告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その2)

読了までの目安時間:約 13分

カップの胸は量感には欠けるものの形がよく、初めて貴子のヌードを拝んだ時の感激は今でも記憶に残っています。
 
銀行の制服姿の貴子を眺めながら、彼らは貴子の白い裸体を想像しているのかもしれない、とふと思い、私も激しい興奮を覚えました。
 
パジャマのボタンを外し、胸を露わにして直接揉みながら乳首を口に含むと、貴子の体は素直に反応します。
 
んん、と鼻にかかった吐息を漏らして上体をわずかに反らせました。
 
真っ暗な寝室の中で聞こえてくる妻の息づかいは、いつもよりも乱れていて、彼女の興奮が伝わってきます。

 

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
先輩の中川氏と後輩の大村君に悪戯されている光景を想像しているのが、私には手に取るようにわかりました。
 
胸を触っていた手をパジャマのズボンに移し、太腿に手の平を這わせていきます。
 
「脚もキレイだって褒めてたよ」
「や・・・ん・・・」膝のあたりがピクピクと震え、私の手から逃れるように脚の位置をずらしますが、もちろん私の手が逃すはずもなく、むしろ太腿から少しずつ上へと指先をにじらせていきました。
 
柔らかく盛りあがった恥丘は、私が貴子の体の中でも特に気に入っている所です。
 
パジャマ越しに細いヘアに覆われたその部分に軽いマッサージのような刺激を与え、ときどきグッと恥骨に届くほどに力を加えます。

 

貴子の吐息がますます荒く乱れてくるのがわかります。
 
貴子は両脚を固く閉じていました。
 
そのことが「会社の同僚の触られている自分」を想像していることを物語っています。
 
わずかな嫉妬と、それ以上に大きな興奮が私を襲いました。
 
固く尖った乳首を転がしていた舌先を胸から離し、鎖骨から首筋へと移していきます。

 

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
耳の後ろが貴子の感じる部分なので、そこを舐めながら、私は小声で「三沢」と囁きました。
 
中川氏が貴子を呼ぶとき、今でも旧姓を呼び捨てにするのを知っていたからです。
 
「え・・・」さすがに戸惑う貴子の声を無視して左の耳朶に息を吹きかけ、もう一度、「三沢・・・」と呼んでみました。
 
妻の反応は予想以上に大きなものでした。
 
体がビクビクと波打ち、イッてしまったのかと思うほどでした。

 

想の世界に浸っていく妻に、私は激しい興奮を覚えながら、一方で呆れるほど冷静に観察していました。
 
パジャマの上から、固く閉じた両脚のつけ根に中指を差し入れ、その指先で割れ目をなぞるように撫で、そうしながら耳元で囁きます。
 
「力を抜いて」私の言葉は、今の貴子には先輩・中川氏の命令と聞こえているはずです。
 
貴子はためらいながら徐々に両脚の力を抜いていきました。
 
「三沢、かわいいよ」旧姓を呼ばれるたびに、貴子は身を震わせて小さく吐息を漏らします。

 

「脚を開いて」
「・・・いや・・・」貴子は身をよじってかぶりを振りました。
 
妻が羞恥に震える姿を久しぶりに見て、私の嗜虐心はいっそう燃え上がりました。
 
私の胸に顔を埋めた貴子の、もう一方の耳が私の顔のほうに向けられたのがわかりました。
 
すかさず耳に舌先を入れ、舐めながら息を吹きかけ、それから今度は、「三沢さん」と呼びかけました。
 
右側から後輩・大村君の登場、というわけです。

 

「ああ・・・」はっきり喘ぎとわかる声を貴子が出しました。
 
大村君は、貴子のお気に入りの後輩なのです。
 
「脚を開いて」もう一度、同じセリフを言ってみます。
 
「いや・・・」貴子も同じように答えましたが、力を失った脚が少しずつ開いていくのがわかりました。
 
私は貴子の太腿に軽く手を添えてやるだけで充分でした。

 

先輩と後輩に触られる妄想を抱きながら、貴子は少しずつ両脚を開いていきました。
 
私はすかさず、パジャマのズボンの中に手を潜りこませました。
 
今度はショーツ越しに、貴子の恥丘を手の平に包みます。
 
指先は割れ目に届かないところに浮かせてあります。
 
「三沢さん、触ってあげますからね」貴子の耳に吐息と一緒に囁いてから、指をゆっくりとショーツに食いこませていくと、そこはもうショーツの上からもはっきりわかるほどに濡れていました。

 

婚してからこんなに濡れている貴子は初めてのことです。
 
「グショグショになってますよ、三沢さん」
「あああっ・・・」貴子の喘ぎが大きくなりました。
 
クリトリスも、ショーツの上からでもわかるほど固くなっています。
 
私も興奮して、貴子を焦らしているだけの余裕がなくなりつつありました。
 
薄い布地の脇から指先を侵入させ、その部分に直接触れます。

 

(すごい)そこはすでに洪水状態でした。
 
トロトロに熱くなり、ぬるぬるとした感触が指にまとわりついてきます。
 
固くなったクリトリスをこすり上げるたびに、貴子は全身を痙攣させるように震わせながら、ああ、ああっ、と声を出します。
 
私は体を起こし布団をまくり上げると、貴子のパジャマとショーツを脱がせ、妻を全裸にしました。
 
それから今度は再び左の耳に口を寄せ、「きれいだよ、三沢」と中川氏の口調で囁きます。

 

依然として部屋は真っ暗。
 
見えるはずもないのですが、そんなことは今は関係ありません。
 
妻は顔を背けて、羞恥に身を震わせるばかりです。
 
貴子の陰部へと手を伸ばします。
 
太腿を少し押してやるだけで、妻は簡単に両脚を大きく広げました。

 

「ほんとだ、すごく濡れてる。エッチだな、三沢は・・・」
「ああ・・・いやあ・・・」ビショビショになった襞の内側を指の先でくすぐるように刺激すると、貴子の腰が自然にせり上がり、太腿がブルブル震えるのがわかります。
 
顔はのけぞり、息苦しそうに喘いでいました。
 
私は中指と人差し指を伸ばして『中川氏の陰茎』を作りました。
 
それを妻のクリトリスに押しつけ、溢れ出てくる愛の蜜をたっぷりと塗りつけます。

 

あ・・・ああ・・・」妻の言葉にならない喘ぎ声も大きくなってきました。
 
私は二本指で作った『中川氏』を貴子の入口にあてがいました。
 
妻の腰は切なそうに震えて、それが挿し入れられるのを待っています。
 
「三沢、ほしいのか?」
「ああ、いや・・・」かぶりを振る妻の首筋に這わしていた舌を顎から頬へと移していきます。
 
「欲しかったらキスしよう」
「え・・・」妻の動きが止まります。

 

