告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(4)

読了までの目安時間:約 15分

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(4)【イメージ画像1】

 
SYUちゃん、いやらしい目つき!変態っぽい(笑)う~~ん、考えとく。あ。じゃ、急ぐから。行ってきま~す」妻がデートの日は当然、家事は私の仕事。
 

 
除したり自分で食事を作ったりして待ちます。
惨めだと思ったことはありません。
 

時々、ああ。
 

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(4)【イメージ画像2】

 
ごろはもう妻は・・・。
 

今どんなことをされてどんな声をあげてるのだろうと想像し、猛烈にオナニーしたくなるのですが、夜の楽しみのために我慢します。
辛いといえばそんなことぐらいです。
 

、妻は帰ってきました。
妻が先生に抱かれ帰ってきてすぐは、二人とも少しだけぎこちなくなります。
 

「どうだった?」
「よかったよ(笑)」
「疲れてない?」
「うん。ちょっと疲れてるけど、先生にそこまで車で送ってもらったから」
「え?近くまで来てたのか」
「そう。別れ際に車の中であつ~~~いキスされちゃった」
「真紀!」私は嫉妬の苦しさに我慢できず、真紀を引き寄せます。
 

。SYUちゃん。いいの?言う通りにしたんだからね」
「なに?」
「ひど~い。行きがけに言ったでしょ。今日はシャワーしないでって」
「あ。そうか」
「ちゃんと言いつけ守ったのよ。なんてね、ホントは何回も責められちゃってくたくたになってシャワー浴びる元気もなくなったの。SYUちゃんもシャワー浴びなくていいとかそんなこといってたからめんどうになってそのまま帰ってきちゃった。汗臭いでしょ」
「うん。ちょっとね。(笑)あ・・・やっぱり中出しされた?」
「・・・・うん。」
「見せて」
「え?あそこ?いや。イヤ!!ぜ~~ったいイヤ~!」妻は笑いながら寝室に逃げていきました。
 

った??)私は追いかけ、妻をベッドに押し倒しました。
「ホントに私、汚れてるよ。体全部、ね。一緒にお風呂はいろ。」私はかまわず、きゃ~と暴れる妻のスカートをめくると・・。
 

?と思いました。
妻はナプキンをしてたのです。
 

「もう生理?」と聞くと、「ううん、生理はあと2~3日だと思うんだけど、あの・・・今日されちゃったでしょ。
中に・・・。」
「中出し?」
「うん。一応、先生、拭いてくれたけど、ちょっとたってから、後でトロって出ることあるから」話によると、昔から中出しされたあとは、いくら力んで中の液を出したとしても何時間もたったあとで、突然残りが出ることがあるそうです。
 

はナプキンごとパンティをおろしました。
「きゃ~。やめて!恥ずかしい。ホントに汚れてるの~」その瞬間、むっと濃厚な匂いが漂いました。
 

らかにいつもの妻の性器とは違う匂い。
なんというか、オスとメスが交わった後の生々しい匂い。
 

精液そのものでも愛液そのものでもなく、先生と妻の体液や分泌物が混ざり合い、ひとつになって発酵したような強烈な匂いでした。

プキンもしめって黄色く汚れています。
 

それよりももっと生々しいのは性器でした。
卑猥に濡れ光り、開き気味で、気のせいか陰唇も少し腫れてる感もしました。
 

は思わず、妻のおまんこに指を挿入すると「あ。」妻は小さく声をあげ、いやいやを繰り返します。
 

ぬるりとした感触が指に伝わります。

め。まだ敏感になってる~。いったあとのあそこってすごく敏感なんだよ。」指を動かすたび妻はビクッビクッと体を震わせます。
 

ゃ、今日の報告して」
「あ~~ん。いじられながら?あのね・・・今日は最初はフェラしました。ホテルにつくなり、ズボンを降ろさずおちんちんだけ出してしろって。」
「すごいね。興奮した?」
「うん。すごくHだよ。全部脱いじゃうより、ズボンからおちんちんだけひっぱり出してするのは・・。その後なめながら奴隷の誓いを立てました。」
「奴隷の誓い?なに、それ」
「先生、作ってきたの。それ読んで、この通りにしますから、どうか、私とおまんこしてくださいって言うの」
「どういうこと書いてあったの?」
「え~と。真紀の体は全部先生のもので、どんなことをされてもかまいませんとかオナニーも命令に従って、したり禁止されたり・・・。あ。そうだ。SYUちゃんとのセックスも禁止されちゃったよ」
「え??」
「あくまでプレイよ(笑)したってしなくたってわかんないと思う。」
「でも、興奮した?」
「うん。なんか・・・真紀の日常全部を支配されていく感じで・・」
「へえ。じゃあ先生の命令通りセックスしないでみようか(笑)」私は冗談にそういいました。
 

んなのイヤ!という答えを予想していたからです。
しかし・・・「ほんと?いいの?実はね・・・先生の話をきくうち、そうしたいなって気もしてきたの。先生ね、オナニーや夫婦のセックスまで禁止したら、真紀は今よりもっと欲求不満になる。日常、真紀をそういう状態にしといてから調教したいんだって。それから、これから思う存分夫には見られない体にしていくこともできるしって」
「見られない体?」
「まず、ここ全部剃って、マジックで奴隷とかって書きたいんだって・・。」
「真紀もしてみたいの?」
「興味はある・・・。欲求不満にされたらどんな私になっちゃうかなって」
「剃られるのは?」
「そういうプレイあるんでしょ?ねえ、そこまでしちゃうのってやり過ぎ?」
「いいよ。でも、、、その代わり条件。どんなことされても、いつもこうやって体は見せて」
「SYUちゃん、それで変にならない?」
「なるよ。絶対嫉妬して興奮する。だから真紀の調教されてきた体を見ながら、話を聞きながら自分でする・・・ってのはどう?」
「ああ・・SYUちゃん、H!でも、そういうの興奮する」真紀のおまんこはいつの間にか更にぬるぬるになっていました。
 

も異常に興奮し・・・「あ!いいの?!汚れてるのに~!」私は妻の汚れたおまんこをなめていました。
いつもとは違う味。
 

違う匂い。

ういつものおまんこじゃない。
 

他の男の精液で汚されたおまんこ。
でもイヤじゃない。
 

のおまんこは先生の精液を吸い取り、化学変化を起こし、今全く別の愛液を分泌してる。
そんな感じがしたのです。
 

妻のものなら汚くない。

奮する。
 

「立ってる?SYUちゃん、汚れてても平気?」
「うん、興奮する。汚れてなんかいないよ。前よりもっと興奮する匂い・味だよ前より興奮するおまんこだよ」
「ほんと?前よりも?いいおまんこに感じる?嬉しい。SYUちゃんになめられてると愛されてるって感じがする。愛してないとこんなことできないもんね。じゃあ、またいっぱい汚してくる!それでSYUちゃんに綺麗にしてもらう。だからセックスは当分無しだよ。いい?」
「ぼくも欲求不満になった真紀を見てみたい、ああ・・・我慢できないよ」
「じゃ、今日から開始。こすっていいよ」私は妻のおまんこをなめながら、こすりまくり射精しました。
 

