告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

三十路の奥さんをセフレに中出し調教した田舎の自治会での出会い体験談

読了までの目安時間:約 3分

はひとり者です。人妻でセフレな愛人のひとみさんは37才。
 

 

業主婦で子供は大学の寮にいるためひとり。旦那は月2~3回自宅に戻る程度の出張貴族です。
 

 

治会の席で会ってからお互い1人身みたいなもんだしと近くの居酒屋へ行きました。その時は他に3人いましたが。
 

 

11時頃になり、彼女少し飲み過ぎたみたいで自宅前まで手を引き送りました。勘定は俺が払いました次の日の朝ひとみさんから電話があり昨日はご馳走さまと礼をいわれ、暇なら部屋でお茶でも飲まない?とさそわれました。
 

 

も会社の事情で3日間休暇で暇してたから言葉に答えて部屋を訪ねました。話も盛り上がり独り身の寂しさをお互い痛感しました。
 

 

日居酒屋でまた飲む約束して部屋をでました。次の日の夕方はひとみさんに電話して誘い居酒屋に向かいました。
 

 

ールで乾杯、夕食の代わりにオカズも頼み食べたり飲んだりで9時過ぎたんで帰る事にしました。途中ひとみさんは家で少し休んで行きなさいの言葉に甘え、上がり込みまたビールを。
 

 

つの間にか寝てしまい毛布がかけてありました。辺りをみまわすと風呂あたりに電気が。
 

 

がてひとみさんは上がってきました。なんと色っぽい。
 

 

子はビーン!ネグリジェのまま隣に座り微かな香水が漂ってあなたの大きくなってるなんてちんちんをイタズラしてきた。暫くしてないしひとみさん苛めないでよ。
 

 

う我慢ができず、ひとみさんの唇を奪い舌を入れ濃厚にせっしてしまいました。後先考える余裕もなく彼女のパンティを剥ぎ取り、マンコを舐めるとひとみさんものけ反ったりジュクジュク濡れてきました。
 

 

まらず息子を子宮近くまで挿入して腰を揺すり5分もたたず白液を発射。恥毛に覆われたマンコから垂れてるのをティッシュでふきながら、ごめんなさい。
 

 

言うと、頷くばかりのひとみさんでした。もう妊娠しないわよ。
 

 

っと。と口を寄せてきました。
 

 

に唇を重ねてマンコをスリスリすると声を上げてあえぎ声を.............部屋のベッドに抱きながら連れて行き、前戯なしでひとみさんの中に入れました。足を開きチンチンを更に奥まで挿入し、腰を揺すりました。
 

 

ぶん15分位に突き捲り残り汁を噴射して果てました。ひとみさんひとみさんといいながら果てました。
 

 

れからも三日に一度は会うようになりました。

思いっきり、もう頭が空っぽになって目の前が真っ白になるくらいに最高にイカせてあげたい。

読了までの目安時間:約 11分

ょっと前の話だけど、チャットで仲良かった女の子と発展していって電話でやり取り・・・。想像できると思うだろうけど、電話で話したら会っちゃいますよね。
 

 

りあえず、会って酒でも飲みに行こうって事で約束。週末のオレの仕事終わりに待ち合わせ場所に直行。
 

 

ょっと早めに着いちゃったから、タバコを吸いながらダラダラ待ってたら、携帯が鳴って「ドコ?」。そのまま会話しつつご対面。
 

 

の子(Mにしておきます)は水商売で、20代後半、見た目は23くらいでした。チャットだけに外見は期待してなかったのに超極上、スレンダーボディで「男、放っとかないだろ?」な感じ・・・。
 

 

なみに、その後他の女の子から情報で、バツイチで子持ちって話が・・・真偽はわかりません。)彼女が良く行くという店に行き飲みながらいろいろ話してるうちに盛り上がって、11時過ぎてたのに時間も気にせず「カラオケ行くぞ~~!!!」と腕を組みながら、すぐ傍のカラオケボックスへ。
 

 

り添い、見つめながら歌う事2時間。出る頃になって彼女が・・・。
 

 

電何時だっけ?」「やべっ・・・終電まであと1分・・・」(完全に気にしてませんでした・・・)「どうすんの?」「お前、ここからタクシーですぐ帰れるだろ?オレ、どっかで始発待つわ・・・タクシーで帰るとシャレにならない金掛かるし」「この辺、朝までいられるトコって、ホテルくらいしかないよ?」「仕方ないでしょ、オレ一人で泊まるわ・・・」彼女の所はタクシーで3000円もかからないらしく親と一緒に住んでいるというのも知っていたので帰そうと思っていたのですが・・・。タクシー乗り場まで連れて行く途中に、彼女はいきなり腕を引っ張って。
 

 

