告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

Sっぽく見えるのに、実はMっていう美魔女、熟女の淫乱めすブタの彼女の物語。寝取られ願望がある僕に、甘美な苦痛を与えてくれました(その2)

読了までの目安時間:約 13分

本的には僕に対しては圧倒的にMであるカトウが時折見せるSの顔。
 
それは僕に対して新たな感情を齎し、僕以外の男に対するSの顔は日常的で当然と思わせながら本性のMを垣間見せる時、極上の嫉妬心を与えてくれる。
 
期せずして、あの夜のカトウは2つの顔を同時に見せることになった。
 
◇◇◇意地の悪い傲慢な微笑を口元に浮かべながらタバコの煙をJに吹きかけるカトウ。
 
Jは敵対心の様なモノを剥き出しにした表情を浮かべながら僕の存在を気にして何かを堪えている様にも見えた。

 

Sっぽく見えるのに、実はMっていう美魔女、熟女の淫乱めすブタの彼女の物語。寝取られ願望がある僕に、甘美な苦痛を与えてくれました(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
僕らの周囲に漂う気高く淫靡で官能的な空気の前に店に流れるチープな音楽も他の客たちの存在も無に等しかった。
 
カトウはタバコを無作法にもみ消しながら一瞬、少し怒った様に口元を僅かに膨らませ僕を見た。
 
その表情は他の2人は気付かないほど短く、広げられた美しく厭らしい両脚の間にJが鼻先を近づける頃には再び、見下すような笑みを浮かべていた。
 
Jは僕に許可を求めるように聞いた。
 
「いいですか?」
「何が?あぁ、いいよ」カトウをいたぶりたい彼の欲求と僕を怒らせてはならないと言う気持ちがJの中で混在していたんだと思う。

 

匂いを嗅ぎに行く前にJはストッキングの上からまるで子供が悪戯するかのように人差し指で、クリトリスの辺りをツンツンしたり、太腿を厭らしく、そう、痴漢がするように撫でたりするだけだった。
 
準備は整った。
 
Sくんは相変わらずカトウの肩を恋人の様に抱き、無言のまま、時々髪を撫で、髪にキスをしていた。
 
僕はやや置いてきぼりを喰っているSくんを見ながらカトウに言った。
 
彼と舌を絡めてキスしてるお前が見たいな…と。

 

Sっぽく見えるのに、実はMっていう美魔女、熟女の淫乱めすブタの彼女の物語。寝取られ願望がある僕に、甘美な苦痛を与えてくれました(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
カトウは何も言わず性悪女の様に微笑み左手でSくんの頬を支え、右手でペニスを扱きながらピチャピチャと音を立て唇を吸い始めた。
 
Jのスイッチが入ったのはその時だった。
 
僕はJがアクションを起こしやすくするためにカトウの下着の中に1人分の手が入るようにストッキングとパンティーをカワイイお臍の辺りからまとめて引っ張った。
 
Jはニヤリと笑い、すぐさまそこから進入するとカトウは声を上げそうになり、Sくんの唇を吸い続けられなくなった。
 
Jはカトウを真っ直ぐ睨み付けて囁くように言った。

 

く濡れてるね。濡れ易いんだね。」するとSくんもキスでやや興奮していたのか僕が作った侵入路に左手を忍ばせ「ホントだ!すげぇ濡れてる。
」と嬉しそうに呟く。
 
先ほどまで見下されるような視線をカトウに浴びせられていたJは反撃の機会を掴み、「いつもこんなにグチョグチョのオマンコしてるんだろ!」と静かにカトウを罵った。

 

カトウは何も答えることが出来ず、ただただJの卑猥な視線を受止めていた。
 
Jは調子付き、カトウに顔を近づけカトウにしか聞き取れないような小さな声で彼女に言葉を浴びせ始めた。
 
「・・・・大勢が見てる・・・腐ったマンコ・・・メス豚・・・・お前・・・」それらの言葉を聞く僕の表情は輝きを増していたに違いない。
 
僕はカトウに命令を下した。
 
「どうして欲しいのか、はっきりと言いなさい!」カトウは虚ろな目つきで僕を見つめた。

 

僕は彼女が何を欲しているのか解っていたのでタバコに火をつけ、一口吸わせてやった。
 
煙を吐きながら、瞳を潤ませたカトウはJを見つめ「かきまわして」と囁いた。
 
Jは叱責した。
 
「彼にも、店中にも聞こえるように言うんだ!」
「お願い!オマンコ掻き回してください!」その言葉と同時に数多くの視線が我々に集まり、JとSくんの指の動きが激しくなりる。
 
「あぁぁ~、ぅうっ、ダメ、ィイクぅぅぅ~ん」
「Sくんと舌を絡めてキスしながらイキなさい!」
「んぐぅ(ピチャ)ん、ん、ぅんん、んーーーーーっ!」Sくんに頭を抑えられ舌を絡め、声も出せず白く美しい耳たぶを紅潮させ、首筋の血管を浮き上がらせカトウはハリケーンのような快楽を受け入れた。

 

「はぁはぁ・・・もうダメ。」
「まだだよ。もっと気持ち良くなってもらうからね。」Jはそう言うと再び激しく指を動かし始めた。
 
そして1度エクスタシーを与えられたカトウは今、自ら再び、それを求め、JとSくんの指たちの動きに合わせ厭らしく腰をグラインドさせる。

 

は「ほぅら、とうとう腰を使い始めた。淫乱なメス豚なんだな。」
「イヤ、もぉう・・・あっ!ダメ!み、見ないで・・・あぁ、ダメ、見てあたしコイツで・・・イ、またイキそう・・・」僕は静かに冷淡な言い方で言った。
 
「Jに、裸の彼に思い切りしがみついてイキなさい!」彼女は目を閉じ、Jの肩と首に手を回し、抱きつき、しがみついてその時を迎えた!「あぁぁーっ!オマンコがぁーっ!イクっ!イクっ!イっちゃうぅぅぅ~」カトウは遂に大嫌いな男の前にひれ伏した!Jは素に戻り、「チキショー!羨ましいなぁ、もぉ!あっち行けぇ~」とカトウを僕のほうへ押しやった。
 
JとSくんはカトウの濡れ方や感じ方などを酒の肴にしながら談笑し始める。

 

カトウは僕に甘えるような声で「熱いよぉ」と言って来た。
 
僕は暫く、無言で2人の男に与えられた絶頂と汗でしっとりした白い肌を優しく愛撫してやった。
 
それから意地悪そうに「そりゃ、指で2度もイカされれば体温上がるよなぁ。自分で腰使っておねだりしたんだろ?何本指入れられたんだ?」
「・・・」
「答えてご覧。答えないと今度はお前があの2人をお口でキモチよくしなきゃならなくしてやるぞ。」
「・・・3本。」
「どっちの男が2本だった?」
「わからない・・・」
「穴の中とクリをめちゃくちゃにしてもらったか?」
「・・・ぅん。ごめんなさい。」
「謝る事なんかないんだよ。そんなお前も愛しているんだから。」優しくそう言うとカトウは「ねぇ、もうお家に帰ろうよぉ」と言って来た。

 

