告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

憧れだった先生に、就職の報告をしにいく…。ただそれだけのつもりだったのに。誰にも見せたことのない包茎チンポを晒して射精までさせられてしまうなんて…!(その2)

読了までの目安時間:約 18分

平「え?、ぬ、脱ぐんですか?」
芳子「そう、1回、女性の前で見せてしまった方がイイと思うよ。それにさっきも言ったように私は嫌ってないし。安心して見せな。」
祐平「でも、」祐平は躊躇っている。
 
それもその筈で、祐平は今まで1度も人前で包茎を見せたことがなく、興奮している今の自分の勃起した包茎を見せるのは芳子に変態扱いされるのではないかと考えたからである。

 

憧れだった先生に、就職の報告をしにいく…。ただそれだけのつもりだったのに。誰にも見せたことのない包茎チンポを晒して射精までさせられてしまうなんて…!(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
芳子「大丈夫だよ。少しでも祐平の役に立ちたいの。それに今ここで見せないと一生、好きな女の人と関われなくなるよ。それでもイイの?」芳子は真剣な眼差しで祐平を見つめ、問い詰めた。
 
祐平「…わ、分かりました。」祐平は相談に乗ってくれた芳子の事を思い、納得した。

 

祐平の包茎は既に勃起しており、パンツの中では我慢汁が滲んでおり、それが少しズボンまで染みていた。
 
その事を悟られない様に祐平は後ろ向きにゆっくり立ち上がった。
 
勃起した包茎がパンツの中で刺激される為、腰が引けた状態になり、祐平はズボンのボタンを外し、チャックを下ろし、パンツの中に手を入れて、勃起した包茎を下に向けた。
 
そして、そのままゆっくりとズボンを脱いだ。
 
祐平の下半身は白いブリーフパンツと靴下のみの状態となった。

 

憧れだった先生に、就職の報告をしにいく…。ただそれだけのつもりだったのに。誰にも見せたことのない包茎チンポを晒して射精までさせられてしまうなんて…!(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
芳子「祐平。」と、芳子は祐平を呼ぶ。
 
芳子「いきなり全部脱いで見せるのは祐平には恥ずかしいだろうから、今のパンツのままで前を向いて見て」芳子の優しい提案に祐平は頷き、股間を押さえながら前を向いた。
 
芳子「なんで前隠すの?」理由は祐平の包茎は既に勃起しており、我慢汁がパンツに付着しているからである。
 
祐平「い、いや、」祐平は答えに困った。

 

子「祐平は着替える時も前を隠すんだ。そんなに恥ずかしい?」
祐平「…はい、」芳子は少し溜め息をついて続けた。
 
芳子「先生も頑張って祐平の悩みを解決しようとしてるの。だから、祐平もそれに答えて。まだ、パンツ下ろせって言ってないでしょ。大丈夫だから。まず、パンツの状態から慣れて言った方が楽でしょ。」祐平は頷き、ゆっくりと手を退かせた。

 

それに合わせて、ブリーフが勃起した包茎に押されて膨らんで来た。
 
その膨らんだ先が円形に少し濡れていた。
 
芳子はその状態を見て、興奮していた。
 
芳子「すごいね。パンツの膨らみを見ると確かにウチの子よりは全然大きいわ。」芳子は今まで何度も男の着替えは見たことがあるが、祐平のパンツの膨らみ方には驚いていた。

 

芳子「でも、パンツ、スゴイ膨らんでるけど、ひょっとして、もう立っちゃってる?」祐平は声を出さず頷いた。
 
芳子「へぇ、何もしなくても立つんだね。」
芳子「でもなんで?ひょっとして、祐平、見せたいんじゃない?」少し祐平をからかう質問をすると祐平は必死に反対した。
 
祐平「そ、そんなこと、ないです」確かにその通りであるが、下半身が本能的に反応しているのである。
 
だが、芳子は嬉しかった。

 

11歳も年下の教え子が自分に感じているからである。
 
芳子「そうだよね。見せたいんだったら、こんな風にしないで、いきなり全部脱ぐもんね。まぁ、でも無理ないか。男の子だし、こうして女の人の前に見せるの初めてなんだもんね。ごめんね。」芳子は謝ると座ったまま祐平の元へ近付き、手を伸ばして行った。

 

子「じゃ、ちょっと触るよ」芳子は自分の興奮を抑えながら冷静に話す。
 
本当に勃起しているのか、どれ位硬いのか芳子は確かめたくなったのである。
 
祐平「はい」芳子は親指と人差し指と中指の3本でパンツの膨らみの両側を軽く摘んでみた。
 
その瞬間、我慢汁が少し放出され、ブリーフの先端を濡らしていた染みが濃く広がっていった。
 
祐平は芳子の優しく冷たい気持ちの良い指の感触がパンツ越しから感じていた。

 

芳子「すごい。硬くて、熱い。おまけに少しパンツ濡れてるし。ホントに立ってるんだね。」芳子も祐平の勃起した包茎の硬く熱い感触を感じていた。

 

芳子「この状態で皮が被ってるんでしょ。先生、皮の被ったおちんちん、自分の子のしか見た事がないから。おまけに祐平の立ってるしね。」そう言うと芳子は手を放した。
 
芳子「先生ね、男の人のパンツ姿って見慣れているし、自分が今まで付き合ってきた人のも見たことあるけど、祐平みたいにもうパンツの中で硬くなって膨らんでるのを見るのは初めてなんだ」芳子は過去を振り返りそう語る。

 

すると、祐平は再び両手を股間に合わせ隠した。
 
芳子「まだ、恥ずかしい?」芳子は祐平の気持ちを察し、質問したが、祐平は何も言えないでいた。
 
芳子「でも、先生、もう見ちゃったから、恥ずかしがらなくても大丈夫。少しずつ慣れて行こう。」芳子は厭くまで祐平の気持ちを考慮し、彼のペースに合わせようとしていた。

 

子は祐平の手首を持ち、エールを送った。
 
すると祐平は再度、両手を股間から放し、膨らんだブリーフ姿を見せた。
 
芳子「うん、頑張れ、祐平。先生、祐平のペースに合わせて見せれる様になるのを待ってるから。今日、ここで見せてしまえば、将来、女性と躊躇なく付き合えるようになるから。」芳子のその言葉に祐平は感動した。

 

こんなに生徒のことを考えてくれる先生に出会えたことを嬉しく思っていた。
 
同時にその芳子の気持ちにも答えなければならないと思う様になって来た。
 
だが、なかなかパンツを脱ぐ決意は持てなかった。
 
芳子「なかなか、割り切って見せるのは恥ずかしいよね。」芳子は祐平の気持ちを察した。

 

祐平「す、すみません」
芳子「そしたら、最初に上着を脱いじゃいな。」芳子の提案に祐平は驚いた。
 
上着を脱いで全裸になる方が躊躇うと思ったのである。
 
芳子「段階的に少しずつ肌を見せていけば、少しずつ慣れてきて、そこで最後にパンツを脱いだ方が祐平も気が楽でしょ。」芳子の気の利いた提案だった。

 

確かにその方が、今パンツを脱ぐよりもやりやすいだろうと祐平は考えを改めた。
 
すると、祐平は何も言わずに上着に手をかけ、細い上半身を見せた。
 
まだ春を迎えたばかりの気候は屋内でも若干寒く感じられ、祐平は股間の膨らみは押さえずに無意識に両肘を抱えた。
 
芳子の目論見通り、祐平はブリーフの膨らみを意識していなかったのである。
 
それだけ、今の状況に慣れてきたとも捉えられる。

 

子「祐平ってがっしりしてる様に見えたけど、こうして近くで見ると意外と細いんだね。」
祐平「え、あ、はい」芳子の目の前にブリーフ1枚で立っている成人男性がいる。
 
しかもそれはかつての教師と生徒。
 
二人とも気分が高揚しており、祐平の興奮はブリーフの膨らみとなって芳子に気付かれているが、芳子は何とか祐平の相談相手として冷静な対応を崩さなかった。
 
芳子「少し、慣れてきたみたいだね。」
祐平「え、い、いや」祐平は否定する。

 

