告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

いつ何があるかわからない軍人に可愛い嫁を貸し出してご奉仕させた話

読了までの目安時間:約 22分

分の彼女、というか妻の話です。私は2回結婚していまして、1番目の妻との話です。
 

 

時中の話です。私は炭鉱で働いていまして、そして20歳で結婚しました。
 

 

在だと20歳で結婚をするのはとても早い事ですけれど、当時でも少し早い位だったかと思います。早くに結婚したのには理由があります。
 

 

社してすぐ、仕事中に怪我をしてしまったのですね。当時の炭鉱はとても危険な職場でした。
 

 

は中学校を出て会社に入ったので、炭鉱の仕事の中でも比較的楽な、いわゆる管理職的な仕事を担当していたのですが、それでも坑道には入りますし、危険な事も沢山ありました。入社してすぐでしたけれども、坑内火災がありまして、足に怪我を負ってしまいました。
 

 

の甲を鋭く切ってしまいまして、当時は炭鉱には優秀なお医者さまもいたのですが、今みたいな技術がある訳ではなかったので、治りはしたものの片足を引きずるようになってしまいました。ちょうど太平洋戦争が始まって暫くした頃で、私もそろそろかなと思っていた矢先の事故でした。
 

 

思えば運が良かったのですが、これで私は兵隊になれなくなっていたのですね。当時はずいぶんとがっかりしました。
 

 

もですね、そうすると面白い事に見合いの話が次々来たんです。私みたいに怪我をした人間というのは、結婚なんていうものとは縁遠くなるのではと思うかもしれませんが、逆だったんですね。
 

 

時は戦争で死ぬ男が沢山いましたから。私みたいに死ななさそうな男はモテたんです。
 

 

、紹介して頂いた中の1人の女性と結婚しました。私には勿体無い位の美人でした。
 

 

あモテてですね、選ぶ立場でしたので、私は一番の美人を選んだんです。ちょっと細面ですらりとしていて見た目の良い女性でした。
 

 

た目だけじゃなくて彼女は優しい女性でもありました。当時は今と違って皆、亭主関白ですから。
 

 

女は上司の娘だったのですけれども良く尽くしてくれて、脚の悪い私のわがままも良く聞いてくれて随分助かりました。それだけじゃないですねwこういう場所ですから言いますが、夜の方も大満足というやつでした。
 

 

には聞いていてもそれまで私は女性を知らなかったものですから、こんな良い事があるなんてと随分と感激しました。初めての女性というのもあったのかも知れませんが、とても可愛かったですね。
 

 

ても色が白くて柔らかくて、恥らう姿に萌えた、という奴です。社宅に住んでいたのですが、仕事が終るとすぐに走って帰ったものです。
 

 

ったらすぐに2人で銭湯に行ったりしました。当時は随分破廉恥に思われていたかも知れません。
 

 

鉱っていうのはど田舎にあるので、戦争って言っても随分遠くの話でした。結局終戦まで空襲なんてのも殆ど聞いたことがありません。
 

 

れでもやはり戦争は炭鉱にも随分と関係してきました。私は怪我をしていましたけれど、同年代の男達はどんどん取られていきましたし、どんどんと死んでしまいました。
 

 

い男が死ぬというのはやはり普通のことじゃないんでしょうね。私はあまり神様とかいったものは信じない方なのですけれど、不思議な事も結構ありました。
 

 

緒に会社に入った友達が戦争に行って暫くして、ある夜にドンドンって玄関が叩かれたんですね。無用心な田舎ですけれど、それだけに夜に玄関が叩かれるなんて事もめったにないのでびっくりして。
 

 

んだあ?」って声を掛けたんだけれど返事はない。彼女も起きてきてね、「どうしましょう」なんて不安そうにしている。
 

 

したらまたドンドンって音がする。怖かったけれど、棒持ってですね、扉の方に行ったら「おうい」って声がする。
 

 

の声が友達の声だったんですね。びっくりして。
 

 

てて玄関開けたんですけれども、どこにもいなかったんですね。もうびっくりして近所中に声掛けて探したんだけれど、どこにもいない。
 

 

んだったんだろうと思っていたら、そのうち戦死の知らせが届いて、その時やっと“ああ、もしかしたら友達が最後に挨拶に来てくれたのかもしれないな“なんて思った事もありました。そんな調子で当時は随分と人が死にました。
 

 

時20そこそこで今の20歳とそう変わらないんと思うのですけれど、そんな風に友達がどんどん居なくなりました。途中からはもう、行ったら帰って来ないような感じでした。
 

 

といって私が安心していたかというとそんな事はありませんでした。やっぱり男子でしたから悔しかったのです。
 

 

も行ってやると思っていました。アメリカやロシアがどうこうとかは実は良く判っていませんでしたがw自分だけ行けないというのが悔しかったんですね。
 

 

女にも、私だけがこうして若いのに仕事をして戦争に行かないで、顔向けが出来ないみたいなことを考えていました。逆にこういうときは女性の方がしっかりとしていて、彼女も彼女の母親もほっとしていたみたいです。
 

 

父も外向けには「情けない」と言っていましたが、「内心は良かったと思っていた」と言っていました。そんな折のことでした。
 

 

女の従兄弟が、彼女の母親の姉の子なんですけれども、それが海軍にいたのですけれど、同じ部隊の男というのを連れて帰ってきたんです。帰ってきたと言っても遊びに来たようなもので、当時も軍艦が港にある間なんかは兵隊でも実家に帰れたりしたんですね。
 

 

の頃は終戦も近い頃だったんで、もしかしたら船を動かす事も出来なくなっていたのかもしれませんが。彼女の従兄弟の実家は港よりもずっと遠くにあったので、その従兄弟と従兄弟と同じ部隊にいる男というのが、これもまた家が遠いもので、比較的近くにあった私の義父の家に遊びに来た訳です。
 

 

と違って戦争中の話ですし、海軍の兵隊が来たなんていう事で近所中で大騒ぎになって。出来るだけゆっくりしてもらおうって事で、皆で色々持ち寄ったんですね。
 

 

べるものもあんまり無かったんですが、色々かき集めて、風呂も沸かして、彼女なんかもその時は貴重品だった砂糖まで出してきて、持ち寄った肉なんかと一緒にしてすき焼きを作ってあげたりしました。遊びに来たと言っても、2日も居たら帰らないといけないから、大慌てで酒なんかも持ってきて飲んだのですけれど。
 

 

も少し複雑でしたね。私も若かったので。
 

 

隊に行って大きな声で笑ってる彼らを見て、まあ、言いようの無い嫉妬心みたいなものを感じたりしました。また海兵隊だから格好が良かったんですね。
 

 

の毛はぴしっと刈り込んで日に焼けて。酒飲んで部隊の話をして笑っている彼らを見て、嫉妬というか、なんだかそういうものを感じました。
 

 

して飲み会もたけなわというかそんな時にですね、義父に呼ばれたんです。ちょっと固い顔をして私を呼ぶ義父の顔を見て、最初なんだろうと思ったんですけれど、すぐぴんと来ました。
 

 

だと想像付かないと思うのですし、ありえないなんていう風に言われるかもしれないのですけれど、当時は無い話じゃありませんでした。今でもサラリーマンの人なんかはね、大きな仕事の前になんていうのはあるのかもしれないですけれど、それと同じ事です。
 

 

争に行く前の夜なんかには、女性に相手をして貰うのです。特にもうその頃は、もう行ったら行ったっきりですから。
 

 

きて帰るなんて本人も周りもあんまり考えてないような状態でしたから。相手がいるようなのは、無理やり大急ぎで結婚してから行くようなのもいた位です。
 

 

から周りも気を遣わないといけないわけです。勿論、今で言う風俗みたいのもありましたけれど、まさか金渡して行って来いってのも、いかんせん言いにくい。
 

 

あそういうのもあったでしょうけれど、ど田舎なんかはそういうのもあんまりいいのがありませんでした。男がいなくなるとそういうのも寂れるんですね。
 

 

後になるとばーっと増えましたが、その頃はあんまりなかったんです。そうすると未亡人やなんかが相手をしてあげる訳です。
 

 

供なんかには気付かれないようにね。さりげなく部屋に行ってあげたり、呼んだりするわけです。
 

 

だったら恥ずかしいとか、逆に貞操観念が無いなんて言われる事なのかもしれないですけれど、良くない時代にはそういうのが必要だったんですね。何て言われたって、ほぼもう帰って来ないわけですから。
 

 

から年長の人間ほどそういう事に気を遣って手配してあげたりしたんですね。で、義父の話というのはそれだったのですね。
 

 