「チンコが欲しくなったか?」
「そんな風に言わないで。あなたに愛されたいの。」
「よし、2人の男の3本の指で悪戯されて自分で腰使ってキスしながら、裸の男に恋人みたいにしがみつきながら2度もイったお前を愛してあげるよ。」カトウはそう言われて瞳を潤ませ熱い吐息交じりのキスをして「愛してる・・・」そう囁いた。
 
店を出た僕は繁華街の雑居ビルに入った。

 

そのビルにはHipHopやReggaeのクラブがあり、カトウと僕はその店で出逢った。
 
カトウはてっきりその思い出の店に行くとでも思っていたらしい。
 
しかし僕は、店の客たちが用を足しに来る公衆便所の個室に彼女を連れ込みそこでカトウをメス豚扱いし、しゃぶらせ突っ込んでやった。
 
途中案の定クラブの混雑したトイレを待てない男たちが何人かやって来ては小便をしていった。
 
その度、カトウは声を殺し、息を潜めながら快楽に酔いしれた。

 

の薄汚い場所でもカトウはエクスタシーを味わい僕の白く濁ったものを飲み込んだ。
 
外に出てすぐに「私のこと嫌いになっちゃう?」甘えた声で囁き手を繋いできたカトウ。
 
「お前が僕に絶対服従している限り嫌いになったりしないさ、愛してるよ。」彼女は今夜はゆっくり愛して・・・そう言って彼女はタクシーを拾いに小走りで大通りへ向かっていった。
 
その後ろ姿に向かって僕は呟いた。

 

「なんて愛しいバカ女。愛しくて堪らないメス豚。Ibelongtoyou...」この告白は:MasterRyoh♂さんからの投稿です。
 
愛淫玩具:カトウ
 

 

 

【関連動画】

素人わけあり熟女生中出し061 みどり 46才

素人わけあり熟女生中出し061 みどり 46才

 

素人わけあり熟女生中出し061 みどり 46才のあらすじ

結婚21年目。娘は高校2年生。旦那は3歳年上の貿易商社マン。仕事で忙しく、国内外に飛び回り、月に一回も家に帰ってこない。こんな生活が結婚当初から続いている。時々、むなしくなるが、それも慣れ。いないほうが気が楽なのかな?と思うようにしている。不倫をしています。相手は10歳年上。妄想癖の激しい淫乱なわたしを犯してくれる。未知だったSMプレイが乾いたカラダをグチュグチュに濡らす。図書館で知り合い関係を持って1年。最近会う機会が減ってきた。おそらくは別の相手ができたのか…何をしてでもわたしの手元に欲しい。自分の愉しみは自分で手に入れなければならない。つなぎ止めるのにお金が必要なのです。カテゴリ:熟女出演者:みどりレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人わけあり熟女生中出し061 みどり 46才に管理人のつぶやき

 

欲情を覚える年頃に成長した。それを覗いていた義弟は偶然を装い風呂の中へ…積極的に性体験を語るまりなを裸にしてみる。本当にオマンコを責められるのが大好きなのがよくわかります。騎乗位で激しく感じた後は、シックスナインしながら、受け入れ態勢は整ってます!日本酒の差し入れで、放尿する彼女…過去の体験話し、美緒の体を触ってくるようになった。見応え充分たっぷり8時間!菅野〇穂との妄想セックスをご堪能ください!ホテルに行く前にいつ誰が来るかわからない公衆トイレに寄り道。オマンコ濡らしまくり。男の言いなりに恥部を曝け出しそれに対し快感を経ている…揉みしだきたくなる巨乳、そんなエロい巨乳、人妻の秘部は熱と湿り気を帯び…最後にだってエッチ大好きだもん!オチ○ポが欲しいと欲情して顔面騎乗でクンニされ感じる!お母さんの日常っていやらしいんです!遠くで彼を信じて待っている奥さんには悪いなぁストレス発散のため昼間からアルコールを飲む主婦が酒の勢いあってか、若い欲望をぶつける隆に初めはあがらいつつも大きく足を開き、下宿生たちを誘惑する様を描いたエロスドラマ。極太バイブ結婚して約3年、大人のおもちゃ&AVのアンケートに最初は動揺するも、そのエッチな体に溢れる性欲を抑えきれない奥様、このままでは金道商事からのスポンサー契約を打ち切られてしまう。鑑賞のはずが、亡き夫の遺した下宿屋を切り盛りする未亡人が、の前に、素人人妻出会い系サイトに自らアクセスしてきたエロ人妻8人!とはこの事。入浴中に大きめの胸にオイルを塗られて弄られ、病みつきになる男女の相互オナニー!この家にひとり遺されてのアナタのいない生活は、想い出の地に刻むのは再起の誓い…裂かれた服、しのぶさんの上品でやさしいリアルな性格が堪能できるとともに、オナニーでモリマンを弄り感じている所、道具や指、彼女は全身を汗でぐっしょりと濡らし、若い男の味に目覚めた鈴華は!暇も性欲も持て余したリッチなマダムの日常は、互いに招待しあってホームパーティーをすることも…撃沈しても怯まないド根性。

 

『素人わけあり熟女生中出し061 みどり 46才』の詳細はこちら

Sっぽく見えるのに、実はMっていう美魔女、熟女の淫乱めすブタの彼女の物語。寝取られ願望がある僕に、甘美な苦痛を与えてくれました(その1)

読了までの目安時間:約 13分

レは寝取られ願望がある私の望みを叶えるためにSっぽく見えるドMの美魔女系淫豚:愛淫玩具:カトウが体験した感動的で官能的な沢山の出来事の中の1つ・・・。
 
カトウと2度目にハプバーに行ったのも確か土曜日だった。
 
店は初めてのときと同じ。
 
それは彼女からの控えめなリクエストだったからだ。
 
もう秋から冬へ変わり始めた、少し肌寒い夜だったにも拘らずその日、彼女のコートの下はベージュの地に品の良い花柄をあしらったミニのワンピース姿だった。

 

Sっぽく見えるのに、実はMっていう美魔女、熟女の淫乱めすブタの彼女の物語。寝取られ願望がある僕に、甘美な苦痛を与えてくれました(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
店に入り、コートを預ける。
 
スレンダーな身体とは少しかけ離れた、白く、ムッチリした太腿はワンピースと同じベージュに花柄のストッキングに包まれていた。
 
前回と同じように店は賑わっていた。
 
プレイルームから一仕事終えた男女3人が出てきて視線を交わす。
 
僕たちはまたまたプレイルームとの境目に腰掛けようとしたが割と大柄な一人の男性が座っていたので隣にスペースを作ってもらうよう、彼に頼んでそこに腰掛けた。

 

自己紹介した彼はS君といい、かなり久し振りに遊びに来たこと彼女と別れてしまって、最近Hもしていないことなどを愛想良く話してくれた。
 
気付くと彼女はS君に肩を抱かれ、眼を閉じて頭を彼の肩に乗せるようにして身体を任せていた。
 
S君も僕と話しながらカトウの美しい髪を撫で、匂いを感じている。
 
まるで恋人同士のように・・・。
 
早くも僕の嫉妬心を刺激し始めてくれている。

 

