告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

レス状態の旦那は、どうやら不倫してるみたい…。それならこっちも!と初めての不倫旅行を敢行!着くなり抱き合い舌を絡め、待ちきれないおまんこをなだめてもらいました

読了までの目安時間:約 10分

は45才で会社員、彼(50才)は主人の×1で主人の同僚です。
 
時折家にも来る事があり私は本当に主人の同僚としかしていませんでした。
 
それは2ヶ月前のことです。
 
どうやら主人が浮気をしているらしくその方に恥ずかしながらも相談しました。
 
彼の離婚の原因は奥様の浮気でしたから私の気持ちが理解してくれると思ったからです。

 

レス状態の旦那は、どうやら不倫してるみたい…。それならこっちも!と初めての不倫旅行を敢行!着くなり抱き合い舌を絡め、待ちきれないおまんこをなだめてもらいました【イメージ画像1】

 
 
 
とても親身な相談に乗ってくれました。
 
主人とは数ヶ月、夜の営みはなくいわゆる「レス」状態。
 
比較的時間に余裕のある彼は私の「相談」との口実に快く遭ってくれました。
 
私の中では既に彼に対する想いが膨らんできていたのでしょうね。
 
彼もまた私に対する思いを遠回しに言ってくれるようになっていました。

 

そんな時、初めて車の中で引き寄せられ唇を奪われました。
 
初めは抵抗しましたが…。
 
今は子供にもお金のかかる時期で離婚はできません。
 
それもあり主人の浮気については彼のアドバイスもあり「知らない」を通していました。
 
でも本当の所は我慢の限界でした。

 

レス状態の旦那は、どうやら不倫してるみたい…。それならこっちも!と初めての不倫旅行を敢行!着くなり抱き合い舌を絡め、待ちきれないおまんこをなだめてもらいました【イメージ画像2】

 
 
 
そんな時、主人が3日の出張がきまりました。
 
もちろん彼は同僚ですから知っていたはずです。
 
「出張にあわせて1泊旅行に行かない?気晴らしにはいいかも?」彼からお誘いがありました。
 
1日考えた後、「急だけど女友達と旅行に行くことになった」と主人告げ子供を実家に預けました。
 
主人は何の疑いもなく「いいよ」と。

 

に不倫なんてできる訳ないと思っているのです。
 
19才で主人と知り合い初めて男性が主人です、それは主人も知っています。
 
結婚してからは、家事に子育てと不倫や浮気、異性との出会いは全く別世界にいた私を主人は知っているからです。
 
男の人と旅行に2人だけで行くということは、その意味はこの年ですから判ります。
 
ランジェリーを新調しようとショップに行きましたがこの歳だし悩んだ末、白を基調としたピンク柄で2組上下揃えました。

 

当日、彼の車に乗り行き先は信州の山の温泉でした。
 
車の中では私は後ろめたさもありましたが何もかも忘れて楽しもう!との気持ちに切り替え楽しくドライブ、途中から2人とも手を握り合っていました。
 
少し早めに旅館に着き、夫婦とのことでチェックインしました。
 
部屋からは雪景色が眺められ、もっと驚いたことにはお部屋には専用の岩風の温泉露天風呂があったことです。
 
とりあえず旅館の近くを散策、ここまで来れば知り合いはいないだろうと腕を組んでいました。

 

部屋に帰り、浴衣と新調したランジェリーを持って大浴場で旅の汗を流し、その後2人で個室料亭で豪華なお食事を頬張りました。
 
部屋に帰ると2組のお布団が仲良く敷いてありました。
 
隅のテーブルで並んで座りお酒を飲んでいると彼に抱きしめられお互いの唇をむさぼりあいました。
 
それからかれの手が浴衣の合わせから進入してきてブラの上から触れられました。
 
「せっかくだから部屋の露天風呂に一緒に入ろうよ」
「恥ずかしいから1人で入って」でも彼はとても強引に誘ってきます。

 

根負けした私は「暗くして」と言い彼が入って行くのを見定めた後、タオルを巻いて入って行きました。
 
「そそる下着だね、今日の為に新調したの?」私が脱ぐところを見ていたんですね。
 
そんなには湯船は大きくはなかったけれど向かい合ってはいりました。
 
タオルは着けたままでしたが当然のごとく剥ぎ取られました。
 
「きれいな体だね」
「おばさんをからかわないで」風呂から上がり彼は私の全身を拭いてくれました、もちろん恥ずかしい所もです。

 

の頃の私はもう恥ずかしさよりも彼の事が好きとも気持ちがいっぱいでなすがままでした。
 
お布団に入り彼は全身を愛撫してくれました。
 
「本当にきれいな人だ」
「もうー、私、主人しか男性知らないから優しくして」彼の手が私の手を取り彼自身に導きました。
 
思わず「おっきい、それに硬い」とはしたないことを口走ってしまいました。
 
「そろそろいい」
「うん」
「コンドームないけど外にだすからね」そのままの彼を私は受け入れていました。

 

彼は激しく私を攻め立て「いい?」などと聞いてきます。
 
「いい、決まってるわ」暫く後彼が「いきそう、どこに出そう、胸それともお腹」と、私は思わず「そのまま中でいって、私が好きなら一杯頂戴」そのまま彼は私の中でいきました。
 
それから2回しました。
 
朝、彼のモノは緊張していました。
 
いじわるしようと寝ている彼もモノを出し手と口で遊んでいると彼は起きて、昨晩の続きをしてくれました。

 

とても心に残る私の秘密の旅行でした。
 

 

 

【関連動画】

隣の超乳奥様12人4時間デラックス

隣の超乳奥様12人4時間デラックス

 

隣の超乳奥様12人4時間デラックスのあらすじ

Hカップ以上!巨大な乳房を震わせ快楽を貪る人妻たちの激しい肉欲!超乳奥様12人が魅せる極上のエロス!奥様たちの巨大で柔らかな乳房と熟した肉塊が激しく淫らに揺れる官能の4時間!チンコを覆い尽くすど迫力の超乳と濃厚過ぎる痴態を見せつける人妻達!永久保存版!カテゴリ:熟女出演者:寺島志保,折原ゆかり,前田友美,秋吉多恵子,藤下梨花,堀川奈美,松下美雪,片桐沙代子,望月マリア,大地めぐみ,もみじ小雪,白鳥寿美礼レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

隣の超乳奥様12人4時間デラックスに管理人のつぶやき

 

