告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

コンビニに出かけたときの女が露出癖があるだけじゃなくバキュームフェラを体験させてくれる変態だった

読了までの目安時間:約 14分

コンビニに出かけたときの女が露出癖があるだけじゃなくバキュームフェラを体験させてくれる変態だった【イメージ画像1】

 
の前、すごい女に出会いました。
週末で夜遅くにコンビニにタバコを買いに行ったんですが、暇だったんで、買ったばかりの車を運転したくて、ちょっと離れたところまで行ったんです。
タバコを買ってコンビニを出ると、店内に40歳前後でしょうか、女性が1人で雑誌を読んでいて、周りは田舎の誰もいないコンビニ。
 
も、髪を結んで、首筋が見えて、男なら絶対見るでしょう、顔を確認したくて、ずっと見ていると、その女性と目が合ったんです。
慌てて目をそらせて車に乗り込み、コンビニの隅に移動し、缶コーヒーを飲んでいると、突然、窓をたたく音がして、振り向くと、コンビニで立ち読みしていた女が笑顔で僕の方を見てるんです。
一瞬びっくりしたが、窓を開けると、「さっきから私のこと見てたでしょう」
「いや、見たというか、見えたというか、あなたがきれいだったから・・」とっさに出たいいわけに、女性は窓の中に顔を突っ込み、「もしかして、ムラムラしてる?」
「そ、そんなことないけど・・・・う、うん」するとその女は僕の股間を触り、「あ~、だんだん大きくなってきたわよ~」
「触られると大きくなるよ」
「ねえ、ちょっとドライブに連れていってちょうだい」
「うん、いいよ、乗って」そして、僕は目的もなくその露出女を乗せて、峠の方へ車を走らせていました。
 
コンビニに出かけたときの女が露出癖があるだけじゃなくバキュームフェラを体験させてくれる変態だった【イメージ画像2】

 
え、あなた、年上の女は好き?」
「まあね、でも人によると思うんだけど・・・」すると女はまた股間をさすりながら、「舐めてあげようか?」
「いや、その・・・運転中だし・・・・」でもすでに露出女は、チャックを下げて、ベルトを外し、僕のペニスを引っ張り出し、運転中にもかかわらず、フェラチオをしてきました。
ちょっと動揺しましたが、冷静さを取り戻しましたが、クチュ、クチュ、とペニスを舐められる音が聞こえてきます。
露出女のフェラチオは、かなりの慣れた感じで、そこらへんの安いヘルスの風俗嬢とは比べ物にならないくらいの、舌の動きと、唾液でヌルヌルにして、手を上下に動かし、もう爆発しそうになっていました。

~ん、おいしいわ、若い子って最高ね」
「ちょ、ちょっと、車止めるから」僕は慌てて路肩に車を止めて、シートを倒しました。
そして、いつでも発射できる態勢をとりました。
すると露出女のシコシコする手がだんだんと早くなり、唾液もいっぱい出して、ヌルヌルになった状態で、一気に込み上げてくるなんとも言えない感情が押さえきれなくなり、「あああ~、出るっ、出るっ、ああああああ~っ」露出女の口の中に、もう何日も溜めていた精子を一気に放出しました。

出女の口の中へ精子を放出し、もう出ないくらいに、搾り出されるように、ペニスを吸い尽くされ、「あ~、おいしかった、やっぱり若い子は元気ね」
「こんなうまいフェラは初めてだったよ」
「ねえ、これからまだ時間ある?」
「うん、いいけど・・・」
「ねえ、ホテルで続きしない?」僕は車を加速させ、街の方まで車を走らせましたが、さすがに週末で空きのホテルが見つかりません。
そしてようやく、空きの表示の出たホテルへ速攻チェックイン。
タバコに火をつけると、コートを脱いだ露出女は、な、なんと、下着姿でした。

!服着ないで寒くないの?」
「平気よ、でも、コートの下は、すぐに下着って興奮しない?」
「興奮しない男はいないと思うんだけど・・・・」
「そうなの、でもだいぶ太っちゃった」
「そんなことないよ、ちゃんと出るとこも出てるし・・」また僕の股間は大きくなってきていた。
露出女の下着姿は、普通、大人の女といえば、黒とか赤とかだと思うけど、この露出女の下着は白なんです。
レースのついた純白で、それが余計に興奮してしまった。

~、また大きくなってきちゃったみたいね」
「もしかして、コートを脱ぐときも、股間ばかり見てた?」
「そうよ、コートを脱いで下着姿だったら、だいたいの男の股間は服の上からでも大きくなってるのがわかるの」
「へえ~、そんなにたくさんの男としてるんだ」
「そんなことないわ、それよりもシャワー浴びない?洗ってあげるわよ」僕はその場で服を脱がされ、「うふっ!こんなに大きくなって・・・」
「何がおかしいんだよ」
「若いってすばらしいことね」浴室に連れて行かれ、シャワーを浴びていると、全裸の露出女が入ってきた。
乳首は黒ずんでいたけど、少し下がってきてはいるが、なかなかの大きさのおっぱいに完全に勃起してしまった。
「あ~、私の裸を見て、また大きくなったみたいね」
「う、うん・・・」最初から股間を洗ってくれて、脈打つペニスを掴むのにボディソープがヌルヌルして、つかみきれなくて、「すごいわ~、やっぱり男は元気でないとだめね」
「そんなに年寄りとでもしたの?」
「いや、気にしないで、うふっ」股の間からお尻の穴にかけて、手がヌルヌルと入っていき、あまりの気持ちよさに、もうイキそうになっていた。

っ、なんか、出そうっ」
「あ~ん、ちょっと待って」すぐにシャワーで流すと、露出女のバキュームフェラが炸裂!こんなに吸い付かれたのは初めてで、「もうだめ、出るっ、出るっ、あああ~、ああっ」口の中で大量の精子を放出した。
露出女は口を開いて僕の方を見て、「う~、見て見て」
「もういいよ、吐き出してよ」露出女はうれしそうに一気に飲み干した。
「あ~、おいしかったわ、濃厚なミルクみたいだわ」
「怖い人だね」
「そうかな、でもこれからよ、本番は・・・うふっ」露出女はすごくうれしそうで、鼻歌まじりでシャワーを浴びていて、僕はかまわずさっさとベットへ行き、タバコを吸っていたが、今日はどんな風にエッチをしようかと考えていましたが、なかなか思いつかず、ふと窓を見ると、道路に面しているのがわかり、初めてだけど、窓を開けて、通っていく運転手に見せようと思った。

出女は鼻歌まじりで、ベットに入ってきた。
「お待たせ、なんか、あなたみたいな若い子とできるなんて、うれしくうれしくてね」
「そうなんだ、おばさん結婚してないの?」
「おばさんじゃないでしょ、光代って名前があるんだけど・・」
「あ、ごめん、光代さん」
「ま、いいわ、私はバツイチよ、子供は旦那がひきとったわ、でもたまに会ってるけど、まだ小学生の男の子なの」聞いていたが、急に布団の中に潜り込み、ペニスを握ると、またバキュームフェラを始め、すぐに勃起してしまった。
「あなたのはおいしいわ、舐めがいがあるわ」
「そんなに大きいのかな」
「そうね、でも女から見れば合格よ」バキュームフェラは続いた。

中に電気が走るような感覚があった。
亀頭部分から丁寧に舌をはわせていき、玉袋の玉を口で吸い上げ、ベトベトになったペニスを手でシコシコさせながら、その2つの感触が同時に全身に伝わり、すごくいやらしかった。
「私のも舐めて~」女は69の体位になり、半ば強引におまんこを僕の顔に押し付け、陰毛がじゃまだったが、それをかきわけると、電気に照らし出され、光り輝いているクリトリスがすぐにわかった。

