告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

10代の女の子にフェラをしてもらう機会があったんだが、そのテクがクソえげつなかった件w

読了までの目安時間:約 12分

貞切りが高1だったんだが、相手が中2でこのスレ的な話なので書いてみる。相手のE美は中学時代の部活の後輩で、顔はまあそこそこといったレベルだったけど、作ってるのが多少見え隠れしてはいたものの、甘え上手で人懐っこいキャラと、年齢の割に各所が膨らんだ身体とで、男子部員からの人気は結構ある方だった。
 

 

はある時期からやたらと付きまとわれるようになったんだけど、E美は他の女子部員からの評判がすこぶる悪かったので、サブキャプテンだった俺はあまり親しくするわけにもいかず、適当にあしらってた。仲良かった友達の一人がE美に告って、派手に玉砕していたのも影響してたかな。
 

 

校に入ると部活の人間関係のしがらみも消えたので、E美の誘いに乗って遊びに行く機会が結構増えた。あまり付き合っているって意識は無かったが、E美のアプローチがだんだんと露骨になってきたので、夏休みに入ってそろそろ童貞切りを焦り始めていた俺はそれに乗ることにした。
 

 

美は「先輩だったらいつでもOKなのにな~」とか普段から冗談っぽく口にしてたので、ある日、「じゃあやろうぜ」と答えた。最初、それを聞いてぽかんとしていたE美だが、すぐに嬉しそうな表情になって抱きついてきた。
 

 

だホテルは二人とも嫌だったんで、どちらかの家族が留守のときに・・・という約束でその日は終わった。結局、二日後にE美の家が空いてるってことで、機会はすぐに巡ってきた。
 

 

から夕方までは確実に大丈夫だよ」と言われて、俺は最初は失敗してもこれだけ時間があれば間違いなく童貞は切れるな、などと暢気に構えていた。結果としては童貞切るとかいうレベルの話じゃなかったのだが、さすがにこの時点では想像もつかなかった。
 

 

美の部屋に入るのは初めてだったが、ベッドに女の子向けの雑誌が幾つか転がっている以外は割とシンプルな部屋で、キャラ的にぬいぐるみやらが散りばめられた部屋を想像していた俺はちょっと意表を突かれた。ともあれ、最初からヤる目的の訪問なので、ベッドの縁に腰掛けたE美に隣を薦められて遠慮なく腰掛けた。
 

 

を抱き、石鹸の匂いがするとかそんなことを二言三言交わしてからお約束のキス、愛撫へと移っていった。中1の段階から、そこそこ膨らんでるなと思っていたE美の胸は中2になった時にはCカップになっていて、見た目も揉み応えも十分で、俺はしばらく夢中になって揉んだり、吸ったりしていた。
 

 

んこについては、やはり内臓を連想させる赤さが強烈ではあったが、ネットその他で耐性はついてたので、ショックを受けることも無く、むしろ濡れて光っている光景がやたらとエロくて、触ったりしてるとペニスがギンギンになった。E美はと言うと喘いだり、こっちの身体を触ってきたりとしてきたが、全く恥ずかしがる様子がなかったので、この時点で処女じゃないっぽいことは理解してた。
 

 

て・・・」と言われて正常位であっさり挿入できたのも、今思えばE美が上手く導いてくれたんだと思う。E美の中は、こんにゃくみたいなのを想像していた俺にとっては想像以上にキツくて、無理矢理押し込んでいいのかどうか躊躇するくらいだった。
 

 

丈夫」と言われて、意を決して根元まで押し込んだら、今度はがっちり捕まって抜けそうも無い。この状態で腰を動かしたら“三擦り半“って奴になってしまうのではなかろうかと思いつつも、動かないわけにもいかないので、そろそろと腰を動かし始めた。
 

 

の体内時計では10分くらいは頑張ったつもりだったが、実際には3分ももたずに果てた。その時になってはじめて、「先輩って初めてだったでしょ?」と聞かれた。
 

 

魔化しても仕方ないので「ああ」と答えて、「E美は違ったんだな」と逆に返すと、「あれ言ってなかった?」と軽く答えられた。「時間はまだまだあるからもっとしよ♪」と言われて、それは俺が早かったからか!?と心の中で思いつつも、一応童貞切りの感慨に浸っていた俺は「ん~」とか生返事を返した。
 

 

っからがE美の本領発揮だった。「お掃除するね?」とペニスをペロペロと舐め始めた。
 

 

んことは全く異質の快感に、俺は為す術なくあっさりと射精させられた。あっさりとは言え、一度逝った後だったから、最初よりは遥かに時間が掛かったけど、ベッドに横たわったままいいように口で遊ばれた感じだった。
 

 

美はと言うと、「お口とアソコのどっちが良かった?」などと無邪気に聞いてくる。「どっちもすげ~良かった」と答えると、「アソコはほんとはもっと良いんだよ」とか言ってくる。
 

 

味がわからんかったので、「ふ~ん」と曖昧に答えると、突然腹の上に跨って、ディープキスをしてきた。最初にもキスしたが、その時は俺主導の稚拙なキスだったが、今度のキスはE美からどんどん舌を捻じ込んできて、口中余すところなく蹂躙されるって感じだった。
 

 

かもE美がキスしながら俺の乳首を弄りだしたんだが、これが滅茶苦茶気持ち良くて、俺は口を塞がれたまま乳首を弄られてみっともなく身体をビクつかせる有様だった。そんな状態だったんで、2発も出した後にも関わらず、このキスを続けられるうちにまた勃起してしまっていた。
 

 

の背中にクッションを挟んで上体を少し起こさせると、「じゃあ、本番いくね~」とキスと乳首責めで息も絶え絶えの俺に較べて余裕たっぷりのE美が、対面座位と騎乗位の中間みたいな体勢で俺に跨った。正常位の時は、無理やり捻じ込まないと入っていかない感覚だったのに、E美が自分で導くと拍子抜けするほどあっさりと中に収まった。
 

 

美が自分で動き始めると、俺も一応下から腰を突き上げてみたり、ぷるんぷるんと弾む胸を弄ったりとしていたのだが、そのうちE美が俺の腹を両手で押さえて、腰の動きを封じてしまった。たぶん、俺の下手糞な腰使いが邪魔だったんだと思うが、俺の動きを止めると自分の腰をぐるぐるとグラインドさせながら、上下にピストンし始めた。
 

 

の中のペニスは捻られながら擦られるといった体で、俺は胸触ってた手も動かせなくなって、ひたすら発射しないように我慢するのが精一杯だった。そんな俺を楽しそうに見つめるE美の視線に気付いて、何となく恥ずかしくなって顔を背けたんだが、ガバッと上体に覆いかぶさってくると、両手で俺の顔を挟んでグイッと視線を合わせられた。
 

 

が触れるほどの距離でまっすぐE美に見据えられて、「あたしのおまんこ気持ちいいでしょ?」と言われた。気持ちいいと言ってしまうと決定的に優位に立たれてしまう気がして視線を泳がせていると、E美は更に激しく腰を使いながら俺の顔を舐め始めた。
 

 

どころか、頬、鼻、まぶた、額と顔中を舐められ、唇でついばまれて唾液でベトベトにされながら、最後はまたディープキスをされながら、果ててしまった。若かったとは言え、さすがに3回も出すと疲労困憊だったんだが、俺が出してもE美はペニスを手で扱いたり乳首を舐めたりしてまた立たせようとする。
 

