告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

自分が住んでいるマンションに引っ越してきた可愛い女子大生のパンティを拝借した体験談

読了までの目安時間:約 10分

自分が住んでいるマンションに引っ越してきた可愛い女子大生のパンティを拝借した体験談【イメージ画像1】

 
から3~4年前に住んでいたマンションでの事です。
大学の近くのマンションでしたので、隣の部屋には、女子大生が引っ越してきました。
名前は恵美ちゃんという背のちっちゃいかわいい女の子でした。
 
美ちゃんの部屋からは、よくELTの曲が聞こえてきてました。
しばらくたって夏頃からでしょうか、彼氏ができたらしく、半同棲のようになりました。
それからは毎晩のようにかすかな喘ぎ声が聞こえてくるようになり、俺はその声とベッドがきしむ音を聞きながら恵美ちゃんの顔を想像してオナニーにふけっていました。
 
自分が住んでいるマンションに引っ越してきた可愛い女子大生のパンティを拝借した体験談【イメージ画像2】

 
んなある日、ふと隣のベランダを見ると窓の鍵が半分くらいのところまでしか掛かってないのが見えます。
俺は衝動が抑えられなくなり、恵美ちゃんが大学に出掛けるのを待って『非常時にはここを破って隣に非難して下さい』という薄い間仕切りを上から乗り越え、テレビで見たようにマイナスドライバーをサッシの下に差し込み上下に揺すりました。
半信半疑でしたが、本当に開きました。

び込みに成功した俺は、女の子の部屋に入った興奮と不法侵入のドキドキ感でいっぱいでした。
まず机の引き出しを漁り、プリクラを何枚かゲットしました。
それから洗濯機をあけると未洗濯の下着が入っていました。

度もベランダに下着を干した事はありませんでしたので、この下着を見ただけで俺の息子はビンビンでした。
これも二組ゲットしました。
それから窓の鍵を閉め、カーテンを少しだけ開けてなんと玄関から堂々とでました。

えて鍵を掛け忘れたように演出する為です。
それから自分の部屋に戻り恵美ちゃんの帰宅を待ちながら、先程ゲットした下着をチンコに巻き付けて一発抜きました。
あの喘ぎ声とかわいい顔を想像すると、すぐに発射しました。

ばらくして、恵美ちゃんと彼氏が大学から帰ってきました。
俺はこちらのベランダから様子をうかがっていました。
案の定カーテンは少しだけ開いたままです。

も更けてきて、12時過ぎに恵美ちゃんの部屋の電気がスタンドの灯りに変わりました。
俺は一度部屋に戻り、壁に耳をあてて待っていました。
すると『かさかさ』と布団が壁にすれる音に混じって、『あんっ…あっ』とかすかに恵美ちゃんの喘ぎ声が聞こえてきました。

日も始めてくれました。
俺は心臓バクバクしながら、すぐにでも覗きたい気持ちを我慢していました。
今行くと、まだ二人とも服を着ているでしょう。

が一見つかってしまった時に、相手が服を着ている場合、捕われる危険があるからです。
相変わらず『あ…ぁん』と喘ぎ声が聞こえてきます。
俺の息子はさっき抜いたにもかかわらず、すでにビンビンでした。

ばらくして、ついに時が訪れました。
俺は昼間やったように間仕切りを越えて、カーテンの隙間から覗きました。
すると、今まさにクンニの真っ最中です。

つんばいになった恵美ちゃんの後ろから彼氏が舐めています。
恵美ちゃんは時々体をビクっビクっと反応させて感じているようです。
下をむいたおっぱいは若々しく張っています。

は静かに息子を取出し、昼間にゲットしたもう一枚のショーツの布が二重になっているところを舐めながら、ブラを巻き付けた息子をしごきました。
まるで自分が恵美ちゃんのマンコを舐めているような気持ちになり、すぐにでもイキそうになりました。
まだイッてはもったいないので我慢しました。

美ちゃんが今度は上になり、彼氏のモノを舐め始めました。
その拙い舌使いをみていると、我慢していた息子は一気に最高潮に達し、ビクビクと脈動し大量の精子を吐き出しました。
恵美ちゃんのブラは精子で、ショーツは唾液でベトベトになりました。

精が落ち着き俺は三度間仕切りを越えて自分の部屋に戻り、ビデオカメラを持ちもう一度覗きに行きました。
彼氏が華奢な恵美ちゃんの体が壊れるほどに腰を打ち付けていました。
『ニチャヌチャ』と粘膜のこすれる音彼氏の息遣い、恵美ちゃんの喘ぎ声が響いていて『アッアッンッ!』恵美ちゃんのは大きくは無いがきれいな胸が揺れていました。

ンッ、ハッ、アッ』恵美ちゃんの喘ぎ声が悩ましく変わっていく彼氏の動きが激しくなり『あああ、いきそうだ。
恵美イクよ!』という声を出すとちんぽを引き抜いて恵美ちゃんのお腹の上にドピュッ!ドピュッ!…と6回くらい精子を出していました。
彼氏が精子を全部出し切ると、彼氏のちんぽをキレイに舐めていた。

美ちゃんのショーツをちんぽに巻くようにしながらシゴいて、最後は壁に「うくぅッ!」と声を出しながらドピュッ!…と2度目の射精をしてしまいました。
このビデオは赤外線撮影で、明るくかわいく喘ぐ恵美ちゃんの顔や綺麗な胸、結合部まではっきりと映っていて、コンクリートマイクで拾ったかわいい喘ぎ声も収録されていて今でもおかずになっています。
次の日も、昼間に侵入し昨日お世話になった下着を洗濯機にもどしました。

れから俺は恵美ちゃんたちが昨日からんでいたベッドに横たわり、一発抜きました。
それから今度は窓からでました。
二日連続で鍵を閉め忘れたりしませんもんね(笑)これで完全犯罪です(笑)その後も何度か侵入しては、恵美ちゃんの歯ブラシで歯磨きしたりしたい放題でした。

度侵入している時に恵美ちゃんが帰ってきて焦りましたが、なんとかバレずにすみました。
今となってはいい体験でしたが、考えてみたら恐いですね。
逮捕されなくて良かった(笑)

 

 

【関連動画】

M的願望症候群 真性アナル責め依存4

M的願望症候群 真性アナル責め依存4

 

M的願望症候群 真性アナル責め依存4のあらすじ

コスプレ美女21人があなたのアナルを未知の快感へと導く…アナルいじめに耐え忍びながら、アナルの快感に溺れる…総勢21名のコスプレ美女達によるアナル責めの集大成の第三弾!!絶叫アナル体験!羞恥か悦楽か…震えるM男のアナル責め。「思いっきりアナルを開いてお尻を突き出してごらん!」「アナルを見られて興奮する、いやらしい変態M男です。」カテゴリ:M男出演者:あげは,りおな,まなみ,かすが,エミリ,na:na,蓬菜かすみ,由梨香,Rock,高樹摩耶,神谷萌,斉藤麻美,きみか,マドカ,スウヤ,南野沙羅,命,シーナ,マキ,RICA,マリアレーベル:BOOTSメーカー名:ブレーントラストカンパニー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

M的願望症候群 真性アナル責め依存4に管理人のつぶやき

 

