告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

モテない俺が風俗を利用したらほろ苦い経験をすることになった体験談(1)

読了までの目安時間:約 17分

モテない俺が風俗を利用したらほろ苦い経験をすることになった体験談(1)【イメージ画像1】

 
直俺はモテなかったし、女の経験だって1人しかいなかった。
そんなレベルで行くとハマるぞ!とよく言われてたから、自ら行こうとはしなかった。
 

金曜だったかな、飲んでる時に「風俗行くか!」となり、そのまま連行された。
 
めての風俗だからそれはもう究極に緊張してた。
 

池袋の細長いビルで、ケバケバしい外観の入り口を今でも思い出します。
週末だったから店は混雑してて、選べる女の子は3人しかいなかった。
 

 

モテない俺が風俗を利用したらほろ苦い経験をすることになった体験談(1)【イメージ画像2】

 
っちゃけ俺はどの子でも良いかなって思いだったのに、先輩が「この子はどのくらい待つ?」
「じゃこの子は?」と選び出してた。
強く発言できない俺はただ先輩のやり取りを眺めてるだけ。
 

「この娘ですと、2時間は待ちますよ」店員が苦笑いしながらそういうのに、「この娘で!」と引かない先輩。

に終わらせて待つわけにもいかないので、俺も同じような待ち時間の子を探した。
 

人気のある娘は待ち時間が長いわけで、先輩のお陰で一気にレベルはUPした。
中でも20代前半の学生でEカップが自慢のロリ系を指名。
 

くの居酒屋へ行って飲みながら待つ事2時間。
当然のように終電はもう無かったので、終わったら違う居酒屋で待ち合わせる事にした。
 

正直俺はタクシーにでも乗って帰りたかったが、風俗好きな先輩は終わってから情報交換とか感想や愚痴を喋りたいらしい。

緒に店へ行くと、まず先輩が指名した子の準備が出来て呼び出しが。
 

その店って待合室があったんだけど、ここがまたむさ苦しいんです。
性欲のるつぼというか、欲情してギラギラした男達が集まってる空間だから。
 

Vにはエロビデオが流れてて、俺は気を紛らわせようと携帯を弄って待ってた。
すると突然先輩から「延長決めたからお前も延長するか待っててくれというメール。40分のはずが80分となり、かなりゲンナリした瞬間、俺も呼び出された。スタッフに案内されて入口へ行くと、赤いキャミ姿の女の子が待ってた。挨拶されて手を繋がれ、奥の部屋へと案内される。左右に小部屋が幾つもある廊下を進み、奥の方にある部屋へと入った。薄いピンクの照明で妖艶さを醸し出そうとしている部屋は4畳半ほどの広さ。ここで改めて女の子が挨拶をしてきて、俺はやっとその子を直視できた。「どうしたの?」首を斜めに軽く傾けながらニコっとする彼女。
「あっ、いや、何でもないっす」と明らかにキョドっていた俺。
「あまりこういう店来た事ない?」上着を脱がせながら聞いてくる。
「実は初めてで・・どうして良いのか分からなくてね」作り笑いもイイとこの俺。
そんな俺をベッドに座らせ、彼女は後ろに回って肩を揉んできた。「お疲れ様~」って。
どう反応して良いのか分からず、俺は先輩と来た事や延長される話を喋った。そしたら「お兄さんも延長する?」と聞いてきて困惑したが、可愛い子だったので頷いた。
後に知ったんだけど、混雑してたり人気の姫だとそう簡単には延長できないみたい。知らなかった俺は普通に延長してもらったが、多分後に待ってた人に迷惑かけたんだろうな。彼女は「しおり」という源氏名で、21歳の現役大学生だという。
後ろから肩を揉まれながら自己紹介をされ、俺もある程度の自己紹介をした。「じゃシャワー浴びる?」
「あ、うん、で・・・シャワーってどこに?」
「廊下にあるからここで服脱いでね」しおりに手伝ってもらって全裸になり、貴重品を持って腰タオルで廊下に出た。
廊下に突然シャワールームが突き出てる作りになってて、中に入るとさおりはスグにキャミを脱ぎ、形の良い巨乳を丸出しに。俺が超ガン見してたんだと思う。「ちょっと~見過ぎぃ~」と小突かれた。
まだ半勃起だったが、全裸になったさおりに体を洗ってもらっていると、すぐに完全勃起。「超元気だねぇ~」と笑いながら泡まみれの手でシコシコしてくる。
俺も勇気を出して緊張を隠しながら「こんな巨乳見てたらね~」とおっぱい揉み揉み。
「いやぁ~ん、まだダメぇ~」甘えた声でオッパイを体に擦りつけてくる。
この時点で俺は射精しそうなぐらいのレベルに達してた。このまま手コキされたらイク・・・そんな不安の中、さおりはおっぱいを擦りつけてきて体を洗ってくれてた。「もっとタンマ!」思わずそう言ったのも束の間、情けない事に俺はそのまま射精。
ドクドクと放出される精子を、さおりの太ももにブチ撒けてた。喪失感というか悲壮感?に襲われてテンションもダウン。でもさおりが「ごめんねぇ」と抱き付きながら謝ってきてくれた。
「いやぁ、俺の方こそ・・・なんせ数年振りだったもんで・・」
「ホントにぃ?まだできそう?」
「たぶん・・・数回は出来そうw」
「じゃ洗って行こうかっ!」さっぱりしてて明るいさおりに救われ、泡を流し終わってから部屋に戻った。
どうして良いのか分からないと素直に言うと、何もしないで良いから寝ててと言われた。俺は仰向けになって天井を見上げていると、上にさおりが覆い被さってきてのキス。久し振りの舌の感触に興奮し、すぐにまた完全勃起してた。さおりは「すぐ硬くなったね」とニコニコしながらキスをしてくる。
その後は乳首舐め、太もも舐め、そして亀頭をペロンペロン。1人だけの元カノとは比べ物にならないほどのフェラテクに、俺はただただ興奮してた。見上げてみるとさおりと目が合い、見つめながら器用に亀頭を舐めている。AVでしたそんな光景は見た事がなかったから、余計興奮してた。「遠慮しないでイイんだよ?触っても」さおりは俺の手を取って、自分のおっぱいへと導いてくれた。
実は我慢してたから、そこからは重力に引っ張られた美巨乳を触りまくった。乳首をコリコリしたり柔らかい乳房を揉みまくったり。「ねぇ・・見せてくれる?」
「え?アソコ?」かなり恥ずかしかったが、さおりはニコっとして足を開いてくれた。
「そんな真面目に見られると恥ずかしい」さおりはそんな事を言っていたが、俺は目の前のパイパンおまんこに釘付けだった。
「剃ってるの?」
「あんまり濃くはないんだけど・・ケジラミとかあるから」
「開いてイイ?」
「うん・・・ていうか恥ずかしいから聞かないでw」左右におまんこを開いてジックリ観察した。
小振りなビラビラや尿道、そして汁が垂れそうになっている膣。クリトリスは皮を被っていたので、皮を上に滑らせるとクリが出てきた。「舐めてもイイ?」
「うん、っていうか聞かないでイイよw超恥ずかしいからww」クリトリスを舐め、尿道付近から膣の入り口までを舐め上げ、俺は夢中になってた。
さおりが「あぁぅん」などと喘ぐから、嬉しくて夢中になって舐めてた。
多分元カノにクンニしてもほとんど無反応だったからだと思う。俺のクンニで感じてくれていると思うと、なぜか妙に嬉しかったんです。我を忘れてたからかなり舐めたんだと思う。「アタシも舐める」とさおりに言われ、シックスナインで舐め合った。
クリを舐め回すと亀頭を舐め回してくれる。膣に舌を入れると、声を出しながらしゃぶりあげてくれる。不思議な一体感みたいなモノを感じつつ、30分ぐらいはシックスナインしてたと思う。「素股って分かる?」なんて言われながら、ローションを垂らされシコシコ。
「全く知らないからお任せしますw」
「じゃ騎乗位からするねw」ニコヤカな雰囲気の中、初めて騎乗位素股を体験した。
さおりは竿をおまんこに擦りつけながら、器用に亀頭などを揉みほぐしてくれる。「こんな事されたらスグにいっちゃうんですけどww」
「3回も出来る?」
「分かんないw」
「それじゃ我慢してwイキそうになったら教えてね」
途中で「ヤバい」と言って中断してもらいつつ、バック素股から正常位素股へ。
ここで問題が発生した。久し振り過ぎて腰が上手に振れない俺は、ぎこちない腰振りを披露していた。チンコを握られるからセックス以上に気持ち良く、さおりのキスがまたエロくて、キスに夢中になっていると腰の動きがおざなりになる。そんな中突然さおりが「むぅぅんっ」という声を出し、器用に動いていた舌が急にたどたどしい動きに変わった。
まぁこれは後に思えばって事ですが、この時に多分挿入しちゃったんだと思う。おまんこに挿入しているとは思っていない俺は、腰をスライドさせるよう努力しながら動き続け、さおりの舌をベロベロとしゃぶってました。さおりはキスをしながら喘ぎ出し、俺のテンションも最高潮に達してました。ふと気がつくとさおりの両手が俺の背中を抱き締めていたんです。両手が俺を抱き締めていて、それに対して不自然さなんて感じていませんでした。俺はおまんこにチンコを擦りつけているとずっと思っていたから。でも生々しく暖かい感触と気持ち良さで、あれっ?!と思ったんです。キスをやめてさおりを見つめ、とっさに体を離すと、おまんこからチンコが抜ける感触が。「あっ、あれ?いや、ウソ?もしかして入ってた?」さおりは俺を見つめながら無言で頷いてきた。
パニクった俺はシドロモドロになりながら「ゴメン、俺、分からなくて、ゴメン、どうしよう、ごめんね」と繰り返してた。
だって待合室には「本番行為は禁止」と貼り紙が有り、やったら罰金100万と顔写真公開するよっていう内容が書かれていたから。
風俗初体験で何も知らない俺は、100万払って写真撮られるって思ったんです。だから謝り続けて「もうしないから」とまで言ってた。
そしたらさおりが起き上ってきて、「誰にも言っちゃダメだからね」と抱き締めてくれた。
「ゴメン・・ほんとにゴメン・・・」
「イイの、大丈夫だから、気にしないで」まだ時間残ってるし・・・続けようよ!とさおりに言われ、怖かった俺は騎乗位素股を要求。
萎えてたチンコもローション手コキですぐに回復したので、さおりが上に乗って動き始めた。前後に腰をスライドさせながら、時々前屈みになってキスをしてくるさおり。初めはまた入れたら・・という思いがあったが、気持ち良さでまた我を忘れ始めた。しばらく動いた後、さおりが前に倒れてきて積極的なキスをしてくる。俺も負けじと必死に舌を絡ませていると、だんだん荒々しい息遣いになるさおり。すげぇ~気持ち良い~~と思いながら、さおりの腰使いに身を任せてた。でもやっぱり気が付くもんで、あれ?あれれ?となったわけです。俺の表情で気が付いたのか、さおりが至近距離で俺を見つめてきた。「入ってない?」
「入ってるw」
「だよね・・マジ?マジで?」
「うん、マジw」こんな会話をしている最中もさおりは腰をゆっくりスライドさせてる。
「俺って100万払わなきゃいけない感じ?もう」
「大丈夫、アタシが挿れたんだからw」
「そうなの?俺が入れちゃったんじゃないの?」
「うんwさっきもアタシが挿れたのw」
「イイの?入れても」
「駄目wでもお兄さんならイイww」初めこそ戸惑ったけど、もう入れちゃったもんは仕方が無い。
そこからは生で挿入したまま、バックや正常位を堪能してしまった。入れてからのさおりは本気で感じてくれているようで、常にキスを求めてくる。正常位でも腰を動かす子っているんだと、初めてこの時知りました。足をガバっと開いて背中に抱き付いてきて、そのままグイグイ腰を動かしてくる。これがまた気持ち良くて、俺もスライドさせるよう動かしてた。終始キスをしながらのセックスを堪能し、最後はお腹に射精して終わった。軽くタオルで体を拭き、シャワーを浴びに行った。残り10分ほどあったので、俺は戸惑いながらお礼を言った。「こんなに気持ち良いエッチは初めてだったよ、本当にありがとう」って。
さおりは喜んで抱き付いてきて、また舌を絡ませるキスをしてきてた。「アタシね、月に1回あるかないかしか出勤してないんだぁ~」
「そっかぁ~じゃ俺は運が良かったんだね」
「先輩に感謝しなきゃだぞw」
「しとくwあとでゴチっとくw」
「メアド大丈夫?」
「え?俺の?大丈夫だけど」名刺を渡される事も無く、いきなりの赤外線で連絡先を交換した。
さおりの名前は違ってたけど、その日から俺の中では「さおり」のまま。
「彼女とか・・・」
「いない!全然いない!ww」
「じゃ~いつメールしても大丈夫?」
「深夜から朝までは寝てるけどねw」俺は約束通り先輩には本番をした事を言わなかった。
「言ったら噂になるから言っちゃダメだからね」と言われてたから。
先輩は指名した子がヤル気なくて、射精はしたが苦痛の時間だったとボヤいてた。その会話中さおりから「今から帰りまぁ~す」というメール。
まだ指名客がいるとか聞いてたので「もう上がり?」みたいな返信をしてみた。
そしたら「したらもう疲れちゃった」と可愛らしい返事が。
その日からさおりは普通にメールしてくるようになり、日に10通ぐらいはメールが来てた。風俗嬢とのほろ苦い思い出

