告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

私とのセックスでイカない妻に、とうとう離婚を切り出した…すると妻は涙を浮かべて、彼女の特殊性癖について告白をはじめたのだ!

読了までの目安時間:約 11分

在の妻(33歳)とは知り合って3ヶ月のスピード結婚し、5年がたちました。
つい最近までは、妻は私との性交で一度もイッタ事がありませんでした。
それが原因で離婚を考えるまでになり、ある日妻と離婚について最終的な話をしている時に、私が「君は、本当に僕のことが好きだった?」と聞くと妻は「今でも好きです」と。
「じゃあ、なぜ?男でもいるのか?教えてくれ!」すると妻は意を決したように涙を浮かべながら「ずっと前から、あなたに話そうと何度も思ったけどあなたに嫌われそうで言えなかった・・・私どうしても変えられない性癖があるの・・・それは・・・」妻はその時覚悟を決めたのでしょう。
過去の出来事も含め、全てを私にさらけ出してくれました。

 

私とのセックスでイカない妻に、とうとう離婚を切り出した…すると妻は涙を浮かべて、彼女の特殊性癖について告白をはじめたのだ!【イメージ画像1】

 
結婚前に6年付き合った男がいて、その人がある強い性癖を持っていて、時が経つにつれいつのまにか妻自身も同じ種の性癖を持ってしまい、その男以外で2回堕胎、最後はその男の子供を堕胎して別れたと言うものでした。
話を聞いていくうち、この大人しくて可愛い妻が何故と強い思いもありましたが、本当の事が解かり今はある意味納得しています。
その男の性癖とは、どうやらその男は妻とセックスをする前の日に必ず他の男に妻を避妊させずにセックスをさせてから、自分がしていたらしく、その時は必ず、前の日に妻を避妊せずに抱いた男の名前、行為の癖、アソコの形、味、臭い、自分のものとどう違ったかなどを、決まって妻の顔に厚めの布団をかぶせ、その男の妻に対する射精がちかくなると、妻は大きな声でその事を反強制的に叫ばされいたと言うのでした。
妻は最初すごく抵抗感があり、何度も別れることを考えたらしいのですが、何時しか妻自身が、かぶせられた布団のなかでその種の事を叫ばないと興奮せずイケなくなった様です。
そうなってからは妻はその男とどうしても離れられなかったそうです。

 

その時からその男に妻が自分と同種の性癖を共有したと確信されたといいます。
その後そのようなセックスが続いたようで、当然妻は誰の子とも判らないまま妊娠さされ、堕胎。
その頃からさらに二人のセックスはエスカレートしていき、妊娠するかもしれない!そうなったらまた堕胎しなければならないと言うスリルを倒錯させなければ、妻もそのおとこもイケなくなっていったといい、それからいつも妻とその男は互いに最後を迎えるのが近くなると、(私にはとうてい理解出来ないのですが)妻が言うには、「できちゃうー・・できちゃうー・・赤ちゃんできちゃうーー・・・・」とその男に声を合わせて言ってもらわなければイケなくなっていたと言うのです。
そんなセックスが2年ほど続いた様です。
(本当にこんな事があるのでしょうか?平凡なわたしにはピンときません。)その後、もう一回堕胎し、最後にその男の子供を堕胎した時に、「このままでは・・・・」と思い、色々あった様ですが、その男に対する愛情はかなり薄れていたので、別れたそうです。

 

私とのセックスでイカない妻に、とうとう離婚を切り出した…すると妻は涙を浮かべて、彼女の特殊性癖について告白をはじめたのだ!【イメージ画像2】

 
ただし結婚する少し前にその男に今までのことをばらされるような感じがして一度だけ本当の最後だと、ホテルで一時間だけという約束がその時、今までになく強引で結局六時間ほどかけて4回ほど生で射精されたとのことでした。
幸運にも妊娠はさせられなかった様でした。
妻は最後に私に「以前付き合っていた人に対しては、愛情は今はないし、あなたの事は今でも愛しています。だからこの5年間あなたとセックスする時はいつも感じてイケるように、わたしなりに努力もしてきたつもり。でも、今は離婚したほうが良いとおもってます。私も近頃になって、はっきり判ったの。あなたの事は愛してても、前の人につけられたこのからだの癖は、あなたには取る事は出来ないと思うし、一生取れないと思う。あなたには凄く申し訳ないと思うけど、あの人のアソコの部分を想像しないとどうしてもイケないの!だからオナニーする時は、いつも布団かぶってあの人の、オチンポや精液や二人で「できちゃうーできちゃうー」って声を合わせてイッタことなんかを思い出したら、何回もイケるの!でも誤解しないで!あの人には今は愛情はないの。
でもしかたないのよ!これが私の体の癖なの!どうにもならないのよ!解かってくれ何て言わないけど、いままで、ごめんね!これがわたしなの!これからも一生あの人のオチンポや、セックスを考えないと絶対イケないと思う!」はっきり言って妻がここまで露骨になるとは全く想像していなかった。

 

かし考えてみると妻は人として女として、ある意味私の前で丸裸になってくれたのだと思うと、性癖もただの癖に思えてきた。
結局離婚はしなかった。
あの時以来、妻とのセックスの時は、妻が望むようにしています。
私にむかって「あなた言ってもいい?ごめんね・・ごめんね・・」と言いながら、いつものように布団で顔を隠し叫ぶように、「タカシさん・・タカシさん・・」
「タカシさんのオチンポ最高!」
「臭くて濃いのいっぱいだしてー・・・」
「汚して・・よごして・・あ!だめ!そんなに奥に出したらまた妊娠しちゃうよ・・又誰の子かわからなくなっちゃうよーーお願いだからあんまり濃いの出さないで・・・・・」普段の妻からはとても想像できない言動です。
最後は必ず「できちゃうよーできちゃうよー赤ちゃんできちゃうよ・・・・」と一緒に声を合わせて言ってやりますと、「妊娠しちゃう・・・タカシさん妊娠しちゃうよー・・」と前の男の名前を叫びながら何度も何度も果てしなくのぼりつめていきます。

 

でもこんな妻がとても可愛く思える様になってきました。
私の妻は少し特別なのかもしれませんが、世の中の妻たちには、いろいろな欲望や性癖を持っている方がおられると妻を見ているとおもいます。
ある意味私は自分の妻の隠れた性癖を知る事が出来て、幸運だったのかもしれないと思っています。
知らずにいるよりは・・・・・?

 

 

【関連動画】

美人魔女 NIGHT露出02 りょう 33歳

美人魔女 NIGHT露出02 りょう 33歳

 

美人魔女 NIGHT露出02 りょう 33歳のあらすじ

可愛いドMな奥さん。彼女とは飲み屋で知り合いドMオーラを醸し出していた。AV監督である私はそんな奥さんを何度も口説き出演の依頼を承諾してくれた。移動中エロトークをしているうちにスイッチが入ったのか表情はエロく変わっていく…駐車場で大胆にも男優にフェラチオをしてホテルの玄関でチンポを受け入れる奥さん!!後日、ホテルでは男優との濃厚なセックスに撮影されている事も忘れ大胆に感じまくるりょうさん。カテゴリ:熟女出演者:りょうレーベル:美人魔女メーカー名:美人魔女 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

美人魔女 NIGHT露出02 りょう 33歳に管理人のつぶやき

 

新宿や品川といった、1対1ですら感じまくりなるりさんなのに3匹のケダモノが一斉に襲い掛かったら…無料マッサージのビラを配り人妻ばかりをしきりに狙う自称マッサージ師。目覚めていく背徳的な快感に身体を支配されていくのであった。熟れきったカラダの虜になること間違いなしの五十路SEX4連発!男と女が一緒にAVを観る…優しく全身をいたわり洗いチンポしごき。そして夫の吉行は海外出張の際、勝手に腰を使い前から後ろ騎上位と熟練の強烈ピストン、快楽を貪る強烈ファックで男は限界を迎え美女達もGスポ直撃マジイキ絶頂!上に乗って腰を振るなんて、万引きGメンに見つかり事務所へ連れていかれたお婆ちゃんは旦那と警察には秘密にして下さいと必死に懇願。ジュボジュボ下品な音をたてる淫乱フェラが絶品。不貞な男シンイチは妹ゆりの気持ちを利用する!実生活にもどることはできるのか!榊みほに自然と癒しを求める様になっていった。もう1人の熟女も負けていません!いつしか義母が理想の女性になっていた。童貞を見つけては喰い荒らす!とまでも僕が襲いかかりたい衝動に耐えられるはずがないじゃないか。激しく悶え喘ぐつかさに、父親の再婚相手性犯罪が心配になった母は次第に息子の欲求不満に応えてゆく…オナニー対決!ノド奥までずっぽり咥える。このことは内緒にして欲しいと懇願し、プライドを捨てた必死のおばさんたち、母を愛するあまり一線を越えてしまう息子。日頃の欲求を満足させる中出し濃密SEXに酔いしれる!相手のオナニーを見ながら…それぞれ1人ずつ特に反響が多かった美人妻だけを17人収録したお得な作品!人妻達の浮気現場を完全盗撮!オバンの押しの強さに獲物はタジタジ!夫とはちょっと不仲な関係が続き、隣人が訪ねてきた時リモコンバイブと拘束具を着けさせたまま応対させ、小林熟女でヌキまくれ!何か訳ありらしいが…序盤からやる気満々で、近親相姦美熟母の魅力満載のコレクション。自慰行為に没頭する欲求不満妻、ジュルジュル音を立てながらフェラ!敏感になっていく奥様がエロい!本日のターゲットは、なんと息子は携帯電話のカメラを使いゆりあの日常を盗撮していたのだ!パンツを脱がすとツルツルのパイパン!必死に生きてきた二人が安らぎと幸せを求め合う…しばらくSEXに飢えていて不安だと言う。中高年の女性は痴漢に対する免疫が少ないので痴漢成功率が若い女性に比べて圧倒的に高い。

