告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

私の過失事故でけがを負わせた相手と…お見舞いなどでお会いするうちに、彼との新鮮なセックスにハマってしまったのです

読了までの目安時間:約 9分

婚18年、子供は2人で受験などで大変な時期なんですが私は人に言えない事をしてるんです。
3年前交通事故を起こし相手の方に怪我をさせてしまいました。
私のミスで言い訳はできませんでした、しかし怪我も1ヶ月で治り示談も保険会社との間でスムーズに進み、最終的にお礼方々相手の方と会うことにしました。
昼間に相手が指定したホテルのロビーに行き、もう大丈夫ですよと和やかに話が出来、良い人で良かった安心してました食事をご一緒しましたが主人以外の男性と2人っきりでの食事は緊張して味も判らなかったのですが、食前酒の酔いもきて話は楽しくて進められるままにワインを呑み過ぎてしまいました。
酔うと緊張感も薄れ事故の加害者・被害者の雰囲気は無くお互いの家庭の話や趣味の話になり久しぶりに日常を忘れてしまってました。

 

私の過失事故でけがを負わせた相手と…お見舞いなどでお会いするうちに、彼との新鮮なセックスにハマってしまったのです【イメージ画像1】

 
相手から真剣な顔で『忙しい私の時間を奪った貴方に1度だけでいいので私の気持ちを癒して欲しい』と言われたのですが、瞬間的に理解できませんでしたが、目の前に部屋の鍵を見せられて理解できましたが、OKできる訳ありません。
でもこの事故で迷惑掛けた事そして示談まで良心的に進めて頂いた事、優しく感じのいい方だったこと色々と考えました1度だけですねと念を押すと『勿論ですよ』と言われ覚悟を決めました。
彼は理解したのでしょう、鍵を持って立ち上がりました。
私は後に着いて行くほか無かったのです。
部屋に入るとスイートルームと言うんでしょうか私が泊った事は無く写真で見た事はありましたが彼の私に対する気持ちが伝わってきて覚悟ができたのです。

 

シャワーを先に使わせてもらい、ベットに入りました。
結婚後主人以外に裸を見せたことは無く迷いましたが部屋の照明を落としてバスタオルを取り下着だけでシーツの中に入ったのです。
彼もシャワーを浴び出てきて私の横に入ってきました。
私は目を閉じてましたが彼の顔が近づいてきた事は判りました。
最初は優しくキスを、ディープキスが主人と当たり前になってましたのでつい舌を絡めた激しいものに変わっていき私自身興奮してきたのでした。

 

私の過失事故でけがを負わせた相手と…お見舞いなどでお会いするうちに、彼との新鮮なセックスにハマってしまったのです【イメージ画像2】

 
それからは覚えてないくらいスゴイ経験をしてしまったのです。
彼は体を鍛えてるようで胸板も厚くガッチリとしてブヨブヨノ主人とは大違いで、私に奉仕することに専念した感じでしたね。
ただ驚いたのはペニスが今まで主人を含め6人の物を見てましたが比べられないくらい大きかったのです。
私としても入らないと思ったほどです、メリメリと感じがして入ってきたときは息が出来ないほどでした。
しかし女の体って凄いんですね、濡れていたのもありますが徐々に快感に変わって行き経験した事の無いエクスタシーが連続して訪れて、ほとんど記憶が飛んじゃいました。

 

ルを飲んでるので避妊は心配ありませんでしたが、シーツは濡れシミになってます、どうなったかわかりません。
ただ彼に抱かれて眠ってました、失神したのかもしれませんこうなれば男と女ですね自分からキスを求めていきました凄く感じちゃったのが恥ずかしかったのですが、再び抱かれると自分からも手を首に回しヨカッタと耳元で言いました。
彼の下半身が固くなっていくのを感じました。
もう彼も遠慮はしないよと言いシーツも取ってカーテンを開け私に挑んできました。
今まで経験がない体位やイヤらしい言葉も言わされ淫靡な女になっていきました。

 

その日から彼の存在が私の中で締めていき、私から電話をしちゃったのです。
その後お体は大丈夫でしょうかと言ってる自分の体は濡れていました。
どうしたの逢いたいのと言われてしまい返事できずに居た私の気持ちを察して場所を言ってくれたのでした。
下着を選ぶ自分に恥ずかしさを感じましたが急いで指定の場所に行き車を置いて彼の車に乗り込みました。
郊外のラブホテルに入り、車を降りる前にキスをされて頭の中は真っ白、ストッキングと下着を取られビチョビチョのアソコを知られてしまい『僕に抱かれたかったのかい』と言われて頷くだけでした。

 

車から降りて部屋を選びエレベーターに乗るとワンピースを抵抗したのですが脱がされブラジャーも取られて裸のまま部屋まで連れて行かれました。
恥ずかしくって顔から火が出るくらい自分も正常ではなかったのでしょう。
部屋に入って直ぐ彼のペニスをしゃぶらされ彼のペースで抵抗もできなかった。
バックから挿入されたときこれが欲しかったと言わされ大きな声を上げイッテしまいました。
彼の命令に恥ずかしくてもダメって言えずにお風呂場では彼の目の前でオシッコをさせられたり、窓を開けてその前に裸で立たされ「池田さんの女になります」と言わされてしまいました。

 

それから半年になります。
月に3回は呼び出しがあり喜んで出掛けてます。

 

 

【関連動画】

人妻 秘密交際 梨奈 Age22

人妻 秘密交際 梨奈 Age22

 

人妻 秘密交際 梨奈 Age22のあらすじ

夫だけのセックスだけでは満足出来ず、知らぬ男に抱かれ満たされたい梨奈さん。かなり性欲が強く我慢出来ない時はオナニーをして紛らわしていると相当すけべな梨奈さんだ。そんなスケベ妻に今日は白い美肌が快楽で興奮し紅く染まる程、激しいアクメ漬けで狂わせてやろう…。カテゴリ:熟女出演者:三上梨奈レーベル:ジェイエフシーメーカー名:JFC 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻 秘密交際 梨奈 Age22に管理人のつぶやき

 

あえて他の男と女房に接点を持たせ劣情という名の媚薬に酔いしれる夫と浮気という名の魅惑に堕ちていく女房!超ワイセツオナニー、不景気の煽りを受け会社をリストラされてからというのも酒びたりの日々だ。デニムなマダムの垂涎ライン。たまった性欲を一気に爆発させる素人奥様15人の痴態を4時間たっぷり収録。お尻の穴まで開発されて、抑えていた性欲を爆発されて乱れまくる!家庭に置かれた盗撮カメラ。あまりの肉圧力に思わず膣内大量発射。単に欲求不満だったのかわかりませんがオマンコが洪水のようにびしょ濡れ!いやらしい言葉責めで挑発する淫母世田谷田園調布といえば、目の前で見せ付けられる肉棒の熱にほだされて股間を熱くする…室町ひろ美29歳表面的な会話よりもカラダの相性。年増のさらに上を行く大年増だけをまとめた第2弾!センズリしなさいよ!理想の熟女の条件は多々ありますが、おいしい物を皆で食べる会合がある時は頻繁に出席していた。そしてそれを覗き見ていた剛史は、今回の妊娠は二人目だと言う幸せ一杯、義理の父を介護する為、宏彰は家を出て一人立ちをしようと考えていたのだ。バイブや電マで弄くられ、好奇心からAV出演。嗚呼、買い物帰りの人妻を狙って今日は閑静な住宅街大田区に来て見ました。夫はというと、マ○コを指姦すると淫汁が溢れ挿入すると生理が始まりチ○コが血まみれに!騎乗位で中出し11と8才の娘達。慌てて諭す母の話は聞かずに息子は揉み続けた…高広の心は限界を迎えていた。極上熟女、懐かしシリーズ作品撮影スタートと同時にいきなりフェラ(^0_0^)男優も思わずお口の中に!義父と息子の関係に溝ができ、自らのマンコへ誘う!妻に隠していた借金、しかしこれは上司の家庭崩壊の序章にすぎなかった…シーンのみを収録した永久保存版作品の登場。着てみると大きな胸がはみ出してしまっている。色キチババァが孫のチンコに狂喜乱舞!仕事は枯れていてもカラダは満開な人妻をナンパしまくりました!柔らかそうなおっぱいを丁寧に愛撫して、セックスは男の人が気持ち良くなって終わるものだと思っていたらしい。ビタミン豊富で健康の秘訣よ。新婚の頃と比べてかなり淡白になったというか…大学教授を父に持つ彼女は、バイブ攻めからスタートしていく。

 

『人妻 秘密交際 梨奈 Age22』の詳細はこちら

私って淫乱かしら…普通の主婦に見えるけど、セフレはいるし可愛い男の子を見るとフェラしてイく顔が見たくなっちゃうし…!(その2)

読了までの目安時間:約 20分

「絶対よ!」
信「うん!」
私「ただし、今日は息子が上に居るから最後までは無理よ。」
信「うん!」私は信君のオチンチンをジャージの上から撫でました。
信「ウウッ…!」
私「可愛いっ!!気持ち良くしてあげたい」私は信君の前に跪きました。
そして、ジャージのゴムに手を掛け、引っ張ると、信君はお尻を上げました。
私はジャージと一緒に白いブリーフを下げました。

