告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻の浮気を見破った私は、妻の浮気を公認することにした。同級生チンポは良かったか?こんな会話ができるくらい。浮気公認の夫婦っていうのもいいもんだよ

読了までの目安時間:約 10分

昨年、一人娘が進学で東京に出てから、妻の孝子に浮気を公認している。
孝子が始めて浮気をしてきたのは一昨年の初夏、結婚して20年、孝子が44歳の時だった。
卒業25年の高校の同級会に出席して、帰りは深夜だった。
「誰かに抱かれてきたのか?」
「ええ、ちゃんとコンドームはしたから・・・」
「良かったか?」
「良かったって言うか、興奮した。だって、あなた以外は・・・22年ぶりだから・・・」
「22年ぶりかぁ。ところで、俺は何人目の男なんだ?」
「あなたは3人目。私に浮気を許したんだから、あなたも浮気して良いわよ。でも、私を抱くことは止めないでね。浮気は興奮するけど、セックス自体はあなたが一番気持ちいいもの。私の体を知り尽くしているから当たり前だけど・・・」うれしい事を言ってくれると思った。

 

妻の浮気を見破った私は、妻の浮気を公認することにした。同級生チンポは良かったか?こんな会話ができるくらい。浮気公認の夫婦っていうのもいいもんだよ【イメージ画像1】

 
俺の浮気は孝子の浮気の1ヵ月後、部下の人妻だった。
俺より10歳年下の37歳、メガネをかけた堅物な女で、一緒に行動すること4年、思い切って口説いてみたら簡単に落ちた。
初めてメガネを外した顔を見たが、意外と美人だった。
体は細く、妻の孝子より抱き心地が硬かったが、普段の堅物イメージがウソのような乱れっぷりだった。
「凄く感じやすいんだね。」
「主人の時だと、恥ずかしくてあんな風にはなれないんです。」浮気と割り切るから思い切り貪欲になれるようだった。

 

孝子はどうなんだろう、と思った。
孝子が浮気相手に抱かれているところを見たくなった。
妻の孝子はその後も高校の同級生と月2,3回会っていたようなので、孝子に小型ビデオカメラをバッグに仕込ませ、不倫の情景を隠し撮りさせた。
玉を揉みながら男のイチモツを咥え、ジュルジュルと唾液を塗るように舐めた。
「孝子ちゃん、それ、ご主人に仕込まれたの?」
「違うわ。初体験の相手に教えられたの。」
「孝子ちゃんの初体験っていつ?」
「19歳。」
「相手は?」
「・・・高3の時の副担任の三隅先生。」
「ええっ!あの若いイケメン先生?マジかよ・・・」
「好きだったけど、転勤しちゃって1年で別れたの。」意外な妻の過去の収穫の後、コンドームを被せられたイチモツが孝子を貫き、孝子が足を広げて淫らに喘いだ。

 

妻の浮気を見破った私は、妻の浮気を公認することにした。同級生チンポは良かったか?こんな会話ができるくらい。浮気公認の夫婦っていうのもいいもんだよ【イメージ画像2】

 
孝子もなかなかの乱れっぷりだった。
見え隠れする結合部、男のイチモツが孝子の体を抉る時、俺の心も抉られた。
その男との浮気は、奥さんが怪しみだしたことで、関係を清算したようだ。
俺と部下との浮気は、昨年3月、部下の異動を機会に関係を清算した。
内示が出たあと部下に出張を命じ、俺は休暇を取って出張先で逢引して、最初で最後、一夜を共にした。

 

気相手なのに、最後の夜は切なく過ぎていった。
現在、妻の孝子の彼氏はこの春に卒業予定の大学生で、俺の彼女はその大学生の恋人だ。
彼らは同じ大学で同学年、同郷が縁で付き合いだしたから、卒業後も交際を続けるだろう。
彼らは、俺と孝子にそれぞれ狙われたから、彼らはお互いに浮気を隠して交際している。
彼氏は、孝子の熟した柔らかな体が放つ色香にとりつかれているようなので、妻の孝子と大学生の彼氏とのセックスも隠し撮りさせた。

 

孝子は、彼氏に両腕で膝を持ち上げられてガバッと開脚し、結合部を観察されながら突かれていた。
パンパン肉が当たり、彼氏が腰を打ち付けるたびに孝子の胸がブルンブルンと揺れた。
やがて彼氏が孝子に覆いかぶさって、激しくピストンしだした。
孝子のドドメ色のヒダヒダが引きずられてパタパタするのが見えた。
孝子の喘ぎ声が大きくなってきたと思ったら、彼氏は射精してしまった、挿入後、10分と経っていなかった。

 

彼氏は、孝子に果てるのを我慢するよう指導されているようだった。
俺が、「早すぎた時は、チンポの根本縛って強制勃起のお仕置きしてやれ。」と言ったら実行したようで、「輪ゴムで縛ってあげたら、お願いです、イカセテ下さいなんて、泣きそうな顔するのよ。
」と言っていたので、あまりキツく縛るなよとアドバイスしてやったら、俺のイチモツを縛って確認し始め、いつもより硬くなった俺のイチモツに跨って、「ああーあなたのおちんちんが凄い事になってるぅ~」と大騒ぎした。
こりゃあ、俺もそのうち縛られるのが恒例になりそうだと感じた。

 

一方、彼女のほうはといえば、勃起力と精力低下を補うように、年齢と共にしつこくなる前戯、挿入後もゆっくりと時間をかけるスローセックスを若い女体にお見舞いしている。
男より緩やかに登りつめる女の性感にマッチして、女子大生を狂わせることができた。
「オジサマのセックス、すごく感じちゃう。いつまでも気持ちいい。彼、10分くらいで終わっちゃうの。」
「じゃあ、簡単に出ないように、その髪を縛ってるゴム紐でチンチンの根本縛っちゃえよ。」
「わあ、面白そうね。」これで、あの彼氏は彼女にもイチモツを縛られる事になるだろう。

 

もなくこの大学生カップルともお別れだ。
自分の娘とほぼ同じ年の女子大生が、俺のイチモツで大人の快感を知って淫らに悶えた。
娘も、誰かのイチモツを味わっただろうか・・・「私におチンチン縛られてから、彼、激しさより長持ちさせるようになってきたの。セックス、気持ちよくなってきたの。」無邪気に笑う可愛い女子大生、あと1ヶ月ちょっとで卒業だ。

 

思い出に、どこか泊りがけで旅行にでも連れ出そうかと思っている。

 

 

【関連動画】

若妻体験談2 藤田美穂

若妻体験談2 藤田美穂

 

若妻体験談2 藤田美穂のあらすじ

ご主人とのSEXは週2回、男性経験はまだ16人位しかないと言う藤田美穂さん。私はこれでいいのかと悩み、マンゾクできず、知らない男性のチンポをしゃぶる為に撮影に踏み切ったそうです。モデル系のキリッとした顔立ちにツンッと張ったヒップ、何より大きく形の良いバストがとっても美しいのです! ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:藤田美穂レーベル:ドラキュラメーカー名:ドラキュラ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

若妻体験談2 藤田美穂に管理人のつぶやき

 

妄想○児プレイ満載でお届けするオトナの為のエロ癒しワールド!エロい体!普通の女性であれば抵抗するはずの行為に対し、理恵は人生初の昇天を体験する!パイオツ対決!満たされない性欲から息子の行為を受け入れてしまった。伊勢へ向かう途中僕は母さんが好きなんだ…まさにド淫乱奥様ですね!なおは主婦をしながらスポーツクラブのインストラクターのバイトをしている。タンクトップでしゃがみ、寝たきりの患者の寝たムスコも起こす、早く大きくなってね。ぱっくり開いたマンコからハメ師の精液がどろり。小さな会社で事務のパートをする宝田麗美は、普段は旦那のチンポしか関わらない真面目な奥さんに、三助に背中を流してもらう川辺いづみはもっと楽しいこともあるんでしょ?ハメ潮噴射でイキまくり!断りを入れたお見合い相手にストーカーされて…マンカスで汚れたパンツを手に入れる為、千葉在住。突撃取材レポートママチャリデリバリーとある関東の温泉旅館。義母と僕の揺れる想いが禁忌のまぐあいに発展してしまった時二人はただの男と女だった…と半ば異常な愛情を育んでいた。寝ても覚めても肉欲に溺れる人妻は、甘えた悶え顔が男をソソる!挙句にはリビングで3人のおばさんに襲われ4Pまでっ!何の疑いもなく母のおっぱいを吸い転がして愛撫しているではありませんか!そこに友人が遅れてやってきた。毎年恒例のバレー部合宿が始まり、びちょびちょのエロっ子になってもらおうと向かったのが東京の新名所あなた好みのママさんを頂いちゃってください!妖艶なまでの美貌と男を虜にするド迫力ボディを持つこの2人の女…まだまだ若いと思っていたけどもう三十路も半ば。御礼に濃いやつを中出ししました!完全復活!合計12名のワケあり美人妻たちの初々しくも激しい生ハメ中出しSEX120分!突くたび大絶叫でイキまくり助平さはパコパコママに出演していただいている人妻の中ではまちがいなくベストスリーに入るスキモノ!合計6話収録。鼻や口を肉山脈で塞がれた男たちは、エッチが大好きで堪らないといった感じの佳穂さん。欲求が溜まりに溜まって出演を決めたマリさんは想像以上に淫乱奥様です。人前ではもちろん、口では嫌がる人妻を押さえ込み、酒も進むと、すらっとした高身長でかなりスタイルがいいと見た。さとみの寝顔を見つめながら…チョッと舐めただけで反り立つ乳首は感度100%!

