告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

セフレの人妻の家で旦那の留守に玄関で即尺フェラに口内射精の浮気体験

読了までの目安時間:約 3分

某サイトで知り合い、たまにHするセフレ関係だった人妻の由美(36歳)からメールが来た。
しばらく会ってなかったので久しぶりに会う事にしました。
しかしお互い金が無いので、とりあえず車でお話ししようと言う事になりました。
あわよくばフェラくらいして欲しいなーと思いつつ電車で出発。
相手の地元近くの駅で待ち合わせて、車で迎えにきてくれたので乗り込むと、「ウチくるー?」と言われる!いつもはホテルでHしてたので、相手の家には行った事がない。
人妻の家でエロイことするのは夢ではあったが、チキンなので迷ってると、「旦那も仕事で絶対帰ってこないから大丈夫だよ!」とのことなので、気づいた時には欲望に負けて、「行く行くーーー!」と答えてました・・・。
彼女の自宅付近に来ると「近所の人にバレちゃうから隠れてて」と言われ、後部座席で小さくなる俺。
駐車場に車を停めて、いそいそと家の中へ。
超ドキドキするー!家に入るとリビングに通される。
なかなかキレイにしてます。
アイスコーヒーを出してもらってちょっと落ち着いてからH開始。
普段は家族が生活してるリビングで、浮気相手を連れ込んでHしてる状況に興奮!オッパイからマンコと攻めていく。
いつもは絶叫系であえぐ由美だが、さすがに近所に聞こえちゃマズイので、「ハァ・・・ハァ・・・ッン・・・」って感じで声を抑えてる。
たっぷりとクリを舐めてから指でグリグリすると潮をお噴きになりました。
リビングなのに・・・。
そして攻守交代でフェラしてもらうことに。
せっかくなのでこの状況をフルに楽しみたいと思った俺は場所移動を希望。
なぜか玄関でフェラしてもらいました。
今思うとなぜ玄関を希望したのか意味が分からないが、家族の靴とか旦那のゴルフバッグを見つつフェラされてる状況が背徳感的なモノで興奮に変わっていた。
俺はあっさり口に発射してぐったり。
漏れて床に落ちた精子を急いで拭いてる由美に萌えた。
「旦那は帰ってこない」と言われつつも、やはりドキドキするので早々に退散。
駅まで送ってもらってバイバイしました。
人妻の家で旦那の留守にHするという状況は興奮するけど、緊張もハンパではない。
もう一回するチャンスがあっても悩むかなぁ。

激しく責められたい人妻と車内で不倫カーセックスでおまんこ濡らす中出し体験

読了までの目安時間:約 2分

先日41歳の人妻としてきました。
顔も体もとてもじゃないけど41歳とは思えない。
ウエストのくびれ、細身の巨乳、ヒットでした。
有料の出会い系サイトで知り合い、軽くSだと口にすると、SMに興味はあるが経験が一度もないとのこと。
だんなは不能で、メールでは冷静を装ったが、かなり期待大。
1週間ほどやりとりしてから会う事に。
車で駅に迎えに行きました。
まぁ写メの通り、若く見える41歳。
全然許容範囲です。
車に乗せて、さっそくSM話へ。
「どんなことされたいの?」と聞くと「手を縛られたい」とのこと。
昼ドラのSEXシーン見ると興奮して一人でしてしまうらしい。
「こういうことされたいの?」と、信号待ちで強引にキス。
すると彼女からは甘い吐息が…全身をくねらせながら、車内でキス。
青信号になったのに気づかずに、クラクション鳴らされました。
ホテルに行く時間がなかったので、某ドライブスポットの道に車を止めて後部座席でイチャイチャ。
下を触るとかなりグッショリ。
たまにこう言う状況で下着の心配をしている人がいるが、俺は全くお構いなしに責めた。
もちろんSとしては言葉責めも忘れることなく、それが彼女を興奮させてたらしい。
「どこに出して欲しい?」と聞くと、「中に出して…」と言うので、本当に大丈夫か数回確認して中でフィニッシュ。
彼女宅の近くまで送ってその日は終了。
久々の抜かずの2発は最高でした。

