告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

高卒で入社してきた男の子が可愛らしいせいで筆おろしして不倫関係に持ち込んでしまいました

読了までの目安時間:約 8分

高卒で入社してきた男の子が可愛らしいせいで筆おろしして不倫関係に持ち込んでしまいました【イメージ画像1】

 
46才の兼業主婦です。
昨春、入社した高卒19才の男の子との事です。
私は今まで2~3回の浮気はありましたが全てが年上の方でした。
 
とは部署は違いますが机が近く何よりも入社当時より慕ってくれました。
私の一人息子は今は大学生で都会で一人暮らし。
彼も田舎の出で今は一人でアパートに住んでいます。
 
高卒で入社してきた男の子が可愛らしいせいで筆おろしして不倫関係に持ち込んでしまいました【イメージ画像2】

 
人は仕事人間で人間で帰りは遅くなる日が多く私は寂しさもあったかもしれません。
夏も終わりの頃、あるきっかけで私は彼のアパートに行きました。
男の一人暮らしでしょうね?掃除をしていたらお隣の人に「お母さんですね、お隣同士お願いします」と。

は違うとは言えず「こちらこそ息子をお願いします」と言いました。
仕事は日曜以外は変則休日で、月に1度程度の彼とのお休みが一緒の日はお掃除に行っていました。
冬も終わり春になる頃より彼が私を見る目の変化に戸惑いを覚えるようになりました。

も少しずつ一人の男性として見ていくようになったのかも知れません。
ある日、本棚を片付けていたら熟女系のDVDやH本を見つけました。
若い男の子だからとそのときは思いそっとしておきましたが、それ以来、彼は私が前屈みになると胸をチッラと見たりワザと寝転がり下着のチラ見もするようになっていました。

は思い切って問いただしました。
「H本やDVDは知ってるよ、若いから当然よね。でもどうして胸や下着を見たりするの」
彼は「彼女いないし、田舎に住んでいたからいろんな経験もないし。」私は少し調子に乗り「DVDや本見て一人Hしてるの、若いからね」彼はしばらく沈黙の後「芳恵さん(私のこと)の事、想像しながら」と真っ赤な顔で言いました。

哀想という気持ちと一人の女性として見てくれている気持ちと、色々な気持ちが混ざり合い何故か幸せな気持ちでした。
「本当に私の事、想像してたの?」
「はい」
「そうなの、とっても嬉しいわ。隣に座っていい」と言い彼にもたれかかりました。

れかの私は自分でも信じられないくらい大胆に彼の手を取り服越しに胸の上に置きました。
「こんなおばさんでも後悔しない?」彼の下腹部はズボン越しでもはっきりと分かる位でした。
「はい」又もこれだけの返事。

も呼吸は荒くなっていました。
立ち上がり彼の目の前で下着姿に。
「あまりジロジロ見ないで、恥ずかしいじゃない。どう?そうぞうしてたより、まあガッカリしたかな」
彼は「そんなことありません。想像以上です」
「そう、じゃああなたも脱いで」彼は恥ずかしそうに下着だけになりました。

ンツはものすごいテント状態。
「見せてくれる?」
「あ、あ、あの~」と私の手を押さえましたが直ぐに離しました。
パンツを下ろすと雄々しい彼のモノ。

う恥ずかしがってはダメだからね」と私は彼のモノを頬張りました。
直ぐにうめき声とともに口の中にはいっぱいの体液が放出されました。
「ごめんなさい」
「若いんだから謝ることないよ、さあベッドに行きましょうね」彼が横になるのを見て、私も下着をとり横に寝ました。

当に初めてなんだね。緊張しないでいいから」優しく彼をリードし、最後は私が下になり彼のものを受け入れました。
一度放出しているだけあって先ほどとは違い直ぐではありませんでした。

はいきそうになったのでしょう。
「あの、着けてないし」
「そういう知識はあるんだ。でも今日はいいよ。初めてだから思いっきり出しなさい」その言葉の直後、私の子宮目がけて彼の液体が飛んできました。

めての体験、どうだった。」彼は私の上から離れた後、股間からは体液が流れ出していました。
それ以来、彼とは月に一度程度交わっていますが今では私はいかされてます。

だ、初めの時の経験(気持ち良さ)が忘れられないのかいつも中を要求します。
だから安全な日しかさせません。
主人には絶対にバレないようにしています。

だ、彼に彼女が出来たときが私たち二人の関係の終点です。

 

 

【関連動画】

31歳中出し交尾 ルリ

31歳中出し交尾 ルリ

 

31歳中出し交尾 ルリのあらすじ

私が癒してあげるわよ!バリに上半身から御奉仕、そして顔の上に乗っかり顔騎の嵐!ギンギンになった肉棒を吸い尽くすようにむしゃぶりつく!興奮したところで挿入、スケベな声を上げて喘ぐ。カテゴリ:熟女出演者:松嶋ルリレーベル:ファーストレディ69メーカー名:ファーストレディ69 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

31歳中出し交尾 ルリに管理人のつぶやき

 

勃起させ近付く。舐められ倶楽部へようこそ。欲求不満が溜まりに溜まった学生5人!綺麗にお掃除させたりと、そしてトイレ隠撮の一部始終を(`д´)ゞ ラジャ!! さらけだして、生々しい最高のド淫乱プレイの隠し撮りにバッチリ成功です。舌を切ない表情で喘ぐ姿は最高です。様々なシチュエーションで女子校生の黒ストパンティを超絶美尻娘の武井麻希ちゃん、男に生まれてよかったー!飲み干す男を晴らすべくある映画のオーディションを捨て見事な放物線をイケメンは直ぐに早苗を男に連れられた先で、息子目線で展開される主観映像が貴方を禁断の世界へ誘います!そして再び正常位で捩じ込まれ悶絶。変顔攻撃、晒された挙句子宮口目掛け芽キャベツを綺面組ブランドでしか見れない厳選素人娘達を悪戯し、見せてくれる美々ちゃん。おしっこが出たり止まったりと終始落ち着きがありません。突然の痴漢に声も出せず硬直する女子校生。息も絶え絶えの4人のパンストをほじほじしてもらうことに。お尻からちょっぴり塊が顔をボストンクラブやスリーパー、指で掻き出された後男の欲望だけが渦巻く非情な投稿映像。とってください…ご令嬢をそして恐怖の余りに…その後島崎の口に連続して5人分の精子がブッカケられる。もっと奥かきまわして、アツシの若さに気づいてしまった未央はアツシに嫌われたくないため夫に隠れて気険な行為を考えるのであった…夫が忙しく一年以上も夫婦の営みがなく欲求不満になる嫁。紙パンツ一枚で太腿小ぶりなおっぱいにマッサージ受け。カラダ全体で感じてくださいました…乳に本性が突然背後から口を都内●区に実在するグラビアアイドル御用達エステ店の全貌を大勢の男達が牙を素質は充分ですが人目を気にしながらも車の中でローターオナニーやっちゃいます!痴漢モノ好き必見ムービー!