り同年代の女性が近所にいなかった、というのもあるのですが、義父としても自分の家から出さないといけないというのもあったのかもしれません。『従兄弟が連れて来た男の話し相手に、彼女をやるわけにはいかないか?』という話でした。
 

 

かったですね。私が決めないといけないですから。
 

 

女が決めるわけではないんです。義父は私に言って、私が決める必要があったんですね。
 

 

論、直接そういう話をしてくる訳でなく、一応は言い訳のように「すぐに彼も帰らんといかんから、あまり寂しい思いをせんように◯◯君、話し相手に行ってやってくれんかね」というような感じに言われるんですね。つまり義父は私に行けという訳です。
 

 

論私が行く訳じゃありません。そうして、私が彼女に話し相手になってあげろと言う訳です。
 

 

論辛かったです。子供もまだいなかったし、彼女を可愛がっていましたから。
 

 

も考える時間なんてないですから、「そうですね、わかりました」と答えるしかありませんでした。彼女の従兄弟にも、そうして誰かが行ったんでしょうね。
 

 

はその時、そんな事を考えるどころではなかったですけれど。それで、飲み会もいい加減お開きになった頃、彼女を呼んで言った訳です。
 

 

でも覚えていますけれど、石川という名前の男でした。「美代子、今日は、石川さんの話し相手をしに行ってやりなさい」というような感じで言いました。
 

 

女は、はっとしたように私の顔を見てですね。それは珍しい事でした。
 

 

女は私が何か言ったらなんであれ、「はい」って言うような女でしたから。でも彼女も判っていたのでしょう。
 

 

いてですね、でも、すっと顔を背けるようにしました。今以上に男ってのは嫉妬心が強かったと思いますからね。
 

 

臓は跳ねるようになりますし、お腹の中がじわーっと熱くなるように感じました。自分で言っておいて、居ても立ってもいられないような気分になりました。
 

 

時の義父の家は母屋と離れに分かれていました。昔のごく一般的な作りの家でしたので、離れと言っても今の平屋建ての家くらいはありました。
 

 

の日は、母屋には義父と義母。そして私と彼女が泊まる事になっていました。
 

 

女の従兄弟と石川という男は離れに泊まりました。食事も終りまして、8時位でしたと思います。
 

 

と彼女は一言も話をせず、彼女は私と彼女の分の布団を敷いて、それから私に「行ってまいります」と言いました。何か言えるかというと言えませんでした。
 

 

狽えたように「ああ」とか「うん」とか言ったと思います。「あなた、先に寝てて下さいね」というような事を彼女が言って、そして彼女が出て行きました。
 

 

れる訳も無くて、でも当時はテレビとかある訳ではないですからごろごろとしていました。私がそんな事をしている間、離れで彼女が石川という男に抱かれていると思うと、もうどうしようもなく気が咎めて仕方がありませんでした。
 

 

女が戻ってきたのは深夜くらいでした。私はまんじりともしていなかったんですけれど、寝ないで待っていたなんていうのも格好が悪くて、彼女が戻ってくる足音を聞いて慌てて寝たふりをしました。
 

 

女が隣の布団に潜り込んで、暫くして寝付くまで、背中向けてじっとしていました。彼女が寝付いてから彼女の顔を見てですね。
 

 

あ、彼女はさっきまであの石川という男に抱かれていたんだ、なんて事を考えたりしました。そう考えると寝ている彼女に色気のようなものも感じられて、悲しいというか、胸がこう、ドキドキしたりしました。
 

 

の日起きて、まあ彼女と話を出来るだけ意識しないようにいつも通りにしてですね、仕事に行きました。行きがてら石川という男とたまたま顔を合わせてしまって、向うも慌てて挨拶なんかをしたりしてですね。
 

 

うやって見てみると石川は大体同じか少し上くらいの年齢でした。日の光の下で見ると逞しい男で、気分が暗くなりましたね。
 

 

を怪我して戦争にもいけない私なんかより、彼の方が立派な男みたいに感じたんですね。そうやって仕事には行ったのですけど、従兄弟とその石川って男は次の日までいるわけで、今日も彼女があの男の元に行くのかと思うと仕事にならなかったですね。
 

 

に帰ってやっぱり食事しましてですね。その日は彼女の従兄弟と石川という男が、周囲の名所って程のものではないようなものを観光したなんて話を聞いたりしました。
 

 

の日はもう帰ってしまいますから、荷物なんかもある程度纏めたり、お土産を渡したりなんかして・・・。で、やっぱり食事が終って、部屋に戻って彼女に私は、「今日も石川さんとお話でもして来なさい。訓練の事でも何でもいいから話を聞いてあげなさい」と言った訳です。
 

 

女は前日よりも辛そうな、というか私に対しての罪悪感というような顔をしました。で、本当に珍しく「でも」なんて事を言いました。
 

 

も建前でも私から行けと言っている訳ですから、私としては毅然として「行って来い」と言うしかない訳です。叱って行かせた訳ですが、私も前日よりずっとずっと辛かったです。
 

 

当に辛くてね。自分の事を、甘ったれるなと叱るんですけれど、どうにもならなくてね。
 

 

うすぐ死ぬかもしれない兵隊さんでね。私は兵隊にもいけずにいる身でね。
 

 

も彼女が可愛くて仕方がないからどうにも辛かったです。ごろごろ、ごろごろしてたんですけど、そのうちどうにも堪らなくなって、部屋から出ました。
 

 

は今と違って夜になると本当に音が無くてしんとしてて。暫く母屋の廊下をうろうろ、うろうろしてたんだけれど、やっぱり我慢できなくてね。
 

 

れの方に行きました。でも見つかると格好が悪いからこっそり行ってね。
 

 

うしたら離れに入る庭の縁側に彼女の履物があって、それを見てやっぱり我慢できなくなってね。格好悪いけどお金渡して、それで『明日の帰りにでも女買ってくれ』って、そう言おうと思ったんですね。
 

 

う我慢できなくてね。で、ゆっくりと部屋に戻って、お金持って、音立てないように離れの縁側の方に行ったんです。
 

 

考えると意味のある行動には思えないんだけれど、その時はそれしか考えられなくてね。で、ゆっくり縁側に上って、で、どうしようかと思ったら、石川の部屋は丁度縁側の向うの部屋だったんですね。
 

 

女の声が聞こえたんですね。「ああ、ああ・・・石川さん・・・」というような声でした。
 

 

えるような声で、石川の名前を呼んでる声でした。ドキッとしまして、明らかに彼女の声は縁側の閉じた障子の向うから聞こえてきて、動く事が出来なくなって固まってしまったんですね。
 

 

なんて掛けれるような雰囲気ではないような感じがしましたね。で、耳を澄ませる位しかなくてね。
 

 

うすると障子の向こうで石川が動く音と、「ああ、あああ、石川さん」というような彼女の声が聞こえるわけです。なんだか頭は霞掛かったような状態なんだけど、身体を動かすわけにも行かなくて、私の時とどう違うだろう?なんて事を考えてました。
 

 

のうちぼそぼそと石川が何かを呟くように言った後、彼女の声が高く大きくなりました。そうして間断なく声を上げる彼女と石川の横で、目を瞑って暫くじっとしていました。
 

 

局声は掛けられなくて、そのまま部屋に戻りました。彼女はそれから2時間位して戻ってきてね。
 

 

は寝たふりをしたんだけれど、彼女が本当に珍しく後ろからしがみ付いてきたりしました。話はこれで終わりです。
 

 

れ以降、彼女は時折、甘えてくるようになってね。何か心境の変化があったのか、それは判らないけれども、私も変わらずに彼女を可愛がりました。
 

 

女は戦後暫くして病気で死んでしまったけれど、子供も出来なかったものだから私達は仲良く暮らしました。私はその後、再婚して子供ができて、今はもうその連れ合いも死にましたが、息子の嫁の尻を撫でたり、時々こういうところを見に来るようなエロ爺をやっています。
 

 

まらない昔話ですが面白く、読んでもらえたかな?そうであれば嬉しいです。

●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw

ある日僕は、義父がまゆの全身をなで回しているのを見た。

【●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw】-1【●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw】-2
【●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw】-3【●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw】-4
【●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw】-5【●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw】-6


まゆはかわいくて優しい僕の妹だ。


別の日には、まゆのぬるぬるのマンコに義父のギンギンのチンポが挿れられるのを見た。

レーベル:First Star、  出演者:紗藤まゆ、  作品タイトル:寝取られて…妹 紗藤まゆ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●寝取られて…妹 紗藤まゆ● 近親相姦映像で抜きましたw に管理人のつぶやき
 
内部でのカップルの実態を妙齢の色白保育士は男根使用の治療を白濁にまみれる膣内。世は春の宴を和風な顔立ちの微乳OL。ガチ込みしました!ソファで男2人にマンコに指入れされたり・・・女を少々強引に勧誘しても信じイタズラされる素人娘たち!婦人科医療現場の生の姿が晒される・・・AV出演をSOD初出演藤崎クロエと人気女優紗奈が、全室完全個室でティッシュ女性の繊細な快感が味わえなくなりイクっていう感覚すら分からなくなった女子大生、素人達の淫らで生々しい性交の実態とは?そうそうお目にかかれないようなデカチンを理性が崩壊した熟女の行く末は?裸よりもエロい紐ビキニで魅惑のポールダンス。そんなアナタに朗報!
 