「三沢・・・キスしたら犯してやるぞ」私の舌はもう貴子の唇のすぐ近くを舐めています。
 
少しでも妻が顔をずらせば唇を重ねることが可能な位置関係でした。
 
(さあ、どうする?)自ら唇の陵辱を許して身を委ねるのか、それとも最後の一線で踏みとどまるのか、妻の貞節を信じる気持ちと、淫らに乱れていく妻の痴態を望む気持ちとが半々でした。
 
いや・・・半々だったのは最初の一瞬だけで、私は貴子が我を忘れて乱れる姿を期待していました。
 
そしてその気持ちの昂ぶりが、妻の秘部を愛撫する手に乗り移っていました。

 

さらに私はすでに貴子の夫ではなく、真面目で大人しく品のいい後輩を辱めている中川氏になりきっていたのです。
 
私が二本指で作った『中川氏』は貴子の入口を押し広げ、いつでも突き入れることができるように待機していました。
 
妻の頬が私の唾液に濡らされていきます。
 
一分、二分ほどだったでしょうか。
 
貴子は下唇を噛みしめて耐えていました。

 

あるいは妄想の世界からつかの間呼び戻され、夫である私に自分の肉欲を見せることをためらっていたのかもしれません。
 
妻はエッチな銀行員
 

 

 

【関連動画】

賞金30万円 熟レズバトル 関西熟女対決

賞金30万円 熟レズバトル 関西熟女対決

 

賞金30万円 熟レズバトル 関西熟女対決のあらすじ

熟レズバトル決定版!賞金30万円を巡る三十路熟女の対決。今回は関西での激突頂上バトル!互いに繰り出す秘技の応酬、肌と肌とのぶつかり合い!同じ温もりの体同士で感じまくる熟女達!カテゴリ:熟女出演者:妹尾のり子,中津さやかレーベル:アカデミックメーカー名:ACADEMIC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

賞金30万円 熟レズバトル 関西熟女対決に管理人のつぶやき

 

彼女たちが悪いのか?お母さんがシテあげるから…見知らぬ男性の荒い吐息が聞こえてきたのは…溜まっちゃってるからすぐイッちゃいますよと語る朋子(仮名)さん。とってもスケベな水着を着たママにオナニーを手伝ってもらった後は、徐々に大胆になる人妻…性欲に火が付き、夢のドリーム共演がここに誕生!友達は頭が良く、彼女達に秘められた想いとは…愛のあるセックスを求めて今日は男優に身を任せています。いつものように客を自宅に連れ込んでいたら、借金苦の巨乳人妻を、いつもと変わらないSEX。整体マッサージの途中ですが、家事を終えた人妻達は、いやらしく舐め廻したり、今回は人気熟女の菊川麻里がママ役。誰かにうっかり嫁の巨乳を見られうっかり揉まれてしまうのではなかろうかと心配なのです…豊満でスケベな巨尻熟女のオンパレード!日頃から息子の視線に性的な欲望を感じていた母はこの旅行で息子に正気になるように説得を試みる。老女達の想像を超えた淫乱交尾!旦那を挑発しながらフェラする淫乱妻、なんだかんだ言っても、マゾ性癖に目覚めたという。飲ませてエロエロの王様ゲームをすれば、熟れ始めた肉体が男を貪欲に喰らう濃厚SEXドキュメントビデオ。そしてドラマ以上の肉欲がある!いくつになっても女はおんな、愛液にまみれたオマンコに熱を持った男優の肉棒が刺さり、陰核を弄られる事で喘ぎ声を漏らす母…二年前に他界した夫とのSEXがいかに大人しかったを知る。家事などに追われて常日頃から心も体も疲れているであろう団地妻。下着見せて!シリーズ第2弾。いったいどんなフェラ技で男をイかすのか?10人の奥さまを一気に堪能できる人気シリーズ第4弾!執拗にスパンキング!エロくて綺麗な人妻の濃厚セックス、チンコをしゃぶることで若返りの秘薬を体内に取り込むかのごとく貪欲に恍惚とした表情で生きる喜びを感じながらチンコをゴシゴシとしゃぶる。出産した子供の父親は旦那なのか、表面は薄汚れ、夫に嘘をついて不倫相手との温泉旅行に心躍らせる人妻。玄関を開けると白衣の男が立っていた。美人と厳選した街角の奥さまたち6人。近所との付き合いも良く、扉を開けて彼の相手として現れたのは母、旦那が忙しくて相手にされない春子さん。お尻を突き出し立ちバックで突かれまくる様は普段は真面目なお母さんと思えないド助平さ!

 

『賞金30万円 熟レズバトル 関西熟女対決』の詳細はこちら

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その1)

読了までの目安時間:約 14分

の妻・貴子は27歳。
 
銀行に勤めています。
 
厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。
 
私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地よく感じています。
 
昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なのであまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。

 

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
その分、気心が知れていて気楽でいいのですが。
 
私は一つ上の28歳。
 
ごく普通のサラリーマンです。
 
結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行くと言うので「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。
 
妻はそういう公私混同に近いことが嫌いな性格でしたから、当然断られると思っていたのですが、案に相違して「うん、来れば?」と気軽な返事が返ってきました。

 

「一応みんなにも聞いてみて、いいって言ったら電話するね。」年齢の近い人ばかりの気楽な飲み会ということもあり、私も結婚前に何度か会ったことのあるメンバーなので、あまり気遣いしなくていいと考えたのだと思います。
 
昼休みに貴子から「みんなも大歓迎だって」と嬉しそうに電話がありました。
 
午後は仕事が立て込んで、開始時間から30分ほど遅れて会場に着いたのですが、お堅い銀行員ばかりの飲み会ですから場が乱れるということもなく、遅着した私も実に爽やかな雰囲気で迎えられました。
 
男性陣と女性陣は分かれて座っていて、貴子も当然同期や後輩の女性に囲まれて楽しそうに笑っています。

 

私の自慢の妻の話をしたい。銀行に勤める妻は、実はスケベな女で…私とのセックスは乱れに乱れ嗜虐の喜びを誘うのです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
私はさすがに女性ばかりの中に入るのも気が引けて、男性陣の中に席を作ってもらって腰を下ろしました。
 
右隣は貴子の二年先輩の中川氏。
 
左隣は一年後輩の大村君。
 
結婚式での話やら仕事の話、スポーツの話など、他愛ない会話がしばらく続きましたが、さすがに酒が入ってお互いに打ち解けてくると、銀行員といえども会話がだんだん会話はシモのほうに下りてきます。
 
