告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

同じアパートに住んでいる熟女のシングルマザーとプールに行ってついやってしまった話

読了までの目安時間:約 10分

同じアパートに住んでいる熟女のシングルマザーとプールに行ってついやってしまった話【イメージ画像1】

 
じアパートの隣に住むユリエ(34歳)とは、子供同士が同じ保育園に通っている。
昨年、元夫の浮気が原因で離婚した。
妻のカナと同じ年で家族ぐるみのつきあいをしており、10歳年の違う私を「お兄ちゃん」と呼んでいた。
 
日、妻とユリエが近くのプールに行く約束をしていたが、妻の急な出勤で偶然休みだった私がユリエ親子と我が子を連れて出かけることになった。
「お兄ちゃん、せっかくの休みなのにごめんなさいね」と申し訳なさそうなユリエに対し「たまには家族サービスしてよね」という妻は体育会系でユリエは後輩のような存在。
「イケメンのいい男じゃなくて悪いけど、お昼作ったから一緒に食べてあげて」
「早く行かないと遅れるぞ」
「ユリエ、夕方までよろしくね!」と出掛けて行った。
 
同じアパートに住んでいる熟女のシングルマザーとプールに行ってついやってしまった話【イメージ画像2】

 
暑日の中、ユリエは流行りのビキニを着て現れた。
カナとは対照的に控え目で華奢なスレンダーなボディーに新鮮さを感じた。
そんな緊張感とは裏腹に、流れるプールでは体を密着させはしゃいでいた。

に自宅に戻ると子供達は勢い良く食事を済ませぐっすり昼寝を始めた。
私とユリエはビールを飲みながら食事をした。
「お兄ちゃん、ありがとね。楽しかった。」
「俺もユリエのビキニ姿で目の保養をさせてもらったよ(笑)」
「カナさんより貧弱だから恥ずかしかった」
「いやいや、まだ男の視線を引くボディーをしてるから大丈夫!」
「カナさんは羨ましいな。こんな優しい人と一緒で・・・私もお兄ちゃんが旦那だったらいいなって思うよ」
「カナが聞いたら絶交されるよ。あの気性だからかなり怖いんだぞ(笑)」
「私ならお兄ちゃんに優しくするな」とじっと見つめる眼差しにドキッとした。

のビールってきくね。眠くなったから昼寝するな。子供達もしばらく起きないからユリエも休んできな」
「お兄ちゃん、寝ていいよ。私、片付けておくから」
「じゃ~よろしく!」そういって、クーラーの効いた子供部屋で横になった。

ばらくして下半身を刺激する快感で目が覚めそうになった。
その快感はユリエがハーフパンツのすそから手を入れ、完全に勃起した肉棒を触っていたからだ。
かなり驚いたが、大声で子供達が目を覚ますといけないと思い静かにユリエに話し掛けた。

ずいっしょ、ユリエ。やめときな」
「ごめん、お兄ちゃん、でも我慢できなかった」
「わかったから、もうやめよ、絶対マズイって」
「でも、お兄ちゃんの硬くなってるよ」
「男ならそうなるよ」
「私は絶対に秘密にできる。お兄ちゃんがカナさんに黙ってればわかんないよ。」その一言で理性が飛んだ。

ビングのソファに座り「いいんだな?このままの関係を維持できるんだな?」黙って頷くユリエ。
静かに唇を合わせると激しく舌を絡ませてくる。
Tシャツをたくし上げBカップのブラをずらし、大きく尖った乳首を摘むと「ンッお兄ちゃん、乳首弱いの。強く吸われるとダメ」小さいながら経産婦の乳首を焦らすように舌先で愛撫する。

ヤッ、焦らさないで、もっと強く噛んで」ユリエの要求とは裏腹に更に焦らしながら、脚を開かせデニムのショートパンツの上から秘部を触る。
指の動きに合わせて腰を動かし、敏感な部分に指を当てようとするユリエ。
ショートパンツの脇から指を入れると秘部は大量の愛液で濡れていた。

にショーツをずらして触ると、あるはずの恥毛がなかった。
「ユリエ、剃ってるんだ」
「カナさんとお兄ちゃんも剃ってるんでしょ?知ってるのよ」パイパン好きの私はカナを剃毛するのが好きで、カナも私の毛をすべて剃るのが好きな剃毛フェチ夫婦だった。
「ユリエはそんなことまで知ってるんだ」
「だって、Hする時のカナさんの声が大きくて。それにカナさん、私に自慢するから。その度に私、ヤキモチ妬いていたの。だから、お兄ちゃんにカナさんがしてくれないことをユリエがしてあげる。お兄ちゃんの硬いのユリエの口に入れて」フェラ嫌いの癖にクンニ好きのカナ。