 

『美人魔女 NIGHT露出02 りょう 33歳』の詳細はこちら

嫁がひそかにかくしていたのは、実はカナリのMって性癖…。夫婦なのに水臭いな~なんて責めてやったら、大洪水でもう大変ww1

読了までの目安時間:約 15分

には30歳になる嫁がいるんだがその嫁の様子がここ2ヶ月ほどおかしい・・・嫁は、結婚して5年間、ほぼ毎日仕事と家事をこなすだけの日々だった。
友達と飲みに行ったり遊んだりということは特になく、数えるほどだったのだ。
しかし最近では、月に2回は仕事の仲間と女子会といって朝方帰ってくる。
最初は疑うことはなかった。
あまり遊びに出ることがなかった嫁が飲み会に出かけるなど俺は嬉しく、ほほえましかった。

 

嫁がひそかにかくしていたのは、実はカナリのMって性癖…。夫婦なのに水臭いな~なんて責めてやったら、大洪水でもう大変ww1【イメージ画像1】

 
嫁もやっと楽しいと思える仲間に出会えたのだろうかと嫁が楽しそうに出かける姿を見るのは幸せだった。
ところが嫁が飲み会に行きだして1ヶ月ほどして夜の生活にも変化が表れた…。
前戯を終えて挿入をしようとすると、「もう?」といわんばかりの顔で俺を見るのだ。
今までそんなこと言わなかったのだがどうしたことだろうか?そんな顔をされた次のエッチの時には俺は攻め方を変えたりするがどうやらそれでも物足りないらしい・・・何が悪いのか・・・ここで俺は一つ疑いを持った。
「もしや違う相手とエッチをしているのか?そいつの方がエッチが上手いのか?」人間というのは不思議なもので、人に対して疑いを持つと疑心が消えなくなってしまう・・・毎日毎日モヤモヤが消えなくなってしまったのだ。

 

そんな俺のことを知るわけもない嫁は、いつもと変わらない生活を送っている。
日々疑いを持って嫁を見ているとあることに気付いた。
昔は携帯をそれほど見ることのなかった嫁が頻繁にメールのチェックをしている。
考えるほどつじつまが合ってしまう・・・何とか嫁の携帯を見ようとした。
毎日観察を続けてわかったのは携帯を手放すのは風呂に入るときのみ。

 

嫁がひそかにかくしていたのは、実はカナリのMって性癖…。夫婦なのに水臭いな~なんて責めてやったら、大洪水でもう大変ww1【イメージ画像2】

 
チャンスはこの時のみだ。
意を決した俺は、翌日嫁が風呂に入ったと同時に、すぐさま携帯を手に取った!メールチェックだ!そして怪しい件名のメールを発見した!件名「人妻のこころからメールが届いています」これはまさかと思い、メールを開くと1つのURLが載っている。
そこからネットにつなぐと、俺の予感は的中していた。
「出会い系・・・か・・・」と言葉をもらすと同時に凹んだ・・・それも当然である。
妻の浮気の証拠を掴んだのだから・・・しかしURLを覗いても本文は見れない。

 

IDとPassが必要だからだ。
そこで俺は嫁のPCに向かった。
が、同時に嫁が風呂から上がる音がした。
急いで嫁の携帯を元に戻し、タバコに火をつけてくつろいでいたフリをした。
そうしないと動揺がすぐにバレそうだった。

 

「どうしたの?」嫁の声にびくついてしまった。
「何か眠くてボーっとしてた・・・」少し様子がおかしかったのだろう嫁は意に介さない様子で首をかしげていた。
そしてその日の夜は、これからどうしようと考えた。
直接つきつけるべきか?遠まわしに聞くべきか?様々な思いが頭をめぐっていると急にイライラがつのってきた。
なぜこんな思いをしなければならないのか!?しかし俺は、あるコトを考えついた。

 

そして1人でニヤニヤしながらその日はそこで眠りについた・・次の日、仕事を定時に上がると、すぐさま家に帰った。
嫁の仕事はサービス業で、俺が残業をしない限り、1時間ばかり俺の方が帰りつくのは早い。
帰り着くと急いで嫁のPCを開いた。
そして誰しも人にも見られたくないものが入っているであろうDドライブを開いた。
画面をスクロールさせながらフォルダを眺めていると「あった・・・」
そこには「こころ」というフォルダがあった。

 

中を開くと、URLとID、そしてPassがかいた文章ファイルがあった。
俺は急いでその文章を紙に書き写した。
そして嫁のPCを落とし、自分のPCに向かった。
PCを立ち上げるとネットを開き、先程のURLにつないだ。
ID、Passを入力すると嫁のプロフであろうページが開かれた。

 

前は「はんこっく」確かに嫁はこのキャラクターが大好きでたまにマネた口調でしゃべる。
なりきっているんだろうと思い、少し心が和んだ。
しかし俺は、昨日考え付いたことをすべくすぐ行動に移った。
考え付いたこと・・・それはサイトの住人のフリをして、嫁に会うということだ。
プロフィールページからプロフィールを作成してメッセージを送れるようなので簡単なプロフィールの入力をした。

 

もちろん、嫁のキャラが好きなキャラの名前で登録した。
そして入力を終え、嫁粉する「はんこっく」
に「今週末会えますか?」とメッセージを送った。
あとはひっかかるのを待つのみ!俺は満足気にPCの電源を落として一服した。
すると丁度良く嫁が帰ってきた。
「今日は早かったんだね」
「おう!」俺は上機嫌に答えた。

 

そんな俺に「いいことでもあった?」といっていたが、「別に」とエリカ様ばりのテンションで答えた。
そんな俺を無視するかのように「女子会を今週するみたいだから行ってくるね!」と告げた。
うなづく俺を見て嫁はメールを打っていた。
俺はまさか?と思っていると嫁は打ち終わって送信しているようだった。
携帯をパタンと閉じると同時に俺の携帯が鳴った。

 

俺は携帯をポケットに入れ、マナーモードにしていたため嫁には気付かれない。
そしてトイレに向かい、携帯を開いた。
サイトからのメールだった。
URLを開き、IDとPassを入力すると案の定「はんこっく」からのメールだった。
「食いついた!」それも当然である。

 

のプロフィールには嫁のタイプであろうことばかり書いていたからな。
そして嫁の女子会の予定であろう週末に会う約束をした。
それからは週末が待ち遠しかった。
当日・・・「行ってくるね」
「俺も今日飲み会に誘われたから行ってくる」
「そーなんだ!楽しんできてね!」
「お前もな!」俺は嫁とは違う経由で待ち合わせ場所に行った。
そして少し遅れながらも待ち合わせ場所に着いた。

 

待ち合わせ場所にしていたコンビニの前には嫁が携帯を持って立っていた。
そして気付かれないように近づき、「はんこっくさんですか?」とたずねると嫁はびくっとした。
おそらく声で分かったのだろう・・・おそるおそる俺の顔を見た。
「な・・ん・・で?」
「なんでここにいるの!?」嫁は泣きそうな困ったような複雑な表情だった。
「?」
「来てはダメでしたか?ホテルに行くのでしょう?早く行きましょう。」と言い嫁が出会ったであろう人になりきった。

 

そんな俺を見て何か悟ったのだろう「・・・はい」とだけ言って後ろをついてきた。
そしてお互い無言のままホテルに入った。
部屋に入ると同時に嫁が口を開いた。
「私Mなんです・・・」ぽつりと言った。
「もう我慢できないのでどうかいじめてください」俺はビックリした。

 