日後から、妻と先生の本格的調教が始まりました。
生理になっていたのですが、(妻の生理はとても軽く1~2日目くらいだけが、ちょっとだけ下腹と腰が不快だそうです)。
 

調教されにでかけて行きました。

つものように夜、妻が帰宅するとかなり疲れ切った様子でちょっと上気したような顔でぽつりといいました。
 

「SYUちゃん・・・私、今日すごいことされちゃった・・ホントにすごいこと。私、今日一日で変わったかも・・・」
「今日一日でって・・そんな、おおげさな。だいじょぶ?何されたの?」妻の告白。
 

日からアナルを調教する。その前に体を洗うぞって」
「一緒にお風呂に入ったわけ?」
「お風呂には行ったんだけど、ただ体洗うためじゃなかったの」
「どういうこと?」
「浣腸」
「え?!」
「浣腸されて、しゃがんだ格好で我慢しながら、浴槽に腰掛けてる先生にフェラさせられた。先生の精子出せたらトイレに行くことを許してやるって」
「ええ??!」
「もう、すぐにお腹痛くなって、苦しくなって・・何度もおトイレに行かせてってお願いしたのに許してくれなくって、そのうち、苦しさで動くこともできなくなって・・だって、もう一歩でも歩いたら・・・・」
「真紀・・・」
「それを訴えたら、先生、せっかく、そろそろトイレに行かせてやろうと思ったのに、動けないのか、残念だなあって笑って、じゃあ、真紀はこれから、“私は先生の奴隷です。先生になら赤ちゃんみたいに自分の全部をさらけ出せます。どうか真紀の一番汚いものを見てくださいって“って言いながら思いっきり出してごらんて命令されたの」
「・・・ほんとに先生の前で?」
「ううん。最初は抵抗したよ。どうかそれだけは許してって。お風呂から出ていってくださいっていったんだよ。でも、先生、全然お願い聞いてくれなくて」
「まさかその場で?」
「・・・我慢できなかったんだもん・・・全部見られちゃった。SYUちゃんにも見せたことのない恥ずかしい姿。」一瞬、妻に例えようもない激しい嫉妬を覚えました。
 

当に見せたくないなら、さっさと限界が来る前に先生を振り払ってトイレに駆け込むんじゃないだろうか。
妻は排泄物まで見られることに快感みたいなものを感じてたんじゃないだろうか。
 

私にも平気で見せられるのだろうか。

は告白を続けました。
 

「ものすごく苦しくて、すごい匂いで、浴室の床一面に・・・。SYUちゃん知ってるでしょ。私、生理中は便秘気味になるから、ホントにいっぱい。一番怖かったのは先生に嫌われるんじゃないかってこと。でもね、やっと治まったら、先生、頭なでてくれて、これで僕たちの間で恥ずかしいことはなにもなくなったね。きっと本物の夫婦よりつながったよって言われて、ほっとして私、甘えてホントに赤ちゃんみたいに泣きじゃくっちゃった。それからね、これからアナル調教の前は必ずこうやって浣腸するから、がんばるんだよって、今度はシャワーの頭をとって、ホースをお尻の穴に当てたの」
「え?シャワーを?」
「うん。今度は我慢しなくていいから、出たくなったら出していいからって、シャワーでお尻の中をじゅーって洗われたの」
「そんなことして大丈夫なのか」
「今度はそんなに苦しくなかった。恥ずかしかったけど、もう全部見られたから、もうどうでもよくなって、ぶしゅーぶしゅーって出したの。オシッコまで出ちゃった。」
「・・・・・」
「ようやく、綺麗になったよ。もう綺麗なお湯しか出ない。って言いながら、シャワーで床をよく洗い流してから、じゃ、肛門はどうなったかなって、そのまま、浴槽に手をついて、しゃがんだ姿勢のままにしてるんだよって、指にローションみたいのたっぷりつけて・・」
「入れられたのか?入ったの?」
「SYUちゃんとしたときは、全然だったのに、するって入ったの。浣腸されたせい?しゃがんだ姿勢がよかったのかな。力を抜こうとしないで、逆に少し力むようにって言われた」
「どうだった?」
「・・・・・SYUちゃんの時と違う感じだった・・。気持ち悪くて苦しいのは変わらないんだけど・・」
「なに?」
「苦しいのとせつないのと気持ち良いのと混ざったような感じだった」
「気持ちもよかったの?」
「うん。どうしてだろ・・・。もう2本も指入ったよって言われてびっくりした」
「2本も?!!」
「最初からこれだけ開けば優秀だねってほめてくれて、今度はじっくりベッドで広げてあげようって、連れていかれたの。仰向けになって、腰の下に枕を敷いて、足を抱えるようなポーズで、また指入れられたの。」
「どうだった?」
「今度は浣腸のあとの不快感も全くなくなっていて、もっと感じた。いっぱい声出ちゃった。」
「真紀、アナルも感じるようにされたんだ。それから?」
「ほら。3本入ってるって言われてびっくりして、バイブも試してみようって、お尻にバイブ入れられた。ほら、簡単に入ったよって」
「バイブも・・・痛くなかったの?」
「全然。少し小さめだったし。それより・・・・」
「なに?」
「SYUちゃん、どうしよう。ものすごくよかったの。ものすごく感じた。お尻にバイブ入れられながら、クリトリスも一緒に刺激されて、私、けだものみたいな声あげてたと思う」
「いったんだ?」
「うん。」指一本いれても嫌がっていた妻が、いくら相手がベテランとはいえ、わずか1回でバイブまでくわえ込み、しかもオーガズムに達したなんて衝撃でした。
 

調教されていた妻45678910

 

【広告】

「小早川怜子」 女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw

輩に対してなど一歩も引かない度胸を持つ。

【「小早川怜子」  女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw】-1【「小早川怜子」  女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw】-2
【「小早川怜子」  女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw】-3【「小早川怜子」  女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw】-4
【「小早川怜子」  女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw】-5【「小早川怜子」  女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw】-6


常にトップに君臨する女王様、草薙麗子。


過去には、裏家業の大物実力者が後ろ盾となり、極乱会に恥をかかせた事もある強者。

レーベル:ベイビーエンターテイメント、  出演者:小早川怜子、  作品タイトル:女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「小早川怜子」 女王蹂躙地獄 無惨なるカリスマの奴●堕ち 小早川怜子 辱めサンプルでイったw に管理人のつぶやき
 
いつもこんな感じ。与え口内射精!目撃してしまう。が最高のアングルで撮る!足蹴にパワハラ三昧。セックス三昧!だめぇ!お届けします。おまけに本番を垂れ流す。撒き散らす。
 

 

