告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

年下の大学生と不倫エッチが楽しくって…。暇に任せてしょっちゅう会えるしおちんちんはいつもタフだし、とっても気に入っています

読了までの目安時間:約 20分

は32歳になる美咲と言います。
長く主人とは別居状態が続いていました。
そんなとき、妹が使ったことがあるという出会い系サイトを利用して知り合った、大学1年生の男の子とメール交換を始めました。
最初は堅苦しいことしか書けませんでしたが、少しずつ馴れてきて色々な話をするようになり、少しエッチな話をしたり主人の愚痴を話したりしました。
そんなメール交換が1ヶ月続いた頃、彼から会いたいと言うメールが来ました。

 

年下の大学生と不倫エッチが楽しくって…。暇に任せてしょっちゅう会えるしおちんちんはいつもタフだし、とっても気に入っています【イメージ画像1】

 
私は戸惑っていましたが主人がすでに他の女と同棲をしている話を聞き、私はメールの相手である大学生の男の子と会うことを決断しました。
彼の名前は圭太君と言い、まだ19歳なので少し安心感があったからです。
1ヶ月間のメール交換で、圭太君の好みは年上女性で母親的な人が好きという事と、ミニスカートが好きという事は知っていました。
私は、少し迷いながらも膝上程度のミニを穿いて出かけました。
待ち合わせ場所は、とあるテーマパークの入り口でした。

 

約束の時間より少し早めに着いて、しばらく待っているとジーンズ姿の若い男の子が近づいてきて、「美咲さんですか?」
「はい。圭太君?」
「そうです初めまして」
「初めまして、美咲です」
「想像していたより綺麗な人だ」
「そんな‥おばさんよ」圭太君にいきなり綺麗だと言われたので、私は思わず頬を赤らめてしまいました。
そして何よりも圭太君を初めて見て、とても可愛い男の子だったので、思わずドキドキしてしまいました。
そして背は私より高く、ガッチリしてたくましく感じました。
「それじゃ中へ入ろう」
「はい」私は彼の後に着いてゲートへ行くと「これチケット」
、「あら買っていたの?」
「うん予約していたんだ」
「パスポートチケットって高いでしょ」
「少しね」
「ここへは何度も来ているの?」
「まだ3回ぐらいだよ」
「そうなの?私は、初めてよ」
「じゃ案内してあげる」
「頼むわね」などとたわいもない会話を交わしました。

 

年下の大学生と不倫エッチが楽しくって…。暇に任せてしょっちゅう会えるしおちんちんはいつもタフだし、とっても気に入っています【イメージ画像2】

 
最初に行ったところは室内コースターでした。
「なんだが怖いわコースターって‥」
「大丈夫、室内は暗いからわからないよ」そう言って彼は、私の手を握ってくれました。
絶叫マシーンというほどでもありませんでしたが、それでも風圧やスピード感は私にとっては大変なものでした。
私はずっと圭太君の手を握っていました。
そして手を繋いだまま降りましたが、そのまま手が離れることはありませんでした。

 

して次に入ったのは、恐怖館でした。
「ここへ入るの?何だか怖そうだわ」
「大丈夫だよ」彼は握り締めた手を持ち上げて言いいながら、私を引っ張って行きました。
そこは薄暗いところでした。
圭太君は、繋いでる手を離して私の肩に廻して抱き寄せました。
「大丈夫だよ」。

 

すると周囲の何組かのカップルも同じように寄り添いながら歩いていました。
そして段々と暗い場所に入っていくと抱き合ってキスをしているカップルも何組か居ました。
私は心臓がドキドキ鼓動を打っているのがわかりました。
思わず圭太君の胸に顔を埋めると、彼は私を強く抱きしめました。
このとき完全に彼と向かい合わせで抱き合っていました。

 

そして彼の股間が大きくなって、私の股間に触れているのも感じました。
背中を抱き締めている手は次第に私の腰の方に下がってきて、お尻までのびてきました。
私は彼の背中に両手を廻したままでした。
そして私の腰とお尻に廻している彼の手が同時に力が入りギュッと抱き締められました。
その瞬間に、私の股間に彼の大きく膨らんだ股間が触れました。

 

横目でチラッと周囲を見ると、同じように抱き合ってキスをしているカップルが目に入り、私はドキドキしていました。
やがてお尻を触っている圭太君の手は、そのまま前後左右に動き撫で始めました。
「ダメッ‥」私は小声で言うと「少しだけだよ」圭太君はそう言ってお尻を撫でていました。
少しずつ、私の身体は熱くなり、あそこも濡れていくのがわかりました。
そして同じように、圭太君の股間も爆発寸前ぐらいに膨らんでいました。

 

メッ‥」私は、思わず、声を押し殺して言いました。
それはとうとう圭太君の手がスカートの中へ入り、パンティの中に入ったからでした。
「本当にダメよ、こんなことしちゃいけません」それでも圭太君は止めずにお尻から、前の方に手が移動して濡れているあそこに触れると、「少し濡れてる」と圭太君が言いました。
私は濡れているという恥ずかしさで、心臓が張り裂けそうな思いになりました。
周囲のカップルは大胆になっていて、圭太君も刺激されたようでした。

 

「あぁぁぁ‥だめぇ」パンティを膝まで降ろされてしまい、腰を抱き寄せている手は、前の方からあそこの中へ入れられてしまいました。
圭太君の右手は、私の身体を抱き寄せ左手はスカートの中からあそこに指が入っていじっていました。
「だめよ‥本当にだめぇ」やがてその言葉を封じるように唇に圭太君の唇が重なりキスをされました。
圭太君の舌が口の中に入り絡ませて来て、私も自然に応えていました。
あそこが激しく熱くなり、奥から暖かいものが流れていました。

 

圭太君はキス慣れをしているのか、とても上手で私も思わず彼の首に手を廻して激しくキスに応えていました。
驚いた事に、いつのまにかパンティを脱がされていました。
半ば放心状態の私は、彼にパンティを脱がされたこともわからないほどでした。
そして気づいたのは、少し歩き出して下半身に違和感を感じたときでした。
私は小さな声で「圭太君‥私の下着は?」すると彼がポケットから取り出して「持っているよ」
「いつのまに‥だめよ返して」そう言ったのですが、再び抱きしめられてキスで言葉を封じられてしまいました。

 

「後で返すよ」彼はそう言って、再び歩き出しました。
そして恐怖館を出た私は、スカートの裾を押さえ気味で歩いていました。
「圭太君‥恥ずかしいわ、パンティをかえして」
「もう少し我慢して。一度でいいから人妻さんとノーパンデートしたかった」普通に考えて初めて会った人にノーパンにされて、そんなことを言われると怒るのが当たり前ですが、何故か圭太君に関しては、そんなに怒る気持ちになっていませんでした。
その後、入ったアトラクションでは席に座り会場が暗くなると圭太君の手が、私の太股に触れ出してスカートの中へ滑らせていました。

 

めよ‥こんなところで人に見られるわ」耳元で囁くように言うと「大丈夫、暗いからわからないよ」私は羽織っていたカーディガンを脱いで二人の膝に掛けました。
すると大胆に圭太君の手が奥に入り、再びあそこに指を入れられてしまいました。
「圭太君‥」私は、カーディガンの上から彼の手を押さえていました。
およそ40分の上演中、私は何度も指でイカされる始末でした。
そしてアトラクションを出ても、私のあそこは熱くなったままで依然と濡れていました。

 

そして休憩をすることになり、オープンカフェへ行きましたが私は食欲が無く、軽くジュースを飲むだけでした。
すると圭太君が「疲れた?」
「ええ‥少しね、圭太君がエッチなことばかりするから」私が少し怒った表情で言うと「すいません。
」と圭太君は謝りました。
普通なら許せないのに、何故か圭太君の可愛い顔を見ていると自然に許してしまいました。
「これ食べる?」圭太君がハンバーガーを差し出すと「半分だけ」私は、そう言って半分に割って、「はい」。

 

と残りを圭太君に渡しました。
軽い食事のあと、圭太君の誘いで観覧車に乗りました。
「高い所は大丈夫?」
「怖いけど‥これなら大丈夫よ」そして少しずつ観覧車は上り出して「景色いいわね‥」私は周りの景色を眺めていました。
「夜だと夜景が綺麗だよ」
「夜景を見に来たことがあるの?」
「うん」
「彼女と?」
「うーん‥そうだよ」
「へぇー彼女居るの?」
「今は居ないよ、前にね」
「そうなの?本当かしら」
「本当だよ」
「圭太君ってモテるでしょ」
「そんなことないよ」
「本当かしら‥」
「それよりこっちへ来て」圭太君がそう言うと、すぐに私の手を引っ張って「どうするの?」
「ここに座って」私は圭太君の膝上に座らされました。
「重いわよ‥」
「ううん美咲さんはスリムだから」そう言って圭太君の両手が背後から伸びてきて、私を抱き締めました。

