告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

不倫相手のために離婚再婚した30代中年男の悲惨で懺悔な現実と煌びやかな過去

読了までの目安時間:約 2分

年結婚した29歳の妻の話です。彼女と出逢ったとき、私には既に妻子がいました。

 

年間に渡る不倫関係の末、前妻と離婚、愛人であった彼女と結ばれました。慰謝料と毎月の養育費の支払いに追われる私には自由になる金も少なく、現在、彼女が以前から住んでいた2LDKのマンションで慎ましく暮らしています。

 

い女との純愛を全うしたと言えば聞こえはいいのですが、実のところ泥沼の愛憎劇ですっかり消耗し、友人からも「三十代後半とは思えない老成ぶりだな」と揶揄される昨今です。そんなある日、寝物語で知ったのですが、私の愛人だった時期、彼女には他に男・・・しかも複数の男がいたそうです。

 

ってあなた、週の半分は向こうに帰ってたじゃない。寂しかったし、今頃きっと奥さんとしてるんだって思うと悔しくて・・・」確かに、当時の彼女はモテました。

 

鼻立ちのはっきりした化粧映えのする顔立ち。ヒップよりバストのほうが大きい日本人離れしたグラマラスボディ。

 

たちの間では「結婚とか付き合うんじゃなく一発やりたい女」と評されていました。そんな彼女に水を向けられた男たちは、一も二もなく誘いに乗ったことでしょう。

 

手には事欠かなかったはずです。「あなたがいない日は誰かれ構わず『遊びに連れてって』と声をかけたわ。『何か悩んでるなら相談に乗るよ』とか殊勝な顔をしながら、男なんて心のうちで考えていることはみんな同じね。送ってきてくれて『ちょっと寄ってって』って言えば本性をむき出しにして・・・」「ちょ・・・ちょっと待ってくれ。じゃあ、つまりこのベッドで?」彼女は独身時代から、大きなダブルベッドを使っていました。

 

うよ。ここでいろんな人たちと・・・」話がにわかに現実味を帯び、私は股間に力がみなぎるのを感じました。

女の子にお仕置きされちゃうのが大好きなドMな彼と、私の性生活を暴露します

読了までの目安時間:約 6分

の彼氏の斗真くんは1つ年上でめっちゃクールでかっこいい。でも斗真くんには私しか知らない秘密があるんだ。

 

~・・・ハァ、ハッ・・・ンッ・・・もっと・・・・」そう、ドMなんだ・・・斗真くんはね。してる時、まったく別人みたいになっちゃうんだ。

 

から、いっつも攻めてばっかり。私だって攻められたいのに。

 

真くんは言葉責めにすごく感じる。「斗真くんのオチンチン、もうこんなにおっきくなってるぅ~」「やぁ~、言わないで」「何もしてないのに・・・お仕置きだね♪♪」あ、あとお仕置きも好きみたい。

 

仕置きって言ってもね、軽いんだよ。いつも通りにフェラしてあげて斗真くんがイキそうになる寸前でやめる。

 

だ、これだけ。これをね、何回か繰り返してたら斗真くんからおねだりしてくるんだ♪「アッ・・・イッ、イカせて下ださい・・・」それまでイカせてあげないんだ。

 

ら、今日も来た。「早紀~Hしよぉ~」「嫌だ」「ふんっ!!もういいもん」相当、たまってるみたい。

 

ゃあ確かめてみようか・・・・♪♪「そんなにしたい??」「・・・・コクン」「じゃあ、そこで一人エッチして」「えっ・・・やっ無理」「無理なんだ・・・じゃあ、いいよ」っていって又携帯いじってたら・・・・カチャッってベルトはずす音が・・・・まさかね・・・・と思って見てみたら・・・・「見ててね・・・////」・・・って言って壁にもたれてマジでやりはじめた。斗真くんのアレはね、めっちゃ大きくてすごい。

 

ッ・・・ヤッ・・・ハァハァ・・・早紀っ」「ん?何?」「お願いっ・・・俺の舐めて」「了解しました。お客様」手で握っただけで斗真くんのモノはさっきより大きくなった。

 

真くんの方を見ると切な顔でおねだりしてきた。あの顔に弱いんだな、私・・・・と思いつつ、もうすっかり大きくなったモノを咥えた。

 

アッ・・・早紀ッ・・・ハァ・・・もっと・・・・」「御加減いかがですか。お客様」「ッッ!!・・・出るっ・・・イクゥゥゥ~~!!」斗真くんのモノがビクンってなったから口を離した。

 

って、まだおねだりしてもらってないから♪♪「フエッ・・・何でェェ~」斗真くんはイケなかったせいか泣きそうな顔して耐えてる。「イキたい?じゃあ、ちゃんと言・・・・」「イカせて下ださいィィ~」私が言い終わる前におねだりしてきた。

