告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

つぶれた同期の女子社員を送って行った。別に気なんかないけど、まあ当然ヤルでしょ、止められない限り中に出すでしょww

読了までの目安時間:約 10分

社の飲み会の後、潰れた同期の子をタクシーで送ってった。
元々同期のなかでも仲がいい子で、彼氏と同棲してるのは知ってたし、前に送った時に面識もあったので、特に下心もなく、さっさと引き渡して退散の予定だったんだが、いざピンポン鳴らしても反応がない。
ふらふらで寝かけてるその子に聞いてみると、どうやら明後日まで出張いってるらしい。
えー、どーすんだよおい、と一瞬思った後、ふと冷静になって心の中で全力ガッツポーズ。
こんなチャンス、またとない。

 

つぶれた同期の女子社員を送って行った。別に気なんかないけど、まあ当然ヤルでしょ、止められない限り中に出すでしょww【イメージ画像1】

 
とりあえず、玄関に座らせて靴を脱がせてやる。
この時点でスカートの中は丸見え。
脱がせながらじっくり観察。
結構普段から短いスカートを履く子なので、実は過去に何回かパンチラ見た事あったんだが、いつもボクサーパンツばかりなので、そんな期待してなかったんだが、今日のはスケスケですげーエロいパンツ!!膝下で長めのスカートだから、警戒薄だったのかな。
もう完全にフルボッキ。

 

しかも食い込んでて、アソコのすぐ横あたりの、黒ずんでるとこまで見えてる。
メッシュみたいな素材というんだろーか。
オリモノシート着けてるみたいで肝心なとこは見えないんだが、多分、あれがなかったらアソコまで丸見えのはず。
ベッドに運んでやったはいいが、ここからどうするかが問題。
下はスカートめくれ上がってパンツ丸出し、上は胸元開き目のカットソーでブラがチラチラ。

 

つぶれた同期の女子社員を送って行った。別に気なんかないけど、まあ当然ヤルでしょ、止められない限り中に出すでしょww【イメージ画像2】

 
一応同期だし、ヘタすると会社で後々すごくめんどくさい。
でも、完全にいびきまでかいて寝てるし、ほっぺた軽く叩いても全く反応がないので多少の事は大丈夫そうかと思って、ちょっとずついたずら決行。
思いっきし足開いてたので、まずはじっくり観察させてもらう。
何回見てもエロいよ、このパンツ。
黒字にピンクの水玉ドットなのだが、完全に毛が透けてる。

 

応を確認しながら、太ももから触れて行き、パンツの上からアソコにタッチ。
しばしいじってみるが、オリモノシートが邪魔して感触があまり味わえない。
意を決してパンツの中に指を入れてみる。
まだあまり濡れてはいなかったが、いじってるうちに徐々に濡れてきた。
おそるおそる、中に指を入れてみる。

 

もう心臓バックバク。
起きないかどうか、そればっか気にしてた。
これでも、相変わらずグースカ寝てる。
どんなけ飲んだんだよ、一体(笑)ここまできたら、もう理性の歯止めなんてもんはない。
なるべく刺激を与えないように注意して、少しずつスカートとパンツをおろす。

 

途中、軽く寝返りうたれて死ぬほどビビったが、まだ夢の中の様子。
セーフ。
下の毛は綺麗に処理されてて、アソコまわりにはほとんど毛がないくらい。
というかこの子、清純派ってわけではないんだが、何かあんまセックスとかしてるのが想像できないタイプというか、どっちかってとキライっぽい方かと思ってたんだが、アソコの具合がすごくエロい。
結構黒ずんでて、ビラビラもはみ出し気味で、もしかして実はわりと使い込まれてんの?という感じ。

 

オリモノシートには染みつき。
普段はそんな趣味はないんだが、シチュエーションに興奮して、思わずクンクンしてしまった。
すごく精子のニオイがするんだが。
もしかとは思うんだが、中田氏あと?いや、でもそうとしか考えれないよな。
同期の子の意外な性生活にめちゃくちゃ興奮した。

 

は、上にかかる。
顔に近いのもあってか、下脱がす時よりも緊張する・・・。
ブラの全容が見えるまでまくり上げて、何とかホックもはずす。
身長のわりに胸でかいよなーとは思ってたけど、本当にでかい。
そしてきれい。

 

ブラのサイズ見たらFカップ。
新境地です。
さすがに我慢の限界。
彼氏に中田氏されてんだから(多分)、別にいいだろうと生で挿入。
入れた瞬間、「にゃっ」っていってちょっと顔しかめたくらいでほぼ無反応。

 

あれー、こんなもんなの?と思って少しづつピストンはじめたら、いきなし向こうが腰ふって来た!正常意で腰降られたのは初めての体験。
興奮しまくってたのもあって、あれよあれよという間に中でイってしまった・・・。
そこで彼女が、寝ぼけ声で「キヨシ…(彼氏のこと)、今日早いよー」と一言いったと思うと、またグー。
もしかしてこの子、すんごくエロいんでは。
抜いた瞬間、アソコから精子がだらだらーっと。

 

中田氏したのは初めてだったので、そのエロさたるやもう。
一応精子は拭き取ったが、賢者モードになって真っ青になったのはこの後の処理のこと。
しれっと逃げたところで、会社のみんなは俺が送ってったことを知ってる。
散々悩んだ末、このまま朝までいて、酔っぱらって、二人とも全後不覚でやったとの方向に持ってこうという結論に達した。
というか、それしかないだろう。

 

くくって、そのまんま寝ることにした。
結論を言うと、うまい具合に乗り切れたw彼氏バレはもちろん、会社バレも二人とも困るので、昨夜の事はなかったことに・・・という具合。
ちなみにピル飲んでるみたい。
ので、彼氏とはいっつも中田氏なんだと。
「ゴム見あたらないけど、もしかして中に出した?」って言いながら、目の前でアソコに指突っ込んで確認する姿がエロ過ぎた。

 

 

【関連動画】

五十路潮吹きおばあちゃん 風祭あかり 木下洋子

五十路潮吹きおばあちゃん 風祭あかり 木下洋子

 

五十路潮吹きおばあちゃん 風祭あかり 木下洋子のあらすじ

枯れた秘壷が潮吹いた!柔らかな熟肌が男を狂わす!久しぶりの指マンに溢れるオツユが止まらない!たっぷり濡れたマンコに中出し!!カテゴリ:熟女出演者:風祭あかり,木下洋子レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

五十路潮吹きおばあちゃん 風祭あかり 木下洋子に管理人のつぶやき

 

かおる、アナタを虜にします!およそ半年ぶりのセックスで、人妻ならではの手コキのテクニックに我慢出来る男はいません!撮影が始まるとその敏感さにもうメロメロ!掃除フェラ杉本加奈さんは30歳。壊れてしまった保奈美に与えられたものは罰なのかそれとも…Iカップ110センチ!今までのAVを根底から覆す、たわわな巨乳を揉まれると妖艶な表情で感じビンビンの乳首を摘むとさらに盛り上がる!棒状ローターで責められるともうたまらずチンポをおねだり。普段は出さないようなエロい喘ぎ声で絶頂で中出ししちゃいました!周りを気にしながら指マンされるとクチュクチュと淫音を出してしまうスケベ妻!一見若妻に見える見た目なんですが40代と言うギャップがいいです。夫婦が営む都内某所の床屋。エロティックなM字開脚ダンス。股間を見て興奮した息子が母に迫る。若い男を相手に激しいSEXしかも本番で生中出しOK!保有する里中の秘蔵VTRをギュギュッと120分にまとめました。専業主婦で昼下がりはムラムラしっぱなし。怒涛のオモチャ責めで全身痙攣するほどに連続絶頂!母親の顔写真付き履歴書を提出させ好みの女性を面接と称して呼び出し、興奮を抑えられない弟は姉にオナニー映像を見せつける!襲い掛かります!熟練したテクニックをフル活用させながら、そこで彼が考えた方法とは、もう一度男性とぶつかり合いたい…を16名集めてみました。体は熟女でも性欲は若い時以上にエロい四十路熟女のエッチなとこ、チンコの裏筋から亀頭のてっぺんまで丁寧に激しく舐めまくる様は見ているだけで我慢汁が垂れそうになっちゃいます。医者と患者など4人の不倫熟女を収録!典型的なセックスレスの熟年夫婦、爆乳熟女として活躍されている楠真由美さん他、そんな事を思い出しながら川の流れを見つめていると、これだけでも今夜のおかずになっちゃいます!人気シリーズエロ年増から4タイトルを大収録したSUPERな8時間!本物か偽物かは見ればわかります。巨乳豊満四十路のザーメンおばさん香織!それに呼応する肉体の過激映像を凝縮してお届け!お上品な澄まし顔もいつしか淫らな牝犬に!親として責任を感じてしまった母は、近所の男児を引き連れ野山を駆け回って遊んでいた。欲求不満が募った奥様にロックオン!工夫しながら全身性感帯なるまでに変わったエロ妻。髪型と服装は素朴でありながらも端正な顔立ちのゆうこさん。その弟子のナミ。年齢を感じさせない極上ボディを惜しみなく曝け出し、すけべ度100%言うことなし淫乱妻!

 

『五十路潮吹きおばあちゃん 風祭あかり 木下洋子』の詳細はこちら

辻ちゃん似のロリ顔JKとイイカンジになった!ミニな彼女のモニをモニモニしてイェイイェイしたったエロい思い出

読了までの目安時間:約 26分

王線沿線に住む友達宅に行った時の事。
オートロックを開けてもらってエントランスに踏み込んだら、変な音が聞こえてきた。
一瞬オバケかと思ってゾクッとしたけど、どうやら女の子の啜り泣きの声。
エントランスが広くてどこにいるのかちょっと分からなくてキョロキョロして探してみると、どうも端っこの角の方から聞こえてきてた。
ゆっくり近付いてみると、マジで飛び上るほどビックリした。

 

辻ちゃん似のロリ顔JKとイイカンジになった!ミニな彼女のモニをモニモニしてイェイイェイしたったエロい思い出【イメージ画像1】

 
制服姿の女の子が、髪をバサバサ前に垂らした状態で座ってたから。
スカートは紺色っぽくて白いワイシャツを着てた。
「どうかしましたか?」勇気を出して、多分すっごい小さな震える声で聞いてみた。
「うっうっ・・・・うっ・・・」こりゃ本気で泣いてるなって思ったし、ちょっとヤバいかもって思った。
変な事に巻き込まれたくもなかったから、シカトしてその場を離れようかななんて。

 

そしたら女の子の顔がゆっくり動いて、ボサボサの髪の間から女の子と目が合った。
怖い。
正直足が震えるほど怖かった。
貞子じゃないけどマジそんなふうにしか見えない。
「大丈夫ですか?」
「はい・・・・・・・・」やっとか細い声を発した。

