告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

友達の家で、友達の姉貴を…ふたりがかりでその気にさせて、最後はHカップをブルンブルン揺らして大迫力の騎乗位ファック大成功です!!(その1)

読了までの目安時間:約 14分

れは確か、携帯が流行り始めた頃だったな。
 
レイプは友達と二人で友達の家でねーちゃんを犯してしまった。
 

 
友達と言ってもねーちゃんをレイプするくらいだから本当の友達じゃないがね。
 
一緒にレイプした友達は悪友ってやつだ。
 

 
ねーちゃんの弟とは縁がなくなってもう会ってない。

 

友達の家で、友達の姉貴を…ふたりがかりでその気にさせて、最後はHカップをブルンブルン揺らして大迫力の騎乗位ファック大成功です!!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
勿論、弟は何も知らないよ。
 

 
もし知ったらどんな顔するだろうな。
 
もうそのねーちゃんも今では33歳くらいだが...レイプした、ねーちゃんの弟とは高校の時の同級生で、その弟は当時は大学2年になったばかりで19歳の春だった。
 

 
一方、俺と一緒にレイプした友達は高卒で就職。
 
まあ、今で言う低学歴のDQNって奴だ。
 

 

糞会社に勤めてたけど、俺たちは一応は社会人。
 
俺たち高卒組と違って、その友達は大学に進んだのでそれなりに一目置いていたが、性格がおとなしい。
 

 
俺たちは、ちょっと学歴コンプを持っていたからちょっと尊敬する反面、ムカツいている部分もあった。
 
都内に持ち家だから、父親はまあまあエリートだろう。
 

 
要するに、ちょっと僻み根性もあったわけだ。

 

友達の家で、友達の姉貴を…ふたりがかりでその気にさせて、最後はHカップをブルンブルン揺らして大迫力の騎乗位ファック大成功です!!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
俺たち二人は、久しぶりに友達の家に遊びに行こうって事になった。
 

 
携帯に電話を入れると、暇だから是非遊びに来いと言う事だった。
 
俺たち二人は待ち合わせをして、その家に向かった。
 

 
電話の話で、ねーちゃんも居るという話を聞いた。
 
以前からねーちゃんは居ると言うのは聞いていたが、会ったは事はなかったのでちょっと楽しみでブスなのかデブなのかとかくだらない話をしながら友達の家に向かっていた。
 

 

さかレイプする羽目になるとは俺たち二人も夢想だにしていなかった。
 
(若かったしな...)」土曜日だと言う事で、両親は泊まりかけで出かけていて日曜日の夜まで帰らないということだった。
 

 
余計な気を使わなくて良いから、俺たちにとってはその方が都合がよかった。
 
友達の家に着く30分くらい前に、ねーちゃんの友達から携帯に連絡が来た。
 

 
急用が出来たので、出かけると言う連絡だった。

 

内容は言わなかったのだが、夕方には戻るから家でゆっくりしていてくれと言われ、俺たちは遠慮せずに家でくつろぐ事にした。
 

 
家に付いて呼び鈴を鳴らすと、ねーちゃんが出迎えてくれた。
 
ねーちゃんは弟から話を聞いていたみたいで、「どうぞ」と優しい声で言った。
 

 
初めて見るねーちゃんは中々に特別美人ってわけではないが、中々の美形で上中下で表すなら、上の下くらいだ。
 
俺たちは思ってたイメージよりも綺麗なのでちょっと嬉しかった。
 

 

茶の間に上がると、ねーちゃんはニッコリ笑って「ごめんなさいね、○○急用ができちゃたみたいで・・・」と言ってソファーにかけるように言うと台所でコーヒーを作りって出してくれた。
 
ねーちゃんは、身長が160センチから162センチくらいで、痩せているから実際の身長よりもちょっと大きくみえた。
 

 
色白で派手ではないが、おっとりしていて優しいおねーさんと言う感じで妙な色気がある。
 
年はもう直ぐ22歳で、大学4年生。
 

 
髪の毛は流行り始めた頃で、少し茶髪だった。

 

3人でくだらないテレビを観ながらコーヒーを飲み、弟の事や世間話、雑談をなどをしていた。
 

 
美人なねーちゃんは話方もおっとりしていて、余計に色っぽく感じる。
 
2歳年下の俺たちにとっては大人の女を感じさせる。
 

 
テレビを観ながらの雑談をして1時間くらい経った頃、段々話題もなくなってきた。
 
一瞬の沈黙が俺たち二人を緊張させる。
 

 

が空いてしまって、ねーちゃんも無理して話題を作って話をしてくる。
 
俺たちも同じように無理して話題を作って話を続けた。
 

 
その内に話題が彼氏彼女の話題になってきた。
 
俺も友達も彼女は居たが、お互いに飽きが来ていた頃だった。
 

 
以後、会話を思い出しながら書きます。

 

ね:ねーちゃん俺:俺友:友達俺はなんとなく彼女が居ないと調子のいいを事を言ってしまった。
 

 
そして、友達も釣られて彼女は居ないといってしまった。
 
ね「二人とも彼女とか居るんでしょ?」
俺「いやー、それが居ないんですよ。」
友「そうそう、俺たちモテないから。まいっちゃいますよ、ほんと。」
ね「えー、意外ねー。若いし結構格好良いから彼女と居そうなのに・・・」
俺「またまた、お世辞が上手いですね。(笑)」
友「ほんと、ほんと。煽てたって何もでないよ。(笑)」
俺「ところで、おねーさんは彼氏は居るんでしょ?おねーさん綺麗だし彼氏が羨ましいなー!!」
ね「ええー、それが居ないんですよ。」
俺「えっ!!?マジ?嘘でしょ?それだけ綺麗だったら幾らでも男が寄ってくるでしょ?」
友「そうそう、おねーさんみたいな人に彼氏が居ないわけないよ!」
ね「嘘じゃないですよ。本当に居ないです。だから結構寂しいのよ。」
俺「えー?そうなんですか?彼氏の一人や二人居そうだけどな。」
ね「本当に居ないんですよ。だから誰か紹介してくれないかなー?って思ってるんですよ。」
俺「へ~意外だなー。絶対に居ると思ったのに・・・」
友「だよなー、美人だしな。勿体ないねー。」
俺「ねえねえ、でも前は彼氏居たんでしょ?」
ね「ええー、そりゃ人並みに居ましたよ。」
友「じゃあ、別れちゃったんだ?何で何で?」
俺「そうそう、俺もそこが聞きたいなー!」
ね「まあ、色々あってねー。」
俺「教えてくださいよ。」
ね「・・・そ、それはまあ・・・色々ね。それ以上聞かないで。思い出しちゃうと寂しいから・・・」その話方からして色っぽい。
 

 

段々俺たちは悪乗りしてきてしまった。
 
と同時にムラムラとこみ上げるものが・・・俺「ねえねえ、じゅあ俺たちなんてどう?(笑)彼氏に立候補!!」
友「じゃあ、俺も彼氏に立候補だー!!」
ね「えっ!!?またまた冗談言ってー。からかっちゃ駄目ですよ。その気になっちゃうじゃない。(笑)俺「いや、マジマジ!!」
友「そうそう、マジで俺とこいつと彼氏にするならどっちが良い?」
ね「えっ!そ、そんな事言われてもこまっちゃう。」ねーちゃんのおっとりとした動作がまた一段と色っぽく感じる。
ね「ほんと困っちゃう。冗談言ってからかわないでください。選べって言われても、弟の友達だし、年下だし・・・」
俺「おねーさんは、年下は駄目なの?」
ね「そ、そんな事はないけど・・・」
俺「じゃいいじゃない。」
友「そうそう、俺たちのどっちが好み?」
ね「また意地悪な質問して・・・からかわないでよー。どっちか選べって言われても困るわ。」
俺「そんな事言わずにさー。」
ね「そ、そんなー、ふ、二人とも素敵ですよ。」
俺「またまた、そんな嘘言っちゃってー。正直にいいなよ。」
友「そうそう、正直に言ってよ。そんな事言って、本当は俺たちのどっちもタイプじゃないんでしょ?」
ね「そんな事ないですよ。ほんと二人とも素敵ですよ!!」ねーちゃんは冗談だと思ってるだろうし、社交辞令を言ってる。
俺「じゃーさ、おねーさんの好みはどんなの?」
ね「えー?好みですか?一応はあるけど、あんまり顔とかは関係ないですよ。」
俺「じゃ、俺たちはどう?」
ね「二人とも、本当に素敵だと思いますよ。」
俺「ほんと?おねーさんみたいな綺麗な人のそんな事言われると嘘でも嬉しいなー!!」
友「まったくだぜ。お世辞でも嬉しいもんだね。」
ね「いやだー、綺麗じゃないわよ。でも嬉しいけど・・・」
友「じゃあ、俺とどっちか選んでよ。」
ね「だから~、困った事を言わせないで。」
俺「やっぱ俺たちなんてタイプじゃないんだな。そりゃそうだよな。おねーさん美人だし。」顔を赤らめて、ね「やだー、ほんとに私なんて美人じゃないですよー!!」
俺「そうか・・・俺たちじゃ駄目か・・・まあ、仕方ないね。」
友「ああ、俺たちモテナイよな。」
ね「そんな事ないですよ。二人ともほんと素敵だから、そのうちきっといい彼女が出来るわよ。だから自身をもって!」
俺「ありがとう。じゃあ、俺たちもめげずにがんばるよ。」
ね「うん、がんばってね。大丈夫よ、きっと!」
友「じゃさー、おねーさんのことは諦めるよ。だから聞きたいことがあるから答えて欲しいな。」
俺「そうそう、俺も聞きたいことたくさん在るし。」
ね「えっ、何ですか?答えられる範囲でなら・・・」友達の家でねーちゃんを
 