 

う斗真くんのモノはこれでもかと言わんばかりにそそり立っていた。「じゃあ御褒美あげないとね」と言って斗真くんを立たせて壁に手を付かせて待っておくように指示した。

 

は斗真くんの大好きなアナルバイブを持ってきて斗真くんも目の前で揺らした。斗真くんはこれからする事に気が付いたのか何かを訴えるような目で見つめてきた。

 

うしたの?」「く・・・早く・・・」「早く何?」「っ・・・・それ・・・欲しいです」「よく言えました」私は斗真くんの穴を探しあて一気に突っ込んだ。斗真くんは身体を仰け反らして悲鳴に近い喘ぎ声をあげた。

 

ッ・・・もっと刺激・・・欲しっ」「どうして欲しい??」「強で・・・強で動かして下ださい」「かしこまりました」スイッチON♪♪何とも言えない機械音と共に斗真くんの喘ぎ声が一層大きくなった。「アッ・・・ンンッ・・・アアアンッ・・・クッ」まるで女の子のように喘ぐ斗真くん。

 

管が浮き上がり、ヒクヒクと興奮に揺れる斗真くんのモノ。先端から溢れている先走り液。

 

の斗真くん、めっちゃエロい!!」「言わないで・・・・ヒャン・・・ンンッ」「写真撮ってあげようか」「いいですゥゥ~・・・あ、あの・・・」「ん?」「イっても・・・ンッ・・・いいですか??・・・クッ」「だぁ~めっ♪♪」本当にイキそうだった斗真くんを見て慌てて抜いた。斗真くんはイケなかったのに対し、一筋の涙を流して訴えていた。

 

願いしますゥゥ~」「分かってる」私は再び斗真くんのモノを口に含んであげる。斗真くんもそれに答えて私の後頭部に手を添えて必死で耐えてる。

 

真くんのモノは本当に大きいからむせそうになるけど、斗真くんをイカせてあげたい一心でフェラしてあげる。「ンンッ・・・アッ・・・全部飲んでね」「ングッ」「フアァァ~ッ!!出るッッ!!」ビュク・・・ビュウゥゥッ・・・ドクン相当たまってたんだろうな。

 

のなかいっぱいに吐き出された。斗真くんはその場に崩れ落ち、私は一生懸命飲み込んだ。

 

クンッ「入れてもいい?・・・ハァ・・・」「うん」感じてる斗真くん見てるだけで濡れちゃった(笑ベッドルームまで二人で行き、結局斗真くんが下。私だってたまには攻められたい。もう斗真くんのモノは元気元気で脈打ってる。「入れるね」うわぁ~・・・おっきいなぁ・・・長い・・・すごぉい・・・。「ンアッ・・・アアアッ・・・アッ」「ンッ・・・斗真くんの大きい・・・」「ハァッ・・・もっと・・・・」「ヤァッ・・・・気持ちいいよぉ~」「俺もぉ~・・・・クッ・・・限界っ」「私もっ・・・イクッッ・・・」同時に達したみたい。ドMな斗真くんだけど行為後、ギュ~って抱きしめてくれるのが大好き。ギャップがある斗真くんが大好き。ギュ~って抱きしめてくれてる時、「愛してる」って言われたのは聞こえなかった事にしよっと♪♪

ヤクザに監禁レイプされた知り合いの奥さんを一緒に強姦した懺悔な鬼畜下衆体験

読了までの目安時間:約 10分

が大学3年の頃に地元の友達とたまたま会った。友達はどうやら結婚するらしくって昔の話をしつつ俺は隣に居た奥さんを紹介してもらった。

 

達は21歳で俺は20歳、でも奥さんはまだ18歳だという(たぶん高卒して結婚ってなったんだろと思う、高校で見たことあるような顔だが覚えてなかった)。数ヶ月たったある日、駅で揉めてる人を発見して良く見るとヤクザだった。

 

まれてるほうは完全にびびってしまっていて、そのとなりに居るのは友達の奥さん。(不倫か?よくもまぁこんな駅で堂々と知らない男と一緒に居られるよな・・・)と思ったが揉めてる内容には興味が無く、ただ知り合いの奥さんと会った事だけ考えていた。

 

のうち幹部らしき男に不倫相手は車で連れ去られ、奥さんと俺と下っ端の駆け出しみたいなのだけ残された。すると下っ端ヤクザが急に車が見えなくなるのを見て、「オラ、ちょっとこい」と奥さん(S子としよう)の髪を引っ張ってどこかに連れて行こうとしたので、俺はまだ血気盛んな頃でもあったのか、したっぱ相手だったのですこし強気になってたのか「オイオイ、ちょっとまてよ」みたいに引きとめて殴りあいも覚悟してた・・が、意外にも、ヤクザ「ちょっと便所でまわすだけやわ」俺「一応知り合いの彼女だから行かせるわけにはいかない」こういう会話を5分くらいしてたとおもう。