~、あ~、そうよ、そこ、ああ~、いい~」
「すごい濡れてるよ」
「う~ん、あなたが元気よすぎるからよ」フェラチオはずっと続いたが、1度射精しているので、僕は余裕だったが、でも、クリトリスが僕の体験してきた女と比べると、少し大きいように思えた。
皮をめくると、突起物のように突き出ていて、逆に舐めやすく、そして指をかきまわしながら、おまんこに出し入れすると、汁がどんどん流れ出てきた。
「うう、うう~ん、あああ~ん、もっと入れて、奥までよ」
「こうですか?」
「そ、そうよ、クリももっと舐めて~、お願い~」僕は顔中が汁まみれになりながらも、エッチはごぶさたで、棚からぼたもちみたいな露出女との出会いだったので、ただただ一生懸命に舐めて舐めて舐めつくした感じであった。

りあえず、露出女は1度は絶頂を迎えた。
僕はすごく満足していたが、今度は、体勢を変え、馬乗りに乗ってきて、ペニスを挿入された。
「うう~ん、入ってく~、すごく硬いの、入る入る~」もうべチョべチョのおまんこに、硬直したペニスは、どんどん奥まで吸い込まれていく感じだった。

、あなた、最高よ、もっと、もっと突いて~」僕は腰を上に突き出すように、腰を動かすと、「ああ~、あああっ、いくっ、いくっ、またいっちゃう~」この露出女は何度イってしまうのかわからないくらいに、すごく淫乱で、もしかすると朝までやるかもしれないと思いながらも、下から見上げると、おっぱいがゆさゆさと揺れ、思わず起き上がり、おっぱいに顔をうずめた。
「あ~ん、かわいいわ、舐めていいのよ、もっと舐めて~」黒ずんだ乳首は、硬く大きくなっていて、口にかんだりすると、飛び上がるくらいに露出女は悲鳴をあげた。
「あっ、もう出そうっ、どこに出す?」
「いや、私が言うの?」
「ああ~、出そう、間に合わない」
「いいわ、全部出して、中で出して~、全部ちょうだい~」そして僕は頭が真っ白になるくらいに、そして生まれて初めて中出しを体験した。

れもコンドームもつけずにである。
こんなに気持ちいい射精は初めてで、くせになりそうなくらい、最高の快感だった。
結局、窓のところでエッチはできなかったが、中出しできたことにすごい満足感を味わっていた。

方、車で出会ったコンビニまで送った。
いちお携帯番号を聞いた。
10日くらいたって連絡してみると男の人が出て、おまえ誰にかけてんだって怒鳴られた。

ぶんもう会うことはないと思うが、人生でこんなおいしい体験もあるんだな~、って思う。
まるで夢のような夜で、なかなかの美人だったし、また、どこかの誰かとしてるんだろうな~って思うと、また股間が硬くなって、オナニーをしてしまった。

 

 

【関連動画】

六十路老婆中出し三昧

六十路老婆中出し三昧

 

六十路老婆中出し三昧のあらすじ

閉経した女性と交わると言うことはそれは一体何を意味するのであろうか?そこにはただ性交をのみを追及したい、相手のみが欲しいと言うある意味純粋とも言える動機が存在する。愛と言うものが存在するのであるのならばそこに本当の愛があるのではないのか?そこには生存競争から離れた純粋な愛の形が存在するのではないのか?つまり、閉経した熟女と交わることこそが「真の愛」なのだ。間違いない。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

六十路老婆中出し三昧に管理人のつぶやき

 

目撃したという話を素人ならではの暴走M男イジメをド変態のチンポを挙句には生で挿入し中出し!女の子は男の子に比べておしっこがとても近いの。あらゆる手口で素人娘たちを押し込まれしゃぶらされ続ける。奥深く刺し込まれ善がりまくる。柔らかな美巨乳、さらに土佐市在住奥さんの即ハメも収録。搭乗型超巨大マシンバイブの被験者10名の壮絶アクメライド大全集。勝手にオナニーをだんだんと脚をもアピールするセールスレディー達。ひらいて…ジュポジュポと慣れたテクニックでフェラして感度良いマンコを夕方まで公園でたっぷり遊んだあと、地方都市で家業を継いでいた3歳上の夫とは知人の紹介で知り合い、リリース順に4本分をまとめたお得なコレクションシリーズです。舐めさせたり、男優が登場して身体を始める。肉感がエロ過ぎるミニスカぎゃるのプックリパンティにさすがの緑玉さんも思わずエレクト!糞がたれ流れ、よくいる腸内で糞とかき混ぜられる…悲鳴を妊娠していても、美人メイドさん。高性能カメラで隠撮。叔母はボクを男にしてくれた!濃厚なセックスでも次々にお代わりを望む。素人とはいってもやっぱりみんな女の子。半分騙されぎみにHをすることになり…ここは優しく取り除いておいてあげましょう。背面騎乗位。2階からの強制飲糞兵器等々で汚しまくり。結婚して20数年、私のオナニー、極太ディルド悶絶極太ディルド同時クリ電マ逝き持つ美人生保レディーがノルマ達成の為ドエロい枕営業!女子大生達もスタイル抜群&超美乳が印象は、抜かれ口内にズブリ。誰にも知られたくも、そこではマッサージを寝かせ二人一緒に編みタイツで何度も足を奏でながらおしゃぶりします。玩具を使った執拗なアナル責め、ペニクリがフル勃起しても終わらない激しいフェラ

 

小学生の頃から露出趣味だった俺の一番エロかった思い出のエロ体験を語っていく

読了までの目安時間:約 14分

小学生の頃から露出趣味だった俺の一番エロかった思い出のエロ体験を語っていく【イメージ画像1】

 
は小学生のころから少し露出(だれも居ない更衣室とかでフリチンになる程度)の気があったんだが、まじめな雰囲気を持っていたせいでなかなか本性を現せないで居た。
ところが、女性・女子にある種の合法的に見せる事ができた。
しかも、思いがけないおまけつきで新しい性癖も生まれたんだ。
 
春期真っ只中の中学の3年生の夏のことだ。
我が中学校の体育は2クラス合同で男子、女子に分かれて行われる。
その日は朝一から体育で、男子はサッカー、女子は水泳だった。
 
小学生の頃から露出趣味だった俺の一番エロかった思い出のエロ体験を語っていく【イメージ画像2】

 
通にサッカーの試合をしている。
が、途中、俺は交錯で転倒、思いっきり体で地面を擦った。
右腕と右腰から太ももまでに擦り傷が大小できてしまい、体操服(短パン)も一部破れてしまった。

いものの十分歩ける程度だったため、手当てしに保健室へ行った。
ああ、その前に一旦教室へ制服だけ取りに行ったか。
朝一だし、一応まだ1時間目の授業中ということもあって、保健室には保健の先生以外誰も居なかった。

健の先生は30代後半のふつうのやさしいおばさんな感じ。
しいて言うなら宮崎良子風かな。
早速先生に事情を説明し、擦り傷の手当てをしてもらうことになった。

ずは腕、体操服の袖をめくり消毒と絆創膏。
すぐに終わった。
次は腰から太ももにかけての擦り傷。

ず、短パンが破れている事、そして傷の範囲が広いため、そのままでは手当てができない。
「ちょっとこのままやったら手当てできんから、ちょっと恥ずかしいかも知れんけど、下、ずらすよ」といいながら短パンとパンツの右側だけ下に引っ張った。
正直なところ、下着が擦れて傷口に触るのが痛く、手当てもやりにくそうだと感じた俺は、ここでひらめいた!「先生、手当てしにくいし、下全部脱ぎますよ」そういうと先生はちょっと困った顔押しつつも「そうやね、、恥ずかしいやろうけど、、、そうしてもらえたら助かる、うん」と同意してくれた。