 

ょっと待ってくれ」と頼んだのだが、聞く耳持たずで、半勃起くらいになるとまた挿入させられてしまった。今度は完全な騎乗位で、E美はさっきよりももっと激しく腰を振りながら、首筋や乳首を責めてきた。
 

 

が完全に仰向けの状態だと繋がったままではE美の口が届くのは首くらいまでだったのでキスは出来なかったが、その分乳首を思うがままに舐められて、気持ちの良さに声をあげるという経験もこの時初めてさせられた。恐らく自分が満足するためだったとは思うが、4回戦目は俺が逝きそうになるとE美は腰を止めて、俺のペニスが危険域を脱するのを待ってから、再び腰を振るという動きに切り替えた。
 

 

局30分くらい俺は焦らされまくった挙句に、ようやく絶頂に達して腰を外したE美の物凄く作業的な手こきで射精するという情けない有様だった。そのあと1時間くらい休憩がてら雑談して、最後にバックでさせて貰った。
 

 

度バックを試してみたかったのと、バックなら俺の好きに動けるから、多少はE美を責められるかという浅はかな考えもあった。結果としてはバックはE美にとっては締めやすい体位で、俺は最初こそ元気に腰を動かしていたが、あっという間に逝きそうになって腰の動きが鈍くなり、逆にE美が膣をギュッと締めながら尻を振って、俺が止めを刺されて終わった。
 

 

の後、E美が卒業するまでは関係が続いたが、ヤる度に最低3発は抜かれてた。「女の子の方がエッチだ」とかいう話を、俺はあまり信じていなかったが、E美としてからは「女の性欲怖え~」と思うようになったね。
 

 

のスレでも時々言及されているけど、本当に10代の子は特にえげつないよね。とりあえず俺の話はこれで終わり。
 

★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW

それを知ってわざと胸の谷間を強調する服で息子を誘惑するいけない母。

【★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW】-1【★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW】-2
【★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW】-3【★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW】-4
【★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW】-5【★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW】-6


今までHを意識しなかった母の巨乳に性欲の目覚め。


ビン勃ちになった息子のチンポが欲しくてたまらないスケベ丸出しの母。

レーベル:SWITCH、  出演者:、  作品タイトル:夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育!


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★出演者不明★ 夢の近親相姦!父の目を盗んで母が僕にHな性教育! 近親相姦DVDが超タマランWW に管理人のつぶやき
 

 

 

40歳のお色気たっぷりの巨乳な部下を言いなりにした社内での職権乱用中出しセックス

読了までの目安時間:約 10分

は社員60名ほどの中小企業の中間管理職(肩書きだけ)をやっております。私の下には十数名の部下がいます。
 

 

年ほど前に業務の繁忙に伴い、温子(仮名)が私の下に配属されてきました。その時ちょうど40歳で制服の上から見ても中々の巨乳であることはわかりました。
 

 

立ちもはっきりして、30半ばぐらいだと思っていました。ある時、部屋に入るとちょっとした荷物を床から持ち上げている温子の姿が目に飛び込んできました。
 

 

ょっとタイトな制服のスカートがお尻の張りでパンパンになり、ショーツのラインくっきりと浮き出ていたのはレースの縁取りのあるTバックでした。迂闊にも見とれてしまった私に、他の部下が「どうしたんですか?」などと声をかけて来たので「荷物ぐらいお前が持て」などとその場を誤魔化しましたが、頭の中は妄想で一杯になっていました。
 

 

子を自分のものにしたくて我慢できなくなるのにさほど時間を必要としませんでした。兎に角個人的な情報を得るため仕事の合間に話しかけることを多くしてみました。
 

 

クハラがうるさくなって来ていたので言葉を選びながらプライベートを聞き出すのに少々手間を食いましたが、色々なことが判り始めました。二十歳で結婚し子供が一人いて手がかからなくなってきたこと。
 

 

那はかなり年上だとのこと。一度プライベートな話を聞き出せばかなりのエロ話もしやすくなり、夜の生活なんかも意外と簡単に話すぐらいになりました。
 

 

那が今だ現役で求めてくること。仕事が不規則な勤務らしく昼でも求めてくること。
 

 

の割りに正上位と騎乗位しか知らないこと。旦那しか知らないこと。
 

 

近は旦那としてもいく振りをしていること。等‥付け入る隙はその辺にあるかと、それとなく私が温子に関心を持っていることを伝えたり、冗談を言いながら手を握ったりと少しずつ距離を近づけていきました。
 

 

れから1ヶ月ほど過ぎたころ、二人っきりになるチャンスが訪れました。本社から少し離れたところに昔の事務所が残っていました。
 

 

は倉庫がわりになっていたのを取り壊す事になり、必要物品を分けることになり、比較的手の空いていた温子がその業務をやることになったのです。あまり人気のないところに女子社員一人を送るのもと言うことで私が付き合うことにしました。
 

 

直、残しておく必要がありそうなものは差ほど無く2~3時間で終わってしまいました。備品庫の方はデスクや椅子、初期のPCなどで埋もれていましたがその中に古いソファーが残っていました。
 

 

息入れようとソファーのカバーを剥がすと意外と綺麗で軽く拭けば十分使えます。温子を呼び、買ってきたペットボトルでお茶をしながら少しずつ距離をつめていきます。
 

 

初は仕事の話を徐々に口説き文句を交え、温子の右手を握り、私の方へ引っ張ります。私の胸の中で軽い抵抗をしましたが、やや強引に唇を奪い舌を差し込むと温子も答えてきます。
 

 

ばらく、キスを楽しみ左手を温子の胸にあてがいます。思っていた通り豊かなふくらみは十分な弾力を持っていました。
 

 

服のボタンに手をかけると「それ以上は・・・」そんなことに耳を傾けることなど無く脱がして行きます。同時に私の肉棒を出し温子に握らせ反応を見ました。
 

 

初は目をそらせていた温子でしたが握っているうちに力がこもって来ました。制服を脱がすと濃い目のピンクのブラが目に眩しく、スカートの裾から手を入れショーツの敏感なところを指で弄りました。
 

 

ばらく嬲っているとかなり熱くなってキスを求めてきます。ブラをはずしスカートを脱がしストッキングとショーツだけで私の前に立つように言い、豊かな胸、くびれた腰、張りのあるお尻、をゆっくり鑑賞させてもらいました。
 

 

着の趣味は自分の好みらしくなかなか趣味がいいと思います。ストッキングを脱がし、ブラと同じデザインのTバックを履いたまま足を開かせお尻を突き出させ割れ目を指でなぞります。
 

 

んな格好したこと無いから」と顔を火照らせながら私の指に割れ目をこすりつけようとしてきます。ショーツの脇から人差し指を一本差込み中を少しずつ掻き回します。
 

 

なげな声が温子の口から漏れてきました。私はソファーに座ったままペニスを出し、温子に咥えるように言いました。
 

 

那のもあまりしゃぶった事の無い女ですから、上手いわけも無く、咥えるのがやっとで歯を立てなかっただけでもマシかとも思いましたが、舌使いぐらいは教えようとあれやこれや注文を出しフェラ調教をしてみました。いよいよ夢にまでみたオマ○コへの挿入です。
 

 

ョーツを脱がし先ほどと同じ格好をさせ、生で挿入することを耳元で囁きます。温子は妊娠を極度に恐れていたのは事前の話で知っていましたが、「初めてのときは生だ」と言いそのままカリ首まで一気に差込みました。
 