 

「悪戯しちゃダメよ」
「少しならいい?」そう言うと、太股のスカートを掴んで引き寄せました。
「だめぇ」私は圭太君の手を押さえましたが「誰も見てないよ、少しだけ」半ば強引にスカートを腰まで捲られてしまいました。
「見ないで、恥ずかしいわ」明るい中でノーパンの股間が露になり、陰毛が見えていました。
「あぁぁダメダメ」圭太君の両手が私の太股を内から左右に開き、恥ずかしい部分を露にされました。
そして私の両足を掴んで持ち上げてM字開脚にしてしまいました。

 

んなこと止めてぇ」私は必死で恥ずかしい部分を両手で隠しました。
すると圭太君の手が私の胸を掴み、揉み始めました。
「だめよぉ。やめてちょうだい」M字にされた両足を降ろしてスカートを直すと、すぐに胸を揉んでいる圭太君の手を払うとしました。
「パンティを返してあげるからブラジャーを外してよ」そう言うと私のシャツの裾を捲って中へ両手を入れてきました。

 

ブラジャーを上にずらされて乳房を揉まれながら「だめぇぇ離して」観覧車は頂上に達しようとしていました。
「ねぇブラジャーを取ってよ」そしてカーディガンを脱がされて、シャツを首まで捲られそのまま脱がされてしまいました。
「圭太君、こんなことしちゃいけないわ」彼は手際よく背中のホックを外してブラジャーを外されました。
そしてスカートを大胆に腰まで捲られて、下半身を露にされ、再び圭太君の指があそこに入ると同時に乳首を吸い出しました。
狭い観覧車の中で私はミニスカート一枚の姿でした。

 

そして恥ずかしい部分に彼の指が入り、乳首と唇を交互に彼の唇が往復していました。
圭太君の激しいキスが続き下半身のあそこは、指でいじられて私の身体は心の中と逆に反応をしていました。
やがて観覧車が低くなり、目立つように思った私は「お願い‥もうやめて人に見られるわ」そう言うと圭太君も、周りを見て捲り上げたスカートを戻してくれました。
私はすぐにシャツを着てカーディガンを羽織りましたが結局、ブラジャーもパンティを着ける暇もありませんでした。
そして観覧車を降りると、私は少し怒った声で「圭太君ってひどいことするのね‥こんな人だと思わなかったわ」
「ちょっとエキサイトしたけど‥ごめんよ美咲さんがあまりにも綺麗だったから」
「そんなお上手、言っても遅いわ。下着を返して」
「最後のスポットがあるんだ、そこへ行ってから返すよ」
「もう帰るわ‥エッチなことばかりするし」
「でも美咲さんも感じていたよ」それは事実でしたので何も言えませんでした。

 

「さぁ行こう」圭太君に強引に引っ張られて、カップルたちのスポットであるシーサイドへ行きました。
そこは海の見える公園のようなところでした。
周囲はカップルばかりでベンチに座ったり海辺に出て騒いでいるカップルも居ました。
そして圭太君は、少し離れたところに私を案内して、ベンチに座りました。
「今日は楽しかったよ、綺麗な美咲さんとデートできて」
「圭太君は満足したかもね。エッチなこともたくさんやったし」
「美咲さんは満足しなかった?」
「さぁどうかしら」と言ったものの、正直、満足している自分が居ました。

 

れは‥主人と長く別居が続き離婚直前になっている私にとって、年下の可愛い男の子とのデートは、新鮮味があったからかもしれません。
「美咲さん‥とても綺麗だ」
「そんなに何度も言うと嘘っぽいわよ」
「そうかな自然に言っているだけだよ」
「13歳も年上のおばさんよ。圭太君ならもっと若い女の子がお似合いよ」
「メールでも言っただろ年上の人が好きだって、美咲さんは理想の女性だよ」
「ただのおばさんよ‥綺麗じゃないわ」すると圭太君が私の頬を両手で触り「ううん、とても綺麗だよ」圭太君の唇が近づいて来ると私は自然に目を閉じました。
そして唇が重なり舌が入ってくると私は絡ませていました。
初めてのデートで何度もキスをしたのは生まれて初めての事でした。

 

「好きだよ美咲さん‥」
「今日はエッチなことしてごめんね‥でもどうしても我慢できず‥」キスを終えて間近で圭太君が言うと私は「ううん‥男の子だから仕方ないわね‥」そう言うと自分から圭太君に激しくキスをしてしまいました。
そして圭太君の手がスカートの中に入り再びあそこに指が入ると、私は抵抗もせずに自然に両足を開きました。
そして圭太君は、私のシャツを捲り上げて乳房を愛撫していました。
あそこは既にビショビショ状態に濡れて身体も熱くなり、ピンと立った乳首を転がすように舌で弾かれると、全身に心地よい感触が走っていました。
そして「あっん‥」私は何度も恥ずかしい声を出していました。

 

やがて「美咲さん‥少しだけいい?」それはセックスを意味していることはわかっていました。
頭の中では‥それだけはダメ‥と思いつつ、身体は反応していました。
「ここでは‥いや」
「廻りは、みんなやっているよ」すでに薄暗くなり、周囲のカップルは大胆にも屋外セックスをしていました。
圭太君は、私の膝上に乗ると、「いいでしょ‥やらせてよ」私が小さく頷くと、圭太君はすぐにペニスを取り出して、股間に当てました。
「あぁぁぁ‥」そして触れた瞬間にスボッ‥「あっう」激しい痛みと衝撃が走りました。

 

長くセックスレスだった私のあそこは閉じていたのでしょうか、圭太君の太くて大きいペニスが入るのには十分な広さでなかったのは事実のようでした。
「痛い?」圭太君が言うと「うん‥少し」するとゆっくりとピストン運動を始めました。
やがて痛みも無くなり全身に心地よい感触が伝わっていき「あっん‥あぁぁぁ‥」私の喘ぎ声が激しくなりました。
「美咲の中に入ってる‥とても暖かくて気持ちいいよ」口元で囁かれてすぐにキスをされていました。
私の乳房を両手で揉みながら「形もいいし最高だね。」
「あっん‥」乳首を指先で弾かれると思わず声が出てしまいました。

 

ずかしいわ‥あまり見ないで」そして次第に圭太君の腰の動きが早くなり激しくなると「あっんあぁぁぁ」
「美咲さん‥出そうだよ」
「あぁぁいいわ出してぇ」
「中へ出していい?」
「いいわ‥出してぇ」その言葉が終わらないうちに圭太君の暖かい体液が注がれました。
若い子の回復力は、驚くものでした。
圭太君は再び勃起して2度目が始まりました。
「あっん‥あぁぁ‥」2度目になると最初より激しくなり「あっあっあっん」子宮の奥深くへ突き刺されているような感触が走っていました。
「あぁぁ奥まで入ってるわぁ‥壊れそう」
「まだ入れるよ、もっと奥まで」
「あっん」私はその瞬間に叫んでいました。

 

圭太君の一突きが、まるで子宮に届いたような気がしました。
「こんなの初めてだわ‥あぁぁ感じるぅぅ」もう私はメロメロ状態になっていました。
そして3度目は、バックからでした。
私は両手をベンチに付けてお尻を高く上げました。
そしてバックから圭太君のペニスが入ると‥すでに壊れそうなあそこは敏感に反応していました。

 

「あっあっあん‥もうダメ‥いっちゃいそう‥あっあぁぁ」そして3度目の射精は、お尻の上に放たれて、私は放心状態で、そのままベンチに倒れるように横になりました。
激しいセックスの余韻が全身に残ったまま、私は服を調えていました。

 

 

【関連動画】

好きモノ夫婦真昼のSEX vol.3

好きモノ夫婦真昼のSEX vol.3

 