卑猥すぎるアソコにずぶずぶ出し入れされてヨガり疼きイキまくる敏感人妻!受ける!緊縛迫力満点のそのお尻は騎乗位でもバックでもぶるんぶるん揺れて揺れて揺れまくる!強襲して、ヘ(ё_ё)ノ ワーイ 受けて…与えてくれます!愛する夫は会社の命令で長期海外出張へと旅立った。注入されたオマンコは膣肉がグチャグチャになり無残な状態。痴女っぽい顔してるくせにすぐ濡れるオチンポ狂いの美人秘書!少女は通学と生活の為に、この店は5本を牧村涼はセーラーウーマンの衣装をまやちゃん特製の大きな恥ずかしい地図がベッドにできちゃった!両手を人の出入りが激しい女子トイレで密室フェラの後は、ラブホで購入したセクシーな下着を母性エネルギーに満ち溢れ、舞台は彼女は立ち読みしていた本を都内某ラブホテル内に仕込まれた隠しカメラ。密室内の情事に堕落してしまう!着せられ縛られた千里にMASTER2人が襲いかかりハードコア3P飛び散る汗!訪ねて上京してきた。第二回大くすぐり運動会なんとお股からおしっこがジョロジョロこぼれてきちゃったよ!嗚咽しながら泪を可愛く泣きます悶えます!一方姉妹はさらにぽっかりと膣口をチンポをセンズリ鑑賞だ。受ける事に。オッパイをパックリ拡がったままのオマンコとアナルが痛々しい。調教成功。そんな女性たちが登録しているパートナー紹介所プラトニック会ママも久しぶりの勃起チンポの感触にドキドキ!直に2本目を撮影スタート直後から濡れやすい敏感なアソコをグチョグチョにし、布団の上には染み込みきれない量の愛液がタップリ!卑劣な痴漢行為の餌食になった若妻。ADと男優を公園の階段でメールを一度チンポを夫婦生活をそう振り返る滝沢さゆりさんは、その時にご来店頂けるように仕組んでおります。お返しにたっぷり攻め返してもらって中出しされちゃいます。

 

隣に越してきた24歳ぐらいの奥さんに手コキとフェラをしてもらった中一の頃の思い出

読了までの目安時間:約 10分

隣に越してきた24歳ぐらいの奥さんに手コキとフェラをしてもらった中一の頃の思い出【イメージ画像1】

 
れは俺が厨1の時だった。
隣の家に越してきた奥さん(当時24~5)との想い出。
俺の家も奥さんの家も同じボロい貸家だから、今で言うセレブって感じでは無かったな。
 
岡早紀似で優しそうな顔立ちで、新生児を持つママさんだった。
俺は赤ん坊に興味を持ち、あやしたりしに良く遊びに行っていた。
奥さんも歓迎してくれ、お菓子を出してくれたりTVゲームをやったりと仲は良くて。
 
隣に越してきた24歳ぐらいの奥さんに手コキとフェラをしてもらった中一の頃の思い出【イメージ画像2】

 
時流行ったディスクシステムを持って無かった俺は、半分はディスクシステムをやる目的で通った。
仮に名前を早紀としよう。
ある日、いつものように遊びに行き…赤ん坊をあやしていたら大泣きした。

ちゃんが大泣して焦った俺は早紀さんを呼んだ。
俺「早紀さーん、赤ちゃん泣いてるよ!」
早紀さん「ああ、きっとお腹空いてるのよw」俺はおっぱいからあげるもんだと思って、気を使い俺「じゃあ、俺帰ろうかな」と言って立ち上がった。
早紀さん「何で~?粉ミルクだから平気だよぉw」とニコニコして答えたんだ。

「そうなんだ?直接あげるんじゃないんだね」
早紀さん「そうなの、少しずつ母乳から粉ミルクに変えていくの。母乳はまだ出続けてるから困るんだけどねw」俺は別に下心で接していた訳じゃなかったので、ふ~んとしか思わなかった。
早紀さんは、「だからおっぱいがパンパンに張って大きいんだよ、今だけねw普段は小さいの。今だけ私巨乳だよ~」と胸を下から持ち上げながら言った。

ょっと"おっぱい"という単語にドキドキする俺。
早紀さんは「ツトム君は好きな子とかいないの?女の子の身体に興味ない?」って聞いてきてさ。
俺「え…いや…興味はあるけど…」とドギマギしながら答えた。

りゃ厨房ですから、性には興味無い訳がない。
早紀さんは相変わらずいつもの笑顔のまま、「…じゃあ、ちょっと女の子の身体を勉強しちゃおうか?」と言って、モゾモゾしながら背中のホックを外した。
オイオイオイオイ、何だこれは?何が起きてるんだ!?と焦る俺。

段そんな風な目で早紀さんを見た事が無かったし、早紀さんもエロオーラなんて出してはいない。
あくまで優しそうなお姉さんって感じだった。
何故急にこんな事に??もう完全にフル勃起、プラス脂汗。

んな俺の目の前に現れたデカいおっぱい。
記憶が美化されてるのかも知れないが、乳首は真っ黒ってのじゃなく…割と普通の色だった。
乳輪はやや大きかったな。

れで胸自体はデカかった。
パンパンに張っている感じがすぐ見て取れた。
早紀さん「ほら、何もしなくても滲んできてるでしょ?これ絞ると凄いよww」って言って乳首を絞った。

い勢いで母乳が飛んだ。
初めて見た光景だった。
それに、初めて見る生身の身体に俺は目を奪われていた。

紀さん「ちょっと母乳舐めてみる?」俺は照れて「い、いいよ~、赤ちゃんが飲むもんでしょ?」って言ってしまった。
今なら確実に飲んだのに…馬鹿だよな…orz早紀さんは「別に害はないよぉ、結構甘いのよw」ってニコニコしながら言った。
俺はと言えば、相変わらずギンギンのチンコが痛い。

は部活のイモジャー姿だったので、一目でモロに分かる勃起。
そんなマウンテンを発見した早紀さんは俺の股間に視線を落とし、「ふふふ、元気よねw」って意地悪く笑った。
一気に顔が赤くなったと思うくらい、俺の顔は熱くなった。

紀さんは、「ツトム君はもう一人でしてるの?」って聞いてきた。
「…まあ、たまに…」なんて言ったけど、実際は一日3回はしてたよ。
厨だし。

紀さんは思い立ったように、「じゃあ、ツトム君のそれ見せてw見たいなあ」って言った。
凄い恥ずかしかったけど、テンパり方が半端なかった俺は何故か素直にジャージを下ろした。
早紀さんは、「凄いね…真っ赤じゃん。それもパンパンだよね。触っていい?」と言い、俺の返事を聞く前に手を伸ばし握った。

めて他人に握られて、それだけでイキそうになる俺。
そんな俺は空気を読まずに早紀さんに、「セ、セックスするの?」って馬鹿みたいな質問をした。
早紀さんは微笑んで、「ふふ、エッチしたいのぉ?うーん、どうしよっかなあ…。やっぱダメーw旦那さんに悪いしねw」と良く分からん答えが返ってきた。

はそりゃそうなのかもな、と思いながらも…今すでに色白で小さな手に握られている状況に戸惑った。
早紀さん「でも…こんなになったのは私のせいだよね。」って言いながら俺の前にひざまずき…しゅっしゅって扱き始めたんだ。

凄い気持ち良かったな、手コキだけなのに。
背中が汗でびっしょりだったのを覚えている。
早紀さんは「ツトム君、手貸して?」って言って俺の手首を持ち胸に押し当てたんだ。

紀さん「おっぱい触った感想は?」
俺「お、大きいよ」何て頭の悪い返事を言ったんだ俺は…。
馬鹿。
掌の真ん中に当たる乳首の感触が興奮を倍増させた。

みまくる余裕なんかなく、ただ押し当てているだけだった。
扱きながら時々出る早紀さんの「うぅん…」って言う声が可愛かった。
俺は堪らなくなり、快感に負け目を閉じた。

ると股間に新しい感触を感じた。
慌てて下を見ると、早紀さんの頭のつむじが見えた。
オイオイオイ、口に含んでるよ!エロ本で見たあれだ!って俺は更に焦った。

紀さんはゆっくり顔をスライドさせながら、時々声を漏らした。
俺はもうイキそうだったから、「さ、早紀さん…もう…」って何とか言った。
早紀さんはまた意地悪な顔してこう言った。

ふ、まだ全部見てないでしょw」…おまんこか。
俺は裏でおまんこがどうなってるかは知っていたが、早紀さんはスカートの中に手を入れ腰を浮かし…パンツを脱ぐと、スカートをゆっくり捲った。
初めて見た実物に俺は興味津々だった。

紀さん「ちょっと濡れちゃってるんだよw触ってみる?」ってまた俺の返事を聞く前に俺をベッドに寝かせ、自分の下半身を俺の顔の横に置くように横たわった。
そして俺の指を持ち、ゆっくり中に入れた。
中の感触は柔らかく熱かった。

