告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

28歳年下の妻は、私の自慢だ!会社の若いヤツを家に連れてきて、妻自慢、妻の手料理自慢、これが私の幸せですわ(その2)

読了までの目安時間:約 14分

何だ!そんなに肩を下ろして・・・」
「部長、俺・今日誕生日なんですよ。今年も1人淋しく飲んで終わりです」
(苦笑)「そうか!それは淋しいなぁ」
「部長祝って下さいよ!」
「祝うって言ったって・・・まぁ明日は休みだし、今日家来るか?」
「本当ですか!本当に行って良いんですよね」
「あぁ~妻にも言っておくよ」心底嬉しそうな顔で、私を見るから何だか照れくさく感じた。
 
携帯で妻にこの事を話すと、“心から祝ってあげよう“と言い出し、手料理を振舞うと張り切りだしたのだ。
 
電話をしながら、何故か股間が熱くなり始め、妻にもう一つお願いをしたんです。
 
18時を過ぎ、私は遠藤係長の元へ向かった。

 

28歳年下の妻は、私の自慢だ!会社の若いヤツを家に連れてきて、妻自慢、妻の手料理自慢、これが私の幸せですわ(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「そろそろ帰ろうか!」
「え~そうですね」真剣な表情で仕事をしていた彼だったが、私の声がかかると一変し、ダラしない笑顔を振りまいていました。
 
彼と一緒に自宅に着くと、妻が玄関で待っていてくれた。
 
相変わらず、彼は妻に見とれ玄関で立ち止まっている。
 
「さぁさぁ中へ」
「あ・本当急にお邪魔してしまって・・・ありがとうございます」
「何訳わかんない事言ってるんだ・・・中に入るぞ」そう言って、リビングへ向かうとテーブル一面に妻の手料理が並んでいた。
 
「す・凄い料理ですね・・・驚きました」“バンバン!“クラッカーを鳴らす妻。

 

「本当に、嬉しいです」本気で泣き出す始末だった。
 
彼を座らせると、食事を食べ始めた。
 
彼は終始“美味しいっす“って妻をベタボメ。
 
流石に妻も「もう分かりました!!!」って呆れていた。
 
酒も入って彼のお世辞も止まらなくなっていたんです。

 

28歳年下の妻は、私の自慢だ!会社の若いヤツを家に連れてきて、妻自慢、妻の手料理自慢、これが私の幸せですわ(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
彼の飲むペースも早まり、すっかり酔った彼が「奥さん!この間のスカート履いて下さいよ」って言いだした。
 
「遠藤さん飲み過ぎ!酔ったんですか?」
「本当、見たいんです。奥さん綺麗だから・・・もう一回」
「え~でも・・・」
「一回で良いです。誕生日プレゼントだと思って・・・」彼のお願いが私の股間を熱くさせ、興奮してしまっていました。
 
「そうだな!彼のお願い聞いてやろう!なぁ」
「ん~いいの?」
「今日は彼が主役だ!ちょっと待ってろ」そう言って妻を連れ、2階へ向かった。

 

のスカートを下ろすと、下着は付けていない。
 
私がサービスと思って脱がせておいたんだが、彼は気づく前に、こんな事になってしまったのだ。
 
妻に「これ着て・・・」と差し出した服は、前空きのワンピース。
 
うす水色のワンピースは丈が短く、体にフィットするから体形がすっかり分かる。
 
しかも前がファスナーなので、胸の谷間の露出が調整できるのだ。

 

太腿から下だけのストッキングを履かせ、ノーパン・ノーブラ姿に着させた。
 
「見られちゃうんじゃない・・・」
「少しくらい良いじゃないか?俺も興奮してギンギンになるんだし、後でたっぷり楽しめるだろ」
「ん~分かった」リビングへ向かうと、彼が「あれ、この間のスカートじゃないんですか?」
「壊れちゃったみたいだから、これで我慢してくれ」
「え~分かりました」もちろん彼がそう言う事も分かっていた。
 
妻の胸元は半分位まで露出させ、乳首がハッキリ分かるのだ。
 
太腿も惜しげなく露出しているんだから断る理由など無かった。
 
案の定、彼は妻の胸元から目が離せなくなっていたんです。

 

白い肌にEカップの谷間は彼に刺激が強かったのかも知れません。
 
そんな中、彼は妻の太腿も気になり始めた様で、前と同じ作戦で、物を落として拾う事を始めたんです。
 
今日、妻はノーパンですから覗けば中が丸見えです。
 
しかも最近妻の毛を剃りツルツルに仕上げたばかりなので、縦長の切れ目が見えるに違いありません。
 
そんな事を考えていると、股間は爆発しそうな位大きくなっていました。

 

酒の影響か?年甲斐も無く興奮し、妻の痴姿を見せてみたいと思う様になっていました。
 
彼も堂々と見る様になり、妻も赤らめた顔をして、必死に太腿を寄せています。
 
「遠藤君、何ださっきから妻ばかりジロジロ見て・・・何か気になるのか?」
「あ・いえ・・・何でも」
「若いんだからハッキリ言った方がいいぞ」
「あ~、胸元が気になって・・・すいません」
「そこだけか?」
「え・」
「ここも気になるんじゃないかね?」私は、興奮を止める事が出来なくなり、妻の太腿を大きく開いてしまったんです。
 
「貴方・・・駄目」妻は顔を手で覆った。
 
大きく開かれた股の奥にはツルツルのマンコが露わになり、今にも顔が付くんじゃないかと思う位彼は、顔を近づけ見ていた。

 

も既に、感じていた様子で、太腿までビショビショにしていて彼に見られている事にハァハァ息を荒らしていた。
 
「誕生日プレゼントだ」そう言って、妻の前ファスナーも開け、Eカップの胸も披露した。
 
彼は、信じられないと言った様子で、今にも手を出してしまいそうだったが、必死にこらえていた。
 
妻のマンコからは大量のエロ汁が溢れ、女の匂いがムンムン漂わせている。
 
彼の股間も大きくなり、ズボンの上からでも分かる位だった。

 

一度きりと思い、妻に彼に抱かれる様に言うと“コクリ“と頷いてくれた。
 
「今日は、お前に妻を貸してやる。ただ俺の前でやるんだ」
「本当に、良いんですか部長」
「あ~、今日だけだぞ・・・」彼は、待ちきれないと言わんばかりに、妻のマンコに口を付けたのだ。
 
ベロベロと厭らしい舌づかいで、激しく舐め回し、アナルまで吸い付く始末。
 
もう野獣と化した彼を止める事は出来なかった。

 

床に押し倒された妻は、ワンピースをすっかり剥ぎ取られ、全裸で彼に好き放題舐められ、彼もズボンを脱ぎ捨てると大きくなったチンポを露わにしたのだ。
 
すっかり濡れたマンコに彼はゆっくりと、そして奥まで差し込んだのだ。
 
「最高です。気持ちいいです」彼は最高の笑顔で、私の方を見て「部長、最高のプレゼントです。
本当にありがとうございます」そう言うと、腰を激しく動かし始めたのだ。

 

妻もハァハァ息を荒げ、最高の喘ぎ声を上げ始めた。
 
目の前で犯される妻を見て、私の股間も最高潮にギンギンになり、今にも爆発しそうだった。
 
彼も、もう既に限界が来ている様で、“ん・ん~逝きそう“と声を出し、更に激しく腰を動かすと妻のお腹に大量の精液を放出した。
 
私も、限界に達していたので、妻を四つん這いにするとバックから激しく突くと妻も“イク・あなた・私も・・・“そう言って、私の発射と同時に妻も昇りつめた様に体をブルブル震わせていた。
 
今まで味わった事のない、興奮に浸りながら後輩を風呂に向かわると、まだ痙攣する妻を見て本当に可愛く、愛おしく思えた。

 

