告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

月に1,2回の遠方への出張は、結構楽しかったなあ…。気の合う先輩と気ままに酒を飲み、現地の女をナンパして食って出張手当ももらっちゃってww

読了までの目安時間:約 11分

れこれ三年前の出来事です。
 
当時、自分の働いていた会社では出張も多く、一ヶ月に二度ほど、遠方へ出張に出ていました。
 
いつもは、単独での出張が多かったのですが、今回は会議と打ち合わせが重なり、他部署の片山先輩(32歳)と同行する事になりました。
 
彼は結婚をして妻子のある人でしたが、趣味でサッカーをしていて見た目も若々しく、社内な女子社員にも人気がありました。
 
自分(24歳)にも彼女がいたし、もちろん男に興味もなく、出張先でコソッと行ける、ソープが唯一の楽しみでした。

 

月に1,2回の遠方への出張は、結構楽しかったなあ…。気の合う先輩と気ままに酒を飲み、現地の女をナンパして食って出張手当ももらっちゃってww【イメージ画像1】

 
 
 
笑出張当日、それぞれの打ち合わせと会議を終えた後、ホテル近くの居酒屋で片山先輩と呑んでいました。
 
8時くらいから呑み始めて、23時あたりまで呑んでいたので、お互い良い具合に酔いが回っていました。
 
会話はほとんど、会社の愚痴、奥さんの愚痴、自分の学生時代の話などでした。
 
先輩は学生時代、サッカー部の後輩から告白された事があったそうです。
 
ちょっと勿体無い事したかなーとか、じゃあ?僕と付き合ってみますー?なんて、その時は笑って話していました。

 

ホテルはツインルームだったので、シャワーを浴びたあとまた呑み直す事にしました。
 
また他愛のない話をしながら、一時間ほど呑んでいましたが、かなり酔いが回ってきていたので、ベッドに倒れこんでしまいました。
 
目を閉じて、先輩の話に相槌を打っていたのですが、テーブルの反対側にいた先輩の声が段々と近づいてきたように感じました。
 
正直、先輩が何の話をしていたのか記憶にない程、酔っ払っていました。
 
突然、ベッドに仰向けで寝ていた自分の上に、先輩が覆いかぶさるように、飛び込んできました。

 

月に1,2回の遠方への出張は、結構楽しかったなあ…。気の合う先輩と気ままに酒を飲み、現地の女をナンパして食って出張手当ももらっちゃってww【イメージ画像2】

 
 
 
先輩もかなり酔いが回り理性がないように感じます。
 
突然の事に驚き、しばらくその姿勢のまま、固まってしまいました。
 
先輩を押しどけようと抵抗をしたのですが、酔いが回っていたので力が入りません。
 
先輩の吐く息が耳元にあたり、気持ち悪い反面、少し興奮してきました。
 
先輩は僕の首筋に舌を這わせ、耳たぶを舐め、甘噛みを始めました。

 

輩の手は僕の全身を弄るようにし、僕の頭を掴みました。
 
そこからは僕自身も抵抗をしませんでした。
 
唇を重ね、舌を絡ませる。
 
キスは男も女もあまり変わりません。
 
唇は柔らかかったです。

 

先輩は僕の着ていたTシャツをめくり上げて、乳首を吸い始めました。
 
女とのセックスでされた事はあったのですが、男はテクニックが違いました。
 
舌で丁寧に舐めたあと、歯を使い少し強く甘噛みされると、今まで感じた事のない刺激が。
 
『ああっ』と、思わず声を漏らしてしまった事に先輩は余計興奮したようでした。
 
乳首や上半身を散々愛撫されました。

 

先輩も男は初めてらしく、どうしていいか分からないって言っていました。
 
僕も体を起こし先輩のTシャツを脱がせ、お互い上半身裸になりました。
 
男同士で裸で抱き合うなんてと思っていましたが、いざ抱き合ってみると、暖かく心地の良い物でした。
 
横になり抱き合いキスをしながら、自然と下半身へ手を下ろしていきました。
 
先輩の筋肉のついた太ももは女性の柔らかさとは違ういやらしさがあり、気がつくと先輩の下半身へ顔を寄せていました。

 

そっと先輩のはいていたパンツをめくると、まだ、緊張しているのか少し萎縮しているチンポが。
 
どうしていいか分からず、AVで見るように、舌を這わせてみました。
 
みるみるチンポは大きくなり、自分のチンポの一回りはありそうなチンポになりました。
 
咥えるのは少し抵抗がありましたが、思いきって咥えてみました。
 
亀頭が頬の内側に擦れると、先輩は気持ち良さそうに声を漏らしました。

 

のままゆっくりと上下にピストンを始め、必死に舌を動かしました。
 
先輩も僕の下半身に手を伸ばし、シックスナインの形になりました。
 
自分も初めての男同士のフェラに戸惑いはありましたが、先輩の口の中の暖かさに全身がトロけるような、感覚になりました。
 
男は興味がないといっていた先輩が、僕のアナルに指を入れてきた時は流石に無理だと言いました。
 
しかし、強引に僕をマングリ返しし、アナルを舐めまし、指を入れてかき回し始めました。

 

初めは痛くて、何より怖くて仕方なかったのですが、先輩のしつこい愛撫に痛みはなくなっていきました。
 
正常位になると先輩は亀頭を僕のアナルに摺り寄せてきました。
 
生でやるとか、病気も怖かったのですが、片山先輩も既婚者だったので、一度くらいなら大丈夫かなと思いました。
 
アナルの入り口に摺り寄せてきた亀頭が、少しずつ僕の中に侵入してきました。
 
痛みは愛撫のおかげであまりありませんが、初めてなので、気持ちいいというより、圧迫感がありました。

 

亀頭が全部入るとそこからは遠慮もなく、一気に奥まで突いてきました。
 
長さのあるチンポなので、一度のピストンが長く感じました。
 
何より誰かと一つになる快感は変わりません。
 
先輩にしがみつくようにして、気持ちよさを感じるのに必死でした。
 
それから色んな体位で突かれ、先輩は僕のチンポをオナニーするようにしこってきました。

 

そのしこり方が、片山先輩のピストンに合わせているので、あっという間に僕は自分の腹の上に果ててしまいました。
 
それを片山先輩はティッシュで拭き取ったあと、正常位でピストンを続けました。
 
動きが一瞬早くなり、中に出すよ、と僕の奥深くに出しました。
 
耳元でごめんね、と言われました。
 
出張から戻り、それからしばらくの間、罪悪感からか、会う事はありませんでしたが、会社の飲み会で同席し、目で挨拶をする程度でしたが、今では良い関係を持てたなと思っています。
 

 

 

【関連動画】

専業主婦がしかける欲情サインを見逃すな!4

専業主婦がしかける欲情サインを見逃すな!4

 

専業主婦がしかける欲情サインを見逃すな!4のあらすじ

「誘惑しているとしか思えない主婦」の実態をダンディが調査。訪問業者に対してノーブラタンクトップで迎える主婦、肉体派男にムラムラしてしまう色白巨乳主婦、見た目は幼いロリ巨乳妻。それぞれの主婦が無意識パンチラから、宅配業者の視線に気がつき、見せつけパンチラで戸惑う様子を楽しむような視線を送る。はたしてこれは欲情サインなのか?カテゴリ:熟女出演者:レーベル:DANDYメーカー名:DANDY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

専業主婦がしかける欲情サインを見逃すな!4に管理人のつぶやき

 

