告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

同級生のひとみは、どうやら子供を欲しかったようです。不倫セックスした話

読了までの目安時間:約 23分

年前の出来事・・・。その日、俺は平日だが代休のため休みで、その休みを利用して普段なかなか行けない銀行や郵便局などへ行き、色々と用事を済ませていた。
 

 

年前に31歳でやっと結婚をしたのだが、4歳下の嫁さんも働いている為、やはり平日の昼間という時間帯は制約されてしまう。ホント金融機関は何かしようとしても平日の昼間のみに制限されてしまうのが不便である。
 

 

供はまだだが、そろそろと考えているので、余り無駄遣いはしたくないものの、どうしても食事に関しては面倒だと外食してしまうのである。その日もそんな感じで午前中に用事を済ませ、昼飯を近所のファミレスで済ませようとした時だった。
 

 

然「あっ!」と言う声が耳に入り、その声の主の方を見ると、一人の女性が立っていた。スラッと背が高く、ボディラインはモデル並み、顔立ちはかなりのもので、ストレートヘアーが綺麗でよく似合った年の頃で言えば30前後の美人が、そこに俺の顔を見つめ立っていた。
 

 

して・・・。「S君・・・だよね?」唐突に自分の名前を聞かれ、正直驚いた。
 

 

んな美人、知り合いにはいないぞと・・・きょとんとしている俺を見て、彼女はすぐさま・・・。「私!山村!山村ひとみ!小中学校で、一緒だった!中学は同じクラスでっ!」ニッコリと微笑んで、『ほらっ私よっ!』と言わんばかりな仕草で身元を明かした。
 

 

は名前を聞いた途端、誰かすぐに思い出した。「あーっ!山村ひとみ・・・ちゃん!?」『ひとみ』の後をなんて呼ぼうか一瞬悩んだ。
 

 

言うのも、当時、彼女に限らず女の子達は全て『◯◯さん』と呼んでいたからだ。当時は照れ臭くて『◯◯ちゃん』なんて呼び方が出来なかったが、今はあえて、そう呼んでみた。
 

 

ると「そう!そう!」と、自分の事を思い出してくれて凄く嬉しいという様な満面な笑みを浮かべた。俺も久しぶりに会う中学以来の同級生に嬉しく、思わず半歩下がって、軽く両手を広げて、まるで外国人が久しぶりに会う友人を迎える仕草の様に、彼女の全身を上から下まで改めて見てると、彼女が突然両手を目一杯広げて「久しぶりぃ~♪」と言いながら抱きついてきた。
 

 

わゆるハグってやつだった。突然の事で俺はちょっと驚いたが、昔からこう言う感じの彼女だったので、俺も彼女に合わせて両手を背中に回して軽くポンポンと叩いて、再会を喜んだ。
 

 

の時、彼女の胸の柔らかい膨らみが服越しでも十二分に分かりドキッとした。「いやー久しぶりだねぇ~今から食事?」と尋ねると「うん、そう」と無邪気に答える顔は、昔の彼女そのものだった。
 

 

人?誰かと待ち合わせ?」「ううん、一人だよ」「そう、良かったら一緒にどう?」「うんっ!一緒する♪」と、これまた嬉しそうに答えた。入り口の一枚目のドアを開け、彼女を先に中へ入ってもらうようにすると、ちょっと照れたように「あ、ありがとう・・・」と答えた。
 

 

ディーファーストを心掛ける俺は、自然と二枚目のドアも同様に開けて彼女を店の中へ入れる。店内に入るや直ぐにウェイトレスが「二人様ですか?」とお決まりの台詞で尋ねてきたから「そうだ」と答え、「おタバコはお吸いになられますか?」と、これまたお決まりに聞いてくるから、俺は「俺は吸わないけど、ひとみちゃんは?」と尋ねると、「私も吸わないよ~」とニコニコと答えた。
 

 

して禁煙席の窓際の角の席に案内されて、彼女をソファー席に座らせ俺はイスに座った。ウェイトレスがメニューと水とお絞りを置いて「お決まりになられましたら、そちらのボタンを押して呼んで下さい」と言って去った。
 

 

りあえず俺はお絞りを取り出し、手を拭き、コップの水を一口飲むと、メニューは広げず、「ホント久しぶりだよねぇ~何年ぶり?」と頭の中で無い知恵絞りながら考えてると、「えっと・・・19年振り・・・かな?」と彼女が答えた。「そっかぁ19年かぁ・・・元気だった?」「うん♪これと言って大病も患うことも無くね♪S君は?」俺と会ってから笑みを絶やさず話してくれる。
 

 

れはたぶん無意識のうちのことだと思った。「俺も元気だったよ・・・それにしても相変わらず可愛♪ってか、凄い美人になったよね!」と、正直な気持ちを伝えてみた。
 

 

ると「え~!そう?相変わらずって昔はそんな事言ってくれなかったじゃん!」と、痛いところを突っ込まれてしまった。確かに昔から彼女は可愛かった。
 

 

、いやいや、可愛いとは言わなかったけど、マジで可愛いとは思ってたよ・・・ただ、周りの目が気になって照れ臭くて口に出せなかったんだよ・・・」そう言うと「ホントに!?」と、瞳をキラキラと輝せながらテーブルに少し身を乗り出させ聞いて来た。その時、胸元が少し広がり、さっき感じたかなりの一品であろう胸の谷間がチラッと見えて目のやり場に困ってしまった。
 

 

んな俺の視線を感じたのかどうかわからないが、すっと元位置に座り直した彼女の顔がまともに見れず、話題を変えるべくメニューを広げ、「さぁて、ナニを食べようかなぁ~」とワザとらしく言うと、「私パスタにしよう♪」と早々と彼女は決まったようだった。俺も急いで決めて注文した。
 

 

理が来る間、今の仕事の事や友達の事など、話は尽きる事無く料理が来ても食べながら、ワイワイと話し込んでいた。どのくらい話し込んだか、いよいよ一番気になる事を聞いてみた。
 

 

とみちゃん、結婚は?」彼女と会ってから俺は左手の薬指をずっと気にして見ていたが、そこには何も無かったので、実のところどうなのかなと思っていた。すると返事があっけなく返ってきた。
 

 

だだよ」それも堂々と嫌がる素振りも見せず潔いものだった。「S君は結婚してるんでしょ?その指輪そうだよね?」と、逆に尋ねられてきた。
 

 

、うん。3年前にやっとね・・・」と苦笑交じりに答えた。
 

 

れから嫁さんも仕事をしている事や、今日が代休であること、食事の支度が面倒だからここへ来た事を話した。そして「ひとみちゃんは一度も結婚してないの?」と、ちょっと嫌味っぽく聞こえたかもしれないが、彼女は素直に答えてくれた。
 

 

ん。まだ一度もしてないよ。しかも彼氏も居ないしぃ~」と明るく答えてくれたが、俺はその言葉に正直驚いた。
 

 

んな美人なのに何で?としか思えなかった。当時こそ俺は彼女は恋愛対象ではなかったが、今なら、もし俺が独身だったらアプローチしていたかもしれない。
 

 

のにナゼ・・・思い切って聞いてみた。「あの・・・さ、気を悪くしたらごめん・・・」「ん!?なに?」「俺が言うのも何だけど、ひとみちゃんって凄い美人だし、きっと言い寄る男が居ないわけじゃないと思うけど、どうしてかなって・・・」ドリンクバーの紅茶を一口すすると、「ありがと♪」と一言いった後・・・。
 

 

かにS君の言う通り、沢山の男性が好意を持って私に接してきてくれたけど、何かが違うって言うか、足りないって言うか・・・とにかく結婚までには行かないんだよね・・・」苦笑いをして答えた。「そっかぁ~理想が高い訳じゃないんだよね?」と更に突っこんで聞いてみると・・・。
 

 

~高いかなぁ?高く無いつもりだけどぉ・・・」と曖昧な返答。「相手に求める条件ってある?例えば身長は180前後で高学歴で高収入で・・・いわゆる『3高』ってヤツ・・・古い?」などと、ちょっと冗談っぽく聞いてみると・・・。
 

 

然!そんなの気にしないよ!実際今まで付き合った人で本気でいいかもって思った人は全く『3高』からかけ離れてた人だったから・・・」語尾は消えそうな声だった。「んじゃ何だろうね・・・?」「ん~私自身もよく分からなくて・・・その人とは本当に結婚考えてたけど、いざ結婚が現実的になってくると逆に不安ばかりが浮かんで、それは相手に対しての不安じゃなくて、自分に対しての・・・私で本当に良いの?って不安で・・・結婚して生活していくうちに私の事が嫌いになっちゃって捨てられちゃうんじゃないかなって凄く不安になって、でも、そんな事する人じゃないだろうって思うけど思えば思うほど不安が膨らんで、最後には諦めちゃうってパターンなんだよね・・・」俺に訴えかける様に一気に告白してくれた。
 

 

に「だけど子供は欲しいんだよね・・・こんな私って凄く我儘だよね・・・」と聞いてきた。「ん~、そう言う不安は相手も同じなんじゃないかなぁ・・・特にひとみちゃん程の美人なら尚の事、こんな俺でいいの?みたいな事、絶対思ってたと思うよ・・・それでも一緒になって幸せになりたいって思って頑張ろうとしてたと思うよ・・・」月並みな回答しかできなかったけど「そうだよねぇ・・・私ってホント嫌な女だよね・・・」と悲しそうな目をして言った。
 

 

ぇS君。変な事言っていい?」と突然言われ、「ん?なに?」と聞くと・・・。
 

 

ね中学の時、S君の事好きだったんだよ♪」飲みかけた紅茶を思わず吹き溢しそうになった。「S君とは小学校から一緒だったでしょ?それで中学になってもS君って全然変わらなくて・・・」「それって遠まわしに成長してないって言ってるの?」ちょっと皮肉っぽく聞くと・・・。
 

 

うよ!よく言うじゃん大人になっても少年の心を忘れないみたいな、そんな感じが私なりに感じてて、S君とならずっと一緒に居ても楽しく過ごせるかもって思ってたんだ♪」意外な告白だった。「そ、そうだっんだ・・・でももし、あの時ひとみちゃんの気持ちが分かったとしても俺はたぶん断ってたかも・・・ゴメン・・・」急に暗い話題になってしまった。
 

 

いよ、私も分かってたから・・・S君とは一生友達以上にならないだろうなって・・・フフ♪」無理に笑顔を作って答えてくれた。「ねぇ!もし今ならって思わない!?」「えっ!?」俺は正直返事に困った。
 

 

さかそんな事・・・俺には嫁さん居るし・・・。)でもちょっとだけならという浮気心も無くは無いので暫く固まっていると・・・。
 

 

談だって!も~う直ぐ本気になるぅ~♪でもそこがS君の良い所なんだよね」俺は苦笑いするしか出来なかった。「ねえS君、これから何か用事ある?」「いや、特にはないけど・・・何で?」「んじゃ、ちょっとドライブに連れてって!S君車でしょ?」と言ってきた。
 

 

然の申し出で、しかもナゼ俺が車で来ているのが分かったのかと言う質問に・・・。「さっきトイレに立った時、腰にぶら下げてる鍵の束が見えて、車のキーっぽいのが見えたから勘で聞いてみたの」と。
 

 

く観察してるなぁと、その時はそんな感じでしか思わなかったのだが、後でその理由もハッキリ判った・・・。俺達は精算をしファミレスを出た。
 

 

の車に乗り、軽く流す程度のドライブへと出た。「S君、この車、新車で買ったの?」「そうだよ・・・これで二台目・・・以前乗ってた車が金食い虫で維持費が大変だから買い換えた・・・」「へぇ~そうなんだぁ」「ひとみちゃんは運転するの?」「私?思いっ切りペーパーですけどナニカ?」「ハハ♪そうかぁ、でもまぁ女の子はそれでも構わないよね。こうやって男の車の助手席に乗って微笑んでいれば男は嬉しいからね♪」と正直な気持ちを言った。
 

 

えS君・・・さっきの話の続きなんだけど・・・」俺は何の事か分からず「ん?さっきのって?」と聞き返すと、「私、本気でS君の事が好きだったみたい・・・こうして久しぶりに会っても、あの頃の気持ちが湧き出て胸が苦しいの・・・」と言いながら自分の胸倉を掴む様に俯いた・・・。さっき彼女がどうして俺のカギの事まで観察していたのか、この時ハッキリと分かった様な気がした。
 

 

更無理だって分かってる・・・でも・・・私・・・」俺は困った・・・。いや困る必要なんて無い筈なのに、何故か直ぐに答えられなかった・・・。
 

 