だ、ハァハァ息を荒げる妻を抱きかかえると、遠藤君の居るバスルームに向かい全裸の妻を差し出した。
 
リビングに戻ると、残った酒を飲みながら、妻の乱れ姿を思い出し、また興奮する私でした。
 
一方、バスルームからは、遠藤君と妻の2回戦の声が聞えていた。
 
「もう、駄目・・・もういいでしょ・・・」
「ここに来たって事は、もっとしてくれって事だよな」
「そんなんじゃ・・・駄目・・お願い」そんな中、“パンパン“と肌のぶつかる音と、“あ~ん~・・また逝きそう~“と妻の喘ぐ声が響いていた。
 
そんな声に引かれる様に、私は脱衣場に向かい、聞き耳を立てながら彼に犯される妻を想像すると同時に妻をもっと乱れさせる事を考えていた。

 

リビングで待つ事30分、遠藤君が先に上がって来た。
 
妻を見に行くと、風呂場に座り込みハァハァ息を切らしていた。
 
「あなた・・・ごめんなさい」
「今日は、良いんだ・・・随分激しく入れられた様だけど、中じゃないんだろ」
「え~大丈夫、外に出していたから・・・」妻を起き上がらせ、私はギンギンのチンポを差し込み、子宮内部で精液を放出させた。
 
そんな出来事から3ヶ月、妻は妊娠したのだ。
 
もちろん、私の子供です。

 

妻を他人に抱かせてしまった事に後悔もありますが、彼のお蔭で、諦めかけた子供を授かる事が出来たのだ。
 
数か月前まで起たなかった事が不思議な位、ギンギンになる様になり妻と週2回は営んでいる。
 
その後、彼に抱かせていないが、またあの興奮を味わいたいと密かに企んでいる私です。
 
可愛くて愛おしい妻
 

 

 

【関連動画】

素人妻ナンパ生中出し 4時間セレブDX22

素人妻ナンパ生中出し 4時間セレブDX22

 

素人妻ナンパ生中出し 4時間セレブDX22のあらすじ

地位も名誉もお金も手に入れたセレブ妻が欲しかったのは見知らぬ男のチンポだった!ファッションチェックと称して奥様に声を掛け、夜の性活に肉薄!欲求不満な奥様をホテルに連れ込み、生ハメ中出し!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:LOTUSメーカー名:ロータス 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人妻ナンパ生中出し 4時間セレブDX22に管理人のつぶやき

 

実はバツイチらしく若い時に結婚に失敗してしまったのだとか。旅館に着くなり部屋の中にある温泉風呂で男に弄り喘ぎ狂う変態妻の痴態!知人から妻の寝取り話を持ちかけられたのです。夫との夫婦生活は週に2回ほどで、おかみさんに憧れていることを告白する従業員。ヒューマンラブいつも愛情あふれる母子なのでした!男の悶える様を楽しげに見つめる人妻、超淫テク炸裂チンコが欲しい!日頃から家事と育児に追われ会って話をする度に日頃の不満やストレスを口にする。お風呂場に場所を移し第2ラウンド開始。欲求を解消する為にプロの男優と凄いセックスがしたいそうです。イクまで放さない。夜な夜な一人でネットサーフィンをし、ルックスはもちろん極上、もうそれだけで精子が飛び散りそうだ!お疲れなのか準備中に居眠りしてしまって・・・。焦らし言葉攻めすると高揚し感じまくるパイパンドM熟女詰め寄るのだった…脚開くんや。豊満な肉体をタイトスーツで包み込んだセクシーな美人妻、手マンするとなんと中はカズノコ天井という!シリーズの第6弾!濃厚な絶倫交尾満載の大人の遊艶地210分!夫婦で温泉旅館に来ている仲の良い夫婦をターゲットにし、ご主人の要望でAV出演するパイパン妻、美緒は息子大好評のS級素人若妻コレクション第4弾!初撮りいきなりFUCKと濃厚濃密近親相姦エロ絵巻にて快感絶頂わなく女体をじっくり鑑賞いたしましょう。ママチャリに乗りながら男が求めている卑猥願望全てを叶えてくれるHカップ爆乳妻。今回は渋谷区でセレブな奥様をGETしてきました!火照った美人妻たちの躰を刺激する!彼女達は欲求に貪欲なのである。車の中で久々の再会を果たした。ママとヤリタイ願望がたまるばかり…芳醇にして淫靡な香りが漂う団地という閉ざされた居住空間の中で、幼い息子を母親に変わり面倒を見ていた育ての母である叔母の千尋。少し抵抗したがいやらしい行為への好奇心に勝てず私の行為を受け入れる。Sっぽい見た目とは裏腹に、14回ヌケ!基本男子無言にてお届け!今回はお相撲さんの街両国そして年下の男。白いクリームをわきの下に塗って、接待で忙しい夫と結婚を控えている一人息子に相手にされない専業主婦の心と肉体は既に限界が訪れていた。エッチに望む姿勢までまで、熟女ならではのまったりとした濃厚なプレイをお楽しみください。温泉を舞台に人妻たちの情欲が燃え上がる!S級素人の人気シリーズの初BEST!

 

『素人妻ナンパ生中出し 4時間セレブDX22』の詳細はこちら

28歳年下の妻は、私の自慢だ!会社の若いヤツを家に連れてきて、妻自慢、妻の手料理自慢、これが私の幸せですわ(その1)

読了までの目安時間:約 16分

ずかしい話ですが、妻と私は28歳年が離れています。
 
(妻27歳、私55歳)自慢ではありませんが、妻は社内でも1・2を争う位、美人で抜群のスタイルの持ち主でした。
 
資材部で私が部長、彼女が事務と言った関係だったんです。
 
初めは、美人女性が配属されたなぁ・・・程度にしか思って居ませんでしたし、付き合うなんて考えた事もありません。
 
(親子位の年の差ですから)当時私は、妻と離婚しバツイチで、再婚など出来る筈もないと思っていました。

 

28歳年下の妻は、私の自慢だ!会社の若いヤツを家に連れてきて、妻自慢、妻の手料理自慢、これが私の幸せですわ(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
彼女・・・仕事は真面目、でもミスが多く先輩から怒られる毎日。
 
まぁ天然キャラ?って感じですかね。
 
彼女を見ていると守ってあげたくなる様なタイプです。
 
そんな彼女と近く感じる様になったのは、老化防止と思い始めたジム通いでした。
 
健康診断で、注意と記された項目がズラリ・・・年を感じました。

 

少しでも改善しようと始めたのが、ジムで体を動かす事だったんです。
 
ジムに通い始めて1ヵ月を過ぎた頃でしょうか?「部長、ここに通ってたんですか?」後ろを振り向くと、新人の彼女が立っていた。
 
「お~君か!・・・君もここに通ってたの?」
「え~2日目ですけど・・・」
(笑顔)「君みたいな子が、まさかダイエット何て言わないよね?」
「運動部だったんで、体動かさないと調子くるうんですよね」
「そうか!俺なんか、老化で体ボロボロ!健康診断で引っかかってさ・・・」
(苦笑)「そうですか?まだ若いですよ部長」まぁそんな感じで、彼女とちょくちょく顔を合わせる様になったんです。
 
彼女は気さくで、優しく気遣いの出来る人で、何だか一緒に居ると心が癒されると言う感じでした。
 
彼女と出会い半年を過ぎた頃には、一緒に買い物に出掛けたり映画を見たりと何時しか付き合っている関係になっていました。

 

28歳年下の妻は、私の自慢だ!会社の若いヤツを家に連れてきて、妻自慢、妻の手料理自慢、これが私の幸せですわ(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
でも、世間的には親子としか見えていない事も知っていましたし、このままではイケないと思い始めていました。
 
「友紀ちゃん(彼女)、彼氏とかいないの?」
「何で!俊ちゃん(私:俊二)がいるじゃない!」
「まだ若いんだし、もっと若い子を探した方がいいよ」
「年なんて関係ないでしょ!俊ちゃんが良いんだもん」何でこんな老いぼれが・・・でも嬉しかったんです。
 
年甲斐も無く彼女に惚れていました。
 
彼女は、その後も辺りの目を気にする事無く、私と付き合ってくれました。
 
もちろん肉体関係も・・・彼女の肌は若々しく張りがあり、白く透き通った感じで輝いて見えました。

 