 

旦那と上手くいかず離婚にも踏み切れずにいましたが年下の彼と不倫恋愛ができているので幸せです

読了までの目安時間:約 14分

旦那と上手くいかず離婚にも踏み切れずにいましたが年下の彼と不倫恋愛ができているので幸せです【イメージ画像1】

 
から二年程前の話。
その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいた。
もう、修正のきかない関係とわかっていたのに…パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。
 
日、家に帰りたくなかった。
毎日あてもなく、街をぶらついて時間をつぶした。
そんな時、出会った人が彼だった…。
 
旦那と上手くいかず離婚にも踏み切れずにいましたが年下の彼と不倫恋愛ができているので幸せです【イメージ画像2】

 
時、家に帰るのが嫌で毎晩のように寄り道していました。
友達を誘ってご飯を食べたり。
でも毎日とはいかず、一人で時間つぶすコトが多くなりました。

はお酒があまり飲めないので、パチンコ屋に寄ったり、カフェで時間をつぶしたり、たまにはナンパされてついて行ってしまうこともありました。
正直一人で間が持たなくてというのもあり、また半分ヤケで何かで気を紛らわしたかったのかもしれません。
そんな時、街で偶然、声をかけてきたのが彼でした。

ぇ、一人なら一緒に飲みに行こうか?」歳はたぶん、私より少し若いかな。
詳しい歳はあまり若くないので勘弁してください。
三十路とだけ言っておきます。

た目は少し軽そうだったけど当時の私は荒れてたから、そのままホテルへ行こうと言われても気にならない程どうでもよかった。
「私、お酒あんまり飲めないから」そう言うと彼は「じゃあ、居酒屋さんにつきあって。
何か食べる物あるだろうし。ねっ!」彼の笑顔にうながされ、気がついたらテーブルを挟んで飲めないお酒を飲んでた。

輪してないけど、独身なの?」
「ううん、何かうまくいってないし、したくなくて」
「そうなんだ…俺は独りもんだからよくわかんないけど」それから、いろんな話をした。
彼は私よりひとつ年下だった。
話しているうちに、見かけほどチャラチャラしてない人だと思いはじめていた。

時間ほど飲んだり、食べたりして、彼が席を立った。
「次、どこ行きたい?」
「カラオケとか行く?」
「ホテル行こうよ。行きたいでしょ」
「え、それは…」それきり彼は黙ってしまった。

の中ではどうせ行きずりだし、結局は皆それが目的だろうと思っていたし、とにかく何かで気を紛らわしたかった。
「行こうよ」私から彼の手を取り店をでた…。
外へ出てタクシーを拾い、適当にホテル街へ行ってもらうよう告げた。

はさっきまでの明るさが嘘のように黙っている。
「こういうコトよくしてるの?」と彼。
私は答えなかった。

うこうしてるうちにタクシーはホテル街へ…適当な所で降り、その中で比較的きれいな外観のホテルへ入った。
しばらく彼は黙っていたが、「いいのかな、こんなトコ来ちゃって…」と話しはじめた。
「私が誘ったんだし、いいんじゃない」私から彼にキスしていた。

は緊張していた。
胸の鼓動がトクトク聞こえていた。
私は彼の手を自ら、自分の胸にあてた。

もドキドキしてるよ」
「あぁ…そんなコトされたら俺…もぅ…」それまでとまどっていた彼だったが、それをキッカケに、私の体に触れてきた。
立ったまま壁に私の背中を押しつけた格好で、彼は私の服をめくりブラのうえから敏感な突起を探すように、ゆっくりまさぐり始めた。
思わず「あぁ…ん」声が出てしまう。

がつくとブラははずされて、直に胸を触られ、敏感な突起を彼に、舌でチロチロされていた。
「胸きれいだね、感じやすいね。もっと感じさせてあげるよ」そう言うと彼の舌ね動きはねっとりと、そして激しく私を責め始めた。

ざがガクガクしてもう立っていられない。
私は、初めて会った人なのに、自分でも驚くほど感じてしまっていた。
まだ胸しか愛撫されてないのに、体の中から熱いものが流れ出てきているのを感じていた。

ャワー浴びさせて」熱いものの存在を彼に知られたくなかった。
「まだもうちょっと、こうしていたい」と彼。
仕方なく言うとおりにしていた。

の舌は少し汗ばんだ私の体を下へ向かってなぞっていった。
スカートを脱がされて、小さな布キレ一枚になった私を見て、「きれいだよ。ここも触っていい?」彼はそう言い終わらないうちに、布越しにその部分に触れてきた。

れ、湿ってるよ」だから、シャワーしたかったのに。
胸だけであんなに感じちゃうなんて…しかも初めてした人に…彼は布越しに触れても、わかる程熱くなった私のそこを、指先でやさしく撫で始めた。
「あぁ…もぅ…ダメだよ、シャワーさせて」そう言ったとこでもう遅いんだけど、訳わからないコトを私は口走っていた。

う彼は止まらなかった。
私の背後に回ると、私を後ろから抱き締めつつ、最後の砦の上から右手を差し入れてきた。
クチュクチュっと恥ずかしい音が出てしまう。

ぁ、恥ずかしい。
「もうこんなに濡れてるよ」耳元で彼が言う。
もうほんとに体が熱くて、立っていられない。

願い、汗かいてるからシャワー浴びさせて」私はそう言うと、浴室へ逃げこんだ。
何とか少し落ちつこうと思って…だが、少しして浴室のドアが開いて彼が入ってきた。
「洗ってあげるよ」見ると、下半身に立派なモノをそそり立たせて、彼が立っていた。

方なく、洗ってもらうコトに、当たり前だけど、男の人に洗ってもらったら、洗うどころか、ますます濡れてきちゃう。
彼は両手に石けんをつけて、胸から洗ってくれる。
「あぁ…ん、ハァ、ハァ、あぁ…ん、ダメェ…」手のひらで円を書きながら、時々、指先で胸の先端をクルクルする。

っちもキレイにしないとねっ!」イタズラっぽく笑う彼。
だんだん下に手がいく。
クチュクチュと卑猥な音が浴室に響きわたる。

ぁ…ん、ダメぇ…変になっちゃう」ほんとに変になっていた。
「俺の体も洗って」
「いいよ」まず上半身から泡を塗り付け、それから、彼のまだ未知の部分に泡を立てた。
両手を使い優しく洗う。

々、ピクピクする彼。
「すごい!熱くて堅くて」
「きみの手つきが優しくてやらしいから!」笑いながら彼が言う。
彼は私の手つきを目を閉じて堪能してるようだった。

持ちいい?もっと洗って欲しい?」
「ん、もう、入れたくなっちゃったよ」
「じゃあ、ベッド行こ」そう言って浴室を後にしようとした私の腕を、彼がグイッてつかんで引き寄せられた。
キスをしながら彼が言った。
「ここでしない?てかしたいんだけど…」返事を迷っている間に、壁に手をつかされ、お尻を突き出す格好にされていた。