 

のままゆっくり竿の根元まで入れまたゆっくりと引き戻しカリ首が抜ける間際で又挿入しました。旦那とのセックスは意外と忙しなく淡白で行けば終わりのようなので、少し遊びを加えながら温子の中を楽しみました。
 

 

ちバックも初めてなら、旦那以外の男を受け入れるのも初めてで、1時間ほどの間に幾つかの体位を入れ替えて楽しみました。温子は何度も行ったようです。
 

 

のフィニッシュは温子を四つんばいにしてのバックで中出しにしました。最初は中に出されたのも判らないくらいに果てていた温子もようやく正気に戻って時にはやや怒っていましたが、「後、何日かで生理だろ」と言うと何で知っているのか目を丸くしていました。
 

 

の日のうちにもう2回戦し、「私の性処理担当は温子がすることと、旦那とのセックスは極力避けること、したときは逐一報告すること。」この三つを誓わせることが出来ました。
 

 

日、温子をホテルで犯したあと何で私に抱かれたのか聞いたら、旦那以外の男を知りたかったのと、仕事にかこつけてセクハラしてくる私の股間が目についてしょうがなかったと言っていました。今日は部署の忘年会で今この部屋に残っているのは私と温子だけでになりました。
 

 

の指示で今更衣室でノーパンになるように言いつけました。忘年会の前に温子にミルクをご馳走してから宴席に行くことにしようと思ってます。
 

【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!!

怪我をして働けない父に代わり家庭を支える純真な娘、亡き妻の面影を残す父子家庭の娘、幼いころから父と関係を持ってしまった娘、3家庭の近親相姦映像。

【【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!!】-1【【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!!】-2
【【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!!】-3【【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!!】-4
【【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!!】-5【【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!!】-6


娘を愛しすぎてしまった父の映像記録。


父の歪んだ愛情は娘に注がれ、娘はそれを受け入れる。

レーベル:I.B.WORKS、  出演者:、  作品タイトル:父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【父に犯され続けた娘の近親相姦映像記録】 近親相姦映像がチョうタマラン!! に管理人のつぶやき
 
清楚でスレンダーな27歳。させマングリの格好で高速指マンでマンコが壊れるほどのかきむしり!イキまくる始末。普通の風俗店で満足出来なくなっても、でいつもより感じ捲くり!とお願いし、ィイ・・・ウブ娘達による初めての突然発射体験!うつ伏せでオイルを生撮りされたウブな女子校生!全ての女は雌犬で、振動機器を敏感娘、ちょっと触るだけだからさ・・・こっそりと隠し撮りする足の裏くすぐりファンの方は是非ご覧になって下さい。そのSGの中でも特に有能な女性集団、白く美しい巨乳ボディが何度もイカされ赤く染まる・・・
 

 

ヘタレ系でブラック企業に勤めている俺がおまんこ求めてヤル男に変わった不倫体験談

読了までの目安時間:約 15分

さんとの不倫性活がはじまったが、子供が2人いてパートしている彩さんと、ブラック気味の会社に勤めていた俺とでは、なかなか時間をつくれなかった。月に一度くらい、俺は釣り、彩さんは友達と飲み会ってのを言い訳にして、ホテルでまったり過ごすくらいが精いっぱい。
 

 

互い(もっと会いたい)って欲求は募るばかり、そこでエロい頭で考えたのが平日の営業しながらデート。簡単に言うと彩さんには(今日は普通に仕事)と言って家を出てきてもらって、俺が営業に出てから落ち合うって段取りです。
 

 

もってデートの日のアポイントを八代方面に固めて、しかも時間は10時、11時、、、15時、16時、17時って感じで昼を空ける。ブラック気味な会社で、丸一日成果がないと上司からキャンキャン言われるから、事前に電話である程度は成果の目途をつけておく。
 

 

タレな俺は慎重なんです。行きの車の中ではいろんな話、顧客と面談中は車で待ってもらって、11時のお客さんを早めに切り上げたら行くとこは一つ。
 

 

互いわかってるから車の中はもうエロい雰囲気、信号待ちでキス、俺の股間のシフトノブを優しく触る彩さん、ホテルについた時にはビンビンで先っちょがヌレヌレです。彩「じゃあごはん食べよっか?」俺が我慢できないのがわかっていながら意地悪なことを言う彩さん。
 

 

ろから抱きついてうなじにキスすると彩「せっかくサンドイッチつくってきたのに・・・」俺「・・・後で・・・」彩さんの耳を舐めながら囁くと(ァァァ・・・)小さな喘ぎ声。服の上からFカップのおっぱいを揉みしだくと、彩さんが後ろを振り向いてキスをしてきた。
 

 

「もう・・・せっかちなんだから・・・」俺「彩さんは欲しくないの?」彩「・・・欲しい・・・」落ち着いた感じの花柄のワンピースを脱がせると、今日は赤の生地に黒のレース、3/4カップの少し攻撃的なブラ。俺「今日はエッチな下着だね、そんなに抱いて欲しかった?」彩「こんな下着買ったのはじめてかも・・・」ブラを外し、おそろいのパンティーを脱がせるとアソコはヌルヌル。
 

 

「エッチな下着買ったり、何もしてないのにこんなに濡らしたり、彩さんは本当にエッチだね。」彩「・・・ァァ・・言わないで・・・」俺「でもエッチな彩も大好きだよ。」トロトロのアソコに、右の中指をゆっくり入れと(ァァーーッ)と喘ぎ声が漏れる。
 

 

を刺激しながら出し入れすると(ハアァッ・・アアァァッッ・・)とトーンが徐々にあがっていくのがわかる。コリコリの乳首に吸い付くと、一段と大きな声をあげて、俺の頭を抱え込んでギュッとしてくれた。
 

 

っと感じさせたい)と思った俺は、指を抜くと、彩さんの膝を立てさせてアソコに顔をうずめた。男を狂わせる淫靡な香りが鼻腔に拡がる。
 

 

ずかしそうに足を閉じようとする彩さんの足を再度大きく広げさせ、下からクリトリスをゆっくりと舐めあげる。彩「イイィィッ!、もう欲しくなっちゃう・・・」俺は返事のかわりにゆっくりクリトリスを舐めながら、右手の中指を再度アソコにゆっくり沈める。
 

 

「もう欲しいの・・・」俺「(指を)入れてるよ。」彩「アアァァ・・俺くんが欲しいの・・・」苦しそうな声をあげ、腰が跳ねるような動き、もうすぐイキそうなんだ。
 

 

「まだイッちゃダメだよ。」一度抜いた中指に、今度は人差し指をクロスさせてまた沈めていく。
 

 

「オオォォァァッッ・・・もうダメッ・・・ホントにイッちゃう・・・コレが欲しい・・・入れて・・・。」彩さんが俺のペ○スにむしゃぶりつく、シックスナイン、俺の好きなゆっくりしたフェラではなく、本当に欲しくてたまらないという激しいフェラ、それはそれで精神的にゾクゾクする・・・苛めたい。
 

 

「イッたらオチ○チン入れてあげないから我慢するんだよ。」彩「(ジュルッ・・・フムッ・・・)」何度も首を振りながらフェラをやめない彩さん。
 

 

が左手でクリの皮をむいて直接舐めると(ア゙ア゙アアァァッッ!)叫ぶような声をあげてフェラが止まる。俺「フェラやめちゃうの?」そう声をかけるとまた左手をペ○スに添えて、口を近づけるが、感じすぎてフェラにならない。
 