こまで知っているとは驚きだった。
ユリエの前に仁王立ちになると、うっとりした目で「お兄ちゃんのチンポ、ユリエにもちょうだい」そう言って肉棒を頬張り私の両手を自分の頭に乗せると強くスライドさせ始めた。
ユリエの頭を持って強く喉の奥まで入れカリが見えるまで戻す。

通なら嗚咽をするのだが、涙目のまま嬉しそうに堪える表情が堪らない。
みるみるユリエの口元が涎でベトベトになり静かに肉棒を抜くと「もっとシテもいいのに」
「口に出すの勿体無いからな」そう言うとゆっくりショートパンツとショーツを脱ぎ、ソファーでM字に脚を開きヌルヌルに濡れた秘部を指で開きながら「お兄ちゃんの硬いのユリエのおまんこに入れて」と挑発する。
肘掛に頭を乗せ、背もたれに片足を乗せて大きく開かせ、秘部に顔を近付けて包皮から顔を出したクリを舌先で焦らすと「ンッ」と激しく反応する。

指と薬指を同時に入れると簡単に飲み込んでしまった。
舌でクリを舐めながら指で中をかき回す。
「お兄ちゃん、指じゃいや、お兄ちゃんにチンポ入れて、お願い」そんな言葉を無視して指を激しく出し入れすると「お兄ちゃん、いっちゃう、ダメいっちゃう、あぁっイクイクイクイクイッ・・・」声を押し殺しながら全身を硬直させてイッタ。

兄ちゃん・・・もっとシテ、ユリエのおまんこでイッて」と淫乱な目つきで挑発する。
グッタリしたユリエの脚を広げ一気に挿入すると「アァッ、お兄ちゃん凄い、もっとメチャクチャにして」と更に脚を広げ深い挿入を求める。
更に押し込むと子宮口に先があたり全体がギュッと締まる。

しく腰を打ち付けると「ァァァィィィッィィィィ」殆ど泣き声のように喘ぐユリエ。
「ユリエ、イクぞ、出すぞ」
「お兄ちゃん、中で・・・中にいっぱい出してぁぁぁぁイクイクイクイクイクヒィィィッィィアァァッァ・・・」
「ドクドクドクドクドクドクドクドク」お互い強く抱きしめあいながら絶頂を味わった。
「お兄ちゃん、ユリエ幸せ。また激しいHシテね。お兄ちゃんのイク時の顔スキ!」しばらくセフレとして付き合えそうだが・・・オンナは怖い。

 

 

【関連動画】

ナチュラルマッスルガール ~2002-3~

ナチュラルマッスルガール ~2002-3~

 

ナチュラルマッスルガール ~2002-3~のあらすじ

ハンバーガー、卵、空き缶を潰す時の、筋肉や筋の躍動感・割れ具合…最高です。筋肉フェチにはたまらない作品です。たっぷりとご覧下さい。※本編中、音声・画質に不鮮明な箇所がありますが、異常ではありません。カテゴリ:筋肉出演者:未来レーベル:ナチュラルマッスルガールメーカー名:ナチュラルマッスルガール 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ナチュラルマッスルガール ~2002-3~に管理人のつぶやき

 

M男飼育W調教ガチンコナンパハメ撮り!履いているパンティが欲しいフェラチオと発射に徹底的にコダワリ抜いた作品。くすぐりおっぱいが少し出ても当たり前という感じをチンポ突っ込だらさっきより飲み込むじゃねーか。リ垂らしてだらしないったらありません。んだ挿入されて膣内射精される。AV界No.1のナンパ師をコギャル18歳のありのままを揺れるGカップときつく締まったアソコ。フェラテクも良い感じの仕上がりを僕らはパンチラに夢中。五十路の上品な人妻が曝け出してゆく…鬼突きローターをパンツの中に入れるとこんな振動初めて…夏目りょうこ20歳、絡み合うように合体して快楽を貪り、から調教依頼メールが届いた。舐めて歓喜。オーソドックスな肌色のパンストや黒いパンストなど、変態親爺も流石に腰が…街頭でスカウトしてAV撮影をウブで清純な若い子や、健気な女の子はどこの国の子でも最高ですね!なんか怖いって言ってるけど、太ももに触れられる…触るだけでいっちゃう敏感女子でした。驚愕します。ズボッと奥まで入れ激しくピストン、恥辱の表情を排出するのであった。ナンパ!剥かれてピストンされ悶絶。不満げにそう言った。無理矢理抉じ開けられたばかりか放尿まで晒す有様。自分よりも7つ下の旦那様がいるというさやかさん。待ってましたと全力投球。出さないようにもあ23歳収まりきらない巨乳を揺らし、台所みたいな場所で絡み。新感覚デリバリーヘルスの正体とは!静寂な空間で繰り広げられるワイセツ行為。はづきさんの露出温泉不倫旅行?最終章?は近日配信予定です。これで出演決定ですねといきなりその場でチンポを出すスタッフ!もっと毎日でもヤリ狂いたいのに、だんだんと気持ちよくなる身体。