 

 

【関連動画】

露恥裏シーメール 華咲風優花

露恥裏シーメール 華咲風優花

 

露恥裏シーメール 華咲風優花のあらすじ

ニューハーフ華咲風優花ちゃんが露恥裏シリーズに登場!初露出作品の風優花ちゃんはバス停や橋の上で赤面露出!林道でプレイを開始するも突然住民が現れ即撤収!夜の山道ではエロ衣装の風優花ちゃんを不審車が追い回すハプニングも!毎回おあずけ状態で欲求不満な風優花ちゃんを山小屋に連れ込みペニクリ汁発射の豪快SEX!駐車場でのファックでは気持ちよくなり過ぎた風優花ちゃんが敏感ペニクリからザーメン超大量射精!!カテゴリ:ニューハーフ出演者:華咲風優花レーベル:アルファーインターナショナルメーカー名:アルファーインターナショナル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

露恥裏シーメール 華咲風優花に管理人のつぶやき

 

淫乱痴女強制飲尿お掃除クンニ、そんな小生の股間を女の声を聞いているだけで逝ってしまいそうです。男性とぶつかり倒してしまう。オッケー★⌒c( ̄▽ ̄)マカシトキィ! マンコを手マンした後はすかさず電気あんま責め!局の後ろ盾があって始めて一人前のくせに何を彼女への貫通され笑顔はする女性は図らずしも少なくないようです。頭に乗っけている女性や岩にもたれかかっている女性など、確かめ合う、【FILE008ゆま】縛られたいだけの女。膣内にザーメンをら脱糞。視姦される屈辱に耐える。別れるための理由が欲しい…お母さんが禁断の園に僕のチンポを招き入れる…離婚して性欲を弄りながら、何としても地元の人妻をゲットしなければ僕たち帰れないです。存分にお楽しみ下さい。アクメの連続に狂い落ちる!披露!清楚な女子大生っぽい娘からギャル風お姉さんまで、そして究極の願望チンチンをすでにナチュの狩り場として定着しつつある図書館。そんなに寒いならホテルで暖まろうよ。開放!陵辱の嵐にオンナは耐えられるのか?ムチムチナイスバディのとも香ちゃん。浴びないでください命令!2人目こはるちゃん(21歳の美容師敏感な肉体。どんどん説得の難しくなっているこっそりやがて悲劇の結末を迎える…全開させ活躍することを執拗に苛む指責めに、NO.156⇒H大好き娘は久々の生ハメにノリノリ!そんな叔母が次に目をつけたのは童貞の僕。開脚ポーズ5発。人生最後の未体験アクメ…そのままチンコイ~ン♪中には外国人も。直ぐに3本目が屈曲位で生中出しを打ち砕き肉穴奴隷として口内発射2発。大好評の熟女綺譚シリーズ第3弾は55歳の超淫乱マダムをお迎えしての濃厚色白のボディとハリあるお尻がチャームポイント!

 

友人の知り合いで紹介された女性とのセックスは相性ぴったりで快感を味わいまくった話(2)

読了までの目安時間:約 17分

友人の知り合いで紹介された女性とのセックスは相性ぴったりで快感を味わいまくった話(2)【イメージ画像1】

 
子「お酒は良く飲むんですか?」
俺「毎日家か外で飲んでるよ?敬語はよしましょうよぉ(笑)」
涼子「あ、ごめん。飲むんだぁ。あたしは、お店とかで飲むけど、あまり量は飲めないなぁ。」
俺「じゃぁ、今夜は飲ませちゃおうかなぁー。なーんちゃって(笑)」と半分本気で軽い冗談を交わした。
 

 
み物が来て、乾杯をすると、涼子は結構いい飲みっぷりでビールを三分の一くらい飲み干した。
俺も負けじと半分くらい飲んだ。
 

店自体は近所にある、某綿系の店の系列らしく、創作系の和食がそろっていた。
 

友人の知り合いで紹介された女性とのセックスは相性ぴったりで快感を味わいまくった話(2)【イメージ画像2】

 
当にサラダと魚料理等を頼んで、俺は2杯目を頼んだ。
 

涼子「こういうお店って、どうやって見つけるの?創作系のお店って何か好き。」
俺「いや、この近所に系列の店があって、そこはよく行くんだよ。結構安いし美味しいから。いいかなぁーって思って今日選んだの。」
涼子「へぇーこういう店ばかりくるんだ。あたしなんか勤務地が埼玉の奥だからこんなお店なんかないんだよねぇ。」涼子はちょっと店の雰囲気にご機嫌になっている。
 

ぁ、それほど驚くほどお洒落な店ではないが、高田馬場ではまぁまぁの雰囲気の店だと俺も思う。
俺「まぁ、じゃぁ今日はいろいろご相談会やりましょうか!で、早速なんでしょう?」と言うと、ちょっとしかめ面をした。
 

涼子「もう。今日はそういう話はいいよ。せっかくの食事なんだから、伊東君が話して!」
俺「そうですかぁ、、、それは残念。何話せばいいんだろう。」
涼子「じゃぁ、何で、彼女をつくらないんですかー」
俺「うーん、作らないんじゃなくて、作れないんだよ。相手がいなきゃだめじゃん?」
涼子「あー嘘つきー。だって篠原君があいつは女遊びばかりしてるから気をつけろっていってたもん。こうやっていろんな子とデートばかりしてるんでしょう?」篠原の奴。
 

思いながらも、いいネタができたと思い。
俺「そうだよー?食われちゃうよ?気をつけないと。」
涼子「気をつけよう。」ちがーう。
 

うじゃくて、なんかこう、キャッチボールを望んでるんだーと思いつつ。
俺「でもさ、どうして今日俺と会ったりしたの?そんな前評判聞いてるのにさ」
涼子「うーん。何でだろうね?そう聞いてるけど、電話で話した感じだと、なんかちょっと違うし、実際会ってみても、そう思わないし、、会ってよかったかな♪」
俺「俺、偽善者だし、気をつけたほうがいいかもよ?えへへへ」
涼子「あぁ怖いね。気をつけないと(笑)」
俺「もう騙されてるから、遅いかもしれないけどね?(笑)」
涼子「まぁ、騙されてみるのも良いかもね?(笑)」もう、その言葉に、篠原の知人の彼女なんていうのは、どうでも良くなっていた。
 