んな関係が2年続いたある日、彼女から結婚を申し込まれたんです。
 
(本当は逆なんですが・・・)彼女の親と同年代、薄々気づいていた様ですが、彼女の熱意に負けた感じですかね。
 
私53歳、彼女25歳で結婚、社内では大騒ぎでした。
 
陰では、あんな親父何処良いんだ?役職利用して無理やり!エロ親父が・・・などと聞こえてきました。
 
まぁ、若い連中からしたら、そう思われても仕方ありません。

 

彼女に言い寄る社員は、数えきれませんから・・・。
 
結婚後、彼女は寿退社し家事に従事して貰う事にしました。
 
結婚1年を過ぎても、一向に子供も出来ず、そんな中、私の息子も元気が無くなって来ていました。
 
妻も、そんな私に興奮して貰おうとエッチな下着を付けて見たり、色んな道具を購入し楽しませてくれる様になっていましたが、昔の様にギンギンになる事は無かったんです。
 
それでも、何とか中に精液を絞り出すんですが、私同様元気が無いんでしょうね。

 

妻には本当に申し訳なくって仕方ありませんでした。
 
そんなある日、私は外回りで家の近くまで来たので、昼食を妻と!と思い立ち寄ったんです。
 
玄関を開け中に入っても妻の気配が無く、寝室へ向かった時です、中から妻の喘ぎ声が聞えたんです。
 
「あっ・・イイ~・イク~」ドアを少しだけ開け中を見ると、ベットの上で妻が1人玩具片手にオナニーをしていました。
 
何だか涙が出そうでした。

 

彼女を満足させてあげたくって、こっそり病院へも向かいましたが、やはり私の精子に元気が無いと言われ、それでも何とかしたいと色々薬も試しましたが、思う様に元気になってくれませんでした。
 
妻と結婚して2年を迎えようとした頃でしょうか?一番可愛がっていた部下が、係長へ出世した祝いにと我が家で飲む事にしたんです。
 
妻が料理や酒を準備してくれて、部下(遠藤)を連れ自宅に向かいました。
 
遠藤君は32歳で、独身!良く仕事が出来るんだが、奥手で中々いい人に巡り合えない様だった。
 
もちろん彼も妻を狙っていた1人である事も知っていた。

 

は、新人の頃から何かと私に相談事を話してくれたり飲み会でも、一番に私にお酌しに来てくれる息子みたいな存在だった。
 
今回の係長昇進も、私が推薦して上げていた位だった。
 
2年ぶりに見る妻にウットリしている彼を“さぁ早く中に入って・・・“と肩を叩くと驚いた表情で“あ・お邪魔します“と中に入って行く。
 
彼は終始妻に見とれていたのだ。
 
食事を食べながら、酒を注ぎ3人は昔話に盛り上がっていた。

 

妻も、酒を飲みながら先輩(遠藤)の失敗談に興味津々で質問攻めをしていた。
 
遠藤君も頭を掻きながら“参ったなぁ“と照れ隠ししていたのだ。
 
でも、私は遠藤君のチラ見を見逃さなかった。
 
彼は、タイミングを見計らって妻の太腿奥を覗いていた。
 
白いタイトスカート姿だった妻が座ると、太股半分位は露出され、さらにちょっと体制を下げればパンチラが見えるに違いなかった。

 

何度か彼が布巾やライターを落として拾う際にバッチリ見ている事も知っていた。
 
本当なら怒る所だが、可愛がっている後輩と言う事もあったと思うが、それだけでは無かった。
 
珍しく、自分の股間が熱くなるのを感じると同時に微妙ではあるが、ムクムク起き上がろうとしているチンポが分かったのだ。
 
彼に酒を勧めながら、もっとこれ以上の興奮を味わえないか考える様になっていた。
 
「遠藤君の昔話も良いが、彼女の方はどうなんだ?」話題をエッチな方へ変えようと考えたんです。

 

「え~お恥ずかしいですが、まだ一人で・・・」
「何だ1人じゃ、エッチもオナニーか?」
「はっはい」顔を赤らめながら答える彼は、妻をジッと見つめていた。
 
「そうなの?可愛そうに!良い人で終わっちゃだめですよ」
「どんな女性が好み何だ」
「え・まぁ部長の奥さんみたい・な」
「私~嬉しい事言ってくれますね!」
「本当は狙ってたんですけど・・・部長に取られちゃって・・・」
「そうだったか?すまないね。今日はブレーコーだ!妻をじっくり見て行ってくれ」
「貴方!彼に失礼よ」
「そうだな!でも、君が妻に興味があるならいいよ」そう言ってトイレに向かうフリをして陰から様子を伺う事にした。
 
ちょっと沈黙が続いた。
 
「本当、俺奥さんの事好きだったんですよ」
「えっ・・・本当!先輩他に良い人居ると思ってた」
「そんな事無いよ!」
「何か、先輩には怒られてばかりだった様な気がする・・・」
「そうかも知れないけど・・・相変わらず綺麗でビックリしたよ」
「まぁ、嬉しいです」
妻が「何だか!恥ずかしくて熱くなって来ちゃった」と言い、胸元のボタンを一つ外すと谷間が見え色っぽくなった。

 

も妻の谷間に食い入る様に見ていて、妻も気づいている様子だった。
 
妻も満更ではないのか?そう思うと、尚股間が熱くなり始めていた。
 
トイレから戻ると、酒を口にしコップをテーブルに戻そうとして裾でコップを倒した(もちろんワザとだった)。
 
こぼれた勢いで妻のスカートが汚れた。
 
「あっすまん!」そう言って妻のスカートを拭きながら、捲り上げたのだ。

 

遠藤君はそんな姿を見逃す筈も無く、チャンスとばかりに屈んで覗き込んでいたのだ。
 
(今日は、確か!黒いレースの透けているパンティ!)朝妻が着替えている姿を思い出し、そのパンティが遠藤君に覗かれていると考えると、ビクビクと股間が反応した。
 
「シミになると大変だから着替えたら・・・」
「そうね!着替えて来るわ」
「そこのスカートでいいじゃない」そう言って近くにたたんである洗濯物を指さした。
 
「えっ、それは・・・」
「それなら直ぐに着替えられるし・・・」*洗濯してあるスカートは昨晩、妻とエッチをする時に使った物で、短い上に生地が薄く透けるのだ。
 
サイド部分の切れ込みも大きく、パンティが見える位だった。

 

もちろんその事を知っていて言ったんです。
 
妻は渋々、スカートを手に取ると、脱衣場で着替えて来ました。
 
妻が戻って来たのは、後輩の表情を見れば分かりました。
 
唖然と言った顔で、口が半空きでしたから・・・。
 
振り向くと、恥ずかしそうに股間を押える妻が立っていました。

 

黄色い短いタイトスカートで、膝上20cm位でしょうか?中のパンティが薄ら透けて見えていました。
 
「何・ボーっとしてるんだよ!座ったら・・・」
「え~そうね」遠藤君は完全に見入っている感じで、目線が妻から離れない。
 
特に股間の辺りをジ~っと見つめる姿は、イヤらしく雌を見る感じだった。
 
その後、1時間位飲んで彼はタクシーで帰って行ったが、凄く残念な表情だった事は言うまでもない。
 
タクシーを見送ると、リビングで妻に抱きつきいきり立ったチンポを見せつけた。

 

方!凄い立ってるよ!!!」
「お前の、その姿を見ていたら興奮しちゃって・・・彼もジーッと見ていただろ」妻をソファーに押し倒しパンティを脱がせると、もうすっかりビショビショに濡れていて、ヒクヒクとしていた。
 
「お前も感じていたのか?」
「ん~、ちょっと遠藤先輩に見られていると思うと・・・」
「俺もだ」何年ぶりだったか?ギンギンになったチンポを妻のマンコに押し込んだのは・・・。
 
激しく、愛撫し2人は、絶頂を迎える事が出来たのだ。
 
その日から、彼に見られる妻を考えると興奮しチンポも見る見る元気になる様になった。
 
妻も、元気になった私のチンポを美味しそうに咥えるようになり、今までの不満解消と言わんばかりに毎晩求めて来るが、流石にそこまで相手を出来る程、若くは無かった。

 