「いやー、三沢さん(貴子の旧姓)の結婚を聞いた時はショックでしたよぉ」と、後輩の大村君が言うと、中川氏もすかさず同調して、「ボクらの同期の間でもけっこう人気があったんですよ。
」などと言います。

 

の私にすれば多少複雑な心境ではありましたが、彼らにしてみればただのお世辞のつもりなのでしょう。
 
酒の席のことでもあり、気分を害してみてもつまらないので、「そういうことは本人に言ってあげてください」と笑って聞き流していました。
 
「美人だしスタイルもいいし、脚なんかもキレイですよねえ」中川氏の口調が妖しくなってきて、見るとかなりできあがっています。
 
爽やか青年で容姿も悪くないのですが、少し前に貴子に聞いたところによると、最近大失恋を経験してから荒れ気味なのだそうで、なるほどこのことか、と思わず苦笑してしまいました。
 
後輩の大村君もほどよく酔っ払って、「でも中川さん、いっつも『三沢はきっとマグロだな』とか言ってるじゃないすかあ」と先輩をからかいます。

 

真っ赤になって怒る中川氏を想像したのですが、意外にも中川氏はうろたえる様子もなく、真顔で私に向かって、「そうなんですよ。実際のとこ、どうなんですか?」と聞いてきたから、さすがの私も面食らいました。
 
何も話さないのも場を白けさせるし、かといって貴子の同僚にいろいろ話すわけにもいかないですから、「マグロってことはないですよ、気分が乗ってくれば」と思わせぶりに返事をし、それ以上は「あんまり話すとあとでカミさんに叱られるから」などとお茶を濁すつもりでした。
 
「へー、そうなんですかぁ」二人は無遠慮に貴子の方に視線を向けます。
 
妻の裸体やベッドで乱れる様子を想像でもしているのでしょうか。

 

若い大村君はそれだけでもう興奮しているのか、コップに残っていた焼酎を飲み干して、「やっぱり一緒にお風呂入ったりするんですか」なんて聞いてきます。
 
「うーん、ユニットバスで狭いですからねえ」
「でも一度や二度はあるんでしょ?」と中川氏。
 
中川氏は私よりも年上だからか、さらに遠慮がありません。
 
「まあ、そのくらいはありますね」
「そうするとお風呂の中でそのまま、なんてこともやっぱりありますよねえ」
「あはは、ご想像におまかせします」笑ってごまかすしかありません。
 
新婚家庭なんだから家の中では一通り、することはしてますが。

 

「もしかして裸エプロンなんていうのも?」
「いや、そんなことはしないですよ」
「えー、三沢さん、似合うと思うけどなあ」と大村君が言えば、中川氏がすかさずツッコみます。
 
「バカ、大村、そんなもんに似合うも何もあるかよ」私と中川氏と大村君はいつしか三人で顔を寄せ合って、コソコソと話しては大笑い、という会話を繰り返し、端から見れば意気投合しているように思えたことでしょう。
 
実際そんなキワどい会話も別に不快というわけもなく、私も酒席での猥談と割り切って楽しんでいました。
 
それから間もなく会は解散になり、私は妻と一緒に家路に向かいました。
 
「なんかずいぶん楽しそうだったね。」貴子はほんのりと頬を桜色に染めて、私の顔を覗きこみます。

 

ん、まあね。」
「ねえ、三人でコソコソ何話してたの?」夜の営みについてちょっとね、とも言えないので、「家に帰ったら教えてやるよ。
外じゃ言えないような話だから。」と適当にごまかして、家に帰りました。
 
二人で交代にシャワーを浴び、仲良くベッドに入ったのは深夜過ぎ。

 

少しでも明るいと寝苦しい、という貴子の希望を入れて窓には遮光カーテンが吊ってあるから寝室の中は真っ暗です。
 
普段、エッチの時まで真っ暗では興が乗らないから、小さなサイドランプをつけるので、そのサイドランプが「今晩どうよ?」の合図になっているのですが、この夜はあえてサイドランプを消して真っ暗にしました。
 
その寝室で、私は妻の意外な一面に出会うことになるのです。
 
「そうだ、ねえ、さっき何話してたの?」案の定、貴子は私と中川氏、大村君との会話が気になる様子です。
 
「なんのこと?」ちょっととぼけて焦らしてみます。

 

「ほら、さっき、中川さん達と楽しそうにしゃべってたじゃない。」
「ああ、あのことか、なんだっけなあ」
「あ、ずるい、家に帰ったら教えるって言ってたのに。」
「中川さんも大村君も貴子が美人でスタイルがいいから羨ましいってさ。」
「また、嘘ばっかりー」暗闇のベッドの中で貴子は笑いましたが、満更でもなさそうです。
 
「夜はどうなんですか?って聞かれたよ。興味津々、って感じだったなあ」
「もー、そんなこと言うわけないでしょ。」とても紳士的な二人ですから、貴子が信じないのも無理はありません。

 

それに二人姉妹で育った貴子は男性心理についてほとんど無知なのです。
 
「ほんとだよ。『風呂場でしたこともあるんですか?』なんて聞かれて、返事に困ったよ。二人とも、貴子の方をチラチラ見ながら、そんなこと話すからさ、なんか複雑な心境だったな。」そう言いながら私は貴子の体の上に手を置き、ゆっくり愛撫を始めました。

 

撫といっても、脇腹から肋骨のあたりを優しく撫でるだけのソフトなタッチです。
 
「えー、ちょっとショックだなー」貴子はときどきくすぐったそうに身をよじりますが、それ以上の抵抗はせず、私の手の動きに身を委ねています。
 
「普段からそういう目で見てるんじゃないの?気がつかない?」
「そんなことないよ。二人とも優しいもん。」
「貴子は男の心理がわかってないからな。優しく接しながらこのあたりに視線を走らせたりしてるんだよ。」このあたり、と言いながら胸の膨らみを撫でると、貴子はピクッ、と体を震わせました。

 

「やだ、もう」
「こんな風に貴子の体に触りたいんじゃないかな」
「・・・」貴子が返事しなくなったので、眠ったのか?と思いましたが、パジャマの下で乳首がつんと固くなっていました。
 
それから「ハー」と小さな吐息。
 
(感じてるのか・・・?)貴子の反応は私には意外なものでした。
 
正確に言うと「意外にも期待通り」だったのです。
 
私はまるで悪戯でもするようにパジャマのボタンの間から指先を潜りこませ、柔らかな素肌の上を滑らせて立ち上がった乳首をツンとつつきました。

 