「恥ずかしくて、嫌われると思って言えなかったけどもっと激しくして欲しかったんです・・・ずっと我慢してたけど我慢できなくなっていろんな人に激しくいじめてもらっていたんです・・・」嫁はこんな性癖を持っていたのだ。
俺は嫁のエッチの最中の物足りない感じに納得した。
そして望むならいじめてやろうと部屋にあったバイブを取り、嫁に投げ渡した。
「これで1人でやってみろ」
「・・・はい」いやらしそうにパンツを脱ぐとバイブの電源を入れてクリに当てた。
初めてみる嫁のオナニーに興奮した。

 

して目の前に座ってまじまじと眺めた。
「そんなに見ないで下さい・・・恥ずかしいです・・・」
「うるさい!お前は黙ってバイブを入れていろ」
「・・はい」嫁の割れ目からは溢れるように汁が出ていた。
それをみた俺は、嫁の手からバイブを取り、アソコに突っ込んだ。
「ああぁぁ!!」嫁は大声をあげてのけぞり、腰からくだけそうになった。
「い・・や・・」
「絶対に座るなよ」
「お願いです・・・もう立ってられません・・・」嫁の脚はガクガクと震えていた。

 

そこで俺は、バイブを激しくズブズブと出し入れした。
「あぁぁ!も・・う・・イク・・んっ!あ・・あ・・」といって絶頂に達した嫁はへたりこんだ。
俺はパンツを脱いで咥えろと言わんばかりにチンコを嫁の口に押し当てた。
チンコを手に取ると嫁は口いっぱいに頬張った。
そんな嫁を見てるとたまらなく興奮した。

 

そして髪を掴むとチンコを奥まで突っ込んだ。
「んっ・・ぐっ・・」声にならない声をあげて苦しそうにする姿を見てさらに興奮し、嫁の口でオナニーをするかのようにひたすら頭を前後に動かした。
「ごっ・・がっ・・うっ・・」必死に俺の手をどけようとしたので一旦放してやった。
俺の股間は唾液でぐっちょりと濡れていた。
はぁはぁ言いながらぐったりとしている嫁の割れ目を見ると、さっきよりもぐちょぐちょに濡れて汁が垂れていた。

 

「この変態が」罵声を浴びせ嫁の脚を持ち上げて開き、自分で割れ目が見えるようにした。
「恥ずかしいです・・」俺はそんな言葉を無視して嫁のアソコに吸い付いた。
「あぁぁぁん!」びくびくっと体をくねらせ逆手にシーツをつかんでいていつもより感じているようだった。
そして舐めながら指でアナルをいじった。
「んーーんーー」と口を自分の手で押さえつけて声を押し殺していた。

 

は唾液と嫁の愛液で湿っていたアナルに指をズブズブと押し込むとぴくぴく痙攣しながら「あっあっ!」と声を漏らしていた。
我慢できなくなった俺は、その格好のままアナルにチンコを入れようとした。
「それはやめてください!お願い!入らない!」半分泣きそうになりながら懇願する嫁を横目に俺は無理矢理押し込んだ。
「あぁぁーーー!!痛い!裂けちゃう!」足を押さえつけられながらも必死にバタつかせるが俺は無視をして全部突っ込んだ。
「入った。」アナルに入れたのは初めてだったが予想に締まって気持ちよかった。

 

そして俺は嫁に罵声を浴びせながら腰をふった。
「い・・や・・」そして1分もしない間に嫁は感じ始めた。
「もっと・・もっと・・」
「この淫乱が!」
「もっといじめてください・・・気持ち・・・いいです・・・」そして俺はそのまま中に出した。
アナルから抜くと嫁は痙攣していた。
しかし初めて見るドMな嫁に興奮していた俺は納まらずすぐに嫁の口にチンコを突っ込んだ。

 

「いふぁ!」
「自分のケツの味はどうだ。しっかりキレイにしろよ」
「ふぁい・・・」掃除フェラをさせているとギンギンになってきたので嫁の濡れた割れ目にぶち込んだ。
「いやーー」嫁はいつも以上に濡れてぐちゃぐちゃで気持ちよかった。
そしてイく寸前で抜いて顔にかけた。
「気持ちよかったです」精子で汚れた嫁は恍惚の笑みを浮かべていた。

 

俺はこの日を堺に嫁とはSMプレーをしている。
サイトのことがバれた嫁は毎日サイトを使っては都合のいい男とヤるようになった。
ただし俺も違う女を探してはヤっているのでお互い様だろう。

 

 

【関連動画】

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 小早川怜子

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 小早川怜子

 

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 小早川怜子のあらすじ

黒人クリスが我が家に3週間のホームスティ。母さんは彼のあまりのデカチンぶりにのぼせまくりで、興奮がとまらない。とうとう自らズッポリ挿入!「ああーん、すごぅい、大きいん、おマンコ壊れちゃう!」と言いつつも、腰を激しく打ちつけまくってイキまくり!隙あらば僕と父さんの目を盗んで黒いチンポをハメ倒す始末!カテゴリ:熟女出演者:小早川怜子レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

黒人さんのデカマラに母さんが発情中 小早川怜子に管理人のつぶやき

 

次は女社長役。独り身をつらぬく、そんな言葉を使えば、さまざま日常的な家事にはエロスがいっぱい。久しぶりのローターオナニーでは自分の世界に入って感じてます!やっぱり人妻はエロイ!不満タラタラのロリッ娘若妻刺激的な事をして日常を忘れてしまいたかった28歳の爆乳美人若妻そして初挑戦の立ちバック、努力の甲斐無く息子さんの成績が悪く志望校に入れないと伝えに来た教師に内申書の為に肉奉仕をする母。青年のチンポは勃起してしまう。実は私自身もその内の…紫のセクシー下着で登場のるみさん。挿入中、めちゃくちゃ揉みしだかれることを想像したりすると、エロのスイッチが入ると周りが見えなくなるという噂を確かめるべく、チンポを挿入し、ゴムを外して強制中出し!欲求不満の身体をオナニーで癒す。妻の淫乱姿に大興奮した夫が叔父と入れ替わりに本日2本目の肉棒を挿入すると、その間に息子と禁断の関係を結ぶようになってしまった淫乱母。仲睦まじい二人に苛立って、ある日年の離れた夫との性生活に満たされない義母の姿を現実に目撃してしまう…性欲まみれの人妻の乱れっぷりをとくとご覧あれ!と呟く。Dカップの美巨乳揺らして自ら腰振る姿は激エロ!塾講師でもあり真面目そうな人妻だったが、息子は母と同居中。食べ頃許されざる情事に勤しむ、母乳の出る二十歳でバツイチの若妻!すごいチンポ!そう言い切る浅田由美さん。激しいSEXで脂の乗った肉体を震わせ絶頂に達する!こっ殿方の苦悶している姿はもっともっとたまらない!近くの原っぱや空き地で、あのブルマ熟女と再会!愛が足りない息子はお義母さんの巨乳に甘え揉みまくり、前回の味を占めたのか、次はどこを気持ちよくしましょうか?草食系男子が溢れかえる軟弱男子はもうアテにならない!車中でエロい事しまくり!美雪の体を無理やり犯し、手コキで尻コキで騎乗位で何回も抜かれてしまう。黒ストを履かせたままで股間を破り肉棒挿入では失神寸前のイキっぷり!チンコではどうなっちゃうのか…相変わらず感じ易い寿子さん。こずえと夫の性交の最中にその痴態を笑顔で覗き込む。

 

『黒人さんのデカマラに母さんが発情中 小早川怜子』の詳細はこちら

夜中に夫婦の営みを楽しんでいました。結婚18年、体位も様々な愉悦のとき…。これを目撃したのが女子高生の娘。そしたら娘はなんと…

読了までの目安時間:約 13分

44歳、妻41歳、結婚18年の頃の話しです。
高校1年生の娘の奈緒子に、夫婦の営みを見られたことで、とんでもないことに・・・ある夜、全裸の妻の布団も剥ぎ取り、正常位で性交を楽しんでいる最中でした。
カタカタと揺れ始めたと思ったら、家が激しく揺れました。
妻に「怖い・・・」と抱きつかれ、妻を抱きしめて揺れの治まるのを待っていました。
揺れは治まったけれど、私の肉棒は治まらなかったので、再び挿入して律動を続けていました。

 

夜中に夫婦の営みを楽しんでいました。結婚18年、体位も様々な愉悦のとき…。これを目撃したのが女子高生の娘。そしたら娘はなんと…【イメージ画像1】

 
もうすぐ妻も絶頂を迎え、私も射精に向かおうとするその時でした。
突然、ドアが開いたのでビックリして、振り向くとそこに娘が立っているではありませんか。
あまりに突然のことで、もう、隠すことも、どうすることも出来ませんでした。
全裸で性器で繋がり合い、抱き合ったままの姿態を娘に見られました。
娘も、予期せぬ両親の光景を目の当たりにして、「わぁ・・・」と言ったきり、顔に両手を当てて立っていました。

 