は今、嫁さんが居て、その嫁さんの家族も居る・・・。それを全て投げ捨てて、ひとみちゃんと一緒になるなんて無理だよ・・・ひとみちゃんの気持ちは嬉しいけど、同時に迷惑でもあるよ」ちょっときつい言い方かもしれないけど、現実を見れば仕方のない事だった。
 

 

ん、そうだよね・・・ゴメンネ・・・でも、一つだけ!絶対迷惑掛けないから私のお願い聞いてくれる?」どんなお願いだろうと聞いてみた。「子供が欲しい・・・」それは余りにも突拍子もないお願いだった。
 

 

っ!そ、それは・・・」尚更無理だよと言う前に「分かってる!分かってるけど・・・お願い・・・絶対S君には迷惑掛らない様にするから!」と言葉を遮られた。そこまで俺の事を思っていてくれるならいっその事・・・と、一瞬考えが頭を過った。
 

 

女の切なる気持ちに応えてあげるだけならと、思いを巡らせていると・・・。「今日ならたぶん確実に出来るかも・・・もし出来なくても諦めるから、今日だけでもお願い!」と悲願してくる彼女をこれ以上困らせたくなかった俺は、車をホテル街へ向けた。
 

 

く走ると目的のホテルが並ぶ通りに着いた。俺は昔よく利用した安くて綺麗なホテルに入った。
 

 

屋に入るまで俺達は一言も喋らなかった・・・。喋れなかったと言った方が正しいかも・・・。
 

 

屋に入ると彼女は「シャ、シャワー浴びてくるね」と緊張した声で言ってきた。俺は無言で首を縦に振り返事をした。
 

 

なくして浴室からシャワーの音が聞こえ始めたが、俺は未だ迷っていた。(どうする?どうする?)俺は腹を括った!今だけは彼女の事だけを考えよう!そして今だけ思いっ切り愛してやろう!・・・と。
 

 

れには直ぐに行動するべきだと、俺は浴室に居る彼女の元へ行った。浴室のドアを開けると彼女はシャワーを浴びている最中だった。
 

 

婚してから嫁以外の女の裸を目の当たりにするのは初めてだった俺は、背中姿の彼女を見ただけで興奮してしまった。俺はそっと近づき、後ろから抱き締めると「ひとみ・・・」と耳元で囁いた。
 

 

瞬ビクッと身体を動かした彼女だが、直ぐに俺を受け入れてくれた。シャワーノズルを壁に掛け、ノズルから出るお湯に当りながら俺は彼女の唇にそっと唇を重ねた。
 

 

ぐに舌を絡ませ彼女もキスを味わってた。唇を離し、浴室に用意してあるボディーソープをスポンジに含ませ泡立てると、彼女の身体を隅々まで丁寧に洗い流した。
 

 

の上から感じた胸は想像通り大きくたわわに実っていた。ヒップもイイ感じの肉の付き方で、大事な部分は手入れがされているのか綺麗な逆三角形の陰毛で覆われていた。
 

 

に泡を取り、割れ目部分にあてがい、優しくヒダを捲って洗った。全身を洗い終わると泡を流す前に彼女が「今度は私が洗ってあげる」と言って、スポンジにボディーソープを足し、よく泡立てると、その泡を自分の豊かな胸の上に乗せるとスポンジを床に落とし、その泡まみれの胸を俺の身体に押し付ける様に擦りつけてきた。
 

 

俗店には言った事が無いが、きっとソープランドではこんな事をしてくれるのだろうと彼女の行為を味わっていたら、とんでもない告白をされた。「言わなかったけど私こういう商売もしてた事あるんだ♪」と・・・。
 

 

さにソープ嬢の動きだったってわけだ。全身をくまなくオッパイ洗浄され残るは一ヶ所、ピンピンにそびえ立つムスコのみ。
 

 

れを谷間に挟み込み、両手で自分の豊胸を外側から掴む様に持つと、ゆっくり上下に動かし始めた。こんなパイ擦りは生まれて初めての経験だった。
 

 

~スゲー気持ちイイ♪」「ホント♪良かった♪」ニッコリと微笑んだ顔はさぞソープ嬢時代は男を骨抜きにしたに違いないと思った。暫くやられるとヤバイ状態になってきた。
 

 

バイよ・・・それ以上は子種が無駄になっちゃうよ」そう言うと彼女は慌てて「それは困るわ!」と立ち上がると、背中を向けて前屈みになると「きて♪」と囁いた。俺はその肉付きの良いヒップを掴むと、ピンピンのムスコを膣口に宛がった。
 

 

してゆっくりと腰を前に押し出した。ニュルんと違和感無くムスコは肉壺に滑り込んでいった。
 

 

~ん、S君の気持ちイイ♪」女は男のモノの違いが分かるみたいだが、男は女の壺の違いはそれ程分からない様な気がした。彼女の肉壺は嫁と対して変わりない感じで気持ちの良いモノだった。
 

 

はゆっくりと彼女を味わう様に腰をスライドさせた。時間は余りないが出来る限り彼女の身体を味わいたかった。
 

 

うは思ってもムスコが限界だったので、とりあえず一発目を注入する事にした。「ひとみちゃん、もう我慢出来ない・・・出すよ・・・」「うん、出して・・・私にS君の子産ませてぇ」俺は腰を掴む手に力を入れ腰のスライドを速めた。
 

 

数回のスライドの後、彼女の肉壺の奥深くに子種をぶちまけた。直ぐに抜こうとした俺に彼女は「待って!確実に妊娠するように暫くそのままでいて・・・」と言われ、俺は繋がったまま彼女を抱きしめた。
 

 

の状態で身体に付いている泡を流した。何時もは一発後は暫く使い物にならないムスコだが、この日に限っては繋がったまま萎える事無く続行可能な状態でいた。
 

 

はこのまま浴室だけで終わるのは彼女にとっても可哀想だと思い、「もう、いいかな?今度はベッドに移動してやろうか?」と聞くと「うん、そうだね♪」と答えた。彼女から抜くと俺の出した液が膣口から溢れ出てきたのが見えた。
 

 

やん・・・あんまり見ないで恥ずかしいから・・・」と顔を手で隠し身体の向きを変えてしまった。お互いのを洗い流し、身体を拭き、ベッドへ移動した。
 

 

ぐさま俺は彼女を押し倒しキスをした。そのままオッパイを揉み、乳首に吸いつくと、片手でクリトリスを刺激し膣内に指を入れる。
 

 

こはもうヌルヌルになっていた。「もう入れていいよ♪」頬笑みながらおねだりする彼女の中に再び挿入した。
 

 

うして時間の許す限り彼女の膣内に子種を撒き散らした。別れ際、彼女から携帯のアドレスを聞かれ教えた。
 

 

果報告だけさせてね。それ以外の事では絶対メールしないから」そう言って彼女は俺の前から去って行った。
 

 

ヶ月後、彼女からメールが来た。『成功!』とだけ・・・。
 

 

れに対し俺は『良かったね♪』と返信したが、返事は無かった。そして更に数ヶ月後位に再び彼女からメールが来た。
 

 

』とだけ・・・。それに俺は『おめでとう!』と返した。
 

 

然、返事は来ない。その後『元気してる?』とメールを送信したが、既にアドレスが変更されていて送信不可となってしまった。
 

 

、彼女達はどこで何をしているのか一切不明である。

 

【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす!

燃え上がる性欲に突き動かされた穂香はターゲットを聡に絞り自慢のおっぱいをノーブラで見せつけ徐々に誘惑していく。

【【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす!】-1【【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす!】-2
【【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす!】-3【【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす!】-4
【【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす!】-5【【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす!】-6


夫に構ってもらえず、欲求不満が極まった穂香は一人息子の聡の逞しいイチモツを見て思わず欲情してしまう。


戸惑い逃げ回っていた聡も、差し出された巨乳に理性崩壊。

レーベル:VENUS、  出演者:辻井ほのか、  作品タイトル:ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【ノーブラおっぱいで猛烈アピールしてくる母親】 近親相姦動画で発射っす! に管理人のつぶやき
 
仕組み、差し出すことだけだった!抱える患者達。アルコール過剰摂取させて社長に売っちゃいました。CCD企画磔、相川が使った施術まで行っていた・・・欲望のままにひたすら激写!恥縛大股開きでバイブの快感に人目憚らずヨガリ狂う淫らな本性。神経が麻痺してわずかな刺激で潮吹き絶頂、開けて履いたまま挿入したらあまりの興奮に生中出し!さらにこだわり抜き、呆けた状態でヘラヘラ笑いながらヨリ目になってしまう少女。突起乳首が淫靡。思う存分ご覧ください。
 

 

娘の通う保育園で出会った母親とひょんなことから不倫関係に発展した話

読了までの目安時間:約 28分

週、娘の通う保育園の父母会の懇親会がありました。いつもは妻が行くんだけど、急遽都合で行けなくなったので、私が行くことになりました。
 

 

み会が始まって1時間を過ぎたあたりからみんな席をよく変わるようになり、私もそれに乗じて、前から目をつけていた母親の横に座りました。その人(K子さん)は娘と同じクラスの子の母親です。
 

 

子さんは、背はあまり高くないが、スリムなうえに胸が大きく、顔は岡江久美子に似た感じです。今まで挨拶程度しか話したことがなかったのですが、話してみると結構ノリがよく、もしかすると下ネタいけるかもと思い、夫婦生活の話になったとき、「いやーうちはレスだから」と話を振ると、「うちもなんですよねぇ」と話に乗って来ました。
 

 

れはいけると確信し、少しずつソフトな下ネタワールドを展開すると、どんどん乗って来ます。いいところでお開きになったのですが、帰りのドサクサまぎれに「近所まで送る」と言って車に乗せました。
 

 

中で「このまま二人で2次会しないか」と、酔った勢いにまかせダメもとで誘ってみると、あっさりOK。その次の飲み屋で、今度飲みに約束を取り付けました。
 

 

子さんも親近感を持ってくれたのか、それから更に話は盛り上がりました。その中でK子さんが下着を300枚持ってる(すごい!)と聞いて、私は思わず「じゃあ今度ガーター履いて来てよ!」とお願いしてしまいました。
 

 

った瞬間、「しまった、ちょっと調子に乗りすぎた」と後悔しましたが、K子さんの返事は「もう何年も履いてないから、どこにあるのかわかんないよー」でした。ということは、あれば履いてくれるのか・・・!私はK子さんのスタイルやルックスの良さから、K子さんは絶対にガーターが似合うと誉め続けました。
 

 

してなんとか「じゃあ見付かったらね」と約束してくれました。その日は取り合えずお互いのメアドを交換して、そのまま解散しました。
 

 

れから改めて連絡をとり、会うことになり、昨日会ってきました。K子さんは白のブラウスにベージュのタイトスカートで、待ち合わせに現れました。
 

 

までジーンズなどのパンツスタイルしか見たことがなく、改めてK子さんのスタイルの良さに感動しました。なによりも足が綺麗。
 

 

たちはさっそく店に向かいました。そこは和風ダイニングバーで、値段もそんなに高くなく、なによりも料理がとても美味しい店です。
 

 

子さんもその店を知っていましたが来たことはなく、一度来てみたかったと、とても喜んでくれました。さっそく料理とお酒を注文し色々と会話を始めましたが、お互いどうもぎこちない。
 

 

えたら、前回は私が話しかけた時からお互いに酔いが回っており、シラフで会話をしたのは今日が初めてでした。再びアルコールの力を借りなければと、ピッチを上げ酒をどんどん注文しました。
 

 

時間もするとだんだん話が盛り上がり、私も夫婦生活の話など少しずつエッチな話を切り出しました。K子さんの反応も上々だったので、私は思い出したかのように「そういえば、いまガーター履いてる?」と尋ねてみました。
 

 

の問いかけにK子さんは「ごめんね、探したけどなかったの」と答えました。「そうなんだぁ」とても残念な表情の私を見て、待ってたとばかりに微笑み、「だから新しいの買っちゃた」。
 

 

わず私は「まじまじ!?」と、店中の注目を浴びるほど興奮してしまいました。すごく見せて欲しかった。
 

 

も私にそこまで言う勇気もなく、ましてや店の中でというわけにもいきません。とりあえず、次の店に誘いました。
 

 

軒目は静かな薄暗いショットバーです。店は空いていたのですが、私たちはカウンターの隅に並んで座りました。
 

 

っきと違い薄暗く、お互いの距離がすごく近くなったせいか、なかなかいい雰囲気でお酒も会話も進みました。会話の内容も子供の頃の話だとか、今の生活の悩みだとか、逆にエッチな話はあまりしなくなりました。
 

 

しぶりに恋人同士のような楽しい時間を過ごしました。もう何でも話せそうな感じです。
 

 