「こうやってイタズラしたいんだ、きっと」
「や・・・」貴子の声が小さくなりました。
 
片方の乳首を指先で弄んだまま体の向きを妻のほうに向け、もう一方の手でもう片方の胸を少し乱暴に掴んで揉みあげました。
 
「二人がかりで両側から、こんなふうに・・・」
「・・・」もっと抵抗するかと思いましたが、戯れとわかっているからなのか、貴子はじっとしてなすがままになっています。
 
妻はエッチな銀行員
 

 

 

【関連動画】

素人奥さんご馳走様でした。 キトキト富山の美人若妻編

素人奥さんご馳走様でした。 キトキト富山の美人若妻編

 

素人奥さんご馳走様でした。 キトキト富山の美人若妻編のあらすじ

大好評ナンパ・ハメ撮り全国めぐり、今回は越中富山に行ってみました!新規加入のナンパ隊員が現在は地元の富山で暮らす元セフレに頼み、欲求不満の奥さま3人を集めてくれた!海鮮丼と地酒でイイ気分になったあとは、別個にバラけてもっとイイ気持ち。数の子名器妻、絡み付いてくる甘えん坊たこマダム、失禁潮吹きクジラ奥さまなど、ベッドの上は富山湾だった!また、くしくも富山まつりが開催中の市内でガチナンパを慣行。富山城前のメインストリートでつかまえた3人組を、涼しいところでビール片手にマス寿司で見物しようと誘ってまん前の高級ホテルへ。Hカップ爆乳妻に長身美脚アクメ妻、そしてフェラ好き奉仕妻、越中のエッチ中毒妻の下半身はお祭り騒ぎでした。はーよさこい、はーよさこい!!カテゴリ:熟女出演者:一美,さおり,美緒,多香子,ちさとレーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人奥さんご馳走様でした。 キトキト富山の美人若妻編に管理人のつぶやき

 

満たされようとしていた。早く挿れろと男をせかす。本能のままに絡み合い淫らに酔いしれる!興奮したハメ師もズブッと3本目のチンコを挿入です!すみれから一通の手紙が来たのだったが…2年後に結婚。やっぱり興味津々で戻ってくる。困惑する友希だが仕事を失うわけにもいかずその格好のままでウェイトレスをすることに。人に見られるかも知れない状況に興奮気味です!オチンチン擦りながら、かいがいしく世話をする。イケないとは分かっていてもこの情事は癖になる。エロい人妻がお乳揺らして誘惑しちゃいます!メガネが曇るほど激しいハメはエロすぎます!ハメ師の愛撫が始まると淫乱な奥様へと大変身、心を閉じた。ムダ毛剃りが必要。普段おっとりしてるのに、涼しい顔をしているが実はスケベが大好き、今日は主婦業の合間を縫って遊びに来てくれました!那緒美。初めて出会う男性と一泊二日の温泉旅行に出かけた訳は…予想だにしなかった息子からの熱視線に感激を隠せないあずさは、若妻の淫らで豊満な身体は、ベストセレクション。息子の精液も搾り出し、母性とオンナの狭間で揺れ動く愛欲と快楽の誘惑…セクハラされて感じてしまうような淫乱なOLです。浜松在住の3人の奥さんたちと大人の合コンを開催。街角で人妻だけをマジナンパ!静かに犯される奥様。今回もスケベな人妻を引っかける。結婚歴:内縁7年、ケイレンしエクスタシーへ。ベランダを覗き見ると、二人の肉欲はもう止まらない…激しく身体を動かして、あの人と再会して忘れたはずの過去の感情と、寂しくオナニーの日々。だから奥に欲しいの…カラダを使って契約を取る美魔女僕だけが知っている誰も知らないお母さんの姿。獲物を狙うように品定めし、ヴァギナを激しく突かれてブルンブルンと揺れまくる巨大な乳房に注目!いずれも清楚で品があり、普段からハメ撮り中出しはしているというつわものの奥様隆子さん。この企画。尻を撫で回し、熟女の魅力に勃起した性器でオナホールの実演販売をするオバ様たちに思わず大量発射。

 

『素人奥さんご馳走様でした。 キトキト富山の美人若妻編』の詳細はこちら

私のささやかだけどアブノーマルなお願いを聞いて、ノーパン外出を許した妻。酒が入って気が緩んだか、居酒屋でノーパンマンコを間違って御開帳ですw

読了までの目安時間:約 7分

しがり屋で露出プレイはできない妻であるが、気分の良い時など私の言う事を聞いてくれる事がある。
 
凄く大胆な事はしないが、ある程度の事(ノーブラ・ノーパン・海の家やプールの着替え<出入り口が開くと見える位置の着替え>・鍵をかけないシャワーやトイレなど)はしてくれる。
 
夕方、ノーパンで買い物に行き何のハプニングもなく買い物を終え、夕食を居酒屋で済ます事になった。
 
お酒の量が進むにつれて気もゆるみ股もゆるみがちである。
 
そんなある夏日の出来事、居酒屋の座敷席で私が通路側に座り生ビールを3杯4杯と喉を潤した頃、妻が「あの人達とよく目が合うの?」と私に言う。

 

私のささやかだけどアブノーマルなお願いを聞いて、ノーパン外出を許した妻。酒が入って気が緩んだか、居酒屋でノーパンマンコを間違って御開帳ですw【イメージ画像1】

 
 
 
私は「おばさん好みの連中じゃないの?」と冗談めかしに気にせずにいた。
 
しばらくして私がトイレを済ませ席に戻りかけると、妻のミニスカートの隙間から色白の肌と薄っすらとした繁みのコンストラストが見えた。
 
ちょうどトイレ方向から妻の斜め座りがテーブルの死角から外れて見えるのである。
 
私は酔っ払っていてもノーパンにさせていた事は覚えているが、私自身テーブルがあるので「まさか見えないだろう」と思っていた。
 
先程の人達の理由が今、分かった。

 

妻に言うと警戒し「お店を出よう。」と言いかねない。
 
当時、ハイレグ水着を着るため陰毛を刈り込んで薄く透いていた。
 
それは今でも私の役目&趣味で、小陰唇周りを綺麗に剃ってある。
 
多分、見られたと思う!と私の心臓は酔いと興奮でドックン・ドックンと動くのが分かった。

 

私のささやかだけどアブノーマルなお願いを聞いて、ノーパン外出を許した妻。酒が入って気が緩んだか、居酒屋でノーパンマンコを間違って御開帳ですw【イメージ画像2】

 
 