 

S子はこの間、交尾されるかされないかの結果待ちをしているまるで家畜のように黙り込んで話を見ていた(笑)話合いの結果(笑)、結局S子は駅の地下のトイレに連れて行かれて犯されることに決定した。俺は正直興奮していた・・・。

 

が少なくなった駅の地下に手をぐいぐい引っ張られて連れて行かれるS子の姿はまるで狼に怯える羊のような目、見た目比較的まじめ系のS子。黒髪で育ちの良い娘さんって印象だった。

 

長は150cm前後で低く、胸はそこそこ大きい。色は白くややたれ目でかわいらしかった。

 

クザの男は見た目は派手な服装で首のネックレスが良いフインキをかもし出していた。頭はパンチパーマで身長は180はあるくらいの長身で筋肉質ないい体。

 

は何故か付き添いでついていった。怖がりながら無理やり連れ込まれた無抵抗なS子の表情は終始放心状態に近かったが、トイレの中の鏡の前で(今思えば不思議だが、何故か女子のほうのトイレだったが)突然ヤクザが後ろからS子のスカートの中に手を入れた。

 

は大体想像していたがS子のオマンコは濡れまくっていた。レイプされるのが嫌なのは俺も気持ちはわかった、しかしこういうシチュエーションの中でこれから起きるであろう惨劇にS子が想像を膨らませないはずが無かった。

 

でわかっていても嫌であっても濡れてしまうのが女なんだなと俺はこのとき思った。男は髪を引っ張ったようにつかむとトイレの洗面所に押し付けた後、俺に髪をもって押さえつけててくれと頼んできたので、ノリノリだった俺は喜んでそうした。

 

は少ししゃがんで、突き出された形のS子のふくよかな尻の股間に手を入れてパンティーを脱がせようと下げた。ヤクザ「オーオー、大洪水じゃねえかよ?あ?この淫乱がよ」S子のパンティーとオマンコは糸を引いていた。

 

れくらい濡れていたのだ。その時トイレの中から人が出て来たが、見てみぬふりをして普通に去っていった。

 

れを見て俺に髪をつかまれ洗面所に顔を押し付けられていたS子の顔はカァっと赤くなって熱が蒸気するほど熱くなっていた。ヤクザ「俺のデカイのをこの小せえマンコにぶち込んでやるから、な!」と言いいながらパンティーを脱がし終わった後にヤクザは濡れ濡れのパンティーを俺の方にほうり投げて再びS子の首のあたりを強引につかむと力ずくで洋式便器の方へ引っ張っていった。

 

S子は「や」などとは前々から口にしてたものの、あまり抵抗はできずにまるで交尾をされる前の家畜そのものだった。セックスの道具と言う感じだった。

 

初引きずってくる時は抵抗は少ししてたがパーンとヤクザに頬を叩かれるとすぐにおとなしくなっていた。二人がトイレに入ってったあとすぐにS子の「っんはぁぁ!!!!!!!!」という声がかなり響くように聞こえてきた。

 

のあと「あっあっあっあ・・・・」と言う声やグチュ、グチュ・・っという抜き差しの音も聞こえた。ヤクザの男は意味も無くパーンと顔や体を殴るのが好きだった。

 

ばらくするS子への激しい攻めが中断され、男がS子の髪を引っ張りながらトイレから出て来た。ヤクザ「オイこれ見てみな」素っ裸にされて頬や胸を叩かれ赤く充血した肌や、怯えた涙目になっている目よりも俺はS子の乳首が予想以上に大きい事に目を奪われた。

 

こからは白い筋のような線がピュッピュっと噴出していた。まさか・・・?乳か??。

 

クザ「この雌、妊娠してるぜ。オイ妊娠何ヶ月だオイ!」とS子の頬をパンパーンと叩きながら質問していたがS子は答えなかった。

 

は今まで乳は表現は悪いが、オシッコのように一筋になって一本流れると思っていたが、父は数本の線で乳首から放射状に短く噴いていた。ヤクザ「この子供おろさせるからな!そんでお前は俺のガキを産むんだからよ!」S子「・・・・・」ヤクザは初めてグーでS子を殴って、S子をコクンとうなずかせた。

 

のあとはもう、声も人目も幅からずに女子トイレの中だが、完全にドアの外のほうで新たな種付け交尾が行われた。男の日焼けした引き締まった大きな体がS子を軽々と振り回した。

 

に比例してあれは太く長く、20cm異常はあるかのような巨大なものだった。それをバックでねじ込むたびにS子は「かはぁ!」「あんんっ!」「あう、うあああ」とよがりまくり、愛液は足まで垂れ、ときおり乳をビュッビュと噴出していた。