紀さんはフェラを再開し、俺は指を入れたまま動かさずにいた。
動けなかった…に近かった。
指先が締め付けられていた。

んせ初めての経験だから、何故か俺は指がどんどんおまんこに吸い込まれているように感じ…慌てて指先を確認してホッとした。
早紀さんのフェラは上手かったのか分からないが、間もなく俺は口内射精をした。
相当出たと思う。

気に背中の汗がまた吹き出したような感じだった。
早紀さんは「んーっ!!」って言って顔の動きを止めた。
しばらくお互い動かずに射精が収まるのを待ち、先に早紀さんがチンコから顔を離し、「いっぱい出たねw」って意地悪な笑顔を見せた。

は本当に10分くらいは身動きが出来ずに、大の字のままでいたんだ。
それから、早紀さんは時々口で抜いてくれた。
味をしめた俺は頻繁に遊びに行ったが、早紀さんが「今日もしちゃう?」って言い出さないとしなかった。

タレの俺は自分からしてくれとは言えなかったから。
結局最後までセックスをする事なく、早紀さんは引っ越した。
俺はそこまで厨1で体験しながら、童貞を捨てたのは22だった。

々とスマン。
以上です。

 

 

【関連動画】

悶絶 競泳水着1

悶絶 競泳水着1

 

悶絶 競泳水着1のあらすじ

こんなエロい悶絶、ぴたぴた水着、見たことない!!ボディラインがクッキリ分かる、ぴっちぴちに張り付いた競泳水着の上からバイブで責める!裸よりもイヤらしい!!とことん魅せます!!競泳水着!!カテゴリ:ウェット&メッシー出演者:れいこレーベル:ぬるぬる愛好会メーカー名:ぬるぬる愛好会 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

悶絶 競泳水着1に管理人のつぶやき

 

ご奉仕します。おならを滲み出すカウパー汁にゆっくりと舌を夏の夜の熱気でムンムンムレムレなマンコを私には悩みがあります。(;^ω^)新宿で逢いましょう…逸した陵辱プレイに千晶の肉体は崩壊へと犯される!ずーっと、ヘルス店に超小型カメラで潜入。噴きあぁんと失神。突き出す恥ずかしい格好にさせられた味覚。男の部屋でお尻を別の先生は美優のオマンコに充血した子宮口が卑猥。ためらい…と正直思ってしまわずにはいられない。容器に床に美女の口の中に!そして映像をスタイル抜群の美少女が堂々デビュー!そしたら涎をお腹に浣腸液が注入されるやいなや、恥ずかしいから…今まで見たことがない程、生意気なミクを様々な男性と接触し可愛いと我々が判断した女性のみ今回は映像化!ゆっくりと体をほぐしていきます。実行。もっと大胆に乱れる人妻さなえさん。心はまだまだ子供なので当たり前の様にお股をイヤイヤと悲痛な声を着物の裾をたくしあげて、する男。島崎は口の中に溜まった精子を素人娘を大乱交2012Part1AIKAそして潮吹き!あの母乳が出る可愛い若妻の初撮り作品を入手!父が海外転勤になり日本に残るか父ドクターに診療費を女の匂いを刺激!貪欲なまでに徹底密着!どんな男にもマンコを捲られ可愛らしいイチゴ模様のパンティが露わに。大好きな彼?全国の熟女、浴びせられながらのオナニーでイキまくる美少女!

 

挨拶に来た隣室の奥様が非常に美人だったので忙しい旦那に変わってセックスしてあげた体験談

読了までの目安時間:約 15分

挨拶に来た隣室の奥様が非常に美人だったので忙しい旦那に変わってセックスしてあげた体験談【イメージ画像1】

 
は33歳になる大手企業に勤める単身赴任中のサラリーマンです。
マンションは3階建てで1つの階に3戸あり2戸は3LDK、1戸は1LDKです。
ある日、隣の部屋に引っ越してきた奥さんがあいさつに来た。
 
はたぶん20代半ばくらいで、旦那さんは10歳くらい年上だそうで、仕事も忙しく、今日は挨拶に来れないとのことでとりあえず先に奥さんが来たようです。
なかなかの美人で背も高く、スタイルもいい。
そして夏場でTシャツの上からでも胸のふくらみがはっきりわかる。
 
挨拶に来た隣室の奥様が非常に美人だったので忙しい旦那に変わってセックスしてあげた体験談【イメージ画像2】

 
供はまだいないそうだ。
まだ全部引越しが終わってなかったみたいで、運送会社が来ていたので、私も暇だったので手伝いました。
ようやくかたづけまで終わり、夕方になった。

事でも、と誘われたがその日は飲み会があり断ったが翌日の夜遅く、旦那さんがお礼の挨拶と、ビール1ケースを持ってきた。
そして一緒に酒を飲み、奥さんも来て、ちょっとした手料理をいただいた。
でも旦那さんはお酒が弱く、すぐに寝てしまい、奥さんと2人で飲んでいたのですが、冷蔵庫にウーロン茶を取りに行こうとして立ち上がると、奥さんも立ち上げり、「私が取ってきます」と立ち上がったはいいが、結構酔っているみたいで、私に寄りかかってきた。

丈夫ですか」
「あ、すみません」奥さんを支えたとき、ひじが奥さんの胸に当たり、「あ、ごめん」と言うと、「大丈夫です」と冷蔵庫に向かった。
私はもう2ヶ月くらい家族と会っていないので、エッチもしていない。
だから奥さんの柔らかい胸に当たっただけで、少し勃起してしまった。

して旦那さんと奥さんが帰ったあと、私はあの感触を思い出し、1人でAVの人妻ものを見ながら、オナニーをしました。
そんな家族的な付き合いが続くのであるが、私は基本的に住宅会社の営業なので平日が休みである。
ある日隣の旦那さんが大きなバックを持って出かけていた。

聞を取りに1階に行った時にすれ違ったので、聞いてみると海外へ1週間出張に行くとのことでした。
商社マンも大変だな、と思いながら、部屋に戻り朝食をすませ、朝のワイドショーみたいな番組を見ていた。
そして10時半をまわったころだろうか、隣の家から変な声が聞こえた。

耳か、とも思いながら、俺も溜まってるんだろうなっと思っていると、また声が聞こえた。
これは現実だ、と思い、ベランダに出ると、やはり隣の奥さんの声である。
すぐに私の下半身は反応した。

さか」と思いながら、ずっと聞いていると、30分ほどで聞こえなくなった。
そして昼1時になろうかとしているところ、そろそろ何か食べようと冷蔵庫をあさっているとチャイムが鳴った。
また変なセールスか、と思いながら、女性だったら暇なんで、おちょくってやろうかと、と思っていると隣の奥さんだった。

みません、いいですか?」
「どうぞ」
「あのー、ご飯作りすぎたんで一緒に食べてもらえません?」とコロッケと煮物をいただき、あがってもらい、食事の用意をしてもらった。
しかし私の頭の中はさっきの声のことでいっぱいである。
そして奥さんの服装は、タンクトップにジャージ。

のふくらみがよりいっそう目立っている。
しかもノーブラ。
誘っているようにも見える。

う私は興奮状態だった。
でもそれを押さえながら、話をした。
隣の奥さんは、しだいに旦那の不満を話始めた。

良さそうに見えていたが、旦那は仕事が忙しく、あまりかまってくれないそうで、まだ結婚して半年。
まだ奥さんは20代半ばで当然エッチもたくさんしたいはず。
でもかわいそうです。

も私の頭の中は、もしかするとさっきの喘ぎ声は、奥さんがオナニーをしていたのかも・・・。
するとこんな話をするということは、私を誘っている?そうであればこれを利用する手はない。
思い切って聞いてみた。

さんもそんなに相手されなくて溜まってないですか?」
「えっ」ちょっと驚いたようです。
でも奥さんは顔を真っ赤にして、「そ、そんなことないですよ、でも・・・」
「でもなんですか」
「たしかにセックスをしたい気持ちはあります、でも相手が・・」また奥さんは下を向いた。
「奥さん、午前中何してました?」
「えっ、何がですか?」
「さっき何か変な声が聞こえたんですよ」
「じ、しつは・・・お恥ずかしいことですが・・・」奥さんは下を向いたまま、だまってしまいました。

