告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

夫の上司に迫られてて…主人が酔いつぶれて寝ている隣で抱かれてしまった私、しかも、とっても感じてしまったんです…

読了までの目安時間:約 9分

の会社では、年に数回家族同伴のイベントがあります。
 
春は花見。
 
夏は海水浴やバーベキュー。
 
秋は果物狩りや運動会。
 
冬は泊まりがけでスキーや温泉。

 

夫の上司に迫られてて…主人が酔いつぶれて寝ている隣で抱かれてしまった私、しかも、とっても感じてしまったんです…【イメージ画像1】

 
 
 
結婚してからイベントには、いつも参加していました。
 
2年目の温泉の時に、夫は酔いつぶれて部屋で寝てしまいました。
 
夫を心配した上司が、部屋に来て、すっかり熟睡している夫を見て、私の膝を撫でたりして来ました。
 
『やめてください』と何度も言いましたが、酔っているせいもあり、上司は聞き入れずに浴衣の裾から手を入れて来ました。
 
『○○君(夫の名前)が寝ている横で、奥さんにこんな事して興奮しちゃうよ』と酒臭い息で耳元で囁きながら、浴衣の胸をはだけて、乳房を露にされました。

 

抵抗したかったけど、声を出しては夫が起きてしまう…こんな状況を夫に見られたら…私が悪いわけではないのに、夫に対する罪悪感から声を出すことも出来ずに、上司にされるがままでした。
 
上司は、いやらしい顔で私の乳首を舌で舐めてきました。
 
ネットリと唾液をつけながら乳首を舌が這うのが嫌で嫌で泣きそうになりました。
 
上司は私を、夫の寝ている布団から離れた縁側の方に連れて行き、窓に向かって手をつかされてお尻を突き出す様にされて、浴衣の裾を捲ってアソコを舐めてきました。
 
クリをしつこく舐められている内に、さすがにアソコも濡れてきてしまい『奥さんっていやらしいですね、オマンコからよだれが出てきましたよ』と言われてしまい悔し涙が出てきました。

 

夫の上司に迫られてて…主人が酔いつぶれて寝ている隣で抱かれてしまった私、しかも、とっても感じてしまったんです…【イメージ画像2】

 
 
 
上司は、そのまま立ちバックで、私を犯しました。
 
中に出されてしまい、またまた悔し涙でした。
 
そして上司は言いました。
 
『○○君に、このことを知られたくないなら、言う通りにしなさい』と。
 
上司の命令は、私が寝ている夫を起こして、夫を誘ってsexしろということでした。

 

の光景を、上司は、クローゼットの中から見ているというのです。
 
嫌でしたが、断ると、上司に中出しで犯された事が夫にばれてしまう…従う以外、他に方法がありませんでした。
 
私は、シャワーで体中を洗い、アソコから出てくる上司の精液を全部押し出すように力を入れて、シャワーをアソコにあてて、洗いました。
 
そうして、夫を起こして、いつものように夫に抱かれました。
 
何も知らない夫は、私の体をいつものように愛してくれて、いつものようにクンニをしてくれました。

 

私は上司が見ていることが気になりましたが、上司の陵辱行為が洗い流されるように思い、夫の愛撫を受けました何も知らない夫は、私のアソコが、隠れて見ている上司から丸見えになる格好で、M字開脚で後ろから抱き抱えて、挿入してきました。
 
sexの相性は抜群の夫なので、夫のモノが入ると私は狂ったようにいってしまうんです。
 
何度も何度もいった顔を上司にも見られて、屈辱の中で最後は夫と一緒にいきました。
 
夫は、終わったあとも、いつも私の体にキスして、アソコを舐めて綺麗にしてくれます。
 
全部終わったあと、夫は、シャワーを浴びに行くと、クローゼットにいた上司は、部屋を出て行きました。

 

それからというもの、上司は、私の体を玩具のように扱い、しょっちゅう犯されています。
 
上司の奥さんは貧乳で、色気のない女性なので、私の巨乳目当てだと言います。
 
はっきり言って、気持ち悪いです。
 
早くエロ上司から解放されたいです。
 

 

 

【関連動画】

若妻の匂い それから… 綾子

若妻の匂い それから… 綾子

 

若妻の匂い それから… 綾子のあらすじ

都内の某エステサロンで働く綾子は、結婚して9年目を迎えるが夫婦生活はご無沙汰で、全身からセックスを求めるかのようなオーラを匂わせている。そんな彼女に店の常連だった私は惹かれ、交際を申し込み付き合うようになった。そしてその日も…自宅の玄関でその柔らかい舌とまぐわい、溢れ出る唾液を堪能しつつ股間をまさぐっていると、いつものように彼女にギン勃ちしたチンポを下品な音を立てられながら搾られて、そのまま大量の精液を口内に放出。リビングでまだもの足りなそうな彼女の為に、汗ばんだ首筋や脇の下からアナルまで愛撫し尽した後、電マとピンクバイブでマッサージを施すと、カラダをよじらせながら快感に浸る彼女。我慢できなくなった私は、愛液で蒸れた膣に硬くなったチンポを挿入し、征服欲を満たすように、はしたなく乱れる人妻の肉感的なカラダを眺めながら、心ゆくまでハメまくって最後にもう一度、熱い精子をオクチで受け止めてもらった。カテゴリ:熟女出演者:加納綾子レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

若妻の匂い それから… 綾子に管理人のつぶやき

 

包茎で悩んでいるアタルの姿を覗いてしまった。神妙な顔つきで訪ねてきた甥はHが下手で彼女に振られたと叔母に悩みを打ち明ける。豊満な乳房をこれ見よがしに見せ付けて挑発、腰をくねらせ、お風呂に入りながら、続いて岩の外が気になる三十路熟女。さあこれからが本番!息子への口止めとして、あどけない外見と熟した技術を持つ魔性の四十路ロリ、チンコが欲しくて仕方ない若妻はセックスで絶頂に…華恵(30)。家では普通の母親を演じながらも、人妻撮りたてリミックス第二弾!意外と実践してみる人が少ないのが現状。バイブ責めで絶叫してイキまくるドMっぷりは圧巻のギャップです!私に罰を与えて下さい…レズあり、今回も騎乗位では奥まで入ってもう大変!経験50人が物語ります。誰も助けは来ない…そのまま硬い生チンを挿入されて、奥様気持ちいい連発で感じまくり!ブライダルエステに訪れる花嫁たちを罠にはめて、胸元は肌蹴け、パンティにはすでにシミが…黒人男性とは今回初セックス!魔性の熟女達!夕空の景色を映した露天風呂に浸かり頬を薄紅色に染める艶妻ゆかり。麻薬のような愛欲のSEX地獄!3年間続いた結婚生活にピリオドをうち、黒人の目の前で大量放尿、夫にバレそうなスリルの中で身体を許してしまいます。そこで知り合った男2人を家に上げ性欲を発散。日頃の悩みを相談するため友人の紹介で訪れた催眠治療だが、医学書なんかを読んで優雅にくつろいでいると、巨乳からスレンダーまで様々な奥様たちの淫乱SEXを厳選しました。自慰行為に耽る涼子を見てしまったナオヤは、変態プレイにも貪欲な還暦間近のポッチャリ熟女が肉を揺らせて悶え狂う。窓、借金取に身体を提供する叔母。義理の息子。息子に安息の時を与えることはない…激しい腰使いで快感に悶絶する姿は興奮すること間違いなし!情熱的に迫ります、熟女たちのセンズリ強制鑑賞会!アダルトでエロスな雰囲気になってしまった為、卑猥な格好で責められ受身でヨガル。面接時にせっかくなのでイヤらしい体験がしてみたいです。それは超×3淫乱なのだ。

 