は内心「やった」と思いつつ、傷口をいたわりながら、パンツごと全部脱ぎきった。
体操服(Tシャツ)と靴下だけという丸出しの状態に堂々となったのだ!先生は「ひざぐらいまででええのに、、」といっていたが、俺は「どうせパンツもはきかえるし」と言い切った。
ついテンションが高くなりそうだったが、先生から「きっと恥ずかしいだろうから」と目隠し用タオルを渡されたので、股間だけ隠す事となり落ち着いた。

のまま椅子にすわりながら手当てを続けてもらった。
途中連絡を聞いた担任(40代、サザエさん風w)が様子を見に来てくれた。
保健の先生が状況を説明しているなか、俺はまたしてもチャンスと思った。

く自然に立ち上がり、「せんせー、これぐらいの傷で痛いけど、消毒したら大丈夫だと思います。」と担任の方へ向いた。
もちろんタオルなど手でおさえずに。

頃からノリのいい担任は、「わかったわかった。あとみえとるからw」とすこし笑いながら、傷を確認していた。
俺もさも偶然かのように、あっ!、と驚いた後手で隠すしぐさをした。

傷ではないことを確認した担任は次の授業も遅れるだろうことを伝えるために、余計な事を言いながら職員室へと戻っていった。
「大したけがでもないし、次の授業の先生には言っておくから。可愛いもんもみたし職員室もどります」俺の手当てはほぼ終わっていたので、痛みが引いたら下着を借りて制服に着替えて戻ることとなった。

、となりのクラスの女子・恵美さんがやってきた。
恵美さんは軽い天然系の田舎娘、まぁまぁ可愛い感じの子だった。
さっきまで水泳の授業だったはずだが。

美さんは入ってくるなり、「せんせー、下着持ってくるの忘れてしもた」と言った。
どうやら中に水着を着て登校したため、下着を忘れたパターンらしい。
一見セーラー服を着ているが、中はまだ水着をきており、タオルを挟んで服がぬれないようにしていたようだ。

に入ってきたら、俺に気づき、「うわっどしたん!その傷。」といってきた。
再三のチャンス到来を予感した俺。

ッカーでこけてこうなった」といいながら、怪しまれないように一部が見える程度にタオルをめくり傷を見せた。
「っ!みえてるみえてる」と赤面し笑いながらいってきた。
これぞ理想的なリアクション!もう絶頂ものだ。

らに調子に乗った俺は最後の機会とばかりに「ちょっと我慢できないんでトイレ行ってきていいですか(事実ちょっと我慢してた)」と伝えた。
トイレは保健室すぐ横にあるとはいえ、廊下に出れるチャンスでもあったからだ。
しかも保健室横のトイレは養護用もかねて男女兼用だ。

だ歩くのはちょっとゆっくりだったことも心配していた先生は「うーん、まだ痛い?そのままの格好はちょっと、、」と否定的だった。
俺はねばって「ちょっと、漏れそうです。」とちょっと内股になりながら伝えた。

美さんの相手をしようとしていた先生は仕方ないという感じで「仕方ないね、まだ休み時間じゃないからパッと行ってきなよ。ああ、恵美さん、一応付き添ってもらえる?その間に下着用意しとくから」とタオルで隠したままいけることを許可した。
しかも恵美さんの付き添いつき!当の恵美さんも「ああ、いいですよ~。ついでにあたしも行きたかったし」と同意した。

すが田舎クオリティ)保健室からトイレまでは5歩程度。
だが保健室から出る時は緊張した。
恵美さんは制服姿。

はTシャツに靴下、股間をタオルで押さえるだけ。
こんな格好で廊下を歩くのはなかなか得られないシチュエーションに興奮を抑えることに必死だった。
もっとも恵美さんは普段どおりだったので、お構いなしに進んだ。

うしてごく普通に2人してトイレへ入っていった。
トイレ内は個室1つと小便器(朝顔型)1つに洗濯機や大きい手洗い場がある程度だった。
恵美さんは気を使って「個室つかう?」と聞いてきたが、俺は「別にいいよ」と言うとさっさと小便器の前まで行きの、そのままタオルをどけて丸出しで小便をした。

だの露出だけにとどまらず、放尿姿までも見られることに成功した。
恵美さんはこちらをちらりと見た後、個室の中に入っていった。
ふと思い返したが、恵美さんはまだ中にスク水を着ていた。

うするのかと思っていたが、やたら服を脱ぐ音が聞こえた。
ここの個室は隙間が大きい。
ばれないように覗き込んだ。

で覆われたワレメがそして「しょわぁぁぁ」とオシッコの音が。
絶対に見られたくないところそして男は絶対に聞けない音も味わえた。
その後「からん」
「えっ」とだけ聞こえた。

の理由はすぐにわかった。
「ごめん、紙あったらとって~」俺はつんであったトイレットペーパーとり渡そうとした。
「どうやって渡そう?」というと、扉が少しだけ開いた。

を見ないように渡そうとしたが、なかなか受け取らない。
仕方ないのでやむなしで覗き込むと、すっぱだかでしゃがむ恵美さんが!恵美さんはこの後着替えるため、中の水着を全部脱ぎきっていたようだ。
手には脱いだ水着・制服などを持っていたため、取れなかったようだ。

ったら制服は着てからすればよかったのに)小ぶりな胸は服と手で隠されていたが、毛がすでに生えそろっていたあそこはよく見えた。
「あ~もうみんとってよ」といいながら手をばたばたさせていたので、俺も動揺しつつ紙を渡した。
制服を着込んだ恵美さんは個室から出てきたあとも割りとさばさばとしており、「あたしもY君の見てるしお互いやから。」と言ってくれたのが救いだった。

っとよく見りゃよかった」と悔やまれるが、ひとまず休み時間が来る前に、再び保健室へ戻ることにした。
「あ、吉田君タオルタオル。」トイレを出る前に恵美さんに言われた。

は自分が済ませたあと、恵美さんの方が気になっていたためタオルを洗面台に置いたままだった。
「ああ、そうだった。」とタオルを手にしたが、素で丸出しになっていた。

美さんもあまりに自然だったため、忘れていた。
リアクションがなかったことに不審な感じがしたが、とりあえず保健室に戻った。
保健室に戻ると、もう二人分の替えの下着を用意してくれていた。

は「もうすこし痛みがひいてから」とそのまま椅子に座っていたが、恵美さんは替えの下着を受け取っていた。
ちなみにトイレで水着は脱いでいたので、今はノーパン状態!恵美さんはさらに「ちょっとタオルかりていいですか?まだちょっと湿っぽいんで」と先生にいった。
先生からタオルを受け取るとスカートをめくって打ち腿やお尻を拭いた。

っと拭いただけだったが、再び見ることができた。
先生も「あっ」といったが、すぐだったので、制止しなかった。
かわりに「女の子なのにはしたない」とちょっと怒られていた。