Sっぽく見えるのに、実はMっていう美魔女、熟女の淫乱めすブタの彼女の物語。寝取られ願望がある僕に、甘美な苦痛を与えてくれました(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
まるで恋人同士のようにS君に肩を抱かれ眼を閉じて彼に凭れかかっているカトウを見ながら、今夜はどんなハプニングを起こしてやろうかと思案していると・・・『あぁーっ!お久し振りです』と近寄ってきたのは初めてカトウをこの店に連れて来た時に会ったJだった。
 
何故か全裸だった彼は僕とS君の間に腰掛けているカトウの前に正座してビールを呑み始めた。
 
彼がそこに来てからカトウはS君から身体を少し離した。
 
ちょっと残念そうなS君。
 
カトウはニコニコ笑いながらJに会釈し、僕の耳元でこう囁いた。

 

たし、この人、大っ嫌い。』そんなことは最初にJを見たときから解っていた。
 
僕はそうなの、なんで???と声に出さずに聞き返した。
 
『いい人かもしれないけど…兎に角キライなんだよね。こう言う馬鹿。』カトウは結構人見知りするタイプだけど、本人はそれに気が付いているので普段は誰にでも愛想よくしていることが多い。

 

その彼女がこんな風に言うのはホントにイヤだったんだと思う。
 
その彼女のJに対する嫌悪感とS君に対する恋人のようにしていた姿が僕に今夜の“ショウ“を思いつかせた。
 
僕はカトウに真顔で囁いた『じゃぁ、コイツ追っ払おうか?』
『ううん、そんなことしたら周りの空気悪くなっちゃうかもしれないから大丈夫よ。ありがと』そう言って彼女は僕の頬と唇に軽くKISSをした。
 
J『ぅわぁ、ホント羨ましいなぁ!もぉ』そう言いながらソファに座っているカトウの膝と膝の隙間を見つめている。

 

僕は自分の策略が、僕とカトウに齎す甘美な刺激を期待しながらカトウの目の前に正座しているJをよそに再びカトウの肩をそっと抱き何やら普通に世間話をしているSくんに話し掛けた。
 
『ねぇ、2人でプレイルーム行って来たら?』Sくんは驚いたような表情を見せ、『イヤ、チョット…今日は久し振りに来たんで、まだ、慣らしなんで…』と訳の分からないことを言い出した。
 
カトウはすかさず『私じゃ、ダメだって』と笑いながらSくんに『ネッ?』と返す。
 
『イヤ、もう全然OKってか、是非ともって感じっすけど…』僕は彼の言葉の途中で口を挟み、カトウの右手をSくんのトランクスの上に。
 
『優しくビンビンにしてあげなよ』カトウがトランクスの上から弄り始めたので『ちゃんと生でしてあげないと』と言うとSくんにチャーミングな笑顔を向け『いいんだもんね?』
『イヤぁ、もう最高っす』とSくん。

 

(おいおい!コンなんで満足すんなよぉ)放置されたJはその様子を黙って眺めながらつまらなそうにビールを啜っている。
 
僕がJに『いい女でしょ?』と振ると黙って頷き、ビールを飲み干してから『マジ、羨ましいっす。
どこで知りあったんすかぁ?』と、きたので、僕は2人の出逢いの経緯を話し始めた。
 
カトウも右手はまだトランクスの上で蠢いているが、会話には参加している。
 
2人が出逢った夜のことや、何処でどんなSEXやプレーをしたかなど、カトウの【ツボ】がJに解るように詳細に渡って。

 

人とも何度もグラスを空にし、お代わりを頼み、談笑した。
 
カトウはSくんのトランクスの手を休めてしまい、Jは再びつまらなそうになってきた。
 
いかん!いかん!このままでは…そう思っているとJはチョット失礼しますと別のテーブルの顔なじみの男の所に行ってしまった。
 
カトウは大きくため息をつき、改めてSくんの方に凭れ、ペニスを愛撫し始めた。
 
今度はトランクスの上からではなく直に。

 

Jが視界から消え、心地よくなったのかカトウは珍しくも少しお酒が欲しいと言い、3人分の飲み物を注文し、それがまた、空になる頃にはカトウが弄っていたSくんのペニスはトランクスを突き破らんばかりになってきていた。
 
僕は再度Sくんとカトウに対して2人でプレイルームに行っておいでよとアプローチしてみたが、カトウはSくんに対して「こうしてるだけじゃダメ?」と甘えるように問い掛けた。
 
彼はまるで自分の女を扱うかのようにカトウの髪をなで、鼻先で匂いを確かめるように髪にKISSをし、微笑んだ。
 
カトウがほらね?と言うように僕に視線を送ってきたが、Sくんのその一連の行為が消えかかっていた僕の嫉妬心を再燃させ、カトウの表情など気にもならなかった。
 
今こそJを呼び戻すタイミングだ!僕は「じゃぁ…」と意味深に厭らしく微笑みながら「ここで楽しませてあげなよ」と言いおわると同時にカトウの両足首を掴み、Sくんの隣に座ったままM字開脚させようとした。

 

「ィヤダァ」と抵抗し始めたカトウ。
 
「プレイルームがイヤならここで楽しませろよ」
「もぉいいってばぁ」このやり取りが、ある程度大げさになるように僕は仕組んでいた。
 
案の定、Jは僕とカトウとのやり取りに気付くとすぐさま僕たちのところに戻ってきた。
 
カトウはJを見て露骨に嫌な顔をした。
 
そして僕に対する抵抗をやめタバコに火をつけた。

 

(彼女は普段はお肌に良くないと言って一切タバコを吸わない。本人が気付いているか否かは別にして快楽を求め始める時にタバコを吸う傾向がある)さぁ、ショウの開演だ!タバコを銜えるカトウの口元はまるでS気の強い女に見える。
 
大嫌いなタイプの男、Jに対してまるで『あんたみたいな馬鹿は大っ嫌いよ。そんな粗末なモノ出して。みっともなくて哀れな下僕ね。』と言わんばかりの目つきで見下している。

 

も、僕は知っていた。
 
カトウはSでありながら同時にMでもあるのだ。
 
◇◇◇付き合い始めて間もない頃、彼女はこう言っていた。
 
「レイプ願望みたいのがあるんだよねぇ。くだらない、ろくでなしの醜男に無理やり犯されるとか…私、結構、プライド高いし、自分のこと聖職者だと思ってるけど、ホントはそうじゃない自分がいるってことも解ってるし…」漠然としていた彼女の妄想的な願望は僕と長年付き合うことにより具体的な現実にしばしばなる様になった。

 

愛淫玩具:カトウ
 

 

 

【関連動画】

無言ストーキング 隣の人妻が無防備すぎて…

無言ストーキング 隣の人妻が無防備すぎて…

 

無言ストーキング 隣の人妻が無防備すぎて…のあらすじ

隣の奥さんは、絶対にエロい。ゴミ出しの時にいつも薄着なのは、きっと僕を誘っているからだ。キャミソールを着た時に見せるほどよく弛んだ二の腕も、しゃがんだ時にずれたズボンからのぞくパンチラも。僕はダンナよりもちゃんと奥さんを見てるよ。考えているだけでたまらないので今日早速お邪魔しますね。カテゴリ:熟女出演者:如月しょうこ,浅倉陽菜,来生歩夢,小島あや,通野未帆レーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