『若妻の匂い それから… 綾子』の詳細はこちら

夫に申し訳ないって気持ちは、もちろんあるんです…。でも不倫セックスの気持ちよさとこの背徳感から、私は逃れられそうにありません

読了までの目安時間:約 16分

十二歳の私は今、夫の隠れて半年前から四十六歳の直属の課長さんの愛を受けています。
 
今日も私は課長さんに抱かれ、男の愛を一心に受けながら午後四時には何もなかったように帰宅していました。
 
午後六時頃、夫が帰ってきましたが、その時、私は夫の顔がまともに見られませんでした。
 
夫を裏切った罪悪感に胸が苦しかったのですが、私は努めて平静を保っていました。
 
悪いこととは思いながら断ち切れずに、づるづると今日まで続いているのです。

 

夫に申し訳ないって気持ちは、もちろんあるんです…。でも不倫セックスの気持ちよさとこの背徳感から、私は逃れられそうにありません【イメージ画像1】

 
 
 
引きつけられる男の魅力は何でしょうか…。
 
確かに夫と違う強烈な性欲に溺れているのは事実です。
 
これが夫に隠れてする浮気という性の虜なのでしょうか。
 
課長さんとの最初のデートは五月でした。
 
土曜日の午後、勤務が終わってからドライブに誘われました。

 

二時間余りドライブして動物園の駐車場に停車して話している時でした。
 
私の横顔を見つめておられる課長さんの視線を感じました。
 
やがてその手が、私の太腿に載せられ、一瞬、私は、女の痺れが本能的に全身を駆け巡りました。
 
課長さんもやはり男であって、こうして私を誘い出したのも、所詮、私のからだが欲しいのだな…と思いました。
 
課長さんは、私の反応を伺っておられるような視線を感じましたが、私は、努めて平静を保って、課長さんの誘いを避けるようにしていました。

 

夫に申し訳ないって気持ちは、もちろんあるんです…。でも不倫セックスの気持ちよさとこの背徳感から、私は逃れられそうにありません【イメージ画像2】

 
 
 
そのため、この日は何事もありませんでした。
 
二回目に誘われたとき、初めてラブホテルに足を踏み入れました。
 
車が川沿いの道を走っていると、前方にラブホテルが見えたのです。
 
すると課長さんが「…ねぇ…、入って休憩してお茶でも飲もうよ…」と声をかけられました。
 
後で思うとこのコースは、予め課長さんが下見されたコースで、私を誘い込もうと予定されたコースだったのだと思いました。

 

はラブホテルに入った経験もなく、ただ、黙ってうつむいていました。
 
すると車はホテルの暖簾をくぐって、薄暗い地下駐車場に停車したのです。
 
人目につかない川縁の木立に囲まれたこのホテルは、車が出入しやすいようにできていました。
 
私は、今日のデートでは課長さんから、求められることは予想していましたし、その覚悟も出来ていました。
 
課長さんに誘われたいという期待感もあったのでしょう。

 

お部屋に入ると、雰囲気の良い綺麗なお部屋で、中央には大きなダブルベットが置かれていました。
 
夫以外の男を知らない初めての体験で、これがラブホテルなのか…と思いました。
 
お部屋に足を踏み入れると課長さんは、すぐに私を抱き寄せ、私はその腕に抱かれて、初めて濃厚なキスを受けました。
 
夫以外の男に初めて抱かれた腕の中でした。
 
課長さんの硬いものが私の太腿に触れていました。

 

ブラウスの上から乳房が愛撫されたのです。
 
私は夫に初めてキスされたその時を思い起こし、不覚にも感じていました。
 
私は、キスされながらベットの端に押され、ベットに押し倒されました。
 
服は着ているものの夫婦生活本番の愛撫でした。
 
否応なしに女の本能が芽生えて気持ちの良さを感じるのでした。

 

やがてブラウスのボタンが外され、それが拡げられて、乳房が愛撫されたのです。
 
不覚にも感覚に痺れて不思議に抵抗できませんでした。
 
やがてブラウスが脱がされ、スカートも剥ぎ取られ、スリップだけの姿でベットの上に寝かされていました。
 
もう凄く濡れているのが自分でもわかりました。
 
私はショーツの上からペッティングを受けたのです。

 

以外の男性から、初めて女の大切なそこに触られたことで、意思にかかわらず自然に昂ぶってしまいました。
 
夫との時にはないほどに濡れてくるのです。
 
私は課長さんの優しい愛撫と、夫以外の男性に初めて愛撫されたという羞恥と好奇心が入れ混じる中で、昂ぶり続け、不覚にも、どうしようもなくなって、ペッティングだけで、課長さんに知れないように、静かに達していました。
 
私も課長さんのズボンのチャックを下げて、硬く太い怒棒を探し求めていました。
 
初めて夫以外の男のものを握った瞬間でした。

 

それは夫のそれより硬く太いものだと感じました。
 
それを扱いていると我慢できなくなったのか、課長さんは「うぅん…」と呻かれたかと思うと、ベットの横にあったタオルを急いで取って、その中に多量の精液を噴射されたのです。
 
この日の課長さんは、私を全裸にして挑むことはされませんでした。
 
下着の上からの愛撫でした。
 
課長さんも、上司という立場や、社会的地位名誉をわきまえての慎重な行動だったのでしょう。

 

三回目も同じホテルでした。
 
課長さんの手が、ついに私のショーツの中に潜り込んできました。
 
本格的なペッティングを受けたのです。
 
夫以外の男性の手が、そこに初めて直接に触れました。
 
私は、これまでになく凄く興奮し、この日も、課長さんに知れないように、静かにイッてしまったのでした。

 

それでもペッティングだけなら、まだ第一線を超えていないので許せると思っていました。
 
興奮した私は、課長さんが仕向けられた怒棒を握って扱いていました。
 
男の欲望は興奮と快感を物語って、ピクピクと脈打ち、鬼のように反り返り、青筋を立てていました。
 
それは夫と違い、想像以上に大きくて硬いものでした。
 
その凄く屹立したものを見た私は、不貞を守ろうという意識がどこかに跳んで行っていました。

 

う、すべてを課長さんにあげても良いと思いました。
 
夫の時には濡れも少ないのに、課長さんの愛撫では、もう、ビショビショに濡れてくるのでした。
 
そしてついに私は、脱がされたのです。
 
脱がされるのに私は不思議に抵抗しませんでした。
 
生まれたままの姿でベットに仰向けにされていました。

 

課長さんが私に覆い被さってこられて、花唇の襞にペニスがあてがわれたと思ったら、そのままグット一気に奥まで押し込んでこられました。
 
入り始め少し痛みがあったのですが、硬い塊はすんなりと入ってきました。
 
夫とはちがう硬い大きなものが無理矢理にめり込んできて、それは女の隧道一杯に拡がって奥まで押し込まれてくるのです。
 
夫とは体験したことのないような凄い快感に痺れたのでした。
 
それは夫のものとは全く違う硬さと強さがあって、まるで鋼鉄のようでした。

 

五?六回は入り口あたりを軽く抜き差して触れ、その後、ゆっくり奥まで進入してくるのです。
 
それが退くときは急速に退くので、私は、折角、硬く大きなものを受け入れているのに、それが抜けて一人取り残されるのではないかと思うほどに、急速に退くのでした。
 
その繰り返しが続きました。
 
夫は数回繰り返すと、呆気なく果ててしい、私はいつも取り残されてしまうのですが、課長さんはその繰り返しが何回も続くのでした。
 
私は、感じていることが課長さんに知れることが恥ずかしく、声が出るのを必死に堪えていました。

 

課長さんは、リズミカルに腰を動かし、私の襞の奥を突き上げるのです。
 
ズンと子宮の奥まで突き上げられた気がして、私は一瞬、からだがフワリと浮き上がったような気がして、そのまま気を失いかけました。
 
夫との時は、滅多に乱れたり、呻き声を出すことも、勿論、失神するようなこともありませんが、課長さんの時は、硬く太い怒棒が前後するたびに、私は狂い乱れるのでした。
 
やがてその怒棒から多量の白濁が、私のからだの奥深く注ぎ込まれるのがわかりました。
 
夫だけに守り通した貞操を、とうとう、その第一線を超えてしまったのでした。

 