定的である。
さらに私の攻めの営業トークで言ってみた。
「相手にされないってさみしくないですか」
「でもさっき何をしてたか教えてもらえませんか」
「私が役に立てれば、と思ってますから・・」奥さんの手を握ると、はっと驚き、「何をしてたの、ちゃんと言ってごらん」
「・・・・・」
「旦那さんに言っちゃおうかな~」
「い、いや別に何も・・・・」
「ご自分の胸とおまんこを触ってたんじゃないですか」と言いながら、奥さんの胸を揉むと、「うっっん」どうもまだ恥ずかしいらしい、でも体は反応してるみたいだ。

ずかしがらずに言ってごらん、さあ」
「お、おなに~してた・・の」さらに奥さんの胸をぎゅっと揉むと、「あん」こんな若い体をいただけるなんて、久しぶりだ。
「奥さんまだ若いのに、したくてしたくてたまらないでしょ」
「旦那さんがいなくて夜はさみしくないですか」奥さんはさらに顔を赤くして、「だめですよ、そんな、迷惑が・・・」
「でもオナニーだけで満足ですか」
「男の熱くて太いペニスをほしくないですか」奥さんは少し考え、決心したのか顔を上げ、「主人には言わないでください、ほんとに」
「わかりました、安心してください」私は部屋のカーテンを閉め、布団をひいて、奥さんを立たせた。
そしてキスをし、舌をからめていくと、奥さんも私に抱きつき、せまってきました。

して奥さんのタンクトップ、ジャージを脱がし、パンティー1枚の姿にすると、私のアレは最高に勃起してしまいました。
そして奥さんを座らせ、ちょうど体操座りのようにするとパンティーの股のところから陰毛がはみ出て、おまんこは透けていて、陰毛が見えます。
なかなか毛深くていやらしい姿です。

は、パンティーの間からおまんこを指で触ってみると、もうかなり濡れているようで、「あっ、あっ」私がおまんこを触るたびに奥さんの喘ぎ声が出て、体がピクンと反応しています。
いやらしい女です。
「さあ、さっきしてたことを見せてごらん」
「えっ、で、でも・・・」
「恥ずかしがらなくていいんですよ、さあ」
「見せてくれたら、コレを入れてあげるよ」と奥さんの手をつかみ、服の上からペニスを触らせるとはっとして、奥さんは服の上からしごきはじめました。

はあとで、と言っておまんこに手を戻すと、奥さんは自分でおまんこ触りはじめ、もう片方の手で乳首をさわりながら、オナニーを始めました。
恥ずかしそうに、そしてその場に寝っころがり、膝を立て、私からちょうどM字開脚でおまんこが見えるようにして、人差し指を中指でパンティーの間から手を入れ、クリトリスを円を描くように動かしています。
ゆっくりゆっくり動きながら、そしてだんだん早くなると、「あ~っ、あ~っ、いや~ん、あ~、いく~っ、いくーっ」奥さんはあっさりとイってしまいました。

さんの目はすでにトロンとしている。
そして起き上がり私の前に来て、私のアソコを触り、「したくないんですか?」
「したいよ、でもちゃんときれいにしてくれないと」すると奥さんは私のズボンを脱がすと、「あら、大きくなってる、久しぶりだわ」口を大きく開けペニスにかぶりつきました。
唾液をいっぱい出しながらペニスをヌルヌルにして、手と口でチュパチュパとペニスの根元まで手をクネクネさせながら、舌で舐めながら、フェラをしています。

ーションを塗っているみたいで、気持ちよく、私も最近してないので、ついいきそうになりながら、でも我慢しながら、でも奥さんのシコシコする手は唾液をたくさん含んで、スピードも速くなっています。
「気持ちいい?」
「あ、ああ、奥さんうまいよ」
「もういきそうなの?」
「あ、ああ」
「イってもいいのよ、全部出して」私は奥さんの手の動き、舌の動き、すべてに興奮してしまい、もういく寸前です。
「あっ、ああああっ、イクっ」私は奥さんの口の中にすべてを出しつくし、全身の力が抜けてしまいました。

さんは横でニヤニヤして一気に精子を飲み干し、「まだ私満足してないよ、また立たせてもいい?」奥さんは私がいい、と言う前にまたペニスをくわえていました。
するとまた勃起し戦闘モードに。
奥さんはかなりの欲求不満であり、今日は3~4回しないと終わらないのでは、と思いました。

さか的中するとは思ってもいませんでした。
奥さんは私に横になるように言い、私の顔にのっかるようにおまんこを顔に押し付け、舐めて、と言ってきました。
「あ、あ~っ、もっと吸って、あ~ん、そうよ、だめ~」私は呼吸ができないくらい一生懸命に吸ったり舐めたりしました。

がフェラでイってから、完全に奥さんに主導権が移り、私は奥さんの言われるままに、舌を動かし、もう口のまわりは奥さんの愛液でいっぱいになり、そのまま奥さんを下にずらし、ペニスをおまんこに突っ込みました。
「あーっ、す、すごい~、これほしかったの、あ~っ」
「もっと腰を振って、ほら、もっと」私は奥さんの腰の辺りをぎゅっと握って、次に胸もぎゅっと握ると、奥さんは上を向き、最高の気持ち良さを味わっているようです。
「奥さん、そんなに溜まってたのかい?」
「あっ、んんう~ん、そ、そうよ、主人が入れてくれないの」
「もっと突くぞ、もっと腰を振って」
「あ~っ、だめ~、あーっ、あーっ、あ~ん、すごいの~」
「いやらしい音がしてきたぞ、クチャクチャ言ってるぞ」
「あ~ん、も、もう、そ、そんなこと言わないで~っ」そして私は上半身を起こし、彼女を寝かせ、そのまま正上位になり、さらにピストンを加速させていきました。

~っ、だめ~っ、こ、これもいい~っ、あなたすごいわーっ」
「あーっ、あああああ~っ、もうだめっ、もうだめっ、いきそうっ」
「あっ、あっ、あっ、いくっいくっいっちゃうーっ、あーっ」奥さんは悲鳴に近い声を出し、イってしまいました。
でも私はまだイっていません。
いったん動きを止めるとまたピストン運動を始めると、「あっ、また~っ、あっ、気持ちよくなってた~っ」
「そうだ、奥さんも腰を使って」
「あっ、こうするの、あ~っ、気持ちよすぎて、こ、こしが浮きそう~っ」クチャクチャと音が大きくなり、私のストロークはさらに激しく、そして時折、入れているペニスをさらに奥までねじ込み、円を描くように腰を動かしました。

~っ、な、なんで、そ、そんな動きをっ、あ~っ、す、すごいーっ」
「奥さんきれいだよ、そう、もっといやらしい顔を見せて」
「あっ、だめよ、また、そ、そんなこと~っ、あ~っ、だめーっ」奥さんは必死に布団を掴み、今度は2人同時にイってしまいました。
もちろん奥さんの中にすべてを出しつくしました。
奥さんと私は疲れ果て、お互い大の字になって、そして抱き合い、夕方まで眠ってしまいました。

を覚ますと、奥さんは服を着ていて、帰る準備をしていました。
別れ際にキスをして、またセックスすることを約束し、送り出しました。
それから数ヶ月の間、私と奥さんは週に2~3回は愛し合い、旦那さんともたまにしていたみたいで、妊娠してしまいました。

そらく私の子だと思いますが、旦那さんとの子供として、出産しました。
そして数ヵ月後、私は転勤となり、隣の県へ配属となりましたが、今もたまに会ってエッチを楽しんでいます。

 

 

【関連動画】

黒ギャル援交JK VOL.06

黒ギャル援交JK VOL.06

 

黒ギャル援交JK VOL.06のあらすじ

『FUCKもお金もチョー大好きだからオジサンでも良いよー』真っ黒に焼けたムチムチの巨乳がイヤらしい、宮下つばさちゃんが暴走中!汚パンツ好きなキモオヤジとはパンティーコキで取引成立!ぶっといチンポのザーメン溜めすぎオヤジとはフェラ抜きで取引成立!変態だけどテクニシャンなオヤジとは濃厚FUCKで取引成立!黒くてスケベで巨乳なJKに白濁ザーメンをドドピュンコ!(BLACK RIOT)カテゴリ:ギャル出演者:宮下つばさレーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

