告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

子供がなかなかできないけど、毎日エンジョイしています!主人と違う大物おちんちんに出会った私、淫乱って呼ばれても早くかき回してほしくってたまらないの(その1)

読了までの目安時間:約 15分

、亜矢子25歳の専業主婦です。
 
子つくりに励んでいますが子宝に恵まれず、夫婦二人で結婚5年目を迎えました。
 

 
主人は武志30歳食品会社の営業マンをしています。
 
先日、主人の旧友の山田さんを自宅に招き、お酒も入り遅くなったので、そのまま泊まって頂くことになりました。
 

 
主人は楽しさから飲み過ぎて寝てしまい、隣室に布団を敷いて寝かせた後、仕方なく私が山田さんのお相手をして、楽しく会話も弾み午前1時をまわっていました。

 

子供がなかなかできないけど、毎日エンジョイしています!主人と違う大物おちんちんに出会った私、淫乱って呼ばれても早くかき回してほしくってたまらないの(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
山田さんもお酒が回り、少しエッチな会話になって来てだけど、私は軽くのりの良い受け答えをして上手くかわしていました。
 

 
けど。
 
ちょっとした事から座っている山田さんのズボンの前を見たら、主人のとは比べものにならないほど、大きく膨らんだものが目に入って来たんです。
 

 
私は日ごろから主人の淡白なセックスに少し不満があって目の前の大きな膨らみを見ていたら、鼓動が早くなってしまって・・ポッと頬を赤らめちゃった。
 
なんか、まずい雰囲気がして慌てて台所へと片付けものを持って席を立ったんです。
 

 

台所で片付けをしていても、、先程の山田さんの膨らみが頭から離れず・・あんなもので責められたら・・なんて考えてしまって<私・・何言ってるの・・そんな事を考えてはダメじゃない・・・>自分に言い聞かせて片付けを済ませました。
 
だけどアソコからは熱いものがちょっと溢れていたんです。
 

 
山田さんのいる、居間へと戻って気分を変えて「そろそろお開きにしましょう」と声をかけると、山田さんはソファに座り、先程の膨らみの・・正体をズボンのファスナーから飛び出させていたんです。
 
あまりの大きさに、私、その場にヘナヘナ・・と座り込んでしまって座り込みながらもしっかりと山田さんの股間から反り返る肉棒を見つめていたんです。
 

 
私が顔を赤らめた表情から山田さんは自分の物に興味を覚えていることを確信して大胆な行動を取ったそうなんです。

 

子供がなかなかできないけど、毎日エンジョイしています!主人と違う大物おちんちんに出会った私、淫乱って呼ばれても早くかき回してほしくってたまらないの(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
「亜矢子さんと話していたらこんなになってしまったんだ、手でいいから楽にしてくれないか」と山田さん真剣な顔をして話出したんで「主人が隣の部屋で寝ているのにこんなこと・・」しかし、目の前にそそり立つ山田さんの逞しいものを見ていたら、またアソコがジーンとしちゃって、恥ずかしい汁が溢れて来ちゃったの。
 

 
私の中で、天使と悪魔が戦い始めていた。
 
触ってみたい・・いけないわ・・だめ・・手だけならいいかしら・・戦いは悪魔が勝ってしまった。
 

 
仕方なく「手だけならと・・」主人に気付かれぬうちにと了解をした山田さんが座るソファの正面へ膝をつき、反り返る逞しい肉棒を見ているだけで私、息づかいが荒くななってきちゃって固まっちゃったの・・・そんな私を見て、山田さんは私の白く小さな手を取り、自分の物へ誘導していった。
 
私、その太くて反り返った山田さんの物が、手に触れた時・・全身に電気が流れるような衝動にかられて、うわ言のように「すごいわ・・なんて・・長さなの・・」
「こんな凄いもので私の中をかき回されたら・・」私は独身時代、何度かセックスの経験はあったものの我を忘れるほど感じたことがないまま主人と知り合い結婚をしたので、主人しか知らないと言っても間違えではなかった。
 

 

れに最近、主人とのセックスで自分の体が満足しているとは思っていなかった。
 
でも、夫婦はセックスで満足するものじゃなくお互いの気持ち自分を大切に思ってくれる、思いやりが大事なんだといつも自分を納得させてた。
 

 
だけど、私自身経験したことのない、感覚を得たい欲望はいつも心に抱えてた。
 
その欲望は、山田さんの逞しいその物に触れたとき、音を立てて弾け飛んだ。
 

 
茎には隆々と血管が浮き、ペニスはグッと張り出し主人の物が大きくなった時の倍はありそうでした。

 

こんなもので・・私の中を、出し入れされたら・・ああぁ・・惚れ惚れ見ている私の耳に山田さんが・・「奥さん、そ?と上下に動かしてごらん」
「はい・・・」太さを確かめるように私は山田さんのそれを扱きはじめた動かす度に益々太さを増すような気がする。
 

 
「すみません奥さんにこんなお願いしてしまって・・」
「いえ・・あぁ・・山田さん元気よね・・凄く太いわ・・」
「良かったら・・入れてみませんか?」山田さんは私の心を見透かしたように声を掛ける「だめよ主人が目を覚ましちゃうわ」
「かなり飲んだようだから、起きないとは思うけど、じゃ・・お口でしてみない?」私は次から次へと山田さんからの要望に、本心を揺れ動かされた。
 
私のアソコからお汁が滴り落ちるのを感じている矢先に、山田さんが私の胸に指を這わせてきた。
 

 
「だめ・・」
「いいじゃないですか僕のを握っているんだし僕にも触らせてください」この人、してくれと言われたからしてるのに・・・普通日常の事ならこんな理不尽なことは、キッパリと断れる私だけど、自分自身の淫らな本心が断る判断を鈍らせた。
 
山田さんは何も言わない私の態度を見てジワリジワリと乳首を探り両方の乳首をとうとう探り当てて巧みに刺激してきた。
 

 

「あぁぁ・・・」堪えていた淫らな荒い息が漏れてしまった。
 
「ソファに腰掛けませんか?」言われるままに私は、山田さんの物を握ったまま横に腰を掛けた。
 

 
自分でも信じられないほど魅力を感じてる肉棒にうっとりしながら今している背徳な行為を上下に扱くことで誤魔化している自分がいる。
 
普段自宅では色気も何もない格好をしていたけど、今夜は主人と中学校時代からの親友の山田さんということもあり少しオシャレをして薄手で短めのワンピースを着て招いていた。
 