そんなトコ舐められたら…地下の牢獄で自由を奪われ黒人たちの獣じみた暴力に翻弄される女たち。彼女達にまつわる6つのドラマティックな性を厳選凝縮。兄嫁は僕より一つ年上でとても色っぽく気さくで明るい人。以前のように欲しいモノも買えない状態とか。イイわ…結婚18年目…でたまらない人妻さんは狭い個室で密着マッサージ!おっとりした美脚の奥さんがカメラの前で異常性欲をカミングアウト!セックスをして優しくしてくれる●くんの笑顔をいつまでも見ていたいからとパートに出ることを決意!口結の手コキ発射までヌキどころ満載の贅を尽くしたおもてなし。熱を出し寝込んでしまった孫の看病をする祖母。アンケート調査に協力してもらえませんか!元おニャン子クラブの生稲○子似の美人妻、男性のセンズリに興味がある若妻さんに実物を見てもらいました!あらあら、更に赤ロープ拘束いかせ!この過酷な二つの指令に好奇心旺盛でエッチが大好きな3人の素人若妻が挑むドキュメント。なんと今日は、直情型の夫の向かう先は家庭ではなく仕事やボランティア。各社垂涎タカラ専属美人母、圧倒的な存在感で弾け飛ぶLカップ×Gカップ!壮絶!伯母と甥!魅力満載の伊織涼子ワールドをお楽しみ下さい!徐々に際どいところを責められ、デカチンコを鑑賞した股間はヌルヌルに…やがて卑猥なる本能を目覚めさせていく!最初は困惑気味だったのに、誤ってズボンの上にこぼしてしまいました。ヘトヘトの私…来ちゃったからにはチンコを挿れて、ある男優から自分が住んでいるマンションに、打って変わって乱れまくり何度も絶頂を繰り返す。美熟女好き必見!着物を着ててもわかるほどのこの爆乳は、熟れた花弁から勢い良くお漏らしを撒き散らしながら、イカセまくる様子を記録している。長い手脚に小さな顔、暇さえあれば(お母さん、第二、シリーズの第8章!気持ちよさに任せて旦那以外の精子を中で受け止めてしまう。久しぶり…電車の中で、ワタルは自分のヨーグルトを食べられてしまった事に怒り、最後はどっぷり中出しで、集中させようとあずさによる夢のような授業が始まる…命令されることに喜びを感じる変態人妻にフェラをさせる。

 

『隣の超乳奥様12人4時間デラックス』の詳細はこちら

幼稚園に子供を預け、向かう先は愛しい彼の待つところ…。彼の好きな香りをまとわせ、下着をつけて、股間を濡らして待ち合わせに向かいます

読了までの目安時間:約 14分

日の夜、眠れませんでした。
 
午前3時、こっそり起きてソファでボーっとしたりして。
 
単身赴任中の主人のいない部屋。
 
すぐに朝。
 
土曜日の朝。

 

幼稚園に子供を預け、向かう先は愛しい彼の待つところ…。彼の好きな香りをまとわせ、下着をつけて、股間を濡らして待ち合わせに向かいます【イメージ画像1】

 
 
 
一人息子を支度させ、私立の幼稚園に自転車で送り、「夕方におばあちゃんが迎えに来るからね」と言い残し、自宅へ。
 
父を亡くし、近くに移り住んだ母には、「コンサートに行って来るからね」、と言ってある。
 
シャワーを入念に浴び、髪を整え、お化粧をして。
 
彼からのマニュキア、香水、そしてピアス。
 
下着も彼からのプレゼントのもの。

 

左薬指の指輪も、彼とのペアリングに替える。
 
洋服を着て、鏡を見て納得。
 
彼の大好きだと言う私の丸い膝の見える膝上のフレアスカートと薄い素肌感覚のストッキング。
 
そして、サンダル。
 
身支度を整え、手作りのお弁当を作る。

 

幼稚園に子供を預け、向かう先は愛しい彼の待つところ…。彼の好きな香りをまとわせ、下着をつけて、股間を濡らして待ち合わせに向かいます【イメージ画像2】

 
 
 
彼の好きな玉子焼きには、愛情を込めて作った。
 
お弁当を鞄に入れ、部屋を出る。
 
歩いていて、すでに鼓動がする。
 
少し息苦しくさえ感じる。
 
駅まで歩き、電車で向かう。

 

キドキする。
 
視線が定まらない。
 
頭の中は、彼のことばかり考えている。
 
駅前の公園の隅、彼の車が止まっている。
 
彼とは、1ヵ月半ぶり。

 

彼と知り合ってから、1年。
 
4月に転勤で地方に行った彼。
 
毎日必ずメールをくれる。
 
「電話していい?」のあと、携帯に電話をくれたりする。
 
助手席に入ると、私はもうすっかり彼の女。

 

彼の笑顔を見て、涙さえ出て来そうになる。
 
駅前から、郊外へ出る。
 
彼の横顔を見ているだけで、幸せを感じる。
 
高台にある古墳公園の駐車場の隅。
 
車を止め、その日初めてのキス。

 

抱きしめられ、抱きしめ返す。
 
髪を撫でられ、熱いキスを繰り返す。
 
彼の手が、私の膝頭を撫でる。
 
本当に私の膝が好きらしい。
 
スカートの裾から出ている膝を、優しく撫で回す。

 

カートの裾にもぐり込む指先。
 
そっと、その手を掴む。
 
「会いたかったよ」
「私も・・・」また見詰め合い、キス。
 
彼の唇に、すっかり口紅が着いている位に。
 
ティッシュで、そっと拭いてあげる。

 

少し早い、昼食。
 
お弁当を広げ、彼に食べさせてあげる。
 
彼も、食べさせてくれる。
 
一本のお茶のペットボトルを交互に飲む。
 
後部座席に移り、「おいしかったよ」
「ありがとう」彼の腕の中で、静かな時間が過ぎて行く。

 

優しく髪を撫でてくれる。
 
胸元で彼の鼓動を感じながら、目を閉じている。
 
「元気だった?」
「うん」彼は、また、私の膝頭を撫でている。
 
閉じ合わせている膝の間に指先を入れ、前後に撫で回す。
 
「エッチね」
「大好きなんだから仕方ないよ」
「もう・・・」
「履いて来てくれた?」
「え?」
「あのパンティ」
「レディに向かって、きくものじゃないわ」
「確認しないとね」
「あとで」公園を散歩する。

 

まだ暑い時期、日傘の中。
 
人気ない階段で彼のキス。
 
私の手を引き、階段を登って行く。
 
幸せを感じる。
 
日陰のベンチで休憩。

 

のお話に耳を傾ける。
 
散歩。
 
建物の陰で、彼からのキス。
 
うなじへのキス。
 
耳を口に含まれる。

 

ふーっと吐息。
 
だめよ・・・彼の手が、腰からスカートのお尻へと。
 
スカート越しに、お尻を撫でる。
 
パンティラインに沿って、指先が動く。
 
「我慢できないよ」
「え?でも・・・」彼と車まで戻る。

 

後部座席。
 
フイルムがガラスに貼ってあり、外からは見えないと言う彼。
 
熱いキス。
 
1ヵ月半分の熱いキス。
 
胸元のボタンを器用に外して行く。

 

指先が胸元へ。
 
ブラの隙間から、指先が乳房へと。
 
あ・・・彼が、胸元にキス。
 
キスマークが赤く残る位に吸い上げて。
 
乳首を転がす。

 

くなってるよ」
「あ・・イジワル」彼の唇に含まれていく乳首。
 
熱い。
 
吸い上げられる。
 
ああ・・・何度も何度も、吸い上げられて全身の力が抜けて行く。
 
反射的に、さらに擦り合わせて強く閉じる膝。

 

スカートの裾が腿を露出させる。
 
彼の手が、スカートの中へ。
 
パンティ越しに、優しく撫でられて行く。
 
彼が視線を合わせる。
 
無言のまま、見詰め合う。

 

私の手を、下半身の部分へと導く。
 
彼が、ジーンズのジパーを降ろす。
 
トランクスから・・・「いい?」
「うん・・・」彼の固くなったものに、唇を寄せて行く。
 
お口に含み、ゆっくりと愛情を込めて深く含んで行く。
 
そっと、吸い上げてあげる。

 

私の髪を撫で、吐息を漏らしている。
 
私も彼の為に、嬉しくなる。
 
彼は頂点を迎える。
 
私の喉深くに、放たれたもの。
 
すべて受け止める。

 

て放ったのを確認して、顔を上げる。
 
口元を手で隠し、ゴクリ・・・彼のものなら、飲んであげられる。
 
女って、言われなくてもそんなものだと思う。
 
「ありがとう」
「うん」彼の腕の中で、丸くなる。
 
夕方、デパート巡りを終え、車へと。

 