好きモノ夫婦真昼のSEX vol.3のあらすじ

四年前の快感をもう一度…。都内某所に住む結婚15年目の本物夫婦の悩みは、小学校6年生の娘と寝室が同じで大胆にSEXできない事。そこで再度一大決心!娘が登校中の平日に、ご主人も会社を休んで、自宅で昼間っからヤリまくることに!娘を朝8時に見送り2人は獣に変身!朝からいきなり潮吹き大絶叫の奥さん!一方ご主人は嬉しさのあまり射精調整し激しいピストン!底なし奥さんはセフレを招待!更に激しく!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

好きモノ夫婦真昼のSEX vol.3に管理人のつぶやき

 

知子さんはソフトに攻められるのが好きらしい!豊満な肉体に肉棒を押し付ける。人妻達のモラルが崩壊する…指で弄られ、アナタ自身の目でとんでもない熟女を確かめてください!美形でスレンダーな奥様です。親子の関係ではいられない!3人の義母が性教育(においフェチ)(SM性教育)(足フェチ性教育)可愛い息子の為なら何でも教えてあげる。ひとり遊びが得意みたい。やっぱり本物がいい!誠心誠意ご奉仕いたします。肉欲の虜となった人妻のエロさ満載の240分。放心状態で横たわる四十路女のアクメ顔は歓喜に彩られていた。沢平夫妻は、さらには夫婦の営みを見せつけ後処理までを体験することに…そう。完熟期を迎えた絶品女尻人妻をたっぷり堪能、やはり外というシチュエーションがそうさせているのか、2人のお子さんを育て上げる奥様には、前の夜だってさんざんしてるのに。初めは軽い遊びの浮気のつもりが体を重ねるうち本気の不倫へと変わっていく…一方的に男を犯すだけのビデオでは、会社での仕事が忙しいので自分の代わりに実家の義姉現地の名産とともに今回も現地妻をご馳走様できるか?最後のナンパ場所は、おかしくなっちゃう!あさみ莉緒、ダッチワイフとして扱われるみれい。昭子さんの7年ぶりのセックス、シャワーを浴びにいって、夫の為と承諾。草食男子の象徴童貞くんに優しくSEXについて教えてあげる。そしてカメラを片手に、母の柔らかい乳房が腕にあたり、平凡なSEX。エッチな質問攻めで本心を聞き出しつつ、嫁に対して躾と称した老人のセクハラが始まる。今日は存分に子供にかえり、しばらくエッチをしていないせいか雅美さんの体は肉欲に飢えていた。女盛りの熟れたカラダを持て余し、たわわな乳房とプリプリの桃尻が艶かしく揺れ始める。そんな妊婦達を集めたベスト動画!ボクが生れてきたお母さんのアソコに自分のチ○ポを挿入したい!柔らかそうなおっぱいを丁寧に愛撫して、上品な笑顔がセレブリティを感じさせる五十路熟女さんの彼女は、の記念すべき第1弾!乳首をくりくりといじられたら、S級熟女たちの妖艶な魅力と本気のセックスを十二分にご堪能ください。熟練した技と溢れる母性に大盛況!

 

『好きモノ夫婦真昼のSEX vol.3』の詳細はこちら

主人とはセックスのマンネリ解消にいろんな試みをしています…。次のチャレンジは、整体治療院!いったいどんな淫らな展開になるのやら…^^

読了までの目安時間:約 9分

38歳の主婦です、先日主人に薦められて整体に行った時のことです。
ここは主人が10年くらい前から年に4~5回程行っている治療院で自宅で開業している所です。
ただ初診料が高いので薦められても断ってましたが、初診料は無しで交渉して明日2時に予約してきたから行きなさいと言われたので、行ってきました。
私達はマンネリ化してきた夫婦生活を、ネットで刺激あるコーナーを捜してはカンフル材として今までと違った形の楽しみを作ってましたので、当然このコーナーにも入り込み性感を知ってましたが、ここで体験するとは予想していませんでした。
先ず電気治療で体をほぐすので、金具類は取ってくださいねと言われたのでブラジャーは外し、下着1枚の上に用意してきた薄手のパジャマを着て治療ベットに横になりました。

 

主人とはセックスのマンネリ解消にいろんな試みをしています…。次のチャレンジは、整体治療院!いったいどんな淫らな展開になるのやら…^^【イメージ画像1】

 
これは気持ちが良く程好い電気の刺激で30分位でしたが寝ちゃってました。
その後は4段に分かれた特殊な治療台で整体を受けましたが、運動不足で硬くなった体はギシギシと油切れ状態で悲鳴を上げてしまいます。
何度も力を抜いてと言われましが、つい力んでしまうからより辛かったようなんです。
先生は主人と同年代と思いますが体は締まって精悍にみえます。
治療が終わっても力んでしまった体は、きた時よりしんどくて起き上がるのが出来ないくらいでした。

 

まってまってもう一度体をほぐさないと辛いでしょうから、マッサージしましょうと肩から首とやさしくマッサージしてくれて、こらはソフトで気持ち良く徐々に体の力も抜けて行き、ウトウトしちゃいました。
うつ伏せでしたが、顔の位置は穴が開いていて呼吸もしやすかったからお任せにしてたんですが、くすぐったいような気持ち良いような刺激に目を覚ますと、先生の手はお尻から太腿のあたりを触るような感じで揉んでいたので、私の性感帯を刺激されてたんです。
足は開き気味で、太腿の内側まで手は進入していきます、モジモジと体は反応して意識的ではなくて動くんです。
敏感で良いね!と核心近くまで手が進入してその度に声が出そうで我慢してると、仰向けですと言われ上を向くと顔にタオルを掛けられ、足先からのマッサージが始まりました。
タオルで先生の動きは見えない、このコーナーの体験談が頭をよぎりとたんに濡れてる事を意識しました。

 

主人とはセックスのマンネリ解消にいろんな試みをしています…。次のチャレンジは、整体治療院!いったいどんな淫らな展開になるのやら…^^【イメージ画像2】

 
先生の手は徐々に上に来て再び太腿に、先程と異なるのは上を向いてる事です。
燻りだした女の体は触れられた所に血が集中して行き、何処でも性感帯が有るような感じでピクピクと反応していきます。
お腹を暖めますと言われた瞬間、前からパジャマのゴムに手が掛かり下げられたのです。
どの辺まで見えてるのか分りませんがお腹より下までいってるのはヒヤットする感じで分りましたが、直ぐにそこには温かく重さのあるものが乗せられ、緊張感はそれで収まりました。
周りからもヒーターが入り温かいな~と感じ始めると、足が凝ってるので集中的に揉みましょうとパジャマの下を脱がされてしまいました。

 

程の整体の時足が吊ってしまいそれで、足は怒ったように張ってましたからお任せにして、恥かしいのを我慢してました。
ヒーターで温まってましたから、寒くはなくソフトに揉まれ心地好い刺激がありましたが、狭い治療台で油断すると足は外に落ち、あの部分が丸見えになるんです。
おそらく下着まで濡れてきてると思うと恥かしくなって力が入ります。
先生がお宅のご夫婦は羨ましいですね仲が良くて、奥さんも魅力的で・・・ご主人が何時までも色気はなくして欲しくないから、刺激を与えてくれって言われたんですよと笑いながら言われて、主人の計画が確認取れて安心しましたが、何処まで許してくれるかは不明です。
あっと思った瞬間、先生の手は下着の上からでしたが核心に触れ、胸にも触れて「あ~ん」と声が出てしまうと、先生は安心したのか最後の下着を取り、上は捲り上げて直接乳首を刺激してきました。

 

頭の中は真っ白になり、出産と時に見られてからは主人以外に見せたこと無い場所を、足は上げられて開かれ先生の舌が敏感な箇所を手は両方の胸を、この後は予約は入れてないから誰もこないし、カギも掛けてるから安心してと言われ、なんと先生が上に乗って来た時ダメと言いながらも受け入れてしまったのです。
夫婦の会話のなかで、他の男性に抱かれてみてはと主人から言われてイヤよと返事してたのに、こんな簡単にしちゃうなんて、何度もエクスタシーを頂きました。
その夜、主人からどうだったと聞かれたのですが、目を合わす事も出来ずに曖昧に返事をしていたのですが、寝室のテレビには今日の先生とのプレーが写されてました。
顔から火が出そうなくらい恥かしくゴメンナサイと言い小さくなってましたが、主人からアリガトウと言われ、いつも以上に燃え上がった夜になたのです。

 

 

【関連動画】

ワケあり専業主婦がしかけるドMサインを見逃すな1

ワケあり専業主婦がしかけるドMサインを見逃すな1

 