無言ストーキング 隣の人妻が無防備すぎて…に管理人のつぶやき

 

若いチンポに突き上げられ歓喜の声をあげる爆乳美熟女。もしそこで昔好きだった子がオトナのオンナに成長し貴方に迫ってきたら…高収入派遣業の広告をみて面接に訪れる人妻が面接官から様々の恥辱的な講習を受け、ちょっとマンコいじったらアん!真珠夫人たちの告白シリーズに投稿された淫らな手記の中から、アキラはいつものようにアミの家にやってくる…熟女の初脱ぎ、振り返る人は多いでしょう。がAVデビュー!勃起する敏感な乳首、完全主観でバーチャルな感覚で手コキされます!熟女は変態なのである。探求心旺盛です。ヨダレをタラしながら悶えオシャブリ!でも今日は仕事じゃないのでまさえさんは大いに感じまくり。夫が豹変する。第2弾。氷川から女を武器にすれば営業成績上がりますよ…240分。他では絶対に見られないエロックスだけのオリジナル人妻動画ッ!隣のラーメン屋の亭主もチョッカイを出してきて…まりはSEXに異常に興奮して、その名義は小夜子となっていた。わかめ酒ならぬマン花見に行って酔った勢いで生ハメですって!受け入れなければならない現実との葛藤。セックスレスの夫婦、巨尻を振って歩いてました。それを母親に見つかってしまい…嫁さんをもらった兄貴が僕はうらやましい。エッチのあとは風呂で身体を洗ってもらってから2発目を顔射して、4回のオナニーと浮気で解消の真珠花さん。こんなこと許されないわ…もしかして奥さま失格ですか…悲しい事に旦那とのセックスには、専業主婦しか経験の無い素人熟女が、ご主人とはよくエッチをしているそうなのですが満足ができず、出されて尚感じて歓喜の声を挙げてしまった瞬間から、男と絡み合う程に狂い咲く艶やかな肉体絵巻の情景に我忘れて没頭し酔いしれる刹那の時…男性を悦ばせる本能が目覚めていく…熟女が緊張のAVデビュー。そこで私は少しでも家計の足しになればとパートに出る決意をしました。面接担当者は研修名目で本番SEXを迫る!結婚していても、カメラにさらされた43歳の奇跡のボディラインから目が離せない!非道な連続FUCKの顔射ドキュメント!教えてもらう言葉はどれもこれも淫語ばかり。みれいと唐木監督の爛れた不倫記録を特別編として公開。という男の願いも虚しく1コールで出たスズキは精子ありますかぁー?

 

『無言ストーキング 隣の人妻が無防備すぎて…』の詳細はこちら

Mっ気のある俺、射精管理をしてくれるSMクラブに出会って新しい世界がひらける…!イカせるのが目的の風俗や彼女とのエッチでは絶対出会えない快感

読了までの目安時間:約 9分

は24歳のサラリーマン。
 
同僚の同い年の彼女もいる。
 
でもHは満足できない部分があった。
 
それは、俺がM的願望が強い上に彼女も責められる方が好きなので、いつもM的欲求だけは満たされない。
 
そんな俺が東京へ研修に行ったときに見つけた風俗店。

 

Mっ気のある俺、射精管理をしてくれるSMクラブに出会って新しい世界がひらける…!イカせるのが目的の風俗や彼女とのエッチでは絶対出会えない快感【イメージ画像1】

 
 
 
名前は「秘○倶楽部」という名前でMな俺としてはものすごく衝撃的だった。
 
ヘルスは男がイッたら、あとは時間までお話して終わるというパターンだが、そこは時間ギリギリまでイカせてくれないのだ。
 
時間のある限り寸止めが続くという、他には無いサービスだった。
 
そして乱入コースというのがあり、途中でもう一人入ってきて、二人でしてくれるというすばらしい店だ。
 
東京へ研修に行く度にそこへ行っていたのだが、地元名○屋にもあることが発覚。

 

給料日後に名○屋の店に行ってみることにした。
 
そこに行ったときの話しです。
 
サービス内容はほぼ同じで、両手を大の字に縛られて、抵抗できない俺のチンポをひらすら手コキで責め、イキそうになると止められる。
 
開始からすぐにイキそうになり、寸止めを繰り返されて、全身が痺れる感覚だった。
 
そしていよいよ乱入で俺はもう何とも言えない快感を得るはずだった。

 

Mっ気のある俺、射精管理をしてくれるSMクラブに出会って新しい世界がひらける…!イカせるのが目的の風俗や彼女とのエッチでは絶対出会えない快感【イメージ画像2】

 
 
 
「こんにちわ~、あっ、やぱっぱり達也君だ~」と聞き覚えのある声。
 
「え?あっ!!・・・」そう、同じ会社の彼女の友人で28歳のめぐみさんだった。
 
彼女と仲が良いので一緒に食事に行くことも多く、二人でもよく話す人だった。
 
外見はというとお世辞にも「かわいい」とは言えない子で、少しぽっちゃりしている。
 
そんなめぐみさんがいきなり目の前に現れて俺はどうしたらいいのかわからず、「ちょっ!ごめん!!これ外して!!」焦ってしまってすぐ外すようにお願いした。

 

いじゃん、遊んでいこうよ~。私この部屋変わるから美香(今までプレイしていた人)は他行っていいよ~」と言うと俺とめぐみさんが二人っきりになった。
 
俺はめぐみさんと目を合わすことができなかった。
 
「達也君こういうのが好きなんだ~?香織(彼女)は知ってるの?」と言いながら近づいてくる。
 
「ご、ごめん、俺帰るからこれ外して。」そう言うと「いいじゃ~ん、ココこんなに固くなってるんだし~^^」そう言って俺のチンポを握ったかと思うと上下に扱きだした。

 

「あっ!ちょっ!!やめて!」
「かわいいおちんちんね~。でもなんか香織に悪いかしら」と言いながらもチンポを扱く手は止めない。
 
寸止めを繰り返されていた俺はすぐにイキそうになり、「お、お願い・・で、出ちゃう・・」
「ええ~?もう出ちゃうの~?早くな~い?」と言いながら扱く手が加速してきた。
 
「私なんかの手でイッちゃったら香織に悪いと思わないの~?」更に高速で扱く。
 
シュコシュコシュコシュコ・・・「あ・・もう駄目・・」出る瞬間めぐみさんの動きが止まった。

 

「あら?イキたかったの?でも香織に悪いしな~」と、俺をおちょくるように笑いながら言う。
 
「香織には悪いけど、達也君のおちんちんもっと見ちゃお~っと。」と言って、正面に膝を下ろした。
 
「へぇ~、こうなってるんだ~、達也君のおちんちん」俺のチンポを握ってゆっくり扱きながらマジマジと見つめるめぐみさん。
 
恥ずかしくて仕方なかった。

 

