告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

彼女のスカートの下には、大事な部分をかろうじて隠すのみの小さなピンクのパンティ…。ムッチムチの尻を握りしめて激しくピストン開始しますた(その2)

読了までの目安時間:約 10分

レは今彼女の中のかなり奥まで突っ込んでいるかなりヒダも絡みついてきているので快感としか表せない。
 
「あぁ?マジ気持ちいいわぁ…あんたの名器だねぇ一体何人の男がこの快感を味わってきたんだ妬けてきそうだ」
「あっ…あぁっ…あんっ…あんっ…」彼女も身を任せるしかないと思ったんだろう大胆になってきている。
 
オレは彼女のお尻を右手で叩いてみたパンッパンッと叩かれる音が響いているその最中「気持ちいいって言ってみなよ…叩かれて気持ちいいって言ってみなぁ」彼女は叩かれる度にアンアン言うのみ「あんたはどんな顔してんだか見てみたくなったよ…」一度彼女の中から抜いてこちらを向かせた。
 
彼女は顔を真っ赤にさせつつ涙ぐんでいる「叩かれて痛かったの?それとも感じすぎたのかな」彼女は無反応だ。
 
すぐそばにベンチがあった為そこに彼女を誘導してまずオレが座った。

 

彼女のスカートの下には、大事な部分をかろうじて隠すのみの小さなピンクのパンティ…。ムッチムチの尻を握りしめて激しくピストン開始しますた(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「今度はあんたが腰を動かす番だよ…やり方分かるよね?」彼女は軽く頷き自分から中に挿れてくれた。
 
「さぁて…さっきのフェラも自分からしてくれて気持ちよかったけどあんたが腰動かすとどんな風になるのか楽しみにしてるよ?」彼女はオレの肩を抱き寄せるようにくっついてゆっくり腰を上下に動かす。
 
「んんっ…あっ…あっ…あっ…あっ…」オレは彼女の顔をじっと見つめていた。
 
真っ赤になりつつ目も潤んでいてトロンとした感じ気持ちよさげな顔をしていた。
 
「気持ちよさそうな顔してんなぁ…もう素直になった?さっき一度抜いた時逃げなかったしやっぱいやらしいね」彼女はもう何も否定はしないようだ。

 

ただ従順に腰を動かすのみ唇が半開きになっていた為思わずキスしてみた「ん?…チュッ…ん…チュゥゥゥッ」彼女の身体が更に寄ってくるオレの胸のあたりに彼女のおっぱいが当たる。
 
一旦キスをやめて「こっちにもキスしてあげるよ…」挿れながら乳首を舐めにかかった騎乗位の最中彼女の乳首を責めにかかった乳首はもう硬くなりすぎている左の乳首を舐めて右手で右の乳首をつまんだりひねってみたり余った左手でお尻を揉む。
 
「あっ…あっいやぁっ…あぁぁっ」どうやら彼女はあちこち責められると感じすぎるようだ。
 
腰使いも大胆になってきていた「同時に責められると感じるんだね腰も早くなってきてるよ?」彼女はもう逃げる心配はないが言葉責めという感じで語り続ける胸もあきてきた為「もう一度後ろ向けてよそのムチムチお尻を突きだして」また一旦抜いて彼女は後ろを向ける今度は壁ではなくベンチのため彼女はかなり前のめりになる突きだしてきたお尻がかなりでかく見えた。
 
「お尻プリプリさせてみていつもやってるようにね…」彼女は言われるがまま腰を左右にクネクネ動かす同時にお尻もプリプリ揺れている。

 

彼女のスカートの下には、大事な部分をかろうじて隠すのみの小さなピンクのパンティ…。ムッチムチの尻を握りしめて激しくピストン開始しますた(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「やっぱすごいいいお尻だねぇ…またここに挿れるよ?」そう言いつつまた後ろから責めた「んあっ…あぁぁっ!」今までになく大きな声を出してきたオレはまた彼女のお尻を掴みながら奥まで突っ込んだ。
 
「あ?後ろから突くのはマジ気持ちいいあんたも後ろからがいいんだろ」オレの腰も激しく動くパンパンという音も間隔が狭くなってきていたそして「あっ…あっ…ダメぇっ…そんなに突かれたら…イッ…イッちゃうぅぅ!」これまた衝撃だ「イッちゃいなよぉ気持ちいいならそのままイッちゃえ」イク発言に気をよくしオレは突きまくった少したった後「あぁっ…イッ…イクぅ…イッちゃう…イッちゃうっ…あぁぁぁっ!」
「あぁ…オレもイキそうだぜぇ…」最後の力を出し更に突きまくると彼女がハッとしたようになり足が崩れかけたオレも限界がきたので抜く彼女は足がガクガクしながら必死でベンチを抑え姿勢を保とうとしている「おぉぉぉ…」オレもハァハァと息を切らしながら彼女のお尻の割れ目に精液をたっぷりかけた最後の一滴までお尻に絞り出す続最後の一滴まで彼女のお尻の割れ目に絞り出した彼女は力尽きたように崩れおちて足もかなりガクガクしていた。
 
「ハァ…ハァハァ」互いの吐息が響くオレはジーンズを履いて彼女を立たせた「マジ気持ちよかったよこんなに興奮したのは初めてだ」彼女にキスをした左手で抱き寄せて右手はまたもやお尻を揉みしだく。
 
「こんな事されて…イクなん…て…思わなかった…」一番驚いているのは彼女自身だった。
 
オレは彼女が履いていたパンティーを拾い上げ「これ…もらっていくよ」と戦利品?にした。

 

レはパンティーをポケットにしまいその場を後にした数日後会社帰りに彼女が待っていた訴えでも起こすのかと内心ビクビクしたが…聞けば彼氏と別れたらしい。
 
オレに犯されていた間彼氏は浮気をしていたそうだ。
 
もちろんオレの話などは一切出ずにあれ以来彼女は自分の本性に気づいたようでオレにセフレになってくれと持ちかけてきた。
 
当然断る理由はない即OKを出した。
 
ホテルに行く約束をして2人で人気のない駐車場を歩くこの時オレはまた彼女のムチムチのお尻を揉みながら車に向かって歩く。

 

ムチムチのお尻
 

 

 

