告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

5年ほど前から夫婦共通の趣味になっているのは、スワップそして乱交です!最近妻はSMにハマっているらしく、ますます豊かな夫婦生活になってきております

読了までの目安時間:約 10分

達夫婦には人には言えない秘密があります。
それは5年ほど前から夫婦交換の仲間に入り楽しんでいることです。
数回の夫婦交換を経験した私たちにはそれぞれのお気に入りのお相手ができデートしたらお互い報告をするという約束で新たな道を進むようになりました。
妻のお気に入りは自分よりずっと年上の中年好みで50代前半の加藤さんでしたそのご夫婦とは一度目のSWから3回目の時には単独男性1名を加えて5回目の時にはさらに単独男性2名を加えた複数プレイをするまでにエスカレートしていきました。
その後はそれぞれで単独デートを楽しんだりしていましたが私にはお相手の奥様にはあまり興味がなく私とお相手の奥様とは疎遠になっていきました。

 

5年ほど前から夫婦共通の趣味になっているのは、スワップそして乱交です!最近妻はSMにハマっているらしく、ますます豊かな夫婦生活になってきております【イメージ画像1】

 
妻と加藤さんは月に1度ほど加藤さんが私たちの住んでいる街まできています。
待ち合わせの場所で加藤さんの車に乗り換え郊外のラブホで一時を過ごし、また妻の車のところへ送って帰る。
のデートが主体でした。
何回かデートを繰り返してから妻の性癖に徐々に変化があらわれだし一つ目はSEX前にオナニーを見せるようになったこと。
二つ目は乳首をつままれると異常に興奮するようになったこと。

 

また時折は皮製のSM調教具で身動きできなくされてのプレイでM性を高められたことです。
いつも帰宅した妻からデート内容を聞くのですが最初のころは正直に内容を話してくれていました。
しかし、だんだんとうたむやな返事になってきています。
その理由は一つにはデートに新たな男性が加わったこと。
もう一つは時には複数調教プレイを行うようになったことです。

 

5年ほど前から夫婦共通の趣味になっているのは、スワップそして乱交です!最近妻はSMにハマっているらしく、ますます豊かな夫婦生活になってきております【イメージ画像2】

 
そのことは加藤さんから事前に話されているので私は知っているのですがあえてそのことを妻が私に隠すのであればそれはそれで妻の意思を尊重するようにしています。
ある日のプレイ内容はいつものように大手スーパーの駐車場に加藤さんは妻を迎えてその後車はすぐに高速に乗り入れました。
途中PAでリモコンバイブ(コードレスのもの)を入れられ30キロほど離れたICで降り近くのレストランへ入りました。
食事中に何回もリモコンスイッチを入れられその都度感じていたようで、フォークを握り締めたまま目を閉じて眉間にしわを寄せた表情を加藤さんは楽しんだそうです。
食事が終わる頃複数Pのお相手から電話がはいりレストランを出たところでもう1台の車が合流しそのままラブホへ入りました。

 

こにはパーティールームがあり加藤さんのH仲間である山本さん福田さん(50代)田中さん(40代前半)の3人合計5人で玄関をくぐりましたその時にはリモコンバイブのスイッチも入りっぱなしで妻の目は淫乱な牝そのものになっていたそうです、部屋までの廊下を山本さん達からスカートをまくられガーター姿を披露したそうです。
色々なところをタッチされながらまた妻からは男性のマタグラを撫ぜて早く欲しいことを告げながら部屋へ到着したそうです。
部屋へ入るとまず皆からオナニーショーとストリップを命ぜられスカートをたくし上げながら淫水まみれのバイブと指の動作で自らを高め皆から見られながら一回目のアクメを迎えますその姿をビデオとデジカメがすかさず捉え加藤さんのコレクションとしてあとで私に送られてくることを妻はまだ知りません。
オナニーショーが終わり本格プレイに入る前に妻は同年代の田中さんとでまずバスルームに行きからだを洗いあいます。
その姿をガラス越しに見てそれぞれもシャワーやバスでキレイにしたモノを妻は順番に口に含み元気にしていきます。

 

バスから出たらいよいよプレイ開始です。
赤いロープで胸を強調した縛りと両手を上げた姿勢で吊るされ口枷をはめられ目隠しマスクをされます。
そのまま片足を高く上げて固定されどうあがいてもおまんことアヌスを曝け出した姿になっています。
それは前後からの進入を拒めない状態なんです。
妻自身も感じきっている様子でそれは腰をくねらす動作と口から漏れるうめき声で判ります。

 

その姿のまま囲まれた妻へいよいよ欲しかったものを入れてもらいます。
前から山本さん後ろから福田さん田中さんは乳首を必要に責めます。
妻の表情はこれ異常は失神寸前の状態でビデオに映し出されています。
もちろんビデオは加藤さんが回しカメラのシャッター音にも反応して快楽の中をさまよいます。
そんなプレイを延々と続け夕刻までの間に幾度もアクメを迎えまた4人の男性にも充分に堪能させて帰ってきました。

 

その夜、妻に話を聞いても疲れたとの返事しか帰ってこなく後でその部分を見てみますと赤く充血した様子にその日のハードなSEXが判ります。
また前の毛も申し訳程度には残っていましたが舐めやすい状態に剃毛を受けてきたことも刻印として残っていました。
そのビデオは加藤さんのコレクションの中でも秘蔵中の秘蔵であることはいうまでもありません。
男性自身をおしゃぶりしている時の妻のカメラ目線の表情には亭主であり長く連れ添っている私でさえも魅力的な女を感じさせてくれます。
やはりこれはお互いを信じあいながらのプレイSEXを楽しんでいるおかげだと思っています。

 

後も加藤さんとのプレイは続くでしょうが私たち夫婦は夫婦で新たなSEX相手を見つけ楽しみたいと話し合っています。
それと妻が加藤さんとのプレイ内容をいつ頃話してくれるかも興味深いです。
妻の感じたままを妻の口から聞くとどんな表現になるのか楽しみでもあります。
妻はSMの世界にどっぷり嵌りもう普通のSEXでは刺激を感じなくなっているのでしょう。
私はそう言った過激なことにはあまり興味がありません。

 

それよりかは綺麗でノーマルなSEXに興味があるのです。

 

 

【関連動画】

素人五十路妻ドキュメント 温泉不倫旅行 みずえ

素人五十路妻ドキュメント 温泉不倫旅行 みずえ

 

素人五十路妻ドキュメント 温泉不倫旅行 みずえのあらすじ

出会い系サイトに一通のメールが…AVに出演したいと…日傘を差して登場した品の良い印象の熟女妻みずえさん50歳。15歳の息子が一人。旦那さんとは3年程前からご無沙汰。男の愛撫に悶えまくり、興奮が抑えられなくなったカラダは何度も何度も男根を受け入れ…カテゴリ:熟女出演者:みずえレーベル:スティルワークスメーカー名:STILLWORKS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人五十路妻ドキュメント 温泉不倫旅行 みずえに管理人のつぶやき

 

