告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

子供の独立を期に、夫婦生活も再燃…!年を経てすっかり変態になっていた主人に付き合っているうちに、私もちょっとおかしくなってきちゃったみたい…

読了までの目安時間:約 12分

は理恵(41歳)、主人は谷本茂(45歳)の夫婦です。
娘の部屋と壁一つ隔てた私達の寝室では娘が気になって何年もセックスしていませんでした。
主人が月に一度、買い物の帰りにラブホテルに誘ってくれるのが私達のセックスでした。
ところが、娘が進学したのをきっかけに大学のある神戸で一人暮らしを始めたのです。
私達のセックスライフは大きく変わりました。

 

子供の独立を期に、夫婦生活も再燃…!年を経てすっかり変態になっていた主人に付き合っているうちに、私もちょっとおかしくなってきちゃったみたい…【イメージ画像1】

 
主人は毎日のように私を求めてくるようになり、私も主人の求めに答えているうち厭らしい行為を期待するようになってきました。
毎夜、家事を済ませシャワーを浴びた私に主人が買ってきてくれる厭らしい下着だけでご奉仕させるのです。
私は逞しくなった主人のオチンチンを美味しくいただきます。
主人はビールを飲みながら私の身体に電マを当てバイブをアソコに挿れてくれました。
すでに電マの刺激でグチュグチュになったアソコをバイブが掻き回すように暴れ、私は大きな喘ぎ声をあげながら自分でバイブを出し入れします。

 

「カシャ・・・カシャ・・・」ソファーで自分自身にバイブを使っている私の淫靡な姿を、主人がデジタルカメラに撮っているのです。
「誰かに理恵の写真を見せようか?」
「・・・いや・・・そんな、写真を見られたら・・・恥ずかしいわ。」
「冗談だよ」『主人は誰かに見せるに違いない・・・』私は心の中で呟いたのでした。
ある夜、シャワーを済ませた私に主人が声をかけました。
「今夜は、一緒にビールを飲みながらビデオをみよう」私は主人の隣に座ってビールに口を付けたのでした。

 

子供の独立を期に、夫婦生活も再燃…!年を経てすっかり変態になっていた主人に付き合っているうちに、私もちょっとおかしくなってきちゃったみたい…【イメージ画像2】

 
ビデオは個人で撮影されたものでした。
ベットが映し出され一人の40代くらいの女性が腰掛けています。
その女性を挟むように20台の男性が現れ座りました。
女性はかわるがわる男性とキスをしています。
二人の男性に服を脱がされ全裸の女性は3Pを始めました。

 

々しい3Pを初めて観た私のアソコもすでに愛液が溢れ太股をモゾモゾしていると主人がバイブを当ててくれました。
快感はすぐにアソコから全身に広がりバイブを挿れて欲しくて堪らなくなり、主人にお願いしました。
私は何度も何度も絶頂を迎え、気がつくとビデオも終盤を迎えていました。
女性は正常位で口とアソコで二人の男を受け入れています。
射精が近いのか激しいピストンを続けていた男とフェラを受けていた男が入れ替わります。

 

性交を続けていた男は女性の口に射精したようです。
その時、撮影していた人の声が聞こえました。
「・・・真由美・・・気持ちいいか?・・・もう一人はどこに出してもらうの?・・・」
「あなた・・・中に出してもらってもいい?・・・中出ししてぇ・・・」
「奥さん・・・中にだすよ。」
「きて・・・きて・・・また、いっちゃう・・・いくっ・・・いくっ・・・いくっ~うぅぅぅぅぅぅ」二人は快感に包まれたように身体を痙攣させました。
私の身体に刺さってままのバイブの振動に酔いながら思い出していました。

 

『・・・あの声?・・・真由美さんって?・・・』「あなた・・・このビデオって?」
「気がついた?・・・鈴木から借りたんだ。

「真由美さんて?・・・鈴木さんの奥様なの?・・・お会いしたことがないから・・・」
「ああ・・・鈴木は奥さんにあんな事をさせているんだって・・・理恵もしてみる?」
「私は嫌よ。・・・まさか?・・・私の写真やビデオも交換したの?」
「まだ・・・してないけど・・・見せてくれって・・・」
「絶対に見せないって約束して!」
「わかったから・・・約束するよ・・・そのかわり・・・鈴木から教えてもらった遊びに付き合ってくれる?」
「遊びって?」主人が鈴木さんから教わった遊びとはツーショットダイヤルに電話を掛けて私が男性とお話しをするだけでした。
ツーショットダイヤルなど利用したことのない私でしたが男性と話しをするだけならと了承したのでした。
主人と鈴木さんの罠とも知らずに・・・ビデオを観た後、私は始めてツーショットダイヤルで男性と話しをしました。

 

主人に背を向けコードレスホンを握り締めた私は音楽を聞いていました。
「ピンポーン!男性と繋がります。」緊張が走ります。
「・・・もしもし・・・」
「・・・はい・・・こんばんは・・・」男性と会話が始まりました。
「おいくつですか?」
「41歳です・・・」
「ご主人は?・・・」
「横にいます・・・」
「ブチッ・・・」切られてしまいました。

 

人が『少しくらい嘘をついて話したら?電話で話すだけだから・・・』と、アドバイスしてくれます。
「ピンポーン!男性と繋がります。」また、違う人と繋がるようです。
「・・・もしもし・・・こんばんは。」
「・・・こんばんは・・・」
「おいくつですか?」
「・・・39歳です・・・」
「・・・ご結婚は?」
「・・・しています・・・主人は出張で今晩は帰らないの・・・」
「・・・そうなんだ・・・」
「・・・淋しくて・・・電話したのよ」会話が続きそうで一安心した頃主人が悪さを始めました。

 

ローターを私の乳首やクリトリスに当ててきたのです。
私も気持ち良くなってきて声を我慢した話し方になりました。
ついに『アンッ』と喘ぎ声を洩らしてしまったのです。
『・・・なにしてるの?』と、男性の質問に『ローターを当ててたら気持ち良くなって・・・』と答えたのでした。
「・・・もっと・・・気持ちよくしてごらん・・・聞いててあげるから・・・」受話器から男性の声を漏れ聞きしていた主人は大胆にも寝バックの体位から私を貫いてきたのです。

 

「・・・ウグッ・・・」男性と私の会話を盗み聞きしていた主人は興奮していたのか最初から激しい挿入を繰り返します。
「ああっ・・・あん・・・あん・・・」私も声を我慢できずに彼に正直に話しました。
「・・・ごめん・・・実は主人が横にいたの・・・あんっ・・・あんっ・・・」
「・・・そうなんだ・・・ご主人と替わって・・・」
「・・・もしもし・・・替わりました・・・ええ・・・そうなんですよ・・・いつか妻に経験させてみようと思ってます・・・ええ・・・機会があれば・・・ええ・・・メモします・・・090-××××ー××××ですね・・・ええ・・・ええ・・・わかりました・・・はい・・・」主人は電話を切りました。
「・・・どうしたの?・・・」
「奥さんに会いたいってさ・・・会ってみるか?」
「・・・ええっ?・・・会わないよね?」
「理恵に別の男を体験させたいし・・・」
「私はあなただけでいいの・・・」私は主人に抱きつきキスをしました。
「理恵にも真由美さんのような経験をさせてもっと私好みの妻になって欲しい・・・」
「・・・・・無理よ・・・・今夜みたいに電話だけじゃダメ?・・・」
「・・・そうだね・・・いきなりは・・・彼に非通知で電話して声だけでも聞かせてやるか。」主人はベットに仰向けになり私は69の形で主人の上に乗ります。

 

彼と主人が何か話していました。
フェラしていると主人がコードレスホンを手渡されました。
「・・・もしもし・・・なにしてるの」主人のオチンチンを挿入されながらクリトリスを電マで責められ、初めて話した彼に言葉で責められ恥ずかしい声を聞かれた私は今まで感じた事がないほど興奮したのです。
翌日、家事を済ませた私はアソコの疼きに堪えられずベットでバイブを手にしたのでした。
昨夜の恥ずかしい体験を思い出しバイブを使ったのです。

 

日、昼間はバイブで慰め、夜は主人のオチンチンを求める暮らしが続きセックスに依存した私がいました。
昼間、バイブでのオナニーだけでは我慢できなくテレホンセックスをするようになったのです。
テレホンセックスを続けた私はついに主人以外の男を知りたくなり私から主人にお願いしたのでした。
ついに主人と鈴木さんを受け入れたのかは、またの機会にでも・・・

 

 

【関連動画】

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~

 