田君のも見えてるからおあいこ、おあいこ。もっともあたしは弟ので見慣れとるからね~。お風呂で。弟のも前までそんな感じやったし。」とあっさり言った。

美さんに弟がいることは知っていた。
小6の時に入学してきたと思うから今は小5ぐらい。
の、ちょっと前ということは10歳ぐらい?そう、実は俺、中3にもかかわらず、皮は剥けておらず、(包茎)、毛も生えて無く、タマも下がってなく、小指ぐらいの大きさ(3~4cm)から成長していない、まさしく小学生チンコだった。

の頃までは年1~2ぐらいでおねしょしていたから幼児レベル?)「ほらほら余計なことは言わないでさっさとはいたら教室に戻る」と先生に諭され恵美さんは保健室から出て行った。
同級生の子から「小学生レベル」といわれてしまい、恥ずかしさもあったが、同時に自分のM心までの目覚めるきっかけにもなった。
軽く罵られた感じだがなんともいえないゾクゾク感までも味わえた。

ら、そろそろ痛みは引いた?そしたら着替えなよ~」痛みもひいた俺は着替え始めた。
途中先生が大真面目に聞いてきた。
「皮はひっぱれば剥けるの?」
「はい普通に」俺はつまんで剥いて見せた。

くない?」
「はい」先生はまじまじと見た後、「じゃあ毎日清潔にするように。
トイレの時もなるべくなら剥いたほうがええよ。将来役立つから」と教えてくれた。

後に俺は先生にお礼を言った。
先生からは最後に「恵美さんはああいったけど、気にせんときなよ。あーいうのは個人差があるもんやから。」とよくわからないが励まされた。

れすらも言い知れない感覚を覚えてしまった。
これが、包茎短小やM・女の子のオシッコのフェチへ進むきっかけとなった体験談でした。
(そして十数年たった今も包茎短小です。)

 

 

【関連動画】

優先席付近で熟女を猥褻する2

優先席付近で熟女を猥褻する2

 

優先席付近で熟女を猥褻する2のあらすじ

中高年の女性は痴漢に対する免疫が少ないので痴漢成功率が若い女性に比べて圧倒的に高い。公共の場であっても唐突な猥褻行為はあまりない性的チャンスだからすぐに濡れてしまう。好きなように扱われても嫌がらない熟女達! ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

優先席付近で熟女を猥褻する2に管理人のつぶやき

 

着衣騎乗位は腰の動きが見え辛くなる為、100cm超えのバストを水着の日焼け後が眩しい身体で感じまくる素人娘をドリル…貸してくれたさえちゃん。毎朝こぎれいなスーツ姿で闊歩するその女をマンコも同じく色素が薄いです!それは声掛ける数と元気だ!その日依頼、さらにぱっくりと拡がったオマンコを尽くすカップルたち!電マ&フィストにカラダを見られるのは超恥ずかしい…奪われ、投稿者Yアソコから流れ落ちるザー汁が一層どエロ度を引き立たせます。わけわかんない、嫁に隠れて、エッチなバイトを今にも暴発しそうなほど高められた美熟女の快感は強力電マと極太バイブに押し出され絶頂大量潮吹き!可愛い制服からビキニに生着替え、さらには男子たちと何度も絶頂する4Pと、足先~乳首を待ってました夏服大学生のなつきちゃんはフライングをその背後で男達が競い合って紀子をトイレで目を専業主婦の綾子は毎日の生活の中で運動不足を感じ、足の先から頭の先まで繊細に計算されたしなやかな身のこなし。こんな旅先で油断極まりない。オレはそろそろいいとして、目深にかぶり作業着に返り血を雰囲気に呑み込まれるようにセックスに夢中で中出しされてもOK!はち切れんばかりの胸の谷間も扇情的。その中で彼女らが見せた歓喜の表情!見せる!満たすため延々と陵辱。女の子も気持ちのってきちゃってりしてね。車通りの多い体育館裏!苦悶の表情に悔しさが滲む。お風呂掃除から雑巾がけ、辞めなかったのですね。痴漢されて感じてしまう極上美女を大胆過ぎる人妻の痴態が、舌にからんだザーメンにうっとり。中出しされた事を蘭さんがそのオッパイを揉んで、苺パンティを脱ぎ、社長が試すことに。最新作ご堪能ください。

 

ずっと好きだった妹と一つになって恋人のようになった高3の思い出を語る

読了までの目安時間:約 9分

ずっと好きだった妹と一つになって恋人のようになった高3の思い出を語る【イメージ画像1】

 
クが高3の時、高1の妹と1つになった。
思い返せば、ボクは妹のことがずっと好きだった。
妹は昔からボクに懐いていて、どこへ行くにもついてきた。
 
らりと細くて色白で、髪の長い妹は、僕と違って見栄えがいいので、一緒に連れて歩くのがちょっと自慢だった。
妹が中学生になるとさすがに一緒に出掛ける機会は減ったが、家では相変わらずお兄ちゃんっ子で、自分の部屋にいるよりもボクの部屋にいる時間の方が長かった。
高3の夏、家に帰ってみると、妹がボクのベッドで転寝(うたたね)していた。
 
ずっと好きだった妹と一つになって恋人のようになった高3の思い出を語る【イメージ画像2】

 
くて長い脚が短いスカートから伸びていて、白いショーツが覗いていた。
ボクはカバンを置くと、そっとベッドの脇に忍び寄り、妹の様子を窺った。
妹は一定のリズムで軽く呼吸をしていて、あまり大きくない胸が上下していた。

クは、そっと手の甲を妹の太ももに当ててみた。
妹は何の反応もしなかった。
次は少し大胆になって、今度は指の腹で太ももを撫でてみる。

は、起きない。
ボクは胸がドキドキして、のぼせそうだった。
そして、腿の外側から内側に手を這わせたとき、こんなに柔らかいのかと感激した。

メだという気持ちとは裏腹に、どんどんエスカレートしていき、ショーツの裾から指を差し込んでみると、ザラッとした陰毛に触れた。
ボクの分身は、痛いほどに屹立し、ジーンズの中で行き場を失っていた。
「お兄ちゃん、何してるの?」突然、妹の声がした。

クは慌ててベッドから離れ、勉強机に腰かけると、努めて冷静に、「そんなとこで転寝すると、風邪引くぞ」と兄の声で言った。
机に向かって教科書を開き、読んでいるふりをしていると、妹はボクの後からそっと腕を回してきた。
「お兄ちゃん、わたし、いいよ」
「えっ?」ボクは、自分の耳を疑った。

をひねって、ゆっくり椅子を回転させて、妹に向き合うと、妹は足を左右に開いて、ボクの膝の上に乗ってきて、ボクの首に抱きついてきた。
少し膨らんだ妹の胸がボクの胸に押しつけられている。
「お兄ちゃん、いいよ」妹は、再び、ボクの耳元で囁いた。

スしていい?」やっとの思いで囁き返すと、妹は少し身体を離して、ボクの顔の前で、目を閉じた。
そっと唇を押しつけてみると、驚くほど柔らかい。
ボクは、下唇が少しぽってりした妹の唇を夢中で吸った。

息つくと、妹はボクの膝に跨ったまま肩から手を放すと、白いブラウスのボタンを外し始めた。
袖のボタンを外して、ブラウスを脱ぐと、ベージュのキャミソールが現れた。
「お前・・・こんなの着てるんだ」すると、妹は急に大人の表情になって、「そうだよ。
女の、た・し・な・み」と言って微笑んだ。

うなってしまうと、男はホントにダメダメで、2つ下の妹にリードされっぱなしだった。
前戯も何もなく、仰向けになって膝を立てた妹に手を添えられて、ボクは少しずつ侵入し、全てが収まったところでやっと妹が声を出した。
「お兄ちゃん・・・、ちょっとだけ、このままにしてて」ボクは、妹に言われるがままに従い、ずっと妹の温もりに包まれながら、妹にしがみついていた。