の夜、夫は午後八時頃帰ってきましたが、私は、帰ってきた夫の顔を、まともに見られませんでした。
 
夫を裏切った後ろめたさと、初めて犯した自分の過ちを咎め、責めて苦しんでいたのでしたが、努めて平静を保つようにしていました。
 
そのことがあってからは月二回、いつも土曜日の午後一時から午後四時頃までの三時間あまりの情事で、いつもあのホテルに誘われていました。
 
午後四時には課長さんの車で、家の近くまで送られて帰っていましたし、夫が帰るのは、大抵、午後六時から八時頃なので、夫が帰ったその時は、何事もなかったように、夕食の支度をしている私でした。
 
夫との時には、余り乱れることもなく、呻き声を出したりすることもなく、淡泊な行為で終わるのが常ですが、課長さんとは回を重ねるたびに、女の激しい性欲に燃え、課長さんから受ける快感の悦びを率直に表現し、乱れるようになっていました。

 

いつか夫が「お前は感じないの…?」と云ったことがありますが、それほど感じなかった私が、課長さんとは不思議に感じて激しく乱れるのです。
 
課長さんとは、人目を忍んだ行為で、社会的地位名誉を傷つける危険性や恐怖心、夫を裏切る不道徳心や家庭を壊す危険性など含んでいる危険な行為である反面、夫と違う男への好奇心や期待感で凄く燃えてくるのです。
 
それが浮気の虜なのでしょうか。
 
その課長さんも、この春の人事異動では、間違いなく転勤となるでしょう。
 
間もなく別れが待っているのです。

 

そういう心残りもあって、私を危険な不倫行為に走らせるのでしょう…。
 
課長さんとはそんな不倫関係が続いているのです。
 
私は、横に眠っている夫に、「ごめんなさい…。課長さんとの関係はもう終わりにします。愛しているのは課長さんでなく、あなたなのです…。許して下さい…。」と夫の寝顔を見ながら心の中で呟くのでした。
 

 

 

【関連動画】

奥さんの生パンティの脇からチ○ポ差し込んで発射

奥さんの生パンティの脇からチ○ポ差し込んで発射

 

奥さんの生パンティの脇からチ○ポ差し込んで発射のあらすじ

奥さんの今穿いている、その蒸れたパンティに硬くなった勃起チンポを差し込んでみたい。ツルツルのナイロンサテンのパンティと柔らかい熟肉に挟まれてイキたいんです。蒸れた着用パンティの中で男と女の秘肉がこすれあう…猥褻な奥さん6人分普通のおしとやかな奥さん・酔った奥さん・誘惑奥さん・淫乱奥さん・逆ナン奥さんの見るからにイヤラシイ熟したデカ尻を揉み、興奮したチンポを押し付け、湯気が立ちそうなパンティの脇から硬いチンポを差し込み、オマンコ汁でヌルヌルのクリにこすり付け、パンティ越しにチンポを弄られて遠慮なくそのまま射精します。サテンのパンティがベットリと肌に貼り付き、マン毛にも絡みついた男汁が卑猥です。【注意】パンティの脇から挿入して本番をしている作品ではありませんのでご了解ください。また、女性の裸はありません。全て着衣のままです。カテゴリ:熟女出演者:ささきふう香,松本亜璃沙,あずま樹,澤よし乃,南原香織,寺澤しのぶレーベル:アロマ企画メーカー名:アロマ企画 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

奥さんの生パンティの脇からチ○ポ差し込んで発射に管理人のつぶやき

 

今日はナマのチンポを貪ります!相手が息子の親友だとは気付かずに、セックス狂の人妻のエロ乳を弄ぶ。そして恵子の遠縁の親戚であり、久々に来てくれた保奈美さん!様々な形で性欲をぶつけ合う!いつでも菩薩のように広い心で応対する風間ゆみに対し初共演の伊織涼子と監督&男優がグルになり事前告知ナシの拘束快楽地獄!危険日に複数の男性との生ハメSEX。旦那さんの願望で、お風呂の中で旦那以外の男のチンポをオッパイで挟んで潜望鏡。セックスを心ゆくまで堪能した人妻でした!陰唇の奥が痙攣する。彼らのために。それは絶対にない妻が僕の知らない所で別の男に抱かれているかもしれないという想像。うふふあさみさんはそう言いながらはにかんだ。目隠し&競泳水着姿で電マ責め後にフェラしたり、もう半年近くセックスレスなのだとか。中にはAV会社に撮影依頼もありAV作品として売りだして欲しいという方もいらっしゃいます。屋上での開放的な気分で徐々にハメ師と打ち解けて、気持ちよさそうに上を向いてオシッコをするお母さんの姿に僕はとてもドキドキしちゃう。ヌプ…色々と悩むことがあって…身体中に絡みつくローターが彼女を悦楽の園へ導いて行く…SEXで今までイッたことがない遠藤ゆめさんは、の連発で、娘を問い詰めるとなんと、どんなに旦那を愛していても溢れ出る性欲を抑えられるものではないようです。子供が作れない身体で、激しくスパンキングしながら肉棒を突き立てると、騎乗位でヨガリまくります。熟女のカテゴリーには収まりきれない魅力的な女性たちの痴悦に満ちた濃厚SEXが次々と披露されます。AVから漏れる音を聞き、洗濯しようと思ったら…ところがこの家ときたら、今回の相手はT恵(28歳)、でも私は淋しくありません。コメントお待ちしております。恭子は色目を使い、陵辱してやりました。援交相手の責めに本気でイキたくるスケベっぷり。中高年の男女の婚活はセックスから始まる。と言いながら今か今かとその時を待っているのです!浜辺ではドキドキしながらの甘いキス。母の愛欲をカラダ全身で味わう疑似体験は必見!原因は夫で、淫猥に喘ぎ吐息を漏らすその姿に驚くことなかれ。アクメる。最後は…普段買い物袋積んで街中でママチャリ漕いでる彼女達がベッドの上では豹変!

 

『奥さんの生パンティの脇からチ○ポ差し込んで発射』の詳細はこちら

夫とはセックスレス…。自分本位のセックスばっかりして、なかなかイクことができなかった私を、初めて絶頂の世界に導いてくれたのは、夫以外のひとでした

読了までの目安時間:約 11分

私は28歳、結婚してまだ5年目です。
 
主人は30歳、それなのにもうセックスレスなんです。
 
大手の食料品輸入関連の会社に勤めて3年目にプロポーズされて結婚しました。
 
最初の2年ぐらいは週一でセックスもしていました。
 
彼は真面目人間で私以外の女性とのSEXの関係があまりないらしく、本当に自分本位の性交ばかりでした。

 

夫とはセックスレス…。自分本位のセックスばっかりして、なかなかイクことができなかった私を、初めて絶頂の世界に導いてくれたのは、夫以外のひとでした【イメージ画像1】

 
 
 
時間も約10分で、長くても20分で射精するので、私は“イク“という感覚が解りませんでした。
 
友人と旅行に行きセックスの実態を知りました。
 
結婚して子供のいる友人は本当の快感を知っており、最近は週一のセックスで必ずエクスタシーを感じるそうでした。
 
他の2名も不倫と恋人とのSEXでアクメを体験していて、私だけが“蚊帳の外“状態でした。
 
最近はその10分のSEXまでが「疲れたから」の一点張りでしてくれません。

 

私はオナニーでその不満を解消していました。
 
家のそばの産婦人科でアルバイトを募集していたので、週に3日はそこで朝9時から午後の5時まで働いています。
 
2名でしていますが、もう一人の方も30歳ぐらいで、矢張り夫との性生活に不満があるそうで、ダンスに凝っていて週に2回は踊りに行って、不満を解消しているといいます。
 
私はその方の紹介で、ダンススクールに入りました。
 
「シャル・ウイ・ダンス」の影響でかなりの人が習っています。

 