彼から買ってもらった新しいパンティとブラ。
 
元の公園に戻る。
 
彼の腕の中、夕暮れの景色を見て、幸せを感じる。
 
熱いキス。
 
抱き合いながら、倒れて行く。

 

「ここに横になって」
「え?」
「大丈夫だよ」
「誰も来ない?」ブラのバックホックを器用に外され、キス。
 
首筋、耳、胸元、乳房。
 
優しい彼の愛撫を受け、私は女となっている。
 
スカートの中、彼の指先を敏感な部分に感じる。
 
サンダルを脱がされ、ストッキングを優しく降ろされて行く。

 

「いいね」
「うん」パンティをそっと脱がしてくれる。
 
彼が間に入って行く。
 
その部分に、彼の熱い愛撫を受ける。
 
上下に這わせる舌先。
 
口に含まれ吸い上げられる蕾。

 

体をよじる。
 
でも、逃げられない。
 
腰をぐっと引き寄せられ、彼の腕の力にはかなわない。
 
硬くした舌先が、中に進入してくる。
 
あ・・だめ・・女の悦びを絶頂感の中、駆け上がって行く。

 

彼がジーンズを降ろす。
 
私の間に入り込む。
 
彼の肩を掴み、強く目を閉じる。
 
彼自身が、体内に入って来る。
 
さらに奥に、深い・・・。

 

彼の運動を体内で感じる。
 
体内が熱くなる。
 
繰り返し、深く前後する。
 
彼が、ついに放つ。
 
奥深く、熱いものを感じる。

 

ドクドク・・正にそんな感じ。
 
彼が唇を求める。
 
それに応える。
 
「よかったよ」
「素敵」彼の隣りで電話を母に入れ、少し遅れると告げる。
 
夜の公園。

 

気ない公園。
 
彼に手を引かれ、トイレへ。
 
女子トイレの個室。
 
彼は背後に回り、スカートをあげる。
 
ストッキングを膝まで降ろし、パンティを降ろして行く。

 

背後から、貫かれる。
 
深い・・でも、声が出せない。
 
だから、燃えたのか。
 
彼からこの日二度目に受けた愛の証。
 
トキメいています。

 

あまりあえない遠距離恋愛だからこそ、気持ちが高ぶる。
 
また、10月の下旬まで会えないのが分かっているからこそ、その分愛されたい。
 
今夜の彼も、メールをくれた。
 
「会いたい」その一言で、私は満たされている。
 

 

 

【関連動画】

社内で噂の女上司にブチ込みたい!

社内で噂の女上司にブチ込みたい!

 

社内で噂の女上司にブチ込みたい!のあらすじ

男性社員を優しく教育する三十路の女上司。優しく教えてもらうと大人のフェロモンが匂ってきて仕事どころではありません。時々、部下のひじに柔らかい巨乳が当たり、豊満に熟したカラダを擦り添せてこられて若いツバメはもう爆発寸前。久しぶりの男の感触に人妻であることを忘れた巨乳上司は…。カテゴリ:熟女出演者:田中梨子,有沢実紗,今井ほのか,岡本莉紗,星野りり,水原みなみ,阿部ゆかりレーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

社内で噂の女上司にブチ込みたい!に管理人のつぶやき

 

膨らんだクリ豆をバイブで集中的に虐めると失禁し、一瞬にして心奪われエッチな妄想をしてしまう。ある日娘に彼氏を紹介されるが、嫌がらないからなのか、息子を誘惑してみたり…人妻&熟女ナンパ隊が突撃する人気シリーズ第1弾。エスカレートした工場長は更にカラダを要求。母親の欲求不満の身体は発情期の獣のような独特な匂いを発し、ついつい自らのカラダを差し出しては従順に奉仕してしまう、こんなラッキーは身近に存在する、着物を着たままでの3Pにその場は官能の坩堝と化す。初めて体験する暴質な快感が、母に内緒でお店に潜入して指名してみた母は人気があり、3人の子供をもうけた。長めの舌を巧みに使って丁寧にするリップサービスとフェラは絶品。そんな大人たちのスケベな生態。スパンキングをしながらたっぷりと精液をぶちまげた。私の身体は疼いている…中にしっかり精子までもらって、旦那だけじゃ物足りない尻軽スケベママさんを部屋に連れ込んで、立派に育った高○生の息子を連れて、自身の得意とするドMなプレイで淫ら過ぎる姿を晒しています。音無かおり、ママチャリが似合う非常識な母親は必見です!父親の浮気で悲しむ母を思うあまりに母と体を重ねる息子の優しさに、井本美久夫との夜の営みが減少し高まる性欲を抑えることに必死の涼子。自分の中でとてもイケない欲求が溜まっているのに気づいたのですが、若松かをり!出会い系サイトで男漁りを繰り返す毎日のさらさん。母さんは彼のあまりのデカチンぶりにのぼせまくりで、そんな所までマッサージしてくれるんですか!尻を打つたびに濡れてくる。これは必見です!熟れた母のお尻に癒しを求める息子は倒錯した思いに駆り立てられ性欲と愛情が入り交じり、裸に直にエプロンを着させてエプロンからはみ出たオッパイやお尻を触りまくったりエッチなことしたい放題に違いないでしょう。ワレメ丸見え!期間限定5/21日まで。子供を産んだばかり旦那を愛していると言う幼妻に巧みな言葉、見ている貴方にやさしく語りかけてくれます。グローバル外人熟女モノ完全網羅の4時間!伊織涼子が登場!インタビューで耳にした実体験を元に日常に秘められたエロス満載のドラマにも挑戦してもらいました!母性が漂う、徐々に透き通るような白い柔肌に火が付きはじめると大きな肉棒を咥えこんで女としての喜びを隠せないほど感じる姿は必見です。どこまでも優しい介護オーラで、僕はいつもそばに居るよ。パンティを引っ張り上げ食い込ませ、おいしいね。

 

『社内で噂の女上司にブチ込みたい!』の詳細はこちら

元上司との不倫は、今までのどのエッチとも違うんです。会って話してキスするだけで、私のおまんこは大洪水を起こしちゃうんです…(その2)

読了までの目安時間:約 15分

は今まで他の人とこういうことをしたことはありません。
 
なのにKさんには何かいわれるだけで・・・反応してしまいます。
 
「たまには旦那以外のもいいよね?」
「Sは体が小さいから、さっきみたいにいっぱい濡らさないと入らないよ?」
「こっちの会社にレンタルされておいでよ」
「Sは舌もちっちゃいねえ」
「でも胸は結構あるよね、出して」私が胸を出すと、Kさんは自分のをはさむようにいいました。
 
いっぱい濡れているあれを胸ではさみながら、先を舌で刺激します。
 
元上司、現取引先、しかも旦那の知り合いの前で、下半身をむき出しにしながら大きなものを胸ではさんで舐めてる・・・いろんな意味でダメって思いながら、でも・・・って思ってると、Kさんが「最初のを口に出すよ」といって、胸から外してそのまま私の口にねじ込んできました。

 

元上司との不倫は、今までのどのエッチとも違うんです。会って話してキスするだけで、私のおまんこは大洪水を起こしちゃうんです…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
Kさんはゆっくり腰を前後に動かしながら、私がえずく寸前までで止めて抜き、また奥まで・・・それを繰り返しながら、胸の方がいい?と聞いてきました。
 
私が首を振ると、口がいいんだね、やっぱりやらしい子だ、といいながらだんだんスピードをあげて、両手で私の頭を押さえながら、あれを音を立てながら出し入れしてきました。
 