漫画喫茶で人妻のおまんこ弄ってクンニ舐めで大量マン汁の秘密のエロ体験

読了までの目安時間:約 3分

29歳の人妻とメールで盛り上がり、話あいそう。
エロトークもノリがいい。
舐め舐めが好きという彼女に、「奉仕するから会わない?」ともちかけると、会ってみないとOKかどうか分からないと防衛線を引かれながらも面接決定。
待ち合わせ場所で「着いたよ」メールして1分後に後ろから声を掛けられる。
予約していた個室居酒屋に向かう。
あたりさわりない会話から、次第にエロトークに持っていく事に成功。
スリルある場所でのエッチに興味がある事を聞き出す。
ほぼ密室に近い環境だったので、隙あらばちょっとエッチな事しちゃおうと画策。
自分の漫喫や階段の踊り場でのエッチ体験談を面白可笑しく語り、エロトークが大盛り上がりした所で、「もう、そっち行っちゃおー」と俺の隣に席を移動してきた。
もしかして、ココでやる気マンマンですか?と嬉しくなってきた。
思い切って、ちょっとだけブラ見せてとお願いしてみる。
「もー」と笑いながら胸ボタンを開けて、恥ずかしそうにブラチラする姿に激しく萌えた。
胸元に手を入れるフリをすると、ケラケラ笑って嫌がらない。
OKって事?調子に乗ってブラの中に手を入れ、拒否られないのをいい事に乳首をいじり、さらに大胆になり、乳首しゃぶりまで決行。
本当はもっと焦らしたかったんだけど、いつ店員がドアを開けるか分からない。
ちょっとガッつき気味で、責めさせて貰いました。
そのままスカートの中にも手を入れ、クリと指入れまでしちゃった。
あぁ、もうコレ以上はここではマズイ。
トローンとした目をした人妻をラブホに誘うと、今日は時間があまりないとの事。
それじゃって、漫喫に移動。
いい具合にカップルシートが空いていたのでIN。
読みたくもない漫画を一応選び、部屋に落ち着く。
ソファーに座った人妻にキスしながら胸をもみもみ。
おっぱいを出すと、ちょっと恥ずかしそうに笑いながら「声出したらまずいね」と。
ん?良く見ると乳首大きい。
やっぱり子有りの人妻さんだな。
吸いやすく、いぢりやすい大きめ乳首が大好きなので、なんの問題もない。
タップリもみもみ、いぢいぢ、ちゅぱちゅぱしたあとパンツに手を入れると大洪水状態。
着替えあるのかな?と心配になる、細かい事が気になる俺。
こんなだからカマ風味とか言われるのかも。
その後スカートに頭突っ込んで、人妻が逝くまでぺろぺろしました。
「すごく興奮した」との事。
良かった良かった。
いい感じでメール継続中。
やっぱり人妻さんは良いですね。
俺も楽しかったです。
また漫喫行きたいです。

出会い系で既婚30代の色っぽい巨乳人妻と不倫セックスで肉体関係!

読了までの目安時間:約 2分

今まで出会い系で20代半ばから後半を狙い撃ちしてきたがデブスばっかり。
友達が人妻ゲットしてウマーな経験したのを聞いて初の既婚30代。
時間かけて面接に持ち込む。
写メでは会った瞬間勃ちそうな顔立ちだが、編集も有りかとあまり期待せず臨む。
写メ通りならヤリたいっていうか、なんとしても押し倒す。
車で最寄り駅まで迎えに行き、電話しながら歩いてくる女が・・これか??俺の電話が着信!さらさらロングヘアーに黒ミニワンピースにミュール!色っぽい・・さすが167センチもあるだけあってスタイル抜群、体重を教えたがらないのでドムかと思いきや超スレンダー。
車に乗せて盗み見ると、胸の開いた服を乳が盛り上げてる!!顔も写メ通り!メシ食って公園散歩して手つないで人のいない建物の影で抱き寄せるとイヤがらないので、「○○とまったりしたい」って言うと、「いいよ」っとニコっと!ホテル行って脱がしたら、ワンピは背中も開いたホルターネックで超コーフン。
おっぱいはDカップだった。
子供生んでるので乳輪はちっちゃいが少々茶系色の乳首は大きめ、妊娠線有り。
でも今まで会ったデブスよりずっといい!着衣セックスで1発、全部脱がせて1発。
嫁はガリガリ貧乳だからホンマたまらんかった。
又会ってくれる?と聞くと「私の予定に合わせてくれるならね」と女王様ぶりが似合う。
次は中出しさせて下さい!