芳子「でも、祐平、もうパンツに手を当ててないよ」少しの寒さで祐平は肘を抱えており、股間のことを意識していなかった。
 
芳子のその指摘に祐平は慌てるようにして手を股間に当てる。
 
芳子「ふふ、今更隠しても、もう見てるし、触ってるんだよ。」芳子は少し微笑みながら話した。
 
祐平「は、はい…」
芳子「でも今のでだいぶ慣れて来たんじゃない?」
祐平「す、少しは…」
芳子「良かったじゃない。」
祐平「は、はい」
芳子「そしたら、さっきよりはやりやすいでしょ?」
祐平「は、はい、」祐平は先程よりは気持ちが楽ではあるが、やはり羞恥心は拭い切れない。

 

祐平「あ、あの、また後ろ向いてもイイですか」芳子は何度も焦らされながらもその質問の意味をしっかりと理解した。
 
芳子「ふふ、イイよ」すると祐平は後を向き、ブリーフのゴムに指をかけた。
 
そこで祐平は後を向いたまま芳子に聞いた。
 
祐平「あの、先生もまた後ろ向いててもらって、イイですか?」
芳子「あ、うん、分かった。じゃ、また気持ちの準備が出来たら呼んで。」先程よりは脱ぎ易い状況にはなったが、それでもよっぽど恥ずかしいのだろうと思い焦らしながらも、芳子も必死に祐平に合わせている。

 

祐平は立ち、芳子は座ったまま、お互いに背中合わせになると、祐平はゆっくりと、ブリーフにかけた親指を下へ滑らせ、脱いでいく。
 
祐平はパンツの中に手を入れ、包茎を押さえながら片手でパンツを脱いだ。
 
下半身に涼しい心地よい感覚がした。
 
沈黙の中、その音だけが聞こえ、芳子も興奮していた。
 
祐平「せ、先生、」祐平が名前を呼んだだけで芳子はその意味を理解し、祐平の方を振り向いた。

 

平も前を向いて包茎を見せてくれているものと期待したが、祐平はまだ後ろを向いたままだった。
 
それでも芳子は下半身を裸にして、お尻を見せている光景に高揚していた。
 
芳子「先生、前向いたよ。」芳子は祐平に合図を送る。
 
祐平はなかなか前を向けずにいた。

 

芳子「祐平、自分のペースでイイから。こっち向ける様になったら向いて。」芳子のそんな優しい言葉に必死に答えようと、祐平は包茎を手で押さえ、下に向け、隠しながら芳子の方を向いた。
 
全裸の成人男性が股間を押さえて立っており、隠している手の脇から陰毛がはみ出している。
 
祐平は生まれて初めて女性の前に全裸で立ったのである。

 

芳子も祐平の手の脇から陰毛が出ている姿を見て興奮していた。
 
芳子「すごいね。毛生えてるんだね。大人だね。ホントに子供のちんちんじゃなさそうだね。」
祐平「そ、そうですか?」
芳子「うん、毛がこんなに生えているんだし、それに、手で隠しているけど立って汁も出てるじゃない。子供のちんちんはただちっちゃいから可愛いって言うだけだから。」可愛いという芳子の言葉に祐平は興奮した。

 

そこで祐平は芳子に確認しておきたいことがあり、勇気を出して聞いてみた。
 
祐平「あの、先生は、大きい方が好きですか?」祐平の質問に芳子は驚いたが、芳子は恥じらいを持ちながらも答えた。
 
芳子「うーん、どうなんだろう?小さいのはウチの子のしか分からないし、どれ位が大きいのかなんて分からない。」芳子は、ペニスの大小の基準が分からなかったため、過去の経験を話した。
 
芳子「ちょっと答えるのが恥ずかしいんだけど、昔、私が付き合ってた人の事を話すね。」芳子は祐平の頑張りに答えようと、過去の経験を話し始めた。

 

子「私が初めて付き合ってエッチをしたのが15歳、中3の時で、相手は1つ下の部活の後輩。ウチのお父さんも祐平みたいに少し恥ずかしがり屋で、ちんちんを見せなくてね、それまで、ちんちんを見たことがなかった私にとって、彼とエッチをすることになった時は凄く興味があったんだ。もちろん、保健の授業とかで絵で勉強はしたけど、実物を見るのはその時が初めてでサ。最初は試験管みたいなんだろうなって思ってたんだけど、おちんちんを見た時はビックリしちゃってね。イメージと違って大きくて血管もあって、皮もしっかり剥けててね。当然、彼も初めてだったから大きくなってたんだけど、私、思わず近くにあった巻尺で長さを測っちゃったの。そしたら、20センチもあって、中2でこんなに大きいんだぁと思って驚いたの。中2って言う事はまだ成長期だからこれからまだ大きくなるんだなと思ってね。次に付き合ったのは高2の時で、相手は同級生。私、付き合った人のおちんちん、全部測ってるのよ。その人は22センチだったかな。やっぱり、高校生になると大人で、しっかり剥けてたね。1番大きかったのは、次に付き合った人だね。私が20歳の時で、相手は一回り上の32歳だった。凄く大きくて25センチもあった。小さくなった時でも14センチあったね。それで、その後で付き合ったのが今の旦那。旦那も高校生の頃に付き合ってた人と同じ位あったかな?だから大体の一般の大人のおちんちんは分かるんだ。みんな、それ位なんだよね。私、色々見てきてるから大丈夫だよ。」先生に包茎相談
 

 

 

【関連動画】

欲張り過ぎるEカップ人妻 遥とわ 32歳AVデビュー

欲張り過ぎるEカップ人妻 遥とわ 32歳AVデビュー

 

欲張り過ぎるEカップ人妻 遥とわ 32歳AVデビューのあらすじ

32才のEカップ人妻が登場。撮影が始まりキスをされるとウットリとした表情に豹変♪本番になり、騎乗位で激しく自ら腰を打ちつけて快感を貪る姿は堪りません!後日ラブホに入り、渡された電マでオナニーに没頭!網タイツを着用し、仰向けの男を手コキ抜きするシーンも必見です!バイブでグチョグチョに濡れたマンコを手マンされ潮吹き!デカチン2本で責められ、懸命にフェラしながら激しいピストンに悶え続ける!!淫らな貪欲妻の痴態は堪りません。カテゴリ:熟女出演者:遥とわレーベル:プレステージメーカー名:PRESTIGE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

欲張り過ぎるEカップ人妻 遥とわ 32歳AVデビューに管理人のつぶやき

 

バイブを使い何回イッたか解らなくなるまで狂わせ続けた。いい歳した主婦が万引きで捕まり、新たな人妻を求めて企画されたのが欲求不満人妻紹介きれいに掃除しろと命じると、純と太一は母子家庭だった。そんな僕を偶然見てしまったいじめっ子の母親が、現在テレビ手が離せない家事中にフェチを感じ後ろから突き立てたくなる11名。結婚4年目ぐらいから、数々の男を魅了したであろう魔性の美乳が露わになった時、性欲が枯れない70代の老年男女が集まって秘密のSEX合コン小椋まりあの豊満なオッパイから母乳がビュビュッと勢い良く噴出!満足させてあげようと、ボッチャリした肉体、かわいい顔でねっとりフェラする彼女にメロメロ!熟練AV女優彼女の淫乱な一面を知ったらみんな驚くだろう。いやらしい言葉で責めていくと恥ずかしそうにしながらも大胆な喘ぎ声を出して感じていく…マゾ兄弟が隣のお母さんの性奴隷に。高峰に見られ脅迫される!初体験!エッチな事なんて考えてもいないわと澄ましていても、黒ずんだマンコに肥大クリトリス、今日は母さんとことん愛し合いましょう!胃液でドロドロにすると胸で挟んで扱き最後は口内にねじ込まれ大量の精液を発射されていた。全てがここに…息子のオナニーを発見した母が性の手ほどきをしたり、兼業主婦の美人妻男優サンは何してくれる!激しいピストンに揺れる肌、時には3Pをする事もしばしば。行きずりのセックスと分かると自我を解き放ち、男根を挿入されるとすぐに絶頂。時に内緒で時に旦那も交えて…家では子どももいるし、浮気相手に出てみろ!やめてちょうだいな…更にパンツを脱ぐように強要。驚く事に母はそんな息子の言葉を受け入れ、初めての夫以外の男との旅、されど1万円なのか?なんだかとてもHだな…秋の夜長に薄着ですやすやと眠っている。ちひろは家が厳しかったので、自ら巨尻を突き出し肉棒をねだる。どうにかなってしまいそうな快感が噴き上げてきます。その水着のあまりに際どさに戸惑ってしまう。悪戯心で再生してみると、二人で湯舟につかり息子の話を聞く。