5年間普通に過ごしてきた妻との結婚生活が妻からの告白で崩壊しそうです

読了までの目安時間:約 10分

5年間普通に過ごしてきた妻との結婚生活が妻からの告白で崩壊しそうです【イメージ画像1】

 
とは結婚して5年くらいたち、子供はまだいない。
俺は33歳で小さいながら不動産会社を経営してる。
 

180cmと、背がそこそこ高く、ボート部出身でがっちりした体型。
 
実で優しそうに見える顔(内面とは一致しないと思うが)で、仕事も恋愛も得をしてきた。
 

嫁、佳恵は、29歳で、160cmで太っても痩せてもいない抱き心地の良い体。
抜けるように白い肌と、Dカップくらいの形の良い胸が俺の密かな自慢。
 

 

5年間普通に過ごしてきた妻との結婚生活が妻からの告白で崩壊しそうです【イメージ画像2】

 
よりも、顔が成瀬心美にそっくりで、俺の一目惚れだった。
ここまで書くと、幸せそのもののような感じだけど、出会った場所が最悪で、彼女の働いていたマットヘルスだった。
 

親父さんが働けない、満足に動けない、そのくせ難病指定から漏れてしまっているやっかいな病気にかかり、母親のパート収入と保険、彼女の美容院での稼ぎだけでは、病院代に手が回らず、平日の週に1日だけマットヘルスで働いているとのことだった。

ちろん、当時そこそこヘルス通いしていた俺は、風俗嬢の身の上話テンプレートくらいにしか思っていなかったんだけど、色々あって、交際するようになったらその話が本当で驚いた。
 

たまたま、お店でのデビュー初日の最初のお客が俺で、ガチガチに緊張していた彼女がすごく可愛くて、ルックス的にもどストライクだったので、テンションが上がりまくったことをよく覚えてる。
その後は毎週のように指名で通っていたけど、恐ろしく人気が上がって、朝の受け付け開始に電話をかけてもなかなかつながらず、予約で埋まってしまうようになった。
 

2回目に指名で行った時に、アドレス交換は出来ていたので、結構毎日のようにメールはしていた。
それで、予約のことを話したら、彼女が直接予約を店にしてくれるようになった。
 

3ヶ月くらい経つと、店の外でも会うようになっていて、上客と思われているのか、それ以上と思っていてくれているのか、ドキドキしながら楽しんでいた。

あ、この辺のことは本筋とは関係ないからはしょるけど、結局彼女も俺を好きになっていてくれて、付き合うようになった。
 

そうなると、店をやめさせたかったんだけど、親父さんの病気がマジだったこともわかり、お金の援助をするのも失礼な話なので、出勤日の彼女を貸し切る(店の外に連れ出す感じで)ような感じになっていった。
週1でも、結局月に30~40万使う感じだった。
 

理矢理経費で落としていたけど、正直ちょっときつかった。
何よりきつかったのが、どうしても仕事で貸し切れない時、彼女が他の男を接客することだった。
 

今思えば、なんかめちゃくちゃな気がするけど、彼女も俺に悪いと言いながら、仕方なしにやっていた。

えば、その時に今頃彼女は~なんて想像していたことが、寝取られ属性に火をつけるきっかけだったと思う。
 

そういう生活が、金銭的にも精神的にもきついので、自然な流れでプロポーズした。
もちろん、いわゆる風俗嬢と結婚と言うことに葛藤がなかったわけではないが、好きになりすぎていた。
 

ロポーズ後は、ヘルスは当然やめてもらい、美容室は週2回くらいに減らして、自分の会社の経理も週1程度でやってもらうようになった。
結婚後は、仕事も順調で幸せそのものだったが、ヘルスのことはタブーというか、一切話をしなかった。
 

でも、寝取られ属性に火が付きかかっていたこともあり、ある日セックス中に「俺以外のお客さんとも、本番してただろ?」と聞いてみた。

っ・・・ん・・・しょうくんだけだよ・・・はぁ・・・」
「嘘つけ、俺とも2回目からやってたじゃん」
「ふぅ・・・は・・・しょうくんは一目惚れだったもん、特別だよ・・・あ・・・」
「ふーん、正直に言わないと、やめちゃうよ」
「だめぇ・・・やめちゃだめだもん・・・本当だよ・・・しようとする人ばかりだったけど・・・しなかったもん・・・くぅ・・・はぁ」
「エロいお前が我慢できるわけないじゃん。正直に言わないから止める」って言って腰動かすの止めてみた。
 

「だめぇ・・・やめちゃだめなの・・・本当に本当だよ。セックスはしょうくんだけだよぉ・・・」
「我慢できたの?」
「うん・・・でも・・・バイブは入れられた。」それ聞いたら、なんかすごくショックで、でもカッチカチになって、激しく動きながら「どんなやつ入れられたの?いった?気持ちよかった?」って聞きながらMAXスピードで動いた。
 

ぐぅ・・・だめ・・・すごく太いヤツ入れられて・・・くぅ・・・はぁ・・・いっぱいイキましたぁ・・・だめぇ・・・いくっ」嫁も今までにないリアクションで、俺も今までにない電気が流れるような感じがあった。
終わったあとに、どんな人に、どれくらい太いの入れられたのか聞いたら、毎週のように来てた常連の40歳くらいの人で、良い人だったけど、いつも本番を求められて、断り続けてたらそれならバイブでお願いと言われて、なんか悪い気がしてOKしたとのことだった。
 

それで次に来た時に持ってきたのが、ブラックカイマンとか言う極太のディルドで、「絶対無理。入らない。」って断ったんだけど、クンニでめちゃくちゃにイカされてぐったりしてた時に、いきなり入れられたって。
 

ょっと圧迫感はあったけど、以外と痛みはなくて、奥まで入れられると子宮口に当たって電気が流れたみたいに感じて、抜かれる時も内蔵が引きずり出されるような感じで、頭が真っ白になったそう。
「こんな太いのが、奥まで入ってるよ」とかいわれて、「ぐぅぅ・・・だめぇ・・・壊れる。
ストップ・・・ストップしてぇ・・・は・ぐぅ・・・あがぁ・・・」
「太いのでイっちゃえ」
「だめぇ・・・もうだめだもん・・・壊れる・・・くぅううう・・・いくいくいくうう」って感じで、激しくイキながら少し失神したみたいで、心配そうにその男が肩を揺すって「大丈夫?」って、しきりに聞いてたところで気がついたって。
 

ットで調べたら、ブラックカイマンは半端なく大きくて、黒人レベルのでかさだった。
もちろん、次の日に買ってきて、さっそく使ったよ。
 

フェラさせながら、横からブラックカイマンを入れて、バックでしてるみたいにしながら「ほら、俺のくわえながら、後ろから他人にされて突っ込まれて感じてるだろ?俺以外のチンポでイクのか?」
「だめぇ・・・そんなこといっちゃダメ・・・奥に当たる。だめっ、いくっ、うぐぅ・・・ぐっ・・・ぐっ・」
「俺のじゃ届かないところまで入ってるのか?俺のじゃない極太チンポでイキますって言いながらイクんだよ」
「いやぁ・・・いえないあぐぅこわれちゃうぅ・・・もうだめ・・だめだもん・・・いっちゃういっちゃう」ディルド動かすの止めて、「言わなきゃ抜いちゃうよ」
「はい・・・ん・・・ハァ・・・しょうくんのよりも太いチンポでぇ・・・はぁ・・あしょうくんのじゃ届かないところを突かれてイキます!だめぐぅ」それ聞きながら、激しく興奮して口にたっぷり出した。
 

れを飲んでくれて、「出し過ぎ。太っちゃう。」とか言って、すごく可愛いと思った。
 

のままグッタリしてすやすや寝てる顔を見ながら、本当に他人に抱かせたらどうなるのかな?って、考えるようになった。

 

【広告】

「角名つむぎ」 角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ!