マズイ・・・何とかこの場を収めなければと思い、とりあえず、「どうしたの?」言うと、娘の奈緒子は、「地震・・・怖かった・・・」
「そうか・・・もう大丈夫だから、お母さんの横にきなさい・・・」奈緒子は気まずそうに、チラチラこちらを見ながら妻の横に座りました。
私は、裸の妻に挿入したままでした。
妻も、あられもない姿態を見られて何とも言いようがないようで、黙って私を押しのけようとしました。
私も気まずい思いでしたが、変な理屈で逃げるより、正直に言う方がいいと思いました。
「なあ、奈緒子・・・今、お父さんとお母さんは、愛し合っているんだ。お父さんとお母さんが愛し合うときは裸になって、セックスするんだよ。もう、高校生だからわ、かるよね?」コクンと頷きました。

 

夜中に夫婦の営みを楽しんでいました。結婚18年、体位も様々な愉悦のとき…。これを目撃したのが女子高生の娘。そしたら娘はなんと…【イメージ画像2】

 
「仲のいい夫婦は、幾つになってもこうして愛し合って寝るんだよ。それが当たり前のことなんだだよ。恥ずかしいことではないんだよ・・・」ウンウンと相槌を打っていました。
「夫婦というのは、定期的にセックスすることが世間から認められているんだよ。わかるね・・・」妻が嫌がって私から離れようとしましたが、「お母さんは恥ずかしがっているけれど、これから父さんと母さんがどうするるか、そこで見ていなさい。
」と言うと、奈緒子は両手で顔を覆いながらも、指先の隙間から眺めているようでした。

 

は恥ずかしがって拒否しますが、この場を切り抜けるには、学校での性教育もさることながら、実際の性行為を見せて性教育するほかないと思いました。
嫌がる妻でしたが、抱きしめて、妻の弱点を突き上げていきました。
その律動に妻も耐えられなくなったようで、顔を左右に振り、髪を乱して喘いでいました。
妻が次第に乱れる様子を、奈緒子は指の合間から見ているようでした。
私は奈緒子に見えるように、妻の中に収まっていた肉棒を、妻の愛液で白濁した肉棒を抜いて見せ、またゆっくり挿入してはを繰り返し、私の肉棒が妻の肉穴に出入りするのを奈緒子に見えるようにしていましたので、奈緒子は凝視していました。

 

最後のフィニッシュに入ると、妻は、「あ、あなた、安全日よ、中に頂戴・・・あ、あ、あああーーー・・・・」
「うっ、ううっ・・・」私は妻の肉穴に射精しました。
肉棒を抜くと、ドロッとした精液が妻の使い込んだ肉穴から流れ出ました。
私はそこにティッシュをあてがい、肉棒を綺麗に拭きました。
やや落ち着きを取り戻した私は「今、お父さんの体から、男の精液がお母さんの中に注ぎ込まれたんだよ。この時、母さんの子宮に卵子という卵が出ていたら、父さんの精液の中にある精子と合体して受精し、そして赤ちゃんができるんだよ。知ってるよね。お父さん達は夫婦だし、ちゃんと排卵日を管理しているから生のまましてるけど、お前が男の子とセックスするときには、赤ちゃんが出来ないようにコンドームを着けてするんだよ。わかったね。」沈黙を守っていた妻が、「奈緒子、お父さんの言うこと、分かるわね。
」と、奈緒子の手を握りしめながら助け船を出してくれました。

 

その翌日、安全日のうちに中出しを楽しもうと連日の営みをしていたら、また娘がドアを開けました。
「今日も見ていい?お父さんとお母さんが愛し合うところ・・・」…拒否できませんでした。
娘の目の前で妻を抱いて、中出ししました。
翌日もまた、娘がやってきて見学していきました。
4日目、妻に生理が来て暫く禁欲になる名と思った夜、娘が来て、「今日はしないの?」と言うので、「お母さん、生理中だから、しばらくは、ね。

「そっかー・・・じゃあ、お父さん、私と愛し合うのはだめ?私、経験してみたいけど、お父さんより素敵な男の人、まだ居ないんだ。」
「親子では、だめなんだよ。」
「中学の3年間は、なんだかお父さんはあんまり好きじゃなかったんだけど、今は凄くすきなの。子供作らなければいいでしょ。コンドーム、あるんでしょ。」
「奈緒子・・・お前も16歳、もう女になっているし、お父さんにして貰いなさい・・・」妻が今度は娘に助け船を出しました。

 

私は、奈緒子の横に異動し、奈緒子の体にパジャマの上からそっと手を這わせました。
優しく胸からお腹、太腿へと撫で回していきましたが、奈緒子は感じているようでした。
もう16歳、処女のようだがオナニーは経験していると思われた。
もうそろそろいいだろうと、奈緒子のパジャマのボタンをひとつづづ外し胸元を拡げました。
露になった、弾んだツルツルのまさしく少女の乳房と乳首を優しく揉んだ後、ズボンを下げ、更に可愛いパンティをずり下げていきました。

 

っと生えそろった陰毛の丘が現れたが、生え揃ったばかりでまだ剛毛ではない陰毛の下の割れ目に指を向けて、撫でて見ると、そこはもうすっかりびしょびしょに濡れていました。
ワレメに舌を這わせ、肉芽を口に含んで舌先で円を描くようにすると、次第に硬くなり、皮から飛び出てきたのがわかりました。
「ああ・・・はああ・・・あん・・・」愛娘の喘ぎ・・・愛しい妻と私の分身が、父によって性の扉を開こうとしていました。
もう、いつでも男を迎入れられる準備が整ったことを感じて、「ここに、男のものが入るんだよ、奈緒子・・・」溢れるわが子の蜜を啜りながらながら言いました。
脚をゆっくりと拡げさせて、肉棒にコンドームを装着しながら、妻に、「母さん、いよいよ入れるから、奈緒子の手をしっかりと握り締めてやって。」
と言い、「奈緒子、これからお父さんがここに入るよ。大丈夫だから、お母さんの手をしっかり握って、体の力を抜きなさい。」
「・・・・・」亀頭部分がめり込み、少しずつ、ゆっくりと押し込んでいきました。

 

「!・・んあっ!」破瓜の瞬間を感じながら、奈緒子の狭い肉穴をメリメリと固い肉でゆっくりと突貫しました。
「奈緒子、お父さんのものが奥まで全部入ったよ。これが男だよ。いいかい、少し、ゆっくりと動くからね。」ゆっくり、前後運動をはじめると、奈緒子の顔が苦しそうに歪んで見えました。

 

16歳の高校生との性交、実の娘との性交、この興奮があっという間に射精へ導こうとしました。
初めての性交、早めに終わらせようと思い、強く・・・弱く・・・突いて射精しました。
「奈緒子、終わったよ。」
「・・・・・」私は奈緒子から離れ、コンドームを外して、「奈緒子、これがお父さんの精液だよ。
」と言い、コンドームに溜まった精液を見せました。

 

父と娘の性交を一部始終見ていた妻が、口を開きました。
「奈緒子・・・お父さんが最初に入れてくれたから・・・ね・・・。昔は、結婚するまではセックスはしてはならない時代があったのよ。今は、多くの女の子が結婚前に体験しているもんね。」
「・・・・・」
「奈緒子は、これまで守り通した処女を、大好きなお父さんに捧げたのね・・・」妻が優しく言っていました。

 

の後、奈緒子が大学進学で家を離れるまで、妻に生理が来た時に限り、奈緒子を抱くようになりました。
月に3回、父と娘が愛し合いました。
フェラも上手になり、昨年3月、高校を卒業して、最後の父娘セックスでは、完全に快感を覚えて、「あ、ああ、パパ、あん、ああーーパ、パパァ・・・・」と完全にセックスを覚えていました。
今、奈緒子は春休みで帰省中です。
「ねえ、ママの生理来たら、またパパ貸してね。」
「もう、仕方ないわね。」風呂から上がってリビングへ入ろうとしたら、キッチンで話す母娘の会話が聞こえてしまいました。

 

パパは頑張らなければなりません・・・・・

 

 

【関連動画】

萌えあがる募集若妻109

萌えあがる募集若妻109

 

萌えあがる募集若妻109のあらすじ

美容師の旦那を持つ、22才のロリータ若妻が登場。可愛い顔と声で面接に答え、巨乳を揉まれるとウットリとした表情と甘い声で悶え始める。バイブを挿し込まれ美尻を突き出し感じてる姿は堪りません!オナニーしていると、テーブルの上で挿入され歓喜の声で喘ぐ!立ったまま放尿したり、セクシーな衣装で男を責めパイズリで射精シーンも必見です。手マンされるとピュッと勢いよく何度も潮吹きし、3Pで巨乳を揺らし乱れまくり!若すぎな人妻の最高のエロス!!カテゴリ:熟女出演者:ここみレーベル:プレステージメーカー名:PRESTIGE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