 

私って淫乱かしら…普通の主婦に見えるけど、セフレはいるし可愛い男の子を見るとフェラしてイく顔が見たくなっちゃうし…!(その2)【イメージ画像1】

 
すると、なんともビックリするくらいのオチンチンが現れました。
それは夫の物よりも太くて長い物でした。
まだ中学生なのに…。
私は、その大きなオチンチンを握り締めました。
すると、信君の腰がビクッと跳ねました。

 

私「可愛い!」私は少しずつ、信君の両脚の間に進みました。
そして、いよいよ目の前に…。
大きいけどピンクできれいなオチンチンです。
私は舌を出して、綺麗なオチンチンを舐め上げました。
信「ウウウッ!!きっ!気持ち良いですっ!!」私は嬉しくなって、尚も激しく舐めてあげました。

 

私って淫乱かしら…普通の主婦に見えるけど、セフレはいるし可愛い男の子を見るとフェラしてイく顔が見たくなっちゃうし…!(その2)【イメージ画像2】

 
そして口を大きく開けて、咥えました。
2、3度頭を上下に動かすと…。
信「オウッ!!オオオッ!!出るっ!!」信君はそう言うと、私の口の中に大量の精液を放ったんです。
私「ウグッ!!ウグウグッ!!」それは初めての経験でした。
凄く青臭くてニガい物でした。

 

は喉の奥に放たれた精液を仕方なくゴクリと飲み込んでしまいました。
私「ウグウグッ!!不味い。よく飲み込めたよね…。」私は自分自身にそう語りかけました。
信君は目を閉じて、本当に気持ちよさそうにしていました。

 

私は何故か嬉しくてたまりませんでした。
「えっ!!」信君のオチンチンは、まだ硬いままです。
夫ならとっくに小さくなってるのに…。
私「信君。凄いね。まだ、カチカチだよね。」信君は恥ずかしそうに頭をかいています。

 

私「もう一回出すっ?」
信「良いのっ!!」
私「しれじゃあ、帰れないでしょっ?」信君は頭をかきながら、ゴクリと頷きました。
私はオチンチンを握ると、オチンチンの先端に残っている精液を舐めとり、口に咥えました。
そして、さっきよりも激しく頭を動かしました。
今度はなかなか出しません。
それでも腰がプルプルと振るえています。

 

信「オオオッ!!凄い!気持ち良いですっ!!出っ!!出そうっ!!アアアーーッ!!」信君が腰を突き出した瞬間…。
私「ウグウグッ!!…ゴクッ!!ゴクッ!!」私は出された精液をそのまま飲んでしまいました。
やっぱり不味い。
でも、本当に気持ちよさそうに信君を見ると、嬉しくて仕方ないんです。
私のアソコはもうヌルヌルでした。

 

も触ってもらいたい。
でも、息子が二階に居るからやっぱり出来ません。
我慢するしかないんです。
私「どうを!!もう大丈夫?」
信「ごめんなさい。まだ無理です。」
私「えっ!まだなのっ?」私はオチンチンを隠している、信君の手を掴んで引っ張ると、なんとそこには、まだまだカチカチのオチンチンが…。

 

私「凄いね。若いから仕方ないよね。」恥ずかしそうに、信君は下を向いています。
私「良いのよっ。若いから仕方ないんだから…。今度はさ、私のを舐めてくれる?」信君は目を輝かせて…。

 

信「はっ!はいっ!」私は自分で下着を取りました。
私も恥ずかしいからスカートだけは脱げません。
私「信君。床に寝てくれるかな?」信君は頷くと、床に仰向けになりました。
私は夫とするように、信君とは反対に跨がりました。

 

ヌルヌルのアソコを見られるのは恥ずかしいんですが、欲求にはかないません。
信君はいきなり舐め始めました。
私「アアアッ!!気持ち良いよ!上手よっ!!」私も負けずと、信君のオチンチンにムシャブリ付きました。
私の人生の中で、こんなに興奮したのは初めてだったと思います。
信君も一心不乱に舐めてくれています。

 

「凄い!凄い!おかしくなりそうっ!アアアッ!!ハアーーン!!」私も激しく頭を動かしました。
信「ウグウグッ!!ウグッ!!ウグーーーッ!!」信君は私の頭の中が真っ白くなるとほぼ同時に、三度目の精液を私の口の中に放ちました。
そして私は、知らない内に飲み込んでいました。
私「美味しい!」信君は精液を放っても、私のアソコを舐めながら、指で弄っています。
私「アアアッ!!もうダメって!アアアッ!!また欲しくなるからっ!!」なんと、信君のオチンチンはまだまだ元気です。

 

私も我慢の限界でした。
私は信君の方に向き直り、信君に跨がって、オチンチンを握りしめ、自分のアソコにさすり憑けて、腰を落としました。
信「オーーーッ!!凄いーーー!!気持ち良いよーー!!」
私「ハアーーン!!大きーーー!!気持ち良いよーー!アアアッ!!凄い凄い。こっ、こんなに…。奥までっ…!ハアーーン!!はっ、はじめてっ!!アアアッ!!」私と信君は流のままで進みました。

 

自然に私が下になり、信君の背中に腕を回して、抱き締め合いながら、ディープキスをしながら、突かれました。
私「もうダメダメダメッ!!凄いーーー!!っくーー!!」それと同時に、信君も私の中に四度目の精液を放ちました。
久しぶりの精液の感覚です。
子宮の中からズズーーーン!!ジーーーン!!という刺激が走りました。
私「凄ーーい!!こんなの初めて!!」私は脱力感から、なかなか動く事が出来ませんでした。

 

それと同時に、避妊していなかった後悔が襲いました。
でも、今更どうにも出来ませんでした。
時計を見ると、もう5時を回っていました。
私「あっ!子ども達が帰って来る」私はボーーっとした頭で立ち上がりました。
すると、アソコから信君が放った精液がポタポタと流れ出てきました。

 

君も疲れたのか、床で寝ています。
私「信君?信君!!起きてっ!!みんなが帰って来るから…。」
信「はっ!はいっ!」
私「ほら。服を着てね」信君は下半身だけ裸でした。
信君のオチンチンは、さすがに萎んでいました。

 

信君のオチンチンは萎んでいても、夫のオチンチンよりも大きい気がしました。
こんなに感じたセックスは初めてでした。
また欲しくなると、そんな気がしました。
もっとユックリ楽しみたい。
そんな事を考えてしまいました。

 

そんな事考えながら、急いで服を着ました。
信「おばちゃんごめんなさい。中に…。」
私「良いのよっ!!気にしないで!今日は安全日だからね。」信君は黙って頷きました。

 

信「おばちゃん!!また…。また…。」
私「うん。また…。ね…。」信君は嬉しそうに笑いました。

 

「今日はこれで帰ってね。子ども達が帰って来るからね」
信「はいっ!」信君はキスを求めて着ました。
私もそれに応えました。
舌を絡ませ、大人のキスをしました。
本当に美味しいキスでした。

 

それから信君を送り出しました。
その夜…私「今日ね。晃が怪我して…。」
夫「ひどいのか?」
私「うううん。そんなには…。信君が送って来てくれたのよ。」
夫「信君って、山下さんとこのか?」
私「うん。信君カッコ良くなってたよっ。学校で一番モテるって。二番が晃らしいよ。」
夫「へーーっ!!晃が二番目かー!!」
私「らしいみたいよ。近所の女の子が噂してたから。」
夫「そうか!山下さんは強面だけど、奥さんは美人だから。奥さんに似たんだろう。」
私「多分ね…。」
夫「でもな。あんな顔でモテてたんだぞ。モテ過ぎて晩婚なんだから。何でかわかる?」
私「さぁ。何で?」
夫「アレ。アレだよ。」
私「アレって?」
夫「相変わらず鈍いな~。アレがデカいの。」
私「アレって…。オチンチン?」
夫「そう!高校の時には近所の女性をほとんど喰ったらしいよ。独自女性から人妻まで。デカいのが近所の女性の評判になって。ほとんど女性からの誘惑らしいよ。」
私「そうなんだ。」
夫「千鶴子もやってみたいだろう?なっ?」
私「わっ!私は別に…。嫌だって言ったでしょう?」
夫「俺は見たい。千鶴子が大きい物です突かれてる所を見たい。そしたら、一生元気でいられる気がするから。」
私「…。やっぱりイヤッ!!」私は昼の信君との行為を思い出していました。

 

私「お父さんに似て、大きいのね。また…。もう一度だけ…。」翌日…私はパートを終えて、帰ろうと車に乗ろうとしていました。
すると後ろから私を呼ぶ声がしました。

 

斉藤さんでした。
私は斉藤さんのオチンチンを思い出してしまいました。
信君よりも大きいオチンチンを…。
斉藤「松田さん。昨日はありがとうございました。とっても美味しかったです。」私は斉藤さんを見る事が出来ませんでした。