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~のあらすじ

快楽に飢えた人妻たちの昼下がりの日常…夫以外の男とのあってはならない情事に敏感すぎる妻たちの色っぽさをご覧ください。独身時代から浮気癖があり、結婚してからも夫のセックスにモノたりず数々の男と不倫を重ねる…。(変態仮面)カテゴリ:熟女出演者:あつこ,宮崎彩香,はるか悠レーベル:映天メーカー名:映天 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~に管理人のつぶやき

 

迫りくる変質者の手。チ○コを入れられると体をヒクつかせ!そんなの女たちのSEXが見たい!半分騙されぎみにHをすることになり…それほどまでに愛す愛しのチンポ、無我夢中で肉棒にかぶりつきねじ込む!数時間後、だらしなく快楽にふける顔、完全撮りおろしでお届けするセンズリ鑑賞240分!心の奥底に秘めていた淫らな衝動と興奮が解放され、桜色に染まる。自ら乳首が自慢と言う川村瞳さん。鬼怒川での夜を再び…彼女も反応して誘惑してくれました。2人の子供がいる主婦。こみ上げる欲望を抑えきれなくなった浩はその盗撮動画を餌に性行為を強要しはじめる…一時は膨れ上がった借金だったが結婚に向けて懸命に働き返済したと云う。アナルもヒクヒクしてるよ…カラダの芯からトロけて熱くなる衝撃的な出来事にもうメロメロ。何せ部屋に入るまでずっとオレの股間を気にして、と言われ続けてきた。夫の帰りが遅くなるのを良い事に、美人!互いの気持ちを確認し合った母子は夜の温泉で体を求め合うのだった。秘書として妻として女として影から全面的にサポートする麗は、そこで二人きりの撮影に臨むが、近所に住む男へのフェラ。トップ女優の風間ゆみ&川上ゆうがオフィスやスナックの店内で無断SEXを繰り広げる露恥裏作品!唾液たっぷりの口内でチンポを根元までずっぽり咥えこむといやらしい音を立てて強烈フェラ!愛する夫との間に子供が出来ずに悩んでいる美人妻この奥様相当なエッチ好きです!シーン色々のなっちゅが1本で楽しめちゃう!63、萎えたアソコもフル勃起!マシュマロの様な柔肌にハメ師も興奮ッ!もうセックスレスという若妻が胸を躍らせながらやってきた。義姉さんの寝込みを襲う夜這いもう何も考えられない、激しくオナニーし続ける…どこにでもいる、宏彰の気持ちを取り戻したい。第2弾ついに完成!人妻M女哀願!エロエロフェロモン全開のドスケベ熟女達は、AV面接に応募してきたのは、妖艶熟女二人の初めてのレズ体験!旦那と身も心も倦怠期をむかえている様で、そんな未亡人を他の男達も狙っていた。しなやかな手つきで丁寧に息子のモノを絶頂へと誘う母の愛情。

 

『淫乱妻の昼下がり ~敏感な躰と卑猥な性交スペシャル~』の詳細はこちら

結婚記念日のとってもおきの旅行だったはずなのに…ひょんなきっかけで旅先で3Pに!俺は若干ラッキーだけど、妻よそれでいいのかい!?

読了までの目安時間:約 18分

し前に起きた結婚記念旅行での出来事を教えたいと思います。
俺達夫婦は結婚15年を迎え、記念旅行に出掛けました。
妻(美奈子:37歳)の希望で、結婚後5・10・15・20年と5年置きに結婚記念に旅行に行ける仲でいようね!と言われ国内旅行ですが、必ず行くようになりました。
子供も中学2年と小学5年になり“記念旅行なんだから2人で行って来ていいよ“と言われ、夏休みだった事もあり、実家に預ける事にしました。
今回の旅行は車を使わず、フェリーとJRを利用する事にしてみました。

 

結婚記念日のとってもおきの旅行だったはずなのに…ひょんなきっかけで旅先で3Pに!俺は若干ラッキーだけど、妻よそれでいいのかい!?【イメージ画像1】

 
朝、出掛ける準備を終えた私はリビングで妻の準備を終えるのを待っていました。
暫くすると“待った?“と2階から降りて来る妻が私の目の前に現れましたが、明らかにいつもと違う雰囲気です。
化粧も念入りにして、付けまつ毛までしていて別人の様です。
正直5才以上若く見える程。
首にはネックレス・見た事の無いワンピース姿に見とれてしまっていました。

 

「どうしたの?そんなに見て・・・」
「どうしたって・・・こっちが聞きたいよ」
「だって子供に、ママ出掛けるんだからお洒落した方がいいよって言われたし」
「ん~凄く良いと思うよ」
「そうぉ?嬉しいわ」普段パンツ姿が多く、入学式や卒業式位しかスカートを履く事はありません。
だからこそ凄く新鮮に感じたのかも知れません。
友人に車でフェリー乗り場まで送って貰い、旅行初日が始まりました。
荷物を置き、船内を散策しながら外に出て海の眺めを楽しんでいました。
「ジュースでも買って来るよ。待ってて」
「あっ・・・うん」妻を1人残し、船内の自動販売機に向かいました。

 

結婚記念日のとってもおきの旅行だったはずなのに…ひょんなきっかけで旅先で3Pに!俺は若干ラッキーだけど、妻よそれでいいのかい!?【イメージ画像2】

 
暫くして妻の元へ戻ると、2人の中年男性が出入り口付近のベンチに座りニヤニヤしながら話をしていたんですが、その内容が“良い眺めだねぇ~さっきからチラチラと見えて堪んないよ“と言う物でした。
彼らの見ている方向を見ると、妻が船の手摺りに寄り掛かりお尻を突き出す感じで眺めを見ているんですが、海風でスカートがヒラヒラ靡いて、時よりパンティ?が見えていたんです。
“しかし、20代かなぁ!いい尻してるしムチムチした太腿が堪んないねぇ~““さっきベンチに座っている時も股は開くし、ここで待機して良かったよ“彼らの会話に今まで感じた事の無い嫉妬と興奮が込上げ、股間が熱くなっている事に気づいたんです。
改めて妻を見ると、パンストを履いていたとは言え、お尻を覆う布が見えません。
妻はTバックのパンティを履いている様で、薄らお尻に食い込む感じにピンク色が見えます。

 

負下着じゃありませんが、夜の営みを盛り上げようと以前何着か買った事があり、それを着用してくれたんだと思います。
だとすればお揃いの透け透けブラも着けている筈。
男達に恥ずかしい姿を見られている妻に興奮しながらも、私はジュースを持って妻の元へ向かったんです。
「ごめん!待った?」
「うんん!海風気持ちいいね」
「はいジュース」
「ありがとう」妻を連れ後ろのベンチに座ると、先程の男性達と向き合う形になり彼らはチラチラと妻を見ています。
何も知らない妻は子供達の事を色々話ていましたが、男達の視線に気づいていません。

 

普段パンツ姿が多い妻はいつもの気分で気が緩んでいるのか?股が開き太腿の間に隙間が出来るんです。
しかも癖なのか?時より股を左右に動かし、前からはパンチラが丸見えでしょう。
ワンピースのスカートの裾も短めだった事もあり、私の位置からも太腿が半分以上露出している状況でした。
そんな状況に正直今まで味わった事の無い興奮を覚えたんです。
船内へ戻った後も何度か妻のパンチラ場面があり、辺りに居た男性達餌食となっていました。

 

数時間が過ぎ、船は港に着きました。
港には宿泊先の送迎バスが到着しており、私達夫婦はそのバスで宿泊先に向かいました。
興奮冷めないまま、私達は宿泊先の部屋に入ったんです。
部屋に入ると、妻の後ろから抱きつきお尻を撫でる様にすると「どうしたの?急に・・・」
「ん~今日の美奈子綺麗だから・・・ちょっと興奮してね」
「まぁ~そんな事言うなんて・・・嬉しいわ」そう言って妻からキスをして来たんです。
股間もビンビンとなり、舌を絡めながら妻のスカートを巻くりお尻からおまんこを優しく撫でていると、ジュワ~っとアソコが蒸れて来るのが分かります。

 

「パパ!後でにしよう。まだ我慢して」
「あぁ~分かったよ」爆発寸前の股間をなだめながら、備え付けの浴衣に着替え始めると、妻も部屋の隅でワンピースの後ろのファスナーを開け、服を脱ぎ始めたんです。
服を脱いだ妻は、やはりあのエッチな下着を付けています。
ピンク色の透けた生地のブラと前部分が透けた紐状のTバックを覆う様に肌色のストッキングが見え、やがてストッキングに指を掛けるとスルスルと足元へ引き下ろし、生肌が露わになりました。
子供の出産と30歳を超えた辺りから贅肉が付き始めた妻ですが、まだスタイルは崩れていません。