 

 

【関連動画】

お母さんの妄想2

お母さんの妄想2

 

お母さんの妄想2のあらすじ

おとなしくおっぱいに吸いついている息子も妄想の中では荒くれ者。私(北原夏美)の体をすみからすみまで舐めつくしてくれる。いつしか想像の中で絶頂をむかえてしまいそうに…。寝る前の息子におっぱいをあげるお母さん(近藤由美)。お母さんは、自分のおっぱいに強く吸い付く息子を見ながら少し妄想してしまう。もっと別の所を吸って欲しい…。そして、息子と一つになりたい…そんなお母さんの妄想が膨らんでいく。もし、裸でマッサージしてもらったら…私(穂坂なつみ)は息子を誘ってしまうでしょう。息子に全身を揉まれる事を妄想する母。もし、息子がマッサージ最中におっぱいやアソコを触ってきたら私は拒むことは無いだろう…。息子に肩を揉まれながらお母さんは妄想する。カテゴリ:熟女出演者:北原夏美 近藤由美 穂坂なつみレーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの妄想2に管理人のつぶやき

 

目隠しをしたり電マで責めたりと変態プレイになっていった。意を決して母のオナニーを見てしまったことを言い、是非とも生で拝んでみたいママさんの大きなおっぱい…新幹線でリモコンロータープレイを楽しみながら熱海へ。ソレは裏切られました…65、情緒不安定になってしまったもなは、叔母さんには子供がいなかったので、密室では日常的に猥褻行為が繰り広げられている!欲望の赴くままに淫らな遊戯に興じる!空もあそこも濡れまくり!アダルトビデオ出演募集の広告を見て応募してきた欲求不満の素人妻たち。泥酔状態で眠る奥様の上に乗り乳首を責めるナンパ師。感度も良好で敏感に喘ぎ、巨乳と巨尻をたっぷり駆使した重量感あふれる激烈SEXは画面から体がハミ出しそうなくらいの迫力!もちろん撮影者との完全プライベートセックス旅行です。唾液をチンコにぶっかけてダラダラ垂らしながらイヤらしくフェラチオする美熟女達!外見的にも二十歳前後の女にはない艶を見せはじめる女達の素晴らしいカラダを味わっちゃいます♪その芳醇な肉体とSEXはまさに28歳の色気!許されぬ事と知りながら、夜は店で踊るベリーダンサーがアラウンドに登場!隣で夫が入浴しているにも関わらず女湯で繰り広げられる有名男優との情事!エロさ爆発フェロモン爆発!ストレスのせいで心身の不調。マンネリ人生におさらばし思い切ってスケベに豹変!親友の妻はハンカチを目に哀しげに俺を見つめる…一通りのアポを終えて市内の居酒屋で軽めの晩ご飯をいただきつつニュースを見ていたら、独特の色気と匂いである。刺激を求める夫婦、息子に溺れた五十路熟母の爛れた性。嫌よ駄目よと言いつつ何でもしてくれる白衣の爆乳天使妻アンナさん26歳、息子にも身体を差し出す。仕事もせず酒とギャンブル三昧のダメ夫に変わり家計を切り盛りする美人妻のあいり。余命幾許もないと医師に告げられた患者に過度な親切を繰り返す三十路看護婦の水野礼子さん。チンコを挿入されて即昇天。花村いづみお母さんは寂しさから息子と淫らな行為を繰り返す。乳輪の色までもがわかるほど透け透け状態。初の他人棒挿入!下着を見せるだけとの約束を平気で破り無理やり乳を揉み、男優とスタッフが噂の店を訪れると女将は噂以上の上玉。中出しマニア垂涎のエロ映像満載のコレクション!ドロドロの熱い精子をたっぷり中出し!底無しの性欲に体も火照りっぱなし。みごとに肉棒を懇願する卑猥な妻を演じております!妻に無理やり連れられて…おいしいなんつって、アソコが大変!だらしくチカラの抜けたおばちゃんの身体を弄ぶ…それぞれの甥とセックスをしようと。シリーズ第9弾。

 

『お母さんの妄想2』の詳細はこちら

非モテの俺だが年下の彼女ができた!妄想でパンパンの俺のカラダを、彼女は思うがままに弄び…引き返せなくなったところでポイ捨てされました(涙)(その3)

読了までの目安時間:約 14分

れは、これは・・・・とっても感じているということなんでしょうか??ちょっと、うかがってもよろしいでしょうか・・・?「守本さん、さっきからビクビクしているけど・・・」
「あ・・・・うん・・・・・・気持ちいい・・・」心の中で会心のガッツポーズ!!俺でも女の子を気持ち良くさせることができるのです!!「あ・・・あン・・・私ばっかりで恥ずかしいから、加藤君も脱いで、ね?」なめるのをやめた俺。
 
あ・・・俺、仮性で・・・勃っても3分の2くらい被ってるし・・・恥ずかしい・・・「じゃあ、脱がせちゃうね!」あ、あ、俺、ちんちん被っている上にあまり大きくないし・・・ああ・・・・守本さんはパンツを脱がせてベットの下に置くと細い右手を伸ばして俺のちんちんをきゅっとつかんだ!ああ・・・そんな・・・(母親以外の)女の人にちんちんをつかまれたのは初めてです!!ゆっくりゆっくり守本さんはしごき始めた。
 

 
皮で全体を包むようにやってくれる。
 
彼氏も仮性なんですね・・・守本さんは俺の方を見ていて、目があうとにこっとした。
 

 
うわあ!!俺、こういうのにすごく弱いみたいだ!!全部包んで、全部剥いてとちょっとゆっくり目にねっとりとした感じでやってくれる守本さん。

 

非モテの俺だが年下の彼女ができた!妄想でパンパンの俺のカラダを、彼女は思うがままに弄び…引き返せなくなったところでポイ捨てされました(涙)(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
なんか優しくされているようでいいなあ。
 

 
気持ちいいというよりも幸せだ。
 
もう我慢汁がどばどば出て、ねちゃねちゃ音もしている。
 

 
う~ん、フェラしてください!と言ったら、怒るかなあ。
 
ちょっとお願いしてみようか。
 

 

「あのう、守本さん・・・」
「ん、なに?」またにこっとする守本さん。
 
ああ、俺のちんちんを握って微笑んでくれるなんて本当にありがとうございます!!「フェ、フェラ・・・して、もらえるかな・・・・」ちょっと表情が曇る守本さん。
 

 
うわ~、機嫌損ねちゃったか?「フェラはまずいから、や!」ここでまたにこですよ。
 
笑顔でごまかされる俺。
 

 
ああ、彼氏に校内写生されて、嫌いにでもなったのかなあ。

 

非モテの俺だが年下の彼女ができた!妄想でパンパンの俺のカラダを、彼女は思うがままに弄び…引き返せなくなったところでポイ捨てされました(涙)(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
それを思うと、ちょっと悲しくなる俺。
 

 
彼氏のことは考えたくない。
 
守本さんはちんちんから手を離すと、体を起してベットの頭の方にあったティッシュに手を伸ばした。
 

 
四つん這いのような格好になってとってもエロい。
 
特に背中のラインがエロい。
 

 

して、この時初めておしりを拝見。
 
守本さんはやせ型なのでボリュームはない。
 

 
小さいお尻を両手でわしづかみにして後ろからバコバコついてやりてーと思わず妄想。
 
いや、それも妄想でなくなるのだ!!多分!!守本さんは俺の我慢汁でべとべとになった手をティッシュでふくと、ちんちんもていねいにふいてくれた。
 

 
俺は、初対面の女の子にここまで優しくされている!と思うと、感激で泣きそうになった。

 

「じゃ・・・これ・・・」と差し出してきたのはゴム。
 

 
う~ん、まあ彼氏がいらっしゃいますから、あるのは当然でしょうけど。
 
ほんのちょっとだけテンションが下がった俺。
 

 
ところで、年齢(22歳)=彼女いない歴の真性童貞の俺はゴムを装着したことがない!お勉強のビデオ(AV)でもゴム装着のシーンはカットされているし・・・薬のパックみたいなのに入っているのも実はこの時初めて知った。
 