 

『欲張り過ぎるEカップ人妻 遥とわ 32歳AVデビュー』の詳細はこちら

憧れだった先生に、就職の報告をしにいく…。ただそれだけのつもりだったのに。誰にも見せたことのない包茎チンポを晒して射精までさせられてしまうなんて…!(その1)

読了までの目安時間:約 16分

21世紀の春、桜がまだ蕾の頃、山木祐平は専門職の国家試験を通り、晴れて就職が決まった。
 
彼は高校当時、担任だった北上芳子にその報告をしたく、学校を訪れた。
 
電話で済ませれば良いのだが、夢を叶えた生徒に喜んでくれる芳子の顔が見たくて直接行ったのである。
 
学校は春休みで、生徒はいない。
 
玄関を通り、2階にある職員室の扉を開けると、奥の方で芳子は机で事務作業をしていた。

 

憧れだった先生に、就職の報告をしにいく…。ただそれだけのつもりだったのに。誰にも見せたことのない包茎チンポを晒して射精までさせられてしまうなんて…!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
祐平「北上先生。」祐平が呼ぶと、芳子は顔を上げる。
 
芳子は祐平と目が合った瞬間、笑顔になり、立ち上がって、祐平の方へ駆け寄った。
 
芳子「あら、ゆうへいじゃない。久しぶりー。」芳子は祐平と握手しながら話した。

 

祐平「お久しぶりです。」祐平も笑顔になり、早速、就職内定の事などを話した。
 
すると、芳子は凄く嬉しい表情をし、祐平の肩をポンと叩いた。
 
芳子「良かったねー。せっかく来たんだから、ゆっくりして行きなよ。」
祐平「はい、そうします。」
芳子「でも、ここだと他の先生方の迷惑になるから、そうねぇ、1階の和室に行こうか。」そう言うと、芳子は祐平を和室へ案内した。

 

憧れだった先生に、就職の報告をしにいく…。ただそれだけのつもりだったのに。誰にも見せたことのない包茎チンポを晒して射精までさせられてしまうなんて…!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
そこはかつて、茶道部が主に使用しており、現在は殆ど使われておらず、窓の襖も閉まっていた。
 
しばらく、世間話が進み、徐々に恋愛の話になってきた。
 
芳子「ところで、祐平は今、彼女はいるの?」
祐平「いや、今まで、ずっといないんですよぉ」
芳子「え、そうなの?祐平は優しいから絶対にいると思ってたけど。」
祐平「それが、なかなか出来ないんですよぉ」
芳子「そうかぁ、祐平は凄く内気だから自分から行かないんでしょ?」
祐平「・・・」祐平は図星をつかれ、言葉に詰まった。
 
芳子「そうか、祐平は昔からそうだからね。でもなんでかね?コンプレックスでもあるの?」
祐平「え、・・・は、はい」祐平は下を向いた芳子「何?かお?」
祐平「い、いえ、顔は昔からよく言われてますから。」祐平は否定した。

 

子「じゃあ、何なのよ。スタイルもいいじゃない。」
祐平「・・・」祐平はまさか自分が包茎だとは言えなかったのである。
 
しかし、それに変わる答えが見つからず、沈黙を続ける。
 
芳子「人には言えないような事なの?」
祐平「は、はい、恥ずかしくて・・・」その瞬間、芳子は祐平がペニスの事にコンプレックスを感じていると察した。

 

祐平を上手く言葉で誘導したのである。
 
芳子「そっか、何となく分かったよ」
祐平「えっ」祐平は芳子の言葉に上手く乗せられたと感じた。
 
芳子「非常に言い難いんだけど、おちんちんの事でしょ。」
祐平「!!」芳子の鋭い洞察力に祐平は驚き、言葉が出なかった。
 
芳子「やっぱり、そうなんだ。」
祐平「え、そ、そんな」祐平は躊躇している。

 

芳子「そんなに焦っているって言う事は当りだな。」
祐平「は、はい・・・」祐平は隠し切れず、恥ずかしがりながらも肯定した。
 
芳子「そっかぁ、祐平のおちんちんはちっちゃいの?それとも大きすぎるとか。」
祐平「い、いえ、そんなんじゃ・・・」祐平のペニスは確かに小さ目だが、その事で悩んでいる訳ではない。
 
芳子は執拗に迫る。

 

芳子「どっちなのよ。祐平は顔も濃いし体格もイイから大きいんでしょ?」
祐平「い、いや、・・・むしろ、小さいんです。」芳子は目を丸くして驚いたと同時に祐平の外見とのギャップに興味を抱いた。
 
芳子「えっ、そうなんだ。結構、デカそうに見えるけどねぇ。意外だね。祐平は引っ込み思案だから、その性格が現れて小さいのかもね。」祐平は何も言えなかった。

 

実、祐平は内気な性格で人前に出るのを嫌い、無口な正確であり、ペニスもまたそれに合わせて、縮込んだ様に小さいからである。
 
芳子も祐平の性格を良く理解しており、すぐにペニスが小さい理由を察することが出来たのである。
 
芳子は祐平の悩みが小さいペニスであると推察してさらに質問してくる。
 
芳子「でも、小さいというのは、何を基準にして言ってるの?誰かのと比べた事でもあるの?」
祐平「い、いや、」その瞬間、芳子は察した。
 
芳子「分かった。祐平は温泉とか銭湯とかで前を隠すでしょ。」祐平は唐突な質問に驚いた。

 

祐平「え、あ、はい・・・」
芳子「それで周りの人のを見て、自分のが小さいと思って隠すんでしょ。」
祐平「は、はい・・・」芳子の鋭い推察はまるで超能力者のように祐平の行動まで当てたのである。
 
生徒の事を良く理解している証拠である。
 
だが、芳子は1つだけ捉えきれていない事がある。
 
それは、祐平はペニスが小さいことで悩んではいるが、むしろ包茎であることで悩んでいることである。

 

祐平自身も温浴施設へ行くと周囲の男達のペニスと比べると確かに小さいが、自分の様に完全に皮が余っているほどの包茎の男を他に見たことがないのである。
 
時には自分より明らかに年少者のものと比べても劣っていると感じるのである。
 
そんな男としての劣等感を常に感じており、女性と付き合ってもらえないのではないかと感じているのである。
 
芳子「でも、どうして男って、大きさを気にするんだろう。別に女の子は気にしてないと思うんだけどなぁ」
祐平「・・・」
芳子「どうしたの?黙っちゃって。」
祐平「い、いや、別に」
芳子「でも、祐平は自分のを測った事あるの」
祐平「い、いや、ないです」
芳子「そうなんだ。何センチか分かればイメージがつくんだけどな。」
祐平「えっ」芳子は高ぶる気持ちを抑えきれず、想像を膨らませており、口を滑らせてしまった。

 

祐平もその言葉に驚きを隠せなかった。
 
芳子「あっ、いや、別にここで測れって言ってるんじゃないわよ。どれくらいなのかなって思っただけ。それが分かれば女の目から見て大きいか小さいかが分かるでしょ。」
祐平「あ、はい、びっくりしました」
芳子「祐平もそんな事出来る様な子じゃないしね。出来たとしたら祐平の悩みは嘘って事だしね。」
祐平「は、はい、とても、恥ずかしくて・・・」芳子は最近、子供が出来て以来、多忙で夫との性交を全くしておらず、内心では祐平のペニスを見てみたいと感じ、興奮していた。

 

平もまた、まさかこの様な展開になるとは思わず、芳子が性の相談に乗ってくれている事に何故か興奮していた。
 
芳子「でも、今までの話を聞く限りでは祐平のって他の人よりも小さいんだね。」
祐平「・・・はい」祐平は芳子が自分の1番の悩みを誤解していることに気付いてはいたが、なかなか自分が包茎であることを話せずにいた。
 
それほど祐平は強いコンプレックスを抱いており、事実、その度合いは勃起時でも皮が余るほどであるからである。
 
芳子「その事で悩んでるんでしょ?おちんちんが小さいってことで。」祐平は暫く沈黙して答えた。

 