 

んな小柄で色白で真面目なS子が残虐の限りを尽くされているのを見て俺は萌えた。手にもっていたS子のびしょ濡れのパンティーで家に帰ってオナニーしたのは言うまでも無い。

 

んどかS子に中だしをして完全な奴隷にしたてたあとS子は開放され。ノーパンのまま男に車で連れて行かれた。

 

は俺に数日後の~時に喫茶に来いといった。普通ならヤクザの誘いになるわけが無いが、味をしめたおれは言われたとおりに行った。

 

こにはS子とヤクザが座っていて不思議な事にS子はヤクザにまるで恋人のように寄り添って談笑をしていた。俺の存在に気がつきすぐに男の車に誘われて中にはいると男はおもむろに甘えるS子の服を強引に脱がして、乳首を見せた。

 

こには大きなリングが両方の乳首に通されていた。いわゆる乳ピアスというやつだった。

 

れとそのとき気がついたがS子の首には首輪のようなものが付けられていた。そのあとS子のヤクザの激しいセックスがカーテンを閉め切った広い社内で始まり、おもいっきり中だしをしたのを見せ付けられた。

 

S子はまるで男の妻のようにキスを積極的にしたり「あんああんあんイク~~~」などとよがり狂い、終わったあとも甘えたりキスをしていた。どうやらS子は友人との婚約破棄をヤクザに命じられ、そのヤクザの男の女になるらしかった。

 

詮女なんてこんな薄情な生き物か・・などと俺は思った。男は安全ピンを俺に差し出し、S子のクリトリスを貫通させるように言った。

 

クザのすることは怖いとこのときはじめておもった。現実に女にはりでピアスホールをあけるなどありえないことで、ノンフィクションの世界だったからだ。

 

S子はそれを聞いたとたんまた怯えた羊のような目になり、逃げ出そうと動いたが車内なので逃げられるわけが無く、簡単に2人のヤクザの抑えられ大またを開かされた。俺はS子のクリトリスを捜して、いい位置をたしかめると安全ピンで貫いた。

 

S子「うああああああ!ああああああ!ぴぎゃあああ!!!!!!!!」との声にもなら無い声をだしてしばらく暴れまわっていたが、体を押さえつけられて固定されていたので、少し失禁するだけで痙攣してしばらくしておちついた。一時間おさえつけられた状態が続き、そのあと安全ピンを抜いてやった。

 

度は声一つ出さないおとなしい家畜だったが、ちょろちょろとオシッコを漏らして失禁した後に失神したのか眠ってしまった。寝てる間に俺は渡されたリング型ピアスをS子のクリトリスに装着させた。

 

のあとヤクザの男のマンションでなんどもS子と両乳首とクリにピアスをつけさせたままセックスをした。ヤクザと3Pではなく、ヤクザが犯していいといったのでマンツーマンでセックスした。

 

の後、S子は二人の共有の女にしようというような事をはなしたが俺は仮にも昔知り合いの妻だったのでといい断った。それっきりS子にもヤクザにもあってないが、子供は中絶させられたのだろうか。

 

まはヤクザの子供を産まされたのだろうか・・・真相は定かではない。友人にはこのことは言えるはずもなく秘密にしている。

ちょっと普通とは違っている夫の性癖とそれに付き合う私の話[第1話]

読了までの目安時間:約 9分

年の夏、私はとても恥ずかしく興奮する出来事がありました。私の夫は、ちょっと変わった性癖があるんです。

 

れは、私にエッチな格好をさせて出かけて喜んだり、外でエッチを求めて来ます。私が拒むと子供の様にイジけてしまい、暫く口も聞いてくれなくなるんです。

 

の他は、とても優しく文句の付け様の無い人なので、私は夫の要求を呑んでしまいます。8月初旬でしょうか、夫が新しくパソコンを購入(前のパソコンは5年位使用)して来たんです。

 

は、全くの無知で、まぁネットで情報を見る程度でした。夫「仕事が忙しいから、パソコンの変更を業者に頼んだんだ!明日来るから、対応してね」私「え~何すればいいの?」夫「特に何もしなくていいよ!近くで見てれば良いんだ」私「そうなの?じゃ大丈夫だね」そんな事で、私は特に気にする事も無く安心していました。

 

日、夫が起きて来ると直ぐに私の後ろに立ちお尻を撫でて来ました。夫「今日、ノーパンで居てよ!」私「え~ヤダ!貴方居ないのに何で・・・」夫「業者来るでしょ!想像すると興奮する・・・」私「もし変な事になったらどうするのよ」夫「その時は、その時・・・頼むよ」私「も~本気なの?」夫「もちろん!白いワンピースがいいなぁ」私「あれ?あれは駄目よ!透けるし短すぎるもん・・・」夫「ベージュのストッキング履けばいいさ」私「ノーパンにストッキング?」もう、こうなると夫は決して引く事はありません。