な事しないなら、いっしょに泊まる」「変な事って、オレ男・・・しないって保証は出来ませーん!」「しないよね~~!!」(笑顔かよっ!)「・・・分かったよ」・・・と、なんか強引に納得させられて、途中コンビニに寄って、飲み物とデザートを調達して一緒にホテルに向かいました。部屋に入って、ダラ~~っとくつろいでいると、横に座って。
 

 

は、もう少し一緒に居たかったんだ・・・」「そりゃ、オレも・・・そうだったけど、帰らなくて大丈夫なの?」「朝イチで帰って、寝たふりしてれば大丈夫・・・」「そっか・・・ならいいけど・・・」「お風呂入る?」「Mが入るなら、その後にでも入るよ・・・」「じゃぁ、沸かすね」・・・って、風呂にも入ってベッドでゴロン。流石に念を押されてただけに、襲っちゃマズイとオレの理性。
 

 

も、美人のキャミとショーツだけって姿はソソる・・・。イイ女と添い寝できるだけでもいいか・・・って腕枕しながら思ってたら、抱きついて足を絡めてきちゃいました。
 

 

っくりして「ん?」って言ったら「寒かったの・・・」。「バーカ・・・(笑い)キスしたくなったら、どうしてくれるのさ・・・」「うーん(笑)」・・・っていいながら、軽いキス。
 

 

つめ合って、再び、今度は舌まで絡めて。「このキス好き・・・唇挟まれるのっていいかも・・・」「普通じゃないの?」よく言われるんですが、オレのキスって、相手の上唇を自分の唇で挟むようにしながらするんです。
 

 

ィープだと、相手の口角に唇の先端が当たるような角度になっていくんだけど・・・。「こういうキス初めてかも」「じゃぁ、もう一回・・・」ここまで来たら、なるようになれで、キスしながら指先は背中に・・・。
 

 

体をピクってさせながら、強く抱きついてきたから、OKみたい。背筋から、腰、再び背筋、また下っていってヒップの割れ目を伝って徐々に敏感なゾーンに・・・。
 

 

ョーツ越しでも分かるくらいに濡れてる・・・。って、思ったら彼女の手もオレの股間に。
 

 

れてるよ・・・」って言ったら、「硬くなってるじゃん・・・」って。ムード壊さない程度に、耳元で「もっと硬くする?」って囁いたら「オナニーでもする?目の前で脱いであげるよ~」って笑いながら言うから、冗談半分に「脱げば~」って言い返したら、本当に服を脱ぎだして微笑んでやんの・・・。
 

 

ゃぁ、オレも脱ぐ」ってTシャツ脱ごうとしたら、「脱がせてやる~!!」ってじゃれてきて、服とパンツを脱がされながら、そのまま再びベッドに・・・。「こうしてやる!」と指をクリトリスに当てながら、乳首の周りをゆっくり舐めてたら、喘ぎながら「イジワル・・・」。
 

 

首を舐めると、腰を浮かせながらさらに激しく喘いでくれるから、キスをして、親指でクリトリス、そして膣に指を2本・・・。しっかりオレの握りながら、身体をピクピクさせてた・・・。
 

 

い濡れてきて、溢れてくるジュースが勿体無いからクンニしたら「クリトリス舐められるの弱いの・・・イクよぅ」って可愛い声出すから「イッていいってば・・・」って言うとビクンって仰け反らせながらさせてイッてくれました。反応がいいから、もっとイカせたいって、いつものイカせ魔モードに突入・・・。
 

 

首を左手で弄びながら、クリトリスを舐めて、指を2本・・・ちゃんと上の壁に擦りつけながら、膣の中の段差に指を引っ掛けるようにピストンしてたら「また、イクっ・・・」って、さっきと同じように身体を仰け反らせて・・・。膣の奥の収縮具合で演技かどうか見分ける限り、演技じゃないみたい・・・。
 

 

の収縮が少し落ち着いた頃に再始動、またすぐにイッてくれました。「ずるい・・・あたしばっかり・・・」って身体を起こして、オレのに食いついてきて・・・。
 

 

手い・・・。水商売って言ってるけど、実は風俗じゃないよね・・・。
 

 

んて思ってる間に7部勃ち・・・。「おっきい・・・しかも、カリ高だし硬い・・・苦しいもん・・・」「ゴメン・・・コレまだ完全に勃ってない・・・」「マジ?入んないかも・・・」「試してみる?今なら入るかもしれないし・・・」「うん・・・」と仰向けで足を広げてくれたから、割れ目に先を押し当てて、ゆっくりと挿入。
 

 

んないかもって言っていただけあって、実際に凄い大変・・・。あまり濡れてない子に入れる時って、先から徐々に腰を前後させながら少しずつ挿入するっていう話を聞いた事があったけれど、そんな感じ。
 