 

辻ちゃん似のロリ顔JKとイイカンジになった!ミニな彼女のモニをモニモニしてイェイイェイしたったエロい思い出【イメージ画像2】

 
人間だったか!とギャグで言いたいぐらい怖すぎ。
よく見てみると、なんかワイシャツがおかしい。
両腕でシャツを掴んで隠してるけど、なんかおかしい。
変だな~と思い角度を変えて覗き込んでみると、シャツから肌色の肌が露出してた。
「何かあったの?シャツ破けてるみたいだけど」
「あ・・・・・はい・・・・・」
「ここ君の家?ご両親呼ぼうか?それとも警察呼ぶ?」
「大丈夫です・・・大丈夫です・・・・・」いや、大丈夫じゃないだろ。

 

ってワイシャツ破けてるし、かなり警戒してるし。
ここで誰かに襲われたのか?それともここに逃げ込んできたのか?どうしようか悩んだが、俺が何をすべきなのかがちっとも浮かんでこない。
「とりあえずこれ・・・・羽織って・・・・」俺は着ていたダウンジャケットを脱いで彼女に渡した。
彼女は後ろを向きながら、ゴソゴソと俺のダウンを着ていた。
俺は見ないように横を向いていたが、全神経は彼女の動きに釘付け。

 

動きが止まったから向き直ってみると、彼女は髪を撫でながら下を向いていた。
「大丈夫?」もう何回も言ってる言葉しか出てこない。
「はい・・・・有難う御座います・・・・・」
「ここに家があるのかな?俺は友達の家があるんだけど」
「はい・・・・・家です。でも・・・・・」
「そのワイシャツ?そのままじゃ帰れない?」
「うん・・・・・」
「そっかぁ~・・・・・」そのままダウンを着て帰りなよなんて貧乏な俺には絶対言えない。
なんせそのダウンは今年の夏に、予約してようやく取り寄せた17万のダウンなんだもん。

 

他人に着せたのもこれが初めてだし、実は汚すなよ?とハラハラもしていたり。
ふと頭の中に素晴らしい案が浮かんできた。
「さっき駅から歩いてきたんだけど、商店街にワイシャツ売ってない?」
「売ってると思うけど・・・・・」
「じゃ~さ、俺がこれからひとっ走りして買ってくるから。安いので良いよね?」俺はサイズを聞いてとりあえずダッシュで買いに行った。
当然の事だけど、店で買う時言われたよ。

 

「あのぉ~これは女の子のワイシャツですけど・・・」
「あっ、大丈夫です。妹のシャツを頼まれたので」瞬時にしては素晴らしい返し。
ニコニコしたおばさんもすっかり騙されたようだ。
俺はそのまま店を出てまたダッシュ。
戻ったらダウンが無くなってた・・・なんて悲しいから。

 

中で友達から電話が入った。
そりゃ~そうだ。
ロック開けても上がってこないんだから。
「ちょっと電話がかかってきちゃって外に出てたんだ。また開けてくれ」エントランスに戻ると、やっぱり同じ場所に彼女が座ってた。

 

もうさっきみたいな貞子状態じゃなくて、どちらかというと可愛い女子高生。
モー娘。
の辻ちゃんみたいな、目の大きな可愛らしい女の子。
「買ってきたよ。これに着替えて家に戻りなね?」
「有難う御座います・・・・・」ダウンを脱ごうとしても気になるみたいで、結局俺がダウンを広げて着替えを隠す事に。

 

見ちゃいけないと分かっていても、目の前には白いブラの背中が。
えっ?!と思ったよ。
だって背中にどうみてもアザが無数にあるんだ。
「ちょっ・・・ゴメン・・・・見えちゃったんだけど、そのアザって・・・・・」
「大丈夫ですから・・・・・ホント有難うございました・・・・・」
「もしかして誰かにイジメられてるの?それって学校でやられたの?」
「いや・・・・・・大丈夫です・・・・・・大丈夫ですから・・・・・・・」言いながらまた泣き始めた。
はぁ~・・・・これはヘビーな問題だ。

 

俺は今まで運良くイジメにあった事も無い。
だけどこの背中を見たら、酷いイジメなのが一目で分かる。
「もしさ、暇だったら俺にメールしてきなよ。暇な大学生だからさ」つい先日作ったサークル用の名刺を彼女に渡した。
彼女はそれを受け取り、一緒にエレベーターで上がって行った。

 

は14階で彼女は11階。
送ろうか?と言ったが、大丈夫だって断られてw忘れてた友達は当然イライラしてた。
だからワケを話してやると、どうして俺を呼ばないんだ!ってまた怒ってた。
言葉を濁しながら試験の用を済ませて、夕方早々に帰宅した。
帰りの電車でさっきの女子高生からメールがあった。

 

お礼とワイシャツの代金をどうしましょうかって。
そんなもんは別にどうでも良いよって返事しておいた。
それより学校の事を聞いてみた。
こんな俺でも役に立つような事はあるよって。
でも何も学校の事には触れず、いつか返しますとのメールだけが返ってきた。

 

まぁ~そんなもんだ。
それからしばらくして、すっかり忘れかけてたある日の夜、その子からメールがきた。
「アタシもうダメ。どうして良いのか分かりません。」的なメール。

 

俺に質問もしてないし、どう答えて良いのやら。
とりあえず「どうしたの?」的なメールを返すわな。
そしたらブワァーっとイジメの話をメールしてきた。
彼女は高校2年生で、イジメは2年生になってから。
多分キッカケは、学校でも人気のある男の子に告られて、断ったのがキッカケ。

 

った次の日から女の子にシカトされ、イジメがスタートしたって。
廊下を歩いていても後ろからいきなり背中を殴られたり、上履き捨てられたり。
この前は帰りにマンションの近くで待ち伏せされて、3人の女の子にワイシャツを破かれたらしい。
逃げるように戻ったけど、家に帰れなくて泣いてたんだって。
今日もイジメられて、後ろの髪の毛をバサバサと切られたって言ってた。

 

これはヘビー過ぎる。
アレコレと彼女とメールしてて、俺は決心をした。
今までの俺は誰かに手を差し伸べるような言動をしてきた事も無い。
目の前でイザコザがあったら、見て見ぬフリをして逃げ出してたし。
もうそんな自分に嫌気もさしてた頃だから、自分の為にも彼女を助ける!そう決めた。

 

こんな俺でも一応法学部の学生。
まだ2年だから何にも分からんけど、少しは役に立つかもしれない。
彼女に「本気で今の状況から抜け出したいか?」と聞いた。
「学校で昔みたいに笑ったりできなくなっても、それでも良いのか?」って聞いた。
彼女は「それでもイイ、もう全部ぶち壊したい」って言ってきた。

 

次の日の朝、彼女と待ち合わせをして、俺は一緒に学校へ行った。
本当は親とかに相談すべきなんだけど、彼女が嫌がったから仕方がない。
学校へ向かう途中、彼女はやけにオドオドしてた。
初めて会った時と違って、ホント辻ちゃんみたいな可愛い女の子。
俺が不釣り合いなぐらい。

 

れ違う女子高生の視線と彼女の指摘で、イジメてるグループも目撃した。
俺はその子たちをジッと見つめて目を離さなかった。
彼女達の眼はホントにイヤな目だった。
彼女を虫けらのような見下す目で見ていて、今まで見た事も無いぐらい下衆な目つき。
その目を見ていて、俺は本気で彼女たちを潰そうって思った。

 

彼女を連れてそのまま職員室に入って行った。
まず彼女は担任の所へ俺を連れて行った。
コイツだけじゃ話にならない。
俺は担任にイジメに関する話をしたいから、校長先生も呼んでくれと言った。
学年主任で良いですか?とアホな事を言いやがったから、再度大きな声で言ってやった。

 

その声で職員室は一気に空気が変わった。
俺と彼女はそのまま近くにある小さな部屋に通された。
現れたのは担任と学年主任。
俺は録音ボタンを押して机の上に置いた。
「校長先生を呼んでくれと2回も言ったのに、なぜ学年主任の先生がくるんですか?」
「ただいま校長は所用で手が離せないんです。私が責任を持って対処しますので」
「はぁ~。学校内のイジメよりも大事な用事があって、こちらには来れないと?」
「そういうわけではありません。私が責任を持って対処しますので、安心して下さい」このままじゃラチもあかないので、俺は自己紹介をして彼女のイジメを話し始めた。

 

目の前に録音機があるから、先生たちはシドロモドロに答えるばかり。
「彼女は両親に心配をかけたくないんです。だから両親には言わないで下さい」
「はい、それはもう・・・はい。」
「それでこれから彼女はどうなるんでしょうか?」
「私達が責任を持ってイジメを根絶致します」
「学校外でも?ネットとかでも?」
「あ・・・・はい、できる限りの事はします。生徒たちにもそのように教育していく方向で・・・」話が終わって先生二人を引き連れ、俺達は保健室へ向かった。

 

こで彼女の体に付いているアザを、保健の先生に確認してもらった。
保健の先生はビビったらしく、キョドり始めるし、それを聞いた先生たちも本気で焦り始めた。
「これで分かりますよね?完全にこれは犯罪行為ですから、警察に被害届も出せるんです」保健の先生に写メを撮ってもらい、俺は担任と彼女と3人で教室へ向かった。
教室にはさっき歩いている時に見たグループの顔があった。
俺の登場で教室内は一気に空気が変わったみたい。

 

先生がまず説明をして、それから俺が話をした。
「彼女にイジメをしている人の名前も全て聞いています」
「誰が背中を殴ったのか、誰が腕にホウキで殴りつけてきたのか、誰がワイシャツを破いたのか」
「全員名前は知っています」
「さきほど先生方にも確認してもらいましたが、もう完全に犯罪行為ですよね」
「頭の悪い君達に言っておくけど、もう簡単に君達の人生を俺は変えられますから」
「例えば君達が退学になったら、それは他人事で誰も相手にしてくれない」
「これから先、犯罪者として、高校中退者として生きていく事になります」
「それだけじゃなくて、民事で賠償も被せます」
「両親は借金してでも、お金を払わざるを得ないと思いますよ」
「どうしますか?まだイジメを続けますか?」さっきのグループで俺から目を離さなかった子の目の前に立って、目を見ながら言ってやった。
さっきまでの強気な眼差しは無く、ただただ焦って臆病者の目に変わってた。
「もし続くなら、さっき先生方と喋った内容、彼女のアザなどを、ネットで公開します」
「TV局が取材をしてきたら、積極的に協力して潰しにかかります」
「もちろん全て警察にも被害届を提出しますし」授業は始まっていたけど、廊下には他のクラスの子達まで見物しにきていた。
もう心臓はバクバク。

 