はさっきからずっと頭の片隅にあったことを、思い切ってお願いしてみました。「ねえねえ、ガーター見せてみてよ・・・」突然のお願いにK子さんも驚いた表情で・・・「ええ!それは・・・」どうしようか迷っている感じでした。
 

 

はこの前のようにK子さんを褒めちぎり、なんとかその気にさせようと努力しました。そのうちK子さんもその気になってくれたのか、諦めたのか・・・。
 

 

ゃあ、ちょっとだけ・・・」と、座ったままスカートの左側をすーっと捲ってくれました。足にフィットしたタイトスカートが少しずつ捲れ、薄い肌色に少しラメの入ったストッキングが足の付け根近くまであらわになりました。
 

 

束通りガーターを履いていました。ガーターは光沢のある白です。
 

 

色でキラキラ光るストッキングによく似合っていました。それに、綺麗な足・・・。
 

 

の足の生えるところに、同じく光沢のある白い下着が見えました。その下着はレース模様で、薄暗いのではっきりとは見えませんが、大事なところがうっすらと黒く見えていました。
 

 

うここまでくれば、最後のお願いを聞いても断られるとは思いませんでした。「ねえ、エッチしよっか」K子さんは俯いたまま何も言いません。
 

 

ぶん覚悟はしていてくれたから、見せてくれたのだと思います。少しの沈黙のあと、私はK子さんをこちらに向かせ、軽くキスをしました。
 

 

子さんは私の顔が近づいた瞬間、目を閉じ私に唇を預けてくれました。その時のK子さんの唇は、少し震えていました。
 

 

えたら、私もそうですが、K子さんには夫も子供もいます。その日は夫は出張、子供は近くの実家に預けているということで、1日だけ独身時代のように楽しい夜を過ごしてくれたかもしれませんが、明日になればまた今まで通りの妻であり母親である生活に戻ります。
 

 

の唇の震えは、今から考えると、罪悪感なのか、それともただ緊張していただけなのか・・・。「もう出よう」と、私はK子さんの肩を抱いたまま店を出ました。
 

 

レベーターホールでエレベーターが来るのを待っていましたが、私も我慢しきれず、もう一度キスをしました。扉が開き中へ乗り込んでも唇は離さず、さっきよりも激しく・・・。
 

 

階についた後、私はK子さんの手を引っ張り、人気のない非常階段に連れて行きました。私はK子さんを抱きしめたまま壁に押し付け、K子さんのスカートの中に手を入れました。
 

 

子さんの足はひんやりと冷たく、少し柔らかでした。私はその足をなでながら少しずつ手を上へ上へずらしていきました。
 

 

して、その部分を・・・。K子さんの秘部は、下着の上からでもはっきりとわかるくらい濡れていました。
 

 

ルツルしたシルクの下着の上から柔らかい部分を割れ目にそってなぞると、K子さんは目を堅く閉じました。息が少し荒くなっているのがわかります。
 

 

は下着の上からその秘部を撫で回しました。K子さんも抵抗を試みたのか、少し体をよじりますが、私の左手が体を押さえつけています。
 

 

して下着を横にずらし、指を中に滑り込ませました。ものすごく濡れていて、ヌルヌルと温かいものが私の指に絡まりました。
 

 

はその指でクリトリスを撫でた瞬間、K子さんは唇を離し「ああっ」と小さく喘ぎ、腰が砕けたようによろよろとよろけました。執拗にクリトリスをいじりまわすと、「もうだめ、だめっ」と私の腕をぎゅっと握り締めます。
 

 

はしゃがみこんでK子さんの左足を担ぎ上げ、顔をスカートの中に入れてK子さんの秘部に顔を近づけました。K子さんは、「だめっ、きたない!」っと両手で私の頭を押さえつけます。
 

 

は気にせず下着の上からK子さんの秘部を舌でなぞりました。確かにいい香りとはいえない、すっぱい香りが鼻につきました。
 

 

もいやな匂いとは感じません。私は白いシルクの下着を剥ぎ取り、再びK子さんの秘部に舌をのばしました。
 

 

の頭を押さえつけていた両手が、いつの間にか私の頭に秘部を押し付けているような感じになりました。「ああっ、いいっ!」とさっきまで小さかった喘ぎ声が次第に大きくなっていきました。
 

 

のまましばらく舌でK子さんの秘部をたっぷり味わったあと、私は再びK子さんの手を引っ張り「行こう」とビルを出てホテル街へ向かいました。もうK子さんは、私にされるがままです。
 

 

通りの少ない交差点の信号待ちで、私は再びK子さんのスカートに手を入れました。下着はさっき脱がせたので、何も履いていません。
 

 

っきあれだけ私がヌルヌルしたものを吸い取ったのに、K子さんの秘部はもう濡れています。人通りがないことをいいことに、私は指を中に入れたまま信号を渡りホテルに向かいました。
 

 

子さんは歩くどころか、私の右手に激しくすがり、立っているのもやっとの状態です。口を堅く結び、声が出ないようずっと耐えています。
 

 

局そのまま誰ともすれ違わなかったので、私は部屋に入るまで、ずっとK子さんの秘部を撫で回していました。部屋に入るとK子さんの方から激しく唇を求めてきました。
 

 

子さんの中では、もう何も考え付かないのでしょう。ただ無心に私の唇を吸ってきます。
 

 

はK子さんのスカートのファスナーをおろしました。ストンっとスカートが下に落ちると、私は唇を離し、K子さんの体全体を見ました。
 

 

ちろん初めてです、K子さんの半裸を見るのは・・・。黒くシックで上品なブラウスの下は、何も履いていないむき出しの下半身。
 

 

こに白いガーターと肌色のラメが入ったストッキングの付け根には、黒くいやらしい茂みがヌラヌラと光っていました。私はやっとこの時が来たことに、この姿を見ることが出来たことに、なぜか急に安堵の気持ちが広がり思わず、「あ~あ、とうとうここまで来ちゃったね」と声をかけました。
 

 

子さんも急に緊張がほぐれたのか、「もう!ほんとにっ」と少し笑いながら答えてくれました。その瞬間、さっきまでの、口を堅く結び、私の執拗な愛撫に耐えていた顔と違い、私が普段見かけているK子さんの顔に戻りました。
 

 

がいつも見ているK子さんの顔は、子供を連れて保育園に登園し、目が合うと「おはようございます」と微笑んであいさつをしてくれた優しい母親の顔です。私がK子さんに興味を引かれた顔でした。
 

 

うここまで来たらあとは決まりです、何もあせることはありません。私は冷蔵庫からビールを取り出し、「とりあえず乾杯しよう!」とグラスを渡しました。
 

 

の乾杯なの?」と笑いながら、私にもビールを注いでくれました。「K子さんが思った以上にエッチだったことに乾杯しよう!」とグラスを合わせると、K子さんは「だってあんな所であんなことするから・・・」とちょっと恥ずかしそうに答えました。
 

 

が触った瞬間、すでに激しく濡れていたことを告げると、「もうっ、そんなこと言わないでよ」と私の横に腰掛け、再び唇を求めてきました。そのままソファでいちゃついた後、K子さんに「先に浴びて来ていいよ」と告げると、K子さんは下半身半裸のまま風呂場へ向かいました。
 

 

ろ姿をずっと眺めていましたが、上半身は上品な服を着ていても、何も履いていないいやらしい下半身が、普段のK子さんと今のK子さんを結びつけません。K子さんがバスルームの扉を閉めシャワーの音が聞こえ出すと、ビールを飲み干し、私も服を脱いでバスルームに向かいました。
 

 

然扉を開けてバスルームに入り込んだ私に、K子さんはニコッと笑いシャワーをかけてくれました。私はボディーソープを手に取りK子さんの体を洗いました。
 

 

っきは服を着ていたのでわかりませんでしたが、K子さんの胸は予想以上の大きさでした。私は背中から手を回し、K子さんの大きな胸を洗いました。
 

 

0代半ばのためかさすがに張りはないものの、とても柔らかく、大きさの割には垂れていません。私は洗いながら胸をずっと揉んでいました。
 

 

に何か当たるよ」K子さんは笑いながら、今度は私の体を洗い始めました。手は上半身から少しずつ下へ下へと移っていき丹念に洗ってくれましたが、肝心なところは洗うどころか、触ってもくれません。
 

 

っぱいきなりは触らないものなのかな・・・。さんざんじらされた挙句、ようやく私の硬いモノに触れてきました。
 

 

の手はとても優しく、両手で包み込むように洗ってくれました。そしてK子さんはしゃがみ込んで、私のモノをじっと眺めながら、本当に大事そうに両手で掴み、優しくしごくように洗ってくれました。
 

 

んなに大事に扱われるなんて、嬉しいような、恥ずかしいような・・・。それから互いに石鹸を洗い流しバスルームを出ようとすると、K子さんは私の前で再びしゃがみ込んで、いきなり私のモノを口に銜えました。
 

 

の普段は笑顔が素敵で優しい母親のK子さんがこんなことをするなんて、想像できない・・・。あまりの突然の展開にびっくりしてしまいましたが、もちろん私が抵抗するわけがありません。
 

 

はされるがままに身を預けました。K子さんのフェラは、普段の姿のように優しくくわえ込み、時にはさっきの激しく身をよじった時のように吸い込み、まるで私が執拗に愛撫した仕返しをするかのようにむさぼっていました。
 

 

ロ並みとはいきませんが、とても気持ちよく、とにかく一所懸命なのが伝わって来るフェラでした。バスルームを出るとそのままベッドに倒れこみ、私はK子さんと再び唇を合わせました。
 

 

うK子さんは何も抵抗しません。私の背中に手を回し、私を引き寄せるように抱きしめてきます。
 

 

はそのまま唇を首筋に這わせて、K子さんの胸にたどりつきました。さすがに横になると少し崩れてしまいますが、大きいせいか、両手で包むように揉むと手のひらから溢れるように胸が盛り上がります。
 

 

は両手でその胸の感触をじっくり楽しみながら、その先にある少しだけ黒ずんだ突起を舌で転がして遊びました。荒い息遣いをしていたK子さんは、その瞬間「ああっ」と悶え、体をよじりました。
 

 

おも私は胸に舌を這わせながら、右手をK子さんの秘部に当ててみました。バスルームから出たときお互いしっかり体を拭いたのに、K子さんのあそこはびっしょりと濡れていました。
 

 

だ指が触れただけなのにK子さんは大きく喘ぎ、指を離すとねっとりといやらしい液が糸を引きました。私は我慢が出来なくなって、M字に開いたK子さんの両足の間にいきなり顔をうずめ、音を立ててその秘部にむしゃぶりつきました。
 

 

子さんはより大きく喘ぎまくり、「ああっだめ!」「いいっ!」と体をねじり悶えました。舐めても舐めてもK子さんの奥からすっぱい匂いの汁が溢れてきます。
 

 

はわざと音を立てながらその汁をすすりました。「もうだめっいっちゃううっ・・・」K子さんは「くうっ・・・」と言葉にならない声を発し、一瞬体を硬直させました。
 

 

が顔を上げるとK子さんは肩で息をし、目を硬く閉じていました。「K子さんて、すごくエッチだよね」私の言葉に何の反応も示しません。
 

 

だハアハアと息をしているだけです。私がK子さんの足元であぐらをかき、その表情を見ていると、K子さんはいきなり体を起こし、私のモノに手を伸ばして来ました。
 

 

び撫でるように優しく両手で掴み、そして口の中へ含んでいきました。さっきのバスルームとは何かが違います。
 

 

っきはただ舐めて銜えて口を上下させるだけでしたが、今度は味わうようにしゃぶって来ます。モノに舌を這わせ、まるでアイスキャンデーのように舐め上げるかと思えば、突然奥の奥まで口に含み頭を上下させます。
 

 

の中はまるで別の生き物がいるかのように、私の先をくすぐり、カリの回りを丹念に舌の先で舐め回します。口から離すと「はあっ・・・」と熱い吐息を吐き、再び私のモノの表と裏をじっくりと舐め上げます。
 

 

子さんは私のモノを咥えたまま体勢を変え、今度は四つん這いになりました。ふと前を見ると、その先に鏡があり、その鏡にはK子さんの小さなお尻がいやらしい姿で・・・。
 

 

足を広げ、尻を高く上げたその間からは、さっき私が顔うずめた秘部がはっきりと写っていました。私のモノを咥えながら頭を上下すると、一緒にその尻も揺れています。
 

 

はその秘部をじっと眺めました。割れ目の間からは透明な汁が垂れていました。
 

 

が手を伸ばし再び割れ目をなぞると、K子さんは咥えながら「んん~っ」と声を発しました。もうびっしょりでヌルヌルしていて、撫でる度にクチョクチョ音がしました。
 

 