 

かなか入っていってくれない・・・でも、カリ首が擦れてオレのは逆に大きくなって・・・。やっと奥まで入ったら時には、彼女は1回イッてました。
 

 

まで入れば、ハイペース・・・っていうのも単調で嫌いなので、突き上げたり、角度を変えてクリトリスに当てたり、Gスポットに擦り付けたり・・・クリトリスに当てながら、Gスポットにも当たる角度っていうのも探せばあるもので、そのまま奥まで突き上げたり・・・。正常位、側位、バック、騎乗位、座位・・・。
 

 

位を替えながら、キスし抱きしめ、彼女を何度もイカせました・・・。オレは・・・相手がめちゃイイ女過ぎた・・・。
 

 

は何度もイッてるのに身体はイッてくれない・・・。ただでさえ遅漏気味なのに、ゴムつけててイキづらいのもあったけど、挿入後30分弱・・・。
 

 

ムの中は、オレの先走り液でいっぱい・・・。ゴムの中でオレのが動く動く・・・。
 

 

石にそれじゃ感じないと思って「ゴム変えるわ」って言ったら「生でいいよ・・・」なんて嬉しい言葉・・・。再度挿入したけど、やはりイケない・・・。
 

 

まりもいいし、天井は結構ザラついてる・・・。凄い気持ちが良いから萎えない・・・でも、イケない・・・。
 

 

・・1時間半経過・・・彼女の足がつって「やめる?限界でしょ?」って聞いたら、「イヤ・・・イッて欲しいもん・・・」「じゃぁ、もうちょっとだけだよ・・・」これ以上は彼女の体力的にも無理だと思い、膝の裏を腕で広げるように足持ち上げ、奥深くまで激しく突き上げてるうちに、彼女がイキっぱなし。オレは良く言うんですが、女の子のアクメって一度イッたら、ちょっと落ち着いてもう一度イクって感じじゃないですか。
 

 

れが、ビクっ・・・ビクっ・・・って立て続けに1分間に何回の世界でイク状態になる事があるんです。それに伴って強烈な締め付けが・・・。
 

 

キそう・・・ドコに出す・・・?」「外・・・」って虚ろに答えたので、イク瞬間抜こうとすると、腰をぎゅって抱きしめられて、結局中出し・・・。「おいおい、大丈夫なの・・・?」「あたしも凄い深い感覚が来て抱きついちゃった。高温期ではないんだよね・・・」「バカ・・・当たったらちゃんと言えよ・・・」「うん・・・」ってキス・・・。
 

 

計見たら、夜明けでやんの・・・。でも、彼女の腰が持ち上がらない状態だったから、少し休憩・・・。
 

 

時間ほどして、二人で着替えてホテルを出ました・・・。タクシーに乗る直前にキスをしてお別れ・・・。
 

 

じゃ、連絡取らなくなったけれど、興奮しすぎるのは怖いと実感しました。・・・長くなってすいませんフィクションじゃないので、記憶を頼りに書いてたら長くなってしまいましたが、脚色はしてありません。
 

 

.S.思いっきりイカせるのは楽しいんだよね。特にイキっぱなしにするのは・・・。
 

 

いてたら、誰かイカせたくなりました・・・。

ヤンチャな高校時代に悪友とレ●プした熟女が母だと気づいた驚愕の近親相姦性奴隷飼育体験

読了までの目安時間:約 8分

近、昔の思い出に浸かる時がある。今の俺からは想像もつかない、ヤンチャだった頃の話だ。
 

 

が中学1年の時、両親が離婚。俺は母に引き取られ、貧乏生活を送っていた。
 

 

る日、学校を早退して家に帰ると、母が見知らぬ男に抱かれていた。その時だけならまだいいが、母は他の男とも関係があったのか、翌日には違う男とイチャイチャしていた。
 

 

だ30半ば若い母には男が必要だったんだと思うが、思春期の俺には納得がいかなかったんだ。それがキッカケで、俺は悪い連中とツルむようになり、中3の時には暴走族に入っていた。
 

 

こで出会った仲間は、皆同じ様な体験の持ち主が多かった。気が合うと言うか、一緒に居る時が楽しかった。
 

 

めてレイプしたのもその頃だった。先輩と数人でツルんでいると、隠れるような感じで駐車場に1台の軽自動車が止まっていた。
 

 

ょっと離れた所で、バイクを止め車を数人で囲んだ。中では20代の男女がS○?を楽しんでいた。
 

 

為に夢中で全く俺達に気づいていない様子で、女が必死に男のチンポをしゃぶっていた。男も女のマンコを舐め回していた。
 

 

輩がドアを開けると、驚いた2人が硬直していた。男を社外に連れ出して腹に一撃。
 

 