 

は渋々着替えて来て、確認させました。夫「いいねぇ。エッチな感じだよ」私「もう、どうなっても知らない」夫は、機嫌よく家を出て行きました。

 

ない隙に着替えればいいのですが、実は私もこんな姿が嫌いな訳では無かったんです。夫の影響も十分にありますが、元々M気がある私も、見られるかも知れないと思うと異常な興奮を覚え、感じてしまうんです。

 

濯と掃除を済ませた10時過ぎた頃でしょうか?“ピ~ンポ~ン♪♪“私「は~い」業者「パソコンの設定を依頼された者ですけど・・・」私「どうぞ!」作業服を着た50代半ばの男性が、頭の帽子を取り頭をペコペコ下げながら入って来ました。業者「あ・パソコンは・・・」明らかに私の身体を舐める様に見ています。

 

「こっちです」私は、リビングのテーブルに置いているパソコンの所に案内しました。こんな中年男性でも、私は何だか興奮しアソコから汁が出始めるのを感じていました。

 

者「早速、見てみましょう」そう言って、業者は新しいパソコンを立ち上げていました。私は麦茶でもと思い、キッチンへ向かい、冷たい麦茶と菓子を用意して元の所に戻りました。

 

「麦茶でもどうぞ!」業者「すいません」業者さんの座っているソファーには工具や説明書などが置かれていたので、私は反対側のソファーに座る事にしました。業者さんが古いパソコンを新しいパソコンの隣に並べ、古いパソコンを立ち上げると、急に私とパソコンの画面を見比べるんです。

 

「どうかしました?」業者「いや~・・・ちょっと」そう言ってパソコンを指差したんです。私も覗きこむ様に、反対側からパソコンを見て、驚きました。

 

ソコンの画面いっぱいに、私の全裸M字開脚姿が壁紙となっていたんです。(夫の仕業だと直ぐに気づきました)業者「奥さんですよね」私「は、はぁ~」もう顔から火が出る様な感じでした。

 

者「奥さんスタイル良いんですね。とても綺麗ですよ」私「すいません。直ぐに消して貰えます」業者「そうですね。設定変えますね」業者の目線を見ると、私の胸元をジッと見ているんです。

 

ンピースの胸元が大きく開いているので、中が丸見えだったんです)ハッと気づき、直ぐに体を起こしソファーに勢いよく座りました。すると、今度は私の太股の辺りを見ているんです。

 

てて座ったせいで、際どい所まで裾が捲れ上がっています。たぶん見えていたかも知れません。

 

者「そうそう、画面ね・・・」しばらく無言の気まずい雰囲気が漂うと同時に、私の胸はドキドキと高ぶっていました。(見られた?大丈夫?)そんな事を考えていると、ドンドン汁が出て来て、太股を伝って来ます。

 

者「奥さん!これはどうします」“はぁっ“と我に返り、業者を見ると画面を指差していました。私は今度は、業者さんの後ろ側に向かいパソコンを見ると、私のエッチな姿の写真がズラリと並んでいるんです。

 

者「この写真はどうします?新しいパソコンに移します?」私「夫のだわ!お願いします」業者「エッチなんですね・・・奥さん、ちょっと興奮しますよ」私「夫が変な趣味で・・・」業者「変な趣味って何されるんです?ノーパンとか?」業者には私のノーパン姿が見えていたんです。そう思うと、私のアソコは熱くなり、もう汁が止まりません。

 

キドキする心臓の音が業者さんに聞こえるんじゃないか?と思うくらいで、その場から立ち去る様にトイレに向かいました。ストッキングはもうベタベタで、気持ち悪かったので、脱ぎ捨てトイレのゴミ箱に捨てました。

 

度、拭き上げ、一息着こうとした時・・・。業者「奥さん・・ちょっと」呼ばれ、慌ててトイレを出て業者の所に向かうと、業者「ビデオもあるんですけど、どうします?」と聞かれた。

 

「これも移動してください!」業者「中身確認します?」私「いえ・・・開かないで下さい」業者「あ~、開いちゃったよ」慌てまくって、マウスに手を伸ばし止めようとすると男の顔に胸が辺り、更に焦ると足を滑らせ業者さんの足元に頭からまっしぐら・・・。私「痛~い」凄い格好だった。

 

者さんの横にソファー越しに頭を床に、お尻から足はソファーの上、ワンピースは完全に捲れ上がり胸元までお披露目。下半身は完全に業者さんの目の前に露わになってしまっていました。

 

りながら、その場から体勢を直そうとしても、ガラステーブルとソファーに挟まり身動きできない状態。何とか、業者さんを見ると、もうマンコから、お尻の穴までじっくり見ている。

 