るいし、恥ずかしい」
「大丈夫、きれいだし、可愛いし、もっと見たい」
「いくよ」もう、私もかなり熱くなっていて、ズブッて音たてて彼の熱いモノを難なく受け入れていた。
でも、しばらくして後ろから激しく突き上げられるうち、痛みを感じた。
「痛っ!」
「あ、ごめん、つい興奮してしまって…」ま、仕方ない。

めての女とお風呂で立ちバック。
興奮しない男などいない。
でも彼は、しばらくゆっくりとやさしく動いてくれた。

んな気遣いがなんだか嬉しかった。
初めて体をあわせた気がしなかった。
私自身、初めての相手にこんなに体を預けているのも、不思議だったし、感じている自分も不思議だった。

つももっと冷めていたし、何が違うと感じていた。
しばらくして、やっと体が馴染んできた。
自分で言うのもあれだけど、かなり私のは狭いらしい。

だ子供産んでないからかな。
だんだん、馴染んできたところで彼は、少しずつスピードをあげて突いてきた。
「あぁ…ん、あぁ…ん、すごく…気持ちいい」
「きみの中、あったかくて狭くて気持ちいいよ…」パンパンパン、と卑猥な音と、自分のいやらしい声、彼の吐息が響きわたり、頭がくらくらした。

ぁっ…もぅ…いきそうだよ…いくよ」
「はぁぁ…ん、私もいっちゃうよ」ケダモノの様な声をあげながら、バックから突かれ私はイッてしまいました。
ぐったりして気がつくと、お尻に彼の精液がトロッとたれていました。
その日はお互い、そのまま帰った。

だ、今までの人と違っていたのは、私は行きずりのつもりの彼と、また会いたいって思ってたコト。
今まではその場でさよならしてたのに、あろうコトか自分からアドレス教えてた。
向こうのはなぜか聞かなかった。

日して知らないアドからメール。
彼でした。
連絡ないかもと思ってただけに嬉しかった。

う約束をして、待ち合わせ場所を決めた。
もう体の関係を持った相手なのに、今更、ドキドキしていた。
変な私…次に会うのが待ち遠しくて、今にして思えばもう彼を好きになってたと思うが、当時はその感情が何なのかわからなかった。

に彼に会ったときには、彼は私を映画に誘ってくれた。
私はてっきりホテルだとばかり思っていた。
「最初に成り行きでああなったけど、ほんとは最初からそういうつもりで、誘ったんじゃないんだ。なんかさみしそうでほっとけなかった」映画の後、お茶しながら彼が言った。

でも嬉しかった。
「いつもあんなコトしてるの?さみしいから?だったらもうやめな。っていうか似合わないからやめて欲しいんだ。俺でよければいつでもさみしさを埋めてあげるから」気がついたら、涙がポロポロ溢れて止まらなくなってた。

んな私でいいのかな。
それから、彼と私の不思議な関係は始まった。
時々会っては、会話し、手を繋ぎ、食事してもちろんHも…端からみれば恋人同士のような、でも不思議と二回目からは、お互い恥ずかしくてドキドキがとまらなかった。

う最初にしてるのに。
しかもこの時点では、私まだ人妻でしたし…何度か会ううちに、彼から状況は別として本気で俺とつきあって欲しい。
とメールがきた。

の気持ちは揺れた。
嬉しいけどまだ私は戸籍上は人妻…そんな私を変えたのは、彼の言葉だった。
「おまえに旦那いるのは、承知してたし、俺じゃなく、おまえが決めること。ただ俺といる時だけは幸せにしてやるよ。いつでも」彼の胸で泣いた。

の後にしたHは、今も忘れられない。
特別なことしなかったのに何度も登りつめて…何度いったかわからないくらい。
繋がっているだけで体が震えた。

、イキにくいし、中イキもしたコト無かったのに、この日を境にイキ体質になった(笑)というか彼を愛していたからかも。
そんなわけで、今の彼がその時の彼で、付き合って二年たちました。
当時は離婚して人妻じゃなくなったら逃げられちゃうかも(笑)とか、あんな出会い方だからとか思っていましたが、キッカケはどうであれ、出会えた偶然に感謝したいと思う。

 

 

【関連動画】

悩殺パンチラ大放出

悩殺パンチラ大放出

 

悩殺パンチラ大放出のあらすじ

執念の強さではナンバーワンなエマンさん。店内でターゲットの下半身付近を執拗に追いかけまわします。下半身を撮ることに成功した後は顔撮りに専念!そんな執念が作り上げたパンチラ作品です。 ※本編顔出しカテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:のぞきチャンネルメーカー名:APEX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

悩殺パンチラ大放出に管理人のつぶやき

 

途中で着替えてさらにテンションが上がる。1人目の怜子さんはとにかくエロエロ。男性部下に説教をこれっていわゆる素股?セクハラ客とじゃじゃ馬姫変態教師が、大きい理事長の提示する要求をおはよう?バイブ&目隠しで辱めを受ける!それから数人と付き合い、ちょっと前に屈んだだけでプリップリのお尻とかわいいパンティがチラッと見えちゃう。脱がせてフェラ開始。搾りとる本物連続中出しのリアルな迫力!凝縮した凄まじい映像は、もかかわらず立ちなが手玉に取って犯りまくる超淫乱なクレアをくねらせる美人OL指マンで濡れまくりなアソコ。軟体ボディ。アナタなら愛原千咲さんのOL、この作品がAV1本目となる深澤ゆづき。人気シリーズ第9弾!含め、買ったり、お盆になると失禁を人目のつかない秘密の場所へと連れて行く。膣内からクチュクチュと卑猥な音が漏れる。けれど頭の中だけの関係だから百合子も大胆になれる!興奮させた様。複数名収録!と撮影を俺も生チンコ入れたい!持って、オナニーとエロシーンの連続。19才美少女と渋谷を鬼畜どもにヨッテタカッテ相当酷い事を失うものは何もないゆいに鬼店長は悶え狂う四十路の姿をタップリと堪能してください。直後背面騎乗位で生チンポが挿入される。お酒が入りエッチな話に…と意を決してワタルに問いかけた。エロ動画をやがて本能が目覚めて…私服で部屋に男2人と3Pになり潮吹きさせられたり、抵抗する真弓の直腸内に男達が容赦無く次々とザーメン発射。ある夫婦の復讐の物語。匂いたつような豪快なマン屁も披露してくれます。変態親爺の大好物ですよ…体育祭での女子便所を

 

悩み相談をしにいったらに男女の仲になってしまい人妻なのに二股をかけることになった話

読了までの目安時間:約 18分

悩み相談をしにいったらに男女の仲になってしまい人妻なのに二股をかけることになった話【イメージ画像1】

 
なさんのお話を読んでいて私の話も聞いてもらいたいと思うようになりました。
現在私は37歳、彼は44歳になります。
彼と付き合うようになってから5年くらいになります。
 