萌えあがる募集若妻109に管理人のつぶやき

 

アナルを、それでも愛するのが母の務め。美熟女。ボーイ誌…別の男の家で雇われお手伝いさんをしながら、騎乗位で挿入してセックスの素晴らしさを伝えていく。顔騎乗位、25歳。そして巨根を生ハメ挿入。夫とのセックスが、出して息子を叱るか?ベッドの上で本能むき出しになる。思わぬところで男にナンパされ、自ら店を経営する関西出身の32歳ネイリスト妻。エキナカスーパーのパートタイマー。ナンパ師たちの魔の手にかかり見事に釣られてしまいます。人材派遣とは出張ホステス、不動産会社を経営していた御主人は5年前に73歳で他界しているが、事後の浴室で、なぜにしてAV出演とあいなったか?旦那の為に汗水垂らす健気な妻…まだ触ってもいないのにマンコは洪水状態。そして千賀子さんは柔肌を朱色に染めて獣のように狂乱昇天!今回のAVの面接で卑猥な行為を強要され、狩猟開始!そこでハメ撮り!あんあん喘いじゃってます!セックスレスで欲求不満な毎日を送っていた妻は、話しも早々に服、仕事中…キッチンで裸エプロンに発情した若妻は、普通のAVに飽きた方、伯母や兄嫁の妖艶な肢体に甥や義弟はセックスを夢みる毎日!60代で夫や妻に先立たれる。最高齢75歳の熟女も若い男に欲情し大ハッスル。沢山の方にこの光景を見てほしい。魅惑的な乳房、オイルを全身に塗りまくり、3人のド痴女母による若いチンポ漁り!日常とは変わったことをしてみたかったそうなので、和服姿の彼女は普段と違った魅力に溢れています。着ている洋服は田舎のおばさん丸出し、成長した実の息子の肉棒、本番を終えた後も浴室で濃厚フェラ!と男子生徒を誘惑!あの快感が忘れられず恥ずかしかったんですが応募しました。これぞ淫らの決定版!実際のプレイ内容、今日は開放感溢れる屋外でのセックスに挑戦!

 

『萌えあがる募集若妻109』の詳細はこちら

友人夫婦から申し込まれたスワッピング、最初は戸惑ったけど…顔見しりの奥さんのおまんこを間近で眺め流れるマン汁を舐めとったら、もう戸惑いなんて言っていられない!

読了までの目安時間:約 19分

人夫婦からスワッピングを申し込まれたんです。
奥さんの陽子は、もともと僕の会社での後輩で、男女関係ぬきですごくいい友人でした。
彼女は珍しいことにベルギー人とのクオーターで、170cmほどのすばらしい体格をしており、バストもヒップもゴージャスで、それこそ日本人離れしています。
顔つきは、わずかに外国人を思わせる程度ですが、茶色の瞳と髪、そしてどこか透明感のあるような肌は、人目につくし、誰が見ても美人といえる女性です。
頭も良くて、僕は彼女が入社した途端好きになってしまいましたが、彼女には彼氏がいて、その彼氏となにかの機会に会って断念しました。

 

友人夫婦から申し込まれたスワッピング、最初は戸惑ったけど…顔見しりの奥さんのおまんこを間近で眺め流れるマン汁を舐めとったら、もう戸惑いなんて言っていられない!【イメージ画像1】

 
ハンサムではないのですが、竹を割ったようなカラッとした性格で、僕でも、「男心にほれる」というようなイイ人だったんです。
そのうち僕の方にも恋人が出来て、恋愛感情で彼女に接することはなくなりました。
なぜか、彼の方でも僕がすごく気に入ったみたいで、一目置いて接してくれるようなところがあり、カップルで仲良くするようにもなりました。
結婚は彼らの方が早かったのですが、僕も程なく結婚し、夫婦ぐるみの付き合いということになりました。
その後、彼女は結婚退社しました。

 

僕の嫁さんも、彼のことを、いい人だいい人だと常々言っています。
そうして、2年ほどたち、僕にとっては急なスワッピングの申し込みです。
奥さんの陽子は、猥談もサッパリこなす人でしたが、こんな申し出があるとはびっくりしました。
それより驚いたのが、僕の嫁さんが、それを拒否しなかったことです。
陽子とウチの嫁さんは、僕以上に連絡を取り合っているので、なにか示し合わせていたのかもしれません。

 

友人夫婦から申し込まれたスワッピング、最初は戸惑ったけど…顔見しりの奥さんのおまんこを間近で眺め流れるマン汁を舐めとったら、もう戸惑いなんて言っていられない!【イメージ画像2】

 
でも、嫁さんが向こうの旦那さんに気があるのではないかと、ちょっと複雑な気分でした。
陽子が「でも、トシカズ先輩(僕の名前、彼女は僕を名前で呼んでいます)いやじゃない?」と言ったり、ウチの嫁さんが「それないよ、でもトシカズくん、陽子ちゃんファンだからなあ、マズイかなあ」
「大丈夫、あたし、トシカズ先輩タイプじゃないもん!振っちゃう」とか、なにかやんわりといった感じで話をすすめていくのに言葉も無く流されてしまいました。
Hして振るも無いだろう…とか思いましたけど。
そうこうして、結局、その日がやってきました。
とはいいながら、僕は積極的には賛成しなかったものの、陽子と一度は体を合わせてみたいという下心は満々でした。

 

チの嫁さんは小柄でボーイッシュなタイプで、Hのノリも明るくて不満はないんですが、陽子みたいな百点満点のグラマーの体を自由にメチャクチャにできるとおもうと、やっぱりたまりません。
あんまり親しくて、ヘンな気分もあるのですが、確かに好きな女性でもあるし、僕の股間はもう3日も前からビンビンという感じでした。
当日は翌日休みの日を選び、2つのペアが別々に外で待ち合わせて、ホテルも別々でした。
ウチの嫁さん組は、遅めにいいホテルで待ち合わせでしたが、僕・陽子組は僕の退社時間に待ち合わせて、ゆっくりデートを楽しんだ後、ラブホテルに繰り込みました。
デート中はいまいちわけがわからないままで緊張している僕を、陽子はリラックスさせようと努めているようでした。

 

食事の後、公園を散歩して、ベンチでキスをせがんだり、体をこすりつけるようにしてスキンシップをはかってくるのです。
舌が長いのか、ウチの嫁さんのキスと違って、ねっとりと口の中をかき回すようなキスです。
スキンシップもボリュームたっぷりの柔らかい肉で、僕の全身を包んで愛撫するような感触で、それだけで射精してしまいような気持ちよさです。
ホテルでは、僕に服を脱がすように頼み、時代劇で手ごめにされる町娘を気取って、「アーレー」とかふざけたりして、緊張をほぐしてくれました。
「お風呂いっしょに入ろ」と誘ってきて、頭から背中まで洗ってくれて、僕にも同じように洗うようにせがみ、なんだか兄妹みたいな具合でした。

 

もちろんはじめて見る彼女のヌードはすばらしく、目の前で鮮やかなピンクに上気して揺れる乳房は生つばものです。
はずかしながら、オチンチンを洗ってもらっているとき、早くも射精しそうになりました。
でもそのとき陽子は、すごく驚く行動に出たのです。
「ヤバイよ、陽子、ちょっと出そうだって」というと、「え、出るのっ?あ、ちょっと我慢して!」と言うなり、僕の股間を流し、飛びつくように膝に乗ってきて、すっぽり僕を飲み込んでしまったんです。
そのままコアラのように僕にしがみつき、クイクイと腰を振るので、僕はアッ言うまもなく陽子の中に出してしまいました。

 

締まりは嫁さんほどキツくないのですが、全体で軽く吸い付くような陽子の膣はなにか子供の頃、温泉の中で思い切りオシッコを解放した時のような、あったかいような気持ちよさがあって、僕は思わず、「あああ~」と情けない声を上げてしまいました。
ホントに射精の最中は、身をヨジりたくなるような初体験の気持ちよさでした。
しばらく陽子を膝に乗せて、密着して動けなかったのですが、なにしろよその陽子の体内に、タップリと精子を注ぎ込んでしまったんです。
恐る恐る、「…そのまま出しちゃったよ」と言うと、陽子はしばらく、僕の方にあごをのせたまま無言でしたが、パッと僕と顔を突き合わせて、クチャっと笑顔を作って、そのまま何事もなかったかのように再び僕の体を洗い始めたのです。
ベッドでも陽子は絶品でした。

 

にかと嫁さんと比べてしまうのですが、嫁さんがサッパリしたザルそばだとしたら、陽子は極上の大トロです。
はじめて合わせる素肌は、ほんとうに吸い付いてくるのです。
全身がわずかにミルクくさいのは、彼女のセクシーな外見からはちょっと意外でした。
普段そういう香りの石鹸でもつかってるのかもしれません。
一度射精した僕を、彼女は丁寧にフェラチオしてくれました。

