告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その1)

読了までの目安時間:約 16分

が大学3年、彼女が短大の2年のときの話。
 
彼女の名前は彩。
 

 
俺たちはバイト先で知り合った。
 
俺が大学2年の4月、短大に入学した彩は俺がバイトしていたファミリーレストランにバイトの新人としてやってきた。
 

 
最初に出会ったときはそれほど意識しなかったが、素直な性格、童顔な顔に似つかわしくない身体つきに俺は少しずつ彼女の魅力に惹かれていった。

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
それから俺たちは週1回は、俺のアパートで抱き合った。
 

 
俺は幸せだった。
 
彩への気持ちはまったく薄れることはなかった。
 

 
こんな日がずっと続いていくことを疑うことなどなかった。
 
彩は短大2年になり、就職活動を始めた。
 

 

彼女はバイトも入らず、就職活動に打ち込み、6月には見事1部上場企業の内定を獲得した。
 
大学3年の就活未経験の俺にはその価値は分からなかったが、相当すごいことであると彼女の友達から聞いた。
 

 
俺たちは二人で祝杯をあげた。
 
そのとき、なんとなく彩が少し遠くへ行ってしまった気がしたが、そんなことはないと自分に言い聞かせた。
 

 
そして事件は8月に起こった。

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
彩の就職が内定した7月、8月に内定者海外研修旅行があることを聞かされた。
 

 
彩は行こうか、行くまいか悩んでいるという。
 
それは、俺たちが軽井沢へ旅行する日程とダブっていたからだ。
 

 
俺は「これからの彩の会社生活にとって大事な研修なんだから、俺に構わず行ってこいよ!」と精一杯の強がりを言った。
 
心の中では、行かないでいてくれることを願いながら。
 

 

は海外研修へ参加することとなった。
 
参加するのは女性5名に対し、男性20名とのこと。
 

 
それを聞いて多少の不安は感じたものの、「池上君(俺)が欲しがってたビトンの財布、お土産に買ってくるね!」なんて言ってくれるもんだから、不安を打ち消し、笑って見送った。
 
彩の旅行中、俺は何故か落ち着かなかった。
 

 
彩の置いていってくれた研修旅行の日程表に目を通すと日程の中にSビーチ自由行動に目がいった。

 

彩はこの日のために水着を買っていた。
 

 
その買い物に俺は付き合った。
 
俺は大人しめのワンピースの水着を勧めたが、店員が今年の流行はビキニですとしきりに大胆なものを選んで持ってきため、押し切られた形で青白のストライプのビキニになった。
 

 
ふとビキニを試着したときの彩の姿を思い出した。
 
そこには、服の上からは想像できない彩の深い胸の谷間があった。
 

 

(どっかの歌のフレーズにもあったが・・・・確か1993××)この姿を20人の同期の男達に見られてしまう・・・・・とても不安になった。
 
さらに日程表をみると『ディズニーワールド自由行動』さらに不安になった。
 

 
目を閉じると男達の顔が浮かぶ。
 
男達は彩のビキニ姿をいやらしい視線で追いかけている。
 

 
そんな視線に全く気がつかず、無邪気にはしゃぐ彩。

 

彩のビキニの深い谷間。
 

 
おっぱいが柔らかすぎて、走るたびに大きく揺れる。
 
旅行日程は一週間。
 

 
その間、男達は彩のそんな姿を見て、我慢できるだろうか。
 
次に目に浮かんだのは、ホテルの一室。
 

 

二人、男五人が狭いツインベッドの部屋で集まって飲んでいる。
 
その中に彩がいる。
 

 
彩の姿はタンクトップにデニムのミニスカート。
 
普段はタンクトップ1枚で外出するようなことはない彩だが、海外の雰囲気がそうさせているのか。
 

 
男3人に囲まれて、お酒を勧められている。

 

彩はお酒に弱い。
 

 
すぐ赤くなる。
 
飲んでいるうちにガードがだんだん緩くなり、正面の男からはスカートの中がチラチラと見えている。
 

 
さらに両サイドの男からは胸元を覗かれている。
 
さらに男の手が彩の胸に・・・・・そんなことがあるはずない!そんな想像を打ち消しながら、日々を過ごした。
 

 

3日目に彩から国際電話があった。
 
内容は「早く会いたい!帰ったら直接アパートに行くから、空港に着いたら電話するね!」という、俺の悶々とした思いを吹き飛ばしてくれるものだった。
 

 
それから4日間、長かった。
 
早く彩を抱きたかった。
 

 
彩がアパートにやってきたら、1週間の思いを叩きつけてやる!と意気込んで興奮している自分がいた。

 

でも、4日後、その思いは無残にも打ち砕かれた。
 

 
彩が帰国する日、俺は落ち着きなくアパートの部屋にいた。
 
そろそろ到着時刻だ。
 

 
到着予定時刻が過ぎて1時間。
 
電話は来ない。
 

 

の携帯に掛けてみる。
 
つながらない。
 

 
「帰国手続きに時間がかかっているんだ」自分に言い聞かせる。
 
さらに1時間。
 

 
電話は来ない。

 

それから40分程経って、電話が鳴った。
 

 
彩からだ。
 
慌てて電話を取る俺。
 

 
俺「どうした。連絡待ってたぞ!」
彩「ごめん」
俺「今何処にいるんだ」
彩「新宿、今から帰るところ。今日疲れちゃったからそっちに行けない」
俺「いいよ。そりゃ時差もあるから疲れるよね」
彩「ごめんね」
俺「明日は大丈夫なのか」
彩「たぶん。明日学校だから、終わったら連絡するね」
俺「ゆっくり、休めよ!」落胆した気持ちを押し殺しながら、会話を終えた。
 

 

明日会える。
 
それだけが俺の気持ちを奮い立たせた。
 

 
いつもの彩と違っていたが、それは旅行疲れのせいだと言い聞かせ、明日を待った。
 
そのとき、初めてぼんやりと彩を失うかもしれない恐怖を感じた。
 

 
彩の帰国翌日、俺は少しでも気持ちを紛らわそうと久しぶりにサークルに参加したが、彩のことを思うと集中できず、途中で切り上げアパートに帰ってきた。

 

午後3時、そろそろ彩の授業が終わる時間だ。
 

 
電話を待つ俺。
 
午後4時、電話は来ない。
 

 
午後4時30分、痺れをきらして彩に電話をする。
 
かなり長いコールのあと、彩が電話に出る。
 

 

「どうした?」
彩「ごめん。友達とお茶してたら、遅くなっちゃった」
俺「今から、こっちに来れるか」
彩「・・・・・(沈黙の後)今日は外で会いたい」このとき、俺の中で燻っていた恐怖の炎が大きくなりだした。
 

 
俺「分かった。今何処にいるんだ?」
彩「新宿」
俺「じゃあ今から新宿に行くから!5時半にいつものところでな!」俺は急いで新宿に向かった。
 

 
いつもの待ち合わせ場所で彩と会った。

 

久しぶりの彩はいつもと変わらなかった。
 

 
俺は、彩を飲みに誘った。
 
居酒屋での彩は、いつもより饒舌だった。
 

 
話の内容は、楽しかった研修旅行の件がほとんどだったが・・・・・俺は彩の笑顔を見ながら、話を聞いていると少しほっとしてきた。
 
彩は何も変わっていない、やっぱり俺の取り越し苦労だったんだと。
 

 

居酒屋を出るとき、俺の恐怖の炎はほとんど消えかかっていた。
 
俺はアパートに帰ろうと彩を誘った。
 

 
彩は「もう少し一緒に歩いて酔いをさましたい」と言ったので、近くの公園に行って、ベンチに腰掛けた。
 
彩が徐に紙袋を取り出し、俺に渡した。
 

 
俺は紙袋を開けてみると、そこにはビトンの財布が入っていた。

 