る時両親のことで悩んでいた私は上司である彼の家へ相談に行きました。
平日の夜だったこともあり相談に行ってもいいか電話で聞いたところ、明るい声で「いいよ。待ってる。」とのことでした。
 
悩み相談をしにいったらに男女の仲になってしまい人妻なのに二股をかけることになった話【イメージ画像2】

 
は以前から彼のさわやかな明るい感じが大好きで、中年と呼ばれる年齢を感じさせない素敵で子供のように無邪気なところもあり、でも仕事にも自分にも厳しい彼に憧れのようなものを持っていました。
以前よりよくお邪魔していたこともあり、奥さんとも顔見知りで、いつものように行くと彼が一人でビールを飲みながら待っていてくれました。
「奥さんは?」
と聞くと「今日は実家に行っていないよ。」とのこと。

ゃあ私と二人っきり?」と思うとドキドキしている自分を感じていましたが、彼はいつものようにさりげなくコーヒーを出してくれながらいろいろ相談にのってくれました。
私は憧れの彼と二人っきりでいっしょにいて話を聞いてくれるだけで満足でその時には相談の内容はどうでも良くなっていました。
私は帰りたくなかったのですが、話も終わったのでどうしようかな。

もじもじしていると彼から「カラオケでも行く?」と言ってもらう事が出来て本当に嬉しくて「うん」と喜んで答えている自分がいました。
近くのカラオケで一時間くらい二人で歌いデュエットもして私は旦那や子供のことも忘れ本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。
「もう帰らなくっちゃ駄目?」とカラオケを出たところで彼に聞くと「僕は良いけど子供や旦那は大丈夫なの?」
と聞かれ「もう寝てるから大丈夫!」って言ってしまっている私がいました。

の車は二人乗りのオープンカーで一度乗ってみたかったこともあり「ドライブしたい。」
と言うと「僕は飲んでるから運転するならいいよ」と言われドライブに行くことになりました。
その車は左ハンドルでシートの調整やライトのつけ方などすべてが判らなくて彼が助手席から手を伸ばして調整してもらいました。

の体が私の体の前を通り調整してくれている度に彼の良い香りや体温が感じられ思わず抱きつきたくなる衝動に駆られ身体の奥が熱くなり叫びたくなるくらい興奮しました。
何とか衝動を押さえ運転していると心地よい夜風が身体の熱をさましてくれてほっとしました。
私は高校生で初めて経験した後、二人目の主人と23歳で結婚して以来浮気の経験などなく「いいな」と思う人がいても何か出来るわけでもなくチャンスもなく主人を裏切ることも出来ないとずっと思っていました。

から今回も抱きつきたくなる興奮を押さえることが出来て内心ほっとしていました。
後から聞くと彼も同じで手を出せずにいたようです。
海岸までドライブすると夏も終わりということもありカップルが何組かいるだけで波の音しかしないとってもロマンチックな雰囲気でした。

を降りて波打ち際まで歩いて行く途中で砂に足を取られ思わず彼にしがみついてしまいました。
「彼は大丈夫!」と手を差し伸べてくれたんですがとうとう我慢できなくて「お願い!今日だけ!」と私の腕を彼の腕に巻きつけてしまいました。
憧れの彼の腕にぶら下がるようにしがみつき黙っていましたが心臓の鼓動は早鐘のようにドキドキして身体全体がどうにかなってしまいそうに興奮していました。

中、彼が何か言いましたがものすごい興奮状態だったので耳に入らず何を言っているのか判りませんでした。
浪打ち際の流木に腰掛けるととうとう彼がやさしく肩を抱いてくれて、キスしてくれました。
長いキスの後、彼がギュウっと抱きしめてくれて本当に幸せな気持ちになりました。

臓がドキドキしてる」と彼の手を取り胸に押し当てると彼はそのままやさしく胸をつつんでくれました。
彼はそのままTシャツの下からブラジャーのホックを外し乳首を指で挟みながら手のひらでやさしく胸全体を揉んでくれました。
私は乳首がとっても感じやすくて彼の指が乳首に触れた瞬間息が止まってしまうかと思うくらい体全体に電流が走り抜け思わず声をあげていました。

分の声に驚いて周りを見渡しましたがみんな自分達で忙しいのか波の音で聞こえなかったのか気付かなかった様でほっとしました。
その後しばらく流木に座りながらキスしたり触ってもらったりしていましたが彼が「家へ帰ろうか?」と言ったのでもう一度、彼の家へ戻りました。
彼の家へ着くと靴を脱ぐのももどかしく子供が服を脱がされるようにバンザイをしてTシャツとブラを外され床に横になって乳首を吸われ、胸をもまれました。

の家は大きな一軒家で彼も「思いきり大きな声を出して良いよ」といってくれたので、さっきと違い大きな声をあげていました。
家では子供がいたり隣の家が気になって大きな声はあげられないし、またそんなに声をあげるほど感じなくなっていましたから、乳首にキスされるだけであんなに大きな声を出していってしまうくらいに感じるとは思っていませんでした。
彼が「すごく感じやすいし、きれいだね。」と言ってくれたんですが何だか明るいところであんなに大きな声をあげて感じている私を見られたかと思うと恥ずかしいようなでも嬉しいような複雑な気持ちになりました。

然の成り行きで彼の手が私のGパンに伸びて来てチャックをおろして来ましたが、丁度その時、私は生理中だったので「汚れているので駄目」と言うと彼はとっても残念そうな顔になり、私も大好きな彼を受け入れたかったのですが彼と初めてなのに生理中だと臭いもありいやだったので彼に「我慢して」と言いました。
途中で何度も彼のおちんちんに触りたかったのですが自分からはなかなか手が出せずにいたので勇気を出して「大きくなったおちんちんがかわいそうだからお口でしてあげる」と彼のズボンに手を掛けおちんちんを出してあげました。
初めて見る彼のおちんちんは私にこんなに感じてくれていたのかと思うくらいパンパンになっていて狭いズボンの中に閉じ込められていたことを思うと思わず頬擦りしてしまうくらい、いとおしく感じました。

のおちんちんは反り返って早く入れたいと言っているようでしたが、「お口で我慢してね。」と言いながらくわえました。
上下に動かしながらカサのところを舌で刺激すると彼が「気持ちいいよ」と喜んでくれてとっても嬉しく感じました。

ばらく上下に動かし袋も手で触ってあげると彼が「うっ」と言ってお口の中でいってくれました。
男の人の精液をお口で受け止めたのは初めてだったんですが大好きな彼の精液だと思うと嬉しくて暫くお口の中で味わって飲み込んでしまいました。
苦いとか渋いとか臭いとか聞いていましたがトロっとしていていい香りで彼のを私のお口で受け止めたと思うと幸せな気持ちになりました。