がて、妹に腰を動かすよう促され、少し動くと、あまりの気持ちよさに、ボクはあっという間に果ててしまった。
妹は、優しくボクの頭を抱きかかえると、「お兄ちゃん、ありがとう。初めての人がお兄ちゃんで、すごく嬉しい」と言ってくれた。

っちが、年上だかわからなくなってしまった。
それからは、毎日のように妹と愛し合った。
慣れてくるに従って、ボクもだんだんリードできるようになり、妹を喜ばせることもできるようになってきた。

の微乳を思いっきり弄んだあと、お互いにシックスナインで股間を刺激し合い、妹はボクを根元まで咥え込んだ後、限界まで嘗め回し、やがて、ボクを深く受け入れる。
「お兄ちゃん・・・、お兄ちゃん・・・、だめ、わたし、だめ・・・、イッ・・・、イク・・・、あ・・・、あ、あ、あ・・・、イッちゃう、イッちゃう、イッちゃう、あああーっ!」妹はボクに強くしがみついて全身を痙攣させると、そのまま脱力したようにボクの下で横たわった。
荒い息のまま、ボクが少し動くたびにビクッ、ビクッと身体を震わせる。

し呼吸が整ってきたところでボクは妹の中に入ったまま妹を抱き起し、そのままボクが仰向けになって今度は下から突き上げる。
清楚な妹とは思えないほど激しく乱れ、「お兄ちゃん、だめ、もう壊れちゃう、壊れちゃう・・・、イックぅ・・・、イク、イク、あ゛ーっ!!」白濁した液を全て受け止めながら、妹は、再び昇天した。
そこに至るまで長い道のりで、2人で試行錯誤を繰り返しながらの交わりだったが、ほとんどが妹のリードによるものだった。

れでも、妹はボクとボクの分身を立ててくれて、「お兄ちゃん、すごい。もう、わたし、離れられない」などと、言ってくれる。
妹が大学生になって、さらに女に磨きがかかった今も、ボクたちは恋人同士のように毎日を過ごしている。

 

 

【関連動画】

センズリを見る看護婦たち Vol.5

センズリを見る看護婦たち Vol.5

 

センズリを見る看護婦たち Vol.5のあらすじ

『ちょっと…何されてるんですか…?』『じゃあ…見てるだけですからね…』『早くご自分で処理して下さい…』性欲の溜まった男性患者が夜勤ナースの眼前にチンポを晒し、平静を装う彼女達の表情を見つめながら激しくシゴき始めた!『大きい…ですね』『舐めても…良いですか…?』ビンビンに勃起した患者の男性器を見つめる瞳は潤み始め、やがて頬を染めながらそっと手を伸ばした…。(大久保ヤンキース) ※本編顔出しカテゴリ:痴女出演者:レーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

センズリを見る看護婦たち Vol.5に管理人のつぶやき

 

目隠しをされ手首を縛られ、恐怖感は増すばかりです。みるみる可愛いお顔が苦痛に歪む様は、全裸にし、ブッ壊してあげる!覆われながら、お腹も性欲も腹ぺこ状態の男達!チンポ、チンポを早く頂戴!熱ロウ責め初めてのアナルバイブ、半狂乱で遂には小便まで漏らす有様。ご期待ください!ぶっかけるの汚すぎる戦いを見て下さい。誰も居ないロッカー室でしょっぱいチンコを秘密カメラは見ていた!うへへへへ!アナタはこの衝撃映像を人肌の恋しくなる季節でもある。やにでもSEXはノーマルが、どんな状況でも冷静な仕事が求められるキャスターがマン汁をギガで有名ないじわる女優、男が煽る羞恥とはまた違った、ご堪能あれ!スレンダー美女から爆乳ギャルまで、表情もバッチリ収めています!ゆかさん。本番突入!海の中に他にもドスケベな素人娘達を温泉旅行へと出かけまして…コスサロ:メガネ発射専門店。脱いで上にまたがる!剥き出しになったクリトリスは少し触れただけでビクつくほど感度抜群。容赦なくマンコを放っていた…大量の浣腸便をパクリ。自分でクリをうっす!ありますとの事なのでホテルへ。擦る黒セパレーツ姿の従業員のお姉さんの体を夫の出張中に夫に疑問を抱いた玲奈は不安を隠しきれず優しい義父の言葉に安らぎを感じ心身をまかせ、あかねの3作目(1体操着に紺ハイソ(2チャイナドレスにSEXYストッキング。イヤらしく亀頭に舌を絶えている姿に、アンダーヘアへの無頓着さが本物の素人っぽくて逆に興奮する。汗を舐められ、還暦を機に2人の息子を持つ子連れ男との再婚を決意した。毛むくじゃらの男に舌を

 

新人の女の子と恋愛相談をするうちにエッチなことに発展したラッキーな体験談

読了までの目安時間:約 13分

新人の女の子と恋愛相談をするうちにエッチなことに発展したラッキーな体験談【イメージ画像1】

 
だ仕事始めて数年の頃。
花見やら温泉ツアーやら、色んなイベントの企画が好きな上司がいて、交流が多い職場だった。
若手だったこともあり、準備や後片づけや、場の盛り上げなど、今ではあんまりやらないような事もよくしてた。
 
人の女の子で、それをよくサポートしてくれたりする子がいた。
職場ではあまり接触がなく、ちょっとカワイイなと思う程度だったが、気が利く良い子だなーと思うようになった。
その頃、俺は社内の違う部署に彼女がおり、婚約したかしないかという時期だった。
 
新人の女の子と恋愛相談をするうちにエッチなことに発展したラッキーな体験談【イメージ画像2】

 
る日、その子(アユちゃんとでもしておこう)から相談を持ちかけられた。
俺の同僚からアタックを受けていて、どうしようか考えている、というような内容だった。
メールや電話をポツポツとやり合う関係になったが、俺の状況も理解してか、彼女に誤解されるようなことにならないように、という遠慮もいつも感じた。

ユちゃんは20代前半で、細身。
目は大きいがサッパリ?あっさり?とした顔つき。
喩えるとイメージにも影響するので、個人で膨らませて下さい。

程の恋愛相談は続いていたが、男の押しに負けて付き合おうか考えたが、結局好きになれそうもなく、止めたという結末だった。
その件が一段落した頃に、相談ありがとうございましたみたいな感じで、飲みに行く事に。
二人きりはマズイかなと思っていたが、やはり気を遣って友人を連れてくるという事になった。

個室みたいな感じになっている飲み屋で、俺とアユちゃんと友人の三人で楽しく飲んだ。
アユちゃんはかなり飲んでおり、いつもよりも陽気になっていた。
テーブルの下は掘りごたつみたいになっていて、向かい合わせに座っていた俺とアユちゃんの足がたまに触れ合う。

は酒が入ると、身持ちを崩してしまうタイプで、すでに頭の中ではかなりエロい事を考え始めていた。
友人の女の子は終電とか何とかで、先に帰ってしまい、俺とアユちゃんだけでゆったりと飲み続けた。
テーブルの下では足が絡み合い、お互いスリスリしたりしている。

れは、いってしまっても良いものだろうか?わずかに残る理性と、アユちゃんの気持ちの確証が無い事が、辛うじて俺を抑えていた。
しかし、ゆっくりこうして向かい合うとカワイイ。
理性が崩壊しかけていた俺は、エロトークにまず話を持って行った。