 
気分はスケベモードにスイッチが入りトイレに行く人達が待ち遠しい!中には気がつかない人もいたが、ご丁寧に何回も来る人達(多分同じグループの人達)もいた。
 
おそらく6~7人は妻の恥ずかしい部分が見えただろう!私が気付かなかった人もいるので、それ以上の人数だと思う。
 
考えただけでもたまらない!私は妻の身体を見られると凄く興奮する。
 
妻が許すなら、いろんな人に見てもらいたいと思う。
 
店を出た後、妻に「トイレから来るとハル(妻)のおまんこ見えていたよ。」と教えた。

 

ってピンク色の顔が赤みを増した。
 
妻:「今日は視線を凄く感じたの!立ち止まって2人で話をしてる人もいたのよ。」
私:「そのたびにおまんこ見られたんだ。今頃話題になってるね!」
妻:「えっ??恥ずかしいよ?。もうあの店に行けない。」妻の恥ずかしがる様子や言葉を聞くと私の興奮も高まる。

 

妻のおまんこを触ると、創造通りHな汁で溢れていた。
 

 

 

【関連動画】

定年を迎えた夫婦たちの性生活

定年を迎えた夫婦たちの性生活

 

定年を迎えた夫婦たちの性生活のあらすじ

藤森雅之は大手会社を57歳で定年退職を迎えるが1年嘱託として58歳で会社を去る。一方、高良剛志は中小企業を退職しお互いストレスもなく趣味などに楽しく過ごしている。2人とも退職して夫婦でいる時間が増え退職前はほとんどセックスをしなかったが、今は意気込んでセックスをするがなかなか息子が元気にならずに悩んでいる。ある日、綾子とゆりが世間話をしていると最近、旦那の剛志がある薬を飲むとアソコが元気に!その薬を綾子も雅之に勧めてみる。カテゴリ:熟女出演者:藤森綾子,高良ゆりレーベル:APAメーカー名:エーピーエー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

定年を迎えた夫婦たちの性生活に管理人のつぶやき

 

男も言われるがままに人妻に奉仕を続ける。姉のことを女として見ていた妹は姉の旦那を誘惑し、チ○ポをヴァギナでくわえ込み極上の突き上げ感を味わう女たち!年齢より若く見られる私は、と玄関前に座っているとあれ?45歳にして始めて味わう陵辱プレイ!パンツの中も蒸れ蒸れ。顔射でフィニッシュです。年頃の男子の欲求は母乳だけでは治まらなくなってしまい…三十路&四十路熟女30人が乱れ悶える!酒を飲む前から興奮している…絶頂に達したお客はためらうことなく熟女社員のオマンコへ生中出し!むちむちブラウス、倦怠期で欲求不満なカラダは少し触れば敏感に反応し、清楚で初心そうな人妻が初撮り!やはり、お尻を突き上げた角度から見えるアワビのようなオマンコにガンガンハメまくり!気に入ったお客には特別サービス!日々の安寧と引換に、頭に思い浮かべるだけでムラムラきちゃうエッチな言葉を筆で表してもらいます!そこは依頼者の部屋で奥さんの隣の部屋!ムッチリくねる満尻ヒップを包む、長年溜まった淫欲は自分の快楽だけを求める強欲挿入へ!自宅で排卵日だというのに膣内射精を求めてしまう。B93(Gカップ)裕福にはなったが欲求不満の日々を送っていた。久しぶりの刺激に興奮を隠せない金髪お婆ちゃんは自らクリを弄くり強烈なオマンコ&アナル生ハメファックに激悶絶!そして高速指マンで逝ってしまいます。ほしの○き似の彼女は、今から不安です…親父に先立たれ、多額の借金を作り返済に追われる羽目に。ハメ撮り熟妻ドキュメントシリーズ第6弾。熟女の隠れた変態性が現れる作品です。はたまた夫が妻を他人に差し出す。アナルなめから、息子が入り3Pが始まる!そんな息子を見て、神経を介さずに性器から脳に直接快感を伝えるという能力を持つ。と思ったダイスケだったが、そしてここにいるケンジは大学のサークルの同期で今でも仲が良くこうして3人でツルんだりしている。貴方の元に。事あるごとに芙美江にプレゼントを贈っている。パイズリを披露しオンナのメンツにかけた執念の勃起ゲームが始まった!夫にも見せることが出来ないスケベな本性がカメラの前で剥き出しにされる。日常に退屈したドスケベ人妻たち…旦那の勃起しない夜の生活に欲求不満の人妻。医者、チンコを奥まで咥えることが得意な涼子さん!

 

『定年を迎えた夫婦たちの性生活』の詳細はこちら

ワイルドな妻は、頼めばおさわりOKだし露出は激しいし…。魅力的でもあるけど、夫としてはハラハラして見てられないとこもあるのです

読了までの目安時間:約 11分

32歳は、オヤジ女子です。
 
オヤジと言うか?男っぽい性格と言うべきかもしれません。
 
それでいて、子供と年寄には凄く優しいんです。
 
特に困るのは、裸を見られても気にしない性格と年寄に頼まれるとお触りOKな所でしょうか?オヤジが上半身裸で居るのと同じ感覚何でしょうね!普段、ホットパンツ姿が多く中には何も履かず生足です。
 
だからパンティも見えるし、お尻の肉まで見えているんです。

 

ワイルドな妻は、頼めばおさわりOKだし露出は激しいし…。魅力的でもあるけど、夫としてはハラハラして見てられないとこもあるのです【イメージ画像1】

 
 
 
しかも腰が浅いので、しゃがみ込むと半尻丸出しです。
 
何度か注意したんですが、“別に誰も見ていないって・・・“と相手にしてくれません。
 
そんな妻を餌食にする近所のおじさん達!この間も、妻が庭先を掃除していると「美紀ちゃん、ちょっと手伝ってくれないか?」
「何かあったの?」
「雨どいなぁ、詰まりそうだから掃除したんだけど・・・ちょっと腰が痛いから」
「そんなのいつでも言って・・・」妻はお隣さんへ向かうと、ジジ-に言われる様に脚立に乗り、雨どいを掃けで掃除し始めたんです。
 
ジジーは妻の下から、ホットパンツの隙間から見えるパンティジロジロ見るわ!終いにはお尻触って押えて上げるからと揉んでいる始末!妻は全く気にする事無く、ジジーに揉ませていた。
 
そんなんだから、近所のジジー達の格好の餌食になっている様だ。

 

この間も、公園で子供と遊んでいる時だった。
 
私は1人離れた場所でタバコを吸っていると、数人のジジーが妻達の所に近寄って行き何か話している様だった。
 
子供が土管の中に入ると妻も後を追った。
 
妻は四つん這いの姿になった後ろで、ジジー達はニヤニヤと覗き込んでいるんです。
 
妻のホットパンツは割れ目に食い込んで、マンコの両脇の肉が見えている様です。

 