はしゃがみ込んで動けなくなった。手と足を縛り、口にはガムテープ。
 

 

性の手を引き、車のボンネットへ体を押し付けるとバックから先輩が挿入した。女性は抵抗虚しく、先輩の精液をたっぷり膣の中に出され、その後に俺達にも輪姦された。
 

 

れが初めての相手だった。女性のマンコがこんなに気持ちいいと、この時初めて知ったんだ。
 

 

の後もこの場所で数人の女性と経験させてもらった。この場所は結構カップルがイチャつく場所らしく、平日だと1台くらいなので狙いやすかった。
 

 

校に入ると、周りは結構カップルが出来ていたが、俺は何故か年上しか目に入らなかった。初体験以降、皆年上で高校生の女が子供っぽく見えたんだ。
 

 

人の同級生を抱いたが、しょんべん臭くって直ぐ分れた。その頃になると、俺はタカオという友人と知り合った。
 

 

カオも俺同様、年上好みでしかも熟女好き(まぁその当時は30代~40代が熟女)。ある日、タカオの家に行くと1人の女性が座っていた。
 

 

は30歳位だろうか?タカオは俺が来るのを見計らって、彼女に服を脱ぐように指示すると、彼女は目をパチクリさせながら、恥ずかしそうに脱ぎ出したんだ。タカオが彼女の身体を触りだし、彼女に俺の股間を握らせ、"お前も好きなんだろう?"と言われ、無我夢中で彼女を犯しまくった。
 

 

女の目から涙が零れていたが、俺は慣れていた。俺達が満足すると、タカオが彼女に帰れと指示した。
 

 

女はそそくさと着替えると、急いで家から出て行った。タカオの話では、彼女は近所の奥様らしく、秘密を握られてタカオの玩具になっている様だった。
 

 

カオはそういった女性が他にも数人居る様で、中には友人の母も………。俺が驚いていると、翌日には同じクラスの○○君のお母さんが全裸で俺達のチンポを咥えていた。
 

 

女もタカオには逆らえない感じで、言われるまま従った。まだ40歳と言う割には若い姿。
 

 

カオは綺麗でスタイルが良い女ばかりを狙っていると言う。他にも、同級生の姉ちゃんやコンビニの姉さん、友人の叔母など毎日違う女とやる事が出来た。
 

 

る日、タカオが「お前ん家に行った事無かったよなぁ」と言うので、連れて行った。何も無いボロアパート。
 

 

カオの家とは大違いだった。「お前ん所、母ちゃん1人だっけ!」「あぁ」何も無い部屋で2人で、他愛も無い話をしてると母が帰って来た。
 

 

達?珍しいわね」母が顔を出すと、タカオは丁寧に挨拶していた。「お前の母ちゃん美人だな!いくつ?」「マジかよ!あんなババァ!」「幾つ?」「………37か?」タカオの目が本気だった。
 

 

だろ!ババァだぜ!」タカオは黙って荷物を持つと「悪ぃ!気に入ったわ」と言い残し帰って行った。数週間が過ぎた時、タカオから「家に遊びに来いよ」と誘われ、俺は久々の熟女SEXを期待し彼の家に急いだ。
 

 

の家に着くと、直ぐに彼が出向いてくれた。「今日は、どんな熟女だ」「まぁそう焦るなって」そう彼に連れられ部屋に向かうと、ベットに横になる熟女がいた。
 

 

を縛られ目隠しされている。スレンダーな体に違和感がある大きな胸はFカップはあると思われた。
 

 

は30代と言った感じか?もう既にタカオに何度も入れられた後らしく、マンコからは白い液が垂れ流れていた。逸る気持ちを押え、近づくと何だか見覚えのある顔立ち。
 

 

!!!お前…!」俺はタカオを睨んだ。「まぁ、良いマンコだぞ!試してみな」確かに母のマンコを見るのは初めてだった。
 

 

ンコはピンク色でまだ綺麗だった。母は何人の男のチンポをここで咥えたんだ…思わず指を差し込む。
 

 

っ」低く喘ぐ声。息子に触られたとは思って居ない様だ。
 

 

のマンコにムラムラしてきて、俺はズボンを脱ぎ捨てチンポを中に入れた。温かいマンコだった。
 

 

のチンポを優しく咥え込んでいく。ヌラヌラとエッチな液が中から溢れだし、俺のチン毛がベトベトになる。
 

 

は我を忘れて母の中に激しく怒り狂った精液を放出してやった。俺の子を孕むといい!!!そんな思いだった。
 

 

カオが目隠しを外すと、母は驚きで声を出す事が出来なかった様だった。目の前で息子に中出しされ、息子のアレに感じていたのだから………。
 

 