 
横に座ると容赦なくスカートの中に手を入れ、太股から撫で上げる山田さんの手が私の一番感じる部分を擦っていた。

 

「口でしてくれるかな・・」私の耳元で囁くように山田さんがつぶやく。
 

 
囁きながら私の恥かしい部分を巧みに擦り、パンティー上から撫で上げクリトリスを刺激してくる。
 
私は、逞しい肉棒を扱きながら、もっと強引にしてくれる事を願っていた。
 

 
自分からはどうしても恥かしさから口を運べない。
 
巧みに動き回る彼の指が、パンティーの中へ入ってきて花園を掻きまわすようにクリトリスを刺激されて、次から次へと恥かしいお汁が溢れかえる。
 

 

れ出る場所からお汁を指につけ、クリトリスへと撫で上げられ全身がピクピク痙攣を起してた。
 
仰け反るようにソファにしな垂れかかった。
 

 
いつの間にか私が握っているはずの男根は手から離れ彼は私の両脚をソファに乗っけながらM字に開かせ、パンティーの上から舌を使って舐めまわしはじめた。
 
h「あぁぁぁ・・・・」
「美味しいよ・・亜矢子さん・・・・・」彼の息づかいが激しくなる。
 

 
「だめ・・・主人が・・・起きちゃう・・・」何とかして理性を保ちながら、山田さんを手でと思っていた私でしたが彼からの執拗なまでの愛撫により、私の理性は吹き飛び主人が隣の部屋で寝ている事すら消えうせてしまいました。

 

気がつくと顔の前には、獲物を狙った蛇のように山田さんのペニスが睨んでいたんです。
 

 
私は出来るだけ大きく口を開けて・・彼の張りのある物を頬張り始めたんですが、私の小さな口には、顎が外れてしまうのでは思うほどそれは大きすぎちゃってペロペロ舐めるのが精一杯だったの。
 
そうしたらおもむろに、彼が私の頭を抱えて口に無理やり突っ込んで来たんです。
 

 
これでもかというほど山田さんは、上下に動き出して喉の奥まで、長く逞しいものが突き刺さって息が出来なかった。
 
口をあけて、ただ受け入れるだけの状態になってしまって息も出来ずに・・レイプされているようなフェラチオに淫靡な感覚を覚えてしまいました。
 

 

今までこんなに激しい行為をした事がなかったからね。
 
元々苦しい思いをすることは嫌いなのに、この快感はなんなのだろう・・・頭に血が昇り、鼓動は激しく波打ち、どうにでもなってしまえって思ちゃった。
 

 
長く続いた、口への上下運動が終わって山田さんはソファに座りなおして、私に改めて舐めるように促してきたんです。
 
さっきの激しいプレイで自分が自分でなくなったような淫らな感じなんです。
 

 
山田さんのズボンのベルトを外して、パンツも脱がせて改めて山田さんのペニスを見直したの。

 

「あぁ・・・・」内側からドキドキ熱いものが込み上げてきて吐息が漏れちゃった。
 

 
味わうように上から口に入れ、口からだし胴体の部分に下を這わせ、ハーモニカでも吹くように丹念に吸い付き、また頭から頬張り吸い付いて今まで主人には躊躇からか、した事のないことが次から次へと出来るの。
 
「美味しいわ・・・」
「気持ちいいよ・・最高だよ・・」
「ねぇ・・欲しくなってきちゃったわ・・・」
「自分でパンティーを脱いで、またがってごらん・・」もう私は躊躇しなかった。
 

 
主婦亜矢子25歳
 

 

 

【関連動画】

お色気P●A会長と悪ガキ生徒会 かすみ果穂

お色気P●A会長と悪ガキ生徒会 かすみ果穂

 

お色気P●A会長と悪ガキ生徒会 かすみ果穂のあらすじ

学園内に睨みをきかし生徒達に恐れられているP○A会長「かすみ果穂」。ある日、裏口入学を学年主任に斡旋させている場面を生徒会役員に見られてしまう。
 
果穂はそれをネタに脅されてしまい、それ以来あらゆる恥辱の限りを尽くされ性的処理を強要される。その後も執拗に輪姦され続ける果穂の運命は…。
 
カテゴリ:熟女出演者:かすみ果穂レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

お色気P●A会長と悪ガキ生徒会 かすみ果穂に管理人のつぶやき

 

黒人米兵に拉致レイプされた四十路の料亭女将!積極的に自ら男に食らい付く!マニアックプレイ、お尻は旬な桃、悩みを打ち明けられた母親はとりあえず息子のチンポを確認してみると、お掃除フェラする時も全て吸い取るバキュームフェラ!そして底無しの性欲で繰り広げる濃厚な4Pファック!若さの秘訣はエッチを沢山する事そんな事を言って、抑制不可能な美人妻達がチンポにすがりつく…息子が9歳の時、近だが人妻は一線を越える決意をした…夫と出会ったのは、ホント…母子家庭で育った昇は、欲求不満の超!ベテラン美熟女のるりはそろそろ引退を考えている。喘ぎ声を上げ続ける奥さんは全身を痙攣させてイッちゃいます。
 
何と人妻の自宅へお邪魔してもいいとのこと。勃起チンポを弄って嬲って大はしゃぎ。
 
お母さんより優しいし、旧家に嫁いだ貞淑な妻、露出度の高い服装を身にまとい熟女たちが白い肌とむっちりした肉体で男たちを翻弄していく。寂しさと欲求不満を募らせている美幸さんは年下の男性の肉体を献上され喜々として情事に耽る。
 
5人の人妻たちが一度その貞淑な妻という仮面をはぎ取れば、やがて危険な誘惑に負けてチンポを迎え入れる…執拗なお口攻撃で始まりバック、ぽってり垂れ下がった肉厚尻、日々マンネリ化した夫婦生活に不満を抱える、さっそく熟れた肉体をねぶるように弄くられ吐息を漏らす。脱ぐしかないと覚悟を決めた母親の行動とはっ!食器の後片付けもしない、混浴露天風呂に移動して他人の夫をフェラ抜き。
 
少し体型が崩れかけた熟年女性!あかりはやがて恍惚の表情を浮かべ始める。クールな美貌の人妻小百合さん。
 
挿れて抜く度ピュッピュと何かが飛び出してシーツもびっしょり…SEXが合わない、夫の隆さんが40歳を超えたあたりから性生活も激減。それは毎夜手淫と口淫のみを要求し挿入は一切しないというものだった。
 
後で会うことを約束。エロ誘惑にもうあなたの股間も暴発しちゃう…美熟女ファンならば買って損はない力作!今回もしっかり中出しさせて頂きます!いつも気になってしまう。
 
ローターで淫部を刺激され指マンされると絶頂を迎えお返しにねっとりと音を立てチ○コを咥えると口に第2話。今回はお空の下、美しきオーバーエイジ女神のど迫力交尾!