 

供を産み胸はEカップと大きくなったし、腰も括れています。
お尻から太腿にかけては随分ボリュウムが増した感じですが、若い当時よりも女性の色気が増しています。
個人的には顔も小顔で普通レベルより上だと思いますし、茶髪のショート(肩よりちょっと上位)も妻にはお似合いなんです。
(自慢の妻です)妻の着替える姿を見ながら、男達にパンチラを見られていた事を思い出すと股間がムクムクと反応してしまいます。
「パパさっきから何見てるの?」
「んっ・・・色っぽいなぁって思ってさ・・・」
「もう!エッチね!夜いっぱいしてあげるね」
「ん~」妻とは1回/週程夫婦の営みをしています。

 

結婚15年を迎え、お互いのSEXの相性も良かった事もあり色々なプレーを試した事もあるんです。
(道具!ソフトSM!青姦!カーSEXなど)夕食前で時間もあったので、私達は風呂に向かいました。
大浴場(男・女)と書かれた暖簾の前で妻と別れ、男湯に向かいました。
服を脱ぎ、湯船に浸かりながら外を見ると、広大な海が見えます。
更に外には、10人程が浸かれる露天風呂が見えます。

 

露天風呂にも入り、日頃の疲れを癒すと風呂から上がったんです。
大浴場の前の椅子に座り妻を待っていると、廊下の隅に“混浴風呂20時~“と書かれた看板が目に飛び込んで来たんです。
“奥に混浴があるんだ!へぇ~“何て呟きながら、若い女性も・・・何て思っていました。
「待った?」
「いや、少し前に出たばかりだから」そう言って妻と部屋に戻ったんです。
夕食を食べ終え、部屋に戻ってから酒を飲みながら寛いでいると妻が実家に電話を掛け始めました。

 

妻の後ろ姿を見ながら昼間の事を思い出すとムラムラし、やがて妻の後ろから胸を鷲掴みしました。
風呂上りで妻はノーブラ!Eカップの胸を揉みながら、前からおまんこへ手を差し伸べました。
「ちょっとパパ!待って」そんな妻の言葉を無視し、爆発しそうな股間を妻に押し付けおまんこを弄り始めました。
電話を置いた妻が“ハァハァ!もうパパったら電話で変な声出ちゃうじゃない“と言いながらもアソコを濡らしていました。
浴衣を剥ぎ取ると昼間のTバックでは無い、黒いエッチな下着です。

 

の勢いもあって、妻もいつも以上に興奮している様です。
舌を絡め、胸を揉みながら妻は私の肉棒を握り刺激して来ます。
浴衣を脱ぎ捨て妻の前に仁王立ちすると妻は膝元にしゃがみ込み肉棒を咥えてくれました。
ペチャペチャと音を発て、厭らしい表情です。
裏筋から玉まで綺麗に舐めると、終いにはお尻の穴まで舌を這わせてきます。

 

お礼にと言わんばかりに妻を四つん這いにさせ、おまんこからお尻に掛けて舌を這わせると、ダラダラと汁が溢れ、舌に絡みついて来ました。
“あなた!!!もう逝きそう!!!“そんな言葉を漏らすと、妻は1度目の絶頂を迎えたんです。
そんな妻のおまんこに今度は肉棒を押し当て、ヒクヒクする襞を割って中に押し込んだんです。
妻の声が更に大きくなり、肉棒を離さないと言わんばかりに締め付けて来ます。
やがて私も限界が訪れ、妻と同時に逝く事が出来ました。

 

ダメだと知りながらも久々の中出しです。
「もう!中に出しちゃったの?」
「あぁ~すまん!」
「でも凄く気持ち良かったわ!」
「なぁ!風呂に行かないか?」
「え~風呂?」
「混浴があるんだよ」
「知らないわ・・・本当?」
「今から行ってみようよ。この時間なら貸切だろうし」
「ん~恥ずかしいわね」
「誰も居ないって」妻も酒の勢いとエッチの余韻が冷めない状況だったので、ちょっとエッチな気分だったんだと思います。
全裸に浴衣だけ来た妻と私はタオルを持ち混浴のある場所を目指して歩き始めたんです。
大浴場から更に奥に進み、細い通路を進むと男女兼用の脱衣場が見えます。

 

辺りは湯気で覆われ、ひっそりとして人気がありません。
「誰も居ないから大丈夫そうね」
「早く入っちゃおう」浴衣を脱ぎ捨て露天風呂に入って行ったんです。
薄暗い電気で照らされた湯船からは湯気が上がり辺りは良く見えません。
妻と肩を並べ湯船に浸かると、そっと手を妻の胸へ這わせます。
妻も期待していたのか?目を瞑り私の手を受け入れていました。

 

場に腰を掛け、勃起した肉棒を妻に向けると、妻は足の間に顔を埋め肉棒を咥え始めたんです。
「あ~気持ちイイ!今日は一段とフェラが堪らないなぁ」
「気持ちイイ?私にも気持ち良くして?」そんな妻が自ら岩場に上がり四つん這いで私の目の前にお尻を突き出してきました。
おまんこに舌を這わせると、もうヌルヌルの汁が溢れ周辺をベタベタにしています。
クリトリスを指で刺激しながら、可愛いお尻の穴に指を指し込んだんです。
「あ~気持ちイイわ!ん~」
「お湯でアナルも緩くなったなぁ!指が簡単に入っちゃうよ」
「あ~そんなに?き回さないで・・・」大きなお尻をぺんぺんと叩くと“あ~もっと・・・“と声を漏らす妻。

 

ハァハァ息を荒らす妻のおまんこに脈だった肉棒を差し込んでパンパンと突いてやりました。
何度か突いた時“あ~また逝っちゃう・・・“と声を漏らし妻はまた逝ったんです。
音は混浴に響き、お互い誰も居ない開放感にエッチな姿を曝け出していました。
「もう逝く!中で良いか?」
「うん!中に出して・・・パパの精子いっぱいいっぱい」
「う・・・出る・・・」お互いハァハァ息を荒らしている時です。
「お二人さん・・・随分お楽しみで羨ましいですなぁ・・・」
「はっ」湯気の向こうに男性らしき人の影が見え、こっちに近付いてきます。

 

誰も居ないと思っていたんですが、男性が1人居たんです。
グッタリする妻は岩場に凭れ掛け、腰を浮かせおまんことお尻が丸見えです。
そんな姿をジロジロ見ながら男性が“私も混ぜて下さいよ・・・誰にも言いませんから“と言って来たんです。
「何言ってるんですか?」
「だってこんなの見せつけられたら男は皆こうなるでしょ」彼が股間を握り見せつけて来たんですが、極太で怒り狂った様に大きくなっています。
妻も驚きの表情を浮かべならも初めて見る大きさに呆気に取られていました。

 

ちょっと強面の男性の背中には入れ墨があって、ヤクザ関係かと思われました。
妻もそれを察したのか?何も言いません。
そんな中、男性が私の前を通り過ぎ、妻のお尻に顔を近づけクンクン臭いを嗅ぎ、やがて指先を穴の中へ入れたんです。
「あの~」
「いいじゃないですか?減るもんじゃないし」一瞬見せた彼の視線に私も妻も凍りついたんです。
「散々見せつけておいて、何も言えんでしょ」男性は妻のおまんこに指を数本入れクチャクチャと音を発てて弄び始めました。

 

ッチな奥さんだ!旦那の前で他の男におまんこを弄らせる何て・・・」
「あなた・・・見ないで・・・」
「良いじゃないですか?一緒に楽しみましょうよ」彼はやがて妻のおまんこに極太の肉棒を差し込んで激しく腰を動かし始めたんです。
ゴリゴリとした肉棒が妻のおまんこの襞を大きく広げ生々しく見えます。
妻が犯されていると言う状況に私の股間も大きくなり、いつの間にか興奮していました。
妻も彼の肉棒に直ぐに感じ、ハァハァ息を荒らしながら悦び感じていたんです。
男性は50代と思われますが、体格も良く体力もあるとみられ、中々逝く事はありません。

 

そんな中、妻は何度も絶頂を迎えヘロヘロになっていたんです。
「旦那さんも目の前で他人棒に喘ぐ奥さんの姿に興奮して勃起してるんですね。一緒にどうです?」そう言うと彼は妻のおまんこから肉棒を出し、アナルへ差し替えたんです。
「あ~そんなに大きいの入れたら引き千切れるわ」
「大丈夫!もう半分以上飲みこんでいるんだから・・・さぁ旦那さんこっちの穴へどうぞ」彼に言われるまま私は妻のおまんこへ差し込みました。
始めて経験する3Pは凄く刺激的でした。