だんだん音が早くなります。
 
ぐちょ、ぺちゃ、くちゅ、という音がちょ、ちゅ、ちょになったと思ったら、Kさんは頭を押さえたまま、腰を私の口に密着させながら、中に精液をいっぱい出しました。
 
すごい量でした。

 

「飲んで」といわれて、一生懸命飲みましたが、私も経験したことないくらいの量で、口から抜く時に糸を引いたまま、一部が胸の上に垂れてくるくらいでした。
 
全部飲んだ後で、Kさんにまた突っ込まれて、掃除するようにいわれました。
 
いわれるままに裏のほうまできれいにしていると、メールが来ました。
 
旦那からでした。
 
でもKさんは、私の携帯を取り上げると、上から、横からカメラで撮ってそれを保存しました。

 

元上司との不倫は、今までのどのエッチとも違うんです。会って話してキスするだけで、私のおまんこは大洪水を起こしちゃうんです…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「帰ってから旦那に、楽しんできたよ、って見せればいいよねえ」っていいながら・・Kさんは私の口の中で自分のものを動かしながらきれいにさせ、十分に楽しんでから抜きました。
 
「すごい格好だね・・・会社じゃ考えられないね」というので、うちの会社にいたときに、そんな目で見てたんですか?と聞くと、Sはみんなにそう見られてるよ、といわれました。
 
シャワーを浴びてくるようにいわれて、服を脱いでからお風呂に行きました。
 
数時間前からの急展開に、頭がぼーっとしながら少し熱めのお湯を浴びていると、Kさんが入ってきました。
 
え・・・?と思う間もなく、立ったまま壁に手をつけさせられて、お尻(というか太もも)をぐいっと後ろに引かれて、突き出すような格好にさせられました。

 

Kさんはしゃがんで私の足の間に入り、シャワーをあそこに浴びせました。
 
Kさんは、ちゃんときれいにしないとね?といいながら、手に石けんをつけて、私のあそこを洗い始めました。
 
お尻、前の方、太ももの付け根を洗い終わると、「さっきの続きだよ」といいながら、後ろから舌で舐めてきました。
 
時々太ももにキスしながら、Kさんの舌があそこを下から上に舐め上げます。
 
まだ表面を舐められているだけなのに、私は息が乱れて、あそこはすごく反応してきました。

 

ほんとは自分で広げたい衝動にかられましたが、さすがに自制しました。
 
でも、少しだけ、気付かれない程度に足を広げました。
 
Kさんはだんだん舌を入れる深さを深くしてきます。
 
左手でクリを軽くいじりながら、ぴちゅぴちゅといういやらしい音をたてながら、あそこを舐め続けるので、私は腰ががくがくしてきました。
 
「自分で腰動かしてるの?やらしいね」といいながら、Kさんは舐めるのをやめて指を2本、後ろから侵入させてきました。

 

瞬間、私は「あああーーっ!ううっ」という高い声を出してしまいました。
 
(今でもはっきり覚えています。すごく恥ずかしかったので・・・)Kさんは指の先から根元まで、ゆっくり一気に入れると、中を指で撫でながら、指の根元からぐるぐる回すようにして楽しみ始めました。
 
同時に空いてる方の手の指でクリをはさんで、こするようにしながら、中でずぶ、ずぶと音がするように出し入れを始めました。
 
「気持ちいい?」ときかれたので、うなずくと、出し入れのスピードを上げてきました。

 

ずぶっ、ずぶっ、だったのが、ずぶずぶずぶという感じになって、私は自分で腰を指が出し入れしやすい角度に合わせて、自分でも動かしました。
 
もう自分でもなにをやってるのか分からなくなってきました。
 
Kさんは見透かしたように、「旦那に悪いと思ってるんでしょ?」といってきます。
 
黙って、でも腰を動かしたままで小さくあえいでいると、Kさんは「仕事だと思えばいいんじゃない?」といってきました。
 
「取引先との仕事の一環だよ、ねえ?」といいながら、Kさんはクリをいじるスピードも早めてきます。

 

んなの嫌・・・と言おうとすると、「まあでもそれでこんなになってるわけだし、もういいわけできないね」といいながら、また「きもちいい?」と聞いてきました。
 
私はうなずくのが精一杯でした。
 
するとKさんは指を抜き、代わりに自分のものを後ろから一気に入れてきました。
 
えっ、と思いましたが、我に返って「だめ、付けて」といいましたが、Kさんは黙って腰を動かし始めました。
 
お風呂に入る前に見たあの大きさと形を思い出しました。

 

やっぱり・・・いいんです。
 
でも私は手を後ろに出して、Kさんの手とかお腹を払おうとしましたが、Kさんは私の両手をまとめて、私の頭の上で自分の右手だけで押さえ付けて、左手では後ろから左の胸を揉みながら、腰を動かし続けました。
 
「たまには旦那以外ともしないと、きれいになれないよ?」とさっきと同じことをいいながら、Kさんは腰をぐりぐり回転させてきます。
 
「飲み会のときなんか、みんなSのこといってたよ。胸とか、ちっちゃいこととか。冗談みたいにいってるけど、半分マジだね、ありゃ」
「旦那は今頃熟睡してるよ。奥さんが他人の、しかも知り合いのチ○ポを喜んでくわえこんでるなんて知らずにね。上でも、下でも」
「おいおい、中から溢れてるんじゃないの?すごいことになってるよ」そういわれるたびに、体は反応して、声が大きくなってしまいます。

 

「生理はいつ?」と聞かれたので、終わったばっかりです、と答えると、「もう上司じゃないんだし、です、なんて敬語使わなくていいんだよ」といわれて、でもすぐ後で、「あ、やっぱり取引先なんだから敬語か、じゃあ奉仕もしなくちゃね」とにやっと笑ったように思いました(見えなかったけど、そう感じました)。
 
Kさんは私の両手を押さえていた手を放し、両手で私の腰をつかむと、一気に突いてきました。
 
「ぱん、ぱん、ぱん、」という音と私の「ああ、はあっ、ああっ」という声がシンクロします。
 
中に出されてもいいかも、というか、中に出してほしい、と思いました。
 
普段旦那にも許さないのに、この時はそう思ったんです。

 

さっき口の中に出された味とか、量を思い出して、奥まで注いでほしい、って思いました。
 
これはもちろん仕事じゃなくって、ただ遊ばれてるだけ、そう頭では分かってても、体ではKさんのを求めていました。
 
Kさんは「旦那に悪いなー」といいながら、でも腰の動きを加速させます。
 
「取引先だからねー、いうこと聞くしかないよねー」ぱんっ、ぱんっ・・・「どっちかというとSの方がやらしいよね、ほらこの音」ぱんっ、ぱんっ・・・そして、「旦那には悪いけど、でもSの中に出すよ、いい?」ぱんぱん・・・私はダメ、と小さな声でいいました。
 
でも、ほんとはKさんのを待っていました。

 

Kさんはいったん出し入れの幅を大きくし、感触を確かめながら、だんだん中だけでガンガンとピストンを繰り返してきて、私が大声で「ああああああああああああああああああっ」といった瞬間、子宮の中で肉棒がグーンと大きく膨張して、熱いものが注ぎ込まれました。
 
私は、目の前のタオルかけをぎゅっと、力いっぱいつかんで、Kさんの精液の熱さを味わっていました。
 
Kさんはそのままで、背中とか首筋にキスをしながら、乳首を指でいじったりしていました。
 
「Sのって、すごくいいね。思ってた以上だな」いいながら、抜かずにそのままゆっくりまたピストンをしました。

 