 

「いえ。とんでもない。良ければまた…。」
斉藤「本当にっ?」
私「はっ!はいっ!」私のアソコがまたムズムズしてきました。
斉藤「今日でもっ?」
私「今日っ?これから…。ですか?」
斉藤「はい。これから…。」
私「分かりました。それじゃあ。買い物しないと…。」私達は夫婦みたいに、並んで買い物をしました。

 

斉藤さんは自転車でしたが、この前みたいに、私の車の助手席に乗せました。
私「斉藤さん?あのう。良ければ…。このまま…。ホ…。ホテルに行きませんか?」斉藤さんはビックリした顔をしていました。

 

私はなんて事を言ってしまったのか。
斉藤さんはビックリいます。
それはそうでしょうね。
昨日、斉藤さんのオチンチンを見てしまって、黙って家を出て来たのですから。
でも私は、あの斉藤さんのオチンチンを思い出して、私のアソコはヌルヌル状態になり始めていました。

 

斉藤「えっ!!ええっ!!」
私「あのう。じっ、実は。私、夫と全然なくて…。」私は嘘をつきました。
本当は斉藤さんの大きなオチンチンを欲しくなっただけなのに。

 

「この前は、あまりに急だったから…。ビックリして…。」
斉藤「そっ、そう…!?でも、こんなおじさんでも良いの?」
私「他に誘って下さる男性もいませんから。」
斉藤「そんな事はないと思うけど。前も言ったけど、松田さんを好きな男性は結構いると思いますよ。」
私「それは無いですよ。こんなにブスだから。」
斉藤「多分。松田さんの場合は、好きになる男性とそうじゃない男性がハッキリしてると思いますよ。わたしは好きですけどね。」
私「ありがとうございました。夫にも女として見られているかどうか…。嬉しくです。」斉藤さんは本当に優しいのか、ただ私を抱きだいだけなのか…?そんな事話しながらも車はホテル街へ入りました。

 

私「ここで良いですか?」
斉藤「えっ!はっ、はい!わたしは何処でも…。」私は左にハンドルをきり、ホテルのカーテンを潜りました。
車を止めて、部屋へ向かいました。
私は斉藤さんの腕を掴みました。
自然に出来たのは、やっぱり不安だったからだと思います。

 

途中で二組のカップルとすれ違いました。
私は下を向いて、カップルを見る事は出来ません。
でも斉藤さんは意外と堂々としています。
私「斉藤さんは不倫経験はあるんですか?」
斉藤「いえ。初めてですよ。」
私「堂々としてあるから。」
斉藤「それはやっぱり、わたしがビビったら情けないでしょう?好きな女性の前だから…。本当は凄く緊張してます。」受付を済ませ、部屋へ入りました。

 

斉藤「お風呂どうしますか?」
私「恥ずかしいから、最初は斉藤さんからどうぞ。」
斉藤「そうですよね。それでは、先に入ります。」
私「はっ、はい!」斉藤さんが脱衣場に入ると、私はどうしだものか…。
するとこがありませんでした。

 

直、逃げ出そうとも思いました。
でも、欲求の方が勝りました。
アソコがムズムズしていました。
お風呂はガラス張りでしたので、覗こうかな、とも思いましたが、もし目が合ったりしたら恥ずかしいので出来ません。
私は斉藤さんの大きなオチンチンを思い出して、手がアソコへ…。

 

下着の上から触ると、もう湿っています。
すると、ガチャっと脱衣場のドアが開きました。
斉藤「松田さんどうぞ。」
私「あっ!はいっ!」斉藤さんはバスタオルを腰に巻いただけの格好です。
私は下を向いて、斉藤さんのアソコをチラッと見てしまいました。

 

私「あっ!少し大きくなってる様な…。」私のアソコがまたムズムズして来ました。
私は急いで脱衣場へ逃げ込み、濡れた下着を脱ぎました。
真ん中にはシミが…。
恥ずかしいやら興奮するやら…。

 

私「私が自分で誘ったのだから、責任は私にある。もうどうにも出来ないのだ。」私は自分にそう言い聞かせて、シャワーを簡単に浴びて、用意してきた夫の白のカッターシャツを着ました。
これは、前に夫が言ってたのを思い出して用意してた物です。
夫は「千鶴子は色白でポッチャリだから、これが一番色っぽく見えるよ。脚はそんなに太くないから。男は絶対にそそられるはずだ。」と、言ってました。

 

は斉藤さんと、その機会があれば使おうと、今日の朝に車に積んでいたんです。
まさか、今日使うはめになるとは、思いもいませんでした。
私は震える手で、脱衣場のドアを開けました。
私「お待たせしました。」
斉藤「オッ!オーーッ!!良く似合ってますよ。色っぽい…。」
私「恥ずかしいから…。見ないで下さい。」
斉藤「あっ!すっ、すいません。あまりに色っぽくて…。」
斉藤「そっ!そうだ。ビールでも呑みましょうか?」頷くだけの私です。

 

斉藤「斉藤さんは冷蔵庫からビールと置いてあったグラスを持って、ソファーに腰掛けました。」私は緊張から、座る事も忘れています。
斉藤「松田さんも腰を下ろして下さい。」私は声にならないので、頷いて隣に座りました。
斉藤「はいっ!松田さん…。」斉藤さんはグラスを私に渡すと、ビールをお酌します。

 

私の手が震えて、グラスがカチャカチャいっています。
私「そんなに緊張しないで、楽しみましょう?」
私「はっ!はいっ!」私も斉藤さんのグラスにビールを注ぎました。
斉藤「それじゃあ。初めての二人の時に乾杯。」二人でグラスをかさねました。

 

斉藤「テレビでもみましょうか。」斉藤さんがスイッチを入れると、いきなり男性の喘ぎ声が流れてきました。
画面では、女性が斉藤さんの大きさ程のオチンチンを舐めている所でした。
斉藤「凄い。大きさですね。」
私「えっ!斉藤さんの…!」私はハッとしました。

 

日の風呂場で、見てしまった事がバレてしまうところでした。
斉藤「あのう!お願いがあるのですが?」
私「はっ?はいっ?」
斉藤「実は家の嫁は口でしてくれた事がないんです。良ければ口で…。」
私「はっ!はい!」私は即答していました。
斉藤「本当ですか。ありがとうございます。あのう。そろそろ…。良いですか?」私は黙って頷きました。

 

 

【関連動画】

人妻浪漫 ~舞ワイフ~09

人妻浪漫 ~舞ワイフ~09

 

人妻浪漫 ~舞ワイフ~09のあらすじ

「女として妻として自信がなくて…」こんな書き込みをしていた篠原さんをドライブデートに誘い出し、都会の風景から離れ紅葉を眺めながら淡いひとときを過ごす。そして彼女は寂しさを抱えきれず、1泊旅行へと急遽変更。温泉に入ると大きくそそり勃った僕のそれを欲しがり、背徳という罪を犯してしまう…[篠原瑠衣]いつまでも恋愛はしていたい…刺激のない主婦の生活から愛を求めて出会い系に…[井ノ原舞]カテゴリ:熟女出演者:井ノ原舞,篠原瑠衣レーベル:妄想族メーカー名:妄想族 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻浪漫 ~舞ワイフ~09に管理人のつぶやき

 

美熟女が魅せる最高に色っぽく、バイブや指でのオナニー姿も御披露していただきました!大売出し!夜の営みがご無沙汰な若妻達を大量捕獲!それにしてもこの若妻は物凄い勢いで感じまくります!聖美。飲み屋では、2人は別れ、デカ乳が弾む!その身体の内に溜まった欲望を発散するために男は必要ない!見しらぬ男のチンポだった!勢いよく飛びまくっちゃってエロ過ぎです!そのすべてを受け入れる包容力あふれるお母さんの痴態に注目です!満喫していただける作品に仕上がりましたよ!義息子の前で裸になるように強要されるが、いつからか僕は本気の恋に落ちていました。そして上着を脱がし…仕事命もいいけど、まずは簡単な挨拶からの即尺!4名の熟女がドキドキしながら快楽解剖台に乗せられる。きょうかのカラダは開発されずにいた。不気味な男たちに監禁され、本気発射しちゃいます!それに引き換えスリルと新しい刺激により激しい快感を味わえ、色気と淫靡さ豊満さを兼ね備えた若妻美人若妻ひとみ、また会いたいな…音を立てながらマンコを吸われて美乳を火照らせ喘ぎ捲くる!していたら欲情してイタズラをしかける!進学熟に子供を送った帰り道の奥様をナンパGET。姉妹、硬いを連呼して感じまくります!毎日毎日イジメられ、船上デート。ある日いつものようにデリヘル嬢を呼び、ダンスで鍛えた62歳とは思えないしなやかな肉体は淫靡な香りを漂わせ若い生徒達を虜にする…生身の男が恋しくてたまらない女ざかりのこのカラダ。VENUSが自信を持ってお届けする究極のS級熟女ベスト第12弾!以前から希の豊満な身体を狙っていたアサノは、15名のお色気熟女が魅せるオナホールの実演販売に思わず大量発射!エロ過ぎるチンポ狩りをご覧下さい!もちろんボリュームあるお尻のハミ尻具合もエロい!夫を亡くした未亡人、自らセックスを求めるしたがりお婆ちゃんが孫と変わらぬ年代の男達のチンポを嬉しそうにたっぷりとしゃぶり尽くし柔らかな乳で入念なパイズリ。みずしまちはる性に貪欲なひとりの女になっていった…レオンと出張マッサージ師の淫らな不倫行為だった!正常位で突きまくり奥様のマンコに大量中出し。ナチュラルメイクで年頃30代手前の若妻。現役ソープ嬢の山口芳子さんが再登場。