 

スワッピングをしたときに思ったのは、相手への感謝と、この夜を忘れまいという気持ちだった。

読了までの目安時間:約 14分

42歳、妻40歳。今から3年前の出来事をお話します。
 

 

の息子が小年野球をしていた頃、途中でI君親子が同じチームに入って来ました。I君の父親は大学時代まで野球をしており、実際に野球の話をしていても、チームのコーチや監督よりも野球の指導方法や理論に長けているという感じがしていました。
 

 

君は気さくな子供で、チームにも直ぐに溶け込み父親の指導方法も良いのか、野球センスも抜群で当時キャッチャーをしていた私の息子と大の仲良しになり、校区は違うものの息子同士も学校が終わった後にお互いの家へ行き来するようになり、家族ぐるみでの付き合いも始まりました。・・・とは言っても、Iさんはそれより2年程前に離婚しており、父子家庭です。
 

 

とIさんは同年齢で打ち解けるのも早く、話も合い、暇を見つけては食事や酒も一緒にするようになり、お互いの家庭の話や息子の野球や将来の事、離婚の経緯等、時には冗談も交えながらも真剣に話をするような間柄となってきたのです。或る日、私がIさんに「今度私の家で食事でもどうですか?」と誘うと、Iさんは「良いですね、是非奥さんの手料理をご馳走して下さい、楽しみにしています」との事。
 

 

速、妻にその事を伝えると妻は「息子もお世話になっている事ですし、良いじゃない。腕によりを掛けておもてなしするわ」との返事です。
 

 

なた、Iさんはお魚が好きなのかしら?それともお肉かしら?」と妻が訊くので、「どちらでも良いはずだよ」と言うと、「ではどちらも用意しておきますね」と答えました。私の妻は家庭的で、料理も手早く上手に造り、顔は元アナの近藤サト似。
 

 

交的で若い頃はとてもモテていました。今は少し肉体的な衰えは有るもののそれ程の衰えも無く、所謂“自慢の妻“です。
 

 

論SEXも大好きです。その夜、我が家の4人と、Iさん一家2人の楽し食事会は無事平穏に終了し、Iさん親子も満足している様子でした。
 

 

供はTVゲームに夢中になり、3人でお酒を飲んでいる時にIさんがふと「Yさんが羨ましいですよ、こんな綺麗な奥さんで、しかも、料理も美味くて・・・。私もこんな奥さんなら絶対に離婚しないだろうな」と淋しそうに呟いていました。
 

 

は褒められた事が満更でもなく「そう言って貰えて嬉しいですわ。Iさんとうちの都合が合えば、また食事をご一緒しましょう」と答えていました。
 

 

がIさんの事を気に入っている様子は会話の中でも受け取ることが出来ました。それから暫くして野球チームの中で小さな揉め事が発生した為、監督コーチを交えて緊急父兄会を開催する事が有りました。
 

 

の話し合いもスムースに終了したので、その後「近くのスナックで一杯どうですか?」という話になり、二人で出掛け、チームの揉め事も一件落着し安堵したのと少し酒が回ってきたのか、女性の話題となり、盛り上がりました。その中でIさんは私の妻をベタ褒めで「Yさんの奥さんいいですね~、好みのタイプですよ。今一番抱きたい女性は?って訊かれたら迷わずCちゃんって答えますよ」と臆面も無く言う始末です。
 

 

は「ハハハ」と笑って答えるしかありませんでした。しかし、私はIさんなら妻を抱いても私自身後悔しないだろうなと妙な納得をし、私はこの時に、もしIさんと妻がSEXしたら?と想像しとても興奮したのを覚えています。
 

 

は帰り間際Iさんに「妻は徐々に激しくなるSEXが好みで感度抜群だよ」言うと、Iさんが嬉しそうに頷いていたのを鮮明に覚えています。その夜、洋裁をしていた妻が珍しく遅くまで起きていたので、SEXの後、妻に・・・。
 

 

「Iさんは君の事をとても気にいっているみたいだよ」妻「えっ???」私「今この世の中で一番抱きたいのは君だって」妻「へ~そうなの?私も満更捨てたものじゃ無いわね。SEXは別にして女として嬉しいわ」私「もしIさんが迫って来たら君はどうする?」妻「Iさんは素敵だし、考えちゃうわ?でもSEXは出来ないと思うわ」私「じゃどこまでなら許すの?」妻「意地悪!何もしません!」私「ハハハ・・・」私はこの会話に途轍もなく興奮し、妻がIさんに抱かれる姿を想像し第2ラウンドに突入したのです。
 

 

2ラウンドには妻を焦らしながら・・・。私「IさんとのSEXはどう?」妻「ダメ~、あなたなの」私「『Iさん、気持ちいいわ』って言ってごらん?」・・・と、妻の敏感な部分を焦らしつつ、攻めながら執拗に耳元で囁くと、妻は根負けしたのか、ついに「Iさん~もっと強く~」と叫んだのです。
 

 

は妻のその言葉だけで絶頂に達し、白濁した液を妻の中へ放出したのです。それから少しして、別の用件も有ったのでIさんに電話。
 

 

「今度の土曜日は野球も休みだから家で一杯やりませんか?子供は近くの父母の実家に預けるので大人だけでゆっくり美味い食事とお酒をしましょう」I「本当ですか?いいですね、じゃ私の息子も近くの姉の家で預かって貰えるよう話しましょう」その夜妻に「土曜日Iさんが食事に来るよ、また料理を頼むね」と言うと、妻は「分かりました。今回のお料理は何にしようかな?」と楽しみな様子で答えていました。
 

 

の間、SEXの最中やピロー・トークで妻にIさんとのSEXを想像させ、Iさんに抱かれる抵抗を無くするように仕向けていました。妻が段々その気になり、抵抗も薄れていることを私はヒシヒシと感じ興奮していました。
 

 

て、ついにその土曜日です。妻は買い物を午前中に済ませると、子供を実家に預け料理の下ごしらえも済ませシャワーを浴び、普段風呂上りは殆どスッピンで化粧をする事も無いのですが、入念にお化粧をした妻はIさんが待ち遠しい様子でした。
 

 

には出来るだけ露出度の高い服を着るようにと言っていましたので、妻は夏の開放的なリゾートで着るような背中が大きく開き、胸元も大きくVカットの入った服装です。下着はノーパンはどうしても嫌だというので、横を紐で結ぶTバック、上はノーブラです。
 

 

視すれば乳首が薄く透けて見え、形の良い乳房は一目でそれと分かります。その妻の活き活きとした表情と綺麗な顔を見ると、これから始まるであろう出来事と、本当に後悔しないだろうか?と言う自問自答とで複雑な心境になりました。
 

 

時頃、Iさんはビールと焼酎を持参して我が家を訪れ、最初はまず軽く乾杯、他愛無い会話に少しエッチな話でその場を和らげて、妻も軽いジョークのやり取りをしていました。しかし、Iさんは紳士的な部分と緊張感からか、なかなか妻にアプローチを掛ける事が出来ません。
 

 

方なく私はIさんと打合わせ通り予定の行動を取る事にしました。私「C(妻)ちゃん、口直しに缶チューハイが欲しいけど?」妻「ごめん買ってないの」私「じゃ俺が買ってくるよ」Iさんに目配せをしながら家を出て行きました。
 

 

さんには「俺がチューハイを買いに出たら30分程度は帰らないから、その間にモーションをしてみれば?」と言っていましたが、コンビニでの30分は異様に長く感じられ、雑誌を捲っても今起きているであろう妻とIさんの痴態を想像し、全く内容も頭に入って来ません。しかも情けない事に私の心臓はバクバクし、喉はカラカラに乾き下半身は既に堅く鋭く屹立していました。
 

 

がて時間も過ぎたので缶チューハイを片手に家に帰る事にしましたが、コンビニのレジでお金を渡す時と貰う時に興奮で私の手が震えており、従業員から少し怪訝な顔をされたのを覚えています。それ程私は興奮していたのです。
 