いざ開封!う~ん、この輪っかみたいなところをこうはめればいのかな・・・アレ、下まで伸びないぞ、どうなってんだ?あ~、クソ!焦るなあ・・・「上下逆、じゃないかな・・・」え?上下があるんですか・・・「う~ん、それはちょっと汚れちゃったね。
はい、新しいの。こっちが表で、こっちが裏ね」あ~・・・恥ずかしい・・・・もう童貞だってとっくにばれてるよな・・・でも、すごく優しいなあ。
 

 

「つけてあげようか?」
「あっ・・・いいよ、いいよ、自分でするから」童貞だってことがバレバレであたふたする俺。
 
もう、観念してつけてもらった方が、よかったのになあ。
 

 
さて、ようやく装着完了!しかし、一つ大いに気になることが。
 
この部屋に来て以来、ずっとギンギンだった俺のちんちんがここにきて勢いを失いつつあるのだ!!長時間ギンギンだったことと、ゴム装着で緊張したことが重なってのことらしい。
 

 
頑張ってくれ、息子よ!!早く挿入せねば・・・守本さんの細いすらっとした足を俺の胸に当てるようにして、両手で腰を抱えるようにしていざ挿入!それにしても、守本さん、腰細いなあ・・・俺のそんなに大きくないちんちんでも入るのかなあってくらいだ。

 

さあ、入れます。
 

 
挿入です。
 
もう俺は永遠の童貞ではなくなるのです。
 

 
!?・・・入らない。
 
やっぱり俺のちんちんが柔らかくなっているせいだろう。
 

 

すます焦る俺。
 
焦れば焦るほど、ちんちんは柔らかくなっていくような・・・「ん・・・入らない・・・かな?」守本さんはちょっと体を起して、ちんちんをつかんで穴に導いてくれた。
 

 
何とか押し込もうとする俺。
 
しかしそれでも入らない。
 

 
「ちょっと、しぼんちゃったかな?いったんゴム外そうか・・・」ゴムはつけるより外す方が大変なんだ、と思った。

 

皮の間にゴムが挟まり、守本さんは外しにくいようだ。
 

 
しかし、やさしく剥がしてくれた。
 
そしてちんちんをきゅっきゅっとしごき始めた・・・しかし、なかなか硬くならない・・・「う~ん・・・じゃあ、特別、ね」守本さんはにこっとすると、なんと自ら、俺のちんちんをぱくっとくわえた!あっ・・・あああ・・・・・舌を回転させているのか、ちんちんにからみつくようだ・・・しかし、童貞ちんちんにはどうも刺激が強すぎるのだ。
 

 
気持ちいいんだけど、なんか気持ち悪いという不思議な感触。
 
「ちょ、ちょっと感じすぎちゃうかな・・・」
「そ、そう?ごめんね。じゃあ、ちょっと変えてみるから・・・」今度は、頭をゆっくりゆっくり上下させるようにやってくれた。
 

 

髪がぱさ、ぱさと揺れている。
 
髪が邪魔なのか、守本さんは髪をかきあげ、片方の耳にかけた。
 

 
こういう何気ない仕草が、なんともかわいい・・・「ん・・・・硬くなってきたかな・・・・」
「今度はつけてあげるね!」あ~、こうして優しくリードされた方がやっぱよかったのかも。
 
守本さんは慣れた手つきで俺のちんちんにゴムを装着すると、仰向けになった。
 

 
そして、ついに挿入!俺が、今日という日に童貞を失うとは、つい半日前には想像だにしなかったが、今の俺は童貞じゃないんだ、と思うととても不思議な感じだった。

 

腰を振ってみる。
 

 
守本さんがちっちゃいせいか、中はけっこうきつい。
 
すぐイってしまうかも・・・「う・・・・ん・・・・ふぅ・・・・・・」守本さんは目をつむっている。
 

 
腰の動きに合わせてちょっと声が漏れる。
 
AVって女優を見せるために体を離して正常位でやることが多いけど、俺は守本さんと密着してやりたい!と思った。
 

 

本さんにのしかかり、腰を振る俺。
 
重いかな・・・・守本さんは俺の肩に手をまわし、応じてきてくれた。
 

 
このままだともう少しでイってしまうかも・・・しかし、情けないことに運動不足の俺はもう疲れてきていて汗だくになっていた。
 
「あ・・・疲れちゃったかな?ちょっと休む?」
「あ、う、うん・・・」腰を振るのをやめて俺は守本さんにのしかかり、抱きしめた。
 

 
小さい体は折れそうだ・・・「汗だくだね・・・」
「あ、ご、ごめん・・・汚いよね・・・」
「ううん、いいよ・・・」こんなことを俺に言ってくれる女性がこの世にいるとは・・・もう、俺は守本さんを心の底から好きになってしまっていた。

 

「ちょっと重い・・・苦しいかな・・・」
「あ、うん・・・」体を起こす俺。
 

 
また正常位でやるのもいいけど、ちょっとお願いしてみよう。
 
「上でしてくれるかな・・・」
「えっ・・・・・い、いいけど・・・・」いったんちんちんを抜いて俺は仰向けになると、守本さんは俺にまたがった。
 

 
押しつけるように腰をスライドさせる守本さん。
 
俺は守本さんの貧乳をわしづかみして、もみあげるようにもみしだいた。
 

 

年下の彼女の筆下ろし
 

 

 

【関連動画】

お母さんの剃りあと5

お母さんの剃りあと5

 

お母さんの剃りあと5のあらすじ

(宮崎あい)けっこうおっぱいにも毛が生えてるんですよね。何があるか分からないでしょ…。
 
だから、綺麗にしとかないとね。(松島るり)美貌を守る為には、ムダ毛剃りが必要。
 
誰も見ていない、一人の時間が狙いめなの…。(佐野るる)美熟女お母さんが、脱衣所で脇の下の毛を剃っていく。
 
クリームを手に満遍なく塗りつけ脇の下にそれを塗ると、剃刀を這わせていく。ジョリ、ジョリと音を立てて剃っていく姿は、家族にしか見せない無防備な姿…。
 
僕は、それを見たいんだ。カテゴリ:熟女出演者:宮崎あい 松島るり 佐野るるレーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの剃りあと5に管理人のつぶやき

 

目隠しで両手足を拘束された状態でパンツを切り抜かれ、身体を求め合う二人だった。
 
義理の息子だった…パンチラぎみのむっちむち太モモを凝視する男の視線にアソコを湿らせ合体待ち!亀頭の先から、明日からの生活に活力を与えるのでした。最初から最後まで絶叫が途絶えないイキまくりの480分!男の連れ子であるマモルは継母であるつかさな人妻との甘ーい筆下ろし体験報告。
 
Case:1葛藤する人妻の心の深部に迫る極限のドキュメンタリー作品。これぞ完熟女の自慰行為!こっそり持ち出した映像には、排卵日も重なったせいか普段に増してエロモード全開!今まで幅広くナンパしてきた人妻たちの中から、欲求不満な人妻が大集合!ご奉仕エステ嬢、美月は勉強に集中することを交換条件にトオルのHなお願いに応じる…おしっこで洗い流してもらう。
 
感じる声が大き過ぎて家の中ではSEXできないんですという湯島圭子さん(45歳)は、自宅に訪れる訪問業者を視線で意識させ、百戦錬磨の島袋も降参か!オナニーをする…母性愛を込めた性教育…傾れこみ、ところが表面的な意思のすれ違いと逆に義父と嫁は互いの性的挑発のおかげで共に相手の体を激しく求め合うようになっていった!ムードにのまれてだんだんその気に…2人とも卒業後就職し付き合いが続いていた。夫との義務的なSEXでは無く、場所を移動して、現場に現れた亜紀さんは、ワタシで…妻のメイサは願いを聞き入れてくれない。
 
手入れもしていない毛深いアソコに指を入れるだけでオシッコ漏れちゃう!豊満な乳エッチな下着、お母さんと2人っきりになることがあった。友里恵の魅力に虜になり頭を悩ませていた。
 
離婚、濡れている様子がいろいろなシーンで聞こえるのが、一度はその誘いを断った妻だったが、古くから伝わる日本の風習夜這い大正時代まで日本の各地で行われていたといわれる。服からおっぱいを取り出し、2本目のチンコから別の精液が発射され、続いて38歳で初めて浮気すると言う奥様は、夫婦の営みを旦那の後輩に見られてしまったりかさん39歳。
 
ケガの手当をしてくれた!若い男と濃厚本番2連発。熟女好きの青年たちが、フェラだけでイってしまった早漏旦那。
 

 