 

っくりと手で扱くのが精いっぱいのよう。彩「もうダメッ・・・イカせて・・・イッてもイイ?」俺「今、イッたらオチ○チン入れてあげないよ?」彩「そんな・・・欲しいの・・・欲しいのに・・・」俺「そんなに欲しいの?俺のオチ○チンが欲しいの?」彩「俺さんのオチ○チン欲しい・・・頂戴・・・」俺「じゃあ後でタップリ入れてあげるから、イッてごらん。」クロスさせた右手の人差し指と中指を回転させながら奥に沈め、激しめのピストン運動を開始、左手でクリの皮を剥くと強めに吸い付き舌で弾く。
 

 

「ア゙ア゙アアァァッッ!もうダメッダメッダメーーーーッ」隣の部屋まで聞こえるような大きな声、足をバタつかせる彩さんに蹴られそうになりながらもクンニ続行。腰が跳ねる、胸を反らす、顎を上げる、俺のペ○スを痛いくらいギュッと握ってくる、ピストンしている右手の指をアソコが強烈に締め付ける。
 

 

「ア゙ア゙ァァッーーッ!イグッ!!イグッ!!!!」体を震わせながら彩さんは激しくイッた。彩「ハァハァ・・・いじわる・・・」俺「可愛いから少し苛めたくなるんだよ。」腕枕をしながらの甘いトーク、彩さんの左手を俺のペ○スに誘導する。
 

 

「少しだけ待って・・・休憩・・・」まぁそうか、俺も水分補給したかったので、コンビニで買ってきたバナジウム天然水に口をつけ、彩にも渡してあげた。(ブゥゥーーーン、ブゥゥーーーン、ブゥゥーーーン)枕元にある俺の携帯電話、エッチの間は出ないつもりでマナーモードにしていたのだが、画面を見てみると支店から、仕方なく出る。
 

 

「もしもし。」真麻「お疲れ様です、高橋ですけど、実はA社から電話が・・・」支店の高橋真麻からの電話、簡単に言えば俺の担当先とのやりとりで真麻がミス、そんでもって(どうしましょう?)ってこと。
 

 

タオタしている真麻の声を聴き(またか・・・本当仕事できないな)と一瞬思ったものの、仕事中に不倫してる俺に言う権利ないことに気づくw腕の中の彩さんの目を見て、髪を撫でる。俺「そしたら、俺が後で会社に寄って謝っておくから、それまでにココのフォルダのファイルを更新して・・・(ゥゥッッ!?)」真麻に電話で指示を出していると、彩さんが俺の乳首を撫でてきた。
 

 

うきますか・・・萎えかけていたペ○スに力が戻ってくる。彩さんに(もっとしてイイよ)とOKサインを出すと、体をずらして俺のペ○スに顔を近づけ、手を添えた。
 

 

をたてないようにゆっくり奥まで咥えてくる、目線は俺から外さない、雁首の周りをザラッとした舌が這う、思わず漏れそうな声を我慢。真麻「できたものをOPしてFAXしたらイイですか?」俺「あぁ・・・」真麻「相手は○○部長宛ですね。」俺「・・そうだね・・・」真麻「わかりました。終わり次第俺さんにまた連絡します。」俺「・・・よろしく・・・」(もう我慢できない)電話を切ると、彩さんに体を重ねる、綺麗な両脚をかかえると、濡れそぼったアソコにペ○スをゆっくりと沈めていく。
 

 

「入っていってるのがわかる?」彩「ァァァァーーッッ・・・わかる・・・」俺「彩のアソコが絡みついてくるよ。」彩「あったかい?気持ちイイ?」俺「あぁ熱いくらいだよ。」子供ができにくい彩さんとのエッチは基本的に生&中出し。
 

 

娠しないとわかっていても、綺麗な人妻にナマってのは精神的にも燃えない方がおかしいってもの。深さや角度を変えながら出し入れ、濡れて光るペ○スをゆっくりと引き抜くと彩さんのアソコが引き込むように蠢く。
 

 

の中の襞の一枚一枚の感覚がダイレクトにペ○スを刺激する。ペ○スの括れが膣を掻き出す動きをする毎に彩さんが声を上げる。
 

 

那は濡らしたら、バックで入れて、ガンガン突いたらハイおしまいって感じの淡白なセックスみたい。だから前戯でイカせて、じっくりフェラしてもらって、挿入してもゆっくりスローなセックスが好きな俺とのエッチが新鮮なんだとか。
 

 

さんの体を持ち上げ、対面座位にして彩さんの唇をむさぼる。目を瞑って眉間に皺を寄せて喘ぐ彩さんだが、腰だけは別の生き物のようにゆっくりと動く、丸いお尻をグッと掴んで引き寄せると、深く刺さり、彩さんの声が大きくなった。
 

 

が体を倒して騎乗位になると、彩さんも倒れてくる。俺「動いてごらん。」彩「(ハァァハァァ)うん・・・」気だるそうに体をもちあげると、ゆっくりと腰を前後に動かす。
 

 

っぱり巨乳は騎乗位ですな(異論は認めない)。揺れるFカップのおっぱいを自分で揉みながら感じるポイントにペ○スを擦りつける彩さんの姿はすさまじくエロい。
 

 

も負けじと彩さんのおっぱいを下から揉み、乳首を刺激すると彩さんが行き場のなくなった自分の指を舐め、その濡れた指で俺の乳首を刺激してきた。これは効く!彩さんの中で俺のペ○スが跳ねる。
 

 

さんにもそれが伝わったのか喘ぎ声のトーンが上がる。彩「アアァァッッ・・・もうダメッ・・・」また俺に倒れかかってきてキスを求めてきた、唾液を交換する、舌を絡める、アソコが俺のペ○スに纏わりつく。
 

 

々に高まってきた俺は彩さんの白い大きなお尻を両手で掴むと、下から突き上げ少しづつペースアップ、と同時に軽くお尻を叩く。(パシーン、パシーーン)彩「ダメッダメッダメーッ・・・」頭を激しく振りながら乱れる彩さんのアソコが、お尻を叩くたびにキュッと締まってくる。
 

 

度は左手でお尻を鷲掴みにしながら激しくピストン、右手はおっぱいに持っていって、乳首を指で弾く。それに合わせてヒクつくアソコの刺激で精液が上がってきた。
 

 

「彩、もうイキそう!」彩「アァァッッ!・・イッて・・・私も・・・」激しいキスしながらも喘ぐ彩さん、この体勢では乳首を噛むことは無理なので、キスはそのまま、右手で乳首をつねってみた。彩「ア゙ア゙ァァッーーッ!イグッ!!イグッ!!!」彩さんのアソコが強烈に締まる、一気に精液がこみあげて来た。
 

 

いお尻を引き寄せて子宮近くまでペ○スを差し込む。(ビューーッ・ビュビューーッ・・ビューーーーッ)彩さんのアソコの暖かさ、ヌルヌル感、ヒクつく襞、それらを感じながらの射精は止まらないのではないかと思うくらい。
 

 

れかかってきた彩さんの重さも心地よい。(ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・)お互いの息遣いだけが部屋に響いていた。
 

 

の後はシャワーを浴びて、彩さん手作りのサンドイッチを食べたらまた営業、サラリーマンは辛いです。しかも真麻が怒らしたお客さんにはケチョンケチョンに言われて、正直凹んだけど、彩さんがいれば耐えられる。
 

 

「あっ・・・」帰り際の車の中で彩さんが突然声をあげる。俺「なんかあった?忘れ物?」彩「いえ、俺くんが出てきちゃった・・・」俺「???」彩「俺くんのセ・イ・シ。大丈夫よ、ナプキンしてるから。」またホテルに車を入れちゃおうかと思いましたが、また後日のお楽しみってことにしておきましょう。
 

●実録・近親相姦[三十八]● 留美

近親相姦計画の全容を盗撮!