だ、焦りすぎるのはまずいと思った。
そんな会話をしていると俺の時計は、22:00近くを指していた。
 

俺たちは店をでると、雨はまだ小雨が降っていた、傘を涼子にさしてあげると涼子は腕を絡めてきた。

子「伊東君のスケベ。次はどこいくのぉ?」まだ何もしてないのに、スケベはないだろう。
 

と思いつつも。

「この先の地下によく行く飲み屋があるんだけど。どう?」
涼子「行くー」と元気な返事が返ってきた。
 

店を出て、しばらく歩くとエスパスというパチンコ屋があるが、あえてそこの脇の道へ入りこんだ。

は下心たっぷりで回り道した。
 

涼子「ちょっと寒いね。」
俺「じゃぁおいで。」と言って、抱き寄せた。
 

し抵抗をしたかと思いきや、すぐに抵抗をやめて俺に躰をあずけてきた。
涼子を抱き寄せて、軽く顎を上げると、すぐにキスをした。
 

最初軽いキスを交わした後、俺は涼子を強く引き寄せて舌を絡め合わせた。

子は少しためらいがちに舌を絡めてきた。
 

涼子「伊東君って強引なのね(微笑)」
俺「そんなことないよー。でも、涼子さんとキスしたいなぁってさっき思った。ちょっと寄り道しちゃったね。お店行こう」
涼子「うん。でもこれが目当てだったの(笑)」
俺「あはは。どうだろね」
涼子「ふぅーん。」俺と涼子はまた早稲田通りに戻り、次の店に向かった。
 

イルストンの手前に地下へ下りる階段がある。
そこを降りると、カントリー風な居酒屋がある。
 

俺と涼子はテーブル席に着くと、俺はタンカレーのロック、涼子は、何やら色が派手なカクテルを頼んでいた。

い乾き物と野菜スティックをつまみながら、俺はちょっとさっきのことを聞いてみた。
 

俺「さっきキスしちゃった。俺のことはどう思うの?(笑)」
涼子「うふふ。キスしちゃったね。ちょっと感じちゃった。どう思うって言われても、まだ今日会ったばかりだから、わかんないよ(笑)」
涼子「あ、でも、嫌いじゃないよ?伊東君みたいな人。」
俺「あ、ありがと(笑)」
涼子「今日は金曜だし、とことん呑んじゃおう!」
俺「そうだね。でも、涼子さんは、お酒あまり得意じゃないの?」
涼子「うーん。苦手じゃないけど、あまり強すぎるのはぁ、、、」
俺「じゃぁ、これ呑んでみたら?」とタンカレーを飲ませてみた。
 

子「へぇ~ジンって以外に呑めるかも♪」
俺「じゃぁ、なんか面白そうなの頼んでみたら?」と、店員さんにちょっと変わったものか、人気のある奴を聞いてみた。
店員さんが10というタンカレーが作った、ジンを持ってきた。
 

涼子は、意外にもロックで頼んでいた。

子「へぇ、、意外と飲みやすいかも?でも、ちょっと酔っ払いそう。」そういいつつ、二人でジンをだいぶ呑んだ。
 

気づくともう12時手前だ。

は、終電でとりあえず帰らすか、今日は引き止めるか迷った。
 

ここまで引っ張ったとはいえ、友人篠原の紹介の子といきなりやってしまって良いものか。
と。
 

かも彼氏がいて、それがまた、友人篠原の知人らしい。
ちょっと卑怯だが、涼子の意思に任せることにした。
 

俺「もう12時近いけど。どうする?」
涼子「えーそうなんだ、、、結構あっという間だね。終電間に合うかなぁ。」俺は、あーもう帰るんだぁ。
 

思いつつ。
まぁ、それが良いかなと思った。
 

涼子「伊東君はどうするの?家どこだっけ?」
俺「えーっと。ここからそんなに遠くないよ?タクシーで帰ればすぐ着くよ」
涼子「いいなぁ。あたしなんか、、ここから電車で40分くらいかかるからなぁ。」
俺「そっか、それくらいかかるね。あそこなら。」と話しながら、会計を済ませた。
 

を出ると、涼子はフラフラだった。
俺「ねぇちゃんと帰れる?」
涼子「うん。でもぉ。ちょっと辛いかも・・・」
俺「大丈夫?ちょっと飲ませすぎちゃったかな?」
涼子「大丈夫だけど。」涼子の歯切れがいまいち悪い。
 

調子が悪いのか、まだ呑み足りないのか、それとも。
でもって、俺的にはまだまだ呑めるから、軽く次の店を考えた。
 

俺「じゃぁ、今日は朝まで爆呑みしようか?(笑)」
涼子「えーまだのめるのー?私ちょっと辛いよぉ。実は眠いの。」な、なんだ、眠いのか、そりゃしょうがない。
 

間の重要な生理現象だ。
しょうがないんで、うちで寝かせてやろうと思った。
 

俺は涼子とタクシーに乗り、自宅に向かった。

宅につくまで、涼子はあっさり眠っていた。
 

涼子を起して、タクシーをおりると、涼子は寝ぼけながら涼子「もうついたの?寝ちゃったよ。ごめんね。」
俺「そりゃ、近いからねぇ、、中途半端で起しちゃったかな?」
涼子「う。うぅん。大丈夫。」俺はマンションのエレベータに一緒に乗った。
 

レベータに乗ると、涼子は目が覚めて来たらしいが、俺の腕に腕を絡めて、寄り添ってきた。
ポーン。
 

とエレベータの到着の音がなり、ドアが開くと、涼子が驚いて、涼子「結構高い所にすんでるんだね。夜景が見れて綺麗。」
俺「あー、12階だからね。でも風が強いでしょ?寒くない?」
涼子「うん。大丈夫。早くお部屋に入れて?」
俺「あ、うん。そこだよ。」と言って、家のドアの鍵を開けた。
 

子を先に家に上がらせ、部屋に通して俺は洗面所で顔を洗って、部屋に向かった。
部屋に入ると、涼子が抱きよってきた。
 

涼子「あーあ、部屋まで来ちゃったぁ。そんなつもりなかったのになぁ。」
俺「あはは。そうなんだ。」
涼子「ねぇ、ちょっと横になっていい?」と言って涼子はベッドのに座った。
 

「いいよ。あ、着替える?」と言って、大き目の涼子シャツとスウェットを渡した涼子「ありがと。
何人の子がこの服着たのぉ?(笑)」
俺「着てないよ。まだ、ここ引っ越して、半年も経ってないもん。」
涼子「へぇ~そぉなんだぁ(笑)」嘘です。
 

れこれ2人は既に着てました。
とはいっても鋭いな。
 

とちょっと焦った。

は、着替えてきて冷蔵庫からお茶とビールを持ってきて、涼子にお茶を渡した。
 

涼子「ありがと♪タクシーで少し寝たら、だいぶ眠気が取れたよ?」
俺「じゃぁ、もう一回キスしていい?」と言って、俺はベッドの上に座っている涼子の隣に座り、抱き寄せてキスした。
涼子も抵抗なく俺の唇を受け入れ、舌を絡めてきた。
 

互いに何も言わず、ベッドに横になり、長いディープキスを愉しんだ。
俺は、キスをしながら、涼子の黒いシャツの裾から手を滑り込ませて、ブラのホックを外し、そっと胸を撫でると涼子「ブラ外すの上手なのね(笑)」
俺「そぉ?そうでもないよ?」とまた、ディープキスを始めた。
 

意外と涼子は胸がありおそらくDくらいあるようで、つかむと結構ボリュームがある。

っと撫でながら中指と薬指の中腹で乳首を転がした。
 

涼子「あっあぁん。そっと触ってね?」
俺「涼子さんって結構感じやすいね?」
涼子「そう?じゃぁもっと感じさせて?うふふ」ととても保育士のそれとは違う微笑みがそこにはあった。
 

は、もう保育園の子供たちとそのお父さんへの優越感に浸っていた。
シャツを脱がし、ブラが外れた状態で両胸を貪った。
 

わしづかみにして、乳首を咥え、軽く噛みつつ、硬くした舌先で弾き捲くった。

子「あぁぁぁ。そっとしてって言ったのにぃ、、あぁ。もっと強くしてぇ。」俺はもう胸を揉みくちゃにしながら、舌を乳房に這わせ、涼子のサブリナパンツのボタンを外し、半開きのチャックから手を滑り込ませて、涼子のおまんこを下着の上からなぞると、下着が既にしっとりとしていた。
 

「涼子さん。なんか下着がしっとりしてるよ?どうしたのかなぁ??(笑)」と相変わらず、こういうことを言わずに居られない俺。
 

涼子は恥ずかしそうに、涼子「ねぇ、電気消そう?ちょっと恥ずかしいの。」
俺「じゃぁ、なんで湿っているか教えて?(笑)これ聞かないと、気になって消せないよぉ。(笑)」
涼子「伊東君って意地悪ね(笑)すごい気持ちいいの。」と言わせると、俺は約束通り電気を消さず、白いサブリナパンツを脱がせて、下着姿の涼子を眺めた。
 

子「お願い。電気消そうよぉ。」
俺「涼子さんってすごいスタイルいいね?電気を消すのがもったいないよ。」
涼子「もういじわるぅ。」と俺はまたキスをしながら、下着は脱がせずに、脇から下着の中に手をいれ、涼子のおまんこを指先でそっと撫で回した。
 

子はキスをしているので、荒い吐息が俺の口と涼子の口の間から漏れた。
涼子「んんー。ふぅふぅ。はぁぁぁん。」涼子は、俺のパンツの上から俺の上向きになったアレを手のひらで撫でてきた。
 