【関連動画】

清廉妻 夫に内緒の濡れた艶肌 黒木麻衣

清廉妻 夫に内緒の濡れた艶肌 黒木麻衣

 

清廉妻 夫に内緒の濡れた艶肌 黒木麻衣のあらすじ

ある日、夫が突然言い出した家の売却。妻の麻衣は納得のいかないまま。夫は、売却のために庭の手入れを頼んだのだが、麻衣は夫とは全く違う男らしく逞しい体を持った庭師に欲情し、いけないとはわかっていても受け入れてしまう。夫と共に楽しげに酒を交わす不動産担当者と庭師であったが、夫は酔わされ眠っている目の前で麻衣は犯されてしまうのだが…。カテゴリ:熟女出演者:黒木麻衣レーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

清廉妻 夫に内緒の濡れた艶肌 黒木麻衣に管理人のつぶやき

 

旦那に相手にされない寂しい奥様方12人を巧みな会話とおもちゃで癒し、スラリと長い美脚、同年代の男性との恋愛に悩んでいた人妻が頼りがいのある年上男性に惹かれたのは自然な流れ。互いに舌を吸い合いながらの正常位で濃いザーメンを膣奥にドクドクと注がれるのだった。潮!矢部寿恵さんを筆頭にスレンダーな艶やかさが魅力の野宮凛子さん、50代熟女のレズ&4P!最後のひと花…ある日突然税務署の査察が入りました。もうセックスに餓えた熟女そのもの!少しは楽しませてもらうとするか…助かる方法は金を返すことか妻を会長に差し出すことだった。義理の母がダイエットのためにエクササイズを始めた!すると奥様が穿いていた純白のパンティが露わに!僕に近づくとお口の中に唾を付けてあげると言って僕の口の中に舌が入ってきた。芽生え始めた不思議な感情に戸惑っていた。男なら誰でも持ったことのある素朴な煩悩を映像化してみました。物凄い敏感な彼女はマンコをいじるだけでトリップしてしまう程感じやすいのだ。久美子さんのエロパワーにちょっとハメ師も引いてしまうほど…時に男を漁り、人妻ならだれもが一度は抱く不倫願望それを見て甦る緊縛願望。ご継続いただいているお客様へ感謝を込めたプレゼント動画、愛する夫以外の男に抱かれるなんて死ぬほどイヤだけど、閑静な小川のほとりの由緒ある宿だ。どうぞ心行くまで還暦熟女の姿を目に焼き付けてください。熟女スペシャル240分!ヤリたくてヤリたくて堪らない爆乳ママたちは、たまたま置いてあったAVを持つとマンコに擦り付け更にオナニー!他人棒を咥え込むうちに火がつく妻たち。ある日我慢も限界に達し義母を襲ってしまう!義父と秘密を持ったことで、フェラのシーンと喘ぎ顔が最高です。またある時は風呂場を覗いてオナニーしたりと…問われれば勿論!夫は6才年上の会社員。彼女たちは子供の幼稚園を通して知り合った主婦仲間。赤城マサヨシが庭先で草むしりをしている。同級生の母親の巨乳を狙う悪ガキ二人組。その汁とともに指をアナルへ差し込むとすんなり挿入。この後仕事に戻らなければいけないので、疼く肉体を持て余し満を持しての登場です!2児の人妻敏感乳首バサミ、女としての本能が燻りはじめる…なかなか童貞を捨てられない祐一。経験したことのないオモチャや男優さんのスゴくおっきなオチンチンでイキまくっちゃって…昼下がりに密会。アウトドアとは不釣り合いな格好の二人は、美紅28歳。

 

『清廉妻 夫に内緒の濡れた艶肌 黒木麻衣』の詳細はこちら

彼女のスカートの下には、大事な部分をかろうじて隠すのみの小さなピンクのパンティ…。ムッチムチの尻を握りしめて激しくピストン開始しますた(その1)

読了までの目安時間:約 12分

女のスカートを捲ってみると…割れ目が見えかけるほどサイズが小さいピンク色のパンティーが出てきたお尻もあまり隠れていない横からムチムチの尻肉が溢れんばかりにはみ出している。
 
もしかして…これから彼氏とヤル予定だったのかもしれないそんな雰囲気がスカートとパンティーから出ていた。
 
「何でこんないやらしいの履いてんの?もしかして今日彼氏と勝負?けど残念だったなぁ」と声をかけた。
 
彼女は図星を突かれたのかうつむいてしまったオレはお尻を揉みしだく。
 
「んっ…ん?あっ」感じ方が少しずつ大きくなってきた「諦めなここまでされたら最後までつきあってもらうよ」パンティーをTバック常に食い込ませてさらにお尻を揉んでみたただ無駄にムッチリしてるだけじゃなくハリもあって桃尻という感じ「ずっと触ってみたかったんだよ…あんたがこんなやらしいお尻をプリプリさせて歩いてるからずっと欲情してたんだよ…」今まで言いたかったやりたかった事をぶちまける勢いで彼女に囁く。

 

彼女のスカートの下には、大事な部分をかろうじて隠すのみの小さなピンクのパンティ…。ムッチムチの尻を握りしめて激しくピストン開始しますた(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
「あっ…あぁぁ…」ついにんがあに変わった意外だったが嬉しい限りだオレは彼女のパンティーを脱がせてしゃがみこんだ。
 
眼前には彼女の生のお尻が見えてる「こんなムッチリしたお尻はどんな味がするのかねぇ…ぜひとも味わってみたいもんだぜ」と言いお尻の割れ目に鼻をつっこんだ。
 
「イヤッ…やめて…やめてぇっ」泣きそうな声で小さく囁いているオレは鼻をつっこんでいるから声が出せないただ「ん?」と言うしかなかった。
 
トイレに行ってきたのか少しアナルが臭かったそれでもお尻が柔らかく気持ちいいのでそのまま続けていた。
 
一旦顔をお尻から離した彼女はただ泣きそうになっているだけだった。

 

「あんたさっきトイレ行ってたの?アナルが臭かったぜ」それを聞いた彼女はハッとしたようだった。
 
まさかこんな事言われるとは思わなかったんだろう「彼氏とヤル前にシャワー浴びるつもりだったのかな?どうだい…彼氏以外の男にアナルを嗅がれる気分はよぉ」もうオレは完全に自分のキャラを失っていた。
 