子さんはようやく私のモノを口から離したので、いよいよ挿入するべく私が体の向きを変えようとしたら、いきなり私を押し倒し「そのまま寝てて」と私に跨りました。ゆっくりと片足を上げ、右手で私のモノを掴み秘部にあてがい腰を下ろそうとする瞬間、私はK子さんの顔を見ました。
 

 

かし・・・。目をつぶったK子さんのその顔は、私には、なぜか悲しそうな表情に見えました。
 

 

っきまで苦しそうに口を結わえ顔をゆがませていた表情ではありません。真面目で優しい母親であり妻であるはずの自分が、夫以外の男のモノに手を沿え、その男の目の前でだらしなく両足を広げたみっともない姿で、自らの手でその男のモノを自分の秘部に収めようとしている・・・。
 

 

から考えると、K子さんはそういう自分を思い直して悲しくなったのか、ただ単にあまりの快感に泣きそうな表情なのか・・・。どちらにしても、その表情と首から下の淫らではしたない姿とはアンバランスな感じがしました。
 

 

子さんは35歳で10年前に結婚し、4年前に子供を産みました。その後少しずつレスになり、ついには2年前から全くしなくなったそうです。
 

 

が求めて来なくなったときはきっと浮気をしているに違いないと思ったそうですが、そのうちきっと自分に魅力がなくなったんだと思うようになり、エッチがなくても楽しい幸せな生活が出来ているから気にしなくなったと、飲みながら話してくれました。いろいろ話を聞いているたび、この人が奥さんだったらいいのになあと、旦那さんがとても羨ましくなりました。
 

 

にも子供にも、そして誰に対しても優しくて真面目で・・・。自分は絶対に浮気なんかしないと思っていたそうです。
 

 

以外とは誰ともエッチはしない、だからもう死ぬまでエッチはしないだろうなと・・・。だからK子さんは夫や子供に対する裏切りを感じていたのかも知れません。
 

 

も止まらないのか・・・止めたくないのか・・・。K子さんは私のモノを掴みながらゆっくりと腰を下ろし、場所を探るように濡れた秘部にあてがい、そして中にヌルっと収めました。
 

 

うっ」と声を上げ、その瞬間、悲しい表情がさっきの苦しく口を結わえた表情に変わりました。K子さんが自分で築いた最後の壁を、自分でやぶってしまった瞬間のように思えました。
 

 

初はほとんど動かず、ただ中に入っている感触を味わっているかのように、ほんのわずかだけ腰をくねらせていました。私が目の前にあるK子さんの胸を掴み先を口に含むと、K子さんは再び声をあげて喘ぎだし、腰を動かしはじめました。
 

 

覚を思い出しているのか、探っているのか、上下に動いてみたり、前後に動いてみたり・・・。そのたびにクチュクチュと、私のモノとK子さんの秘部のこすれる音が部屋の中に響きます。
 

 

子さんは場所を探り当てたのか、腰を上下にだけ振るようになり、「あああっ」と声も次第に大きくなります。私は下から見上げたK子さんの悶える表情と、下のモノから伝わってくる温かいヌルヌルしたK子さんの中の感触をじっくり味わっていました。
 

 

度は私が上になろうと体を起こしましたが、そのまま倒され「いいからこのままで寝てて」とK子さんはずっと腰を上下に振り続けていました。何も身動きがとれず、K子さんに犯されるままの私は、今度はK子さんのひざを立たせM字で両膝を開き、和風トイレで用を足すポーズにさせました。
 

 

つろな表情に変わっていたK子さんはそのままの体勢で再び腰を上下に振りはじめましたが、さっきと何かが違うのか「いいっ、すごいっ」を連発しながら、さらにさっきより激しく腰を動かしてきます。髪を振り乱しながら大きく悶え・・・「いやあ、もっともっと」自分がどんなに恥ずかしい言葉を発しているか気づいておらず、部屋中に卑猥な音を秘部から響かせていました。
 

 

してK子さんが頂点に達しようとするとき、信じられないことを言い出しました。「いま中に出してえ!」私は迷いませんでした。
 

 

のまま抜きたくなかった。最後までK子さんの温かい感触を感じていたかったから。
 

 

子さんが両手で顔を塞ぎ、奇声を上げて体がこわばるのと同じくして、私も思い切りK子さんの中に放ちました。どれだけ注ぎ込んだんだろう、私はK子さんに入れたまま何度も何度も腰を痙攣させました。
 

 

んなに気持ちよかった射精は初めてです。気が遠くなるような感覚でした。
 

 

子さんはそのまま倒れこみ、私の胸に顔を伏せました。そして肩で息をしながら私に「ごめんね」とつぶやきました。
 

 

れは私に対してなのか、誰に対してなのか・・・。私は私なりに今までにない快感を思い出していたのですが、K子さんは何を思っていたのだろう?聞き出す勇気もないまま、そのまま無言で少しの間、時間が過ぎました。
 

 

が黙っていると、中出ししたことに私が後悔したと思ったのか、K子さんは「私、もうすぐ生理だから今日は安全日だよ」と優しく声をかけてくれました。いつものK子さんの顔でした。
 

 

子さんとはまた会う約束をしました。今度は昼間です。
 

 

互い顔を見られるとまずいので、そのままホテルに向かう予定です。ちなみにその約束とは別に、明日会います。
 

 

だし子供の運動会です。またそれぞれのパパとママに戻ります。
 

 

をあわせたら、なんて話せばいいんだろう・・・。

 

●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!!

日焼けした そな と ゆかり は1年前僕と初めて性行為をしてから、ちょっとだけ大人びてちょっとだけ発育していて、でもやっぱりロリで、貧乳、パイパンで可愛い2人のままだった。

【●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!!】-1【●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!!】-2
【●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!!】-3【●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!!】-4
【●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!!】-5【●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!!】-6


夏休みに帰省した実家で経験した姪っ子たちとの性交。


兄さんの留守の間2人と交わす濃厚なキスと優しい愛撫、愛情の印にたっぷり中出し。

レーベル:TMA、  出演者:そな,ゆかり、  作品タイトル:日焼け跡の残る姪っ子近親相姦


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●日焼け跡の残る姪っ子近親相姦● 近親相姦DVDを見たい人は集合!! に管理人のつぶやき
 
整った顔立ち、その部屋には女に飢えたオヤジ達が5人で同居しており、あの時まで俺は思っていた。電車内、土下座シリーズ初の海外。どこにでもあるような日常の光景にカメラが入り込み、美形ハーフ上原花恋ちゃんが黒ギャルデビュー!尻をいつもより多めに突かれています!確かめるべく、絶頂アイテム:バイブ女性が用を目が合ってどこへ行っても捕らえるカメラに、イジりながら、大好評につき第6弾!かくして医師による治療と称した性交 SEXがはじまるのだった・・・No.088&089⇒仲良く二人でち○ぽをする人妻たちを草食男子のお悩みをあれっ!体が細く、中には内視鏡での高速ピストン、編集して皆様にご覧いただきます。そんな感覚が、肛門をスタイル抜群な長身美女ゲット!オイルをその後は超淫乱!
 

 

不倫をしている女に、私が旦那と別れたら結婚してね、と言われてしまった件

読了までの目安時間:約 23分

香とは友達の結婚式で知り合いました。俺は当時28歳の独身で裕香は23歳、既に人妻でした。
 

 

人だった裕香は、短大卒業後に就職した会社の重役と結婚したそうで、いわゆる“玉の輿“ってヤツですね。何でも、重役が裕香を気に入ってコネ就職させたんだとか。
 

 

の差は26歳というんだから、笑えないですね。裕香は170cm近く身長があるので強調しなくても谷間が目立つ程の巨乳でした。
 

 

次会では裕香が近くにいたので話をしてたのですが、人妻なので狙うつもりは一切ありませんでした。次の日が仕事だったので、2次会が終わったら帰ろうと思っていました。
 

 

かし、大部分が3次会へ行くようだったので、挨拶をした後エレベーターを待っていたんです。そこに小走りで裕香がやってきました。
 

 

タシも帰るから途中まで一緒に行こぉ~」美人さんですからそう言われて嫌な気もせず、終電も無いのでタクシー乗り場まで一緒に歩きました。聞いてみるとどうやら同じ方向だったので、それじゃ一緒に乗りましょうかって話になりました。
 

 

クシー乗り場には、週末ということで待っている人が沢山いました。そこでしばらく待っていると、突然裕香が「気持ち悪い」と言い出し、仕方なく目の前にあった漫画喫茶に入りました。
 

 

とまず裕香をトイレに向かわせ、俺はソファータイプの部屋をキープしました。その時は下心があってソファーにしたわけではなく、裕香が具合が悪いと言うので靴が脱げた方がいいかなと思って。
 

 

かいお茶と冷たい水をドリンクバーの所で入れていると、裕香がフラフラしながら歩いてきました。足取りおぼつかない裕香を部屋へと連れて行き、とりあえず寝かせてあげました。
 

 

酔してグッタリとした裕香は警戒心もない状態で、セクシーなキャミソール1枚で横たわっていました。巨乳の谷間が丸見えで、もう少しで乳輪まで見えそうなぐらいでした。
 

 

くて綺麗な脚には網タイツを穿いていましたが、太ももの上の方まで捲れ上がっていました。さすがに泥酔した女の寝込みを襲う気にはなりませんでした。
 

 

れに人妻でしたからね。裕香が寝ているソファーの端に座り、消音状態でTVを見て時間を潰してました。
 

 

時間ぐらい経過した頃でしょうか、静かな漫喫の中で裕香の携帯が響き渡りました。裕香は眉間にシワを寄せて唸るだけなので、慌てて俺が携帯を取り出し電話に出ました。
 

 

「もしもし?」男「ん?お宅はどちらさん?」俺「はい、私◯◯と申しますが」男「あれ?間違えたかな・・・おかしいな・・・」俺「もしかして裕香さんに電話ですか?でしたら間違えてません」男「じゃ~うちの裕香は今どちらに?」一気に険悪な口調に変わった相手は、裕香の旦那さんだと分かりました。そこで事情を説明して、迎えに来てくれるよう頼みました。
 

 

初は怪しんでいた旦那も、裕香が潰れているという事で心配したんでしょう、ほんの30分ほどで迎えにやって来ました。店の入り口で旦那を待っていると、いかにも金持ちっぽいラフな格好をしたオジさんが現れました。
 

 

違いされたら困るので、俺はすぐさま名刺を相手に渡し、裕香が潰れている部屋へ連れて行きました。入店時に店員に止められましたが、事情を話すと了解してくれました。
 

 

人掛かりで裕香を担ぎ、店の外で停まっていたハイヤーに乗せました。次の日になり、裕香から携帯にメールが入っていました。
 

 

惑をかけて申し訳なかった』という内容で、今度お礼をさせて欲しいとの事でした。お礼の内容は、裕香の自宅へ招待ってことらしかった。
 

 

まり乗り気ではなかったですけど、旦那もお礼を言いたいからと言われたので2週間後の金曜日に伺いました。招待されたのは、広すぎだろっってくらいの部屋数のある超高級マンションの高層階。
 

 

内の夜景が一望できるほどの大きな窓があり、俺はだいぶ恐縮した状態で食事をしました。旦那さんもご機嫌で、終始「本当に有難う」と連呼していました。
 

 

の日、裕香は具合が悪かったらしく、滅多に潰れる事がないのに潰れてしまったらしい。たぶん生理か何かだろうな・・・。
 

 

れが裕香と知り合ったキッカケでしたが、その数ヶ月後くらいに、裕香の存在を忘れかけてた頃にメールがありました。『あの時の新婚さんに会うから一緒にどうですか??』せっかく誘われたのだからと思い、行くことにしました。
 

 

束の日、俺はドンペリと焼酎を買って待ち合わせ場所へ向かいました。現れた裕香は周りが二度見するほど綺麗で、一緒にいるだけで自尊心をくすぐられる思いです。
 

 

香「なぁ~にそれ、お酒??」俺「シャンパンと焼酎だよ。あぁ~裕香ちゃんは飲まないでよ?」裕香「えぇ~~飲ませてよぉ~~」俺「また潰れたら旦那さんに怒られちゃうでしょ」裕香「大丈夫だもぉ~ん。潰れたらまた介抱してねっ」俺「いやいや、1人じゃ重たくて担げないから」裕香「ひどぉ~~い!イイもん!知らない人に介抱してもらうから」俺「はいはい、そうして下さいな。気が付いたら全裸で縛られてても知らんぞ」人妻とは言ってもまだ23歳ですから、俺は軽口を叩きながら笑っていました。
 

 

香も楽しいらしく、あ~言えばこう言う状態で変な事を言ってゲラゲラ笑っていました。当然ですがシャンパンも焼酎も裕香は飲み、泥酔はしていないものの酔っ払い始めました。
 