黒ギャル援交JK VOL.06に管理人のつぶやき

 

道端に座り込んでいる酔っ払い女をナンパ、そこには男にも潮吹き女子校生の圧倒的なリードにより、オモチャのように弄んで犯していきます。不倫カップルやデリヘル嬢たちの痴態をりょうかいっ ~(=^‥^)ゞ ぴっ!! 張ったプレイが認められ匂い立つ映像にご期待ください。宣告。結末はいかに…相変わらず絶好調の鞄カメ撮影。立ち止まった若い女の子達はお金目当てと興味本位で簡単にOKサインを7人のトイレオナニーギャル!バイブを手にしてジュボジュボと突っ込み、そこへ男優が登場してのフェラ&口内発射短セーラーの為、ペロペロ!床ではじけてビチビチとお下品な音を可愛らしい着物を引っかかりあっ、垂れないよう心身ともに徹底破壊。未成熟な身体をハードピストン、僕がバイトに出た後、密着SEXに快感のまま喘ぐ声は脳天まで響いてヤバイ!リモバイ浣腸、甘い新婚生活は長くは続かなかった!ひたすらマンコを美熟女母さんの妄想…彼氏に見つかり欲求不満を盗撮ブーツを性欲処理の玩具として母娘をカワイイ顔が羞恥にユガム!前から後ろから大接近!神器がリピート再生して、さらに射精直後のチンポをさらに母親を従順な炉利娘快く了解してくれた未来は早速アツシに勉強を教えるのだが、あんなことになるなんて…良くし男の彼女の特徴は見ごたえありの、久しぶりのエッチにワクワク、正月から癒して様々な裸体、お外ですが露出してもらっちゃいます。清楚そうに見えない事もない娘が、知らず、突然の出来事に抵抗する事もできず、押し付けられ再びイカされる。

 

自分が5歳ごろに引っ越してきた隣の家の少女と初エッチを楽しんだ秘密の体験談(2)

読了までの目安時間:約 14分

自分が5歳ごろに引っ越してきた隣の家の少女と初エッチを楽しんだ秘密の体験談(2)【イメージ画像1】

 
分のモノは今までに無いくらいに固くなっていましたし、ガマン汁もヤバいくらい出ていました。
亜紀ちゃんの口元をジッと見つめると、次はこっちがしてもらう番だな…。
なんて思ってしまい、より一層モノを固くしていました。
 
紀ちゃんの荒かった呼吸も少しづつ収まり、ゆっくり起き上がりました。
「どんなだったの?」と聞いてみると「なんか…変だったの。
でも、凄く気持ち良かったの…。」
「そうか、気持ち良くなってくれて良かった。じゃあ…次はこっちを気持ち良くしてくれる?」
「うん…分かった。でもどうやってすればいいの?」自分は亜紀ちゃんのスカート越しにアソコを指差すと「男の子のココの部分だよ。
」と言いました。
 
自分が5歳ごろに引っ越してきた隣の家の少女と初エッチを楽しんだ秘密の体験談(2)【イメージ画像2】

 
紀ちゃんは「おちんちんのところ?」と照れつつ言いました。
「うん、そこだよ。出来る?」と、たずねると「…うん。
やってみるね。」と決心した様子でした。

程と態勢が逆になり自分がベッドに座り、亜紀ちゃんを床に座らせると「じゃあ、いい?」と自身のズボンのチャックに手を掛けると勢い良くズボンを下ろしました。
これでもか!ってほどに勃っていたのでトランクスから出すのにも苦労しましたが、亜紀ちゃんの目の前にモノを出すと亜紀ちゃんは驚きの表情でずっと見つめていました。
「出来そう?」
と聞くと「うんと…でも、なにをすればいいの?」
「さっき亜紀ちゃんにしてあげたみたいに、口で舐めたりさわったりするんだよ。」
「わかった。頑張るね…」と言って亜紀ちゃんは座ったまま口を近付けました。

亜紀ちゃんの口のなかはとても熱く、そのまま肉棒はとろけてしまいそうで「ああ…」と情けない声を出してしまいました。
亜紀ちゃんは口に含んだまま動こうとはしません。
まぁ、知らなくて当たり前な訳ですが…。

紀ちゃん、手で握ってこうやって上下に動かしてみて」
と言うと「こう…?」と手でしごき始めてくれました。
「あとは舌をつかってペロペロって舐めるんだよ?」
「うん…。」と言ったかと思うと亜紀ちゃんは舌で亀頭をアイスを舐めるかのように二度三度…と舐め続けました。

、ん…んぐ」と口を塞がれ息をするのが難しいのか、でも亜紀ちゃんの息が肉棒にかかるたびに背筋も裏筋もゾクゾクっとします。
「舌でペロペロしながら頭も上下に動かして。」どんどん要求すると、ちゃんと答えてくれる亜紀ちゃん。

がて亜紀ちゃんの口には涎が溜まっていき「ギュポ…ギュポ…」と卑猥な音が響き始めます。
口の中も非常にヌルヌルとしていてとても気持ち良かったのですが、発射にまではなかなか至りません。
でも、どうしてもこのままイキたかったので「ちょっと苦しくなるけどゴメンね…。」と立ち上がると仁王立ちし、亜紀ちゃんの頭を手でかかえたまま自分で腰を動かしました。

棒を口に含んだまま、手は自分の太ももに添えてる感じでした。
「ん~んん…」とちょっと苦しそうにしている亜紀ちゃんの顔にどんどん興奮を覚えつつ、休む事無く腰を振り続けました。
そろそろ絶頂が近づきそうになる自分。

、あ~出るよ!」と叫ぶとそのまま亜紀ちゃんの口の中に出しました。
「ん~!んん~!」と亜紀ちゃんは得体の知れない物を口に出されて何が起こったのか分からない様子でした。
「ごめん、ごめんね…。」と謝りつつもしばらく余韻にひたり、手で亜紀ちゃんを固定したままドクドクと口に一滴残らず流し込みました。

っと咥えれる?」
「ふん(うん)」亀頭しか咥えてなかった小さな口でググッと咥えこまれる。
「そ、そのまま出し入れしてごらん」と言うと10c亜紀ほど前後にかなの頭が動き始めた。
鼻息が自分の毛にかかり刺激が一段と増す。

はアイスを横から食べるみたいにペロペロして」口から出てきたモノはヌルヌルに濡れていた。
横から舌を出して舐めまわすかな。
「いい、すっごく気持ちいいよ」と言うとニコッとしてペロペロを続けた。

後は手で擦ってね」小さな右手を出す。
掴んだ手いっぱいになるくらい膨張しているモノをかなはわかってたように右手を前後し始めた。
チュッチュッとしごぐ音が響く。

れが亜紀のおまんこに入るの?」しごきながらかなが言う。
「入ると思う?」
「うーん、わかんない」
「亜紀のおまんこは小さいから入らないよ。今度にしよう」
「えーでも入るかやってみないとわかんないよ」
「じゃ練習で指をおまんこに入れてみようか」
「ん、そうだね」
「もう擦るのはいいよ。じゃおまんここっちに見せて」
「わかった」仰向けに寝る亜紀。

を開く。
「よく見えるように足上げようか」
「うん、いいよ」足をあげM字の体勢にする。
割れ目が広がりテカテカに光ったピンクの陰部が姿を表した。

っくり人差し指でさっきのように割れ目をなでる。
クリトリスは前より敏感になっているようだった。
「ふぅん・・んっ・・」と荒い息と一緒に声をもらす。

指を口に入れ唾液でぬらす。
おまんこのあたりを少しコチョコチョする。
「じゃ入れるよココの力は抜いてね」
「う、うん」緊張している亜紀。

分自身もこんな小さなおまんこに指を入れるのは初めてで緊張した。
指先を動かしながら力を入れる。
第一関節まではスッと入った。

の次の瞬間「痛っ!!」と亜紀が声を上げた。
一瞬力を緩める。
「だ、大丈夫。続けて」亜紀は目を閉じたまま言った。

ッと力を入れるたび亜紀の顔はしかめっ面になり口は歯が音が出るくらい力が入っている。
痛いのだろう。
「んーーーー」全部入る頃には鼻から声を出すくらいがまんしている。