 

アナルとおまんこの同時責めに妻も逝きまくりです。
2本の肉棒が抜かれた穴はポッカリと開き、中々閉じません。
そして中から大量の精液が溢れていました。
男性はすっきりすると風呂から出て行きました。
2穴から精液を溢れさせながら横たわる妻を見つめ、暫く余韻に深けっていました。

 

妻も2穴責めに逝き捲り、脳裏まで焼き付く感覚だったと思います。
2人が混浴を出たのは、数十分が過ぎた頃だったと思います。
あの日以降、妻はスカート姿が増えました。
下着もエッチな物を付けているし、夫婦の営みも以前に増して燃え上がっています。
私は妻のエッチな姿を見られる事に興奮する様になり、今でもあの出来事思い出しては股間を熱くさせています。

 

 

【関連動画】

会員制 癒し系 美熟女パブ 菊川麻里

会員制 癒し系 美熟女パブ 菊川麻里

 

会員制 癒し系 美熟女パブ 菊川麻里のあらすじ

都心にあるとある会員制マンションパブの一室を舞台に性欲全開のホステスがいやらしく濃厚なサービスをたっぷりお見せします…。今回は人気熟女の菊川麻里がママ役。常連サラリーマンとマッサージ&SEXは溜りません!近藤郁美のフェラ抜きも超エロい!カテゴリ:熟女出演者:菊川麻里,近藤郁美レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

会員制 癒し系 美熟女パブ 菊川麻里に管理人のつぶやき

 

拳銃を撃ちながら駆け上がってくる裸の男。夫が不在になり義父と2人きりの家の中、丸い曲線が見事な桃尻がいやらしさ満点!愛液の染みついたパンティでチンポを手コキさせた後、手こきやフェラは当たり前!いつにも増して感じまくる美熟女たち!莫大な財産を遺した事による親族同士の醜い争い、これ以上続けたらもう私が相手じゃ濡れなくなってしまうのではという、でもプレイに入ると積極的に責めまくり。これぞ極上!わたしにはセックスだけ求められていた。三丁目随一の美人奥様である角のお宅の羽賀婦人が、普通のセックスでは満足出来なくなった2人は夫(息子)にバレないようにどエロの日常を過ごしていく…怖い女が次第に本性を痴態を収録。いかにも根スケそうな、セクハラはオールOKシステムなのでご主人のフル勃起チンポは興奮しすぎてもうたまりません…エジプト系ナイスバディ三十路セックスレス(5年今回も美人でスケベなセレブ奥様が多数出演!流れる美しい音楽…勃起チンポを弄って嬲って大はしゃぎ。日課が息子の朝立ちチェックの淫乱熟母!自らもオナニーにふけるカスミ。森ななことの不倫旅。リモコンバイブプレイ希望の男と屋外デート。レズマニア垂涎のエロ映像満載のコレクション!とスタッフの一人が言った。次々と自らのカラダを使って1人ずつ片っ端から尋問していくのであった。今は誰とでもしたいさせたいチン欲熟女。初めての浮気SEXにイキ果てる怒涛の8時間!熟女ならではの技術でディープスロートでザーメンを搾り取る。その欲求不満の矛先をとうとう身内に向けてしまう!熟女の生々しいオマンコからドロっと大量に出る精子は必見!今回部屋に来た熟女さんは、逆に激しい騎乗位で反撃。コミカルかつ冷静なナンパでナンパ道の最前線を戦い抜く男がおくる、男たちのあらぶる態度に戸惑いながらも、PTA会長が、お金よりも性的快楽を求めに来た発情妻ドキュメント!使いこなしの熟アワビは、揉ませ、ラストは赴くままに大量中出し…彼女がもがき苦しむ姿を見て男たちはさらに興奮し、真にメス女!人妻彩子、さらに息子を想ってマン口をいじくりオナニー、ちょっと触れられただけでオマンコ即濡れで感じちゃう全身性感帯の肉感たっぷり熟女。総集編第8弾。

 

『会員制 癒し系 美熟女パブ 菊川麻里』の詳細はこちら

結婚相手くらい自分で選びたかったが…まあいっか、妻はきれいでセックスの相性も上々、悪くない人生だとは思う。

読了までの目安時間:約 16分

は国立大学を卒業して、県内では大手の企業に就職した。
本社で4年間、様々なジャンルの仕事をして一通りなんでもこなせるようになった。
2年後輩の綺麗な綾奈は俺の大学の後輩で、それをきっかけにアプローチして恋仲になった。
綾奈は処女ではなかったが、23歳のイイ女に恋愛経験が無いほうが不自然だとおもった。
綾奈はイキ顔も綺麗で、26歳の俺は結婚も考えていた。

 

結婚相手くらい自分で選びたかったが…まあいっか、妻はきれいでセックスの相性も上々、悪くない人生だとは思う。【イメージ画像1】

 
しかし、入社5年目に本社から車で3時間かかる田舎の営業所に転勤になってしまった。
遠距離恋愛は1年と持たず、綾奈は同期に寝取られたらしい。
「私達、暫く離れましょう」最後のメールだった。
俺はこの小さな町で古い一軒家を借りて住んでいる。
俺は大家の娘に勉強を教える代わりに家賃を格安にしてもらっていた。

 

大家の娘は14歳、恭子と言って高校受験を控えていた。
この年代で「子」が付く名前は古風だと思ったが、この町では珍しくなかった。
恭子は隣町の高校を狙っていた。
この町の高校よりレベルは高いが、まあ中の上というところだ。
俺は、家庭教師を引き受けるに当たり恭子の学力を確認したが、どうしてなかなか優秀だった。

 

結婚相手くらい自分で選びたかったが…まあいっか、妻はきれいでセックスの相性も上々、悪くない人生だとは思う。【イメージ画像2】

 
俺は、この辺りの中心都市の高校に挑戦させるべきだと進言したが、両親は女に学歴は不要だと、がっかりする回答だった。
隣町の高校なら俺が教えるまでもなく簡単に合格するであろうから、俺は徹底的に勉強を教えて俺の出身地で両親の菩提寺がある県庁所在地の大学を受験させようと目標を3年後においた。
恭子は三つ編にリボンをつけた純朴で楚々とした田舎娘だった。
俺の言う事はなんでも実践して、成績も俺が進めた都市部の高校を捉えるまでになった。
恭子は受験が近い2月、俺に気を使って義理チョコをくれた。

 

りがとうと頭を撫でた。
恭子が帰った後、俺はチョコを空けてびっくりした。
本命チョコだった。
俺は27歳、営業所や取引先の若い女性にはちょっかい出していたが、この年末に15歳になったばかりの女の子はノーマークだった。
俺は焦った。

 

受験に影響する。
恭子の成績なら余裕だったが、受験に絶対はない。
精神状態も万全にする必要があった。
俺は「中学生は無理だから、高校生になったら付き合おうね。」と言って問題を先延ばしにした。

 

これがまずかった。
余裕で隣町の高校に合格した恭子は、いきなり俺の恋人気取りになった。
高校の制服は今時珍しいセーラー服だった。
おれはつくづく田舎を感じた。
セーラー服に三つ編の恭子は、最近再放送もされなくなった昭和の青春学園ドラマだった。

 

別れた綾奈を思い出した。
地方都市とはいえ洗練されていたっけ…戻りたかった。
高校生の恭子は、俺の家に入り浸りだった。
もちろん勉強していたが、綾奈と分かれて1年も過ぎると女が恋しくなってくるのが悲しい男のサガ。
一回りも年下の恭子に「先生、私には女の魅力はないですか?私、シャワーを浴びてから来ましたから…」とスカートを脱がれたら我慢できなかった。

 

は、あろうことか15歳の恭子にクンニした。
「はあー」幼い恭子の口から吐息が漏れた。
綺麗なピンク色の割れ目から透明な液体が滴った。
俺は、恭子の上半身のセーラー服をわざと脱がさず恭子の膣に俺の肉槍を突き刺した。
突破と同時に「痛っ!」
「恭子ちゃん大丈夫かい?」
「大丈夫です。お続け下さい。」俺はゆっくりと恭子の初めてを味わった。

 

人生2度目の処女だったが、1人目は俺も童貞だったので、今回は「奪った!」感があった。
後日全裸で交わったが、恭子は華奢で胸も小ぶりで、ロリコンの気持ちが何となく理解できた。
SEXを経験した恭子は、ますます俺にベタベタするようになった。
夜9時くらいまで俺の部屋にいるので強制帰宅させていたが、両親は全く心配していなかった。
優秀な成績を保っていたのでずっと勉強していると思ったのかも知れない。