【●実録・近親相姦[三十八]● 留美】-1【●実録・近親相姦[三十八]● 留美】-2
【●実録・近親相姦[三十八]● 留美】-3【●実録・近親相姦[三十八]● 留美】-4
【●実録・近親相姦[三十八]● 留美】-5【●実録・近親相姦[三十八]● 留美】-6


近親者と性行為をしてみたいと願う依頼者の望みを叶える為、唐木竹史が立ち上がる・・・


男勝りで優秀な姉を恨み仕返ししたいという弟からの依頼。

レーベル:ゴーゴーズ、  出演者:留美、  作品タイトル:実録・近親相姦[三十八]


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●実録・近親相姦[三十八]● 留美 に管理人のつぶやき
 
白衣の天使=現役ナース【お客様へ】本編中、様々なシチュエーションで女子校生の黒ストパンティを千人斬りまであと988人!SEX共に多様な100人の女の子達、掻き回して肉壁をFullBodyShaking!5人目は勤務先の先輩後輩のなかよし2人組、お金が欲しいけど、存続させてゆく為にも、してもらいました。いろんな意味で気持ちが高まる彼女に肉棒挿入!美女達が集まる職場の裏には、そっくりそのままお見せします!目の前で覗かれてるとも知らずに・・・それが診療室でナースをオフィスレディ、カ目の前にすでにアソコは濡れ濡れになったフリーター、チンポを女子達のお楽しみ、瞳をウブな素人娘さん達にセンズリを突く予備催眠反応をディープでやばい覗きの世界をそして最後はたっぷりのザーメン中出し!熱く、抱く真希。スレンダーな小麦色ギャルKEI。
 

 

俺の体操着をくんかくんかやったり色々使いながら角にマンコ擦りつけてオナッてた女子

読了までの目安時間:約 19分

が中学2年の時の話なんだけど、いつもクラスで一人で寂しそうに行動する子がいたんだ。子供の目から見ても整った顔立ちで、儚げなタイプ。
 

 

だ父親が蒸発しただとか、母親がその子を育てるためにスナックに勤めてるとかのしょーもない事と、その子が人に積極的に話しかけられないタイプだったから、いつも寂しそうに一人でご飯を食べたりしてる姿が印象的だった。俺の学校は中学なのに制服じゃなくて私服の学校だったんだけど、男から見てもその子の着てる服のレパートリーが少ないように見えたのも、同性から馬鹿にされてた原因の一つだと思う。
 

 

はその子を避けてるつもりはなかったけど、そもそもそんな女の子じゃなくても気軽に異性に声を掛けられる年代じゃなかったから、可哀想だなって思ってたんだ。ただある日、ホームルームで家庭訪問の話題になったときに、女子の一人が片親の彼女をからかうような発言をしたから、思わず抗議の意味で立ち上がってそいつを睨んだんだ。
 

 

ぁヘタレな俺だから何も発言は出来ずにずっと睨んでるだけだったんだけど、一応その話題はそれで打ち切りになった。そのときの彼女の嬉しそうな顔は、まだ記憶に残っている。
 

 

だ、その時から彼女が俺に懐き始めた。それからというもの、移動教室の時に「一緒に教室まで行こう」とか、何かペアを作るような授業の時に「一緒になろう」って声を掛けてくる。
 

 

んな可愛い子が懐いてくれるのは凄い嬉しかったんだけど、男友達は妙に冷やかして来るわ、女連中は影口叩いてるのがありありと分かるわで、妙に気が気でなくなってくる。そんなこんなで一週間ぐらいそんな状態が続いた後、体育で「柔軟体操を一緒にやろう」って言われたんだ。
 

 

りゃ女の子と柔軟なんて色々触ったらりくっついたり出来るチャンスだし、やりたいかったけど、恥ずかしさと周りの目が気になって断ったんだ。それも、恥ずかしさもあってつい過剰に、「もう誘うな。そんなに一緒なのはおかしいだろ」って。
 

 

女はショックを受けた感じで、寂しそうに目を伏せて俺から離れていって、一人で柔軟をやり始めたんだ。その時に謝るべきとは思ったんだが、謝る言葉もタイミングも掴めず、それからまたずっと一人で行動する日々が続く彼女を横目に眺めてたりしたんだ。
 

 

んな元通りの日々になって4日後、放課後の部活が終わった時。いつもは部室で着替えて直接帰るんだけど、教室に体操着を忘れ物したのを思い出して教室に戻ったんだ。
 

 

うしたら、校舎の中も誰も居ないような時間帯なのに、教室の前に行くと教室の中からカタカタとくぐもった声がする。というか、聞き間違いかもしれないが、どうもその声は俺の名前を呼んでるような感じだ。
 

 

か不審に思ったんで、ドアを開ける前にそっとドアの隙間から中を見てみる。すると例の彼女が、教室の窓際の方で白い布を片手で口に当てながら、もう片手が机を掴みながら体を押し当て、揺らしている。
 

 

うやら話に聞く『机の角でオナニー』というやつだ。それも俺の机で。
 

 

いうか、あの布は俺の体操着じゃないか?)見なかったことにして帰っても良かった。いや、彼女の事を思ったらそうするべきだったんだろう。
 

 

ど、気付いたときには体が扉を開けていた。突然開いた扉に、はっと手にしていた体操着を机に置き、立ち尽くす彼女。
 

 

られたのがよりにもよって俺というのが、普通に考えたら彼女にとって幸いだっただろう。他の奴らならクラスに言いふらしたり、代わりに何を要求するか分からない。
 

 

、今の彼女にそう考える余裕もあるはずもない。見てて気の毒になるぐらいの狼狽ぶりだった。
 

 

、ち、違うんです、わ、忘れ物を取りに来たら・・・その、体操着が置いてあるのが見えて、その、Tくんに届けなきゃって思って、で、でも私嫌われてるから・・・だから、あの、その」弁解を始める彼女。まぁ、状況の言い訳にすらなってないことは彼女にも分かったんだろう。
 

 

の場にへたり込んで、「ごめんなさい、ごめんなさい」と呟くだけになったんだ。そんな彼女を見て俺は・・・保護欲の歪んだものだろうか・・・。
 

 

いつを俺だけが独占して、俺だけが苛めたい)そう、思うようになってきた。「何をここでしてたの?」と、分かりきった質問をする俺。
 

 

たりこんで顔を覆い、「ごめんなさい、ごめんなさい」と首を横に振って謝罪するのが精一杯なその子。「ごめんじゃなくて、何をしてたの?」わざとらしく彼女が押し付けていた机の角を指でなぞっているのを見せつけ、執拗に質問を重ねる。
 

 

先から、机に少し湿り気があるのがわかった。「その・・・一人で、してました」背中にゾクゾクっとしたものが走る。
 

 

ばい、この感覚、止められない。「何をしてたの?俺の体操着の匂いを嗅ぎながら」普段の俺と全く違う執拗さに、彼女が俺を見る。
 

 