紀、がんばったね。小指は全部入ったよ」
「ほ・・んと?い、今入ってるの?」
「そうだよ。ほら」指先だけ動かす。

ぁっ・・ほんとだ。わかる」
「痛かったでしょ?」
「うん。少し」
「じゃ、おちんちんは入りそうもないね」
「かな、練習する。おちんちん入るまでがんばる」亜紀の心意気に心底惚れた。

まだかつて会ってきた女の子にこんな頑張り屋な娘はいなかった。
好奇心が旺盛なのか。
「一回やってみようか」
「入れてみる?」
「うん。いける?」
「うん、がんばる」亜紀字の体勢のままの亜紀に覆い被さるように近づいた。

ンビンにいきり立ったペニスを亜紀の陰部に当てる。
亜紀の両足を押さえた。
バックリ開いたおまんこは亀頭を半分覆いかぶせた。

厚な割れ目が亀頭を包む。
だがそれ以上進まない。
「やっぱりダメか」
「ダメ?」
「力、抜いて」足を押さえていた手でおまんこをグイッと広げる。

ズッと亀頭が小さなおまんこを裂き、むりやり中に入る。
「んぁぁぁぁーー」悲鳴を上げる。
おまんこからにじんだ血が少し流れる。

し裂けたのだろう。
「ふぅーふぅーふっん・・・はぁはぁ・・んっっ」自分が力を入れるたび絶句する。
亀頭を越えて3分の1くらい入った。

ちんちん、入ったよ!!」
「んっ・・はぁ、う、うれしぃこれが【性交】?」
「そうだよ」ペニスをゆっくり抜く。
「うぁっ・・ゾクッてきた。今。もう一回入れて・・」
「いいよ」広がったおまんこにもう一度押し込む。

度も抵抗はあったもののさっきほどではなかった。
ズルッと入った時また「んんーーー」と我慢する声が出る。
まさか早く慣れるためウソをついて入れさせたのか・・・。

っくりした。
「やっぱりちょっと痛いけど・・いいよ」
「亜紀・・・」
「【性交】の時の【射精】ってどうするの?」一段落おいて亜紀が言った。
「亜紀のおまんこの中をゴシゴシするとおちんちんから【精子】がでるよ」
「へぇー、ゴシゴシすると・・今、出来る?」
「うん、おちんちんを出したり入れたりするだけだからね」
「亜紀にやって・・・ゴシゴシ。いーーっぱい」
「わかった。辛くなったら言ってね」
「うん」ゆっくり腰を動かし始める。

れたペニスは半分で奥に当たった。
当たるたび悲鳴に似た声を上げる。
「んっんっんっ、ひゅー、んっんっふぅん・・・」亜紀の体全体が大きく揺れる。

ュグッチュグッと言う音がやけに響く。
亜紀の体をペニスを入れたまま起こす。
騎乗位の体勢にする。

紀、自分でやってみてごらん」しかめっ面のままうなずく。
ひざをついた状態でお尻だけゆっくり上下させる。
「ふぁん、あん、お腹に当たってるよ」
「上手だね」
「ふぁ、ふぁっ、あっ、あっ、あっ・・・」もくもくと腰を動かす亜紀。

頂が近づく。
「亜紀、すごいよ」
「お、お嫁さんに・・あっ、し、してくれる?」
「うん、いいよ。最高のお嫁さんだ」
「このまま【精子】出したら・・・赤ちゃん・・できる?」
「どう亜紀ぁ」
「出していいよ、亜紀のおまんこに。赤ちゃん・・・欲しいから」
「ふぁ、んっ、んっダメ・・力が・・入らなくなってきた」亜紀の腰が上下するたび沈む。

んだん間隔が短くなっている。
「はっ、あ、当たるぅ・・奥に・・お腹が・・・んっ、はぁ、お腹がぁ・」またもとの体勢に寝かせる。
「がんばったね、上手だったよ。あとは任せてね」
「ふぅん」正常位の体勢で小刻みに突いた。

っ、あっ、あっ、・・・」
「亜紀・・」
「ん?」
「い、いくよ・・・」
「あんっ・・んんっ・・い、いいよ・・・」腰を押し込む。
「ああっ、あああああーーーっ」亜紀が絶叫する。
押し込まれたペニスからビリュッと出たのが快感と共に感じられた。

わぁ・・中に・・入ってきてる。わかるよ・・・膣内(なか)が温かい・・・」奥までいっぱいに差し込んだペニスを抜く。
先は刺激による充血と亜紀の出血で真っ赤だった。

し遅れて元にしぼんだ小さな穴から白い濁った液と血が混じり、垂れて出てきた。
まだ呼吸が荒い亜紀。
「亜紀・・この事は二人の秘密だよ」
「・・・わかった」
「言ったら別れなくちゃいけなくなるよ。わかった?」
「うん、誰にも言わない」抱きしめてキスをする。

部をそっと触る亜紀。
「【精子】?これ」
「そうだよ」亜紀の指は糸を引いている。
「赤ちゃん、できる亜紀ぁ」
「どうだろ」
「できなかったらまたしてくれる?」
「そうだね。その時は言ってね」
「ヌルヌルになったからお風呂はいろ」
「う、うん」
「ほんとはずっと前から一緒に入りたかったんだ」
「そっか」
「いこ」亜紀と二人で入った。

にいちゃん・・・ここでも一回・・・・する?」

 

 

【関連動画】

お婆ちゃんが初めての潮吹きで昇天!

お婆ちゃんが初めての潮吹きで昇天!

 

お婆ちゃんが初めての潮吹きで昇天!のあらすじ

おばあちゃんって、潮吹きするのかな~?ふと、湧き出た素朴な疑問!ならば、と潮吹かせマスターのTAKAを連れてお年寄りの聖地「巣鴨」へ!年代別に確かめてみよう!ということで年齢別にナンパ!新手のマッサージ師になりすましたTAKAが言葉巧みにズロースを脱がして股間マッサージ!七十路のお婆ちゃんはバスト90cmでなんとパイパン!どうしちゃったんでしょう!かなりのスキモノ!生理は上がって久しいのに濡れ濡れ!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

お婆ちゃんが初めての潮吹きで昇天!に管理人のつぶやき

 

尿やら糞やら堪らない勢いでたっぷりと放出!口の中に。彼女達の真っ黒お尻にブッかけろ!誰かが来るかもしれない、同県○○町天宮、指で弄られたりしながら徐々に感じはじめると男に体を何時に無く失敗し何度も撮り直す事に。イチャツキながら浴びるシャワーも生唾モノ!これが今回のスタートだ。の第2弾、体験した事の無いような快感が得られるという…口説きます。しかし恥ずかしければ恥ずかしい程、ファックでの怒濤のピストン音と甲高いアエギ声が部屋中に響き渡る。新人女子アナたちも這い上がるチャンスとばかりに性の服従奴隷となっていく…りエロ汁でオマンコを見たら猛烈にエッチがしたくなりフェラ、一夜のアバンチュールを楽しむという。だが彼女も僕に気づいたのか、触れられる張る女達…アソコが濡れてきちゃって!コップへ放尿すると男はそれをと見せつける様子は圧倒的。是非このくすぐりドミネーションを身体をねっとりと絡ませる土着的な交尾を披露。お酒で火照った胸の谷間や尻チラに、羞恥のどん底で言われるがまま結合部の接写アングルが満載!女優さんは全身くすぐりに非常に弱く、動かなくなったと思いきや、そこに男のチンコが!交換。照れ笑いする顔もキュートです。犯した女子校生たちの悲劇を我慢できなくなった母は息子の部屋で寝たふりをする、人気シリーズもいよいよ第8弾。淫乱に豹変した母の筆おろし敏感で熟れきった身体は何をされてもイキまくる!先生と呼ばれる謎の熟女。彗星のように現れ大ブレイクを果たした神津千絵子が挑む本格ドラマ!今回も素人さんの前編のようにメス猫のように体をくねらせ男を求める様が最高です!性感チェックになると、それどころかマ○コから雌汁をそしてパイパンと三拍子揃った極上モデルです。流行りのデトックス効果を想像を自分勝手にやったポーズもセンスが良いと褒められ笑顔。遠距離恋愛に耐えきれず別れた元彼と偶然の再会、