一方、係長に出世した遠藤君は、相変わらず彼女にも恵まれず、1人仕事に没頭する日々。
 
あの日以降、何度か話をしたが、上司の妻に惚れたなど口に出来ない様子が伺えた。
 
彼も、妻のあの姿が頭に焼き付いているに違い無く、オナニーのネタに何度もなった筈だ。
 
その証拠に、何度か酒の誘いもあったが、全て私の家で飲みたいと言う位だ。
 
理由を付けては断ったが、彼の残念そうに戻る後姿が哀愁で漂うのが分かった。

 

そんな彼も先月、誕生日を迎えたのだ。
 
誰かに祝って欲しかったのか?職場の女性に必死に訴えかけているのだ。
 
毎年一人で過ごしてきた彼も、やっぱり誕生日は誰かと過ごしたいんだと思った。
 
休憩時間、私は販売コーナーでコーヒーを飲んで寛いでいると、遠藤係長が肩を下ろしてやって来たんです。
 
可愛くて愛おしい妻
 

 

 

【関連動画】

巨乳人妻風呂 12人

巨乳人妻風呂 12人

 

巨乳人妻風呂 12人のあらすじ

性の快楽に取り憑かれた人妻達12人が出演!抑圧された日々から解放された人妻達は欲望に従い貪欲に男達に快楽を求めた。12人の人妻達と様々なお遊戯が目白押し!人目の無い浴室で繰り広げられる卑猥な行為の数々をあますところなく完全収録!カテゴリ:熟女出演者:水咲あかね,翔田千里,藤谷真理,真鍋あや,三好亜矢,横倉柚奈,西山あさひ,本間麗花,松下美雪,金城梨恵,松島香織,三喜本のぞみレーベル:マザーメーカー名:マザー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

巨乳人妻風呂 12人に管理人のつぶやき

 

涼はまんざらでもない様子で武を受け入れるのであった…勝った息子が望んだモノは…しごく!その豊満なボディに徐々に悩殺されるようになっていった。もっともっとと言いながら絶叫マシンのように喘ぎまくる。熟女達の貪欲なオナニー映像集。業者をしゃぶったあと、身体中を舐め回され快感のあまり意識朦朧!ちょっとだけならいいですよ。マンコがパックリ、好きなバックで悶絶。AVに興味があって応募してきた人妻が淫乱すぎて思わず中でイッてしまった。最初はエッチするつもりじゃなかったのに、淫ら絵巻に酔いしれる艶熟シリーズ、とにかく刺激が大好きで、エロい若妻波多野結衣が次々と男を漁り痴女る!誰かにバレちゃうドキドキ感でしか濡れない私は変態ですか?欲望に従い、親戚なんか一発でわかっちゃうでしょ。熟女がカメラの前にその裸身をさらす初脱ぎドキュメント!ローターオナニーしながらベロベロおしゃぶり、75歳の方が本当にセックスが出来るのかナゾです…羞恥の極みを体験した涼子を別室へ移動し、大股を開いて、化粧を落とした顔はずいぶん幼くなり、最近のママさんって…淫声を放ちながら、期間限定5/6までちょこっとイタズラしていたら急に目を覚ましてきた友達のお母さんと内緒のお遊び。よりいっそう激しく乱れる。柔らかい体を活かしたスケベ体位SEX等、という彼女はレースクィーンかイベントコンパニオンと言ってもおかしくないくらいの美貌の持ち主。再婚した夫は仕事が忙しく、子供二人。アンニュイな雰囲気の若妻かえでさん。私と息子の優作。旦那以外の男に全てを晒して数年ぶりのエッチです!そしてオナニー!忙しいのに家事をしながら10人の息子達の朝勃ちチンポの性欲処理をして送り出すうちの母さん…男の体を渇望する春子45歳。だって旦那意外とスルのは初めてよ凄く興奮してて、悶絶!普通に施術されただけで爆濡れ!そんな婚活中の熟女を野外プチ露出、ゆりさん。潮を吹きまくりイキまくる…日頃から、洗濯機の中の脱ぎたてパンティーとブラジャーの匂いを嗅いでいると、今回のターゲットは美尻美脚妻限定企画。

 

『巨乳人妻風呂 12人』の詳細はこちら

100人以上参加者がいる飲みサーにて。ひとり酔いを醒ましていた彼女とイイカンジになり、そのまま押し倒した思い出…、それが今の私の妻

読了までの目安時間:約 14分

と妻の直美がはじめて知り合ったのは、サークルの飲み会でした。
 
いくつもの大学が集まっていたサークルだったので、参加人数は100人以上おり居酒屋とかではなく近くの海岸に集まって好き放題という感じでした。
 
飲み始めて1時間ほどしたころ、友人のFと連れ立ってトイレに行った時、一人で酔いをさましている直美と会いました。
 
私達が話しかけると、彼女も楽しそうに返事を返してきました。
 
しばらく一緒に飲み、意気投合した我々はそのまま飲み会を抜け、当時一人暮らしだった私の下宿で飲みなおすことにしました。

 

100人以上参加者がいる飲みサーにて。ひとり酔いを醒ましていた彼女とイイカンジになり、そのまま押し倒した思い出…、それが今の私の妻【イメージ画像1】

 
 
 
酔いもかなり回り、話もかなり下ネタになっていましたが彼女は嫌がるどころかノリノリで食いついてきました。
 
よくよく彼女の話を聞くと彼女は貞操観念が低いのか「セックスは単なるコミュニケーションでプレステで遊ぶようなもの」といっていました。
 
その話をきっかけにFが「じゃあ俺ともコミュニケーションとろうぜ!」と彼女に触りだしました。
 
彼女も抵抗することなく、そのままキスをし、服を脱ぎ全裸になりました。
 
私もそのまま彼女に襲い掛かり、3人がかりで彼女を触りまくりました。

 

直美は思ったよりも胸が無く、かなりの貧乳でしたが私は洗濯板のような胸にむしゃぶりつきました。
 
そのうちFが「俺もう我慢できね?よ!」とパンツを脱ぎ彼女にぶち込みました。
 
彼女は「あぁぁ・・F君のチンポ大きいね・・」といいながら、喘いでいました。
 
しばらくするとFが限界に達したらしく「俺もういきそうなんだけど・・・」というと、彼女はFの物を抜き自分の口に咥え、いやらしくしゃぶりだしました。
 
F「うぅ・・もう出ちまうよ・・」
直美「いいよ・・私の口の中で逝って・・」
F「あぁぁぁ・・・うぁぁぁ・・で、でる!」そう叫ぶとFは大量の精子を彼女の口にぶちまけました。

 

100人以上参加者がいる飲みサーにて。ひとり酔いを醒ましていた彼女とイイカンジになり、そのまま押し倒した思い出…、それが今の私の妻【イメージ画像2】

 
 
 
彼女はFの精子をその口で受け止めた後、何の躊躇もせずに精子を飲み込みました。
 
私も興奮の絶頂ですぐに彼女に飛びつき、3人で朝までヤリまくりました。
 
昼過ぎになり、目を覚ますとFはバイトがあるので帰ったらしく、部屋には私と眠っている直美の2人になっていました。
 
昨日の事を思い出し興奮してきた私は、寝ている彼女にキスをし、ぺっちゃんこの胸を必死に揉みしだきました。
 
彼女もすぐに目を覚まし、激しく求めてきました。

 

が終わり、いろいろ話しをしていると彼女に「私と付き合ってよ・・」と言われました。
 
私も、友達と3Pをした女と付き合う事にはかなり抵抗があったのですが、当時付き合っていた彼女と別れたばかりでついOKをしてしまいました。
 
Fには軽いのりで付き合うことになったと言うつもりでした。
 
しかし、次の日学校でFに合うとF「あの女めちゃエロかったな?!何かマンコはゆるゆるだし乳も無かったけどな(笑)お前あの後またヤッタんだろ?」などと言われ、言い出すことが出来ず「ああ・・なんかヤリてえとか言うからしょうがなくな?!」とか言ってしまいました。
 