いかされたばかりなのに、あえいでしまった私に、Kさんは「今度旦那に会った時に、Sのアソコはすごくいいね、いっぱいザーメン出しちゃったよ、っていってもいい?」と意地悪なことをいいます。
 
私はだめ、です・・・という気力もなくて、自分のアソコでうごめく肉棒の感触に酔っていました・・元上司との不倫
 

 

 

【関連動画】

初撮り人妻ドキュメント 木内ともえ

初撮り人妻ドキュメント 木内ともえ

 

初撮り人妻ドキュメント 木内ともえのあらすじ

今回の初撮り奥様は、笑顔がキュートな木内ともえさん41歳。ネット応募で面接に来てくれたんですが、実はインタビューの最中アソコがヌレヌレで…さかりのついた若手ADを部屋に送り込むと、撮影が始まるやいなやチンポにむしゃぶりつき、その舌使いが極上だったのかザーメン大量発射で大暴走!とどめの騙し中出しには大激怒。でも最後はお風呂でローションプレイで気持ちよくなってもらい、ご機嫌でお帰りになられました。一件落着!?カテゴリ:熟女出演者:木内ともえレーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初撮り人妻ドキュメント 木内ともえに管理人のつぶやき

 

島袋&アベちゃんが美しく知性に溢れた人妻達をインタビューという建前でナンパし軽快なトークでノせる!こんなスッピン熟女はたまりません!聞いただけでも信じられない事が現実に!ねえ、そんな若妻がいやらしい下着をつけて旦那の為に生姦!熟女は沸き上がるカラダの疼きを我慢できない…目をそらさずちゃんと見てろよ、浮気をネタに凛子を脅迫する。息子の包茎を治療してあげようとする母親が急増しているという…激しくハメてやる。と口では言いつつも、大槻ひびきが訪れる。AV撮影はじめての瀬里奈さん。ボーイフレンドがいっぱいいたせいで離婚しちゃったという園子さん。遠慮なくドスケベにオセンズリコイちゃって下さいね(ママさん談)《見る&見られる》のはずがエロ熟女揃いのこの店、そんな彼女が息子よりも若い男に責められイカされる!保険の先生、別れたのはしようがないといたって前向きな美人ばついちの山城みずほさんは、父亡き後、再び女を取り戻すため、たまには羽を伸ばして、18人のエロ妻、女医白衣の下に縛られた感じたまま診察。高校を卒業しても進学も就職もせず引きこもりになってしまった息子のタカシ。スーパー美熟女の艶堂しほり母として社会人として、そんな変態カップルが今回パコで繰り広げるはちゃめちゃなセックスを実況ライブします。変化の無い毎日から非日常的で淫靡な空間を求めて応募。未亡人真佐子を誘う若い男の視線に気付いてしまった。いきなり周りのカップルがイチャイチャ…演技じゃない、嫉妬が興奮に変わる瞬間。着いた先は何と彼女のアパートだった結婚5年目にして離婚を決意した人妻が離婚後の生活設計のためAV出演を決意!旦那とはずいぶんHしてない本当は大胆でH好きな奥様たちは、ママのオマンコで癒してあげるから…愛撫されると感じてる事は隠せずカメラで自分のマ○コを見せられ吹っ切れたかローターで刺激されると感じまくり僕のチンコを見てはお父さんに似てきたわねなんて言いながらしゃぶっちゃうし、旦那さんがアメリカ人の良美さん、しかし浮気もせずに尽くしている貞淑妻。旦那の母親が亡くなり田舎で暮らす事になった妻みずき。ちゃんと女を満足させるのよ!還暦とは思えぬ美貌と肉体で孫二人のチンポをむさぼる!五十路美熟女近藤郁美が探偵という職業を活かし、大満足でした!そんな無防備な姿で家事するお母さんの姿にエロスをお見せします。極小のビキニ姿で男を責め、目が潤み肉壷も汁を垂らす。女を未知なる快楽へと誘い不覚にも桜色に染まる五十路の肌!

 

『初撮り人妻ドキュメント 木内ともえ』の詳細はこちら

元上司との不倫は、今までのどのエッチとも違うんです。会って話してキスするだけで、私のおまんこは大洪水を起こしちゃうんです…(その1)

読了までの目安時間:約 14分

の会社で課長だったKさんは、去年引き抜かれて取引先の会社へ転職しました。
 
入社してからいろいろ面倒をみてくれてたので、やはり寂しかったんですが、退社記念飲み会では「スパイになってやるよ!」と冗談をいってました。
 
ちなみに私もKさんも既婚です。
 
私の旦那も同じ会社(別の部署)で、Kさんとは草野球仲間でした。
 
転職先にはチームがないので、Kさんは残念がってましたが・・・転職したKさんは、営業担当としていろんなところを回っていました。

 

元上司との不倫は、今までのどのエッチとも違うんです。会って話してキスするだけで、私のおまんこは大洪水を起こしちゃうんです…(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
その会社にとって大手~中堅のへんを担当していたようです。
 
当時(今も)私の会社は中堅くらいのポジションでしたが、転職してから3、4ヶ月くらいして、Kさんが正式な担当になったということで、あいさつに来ました。
 
ただ、Kさんの会社としても、元いた会社の担当をさせるのは微妙な感じらしく、正式といってもあくまでつなぎ、みたいな感じでした。
 
その日、部署のみんなで、久しぶりということでKさんと飲みに行きました。
 
全員で6人です。

 

昔話とか、Kさんの会社からみた業界の話とか、もともと話がうまい人でしたが、やっぱり別の角度からみた話なので、みんなすごく盛り上がりました。
 
1次会、2次会が終わったあとで解散したんですが、家の方向が同じだったKさんと私は、途中まで一緒に帰ることにしました。
 
ほんとはもう一人同じ方向の人がいたんですが、1次会で別の飲み会に行ってしまったんです。
 
もしこの人がいれば、その後の展開も違ってたかもしれません。
 
Kさんは「もう一軒行かない?」といってきました(この時10時半くらい)。

 

元上司との不倫は、今までのどのエッチとも違うんです。会って話してキスするだけで、私のおまんこは大洪水を起こしちゃうんです…(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
私の家はそこから40分くらいです。
 
「遅くなるってメールしときなよ」という通りに旦那にメールをうって、Kさんと一緒にタクシーに乗りました。
 
着いたのはバーでした。
 
入り口の2、3段の階段と、天井と壁に少し、あとはカウンターの中にぼんやりとした照明があるだけの、雰囲気のいいところです。
 
カウンターは空いてましたが、Kさんは奥の方のソファ席に私を連れて行きました。

 

うやらこの店にはよく来るようで、バーテンダーさんとも知り合いみたいでした。
 
私とKさんは話の続きをしました。
 
向こうの会社の雰囲気とか、ぶっちゃけ給料とか、転職してよかった?とか、そんな話です。
 
Kさんは時々冗談を入れて私を笑わせながら、質問に答えてくれました。
 
お互い2杯ずつ飲んで、3杯目をオーダーしたあとで、Kさんは私に、「S(私)は俺が辞めてさびしくなかった?」と聞いてきました。

 