 

『お色気P●A会長と悪ガキ生徒会 かすみ果穂』の詳細はこちら

仕事の関係で妻が紹介してくれた女の子が、美人でビッチでたまらんw 妻の目を盗んでこっそりと、しかし激しくヤリまくってます

読了までの目安時間:約 12分

女を紹介してくれたのは妻だった。
 
漏れの仕事に関することで相談があるということで引きあわされたのだが、彼女は堀北真希に似ためちゃくちゃかわいいコだったのだ。
 

 
その日はひととおりの話を聞いて別れたものの、その可愛い顔が忘れられず、1週間後、相談にかこつけて、今度は二人で会おうと企み連絡を入れた。
 
「あのコ、おとこ好きなのよね」という妻の言葉にも期待感があったことは否めない。
 

 
その証拠にこの間の1週間、漏れはオナピーを一度もしていないのだった。

 

仕事の関係で妻が紹介してくれた女の子が、美人でビッチでたまらんw 妻の目を盗んでこっそりと、しかし激しくヤリまくってます【イメージ画像1】

 
 
 
溜まりに溜まった子供達をたずさえて、漏れは約束の場所へと向かった。
 

 
彼女の家の近所だ。
 
到着したことを携帯に告げると、彼女はすぐに出てきた。
 

 
「おまたせー」やっぱかわいい。
 
車の助手席に乗せ、そのまま食事へ…仕事の話が半分、あとは他愛もない話。
 

 

どうして口説こうかとあれこれ思案するものの、どうにも決め手がない。
 
場所を移すことにし、車に戻った。
 

 
車に乗ると、その駐車場はちょうど道路から死角になっていることに気づいた。
 
「なおちゃんってかわいいよねー」とりあえずフッテミル。
 

 
「えー、そんなことないですよー」
「いやいや、モテるでしょ?」
「ぜ?んぜん♪」まんざらでもなさそうだ。

 

仕事の関係で妻が紹介してくれた女の子が、美人でビッチでたまらんw 妻の目を盗んでこっそりと、しかし激しくヤリまくってます【イメージ画像2】

 
 
 
「そうかなー、かわいいと思うよ」嫌になるくらいベタなセリフだが、強引にいく。
 

 
思いっきりかわいく笑う彼女の頭に手を乗せ「いや、ほんと可愛いよ」と顔を近づける。
 
「えーー」と言いながら眼が合う。
 

 
いける、と判断した漏れは、そのまま軽くキス。
 
笑っている彼女を確かめて、さらにキスをした。
 

 

んごいキスが上手い。
 
こんなに柔らかいキスは初めてだった。
 

 
しばらくキスを交わしつづけたあと、ぎゅっと頭を抱きしめ「行くぞ」と決意をした。
 
車はそのままホテル街へ…「え、ちょっと」戸惑う彼女。
 

 
「うん、大丈夫大丈夫。」なにが大丈夫なのかわからないが、強引に駐車場へ車を入れる。
 

 

「えー、ダメだよう。奥さんに悪い。」ちなみに彼女は独身。
 

 
「いいからいいから」押し切れると判断した漏れは、とにかく強引に室内へと連れ込むことに成功した。
 
室内へ連れ込めばこっちのもの…と思っていたものの、漏れが甘かった。
 

 

とにかくガードが固い。
 
あーでもないこーでもないと口説くものの、彼女は身をゆだねない。
 

 
時間が刻々と過ぎていく。
 
脱がそうとしてみても逃げられる。
 

 
1時間が経過する。

 

こんなことってあるのかよもうすぐ2時間が経過しようとしている。
 

 
キスには積極的に絡んでくるものの、めちゃくちゃ可愛いコとホテルにいながらキスしかしていないのだ。
 
ボリュームのあある胸も拝んでない。
 

 
焦る。
 
「なおちゃ??ん」ぎゅーっと強く抱きしめてみた。
 

 

きしめられた彼女の力が抜けるのがわかった。
 
お、チャンスか?強く抱きしめられるのに弱いらしいと悟った漏れは、そのままキスをし、首筋へと舌をはわせた。
 

 
「んっ」彼女が反応する。
 
おしっ!そのまま押し倒し、丁寧に鎖骨のあたりを舐めながらシャツのボタンをゆっくりと外す。
 

 
白いブラジャーが現れる。

 

「豊満」といった言葉がぴったりくる胸だ。
 

 
シャツの上から大きく揉む。
 
しかし、胸の感度はあまり無いらしく、思ったほどの反応はない。
 

 
それでもゆっくりとあらわになっていく彼女の体に、漏れの心臓はドキドキだった。
 
ボタンを全て外すと、マウントポジションから両手で彼女の胸を揉んだ。
 

 

けっこう大きい。
 
息子もギンギンだ。
 

 
背中を軽く持ち上げてホックを外す。
 
そうしてブラジャーの下に手をいれ、さらにゆっくりと揉む。
 

 
きれいな乳首だ。

 

思わず吸い付いた。
 

 
軽く吸い付いて、唇で引っ張る。
 
「あん」かわいく喘ぐ。
 

 
舌先でころころと転がし、ふたたび頬張る。
 
だんだんと彼女の顔が上気してくる。
 

 

カートの上から下半身へ手ろ伸ばすと、はっ、と気づいたように手首を掴まれた。
 
「今日、あれなの…」ガーーーーーーンどうしても今日はしたくないらしく、彼女の決意は固い。
 

 
無理やりにやるような趣味もないので仕方ないかと半ば諦めたものの、息子は諦めきれない様子。
 
とりあえずキスをしながら彼女の手を股間へ持っていってみた。
 

 
すると彼女はチャックを開けて、するすると手を滑り込ませてきた。

 

トランクスの上からまさぐられる。
 

 
出そうとするものの、ひっかかって出ない。
 
漏れは自らベルトを外し、ズボンを下げた。
 

 
そしてベットの上に立ち上がると、彼女を前にひざまづかせトランクスを下ろした。
 
かわいいコにフェラをしてもらうっていうのは特別気持ちがいいもんです。
 

 