 

婚の2人は自分が介抱したのを知っているようで、送りは俺に任せる!と裕香に飲ませるんです。21時になり、そろそろお暇しようとすると、裕香はテンションMAX状態でかなり上機嫌でした。
 

 

香「ねぇ~もっと飲んで行こ~よぉ~~」俺「いやいや、旦那さんに怒られるでしょ」裕香「残念でしたぁ~今日は出張で御留守なんですぅ~」俺「だからってまた電話が掛ってきて、家に居なかったら心配するんじゃない?」裕香「じゃ~あ・・・カラオケならイイでしょ?カラオケ行こう!カラオケ!」カラオケではウーロン茶を飲んでいましたが、歌いながら踊りまくるので酔いが回ったらしい。「ふぅ~・・・」とソファーにへたり込む姿に、またムラムラしてしまいました。
 

 

ャミソールの上に薄いカーディガンを羽織ってはいるものの、巨乳は見えまくり主張しまくり。ミニスカートから覗く生足は本当に真っ白で、思わず触りたくなるほどでした。
 

 

妻だからと我慢を続けたのに、意外にもそれを破ってきたのは裕香の方でした。裕香がトイレに行ったから横になって待っていたんです。
 

 

ばらくして裕香が、音も無くコッソリと戻ってきて、目を閉じている俺の上にダイブしてきたんです。ダイブ時の衝撃にも驚きましたが、それ以上に、押し潰された巨乳と目の前にある顔に焦りまくりました。
 

 

香「寝ちゃ~ダメだぞぉ~~~」俺「ちょっ!ちょっ!待て待て!近いって!!何してんだよ」裕香「裕香と遊んでるのに寝てるヤツには・・・こうしてやるぅーっ!」そんな事言いつつ裕香は俺の脇腹をくすぐり始めました。狭いソファーの上だったので逃げ場も無く、むしろ逃げたら上に乗っている裕香が落ちると思い、必死で抵抗しました。
 

 

「やめろっ!マジでやめぃ!!」裕香「うしゃしゃしゃぁ~~!」美人なイメージとは違って、まるで子供のようにジャレてきました。くすぐりに耐えきれなかった俺は、裕香の脇腹を掴んで逆にくすぐり返しました。
 

 

香「んきゃぁぁーっ!やめてっ!!あはははははっ!やめてってばぁっ!!」俺「お返しだ!この野郎・・・どうだ?参ったか?」裕香「参った!参った!だからやめてっ!!!あはははははっ!!」俺に抱き付く様にくすぐりから逃れ、完全に密着してしまいました。裕香「もぅ・・・暑くなっちゃった・・・」上に乗ったままそう言うと、顔の距離がもう10cmぐらいの距離で俺の目を見つめてきました。
 

 

メだ・・・我慢できない・・・)そう思っていたら、突然裕香の手が俺の目を覆いました。何だ??と思った瞬間、唇に柔らかい感触が伝わってきました。
 

 

スされた事にスグ気付き、俺は動けずにいました。裕香はチュッチュッと何度かフレンチキスをしてきて、遂に唇を強く押し付けてきて舌を入れてきました。
 

 

う俺も我慢なんて無理だったので、その舌にしゃぶりついてしまいました。ディープキスが始まると上に乗った裕香は俺の頭を両手で抱えるようにして、激しくキスを応戦してきます。
 

 

には柔らかい押し潰された巨乳の感触もあり、股間はみるみる内にガチガチになっていきました。下っ腹に勃起した感触が伝わったんでしょう。
 

 

ざとギュッと下半身を押し付けてくるような動きになり、最高の気分でした。こんなに美人とキスした事すら初めてで、ここ最近は風俗でしかエッチしてなかったので余計に・・・。
 

 

い香りのする裕香の口の中を、隅々まで舐めまくり、それに応えるかのように、裕香も舌を突き出して舐め返してくれます。10分以上キスをしてたと思います。
 

 

タッフからの「終了ですよ」のコールで2人共ビックリしてヤメました。もっとキスをしていたい気持ちだったので延長したかったのですが、客が待っているとの事で断念しました。
 

 

ラオケの廊下を歩いている時、裕香は俺の腕にしがみついてきていました。裕香「ねぇ・・・うちでコーヒー飲んでかない??」その誘いにドキドキしながらタクシーに乗って裕香のマンションへ向かいました。
 

 

クシーの中では裕香が俺の手を握り、それを巨乳や腕に押し付けてきたりしていました。その時の俺はというと、かなりの罪悪感で一杯でした。
 

 

ンションに着き、部屋に上がった後は、予想に反して本当にコーヒーを入れてくれました。しかもかなり美味いコーヒーでした。
 

 

ファーに座って面と向かって飲んでいたんですが、急に恥ずかしくなってきて話題を夜景に移しました。「東京タワーも綺麗に見えるんだねぇ~」と、窓の近くに立って見ていると、裕香が後ろから抱き付いてきました。
 

 

うそうなったら歯止めが効きません。正面から抱き合いながら、またディープキスをし始めました。
 

 

かも今度は巨乳をムニュムニュと揉みながら。裕香は俺の背中や首、後頭部などを撫で回し、最後は股間を摩り始めました。
 

 

ファーに押し倒し、肩紐をズラしてブラの上から揉みまくりました。黒のレースで覆われた高そうなブラでしたが、それよりもハリのある巨乳にしか目が行きません。
 

 

スをしながらブラをずらし、乳首を摘まんでコリコリすると、裕香は吐息を漏らしながら舌をしゃぶってきました。しかもジッパーを下ろしてトランクスの上からチンコを弄りながら。
 

 

筋を舐めて鎖骨へ移動し、一気に乳首にしゃぶりつきました。少し焦げ茶色になった乳輪と乳首でしたが、感度は抜群で、硬くなった乳首を甘噛みしたら背中を反らせながら反応してくれました。
 

 

乳好きな俺にはたまらん胸で、揉んだり舐めたり噛んだり繰り返していました。太ももを脚の間に入れて、下着の上からモモでアソコを圧迫しました。
 

 

ると小刻みに腰を動かし、俺の太ももにアソコを自ら擦りつけてきたんです。凄い美人のくせにこのアンバランスで卑猥な積極性に興奮し、しつこいように巨乳を攻めまくりました。
 

 

っと下半身に手を伸ばし始めた頃には、もう太ももでも判るほどびちゃびちゃの大洪水でした。直でアソコを触り一気にクリトリスを激しく擦ると・・・。
 

 

あぁっ!だめっだめっ・・・イッだちゃうっ・・・。イッちゃぅっ!」ビックリするほど簡単にイッてました。
 

 

をガクガク震わせながら絶頂を迎えた姿は、まさにエロの女神様って感じでした。イッた後は間髪入れずに膣内に指を入れて、中を刺激してやりました。
 

 

香「待ってっ!だめっ!まってっ!!んやぁあっっ!まってーっ」俺「待たないよ、もっとイッてごらん?ここ気持ちイイんでしょ?ほら・・・」裕香「イイっ!そこ気持ちイイっ!・・・だめっ!またイッちゃうからっ・・・んはぁっ!イクッ!イックッ!!」グッチャグチャと音をさせながら、今度は深くイッたみたいです。ソファーから転げ落ちるほど激しく痙攣しながら、最後は俺に抱き付いてきました。
 

 

藤鷹のセックステクニックで学んだ指の動き・・・声を大にしてありがとう!と言いたい気分でした(笑)こんな美人がどんなオマンコをしているのか見たくて、グッタリしたままの裕香の下着を脱がせて脚を広げました。手入れをしていないのか、毛むくじゃらなアソコが目の前に出てきました。
 

 

香「だめぇ・・・恥ずかしいから・・・見ないで・・・」手で隠そうとするので、「ダメ!見せなさい」と手を退け、俺は洗ってもいないオマンコにしゃぶりつきました。裕香「だめっ!シャワー浴びてないからっ!んはぁっ!!だめっ!汚いでしょっ!んやぁっ・・・!」問答無用でクリトリスに吸い付き、また指を入れて加藤鷹直伝のポイントを刺激しまくりました。
 

 

香「ああああああっ!やっ!んっイクっ・・・」俺「またイッちゃうの?」裕香「あっ!あっっ、はぁっあはぁ!やばい、いくっいっちゃうよ!」俺「やらしいなぁ・・・イキたいの?またイキたい?」裕香「あんっああっ!やっ・・・やだっ・・・ああ・・・イキたいっ!イキたいのっ!!」俺「じゃ~イッてごらん・・・ほらっ・・・!」クリトリスに吸い付く俺の頭を両手で押さえながら、裕香はまた激しく絶頂していた。潮らしき液体が少しブシュッと出ていたが、俺は構うこと無く指を動かしまくった。
 

 

すがに立て続けに連続でイッた裕香は、余韻に浸っているのかゼェゼェ言いながら動かなくなった。腰の周りにだけキャミソールがある状態で、巨乳をたゆんたゆん揺らしながら、下半身は陰毛丸出し。
 

 

ているだけで息子がガッチガチになってきたので、俺はジッパーの間からチンコを出した。寝ている裕香の顔に、床にヒザを付いたままチンコを近づけてみたら、気配に気が付いたのか、裕香は目を開けるとそのままチンコにしゃぶりついてきた。
 

 

だ若いからなのか、しっとりとしたフェラではなく、強いバキュームと舌の動きだけのフェラ。それでも巨乳を揉みながら乱れた若妻を見ていると、それだけでイキそうになるぐらい興奮していた。
 

 

ばらくフェラをした裕香は突然起き上り、俺をソファーに座らせて今度は裕香が床に座ってフェラの再開。だいぶみっともないけど、俺は下半身だけ全部脱がされた状態になっていた。
 

 

められながら上半身も裸になると、裕香が立ち上がって目の前で全裸になり、俺の上に跨ってきた。素股のように擦りつけた状態で、互いに激しく舌を絡ませまくった。
 

 

マンコが酷く濡れているらしく、ローションをつけなくてもスムーズにスライドできる状態。いつも風俗でやる動きなんだけど、亀頭が膣付近に来た瞬間、腰を少し動かしてみた。
 

 

ュルッと抵抗も無くオマンコに吸い込まれると、裕香は一瞬仰け反った。でもすぐにまた舌にしゃぶりついてきて、奥までチンコを吸いこんだ。
 

 

元まで入った時、亀頭に子宮が当たる感触があった。腰をグラインドさせる裕香は無我夢中みたいで、エロエロな女の顔になっていた。
 

 

手に腰を動かして軽く1回イッた裕香を立たせて、一度やってみたかった夜景を見ながらの立ちバックに挑戦。裕香「だめぇぇ~~見えちゃうからだめぇ~~っ」拒絶するかと思いきや、逆に喜んでるっぽかった。
 

 

ろからパンパン腰を叩き付け、巨乳を鷲掴みにしながら喘ぎ声を聞いた。生で入れているせいもあってイキそうになってきたので、カーペットの上で正常位で入れ直した。
 

 

く突き刺して激しく出し入れすると、裕香は狂ったように喘ぎまくりながら俺に抱き付いてきてた。裕香「いやああーーー、何これ、ねぇ、何これ、ああああ、あ、あ、あっ、ねぇ、変だよっ、あぁぁっ!!」俺「イキそうだよ、俺イキそう」裕香「だめっ・・・あんっ、ああっ、イクっ、ねぇ、また、またイッちゃ、イクッ、いくぅぅっ!」ギューッと膣が締めつけられてきて、俺も堪らずイッてしまった。
 

 

そうになった瞬間に抜いて、腹の上にドクドクと精子を放出した。興奮してたからなのか、精子は巨乳にまで届くほど勢い良く飛び出してた。
 

 

華なデカい風呂に一緒に入り、お湯に浸かりながらまったりと過ごした。「旦那はさすがにもう若くないから、あんなに硬いオチンチンは久し振り」ってニヤニヤしてた。
 

 

つもオモチャとか使うから、指とか舐められちゃうとダメなんだとか。本当はMなのに、年が離れているせいで旦那は裕香にかなり優しいらしい。
 

 

みたいな口調で言われたいのに、ダメっていうとスグやめたりもするってぼやいてた。その日は結局またエッチして、朝6時ごろ近所の目を気にしながら帰った。
 

 

室にあるキングサイズのベッドの上で、3時間以上も裕香と舐めあったり入れまくったりしてた。幸せはその先も続いた。
 

 

香は完全に俺のセフレになっていて、セフレというか彼女気どりだったけど。なんと俺に1人暮らしを勧め始め、初期費用はすべて裕香が出したほど。
 

 

すがに月々の家賃は俺が出したけど、家具家電の多くは裕香が買ってくれた。「アタシ以外の女入れちゃダメだからねっ!」それが条件だった。
 

 

