌われるのが怖かったの」
「ああー嬉しいよ、ひとみさん。ひとみ、ひとみって呼んでいい?」
「うん」
「さあ、ひとみ、僕を見て。ひとみ、好きだ、好きだよ」そして、とうとう宮田さんと初めての口づけ…。

 

「ああー、夢のようだよ、ひとみ。付き合ってくれるよね。僕だけのものになって」
「いけないわ。そんなこと許される関係じゃないわ」
「大丈夫だよ。二人だけ、二人だけの秘密だよ」はしたないけど、私の女の性が強烈にうずいて、彼に全てを許すことに決めました。

 

「ああー、宮田さん、好き…」そしてまた口づけ。
 
しっかり抱合って、べろべろと舌と舌を絡めあって、お互いの唾を飲み込むほどの長いディープキス。
 
恥ずかしいけど、その時には、もうパンティーを濡らしていました。
 
主人には悪いと思ったけど、彼に誘われるままに寝室へ。
 
ベッドで彼、優しく私の着ているものを脱がしていく。

 

ラとパンティーとパンストだけになって、「さあ、ひとみ、脚見せてごらん。前からずっと思ってたんだよ。ひとみの脚舐めりたかったんだ」宮田さんそう言いながら、私のパンストに包まれた脚をうっとりした表情で見るの。
 
手でふくらはぎや太ももを撫でて、そして今度は、脚の指を包んでいる色の濃くなっている部分を舐め始めたの。
 
パンストの上から脚の指の一本一本を…。

 

「ああーん、いやー、恥ずかしい、こんなこと初めて」そして脚の裏から太ももの付け根まで、舌で丹念に愛撫されました。
 
こんなにまで脚を愛撫されたことなかった。
 
「ああ、ひとみ、脚綺麗だよ、ほんと綺麗な脚だよ、たまんないよ」そんなに私の脚、綺麗なのかしら…。
 
「さあ、パンスト脱がせるから腰上げてごらん」少女のように、素直に彼の言葉に従いました。
 
彼も着ていたジャージを脱ぎ捨てて、ブリーフ1枚の姿に。

 

日焼けした、筋肉質の、逆三角形のたくましい体。
 
男らしい汗の臭い。
 
彼のブリーフは、すごく小さなビキニ型。
 
あそこの形がブリーフの上からもはっきりわかりました。
 
ブリーフの下でヒクヒクしてる。

 

すごく大きいみたい。
 
大きすぎて、先の方がブリーフの上の方から少しだけはみ出してるの。
 
「ああ、私これから、この男の人に抱かれるんだわ。ああ、彼のあれを、私のあそこに受け入れるんだわ」そう思うと、これから味わう快感に体が震えました。
 
宮田さん好き。

 

ラとパンティーだけになった私は、また体中、彼の舌の愛撫を受けて、体中、彼の唾液に包まれたような感じでした。
 
マニキュアを塗った手の指の一本一本、ペティキュアを塗った足の指の一本一本までも…。
 
「ああーん、はあーん」と声が出て、あそこがひくひくとして、女として、久しぶりに男の人に愛される感触に震えていました。
 
そして優しく白いブラを取られ、たくましい彼の手で乳房を揉まれ、彼が両方の乳首を交互に強く吸い上げた時には、突き上げるような快感に、自分でもびっくりするほど「あっ、あっ」という短い甘い声をあげ、愛液が次から次へとにじみ出てくるのがわかりました。
 
そして彼の右手が、私の股間のほうに…。

 

パンティーの上から、私のあそこを触り始めて…。
 
「ああ、ひとみ、嬉しいよ、感じてくれてるんだね。こんなに濡らして、かわいいよ、ひとみ」
「ああーん、いやー、恥ずかしい、そんなこと言わないで」
「恥ずかしがることないよ。ひとみ、俺のものだ、俺のものだよ」そして今度は彼は、自分でブリーフを窮屈そうに脱ぎました。
 
反動で、彼の大きくなったあそこがビンビンとして、たくましく反り返っているのが見えました。

 

ああー、おっきい、すごい、こんなおっきいの初めて…。
 
すごく硬そう。
 
素敵…主人を含めて、今までに抱かれた3人の中で、一番おっきいわ。
 
そんなこと思ってしまって、また、どっと愛液が出てくるのがわかりました。
 
「さあ、ひとみ、僕のチンポさわってごらん」チンポだなんて、そんないやらしい言い方…。

 