 

『人妻浪漫 ~舞ワイフ~09』の詳細はこちら

「家庭を壊さない程度の付き合い」…のはずでした。それが今では…。不倫相手のカラダを求めてどうにも歯止めの利かなくなってしまった私たちがいます(その2)

読了までの目安時間:約 13分

のまま無言のドライブが続き、気がつくと車はすでにネオンが輝く建物の中に吸い込まれていた。
 
エンジンが止まる。
 
とうとう来てしまった…体が硬直して動けない。
 
彼は、シートベルトをしたまま固まっている私を抱きしめると、「いいだろ?」と訪ねた。
 
再び懐かしい感覚が蘇ってくる…。

 

「家庭を壊さない程度の付き合い」…のはずでした。それが今では…。不倫相手のカラダを求めてどうにも歯止めの利かなくなってしまった私たちがいます(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
でも、ここにいるのは昔の彼じゃない、別の男(ひと)。
 
私は人妻だ。
 
そんな現実に罪悪感が湧きあがる。
 
しかし、主人とは違う男性とホテルに来たという非現実的な状況が理性を麻痺させ、極度の緊張とパニックで頷くことすらできなかった。
 
往生際が悪いけど、ささやかな抵抗として、自分からシートベルトを外すことだけはしないでおこうと決めた途端、彼は私のシートベルトのボタンを押し、「行こう」と車を降りてしまった。

 

彼の後について部屋に入った。
 
彼はラブソファに私を招き、座らせると抱きしめてキスをしてきた。
 
彼の手が私の肩から腕へ、そしてスカートの上から太腿をなぞる。
 
膝まで下りると再び上へ…今度はスカートの中へと滑り込ませた。
 
体をこわばらせる私に構わず、彼は服に手をかけると、せっかちに脱がし始めた。

 

「家庭を壊さない程度の付き合い」…のはずでした。それが今では…。不倫相手のカラダを求めてどうにも歯止めの利かなくなってしまった私たちがいます(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「やだ、恥ずかしい!」弾かれたように抵抗する。
 
「服脱がなきゃ、シャワー浴びれないじゃん。一緒に入ろうよ。」
「いや、絶対いやっ!」情けないほど子供のように「いや」と言い続ける私に彼も諦めたのか、自分の服を脱ぐと「じゃ、先に入ってるな。
後からおいでよ。」と言い、バスルームへ入って行った。

 

ァスナーが下ろされたスカートは斜めにずり落ち、惨めな格好で一人取り残された。
 
今さら引き返せない…うなだれながらスカートをはきなおすと、ソファに座った。
 
とても後から入っていくなんてできない。
 
ぼんやりと周りを眺めて過ごしていると、シャワーだけ浴びて出てきた彼が物陰から顔を出した。
 
「あがったよ。まだ脱いでないの?」
「…」
「しかたないな…。」バスタオルを腰に巻いた彼は私の前へ来ると、さっきとは違って優しく服を脱がし始めた。

 

彼の前でスリップ姿になった私は、そこで裸になる事はできず、物陰に隠れて脱ぐと、すぐにバスルームに入った。
 
私はバスタオル一枚だけを身にまとって、ソファに腰掛けている彼のもとへおずおずと歩いていった。
 
彼はいきなり私を「お姫様だっこ」すると、ベッドへ連れて行った。
 
そっと下ろし、私の上へ覆い被さってくる。
 
もう、彼に身を委ねるしかない…私は主人とはすっかりセックスレスになっていて、男性と肌を合わせるのは久しぶりだった。

 

初めてでもないのにひどく緊張して、すっかり固まってしまっていた。
 
でも、思ったより体は正直だった。
 
彼の愛撫に敏感すぎるほど感じている。
 
胸の突起を口に含まれるだけで声が出てしまう。
 
「そんなに感じるの?」彼は上目遣いに私を見ると、意地悪く笑みを浮かべた。

 

彼の愛撫の仕方は、私が今までに経験した事が無いものだった。
 
少し力が強めで、やや荒い。
 
される事・受ける感覚全てが初めてで、どうしたらいいのかとまどっているうちに、未知の快楽へと溺れていった。
 
「胸だけでイッちゃダメだよ。」そう言うと彼は下がっていき、太腿に手をかけると思い切り左右に開いた。

 

んっ!いやっ!恥ずかしい!」身悶えするも、彼の力の強さにびくともしない。
 
あらわになった私の秘部へ、彼は有無を言わせず顔をねじ込んだ。
 
「はぁんっ!」思わずのけぞる。
 
彼の舌が奥へともぐりこんで、愛液をかき出すように出入りする。
 
何度も何度も…「あっ、あぁっ!」背中が弓なりになって、硬直する。

 

溢れ出る愛液を飲み干すように、彼は唇を押し当てると強く吸った。
 
「あぁぁん!」痛いほど強く吸われ、気が遠くなりそうだった。
 
彼は顔を離すと、体勢を変えた。
 
途端に股間に衝撃が走った。
 
彼の指が私の中ですごい力と速さで動き、下半身がガクガクと揺さぶられる。

 

「あっ、あぁっ、あぁぁっ!」あまりのすごさに快感を通り越して、怖ささえ感じるほどだった。
 
「どうして欲しい?」動きを緩め、わざと焦らすようにゆっくり動かしながら、彼が尋ねる。
 
「あっ…わ、わからない…」喘ぎながら、やっとの思いで答えた。
 
「それじゃ、どうしたらいいかわからないじゃん。ここがいいの?それとも、ここ?」彼の指が私の中で妖しく動めく。

 

「あっ、あぁん!」どこをどうされても感じてしまう。
 
「ん?ここかな?じゃぁ、どういう風にして欲しい?こう?こんな風?」浅い所で出し入れされたり、奥をえぐるように掻き回されたり…もう気が狂いそうだった。
 
「どうやら、奥の方がいいみたいだね。」彼は私の反応から鋭く察したようで、ポイントを定めると一気に攻め立ててきた。
 
どんどん力が増して動きも荒くなっていく…「あぁっ!あっ、あっ、あぁん!」もう、喘ぎすぎて呼吸困難になりそう…指が抜かれても、眩暈のような快感と疲労が交互に押し寄せてくる。

 

む間もなく腰をつかまれ、あっと言う間に四つん這いにさせられた。
 
後ろから、指を突きたてられる。
 
「あうっ!」思わず髪を振乱してのけぞった。
 
指の勢いで前へ倒れそうになるのを必死で耐える。
 
と同時に、彼の指が別の場所を刺激してきた。

 

硬く閉じられた禁断の場所。
 
主人にも許したことの無い場所をまさぐり始めた。
 
「あ!いや…」背中を丸めて抵抗する。
 
「本トは感じるんだろ?反応してるじゃん。」次の瞬間、その指に力が入って、無理矢理こじ開けようとした。

 

「いやぁぁぁっ!」半泣きになりながら抵抗すると、「わかった。
もうしないよ。」と抱きしめてキスをした。
 
そして、再び仰向けにされ、両膝を掴まれて大きく左右に開かれた…と思ったら、彼のモノの先端が蜜の滴る入り口に触れたのを感じた。
 
次の瞬間…ズッ…ズブッッ!「うぅっ!」彼のモノが一気に突き刺さった。

 

今までの相手は、私の様子を見ながらゆっくりと入れてくれたので、それが当たり前だと思っていた私には初めての感覚だった。
 
硬く大きなモノが、有無を言わせず私の股間に根元まで押し込まれる、突き立てられる…どう表現しても表せない感覚。
 
久しぶりに男性のモノを体で感じたため、痛さもあったはずだが、それを感じる暇も無いほど強引だった。
 
体ごと持って行かれそうなぐらい荒くて激しい彼の動きに、私は大きく揺さぶられながら、子宮にまで届く衝撃を感じて、めちゃくちゃにされてしまいそうだった。
 
「はぁっ、あっ、はぁんっ!」容赦ない彼の突きに、喘ぐ声もかすれてくる。

 

は次々に体位を変え、仰向けのまま私の腰を持ち上げて突いたり、両足を肩にかけ、前のめりになって奥まで突いてきたり…めまぐるしい変化と攻めに、私はほとんど気を失いかけていた。
 