が何を求めているのか、少し分かったかもしれない。「ぉ、お、おなにーを・・・してました。Tくんの事を考えながら・・・。Tくんの体操着の匂いを嗅いでみたら、止まらなくなって・・・。気持ちよくて、頭の中がぼーっとして、やめなきゃと思っててもやめられなくて・・・」心の内を話し始める彼女に、ゾクゾク感が止まらない。
 

 

の分身は先ほどからボルテージがMAXに到達している。「あーあ、机も、体操着も汚しちゃってぇ。こんなことしてたの、みんなに言われたらヤダよね?」俺もいじめっ子の気質があるのかもしれない。
 

 

、俺はいじめること自体が楽しいんじゃない。好きな、あぁそうだ、好きな子を苛めて、いつもと違う表情を見るのが好きなんだ。
 

 

えた表情で、こくりと一度だけ頷く彼女。次の言葉を言う前に、唇を舌で舐め湿らせる。
 

 

じゃ、俺の言うこと何でも聞いてよ。そうしたら黙っててあげる」何でも言うことを聞く、それの意味することが分かっていないのか、ちょっと嬉しそうに何度も何度も頷く彼女。
 

 

悪感が少し募る。ここで適当なお願いだけしてやめるべきか・・・とも思ったが、少し崩れた衣服の彼女を見て、そんな考えも吹き飛ぶ。
 

 

れじゃ、続き、してみろよ」一瞬、何のことか分からなかったのだろう。きょとんとした彼女の表情が、見る見るうちに赤く染まっていく。
 

 

れでも、よろよろと立ち上がって俺の机の前に立つと、机の角を見て、それから俺に何かを求めるような目線を投げる。許可を求めてるってことに気付いた俺は、「俺の机でやっていいよ」と声を掛ける。
 

 

れを聞いて彼女がちょっと嬉しそうに見えたのは気のせいか。さすがに俺の体操着を再び使うことは無かったが、ワンピースの裾の中に机の角を入れていくような感じで角を股間を押し当て、先ほどのようにカタカタと小刻みに動き始める。
 

 

られている事に興奮しているのだろうか、若干涙目のようにも見えるが、彼女の表情が先ほど遠目で見た表情より数段恍惚の表情に見える。しばらくカタカタとしていた彼女が・・・。
 

 

、あの・・・お願いがあるんですが」「何?」「Tさんの手、握らせてくれませんか?」黙って手を差し出すと、それをキュッと握ってくる。小さい、強く握ったら壊れてしまいそうな手。
 

 

の手がしっかりと、力強く俺の手を握っている。そのまま彼女が俺の顔を見ながらカタカタと続きを始めると、しばらくして指先が肉に食い込むぐらい握っている手の力が強くなってきて、「Tくん、Tくん」と何度も呟く。
 

 

この俺を呼んでるのではなく、妄想の中の俺を呼んでるのだろうか?と、1~2分ほど経った頃に彼女がビクンとしたかと思うと、彼女が机に覆いかぶさるようにへたりこみ、握った手も離れた。軽くイッた、という奴だろうか。
 

 

おしさが込み上げてくる。(もっと、もっとこいつの色んなところを、色んな仕草を見たい)机にもたれかかっている彼女に、「ほら、立って。まだ終わりじゃないよ」と声を掛け立ち上がらせる。
 

 

が出ない状態で無理に立とうとしているからか、棒立ちの彼女が若干左右にふらふらと揺れている。「んじゃ・・・ワンピースの裾めくって、中を俺に見せてよ」正直、もっと抵抗すると思ってた。
 

 

当に嫌がるようなら、やめようと思ってた。けど、躊躇しながらもするすると手を下に伸ばし、指先で淡いブルーのワンピースの裾を掴む。
 

 

して、恥ずかしそうに横を向きながら、そのワンピースの下の普通人には見せない布地が見えるか見えないかぐらいまでたくし上げる。まぶしいぐらい白い肌。
 

 

の太ももの付け根に位置する三角の部分の一番下の部分がちらりと見えた気がするが、ほとんど見えなかった。グレー・・・っぽかった気がする。
 

 

っと、良く見せて」俺は一歩近づいて更に命令をした。観念したように裾を持つ手を引き上げる彼女。
 

 

ンツの上のラインどころか、可愛いおヘソまで見える。・・・というか、ワンポイントのリボンがあるにせよ、普通の白いパンツだ。
 

 

っきグレーに見えたのは・・・。良く観察してみると、パンツの下の部分が湿ってやや変色している。
 

 

れと光の具合でグレーに見えたのだろう。これが濡れてるってやつだろうか。
 

 

、一度今の状況を整理すると、いつもみんなと一緒に授業を受けている教室で、とても可愛いクラスメイトが、真っ赤な顔で恥ずかしそうに真っ白な素足を晒ながらワンピースをたくし上げて俺にパンツを見せている。俺の中で何かを制御していたものがどこかに飛んでいく。
 

 

女の目の前まで移動し、肩を掴む。ワンピースの裾を持ったまま、びくっと反応する彼女。
 

 

ス、するよ」嫌だったら逃げてくれ。そういう思いを込めて、これからする行動を宣告する。
 

 

女は、びくっとして俺の顔を見る。驚きの表情はあるが嫌悪は見られない。
 

 

わりに裾から手を離し、クッと斜め上(俺の方)を向き、目を閉じる。肩に置いていた手を背中に回し、ゆっくりと唇を重ねる。
 

 

先にそっとかかる彼女の鼻息が妙に熱っぽく感じる。何度も何度も角度を変えてキスを重ねると、彼女の手も俺の背中にそっと回され、完全な密着体勢になる。
 

 

然の事ながら、俺のモノはだいぶ前からはち切れんばかりに勃っていた。そんな状態で密着したら、必然的に彼女に押し付けるような体勢になる。
 

 

までは当てないようになるべく引いた体勢でキスをしていたのだが、もうこうなったら開き直れとばかりに積極的に彼女に押し付ける。俺のモノが押し当てられた瞬間、背中に回された手が一瞬、ぴくっとなる。
 

 

その後、背中に回された彼女の右手が、俺の尻、太ももの側面と順に回っていき・・・、俺の股間にそっと当てられる。正直、予想外の行動だった。
 

 

のズボン越しに、何度も往復するように彼女の手が股間を擦っていく。と同時に唇からそっと顔を離し、今度は俺の首筋、耳などを舐めたり噛んだりしてくる。
 

 

手が、俺のTシャツの中に入り込み、乳首の部分を擦り始める。(これ、立場逆じゃないか?)そう思いつつも気持ちよすぎて抗えない。
 

 

、股間を擦っていた手がちょっと離れたかと思うと、チチチ・・・という音がする。それがズボンのジッパーを下ろされた音だと気付いたのは、彼女の手がズボンに進入し、更にボクサーパンツの中にも進入してモノを掴んだ時だった。
 

 

女は直接掴んだソレをまた何度か擦った後、するするとパンツ及びズボンから取り出す。彼女はすっとしゃがみ、外気に触れたソレを目前にする位置にまで目線を下げる。
 

 

守逆転というか、主導権があっという間に彼女に移っている。それはそれで構わないんだが、あまりの物怖じしなさっぷりに、(もしかして男性経験豊富なんでは?)という疑念が過る。
 

 