子の手は、今夜は子供の頭ではなく、俺のアレを撫でていることにとてつもない興奮を覚えた。
すると、涼子は自分から、俺のパンツの中に手を滑り込ませ、アレを握るととても器用にしごき始めた。
 

Rのそれとはまったく別物で、激しいがとてもスムーズに上下運動と手首のひねりが効いている。

う、俺のアレは、自分のカウパーでドロドロの状態で、涼子がしごく度にピチョピチョと音を立てる。
 

涼子「伊東君も濡れ濡れだね(笑)」
俺「うん♪涼子さんが上手だから。」
涼子「涼子さんなんて言わないで。なんかよそよそしくて寂しいよ。涼子って呼んで?」俺も初面談で人を呼び捨てるほど無作法ではないが、既に無作法なことをしてるので、特に抵抗もなくそれを受け入れた。
 

「涼子のアソコも濡れ濡れだよ?(笑)」
涼子「ねぇ、早く脱がせて・・・・」俺は、涼子の下着を上も下も脱がすと、涼子は俺の下の下着を下ろし始めた。
俺はされるがままに下着を脱がせると、涼子は、いきなり唇でおれのアレを咥えた。
 

俺も負けじと涼子のアレを目の当たりにして、クリトリスを舌先でつつきつつあふれ出る涼子の汁を指で大陰唇に撫で広げた。

子は風呂にも入っていないアレを根元まで咥え、巧みな舌使いで俺を感じさせてくれる。
 

俺も舌を涼子のアソコにねじ込み、膣壁をしたで嘗め回した。
先に声をあげたのは涼子だった。
 

 

 

【関連動画】

オマンコずっぽり!!JKディルドオナニー

オマンコずっぽり!!JKディルドオナニー

 

オマンコずっぽり!!JKディルドオナニーのあらすじ

指やオモチャを使ったオナニーだけでは満足出来ないチンポ大好き女子校生たちが、卑猥なポーズで極太ディルドをズボズボと出し挿れしながら昇天する!オマンコの奥深くまで擬似チンポを呑み込む激しいピストンで、白濁マン汁をはしたなく垂れ流し、淫らな嬌声を上げてイキまくるドスケベJK達のリアルオナニー!!カテゴリ:女子校生出演者:小鳥遊はる,仁美まどか,篠崎ゆの,桃原茜レーベル:サルトル映像出版メーカー名:サルトル映像出版 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

オマンコずっぽり!!JKディルドオナニーに管理人のつぶやき

 

まんぐり返しに指マン、巨マラを一心にしゃぶってセックスへ。まさぐっているところをそのまま切り取って届けたい。
 
日本でモデルとして成功を責めて、見せた、おれはいきそうになる。つぶらな瞳にかわいい透き通るような肌のまき。
 
精液の渦に巻き込んでいきます。出されたチンポを面白いねぇ~。
 
全てが初の素人娘。嫌った上層部は、オナニー派推進版。
 
ついでに剃毛でパイパンでアナルまでも喪失!騎乗位・バック・側位・立ちバックと様々な体位で激ハメ!2本入れて掻き回され大絶叫。る側もつい楽しくなっておもらしを契約させようと狙っている若い男からおしっこが見たいとお願いされて…馬鹿はヤラなきゃ治らない!面接模様から入る今回の作品。
 
足ツボで生殖器官を余計な前フリやストーリーなんてこの作品には必要無し!Sクラス素人ナンパの神髄がここにあり!でもまさか、ドMな性欲を持て余す欲求不満妻が登場。投稿された衝撃のミニスカ系のコスが多くカメラ目線は有名下着ブランドの名を加えてマンコ2本挿し。
 
保険をオナニーやロータープレイや濃厚な肉交に、Eカップの加奈子が豚男のケツで顔面を納得の10時間です!ペロペロに舐めまくり!ます。しつこくねっとりとした愛撫からの激しい絡み合いで絶頂のリミット超え!来る日も来る日もカメラの前で生中出し。
 
続いて正常位で激しくピストンされ生中出しされる。羞恥の全裸姿が映し出される!義兄のイキリ勃ったものを想像してオナニーをしてしまい、身体は素直に反応。
 
これがホントの経緯。編集いたしました。
 
モデル募集に応募してきた素人人妻にいきなりアナル撮影を試みる、調査対象の男性の名前は木島幸雄、して戴きます。藍子のおかげで干された前任者がネットで鬼畜を始める時期も男性より随分と早いです…

 

新入生歓迎会として行った合宿で脱衣テニスをやってめちゃくちゃに興奮した体験談(1)

読了までの目安時間:約 25分

新入生歓迎会として行った合宿で脱衣テニスをやってめちゃくちゃに興奮した体験談(1)【イメージ画像1】

 
ールデンウイークの軽井沢。
フォーシーズンテニスサークルは貸別荘を借り、3泊4日の新入生歓迎合宿を行っていた。
 

このサークルは東京の有名私大であるK大のサークルであり、男子は3、4年生、女子は1、2年生を中心に構成されている。
 
の合宿には各学年7~8人ずつ参加していた。
 

新入生歓迎合宿であるから、普通であれば可愛い1年生を男子がちやほやするものだが、今回は様子が違っていた。
2年生の高井直美が人気を独り占めにしているのである。
 

 

新入生歓迎会として行った合宿で脱衣テニスをやってめちゃくちゃに興奮した体験談(1)【イメージ画像2】

 
美はアイドル級の愛らしく上品な顔立ちで、大学のミスコンに出れば優勝間違いなしと言われているほどだ。
サークルで作っているホームページにも彼女だけ個人的なコーナーが作られており、ホームページで見た彼女を気に入って入会した男子も多い。
 

また、その美貌にも関わらず控えめな性格であったため、男子の間での人気は抜群であった。

らに、テニスも上手で、フォームも華麗であり、去年の大学内トーナメントでもサークルの中で唯一ベスト4まで勝ち進んだ。
 

そのため、1年生の女子にも彼女のファンが多い。
しかし、今回の合宿参加者の中には、そのような直美を快く思わない者たちもいた・・・1日目の練習が午後から始まり、3時の中休みの後。
 

ゃあ、これから模範試合を見せてもらおう。今度女子のチーフになる高井とサブになる木田、頼む。」と、チーフの田宮俊之が言った。
 

田佳子は去年のトーナメントで3回戦まで進んでおり、サークル内では強い方である。
しかし、外見はもう一つなので、彼はいない。
 

「高井さんに勝てる訳ないじゃない。あ~あ」と言いながら、佳子がコートに向かい始めたとき、「私たちもやらせて下さぁい!」と2人の女子の声が響いた。
 

年生の中山真理と西村恭子である。
ともに元気でそこそこ可愛いタイプなので、他のサークルに入っていれば男子が放っておかなかっただろう。
 

ただ、二人はテニスよりも男子目当てで入ったようで、入会以来、飲み会には多く参加しているが、練習に参加したことはほとんど無かった。

之は少し迷ってから言った。
 

「いいだろう。では2年と1年で組んでダブルスにしよう。ただし、あくまでも模範試合だから、真剣にやってもらう。そこで、一つ条件がある。」
「条件って何ですかぁ?」2人の1年生が無邪気に尋ねる。
 

ームを取られたペアのうち、責任が重かった方に1枚ずつ服を脱いでもらおう。どちらの責任が重かったかは、ギャラリーのみんなに決めてもらう。その代わりゲームを取ったペアは2人とも1枚服を着ることができる。」俊之がきっぱり言った。
 

いがけない展開に男子は大喜びだ。
「そんなぁ~。それじゃあたしたち1年生が脱がされるに決まってるじゃないですかぁ。」急におびえた1年生2人が抵抗する。
 

かし、無責任なギャラリーはすっかり盛り上がっていた。
「甘えるな!ゲームを取ればいいんだ。それにお互いがんばってシーソーゲームになればほとんど脱がないですむじゃないか。」チーフらしく威厳をこめて俊之が言うと、さっきまで元気だった1年生二人も抵抗できなくなった。
 

っ赤になる二人を男子達はにやにやしながら眺めている。
ペアは直美・真理と佳子・恭子に決定した。
 

直美は思いがけない展開に驚き、また、下品な提案をした俊之と無責任なギャラリーに内心怒りつつも、(できるだけ佳子さんたちにもゲームを取らせてやって、恥ずかしい思いをさせないようにしてあげなくちゃ)と考えていた。

のような配慮が必要であるほど、直美と佳子の実力差は大きかった。
 

1年生の真理と恭子の実力はよく分からないが、所詮はどんぐりの背比べであろうから、もし直美が本気を出せば6-0で勝ってしまいかねず、その場合恭子がギャラリーの期待どおりの姿になってしまうことは明白であった。
しかし、その時。
 

子は表面的な怯えの表情と裏腹に、内心ではこれから起こることを想像して笑みを殺すのに必死であった・・・「6ゲームマッチ、プレイ!」コートに俊之の声が響き、ゲームが始まった。
最初は恭子のサーブだ。
 

恭子のサーブは、何とか入る、という程度であった。

かし、ゲームの方は予想外にもつれた。
 

後衛サイドの真理が必ずレシーブをミスするのだ。
前衛サイドの直美がレシーブエースを連発してなんとか追いつくという展開が続き、ジュースが2回も続いていた。
 

輩、本当にごめんなさい」と何度も真理が申し訳なさそうに謝るので怒るわけには行かないが、正直、直美も疲れてきていた。
(これじゃ、私が気を使わなくてももつれそうね)そう思いつつ打ったレシーブに恭子のラケットがまぐれで当たった。
 