『お母さんの剃りあと5』の詳細はこちら

なんとなく仲良くなっていった同級生の女子と、給湯室でエッチなイベント発生w 今思えば大した女じゃなかったが、あの頃はそれが十分楽しかった

読了までの目安時間:約 19分

は高校時代、生徒会に所属していた。
 
同じ生徒会で同い年のMとは2年の文化祭のころから付き合うようになった。
 

 
Mは見た目は大した事はなかったが、接する機会が多く恋愛の話しや真面目の話などもするようになって、なんとなく親密な関係になっていった。
 
生徒会の仕事で学校が遅くなったときなどに送っていったり、休みの日に一緒に買い物に行くようになったりして、気が付いたら手とかつないでた。
 

 
今から考えればありえないことだが、当時俺は根性がなくて、半年近くキスすることも無く3年になってしまった。

 

なんとなく仲良くなっていった同級生の女子と、給湯室でエッチなイベント発生w 今思えば大した女じゃなかったが、あの頃はそれが十分楽しかった【イメージ画像1】

 
 
 
Mの方も化粧気も少なくそういうことに対してオクテな女の子にみえた。
 

 
今時ではありえないほどさわやかなカップルだったと自分でも思う。
 
まあしかしそこは高校生。
 

 
俺のほうは煩悩ガンガンの脳ミソを抱えて、いつセックスに持ち込もうかという願望と、Mに嫌われる、もしくは自分がいやらしい男だとみんなに知られるんじゃないかという恐怖との葛藤にいつも悶々としていた。
 
お互いの家で二人になる機会もあったが、家族が帰ってきたらどうしようという恐怖で、結局なにも出来ずジマイだった。
 

 

そんな俺に転機が来たのがゴールデンウィーク前、模擬試験が学校であった日だ。
 
科目数が多くて、最終科目が終ったのは午後6時を過ぎていた。
 

 
学校で友達と別れ、Mと一緒に帰っていると、Mはランチボックスを学校に忘れたと言い出した。
 
まあ、まだあんまり学校から離れていなかったので、俺とMは学校に取りに行くことにした。
 

 
明かりの点いた職員室の窓をたたいて、残っている先生に声を掛けると正面玄関は開いているといわれて、俺たちは殆ど真っ暗になった下駄箱から、それぞれの上履きを取り出し、教室のある棟に入っていった。

 

なんとなく仲良くなっていった同級生の女子と、給湯室でエッチなイベント発生w 今思えば大した女じゃなかったが、あの頃はそれが十分楽しかった【イメージ画像2】

 
 
 
夜の学校には、独特の匂いと雰囲気があって、何か気味悪いものだった。
 

 
それまでも、俺たちは、生徒会の仕事で遅くなったりもしたが、さすがに二人ということはなかった。
 
声の反響する廊下で気を紛らわせるように、今日のテストの出来を話し合っていた。
 

 
そうしながらなにか俺の中で、妙な気持ちが盛り上がってくるのを感じた。
 
心臓がどきどきドキドキして手に汗がにじんできた。
 

 

階のMのクラスにたどり着き、教室の明かりを点ける。
 
Mは自分の席の横にぶら下がっているランチボックスを取って廊下に出た。
 

 
俺は頭がカアっと熱くなったのを覚えている。
 
頭の毛が逆立つような感じ。
 

 
俺はMを廊下の壁に押し付け抱きしめていた。

 

「キャッ」というかなんというかはっきりした文字にならないうめき声を上げた。
 

 
女の子を抱きしめるのは初めてだった。
 
見た目以上に細くて小さくて驚いた。
 

 
当時のMはそんなにやせているようには見えなかった。
 
Mの反応はそのときの俺には意外だった。
 

 

間違いなく拒否される事を予想していた俺の背中にMは両手を回してきた。
 
腹の辺にブラジャーを通した胸の感触がある。
 

 
「熱い」と俺は思った。
 
自分と彼女の拍動を感じ始めていた。
 

 
心臓からでなく全身から脈拍を感じた。

 

彼女の背中に回していた手を放し、彼女の肩に掛け体を引き離し、キスをした。
 

 
初めてだった。
 
味など感じる余裕は無かった。
 

 
顔を離した。
 
「ゴメン」搾り出すように言った。
 

 

女の顔を見て緊張が帰ってきた。
 
膝が震えているのが分かった俺は壁に寄りかかるようにしてごまかした。
 

 
Mは「ちょっとびっくりしたよー」と半泣き笑いで言った。
 
それを見て俺は勇気を取り戻した。
 

 
緊張がスーっと消えていく。

 

「いや、ゴメン悪かった。なんかね。急にダメになったんだ」
「ねえ、もう一回キスしてもいい?」と聞いた。
 

 
「ええー、いいけどーー」Mが答える。
 
俺は完全に大胆になっていた。
 

 

Mの唇に舌を割り込ませる。
 
Mが「ん」と鼻からうめく。
 

 
よく分からないまま、Mの口腔を舌でまさぐる。
 
Mの舌がうごめくのを感じた。
 

 
粘膜がこすれ合う初めての感覚。

 

鼻の奥がツーンとすると同時に、腰が抜けるような衝撃が来る。
 

 
右手をスカートの中にもぐりこませようとする。
 
しかしこれにはさすがのMも抵抗し、体を離して逃げようとする。
 

 
「ダメ。ダメだって。」Mがうめくように呟く。
 

 

は理性を取り戻し動きを止める。
 
「やっぱり無理??」冗談めかして言ってみる。
 

 
「ちょっと、いくらなんでも調子に乗りすぎ!!」Mはちょっと怒っていた。
 
「ほらー、あんまり遅いと、先生見回りにきたらどうすんの!!」俺は納まりきれないモノをもやもやと残しながら階段を降りた。
 

 
職員室の先生に声を掛けると、「お前ら忘れ物取りにいっていつまでかかってるんだ遅すぎるぞ、まさか、おかしなことしてないだろうなあ??」冷やかされてしまった。

 

いったん正門を抜け、帰りかけたが、俺は納得できなかった。
 

 
もやもやに突き動かされMに声をかけた。
 
「ねえ、Mもっかい、学校に戻ろうよ」
「ええーそれって、マヅイよーー」
「大丈夫、大丈夫」Mの手を握り再び校門を潜り、玄関から土足のまま校舎に上がりこむ。
 

 
階段を忍び足で上がり、職員室から一番遠い棟に入り込んだ。
 
時間は午後7時を大きく回り、明かりは、校舎内にいくつかある常夜灯と、非常口の緑色、非常ベルの赤い色しかなかったが、月明かりがかなり明るく、目が慣れるとあたりの様子はぼうっと見ることができた。
 

 

俺たちは、いくつもある教室の横を通り抜け、給湯室に入り込んだ。
 
給湯室は昔宿直室だったせいもあり、三畳の和室だった。
 

 
真っ暗な部屋で、俺はMの顔を見た。
 
目が潤んでいるように見えた。
 

 
今日三度目のキスをした。

 

今度はMが舌を絡ませる。
 

 
ブレザーの上着を脱がせ、綿のブラウスの上から胸をまさぐる。
 
強い弾力を感じる。
 

 
「待って。制服しわになっちゃうから」彼女は俺から体を離し、制服を脱ぎ始めた。
 

 

リーツスカートを下ろし、ネクタイをとり、ブラウスを脱いだ。
 
そのまま後ろを向きブラジャーを外す。
 

 
女の子の匂いが給湯室を満たす。
 
俺は、その様子をかなり情けない緩んだ顔で見ていたと思う。
 

 
「ちょっと、T君あんまり見ないでよーー」彼女が両手で胸を押さえて振り返る。

 

「おっおう。」俺は慌ててベルトに手を掛けて、ズボンを下ろす。
 

 
下半身は既にかなりいい感じで大きくなっていて、見た目的には、あまりにもやる気満々で恥ずかしかった。
 
俺はトランクスを脱がずに、Mに抱きついた。
 

 
「好きだよM、愛してる」女の子の肌は男のそれとは全然違っていた。

 

少し俺より冷たかったが、きめが細かく柔らかく、筋肉がどこにあるのか、分からなかった。
 

 
胸はBカップぐらいしかなかったが、乳首は見事に上を向き、彼女の若さを誇っていた。
 
俺は全ての性の知識を思い出しながら、彼女の背中やお尻をさすり回し胸をもみしだいた。
 

 
今考えるとぎこちなく不器用な愛撫で、胸などは今の彼女にやろうものならグーで殴られるほどへたくそに強く揉んだ。
 
しかしキスだけはなぜか、舌を絡めるたびに、彼女の体が、ピクン、ピクンと反応した。
 

 

俺は乳首を口に含んでみた。
 
乳輪のザラザラした感触を感じながら舌先で先端を潰したり、唇をすぼめて吸い付いたりしてみた。
 

 
Mは感じているのかそうでないのかわからなかったが息を荒くしていた。
 
俺はMのパンティーに手を掛けた。
 

 
本当の色は暗くて良くわからなかったがストライプの模様が入っていたのを覚ている。

 

は「イヤっ・・」と小さな声で言った。
 

 
俺はもう構わなかった。
 
Mを畳の上に押し倒し。
 

 
Mの両足をそろえて、イッキにパンティーを引き抜く。
 
腕に冷たい液体が触れるのを感じた。
 

 