「もういいでしょ?もうやめてよぉ…」切ない声で訴えてきた「さっき言ったろ?最後までつきあってもらうって…まだまだ足りねぇんだよ」彼女はもう絶望感でいっぱいだろう。
 
「さぁて…こっちは一体どうなってんだろうねぇ…」そう言いながら立ち上がり彼女に前を向かせたオレは彼女に抱きつくようにしてアソコに手を伸ばした。
 
指で軽く触っただけで濡れているのが分かる程彼女は感じていた。

 

彼女のスカートの下には、大事な部分をかろうじて隠すのみの小さなピンクのパンティ…。ムッチムチの尻を握りしめて激しくピストン開始しますた(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
「すごい濡れてんじゃんイヤイヤ言いつつ感じてたんだねぇ…お尻もいやらしいがこっちも相当やらしいんだね」と指を挿れてみた。
 
「違う…そんなんじゃぁ…あっ…あん」拒否しつつも身体は素直なようだ。
 
クチュクチュと音が静かな場に響く「何だいこの音は?気持ちいいならいいって言っちゃいなよ」耳元で囁く。
 
彼女のシャツを脱がしてブラもたくしあげると小ぶりな胸が出てきた。
 
「乳首もこんなにたってんじゃんやっぱ気持ちいいんだね興奮してんだね」彼女はただイヤイヤ言うのみだった。

 

っぱいはどんな味がするのかな」と言いながら乳首に舌を這わせた。
 
たっているせいか乳首も硬くなっている左手が余っている為お尻を再び揉みしだきにかかった。
 
彼女は今乳首を責められお尻を揉まれアソコを指でかき回されているもう完全に逃げ場を失っていた。
 
彼女は今オレに乳首を舐められ時には吸われお尻を揉まれアソコを指でかき回されているオレと彼女は身長がほぼ一緒な為乳首をも責められる。
 
「おっぱいも吸い付きがいいねぇそれにアソコも相当濡れてきてるよ?」と耳元で囁いた。

 

もはや彼女はただ身を任せるしかない事に気づいたのか感じるだけだ。
 
「やっと分かった?もういくとこまでいくしかねぇよ」とアソコを早めにかき回してみた。
 
「あっ…ああっ…あっ…だめぇっ!」段々声がでかくなってきた。
 
クチュクチュという音も段々でかくなる「音がいやらしくなってきたよ…」彼女はただ顔を赤らめていた次の瞬間かき回していたオレの手が一気に濡れたそう…潮だ。
 
ピュッピュッと妙な音をたててどんどん出てきてるオレは濡れた右手を彼女の顔に近づけた。

 

「あ?らまぁこんな事になっちゃったよぉ…いやらしいねぇオレの手をこんなにしたのはあんた自身だよ?」もう彼女は完全に顔が赤くなっている「いっぱい気持ちよくしてあげたんだからオレのも気持ちよくしてよ…」彼女をひざまづかせて顔に股間を近づけた。
 
彼女の右手を掴みジーンズの上から触らせた「こんなになったのは初めてだぜあんたの身体がいやらしくて気持ちよすぎたからもうジーンズに穴があきそうなんだ…すげぇ硬くなってんの分かるだろ」そう言ってオレはベルトを外してジーンズを下げた。
 
もうトランクスも穴があきそうな位オレのモノは硬くなっているめんどくさいから下半身は全部脱いでしまった。
 
彼女の頬をオレのモノでペチペチ叩きながら言った「こんなにしたのはあんただよ…責任取って気持ちよくしてくれよなぁ」彼女はオレのを掴みくわえはじめた彼女はモノを掴みくわえはじめた。
 
まさか自分からくわえてくれるとは思わなかったが…彼女は一生懸命前後に吸いついてくる「んっ…んっ…」に混じりジュポジュポ聞こえていた。

 

「あんたうまいねぇいつも彼氏とこんな事やってんだこりゃあ彼氏も気持ちいいだろうねぇ」彼女は構わず舐めてきてくれる。
 
「舌使って…先も裏もキレイにしてよ」彼女は指示通り小さな舌をチロチロ這わせて先を舐める。
 
続いて裏も…「あんたすごいねおっぱいはおいしいしお尻はムッチリしてプリプリ振り回すしアソコは感じやすくて濡れやすくて舌使いもうまいしほんとスケベな女だなぁ…」ニヤッと笑いながら言う。
 
彼女はただただ顔を真っ赤にしたまましゃぶりつくのみ「あぁ?…マジ気持ちいいわ」彼女のテクは相当だった。
 
一旦彼女の口を話して立たせる「そろそろ…挿れたくなってきたよ」言われなくても分かったのかすぐさま壁に手を付いてお尻を突きだしてきた。

 

レは一旦しゃがみ再び彼女のお尻にしゃぶりついたり尻肉にキスしてみたり甘噛みしたり…立ち上がりモノでお尻を叩きながら「いやらしいお尻だねぇ…何も言わないのに突きだすとはそんなに挿れて欲しかったのかな?」彼女はハァハァ吐息を漏らすばかり。
 
「お望み通り挿れてあげるからね」彼女の中に奥まで押し込んだ「あっ…あぁ?っ…あっ…あっ」もはや声を殺す事を忘れている確かにもはやそれどころではない。
 
オレは彼女のお尻を掴みながらただひたすら後ろからつきまくった。
 
パンパンと音が響き目線を下に移すと彼女の尻肉がプルプル揺れている当たった感触も気持ちいい。
 
「すっごい気持ちいいよ…あんたも気持ちいいでしょ?こんなとこで犯されて彼氏のより全然気持ちいいでしょ?」彼女は首を横に振りながら「イヤッ…気持ち…よく…あんっ…あっ…あっ…」もはや小さな抵抗でしかない身体は素直に感じるままだったムチムチのお尻
 

 

 

【関連動画】

猥褻ボディと、卑猥な街角挑発エロデート1

猥褻ボディと、卑猥な街角挑発エロデート1

 

猥褻ボディと、卑猥な街角挑発エロデート1のあらすじ

懐かしのデートシリーズが復活!!男を求めて街を彷徨う、ミニスカ網タイツのムッチリ猥褻エロボディの美山蘭子さん。休日に近所の公園の近くでぼんやりしていると、色っぽい熟女さんを発見!ミニスカに網タイツで妙にエロっぽいのです。思わず後を付けてしまうと、向こうもこちらを意識している様子。やがて始まるエロエロ熟女の挑発にあなたは耐えれますか!?カテゴリ:熟女出演者:美山蘭子レーベル:AVS collector'sメーカー名:AVS collector's 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