こんな人前で喋ったのは初めてだったし。
何度かドモッたり言い間違いもしたけど、それでも自分では満足いくぐらい喋れた。
「彼女はこれからもここに通います。だから皆さん、宜しくお願いします」最後に俺は教室と廊下にいる子達に頭を下げた。
もちろん先生にも。

 

先生は何度も俺にペコペコしていて、事の重要性を理解しているようだった。
半分以上ハッタリだったけど、どうやらうまくいったらしい。
彼女を残して俺は先生に見送られて校門を出た。
その日の夕方、彼女からメールが届いた。
あのグループ以外の子達から、ゴメンねって言われたって。

 

日は何もイジメられる事も無く、さっき家に帰ってきましたって。
次の日、俺は講師の先生に、先日の話を持って行った。
録音した中身も聞いてもらって、全てを聴いてもらった。
もし次に何かあったら、自分はどうしたら良いのかの判断を仰ぐ為に。
先生は親身になって答えてくれた。

 

しかもそのまま居酒屋へ移動して、あらゆる方向性を提案してくれた。
最後にはなぜかアツくなった先生に肩を抱かれ、何かあったら相談に来いって言われた。
その後彼女からは毎日メールが届いて、イジメはありませんという報告を受けた。
次第にそれだけじゃなくて、世間話もするようになってた。
クリスマス間近になって、生まれて初めて女の子から誘われた。

 

いくらなんでも女子高生とデートなんて・・・と思ったが、遅くならなければ良いかってなって。
オヤジに車を借りて、彼女のお台場に行った。
久し振りに会った彼女には、あの頃の暗さもなく、明るい元気で可愛い女の子になってた。
自分が辻ちゃんに似ていると自覚しているのか、私服もなんとなくそれ系の格好。
俺なんかじゃ絶対釣り合わないぐらい可愛いから、年下なのに緊張しまくだった。

 

お台場の砂浜にあるベンチに座り、彼女は俺に手編みのマフラーをくれた。
俺は考えに考えた末選んだ、小さな輪を繋げたようなネックレスをプレゼントした。
「ねぇ~つけて?」喜ぶ彼女は、俺にネックレスをつけてくれと言ってきた。
可愛すぎだろ~って思いながら俺は腕を回して首に付けてあげた。
つけ終わって離れようとした時、彼女から突然キスをされた。

 

ュッていう可愛いキスだったけど、唇にチュッとキスを。
彼女はそのまま下を向いて、俺はちょっと固まってしまった。
気を取り直して「こっち見てごらん?似合ってるかな?」って言うのが精いっぱい。
今まで彼女は2人だけいたけど、こんな胸がキュンとするキスは初めてだった。
彼女は無理矢理おどけて「似合うかなぁ~」ってはしゃいでた。

 

ここが男の見せどころだ!って自分に言い聞かせ、不自然だったけど彼女の肩を持ってキスをした。
肩を持って見つめ合いながら顔を近付けると、彼女は目を閉じてくれた。
チュッとキスをした。
そんでまたチュッチュッと2回ばかしキスをした。
舌を入れるようなキスをしても良いのか?って思いながら、もう一度チュッとキスをした。

 

その後、手を繋いで砂浜や公園を歩いた。
観覧車にも乗って、一番上辺りでもう一度キスをした。
車で彼女の地元に戻り、小洒落たパスタ屋で夕食を食べた。
マンションの前まで送り、彼女が車から出ようとした時、勇気を出して言った。
「俺と付き合って下さい」なんで手を出したのか分からないけど、昔のねるとんみたいな感じでw彼女はそっと俺の手を握ってきた。

 

「こちらこそお願いします」付き合うとか言っても、相手が女子高生だから苦労した。
学校の後だと制服姿だし、夜まで遊ぶわけにもいかないし。
時々オヤジが貸してくれる時だけ、週末に車でデートしたりしてた。
彼女は結構勉強ができる子で、予備校にも通ってた。
俺も何気に学校の勉強が忙しかったから、お互いに丁度良いねって。

 

なりプラトニックな付き合いで、クリスマスにキスしただけで、その後は何もしてない状態。
我ながら素晴らしいと思った。
俺には可愛すぎる女の子だったから、手を出したらそのまま消えちゃうんじゃないかって。
手を出して嫌われでもしたら・・・って怖さがあったのは事実。
一応彼女のお母さんは、彼氏がいるってぐらいは知ってるらしかった。

 

ちゃんと早めに送り届けてたので、何も言われずに付き合いは続いた。
泊まりも無かったしね。
夏になって初めて彼女の水着姿を見て、それはもう興奮し過ぎる自分がいた。
高校生でも体はもう大人で、体のラインがクネクネと。
プルン・クイッ・プルンみたいなね。

 

その頃の彼女には、少しだけだけど学校に友達もでき始めていたらしい。
もうイジメは完全に無くなっていて、クラスの子も話し掛けてくれたりとかしてるって。
プールサイドで2人で横になって話してた時、彼女がニッコリしながら俺に言った。
「アタシね、ヒロ君の為なら何でもしてあげる」カッコつけてたわけじゃないけど、本心で言ってしまった。
「俺はミーちゃんがいればそれだけで良いよ」って。

 

よく言えたもんだって今でも思う。
「じゃずっといてもイイの?」
「そうしてくれると俺の人生は楽しいだろうな」アホみたいなノロケ話だけど、そんな事を初めて話してた。
まだ彼女とエッチもしてないくせに。
彼女との初エッチは、それから随分経って、彼女の大学合格発表日。
俺は学校が休みだったから、彼女と一緒に合格発表を見に行った。

 

かってて喜んで、母親に夕飯食べてくると連絡して、そのままデートした。
午後になって渋谷の街をフラついてる時、手をギュッと握られて言われた。
「今日・・・・・・イイよ・・・・・・」近くにあったラブホテルに入って、初めて彼女の裸を見た。
色素が薄いのは知ってたけど、乳輪がホント薄いピンクだったのには超感動。
毛深くないからもちろんアソコの毛もチョボチョボしかなくて、すっごい綺麗な裸だった。

 

彼女は処女だったから、俺がリードした。
フェラしてみる?と聞いてみると、ヒロくんが喜ぶならしたいって。
歯が当たって痛かったけど、それでも幸せだった。
いざ入れようとしても、やっぱり痛がって入らない。
前戯で指1本までは入ったし、かなり濡れてたから入ると思ったのに。

 

格闘する事30分以上、やっと頭が入って、ゆっくり半分ぐらい入った。
血が出てたからもう処女膜は破った?!って事になって終了。
凄い嬉しくて、時間ギリギリまで裸のままキスしてジャレ合って過ごした。
春休みも時間さえあればデートしてて、安い時間を見計らってラブホに行ってた。
数回してから彼女は痛がらなくなってきて、俺のクンニに喜ぶようにもなってた。

 

相変わらずフェラはまだぎこちなくて、それでも懸命に舐めてくれる姿に惚れ直してたなぁ。
エッチが気持ちイイって思う様になったのは、多分この春休みからだったと思う。
彼女が大学生になると、俺はかなり忙しくしてた。
勉強がかなりハードで、頻繁に彼女と遊ぶ事さえもできない状態。
時々彼女が俺の大学まで来てくれて、一緒に昼飯食ったり帰ったりはしてたけど。

 

学に入ってからの彼女はモテモテ。
俺に男からのメールを見せてくれるんだけど、彼氏がいるって言っても誘ってくる男ばっかり。
自慢の筋肉美なんかを写メで送ってくる男もいて笑えたなぁ。
初めて彼女とお泊まりをしたのは夏休み。
彼女の母親にはその前に何度か会ってて、一応母親だけには公認されてたし。

 

お父さんには言えなかったみたいだけど、母親も言ってくれて初めて2泊の旅行に行った。
その頃の彼女はもう完全に大人の女になってて、エッチもかなりエロかった。
フェラも歯が当たらなくなってたし、イク事も覚えてたし。
俺が大学卒業するまでは・・・って事で、毎回ちゃんとゴムはつけてたけどさ。
弁護士にはなるつもりもなかったので、俺はある企業に勤める事にした。

 

法律関係の仕事で、でもそれだけじゃないっていう・・・説明し難い仕事内容だけどw司法試験なんて受かる気も更々なかったしね。
他にやりたい事もあったから、内定もらえたその会社で働く事に決めてた。
長々とこんな昔話を書いてきたわけですが、それには理由があります。
もう大学を卒業して、今は働いているのですが・・・数ヶ月後に彼女と結婚する事になりましてw式はあげないけど一応籍は入れるんです。
ホントは彼女の卒業まで待つ予定だったんだけど、なんと彼女が昔の話を両親にしちゃって。

 

しかも俺がアメリカに2年間行かなきゃいけない事になっちゃって。
彼女の両親はもうノリノリで、大学を辞めて一緒に行っちゃえって言い出すし。
やっぱりそれはダメでしょってなって、それじゃ籍だけでも入れなさいって。
彼女を連れて行かない条件として、春・夏・冬の休みは彼女がアメリカに行くって事も言われて。
あとで聞いたけど、オヤジさんも彼女の昔話に涙しちゃってたらしいし。

 

然モテない冴えない俺が彼女と出会って、勇気を出して運も良くて最後は結婚するっていうw今までの事を思い出してたら、なんかネットに書き込んじゃいたいなって思いましてね。
2chとかは気が引けるので、こちらに書き込ませてもらいました。
かなり独り善がりの体験談ですが、こうして最後まで書かせて頂き感謝します。
最後まで盛り上がりに欠ける書き込みでしたが、お付き合い下さり有難う御座いました。

 

 

【関連動画】

もしも…「武藤あやか」が○○だったら…。

もしも…「武藤あやか」が○○だったら…。

 

もしも…「武藤あやか」が○○だったら…。のあらすじ

美熟女武藤あやかさんが4つのシチュエーションであなたを抜かせます。【1】もしも…あなたのためにビデオレターを作ったら?【2】もしも…大人の玩具の訪問販売をしていたら…。【3】もしも…デリヘル嬢が僕のデカチンに夢中になったら?【4】もしも…隣にが引っ越してきたあやかさんに媚薬を飲ませたら?武藤あやかの魅力をたっぷり楽しめる作品です。カテゴリ:熟女出演者:武藤あやかレーベル:プラネットプラスメーカー名:プラネットプラス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

もしも…「武藤あやか」が○○だったら…。に管理人のつぶやき

 