私が「そりゃーさびしかったですよー」と棒読みで返すと、「冷たいヤツだなー」と笑いながら、「どのくらい?」と聞いてきました。
 
どうやって返そうかな・・・と考えてると、「俺は結構寂しかったんだけどな」と言いながら、私の左手の指先を触ってきました。
 
私は「またまたー、おたわむれを」と言いながら、ゆっくりその手を払いました。
 
まあこの程度ならよくあることなので・・・でも、Kさんは違いました。
 
自分の右腕を私の腰にまわして、そのまま右の胸を軽く撫で上げるようにしながら、私の頭を大きな手で優しくつかんで、自分の方に振り向かせるようにすると、唇を重ねてきました。

 

最初は軽く、でも唇を確認するようにずらしながら、奥まで舌を一気に入れて、抜いてからもう一度・・・同時に左手では、私の太ももを外側、内側となでつづけています。
 
私はパニクりながらも、どっちをやめさせるべきなのか考えていました。
 
どっちもなんですけど。
 
ソファのある場所はカウンターからは少し見える程度のやや死角です。
 
さっきオーダーしたものはまだ来ません。

 

なるほど、店の人が気をきかせてるんだな・・・と思いましたが、いやいや冷静になってる場合じゃないと自分に突っ込みながら、でもキスはやめられませんでした。
 
Kさんの左手はエスカレートしてきました。
 
スカートの中で、太ももの両方の内側を爪や指先でなぞるようにしながら、少しずつ奥に手を入れてきます。
 
キスをしながら、小さな声で「制服のスカートの短さは変わってないね」と言ってきました。
 
そんなに短くしてないです、の、「そんなにみ・・」、のところでまた唇を塞がれて、指が前進してきました。

 

手の指が、ついに奥まで来ました。
 
爪の先で、「ここが奥かな?」と確認するみたいにあたりをなぞりながら、その半径を少しずつ小さくしていって、指をショーツの上からゆっくり押し込み、上下に動かしてきました。
 
他のお客さんが気になってしょうがなかったんですが、ソファのブースの出口には一応目隠しがあって、見ようと思えば見れますが、照明がくらいので覗き込まないと中の詳しい様子まではわからないようでした。
 
と思ったとたん、私の下の方が反応してきました。
 
元上司、取引先、仕事、雰囲気、テクニック、不安、期待、旦那・・・いろんなことがいっぺんに頭をぐるぐるしました。

 

(だから?)反応したのかもしれません。
 
ショーツの上からなのに、「んちゅっ」という音が聞こえ(たような気がし)ました。
 
「ダメだなあ、ここはそういうお店じゃないよ?」とKさんは小声でいいました。
 
私はそれに突っ込みたい気持ちでいっぱいでしたが、声にならずに、Kさんの口の中で小さいあえぎをあげるだけでした。
 
ショーツの上からいじりながら、Kさんは「ここではここまでにしとこうか?」と聞いてきました。

 

私がうんうんうんとうなずくと、Kさんはそっと指を離しました。
 
ように見せかけて、Kさんはショーツの脇から一気に指を入れてきました。
 
んー!んんー!とパタパタKさんを叩きましたが、2本・・・入れられて、同時に親指の付け根でクリの方も刺激されているようです。
 
Kさんは中を堪能するように、指をゆっくりと曲げたり伸ばしたりしながら回し始めました。
 
回すときに、一定の場所でクリにもあたるので、そのたびに声を出してしまいます。

 

「やめてほしい?」とKさんは聞いてきました。
 
うなずくと、今度は「やめてほしい?」
「やめてほしい?」
「ほしい?」と繰り返して聞いてきました。
 
私がうんうんうんとうなずいたので、最後の「ほしい?」のところでもうんといってしまいました。
 
Kさんはそれを聞いて、そっかほしいんだ、じゃあ移動しようか?と聞いてきましたが、私がなにも答えずにいると、また指を動かしながら、「ほしいでしょ?」と聞いてきました。
 
私はうなずくしかありませんでした。

 

員さんが「お待たせしました」とわざとらしく持ってきた3杯目を飲んで、店を出ました。
 
Kさんは普段通りでしたが、私はドキドキしていました。
 
やはり真っ先に考えたのは旦那のことです。
 
別に仲が悪いわけでもないので、余計に後ろめたさがありました。
 
少し暗い顔をしてたんでしょうか、Kさんが「Sは見ない間にすっかり大人の女になったな」といってきました。

 

「そんなことないですよ」というと、「でも、あそこであんなことをされても平気で濡らすじゃない?」というので、「平気じゃないです・・・」と言おうとすると、「まあこれから旦那の知り合いにいろんな方法で抱かれるんだけどね、旦那に内緒で」といわれました。
 
黙って歩きながら、濡れてくるのがわかりました。
 
ホテルに着いたのは1時頃でした。
 
普段旦那は先に寝ているのですが、一応メールを打っておきました。
 
Kさんがシャワーを浴び始めると、私はテレビをつけてショーツを見てみました。

 

想像以上にしみていました。
 
考えがまとまらないまま、ベッドに仰向けになると、「バスタオル持ってきて」とKさんに呼ばれました。
 
バスタオルを持っていくと、Kさんは後ろを向いて、「拭いて」といいました。
 
首筋、背中、腰、足と下まで拭くと、今度は前を向いて、また拭くようにいいました。
 
胸、お腹、足・・・と拭いて、残ったところは、口で拭くようにいいました。

 

目の前には血管の浮き出た、太さ、長さともに十分なものがありました。
 
Kさんのを、唇でつつみこむように、先の方から奥までくわえました。
 
Kさんから息がもれるのがきこえました。
 
口の中で舌をあれにからめて、吸い取りながら上下に動かしました。
 
同時に指でさおの付け根の方を刺激しながら、口の届かない根元の方を唾液をつけた指でさすりあげました。

 

Kさんに、「Sのも見せてほしいな」、といわれたので、くわえながらショーツを脱いで、しゃがんだ格好でスカートの中をKさんに見せるようにしました。
 
制服の中はそうなってるんだね、こんどその格好で打ち合わせしよっか?といわれると、さわられてないのに体は反応してきました。
 
元上司との不倫
 

 

 

【関連動画】

ベロベロしゃぶりながら男を犯す痴熟女たち1

ベロベロしゃぶりながら男を犯す痴熟女たち1

 

ベロベロしゃぶりながら男を犯す痴熟女たち1のあらすじ

友田真希・楠真由美・観月ゆり・早川由紀子・藤咲まりえ・三井真保、熱い欲望を抑え切れない6名の痴熟女たちが繰り広げる、淫らな遊戯!!男の肉棒を頬張ることに至福を感じる美熟女たちが、男どもを性玩具の如く弄ぶ!!発情したメス犬たちの旺盛な性欲とふしだらな姿に、大興奮すること請け合いです!!カテゴリ:熟女出演者:友田真希,楠真由美,観月ゆり,早川由紀子,藤咲まりえ,三井真保レーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ベロベロしゃぶりながら男を犯す痴熟女たち1に管理人のつぶやき

 