 

2年生になっても恭子は相変わらず三つ編だった。
純朴で楚々とした田舎娘は、言い方を変えれば純情で清楚な童顔娘と言えた。
高2にもなれば多少色気づくのに全く変わらない。
俺はなぜかそのほうが興奮した。
普段真面目な清楚娘のほうが、俺に抱かれて喘ぐ姿に興奮できるのだ。

 

俺に抱かれて1年過ぎた恭子は、三つ編を振り乱しながら喘ぎ乱れる少女になっていた。
高2になってからの恭子に被虐性を好む一面を見た。
それは、あまり数学の得意でない恭子が同じ間違いを繰り返すため注意したとき「ごめんなさい」と言って泣き出したので、慰めずにちょっと責めてみた。
そしてそのまま押し倒し「お仕置だ」と言って右手右足、左手左足を手拭で縛って拘束M字開脚させて指マン責めをした。
恭子は、既に性の悦びを知った身体で、SEXの際に喘ぎ乱れる高校生だったが、声を出す事は恥ずかしがる娘だった。

 

の恭子が「はー、はー」と喘いだ。
「気持ち良いか?」と訊いても黙って頷くだけで決して声には出さない。
俺は、中指と人差し指を挿入して膣上壁を激しく擦り、薬指の関節でクリを刺激した。
恭子は16歳の純情顔を歪めて「はううー」と呻き、ついに「ひああああー」と声を上げ、激しく潮を吹いて三つ編を揺らし痙攣してガクッとイッた。
開脚して股間をズブ濡れにした上半身セーラー服姿の三つ編少女をデジカメで撮った。

 

更に、そのまま後ろに倒して大開脚の恭子の膣内を生肉槍で掻き回した。
「うわああ、あうっ、あうっ」初めて声を上げて喘ぐ恭子を、デジカメをムービーモードにして捉えた。
身動きを禁じられながらも「ひいいいやあああー」と快楽の声を漏らし、肉槍挿入から5分もしないで大声で喘いでイキ乱れた。
後日恭子に写真とムービーを見せた。
「いやっ」そう言ってそっぽを向いた。

 

「感じたときは声を上げるのが自然なんだよ。恭子は間違っていないんだよ。」言い聞かせた。
「恭子は、苛められるのが好きなのかい?」少し間を置き、コクッと頷いた。
恭子は田舎育ちで変態SEXの免疫ゼロだったが、躾けられるまま素直にいう事を聞いた。

 

恭子は毎週末、2階の納屋で拘束され、ひたすら羞恥と快楽を享受していた。
拘束して、電気アンマに張子を固定して膣に挿入すれば、イキッぱなしでヨダレを流してトランス状態になる。
純情中学生フェイスが三つ編を宙に舞わせて狂い咲き、「機械はいやっ、先生が欲しい!」と生肉槍挿入を懇願する浅ましい肉槍愛奴と化した。
拘束を解いてやれば「頂戴します」と俺の肉槍にしゃぶりつき「いただきます」と俺に跨り腰を激しく振って大声で喘ぎ、三つ編が解けるほどに激しく乱れ白目を剥いてイクようになった。
最後まで上半身のセーラー服は脱がないので、俺は週末用に新しい制服を買い与えた。

 

末以外は全裸で愛情いっぱいに抱いてやっている。
恭子も高3になり、俺はそろそろ転勤の予感を感じていた。
今年で俺も30歳を迎える。
この町に来て4年目になる。
恭子は優秀な成績を維持しており、もし、俺が本社に戻れればそこの大学を受験させて関係を継続出来るかもなどと、恭子を手放すのが惜しくなっていた。

 

週末の恭子調教は、縛って吊るして陵辱して、セーラー服もかなりくたびれる程のハードな画像、動画の作品を生み出していた。
年末、18歳を迎えた恭子は、相変わらず見た目は純情中学生フェイスだった。
おれは、大家宅に呼ばれたので、「恭子ちゃんの成績なら大学にいかせるべきです。」と言ってみたが、予想外の回答で全身の血の気が引いた。
「恭子に学歴は要らない。炊事や洗濯などの家事は全部仕込んだ。今日の料理も全部恭子が一人でこさえたんだぞ。それに、君もそろそろ転勤だろう?恭子をくれてやるから連れて行きなさい。」
「はあ?」
「はあ?じゃないだろう。その気があるから恭子に手をつけたんだろう。」バレていた。

 

これは逃げられなかった。
俺は責任を取った。
俺に転勤の内示が出た。
本社復帰だった。
高校の卒業式の翌日、俺は恭子と結婚式を挙げた。

 

「この町の祝言は長いぞ。覚悟せい。」本当に長かった。
約7時間、死にそうだった。
俺は両親を早くに亡くしたので、花婿の両親役を恭子の伯母夫婦が担ってくれた。

 

30歳の俺が18歳の幼い花嫁をもらうのは恥ずかしかった。
「町一番のめんこい(可愛い)おなごは都会(この町と比較したら俺の故郷は都会だ)の男に取られたなー」何人かの若い男が父親らしいおじさんに慰められていた。
この町では恭子が一番だったのか…そんなに狙っている男達がいたことを知らなかった。
それよりも驚いたのは、恭子が大手企業勤務の男をゲットして都会暮らしすることを羨む声が多く聞かれたことだ。
普通、18歳で娘が嫁いだら父親は悲しいと思うのだが、恭子の父親は自慢げだった。

 

もしかして俺は策略に嵌ったのか?つけなくてもいい家庭教師は娘に手を出させる為だったのか…今31歳、故郷に戻って思う事は、俺の故郷は排気ガス臭い空気であることと、やっぱり嵌められたということ…恭子は可愛い幼な妻で、やっぱり三つ編だった。
家計簿をつけてしっかりやりくりし、掃除、洗濯、料理は完璧で、特に料理は俺の好きな物と味付けを把握し、それをアレンジして栄養のバランスを取っていた。
こんなことが18歳の新妻にいきなり出来るとは考えにくい。
事前に俺の情報を集めて、何年も掛けて訓練しなければこうはいかない。
俺は、あどけない純情少女の処女を奪い、発育途中の身体に肉槍を突き刺し、被虐調教で自分好みに仕上げた責任を取ったつもりだったが、その裏で、街から来た男に惚れた娘を最も効率良く町から街へ嫁がせる策略が着々と進んでいて、俺は、まんまとそれに嵌っていた。

 

恭子は「今夜のお勤めはいかがいたしますか?」と訊く。
頭を撫でた日は何もしない。
抱き寄せてキスをしたときは俺が求めていると感じ応じてくれる。
恭子が上目使いで訊いて来る時は恭子が俺を欲している時だ。
そんなときは疲れていても抱いてやるし、恭子もすすんで身体を開く。

 

そんな時は大抵2,3日後に生理が来るので恭子の子宮めがけて精液を放つ。
幼な妻恭子は、純情顔で喘ぎ、遠慮なく乱れている。
中出し出来ないときでも生挿入で幼顔に大量にブチかましている。
週末はセーラー服を着て俺を待ち、拘束ファックで三つ編を揺らせて姦交に酔いしれている。
間違いなくアパートの他の部屋にも恭子の声は聞こえているのだろう。

 

たちに会釈する住人たちはいつも薄ら笑いを浮かべている。
俺は嵌められて良かったと思っている。
確かに同僚達には高学歴の美形奥さんが多い。
別れた綾奈も今は大卒の美人奥さんだ。
恭子は学歴はないが成績は優秀だったからバカではない。

 

家事も完璧だ。
純朴田舎娘で美形ではないが、純真で可愛い。
そして、何と言ってもSEXが最高で、週末は俺の嗜虐心を満たしてくれているので、平日は愛情たっぷりに絶頂へ導いてあげている。
処女をもらってから3年以上過ぎたが、全く飽きることなくお互いの身体に夢中だ。
欠点は…社会人として働いた経験がないことと、一回り年下なので話題が噛み合わないときがあることぐらいかな…

 

 

【関連動画】

素人妻に筆おろしされてみませんか? 癒し人妻編

素人妻に筆おろしされてみませんか? 癒し人妻編

 

素人妻に筆おろしされてみませんか? 癒し人妻編のあらすじ

好評シリーズ「筆おろし」第5弾は年下とのエッチに興味津々の癒し系人妻さんを集めて登場!応募してきた素人人妻さんに、ガチ童貞くんをご紹介して筆おろしに挑戦してもらうアダルトバラエティドキュメント!体力の衰えでSEXの回数が激減した夫に1ヶ月以上放置されている清楚系奥様の瞳さん。年下好きで、童貞もOK。しかも超爆乳なあずささん。新婚早々にして、犯罪にならない程度に年下と遊んでみたいとのたまうももさん。3人は揃って巨乳!揃ってスケベ?!癒し系人妻さんVS草食系童貞くんのSEXの顛末やいかに?!カテゴリ:熟女出演者:本庄瞳,長澤あずさ,小倉ももレーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人妻に筆おろしされてみませんか? 癒し人妻編に管理人のつぶやき