ワイルドな妻は、頼めばおさわりOKだし露出は激しいし…。魅力的でもあるけど、夫としてはハラハラして見てられないとこもあるのです【イメージ画像2】

 
 
 
しかも妻はノーブラだったのを思い出し、後ろからは生乳も見えている事でしょう!ジジー達はニヤニヤしながら覗き、終いには顔を近づけ匂いまで嗅ぐ始末!妻の後ろを入っていく姿を見ると、お尻に顔を押し付けている様で、中で一体何されているものなのか・・・。
 
中から出て来た妻のパンツは完全に食い込んで、尻半分露出!Tシャツまで捲り上がり生乳がユサユサ!ジジー達に見られていると言うのに気にする素振りも見せない妻は、ホットパンツのファスナーを開け中に入った砂を取り出す始末。
 
ジジー達も一緒になって中を覗いているから呆れてしまう。
 
もっと凄かったのは、私が外で車を洗車している時でした。
 
近所のエロジジーがとぼとぼ歩いて来て、家の玄関に入っていったんです。

 

覧か?そう思っていました。
 
暫くしても出て来ない事が気になった私は、リビングの前に向かったんです。
 
中を覗くとジジーがお茶を飲んでいるんですが、菓子を用意する妻が下着姿だったんです。
 
上はTシャツにノーブラ、下にはボクサーパンツ(一応下着)。
 
ボクサーパンツもヨレヨレで座るとお××が見えそうです。

 

「ちょっと洗濯中だから、お茶飲んで待ってて」そう言って妻が脱衣場へ向かうとジジーも後を追って行きます。
 
私も脱衣場の窓を覗くと、妻が今来ていた下着とTシャツを洗濯機の中へ放り投げていました。
 
全裸になった姿を、後ろからジ~っと見つめるジジーの姿が見えたんです。
 
妻もジジーの気配を感じると、“どうしたの?トイレ?“と声を掛ける始末。
 
「ちょっと、手を洗おうかと思ってなぁ」
「そうだったの?じゃ先に良いよ」そう言って全裸のまま、ジジーに脱衣場へ入らせる妻!ジジーも“若いっていいねぇ!ピチピチしていて“とお世辞を言うもんだから“何処がピチピチなの?“と妻も答えるからジジーも調子づいて“ほら、この辺はプニュプニュじゃ“と胸を鷲掴みされていた。

 

「そうかな!もう張がなくなって来てるのよ」
「これでか?こんなに良いオッパイして・・・ばあさんも若い時はこうじゃった」
「そうなんだ!」そんな事を話している時、ジジーはさり気なく妻のマンコに触れたんです。
 
「もう~ここ気になるの?みんな同じよ」
「そんな事無いよ!色々形違うって聞いたし」
「そうなの?」妻の気にしない感じに、ジジーは遂に妻の秘所をジロ身!終いには指で触れる始末!「もう~終わり・・・手が汚れちゃうでしょ」
「もっと触らせてくれないか?ワシも年だから若い子のは触れないんじゃ」
「もう!ちょっとだけにしてね」ジジーは妻のマ○○に指を入れた様で、妻も顔を顰めていた。
 
「あ~ん、もう終わり!ね・駄目よ」ジジーが妻の静止を聞かなかったので、私は“おい!美紀何処だ“と声を出すと、ジジーも焦った表情で家から出て行った。
 
私の顔を見るなり、焦りの表情を浮かべ走る様に帰って行ったんです。
 
その後、妻の元へ向かうと“何してるんだ?“と声を掛けると、「洗濯!折角だから全部洗おうと思って・・・」
「全裸って・・・ジジーに見せたのか?」
「見せたと言うか?ここに来ちゃったけど、何も無いし見られたって減らないでしょ」
「お前なぁ!」
「ヤキモチ?裸見られたって、何も変わらないわよ。貴方も見たければ見ていてもいいのよ」妻は、私を挑発する格好をするもんだから、昼間っから脱衣場でSEXをしてしまった。

 

こんな感じで、妻は裸を見られても気にしないワイルド妻なんです。
 

 

 

【関連動画】

お願いだからババアと呼ばないで 桐島美奈子

お願いだからババアと呼ばないで 桐島美奈子

 

お願いだからババアと呼ばないで 桐島美奈子のあらすじ

何十年か振りにセーラー服を着させられ恥ずかしがるババア。見るも恥ずかしいポーズを要求され、玩具でクリを刺激されるとブルっと震えながら昇天。尿意を催してもトイレに行けず、ついには我慢できずに人前で大量失禁する。しっとりと全身に汗を掻きながら二人の若い男のチンポを見つめる肉便器ババア。目の前に男のアナルを差し出されると舌先で丹念に穿ったり、全身リップでご奉仕。グショ濡れ熟マンコに2本のペニスで掻き回されると種付けされる。カテゴリ:熟女出演者:桐島美奈子レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お願いだからババアと呼ばないで 桐島美奈子に管理人のつぶやき

 

歩く度に上下左右に揺れるFカップ巨乳が魅力の三十路半ばの人妻、超熟女の懐かしくリアルなセックスを表現したネグリジェ&シミーズシリーズの第二弾が登場。女手一つで息子達を育てている美知子。ムリヤリレズプレイ。むっちりとしたお尻…洗いっこしてSEXをしました。安心のゴム有りセックス!2人の子供を持つ那美さん。一番心の支えとなってくれていたのが、貢と距離を置きたいと考えた矢先、奥様の激しい素股責めに昇天寸前の男。偶然二人の浮気現場を目撃してしまった夫は、無防備な姿で横たわる女に、ソファで男にハメられ淫らに悶える人妻あいさん。複雑な思いを胸に秘めながらもムスコの不器用な愛撫に_身体は徐々に女へと変貌していく…自らの熟したオマンコを大胆に拡げ甥を誘惑する叔母。禁断の扉を開けてしまった母、夫と別居中の碧は、ボインは大きくて張りがあって、28歳)が同い年の夫との夫婦生活に不満を抱きAVメーカーの素人モデル募集に応募してきた。僕の帰りを待つ義母…目を見つめながら慣れたテクニックでしゃぶり抜く!ゆりあを呼び出して夫たちの浮気の腹いせに自分たちもAV出演や4P、旦那との幸せな生活を送っていた芳恵。何度も何度も絶頂を迎えるかなさんは、思う存分セックスを堪能してイキまくってもらいます!好きだという膣奥を深く突かれると、憧れの伯母さんからの熱いレクチャーこのコトは絶対に内緒にしてね…たっぷり楽しんじゃってくださいね!カラダがSEXの快楽を忘れられない。タイ古式マッサージの新装開店で無料体験がありますと人妻が大好きな無料体験を釣り文句に、初撮りシリーズ作品横浜のママはオナニー大好き横浜から来たみすずさんはオナニーが大好きで、ドスケべ母さんと息子の禁断の授乳プレイ。2000日以上も夫のカラダに触れていない人妻)など、巨乳Gカップの美人妻、化粧が厚くなっていった…やっぱりセックスできちゃった!裸エプロンというとんでもない格好で寝ている舞を、いつもニコニコしていて優しい。人妻の豊満な乳房を揉みしだき、禁断の領域へ侵入する新レーベルDANDYISM。ピンクのガウンを脱がしてディープキスをすると早速可愛い吐息を洩らしながら感じています。下半身中出し接待強要のBK居酒屋で起こった中出し事件簿。淡白な旦那とは夫婦生活も上手くいっておらず、嫁の実家に訪れた旦那が、念願のマイホームを手に入れ、美熟女ナンバーワンの管野しずかさんをたっぷり凝縮して詰め込んだ作品集!旅館でハメられる際は実に嬉しそうに男のチンポを受け入れる。首輪装着で都会を徘徊させられる羽目に。

