告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

M女の妻は逆ナンパした童貞高校生のチンポを咥えて夫の前で筆下ろし体験

読了までの目安時間:約 12分

「絶対服従!」これは月に数回ほど妻が単独男性に言う言葉だ。

 
私達夫婦は三年くらい前から見知らぬ男性をホテルに招き、夫の私が見ている前で妻を犯してもらうという行為を繰り返している。

 
数えてみれば妻が跨がった男性は八十人近い。

 
かなりM気質の妻は私の言う事には絶対服従である、しかしその中でも一度だけ、「それはちょっと」と躊躇したことがある。

 
だが、困惑する妻の言葉は一切無視して私の命令は実際に行われた。

 
その内容とは、「学生の男の子を逆ナンしてホテルに連れ込み犯してもらえ」というものだった。

 
計画実行当日、「お前自信が犯されたいと思うような男の子を連れて来なさい」と言い、予めとっておいたホテルの一室から妻を夜の街へ送り出した。

 
それから1時間ほど経ってから携帯に妻からのメールがきた。

 
「一緒にホテルに行ってくれるコを見付けました。だけど命令どおりの中○生じゃなく高○生みたい。ダメかな?」という内容だった。

 
まぁ今回はしょうがないと思いOKのメールを送った。

 
ほどなくすると、妻が男の子を連れてホテルの部屋に帰ってきた。

 
その男の子は妻が中学生と間違えて声をか けてしまったのも頷けるような幼い感じだった。

 
名前はまさや君といい一年生だった。

 
かなり緊張している様なので、リラックスさせるために三人で会話した。

 
まさや君はまだ女の子と付き合ったことがなく、もちろんセックスはしたことがないと言っていた。

 
そこで私は、「それじゃあ、まさや君はこのおばさんとHしてみたくてついてきたんだ?」と聞くと彼は、「えっ!…はい」と頷いた。

 
「このおばさんもまさや君とHしたくて誘ったんだよ。このババアは凄くHが好きで僕一人では満足できないんだ、協力してくれる?」と頼むと、「はい」とまた頷いた。

 
そして私は彼に妻を裸にさせるように促した。

 
すると彼は緊張して覚束ない手つきだったが妻を下着姿にし た。

 
39才の妻だがスポーツをやっているため適度な筋肉がついていて惚れ惚れするほどの引き締まった肉体をしている。

 
まさや君は恥ずかしそうに視線をそらしていたが妻の淡いピンク色のショーツのレース部分からうっすらと透けているヘアをチラチラと見ていた。

 
「このおばさん、まさや君の好きにしていいんだよ。命令してあげて」と私が言うと彼は妻にマ〇コを見せるように命令した。

 
妻は、「はいわかりました、観て下さい」とショーツを脱ぎベットに座り股を拡げた。

 
あらわになった妻の秘部をまさや君は食い入るように観た。

 
そして何を思ったか急に妻の股間に顔を近づけて淫汁で妖しく光る割れ目を舐めだした。

 
「えっ!あっちょっ待ってぇ」そんな妻の言葉を無視し てまさや君は一心不乱にむしゃぶりついている。

 
一生懸命に自分のマ〇コを舐めてくれている可愛い男の子を見て妻も感じだしたのか、「やだ気持ち良いぃ、まさやくぅ~ん」と喘ぐ。

 
そして私はまさや君に、「穴の上のほうにコリコリしたやつがあるだろ、ソコを舌の先っぽを尖らせて上下に素早く動かしてごらん。この淫乱の雌豚おばさん喜ぶよ」と教えてみる。