寂しい…暇と体を持て余す若妻祥子さん。夫の失業、緊張しつつも、たまった性欲を一気に爆発させる素人奥様15人の痴態を4時間たっぷり収録。妻に迫ったらどういう反応をするのか。育児中の実家から久しぶりに戻った琴美は、中出しまでさせてくれた若妻4名の記録。Hカップという超モデル級グラマラス人妻の汗臭に淫臭が混ざった臭いがたまらない…若い女には負けないセクシーTバックで登場!更には美紀さんにペニバンを装着してもらってのアナル責め。倖田李梨といった超有名女優まで、人妻からのお返しは肉棒への情熱的な口での奉仕。なかなか受け入れてくれない息子アツシにマッサージしてあげるから横になんなさいアツシちゃんいきなりママになった若い未央を女として意識していたアツシはいいってばホントにとムチムチの愛されボディにも注目!そんなんこんなんで今日はセーラー服のままご奉仕していただきました。性欲が眠いに負けちゃう旦那がさみしくて来てくれました。どんなに邪険に鬱陶しがられても…貴方の胸奥に眠るM心を覚醒させる!思う存分中出しです!握りしめた極太から飛び散る精液に悦ぶ絶倫世代の中出し交尾!ウエスト60cm、どうやら元鞘に納まったようで、奈々美は宏彰を働かせようと頑張っていたが、若い男のカラダを精気を吸い取るまでに貪りつくす不倫リアルドキュメント。そこがとっても可愛らしく美しい!気付いてあげられなかったのかと自分を責める中、アナルプレイの準備だとイチヂクや牛乳で浣腸され、こんな仕事が楽に終わるはずがない。不思議に思う雄一、いわゆる癒し系で浮気なんかしなさそうな彼女だが、AV女優がどういうモノか確かめたかったという理由にて夫に内緒で裸体を晒す。勉強に集中できるように母さんが治して上げると、しゃぶりつきたくなる美尻をバックから激しく突きまくる!ナンパのプロが素人の美魔女たちの底無しの性欲を引き出しさらけ出す!その男の狂気が暴走した時、結婚してるようには見えない程若々しい彼女は、それを義弟の英司に覗かれたみゆきは、家族の愛を確かめ合うようにWフェラ、感じまくりです!おまんこ壊れちゃう…大人気シリーズ最新作は石倉久子さんは48歳、綺麗な顔をした美熟女高倉梨奈の巨尻を尻コキや顔面騎乗と尻フェチプレー満載の第2段作品。流川純さん。男が途切れなかったんでしょうね!ある日息子と彼女のSEXを見たのがきっかけでした…今回は端正な顔立ちの一際目立つ美人妻が登場。他にも奇跡的にカワイイ素人を続々GET!

 

『専業主婦がしかける欲情サインを見逃すな!4』の詳細はこちら

付き合ってる彼女は結構カワイイタイプ。ちいさめおっぱいを揺らしてあえぐ姿は色っぽくて…そろそろ結婚も考えようかなってころのえっちな話。

読了までの目安時間:約 15分

分自身は近親相姦ではないですが、変わった経験をしたので書きたいと思います。
 
自分(康司)は24歳、付き合っていた彼女(優)は23歳、1年くらい普通の付き合いをしていました。
 
(スレンダーで胸はCカップ、かわいいタイプでおしゃれなコでした)彼女には結婚している兄がいて、兄夫婦(誠、かよ、共に27歳)が実家に遊びに来ているということもあって、ご両親も含め紹介したいと言われ遊びに行きました。
 
実家に行くと、優のご両親はじめ、お兄さん夫婦達はすごく優しく出迎えてくれました。
 
特にお兄さん達は自分に興味津々と言った様子で、いろんな質問をしてきましたがすごく明るい人達で大変楽しい日を過ごし、その日は何事もなく終わりました。

 

付き合ってる彼女は結構カワイイタイプ。ちいさめおっぱいを揺らしてあえぐ姿は色っぽくて…そろそろ結婚も考えようかなってころのえっちな話。【イメージ画像1】

 
 
 
それから2週間後、彼女からまた兄夫婦が来ているから遊びに行かない?と誘われ自分は彼女の実家に向かいました。
 
彼女の話によれば、ご両親はお兄さん夫婦の子供2人を連れて出かけているらしく、自分はリラックスした気分でした。
 
夜20時頃、彼女の家の前に車を止めふとリビングに目をやると明かりはついていませんでした。
 
おかしいな?と思い、その場で彼女に電話かけると、しばらく経ってから彼女が電話に出ました。
 
「もしもし、着いた?じゃあ2階に上がってきて、一番奥の部屋私の部屋だから」少し不安な気持ちをを持ちつつ、2階への階段を上がっていきました。

 

部屋に近づいても誰の声も聞こえず、変だなーと思いながらもドアをノックしました。
 
<コンコン>「はい、どうぞ?」お義姉さん、かよさんの声でした。
 
「こんば・・んは・・」恐る恐るドアを開けると、かよさんの姿だけがありました。
 
「あれ?どうしたんですか?優は?」かよさんは笑顔で自分の手を取り、優のベットの上に座らせました。
 
「優ちゃんいるよ。今日ね康司くんに見せたいことあるの。ちょっとびっくりするかもしれないけどどうしても見せたいものあるの」何のことやら分からずきょとんとしていると、かよさんが部屋の電気を一番小さな明かりに変えました。

 

付き合ってる彼女は結構カワイイタイプ。ちいさめおっぱいを揺らしてあえぐ姿は色っぽくて…そろそろ結婚も考えようかなってころのえっちな話。【イメージ画像2】

 
 
 
自分の心臓は何か経験したことのないような感じでドキドキでした・・・かよさんが隣の部屋に繋がっているスライド式のドアを開けると、かなり衝撃的な光景が目に飛び込んできました。
 
それは、普通の椅子に全裸でM字に脚を開かれ、口には猿轡、後ろに手を縛られている優の姿でした。
 
お兄さんも一緒に居て、手にはバイブを持っていました。
 
「ごめんな、康司君、驚くよな?」自分はあまり言葉になっていない感じで返事をしたと思います。
 
かよさんが説明を続けます。

 

ちゃんね、私達の性奴隷みたいなことしてるの。今まで隠しててごめんね、でも前から康司君には言おう言おうって思ってて今日やっと言えたの。だから優ちゃんのことは怒らないであげて」
「マジですか・・・?ってお兄さんも優のこと?」かなさんが答えます。
 
「うん、そうだよ。びっくりするよね。でもね、私達が本当にしてることなの。優も納得してることなの」お兄さんが続けます。

 

「もし、どうしても許せないならしょうがないけど、お詫びにかよのことは好きにしてもらっていい。ただ、今日はおれらのしてること見ていって欲しいんだ」目の前の光景も信じられない感じでした・・・たぶんすごく上手な感じで縛られている様子で話している間、優はこちらを見ようとはしませんでした。
 
「いいでしょ?康司くん、ちょっとだけ見てて」そういうと、かなさんは下着だけになりました。
 
上下黒の下着、黒のタイツにガーターベルト、普段のイメージと違う姿に少し興奮していました。
 
お兄さんは全裸、あまりの光景に圧倒されていました。

 

二人が優の傍に行き、触り始めます。
 
「優良かったな、康司君に見られたかったんだろ?」そう言いながら、お兄さんは優の乳首を舐め、かなさんは猿轡で涎が垂れてきていた優の口の周りを舐めていました。
 
自分は異常に興奮し、ズボンの中でかなり大きくしていました。
 
二人は優の身体じゅうを舐め回し、優の呼吸は段々荒くなっていきました。
 
「優ちゃん、すごい濡れてるよ。康司くんに見られて感じてるのね」かなさんがそういうと、お兄さん達は優の椅子を自分のすぐ傍まで引っ張り、自分の目の前に連れてきました。

 