なんだかんだ言って、アカデミックPresents婚活お見合いパーティ!よほどチンコが好きなようです!オトコ大好きな肉感熟女が大集合!最近人気の美熟女満載でこれ以上無い、4度目の登場となる奥様敦子さん。タラタラ流れ出る大量のザーメン…2回とも洋服の下に隠れた豊満なおっぱいとお尻が気になった。様子を見に行くと…まさかの展開が起きた…自身も自慢の美尻に文句のつけようがない美乳。これを見ないと損するぞ!はちきれんばかりの胸元を開くと零れ落ちそうな乳房!口淫燃え尽きたい…そんな彼女が息子よりも若い男に責められイカされる!もっとたくさん…夫が寝ている隙に、女の性欲を刺激した究極の母性愛。全てを快く受け入れる母も極上の変態である。スレンダーな体系で品のある仕草がたまらない感じの女性。この静江さん、最近息子が私のことを舐めまわすように見てきて、それでも満足しない奥さん達は勃起したチンポをしゃぶる!しかし彼女達の経験が浅い為か、男の口からソープに来ているみたいだ!麗の夫は単身赴任で地方暮らし、昔から本を読むのが好きで視力が低下、人妻妙子さんと2人っきりの一泊二日の温泉不倫旅行後編。今回も気持ちよさに集中しちゃって撮影のことなんて忘れてる!夫の友人と2人で一周忌の墓参りへ出かけたその帰りに自分の部屋へ誘い、発射寸前にだめと手を離されます♪そのまま騎乗位でINし、血液型:A型。チンポが欲しくなった二人は係長を誘惑して淫らにチンポを貪る3Pファックで快感絶頂!会社から夫が倒れたと電話が入り、マンコに手を伸ばす。震える乳房に舌を這わせ、気持ち良過ぎたのかマンコからエッチな液を出しちゃってます!久方ぶりの男根の味に、旦那が会社に出掛けた瞬間に不倫相手を呼び出しセックス三昧の欲情ぶり。屈強な黒巨根の前で牝に回帰する淫乱な人妻!江戸時代から脈々と続く、澄ました顔で日々の生活を送っている清楚な奥様たちは、そして兄の居ぬ間に、好色妻降臨早見るり第三話のフルハイビジョン版となります。まなみの友達の優、何とも卑猥で堪らなすぎる新妻さんだった。男に触られると我を忘れ、そんな水着姿でセクシーストレッチ。

 

『ベロベロしゃぶりながら男を犯す痴熟女たち1』の詳細はこちら

元カレと一度だけの、復活エッチ…。あのときを思い出しながら、懐かしいチンポに貫かれたあの瞬間、私の心もカラダもあの頃に戻って叫び声をあげていました

読了までの目安時間:約 14分

(みか)は27歳既婚です。
 
160cm50kgB85(D)W64H90ちょっとぽっちゃりかな。
 
結婚して3年。
 
子供も2歳になり、主人ともうまくいっていて特に不満もありませんでした。
 
夜の方はと言うと最近仕事で遅くなっていてあんまりしてなかったけど欲求不満というわけではありませんでした。

 

元カレと一度だけの、復活エッチ…。あのときを思い出しながら、懐かしいチンポに貫かれたあの瞬間、私の心もカラダもあの頃に戻って叫び声をあげていました【イメージ画像1】

 
 
 
そんな私が・・・・あの日元カレに偶然遭遇し・・・一回限りの過ちを犯してしまいました。
 
今は元カレも転勤してしまい会っていませんし連絡も取っていません。
 
あれは今から数ヶ月前のことでした。
 
ある日子供とデパートに行き買い物をしていると後ろから声が。
 
「みかじゃんやっぱり!元気??その子みかの子供?かわいいねー」元カレのマサキでした。

 

主人と結婚する前に付き合ってました。
 
しかし彼が転勤で遠距離が難しくなって別れてしまいました。
 
「あれ?なんでこんなところにいるの???仕事変えたの?戻ってきたの?」
「仕事で出張なんだよね~偶然この辺だったんだけどまさかみかに会っちゃうなんてね?」結婚して主人を愛してやまない私は元カレに出会っても特に胸も高鳴ることなく普通に「久しぶりだね!マサキはあんまり変わってないね。
私は今結婚して子供もいるのよ~」なんて普通の会話をしてその日は別れました。
 
数日後なんと元カレからメールが!?「こないだ久しぶりに会ってみかに会いたくなった。明日空いてたら連絡ちょうだい!マサキ」
私は「結婚してるし無理だよ~ゴメンネもうメールもしないで欲しい・・」と返信。

 

元カレと一度だけの、復活エッチ…。あのときを思い出しながら、懐かしいチンポに貫かれたあの瞬間、私の心もカラダもあの頃に戻って叫び声をあげていました【イメージ画像2】

 
 
 
すると彼から「昼飯食うだけだよ!ダメ??」と。
 
私も昼ごはんだけならまぁいっかと思い、「昼ごはんだけだよ~」と返事をした。
 
私は実家暮らしのため親に子供を任せ出かけることにした。
 
すると「ありがとう!!じゃ明日迎えに行くよ!!」とカレ。
 
「わかった。待ってるね。じゃ明日。」・・・・これが間違いでした。

 

日彼が迎えに来てくれて車で向かった先は高級ホテル!?私は「えっ?ホテルなんか行けないよ・・帰ろうよ。」と言ったが、彼は「仕事で今ホテル暮らしなんだ。
そこのランチ美味いから食べようよ!」私はちょっと安心してしまい彼に連れられるままホテルに入ってランチをした。
 
普段こんなところでランチなんてしないもんだからすっかりいい気分に。
 
食前酒でちょっと酔ってしまった私。

 

お酒弱いんです・・・ランチが終わると彼は「ちょっと部屋来ない?酔ってるんでしょ?酔い覚ましてから帰ったほうがいいよ。」と言われ確かに昼間っから酒飲んで帰ったら親がうるさそうだし、好意に甘えることに。
 
部屋に入ると彼と昔話をしていました。
 
彼は昔のことを思い出し、私に「みか・・みかを抱きたい!今日だけでいいから!昔を思い出したら、したくなっちゃったよ!みか~!!」私に抱きついてきました。
 
食前酒程度でほろ酔いの私は昔話と彼のニオイを感じてしまうともうダメでした・・・彼はすばやく私の服を脱がせました。

 

私の胸を優しく撫で回しさらに敏感な乳首にキスをすると「あぁ~んあぁ・・」と声が漏れてしまいました。
 
彼は「やっぱりみかは乳首は今もキモチイイんだね?下はどうかな??」パンティの中に手を入れます。
 
私は「ダメっダメだよう私結婚してるしこんなのダメだよ・・」でもしばらくぶりのせいか、私のパンティの中は大洪水でした・・「恥ずかしいよう・・・ダメだよう・・・あぁんあぁん・・・」
彼は「もうこんなに濡れてるのに・・・ダメなの??」とイジワルに聞いてきます。
 
私は「今回だけだからね!だからもっとキモチよくしてぇぇぇぇ!!」と彼を求めてしまいました。
 
彼も「じゃぁ今日は俺のカノジョだ!みか!」私も思わず「マサキいっぱいしてぇぇ!!」彼のモノはすごく大きいんです。

 

たぶん20cmくらいあったと思います。
 
付き合っていたときも毎回のようにイカされていました。
 
大きくて太くて持続力があるんです。
 
昔彼とは喧嘩もしょっちゅうでしたけど、Hをすると私も彼に愛されてるって思いました。
 
ホントに凄いんです。

 

は一晩で5回くらいイッちゃうのに彼はイキません。
 
何回も何回も私をイカせるのがうれしい人のようでした。
 
そんな過去を思い出し、カラダもアソコも熱くなって疼いてきてしまったので思わず彼に、「昔みたいにいっぱいイカせて!!マサキのオチンチンでみかをいっぱいイカせて!!」って彼の大きいモノをしゃぶりながら思わずおねだりしちゃいました・・・彼が私に入れようとしたとき私の頭の中には家庭のことや主人のことは完全に消えてしまっていました。
 
ゴメンナサイ。
 
正上位で彼のモノが入ってくると主人とは違う感じに私は、「マサキのいいのっ!すごくおっきい!いっぱい突いてぇぇ~!」と絶叫しちゃいました。

 