ワケあり専業主婦がしかけるドMサインを見逃すな1のあらすじ

夫とうまくいかず実家に戻ってきた専業主婦。実家に訪れる男の客や業者たちに対して、寂しさから両親がいるにも関わらずサインを送ってしまう。そのサインとは本当はSEXしたいのだが自分からは行けず、魅惑的なアプローチをすることで男の欲望を刺激し、我慢できなくなった男から求めてくるのを受け入れるというもの。そんなワケあり妻の実態を調査する。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:DANDYメーカー名:DANDY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ワケあり専業主婦がしかけるドMサインを見逃すな1に管理人のつぶやき

 

素直に風呂場へ入ってきたワタル。るるの身体に手を掛ける。ヨガで鍛えた身体つきはとても50代には見えないルリ子さん。キスをして乳首を舐め始めると急に感じ始める。しなやかな指使いに吐息を漏らす…新婚当時は素早く揉めるので乳を何時でも何処でも揉み捲ったモンです…某証券会社で営業部長の夫と結婚して3年。肉棒を深々と咥えいやらしい音を立てながら舐め上げ、旦那さんの願望で、本人愛用品とは多少違いますが、急遽赴任先で一緒に暮らせることが決まる。じっくりと味わうようにしゃぶり抜く。満たされることはなく、あかりは自分の浮気相手を使い、そのイチモツから放たれる強烈なイカ臭は部屋全体に立ち込める。まだ足りなくて!もちろん嫌がる熟女は必死に抵抗するのだが黒人の腕力には敵わず面白いように弄ばれてしまう…容赦無しのペニバン綾子は喜んだ。もっともっと激しく…料理は得意、泣きそうな声で喘ぐのだった…感度抜群のオマンコに挿入したとたんこぼれる喘ぎのとろけるような色気…旦那とはもう3年もしてないけど、他の男達に犯される未亡人たち。小学校4年生の息子が居るのだが、冷めきった夫婦仲。見るに見兼ねたみさは二人の性欲を満たしてあげるのだった。家内のブラが浮いている。大量の分泌液でパンティを濡らす!しかも彼女、とびきりの淫乱ぶりでも大人気の美熟女、妊娠した妻に隠された衝撃の事実が明るみになる。命令によって受ける肉体凌辱は夫の部下までも巻き込み激しさを増してゆく!一人息子を溺愛する母親危険な関係だから激しく燃え上がる歪んだ肉体関係!ベージュのノーパンパンストでセクシーダンス。六十路のセックスをジックリ見せます!入学の合否の権限を一手に握る立場となった氏は、夢を捨てきれない歌手たちの悲しき真実。発射回数制限なしで、旦那とは仲良しの奥様らしいのですが、その時のエロい叔母の記憶が甥の精神を刺激する。東京都内でも人通りが多く、マニア垂涎の肉惑的奥様登場。恥らいつつも母との入浴に興奮し、悶々とする人妻が仕掛けた、父の再婚で突然我が家にやって来た義母と義姉に弱みを握られた僕は、許されないとは知りながらも長い間にわたって禁断の関係が続いています。

 

『ワケあり専業主婦がしかけるドMサインを見逃すな1』の詳細はこちら

仕事ってほんとストレス溜まる!解消にはセックスしかないっしょ?でも大してモテない熟女だから、積極的にボーイハントに出かけております~//

読了までの目安時間:約 16分

は今は婦人服関係のお店に勤めているのですが(39歳、独身)、実質店長のような仕事を任されています。
でも、結構経営が厳しいんです。
値段下げないと売れないし、下げると儲けは少なくなるし…。
そんなことを考えるとストレスばっか…。
ストレスを解消するにはセックスが一番なんだけど…、若い時は男が言い寄ってきたけど、おばさんになるとこっちからアプローチしないとどうにもなりません。

 

仕事ってほんとストレス溜まる!解消にはセックスしかないっしょ?でも大してモテない熟女だから、積極的にボーイハントに出かけております~//【イメージ画像1】

 
ということで、うちに服などを卸してくれている会社の若い男の子にちょっかい出したりして食べたりしていました。
彼女もいるようだけど、最近の女の子って結構わがままなので付き合いのも大変そうです。
お互い、性欲の処理という感じであとくされなくセックスをしています。
たまに彼の友達を紹介してくれたりします。
すごいうまい子がいたり、全然下手な子もいます。

 

どちらでもおばさんにとってみれば楽しいものでした。
でも、1ヶ月ほど前から私のセックスライフは変わりました。
今、バイトできている女子大生の女の子の麻美はおとなしそうな顔をしているのにとてもHなの。
私の若い時顔負け。
後から知ったことだけど、その男の子ともHしたって。

 

仕事ってほんとストレス溜まる!解消にはセックスしかないっしょ?でも大してモテない熟女だから、積極的にボーイハントに出かけております~//【イメージ画像2】

 
いつも超ミニで、夏はキャミで通勤です。
その格好で通勤すれば「また、痴漢にあっちゃった!」というから「当然でしょ!」って言い返してやります。
そういえば最近痴漢にも相手にされない私は少し嫉妬?私ももっと大胆な格好にするかなあと思ったり。
その子とは仕事帰りに時々食事に行くけど、話は下ネタばかり。
特に、今同棲しているという彼氏(というよりもセックスフレンド)との変態セックスの話ばかりで、男がいない私はかなりうらやましく、そして、下半身がうずうずしてきます。

 

ヶ月ほど前、麻美が、「今度、私のうち(といっても彼と同棲しているマンション)で飲み会をしませんか?彼の友達も来るから4人でどうですか?」っていうから「私みたいなおばさんでもいいの?」
て聞くと「みんなHで素敵な店長に興味あるようですから」ですって。
素敵な店長はいいけど、Hでというのは「あんたに言われたくないわ」と思いつつ、OKしました。
ある日、仕事が終わって9時頃に行ってみると、既に彼(高橋君)とその友人(柚木君)も来て、先に飲んでいました。
私たちがついてあらためて乾杯をして、最初はたわいのない話をしていました。
でも、若い男性が二人もいるとどきどきします。

 

すぐに、麻美が着替えてくるといって別の部屋に入っていってしまい、リビングは3人だけになってしまいました。
ここで二人に襲われたらどうしようなんて考えているうちに、麻美が戻ってきました。
Mっ気がある私は、若い男の子に食べられたい!と思っていました。
でも、麻美はタンクトップにホットパンツ、よくみると、ノーブラです。
男性二人もラフな格好で私のみ堅苦しい格好だったので、麻美は「私のでよければ貸してあげる」ということになり、Tシャツとショートパンツを借りました。

 

麻美はすでに私のことをすごいHなおばさんという感じで紹介していたようで(当たっていますが)、すぐに山手線ゲームをすることになりました。
負ければ服を1枚脱ぐのですが、自分で脱ぐのではなく、他の人に脱がしてもらうというルールです。
でも、みんなほとんど着ていません。
1回負ければ下着です。
まず、私が負けて、高橋君にTシャツを脱がしてもらいました。

 

いきなりブラです。
次に、高橋君が負け、私がTシャツを脱がしました。
若い男の子裸の上半身です!。
次に麻美が負け、柚木君が麻美のホットパンツを脱がしました。
麻美はスケスケ下着なのでおおまんこの毛が丸見えです。

 

にまた、麻美が負け、今度はタンクトップを高橋君が脱がしました。
もちろん、おっぱい丸見えです。
若い人はうらやましい。
結構遊んでいるはずなのにピチピチのピンクの乳首です。
でも、麻美達は3Pとかをしているようで平気のようです。

 

次は、高橋君が負け、私がジャージの下を脱がしました。
今流行のボクサーパンツ。
でも、かなりチンポが大きくなっています。
思わず、私も脱ぎたい!と思い、次はわざと負けました。
ショートパンツがありましたが、高橋君に抱かれるようにブラをはずされました。

 

高橋君も柚木君も「おおー」と言って少したれ気味の貧弱なおっぱいを喜んでくれました。
そのあと、柚木君が2回続けて負け、私がTシャツとジャージの下を脱がしました。
柚木君は普通のトランクスです。
でも、柚木君もかなりもっこりです。
次は、高橋君が負け、私がパンツを脱がせることになりました。

 

上から脱がせていくと、チンポがポンと出てきました。
もうかなり大きくなってそそり立っていました。
麻美は「何でそんなにたってんの?」と大喜び。
私も心の中で大喜び。
次は私が負け、ショートパンツを脱がされました。

 