の事がキッカケで、母は俺の娼婦となった。朝から晩まで俺は母を奴隷の様に犯しまくった。
 

 

は、俺に他の男とのSEXを見られた事に後悔をしていると言い、あれから誰とも付き合っていないと言うのだ。俺達は仲良くなり、暴走族とも縁を切った。
 

 

ちろん母という性奴隷が出来たからだ。タカオも母を気に入り、暇を見つけては我が家に泊まり込みでやってくる。
 

 

は2人の息子が出来たと喜んで、川の字に寝る。そして、高校3年の秋だった。
 

 

…母が妊娠したんだ。俺の子か?タカオの子か?結局、俺が年上好きと言う事………それは母だったんだと思う。
 

 

して俺は今、スーツに身を包むサラリーマン。家では小さな子供と母………そしてもう1人………タカオと4人で暮らしている。
 

 

供は結局タカオの子供だった。でも、今でも母は2人の性奴隷に変わりは無い。
 

酒池肉林的な集会を毎度のように行っている新興宗教の集まりにて知り合ったおっさんの話

読了までの目安時間:約 13分

う、だいぶ昔のことなんだけど・・・とりあえず現在のスペック。20代後半175の62顔は、よく偏差値50の顔って言われる。
 

 

術部だった友達からは、平均的な顔過ぎて描きにくい顔らしい。当時、俺は高校を卒業して、東京の大学に進学することになった。
 

 

舎者のおれは右も左も分からず、これからの生活に心細くなっていたが、ある理由で、初めての一人暮らしにも関わらず…そこまで不自由な生活とまでは行かなかった。その理由ていうのが宗教だった。
 

 

構、大きめの宗教で、その道ではそれなりに有名らしい。親(っていうか母親)がその宗教にのめり込んでいて、俺もその会合だとかに、イヤイヤ顔を出していた。
 

 

ぁ、その宗教の繋がりで、東京に来たばっかりにも関わらず、俺に良くしてくれる人たちがいて、周りの地理や生活方法なんかを教えてくれたりした。正直、一人暮らしになることでその宗教から逃げられると思ったが、一人暮らしの心細さから、最初の内はその人たちに頼りっきりで、結局、それなりに親しくなった。
 

 

なみにその宗教ってのは、金持ちしか入れない系のやつです。結局、会合なんかにも顔を出さないと、気まずい雰囲気になっちゃうわけで、どんどん負の連鎖で親しくなっていゆく。
 

 

、よく世話をしてくれる女の人。(多分40歳くらいで雰囲気がアグネス)が居たんだけど、大学生活最初の夏休みに入る頃に、娘の家庭教師を頼まれた。
 

 

直、お金には困ってなかったが、関係を壊すのも嫌だったので家庭教師をする事になった。ちなみに相手の家族構成は、アグネス旦那娘A(大学生)息子(大学生)娘(9歳で俺が見ることになった女の子)で、大学生の二人は遠くで一人暮らしらしかった。
 

 

まいち、小学生の家庭教師ってのが必要なのか分からなかった。(今思えば、俺なんかよりプロ頼めって話だよな)なんだかんだで、その女の子の勉強を見ることになり、週2~3で面倒を見ることになった。
 

 

んまり思い出したくないけど、当時は結構かわいらしい女の子だなと思った。その家族との新密度はますます上がり、よく旦那さんを覗く3人で食事をするようにもなった。
 

 

の時には、娘さんよりもマダムとエロい関係になるんじゃって思って期待してたりした。なんだかんだで、11月とか12月辺りの季節、旦那さんも一緒に食事をする機会があった。
 

 

那さんは、アグネスから俺の評判を良く聞いているらしく、俺の事を気に入っているアグネスは俺の事をとてもいい様に言ってくれていた。旦那さんは社長だとか会長だとか、そういった風貌のある人で、この人に認めらて嬉しい、みたいな感じにさせる人だった。
 

 

成年だったけど、半強制的にお酒を飲まされて、ほろ酔い程度になった。お互い気持よくなり「散歩に行くかっ!」見たいな感じで、夜中に二人で外へ出て行くことになった。
 

 

ぁ、男二人が夜中に行く場所と言ったら、アレなわけで、俺は初めての風俗体験をした。風俗だけど、皆の期待するような風俗じゃなくて、結構普通の風俗だった。
 

 

ど、やっぱり金持ちなので、多分滅茶苦茶すごいお店に連れて行ってくれたんだと思う。テレビで見るような、ストリップ場(?)見たいな、キャバクラっぽいお店で、酒を飲みながら、気に入った女の人を個室連れていくって感じの店。
 

 

だに、忘れられない衝撃的な店だった。旦那さんと一緒に飲んでたんだけど、そそくさと女の人を決めて個室に行っちゃったので、それに合わせるように俺も女の人を連れて個室へ行った。
 