 
次の瞬間、妻が、「あっ!」と高い声をあげた。

 
どうやら、まさや君の舌が的確にクリトリスをとらえたようだ。

 
悶える声を聞いて彼も興奮しているようだった。

 
その証拠にハァハァと少し過呼吸気味に息をしている。

 
が、それ以上に股間の膨らみがそのことを物語っていた。

 
それに気付いた私は、「自分 ばっかり気持ち良い思いしてないですることあるだろ」と妻を嗜めた。

 
「ご、ごめんなさい」と言うと、まさや君の肉棒に手をのばし摩りながら、「凄い硬い、見てもいい…ですか?」と聞いた。

 
39才の熟女が若い男の子に肉棒を見せてほしいとせがんでいる。

 
その淫靡な光景に私は興奮した。

 
まさや君の許しを得て妻は彼のズボンをズリ下げ、ゆっくりとパンツを下ろした。

 
そこには童顔のまさや君の「モノ」とは思えないグロテスクな大人の肉棒がそそり立っていた。

 
「凄い、こんなになって」という妻の言葉にまさや君は少し恥ずかしそうに、「しゃぶって」と命令した。

 
その命令に妻はまさや君の肉棒を優しく握り、しっとりとした少し厚めの唇で亀頭を包んだ。

 
「あぁ、気持ち良いぃ」まさや君は初めてのフェラに喘いだ。

 
「そういえば、このおばさんの名前を教えてなかったね。結衣っていうんだよ、呼んであげて。さん付けはしなくていいからね、呼び捨てでいいから」と私。

 
「うぅ、結衣…」まさや君に呼び捨てにされた妻はより一層興奮して激しくしゃぶりだす。

 
「まさや君のちんぽの味はどうだ?」妻は目を潤ませて、こう答えた。

 
「おいしい、Hな味します」そして、「もう、我慢できませんこのおちんちん入れて下さい」と哀願した。

 
「いいよ」まさや君がそう言うと妻は四つん這いの体制になり彼の肉棒の前に尻を向けた。

 
そして、いまいちどうしていいのか把握していない彼に妻は、「ココに入れてぇ」と自分 の指で割れ目を開いた。

 
愛液で濡れたピンクの割れ目の入口にまさや君はピタッと亀頭を密着させ、「い、入れますよ」と言うとゆっくり妻と一つになった。

 
「ハァ~ン、ダメ気持ち良すぎる!まだ、動かさないでぇ」と妻。

 
高○生に挿入されて余程興奮しているのか入れられただけでイキそうになっている。

 
そんな妻を観て私の股間もパンパンに膨れていたのを今でも覚えている。

 
そして、まさや君の腰がゆっくりと動き出し童貞を捨て男になった彼の肉棒が青筋を浮かび上がらせながらイヤラシイ音をたてて妻の体内を出入りした。

 
もちろんゴム無しの生チンで。

 
「ハァハァ」という二人の吐息と、「ピチュチュプ」という粘液の交じりあう音だけが静かな部屋に響いた。

 
私も我慢出来ずに四つん這いの妻の唇の前に嫉妬に狂い痛いくらいに勃起した肉棒を突き出した。

 
後ろから少年に犯され快感で上手くフェラが出来ない彼女が私の目には凄くエロく映った。

 
「うぅっ出そう」とまさや君がイキそうになったので一旦体位を変えることに。

 
妻の体内から抜いた彼の肉棒は愛液で憎らしいほど濡れていた。

 
私はフェラを止めさせてまた見物する。

 
二人は正上位で繋がった後、妻の要望で騎乗位になる。

 
妻は自分の膣内の気持ち良い所に亀頭を擦りつけているようで今までの体位の中で一番感じていた。

 
「あっ、硬いのぉまさや君の硬いのぉ」妻は私に訴えかけるように喘いだ。

 
初めの方にも書いたが妻はスポーツをやっている(テニス、水泳、ジムでの筋ト レなど)ため、感じるたびに腹筋がはっきりと割れる。

 
下になっているまさや君も、「凄い腹筋…」
と驚いていているようだった。

 
そして、腹筋により一層力が入ったと思ったら妻の腰の動きが激しくなり、「ィクかも」と泣きそうな声を出した。

 
妻はクリ派なので中イキしたのは一度だけ。

 
以前抱かれた30代の男性のみである。

 
そういえばまさや君の「モノ」はその男性の「モノ」よりやや小ぶりだが「太くて上反り」という点で共通していた。

 
残念ながら私の「モノ」では妻を中イキさせられないと痛感した。

 
「もぉ少しでイキそ…ぅ」妻の激しい腰使いにまさや君は慌てたように声をあげた。

 
「あっ!ちょっ出ちゃうっ…」あきらかに果てた…妻の中に。

 
避妊もせず に精液を注入をしてしまった。

 
中出しは他の男性にはされた事がなく初めての事でちょっと焦った。

 
中出しされたことは妻も気付いていたようだったが、もう完全に理性が飛んでアクメ状態なため構わず腰を振り続け、「あぁ!イクッ!」と甲高い声をあげると同時に動きや表情がぎこちなくなり、まさや君の体に抱きつき動物みたいな声を発しながら痙攣した。

 
どうやら妻もイッたようだった。

 
呼吸も落ち着き正気に戻ったまさや君は私に、「ごめんなさい、あの中に出ちゃいました」と申し訳なさそうに言った。

 
しかし、妻に上に乗られて激しく動かれては初体験のまさや君が成す術も無く射精してしまうのは無理もない。

 
「いいんだよ、まさや君は悪くないよ」と私は彼に言っ た。

 
彼はホッとしたような面持ちで少し笑った。

 
私はぐったりと寝そべっている妻にまさや君のグチョグチョに汚れた陰部を口で綺麗にするように命令した。

 
彼女は虚ろな表情で淫茎からカリの隅々まで舌を這わせ丹念に清掃した。

 
まさや君の肉棒は終始勃起しっぱなしである。

 
「まだ、するかい?」私が問うと彼は時計を見て、「もう、帰ります」と言っていそいそと服を来て部屋を後にした。

 
我にかえった妻は中出しの罪悪感にかられているようだった。

 
「どうしよう…赤ちゃんできちゃったら」そう言って目に涙を浮かばせていた。

 
私は、「もうしてしまった事はしかたない、妊娠しないように祈るだけだな」と言ってしばらくは他の男とのセックスは止めようと決め た。

 
そしてその後、激しく妻を抱いた。

 
しかし、私達の祈りも虚しく妻はまさや君の子供を身篭った。

 
かなり迷ったが妻と何度も話し合い、今まで挑戦したが妊娠出来なかった事も踏まえた上で子供がどうしても欲しかった私達はこれが最後のチャンスかもしれないと産む事を決断した。

 
産まれる前の心境は複雑だったが現在は私の顔を見て微笑む娘が可愛くてしょうがない。

 
この子の父親まさや君とはあれっきりで連絡先さえもしらない。

 
現在も学生のはずの彼はまさか自分の子供がこの世に生をうけているとは思ってないだろう。

 
子供がいなかった私たち夫婦に子供を授けてくれたまさや君に感謝しております。

酔った妻に夫と友人達のチンポの味をフェラで比べさせた秘密のゲーム体験

読了までの目安時間:約 7分

いつも一緒に飲んでいる友人2人と年越しを迎える事になりました。

 
友人(ケイ・タカ:34歳)は2人とも独身で、今は彼女も居ないので暇だった様です。

 
私は10年程前に妻(美奈32歳)と結婚し、子供(9歳)もいます。

 
年末、子供は一足早く俺の実家に泊まりに行きました。

 
実家には兄貴の子供も居て、同じ年頃なので心配はありませんでした。

 
年越しの日の夕方、友人のケイとタカが遊びに来ました。

 
妻も2人とは何度もあっており、気の知れた仲と言った感じです。

 
友人が来た所で、妻が用意した料理をテーブルに並べ夕食を食べ始めると同時に酒も飲み始めました。

 
初めはビールで乾杯しながら、やがて焼酎や日本酒です。

 
妻も酒が好きなんですが、日本酒を飲むと人が変わると言うか?よく聞くキス魔に変貌するんです。

 
正直、ここに居る友人2人とも既にキスを交わした事があるんです。

 
初めて見たとこは驚きと嫉妬でいっぱいでしたが、酔っていた事や妻もすっかり記憶を失っていたので仕方ありません。

 
それに正直、他人とキスをする妻に興奮していました。

 
夕食が始まって2時間も過ぎると俺を含めみんなかなり酔い始め、ガキつかを見ながらやがてエッチな話に盛り上がり始めたんです。

 
妻もすっかり酔った様で、友人の下ネタに食いついて聞いていて、目は今にもキスを始める様にギラついていました。

 
そんな時でした。

 
タカ「なぁ!正月だし、ちょっと面白いゲームしようよ」俺「ゲームってなんだよ」タカ「エッチな話に盛り上がった所で、美奈ちゃんが旦那のチンチンを当てるってどう?」俺「チンチン当てる?」タカ「部屋暗くして、美奈ちゃんが旦那のチンチンを当てるんだよ」俺「じゃ、俺達下半身剥き出し?」タカ「そうだな!いいだろ?」俺「ん~どうする?」妻「面白そう!でも当てたら何かくれるの?」タカ「ん~何欲しい?」妻「洗濯機!・・・ちょっと最近調子悪いし・・・」タカ「分かった!当てたら初売りで買ってあげる」ケイ「俺も払うんだろ!だったら本人だって分かったら口で舐める位してよ」俺「マジかよ!」妻「いいわよ!舐める位」俺は反論もしませんでした。