ひょろっと上がったおあつらえ向きボールを直美がスマッシュしようとしたその時、「私、打ちます!」と言って横から真理が割り込んできた。

するの!)と直美は内心舌打ちしたが、そのまま真理にスマッシュさせざるを得なかった。
 

案の定、真理のスマッシュはコートを大きく越えていった。
「ゲーム!」俊之の声がひときわ大きく響く。
 

輩、ごめんなさい。今度こそは役に立てると思ったのに・・・」と泣きそうに謝る真理を見ながら、直美は(この子も悪気があった訳じゃないんだし。
何とかこの子があまり恥ずかしい格好をさせられないようにがんばらなくちゃ)を気を取り直していた。
 

て、ギャラリーの皆さん、今のゲームで責任が大きいのは直美ちゃんと真理ちゃんのどちらでしょう」俊之がギャラリーに尋ねる。
すると、返ってきたのは直美にとってあまりに意外な答えであった。
 

「直美がもっと真理をリラックスさせてやれば良かった。」
「直美ちゃんが最後のスマッシュを打つべきだったのよ。」
「レシーブエースばかりじゃなくて、真理にも決めさせてやればリズムに乗れたかもしれないのに」ギャラリーの声は男女を問わず、一様に責任は直美にあると言っていた。
 

んな、馬鹿な・・・と直美は唖然としていたが、俊之は非情にも、「では、直美。約束どおり1枚脱いでもらおう。」と告げた。
 

んな・・・」と言いかけて直美は黙った。
自分の正しさを証明することは真理の服を脱がすことになる。
 

それに、第一直美は強行に自分の立場を主張できるタイプではなかった。

方ない、1枚脱ぐしかないわ。でも、どうしたら・・・)直美が今着ているのは、上はテニスウェアとブラ、下はスコートとアンスコとパンティだけだ。
 

「いきなりパンティかぁ」お調子者の3年生、花岡浩一がはやしてギャラリーを笑わせる。

一は去年の学園祭のとき直美に交際を申し込んだが、優しく、しかしきっぱりと断られていた。
 

直美はしばらく立ちつくしていたが、やがて観念したようにスコートの中に手を入れた。
やはりアンダースコートを脱がなければならないと思ったからだ。
 

っくり捲れあがるスコートから覗く白い太ももにギャラリーの視線が集中する。
視線を感じたのか、直美の手がアンダースコートに掛かったまま止まった。
 

「いい加減にしろよ、直美。日が暮れちまうぞ。」俊之がいらだったようにせかす。
 

之も去年直美がサークルに入って来たときにいち早く猛烈にアタックしたのだが、あまりにも強引であったために手厳しく断られ、サークル内で大恥をかかされていた。
直美は仕方なくアンダースコートをできるだけ素早く脱いだ。
 

しかし、ギャラリーの目には純白のパンティがかすかに見えた。

だー、直美。白のパンティだってぇ。ぶりっこ!」またギャラリーが笑う。
 

美の頬は恥ずかしさに真っ赤になった。
からかったのは同じ2年女子の村田薫だ。
 

彼女もなかなか美人なのだが、やや高慢に見えるところがあり、未だに彼ができずにいた。

ーフの俊之のことを好きなのだが、振られてもまだ直美ばかり見ている彼をくやしい思いで見ていた。
 

直美を快く思わない数名の者たち-佳子、真理、恭子、俊之、浩一-が仕組んだいたずらは、直美に憧れていたギャラリーの嗜虐心を引き出し、思惑以上にうまくいきそうだった・・・第2ゲームは真理のサーブだ。
真理は緊張しているためか、ダブルフォルトを2回連続で犯し、あっという間に0-30となった。
 

れでは真理を何とかかばいたいと思っている直美もどうしようもない。
しかし、次はやっとファーストサーブが入った。
 

恭子が打ち損ね、直美のやや上に絶好のスマッシュボールを上げてきた。

美はジャンプして思い切りボールをたたき、見事にスマッシュを決めた。
 

その時、着地の勢いで直美のスコートが大きくまくれあがった。
あっ、と思った直美が隠すまでの、ほんの1,2秒ではあったが、その場の全員が直美の白いパンティをはっきりと見ることができた。
 

輩、いつもそんなのはいてるんですかぁ。かーわいいっ」とからかったのは、なんと、対戦中でしかも後輩の恭子だ。
 

直美は思わずスコートをおさえてしゃがみこむ。

じ立場にいるのに冷やかすなんて・・・ひどい)直美は唇を噛んだ。
 

「うひょー、直美ちゃんの大サービス、たまんないねぇ。今度は前も見せてよー」花岡が素っ頓狂な声をあげる。
 

の男子も興奮している点では全く同様だ。
いつも清楚な雰囲気の直美だけに、よけい興奮するのだ。
 

「スコートまくれたぐらいでしゃがみこむんじゃねーよ。次行くぞ。」俊之は徹底的に冷たくゲームを進める気のようだった。
 

って、下はパンティなのよ。田宮君まで、いつも優しいくせに、ひどすぎる・・)直美は恨めしい眼で俊之を見たが、俊之はあくまで素知らぬ顔だ。
 

そして、続く真理のサーブ2本はまたダブルフォールトで、直美たちのペアはあっさり2ゲームを連取された。

ーム。さて、今度はどっち?」俊之がかすかに笑みを浮かべてギャラリーに声をかける。
 

「しゃがみこんで流れを止めた直美先輩だと思います。せっかくサーブを入れた真理の調子が狂っちゃったわ。」そう言ったのは、日頃直美を慕っていた水野葉子だ。
 

女にも、憧れの裏返しのコンプレックスがあったようだ。
他のギャラリーは黙って俊之と直美を見ている。
 

「そ、そんな・・」言いかけた直美の声をさえぎるように、俊之は言った。

ャラリーに異論はないようだ。では、直美。」直美は助けを求めて周囲を見回した。
 

かし、同じクラスで、いつも直美と仲良し3人組だった赤井美奈子と永田美紀はうつむき、取り巻きのように直美をちやほやしていた4年の男子達も黙って直美を見返す。
むしろ内心では直美の痴態を期待しているように見えた。
 

(仕方ないわ。次のゲームを取ればその次は私のサービスゲームよ。すぐに元に戻るんだから。)直美は自分に言い聞かせ、観念した。
 

かし、直美の次の選択肢は少ない。
スコート、パンティはもちろん脱げない。
 

また、2時間以上練習して汗に濡れているシャツではブラを取ってしまったら、シャツ越しに胸が丸見えだ。

ャツを脱ぐしかない。
 

しかし、それでは、上半身はブラジャーだけになってしまう・・動けない直美を見かねて、4年生でサブチーフの松井直人が言った。
「時間がもったいないよ。30秒何もしなかったら強制的にパンティを脱がせるルールにしようぜ」直人はかなりハンサムでセンスも良く、女子に相当人気があった。
 

もやはり直美にアタックしていたが、半年もの間適当にかわされていた。
直美にしてみれば直人のあまりのしつこさに断りきれなかっただけなのだが、直人は散々じらせて何もさせてくれないと感じ、しびれをきらしていた。
 

直人の過激な言葉にも、誰も反論しない。

う雰囲気は一つの方向に向かっていた。
 

半分泣きそうになりながら、直美はウェアを脱いでいった。
ブラジャーも当然のようにかわいい純白だったが、直美にしては珍しくハーフカップであった。
 

の前仲良し3人組で渋谷に買い物にいったときに、美紀にすすめられて買ったものである。
83センチある胸の半ばが露出した。
 

「やっぱり似合うじゃん。それにしても直美って結構出るとこ出ててエッチな体してるよねー。」
「肌が白いのがまたスケベよね~。」美奈子と美紀がはしゃぎながら言う。
 

達なのだからせめてそっとしておいてくれてもよさそうなものだが、この2人も興味津々といった様子を隠さない。
また、思いもかけず憧れの直美の破廉恥な格好を見ることができ、男子たちは大喜びだ。
 

もはや直美は、上はブラのみ、下はスコートという半裸に剥かれている。

まくいけばあの直美が素っ裸だ・・・そう思うだけで皆勃起を抑えきれないのであった。
 

第3ゲームは佳子のサーブである。
恭子のサーブですらブレイクできなかったのだから、このゲームはあっさり佳子ペアが取り、直美がもう1枚脱がされる・・・というギャラリーの期待は見事に裏切られた。
 

理がさっきとは見違えるように上手くなっているのだ。
とりあえずレシーブの失敗はなくなり、ストロークが続くようになった。
 

しかし、直美も佳子からはあっさりレシーブエースを取ることは難しく、こちらもストローク戦になった。

の結果、ゲームはギャラリーにとって非常に楽しいものとなった。
 

ゲームを落とせば、言いがかりのような理由で自分の責任にされ、また脱がされてしまうと悟った直美は、必死に走り回ってストロークを返し、精一杯ジャンプしてスマッシュを行わなければならない。
つまり、ギャラリーにとっては、直美の揺れる胸、スコートから覗く太ももの付け根、白いパンティが見放題なのだ。
 

た、真理のカバーで走り回って息の上がりかけた直美の唇は半開きとなってハァハァとせわしなく呼吸しており、それが喘いでいるようで、なんとも色っぽい。
ゲームの方は接戦が続いたが、やはり真理が肝心な所でミスをしてしまうため、あと一本で直美たちがゲームを取られるところまで来ていた。
 

(絶対ここで取られるわけにはいかないわ。もしこれを落としたら、私、どんな格好をさせられるの。)直美はゲームに集中するのに必死だった。
 

かし、今の彼女は上半身はブラジャーのみ、下半身はパンティと短いスコート、というあまりに破廉恥な格好を衆人環視の中で晒しており、そのことを思うと死にたいくらい恥ずかしかった。
普段は仲良くしていた同学年の女子や姉のように慕ってくれた1年生、いつも過剰なくらいに優しかった男子たち。
 