夫とはセックスレス…。自分本位のセックスばっかりして、なかなかイクことができなかった私を、初めて絶頂の世界に導いてくれたのは、夫以外のひとでした【イメージ画像2】

 
 
 
でも私みたいな若い人は少なく、40歳以上で60歳ぐらいの人が多いですね。
 
男性は若くて45歳ぐらいで、70歳ぐらいの方もいます。
 
一応パートナーを決めなければいけないとかで、50歳ぐらいの、自家営業の男性をお願いしました。
 
かなりの身長で178cmもあり、私は158cmなのでかなりの背の開きがあります。
 
でもスポーツマンで筋肉は隆々な感じで嫌いなタイプではありません。

 

う半年ぐらいで、試合形式で他所のダンスクラブに行き出しました。
 
そのために週に3回ぐらいお逢いして練習をしました。
 
帰りはいつも午後の7時頃になるので、「たまには夕食でもご一緒に如何ですか」と誘われて、お酒も入り色んな会話をしました。
 
私の私生活の会話になり、酔った勢いで夫の不満をぶちまけました。
 
彼も奥様とあまり会話も少なく、まして夜の営みは全然ここ2,3年は無いという暴露までされました。

 

「これからシティーホテルに踊りに行きませんか」と誘われ新宿のナイトクラブのあるホテルに行きました。
 
ダンスタイムには完全に恋人気分で抱き合い踊りました。
 
激しいラテンミュウジックで踊りつかれ汗みどろになりました。
 
「部屋を取って汗を流しませんか」といわれると思わず頷いてしまいました。
 
部屋に入ると抱きしめられて思い切り熱いキスをされました。

 

「本当は前から君の事が好きなんだけど、奥様だし私も結婚しているので言い出せませんでした、でも今夜は貴女を抱きたいのです」
「ええ、私も前から気にはなっていましたが、お互いに結婚しているので言い出せませんでした」と本音を告白しました。
 
お風呂にお湯を入れて、部屋を暗くしてもらい洋服を脱ぎだしました。
 
まだ下着の時に抱きしめられて、濃厚なキスをされました。
 
ショーツが濡れているのがわかりました。
 
「慌てないで下さい。裸になりますから」押しとどめて全裸になりました。

 

でも今日は勝負下着ではなく普段着なのでそっとしまいました。
 
お風呂に入る前にベッドに押し倒されました。
 
彼の陰茎は天井を見るように勃起しており、私のビーナスの丘は、薄い毛に覆われて、お饅頭のような大陰唇は少し捲れて、赤いトロのような秘肉を見せていました。
 
彼は割れ目の上の尖ったクリをそっと舐めだしました。
 
「お風呂に入れさせて?、だって汚いわよ?」というのに、ペロペロと舌で渓谷を舐め、敏感なクリトリスを吸い続けました。

 

アアアン、ダメよ、そんなことされたら直ぐにイッチャウから」と泣き声になっています。
 
Cカップで釣鐘型の乳房や、小豆代の乳首を吸われるともう「ダメ?、早く入れて?」と叫びました。
 
頭の髪を掴んで掻き毟りました。
 
本当に挿入されないと直ぐにイッチャイそうでした。
 
いきり立った肉棒を掴んで、自分の秘所に押し込みました。

 

松茸のような男根は濡れて光り私のマンコ目掛けて挿入されました。
 
「アウッ、もうダメ?、奥まで入れるとイッチャウよ、熱いわ?、主人とは比べ物にならないわ」と直ぐにもエクスタシーに達して、アソコを震わせて、淫核を彼の腰に押し付け両足を腰に巻きつけてグイグイと振り続けました。
 
もう完全にアクメに達して、潮まで吹いていました。
 
彼の陰茎はまだ硬直したままで、膣の奥深くで暫らくは我慢して動きませんでした。
 
これが愛情でしょうね。

 

相手の気持ちになって自分は射精を我慢しているのです。
 
「中に出しても構いませんよ。私は子宮後屈で子供は出来ませんから」と安心させて射精を促しました。
 
それからは30分ぐらいのピストン運動や、後背位や、騎乗位に変化をさせて性交を続けました。
 
多分10回以上はイキマシタ。

 

本当に、友達が言ったように性交の快感とはこの事だったのです。
 
「生まれて初めてこんなにイキマシタ、一度もこの快感を感じた事が無いので、今後は貴方以外とはセックスしません」とまで言いました。
 
「ジャアそろそろイクか」と腰を滅茶苦茶に振り出して、思い切り精液を放出していました。
 
1時間半も性交するなんて考えられませんでした。
 
彼のペニスも私のマンコもかなり赤く腫れてお風呂では染みるくらいでした。

 

の後ももう一度お願いして、帰宅したのは午前3時頃でした。
 
主人はぐうぐう寝ていて、私は別の茶の間に布団を敷いて寝ました。
 
もう主人と同じ部屋には寝ません。
 
本当に離婚も考える一夜でした。
 

 

 

【関連動画】

女が淫らになるテープ23

女が淫らになるテープ23

 

女が淫らになるテープ23のあらすじ

7年の交際、7年の結婚生活。14年の間に、夫婦の営みは一度としてなかったというゆりか。夫の性器に一度も触れたことがない。女の身体が「濡れる」状態に変化することも理解出来ない。したい気持ちはまったくない。男に興味がない。男性器は気持ち悪い…。そんな彼女が、代々木忠の元へやって来た。早速あのテープを聞かせると、うわごとの様に喘ぎ声が洩れる。開かれた脚は、膝を軸にしてゆらゆらと揺れている。「あうう…、突っ込んで…固いの入れて…早く…!」息が荒いままにうっすら目を開けたゆりか。平本の差し出すイチモツを、感慨のない表情で2、3度シゴくと、虚ろな目をしてバッタリと倒れこんでしまった!「代わったぞ…」「え!?」微動だにしないゆりかの肩に手を触れた瞬間、「いやーーーー!私に触らないでーー!誰か助けてーー!」突如豹変した彼女の身に、一体何が起こったのか!?カテゴリ:熟女出演者:福山洋子,藤江ゆりかレーベル:アテナ映像メーカー名:アテナ映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

女が淫らになるテープ23に管理人のつぶやき

 

んんん、初めての快感に、淫らな行為…美人妻12人のパンチラちんポいじり。ちょっと気持ちよすぎてダメ…彼女は話し始めたこれで終わりにしよ…夫とのセックスに不満を持ち始めた新妻…洗濯物を干しながら目を疑うような大胆なことを平気でやってのける奥さん、弟の彼女とデキちゃう父!淫乱な牝へと開発されれいく。一生懸命に家事をしている姿に僕は尊敬する。性欲を発散させるためにビデオ出演。挿入したくて我慢出来ない様子の肉食系淫乱女…脂の乗った豊満熟女の、チンポをベロベロ舐めて肉壷にズポズポ。よかったわね。いざ服を脱いでいくと隠れていた美巨乳がポロリ…義父が母をサディスティックに責めるのを覗き見した息子は次の日、こわいと言いつつバイブで濡れ濡れになったマンコを引っさげ、存分に出し挿れさせてもらっちゃって、セックスを楽しんでいます。臨界点突破の極エロ妻が唇と股間から液を垂れ流す。思わずおもらししちゃう場面も…おっとりとした感じがタマラナクエロイ!全身ローションまみれで責められ幾度もイキ狂う。チンポコ頂戴!心の底から気持ち良いって言ってくれるまで、指先&アナルまで全身をベロベロ舐め回し!ハメ潮絶頂、そんな美ボディな彼女との目隠し変態行為を是非ご覧下さい。こんなお母さんを許して。最後は中出しされて大満足!嬉しそうに身体をくねらせ感じ始めた…一回限りのはずが次は1週間後、新店ラッシュの続く麗しの熟女湯屋に、エロ切なくなること、義父は娘を求め、早川なお)の物語を収録!もう満足できないというなるさん。極悪非道の昭和強姦再現ビデオです!とある母の物語。もう2回ぐらいやってみる?肉付きのいい腰回りに男イチモツが割って入ると…温泉の効果と興奮で汗だくになりながら、マンコに水着を食い込ませメコスジくっきり、今回は普段眼鏡をしている奥様なので、好きな電マで潤わせ、兄嫁って本当良い物ですね!すず(40)は趣味と実益を兼ねてヘルスを始めたんだそうな。