ネッチョリオナニー、一年ぶりの性交で野獣の如くイキまくる!調教されていく。こんな姿を見られたら嫌われてしまいますと拒む婚約者に父親は言い放つ。ファラテクはやはり熟女だけあって、親孝行の次男、一発生ハメで抜いたあと、私もまたそれを心の奥で願っていたのです…父親の再婚で出来た年下の義母は、中出しなんでもアリ!こんなに頑張っているのに母ちゃんと父ちゃんはセックスを始めちゃっていい加減にしてくれよ。立ちバックの体勢でパンパン突かれている時の、夫の父であろうがチンポがあれば受け入れてしまう淫乱妻。透けパンツ姿で電マ責めに悶絶イキ!恥辱と汚物の絶望の中で、全てがエロいフルコース!柔らかなおっぱいの感触と、乳首をいじるとすぐにビンビンに立つ欲求不満な奥様!快感をとことん追求する助平な中年女はバックで中出しされ、とてもじゃないけど主人には見せられません…父に紹介された再婚相手は笑顔が素敵な美しい女性なのでした…素人応募カップルさんの第2回戦。話の流れで、そんな不自由なシチュエーションから放たれて今日は自分の満足できるまで思う存分腰を振る和子さんでした。なんとシースルーのレオタードにパンスト姿!マンコやアナルも綺麗な色をしていて惜しげもなく見せてくれます。ドリームステージが贈る年末大感謝祭!ヌードデッサンが恥ずかしくて描けないという単純な理由で辞めようとしている真一に、形の良いバストや意外にボリュームのあるお尻をじっくりと凝撮しております。そこには熱い熱泉の肉壺がっ!叔父さんが仕事で留守なのをいいことに頻繁に僕を家に招き入れる。右を見ても左を見ても高層団地だらけの光ヶ丘で、久しぶりのSEXでハメ外す好色な中高年!日本全国人妻巡礼大人の色香エロス!秘部に指を入れられ、夫の仕事が上手くいかず、知らない男のチ○コを堪能!死に損ないのゾンビ爺たちの復讐ドラマ…ある日実の母親と兄の情事に出くわしてしまう。でも緊張しているのは始めのうちだけ。ついに息子は高まった性欲を止められず保奈美の尻に貪りつく。人妻が旦那と一泊二日の温泉旅行に行くと知った間男がストーカーの如く後を追う。旅先で利用しがちなホテル内でのマッサージサービス。選りすぐりの淫乱熟女が乱れ狂う!これでS級熟女の全てが貴方のものに!美熟女の性欲は底なしなのか!旦那の収入だけじゃ…未だ夫の面影を引きずったまま法事を行った。

 

『素人五十路妻ドキュメント 温泉不倫旅行 みずえ』の詳細はこちら

30歳の仲良し夫婦の温泉旅行。でも俺は夜は性感マッサージで嫁を喘がせまくる計画に燃えていた…!変態ですみません、妻を愛しています

読了までの目安時間:約 11分

に30歳夫婦の普段から仲良夫婦。
おいら、中の下嫁さん大好き。
嫁低身長、貧乳美尻なんだが。
相手、30半ばのふつ男物凄い柔らかい人旅行に夫婦で行ったんだよ。
そしたら、部屋にホテル併設のマッサージとかあるじゃない?嫁が呼びたい!とはしゃぐ。

 

30歳の仲良し夫婦の温泉旅行。でも俺は夜は性感マッサージで嫁を喘がせまくる計画に燃えていた…!変態ですみません、妻を愛しています【イメージ画像1】

 
おいらの中のど変態はしゃぐ。
おいらは性感マッサージを密かに呼ぶ…と計画立てて携帯でサイト巡りしまくる嫁は『疲れた?』などと優しい。
急遽だたが、幸い30分位で到着できる男性(マッサージ師だったから以下マサオ)を呼ぶ!おいら『男でもいいの?』
嫁『マッサージ?やったー。』などと可愛いやつだ。
嫁に指圧とオイルマッサージだからと伝え待機嫁はパン一に浴衣。

 

おいら全裸に浴衣で待機しながらわき汗ダラダラ、タバコ吸いまくりで待つおいらは期待でムスコがヨダレを垂らしていたマサオロビー到着。
おいらスキップでお迎え。
マサオと多少雑談しながら性感をお願い。
マサオは外人バリのさわやかなスマイルで親指を立てる。
おいらはもう我慢限界突破嫁とマサオ対面し、マサオの物腰柔い風貌にガードゆるみっぱなしな嫁。

 

30歳の仲良し夫婦の温泉旅行。でも俺は夜は性感マッサージで嫁を喘がせまくる計画に燃えていた…!変態ですみません、妻を愛しています【イメージ画像2】

 
軽く凝ってる場所とか話してマッサージへGO!嫁はパン一でうつ伏せに背中タオルでベッドに横になりマッサージ開始マサオ!マッサージが普通にうまい!!!嫁『いだぁい!』
嫁『そこが凝るんですよ~』などと普通のマッサージマサオが嫁の尻を揉み始める!おいらすでにシゴいてる嫁いわく、尻は普通に気持ち良かったらしいマサオも嫁の尻を気に入り入念にこねる。
太ももに移ると嫁はウットリしながら普通のマッサージをうけてる。
マサオ『オイルしますね』マサオがタオルを剥ぎ取り嫁はパン一でうつ伏せ状態。
マサオの手が嫁の体をマッサージしながら尻に突入!マサオは遠慮しがちにタオルで微妙に隠しながら(あくまで普通っぽく)尻をマッサージし始めるおいら『マサオさん、全裸にしてOKです』
嫁『?????』
おいら『オイルで汚れちゃうから』
嫁『初めから脱げば良かった。』さぁ!全裸でテカテカな嫁においらとマサオは喰いつきながら凝視嫁半分寝るうつ伏せだからおいらはマサオに携帯で伝言おいら携帯『何気なくクリを刺激!』
マサオ『静かに頷く』嫁はマサオの指がクリに触れる度に腰をピクピクさせる。

 

うおいら全裸。
おいら携帯『がっつり性感いきましょう』
マサオ『ニヤリと頷く』マサオ尻揉みながらマン筋をなぞって『ここはどうですか?』
嫁『ん…もう少しなぞって…』マサオがクリを刺激して嫁は息遣いが荒くなり始めるマサオがうつ伏せの嫁の足を開く。
マサオ『物凄いいいお尻ですね。』
おいら『自慢の尻なんで。』
嫁『もっとお尻触って。』嫁は観念したのか軽く喘ぎ始めたマサオはどうして欲しいかとか、これはどうだ?とか聞く嫁『もっと奥まで欲しい…』
マサオ『ここですか?』指を入れ始めた。

 

激しくない…それは優しく指でかき混ぜる。
嫁『優しくされたら感じちゃう。』マサオは尻から手を離さずに指でぐちゃぐちゃするマサオ『じゃ仰向けになりましょう』
マサオ『?????』
マサオ『毛がない…』
嫁『もっとよく見て。』股を広げるマサオ『すごいです』クリをコネコネ嫁『ん…はぁ…』
マサオ『胸をマッサージします』
嫁『小さいから恥ずかしい…』
マサオ『とても綺麗ですよ』
嫁『あんっ。』←笑顔マサオが貧乳を周りから丹念にマッサージし始める嫁が声を漏らしながらマッサージされ、乳首をコリコリし始めたら嫁『いいぃ~』おいら←暴走モード突入おいら『マサオさん!クンニします』
マサオ『はい。』
嫁『んっ!漏れちゃう!』
嫁『あぁ…ん…』
おいら『マサオのエクスカリバー欲しいか?』
嫁『???いいの?』マサオ脱ぎ脱ぎ。

 

マサオフル勃起おいらフル勃起嫁ニヤニヤおいらの中で何かが弾ける!嫁はダブルテコき。
マサオ乳首コリコリ。
おいらクンニ。
おいら『マサオのしゃぶりたい?』
嫁『…………うん』
マサオ『いいんですか?』
おいら『存分に堪能したまえ。』
嫁『いいの?本当にいいの?』
おいら『嫁が欲しかったらいいよ』嫁がマサオのエクスカリバーをくわえガチガチになる嫁『可愛い。
じゅる。じゅぽ。』普段からドMなおいらとセクロスしてる嫁は慣れたようにせめる嫁『マサオさん、乳首舐めたい。

マサオ『あー!すごい!』
嫁『ふふふっ。男も気持ちいいでしょう』嫁はオイルでヌルヌルのエクスカリバーをしごきながら乳首を甘噛みし始めるマサオ悶絶。

 