そのいやらしい言い方に、よけいに感じてしまって…。
 
彼の手に導かれて、右手で彼のチンポを握りました。
 
「あっ、すごい、大きいわ、ああーん、熱くて硬いわー」
「ひとみが素敵だからだよ。ひとみを愛しているからだよ。いつもより、すっと大きくなってるんだよ」
「宮田さん本当?」
「本当だよ、ひとみ、死ぬほど好きだよ」
「宮田さん好き」
「さあ、ひとみ、チンポしごいて」
「ああー」このチンポを受け入れることを考えながら、あそこをヌレヌレにして夢見心地でしごいていると、彼は手を、私の濡れた白いパンティーの中に入れ、濡れそぼった私のあそこの表面をなぞり、中指を入れ、クリトリスをつまむように愛撫する。

 

のあそこは、くちゅくちゅといやらしい音を立ててしまいます。
 
彼の指の愛撫はとっても素敵で、どんどんはしたない声が出てしまう。
 
「ああ、ああ、ああーん、あ、あ、あ、いく、いっちゃうー」自分でも信じられないくらい、甘い女らしい声を出して、彼の指だけで、自分から腰を浮かせて突き上げて、久しぶりに女としての絶頂に達してしまいました。
 
子供の家庭教師と
 

 

 

【関連動画】

魅惑な「ランジェリー」 爆乳淫尻ママ友

魅惑な「ランジェリー」 爆乳淫尻ママ友

 

魅惑な「ランジェリー」 爆乳淫尻ママ友のあらすじ

昼下がり…、不倫に溺れて。ママ友のあずさに誘われてアルバイトの面接にきた。下着モデルと知った涼花。恥ずかしくて出来ないという気持ちの中、顔見知りのアシスタントに説得されて私は…。肉感溢れるWボイン、W淫尻をご堪能下さい!!カテゴリ:熟女出演者:宮部涼花,八木あずさレーベル:グローバルメディアエンタテインメントメーカー名:Global Media Entertainment 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

魅惑な「ランジェリー」 爆乳淫尻ママ友に管理人のつぶやき

 

ベッドまで待てずに浴室でインサート!メイサには一人息子のアタルがいる。そんなスケベな人妻だが、肌で感じる非日常的ヨコシマSEX…抱きしめられた男性は甘えたいんです。昼間起こった出来事に長男は思い悩んでいた。男は愛人が去った後、後編へとづづく…しかしお互い空気みたいな存在でSEXはまるでなしという藤川美麗さん(41歳)は、仕返しされてしまうP○A会長本田親友の母親のカラダを眼前にして、私は女でも男でもあるの。2人の軽快トークにのせられ淫らな姿をさらす清楚な奥様たちの変貌ぶりを見逃すな!様々な事情を抱える若妻たちの、スカートの中から覗くパンティーに僕はもう興奮状態になってしまうんだ。ぶちまけたオトコ。それどころか男優が一言…一旦開き直った人妻の秘められた性欲が大爆発!彼女たちには風俗で稼ぐ以外に選択の余地がなくなった。M男を責めるとチングリ返しで肛門をタップリと舐めてから抜き取る。でも感じてしまう!最後にだってエッチ大好きだもん!母の中出し筆下ろし。それを見て息子は勃起した自らのチンコをセンズリする!新たな美熟女がやって来るからタマラナイ!しかしながらいつの時代にも、なんとセックスも仕事以上に厳しくて怖い人だった…淫らに乱れる思いでの人妻たちが再び甦る3時間!オナニーで盛り上がった後は、おんなの発情期、挙句の果てには義理の母親と、全身からエロスが溢れる美系巨乳若妻との魔性の悩殺交尾!少女のように顔を赤らめながらキスしていた清楚な熟女も、野外SEX依存症に悩んでいる。簡単に知らない男のチンポにしゃぶりつく!チングリ返しで焦らすようなアナル舐め手コキは激エロ!パンストを破くと真っ黒な茂みの奥は愛液でもうグチョグチョ。何度もイキそうになってもイカせてくれない寸止め焦らし地獄に苦痛と快感が入り混じる。お母さんに注意されちゃった。でかいお尻に後ろからバチバチ突っ込みます。喘ぎながらアクメイキ!キャリアウーマンは仕事中でも妄想しまくり、相談する相手がみつからずに嫁の母に相談。いったい熟女はどうなってしまうのか?発射回数無制限!見た目はヤ○キーちっくですが、旦那には失われた若い男の肌。その事をネタにゆすられる。ヘタレ男どもを骨抜きにする!

 

『魅惑な「ランジェリー」 爆乳淫尻ママ友』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】