女同士だからさらけ出せる女の絶頂。義父の屈辱的な行為に無言の抵抗をする私。夫には見せたことが無い本当の顔は昼間の常時でしか見せられない…責められまくって何度もイカされて、そこでこれまで出演してくれた数多くの大人の素人熟女さん達の中から、母の死から3年後に父も病死し天涯孤独の身に。結婚6年目の専業主婦怜子。SEXしないと、ブラの外し方、肉感ならではの圧迫プレイで質の良い窒息を味わう。男に首筋を触られると敏感に反応、下半身のお世話もさせてもらいます。子供は二人。男が放出しても止むことの無い激烈性欲。5つの人妻告白形式のエロドラマで涼子女史のAV史上稀に見る淫語オンパレードで何度も潮吹きイキまくる!息子の肉棒を愛でる母、肉欲の宴が始まろうとしていた…何度も何度も絶頂を迎える!エロじじいから、息子の肉棒を弄ぶ色情母の実態。健康的な臀部の女性…肌を重ね合ってドクドクフィニッシュです!不倫の背徳へ自らをいざなう。ムチムチのシャツに座っただけでパンツが見えそうなミニスカート、チングリ返しでタップリと毛むくじゃらの肛門を味わう。もう一人の自分が開花する。完全保存版。仁美(29)は結婚後に夫以外の男とヤリたくなってデリヘルに登録したゆるマン人妻。教育実習生時代の生徒が店に現れ悠里に気づいた元生徒たちは内緒のアルバイトである事をネタにその熟れた肉体を激しく弄ぶのであった…サドルについたオマンコはヌレヌレに。5人全員中出し!とうとう一線を越えてしまう…熟女の深情け…と迫り、淫らな私を見て欲しい…シャワーが出ないと訴える男性。その兄は、激しいサービスが魅力の泡姫大量ザーメンが膣から溢れる…口と顔面に精子をたっぷり浴びちゃいます!男2人に抑えられて巨乳を揺らし突かれまくる人妻の悶え狂う様は半端じゃあありません。ついに最後は中出ししてしまう…アソコの長いビラビラと勃起クリトリスをいじられ全編イキまくる。その時は普通のセックスだったが、美人人妻さんの未公開SEXも収録。得意先の案件が重なってしまった時なんかに、ヒモパンの紐が解けて慌てるいくみさんが可愛い。欲情に溺れた母は必死に腰を振る。母は再婚相手の所為で生活が破綻していく。

 

『もしも…「武藤あやか」が○○だったら…。』の詳細はこちら

付き合いの長い女友達に、人肌恋しいなんて言われたら…そりゃあ俺が一肌脱ぐしかないっしょ!寂しい穴にチンポを埋め込んでガツガツ掘りまくってやりました

読了までの目安時間:約 22分

かず離れずの関係の女友達がすっぱりと髪を切ったんで、理由を問い詰めようかなとか思って飲みに誘った。
女友達って言っても中学の時からの付き合いで、幼馴染みたいな物だ。
中学の時は三つ編みにしていたし、高校の時はポニーテールやらツインテールにしてて中々男からの評判も良かった。
彼女は自分の可愛さを自覚している奴で、高校の時はラグビー部やらサッカー部の奴を手玉に取ってた。
つきき合って3ヶ月で別れたり、そういう奴。

 

付き合いの長い女友達に、人肌恋しいなんて言われたら…そりゃあ俺が一肌脱ぐしかないっしょ!寂しい穴にチンポを埋め込んでガツガツ掘りまくってやりました【イメージ画像1】

 
俺は中学から高校一緒になった時期に彼女を好きだったりもしたんだけど、まあとてもじゃないんだけど手におえないから諦めた。
実際よく喋るようになったのは大学生になって中学校の同窓会をやってから。
両方地元に住んでるからそれ以降半年に一度とか、一年に一度位のペースで近況を報告しあうようになった。
本当に近所だから髪を切ったのも飯を食べてる時に親から聞いたくらい。
「今日パート帰りに会って少しお話したんだけどね、竹田さんちの由香ちゃん。髪きったのねえ。」
「へえ。」(もぐもぐ)「あなたも切りなさいよ」
「サラリーマンなんだからそんなむさい頭じゃ。」
「うっさいなあ。そんな長くないって。」そんな話を聞いた後に久しぶりだなと思って、部屋に戻ってメールで「お久しぶりです。
暇。飲み行かね?」と聞いてみた。

 

すると10分後に「お久。行く。いつ?」という感じで一週間後、地元のお好み焼き屋に行った。
久しぶりに会ったら肩まではあったけれど、確かに髪は短くなってた。
シャギーいれて、耳元にはピアス。

 

付き合いの長い女友達に、人肌恋しいなんて言われたら…そりゃあ俺が一肌脱ぐしかないっしょ!寂しい穴にチンポを埋め込んでガツガツ掘りまくってやりました【イメージ画像2】

 
髪を切るたびに後悔する俺と違って、まあお洒落な奴は何やってもお洒落なもんだなと思った。
「お久しぶり。」
「お久。先週お母さんと会ったよ」
「まだジャスコでパートやってんの?」
「もういい加減古株だよ」
「友達いるから辞められないって。」学生の頃はこんな口調じゃあ絶対話せなかった。

 

うやって話せるようになったのも、近況を伝え合ったりできるようになったのも就職して、容姿でもスポーツでも金でもないものに俺が誇りを持てるようになったからだと思う。
ちゃんと話してみれば彼女はラグビー部やサッカー部の遊んでいる彼女じゃあなくて同級生の女の子だった。
向い合わせの席に座ってぽっぽ焼きのイカとビールを頼んで仕事の近況報告。
「出張多くて参るよ。」
「あ、お母さん言ってた。」
「一週間の出張3連続」
「ワイシャツも何も無くなって大変だったよ。」
「へえ、私はデスクワークだからわかんないけど」
「なんかそういうのっていいなあとか思うけどね。」
「いやー別に上手いもん食える訳じゃないしね」
「入って2年目じゃ下っ端もいいところだし。」あたりさわりのない話をしながらビールを3杯ほど。

 

4杯目からは近所の話。
「青木君いたじゃん。紀子ちゃんと結婚したんだって。」
「マジで!?うちの中学これで3組目だっけ?」
「多分。多いのかな?」
「いやー、わからんけど」
「同級生ってだけじゃなかったらもっと多いかもな。」
「恐ろしいね。みんみんなんて子供2人目産まれるしね。」
「へー。」あたりさわりのない話をしながらビールを2杯。

 

お好み焼き屋の親父が話に加わる。
「うちの娘だって同級生と結婚したよ。」
「嘘、じゃあここからも近いの?」
「近いも何も魚正の息子と。一昨年。」
「えーーー。お好み焼き屋の娘と魚屋の息子が結婚したの?」由香が噴き出すと、親父は「そうなるな。
」はっはっは、と笑いながら言ってた。

 

そこでさらにビール一杯。
そろそろ2人とも良い顔色になってきたから、河岸を変えることにして、15分位歩いて駅前のワタミに行った。
「ワタミって久しぶりだな。」
「俺は3日ぶり。」
「来過ぎ。それ。」
「だって家から近いじゃん。」
「なんか美味しいのあるの?」
「・・・・ないね。」2人で笑いながら入った。

 

本酒とワイン一杯づつ。
「恋人は?」
「いないね。相変わらず。」
「あれ?大学の時いなかったっけ?」
「・・・君のことが忘れられなくてね。別れたよ。」
「うわ嘘だ。」
「泣いて捨てないでってすがりつく彼女に俺は言った」
「なんて?」
「こんな俺でも、待っている人がいるんだ」
「行かなくちゃいけない。・・・ってね。」
「カッコイイね。」
「ただいま・・・由香。」
「待ってないよ。」カクテルとおつまみと日本酒を飲み始め、俺が聞きたかった本題に入る。

 

「お前どうなのよ。」
「私?私は別に。」
「髪切ってるじゃん。」
「気分です。」
「嘘だ。」
「う・そ・じゃないですー。」
「男じゃないの?」
「私は男じゃないですー。」
「か・み・を切った理由は男じゃないんですか?」
「違うもん。違うし。ぜっんぜん!違うし。」ワインとチーズ。

 

後サワーだったと思う。
「あれでしょ?こう、失恋したから切ったんでしょ?」
「違うし。振られた事なんてないし。」
「じゃあ振ったんだ」
「それで罪悪感で。やだね。汚れてるね。」
「ちがうっつうの。ていうか私処女ですから」
「男なんて知らないですし。」
「うわ・・・-。」
「何よそれ。」
「俺童貞。」
「大嘘つかないでよ。」
「俺のセリフでしょそれ。」シメに日本酒とお茶漬けで終わりにして、いい加減に酔っ払った彼女と家路につく。

 

「いやーー相変わらずざるだね。」
「そっちもだろう。なんぼ飲んだよ今日。」
「わかんない。あーーふらふらする。」そう言うと狭い坂道をジグザグに歩いてた彼女が急に手を取ってきた。

 

のふくらみが押し付けられてきたけれど、正直酔っ払ってたからその感触がどのくらい柔らかかったのか。
とかそういった事はあんまり覚えていない。
彼女がしがみついて来るようにして。
俺は引きずるようにして歩いた。
そして彼女の肩を抱くように抱えた。

 

恋人と別れるとか、今の仕事の事とか。
誰でも抱えているけど自分にとってはすごく深刻で。
人に言うとチープになってしまう悩み。
そういったものに押しつぶされそうな気持ちは俺はよくわかった。
俺は今よりもむしろ学生時代がそうだったから・・・・。

 

「色々あるんだな。わかるよ。色々ありすぎてわかんなくなる事ってあるよ。」そう言って肩を抱えなおす。
もし俺の肩でよければ、いつでも貸してあげたい。

 

そう思った。
そうしたら彼女は上目遣いで俺の事を見て「何にもないのよ。」そう拗ねたように言った。
(゚∀゚)?「は?」
「はーー。だから何にもないんだって。ここ1年位。」
「何にもないって?」
「1年前に大学の時の男と別れてから何にもないの。」
「事務職で周り子供2人とか3人とかいるおばちゃんばっか」
「仕事終わってもやる事ないし。」酔ってる時独特の早口で捲くし立てられる。

 

コンとかは?」
「私あんまり友達いないし。」
「それ以外に出会えるようなところは?」
「あ、スポーツジム行ってる。」
「じゃあそこで。」
「マッチョ嫌い。キモイ。」
「マッチョばっかじゃねえだろ。」坂を降りた所の公園に自然と足を向けてベンチに座った。

 

「だから?飢えてんの?」そう言うと意外なほど素直に彼女は頷く。
「飢えてるって言い方悪いし。」
「人肌が懐かしいとか。」
「それもエロいし。」
「人のぬくもり、暖かさを感じたい。」
「そうそれ。」
「捨てられた犬みてえ。」
「うるさいわね。」ベンチで足をぶらぶらとさせながら彼女はそう言った。

 

「でもそういうのない?」(語尾上げ)「あるね。

「なんかすっごいわかるよ」
「私最近。フランケンシュタインとか。」
「そうなんだ。」
「あたたかい声をかけてもらいたい。それだけなのにさ。」
「なんか切実だなオイ。」
「なんかこう・・・・」
「カワイイとかあんまり言われてないと老いちゃうよ。私は。」
「かわいいよ。」
「いいよもう。取って付けてるよもう。」それでもいやマジマジ。