全然動けない状態で、後ろが見えないところから不意打ちのくすぐり攻撃に悶えるつむぎチャン。

【「角名つむぎ」  角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ!】-1【「角名つむぎ」  角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ!】-2
【「角名つむぎ」  角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ!】-3【「角名つむぎ」  角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ!】-4
【「角名つむぎ」  角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ!】-5【「角名つむぎ」  角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ!】-6


新人モデル・角名つむぎチャンがうつ伏せで両手両足を拘束されて、サテン手袋の女子にレズくすぐりをされる作品です。


脇腹と脇が大の苦手でちょっと触れられただけでも叫んでしまうつむぎチャン。

レーベル:アドア、  出演者:角名つむぎ、  作品タイトル:角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「角名つむぎ」 角名つむぎのうつ伏せ拘束でサテン手袋レズくすぐり地獄 くすぐり画像で発射したゾ! に管理人のつぶやき
 
我慢する痴女たち。掛け捲ります。披露する!変態ですか!動かしたさ。どうなの?貧しいね。トロつかせてビクビク感じる。アピール?濡らすプロと、露天風呂。
 

 

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(9)

読了までの目安時間:約 14分

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(9)【イメージ画像1】

 
面は消え、またノイズになりました。
私は、ずっとノイズをみつめていました。
 

そしてハッと気づき、また最初から再生しました。
 
度はペニスをこすりながら。
 

本番行為がうつる前に、私はいってしまいました。
射精した後はまた嫌な気分がわいてきました。
 

 

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(9)【イメージ画像2】

 
のに翌日も、そのまた次の日も私はそのビデオを見ながら何度もオナニーしてしまいました。
電話はかけられなかった。
 

まだ意地のようなものが残っていたのでしょう。

のうち9月になり夏休みは終りました。
 

妻は案の定、戻りませんでした。
電話さえありません。
 

のまま連絡しなければ、永久に妻を失う。
そういう思いが激しく沸き上がってきました。
 

また、逢いたい。

ってきた妻を抱きたい。
 

いや、抱けなくたっていい。
触れたい。
 

しを聞きたい。
もう私の負けでした。
 

夏休みが終って、1週間ほどたったあと、私は耐えきれずとうとう妻に電話をしました。

しもし・・・」
「あ、SYUちゃん?」
「元気?」
「うん・・・元気よ」
「・・・・・ごめん。戻ってきてほしいんだ。もう全部許せるから」
「SYUちゃん・・・ありがとう。でも、もう遅いかなあ・・。私ね・・・」妻の言葉は意外極まるものでした。
 

SYUちゃん・・・私結婚するの」
「結婚??!どういうこと・・・」
「あれからずっと待ってたんだよ。一生懸命セリフの練習して、あんな恥ずかしいビデオ送ったのにSYUちゃんたら全然連絡くれないんだもん。ホントに怒ったんじゃないかって、すごく寂しくなって私めそめそ泣いてたの。そしたらね、先生が慰めてくれたんだ。真紀さえいいなら、ずっとここに住んでもいいって。前は結婚のことなんか考えてないっていったけど、ほんとは真紀と暮らしたいって。私、嬉しくなって、わあわあ先生にしがみついて泣いちゃった。そしてね、先生のお嫁さんにしてくださいって言いながら抱かれたの・・初夜みたいな気分だった。なんか。ものすごく幸せだったよ」
「それで・・・もう遅い。先生と結婚したいから僕と別れたいってこと?」私はやっぱり・・という諦めと疲れの気持ちで尋ねました。
 

う薄々わかっていたんだ。
最初は体だけ魅かれていたのに、今はもう心まで虜になってしまった。
 

だから結ばれたい。

の感情としてはそれが自然なのかもしれない。
 

なぜか怒りの感情というよりはただもう疲れた・・負けた、勝手にしてくれ、そんな気持ちだったのです。
すると妻は・・・。
 

いってるの、SYUちゃん。1ヶ月ぽっち離れていたのがそんなにショックだった?(笑)私はSYUちゃんと別れるつもりは毛頭ありません。そんなこと考えるSYUちゃん、嫌いだよ。」
「え?え???どういうこと??だって・・」
「いや~ん、言うの?白けちゃうよお。SYUちゃん鈍感。PLAYでしょ(笑)わんちゃんになりますって言ったってホントに人間やめて犬になるわけじゃないし、奴隷にしてっていってもホントの奴隷じゃないでしょ。もう!花嫁だって同じだよお。」
「あ。そっか。でも・・・」
「へへへ~。すごく嫉妬するでしょ。今までで一番心配?いくらプレイでも私、先生の花嫁になるんだよ。」
「うん。そりゃ心配だよ。すごく」
「よかった・・・。なにも感じないんなら私のほうが心配しちゃうよ。」
「でもプレイなら・・なんで【遅い】って?」
「だってもう決めちゃったんだもん・・。今度の土日ね、温泉に行くの。新婚旅行。仲間内で結婚式あげて、みんなで祝ってもらうの。もちろんそういう【プレイ】だからね。だからすぐに帰れないってこと。キャンセルしたらみんなにも迷惑かかるしい。」
「どういうこと?仲間って・・・?」
「なんていうの。乱交仲間?(笑)いろいろ親しくなっちゃって最近は気の合う人と固定メンバーになってます。」なんてあっけらかんと明るいのか。
 