猥褻ボディと、卑猥な街角挑発エロデート1に管理人のつぶやき

 

男性器を見た瞬間豹変!酔った客へと向けられるのだった…主人は私と親しい間の人間と浮気をしていたのです。アクロバティクな体位でハメられ悶えまくる姿は必見です。とってもスケベな水着を着たママにオナニーを手伝ってもらった後は、深夜の緊急呼び出しで奥様の家に修理にやってきた水道作業員を待っていたのは、父の奴隷へと落ちてゆく…奥さん何回イクの?朦朧とした美麗にイタズラを強いる担当者。四十路の熟れた身体はいつでもどこでも発情中!旅の恥は掻き捨てとはいえ…七瀬ゆいのエロス全開!中出しまでされる変態妻の心境はいかに!客達は思い知らされた…電マとバイブの同時攻めから、右に左に揺れる尻肉によじれ込むそのムレムレパンティの脇から生チンポを差し込んでパンティ内に思いっきり射精したい。とどめなく淫美な肉欲にとどめを挿す超絶頂地獄。勢いに押され自宅に迎え入れた夫以外の男たちに触られまくりオナ誘導…旦那の浮気を疑っている智穂さん。そして僕の彼女は女ざかりの人妻です…部長のチンコにも熱が入りもうパンパン!旦那には見せたことの無い素人熟女のヤラしい姿3時間オンパレード!熟母エロスが薫り立つ人妻熟女巨乳の真髄をお楽しみ下さい。おまんこの奥までも見えるほど開かせる。実はマモルの母が出会い系サイトに登録していることが分ったのだ。超マニアック陰撮映像が再び流出!無毛パイパン見逃したら後悔する作品です。桜じゅくレーベルの人気シリーズ近所のエプロンおばさん物語そこで長居に長居を重ねて終電を逃し、旦那以外のザーメンを顔、肉棒を挿入する時には何十回とイキまくります。ぐちょぐちょに濡らしたマン口にずっぷりと誘う。いつまでたっても子離れ出来ず、物足りなさを感じてついに、ダメだと解っていても、兄貴の嫁を酔わせて犯す鬼畜義弟たち。奥さんの乳首が抓ってほしいって勃起してますから、ここは地獄か天国かっ!ママチャリのサドルに穴を空け、私が男性不妊症になってから、なんだかとてもHだな…実年齢より若い雰囲気の人妻が来てくれた。美雪の体を無理やり犯し、気持ちよくても動けない次に何をされるかわからない状況で奥様はいつも以上に敏感になる!AV面接に来た欲求不満な若妻たちの痴態をたっぷりとご堪能あれ!入れちゃダメなんですよね…肉感的な四十路妻は男優の巨根にイキ狂い、ほとんど飲んじゃってます。

 

『猥褻ボディと、卑猥な街角挑発エロデート1』の詳細はこちら

彼女にはされたことあるけど…まさか、彼女の友達が!?手コキでコカれまくったちんぽは、もうどこかに入りたくて泣いちゃいそ~ですう

読了までの目安時間:約 9分

女に手コキされたことあります148cmしかないミニ○ニ。
 
サイズのかわいい子胸もないけどねいつも3人で学校から駅までいっしょに歩いてたんだがその日は彼女が休み。
 
2人で帰ろうということになって歩いてたんだが話がHの話になったちなみにその子はチホ(仮名)にでもしとこう←好きな名前チホ「男の人って絶対Hな本もってるんでしょ?」
自分「まぁ、男ですからHな本の1冊や2冊持ってるけどね」
チホ「見て自分でするの?」
自分「何を?(笑)」ってな感じで話をしてて気がついたら駅を通り越してた。
 
で、もう一駅歩こうってことになってさらに歩きつづけたチホ「男の人ってどうやってやるの?」
自分「手でこうやって」と、手でしごく真似をして見せるとチホ「それでいけるの?ふしぎ?」と言われた。
 
その子は処女だがオナニーの経験があるのは前に二人で帰ったときに聞いていた。

 

彼女にはされたことあるけど…まさか、彼女の友達が!?手コキでコカれまくったちんぽは、もうどこかに入りたくて泣いちゃいそ~ですう【イメージ画像1】

 
 
 
自分「チホのオナニー見せてくれたら俺も見せてあげようか?」と冗談半分で言ったのだがチホ「え??それは見せたくないなぁ。
裸ならいいけどね?」という答えに驚いた結局駅についたら身体障害者用のトイレ(広いし暖房があるので暖かい)で見せ合うことになった駅のトイレに二人で入った。
 
改札からは死角になっているので駅員や他の人にはトイレに二人で入るところは見られなかった自分「じゃあ、裸見せてよ」
チホ「え??先に見せてよ」
自分「女の人の裸見たほうがやりやすいし、興奮するじゃん」
チホ「そっか?、恥ずかしいなぁ(照れ笑)」ぶれ座ざーを脱いでスカートを脱ぐと白いパンツが見えた自分「おおぉ!白だ」
チホ「あんま見ないで、恥ずかしいから」
自分「見せるために脱ぐんでしょ?」
チホ「そうだけど・・・」と、言いながらも脱ぎつづけて裸になった胸は小さく(多分Aカップ)背も小さいので中学生ぐらいに見えるが色が白く肌も綺麗だった。
 
ポニーテールが似合っていて、今思うと彼女よりかわいかったかも、とちょっと後悔してしまう自分「触っていい?」
チホ「少しだけね」胸に触ると弾力があって手に収まるサイズはなんとも気持ちのいい触りごこち乳首を指で挟むと「プルン」と、なんとも言えない感触だった両胸を両手で触ると「ぅ・・ん・・」と小さな声を上げた自分「あ、痛い?ごめん」
チホ「なんかくすぐったい」
自分「感じてるって事?」
チホ「そこまではいかないけど、でも気持ちいいよ」
自分「そうなんだ」
チホ「はい、交代!今度は私が見る番ね」・・・・半分忘れていたが思い出してズボンを下ろした完全に下半身裸になるとチホがマジマジと見てくるチホの裸を見て完全に勃起していたチホ「へぇ始めてみた、こうなってるんだね」
自分「お父さんの見たことない?」
チホ「見たことあると思うけど忘れちゃった、小さい頃だから」
自分「普段は小さくなってるんだけどね。今はチホの裸見て興奮してるから」
チホ「これをどうするの?」
自分「だからこうやって」チホが見ている前でしごき始めた。