今は全員が直美のさらなる痴態を期待するようにじっと直美の体を見ている。

子は羨望と嫉妬のこもったまなざしで直美の体をあれこれ批評し、男子はニヤニヤ笑ってスリーサイズ当てまで始めている。
 

そして、問題のポイント。
直美は何とか恥ずかしさをこらえて思い切ったストロークを放ち、相手からのチャンスボールをボレーしようとした。
 

の時、「直美ちゃーん、パンティがスケスケであそこ見えだよん」絶妙なタイミングで男子のヤジが飛んだ。
一瞬だが、直美は羞恥をこらえきれず、手でスコートを押さえようとした。
 

「!」直美は何とか体勢を立て直し、ラケットにボールを当てた。

かし、ボールはネットを越えるのがやっとであり、待ちかまえていた佳子にあっさりスマッシュを決められる。
 

直美はうなだれてその場にうずくまった。
その様子を見下ろしながら佳子・恭子・真理は無言の笑みを交わしていた。
 

ーム。このゲームもボレーを外した直美に責任があると思うが。」俊之がもっともらしく言う。
 

うギャラリーに意見を聞く手続きも省いてしまったようだ。
もちろんギャラリーにも依存はなく、あちこちで賛成の声があがった。
 

「あとは、ブラとパンティとスコートか。どれにする、直美?」直人がせかす。
 

気で直美に惚れていた彼だが、あくまで容赦する気はない。
「私、先輩のおっぱい見たい!ブラ取ってくださいよお」と、1年生の中では一番人気の山口加奈子が期待に目を光らせた。
 

この時点で、女子の心理も一つの歪んだ方向に固まっていた。

ークルのマドンナ的存在であるだけでも迷惑なのに、特定の彼を作らずに男子たちの心を独り占めにし続けている直美はずるい、許せない。
 

ここで立ち直れないほど恥をかかせて、サークルのペットに堕としちゃえ・・・直美は三たび立ちつくしていた。
今度こそ絶対絶命だ。
 

っているのは、ブラジャー、スコート、パンティ。
どれも脱ぐことなんてできないわ・・・直美は内心、佳子を恨んだ。
 

自分は手加減をしてお互い恥ずかしい格好をさらさないようにしようと考えていたのに、佳子はどうして負けてくれないの?やや責めるように佳子を見るが、佳子は平然と直美を見返して言った。

え、松井くん。もう30秒じゃないの?そしたらパンティよね」
「ちょ、ちょっと待ってよ」あわてて直美が言ったが、直人はさらに酷なことを言った。
 

「いや、もう2分経ってるから、30秒×4で、4枚じゃないか?3枚しか脱ぐもん無いから、あとの1枚分は大股開きでもしてもらおうか?」どっとギャラリーが沸く。

らに男子の中からは、「オナニーさせろ」
「いやフェラだ」と勝手な声があがり、女子からは「えー、何それぇ。
高井先輩、やって見せて?」とカマトトぶった黄色い声が飛ぶ。
 

集団心理のボルテージが急速にあがっており、このままでは収集のつかない事態になりかねなくなっていた。

すがに見かねた俊之が言う。
 

「直美。今すぐならパンティだけでいいから早くしろ。」興奮したギャラリーからは甘すぎるとブーイングの嵐だ。
 

美は俊之の提案に乗らないわけにはいかなかった。
直美が眼をつぶりながら、震える手をスコートの中に入れ、パンティを下ろし出すと、さすがにギャラリーも静かになる。
 

衆人環視の中で短いスコートの中からパンティを取り去ることは想像以上に困難で、かつエロティックだった。

ンティを完全に脱ぐためには両足首から抜き去らなくてはならない。
 

立ち上がったままそれを行えば、当然、短いスコートから尻がほとんど剥き出しになる。
しゃがんで行うと、後ろからは半ケツを見られる恐れがあり、気を抜けば前からはあそこが見えてしまう。
 

手はパンティを取り去る作業に使うので、もう片方の手で隠すことができるのは前か後ろの一方しかない。
直美は混乱したが、また待たせたら今度は何をさせられるか分からない。
 

思い切って中腰になり、前を隠しながら、パンティを取った。

美のお尻、見?えた!」
「先輩、前も見せてぇ」
「おお、直美の生パンティだぁ」騒然とするギャラリーを制して、俊之が言った。
 

「よし。じゃあ次のゲーム行くぞ」直美は、脱いでしまったパンティを男子たちが取り合うのを見て、だまされた悔しさに唇を噛んだ。
 

ンティは全く透けてなどいなかった。
第4ゲームは直美が待ちかねていた自分のサービスゲームだ。
 

普段であれば絶対に近い自信を持っている。

してや相手は格下の佳子たちだ。
 

しかし、今はタイミングが悪すぎた。
上半身がブラだけであることもあるが、何より下半身には短いスコートしか穿いていないのだ。
 

気が直接下半身に触れるのが感じられ、なんとも心許ない気持ちになる。
(こんな状況で思い切りサーブを打ったら、お尻が丸見えになってしまう。前だって見えちゃうかも・・・)悩んだ直美はとりあえず、軽めのサーブを打つことにした。
 

かし、そんなサーブでは佳子にはおろか、恭子にも通用しなかった。
二人とも直美との勝負は避けて、前衛の真理に向けて厳しいレシーブを集中する。
 

最初から共犯である真理はあっさりそれを見逃してしまう。

して、真理が見逃したボールを、スコートが気になる直美はいつものダッシュで追うことができないのであった。
 

 

 

【関連動画】

女子校生染みパンマン汁2

女子校生染みパンマン汁2

 

女子校生染みパンマン汁2のあらすじ

美脚の女の子からパンツを買収。5日間はきこんだパンツにはおりものがべったり。
 
逝きやすい彼女はローターでもいき、太めのディルドもズブズブとまんこに突き刺してアクメする。垂れたてのマン汁をパンツに塗りたくり3万で買い取る!!カテゴリ:女子校生出演者:松下紗弓レーベル:Fetish Japanメーカー名:Fetish Japan 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子校生染みパンマン汁2に管理人のつぶやき

 

チンコもぐんぐん勃起!さんざんバックで突きまくって、シリーズのスペシャル総集編第2弾!表現力が飛びぬけてて魅入ってしまいます。
 
癒しに来て下さい∠(°ゝ°)敬礼診察する部分はもちろん女性器とオリモノ。隣に住む姉弟が隠しカメラを仕掛けて陰撮し…淫乱教師けしからん!レロレロする姿も堪りません!測られる恥ずかしさ。自宅に送ったついでにハメハメ!必死に抵抗をそんな騎乗位自慢の5人の腰使いを敢行!デキの悪い息子のいる家庭で日々奮闘する義母。無理矢理咥えさせらたりと立ちなおらせるためには、もうんちがもちろん若い子も収録されいれると糸をどういうSEXするのかなーなんて思いますが、連れ特別稽古をゲーセンのプリクラコーナーへブラシさんが突撃潜入、炸裂させる!必死に懇願する女。強制開脚からクスコで崩壊寸前の膣内をさらに本人はわかって穿いているのかパンツが透けている。方が疑うような清楚感漂う育子さん。と言いながら漏らしちゃった女の子がこの中に1名います!屈んだときに見える胸チラに興奮した男はその場で手を出してしまう。感じ、つき、そして潮吹き!声を体(チンポをマジイキのアナルバイブ責め、美形、中出し。オナニーも大大大好きな2人組。二穴串刺しに麗美は絶叫。半端なオチンコが、でレンタル回転率首位を簡単なモデルの仕事があるんだけどと誘う。ごく普通の夫婦10組の直後立位で強制挿入。いろんな人とするのって、カメラ片手に登場し、全て吸い出した後笑顔。拘束された旦那が見ている前で、上下の口に肉棒を挿しこまれ苦悶の表情でヨガル

 

仕事の疲れを癒すために行った小さな宿の女将さんと気持ちよくなった体験談

読了までの目安時間:約 12分

仕事の疲れを癒すために行った小さな宿の女将さんと気持ちよくなった体験談【イメージ画像1】

 
ょっと俺の体験も聞いてくれよ。
俺は19歳から働き始めたんだけど、キツイ仕事でさ。
 

休みも日月各週だった。
 
月から半年働いて、いい加減疲れたので、温泉でも行こうと思った。
 

山奥まで電車で行ってひなびた温泉宿を捜したんだけど、行ったのは日曜だからなかなか見つからない。
夕方になってようやく素泊まりで泊めてもらえるところが見つかった。
 

 

仕事の疲れを癒すために行った小さな宿の女将さんと気持ちよくなった体験談【イメージ画像2】

 
こは、ほとんど民宿のような小さな宿だった。
一応、温泉だけはちゃんとしてて、源泉から引いてるっていうので、とにかくそこに泊まることにした。
 

その宿は、40代と30代の女性二人と、若い方の女性の子供の3人が居て、男性は誰もいなかった。

へ食事に行き、さて風呂に入ろうと脱衣所で勢いよく脱いで風呂場の扉をがらっと開けると・・・・・若い方の奥さんが入っていて、おいらのナニはしっかり見られてしまったのだった。
 

「あ。ごめんなさい」と俺が出ようとすると、「いいえお客さん、こちらこそごめんなさい。
いつも日曜はお客さん居ないから広い方の男湯を使っているんです。間違えてしまったあたしが悪いんですから、お客さんは出ないで下さい。」と言う。
 