結婚して人妻になったセフレが刺激的なセックスを忘れられず浮気で精液顔射

読了までの目安時間:約 6分

3年前に出会い系で釣った仙台の智子(31歳)が人妻となって連絡してきた。
まぁ3年もアドが変わってない私も私だが…。
確かホテルでハメてイカせたような記憶しかない。
東京で友人の結婚式がある為、外泊予定となり私へ連絡してきたもよう。
正直、顔も忘れてます。
しかし待ち合わせ場所に着いたと言う事で向かってみます。
あーーー居た居た。
何となく思い出して来た。
ずいぶんと垢抜けている。
「久し振り!」お決まりのパターンで声を掛けて彼女が予約済みのホテルへ。
コートを掛けた智子をみると何とドレス。
ヤバッ、エロイ…。
白のロングドレスにピンヒール、そしてTバックのラインが透け透け。
窓際に立った智子を後ろから抱きしめる。
「3年も忘れてなかったのか?」私が胸を掴み耳元でささやくと、「えっ?私はちゃんと覚えてるよ!」「だってあんなに激しくされた事なかったもん…。」「人妻になったくせに淫乱だな。」「どうせ旦那には一人で泊まるって言ってるんだろう?」「あんな人いいの…私が居なくたって何してるかわからないから…。」何となくはわかっていたが、女だって人妻だってやりたいんだな?と思った。
更にうなじを攻撃しながら、「俺の何をそんなに忘れなかったんだ?」と勃起したものをお尻にあてながら聞いてみた。
「本当に覚えてないの?ロープでしばられ、バイブ入れられて…。」あーー何となく思い出してきた。
確か赤いロープを買って紫のバイブとローターで攻めてやった気がした。
「旦那にイカせてもらってないのか?」そう聞くと、「うちの旦那淡白であんまりしてこないの…。」欲求不満がありあり…。
「だから俺の所に来たのか?そう簡単には入れてやらないぞ…。」私もスイッチが入りました。
お尻を撫で回しスリットから手を入れるとガーター…。
「ドスケベ!こんな格好した人妻がわざわざ東京まで来ておねだりか!」「嫌!言わないで…欲しかったの…。」「仙台に男なんていくらでもいるだろう?」「自分から声掛けてハメてもらえばいいじゃないか。」「だって○○さんみたいに激しくしてくれないもん…。」「何だそれ?さては何人かに結婚してもハメられたのか?」「……。」それを聞いてベッドに押し倒しました。
スカートをまくりTバックの下着があらわです。
それもヒモで隠れている部分の方が少ない下着。
「こんなの付けてご主人知ってるのか?オマ○コ丸見えだぞ。」「だってこんなのじゃないとスカートがぴったりだし、ライン出ちゃうから…。」「それに旦那の前ではこんなの付けた事ないよ…。」「じゃあ何で俺には見せるんだよ!」と言いながらお尻の割れ目に舌を這わせます。
「あーーん、いいのーーー昔みたいにメチャクチャにして…。」あっ!そこで3年前のワンシーンを突然思い出しました。
確かバイブを突っ込み激しく出し入れした後に、挿入すると、「オマ○コ壊れる!壊れる!!!」と言いながらイッタはず。
「あーー思い出したぞ!オマ○コ壊れるって叫びながらイッタよな?」「私そんな事言ってないもん…。」恥かしがりながら感じてます。
3年も経つと女は変わりますね。
こんな下着付けたまま、自分からフェラをして、命令通り自分でクリを触ってます。
「どうだ欲しかったのか?3年ぶりに欲しかったって言ってみろよ!」そう責めると、「あーーん、欲しかったの…入れて!!!」そこは意地悪な私です。
「何だお前、このチンポ忘れられずにオナニーした事あるだろ?想像しながら。」「あーーん、何でわかるの?」と図星のようでした。
「何回思い出してやったんだ?白状しろ!」「何かムラムラした時に最後必ず、○○さんにしばられてバイブ入れられたの思い出してしてたの…。」「どうしようもない女だな!人妻になっても忘れらないのか?」「そうなのこれで突いて!!!!」このやり取りでフル勃起です。
田舎の女は情が厚い。
中々こんな程度の遊びもして来てないんでしょう?俺のSEXを忘れられずオナニーしてたなんて…。
一気にぶち込むと大きな声に変わります。
「どうだ3年ぶりは?」激しく突きます。
「凄い!凄い!良いの良いの…。」声にならない息も出てます。
小ぶりなオッパイで大した身体でもないのですが、俺のチンポを忘れられないなんて興奮します。
「旦那のより良いのか?言ってみろよ!!!」「こっちが良いの、こっちが良いの、○○さんのがいい…。」「何処に何が入ってるんだ?」「智子のオマ○コに○○さんの太いオチンチンが入ってます…。」「旦那の前でもオマ○コ何て言えるのか?」「恥かしくて言えないよ…。」「じゃあ何で俺の前では言えるんだ?」「だってだって○○さんの欲しいんだもん…。」さすがに俺も限界です。
「出すぞ!!!!」と何処に出すかも聞かずに、「オイ、口開けろ!!!!」「アーーーン、イクイクイク…」「ホラ!!!!」飛び散った口の周りのザーメンも集めてゴックンです。
この日は朝まで3回、鏡の前で後ろから突いて、「オマ○コ壊れる!!!智子のオマ○コは○○さんのもの!!!!」と言わせタップリと満足させてやりました。
田舎の女は情が厚いです。
3年たって人妻となっても忘れられないなんて…。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】