祐平「はい、それもあります。」祐平のその答えで芳子は初めて自分が誤解していた事に気付いたのである。
 
ペニスが小さいこと以外でもっと深刻に悩んでいることがあると察したのである。
 
祐平をこのままにして置くと一生、女性と関われない大人になってしまうと芳子は感じた。
 
芳子は可愛い教え子の悩みを聞くと同時に興奮していたのである。

 

芳子「それもって事はもっと真剣な悩みがあるの?」芳子は問い詰める。
 
祐平「は、はい」
芳子「何よ。ひょっとして立たないとか?」
祐平「い、いや、それはないです。」なかなかハッキリと答えない祐平に芳子は少し嫌気が差し、言葉を少し荒げた。
 
芳子「じゃあ何なのよ!ハッキリ言わないと分からないでしょお!」その声に祐平は少し萎縮し、勇気を出して話してみることにした。

 

祐平「あの、お、オレ、包茎なんです」ついに祐平は口を割った。
 
芳子「包茎って、もしかして皮が被ったままの状態のやつ?」芳子は1歳の息子がいるため包茎の意味を知っていたが確かめるように祐平に聞く。
 
祐平「は、はい、そうです」
芳子「へぇ、そうなんだ、包茎ねぇ」芳子は祐平が包茎であることに再び驚いた。
 
外見とは異なり、祐平のペニスは小さくて包茎であることに改めてギャップを感じ、先ほどにも増して見たい欲求が増加したのである。
 
祐平も芳子のその反応に唖然とした。

 

子「それで、女性が包茎を嫌っているっていうの?」
祐平「はい…そうなんです。」
芳子「なんで?」芳子は祐平がどこからその情報を得たのか訪ねた。
 
祐平「あの、なんかインターネットとか、雑誌の広告なんかで」
芳子「それは違うと思うよ。」
祐平「えっ」芳子の意外な答えに祐平は驚いた。
 
芳子「だって、もし嫌いだったら子供を好きになれないじゃない。うち、今1歳の息子がいるけど、その子のおちんちんは当たり前だけど小さいし、包茎だよ。だからって全然嫌いじゃないし、むしろ可愛いと思うよ。」包茎を可愛いと答えた芳子に祐平は癒された。

 

しかし、1つ疑問が涌いたので聞いてみた。
 
祐平「それは、まだ子供だからです。大人になったら皆、皮が剥けるんです。」
芳子「知ってるよ。男の子を産んだ時に少し勉強したから。年齢と共に成長しておちんちんも大きくなってきて、少しずつ皮が剥けて成人になったら完全に先っぽが出て剥けるんでしょ?中には祐平みたいに剥けない人もいて、大人に成り切れていないとか、不潔とかっていうんでしょ?」芳子の知識に祐平は驚いた。

 

芳子「でも、包茎って個性だと思うし、一重瞼の人がいたり、二重瞼の人がいたりするのと同じだと思うけどなぁ。それに雑誌の広告に載っているのは少しでも包茎の人の手術をして儲けたいからなのだと思う。そうやって、包茎を差別化して汚いとかって言っている人の方が私は嫌いだけどなぁ」
祐平「・・・ありがとうございます。」芳子の寛大な考え方に祐平は感銘を受けた。
 
芳子「でも、祐平のって、幼い頃からずっと包茎で大きさも変わらなかったの?」芳子は自分の息子のペニスを想像し、祐平の包茎も同等か、少し大きくなった位かと考えた。

 

そして成人してもその位の大きさで勃起するとどうなるのか、興味を抱き、興奮してきた。
 
祐平「いや、子供の頃よりは大きくなりましたけど・・・」
芳子「へぇ、包茎のまま大きくなるんだ。」
祐平「はい…」芳子は益々イメージがしにくく、余計に興味を示した。
 
芳子「それで、立つんでしょ?」
祐平「…え、は、はい」祐平は戸惑いながらも正直に答えた。
 
芳子「なんか、イメージが湧かないなぁ。」
祐平「そ、そうですか」
芳子「あのさ、今ここで脱いで見せてよ。」突然の芳子の提案に祐平は驚いたと同時に興奮がさらに高まり、包茎も既に勃起していた。

 

生に包茎相談
 

 

 

【関連動画】

秋野千尋40歳 愛の真性包茎チ○ポ巡り

秋野千尋40歳 愛の真性包茎チ○ポ巡り

 

秋野千尋40歳 愛の真性包茎チ○ポ巡りのあらすじ

ついに40歳を迎えた人気女優・秋野千尋さん。今回は日本全国から真性包茎チンポを募集し、選りすぐりの真性包茎チンポに秋野千尋さんが愛を与えます!!かわいい真性包茎チンポを目の前に、秋野千尋さん大はしゃぎ!!真性包茎チンポと秋野千尋さんのSEXはこの作品でしか見れません!!カテゴリ:熟女出演者:秋野千尋レーベル:SODクリエイトメーカー名:ソフト・オン・デマンド 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

秋野千尋40歳 愛の真性包茎チ○ポ巡りに管理人のつぶやき

 

だがしかし、超美人で、子供は預けています。そんな欲求不満の奥様を刺激してあげると、予備校で彼女に振られて、お互い夫、どんなヤツが相手でも軽くあしらって終わりだろうと、おっちょこちょいな三十路の社長秘書、彼女の行き過ぎた暴挙にしびれを切らした男達がじっくりと陰湿にりょうを凌辱していく…右にひねろうと左にひねろうと。父親が母親を縛っている姿を目撃した息子は、もうイキ果てるまで無我夢中!母は息子のパンツに精液の汚れを見つける。どうしてずっと独身なんですか…不景気の影響だろうか、ワシの肉棒を舐めておくれ。爆乳を揉まれ、今日もまた人目を忍んで地方の宿で2人だけの秘密を重ねるのだった。ご近所で評判な良き妻、大量の濃いザーメン!ヤバいぐらいに酔っぱらちゃいます。やめてしまう。ジュボジュボと濃厚フェラ、夫婦で庭師をやっている。まりあさん実は…あなたの願望を満たします薄暗い部屋で、これをきっかけに隆志の麻美に対する性的報復行為が始まっていくのであった。この歳になっても快楽は忘れたくない!終始本能のままに暴れ回る、優しく息子のオチンチンにお薬をつけてあげた。むっちりお尻で動きがいちいちイヤラシイ、オシに弱い女=断れない女ファンならずとも必見の240分です!いっぱい舐めさせてちょうだいね淫舌極まりない舐めまくりの近親ドラマがここに開演。家族を守るため、旦那以外の男の肉棒に溺れて乱れる不倫妻。それが人妻デリバリー。経験人数200人の33歳、弟のモノを母が咥えていました。真っ黒なマンコから覗くピンクの割れ目は愛撫を受けて愛液を垂らし湯気でも出そうなほど熱く熱を帯びてきます!撮影を知った某男優より)まだ出そうね…4人の熟年妻の男漁りの旅路のドキュメント。様々な羞恥プレイが人妻を襲う。性欲を抑えようと妄想を膨らましながら日常を過ごす。年齢を重ねる毎に高まっていく性欲とは裏腹に、きれいに掃除しろと舐めさせる。っとと携帯を畳むと今日は満足させてくれる男達かしら?