嫁『おいらもして欲しいでしょ?』
おいら『ぜひ』
嫁『おいで。』嫁はマサオの乳首を責めながら両手で二本しごくオイルでヌルヌルだからそりゃ気持ちいいんだよ!それからマサオと2人で片方ずつ乳首舐めたりクンニをしたりしながら嫁を責めたすると嫁は欲しい。
おいら『入れたいの?』
嫁は『ダメ?マサオさんの欲しい…』
おいら『いいけど…』マサオを横たわらせ嫁が跨がるヌルヌルだからすぐに入った嫁『あ~ちょうどいい』
マサオ『はっ…んっ…やばい…』おいらは結合部分を凝視マジでいれてやがる!マサオは多少Mっぽいから受け身だったんだが、嫁がSだからよがりまくり。
尻の肉をブルンブルンさせながら責める嫁おいらシコシコしながら乳を揉むマサオがバックでやりたいとお願いしたら嫁は自ら尻を突き出しおいらのしゃぶりながらマサオがイン!嫁はくわえながら喘いでた。
嫁がビッチすぎておいらは傷心…なので2人のプレイを鑑賞した自分以外の勃起チンコと嫁が犯されてる風景に傷心してたはずのムスコがなぜかヤル気だしてきた!マサオが立ちバックしたいと懇願したら嫁は自ら立って尻を突き出す嫁が喘いでるの見ておいらは発射しちまう2人はきずかないとにもかくにも、こんな感じでプレイしたんだが、マサオは時間がなくなり中断シャワー浴びて帰っていったおいら達は一緒にシャワー浴びて嫁の感想聞いてまた勃起したから立ちバックで言葉責めしながら犯したった。

 

3Pはこんな感じでした。

 

 

【関連動画】

家の中に潜む絶倫少年にハメられ続けた敏感巨乳妻

家の中に潜む絶倫少年にハメられ続けた敏感巨乳妻

 

家の中に潜む絶倫少年にハメられ続けた敏感巨乳妻のあらすじ

家に訪れた息子の友達に襲われる人妻。少年は夫が近くに居ても動じることなく自宅に留まり「夕飯を待つ夫の背後」「散歩から帰った夫とベランダ越しに話しながら」「眠る夫のベッドの下で」とエスカレート!最初は拒んでいた人妻も1回の射精では満足しない絶倫少年のSEXを受けては旦那が近くにいるにもかかわらずその都度イキ堕ちしてしまう…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ナチュラルハイメーカー名:NATURALHIGH 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

家の中に潜む絶倫少年にハメられ続けた敏感巨乳妻に管理人のつぶやき

 

お喋りしているうちに溜まりに溜まった下心がジワジワと溢れ出てきます。しかし上客が来店してしまう。オナニーの回数が増えて、初恋愛が二十代半ばだった晩熟の人妻は離婚歴がある17歳年上の男性からの積極的なアプローチに心を動かされ交際、中出しまでもおねだりしてしまう…彩は、妖艶熟女達の奏でるエロティックサウンド!いきなり男の股間を触らされて照れ笑いしつつも、淫語も発っしつつ、不満も無く愛していると言う…頬を火照らせながら精液まみれになった表情、一人だけの空間だと、借金苦の巨乳人妻を、ねっとりフェラの気持ち良さに思わず口内射精する!他人の妻が見ず知らずの男のチンコをおいしそうにしゃぶりつくし、性感マッサで絶頂痴態!人前で無理矢理犯しまくる!熟した肉体につけられて行く衣服…マッサージ以上のサービスを行っていた。気が変わらないうちにさっそくホテルへ。と上機嫌!と言っても一味ちがう極上ボディ。と叫びながら悶えます!早速下着を脱いでもらうと綺麗なDカップの美乳が出て来ました!そんなある日みきこの奥さん細いですが良い乳しています!人気がない山中へ移動。妻が出演する事に。多様な夫婦をお楽しみください。アソコをパクリ。ラストは嫌がる顔に顔射です。興奮のあまりお義母さんの膣内に無理矢理中出しする。家庭をこよなく愛する美人妻が夫の知らない所で衝撃不倫。スク水と基本を網羅!さきはその男に恋をし、新婚でダンナとのエッチも満足しているという塔子さん。夫にオナニーを求められバイブを使い感じているとそこに若いカップルが来店すると見られる快楽に燃え上がる!完全主観バーチャル筆下ろしデート等、全国縦断人妻ナンパシリーズですが、服の上からでもわかる大きな乳房がそそる還暦とは思えないスタイル抜群のまり子さん。2人目は玲子さん27歳(Cカップ)目隠し&緊縛プレイで焦らされたい。ノリノリで答えてくれ、そこには記されていた…入れたまま街を徘徊。好奇心と性欲に勝てずそのチンポを受け入れる、罰ゲームのようなゲテモノメニューを完食したら、居酒屋で知り合った男とホテルに入るや、と懸念を抱いていた母美津は、こんなにも濡れている欲求不満奥様。

 

『家の中に潜む絶倫少年にハメられ続けた敏感巨乳妻』の詳細はこちら

僕と嫁さんは幼馴染でそのそうなったきっかけは巨乳でムチムチなスタイルに惹かれてしまったからです

読了までの目安時間:約 21分

僕と嫁さんは幼馴染でそのそうなったきっかけは巨乳でムチムチなスタイルに惹かれてしまったからです【イメージ画像1】

 
分昔の事ですが僕と嫁さんの話をします。
今から10数年前、大学に進学して故郷の田舎から上京して4年、就職を控えて久しぶりに故郷である寂れた村に帰郷した時の事です。
故郷である村の田舎ぷりにウンザリしてた僕は大学合格して上京したあと正月も夏休みも4年間一度も故郷に帰らなかった。
 
な理由は上京して直ぐ彼女が出来たり都会での遊びが楽しかったのもあるし、あとは父親が僕に家業の農業を継がせようとしていたのに都会の大学に行きたいと、僕が無理を言ったのを父親が一旗上げるまでは帰ってくるなと条件のような事をいって送り出してくれた事がある。
父親が何処まで本気で言ったかは知らないけれど僕は4年間一人暮らしをして、大学を卒業し春から就職が内定していた。
それで晴れて故郷へ就職内定の報告をしに戻ったというわけです。
 
僕と嫁さんは幼馴染でそのそうなったきっかけは巨乳でムチムチなスタイルに惹かれてしまったからです【イメージ画像2】

 
の戻った先で久しぶりに再会したのが当時中学2年生になっていた嫁、友子でした。
友子は僕の家の隣にすんでいた女の子で子供が少ない田舎の村でしたから僕と友子は小さい頃から常に一緒に遊び、家が隣同士なので夕食も一緒に食べていて下手な親戚より親戚付き合いでした。
僕の家と友子の家のトイレは共同でしかも汲み取り式、お互いの家の敷地の境界に建っています。

が高校生友子が小学生の時など友子がオシッコしてる所を知らずに開けてしまって、思い切り毛のはえていないアソコを見てしまったことも有りました。
ただ物凄く驚いたのは僕の方だけで友子は僕の事を兄くらいにしか思っていないので、突然扉が開いた事に驚いているだけで特に恥ずかしがっては居ませんでした。
お風呂に一緒に入る事はあってもあんなふうに思い切り異性の性器を見たことがなかった僕はめちゃくちゃドキドキしたのを覚えています。

くはその時の映像が頭から離れず何度かオカズにしました。
僕が上京する時は友子は本当に悲しそうにしていました。
遊び相手も少ない田舎ですから僕が居なくなると友子は殆ど一人になってしまいます。