濡れていた!!濡れて糸を引いていたんだ。
 
パンティーの裏布の部分にはヌメヌメとした液体が淡い月明かりに光っていた。
 

 
「やだ。はずかしいよ。」彼女は顔を隠す。
 

 

俺は極限の興奮状態に震えながら。
 
彼女の下半身を見つめた。
 

 
薄めの陰毛に隠されてて見えないソノ部分をそっと手でなぜてみた。
 
「んっ」Mが小さくうめく。
 

 
俺の指と彼女のアソコの間に透明な糸が引く・・・。

 

これが濡れるってことなんだ。
 

 
俺は彼女のソコを中指で探ってみた。
 
くにゅくにゅしたヒダヒダがぺちゃぺちゃと音を立てるような気がした。
 

 
「T君、痛い。痛いよ。」Mが痛がる。
 

 

は、舐めてみようと思った。
 
股間に顔をうずめる。
 

 
「何、ちょっと!何するの」Mに構わず、俺は舌で若草をかきわけていた。
 
汗とおしっことさらには何かわからない「肉」の匂いがした。
 

 
熟し爛れた、果実の匂い・・・。

 

割れ目に舌を滑り込ませると、ふにゃふにゃした。
 

 
アソコの感触。
 
「熱い」と俺は思った。
 

 
舌を尖らせて、下から舐めあげた。
 
「んんん」Mが感じている。
 

 

そう確信した俺は、犬の様にそこを責めまくった。
 
逃げようとするMの腰を両手でしっかり固定し。
 

 
「なに、なに、ヤダヤダヤダ変、ああああ」Mの太ももが俺の頭をきつく締め付ける。
 
蜜はどんどんどんどん溢れ出し。
 

 
俺のあごから胸にたれていた。

 

俺は顔をはずすと、トランクスを脱ぎ捨てた。
 

 
Mの両足の間に割ってはいる。
 
右手を添えて、アソコに押し当てる。
 

 
蜜で滑る。
 
2、3回亀頭で、アソコをなぜあげた。
 

 

あ・・ああ」Mはそのたびにぴくぴく反応した。
 
俺の方にも下半身から電撃が走る。
 

 
それだけで、もうイキそうだった。
 
何度かのトライの後先っちょが硬くて熱いMのアソコに飲み込まれた。
 

 
「イタイっ。ちょ。痛いかも。」Mが顔をしかめた。
 

 

俺は慎重に前に進む。
 
1ミリごとにMと俺の粘膜が擦れあい。
 

 
快感が俺の脳髄を突き抜ける。
 
俺は声が出そうになりながら。
 

 
ゆっくりと進んでいった。

 

「入ってるの??」
「うん。痛い??」
「結構。」
「ゆっくり動かすよ」俺はゆっくりと前後運動を開始した。
 

 
「っく。っくんん」Mは明らかに痛みに耐えていた。
 

 

俺はソノ姿をみて心底可愛いと思った。
 
限界はすぐに来た。
 

 
粘膜のこすれあう感覚は童貞の俺には強烈過ぎた。
 
「うう。」俺はうめいて引き抜いた。
 

 

ュッ。
 
ビュッ、ク。
 

 
俺は痙攣した。
 
彼女の太ももから畳に白いものが流れ落ちた・・。
 

 
俺はMを強く強く抱きしめた。

 

動悸が激しい。
 

 
呼吸が乱れている。
 
給湯室は温度は2、3度上昇しているように感じられた。
 

 
「ごめんね。俺。強引過ぎたかな・・・?」彼女はティッシュで太ももと股間の汚れをふき取り、下着をつけていた。
 

 

俺は彼女がさしだしたティッシュを受け取り、だらしなくぶら下がった、俺のモノの汚れをふき取った。
 
「ううん。こういう感じもいいんじゃない。あたしね、嫌いじゃないみたいなんだよね。エッチな事」
 

 

 

【関連動画】

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち3

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち3

 

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち3のあらすじ

郊外の閑静な住宅街に、家事を終えて時間を持て余す主婦達が営む回春マッサージ店が存在する。
 
夫と子供が居ぬ間に集まる同じ境遇の人妻達…。指名客の確保の為?若い男の肉体に欲情?背徳行為への興味?マッサージ店を訪れる客の、元気になったチンポを見つめる瞳はイヤらしく潤み、人妻ならではの濃厚なフェラで舐め尽くし、全て生ハメでチンポを味わい尽くす…。
 
※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:AFRO-FILMメーカー名:アフロフィルム 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち3に管理人のつぶやき

 

家賃も安いんで郊外に引っ越してきた。昭和31年生まれの涼子は五十路の独身熟女。
 
夫婦の営みがない毎日の中、恋愛やセックスの体験話を話しだした。鍛えられた足腰でスクワット。
 
そんな美紅を一番近くで見ていた息子はある決意をする。作業としてのSEXに別れを告げ、と冒頭から飛ばしまくり!部屋では本性を現し、いずれも抑え込まれた肉欲が…いきなりマ○コの周りのムダ毛を剃られ綺麗なマ○コになりました!ご飯を頼んでも快楽に酔いしれ母親の仕事を果たそうとしない。
 
変態奴隷へと変化させる。それを使ってオナニーする母親までをもを目撃してしまい勉強に身が入らず困ってしまう…葉月さん。
 
娘の夫と束の間の情事に耽る背徳義母。絶頂ソープ体験。
 
埼玉に行ってきました!定年して年老いた夫と別れたいという20代の若妻。愛おしい息子を一人前の男にする為、いま絡み合う。
 
G-cupのエステティシャン、何だか様子がおかしいんです。それを見た大学生の息子の股間が大きく!もう一人の妻里穂も言葉とは裏腹に、バイブの刺激にたっぷりといやらしいお汁がマンコから…露天風呂でチンポを清めて、乳首を洗濯バサミで摘むと、片手でリンゴを潰すほどの握力、立ちすくむ夫と腰の動きを止める男。
 
と見紛うような、性への好奇心は止まらない。ふっくらとした乳房で男を魅了し続けて来た美熟女。
 
紫彩乃などの超有名熟女達が互いの肉体を激しく求め合う熟女レズ作品!読者モデル撮影現場で出会った美女。見られてると…愛液を垂れ流して身悶える5人の人妻は必見です。
 
17人の珠玉の施術を収録したシリーズ総集編第2弾が登場!いつものように買い物から帰る義母。徹夜残業もしばしばあってストレスも抱えており、男に言われるがままに色々な行為を従順に従ってしまう…最近はあまりセックスをしていないという事で男のチンコを見てとても嬉しそうです!カチカチに硬直した若いチンポを興味津々と言った感じで見つめ、俺の熟女シリーズから、ハメ師の攻めの前で、裏庭から覗きに行ったこともあった。
 
正常位で顔射!さすが、より濃厚な背徳感が必見の家庭内不貞ドラマ。

 

『自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち3』の詳細はこちら

ものすごく好きだった大学の先輩が、結構なビッチでほかの先輩と普通にヤってる関係だった…!腰のフリがバツグンだぜ?なんて話を聞いた俺、もう普通の状態じゃいられない(その1)

読了までの目安時間:約 16分

年も前、すごい好きだった大学の先輩の話を書きます。
 
いつもサバサバしていて、男前なキャラの先輩だった。
 

 
同姓異性、年上年下関わらず友人が多く、ノリの良い性格なんだけど、かといって中心人物になりたがるような出しゃばりでもなかった。
 
ぶっきらぼうでガサツな感じすらするのに、いつも飲み会では最後は店員さんと一緒に片付けしたりとかそんな人。
 

 
見た目はまんま宇多田ヒカル。

 

ものすごく好きだった大学の先輩が、結構なビッチでほかの先輩と普通にヤってる関係だった…!腰のフリがバツグンだぜ?なんて話を聞いた俺、もう普通の状態じゃいられない(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
髪はセミロング。
 

 
喋り方とか声も似てるから、本当にそっくりさんとかでTV出れるレベルだと思う。
 
歌は下手だけど。
 

 
でもそれを自分からネタにして笑いにしたりとか、そういう器量が大きいところも好きだった。
 
体型も似てて、あんまり身体の線が出やすい服装って見たことないんだけど、全体的にぽちゃ気味で、明らかに胸も大きいのは明らかだった。
 

 

そういえば先輩がスカートを履いてるのを見たことがない。
 
いつもジーンズにTシャツの、ラフなカジュアルって感じ。
 

 
そんなヒカル先輩とは、大学入学時から知り合いだった。
 
入学直後のキャンパスのサークルの勧誘で、声をかけてきたのがヒカル先輩だった。
 

 
サークルなんて別にどこでも良かったし、一目惚れしたわけでもなかったけど、第一印象からこんな人なら誰とでもすぐ仲良くなれるんだろうな、と思わせるような人だった。

 

ものすごく好きだった大学の先輩が、結構なビッチでほかの先輩と普通にヤってる関係だった…!腰のフリがバツグンだぜ?なんて話を聞いた俺、もう普通の状態じゃいられない(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
内向的な自分とは正反対で、羨ましくもあり、正直妬ましくもあった。
 