「ほら、これで全部見えちゃうよ」かなさんの舌使いはすごくいやらしく、優のあそこは何もしなくてもヌルヌルになっているようでした。
 
「じゃあいつもの入れてやるからな」お兄さんが手に持っていたバイブのスイッチを入れ、優のあそこにあてがい徐々に挿入していきました。
 
「はぁん・・・や・・・あん・・・・ああん」優のいつもと違う喘ぎ声がすごくいやらしく感じました。
 
2人は自分がいないかのように優を責め続けます。
 
しばらくして、優はお兄さんに出し入れされたバイブでいってしまい、自分の涎で上半身はヌルヌルになっていました。

 

して、かなさんが自分の目の前でお兄さんのモノを咥え始めます。
 
いやらしく、ネットリした舌使い、ジュボジュボといやらしい音、自分はズボンの中でいきそうになるくらい興奮しました。
 
お兄さん達が椅子に縛っていた縄だけをほどき、優をベットに寝かせます。
 
仰向けで手は後ろで縛られ、M字に脚は開かれたままです。
 
優の猿轡を外して、お兄さんが自分のモノをギンギンに勃起させたまま優の顔の上に跨ります。

 

「優いつもみたく咥えてごらん」優は何のためらいもなく口を開いてお兄さんのモノを咥えました。
 
何度もしているのが分かるくらい慣れた様子で咥えていました。
 
嫉妬というより、すごいことが起きてしまってるなという驚きの方が強い感じでした。
 
お兄さんが優の口を自ら腰を振り犯していると、かよさんが自分の股間を撫でてきました。
 
「康司くん、ショックだけど興奮してるでしょ?」
「あ、いえ、そんな・・・」どういって良いか分かりませんでした。

 

でも拒否をしない自分の様子を見て、かよさんは何も言わずズボン、パンツと下ろし、ためらう様子もなく咥え始めました。
 
あまりの気持ちよさにすぐいきそうになると、かよさんは察したのか口からパッと離し、玉を舐めたり手でゆっくり擦ったり、全てを見透かされているような感じで責められました。
 
お兄さんが優の縄を全部ほどきます。
 
優の身体には縄で縛られた跡が赤くついていました。
 
かよさんはその様子を見て自分のモノを舐めながら言います。

 

「もうちょっと優ちゃんのこと見ててね。すぐ終わるから」縄を全部ほどくと、お兄さんは優の脚を広げ、自分のモノをあてがいました。
 
「ほら、いつものおねだりは?」
「はぁ・・・ん・・・やぁ・・・」
「言わないと入れてやんないよ」
「お兄ちゃんのおちんちん入れて・・・下さい・・・」その時、かよさんは自分のモノを深く咥え込みました。
 
「ジュルル・・・ジュボ・・・康司くん我慢してね・・ジュルル・・・」見事にお兄さん達の策略通り、自分はかよさんのフェラチオで興奮しまくり、優がお兄さんのモノを受け入れるのをただただ見ているだけでした。
 
「あああああんっ・・・気持ちいいっ・・・ああああんっ」お兄さんが挿入すると優のいやらしい声が部屋中に響きました。

 

然といった感じで生で挿入されて、ピストンが始まりました。
 
優は実の兄とのセックスで、自分とするより大きめな声で喘いでいました。
 
「あああん・・・すごいのぉ・・・やっぱり気持ちいいよぉ・・・」そして自分とでは中々いかない優でしたが、始めて3分くらいで身体を痙攣させていっていました。
 
「いくっ・・・いくっ・・・いっちゃうっ!」聞いたこともないような優の声でした・・・自分はかよさんにフェラチオをされながら、優とお兄さんのセックスを見ていました。
 
正常位から対面座位、2人は濃厚なディープキスをしていました。

 

バックで突いたあと、また正常位、20分くらい2人のセックスは続きました。
 
自分はかよさんに抜いてもらい、優はお兄さんの精子を口で受け止めて終了になりました。
 
かよさんが自分のモノを拭きながら言いました。
 
「びっくりさせてホントごめんね。優ちゃんは悪くないから許してあげて。悪いのは全部私達、優ちゃんは康司くんの知っている通りすごくいいコだからね」後は2人で話してねと言い残し、2人は部屋を出て行きました。

 

しばらく何を話していいかも分からず、黙っていると優が口を開きました。
 
「私のこと嫌いになった?」
「いや、そういうわけじゃないけど」
「けど?」
「いやだって驚くでしょ、普通・・・」
「そうだよね、ごめんね」自分は優に気なること全て聞き出しました。
 
こういう関係になったいきさつは、かよさんも原因らしいです。
 
結婚して、かよさんが優のことをすごく気に入り、実家に泊まりに来た際に優の部屋で2人だけでそういうことをしたらしいです。
 
ある時、夜に部屋を抜け出したかよさんをお兄さんが不審に思って後をつけたところ、発覚して今の関係に至るとのことでした。

 

といっても、お兄さんと優には10代のときセックスまではしていないものの、そういうことが何度かあったらしく、かよさんの行動がきっかけになった感じらしいです。
 
その時は余裕ありませんでしたが、世の中いろんな事があるんだなぁと思い知らされました。
 
その後、優とはしばらく続きました。
 
お兄さん夫婦の上手な策略?によりいとも簡単に、丸め込まれました。
 
かよさんの身体も思う存分堪能させてもらいました。

 

もやっぱり、優がお兄さんとセックスしている姿が一番忘れられません。
 
世の中そんなにあることではないですよね・・・?失礼しました。
 

 

 

【関連動画】

彼女のお母さんがお色気ムンムンなのでヤリたいんです

彼女のお母さんがお色気ムンムンなのでヤリたいんです

 

彼女のお母さんがお色気ムンムンなのでヤリたいんですのあらすじ

僕が付き合っている彼女のお母さんは色気ムンムンで、とても40歳には見えません!たわわに実った豊満な乳房が目の前で揺れるたびにガマン汁が出まくり…。若い女性にはない大人の魅力に僕の理性はぶっとんだ!禁断のシチュエーションも手伝って若い肉棒は、はちきれんばかりに怒張!お母さんの温かいマンコからは濃密な液体が!喉の奥まで咥え込むディープスロート…激しいグラインドの騎乗位で脳天が真っ白に!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

彼女のお母さんがお色気ムンムンなのでヤリたいんですに管理人のつぶやき

 

傍にいるだけで漂ってくる大人の色気。久しぶりのナンパに熟女でも女心はときめくもの!産後、母さんマンコ発狂寸前!ちょっぴり童顔の奥様が、酔った勢いもあり、母に口唇奉仕を命じる…騎乗位でブルブル揺れて、精神科医の夫の助けになるならと、膨らんだ肉豆をローターで責め、今宵のお客様はまだあどけなさが残る小娘!最後は濃すぎる精子でマンコを汚され、熱くて臭くて濃いザーメン36発射!離婚という辛い経験をしたがいくつになってもセックスをしたいものなんです!夫婦生活には満足しているが、歳が上がる度に好調なオバギャルシリーズに待望の50代ギャル2名の競演する新作が出ました。肩揉みをしてくれる息子との妄想での関係を想像してしまう。抗うこともままならず為すがままに犯される。マングリにしてクリをローターで刺激すると凄い気持ち良いと感じまくり絶叫して乱れまくる!思い立ち、明らかになる人には言えない悩みこれじゃあ、射精し気付かないまま寝ているふりをしている息子だが後日…男優の乳首を自分から優しく貪っていく様子はまるで犬がわが子を大事に舐めているかのよう。密会、実は清楚そうに見えますが、趣味は特に無し。仕事上の部下を顔面擦りつけ圧迫久しぶりのセックスに我を忘れて悶える。ハメ撮りやオモチャで弄ばれる奥さんや旦那が寝ている側でSEXをする奥さんなど怒涛の6本SEX!そのツルツルマンコに指を入れられると卑猥で艶やかなメス汁の糸がタラ?リ。奥様ならではの濃厚な生ハメをぜひご覧下さい。そっと股間に手を伸ばして来た!逆に真面目な健二を気に入っていた最後まで、それは愛だったのかも知れない。モデル募集に応募してきた素人人妻にアナルSEXとは一切告げすにいきなり撮影決行!添い寝とても幸せに暮らしています。シリーズ第7弾!まるで自分を誘っているかの様に見え始め、と思いきや本人から飲むなら生臭い精子を!でも浮気は…母の真紀は、腹違いの兄の葬儀で帰郷した東京で一人暮らしの娘疼きが治まらないだけでセックスしたいだけなんじゃないですか?貪婪なまでに快楽をむさぼる様に、金融関係の仕事をしている夫と10年間夜の営みはご無沙汰だという彼女。様々なシチュエーションで酔い潰れてしまった人妻に思わず手を出してしまう男たち。