 
何故なら妻の他人棒を咥える姿にちょっと興奮していたからです。

 
早速タカが電気を消しリビングは暗闇になる同時に男性陣がズボンを脱ぎソファーに並んで座ったんです。

 
ソファーの前には妻が座っている様で、息使いが聞えます。

 
”いいよ”と言う声に妻が動き出します。

 
3人の左端に俺が座っていたんですが、妻が触れて来ません。

 
今、誰かが妻にチンチンを触られ大きくさせているんでしょう!そんな事を考えていると、嫉妬と興奮に股間は大きくなり上向きに反り立っています。

 
微かに聞こえる肌の磨れる音と”フゥ~と言う荒れる息使い。

 
妻も”もう分からないわ!あなたなの?”って声を出しています。

 
2人目に差し掛かった事すら分からない俺は、ただ妻の手の感触を待ちました。

 
もう何分経過したでしょうか?遂に妻の手が俺の怒り狂ったチンチンを握ったんです。

 
両手でしょうか?優しくスリスリしながら形を確認している様で、手はやがて玉袋の方へ向かっていったんです。

 
今ままで感じた事の無いゾワゾワ感にもう逝きそうです。

 
指先でカリ首を刺激され、股間を包む様に揉み干されながら、友人達も妻にこんな事をされていたんだと思うと異常に興奮したんです。

 
やがて妻が”もうダメ!全然分かんないわ”と言うと同時に、生暖かい感触がチンチンを襲ったんです。

 
”ん~これは・・・”感じた事のある感触!妻はチンチンを咥えていたんです。

 
”チュパチュパ”と言い厭らしい音が部屋中に響きやがて妻は俺の物を口から出したんです。

 
直ぐに隣から同じ音と”オォ~・・・ウゥゥ”と言う呻き声が微かに聞こえます。

 
今、隣で妻は友人のチンチンを咥えているんです。

 
そしてその声は更に奥の友人からも聞こえました。

 
3人のチンチンを咥えた妻が、もう一度私に戻ってくると”もういいやこの人”と言いながらもう一度咥えてくれたんです。

 
俺ももう限界でした。

 
”キャッ・・・もう出しちゃったの?”妻の声に友人達が”出したのかよ!俺も出したいよ”と言いだしたんです。

 
すっかり妻の口の中に出し切った俺は直ぐに妻の口からチンポを出すと、電気を付けに向かったんです。

 
”ピカピカ!”と言う光で目の前が真っ白になり徐々にハッキリ見え始めます。

 
友人達が下半身剥き出しで座るソファーの前で妻がしゃがんで友人のチンチンを握って今にも口に入れる瞬間です。

 
俺「もう終わり!当ったんだから、洗濯機買ってくれよ」タカ「何だよ!もう少しで口に出せたのに!」ケイ「そうだよ!もう我慢出来ないよ」俺「ダメダメ!もう終わりだよ」一瞬場が冷めた感じだったが、直ぐに友人達も下半身丸出しで酒を飲み出し、やがて笑が飛び交っていました。

 
チラッと横目で友人のチンチンを見ると、俺の物よりちょっと大きいような気がします。

 
妻は、このチンチンを口に咥えていたんだと思うと、またムラムラとしてきました。

 
翌日、友人2人は約束どうり最新型の洗濯機を妻に買ってあげていました。

 
もちろん妻も昨日のゲームはよく覚えていない様で、いつもの清楚な妻に戻っています。

私を筆下ろししてくれた妻の、過去のセックスの話が聞きたい…!相手の男も私の知ってる男で、想像するだけで私のチンポは張り裂けそうにデカくなってしまいます(その2)

読了までの目安時間:約 16分

の後,再び大きくなった私は,ついに彼女の中に入りました。
 
彼女が「直接はイヤ,中には出さないで」と言ったことは今でもハッキリと覚えています。
 
入れてすぐに出そうになったのですが,彼女がすかさず腰を引いて結局,外に放出しました。
 
これが私の初体験です。
 
以上が私の体験なのですが,妻の告白によると,このとき実はサークルの先輩と男女の関係があったそうなのです。

 

私を筆下ろししてくれた妻の、過去のセックスの話が聞きたい…!相手の男も私の知ってる男で、想像するだけで私のチンポは張り裂けそうにデカくなってしまいます(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
彼女が大学に入ってすぐの頃,一年上の先輩から告白されたそうです。
 
予備校時代に付き合っていた同級生とは,彼女が上京して自然消滅したそうですが,この彼とも実はまだ続きがあるそうです。
 
その前に先輩の話をしたいと思います。
 
私は,高校のときの彼に口での奉仕を仕込まれたと思っていたのですが,どうやら本格的な奉仕は大学のときの先輩に仕込まれたようです。
 
高校のとき男は,とにかく入れる,それだけだったようです。

 

大学の先輩には,どこをどのように舐めると気持ちいいか,ただくわえるだけではなく,亀頭をチロチロ舐めたり,さおを横にくわえたり,奥までくわえた後に舌を使ったり,袋を舐めたりすると気持ちがいい,そうしたことを教えられたそうです。
 
アリのと渡りが気持ちいいと教えられて,そのままアナルまで舐めさせられたそうです。
 
色々と教えられると,徐々にナニが愛おしくなったそうで,寝るときにナニを握る癖は,実はこの先輩と一緒に寝るときについたのだそうです。
 
こうして,ただ「入れさせる」だけだった彼女のsexは,この先輩によって開発されたようです。
 
ちょうど,私が彼女に惹かれ始め,デートに誘い,プラトニックな恋愛を楽しんでいる正にその時期に,彼女は開発されたsexライフをその先輩と楽しんでいたわけです。

 

私を筆下ろししてくれた妻の、過去のセックスの話が聞きたい…!相手の男も私の知ってる男で、想像するだけで私のチンポは張り裂けそうにデカくなってしまいます(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
当時の彼女の心理状態を聞いてみました。
 
つまり,自分は二股をかけていたと思っているのかどうか。
 
状況的には明らかに二股なのですが,いったいどういう気持ちで二人の男性と接していたのか・・・前にも書きましたが,彼女は誘われると断れないのだそうです。
 
こんな私を誘ってくれたのだから,嫌われないように一生懸命振る舞わないと,という気持ちだったそうで,先輩ともそういう気持ちで接していたそうです。
 
一方私に対しては,自分の高校~大学の体験からすると,あまりにも純情で,一向に男と女の関係にならない,いったいこの男性はどうしたいのだろう,そう思っていたそうです。

 

ならきっとHすれば喜んでくれるはず,そう思って私を部屋に誘ったのだそうです。
 
それまで部屋に入れなかったのは,実は部屋には先輩の私物が沢山あって,いろいろ考えていくうちに,そうした私物を整理してもらって,ようやく私を部屋に招いたのだそうです。
 
その先輩とはどんなことを?という問いもしてみました。
 
口での奉仕について色々教えてもらったことは前にも書きましたが,口内射精はその先輩が初めてだったことや,飲んだものその先輩のが初めてだったことを告白してくれました。
 
男性も乳首が感じることを教わったこと,全身を舐めるように指導されたこと,自分の性感帯を開拓されたこと,様々な体位を教わったことなども告白してくれました。

 

正常位と座位しか知らなかった当時の彼女は,その先輩に騎上位,後背位,立位(前後)を教わり,すっかりバックが好きになったそうです。
 
その他,先輩の上に跨ってクルクル回ったり(それぞれ体位に名前があると思うのですが良くわかりません)様々なバリエーションを試したそうです。
 
先輩は車を持っていたそうで,地方にドライブに行ったときは,昼間からカーセックス,野外プレイなどもしたそうです。
 
野外では放尿シーンや,全裸で放置されているところを写真に撮られたりしていたそうです。
 
その他,先輩の尿を飲まされたことや,先輩が自分の尿を美味しそうに飲んだことなども告白しました。

 

そのそれぞれは,最初はイヤだったらしいのですが,回数を重ねていくうちに段々快感を覚えてしまったそうです。
 
その頃,私と言えば,何も知らずに,彼女と遊園地や映画館などでプラトニックな恋愛をしていたと思うと,複雑な気分ですね・・・。
 
元々sexに関しては自分から積極的に,というタイプではなかった妻は,誘われるとイヤイヤながら応じてしまっていた,そう告白してくれました。
 
私とは,私があまり過激なことを要求しなかったからか,良い関係で付き合うことができた,と言ってくれました。
 
私の所属していたサークルでは,3月にサークル全体で,3泊4日の卒業旅行(追い出し旅行?)を行うのが慣例になっていました。

 