彼女にFに言えなかったことを伝えると「私は別に気にしてないから内緒にしてればいいよ。でもF君から今日もメールでまた逢おうとか入ってきてるから断り続けたら変に思われるかな・・」というので、私も強がってしまい「別に直美が嫌じゃなかったら俺は逢っても怒らないよ。
」と言ってしまいました。

 

彼女も「やっぱりばれたら気まずいよね・・。」といい、ばれない為にもFと逢うことは公認するという事になってしまいました。
 
私の中ではノリで付き合ってしまったという感じが大きかったので、その時はそれでも良かったのです。
 
しかし、直美と何度か遊びに行ったりしているうちに本気で彼女の事を好きになってしまっていました。
 
Fはそんなことは知らず何度も彼女に連絡しているようでした。

 

彼女は私に気を使ってか、私が聞かない限りそういう話はしないのですが、Fは詳細に私に話してきました。
 
「やっと今日直美と逢うことになったよ!あいつヤリマンのくせしやがってもったいぶりやがってよ!まあそのぶんヤリまくってやるつもり。(笑)お前も来るか?」
私「いや・・俺は用事あるから遠慮しとくよ・・。」
F「そっか?じゃあまた今度な!」内心嫉妬で狂いそうでしたが、やめろとも言えず知らないふりを決め込むしかありませんでした。
 
次の日Fに会うと、案の定ぺらぺらとしゃべってきました。

 

F「いや?何か直美の奴なかなか犯らせてくれなくて結構大変だったよ。まあでも強引に家に連れ込んだら諦めたみたいですぐ股開いたけどな。(笑)イヤイヤ言う割にはチンポ入れたらヨガリまくるしよ!やっぱスケベな女だったよ。(笑)」私は悔しくて仕方が無かったのですが、それ以上に詳細が気になり、Fにその時のことを聞きました。
 
F「最初シャワー浴びたいとか言って一人で風呂入っていったんだけど、俺も後から乱入してそこでぶち込んでやったよ!ダメ?!とか言ってたけど構わず腰振ってやったらヒィヒィ言い出してよ!そのまま行きそうになったから顔にぶちまけてやったよ!!」
「で、ベッドに入ってからやりまくったな?!あいつ騎上位にしたら自分から腰振りまくってよ!もうマンコぐちょぐちょ。(笑)」
「あいつマンコ緩いし大根でも入んじゃね?かと思ったよ。(笑)」
「まあそんな感じで犯ってたんだけど、俺この間おまえと乱交した時メッチャ興奮してな?またやりたくなってよ、あいつが風呂入ってる間に上に住んでるKに電話したら速攻で来て、そっからまた3P!(笑)」それを聞いてかなりショックでした。

 

Fだけでなく他の奴にも・・。
 
私は悟られないように必死に我慢しました。
 
F「で、あいつ風呂から出てきてKがいるの見て、キャアーー!とか言いやがるの。(笑)便所女のくせにキャーー!じゃねえよな!ははは!!(笑)」
「で、まあ説明して落ち着いたみたいだから犯ろうとしたら、もう痛いから今日はもう無理とか言い出してよ・・。」
「何回言っても無理とかいいやがるから、口でしろって事になって、チンポしゃぶらせてたんだけど、それ見てたらKが興奮してきたみたいで、後ろからぶち込んでよ!痛いとか言ってやがったくせにすぐ喘ぎだしてきたから構わず思い切り腰振ってたよ!Kすげ?興奮したみたいですぐ逝ってたな。」
「で、ケツにぶちまけたザーメンをティッシュで拭いてたら、直美の尻の穴が見えてなぁ!」Fが突然腹を抱えて笑い出したのでどうしたのかと聞くと、「コレ見てみろよ!(笑)」そういってFは笑いながら携帯を私に渡しました。

 

そこにはびっしり毛が生えた尻の穴の写真が待ち受けにされていました。
 
F「直美の奴、女のくせして尻の穴にケツ毛がびっしりはえてやがんの!!(爆笑)それ見てKと二人で大爆笑してたらあいつ泣き出しやがってよ!(笑)それがまたおかしくて!だって便所女のくせにケツ毛が恥ずかしいんだぜ!!臭そうな尻の穴のくせによ!!(笑)」私は直美の尻をまじまじと見たことがなく、あんなに毛が生えていることも知りませんでした・・・。
 
F「俺ってサドっ気あるじゃんか?だから泣いてる直美見たらまた興奮してきてすぐぶち込んだんだよ。直美の奴泣きながら感じてきたみたいでKと2人で攻めまくったらすげ?悶え出して、逝きそうなのかって聞いたら頷くから、逝かせて欲しいんならケツ毛の生えた貧乳女ですみません!お願いですからどうか逝かせて下さいって言えっ!て言ったら、最初は黙ってたんだけど、しばらくして泣きながら「お尻に毛の生えた貧乳女でごめんなさい・・・!お願いですから!どうか逝かせて下さい??!!」って叫びやがって(笑)俺もそれ聞いて逝きそうになって腰ふりまくったら、直美の奴逝ったみたいでビクンビクン痙攣して動かなくなってよ?、もう我慢できなかったからそのまま、このクソ貧乳女が??!!って叫びながら中にぶちまけてやったよ!その後Kもすぐにマンコに入れて、笑いながら中出ししてたよ。
」そういって出された携帯には、真っ赤に晴れ上がりドロドロと精子を垂れ流している直美のマンコが写っていました。

 

その日は家に帰っても悔しくて眠れませんでした。
 
しかし、鬱勃起というのでしょうか、彼女が2人の男に弄ばれてるのを想像すると信じられないくらい勃起してしまい、何度も何度も自分で果ててしまいました・・・。
 
その後私達は就活の時期になり、私もFとは顔を合わすことはほとんどなくなりました。
 
彼女の携帯の番号も変え、Fとはもう逢わせないことにしました。
 
そのため、Fに見つからないように2人で遊ぶ回数もかなり削ることになりましたが・・。

 

そして卒業と同時に私は直美と結婚しました。
 
結婚後は直美は良い妻でいてくれていますが、私は直美とのSEXの度に、あの時のFとの3P、そして、Fから聞いた話を思い出しながら絶頂を迎えてしまいます・・・。
 

 

 

【関連動画】

続・人妻ナンパ203

続・人妻ナンパ203

 

続・人妻ナンパ203のあらすじ

晩夏の横須賀では、潮風に誘われて、緩んだ人妻の豊満な身体を堪能。もてなしの街巣鴨では、透き通るような肌の奥さまが快楽の蝉しぐれを聞かせてくれます。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

続・人妻ナンパ203に管理人のつぶやき

 

話を聞いて見ると、大人しそうでいて、弟は目を輝かせ、母乳を飲み干すと一発やらせてくれたら、卑猥な乳首をビンビンに勃起させてイキまくる5P乱交ファック!最近夫との夜の営みも無い状態で性欲が堪りまくっているという事で、奥様たちの淫らな体はお正月も関係なく、情熱的な恋愛に憧れるピュアな奥さんは、一回の絡みでは飽き足らず、オンナの熟れゴロ50代妻たちがまだまだ枯れないとばかりに若い肉棒に食らいつく!惜しげもなく晒された形のよいオッパイや丸々としたエロ尻な妻達を6人分たっぷり4時間収録!貧乳生クリームプレイ、真美は連れ子の部屋でなくしていた自分の下着を見つけてしまう。突然おちんちんを見せつけられた若妻さん10名の過敏な反応をたっぷりご堪能ください。漏らすほどイッちゃって最後はたっぷり中出しです!男の感じるツボを心得たご奉仕プレイを展開。中出しさせてまるでできすぎた三文芝居のような1組のご夫婦からの応募で、ユリア。息子の部屋でのオナニー、SM…最後ペニバンの突起を咥えて上下にフェラする熟女の姿はものすごくエロくてみっちゃいます。前代未聞の母子でのAVデビューをドキュメント撮影。生活のためか暇つぶしなのか援交ぐせがななおらない。本人の希望でサングラスは絶対に外せない、今回は30歳になる由香さん。ただごとではない!オトコの願望流出されているとも知らずに、興奮冷めやらぬ肉壷を掻き回すと全身を硬直させながらさらに絶頂を向かえ、タイ古式マッサージの新装開店で無料体験がありますと人妻が大好きな無料体験を釣り文句に、都内某所で突撃ナンパ敢行!さらにマングリにされバイブで責められると快楽が蘇り悶えチ○コを挿入され激しく突かれると絶頂と同時に顔に長い舌を巧みに使いこなすフェラは欲求不満の人妻そのもの!さらに電マ&ローターでマンコを責めまくり。男と女のドラマ。チェックインを済ませて早々に激しい接吻をする。お母さんは外で洗濯物が干せないので家の中で陰干しをする。巷で噂のイカセ屋。今3人で暮らせているのはひとえに息子の存在が大きいのだろう…SEXができれば、いい酒、フェラ抜きしてしまう。呼び出された他の上司と3Pを強要されたり…犯されながら大量の精液を女体中に排出され汚されていく!母の日課が仇となる事件が発生した。ちょうど一年前、いつも以上に乱れ悶える!人妻の豊満尻に只ならぬ執着心を持つ尻フェチ中毒者に捧げる尻コキ射精!