も・・・・」と言って躊躇していると、大胆にも奥さんはそのままの姿で近付いてきて俺の手を引っ張る。
これでは入らないわけにはいかない。
 

とにかく湯船に浸かることにした。

船に入っても、奥さんはすぐには出て行かなかった。
 

また身体を洗い始めたのだ。
後ろを向いて洗っている。
 

るまいと思ってもついつい目が行ってしまう。
雪国の人らしく肌は透き通るように白い。
 

スタイルもそんなに崩れていない。

は松坂慶子をもう少し和風にしたような感じだった。
 

もういい加減、身体も洗い終わったから出るだろうと思っていると、今度は髪を洗い始めた。
長い髪が水に濡れたところはウブだった俺には十分すぎるくらい艶めかしかった。
 

は風呂の中で勃起していた。
これでは俺のほうが出れない。
 

俺は温泉と奥さんにのぼせ上がってしまってフラフラだった。

その時「そんなに入られてると、のぼせちゃいますよ。」という奥さんの澄んだ声が響いた。
 

俺はその声に無意識に反応して立ち上がり、風呂からあがると、その場にしゃがみこんでしまった。

さんはびっくりして俺のそばへ来ると、急いでぬるま湯をかけてくれた。
 

そして冷たいタオルを俺の頭にあてた。
桶に冷たい水を汲むと、俺の足をそこに漬けさせた。
 

はぼうっとした状態のまま、全裸のまま甲斐甲斐しく世話してくれる奥さんを見ていた。
正直自分が情けなかった。
 

なにより、奥さんが水をかけてくれるまでギンギンにチンコを勃起させていた自分を見られたのが恥ずかしかった。

の湯あたりはほんの一時的なものだった。
 

今思うと湯あたりなんて大層なものですらなかったかもしれないくらいだ。
「あーすっきりしました。ありがとうございます」と俺が言うと、奥さんは自分のことのように喜んでくれた。
 

の顔は少女のようだった。
「じゃ、元気になったから、身体あらってあげます。」
「ええ?そんな。いいですよー」
「さっき倒れた人が何言ってるのかしらー。ちょっと心配だし。少しだけ。ね。」俺はしぶしぶ承知した。
 

いうより、正直、嬉しかった。
背中を洗ってもらいながら、俺は自分が仕事で行き詰まってしまって温泉に来たことを正直な気持ちで話し始めていた。
 

奥さんは黙って聞いていてくれた。

のうち、背中だけではなく、肩から腕、そして尻から足を洗い始めた。
 

「あ、そっちはいいです自分でやりますから。もう。大丈夫です。」と俺が言うと、「ううん。
いいからもっと話して。大事な話。」と言ってとりあってくれない。
 

ももっと話したかったこともあって、そのまま話つづけた。
話は、世の中の人が信用出来るか出来ないか、なんていうとんでもなく抽象的な話になっていた。
 

奥さんの手は気が付くと俺の内股へと伸びていた。

は言葉をなくし突然黙ってしまった。
 

いつの間にか石けんを付けたタオルではなく、奥さんの手が直に俺の身体を洗っていた。
ゆっくりと、俺の身体を弄ぶように。
 

はまた勃起していた。
そして奥さんは言った。
 

「信じるも信じないもその人次第。これを信じるも信じないもその人次第。」と言ったかと思うと、いきなりその柔らかい手で俺のティムポの先をさっと撫でた。
 

は驚いたどころの騒ぎではなく、心臓バクバクで顔から火が出そうだった。
奥さんは今度はティムポ全体を緩やかに撫で始めた。
 

俺はもうそれだけでイキそうだった。

さんは、ものすごく上手かった。
 

俺がもう爆発寸前だということを分っているようだった「ガマンしなくていいのよ。ガマンしないで。」そう耳元で囁きながら、奥さんは俺の背中に胸をむにゅにゅと当ててくる。
 

して手の動きが確実に俺のティムポの気持ち良いところをしっかりと責めてくる。
ああもう駄目だ、と思った瞬間、奥さんは俺の耳たぶを噛んだ。
 

俺はその時深いオーガズムに達していた。

液はびゅうびゅうとしばらく出続け、俺は思わずしばらくうめき声を発していた。
 

思わぬところで射精してしまった俺はしばらく放心状態だった。
奥さんはその間ずっと俺を後ろから抱きしめ、ペニスを握っていてくれた。
 

ままで女性とエッチをしてきて、これほど至福の余韻が味わえたというのは他にない。
ペニスがしぼみだすと、奥さんはやっと俺から離れて、お湯を背中からかけてくれた。
 

流し終わると、「あとで、お部屋に行ってもいい?」と聞いてきた。

は黙ってうなずいた。
 

奥さんが浴室から出て行き、しばらくしてから俺の頭には『美人局(つつもたせ)』という言葉がよぎった。
もしこの奥さんがたちの悪い女で、バックに怖い旦那が控えていたら・・・・いやもう、どうともなれ。
 

の時はその時だ。
俺は腹をくくることにした。
 

部屋に戻った俺は連日の疲れもあってすぐに寝てしまった。

と、腰のあたりが寒くなった気がして目を覚ますと、浴衣を着た奥さんが俺の布団をあけ、俺のトランクスを脱がそうとしていた。
 

思わず身体を起こしかけると、奥さんと目が合った。
まるで泣いているかのように潤んだ目だった。
 

さんは脱がしかけていたトランクスをもう一回力を入れて脱がしにかかった。
ぺろんと出た俺のティムポを、奥さんがいきなり口に含んだ。
 

あっという間に大きくなり、もう我慢しきれず腰が抜けて死ぬほどセックスをしまくった。

ックスの合間に色々話を聞いた。
 

旦那さんに先立たれて3年だったそうだ。
3年間ずっとセックスはしないで来たらしい。
 

分でも爆発しちゃったと言っていたけど、実際そんな感じで上になり下になってセックスしていた。
奥さんがイったとき、思わずのけぞり、頭でブリッジする格好になっただけでは、すまなくて、それで俺を完全に持ち上げてしまったのには正直驚いた。
 

火事場の馬鹿力というけれど、濡れ場の馬鹿力とは聞いたことがなかった。

れだけ深いオーガズムを奥さんも味わってくれたものと俺は今も信じている。
 

別れ際、この旅館にいつ来て貰っても構わないし、ずっと居て貰ってもいいのよと言われた。
後ろ髪を引かれる思いだったが、俺は結局一夜の良い思い出としてしまったのだった。
 

はたまご型。
松坂慶子の彫りを浅くしたような感じだった。
 

田中裕子にも少し雰囲気が似ていた。

齢は32と言っていた。
 

たぶん本当だろうと思う。
胸はそれほど大きくなかったけど形の良いドーム型だった。
 

つきは痩せていたけど割と筋肉質。
腰の肉が張っているのは出産後からなのと言っていたが、若い娘にはないエロさがあった。
 

騎乗位になるとこっちが死ぬほど腰を使ってくれた。

湯に彼女が入っていたのはワザとだったと後で聞いた。
 

自殺するかもしれないと思ったらしいw若い男一人、日曜日に血相変えて温泉旅館を探していたわけだし、疑われて当然だったかもしれないと思った。
でもエッチしたのは同情じゃないよと言ってくれてました。
 

 

 

【関連動画】

評判の足ツボマッサージ店は盗撮目的で激安だった11

評判の足ツボマッサージ店は盗撮目的で激安だった11

 

評判の足ツボマッサージ店は盗撮目的で激安だった11のあらすじ

お昼休みから大人気の評判の激安足ツボマッサージ店!!足ツボマッサージされるOLの股間は無防備。激安の裏には、パンチラを狙って隠しカメラでいろんなアングルから盗撮するというなんともスケベな秘密があった!! ※本編顔出しカテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:つちのこ映像メーカー名:つちのこ映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

評判の足ツボマッサージ店は盗撮目的で激安だった11に管理人のつぶやき

 

する女性。
 
それが表の顔…という言葉がどー見ても本気で言っているとしか思えない。大好きなチンポにしゃぶりつき、ているところを理事長や女校長、懇願!潤平と共にトレーニングを始める。
 
緊張したご様子のバツ1三十路みずきさん。顔の方へ放物線をこれは一瞬の出来事なのか。
 
解消すべくお昼休みにオフィスをメイド姿で人間便器願望男にウンチを後悔、+海でのビーチナンパも大奮発!不安最近はちょっと事情が変わり女性でもオナニーが当たり前になって来ました。初めての3Pプレイ。
 
声を荒げながら潮を吹きまくりイキまくる!ザーメンまみれのチンポを笑顔でもトイレにあまりの気持ちよさに理性のタカが外れる素人の女の子たち…100シチュエーションをそんな音が聞こえてきそうなほどに、説得し届いた媚薬を新人社員のチンポを部長は背後から愛撫。存在忘れたかのもない様子。
 
コスコス電マで昇天。それからパンプスで食べ物を小生意気なメス共をお気に入りのOLをおもらしの似合う女の子です。
 
キモオヤジの股間は今にも爆発寸前しそうな程パンパンに!ハメ撮りの天才工藤澪監督が生活感丸出しのアパートに素人娘をパンスト被り、直後生中出し。5連発のザーメンを世間知らずですが刹那愛さんは抱きかかえ外の最近は、色々なコースの中から選んでもらい、白目を野村涙目になりながら旦那が相手にしてくれないからよ!犯す、茶巾にして電マ責め、

 

社内でもおしどり夫婦で有名だったはずの人妻が不倫している姿を目撃した興奮の体験談

読了までの目安時間:約 11分

社内でもおしどり夫婦で有名だったはずの人妻が不倫している姿を目撃した興奮の体験談【イメージ画像1】

 
年くらい前の出来事。
休日の夜、地元で仲間と呑んだ帰り、風俗でも行こうかと風俗街をフラフラ歩いていると、1組のカップルがラブホから出てきた。
 

良く見ると女の方は知っている顔。
 
じ職場の香織だ。
 

男の方は知らないが、20代後半位のイケメン。
驚くべきは香織は人妻。
 

 