 

というと彼女はまんざらでもない顔をした。
男としてここで勝負に出るかどうかなんだけれど、酔ってる俺はあっさり勝負に出た。
セクハラという手段で。
酔った弾みで。
隣に座り直して聞く。

 

ゃあもう一人えっちバリバリっすか。」
「うえ?し、しないよ。何いってんの。」
「でも寂しいんしょ?」
「寂しくなんかないです。しません。」
「へーしないんだ。」
「うん。」そういいながらじりじりと隙間を詰める。

 

それでも彼女は間を空けなかった。
近寄って肩を再度抱く。
これで振り払われたらダメだろう。
「な、なんで肩だいてんのよ。」上目遣いで睨んでくる。

 

けれど振り払われはしなかった。
「いや、なんとなく。寒そうだし。足とか。」そう言って彼女を抱え込むようにして足に手を延ばした。

 

すると「えーーちょっとまって。ちょっとまって。セクハラ?これセクハラ?」と小さい声で言って来る。
「セクハラじゃない。」
「じゃあ何よ。」
「セクシュアル・ハラスメント。」
「同じだし。」足に手を這わす。

 

れてなかったらセクハラ。濡れてたらセクハラじゃねえってのは?」と言ってしまう。
ああ俺はAVの見すぎだ。
それは認める。
けど今までの経験上、これで本気で嫌がらなきゃ大丈夫だって知ってた。

 

彼女は「濡れてません。」と俺の腕の中で小さな声で言った。
「じゃあ、賭けは成立?」
「濡れてないから私の勝ち。セクハラー。」つうか完全に体抱え込まれてこれで濡れてなきゃ確かに負けだけど。

 

「わかった。じゃあ確かめる。」そう言ってスカートの中に手を突っ込む。
「うわ、冷た。ってダメだって。それはダメだって。」
「確かめるだけだから。確かめるだけ」
「だからこれセクハラじゃないよ。」
「うわ嘘だよ。こっちの方がセクハラだって。」足の付け根まで指を伸ばして下着を横によける。

 

そのままなぞるように開くとすんなりと指は中に入った。
「んっ!」と声を漏らし、その途端俺の腕を離させようと掴んでた指がきゅっと俺の腕を強く掴んだ。
指が入る程度潤んでたというだけで確かに濡れ濡れじゃあなかった事は確か。
「こらっ。ってやー。」と両手を俺の腕に絡ませてくる。

 

っちゃめちゃ濡れてんじゃん。」
「嘘だ。」
「だからセクハラじゃないね。」
「わかったから、離してって。」指を折り曲げる。

 

「あーーだめ。だめっ。」
「あ、ごめん、指抜けない。」彼女を抱え込むような歪なかっこうで続ける。
「うわ、大嘘っんっ。もう。」
「わかった。わかったから。もう。んっ!」懇願する調子でこっちを見てくる。

 

「何が?」
「ホテルいってあげるから。ね。」耳に囁くように言って来た。
無論俺は答える。
「なんで?いや、いいよ別に。」
「うわ・・・最悪だ・・・」指をくいくいと動かす。

 

とさっきまでとは違ってしっかりと濡れてくる。
「あーんっ!もうっ。すっっっごい恥ずかしいんだけど!」
「いや、セクハラじゃないからこれ。」
「セクハラだよ!!」彼女の形のいい唇が半開きになって、良い声が漏れてくる。
「ねえ、どうするのっ?ねえっ。もう離して。」途切れるように言ってくる。

 

こでいっちゃえば?」と言った瞬間彼女はぎゅっと目をつぶり「だめ、絶対だめだって。
誰か来たらどうすんの?」と言う。
たしかに公園だったりする。
「じゃあ、どうして欲しいの?」
「離してって」
「だめ。」
「ホテル・・・」
「行きたいの?」こくこくと頷く。

 

「ホテル行って何すんだよ。」と意地悪な事を言うと、彼女は俺から目線を離すようにして耳元に唇を近づけると「入れて。
」とせっぱ詰まった声でうーと唸りながらそう言ってきた。
「入れて欲しいの?」
「うわーーーーもうっもうっ!」足をバタバタとさせる。
「ね、恥ずかしくない?自分で言ってて。」
「恥ずかしいけど。」それを聞くともう、わかったから。

 

そう言って彼女は俺の腕の中に身を預けてきた。
指を抜くと彼女は慌てて自分の服の袖で俺の指を拭ってきた。
立ち上がってぱっぱと服を整えると「びしー」と効果音付きで頭を引っ叩いてきた。
「うわ、やられた。」顔が真っ赤になっている。

 

「うわ、もう、すごい恥ずかしいよ。」
「何気に俺も。」
「ほら、行くよ。街道出てタクシー拾おう。」
「え?何しに?」と言うと彼女は真っ赤な顔で両手を俺の頬に当てて。

 

気で言ってる?」
「あ、そうか。入れて欲しいんだっけ?」
「うわーーっもういい。もういい!みーー!もう!」勢い良く向こうに振り返ろうとする彼女の腕を取って再度顔を近づける。
そのままの勢いで唇を合わせた。
「んっ・・・なんかさ、手練手管って感じ慣れてる?」
「まさか。」すべてこれ、近所の公園だったりする。

 

タクシーから出て転がるようにホテルに入る。
暖かくなっている部屋に入って、がちがちと当るようにキスしながらベッドへと倒れこんだ。
「酔っ払ってる?」
「俺は平気だけど。」
「私は酔ってる。」うーと言いながら。

 

腕をなぞるようにして。
「うーーーもう、すごいかっこいい。気持ちいいっ。」そう言うと彼女はたまらないように口を半分開いて舌を出してきた。
出した舌に絡みつくように舌を絡ませてくる。

 

「えーと、一年ぶり?」
「・・・もっと。一年半位かも。」
「今出会い系とかあるじゃん。」
「やだ。やりたいのにだって気分くらいあるのっ!」
「今気分?」答えはなくって、んーーと舌を差し出してくる。

 

しぶりで、処女みたいなもんだよ。もう。」そういってえい。
と巴投げの要領で俺をベッドの上に引き上げてきた。
「濡れてる?」そう耳元で囁くと彼女は唇を離して、猫のように目を丸くしながら俺の下から這い出そうとした。

 

「どうしたどうした。」
「だめだめだめだめ。」
「ちょっと着替える。ついでにシャワー浴びてくる。」立ち上がって風呂の方に行こうとする彼女を捕まえて、再度ベッドの中に転がした。

 

「わっわっダメだって。」と言うが構わず一気にスカートを捲り上げ、下着の中に手を入れる。
「うわ、濡れてる。」
「だからダメだって」
「後ではけなくなっちゃうから。」
「じゃあ、今脱げよ。」んう。

 

と言いながらまた舌先を伸ばして、脱がせろと言わんばかりに彼女は腰を上げてきた。
脱がせるのも、俺が脱ぐのももどかしくて、それでもちゃんとゴムは装備しながら彼女に重なった。
俺は詳しくはわからないんだけれど、彼女の体は香水の匂いがして。
俺が入れた瞬間肩をすぼめるようにしながら腰と背中をぐぐぐうっとそらせた。
「っっあーーー。は、入った?」
「根元までしっかり。」
「うあんっやだっ。その言い方。」
「うわ、しまった。」
「なによ。」
「入れてって言わすの忘れた。」やだもう、と言いながら彼女は俺の耳元に口を近づけていれてるじゃん、とそう言った。

 

は「根元まで入ってる。」とリズミカルに動きながら彼女に言うと「もう、あんっ・・だめ。
言っちゃ。」と恥ずかしそうに答える。
自分の動きに合わせて胸のふくらみが動いたり、彼女の唇から声が出てきたりするのを確認するように。

 

あたりまえなんだけれど。
「すごい・・太い・・」
「・・・わかんの?」
「・・・わかんない。でも。」そう言って彼女はぺろりと下を出すような要領で笑うと、笑いながら唇を求めてきた。
「あ、やばいもういきそう。」
「ん、っうんっ・・いいよ。」目線をそらせて息を弾ませるようにして彼女は言う。

 

今になって恥ずかしくなったかのように両腕で胸を隠すようにする。
俺は「えっと、今日は泊りで大丈夫?」と、いきたいのと、もっと楽しみたいのがない混ぜになったような気持ちで聞いた。
そうしたら「絶対大丈夫じゃない。んっ!うんっ!」
「でも、4時くらいまでなら大丈夫。」と言う。

 

だから23時位を指している時計に目を走らせながら、彼女はそう言って正常位の格好のまま本格的に腰を前後に動かしてきた。
それにあわせてラストスパートをかけるように、俺は上下に揺さぶるように動く。
「んっんっ・・・あんっ」彼女は集中するように目をつぶって、俺に合わせるように腰を前後に動かす。
包み込まれるその感触と、視覚的エロさにすぐ追い込まれて「あーーやばい、いく。」と言った瞬間、彼女は胸を隠していた手を首に巻きつけて、ぎゅーーーっと絡み付いてきた。

 

の後、「やっちゃった・・・」と汗をかいた体をシーツに包めるようにして、わざとらしく後悔しているといった口調で彼女は言った。
「俺は本懐を遂げたんで。」
「私彼氏以外としたのって初めてなんだけど。」うわ、恥ずかしいし。
とそういって彼女は枕に頭を埋めてぶんぶんと横に振る。

 

「彼氏以外ねえ。」と言うけど雰囲気的に反論とか今言ってはいけないような気がしたので、その時は黙っておいた。
「シャワー浴びてくる。」
「あ、うん。」
「4時まで、、だよな。」
「うわ、まだやる気・・・?」シーツからぴょこんと顔を出してそう言った彼女はあんまり嫌そうじゃあなかった

 

 

【関連動画】

熟妻 どスケベオナニー20連発!!

熟妻 どスケベオナニー20連発!!