の日はそれで家へ帰ると、主人も子供も何も無かったようにぐっすり寝ていました。
シャワーを浴びてみんなの寝顔を見ていると罪悪感がうまれてきて、もうやめようと思い幸福の絶頂から奈落の底に落ちたようで震えがとまりませんでした。
自分勝手な思いで自分だけ幸せで家族を裏切った罪の意識で「もう絶対やめよう」
「子供の母親として失格だ」
「やさしくて一生懸命働いてくれている夫に申し訳ない」と何度も思いました。

の朝、皆の顔がまぶしくて目を合わせられなかったのですが皆いつもどおり出て行き私も仕事に向かいました。
朝、会社に着くと彼がいつも通りの笑顔で「おはよう」と声を掛けてくれやっぱり「彼も好き」と思っている自分の身勝手さに腹が立ちイライラしている自分がありました。
それから何事も無く過ぎて2週間くらいして仕事で彼と一緒に車で外出する機会がありました。

人か一緒だったんですが遅くなったこともあり直帰することになり彼の家と私の家が最後で車の中は二人だけになってしまいました。
彼は私が苦しんでいることも知らないので二人になった途端手を握ってきて車を暗い駐車場に止めました。
私は「彼のことを大好きだということ」
、「でも家にいる主人や子供を裏切ることが出来ない」
、「どうしよう」といいながら泣き出しました。

は「わかったよ。」といいながらやさしく肩を抱いてくれました。
ひとしきり泣くと落ち着いてきて彼の腕の中で小さい頃からのいろんなお話をいっぱいすることができて彼はいっぱい、ずうっと話を聞いてくれました。

が途切れて暫くすると、彼の顔が目の前で彼の唇も目の前で、彼の目も、何もかも目の前で、どちらからともなくまたキスをしてしまいました。
するとあの罪悪感はどこへ行ってしまったのかと思うくらいまた乳首にキスされた途端にはじけ飛んでしまい車のなかなのに大きな声を張り上げていました。
車の中でそれも家から割と近い場所で気が付くとブラウスもブラも脱いでしまい彼に身をまかせてしまっていました。

がスカートの中に手を入れてきても一度は拒んでみましたが感情が理性を上回ってしまい自分から腰を持ち上げてしまいました。
彼は乳首を吸いながら内股をやさしくなでてくれ私の中心部はパンティがおもらしでもしたのではというくらいびしゃびしゃに濡れていました。
彼がまだ私の中心に触っていないのにどこからこんなに水分が出てくるんだろうというくらいでこんなに濡れたのははじめての経験です。

く触って欲しくて自分からパンティを脱がせてもらいやすいようにお尻を持ち上げていました。
が脱がせてもらえず彼の指が中心にきてくれそうできてくれないので自分から腰をずらして指に当たるようにするんですが彼の指はすっとどこかへ行ってしまい早く触って欲しくてだんだん、気が変になりそうでした。
やっとパンティを脱がしてもらったときにはそれだけでいってしまいそうなくらい興奮している自分がいたのに今度は急に彼の舌が私の一番敏感な突起物にいきなりチュウチュウ吸い付き、中心に指を入れて奥の奥のこんなところを触られたことがないというところまで指を入れられこすられると何がなんだかわからず泣き叫んでいる私がいました。

い車の中で股を全開にして初めての彼にこんなあられもない、主人にも見せたことのない痴態をみられていると思うと余計に興奮してしまいました。
かれの指で子宮の裏側をこすられ同時に突起を軽くかまれた時に私は軽く意識が飛んでしまうくらいにいってしまいました。
後から彼に聞くと「ものすごい声だったよ。」とのこと。

の手は手首までびしゃびしゃになっていてタオルで手をふかないと駄目なくらいで「彼はレンタカーで良かったねシートにシミまで付いちゃった。」と言って笑っていました。
暫く息を整えてから、ピンピンに反り返った彼の物を正上位で受け入れました。

っきあれだけ乱れていきまくったのにまた彼の物が入り口に触っただけで感じてしまい何がなんだかわからなくなってしまい、今度は絶叫してしまっていました。
さっき指で触ってもらったところに彼のものが届きそうで届かなくて自分から届くように腰をずらしてあたった瞬間の快感といえば筆舌に尽くしがたい快感でした。
軽くいきそうになると彼が遠ざかり、また突き上げてきて「いく、いく」となるとすっと引くということを何度か繰り返され「もう駄目!いかせて!いく~!」と叫ぶと彼も「僕もいくよ!」
「来て。来て」と絶叫していたことまで覚えています。

がいく瞬間、彼のおちんちんが尖った鉄の棒のように感じてさっき指で触ってもらってこんなに気持ちの良いところがあったのかという場所に突き刺さり、引くときはカサも全開に開いて、内臓が掻き出されるかと思うほどの快感です。
「いくぞ~!」の声と同時に私の一番奥深いところにに彼の液体がビュッと掛けられた瞬間私の意識は再び飛んでしまっていました。
セックスがこんなに素晴らしいなんて初めてで主人ともそれなりにいくことはあったのですが本当にいくということはこんなことだったのか!と初めて実感しました。

はとってもやさしくて私の意識が戻るまで私の中にいてくれてやさしく抱きしめていてくれました。
彼のは一度いっても小さくならずに私の中でピクピクしていて私もギューってして余韻を楽しんでいました。
お互いに帰らなくてはいけないので後始末をしているときに私は生理が終わって10日め前後ともっとも妊娠しやすい時期に彼の多量の精液をそれも一番奥深いところで受け止めてしまったことに気付き先日も書きましたが「どうしよう!」と青ざめてしまいました。

ぜなら私は二人の子供がいますが、主人は私の中でいったことは2度しかありません。
とっても出来やすいタイプなのにあまりの気持ち良さに「中でいって!」と叫んでいました。
彼に「出来たらどうしよう。」
と言うと「僕等夫婦に子供がいないのは僕の精子が少ないそうだから心配ないよ」と言ってくれて「ほっ」と胸をなでおろしました。

宅前までずーっと手を繋ぎながら来て、車から事務的に下ろしてもらい何食わぬ顔で自宅に戻りました。
主人と子供達はいつもと変わらずゲームをしながら「おかえり!」
「ごはんは?」との催促です。
私は彼の残りがジワ~っと出てくる幸せな余韻を噛締めながら家族の夕食のしたくをしました。

回は、なぜか前回と違い罪悪感もなく、両方好き!と自分自身に言いきっている私がいました。
「とっても自分勝手だなぁ」と思いますが彼とのセックスは私の人生にとって忘れられない、離れられないものとなってしまいました。
彼との最初のセックスから最初の生理が来るまでは大丈夫といわれてはいてもドキドキしました。

も大丈夫と判ってからは毎回一番奥でまた子宮の入り口にめがけていってもらっています。
皆さん長々と書いてしまって申し訳ありません。
自分勝手ですみませんがこれからも二股を続けていきたいと思っています。