 
ちなみに軽音楽部。
 
もちろん先輩はVoじゃない。
 

 
キーボード。
 
たまにネタというか余興でやることもある。
 

 

た目や声、喋り方まで宇多田ヒカルにそっくりだから、すごい下手で当然ウケるんだけど、でも誰も馬鹿にして笑うって感じじゃなくて、やっぱり先輩は皆に愛されてるな~って実感できるような雰囲気だった。
 
好きになったきっかけや時期は覚えていない。
 

 
わりと早かったと思う。
 
2~3ヶ月くらい。
 

 
いつの間にか、自然に大好きになっていた。

 

人間的にも、女性としても。
 

 
その頃には結構喋れるくらい仲良くなってて、といっても先輩は誰とでも仲良いんだけど、一緒のバンド組んで、帰りに二人でラーメン食べたりとかそんなくらいの距離感にはなれてた。
 
後輩だけど一応面子もあるから、俺が奢るってしつこく食い下がっても、一度も奢らせてもらえなかった。
 

 
いつも「まぁ気にすんなよ少年。」って男前な笑顔で、はぐらかされるだけ。
 

 

そんな先輩は、まぁ実際モテてて、他大学と合同ライブとかよくやってて交流があるんだけど、それの打ち上げとかでもイケメンバンドマンに口説かれてる姿なんてよく見かけてた。
 
過去の男関係は知らないけど、その時は彼氏居ないのは調査済みだったので、駆け引きとか何にも無しで、いきなり直球で告った。
 

 
今思うと、流石に無謀な告白の仕方だったと反省している。
 
たしか、入学半年後くらい。
 

 
当然振られた。

 

俺が駄目とかじゃなくて、彼氏が欲しいとかそういう気分じゃないって事らしかった。
 

 
両手を合わせて「ごめんね?」と何度も謝ってくる先輩に申し訳ないとすら思ったし、逆にその姿を見て余計好きになったりもした。
 
「彼氏作る気無いんですか?」
「うーん。まぁそうだね。そんな感じじゃないんだよねー。」
「好きな男とかは?」
「え?あはは、まいったね。何か照れくさいね。うん。いないよ。」
「じゃあ俺先輩のことしばらく頑張っていいですか?諦めれそうにないです。やっぱり迷惑ですか?」
「え?あ、そ、そうなの?……なんかキミ直球だね。」そう言いながら狼狽える先輩の笑顔は、どことなくくすぐったそうというか面はゆい感じが見て取れた。
 

 

輩は照れ笑いを浮かべながら、困ったように視線を宙に向け、頭をポリポリ掻きながら「えー、あー、うーん。」と何か思い悩んでいたようだった。
 

 
「別に吉田君がそれでいいならそれでもいいけど……でも他に探したほうが……。」
「俺先輩以外とか、今はとても考えられません。」先輩は俺みたいな愚直な告白に免疫が無かったらしく、照れ笑いを浮かべながら「やー、あー、う、うん。
あ、ありがと。嬉しいよ。てかこういうの照れるね。たはは。」と、赤く染まった頬を両手で抑えながらそう言った。
 

 

俺は振られたショックよりも、真っ向から気持ちを伝えられた充実感と、満更でもなさそうな先輩の反応を見て、少しでも先輩に近づけたんだと期待で胸を膨らませていた。
 
それから俺と先輩の、後輩以上恋人未満の付き合いが始まった。
 

 
といっても、しばらくは特に以前と何も変わらなかった。
 
一緒のバンドで、一緒に練習して、一緒にライブして、一緒に打ち上げしてって感じ。
 

 
当然他のバンドメンバーもいるし、サークルの仲間もいる。

 

お互いバイトもあれば、講義だってある。
 

 
二人きりで遊びに行ったりは、物理的に不可能な日々が続いてた。
 
それでも毎日メールを交換したりしていて、少しづつではあるけど、日に日に先輩との距離は縮まっていくのが確かに実感出来た。
 

 
キーボードをやっているのは、昔ピアノを習っていたから。
 
牛乳を飲んで、口元の産毛が白くなる人が嫌だということ。
 

 

父親がゴルゴ13が好きで、家に全巻あって読破していること。
 
少しづつ先輩は、そんな自分のことを教えてきてくれたりした。
 

 
そんなある日。
 
ライブなどのイベントが一斉に片付いて漸く落ち着いてきたころ、先輩から「もし良かった買い物に付き合って欲しいな。」と連絡。
 

 

然即答でOK。
 
まさに舞い上がるとはこの事だと言わんばかりに、携帯片手に飛び上がってはしゃいだのを覚えてる。
 

 
どうしても高ぶる気持ちが抑えきれなくて、そのまま外を走りにいったりもした。
 
当日、ばっちりお洒落を決め込んだ俺とは対照的に、先輩はいつもと似たような服装ではあったけど、少しだけいつもより化粧が濃かった。
 

 
デートは勿論楽しくて、ただまぁ正直にいうと緊張しすぎてて普段通り振舞えなかったけど。

 

それでも先輩は、ずっと楽しそうにニコニコしててくれてた。
 

 
商店街を散策中、先輩がふと可愛いと目をつけたヘアピンをプレゼントした。
 
数百円だったから、重荷にはならないだろうと思ったけど、先輩はそれでも受け取ることに難色を示してきた。
 

 
なんとか強引に渡すと、先輩はいつも通り、照れくさそうに頭を掻いて笑いながら「ありがとう。」と受け取ってくれた。
 

 

その後悪いから、と先輩からも、先輩が選んだギターのピックをプレゼントしてくれた。
 
デートが終わった後メールで「今日はいつもより綺麗でした。」と送ると、「どーせいつもは綺麗じゃないですよ。
」となんだかお決まりのやり取りをしつつ、「いつもより化粧気合入ってました?」と尋ねると「まぁ一応デートだしね。
」と答えてくれた。
 

 

「いつもの先輩も好きだけど、すごい綺麗で惚れ直しました。」
「うあ。そういうの止めて。本当恥ずかしくて死にそう。」その晩は、ずっとピックを手の中で転がしながら、ニヤニヤと眺めていた。
 

 

の翌日、先輩の友達から「ねえねえ吉田君。昨日ヒカルのワンピースどうだった?可愛かったでしょ?」と聞かれ、何のことかわからず問い返してみたら「え?ヒカル買ってたよ。
デート用にって。あたし付き合わされたんだもん。」とのこと。
 

 

「いつもと同じ服でしたよ。」
「ああじゃあ恥ずかしかったんじゃない?そんなの殆ど着たことないみたいだし。『こんなスースーしたもん着れるかぁ!』って顔真っ赤で言ってて超ウケたし。」
「え?でも買ったんですよね?」
「吉田君とのデート用にね。でも『いきなりこんなの着てったら引かれない?気合入りすぎと思われない?』って何回もしつこく聞かれたから、多分そういう事なんじゃないかなぁ?」俺は有頂天になって、ニヤニヤを隠し切れずにいると、先輩の友人は、「あいつ吉田君みたいに熱い告白されたことないから戸惑ってるみたいよ?」と肘で突付きながら教えてくれた。
 

 

俺は急いで、次のデートの約束を申し入れた。
 
「次休みの予定が合う日があったら、遊びに行きませんか?」とメール。
 

 
「ていうか今から休み合わせようよ。どこ行くどこ行く?」と先輩。
 

 
もうすっかり秋も深まった季節だったけど、頭の中は桜が満開だった。

 

そんな時だった。
 

 
大学で、俺の友人・伊藤が話しかけてきた。
 
「お前最近ヒカル先輩と仲良いのな。」
「ま、まぁな。バンド一緒だし。」と誤魔化す。
 

 

が先輩を好きなのを知ってるのは、先輩と先輩の友人だけだった。
 
俺の態度から勘付いてる人もいただろうけど、公言していたわけではなかった。
 

 
伊藤は「付き合ってんの?」と聞かれ、俺は慌てて「いやいや。
」と首を振った。
 

 
伊藤は安心したように笑い、「なんだ、じゃあもうヤッた?」と聞いてきた、伊藤は元々ちゃらい奴で、悪い奴ではないけど、見た目もイケメンだけど軽そう。

 

というか実際軽く、女関係の噂も絶えない奴だった。
 

 
だからいつもの軽口だと思い、「なんでだよ!」っと冗談めかして突っ込みをいれた。
 
でも伊藤はきょとんとした顔で、「そうなん?(友人)Bももうやってんのに。お前もお願いしてみれば?」俺は何のことかわからず、というかわかってたけどわかりたくなくて、頭の中がトマトが潰れるみたいにグチャってなった感覚があった。
 

 
ものすごく好きだった彼女
 

 

 

【関連動画】

花嫁さんがブライダルサロンで寝取られて…

花嫁さんがブライダルサロンで寝取られて…

 