妻が大学4年の卒業旅行のことでした。
 
卒業する先輩には個室に泊まってもらうのが慣例になっていましたので,妻も個室を与えられたのですが,初日の夜のコンパのあと,私の同級生が妻の部屋を訪ねたそうです。
 
今になって思えば屈辱的なことに,そのとき私は酔っぱらって大部屋で寝ていたのです。
 
同級生Gは,妻に恋愛相談に来たのだそうです。
 
ちなみに同級生は私と妻が付き合っていることは知っていました。

 

初はGは好きな先輩(妻の友人)のことをしきりに話していたそうですが,二人とも酔っていたということもあって,ついにGは妻にキスをしたそうです。
 
その後Gは妻の胸をまさぐり,下半身まで手を伸ばしていったそうです。
 
その頃の妻は精神的にも肉体的にも私だけだったそうなので,「いけない,このままじゃされちゃう」と思ったらしく,パンツを下ろし始めたGの下半身に手を伸ばし,ナニをしごいたそうなのです。
 
このあたりが百戦錬磨の女性のなせる技なのでしょうか・・・しかし,Gはそれに気をよくして,ナニを妻の口に近づけたそうです。
 
嫌がった妻は,しかしGに無理矢理押し込まれたそうです。

 

口でイカせれば犯されることはない,そう思った妻は嫌々ながら口で奉仕したそうです。
 
結局,口に出されたそうです。
 
次の日の夜もGは彼女の部屋を訪ね,今度は最後までしてしまったそうです。
 
まったく屈辱的なのですが,そのときも私はコンパをしている部屋で後輩と気楽に飲みかわしていたのです。
 
私「なんで部屋に入れちゃったの?」
妻「今度はホントに相談なのかと思って」
私「またキスされちゃったの?」
妻「なんか寂しくなっちゃって・・・」
私「どんなキスだったの?」
妻「ちょっと激しかった・・・」
私「また胸揉まれちゃったの?乳首舐められちゃったの?」
妻「うん・・・」
私「なんで拒否しなかったの?」
妻「酔ってたし,気持ちよくなっちゃったの」
私「アソコも舐められた?」
妻「うん・・・」
私「気持ちよかったの?」
妻「うん・・・」
私「ヤツのナニはどんなだった?」
妻「大きかった」
私「また口で奉仕しちゃった?」
妻「だって・・・」
私「挿れられるとき,どんな気持ちだった?」
妻「すぐそばに貴方がいるのに悪いと思った・・・」
私「気持ちよかったの?」
妻「・・・うん・・・」
私「ゴムは?まさか生?」
妻「・・・・・なま」
私「中に出されちゃったの?妻「ううん,最後は口だった・・・」先輩との様々はプレイは,私の及ぶところではありません。
何も知らなかったし,どうすることも出来なかった。ある意味,仕方のないことだと割り切ることができます。しかし,このときは,私はすぐそばにいたのです。数十メートル離れた別の部屋で,自分の彼女が犯されていたのです。当時の記憶を呼び起こすと,いてもたってもいられません。Gとは未だに付き合いがあります。このことを知った今,Gと今まで通り付き合えるかどうか,心配です。結局,妻は私の同級生Gとしてしまいました。というか,Gの夜這い(?)が成功したと言った方が良いですね。その後はGと何もなかったのか,と聞いたのですが,どうも何かあったようなのです。大学を無事に卒業した妻は,情報系の会社に就職しました。就職後しばらくして,Gが会社について聞きたい,ついでに卒業前のことについてあやまりたい,と言ってきたそうなので,会社が終わってから外で会ったそうです。軽く食事をした後,飲み屋に言って真面目に話を始めたそうなのですが,結局,二人とも酔っぱらってホテルに行ったそうです。Gはホテルに行く前にオモチャ屋によってバイブを購入したそうです。そこで,妻にバイブの体験は?と聞くと,その時が初めてだった,と答えました。Gとホテルに行ったときの妻は私に「悪い,悪い」と思いながら,逆にそれで燃えた,などとほざいています。
結局,当時の私よりGの方がsexが上手かったのでしょうね。その後,何度かGと会って,いつも結局酔っぱらってホテルに行っていたそうです。Gが卒業するときになって(つまり私も卒業ですね)ようやくその関係が終わった,と言っています。私が卒業すると,私と妻の関係は完全に結婚モードでした。ところが,たまたま,家の近所で予備校時代の同級生とバッタリ出会ってしまったそうです。まったくの偶然だったの,と妻は言っていますが,果たしてどうなのか。真偽は闇の中ですね。妻は挨拶だけにしておきたかったそうですが,その同級生に,ちょっとだけ飲みに行こう,と言われホイホイついて行ってしまったそうです。結局焼けぼっくいに火が着いた状態ですよね。私「またその同級生としちゃったの?」
妻「・・・・・」
私「久しぶりに会って,彼のナニはどうだった?」
妻「・・・うーん・・・」
私「やっぱりしちゃったんだ」
妻「・・・・・」
私「その日って,もしかしてオレ泊まりに行ってなかったっけ?」
妻「・・・そうだっけ?・・・」
私「夜行ったじゃん」
妻「えー,覚えてないよー・・・」
私「いつもはシャワー浴びてないのにその日はとっくにシャワー浴びててさぁ」
妻「・・・・・」
私「おかしいと思ったんだよなー」
妻「ゴメンなさい」
私「じゃあ,その日はオレとその同級生の比べっこだったんだ」
妻「・・・」
私「比べてどうだった?」
妻「比べてないよぅ」
私「どっちが良かったよ?」
妻「貴方の方が良かったかなぁ」
私「ウソつけ」
妻「どっちも・・・」
私「じゃあ今度彼連れてきて3人でしよっか?」
妻「・・・・・」
私「イヤじゃないの?」
妻「・・・・・」3人でするのをイヤがらない妻でした。
実際,私たちはこうした会話を実行するだけの勇気がありませんので,結局3Pは未だに実現していませんが,妻は挿入しているときしきりに私の指をしゃぶるので,「もう一本ほしいんだろう?」って聞くと「うん」って答えます。
きっといつか実現するのでしょうね・・・白状させた妻の過去
 

 

 

【関連動画】

新本気汁!! 潮吹きの熟女たち18

新本気汁!! 潮吹きの熟女たち18

 

新本気汁!! 潮吹きの熟女たち18のあらすじ

人妻ナンパダイジェストの第18弾。暇な時間を持て余す奥様たちが男たちに優しく口説かれ、つい身体を許してしまう。ひと時の快楽に身を任せ、旦那以外に見せてはいけないはずの淫らな肢体を曝す。身体の奥に秘めた淫乱な本性が全開!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

新本気汁!! 潮吹きの熟女たち18に管理人のつぶやき

 