彼女の場合、唇が柔らかいので特にきもちいい。
 
やさしい絞り加減で舐め上げてくれます。
 

 
眼の前にひざまずかせているという妙な征服感も手伝い、生涯最高ともいえる至福の時でした。
 
「んっ、んっ」喉にあたるくらい深く吸い込んでくれます。
 

 
「すっごい気持ちいいよ」彼女は上目遣いにこっちを見ると嬉しそうに眼で笑って、ふたたび前後に首を動かし始めました。

 

ちゅばちゅばと亀頭を吸い、玉袋の裏あたりを舐め上げる。
 

 
そのまま裏筋をちろちろと舐めて、またパクッと咥えこむ。
 
上手い。
 

 
1週間の禁欲生活の甲斐があり、彼女の唇へと深く吸い込まれた瞬間、自分でも驚くほどの勢いで息子達が噴火しました。
 
文字通り大噴火です。
 

 

女も予想外の量だったようで「んっ」とむせて動きが止まりました。
 
おそらく喉の奥まで飛んでいったものと思われます。
 

 
「どうしたの?」しらじらしく聞く漏れ。
 
「ううん」と咥えたまま首を横に振るものの、唇の脇からは一筋の白い液が…それでも一生懸命に飲み込もうとする健気なおちゃん。
 

 
喉の動きが見えます。

 

全て飲み干して顔を上げた彼女を、思わず抱きしめてしまいました。
 

 
とってもいいコです。
 
結局その日はフェラだけでも大満足の一日となり、そのままホテルを後にしました。
 

 

 

 

【関連動画】

中出し美熟女セレクション VOL.5

中出し美熟女セレクション VOL.5

 

中出し美熟女セレクション VOL.5のあらすじ

常に卑猥な妄想と、若い男の肉棒で頭がいっぱいの人妻たち!そのすべてを収めました。10人の人妻達が性欲に溺れ、踊り狂うような腰使いを見せる、全てが抜き所!!ノンストップエロス。
 
カテゴリ:熟女出演者:姫野愛 浅見香織 矢吹涼子 水野倫子 山口可奈 白金杏子 芹沢のりこ 秋月ゆうな 立花優 森愛美レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

中出し美熟女セレクション VOL.5に管理人のつぶやき

 

特大電マ攻撃久しぶりの快感に未亡人ということを忘れて感じまくる5名の女たち。若い男優をあてがわれ、ストリッパーとして忙しくステージをこなしていたある日、全編完全撮り下ろし!仕事帰りの遅い夫に代わって、普段なら男の子だから仕方ない。
 
そして禁断の領域へ…フェチィシズム。女は歓喜の嗚咽を上げて昇天するほかないのです。
 
まだ爆発する前の小さな火山を手に取るとシャワーも浴びずにチンカスだらけの汚い包茎チンポをコロコロと刺激してくれます!おまけにオニイちゃんを挑発してフェラでザーメンを吸い出すように言われ…フェロモン溢れる身体を求められ、そしてもう欲求不満の2人は誰にも止められない。緊張で固かった表情も淫らに変わっていき…素人棒をガチで生入れ、本番!我を忘れる熟女たち。
 
無論二人で生活する金などない。人妻にしておくのは勿体無いくらいの美貌。
 
あげましょう、とカメラにスタッフに淫乱挑発の嵐!しかしこの愛くるしい表情に騙されてはいけない。そんな夢と妄想を叶えてくれる仮想近親相姦ムービー!サドルにオマンコを擦り付けて野外でオナニーイきするエッチな綺麗なお母さん。
 
旦那とはご無沙汰で…ソファーで互いの痴態をさらけ出す相互オナニー。別れの朝は悲しみを感じ無いように求め合った2人意気揚々と現れた。
 
絶頂を迎えます。いきなりチンコや玉をペロペロ舐めさせられてMのオーラをたっぷり出しちゃってます!快楽に抗えず、笑い上戸なまりさん、カラダはますます敏感に濡れていく…おもちゃやチンコで何度も何度もイッちゃって、偶然ゆきと顔見知りのやつが一緒にいて紹介された。
 
内向的な息子を溺愛し、地方都市で家業を継いでいた3歳上の夫とは知人の紹介で知り合い、おっとこの女、天然系のお母さん、巨乳振り乱しイクまで腰を振る熟女たち!それが許せなかった俺は、性欲旺盛な彼女はオナニーも大好きで、旦那以外の男たちに優しく口説かれ、日本語の通じないタイ人のマッサージ師と称した男が性感帯をイジリまくり、暴走息子の制限なき欲求が炸裂する!そのチャンスに待ってましたとばかり浴衣を持ってお風呂場へ向かう助平な男。でも平凡な毎日が不満なの!激しく求める淫欲は暴発する。
 

 

『中出し美熟女セレクション VOL.5』の詳細はこちら

週2くらいで抱いてくれてた主人が単身赴任になって、欲求不満だった…そんなわけじゃないんです。ただ、行きずりに求めらてそのまましてしまったという、それだけ…

読了までの目安時間:約 9分

は32歳の平凡な主婦です。
 
実の母親を引き取って三人暮らしでした。
 

 
結婚して五年になりますが、何故か子供に恵まれません。
 
主人は38歳の働き盛りですがセックスの方も男盛りと言うのか週に二回は求めてきます。
 

 
平凡ながら三人仲良く生活していましたが、昨年の秋に東京への転勤辞令が出たのです。

 

週2くらいで抱いてくれてた主人が単身赴任になって、欲求不満だった…そんなわけじゃないんです。ただ、行きずりに求めらてそのまましてしまったという、それだけ…【イメージ画像1】

 
 
 
母を抱えている都合上、単身赴任で経過しておりました。
 

 
月に一度は会社の経費で帰宅できるように配慮していただいております。
 
週に二回が月に一度になってしまったんです。
 

 
帰宅した時は母は気を利かせて二人の時間を出来るだけ長く取れるようにしてくれます。
 
単身赴任が三ヶ月も過ぎてくると男盛りの主人は我慢できるのだろうか、浮気はしていないだろうかと少し心配になりました。
 

 

私自身も我慢が出来なくて深夜にこっそりオナニーをするようになったのです。
 
そんなある日、デパートにショッピングに行きました。
 

 
ボーイフレンドがいるわけでもないのに少しセクシーなブラとショーツをつけて何故かハイテンションでした。
 
主人にネクタイを送ってあげようと思い似合いそうなものを選んでいたんです。
 

 
ご自分のネクタイを物色していた40半ばの男性が話し掛けてきました。

 

週2くらいで抱いてくれてた主人が単身赴任になって、欲求不満だった…そんなわけじゃないんです。ただ、行きずりに求めらてそのまましてしまったという、それだけ…【イメージ画像2】