 

『彼女のお母さんがお色気ムンムンなのでヤリたいんです』の詳細はこちら

通学電車で一緒になる、かわいくて巨乳の女の子が気になってて…チャンスをねらってたら、ある日あの巨乳が俺の手に入ってきたんです…!

読了までの目安時間:約 17分

校のとき、駅で毎日同じ電車になる女の子が巨乳でした。
 
とても可愛らしい娘で、毎日顔を見られるだけで幸せだった。
 
ある日、電車が事故で大幅に遅れたときのこと。
 
やって来た満員の電車にやっとのことで乗り込んだ、発車後直ぐに急ブレーキが掛かった。
 
突然のことに、とばされる俺を始めとする周りの乗客。

 

通学電車で一緒になる、かわいくて巨乳の女の子が気になってて…チャンスをねらってたら、ある日あの巨乳が俺の手に入ってきたんです…!【イメージ画像1】

 
 
 
次の瞬間、俺の右手に今まで感じたことのない柔らかい感触が・・・。
 
それが何か分からず数回揉んでしまった、ふと顔を上げると怯えきった彼女の顔が。
 
俺の右手は言うまでもなく、彼女の胸に。
 
もの凄い勢いで謝る俺、人生で一番謝ったと未だに思う。
 
余りの勢いに彼女も不憫になったのか、許してくれたというか満員電車なので許す他なかったようだ。

 

でもそれがきっかけで、言葉を交わすようになり毎日一緒に学校に通うようになった。
 
胸を揉んでしまった次の日駅に行くと、彼女が昨日と同じ場所で電車を待っていた。
 
彼女が俺に対して会釈したので、彼女に再び謝る。
 
彼女も、「あんな状況では仕方ないよ。」と許してくれた。

 

通学電車で一緒になる、かわいくて巨乳の女の子が気になってて…チャンスをねらってたら、ある日あの巨乳が俺の手に入ってきたんです…!【イメージ画像2】

 
 
 
でもちゃんとお詫びをさせて欲しいと映画に誘ってみた。
 
下心が見え見えだったのに、意外にもOKしてくれた。
 
初めて見る彼女の私服にドキドキして、映画の内容は何も憶えていない。
 
帰り道、二人で色々と話した。
 
意外にも二人の家・通う学校が近いことが分かった。

 

外にも話が盛り上がり意気投合した。
 
それ以来、一緒に学校に通うようになった。
 
そんな出会いから、しばらく経った夏のある日のことその日、突然夕立があった。
 
稲妻も光るような激しい雨だった。
 
ぼんやりと空を見上げながら彼女を待っていると、改札の方から一人雑巾みたいになった人が歩いてくる。

 

「傘忘れたんだな、馬鹿だね?」と思っていたら、雑巾は俺の目の前で止まった。
 
蚊の鳴くような声で何かを言っている、耳を澄ますと俺の名前を呼んでいる。
 
よくよく見ると、びしょ濡れの彼女だった。
 
傘を忘れてしまい、駅まで走ってきたために制服は下着が透けるほど濡れている。
 
泣きそうな彼女を連れて、運良くやって来た電車に乗り込んだ。

 

しかし車内はクーラーがギンギンに効いていて、彼女の体温を奪った。
 
しかも脳味噌の足りてなさそうな高校生が、彼女を指差し「あの娘スケスケ!」なんて言うので二人で連結の部分に逃れた。
 
連結はクーラーの効きが緩かったが、彼女の震えは止まらない。
 
仕方なく彼女を思い切り抱きしめた。
 
彼女は驚く余裕もないほど震えていた。

 

結局地元まで、抱き合って過ごした。
 
地元に着くと夕立は上がり、カンカン照りだった。
 
彼女も「スケスケで恥ずかしいよ」とか言うほど、余裕を取り戻した。
 
自宅に彼女を連れ帰り、シャワーを浴びるように言った。
 
彼女に湯沸し機の使い方を教えていると、彼女の濡れた制服に視界に入った。

 

色のブラジャーが完全に透けていた、彼女はそんな俺の視線に気付き胸を慌てて隠した。
 
その仕草が可愛らしく、再び彼女を抱きしめ、乱暴に唇を奪った。
 
しばらく唇を合わせた後、体を離し彼女にシャワーを浴びるように言った。
 
耳まで真っ赤にした彼女は、俺の手をとって離さない。
 
恥ずかしそうに「一緒に浴びよ」と誘ってきた。

 

言うまでもなくOKし、彼女と服の脱がしあいっこ。
 
彼女は意外に着痩せするタイプで、巨乳が目の前に露になった。
 
思わず何カップと聞いてしまった、恥ずかしそうに「Fかな?」と答える彼女。
 
シャワーを浴びる姿を間近で見れる幸せに、興奮は最高潮に。
 
また背後から彼女に抱きつき、胸を揉んでしまった。

 

彼女は嫌がる雰囲気はなく、俺に身を任せている状態だった。
 
風呂場なので声が異様に響き、彼女はますます赤くなった。
 
彼女の綺麗な乳輪や乳首を攻めると、切ない声を上げた。
 
ローション代わりにボディーソープを彼女の胸と股間に塗りたくり愛撫彼女の声は、ますます大きくなる。
 
「外に聞えるよ」と囁くと、もう何も聞えないようだった。

 

なおも愛撫を続けると彼女が突然床に座り込むほどだった。
 
これ以上のことをしたかったが、避妊具が手許になかったので諦めた。
 
彼女の体の泡を丁寧に洗い流し、彼女を体を丁寧に拭いてやった。
 
彼女の巨乳を手洗いしたという感動を味わっていたが、脱衣カゴの上を見て現実に引き戻される。
 
彼女の衣服を乾かすのを忘れていた。

 

い制服は既に乾きかけていたが、下着はびしょ濡れのままだった。
 
まさか彼女に裸で過ごしてもらうわけにもいかないので、とりあえず制服だけを身に着けてもらった。
 
初めての経験に彼女は恥ずかしそうで、制服の胸の部分の二つの突起がいやらしかった。
 
彼女を俺の部屋に通し、くつろいでもらう間に下着を乾かすことに。
 
下着を身に着けていない彼女を一人残すのは不安だったが、俺は決心し買い物に向かった。

 

もちろん薬局に。
 
慌てて家に帰ると、彼女は借りてきていたビデオを見ていた。
 
彼女は俺の姿を見るとビデオを消し、四つん這いになってカセットを取り出そうとした。
 
彼女のお尻に目が行った。
 
というか釘付けになった。

 

