告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

社員旅行で同僚に生挿入で犯され中出しレイプされた人妻の陵辱SEX体験

読了までの目安時間:約 4分

私は33歳で結婚しています。
夫34歳、長女6歳小学1年生で平凡ながら幸せでした。
 

の日までは…。
私達夫婦は共働きをしています。
 

は銀行員で私は建設会社の事務をしています。
あの日は一泊二日の社員旅行の日で、私は子供がいるから今まで参加しなったのですが、今回は夫も息抜きで行ってきたらと言うので参加しました。
 

所は熱海の温泉で、全部で40人で男32女8でした。
宴会も終わり、各自部屋に戻りました。
 

は少し酔っていたので寝ようと思ったのですが、寝付けず下のバーで飲み直しました。
そこには課長と営業の木下さんがいて、3人でくだらない話、仕事の話をしながら飲んでました。
 

長はそこで寝てしまい起こしても駄目なので、お店の人に任せて、私と木下さんはお会計を済ませ出ました。
木下さんもかなり酔って歩くのがやっとだったので部屋まで送っていき、布団を敷いて寝かせようとしたら、急に立ち上がりトイレに駆け込みました。
 

下さんはすっきりしたみたいで、「ごめんね、みゆきさん」と言いました。
私は『じゃあ、私部屋に戻るね』と言うと「ちょっと待っ……」と私に抱きついてキスをしてきました。
 

は木下さんの顔を両手で押し、『やめて、木下さん』と言いましたが、それでも彼は無理矢理してきて、そのまま倒されてしまい、ビンタをされました。
「みゆきさん、みゆきさん……」と彼は自分のアレを口の前に出してきました。
 

でに大きくなっていて、「早くしろよ!」と言われ、私は嫌だったけとレイプされるよりはと思い、『これで許してね……』とフェラをしました。
でも酒のせいか中々いきません。
 

は口から抜き「俺だけじゃ悪いから、みゆきさんも」と私の服を一気に脱がしブラとパンティーを取られました。
彼はアソコを指で触りなら乳首を舐めてきました。
 

ソコが濡れているのは分かっていたけど私は耐えました。
そして今度は足を開いた格好にされ勢くアソコを舐められ私は『あっー』と声を出してしまい、「みゆきさん、感じちゃったの?じゃあ入れるかな」私はそれだけは絶対にさせたくないので『ねぇ、もうやめようねぇ木下さん』とお願いしました。
 

も、彼は私を殴り「もう我慢できねからさぁー」と言い、それでも私は足をバタつかせ抵抗したけど、先っぽがアソコに当たり、私は堪忍しました。
『避妊し……ゴム付けて……』と言いましたが、彼はそのまま挿入してきてガンガン突いてきました。
 

直言って奥に当たって気持ちよかったです。
でもそれを悟られたくなかったので声を出さず耐えました。
 

ばらくすると彼の息が荒くなってきて、「はぁ……はぁ……あー」私の腰をがっちり掴んできてラストスパートしてきました。
『ねぇー……中に出さないで……中に出さないで……お願い外に……』泣きながら叫けびました。
 

くぞーいくぞー……みゆきーー」その瞬間私の中で弾けました。
不覚にも私も泣き叫びながらイッてしまい、彼は覆いかぶさるように果てました。
 

ばらくして彼が抜くと、私のアソコから大量の白い液が垂れました。
彼はすべての体力を使い果たしたのかそのまま寝てしまった。
 

はすぐに風呂に入りアソコを洗いました。
私は朝まで寝れずずっと泣いていました。
 

達夫婦はあと1、2年したら子供をもう1人産む計画をしていて、夫とのエッチの時も安全日の時でも中出しはしないでその他の時でもゴムを使用していました。
そして私は基礎体温も付けていました。
 

の日は排卵日でした…。

欲求不満な姉さん女房の人妻はスケベな淫乱妻で騎乗位セックスで激しく喘ぐ

読了までの目安時間:約 2分

出会い系サイトで知り会った人妻は7歳年上の32歳。
彼女とは駅前で待ちあわせ、車で彼女を拾って軽くドライブをしながら話をした。
 

いてみると、旦那が俺と同じ年齢だった。
いわゆる姉さん女房って奴だ。
 

れから、どうしようかって?」彼女に話しを振ると「二人きりになれる場所がいいな」って甘えた声を出す。
姉さん女房はすでにやる気マンマンのようだった。
 

テルの部屋に入るなりシャワーも浴びずにオレたちは抱き合いベッドに倒れこんだ。
パンティを脱がすと、太ももまで垂れそうなほど大量の愛液が溢れ出ていた。
 

を入れると「ねえ、もっと奥にほしいの…」とおねだりする姉さん女房。
「2本入れるよ」「あぁ…すごい…もっと…」と感じまくる彼女。
 

して今度は彼女がフェラをしてくれたんだけど、さすがは姉さん女房って感じの舌使いだった。
挿入した後も、スケベな彼女は正常位でも自分で腰を使って感じまくりで、もち騎乗位の腰使いの激しさは言うまでもなくて、オレはそのままザーメンを絞り取られた。
 

さん女房ってみんな彼女みたいにエロいのかな?