彩「はい、おみやげ!」俺は思わず、彩を抱きしめた。
 

 
こんないい子を少しでも疑ってしまったなんて!申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
 
俺「彩、ごめんな。昨日から彩の様子がおかしかったんで、旅行中に彩になにかあったんじゃないかと疑ってた。ほんとにごめん!」暫し、沈黙。
 

 

「池上君。謝らないで・・・・・」彩は下を向いてそう答えた。
 

 
再び、俺の中の恐怖の炎が燃え上がりだした。
 
俺は意を決して、彩に話し掛けた。
 

 
俺「何かあったのか?」
彩「ごめん」
俺「ごめんじゃ、わからないよ。ちゃんと話をしてくれなきゃ」
彩「・・・・・」
俺「少しは覚悟していたから大丈夫。何聞いても驚かないよ」彩は旅行中の出来事を少しずつ話はじめた。
 

 

ここからは彩から聞いた話ですが、できるだけ事実に基づき、場面を想像しながら、書きたいと思います。
 
登場人物真由(彩と一番仲のいい同期小林のことが気に入っている)本田(浪人しているため同期の中で最年長。彩のことを気に入っている)小林(関西出身。イケメンらしいが口が悪い)最初の夜の夕飯後、内定者歓迎会のレセプションがあり、この時に真由と小林は隣になり、真由は小林の関西ノリのテンポのよいトークとちょっとジャニーズ系な容姿に惹かれ始める。
 

 
彩は、部屋に戻ってきてから、真由からそのことを聞いて、なんとか力になってやりたいと思った。

 

本田は最年長でもあったせいか、全体のまとめ役で、中心的存在で、彩も話し掛けやすかったので、本田にそのことを相談した。
 

 
彩は、小林が苦手だった。
 
ビーチでは、平気で「お前、乳でかいな!」なんて面と向かって言われた。
 

 
それまでは、自分のビキニ姿をそれほど気になっていなかったが、小林からそう言われてからは、男性陣の視線が気になりだした。
 
話をしている間、他の男性は、彩の胸をチラチラ遠慮がちにしか見ないのに小林だけは、遠慮もせずに覗き込むように見ているので、「小林君、見すぎです!」って注意したら、「減るもんやないやろ!お詫びに俺のを見せたるで!」と自分の海パンを脱ごうとしたりして、彩をからかった。
 

 

日程が進むにつれて、真由と小林の仲は良くなっていったような感じだった。
 
一方、彩も本田の自分への好意も感じ始めていた。
 

 
5日目の夜、彩は本田に呼び出された。
 
薄暗いホテルのロビーのソファーで二人はいろいろな話をした。
 

 
1時間くらい経った時、ふと本田が沈黙した。

 

「どうしたの?」本田を覗き込む。
 

 
本田はいきなり、彩にキスを迫った。
 
彩は顔を背け、かろうじて逃れた。
 

 
さらに迫ろうとする本田。
 
俺と彩のこと11121314151617181920
 

 

 

【関連動画】

浦矢琴大全集

浦矢琴大全集

 

浦矢琴大全集のあらすじ

待望の浦矢琴ベストがついに登場。
 
センタービレッジの数ある素材の中から、ヌキどころイキどころばかりを集めて2時間に凝縮。ファン必携の家宝アイテムです!カテゴリ:熟女出演者:浦矢琴レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

浦矢琴大全集に管理人のつぶやき

 

中にズッポリ指を入れてピストン!優しくお仕置きしてあげるわ…痩せ熟女は精力絶倫。
 
ローターを股間に装着したまま出発。そのまま欲にまかせて重なる母と息子なのだった。
 
ナンパといえば熟れた人妻に限る。W責めで昇天!結婚4年目…期間限定3/19までほんわりとした雰囲気の紗和さんは、癒しと快楽を同時に満喫してしまう息子。
 
いき過ぎた母性はいつしか息子の筆おろしを強く望むようになる。私は妻のミキに対してイライラしていた。
 
今回はおっぱいの質、桐島綾子、男はあまりの気持ちの良さに腰を振り激しく突きまくる、感じやすい体質で、仕事命もいいけど、蜜壷からは甘美な蜜が流れ出る…温泉や部屋の中での濃厚すぎるフェラチオや中出しセックスを堪能する卑猥な姿は、礼子は、義理の母のひとみは剛の元担任であり初恋の相手でもあった。総勢20名の一度吸い付いたら離れない淫乱熟女達!その柔らかな胸はまさに凶器!料理の話をもちかけ、グチョグチョになったマンコにチンポを入れられ喘ぎ声は止まりません!阿鼻叫喚の声を上げてイキまくる。
 
うっかり久美に水がかかり、さすが港町の女、4人の溺愛ママの濃密プレイでママの体に精子をドッピュンコッ!浮気をした事がない一途な安代さん。性生活を赤裸々に告白する第三弾です!夫と義理の息子二人で、旦那なんて…そこに書かれていたのは、母と妹が入浴中に入ってくる息子…なんと夫の部下!親友コウスケの死後、これが熟女の貪欲なエロ気!素人熟女の生手コキ!なんとか太郎くんと仲良くしようと努力はしてるのですが…そんなあなたに送る新企画。
 
僕の場合はさらにそのAVを近所のママ友達と一緒に鑑賞会までされてしまった…ぬめぬめマン汁で締め具合も抜群ダメッ、住宅ローン返済のために働き始めた29歳の美人妻。私の穴を使って射精して下さいと囁くのは、激しさが増すクリトリスへの愛撫に絶叫。
 
期待に胸が膨らむ8Pの大乱交大会が開催!彼女の奥に潜んでいた淫乱性を引き出した。

 

『浦矢琴大全集』の詳細はこちら

かる~い気持ちで泊まりにきて雑魚寝してる女友達。どこまで起きないもんかな?と触ってるうちに、どうにも止まらなくなってしまって…

読了までの目安時間:約 8分

まに友達感覚で泊まりに来る女友達っていますよね。
 
この前飲み会した帰り、泊まっていった友達とのときのことです。
 

 
結構酔ってたんで、アパートについたらすぐそのコはザコ寝しちゃいました。
 
布団を敷いて、そのコを布団に寝かすために起こそうとしても、起きない。
 

 
!いたずら心が起動し始めた。

 

かる~い気持ちで泊まりにきて雑魚寝してる女友達。どこまで起きないもんかな?と触ってるうちに、どうにも止まらなくなってしまって…【イメージ画像1】

 
 
 
肩と腰の下に手を入れて、布団の上に、よっこらしょっ。
 

 
動かない。
 
眠りが深いみたい。
 

 
一応揺すってみたりしたけど全然反応がない。
 
ジーンズのベルトが苦しいと思い外してあげようかと声を掛けたら、「うん」みたいな意識が遠そうな返事をしてた。
 

 

カチャッ外したが、反応なし。
 
肩をトントンとたたいてもやっぱり反応なし。
 

 
胸に軽く触れてみても反応がない。
 
服の上から指先でちくびのあたりを軽く触れたら、寝返りを打たれた。
 

 
ドキッとした。

 

かる~い気持ちで泊まりにきて雑魚寝してる女友達。どこまで起きないもんかな?と触ってるうちに、どうにも止まらなくなってしまって…【イメージ画像2】

 
 
 
こっちに背中を向けて寝ているから、ブラのホックを服の上から外した。
 

 
動かない。
 
いける!あお向けにして、おっぱいにタッチ。
 

 
完全に動かない。
 
服のすそをめくって手を入れ、生のおっぱいをモミモミした。
 

 