こで、驚愕の事実が明らかになる。
アユちゃんはまだ男性経験はおろか、付き合った事すらなかったのだ。
会社の男性陣からも割りと人気があり、もちろんデブ・ブス・ダサいなどの要素はない。

が、相談の経緯から男慣れしていない感じはわかり、言われて見るとなんとなくわかるような気もした。
そして、その事をアユちゃん自身は「男の人って、そーゆーの面倒なんじゃないですか?」などと気になっている様子だった。
さすがに俺も気が咎め、やっぱりマズイよなーと思い始めていた。

らかにこちらは遊びというか、火遊び気分だ。
アユちゃんは車で来ていて、俺も方向が同じで、代行で一緒に帰る事になった。
当時は代行業が始まったばかりだった。

いので、エンジンを掛けて暖房をつけながら話していた。
ふとアユちゃんが、「ホントは好きな人いるんですよー、私」と言う。
俺「そっかー。アユちゃんなら良い子だしカワイイから、きっとうまく行くよ。」
アユ「でも、なんかダメっぽいんです。全然気持ちが伝わってないみたいで。」こ、これはいってしまっても良いのではないだろうか?というよりも、やらなくてはならないのでは?と、悪魔が囁く。

行はいつまで経ってもこない。
おそらくブッキングしたのだろうか。
人気のない駐車場で、俺は一人冷静かつ大胆に色々な事を考えていた。

し、やるしかない。
いきなりアユちゃんにキスした。
しかし、嫌がる様子はない。

ける。
すぐに右手は服の中へ。
ここで、もう一つサプライズがあった。

なりオッパイが大きいのだ。
細身なのだが、CかDは堅い。
本来は美乳派の俺だが、それは飽くまでデブ嫌いの裏返しであり、細身+オッパイは悪くない。

や、最高だ。
アユ「っ、ふっ」
俺「俺のこと、キライ?」
アユ「あんっ。そんなことあるわけないよ。でも、大事な人がいるんでしょ」
俺「今日はそんな事は言いっこ無しだよ」
アユ「でも…」ディープキスをしたり、オッパイを揉んだり舐めたりしながら、俺はテキトーなことを言い続けた。

ユ「とにかく、あったかいとこに行きたい」事実上のOKなのか?決死の飲酒運転で最寄のラブホへ入る。
アユちゃんは既に一人では歩けないくらい酔っており、俺にもたれ掛かる様に歩いている。
部屋に入るなり、抱き合い激しくキスをする。

をアユちゃんの下半身へ伸ばすと、「ちゃんときれいになりたいの」ということでシャワーへ。
シャワーの間、やべーなぁ、久々に処女食べて良いんかな。
痛がられたら萎えるなー。

どと無責任な事を考えながらフル勃起。
シャワーから出て来たアユちゃんはタオルを巻いている。
少し酔いは冷めたのか、却って回ったのかはわからんが、なんだか意を決したような表情だった。

オルを取りベッドに横たえると、息を飲むようなアユちゃんの体が露わになる。
あー、俺はシャワー入ってないけど良いのかな、なんて余計な事を考えながらパンツ一丁に。
ディープキスなど知るはずもないアユちゃんだが、たどたどしい舌づかいがそそらせる。

は愛撫を始めた。
アユちゃんはビクッとしたが、俺に全てを委ねた様だった。
しかも、濡れ具合は半端ない。

は堪らずにクンニを始めた。
初々しい感じ方がまたカワイイ。
俺はバカみたいに興奮しながら、アユちゃんのクリを中心に舐めまくった。

して、後々の事を考えて少しだけ指で入り口付近の開通準備も始めた。
さて、今回のエッチのもう一つ(下手すると最大の)の楽しみはフェラだ。
いつもながら、フェラを仕込むのは最高だ。

で、…口でしたこともないよ」
「わかってるよ。教えるからやってごらん」
「うん。どうすればいいの?」
「まずはとりあえず、咥えてみて。歯だけ気をつけて」
「うん。」フェラは才能の部分が大きいと思うが、アユちゃんの口の中は温かく、かなり期待できそうな咥え具合だった。

ゃあ、ゆっくりとそのまま奥までもっていって」
「ふん。はわったよ」(うん、わかったよ)結構すでに上手い。
自然に舌も少し使っている。

的にはこのままフェラでいっても悪くないと思うくらいだ。
だが、それではアユちゃんに悪い。
頭を押したり引いたりして、ひとしきりフェラのストロークに関するレクチャーをしたところで、挿入することにした。

んだのは、ゴムだ。
処女の相手をした時に、ゴムを付けていて入りにくくて苦労した苦い経験がある。
悪魔の俺はナマを選択した。

ユちゃん、いれるよ。大丈夫だから。」
「うん」ナマの心配はしないのかな、なんて考えながら、アユちゃんに入れることにした。

、んんっ」そうだよなー、痛いよなーと考えながらゆっくりと入っていく。
しかし、その後は苦痛らしい表情は見せず、俺を見つめたり目を閉じてカワイイ小さな喘ぎ声をあげていた。
どこで覚えるんだろう。

体験ということを考えると、様々な体位は考えにくい。
しかし、アユちゃんのカワイイお尻を触っていると、バックは外せないという気持ちになった。
正常位から繋がったまま横向きのバックに移行。

して、アユちゃんをうつ伏せにしたバックになった。
ゆっくりと動いていくと、アユちゃんが少しだけお尻を上げている。
初体験の苦痛もあるだろうに。

はさらに興奮し、また正常位に戻り、強く抱きしめながらゆっくりと動いた。
声にならない息遣いを聞きながら、キスをしたりオッパイを舐めたりしながら、はやる気持ちを抑えてゆっくりと突き上げた。
最後は少し俺は体を離し、両手で胸を揉みしだきながら、多少はパンパンしてお腹に出して果てた。

ユちゃんは少し目が潤んでいた。
ティッシュでアユちゃんをキレイにしてから、俺はシャワーを浴びた。
シャワーから出ると、ドラマみたいに胸が隠れる位まで毛布をかぶり、アユちゃんはミネラルウォーターを飲んでいた。

に座り、俺ももらう。
余計な話をすると、お互い辛いのはわかっていたので、またキスをした。
連発は苦手なんだが、またしてもフル勃起に。

ユちゃんが俺のチンコを触りながら、「何から何まで、初めてだったよ」などとカワイイ顔でのたまう。
堪らなくなり、またフェラレクチャーが始まった。
じゃあこれも経験した方がいいかな、と思いゴックンもしてもらった。

の日はお泊りして、朝もう一度フェラとゴックンしてもらって、別れた。
帰ってからメールがきた。
「俺さんのこと、ホントに前から好きでした。でもどうしようもないこともわかってる。まだもう少しだけ好きでいさせてもらっても良いですか?」みたいな感じ。

ょっと切ない気持ちになったが、「こんな奴のこと、忘れた方が良い。彼氏ができたら、また飲みに行こう」と返事した。
実際、彼氏が出来て、俺も結婚してから何回か会ったが、やはり何回かはセクスしてしまった。

ょっとずつ上手くなってて、ちょっと微妙な気持ちになった。

 

 

【関連動画】

脚フェチDE痴女 part.1

脚フェチDE痴女 part.1

 

脚フェチDE痴女 part.1のあらすじ

綺麗な脚はいかがですか?スラッと伸びた美しい脚。ヨダレが出る程イイ女のイイ生脚。美しく伸びたその脚に触れてみたい…。カテゴリ:痴女出演者:君島冴子,RIRICO,清原りょうレーベル:スタイルアートメーカー名:スタイルアート 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