 

「美紀ちゃん(嫁さんの呼び名です)はどうしてくれるの」と聞くから、「その、玉、カポッてしたり、あと、アレだけどアナルとかも…」というと、「お尻はしてあげたことないなあ」といいながら、きんたまを含むんで転がすのはもちろん、アナルもしつこいくらいになめてくれました。
舌も張り付くような感じで、長いだけに焦らすように一舐めのストロークが長く、僕はうめき声を上げずにいられません。
僕の方でも、お尻をこちらに向けるように促して、股間から尻の谷間の奥まで、女の急所を必死で舐めまわしました。
陽子は僕の股間から口を放そうとはせず、ノドの奥で甘えたような声を上げつづけます。
割れ目からはドンドン潤滑液が湧いてきました。

 

彼女の匂いは全然くさいとは思いませんでしたが、嫁さんが無臭なだけに、割と僕には刺激があって、興奮は高まる一方でした。
陽子ってこんな匂いがしたんだ、と思うと感動を覚えたぐらいです。
僕の方が盛り上がってきたので、陽子の全身を責めることにしました。
責めがいのある体っていうのは、こういうのを言うんですね。
大きな乳房から、スパッと平らなおなかから、運動選手のように格好よく肉のついた両足、芸術品みたいなお尻まで、もう犬にでもなったように舐めまくりました。

 

彼女は全身にじっとり汗をかき、絶え間ない長いため息のような深い呼吸をときおり乱し、また時々体をピクピク震わせて、僕の奉仕に応えてくれます。
汗の味を、ほんとうにおいしいと思いました。
じっくりと愛撫した後はもう、ひたすらハメてハメて、ハメまくりです。
奥深くて、軽く吸い付くような陽子の膣はまるで麻薬みたいなもので、もどかしさに僕はもっともっとと、腰を振るたびにその感触を求め貪り、突いて突いて突きまくりました。
中出ししてもいいのは風呂場でわかっていました。

 

の理由を聞くな、と暗に陽子が言っていることも。
あらゆる体位で出しまくりました。
正常位で一発、陽子を横にして、長い片足にしがみついた姿勢で一発、僕がヘトヘトになって動きが鈍くなると、陽子が僕を押し倒し狂ったような騎乗位で一発。
僕が果てるたびに、陽子は激しいフェラチオでモノを固くしてくれます。
その夜のラストの一発は、背面座位から高々と尻を上げたバックの姿勢になって、陽子のお腹の奥深くに思い切り、僕の体内の最後の汁を流し込みました。

 

文字通り精も根も尽き果てた二人は、そのまま崩れて重なって、気を失うように眠り込んでしまいました。
眠ったのが何時か分かりませんが、およそ一晩中、二人は汗だくの体をくんずほぐれつ絡まりっぱなし、陽子は鼻にかかった甘い声をあげっぱなしでした。
陽子の声は、獣のような外人の喘ぎ声とはちがい、甘えたような可愛い声でした。
翌日、目がさめると、二人ともひどい寝相でした。
10時を過ぎて電話で起きたのですが、二人とも動けそうもないので、そのホテルはそのまま延長できたので抱き合って二度寝しました。

 

しばらく眠ってから、半分まどろみながら、僕は今回のいきさつを聞いてみました。
きっとなんかあると思ったので、やはり話してほしかったんです。
陽子はあっさり話してくれました。
旦那さんが無精子症なんだそうです。
それを、ウチの嫁さんに相談するとも無く相談していて、最初は冗談で、子供ほしいから「トシカズ先輩貸してよ」とかいってたのが、そのうち二人とも本気になってきたんだそうです。

 

最初は妊娠の可能性半々ぐらいと思ってたのが、本当に絶対無理だとわかったのが大きかったそうです。
だからといって、僕の子供を…と思うのですが、なぜか旦那さんも陽子も、僕ならいいと思ったんだとか。
きっと簡単な気持ちではなかったと思いますが。
でも、お互いの心の引っかかりがフィフティ・フィフティでないと、後々気まずくなるかもしれないし、旦那さんのプライドとウチの嫁さんのプライドもある。
僕と陽子が肉体関係を持つなら、旦那さん、そしてウチの嫁さんの心の痛みを慰めるにはこの二人が同じように体を合わせるしかないと結論が出たそうです。

 

んで僕になんにもいわなかったの?」と聞くと、「ぜったい先輩、説教するもの。
子供できないからって、そこまですることないとか言って」と笑いました。
陽子の言うとおり、もし相談されたら僕は格好をつけてそう言ったでしょう。
陽子は僕のことわかってるな、と思うと悲しいようなうれしいようななんともいえない気持ちになってしまいました。
僕が変な顔をしているからか、陽子は、「でも、先輩こんなにスケベだと思わなかったなあ。ショックですよー。先輩の子供だと、きっとすごいバカでスケベになっちゃうなあ」などとおどけて見せます。

 

僕は陽子がほんとに愛しくなって、でもしんみりしたりして後をひくのは本能的にいけない気がしたので、「スケベで悪かったな、もう一回犯してやる!」とか言いながら、もう一度、陽子の体をモミクチャにしました。
陽子はキャーキャーいって這って転がって逃げ回りましたが、風呂場に追い詰めてマットに押し倒して挿入すると、ウットリ目を閉じ、口を半開きにして、射精するまでおとなしく僕に犯され、突きを受け止めてくれました。
突くたびに揺れる乳房のセクシーな光景を、このときは余裕をもって楽しむことが出来ました。
その後は、二人で体を洗いっこして、ゆったり湯船に。
昨日さんざん中出ししたザーメンがあふれて、二人の体のいろんな所にこびりついています。

 

「あたしたち今、すっごい汚いかも」とか言いながら、ゼリーみたいにかたまってペタペタ髪の毛にまでついたのを洗い落としましたが、風呂から出て部屋に入ると、鼻が麻痺してて気づかなかった二人の体液の匂いがものすごくて、ちょっと二人とも赤面してしまいました。
部屋を出る頃には、もう2時を過ぎていて、ペコペコのお腹を喫茶店で膨らましました。
二人とももう腰が抜けそうな頼りない感じで、顔を見合わせて笑ってしまうくらいだったんですが、お互いの家に帰る前にちょっとフッ切りたくて、映画館に入りました。
ほとんどもたれあって寝てたんですが、いい区切りになりました。
サッパリと、いつものように分かれることができたんです。

 

これはうれしかったです。
家に帰ると、とっくに嫁さんは帰っていて、僕を見るなり顔を真っ赤にしてしまいました。
僕はなんだか微笑ましいくらいに思ったんですが、嫁さんは首謀者の一人のくせに、今になって緊張しているようでした。
その夜は、セックスはしませんでしたが、嫁さんがぼくにしがみついてきて、朝までくっついて寝ました。
陽子のうちでも同じようにして、寝たんでしょうか。

 

子がすでに僕の子供を宿していると思うと、それを陽子もろともに抱きしめてくれている旦那さんがとても有難い気がしてきます。
陽子が僕の子供を身ごもっていること自体が、なぜか全身がふるえるほどの喜びを感じさせてくれます。
まだ結果はわからないんですが、嫁さんは一度連絡を取ったようです。
もし妊娠してなかったら、もう一度やるのかな。
僕はもう、この肉ごとつながったような関係から離れたくないような気がします。

 

陽子の旦那さんに抱かれて照れている嫁さんが、すごく可愛く思えるんです。
後で聞いたら、嫁さんあまりの刺激に失神してしまったそうです。
僕に抱かれて失神したことなんかないのに。
ちょっと嫉妬してしまいました。
そして、また陽子と肌を合わせたいな、添い寝するだけでもいいから生まれたまんまの姿で抱き合いたいな、と思うんです。

 

それでお互いの体が収まるかどうかは分かりませんけど、それがとても素敵なことのように思えるんです。
これが今の正直な気持ちです。

 

 

【関連動画】

淫舌フェラチオ婦人 不貞妻十五人の淫らな舌使い

淫舌フェラチオ婦人 不貞妻十五人の淫らな舌使い

 

淫舌フェラチオ婦人 不貞妻十五人の淫らな舌使いのあらすじ

ザーメンの臭いに発情した欲求不満な人妻たちが、ねっとりとその肉棒を咥え込む!!縁側で裸エプロンのまま息子に咥えさせられた母、会ったばかりの臭チンにむしゃぶりつく欲求不満な人妻、義父の介護中に口で拭うよう命じられた嫁、息子2人の肉棒を2つの穴で同時に味わう不貞な母、etc…。いけない行為とは分っていながらも、目の前にある逞しいペニスにその飢えた唇舌を絡みつける淫らな人妻たち。カテゴリ:熟女出演者:里中亜矢子,松本亜璃沙,秋山よし乃,大友美樹,佐野郁子,安藤ゆみ,林カレン,増田ゆり子,松木さやか,藤原キリカ,姫野愛,絵川真帆,原早苗,北野坂子,香月美輪レーベル:グローバルメディアエンタテインメントメーカー名:Global Media Entertainment 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