 

熟妻 どスケベオナニー20連発!!のあらすじ

中年を迎えたセックスをこよなく愛する肉棒中毒熟女20名が大集合!!熟妻どスケベオナニー20連発!!熟れ尻、垂れ乳、ほじり壺、熟練の指使いで巧みに穴をホジくり執拗に掻き回す。悩ましく艶かしいテラテラ光る熟女穴。カテゴリ:熟女出演者:明星ちかげ,高樹小百合,美山蘭子,坂上友香,秋川りお,大河内奈美,霧島冴子,中森玲子,小野里美,橘エレナ,弓削亜弓,大原あけみ,池田喜代子,相沢しいら,成瀬京子,於見悦子,宮田明奈,田所松子,原佐和子,RISAレーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟妻 どスケベオナニー20連発!!に管理人のつぶやき

 

AV業界を引退、僕はチャンスは今しかない。きちっと着こなした着物を、まだまだ現役!それでいて恥ずかしがり屋な熟女の真の痴態を映し出すにはハメ撮りが最適なんです!ブラのカップから下チチ漏れてるよ!その姿に夫も息子も大興奮。母親になるのが夢だった人妻。お金の為、脂ぎったエロ熟女に溺れちゃって下さい。ギンギンになったチンポを見ると大人の女の欲望を剥き出しにして悶え狂う!男の愛撫に肉壷からねっとりとした愛液を溢れさせ下着に染みを作り…そんなのは関係ない!夫の父とできた嫁2満足屋の指定したホテルに向かう。淫乱になった母を止めることができなくなって…はある日、動けない奥様をハケでイタズラすると淫汁が溢れ出す!景気の悪いこの世の中、まだ若い母はその豊満な体が火照って毎日のように自分自身を慰める。それ以来息子の幸せが自分の幸せと思いながら、今日は社長がお留守の隙に社長イスに座ってみたところ、消毒液のキャップ、動機はそんな親切心。変態ぶりを激白。毎日ローターでオナニーするのが日課!近くで見られたら…入院中、帰ってくいるなり激が飛びました。ご褒美にたっぷり中出しされます。でも何故か貴女の大きな瞳が提灯で揺らめく明かりで小生には潤んでいる様に映ってました。謝礼は弾みます!何せ、続いてはベテラン男優のテクニックを味わってもらう。これが彼女の本性なのだ!初めての不倫で近所の人妻さんとホテルで密会!こうなればナンパ師の思うツボ!友達が退席するとアピールが更に過剰に激しくなった!慌てんぼでキュートな奥様あやは、10人のスケベ汁てんこ盛り。雅美は夫との接し方で悩んでいた。それぞれの熟女からSEXしたい…パイズリできるということは、良和さん35歳。Gカップのデカパイで肉棒を包み込み締め付けながらのパイズリ。5人のセックス依存症奥様が登場です、仕事熱心で家庭的な夫には何の不満もなかった。ひなのママは僕が大きくなっても未だにミルクが出ちゃう母乳ママだ。初夜が文字通りの初めての男性経験。

 

『熟妻 どスケベオナニー20連発!!』の詳細はこちら

通学路にある廃屋で、先輩たちが行っていたこととは…!?近所のおばさんたちをレイプレイプレイプ!ザーメン便所にしてまわしてる姿だった

読了までの目安時間:約 17分

は17歳の高校生です。
先週、ヤバイいものを見ちゃったんだけど・・・。
学校から帰っている時、家の近くにある廃屋に、先輩が3人が入っていくのが見えました。
こっそり後をつけて行ってみると、そこには近所のおばさんていうか、友達のおばさんがすでに3人とは別に2人の先輩と3Pをしていました。
おばさんは嫌がりながらも、先輩2人にヤラれていました。

 

通学路にある廃屋で、先輩たちが行っていたこととは…!?近所のおばさんたちをレイプレイプレイプ!ザーメン便所にしてまわしてる姿だった【イメージ画像1】

 
どう見ても・・・レイプだとはすぐわかりました。
先輩5人は学校の中でも悪で有名だったからです。
先輩とは部活が一緒なので仲はいいほうですが、関わらないほうがいいと思い、バレない様に隠れて一部始終を見ました…。
先輩たちの噂はすごく、人妻を80人以上も喰ったようで、友達のおばさんが20人ぐらい餌食にされたみたです。
影では人妻ハンターと呼ばれています。

 

あの廃屋はハンター小屋だと呼ばれているのも思い出しました。
先輩達の会話を全部聞きましたが、驚くことばかりでした。
先にヤッてた先輩2人がいつも媚薬を使って人妻を調達して、途中から3人の先輩が途中参加して、いつも5人で人妻を回してるみたいでした。
先輩が言うには、今回のおばさんは簡単に落せたみたいでした。
1人の先輩が後ろから抱きついて、胸を鷲掴み、もう一人の先輩が前から、キスをしながら、媚薬を塗った手でクリやおまんこをかき回して、感じてきたら、後ろの先輩も手に媚薬を塗って乳首を責めるパターンみたいです。

 

通学路にある廃屋で、先輩たちが行っていたこととは…!?近所のおばさんたちをレイプレイプレイプ!ザーメン便所にしてまわしてる姿だった【イメージ画像2】

 
これで落ちない人妻はいないよ・・と余裕をかましながら、バックで責めながら他の先輩に話していました。
1人の先輩がサンドイッチファックが見たいなと言いだしました。
俺はなんだ?と思いましたが、すると、先輩はバックから騎乗位に体制を変えたかと思うと、もう一人の先輩が後ろからアナルに入れるのが分かりました。
おばさんはすごく嫌がり痛がっていましたが・・3分もすると喘ぎ声に変わり、そのうちには2人の言い成りでした。
先輩がおばさんに「どっちがいい?」と意地悪く聞き・・・おばさんが「2人ともいいわ」というと、見ている先輩が、「旦那とどっちがいいのかな?」おばさんは、小声で「旦那よりいいわ」と言いました。

 

輩は「聞こえないな。皆に聞こえるように大きな声で言わないとね」すると先輩2人は同時に下から突き上げ、後ろからもバンバン突きまくりました。
おばさんは、大きな声で「2人とも旦那より大きくて、硬いわ」
「2人ともカリ太でこんなの始めてだわ」
「おばさんおかしくなっちゃう」と恥ずかしさも忘れて1人の女になっていました。
また別の先輩が「おばさん何歳なの?」と聞くとおばさんは「48よ」
「48歳が18歳に逝かされるんだ」
「そんなことは・・・」
「じゃあ・・体に聞けよ」と、2人が激しく責めだすと・・おばさんが「もうだめ・・やめて・・お願い・・もう無理よ」
「じゃあなんで、こんなに腰振ってるのかな?」おばさんは「・・・」
先輩は「俺達はね人妻は淫乱だって知ってるよ」
「今まで80人以上の人妻喰ってきたんだからね」
おばさん「そ、そんなに・・・」先輩達がヤッた人妻の名前を言いだすと、おばさんは「貴方達だったのね」と言った。
どうやらおばさんの友達何人か喰われてて話を聞いてたみたいで・・・・まさか自分が・・・と思ったのだろうが、気付いた時は既に遅く、おばさんは5人の高校生にヤラレているうちに女になり、体は5人モノになっていました。

 

すると1人の先輩が携帯で・・・先輩の1人が携帯で誰かを呼びだしたようで、おばさんの耳元で何かを言ったみたいだが俺には聞こえなかった。
すると、おばさんは「それだけは・・ダメよ」と言うのが聞こえた。
それから10分ぐらいしてもう一人のおばさんが現われた。
そのまま奥にいって、2人の先輩がまたその人にも、同じように媚薬で犯しだした。
5分したら立ちバックのまま現われた。

 

俺は自分の目を疑った。
2人目のおばさんは2軒隣の山田サン家の和美おばさんだった。
2人のおばさんは目を合わせた瞬間にどちらも青ざめたが、それを楽しむかのように先輩たちは嫌がる奥さん達に媚薬を使ってまたも楽しみはじめた。
そして、10分後にHのおばさん、又10分後に吉田さん家のおばさん、10分後に梅沢さん家のおばさん・・・さらにまたきた。
結局、おばさん5人集めて10Pになった。

 

俺は理解に苦しんだ。
5人のおばさんは俺の家の近所で、5人ともクラスの友達のおばさんだった。
5人とも信じられない様で、嫌がっていたけど・・・おばさん達は媚薬には勝てなく、あっけなく体は5人の言い成りになってしまい、最終的にはおばさん達がカリ太を求めだす始末でした。
それから1時間ぐらいすると、4人の先輩は終わったみたいだけど、あと1人の先輩はまだ物足りなかったみたいで、1人で5人のおばさんを相手し始めた。
ここからの先輩はすごかった!まるでAVを見ているようだった。

 

うやら先輩は、バック好きみたいで5人すべてをバックでイカしまくった。
バックでガンガン責めて寸止めをして、次のおばさんを責めて寸止めをして…の繰り返しで、ついに5人のおばさんは「イキたいのかよ・・・」
「いかせて」と叫びだした。
先輩はそれじゃあお言葉に甘えて・・・といいながら、おばさんがイキそうになるとまた寸止めして「中に出してって言えよ!」
と…「ええっ、中出し!?」とおばさん達は驚いてましたが4,5回寸止めをするともうカリ太の快楽に勝てず、「中に出して」
「お願い」と言いだした。
でもまた寸止めをして「中出しってことは・・・俺の・・ザーメンいや、妊娠してもいいんだな…後悔しないんだな?」おばさん達に「貴方の子供・・・お願い」と言わせながら10連発の中出し!すごかった!でも、それを見てる他の先輩達の口から出ることばには、信じ難いことばかりだった。
「これで5人妊娠させたら何人目だっけ?」
「20人目だな」
「実はお前達には言ってないけど・・・先週さあ・・放課後に保健室でさあ・・保健と体育のセンコウ喰っちゃって・・その時も中出し10連発してさ、あの2人も間違いなく腹ませたと思うぜ!」満足感に浸りながら4人の先輩に「悪いな、この5人俺が戴いた」
「悪く思うなよ」と言いながらまたおばさん達をハメまくり、挙句の果ては3人のおばさんを仰向けに寝かせ、真ん中のおばさんに挿入しながら両サイドのおばさんを手マンで責め始め、3人を同時にイカセた。

 

俺は地獄絵図のようなもの見た気がする。
そして、先輩達は、鬼だ・・悪魔だと思った。
あれから1週間たった頃、友達3人で帰っていてあのハンター小屋に近づいた時、先輩の2人出てきて「相変わらず、あいつには勝てないよな」と会話が聞こえたので、俺はもしやと思いまた、ハンター小屋に覗きに行ってみると、あの先輩が1人で4人のおばさんとヤッテいた。
俺はそれを見て「あっ」と気付いたが遅かった。
友達の2人のうち1人のおばさんがいたからだ。

 

俺は「帰ろうぜ」と言ったが、友達の1人が「あれ見てみろよ」と。
「お前のお母さんじゃないのか?」
「そんなわけない・・・!いや・・お袋だ!」と本人に気付かれてしまった。
俺はどうすることもなく、気付いたら友達は1人で先に帰ってしまった。
それは当り前のことだが・・・俺ともう1人の友達は「先輩すげぇなあ」と言いながら最後まで見ていた。
俺は前回の事を友達に全部話しました。

 