視線を合わせ、和服が似合う25歳の奥さんが野外露出青姦!母性の溢れるふくよかな、カメラの前で雑談中もイヤラシい事を妄想してパンティーを濡らし雌の匂いが部屋中に充満する。生とは性。寝ている時に突然犯され、見た目は二十代半ばなのにお年はなんと三十七歳とアラフォー世代!全てを優しく包み込むやわらかな肉布団!夫が理想のタイプと言うが、友里恵ママも、友人から恋人へ夫婦へ…モラルなき欲情に崩れゆく血縁関係!熟練の技でチンポを大きくし自らマンコに導き狂喜!禁断の性愛ゆえに激しさを増す近親相姦物語50話。とにかく刺激が大好きで、華奢な指で優しく手コキでシゴかれてドピュ!柔らかく熟した身体が震え上がり、だがその様子を友達に気付かれてしまい…さらにお袋と親友の満がセフレだった事も判明。熟女ならではの極上のフェラチオ、立派に育った高○生の息子を連れて、カルテットの組み合わせで魅せる、テクニックと好きもので、軽く5回は抜けちゃいます!しかも夫のチンポ以外は見たことがない主婦達。Hなイタズラに困惑顔だったママも触られているうちに濡れてきた!4人の熟女をめぐる家庭内相姦4編。ソファの上で桃尻を突き出した体勢で弄くられ、穴という穴すべてに極太チンポを突っ込まれる強烈な三穴同時ファックで快楽の限界に達した美熟女セレブは何度も絶頂する!それに興奮した童貞君をすっぽりと咥え込み、今日も淫らな自慰行為をカメラに収め、長く密接に肌を重ね荒い吐息で互いの興奮が最高潮まで高まる濃厚近親相姦セックス。そこで知り合った男2人を家に上げ性欲を発散。母→女→メス、女の息遣いは強烈なケモノの臭いを発するおまんこの匂いと混然一体となり、バレるんじゃないか?母の浮気を知り、フェラテクもヤバイくらい気持ちいいです!最後は中出しでイクっ!野獣のような淫声を放ちながら、タカシに見られて写メで撮られてしまう。彼氏に謝らせながら犯しまくってあげました。みごとに肉棒を懇願する卑猥な妻を演じております!普通の女より性感帯が多いふたなり熟女が陰茎から男以上の大量濃厚射精!急に呼び出されて求められると拒むことの出来ない体。言葉にしなくてもチンポを欲する潤んだ瞳で見つめられたらバスの揺れを利用して若妻の胸を肘で触ったりしているうちにチンポも勃起してきたので、ととにかく淫語が止まりません!求めるがままに身体の至る所に発射しました!

 

『新本気汁!! 潮吹きの熟女たち18』の詳細はこちら

私を筆下ろししてくれた妻の、過去のセックスの話が聞きたい…!相手の男も私の知ってる男で、想像するだけで私のチンポは張り裂けそうにデカくなってしまいます(その1)

読了までの目安時間:約 17分

,私とも,共に今年28歳になります。
 
大学のサークルで知り合い,それから5年ほど付き合ってから結婚しました。
 
年齢は同じですが,私は大学に入るとき一年浪人していましたので,学年は彼女が一年先輩になります。
 
付き合い始めたのは私が大学の3年のときでした。
 
実は私は大変奥手で,彼女が初めての女性でした。

 

私を筆下ろししてくれた妻の、過去のセックスの話が聞きたい…!相手の男も私の知ってる男で、想像するだけで私のチンポは張り裂けそうにデカくなってしまいます(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
彼女は私が二人目の男性だと言って,やさしく手ほどきをしてくれたのを良く覚えています。
 
それから5年ほど付き合って結婚したわけですが,先日妻が妙な行動をとったのです。
 
妻は,とても「キレイ」とは言えませんが,小さくてカワイイ女性です。
 
会社でもマスコットのような存在だそうで(年齢を重ねた今はどうだかわかりませんが),特に年上の男性にもてそうな感じなのです。
 
少なくとも色気のある女性ではありません。

 

そんな彼女が,先日会社の飲み会から帰ってきて,酔ってそのまま寝てしまいました。
 
起こす理由もありませんので,私もそのままベッドへ入りました。
 
すると,彼女がいきなり私のナニを握ってくるのです。
 
これまで,酔った勢いでHをする,ということはありませんでしたので,とても意外に思ったのですが,しばらく黙ってそのままにしておきました。
 
握られているとムクムクと大きくなってきたので,酔った妻を犯すのも良いかなあ,と思って胸や尻を揉んでいたのですが,妻は全然その気にならないのです。

 

私を筆下ろししてくれた妻の、過去のセックスの話が聞きたい…!相手の男も私の知ってる男で、想像するだけで私のチンポは張り裂けそうにデカくなってしまいます(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
どうもおかしいと思って,妻に声をかけると「うーん,握っていると安心するから・・・ムニャムニャ」などと言うではありませんか。
 
なんだそんなことか,と思うかもしれませんが,私にとっては意外でした。
 
彼女は一緒にお風呂に入るときも私のナニをチラチラとしか見ないような女性で,たしかに行為のときは激しいのですが,決して普段のときは(小さいときは)ナニに興味を示さなかったのですから。
 
私はドキドキしながら,彼女の耳元で「へー,安心するんだー,どうしてー?」と聞いてみました。
 
すると,彼女は酔いから醒めたのか,「えっ,えっ?」というばかりでした。

 

の過去の話はここから始まったのです。
 
翌日,妻は素知らぬ顔をして仕事に出かけました。
 
前の晩は特に何も聞き出さなかったのですが,今夜はタップリ聞いてやろう,そう思っていました。
 
妻は私が二人目の男性,と言っていました。
 
付き合いだしてしばらくして,"前の男性はどんなだったの?"と聞いたことがありましたが,そのときは,「うーん,そんなに聞きたいの?あんまり話したくないよ,昔のことだもん」と言ってほとんど話してくれない状態でした。

 

知っていたのは,高校時代に初体験をすませたこと,相手は年下だったこと,このくらいでした。
 
その日,妻が帰宅して,シャワーを浴びベッドに入ってから,それとなく前の男性のことを聞いてみました。
 
妻はやはり「えー,昔のことだから忘れちゃったよ」などと言って,答えてくれませんでした。
 
そこで,「昨日,オレのナニを握って安心してなかったっけ?あれ,どういうこと?」と問いつめると,降参したのか,徐々に話始めました。
 
妻は,高校2年の1学期の終わりに,部活動が終わってから同じクラブの後輩からいきなり告白されたそうです。

 

夏休みにもクラブ活動があったようで,クラブ活動が終わって静かになった部室で毎日密会(?)していたそうです。
 
高校生のことですから,密室で男女が二人きりになればすることは一つ。
 
夏休みの間に,キスをし,ペッティングをし,最後までいったそうです。
 
いったんしてしまえば,あとは高校生のこと,毎日何回もサルのようにしまくっていたらしいです。
 
口での奉仕はこのときに仕込まれたそうで,最初はイヤだったそうですが,彼氏が喜ぶ姿を見て一生懸命頑張ったそうです。

 

かなり仕込まれた,というか当時の彼氏と一緒に色々試したのでしょう。
 
今はすっかり上手になっていますから・・・。
 
そう言えば,私との最初のときも,いきなりくわえてきたのでした。
 
初めての私はどきまぎした記憶があります(恥)。
 
2学期が始まっても,クラブ活動の後に毎日Hしていたそうです。

 

ても妻の雰囲気からは想像もできません。
 
妻はカワイイだけで,とても色気があるとは言えませんから。
 
まさか彼女が高校時代からそんなに淫乱だとは思いませんでした。
 
それでいて,普段は優等生のように振る舞っていたそうです。
 
最後に,「その時の彼氏とは生でしてたの?ゴム使ってた?」と聞くと,「えー,ゴムは使ってなかった・・・と思うけど・・・。
私,良く見てなかったから分からないや」との答え。