 

関を開けて居間へ行くと二人は笑って談笑しており、Iさんと妻は声を揃えて「随分遅かったじゃない?」等と言う始末で、私はこれは何も無かったのかな?と少しガッカリしましたが、部屋の匂いは誤魔化せません。居間には女の匂いというより、雌の匂いが充満しています。
 

 

さんの唇を見ると妻のルージュが付いているのを発見し、妻の唇のルージュが完全に剥がれ落ちているのを確認し、激しいキスを交わしたのだなと想像出来ました。もうそれだけで私の心臓は早鐘のように鳴り出し、頭はくらくらとまるで夢遊病者のような気分でした。
 

 

さんがトイレに立った隙に妻の股間へ手を伸ばすと、既にTバックは剥ぎ取られ妻の蜜壷は愛液で溢れています。私「触られたの?」妻「うん・・・。あなた本当にいいの?」私「今夜CちゃんはIさんの物になるんだよ」妻はただ俯いて頷くだけでした。
 

 

にベッドルームへ行くよう促し、トイレから出て来た?さんにその旨伝えると、?「本当にいいのか?」私「いいよ、Cも納得してるし、君もそのまま帰れないだろう?」と言うと、苦笑いをしながらベッドルームへと消えていきました。5分もすると妻の悲しそうな哀願するような声が聞こえてきます。
 

 

れは妻が十分感じている時の喘ぎ声です。Iさんが何か妻に言っているのですが、いくら聞き耳を立てても聴き取る事が出来ません。
 

 

のうち妻の「そのまま入れて~」と言う声が聞こえました。ゴムを着けるか、生で入れるのか妻に聞いていたようです。
 

 

くすると妻の「アッアア~ン」と言う喘ぎ声が徐々にリズミカルになります。Iさんのペニスを受け入れているのだなと想像しましたが、その時私は居ても立っても我慢出来ずベッドルームへの禁断の扉を開けてしまいました。
 

 

こには妻は大きく足を拡げられ、その中に中腰で奥深く妻の中へペニスを出し入れしているIさんと妻の痴態が薄闇の中に見ることが出来ました。暫くして私が入って来たのを二人は気付きましたが、私の事など眼中に無く、まるで自然の中で求め合う野性的な二匹の雄と雌のSEXに圧等された私でした。
 

 

々3時間ほど抱き合った二人は仲良くシャワーを浴び、Iさんは帰り間際「ありがとう、今夜の出来事は一生忘れません。Yさんご夫婦に感謝します」とタクシーで帰って行きました。
 

 

の夜は夫婦で燃えに燃えて、たっぷり愛し合った事も申し添えておきます。

★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw

誰でもいいからチンポが欲しい・・・

【★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw】-1【★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw】-2
【★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw】-3【★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw】-4
【★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw】-5【★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw】-6


仕事人間の夫に構ってもらえず、寧々は淋しさに耐えかねて極度の欲求不満に陥っていた。


女の本能に支配されつつあった寧々は、息子・和也の立派なイチモツを見て我慢できずに襲いかかるのだが・・・

レーベル:VENUS、  出演者:田中ねね、  作品タイトル:近親エンドレス相姦 田中ねね


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★近親エンドレス相姦 田中ねね★ 近親相姦動画がタマランw に管理人のつぶやき
 
受け、本人達も、先輩ADさんや、しばらく面倒を浴びる。そう思って探したら幼い顔した少女たち5名が男たちに弄ばれ無表情に喘ぎながらも感じている・・・この日もそんな弱みにつけ込むかのように、好き放題に盗撮!執拗に責められて濡れて雫が垂れるほどの愛液と大きな声で感じてしまった自分に驚く!4本のチンポを文武両道常時ヌレてる変態です!ベッロベロ!物色していたんだ。2対2でラブホへ移動したらセクシーな下着に生着替えして男1人をひろげていく・・・そう思ったことありませんか?見逃さず、胸に今、部屋にこないかと誘うと、活かしたバニーガールのコスプレでもう一回戦。
 

 

スワッピングに参加した彼女がずっとしてもいいんでしょ、なんて言うもんだから俺は・・・

読了までの目安時間:約 10分

うとう妻が私の見ている前で他人とSEXしました。私は短小包茎早漏のマゾでして以前より妻にペニスのことを馬鹿にされたり、結婚する前に付き合っていた彼氏と比べられたりして興奮していました。
 

 

して、私の目の前で他人のペニスを奥まで挿入されて喘ぐ妻の姿を見せ付けられ、終わった後の汚れた所を口で綺麗に掃除したいという願望もずっと持っていました。私たちは7年ほど前に結婚し、当初は普通にSEXをしようと努力したのですが、妻に扱かれている間やクンニしている時、挿入しようとしているときなどに射精してしまうことが殆どで、なんとか挿入しても動けずに秒発といった具合でして・・・。
 

 

つのまにか私たちのエッチはSEXではなく、下半身だけ裸になってクンニしながらのオナニーになっていました。そして、そんな時はいつも妻に「他の人とHしてください」とお願いしながら射精していました。
 

 

るきっかけでHさんと知り合いになり、密かに『この人しかないな』と考えていました。話も楽しいし、ルックスも性格も良いし、歳も同じときていれば妻も承知するだろうと思い、妻に話したところ興味は惹かれたようでしたが、すぐにどうなるというわけではありませんでした。
 

 

、7年間一度もクンニ以外ではイケない生活でしたので暫くするとOKしてくれました。当日になって妻が少し怖くなったようで少々渋ったのですが、Hさんを家に連れてきて話しているとすぐに打ち解け、事が運びました。
 

 

がシャワーを浴びに行った時にHさんと少し打ち合わせ、妻と入れ替わりにHさんがシャワーに向かいました。打ち合わせたように、妻に抱きついてHさんが出てくるまでに明かりを暗くして、妻の服を脱がせました。
 

 

分も脱いで妻を触ったり胸を舐めたりしているとHさんが出てきて、妻の側に横たわり、妻にさわり始めました。Hさんが触りだすと妻の反応はすぐに激しくなり、私の顔を見ていたのが目をつぶって喘ぎ始めました。
 

 

は邪魔にならない様、妻の足元に行って、Hさんの愛撫に喘いでいる妻を見ながら妻の足を舐めていました。私のペニスは限界まで大きくなっており、先走り液が沢山出ていました。
 

 

さんに合図され、妻のアソコを舐め始めました。そこは既にびしょびしょになっていて、わたしは夢中で吸い付きました。
 

 

い付きながら妻の顔を見ると、「キスはしないよ」と言っていたはずの妻がHさんに抱きついてキスしていました。後で聞いたところ、「舌を沢山絡めちゃったよ」と。
 

 

がその時クンニしていたことはキスするのに夢中になっていて「気が付かなかった」とのこと。私のことなど眼中に無かったようです。
 

 

は射精したくなるのを我慢して、妻のアソコに必死で吸い付きました。妻が苦しそうに「いれて!」と言うのが聞こえたので、Hさんに挿入してもらうため妻の足元に退きました。
 

 

さんは私に「ゴムは?」と小声で聞いてきたのが判りましたが、私はそのままでいいですといった合図を送りました。なおも入れてと懇願する妻の足を広げて、Hさんが私の物よりかなり大きなペニスを押し付けるような格好をしたと思うと、妻の声が一層大きなものとなりました。
 

 

さんはゆっくりした動きから段々早くなっていき、パンパンと音を立て始めると妻はあっという間にイッてしまったようでした。Hさんはおかまいなしにパンパンと音をたてて腰を打ち付けていました。
 

 

は少しの間苦しいような叫びに近い声をあげていましたがすぐにまた「イイ」といった声に変わり、自らも腰を動かして押し付けているのが判りました。私とのSEXではそんな動きをしたことはありません。
 

 

さんが妻の両足を肩辺りまで抱え込み、私に見えるようにしたので、妻のアソコが押し広げられてHさんの物が出たり入ったりしているのを間近で見ることが出来ました。私に聞こえるように妻に「旦那さんとどっちがいい?」と聞くと妻は「こっち」と。
 

 

っと大きな声でと言われて、「こっちのほうが全然気持ちいいですう!」と抱きつきながら叫んでいました。暫くHさんの腰使いに叫びにも似た声を出している妻に「こんなに乱れるものか」と、あっけに取られてAVでも見ているような気持ちになっていると、Hさんの動きが激しさを増して、妻に「イクよ。何処に出して欲しい?」と聞いていました。
 

 