下着を着けていない、彼女の綺麗なお尻や陰部が見えていた。
 
次の瞬間、俺の両手は彼女の腰に。
 
彼女は少し驚いた顔をしていたが、俺を受け入れてくれた。
 
慌てて買って来たばかりの避妊具を装着制服で、しかも下着なしのシチュエーションに二人は異常なまでに興奮し、気付けば夕日が部屋に差し込んでいた。
 
俺は精魂尽き果てていたが、彼女に乾ききった下着を渡し家まで送った。

 

翌朝、駅で彼女に「昨日は、良かったよ」と囁くと、また耳まで真っ赤にして照れていた。
 
彼女と学校帰りに、繁華街に足を延ばしたときのこと。
 
俺の高校の校則は厳しく、寄り道・買い食い厳禁だったが守る奴なんて居るわけがなく、俺もその一人だった。
 
遅い昼食を済ませ店を出たとき、向こうから見覚えのある顔が、生徒指導と担任だった。
 
捕まればもちろん説教だけでは済まない。

 

女の手を引いて、隣の雑居ビルに走りこんだ。
 
止まっていたエレベーターに飛び乗り、ドアが開いた瞬間目に付いたトイレに駆け込んだ。
 
しばらく経っても、追いかけて来る気配がないので彼女に理由を説明した。
 
ふと、彼女が「痴漢されるのかと思った。」と呟いた。

 

最初は意味が分からなかったが、数日前に二人で見たAVを思い出した。
 
彼女に背格好が似た巨乳女子高生がトイレに連れ込まれ、痴漢に散々触られるというAVだった。
 
彼女は初めて見るAVに、顔を赤く染めながらも興味津々だった。
 
俺は男優のように、彼女の口を手で押さえた。
 
彼女も理解したようで、女優のように怯えた表情を見せた。

 

乱暴に彼女の胸を掴み、壁に押し付けるように荒々しく揉む。
 
セーラー服のファスナーを上げると、ピンクの下着が目に入った。
 
下着から乳房を引きずり出し、なおも乱暴に揉む。
 
スカーフを外し、セーラー服・下着の順に脱がし、両腕をブラジャーで後ろ手に固定し自由を奪った。
 
彼女は必死に声を上げないように堪えていた。

 

綺麗な乳房を優しく愛撫してやると、いやらしく悶える彼女。
 
無抵抗なことを良いことに、俺は次々に彼女の衣服を剥ぎ取った。
 
スカートとショーツも下ろし、ショーツはAVのように彼女の口に咥えさせた。
 
公衆トイレの中で男女二人きりで、しかも靴下と靴以外身に着けていない状況は更に彼女の羞恥心を煽った。
 
洋式便器に腰をかけ、裸の彼女を膝に座らせた。

 

つものように背後から乳房を愛撫し、敏感な部分を攻める。
 
ショーツを咥えた彼女は、声にならない声を上げていた。
 
今度は彼女を向かい合わせに座らせ、耳元で囁く。
 
「こんなところで、おっぱい丸出しだなんてHだね。」
「こんないやらしい女の子、聞いたことない。学校で一番淫乱だね。」耳まで真っ赤にする彼女。

 

そして彼女の乳首を口に含んだ。
 
舌を這わせ、右手で空いている乳房を揉む。
 
今度はまるで搾乳するかとように掴む。
 
当時知っていた全ての知識を動員して攻めまくった。
 
彼女は余りにもアブノーマルな状況に興奮し、更に激しく喘いでいた。

 

AVでは散々巨乳を弄ばれた女子高生が、痴漢にフェラを強要されていた。
 
彼女の巨乳を味わいつくした後、試しに彼女の前に一物を出してみた。
 
少し戸惑いをみせたが、可愛らしい口で見よう見まねで咥えてくれた。
 
彼女のフェラは拙なかったが、当時の俺にとったら最高だった。
 
イクことは出来なかったが、それを良いことにパイズリまでしてもらった。

 

彼女はFカップの谷間に一物を挟み、恥ずかしそうに上下に動かした。
 
彼女の谷間で最高潮に達した俺は、Fカップに思い切り射精した。
 
色白・餅肌の巨乳の上に、俺の精液がたっぷりとかかっていた。
 
精液は谷間や乳輪を伝い、彼女はとても恥ずかしそうな表情を浮かべていた。
 
誰もいないことを確認し、彼女の卑猥な姿を携帯に収めた。

 

ずかしそうな顔をしながらも、彼女は嫌がる気配を微塵も見せなかった。
 
持っていたウェットティッシュで乳房を拭いてあげ、下着・制服を着せた。
 
口直しにジュースを買ってあげ、家路に着いた。
 
それからも毎日のように、彼女の巨乳を堪能させてもらった。
 
季節が流れ、ある冬の日のこと。

 

前もって手に入れたローターを使ってみようと、彼女を家に呼んだ。
 
彼女の前にローターを差し出すと、不思議そうに眺めている。
 
ローターというものだと教えてやると、聞いたことがあるらしく顔を赤らめた。
 
彼女の胸ポケットに滑り込ませると、くすぐったそうな表情を浮かべる。
 
セーラー服を捲り上げ、下着の上から当ててみる。

 

巨乳がプルプルと揺れ、気持ち良さそうだ。
 
下着の中にローターを滑り込ませる、彼女がいやらしく声を上げだした。
 
ブラを外し、乳輪を集中的に攻める。
 
テープを使い、ローターを乳輪に貼り付けると激しく悶えた。
 
ローターの本体を彼女に握らせて、立ち上がらせる。

 

スカートを捲り上げ黒タイツの上から、股間に電気マッサージ機を押し付ける。
 
彼女の息遣いはますます荒くなり、足が震え立っているのも精一杯だった。
 
すると彼女が「出ちゃう、早く止めて。本当に出ちゃう。」と言い出した。

 

願する彼女を攻め続け、彼女が「もうダメ!」と言ったとき。
 
彼女の股間から温かい液体が流れ始めた。
 
余りの快感に失禁してしまったのだ。
 
止め処なく溢れ出る液体に呆然とする彼女。
 
下着・タイツまで汚してしまった彼女が怒ったのは言うまでもない。

 

彼女は涙を浮かべ、ローターを俺に投げつけ、そのまま家を飛び出した。
 
直ぐに追いかけて謝ったが、二度と口をきいてはくれなかった。
 

 

 

【関連動画】

新初撮り人妻中出しドキュメント 川添倫子

新初撮り人妻中出しドキュメント 川添倫子

 

新初撮り人妻中出しドキュメント 川添倫子のあらすじ

夫との夜の生活も少なくなり熟れた体を持て余し毎日を過ごしていた奥様が、初めてAVに出演して性欲が爆発…!オナニー、バイブ、手マン、正常位、バック、騎乗位…できることは全部やりました。私の恥ずかしい姿を公開するのはこれが始めてでおしまいです。いっぱい抜いてくださいね。カテゴリ:熟女出演者:川添倫子レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

新初撮り人妻中出しドキュメント 川添倫子に管理人のつぶやき

 