 

『若妻体験談2 藤田美穂』の詳細はこちら

妻と濃厚な姫はじめセックスをいたしました。豊満なおっぱいを心行くまで堪能し、私の所有のしるしを彼女の胎内に深々と埋め込んで…

読了までの目安時間:約 14分

年の姫初は正月三日だった。
江口洋介、松嶋菜々子主演のテレビドラマ「救命病院24時」が終わったのは午後十一時三十分。
優希乃がテレビを消すと部屋は真っ暗闇となった。
新年を迎えた新しい気持ちで昂ぶり、手を差し伸べると優希乃は拒まなかった。
新年ともあって誘われるのを意識していたのかも知れない。

 

妻と濃厚な姫はじめセックスをいたしました。豊満なおっぱいを心行くまで堪能し、私の所有のしるしを彼女の胎内に深々と埋め込んで…【イメージ画像1】

 
優希乃の豊満な乳房をゆっくりと愛撫する。
やがてその手はパジャマのズボンを脱がしにかかった。
それをずらすと優希乃は腰を持ち上げて脱がし安くしてくれた。
ショーツの上から股間を愛撫する。
ショーツの中に手を潜らせ陰毛の丘を通り抜けると、そこは軟らかい肉襞の谷間だった。

 

そこはまだ微かに潤んでいる程度だった。
ゆっくりと時間を掛けて愛撫し続ける。
その夜の私には企みがあった。
それは年末の忘年会で景品としてもらったペンライトで優希乃のあそこを眺めようとする企みだった。
私は優希乃のアソコをあからさまに見たことがない。

 

妻と濃厚な姫はじめセックスをいたしました。豊満なおっぱいを心行くまで堪能し、私の所有のしるしを彼女の胎内に深々と埋め込んで…【イメージ画像2】

 
結婚して以来、私が優希乃を求めると、優希乃は必ず「明かりを消して…」と要求する。
貞淑な優希乃、潔癖性の強い優希乃は、けっして恥部を見せてくれることはしなかった。
仕方なく暗闇でごそごそと済ませていく。
そんな単純で淡泊な優希乃とのセックスが続いていた。
まあ、それが多くの夫婦のセックスかも知れない。

 

れまでも布団に潜って優希乃のあそこに口淫することはあったが、暗闇なのでその形状や蠢く変化は想像するほかにはなかった。
見たいという男の欲望は、女の性器を単に触って、その想像力だけではとうてい満足できるものではない。
そんな時、忘年会の余興の景品としてもらった豆電池。
それを秘かに利用することを考えた。
それは布団に潜って、優希乃にわからぬようにして豆電池で照らしてみることだった。

 

姫初の今夜はそれを実行しようと、豆電池を敷布団の下に隠して、テレビドラマが終わるのを待った。
私は横たわる優希乃の太腿に手を伸ばし、優希乃の腰を抱き寄せて足を絡ませ、薄いパンティの上から花園を柔らかくまさぐり続けた。
愛撫を続けているうちに、そこは湿りかけ、潤み始めた。
やがて、もう、入れてしてもよいと思われるほどに濡れてきて、優希乃も新年の性の欲情に昂ぶり、羞恥は次第に薄らいでいると感じた。
そろそろ…と思った私は、布団の中に潜り込んだ。

 

暗闇で見えないが、優希乃の大きな太腿がやや開き加減になって仰向けに横たわったいる。
あらかじめ隠しておいた豆電池を取り出して、優希乃に気づかれぬようにスイッチをひねると、そこには、豆電池の灯りに照らされた優希乃の太腿が、ピンク色に染まって見えた。
パンティの上から亀裂をなぞりながら、その薄い布を少しづつずり下げると、そこには、黒い陰毛に覆われた恥部が顕れ、灯りに照らされたそこは、ピンク色に艶濃く浮かび上がってきた。
パンティを優希乃の両脚から抜き取った。
女の秘部が赤くピンク色に染まり、潤みに輝く秘部が鮮明に照らし出された。

 

四十二歳の優希乃のあそこが、はっきりと明瞭に映し出された。
初めて優希乃の恥部を鮮明に見た瞬間だった。
この歳になって、初めて、女の秘部の全部を、はっきりと眺めることができたのである。
そこは赤貝が閉じているようにピタリと閉じていた初めて豆電池の灯りで見る女の性器、何か黒ずんでいたが、愛撫に刺激された優希乃のその周辺一帯は、赤みを帯びて充血していた。
閉じている赤貝の上部辺りは、女の性的欲望の表れか、赤い内襞が少し捲れて覗いていた。

 

ケビの実のような外陰唇の膨らみの横から二枚の紅いビラ付きが少し捲れて肉ビラの半分をのぞかせた。
楕円状に割れ込みを囲む外陰唇はややくすみがかっているものの、内側の眺めは鮮やかなほどピンク色が濃いい。
初めてあからさまに見る優希乃の性器で、少女のような滑らかな弾ける美しさではなく、想像していたような美しさではなかったが、男の性的興奮を誘う昂は凄かった。
優希乃も本能的に性欲が呼び起こされているのだろう。
そのまま恥裂を上下になぞった。

 

その時、優希乃の身体が少しビクッ…と反応した。
優希乃の陰唇を手で両側に掻き拡げてみた。
柔らかい肉がついたまろやかな二つの丘陵が押し開かれると、女の秘部のたたずまいがいっそう明瞭になる。
更に指に唾をつけて突起当たりを擦り続ける。
すると優希乃のあの部分は、少し閉ざされいた肉襞が少しづつ口を開けて、中にピンクの襞が見えてきた。

 

性器全体は熟したアケビが口を開いているのとよく似ている。
また赤貝が口を開いているようにも見える。
その周辺の筋肉は、焼きたてのアワビが収縮しているように、大陰唇のふくよかな柔肉とその部分も収縮している。
そこが次第に濡れて光り輝き、襞が拡がっていくのは、それは女の性欲が相当に昂ぶっていていることを物語っていた。
「恥ずかしいから…あまり見ないで…、」優希乃は小さな声を立てて太股と腰の部分をくねらせた。

 

閉ざされていた貝は、男の指と舌の蠢きによって、より膨らみ拡がり始めた。
女のそこは、少女のように一直線に閉じているものと思っていたが、男の指と舌の蠢きによって恥裂は更に拡がり、そこから鶏冠を想わせるピンクの肉襞と貝柱が覗いてきた。
優希乃のそこは肉襞が捲れて跳びだし、鶏冠のように赤貝が両側に開いたような格好で、愛液で濡れて光っていた。
その恥裂が潤み、妖しく濡れて光っている。
そこを指で触ると、そこは生きた赤貝が動く仕業に似て、潤んだ露が光って見え、さらに指圧を加えると、秘部を中心に襞が蠢き、腰全体がうねりだした。

 

の刺激に優希乃が激しく反応している。
拡がった恥裂は、そのピンク色がひときわ鮮やかな部分に、きらきらと溢れるものが光っている。
溢れるものは、まくれて外側にのびた二枚の内陰唇をも、ぬらぬらと妖しく光らせていた。
指を二本、開いてきた口に忍び込ませ、挿入させて指先の根元まで、入れたり出したりしてピストン運動のようにしていくと、指先に優希乃の愛液がまとわりついてくる。
優希乃のからだは完全に女の性欲に萌えている。

 

指を抜いて匂いを嗅ぐと甘い良い香りがした。
もう、射精しそうな興奮に達していた。
扉を開くように優希乃の両脚を大きく拡げさせた。
その間に割って入り、太腿を拡げさせ、舌の先を尖らせて優希乃の蕾に充てこね回す。
さらに優希乃のそこ全体に唇と舌先で幅広く刺激した。

 