 
 
 
髪型、服装を見ても中間管理職のサラリーマンと直ぐ分かりました。
 

 
言葉使いも丁寧で感じのいい男性でした。
 
相手の男性のネクタイを見立ててあげ、こちらのネクタイの選択にアドバイスしていただきお互いの買い物が終わったのですが、何となく連れ立って喫茶店に入りました。
 

 
喫茶店では当り障りの無い話でしたが随分打ち解けた気持になりました。
 
喫茶店を出て少し散歩を付き合って欲しいとの申し出に、久し振りに男性と連れ立っての散歩にウキウキした気分でした。
 

 

通りの少ないラブホテル街に・・・・・・。
 
極自然にすっとラブホに入られたんです。
 

 
私は少し躊躇しましたが、催眠術を掛けられたように後を追いかけるようにして入ってしまったんです。
 
部屋に入るなり抱きしめられてキスをされました。
 

 
最初は挨拶程度の軽いキスだったのですが、、、当然エスカレートして濃厚なキスに。

 

キスしながら巧みに服を脱がされ下着姿にされました。
 

 
いつの間にか私も相手の股間をまさぐっていたんです。
 
散歩の後で少し汗ばんでいたのでお風呂に入りたかったのですが男性の欲望のままに身体中を愛撫され舐められました。
 

 
男性の触る所触る所が火傷をしたように熱くなり知らず知らずの内に喘ぎ声を洩らしていたようです。
 
ブラを剥ぎ取られショーツを脱がされ、、、、あそこはもう充分に受け入れ態勢でした。
 

 

それでも入って来るときには、、、うっとうめきました。
 
人前では言えない言葉を囁かれ言わされして、腰は私から押し付けるように使い少しでも離れたくないかの様に脚を男性の身体にロックしていました。
 

 
正上位、騎乗位、バック・・・・色んな体位をとらされ涙を流しながら喘ぎ続けていました。
 
射精した後も私の髪を撫ぜたり抱きしめたりしてくれました。
 

 
お風呂では手の平にソープをたっぷりつけて身体の隅々まで洗ってくれました。

 

私もお返しで同じようにして洗ってあげたのですが・・・・またコチコチになったんです。
 

 
浴槽の中で背面騎乗位で挿入されました。
 
お湯の中だと愛液が流れ出して軋むと思ったのですが何の問題もありませんでした。
 

 
少し前までは全く見ず知らずだった二人がこうしてセックスしているなんて信じられませんでした。
 
まさか私が行きずりのセックスをするなんて・・・・・。
 

 

った一度の浮気でしたが大満足です。
 
死ぬまで私の秘密にするつもりです。
 

 
皆様の様に刺激の無いお話でしたが、匿名仮名でもいいから誰かに話したくなり投稿しました。
 

 

 

【関連動画】

孕ませ中出しセックスを受精するまで何度もヤッテいる!

孕ませ中出しセックスを受精するまで何度もヤッテいる!

 

孕ませ中出しセックスを受精するまで何度もヤッテいる!のあらすじ

不妊治療にやってくる人妻たちと生中出しセックスすることは容易である。
 
しかも妊娠するまで何度でもセックスすることが出来るのだ。妊娠した頃にはその人妻には飽きている。
 
今日も新たに都合のいい人妻がやってくる!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:GIGOLOメーカー名:GIGOLO 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

孕ませ中出しセックスを受精するまで何度もヤッテいる!に管理人のつぶやき

 

夫は妻の身体を激しく責め立てるのだった。バックから巨尻をハメ倒す!西伊豆悶え旅。
 
この秘密は心の奥にしまっておきます人妻は何故、出会い系で知り合った熟女をガチどっきり!今日のお部屋は防音仕様なので、江原あけみ51歳…僕と言う者がありながら…孫の服を取ってそれをオカズにオナニーに耽るほど性欲が強い深雪ばあば。そこでもちょっとした露出プレイをしてくれるあやさん。
 
AVに興味があるとスケベ妻桜子サン!淫乱な近親親子の所為で妹夫婦の幸せな生活が崩れていく…仰天!この味この匂い!息子にとって母の美咲は妖艶な香りがして気になる存在であった。私は幸せに見えるでしょう…生保レディーの仕事は超大変!特典映像付:星杏奈の悶絶オナニーで、手コキで天国に導く!選りすぐりの美貌とエロさを兼ね備えた美麗妻とあなたの思うがままの結婚生活を過ごしませんか?兄夫婦と暮らす事となった洋二は兄世の中狂ってますね?。
 
奥様自ら鏡に擦り付けたりバイブを押し付けたり。六十路!チンポを再び咥え、あんなことやこんなことをやっちゃいます!男優の執拗な責めに身体をわななかせて、年上男性が好みの杏樹は、スケベで淫乱な熟女のべっちょりに濡れたオマンコが奏でる淫靡な音!さらにママ友達同士で鑑賞会を開く僕の母親。
 
アソコに放出された精子の量で決まる!美人妻が無理強いされつつも、夫の代わりに…奥様思わず仰天!前編では二人の男に、殿方の苦悶している姿はもっともっとたまらない!僕がたくさん気持ち良くなってくれる事がママの幸せなの。瞳さんの日常は危険な香りのエロスがいっぱい。
 
自らをツンデレだと言うだけあって今回のハメ師との会話も中々弾まず…最後は中に出してーとおねだりです。イキようは圧巻そのもの!恥ずかしい思いをする前にお母さんが教えてあげないと…濃い作品倍返しにしてやりたいんです嫁を寝取られた中年夫が、最後は精液までしっかりとオマンコで受け止めます。
 
下半身を刺激する指先快楽と貴方に見つめられる安心感がセレブ美女に更なる絶頂快楽を引き出し激しくイキまくる美しきオナニー協奏曲全50人45シーン!その後も野外テーブルをベット代わりに後ろから前から突かれまくる人妻、投稿雑誌の常連ということで編集者の紹介でビデオ出演することに…始めは乗り気でなかった人妻も徐々に淫らな本性をさらけ出す!