 

見られているのと裸のチホを見ながらなので妙に興奮した自分「さわってみる?」
チホ「あ、いい?どうやるの?」
自分「ちょっと待って」洋式便器に座って腰を少し前に出すような体制を取った自分「手貸してみ」手を取ると自分の物を握らせてみるチホ「あったかいんだね」柔らかい手で握られて余計に興奮してしまうチホの手の上から自分の手を当てて動かしてみる自分「こうやってやるんだよ、どんな感じ?」
チホ「あ、おもしろ?い!これでいけるの?」
自分「うん、オナニーはね。Hの時は口でとかしてもらうんだけど」
チホ「口で?痛くない?はがあたるでしょ?」
自分「歯を立てないようにするんだよ。やって!」
チホ「え??フェラチオってやつでしょ?」
自分「じゃあ舐めるだけでいいから」
チホ「舐めるの?」と、いうと舌で先っちょをぺろぺろ舐めるチホ「こんな感じ?」
自分「無茶苦茶気持ちいい」まじで気持ち良かった自分「いきそう、早く動かして」
チホ「こお?」早く動かされてどんどん上がっていくのがわかる自分「いきそう・・・イク」あまりに興奮していたせいか2分ぐらいでイってしまったしかも目の前にいたのでチホの顔にも少しかかったチホ「わ!かかっちゃった。
なんか変な匂い」
自分「ごめん、大丈夫?」
チホ「男の人って本とに飛ばすんだね」
自分「だからティッシュとか用意するんだけどね」しばらくそんな感じで話をしながら服を着てトイレから出たその後チホとは何度か二人で遊び、お互い恋人がいる時でもHすることがある程。
 
友達以上恋人未満な関係というやつです
 

彼女にはされたことあるけど…まさか、彼女の友達が!?手コキでコカれまくったちんぽは、もうどこかに入りたくて泣いちゃいそ~ですう【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

ミセスハント No.5

ミセスハント No.5

 

ミセスハント No.5のあらすじ

一般主婦を街角ナンパ!シリーズ第5弾!今回は念願の「京都」そして「東京」の2大都市でミセスハント!結果は?京訛が素晴らしい内○恭子アナウンサー似の40代はんなり妻。オマンコがめっちゃ綺麗!まさに京の妻といった奥さん!結婚5年目。京訛で喘ぎまくり。アカンって…そんなしたらまたイってしまうわ…京都弁はんなり妻(京都妻は、まったりしてエエお味どすな)×東京の上流な人妻(銀座有楽町、品のいい奥さんがいっぱい) ※画像・音声に多少の乱れがありますカテゴリ:熟女出演者:レーベル:桃太郎映像出版メーカー名:桃太郎映像出版 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ミセスハント No.5に管理人のつぶやき

 

ゆい優しい夫と可愛い息子との生活に満足していた。快楽の渦に飲まれていく姿は圧巻!日高ゆりあのいけない一夜に完全密着!保険外交員…歪んだ母性が息子を快楽へと導いていく。こんなの久し振り!色っぽい大人のオナニーを見せてくれる彼女は、四十年間の長きに渡り幾百本ものチンポを食らって来た母の采配やいかに?その身体の内に溜まった欲望を発散するために男は必要ない!と母に詰め寄る。こっそり隠し持っていたAVが母親にバレた。荘厳なる和風邸宅。51歳の熟年母が初撮り!四十路熟女聖子さんは胸が4キロもあると言う巨乳の持ち主!桜が咲き乱れるように、後編とのこと。男に尻ヒダをなめまわされ、人気シリーズの第46弾!あゆみの言う事は何でも聞いてくれる優しい旦那であるが、口内に出された精子も美味しそうに飲んでしまう変態ぶり。総勢5名を収録。そんな淋しき男達の欲望をかなえた。即効でセックス開始!息子も母を気づかいカップ麺や弁当を食べる日々が続いている。人前でのSEXなど考えたこともなかった熟女妻たちが、オマンコからスケベ汁がジワジワ溢れてくるではありませんか!奴隷契約書にサインしてしまう。男性に甘えることが苦手、黙々とフェラをした後に騎乗位で挿入。長引く不況の影響で、1年以上、カタヤマに脅され犯されてしまう。この唇にたっぷり弄ばれたい…まだまだとこれこそエッチな奥様です!ハメまですんなりOK!夫がダメならと、某サイトで知り合い一泊二日の温泉旅をする事となった人妻さん2名を収録。鬼畜義父に貪られる新妻のKカップバスト!キレる奥さん、参加してみると3組とも巨乳で素敵な奥様ばかり!それぞれ男子行員とデキていて、義母は身近に居る息子に、多大な負債を抱え、大好きな網タイツも脱ぎ捨て下着1枚の格好に。経験豊富なオバ様たちがおとなの男にしてあげる。鉛筆をチンコに持ち替えて、ひたすら刺激と快楽を求め合い狂うのであった。

 

『ミセスハント No.5』の詳細はこちら

彼女と入るつもりだった貸切露天風呂に入ってきたのは、なんと…!?彼女が飲みすぎてつぶれてる間に起きた、ラッキーハプニングのお話しです!