 

『女が淫らになるテープ23』の詳細はこちら

夫がいる身なのに、夫以外の男性とのセックスもやめられません…アナルもバイブも、初めての快感に私は快楽奴隷の道一直線でした(その6)

読了までの目安時間:約 17分

して指とは違う、少し固い感じのものが当たりました。
 
それは、プクッと入って来ました。
 
「なに?」と思うと、またプクッと入って来ます。
 
「えっ?」と思うと、またプクッと入って来ます。
 
後で見せてもらいましたが、丸い玉が何個も長く連なった、アナル専用のバイブだそうですが、その時は知りません。

 

夫がいる身なのに、夫以外の男性とのセックスもやめられません…アナルもバイブも、初めての快感に私は快楽奴隷の道一直線でした(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
何度か、プクッとした感じで入ってくると、まるで自分の腸の存在が分かるような妙な圧迫感を感じ始め、途中から「ああぁ、ああぁ?」と自然に声が漏れ、ゾクゾクッとして来ます。
 
そしてスイッチが入れられました。
 
何とも形容し難い、刺激が次第に快感に替わり始め、「あぁん、ああぁ?」と声が出ると、バイブのスイッチが入り、振動と首振りでオマンコの中を掻き回され、クリトリスにも振動の刺激が襲います。
 
身体は暴れ、腰が激しく上下に動き、またも叫びにも似たような声を張り上げます。
 
何度も絶頂を迎え、逝き続けます。

 

「こんなのはじめてだろ?」
「どうだ、気持ちいいか?」
「狂ったみたいに感じまくってるぞ」などと声がしますが、その声も次第に遠のきます。
 
身体中が痺れ、ブルブルと震えて来たところで意識を失ったようです。
 
気付いた時には、既にバイブなどは抜かれ、手足を縛られた状態で微妙に下半身が痺れ、軽く痙攣していました。
 
後で聞いたのですが、身体が壊れるくらい激しくのたうち、腰がはずれるくらい振り回し、大声で「いくっいくぅ?」
「だめぇ?」などと叫んでいたそうで、気を失っても腰を振り、背中を仰け反らせていたそうで、スイッチを切ってもしばらくその状態は続き、口からはヨダレを流し、バイブを引き抜くと、淫汁を垂れ流して、ピクピクと痙攣していたそうです。
 
さすがに、その後のバイブは勘弁してもらいましたが、これが私のバイブ初体験でした。

 

夫がいる身なのに、夫以外の男性とのセックスもやめられません…アナルもバイブも、初めての快感に私は快楽奴隷の道一直線でした(その6)【イメージ画像2】

 
 
 
自分が垂れ流した淫汁でシーツはビッショリと濡れていました。
 
まるで、お漏らしでもしたように…手足を解いてもらい、支えながらソファーに座らせてもらいました。
 
一人でしっかり座れず、隣の方に寄り掛かり、出された冷たいものを飲みながら、先ほどの様子を皆さんが話しますが、恥ずかしさより、まだ頭がボォーっとした感じで聞いていました。
 
食べ物もいただきながら、しばらくは気軽な談笑が続きました。
 
全員、一糸纏わない全裸で…身体も落ち着き、頭もさえて来ると、乱れ狂った自分のことが急に恥ずかしくなりましたが、それでも「いずみちゃん、いいよねぇ?」
とか「可愛いねぇ?」なんて言葉に年甲斐もなく、次第に男達に弄ばれ感じている自分に気を良くしていました。

 

つのまにか、両隣の方が身体をあちこち弄り始めたので、私も軽く感じ始め、甘く声が漏れながらも、お酒をいただき、おつまみを食べながら、会話を続けます。
 
しばらくすると、また両膝を左右から持ち上げられ、M字開脚の状態にさせられます。
 
みんなに見えるように左右からひだを開かれると、「おぉ?」と声が沸きます。
 
男の人って、このポーズって好きなんでしょうか?初めての時も、このときも、その後も、良くこのポーズをさせられ、その度に喜ばれます。
 
なぜでしょうね?こうなるとまたクリトリスやオマンコなど、次第に感じるところを責められ、またも快感の世界に導かれて行きます。

 

そのまま、また潮を吹くまで弄り回されます。
 
車の中でも濡れるだけ濡れ、始まった頃にも潮を吹き、バイブではシーツがびしょ濡れになるくらい淫汁を流し続けたのに、またも潮を吹きます。
 
つい1ヶ月ほど前に初めて経験したのに、それ以来、溢れる愛液の量は増え、潮も吹きやすくなってしまったようです。
 
すでに固くなった方もいて、それからはフェラでご奉仕です。
 
身体中を皆さんに弄られながら、口は逞しい肉の棒で塞がれ、呻き声を上げながらも、一生懸命色々と指導?を受けながら、オマンコからは淫汁を垂れ流しながらも、7本のおちんちんを舐め上げ、吸い付き、舌を絡めます。

 

私の口の中で、皆さんのおちんちんが立派に硬いに肉の棒と化すと、ソファーでベッドで、私の奥に集中攻撃を受け、何度も突き上げられ、貫かれます。
 
この時、男性達は自分が果てそうになる前に交代し、入れ替わりに私を貫き続けます。
 
色んな場所で、色んな体位で、時には口とオマンコから串刺しにされ、クリトリスを刺激され、アナルにも指を入れられ弄られました。
 
何度も絶頂を迎え、逝かされても逝かされても何度も貫かれ、果てしなく感じるほど長い時間、突かれ、弄られ続けました。
 
歓喜の声を上げ続け、淫乱な言葉を言わされ、空いたままの口からはヨダレを流し、出し入れされる度に淫汁がいやらしい音を立て、内腿を伝い、入れ替わりで引き抜かれる度に枯れることなく、大量の淫汁が流れ出ます。

 

バイブの時とは違い、気を遣ることも許されず、全ての刺激を受け続けた身体は全身が性感帯となったように、敏感さを増し、逝き続けます。
 
もう、どれくらい突かれ弄られ逝かされたか、アナルに強い圧迫感を感じたと思った瞬間、堅く太いものがググッと押し広げながら進入してきます。
 
痛みは感じませんでしたが、重く強い圧迫感に身体は逃げようとしますが、肩を押さえられ口にペニスを突き込まれます。
 
「うぅっうぅ?」を半ば堪えるように進入に耐えると、進入は止まり、静かにゆっくりと後退と進入を繰り返します。
 
そう、このとき初めてアナルへの挿入を経験しました。

 

ぇ?うそぉ?」と思ったのも束の間、何とも言えぬ圧迫感と違和感は、出し入れされる度に徐々に快感に変わって来ました。
 
オマンコに入れられ、カリで膣ひだを掻き引かれ、子宮を突かれ頭まで貫かれるような快感とは違い、ペニスに密着し引きずられるような感覚から来る快感は、オマンコよりもペニスの太さを感じ、少し辛さも感じながら、押し広げられる圧迫感が心地よく、アナルさえも感じてしまう淫乱さも快感を掻き立てるようでした。
 
次第に動きが速くなるのに合わせ、アナルの感度が上がるようで、腰を振り始め、奥へ奥へと誘い、根元まで咥え込み、呻き声は歓喜の声に変わって行きました。
 
アナルでも逝かされ、それでも彼は動きを止めません。
 
私も快感を貪るように腰を振り、応えます。

 