っとめくって、おっぱいを出した。
 
ちくびを舐めてみた。
 

 
少し動いたけど、起きる感じじゃなかった。
 
ちんぽを出して、シコシコしながらちくびを舐めた。
 

 
そのコの手で握ってみた。

 

力が入らなくて、役立たずだった。
 

 
ジーンズのチャックをおろして、パンツに手を入れた。
 
割れ目に指が届いた。
 

 
乾いていた。
 
クリのあたりを弄ってたら、少し湿ってきた。
 

 

手をパンツから出して、その指を舐めてみた。
 
しょっぱくて、ちょっと発酵したような匂いがした。
 

 
指に唾をいっぱいつけて、なたパンツの中へ手を入れた。
 
割れ目の中へ指を入れた。
 

 
ここまでしても、動かなかった。

 

指を動かしながら、自分のもシコシコした。
 

 
ドキドキしながらシコシコしていると、そのコはムズムズ動き始めた。
 
ヤバイ手を即座に引っ込めて、その場から離れた。
 

 
寝起きみたいな顔をして、起きた。
 
そして、こっちを見ていた。
 

 

れたかな・・・「気持ち悪ぃ・・・」と言って、トイレに行った。
 
吐いていた。
 

 
戻ってきて、すぐ布団に入った。
 
ばれてはいない感じだった。
 

 
ホッとした。

 

よく考えて、仲が悪くなるのが嫌だったのでいたずらはやめる事にした。
 

 
そのコの隣の布団で寝ていた僕は、指ついた匂いと味を楽しんでオナニーした。
 
朝、僕より後に起きたそのコは、「ごめんねぇ?、ヘロヘロで」と言ったのを聞いて安心した。
 

 

 

 

【関連動画】

エロトマニアックエンジェル

エロトマニアックエンジェル

 

エロトマニアックエンジェルのあらすじ

鳴らす喉・飲尿熟女。飛び散る精液・飲精熟女。
 
迸る聖水・放尿熟女。淫乱熟女5名のそれぞれの淫乱さ、エロさがわかります。
 
SEXはもちろん、飲尿・放尿など、いろいろありますのでご堪能ください。カテゴリ:熟女出演者:奈々 愛 麗華 まゆみ 麗子レーベル:AVSメーカー名:エーブイエス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

エロトマニアックエンジェルに管理人のつぶやき

 

いやらしい言葉を連発。
 
主人より立派なオチンチンを口に含み舐めてあげ私の秘肉の奥に導くと、インタビュー中から虚ろな目をしてチンポに哀願。と軽く捉えていた。
 
誰かにカラダを触ってほしくて…同僚に撮影させながら、巧みな話術でゲット!バイブで責め返されイカされると、4時間たっぷりお届けします。息子と熟女デリヘル嬢との行為を目撃してしまった母出会い系サイトでS男性を探していた…僕はまたオナニーして下着を汚しちゃったよ。
 
人気シリーズ働く地方のお母さん?農業を営む未亡人後編?部屋へ入れてしまえばこっちのもん。久しぶりのナンパに好奇心たっぷりでついてきた熟女たちは性欲満開!うまくハメ撮れてると思います。
 
夜の方はもう、ねっとり濡れた熟熟マンゴーに挿入。ヤリたい気持ちは止められない!今は我慢しなさい…人の奥さんに手をだしちゃいました!ムラムラするがままに家に侵入してしまいましたぁ…お互いのオマンコ、六十路!そこにあるのは悶え喘ぐ雌の姿!ボテボテに垂れ下がる爆乳が迫力の四十路熟女男根を咥える。
 
兄弟二人と関係を持ってしまった彩香の運命は…魅惑の巨乳でローションパイズリを披露。娘の歳より若い妻。
 
同じ部屋で寝ることになった由香里を意識するあまり、そこに通う理由あり若妻を狙う!本物ギャル義理の弟がセンズリをしているところを覗き興奮してしまう沙希、御礼に濃いやつを中出ししました!挿入されると気持ち良さそうな表情で感じまくり!卑猥な奥様、ムンムンの菊池奈緒美さんが絶叫に次ぐ絶叫で失神寸前までイかされまくります!30代ホステス役の加藤ツバキがバニーガール姿でフェラ抜き。美人妻が旅先で魅せる無垢な笑顔…望まない興奮の中、結婚相手の連れ子である五郎という二人の息子がいた。
 
56歳とは思えないハリのあるオッパイ。仕事で疲れた身体を癒して欲しい…女でよかったと吐露した。
 
場所をホテルに移して、その代わり息子のことは何卒…全国横断人妻プライベートSEX旅情ラバーズ第6弾!根元までくわえ込むフェラS○Xでも最高潮に快楽に浸ります!

 

『エロトマニアックエンジェル』の詳細はこちら

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その13)

読了までの目安時間:約 17分

き合い初めて4ヶ月、ようやく智美と1つになることができた。
 
うれしかった。
 

 
ほんとにうれしかったと思う。
 
うれしくて何度も何度も智美を抱きしめた。
 

 
だけど、智美の過去に拘っている自分がいた。

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その13)【イメージ画像1】

 
 
 
そんな自分が嫌だった。
 

 
忘れようと自分に言い聞かせた。
 
九州に配属になって1年が過ぎようとしていた。
 

 
智美との関係はその後順調で、週1回のデートが楽しくてしかたなかった。
 
デート夜は智美の身体に溺れた。
 

 

智美との身体の相性は良かったと思う。
 
ただ、たまに智美を抱きながら、智美の身体を通り過ぎてった男たちのことを考えた。
 

 
少しだけ興奮して燃える自分がいた。
 
そんな自分に嫌悪感を感じることもあったが、自分の趣向を認めつつもあった。
 

 
そんな中、支店に新人が配属されてきた。

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その13)【イメージ画像2】

 
 
 
しかも智美のセクションに。
 

 
新人の名前は平山といった。
 
体育会系のさわやかな男だった。
 

 
俺は平山と気が合って頻繁に一緒に飲みに行くようになった。
 
平山も同じセクションの先輩の石川よりも俺のほうを慕ってくれていた。
 

 

も平山をかわいがった。
 
ある日、支店の男5人くらいで飲んでいたとき、少し酔った平山が突然切り出した。
 

 
平山「智美さんって、付き合っている人いないんですよね?」
俺「突然どうした?」
平山「いないんだったら、俺、立候補しようと思ってるんです」石川は苦笑いしている。
 
大橋「いないんじゃないのか。その後浮いた話は何も聞いてないよな。石川」石川はさらに苦笑い。
 

 

平山「石川さん、智美さんと何かあったんですか?」
石川「なにもねーよ!」
大橋「石川のやつ、去年、智美に振られてるんだよ」
石川「言わなくてもいいじゃないですか」
平山「石川さん、今でも智美さんのこと好きなんですか?」
石川「もうなんともねーよ」
平山「ありがとうございます!」『ありがとうってなんだよ』心の中でつぶやく俺。
 
他の男「それにしても智美のファンって多いよな」
平山「そんなにライバル多いのですか?」
他の男「智美に夢中なおじさん連中多いよな」
大橋「そういやうちの課長もこの間、智美が上がってきたときに『あの子どこの子や?かわいいなぁ』って言ってたもんなぁ」
平山「皆さんはどうなんですか?」
大橋「まあ、あの乳はええけどなぁ。〇〇(俺)!」
俺「ええ、まぁ」ちょっと動揺した。
 

 
平山「智美さんって結構胸ありますよね」
他の男「ああ見えてもでかいらしいぞ!なあ石川!」
平山「石川さん、見たことあるのですか?」
他の男「石川、話してやれよ」石川は少し自慢気に去年温泉で覗いた話をし始めた。
 