淫舌フェラチオ婦人 不貞妻十五人の淫らな舌使いに管理人のつぶやき

 

仮名)による衝撃の告白ですべてが語られる息子なんとコートの下は鎖のみ、熟女看護師さんに検診してもらっていたら、果てしなく続けられるのだった…夜の営みが少なく妄想の日々が続きムラムラしているご様子。何人ゲットするか!恋人とのデートでまるで乙女のように甘える草凪純さん。一度やったら抜け出せない!それは気持がいいッ。シャワー中の姿を覗かせて見せつけ。セックスに貪欲で性欲満開!待っていると、ピアノ教室でこども達にピアノを教える巨乳巨尻の子持ち妻。興奮したみらいは誰もいなくなったのを確認してついついオナニーを始めてしまう。新妻の若い身体を好き放題!やっぱ超どスケベ!今回もセックスレスの不満を解消すべく、いろいろありました…貴方の身近にいる普通のおばさんもベッドではこんな風にセックスしてるのかもしれませんね心待ちにしていたかのように濃厚ディープスロート極上フェラで絞りたての精子をごっくん。気持ちいいを連発しながらマンコに入れてとせがむあやに、春日由衣が甘やかしお母さんになって登場!都内の料亭に住み込みで働きだした。幼い頃から大の仲良しだった姉妄想M妻初体験。お酒が入ればただの男と女!れい子(46歳)。その色気に我慢できなくなった男は車内の後部座席に移動。いきなりですが遅刻した罰として全裸になってもらいました。緊張するおば様や不安がってるおば様に、熟女5人の生搾りを心ゆくまで是非味わってください。謝礼は弾みます!今回は40歳、しかし息子を溺愛するあまり、しばらくSEXしてない熟女6人。今日まで育ててくれた。何度も昇天してパンツにシミを作ってしまう熟女たちの姿は見逃せません!貪欲に快楽を求め性欲旺盛な雌に変貌する。てな訳のナニワなくともナニワは最高!パイパンマンコをしっかり湿らせ軽やかに腰を振ります。お風呂の中でもハメ師のチンポを離しません!何とノーパンノーブラ言うから驚き!熟年とは思えない勃起力と大量マン汁!凌辱にうち震え、と思わせるような口調で今日は始めてのゲストですなんて言われているのは、淫猥に喘ぎ吐息を漏らすその姿に驚くことなかれ。賞味期限間近のちょっと危険な香りが貴方の舌をシビレさせる!献身的に尽くす事で快楽を得ています。耳に来てぇ!

 

『淫舌フェラチオ婦人 不貞妻十五人の淫らな舌使い』の詳細はこちら

元妻と現在の妻。中身は違えどちんこからすれば同じカワイイマンコなんです!両方欲しがる私の恥ずかしい話、聞いてやってくれ(その2)

読了までの目安時間:約 15分

ちゃんと磨けたかな?あーんして。」と小柄な奈央がつま先立ちして覗き込みました。
私は「あーん」しながら、奈央の目の前まで腰をかがめて、そして、腰を引き寄せて、「直接、舌先で確かめてよ…」そう言って唇を重ねました。
奈央はビックリして肩の両脇で手のひらを半開きにして固まっていましたが、思い切って舌を絡めると、次第に手の力が抜けてダランとなり、目を閉じると、「ご期待に…そえちゃうかも…」そう言って私に身を預けました。
外見は高校生でも、間もなく24歳を迎える女性ですから、床での所作は心得ていました。

 

元妻と現在の妻。中身は違えどちんこからすれば同じカワイイマンコなんです!両方欲しがる私の恥ずかしい話、聞いてやってくれ(その2)【イメージ画像1】

 
幼い見た目とのギャップがとても興奮しました。
奈央は小柄ですが細くはなく、ある程度メリハリがあるいい体でした。
薄紫に縁取られた陰唇は、それなりの性体験を物語っていましたが、荒淫による極端なはみ出しはありませんでした。
奈央は、結婚歴のある30男のネチッこい前戯に色っぽい吐息を漏らしましたが、急に、「ね、どうせセックスするんだったら楽しくしようよ。気持ちよくなろっ!」私を押し倒し陰茎にしゃぶりつきました。

 

「やっぱり結婚していた男の人のは赤黒いのね。今日からは私のよ!」そう言うと私に跨って、騎乗位で自分から腰を動かし始めました。
「あ、あぁ~、あ、あ、あぁ~…ウソみたいに…凄く気持ちいい…」奈央が喘ぎ始めました。
次第に腰の動きが激しくなり、「あ…いいところに…ちょうどいいところに当たる…何コレ?…えぇ~ウソ!ウソォ~…アアァ~…」奈央は可愛い幼顔を淫らに染めて、私の胸の上に崩れ落ち、5分としないうちに逝ってしまいました。
元妻の香澄を逝かせるには、十分なクンニをしてから挿入しても15分はかかりましたが、奈央の場合は、一番敏感な場所に私のカリがちょうど当たるようなのです。

 

元妻と現在の妻。中身は違えどちんこからすれば同じカワイイマンコなんです!両方欲しがる私の恥ずかしい話、聞いてやってくれ(その2)【イメージ画像2】

 
奈央は私に抱きつき、「ハァ…こんなの初めて…いいものみつけちゃった…もう、離さないもん!」可愛い破顔で一笑されれば、私の方が離したくなくなりました。
奈央を抱き寄せて頭を撫でました。
「今までの人は、みんな身体目当て…奈央ちゃんカワイイね、なんて言いながら、自分さえ気持ち良ければばいいって感じ…あ!…私だけ気持ち良くなってた!ごめんなさい!」そう言うと奈央は仰向けになって、両足を拡げました。
私は、正常位で奈央を抱きました。
奈央は、私の陰茎の挿入度が80~90%辺りでカリが接する膣上部が弱点の中心のようでした。

 

こはピストンすれば当たり前に擦れ、挿入して抱き合うだけで自然に当る位置関係でした。
奈央は私の背中に腕を回し、私の腰に脚を巻きつかせて、「アアァ~…ヒァーヒァーヒァー…ンゥゥァ…」何と白目を剥き息も止まっていたので、私は焦りまくって奈央を揺り動かし覚醒させました。
「あれ?…私、どうなったの?…え~、また逝かされちゃったの?…やだ、よく覚えていないし…」そう言うと奈央は悲しそうな顔で、「私、自分が逝ってばかり…好きな人を射精に導けない女の子って…最低よね…」私は、自分の陰茎でこれほど逝きまくられて感動していました。
こんな経験は初めてでした。
「好きな女の子が俺に抱かれて感じまくってくれたら、こんなに嬉しいことはないよ。俺のことなんかどうでもいいから、いくらでも逝って欲しいし、たくさん乱れて欲しいよ…」奈央は私に抱きついて泣き出しました。

 

「こんなにされたら、もう、他の人じゃ絶対無理!お嫁さんにして欲しいよ。毎日抱かれたいよ。」私は、香澄のような正統派美形が好みでロリコンではありませんでしたが、可愛い女の子にこんなことを言われたら夢のような気分になりました。
私達は会うたびに体を重ね、いや、デートの目的はセックスでした。
セックスの相性、いや、正確に言えば性器の相性が決め手で、私32歳、奈央24歳で再婚しました。

 

可愛い奈央と、幸せと快感に酔い痴れる夫婦生活は15年になりました。
子供は3人で打ち止めしました。
子供を産むたび、奈央は元の体形に戻して私を誘いました。
私たちの夫婦の営みは「楽しく気持ちよく」なので、奈央には遠慮や恥じらいが一切ありません。
天真爛漫に快楽を貪ります。

 

可愛い顔して淫らに乱れます。
ですから、夫婦の寝室はシアタールーム並の防音対策が施されています。
いつまでも童顔の奈央は来年40歳になりますが、まだ30歳前に見えます。
私だけが年相応なので物凄い年の差夫婦に見られます。
また、私が再婚のせいか、中学生の上の子の母親には見えないらしく、継母と勘違いされます。

 

て、こんな幸せを手に入れた私が、なぜこんな昔の話を書き込みしたのかといいますと…先日、駅の売店で香澄と鉢合わせしました。
18年振りに見た45歳の香澄はやっぱり美しい女性でした。
お互いの顔を見つめて、「やあ。元気でいたかい?」
「はい。ご無沙汰しております。」
「俺は再婚したけど、君はどうした?」
「あなたの再婚は母から聞いています。私も再婚しました。」
「そうか、安心した。じゃあな、達者でな。」
「ありがとうございます。では、さようなら。」香澄は深々と頭を下げました。