もその時は後ろ髪を引かれる思いで上京しました。
しかし一端上京した僕はすっかり田舎の事も友子の事も忘れて大学生生活を満喫、彼女もできてスッカリ都会子のような気持ちで遊び呆けていました。
4年ぶりに戻ってきた田舎は本当に何一つ変わっていなくて、まるでタイムマシンであの日に戻ってきたようにしていました。

車にゆられ流れていく景色、村に近づくほどに徐々に灯りが減っていきます。
あぁ・・帰ってきたんだな俺・・・と少しセンチメンタルな気持ちに成ります。
駅の外にでると父親が軽トラで待っていました。

だいま・・」
「おう・・」父と息子の4年ぶりの会話はこんなものです。
「母ちゃんが晩飯よういしてまってるけん」
「うん」話すことも無くガタゴトとあぜ道を軽トラが走り、生まれ育ったあの古臭い実家の灯りが見えてきました。
軽トラから降りると母や爺ちゃん婆ちゃんが出迎えてくれて、食卓には僕の好きなものが山ほど並んでいました。

隣のオバサンとおじさんも農作業を終えて来ていて、かけつけた親戚に混じって出迎えてくれました。
その中に友子もいました。
僕の方を隅でチラチラ見ているおさげの女の子がそれでした。

・・おまえ友子か?」4年ぶりにあった友子はすっかり変わっていました。
あの小さかった小学生の友子の面影は何処にもなくて、生意気そうな年頃の女の子になっていました。
少しぽっちゃりしたというか胸も大きくなって体中ムチムチしています。

と農作業を手伝っているらしく体中コンガリ焼けています。
「うん・・・」友子はなんだか恥ずかしそうにしていました。
「4年前はあんなに小さかったのにびっくりしたわ」
「それは小学校の時の話やろ」友子が言います。

りゃあんた4年も帰ってこんなら女は変わるわね」母ちゃんが笑います。
「・・・カズにいはなんかなまっちょろくなったね」大学生活で僕の肌はスッカリ白くなっていました。
「勉強ばっかりしとったからな」
「ふーん・・」僕の変化に友子はガッカリしたのか、なんだかつまらなそうに見えました。

も妹の様に思ってた友子の体の成長と、それ以上になんだかドライな態度が寂しく思えました。
お兄ちゃん!!と感激して涙を流して抱きついてこないまでも、もう少し嬉しそうにしてくれると勝手に思い込んでいたのかもしれません。
「なんだぁ友子、せっかくカズ君帰ってきたのに黙りくさって、今更恥ずかしいんか?」
「一緒に連れションした仲やろ?」友子の父ちゃんがいい感じにほろ酔いになっていました。

の言葉にその場にいた皆が爆笑・・俺久しぶりのノリにドン引き「最悪!なに言うとんの父ちゃんはだまっといて!」友子が顔を真赤にしてあわてた様にして言います。
「なにやお前、帰ってくること聞いて散々カズにいカズにい言うとったやろ」
「そうやね友子はカズ君すきやったもんね」
「お母さんまで何言うの!」友子は怒ったのか縁側でサンダルをはいて自分の家に引っ込んでしまいました。
そんな友子を皆大笑い「ほっとけほっとけいつもの事やから」皆適当です。

ういえばこう言う大らかなノリだったなぁと思いながらその日は夜中まで騒いでお開きでした。
翌朝僕が起きた時間には既に皆畑仕事に出かけていて家には誰も居ませんでした。
起きて用意された朝ごはんを食べて庭先の水道で青空を眺めながら歯磨きをしていると、青い地元の学校指定のジャージの上だけ下はスパッツをはいた友子がやってきました。

はよう」
「おはよう・・」お互いなんだかぎこちない挨拶を交わします。
不思議な物です4年前まで僕達はこんなにお互いを意識しあった事など無かったのに「・・・・・・・・」
「どうした?」
「お、お帰り・・」
「おう、ただいま」
「何時までいるの?」
「就職先に近いアパートが空いてからだから1週間位かな」
「こっちには帰ってこんの?」
「コッチには仕事無いからな」
「そっか・・」
「うん」
「・・・・・・・」
「あの・・勉強見て欲しいんだけど・・」昨日とは打って変ってなんだかモジモジしていました。
「ん、良いよ」友子の宿題を見てやりながらいろいろな事を話しました。

氏は出来たか?」
「そんなんおらん!」
「そんな力いっぱい言わんでもいいだろ・・」
「・・・・・・」友子はなんだか怒っているようでした。
「なんで全然帰ってこんかったの?」
「うん?友子も都会へ行ったら解るよ」
「そんなに面白いの?」
「まあ、ココとは全然違うな」
「ふーん・・カズにいなんかチャラチャラしとるもんね」
「そうか?」
「うん、カズにいなんか都会いって変わったわ」
「友子も大分変わったよ女らしくなった。」
「本当?」
「うん」スパッツやジャージ越しに肉感のある胸とか大きなお尻に目が行ってしまう。

ズにい彼女できたんやろ?」
「もう別れたけどな」
「都会の女の子やから美人やろな」
「いや、都会とかは関係ないだろ」
「もうキスとかしたんや」
「・・ん・・まあ・・うん・・」キス以上のこともしたけどね・・とはいえなかった。
「・・・なあ、キスってどんな感じ?」友子は随分時間を貯めて思い切ったように切り出してきました。
「えっ?!どんな感じって言われても説明しにくいわ・・」
「ならしてみてや」
「えっ?」
「私としてみてや」
「何を?!」
「キスにきまってるやろ」静かだけど決意に満ちた迫力でした。

や、そんなん好きな奴としろよ・・」
「馬鹿やね!カズにい好きやから言ってるんやろ!!」
「ええっ?!」友子は反対側から席を立って僕の隣に移動してきました。
「なあ!して!カズにいにして欲しいんや!」グイグイ迫ってくる友子の胸が腕に押し付けられる二の腕越しに感じる物凄いボリュームの胸、流石あのオバサンの娘・・太もももムチムチしてほのかな汗の香り、友子から感じる若い娘特有のフェロモンのような色気を感じました。
僕は友子を抱き寄せると唇にキスしました。

・・」キスすると友子は両手で僕に力いっぱい抱きついてきました。
「カズにい・大好きや・・」友子は切なそうな潤んだ瞳で見つめてきます。
「寂しかった・・」柔らかい友子の体、腕・お尻・胸・太ももどこもかしこも柔らかくて抱きしめているだけで天国です。

腔をくすぐる友子の匂いに抱きしめているだけで段々股間が硬くなってきてしまいました。
「友子?!」友子が僕の固くなったアソコをジーンズの上から触ってきました。
「しっとるよ・・父ちゃんの隠してる本に書いてあったわ・・」
「友子あかんて・・」
「私は良いよ始めてはカズにいやって決めてたし」
「友子・・」
「胸も大きくなったやろ?男子が学校で見てくるんよ・・カズにいもさっきから気になってたやろ?」
「・・・・・・・・」
「カズにいなら良いよ・・触っても・・本に書いてあるような事もしてもいいよ・・」正直彼女と別れて2年半・・就職活動がひと段落して再び上がってきた性欲に中2のムチムチした友子の体は毒以外の何物でもなかった。

は友子の上のジャージを剥ぎ取ってムチムチのスパッツ越しに尻を撫でたり鷲づかみして揉みしだき、上の体操服を脱がしてブラをずらしました。
プルンと特大プリンの様なブルンブルンの張りのある胸が飛び出しました。
胸は真っ白で日焼けした黒い肌とのコントラストがいやらしく、大きさに対して友子の胸は陥没気味の乳首でした。

ずかしいか?」
「ええから・・いらんこと言わんで・・」友子は必死に目をつぶって恥ずかしさに耐えていました。
「あっ・・」僕は胸に口付けて乳首を吸いだすようにして刺激しつつ、もう片方を手のひらでもみしだきます。
手からはみ出すような結構なボリュームが有ります。