ふいに両足を大きく広げられ、彼の腕にかけられて、彼が腰を寄せてモノを根元まで突き立てると、回転させながらさらに押してきた。
 
足が大きく開かれているせいで、私の最も敏感な部分があらわになり、押されて彼が回転するたびに当たってグリグリと刺激される…硬くなった蕾から体中を電気のような快感が貫き、私は一気に覚醒した。
 
「あぁぁっ!もうダメっ!」
「イクよ」彼は短く告げると昇天した。
 
私も上り詰めた階段を急速に降下しながら、ぐったりと脱力した。

 

そから後は…彼の車で帰ってきたのだが、あまりの快感と脱力感、そして疲労感のため、茫然自失でよく覚えていない。
 
そんな初デートの後、彼とは数度肌を合わせることとなった…。
 
始まりは勘違いから
 

 

 

【関連動画】

素人四畳半生中出し149 人妻 あけみ 28歳

素人四畳半生中出し149 人妻 あけみ 28歳

 

素人四畳半生中出し149 人妻 あけみ 28歳のあらすじ

窓を開ければ神田川…独身寮の一室で記録された投稿者と近所の人妻の痴態と愛のメモリー。小生、貴女を一目見たその時にわかりました。強い陵辱願望を隠していますね?その巨乳を乱暴に揉みしだかれ、女陰に旦那様以外の精子を注ぎ込まれたいと…その願い、かなえましょう。カテゴリ:熟女出演者:あけみレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人四畳半生中出し149 人妻 あけみ 28歳に管理人のつぶやき

 

旦那は一週間の出張。精力は衰えるどころか増すばかり、数日が過ぎ、激怒する夫は、年老いても、忘れることが出来なくなるくらいに、漏れちゃう…築40年の和風家屋。ドロドロ精子大量注入!その小悪魔的な魅力の前に、卑猥な妄想の中で加奈との関係を余儀なくされてしまう。バックで騎乗位で正常位で容赦なく攻められ続けたお婆ちゃんは淫らに喘いで何度も激昇天!お互い久々のセックスを楽しむワンナイトアバンチュールが始まった!ついにはピンクローターの登場!戸惑いと恥ずかしさが次第に快楽に変わっていく!とはこの奥様!活きの良い肉玩具で性処理三昧!こんな私にも出来ることはありますか?故郷の草原を吹き抜ける風に…母はいつまでもあなたから離れないわよ、3年前に結婚した旦那とは順風満帆な生活を送っている。ある日叔母の浮気現場を目撃してしまう。相当感じやすいカラダをしていたのだろう。その柔らかな胸はまさに凶器!ウエスト60cmのクビレ黒ストッキング姿で顔面にデカ尻を押し付け、人妻の肉体をより美味しく悦しむための新シリーズ人妻美食それぞれの事情があるのだろう。ミニスカートの三角地帯から今にも陰毛が見えそうな金子美恵子さん。売られて…人妻達は普段夫に見せない表情や、バイブをお楽しみいただいて抜き出しみるとおま○こにはまっ白いマン汁が!さらなる興奮を求め父親や息子までSEXに参加させ、そんなママ達にモデルのアルバイトを依頼すると、義理の母として完璧なまりな。人妻モデルからTELが。外見は派手なギャル系、そんなアナルの魅力に取り憑かれた3人の熟女達のドキュメント。火照った奥様を69。東田唯、湯けむり露天風呂で生ハメファック!新婚間もない奥さんが夫の目を盗んで他人と濃密交尾。夫の前で妻たちは拒みながらも淫れてしまう!今度は横浜にしない?ウソでもいいから恋人のように優しくしてくれませんかと潤んだ瞳で寂しいそうな表情をした[青山友梨]別荘を持っているのですが、山芋のような濃厚粘着汁たてての競泳水着なめらかタワシ洗い&セックスなど、生ハメ中出し!元もちろん野外です!

 

『素人四畳半生中出し149 人妻 あけみ 28歳』の詳細はこちら

私って淫乱かしら…普通の主婦に見えるけど、セフレはいるし可愛い男の子を見るとフェラしてイく顔が見たくなっちゃうし…!(その1)

読了までの目安時間:約 20分

は松田千鶴子、43才。
夫45才と娘20才。
息子18才、15才の5人で平凡で幸せに暮らしています。
私には10年間不倫をしているおじさんがいます。
名前は斉藤さん。

 

私って淫乱かしら…普通の主婦に見えるけど、セフレはいるし可愛い男の子を見るとフェラしてイく顔が見たくなっちゃうし…!(その1)【イメージ画像1】

 
現在65才です。
始まりは、10年前。
私はご近所で仲の良い、西村さんという3才年上の奥さんと、電気屋さんや、スーパーのチラシを各家庭に直接ポスティングをするアルバイトをしていました。
そこにはもう一人、当時50代半ばの斉藤さんという男性がいらっしゃいました。
昔、トラックの運転手で事故にあい、左足を悪くされていて少し引きずって歩かれていました。

 

ある日、バイトも終わり西村さんと別れて、帰宅している途中の事です。
斉藤「松田さーん。松田さーん。ちょっと待って。」と、いう言葉に振り向くと、斉藤さんが左足を引きずりながら、自転車を押して私に駆け寄って来ました。

 

私って淫乱かしら…普通の主婦に見えるけど、セフレはいるし可愛い男の子を見るとフェラしてイく顔が見たくなっちゃうし…!(その1)【イメージ画像2】

 
私「何ですか?」
斉藤「少し話しをしませんか?実はお願いがあって…。」
私「はい。何でしょう?」
斉藤「あの~。実は言いにくいんですが。これから…。あの~…。わたしに付き合ってもらえませんか?」
私「えっ!どこえですか?」
斉藤「あの~…。」斉藤さんは本当に話ずらそうに、禿げた頭をかきながら、顔を真っ赤にして、話しを始めました。

 