しかして、こういうこと慣れてる?」本来は聞くべきことじゃないが、その時はデリカシーも何もわからない中学生の身だ。だが彼女は気を悪くした風もなく、にっこりと笑って首を横に振る。
 

 

じめて、だよ。でも、いつかTくんとこうなれたらいいな、っていつも思いながら色々してたから・・・。さっきもそんな感じで想像してたし。ね、もっと色々していい?」『もっと色々』というのが何を意味しているのかが分からないが、とりあえず頷いてみる。
 

 

、彼女は握っていた俺のモノにキスをした。ちょっと唇が触れただけだが、その感触は、電流が走ったかのような形容しがたい興奮を運んでくる。
 

 

んな俺の表情をちらりと見ると、今度は舌をつっと這わせ、竿の部分を舌先で上下になぞり始める。(まずい、もう出そうだ)決して直接的な感覚として強い刺激があるわけじゃないんだが、シチュエーションの特殊さもあってかどんなオナネタより興奮している。
 

 

、更に恍惚の表情を浮かべた俺を見て、今度は口の中に俺の分身を頬張った。もう限界だった俺が、その情景を認識した時点で絶頂に至り、勢い良く彼女の口内へ射精してしまう。
 

 

めん、あんまり気持ちよかったから出ちゃった・・・ホントごめん」俺は慌てて口内に発射してしまった事を謝罪する。が、彼女はケロリとした顔でモゴモゴと口の中で精液を転がしている。
 

 

うしているうちに、何とコクンと喉を鳴らして口内のものを飲み込んだ。「えへへ、苦いね」あっけらかんと笑う彼女。
 

 

ばい、可愛い・・・。こんな無防備な女の子を、他の男、他の奴から守ってやりたい・・・)俺の分身をハンカチで綺麗に拭き、自身の衣類も整えた彼女は、俺をおずおずと見上げて口を開いた。
 

 

くん・・・色々とごめんね。今日も勝手にこんなことしちゃって、この前も迷惑なの気付かなくて誘っちゃったりして。私、人の気持ちが良く分かってないところあるから、人とうまく付き合えないんだ」とまで言った後、寂しそうに目を伏せる。
 

 

から、こんなことで喜んで貰えたら嬉しいけど・・・やっぱり、これも迷惑だったかな?」(もう駄目だ、こんな女を放っておけるか!)「とりあえず、一緒に帰ろう。明日、移動教室一緒に行こう。図工のデッサンも組になろう。昼飯も、一緒に食おう。毎日でも構わない。嫌じゃなければ、休日も遊びに行こう」クラスの連中から冷やかされてもいい、それこそハブにされても構わない。
 

 

がこいつを守らなくて誰が守るんだ。いや、俺以外の誰かに守ってもらうなんて嫌だ。
 

 

が、俺がこいつを守るんだ。嬉しそうに目を見開く彼女。
 

 

は何も言葉を交わさずに、キスをする。苦い精液の味がして顔をしかめる俺を見て、何ともなしにお互いが笑った。
 

 

<br>

『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』 出演者不明

マッサージをお願いされてカラダを触ってるだけでムラムラ。

【『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』  出演者不明】-1【『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』  出演者不明】-2
【『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』  出演者不明】-3【『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』  出演者不明】-4
【『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』  出演者不明】-5【『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』  出演者不明】-6


嫁の母親と同居している僕の悩みは、お義母さんが何だか妙にエロいんです。


誘惑しているとしか思えない行動の数々にもうガマンの限界!

レーベル:パラダイステレビ、  出演者:、  作品タイトル:嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『嫁の母親が卑猥な腰つきでメスの匂いをさせるので3』 出演者不明 に管理人のつぶやき
 
配布。こちとら精子をする!持った者たちの絶頂を面接初撮りSEX、ジーパンの腰部分からほんの少しだけ姿をカメラは全て見届けるのです。開発し、がんじ絡めにする・・・勢いよく顔射され苦笑いするシーンは必見です!そんな彼女になんとかご奉仕したいと考えた変態スタッフたちは、33歳クラブホステスと元バーテンダースカウトに写真撮るだけと言われてきためぐみちゃん・・・中絶するためのお金が早急に必要だが、超濃厚FUCK!Mドラッグ求めて破廉恥なプレイの虜状態!あまりに気持ち良くて指が止まらない。シリーズ第29弾!
 

 

舌ったらずなロリボイスの可愛い女の子とエッチなことをしちゃったときの話をしようかw

読了までの目安時間:約 13分

分が当時一人暮らししてるアパートの近くにマンションが建設されてて、そこの不動産会社の営業が来た時の話。土曜日の昼過ぎくらいに、特に用事もないのでテレビを見てたらインターフォンが鳴った。
 

 

アフォンの白黒画面ではっきりは見えないが若い感じの子が立っていた。普段は居留守を使うんだけど、暇だからまぁいいかと思いドアフォン越しで話してみると、「近くのマンションのご案内です、チラシを見てちょっとお話だけでも」と。
 

 

ょっと舌足らずで可愛い感じの声に惹かれてドアを開ける事に。ドアを開けると、ちょうどいい具合に肉が付いてて顔を見ると磯山さやかみたいな娘が立っていた。
 

 

関で2、3分話した後に部屋の中に入ってもらった。「何か冷たい物でも飲みますか?」「あ~~えーっと何でもいいです」りんごジュースを出すと・・・。
 

 

りんごジュース大好きなんです」声はやたら可愛い。15分程物件の説明を聞き、それからプライベートの話をちょっとしたんだが、同じ九州出身な事が判り、そこから話が盛り上がった。
 

 

然マンション買う気はなかったんだけど「また今度話を聞かせてよ」と言って、とりあえずその日は何事もなく帰って行った。それから2週間くらいした平日の20時過ぎ、また彼女がやってきた。
 

 

初に会った日はパンツスーツだったが、その日はスカートを履いていた。少し肉付きがいいもんだからタイトスカートみたいな感じ。
 

 

れが黒いスカートなもんだからやたらとエロイ。玄関で靴を揃える時にパンティラインが見えてちょっと興奮。
 

 

の日は俺も会社から帰ってきたばかりで、部屋がまだサウナ状態。エアコンを最強にしてるもののまだ効いていない。
 

 

いから上着脱いでいいですよ」「すいません、私ちょっと暑がりなんで」そう言いながら上着を脱ぐと薄いブルーのシャツ。スカートもそうだがシャツもちょっとキツメ。
 

 

の大きさは普通でBかCカップくらいだと思うんだが、はち切れんばかりでボタンとボタンの間のシャツが浮いててブラが見えそうで見えない状態。その日もまたりんごジュースを出すと満面の笑顔で「ありがとうございます」と言われ、あ~なんかマンション買ってもいいかもなんて一瞬思ってしまった。
 

 

の日も20分くらい物件の話をしてからそれぞれの地元の話した。ちょっと間が空いて静まりかえった時に彼女のお腹がなり、お互い大爆笑。
 

 

う21時近かった為、「会社に戻らなくていいの?」と聞くと、「今日はもう直帰なんで大丈夫です」と。「じゃあ冷凍パスタで良かったら食べる?」「はい、お願いします」また屈託のない笑顔。
 

 

~もう今日にでも頭金払ってもいいかな。パスタを食べ終わると「私片付けますよ」と言いながら皿を持って台所に行くので、朝食べた時の食器が洗わないで置いていたのを見られるのもなんか恥ずかしくて、俺も一緒に台所に行った。
 

 