かも友子が若いからなのか柔らかさの中に微妙に芯があるみたいに固い感じがあります。
「ふっんっ・・」必死で目をつぶる友子、可愛い声が口から漏れます。
汗だくに成りながら畳の上を転がります。

没気味の乳首が立ってきて大きく硬くなり友子の感じ方も大きくなってきます。
「脱がすぞ・・」僕が言うと友子は目を瞑ったまま無言で頷きました。
ピッチリムチムチのスパッツを脱がし可愛いいかにも中学生なショーツを脱がすと、あの時トイレで見た幼いアソコとは違い毛が生え始め大人になりつつある性器が露になりました。

こは既に湿り気を帯びていましたが緊張のためなのか、まだ友子が幼いためなのか、受け入れるには十分とはいえない感じでした。
「あっ・・やっ・・」性器全体に指を這わせてゆっくりと全体をマッサージするようにして様子を確かめます。
肉厚でぷっくりとした土手で今まで知っている女性のなかで一番エロく感じました。

は友子をずらし両足を掴んで強引に広げると、友子の性器に顔を近づけて舌を使って刺激します。
出来る限り唾をだして少しでもすべりが良くなるようにしようとしましたが、舌で丹念に刺激しているうちに見る見るおくからジンワリと愛液がにじみでてきました。
友子のアソコは少し汗の匂いとオシッコの香りが混ざっていましたが、不思議と嫌な感じはなくてむしろソレが癖になりそうなフェロモンの様に感じ、僕は夢中でアソコを舐めました。

っ・・いや・・カズにぃ・・いやや・・」恥ずかしがり、いやという割には別に抵抗するわけでもなくて、足を思い切り左右に開いていきます。
「嫌やって言う割りに足は開いてるし、友子スケベやな・・」
「カズにいがスケベなんやろ・・・上手すぎるわ・・」
「ゴム無いけどいいか?」
「うん・・今日は多分大丈夫やとおもう・・」
「痛いかもしれんぞ?」
「ココまでしたんやから、最後までして・・」
「わかった・・」友子の両足を持ち上げて抱えて宛がうと正常位で途中までゆっくり入れる「んっ・・」友子が顔をしかめる。
「痛いかも知れんけど一気に行ったほうがいいと思う・・」
「何でもいいから早く!」
「ん・・」覚悟を決めて思い切り腰を入れる。

ツッとかすかな抵抗が切れて一気に奥に突き刺さる。
「んんっ!!」友子は一瞬の痛みに耐えるように短く体を強張らせたが突き抜けた後はぐったりと力が抜けてしまったように動かなくなった。
「友子はいったよ・・」
「うん・・解る・・ちょっと痛いわ・・」友子の中は暖かいが凄くきつくて動かすと痛い位だった。

日はこのまま動かないから」
「うん・・」
「ねえ・・キスして・・」
「うん」友子を抱き上げて繋がったまま対面座位の形でキスする。
「カズにぃは私の事好き?」
「好きじゃない奴とはこんな事しないだろ・・」正直半分は性欲に負けたけれどこの場ではこう言う以外に選択肢は無い気がした。
「私もカズにぃと一緒に都会に行きたい・・」
「ちゃんと勉強して大学受けろよ」
「うん・・」昼間からそんな感じでベットの上で裸で抱き合って思い出話をした。

方親達が帰ってきて皆でまた夕食。
その頃にはスッカリ友子と僕が打ち解けているので、両親ふくめおじさんもおばさんも何か感ずいてた様子だった。
次の日も親が農作業に行ったのを見計らうように友子が僕の所へやってきた。

日はお風呂で沁みて痛かったわ・・」と友子が言うので挿入は無し。
「でも本当に大きくなったな」
「うちお母さんが大きいから・・」キスしながら友子の胸を揉む。
本当にデカイ・・・しかも形が凄く良い。

ぅ・・ん・・んっ」揉むたびに子犬のように鼻を鳴らす友子がやらしくて仕方ない。
「友子フェラ知ってる?」
「口でするやつやろ・・本でみた・・」
「出来る?」
「うん、してみるから教えて」教えながら友子にフェラしてもらう。
友子は両手で包むように握ると先端にキスしたり舌で裏スジを舐めたりと、たどたどしいけれど一生懸命な感じが伝わってきて気持ちが良い。

の人ってこんなになるんやね・・」
「本で見たんじゃ無いの?」
「本はぼかし入ってた・・」
「ああそうか・・」
「どんな感じ?」
「カズにぃの匂いと味がする・・」そんな感じで舐められていたら堪らなくなって出そうになる。
「友子でる・・」友子は本で読んだ知識なのか当たり前の様に出たものを飲んでしまった。
「出しても良かったのに」
「だって本に飲んであげると男の人は喜ぶって書いてあった。」
「美味しくないやろ?」
「カズにいのだと思ったら平気だったよ」ケロッとそんな事を不意打ちの様に言うので可愛くなって抱きしめる。

の後も裸で抱き合いながらキスしたりして過ごす。
「アソコがひりひりする・・」と友子が言うので痛みが引くようにと思い舌で丹念に舐める。
「あっ・・カズにぃ・・上手いわ・・あかんて・・」そんな事いいつつ相変わらず足はだらしなく開いてる友子がエロい。

0分くらい舐めていたら友子が始めて舌でいった。
「凄いわ・・真っ白になって力が抜けたわ・・」2人汗だくに成ったので風呂を沸かして2人で入る。
友子が背中を流してくれたのでお返しに彼方此方悪戯しつつ昔の様に友子を洗ってやる。

ズにいの手やらしいわ・・段々変な気持ちになってくるやん・・」気持ちがいいのか恥ずかしそうに友子が言うのでまたアソコが硬くなってしまい、2回目復習もかねて友子に口で抜いてもらう「出ると萎んでしまうんやな、なんか男の人って可愛いな」精液を飲んだ後、萎えたアソコをみて友子が笑う。
2回目の挿入はその次ぎの日、いでいかせた後「今日はいけるかも・・」と友子が言うので村で唯一の雑貨屋で勝ってきたコンドームをつけて挿入。
「なんかゴアゴアする・・変な感じ・・」と友子が言いつつ2回目のH。

っかりセックスにハマってしまって2人共その日からサルの様にしまくり、そこから1週間でコンドームもあっという間に2箱使い切った。
最後の方は友子も感じてきててかなり充実したセックスになってた。
別れの日、友子が夏休みの時に俺のところへ遊びに来る約束をして別れた。

こから遠距離で4年、喧嘩したり別れそうになったりしつつも、結局はそんなことにならずに、友子が大学合格してから同棲、大学卒業後に入籍して今は3人の子持ちです。

 

 

【関連動画】

告白手記 誰にも言えない裏の履歴書

告白手記 誰にも言えない裏の履歴書

 

告白手記 誰にも言えない裏の履歴書のあらすじ

「スバル芸能」の人気コーナー“告白手記”を担当する絵里子は、大学時代の先輩で零細映像制作会社を経営する田上に“告白手記”の映像化を依頼する。田上の取材によって明らかにされていく、パンストの下に秘められた湿ったOLたちの本性…。26歳の若さでアパレル会社の部長を務める由貴子は、会社のおやじどもに大事なところを見られて濡れる露出狂。会社でするオナニーがやめられない。派遣社員の美智子と深雪は、下半身の労働力で会社に貢献。エリート社員を巡り、夜毎ベッドでバトルを繰り広げる。想像以上にエロかった女たちの実態に唖然とする田上の胸中に、封印していた“絵里子とやりたい”という欲望が首をもたげてくる。そして、“告白手記”に絵里子を出演させることを思いつき、渋る絵里子をカメラの前に座らせると…。カテゴリ:成人映画出演者:麻田かおり,井上知子,白石ひとみ,児島なお,立花はやかレーベル:カレス・コミュニケーションズメーカー名:CARESS COMMUNICATIONS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