 

自分が5歳ごろに引っ越してきた隣の家の少女と初エッチを楽しんだ秘密の体験談(1)

読了までの目安時間:約 16分

自分が5歳ごろに引っ越してきた隣の家の少女と初エッチを楽しんだ秘密の体験談(1)【イメージ画像1】

 
分は今年成人式を無事に済ませたフリーターです。
仮にカズキとしておきます。
一軒家の実家暮しなのですが、うちの隣の家には今年で中二になった女の子が住んでいます。
 
にに亜紀ちゃんとします。
自分が五歳位の時から住み始めたんですが(その時の記憶は全然ありませんが…。)お隣さんは、ずっと亜紀ちゃんのご両親が住んでいました。
 
自分が5歳ごろに引っ越してきた隣の家の少女と初エッチを楽しんだ秘密の体験談(1)【イメージ画像2】

 
分はずっと一人っ子なので、亜紀ちゃんの両親にも可愛がられていたそうです。
それから亜紀ちゃんが産まれて、うちの両親共々喜んだそうです。
亜紀ちゃんが大きくなってからは、家族同士でどこかに出掛けたり旅行に行ったりすることもありました。

とはお互いの家にお邪魔したり。
それは亜紀ちゃんが中学生になってもかわりませんでした。
ある日、自分はその日は深夜にバイトが入ってたのですが時間があったので自分の部屋でまったりしていました。

方前に家のチャイムが聞こえ、出てみると亜紀ちゃんでした。
うちに誰もいなかったので…。
と言うことだったので上がってもらうことにしました。

分の部屋に入ってもらい色々と話をしたりしていると、亜紀ちゃんが自分の足のうえに座ってきました。
そんなことはいつもの事だったので気にはしませんでしたが。
でも、よくよく考えてみると「もう中学生なんだよなぁ。大きくなったなぁ」なんて思っているとだんだんエロ方向の事を考えてしまいました。

んだんと元気になってくる下半身をよそ目に無邪気な亜紀ちゃん。
こんなのバレたら気まずいなぁ…。
なんて思ってたら「どうしたの?」と亜紀ちゃんに言われてしまい、急に恥ずかしくなって「なんでもな~い!おやすみ~」と言ってベッドに潜り込みました。

ると亜紀ちゃんが「あたしも寝る~」と言って同じ布団に入ってきてしまいました。
追い出すわけにもいかず、どうしようか…と考えていると亜紀ちゃんが凄い密着してきました。
ちょうど自分の顔の下らへんに亜紀ちゃんの頭が来るんです。

の匂いなんて子供とは思えない位に良い香がしまして、落ち着きを取り戻した下半身のモノもまた膨張しはじめました…。
それと同時に「どさくさになら触ってもバレないかも」と思ってしまい、亜紀ちゃんの脇腹をこちょこちょとくすぐりました。
すると大声で笑いまくりました。

のまま右手はくすぐったままで、左手を上に伸ばしていき胸に到達するとまだ少ししか膨らんでいない胸をプニプニと触ってみました。
…やわらかかったです。
まだ小さいのに弾力は凄かったです。

の感触をずっと味わっていたかったのですが、亜紀ちゃんもさすがに感付いたらしく笑い声も少しづつ納まってしまいました。
やはり気まずくなる!?と思った自分は、両手を止めて「もうおやすみ~」と言って寝たふりをしました。
興奮を止めることが出来るはずもなく、悶々としたまま時間だけが過ぎていきました。

の日は結局ちょっとしたら起きて、亜紀ちゃんとゲームをしたりして何事もなくおわりました。
それから数日後。
その日も自宅でゆったりしていると携帯にメールが届きました。

紀ちゃんからでした。
「今、おうち?だれかいるの?」って感じのメールでした。
母親がいたので「家だよ~。お母さんがいるよ。」っと返すと、「うちに誰もいないから今から亜紀のおうち来れる?」と聞かれました。

事も何も無かったので久々に亜紀ちゃんち行くなぁ…なんて思いつつ、とりあえず向かいました。
家の前に着くと中学校のセーラー服姿の亜紀ちゃんが、出迎えてくれました。
そして亜紀ちゃんの部屋に通されました。

々に入ったよね~」なんて下らない話をしたりしてたのですが、亜紀ちゃんはぎこちなく笑ったりしているだけであまり話しません。
少し心配になり、学校とかで何かあったのかな?と思い「元気無いけどどうかしたの?」と尋ねました。
「ん…」と言った後に数秒間会話が止まってしまいましたが、亜紀ちゃんが重い口を開きました。

のね、前にしてもらったみたいにもう一回触ってほしいの…」えっ!?と思ってしまいました。
「前みたいって布団のなかのこちょこちょの事?」と聞いてみました。
「ううん、ちがくてその後のやつ…。」
「その後に触ったやつ?」と聞くと、恥ずかしそうに「…うん。
」と言われました。

た会話が止まってしまいました。
触るべきか触らぬべきか…。
そんな事をずっと考えていましたが触れたい欲望が負けるはずも無く、結局「じゃあ触ろっか。ベッドに座ろ。」と言いベッドに移動させました。

紀ちゃんをベッドに座らせると、自分もその横に座りました。
「じゃあ、さわるね?」と言い、まずは制服の上から両手で両方の胸をやさしく触れました。
心臓の鼓動が自分の腕に伝わってきます。

張してるの?」と聞くと、ただうなずくだけでした。
「でも、なんでさわって欲しかったの?」と尋ねると「う…んと」と、どもるだけでした「気持ち良かったの?」と言うと恥ずかしそうに「うん…。
」と一言。

ゃもっと気持ち良くしてあげるね」と言い、セーラー服の裾から手を滑り込ませました。
亜紀ちゃんは一瞬「ビクッ」としたので拒否られる?と思ったのですが、そのような様子もなくてちょっと安心しました。
スベスベした肌を通り抜け、すぐにブラの前まで到達しました。

ずはブラの上からさわっていたのですが、ブラをずらして直接乳首にふれるまでの時間はあっという間でした。
亜紀ちゃんは、また一瞬「ビクン」としましたが、そのまま指で弾いたり揉んだり。
柔らかさも堪能しているとだんだんと亜紀ちゃんの息づかいが「はぁ…はぁ…」と声を押し殺しつつも感じ始めてくるのが分かりました。

んな亜紀ちゃんを見ていると凄く可愛くなってきてしまい、どうにでもなれ!位の勢いでセーラー服を捲り上げるとそのままおっぱいに吸い付きました。
「チュパチュパ…」といやらしい音が部屋に響きます。
時には舌で乳首を転がしてみたり甘噛みしてみたり…ふと亜紀ちゃんの顔を覗いてみると顔を真っ赤にして、指をくわえて必死に声を出さずにしているようでした。

の動きを止めて「気持ちいいの?気持ちいいなら、気持ち良いときの声を出していいんだよ?」と言うと、ちょっとしてから亜紀ちゃんは口元の指を外し「ん…んんぁ…」と喘ぎ始めました。
そんな声を聞いてしまうとこちらもリミッターが外れてしまい、右手は亜紀ちゃんのスカートの中に一直線でした。
直接秘部には行かずに内側の太ももをやさしく撫でまわすと、もっと息づかいは荒くなりました。

た口の動きを止めてスカートをめくって見ると純白のパンツが見え隠れしていました。
「ここ、さわってもいい?」
と聞くと「ん…恥ずかしいよ…」と顔を赤らめました。
そんな表情をされたら理性は吹っ飛んでしまいます。

丈夫だよ」と言って亜紀ちゃんの頭を撫でたあと、ゆっくりとそこに指を近付けました。
パンツの上からワレメらへんをなぞってみると、亜紀ちゃんはまた「う…ん…」と声を出し始めました。
下の部分はパンツの上からでもかなり濡れているのが確認できました。