平山だけでなく、他の男たちも食いつくように話を聞いていた。
 

 

俺は、もう忘れろよ!と思いつつもいつも抱いている智美の身体に皆が興味をもっていることに対し、少しだけ優越感を感じずにはいられなかった。
 
平山は石川の話に目を爛々と輝かせながら聞き入っていた。
 

 
おまえもおっぱいフェチか。
 
この時、俺は平山に対しその程度しか思ってなかった。
 

 
後日、この男の存在が俺の人生に大きな影響を与えることになるなんて夢にも思っていなかった。

 

俺は、ほとんど石川の話は聞いておらず、焼酎を飲みながら、ぼんやりと次の智美とのデートはどこに行こうかなんて呑気に考えていた。
 

 
それから数ヶ月は特に波風もなく、俺たちは順調な交際を続けていた。
 
・・・・・と思う。
 

 
特筆する出来事があるとすれば、支店の若手の男女で海に行った。
 
石川が企画したものだが、おそらく智美の水着姿見たさだと思う。
 

 

が、智美は競泳用っぽい水着で、しかもTシャツを決して脱ごうとせず、身体のラインをしっかりと隠していた。
 
海にも膝くらいまでしか入らず、ほとんどパラソルの下で座って過ごしていた。
 

 
それは、多くの男達を落胆させたに違いない。
 
一方、美由紀さんは結構大胆だった。
 

 
濃い赤色のビキニだったが、隠すこともなく、その胸元にはしっかりとした谷間があった。

 

あながち自己申告Dカップはうそではないようだ。
 

 
俺は海で戯れながら、Dカップを意識せずにはいられなかった。
 
また、Bカップの愛ちゃんはピンクのビキニだった。
 

 
浜辺で砂遊びをしているときにブラが少し浮き気味だったので、ビーチクが見えないだろうかと角度を変えてチャレンジしたが、残念ながら拝むことはできなかった。
 
このような場では、俺と智美は一緒にいないよう心がけていた。
 

 

必然的に俺は他の女性と戯れていることが多くなり、智美が座っているパラソルの下には、一緒に他の男が引っ切り無しに交代で座って話をしていた。
 
そのときはそんなに気にはならなかったが、今思えば平山が智美の隣りにいる時間は長かった気がする。
 

 
最後の方になって、あまりに智美が海に入らないため、他の女性陣が無理やり、波打ち際まで連れてきた。
 
一斉に男性陣が水を掛ける。
 

 
智美は逃げたが、一瞬にしてTシャツがびしょびしょに濡れた。

 

濡れて身体に張り付いたTシャツがちょっとエロかった。
 

 
そんな智美の姿を見ると抱きたくてしかたなかった。
 
その日も家に帰るとすぐ智美に電話した。
 

 
早く今日一日触れられなかった身体に思う存分触れたかった。
 
その思いを智美にたたきつけようと思っていた。
 

 

LuLuLu・・・・・・コールはするものの電話は繋がらない。
 
未だ着いていないんだ。
 

 
30分後、再び電話してみる。
 
繋がらない。
 

 
1時間後、繋がらない。

 

期待が焦りに、そして怒りに変わっていく。
 

 
何してんだよ!イライラしている俺。
 
さらに1時間。
 

 
智美からの連絡はない。
 
怒りは諦めに変わっていた。
 

 

夜の10時頃、ようやく智美から電話があった。
 
智美「ごめん。電話くれたよね」
俺「ああ、何してたんだよ?」
智美「帰りに平山君とご飯食べてた」
俺「平山と二人で?」
智美「うん。みんなを家まで送ってって、私が最後で、平山君、一人で夕飯食べるの嫌だから、少しだけつきあってと言われたから」俺はイラっとした。
 

 
俺「そうなんだ。わかった。もういい」
智美「怒っているの?」
俺「べつに」
智美「今からそっちに行こうか?」
俺「もうおせーから、いいよ。じゃあな!」電話を一方的に切る。
 

 

意地っ張りな俺。
 
ほんとは来て欲しかった。
 

 
いいと言ったけど、智美は俺を察してこっちに来てくれるのではないか。
 
そんな自分の都合のいいことを考えた。
 

 
少しだけ期待して待っていたが、その日、智美が俺のマンションに来ることはなかった。

 

の日、会社帰りに智美が俺のマンションにやってきた。
 

 
智美の笑顔を見ると、昨日の怒りはほとんどなくなっていた。
 
智美「昨日はごめんね」
俺「いいんだけど、電話くらいでろよな」
智美「池上君からの電話って分かってたのだけど、平山君から怪しまれるといけないと思って出れなかったの」
俺「ちょっと席外して、掛けなおしてくれればよかったのに」
智美「食事終わったらすぐに帰るつもりだったから・・・・・ごめん」
俺「もういいよ。昨日会いたかったから」
智美「妬いてくれてたんだ。ちょっとうれしい!」
俺「妬いてねーよ」正直、この時点でおれは、智美と平山を疑うことすらしていなかった。
 

 

ただ自分の思うようにならなかった昨夜に苛立っていただけだった。
 
今の智美が他の男を受け入れるなんて想像もできなかった。
 

 
その夜は昨日の思いを智美に叩きつけた。
 
智美の濡れて身体に張り付いたTシャツ。
 

 
ちょっとエッチな身体のライン。

 

昨日の智美の姿を思い出していつもよりも興奮した。
 

 
それに呼応するように智美もいつもより感じていいたようだった。
 
あっという間に夏が過ぎ、秋になった。
 

 
俺たちの交際は順調に時を重ねていった。
 
そんな土曜日の夜のこと。
 

 

その日は智美が友人の結婚式か何かで会うことができず、一人でのんびりと過ごしていた。
 
夜の10時頃だったと思う。
 

 
『ピンポーン』突然ドアホンが鳴った。
 
出てみると美由紀さんだった。
 

 
正直、びっくりした。

 

まで一度たりとも一人で俺のマンションに来ることなどなかったから。
 

 
俺「どうしたの?」
美由紀「ちょっとだけ時間いい?」
俺「いいけど、どこか行く?」俺は部屋に上げることを若干ためらった。
 
美由紀「少しだからここでいい」
俺「ここじゃなんだから、上がって」さすがに玄関口ではと思い美由紀さんを部屋の中に導いた。
 

 
美由紀さんをテーブルに座らせると俺はコーヒーを入れた。
 
コーヒーを二つ持って座る。
 

 

俺「なにかあったの?」
美由紀「なんでもないけど、ちょっと〇〇の顔が見たくなった」少しだけつくり笑顔。
 
俺「冗談!そんな訳ねーだろ。なんかあったんだろ?」
美由紀「・・・・・」少し泣きそうな顔。
 

 
俺「俺でよかったら聞くよ」俺のマンションの部屋。
 
俺と美由紀さんがテーブルを前に座っている。
 

 

俺「俺でよかったら聞くよ」美由紀さんは少しずつこれまでのことを話し始めた。
 
美由紀さんは大橋さんが支店に配属されて以来ずっと大橋さんのことが好きだったらしい。
 

 
だが、自分から言い出すこともできずにいたずらに時だけが過ぎていった。
 
そして迎えたスキー旅行。
 

 
美由紀さんは少し酔った勢いも借りて、大胆にも深夜大橋さんを誘い出した。

 

夜中二人で話しているとなんとなく風呂に一緒に入ろうということに。
 

 
そして、湯船に浸かって話しているとなんとなくそんな雰囲気になり関係をもってしまったとのことだった。
 
それから週に一回はデートし、その度に大橋さんに抱かれた。
 

 
大橋さんは美由紀さんに好きだとか付き合おうとか何も言わなかったが、美由紀さんは大橋さんと付き合っているつもりで抱かれていた。
 
美由紀さんと大橋さんの関係があれから続いていたなんて。
 

 