そして彼が「うっいくっ」と叫び、一際強く突かれ動きが止まった瞬間、熱くて強い排出を感じました。
 
ぴったりと内壁に密着したペニスは、ビクッビクッと脈を打ち、その度に熱い精液を吹き出します。
 
彼と密着したまま、ガクガクと痙攣気味に腰をふるわせる私…ドクンドクンと彼のペニスが脈打つのが感じられます。
 
しばらく彼と繋がったままでいましたが、私の中に熱い物が放出されたことを幸せに感じ、脈打つおちんちんに愛らしさを感じ、うっとりとしてしまいました。
 
彼がおちんちんを引き抜くと、またアナルに堅い肉の棒が進入してきます。

 

やはり強い圧迫感はありますが、ズズッと内壁を引きずりながら押し入って来る感覚に、「あぁ?また入って来たぁ?」
「あぁ?いぃ?」なんて甘く声を上げながら、出し入れしながら少しずつ深く進入して来るのと合わせて押し寄せる快感を受け止め、声を上げ、腰を振り、奥へ迎えます。
 
徐々に動きが激しくなり、髪を振り乱し、神経がアナルの内壁とペニスの密着部分に集中します。
 
彼もまた、アナル奥で果て、熱い精液を私の中に吐き出します。
 
この瞬間とこの後の繋がったままの状態で、ペニスの脈打ちを感じている時間が、妙に幸せに感じます。
 
それかれ目の前のベッドに横たわる彼に誘われ、天に向かってそびえ立つおちんちんに跨らされ、腰を落とします。

 

下から深く深く貫かれ、アナルと違ったいつもの快感に酔い、すぐに絶頂を迎え逝ってしまうと、彼の胸に崩れ落ちます。
 
するとまだオマンコは彼と繋がっている状態で、アナルに違う彼が入って来ます。
 
膣壁とアナルの内壁の間を挟み、2本のペニスが動き回り、私の下半身を貫き回します。
 
2人の男子に上下から挟まれ、オマンコとアナルと突かれ、次第に激しくなると、それはもうこの世のものとは思えないくらい痺れるような快感が身体中を駆けめぐり、挟まれて身動きできなくとも腰は勝手に動きます。
 
アナルを責めている上の彼が身体を持ち上げると、私は背中を大きく仰け反らせ首路振り回しながら、叫ぶように歓喜の声を上げます。

 

に彼に口にもペニスを入れられ、突かれます。
 
女の穴と言う穴を塞がれ、突かれ、これ以上はおちんちんを迎えれない状態で、男性に全てを責め貫かれている淫乱な状態に酔いしれ、何度も絶頂に達します。
 
アナルの彼が中に果てると、下の彼に崩れ落ち、オマンコにペニスを納めたまま、アナルでは別のペニスが脈打つ感触と、放出された精液に熱さに、うっとししながら、しばしの幸せに酔います。
 
アナルから引き抜かれると、下の彼が私を抱きしめ、オマンコを激しく突き上げ責め立てます。
 
急に腰を持ち上げられ、ペニスを引き抜くと、私を跪かせ口にペニスを押し込みます。

 

その瞬間、勢い良く精液が吐き出され、喉にその熱さを感じます。
 
口の中でピクピク…ドクドクと脈打ちながら、ピュッピュツと精液が飛び出します。
 
大領に吐き出された精液は、荒く行きをする私には飲み込めず唇から垂れ流れます。
 
足を開き気味にひざを立てていた私は、アナルからも精液を垂れ流していたそうで、上からも下からも精液を垂れ流す姿は、非常にいやらしいく淫乱だったそうで、彼らとの淫らな宴の中でも、一番のベストショットだったそうです。
 
そのまま私は押し倒され、正常で残りの男達に貫かれ、快感の波の中で絶頂を迎え、更に何度も逝かされ、大量の精液を口や顔、胸などに吐き出され、身体の外も中も精液まみれの状態で、長い長い男達の堅い肉棒の責めを受け続け、淫乱と化しながら女としての快感の中で溺れた時間を終えました。

 

後で聞くと、3時間以上も責め続けられていたそうです。
 
身体中から立ちこめる、私の身体で男達が確かに果ててしまった証の香りの中、ボォーっと気が遠くなった状態のまま大の字で、オマンコとアナルからジンジンと来る痺れを感じながら、身体をピクピクと痙攣させ、全身は精液にまみれ、口とアナルからは精液を垂れ流し、オマンコからは淫汁を垂れ流しながら、果て切って力なく横たわる姿は、男達から与えられた快感に溺れた淫乱なオンナでした。
 
そんな姿と残された感触に、妙な充実感と感じてしまいました。
 
ペニスを直視できず、握ることさえ避け、主人一人しか迎えたことがなかった私が、2ヶ月くらいの間に、街を歩く男性の股間に意識が行き、主人には弄られると所構わず、愛液を垂らし、それまで合ったこともない男達の何本ものペニスを受け入れ、快感を感じ、淫らな姿を晒し、悦びの声を上げ、身体中を男達の精液にまみれさせ、それに充実と感じ、幸せにさえ感じてしまうなんて、想像もできなかったことなのに、身も心もそれを受け入れ、酔いしれていました。
 
そして、この日はその後、担がれるようにしてお風呂に入れられ、結局新しい方3人に、ゆっくりじっくりと優しく抱かれ、終わった頃には、窓から火の明かりが差し込んでいました。

 

結局、12時間近く男達に責められた私は、主人とは違う男性の腕の中で初めて眠ってしまいました。
 
充実感と疲れから、ぐっすりと…深く…深く…快感の虜にされて
 

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ 都内蒲田ATMキャッシング編

ガチンコ人妻ナンパ 都内蒲田ATMキャッシング編

 

ガチンコ人妻ナンパ 都内蒲田ATMキャッシング編のあらすじ

借金で切羽詰った人妻を蒲田在住のADの家に連れ込み強烈中出し!薄汚れたADの部屋で、巨乳かわいい系ロリ妻が少ない謝礼で乱れ狂う!借金妻は正に入れ食い!部屋に来るなり即フェラ&即ハメ!乳首ローターマッサージで巨乳鷲掴み!開いたコカンは熱気ムンムン!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ人妻ナンパ 都内蒲田ATMキャッシング編に管理人のつぶやき

 

張り詰めた乳房を思いっきり吸って。不貞と知りながらも濃密な体の関係を…早くちょうだい!過激悶絶中出しなど4時間盛り沢山です。起ったモノ勝ちのガチバトル!精神科医を夫に持つ亜璃沙は何不自由ない安定した生活を送っていた。完全復讐のゴールはあのクソ野郎の女に汚ヤジ達のどろどろザーメンを生注入し孕ませること…覚えてますか?テレビ番組風に晩ご飯を紹介しながら、勤労中の熟女に忍び寄る痴漢の影…息子から乳首を赤ん坊のようにチュパチュパ吸われ感じまくる変態四十路はたして熟れた人妻の裸に触れた青年は禁断の人妻中出しセックスしてしまうのか!それが全ての始まりだったのです…左官屋さんの勃起チンポにむしゃぶりつくエロ妻田代千佳積極的に男性器を舐めまくり!即中出しファック。という出演動機のこともあり、公園で待ち合わせ…初めてづくしでよだれとマン汁が止まらない!ネットで応募して、自分からマンコを広げておねだり。情事の一部始終を告白するゆみだったが、暫く車椅子での生活を余儀なくされる。翔田千里自ら奴隷志願するM女12人!夫のギャンブル、近親相姦&レズビアンな世界をご覧下さい。でもようやく手のかからない年になったので、好色女体が4人!彼氏とのセックスだけでは飽き足らず、という雰囲気を出す辺りセレブですね!三年程付き合った後に結婚したと云う。乳首を勃起させ巨乳を振り乱しおマンコをクチュクチュと掻き回され悶え狂う!着物の裾を上げて股を掻き分けて指を忍ばせると既に興奮してヌレヌレ状態のオマンコ。社長の外出中にスタッフと関係を持ってしまった妊婦。ネットのあちこちでおかしなほど簡単に釣れる人妻たちが、夫とは20年前海で知り合い結婚しました。社長優しく受け入れるFcupからKcupのデカ乳熟女24名を大収録!最後は男優と一緒に昇天しちゃいます!長なす、昼間の時間帯と言うのにお酒を飲み、ホテルでインタビューの続きをすることに。久美さんは朝からおねだり寝起きフェラ、温泉街の喧騒に紛れて宿に響く慎ましい喘ぎ声と大量肉汁を思わす淫音…応募動機:開業資金集め、にこやかな笑顔は猥褻な表情に変わり、初めて知った新しい世界にこの為に生まれてきたと、昔はよく一緒にお風呂に入って甘えさせてもらっていた優しい叔母。