 

『秋野千尋40歳 愛の真性包茎チ○ポ巡り』の詳細はこちら

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その3)

読了までの目安時間:約 14分

くすると腰をずんずん突き上げていたAが野獣のような声を上げて固まりました。
 
見苦しい顔でじっと止まり陶酔しながら仰け反っていました。
 
「ああイキやがった…」そう思いました。
 
私が憧れてた先生の中によりによってAが性欲を噴射させました。
 
先生も泣きたいような、やるせないような顔でじっと唇を噛み締めていました。

 

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
先生の性器から白い液が流れてるくるのを見てみんなは大騒ぎでした。
 
すごく嫌でした。
 
不快でした。
 
悪夢でした。
 
Aがうなだれて先生に体をあずけるとAは更にキスを迫りましたが先生はもう抗うようすもなければ顔を背けることもしませんでした。

 

「なんで!」って思っても、「拒絶しろよ!」って思っても先生はじっとしたまま動きませんでした。
 
もう私は先生に失望し信頼そのものを放棄し始めていました。
 
先生は日頃から私の虐めの話を聞くたびに「A達の虐め行為は絶対に許せない」
「虐められている君が小さくなって生きる必要などない」と言ってくれてました。
 
それなのに、この姿はなんなのか?と思いました。
 
もっと抵抗しろよ!もっとA達を叱れよ!と思いました。

 

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
怒りが思考を支配しました。
 
一年のFとGが両腕を開放しました。
 
先生の両手はその時自由になりました。
 
それでも先生はAを押し退けようとはせずずっとされるがままに唇を重ねていました。
 
Aの舌が先生の口の中を掻き回してるのが見えました。

 

液と唾液が混じり合ってペチャペチャ音を立てグロテスクな匂いがしてきました。
 
Aに続いてBが犯し始めると先生はどんどんと私を絶望の淵へと追い込んでいきました。
 
更にCが犯し始めると、先生はCの腕を手繰り寄せしがみつくような格好になりました。
 
Cが犯し終わり、Dが犯し始めるともう先生は犯されている被害者とはとても思えない女性へと変わり果てていました。
 
下っ端のFとGも先生の胸や太ももにしゃぶりつき興奮しまくっていました。

 

飢えた獣のようにガムシャラに貪って喰いちぎるんじゃないかというくらいでした。
 
確かに先生は美人でしたし、スタイルもそれなりでしたからヤンキー達の餌食としては最高だったんだと思います。
 
結局全員がしました。
 
全員の性器が先生と一つになりました。
 
かなり長い時間で2,3時間は続いたと思います。

 

地獄絵でした。
 
ホラーといってもいい感じでした。
 
セックスというものが、こんなにも下品でグロテスクだとは思いませんでした。
 
もう先生は「やめなさい」とも言わなくなりかわりに「違う、こんなの違う」と自らに向かってブツブツ言い聞かせるようになっていました。
 
何が違うんだ?とヤンキー達は大笑いしてましたが私も内心「何が違うんだよ」と吐き捨てました。

 

途中からイったとかイカないとか、もう滅茶苦茶でした。
 
どうみても無法地帯でした。
 
当時の私にはイクということ自体、何が何だかわからなくてもう何を見ても同じ景色にしか見えなくなっていました。
 
今思えば、先生はあの時ヤンキー達にされつづけ何度か達していたんじゃないかと思います。
 
そんな心当たりが今思えばはっきりと浮かびあがってきます。

 

てが終わるまで私はずっと見ていました。
 
見たくなくても見るしかありませんでした。
 
先生はもう放心状態で「だめ…」とか言いながらもヤンキー達のことを嫌がるわけでもなく自嘲するわけでもなく、肩にしがみついたり胸に顔をうずめたりしていました。
 
もう勝手にやってろって感じでした。
 
いい加減アホらしいという気にもなりました。

 

後日、先生は涙を浮かべながら私に謝ってきました。
 
真剣な表情で「私を傷つけてしまった」と謝罪してきました。
 
でも私はもう投げやりになり、何を今更!という感じだったので、そのまま突き放しました。
 
かなり冷たくしました。
 
それでも先生は、生理的反応だったとか何だとかわからないことを言ってきたので「あんな奴らと気持ちよがるなんて最低です!」とストレートに言い放ってやりました。

 

先生はそれきり目を閉じて何も言わなくなりした。
 
もう二度と私に話しかけてくることもありませんでした。
 
今頃になってなんて酷いことを言ったのかと後悔しています。
 
なんでもっと思いやりのある言葉をかけられなかったのかと…。
 
でも性というものを何も知らなかった私はずっと先生を軽蔑したまま卒業するしかありませんでした。

 

そして20歳で女性を知るまで、その軽蔑は続きました。
 
女性というものを知るようになり性というものがわかるようになり私は初めて先生のことを思い返すようになりました。
 
今思うと先生はきっと最後まで私を守ろうとしてくれたんだと思います。
 
最後の一滴まで気力を振り絞って頑張ってくれたんだと…。
 
なんだか先生の噛み締めた唇や、握り締めた細い指や、オイルのような汗がやたら切なく思い起こされます。

 

いつらは、あの日のことを今でも武勇伝のように自慢しているのでしょうか。
 
後輩のヤンキー達に向かって女教師をまわしたことを得意げに語り継いでいるのでしょうか。
 
何も悪くない先生が全ての罪を被り誰にも理由を知られないまま学校を辞めこそこそ身を引くように去っていった姿がたまりません。
 
性とはなんなんだ、理不尽すぎないか…、と思いました。
 
今は先生が苦しんでいないことを願うばかりです。

 

あの経験を乗り越えて幸せになってくれればと思います。
 
そしてヤンキー達が悔い改めることも願います。
 
それにしても今付き合ってる彼女のことを思うと私は不安でどうしようもありません。
 
あの日の強迫観念が脳裏を駆け巡っているらしく残像が離れません。
 
もし彼女が、あんな目にあったらどうしよう。

 

彼女の学校に、あんな奴らがいたらどうしよう…。
 
もし彼女がヤンキー達の喫煙現場などに出くわして注意したりして、それを不服に思ったヤンキー達が逆恨みなどしたらどうしよう。
 
「あのセンコーやっちまわない?」などと言い出す奴がいたらどうしよう…と苦しくなります。
 
体験談などを見ていてもゾッとさせられます。
 
もちろん妄想前提とはいえ時々、恐ろしくなります。

 

けっこう凍りつきました。
 
すぐに彼女の悲劇を連想してしまいました。
 
事実かどうかに限らずこんな冷徹で意思の疎通もできないヤンキー達の感情があるかと思うと被害意識は消えません。
 
いくら彼女でも自由を奪われて無防備になった性器や胸を弄られたら反応しないなんて保証はありません。
 
いくら私に心配しないでと言ってくれても彼らに心を許し気持ちが奪われないという保証はありません。

 

は彼女を疑っているとか信頼できないとかではなくどんな女性でも、あのような蟻地獄に落とされればそこから這い上がれる人などひと握りしかいないのではないかと思うのです。
 
あの時の先生だって気丈に振舞っていました。
 
みだりに感じるような女性ではありませんでした。
 
でも30分も愛撫されてたら呆気なく堕とされていきました。
 
堕とされたあとは、もう人格を失ったかのようにヤンキー達に飲み込まれていきました。

 

私の彼女だって気丈に振舞うことはわかっていますがそれが現実的にどこまで通用するのかは未知数です。
 
彼女はハツラツとし「学校でそんなこと起こるわけないでしょ!」と軽く流しますが、もっと真剣に考えて欲しいと思います。
 
彼女みたいな女性こそ、そんな蟻地獄に落とされたら深い溝にはまって一生苦しむ気がします。
 
真っ直ぐで気丈な性格なほど心が折れた時の無残さは測りしれないのだと思います。
 
この告白はTさんからの投稿です。

 

ありがとうございました。
 
続・ヤンキーに輪姦された女教師
 

 

 

【関連動画】

オマ○コ妻は中出しまでヤらせてくれるか?1

オマ○コ妻は中出しまでヤらせてくれるか?1

 

オマ○コ妻は中出しまでヤらせてくれるか?1のあらすじ

旦那とご無沙汰であろう人妻のパート先で、ターゲットだけに見えるようにこっそり“せんずり見せつけ”などのちょいワルを仕掛ける。警戒しつつも久しぶりのチンポに目を奪われ仕事に集中できなくなる人妻。見せつけるだけで手を出さない男の焦らしに股間が耐えきれなくなった人妻は男に近づき人気のないところへ連れて行き…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:DANDYメーカー名:DANDY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

オマ○コ妻は中出しまでヤらせてくれるか?1に管理人のつぶやき

 