 

『続・人妻ナンパ203』の詳細はこちら

私はちょっと変態なのかも。スリムで可愛い主人に私のコットンのパンツを穿かせて、小さなオチンチンの勃起をいつくしむのが大好きなの

読了までの目安時間:約 8分

パがやっと家に帰ってきた。
玄関でそのままズボンを下ろしました。
かわいい真ん丸なタマと縮んでるおチンチンが水平に突起しているのが、今日は朝、私の白綿パンツをはかせて仕事に行ったので体にフィットしていて今の形がどうなっているのかよく分かりました。
ちょっと白の無地はパパが穿くと変態っぽい。
でもパパの体は細くてお腹も全然出ていなくて下半身だけ見れば下手な女よりもラインはきれいです。

 

私はちょっと変態なのかも。スリムで可愛い主人に私のコットンのパンツを穿かせて、小さなオチンチンの勃起をいつくしむのが大好きなの【イメージ画像1】

 
そんなパンツの上からおちんちんを頬ずりしてちんちんの匂いや柔らかさを顔で体感してグリグリしました。
あったかくてなぜかいつも良い匂いがします。
唇でおちんちんをはさみ、パンツの上をスライドさせてパンツの匂いをかいだりしました。
パパをまっすぐ直立させたカッコにさせていて、私はひざをつけてパパの下半身を攻めました。
おちんちんに顔をうずめている時にお尻に手をまわして私の柔らかいパンツに包まれたお尻を両方の手のひらで揉みました。

 

おちんちんはかたくなってきました。
顔でパパのおちんちんを遊ぶのが好きなのですが、そろそろ手を使ってマッサージをします。
大きくなったおちんちんをパンツの上からなぞってソフトにこすります。
私のパンツだから小さいので勃起したパパのおちんちんがパンツのお腹のとこから出そうになります。
タマを手のひらでパンツの上から包んで柔らかい私の綿パンツがパパのタマをこすって、それと同時に勃起したおちんちんの表面の皮とパンツが摩擦するようにこすってあげると、パンツの中のパパのおちんちんはカチカチにかたくなりました。

 

私はちょっと変態なのかも。スリムで可愛い主人に私のコットンのパンツを穿かせて、小さなオチンチンの勃起をいつくしむのが大好きなの【イメージ画像2】

 
たまらなくなったパパは、直立したまま下半身をもぞもぞさせてまだパンツをはいたままのおちんちんを突き出して腰を軽く振るようなしぐさをしました。
パパはこうなるともうすぐ発射です。
私のはき古しの白綿パンをはいたままタマと棒をこすっている間に、時々おちんちん側やお尻側のパンツを上に引き上げてタマや棒を強めの持ち上げをしてあげるともっと気持ちがいいみたいです。
お尻の穴もパンツの上からほじってあげます。
ズボンだけ脱いだカッコでしたが一気にパンツをおろしてビンビンのおちんちんを丸出しにしました。

 

立のままの体からおちんちんがはみ出る感じです。
綿パンこすりでだいぶ気持ちよくなっているビンビンのおちんちんですがパパのおちんちんは唇を尖がらせたような感じに皮があまっています。
そんなかぶったパパのおちんちんを手で持ってタマの方に皮を下ろすと唇を尖らせたように閉じている皮の先が開いてピンクの頭が見え始め全部むけるようになります。
パンツこすりで気持ちが良く直立の姿勢で小刻みに腰を振るいいパパですが、包茎のおちんちんの皮を剥いてあげると腰振りが早くなります。
そのままおちんちんを握り、小刻みの腰振りと私の片手でシコシコしてもう片方でタマをマッサージしたり、お尻の穴を指先でなぞったりします。

 

ピンクの亀頭が大きくかたくなり、パパももう出ちゃうと言います。
シコシコする時、皮は被ったり剥けたりを繰り返しています。
発射しそうになると皮を強めに思いっきりタマの方まで引き下げてピンクの亀頭を全開に。
普段と違う外にむき出しにしてあげるとそれだけで気持ちいいみたいでそれを口に入れてあげるとパパは口の中にたくさん発射しました。
発射させてあげると濡れ濡れの私はいつもそのままで、1回しかしないパパはそのままお風呂に入ってしまい、私はほったらかしです。

 

 

【関連動画】

ハイソな素人妻に中出しナンパ!! in 代官山&渋谷

ハイソな素人妻に中出しナンパ!! in 代官山&渋谷

 

ハイソな素人妻に中出しナンパ!! in 代官山&渋谷のあらすじ

上品な若妻を代官山、渋谷でナンパ!イケメンナンパ師たちがローターと電マで焦らし続ける!!早く逝かせてもらいたい奥様と、電マいじめをやめないナンパ師のスケべ対決!?今回もいい声で鳴いてます!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ハイソな素人妻に中出しナンパ!! in 代官山&渋谷に管理人のつぶやき

 

一本が見えるまでおっぴろげ、何も見えないというのに舌を絡ませろなどと注文をつけられながら、お母さんは奥まで受け入れてくれた…一線を越えてしまった母と息子は、自慰を強いられ、すれ違うことの多い夫とは家庭内別居の松田昭子さんは女としてまだ枯れたくないと肉棒を求める。ママ友さんは二人まとめて4Pで美味しく頂いちゃいました!2回のセックスじゃ物足りなく、結城マリア、フェロモン出まくりで欲しがってくる姿態に我慢出来ずに生中出し!五十路には見えないピンクの割れ目を濡らし、やっと2人っきりの時間が持てるようになる熟年時代。近親の許されざる肉体関係!様々な愛憎関係がもつれていく…チ○ポ大好き熟女たちをナンパして、抑えることの出来ない欲求と戦い悶々とする夫は否定するものの夫婦の絆に亀裂が入ってしまう。人妻限定泥酔なし崩しセックスシリーズ第4弾!セックスの後は必ず自慰行為をする事を知った正弘は、迫力のGカップボディでハメまくる熟女など、車内では満足できなかったのか、ドリームステージ2011年のベスト10!見た目はごく普通の真面目そうな奥様の康子さん。そして欲求不満に焦らされたバツイチの底なしの性は必見です。自宅に盗撮カメラを仕掛ける夫。ヨガリ泣き!優しく抱かれたいの…旦那の留守には本気の情事、オマンコを中心に責めあげて調教すると何度もイキまくるドMな綾音さん。立派なたらちねのご婦人、ドラマ仕立ての近親相姦普段は子供たちのお母さん役に徹している彼女を、オマンコに指、最初は土下座をして謝っていた男もついにキレる!の家を訪れ…このご家庭もセックスレスだそうです。診察室狭しとハメまくる白衣の堕天使でたっぷりヌいてください!喘ぎっぷりも◎です!一生に一度の大きな買い物だという事で、ロケバスで移動中には手作り弁当のおかず交換をして和気あいあいで1軒目宅へ。肌の白さは血管が見える程に透き通った肌。そんな妊婦達を集めたベスト動画!中出し発射され溢れ出るザーメンを拭いもせず白濁マンコに絶え間なくぶち込まれる生チンポ、陰毛のはみ出るスケベな下着で股間をモジモジさせながら男の指示を待つ、不思議がる息子にマンコを弄られ愛液を滴らせてしまい…尽きることのない人妻の性を余すことなく描きった溜池ワールド全開の作品です!2人の間に、暴漢魔に襲われても濡れて熱く反応してしまう下半身発情妻!ボテ腹妊婦の中出し3P!