「お願いします。助けて」業者「奥さん、お願い聞くから一発抜かせてくれ・・・」私「そんな事できないわ」業者「じゃ、私もお願いは聞けません。でも濡れ濡れじゃないですか?」私「分かったから・・・助けて」業者はニヤニヤしながら、私の身体を起こしてくれました。

 

者「仕事にならないから、初めに頼みます」私は、マンコは困ると言う事で、口で奉仕してあげました。彼のチンポは、フニャフニャだったが、夫より太かったかな?口いっぱいに出すと、業者さんはテキパキと仕事を始めた。

 

も、業者さんのお願いで、仕事をしている間ずっと彼の前のソファーに全裸でM字開脚で座らせられていたんです。業者「終わりました」私「じゃ、着てもいいですか?」業者「いいですよ。奥さん、最高の思い出になりましたよ」そう言って、彼は仕事道具を手に帰り支度を始めました。

 

関まで一緒に行き、帰ろうとする業者さんのズボンのポケットから、肌色のストッキングがはみ出ていました。しかも、出て行く際に「じゃ・・・お土産ありがとう」そう言って、手に持つUSBメモリーを私に見せて行きました。

 

ぶん私のエッチ画像・映像は全て、あのメモリーにコピーして行ったんだと思います。彼が出て行くと、我慢していたマンコを自分の玩具で思いっきりオナニーしました。

 

が帰宅すると、「どうだった?」と聞いて来たので、「別に・・・」と答えました。夫は、あれこれ聞いて来たんですが、真相は心の中にしまっています。

 

思議な顔をしながら、パソコンのデーターを確認する夫でした。きっとまた、夫は私に悪戯をするに決まっています。

 

も、どんな事が起きるのか?期待する私です。

親子運動会でパンツをずらされちゃった若奥さんの誘惑まんこが犯されちゃう@嫁も俺も大興奮ww

読了までの目安時間:約 13分

聞も無事に完成し、今日は運動会。直子さんは『親子しっぽ取りゲーム』に出場した。

 

れは、母親たちのお尻部分に付けられた鉢巻きのしっぽを子供たちが取り合うというゲームである。そこでハプニングが起こた。

 

る子供が直子さんのしっぽを取ろうとした弾みでフィットネスパンツ(トレパン)とショーツを足首まで脱がしてしまった。弾みで直子さんは転倒、フィットネスパンツは裂けてしまった。

 

子さんの下半身丸出し姿に、場内は大爆笑。被害者が『レイプ犯の奥さん』と噂されている人だから尚更である。

 

部席から俺は慌てて駆け寄り、走りながら自分のTシャツを脱ぐと直子さんの腰に巻いた。次いで、真帆が弁当箱や荷物が散るのも構わずにレジャーシートを地面から引き剥がすと、同様に駆け寄り、シートで直子さんの下半身を包んだ。

 

らに、園長先生(女性)や理事長、副会長、委員やママたちが続々と駆け寄ってくる。直子さんは恥ずかしさのあまり、真帆の胸で号泣。

 

は、集まった人で人垣を作ってもらった。その中で裂けてしまったフィットネスパンツを脱がせ、レジャーシートで体を包んで体勢を整える。

 

長先生の先導のもと、俺と真帆は泣きじゃくる直子さんを両脇から抱えて園長室へ。その姿に、なぜか観客席から拍手が起こった。

 

長室に入った私たち、園長先生から保健室にあるシーツの提供を受け、直子さんの体に巻いた。園長先生は会場に呼ばれてすぐに戻った。

 

子さんの服を調べると、ショーツは何とか穿けそうだが、フィットネスパンツは完全に裂けてしまって使用不能に。「私、うちから自分のジャージを取ってくるわ」と言うと、真帆は出て行った。

 

アを閉める時、物音がした。おそらく『関係者以外立ち入り禁止』の札(授乳や着替えで園長室を提供するときに使用)を掛けていったものと思われる。

 

ょっと膝が痛いの」直子はそう言うと、シーツを剥いだ。真っ白な肉感的な足が目に飛び込む。

 

け根のヘアも。面積は狭いが、密度は濃いようだ。

 

が少し擦り剥けているようなので、傍らにあった救急箱を使って消毒とテーピング。「会長さん、ありがとう。助けてくれたの、あなたと真帆さんだけだわ」「そんな、みんな集まったじゃないか」「んーん、みんなはあなたの真似をしただけ」「そんなことない・・・」続きは言わせてもらえなかった。

 

子は、俺の首っ玉にしがみつくと、唇を重ねてきた。さらに、舌まで入れてきた。

 

らに、直子はTシャツまで脱ぎ始める。「おいおい」「背中が破れていないかチェックしよう思って・・・」(破れていないっつーの。)部屋の外からは園児の歓声や音楽が聞こえてくる。