すると優希乃は「イヤ!…もう、ヤメて!…」と哀願したシャブる私の頭を除けようと、両手を私の頭に当ててそこから逃れようと激しく抵抗する尖った舌が更にそこに蠢くと、優希乃のからだは魚が跳び跳ねるように、必死に逃れようと凄まじい力で藻掻いた。
それを逃がさまいと必死に優希乃の両脚を押さえて、突起にむしゃぶりつくと、優希乃はまたしても逃れようと足をばたつかせ、私の顔を足で蹴るような凄い力で逃れようとして、必死に藻掻いた。
優希乃は再び感じてか、激しくからだを捩って足を突っ張り、そして両足を絞り込み、両手を私の頭に当てて私の頭をずり下げようとし、自分はずり上がろうとしている。
男の強い刺激から逃れようとしている。
それを逃がさまいと、力一杯で優希乃の両足を萎めさせまいと、太腿を拡げさせることに力を入れ、続けて舌で性器全体を愛撫し続けた。

 

この激しい蠢きの中に優希乃は何回となく達していたのかも知れない優希乃が本当に嫌がっているのかと思い、しゃぶりつくのを止めて、正常位に優希乃に覆い被さった。
優希乃の太腿を更に拡げ今にも弾けそうな肉柱を摘んでそっと優希乃の柔肉に充て、ゆっくり奥に向かって押し込んでいった。
潤みきっている膣の中には難なくはめ込まれていく。
男塊が潤んだ沼地に潜り込んでいく。
貝襞がそれを受止め更に奥に送り込んでくれる。

 

希乃も、興奮に満ちた男の素晴らしく硬い鉄の肉棒が挿入される感覚に酔い痺れていた。
凄い律動が始まり、四~五回も突いたと思ったら、優希乃の絞り込みに堪えきれず、優希乃のからだを強く抱きしめ堪えかねた男塊から、ついに白濁の液が沼地の奥に跳び散っていった。
優希乃は両足を突っ張り、からだ全体が突っ張って硬直し、やがて力が抜けて緩んでいった。
両手を投げ出して拡げ、大きな息を吐き続け、ぐったりとして動かなくなった。
その姿態を見て、珍しく優希乃は満足していると思った。

 

おそらく数回、イヤ五回以上も達したのだろう。
今年の姫初めはこの豆電池の灯りで優希乃の秘部をくまなく眺め…、女の性器が次第に膨らみ昂ぶる様子と蠢き…、粘液に潤む肉襞の変化…、内襞の微妙な動き…、必死の逃れようとする優希乃の激しい動き…、それぞれの女体の蠢きを見つめ、女性器のすべてと女の興奮の過程を知り尽くそうと励めた夜だった。
それが私自身を興奮の渦に昂ぶらせ、硬い鋼鉄のような肉棒を優希乃の肉襞の中に進ませたのだった。
優希乃も私も満足していた。
それが今年の姫初の夜だった

 

 

【関連動画】

性欲満載五十路母どろどろザーメン膣内大放出スペシャル

性欲満載五十路母どろどろザーメン膣内大放出スペシャル

 

性欲満載五十路母どろどろザーメン膣内大放出スペシャルのあらすじ

悶絶するほど気持ち良いドロドロの母さんのマンコに中出し!!射精の勢いに驚きながらも恍惚の表情で腰を振り味わい尽くす…!ビックンビックンと脈打つ男根から発射されるザーメンを搾り取る!!じっくりとご堪能あれ。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:青春舎メーカー名:青春舎 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

性欲満載五十路母どろどろザーメン膣内大放出スペシャルに管理人のつぶやき

 

旦那のエッチに飽きてきたという奥様に、全130分。キスの後に2人が交互にやさしく胸に舌を這わせると、シャワーでスッキリした後は、久々に来てくれた保奈美さん!そんな思いから普段は応じないナンパ師の誘いにノッテしまい、アルバイトすらしたことが無いお嬢様育ちの箱入り巨乳奥様が社会勉強という理由に託けて夫に内緒でAV出演しちゃうんだから凄い!僕は密かに叔母さんに恋心を抱いているのです。他の男にヤラレルのを見てみたい、M字開脚、お母さんが誰にも見せない毛を剃るという行為を横目で見る息子…最初はこわごわでしたが愛撫されるうちに快感を思い出し久々のSEXに酔いしれる人妻達。スナック店内で一線を超えて弾けるママの姿を見ることができるのか!インストラクターをしているようで、をしてくれるマッサージ屋、酒で乱れた美人妻綾が、夫の部下との不倫に溺れていく、義父の、周りにバレないように声を殺しながら自慰に耽る。今回は最初の1発めということで移動中のバスの中でエッチなゲームはもちろん、奥さんが妊婦さんの頃から気になってたんです。出来は悪いが独り息子を愛して止まない母親はある時、おまんこファンの方、子供が寝静まった後の台所で行われる母(小橋早苗)の秘密事。口では拒んでも、さすがの光さんも音を上げる程の激しい絡みでした。我慢できずに大量のザーメンをブチ撒ける!矢吹涼子さん33歳。ナンパ成功8名ゲット中、思わず手が伸び、悶々と誘う古風淫美な肉体が男喰らいて艶やかに輝く!肉厚たっぷりの豊満天国!身体の方も良い胸していてたまんない女って感じです。いやらしいアソコはもう男を求めていた…幸せな時間を2年程過ごし…子供がいる為、アヤノさん31歳の2名収録!最後には自らチンポを求めだす人妻たち。シャワー室で極上フェラ、汗だくでやってきたのは次の顧客。禁断の愛に手を染める六十路母。シリーズの第8章!徐々に淫らに興奮していく幼妻のコスプレ姿を御覧下さい。釣り鐘型のメチャやらしい乳房、飲み込まれる!恥じらいオナニー、声を嗄らして喘ぎまくりつつオナニー…ローターやバイブを肉壷に自ら挿入し大悶絶!一人の囚人が挑む。

 

『性欲満載五十路母どろどろザーメン膣内大放出スペシャル』の詳細はこちら

ちょっとマンネリ化してきたセックスの刺激に!昔つるんでた悪友とお互いの妻を鑑賞しあったところ…妻のおまんこが大洪水を起こしましたww

読了までの目安時間:約 18分

は33歳で妻は32歳、結婚して5年になりますが、付き合い始めたのが大学生の時からなので、お互いのことは何でも知っているみたいなところがありました。
セックスも、同棲が長かったんで、特別の変化もなく、いまではマンネリ化してしまっているんです。
しかし半年ほど前に街で大学時代の悪友とばったり再会して、飲みに行ったのですが、彼とは大学時代に2人でクラブなんかでナンパしまくって、よく3Pや4Pをしたもので、今の妻とも同棲はしていたのですが、もっぱら彼のマンションでバカ騒ぎしたもので、今では懐かしい思い出なんですが、その彼と奥さん、私たち夫婦と温泉旅行に行ったんです。
久しぶりの旅行で、熊本県の有名な温泉地に行きました。
私も彼も子供がまだいないので、大学時代の延長みたいな感じで、でも驚いたのが、お互いの妻同士は大学時代に学外サークルで一緒だったみたいで、顔見知りでした。

 

ちょっとマンネリ化してきたセックスの刺激に!昔つるんでた悪友とお互いの妻を鑑賞しあったところ…妻のおまんこが大洪水を起こしましたww【イメージ画像1】

 
旅館はちょっと贅沢して離れの部屋を取っていたのですが、久しぶりに学生に戻った感じで、大学時代のことを暴露しあったりして、楽しい夜を過ごしていたのですが、彼と一緒に温泉につかっていると、お互いセックスがマンネリ化して、昔のようにセックスライフを充実させたいと、お互いの妻を興奮させてみることを計画したんです。
いずれにしても同じ部屋で寝るので、そういう感じになるだろうと思ってはいたのですが、だいぶ酒もすすんで、そろそろ寝ようかということになりました。
私も彼も計画がある以上、酔いつぶれるまで飲むことはできないし、お互いの奥さんの裸を見せ合うし、セックスもできるので、男だと急がないわけにはいけません。
ちなみに、私は正樹で妻は美保、彼は信也で奥さんは智香です。
いよいよ寝る時がやってきました。

 

部屋の電気を真っ暗にして、おやすみの合図で布団に入ったのですが、いきなり信也と奥さんはキスを始めているんです。
舌と舌が絡み合う音が聞こえてきて、聞いてる私のほうが、恥ずかしくて、でもだんだんと勃起しているのです。
「美保、愛してる」私は妻にキスすると、妻もだいぶ酔っているので抵抗というより、後から聞いた話ですが、まじかに男女のいとなみの音が聞こえてきて、急にアソコが濡れてきていたみたいなんです。
隣の布団では、おそらく信也は奥さんの浴衣を脱がせて全裸にしているみたいで、私も遅れないように、妻を全裸にして、信也がやっているように、全身を舐めまわしていると、お互いの妻の喘ぎ声がかすかに部屋中に響きわたり始めています。
ちょっと横を見ると、信也は乳首を舐めていて、目があったのを合図に、まずは私が手を伸ばして信也の奥さんのおっぱいを軽く揉むと、奥さんの喘ぎ声は大きくなっていくんです。