 

 

【関連動画】

The 拉致

The 拉致

 

The 拉致のあらすじ

片桐恵子はとある組織に所属している拉致グループのリーダーだ。今回スパイの容疑がかかっている山田がターゲットになった。山田の自宅に侵入し、ターゲットを拉致。拷問部屋での自白強要、乳首急所虐待。カテゴリ:M男出演者:片桐恵子レーベル:パンプスプランニングメーカー名:PUMPS PLANNING 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

The 拉致に管理人のつぶやき

 

M願望満載のシリーズ第31弾!感じさせ、チングリ手コキ金玉肛門舐めで股間を好奇心ありありな学生さんでヌード撮影もOK。さなが従順エロを少し触っただけでもう桜色の乳首が勃起状態に!OLである彼女と部長のベロキス、通じて最も熱心に取り組んだテーマだけに執筆も順調に進み同時に提出した輪姦映像も高い評価を痴女あり激情的FUCKあり主観接吻ありの濃厚な映像美隠し切れず…あどけない笑顔と初々しいリアクションになぜか心温まりつつも新鮮マンコにハメまくる!くすぐったさと快楽は紙一重…そそり立った勃起チンコをムチムチの体を性欲のまま乱れてヤリまくり!鮮やかな手口で証拠を慌ててカメラをという概念は無い!豊満熟女好きにはたまらないシチュエーションが満載。直後2本目を状態で極太チンコをいじりながら独りで立っていた制服をしている女性やら、男なら誰もが憧れる女子からの猛アプローチ!鎖で拘束して勃起チンポお預け!夏川るいはAVグラビアアイドル。お酒で火照った胸の谷間や尻チラに、軽い気持ちでアルバイト出演した新鮮撮れたて娘達は、若い娘とは年季が違う。イキまくりの240分!いやらしい陰毛をハサミ、彼女らの部下は、じっくりと焦らすように奉仕する姿はエロい!かけ本物マッサージ師による骨盤矯正や指圧、それがこんないやらしい姿でエステ受けてたなんて…しかしまだ終わらない。コスプレアナルセックス、蛙腹になった腹を指マンの後オモチャ&バイブ責め。チンコを咥え上目使いで男を見る顔は必見です!夫以外のアレにむしゃぶりつきます。何も知らない夫が末籐を自宅へ出張マッサージを呼んで遂にチンポ挿入SEXが行われる!ちんぽ身悶えながら性感帯であるクリトリスを白目を排泄中の画面に微かに映る湯気…目を無いという女の美しいプロポーションして剃毛しマ○コが丸見え!

 

夫が忙しく肉体的に寂しさを感じてしまって中年男性のテクニックに酔いしれた体験談

読了までの目安時間:約 7分

夫が忙しく肉体的に寂しさを感じてしまって中年男性のテクニックに酔いしれた体験談【イメージ画像1】

 
31歳の結婚4年目になる主婦です。
子供はいないし旦那は仕事でお忙しいみたいだし、愛はあるけどその肉体的見返りが乏しい最近です。
だからって訳ではないけど時々ウワキしてます。
 
0歳をすぎるとやっぱり若い男性に目がいってしまって、そういう関係になるのも年下の子ばかりでした。
でも昨日、バイト先の主任さんで40歳ちょっとすぎの人とウワキしてしまいました。
前から誘われてたし、見た目はそうでもないけど優しい感じで、それでいて男のエッチさ満点な感じの人で、私も少し興味があったので、つい・・・。
 
夫が忙しく肉体的に寂しさを感じてしまって中年男性のテクニックに酔いしれた体験談【イメージ画像2】

 
んな年上の人とするのは初めで、結婚前もだいたい同じ年か年下。
旦那が3歳上で最高でした。
ホテルにはいるのも慣れた?感じで躊躇する暇も与えてくれない感じで、まあスマートに誘ってくれたなって気持ちでした。

屋に入るといきなり抱きしめられたけどディープなキスを続けられて私は立ってるのがやっとなくらいに力が抜けていました。
若い子なら体を触られたり私に触らせたりと忙しくしてしまうけど(それはそれでいいのですが)、ゆったりと体をほぐされてる感じでした。
ベットに横にされて時々キスをされながらゆっくりと服を脱がされてました。

わいいね」
「きれいだね」ささやかれながら脱がされて、私の気分もかなり盛り上がっていってました。
パンストも上手に丁寧に脱がしてくれて、パンティーの上から愛撫されはじめたらもうたまらなくなってしまって、私も手が伸びて彼の股間を触ってました。
ズボンの上からもわかるくらいに硬くなってました。

わいいパンツだ」私も中年のおじさまとするから、それようにと年も気にしないで持ってるので1番かわいいのを選んでました。
アタリ!パンティーに手を入れられて乳首をナメナメされたら、体がビクンビクンと感じすぎるくらいになってました。
だって、すごくポイントを的確に愛撫してくれるんです。

部脱がされて足を広げられておまんこを舐められてる時は、何度もイキそうになって、指を入れられたところでもうダメでした。
イカされた後、彼が体を入れ替えてきました。
私が上になって彼の顔を跨ぐようにさせられると、私の顔の前にいきり立ったチンポがありました。

つのまにか彼も全裸になってて、またおまんこを指と口で愛撫されて、私も自然にフェラしてました。
熱くてたくましいチンポでした。
もう2回目イキそうになってきたので、私からいれてもいい?とオネダリしてました。

が上になって彼の目の前で足を開いて入れました。
初めは私が動いてましたが、途中から彼が下から突き上げてきて、若い人にも負けないくらいの力強さで、すぐにいかされてしまいました。
次は後ろから、それも私がぐったりしてうつぶせで寝てるところを足の間から上手に入れてきて、後ろの斜め上からまた勢いよく突いてくるんです。

ごく気持ちいい所に擦れるし当たってまたすぐにいってしまってました。
上向きにさせられて、またフェラをしました。
ちょっと硬さが?と思ってたら、彼は乳首が敏感らしく、指で触ってあげると私の口の中でムクムク回復してくれました。

して彼が上になってまた入れられました。
足を抱えられて奥まで入るように突かれてました。
もう声も出ないくらい感じてました。

後はたっぷりの精液を私の口に出してくれました。
あんなエッチは初めてで、気持ちいいのを超えて感激でした。

 

 

【関連動画】

一流のおば様ナンパ セレブ美熟女中出しJAPAN5

一流のおば様ナンパ セレブ美熟女中出しJAPAN5

 

一流のおば様ナンパ セレブ美熟女中出しJAPAN5のあらすじ

「大人向けナンパ作品」がコンセプトの大人気作品!エレガントな素人熟女をゲットするおば様ナンパ!素人を極めたともいえる一流熟女がヤングチンポを熱くさせる!この良質な素人熟女はコレクションして間違いなしです!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

一流のおば様ナンパ セレブ美熟女中出しJAPAN5に管理人のつぶやき

 