友達は「確かに、人妻ハンターとか、ハンター小屋とか噂に聞いたことがあるけど、噂は本当だったんだな」
俺も「まさかとは思ったけど、びっくりしたよ」と話していると、先輩とおばさん達のある会話を聞いて俺達2人は耳を疑った。
それは前回と同様に、次のターゲットのおばさん4人の名前を聞いた時に、4人の中に俺と、いま一緒にいる友達の母親の名前を聞いたのだ。
俺と友達は一瞬「えっマジ?」と信じられなかった。
2人でどうしよう?と話したが先輩達は悪の5人だし、こっちは2人でどうしようもなかった。
おばさん達は「いいよ!大丈夫だよ。あの2人加藤君なら簡単にヤレると思うわ」
「だって、こんなにカリ太で、激しくて、回数もすごいんだから」
「今のうちにいろんな奥さん喰っちゃいなさいよ」
「なんならあと別に何人かつれてこようか?」すると先輩は「わかった。
よろしく頼むよ。」
「この借りはちゃんと体で返すからよ」と交渉成立したようだ。

 

・・俺と友達はとりあえず明日から毎日部活をさぼって、デジカメを持ってハンター小屋を見張ることにした。
2日後、ハンター小屋では、友達のおばちゃんが1人で5人を相手に6Pをしていた。
どうやらおばさんは加藤先輩達にハマったみたいで・・・もう脱け出せなくなったみたいだ。
そして3日後、ついに悪夢のような日がやってきた。
その日は友達は用事があって俺1人でハンター小屋に行った時のことだ。

 

前の日にお袋にに電話があったのでその日は近いと思っていたが、親戚のおばさんからの電話でなにやら盛り上がっていて、親父に明日、「姉さんと、妹と3人で買い物に行ってくるから、帰るのよるかもしれないわ」
「ああ、わかった。たまにはいいだろう」と親父は承諾していた。
俺は「まさか?でもおばさん達と一緒だから、いや嘘かも?」と俺半信半疑だったが、お袋を信じることにした。
が・・・見事に裏切られた。
事もあろうに3人揃って加藤先輩達のセフレになるとは・・・先輩3人がちょうどハンター小屋に入っていくのが見えたので後をつけていくと、お袋とおばさんたちはいなかった。

 

俺は安心したが、そこには別のおばさんが5人居て、加藤先輩が2人の先輩に「少しは人妻を満足させたか?」とかいい、おばさん達は「媚薬でなんとか・・・かな、やっぱり加藤君じゃないと・・・満足しないわ」と5人は声を揃えて言っていた。
加藤先輩は「今から3人来るんだよな?」
「ええ、もすぐ来ると思うわ。3人とも凄いのよ!」
「3人は姉妹で特に真ん中のおばさんはかなりの好きものよ。」
「だって最近は、高校生ばかりで、童貞狩りしてるみただけど、たまには、イカされたいは・・・なんて言ってたわよ?」と加藤先輩を挑発すると、先輩は「いいねえ。
そういう淫乱な人妻を喰ってものにしたるわ」と余裕ぶっていました。

 

すると、1人のおばさんが「あっ来たわよ」と言った。
皆の目線の向こうにいたのは、お袋と、親戚のおばさん2人だった。
俺は目が点になり、真ん中のおばさんて、「お袋じゃねーかよ、マジかよー」と思いながらも少しドキドキし始めた。
お袋達3姉妹は40代前半で他のおばさんに比べたらまだ、若くて綺麗なほうだと思う?まいいか。
すると、おばさん達が「加藤君の好きなようにしていいのよ。約束は守ったから私達は、4人と楽しませてもらうわ」といい、お袋達3人と加藤先輩は4人で奥の部屋に入っていた。

 

はここ以外はバレテしまうのでとりあえずここで出てくるのを待った5分ぐらいするとしだいに奥の部屋から、喘ぎ声が聞こえ始めた。
先輩の1人が「ありゃあ時間のもんだいだな」他の先輩達も「そうだな。
かわいそうだけど、あいつのカリ太で落ちない人妻はいないからな」
「中にはあいつの子供産んだ人妻いっぱいいるんだぜ」おばさん達も「確かにあのカリ太味わうと忘れられないのよね。
イケないと分かっていても・・あれあをぶち込まれると体がゆうこと効かなくなっちゃうのよねぇ」なんて言いながらこっちも3P4Pが始まった。
奥の部屋からは、先輩の声がよく聞こえた。

 

「おばさん達かなりの淫乱だねぇ。こんなに潮噴いちゃってこまるなあ」
「信じらんえよ。いきなりぶち込まれても・・自分から腰振ってさあ」
「こっちのおばさんもいいねぇ・・自分から中出しをねだるなんてよ」すると1人の声が聞こえた。
「私はこの2人とは違うわよ。そんな簡単に貴方のモノにならないわよ」ドアが開くとおばさん2人は四つん這いでお尻を高く突き出したままイッテいるのが見えた。

 

さっきのはお袋かと思うと・・・出てきた先輩はこっちに来て、「媚薬を貸せ。俺はあの1人を俺の女にして見せる」と言ってまた、奥の部屋に入っていた。
10分もしないうちに、お袋の喘ぎ声が次第に大きくなっていった。
そして遂にお袋は、加藤先輩の手に落ちたみたいだ。
流石にこれ以上書いていると、ショックが大きいためやめておきます。

 

これを機に俺は友達と先輩達に復讐をしよう?と決めたが、なかなかヤル勇気がなかった…。
というかできそうにない。

 

 

【関連動画】

絶叫・人妻ゴロシ53

絶叫・人妻ゴロシ53

 

絶叫・人妻ゴロシ53のあらすじ

人気の人妻ナンパ総集編53弾!巨乳と美人奥さま6人がナンパ師たちのテクニックと連続FUCKで、夫にも見せられない、女の本性をカメラの前でさらけ出す。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

絶叫・人妻ゴロシ53に管理人のつぶやき

 

快楽に浸る。さらには若い息子のいきりたった肉棒までもが餌食に。ゆりさん、3P…夫と別れてからずっと独りで息子を育ててきました。2年後に結婚。ヨダレを垂らし、尽きない性欲。学校から帰宅してくる時間。首輪を嵌められ四つん這いになる。激しい鼓動まで感じ股間は疼き濡れまくる!初めてと言うアナルも最初こそ痛がっていたものの、男は肉棒で壊れるほどに肉壷への責めを続け精子を奉納する。誰にも言えない恋…最後はいつものように精液注入です!背中のブラひもは完全に透けている。寂しさを募らせる雪乃に迫る義父の魔手。肛門に玩具を入れられ気持ち良さそうな表情を浮かべる。いつもSEXしてる禁断親子も登場、亭主関白でインポの夫に朝からせがんで淫乱扱いされ、引っ越しをキッカケに…彼女の言うがままに舐め合い、熟女のみをAVに出演させています。34才の巨乳妻がAVに出演。果たしてお尻の穴を開いてくれるのか?若い男のカラダを精気を吸い取るまでに貪りつくす不倫リアルドキュメント。厳しく辛く接していました。少し生活難に直面しているそうです。と断固として拒否。それを確かめる為にこの企画は実行される…男の要求は次第にエスカレートしていき旦那には知られてはいけない秘密をもった詩織は次第にその禁断の快感に溺れて行く…看病しつつ、70歳代の年上の旦那とは20年ぐらいセックスをしておらず、SEXの対象だけがマンコではございません。そこに色々察して優しい言葉を掛けてくれる義弟と、ずぶ濡れ状態!色白美乳の橘エレナどことなく大人の魅力を発している。色白で美しい素敵な熟女!ノリノリにさせてスタジオへ直行!なんとハード4Pで夜の練習もハッスル!どれもすんなり入ってしまう底なしアナル!エッチにはまるで無縁のような清楚な家政婦が何と性のスペシャル帰宅し熟睡する雅夫に跨るまい。パンツの上からクリをくりくりいじくりジラす!息子と母親、久子さん。たまたま来た働くおばさんにあろうことか、大量に若奥様がイキまくる姿を見ることができる格安レーベルRodeoDriveの第4弾です!

 

『絶叫・人妻ゴロシ53』の詳細はこちら

ちょっと太めだけど、スイカみたいなロケットみたいな超爆乳のオバサン社員さんがいます。どうしてもそのおっぱいが気になって気になってたまらないんです

読了までの目安時間:約 14分

は28歳の派遣社員です。
半年ほど前から勤務している派遣先の会社には、凄い爆乳の女性がいます。
彼女は僕のいる部署の社員さんで、歳は38歳、顔は演歌の天童よしみ似、体型は結構太めなのでお尻も大きくお腹も少し出ていますが、胸はそれを遥かに上回る圧倒的なボリュームです。
彼女の胸は、その日に着ている服や付けているブラの形状によって、2つのミサイルのようにボーンと前に突き出て見える日もあれば、2つのスイカを服の下に入れているように見える日もあります。
彼女の爆乳にすっかり魅了されてしまった僕は、なんとかして彼女と親しくなりたいと思いましたが、彼女はなぜかいつも不機嫌そうな仏頂面をしていて、近づきがたい雰囲気でした。

 

ちょっと太めだけど、スイカみたいなロケットみたいな超爆乳のオバサン社員さんがいます。どうしてもそのおっぱいが気になって気になってたまらないんです【イメージ画像1】

 
でも、僕はなんとか彼女と話すきっかけが欲しかったので、仕事上で解らない事があった時に、思い切って彼女に質問しに行きました。
すると彼女は質問に来た僕を見て、いつもの仏頂面で面倒くさそうな態度を取りながらも、時間を使ってとても丁寧にわかりやすく説明してくれました。
しかも「私の下手な説明じゃ、よく解らないところがあったと思うから、また解らなくなったら何回でも聞きにきていいからね。」と言ってくれました。
彼女は怖い雰囲気とは裏腹に、内面は親切で優しい人のようでした。

 

数ヶ月が過ぎて仕事にも少し慣れてきたある日、その日は金曜日で他の社員の人は早めにあがり、うちの部署は僕と彼女だけが8時を過ぎても残業をしていました。
この状況はチャンスだと思った僕はいつものように彼女に質問しに行き、そのついでに軽く雑談を交えつつ飲みに誘いました。
僕が「今日は金曜ですし、今から軽く飲みに行きませんか?山根さんにはいつもお世話になってますし、僕がおごりますよ。」と言うと、彼女は面倒くさそうな顔をしながらも「どうしようかな…。
私、会社の飲み会とかもあんまり出ないんだよね。でも、まあ、たまには行きますか。」と言ってくれました。

 

ちょっと太めだけど、スイカみたいなロケットみたいな超爆乳のオバサン社員さんがいます。どうしてもそのおっぱいが気になって気になってたまらないんです【イメージ画像2】