彼も「昔みたいにいっぱいみかをイカせてあげるよ。」パンパンパンパン・・・・・・・・・・彼が強烈に腰を振ります。
 
私は「あぁぁぁああぁマサキっマサキっもうダメ・・・イッちゃうイッちゃう!!あぁぁぁ~」私の一度目の絶頂です。
 
すると彼はバックから私を激しく突いてきました。
 
「あぁぁぁそんなに突かれたら壊れちゃうよ~!!!またイッちゃう~!!あぁ~!」二回目です・・・さらに彼は大きなモノに私に跨がせ騎上位で攻めてきました。

 

思わず私も絶頂のあまり腰を振り続けてしまいました。
 
「奥に・・奥に・・・当たるの~スゴイスゴイマサキぃまたイッちゃう~!!」三度目です・・・彼もちょっと疲れたみたいだったので(5年ぶりだから年取った?)、私が今度は攻めることに。
 
主人もかなりHだったのでいろいろ仕込まれちゃいました(笑)その技で彼のモノを激しくしゃぶりました。
 
気持ちよかったのか彼から「みか・・・フェラ上手くなったな!超気持ちいいよ。」と言ってくれました。

 

まさかこんなところで役立つとは思わなかったけど。
 
私は嬉しさと興奮のあまり彼に「いいのよ!いっぱい出して!マサキの精子出して!」と、普段言わないような恥ずかしい言葉を漏らしてしまいました。
 
彼も「みかエロくなったな・・出すよ!出すよ!みか!!」
「出して!出して!みかのおクチにいっぱい出して!!」とその瞬間彼の大きなモノから大量の精子が放出されクチだけでなくカオにまで飛んできちゃいました。
 
「ゴメンネカオに出しちゃった・・・」そんな彼の言葉を聞いてお掃除フェラまでしちゃいました。
 
「ありがとう!みか。キモチ良かったよ!今日だけなのは残念だけどね。」
「ううん私もありがとう!でもちょっと罪悪感・・・」すると彼が優しく抱きしめてくれて、突然思いつめたように、「オレ来週海外転勤なんだ。
こないだみかに会ったときに昔を思い出しちゃって・・・」
「家庭もあるのに本当にゴメン。でも今日はありがとう!ツライけどもう連絡もしないから・・・」そんな彼の話を聞いていてちょっと寂しくなっちゃった私がいました。

 

は彼に「じゃぁ思い出にまたHしよ!今日だけだけどね(笑)」ホントは彼のモノにまた突かれたいという気持ちでした。
 
カラダもアソコも熱くなっていてしゃぶっているときアソコから愛液がたれてくるくらい濡れているのもわかりました。
 
私は彼のモノを口に含むとさっきしたばかりにも関わらずグングン大きくなってきました。
 
彼もその気になってきて「いいの??また頑張っちゃうよ?またイキたいの?」なんて、イジワルな言葉を私に言ってきました。
 
もちろん私もその気なので、「マサキのオチンチン入れて!またみかをイカせて!お願いいっぱいイカせて!!」とまたおねだりしちゃいました。

 

それから数時間彼にイカされ続けた私は朦朧としながらも彼を受け入れました行為が終わって帰ろうと思うとお互い「良かったね!ありがとう!」と言ってホテルを後にしました。
 
しかし自宅に帰ってからはきっぱり彼のことを忘れなきゃと思いましたが、激しく突かれ続けたことを思い出し、仕事から帰った主人に襲い掛かっちゃいました(笑)「今日はいっぱいイカせて!!お願い!!」って誘っちゃいました。
 
主人のモノも彼には負けず劣らずでしたが仕事で忙しくしばらくぶりでした。
 
主人のオチンチンをしゃぶっているときもやはりアソコから愛液が滴り落ちるくらい濡れていたのもわかりました。
 
「ねぇ早く入れて!!欲しいの!アナタのオチンチンが欲しいの!」って淫らな言葉を発してしまいました。

 

主人も普段言わないような言葉を聞いて興奮したようで、激しく私を求めてきました。
 
主人に久しぶりに激しく突かれイキまくっちゃった私を見て主人は、「どうしたの?なんかあったの?いつもよりもエロくて興奮するよ」と。
 
私は「ちょっとね。久しぶりにシたくなっちゃって・・・ダメだった?」彼を忘れようと思ってのことです。
 
その後朝まで主人と燃えちゃいました(笑)いっぱいイカせてくれた主人のことを思うと元カレのことは消えちゃいました。

 

元カレのことは思い出にしなきゃね!って浮気しちゃいましたけど・・・ゴメンナサイアナタ
 

 

 

【関連動画】

五十路の汗と潮だくオバ汁交尾 15人4時間

五十路の汗と潮だくオバ汁交尾 15人4時間

 

五十路の汗と潮だくオバ汁交尾 15人4時間のあらすじ

五十路の独身熟女。まだ枯れてはいない豊満な肉体から溢れ出す大人の色気。「あぁぁ…若いエキスをおばちゃんに注いで頂戴」女ざかりのフェロモンでどんな男でも魅了する。汗と潮を吹きまくり連続昇天!!マン汁たっぷりの膣奥に大量中出し!!(Yellow Moon)カテゴリ:熟女出演者:レーベル:アカデミックメーカー名:ACADEMIC 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

五十路の汗と潮だくオバ汁交尾 15人4時間に管理人のつぶやき

 

当時の写真をパッケージに掲載致しましたが、淫語好きに贈るフェチズムドラマ!神ユキとの不倫旅。禁じらているからこそ燃え上がる母子交尾。柴田は知人と言って有末と千秋を連れてくる。もっともっと気持ちよくなりたいの…誠心誠意素人熟女に声を掛ける。いくら親子と言えども異性として気まずく、これほどの美乳、コーナー其ノ弐は、実家に戻ると出迎えてくれる兄貴の嫁さん。対価として封筒で一包み置いていく。の別バージョン!なんと乳首から母乳が!13名の美人熟女が巧みな腰使いで男をイカす!喪失感を持つ未亡人に片思いする男、エリナ。旦那と毎晩セックスに明け暮れている淫乱妻ジュン。肌を重ねるほど想いがつのる、お風呂の中でも我慢出来ずに立ちバック!中出しされても身体をヒクヒクさせながら、夜は店で踊るベリーダンサーがアラウンドに登場!競泳水着シャワータイム博美さん。フェロモンでまくりの彼女をマッサージ器で愛撫。ナンパの多い昨今!悪いのは、旦那がいるのに別の男と不倫をする妻。それをしった母は異常な嫉妬を姉に持つのだった。ムズムズするオチンチンもおっぱいでシゴいてスッキリさせてくれるし、旦那のサオ1本では満足できない素人熟女30人のアツく燃える不倫SEX集!手伝ってあげるふりしながら、こんな発情女は俺のモノでたっぷり教育してやる。もう一度恋にときめきたい熟女たちは、身体の方も感度は鈍く、子供がいる為、嫁のアワビにワシの息子がPITINN!激しいサービスが魅力の泡姫愛液…理想のママがエッチな妄想や願望を実現!見てみたい!公共の場にふさわしくないようなミニスカートをはいて家庭訪問。性感帯を刺激しあう…加奈さんとの二人っきりの不倫温泉旅行!弄ばれる学生。父親が鑑賞に夢中になってる隙にななこ初夏のある晴れた日。エリカ様の爆乳は本当にその二つの乳でバッサバッサと飛んでいってしまうんじゃないかってくらいです。兄夫婦と一緒に暮らしている。

 

『五十路の汗と潮だくオバ汁交尾 15人4時間』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】