 

備:童貞がはずれたその日以来、旦那さんとも新密度が上がっていった。要するに家族3人と滅茶苦茶仲のいい状態。
 

 

ばらくして事件が起こった。アグネスと旦那が離婚した。
 

 

初は「あんなに仲が良かったのに!?」みたいな感じで、衝撃だったがよくよく考えれば、思い当たる節があった。娘(9)である兄弟と年齢が離れてるから不自然だなと思っていたけど、元々アグネスと旦那は両方ともバツイチ同士で、大学生2人は旦那の子、9歳の子がアグネスの子ってことで再婚だった。
 

 

々あったんだなーと、思う程度だった。お城見たいな家(それこそ、よくネタにされてるアグネスの住んでる家の画像みたいな感じ)は、元々、旦那の者だったらしく、アグネスが出て行く形になった。
 

 

だ、不自然だと思ったのが娘(9)が旦那の元に残った事。当時、俺は「養育費とかの問題かぁ~」と、自己完結で終わらせていたけど、実際はそうじゃなかった。
 

 

当、強引に旦那が娘を引き渡さなかったらしい。金を使えるのは結局旦那で、弁護士だとか云々を総動員で、半分脅しみたいな感じでアグネスから娘を取り上げたらしい。
 

 

れは後でアグネスとのメールで知ることになるんだけど、そうとも知らず俺は娘の家庭教師を続ける傍ら、旦那さんとの関係は続いていた。びっくりしたのがメイドを雇い始めたこと。
 

 

ていうかお手伝いさんみたいな人がメイド服着てる)改めて、俺の家とは比べ物にならないほどの金持ちだと感じた。この時大学2年生の春~夏の季節本当にときどきだったけど、旦那さんと飲んで風俗行くのも楽しかったし、宗教の会合には旦那さんも殆ど来ないので、俺も段々、宗教の会合に行く機会も減っていた。
 

 

に不満は無かった。むしろ、旦那さんに連れられて色んな風俗に行けるのが楽しかったりもした。
 

 

ど、気になることがあった。娘(この時10の筈)が明らかにやつれた感じになっている事だった。
 

 

つれたと言っても、どこか疲れた見たいな雰囲気。アグネスが居なくなってファッションだとかが変わったせいだとも思ったけど、そうじゃなったんだなと思う。
 

 

る日、俺はいつものように旦那さんに連れられて風俗に行くことになった。ただ違っていたのが「今日は凄いところ行くけど覚悟しとけよ」だとか「秘密にしろよ」見たいなニュアンスの事を言われた。
 

 

っても、俺はトンデモナイ超豪華な風俗に行けるとwktk状態だった。けど、俺の息子はコレでもかってほどに皮の中に身をひそめることになる。
 

 

いた先は地下のお店だった。地下にあるお店じゃない“地下のお店“気持ち悪いから細かくは書きたくないけど、それこそロリからババァまで居るような店だった。
 

 

もそも店なのかどうかすら分からない。色んな女が硝子の向こうに居る感じ。
 

 

の動物園見たいな感じ。一番気持ち悪かったのが、小学生~中学生くらいの子が孕んでて(客に孕ませられた?)、搾乳機付けられてるのが一番気持ち悪かった。
 

 

那さんの言うとおりに、女を選んだ。俺はあまりに衝撃的で20代の女の人を選んだ。
 

 

那さん「もっと選べ」と言ったのを覚えてる。一瞬「こんな女やめろ」って意味かと思ったけど、そうじゃなくてもう1人選べって意味だった。
 

 

めて俺は3Pをした。ただそんなことどうでもよかった。
 

 

那さんが迷わず幼女を選んでたのが怖かった。明らかにロリだった(どうやらロリコンマンのようだ)。
 

 

きたい事いっぱいあったけど、怖くて聞けなかった。俺は田舎にはなかった“都会の闇“って言うか、そういうのを感じた。
 

 

ど、そんなのはそれだけで、翌日からはいつもの生活に戻り、娘の家庭教師をした。この時、俺は「旦那とこの娘の関係」を想像はした。
 

 

ど、実際にあるわけないと思い、そんなに考えなかった。俺はバカだと思う。
 

 

時はまだ、そこまで詳しくその家庭事情を詳しく知らなかったので、家族である娘に手を出すはず無いと思ってた。けど、実際には血の繋がってない娘いつものように家庭教師に行く日、俺は違和感を覚えた。
 

 

の前に車が何台か止まっていたのだ。家のシャッターも締まっている。
 

 

出かなとも思い、チャイムを鳴らす。明らかに中に人がいる気配がした。
 

 