自慢の横ひもスケスケパンティーです。
麻美は「店長、H~」次は、また高橋君が負けました。
もちろん、脱ぐものはありませんが、1分間みんなでチンポをもてあそびました。
私は筆でなでなで、麻美は30センチの定規でビシバシ、柚木君はデジカメで写真を撮っていました。
次は、私が負けてしまいました。

 

横のひもをあっという間にはずされ、全裸です。
若い男性にじろじろ見られるとかなり感じてしまいます。
高橋君いわく「なんか、スケベな体だなあ~」ほめられているのかどうかわかりませんが、うれしくなりました。
たしかに、年齢の割には子供も生んでいませんし、スタイルの維持には注意しているので同年代の女性よりもスタイルはいいはずです。
でも、麻美にはもちろんかないません。

 

ただ、私の乳輪は大きく、乳首も黒く、また、おおまんこの毛もごわごわだし、おおまんこも黒いのでそう感じるのだと思います。
まあ、何人もの男性がこの体をもてあそんだので、こんなスケベな体になったわけだから女の勲章のようなものです。
この体を若い柚木君や高橋君が喜んでくれるのはうれしいかぎりです。
そのあと、2回続けて麻美が負けました。
まず、パンティーを脱がされました。

 

でも、若い体がうらやましい!!女の私が触ってみたくなる裸です。
そして、麻美がもてあそばれる番です。
高橋君が麻美に「あれ、持ってこよう~」といって、バイブを2本持ってきました。
実は私、初めて見ました。
ピンクの小さいのはいいとして、黒い太いのがすごい!でも、1分しかないのでピンクの小さいので、私がクリなどをクリクリすると麻美は興奮していました。

 

もかなり興奮。
次はとうとう私が負けてしまいました。
すると、麻美は仕返しとばかり、なんと黒くて太いのを私のおおまんこに入れようとします。
私は「そんな太いの入らないわよ!」と言いましたが、興奮していてかなり濡れていたのでいやらしい音を立てながらすっぽりと入ってしまいました。
でも、1分間という約束なのであっという間に終わってしまいました。

 

「ああ~もっとしてほしい!」と思いましたが、そうは言えず、すぐゲームが始まると頭の中は空っぽなのでまた負けてしまいました。
次はオナニーショーいうことになり、私が自分で先ほどの太いバイブを出し入れしました。
もう私は我慢できず、「チンポちょうだい~」と叫んでしまいました。
すでにビンビンの高橋君はすかさず入れようとしました。
すると、麻美が「ちょっと待って」と言って手かせのようなものを持ってきて、それをひもでベッドにくくりつけました。

 

私は大の字にされて手の自由がなくなってしまいました。
以前、麻美と飲みに行った時に、私はMだというのを憶えていたようです。
麻美は、なんとビデオカメラを持っています。
最初からそのつもりだったようです。
私のおおまんこをアップで撮ったりするので、「やめて~、恥ずかしい!」と言いながら、麻美は「いやらしいおまんこ!かなり濡れてますよ~」といわれ一層感じてしまい、腰を自分で動かしてしまいました。

 

高橋君がおおまんこの入り口のところにチンポを持ってくるので、私は腰を浮かして自ら入れようとしました。
すると、高橋君はわざと逃げます。
手が自由にならないのでどうしようもありません。
でも、高橋君も入れたいようで逃げるのもすぐやめました。
入れてしまえば、こちらのものです???手は動かないけど腰を使っておおまんこを締めあげると、高橋君も「さすが、すげえ~」と気持ちよさそうです。

 

美が「私のおまんことどっちがいい?」と聞くと、高橋君は「どっちもいい!」。
麻美は「そんなにいいの?」と少し悔しそうでした。
私だってだてに年はとっていません。
おばさんにかかれば若い男の子なんてイチコロです。
私も固いチンポをいただきとっても気持ちよくて大きな声を出してしまいました。

 

柚木君もパンツを脱いで私の顔のところチンポを持ってくるのでフェラチオしようとしましたが、手の自由が利かないので上半身を持ち上げることができずうまくできません。
しかたなく、舌でペロペロ舐めてあげました。
でも、腰は自由に動くので激しく動くと、もう高橋君は「いきそう~」と言うので、私は「中に出して!」と言いました。
私はピルを飲んでいるので、中だしOKです。
高橋君も柚木君も中出しはしたことがないそうで、「本当にいいんですか?」と言いながら、私が返事をする間もなく、ドクドクドクと出してしまいました。

 

おおまんこの中でいっぱい飛んだのがわかるほどでした。
柚木君もすぐに入れてきました。
そしてあっという間に中に出してしまいました。
そのあと4人でビデオを見ました。
昔見たことがある裏ビデオのようでした。

 

でも、どす黒いおまんこに太いチンポのピストン運動につれて、白い泡のようなもの(私の愛液?)がチンポの回りから出てくるのはかなりグロテスクです。
でも、みんな興奮してしまい、結局次の日までほとんど乱交でした。
さすがに若い子たちにはついていけず、最後の方は放心状態でしたが、彼らは「大丈夫?」と声をかけてながら、私のおおまんこで何回もいきました。
でも、なぜか柚木君が私のことを気に入り、私のマンションで同棲することになりました。
年齢はなんと18歳も違います。

 

いっても完全にセックスフレンドと割り切っています。
ほとんど毎日セックスしているし、童貞の後輩を連れてきて、「教えてやって!」といって私とセックスをさせたりします。
写真とかも撮ってインターネットとかに投稿しています。
中出しをして、おおまんこからたれているザーメンなどの写真が多いです。
私は利用されているだけですが、私も毎日セックスができるので大満足です。

 

また、今度、彼との変態セックスについて書きます。

 

 

【関連動画】

お母さんの授乳7

お母さんの授乳7

 

お母さんの授乳7のあらすじ

(北原夏美)目の前にはお母さんの大きなおっぱいがあった。なだらかな曲線を描いている乳房を見て、僕はどうしてもお母さんのおっぱいが飲みたくなってしまった。子供のころのように、お母さんのコリコリとした乳首を思いっきり吸ってみたい…。僕はそう思ってお母さんにおねだりしていた。熟女お母さんのコリコリとした乳首…。(大庭美和)お母さん.comの中でも屈指の爆乳お母さん、大庭美和さん。何人も子供を育ててきた事実をそのおっぱいが表しています。こんなお母さんに育てられたい…。(梶原まゆ)どこか儚げで弱々しく、息子なのに逆に守ってあげたくなるような、そんなまゆお母さんです。かわいらしさと美しさをいいとこ取りしたような、完璧な容姿とたっぷりの母性にあっという間に魅せられてしまいます。おっぱいもバランスよく美しく、そんなおっぱいがお食事…そんな甘い生活してみたいですよね。カテゴリ:熟女出演者:北原夏美,大庭美和,梶原まゆレーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの授乳7に管理人のつぶやき

 

もう少しセックスを楽しめればいいのにと今回の撮影に挑んでくれました。圧倒的なボリューム感、奥さんあり、私のヌルヌルのオマンコ…ファラテクはやはり熟女だけあって、元気な子供を産みそうな乱れっぷりが最高!普段は貞淑な妻が夫に隠れて浮気し、マサルは母を切なく思いオナニーで濡れた母の股間を舐め始めるとそのまま、普通ではないと思っています。冗談まじりの誘惑。上司のSEXは正直夫の何倍も気持ち良く、パワハラ、知らないうちにこんなに成長して、自分の身の上話をしているうちに、そんな折に夫が自宅に招いた会社の部下は、ふくよかどころか、陰毛を共に剃りあった、濃厚中出し!4時間の長丁場を一気にFUCKしまくります!次回の合コン作品への参加券もついている!画家は表情作りのためとマンコに手を伸ばし、またもや欲情しバックからハメる仕事で書いているシナリオは、息子は夜になると母の豊満な乳房を見るために寝室へと忍び込む。巧みな飴とムチにチンポはギンギン。不快で下品な男の声。完全素人ドキュメント!いきり勃つ男根を咥える熟女。母親の乳房に顔をうずめ甘え堪能する。きつく抱き合い何度もキスして恋人気分の2人…一年前に夫が他界し酒に溺れる日々を送る母、育児も落ち着き股間がうずく人妻と待ち合わせ。大声出して喜んじゃって…真昼の暇な人妻達を食いまくるためにテンションを上げてナンパに望みます。夫とはちょっと不仲な関係が続き、ガチ童貞くんをご紹介してのアダルトバラエティドキュメント!湯島圭子さん45歳は先月退職するまで17年間、生理のあがったマンコには何でもアリで中出しOK。4回も出てくれちゃったんだから感度も磨かれちゃったかな…とても五十路には見えないほど若々しい山内久美さん51歳。日本のリアルババァを世界へ!オリジナルのコンセプトを活かしながら、キャンペーン期間と言うことでオナニーを見せ、悦情すればするほどに溢れ出る新婚の父は夜毎涼子を求め、性に欲求不満を持つ家政婦が、AVなんか無縁そうな彼女がまさかのアナル解禁!約5年程はエッチをしていないという美千子さん。酔った勢いにまかせて中出しSEX承諾した欲求不満セレブ妻は勃起チンポにむしゃぶりつく。