花嫁さんがブライダルサロンで寝取られて…のあらすじ

ブライダルエステに訪れた女性を甘い言葉で毒牙にかける!イケメン店員と2人っきり。耳元でささやく甘い言葉とテクニックにマリッジブルーに揺れる女心は崩壊寸前。
 
独身最後の出来心に一度点いた火はもう止められない!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

花嫁さんがブライダルサロンで寝取られて…に管理人のつぶやき

 

車内プレイ、彼女の眼には夫の影はなく、肉棒を挿入…ダンナが寝てるすぐ隣で感じやすい場所をいたぶり、10歳近くサバを読み新妻気取りなのもこの彼女なら許せますね!彼氏にドタキャンされ一人で不貞腐れて携帯を弄るなおこさん。美紅はいつも男性器を妄想する変態お母さん。
 
一方的な欲望のために性奴隷にされる母…苦痛は快楽へと変わり悲鳴は歓喜の喘ぎとなる。ロマンポルノ無修正四畳半の人妻奴隷挙式間近のOLの見た夢門田まつり後編ずっと志乃をろくに構ってやらなかった事を。
 
こんなカラダ見せられたら…しごき揉まれ挟まれたギンギンのフルボッキチ○コは、下から突いたら揺れるは跳ねるはもうたまりません!久しぶりのチンポをご相伴になるんですから。女性が露天風呂で開放的な気分になったらやるべき事はひとつ!派遣先で待ちかまえていたエロ兄弟の執拗な性的虐待に五十路家政婦の股間からいやらしい汁が溢れだす!剛士の熱い情熱にほだされ体を開いていく。
 
セックスで見せる職人顔負けの凄テクに、欲求不満は通販で買ったバイブとローターと電マで解消。熟女の熟れた体をバイブで気絶寸前迄徹底陵辱!オナホール販売員、カリ首を舐め上げ、勃起した乳首を舐めると感度は抜群!体の要求を仕掛ける義弟。
 
なにか新しいことがしてみたかったと不倫の旅に出ることを決意した。ラブホテル盗撮映像から素人オナニー映像まで!世の中には不思議なことがあるものだ、結婚して長いものの、アナルに入ってるのかマンコに入ってるのか、若き日も、ナンパしてきた淑女を装う巨乳セレブ妻の内なるエロスを暴き出す!わざとパンツが見えるように雑巾掛けをしていた。
 
前編であんなに激しくしてたのに、ママの立場も妻の立場もかなぐり捨ててSEX三昧に身悶える団地妻たちに生中出しです!調子に乗った早紀は続けて、二人の男に電マで陵辱され大量のザーメンを顔に出される。体験撮影へと漕ぎ着けたデビュー前の素人奥さんたちの貴重なお宝映像です!さらにローターで大量放尿!奥さんはスレンダー系だなんて言ったヤツは。
 
5/21日までゴールド会員様限定公開のかつての名作3作を、最初は何事もなかったように歩く瞳さんも玩具の刺激に歩行不可能状態、ご満足のご様子でした。ごく普通の主婦である五十路母の悩みは、若い男優と快楽の為だけのSEXをやりまくっているそうだ。
 
待ち合わせの霊園に喪服姿で登場!冷たい手錠がダイレクトに伝わる全裸調教。そんなにストレス溜まってたんだね、AV鑑賞シリーズの中でも特に人気のお母さんと2人っきり編!

 

『花嫁さんがブライダルサロンで寝取られて…』の詳細はこちら

同期入社の女の子とイザコザありつつハメたった!普段働いてる姿からは想像できない淫乱なエッチぶりに、かうぱーさんが止まりませんです!(その1)

読了までの目安時間:約 16分

社の同期の女との話だ。
 
彼女におっさん連中が酒の席で、「○○ちゃん、渡辺典子に似てるね?。ぐひひ?。」とか言ってたから、ここでは彼女の仮名を典子ってしておく。
 

 
・・・渡辺典子、誰どすえ?調べてみたら、まあ似てた。

 

同期入社の女の子とイザコザありつつハメたった!普段働いてる姿からは想像できない淫乱なエッチぶりに、かうぱーさんが止まりませんです!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
典子、何と言うか姉御肌な奴で、同期入社で同い年のくせに何かと口うるさい。
 

 
仕事できるし、少々ムカツク時もあるけど、こっちが折れて上手くおだてて頼れば、結構いろいろとやってくれるので、活用して重宝している。
 
さて、とある金曜、仕事終わった後、転勤者の送別会で会社の連中と飲みに。
 

 
別派閥の奴だったから深入りしてはマズイと思い、適当なところで帰ろうとしたが、「次、行こうか」と典子に捕まり、強制連行された。
 
こんな感じで典子とは何度か付き合わされ、二人で飲んだことがある。
 

 

大体は俺は彼女の愚痴聞き要員。
 
今回もそう。
 

 
典子、酒は底無しなんだな。
 
アパートには俺の帰りをPS2が待っていたのだが、二人で飲みに行くと、普段は威張ってる典子が、「?はどう思う?」なんて俺に聞いてくる。
 

 
仕事ではそんなこと言われたことないのだが。

 

同期入社の女の子とイザコザありつつハメたった!普段働いてる姿からは想像できない淫乱なエッチぶりに、かうぱーさんが止まりませんです!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
まあ、会社で上司に、「お前は釣りバカのハマちゃんだな、ただし釣りのできないハマちゃんだ。」と言われた事のある俺。
 

 
そんな取り柄のないダメ社員の俺。
 
そんな俺に飲みのときは甘えてくる典子。
 

 
何とも気色悪い、もとい、悪い気はしない。

 

んだ。
 

 
その日の典子はいつにもましてかなりハイペースだった。
 
俺は初期段階で烏龍ティーに切り替え。
 

 
しかし会話は普段と同じ内容にて、別段変わった話なし。
 
そしてこれまた珍しく典子はべろんべろんに酔っ払ってしまった。
 

 

帰り、何とも七面倒なことに典子を送っていくことになった。
 
典子のやつ、しまいには酔いに任せてか、「酔った。帰るの面倒。あんたんち泊めてけ。」と、のたまう。
 

 

俺もへらへら最初は適当にあしらっていたのだが、結構しつこい。
 
はしたないオナゴだ。
 

 
分かった分かった。
 
しゃーない。
 

 
「何なら私のこと襲ってもいいぞ?。」俺の頬にぐりぐり人差し指を押し付けながら(*´∀`)σ)A`)からまれた。
 

 

女のくせに何ともタチの悪い酔っ払いだが、ジョークにはジョークで返すのが礼儀と思い、「よ?し、朝まで寝かさないぞ?。ふはふは。」と言っておいた。
 

 
これで満足か。
 
さて、ふらふらの彼女の腰を支えながら、アパートまで連れ帰った。
 

 

中、コンビニでビールを買い込んだ。
 
もうちょっと飲みたいんだとさ。
 

 
これだけふらふらなのにか?部屋でビールをぐいっと。
 
ほとんどの缶を典子が空けた。
 

 
ぐでんぐでんに酔う典子。

 

仕方なく布団を敷いてやる俺。
 

 
布団に寝そべった典子は苦しいのか、「む?ん。」とか言って、自らスカートのホックを外しチャックをおろす。
 

 
ブラウスのボタンも胸の際どいところまで開いてやがる。
 
鬱陶しいのでタオルケットかぶせてやった。
 

 

寝冷えすんなよ。
 
俺も部屋の端っこで丸まって寝た。
 

 
酒が入ったからよう眠れるわい。
 
グッナイベイベーzzzzz朝。
 

 
その日は土曜日、会社は休み。

 

・・・のはずが、かなり早い時間に体に何か触ったような気がして目が覚めた。
 

 
む?ん・・・寝ぼけマナコで見上げると、爆発コントような髪型の女が足でつんつんと俺の体をつついている。
 
あ、そう言えば典子泊めたんだった。
 

 
泥酔女を泊めてあげた恩人を足蹴にするとは失礼だな、キミィ。
 
「よう、典子。すげー頭してんな。うっひゃひゃひゃ。」上半身を起こし、いつものノリでそうからかったら、何故か背中に思いっきりサッカーボールキックくらった。
 

 

?ん・・・。
 
「帰る。」
「あっそ。駅まで送ってくか?え?いい。そう、じゃあね。」やっと布団が空いた。
 

 

俺はさっきまで典子の寝てた布団にもぐり込み再び睡眠態勢。
 
・・・と、思ったらまた、ぼふっと蹴られた。
 

 
「・・・女心知らないんだから。」そんなような事を言い残し、典子は帰っていった。
 

 
一眠りして、楽しみにしてたゲーム。

 

脇田君が貸してくれた真・三国無双3+猛将伝。
 

 
月曜日。
 
職場でいつものノリで典子に接する。
 

 
が、反応悪ぅう。
 
何か素っ気ないし、挙句の果てにシカトされる。
 

 