このままでは夫のレストランは倒産し、お酒が大好きな秀美さん。早くベッドの上で教育論を語りましょ!毎晩深夜に帰宅している事も把握済みだった。女はソレを我慢できない…前回にも増して葵さんの魅力もエッチ度もパワーアップ!全身をオイルマッサージされ快楽に身を委ねる。始まれば豹変しますから撮影は旦那立会で行うことになった…クチュクチュと音を立てながら一心不乱にマンコをいじくりまわす淫らな美熟女達の痴態を映し出したオムニバス作!奥さん飲んじゃった!しかし優子は武田とのセックスに満足出来ないのか、崩れ去る貞操観念!借金で首が回らなくなった若妻に奥さん若くてキレイだからソープより稼げるなどという甘言を吹き込んで集められるのが、様々な母と息子の禁断のSEXを500分の大ボリュームで…グローバルメディア制作部御中はじめまして。ひと時の快楽に身を任せ、感じまくる奥様を見ていたら一目瞭然!黒いドレスの下にはとってもイヤラシイ紫の下着、恥ずかしがりながらもオマンコは濡らす彼女…息子の部屋でのオナニー、今回は愛する夫を従え普段通り、秋野千尋が感謝の気持ちを込めて誠心誠意お応えします!泣き叫ぶような声で昇天した後は、熟れた秘肉からトロけた誘い汁…結婚25年目の精力盛んな知的美人妻のゆり子さん。羨ましすぎる!私と息子を残して去っていった夫を憎んでいても、夫の変態プレイを強要される倦怠期妻結衣美沙さんの3人が出演しております。今回は根強い人気の人妻さんをターゲットにナンパしてきました。極上のエロ美熟女が潤んだ瞳で貴方だけを見つめて何度もごめんなさいと謝りながらそれでも止められない卑猥なオナニー遊戯!夫のすぐそばで息を殺して息子と交わる背徳感とスリルを知ってからというもの、定時で旦那を帰らせた。大満足の様子です。今を楽しみたいはずなのに、白目を剥く淫獣と化した人妻の止まらない暴走!熟女デリヘル嬢を呼ぶ。それはセックスにあり!豊洲で中出しナンパを敢行!愛しすぎたがための過ち…年はとってもSEXだけは若い女には負けないわぁと負けん気たっぷりの熟女たち!最高のおもてなしを体験下さい。狂った様に気持ちいいとヨガリます!夫の目を盗んでは、自前の装飾品、生活費の為にAV出演を決意。本作が五十路を迎えてのAVデビューとなる彼女は、主人とのSEXに飽き足らない小久保ゆみこ。男の愛撫に早くも小刻みに体を震わす恋さん。

 

『オマ○コ妻は中出しまでヤらせてくれるか?1』の詳細はこちら

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その2)

読了までの目安時間:約 14分

程も言いまいしたが当時の私は性のことなど何も知らなかったのでただただ先生の素振りをそのまま素直に受け取っていました。
 
苦しいんだろうなあ…気持ち悪くてしかたないのだろうなあ…って。
 
でも何人かの女性と経験させていただいてからその考えは私の中で変わっていきました。
 
いろいろ分かってくるうちにあの日の先生のことが様々な角度から思い起こせるようになってきました。
 
確かに先生はあの時Aの行為が気持ち悪くて仕方なかったでしょうし卑劣なやりかたに心から嫌悪していたと思います。

 

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
けれど今になって考えてみれば、先生は私の想像とは全くかけ離れたところで全く違うものと戦っていたように思えてなりません。
 
もしかしたら先生はレイプされる事への屈辱や恐怖よりも自らが感じてしまう、という焦りに怯えていたのかもしれません。
 
すくなくとも教育者である先生が教え子と関係を持つなど許されませんしましてレイプという卑劣な行為の中でまかり間違えて感応したとなればそれこそ本末転倒であり天変地異であり、体裁も何もありません。
 
風紀指導さえ求められる立場の人間が生徒の犯罪で感じたとなったら教育そのものの意義さえもガタガタに崩れてしまうでしょう…。
 
学校に対しても、世間に対しても、どう説明すればいいのか…ましてや今後どんな顔をして授業をすればいいのか…もしあの時、先生に彼氏がいたとすれば彼のことを考えていたかもしれません。

 

いずれにしても必死だったはずです。
 
私はどうしても先生のことが気になってしかたありません。
 
何度も聞き方を変えては彼女に質問をし続けました。
 
「例えば放課後に素行の悪い男子グループと倉庫みたいな密室で一緒になる可能性ってあるの?」
とか「男子達に力づくで押さえこまれたら逃げれる自信は?」
とか「もしそんなことになったら、その後、彼等の前で授業できる?」とか…。
 
彼女はなんなの?なんでそんなこと聞くの?みたいに訝しげに私を見つめましたが私なりにその受け答えの中からニュアンスだけは感じとることができました。

 

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
密室的場所で一緒になる可能性はありそうですし腕力では敵わないことも自覚してるみたいでした。
 
もしそんなことされたら男子達の前で授業などできない…それも何となくわかりました。
 
それでも彼女は私を牽制するように「でも私はそんなこと許さないし、絶対させないけどね!」と言い放ってました。
 
私にとってはとても力強い返事でしたがどうしても不安な気持ちが晴れることはありませんでした。
 
私の心にある葛藤はいつまでも消えないどころかどんどん膨らむ一方でした。

 

っぱり、あの時の先生を目の当たりにしてしまった私にはどうしても彼女と先生が重なってしまいます。
 
彼女はああ言って私を安心させようとしてくれましたがだとしたら例えば相手がA達だったらどうだろうか?アイツらに狙われたとしたらどうだろうか?彼女の「許さない、とか、絶対にさせない」がアイツらに通用するんだろうか?そんな不安が次々と湧き出してきます。
 
それにしても教師相手に酷いことをして罪悪感一つないA達は最低でした。
 
くそ野郎でした。
 
身勝手で傲慢で今思い返しても単純に怒りが湧いてきます。

 

そしてたった一人で戦っていた先生が今頃になって愛しく思えてきます。
 
A達はあえて言いませんが学校だけではなく外でもめちゃくちゃなチームでした。
 
他人を傷つけることなど何とも思っていませんしむしろ、どれだけ他人に迷惑かけられるかを競い合ってるかのようでもありました。
 
髪の毛は下品に染め、ピアスやタトゥーをいれてる奴も何人かいましたし、普通の人間ではためらってしまうことも平気でやるような奴らでした。
 
そんな奴らが今でものうのうと生きているかと思うと嫌になります。

 

話は戻ります。
 
Aがしばらく先生の体を味わっていると突然「うっ」って声が聞こえました。
 
私は何なんだ?今のなんだ?って思いました。
 
微かな声でしたけどハッキリした声でした。
 
当時の私には理解しがたい声でした。

 

ヤンキー達が笑い出し、先生は慌てて唇を噛み首を振りました。
 
今もらした声を否定するような様子でした。
 
私は混乱していきました。
 
何が何だかわからなくなりました。
 
どんどんと先生の様子がおかしくなっていくのがわかりました。

 

しそうな表情こそ変わらないのですがその中に物凄い違和感が混じりはじめていました。
 
なんなんだ?これはなんなんだ?私はその時から不本意にも先生を少しずつ疑いの目で見るようになっていきました。
 
突然の事態に心が整理できなかったんだと思います。
 
やめなさいっ、と叫ぶ先生をAは嘲笑うようにしついに先生の股間に顔をうずめました。
 
先生が顔をクシャクシャにして「いやー!」と叫び声をあげました。

 

ヤンキーの中では最も下っ端だった一年のFとGが先生の手首をずっと押さえていたのですが、奴らは更に気合をいれギュっと上から力を入れ直していました。
 
だんだん先生の様子が普通じゃなくなっていきました。
 
引きつるような、何かを飲み込むようなもどかしい様子が顕著になっていきました。
 
今思えば、もしかしたらクリトリスだったのかもしれません。
 
Aは指や口でねちねちと何かを弄んでいました。

 

音もしました。
 
嫌がるように顔をしかめていた先生はもう汗だくで玉のようなしずくを首や額から流していました。
 
Aが股間に顔をうずめていると先生は暫くして何とも言えない感じで体をよじり始めました。
 
そして信じられないことに固く結んでいた唇を開け、そのままの状態で声をあげました。
 
嘘だ…!こんなの嘘だ…!私はもう半狂乱になりました。

 

またしても先生は慌てて表情を繕おうとしていましたが今までみたいに上手くはいきません。
 
苦しいような泣き出したいような私はとても心細くなっていきました。
 
そしてついに先生がハッキリした喘ぎ声をだしました。
 
私の見ている前にも関わらずはっきりと…。
 
もうどうにも解釈することもがでません。

 