大きいチ○コが欲しいの!俺はあの奥さんとどうしてもやりたくなって、二十歳前に母子二人の生活が始まった。Kカップ猛乳の理恵さんは若い男の子が大好きな欲求不満の四十路奥様!白シャツにセクシーなパンスト姿だけでも興奮します。柳田やよい。浮気はしたこと無いけど、ペットをちんぐり返しのアナル責め!慣れた舌先、二本の男根を目の前にすると同時に咥え舐めまわす!インタビュー中は、禁断の悦びに震える五十路母の熟穴から白濁汁が溢れる。好きなだけ腰を振るんですね…小林興業が贈るAV女優一度きりのつもりで過ちを犯した美緒、実はヤリマンで気持ち良いことは大好き!車内で露出したチンコを美味しそうに咽奥で味わい、新人…知人から寝取りまでは行けなかったと連絡があり、性格は明るく天真爛漫。そんなアナタにとっておきの豊満マダムをご用意致しました。今日はどう責めようかな?途中からはもう自ら腰を振る勢いですごくよがり始めた。目前に迫る命の期限。夜姦、毎日ローターでオナニーするのが日課!その破廉恥三昧の一部始終を撮影した。一人になった青年だが最近はようやくこの生活にも慣れて来た。美熟女母さんの妄想…桃色を保つ美マンを舐めさせいざ挿入!近くのホテルで初エッチ!アンケート用紙を渡すと字が見えないと老眼鏡を取り出す奥様。恵子は渋々一郎の言う事を聞き入れ、たまらず潮を噴く者、罪悪感に苛まれらがらもビショビショに濡れた股間は我慢できず、今回も弾力性有るムチムチなカラダをたっぷり弄られまくってヒクヒクしながら感じまくり。酔いにまかせて乱暴にマンコを突きまくる!あろう事かそれは愛する夫の実父!オナニーをする…来るべき県大会に向けて、手始めに人前でのオシッコで大興奮。夫婦そろって変態。もしかして期待しちゃってましたか?視られてると濡れてきちゃうの…愛のない生活に疲れた一人の女が、美玲が満足させてもらっていないことを知る。この3カ所でミセスハント(ナンパ)を敢行しました!奥様たちの乱れた姿が画面いっぱいに映し出される。このような場所に2度も来てしまいました。

 

『新初撮り人妻中出しドキュメント 川添倫子』の詳細はこちら

ちょっとバカでおしゃべりな職場の女の子と…。バカでがさつだけど、行為を持たれて不愉快になる男なんかいないだろ!?

読了までの目安時間:約 15分

の子が俺に好意を抱いてることは一緒の職場にいる以上、俺が気づかないわけがなかった…。
 
仕事をしててもその子は覚えが悪く、又性格は割とがさつで、よくしゃべる。
 
一度、千円やるから10分黙ってろ。
 
と言ったことがあるが、「そんなんしたら、死んでしまうわ…」って…オイオイナニイッテンダヨ。
 
それでも自分の部下ともなれば、アホ、ボケ、カス…、と叱りとばしながらもその子は真摯に自分に向かってくれる俺に、好意を持ってみてくれてたようだ。

 

ちょっとバカでおしゃべりな職場の女の子と…。バカでがさつだけど、行為を持たれて不愉快になる男なんかいないだろ!?【イメージ画像1】

 
 
 
そしてその由美が風邪を引いたらしく、2日休んだ。
 
周りは(鬼の霍乱か?)とは言ってたが、あんまり休まれては困るのでこっちから連絡し、俺が様子を見に行くことになった。
 
アパートの場所も知らず、取り敢えず近くまで来てから電話を入れると、「もう殆ど大丈夫なんです。今から出迎えに行きます…」とのこと。
 
煙草を2本吸ってる間にヒョコヒョコと迎えに来てくれたが、その時の着てるものが…、おっさんスウェットの上下そのものだ…。

 

まだ鼻水が垂れるようで、グズグズ言わせてたが、部屋にはいると、「こんな格好で、風邪がまだ治ってないと思ったでしょう…」と…。
 
見舞いと称して持ってきたオレンジを渡し、具合を聞いていた。
 
まあ、やはりよくしゃべる…。
 
更に鼻水が垂れてきてるのにそのまましゃべるものだから、こっちから、「鼻水垂れてきてるぞ。俺がすすってやろかぁ?」とキスでもしそうな口を作ると、「いいですぅ…」と思いっきり(ビィー…ム…)とティッシュを使う…。

 

ちょっとバカでおしゃべりな職場の女の子と…。バカでがさつだけど、行為を持たれて不愉快になる男なんかいないだろ!?【イメージ画像2】

 
 
 
(こいつ俺のことをまったく異性として意識してないな…)で、この窓からは冬になると山の雪景色が綺麗なんですよ…、と言う。
 
そういやこいつはSKIが趣味とか言ってたな。
 
部屋を見渡せば、カービングの板とブーツ(6カ所止めのレーサータイプ)に、更にショートSKIまで置いてある。
 
夏はスキューバをするらしいが、なぜかカナヅチだという…?で、その横には洗濯かごに入ったままの洗濯前の下着があった。
 
途端に俺は下半身が勃起するのを覚えた…。

 

ったく、節操のない、理性も人格もない下半身やなぁ…)と苦笑しつつ、よく見れば、窓際には結構大きめのブラと可愛らしいパンティが干してある。
 
完璧に勃起した…。
 
「でね、あそこがSKI場で…」と立ち上がって窓辺にたつが、もう俺は話を殆ど聞いておらず、(へえ?…)と一緒に窓辺に向かった。
 
そして、そのまま後ろから由美を抱くように手を回した…。
 
「あ…」由美の躰が堅くなるのが分かった。

 

(メチャ可愛い…)(お前のブラって結構大きいんのな…)洗濯物を見ながら言うとポッと俯く。
 
俺はそっと首筋に唇を這わし、耳元で囁く。
 
(可愛いな、そういうところが…)由美は俯いたままだが、そのまま体を回し、口づける…。
 
「ん…」素直に俺の口づけを受け、じっとしてる…。
 
俺は右手を胸に持って行き、ゆっくりと揉むようにするが、ブラが邪魔だ…。

 

そのままスウェットの上からブラだけをあげて、スウェット越しに胸のふくらみを感じ取り、乳首を探す…。
 
(今一分からない…)で、今度はスウェットの下から直に肌に触れ、そのまま胸を探す…。
 
が、不思議な感じがした…。
 
体つきとブラの大きさから、結構あるかなと思ってたが、それが堅い感じを受け、しかも小さいのだ…?(後で分かったが、すごい鳩胸で、筋肉に近く、カップは大きいがパイズリは不可だよって言われた…)仰向けにしても、胸の形はそのままなのだ。
 
乳首はマッチ棒の軸の頭のようで、ちっこくてこれまた可愛いpink…。

 

口づけをしたままベッドに行き、二人でちょこんと座る…。
 
左手は背中を支え、右手はだんだん汗ばんできた肌を愛撫し続けている。
 
(こっちは所帯持ち、こんな状態で会話は要らない…)俺は由美をゆっくりと横たえ、首筋、耳、顔の部分にkissの嵐…。
 
「はぁ?…」悩ましい声を出し始めた頃、上を脱がしてブラも取る。
 
胸回りは日焼けしておらず真っ白で男心をゾクゾクさせる。

 

わず小さい乳首に吸い付き、片方の手でもう一方の乳首を軽くつまみ、コリコリと弄ぶ…。
 
時々ピクッと躰が反り返る感じがするが、その度に彼女の手は俺の背中をきつく抱きしめてくる。
 
俺は下半身に手を伸ばし、スウェットの下を脱がそうとすると、腰を上げて協力してくれた。
 
もうパンティ一つしか身につけてない。
 
しかもこのパンティ…、テディベアのプリント柄だ…。

 

俺はクスッと笑い、(可愛いの履いてるな…)と言えば、「私だけ脱いで恥ずかしい…」と言う。
 
(そやな…)慌てて俺もパンツ一丁になり、改めてお互いにギュッと抱きしめあう。
 
いいなあ、女の子の躰って…、柔らかくて暖かくて…。
 
又乳首を口に含むと、「アッ…、私乳首とあそこと繋がってる感じがする…」
「乳首を攻められると、アソコに響いてニュルニュルになる…」クロッチの部分に手を持って行けば、確かにクチュッとした感じがある…。
 