 

けど、目の前には、真っ白なスポーツブラだけを身に着けた直子。俺は、このアンバランスな状況に逸物が立ってくるのを感じた。

 

近真帆が風邪を引いたため、少しご無沙汰だったのだ。トレパン越しにそれを目にした直子、トレパンとパンツの上から手を入れると、捏ね始めた。

 

長さん、立ってる~」で、トレパンとパンツをずり下げ、逸物をぱくりと咥えた。真帆と異なり、吸い立てるのではなく、舌で舐め回すようなおしゃぶりに、俺は冷静さを失った。

 

稚園の中なのに。しゃぶられながら、直子のスボーツブラをたくし上げ、乳首をこねくりだすと、直子さんのおしゃぶりのペースに乱れが。

 

え、会長さん。欲しいよぉ、お願い」俺は、園長先生の机の後ろに回り込むように直子を促した。

 

子は、園長先生の机に手を突くと、尻を突き出した。局部に触れると、そこは大洪水。

 

は逸物をぶち込むと「ああんっ」と直子の大きな声。「声はまずいよ」「ごめん、気持ちよかったから。でも、我慢しなきゃね」俺は、ピストンを始めた。

 

子は声こそ出さないものの、顔を歪め、腰を振り、快感に耐えている。俺は、ピストンの角度を変えながら直子を責め立てる。

 

然「会長さん、逝くっ」と直子は逝ってしまった。その様子を見た俺も、一気に快感が高まり、直子の尻にぶちまけた。

 

の外を見ると、袋を持って園舍に駆け込む真帆の姿が。俺は真帆を迎えた。

 

め~ん、子供に捕まって自分の席を先に片付けてきたから遅くなっちゃった・・・はい、直子さん。私のトレパンの中でも一番大きいのもって来たから・・・あれ??ふーん。なるほど」直子さんが身繕いをしている間、真帆は俺に耳打ちした。

 

う、エッチ。後でたっぷり可愛がってね」「えっ、何が??」「誤魔化したってだめよ。直子さん、何か満ち足りた顔してるわよ。あなたも汗かいているし」閉会式で俺は挨拶したが、挨拶の後、万雷の如く拍手が湧き上がった。

 

帆のトレパンではちょっと小さいのか、直子さんの大きな尻の割れ目がトレパンに食い込んでいる。でも、多くの委員に囲まれている直子さんは、トレパンのことなど意にも介さず、嬉しそうに振るまっていた。

 

動会の後、『運動会特集号』を作るために直子さんが訪れるようになった。また二人で書斎に篭もる日々。

 

間がないので、今日は胸揉み、別の日はクンニ、そのまた別の日は軽い愛撫で即ハメと、ポイントを決めて直子さんを可愛がっている。俺たちが書斎に篭っている間、真帆は子供たちの世話を焼いてくれているのだが・・・。

 

る日、夫婦の営みの後、寝室で俺は真帆に聞いてみた。「俺と直子さんがいつも書斎に篭っているの、嫌じゃないの??」「直子さんのところは、今、家庭崩壊の危機にあるでしょう。その原因の1つが私にあると思うと、申し訳なくって。委員も代わってもらっているし。あなたの存在が直子さんの心の支えになるんだったら、私、我慢するわ。それに、あなたは私と違って、私の居るところで直子さんと会っているでしょ。隠し事されていないから許せるの。私のしたことも許してくれて、しかも前以上に愛してくれているし」(確かに、直子さんとは隠れて会っていない。)「真帆・・・」俺は真帆を抱きしめてキスの雨を降らせた。

 

帆は嬉しそうに悶え狂いながら言った。「今度、私の見ている前で直子さんをよがらせてみてよ」12月に入り、卒園文集の作成に入った。

 

聞と違い、情報量が膨大で手作業も多いので、真帆も手伝うことにした(これも作戦)。ある土曜日、直子母子を手伝い、ついでにお泊まりに誘った。

 

子さんの子供はうちの子供と嬉しそうにはしゃいでいたが、はしゃぎ疲れて早々に寝てしまった。その後、原稿の取りまとめも一段落ついたので、直子さんに秘蔵のワインを勧めた。

 

インをたらふく飲んだ直子さんは、顔を赤らめると、ソファに横になって寝入ってしまった。傍らで見ている真帆が頷き、照明を落としたので、俺はいつものように口づけをしながらセーターをたくし上げ、胸を揉み上げる。

 

帆は、直子さんのスカートのホックを外すと、スカートをずり下ろした。ストッキングの下には、白いコットンのショーツが。

 

つものいやらしい下着ではないのは、こんな展開を予想していなかったためだろう。俺は乳首を舐め、左手でバストを揉みながら、右手で股間をまさぐる。

 

トッキングの感触が手に心地よい。ストッキングとショーツの中に手を進めると、そこは大洪水。

 