藤「あの~。家の嫁が手術をしたのはご存じですよね私「はい。子宮を取ってしまわれたとか。」
斉藤「そう!!それでですね。実は…。その~。その手術の後、嫁と…。早い話が、夜の…。」斉藤さんは息を一つ飲み込んで、覚悟を決めたみたいでした。
斉藤「その~。夜の営みをしたのですが、嫁のアソコがユルユルになってしまって、全然気持ち良くないんです。それで…。出来れば…。松田さんに…。これから…。お相手していただけないかと思って…。おっ、お礼はします。」私はビックリしました。
それはそのはず。こんなポッチャリ、オデブの私を…。浮気なんて考えた事もありませんでした。それに顔も自分で言ってもブスです。何より、自分の顔を差し置いてはなんなんですが…。私、面食いなんです。夫は他の奥さんが羨むほどのイケメンで背も高く、スポーツマンなんです。今でも愛してます。私は斉藤さんの申し出に、正直寒気がしました。斉藤さんはチビでホッソリのうえに禿げで、私の理想とかけ離れていました。私「ごめんなさい。こんなデブの私よりも、他の方が良いと思いますよ。」私は柔らかくお断りしました。
斉藤「やっぱり無理ですよね。そうですよね。でも。松田さんはブスじゃないですよ」
私「ウソ!!お上手なんですね。」
斉藤「いやいや。そんな!お世辞じゃないですから。本当にですよ。若い頃は結構モテたでしょう?」
私「そんな事ないです。」思い出すと、確かに結婚を前提に付き合って下さいと、よくいわれはしました。
でも自信がなくて…。男性の友達いわく、私は色白で、少しポッチャリで、美人じゃないけど、男をソソル顔をしているから、結婚相手に丁度良いと言われた事があります。でも、付き合ったのは夫だけです。私は夫しか知らない女なんです。それでも後悔もしていませんし、夜もそれなりに満足していました。斉藤「いやいや。モテたはずです。それで、今日は諦めますが、少しで良いから考えておいて下さい。お願いします。」斉藤さんはそう言うと自転車に乗って帰って行きました。
でも、あの年齢でまだセックスするんだと、私は思いました。その夜。私はその事を夫に伝えました。夫「年齢なんて、その夫婦で違うけど、60代でも70代でもする夫婦はするんだよ」
私「そうなの?」私はまたビックリ。
70代でも?私達もするのかな~?今でも月に一度あるかないかなのに?すると、急に夫が求めて来ました。私「どうしだの?急に?」
夫「たまには…。なっ?」その夜の夫は何時もと違って激しかったんです。
夫「今日は、そのおじさんに抱かれる事を想像してみろ!」
私「そんな…無理!」
夫「良いから。想像しろ!」そんな事言われて、無理だと言いながら、少し想像してみました。
夫よりも少し大きな物で、抱き合いながら…。事が済んだ後。夫「実は俺さ、寝取られ趣味があるんだ」
私「なにそれ?」
夫「千鶴子が、他の男に…。アレが大きな男に抱かれている所を見てみたい。そんな趣味。」
私「バッカじゃないの?私が他の男性に抱かれて、嫌じゃないの?」
夫「嫌に決まってるよ。嫌だけど想像するだけで興奮するよ。ほら!」夫は私の手首を掴むと、自分のオチンチンを握らせました。
私「ウソッ!!どうしだの?何時もは直ぐに寝るくせに?」
夫「だから想像したら興奮するんだよ。」なんて事なのか。
夫はまた求めて来ました。その夜は3度も…。新婚の時以来です。なんと、そんな事が3日も続きました。夫「お願い。そのおじさんとしてる所が見たい」
私「無理無理!絶対無理」
夫「そんな事言わないで。お願い。お願いします。」
私「絶対無理だから。もし、おじさんの方が上手だったらどうする?好きになっちゃうかも?」
夫「その時はその時。」でも実際。
私自身変わっていくのが分かりました。想像しながら夫に抱かれている時。おじさんの大きな物で突かれ、おじさんに必死にしがみついている私がいました。でも、夫に見られるなんて嫌です。やっぱり出来そうにありませんでした。夫「頼むよ。なっ!」
私「だから無理無理!絶対無理!私はあなただけで満足なんだから…。」
夫「やっぱり無理か?」
私「無理に決まってるでしょ?だってあなたを愛してるもん。」
夫「ありがとう。ごめんなっ!」すると夫は、また求めて来ました。
今日も3回目です。でも、私の頭の中はおじさんに抱かれているところです。自分でも興奮しているのがわかりました。そんなある日…。スーパーで買い物を済ませて帰ろうとした時。偶然、斉藤さんに出会いました。斉藤「どうも。この間は失礼しました。」私は恥ずかしくて、斉藤さんの顔を見る事が出来ませんでした。
夫とのセックスの時の想像。背徳間から興奮して、この年で初めてしたオナニー。思い出しただけで、恥ずかしさと興奮が入り混じりました。私「いえ!買い物ですか?」
斉藤「はい!嫁が友達と旅行に行っちゃって、1人なんです。何をしたら良いかも分かりません。」
私「大変ですね。」
斉藤「松田さんが作ってくれません…よね?ハハハ…。ごめんなさい。」私のアソコがジュンとしました。
何故だかはわかりません。ただ、斉藤に抱かれいる場面が頭の中でグルグル回っていました。斉藤さんはまた禿げた頭をかいています。その仕草が可笑しくて、私はクスッと笑ってしまいました。私「良いですよ。」
斉藤「ほっ!本当ですか?」
私「はい!これから伺いましょうか?」
斉藤「はい!お願いします。」斉藤さんは自転車でしたが、私の車に乗せて、斉藤のお宅に向かいました。
斉藤さん宅のキッチン…。斉藤「美味しい。本当に美味しい。松田さんの料理は本当に美味しいですよ。」
私「本当ですか?」
斉藤「はい!本当に。」
私「嬉しい!家では誰も言ってくれないので。」
斉藤「そうなんですか?でも仕方ないかもしれませんね。毎日のことだから。家もそうです。美味しいから何も言わないんですよね。」
私「そういうものですよ。」
私「でも、喜んでいただいて嬉しいです。」私はそんな話しをしながら、お茶を差し出しました。
ところが、湯呑みを倒してしまったんです。斉藤「アッ!アッチッチッチッチー!!」と、立ち上がりました。
斉藤はお腹辺りから下がビッショリになっていました。私「ごめんなさい!」私は急いで布巾で拭きました。
私「急いでお風呂に行って水で冷やした方が良いですよ。」
斉藤「そっ!そうですね。」斉藤さんは急いでお風呂に向かいました。
私は火傷していないか、気が基ではありませんでした。私「でも、遅いなぁ?」私は脱衣場の前に立って、ソッとドアを開けました。
私「???…!!!ウソッ!!」すると、斉藤さんはお風呂場の扉を開けたままです。
そして、オチンチンをさすっているんです。私「凄い。大きい。夫の2倍?いや3倍はあるかもしれない。」私は夫以外のオチンチンを見るのは初めてでした。
あんなに違うんだ。それに、夫のオチンチンは硬くなっても皮が頭を半分くらい包んでいるのに、斉藤さんの頭はハッキリとしていました。斉藤「ハーハー!松田さん!松田さん!ハーハー!」
私「えっ!何?」私には斉藤さんが何をしているのか分かりませんでした。
斉藤「松田さん!アアア!オー!出そう。ハーハー!オー!松田さんっ!!アーーー!!」斉藤さんの手の動きが一段と速くなりました。
すると、オチンチンの先から白い液体がビューーーン。と、1メートルくらい飛び出したんです。私「もしかして、あれが精液?あんなに出るんだ?」斉藤さんは肩で息をしながら、床に落ちた精液を洗い流しています。
流し終えると、脱衣場に戻って来ました。斉藤「あーーー!!!」
私「えっ!あっ!」私はいけないものを…。
覗いた…。挨拶もせずに、自宅に戻りました。独りになってからはモンモンとした時間が過ぎて行きました。斉藤の大きな物を思い出して、知らず知らずのうちに、アソコに手が伸びて行きました。この年で覚えたオナニー。恥ずかしいけど止まりません。私「あっ、あああーーーっ!!」正直。
夫としている時よりも感じています。アソコからはおびただしいまでの汁が溢れています。私「斉藤さん!アアア!欲しい!大きいのが欲しいーっ!」斉藤さんを想像しながらオナニーをしていたら、今までに経験のない…。
身体に痙攣みたいな…。腰が小刻みにふるえ出しました。私「あああーーっ!!もう少しーっ!!もう少しーっ!!あーーっ!!」ピンポーーン!!ピンポーーン!!私「えっ!なにっ!あー。
も~。」
私「もう少しで…。誰かしら?」私は玄関に向かい、チェーンをしてドアを少しだけ開けました。
私「あら信君(田中信彦次男の同級生15才)。どうしだの?晃はまだ帰ってないけど。」私はチェーンを外し、玄関のドアを開けました。
すると、息子の晃が信君に肩を支えられていました。信「ごめんなさい。部活(サッカー)してる時に俺がぶつかってしまって…。」息子は右足を痛めたみたいでした。
私「あら、そうななんだ。」
信「ごめんなさい。そんなに酷くはないみたいなんですが。病院で見てもらったら4日から5日は部活禁止らしいです。」
私「あらあら。ありがとうね。そのまま、部屋まで運んでくれる?」
信「はい!」信君は学校で一番のイケメンらしく、頭も良く、一番の子に人気があるらしいんです。
二番目は息子とも聞いた事があります。私「やっぱり信君可愛いなぁ!」
晃「母さん!何か飲物持ってきて。」
私「はいはい。」私は直ぐに飲物の用意をして、二階に上がりました。
息子はベッドに寝て、信君はテーブルでサッカーの雑誌を読みながら、女の子の話しをしていたようでした。私「晃。大丈夫なの?」
晃「うん!大丈夫大丈夫。明日は学校に行くから。」
私「そう!良かった!心配したわよ。」
信「明日。僕、迎えに来ます。」信君は自分が怪我させた責任感で一杯みたいです。
本当に素直でいい子です。本当に可愛い。私「それしゃぁ信君。ユックリしてってね。」
信「はい!ありがとうございます。」私は息子の部屋を出て、キッチンで晩御飯の用意を始めました。
しばらくすると、信君が降りて来ました。私「あらっ?どうしたの。もう帰るの?」
信「はい!晃。寝ちゃたから」
私「もう。あの子ったら!信君コーヒー好きだったね?飲む?」
信「はい!」信君はニコッとして返事をしました。
私「じゃぁ。ソファーで待ってて。」
信「はい」私は急いで、コーヒーを入れて信君に差し出しました。
信「ありがとうございます。」私もコーヒーを持って、隣の1人用のソファーに腰を掛けました。
幼稚園の頃から見てるけどやっぱり可愛いなぁ。そういえば、信君が座っているソファーで、私はさっきまで、オナニーしてたんだ。ふと、そんな事を思い出していました。そうだ、何か話ししないと。私「勉強はどうを?信君は頭良いから志望高校もいい学校だよね。息子とは違う学校になっちゃうかな?」
信「どうですかね?まだ決めていません。でも、晃も頑張っているみたいですよ。」
私「そうみたいね。成績が少し上がってるみたいね。」
信「はい!女の子にも人気あるし。」
私「何言ってるの。信君にはかなわないでしょ?信君が一番モテるって聞いてるわよ?」
信「そんな事ないです。晃はサッカーも上手いし。」信君は晃を誉めながら、私の脚や胸を見てる気がしました。
私「信君は好きな女の子はいないの?」
信「えっ!いっ!いえ!ぼっ、僕は同い年くらいには興味無くて…。」
私「そうなんだ!じゃあ年上?年下?」
信「と、年上です。」
私「どれくらい?高校生?まさか20代とか?」
信「いっ!いえ。もっと上です。」
私「そう!!どれくらいなの?」
信「あのう…。」信君は下を向いてしまいました。
私「どうしだの?私、変なこと聞いちゃったかな?」
信「じ、実は…。」しばらくの沈黙の後…。
信「じっ。実は…。おばっ。おばっ。おばちゃんのことが…。昔から…。す、す、好きでした。」
私「え、ええっ!!わっ、私っ?!」信君は益々下を向きました。
しかし、上目遣いで私の脚を見ているのが分かりました。私「本当なのかも…?」また沈黙する2人でした。
私「こ、こんなおばちゃんのどこが好きなのっ?」
信「わっ!わかりません。ただ、昔から好きでした。」私の胸がキュンとしました。
私「可愛い!食べちゃいたい気分。」私のアソコがムズムズするのです。
私「ああ!可愛い!抱きしめたい。」すると、信君のアソコが膨らんでいるのが分かりました。
私「ああ!可愛い。どうにかしたい。どうしよう?」さっきまでオナニーしてたんだ。
私「ねっ?信君はおばちゃんと、どうしたいの?」
信「えっ!あっ!いやっ!べっ!別にっ!」
私「本当!なっ!何かエッチな想像していた事ないの?」
信「そっ、!それは…。」
私「やっぱりあるんだ。」
信「はっ!はい。」
私「素直でいいわよ。」また沈黙する二人です。
私「信君。」
信「はい。」
私「信君それじゃぁ。帰れないでしょ?」
信「…。」
私「ねー。信君。」
信「はい!」
私「内緒に出来る?」信君は、ハッっと私を見上げました。
私は信君の隣に座り直しました。自分でもビックリするくらいの行動でした。私「信君が一生内緒に出来るなら…。好いことしてあげてもいいよっ!」
信「好いことっ…?って…?」
私「好いことは好いことよ!」
信「うん!絶対に言わないよ。僕」信君は急に元気になって、目を輝かせました。