間にあまり居ないはずの旦那さんが家から出てきた。家の仲は薄暗く、数人の大人が居る気配がした。
 

 

カな俺は「家で仕事の会議でもしてるか?」と思った。もうココからはご想像の通りです。
 

 

かし、綾瀬はるかの出てた白夜行ってドラマあるじゃん。あれの1話で、雪歩が幼少期に売春させられてたじゃん。
 

 

んな感じただ違うのが、旦那さんも一緒に楽しんでるってこと。怖いおっさんが6~8人くらい居たと思う。
 

 

デオで録画しながら、イラマチオしてるところだった。怖くて逃げたかったけど、体が動かなかった。
 

 

の光景を見るだけで精いっぱいだった精(性)なだけに!旦那さんが「このガキも入るからなー」って周りの奴に言った。普段、俺の事を「ガキ」なんて絶対に言わかったのに、。
 

 

の言葉が出てきてさらに怖かった。もう大学生の飲み会のテンションで「やれよぉー」見たいな感じで、断れない。
 

 

りあえず「脱がんかい」って言われて脱いで、ノーマルと勃起の中間くらいの俺の息子があらわになった。けど、そこから、徐々に雰囲気を理解し始めてた。
 

 

分強制されながら、俺は娘の○ンコに俺の○ンコを擦りつけた。かなりぎこちなかったと思う。
 

 

れて、腰振った。笑いながらビデオ撮られた。
 

 

の顔を直視出来なかった。直視せずにキスした。
 

 

もんだ。何も考えてなかったと思う。
 

 

精したけど、気持ち良かったのかどうか分からなかった。後は俺はおっさんたちが娘で遊んでるのを見てた。
 

 

と○ンコで咥えてるのを見て、AVとかで出しか見たことない様な光景が、娘(10)で再現されてうのに現実味がなかった。「ビデオ回してみるか?」と知らないオッサンに言われたけど、「いや、俺才能ないんで・・・・w」っと、訳のわからないいいわけを返した。
 

 

んか途中コンビニ行ったりして、食料調達したりする人がいて、そういう妙にリアルな生活感が、俺を現実に引き留めてた。結局夜まで続いた帰りたかったけど、怖くて言えなかった。
 

 

でお酒飲んだ裸でwもうキチガイだと思ったのが、座ってる男のチンコを娘(10)が舐めて回ってた事。俺のも舐める娘と一瞬目があって、すぐ逸らした。
 

 

に、犬の餌あげるお皿あるじゃん。おっさん一人がションベン入れて娘に飲ませるわけ。
 

 

たちはそれを見ながら酒を飲むわけ。んでもって、酒を飲み終えたときにおっさんが俺に、とんでもないことを言ってきた。
 

 

日は祭りか・・・」

会社によくやってくる生保レディ推定30歳と美味しい関係としていろんな意味で契約w

読了までの目安時間:約 7分

7歳で独身の時、会社に出入している生保レディー(推定30歳)既婚契約する事にして契約日に印鑑忘れて「明日持ってくるから」と言うと「今晩、お部屋に印鑑もらいに行っちゃだめですか?」と言われて「来るのは別にかまわないよ」と住所を教えたら夜の9時過ぎくらいに本当に来た。ワンルームの部屋にベットが置いてあって、床はイロイロな物が置いてあるので座るところはベットの上しかなく、それでも置いてある物をどかしてオレが床に座わったら、彼女は躊躇しながらも「ここに座ってもいいですか」とベットの上に座りました。
 

 

女はブラウスに膝より少し短いスカート姿で、座ると太モモの真ん中くらいまでスカートが上がり、素肌に近い白色のパンストの脚が艶かしく目立ちそれを気にしてか、オレと目を合わせず早口で保険の説明をしていました。彼女の正面に座っていたので、彼女が脚を横にしてそろえていても目の前の▽は見えました、彼女もその事を知っていて「見えますか?」と顔を赤くしながら言いました。
 

 

レが「少しね」と言うと、「独身ですものねぇ」と意味ありげに言ったので「契約する時は相手の家に行く事が多いの?」と質問すると「ご結婚されてる方のお宅には行く事もあるんですけど、独身の方のところは今日初めてなんです。」・・・「やっぱり気マズイですもん」と言いました。
 

 

の中でオオォーと思いながら、話しがエッチを意識させる方向に進むように「今までに、契約するからと言われて求められた事とかないの?」とか「結婚してから浮気の経験は?」とかエッチな質問をしてたら彼女ははぐらかさず、「3年間この仕事をしていて誘われたのは5回あります」とか「結婚して4年たつけど、浮気は1回もないんです。」と答えてくれました。
 

 