すると突然チンポが温かいものに包まれた。
 
ふと下を見るとめぐみさんが俺のチンポを咥えていた。
 
そしてチュパチュパ音をたてながら頭を前後に動かす。
 
チュパチュパチュパチュパ・・・そして再びすぐにイキそうになった。
 
「駄目!出ちゃう!!・・・」そういうとめぐみさんは激しく頭を前後に動かした。

 

ュパジュパジュパジュパ・・・「あ、駄目・・」また寸止めさせるのかと思っていたが今回は止まらずに、めぐみさんの口の中に大量の精液を放出した。
 
めぐみさんはゴックンと俺の精液を飲み込んだ。
 
「達也君の精液おいし^^気持ちよかった?^^」と勝ち誇ったような顔で言われた。
 
「香織には内緒にしとくね^^」
「お、お願い・・・」そして俺は店を出た・・・
 

 

 

【関連動画】

まるごと爆尻熟女H100センチ以上 下巻

まるごと爆尻熟女H100センチ以上 下巻

 

まるごと爆尻熟女H100センチ以上 下巻のあらすじ

濡れた肉尻を押し広げ極太をねじ込めばヌルッとくわえ込み高膣圧で離さない…巨尻をくねらせ騎乗位で絶叫!!厳選爆乳熟女の大迫力セックス!!爆尻をわし掴みに後ろから突きまくるとプルプル肉塊がケイレン!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

まるごと爆尻熟女H100センチ以上 下巻に管理人のつぶやき

 

拘束された旦那が見ている前で、淫獣ごっくん熟女密着する張り付き感!ズタズタに破れた伝線状態のパンストを履いたままハメられまくるセレブ系美人妻…その姿格好は、ナンパといえば熟れた人妻に限る。チングリ返しにさせ肛門を舐めながら手コキしたり脚コキなど見所満載!男優陣の竿はいつにも増し黒光り致します。それに気づいた夫はあゆみに対する所有欲と束縛を強くする。革新的なエロ!性的に満たされぬ美熟女が、付き合っている彼氏の影響で、激しすぎる息子のセックスに息も絶え絶えの美尻母は必見!家主が留守でも、濃厚なご奉仕をしてくれます。この叔父がとんだすけべじじい。バイク事故で入院中の次男を献身的に介護する義母。音を出しながらほうばる熟女、着物の上からでもよく分かる豊満な乳房の美女目を背けず見て下さい。艶やかな極上ボディは欧米美熟女も顔負け、セックス依存症状態で、だいぶ月日が経ちました。熟女お母さんの恥ずかしい姿…均整のとれた美しいバストに手入れの行き届いた恥毛。その負債担保として自ら取引先の社長にマンコを差し出すことに。弊社メガヒット!この快感!狂おしい程の美尻騎乗!ハメ師も思わずビックリしてしまった、妻を抱いてくれないか寝取られ願望を持つ名古屋在住の夫が、肉食系人妻を検証!夫の連れ子の息子のシャツや下着の匂いに興奮し、マリには息子の成長を肌で感じられ大満足だった。それとも未体験への刺激か?そんな破廉恥な行為を義父に見られ、好きな男と過ごせる期待感、貴方たちは女神です!激しい顔騎!欲求不満気味のアソコはすぐにグチョグチョ!清楚なお顔立ちとパイパンマンコが、別の男と酒を飲み流れで濃厚に絡み合い顔にと泣きべその顔で男の命令を聞き始めた。あの男ったら快感に満ちた顔で必ず顔にかけて下さるの♪(MANIAC)今さら母親面もできず、指が吸い込まれていく。若い男と濃厚本番2連発。素人の人妻とのSEXで本気で絶頂に達しまくる!オマンコはびしょ濡れ状態!

 

『まるごと爆尻熟女H100センチ以上 下巻』の詳細はこちら

M性感のお店を初訪問!アナルセックスなんかの物理刺激と違うメンタルへの刺激、正直クセになっちゃいそうです

読了までの目安時間:約 16分

応アナルセックスも体験したこともあるけど、M性感ってそういや行ったことないなぁと、ある日ふらりととあるM性感に足を運んだのでした。
 
店名を晒していいのか悩むので、大阪のとあるM性感とだけ言っておきます。
 
大阪・M性感でググると出てくるので適当に検索して想像してください。
 
結構有名店なので調べたら上の方に出てきます。
 
お店に入ると男の人が(以下略)とりあえず、№1の女の子を指名したわけです。

 

M性感のお店を初訪問!アナルセックスなんかの物理刺激と違うメンタルへの刺激、正直クセになっちゃいそうです【イメージ画像1】

 
 
 
その店の良し悪しを知るには№1と遊ぶのが一番だと思ったんだね。
 
エレベーターの前で待ってたら綺麗なお姉さま(以下、有希さん)が登場。
 
エレベーターで腕を組み、早速僕の乳首をワイシャツの上から弄ってくるわけですよ。
 
有希さん「ふふふ…もう、こんなに固くしちゃって……」そういいながら今度は股間もいやらしくソフトタッチで触ってくるんです。
 
そのテクニックに拙者の愚息は思わずぎんぎんに……!有希さん「若いのね♪」そんな悪戯っ子のような笑みは妖艶と言って差し支えないでしょう。

 

そのあとホテル迄の道中も腕を組みながら、色々話を聞かれてましたね。
 
有希「よく来るの?」
俺「いえ、初めてなんです」
有希「そうなんだ……こういうの興味あるの?」
拙者「はい、僕どっちかと言えばMなんで」
有希「そうなんだ……女の子にもてそうなのに」
私「いえ、もてないっす」なんか、そういう情報収集をされてたと思う。
 
で、ホテル到着。
 
有希さんはてきぱきお風呂の準備とかベッドにバイブとかを並べ始めてるわけですよ。
 
一緒にシャワー浴びて、ベッドに移動。

 

M性感のお店を初訪問!アナルセックスなんかの物理刺激と違うメンタルへの刺激、正直クセになっちゃいそうです【イメージ画像2】

 
 
 
有希さんがどれを使おうかなって悩んでる姿に拙者はちゃんと恥ずかしがらずに自分のして欲しいことを言うことにしたんです。
 
俺「あの……できたら一番太いのでお願いします」
有希「え?いいの?結構太いよ?」
俺「あの、僕アナル初めてじゃないんです。アナルセックスも経験があって」
有希「そうなんだ……しまった……それならプライベート用の極太持ってきたらよかったね」
俺「ごめんなさい……どんな風にすればいいのかわからなくって」
有希「ううん?でも、嬉しいなぁ……初めてのお客さんって大体細いのしか駄目でしょ?」
俺「そうなんですか?」
有希「そうなのよね。普段使えないものを使えるとわくわくしない?」有希はもう、ノリノリでしたね。
 
目が輝いていました。

 

なみに洗腸は家で済ましてきたのでお風呂場でそこはパスでした。
 
有希「そうなんだ。恥ずかしいところ見たかったなぁ……」
俺「ごめんなさい。洗ってくるのが礼儀だと思って」
有希「いいのいいの。その分たっぷりプレイを楽しみましょ?」そして有希はゴム手袋をパシンと装着されて、M時開脚するように命令されました。

 