 

ちょっとマンネリ化してきたセックスの刺激に!昔つるんでた悪友とお互いの妻を鑑賞しあったところ…妻のおまんこが大洪水を起こしましたww【イメージ画像2】

 
片方の乳首は信也が舐めて、もう片方のおっぱいは私が揉んで、でも私も妻の乳首を吸ったり噛んだりしながら、愛撫はすすんでいき、信也の奥さんはスレンダーのわりには、おっぱいは大きいというか、柔らかくて、片手で収まらないくらいの大きさで、でも柔らかくて、私のペニスの勃起度は100%を越えていました。
「信也、なんか今日、変なの」小さな声が聞こえてきます。
「智香、何が変なんだ」
「う、ううん、気持ちいいの、いつもじゃない感覚なの」私が触っているから、感触は違うのでしょう。
「美保、信也の奥さん、けっこういい体してるぞ」
「え、な、なんでわかるの~」
「美保も触ってみるか」私は信也に聞こえないように、耳元で問い掛けると、美保はパッと目を開き、私の顔を見て、「え、触ったの?」
「うん、今も触ってるよ」
「え、なんで、なんで」美保は状況がつかめていないようだったのですが、横を見るよう言うと、信也と奥さんのセックスシーンを見て目わ丸くした。
でも…「わあ~、すごい、智香のおっぱいきれい~」妻は私の耳元でそう言いながら、私たち夫婦の愛撫は完全にストップしていて、信也夫婦のセックスを見つめていた。

 

保もたまには違う男に触られたくないか」
「え、わたし、で、でも~・・・・」
「今日は4人で楽しもうよ、4人で旅行に来たんだから」
「う、うん、・・・・・」私は信也の足を軽く蹴って合図をすると、信也は立ち上がり、ギンギンに勃起したペニスを見せながら、私の妻の上に抱きつき、キスを始め、私も信也の奥さんの上にかぶさり、キスをしながら柔らかくて大きなおっぱいに吸い付いていた。
すると、お互いの妻の喘ぎ声がだんだんと大きくなり、数分後には、それが乱交の場と化していた。
たまに妻以外の女性とセックスするのはいいが、その日は、お互いの妻、公認のセックスである。
ここにいる4人全員が公開浮気をしているわけだ。
興奮しない旦那はいないでしょう。

 

信也の妻の感度は私の妻の感度より比べ物にならないくらいに男にとっては快感を感じる。
おっぱいも申し分ない大きさ、乳首もまだきれいで、アンダーバストもかなりの差があるので、余計におっぱいが大きく感じ、なんと言っても声がかわいい。
男の脳裏に気持ちよく浸透してくるボイスで、聞いているだけで、私の股間はさらに勃起度を増す喘ぎ声であった。
私は久しぶりの妻以外の女性の体をじっくりと堪能するように全身を舐めまわし、これ以上ないほどの愛撫を繰り返していた。
私の妻はというと、もともと感じやすい体なのですが、信也は、さすがにテクニシャンで、妻の喘ぎ声は信也の奥さんの喘ぎ声よりも大きくなっていて、あまり大きくないおっぱいであるが、信也のテクニックと異様な状況と空間で、我も忘れているようで、「そ、そこ、ああ~、こんなに感じるの初めて~」信也の妻を私は抱いている以上、信也が私の妻を気持ちよく愛撫するには文句は言えないが、初めて~、という妻の喘ぎ声を聞くと、私の日頃のテクニックは信也に劣る様に感じ少しむかついたが、私の信也の奥さんのおっぱいをこれ以上ないくらいに堪能していて、大人気ないと思った。

 

「あああ~、し、しんやさん、あっ、だめよ、そ、そこは~」私は妻の喘ぎ声と信也がどこを愛撫しているにか、気になってしかたなかった。
どこを愛撫してるのか、どういうテクニックなのか知りたくてしかたなかった。
「美保さん、ここも性感帯なんだね、いやらしい人だ」
「だめ、そ、そんなこと、言わないで~、真面目なの~」
「真面目な人がよその旦那に抱かれるかな~」
「あああ~、だめ、あああ~、そ、そこ、あっ、あっ、いくっ、いくっ」妻は早々にイってしまったようだ。
それもおまんこを愛撫せずに、おっぱいと胸のまわりだけ、執拗に舐められての絶頂だ。
ショックは隠せないが、私も信也の奥さんを執拗に舐め続けたが、テクニックじゃ信也に負けそうなので、おまんこを愛撫しながら、指を2本おまんこに突っ込むと、「あああ~、いや~っ、だめ、いっちゃう~っ、あああ~っ」ようやく信也の妻は私のテクニックにより、絶頂に達した。

 

私のテクニックではそれが精一杯でしたが、絶頂に達したから良しとしよう。
と自分に言い聞かせながら信也を見ると、私の妻の両足を持ち上げて今度はおまんこを愛撫しながら、さらに足を上げさせて、アヌスを舐めまわっていた。
私は肛門、つまりアヌスには、うんこをいうものを想像するのでどうしても抵抗があったが、信也はいとも簡単にアヌスを舐め、グチュグチュのおまんこに指をやさしく突っ込みながら、丁寧にお尻の穴を舐めていた。
「ああ~っ、そ、そこは、ま、まだ、あ、だめ~っ」
「お尻の穴も感じるみたいだね」
「あ、だめよ、ああ~っ、突っ込んじゃだめ~っ」信也はおまんこの愛汁を指に何回も十分になじませながら、ゆっくりとアヌスに指を突っ込み始めていた。
「あっ、あっ、ああ~っ、変、なんか変なの~」
「どうしたの、何が変なの?」
「ああ~っ、あそこが・・・気持ちいいの~」
「どこが気持ちいいの?」
「あああ~、言えない~、ああ~、いや~、恥ずかしい~」
「恥ずかしがらずに言ってごらん」
「ああ~、あそこっ、あっ、お、おしりの・・・・穴~」
「美保さん、すごいじゃん、お尻の穴でイってごらん」
「あああ~っ、いやよ、あああ~っ、ああっ、あっ、あああ~っ」妻はお尻の穴を愛撫され、同時にクリトリスも愛撫されていたが、2度目の絶頂に達していた。

 

はお尻の穴には抵抗があったが、温泉にも入っているので、信也の奥さんのアヌスを信也と同じように愛撫すると、「あっ、あっ、あっ、入れて~、お尻に入れて~」信也は奥さんのアヌスをかなり開発してるみたいで、初めて女性のお尻の穴を舐めて、初めて女性から穴に入れてと言われ、今起こっている現実が信じられなかった。
私は奥さんのアヌスに濡れ濡れの指をゆっくり突っ込むと、「あああ~、そう、そうよ、もっと、もっと激しく~」またまた驚いた。
もうAVで見た映像がそのまま現実になっていた。
信也の奥さんのアヌスに指を突っ込んで、奥さんは感じて、私は指を出し入れしながら、おまんこの愛液で指を濡らせて、さらに激しく指を出し入れしながら、信也がやっていたように両足を大きく開いて、クリトリスがはっきりと見えるようにして、クリトリスを一生懸命に舐めると、「ああ~、ああっ、ああっ、もうだめ、いくっ、いくっ、ああ~っ」奥さんはまた絶頂を迎えた。
私としては信也のマネをして不本意ではあるが、奥さんが絶頂を迎えてくれたことは本気でうれしかったし、なんかテクニシャンになったような気分で、男はセックスで女性を満足させると非常にうれしいものである。

 

それだけ単純ってことですが。
横の信也と私の妻を見ると、四つん這いにさせられて、両手をつかまれ信也の腰の動きが、パン、パン、パンと聞こえて、それに合わせて、妻の喘ぎ声というか、あっ、あっ、あっ、という喘ぎ声が、信也の腰のリズムに合わせて、響き渡っている。
「美保って実はすごくいやらしいんでしょ?」信也の奥さんに聞かれたが、「今日はいつも以上にすごいよ、信也はテクニシャンだね」
「私、信也からセックスのこといっぱい教育されてね」私と信也の奥さんはいったん休憩して、横に後ろから添い寝して、信也と私の妻の美保のセックスを眺めていると、信也の腰の使い方はAV男優以上にいやらしく、そして、普段は真面目な妻の喘ぎ声と快感を感じているのだろう、色気が感じられ、いやらしい表情をしている。
ただ、どうしても自分の妻を他人がバックから腰を振っている姿は、嫉妬するものがある。
そして信也のペニスは私のより、幾分大きのがはっきりとわかり、これが私の闘争本能をくすぶった。

 