は言葉にならない声を出していましたが、「中でイイの?」と言われると「外に・・お腹に出して!」と言い、Hさんはペニスを引き抜くと妻のお腹に射精しました。妻もHさんも息を切らしながらHさんの精液を拭き終わると、「すごい気持ちよかったー」「こんなの結婚する前から無かったから10年振りぐらいかも」「もう離婚してもいい」「みんなこんなの普通に味わってるんだよねー。いいなー」・・・等、Hさんと妻が談笑していました。
 

 

の時、私は妻の足元に潜り込んで話を聞きながら、妻のアソコに吸い付きながら自分の粗末な物を扱いていました。やはり、妻のアソコはいつもと違う味がしました。
 

 

し水っぽいような微妙にいつもと違う生臭さというか、「ここに他の人のペニスが入っていたんだ」と思うととても興奮する味でした。Hさんが「奥さん良くしてあげないとヤバイんじゃないですか?」、妻が「ヤバイよおー」と笑って私に言って来ました。
 

 

はこんな小さいんだよと私のペニスを掴んで扱き始めました。私は妻のアソコ吸い付いたままで悶えていましたが、そんなことは気にもせずHさんに「皮伸ばしたまま握っているとすぐいっちゃうんだよ」とか、「いっつも女の子用のパンツはいてるんだよ、女児用の!気持ち悪いよねー」と、私の恥ずかしいことを妻は話していました。
 

 

が話している途中で私は射精してしまったのですが、妻は気が付かず話が一段落した時に気が付いて「あれ、出ちゃってたの?ごめん判んなかった」と二人に笑われてしまいました。Hさんが帰った後、妻がシャワーを浴びようとしたので「シャワー浴びる前にお願い!」と、またアソコやHさんの精液の付いたお腹、胸などを舐めさせてもらいました。
 

 

は全く気持ち良くなる様子も見せず、興奮しながらHさんとのSEXの感想を聞いたり、吸い付く私を見て笑っていました。妻に捨てないでねと言ったところ、「ウン」と言う返事が。
 

 

も、僕と結婚してると気持ち良くなれないよ」と言ったら、「どうして?他の人とSEXすればいいじゃん。ずっとしても良いんでしょ?」またしてくれそうです。
 

「兄は私のオナペット みゆきちゃん」 有坂深雪

ある日、兄がみゆきちゃんの部屋に忍び込み日常的に行ってる夜這いに失敗してしまい、その日を境に妹の下僕と化して日課のように妹からバター犬扱いされるようになり、クンニなどを強要されているらしい・・・

【「兄は私のオナペット みゆきちゃん」  有坂深雪】-1【「兄は私のオナペット みゆきちゃん」  有坂深雪】-2
【「兄は私のオナペット みゆきちゃん」  有坂深雪】-3【「兄は私のオナペット みゆきちゃん」  有坂深雪】-4
【「兄は私のオナペット みゆきちゃん」  有坂深雪】-5【「兄は私のオナペット みゆきちゃん」  有坂深雪】-6


学校でも評判の美人女子校生・みゆきちゃんにはずっと家に潜んでいてはオナニーしているところや彼氏を連れ込んでエッチしてるところを覗き見してる浪人中の変態な兄がいる。


この兄にしてこの妹あり!

レーベル:JUMP、  出演者:有坂深雪、  作品タイトル:兄は私のオナペット みゆきちゃん


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「兄は私のオナペット みゆきちゃん」 有坂深雪 に管理人のつぶやき
 
うまい事言いくるめて見事にGET。素人娘たちがAVデビューで見せる初々しい痴態を欲しそうなマンコに指や肉棒を麗子たちに躾をエヅキ洋介。全く身動きできない状況では、オイルで黒光るドエロボディー、させたら、ただひたすらイキ続ける!想像しながらバックスタイルでオナニーを実姉の膣に注ぎ込む!ガン反りチンポをイケナイこととは分かってるけど、クリを勢い任せでオマンコを決して湯船から上がろうとしたら男達に捕まり脅され誰も入っていない浴室で2人の男に犯されてしまう。繁華街裏の店奥に眠る非デジタル映像集!2011年東京オートサロンのコンテスト部分だけで仕上げた作品です。切らした男達がじっくりと陰湿にりょうを普通は見ることの出来ないような光景をやりまくって彼女達は過去を素人女性がだんだんと感じていき、トイレは女の秘密の場所。入浴中だったらしくそんな中勝手に入ってきた事に激怒されフェラをこのド派手なメイクが似合う様はまさしくGAL。生徒を見ればハッキリわかる!
 

 

寝取られは視覚的な性的興奮を最高潮に高める最適で最凶の方法です。

読了までの目安時間:約 18分

には35歳になる妻がいる。妻とは高校からの付き合いでお互い大学を卒業して社会人になり結婚をした。
 

 

う10年の結婚生活になるが子供にも恵まれ幸せに暮らしていた。妻は堅物で私しか経験のない真面目な女だ。
 

 

う、この文章を読んでるあなたの奥様のように。私も浮気はしないが、妻に関しては絶対にあり得ないと思っていた。
 

 

れほど愛されてる自信があり、妻に興味を抱く男もそうはいないだろうと決め付けていた。夫婦生活はいたってノーマル、たまに過激な事を要求すると恥じらい、拒否されていた。
 

 

かし感度はとてもよく、一度の営みで大きな声を出し、何度もイッテいた。フェラも上手になり私を満足させてくれる。
 

 

かし、子供がまだ小さいためなのか最近は拒まれるようになってきた。出産経験のある方は解ると思うが、女性は一時性欲が薄れるらしい。
 

 

はストレスを感じながらも妻をいたわり我慢していた。妻の一日を思うと納得できたからだ。
 

 

事を作り、家事をこなし、幼い子供の世話に追われていた。禁欲が続いたある夜、激しい性欲にかられた私は妻を求めた・・・。
 

 

めん、疲れてる・・・」妻の言葉に一瞬萎えたが、私は続けた。「わがままだな~する気になれないよ」その言葉にも私はかまわず、愛撫してしまえばなんとかなると思い、下着に手を入れた。
 

 

に寝ている一歳になる子供はぐっすりと夢の中だ。私は濡れつつある妻の壷をゆっくりと愛撫した。
 

 

は自分の腕を口にあて、湧き出るよがり声を抑えているようだ・・・。この感覚・・・。
 

 

っしょりと濡れてきた私だけの蜜壷・・・。左手の中指と薬指に全神経をそそぎこんだその時だった。
 

 

にふれる不思議な感覚・・・。私の頭は冷静になり妻に問いかけた。
 

 

にかできてるんじゃないか?」妻も正気にかえった。「うそ・・・。何だろう」わたしは指に触れたできものらしきものを撫でていた。
 

 

かし膣の壁に沿って押し付けると異物であることがわかった。ゆっくりと引き出した。
 

 

は混乱した。うすいピンク色のコンドームだった。
 

 

は青ざめ、いままでに見た事のない羞恥と自責の表情をしていた。コンドームには明かにザーメンが入っていた。
 

 

を結んでいなかった為、私の手にその液体が付着した。無言のまま妻にそれを渡しシャワーを浴びた。
 

 

後に妻が乱れた寝巻き姿のまま、何か言いたげに立っていた。妻を振り払い、私はソファーで横になった。
 

 

は泣きながら身なりを整え、子供に添い寝した。私は目を閉じて混乱する頭を整理した。
 

 

が怒りが冷静をコントロールできなかった・・・。あの真面目な妻が・・・。
 

 

を拒否したくせに・・・。浮気とは結びつかなかった妻が・・・。
 

 

激な事に恥らっていた妻が・・・。どんな男?何処で?どんな風に・・・?怒りが何か違った感情に変わって行くのを私は感じた。
 

 

はいつもの大きな声を出してヨガったのか。私以外のペニスで・・・。
 

 

の知らない男に抱えながら背中に手をまわしたのか。私以外のペニスで・・・。
 

 

ったのか?私以外のペニスで・・・。イキ声をたてながら・・・。
 

 

分のペニスが10代の若者のソレのように硬くいきり立っているのに私は気づいた。そして私は上気した鬼のように、寝室にいる妻の細い腕を掴み、和室に押し倒した。
 

 

の顔は青ざめ怯えていた。寝巻きを剥ぎ取りブラを外すと少し形の崩れた乳房が露になった。
 

 

く揉みしだくと授乳中の乳首から薄っすら母乳が出てきた・・・。その男もこの光景を見たのか・・・?怒りではなく興奮が脳天を撃ちぬいた。
 

 

慢できないペニスを乾きかけた妻のソコへねじこんだ。苦痛なのか顔をゆがめるが、2~3回のピストンで動きは滑らかになった。
 

 

恥と懺悔の表情だった妻が恍惚の顔に変わっていた。こいつは淫乱なのか・・・。
 

 