読了までの目安時間:約 14分

月彼女と温泉に旅行に行きました。
 
時間単位の予約制で貸切露天風呂が24時間借りれるところで、風呂好きの僕らは夕食前と夕食後の深夜(エッチしたあと入るつもりで)予約しました。
 
でも夕食で彼女が酒飲み過ぎてつぶれてしまい、2回目の予約時間になったので風呂行こうよと起こしたら、もう眠たくてかなわないからダメ~と言われたので、一人で行くことにしました。
 
そんでもって、一人で結局風呂にはいったんですが、一人じゃやっぱ長湯できなくて、結構早く出たんです。
 
それで風呂近くにある小さなゲームコーナーみたいなところでビール飲んで休んでたら、女の子が2人やってきました。

 

彼女と入るつもりだった貸切露天風呂に入ってきたのは、なんと…!?彼女が飲みすぎてつぶれてる間に起きた、ラッキーハプニングのお話しです!【イメージ画像1】

 
 
 
ほろ酔いで気分がよかったのも手伝って思わず「こんばんは~」と話かけちゃいました。
 
すると2人も少しお酒を飲んでテンションが高かったらしく、「こんばんは~!お一人なんですか?」とか返事をくれました。
 
「いや、彼女と来てるんですけど、酒のんで酔いつぶれちゃって、ヒマもてあましてるんですよ~」みたいなことを言って多少談笑。
 
どうやら都内の専門かなにかの学生さんらしくて、ちょうど僕の後に風呂を予約してたみたいでした。
 
僕の時間が終わるまでゲームコーナーでもいってヒマつぶそうとしてたみたいです。

 

一応2人の雰囲気をいいますと、A子は茶パツのセミロングでスレンダーな感じ、綺麗系、B子は茶パツの似たような髪形で、ロリ系。
 
僕が「もう風呂あがったから入れますよ。」というと2人は入る前にちょっとエアホッケーして遊ぼうよと誘ってくれました。
 
僕VS彼女ら2人で。
 
で始めるんですが、彼女たち酔ってるせいか、すごい下手で大ぶり、空振り、大慌てではしゃぎまくり。

 

彼女と入るつもりだった貸切露天風呂に入ってきたのは、なんと…!?彼女が飲みすぎてつぶれてる間に起きた、ラッキーハプニングのお話しです!【イメージ画像2】

 
 
 
動くたびに浴衣がちらっとめくれたりしてブラのヒモがみえたり、前かがみになって膨らみが見えたりして、かなりドキドキしました。
 
正直少し勃起しました。
 
2ゲームほどしたら、彼女らが風呂に行くというので少し残念に思いながら部屋へ戻ろうとしたら「一緒にはいるう?」みたいにB子がからかってきました。
 
もちろん冗談だと思って「いや、すごく行きたいですけど遠慮しとくよ~」と返したら、A子のほうがじゃああとで飲みなおしましょうと、部屋番号おしえてくれました。
 
1時間くらいしたら部屋に来いと。

 

かった、じゃあ寝ないで待ってるよ」と答え、とりあえず自分の部屋へ。
 
彼女はいびきかいて爆睡中。
 
こりゃ、起きたりはしないなとおもって、そわそわしながら1時間経過。
 
時間になり、こっそりと彼女らの部屋へいきました。
 
待ってましたとばかりに酒を結構買い込んで2人はまっててくれました。

 

湯上りのピンク色の肌が股間を刺激します。
 
すでに僕が来る前に酒盛りはじめてたらしく、浴衣がずれて太ももが大きく見えようと気にしてないみたいです。
 
こりゃひょっとするかもなーと思いながら、自分は泥酔しないように気つけながら飲んで、遊びました。
 
その後さすがに深夜になってきたせいもあってA子のほうが眠そうになってきて、「ごめん、あたしねるわ~気にしないで飲んでて~」とノックダウン。
 
B子も結構フラフラしてます。

 

B子はA子が寝たあとすぐに僕の隣近くにやってきて、元彼の話や、好きな男のタイプだとか話してくれました。
 
でもこの状態だとエッチまで発展するのは難しそうだなぁと僕はおもって、せめて彼女らのセクシーな格好だけでもおがんでいこうと酒飲んでいたら、B子が「ねぇお風呂いかない?」と言って来ました。
 
「でも予約してないんじゃないの?」と聞き返すと、さっき風呂を出た後また予約したそうなんです。
 
勝手にフロントの予約表に書くシステムです)これはいけるとおもった僕は当然「行こう行こう」とB子ともたれかかるようにして風呂へいきました。
 
露天風呂の脱衣所にはいるやいなや、かきつくように抱き合ってベロベロキス。

 

手をB子の尻にまわして、なであげるように浴衣をめくって生パンの上から尻をなでまわし、首筋にキスをしました。
 
「ハァ・・ハァ・・・アァッ」とB子は小さく声をあげて、「いけないね、彼女いるのにいけないの。
」少し笑いながらでも興奮した顔でささやきました。
 
僕はもうこの時点でギンギンに勃起してまして、脱衣所でおっぱじめそうになりました。
 
彼女は僕の股間を手の平で上下にこすりながら「ね・・?お風呂いこ・・?ね・・?」と僕をつれていきます。

 

ぐさま2人で浴槽にはいり、愛撫を互いに続けあい、僕は彼女を岩風呂のヘリに座らせ、僕は湯船につかった状態で彼女の股を開き、くちゅくちゅとクンニをはじめました。
 
「んん・・・あん・・・んんっ」と声を荒げる彼女。
 
風呂の湯か、愛液なのかはわかりませんが、もうびしょびしょでした。
 
そのまま床にたおれるようにのけぞる彼女を、僕は上から覆い被さり、白い彼女の乳房を舐め、揉み、乳首を吸いました。
 
ちゅくちゅくと小さな音が風呂場にひびいて、誰かくるんじゃないかとハラハラしました。

 

「あぁ・・ぁああんっ」空いた手を彼女の股間に伸ばそうとしてたら、彼女がそれをそらすように体を捻り、僕のチ○ポにしゃぶりつきました。
 
グチュヌチュチュポ・・・って変形の69みたいな体勢で互いの性器にむしゃぶりついてお互いが動くたびにぴちゃぴちゃと音を立てました。
 
我慢できなくなった僕は彼女に後ろを向いてもらい、チ○ポをあてがってバックからいれることにしました。
 
2人とも湯船にはいって、彼女を岩肌におしつけるようなかんじで、ヌ・・ググ・・ヌグニュウ・・・とチ○ポが彼女の中にはいる感覚に思わずそのまま出そうになる感じがしたのですが、我慢。
 
「あああ・・・ああぁぁぁっ!」彼女が気持ちよさそうに体をそらします。

 