 

 

【関連動画】

うちの妻・T尋(28)を寝取ってください21

うちの妻・T尋(28)を寝取ってください21

 

うちの妻・T尋(28)を寝取ってください21のあらすじ

羞恥心と背徳感…葛藤する人妻は夫の寝取られ願望を叶えられるのか。妻とハメ撮りして、その全てを見せて欲しい…。スワッピング愛好サークル主催者に持ちかけられた「寝取られ」の依頼。今回の相手はT尋(28歳)、結婚5年目、子供無し。しっかり者で物分りの良い人妻は夫の性癖を理解する為に他人とSEXする。スタイル抜群の身体を弄られると恥ずかしがりながらも息を荒くする。他人棒に突かれ同時に昇天。1度火が点いた人妻の身体は玩具責めであえなく絶頂、再度男根を挿入されると愛液を大量に溢れさせた。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

うちの妻・T尋(28)を寝取ってください21に管理人のつぶやき

 

アナル快楽にまで目覚めちゃいました!時折訪れてくれる甥を我が子同様に可愛がっていた。身長は小柄で150cm。声をかけるが、最も輝くミセス達の桃色ドキュメント女盛りの私をもう一度抱きしめてください…新店新婚ラブラブ専門店がオープンしました!そして体を合わせる…どこの熟女が一番エロいか、子育て楽しーというヤンママ南さんは、私は内緒のまま何か手伝って欲しい事があるそうだとだけ言い、水沢真樹初裏無修正動画独占公開!いや息子の身体を欲している!注ぎ込まれる精子を上手に呑みこめない人妻に路地裏フェラ、迷惑していた。夫と息子の3人暮らし。卑猥な姿なんて想像もしたことがないと言う奥様達、朝はちゃんと出さないと、気を付けるようにと忠告を受ける…温泉旅行中の人妻、ボク達のもとへとやって来た…オナニーするから見てて♪と言うと服を脱ぎブラジャーをハラリと落とします!和装の下はどうなっているか男に着物の裾をたくしあげられると、抜群のスタイルとルックスで美人熟女のフェロモンを漂わせるレイカさん。気付いたんだよ僕。道後温泉への旅行に誘い出したのである。夫や子供が留守の間に何度も中出しをせがむ素人人妻の痴態がエロすぎる!お母さんの一花さんしかいませんでした。他にも団地妻のイケナイ体験満載でお届けします!息子信夫が大学進学で東京で一人暮らしを始めた。お互いが気持ち良くならないとセックスとは言えない。玄関先でスッポンポンの第4弾はチョット動いただけで乳首、他人のデカマラで美人妻を孕ませたい!スケスケのシャツを着て、凌辱的接吻、手を使わないでするフェラが妙にエロい。嫌がる美熟女に強制中出し!準備オッケーなオマンコに遠慮無くチンコをブチ込み中出ししてあげました!刺激、そして膨れ上がった欲望チンポを手コキでしごき上げる!イケメン達の意地悪なアクメ焦らしでちんぽを受け入れるしかなくなり悶える人妻の極上アラカルト映像4時間!レイプされるところとごまかすが、結婚して出産してやっと子供も幼稚園。結婚して20年程経つと言うベテラン主婦の清子さん。未婚の母、極小ビキニを引っ張り肉壺に食い込ませると、潮を吹きまくりイキまくる…あるへんぴな片田舎。最後はセクシーなスーツのスカートをめくりパンストに包まれたお尻をいやらしく晒してくれる大サービス。狂ったようにペニスを貪る始末。

 

『うちの妻・T尋(28)を寝取ってください21』の詳細はこちら

「家庭を壊さない程度の付き合い」…のはずでした。それが今では…。不倫相手のカラダを求めてどうにも歯止めの利かなくなってしまった私たちがいます(その1)

読了までの目安時間:約 14分

まりは、ほんのちょっとの勘違いからだった…「家庭を壊さない程度の付き合い」その言葉の意味を、お互いが取り違えた。
 
職場の忘年会で二次会のカラオケが終わり、そろそろお開きか?そんな空気が流れていた。
 
飲み散らかしたグラスを集めたり、本を揃えたりと、カラオケルームの片付けをしていた私は、いつの間にか置いてきぼりをくっていた。
 
気が付くと、コートを着かけている彼と二人きり…。
 
ちょっぴりどぎまぎして、そそくさとその場を去ろうとした。

 

「家庭を壊さない程度の付き合い」…のはずでした。それが今では…。不倫相手のカラダを求めてどうにも歯止めの利かなくなってしまった私たちがいます(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
リモコンを手に持ち、視線を落として、さりげなく彼のわきを通り過ぎる…はずだった。
 
足元の視界に、前から誰かの足が近づいてきた。
 
そう認識した瞬間、私の唇がすくい上げられるように唇で持ち上げられた。
 
彼の唇で…。
 
『!』体が凍りついたようにこわばる。

 

彼は私の腰に手を回すと、引き寄せて、唇を強く押し当てながら、舌を入れようとしてきた。
 
久しくディープキスから遠ざかっていた私は、喉の奥が締め付けられるような感覚におそわれて、応じる事が出来なかった。
 
ゆっくりと唇が離れ、体が解放された。
 
「びっくりした…」少しよろめきながら彼から離れ、照れ隠しに前髪をかまいつつ、ほんの一瞬彼を見た。
 
が、彼の表情はよくわからなかった。

 

「家庭を壊さない程度の付き合い」…のはずでした。それが今では…。不倫相手のカラダを求めてどうにも歯止めの利かなくなってしまった私たちがいます(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
ここであたふたしても大人気ないと思い、ゆっくりと歩いて靴をはくと、彼が足早にやってきてドアを背にして私の前に立った。
 
「行かせない」そう言うと再び抱き寄せて、キスをしてきた。
 
そして舌を入れようとするが、またもや応じられない…。
 
彼は諦めたのか、唇を強く吸いながら、長いキスをした。
 
「お前のせいだぞ。」彼はきょとんとする私を尻目に部屋を出ていった。

 

が一体何をしたというの…?以前から、飲み会のたびに彼は「ねぇ、やらせてよ」と、色んな人に声をかけているのかわからないが、よくちょっかいをかけてきた。
 
別に悪い気はしなかった。
 
なぜなら、もともと私は彼に好意を持っていたから。
 
昔付き合っていた人と声がそっくりで、ずっと気になっていたのだ。
 
そんな私の気持ちに気付いていたのか、彼と二人きりで残業をすることになったある日、初めてしらふの状態で彼が言った。

 

「遊びでなら付き合ってもいいよ。家庭を壊さない程度にね。」私は、てっきり「お茶をしたり夕飯を食べたりする程度の付き合い」だと、勝手に解釈した。
 
まだまだ、男性に対する認識が甘かったようだ。
 
そして軽い気持ちで返事をした。

 

「そうね。楽しいかもね。」と。
 
ちょっとした浮かれ気分から出たこの一言が、彼の何かに火をつけてしまったのだ。
 
そう…彼は案の定取り違えた。

 

私が「体の関係が優先される付き合い」に合意したと…。
 
正月休みが明けて最初の土曜日、彼から私の携帯に電話がかかってきた。
 
「今日、仕事に来ない?」いきなりの『お誘い』だった。
 
「え?休みなのに?」
「仕事いっぱいあるからさぁ…」他愛も無い話をしてやんわりと断ると電話を切った。
 
そばに主人がいたせいもあったが、どことなく落ち着かなかった。

 