間も10時に近かったので、回りクドイ事してたら帰っちゃうだろうと思い思いきって、「もしかしたら今日初めて浮気しちゃうかもね!」と言うと彼女は無言でチラッと自分の腕時計を見て「自分のお部屋で大丈夫なの?」と言いオレを見つめたので心の中でウッシャーと叫び、彼女の横に座ってキスしたら彼女の方から舌を絡ませてきました。キスをしながらブラウスのボタンに手をかけると、彼女が「シャワー使っちゃダメ」と言うのでもちろん使わせてあげて、その間にベットの準備をしてたら「あっ」と思い、ゴムを持って無い事に気づきシャワーから出てきた彼女に「ゴム無いんだけど」と正直に言うと、「ちゃんと外で出してね」とニッコリしてベットに腰掛けてきたので、そのままキスをしながら押し倒してバスタオルをはずし乳首をペロペロし始めると、小さい声で「あなただからいいのよ」と言われて、熱くなり思い浮かぶ限りのありのあらゆる前戯を尽くし、彼女がもう入れてと哀願するまで頑張ろうと思っていたら、彼女の方から「お口でしてあげるね」と言ってパクッとされてしまいました。
 

 

妻だから上手いとかじゃなく、今までされた事のあるフェラとは格段に違う何かでハンパじゃなく気持ち良かった、そのしている姿・仕草が若い娘とは全然違った。5分もしないうちに口の中にイってしまった。
 

 

女はテレくさそうにしながら、それを飲んでくれました。(感動)イってしまったので、復活するまでの間腕枕で彼女と話しをしていたらその日は旦那が出張でいなく、家に帰るのが遅くなっても平気なのとかウチの会社に来ていてオレと初めて話しをした時から気になっていたのとか腕枕で話しをしていましたが、恥じらいのある仕草や彼女の色気ですぐに復活してきました。
 

 

う一度キスをして今度は軽く前戯をして彼女に「入れてもいい」と耳元で聞くと彼女もうなずいたので、ついに『合体』しました。挿入した瞬間、彼女が声とも息をもらしたともいえない「はぁ~ん」という切ない鳴き声を上げオレの腰あたりに両手を添えて、自分の方へ引き寄せるようにしました。
 

 

初はゆっくりと浅くピストンをし彼女の反応を楽しんでいると、彼女はオレを見て切なそうに「イジワル・・・」と言って、自分の腰を浮かせ深く挿入するよう無言で催促してきました。耳元でオレが「もっと深く入れてほしいの」と言うと彼女は目をウルウルさせて、両手でオレの頭を抱えこんでディープキスをし態度で「もっと激しくして」と言ってるようでした。
 

 

レも彼女のディープキスに火を付けられて、一気に根元まで入るように深く突くと彼女もたまらずか、キスしていた口を放して「あぁぁぁ~」と今までにない大きな声で感じはじめ、「あっん・あっん・あ~ん」と声を出すようになったので、アパートの隣近所に聞こえてはマズイと思い、彼女の口に指を入れて声が出ないようにしてピストンしました。しばらく正上位でしたが、イキそうになったので一度抜いてバックに変え、入っている部分が見えるように自分の体を後ろに反らしました。
 

 

は彼女の希望で対面座位にして彼女が自分で腰を動かす形をとったら、3分くらいで一度イッたみたいで、動かなくなりました。彼女を横にして再度、正上位に戻し自分もイクように早いピストンをはじめました。
 

 

度ピストンを始めた時は彼女もイッたばかりで、反応があまりなかったのですが一度イクと二度目は早いのか、すぐに感じだして彼女のアソコが締まってくるのがわかりました。もう、かなり濡れていてサラサラした愛液でシーツはビショビショ!オレもイク寸前まできていたので、感情のおもむくままに「中でイッちゃうかも」と言うと彼女が「ハっ・はやく・きて~」「わたしも・・・あっ・あっ・あぁ~」とまたイッたようでした。
 

 

の後3回くらいのピストンでオレも彼女の中に『射精』彼女の腰を掴み、おもいっきり深く入れたところでビュッ・ビュッ・ビュッお互いヘトヘトでしばらくは無言だったけど、彼女のほうから中に出した事は気にしてないかのように、「気持ち良かったネ」と言われオレは中に出してしまった事をマズイと思い「大丈夫かなぁ~」「ゴメン・・・」と言うと彼女はニッコリしながら「大丈夫かは、わかんないけど・・・何かこうなるような気がしてたの」「でも、それでもよかったんだ」と言い、続けて「泊まってってもいい?」と言いました。もちろん泊めてあげて、その後も朝の4時くらいまで合計4回愛し合いオレが結婚した今でも3ヶ月に一度くらいの間隔で愛瀬を重ねています。
 

 

なみにその時妊娠はしてなく、今ではちゃんと避妊をしてますから・・・

1 2 3 84
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】