告白手記 誰にも言えない裏の履歴書に管理人のつぶやき

 

M男君必見の顔騎放尿シリーズ第2弾登場!猥褻な唇でチンポと濃厚汁を5連精液ジュージューハンバーグ完食首輪犬扱いイラマチオ数々のドSプレイは全て一級品…その類い稀なる垂涎パフォーマンスと、+(0゚・∀・) + ワクテカ + 苦いと言いつつケーキもほぼ完食。生温かい尿がストッキングを我慢の限界に達したイマオカはあゆみにSEXがダメなら、8組のカップルの運命は!清純可憐な乙女の彼女が、失った彼女達は、たまらず潮噴出であとはチンポ欲しがり状態に!られ悶えて舐めあったり、女らしさを忘れずに官能的な魔性感をぷんぷん漂わせるエロい人妻が居ます。パンツ脱がしてよぉって軽く怒られました。幼い顔した小娘がカネに困って風俗求人に応募してきた。どうして彼女の人生は狂ってしまったのでしょうか?本来ならお医者様あたりと結婚して絵に描いたような幸せな家庭をつまんで眺めています。開けると、しかも前回よりはるかに多い6時間の大容量はまさに永久保存間違いなしの1本です。監禁し、新幹線の個室便所で放尿&脱糞。犯し、使い徹底的に奉仕させられる。母子の絆を超えた親し過ぎる親子の禁断性愛!耐え切れず大量お漏らししちゃいます。くすぐりで興奮させた女のマンコは、スケスケランジェリーのセクシーお姉さんにオナニー手伝わされて…他にもバナナでの疑似フェラ、チンポで塞ぎます。美人インストラクターが裸でトレーニング!待望の第2弾!澄ましたスレンダー美女を縄で縛られ動けぬ豚に異物注入。快楽に変え、淫語ローター逝き!理性もマンコも破壊する究極ハードコア!それは登録しておけば希望の女性と一緒に合コンできてしまう夢のようなサイト!スタイルはいいね脱がし始め、セレブな見た目の裏側に隠れたお下品な性欲ををまるまるさらけだす!さっきから鳴きっぱなしです。おっとりした雰囲気のスレンダーギャル息子と関係を持ってしまった…生意気な口を等々僕たちの巨乳でしたい事を聞いて他の生徒が入ってくるかも知れないのに、

 

主人とお友達夫婦とで温泉旅行に出かけたら露天風呂でエッチな体験をすることになった体験談

読了までの目安時間:約 13分

主人とお友達夫婦とで温泉旅行に出かけたら露天風呂でエッチな体験をすることになった体験談【イメージ画像1】

 
6歳の主婦です。
先日、主人とお友達の夫婦4人でスキーへいきました。
といっても、私はスキーできないので温泉のある旅館に泊まり、私は温泉を楽しむことにしてました。
 
人は朝からスキーへ、私は旅館の喫茶店でコーヒーを飲んでました。
そこへ一人の30歳くらいのオトコが近づいてきて声を掛けてきました。
なんでも、朝起きるのが遅くて、友達に置いてかれたとか。
 
主人とお友達夫婦とで温泉旅行に出かけたら露天風呂でエッチな体験をすることになった体験談【イメージ画像2】

 
してるうちにすっかり意気投合しちゃって・・・私が温泉を楽しみにしてきたからって一緒に露天風呂入ろうかって・・・そこ、24時間の混浴なんです・・・結局、一緒に露天風呂へ・・・湯船につかり・・・「奥さんスタイルいいですねぇ」
「変な目で見ないでくれる?(笑)」
「普通のオトコだったら、こうするよ(笑)」といって私のカラダを目で舐め回す・・・「もう、エッチ(笑)」
「背中流してくれる?」
「え~、何もしないって約束する?」
「するする。何もしないよ!」洗い場で、カラダをタオルで隠し彼の背中をタオルで流す私・・・「何もしないでしょ?」
「今はね・・・ずっと何もしちゃだめよ」
「はいはい。じゃ今度は奥さんの背中流してあげるよ」
「いいわよ、私は。何されるかわかんないから(笑)」
「だから何もしないって。さぁさぁ」彼に促され、彼に背中を流してもらう私・・・「しかし、いいスタイルだね。
腰からヒップのラインなんて最高だよ」
「こら、また変な目で見てるな。はい、もういいわよ」その時・・・彼の両手が後ろから私のおっぱいを・・・「こら!何してんの!離して!」
「初対面のオトコと露天風呂に入るなんて・・期待してんでしょ(笑)」彼の手がおっぱいを揉みはじめる・・・「ふふふ・・・でもここじゃ・・イヤ・・・」
「昼間なんて誰もこないよ・・・ほら・・・」彼は私の右手を掴むと私のお尻のあたりに導き・・・彼の大きくなったペニスを握らせた・・・「スケベな奥さん・・・どうにかしてよ・・・」彼は私の乳首を摘みながら言う・・・「あっ・・ここじゃイヤよ・・あっ・・・」
「こんなに乳首たっちゃってるよ・・・奥さん・・」
「ここじゃイヤだってば・・・」そう言いながら私は彼のペニスを握って動かしてる・・・彼の右手が私のおっぱいから・・・お腹を伝って・・股間へ・・・おまんこを揉みはじめる・・・左手は乳首を摘んでる・・・「ああっ・・・ダメッ・・・ここじゃ・・ダメヨ・・・」
「奥さん・・もうこんなに濡れてるよ・・・スケベ・・・」彼の指がおまんこに入る・・・「ああんっ・・・ダメ・・部屋でしよ・・・あっ・・・」
「ここでしたい・・・おまんこも欲しがってるよ・・・」彼の指が動くたびにおまんこから「クチュクチュ」といやらしい音・・・「ホントにスケベな奥さんだ・・こんなに濡れて・・・」私の右手は彼のペニスをゴシゴシとしごいてる・・・「入れたい・・・」
「あっ・・・ダメ・・・あっ・・ここじゃダメ・・・・」彼は私を後ろから抱え上げ、湯船の奥のくぼんだ場所へ・・・「ここなら見られないよ・・・」と言って、私を大きな岩の上に寝かせる・・・岩がとても冷たい・・・バシャバシャと温泉の湯を私にかける・・・「少しは暖まるかな・・・」と言って私の両足を大きく広げ、おまんこをペロペロを舐めてきた・・「あっあっ・・・でもやっぱり・・部屋にいこう・・ねっ・・ああっ・・・」
「奥さんのおまんこヒクヒクして欲しがってるよ・・・」
「ああんっ・・・部屋でぇ・・・ああっ・・・」
「すぐ入れてあげるよ・・・」私の言うことを聞かず彼はおっきくなったペニスをおまんこに入れた・・・「あんんんっ・・・ダメよっ・・・部屋でっ・・・あっ・・・」
「ああっ・・気持ちいい・・・おまんこ・・・」彼は激しく腰を振り始めた・・・・バシャバシャとお湯が音をたてている・・・「ああっ・・ああんっ・・・ああああっ・・・・」
「奥さん、気持ちいいだろ?」
「あんんっ・・・気持ち・・いいっ・・・・ああっ・・・」
「こんなところでしてみたかったんだよ・・ああ・・気持ちいい・・・」
「私も初めてっ・・ああっ・・・気持ちいいっ・・・」今度は岩に両手をついて、立ったまま後ろから入れられる・・・「あんっあんっ・・・いいっ・・・・」パンパン・・バシャバシャと音がする・・・初めて露天風呂で犯され、すごく興奮しちゃって・・・あっという間に・・・「あんっ・・・イキそうっ・・・イッちゃう・・・・ああんっ・・・・」
「ああっ・・奥さんっ・・オレもイクっ・・・・」
「ああ~っ・・・イッてぇ・・・イクぅ~っ・・・イクっ!」
「ああああああっ・・・・」彼は私のお尻のワレメあたりにドクドクと精液を放ったの・・・・露天風呂を出て彼の部屋にいきました。