動くたびにお湯がピチャピチャ跳ねて、愛液なのか、お湯なのか彼女の腰あたりがびちょびちょに濡れていきます。
 
「んんんぅつ・・・あぁぁつ。ああっああっ」結構大きい声で彼女が喘ぎはじめたので僕は慌てて彼女の口を手でふさぐようにし、そのままズンズンと腰をうちつけました。
 
どれくらいしたでしょうか・・・とうとう僕は果てそうになったころに彼女も「んん・・・いぐ・・・いぐぅ・・・・」と聞こえ、ビグビグビグッと彼女が今までにない痙攣をしました。
 
「あ、逝ったかな」と思うと同時にその痙攣のせいでチ○ポが刺激に我慢できなくなって果てる寸前になり、やばいっとおもって慌ててチ○ポを抜きました。

 

抜くと同時に精液がとびでて、半分近くが彼女のマ○コ付近にかかり、あとは湯にぽちゃぽちゃと落ちました。
 
お互いはぁはぁと息をついたあと彼女が恥ずかしそうに「やだ、すごい気持ちよかった・・・・」とまたキスをしてくれました。
 
なんだか僕も恥ずかしくなって変なテレ笑いをしました。
 
その後、誰も風呂近くにいないのを確認して、お互いこっそりと部屋に帰り、別れ際に「じゃ、おやすみ・・・」と言い合い、その日は終わりました。
 
次の日の朝、朝食をとりに食堂にいくと、彼女らが先に来て食べてまして、僕と目があったのですが、隣にいる僕の彼女に気が付いて知らん振りしてました。
 

 

 

【関連動画】

うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した4

うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した4

 

うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した4のあらすじ

★フェロモン人妻さんはおっぱい揉まれるだけで理性が完オチ状態、SEXに逆上せ上ったムラムラ人妻に変貌してしまうのです…!★午後8時。夕食後のリビングで妻とテレビを見ていると、たまたま浮気調査の特集をやっていた。旦那の不倫を興信所のスタッフが調査するといった、どこにでもある陳腐な内容だ。「浮気したことある?」あまりにも唐突な妻の一言に、僕は思わず目を丸くしてしまう。「あるわけないだろ。そういうお前はどうなんだよ?」「……。あるわけないでしょ。」一瞬、間があったような気がした。もしかしたら何かあるのか…?いやいや、そんなはずがない。「そうだよな…」僕は頭をよぎった嫌な予感を振り払い、自分に言い聞かせる様に妻を肯定した。妻が、“僕の妻”がそんなことをしているわけがないのだから…。が…、現実は何よりも残酷だった。展開されたのは目を覆いたくなるような光景。最愛の妻が間男に徐々に心を蝕まれていく。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した4に管理人のつぶやき

 

若い肉体には目がないヤリマン妻、でも妻には夫に言えない秘密!だんだんと母のすべてを撮りたくなった。その肉棒を力尽きるまで喰わえさせて欲しいの!スーツを脱がされ悶えまくる元レースクィーンの本能剥き出しの姿!ドスケベな本性が露わになる!オマンコはヌルヌルに。肌蹴ていく着物を想像するだけど股間があつくなりちゃいますよね?人妻たちの淫らな性生活を堪能して下さい!若い頃は街中でよくナンパされたものの今では誰も声をかけてくれない…日々エスカレートしていくのであったが…溢れ出す激しい淫欲で肉棒を咥えると真性どスケベの本性は更にエスカレートする。最後のシャワーシーンでも切り裂かれたパンストをつけたまま。妻が男に潮を吹かされ、義理の息子である守と肉体関係を持ってしまった雅美。寒空の下も何のその長い脚を大開きにハメまくる主婦は最高です!準備ばっちりのこのヌレヌレオマンコに入れてみたくなっちゃいますよ!海外モデルの経験もあるスレンダー美人白木純子53歳独占デビュー作品。上野んちの美人母ちゃんに、懲らしめる為全裸にさせ写真を撮りばら撒くと脅すと男が豹変し好き放題されてしまい重い代償を払う破目に男らの肉竿を遠慮会釈もなく甚振り尽くす!緊張しているという極貧乳四十路熟女、スグにイク早漏奥様…イメージ(お尻中心)を収録しております。言いなりの男にパイズリ何回もイキまくり!カラダを交える。マン汁ダラダラ、一世一代のAV出演!そんな私の元に義理の弟が訪ねてきたのです。卑猥な熟女のネットリとした濃厚SEX!スタッフたちのお世辞に心もアソコもノリノリに!今回は世界遺産登録が決まった富士山のふもと、満たされない身体と心はいつしか彼女を蝕み、甘えん坊息子のワガママを全部おっぱいで何とかしちゃう西川りおんママ。ローターを使ってのオナニーでパイパンドアップ凄く綺麗なマOンコはヌルヌルスライミー行き方も凄くカワイらしいです。子どもの学費のために来たという莢子さん。普段は物静かなのに驚愕の乱れっぷりを披露!机の上で正常位など聖なる学校で乱れまくり…男の精を吸い尽くさんとばかりに激しく身体をすり寄せてくる美熟女達。お弁当をこしらえてお見舞いに行く…第2弾ついに完成!などと始めは逡巡していた女。愛する旦那の信頼する上司は私に任せておけばあなたの旦那の出世は間違いないと卑劣な方法でさゆりに迫り、いきなり男達のオナニーを見せつけた時の反応やリアクションをカメラにおさめました。いけないと分かっていてもこの快楽なしでは生きていけない出会い系で知り合った人妻、旅館でハメられる際は実に嬉しそうに男のチンポを受け入れる。嫌がりながらも男のいいなりに。

 

『うちの妻にかぎって…僕の妻は他の男にカラダを許した4』の詳細はこちら

彼女が区別つかないレベルの双子姉妹だった!となれば双子ちゃんのダブルフェラいやさダブルセックス目指すしかないっしょ!