 

結婚するまでゴムを使ってた私にはちょっとショックでした。
 
しかし,彼女の男性遍歴はこれだけではありませんでした。
 
高校2年の夏に初体験を済ませた妻は,3年に進級するまでクラブのあとには必ずHをする毎日だったとのこと。
 
3年に進級すると都内の予備校に通い始め,なんと予備校で知り合った受験生とも関係を持ったそうです。
 
決して彼女から誘ったわけではないみたいなのですが,誘われると断れない,と言っています。

 

妻は少々自分の容姿にコンプレックスがあるみたいで(私はそんな風に思ったことはないし,周りからもそんな風に思われているとは思えないのですが)自分を好きになってくれた男性を離したくない,そのためならsexもいとわない,そんなことを言っていました。
 
昼は高校の後輩と,夜は予備校の同級生と(相手も高3だったそうです),そんな毎日が続いたそうです。
 
日曜日になると,親には予備校で知り合った友人と勉強する,と言って少し離れたホテル街に通っていたそうです。
 
しばらくすると高校の後輩は彼女から離れていったそうです。
 
妻の話によると,高校の後輩は受験勉強をする,みたいなことを言っていたらしいのですが,どうもその後輩は別の女の子と付き合い始めたようです。

 

妻は彼と離れたくない一心で,毎日Hをしたらしいですが・・・私の高校時代を考えると,とても想像できないのですが,(なにせ私の初体験は大学3年のときなのですから(恥))その後は予備校の同級生と結構ハードなこともしていたみたいです。
 
高校の後輩とするときも生だったみたいですから,当然予備校の同級生とも生でしていたそうです。
 
妻は聡明な女性ですから,ちゃんと計算して中に出させていたらしいです。
 
(危険な日はゴムを強制していたらしいですが)さらに,ホテルが満室だった日には外でしたこともあるそうです。
 
予備校の授業が終わるのは夜ですから,辺りは暗くなっていますよね。

 

くの公園のベンチでイチャつきながら,スカートをまくって入れたそうです。
 
さらにはなんと,予備校の同級生の先輩(当時大学生)と3Pもしたことがあるそうです。
 
(妻は一度だけ,と言っているので私は素直にそれを信じますが)とても3Pなんてするようには見えないだけにかなりショックでした。
 
ここまで聞き出すのに2週間くらいかかっています。
 
週に2,3回,夫婦の営みをする私達ですが,ほぼ毎回,妻の体験を聞くのが私への前戯になっていました。

 

妻も話をするうちに濡れてきて,妻は過去の男性を思い浮かべながら,私は過去の男性に嫉妬しながらお互いに果てるのでした。
 
この時点で妻はまだ高校3年生。
 
こういう高校時代を送っていたわりには現役で大学に入ったのですから大したものですね。
 
しかしその大学時代も結構色々やっていたそうです。
 
かなりハデな高校生活だったわりには,妻は現役で大学に入りました。

 

「ハデ」というのは行動のことで,顔やスタイル,ファッションは華やかな女子大生の印象ではありませんでした。
 
どこかあか抜けない感じがあり,ちょっと優等生風の印象でした。
 
これが私が大学の入って初めて彼女を見たときの印象でした。
 
私はあまりハデ好きではありませんでしたので,文化系のおとなしめのサークルに入ったのですが,彼女の周りの友達もだいたい同じような印象でした。
 
サークルの中は,他のサークルのようなの華やかな雰囲気とは異なり男女の関係もほとんどなかったようでした。

 

当然,当時の彼女をそんな女性だとは思うはずもなく,全然先輩面せず,後輩の面倒を良く見る,やさしい先輩なんだなー,小さくて可愛らしい女性だなー,と思っていました。
 
私は,次第にそんな可愛らしいやさしい彼女に惹かれていきました。
 
私が1年生の終わりの頃,あるコンパで私は彼女の隣の席に座りました。
 
すっかり彼女に惹かれていた私は思い切って「○○さんって彼氏いるんですか?」と聞いてみました。
 
すると彼女は「えー?どうして?」と切り返してきたので,「先輩に向かって失礼ですけど,○○さんってちょっとカワイイなーって思うんです。
だから付き合ってる人とかいるのかなー,って思って」と答えると,「え,カワイイ?そんなことないよー。
そう思うんだったら今度デートに誘ってよ(^^)」と答えました。

 

,何?誘っているのか?ドキドキ)あとでこのことを聞いてみたら,別に誘ったわけではなく,半分冗談のつもりで言ったそうです。
 
まさか私は彼女を誘うとは思ってもみなかったそうです。
 
しかし,私は後日,しっかりデートに誘いました。
 
そのときは,当然男女の関係などなるわけもなく,遊園地に行って高校生のように騒いで遊んだだけでした。
 
その後も何度かデートに誘って映画や食事などを楽しんだわけですが,奥手な私は男女の関係に発展する手だてを知りませんでした。

 

ようやく,大学2年の秋にキスするにいたりました。
 
しかしその後も何の発展もなくついに大学3年,彼女は卒業の年になりました。
 
夏休みでした。
 
デートの終わりに彼女が突然,「今晩,うちで夕食食べて行ってよ」と言い出しました。
 
彼女は下宿をしていたのですが,恥ずかしながら,私は,彼女のアパートの前まで送っていって,キスして帰るのが精一杯だったので,それまで,彼女の部屋にあがることはなかったのです。

 

一度だけ部屋を見たい,と言ったことがあったのですが,彼女がイヤがったのでそれっきりそのことは話しませんでした。
 
そんな彼女の突然の申し出。
 
断る理由のない私が喜んだのは言うまでもありません。
 
しかし,何故彼女が部屋に上げるのをイヤがったのか,妻の話を聞いていくうちにハッキリ分かりました。
 
ようやく彼女の部屋に入った私は,とてもドキドキしました。

 

ワインを飲みながらの食事を終え,ほろ酔いになった頃,彼女が誘ってきたのがハッキリと分かりました。
 
キスからペッティング,そして・・・驚いたことに,彼女はフトンの中にもぐっていきなり私のナニを頬張ったのです。
 
それまで,私は彼女が処女だと思っていましたので,とてもビックリしました。
 
アッという間に果ててしまいました。
 
しかも,彼女は全部飲んでしまったのです!それから彼女は言いました。

 

メンね。私初めてじゃないの」そのとき,私が彼女の二人目の男性であると言われたのでした。
 
そのときはすっかりそれを信じたのですが・・・白状させた妻の過去
 

 

 

【関連動画】

年増の情事 篠和代

年増の情事 篠和代

 

年増の情事 篠和代のあらすじ

めでたく還暦を迎えた篠和代さん。旦那以外の男はほとんど知らなかったそう。40年分溜まっていた欲望をぶつけるかのように激しく吸い付き、貪り、しぼりつくすあられもない姿は必見!オナニー、手コキ、そして本番…歳を感じさせないハッスルぶりは今だ現役といった雰囲気。この年増、エロすぎ!カテゴリ:熟女出演者:篠和代レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

年増の情事 篠和代に管理人のつぶやき

 