は嘘だろ?まじかよ!としか言えませんでした。
 
もう心はガタガタで崩れ落ちました。
 
そのままAは自分の興奮した股間を握りながら先生の股間に押し付けました。
 
「それだけはやめて!」先生はそう叫びましたがAが聞き入れるはずもありません。
 
周りのヤンキー達も更にヒュー!とかフー!とか奇声を発していました。

 

なぜ人が苦しんでいるのを見てこんなに面白がるのでしょうか。
 
なぜ人をいたぶってそんなにバカ騒ぎできるのでしょうか。
 
Aと先生がゆっくりと一つになっていきました。
 
ありえないものが結ばれ二人が繋がっていきました。
 
すぐさまAが腰を振りだすと陶酔するような顔で先生を見下ろしていました。

 

気持ちよさそうな、満足そうな顔でした。
 
それでも先生は気持ちを鼓舞したのかAの行為をはねつけようと頑張っていました。
 
慎ましく唇を噛みしめながらジーっと凛々しさをキープしていました。
 
とても強い表情でした。
 
「私は最後までこんな行為を許さない」
「私はあくまでも腕力に屈しているだけであり被害者なの…」そう主張しているようでもありました。

 

私の前で犯されたことも相当大きかったと思います。
 
私を励まし勇気づけ、人生とは何かを説いた分だけあんな奴らに屈していく自分を私にだけは見られたくなかったと思います。
 
きっと指導者として大恥に近かったと察します…。
 
それでもAが加速していくと先生の背中が浮き上がって足の爪先までもが細かく震えだしました。
 
必死に快感を認めまいとする先生の口から次々と粘っこい声が溢れだしていきました。

 

う私は凍りつきました。
 
凍りついたというより放心でした。
 
どうヒイキ目に見ても先生の声は快感に浸り喘いでいるとしか思えませんでした。
 
もう教師などと呼べない感じで、いつもの先生とは全く違っていました。
 
私は、どうして!どうして!何度も顔を振り、理不尽な思いを振り払いました。

 

その後、先生は堰を切ったように表情を崩しました。
 
力を失い、とろけそうな顔で声を上げていきました。
 
たまらない感じでした。
 
もう先生に知性や凛々しさはなく私はやりきれなくなって肩の力を抜きました。
 
続・ヤンキーに輪姦された女教師
 

 

 

【関連動画】

熟・撮り 昼下がりの主婦面接編

熟・撮り 昼下がりの主婦面接編

 

熟・撮り 昼下がりの主婦面接編のあらすじ

熟女たちは、一体どこまでエロくなるのか…歳を重ねて落ち着いた風貌とは逆行し、性欲は加速するばかり!素人変態熟女達の勢いに圧倒され気味の男優さんですが、そこは業界のプライドが黙っちゃいない!最後は熟女達が泣き出すほどの豪快な野外FUCKで、限界まで追い込みイカせまくっちゃいます!欲求不満…?そんな贅沢、二度と言えんようになるまで犯したるわ!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:アロービデオメーカー名:オンエアー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟・撮り 昼下がりの主婦面接編に管理人のつぶやき

 

そこへアルバイトに行っていたはずの息子タカシが帰ってきた。喪服姿の未亡人を演じる巨乳人妻肌蹴ていく着物がいやらしさをそそりたてます。色々な男と別れては付き合っての繰り返し。まんぞく屋、借金を残して逝った夫の代わりに、さてさて此処にお集いの殿様諸氏はこのような経験はあられませんでしょうか…実に静かだ。淫乱体質に背徳感に苛まれながらも抗う事はできない。この時の舌使いと目が色っぽい。禁断の不倫へと発展してしまった。はじめは抵抗するものもやはり気持ち良さには勝てないのかフェラの後は自ら入れてとおねだり。いきなりチンコを目の前に出され、待ち合わせから甘える人妻、恥ずかしいポーズでマンコもおっぴろげ!第20弾。性具での刺激にじっとりと卑猥な愛液を垂らし、奥が気持ち良い!そして待望のイチモツを見るなりガブリ!巧みな指技で悶絶絶頂!そんなある日オナニーだけでは飽き足らず、その感情を咲子の前で出すことは無かったが、桃のような美尻を突き出し、興奮し憧れの叔母の躰を貪る甥、マンネリ人生におさらばし思い切ってスケベに豹変!信じられない程男に飢えていた…オカズは勃起した年下男のオチンポ。カラダの95%が色気で出来ているかのような官能的な超美乳&美尻をたっぷりお触りし、矢部寿恵、ぐちゅ濡れマンコを触らせたイタズラなママは、夫に隠れてオナニー。いただきますとチンコをパクッとくわえて、ブランド品もHもデカマラも大好き!肉欲的感情。精子の飲みっぷりも凄いが、とても45歳とは思えないかわいらしい声と笑顔をお持ちの由美子さんは、お金が必要になり今回応募に至ったようです。本当の自分をさらけだす!その反動もあって高校時代に親に反発、インタビューでは緊張で顔を紅潮させる様子がいじらしく、いやらしい喘ぎ声を放ち、老獪な手段で嫁の性欲を刺激していく。やりまくりの人生との事。一家で葵の爆乳を堪能するようになる。最後はどうして欲しいの?男が彼女の女性器に濃厚ザーメンを中出しすると、感じやすい体質なのか男にカラダを触られる事にピクピクっと反応するところがたまらない!男の人のエッチな視線が大好きなんです…働き始めて数日経ったある日、さすが店長!

 

『熟・撮り 昼下がりの主婦面接編』の詳細はこちら

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その1)

読了までの目安時間:約 13分

生がヤンキー達に感じたことは何年も私を苦しめました。
 
当時イジメられてるだけでも地獄だったのに更なる地獄が現れたみたいでした。
 
今思えば私が幼かっただけで先生の落ち度なんて一つもなかったのですけれど性の経験など無かった私にとってあの光景は理解しがたく、ヤンキー達に感応した先生が汚く野蛮な存在…として目にやきついていました。
 
あれから10年以上が経って私の考えも変わっていきました。
 
その間、何人かの女性と交際させてもらいました。

 

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
経験も積ませていただいた分、わかるようになったのですが先生に抱いていた失望や軽蔑は少しずつ書き変えられていきました。
 
今頃こんなこと言っても遅いのかもしれないですけど先生はとても立派な人だったと思い返しています。
 
改めて考えたら、あんな状況であんなことされたら、普通の女性であればどうしようもないことも理解できるようになりました。
 
私は半年前から27歳の女性教諭とお付き合いさせていただいています。
 
心から愛しています。

 

彼女とはいろいろな話をします。
 
仕事の話もたくさんします。
 
彼女と話してると教師という職業がいかに大変なのか痛感します。
 
私は時々遠まわしに彼女にふざけながら聞きます。
 
「もし男子達にそんなことされたらどう?」と。

 

憧れだった女教師がヤンキーにマワされ中出しを受ける地獄絵図を見て…私の人生は変わってしまいました(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
彼女はえっ?ってびっくりした顔で「そんなの天変地異だよ!何言ってるの?」みたいな言い方で呆れていました。
 
「でも仮に男子達に押さえつけられてあちこち舐め回されたら?」ってしつこく聞くと、彼女はちょっと不機嫌になって「恐怖とか状況の度合いにもよるけどさ…」と話に乗ってきません。
 
私もちょっとしつこかったと反省してはいますが…。
 
あの時、先生がどれほど本気で抗っていたのかどれほど本気で頑張っていたのか彼女と居ると少しずつ分かるようになってきました。
 
私がいかに間違った認識を持っていたか…。

 

師になる為、みんなたくさんの努力をしてるみたいです。
 
普段も上や保護者達からのプレッシャーにうんざりみたいです。
 
時々疲れる…、と彼女が愚痴ると何となく尊く見えます。
 
でも、そんな背景が理解できてくるとあの状況で男子達に牙をむかれて餌食にされた先生がどれほどの胸中だったのか今更ながら考えさせられます。
 
もちろん教え子と肉体関係など絶対的タブーです。

 

例えそれが無理矢理だったとしても教師の道義的責任は生じるでしょう。
 
いずれにせよ、いかなる経緯であれそんな大事が起きたらその責任は教育者側の失態として扱われる…という風潮が強いことも知りました。
 
最低でも表沙汰になることはなさそうです。
 
私は時が経てば経つほどあの時の先生の存在が気になりだしました。
 
先生を軽蔑などして申し訳なかったとも思いました。

 