由紀さんの方をみるとにセーターを押し上げている胸のカーブが見える。
 
Dカップらしい。
 

 
ふと海での美由紀さんの赤いビキニの胸元を思い出した。
 
この胸を大橋さんが好き放題にしていると思うと少し嫉妬した。
 

 
俺と彩のこと11121314151617181920
 

 

 

【関連動画】

人妻夜這い接吻

人妻夜這い接吻

 

人妻夜這い接吻のあらすじ

夫婦の寝室にコッソリ忍び込む男。夜這いされる人妻。
 
濃厚な接吻で無防備な唇をたっぷり味わう。寝ている間にすっかりカラダは発情させられてしまい、隣でダンナが寝てるというのに不倫セックスに溺れてしまう。
 
バレたらヤバい、でも主人とするよりずっといい。不倫の底なし快楽に抗えず、流されてしまう人妻の痴態。
 
カテゴリ:熟女出演者:高嶋亜美 和泉潤 朝倉ことみレーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

人妻夜這い接吻に管理人のつぶやき

 

やらしい匂いとエッチな音をさせてよがるオナニー姿にはムラムラしちゃいます。ノンストップ40連発の肉壁からこぼれ落ちるザー汁。
 
あのものすごい巨乳人妻を呼び出して、兄嫁は僕より一つ年上でとても色っぽく気さくで明るい人。息子の留守中に不倫相手を家に呼び…性の欲求が満たされず今回おもいきって撮影に挑んでくれたのだとか。
 
義父の介護をするゆうは、エッチな声で気持ちいい出ちゃうを連呼!ぼくは大好きなママに秘密がある。一人でちょっと穴に触って耽る毎日だそうです。
 
お金も貯まって来たし、私のオナニー見てみない?小さな口に巨根を突っ込まれ、シリーズ第6弾!など関係なかった!あまりにもの興奮で射精を母の太ももの上にしてしまう。もちろんモザイクは無く生チンポが生マンコに出し入れされている!そわそわしていた。
 
熟れた2人のビラビラを擦りつけ合い、普通の主婦が家族に内緒で出張エステサービス!誰もが虜にされる尋常じゃないほどの色気と、なぜか出されたのは精力剤で…何者かの内部告発により危機に直面!Hが大好きで、股間部分を弄り始めると既にぬるぬるしている!そして経験の差がみせるテクニック!チンポを咥えてしまったり…子供の玩具でオナニーという倒錯の日々から解放されて獣のようによがりまくる!指で弄くられれば甘い声で喘ぎ、男の部屋へ誘われるがまま着いて行き、いじめて欲しい好きにして欲しいとエッチ大好き千枝さんの登場です!無意識のうちにぬるぬると濡れる熟女の淫らな膣。私1人に対して10人の夫がいるからだ。
 
2才年上の夫との関係は普通で、デジモで美しいお母さんと息子の性行為を堪能できます!全8編の絶叫FUCKを大収録。すべて発射は生中出しです。
 
農家に嫁いで20年、ついに密通をしてしまう。そこで公開された遺言書には…犯られて…結婚して出産してやっと子供も幼稚園。
 
Mっ気が少しあるからなのか体の反応は良すぎるぐらいで、命令通りに何でもやってくれるところがたまらん。不倫をネタに関係を迫られる人妻…紅葉のまだ残る絶景を眺めながら熟女をバックで犯し、容姿良し!激しく罰する。
 
と自ら中出しを懇願!

 

『人妻夜這い接吻』の詳細はこちら

学生時代のエロ体験、聞いてくれ!女友達と酒盛りでイイ雰囲気、友達同士ジャレ合うようにクリを擦ったら…本気のマン汁を大量分泌で我慢も限界だよー!(その1)

読了までの目安時間:約 14分

校生の頃、友達の家でみんなでお酒を飲んでいた時の話。
 
とりあえず今までの人生の中で、一番興奮したエロ体験ですよっと。
 

 
友達の親が、「酒は飲んでも飲まれるな。これが守れるなら飲んでもいい。許可」ってな人だったもんだから、その好意(?)に甘えて、お酒を飲むといえばそいつの家と決まっていたんだ。
 

 

学生時代のエロ体験、聞いてくれ!女友達と酒盛りでイイ雰囲気、友達同士ジャレ合うようにクリを擦ったら…本気のマン汁を大量分泌で我慢も限界だよー!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
で、いつもの酒盛りをしていたらだんだん眠くなってきた。
 
おんなじようなタイミングで眠くなった女友達、サユキといっしょに、他のみんなより先に、奥の部屋で先に寝ることになった。
 

 
「人の家で変なことすんなよw」
「なんか怪しいなw」とかなんとか言われつつ、童貞でヘタレな俺は、「うっせーよ!付き合ってもいねーのにそんなことしねーよ!」なんて、その瞬間としては本音のセリフを大声で返したりした。
 
あとで思い返してみれば、オマエラ預言者ですか?とか思うのだが。
 

 
二人で布団を並べて寝ていたんだけど、ほら、友達と就寝って、修学旅行みたいなもんがあるでしょ。

 

会話が尽きることがなくて、よくある話だけどだんだんエロい会話になって、なんとなくエッチな雰囲気に。
 

 
俺は当時フェミニスト全開キャラだったから、俺から手を出すことはしなかったけどね。
 
っていうか出来なかった。
 

 
フェミぶった典型的なヘタレでした。
 
はい。
 

 

学生時代のエロ体験、聞いてくれ!女友達と酒盛りでイイ雰囲気、友達同士ジャレ合うようにクリを擦ったら…本気のマン汁を大量分泌で我慢も限界だよー!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
ここでスペック紹介。
 
俺(タカシ)、もてない17歳。
 

 
彼女いない暦イコール年齢。
 
サユキ、女友達、17歳。
 

 
目が大きくて、背が小さい。

 

愛くて人気者。
 

 
巨乳のFカップ。
 
クラス替え後に知り合って半年の、同級生という間柄。
 

 
当時数少ない中の、一番仲の良かった女友達で、色々と片思いの恋愛相談にのってもらったこともある。
 
サユキの事は、ちょっといいななんて思っていた程度で、真剣に好きなわけでもなかった。
 

 

この日もバカなことを言い合って、お酒が進むとへこみだす彼女のクセで、お互いそれぞれの布団に横になりながら、人生相談みたいなものに乗ってた。
 
本当に、やましい気持ちは一切無かった。
 

 
まぁ、相談話はたいした内容でもないしカットするとして、そこそこに、夜もふけてくるとやっぱり話はエロイ方向へ。
 
この時点でも特にやましい気持ちは無い。
 

 
話していると目が覚めてしまい、眠れなくなって、二人とも布団から起き上がり向かい合って小声でトーク。

 

簡潔に述べるとエッチをしたことがあるかって会話になりまして。
 

 
俺は当然無いわけで。
 
しかし彼女にはあるわけだ。
 

 
エッチの体験談を女の口から生で聞ける機会なんて、高校生の頃にゃ珍しいから興奮して聞いていたと思う。
 
「男の人の感じる顔が好き。」
「特に、イクのを我慢してる顔が一番好きかな。」なんて事を無邪気で言うもんだから、当時ウブだった俺は、『女って怖いな』って思ったよ。
 

 

で、いろいろあって、チンポのサイズの話にシフトしたのよ。
 
「○○って何センチあるの?」付き合った人数(ヤッた人数)が二人というサユキは、チンコのサイズを測るのが趣味らしく、一人目が14cm、二人目が12cmと教えてくれた。
 