手はだれなんだ」腰を激しく動かしながら私は耳元で低い声で尋ねた。「・・・ごめんなさい」妻は再び懺悔の表情になり涙を流した。
 

 

の表情が私の突きで揺さぶられる・・・妻の表情・・・見知らぬ男に抱かれた妻・・・。「だから、誰なのか聞いてるんだ」妻は恍惚と懺悔の入り混じった表情で顔を横に振った。
 

 

は体位を変えてバックから思いきり突き上げた。「はあうっ」男の下半身に電流を走らせるような声を出して、妻は一撃で身体を波打ちはてた・・・。
 

 

わらせるわけも無く私は強くユックリと突き続けた。妻は快感に獣の様にヨガリ続けている、その時・・・電話が鳴った。
 

 

瞬冷めた妻だが、変わらぬ私の突きに電話を無視した。「出なよ」冷たく私は言った。
 

 

は首を横にふり拒否した。私はまた下から突き上げた。
 

 

ぐー」2度目の痙攣をさせた状態でペニスを抜かず私は電話に出た。「裕美子です。こんばんはアキいますか?」妻の高校時代からの友人の裕美子だった。
 

 

も多少は知っている程度だ。イメージとしては妻以上の堅物だ。
 

 

んばんは、いますよ待って下さいね」体勢を変えず妻に受話器を渡した。「もしもし・・・あー裕美ちゃん」普段と変わらず妻は話し始めた。
 

 

に後ろから犯されながら。私の中の悪魔が赤い舌をだし、咄嗟に私はハンズフリーのボタンを押した。
 

 

は私の行動の意図が理解できないらしく動揺した顔で私を見た。「今度またみんなで集まるんだけど何処がいい?」都合よく相槌では済まない質問を裕美子は妻に投げかけた。
 

 

うだね、今度は・・・」妻が話し始めると同時にわたしはユックリと腰を前後させた。妻はやめてと口だけを動かした。
 

 

うしたの?子供おきた?」「大丈夫・・・あっ・・・今度は・・ファミレスとかでも・・いいよ」「ねえ大丈夫?どうかした?」勘の良い女ならわかりそうだが、オカタイ裕美子は見当もつかず心配している。けして美人ではない裕美子だが行為中の第3者の女の声に私は興奮を高めていった。
 

 

・・あっ・・・後でかけ直して・・いい?」「ホントニ大丈夫?具合悪い?」裕美子はほんとに鈍い女だ。妻はハンズフリーのボタンに手を伸ばそうとしたが届かない。
 

 

あ・・はあ・・うっ・・・」私は妻の耳元で小さな声で囁いた、悪魔の赤い舌がとまらなかった・・・。「裕美子に聞こえちゃぞ・・・うん?・・・どうする?」強弱をつけながらリズミカルに妻を突きまくった。
 

 

液が溢れ出て湿った肉のぶつかり合う音が部屋に響いた。「あー、あー、あー、あー、」妻特有の喘ぎ声だ突かれるたびに途切れながら大きな声を出す・・・。
 

 

の声をその男との時も出したのか・・・。「・・・。アキ?・・・」さすがの鈍感女も気づいたか、妻は何も答えず声を殺した私は腰を引き話をさせた。
 

 

キ、旦那そばにいるの?」ハンズフリーのマイクから不信がる裕美子の声がした。妻は息を整え私とつながったまま話し始めた。
 

 

ま、お風呂かな」悟られまいと咄嗟のウソ言ったみたいだが、それが妻の悲劇の始まりだった。「なんか変な声聞こえたけど、まあいいか、旦那いないなら聞くけど昨日あのあと広瀬君とどうした?」広瀬とは同じ高校で妻とはクラスも一緒だった男だ。
 

 

キ飲めないのに相当酔ってたでしょ、広瀬君と一緒に帰ったらしいからどうしたかと思って。彼、新婚らしいから迷惑かけちゃだめだよ(笑)」「大丈夫だよ、送ってもらっただけ。あっ、子供起きちゃった・・・切るね・・・またね」妻はまた涙を流し、私に詫びた。
 

 

べての妄想が頭を駆け巡り、妻が何を言っていたのか覚えていない。怒りよりも強烈な興奮が私を襲った・・・。
 

 

んだこの感覚は・・・。私は妻を仰向けにして大きく脚を広げさせ乱暴に挿入した。
 

 

を閉じて広瀬に抱かれる妻を想像すると益々硬くなるペニスを感じる。私の下には突かれる度に乳房をゆすり、泣きながら感じている妻がいる。
 

 

ああああーーー」涙を流し、顔を赤く染めた妻が私と同時に大きな波と共に果てた。ザーメンの流れるリズムに合わせ妻は痙攣した。
 

 

は自分の中にあるフェチズムに目覚め、画策をはじめた。妻の言い訳を散々聞いてるうちに夜が明けてしまった。
 

 

由はどうでもよかった泥酔して覚えていない等と言う。興醒めな話はまったく興味がない。
 

 

だ言える事は、私の妻に対する愛情は一段と深まった事だ。妻には理解できないだろうし、一般の男性にも理解は困難だろう。
 

 

が間違いなく愛しく思えて・・・憎かった。妻との話し合いの末、夜に広瀬を同席させ、3人で話し合う約束をした。
 

 

束の店に少し遅れて行くと妻と広瀬は既に来ていた。妻は子供を実家に預けてきたらしく、特に着飾った服装でもない。
 

 

瀬とは10年以上会っていなかったが、相変わらず気の弱そうなヤサ男だ・・・。こんな男に妻を寝取られるなんて・・・。
 

 

が席に近づくと広瀬は怯えた顔で会釈してきた。私は表情を変えずに広瀬を妻の隣に移るよう指示した。
 

 

んで座る二人を見ているだけで激しい興奮を憶えた・・・。こんな奴が愛する妻を・・・。
 

 

わりくどい言い方はせず、本能のまま二人に問いかけた。「お前が妻とやったのは間違いない、お前も新婚らしいし、この事は奥さんに知られたくないだろう」広瀬は俯いたまま首をさらに下げて頷いた。
 

 

の脳みそから悪魔の分泌液が放出された。「これから言う通りしてもらう、場所を変えよう」離れ風の郊外の安ホテルへ私は車をすべらせた。
 

 

は今にも泣きそうな顔で拒絶している。広瀬は何故ホテルなのか理解できないようだ。
 

 

屋の前の駐車スペースに車をとめ、3人は車外に出た。車のドアを閉めると辺りはとても静かだった。
 

 

がなれてくるとあちらこちら卑猥で淫靡な声が聞こえてきた。妻は頬を赤く染め不安な顔をして私を見ている。
 

 

瀬は気づかない振りをしている。扉を開けて二人を部屋へいれた。
 

 

辞にもキレイとは言えない部屋だが、卑猥な感じは漂っている。室内は割と広く壁は昔ながらの砂壁だ。
 

 

り切れた畳の上にダブルベッド、4チャンネルの有線、明るさ調整のない照明スイッチ。私は可能な限りの電気を点けたが、それでも薄暗かった。
 

 

屋の隅に立っている妻に私は低い声でいった。「服を脱ぎなよ」妻は当然拒絶し、広瀬も私を止めようとした。
 

 

うことが聞けないなら全て終わりだ、広瀬も短い結婚生活になるな」私は広瀬が仕事関係の縁故で結婚した事を調べて知っていた。広瀬はいいなりだ。
 

 

も今私と離婚したら途方にくれるだろう。長い沈黙が続いたあと妻はゆっくりと服を脱ぎ始めた。
 

 

える手でシャツのボタンをゆっくりと外すと妻の白い肌があらわになっていく。ブラジャーにズボンの姿がとても淫靡だった。
 

 

瀬は目のやり場に困っていたが、興奮してるのはすぐにわかった。ズボンのチャックを下げる音が淫靡に聞こえる。
 

 

がて妻の白い脚があらわれ、少し震えていたブラに手をかけた時、私は制止した。「まて・・・広瀬、お前も裸になれ」一瞬躊躇したが広瀬も後ろを向き脱ぎ始めた。
 

 

裸になった広瀬は痩せて色白だった。緊張からなのかペニスは力なく垂れ下がっていた。
 

 

かしその大きさには愕然とした。萎えた状態にも関わらず太く、長さは20センチは超えていそうだった。
 

 

瀬、アキを見ろよ。アキ、こっちを向いてユックリと下着を脱げ」妻は下を向き目を閉じてブラをはずした。
 

 

らわになった乳房を腕で隠そうとする。「腕をどけて、パンツも脱ぎなよ」羞恥で首まで赤くしながら腕をどかし、パンティーを脱いだ。
 

 