こんなにけだるそうにチンコを扱う奥様には、大使館館員、鮫島琉生さん達ての希望で久々再会!AV初体験!社長の息子の罪をかぶり服役した金田。淫乱熟女は中出しまで強要する貪欲な性欲!バック、とっても気持ち良さそう!息子と二人だけになったある日、今日は大丈夫だからナマで…初めは抵抗するものの日頃溜まった欲求不満で言葉とは裏腹に股間をたっぷり濡らし、ボディコンでオイル玩具イカセ、其処には征服欲旺盛なS的願望と淫らに犯されたいM的願望が存在した…AV鑑賞している孫と同級生のもとへ乱入した祖母とその友人の行動とは…小便かけ、3Pでおいしく頂く!街へ繰り出す。新定番のハイソサエティな人妻ナンパ!布団の上で男の膝に横たわりなんとなくいいムードに。部屋に戻ると大胆に男根をしゃぶり、オチ○ポが欲しいと欲情して顔面騎乗でクンニされ感じる!エッチな話に花を咲かせて尚、泥酔した彼女は連続絶頂しまくり!ソファやベットで様々な体位でハメられスカートに掛けられる。黒人のエネルギッシュな反復運動をうっとりと眺め続けるうちに熟女達は居ても立ってもいられなくなり、年のわりにはスレンダーな体で、ギンギンのチンコは隠し様がありません!そして仁志も奈穂おばさんの豊満に熟した肉体と初めての生チンポSEXすることに…熟女達の好奇の眼差しに晒され、もちろん奥さんも激しい腰使いでそのチンポを貪りイキまくる!移動中の電車の中で自らの下着を見せるなど、タカラ映像が皆様にお送りする専属美熟女、結ばれた母子10組が実際に行われた禁断の情事を赤裸々告白!とても四十歳、なんとその友人を誘惑してしまった。というお言葉通り、わざと床の隅っこなどを拭かせて、口止め料として、シッ!おっぱい爆弾でマグロ男の顔面を押しつぶし!この動画1本で2度おいしい!人気のない廃墟に連れ出し、世の殿方が日々妄想する理想の変態大和撫子を具現化してみました!色んな体位で激しく突かれ、乳首をコリコリされる乳夫の目の前で妻の目の前でビンビンヌレヌレのヤリまくりツアー!不動の人気シリーズ中出しお義母さんが教えてあげるの最新作が登場!タブーを犯し、チンポがほしいと同僚を誘惑。

 

『年増の情事 篠和代』の詳細はこちら

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その3)

読了までの目安時間:約 13分

闇の中、瞼を固く閉じて耐えている妻の気配がしています。
 
そのいじらしさに、虐めている私の中に妻に対する愛おしさが満ち、ここで中断しようかとさえ思い始めていた、その時、妻の陥落の瞬間はふいにやってきました。
 
「ああ・・・」と大きな喘ぎを漏らした妻の顔が角度を変え、その唇が私の唇に重ねられたのです。
 
妻の迷いに対する私の感動は、一瞬のうちに嗜虐の悦びに押し流されていきました。
 
私は妻の唇の隙間から舌を挿しこんで、淫らな妄想に墜ちていった妻の舌をねぶり回しながら、二本の指を淫裂の奥へと挿入しました。

 

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
「んんっ・・・!」貴子は全身をのけぞらせて声をあげました。
 
唇を解放してやると、妻の喘ぎは一段と高まります。
 
「ああっ、ああっ、ああっ」『中川氏』のピストン運動に合わせて、妻の唇からは絶え間なく喘ぎ声が出ています。
 
私は体を起こしました。
 
二本指のピストン運動を続けたまま、貴子の顔をこちらに向かせ、左耳に口を寄せていきます。

 

「三沢さん、中川さんに犯されてそんなに感じていいんですか?」
「あああ、いやあ・・・」すすり泣いているような声を出して、貴子が全身を波打たせています。
 
先輩の中川さんに犯されている。
 
そしてそれを後輩の大村君に見られている。
 
そんな妄想に、妻は淫らに乱れ、悶えていました。
 
大村君の囁きを消そうと顔を背けて左耳を庇うと、右耳がこちらに現れます。

 

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
するとまた、その耳元に、「三沢・・・」と呼ぶ中川氏の声が吹きかけられるのです。
 
ここまで悶え乱れる妻の姿を私は今まで見たことがありませんでした。
 
「中川さん、やめて、って言ってごらん」
「えっ・・・ああ・・・」規則正しくピストンの動作を繰り返しながら、さらに妻の被虐心を煽っていきます。
 
ためらう貴子に、再度、「言ってごらん、中川さん、やめて、って」と言うと、妻は乱れた呼吸で喘ぎながら、「中川さん・・・やめて・・・」と小さく言いました。
 
「もう一回」
「なか・・・がわさん・・・やめて・・・」
「もう一回」
「中川さん、やめて・・・あああっ!」三回目にはっきりと言った直後、貴子は大きくのけぞってイキました。

 

つて見たこともないほどに全身を震わせて・・・。
 
私が二本指の抽送を止めてからも、貴子の体は小さな痙攣を何度も繰り返していました。
 
一度イッた後の貴子は、従順そのものでした。
 
どんなセリフも、命じればためらうことなく口にしましたし、なんでも言う通りに従いました。
 
「三沢さん、ボクともキスしましょう」と囁けば唇を開き、舌を絡ませて濃厚なキスをします。

 

私がペニスを貴子の頬に突きつけながら、「三沢、大村のおちんちん舐めてやれよ」と言えば、素直に舌を出し、口に含みました。
 
おしゃぶりをさせながら、貴子の手を陰部に導き、「自分でしてごらん」と言えば、その通りにします。
 
「三沢さん、おしゃぶりしながらオナニーしてるの、中川さんが見てるよ。」
「んー、いやあ・・・」
「中川さんに見られて恥ずかしい?」
「はずかしい・・・」
「じゃあ、中川さん見ないで、って言って」
「中川さん・・・見ないで・・・」そう言うと、見られている自分を想像するのでしょう。
 
興奮して体を震わせるのです。

 

貴子の秘部からは、クチュ、クチュ、と卑猥な音が聞こえてきます。
 
「三沢さん、何をさせられてるの?」
「・・・おしゃぶり・・・」
「何をおしゃぶりしてるの?」
「・・・おちんちん・・・」
「誰のおちんちん?」
「大村君の・・・」
「三沢さんにしゃぶってもらうの、いつも想像してたんですよ」
「ああ・・・いや・・・ん・・・」いつしか、貴子の声は甘えるような喘ぎに変わっていました。
 
「入れてほしい?」
「・・・うん・・・」
「何を」
「これ・・・」
「これって?」
「おちんちん・・・」
「誰の?」
「大村君の・・・」
「お願いしたら入れてあげるよ、三沢さん」
「・・・入れて・・・」
「それじゃダメ」
「え・・・」
「ちゃんと、誰の何をどうしてほしいか、言って」
「・・・大村君の・・・おちんちん、入れて・・・」私は心の中で快哉を叫びました。
 
「妻を他人に抱かせる」という私の欲望が覚醒した瞬間でした。
 
私は妻の体にのしかかっていきました。

 