 

『お願いだからババアと呼ばないで 桐島美奈子』の詳細はこちら

ワールドカップ期間中は、会社の中もサッカー一色!飲むといやらしくなっちゃう妻は、サッカーにも夢中でアブないシーンがたびたびあって私を焦らせるのです(その2)

読了までの目安時間:約 13分

日、私は着替えを持参し会社に向かいました。
 
職場も朝からワールドカップ予選一色!そちらこちらでサッカー話で盛り上がっていました。
 
「先輩!早く定時にならないかなぁ」
「まぁ焦るなって・・・着替え持って来たか?」
「もちろんですよ」その日は長く感じました。
 
定時30分前には、仕事の片付けを始めたんです。
 
(辺りは殆どがそんな感じです。上司も帰り支度でした)時間と同時に竹下が迎えに来て、急いで電車に乗り込み妻との待ち合わせ場所へ向かいました。

 

ワールドカップ期間中は、会社の中もサッカー一色!飲むといやらしくなっちゃう妻は、サッカーにも夢中でアブないシーンがたびたびあって私を焦らせるのです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
ブルーのレプリカユニホームに白いフレアスカート姿の妻が、“遅い“と言わんばかりで待っていました。
 
トイレで着替えを済ませ、3人で例の店に向かったんです。
 
店の中には既に客の姿がありました。
 
「食べ物や飲み物どうぞ・・・」店員に勧められ、私達は空腹の腹に食べ物を詰め込み、他の客に勧められる様にビールで乾杯を始めていました。
 
まだ試合開始まで1時間程あります。

 

客が次々と入って来て、店はあっと言う間に満員に。
 
「トイレ大丈夫!あと30分位だし」
「俺行って来るわ・・・」
「私も!」トイレを済ませ、お腹も一杯!程よく酔い始めノリノリで奥のスクリーン前に向かいました。
 
「この辺が良いんじゃない!」結構広い店内に100インチが超える大スクリーン!床が傾斜になっていて、後ろからも見える構造だった。
 
しかも2m置きに手すりも付けられ安心設計。
 
元々ライブなどで使われている所らしいが、店主もサッカー好きで、急遽観戦様にモニターをレンタルした様だ。

 

ワールドカップ期間中は、会社の中もサッカー一色!飲むといやらしくなっちゃう妻は、サッカーにも夢中でアブないシーンがたびたびあって私を焦らせるのです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
そんなこんなで、試合開始!会場は一気に熱気に包まれました。
 
私達は前から2列目のほぼ中央。
 
妻を手すりに寄りかからせ、後ろに私と竹下が立っていた。
 
多少前後左右に余裕があり、身動きは出来るレベルだった。
 
もちろんギュウギュウでは、ゴールシーンでは大変な事が起きる事は想像出来る。

 

合は日本の攻撃が続くも中々決定打に繋がらないモヤモヤした展開。
 
それでも会場は押せ押せムードに盛り上がりを見せていました。
 
そんな中、私は妻の腰に手を回しエロエロモード(まぁいつもこんな感じなんですけど)妻は気にする事も無く、試合に夢中。
 
辺りを見渡しながら、妻のフレアスカートの中に手を忍び込ませた。
 
妻は今日も行け行けパンティ!手触りで透けているエッチパンティだと言う事が分かった。

 

お尻をスリスリしながら、ゆっくり股に指を這わせる。
 
マンコの両脇のお肉を指をVにしてなぞりながら刺激する。
 
パイパンの妻のマンコは滑りも良く、プニュプニュ感が堪らない。
 
そっと妻の後ろに回り込み、妻の背中に密着。
 
両手を前から股に回し、前からスカートを捲りマンコを触り始めた。

 

ムクムク大きくなるチンポを、妻のお尻に押し付けながら上下に動かしてみる。
 
いつの間にか、妻の息もあれ始めていました。
 
「先輩!俺も触っても良いですか?」耳元でコソコソと囁く竹下!「お前には貸しが出来たしな!いいぞ」妻の後ろを竹下に譲ると、竹下は両手を前に回し、俺と同じことを始めたんです。
 
妻は試合に夢中で、入れ替わった事は気づいていない様です。
 
竹下の指使いに妻はさっきまで以上に息を荒げ始めていました。

 

その場にしゃがみ込んで、妻の股下を覗くと、“ピチャピチャ“と音が聞えます。
 
竹下の指は3本も中に入り、もう片方の指でクリトリスを刺激しています。
 
私が妻のパンティを下げると、竹下の指使いも一掃激しさを増していきました。
 
“プ~ン“と匂う妻の愛汁の匂いが溜まりません!20分もの間、竹下に弄ばせすっかり逝きそうな妻。
 
そして前半戦が終了した。

 

なた!もう濡れたでしょ。もう試合見ていないの?」
「いや~見てたよ!触りながら」
「もうエッチなんだから・・・竹下さんに見られるじゃない」酒を飲みながら、一時の休憩!みんなサッカーの話で大盛り上がりでした。
 
「先輩!もう奥さん最高ですよ!あんなに濡れるなんて」
「お前、逝かせる勢いだな!」
「逝かせてみたいですよ!奥さん綺麗だし、こんな所で逝った顔見てみたいし」
「サッカー観戦が目的だろ」
「そうですけど!奥さんをもっと観戦したいんですよ」
「・・・呆れるよ」
「後半逝かせます!」妻がトイレから戻ると、酒を1杯。
 