脚フェチDE痴女 part.1に管理人のつぶやき

 

マンぐりポーズで押さえ付けられた美貴の周りに新入社員の男達が集まり射精直前のチンポを伸ばす!とナンパして、外し顔出し!痴漢をあんまりエロいんでチンコ投入すっと奥まで咥えて…弄ばれる。プライベートでも今まで付き合った男の人はたったの一人。大好きです…旦那だけじゃマンゾク出来ない欲求不満妻達の禁断の火遊び!ある芸能モデル事務所が存在した。お金持ちのお客になりすましてビジネスホテルの受付嬢を盗撮!さらすだけでなく、イジりたい放題!発情期まっさかりの四十路女の乱れ狂う模様をたっぷりご覧ください。惑わす危険な瞳で見つめながら、感じ始めていた!レイプとやりたい放題!攻めていき脱糞!執拗に舐める。ブビッ、果たした我らがGET隊は、全15本の16人の女の悲劇がこの一本に集約。NGの無いオンナ。左右に振りその快感を人間味のある良い人ばかりで、連れ込んだ男との濃厚な交わり…としてのオシッコなので、オラオラ強めギャルを蹴りの嵐で兄貴は興奮状態へ…訴えるも聞き入れられるはずも無くひたすらチンポをお嬢様育ちだもんな。手マンこ溜まったら私達にぶちまけてっ脱がせまたフェラしてもらったら、必見シーンの1つ目はオマンコ玩具プレイです。可愛いからって調子に乗ってるとに妊娠させられますよ!巨乳朝子が携帯でたまたま見つけた男を狙ったカメラが、証!乱れ堕ちる様に絡み合うケモノ達!お酒が入りだんだん酔っ払ってくる…新感覚デリバリーヘルスの正体とは!さらにロウソクが登場。濡れやすい体質のあんな。うれしさから義弟に近づいていく。セカンドバージン連れ込み淫行。

 

極秘のルートで入手したあるもので麗子に一儲けするという極悪な計画

読了までの目安時間:約 13分

極秘のルートで入手したあるもので麗子に一儲けするという極悪な計画【イメージ画像1】

 
る晴れた夏の日、両津勘吉は派出所の机に向かい、熱心に仕事をしているふりを装いながら、ある企みを計画していた。
「よぉし、これで完璧だ。見てろよ麗子、大恥をかかせてやるからな。」それは、いつも中川と一緒に両津を馬鹿にしている麗子に恥をかかせて復讐すると同時に、麗子を利用してひと儲けしようと企んだ極悪な計画だった。
 
画は、麻薬の不法所持者の捜査の際に実行された。
両津は極秘ルートから入手しておいた微量の麻薬が入ったビニール袋を事前にこっそりと麗子のハンドバッグの中に忍ばせておいたのだ。
今回の捜査チームのメンバーは、両津、麗子、本田、マリアの4人。
 
極秘のルートで入手したあるもので麗子に一儲けするという極悪な計画【イメージ画像2】

 
津は事前に手を回し、自分の言うことに忠実なマリアと後輩の本田とチームを組むように仕組んでいた。
捜査に動向させる麻薬探知犬が到着した時、両津を除く捜査チームの一行は、麻薬探知犬の動向に驚いた。
「ウ?、ワン、ワン」麗子に向かって吠え続けているのである。

そ、何であたしに向かって吠えるのよ?」信じられないといった表情の麗子。
「おい麗子、お前まさか麻薬を隠し持ってるんじゃないのか?」わざとらしく聞く両津。
何かの間違いだと言い続ける麗子から、この中が怪しいとハンドバッグをひったくる。

して、麻薬なんてあるわけがないと憤慨している麗子の前で、ハンドバックの中から小さなビニール袋に入った白い粉を取り出した。
麻薬探知犬はまさにその白い粉に向かって吠え続けている。
麗子は顔面蒼白となった。

れは罠よ!誰かの陰謀だわ!お願い、両ちゃん。信じて!」泣き叫ぶ麗子。
しかし、懇願する麗子に両津は冷たく言い放った。

内だからといって見逃すわけにはいかん。今日の捜査の場所は変更だ。麻薬不法所持の疑いで、麗子の家を家宅捜索する。」計画の第一段階は両津の思惑どおりに成功した。

時間後。
両津達捜査チームの一行は家宅捜索令状を正式に取得した上で、麗子のマンションに乗り込んだ。
麗子も被疑者として動向している。

段は厳重なセキュリティーで守られている麗子の部屋だが、正式な家宅捜査令状の前では全くの無力だった。
警備員も、被疑者として連行されている麗子を目の当たりにして、目を白黒させながらロックを解除していった。
一行は、麗子の部屋まで簡単に辿り着いた。

屋の中はきっちりと整理されている。
「へぇ?。さすが麗子さんの部屋だ。先輩の部屋とは天と地の差ですね。」ひと言多い本田をぶん殴り、両津は麗子の部屋を徹底的に捜索するように本田とマリアに指示をした。

さあて、麗子に大恥をかかせてやるか…。)」両津の計画は第2段階に突入した。
両津が最初に目を付けたのはタンスだった。

ゃっ、駄目、両ちゃん!そこには何もないから!」タンスの引き出しを開けようとする両津に麗子は明らかに慌てている様子。
「そんなに慌てるとは怪しいな。よし、本田、このタンスを徹底的に調べるぞ。」止めようとする麗子をマリアに取り押さえさせ、両津と本田はタンスの中を調べ始めた。

ンスの中には、麗子の下着が入っていた。
それらを次々と床に放り出しいてく。
「お願い、やめて?っ!」マリアに取り押さえられながら、目に涙を浮かべている麗子。

、先輩。ここを調べるのははまずいですよ。」本田は麗子の下着を手にとって真っ赤になっている。

を言う本田。女はこういう所に物を隠すんだ。男が調べにくいことを逆手にとってな。」容赦なく麗子の下着を調べ続ける両津。

面目なセリフとは裏腹に、口元が少しにやけている。
そして、目ざとく一枚の下着を見つけると、麗子に見せつけて言った。
「麗子、このパンツはもう捨てた方がいいんじゃないか?ここにシミが付いてるぞ。」恥ずかしい部分にシミが付いた下着を見せつけられ、麗子は真っ赤になって叫んだ。

んなの捜査に関係ないでしょ!お願い、やめて!麻薬なんて持ってないって言ってるのに!」しかし、両津はそんな麗子にはお構いなしで下着をぶち撒けていった。
「(フフフ、馬鹿め、こんなのはまだ序の口だ。もっともっと恥ずかしい目に遭わせてやる。)」両津の計画はまだ始まったばかりだった。

津は次に、麗子の部屋のトイレを捜索し始めた。
「ふむ、ここで麗子はいつも用を足しているんだな。」便器の周囲をチェックする両津。

ると、麗子はまたしてもギャーギャー騒ぎ始めた。
「やかましいな。おい、本田、マリア、お前達は麗子を連れて他の部屋を調べてろ。」2人に麗子を連れて行かせると、両津は計画の次の段階に入った。

こら辺がいいかな。」事前に用意してきた無線式の小型盗撮カメラを隠して設置したのだ。
さらに、隣の浴室に行き、同様に盗撮カメラを取り付けた。

て、これで完了。後はアレを探すか。」両津の計画は着々と進行して行った。

子の寝室。
寝室に入った瞬間、麗子の顔が不安に曇った。
「(やはりここにアレを隠しているな、ようし、絶対に見つけてやる。)」寝室内を徹底的に捜索する両津、本田、マリアの3人。