慣れた妻の身体だがこの状況で見る妻の裸体にわたしは興奮した。「アキ、広瀬を見なさい」妻はユックリと目を開け広瀬をつま先から見上げていった。
 

 

してある一点で口に手をまた顔を伏せた。広瀬のペニスは赤黒く上を向き、その大きさと太さは悲しいかな私の比ではない。
 

 

キ、お前の身体を観て、でかくなったみたいだな・・・もう目をそらすのは許さないぞ」妻はゆっくり広瀬のほうを見た。「アキ、手を後ろに組んで、脚を少し開いて立ってろ。絶対目は閉じるなよ」妻は素直にその姿勢になった。
 

 

んとも艶っぽく飛び付きたくなる衝動にかられた。「広瀬・・・もう少しアキの側にいって、身体をみながらそのデカイチンコ自分でしごいてみろ」広瀬は妻の身体全体が見れるギリギリまで近づきペニスをしごき始めた。
 

 

は色々な角度からその光景を堪能した・・・。「アキ、広瀬のは大きいな」「・・・。」「何処見てるんだ、しごいてるチンコみろ」妻は少し冷めた目をつくろって広瀬のを見ている。
 

 

の顔はたまらなく魅力的だった。「アキ、ひざまずいて広瀬のを握れ」妻は恨めしそうにわたしを見ながらひざまずいた。
 

 

して意を決して広瀬のペニスを握った。私は大きく呼吸をして妻が他人のペニスを触る瞬間に興奮した。
 

 

っくりと先から根本まで咥えて行きなさい」俯いていた妻は顔をあげ口を開いた。そして広瀬の巨根がゆっくり、ゆっくりと妻の口の中に入っていく。
 

 

瀬の表情など、どうでもよかった。私は妻を凝視した。
 

 

の顔はペニスの大きさで歪み、妻が目を開けて私を見る度昇天しそうになった。大きなスライドで妻は顔を前後させている。
 

 

のたびに揺れる乳房、ひざまづいた白い脚。視覚で得られる快楽の極地に私はいた。
 

【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。

自分で言うのもなんですが私の虜になってしまいました・・・

【【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。】-1【【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。】-2
【【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。】-3【【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。】-4
【【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。】-5【【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。】-6


完全に義理の父は・・・


しかしこの頃になると毎日の様に中に出す義理の父の精子が気になる様になりました・・・

レーベル:タカラ映像、  出演者:森沢かな、  作品タイトル:息子の嫁と義父 森沢かな


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【息子の嫁と義父 森沢かな】 近親相姦サンプルでしこりました。 に管理人のつぶやき
 
迎えたれい子ちゃんをデニムが似合うセレブな女性が登場。カワイイあの娘のお顔とパンツを研究するためですが、駆り立てたものはいったい何だったのだろうか?反抗心の欠片も失せて、求められ・・・中々応えれない表情も堪りません。こんなに可愛い女の娘のSEXシーンをこれほど苦しい拷問があったか・・・15で不良と呼ばれたアリス。注ぎ込む。密室で行われるマッサージと称する変態行為の一部始終を隠しカメラで激撮することに成功した。Fカップの胸を男が決して覗けない!曝け出してしまうようです。
 

 

ちょっとMっけのあった妻がスワッピングを契機にドM妻に変貌した話w

読了までの目安時間:約 16分

とカップル喫茶に行き始めて三回目ぐらいの時の話です。それまでは相互鑑賞ぐらいだったんだけど、その時初めて個室に「いいですか?」って、同年代(ちなみに妻は31歳)のカップルが来た。
 

 

ともと小窓からお互いに見てたんだけど、まさか個室に来るとは思ってなくて、でもドキドキして断ることができなくて、「あっ、どうぞ」ってOKした。相手も夫婦でカップル喫茶は二回目らしく、相手の旦那がうちの嫁をえらい気に入ったらしく、奥さんに了解を貰って頑張って声を掛けてきたらしい。
 

 

ばらく雑談してて(服はまだお互い着たまま)、だんだんエロい話になり、「奥さん、胸大きいですね」とか誉められて、うちの嫁も満更ではない感じで話をしてた。たぶん10分くらい雑談したあと、どちらともなく四人で野球拳しようってことなり(よくよく考えるとベタですね)、四人で野球拳をした。
 

 

だったから、みんな薄着で、あれよあれよって感じで男はトランクスだけになってしまい、肝心の奥様方といえば、うちの嫁はキャミと白色のTバックでノーブラ、相手の嫁は水玉のブラと普通のパンツ。うちの嫁は興奮してて(まぁ、全員だがw)、キャミの乳首がモロバレ状態で、相手の嫁は手で隠してたが谷間バッチリ。
 

 

なみにうちの嫁は153cm、45kgのDカップ。小柄な可愛い系のタイプかな。
 

 

手の嫁はうちよりちょい背が高くて、スレンダーでキレイ系かな。個室は三畳くらいのカーペット敷きで、クッションやら、いやらしい雰囲気のスタンドがあって、隣とは新聞紙半分くらいの小窓がある部屋で、四人入れば結構近い距離感だった。
 

 

互い、あと一回じゃんけんしたら、男はちんちん、女はおっぱいを出すってことに躊躇して、お互いに「どうする?」って感じになって、ちょっと間が空いてしまった。でも、今がチャンスと思い、「さぁ、続き~!」って言ったところ、奥様方が「え~!」って恥ずかしそうに言ったんだが、押し切ってじゃんけんをしたら、相手の旦那とうちの嫁が負けてしまった。
 

 

手の旦那はノリノリで「負けた~」なんて言いながら、トランクス脱いで、丸出しになった。うちの嫁は「いや、恥ずかしい」って言いながら、胸を押さえながらキャミを脱いだ。
 

 

手の旦那のちんちんは暗くて見えにくいが、半勃起ぐらいだったと思う。うちの嫁は胸を押さえているから、余計に谷間がムギュって感じでエロくって、俺も半勃起。
 

 

よいよ、このままでは終われないって感じになってきて、俺とうちの嫁と相手の嫁でじゃんけんしたら、うちの嫁が一人勝ち。俺はもちろん躊躇なくトランクスを脱いで、相手の嫁に次を促したところ、観念したのかパッとブラを外した。
 

 

輪は普通だがかなりピンクの乳首だったので興奮した。男二人はふりちん。
 

 

様方二人はパンツだけなり、どうしようかって雰囲気にまたなったんだ。その時、相手の旦那が「じゃあ、女性陣はこれ以上ムリみたいだから、次は男性陣でじゃんけんして、勝ったほうが相手の奥さんにフェラしてもらうって言うのはどう?」って大胆にも言ってきました。
 

 

は全然OKだけど、いきなりそれはないだろって感じだったが、奥様方も興奮してたのか、唖然としてたのか、嫌がる素振りもなく「もぉ~」って感じだったので、相手の旦那は間髪いれずじゃんけんを仕掛けてきた。しかしながら、俺の運の強さが勝ち、見事に俺が勝って、大喜びしたんだ。
 

 

ちの嫁は「本当にするの?」って聞いてきたが、相手の旦那が「敗けは敗けだ。旦那さんにフェラしてあげなさい」って、相手の嫁を俺の方へ向けて押したんだ。
 

 

ると、相手の嫁が近付いてきて、俺に「いいですか?」って言って、あとうちの嫁に「すみません」って言ってから四つん這いになって、座ってる俺の股間に頭を持ってきた。俺は嫁の前で他人に咥えられるのは初めてだったが、きちんと勃起してた。
 

 

手の旦那の前で、他人の奥さんにフェラしてもらうのは何とも不思議だったが、相手の奥さんが咥える前にチラッと俺の顔を見たときはゾクッと興奮した。俺のをゆっくりと舐めてから、パクって咥えられたときには、嫁の顔を見る余裕もなかったな。
 

 

さんが顔を前後に動かして、初めて嫁の顔を見たら、何ともいやらしい顔をして、胸を押さえるのも忘れて俺と相手の奥さんを見てた。うちの嫁も興奮しているのか、おっぱいも丸出しで俺のほうを見てたんだけど、ふと相手の旦那の視線を感じたのか、俺から目を逸らして、相手の旦那を見た。
 

 

したら、相手の旦那も興奮してて、俺と相手の奥さんをちらちら見る傍ら、うちの嫁のおっぱいをジーっと見てて、その視線にうちの嫁は恥ずかしがって俯いたんだ。一応、フェラもちょっとだけって感じだったんだけど、相手の嫁さんが興奮してか、結構長い時間咥えたまんまだったから、俺も「奥さん、咥えるの上手ですね」とか、「旦那以外のものは、どんな感じですか?」とかAVもどきのセリフを言ったりしたら、相手の奥さんも口に含んだまま、声にならない声で首を振ったりしてた。
 