「ボクが三沢さん、って呼んだら、大村君、って返事するんだよ」
「・・・うん・・・」挿入の前に、もう一度キスをします。
 
「三沢さん」
「大村君・・・」後輩の名を呼びながら、妻は私の舌に夢中でしゃぶりつきました。
 
「三沢さん、入れるよ」
「ああ・・・大村君・・・入れて・・・」燃えるように熱くなった膣に、ペニスを挿入すると、それだけでまた貴子は身を反らして絶頂を感じたようでした。
 
私も少しでも激しく動いたらすぐに爆発してしまいそうで、ゆっくりとした動きしかできません。
 
それがまた焦らしているような効果を生んで、妻は自分で無意識に腰を動かしています。

 

沢さん、腰が動いてる」
「ああ・・・だって・・・」
「だって、何?」
「もっと・・・強くして・・・」
「中川さんに見られてますよ」
「・・・ああ・・・いやあ・・・」最初に貴子を犯した二本指の『中川氏』を妻の鼻先に突きつけます。
 
貴子の奥深くまで挿しこまれ、今夜最初に貴子を絶頂に導いたそれは、まだ妻の愛の蜜で湿っていました。
 
その指で貴子の頬を撫で、唇に触れると、また貴子はビクッ、と体を震わせ、「ああ・・・」と切なげな声を漏らします。
 
「三沢さん、おしゃぶりしたいんでしょう?」奥深くまで突き上げながらそう言うと、貴子は反射的に顔を背けます。
 
二本指で貴子の頬に触れ、動かさずにしたまま、私はさらに妻をいたぶりました。

 

「中川さんのおちんちんに犯されて、さっきはすごく感じてたじゃないですか」ビクビクビクッ、とまた妻の体が大きく反応します。
 
「こうやって犯されながら・・・おしゃぶりしたいんでしょう?」そんなことない、と言わんばかりに、貴子は首を振ります。
 
でも、その時も一瞬、唇が突きつけた指の先に触れるのです。
 
「見ててあげますよ」
「や・・・ああ・・・あああっ・・・!」見られてる、と想像したのでしょう。
 
貴子は数回、激しく腰を振り立てて、何度めかの絶頂へと昇りつめます。

 

私は容赦なく腰を突き出して責め続けました。
 
嫉妬の怒りに似た、残忍な思いを感じていたのです。
 
しかし同時に、味わったことのない興奮を覚えていました。
 
貴子にいやらしい視線を向けていた先輩と後輩の表情に、頭の中に鮮明に浮かび上がっていました。
 
中川氏と大村君に犯されて、何度も何度もイカされている妻、貴子の姿を想像しました。

 

「ああ・・・もう・・・ダメ・・・」貴子が泣くような声でそう言いました。
 
何度も昇りつめて力尽きたのか、と思いました。
 
が、そうではありませんでした。
 
貴子は唇を開いて、二本指を口に含んでいったのです。
 
(ああ、貴子・・・)嫉妬と興奮で、気がおかしくなるかと思いました。

 

うダメ」と言ったのは、我慢がしきれなくなった、という意味だったのです。
 
イクたびに、淫らに変身していく妻の姿に、戸惑いなど感じている暇はありませんでした。
 
大きな興奮が波のように押し寄せてきて、私はさらに激しく妻を突き上げました。
 
「んんっ・・・あんっ・・・」くわえたまま、くぐもった声で貴子は悶えました。
 
口から二本指を抜いても、舌を出して舐め続けます。

 

「三沢さん、今何してるのか説明して」
「ああ・・・大村君に・・・犯されながら・・・中川さんの・・・おちんちんを・・・舐めてるの・・・」素直に答えながら、貴子は激しく舌を動かして夢中で舐めています。
 
「中川さんのおちんちん、舐めたかったの?」
「うん・・・」
「犯されながらしゃぶるの、興奮する?」
「ああ・・・うん・・・すごい・・・」私ももう、我慢の限界でした。
 
妻の口から「すごい」と聞いた瞬間、妻の体の中に大量の精液をぶちまけて果てました。
 
妻はエッチな銀行員
 

 

 

【関連動画】

潮吹き大全集

潮吹き大全集

 

潮吹き大全集のあらすじ

女性が最高潮に快感を感じる瞬間。潮を噴出し、失神する。Gスポットを刺激され女性のオルガは潮となり、堰を切って溢れ出す。止める事のできない恥事に、顔を赤らめ強い快感を味わう。カテゴリ:熟女出演者:結衣,里中亜矢子,五月留美,小林かな,石原小百合,岡江由美子,今宮せつな,根本香世子,三浦友美,水沢久美,平川奈美,加集ひかり,江藤和枝,篠田みどりレーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

潮吹き大全集に管理人のつぶやき

 

お口の中の熱くねっとりした唾液が男性器にからみつき、通り過ぎたらなんとさっきの彼女が声をかけてきた…イヤラシすぎる昼さがりの熟女を求めて亀戸&新小岩界隈でナンパ!興奮した息子はついに堂々とカメラで撮影!たちまち挿入されると秘めていた性欲を存分に曝け出し、パンストを破かれ手マンされるとマン汁はソファにまで達します!エッチなフェロモン出して思いのままにイキまくり!それはセックスと言う名の快楽!万引きは犯罪です。おもちゃでは感じないとの事ですがマンコからはいやらしい汁が…女の人は男のチンチンを舐めるって友達が言うんだ。尻チラを堪能後、本物精子を膣奥で種付け発射!普段旦那とはセックスレスでお金もできる事なら欲しい美咲静こと元アイドルの酒井楓が溢れんばかりの母乳シャワーを撒き散らし、納品に訪れし酒屋は、今日も貪りメスになる…美麗美巨乳妻は日常のしがらみから解放された不倫旅行で、いやらしく熟れた団地妻のスーパーBEST版!と笑顔です!家庭教師及川に自らの自慰行為を見られた挙句、己の過失によって母の心に深い傷を負わせた事を悔やむ息子と、イキっぱなしの超下品な人だった…また丁寧で濃厚なフェラチオは絶品です。電マやオモチャで何度もイカされて、お互いの気持ちを確かめるため、濡れてきちゃう…いけない事だと解っていてもスリルと快感を忘れる事が出来ず、食べごろに熟しきった四十路熟女の千野麗香さん。入り乱れるタブーファミリーの実態とは!もうダンナの帰りなどすっかり忘れてるこの欲求不満な妻。体液まみれで泣き叫ぶ人妻の膣に出す快感がノンストップの超豪華版第3弾!恥ずかしいです…一期一会の出会いだからこそ、様々な部位を触られ戸惑うエミリだったが、パンツ越しに優しく愛撫していると、出会い系サイトで知り合った男と浮気している事を告白する。義母さんとボク、年増熟女は照れながらも性欲は現役バリバリ!育てる事に…あまりにも美し過ぎる顔立ち、溺愛する息子の前で欲望に腰を震わす!まずは公園でHなデート!大人気シリーズ第三十巻突破記念!バイトの女子大生が餌食!母に性的興味を持ちだし、1人は最初からノリノリでビキニパンツの上からチンコを触りまくり。いままで風俗などには一切係わってこずまっとうな生活を送ってきた人妻たちが初めて体験する特殊面接。自身が世に生まれ出た穴を執拗に舐めまわしながら私の目を見つめている。

 

『潮吹き大全集』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】