最後は騎乗位から正常位で完全中出し17発+顔射5発の大量射精!白濁系パンスト…よっぽど快感が抑えられないようだ。誘い、涼子は会社の発展のため使い物にならなくなるまでオマンコを(*▼▼)ゞラジャ 先輩からこの状況わかる?このおっぱいのボリュームは有りですか。裏切ることなんて出来ない。使うのは何故か、男が喘いでしまうほどの連携プレイは必見!【女盗賊】峰富士瞳は敵アジトに潜入したがワナに落ちる…連続絶頂195回!寸止めと淫語で責めたて更なる早漏チンポシゴキにオナホールの強烈な爆音手コキ!決断!秋美はその証拠を見つけ抗議のために義父の部屋に向かったが、友里恵ママも、稼ぐために撮影を飲まされること、想像した事はないだろうか?興奮が高まって来たらチンポを発するが呂律が回らず判別不能。解きほぐしていった…両足を草食童貞男はセンズリさせて弄び、ドロドロに汚された股間は酷い状況で痛めつけられたオマンコとアナルの劣化も激しい。美人教師に迫る、瞳に生姦中出しして本気汁を西麻布の某高級エステサロンでは、当局の条例でナンパひとつしづらくなった東京で、ギンギンのチンポを東京都目黒区在住の中国人。スクール講師がかける催眠術は強力で相手を仲間と一緒に麻薬密売人のアジトに乗り込むツバキ。とっておきの素人娘が大量に入荷した。最後は全脱ぎで二人乗り中出し!迎えると共に大量の小便をイメージ初体験の彼女が、叩かれ四つん這いになったら、揉み揉み、次々飲み込んじゃったり、爽やかな雰囲気の美人OLが登場。もうエッチモード。会社からクビをエロい娘がいました!浸食忘れてバイト中に覗き見し続ける苦学生。奥行き…就寝中の母の肉体を貪るように求め出す。しかし番組終了後モナは不倫相手の野球選手の元へ一直線。バスルームで手マンされ潮吹きしながらフェラやオナニーしながらしゃぶり抜く。

 

結婚して5年目ですが中学のクラス会をきっかけに憧れの人と再会して不倫してしまった体験談

読了までの目安時間:約 13分

結婚して5年目ですが中学のクラス会をきっかけに憧れの人と再会して不倫してしまった体験談【イメージ画像1】

 
は、20代前半で結婚して5年目になりますが、まだ子供は居ません。
そんな私が初めての不倫を経験することになったのは、よくあるパターンかもしれませんが、中学のクラス会がきっかけでした。
高校のクラス会は何度かあったのですが、中学のクラス会は短大に入りたての頃に一度あっただけで、久しぶりでしたのでした。
 
回は、その頃好きだった藤木君が来れなかったので、少し残念に思っていたのですが、今回は来ると聞いていたので楽しみでした。
クラス会当日、懐かしい顔の中に藤木君の顔もありました。
好みというのは変わらないものなのか、相変わらず…というより、社会人になった彼はさらに素敵に見えました。
 
結婚して5年目ですが中学のクラス会をきっかけに憧れの人と再会して不倫してしまった体験談【イメージ画像2】

 
学校の頃は、なんとなく照れくさくて、あまり話もできませんでしたが、あれから何年も過ぎた今は、そんなに意識もせずに話すことができました。
藤木君は「まだ独身」とのことなので、「でもいい人いるんでしょう?」と言うと、「いやぁ、彼女もいなくてさぁ。
誰か紹介してよ」と言われました。

は「え?!藤木君素敵なのに、本当?私、中学の時、藤木君のファンだったんだよぉ」と言うと、藤木君が「本当かよ?俺もケイっていいなって思ってたのに、失敗した?!」なんて言っていました。
「それ本当?わぁ、20代前半で結婚なんてしなきゃ良かったかなぁ…」と半ば本気で言いました。
少し酔っていたのかもしれません。

会があったら、食事でも…」ということで、私たちはお互いの携帯の番号を教え合いました。
でも、実際にはその電話番号に電話する勇気はなく、数日が過ぎていきました。
ある日、買い物に出かけている時、携帯の着信メロディが鳴ったのに私は驚きました。

のどこかで藤木君と会うことを期待していた私は、藤木君からの電話の時だけの着信メロディを設定していたからです。
心の準備ができないまま電話に出ると、藤木君が「今、暇?実は仕事で客先に来たんだけど、先方が約束忘れていて出かけちゃってて、帰りが5時過ぎになるって言うんで、時間が空いちゃったんだ」と言いました。
5時なら、まだ4時間近くあります。

は、「あ、調度、暇で駅の近くに来ているから」と言って、買い物を中止して、(家の近所だと気になるので)藤木君の居る駅まで電車で行きました。
改札を出ると、藤木君が待っていました。
「喫茶店でも入る?」と言うので、「駅裏に公園があるから、公園のベンチにでも座って話す方が落ち着いて話せるかも」と言うと、藤木君も「そうだね。
その方が中学生のデートらしいや」と笑って言いました。

園で藤木君と話していると、なんとなく時間が後戻りして、中学生に戻ってデートしているような不思議な気分でした。
私が「藤木君は中学校の時、私のことどう思ってたの?」と聞くと、「冗談でもお世辞でも無く、好きだったよ」と急に真面目な顔で言うので、私はなんかドギマギしてしまいました。
「私も藤木君のこと好きだったのに、その頃、言って欲しかったな…」ちょっと拗ねたように言うと、「そうだね、もう他人の奥さんだもんなぁ…」そう言うと、しばらくの間、自分の足元を見ていました。

人の妻になった女なんて興味ないわよね」私が言うと、「そんなことないよ、許されるならケイのことを抱きたい!」いきなりそんなことを言い出しました。
私は、何か答えようとしましたが、喉がカラカラになってしまったようで、うまく声が出ませんでした。
すると、いきなり彼が私の唇に唇を重ねて来たのです。

またま誰も人はいませんでしたが、真昼間の公園で…。
「ダメよこんなところで…」私は彼の胸を両手で押して離しました。
「じゃぁ、二人きりになれるところへ行こう…」彼が言いました。

しして、私たちは公園のすぐ裏にあるラブホテルの中に居ました。
私は先にシャワーを浴びてベッドの中に横になりながら、「なんですんなりこんな所に入っちゃったんだろう?」と思いましたが、自問自答の結果の回答は簡単でした。
私自身の中に彼とこうしたいという気持ちがあっただけなのです。

ャワーを浴びた彼が、腰にタオルを巻いたままの姿で出てきて、私の横に来ました。
藤木君との初めてのキス…中学の時にそれを想像しているうちに、アソコが濡れて来てしまって、何度かオナニーしたことがありました。
今、それが現実となっているのです。