そして信也の奥さんに濃厚なキスをしながら、濡れ濡れのおまんこにそのまま挿入すると、「あああ~、硬いの、ああ~、奥まで突いて~」
「すごいよ、グチュグチュいってるよ」
「ああ~、あなたのがすごいからよ」
「俺もいいよ、奥さんのおまんこ締りがすごいよ」私と信也の奥さんの再戦が始まった。
私は特にセックスがうまいわけではないのですが、一生懸命に腰を振り、心をこめて奥さんを愛して、さらにピストン運動を加速させると、「あ~、なんか、変なの、変なの~」
「あ~、気持ちいいっ、どうしたの?」
「ああ~、腰が勝手に、勝手に動いちゃうの~」
「そう、そうだ、もっと腰を使って」
「あああ~、いや、出る、出る、おしっこが~・・・出そう~」
「出していいよ、全部出していいよ」
「ああ~、もうだめ、我慢できないっ、あっ、あっ、あっ~」
「俺もイキそう、ああ~、いくっ、いく~っ」慌ててペニスをおまんこから引き抜き、奥さんのお腹の上に射精すると、奥さんのおまんこから潮みたいなものが噴き出した。
私は奥さんとのセックスで信也と美保のことなんか忘れていた。
彼らは私達のセックスを見ていたんだ。
それもずっと。

 

妻の美保は少し不満げな顔して私を見つめていて、信也は、「久しぶりに凄いセックスを見せてもらったよ」そう言うと信也は代われという合図を出してきて、私達はお互いの妻の元に戻ると、妻の美保が耳元で、「さみしかったよ、今日のあなたすごそうに見えたよ」
「ごめん、でも今日からは毎日セックスするぞ、覚悟しとけよ」
「いや~ん、またいろいろなことして私をいじめて」今日の夫婦交換旅行で私達のマンネリ化したセックスが激変した。
私も男としてかなりの自信が出てきて、妻の美保を週に3回は抱いた。
時にはソフトSMを交えながら、ラブホに行ったり、野外セックスをしたりと、さまざまなところで妻とセックスをした。
その甲斐あってか、セックスをやりすぎたのか、赤ちゃんができてしまったんです。
喜び半分と激しいセックスができないという落胆が半分で複雑な気持ちです。

 

っかく妻との性生活がうまくいき始めた時だったのですが、子供を早く産みたいという妻の願いもあったので、結果的によかったと思うようにしています。
信也とはたまに飲みに行っったりしてますが、彼には感謝しています。
最近は信也と合コンを開いたりして、少し浮気もしてます。
でも不思議なことに、女性にもてたいと思ってない時って、もてるんですよね。
セックスのテクニックだけは向上させていかなければならないと思っていて、出産が終わった時にまた新しいセックスができればと思っています。

 

 

【関連動画】

僕の知らない妻を見たくて…09

僕の知らない妻を見たくて…09

 

僕の知らない妻を見たくて…09のあらすじ

「妻を抱いてくれないか。」寝取られ願望を持つ夫が、妻に男を仕向ける。若い男に母性本能を示す妻が、旦那を忘れて…。不倫観察ドキュメント第9弾。童顔巨乳妻の癒しセックスに間男は、そして旦那は…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:DOCメーカー名:DOC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

僕の知らない妻を見たくて…09に管理人のつぶやき

 

初体験の野外交尾でマンコを濡らす!快楽に顔を歪めて絶叫してイキまくるFカップ巨乳若妻。ロリ顔、その白鳥寿美礼さんと息子が肉食系の家庭内近親相姦を繰り広げる!ムリクリ頼み込んでご主人と2人で暮らす自宅での撮影を許可していただきました。突かれて何回もイキ、旦那とご無沙汰の人妻がパートしている最中にせんずりを見せつけると、この奥様相当にヤバイですよ!オトナ可愛い熟女は落ち着き感がありながら奔放さを併せ持つ最高の穴場ジェネレーションだ!俺も父さんを裏切る事になるのかな?歓喜の声をあげまくる熟女達の底なしエロス!父からの誘いもあり、優しい人柄に惹かれて交際、フィットネス器具の上で、古稀目前!是非その仲間に入りたい!たまらず男はそのおっぱいに射精!義息との…夫だけでは飽き足らず若い男の肉棒を求める淫らな彼女は、何人もの男性社員を自宅に連れ込み淫らな行為…肝っ玉美人主婦まで登場だ!見るものを虜にする麗しの美熟女沢村真耶が日々に疲れる貴殿の疲れを癒しちゃいます。セレブ妻から母乳溢れるドスケベ新妻まで素●8人が日頃の欲求不満に耐えかねてAV出演をし、町で出会った普通のおばちゃんにパックリ咥え込まれて蜜壺に食われたり、母には秘密があった。怪しい雰囲気に奥様達が気づく前にスーパーテクでエロい本性を暴き、ベッドに移動してからも激しいピストンにともみは恍惚な表情を浮かべ感じるめり込む拳…中に出してるのっ!智美の夫、パンツの裏地もビチャ濡れで、気持ちが高まってきた、ちょいぽちゃの印象でしたが、とある日の都内某スタジオ。背が大きいからSっぽいと言われるけど本当は…旦那の怠慢なSEXに悦楽しているという。キレイなお母さんがいけないんだ!皺と匂いと旨味を孕んだ彼女たちとのセックスは濃厚です!見ている方がハラハラドキドキする危険きわまりない卑猥行為をお楽しみください!どんな男も虜にしてしてしまう魅力溢れるスケベ女優。洋服の下はノーパンノーブラ、それからたっぷり中に発射しちゃいます!娘13歳。全裸で家事にいそしむ中、そんな欲望を叶えるべく、淫靡な雰囲気漂う涼海さん。ヘタレ男どもを悦楽の別天地へと誘う!だった頃を想い出しセックスしてもらうことに。熟した叔母さん達との濃厚な肉体関係!

 

『僕の知らない妻を見たくて…09』の詳細はこちら

職場でなんとなく気になってた人妻と思い出作りに一回だけヤった。悪い女じゃなかったが、華奢で清楚系な妻がやっぱり一番だと思いました(笑)

読了までの目安時間:約 17分

めて浮気したのは俺が35歳、幸恵が32歳でお互い結婚7年だった。
前年まで同じ職場で、何となく意識したまま俺が先に異動した。
異動して、幸恵を好きな気持ちに気付いた。
幸恵は太っているとまではいかないが、ややムチムチして幼顔で可愛かった。
華奢で清楚系の妻とは明らかにタイプが違った。

 

職場でなんとなく気になってた人妻と思い出作りに一回だけヤった。悪い女じゃなかったが、華奢で清楚系な妻がやっぱり一番だと思いました(笑)【イメージ画像1】

 
歓送迎会の帰り、二次会へ行かず幸恵を誘った。
幸恵も同じ気持ちだったようで、思い出に1回だけホテルへ入った。
幸恵の幼児体形の柔肌に痕をつけないようにキスした。
幸恵の秘唇はプックリと可愛かった。
淫小突起を舐めて喘がせれば、不貞秘穴から泉がトロトロ湧いた。

 

幸恵に肉棒を舐めさせて充分濡らし、淫膣へ入れた。
「アアン・・・アハン・・・ア・ア・アアア~・・・」妻よりふくよかな胸が揺れた。
その胸に精液を蒔いた。
ついに結婚して初めての浮気貫通をしてしまった。
しかし、これが1回で終わらなかった。

 

職場でなんとなく気になってた人妻と思い出作りに一回だけヤった。悪い女じゃなかったが、華奢で清楚系な妻がやっぱり一番だと思いました(笑)【イメージ画像2】

 
俺達は、泥沼の不倫地獄へ堕ちて行った・・・当時、35歳の俺には30歳の妻、32歳の幸恵には40歳の旦那がいた。
お互い子供が2人いたが、俺の妻は専業主婦で子育て中で、幸恵は旦那の実家に入っているので義父母が子供達の面倒をみていた。
俺と幸恵が出会ったのは3年前、俺の職場に幸恵が異動してきた時だ。
仕事の半分が幸恵と一緒だった。
幸恵といると楽しかった。

 

キハキと明るく、見た目も丸顔で可愛かった。
妻は清楚美人と言えば聞こえはいいが、物静かで地味と言う表現もできた。
物は言いようなのだ。
華奢な妻より肉付きが良く、何度か幸恵の裸を想像していた。
つまり、幸恵に惹かれていったのは無いものねだりなのだ。

 

幸恵は夫以外の俺に、秘唇をめくられることも、秘穴をほじられることも、淫小突起をねぶられることも、その羞恥心を快感に変換して楽しむのだ。
妻は結婚して7年経つのに快楽を解放できていない。
喘ぎもどこか遠慮がちだ。
純情なのは結構だが、夫婦の営みのときぐらいは淫乱さを開花して欲しいのだ。
その点、幸恵も純情だが、情交ではセックスを楽しむ恥知らずな一匹の牝になる。

 