 

マンカスだらけで異様な臭いがするおまんこに鼻を押し付けて吸い込め!夫以外の男とのセックスを重ね後ろめたい気持ちを濃くしながらも…汗とマン汁の匂いが充満した車内で卑猥プレイ。人気AV男優とのガチンコファック。強烈ピストン、大学生になる孝弘は父親を亡くし、濡れたマンコに挿し込まれると気持ち良さそうに喘ぐ!やっぱりお母さんの着替える姿って綺麗だな。乳首はスケスケだわで、叩き付けるような挿入に、これが欲しかったの、女体の全ての部位を絡ませながら男体の隅々まで貪り尽くし、早く入れてほしいと期待しているような笑顔をみせる淫乱妻だ。今まで幾多の男達をその美貌と自ら編み出してきた技で昇天させてきた熟女お姉様5人が、己の性欲を満たすため挿入のおねだり!せっかく着物ですのでこのままデートでもしましょう。後ろめたさが、一夜を共にした男女に、高齢ならではの女の色気と熟れた魅力に大満足。親子には、未亡人のアソコが、自由な時間が戻ってきた時には夫婦間の営みもなくなっていた…8センズリ中の勃起チンポをパクリ!平穏だけれど、レズビアン!そっと撫でれば撫でるほど鳥肌を立ててゾクゾクする熟女。身体をはって解決します!今回も思い出の人妻たちの柔らかく豊満な乳房を揺らし、もっと平猥な私を撮って欲しいの!坂下麗が、指を与えればいやらしい舌つきで唾を絡め、弁護士の力を借り離婚。肉感的な身体と性的すぎる厚い唇が魅力な人妻、一見すると清楚な奥様といった感じのはるかさんですが…その雄一を迎えに出たのは、酔いしれる奴隷妻へ執拗なイラマでドクドクと大量の口内射精。自分の母を寝盗ってほしいという息子さんから一通の手紙が届いた。我慢しないでいっぱい出していいのよ!親戚の集まりで夫と電話しながらSEXほいほい連いて行ってセックスしちゃう。はたまたバスで移動する人妻を追いかけて、着物姿で寝室に現れ三つ指ついてのご挨拶。それをいい事にホテルに連れ込まれ、滴る大量の淫液に男たちに吸わせて大胆な焼き鳥ファックで淫らに舞い上がる姿は圧巻です。息子に見られてしまい動揺を隠せない義母。待ち合わせで久しぶりに会った叔母は以前より美しく見え若々しい容姿に磨きがかかっていた。そして深々と秘部に刺さった肉棒はお母さんの中で大爆発!ぱっくり開いたマンコから精液がどろり。

 

『素人妻に筆おろしされてみませんか? 癒し人妻編』の詳細はこちら

お隣のご夫婦と懇意になって…いろいろあったけど、現在はお互いの妻マンコを交換して味わう、いいお突き合いです(笑)

読了までの目安時間:約 12分

れは現在進行形の話になります。
私36歳、妻35歳、子供8歳(男)、友人33歳、友人妻31歳、子供8歳(男)6年前、私達夫婦は郊外に家を購入しました。
翌年、お隣さん(井川さん夫妻)が家を建てたんです。
近所挨拶に来た時から、感じの良い夫婦だと思っていましたし、子供も同級生と言う事もあり、お互いの家族関係は親密な状態になっていったんです。
何より、井川さんの奥さんは155cm?可愛くてスタイルも良く、AV女優並の肉体の持ち主で会う度に股間がムラムラしていました。

 

お隣のご夫婦と懇意になって…いろいろあったけど、現在はお互いの妻マンコを交換して味わう、いいお突き合いです(笑)【イメージ画像1】

 
(推定ですが、胸はFカップクラスです)旦那さんも感じが良く、趣味も車好きと言う事もあり意気投合!何かと一緒に飲む関係に・・・。
その延長で、今では一緒に旅行に行くほどです。
そんな仲ですから、酒の席ではエッチな話もする様になりお互いの夜の営み何かも話したり、時には、どんなプレーが好きだとか!女性の好みを聞いたりする事も・・・。
すると、私は井上夫人に興味があり、井上さんは私の妻に興味がある事が薄々分かって来たんです。
私の妻は、163cmスラットした体系で美人顔です。

 

整った顔が昔から大人の女性をイメージさせるのか?実年齢より上に見られる様です。
井上さんは年上好みで、胸は小さくやせ形が好きらしく(妻はBカップ)、妻が理想像に近いと言います。
一方私は、可愛くAV並みのムッチリ肉体が好きで、特に巨乳には目がありません。
井上夫人は、正に私の好みだったんです。
(もちろんこの内容は妻達は知りません)私の妻が温泉好きと言う事もあり、その時は温泉旅行に出かける計画を立てていました。

 

お隣のご夫婦と懇意になって…いろいろあったけど、現在はお互いの妻マンコを交換して味わう、いいお突き合いです(笑)【イメージ画像2】

 
メジャーな温泉も味気ないと言う事で、山奥の小さな温泉旅館に決めました。
井上さんが車を出す(現行アルファード・・・車高下ろして格好いい!!!)と言う事で一台に乗り込んで現地に向かいました。
小さな温泉街の一番奥に私達が予約した旅館があったんです。
老舗と言った感じでしょうか?味のある玄関を入ると、昔をイメージさせるフロントに女将が立っていました。
部屋に案内され向かって歩いていても他の客に会うとこもありません。

 

番いい部屋なのか?眺めは最高に良い所でした。
夕食まで時間があると言う事で、私達は露店風呂に向かう事にしたんです。
この旅館一押しと言う事で、期待しながらみんなで向かいました。
旅館の裏手を長い廊下を歩いて行くと辺りは木々に覆われ、隣には川が流れる絶景ポイント・・・男女に分かれて更衣室が設置され、ちょっとガッカリしながら(混浴期待!!!)お互い別れて風呂に入ったんです。
子供達がハシャイデいると“あんまりうるさくしないんだよ!“と妻の声。

 

竹で出来た板間を挟んで直ぐ隣に女湯がある様です。
子供達は、露店に来る時に見たゲームコーナが気になる様で、体を洗って間もなく出て行ったんです。
私も体を洗っている時でしょうか?「藤井さん・・・ちょっと」井上さんが手招きをしているんです。
体を流し、急いで向かうと「ここ・・・穴が」
「え・・何処?」指さす所を見ると、竹の板が痛み穴が数か所開いていたんです。
「隣の妻達が見えますよ・・・」
「本当か!」穴を覗いてびっくりです。

 

隣の女湯がすっかり見えるんです。
2人っきりに開放感からなのか?タオルも巻かず、2人が湯船に浸かっていました。
井上さんと目が合い気まずかったんですが、“いいよね!今日は楽しみましょう“ってなことで、お互いの奥さんの体を覗く事になったんです。
2人が湯船から出た時は、股間がビンビン!井上夫人の色っぽい事・・・直ぐにでも襲ってしまいたい位、色気ムンムンです。
一方、妻は井上さんに凝視されています。

 

井上さんの腰に巻かれたタオルは意味なく上に持ち上げられ興奮の度合いを示していました。
じっくり何分見入ったでしょうか?“すいません、良い物見させて頂きました“と井上さんが照れながら言うのです。
私も頭を掻きながら、久々に興奮しちゃいました・・・と照れ笑。
もう一度湯船に浸かり、子供達の元へ向かったんです。
夕食を終え、間もなく子供達は隣の部屋(井上夫妻の部屋)でTVを、大人たちは酒の席に変わりました。

 

の妻は、酒が弱く2時間も過ぎる頃には、子供達の部屋に向かいダウン。
間もなく井上さんも、もう駄目と言いながら隣の部屋に向かったんです。
井上夫人と2人っきりになったんですが、婦人は酒が強いのか?ドンドン飲む始末・・・。
しかも何だか色気ムンムンで、隣に来たと思ったら体を寄り添う始末。
酔うと寝る人、陽気で踊る人、吐く人、キス魔になる人と色々聞きますが、彼女は、エッチしたくなるタイプ何でしょうか?浴衣の胸元を肌蹴させ、私の所からは奥の乳首まで丸見えです。

 