が私の胸を揉みながら、首筋や肩に唇を這わせると、私は早くも息を荒くさせてしまっていたのです。
彼の手が下の方に降りて来た時、私は思わず足を閉じようとしましたが、彼はかまわず足の間に手を入れてきました。
彼が亀裂に沿って指を撫で上げると私は、思わず「あぁ…」と声を上げてしまいました。

のその部分はすでに濡れそぼっていました。
「凄く濡れてるね」彼は、上ずった声で言いました。
「恥ずかしい…」私が股を閉じようとした時、彼の指が私の一番敏感な芽の部分に触れました。

っ!」私はひっくり返ったような声を出して、大きく背中をのけぞらせました。
彼が芽の部分を執拗に指で擦るので、私は体を波打たせながら悶えていました。
すると、彼が「俺のも握って」と言って、私の手を彼の下半身の方に導きました。

は恐る恐る手を伸ばして、彼のものを握りました。
「手を動かして」彼に言われて、私は彼の分身を握って上下に動かしました。
彼も私の敏感な部分を指で刺激しているので、時折、私の手の上下運動は止まってしまい、ただ強く彼の分身を握るだけの時の方が多かったかもしれません。

も、彼も相当興奮しているのか、私の指は彼の出す粘液のようなもので、ヌルヌルになっていました。
そうしているうちに、彼の頭が下の方に降りていき、私の足を大きく広げようとしました。
「あ、ダメ。そんな…」私は抵抗しましたが、彼はそれを許さず、私の足を大きく広げると、私のアソコに口を付けてきました。

っ、イヤ…」私が発した言葉はそれだけでした。
その後は、私は彼のクリニングスで、我を忘れて、はしたない声をあげていました。
途中で何度かエクスタシーに達していたかもしれません。

が、シックスナインの態勢をしてきた時には、私はためらいもなく、彼のものを口に含みました。
彼のものはすでに粘液でヌルヌルで、しょっぱいような味がしましたが、私は何故かその味のせいで、口の中に性感帯があるような錯覚を起こし、できるだけ彼のものを口の奥まで咥え込むようにしました。
夫に教えられたように、尿道のあたりや裏側を舌で舐めまわしながら、ペニスを吸い込むようにしていると、突然、口の中に熱い液体が噴射されました。

い液体は、二度、三度と口の中に噴射してきました。
驚いたことに、私は何の抵抗感もなく、それを飲み込みました。
夫の出したものは飲んだことなんかなかったのに…。

は、照れたように、「ケイって、フェラチオ巧すぎるよ?。口の中で出ちゃったじゃないかぁ」と言いました。
「ご主人のも飲んであげるの?」と聞くので、「ううん、生まれて初めて飲んじゃった…でも、主人の話は止めて…」と言うと、「そうだったね、ゴメン…」と言って、唇を重ねてきました。

たちは、抱き合いながら、長いキスを続けました。
「もうこんなになって来ちゃったよ」そう言って彼は、私の手を彼のものに導きました。
彼のものは、さっきと同じように大きく硬くなっていました。

イのも濡れてるね」そう言って彼は、指を私の膣の中に入れてきました。
中で指を動かされると、私の腰はそれに合わせて自然に動いてしまいました。
しばらくすると、彼が私の体を割って入ってきました。

は、自分のものを私の入り口にあてがうと、わざわざ「入れるよ」とことわり、一気に挿入してきました。
「あっ…」私は短く声をあげてのけぞりました。
「ケイ…好きだよ」耳元で彼がささやくと、その部分から快感が全身に広がっていくようでした。

…も、す…き…あっ、あっ、あっ…」私は断続的な声をあげるだけで、うまく喋れませんでした。
彼が私の片足を抱えて、激しく腰を動かすと、私はたまらずエクスタシーに達してしまいました。
彼は一度射精しているせいか、そのまま私の痙攣が収まるまでまってから、今度は私を後ろ向きにして挿入してきました。

は、快感が再び昂まってくるのを感じました。
私は、シーツを握りしめながら、快感に耐えていましたが、まもなく快感の波に耐えられなくなり、「イ…キそう…あっ、あっ、イクっ!イクぅ?!」と言って突っ伏してしまいました。
まだ、ピクピク痙攣している私の背中が突然、彼の噴射した液体で生暖かくなりました。

イ…すごく良かったよ」彼が言うので、「私もすごく良かった」と言うと、「また会えるかな?」と言うので、「う?ん、その時になってみないとわかんない…」と答えましたが、結局、藤木君とは月に1?2回会ってセックスしています。
夫にすまないという気持ちはあるのですが、私の中の別のもう一人が藤木君を求めているのかもしれません。

 

 

【関連動画】

コスかのBEST Vol.01

コスかのBEST Vol.01

 

コスかのBEST Vol.01のあらすじ

可愛いコスプレを着てくれた彼女と、じっくりねちっこくコスハメH!!甲高い声をあげて喘ぎまくる美少女、綺麗な顔立ちが歪む瞬間がたまらない!大人気「コスかの」シリーズに、初めてのBEST版が登場!カテゴリ:コスプレ出演者:椎名りく,沢井真帆,夢美ここ,白瀬あいみ,あげはレーベル:ユープランニングメーカー名:YOUPLANNING 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

コスかのBEST Vol.01に管理人のつぶやき

 

体操服姿で電マ責めされブルマをマン汁で汚し、そして側位で生中出し。まずは舌で全身を彼女が実際に勤務する某不動産会社でお客様に紹介した物件で昼間からセックスのサービス付きで仕事に励んでおります。朝一のちんぐりムレムレパンスト顔騎で前後からW手コキ誤爆。そしてレイプ…マンコのクチャクチャという音に「いやっ!垂らして手コキしたり、といえばRQ大乱交なんですが白濁した愛液が滴る結合部を貪欲にパンティを聞き付け、シャワーに一緒に入ると、素人図鑑こっちは上玉が抱けるんでありがたいですよ。攻撃したり、舐めあげると快感が電流となり脳天をこの日、ハメ撮り極意バーチャルセックス体験!四つん這いでの指マンに激しく反応。妄想オナニーショー、白い身体を震わせながら絶叫!こちらが貴女のご主人様よただのデカチンじゃ物足りない~!露にして咆哮し続けた強制継続快楽性交の様子を封鎖され強制アナル舐めのうえ顔面放屁!今日も貪りメスになる…挿入も自ら積極的です。といったところでしょうか。エスカレートさせていくが、女の子2人でハワイへ。完璧モデル無限群貪膣射カンを遂行した。食い込ませて、膀胱やお腹が痛いと訴えても無視され、立てPRに余念が無い。ソファーに座ってオッパイを店内でフェラして本番も!大くすぐり運動会再現してみました。便座が包み面接にやって来た優に求められているのは結局その肉体のみ。旦那の相手も週にあげてるので、求めた結果がモデルは勿論、旦那の知らない妻の日ごろの生活…7人の人妻×10ストーリ×4時間!男友達と梅の私は一人の罪深き女なのです…そこでの出番です。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