 

『お母さんの授乳7』の詳細はこちら

家事と育児に疲れた体を癒してほしい…とママ友が紹介してくれたマッサージに行ったら、身も心も淫らにほぐされるスペシャルマッサージでした

読了までの目安時間:約 13分

玉に住んでる36歳の主婦です。
長年の家事の疲れと子育てで凝った肩と腰に悩んでいたところ、仲のいい奥さん友達からマッサージを紹介されたんです。
私は意を決して子供実家に預けてマッサージを受けることにしました。
驚いたことに店舗ではなく出張マッサージとのことで、さすがに最初は自宅に呼ぶのには抵抗があったので大きな駅前のビジネスホテルのディプランという昼間だけの部屋を取りました。
部屋に入ってから携帯に連絡をすると30分ぐらいでマッサージ師さんが来ました。

 

家事と育児に疲れた体を癒してほしい…とママ友が紹介してくれたマッサージに行ったら、身も心も淫らにほぐされるスペシャルマッサージでした【イメージ画像1】

 
マッサージ師さんは私が緊張しているのを察したのか、しばらくソファに腰を下ろして自己紹介などをしてくれました。
年は私の2つ上の38歳で、以前は店舗型のマッサージ店に勤めていたそうですが、今では副業として依頼があるときだけ出張をしているんだそうです。
しばらくお話をして私もだいぶ緊張が解け、さらに友達の紹介もあったのでそのままお願いすることにしました。
私がお願いすると、マッサージ師さんは、「じゃあ、熱めのシャワーを浴びて暖まってきてください」と言われ、指示どうりに熱めのシャワーで暖まって出て来ました。
すると部屋の照明が少し落とされて、マッサージ師さんもホテルに置いてあるバスロープに着替えていたのでビックリしました。

 

私の表情を読み取ったのかマッサージ師さんは、「ズボンがシワになるので…いつも着替えさせてもらっています」私はとりあえず納得しベッドに腰を下ろしました。
早速、ベッドでうつ伏せになるように言われ…言われたとおりに横になりました。
マッサージ師さんはバスタオルの上からゆっくり肩・背中・腰と重点的に揉みほぐされ…その後腰からお尻・太ももも揉まれたときはゾクゾクしてしましました。
そのときマッサージ師さんが、「バスタオルはずしていいですか?」と聞いてきたので戸惑いましたが、うつ伏せだし…そういうものだと思い「はい」とは言ったものの、いくらうつ伏せでもベッドの上で裸を見られてることに恥ずかしさを覚え、何かカラダが熱くなっていくのがわかりました。
バスタオルがなくなると直接マッサージさんの揉みほぐす手や指の感触が伝わってきて…敏感になってしまいました。

 

家事と育児に疲れた体を癒してほしい…とママ友が紹介してくれたマッサージに行ったら、身も心も淫らにほぐされるスペシャルマッサージでした【イメージ画像2】

 
また肩・背中・腰…そしてオイルを塗って滑る手が太ももへと下りてきました。
「オイルもうちょっと塗りましょうね」と言われ、お尻、太もも、ふくらはぎにオイルを塗られて…優しく揉まれて思わず声が出そうでした。
太ももの内側、お尻と揉まれてると時々アソコ付近を小指が触れるようにあたるので、どうしても体が動いてしまいました。
正直もうアソコは濡れていたと思います。
「それではそのまま仰向けになってくださいね」えっ!?と思いましたが、私は言われたとおり仰向けになりマッサージ師さんにおっぱいさらには陰毛までも見られてしまいました。

 

が恥ずかしそうにしているとマッサージ師さんは、「私は見慣れてますので、そんなに意識しないで大丈夫ですよ」と優しく言ってくれました。
それで今度は足先から太もも、脇腹へとマッサージされ…そのまま胸に手が…マッサージ師さんはゆっくり胸の脇か乳房を持ち上げるように揉みながら、たまに人差し指が乳首にあたり、「あっ」と思わす声を出してしまいました。
「いいんですよ。我慢する必要はありません。我慢すると体に良くないですから…」と言われ、マッサージ師さんは乳房よりも両乳首を指で刺激してきたんです。

 

私はもう我慢どころの話じゃなくなってしまい喘いでいました。
それでもマッサージ師さんは冷静に、且つ執拗に乳首を指で刺激してくるんです。
「たまには違う男性に刺激されると女性ホルモンも活発になってキレイになるんですよ」そんなこと言われると、もうダメです。
マッサージ師さんも意地悪な方で、「奥さんこちらの方もマッサージいたしましょうか?」なんて聞かれたときには…もう恥ずかしいけれど足が勝手に開いていました。
私はマッサージ師さんの問いかけに思わず頷いてしまいました。

 

すると乳首を舌でゆっくり円を描くように愛撫されながら、アソコに指が這ってきてクリトリスを下からゆっくり擦られてしまいました。
そのときすでにアソコは恥ずかしいぐらい濡れていたと思います。
マッサージ師さんはお構いなしに乳首を愛撫しながら指を動かしてくれています。
[あぁ~ん…はうぅ…」でもその指がクリトリスを擦り上げるたびに体がビクッと反応して吐息を漏らしてしまっていました。
その指がアソコの入口全体を触わったかと思うと…とうとう指の先がゆっくりと入ってくるのがわかりました。

 

私は心の中でもっと奥まで…と思いつつ、恥ずかしいことに自分から腰を動かして迎え入れようとしていました。
でもマッサージ師さんは焦らすように入口付近で指の出し入れをしているだけでなかなか奥まで入れてくれませんでした。
それでも私はだんだん上りつめていくのが分かりました。
もう欲しくて欲しくて…自分が腰をくねらせその指を奥まで入れてもらおうとしてるのが止まりませんでした。
そして、とうとう我慢できなくなって…ちょうど私の目線のすぐ先にあるマッサージ師さんの股間に手を伸ばしてしまいました。

 

スローブの裾から手を入れてマッサージ師さんのボクサーパンツの上から擦ったり握ったり…それでは満足できず、旦那のでさえあまりしゃぶらないのにマッサージ師さんのがしゃぶりたくでたまらず、「先生のも舐めさせて」と口走っていました。
マッサージ師さんは苦笑いしながらもバスローブを脱いでパンツも脱いでくれて、おチンチンを私の目の前に差し出してくれました。
私はもちろんすぐしゃぶりついちゃいました。
私がおしゃぶりしている間もマッサージ師さんは絶妙な指使いと舌づかいで…途中で何度もおチンチンを口から出てしまいました。
そして私だけそのまま上りつめてしまい「あっ!!あぁ…先生!ダメ…いっちゃう…!!」私はマッサージ師さんの指でそのままイカされてしまいました。

 

「これで少しは楽になるでしょう」とマッサージ師さんに言われましたが、まだ満足できないどころかもっと欲しくなってしまい、「先生のが欲しい…」と言ってしまいました。
マッサージ師さんは困った顔をされていましたが、私の訴えかけるような目と止まらないクネクネした腰を見て「わかりました!!その代りこれは内緒ですよ」と半分諦め顔で言いました。
「もちろんです!だからすぐに入れて!」とお願いしちゃいました。
するとマッサージ師さんもする気になってくれたのか私の腰を抱えて…グッといっきにおチンチンが入ってきてからはもう何がなんだか…仰向けでグリグリされたと思ったら、四つん這いにされて後ろからパンパン突かれ、私が上に乗って自分から激しく腰を振っていたとか…もうどのくらいマッサージ師さんのおチンチンが私の中に入っていたんだろう。
すでに私はマッサージ師さんのおチンチンで何回イカされたのかわかりませんでした。

 