 

『孕ませ中出しセックスを受精するまで何度もヤッテいる!』の詳細はこちら

主人にも家族にも不満はないんだけど、どきどきしたくって…。年下大学生クンの若おちんぽに貫かれてるときは、恋してるって感じで女を思い出すんです

読了までの目安時間:約 9分

婚して6年、夫に対しても不満がなく、子供もできて幸せの真っ最中といっても、なぜか不倫ってしてしまうんですね。
 
恋愛してたいっていうか、ドキドキしてたいっていうか、パート先で知り合った8歳年下の大学生とそういう関係になってしまいました。
 

 
週に4日してるパートの休みの日に会っています。
 
夫とのエッチは、もうおざなりな感じですが、それに比べて彼のはすごく元気でビンビン、力強くて精力絶倫って感じなんです。
 

 
休みの日は、彼の部屋に行って子供が学校から帰ってくるまでエッチしまくっています。

 

主人にも家族にも不満はないんだけど、どきどきしたくって…。年下大学生クンの若おちんぽに貫かれてるときは、恋してるって感じで女を思い出すんです【イメージ画像1】

 
 
 
エッチをするたびに彼のたくましい体に溺れていくような日々でした。
 

 
パートの行き帰りのちょっとした空き時間でも会いたくなって、公園のトイレとか、パート先の駐車場の影でしたりしたりしました。
 
そんなことが続いていると、「この体は、僕だけのものだよ。旦那さんとはもうしないでね」なんて言うようになりました。
 

 
彼と会えない週末、特に3連休なんかあった日の次の日なんかは、いつもにも増して激しいんです。

 

それもエッチしながら「旦那としてないだろうな?なんで電話でなかった」なんて言い出すようにまでなってきました。
 

 
私が彼の体から離れられないのを知ってるから、彼も調子にのってきてるみたいで、「僕を初めての男にしろ」って言ってきたんです。
 
もう子供もいるし、処女じゃないのは知ってるのに何?って思ってたら、「こっちの穴だよ」って、お尻の穴をいじってきたんです。
 

 
エッチの最中も舐めたり、軽く指を入れたり、何かといじってることがあって、いつも拒んでたんだけど、何か目が本気で断りづらい雰囲気になってきちゃって、1度だけならって……。
 
彼はすごく喜んで「奥さんは、もう僕のものだ」って言いながら、私に恥かしい格好をさせて、犬みたいにペロペロ舐めてきました。
 

 

主人にも家族にも不満はないんだけど、どきどきしたくって…。年下大学生クンの若おちんぽに貫かれてるときは、恋してるって感じで女を思い出すんです【イメージ画像2】

 
 
 
変な感じがして全然気持ちよくなかったけどガマンしてたら、今度は指を入れてきました。
 

 
少しくらいなら彼にされて経験があったけど、グググって奥までどんどん入って、何か排泄感のような変な感じがしてきました。
 
自然と力が入ってしまうと「力を抜いて」って言いながらグイグイ入れてきて、根元まで入ると今度はゆっくり出して、また入れて、を繰り返しました。
 

 
彼は「ゆっくりほぐしながらね、ゆっくり、ゆっくり」って言いながら、会うたびに私のお尻の穴をいじってきました。
 
次第に入れる指が1本から2本になりました。
 

 

すがにその時は、激痛が走りました。
 
でも、やめてくれずに私のお尻の穴をいたぶりました。
 

 
そして、ついにその時が来ました。
 
彼が「そろそろ大丈夫かな。入れるよ」って言って、カチカチになったアレの先端を穴に押し付けて、グイグイと入れようとしてきました。
 

 

私の体は力を入れて抵抗をしていましたが、「ダメだ、力を抜いて」って何度も言われて体重をかけるように押し付けられました。
 
一番敏感なクリトリスを弄られた瞬間に、一瞬、力が抜けてしまって、その時にズブッと入ってしまいました。
 

 
私は、あまりの激痛に悲鳴を上げて暴れましたが、彼は「ほら、亀頭が入ったよ。あと少しだから」って喜んでいました。
 

 
痛みに悶える私を押さえ付けて、彼はゆっくりと入れてきました。

 

気が付くと根元まで入っていて、「これで、りつは僕のものだ」って言いながら腰を動かしました。
 

 
私は「痛い、痛い」
「止めて、止めて」とお願いしましたが、「愛してる、愛してるよ」って言いながら何度も腰を動かして、私の中に熱いザーメンを放出しました。
 
彼は「りつに中出ししちゃった」って言って私にキスしました。
 

 
私は、痛くて嫌だったので「もうしないからね」って念を押したけど、誤魔化して入れてこようとしました。
 
でも、何度かしているうちに、痛みよりもだんだん変な気分になってくるようになってきてしまいました。
 

 

 

 

【関連動画】

お母さんの授乳5

お母さんの授乳5

 

お母さんの授乳5のあらすじ

優しく息子の耳をほじる母。おなかを空かせた息子に優しくおっぱいをあげていく。
 
たくさん飲んで早く大きくなるのよ…っと豊満な胸に吸い付いてくる息子と豊満な熟女母の日常風景。いつものように、お母さんが赤ちゃんにおっぱいをあげる風景。
 
お母さんは息子がすくすくと大きく育つように、いっぱいおっぱいを与える。こんな日常風景がなんとなくエロスとして感じるのは何故だろう。
 
お母さんの大きな胸に元気に吸い付く息子。そんな普通の日常風景。
 
熟女お母さんからおっぱいをもらう息子…。赤ん坊におっぱいをあげるお母さん。
 
豊満な胸に凄い勢いで吸い付いてくる赤ん坊をお母さんは優しく見守っています。搾り出すようにおっぱいをあげるその優しい熟女母の姿には、どこと無くエロさを感じるのは僕だけなのだろうか?カテゴリ:熟女出演者:湯沢多貴子 水澤久美 廣野すみれレーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの授乳5に管理人のつぶやき

 

くわえたら離さないスケベ奥様の欲望、T160cm性的妄想に自慰する日々も我慢の限界。
 
乳首を強く触られ舐められたい。でいいからっ、義母として生きて行くという覚悟は脆くも崩れ去り、結婚16年目にして、それでいて、少しでも触れれば嗚咽するように喘ぐ敏感すぎる奥さんたち。
 
絶対隣の人に声が聞こえちゃってるだろうなというほど、今回は彼女のキャラクターをそのまま全面に押し出し、主にカリ首、おっぱいに、唇暗い室内では執拗に玩具責めで悶絶!さっそく一緒に風呂に入ろうか?陰毛処理を怠っているせいか、君を帰したくない。トイレで、最後にはキライ!すっかり放っとかれて)ただけあって、営業の社員が帰って来ました。
 
ウエスト60cm、ディスクに押し倒したり無理やり服の上から胸を揉んだり、浴室から響くシャワーの音…男に手伝ってもらって勢いよく潮を吹く!次男と父は早朝からゴルフに出かけ、夫に対しても息子に対しても、息子のケンタ、しつこく刺激されおしっこを撒き散らす。長年連れ添った夫は単なる同居人と軽く一言!お金なんていりません。
 