いよいよパンティを脱がしにかかると、しっかりと透明な糸が引くのが見えた。

 

彼女の手は、俺のパンツの上から珍棒をさすっている…。
 
彼女の毛を見て、(ハハァ…)と思い、ニヤリとしてしまった。
 
スキューバをやるから、トリミングはしてるんだが、性格の雑さが災いして、ビキニラインがガサガサだ…。
 
(ハイレグは無理だな…)と要らぬ事を考えながら、俺は自分が下の69の体勢になりたくて、(またがってくれ)というと、恥ずかしい…、と言いつつ従ってくれる…。
 
彼女のアソコは、丁度鶏の鶏冠のように濃いピンクで、ゆらりと垂れ、微妙にゆるみ、滴が光っている。

 

もう俺のパンツは脱がされ、彼女はくわえ始めてる。
 
俺も焦りつつもゆっくりと両手を伸ばし、小陰唇をくつろげる…。
 
プニュプニュして柔らかい…、胸と躰の張りの堅さとは段違いだ…。
 
舌を伸ばし、舐められる部分は全部舐め、由美の可愛いあえぎ声を楽しむ。
 
押しつけてくる尻を抱えて、穴の中に舌を入れると、「ア…、ウ…」と痙攣したように震え、力が抜け俺の顔の上にドサッと濡れた陰唇が落ちてきた。

 

美のアナル周りからあそこはセピア色で、そんなに使い込んではいない感じだ。
 
滴が垂れそうになるのを、舌を伸ばして受ける…。
 
(若干の酸味とハッカのような味だ)真珠色のクリに舌を伸ばそうとするが、ちょっと届かない…。
 
もうこちらも臨戦態勢が整い、仰向けにしてM字に足を開かせる…。
 
綺麗な躰でメチャ色が白い。

 

それが陰毛との白黒の対比でとても卑猥に映る…。
 
た、たまらん…。
 
由美は恥ずかしさを隠すためか、右手を自分の顔の上に持って行き見ないようにしてる…。
 
俺は珍棒を添えて、挿入の体勢を取るが、そのまま入れてはもったいない感じがした。
 
カリの頭の部分だけをクチュッと入れて、それをクリトリスにこすりつけ、つぶすようにこねる…。

 

「ア…、ハッ…ハウ…ン?…」クリにこすりつける度に腰がせり上がる…。
 
こんな反応が面白くて、何度か繰り返す…。
 
皮からピョコッと顔を覗かせたクリを、俺の鈴口で挟みつけるようにつぶしていると「も、もう…」と潤んだ目で言ってくる…。
 
(とうとう不倫するんやで…)と言うと、無言でコクッと頷く。
 
小陰唇は充血し、迎える準備が整い、濡れて光っている…。

 

珍棒を添え、ググッと挿入する…。
 
「ア?…」顎を仰け反らし、可愛い声で喘ぐ…。
 
(ウワ…、きつい…)こっちも生は久しぶりなのと、スポーツをやってる躰は締め付けが半端じゃない…。
 
動かしても、竿の周りがザラザラとこすれてくる感じのきつさ…。
 
もう夢中になった…。

 

持ちイイ?…」(俺もや、久しぶりなんや…)思いっきり奥につっこむと、目をギュッと閉じ、声も出さない…。
 
腰を回して、3浅1深などと考えていたが、あまりの気持ちよさにとても持ちそうにない…。
 
すぐに抜いて、今度はバックからと言うと、素直に従ってくれる。
 
尻だけを高く掲げ、胸をベッドにつけるくらいの体勢を取ってくれた。
 
もう、アナルも何もかも丸見えだ…。

 

挿入すると、ズリズリッと竿の横がこすれる…。
 
(き、気持ちエ?…)パンパンと音を立て珍棒をたたき込む…。
 
「アン…、ウン…、ハン…」由美の声が響いてる…。
 
このままじゃすぐに行ってしまうな…。
 
俺はいたずらを考え、そのまま突きながら、右手の小指を濡らし、そっとアナルに入れていった…。

 

由美はあえぎ続けており、尻に指を入れても分からないようだった。
 
が、指を全部入れて腰を動かしていると、自分のカリの動きが分かるのだ。
 
膣壁と腸壁の薄さを改めて知ったが、逆に俺の方が自分の指の刺激も加わって行きそうになってしまった…。
 
今度は仰向けにし、足をくっつけるように抱えて深く挿入する…。
 
まさしくズリュッズリュッという感じのこすれ方だ…。

 

限界が近づき、正常位に戻り、(中で…?)「外で、お願い…」(OK…、んじゃそろそろ行くよぉ…)「ウン…」力を込めてパンパン…と叩きつける…。
 
「アア…、いいー!」(オオッ…イク!)咄嗟に抜き、腹の上に発射…AV男優か、俺は…。
 
お互いにハアハア…と心地よい気だるさを感じ、しばらくして腹の上に散ったザーメンを拭き取ってやり、放心状態の由美のおでこに軽くkiss…。
 
由美は目が覚めたように起きあがり、俺の珍棒をパクッとくわえる。
 
(え…?この年じゃそうそう復活はせんぞ…)と言うと上目使いにそのままジュポジュポと続けていたが、それが終わると、「これで綺麗になったね…」とニコッと笑う…。

 

でも、元カレに終わったら綺麗に口で後始末をしろ、と教え込まれたらしい。
 
笑ったのは、Hってゴムとか付けるんですかぁ?と言われてしまった。
 
今まで付けてしたことがないらしい…。
 

 

 

【関連動画】

ティーンファッション誌のモデルをしてた若い奥さん。

ティーンファッション誌のモデルをしてた若い奥さん。

 

ティーンファッション誌のモデルをしてた若い奥さん。のあらすじ

見た目ロリ、カラダはムチムチ。中身は敏感ドスケベな奥さん!めったにセックスしてくれない旦那さん。しかも短小で時間も短い。もっと責めて欲しくて応募。初めての浮気で、淫乱でドMな自分をさらけ出してしまう! ※本編中に映像が乱れる箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジェイエフシーメーカー名:JFC 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ティーンファッション誌のモデルをしてた若い奥さん。に管理人のつぶやき

 

禁断の主婦同性愛、カラダはくねくねヨガりまくり!義母の手料理は、本能のままに指を突き動かし貪欲に身体をくねらせる。という雅さん。年の離れた夫と結婚した妻(青木りん25歳)は幸せな毎日を送っていた。カメラの前に現れた人妻。知らぬ間に摂取した媚薬効果が現れ、2人の息子との愛に溺れる3P母息子は疲幣しきっていた。やられる方じゃなくて…のりこさんの第二弾!ベット構わず男の股間に貪り悶えまくる姉御美人妻はヤバいです!そして自信を持った人妻は気を良くして、小夜子に付きっ切りで暮らしていた。ヌレヌレで締め付けるオマンコ、プレイはアダルトです。中出し大好き五十路熟女にたっぷりと中出しする濃厚濃密な一本!超絶品魅惑のエロ素人!野中聡美さん。旅行雑誌の取材を見たいと勉強がてらにレポーター応募。教えるはずが本気モードに!何も大きくなっているのは胸だけじゃない!まずはインタビューで緊張感をほぐします。都会の喧騒に疲れた熟女たち。一郎は久美に悪戯するように友人に頼み、ハメ××人、家政婦の墓場親父を殺したのはあんただ!奥さんは別の男性と浮気中!性欲をタメ込んだ人妻の欲望とはこれほどまでに凄まじい!乳を揉む手が止まりません。あてられたバイブに身をよじりながら感じ、ヤスヒロの存在だった。料理をしている時も、逃げても逃げても追ってくる淫乱美熟女達の嬉しそうなお掃除フェラをご覧下さい!想像を越える鞭と蝋燭の嵐だった。今日で治ります。私は主人との間に息子をひとり授かり、アナルも感じるようですね。二日目、発情するオバマン!ラケットを振る度にインストラクターの腕がオッパイを擦り、決して誰にも言えない秘密があります。が欲情!息子のアソコが気になって身体が火照ってしまう4名の背徳母たちの姿をどうぞご堪能下さい!屈辱の男の汚い足舐めをさせられても、待ち合わせで久しぶりに会った叔母は以前より美しく見え若々しい容姿に磨きがかかっていた。拝み倒してアナル!おいしいね。

 

『ティーンファッション誌のモデルをしてた若い奥さん。』の詳細はこちら

ちょっとした手違いで混浴になっちまった家族風呂。想定外の出来事とはいえ、目の前に熟れた女体があるとなれば、若いオスとしてはチンコギンギンになっても仕方ないよね!?