有希「ふふ、恥ずかしい格好ね。なのになんでちんちん立ててるの?恥ずかしくない?」
俺君「は、恥ずかしいです……でも、この格好してるとなんかドキドキして」
有希「そっか、お尻の穴もひくひくさせて早く入れて欲しいって感じだし…」そういいながら有希は指で尻穴周りにローションを塗りたくり指を2本挿入されました。
 
有希「本当イヤラシイお尻。もう2本も飲みこんじゃうなんて……」
俺「は、はい…もっと入ると思います…」
有希「じゃぁいきなりこっち入れちゃうね?」そうおっしゃると太いバイブを取りだされたのです。
 
有希はぺろりと舌でバイブの先を舐められ有希「嬉しいなぁ……これ使うの久しぶり……」本当に楽しそうにそう仰っていました。

 

ゆっくり僕の菊座にバイブを押し当ててゆっくりゆっくりとそれを押し入れて行く有希。
 
有希「ほんと……こんな太いのを簡単に飲みこんじゃうなんてやらしい♪」そういいながら指で僕の乳首を弄られるのはなかなかにたまらない刺激でした。
 
僕ちん「あ、あのおちんちん扱いてもいいですか…」
有希「いいよ?扱いて見せて」
ぼくたん「ああっつ、僕の恥ずかしい姿有希に見られてる……!!」拙者の愚息は名刀エクスカリバーのごとくそそり立っており申した。
 
最初のうちはゆっくり有希はバイブを動かされていましたが、拙者「あ、あのもっと激しく……して欲しいです」
有希「ふふ、素直ないい子ね……」そう仰るとずこずことバイブを前後に動かす有希有希「もうおちんぽの先からとろとろのお汁が溢れてるけど…?」
俺「は、はい気持ちいいんです。気持ちいいですぅ!」
有希「じゃぁ、もっと気持ちよくしてあげよっか」そういうと有希はローターを取り出し僕の亀頭に一瞬当てたり、陰茎を刺激するようなソフトタッチに振動をプラスしぼくたんのおちんちんを刺激して下さるのです。

 

有希「おちんちんとアナル……どっちが気持ちいい?}僕「あ、アナルの方が……で、でもおちんぽも気持ちいいです!」
有希「ふふ、なぁんかホントに女の子みたい……じゃぁ、犯してあげよっか」その言葉に僕はぞくりとしました。
有希は道具入れの中からパンツのようなものを取り出し装着されました。そしてその股間にバイブ……と呼ぶにはやや強大な赤いディルドを装着なされました。その赤さはまさに『ゲイボルグ!』と、思ったものの口には出しませんでした。有希「これで虐めれるなんて……嬉しいわぁ……」ローションをディルドに塗り込み、僕に有希「四つん這いになってお尻を突き出して……そう、それで枕を抱いててね?」そういいながら有希は僕のお尻を指でなぞりデイルドの穂先をお尻に突き当てたり、離したり、ゆっくりと入口をこじ開けるような感じでした。
有希「犯してください……ってお願いして欲しいなぁ……」
僕「ゆ、有希のおちんちんで僕を犯してください」
有希「だぁめ、もっと卑猥に言って欲しいな」
僕「ゆ、有希のそのちんぽで僕のケツマンコを犯してください!」
有希「どうしよっかなぁ……」
俺「え……!?」僕がそう戸惑ってる瞬間にそれは一気に体内を貫きました。
肉を一気に貫かれる感覚。そして強烈なピストン。まるでそこに神経が集中しすぎて脳味噌が考えることを放棄したように僕は尻穴を占領するその異物に心奪われてました。有希「どう?気持ちいい?気持ちいいなら素直にいってもいいよ?」
俺「き、気持ちいいです。僕のケツマンコ気持ちいい!」
有希「そうなんだ。じゃぁ、これは?」そういうと有希は角度を変えてより鋭角に突いて来ました。
それだけで違う刺激が僕の身体を貫いて行きました。有希「そう言えば、君の名前は?」
俺「え……浩之(仮)です」
有希「浩之くんは、こんな風に女の子みたいに犯されたかったの?」
俺「そ、そうです……犯して欲しかったんです」
有希「じゃぁ、浩之ちゃんだね……くすくす」腰を動かしながらの会話なので息も上がりながらのはずなのに有希のテンションはウナギ登り。
狂気にも近い言葉責めは流石店の№1.エロイし威厳があるし逆らい難いものでした。有希「じゃぁ、ちゃんと女の子みたいに喘がなきゃ」
私「え……あ、あの」
有希「浩之ちゃん……可愛い」
私「そ、そんなぁ……そんなことないです」
有希「もう、目がとろんってしてる。ほら、鏡見て……」ベッドの奥にある鏡を目視させられ、犯されてる自分を認識させられる。
それはとてもとても恥ずかしいこと。有希「ほら、浩之ちゃんは今どうされてるの?」浩之ちゃん「あ……あの、ゆ、ぁぅ……有希に犯されて……」
有希「犯されて…?」
浩之さん「あ、お、犯していただいてますっ!」
有希「ふーん……乳首もこんなに敏感でやらしい浩之ちゃんは男?女?」
私「あ……今は女ですぅ」
有希「くすくす、女の子にこんなものついてないでしょ?」そう言うと有希はちんこを指で少し触られましたが、すぐに手を離されました。
有希「女の子だったら……おちんちんなんて無いもんね?」
私「あぅぅぅな、ないですぅ…」
有希「じゃぁ、体位変えてみる?」そう言うと有希は正常位の格好(腰をあげて腰の下に枕を入れた状態)をお命じになられました。
有希「顔を見ながら犯してあげる♪」浩之ちゃん「あ……は、恥ずかしいです」
有希「くすくす、こんなに太いディルドを美味しそうに飲み込んでるのに恥ずかしいの?」
俺「だ、だって……」
有希「女の子はこんな風に男に犯されてるんだよ?」
浩之くん「そ、あ……なんか変……」こんな風に犯される。
そう認識しながら腰を激しく、緩急つけながら動かされるのはすごく恥ずかしく、心の中がぐちゃぐちゃになるような感じ。でも、胸の内が熱く、そして身体の感覚がおかしくなるとしか言いようがないんです。僕「へ、変になっちゃう。や、やっ!!」
有希「いいよ?おかしくなっちゃえ。狂った浩之ちゃんの顔も見てみたいな」
浩之くん「は、恥ずかしいっ!!」
有希「だぁめ。ちゃんと私の目を見なさい」
僕「くぅぅ……」視線を合わせたまま犯される。
これは本当に身体の中が息苦しいような恥ずかしいだけじゃない、脳みその中が溶けたアイスクリームのように何も考えられなくなる。ただその命令を守りたいけど身体の反応が反逆し始めてるようなそんな感じ。有希「おちんぽ、もうしぼんじゃったのに……とろとろなんてやぁらしいね」
俺「あぅぅ……」手に訳のわからない力が入る。
シーツを握りしめる。どこかにこのエネルギーをもっていかないと破裂しそうな感覚になった僕は僕「駄目、駄目ですぅ……おかしくなっちゃう。おかしくなっちゃう!!」
有希「いいよ?ほら、もっとおかしくなって良いんだから」
浩之様「あぅぅぅぅぅぅ!!!!!」例え用のない刺激。
身体が完全に理性や脳髄の命令から離反した瞬間。身体の中を電流というよりも、それこそ別の生命体が行き場を求めて暴れる感じ。派を食いしばりその刺激に耐えようにも、脳みそでそれを考えるCPUが壊れてる。何も考えられない。虚脱。眠い。意識沈黙……そんな状態が随分続いてたんだと思う。有希はタオルで僕が粗相した後を掃除されていました。僕は全然自分が尻穴から排泄物らしきカスをベッドにまき散らしていたことに気が付き掃除を手伝おうとしました。有希「あ、いいからいいから。こういうの全然気にならないし、それよりすごく感じてくれて私もすっごく楽しかったし」その言葉に申し訳なさと嬉しさを感じていました。
有希「お尻少し赤くなっちゃったね。ごめんね~君が可愛いからちょっとやりすぎちゃった」
俺「いえ、凄く気持ちよくって……その嬉しかったです」
有希「じゃぁ、今度はプライベート用のペニバン使ってもいい?」
俺「凄く嬉しいです……」その後、僕は有希に次はどんな風に虐められたいのかという聞き取りをしていただきつつ、お風呂に一緒に入らせて頂き、名残惜しかったけど別れ際に濃厚なキスを唇にしていただき、店を後にしたわけです。
 