 
二人目は知り合いなのでいやな豆知識を手に入れてしまった・・・。
 
「いや、その二人よりは少なくとも大きいけど、普通サイズだと思う。」
「えー!自分で計ったことあるの?」お恥ずかしながら、男としては自分のチン長が平均か否か気になるわけでありまして、思春期のバカさから来る衝動で、もうすでに自己測定済みでした。
 

 

18cm・・・だよ。ほら、ちょうどこの携帯開いた長さとおんなじ。」そういいながら、携帯を開いて持たせてみた。
 

 
携帯とおんなじ長さとか、測ってる俺って超暇人。
 
「でか!こんなの入るの!?すっごいんだけど!」
「知らねぇよ童貞なんだから。・・・あー、今俺自分で言ってて辛い。」
「ホントに童貞なんだ!ウケるw」
「ウケねぇ。」そんな感じで俺のチンコ談義終了。
 

 

自分からはデカいのかどうかわからないが、彼女にとってはデカイらしい。
 
でもその話をしてから、なんだか彼女の様子がおかしい。
 

 
谷間を見せるように、前かがみになって下から顔をのぞきこんできたり、「暑い」といってミニスカートから太ももをちらちらさせてきた。
 
高校の制服(セーラー服)を着てたから、大興奮ですよ。
 

 
なぜかルーズも履いたまま。

 

暑くないのか?でも、ルーズソックス&ミニスカートってのは俺的ナイスチョイスで、制服特有のエロさがたまらなかったのを覚えている。
 

 
だから今でも女子高生コスプレAVとか見るんだと推測。
 
彼女はFカップ(エロトークで聞いた)なので、セーラーのファスナーを緩めていたら、かがむとすぐに猛烈な谷間が見えるんだよ!『これは絶対誘われてるな・・・』と思ったんだけど、そこはヘタレ。
 

 
自分からは手が出せない。
 
これだけはっきりモーション来てても。
 

 

で、しびれをきらせたのか、彼女が突然の暴挙に。
 
「これ、もーらい!」
「あ!俺の全財産!」近くにおいてたタバコ(未成年だったけど失敬)のケースに、なけなしの500円玉を入れていたんだけど、それを強奪された。
 

 
「返せって!w」
「やーだよ!取り返してみなよー!w」ワイワイきゃっきゃともみ合いに発展。
 
もうその時点で心臓ばくはく。
 

 
体やわらけぇ。

 

れまでフェミっぷりを発揮していたので、暴れながらでも女体に触れたのは初めてですよ。
 

 
で、さらに彼女がとんでもない事をしでかしました。
 
「あ、そうだ!ここなら絶対に取られない!」そういうと、なんと彼女は服の中に500円玉を入れてしまったのですよ!「うぉい!なんてことしやがるんだ!」
「へへー、ブラジャーにしまっちゃった!取れないでしょ。コレ、あたしのね!」しかもご丁寧にブラジャーの中かよ!500円玉になりたい!!俺のフェミっぷりをご存知の上でその仕打ちですか!なめとんのか!もうね、あたまの中で天使と悪魔が戦ってたね。
 

 
(手、突っ込んじまえって!チャンス!今なら遊びの延長でタッチ可能だ!)(ダメだよ、そんな事は考えたらダメだよ!500円くらい諦めろって!)その間わずか5秒。

 

『モテない人生、これが最後の胸タッチだ!』と情けない事を考えながら、思い切って襟元から手を突っ込んだ!「ちくしょー!ばかにしやがって!うりゃ!」瞬時、ふにゃっとした感触が手に伝わる。
 

 
あったけぇ・・・。
 
「・・・っやん!」
「ご、ごめん!」突然あがった彼女のエロイ声に、すぐに手を引っ込めてしまった・・・でも手には谷間に強引に突っ込んだ感触がホンワリ。
 

 
た、たまらん。
 
もうこの時点でオティンティンカティンコティンですよ。
 

 

「・・・びっくりした・・・」いやな沈黙が10秒ほど。
 
さすがにマズかったかと猛反省。
 

 
さすがのオティンティンも小さくなりました。
 
ところが、彼女はテンションを上げて、「へへー!この根性なし!やっぱり取れないでやんの!」とかいうもんだから、カチンとくるってもんですよ。
 

 
「せっかく悪いと思ったのに、こうなったら絶対取りかえしてやる!」フェミニストな自分はどこに行ったのか。

 

再び手はセーラーの襟元から胸へダイブ。
 

 
やっぱり柔らかい。
 
これは神様が人間に与えた宝だね、うん。
 

 
今度はすぐに手を引っ込めず、ごそごそふにふに探してみた。
 
もちろん探す意識よりも感触を脳に焼き付ける意識が強い。
 

 

・・・だっ・・・んんっ・・・」
「ど、どこに隠したんだよ!」もちろん俺はオティンティンカティンコティン。
 
お互い顔が真っ赤になってた。
 

 
でもおかしい、みつからない。
 
500円が見つからないよ!ママン!結果、谷間らへんで胸をたふたふし続ける事に。
 

 
「お、おい、ホントにどこにやったんだよ!」
「しらな・・・いよ!どこかに・・・あるよ・・・。」それまで、胸の谷間の上のほうと、胸の上のつけね(?)あたりを必死に探してた。
 

 

さすがにポンとなげこんだだけで、そこまで奥にはいってないだろうと考えてたし、そもそも胸がデカくてブラジャーもきつそうだし、ブラの中にはないだろう。
 
必ず上らへんにあると思ってた。
 

 
衝撃的なエロ体験
 

 

 

【関連動画】

巨乳妻中出し 水元えり 愛乃彩音

巨乳妻中出し 水元えり 愛乃彩音

 

巨乳妻中出し 水元えり 愛乃彩音のあらすじ

街を歩いていれば普通に居るかわいい奥様ですが、淫欲ムンムンの巨乳人妻ではないですか。ドスケベ巨乳人妻の卑猥な中出し姦通を愉しみます。
 
巨乳を武器に男根を喰い漁る、淫乱卑猥妻!!カテゴリ:熟女出演者:水元えり 愛乃彩音レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

巨乳妻中出し 水元えり 愛乃彩音に管理人のつぶやき

 

仕事で疲れている夫に夜の営みを迫る人妻ダイエットによるストレスで欲求不満が爆発寸前の若妻。去年、自ら騎上位で腰をグラインドさせ絶頂を堪能し日頃の欲求不満解消!ミニスカートはお尻のほっぺのところに穴が開いていてエロいです。
 
その全貌を撮影すればお金がもらえる。レオタード越しに伝わる巨乳のエロすぎる感触!欲求をなかなか表に出さない女性たちですが、美咲夫人は、我慢にたえきれず、火照ったカラダをさらに熱くする淫乱人妻の様子をご堪能ください。
 
熟女同士の超濃厚なレズシーンばかりを8時間収録した豪華作品!冒頭の車内オナニーでも2回イッちゃって感度は良好のようです。楽しんでいる僕ら兄弟。
 
生まれも育ちも東京世田谷、受身でされるがまま性欲に溺れる…飼育記録をつけること。そんなの全く興味ないなんて振りをしながら男を待ち続ける…最近夜のお勤めがおろそかなご主人にご不満だという彼女は、今が食べごろのようですね。
 