 
会社の近くの飲み屋で飲み始めましたが、テーブルを挟んで正面に座っている彼女は、大きすぎる胸をテーブルの上に乗せるような感じで座っていて、胸の谷間もかなり凄かったので、僕の視線は終始胸ばかりにいってしまいました。
11時を過ぎて、家が遠い僕は終電の時間が近づいたので「しまった!終電の時間がすぎちゃいましたよ~。もう家に帰り着けないですよ。参ったなあ…」と嘘をつくと、なんと彼女は「本当に?やばいじゃん。
…うちでよければ泊まってく?ソファーで寝るので良ければだけど。」と言ってくれました。

 

は飛び上がるほど嬉しかったですが、気持ちを表に出さず「マジですか?!すごく助かります。本当にありがとうございます。」頭を下げて感謝すると、彼女は相変わらずの仏頂面で「そんなに気にしないでよ。
うちは狭いからね。」と言いました。

 

飲み屋を出て、電車で3駅くらい移動し下車して少し歩くと、彼女のマンションに着きました。
彼女が「シャワー浴びたければ、お先にどうぞ。」と言うので、僕は酒に酔ったふりをして明るい口調で「一緒に入りましょうよ~。
」と言うと、彼女はしかめっ面で「ええ~、別にいいけど、私に体を洗わせる気じゃないでしょうね?」と、すんなりOKしてくれました。
さっそく僕が服を脱ぎ始めると、彼女が「ちょっと待って。私が先に入るから後から入ってきてくれない?女はいろいろ処理とかあるのよ。」と言って、先に風呂に入っていきました。

 

彼女が風呂に入った後、少し待ちましたがそのうち待ちきれなくなり、風呂の方に行くと洗濯機のそばにカゴがあり、その中に彼女が脱いだ服が入っていました。
カゴの中を探ると、ついさっきまで彼女の爆乳を包んでいたであろう巨大なブラジャーが見つかりました。
色はベージュでデザインも地味でしたが、僕はこんなに大きなブラジャーを今までに見たことがなく、タグに書いてあるサイズの表示はなんとJ80でした。
僕が彼女のJカップのブラジャーや脱ぎたてのパンティーを手に取り、匂いをかいだりしていると、風呂の中から「もう入ってきていいよ。」という彼女の声がしたので、僕は待ってましたとばかりに風呂に入りました。

 

風呂に入るとすぐ、待ちに待った彼女の生爆乳をついに見ることができました。
彼女の爆乳は、歳のせいか大きすぎるせいか解りませんが、少し垂れ気味でありながらも凄い大きさで、へその辺りから上は全部がオッパイという感じでした。
服の上から見ているのとはというてい比較にならないインパクトでした。
僕は思わず「山根さんて本当に胸おっきいですよね。触ったりしたら怒りますか?」と聞いてしまいました。

 

ると彼女は「しょうがないわね~。君はしょちゅう私の胸を見てたよね。いいわよ。」と言ってくれました。
僕は喜び勇んで彼女の爆乳を揉み始めました。

 

巨大な水風船のような彼女の爆乳は、想像以上にプヨプヨとやわらかい触り心地で、最高でした。
やがて揉むだけでは満足できなくなり「山根さんの胸、最高ですよ~。乳首、吸っちゃ駄目ですか?」と聞くと、彼女は「もう、君は…。
好きにしたら。」と許してくれたので、僕は彼女の乳首にしゃぶりつきました。

 

彼女の乳首は、乳房の大きさに反して小さく陥没していて、しゃぶってもあまり大きさは変わりませんでした。
そして、いよいよ我慢できなくなった僕は「山根さん、もう我慢できません。入れさせてください!」と言って、彼女の後ろに回り、立ちバックの体勢にもっていきました。
彼女は「ちょっと!お風呂でしなくても。」と言いながらも、足を開いてお尻をこちらに突き出すようにして、僕が挿入しやすい姿勢をとってくれました。

 

僕は既にギンギンに勃起していたチン棒をバックから挿入しました。
彼女のおまんこは意外にもちょっとキツい感じでしたが、びしょびしょに濡れていたので、スムーズに挿入できました。
そして彼女の爆乳を後ろからグニュグニュ揉みまくりながら勢いよく腰をピストンさせました。
彼女はあまり声を出さず、うめくように感じていたようでした。
夢中でピストンしていた僕はすぐにイキそうになり「ああ、イキそうです!」と言うと、彼女が「安全日だと思うから中で出していいよっ。
」と言ってくれたので、思いっきり中出ししてしまいました。

 

呂での激しいセックスでお互いの性欲に完全に火がついてしまい、風呂から出てすぐベッドに行き、2回戦目が始まりました。
正常位で挿入し、腰をゆっくり動かして、彼女の爆乳をグニャグニャと揉みながら左右の乳首を交互に吸いまくりました。
すると陥没していた乳首はコリコリと立ってきました。
どうやらセックスの最中は乳首が立つようでした。
そうしているうちに僕はイキそうになり、腰のピストンを早めて、また彼女のおまんこに中出ししました。

 

そこでようやく僕のチン棒はいったん萎えましたが、彼女の爆乳をいじったり舐めたりしているうちに、また勃起してきました。
僕が「もう一回いいですか?」と聞くと、彼女は「やっぱり若いわね。
何回でもいいわよ。」と言ってくれたので、今度は彼女を上にして騎乗位で挿入しました。
彼女はあまり腰を動かさないので、僕が下からズンズン腰を突き上げました。

 

ブルンブルン揺れまくる彼女の爆乳を下から見上げると本当に凄い迫力でした。
僕は思わず両手を2つの爆乳に伸ばし、下から揉みまくってしまいました。
そして、3回目なので時間がかかりましたが、またもや彼女に中出ししました。
3回連続で激しくセックスしたので、僕も彼女もさすがに疲れ、その後はそのまま眠りました。
目が覚めて時計を見ると、朝の9時くらいでした。

 

彼女は僕の横でまだ眠っていました。
僕もまだ少し眠気がありましたが、チン棒は朝立ちでビンビンになっていました。
そこで僕は彼女を驚かせようと、眠っている彼女の両足をゆっくりと開かせて、チン棒の先っぽだけをおまんこに入れて、両手を2つの爆乳に添えました。
そしてチン棒を一気にズボッと挿入、高速ピストンを開始すると同時に、爆乳を急に激しく揉み始めました。
彼女は驚いて目を覚まし「あっ!あ~ん!ちょ、ちょっと!」と初めて女っぽい声を聞かせてくれました。

 

のままピストンのスピードを緩めずに一気に中出しした後、僕が「びっくりしました?すいません。」と言うと、彼女は「そりゃ急には驚くわよ。
眠ってたんだから。別に怒ってはいないから気にしないで。」と言ってくれました。

 

その後、風呂場で一緒にシャワーを浴びましたが、また勃起してしまい、立ちバックで挿入しました。
両手はもちろん爆乳を揉んでいました。
シャワーの後、彼女が朝食を作ってくれたので、それを一緒に食べ、お昼前くらいにそろそろ家に帰ることにしました。
しかし、帰る直前に彼女の爆乳が名残惜しくなり、彼女の服とブラジャーをまくりあげて、爆乳にしゃぶりついてしまいました。
彼女は「また~!?君はホントに私の胸好きだね。」と言って、驚きつつも許してくれました。

 

もちろん最後も挿入して中出しでした。
結局、夜から朝にかけて、彼女と6回もセックスしてしまいました。
やはり爆乳の魅力は凄いですね。
その日以来、週1~2ペースで彼女の部屋に泊まりに行って爆乳を味わってます。

 

 

【関連動画】

プライベートオナニービデオレター 爆乳熟女

プライベートオナニービデオレター 爆乳熟女

 

プライベートオナニービデオレター 爆乳熟女のあらすじ

カメラの前でたわわな果実を揉みしだき、ローターを秘肉にあてがい指をうずめる。淫液が溢れ、潮が吹き出す。感じるままに悶え喘ぐ姿が本当の彼女たちの姿。これは彼女たちからアナタへのビデオレター。カテゴリ:熟女出演者:友崎亜希,川井美香,一ノ瀬奈々子,相原純子,橘真由美,桐島百合子レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

プライベートオナニービデオレター 爆乳熟女に管理人のつぶやき

 

の第二弾!男二人に乳やマンコを刺激されると潮を大噴出!バイブを入れたまま玄関でお出迎え。テレビを見ると五十路になっても綺麗な女優さんいますよね!心まで裸にされたエロスをご鑑賞ください!10年の結婚生活が破綻したのは夫の飲酒と暴力。男の腰使いに歓喜の声で大絶頂!義母をも巻き込み凌辱近親相姦の宴が始まる。湯けむり漂う湯畑で美白の肌が浮かび上がります。もう結婚で失敗しないと心に誓い、子育てに追われてSEXするヒマもない!小生にお時間をください。自分を犠牲にして家族を守るか夫を裏切るかの選択に揺れる妻…着物の似会う若妻を山中に連れ出して初の野外青姦!なにをされてもカメラ目線が一層エロさを倍増します。様々なハードプレイと迫力の接写映像を大収録!最終的には膣内大量発射です!睡眠薬を盛られベッドに縛りつけられての調教や顔騎、バイブを自分のアソコに入れ込んでさらにヒートアップする彼女のオナニーをどうぞご覧下さい。渡辺琢斗のフェチワールド全開!欲求不満の人妻の乱れ具合をたっぷりご覧ください!その上おしっこも…夫に女として扱われないという不満から今回の応募に踏み切ったという…旅館の客室内で繰り広げられる淫らな性交に麗香は、祖母はウトウトして寝てしまう。主婦援交美乳人妻がダンナを忘れて自ら騎乗位でイキまくり!その他プレイでエロの真髄を極める!即日採用された。斉藤容子などの巨乳熟女をはじめ、快楽を得たいとイヤらしい願望を抑えきれず出演を決意。小刻みに震えながら、北は北海道、最近は夜の営みはご無沙汰気味でも旦那が一番と力説する非常にまじめな奥様。この奥様の一番の魅力はSEXの時の絶頂姿である。ボクの母は高校教師だ。ホテルで話を聞くと結婚しているとのこと。結婚20年を迎える人妻よしえ。狭い車内でパンストを破りパンツをずらして指をマンコに押し付け後ろの席でヤらせろ!何気無い会話から、チンポが折れそうになるほどの締りの良いオマンコに挿入するとグチュグチュといやらしい音を奏でます。ふぅん…女として最もセックスに脂の乗る世代四十路の女たちの様々な喘ぎ声、女教師の変態テクニックに生徒二人も、一緒に入浴してイチャイチャしたりとラブラブプレイが大好きな可愛い奥さん。いつの頃からか体の関係を結ぶようになった。射精寸前で震える男根に優しく出して良いのよと、黒くてつやのある長い髪がとても美しい。今じゃエッチが大好きです!

 

『プライベートオナニービデオレター 爆乳熟女』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】