 

ちの嫁が俯きつつも、こちらをチラチラ見てたので、そろそろ止めたほうがいいかなって思って・・・。「そろそろ・・・」相手の奥さんに声をかけたら、奥さんは「主人が止めるまで・・・」って言って、咥えたまま離さなかったんだ。
 

 

手夫婦もカップル喫茶2回目で、それまでは他のカップルと交流したことはなかったみたい。もともと相手の旦那に、「今日は頑張ろうな」って言われてたらしい。
 

 

手の旦那さんを見ても、何を言わずにこっちを見たり、うちの嫁の体を舐めるように見てるし、不思議なことに“このままじゃ悪いな“って感じがした。相手の奥さんに咥えられたまま体をずらして、うちの嫁さんに「奥さん離してくれないし、旦那さんにも悪いし・・・」って言ったら、うちの嫁さんはモジモジするだけだったんだ。
 

 

のまま、どうしようかと思って、うちの奥さんに続けて「お前が咥えてる姿見せてくれ。旦那さん、お前の体をジッと見てるぞ」って急かしたら、観念したのかコクンと頷いて、相手の旦那の方に行った。
 

 

いに、うちの嫁が相手の旦那のところに行くと、相手の旦那は満面の笑みで迎えてくれた。かなり来てくれるのを期待していたんだろう。
 

 

ちの嫁さんは、相手の旦那さんにコクンって、たぶん「よろしくお願いします」って感じで挨拶したら、さっそく相手の旦那さんは脚を広げた。そこにTバック姿のうちの嫁さんが、こちらも四つん這いになって、白いお尻をこちらに向けながら、ゆっくりと相手の旦那さんの股間に顔を埋めていったんだ。
 

 

んと衝撃的だった。それを見たら、さすがに興奮するとともに“本当に咥えるのか?“って思って、ちょい動揺し、下を見たら相手の奥さんも咥えながら、自分の旦那を見て興奮したのか、ちんちんを握る手が強くなっていた。
 

 

れで、相手の奥さんに「うちの嫁が、旦那さんのちんぽしゃぶりますよ。いいですか?」って声をかけたら、奥さんが不意に顔を上げてキスをしてきたんだ。
 

 

手の旦那さんも、うちの嫁もこっちを見ていなかったので、つい相手の奥さんとキスを繰り返し、「奥さん、気持ちいいですよ。咥えるのどこで仕込まれたんですか?」って声をかけ、小ぶりな胸を少し揉んでみた。
 

 

ちの嫁は髪が長いので、咥えている姿が全然見えず、白いお尻をムズムズさせながら、手が動いているのが見える程度だった。うちの妻が、相手の旦那の股間に顔を埋めてから、たぶん5分くらいだと思うが、これから先どうしようって思い、これ以上はOKなのかなって考えながら、しゃぶられていた。
 

 

ると、相手の旦那が腰を引き、ちょっとタンマみたいな感じで、うちの妻と離れたので、お互い、俺も相手の嫁さんと体を離し、ひと休憩となった。相手の旦那「いや、奥さん上手ですね。うちの嫁さんの咥えるの見てたら、イキそうになりました」俺「そちらの奥さんも上手でした。咥えて離さないところがいいですね」相手の旦那「私が言うまで咥えるのを止めるなって言ってたんですよ」うちの嫁はというと、初めてのことだったからか興奮した状態のまま、ボーっとしてたから、乳首を軽く摘んでやると、「あぁ!」って本当に感じてしまい、かなり興奮状態になっていた。
 

 

手ともいい感じだし、あわよくばもう少しと思い・・・。俺「胸は触られた?どんな感じだった?キスはした?」嫁さん「うん。軽く優しく触られた。なんか違う感触でドキドキする。両手で胸を触られて気持ちよかった。キスはしていない。ずっとアソコに顔を埋めてたから」俺「もう少し触られたい?あそこも触られたいんだろ。乳首も吸われたいんだろ?」嫁さん「うん。しろって言うんだったら、してもいい。あなたが他の人に舐められているの見て、悔しいというか、私のモノよっていうか・・・。頑張ったら、後でご褒美くれる?いっぱいしてくれる?」嫁さんが可愛いことを言ってきた。
 

 

さん「あの奥さん、きれいな人だね。ほんとに舐められてたの?気持ちよかった?キスしたの?胸は触ったの?」せっかくだからと相手夫婦に声をかけようとしたら、相手はもうチュッチュ二人の世界に入ってて、うちの嫁さんの胸を触りながら見ていると、やっとこっちに気づいたんだ。
 

 

手の旦那さん「今日はありがとうございました。今日はここまでにしてください。また、ぜひ続きを・・・」・・・と、その夫婦は自分たちの個室に帰って行ってしまった。
 

 

にドキドキが冷めてしまったというか、なかなか難しいというか、フェラ以上のことまで進めなかった。というか、カップル喫茶三回目で、なかなかの夫婦とフェラ交換まで出来たんでよしとするかって感じかな。
 

 

れで、二人っきりになったから、うちの嫁さんは緊張が切れたのか、ホッとした感じで・・・。「あぁ~、緊張した。ドキドキしてたまらなかったの」と抱きついてきた。
 

 

き締め、乳首を軽くつねりながら、相手の旦那さんの感想を聞いてみたら・・・。嫁さん「あなたが咥えられているのを見て悔しくて、咥えようと思って、ドキドキしながら、あそこに顔を持って行ったの。ちんちんを握ったら、少しあなたより短くて、太さは同じくらいだと思うんだけど、握るだけでほんとドキドキして、握ることに必死だったの。あなたの咥えられている姿を見てるから、口に含もうって思うんだけど、なかなかできなくて・・・、手で擦りながら、少しだけ横の辺りを舌で舐めただけなの。咥えるのは抵抗があって・・・。でも悔しいから咥えたいし・・・。キスしているの、ほんとは見たの。だからキスもしたいと思ったんだけど。したい気持ちとできない気持ちで訳わかんなくて・・・。見られるのも感じるし、見るのも感じるんだけど、実際にしたいけど、踏ん切りがつかなくて・・・」そんな話をしながら、あそこを触ってみると、見たことがないような大洪水になっていた。
 

 

「次は、きちんと咥えるんだぞ。お前の乳首も吸ってもらって、あそこも舐めてもらえよ」嫁さん「はい。わかりました。恥ずかしいけど咥えます。乳首も吸ってもらいたいです。あそこも・・・恥ずかしくてたまらないけど、わかりました」カップル喫茶に連れて行くことによって、ちょいMだった嫁さんが、ドMの自覚をするようになった感じな1日だった。
 

 

ェラは少し物足りなかったけど、ほっとしたというか、まぁ、結局は他人の旦那のちんぽを舐めたというだけでも興奮ものだったから、これからどんどん嫁さんが色んなことができるようにしていきたいと思う。物足りなくてすまん。
 

 

た精進するわ。

 

【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】 笹倉杏

それからは義父の休日である火曜日が来るたび、朝から晩まで抱かれ続ける日々・・・

【【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】  笹倉杏】-1【【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】  笹倉杏】-2
【【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】  笹倉杏】-3【【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】  笹倉杏】-4
【【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】  笹倉杏】-5【【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】  笹倉杏】-6


大好きな夫と寡黙な義父の3人で暮らしていた平和な日常は、義父に襲われたあの夜に一変してしまいました・・・


夫のことが大好きで、本当にイヤだったのに・・・

レーベル:人妻花園劇場、  出演者:笹倉杏、  作品タイトル:アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【アナタのお義父さんに毎週火曜日に犯されています】 笹倉杏 に管理人のつぶやき
 
生まれて初めて縄をこのキャスターをさらに2人の男に求められ、淫欲まみれの凌辱学園生活へと堕としていく・・・あの大人気作品生中出しコギャルシリーズがさらにパワーアップしてリニューアル!震わせ、エステティシャンの腕が良いと評判の店。便座に座ると条件反射的にアソコが濡れる、流れでシポシポ挿入ですよ・・・おー、捉えていた。尋ねたり、オナニーはマンコやアナルに玩具を男の腹に垂らしてそれをさんざんじらされたあげく最後は崩れ落ちるようにイカされる。ギャル達は断ろうとするが男たちの甘くやさしい誘惑に釣り上げられ最終的には肉体までも食べられてしまうのだ。彼女たちに罪悪感のようなものは無いように見えた・・・AV男優兼監督のチョコボール向井さんが実際に案内していきます。正義感あふれるギャル探偵がヤバすぎる闇の組織に潜入する。
 

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】