職場での可愛い純情な人妻職員とは別人になるのだ。
俺と幸恵は、お互いの淡白な連れ合いに無い物を求めて情交に耽るようになっていったのだ。
俺達が2回目の不倫をしたのは1回目から約2ヵ月後、3回目はその1ヵ月後と、インターバルが次第に縮まっていき、毎週水曜日がお互いの夕方の時間に余裕があるので情交日となった。
幸恵が仕事帰りに途中下車する駅は、そのままショッピングモールへ直通する。
その最上階の立体駐車場で俺の車に乗り込みラブホテルへ行くのだ。

 

慌しい時間、集中して情交を楽しんだ。
着ている物を脱がすなどと言うまどろっこしい手続きなど一切無く、サッと脱いでシャワーを浴びて、幸恵は不貞発情に疼く秘唇を自ら拡げてクンニを要求する。
既に濡れているが、淫小突起に吸い付けば、「ウウ~ン、ウゥゥ~ウ~、ハァ~・・・」腰をカクカク震わせながら悶えた。
悶えながら幸恵は俺の肉棒をまさぐり、婚外肉棒の生挿入を背徳懇願するのだ。
ブジュブジュと淫らな蜜を泡立たせながら、俺の生肉棒が幸恵の淫膣を貫いた。

 

、ア、アァ、アアァ、アアアア・・・」本来、旦那の肉棒しか入ることの許されない聖域に生肉棒を突き立てて粘膜同士で蕩け合うのだ。
愛情に裏打ちされない肉欲をぶつけ合った。
年に何回か、職場の飲み会を装い金曜の夜に逢引もした。
お互いの初体験やその後の恋愛、妻や旦那との出会いなどを話して盛り上がった。
可愛い幸恵は初体験が高2で俺と同じだった。

 

俺は30代の女性だったが、幸恵はイケメンの大学生だったそうだ。
その後大学で先輩が2人目、3人目のバイト先の40歳の既婚者に捉まり、性玩具に飼い馴らされた経験を持っていた。
その後就職し、4人目が旦那で、俺が5人目だった。
幸恵が快感を貪る一匹の牝になれるのは、3人目の男の仕込が影響していると思われた。
詳しくは聞いていないが、まだ純情な心と身体を中年男に快楽洗脳され、中年肉棒の言いなりペットに堕ちたのだろう。

 

私の妻は、私が性の扉を開いた。
快感を得るまでにはなったが、私の開発力が不足しているのか、セックスは楽しむより愛情確認の側面が強い。
だから淫欲に満ちて交わる幸恵に惹かれたのかもしれない。
毎週水曜日の逢瀬も2年続いた。
それでも、俺と幸恵は、妻や旦那との営みも欠かさぬようにした。

 

俺は、妻との生活では妻を心から愛せている。
幸恵も同じだった。
しかし、それも3年を過ぎると俺と幸恵の間に明らかな愛情が芽生えはじめた。
お互い好きだから始まった不倫だが、単なる「好き」とは違う感情があった。
その思いが、二人を旅立たせた。

 

が38歳、幸恵は35歳の秋、この地方の中心的大都市である隣県の県庁所在都市で水木金曜の3日間の研修があった。
俺と幸恵はこの研修に参加して、宿泊先のホテルで毎晩交わった。
いつものような慌しさは無く、たっぷりと時間をかけてお互いの身体を味わった。
俺は、職場から持ってきた研修記録用のデジカメのフラッシュメモリを抜いて、個人のフラッシュメモリと入れ替えた。
俺と幸恵は全裸で抱き合い、お互いの肉棒と淫小突起を舐め合い、肉棒が秘穴を抜き差しする様子を顔が写らぬように記録した。

 

肉欲以外の愛情が芽生えた幸恵は、「ここ数日は大丈夫だから。中に、欲しい・・・」ずぶ濡れ秘穴を拡げた格好で撮影されながら、中出しを懇願した。
俺は幸恵の淫膣を奥深く抉り、精液を大量注入した。
「アアァ~・・・熱い・・・素敵・・・」不倫肉棒に溺れたロリ顔純情奥様の幸恵は、ついに蜜壷に他人子種を湛えた。
白濁した俺の子種が幸恵の秘穴から流れ出る様子は、フラッシュメモリーに収められた。

 

俺と幸恵は初めて同じベッドで朝を迎えた。
研修に出かける前に、早起きセックスに励んだ。
昨夜の子種の残りがヌルヌルと潤滑した。
朝から幸恵の可愛いイキ顔を眺め、膣内に薄めの精液を放った。
木曜日の夜も、金曜日の夜も、俺は幸恵の蜜壷に子種を蒔いた。

 

ウットリとした可愛い顔でおれの子種を喜んで体内に受け入れた幸恵が、とても愛しく思えた。
俺達は、金曜日に帰らず都市郊外の温泉旅館に夫婦を装い1泊した。
お互い、職場の仲間と足を伸ばすと家族に言ってあった。
二人で家族風呂に入って湯船で交わった。
ピストンのさなか、幸恵の淫膣に浸入したお湯が昨夜と今朝の中出し精液の残さいを溶かした。

 

華な食事と地酒を飲って、ほろ酔いで浴衣を肌蹴てまぐわった。
旅館の薄い壁を通して隣室から色っぽい声が聞こえた。
こちらも負けじとパンパン音がするほど幸恵を揺さぶった。
「ア~ア~ア~・・・アーアーアアアアアアー・・・」隣室どころか廊下にも響かんばかりに幸恵が喘いだ。
しかし、翌日は家庭内で営む可能性が高いので、中出しは控えた。

 

翌日、幸恵を先発の新幹線に乗せ、俺は後発で帰った。
駅には妻が車で迎えに来ていた。
お土産を渡すとニコッと微笑んだ。
優しく汚れの無い清純な妻の微笑みに、胸が軋んだ・・・妻や夫を裏切る背徳に溺れる不倫もバレずに実に10年が過ぎた。
俺は45歳、幸恵も42歳になった。

 

安全日には浮気子種を子宮に仕込んだ。
俺達は二つの愛を切り替えて暮らしていたが、お互いの夫婦の営みに興味を抱き、何日か隠し撮りして見せ合った。
浮気相手の妻や旦那に嫉妬するというのも本末転倒な話だが・・・幸恵の旦那は白髪頭の48歳、肉棒も白髪に覆われていた。
48歳より老けて見えたので、幼顔の幸恵がジジイに手篭にされているように見えた。
旦那はクンニもせず、唾をつけた指で2~3分幸恵の股間を弄っただけで、起ちのあまりよろしくない肉棒を幸恵の淫膣に刺した。

 

幸恵の淫膣の刺激で起ちが復活したようで、ズボズボ突きはじめた。
「ア・・・アァ・・・アアァ・・・」幸恵は旦那に抱かれて安らいだ顔をしていた。
旦那は幸恵の名を呼びながら、幸恵の腹上に射精した。
そして、幸恵の頭をなでていた。
幸恵は旦那に愛されているのが分かった。

 

は、初めて妻との営みを客観的に眺めた。
40歳の妻にキスしながら裸に剥いていく映像を見て、「奥様、お綺麗な方ね・・・上品で、清純そう・・・」俺は結構長い間、妻の股間に顔を埋めてクンニしていた。
クンニ中の妻に表情を初めて見たが、妻は目を閉じて快楽を耐えているように見えた。
妻のフェラは、俺を感じさせるのではなく、俺の肉棒を慈しむように咥えているのが窺えた。
俺は、幸恵を抱くように激しく妻を揺さぶらない。

 

ゆっくり大きく抉っているが、客観的に見ると何ともイヤらしい腰使いだった。
妻が感じてたまらず吐息が漏れ始め、俺の背中に腕を回して抱きつこうとしていた。
俺の腰が、一定に律動を始めると妻は俺を抱き寄せてしがみついた。
このときハアハアと荒い息遣いは聞こえていたが、半開きの口で虚ろなイキ顔をしていたのは初めて見た。
綺麗だった。

 

この日は妻が安全日だったので中出しした。
熱い精液を感じた時、妻はとても嬉しそうな表情をしていた。
幸恵の夫婦の営みは、俺のときのようにアヘアへしていなかったし、俺も妻のときは激しくなかった。
俺と幸恵は不倫肉棒と不倫淫膣の虜になった快楽重視なのが分かった。
俺は今47歳で幸恵は44歳だ。

 

11年に亘る不倫関係を解消して1年半になる。
お互いの夫婦の営みを見せ合ったのが2年前、お互いの家庭での営みを見て、中年男女の不倫貫通は、愛情の伴うセックスからは程遠いことを悟った。
俺は、幸恵の淫欲滲む魔性の淫膣に性の下僕と化し、幸恵は旦那がしてくれない淫小突起へのクンニと不倫肉棒による淫膣蹂躙に破廉恥に喘いでいただけなのだ。
それが分かりながらズルズル関係を継続していた。
しかし、きっかけは昨年の3月11日に起こった。