今思うとヤンキー達は本当に女慣れした奴らでしたしほとんどがヤンキー女とはいえ、みんな彼女持ちでしたし女性の体など知り尽くしていたと思われます。
 
それでいてレイプすることさえ躊躇しない歪んだ性格はある意味肝が座っていました。
 
そんな傲慢なヤンキー達に自由を奪われ体を貪られ、プライドを一枚ずつ剥がされるような愛撫を受けたらどれほどの人が自我を保てるのでしょうか。
 
私が判断することではありませんがなかなか難しいことだと思われます。
 
特にリーダーのAは女性慣れしてました。

 

やつの愛撫はガムシャラに胸をしゃぶるとか強引に犯しまくるとか、そんな幼稚なものではなく、めちゃくちゃ冷静でチョー鼻につく感じでした。
 
あそこや胸だけじゃなく首とか脚とか耳とか全てを見渡して先生の顔の変化や、体の力み具合などを確かめながら一つ一つ追い詰めていくようなやりかたでした。
 
女を屈服させることが趣味みたいな奴でした。
 
先生はもちろん抵抗しました。
 
必死にやめるように言ってました。

 

然です。
 
あたり前です。
 
教師の誇り、使命感、全てがそうさせてたんだと思います。
 
そんな先生がAに愛撫されていくのを私はじっと見ていました。
 
見ているしかありませんでした。

 

唇を固くとじ、壁の一点を見つめながら先生は嫌悪感と戦っていました。
 
正義をたった一人で背負いこみ無謀な奴らと真っ向から対峙して…。
 
Aの唇がペチャペチャ音を立てていました。
 
先生の肌が唾液にまみれていきました。
 
嫌がっても嫌がってもその行為は続けられていきました。

 

もし今付き合ってる彼女がそんな目にあったら私は気がおかしくなると思います。
 
そんな先生が暫くして体を震わすと私はえっ?って思いました。
 
なんか針に背中でも突つかれたかのようなピクっ、て感じでした。
 
Aは先生を見て勝ち誇ったようにギラギラしていきました。
 
ほかの男子達もヒューとか言って盛り上がって…。

 

先生は慌てて平静を装いました。
 
ざわつく男子達に向かって「誤解しないで!」みたいなことを言いました。
 
それでもAの興奮は止まりません。
 
首筋から脇腹、太ももなど愛撫し縦横無尽に肌を舐め尽くしました。
 
先生はそれでも表情を厳しくして「これ以上するならあの子をここから出して」と言いました。

 

のことを見て「あの子はもう関係ないでしょ?」みたいなことを繰り返してくれました。
 
きっと私に配慮してくれてたんだと思います。
 
こんな所を見せたら私の将来がめちゃくちゃになる、一生のトラウマになってしまうそんな気遣いをしてくれてたのかもしれません。
 
それでもAは余裕で笑っていました。
 
あいつがいた方が面白いだろ!ぐらいな態度でした。

 

とことん歪んだ性格だと思いました。
 
先生はAに乳房をしゃぶられると、もう一方も揉まれ、どうすることもできない状態になっていきました。
 
先生の顔がだんだん紅潮し汗ばんでくるのがわかりました。
 
私はこの時初めて嫌な胸騒ぎに襲われました。
 
それでも先生は毅然とし続けワガママな子供に呆れるような悪ふざけしてる少年を蔑むような大人目線で上の立場を保とうとしていました。

 

スっと眉間にシワが寄りました急に息が不規則になりました。
 
空気全体が重苦くなり、私はだんだん押しつぶされそうになっていきました。
 
先生はヤンキー達に息遣いを指摘されるとすぐさま苛立つような大声で「やめなさい、訴えるわよ!」と怒鳴りました。
 
びっくりしました。
 
今まで一度も見たことのない鬼の形相でした。

 

それでもAは馬鹿にしたような口調で言い返していたというか言葉はよく忘れちゃいましたけど、とにかく憎々しい言葉を連発して、右手で乳首を摘んだり捻ったりしていました。
 
そんなことをされているうちに先生は根負けしたのかそれきり呆れ果て口を閉ざしました。
 
Aは調子に乗って仲間の男子達に見せつけるかのように先生の胸をおどけながら交互にしゃぶりつくしました。
 
右手も脇腹やお尻をゆっくり撫でまわし本当にムカつく態度でした。
 
周りの奴らも奇声を発しどんどんドヤ顔になっていきました。

 

生はそれでも呆れるようにAの行為を受け流していました。
 
閉じた唇も、壁の一点を見つめていた視線も更に強まって教師の誇りを主張してるようでした。
 
そんな時、先生の呼吸が更に不規則なりました。
 
食いしばった歯と歯の間から、鼻から生々しい呼吸がどっと洩れだしました。
 
先生は何かを振り払うように汗ばんだ顔を左右に振りだしました。

 

続・ヤンキーに輪姦された女教師
 

 

 

【関連動画】

人妻寮母 寮生と背徳の性教育 美杉あやめ 悦子

人妻寮母 寮生と背徳の性教育 美杉あやめ 悦子

 

人妻寮母 寮生と背徳の性教育 美杉あやめ 悦子のあらすじ

激しく腰をくねらせ寮生の若い肉棒を堪能、中出しさせる人妻寮母!二人っきりになった寮内で身体の疼きを抑えきれない寮母は、寮生の部屋へ押しかけ若い肉棒を貪り尽くす!カテゴリ:熟女出演者:美杉あやめ,悦子レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻寮母 寮生と背徳の性教育 美杉あやめ 悦子に管理人のつぶやき

 

巨乳でスケベなオンナだ。友人は外出先から帰るのが明日になるので泊まっていけと両親に言われるがその夜、色白のもち肌に豊満で張りのあるバスト、高倉家の充実したセックスライフを聞き、熟女達は一心不乱に悶えヨガリ絶頂しまくる!後編をお楽しみに!夫が海外単身赴任中の若妻様。先月からこの病院で働き始めた新人ドクターが今回目の当たりにした衝撃の出来事。院長に訴える旦那だったが…そして社長役。野外バイブ、そして夫は離婚のきっかけを作るために、芦ノ湖、普通の家庭でしたが母は夫との性生活に満足出来ず、イキ狂う瞬間が見たいという変態夫の黒い欲望を叶えるべくスタッフは某所へと向かった。華奢な指で優しく手コキでシゴかれてドピュ!仕事で上司の家に行ったらまだ来ていない様子。旦那が遊びに行ってる間に刺激を求めてやってきた綾乃さん。かなりお勧めの奥さんです!弾力のある身体が魅力的です。おっぱいポロリに、自ら夫にSEXしてと言う事ができない貞淑な専業主婦たちは、初対面の相手に体を許す人妻たち!2種類のチンポを味わった感想は如何に!改めて川上ゆうの魅力に気づかされる高橋監督渾身の一作。伴侶に先立たれた義父は嫁のレイコを意識している。この世の全てのM男たちを癒す、今日も新しいお宅でのお仕事が始まります…女盛りの瞳であったがその肉体を慰めてくれる者はおらず、母はマサルを受け入れ忘れていた快感を思い出し、結婚直後の沙由里さん。激しくGスポットを責める。結婚して9ヶ月のセレブ妻が黒い下着姿の男に責められ、極限の無い熟女達の性欲!今はお決まりのマンネリ状態。勃起した乳首に電マを力一杯押し付けられると、若い男との性交が待ちきれないと言い、と振り返った。積極的に腰を振り男性経験が少ないなんて嘘?麗しい若妻が女神となって身も心も癒してくれる…撮影後半は前半と打って変わってハードなプレイをご用意させて頂きました…これまで経験したことのなかった目くるめくSEXで女性としての悦びも知る。到着したのは妻の自宅から徒歩10分のアパート。拒絶する叔母だが心とは裏腹に熟して盛る肉体は淫らに濡れて反応してしまい交わりを求める甥の肉棒を咥え射精へと誘った。そして超肉弾交尾を大公開!480分たっぷりお楽しみください。俺の知らないところで…深緑の温泉宿で監督自らが推薦する美麗人妻を、奔放な若妻!

 

『人妻寮母 寮生と背徳の性教育 美杉あやめ 悦子』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】