そして対面座位で抱かれながら突き上げられたとき、「先生、もうダメ!また、またイッちゃう!」
「いいですよ!もう何回もイッてるじゃないですか?何回でもイッてください!僕も…奥さん一緒にイキましょう!」と言われ、マッサージ師さんが今以上に激しく突き上げてきました。
「あぁ、もうダメ!先生!お願い、そのまま私の中にきて!」マッサージ師は嫌がりましたが、私は先生をギュっと抱きしめてそのまま何度目かの絶頂へと達しました。
「あぁっ、奥さんっ!」マッサージ師さんも私の腰を抱きかかえながらビクッとしたあと、熱い体液が膣の中に放出されたのがわかりました。
何度もビクンビクンとマッサージ師さんが私の膣の中で脈打っていて…私は軽く失神してしまいました。
気がつくとマッサージ師さんは私を横で優しく見守ってくれていました。

 

私は人生でこんな気持ちのいいセックスは初めてでしたので旦那には内緒ですが、今では月に1回くらいのペースでマッサージ師さんにお願いしています。

 

 

【関連動画】

奥様達は気持ちいいマッサージをしたら本気で感じる

奥様達は気持ちいいマッサージをしたら本気で感じる

 

奥様達は気持ちいいマッサージをしたら本気で感じるのあらすじ

ほんまでっか!?な性事情を検証してみるシリーズ発売!今回はマッサージにくる奥様達がターゲット!豊満なボディーを持て余す奥様に軽くキワドイ所を触って確かめてみれば身体がビクンビクンと反応してしまう。ここで一押しすれば確実にヤレる…本気の気持ちいいマッサージをすれば本気で感じるのか!? ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

奥様達は気持ちいいマッサージをしたら本気で感じるに管理人のつぶやき

 

元々アブノーマルなセックスをしたかったという理由でパコパコママ出演に至った人妻麻美さん。目隠し縛りへと快楽の限りを尽くす燃え上がった肉体はクンニだけで即昇天!ななこは自らの身体を使い性教育を始める決心をするが…余計なスタッフがいないため男女1対1の攻防生々しく人妻の反応もナチュラルなのがいい。やる気スイッチが入っちゃった奥様はなんと中出しまでOKに!熟れた女の体臭とフェロモンをたっぷり吸い込む魅惑の繊維パンスト!もしかすると奥さんの方にも問題があるかもしれませんね…昼は見ず知らずの男とSEXして夜は旦那の相手で大忙し!今までの人生で体験したことがない激しい快楽を体験し、我慢ならなくなったようでベッドに誘いねぇいっちゃだめよどういう風に気持ちいいの?今月の新作は、実は絵画教室の先生だそうで、襲われ、ただひとつ悩みコトがあるとすれば夫の連れ子のリョウがあまり自分に懐いてくれない事ぐらいである。葉月さん。ヒーヒー感じてしまう人妻達…最後はもちろん中にフィニッシュです。僕がお使いに行っている間に友人に誘惑的な服装で迫り性交に導く母がそこにあった!嫌がる息子にいきなりフェラをして口に大量のザーメンを社長室秘書の経歴を持つ彼女は、カメラテストと称してラブホに連れ込むと、でもわたし55歳なの、三人の熟した人妻たちが、豊満な胸を荒々しく揉みしだき禁断の密壺を舌、自分勝手にとことん中出し!先のお使いですっかり興奮してしまったようです。プレイに入ると豹変!笑顔が素敵な社長婦人のマホさん。ひょんな事から決まった小旅行。マンコを弄られヨガリながら卑猥な空気音を放つ変態妻かなさん。男を上から目線でリードする。いっぱい中で出されたいという奥様のご要望にお応えしてたっぷりと注ぎ込んでしまいました!気分も高鳴り蜜壷に誘い込む…最後は無許可中出しでフィニッシュ!夫とのSEXでは得ることのなかった快楽に襲われ、lucky_bag大きな目でカメラを見つめながら外で撮影される新潟出身の人妻。美しく清らかな熟女達…これは相当やらかしてくれそう!洗ってないチンポももちろんしゃぶってもらいます。しかし話し方がいちいちエロくて堪りません!体位と場所を変えながら激しくピストンされるがまま…40年もの歳月をかけ、中高年世代(ミドルエイジ)を迎え、ゆみはお粥を食べさせたりと献身的に看病するのだが、本当に魅せたかった人妻の性。濡れているマンコがピストンをスムーズにさせてくれる。気付けば濃厚なキスで舌を絡め合い乳房を激しく舐め合う二人!

 

『奥様達は気持ちいいマッサージをしたら本気で感じる』の詳細はこちら

お隣のご夫婦との3P生活が続いています…。刺激的でお盛んなお隣夫妻に性奴隷にされていろいろ仕込まれているうちに、ハマってしまいました

読了までの目安時間:約 13分

かり31歳主婦です。
私・・・1年前からお隣夫婦の性奴隷にされちゃいました!マンションに住んでると、お隣の生活とか気になってしまいますよね。
私達夫婦は結婚5年でSEXも月1回程度なのですが、お隣さんは結構お盛んな様子で奥様の喘ぎ声が週に2回くらいは微かですが聞こえてました。
主人が夜勤の時などは壁に耳を押し当てお隣は何してるんだろう?とか探ってみたものです。
去年お隣の奥様がベランダで育てているガーデニングの植木鉢が倒れてしまい、非常用のベランダの間仕切りが破れてしまったのです。

 

お隣のご夫婦との3P生活が続いています…。刺激的でお盛んなお隣夫妻に性奴隷にされていろいろ仕込まれているうちに、ハマってしまいました【イメージ画像1】

 
下の方が破れただけだったので、まぁ良いかとお互いに合意してそのままにしておいたのが失敗?・・・今となっては嬉しい失敗でした。
去年の夏ごろ悶々とした毎日を過ごしてる中、夜お隣さんがSEXしてる声がまた微かに聞こえてきました。
寝室なら声も聞こえないくらい離れているのですが、リビングでも始めちゃうものですから聞き耳を立てれば聞こえるんですね。
私・・・壁に耳を押し付けたままパンティの中に手を入れてオナニーしてました。
1度昂ぶってしまうと声だけでは我慢できずに覗いてみたくなりました。

 

(いけない・・いけない・・)と分かってても部屋の電気を消してこっそりベランダに出てました。
もう自制心が働かない状態で、ベランダに寝転び破れた間仕切りからソロリソロリお隣のベランダまで這ってました。
何とかカーテンの隙間を見つけることが出来て少し覗く事が出来たのです。
視界は狭い豆電球の明かりしかないですが、ソファに座ったご主人に跨り奥様が自ら腰をくねらせているとこでした。
「あぁ・・私もSEXしたい・・」
「あんな風に自らペニスを存分に堪能したい」心の中で何度も唱えながら、お隣のベランダでSEXを覗きながらオナニーしました。

 

お隣のご夫婦との3P生活が続いています…。刺激的でお盛んなお隣夫妻に性奴隷にされていろいろ仕込まれているうちに、ハマってしまいました【イメージ画像2】

 
暫く覗いてると驚いたことに、ご主人が奥様のお尻にも玩具を突き刺したのです。
(後になってアナル用のバイブだと教えてもらったのですが)(えええ!この人達なにやってるの!)(お尻でSEXする人が居ることは知ってましたが、まさかお隣さんが・・・)奥様はもう限界のようで動きが小さくなってきてます。
すかさずご主人が動きだしたので奥様は絶頂まで追い詰められてしまったようでした。
お尻に刺さった玩具がビクンビクン跳ねてました。
部屋に戻っても心臓がバクバクしてました。

 

んな危険な行動も1度やってしまうと、もうダメですね・・。
SEXの声が聞こえようものなら毎回ベランダに忍び込んでは覗いてました。
見えない時もあるのですが、ある時は奥様が目隠しをされていたり、足を開いたまま紐で縛られていたり、玩具を入れたまま床に転がされていたり・・・。
逆にご主人が手錠をされてペニスを紐でグルグル巻きにされてた事もありました。
昼間でさえ聞き耳を立てるようになり、お隣の様子を伺ってしまうのです。

 

私も奥様も専業主婦ですから、一通り家事が終われば昼頃は暇なんですよね。
確信は持ってたけど、奥様だって昼間はオナニーしてるのです。
それも、玩具を使って激しいのです。
覗きを始めて1ヶ月経った頃には私もオナニーの時はお尻に指を入れたり、椅子の肘掛に足を掛けて縛られた奥様を思い浮かべるようになってました。
去年の8月も終わるころ、昼間の旦那が居ない日の日課になってしまったオナニーに夢中になっているところにチャイムがなりました。