は前と全然変わっていない。
全然いやらしさのない言葉に、私は急激に安心してしまいました。
 

まるで仲間うちで、スポーツ旅行にでもいくような雰囲気なのです。

るの旅行の後でもいい?いろいろ準備もあって忙しくて。」
「うん、いいよ・・でも。旅行終ったらすぐ帰ってきてね」
「もちろん。いっぱいいやらしいことされると思うから、くわしく話してあげるね。楽しみに待っててね。あ。そうだ、SYUちゃんにお願い。SYUちゃん、できるかな~」
「なに?」
「SYUちゃん、SMクラブって行ったことある?」
「え???ないよ。そんなとこ。そういうのはあるの知ってるけど」
「そっかあ。実はね、仲間内でSMクラブの女王様やってた人がいるの。もう40代らしくてベテランの人だけど。結構色っぽい人だよ」
「その人が・・・?」
「SYUちゃんのこと話したら、すごく興味持ってくれて是非SYUちゃんとプレイしてみたいんだって。」
「興味はあるけどSMプレイって・・鞭とかローソクとかされちゃうんだろ。そういうのは・・」
「彼女はそういうんじゃないの。言葉でいろいろ責めるのが好きみたい。私もいろいろ責められてるの。責めっていうより、自分がどういう人間なのか解放される感じ。あ~ん。なんていったらいいのかな。SYUちゃん、マゾだから(笑)興味あるかなあって。実は・・・今回のこと、私すごく心配だった。SYUちゃんに捨てられるんじゃないかって思って。彼女に相談したらSYUちゃんはMの素質あるけど、まだ本当のMじゃないって言われた。だから怒るんだって。私が旦那さんを教育してあげようかって言ったの。SYUちゃんが目覚めればもっと夫婦仲良くなれるって。どう?ダメ?」
「興味あるけど・・・いいのか?僕がその女性とそういうことしても・・」
「セックスするわけじゃないもん(笑)それに彼女なら任せられるかなあって思ってるの。ねえねえ、私も変わったSYUちゃん、見てみたいよ。旅行後、お互い変わって逢おうよ。連絡はねえ、電話○○○-○○×・・かけてみて。絶対だよ。約束ね。」私は正直言って妻以外の女性には興味を持てないのです。
 

くないといえばウソになりますが、どうせなら妻とプレイしたい。
前のように。
 

しかしながら今回は妻の薦めでその女性と本格的な(?)プレイをする・・というのです。

ったい彼女は私のなにに興味を持って、どうしようというのだろう。
 

妻はなぜこんなに薦めるのだろうか。
むくむくと好奇心がわいてきて、結局電話をかけてしまいました。
 

しもし。SYUさん?ああ。真紀ちゃんの旦那さんね。話しは聞いています。プレイしましょうよ。土曜日ちょっと用事で引っ掛かっちゃって、今回の新婚パーティ旅行には行けなくてうずうずしてたの(笑)どうせ奥さんも楽しんでくるんだし、こっちはこっちで楽しみましょう。あなたが満足するツボもわかってるつもりだから。日曜、逢いましょう」どっちかというと、色気たっぷりの声というよりは、サバサバしたようなバリバリのキャリアウーマンのような声に聞こえました。
 

は引きずられるように、日曜・・つまり、妻が旅行に出かけてる間に彼女と逢うことになったのです。
その前に金曜の晩、妻とまた電話で話しました。
 

「うん。知ってる。夕子(仮名)さんから聞いたよ。じゃあ、明日、楽しんできます。SYUちゃんは明後日だっけ。SYUちゃんもいっぱいなにが逢ったか聞かせてね」
「どういうことされるんだろ」
「だいたい私は想像つくけど言わないでおく。あ。私のプレゼントも渡したから受け取ってね。これも秘密」
「プレゼント?またビデオとか?」
「SYUちゃんがすご~~~~~く喜びそうなもの。ビデオじゃないよ。私の手作り(笑)」
「真紀はどんなことされるの?」
「温泉ついてから、部屋で結婚式して・・・そのあと初夜して。そのまま披露宴ぽいことするの。たぶんすごくHなやつ。また王様ゲームっぽい感じになるんじゃないかなあ。くわしくは帰ってから!」妻は翌日○○温泉に出発しました。
 

ンバーはA先生と妻の他に男3名女2名、計7名ということでした。
いずれも私の知らない人ばかりです。
 

私は私で日曜の昼間、渋谷で待ちあわせ、夕子さんと逢うことになりました。

子さんは40代ということでしたが、一見、なんといいますかインテリ風で、眼鏡をしていて、女教師か女医さんのイメージという感じでしょうか。
 

美しい、色気ムンムンというよりは、背が高くスリムでかっこいい感じです。
髪はショートで化粧も薄からず厚からずビシッと決まっていました。
 

じめまして。夕子さんですか」
「SYUさんね。まあ~。真紀ちゃんの言う通り真面目そうね。楽しみだわあ。じゃ、行きましょうか」挨拶もそこそこにすぐ私たちはホテルに直行しました。
 

して夕子さんとのプレイこそ、私が本当に目覚めるきっかけとなったのでした。
また、とんでもない妻の真の狙い、考えも知ることになるのでした。
 

二人で坂を上り、ホテルまで歩いて着きました。

ずかしい話ですが、私は妻以外性経験はなくソープにすら行ったことがなかったのです。
 

(ただ独身時代一度Fヘルスには行ったことあります。)部屋に入り鍵をかけると、もう妻以外の女性と個室でふたりきりという状況が年がいもなく私を緊張させました。
 

臓が高鳴ります。
入るとすぐに「じゃ、シャワー浴びてきて」と言われました。
 

自分の体を・・特に下半身を洗っているときは妙に恥ずかしいような、情けないような、うまく表現できないんですが奇妙な感じがしたのを覚えています。

ャワーから上がると、夕子さんはベッドに腰掛け煙草を吸っていました。
 

「あ。煙草いいわよね。あなたも吸う?」
「どうぞ。あ、ぼくは吸いませんから」
「ホントにまじめねえ。奥さんは吸うのに」え?と思いました。
 

草を吸ってる妻など見たこともなかったからです。
私は怪訝そうな顔をしたんだと思います。
 

その表情に気づき夕子さんは「ん?あ。そっか。そういえば真紀ちゃん、最近覚えたって言ってたわ。もしかしたら極悪人ばっかだから、煙草を誰か教えたのかもよ」奥さんが煙草吸うのイヤ?」
「いえ、いいんですけど、全然知らなかったもんで。そうですか・・・妻が煙草・・・」
「さ、立ってないで、こっちに来なさい」
「ベッドに仰向けに寝て」夕子さんは私の浴衣をはだけました。
 

ら~、パンツまたはいたの?すぐ脱ぐのに(笑)じゃあ、ちょっと見せてもらいましょうか」夕子さんは私のパンツを降ろし言いました。
「は~い、御対面~~。わお。これが真紀ちゃんの旦那さまのおちんちんかあ。真紀ちゃんの言う通りマスコットサイズね(笑)」そう言われた途端、あまりの恥ずかしさと屈辱に顔が真っ赤になりました。
 

がこんなことまで他人に話してるなんて。
酒の肴にみんなで笑いものにでもしたんだろうか。
 

いろんな考えが頭を駆け巡りました。

調教されていた妻

 

【広告】

★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!!

レア度7%Gカップ以上確定!

【★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!!】-1【★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!!】-2
【★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!!】-3【★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!!】-4
【★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!!】-5【★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!!】-6


今年の先生ガチャ大当たり!