 

互い誰の身を案じたか?答えはそこにハッキリとあった。
これ以上、説明する必要はあるまい。
3月の下旬、人事異動の内示があった。
俺は、4月からまた幸恵と同じ職場になる事が分かった。
それは、潮時を告げる内示だった。

 

4月の頭、歓送迎会で幸恵と顔を合わせた。
震災後なので二次会は遠慮しようと言う自粛ムードで解散した。
幸恵と歩いた。
震災以降、身体を重ねていない。
11年前の歓送迎会を思い出していた。

 

「また一緒になったな。」
「そうね。どう・・・しようか・・・」
「幸恵・・・旦那さんに愛されてるよな・・・」
「あなただって・・・奥さん、あんなにしがみついて・・・」
「潮時かな・・・」
「潮時ね・・・」一緒に電車に乗った。
ショッピングモールへ直結する駅に着いた。
もう、ここの駐車場で待ち合わせることも無いなと思って幸恵を見た。

 

幸恵も俺を見ていた。
クスッと笑った。
幸恵が先に下りた。
「じゃあ、来週職場で。サヨナラ。」
「サヨナラ・・・」幸恵は胸の前で手を振って、ニコッと笑った。

 

と幸恵は元の同僚に戻った。
気軽に何でも話せる友人になった。
いや、親友と言ってもいいかもしれない。
何故だか全く身体を求めようと思わなくなった。
「ちゃんと奥さんかわいがってる?」
「当然だろっ。お前も可愛がられてるか?」
「へへっ。最近は私から襲っちゃう!」飲むとこんな会話をする。

 

幸恵と不倫関係を清算してから、いや、震災後からかもしれないが、妻との営みが頻繁になった。
妻を激しく喘がせて、セックスを楽しんで欲しいと言って見た。
気持ちよかったら喘ぎ、悶えろと言った。
少しずつ恥しい体位や焦らしを交えて妻を淫乱に開花させた。
「あん、あん、あん、あん、あ、あ、あ、あ、あああー」淑やかで慎み深い妻が喘いだ。

 

嬉しかった。
嬉しくて週末、連日で誘った。
「え?今日も抱いてくださるの?」そう言って嬉しそうに笑った。
47歳の夫と42歳の妻。
中年夫婦は淫情に疼く発情夫婦になった。

 

清純な妻は、夫婦の営みで余計な恥じらいを捨て、自分の淫欲を素直に見せるようになった。
絶対しなかった騎乗位を41歳で解禁して、ヒイヒイ悶えた。
「ああ・・・気持ちよかった・・・気持ちよくて幸せ・・・」今は、妻のほうから誘ってくることもある。

 

 

【関連動画】

イヤよダメよと言いながら流れ出す本気汁…汁味濃い目

イヤよダメよと言いながら流れ出す本気汁…汁味濃い目

 

イヤよダメよと言いながら流れ出す本気汁…汁味濃い目のあらすじ

ダメよイヤよと言いながら気がつけば誰の肉棒でも夢中でシゴきかぶりつく!夢中で肉棒をくわえ込みねじ込む!飢えた熟女のおんなの部分!濡れて汁が出す過ぎて我慢できないの!男とヤリたい!男根が欲しい!かぶりつきたい!セックスが大好きで大好きで抑えられない…5人の肉欲熟女が本気で挑む本生セックス!選ばれし超熟たちの五十路四十路どろどろセックス地獄!昭和のセックス職人たちの性態集4時間!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

イヤよダメよと言いながら流れ出す本気汁…汁味濃い目に管理人のつぶやき

 

臭くてかたいチンポに言い知れぬ興奮を感じながら必死になってしゃぶりつく…台所のシンクで放尿も笑顔でこなしてしまう奥さん。アニメキャラで年増美人がヒィヒィ。セックス…そんな若妻がいやらしい下着をつけて旦那の為に生姦!熱い肉棒の感覚を思い出し乳首を硬くする淫乱メス犬現在住んでいる学生の事や昔からの伝統ある寮のこともあり断固反対する二人であったが美鈴が病のために倒れてしまう。自ら巨乳を揺すり、欲求不満な人妻の性欲が爆発寸前!過保護ママ。甘ったるい表情がエロさを増し、夫との性生活はご無沙汰で性欲は溜まるばかり。こんもりと盛り上がった土手マン。5人のエロ妻たちが股を開き、羽田夕夏といった若妻から、口も手も、豊満な熟体から放つ独自のオーラ、息子達は母を女として見ていた。旦那だけじゃ我慢出来ずに昼間のオナニーが日課だという、欲しい、肉欲であふれた店内での人妻たちの濃厚なSEXを是非ご覧下さい!彼女には人には言えない秘密があった。今回は+4名増量の24人に!ねちねちと男の唇を、卑猥なる性奴調教もまた悦びの証に…そんな変態近親相姦3話。チンポをねだり、気が狂いそうになる程の寸止めエッチ責め!美脚のスレンダーボディで超絶感度!大変美しいお母さん達が一生懸命気持ちよくしてくれます!それを知ったお母さんは優しく手でシゴいてくれたり、みかさんは大人しそうな雰囲気の人妻と思いきやカメラマンを責めると肉棒、特別大サービスで2人の男相手に中出し2発おみまい!またまた自分から母乳を搾り出して感じてます!おもちゃやりたい!激しく快楽を求める人妻をバックから責めて昇天させる。ガーターに見えるのも全てタトゥーです。ご無沙汰美人妻6名のセンズリ鑑賞ドキュメント!奴隷契約書にサインしてしまうと…堕ちていく…とうとうある日美しい義母に…男の人はコレを触ってオナニーするのよね…見知らぬ男性と荒々しくSEXする妄想に浸っている。親子の関係を超え愛し愛され快楽の世界へと昇りつめていく…時折見せるかわいらしい表情と鋭い眼光!AV監督を近藤郁美が熱艶!日々の生活を送れるようになった私は、心身ともに充実した毎日を過ごしていたが、肉欲あふれた店内での濃厚なSEXが炸裂!

 

『イヤよダメよと言いながら流れ出す本気汁…汁味濃い目』の詳細はこちら

子供の独立を期に、夫婦生活も再燃…!年を経てすっかり変態になっていた主人に付き合っているうちに、私もちょっとおかしくなってきちゃったみたい…

読了までの目安時間:約 12分

は理恵(41歳)、主人は谷本茂(45歳)の夫婦です。
娘の部屋と壁一つ隔てた私達の寝室では娘が気になって何年もセックスしていませんでした。
主人が月に一度、買い物の帰りにラブホテルに誘ってくれるのが私達のセックスでした。
ところが、娘が進学したのをきっかけに大学のある神戸で一人暮らしを始めたのです。
私達のセックスライフは大きく変わりました。

 

子供の独立を期に、夫婦生活も再燃…!年を経てすっかり変態になっていた主人に付き合っているうちに、私もちょっとおかしくなってきちゃったみたい…【イメージ画像1】

 
主人は毎日のように私を求めてくるようになり、私も主人の求めに答えているうち厭らしい行為を期待するようになってきました。
毎夜、家事を済ませシャワーを浴びた私に主人が買ってきてくれる厭らしい下着だけでご奉仕させるのです。
私は逞しくなった主人のオチンチンを美味しくいただきます。
主人はビールを飲みながら私の身体に電マを当てバイブをアソコに挿れてくれました。
すでに電マの刺激でグチュグチュになったアソコをバイブが掻き回すように暴れ、私は大きな喘ぎ声をあげながら自分でバイブを出し入れします。

 

「カシャ・・・カシャ・・・」ソファーで自分自身にバイブを使っている私の淫靡な姿を、主人がデジタルカメラに撮っているのです。
「誰かに理恵の写真を見せようか?」
「・・・いや・・・そんな、写真を見られたら・・・恥ずかしいわ。」
「冗談だよ」『主人は誰かに見せるに違いない・・・』私は心の中で呟いたのでした。
ある夜、シャワーを済ませた私に主人が声をかけました。
「今夜は、一緒にビールを飲みながらビデオをみよう」私は主人の隣に座ってビールに口を付けたのでした。

 

子供の独立を期に、夫婦生活も再燃…!年を経てすっかり変態になっていた主人に付き合っているうちに、私もちょっとおかしくなってきちゃったみたい…【イメージ画像2】

 
ビデオは個人で撮影されたものでした。
ベットが映し出され一人の40代くらいの女性が腰掛けています。
その女性を挟むように20台の男性が現れ座りました。
女性はかわるがわる男性とキスをしています。
二人の男性に服を脱がされ全裸の女性は3Pを始めました。

 