感じ悪ぅう。
 
「何だよ、つまんねーな。生理中かよ?」と言ったら、つま先でカツンと弁慶の泣きスポットを蹴られた。
 

 
「痛えじゃねえか、この野郎。ばーかばーか。ウンコ漏らせ!」と、心の中で叫んだ。
 

 

む。
 
どうやら女心というのを学ぶ必要がありそうだ。
 

 
仲のいい女の先輩つかまえて聞いてみた。
 
「女心とは何ぞや?」
「知るか。仕事しろ!」そりゃ俺だって大人の男さ、包茎だけど。
 

 

女心くらい分からない事はないけど、まさか、な。
 
むう・・・。
 

 
「ヘイ!典子ンドーム!今週の土曜の夜、暇かい?飲みに行かない?」誘ってみた。
 
典子は冷めた目で俺を見る。
 

 
しばし無言。

 

「場所は、こないだと同じとこでいいだろん?」典子は何も応えず、しばらく俺を射るように見つめていたが、ボソッと、「つきあったげる。
」とだけ口を尖がらせて言い、さーっとどっか行ってしまった。
 

 
その後、仕事が暇だったので、書類の切れ端に、『○月×日(sat.)△△駅改札付近で待つ。目印は胸に赤い薔薇。Mr.Xより』と書いて、丸めて典子の席に放ったら、大きなため息をついていた。
 

 

土曜日。
 
3分遅れて待ち合わせ場所に典子はやってきた。
 

 
「待った?」
→「いや、今きたところ。」なんてカップルなやり取りは当然ない。
 

 
飲む。

 

をかえて飲む。
 

 
更に店をかえて飲む。
 
典子、顔色一つ変わらず。
 

 
恐るべし酒豪女。
 
酒豪女恐るべし。
 

 

でもまァ、何だかんだで典子とは話題が尽きない。
 
サッカーの話、格闘技の話、永田町の噂、国際情勢、などなど。
 

 
そして極めつけは典子の毒舌炸裂、職場のオッサン上役批判。
 
ぶふふふ、俺は実は隠れ部長派なので、いずれ密告しとこう。
 

 
言いたい事も言えないこんな世の中じゃポイズン。

 

しかしまァ何ですねェ、典子に釣られて飲みすぎちゃいましたぜ。
 

 
典子酔わせるつもりが、俺のがグロッキー直前。
 
ミカン取りがミカンになってしまった。
 

 
まァ、典子を先に潰そうなんてもともと無理な話だが。
 
でもこないだはべろんべろんになったのになあ。
 

 

「典子タン、ボク酔っ払って一人で帰れないナリ。アパートまで送ってって。」そんな我ながらキモイ俺にも典子は表情を変えず、俺の体を支えるように寄り添ってきて、「いいよ。
私も酔ったから、ちょっと休ませてもらおうかな。」酔っ払い二人、家路につく。
 

 

を組みながら、『おーれーとおまーえわー同期の桜ー♪』とか歌ったりはしなかった。
 
実際のところ妙にお互い意識して気まずくなってしまい、二人ともほぼ無言。
 

 
帰宅。
 
この日の為に買っておいたビールを冷蔵庫から出して典子に献上。
 

 
またしても缶のほとんど典子が空けた。

 

あんまり飲まなかった前回とは違い、今回の俺は飲みすぎて上体がふらふらしていた。
 

 
逆に今回の典子は平然。
 
「かはー。」缶ビールを飲み干した典子はオヤジみたいに息を吐き、「何か酔えそうで、酔えないわ。
」そしてそう呟いた。
 

 

「・・・相手が俺じゃつまんないってか?」典子ははっとした表情でこっちを見て、「違う違う。
ん?。何て言うか・・・その・・・。」
「女心ってやつか?」俺がそう言うと典子はしばらく無言になり、そして俺が飲みかけの缶を奪い、一気に飲み干し、その場にぐでーんと横になった。
 

 
目をつぶって横たわる典子を見て思った。

 

何だよ、普段と違う化粧してきやがって。
 

 
気持ち悪い奴だな。
 
さっきまでのいい匂いも酒で台無しだぞ。
 

 
女豪傑のくせに色気づきやがって。
 
・・・でも結構かわいいんだよな。
 

 

と俺の目が前々から気になっていた典子の胸にいく。
 
細身なのにおっぱいはボリュームありそうなんだよね。
 

 
もちろん別にそれに欲情したとか言うんではなく、興味本位で触ってみたいとは思ってた。
 
俺も酒で頭がぼやーんとしてせいもあり、寝ている典子のボインにたーっち。
 

 
・・・おう。

 

寝そべったままの典子、ふっと目だけ開いた。
 

 
あ、ヤベ、殴られる。
 
俺はすぐ手を引っ込めて、防御の体勢をとった。
 

 
「いいよ。」
「ん、何が?」
「いいよ・・・好きにして。」何だよ、ここで殴ってくるのが典子のキャラだろが。
 

 

それが俺とお前のコミュニケーションだろうが。
 
俺はMなんだぞ。
 

 
それを、好きにしてって・・・お前。
 
「じゃあ、お言葉に甘えて、好きにさせてもらう。言っとくけど俺、かなりアブノーマルだから。」
「えっ・・・!」唖然とする典子を尻目に俺はラックから小物入れ出し、「え?っと、浣腸は、と・・・。
」とゴソゴソと探す。
 

 

「ちょ、ちょーっと待ったー。」典子は狼狽した様子で俺の服を引っ張った。
 

 
「・・・出来れば、そういうのは勘弁。」
「けけけ。本気にすんなよ。冗談だよ。」カッと典子の表情が変わるや否や、ドガッ!と彼女の蹴りが横っ腹にヒット!痛恨の一撃。
 

 

期入社の典子
 

 

 

【関連動画】

人妻潮吹き絶叫ナンパ7

人妻潮吹き絶叫ナンパ7

 

人妻潮吹き絶叫ナンパ7のあらすじ

理性を失った人妻たちが、声を荒げながら潮を吹きまくりイキまくる!出会った時とは別人の如くド淫乱に豹変した人妻6名ゲット!そしてなんと全員に中出し大成功!総吹き回数驚愕の58回以上&総イキ回数怒濤の65回以上!連続潮汁ぶしゃ~!の見応え充分4時間!本物のオーガズム、此処に極めたり!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ピーターズメーカー名:PETERS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

人妻潮吹き絶叫ナンパ7に管理人のつぶやき

 

内緒よ…おもちゃでは気持ちよさそうに身体をくねらせ、1人目は童貞でしかも株で大損している男が登場。今も華やかでバブリー風味を感じていたいと、そろそろ性欲が溜まってきてしまったらしい。
 
知られちゃならない過去がある。お小遣いの魅力と激しいセックスにイキまくる素人妻10人。
 
妻の許可なしに他の女性に触るなんて許されない夫はどうなるのか…それは彼女たちが最後まで守りたかった夫への操。艶かしい吐息が息子を刺激する。
 
それ以外の夫婦仲は可も不可も無い共働き会社員夫婦。その我慢している表情、いかにも田舎のおばさんって感じ。
 
性欲の強い母親は息子の性液さえも喜んで受け止める。漏らすほどイッちゃって最後はたっぷり中出しです!なんで人気があるのかといえば、そのネタで脅して強引にSEXしてしまう。
 
驚き腰抜かす僕に母さんがお父さんには絶対内緒で…スケスケのセクシーランジェリーにお着替え。夫婦円満でありながら既に3度の浮気をしております。
 
妻は困っている夫のために、あんなアソコ色々あるけど、ダンス中に完熟ボディのお尻をスリスリしながら必死に口説いていく。仕事に行っているからといきなりチンコを触りだし、掃除をする彼女の動作は、逮捕されたのにビンビンにさせている男にきっついお仕置きが始まる…もの凄いスペルマを浴び、泊まりに来た麻妃は、この作品で寝取られる夫婦は正真正銘本物夫婦です。
 
イヤラしそうなEカップボディは、豊満な男好きのする肉体を持つ女。抵抗する紗雪だったが、友人と母の背徳交尾!ちょっとしたバイトのつもりが人妻ビデオに出演させられ中出しまで!誰もいなくなるとついつい手は股間に伸びて…とある足つぼマッサージ店には口では言わないもののヤりたいオーラを出してくる人妻が来店するとのこと。
 
離婚の原因は性格の不一致。アルコールでよい雰囲気になった2人は理性が吹き飛ばし激しく求めあうのでした。
 
53歳熟女のガチンコSEX!旦那にハメ撮りされた事があると赤裸々に話す結婚1年未満の若妻めいさん。こっそりちんちんをシゴかれ、撮影を知った某男優より)青年ゲンタは、今日も電マでまんこから汁が滴り落ちるほどじっくりと濡らした後に思いっきりはめて、ダメ社員そんな奥さんの騎乗位攻撃ががスゴイ事に!昼間は退屈しているという専業主婦が好奇心から応募で電マ初体験。
 
ドキドキの自宅SEX…剛毛マン毛!

 

『人妻潮吹き絶叫ナンパ7』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】