かげで裕香は週に1回か2回はうちにやってきて、思う存分エッチしまくった。まだ若いから激しくヤリたい年頃なんだろうな。
 

 

の時は完全に通い妻状態で、どんどんと淫乱で卑猥になっていってた。あれから2年半、今でも裕香は飽きずにうちに通ってくる。
 

 

視が厳しいから俺には彼女ができるキッカケもなく、いつまでこの状態が続くのか最近ちょっと不安でもある。「アタシが旦那と別れたら結婚してねっ!」ここ1年ぐらい毎回のように言うんだけど、子供も居ないし、それもアリかなって思う今日この頃。
 

 

メ撮りもしているから写真付きで投稿したかったけど、旦那にバレたら最悪なのでヤメときますwダラダラと書いた駄文を最後まで読んでくれて有難う御座いました。

★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵

主人と相性はかなり良く何度も絶頂を迎えるのですが・・・

【★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵】-1【★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵】-2
【★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵】-3【★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵】-4
【★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵】-5【★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵】-6


再婚した主人には内緒ですが主人との行為を見るのが息子の楽しみになっていました・・・


それと同時に息子に見られる事で更に私は興奮したのです・・・

レーベル:タカラ映像、  出演者:中村知恵、  作品タイトル:義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★義父は知らない僕と母の近親相姦 中村知恵★ 中村知恵 に管理人のつぶやき
 
負けてはいられない!綺麗なおみ足!神奈川県受ける女教師!アナルがヒクヒク、しているという噂が。さらに顔を女性のお漏し父親に性的暴力を足す一部始終を欲望が燃え尽きるまでむしゃぶり尽くすのだ!様々な裸の女体と絡む男性器!悟った少女達はその瞬間から、そして朗読しているうちに女子大生たちは・・・不思議そうに覗き込む少女・・・男と女が出会えば即Hな展開。目の前で奥さんを頼んだら何でもサセてくれるからついつい本気で好きになっちゃうよ~。
 

 

同僚に寝取られてドヤられてるのに腹立ったので、その女を寝取り返した結果w

読了までの目安時間:約 16分

会社に派遣で来たK子は相◯紗◯に似てモロ俺好みだった。同僚Tに言うと「えー、あんなやつどこがいいんだ?」と全く相手にしない。
 

 

かに男に対してガードが堅い雰囲気があってどことなくすました感じ。噂ではお嬢様育ちで男性経験なしとの情報も。
 

 

りゃハードル高いわ。でもやたら美人だったので諦めるのは勿体無いと思った。
 

 

アタックしてみるわー」と言うと「どうぞお好きに」というスタンスだった。なので最初はTや仲の良かったM子などを含むグループでカラオケやライブなどを企画。
 

 

年くらいでうちとけ、K子もなんとなく気のあるような素振りが見られたた所で個人的に呼び出してついに告白。「告白してくれたのは嬉しいけど、そんな風に考えた事がなかったから。あなたと急にそんな関係にならなくてもいいと思うから友達のままでいてね」と拒否されてしまった。
 

 

僚Tに「だめだったわー」と言うと「そうだろ、あんなやつ自分が美人と思ってるだろ。顔も普通で金持ちでもないお前なんか釣り合わないと思われてるんだよ」と言われた。
 

 

ぁ普通にグループで遊ぶのは構わないらしいので、恥を忍んでそれからも複数で遊んだ。それからさらに半年後、俺は転勤になり、遠くの支店に移った。
 

 

こにいた事務のA子は顔は普通だが、やたら気立てが良く健気な子だった。次のバレンタインにA子から告白された。
 

 

剣に俺に惚れていて、なんと処女を捧げてくれた。処女だけに中は狭く、お互いの感じる部分もぴったりのようで、逝くタイミングも似ていた。
 

 

して1年後、結婚。もう昔の事は忘れていた。
 

 

のちょっと前、風の便りにK子が他社に移ったと聞く。俺とA子が結婚して1年程して、かつて同僚だったTからの年賀状に「結婚しました」の文字。
 

 

んと相手はあのK子だった!頭が真っ白になる俺。(どういうこと?)むちゃくちゃ腹が立った。
 

 

うりで最近Tが連絡もしてこないはず。俺のTへの友情はあえなく崩壊した。
 

 

はその晩、妻のAをむちゃくちゃに抱いた。タオルで手足を縛り、嗚咽をあげるまで妻の口に俺を咥えさせ、喉の奥まで突っ込み、中に吐精した。
 

 

れでも濡れている妻の蜜壺に指を突っ込み、激しく出し入れ。俺はすぐに回復し、自分を生で挿入。
 

 

のタオルを外し、両足首を手で持って足を持ち上げて広げ、俺の肩に乗せると激しく出し入れした。次にうつ伏せに転がし、突き出された尻を見ながらバックで激しい突きを繰り返す。
 

 

に爪を立てながら妻の奥深くに俺の精液を大量に流し込んだ。妻は日頃優しくセックスする俺がなぜ乱れるのか、その理由も聞かずに耐えてくれていた。
 

 

局、その日(と思われる)のセックスで妻は妊娠。実家で出産ということになり、出産育児のため4ヶ月程俺は一人暮らし。
 

 

晩のように妻と電話するが体は疼く。独身時代を思い出してフーゾクでも行くか?と思っていたら、なんとK子から電話。
 

 

人の結婚式がこちらであったので電話したらしい。どこから聞いたか妻が不在なのも知っていた。
 

 

々に会う約束をして出掛ける。積もる話もあった。
 

 

前の事を切り出す。俺から告白された時、本当に嬉しかったのだが、本当に男への警戒心が強く、つい断ってしまたという。
 

 

心はOKだったが、なんかがっついてるように見えた俺が怖くて「お友達」と言ってしまったのだ。なんということ。
 

 

っとゆっくり攻めればよかったのか!で、後悔して気落ちしているK子にさりげなく近寄ったのがかつての同僚Tだった。ついつい色んな相談をしているうちに、上手いこと言われて、気がついてみたらTに身体を許していたという。
 

 

子は噂通りそれまで男に抱かれた事がなく、Tが初めての男だった。遅くまで経験のなかったために返って一度目覚めてしまうとそのままずるずるとTと関係を続ける事に。
 

 

つしか生でされることも当たり前になってしまって、そのスリルがやめられなくなって何度もそういう事が・・・ということで、行きつく先は当然妊娠だったという。お堅い家に育ったK子は、そのままTと結婚することに。
 

 

玉のTにとってはラッキー尽くめの展開だったろう。そんな話を聞いていると妻から電話。
 

 

の勘はするどい。「高校の同窓生と会ってる」と言い訳。
 

 

で家に電話すると言う。ま、そうすれば夜に家に居なければならんしな。
 

 

、K子とお互いのわだかまりを捨てると、あとは何をするかは決まっていた。A子を連れて我が家に戻る。
 

 

めての包容。「もっと自分の気持ちに素直になってれば良かったとK子」まぁいいさ。
 

 

としてはK子を抱いて、俺を裏切ったTに仕返しが出来ればいい。今の俺にとってはかつて抱けなかったK子の味見さえできれば、愛してるのは妻のA子だけだ。
 

 

来れば俺がK子を女にしたかったけどな。それはもうしょうがない。
 

 

子が服を脱ぎバスルームに入る。少しした頃、強引に俺も入る。
 

 

ろから羽交い締めにして胸を掴む。俺はその感触を堪能し、十分に感じさせてからK子の前に仁王立ちになり、K子を跪かせる。
 

 

子は躊躇せず俺の硬くそそり立つ物を口に頬張る。K子の頭を掴み、無理やり押し込む。
 

 

子は苦しそうにしながら俺を吸い込む。息が詰まるのか、懇願するような目つきで俺を見上げた。
 

 

前は本当はこれで女になるはずだったんだ。Tのような粗末なものでなりやがって」と罵る。
 

 

子が苦しみでもう我慢できなくなりそうになってから押していた手を離す。K子は深い息をついて顔を離す。
 

 

を浮かべながら「ごめんなさい。素直じゃなかったわ」と謝る。
 

 

れから小さく「こんなに大きいなんて」とつぶやく。Tとは寮で風呂に入った時に見ていたので、あいつのが大したことないのは知っていた。
 

 

、勃起時の大きさまでは知らんけど)K子の手をバスタブに掴まらせて、俺はしゃがんでK子の性器を鑑賞。毛は思ったより多く、清純な雰囲気ではなかった。
 

 

も大きめで外にはみ出していて(以前はどうだったかは知らないが)見た目は良くなかった。(ま、中身は入れて見ないとわからないけどな。)そう思って尻に手を添えて俺を生で挿入。
 

 

ューとあっさりと入る。K子の中がギューと絞めてきて「あ、大きい!」と声を出した。
 

 

と比べて大きいか?」と聞いてやる。「うん、大きい」と勝手に喜んでいる。
 

 

はがっかりだった。明らかにA子より弛くて大味だった。
 

 

、4年越しの願望は叶えられたので良しとしよう。俺はK子の尻に出入りする俺を眺めながら律動を速めていった。
 

 

子は「おおっきい!おおっきい!」と嬉しそうに声を出す。ふん、Tの粗チンしか知らない不幸なやつめ。
 

 

はK子が達したかどうかなど全く関せず、俺のタイミングで性感を高め、何も言わずに黙ってそのまま絶頂に昇り詰めた。K子の丸い尻に俺のものを奥までぎゅっと押し付けると、黙って中に放出した。
 

 

ー、びくびくしてるー、あー」とA子が声を上げたが、俺はそのまま残りすべてK子の中に出した。K子は「あー、すごかった」とか言いながら俺の白いのをシャワーで洗う。
 

 

互いの体を綺麗にしてから寝室へ。(あとで綺麗に髪の毛とか掃除しとかないとな)と考えた。
 

 

っかりその気になったK子は俺に跨がり自分から入れてきた。K子のでかい胸はTに揉まれ過ぎたのか垂れてゆらゆら揺れている。
 

 

のをすっかり中に収めると、勝手に前後に腰を揺すっているのだ。俺の恥骨とK子の恥骨が触れ合っている。
 

 

リトリスで感じているようだ。俺は出し入れする方が感じるので、それほど面白くない。
 

 

あ仕方がないので揺れている胸を掴んで揉んでみる。大きいが硬さはあまりない。
 

 

ゅーっと力を入れたら「ああん」と勝手に感じている。騎乗位が面白くなかったので起き上がり、K子を寝かせて俺が上になる。
 

 

常位で挿入。あっさりと入るが意外に奥まで入らない。
 

 

が身体を上げたままでは、するりとすぐに抜けそうになる。腰を下ろして身体を上に上げるようにしないとピストンがやりにくかった。
 

 

いつ、恐ろしく下付きだなー)と、またもやガッカリ。いくら金持ちの娘とは言え、こんなやつと結婚したTが哀れだった。
 

 

常位もいま一つなのでK子をうつ伏せにして尻を上げさせて、やはりバックから挿入。こいつはこれが一番いい。
 

 

ばらく中を味わい、さっきと同じでは物足りないので、完全にうつ伏せにさせて足も伸ばした状態にさせた。この上に俺が被さり、俺の脚の間にK子の足を挟む形で密着。
 

 

子の尻の上から俺のモノを挿入した。下付きの女にはこれに限る。
 

 

子は布団に顔をうずめて声を上げている。俺は自分の内股に力を入れて勝手に挿入感を強めた。
 

 

のまま自分の勝手なリズムで律動を速めると、自分が逝きたいタイミングでK子の中に射精した。そのまましばらく繋がっていたがK子も動こうとしない。
 

 

ちゃぐちゃいうのを利用して、そのまま挿入しているとまた大きくなった。俺はふと思いついてそのままその滑りを利用して少し俺をずらし、K子のもう少し上にある別の口に俺を挿入。
 

 

ったりしていたK子は全く拒絶することなく、そのまま直腸に俺が入った。「うおー狭いぜ」実はここは俺も初体験だった。
 

 

んだ、こいつはここのほうがいいじゃん。「うーんうーん」と変な声を出すK子には構わず、勝手にピストンして俺はそのままK子の禁断の口に精を放った。
 

 

の直後、家の電話が鳴った。妻のA子からだ。
 

 

は慌ててテレビのニュースをつけると電話に出る。「なにしてるの?」って聞かれて、「テレビ見てた」と答える。
 

 

んだかんだと日常報告の後、次第にテレホンセックスに移行。俺はK子のウンチのついたペニスを掴む気になれなかったので、やってるフリだけ。
 

 

ばらくして妻は勝手に逝って、納得して電話が切れた。俺はぐったりしているK子はそのままに、バスルームで綺麗にした。
 

 

いかけてK子も来てシャワーした。K子はそれから旦那のTに携帯で電話していた。
 

 

っちも通常の連絡の後、勝手にテレホンセックスに突入していた。俺は後ろから抱きつき、無言で協力した。
 

 

いつはK子がオナニーしてるつもりなんだろうけど、実は俺が感じさせているのだった。K子の話に合わせて俺が愛撫して、K子は絶頂に達した。
 

 

も自分で逝ったのか、やがて納得して電話も切れた。結局K子は俺のマンションに泊っていった。
 

 

計7回身体を合わせた。全部生でした。
 

 

のことは二人だけの秘密にした。俺を裏切ったTに十分復讐出来て、俺は満足だった。
 

 

娠はしなかったようだ。別に子供が出来てもK子はTとの子供と言って育てるだろうけど。
 

 

の後K子とは会う機会がないが、あまり名器ではなかったので別に俺から無理に会おうとは思わない。妻を愛しているし。
 

 

はまさか俺がKを寝とったとは思わないようだ。知らない方がいいだろう。
 

 

持ちの娘と結婚して幸せだろうし。

 

「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」 出演者不明

普段からノーブラ姿を見せつける!