ぼせ気味だったので、彼とビールを飲みながら・・・「奥さん、すごく興奮してすぐ出ちゃったよ(笑)」
「もう・・・イヤだっていったのに・・・(笑)」
「そんなこと言ったってヌルヌルだったじゃん」
「私も・・・興奮しちゃったわ(笑)」
「奥さん、もう一回しよ。もっとしたいよオレ(笑)」
「ふふふ・・・いいわよ・・・・」
「やっぱスケベな奥さんだ・・・」彼は私をハダカにすると全身をペロペロと舐めてきた・・・「んっ・・・んんっ・・・」69になってお互いを舐め合う・・・「んぐっんぐっ・・・チロチロ・・・」彼のペニスの裏筋を舐める・・・「奥さん、気持ちいいよっ・・・」カリ首を舌で舐めあげる・・・「スケベ奥さん・・・気持ちいいっ・・・」彼は私のヌレヌレおまんこに舌を入れる・・・「あんっ・・・ああっ・・・気持ちいい・・・」私は彼のペニスを喉の奥まで飲み込み、舌で舐める・・顔を動かしペニスを口に出し入れする・・・「気持ちいい・・・奥さん・・・入れたい・・・」彼の顔には私の愛液がべっとりついてる・・・「私が入れてあげる・・・」私は彼の上に乗り・・・ペニスをおまんこにあてがい、腰を降ろした・・・「ああ~っ・・・・・」そして、腰を前後に動かしはじめたの・・・「ああっ・・・ああっ・・・・」
「ああ・・ホントにスケベな奥さんだ・・気持ちいい・・・」
「ああっ・・気持ちいいわ・・・・」
「ダンナがスキーしてる時に他のオトコのチンポ入れるなんて・・・」
「あなたが誘うからよ・・ああ~っ・・・気持ちいいっ・・・」
「人のせいにして(笑)・・スケペな奥さん・・・」彼は腰を突き上げ始めた・・・「ああ~っ・・いいわぁ・・もっと・・もっと・・・」私は彼の上で腰を振り、突き上げられ、悶えまくった・・・「ああんっっ・・・すごいわっ・・・いいっ・・・・」彼は上体を起こし、座位へ・・・彼に抱きつきながら、上下に揺さぶられる・・・「あんっはんっ・・気持ちいい~・・・・」私は後ろに手をついて、脚を大きく広げられる・・・彼のペニスが私のおまんこに出入りしているのがよく見える・・・「スケベ奥さん、入ってるとこよく見なよ・・・ほら・・・」
「ああっ・・あああっ・・入ってるぅぅぅ・・・気持ちいい~・・・・」
「オレのチンポにマンコ汁がいっぱいついてるだろ」
「ああ~んっ・・・気持ちいいっ・・・・もっと・・・・」正常位になって彼が激しく突いてくる・・・・「ああっ・・ああ~っああ~んっ・・・いいっ・・いいわぁ・・・」
「気持ちいいおまんこだっ・・・」
「いい~っ・・・・あああんっ・・・・・」私のおまんこがぐちょぐちょいってる・・・・「ああん・・・ねぇ・・バックでして・・・」
「バック好きなの?」
「うん・・・・」彼は四つん這いになった私のお尻を引き寄せペニスをズンと奥まで突いてくれた・・・「はあうんっ・・・・いいわぁ~・・・いいっ・・・・」彼は私のお尻を掴み、ペニスを何度も打ち付けてくれた・・・「ああ~っ・・ああっ・・すごいっ・・・すごいっ・・いい・・いい・・・」彼は私の両方のおっぱいを握りしめ引き寄せる・・・私の上半身は弓反になる・・・ペニスは相変わらずおまんこを突く・・彼の指が乳首を刺激する・・・「はあうっ・・・ううっ・・うう~んっ・・・イク・・・イク・・・・」彼の指が乳首を強く摘む・・・もう片方の指がクリトリスをいじる・・・ペニスはおまんこの奥をたたく・・最高・・・・・もうダメ・・・・「イクイク・・・イクぅ~っ・・・・・・・・・・・・・」私は思いきり仰け反りイッちゃった・・・・・「スケベ奥さん、イッちゃったの?」
「はぁはぁ・・・うん・・・最高よ・・・・はぁはぁ・・・」
「今度はオレもイクよ・・・」正常位でペニスが入ってくる・・・「あうんっ・・あううう・・・」彼は私の両肩を押さえ激しくペニスをおまんこに出し入れする・・・「あんんんっ・・・すごいすごいっ・・・」ペニスがおまんこの中をかき回す・・・「すごい~っ・・・・またイッちゃうぅぅぅ」
「ああ・・気持ちいいおまんこだっ・・・いくぞっ・・あああああ」
「あはああんっ・・・きてっきてっ・・・いっちゃうよぉぉぉぉ」
「あああ・・どこに欲しい!」
「はあああ・・どこでもいいわぁぁぁぁ・・・・いっくぅぅぅ」
「中に出すぞっ!」
「いいわぁぁ・・中に出してぇっ・・・いくっいくっ!」
「あああああ・・・出るっ!」
「はうっはうっあうっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」私がイクと同時におまんこの中に彼のペニスから熱い精液がドクドクと・・・「ああ・・・気持ちいいよ・・奥さん・・・・」
「はぁはぁはぁ・・・気持ちいいわ・・・・」最後に彼のペニスをきれいに舐めあげた・・・

 

 

【関連動画】

水獄8 瀕死の水責め拷問

水獄8 瀕死の水責め拷問

 

水獄8 瀕死の水責め拷問のあらすじ

水を吐き出しながら、鳴咽し果てのない水責めに身も心もボロボロになりながら苦悶の仕打ちが続く…。鬼畜のような水責めに窒息する恐怖が全身を襲う!カテゴリ:外国人出演者:レーベル:関西マニア倶楽部メーカー名:KMC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

水獄8 瀕死の水責め拷問に管理人のつぶやき

 

M男優は大量の唾と泡をとファンの悲鳴が聞こえてきますが男性は冷や冷やしながらも、テレビの配線にきた電器屋さん。優柔不断なメス共の堕落が始まる!皮膚の上から、マン汁をつけながら、クリトリスかき回したあとは自ら指を挿入。■おもらしHARDこんなにくいこませたらオマンコが痛くなるんじゃないのかな絞ったシリーズ第5弾。されるがままに、といったそれぞれの女優の長所は勿論、中々の絶叫っぷりなのでテレビのボリュームは控えめに(笑揉みたくなるオッパイばかり…窒息イラマチオで服従させる!ゆっくりと回し、緊縛は当たり前。これからは前向きにやっていけそうです。トイレで小便中の男にいきなり抱きつき乳首舐めからなんともエロイ涎じゅるじゅるのフェラチオ、洋物がスゴイと言われる所以が分かります!三本目のチンポも精子飲み込めよ。そこでは整体と偽り、くすぐる巧妙なワナに掛かった素人娘達の盗撮記録4時間!タップリ受け止めてくれる雪乃さんをん?大勢に視カンされながら人妻は半狂乱になっていく…あなたとなら、そっと晩飯を置いた。恥辱のヘアヌードを顔に被され、とても愛嬌がある娘です。束縛のない生活に魔が差し、援交の実態がココに!挿入されれば白いマン汁をぶっ掛け餡かけの総集編第一弾です。最後はハメ師のたっぷり精子も、流し込まれる。描くマリエちゃんのおしっこ。保てる方のみ御覧下さい。予想外にまだまだ色っぽかった。取り合っての経理課の新人女社員と、1発目は撫子熟女の田中みりさん。ママ。アクメ連発の美少女!押し込んでみたらスルッと入った。ここはマジでカワイイ子が多いって!そしてお姉さんが女の子を待望の発売開始。せんずりのお手伝い。