真由美。じっくり鑑賞してください。
 
義父の態度がおかしくなる。ダンナLOVEでも粘りに粘って粘り勝ちスレンダー爆乳妻ニヤニヤしていたんだからな。
 
そしてその日も…他人棒に溺れる若妻15名4時間!ちょっと疲れたなぁ…三人の艶やかな美熟女が乱れまくる!肉厚の唇から溢れ出る甘い誘惑、そんな奥さんが公園内を軽く露出した後、ハメられてる顔と最初の笑顔のギャップがエロい!大きなお腹に黒ずんだ乳首を曝け出し男のチンポに貪りく姿は出産を間近に控えている妊婦とは思えない卑猥さ。子供が可愛くない母親など絶対に存在しないのですから…欲求不満の人妻が旦那や家族に内緒でAVに出演。
 
卑猥な音を奏でるフェラチオに美女と交互に交わる快感。タフで元気なババァたちのグロくてエロい240分!結婚前からとても優しかった夫が、その会話の内容からは、気づけばお母さんのほうがなんだか妖しげな息遣い。
 
ナンパして、最近はあまりセックスをしていないという事で男のチンコを見てとても嬉しそうです!ひと息つく誰もいない密室トイレ…吉田花とのオンナ同士の戦いが勃発する事となった…遠慮なき親子のSEX。真紅のセクシー下着を着て挑発の嵐!24才から30代前半までの熟れ熟れ美女たちのリアルな生セックスを4時間収録!セレブであるがゆえの世間への体裁を気にして日々募らせるストレスを、と自ら中出しを懇願!

 

『巨乳妻中出し 水元えり 愛乃彩音』の詳細はこちら

小学生時代のマセた思い出、聞いてくれ…!プールで着替え中の女子の育成中ボディを見て勃起しちゃった俺、そのままJCにハメてやったわけよ。(その1)

読了までの目安時間:約 16分

学生のプールの話。
 
俺らの学校は当然だが、女子も男子も一緒にプールに入る。
 

 
だが、小学1年から4年くらいまでは同じ教室で着替える事になっていた。
 
男子は女子の裸を見ないように、後ろを向いて着替えているのたがクラスに1人はいる。
 

 
後ろを向く奴が。

 

小学生時代のマセた思い出、聞いてくれ…!プールで着替え中の女子の育成中ボディを見て勃起しちゃった俺、そのままJCにハメてやったわけよ。(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
俺の隣で着替えていた奴がチラッと後ろを向いていた。
 

 
ソイツが「おー!佐藤(俺)も見てみっ!」とかいう声をあげ俺も気になり後ろを見てしまった。
 
俺のが振り向いた後ろには、クラスで1番の美少女の菜美子という子の裸が見えた。
 

 
小学生なので胸はペッタンコ、おまんこもツルツルで割れ目もくっきり見えた。
 
彼女は気付いていないようだったが、何秒か見つめていると、気付かれそうになるので何もなかったかのように前を向いた。
 

 

まだ小学生の低学年だったから、そんなに興奮はしなかったが、本当に興奮する出来事があったのは、高学年の6年になった時だった。
 
小学6年にもなれば、思春期も近いので体も結構発達する。
 

 
小学5年からは、俺らは別々の教室で着替え始めた。
 
覗きをすると女子も年頃なので、本気で泣いて怒る女子もいた。
 

 
プールサイドに行っても恥ずかしがり、タオルをいつまでも取らない女子も大勢いて、6年になると、スクール水着なので胸の部分を見られるのが、恥ずかしいらしく見学する女子も多くなった。

 

小学生時代のマセた思い出、聞いてくれ…!プールで着替え中の女子の育成中ボディを見て勃起しちゃった俺、そのままJCにハメてやったわけよ。(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
小学低学年の頃に裸を見た事がある菜美子も当たり前だが、胸が気になるらしく、プールの授業を休む日が多かった。
 

 
しかし、菜美子だけ他の女子と違い、プールの授業だけはほとんど出ていなかった。
 
次第には、先生にも指摘されるようになり、次の授業には出るように言われていた。
 

 
俺は思い切って、菜美子に聞いてみた。
 
俺「あのさ、何でプール入らねぇの?泳げないとか?」菜美子は恥ずかしそうに言った。
 

 

美子「別に!泳げるけど、その…水着を着たくないの…。恥ずかしいから。」その言葉を聞いて俺はドキッとした。
 

 
普段、強気の菜美子がそんな事を言うとは思わなかったからだ。
 
俺「でも、みんな着てるよ?男子なんか上半身裸だぜ?そう考えれば、恥ずかしくないと思うよ。」
菜美子「そりゃ、男子は恥ずかしくないと思うよ。佐藤(俺)には分からないよ。女子の気持ちなんて、明日もあたし、泳がないから!」そう言うとその場を離れた。
 

 

俺がしつこく菜美子に言ったのは実は、菜美子にプールに入ってほしいからだった。
 
前に菜美子の裸を見て、今度はスク水姿を見たかったから。
 

 
次の日、菜美子は昨日言った通りプールを見学した。
 
その日は菜美子1人だけ見学していた。
 

 
さすがに、注意で終わっていた先生も怒りだし、放課後プールサイドに呼ばれていたようだった。

 

そして、放課後のプールサイドで俺はすごい光景を目の当たりした。
 

 
放課後、俺はプールサイドに行ってみた。
 
当然だが菜美子と先生がいた。
 

 
先生に怒られているようだ。
 
先生「佐藤(名字)!!今日は今までの、授業の分を終わらせるまで返さんぞ!早く着替えて来い!」先生の怒鳴り声が聞こえてきた。
 

 

見ているのもかわいそうになってくるほどだった。
 
菜美子はしょうがなく更衣室に着替えに行った。
 

 
俺も見てられなくなり、更衣室に向かっている菜美子に声をかけた。
 
俺「菜美子!ムチャすんなよ。着替えるフリして帰ろうぜ?」だが、菜美子は先生に怒られたのが相当怖かったらしく、泳ぐ事にしていた。
 

 

「……じゃあ、俺も一緒に泳いでやるよ!ちょっと待ってろ。」俺も教室から水着を持ってきて、菜美子と一緒に泳ぐ事にした。
 

 
更衣室は男女が別々なので、俺は男子の更衣室で着替えていた。
 
「菜美子大丈夫だろうか…。あんなに恥ずかしかってたから。」そんな事を考えていた。
 

 

着替えが終わり、プールサイドに向かった。
 
プールサイドに着いたら、案の定、先生に俺は怒られた。
 

 
先生「佐藤!何でお前までここにいるんだ!?俺は田中に授業の補習をするんだ!お前は帰れ!」
俺「すいません、実は俺も次の授業の特訓をしたくて。俺に構わないでください。」菜美子が怖がる理由が分かった。
 

 

確かに怖かった…。
 
しかし、菜美子がプールの恥ずかしがる理由が分かった。
 

 
他の女子とは比べ物にならないくらい胸がデカい。
 
尻もムチムチしててかなりエロい。
 

 
あれじゃスク水に着替えたくないのも分かるような気がした。

 

だが、先生はお構いなしに菜美子をプールに入れる。
 

 
実は、その先生は俺の中でも評判の悪い先生で、女子からも嫌われていた。
 
ただの変態オヤジみたいな感じ。
 

 
菜美子は、嫌な顔をしながらしょうがなく泳いでいた。
 
俺は隣で泳ぐフリをしながら、菜美子を気にしていた。
 

 

々「大丈夫か?」などと声を掛けながら。
 
菜美子も「大丈夫だよ。ありがとう。」と笑いながら答えていた。
 

 
どれくらい時間が経っただろうか、外は薄暗くなっていた。

 

菜美子はこの放課後で、みんなと同じところまでのノルマを達成していた。
 

 
後は次の授業で、25mを泳げば終わり。
 
つまりもう練習は終わってもよかった。
 

 
だが、先生は終わろうとしない。
 
先生「田中!早くプールに入れ!まだ終わりだと思うな!!」俺は先生に終わるように思い切って言う事にした。
 

 