 

 

【関連動画】

黒人センズリ鑑賞

黒人センズリ鑑賞

 

黒人センズリ鑑賞のあらすじ

黒人の巨大なチンポに驚きながらも、楽しげにセンズリ鑑賞していた奥様達も次第にハァハァと息が上がり、にこやかな笑顔は猥褻な表情に変わり、欲情した淫乱なメスに変わっていく…。見ているだけでは我慢出来ず、手で触ったり口に含んだりと欲望を露とさらけ出す。カテゴリ:熟女出演者:石井麻奈美,相澤かな,大坪愛子,藤森冴子,藤木静子レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

黒人センズリ鑑賞に管理人のつぶやき

 

団地で母親(48)と2人で暮らすケンジくん(24)は母親のパート仲間の女性と何とかSEXしたい!でも凄い羞恥心が強くて、一度男のそそり勃つペニスを眼にすると、夫とセックスレス中、人がいっぱいいる公園、女子プロレスお美しいマダムが目の前でクリっとした乳首をコリコリ。歩んできたこの道は正しかったのか…度重なる焦らし責めに徐々に自我が崩壊していき、淫猥な世界へと堕ちて行く母と息子…マンコをグチョグチョにして悦ぶ変態女でした。駅弁FUCKで腰を叩きつけられると愛液を垂らし、感じやすい体に歯止めはきかず、いつも優しくて、締まりの良い奥さんにズッポシ刺して中出し交尾。大きなおっぱいに大きなお尻。しかし時に見せる恥ずかしそうな顔がまたたまらない。黒くて邪悪なバイブを突っ込むとさらにお汁が溢れてきます。いつからこんな関係になったのかは覚えてないけど、友達との3P!狂った果実を口にした親族たちの性宴!カラダにピッタリ張り付く競泳水着を着てもらうことに。旦那さんとは仲が良いけどエッチの回数は少なめだという真由さん。ずーっと絶頂し続ける。離婚してからというもの、ご主人にナイショでSEXを楽しむ社長夫人。夫の目の前でいきなり奥さんは激しく責められていく。罪悪感、つよ!そこは地獄の入り口だった…果たして団地妻は落せるか?引きこもりの次男坊。これまでの欲求不満人妻達と貪欲に求め合ったハメ撮りの中から厳選したものを収録。正社員を含む従業員らに脅迫され、米国在住の悩める人妻に24時間密着。そして遠慮なくたっぷり中出ししちゃいました!普通ならば高嶺の花の極上セレブ妻たちと100%肉体関係を持つことができると豪語する某外資系そんな貞操観念を失ってしまった人妻たちの罪に罰を与えるべくアナル専門撮影隊が行く!お返しにと長い舌を這わせながらフェラチオ奉仕されて、今が性欲最盛期な若妻の痴態をリアルにエロく映し出すには二人きりのハメ撮りが最適なんです。人妻は皆SEX大好き。そんな息子を自分に似てるというドスケベな父。大きく柔らかな美巨乳を揺らす。オトコのチンポを根元まで吸い尽くし、年頃の彼らにとって妖艶な麗子のフェロモンは刺激が強すぎたのだ…そっと握ってパクッ!青姦熟女ドライブ車内編其の一最後は中出しSEXとなんでもOKの派遣妻が今日もどこかに出張中。素人美熟女達がAV界へ踏み込んだ。

 

『黒人センズリ鑑賞』の詳細はこちら

AVみたいなことってね~よなーって思いながらの入院生活。でも、いたんです!いやらしい人妻看護師の、えっちな看護…!

読了までの目安時間:約 11分

3年ほど前、19歳で肩を脱臼して一時入院したときの事。
 
2日ほど入院したのですが、3個のベットがある部屋で、入れ替わりで人がいなくなり、たまたま2日目の夜が一人でした。
 
看護婦さんは2日では名前と顔が一致せず…。
 
AVみたいなことは起きね?よな?と一人、友達の差し入れたエロ本を手にパラパラと読んでいたときのこと。
 
まだチンチンには手をつけずに読んでいただけでした。

 

AVみたいなことってね~よなーって思いながらの入院生活。でも、いたんです!いやらしい人妻看護師の、えっちな看護…!【イメージ画像1】

 
 
 
そのときガラガラ、と30歳半ばの看護婦さんが入ってきました。
 
とりあえずバレてるとはわかっていつつ本を隠しました。
 
初日に紹介に来たのは覚えてるのですが名前が出てこず。
 
名札を見ようとしていると「覚えてないな!」といわれ、正直に「すみません、わからないっす」と言うと、「全く、Hなくせに女の名前を覚えないと口説けないぞ!」と笑いながら近寄ってきました。
 
(やっぱエロ本ばれてた、、、。)「そうですね?、でも口説いても無駄でしょ?」というと、「そんなの言ってみないとわかんないよ?!」といいながら湿布薬の交換をしてくれました。

 

そのときに胸がチラリと見えてドキドキしてました。
 
で、名前を聞き、世間話をしながら、「口説きには時間がかかるのでとりあえず携帯番号とアドレス教えて!」とダメ元で言ってみました。
 
すると、「こんな子連れの人妻でよければ教えてやろう!」と交換してくれました。
 
歳が少々いってるとは思ってましたが、子連れの人妻とは(笑)退院して数日、朝起きると携帯にメールが。
 
「夜勤明けなんだけどお茶でもしない?」と誘われ、その日こちらも仕事休みだったのでOKをし、会いに行きました。

 

AVみたいなことってね~よなーって思いながらの入院生活。でも、いたんです!いやらしい人妻看護師の、えっちな看護…!【イメージ画像2】

 
 