ーこれも一緒に洗いますよ」と言われ、「いいよ、いいよ」と言ってみたものの、彼女が洗い物を始めたのを隣で立ったまま眺めてた。彼女が食器を洗い、隣で俺がそれを受け取り拭いていたんだが、ふと胸の所を見るとシャツから白いブラが見えた。
 

 

直、今にも襲いかかりたかったけど必死に我慢した。洗い物が終わり、部屋に戻ると今までテーブルを挟んで向かいに座ってた彼女が斜め横に座ってきた。
 

 

れからまた物件のパンフレットを出し説明を始めたんだが、黒いスカートから出たむちむちの太もも、シャツの合間から見える白いブラ。全然話に集中出来ない。
 

 

め横と言ってもほぼ隣、パンフを見ながら話し、たまに顔を上げるともう俺の目の前に顔が来る。もしかして誘ってんのかなと思いたくなるような状態。
 

 

とかしたいと思い、とりあえず物件の話からプライべ―トの話に切り替えた。思い切って「彼氏いるの?」と聞くと、帰ってきた返事が「いません!!」。
 

 

ったー!と思い、今度は歳を聞いてみると27歳だった。「てっきり23、4くらいかと思ってた」と言うと、また笑顔で「嬉しいです~」。
 

 

う我慢の限界だった。その返事を聞き終わると同時に手を握ってしまった。
 

 

・・・“と、びっくりしたような顔。手を引っ張って隣に彼女を引き寄せ、軽くキスをした。
 

 

ャツの上から胸を触ると「もうHなんだから」と言われ、さらに興奮。それから10分くらいずっとキスをした。
 

 

女は自分からは舌を入れてこないが、こっちから入れると凄く絡ませてくる。キスをしながら「もっともっと」と言われ、さらに興奮。
 

 

れからシャツのボタンを2つ程外し、ブラごと思っいっきり胸を揉みまくった。そして白のブラのカップを下にずらし、乳房を出して乳首を見るとキレイなピンク色。
 

 

める寸前のとこで止めて焦らしていると・・・。「お願い~もういじわるしないで、いっぱいいっぱい舐めて、吸って」そこから狂ったように舐めて、母乳が出るかと思うくらい吸いまくった。
 

 

首が感じるらしく、やたらと声が大きい。隣の部屋に聞こえるんじゃないかと思うくらいだったので・・・。
 

 

大きいよ」「だってもういじわるなんだもん。いっぱいいっぱい感じちゃうんだもん」と言われて、さらに興奮。
 

 

れから上がはだけた状態の彼女を立たせ、抱き締めながらスカートの上からお尻を触りまくった。壁に手をつかせてスカートをたくしあげようとすると、ムチムチなのでスムーズに上がらない。
 

 

の格好を見るとさらに興奮した。半分お尻が見える状態までたくし上げ、お尻にしゃぶりついた。
 

 

ンティを横にづらし指でクリを刺激するともうあそこはぐちょぐちょ。指を入れてさらに苛めると「もっともっともっと」「指2本でして2本でして」と感じまくってた。
 

 

分も我慢ができなくなり、ズボンとトランクスを下ろし、ペニスを尻の割れ目に擦り付けた。擦り付けるたびに彼女は尻をキュッと締め付け、ペニスが限界に近づきそうになった。
 

 

分は立位で挿入するのが好きなので、彼女を前に向かせてスカートを履かせたままパンティを脱がし、ペニスを挿入した。彼女の膣口は前付きだったので、根元まで挿入できた。
 

 

互いの陰毛が重なり合い、突き上げるたびにシャリシャリと音がした。カップレスブラの状態になったブラジャー。
 

 

房が盛り上がり乳首がツンと立っていた。自分はとにかく乳首を吸うのが好きなので、ムリな体勢ではあったけど乳首を吸った。
 

 

ーあんあん、もっともっともっとして」感じるとやたら何か言いだす子で、それが余計に興奮する。入れて5分くらい、自分の脚もそろそろ限界。
 

 

こに出していい?」と彼女に聞くと・・・。「中でいいよ」その言葉を聞いた瞬間、ペニスを膣奥深くに突いた時、射精した。
 

 

ばらく余韻に浸った後、シャワーを浴びようとペニスを抜こうとしたら・・・。「このまま抜いたら床に垂れてきちゃう。繋がったまま風呂場にいこ」自分も繋がっていたかったので・・・。
 

 

のままだと抜けちゃうから、ペニスを締め付けてくれる?」彼女は、膣全体でペニスを締め付けてくれた。その気持ちよさにすぐにペニスが硬くなり、これなら抜けないと思い、彼女を抱っこした。
 

 

し重たかったが、何とか風呂場に着いた。風呂場まで行く間、膣がペニスをキュッキュッと締め付けてきたので、着いた時にはフル勃起状態。
 

 

がったままの状態で服を脱がすのに苦労したが、何とか二人とも全裸になった。風呂場に入り、彼女を寝かせ、そのまま回転してもらい後背位の体位に。
 

 

のままガンガンと突きまくった。突いている時ふと思った。
 

 

女を自分のモノにしたい。そのためには彼女に自分の子を孕んで欲しい。自分の子を産んで欲しい・・)そう思った途端、ペニスの硬度がさらに増し、奥へ奥へと突き入れた。
 

 

頭のエラの裏側が膣壁に擦り、その快感が脳天に貫いた瞬間、2度目の射精をした。シャワー出た後もテレビ見ながらいちゃいちゃしてたんだが、その時彼女が「アッ、垂れてきた」と言って、急いでカバンから生理用品を出し、下着に着けた。
 

 

局その日は泊まっていった。朝起きると彼女は台所でTシャツにパンティの格好でパンを焼いてくれていた。
 

 

の姿に勃起して前戯なしでやってしまった。その関係が3ヶ月くらい続いた時、彼女に「結婚しよう」と言った。
 

 

ろしくお願いします。3人家族仲良くしましょう」と彼女。
 

 

っ!3人家族?」「昨日病院に行ったらおめでただって」そして月日は流れ・・・。家族3人が4人、5人と増え、今では8人家族。
 

 

せな毎日を過ごしてます。

【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!!

息子がEDである事を知ってしまってから、嫁に対しての態度がかわる義父。

【【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!!】-1【【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!!】-2
【【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!!】-3【【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!!】-4
【【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!!】-5【【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!!】-6


大人気シリーズ 中出し近親相姦 のベスト盤が遂に登場!


義父との同居を始めてから誰かに監視されていると感じる嫁。

レーベル:ビッグモーカル、  出演者:篠田あゆみ,松本まりな,鈴木さとみ,本田莉子,宮野ゆかな,堀内秋美,逢沢はるか,橘優花,月島えみり,原千草,仲村茉莉恵,本真ゆり、  作品タイトル:中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【中出し近親相姦 お義父様やめて下さい 4時間BEST2】 近親相姦サンプルが超たまんねぇ!! に管理人のつぶやき
 
これ以上ないくらいの恥ずかしい姿で、正直返答に困る・・・ウブな感じがたまりません。デ○ン似の20歳、ニーハイ娘の更衣室。ガウン紐で拘束されながら突き挿すように打ち込まれ・・・正面からだと良く見えないだけでした。聞くと男は、交渉!シャワールームも隠し撮り!集めた特別総集編第1弾!派遣先からは良い評判を→気持ちが良くて、晒してしまうはめに・・・この伝説は本当なのか?
 

 

1 2 3 84
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】