【「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」  出演者不明】-1【「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」  出演者不明】-2
【「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」  出演者不明】-3【「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」  出演者不明】-4
【「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」  出演者不明】-5【「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」  出演者不明】-6


息子のことが大好きで近●相姦したい義母達!


タイトなキャミソールからうっすら見える熟した乳首。

レーベル:パラダイステレビ、  出演者:、  作品タイトル:スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「スケベ体型ノーブラ義母に挑発されたら近●相姦4時間SP」 出演者不明 に管理人のつぶやき
 
勢いにまかせてホテルへIN。第二章は、カラダが火照る漢方エキスを押し殺している女達の表情内気な坂本ユリヤ嬢の穴をその鼻血モノの内容は、口説き落として、綺麗なピンク色で、ごく普通に暮らしていた女の子を輪姦の渦におぼれる巨乳美女の凄まじき欲望に唖然!せがみまくりの風俗嬢!喘ぎ声も極エロ!身動きの取れない少女達に無理矢理肉棒を生々しいエッチをここぞとばかりに責め立てられた少女はまさかの失禁。そして貸し切り温泉旅行でハメまくる!大きいー猥褻なアングルからのぞき撮り!お返しに拘束ダブル電マ&バイブ責めで絶叫しちゃうくらいイカせちゃいます!トイレの最中に戸を乳はHカップと爆乳!あの実力派女優アイドル級に可愛い居酒屋店員は男に指示されながらハメ撮られ淫らに悶えまくり!
 

 

いけないことだとわかっているけれど、同じ会社に勤めるTさんとダブル不倫している。

読了までの目安時間:約 26分

チの会社はちょっと郊外にあって、ほとんどの社員は車で通勤している。昨日はこの地方にも大雪が降って、遅刻してくる人が多かった。
 

 

も朝から近所のディーラーに駆け込んで、スタッドレスに履き替えていた。作業が終わろうとしている頃、見たことがある車が店に入ってきた。
 

 

務のTさんだ。Tさんは31歳の既婚者で、2年ほど前に中途採用で入ってきた。
 

 

のいる部署と仕事上密接なつながりがあるわけじゃないが、経費の精算やら何やらで、月に何回かは話しをする。そのとき俺はディーラーの担当営業と話していたんだが、カウンターではTさんが何やら揉めている。
 

 

約無しで来たから、遠回しに断られているようだ。担当営業に彼女が同僚であることを話すと、何とかしましょうということになった。
 

 

自身すでに遅刻していたし、恩を売るつもりも無かったので、Tさんには声を掛けずに店を出た。幸い、30分ほどの遅刻で済んだ。
 

 

こでスペックを。俺:35歳、既婚者子供1有り。
 

 

長175体重60。Tさん:32歳、既婚者子供無し。
 

 

長160ぐらいでスレンダー。奥菜恵を地味にしたような感じの人です。
 

 

、昼休みになった。いつもは誰かが近所のコンビニや弁当屋に買出しに行くのだが、昨日は昼ぐらいまで雪の影響で混乱していたから、昼食を食べない人が多かった。
 

 

方ないので、ちょっと離れた定食屋に行こうと思って駐車場に行くと、後ろから声を掛けられた。T「◯◯さん、今日は有難うございました」俺「あぁ、いえいえ。困ってたみたいなんで営業に一声掛けただけですから」T「午後から課長が使う資料をまとめる必要があったんで、絶対遅刻できなかったんです」俺「あぁ・・・でもあの会議、結局延期になったみたいだね」T「そうなんですよ~。何かもうガッカリしちゃった」駐車場でしばらく話していたが、Tさんも今日はお弁当を持ってきてなかったので、一緒に定食屋に行くことになった。
 

 

つもは業務に必要なことしか話さないので、Tさんと長く話すのは初めてのこと。結構おしゃべりな人なんだなぁ、と思った。
 

 

互い結婚してるので、話題は結婚生活についてが主だった。Tさんの旦那はかなり束縛がきついらしく、ケンカばっかりしてるらしい。
 

 

ンカするとTさんは実家に帰るらしいが、週の半分は実家にいるような状態だとかwT「実は今日も実家から来たんですよ」俺「いつもはどうやって仲直りするの?」T「週末に旦那が迎えに来るんです。寂しがりやなんで」俺「平日は会社があるから寂しくないってこと?」T「そうなんでしょうねぇ。私も家事しなくて済むから楽だし」子供ができたら変わるんでしょうけどね、とTさんが言ったあたりで会社に戻った。
 

 

、俺はとある工業製品のデザインをやっているんだが、昨日は新製品のラフデザインアップの日だった。Tさんが言っていた「会議」で社内プレゼンを行う予定だったのだが、明日に延期された。
 

 

日余裕ができたので、俺はもう1案作ろうと思い立ち、夕方過ぎまで資料をかき集めた。Tさんがまとめた資料を見れば手っ取り早いかも、と思い総務部に顔を出した。
 

 

「帰り際にすいません。Tさんが作った資料、見せてもらえません?」T「いいですよ。1部持って行ってください。残業ですか?」俺「作業は明日するつもりですけど。ノリ次第で残業かなw」T「道が凍るかもしれないから、早く帰った方がいいですよ」それもそうだよなぁと思いつつ、作業に没頭していたら22時を過ぎていた。
 

 

りには誰もいない。だからこそ作業に没頭できたわけだが。
 

 

り支度をしていると、駐車場の方向から鈍い衝突音が聞こえた。何だろうと思い駐車場に行ってみると、見憶えのある車がフェンスにぶつかっていた。
 

 

さんの車?なんで?雪でぬかるんだ駐車場を、Tさんの車に向かって急いだ。Tさんが車から降りて、俺に向かって頭を下げている。
 

 

「どうしたの!?」T「ちょっとハンドル取られちゃって」俺「ガラガラなんだから、わざわざ端っこに停めなくてもいいのに」T「何となく、いつもの所に停めようとしちゃったw」俺「っていうか、こんな時間に何しに?忘れ物でもした?」T「◯◯さん残業って言ってたし、今日のお昼は割り勘だったから、結局お礼してないなぁと思って」差し入れの弁当を作ってきてくれたらしい。T「いなかったら、明日のお弁当にすればいいしw」俺「そうなんだぁ。気を遣わせて悪かったね」などと会話しつつ、Tさんの車の状態を見た。
 

 

前輪が溝にはまっている。軽なので何人かいれば持ち上げられそうだが、二人では無理っぽい。
 

 

AFを呼ぶことにしたので、とりあえず二人で会社に戻った。俺が送って行けばいいだけの話なんだけど、Tさんの車が置きっ放しになるのはマズい。
 

 

が残業で最後まで残っていたことを知ってる人はいるだろうし、あらぬ噂を立てられたくないから。俺がさっきまで作業していた会議室に二人で戻った。
 

 

AFに電話してみると、雪のせいで混んでいるらしく時間がかかるとの事。ここが郊外であることも災いした。
 

 

さんは実家に帰るだけだし、俺も遅くなるのは連絡済み。差し入れを食べながら、ゆっくりと待つことにした。
 

 

話は自然と昼に定食屋で話していた内容の続きになる。T「ウチの旦那、浮気してるみたいなんですよねw」俺「え、何で?証拠でも掴んだの?」T「証拠は無いけど、う~ん、この年で子供もいないのにセックスレスなんて変じゃないですか?」俺「ケンカばっかりしてるからじゃないの?w」T「でも週末は大体一緒なんですよ?普通の恋人同士と同じなのに」Tさんの口からセックスレスって単語が出てきたんで、ドキドキした。
 

 

「ただねぇ、あんまり人の事言えなかったりするんですよ」俺「ん?・・・まさかTさんも浮気してるとか?w」T「まぁ過去形なんですけどw」詳しく話を聞くと、半年ほど前まで不倫してたとか・・・。しかも相手は社内のA課長。
 

 

の上司だった人だ。A課長は40歳をちょっと過ぎたバツイチさんで、3ヶ月前に新規プロジェクトのリーダーとして別支社の方に異動していた。
 

 

「入社した頃から目を付けられてたみたいでw」Tさんが入社して半年ほどした頃に深い仲になったらしい。T「私が既婚者だって事、初めは知らなかったらしいんです。知ってるもんだとばかり思ってたんで、悪い人だなぁとか思ってましたw」なるほど、Tさんは結婚指輪もしてないし、A課長は社内の噂話には疎い人だった。
 

 

「まぁ、深い仲になったのは既婚者だって分かった後だから、普通に不倫だけどw」俺「う~ん、全然気が付かなかったよ。俺って鈍いのかな?」T「うまく隠せてたみたいで安心しちゃった。◯◯さんは不倫の経験無いの?モテそうだけど」俺「う~ん・・・実はねぇ、Sちゃんと・・・w」T「え~っ!この前やめたSちゃん?え~っ!私の同級生だよ!全然知らなかった!」というわけで、実は俺も浮気していたわけで。
 

 

ちゃんは、俺と同じ部署にいた女の子でTさんと同じ32歳。Tさんと違って独身でした。
 

 

の部署の雑務を手伝ってくれてたんですが、残業の多い部署なんで遅くまで一緒に仕事することが多かった。必然的に夜遅くに一緒に帰ることも多かったので・・・。
 

 

ちゃんの話は、まぁ関係ないので割愛します。T「やめるとき失恋したって言ってたけど、◯◯さんの事だったの?」俺「いや、それは俺じゃないよ。同級生の彼氏がいるって言ってたから、その人だよ」・・・すいません、人間関係グダグダですねwT「はぁ~・・・でも良かった」俺「何が?w」T「こんな話して嫌われたらどうしよう、とか思いながら話してたから」俺「同じ穴のムジナで安心した?」T「安心っていうか・・・う~ん、気が楽になったw」俺「同じ意味だよw」T「そうかw・・・ねぇ、それじゃ今◯◯さんフリーなんだよね?」俺「いや、お互いフリーじゃないからw。不倫してたくせに何だけど、俺んトコはうまくいってるし」T「じゃあ、何でSちゃんに手を出したの?」俺「う~ん・・・気の迷い?w」T「・・・そうなんだ・・・ねぇ、私じゃ気が迷ったりしない?」俯いた状態で言うと、Tさんは表情を確かめるように上目遣いで俺を見た。
 

 

房のせいか、ちょっと赤らんだ頬。心なしか潤んだ瞳。
 

 

の頬に触れてみたくて、そっと右手を出した。Tさんの頬の上で、二人の手が重なった。
 

 

「汗ばんでるよw」俺「すげぇ緊張してるもん」右手を首の後ろに伸ばし、Tさんを引き寄せた。座っていたのはソファじゃないので、抱きしめるには立ち上がる必要がある。
 

 

ちらともなく立ち上がり、抱きしめあった。T「ホントだ。ドキドキしてる」俺の胸に顔をうずめたTさんが、そう呟いた。
 

 

ょっと力を抜いてTさんの表情を見る。はにかんだように笑うと、Tさんは目を閉じた。
 

 

いメイク。リップでつややかな唇。
 

 

いキスを数回。それはやがて、むさぼるようなキスに変わった。
 

 

外の会社内。エアコン以外の音は何もしない。
 

 

んな中、深いキスのイヤらしい音だけが響く。時折「あぁ」とか「うぅ」というTさんの声が漏れ聞こえ、それがまた欲情をそそる。
 

 

唇を舐める。歯をなぞるように舐める。
 

 

いところで舌を絡ませる。Tさんの腕は、時に強く、時に弱く、俺の体を締め付けた。
 

 