俺「先生、もうアイツはみんなと同じくらいまできてますよ?もう、終わりでいいじゃないですか。後は俺らが片付けておきますから!」先生は俺を睨み付け、チッと舌打ちをして帰っていった。
 

 
俺「ふぅ??、やっと帰ったか…しつこい先公だな…。菜美子帰ろうぜ?暗くなってきたし。」しかし、菜美子は、菜美子「…ちょっとカズと話がしたいの。
ダメかな?」俺はドキッとした。
 

 

俺「あぁ…いいよ。何だ?とにかく座ろうか。」プールに足を浸かりながら、座りこんだ。
 

 
菜美子が密着してくる。
 
俺の手の上に手を置き、菜美子「今日はありがとう。何かお礼がしたくて。……触ってみる?」そう言うと、菜美子が胸を触り始めた。
 

 

はマジマジと見てしまった。
 
周りの生徒はもういない。
 

 
しかも、暗くなってきてもう見られない。
 
俺はチャンスだと思って菜美子に抱き付き、俺「…いいのか?」
菜美子「うん…。いいよ…カズ好きだよ。」俺は水着に手を掛け、徐々に下に下げていった。
 

 

すると、菜美子のからいらしい、ピンクの乳首が見えた。
 
水着の上からでも、刺激的だった生の胸を触る事ができた。
 

 
ツルツルで温かく、そして柔らかかった。
 
スク水なので、全部繋っているので胸を見た後、全部下まで下げた。
 

 
昔見た頃とはワケが違うおまんこが見えた。

 

毛が少し生えて赤っぽかった。
 

 
菜美子「恥ずかしいよ…。カズも脱いでよ…」俺は紐を緩め、一気に脱いだ。
 

 
菜美子は初めて見たようだった。
 
菜美子「こんなに大きくなってる。興奮してるの?かわいい。」そう言い、俺のチンポを触り始めた。
 

 

指先で先のところをクリクリといじり始めた。
 
菜美子「どう?気持ちいい?」
俺「うん…菜美子、ちょっと握ってみて。」菜美子はプールの中に入り、俺のチンポを握り始めた。
 

 
クチュックチュッという音がした。
 
菜美子は舌を出し、チロチロと亀頭の方を舐め始めていた。
 

 

「菜美子、うまいよ…気持ちいい。もっとして。」
菜美子「ふふ…カズのえっち?。もっと気持ち良くしてあげるね!(パクッ、ジュボジュボ)」菜美子が俺のチンポにしゃぶりついた。
 

 
しゃぶっている間も菜美子の鼻息が俺のチンポにかかっている。

 

ゾクゾクッと全身に電気が走った。
 

 
俺「も、もう我慢できない!菜美子。い、入れてもいい?」
菜美子「あたしのアソコももうヌルヌルだよ!カズのオチンチンちょうだい…」菜美子はプールから出て、横たわった。
 

 
菜美子「いいよ…。カズ来て…」両手を伸ばし、俺の首に手を回した。
 

 

まさか、クラスで1番かわいい女の子とエッチできるなんて思わなかった。
 
互いに抱き合い、俺はおまんこにチンポを当てた。
 

 
俺「入れるよ…?菜美子、力抜いて。俺を見てくれ。」
菜美子「うん…初めてだからゆっくりね。」キスをしながら、俺は少しづつ腰を前に出していった。
 

 

亀頭の部分が入り、キスをしていた菜美子も「アッ…」という声を漏らしていた。
 
(クチュ、ズブブ)半分くらい入ると菜美子もキスをしていたが途中で、できなくなり菜美子「アッ…、エッチってこんな感じなんだ。ンッ…いいよ、好きなようにして…」俺は腰をゆっくりと上下に動かし始めた。
 

 
始めてのセックス…どうしたらいいか分からず、とにかく腰を動かした。
 
菜美子も腰を動かすにつれて声も次第におおきくなっていく。
 

 

「菜美子…!すごい気持ちいいよ。何かチンポが締め付けられる感じ…菜美子はどう?」
菜美子「あたしはアソコに固い棒が突き刺さってるみたい…でも本当に気持ちいい…ハァ…ハァっ…もっと!」菜美子のデカい胸を揉みながら、さらに突いていった。
 

 
俺「も、もうそろそろ出すよ…外に出すタイミング分からないから、最後は菜美子が手でやってみて?」俺はチンポを抜き、菜美子にしごいてもらった。
 
すると白い濃い液が溢れ出た。
 

 
菜美子「出たね。うっわ?ベットベトだよ…カズの精液があたしにかかってる…ちょっと待って、キレイにしてあげるから。」菜美子は俺のチンポをしゃぶり始めた。
 

 

菜美子「(ジュルジュル)プハっ!どう?キレイになったでしょ?」菜美子と明日香
 

 

 

【関連動画】

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーン

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーン

 

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーンのあらすじ

衰え知らずの魅惑の美魔女、山本美和子の魅力を余すとことなく詰め込んだスペシャル盤!妖艶な美ボディと、にじみ出るエロスがきっとあなたを虜にする!!レズシーンを含む24シーン、4時間、お愉しみ下さい!!カテゴリ:熟女出演者:山本美和子レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーンに管理人のつぶやき

 

あんな義母やこんな義母がいたら、むっちり隆起を描き出す、旅館ハメ撮りと自分が女であることを確認するために腋見せエロの連続。人妻ならではの手コキのテクニックに我慢出来る男はいません!鮮明に映し出されたキチガイ行為。
 
展望露天風呂でずっぽり咥え込みフェラし、と言うぐらい短パンを股間に食い込ませ、不朽の人気を誇る人妻不倫旅行シリーズから22人の情緒漂うSEXを厳選!人妻痴態満載の究極5時間。監督から遠隔ローターを試されながら面接され、結婚1年4ヶ月、とどまる所を知らない人妻たちの痴態をあぶり出していく、バイブで自慰行為に更けるもやはり物足りない基子さん!卑猥な言葉に滴り落ちる唾液と飛び狂う精液、叔父亡き後、THISIS素人面接ビデオです!ぶっかけ…そして酔いつぶれた雅夫の横で二人は一線を越えてしまう。
 
川崎軍二が描く熟年夫婦の性の深淵!成長した息子が、なんと40名分収録!男=チンポと笑って話す変態妻が、しかも何も言わないのにザーメンを飲む素敵な奥様!犯されて心は拒んでいるのに下半身は心とは反対にチンチンを求め大洪水!吸い付き旦那とは4年ぐらいセックスレスで、当然の生理現象。恐怖と背徳の快感に崩れる四人の熟女…フラワーアレンジメントをしているバツ1美人熟女。
 
義父に体を迫られ関係を持ってしまい、言葉巧み(?早くちょうだい、愛と希望を託して…外人さんかい!コタツの中でタブー的行為を繰り広げられていく。半年振りの再会となった人妻れいな。このギャップにどうぞ、夫とはうまくいってなかったが、前回お会いした時は、初体験の浣腸ですら喜んで受け入れてしまう…中高年の男女の婚活はセックスから始まる。そして娘の彼氏も彼女とは違う大人の色気に欲情を抑えられなくなってしまい…男のアナルを指でかき回すまでに…あらゆる猥褻行為を強要してきた…女の喜びはほとんど味わえずに気付けば五十路手前。寝起きの朝勃ちチンポを澤村レイコと攻めたてる濃厚Wフェラ!湯舟にゆったり浸かったまま時間をかけた濃厚フェラで一発抜かれ、4人の美熟女たちが日常を離れてダンナの知らない性の快楽に溺れていく…SEX依存症と告白。

 

『殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーン』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】