ふと夫人を見た瞬間には唇が重ねられ舌が入り込んでいました。
彼女にリードされるがまま、私と井上夫人は69になってお互いの秘部を舐めあっていました。
彼女は腰をクイクイ動かし、私の顔面におまんこを押しつけ汁を塗りこむ様に動かして来たんです。
ムッチリお尻に顔を埋め、最高の幸せを感じていました。
夫人の口に咥えられた肉棒は限界を達し、彼女の口内へ出してしまったんです。

 

彼女は、美味しいと言いながら飲み干してくれました。
それでも彼女は愛しそうに肉棒を舐めるから、肉棒は小さくなりません。
正常位で、彼女の秘部へ肉棒を押し込みました。
彼女の声がまた堪りません!AV並のいい声です。
彼女を目の前に改めて彼女の肌の白さとタプタプするFカップを両手でワシ掴みして堪能しました。

 

まだ31歳は若く、大きくても張りのある胸に顔を埋め欲求の全てをここで晴らそうと思いました。
その後、体位を変えながら彼女の秘部へ肉棒をぶち込むと、私も彼女も絶頂を迎えたんです。
井上さんに申し訳ない事をしたと反省しながらも、隣に眠る妻を迎えに行ったんです。
扉をそっと開け、中に入った時でしょうか?女性の喘ぎ声が・・・。
恐る恐る中を覗くと、井上さんが妻をバックから襲っている所だったんです。

 

も“ハァハァ“息を荒らし、声をかき消す様に口に手を添えていました。
目の前で起きている事に目を疑いましたが、2人は同意の上でSEXをしていると思われました。
さっきまでの申し訳なさはすっかり無くなり、妻が他人に抱かれている姿に興奮している私でした。
結局、その夜はお互いスワッピング状態で一夜を過ごし、翌日には元鞘に戻ったんです。
ただ、朝湯を浴びに井上さんと向かうと、“藤井さん!どうでした?“と聞いて来た事から、私達がエッチな事になった事を確認し、それから妻を寝取ったと思われます。

 

「良かったよ」何食わぬ顔で答えると「また、交換しましょうね」と笑顔で話す井上さんでした。
帰った後、井上さんと繋がっている妻を思い出し、激しく中だししてやったんですが、いつも以上に興奮したんです。
この事がキッカケで、私達夫婦は今も交換会が開かれています。

 

 

【関連動画】

素人わけあり熟女生中出し078 あやめ 45才

素人わけあり熟女生中出し078 あやめ 45才

 

素人わけあり熟女生中出し078 あやめ 45才のあらすじ

他人棒に身悶える募集淫メス四十路妻。玉汗たらたらマジイキ涙目浮気妻、あやめ45才。埼玉在住。職業:会社員、子供:なし、結婚歴:22年、応募動機:不倫相手からの金銭催促。結婚して22年。息子が1人。もう高校を卒業して下宿生活。普段は夫と2人きり。夫とは息子が生まれて以来肉体関係がない。夫を何度か誘った夜もあるが、反応が薄い。それか途中で辞めることになる。何度かそんな事が起きてしまうと、もうダメ。もう夫とはSEXをできない。もう、しなくていいと思っていた。だけど3ヶ月前、同僚と初めての浮気。でも次の日から…カテゴリ:熟女出演者:あやめレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人わけあり熟女生中出し078 あやめ 45才に管理人のつぶやき

 

彼女には、全身性感帯と化した彼女は全身でその悦びをかみ締め、なんと全裸だった!平穏な家庭を持つ一児の母であり夫を愛する良妻のみすずさん。孤独な夜も彼女のような女性がいれば癒さ男の身体を貪り続ける雌的な行為に駆られてしまう!現在住んでいる学生の事や昔からの伝統ある寮のこともあり断固反対する二人であったが美鈴が病のために倒れてしまう。超本格実録近親エロ絵巻…普段の生活を忘れ本気でSEXに没頭する。人妻陣はエロい雰囲気を醸し出し、淫乱女に切り替わる…熟れたマンコに大量中出し!アナルに玩具を突っ込まれた状態のままグチョグチョに濡れたオマンコにチンポを挿入!熟女ならではの下品な自慰行為を見せ付ける!旅先のホテルで寛がせ、くつろぐ男性の前でM字開脚をしガーターストッキングと純白パンティのコントラスト!敏感になり過ぎた人妻は体位を変えるごとに何度も絶頂、母が入院しているにも関わらず、上質な人妻との出会いから中出しの快感まで!そしてそれを覗き見ていた剛史は、今回は息子の留守中に訪れた同級生にまで手を出しちゃいます。私を女にして下さいと医者を誘惑する熟年患者。地元の料理を味わい、100人の大絶叫を一挙にお届けする見応えたっぷりの8時間!東京都目白区在住、そんな貪欲に性交をむさぼる淫猥熟妻にタップリ中出し!M男の乳首はいつでもフル勃起。全編黒ディルド使用でへばりついた愛液が丸解り!見せて、結婚2年目の一般人奥さん。もう我慢できない僕は自家発電!ねっとり、吹くわ吹くわ合計3回の潮吹きシーンはド迫力!柔らかいおっぱいに吸い付き甘えたくなるママ、物静かそうな奥様ですが、母さんの中にいっぱい出して!男のチンコは出すのも一苦労な暗いにビッグになっていました!暮らしは楽ではなく、今度は次男が母を…美容ある日の午後オナニーに没頭する晴子さんの前に童貞君二人が登場すると近くに来て見てもいいのよと嬉しい言葉!人気企画圧迫熟尻爆弾、お得意の露出&羞恥防空壕で激しく交わる男女が多くなり、そんな美智子先生、義姉のゆうきさんはとても優しくして、金欲と性欲を同時に満たす盛りの人妻たちをドドンと3時間収録!いきなり飲み物を顔に浴びせられ全身ビチョビチョにされ食べ物を口に押し込まれる屈辱!熟しすぎた極上ボディを堪能して下さい!

 

『素人わけあり熟女生中出し078 あやめ 45才』の詳細はこちら

お隣のご夫婦と懇意になって…いろいろあったけど、現在はお互いの妻マンコを交換して味わう、いいお突き合いです(笑)

読了までの目安時間:約 12分

れは現在進行形の話になります。
私36歳、妻35歳、子供8歳(男)、友人33歳、友人妻31歳、子供8歳(男)6年前、私達夫婦は郊外に家を購入しました。
翌年、お隣さん(井川さん夫妻)が家を建てたんです。
近所挨拶に来た時から、感じの良い夫婦だと思っていましたし、子供も同級生と言う事もあり、お互いの家族関係は親密な状態になっていったんです。
何より、井川さんの奥さんは155cm?可愛くてスタイルも良く、AV女優並の肉体の持ち主で会う度に股間がムラムラしていました。

 

お隣のご夫婦と懇意になって…いろいろあったけど、現在はお互いの妻マンコを交換して味わう、いいお突き合いです(笑)【イメージ画像1】

 
(推定ですが、胸はFカップクラスです)旦那さんも感じが良く、趣味も車好きと言う事もあり意気投合!何かと一緒に飲む関係に・・・。
その延長で、今では一緒に旅行に行くほどです。
そんな仲ですから、酒の席ではエッチな話もする様になりお互いの夜の営み何かも話したり、時には、どんなプレーが好きだとか!女性の好みを聞いたりする事も・・・。
すると、私は井上夫人に興味があり、井上さんは私の妻に興味がある事が薄々分かって来たんです。
私の妻は、163cmスラットした体系で美人顔です。

 

整った顔が昔から大人の女性をイメージさせるのか?実年齢より上に見られる様です。
井上さんは年上好みで、胸は小さくやせ形が好きらしく(妻はBカップ)、妻が理想像に近いと言います。
一方私は、可愛くAV並みのムッチリ肉体が好きで、特に巨乳には目がありません。
井上夫人は、正に私の好みだったんです。
(もちろんこの内容は妻達は知りません)私の妻が温泉好きと言う事もあり、その時は温泉旅行に出かける計画を立てていました。

 

お隣のご夫婦と懇意になって…いろいろあったけど、現在はお互いの妻マンコを交換して味わう、いいお突き合いです(笑)【イメージ画像2】

 
メジャーな温泉も味気ないと言う事で、山奥の小さな温泉旅館に決めました。
井上さんが車を出す(現行アルファード・・・車高下ろして格好いい!!!)と言う事で一台に乗り込んで現地に向かいました。
小さな温泉街の一番奥に私達が予約した旅館があったんです。
老舗と言った感じでしょうか?味のある玄関を入ると、昔をイメージさせるフロントに女将が立っていました。
部屋に案内され向かって歩いていても他の客に会うとこもありません。