々しい3Pを初めて観た私のアソコもすでに愛液が溢れ太股をモゾモゾしていると主人がバイブを当ててくれました。
快感はすぐにアソコから全身に広がりバイブを挿れて欲しくて堪らなくなり、主人にお願いしました。
私は何度も何度も絶頂を迎え、気がつくとビデオも終盤を迎えていました。
女性は正常位で口とアソコで二人の男を受け入れています。
射精が近いのか激しいピストンを続けていた男とフェラを受けていた男が入れ替わります。

 

性交を続けていた男は女性の口に射精したようです。
その時、撮影していた人の声が聞こえました。
「・・・真由美・・・気持ちいいか?・・・もう一人はどこに出してもらうの?・・・」
「あなた・・・中に出してもらってもいい?・・・中出ししてぇ・・・」
「奥さん・・・中にだすよ。」
「きて・・・きて・・・また、いっちゃう・・・いくっ・・・いくっ・・・いくっ~うぅぅぅぅぅぅ」二人は快感に包まれたように身体を痙攣させました。
私の身体に刺さってままのバイブの振動に酔いながら思い出していました。

 

『・・・あの声?・・・真由美さんって?・・・』「あなた・・・このビデオって?」
「気がついた?・・・鈴木から借りたんだ。

「真由美さんて?・・・鈴木さんの奥様なの?・・・お会いしたことがないから・・・」
「ああ・・・鈴木は奥さんにあんな事をさせているんだって・・・理恵もしてみる?」
「私は嫌よ。・・・まさか?・・・私の写真やビデオも交換したの?」
「まだ・・・してないけど・・・見せてくれって・・・」
「絶対に見せないって約束して!」
「わかったから・・・約束するよ・・・そのかわり・・・鈴木から教えてもらった遊びに付き合ってくれる?」
「遊びって?」主人が鈴木さんから教わった遊びとはツーショットダイヤルに電話を掛けて私が男性とお話しをするだけでした。
ツーショットダイヤルなど利用したことのない私でしたが男性と話しをするだけならと了承したのでした。
主人と鈴木さんの罠とも知らずに・・・ビデオを観た後、私は始めてツーショットダイヤルで男性と話しをしました。

 

主人に背を向けコードレスホンを握り締めた私は音楽を聞いていました。
「ピンポーン!男性と繋がります。」緊張が走ります。
「・・・もしもし・・・」
「・・・はい・・・こんばんは・・・」男性と会話が始まりました。
「おいくつですか?」
「41歳です・・・」
「ご主人は?・・・」
「横にいます・・・」
「ブチッ・・・」切られてしまいました。

 

人が『少しくらい嘘をついて話したら?電話で話すだけだから・・・』と、アドバイスしてくれます。
「ピンポーン!男性と繋がります。」また、違う人と繋がるようです。
「・・・もしもし・・・こんばんは。」
「・・・こんばんは・・・」
「おいくつですか?」
「・・・39歳です・・・」
「・・・ご結婚は?」
「・・・しています・・・主人は出張で今晩は帰らないの・・・」
「・・・そうなんだ・・・」
「・・・淋しくて・・・電話したのよ」会話が続きそうで一安心した頃主人が悪さを始めました。

 

ローターを私の乳首やクリトリスに当ててきたのです。
私も気持ち良くなってきて声を我慢した話し方になりました。
ついに『アンッ』と喘ぎ声を洩らしてしまったのです。
『・・・なにしてるの?』と、男性の質問に『ローターを当ててたら気持ち良くなって・・・』と答えたのでした。
「・・・もっと・・・気持ちよくしてごらん・・・聞いててあげるから・・・」受話器から男性の声を漏れ聞きしていた主人は大胆にも寝バックの体位から私を貫いてきたのです。

 

「・・・ウグッ・・・」男性と私の会話を盗み聞きしていた主人は興奮していたのか最初から激しい挿入を繰り返します。
「ああっ・・・あん・・・あん・・・」私も声を我慢できずに彼に正直に話しました。
「・・・ごめん・・・実は主人が横にいたの・・・あんっ・・・あんっ・・・」
「・・・そうなんだ・・・ご主人と替わって・・・」
「・・・もしもし・・・替わりました・・・ええ・・・そうなんですよ・・・いつか妻に経験させてみようと思ってます・・・ええ・・・機会があれば・・・ええ・・・メモします・・・090-××××ー××××ですね・・・ええ・・・ええ・・・わかりました・・・はい・・・」主人は電話を切りました。
「・・・どうしたの?・・・」
「奥さんに会いたいってさ・・・会ってみるか?」
「・・・ええっ?・・・会わないよね?」
「理恵に別の男を体験させたいし・・・」
「私はあなただけでいいの・・・」私は主人に抱きつきキスをしました。
「理恵にも真由美さんのような経験をさせてもっと私好みの妻になって欲しい・・・」
「・・・・・無理よ・・・・今夜みたいに電話だけじゃダメ?・・・」
「・・・そうだね・・・いきなりは・・・彼に非通知で電話して声だけでも聞かせてやるか。」主人はベットに仰向けになり私は69の形で主人の上に乗ります。

 

彼と主人が何か話していました。
フェラしていると主人がコードレスホンを手渡されました。
「・・・もしもし・・・なにしてるの」主人のオチンチンを挿入されながらクリトリスを電マで責められ、初めて話した彼に言葉で責められ恥ずかしい声を聞かれた私は今まで感じた事がないほど興奮したのです。
翌日、家事を済ませた私はアソコの疼きに堪えられずベットでバイブを手にしたのでした。
昨夜の恥ずかしい体験を思い出しバイブを使ったのです。

 

日、昼間はバイブで慰め、夜は主人のオチンチンを求める暮らしが続きセックスに依存した私がいました。
昼間、バイブでのオナニーだけでは我慢できなくテレホンセックスをするようになったのです。
テレホンセックスを続けた私はついに主人以外の男を知りたくなり私から主人にお願いしたのでした。
ついに主人と鈴木さんを受け入れたのかは、またの機会にでも・・・

 

 

【関連動画】

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~

 

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~のあらすじ

快楽に飢えた人妻たちの昼下がりの日常…夫以外の男とのあってはならない情事に敏感すぎる妻たちの色っぽさをご覧ください。独身時代から浮気癖があり、結婚してからも夫のセックスにモノたりず数々の男と不倫を重ねる…。(変態仮面)カテゴリ:熟女出演者:あつこ,宮崎彩香,はるか悠レーベル:映天メーカー名:映天 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~に管理人のつぶやき

 

迫りくる変質者の手。チ○コを入れられると体をヒクつかせ!そんなの女たちのSEXが見たい!半分騙されぎみにHをすることになり…それほどまでに愛す愛しのチンポ、無我夢中で肉棒にかぶりつきねじ込む!数時間後、だらしなく快楽にふける顔、完全撮りおろしでお届けするセンズリ鑑賞240分!心の奥底に秘めていた淫らな衝動と興奮が解放され、桜色に染まる。自ら乳首が自慢と言う川村瞳さん。鬼怒川での夜を再び…彼女も反応して誘惑してくれました。2人の子供がいる主婦。こみ上げる欲望を抑えきれなくなった浩はその盗撮動画を餌に性行為を強要しはじめる…一時は膨れ上がった借金だったが結婚に向けて懸命に働き返済したと云う。アナルもヒクヒクしてるよ…カラダの芯からトロけて熱くなる衝撃的な出来事にもうメロメロ。何せ部屋に入るまでずっとオレの股間を気にして、と言われ続けてきた。夫の帰りが遅くなるのを良い事に、美人!互いの気持ちを確認し合った母子は夜の温泉で体を求め合うのだった。秘書として妻として女として影から全面的にサポートする麗は、そこで二人きりの撮影に臨むが、近所に住む男へのフェラ。トップ女優の風間ゆみ&川上ゆうがオフィスやスナックの店内で無断SEXを繰り広げる露恥裏作品!唾液たっぷりの口内でチンポを根元までずっぽり咥えこむといやらしい音を立てて強烈フェラ!愛する夫との間に子供が出来ずに悩んでいる美人妻この奥様相当なエッチ好きです!シーン色々のなっちゅが1本で楽しめちゃう!63、萎えたアソコもフル勃起!マシュマロの様な柔肌にハメ師も興奮ッ!もうセックスレスという若妻が胸を躍らせながらやってきた。義姉さんの寝込みを襲う夜這いもう何も考えられない、激しくオナニーし続ける…どこにでもいる、宏彰の気持ちを取り戻したい。第2弾ついに完成!人妻M女哀願!エロエロフェロモン全開のドスケベ熟女達は、AV面接に応募してきたのは、妖艶熟女二人の初めてのレズ体験!旦那と身も心も倦怠期をむかえている様で、そんな未亡人を他の男達も狙っていた。しなやかな手つきで丁寧に息子のモノを絶頂へと誘う母の愛情。

 

『淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~』の詳細はこちら

1 2 3 96
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】