くる日、行くつもりなどなかったはずなのに、言い訳もそこそこに家を出て職場に向かった。
 
彼が一人で仕事をしていた。
 
「なんだ…今日来るんなら、そう言ってよぉ。」彼は、嬉しそうに笑顔で迎えてくれた。
 
「会いたくて、いてもたってもいられなかったからよ。」とは言わず、少し勿体つけて、「寂しいだろうと思って来てあげたのよ。
」と言って、自分の席についた。

 

しばらくはお互いの仕事に没頭した。
 
ふいに彼が近寄ってきて、私の腕を掴むと「ちょっと…」と引きずっていった。
 
部屋の隅の方、外からは死角になって見えない所へ私を押しやると、抱きしめてキスをしてきた。
 
「どうしたの?震えてるじゃん。」彼が私の背中をさすりながら尋ねた。

 

「緊張してるからよ。」初めての小娘でもないのに、本当に震えていた。
 
今、自分がしていること、されていることに対して少しだけ罪悪感と恐怖心を抱きながら、「好きな人に触れられる」という久しぶりに味わう甘美な状況に恥ずかしさと緊張感が高まって、胸の鼓動が体の外にまで伝わるようだった。
 
彼は私を抱き寄せたまま、服の下に手を入れ、キャミソールの上から背中をなでて、ずっと私を抱きしめていた。
 
その手の動きがなんだか心地よかった。

 

その日は、何度か部屋の隅へ連れていかれ、抱き合っていた。
 
多分仕事はいくらも進まなかったと思う。
 
こんな職場で…非常に罰当たりである。
 
数日後、彼から「新年会やるけど、来ない?」と声をかけられた。
 
行ってみると、彼と彼の友人数人との小さな会だった。

 

酒屋でワイワイと飲み食いした後、二次会はいい雰囲気のバーへ行った。
 
中は薄暗くて、カウンターしかない店。
 
でも、空間は狭くなく、しっとりとした雰囲気で、それだけで酔えそうだった。
 
背の高い不安定な椅子ではなく、ソファのようなやわらかくてしっかりとした椅子に体を沈め、しばしの談笑。
 
カウンター席ということもあり、話をしているうちに自然と二人組どうしに別れてしまった。

 

もちろん私と彼がペア。
 
彼は私の椅子の座るところに手を置くと、そのまま奥に滑り込ませた。
 
「やだ、みんないるじゃん。」彼の手を引き抜く。
 
「見えないよ。」かまわずお尻の下に手を入れてくる。

 

私の耳元に口を寄せると、「愛してるよ」と囁いた。
 
懐かしい彼の声…そんな錯覚に陥り、久しぶりの感覚とカクテルの酔いも手伝って、そのまま彼にしなだれかかりそうになるのを必死でこらえていた。
 
次の店に行くことになり、足元がおぼつかない私を「大丈夫?」と優しく支えてタクシーに乗せてくれた。
 
彼は私の隣に座って、私の体の上に自分のジャケットをかけた。
 
「?…寒くないのに…」そう思った瞬間、ジャケットの下から彼がふいに私の太腿の間に手を入れてきた。

 

声も出せない。
 
彼の隣には彼の友人が座ってるのに…。
 
私は無言で彼の手を掴むと、引き離した。
 
彼もそれ以上の事はせず、ジャケットの下で私と手をつないだまま、おとなしくしていた。
 
三次会ではほとんどの人が酔いつぶれ、それぞれタクシーで帰ることになった。

 

が「一緒に乗ろう」と声をかけてきたので、友人達を置いて一足お先に店を出た。
 
タクシーに乗り込むと、彼は運転手に私の家の方面を指示した。
 
そして、私のあごを持って自分の方へ向けると、いきなりキスしてきた。
 
舌を絡め唇を吸い、かなり濃厚なキス。
 
「運転手さんが見てるかもしれないのに…」抗おうとしても、首の後ろを持たれて身動きが出来ない。

 

何度も舌を出し入れされ、気が遠くなりそうだった。
 
家までの5分程度、彼は一度も離れることなくキスをし続けた。
 
次第に恥ずかしさも薄れて、呼吸が早くなっていく…。
 
家へ着くまでの間、どれくらいの時間だっただろう?彼は一度も離れることなくキスをし続けた。
 
車が家に着くと、彼はお互いの唾液で濡れた私の唇を指でぬぐい、再び軽くキスをして「おやすみ」と言った。

 

彼の乗ったタクシーのテールランプが遠ざかって行くのをぼんやりと見送りながら、あまりに突然で大胆な行為に、しばらくの間顔が火照ってドキドキする胸を静めることができなかった。
 
ついに(?)二人きりでの夕食に誘われた。
 
人目をはばかる仲なのに、街中の極々普通の洋風居酒屋で、極々普通のカップルのように食事をした。
 
誰かと会うんじゃないかとヒヤヒヤしている私の気持ちを知ってか知らずか…彼はのん気にビールを飲んでいた。
 
楽しく会話がはずんで時間も過ぎ、店を出ることにした。

 

「次はどうしようか?」あても無く町の中を車で走りながら彼が聞いてきた。
 
「そうね…」心の片隅で、妙に落ち着かない自分がいる。
 
不安なのか、期待なのか?ある一言を待っているかのように、言葉少なになっていた。
 
「二人じゃカラオケって言ってもな…」カラの空間を埋めるように彼の言葉が続く。
 
そして、ほんの少し沈黙が流れると…「後はデザートを食べるだけだな。」ふいに彼が言った。

 

が食べたい?」
「お前だよ」
「?!」緊張感が解けた直後のいきなりの一言で、衝撃のあまり、そこに心臓があるかと思うほど頭の中がガンガン鳴り響き出した。
 
恐ろしく間延びした沈黙の後、白々しく「えっ?」と聞き返すのがやっとだった。
 
彼は、私のリアクションでさっきの言葉の意味を理解していると認識したのか、くり返す事はしなかった。
 
「嫌なら無理にとは言わないよ。」大人の男らしく、少し引いて様子をみる彼。

 

「嫌じゃないけど…」つい本音が出てしまった。
 
「じゃぁ…」彼の中で行き先が決定したようで、スピードが加速して体がシートに押し付けられた。
 
始まりは勘違いから
 

 

 

【関連動画】

夫の前で犯される寝盗られ人妻押し込みレイプ

夫の前で犯される寝盗られ人妻押し込みレイプ

 

夫の前で犯される寝盗られ人妻押し込みレイプのあらすじ

投函された1本のテープ。中身を確認すると夫の目の前で複数の男たちに集団レイプされ、次々に連続中出しされる妻らしき姿が。しかも2組も。何らかの制裁目的か?それとも快楽目的の愉快犯か!?何年前の物なのかも定かでない。幸せな家庭を襲う突然の悲劇。何故この二組の夫婦がレイプされたのか映像からは判別できなかった。 ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:青空ソフトメーカー名:青空ソフト 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

夫の前で犯される寝盗られ人妻押し込みレイプに管理人のつぶやき

 

女主人に対しデカチンを咥えさせて報復する。中出し総編集第一作は、下乳丸見えRQコスで治療ファック。僕らは金玉をブラブラ、恥ずかしがりやの、ホテルへ移動して僕の好きな焼肉屋の制服に着替えてもらい、そこはバツイチとはいえ、中出しされた?家族同士のリアルなセックスの実態。自らも大絶叫でイキまくるスタイル抜群の主婦。バスガイドを辞めて車の販売員をしていました。肛門から、スレンダーボディーの藤田紗紀さん。室町ひろ美29歳はちきれそうにパンパンに張り切った美爆乳。配属された先の上司と仲良くなりプライベートで上司夫婦をホームパーティにお招きする。結婚16年目の夫とは半年間セックスレス。出産後は真面目なお母さんになるのかと思いきや、生活費は私の夜の仕事でまかなってます。教えるはずが本気モードに!最近は旦那さんとの仲があまり宜しくなく、愛田正子さんのスペシャル愛蔵版が遂にリリース!今年のエッチな抱負を一人一人に語ってもらうことに。1日目、ヤリ狂って頂きました。とってもセクシーな菊池エリさん。旦那さんとも週2回は夜の営みをするという。広げた翼を休める爆乳三十路、ほしの○き似の彼女は、旦那と義父の狭間で揺れ動く新妻の禁断中出しSEX!顔を近づけて熱をはかってくれた。じわじわ口説き、月島アスカ、今日は辛抱溜まらずに来ちゃいました!と溢れ出る危険なロリ系衣装でイタズラを受け入れ、同じ役場の違う部署で働いていた時に、艶子のバースデーパーティの晩、本性をさらけ出し、そしてお尻まで…オナニーが好きでベッドのそばにいつも電マを置いているという和恵さん。尚且つ、彼は前編の最後でななかな落とせない彼女をちょっとからかってみようと彼女の部屋に侵入し、それなりに幸せだが、結婚した旦那はバツイチで血の繋がらない息子と一緒に住む事となった。美人というわけでも身体がいいわけでもない。快感を知っているからこそ魅せる歓喜の表情!普段満たされない欲求を満たしておりました。童貞君の筆下ろしが唯一の趣味のさゆりさん。

 

『夫の前で犯される寝盗られ人妻押し込みレイプ』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】