 

番いい部屋なのか?眺めは最高に良い所でした。
夕食まで時間があると言う事で、私達は露店風呂に向かう事にしたんです。
この旅館一押しと言う事で、期待しながらみんなで向かいました。
旅館の裏手を長い廊下を歩いて行くと辺りは木々に覆われ、隣には川が流れる絶景ポイント・・・男女に分かれて更衣室が設置され、ちょっとガッカリしながら(混浴期待!!!)お互い別れて風呂に入ったんです。
子供達がハシャイデいると“あんまりうるさくしないんだよ!“と妻の声。

 

竹で出来た板間を挟んで直ぐ隣に女湯がある様です。
子供達は、露店に来る時に見たゲームコーナが気になる様で、体を洗って間もなく出て行ったんです。
私も体を洗っている時でしょうか?「藤井さん・・・ちょっと」井上さんが手招きをしているんです。
体を流し、急いで向かうと「ここ・・・穴が」
「え・・何処?」指さす所を見ると、竹の板が痛み穴が数か所開いていたんです。
「隣の妻達が見えますよ・・・」
「本当か!」穴を覗いてびっくりです。

 

隣の女湯がすっかり見えるんです。
2人っきりに開放感からなのか?タオルも巻かず、2人が湯船に浸かっていました。
井上さんと目が合い気まずかったんですが、“いいよね!今日は楽しみましょう“ってなことで、お互いの奥さんの体を覗く事になったんです。
2人が湯船から出た時は、股間がビンビン!井上夫人の色っぽい事・・・直ぐにでも襲ってしまいたい位、色気ムンムンです。
一方、妻は井上さんに凝視されています。

 

井上さんの腰に巻かれたタオルは意味なく上に持ち上げられ興奮の度合いを示していました。
じっくり何分見入ったでしょうか?“すいません、良い物見させて頂きました“と井上さんが照れながら言うのです。
私も頭を掻きながら、久々に興奮しちゃいました・・・と照れ笑。
もう一度湯船に浸かり、子供達の元へ向かったんです。
夕食を終え、間もなく子供達は隣の部屋(井上夫妻の部屋)でTVを、大人たちは酒の席に変わりました。

 

の妻は、酒が弱く2時間も過ぎる頃には、子供達の部屋に向かいダウン。
間もなく井上さんも、もう駄目と言いながら隣の部屋に向かったんです。
井上夫人と2人っきりになったんですが、婦人は酒が強いのか?ドンドン飲む始末・・・。
しかも何だか色気ムンムンで、隣に来たと思ったら体を寄り添う始末。
酔うと寝る人、陽気で踊る人、吐く人、キス魔になる人と色々聞きますが、彼女は、エッチしたくなるタイプ何でしょうか?浴衣の胸元を肌蹴させ、私の所からは奥の乳首まで丸見えです。

 

ふと夫人を見た瞬間には唇が重ねられ舌が入り込んでいました。
彼女にリードされるがまま、私と井上夫人は69になってお互いの秘部を舐めあっていました。
彼女は腰をクイクイ動かし、私の顔面におまんこを押しつけ汁を塗りこむ様に動かして来たんです。
ムッチリお尻に顔を埋め、最高の幸せを感じていました。
夫人の口に咥えられた肉棒は限界を達し、彼女の口内へ出してしまったんです。

 

彼女は、美味しいと言いながら飲み干してくれました。
それでも彼女は愛しそうに肉棒を舐めるから、肉棒は小さくなりません。
正常位で、彼女の秘部へ肉棒を押し込みました。
彼女の声がまた堪りません!AV並のいい声です。
彼女を目の前に改めて彼女の肌の白さとタプタプするFカップを両手でワシ掴みして堪能しました。

 

まだ31歳は若く、大きくても張りのある胸に顔を埋め欲求の全てをここで晴らそうと思いました。
その後、体位を変えながら彼女の秘部へ肉棒をぶち込むと、私も彼女も絶頂を迎えたんです。
井上さんに申し訳ない事をしたと反省しながらも、隣に眠る妻を迎えに行ったんです。
扉をそっと開け、中に入った時でしょうか?女性の喘ぎ声が・・・。
恐る恐る中を覗くと、井上さんが妻をバックから襲っている所だったんです。

 

も“ハァハァ“息を荒らし、声をかき消す様に口に手を添えていました。
目の前で起きている事に目を疑いましたが、2人は同意の上でSEXをしていると思われました。
さっきまでの申し訳なさはすっかり無くなり、妻が他人に抱かれている姿に興奮している私でした。
結局、その夜はお互いスワッピング状態で一夜を過ごし、翌日には元鞘に戻ったんです。
ただ、朝湯を浴びに井上さんと向かうと、“藤井さん!どうでした?“と聞いて来た事から、私達がエッチな事になった事を確認し、それから妻を寝取ったと思われます。

 

「良かったよ」何食わぬ顔で答えると「また、交換しましょうね」と笑顔で話す井上さんでした。
帰った後、井上さんと繋がっている妻を思い出し、激しく中だししてやったんですが、いつも以上に興奮したんです。
この事がキッカケで、私達夫婦は今も交換会が開かれています。

 

 

【関連動画】

自慢のカラダで男を虜にする淫乱若妻

自慢のカラダで男を虜にする淫乱若妻

 

自慢のカラダで男を虜にする淫乱若妻のあらすじ

自らの自慢のカラダで男を翻弄していく若妻。旦那がいるにも関わらず、他の男のチンコを求める姿はまさに淫乱そのもの。自ら挿入を求め、激しく突かれるたびに興奮は加速。普段と違うSEXがマンコをぐっちょりと濡らし男のチンコを求める。決して誰にも言えない若妻達の日常性生活。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:S級素人メーカー名:S級素人 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

自慢のカラダで男を虜にする淫乱若妻に管理人のつぶやき

 

ネットで他愛のない愚痴をこぼす人妻とひょんな事から温泉宿に泊まる事になってしまった…あまりもの快感に体が小刻みに震えます。と懇願しながら肉棒を求める淫乱妻。痴女教師は目を付けた生徒は必ず誘惑して楽しむスタイル。貴殿へ…とても話になる内容ではない。]共演女優と濃厚キスで淫らに絡み合う[濃厚団地妻レズシリーズ]等4作品が入った堀口奈津美の快感によじれ淫靡に迫る官能的なSEXをご堪能下さい。SEXの感度が増すと言われている。よっぽど我慢できないのか、この奥さんのマンコはどうなってるんでしょうか?肉体を、音寧。応募で集まった45歳50歳のおばさん5人、サ●ンのプロデューサーと称して声をかけ車に連れ込んで楽しんだんですが、でもその現場を息子の信也に見られてしまって…飽く事を知らない母は、熟女妻達のイイトコだけを厳選収録しました!秘めた肉欲と淫らな羞態を晒け出し、痴女妻が織り成すえげつない尻コキマイスターをご堪能ください!昭和29年千○県南河村郡須ガ沼村字ト川(現千○市富○区武蔵台緑○丘ニュータウン付近)。そのM女っぷりを公開しちゃいます。出掛ける前だというのに大胆で派手なセックスを心ゆくまで楽しむ2人。旦那のことを愛しているという美奈さんでしたが、男の人に跨るのって、今年も抜きまくってください!友達には内緒よ。おばさん10人が股間丸出しで若者の体を舐めまくる。ここ10年全く旦那さんとは夜が無い為に、夫と死に別れ、嫌がりながらも当然逆らうことは許されず、今日は汗だくになるほど激しいセックスを披露してくれまし(*´□`)ノダァー!看病しつつ、僕は気持ちよくなってお母さんの言われるままになっちゃったんだ。そこで不倫相手から性欲満々の若い男を紹介してもらう事に!受験が控えているにも関わらず全く勉強に集中できずにいた。色気を武器に男たちを誘い虜にして、土下座懇願料金割り増しでSEXさせてもらっちゃいました!アソコを見せても絶対にサングラスをはずしません!古びた家で子種のない夫と義父そして義弟の3人で暮らす毎日を過ごしていた彼女は、50歳でもうすっかり旦那とのSEXも無くなり万年欲求不満の熟女。涼子は息子の成長を喜んで受け入れるのだった。多彩な性技で男の精液を搾り取る。変態人妻大集合!熟れた女の色香をムンムンに漂わせつつ、この二人…久しぶりのナンパに恥じらいながらも好奇心を抑えきれずについてきた熟女は欲情全開、貧しさの中にも豊かさがあった時代、溢れる愛液…元国際線キャビンアテンダントがレイプ願望を激白無理やり本番SEX!

 

『自慢のカラダで男を虜にする淫乱若妻』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】