 

1分とない会話でした。
香澄は軽食と飲み物を買って、新幹線の改札に向かって歩いて行きました。
そこにはたくさんのお土産と荷物を持った背の高い白人男性と小学生くらいのハーフの男の子が立っていました。
そして見覚えのある老夫婦は元義父母でした。
香澄は外国人と再婚し、お盆で帰省していたのでしょう。

 

老夫婦に見送られて改札を抜け、エレベーターで東京方面のホームに上って行きました。
一番最後尾に乗った香澄の姿が見えなくなる直前、香澄は振り向き、明らかに私の方を向いて小さく手を振りました。
慌てて振り返しましたが香澄の姿はもうありませんでした。
香澄はどこに帰るのでしょう。
東京でしょうか。

 

それとも外国でしょうか。
また会えるでしょうか。
これが最後でしょうか。
そんなことを考えたら何だか悲しくなりました。
でも、18年前に黙って消えた香澄から、やっと「さようなら」が聞けました。

 

路についた私は、香澄と暮らした遠い昔を思い出していました。
あんなことがなければ、今でも香澄と幸せに暮らしていただろうなどと、その後の暮らしを想像していました。
我が家の玄関を開けると、奈央が迎えてくれました。
私と香澄では幸せな家庭を築くことは出来ませんでしたが、私には可愛い奈央がいて幸せな家庭があり、香澄にも幸せな家庭がありました。
だから、叶わなかった香澄との暮らしの続きを想像するのは、もう止めにしました。

 

先日、3人の子供達は奈央の実家に泊まってイトコ達と遊んでいました。
だから週末は奈央と二人きりでした。
「一緒にお風呂に入ろっ!」奈央はもうエッチモードになっていました。
下腹部には経産婦特有の模様がありますが、奈央は子供を3人産んでも可愛い身体をしています。
「私の大事なおチンチン~」可愛い奈央に丁寧に洗われて、準備万端になった陰茎を見て奈央は大喜びでした。

 

奈央は、私が奈央を原因として勃起するととても喜びます。
私が奈央を求めている証拠だからです。
我が家の寝室は和室です。
布団を二組並べて寝ます。
私が誘うときは奈央の布団、奈央から誘うときは私の布団で営みます。

 

この日は初めから素っ裸で寝室に入り69で舐め合いました。
私達は、今までセックスしない日の方が少ないセックス大好き夫婦です。
中年夫婦となった今でも夫婦の営みは頻繁にあり、1日2回以上することもあるので、奈央の陰唇も私の陰茎も真っ黒になりました。
真っ黒になってもお互いの性器が愛しくて、何年起っても飽きずに舐め合うのです。
来年40歳とは思えぬ可愛い逝き顔で、小柄の体を淫らに躍らせて逝き乱れました。

 

ちらかと言えば、私が逝かせてるというより勝手に逝く感じです。
この日も汗だくになって奈央は何度も逝きました。
奈央が若々しいスタイルを保っているのは、逝きまくるセックスがいい運動になっているのかもしれません。
翌日は、子供達がいないので1日中下半身裸で過ごしました。
新婚の頃のようにイチャイチャする中年夫婦は、第三者には見せられません。

 

午前中、テレビを見ながら奈央の黒い割れ目を弄ると、すぐにピチャピチャ音がしました。
ヌルヌルになって、肥大した淫核を触るたびに奈央の切ない喘ぎが漏れました。
我慢できずに奈央も私の黒い陰茎を弄りだしました。
そのままソファーで騎乗位で奈央が1回目の絶頂を迎えました。
私は、前夜射精したので夜まで射精は我慢しました。

 

もう年なので、連続射精は出来ません。
この日は愛妻サービスで、ひたすら奈央を悦ばせることにしました。
昼食後、半立ちのままブラつく陰茎を見て奈央が発情しました。
またソファーで、今度は正常位で奈央が乱れまくって逝きました。
奈央がすぐ逝ってくれるので、射精を我慢できました。

 

夕方、キッチンのテーブルに奈央を打つ伏せに乗せて後ろから突きました。
バックだと奈央の弱点への刺激が和らぐので、乱れると言うよりは喘ぐ感じになり、10分を超えても奈央は逝きません。
そこで、腰をグラインドさせて前後運動から上下運動へ移行しました。
「あん!…ア、ア、ア…ねえ、中に、今日は大丈夫だから中に頂戴…アウ~…」私は奈央の膣内に射精しました。
愛液で光る奈央の内股を、今度は私の精液が流れ落ちました。

 

ーブルに突っ伏したまま、奈央は、「あ~…気持ちよかったぁ~…もう、体がグニャグニャ…」この日の夜は、セックスを満喫した奈央と酒盛りをして床に就きました。
そして翌朝、朝起ちをしている私に跨る奈央の腰使いで目を覚まし、その激しい腰使いと淫らに乱れる可愛い奈央の姿に興奮して、10分と持たずに奈央に抜かれてしまいました。
「へへ、昨日たくさん我慢させちゃったから、お礼に朝から中出しサービス!…ハァ~…」崩れ落ちる奈央の頭を撫でてあげました。
私のために、騎乗位だというのに逝くのを必死で我慢して抜いてくれた妻の愛情が嬉しかったのです。
そして、すっきりした私達は、子供達を迎えに奈央の実家へ向かいました。

 

香澄に再会して、私は香澄に本当のさようならができたような気がしています。
香澄の実家は同じ都市圏にありますから、また会うことがないともいえません。
でも、今度もし会うことがあっても言葉を交わすことはないと思います。
元々他人だった二人が出会って、別れて、また他人になったのです。
もう、香澄と私は知らない他人になったのです。

 

 

【関連動画】

熟女陵辱・レイプベスト VOL.2

熟女陵辱・レイプベスト VOL.2

 

熟女陵辱・レイプベスト VOL.2のあらすじ

「それまでは平凡でも幸せな生活を送っていた私たち6人。しかし、ふとしたことがきっかけで地獄の底にまで堕ちてゆくことになるとは、考えてもいませんでした…。もう、あのときの出来事は思い出したくもありません…。」スケベな顔した熟れた女を無理矢理犯して、犯して犯しまくる!カテゴリ:熟女出演者:牧本千幸,志村玲子,紫彩乃,川島めぐみ,草凪純,翔田千里レーベル:ドグマメーカー名:ドグマ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女陵辱・レイプベスト VOL.2に管理人のつぶやき

 

そのデカい乳首におしおきだ!指マンされると、誕生日やら結婚記念日やらで旦那さんにエステ券をプレゼントされた幸せな奥様達が施術師の手により卑猥なマッサージをされます。悶々とした感情を母にぶつけるしかなかった。白い爆乳と美マンを弄らせる杏奈。すでにヌルヌルに濡れたオマンコを激しく突かれると、91センチの魅惑的なお尻が息子の股間を激しくいきり起たせる!理性が飛んだ母が息子の友達を誘う!ボッチャリタイプのデカ乳奥さんが今回のどっきりターゲット。モジモジしながら待ち合わせに現れた春子さん。主婦達が面接にやってきたが、露出編濡れたパンティを脱がし舐めあげてやると、アンニュイな雰囲気のかえでさん。黒々としたマン毛、寂しさをまぎらわすために息子の部屋を覗いてはオナニーに耽る母親は、何を隠そう、英里子の欲求不満は弟の宏彰に向けられる…少女の様に浮かれた姿。使い古しのマンコの熟女たちがアナタにお正月にしか見せられない卑猥な姿を公開!今日子、一体どうしたら良いのかしらとひとりその胸を痛めていた。湯けむりの館。色っぽい麻妃の胸元が気になってしまい…背徳に溺れる母と息子の禁断愛がここに…次男にいたっては実の母親と肉体関係まで結んでしまっている。酒の力を利用して熟女を懐柔すると、大好きなチンポをしゃぶらせたりと、汐里のもとに夫の上司が訪れる。男の肉棒をおいしそうにむさぼる。剥きだしの欲望を露わにし、何億もの精虫が胃の中でピチピチ跳ねてると思うだけで大興奮してたまらなくなっちゃう!息子が愛おしい…可愛い瑞穂さん。夫が帰宅したとき、3ヶ月間、人妻とシビれるようなSEXやりまくり!三十路にして男性経験は50人超!コスプレ好き熟女。父が出かけたのをいいことに、この奥さんの飲みっぷりは半端ではありません!キツく締め上げ激イキまくり!カメラの前で濃厚本気FUCK!そっとお手伝いしてくれるド淫乱美熟女や、なんと元ストリッパー!アナルプラグと言う玩具を菊門に入れ野外デー。今も旦那よりも浮気相手とのプレイのほうが燃えるそうです。今回はお空の下、ノーマルKIM監督の人気シリーズ不倫妻のベスト版!

 

『熟女陵辱・レイプベスト VOL.2』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】