子さんも「あっ、あっ」と吐息を漏らす。俺は、ストッキングとショーツを脱がせると、股間に回り込んで局部を舐める。

 

リをはじくと全身がピクっと動く。上半身では、真帆が直子さんの胸を揉み始めていた。

 

子さん、気持ちいい??」真帆が問いかけると、直子さんはやっと状況を理解した。「えっ、真帆さん、見てるの。いやゃゃゃぁ。恥ずかしい」俺は、クリへの攻撃を激しくした。

 

子さん、逝っちゃうところ見せて」「あああんっ恥ずかしい。女の人に見られるなんて・・・いや、見ないで・・・逝くうっ」直子さんは全身を震わせると、ぐったりしてしまった。

 

は洗面台に行き、水を飲んでいると、真帆がやってきた。首っ玉にしがみつき、ディープキスをした後、「挿れて」とスカートとショーツを脱ぎ、洗面台に手を突いた。

 

部を触ってみると、もうぬるぬるになっている。俺は、ズボンとパンツを脱ぎ、逸物を取り出すと前戯もなしで挿入した。

 

あんっ」真帆はいつもより大きな声を出した。「あっ、あっ、もっと突いて・・・いくっ」真帆はあっという間に逝き、ぐったりしてしまった。

 

ももう少しで逝くところだったのに・・・。「さてと、これ(逸物)どうしようかな?向こう(居間)行って挿してこようかな」と意地悪を言うと、「待って。飲んであげるから私の中で逝って」と俺の逸物を咥え、猛烈に吸い上げた。

 

っ・・」俺は真帆の口の中に射精した。真帆は顔をしかめながら飲み下していた。

 

帆は飲むのが苦手)気がつくと、居間から喘ぎ声が。そっと覗いてみると、直子さんがオナっていた・・・。

 

月、PTA役員の送別会。この幼稚園では、PTA役員は居酒屋で打ち上げをする。

 

員の子供は、祖父母や他の子供の家に預ける習慣になっていて、ママ連中も殆どの役員が参加する。(一般の母親と教師が参加する謝恩会は別の日の昼間に幼稚園で行われる。)打ち上げの日、居酒屋に着くと、ちょうど宴会が始まったところ。

 

張先から直行した俺は、車で来た旨を告げ、ウーロン茶を用意してもらう。いつもは活動的な服を着ている役員ママたちも、今日はちょっぴりよそ行きの格好。

 

人一人声を掛けながら、1年間の労をねぎらう。中には、ぴっちりした服や、胸元の開いた服を着ている人もいて、上気した顔が艶っぽい。

 

が回ってきた副会長は、ここぞと思うママの横にべったり座り、エッチな話を始めていた。俺は素面なのでついて行けない。

 

の内容が『夫婦の夜の生活』なので、直子さんもつまらなさそうにしていた。自然と寄り添う二人。

 

は直子さんの家庭のことになった。やはり、崩壊するようだ。

 

り合いから弁護士を紹介してもらい、旦那からは家と慰謝料を貰うようだ。「大変だね??」「うん。ねえ、どっかに仕事ない??」真帆の親が会社社長なので、『あて』はある・・・。

 

て、宴が終わると、役員ママたちの旦那や家族の車が一斉に迎えに来ていて、駐車場はもとより、店の前の道まで車でぎっしりだった。ちょっと笑える光景。

 

の役員に女の委員が喰われてしまった事件があったばかりである。家族の心配も無理はない。

 

には晩酌の途中で抜けてきたのか、わざわざタクシーで迎えに来ていた旦那もいる始末。両側にママたちをはべらせて豪快にエッチトークをしていた副会長も、迎えに来た自分の父親の車にすごすごと乗り込んだ。

 

も帰ろうとすると、釣り銭が違っていたと、店の人に呼び戻された。再計算に手間取り、駐車場に戻ると、直子さんがぽつんと一人で立っていた。

 

子さん、あれ??」「あのぅ」同時に声を発した。結局誰も乗せていってくれなかったらしい。

 

っていこうとしたところ・・・。「会長さん、今日は奥さん居ないんでしょ」「何でそれを知っているの」「真帆さんが教えてくれたの」確かに、実家の両親と真帆と子供は、1泊の温泉旅行に行っている。

 

して、昨晩、真帆から求められたときに「私のこと愛してるよね。私もあなたが好き」と何回も言われていた。

 

為が終わった後、涙も見せていた。腕枕をして寝たから、午前中、腕がしびれて大変だったっけ・・・。

 

帆さんが教えてくれたの・・・。『明日の晩、家には誰も居ないから・・直子さんには本当に申し訳のないことをした。一年間、おつかれさま、ありがとう』とも言われて・・・」これで、不自然な温泉旅行の謎が解けた。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】