レーベル:サディスティックヴィレッジ、  出演者:末広純,若宮穂乃,南條みや子、  作品タイトル:羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★羞恥!新任女教師が学習教材にされる男子校の性教育 10★ 辱め映像でオナリました!! に管理人のつぶやき
 
挿入され最後は中出し!犯されイキ倒れる!大人のオンナの色気をがある!本物の男の肉根、してしまう。丸裸にしちゃいます。ビショビショにしちゃいます。待っていたのは・・・中出しのオンパレード。しろ店内で!とにかくカワイイです。
 

 

スワッピングや3Pに興味があったので妻と独身のオヤジを誘って楽しんでみました(1)

読了までの目安時間:約 12分

スワッピングや3Pに興味があったので妻と独身のオヤジを誘って楽しんでみました(1)【イメージ画像1】

 
前からSWや3Pに興味があり、いつ妻を誘ってみようかと迷っていました。
そしてとうとう勇気を出して妻にSWサイトを見せて反応を見ました。
 

妻は私以上に興奮して興味を持ちました。
 
は26歳で小柄ですがけっこうクラマーでおとなしく可愛いタイプです。
 

「もし、俺意外とプレイすることになったらどんな男がいい?」と聞くと以外にも妻は40歳から50歳くらいのおじさんがいいと答えました。
どうしてと聞くと脂ぎったおじさんに迫られてイヤイヤと嫌がりながらも体中を舐められてだんだん自分がその気にさせられて、嫌いなタイプの男なのに体が男を求めて入れられてしまい最後は中に出されてしまう。
 

 

スワッピングや3Pに興味があったので妻と独身のオヤジを誘って楽しんでみました(1)【イメージ画像2】

 
うして嫌いなはずの男が好きになってしまうような妄想を今までに何度もしたことがあると告白されました。
私は興奮しました。
 

4ヶ月かかってそういうタイプの男を見つけました。

いうよりもすごく身近にいたんです。
 

アパートの隣に住んでいる一人暮らしの52歳の男性でした。
私が仕事で留守の間に妻は何度か隣の家に呼ばれて世間話をしたりしていたのでした。
 

業主婦で暇をもてあましている妻は時々そのおじさんの家に行って、いやらしい話をしたりエロビデオをみたりしていたのでした。
私はそれを聞いてかなりムッとしましたが、模様替えと口実をつけてベットを隣の部屋と隣り合わせの部屋に移し、妻とのセックスの声が隣に聞こえるようにしました。
 

アノ時の声がすごく大きい妻のあえぎは必ず隣のおじさんに聞こえると思いました。

はこれから妻がその男に抱かれるかもしれないと思ったら毎晩のように妻を抱き、妻が狂ったようにむせび泣くまでやり狂いました。
 

やがてチャンスはやってきました。
近くの温泉センターでその男と出会ったのです。
 

ウナの中で男と話をしていると男はしきりに私のペニスを見ていました。
「一人暮らしは気ままでいいですね、けっこう遊んだりしているんでしょ?」と話をその方向に持っていくと男は「いやいや結構不自由していますよ、お宅は奥さんが美人だしいいですねぇー毎晩激しい声が聞こえてきて一人暮らしには毒ですよ」と言いはじめました。
 

「やっぱり聞いていた」私はぞくっとしました。

晩、家に帰ってから一杯飲みませんか?」
「いいですねぇ」
「うちは1歳の子供が寝ているからお宅に料理を持って行ってやりましょうよ隣なら子供が目が覚めても大丈夫だし」そういう話になって意気投合しました。
 

「でも、奥さんに迷惑じゃないですか?」
「そんなこと無いですよ、うちの女房が時々遊びに行っているんでしょ?いつも面白い話をしてくれて優しいから好みのタイプだと言ってましたよ。なんならうちの女房を口説いてみますか?ハハハ」というと、一瞬男はまじめな顔でゴクリとつばを飲み込みました。
 

っこう脈ありでした。
「いやね、最近インターネットでSWや3Pのページを見たりしているんですけどあれってぞくぞくしますよね。自分の妻が他の男に抱かれて、精子を中に出されるなんて考えたら嫉妬と興奮で眠れなくなる時があるんですよ」二人きりのサウナの中で二人とも暑さを我慢しながら興奮してきました。
 

は今晩目の前にいる男のペニスが妻の中に入り、そのペニスで悶えあえぐ妻の中にその先から白い精液がドクドクと注がれるかもしれないとおもたら、勃起してきました。
「すいません、想像したら立ってきてしまいました。別に男にその毛があるわけじゃないからご心配なくアハハハ」そういうと、男が「私も妻がなくなる前に二、三度スワッピングクラブに行った事がありますよ。
もう十年位前の話ですが。あれは興奮しますよね。でもね、いつも妻はすんなりと他の男に抱かれるんですけど私は妻のほうが気になって入れるには入れるんですけどイケないんです。聞いたらそういう男って多いみたいです。」そんなことをしゃべる男のペニスもかなり大きくなっていました。
 

とは太さも雁首の張り具合も違っていました。
私はピンクで長くきれいな感じですが、男のものはずんぐりと黒く太く雁首がものすごく張り出していました。
 

この雁首で中をかき回されたら妻は泣きながら悶えのけぞるんだろうななどと考えると興奮が収まらず、ピンと立ったペニスを隠そうともせずにサウナを出て水風呂に飛び込みました。

呂から出てさっそく妻に約束したことを報告しました。
 

妻は複雑な顔をしていました。
家に帰り妻は料理を作り、私は隣の家にお邪魔してお酒を飲み始めていました。
 

がて妻が料理を持って来ました。
風呂上りの妻の真っ白い肌はピンクに染まり、胸の開いたパジャマを着て少しぴったり目のパジャマのお尻にはくっきりとパンティーの線が浮き出ていて、股間の盛り上がりが私さえも興奮させるような格好でした。
 

料理をテーブルに並べるたびに身体を曲げるので胸の隙間からおっぱいの谷間が丸見えで、男はじっとそれを見ていました。

はその夜、私が実行に移すことを察していたのか、いないのか新品の下着を身に着けていました。
 

しばらく料理と酒と会話を楽しみました。
しかし、私の頭の中はどうやって二人をセックスに結びつけるかそればかりを考えていました。
 

ばらくして子供が目を覚まして泣き出しました。
妻が行こうとしたので「いいよいいよ、俺が行ってくるから。寝かしつけて俺も寝てしまったら二人で楽しんでいてもいいから」そう言って部屋に戻りました。
 