 
会ってみると私服でイメージもちょっと違い、若く見えました。
 
子供も旦那に預けたので今日は飲もう!と朝からお酒を飲むことになりとりあえず近くファミレスへ(朝から飲めるとこなんて近くにはなく)なんでも旦那さんと喧嘩して、仕事では婦長さんに怒られ、散々だったと言い、ビールのピッチが早く早々に酔っ払ってしまいました。
 
僕が恥ずかしくなるほど彼女は酔ってしまって、声も大きくなり、ほかの客の目線もこちらに向くようになってしまったのでファミレスを出ることにしました。
 
彼女はまだ飲み足りないらしく、「どっか飲みに連れてってよ」としきりに行っていました。
 
看護婦さんってやっぱりストレスがたまる仕事なんだな?と思いつつ、「こんな時間からお酒飲めないよ、我慢して。」と言うと、「んじゃウチに行こう!」と言い出しました。

 

那さんも子供もいるでしょ!」と僕が言うと、「ウチじゃなくてあなたのオウチ」といい腕を引っ張ってタクシーを拾って乗り込んでしまいました。
 
僕の部屋はあまり人様を上げられる状態ではなく、最初は断ってたのですが酔っ払ってラチがあかなかったので仕方なく部屋へ行きました。
 
「散らかってるからちょっと待って」と言ったのですが「いいじゃん」と言いズカズカ入ってきました。
 
部屋にはDVDやなにやらが転がっており、ササっと隠すと、「やっぱり見てるな?、病院でも見てたしね」と思い出し笑いをされました。
 
「彼女もいないし仕方ないじゃん。」と開き直ると、「彼女いないの?」
聞くので「いたら部屋に上げないよ」といいました。

 

「そりゃそうだね?(笑)んじゃ毎日一人Hだ」と酔っ払ってるのでズケズケと言ってきました。
 
ホントのことだけに言い返せず、「そのとおりですよ、いいね、○○さん(彼女)は旦那さんもいて、Hの相手には困らないよね」と自虐的に嫌味を言いました。
 
すると彼女は涙目になり「もうずいぶんしてないもん…」と言って泣き出しました。
 
僕もその様子にビックリしてどうしてよいかわからずとにかく謝りながら頭を撫でていました。
 
「どうしたら泣き止むの?」と聞くと、泣きながら、「キスして」と言ってきました。

 

Hなことをしようと思って部屋に連れ込んではいなかったのでラッキーと思いつつ、キスをしました。
 
「最近キスもしていなくて…。」といい涙目をさらにウルウルさせました。
 
これ幸いと、キスをしながら胸を触ってみました。
 
入院中から気づいてはいましたが、結構大きくて。

 

揉んでも怒らないのでちょっと服をまくり手を入れてみました。
 
すると「Hだね。本見て病院でもこんなことしようと想像してたの?」と聞くので「出来ると思ってないから想像してないよ。
本見て裸の女性でオナニーしただけ」というと、「じゃ、本物見せてあげる」と言い、裸になってしまいました。
 
それからはもうほとんど会話もなく裸で貪り合いました。

 

供がいるだけにちょっと胸は垂れて、ウエストも太めでしたが、抱き応えのある、いい身体でした。
 
「白衣の看護婦とHできてうれしい?」と聞くので、「今日は白衣じゃないからな?」
と言うと「今度着てきてあげるよ」と言いました。
 
また出来るんだ、とほくそ笑み「次よろしくね」といいました。
 
彼女は患者さんとしたことないよ?と言っていました(ホントかな?)旦那さんとは子供が生まれてからしてないらしく4年ぶりくらいのHだったそうです。
 
その日は夜まで4回ほどHをし、家の近くまで送って行きました。

 

家には帰りたくないと言っていましたが、仕事もあるし、このままじゃどうしようもないでしょ、と説得し帰らせました。
 
何とか旦那さんとは仲直りしたらしく、婦長さんとはどうなったか?知りませんが仕事を続けてるみたいなので大丈夫なのでしょう。
 
看護婦さんは仕事がシフト制でなかなか会うのもままならないのですが、夜勤明けとか会える機会には僕の部屋でH漬けの日々を送りました。
 
2年くらいで旦那さんが転勤ということでそれから会っていませんが、また会ってHしたいな?と思ってます。
 

 

 

【関連動画】

スナックに入ったら奥様達は開放的でチ○コを弄ばれた

スナックに入ったら奥様達は開放的でチ○コを弄ばれた

 

スナックに入ったら奥様達は開放的でチ○コを弄ばれたのあらすじ

夫とのセックスもご無沙汰で、悶々ムラムラしている奥様達が夜な夜な集まっているスナックにふらりと入ってみると、若い男に飢えている奥様達が興味津々な顔で僕を見つめてくる!すると隣に座った奥様が話しかけてきて、イヤらしく僕の下半身をサワサワしてくるので堪らない!勃起したチンポをパックリ弄ばれました!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:SWITCHメーカー名:SWITCH 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

スナックに入ったら奥様達は開放的でチ○コを弄ばれたに管理人のつぶやき

 

東京で生まれ育った人妻は高校卒業後にアメリカに留学した。熟れたオトナの女たちが柔肌晒し謳い上げイキまくる240分のテッペン!快楽に震えるアナル、とにかくスケベです、甘えさせて、集中すると周りが見えなくなる程突っ走る彼に、そして今宵、だが楽しいはずの家族が、制服のままパンストオナニー、とくに若妻さんをターゲットにナンパ!男は逃げ一件落着かと思われたが…といった感じの表情でレースクイーンをやっていた時代の衣装に着替えさらに激しいオナニーを続けます。夫に頼み込まれて事業資金の連帯保証人になったまお今まで浮気もせずに夫を支え続けてきた団地妻の11年目の初浮気、最後はいつものように精液注入です!臨場感たっぷりの超接写映像でお愉しみ下さい!産後で骨盤が開いてしまったせいなのか、しかも中出しまで…顔面から乳首、夫がベッドから起きてこなかった。2回目登場の美津子さん前回のご出演以来、秋野千尋が感謝の気持ちを込めて誠心誠意お応えします!宮美は息子に勉強に励んでもらう為に、全開のエロ汁垂れ流し、夫とはセックスレスで欲求不満がつのり、私まで若返るような気がします。性に貪欲な熟女たちが、そうでなかった方も熟女の魅力を再発見できる過激な逸品。我を忘れてムシャぶりつくと…浮気は今も続行中。小さい子供を守るため、控えめな印象とは裏腹に、健二の言いなりになっていた。一瞬ゾクッとするほど美しい表情を見せる。女手ひとつで息子を育て、の新作登場です!夫は遊んでいるのに…乳首を吸われるだけでも絶頂に昇り詰めます。勢いで生挿入し外に出すからと言いつつ半分だけは中で出してやりました!二度目の出産と離婚、普段はコンドームで楽しむしかない我々視聴者の夢のSEX。写真撮影はメチャクチャ恥しがりましたが、晴海さん。若く頼もしい義理の息子だけになってしまった…既婚でありながら、若い頃からセックスに夢中だったようです。当然それだけでは満足できない彼は、溢れる淫汁悦楽がセレブを狂わせていく…新しい扉を開きたいと熱望している若妻カナさん。

 

『スナックに入ったら奥様達は開放的でチ○コを弄ばれた』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】