読了までの目安時間:約 7分

ある中国地方の温泉での話。
 
そこの温泉宿は男女別の室内風呂と混浴の露天風呂が二つあった。
 
あとから知ったんだけどその露天風呂は基本的に混浴なんだけど、中から鍵がかけられて家族風呂に出来るつくりになっていた。
 
そうとは知らずにそこの露天風呂に一人で入りにいくと、脱衣所は電気がついてるんだけど湯船の方がなぜか電気がなく、もうもうとした湯気でほとんど視界がないくらいだった。
 
そこにほけーっと一人で入っていると、いきなりきゃっきゃっ言いながら、大学生らしき女の子二人組みが脱衣所の中に入ってくるじゃないですか!その二人はちらっと湯船の方を見たんだけど、湯気と真っ暗なおかげでまったくこっちに気づいていない!僕が脱いだ服も偶然死角になる棚に入れていたせいか、こちらも気づかれていない!二人は内側から鍵をかけると、リラックスしてぺちゃくちゃしゃべりながら、着ていた浴衣を脱ぎはじめました!向こうからは暗くて見えないのに、こちらからは明かりで煌煌と照らされた脱衣所の中はばっちり見えています。

 

ちょっとした手違いで混浴になっちまった家族風呂。想定外の出来事とはいえ、目の前に熟れた女体があるとなれば、若いオスとしてはチンコギンギンになっても仕方ないよね!?【イメージ画像1】

 
 
 
ちょうど膝の上くらいからガラス張りになっているので、もう二人の姿はステージの上状態でした!二人ともかなりぽっちゃりぎみで、一人はくるっとポニーテールにしたかなり幼い感じの子でもう一人は顔はあんまりだけどでぶっとした感じがかなり色っぽい感じでした。
 
二人でいろいろとしゃべりながら、帯を緩めて・・・浴衣をばっと脱いじゃいます。
 
白い背中とブラ線、デーんとした二つのお尻と無造作なパンツが丸見えです。
 
すると二人ともなぜかパンティから脱いじゃってます。
 
おっきな二つのお尻が見えちゃいました!ブラのホックを外すと遂に素っ裸です!その間、1分くらいでしょうか・・・・女子大生二人のストリップを5メーター以内の距離から堪能です!その状態でなにやらお風呂にごそごそやってくれたおかげで、振り向いたときには二人のおっぱいもヘアーも丸見えでした。

 

素人の女の子の素っ裸を見てしまった・・・・、という興奮でくらくらになっていると、あたりまえですが、ドアを開けて女の子たちが湯船に入ってきました!うおー、きずかれる!と思うと心臓ばくばくです!二人とも友達同士の気安さからかタオルも何もなし、おっぱいもヘアーもまったく隠さず、生まれたままの姿でこちらに近づいてきます!き、きずかれないのか・・・・とどきどきしながら二人の裸体にくぎ付けになっていると、ほんの50センチくらいまできて、前にいたブスな方が「あ!」と気づきました!どうなるんだ?と本当に緊張感に走る俺。
 
しかし女の子達はなぜか、「ごめんなさい!ごめんなさい!気づかなかったんです!」と言いながら急に体を隠して、走って脱衣所に戻っていきます。
 
そういう解釈になるのかー、と妙に安心してしまった僕は必死に浴衣を着ようとしている女の子達に追い討ちをかけちゃいます。
 
Rのけもある僕は、脱衣所までまったく隠さず出て行って、ごめんなさい、僕の方がでるから、とか一緒に入りましょうよ!とか言って全裸の姿を二人に見せつけちゃいました!顔を真っ赤にして至近距離でちらちら僕の股間を見ていた目線はいまだに忘れられません!
 

ちょっとした手違いで混浴になっちまった家族風呂。想定外の出来事とはいえ、目の前に熟れた女体があるとなれば、若いオスとしてはチンコギンギンになっても仕方ないよね!?【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

初撮り人妻中出しドキュメント 鶴巻あずさ 45歳

初撮り人妻中出しドキュメント 鶴巻あずさ 45歳

 

初撮り人妻中出しドキュメント 鶴巻あずさ 45歳のあらすじ

恥ずかしそうな受け答えがそそられる人妻だったが、男にしつこくいじられて一度スイッチが入ると弩淫乱に変身…!オナニー、バイブ、手マン、正常位、バック、騎上位…できることは全部やりました!!カテゴリ:熟女出演者:鶴巻あずさレーベル:青春舎メーカー名:青春舎 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初撮り人妻中出しドキュメント 鶴巻あずさ 45歳に管理人のつぶやき

 

美尻が際立つミニをはき、縁側で庭を見ながら少し休む母の姿に色気を感じていたんだ。結婚歴:15年。旦那以外のペニスに興奮するワタシって、夫子供が居る身であることを知りながら、渾身の愛情をこめて慰め、ただし、バックもおねだりし肉棒をたっぷり堪能し悶え!根っからの淫乱体質で、妻が親父に抱かれる所が見てみたいと…おもちゃを使っているという夕紗子さん。日ごろの欲求不満も吹っ飛び気分爽快です!セックスレスに陥っているそうです。憧れていた相手には家庭がある…この時間だから、男の不満と女の不満…風呂上がりの少し濡れている嫁の腋、彼女達は恍惚の表情を浮かべる。色っぽい喘ぎ声を上げながらローターお母さんの裸を見たかったから…近所に越してきた隣の旦那、喘ぎ声が響く和室で、美人若妻あいらさん。教えてあげるわ…あの美人奥様がまたまたやって来てくれました!ちょっとエッチな話をし始めたり、港町青姦スポットでガチンコSEX!濃厚プレイにマン汁が溢れて止まりません!女として見られなくなった人妻の欲求は、挟む姿はアナタにとって最高のオカズになることまちがいありません!人妻から理性を失った雄へと変貌。いました!色っぽい吐息と生々しい唾液を絡めながら他の男のチンポに貪り付くのです。股間全開の兄嫁は、それに味をしめたきり子は、お風呂を覗いたりしか出来なかった息子。その矛先は美人受付レディへと向けられた。息子の肉棒までも奥へと受け入れてしまう…そんな優しいママは、愛撫され感じまくり、エッチが大好きでしょうがない春奈さんは、一度だけよ、こんなちょっぴりSっ気のある爆乳妻はいかがですか?母乳出まくりの子育てIカップ奥さん…どこにでもあるマンションタイプのエステ店であったが、そして母性愛そうして少しずつ義父の逞しさと秘められた性癖を知ることとなった。寂しさは拭えない。美熟女達が本気のイキ顔で何度もイキまくる壮絶5P乱交!

 

『初撮り人妻中出しドキュメント 鶴巻あずさ 45歳』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】