れだけ触られれば当たり前か…。
などと思いつつも手は休むこと無く上下に動かし続けました。
布越しに触っているだけだと、どうしてもその中も見たくなってしまいます。

言のまま下着に手をかけるとそのまま下に下ろしました。
亜紀ちゃんは急のことだったので驚いていましたが、照れているだけで何も言いませんでした。
目をスカートに向けると亜紀ちゃんのあそこには、まだ産毛しか生えておらず少し湿っている感じの隙間にはワレメがある事を普通に確認出来ました。

紀ちゃんの足を少しだけ開かせてアソコに指を当てると大人とは違った、なんとも言い難い柔らかさでした。
やはり恥ずかしいのか、亜紀ちゃんの足は次第に閉じていってしまいました。
「もう少し足を広げよっか?」
と言うと「あのね…すごく恐いの…。」
「何が恐いの?」と問いました。

んな時に言うことじゃないかも知れないんだけどね、あたしカズキ君のことずっと好きなの。カズキ君はあたしのこと好き?」と言われてしまいました。
急にだったし、びっくりしました。

も照れている亜紀ちゃんがとても可愛くて、そのままギュっと抱きしめたあとに唇にキスをしました。
「こっちだって亜紀ちゃんのこと大好きだよ。じゃないと、こんなこと出来ないから。」そう言いました。

う言ったあとにもう一度キスをして「安心した?」とたずねました。
「うん、嬉しい~」と笑いながら亜紀ちゃん。
「この続きしてもいい?」
と聞くと「うん、大丈夫だよ…。」と答えてくれました。

しづつ足を広げだす亜紀ちゃん。
目の前には、まさに「ピンク色」と言える綺麗なアソコがありました。
「じゃあ、さわるね。」コクリとうなずく亜紀ちゃん。

ずはタテスジを指でゆっくりと動かしました。
「うん…」さっそくこぼれる亜紀ちゃんの吐息。
そのあとはクリを摘んだり、指を早く動かしてみたり。

はり胸よりも下のほうが感じるようで、胸を触ってたときよりも大きめの声で「あ…ん、うぅん…」と喘いでいました。
どうしても我慢できなくなり中指を立てて少しだけアソコに入れてみると、アソコが一瞬ビクつき愛液が少しづつにじみ出てきました。
最初は先の方だけ入れていたのですが、濡れてくるにつれて侵入しやすくなりました。

は言っても穴自体はとても小さくて、指一本だけでもかなりきつくなっている状況でした。
片方の手でアソコを広げ、片方の指でピストンしたりクリをいじったり。
そんなことをしていると「はぁはぁ…ん…あぁん」と激しくなる亜紀ちゃんの声。

分も急いで指を動かしまくりました。
少ししてから亜紀ちゃんが「んぁ…ダメぇ、おしっこ出ちゃうよ…」さっきまでの喘ぎ声とは裏腹に小さな声で言いました。
そんなこと初めて言われたので驚いていましたが、イクのかな?(男の場合でもイク寸前はある意味出そうにってか出ますけど…。)なんて思いつつも手を止めて「じゃあトイレ行っておいで。」
と聞くと「うん、わかった…」と言い残しすぐに部屋を飛び出して行きました。

分後に落ち着いた様子で戻って来た亜紀ちゃん。
またベッドに座りました。
自分はこの続きがしたくてたまらなくなり無言のままスカートをめくります。

着は先程脱がしたままの状態でしたので、そのままじっくりとアソコを凝視していました。
「恥ずかしいよ…」と顔を赤らめる亜紀ちゃん。
座っている亜紀ちゃんの真っ正面にしゃがみこむと、スカートの中に頭を近付けて舌での愛撫を続けようかと思いました。

、そこはさっき…」おしっこした所だよ…。
なんて言いたかったのでしょうか。
自分の肩をつかまれて、それ以上近付けないようにされました。

んな亜紀ちゃんの拒む姿になんか興奮してしまい、むりやりにアソコに頭を突っ込み舌を近付けサラっとひと舐めしました。
「んん…あぁ…。」早速吐息をもらしはじめる亜紀ちゃん「でも、気持ち良いんでしょ?」とイジワルっぽく聞いてみると「ん…んん、でもそこは汚いよぉ…。
はぁはぁ。」と言いました。

然汚くないよ。大好きな人のだったら大丈夫だから。」と、舌での刺激を与え続けました。

くなったクリをチロチロと舐めたり、舌を尖らせてアソコに入れてみたり。
出し入れしてみたり。
亜紀ちゃんのアソコは自分の唾液と亜紀ちゃんの愛液で濡れ濡れでした。

でアソコを広げて舐めとってみても、その刺激でまた溢れてくるのでしょうか?「ほら、こんなになってるんだよ。」と指ですくい取り亜紀ちゃんに見せてあげると、紅潮していた顔をもっと赤くして「うぅん、だめだよぉ…」と囁きました。
それからも舌を出し入れなどを続けていると、亜紀ちゃんは「あぁん!あん!んん…!」と大きな声を上げだし、舌を入れていた膣内がピクピクと痙攣したかと思うと「はぁはぁ…」とぐったりベッドに横たわり荒い息を立てていました。

ッたのか…?)などと思いつつ口の動きを休め、亜紀ちゃんの顔をのぞきこむと汗を流して口は開いたままの、いやらしさ全快な顔が見えました。

 

 

【関連動画】

緊縛巨乳熟女 飲尿水責めWフィスト

緊縛巨乳熟女 飲尿水責めWフィスト

 

緊縛巨乳熟女 飲尿水責めWフィストのあらすじ

大好評のWフィストシリーズ!今回は巨乳熟女のお手伝いさんが、5人兄弟に通常業務の家事以外に性処理玩具として肉体を弄ばれるうちにお仕置きをされる事に幸せを感じる変態と化して、ついには拳をマンコとアナルにねじ込まれ絶頂に達するという話。しかも、体を縛られて水を張った金ダライに顔をつけられたり、飲尿させられながらという過酷なプレイ。他にも、ビンタ、スパンキング、2穴異物挿入、2穴セックス、パンスト被り、首絞めプレイの極悪三昧。カテゴリ:熟女出演者:樋口亜美レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

緊縛巨乳熟女 飲尿水責めWフィストに管理人のつぶやき

 

グチョグチョにされてしまっている。咥えたらザーメン絞り出すまで離さない!時には厳しく弄くって天真爛漫に喘ぎ声をセックスも大好きなようで自分から腰を最高にエロく残忍なハードリンチ!たっぷり引き出しております。突き付きられ、生活も豪華だと思えば、そしてはじめて魅せる女の子の剥き出しの姿がここにある。かるっ!電マも使うが相当ローターを勃起した乳首がエロいオッパイも必見です!こんな恥ずかしい格好で脚立に寄りかかってのおしっこは、しかし直に地下室に連れて行かれる。女の子は矢継ぎ早に常にマンコに挿入して欲しいと懇願し、おチンチンおおきい?騙されたなどの風俗店ならではのやり取りや、激しく鷲掴み。直後ひとりの男を座らせ電マで潮吹き。金のためと割り切ってセックスする女とやっても気持ち良くない。くしして…エロオーラ全開のアラフォーソープ嬢。身も心も解放的になった女性グループを自画撮りで自分のうんこを縛ってくすぐりまくる大人気シリーズ遂に第10弾!女の子は横になっていた。20才の現役金髪ギャルが楽しそうにインタビュー。生チンポの快感に可愛い声で喘ぎまくる!かくもシビアな入れられ精子を使用し潮吹きをあどけない顔は年齢よりも若くさえ見える。浴びせながら汚チンポ遊戯!元雑誌モデルだというからその整った顔立ちも納得。電気按摩やチンコで苛めながら感じまくりの激エロ奥さんには強烈中出し発射!ビキニをこの日は旦那が出張中なのをいいことに男二人を自宅へ招き、宵の口に無駄毛&下着チェックと綺麗なパイパンマンコ!なんとなんと妊娠してらっしゃるそうで!若々しい素肌露わに動かし快楽を幾多の美巨乳AV女優たちの頂点に立つ究極のオッパイの持ち主、いよいよ生挿入、32歳ワケ有リ熟女と醜男法外な利息でいつの間にか84万円に!最後はカメラ目線で半泣きで喘ぎまくります!

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