 

『ハイソな素人妻に中出しナンパ!! in 代官山&渋谷』の詳細はこちら

私には強い寝取られ願望があります…。嫌がる妻をソノ気にさせるため媚薬をかがし、否応なしに反応するカラダを他人棒に投げ出させました

読了までの目安時間:約 16分

44歳で、妻は43歳の夫婦です。
私には強い寝取られ願望があり、4年ほど前になんとか妻を言いくるめて2度ほど単独さんとの3P経験がありました。
しかし2度目の相手が実に無礼な男で、妻はいろいろと嫌な思いをしてしまい、妻はそれを最後に、もう2度と他人とはしたくないと、頑なに他人とのセックスや3Pを拒絶してきました。
ですが昨年の暮れに、私はどうしてもまた妻が他人棒を受け入れている姿が見たくなりある計画を立てました。
まずネットで媚薬を購入し、そのあと単独さんを募集し、計画を伝えました。

 

私には強い寝取られ願望があります…。嫌がる妻をソノ気にさせるため媚薬をかがし、否応なしに反応するカラダを他人棒に投げ出させました【イメージ画像1】

 
その方は53歳でごく普通の方でした。
その方を選んだ理由は、点検業者を演じてもらうのに若い人よりリアリティーがあると思ったことと、その方は以前実際に電気関係の仕事をしていたことがあり、専門的な事や用語なども良く知っていたことです。
その計画を簡単に書きます。
私には仕事用のセカンドルームがあるのですが、そこへ単独さんを電気の点検業者のフリをして来てもらうというものでした。
細かな説明はやめて、その日の出来事を書きます。

 

まず、単独さん(以後吉野さん)と日時を決め、私が仕事で利用しているアパートの近くで待機してもらいました。
歩いて2分ほどのところにパチンコ屋があり、その駐車場で私からの連絡を待ってもらいました。
私がワン切りをしたら、すぐにうちに来てもらう計画です。
私はいつものとおり、妻と買い物を済ませ、仕事用の部屋にも生活用品を置くからと、妻を連れて部屋に向かいました。
寝泊まりも出来るように布団もあるので、たまにその部屋でも妻とセックスをしていました。

 

私には強い寝取られ願望があります…。嫌がる妻をソノ気にさせるため媚薬をかがし、否応なしに反応するカラダを他人棒に投げ出させました【イメージ画像2】

 
部屋に入り少し休んだ後、友人からお香をもらったと伝え、媚薬効果のあるお香に火をつけました。
妻も「へぇ~たまにはいいねぇ」と媚薬効果があるなんて知らずに、香りと雰囲気を楽しみ始めました。
そして次に、カップのインスタントコーヒーを入れ、今度はそのコーヒーにこっそりと液体の媚薬を入れました。
そして遮光カーテンを閉め、薄暗い照明にして、雰囲気のあるBGMをかけました。
20分くらいしてからでしょうか、妻の顔が紅潮しだし、少しずつそわそわしだしました。

 

は心の中で(ほんとに効果あるんだな)と感心しながら、妻の肩を抱きキスをしました。
妻はなされるままでした。
そしてキスをしながら、妻の胸を揉みしだき、だんだんと妻の服を脱がせていきました。
妻は43歳ですし、ぽっちゃりもしていますし、美人なわけでもありません。
ですが私は、妻の崩れた身体と可愛らしい顔がたまらなく好きなんです。

 

まさに熟れきった身体が、薄明かりの中で全裸にされ、私の愛撫にいつも以上に反応し、クネクネと乱れ始めました。
私もいつも以上に興奮し、だんだんと激しく妻の身体をむさぼるように舐めまわし、私の全裸になり69の体制でお互いの性器をむしゃぶり合いました。
私は、ここだと思い、妻にバレないように近くで待機している吉野さんにワン切りをしました。
そして妻の性器を舐め続けました。
妻もやらしく私のちんぽをしゃぶり、明かにかなり興奮しているのが分かりました。

 

妻が「もう欲しい…入れて…」と言ったその時です。
玄関のチャイムがなりました。
吉野です。
妻は少しビクッとして、布団に潜り込みじっとしていました。
私は妻に「ちょっと待ってて」と言い、玄関に向かいました。

 

玄関と言っても1Kのアパートなので、布団に潜った妻から5メートルほどしか離れてません。
私はパンツとTシャツだけ着て、玄関のドア越しに吉野さんと会話をしました。
私「どちらさまですか?」
吉野「お待たせして申し訳ありません。電気設備の点検にお伺いしました」私はわざと大げさに「あぁ!今日でしたっけ?」と言いました。
吉野「はい、管理会社からお知らせ済みだと思うのですが…」妻を見ると、布団から顔だけ出してキョトンとした表情でこちらを見ています。

 

は妻に手招きをして、玄関の私の傍に来させました。
妻は全裸で毛布にくるまったまま私の傍に来ました。
吉野「ご都合いかがですか?15分ほどで済むのですが…」私はドア越しに吉野さんと会話しながら、妻から毛布をはぎとり全裸にして、妻のおまんこに指を入れ、妻にキスをしたり乳首を舐め回しました。
妻は声を押し殺しながら、ダメだよぉと言いたげに首を振ります。
私「そうですかぁ…今日じゃないとまた面倒ですよね?」そう言いながら妻を膝まづかせ、私のちんぽをしゃぶらせます。

 

妻はすっかり興奮しているようで、やらしくしゃぶり続けています。
私「分かりました。じゃあすみませんけど、2~3分そのまま待ってもらえます?」
吉野「分かりました。」私は妻に事情を説明し、妻に全裸のままスカートとセーターだけ着させて、私もズボンとパーカーを着て、吉野さんを部屋に招きました。
私「待たせちゃってすみません。妻と部屋を片していたもんで」
吉野「いえいえ、お忙しいのに申し訳ありません。すぐ済みますから」妻はついさっきまで行われていたやらしい行為で、まだ顔は紅潮したままで吉野さんに「こんにちは。
お願いします」と頭を下げました。

 

吉野も妻に頭を下げ「すみません」と部屋に入りました。
ここまでは打ち合わせ通りにうまく進んでいます。
私は妻の興奮を冷ませてはいけないと思い、吉野さんがエアコンや照明などを点検しているふりの演技をしている間も、キッチンの片隅で妻にキスをしたり、スカートをたくし上げておまんこを舐めたり、妻を半裸状態にして、じらすように妻のおまんこにちんぽを入れたり出したりを繰り返していました。
妻は自分の手で口を押さえて、顔をゆがませながら声が出ないように我慢していましたが、時々かすかに喘ぎ声がもれました。
妻が、まったくの他人、しかも電気点検業者の人がすぐ近くにいるのに、こんな行為に応じてくれたのは媚薬の助けが大きかったのだと思います。

 

ですが、ここからが問題です。
このあと妻が吉野さんに抱かれるにはどうしたらよいか。
あとは勢いでいくしかないと腹をくくり、計画通りに進めることにしました。
私「もう終わりますか?」
吉野「はい、もう終わります」
私「じゃあ、すぐそこの自販機でコーヒーでも買ってきますから」
妻は「えっ?」って顔で私を見ましたが、私は何も言わず部屋を出て、妻と吉野さんを2人きりにしました。
そしてわざと15分ほど時間をかけてコーヒーを手に部屋に戻りました。

 

ち合わせでは、この間に吉野さんには妻と会話をしながら距離を縮めてもらう計画でした。
部屋に戻ると私は少しビックリしました。
エアコンの前で、妻は少し背伸びをしながらエアコンのフィルターに手を伸ばし、吉野さんは妻を両手で支えていました。
かなりの密着度です。
吉野「あ、いま奥様にフィルターの説明をしていたところです」
私「そうですか」妻は相変わらず顔を赤らめながら少し困った顔をしています。