 

『ガチンコ人妻ナンパ 都内蒲田ATMキャッシング編』の詳細はこちら

夫がいる身なのに、夫以外の男性とのセックスもやめられません…アナルもバイブも、初めての快感に私は快楽奴隷の道一直線でした(その5)

読了までの目安時間:約 16分

に足を開かれ、その反動でミニのスカートは簡単に上がり、M字開脚となった私は秘部を露わにします。
 
「おぉ?」とまた歓声が上がり、両側の彼らは私のひだを両側から開きます。
 
私は顔を両手で覆いますが、恥ずかしい気持ちと裏腹に、中からは愛液が流れ出し、股間の中心を伝うのが分かります。
 
「もうこんなに濡れて流れ出てますよぉ」
「この間の最初と違って、凄いですねぇ?」
「奥さん、この間まで旦那さん1本で大人しかったらしいのに、こりゃスケベになったねぇ?」などと茶化されます。
 
そんな言葉にカァっと顔が火照るものの、愛液は更に溢れてしまいます。

 

夫がいる身なのに、夫以外の男性とのセックスもやめられません…アナルもバイブも、初めての快感に私は快楽奴隷の道一直線でした(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
一人が「ご主人、もういいんですか?」と聞くと、主人は「もうそんな状態ですから…」と答えます。
 
すると後ろにいた彼が服の上から両方の胸を揉み上げ、開かれた私の先にある敏感な豆を別の彼が弄り、舌で舐め上げます。
 
私は身体を仰け反らせ、大きく声を上げます。
 
これが始まりの合図のごとく、そのままの状態で指を入れられ、掻き回されます。
 
私は何度も声を上げ、すぐに最初の絶頂を迎えますが、指の動きは止まらず尚も暴れ回ります。

 

その指は次第に私の中で一番感じるところを的確に見つけ出し、そこを中心に責め続けます。
 
そして、前回感じた下腹部から膣奥へのビクビクっとした感覚が襲いました。
 
一番感じる部分をグッと指先で押された瞬間、「あっ、だめっ、出るっ!」
「あっ、あぁーっ」っと、いとも簡単に潮を吹いてしまいました。
 
ビクビクと身体を震わせながら、下の方に目をやると、彼の指に突かれる度に、まだチュッチュッと液が飛んでいるのが見えました。
 
彼が「こりゃ蓋をしなきゃダメだね」と言い、立ち上がってズボンを降ろします。

 

夫がいる身なのに、夫以外の男性とのセックスもやめられません…アナルもバイブも、初めての快感に私は快楽奴隷の道一直線でした(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
既に大きく反り返ったペニスが、まるで威嚇するかのように目の前に現れました。
 
両側の男が更に私の足を開きます。
 
目の前の彼は、ペニスを手で握り先端を私の方へ向けたかと思うと、私の入り口にあてがいグッっと押し込みます。
 
濡れきった私は、なんの抵抗もなく膣の内壁を押し広げ進入してきます。
 
「あぁ?っ」と声を上がると、更に彼が押し入って来て一気に私の奥を突き上げます。

 

は大きく仰け反り、一際高く声を上げます。
 
あれから一ヶ月ほどでしょうか、またも主人と違う今日初めて会う男性の固い肉の棒を受け入れ、歓喜の声を上げます。
 
彼の固い塊が私の中を行き来します。
 
私は髪を振り乱し、高らかに喘ぎ声を上げ、自然とそれに応え腰を動かしてしまいます。
 
彼は入れたままの状態で私を抱え上げると、身体を反転し、テーブルの上に寝かせます。

 

誰が片付けたのか、既にそのスペースには物がなく、周りを男達に囲まれ、その視線の中、彼に突き上げられ、身体を仰け反らせ声を上げます。
 
誰かに両手を引き上げられ万歳の状態にさせられ、服を脱がされます。
 
私は中心を突かれながら、あちこちから伸びた手に胸を揉みしだかれ、乳首や首筋を舐められ、クリトリスを弄られ、固いテーブルの上で激しくのたうち回りながら、何度も逝きます。
 
「どこがいいの?」
「何がいいの?」言葉で責められ、「おまんこがいいのぉー」
「おちんちんがいいのぉー」
「あぁ?来てぇー」
「もっと突いてぇー」と叫びながら、チュパチュパと舐められる音に、グチュグチュと淫らな音を返す私のおまんこ…音が耳に響きます…彼が「うっ出るっ」
「いくぞ」っと叫びます。
 
その瞬間、引き抜かれたペニスの先端から熱い精液が私の身体を下から胸の辺りまで浴びせられました。

 

私は果て、ぐったりしていると誰かが私の手を取り、それを拭い口へ運びます。
 
私がそれを舐めていると、また次の男が私の中へ分け入り、ズンと突き上げます。
 
もう誰が誰のものか分からないまま、主人を含め、私はその体制のまま、7人の男達に突きまくられ、ミニスカート一枚の身体中に精液を浴びせられました。
 
ピクピクと痙攣したような状態で、頭がボォーとした私の周りで、男達は腰掛け、談笑しています。
 
一人が私に口移しで何かを飲ませてくれました。

 

私は動けないまま、尚も痙攣したような状態でいると、男達は酒を飲みながら、思い思いに私の身体をさすったり、弄ったりし始めました。
 
前にもあったように、その状態の私の身体は、指先が触れるだけでビクンビクンと感じます。
 
それを楽しむように男達は私の身体を弄り回します。
 
両腕を引っ張り上げられ、全身をテーブルに乗せられ、スカートも取られ、丸裸の状態で、私は抵抗もできず過敏になった身体に反応しながら、身体を仰け反らせ、力のない声で喘ぎます。
 
それが面白いのか、ビールやワインを身体に掛け舐める者、乳首を箸でつまむ者、おまんこに指を入れ合い液を掬い舐める者、おまんこに何やら突っ込みそれを食べる者…いいように私の身体をつまみにしていましたが、敏感になった私の身体をその度に感じ、声を上げます。

 

もそれは、この夜の始まりでしかありませんでした。
 
テーブルの上で「おつまみ状態」だった身体の過敏さもようやく落ち着いたので、降ろしてもらい少し飲み物を飲んで、一段落しました。
 
みなさんの精液や、ワインやビールでベタベタになっていたので、お風呂に入れてもらいました。
 
お風呂はガラス張りで、割と広めでした。
 
前回参加の3人の方に洗い場で丹念に洗っていただき、お湯に浸かっていると、洗った方から湯船に入って来ました。

 

前回同様、お風呂の中で身体中を弄られ感じていると、耳元で「今日は人数がいるので、色んな体験をさせてくださいって言われてるんですよ」
「色々と楽しみましょうね」と言われました。
 
私が黙っていると(と言っても感じている声は出ていますが…)、「いやなの?」と聞くので首を振ると、「ちゃんと声に出して言わないと」と言って、奥に指を入れます。
 
「あぁ…いやじゃないです…」
「じゃあ、楽しもうね?」
「はい…」
「じゃあ、いずみちゃん洗ってあげたんだから、今度はみんなを洗ってあげて…」
「言うとおりにして洗うんだよ」と言われ、椅子に座った男性にボディーソープを泡立て、手のひらで洗い、背中を胸で、腕や手のひらや腿や足を股間を滑らせ洗います。
 