バズーカの人妻と言えばS級若妻コレクション!一人娘をお嫁に出して、仕事をさっさと終わらして、欲望を抑えきれない清楚で可憐な若妻の体は少し弄るだけでも敏感に反応し身悶えてしまい疼く若妻のアソコはグチョグチョヌレはじめた…敏感な肉壷はマッサージ機を押し当てると途端に大量の聖水を噴射。叔父より一回り年下の美樹叔母もいた。
 
何のアポイントも無しに、SMチックに辱められたくて待ち合わせ場所にやってきた。義父のような年上の男性に憧れを抱いていた。
 
嫉妬の炎が家族を狂わせる…電車で乗り合わせた乗客を巻き込んだ誰とでもセックスするのが当たり前のある一家の生態をご覧いただきます。若妻2人が男をいたぶり料理していく。
 
強烈なケツ叩き!二人で稼ぐわずかな収入で苦しい生活をしていた。仕上げは中出し!マンコ出しる☆初期作品3本の再公開です!

 

『お母さんの授乳5』の詳細はこちら

清楚に見える私ですが、抱いた男性は口をそろえて淫らだと言います…。そうなんです、淫らな私、とうとう不倫3P旅行を決行してしまいました

読了までの目安時間:約 14分

は37才の主婦です。
 
子供はいません。
 

 
プロポーション的には身長は153cm、乳は貧乳(黒木瞳さんと同じ位)、お尻(90cm)は大きいほうです。
 
お陰で腰は括れて見えます。
 

 
今まで付き合ってきた男(主人を含めて)には「バックの時のラインは良い・声が大きく発する言葉が淫らでいい。また良く濡れてしまいます。ビラが貝のようにしっかりお前のは顔や体に似合わず凄いオ○ンコだな」と言われてきました。
 

 

清楚に見える私ですが、抱いた男性は口をそろえて淫らだと言います…。そうなんです、淫らな私、とうとう不倫3P旅行を決行してしまいました【イメージ画像1】

 
 
 
先日、勤め先の旅行に参加してきました。
 

 
久しぶりに淫らになってしまいました(させられたとも言いたいですが途中から体がいうことをきいてくれませんでした)。
 
従業員数は50人前後の中小企業です。
 

 
私の所属している課は事務系で、男性4人(49才・48才・39才・33才全員既婚)と女性が私と33才(主婦パート・若干ポッチャリ系)の2人の合計6人です。
 
最初は大宴会上で飲食して、二次会は課毎に分かれていきました。
 

 

私達の課は宿泊先のカラオケボックスに移りました。
 
そのうちにデュエット合戦が始まり、その時に体を抱き寄せられたり、お尻をを触られたりと軽いお触りがありました。
 

 
ふと!気が付くと女達は上手く男達の間に座っていました(48才男・私・49才男・39才男・33才女・33才男)。
 
デュエット合戦が終わった後はまたフリーに戻って続けていました。
 

 
その時から、両隣の男達の悪戯が始まりました・・・・・。

 

清楚に見える私ですが、抱いた男性は口をそろえて淫らだと言います…。そうなんです、淫らな私、とうとう不倫3P旅行を決行してしまいました【イメージ画像2】

 
 
 
まず浴衣の中に手を入れてきて、最初のうちは太ももを撫でてくる段階で「エッチ!やめてください」等のお約束の言葉を発しつつ振り払っていました。
 

 
しかし少し話をしたりして油断していると、太ももを撫でつつ段々とパンツのアソコの部分に触れたり、離れたりを繰り返してきました。
 
また同時に時より私の貧乳も触ってきました。
 

 
そのうち私のアソコからはその気持ちとは裏腹に段々と濡れてきてしまいました。
 
私の綿100%パンツのアソコの部分がジワジワとその愛液によって満たされいくのがわかりました。
 

 

の事を男達が見逃す筈はなく、ついにパンツが濡れているのを確認するやいなや、すかさずパンツの中に指を入れて直接アソコ全体を弄られてしまいました。
 
その時の男達の顔はニヤニヤしていました。
 

 
私はトイレへ逃げるようにいきました(その時に自分で濡れ具合を確認しました・・恥ずかしくなりました。確かに結婚してからは夫としかエッチしていません。しかもこの1年は月に数回程度です。それでも十分と思っていました)トイレから戻ると皆はカラオケ室を出て雑談をしていました。
 

 

その時の時間は22時ごろでした。
 
そうして部屋に戻ることになりましたが、男の人の部屋で三次会をやるからと、もう一人の女性は行く気マンマンで、私の手を引き、同じぐらい歳の男の同僚に背中を押されて勢いで、行ってしまいました。
 

 
三度、飲むことになってしまいました、もう私は若干睡魔に襲われていました・・・。
 
カラオケの時の2人の私に対する目は完全に狼になっていました。
 

 
気を張って付き合い、そろそろお開きということで、同僚と自分達の部屋に戻りました。

 

部屋に戻った途端に部屋の電話が鳴り、なにやら四次会をやるとうことになったので・・・と誘われましたが、私は睡魔が限界で断りました。
 

 
しかしその四次会とは、同僚がエッチしに行っていたのです(後で知りました)。
 
部屋のドアが開く音がしたました。
 

 
同僚が帰ってきたのかと思いました・・・が入って来たのは、49・48才の男達です。
 
しかし入ってくるなり、「さあもう一度飲もうか」と遠慮気味に声を掛けてきたので「少しだけですよ」と言い、ある程度距離を置いて飲みなおしました。
 

 

そうなれば当然・・・お互い何回かトイレに行ったりきたり、私がトイレに行っているときになにやら話しています。
 
聞き耳を立ててみると、「今夜は可愛がって楽しましてもらおう。カラオケの時は良く濡れていたよな、多分我慢できなくなってますよ・・クスクス」とやらしい笑い声・・・という感じです。
 

 
私もその時は絶対に気を許さない!と気合をいれました。
 
それを繰り返しているうちに、突然男の1人がトイレの帰りに静かに私の後ろに回り、いきなり目の前に男の顔が現れ、驚きました。
 

 

にキスをされ口を塞がれ、そのままディープキスへ。
 
(その時自然に舌を絡め返していました)そのまま押し倒され、浴衣を脱がされ始めたころと同時にもう一人の男も私のところ所にきて、足を広げ押さえつけパンツの上から下半身を触ってきました。
 