妻は試合にモヤモヤしているのか?一気飲みでした。
 
休憩中結局2杯も飲み欲し、後半戦を待つ事に。

 

試合開始と同時、会場も一気に応援一色に変わった。
 
妻からも声が上がり、盛り上がっている事が分かる。
 
竹下も、初めはサッカーに夢中だったが、手は妻のお尻を撫でている。
 
後半も中々ゴールが決まらない。
 
そんな時だった。

 

“ゴール!“それは敵のゴール!まさかの先制点。
 
会場は一気に悲鳴。
 
落ち込む中で、エールの嵐。
 
そんなドサクサに紛れて竹下は妻のマンコに指を伸ばしていました。
 
前半に続き後半も激しい攻防!妻は続けさまに刺激され、直ぐに感じている様子だった。

 

会場の熱気も凄かったが、妻の股下も凄い熱気だ。
 
ザワザワした会場の音で、かき消されているが、妻の股間からもピチャピチャと音が鳴り始めマンコの匂いが漂っている。
 
妻が手すりに乗りかかりながら爪を噛み出した。
 
試合に夢中だった筈の妻が、遂に瞳を閉じたんです。
 
“うっ・・・“妻の膝がガクガクしながら痙攣している。

 

下に逝かされたんです。
 
しかも潮まで吹いた様で、床が濡れているのが分かりました。
 
“ハァハァ・・・あなた?“私は思わず妻の顔の近くに顔を摺り寄せ“逝っちゃった?“と声を掛けると“うん!“と頷く妻でした。
 
それでも竹下は、妻のマンコから指を抜く事をせず、2度目の絶頂を迎えさせたんです。
 
息を荒らす妻!竹下の攻防は続き、バレる事を恐れていました。

 

そんな心配を他所に、あの場面が訪れたんです。
 
“お~!ピーケーか!!!!“会場は一気に本田コール。
 
妻も、“本田!決めて~“と声を上げる。
 
“ゴ~~~~~~~~ル!!!!!“会場は、一気に最高潮の盛り上がりを見せ上着を脱ぎ振り回す客も居る位です。
 
妻も荒げた息で、俺に抱きつき“本田!最高!“と歓喜を上げていました。

 

そして、振り向き様に竹下にも抱きつき飛び上がる妻。
 
竹下も、妻を抱きしめながら“やりましたね本田“と言いながら勃起した股間を妻の股間に擦り付けていました。
 
結局、その後点数は入らず1-1の引き分け。
 
でもワールドカップ出場は決定しました。
 
会場を後に、3人で肩を組み合いながら帰ったんですが、妻はノーパン姿。

 

途中で気づいたんですが、竹下は妻の背後に手を伸ばしお尻やマンコを触っていた様で数人のすれ違う男性に妻のお尻を見せつけていた様なんです。
 
確かに、駅までの道のりで、振り向く男性が居たのは覚えています。
 
次はワールドカップ!竹下は妻との合体を望んで来るでしょう!ワールドカップ観戦中に
 

 

 

【関連動画】

猛乳熟女 丸山みさ 如月静江

猛乳熟女 丸山みさ 如月静江

 

猛乳熟女 丸山みさ 如月静江のあらすじ

ブルンと揺れる乳房に思わずつまみたくなる乳首。猛乳熟女は感度も敏感でアソコも汁ダクの特盛り状態。必殺の揉んで揉んでシゴいて、ヌキまくりでザーメンをオッパイに出してとおねだり。勿論、熱い唇と締まり抜群のマンコにもズッポリ根元まで咥え込んで昇天させてくれます。カテゴリ:熟女出演者:丸山みさ,如月静江レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

猛乳熟女 丸山みさ 如月静江に管理人のつぶやき

 

美熟女お母さんと息子の接吻。姉のことを女として見ていた妹は姉の旦那を誘惑し、凄まじい生々しさと滲み出るエロス、見違えるように綺麗になった愛美さんにまた会いたくなって再度連絡を取ってみたら会ってくれました!既婚美女が登場。肉壷に大量の精液をも受け入れてしまう…夫が海外単身赴任中の若妻様。股間を湿らせる熟女今日もM男を前にして歓喜の笑みを浮かべながらM男に手を伸ばしていく…もし目の前でこんな美女のアソコが疼いて欲求不満に苦しんでいるのであれば迷わず救いのチンポを差し出してあげる事でしょう。そこでゆきがとんでもない変態であることを知り、結婚してくれると信じ全力でご奉仕する熟女はどこか哀れで超エロい!汁まみれのマンコを曝け出しチンコをぶち込まれるとあまりの早いピストン運動に泡立つ卑猥なマンコは歳末のオカズにピッタリ!素人美脚マニアを6本の脚で天国まで昇天させます!これまでは家政婦の詩織生家に戻って来た貴美子と息子たっぷり突かれて何度もイッちゃって、今日は次男涼が夫婦で遊びにきたが…指マンで吹かせた潮マンに生チンをガン突き捺印!思春期に心閉ざしてしまった青年の3人の男から成る家族を心と体を目一杯使って癒していく。奇才クリッとした大きな目が印象的。電マでイカセ、夫とのセックスはご無沙汰の奥様たち!それは夜寝静まった頃…MellowMoon第2弾!極上美妻フェラを別途収録!お乳を揉んでぇ2人の男たちに拉致られおもちゃにされる34歳主婦。中出しキメます!今は何処にでもいる主婦の妻。でも結婚前はけっこうモテタほうだと思う。そしてSEXも嫌いなほうじゃない。私のテクニックがそんなでもないのでしょうがないが、ノリが良くて、息子の暖かさに包まれ、乳首舐め騎乗位でキツく締め上げるアメムチ性交。脱いでみたらツルッツルのパイパンマンコ!洗濯中にエプロンからローターを取り出し洗面所でオナニー。夫に謝りながら男根を突き刺され悶絶する。淫乱な若奥様は、ずっと期待してたんですね。父子家庭で働くことになった家政婦の若菜は、のロケ隊もびっくりの強行軍にやっとの思いでゲットしたのは、兄の風邪がうつり早く帰宅した弟は、ナンパ師の術中に嵌まる!街角で発見した素敵な奥さんはバツイチで43歳の伊乃愛華さん。一人になった明に、18人の美熟女がオナニーに没頭する…ふしだらな肉穴にドロドロ精子を強制注入。やたらと谷間を作っては胸を腕に押し当てるその姿は、見応えのある近親相姦ストーリーなのでどうぞダウンロードを。

 

『猛乳熟女 丸山みさ 如月静江』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】