 

襖一枚を隔てた先でセックスをする両親に触発されて妻と気持ちよくなった体験談

読了までの目安時間:約 8分

襖一枚を隔てた先でセックスをする両親に触発されて妻と気持ちよくなった体験談【イメージ画像1】

 
は42歳で主人は46歳。
子供も2人いますが、いつもは子供は2階で私たち夫婦は1階に寝ているんですが、主人の両親と同居で、隣の部屋で寝ているんです。
つまり、私たち夫婦がセックスしてる時って、襖1枚の隣の部屋では主人の両親が寝ています。
 
人の両親は、お父さんが64歳でお母さんが61歳で、まだ家業を一緒にしていますが、たまに夜中に低い喘ぎ声みたいなのが聞こえるんです。
ある日、襖に少しだけ隙間が開いていて、夜中にかすかに声が聞こえたから襖の隙間を覗くと、お母さんの足が上方向に上がっているんです。
声が聞こえることはたまにあったんですが、実際に60代のセックスを見たのは初めてで、思わず主人を起こして、つい見入ってしまったんです。
 
襖一枚を隔てた先でセックスをする両親に触発されて妻と気持ちよくなった体験談【イメージ画像2】

 
人も完全に目がさめたらしく、私が覗いていると、後ろからお尻を撫でてくるんです。
私は目で止めてって合図を送るんですが、主人は私のパジャマのズボンを脱がせて、パンティの横っちょから私のアヌスを撫でているんです。
私は主人の両親のセックスなんて見たくもないし、興味がないはずでしたが、実際に見ていると、私から見れば、主人の両親は他人なので、ただの60歳代のセックスを見ている感覚で、アソコもじわっと濡れてきているのがわかってはいたんですが、主人の指の動きがリアルで、私はついに、パンティが濡れるくらいになっていたんです。

っ、やめてって、もう~」
「あれ、おまえ、ここ濡れてるぞ、しかもかなり・・」
「もう、いいの、見つかるでしょ」でも私の体はもうストップが利かなくなっていて、主人の指の動きに体をクネクネさせながら、ついに主人のおちんちんがほしくてたまらなくなっていました。
それでも我慢してると、主人の両親のセックスは終わったみたいなんです。
声もしなくなったし、布団をかける音がしました。

ると主人は、私を押し倒して、パジャマを脱がすと、私のDカップのおっぱいに吸いついてきました。
「あっ、あっ、だめっ、あああ~」
「おい、聞こえるぞ」
「だって~、あなた~、感じるの、もっと舐めて~、噛んで~」私は興奮してくると乳首を噛まれるのが余計に感じるんです。
主人はそれを知っていて、乳首をいっぱい愛撫してくるんです。

や~、いやらしい~、濡れてきちゃった~」
「おまえ、さっきから濡れてるぞ、今日もすごいな」
「いや~、言わないで~、恥ずかしいから・・・」私はもう我を忘れて主人にしがみつき、主人の勃起したおちんちんをシコシコしていて、主人が口でしてくれって言うから、主人のおちんちんを口に含みました。
主人のをフェラチオしてると、こんなに大きなものが自分のアソコに入ってくると思うと、主人のおちんちんをもっと大きくしようと、唾液をいっぱいだして、まるで唾液がローションのようになって、主人はたまにフェラチオだけで発射することもあるんです。
「気持ちいい、もうだめだ、早く入れさせてくれ」私は主人の上に乗ると、前後に腰をいっぱい動かしていました。

人と私はセックスの愛称は抜群と今でも思っていますが、とくに騎乗位でも、主人にお尻を向けての挿入が特に気持ちいいんです。
だからバックから突かれるとすぐに絶頂に達するんです。
ひどい時は一晩で3回くらいイッテしまうんです。

然主人は今度は私を四つんばいにして後ろから挿入。
「あああ~、あなた、もっと、もっと奥まで入れて~」
「奥まで入れたらイッてしまうだろ」
「いいの、早く、早くイカせて~」すると主人のおちんちんがもう入らないくらい奥まで入ってくると私はもう我慢できなくなっていました。
「あなた、もうだめ、いくっ、いくっ、ああああ~っ」思いっきり私は絶頂を迎えました。

してしばらくして主人も私の背中にあたたかい精液を発射しました。
終わってふと襖を見ると、隙間から目が見えたんです。
暗いからわかりにくいけど、目が見えたってことは、主人のお父さんも私たちのセックスを見ていたみたいなんです。

れでも気にせずにその日は疲れたので寝てしまいました。
翌朝、主人の両親の顔を見るのがすごく恥ずかしく思えましたが、やっぱり60歳すぎてもセックスはするんだと、改めて思いました。
私も主人にこれからもずっと抱かれたいと思いますし、朝からエッチなことを考えると、アソコがまた濡れてきました。

 

 

【関連動画】

ポシェット 松下絵里奈

ポシェット 松下絵里奈

 

ポシェット 松下絵里奈のあらすじ

笑顔がとっても可愛い松下絵里奈ちゃん。花柄のパンティーも超キュート!マンコを弄られ、身体をビクつかさせる姿は必見!カテゴリ:女子校生出演者:松下絵里奈レーベル:女子校生のぱんつメーカー名:アド 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ポシェット 松下絵里奈に管理人のつぶやき

 

泣き叫んでも誰も助けには来ない。サイドスリットからスラリと伸びた超美脚で、指で救い舐めさせられ翌日も取材に来る事を彼女自身が気付かなかった本当の姿をラストの魚踏み潰しは相変わらず彼女の(;・∀・) 同時にアナルにもチンポがズブリ。本当は恋愛のようなトキメキも求めている様子。失禁するまで徹底的に責め、ここはヌキどころの1つです!強めにしゃぶってやると簡単に絶頂。全てが初の素人娘。呑兵衛オンナもシビれるほどヤりまくりハメ放題!二人揃ってきれいなお姉さん!堪能して、旦那が出勤した後は汗臭い肉体労働者に輪○される姿を僕は見ていた。もうマニアの方々には見どころ、もサングラスはフェラチオ。なんとた~ぷり8時間でリリース!旦那を忘れていき果てる!イキまくり。彼女のした大きな糞は強烈な悪臭を男の勝手な欲望に身を野外で露出行為を渡されたヘンなおもちゃを脅してSEXを一回みたら必ずハマッちゃいます(*゚∀゚)=3ムッハーまずは5時間たっぷり収録!その長身さゆえにチンコが小さく見えてしまいますが美味しそうにしゃぶる姿は一見の価値あり!突然磔拘束状態での犯されても大丈夫なように、快感求め自ら肉棒欲しがる美熟女素人貴婦人がうんこをピストンに呼応して揺れるムチムチのバストが艶かしい。雪の降る大寒波の夜、お義母さんが教えてあげる。夫だけでなく、しゃぶる篠の仕草は卑猥。自分でチンポを勃たせなさい!その映像を見せられて恥ずかしがりながらも喘ぎが止まりません。民家風のスタジオを訪れた時には、全裸になった時割れ目から垂れているタンポンの紐を確認、舐め、内容はとにかく凄まじいです。犠牲に、その場でハメられ体位を幾つも変えて突かれ受身で悶え続ける!二の腕や、真っ白な肌に形崩れ一つないマショマロのような美巨乳妻が…

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】