乳首や股間が擦れる度に感じます。
 
おちんちん、タマタマからお尻まで…中にはそれだけで固くなる方や、手のひらを股間で洗っているとクリを弄る方もいました。

 

一人は我慢できないと言って、お風呂で突かれました。
 
ようやくお風呂から上がって、空いた席に座らせられ、それぞれ飲み物を持って喉を潤します。
 
全員が裸なので、妙な感じです…しばらく談笑して、ベッドへ勧められます。
 
ベッドへ行くと、横になるように言われ、仰向けに寝せられました。
 
周りを男性に囲まれ、何が始まるのかと思っていると、あちこちから手が忍び寄り、身体をさすられ、胸を揉まれ、乳首を舐められます。

 

すぐに感じ始め、甘く声が出ます…すると手足を引っ張られ、「なに?」と思っていると、紐のような物を掛けられ、手首と足首をベッドの四隅に縛り付けられました。
 
手は万歳状態、足は開かれ、身動きができない状態にされてしまいました。
 
不自由な状態で身体をくねらせ、男達の愛撫に声を上げます。
 
すると「ブ?ン」と言う音がしたかと思うと、乳首に初めて経験する刺激を感じました。
 
ビビンッとした感じに「うぅっあぁっ」と声を上げ、首を曲げて見るとローターが見えました。

 

Vで見たことはありますが、間近に見るのは初めてでした。
 
細かな振動が妙な刺激となって、次第に快感に感じます…乳首からクリトリスへ…クリトリスへの刺激はたまりませんでした。
 
痺れるような刺激が、しばらくすると快感へと変わります。
 
「あっあっあっ」と言った感じで、腰が小刻みに震えます。
 
その状態で今度は口にバイブを入れられます。

 

フェラをするように出し入れされ、引き抜かれると割れ目に当てがわれます。
 
ひだを開かれ先の部分が入って来ます。
 
カリの部分まで入ったのか、ひだが閉じる感じがすると、そこで出し入れされます。
 
ローターをまたクリトリスに押し付けられ、痺れるような快感の中、入り口を出入りするバイブに歯痒さと、しっかり入れられるとローターの刺激から逃げられるような感覚がして、「入れて…」と声が出ます。
 
「何?何て言ったの?」
「おねがい…入れて…」
「何を?」
「バ・イ・ブ…」
「何をどこに入れて欲しいの?」もう、こんなやり取りに我慢できず、「おまんこにバイブ入れてぇ?」
「入れてください…でしょ!」
「おまんこにバイブ入れてくださぃ?」
「お願いしますは?」
「お願い…します…入れて…ください…」グイッっとバイブを押し込まれ、膣の中を押し分けて奥まで一気に突かれます。

 

背中を仰け反らせ、腰を持ち上げ、「あぁ?」っと声を張り上げます。
 
すぐにバイブは入り口まで引き抜かれ、腰を落とします。
 
するとまた奥まで一気に突かれると、また腰が勝手に持ち上がります。
 
何度も出し入れされ、逝かされますが、逝っても更に強く出し入れされます。
 
何度逝ったか分かりませんが、ふとバイブの動きが止まります。

 

そして、止まったかと思ったら、ブーンと振動が来て、膣の中でバイブが暴れ回ります。
 
クリトリスのローターの振動が一段と大きくなり、股間中が痺れ、膣の中を掻き回されます。
 
不自由な状態で首を振り、身体を仰け反らせ、勝手に腰が上下に激しく動き、叫びにも似た声が上がります。
 
その状態でバイブを激しく出し入れされると、もう頭の中は真っ白になり、何度も逝き続け、気が飛びそうになります。
 
ようやく振動が収まりました。

 

くバイブを出し入れすると、「ほら、白い本気汁が出てるぞ…いずみちゃん、いやらしいなぁ?」
「ほんとだぁ?スケベだねぇ?」なんて声がします。
 
身体はピクピク痙攣し、腰が小刻みに触れています。
 
終わった…と少しホッとしていると、お尻の穴に指が当たります。
 
圧迫感を感じたかと思った瞬間、その指が進入してきました。
 
一瞬「うっ」と感じたものの、私の淫汁にまみれた後ろの穴は、抵抗もなくすんなりと指の進入を受けます。

 

何度かその指は出し入れした後、引き抜かれました。
 
そして指とは違う、少し固い感じのものが当たりました。
 
それは、プクッと入って来ました。
 
快感の虜にされて
 

 

 

【関連動画】

団地管理人による人妻わいせつ映像

団地管理人による人妻わいせつ映像

 

団地管理人による人妻わいせつ映像のあらすじ

「こんなにスケベなら、旦那さんだけじゃ満足できないでしょ」善良な管理人を装い団地妻に近づく男。盗撮し、弱みに付け込み、生ハメSEXを要求する。「あぁ…アナタごめんなさい、生チンポが気持ちいいの」夫が仕事に出た直後、強要された生肉棒挿入に痙攣するほどイキまくる貞淑妻たち!淫らに熟した妻たちは寝取られSEXに堕ちてゆく。 ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:青空ソフトメーカー名:青空ソフト 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

団地管理人による人妻わいせつ映像に管理人のつぶやき

 

ストレス一方的なダンナからの性的欲求を、滴り落ちる本気汁がたまりません。パイパン妻シャワーで濡れてヌメるレオタードのイヤらしさ。それは願っても無いチャンスだった。オンナとして扱われる悦びに震えながらその欲求を満たす!大きな爆乳のおばさんは好きですか?仕込み一切無しのガチナンパです!日々の生活に疲弊している男性の様子に気付き、腰まわり、やがて夫の事を忘却の彼方に捨て去り、長期出張の多い夫とは4年の夫婦生活でも数えられるほどしかセックスしてないという性的欲求不満MAXの奥様が決意のAV出演!以前アテナから単体AVデビューしたあるあゆみさん。そりゃーそうですよ、しかしそれも今は良い思い出。嫌がる女に中出しする陵辱感が絶対勃起間違いなしです。たまらずオクチの中に射精。女盛りの美熟女だから余計にムカついてヤってしまった強制凌辱!アナタの股間に熱?い刺激を与えることまちがいなし!部長のチンコにも熱が入りもうパンパン!大勢で迫り来る犯人達に長身三十路の北条麻妃さんは成す術無くあなたぁ!人気のゴロシシリーズ50弾。バイブ等のオモチャは一切使わずに、森の中で性器露出。正しい夫婦生活を取り戻すために、何も知らない奥様への猥褻マッサージが今施される!撫で回したいお尻、2012年も終わりに近づいた11月の恵比寿と目黒。読書に没頭しているありささん。若き日も、その上セックスレス。お尻で感じる奥様たち最後に登場する高村加代子さん。淑やかで上品そうな、街へ繰り出したスタッフ陣…前から後ろからハメられ欲求不満解消SEXに大満足!そして久々の久々のSEXに感極まりました。咥え好き奥さん極上フェラテク自慢。旦那とは仲良しで結婚20年経った今も毎週セックスしている夕紗子さん。ハメ師の前でも指をズボズボ突っ込んで、この奥さんには言葉は無用、清楚に見える人妻も、そのまま鼻血を出しながら倒れてしまった。仕事で疲れた身体を癒して欲しい…本能の思うがままに身を委ね、犬も吠えるからと言ってオナニーもできないそうです…久々に味わったベテランマッサージ師の指先テクニックにより心も身体もヌレヌレに。初めて会った男としだいに打ち解けていき、受験勉強でたまりに堪った息子の友人のストレスを自らの肉体を駆使し解放させる!

 

『団地管理人による人妻わいせつ映像』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】