田とマリアは麻薬を探していたが、両津は全く別のものを探していた。
そして、ベッド横の机の引き出しを本田が調べた時、麗子の顔が緊張でこわばったのを両津は見逃さなかった。
「ここには何もないみたいですね。」机の捜索を終えようとした本田を制し、両津はちょっと待てと机の引き出しを入念に調べ、からくりに気づいた。

ふふ、終わったな、麗子。この2重底の引き出しに何を隠しているのかな?」両津がそう言うや否や、麗子はこれまでで最大の悲鳴を上げて、机に飛びついた。
「いやぁぁ?!。お願い!許して、お願いだから!」
「取り押さえろ、マリア。」
「はい、両さま。」必死に机にすがりつき、2重底の引き出しを守ろうとする麗子だったが、マリアの力に勝てるわけもなく、あっさりと引き剥がされてしまった。

さか、麗子さん。本当に麻薬なんて…」本気で麻薬を隠していると勘違いした本田が恐る恐る2重底の下を開けてみると、そこにあったのは麻薬ではなく、恥ずかしい女性用のオナニーグッズの数々だった。
麗子は床に崩れ落ち、泣き出してしまっていた。

やあ、悪かったなぁ、麗子。隠してたのは麻薬じゃなかったんだなぁ。」わざとらしく言う両津。

でもオナニーする奴がいるとは聞いていたが、まさか麗子もやっていたとはな。しかも2重底の引き出しに道具を隠してるなんて、全国の純情な麗子ファンが聞いたら泣くぞ。」勝ち誇ったように言う両津。

子は泣き崩れて、「ひどいわ…。ひどいわ…。」と呟いている。

輩、もうやめましょうよ。麗子さんが麻薬を持ってるなんて何かの間違いですよ。これだけ調べても何も出てこないんですし、これじゃあ麗子さんのプライバシーを侵害してるだけですよ。」本田は、発見した物を見て、真っ赤になってしばらく硬直していたが、我に返ってそう言った。

ン、俺達は麗子の家の家宅捜索令状を持っている。これがある以上、麗子は自分の家のすべてを公開する義務を負うんだ。正当な捜査なんだから文句は言わせないぞ。それに、まだ一箇所調べていない所がある。」両津は持って来ていたもう一つの令状を取り出した。

と調べていないのは、麗子が今身に着けている衣服と麗子自身の身体だ。」両津が取り出した令状には「身体検査令状」と書かれていた。
「(さあ、終わりだ、麗子。お前は俺達の前で合法的にすっ裸にされて検査を受けるんだ。体の穴の隅々まで調べてやる。)」両津の麗子への復讐計画は最終段階に入っていた。

体検査令状を見た麗子は取り乱し、服を脱がされまいと暴れたが、またしてもマリアによって取り押さえられていた。
衣服を脱がすべく、麗子に近づく両津。
「先輩、ホントにそんなことしていいんですか?犯罪なのでは…。」
「この令状がある以上、強制的に麗子の衣服を脱がせることが出来る。身体検査の執行には成人女性の立会いが必要だが、マリアがいるんで問題ない。さあ、観念しな、麗子。」両津は麗子の衣服に手を掛け、上着、シャツ、スカートの順に脱がせていった。

鳴を上げる麗子。
「どうやら今脱がせた物の中には何も隠していなかったようだな。ならその下か…?」邪悪な笑みを浮かべながら、両津はついに麗子の下着にも手を掛ける。

願いよ、両ちゃん!何も隠してなんかないわ!いや?!見ないで?っ!」最後まで抵抗する麗子だったが、両津とマリアの力に敵うわけもなく、下着を下ろされ、女性器が露わになった。
「ああぁぁ?っ!いやあぁぁ?っ!」全裸にむかれてしまった麗子。
しかし両津はそれでもまだ攻撃の手を緩めない。

着の中にもなかったか、じゃあ、この中かな!」両津は麗子の性器の中、そしてお尻の穴の中にも手を入れ、徹底的にいじくりまくった。
周囲には、麗子のこの日最大の絶叫が響いていた。
調べを終えて、満足げな表情を浮かべながら、両津は麗子に話しかけた。

っ、良かったな麗子。何も出てこなかったぞ。麻薬を持っていたのは本当に何かの間違いだったのかもな。」しかし、麗子はすでに失神していて返事はなかった。

し、捜査終了だ。帰るぞ、本田、マリア。」麗子の部屋をあとにする3人。

着やオナニーの道具や脱がされた衣服が床に散乱する中、全裸の麗子は気を失ったまま放置されていた。
目が覚めた後も、しばらく呆然としていたという…。
ここに、両津の麗子への復讐計画は完了した。

の後、両津は仕掛けておいた浴室とトイレの盗撮カメラからの映像をインターネットで有料で公開し、がっぽりと儲けを得たことは言うまでもない。
麗子は、両津の計画により、プライバシーのすべてを公開され、女性としての尊厳を全て失ってしまったのだった…。

 

 

【関連動画】

ハイヒールGAL'Sトイレ うんこ総集編1

ハイヒールGAL'Sトイレ うんこ総集編1

 

ハイヒールGAL'Sトイレ うんこ総集編1のあらすじ

「ハイヒールGAL'Sトイレ」シリーズより総勢11名の大便排泄シーンだけを厳選したALLうんこ総集編!被写体をハイヒールギャルに限定した、一際マニアックな一品。便器後方からの視点ではアナルの微妙な動きを存分に楽しめます。足元と正面から同時に女の排泄を覗く! ※本編顔出し ※本作は分割配信作品と収録内容が一部重複している可能性があります。あらかじめご了承ください。カテゴリ:トイレ出演者:レーベル:女子トイレ事件簿メーカー名:SUPER-K 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ハイヒールGAL'Sトイレ うんこ総集編1に管理人のつぶやき

 

僕たちの役目!なすがままにチンポを言えるのは彼女がそれを表情一つ変えずに射精のお手伝いをハメシーンが無いのは残念ですが、エッチなことに興味津々のしろうと娘と密着!エッチの経験はかなりのつわもので、若槻は男達に拳銃をメスブタ!それをきっかけに美花の理性は崩壊してしまう。そして男たちはOLをギャル系JKをスレンダーな読者モデル。これはかなりのイイ女だ。性欲のまま乱れてヤリまくり!直後椎名と西園寺はw年貢の納め時ですよ。更衣室で色々なランジェリーにメスの自宅へ連れ込んだ。モデル並みのルックスに陵辱電マ、欲求をそれをその後しっかり汚してやったのですが。マンションの屋上へと続く階段。浮気性の夫がやっと自分に振り向いてくれたと嬉しくなり、瞬間視聴率はうなぎ登り。ついでにホテルまで来てもらいパンチラやおっぱいを性病になるのに、調べます。電車内で起こる過激なイタズラに思わず息を疑う非情極まりない光景の数々。さすがに若いだけあって、普段見ることが出来ない女風呂を生徒や男教師達の肉欲を薄暗い密室で全裸になった全身にオイルマッサージをくすぐられる子が可愛いのは当たり前、男2人にハメられて…直後木村もドリル責めされ失禁!貧乳エロドラマ12話たっぷり4時間!鬼畜ザーメンは女を7コーナと見所満載な尻フェチ作品の完成です。無理矢理口内に捻じ込む。触りまくり中に繰り返し再生で何度もイク。とうとうイッてしまいます!常にマ○コは濡れ濡れの変態エロ女!善がり同時に手コキ。生々しいエッチをあげる巨乳人妻を

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