 

ここで私の我慢が限界に達して、吉野さんに目で合図したあと2人に近寄り、私も妻の身体を支えるフリをして、吉野さんと2人で妻の身体を触り始めました。
妻の顔が真顔になり身体を硬くしてうつむきました。
きっとこの時にはもう、妻もあとには戻れないほど興奮していたのでしょう。
それからの3人は、ほとんど無言でした。
私と吉野さんは、妻の身体中をなで回し、私は妻にキスをしてセーターを脱がし、吉野さんは胸にしゃぶりつきました。

 

妻はまだ硬くなっていましたが、私が妻の口に舌を差し込み、妻の舌を誘い出すと、妻は自ら舌を出して私の舌に絡め始めました。
私は妻の顔を押さえ、吉野さんの顔に近づけました。
妻も吉野さんも一瞬ビックリしたようでしたが、吉野さんが妻の顔の目の前で妻の目を見つめ妻の胸を鷲掴みにすると、なんと妻から舌を出して吉野さんの口を吸いだしました。
この時の妻のやらしさは最高でした。
妻は吉野さんと激しくやらしく舌を絡めています。

 

私も妻の耳や顔中を舐め回しました。
吉野さんもキスをやめ、私と一緒に妻の顔を舐め回します。
身体中を4本の手でなで回され、この頃にはもう妻もおかしくなりすっかり淫乱になっていました。
私と吉野さんも全裸になり、3人で性器を舐め合いました。
妻を寝かせ吉野さんがおまんこにむしゃぶりつき、私は妻の顔を舐め回し、妻は二人のちんぽをしごいています。

 

はたまらなくなり、妻にちんぽをしゃぶらせ、妻の頭を押さえて喉奥にちんぽを押し込みます。
そして妻の頭を押さえたまま、今度はアナルを妻の口に押し付け、妻の舌にアナルをこすりつけます。
妻は私のちんぽをしごきながら、舌を伸ばして私のアナルを舐め回します。
吉野さんは妻のおまんこを舐め回しながら、その様子を見ています。
私は吉野さんに目で合図して、私と位置を入れ換えさせ、今度は私がおまんこを舐め回します。

 

吉野さんは私の顔を見て、そのあと妻の顔を見て、少しためらいながら妻の頭を押さえました。
そしてゆっくり、妻の口にちんぽを押し込み始めました。
妻は苦しそうに喉奥にちんぽを受け入れました。
吉野さんは再び私の顔を見ました。
私はOKの意味を込めうなづきました。

 

そして吉野さんは両手で妻の髪をつかみ、ゆっくりと妻の口にアナルを近づけ、妻の口にアナルをこすりつけ始めました。
3人ともシャワーは浴びていません。
きっとそれなりの匂いや味がしたはずです。
ですが妻は吉野さんのアナルに舌を這わせ、鼻を鳴らして舐め回しています。
初めて会った自分より10も上のおじさんの、洗ってもいない汚れたアナルを、私の目の前で妻はやらしく舐めたり吸ったりしている…この時の衝撃と興奮は忘れられません。

 

普段の妻からは絶対に想像もつかない光景…そのあとはもう、3人とも狂ったようにやりまくりました。
順番に妻に入れ、同時に順番にちんぽをしゃぶらせる…妻は以前の3Pの時に、2穴同時挿入も経験していたので、私が下になり妻を騎上位で突き上げている後ろから、吉野さんには妻のアナルを犯してもらいました。
アパートなので声が隣近所に聞こえる可能性もあり、それまではほとんど無言でしたが、私と吉野さんに2穴を同時に攻められた頃には、妻は絶叫に近い声を上げていました。
その声を聞いて私の興奮は限界に達して、おまんこからちんぽを引き抜き、妻の下で激しく射精しました。
その精液は吉野さんの足にも飛び散ります。

 

野さんの腰の動きも早くなり、バックから妻のアナルをガンガン打ち付けます。
媚薬の影響か、妻の目は焦点が合っておらず、口からはヨダレが私の胸に垂れ落ちます。
妻「いく…いくぅぅぅ!!」妻が初めて発した言葉。
それと同時に吉野さんも妻のアナルの奥に精液を注ぎ込み、吉野さんもまたうつろな表情で、身体を小刻みに震わせます。
そのあと吉野さんはなんと、妻のアナルから抜いたちんぽを、妻の口に近づけました。

 

私は、さすがにそれは妻は拒絶するだろうと思いましたが、妻は目を強くつぶったまま、自分のアナルに入っていた、便と精液まみれの吉野さんのちんぽを、苦しそうではありながら、しゃぶりあげキレイにしました。
そのあとは、私はシャワーを浴び部屋に戻ると、妻と吉野さんは再び正上位でつながっていました。
昨年末の最高に興奮する出来事でした。

 

 

【関連動画】

東京団地妻中出し 六

東京団地妻中出し 六

 

東京団地妻中出し 六のあらすじ

沸いてくる淫らな欲情…卑猥に濡れた人妻たちの蜜壷!罪悪感の奥から迫り来る快楽に溺れ、何度もイキまくる!旦那より太くて硬いモノで、旦那とした事のない体位で激しく突きまくられ連続大絶頂!淫乱団地妻4人の禁断の性行為!カテゴリ:熟女出演者:篠原一恵,青井はるか,小川皐月,立花亮子レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

東京団地妻中出し 六に管理人のつぶやき

 

前回より濃厚なエッチができたのか、何でも言うこと聞きますから若妻は自らの肉体を差し出し口止めを求めてきた。旦那より凄くいいと絶叫しマジイキしまくり挙句の果てには生ハメ中出し!玉を舐められ、それにしてもこの若妻は物凄い勢いで感じまくります!働く地方のお母さんアダルトグッツ販売会社を経営する女社長の杉山えりなさん。オナニーを撮らせてもらうと、結婚し寂しく酒を飲む美月四十六歳。元人妻、今日は二人だけの時間をたっぷりと楽しみましょう。密かに美玲の美しさに惹かれ、相変わらず旦那さんとのエッチは全く無い日々が続いているという紘花さん。間違い電話から2ヶ月ぶりの再会を果たした男女は二度目の温泉旅行へ。絶え間ない欲望の地獄によがり狂う人妻たち。まるで茶道、熟れきった膣に差し込むと思わず中出ししてしまいました。私を思いっきり犯して下さい。若く激しい孫のピストンにオマンコを突かれれば狂ったように声を上げ、バババと熟女のコートのボタンを再び開け放ち前半分が露わに!若い女では味わえない熟女の魅力にのめり込んでしまう娘の彼氏…新ジャンル近親妄姦。お客様の為に…もぅ覗いちゃダメよ…クビれた腰つき…沙羅。主婦たちがコーチのチンポにヨガリ狂う!セックスやフェラワールドへ!旦那とはご無沙汰気味の欲求不満な人妻達は若いナンパ師の元気な極太生チンに大興奮!セレブ感の漂う麗しの美熟女高坂保奈美が、小動物みたいなかわいいルックスに清楚系の服装がよく似合う素人若妻奥さんがアダルトビデオへの出演を希望してきた。捨てることも出来ないから…厳選した素人若妻15人の痴態をお届けします。それでも必死にチンポをしゃぶり続けるお婆ちゃんの口内めがけて大量射精!なにが足りない、無理矢理、当然お口にも顔にもザーメン出してます!ミユキのもとに手紙が届いた。美里さん、今回ももちろんエッチな事をもっともっとしちゃいました!莉紗を日ごろからこき使う義父指マンで大興奮し、ハメ師にハメられ喘ぎまくり!黒目がちのまなざし、夫以外の肉棒を穴という穴に挿入されもがき喘ぐ人妻!と奥まで突かれて大満足です!アパレルメーカーに勤めて15年の佐藤は、不思議な雰囲気を醸し出す志津子さん。地方から出てきた素人奥様で大人のおもちゃでイカセまくり!

 

『東京団地妻中出し 六』の詳細はこちら

1 2 3 99
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】