巨根チンポのセフレとのセックスに夢中な新婚人妻のイケナイ浮気の秘密体験

読了までの目安時間:約 2分

26歳、新婚なのですが、私には旦那と付き合ってるときからセフレがいます…先週の土曜日に久しぶりにセフレとエッチしました。
セフレのオチンチンは20センチくらいで最高に気持ちいいです。
 

ブホに向かうまでに車でジュポジュポジュポジュポ…チュッチュパッチュパッてフェラしてごっくん。
ラブホに着いて部屋に入ったら即押し倒されて首にいっぱいキスマークつけられた。
 

っぱいモミモミされながら乳首チュッチュされてあっあんあぁって声出ちゃった。
M字でマンちゃん舐められていきそうになったら止められて何回も焦らされてもうビチョビチョ。
 

入れられてグチュグチュされてグチャグチャピチャピチャ…「ほらほら!気持ち良いんだろ?ん?」「あぁっあんあんだめぇ!」って潮吹きしちゃった。
大量でシーツがすごいことに…そしたらバックで太いバイブ入れられて大きい声で喘ぎまくり。
 

うした?もう限界?まだまだだよ」って言われていってもいっても抜いてくれなくておかしくなりそうだった。
「もう我慢できないよね?まさかバイブで満足?」「あん、オチンチンちょうだい!」「くださいは?」「オチンチンくださいっ」バイブを抜いて一気に挿入。
 

いよ!絞まってる!」パンパンパンパン激しく奥を突かれてすっごい気持ちよかったぁ。
子宮口から奥に入ってきそうなくらい。
 

う我慢出来なくて、「あっあぁだめっ、やっあんあん、いくうっ」って言ったらパンパンパンパンパンパンパンパンってさらに激しく突かれて、「まだだめだ!いくな!」って言われてペシンペシン!お尻叩かれて最高。
「いくぞ!出すぞ!おらおらっ」ビュビュッビュッ…ドクンドクン…最後は中出し。
 

~い精液がマンちゃんの中にいっぱいで気持ちよかったです。
旦那には悪いけどセフレとのSEXはやめられないです…

出会い系でW不倫の人妻とカーセックスで膣内生挿入の密会情事

読了までの目安時間:約 2分

最近、妻とのセックスがマンネリ化し、もうほとんどセックスレス状態。
そんなわけで不倫相手が欲しくなり、妻に内緒で出会い系サイトに登録しちゃいました。
 

想のシチュエーションとしては、妻と出会って間もないころのような初々しいデート。
その後、気分が高まったところでホテルに行き、濃厚なプレイ。
 

う考えていた私の心を見透かしたような、直球ストライクな人妻の書き込みを発見!「最近旦那が相手してくれなくて…。誰かドライブでも行きませんか?何か久しぶりに誰かとデートがしたくなっちゃいました」コレだ!と思ってすぐにアプローチしました。
 

して彼女(33歳)と会うことに。
愛車のワゴンでW不倫ドライブ。
 

速に乗って、海岸線まで行きました。
潮風に髪をなびかせながら、彼女は「わー、海なんて何年ぶりだろ」と笑顔を見せました。
 

は到底見せてくれなそうな笑顔。
不倫って素敵だなと思いました。
 

して、海辺を走っているうちに人気のない小道を発見。
「ちょっと探検してみようか」と入っていくと、木立に囲まれた小さな駐車場が。
 

りに人の気配は全くありませんでした。
すると、彼女が「ここで…してみる?」と私の股間を触ってきたのです。
 

は興奮してしまい、思わず彼女のシートを倒して襲いかかりました。
妻以外の女性と激しいディープキス。
 

違いなく、違った味がしました。
その後、彼女のパンツを下して指責め、生挿入。
 

女のエロいあえぎ声にもだえる仕草がたまらず、二人してイッてしまいました。
初めてのW不倫は、海辺でのカーセックスで大いに盛り上がりました。
 

の関係、やめられなくなりそうです。

セックスレスの既婚者は出会い系で不倫に溺れる秘密の情事

読了までの目安時間:約 2分

妻は2年前に子供を出産したのですが、その頃から育児に疲れていたのか、セックスレスとなりました。
そして、もう3年近くセックスしてないのです。
 

日のようにオナニーで我慢してたのですが限界にきました。
それをきっかけとして出会い系サイトに登録してしまったのです。
 

めて見る出会い系の募集欄には、多くの女性からのメッセージがあり目移りするほどでした。
住んでいる地域名も出ていたので近所で登録していた28歳の人妻の文章に目が留まり返事を書いていました。
 

じ既婚者同士なので、毎日1~2通のやりとり。
メールを開けるのを楽しむようになっています。
 

んなことが半月続き、その頃にはお互い会いたい気持ちが文章にも現れるようになりました。
そこで気軽な気持ちで食事に誘ってみました。
 

事はOK。
相手のご主人が出張に行く日を出会いの日と決め、市内のホテル最上階のレストランで食事をしました。
 

女は妻とは全く反対なおとなしそうな女性でした。
既婚者となって妻以外の女性と二人きりで食事するのは初めてで、緊張しながら会話を盛り上げました。
 

々に打ち解け、人妻の方も自分のことを喋りだします。
彼女も僕と同じように、ご主人の仕事が忙しく、最近セックスレスなこと…など。
 

事の後、夜景の見えるホテルのホールで、自然と彼女の方を引き寄せキスしていました。
そのまま、そのホテルにチェックインし彼女の身体を愛しました。
 

人にとって初めての不倫という体験でした。
でも3年分溜まった性欲が理性を越えW不倫へと突き進ませたのです。
 

で抱きあう2人の中に、不倫してしまった罪悪感があるのがわかりました。
でもお互いを失うことが怖く、今でもセフレとして身体を求めあっています。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】