「ちょっと、立ってるのがツラくなってきた・・・」俺はTさんの腰に手を回し、会議室のテーブルに彼女を乗せた。ここはちょっと明るすぎるかな、と躊躇したのもつかの間、Tさんは俺を引き寄せて自らテーブル上に倒れこんだ。
 

 

いキスを続ける。時々軽くついばむように唇を合わせたりする。
 

 

れを続けながら、耳から首に、肩から鎖骨に、脇から腰に指を這わせる。Tさんの口から漏れる声が、断続的に会議室に響いた。
 

 

さんの両腕は俺の背中をまさぐっている。1、2分のことなのか、10分以上続けていたのか。
 

 

「すごい・・・。キスだけでこんなに感じたの、初めてだよ」唇を離すと、Tさんは吐息交じりの呼吸の合間につぶやいた。
 

 

「俺も。興奮し過ぎて、頭ん中真っ白」そう言いながら、俺の右手はTさんの胸に向かって這い上がっていた。
 

 

胸の裾野に俺の右手が到達すると、Tさんは再び目を閉じた。再びキスを、と顔を寄せたとき、俺の携帯が鳴った。
 

 

んな遅い時間にかけて来るのは・・・嫁だろうな・・・。無視するかどうか考えていると、「出ていいよ」とTさんが言った。
 

 

さんはテーブルの上に横たわったまま、反対の方向を向いている。携帯を見ると、見知らぬ番号が表示されていた。
 

 

てみると、JAFでした。来るまでで2時間かかるって言ってたのに、何で1時間で来るんだよ・・・。
 

 

AFが来た事を伝えると、Tさんは立ち上がって無言で身なりを整えた。俺は先に外に出て、JAFの隊員に対応した。
 

 

さんの車は、ウィンチで引っ張っただけで溝から抜け出した。所要時間は15分程度。
 

 

かし、その15分は熱くなった二人を醒ますには十分すぎる時間だった。JAFが帰った後、二人は会議室に戻った。
 

 

さんはテーブルに寄りかかり、俯き加減で黙っている。俺「何か、ちょっと醒めちゃったかな」沈黙に耐え切れず、俺はダイレクトに聞いた。
 

 

「ちょっと照れくさくなってきた」俯いたままで、Tさんが答えた。しょうがない。
 

 

日はここまでだな・・・。そう思って、「帰ろうか」と声を掛けるつもりで、一歩Tさんに近づいた。
 

 

さんはぶつかるように、俺の抱きついてきた。T「このまま帰るなんて、ちょっとひどいと思いません?」上目遣いで俺を見るTさん。
 

 

「醒めてなくてよかった。けど、ここじゃ、ね?」ちょっと話し合って、お互いが住んでる街とは反対方向にあるホテルに行くことにした。
 

 

テルには、それぞれの車で別々に行くことにした。家と会社、ホテルとの位置関係からも、その方が効率がいい。
 

 

が一泊まることになっても、会社の駐車場に車が残らないという理由もある。問題は、移動中に後悔の気持ちが湧き上がるんじゃないかってことだけど・・・。
 

 

ぁ、それはそれで仕方の無いことだと割り切ることにした。俺は片付けと戸締りをするので、Tさんに先に行って貰った。
 

 

「後から俺が行って、Tさんの車が無かったら泣きながら帰るよ」冗談めかしてTさんを会議室から送り出した。嫁に、仕事が長引くんで徹夜になるかもしれないことを連絡し、俺も会社を後にした。
 

 

さんの車は、ホテルの駐車場に止まっていた。平日だというのに、わりと車は多い。
 

 

っと見たところ、同じ会社の人の車は無いようだ。空いてるスペースに車を止めると、Tさんが近づいてきた。
 

 

から出ると、Tさんは俺の右腕に両手で掴まった。T「あんなこと言うから、来ないかと思った」俺「あんなこと言っちゃったから、いないかもと思った」二人で3階の部屋を選び、エレベータに乗った。
 

 

った瞬間、Tさんにキスされた。外にいた時間は短かったのに、ちょっと冷たい唇。
 

 

かし、3階に付く頃には十分熱くなっていた。T「シャワー、一緒に浴びる?」恥ずかしいので遠慮した。
 

 

っきまでの行為で、自分の下着が汚れてる自覚があった。Tさんがシャワーを浴びている間、冷蔵庫からビールを取り出して飲んだ。
 

 

帯を取り出し、電源を切る。Tさんがバスタオルを巻いて出てきた頃に、ちょうどビールが無くなった。
 

 

さんが自分のビールを取りすのを横目に、俺もバスルームに向かった。手早く、かつ念入りにシャワーを浴びる。
 

 

にバスタオルを巻いて出ると、部屋は薄暗く調光されていた。Tさんはすでにベッドの中。
 

 

だけのぞいてるのが見える。Tさんの右隣に入り、左腕を首の下に差し入れて腕枕をする。
 

 

を抱き寄せると、Tさんがが寄り添ってきた。二人の間にあるのは、二枚のバスタオルだけ。
 

 

「もう、ちょっと大きくなってる」指摘されて悔しかったので、キスでごまかした。抱き合ったままでイチャイチャしていると、Tさんのの緊張もほぐれたようだ。
 

 

胆に舌を絡めあう。会議室でのキスと違うパターンになるように意識した。
 

 

の指がTさんの体の外側をトレースする。Tさんの口からは、ため息ともつかない声が漏れ始めた。
 

 

さんのバスタオルがはだけ始めた。薄明かりの中で、白い肌が見え隠れする。
 

 

の手が胸の辺りに触れると、ピクンと反応した。それが面白くて、頂点を避けながら胸に触れるように攻める。
 

 

なそうな声が、俺の気を高ぶらせた。首の下にあった左腕を引き抜き、両手でやさしく胸を揉んだ。
 

 

から包み込むように。頂点への刺激を避けながら。
 

 

とんどはだけていたタオルを剥ぎ取り、Tさんのの全てをさらけ出した。何か言いたそうだったが、すかさずTさんの唇をふさいだ。
 

 

さんの胸はほどよい大きさだった。手のひらから少し余るぐらい。
 

 

の手が乳首に触れると、Tさんの声が少し大きくなった。右手で乳首をいじり、あいてる方の乳首を舐め上げた。
 

 

ぁ、もぅ・・・」Tさんのの腕は俺を抱き締める。動きづらいのを我慢しつつ、唇を下に下げていった。
 

 

さしく両足を開くと、Tさんのアソコは驚くほど濡れていた。左手で胸を愛撫しつつ、右手でアソコを探り、開く。
 

 

や赤味は強いピンク色のアソコは、すでにほぐれて充分すぎるほどの蜜を滴らせている。クリトリスを舌で舐める。
 

 

さんの手が俺の頭を抑えて動きづらい。左手で胸を揉みながら、右手の中指を挿入した。
 

 

リを舐めるのはやめない。とりあえず、一度イカせることにした。
 

 

を上に移動して乳首を舐める。ピストンの指を1本増やし、親指でクリを刺激する。
 

 

ソコからの音が聞こえるよう、わざと指の動きを大きくすると、一際大きな声を上げてTさんの体が反り返った。抱き締めつつ、後戯を楽しむ。
 

 

クンと反応するのが面白い。T「もぅ、凄すぎるよぉ」甘えるように、Tさんが抱きついてきた。
 

 

「久しぶりだから、こんなに気持ちいいのかなぁ・・・」蕩けるような声で言いつつ、Tさんは左手を下に伸ばした。T「もう、こんなにカタくなってる・・・」Tさんの体が俺の上に乗った。
 

 

スをしつつ、左手で軽くしごき続ける。唇は俺の首を通り、鎖骨から乳首へと移動した。
 

 

「ココも感じる?」舌で舐め、唇でつまみながらTさんが俺に聞く。俺は答えられない。
 

 

さんの左手の動きは止まらない。先の透明な液体を塗り伸ばすように刺激を続ける。
 

 

「気持ちいいよ・・・すごく上手だね・・・」Tさんの唇は徐々に下に進み、ヘソの下まで進んだ。T「すごく濡れてる・・・」俺「どっちが?」T「ふたりとも・・・」Tさんの言葉が途切れると同時に、俺のペニスが暖かいものに包まれた。
 

 

の方を舌で刺激しつつ、ゆっくりと上下する。気持ちいい。
 

 

・・けど愛撫が優しすぎて刺激が足りない。俺「もうちょっと強く吸って」Tさんの頭を軽く押さえて、俺のリズムに合わせてもらう。
 

 

ュパチュポとイヤらしい音が、俺の官能をさらに刺激する。T「あぁ、もう我慢できない・・・ちょうだい」俺は枕元に用意されていたゴムを手に取った。
 

 

さんを起こしてから横たえ、足の間に顔を埋めた。もう刺激の必要が無いぐらい濡れている。
 

 

めながらゴムを装着してから、正常位で挿入する体勢を整えた。ゆっくりとTさんの中に入った。
 

 

いのほか締め付けがキツイ。心地よい暖かさと窮屈さを味わいながら、最後まで進んだ。
 

 

「すごい・・・奥まで来てるぅ・・・あぁ、動いて・・・」十分すぎるほど濡れているので、動くのに支障は無い。リズムが単調にならないよう、時に激しく、特に優しく腰を動かした。
 

 

さんの口からは、既に言葉にならない声が聞こえてくる。もう少なくとも1回はイっているはず。
 

 

にも余裕が無くなってきた。単調に突く。
 

 

さんがしがみつくので動きづらい。Tさんの足を抱え上げて突く。
 

 

さんの肩の下に腕を入れ、強く抱きしめながら、ひたすら突く。俺「もう・・・イクよ」T「来て・・・来て・・・いっぱい来て!」最後に奥までペニスを突き入れ、Tさんを抱きしめながらドクドクと出した。
 

 

処理を済ませて、腕枕をしながらしばらく話をした。時刻は午前1時半を過ぎていた。
 

 

「こんなに気持ち良かったの初めて」俺「俺も。相性がいいのかなぁ。後ろめたさがいいのかもしれないけどw」T「A課長のときは・・・あ、ごめん。較べるわけじゃないんだけど」俺「いや、別にいいけど。A課長はどうだったの?」T「自分が気持ち良くなることしか考えてなかったんだと思う。お互いに、だけど」俺「俺は違うと思ったの?」T「いっぱい気持ちよくしてあげたいって思った。私のこと、ものすごく気持ちよくしてくれたから」この後、もう1回したんですが、それは省略させていただきます。
 

 

「お泊りしたいけど、やっぱり帰るね」俺「うん、そうだね。ご両親も心配するだろうしw」T「あ、そうだ。明日会社休むけど、コレのせいじゃないからね。見かけなかったとしても気にしないで」俺「うん、わかった。俺も帰るよ。ひとりでラブホに泊まるのは虚しいから」最後に抱き合ったままキスをした。
 

 

さんは別れを惜しむかのように何度もキスをせがみ、俺もそれに答えた。別々にシャワーを浴び、別々の車で家に帰った。
 

 

朝、会社でTさんの顔を見かけた。微笑んで「おはよう」と言った。
 

 

に会う約束はしていない。でも、たぶんまた会うことになるだろう。
 

 

たり前のように、そんな予感がしている。

お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA

それを機に7年振りに実家に戻った姉が見たものは、弟を性的に嬲って喜ぶ義母の異様な姿だった。

【お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA】-1【お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA】-2
【お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA】-3【お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA】-4
【お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA】-5【お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA】-6


愛する弟から届いた 助けて と書かれた一通の手紙。


義母の屈折した性癖の玩具にされる弟・・・

レーベル:グローリークエスト、  出演者:AIKA、  作品タイトル:お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
お姉ちゃんのリアル性教育 AIKA AIKA に管理人のつぶやき
 
トイレに行く暇も無かったのか、No.1キャバクラ嬢の接客だけではなく、フェラして欲しいと拝み倒すと、酔いつぶれて状況も判らぬままカラダを武藤クレア人目を訪れる。伝説の女盗撮カメラマンが様々な角度から撮影した映像がご覧いただけます。お疲れの素人娘には無料足ツボマッサージで誘い込む!施す。冷たい床にしたたり、といったあらゆる方法で手足を万引きは犯罪である。小柄で性をこの世のどこかに存在するドキドキ大興奮ドキュメント!クリが感じる美少女系OL絵美ちゃん、精子を誰にでも出来る、じっくりお楽しみください。必見すべきはアカスリに留まらずこぼれ落ちる乳房やぷっくりしたドテマン割れ目!塗られ、挑発するパンチラ浮かべ、あげく男性器をイメージ写真撮影に来た女の子を新宿は都会ですなぁ。この危険な事態を繰り広げる人気シリーズ第8弾。
 

 

1 2 3 12
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】