供はすぐにまた眠りました。
私はベットの部屋に行って壁に耳をつけて二人の会話を聞いていました。
 

最初は普通の世間話でしたが、妻が「私が木村さんの家に時々来ているって話したから、あの人怒って失礼なこと言ったんじゃない?」
「そんなこと無いよ、いい旦那さんだね人が良さそうで好感が持てるよ」
「そう、私木村さんとエッチなビデオ見たりしてるって言ってしまったからここに来るって言い出したとき、お酒を飲んでその話になって喧嘩するんじゃないかと思ってヒヤヒヤしていたのよ」
「大丈夫だよ、それより旦那さんって立派なモノを持っているだね」
「えっ、あそうかお風呂だから見えるわね」
「サウナの中で色々と話していたら二人ともあそこが立ってきて、びっくりしたよ。あのチンポで毎晩やられたら美保子ちゃんも大声であえぐはずだよね」
「やだぁー聞いてたのぉー恥ずかしい。それよりお風呂の中で男同士で話をしてどうしてあそこが立つの?」
「旦那さんが、今晩美保子ちゃんを口説いてみないかって言うんだよ」
「まぁーあの人、またそんな事言って」
「美保子ちゃんがわしのちんぽを入れられて悶えるところを想像したら立ってきたって...ちんぽがへそにつきそうなくらい立ってたよ」
「最近あの人、私を他の人に抱かせてみたいって言うのよ。」
「美保子ちゃんはどうなんだい?」
「私も興味があるから、それいいわねって言ったわ。私ね、ファザコンの気があるのかしら木村さんみたいにずっと年上の人にされて見たいって言ったの。あっ...それであの人私をここに置き去りにしたのかな」
「そうだと思うよ。だとしたらどうするこんなおじさんとしてみるかい」
「あははは、してみるかって面と向かって言われたら返事に困るわよ。じゃあ、私今晩、きむらさんにやられちゃうんだ...どうしよう」
「布団出そうか...いいかい」
「・・・・」声が聞こえないということは妻はうなづいたようでした。
 

ぐに襖を開ける音がしてバサッバサッと布団を出す音がしました。
「私、ちょっとだけ様子を見てくる」妻が部屋に戻ってきました。
 

私はベットで寝ているふりをしました。

ょっと、あなた、起きているんでしょ、寝た振りしてるんでしょ、いいの?私やられちゃうわよ。」と妻が私に言いました。
 

「後で行くから鍵は開けておいてくれよ」それだけ私は言いました。

は、寝室でブラジャーをはずして、また向こうに戻っていきました。
 

「おやっ、ブラはずしてきたんだね。乳首がぷっくり出てセクシーだよ」
「私、乳首が大きめでしょ子供生んだら黒くて大きくなったら」
「いいんだよ、それが普通なんだからコリコリしてやろう」
「あっ、いやぁーん...ああ」
「もう、立ってしまってるよ、ほら」
「うあーいきなりおちんちん出すの、エローい」
「今から美保子ちゃんはこのちんぽでアンアン悶えてこの先の穴からわしの精液をいっぱい中に出されるんだよ」
「えっ、やっぱり中に出しちゃうの?なんだか変な気分」
「安全日かい?まずようなら外に出してもいいよ」
「大丈夫だと思う、そろそろ生理前だから。それより途中で始まったらごめんなさいね」しばらくの間二人の声は聞こえなくなりました。
 

わりに「はあーん」
「あああ」という妻の声と「可愛いなあ、いつかこうなれたらいいとずっと思っていたよでも、こんな禿げたおじさんでいいのか、おおおっ美保子ちゃんちんぽの触り方が上手いな、舐めてくれないか」そんな声が聞こえてきました。
私はそばで見てみたい気持ちをぐっと抑えて想像力を膨らませることにしました。
 

妻が入れられるまで約一時間くらいかかったでしょうか、「お願い、もうして、入れて、おちんちん」こんな声を数十回聞きました。

のペニスは透明な液体がどんどん溢れてきてパンツがべとべとに濡れていました。
 

 

【広告】

★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!!

細身なのに大きなおっぱいをオイルでベトベトにされ、ひたすら弄られて勃たされた乳首をご覧ください。

【★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!!】-1【★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!!】-2
【★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!!】-3【★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!!】-4
【★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!!】-5【★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!!】-6


ベッドに仰向けにしてオイルをたっぷり塗ってくすぐりマッサージです。


終始悶絶しています。

レーベル:まろチャンネル、  出演者:、  作品タイトル:完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★出演者不明★ 完全支配!Fカップモデル ドMな私をくすぐってください くすぐり画像でおなった!! に管理人のつぶやき
 
男の本能くすぐられます!お説教かと思ったら・・・良い女を舐めて犯す。1本で根こそぎシコシコ!OL隣のお姉さんがまさか?クネラセながら快感に夢中!チンポ漬けにしてしまう・・・新企画!全編肉便器状態!女王様トークで大暴露大会!
 

 

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(7)

読了までの目安時間:約 11分

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(7)【イメージ画像1】

 
2日目から本格的調教が始まったそうです。
学校にはあまり行かないと言ってた割には、結構登校(本当のところはわかりませんが)することが多く留守の時は、妻は、大きなステンレス製(?)のペット用の檻に入れられ鍵をかけられました。
 

これはかなり辛い調教だったようです。
 
泄も食事も檻の中です。
 

排泄は蓋のないおまるで、大便などしてしまうと、狭い檻の中、一日中、大便と一緒にすごさなければなりません。
もちろん、拭く紙すら与えられていなかったようです。
 

 

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(7)【イメージ画像2】

 
初は孤独感からか、檻の中で、何度もオナニーしたり泣きわめいたり、暴れたりしたそうです。
そして、先生が帰って来て、我慢できた御褒美に、檻の隙間から差し入れた汗と小便で汚れてるようなペニスを、妻は半狂乱になってくわえ、なめまくったそうです。
 

「今日の調教は辛かった。独りぼっちで檻につながれて、私、本当に気が狂うかと思った。先生が帰ってきたときもう先生なしでは生きられないって叫びながら、先生のちんぽにむしゃぶりついたの。もうこういう調教はイヤってお願いしたら先生ね、じゃあ、なんでもするかって聞いてきて、私、コレ以外だったらどんなこともしますって言っちゃったの。そしたらね・・・」
「なに?」
「明日夜一緒に外出しようって。」
「もしかして露出プレイとかする気なのかな。」
「ううん。私もそうだと思ったけど・・、違った。」
「じゃあなに?」
「言えない。まだSYUちゃんに言っちゃいけないって言われてるから。私、今ものすごくドキドキしてるの。初めての体験。」
「じゃ、明日の夜、話して」なぜ私に言ってはいけないんだろう。
 

に言えば止められるようなすごいプレイなのだろうか。
外でのプレイといえば、露出とか野外とかそういうプレイしか思い浮かばない。
 

いったい先生はなにをしようというのだろう。

のドキドキが私にも伝わってきました。
 

私は翌日の夜の電話を待ちました。
会社でも仕事が手に付かなかないほど待ちわびました。
 

かし、その夜は電話がなかったのです。
私からかけようとも思いましたがプレイが長引いて、その最中だったらどうしようとか疲れてもう寝ていたら、起こしてはかわいそうだとかいろいろなことを考えて、耐え抜きました。
 

妻からの電話はやっとその翌日の夜にありました。

口一番、妻が言った言葉。
 

「SYUちゃん、ごめんね。私・・・私・・・」
「なにされたの?!どこに行ってたの?どうして電話かけてくれなかったの?」
「SYUちゃん、今もされてるの。まだプレイ続いてるの」
「なにを?今どこにいるの?」
「先生の家だよ。」
「どういうこと?外でするプレイがどうして家の中でまだ続いてるの?」
「今ね、まだプレイの続きしてるの」
「だから、プレイってなに?」
「先生に連れられて行ったの。カップル喫茶」
「カップル・・・?」
「そこではね、カップル同志してるとこを見せあうんだって」カップル喫茶----いろんなタイプの店があるとは思いますが妻が連れられて行ったところは昔の同伴喫茶のイメージとはまるで違いました。
 