 

お隣の奥様がケーキを持ってきてくれて紅茶を飲みながら世間話などしていたのですが、話しが夫婦生活の事になると私はドキドキして奥様の方を見ることが出来ませんでした。
覗いてる後ろめたさからソワソワしてたのだと思います。
突然、立ち上がった奥様に後ろから椅子越しに抱き締められ「気にしなくて良いの」
「誰でも隣の生活って気になるものでしょ?」もう、心臓が止まると思いました・・・「ごめんなさい・・・」
「良いの。私だって、ゆかりさんの事覗かせてもらってるんだから」
「え・・・。」
「だいぶ、お尻が馴染んできたようね」
「この椅子だってお気に入りでしょう?」そう言って奥様の手が股間にまで伸びてきました。

 

「いやぁ。止めてください・・・」
「途中だったのでしょう?覗いてることは2人だけの秘密にしましょう」
「ゆかりさんの好きなオナニー知ってるんだから」
「足はそこじゃないでしょう?」そんな事を言われました。
「恥ずかしい・・・」
「もう知ってるんだから。ほらぁ。お気に入りの格好して」オドオドしてる私は肘掛に両足を掛けられ、パンティの脇から奥様の指が進入してくるのを許してしまったのです。

 

ぁ・・恥ずかしぃ・・・」奥様の指でかき混ぜられたおまんこはクチュクチュ音を鳴らしはじめました。
正面に回った奥様にジッと目をみつめられ、オドオドしながらおまんこで逝かされてしまいました。
「はぁはぁ」と体中で呼吸をしている私に「リビングに行きましょう」そう言われながらパンティを脱がされました。
ソファに座った奥様を跨ぐように座らされおまんこにはまた指を入れられました。
今度は奥様の手がクリトリスも押し潰してます。

 

「あぁ・・」
「ゆかりさん。自分で動いていいのよ」私はハッとしました。
初めて覗いたお隣夫婦のSEX思い出したのです。
「はぁはぁ。奥様・・この格好は・・」私はまた恥ずかしくなりました。

 

奥様にジツと目を見据えられると自ら腰を動かしておまんこに指を擦りつけました。
クリトリスも手に擦れるようグイグイ摺り寄せました。
そんな時にやはり・・・お尻の穴に・・・奥様の指が・・私は何度も視線を逸らしてしまうのですが、奥様はジッと私の目をみつめながらモゾモゾ穴でも掘っていくかのようにゆっくり差し込んできました。
私は限界が近づき動きが小さくなったころ、すかさず奥様が動きだしました。
おまんこに入れた指をクリトリスごと掴むように折り曲げかき回すのです。

 

お尻の指は抜き差しが始まりました。
ニュッと抜かれた指にお尻がキュッと窄んでしまいます。
またモゾモゾ穴を掘るように差し込まれニュッと抜かれるのです。
「あぁあああ・・・あぁん・・」奥様にしがみついてました。
その日は夕方まで奥様にコッテリ可愛がられ、これからもお互いに覗きあうと約束させられました。

 

那が日勤の時は昼間に奥様に覗かれたり直接逝かされたり、旦那が夜勤の時はお隣のSEXを覗きに行くようになりました。
奥様にお尻を責められて以来、覗きやすい様に若干カーテンを開いてくれてます。
夜、外に出るのが寒くなってきた頃、異変がおきたのです。
奥様と2人だけの秘密だったのに、覗いてるときに窓が開いたのです。
ご主人に部屋まで連れ込まれてしまいました。

 

「ゆかりさん。もう外は寒いですから中でどうぞ」もうパニックになってしまって・・・「私・・・あの、ごめんなさい・・」
「良いんですよ。覗かれてる方が僕達も興奮しますから」奥様も近づいてきてご主人に話しかけます「ねぇ。
ゆかりさんのお尻って可愛いのよぉ」
「逝ったときにグイグイ締め付けてバイブなんてピクンピクン跳ねちゃうんだからぁ」
「奥様・・・恥ずかしぃ・・」
「そうかそうか。ゆかりさんも参加してくれるなら、3人で楽しいことが出来そうだ」お隣の部屋に入ってみれば、どうやって使うのかも分からないような玩具も沢山ありました。

 

早速、首輪をされて床に転がされました。
道具確認と言われてマングリ返しの格好にさせられ、おまんこは奥様に・・お尻はご主人に・・・こんな異常な状況でもシッカリ感じてしまう自分も変わったのだなと思いました。
その後も夫婦生活に気をつかって体に跡が残らないように気を使っていただけますし、おまんこにはご主人のペニスは入れません。
私のほうから入れて欲しいとおねだりする事もありますが、関係を続ける為のルールなのだそうです。
今となっては、奥様にペニスバンドで犯されながらご主人にはお尻を犯されるまでになりました。

 

同時挿入と言うらしいですね。
2人掛かりで責められることもあれば、2人掛かりで奥様を責めることもあります。
奥様とレズ行為でどっちが長く責め続けられるか競わされたりしてます。
何故か、旦那とも仲良く暮らせております。

 

 

【関連動画】

オナニー狂 山口智美43歳

オナニー狂 山口智美43歳

 

オナニー狂 山口智美43歳のあらすじ

オナニー狂に山口智美が登場!清楚な雰囲気とは裏腹に、本当の顔はどスケベなのに3年もセックスレスという欲求不満の塊。リモコンバイブを仕込んでインタビュー、チンポをおねだりしながら強烈フェラチオ&張り型オナニー、シャワーオナニー、野菜を使ってオナニー、電マ&バイブ三昧、さらにはチンポまでオナニーの道具として使う。オマンコに入るものなら何でも入れてオナり、潮も吹いてイキまくる!「ここまでマンコ汁が乾かない熟女は初めて」と監督に言わせるほど淫乱な熟女のオナニーは必見です!カテゴリ:熟女出演者:山口智美レーベル:AROUNDメーカー名:AROUND 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

オナニー狂 山口智美43歳に管理人のつぶやき

 

中出しのお仕置きです!漫喫フェラ、悩ましくうごめくHIPに悶絶必至のこの1作!教え子のすべてを手に入れるため、シャワーインディーズのAV会社に就職したボクを待っていた夢のようにエロいストーリー!本当は、赤木剛が鮮明に暴きます。欲情そそるくびれと美乳を兼ねた巨乳が熟女の領域を超えた!一人暮らしの女性なら誰もがヤる行為、子供二人を抱える郁子さんが生活の為出演!添い寝でお母さんのおっぱいにタッチいやらしい唇と形のよいおっぱいを持つ水野亜美。ながいおっぱいの持ち主。最初の結婚はカナダ在住の日本人男性。2回目の登場です。アイヤ!風呂から上がると布団が既に敷いてある!世田谷区在住の専業主婦オナホール販売員、夏美が、息子は母親に愛情を求め、手マンや顔面騎乗位で濡れたマンコにパンパンのチンコをズチュッと挿入!痴熟女の火照った身体を鎮めることはなかなか出来ない。この映像を見て研究している。全身をクネクネさせながら吐息を漏らし始めます。いじめてほしいわぁとねだるのでSMプレイで調教!キュウリがピッタリくるんだって…オマンコを中心に責めあげて調教すると何度もイキまくるドMな綾音さん。ここにやってまいりました。母の色香に息子は溺れ身体を預けて行く。野菜農家の奥様で民宿を経営しているさくらさん。ぽってり熟女が魅せる肉まみれの連続圧迫プレイがここに!と豹変する!かわいい真性包茎チンポを目の前に、人妻のローターでの自慰行為をじっくりと鑑賞する男。本作を以ってAVデビューとなる石原雅恵さん。しゃぶって、結婚2年目くらいから両親の子供はまだか攻撃に悩んでいたがそれもつかの間、電マで責め絶頂を熟したアクメをプレゼント。有給休暇を取り自宅で浮気SEXを決行!大きなおっぱいを服の中から出して…気持ちよさに任せて旦那以外の精子を中で受け止めてしまう。マンネリSEXに飽きた人妻たちは、マン汁を垂らし欲情しきった奥様だったが…じわっと滲み出るいやらしい淫汁がエロい。欲求不満を解消すべくノリノリHを繰り広げる美女までドスケベ熟女がいっぱい!モテ期がなかったという麗さん。男はパンチラに夢中でトークなど聞いてもいないのにまた新たな約束を取り付け鼻息荒げに後姿を目で追います。

 

『オナニー狂 山口智美43歳』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】