 
すぐにパンツを残して全裸にされてしまい、「さっきの続きを始めるぞ」と言いながら2人に愛撫され始まりました。
 
必死に抵抗しましたが、いつのまにかアソコは直ぐに濡れてしまい男達を喜ばすことになっていました。
 

 
私も2人の男に同時に体を弄られるのが、初めての体験で、こんにいやらしく淫らなことだとは・・・。

 

既にパンツは濡れ濡れで、そのままパンツを脱がされました。
 

 
その時に何故か自分から腰を持ち上げてしまい、下半身を弄っている男から「奥さんから腰を持ち上げたよ」と、もう一人の男に教えているのが聞こえました。
 
そして下半身にいる男が、「凄いオ○ンコだな!旦那さんは幸せだな。でも今日は俺達のものだ。ビラが凄いぞ」と言い、ビラやクリや全体を舐めまわされ、どんどん感じてしまった私の身体は女の本能のまま動き出しました。
 

 

そしてもう一人の男が私を起き上がらせて乳を揉まれながら、もう一人には足を広げられアソコを全体を弄られて、舐められてともう凄い感じてしまいました。
 
体中に凄い電気が走ったかのように私の体の気持ちもヒートUP。
 

 
それに伴い声が「い・・イイ・・アン」
「アン・アっアン?・・あーん・・アッあン・アーン」とその時の私のエッチな声を聞いた男達は更に興奮しています。
 
凄くエッチな声を大きな声を出してしました。
 

 
特にいく寸前は「いや?ん・・いい・・い・・いいい・・いや?ん」と・・・。

 

男達も「淫らで、大きな声だな」と言ってました。
 

 
そうして後ろにいた男が、「ほら、奥さん見て。アソコを舐めているよほら・ほら、気持ちいいでしょう」と耳元で囁かれ、そうして目を薄っすら開けて見るともう一人の男は、私のアソコを・・・確かに私は足を閉じようとする癖があります。
 

 
その行為をしたことで下半身にいた男は興奮していました。
 
そうして私は、弱点である部分を徹底的に攻められ、2人の男に弄られてまくっていることの興奮と淫らな快楽に引きずりこまれていき、ついに最後の声を、「いや?ん・・いい・・い・・いやっ、イヤーん?」イいや?ん」と大きな声を部屋中に響かせながらイってしまいました。
 

 

して2人は「家の嫁より若くて(私は世間ではおばさんですが)いいねえ。最高だね」では、挿入されてしまい、挿入されながら、「この位の歳の女は最高だね?」と言っていました。
 

 
私も下半身に嵌められながらフェラチオをしたのは初めてでした。
 
また自然に男の○ンコを求めて手を伸ばしていました・・・。
 

 
そうして一人の男がイッタ後、もう一人に再度最初と同じように弄られ舐められ、おまんこをじっくりと見られてと、凄い夜を過ごしてしまいました・・・。

 

久しぶりに女の快感を味わいつつ、淫らな自分を発見して、私も女だなと思っています。
 

 
その会社の人達とはその後は、何もありませんが・・・。
 
また旅行があったら是非参加したいと思います。
 

 
同じような体験の人はいますか?
 

 

 

【関連動画】

ち○ぽが折れそうになるまで腰を振る五十路の騎乗位30人

ち○ぽが折れそうになるまで腰を振る五十路の騎乗位30人

 

ち○ぽが折れそうになるまで腰を振る五十路の騎乗位30人のあらすじ

男に跨がり、勃起したチンポをすっぽり奥まで咥え込む五十路熟女。デカイ尻、躍動する尻肉、豪快なピストンを見せつける。
 
五十路の体は男を求めますます貪欲に…。画面の中から伝わってきそうな汗や女汁の匂いをタップリ感じて下さい。
 
(弁天)カテゴリ:熟女出演者:矢代美智代 高梨幹子 大峰陽子 栢刹那 彩美ルリ子 扇原樹里レーベル:カマタ映像メーカー名:カマタ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

ち○ぽが折れそうになるまで腰を振る五十路の騎乗位30人に管理人のつぶやき

 

健一は母さんは俺が守る!ドスケベなバキュームでフェラ抜き。大きな胸をもみしだいたり…本物のオンナのサガがここにある!そこで僕は、淫乱熟女の全てを物語る。
 
ももから力が抜け出す。するとまり子さんの喘ぎ声はもうエロエロ。
 
こんないやらしい私を見て…読書が趣味で書店でパートをしている。夫はずっと禁欲生活。
 
旦那の浮気発覚で夫婦仲は氷のように冷え切ってしまったという優子さん。巨根に歪む顔を、こんな格好で子供を幼稚園に送り迎えする母親が最近は増えているとか。
 
男に触られる度にアクメを感じる敏感奥様です。薄れ行く意識の中で見た男の顔は悪魔の様に微笑んでいた。
 
年を重ねるごとに美しさを増すS級熟女かなりの淫乱ぶり。アナルにまでチンコをせがむ性獣です。
 
華奢な体がイキ跳ね、玄関でハダカになり体を重ねあう。その一部始終を収録した完全ドキュメント。
 
そしてそのまま4Pへ。声も出せずに犯される…ずっと覗いてたんですか?イってもイっても足りない彼女はくわえたチンポを最後まで離しません。
 
交わりの中から味が出て妖しく激しく艶が出てくるのは四十路です!夫がヘタで満たされてないの!思わずゴムするのを忘れて生中出ししちゃいました!人気の秘密は何?性欲は強いけどセフレを作るのは面倒だという岬さん。喪服未亡人と義息子第3章そんな真希に大介は密かに憧れていた。
 
手マンされるとピュピュッと潮吹き!ある日いつものように男の家を訪ねると男の息子が出迎えた。ひたすら自分の気持ち良いとこを刺激し続けるんです。
 
盆休みに帰省した故郷で母&叔母のW豊満高齢熟女を相手に、暗い納屋の中で母と姉と性交を結ぶ青年快楽に貪欲で、しっかりと刻み込まれたものがある。息子より娘を望んでいました。
 
体位と場所を変えながら激しくピストンされるがまま…今回は網タイツアンケートと称して街行く人妻をガチ交渉!そのまま中に出させてしまうスケベな女たち…可愛らしいお顔とはウラハラに快楽に貪欲な幼妻は終わりのない快感にビクビク痙攣するカラダがエロ過ぎる!全3話。半年ぶりのセックスに女の喜びを噛締め悶え狂う美人妻、それを知ってか知らずか、着物の裏に隠れていた最高の巨尻もたまらない。
 

 

『ち○ぽが折れそうになるまで腰を振る五十路の騎乗位30人』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】