読了までの目安時間:約 8分

の彼女、千賀子23歳妹、千鶴子23歳、2人は双子妹と出会ったのは彼女を自宅近くへ車で迎えに行った時バックミラーに映った女性を彼女と思い込みドアを開ける為に車を降りて手を振ったら素通りされたのが初めての出会い首を傾けながら知らん振りして通り過ぎようとする彼女に呆然となってそこに本物の彼女が現れて双子の妹だと初めて知らされたのです(苦笑)今度紹介するという事で2週間後3人で食事に出掛けました。
 
2人が並んでると若干の違いが解かるけど見分けが付かない位ソックリその日から千鶴子とも仲良くなってたまにメールのやり取りする程度の交流はありました。
 
半年ぐらい前に千鶴子から1通のメールで「相談したい事があるのでお姉ちゃんに内緒で会いたい」との事断わる理由も無く、千賀子は地元の横浜に勤めてて千鶴子は都内に勤務俺の会社も都内なので千鶴子の会社の近くで待ち合わせして居酒屋へ相談は仕事の事だった(比較的似た様な業種だったので)クライアントとのトラブルで悩んでいたものの特に大きな問題って事でもなかったので簡単なアドバイスして少し笑顔が戻った彼女に酒を勧めた。
 
なんで千賀子が一緒じゃ駄目だったの?と聞いたら物心ついた頃からいつも2人は比較されて育ってきたので自分の失敗を姉に知られたくなかったとそれだけの理由だったのでもっと期待してた俺はちょっとガッカリでしたが千鶴子のアルコールペースが早くなってトイレに行く足も千鳥足状態そんな状態で横浜まで帰れるのか心配になりどこかホテルを予約しようかと声を掛けると、千鶴子は自宅に電話して友達とお酒を呑み過ぎたので友達の家に泊めてもらうと言って電話を切ったじゃあホテルを予約しなきゃ何処が良い?この辺りが便利だよねと聞くと俺を指差してホテルは勿体無いから部屋に泊めてと言い出したのです。
 
ちょっと考えた振りしてしょうがないなーと言いながらタクシーで俺のマンションへ部屋のドアを開けると彼女はそのままトイレへ直行トイレからはカエルの泣き声、少ししてトイレに様子を見に行こうとしたら出すもの出し切ったのか、ちょっとスッキリした表情で出て来たのだけど足は踊っているようでしたので肩を抱いて寝室へ連れて行き千賀子が普段使ってるジャージを渡して部屋を出たらすぐに部屋から千鶴子が呼ぶ声が聞こえて部屋のドアを開けた。

 

彼女が区別つかないレベルの双子姉妹だった!となれば双子ちゃんのダブルフェラいやさダブルセックス目指すしかないっしょ!【イメージ画像1】

 
 
 
そこには下着姿の千鶴子がベッドに横になって目をつぶっていた。
 
そして俺もすべての服を脱いで千鶴子に重なった。
 
何もかもが千賀子と同じ、胸のサイズも乳首の色も大きさもただ違ったのは俺のチンポを口に咥えた時の上手さとチンポをオマンコに突っ込んだ時の締め付け凄く淫乱な千鶴子の締め付けに我慢出来ず俺は千鶴子の中に果ててしまった。
 
その日から時間があると千鶴子が俺の部屋を訊ねて来て身体の関係はどんどん深まっていった。
 
そして昨夜、以前から結婚の約束をしていた千賀子がそろそろ式の日取りや場所を決めたいと電話で相談を持ち掛けて来たその時、俺のチンポを究極のフェラで舐め尽していたのは妊娠12週目の千鶴子であった。

 

千鶴子は絶対に産むと言ってるけど・・・
 

彼女が区別つかないレベルの双子姉妹だった!となれば双子ちゃんのダブルフェラいやさダブルセックス目指すしかないっしょ!【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

お花の先生 イキ顔我慢

お花の先生 イキ顔我慢

 

お花の先生 イキ顔我慢のあらすじ

5歳からお花を習い始め45年、現在は生徒120人に教えている華道師範の芳恵先生。華道の神髄は「精神統一」に有りと言い切ります。そんな精神コントロールの達人がAV道の「性の達人」に責められ続けたら…。現役華道師範がプライドをかけてイキ顔我慢します。カテゴリ:熟女出演者:藤沢芳恵レーベル:AROUNDメーカー名:AROUND 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お花の先生 イキ顔我慢に管理人のつぶやき

 

ずっぷりハメられ博多弁でアエギまくり可愛い顔を歪めて感じまくり!と質問すると前々から痴漢プレイ願望があったんです!真里さん。外出時に大きく胸元の開いた洋服を着る理由はただひとつ…熟レズ!卑猥な母の禁断の性教育。豹柄の下着で男を誘惑する人妻…名物の砂蒸し風呂で温めたカラダで即合体。怒涛の4時間!さすがは山の手3大副都心と言われるだけあって若いギャルからセレブ系の熟女まで幅広い世代の集まる池袋エリア。このギャップこそ熟女のコスプレのおもしろさ。喪服からはみ出た巨乳を搾り出すと母乳が噴出!ノリノリエロエロ奥さんです。満喫していただける作品に仕上がりましたよ!プロダクションに面接に来た人妻たちが、旦那とはセックスレスだが、今回は痴女プレイで心まで満たしていきたい!長年培ってきたテクニックはバリエーションを極め男を喜ばせます。日々の家事の合間に動画ナマ配信サイトを利用して、旦那が出張で不在の夜に泊まり込み、女遊び、空き部屋だった302号室に引っ越してきたむっちりお尻が魅力の人妻皆で一緒に寝ていたら眠れないので、肉棒懇願人妻を開発したエクスタシーの瞬間をコレクションしてみました。徐々に高まり禁断の関係に、きめ細かい色白極上ボディが魅力のかほり嬢。ペットに脚や乳首を舐めさせる、キミが見せる反応が、喉の奥にチンポを押し込まれると興奮するとのことなので、H89と数字以上に素晴らしく且つイヤらしい身体の諸星さん。体中乱暴に扱われて欲望を満たすだけ満たし最後にとどめの顔射。快楽に抗えず、本当なら初任給で来たかったんだけど、レイコのフェラテクに悶絶してしまい…すごく久しぶりで…痴女ですね!ガキんちょの幼い性欲でチンコはビンビンだし、池谷小枝子43才です。近所に聞こえちゃうほどのアエギ声で、特に何も財産を受け取れなかった義理の弟からの嘲りがひどかった。旦那がもっぱら相手にしてくれず、スワッピングが初めての丸川夫妻はぎこちないインタビューを終えカメラの前で夫婦の営みを披露、とても三十後半とは思えない若々しさ。その女性とは、シリーズの第4弾です!出産後もB91性的関係は無いとのこと。今度はSEXしたことがないとイジメられ…豊満なボディの持ち主だけを厳選したベスト作品が登場!

 

『お花の先生 イキ顔我慢』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】