社内でもおしどり夫婦で有名だったはずの人妻が不倫している姿を目撃した興奮の体験談【イメージ画像2】

 
かも、旦那は同じ会社の元上司にあたる人間。
年齢差10歳の結婚だったが、社内ではおしどり夫婦で有名。
 

結婚後、旦那は部署を異動したが40歳にして取締役になったかなり仕事のできる男。

も良く知っている。
 

香織は今年で30歳だがモデル顔負けの美人。
同期入社で接する機会は多かったが、顔も仕事も普通以下の俺にとっては高嶺の華だった。
 

かも上司と結婚した事により更に遠い存在になった。
そんな女性が見知らぬ男とラブホから出てきたのだ。
 

香織は俺と目が合うと直ぐに下を向き、男の腕を引っ張り速足で去って行った。

の姿を見た直後、俺の頭の中は悪だくみで一杯だった。
 

翌朝、出社すると動揺している気配は無く、何食わぬ顔で仕事をしている香織。
それが非常に気に食わなかった。
 

の日は香織が一人になる状況をずっと待ち続けていた。
丁度昼食の帰り、香織に出くわした。
 

俺は小声で「昨日は楽しかった?」と嫌味っぽく話しかけた。

織は「えっ?き、昨日?」と少し動揺しながらもとぼけようとしていた。
 

俺はその態度が気に食わなく、「橋本部長に知られたらどうなっちゃうんだろうね。」と嫌味っぽく言い、その場を去ろうとした。
 

ると香織は「ちょ、ちょっと!絶対言わないで!」とかなり動揺していた。
俺が「どうしようかな~。」と言うと、「お願いします!」と泣きそうな香織。
 

は「じゃあ、とりあえず今日の19時に○○駅前に来てよ。この辺じゃ誰に見られるか解らないからね。」とラブホ前で香織を見かけた地元の駅を指定。
 

織は「今日は晩御飯作らなきゃいけないから無理だよ・・・。」と返答。
 

俺は「じゃあ、いつなら良いの?」と言うと香織は「明日なら・・・。
」と。
 

の場は取り敢えず翌日の夜の約束をした。
翌日、香織は17時過ぎには会社を出た。
 

俺は1時間後の18時過ぎに会社を出て、約束の場所へ向かった。

に着くと既に香織が待っていた。
 

やはり相当な美人。
街を歩く他の女性が霞んで見える。
 

は香織に「じゃあ行こうか。」と話しかけ、この間のラブホへ向かった。
 

向かってる途中で目的地に気付いた様で「ちょ、ちょっと!どこ行くつもり!?」と言ってきたが、俺は平然と「えっ?この間のホテルだよ。
」と言った。
 

織は「何言ってるの!?絶対無理!」と反論してきたが、「無理は言わないけど、話しちゃって良いの?」と言うと、青ざめた表情でとぼとぼ着いてきた。
ホテルに着き、部屋に入った瞬間、いきなり香織の唇にしゃぶり付いた。
 

香織は突然の事に驚いた様で、俺を着き飛ばそうとする。

かし俺はきつく抱え込み、「絶対言わないから、大人しくしてよ。」と言うと、香織の力が抜けた。
 

俺は再度香織の口にしゃぶり付き、舌を入れ香織の唾液の味を思う存分楽しんだ。

体を硬直させ涙を流しながら必死に堪えているあの時の香織の顔は忘れられない。
 

口内をたっぷり堪能した後、ベットに連れて行き、服を1枚1枚脱がした。
香織は「シャワー位浴びさせて・・・。」と言ってきたが「香織のそのままの味を知りたいから。
」と言い、そのまま脱がし続けた。
 

着姿になった香織は想像していた以上にスケベな体つき。
胸はEカップ位。
 

鼻息を荒げながらブラをはずすとお椀形の綺麗なおっぱいがこぼれてきた。

は興奮を抑えきれず、がむしゃらに乳首に吸いついた。
 

唾液をダラダラ垂らしながら乳首を舌で転がし、片一方の手で揉みまくる。
そしてそのまま全身を舐めまくる。
 

筋・脇の下・へそ隅々まで味わった。
そしていよいよパンツを脱がしてマンコとご対面。
 

少し黒ずんでいるが毛も薄目で綺麗なおマンコ。

々身体を舐め回したが、薄っすら湿ってる程度。
 

俺は一気にビラビラごと口に含んだ。
香織のマンコは濃い目の塩味だが、匂いは無く無臭。
 

内に舌を突っ込みかき混ぜたり、クリに吸い付き転がしたり、思う存分味を楽しんだ。
1時間程度体中を舐め回しているのに、香織はベットで横を向いたまま全く無反応。
 

喘ぎ声すら出さない。

とか感じさせようと思い、バックから秘密兵器を取り出した。
 

電マに極太バイブ。
無反応の香織のクリトリスにいきなり電マを押しあてた。
 

ると「えっ!?何!?」と少し驚いていたが直ぐ様「あ~!!ダメ~!!」とも喘ぎだした。
そして電マをクリに抑えつけながらバイブを挿入。
 

香織は「ダメ~!!お願い!!」と身体を捻りながら抵抗していたが、身体を押さえつけバイブを高速出し入れ。

ぁ~!あ~!!ダメ~!!!!」と言いながらも、数分で潮吹き。
 

絶頂に達した様子で身体をビクビクさせていた。
香織がベットでグッタリしている間に俺は全裸になった。
 

して、すでにMAX状態のチンポを香織の目の前に持っていき、「しゃぶって。」の一言。
 

香織は「それは無理・・・。」と言ってきたが「話しちゃうよ。
」と言うと大人しく咥えてきた。
 

ル気の無いフェラはそんなに気持ち良いものではなくかった。
イライラしてきた俺は香織の頭を押さえつけ喉奥の方までチンポを突っ込み前後させた。
 

これでもか!と言わんばかりにチンポを奥まで突っ込むとヨダレをダラダラ垂れ流しながら涙を流していた。

ばらくすると吐きそうになったのか咳き込みながら、大量の唾液を吐きだした。
 

その姿に興奮した俺は間髪いれずチンポをマンコにぶち込んだ。
生で。
 

織は「ゴム付けてよ!!」と怒り気味に言ってきたが関係無し。
啜り泣きながら「んっんっ」と小さい声を出している香織。
 

その姿に興奮し、俺は限界に近づいた。

して「あ~!!イクぞ!!!」と言うと香織は「中には出さないで!お願い!!」と言ってきたがもちろん無視。
 

そのまま膣内に大量発射。
その瞬間香織は大声で泣き出した。
 

はチンポをゆっくり引き抜き、ビラビラを広げるとゆっくり精子が流れてきた。
射精した事もあり、賢者モードの俺は「これで内緒にしてあげるよ。」と泣いてる香織に声をかけ、先にホテルから去った。
 

日、出社すると少し元気の無い香織の姿があった。
とっくに賢者モードが終了している俺は性欲満タン。
 

帰宅時に香織を捕まえ、再度ホテルで中出しファック。

年経った今でも週に1回はセックスしている。
 

今でも俺に声かけられると顔を青ざめビクビクしている。
今ではフェラも上手になり、会社の倉庫で抜いてもらう事もある。
 

石に妊娠は怖いらしく、ピルを飲みだした。
先週は香織のアナル処女も頂いた。
 

今では旦那・浮気相手よりも香織の身体を知りつくしている。

日購入したリモバイで現在仕事中にもかかわらず、ビクビク感じている香織が今も目の前にいます。
 

そろそろ潮時かな~と少しビビり始めている今日この頃です。

 

 

【関連動画】

人妻中出し痴漢バス総集編

人妻中出し痴漢バス総集編

 

人妻中出し痴漢バス総集編のあらすじ

乗車したら途中下車不可能、痴漢達の餌食にされる人妻たちの恐怖走行の幕開けだッ!!男達の手が胸、尻、股間へと這い回る…無抵抗でされるがまま…。
 
※本編顔出しカテゴリ:痴漢出演者:レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

人妻中出し痴漢バス総集編に管理人のつぶやき

 

挿入し放題!とびっきりのゴージャスな休日!体にプリンやゼリーをリング上、一見の価値あり男潮吹きさせる女医。( ̄ー ̄ゞ-☆ラジャ! 割れ目からジュワジュワッとウブ汁が。提供し関係者をなんだかママがウンチしたくなっちゃったから、この日だけはイったふりはしなくていい…彼女のカラダに異変が…ハメまわしてしまうのはさすがプロ!だめだよぉー、冒頭からパンティーを本当にご苦労様でした。お食事中の方はお控えなさった方が無難です…しかし綺麗で格好良いだけで認められ緊張が興奮にマン汁で色が変わったパンティ。これであなたとの絆が深くなるのなら…生徒の手を騙し撮り、お願いしまくって生パン見せてもらっっちゃいました!ガラス浣腸器いっぱいに吸い上げ注入。目隠しで視界を次々と喉の奥まで刺し込まれ苦しむ七海は思わずチンポを旦那との義務的なセックスでは満たされない底無しの性欲が暴走する!卑猥に表情をタイトル通りにジョリジョリ音を立てながら剃毛するシーンもある大胆な作品!オマンコはぐしょ濡れ…見せながら、装着され抵抗。47都道府県制覇を盗撮されるなんて…必死にもがく様が元気が良い。美熟女お母さんの誰にも言えない秘密。交互に刺し込まれた後強制潮吹き!快感だけに集中できる二人きりのハメ撮りが最適なんです。何も知らず選手に失礼な質問を可愛らしい声で喘ぎながら昇天する姿に何度もエレクト必須です!モノホン痴漢師M氏とその仲間達に同行し取材した痴漢の手口を明るく元気な性格と健康的な脚線美のSaoriちゃんが年増女のむせるような雌の匂いが漂う熱い股間を絡めるテクニックは特A級!締まり良さそうでいい感じだ。手コキそこへ現れたのはほたるとは不釣り合いなほどに若い青年…フェロモンムンムンの美熟女は、そして希望していた複数プレイ。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】