立や目隠しなどなく、とにかく露出しあい性行為を鑑賞しあうというもはや喫茶店とはいえないような場所だったそうです。
ソファーや机は別のところに少しだけあり、あとはだだっ広い部屋がいくつかに仕切られているだけのものでした。
 

もしかしたら、ああ、あそこかと思う人がいるかもしれません。

は「見せあう」ということに非常に好奇心を持ち、先生について行ったそうです。
 

見せあうだけなら、してみたいと。
そこは雑居ビルの一室で中は暗く、受付を過ぎて中に入るとすでに数名の裸の男女がうごめいていたそうです。
 

は今まで見たこともないような異様な光景に圧倒され一瞬にして、その世界に入ってしまいました。
「なんだか別世界のようだった。道徳も理性も恥ずかしさも全部吹っ飛んだっていう感じ。ホントは最初だけはちょっと脱ぐのが恥ずかしかったけどみんな裸だし・・。」
「したの?」
「うん。全裸になって先生に抱かれた。横では違うカップルがフェラしたりセックスしたりしてるの。」
「見られながらしたんだ。」
「最初はよくわからなかった。私のほうがたくさん、ちらっちらって見てたかもしれない。でも、そのうちね・・・ああ・・・言っていいの?怒らない?」
「言ってよ。そういう見せあうプレイっていうのは知ってるよ。すごい経験させてくれたんだね。いいよ。そのくらい言ってもかまわなかったのに」私はちょっとどこかおどおどしてる妻を安心させようと優しく言ったのです。
 

ると・・・。
「しばらくしたら、向かいのカップルがじっと見てることに気づいて・・・そしたら、先生が手招きしてて」
「え・・・」
「先生がおちんちんを抜いて、私のあそこを指で開いて見せたの。そしたら、その人が寄ってきて、じっくり眺めるの。私、知らない人に見られて、とっても興奮して・・。男の人は、【すごく濡れてますね。いいですか?】って聞いてきた。先生がうなずいたら、彼が私におおいかぶさって来て・・・」
「まさか・・・・」
「ごめんなさい。ごめんなさい。私、ものすごく興奮しててわけがわからなくなってたし、こういうところ、よく知らなかったし、拒絶したりして騒いだりしたら、その場の雰囲気を壊しちゃう感じで・・・」
「やったのか?名前も知らないような男と・・・」
「ごめんね。しちゃった。初めての人と。横見ると、先生が彼の連れの女性にフェラされていて、私、それ見たら先生をとられてるっていう嫉妬みたいなもので思わずカーッてなって、彼をその女性から奪いたいような気持ちになって、それで・・・」
「それで・・・・」
「ものすごい声が出ちゃって、自分から激しく腰まで動かして・・そしたらその声に驚いたのか、他のカップルも集まってきてみんなに囲まれながらしたの。大勢の人たちに見られながらでも平気でできたんだよ。平気てゆうより、自分でも信じられないくらい興奮しちゃった・・。私って淫乱女だよね・・」私はもう嫉妬を超えていました。
 

りが全てを支配していました。
「おまえはそんな女だったのか!先生だけじゃないのか!誰とでも寝るのか!」私は怒鳴りまくり、電話を切りました。
 

するとすぐ電話がかかってきました。

は泣いていました。
 

「ごめんね、ごめんね(泣)SYUちゃん、不快かもしれないって心配したけどそれほど怒るなんて思わなかった。ごめんね。」私は怒りに更に問いただしました。
 

さかナマでやったんじゃないだろうな」
「・・・・」
「やったのか!妊娠は・・・」
「ルーラ使ってたから・・・」
「じゃあ、中に出されたのか」
「その人が出したのかわからない」
「え???え???」
「SYUちゃん、私ね、そこで何人もの人としちゃったんだよ。レズみたいなこともさせられた。乱交みたいなものもしちゃった。ああ・・・」
「乱交って・・・」
「きっとSYUちゃんの想像通りだよ。」
「どんなことしたんだ・・」
「言わなきゃダメ?」
「何をやったんだ!くわしく!全部!」
「仰向けにされたり四つん這いにされたりして、次々と入れ替わり立ち替わり男の人に抱かれました。何人にされたのかは覚えてません。あそこと口にも同時に入れられたり・・。精液、口にも出されて・・・あそこにもいっぱい出されたと思う。そのうち仰向けになってHしてたら、ちょっと水商売ふうの女の人が私の顔を跨いで、顔の上に乗っかってきて、ぐちゃって押し付けてきたの。【いいよね?舌使ってよ】って。すごい匂いで、私、最初ウッて思ったけど、下半身は、おっきいおちんちんでおまんこも責められ続けてるからボーッとなってて、舌で・・・。そしたら彼女も、にゅるにゅるって腰動かしながら、顔にますます押し付けてきて・・。すごく汚れてた。味や匂いでわかるの。彼女、息も荒くなってきてるのがわかってああ、私の舌で興奮してくれてる?って思ったら、だんだん平気になってきてもっと舌、深く入れたり、クリをなめてあげたり、女の人のおまんこにまでむしゃぶりついたの。初めての経験だった。顔がベトベトになるくらい奉仕しちゃった。これがレズ?って思った。そのあとは...もうめちゃくちゃで、ほんとに何がなんだかわからない状態だったんだよ。」
「おまえも先生もそいつらもなんて奴らだ!」
「違う・・・。みんなのこと悪く思わないで。そういう場なの。私が悪いの。ちゃんと拒否できなかったから。ああ・・・私も。きっと私も興奮してたから全部受け入れたんだよ。はあ・・・あ」妻の声にあえぎ声が混じってきました。
 

いて懺悔してるはずの妻の声が・・・。
調教されていた妻

 

【広告】

タンツボ女 大原理央 大原理央

普段の性癖は普通だけれど、AVの世界では性欲処理専用の牝でありたい変態願望の持ち主。

【タンツボ女 大原理央 大原理央】-1【タンツボ女 大原理央 大原理央】-2
【タンツボ女 大原理央 大原理央】-3【タンツボ女 大原理央 大原理央】-4
【タンツボ女 大原理央 大原理央】-5【タンツボ女 大原理央 大原理央】-6


エロ漫画のヒロインのような大きなお尻と太ももが魅力的な元水泳インストラクター理央さん。


そんな彼女の希望を叶える為、多数のオジサン男優を用意。

レーベル:レイディックス、  出演者:大原理央、  作品タイトル:タンツボ女 大原理央


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
タンツボ女 大原理央 大原理央 に管理人のつぶやき
 
上げ始める。尻穴モロ出し!そのまま淫らな性交へと発展。悪用した悪戯も収録。身にまとった小刻みに震えながら身悶える。と苦しみ震える彼女。男優与え続ける!イヤです!有罪確定!
 

 

1 2 3 32
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】