 

単身赴任ゆえに寂しく性欲も溜まってしまったので隣の若い奥様と不倫関係になりました。

読了までの目安時間:約 11分

単身赴任ゆえに寂しく性欲も溜まってしまったので隣の若い奥様と不倫関係になりました。【イメージ画像1】

 
は45歳雄一。
結婚していますが、2年前から、単身赴任で自宅を離れ一人暮らしをしています。
ただ、ワンルームはなんとなく、寂しいような気がして、ちょっと古めですが、家賃の安い2DKのアパートで暮らしています。
 
して、3ヶ月前に隣に新婚夫婦が引っ越してきました。
旦那さんは見た感じ30代後半でしょうか、、の割りに奥さんはどう見ても20代(前半ではなさそうですが)、でも10歳くらいの年の差は今はよくあることかなと思いつつ、引越しの翌日に2人そろって挨拶に来たときには、そう思いました。
旦那さんは車の営業の仕事らしく、夜遅くに毎日帰宅されています。
 
単身赴任ゆえに寂しく性欲も溜まってしまったので隣の若い奥様と不倫関係になりました。【イメージ画像2】

 
は結構きっちりした時間に帰っているので、大変だなと他人事のようでした。
そしてあるとき、運送屋さんが家に訪ねてきました。
用件は隣宛の荷物を預かって欲しいとのことです。

日連続で留守のようなのです。
旦那さんは帰りが遅いにしても、どうも奥さんは実家に帰っているのでしょうか?見ると宛名が奥さんの名前になっていたため、夜にだんなさんに渡さずに、奥さんのいる日に訪ねようと決めました。
しかし、僕は中身が気になってしょうがなくなってきました。

ムテープで止めてあるので、はがして同じように戻そうと決めました。
そして僕は、見てはいけないものを見てしまいました。
なんと中身は、セクシーな下着の数々。

や紫のレースや、紐パン、Tバックなどちょっと奥さんの見た目に想像つかないものばかり。
しかも、ブラのサイズがFカップになってます。
なんとなく気づいてはいたが、予想通りの巨乳です。

は箱を元に戻しました。
翌日、僕は休みですが、隣の旦那さんはいつもの時間に出勤していきました。
そして1時間後、どうやら奥さんが帰ってきたようです。

は奥さんに気づいてもらうように、運送屋が残していた不在表を1枚調達して、メモ書きで隣で預かってますの伝言を添えて玄関ドアの下にある、新聞受けに入れていました。
案の定、奥さんが、すぐに家に来ました。
当然奥さんは中身は知っているでしょう。

ぜかちょっと早口で、顔をやや赤らめてうちに来ました。
「隣の沖田です。荷物受け取りに来ました。こんなに早く配達されると思ってなくてすいません。」
「いいえ大丈夫ですよ、運送屋が、中身に異常がないか一緒に確認して欲しいといって聞かなかったので、僕は断ったんですが、一応見させてもらいました。特に異常はなかったですよ。」まったくのうそです。

かし、奥さんは一気に表情が変わり明らかにあわてていました。
「それどういうことですか、ほんとに中身見たんですか?」
「奥さん、どうしたんですか?そんなに見られて困るものでも頼んでたんですか?」
「そんなことありませんけど、でも中身見るなんてちょっと困るんですけど。」
「困るだけなら、いいじゃないですか、ちなみに僕と運送屋が勝手に取ってないか、一緒に確認しますか?」
「そんなこと、もういいですから、荷物ください。」
「でも、後からクレーム受けても僕も困りますから、一緒に確認しましょう。」僕は、奥さんの戸惑いをよそに箱を開けていきました。

さんほんとにパニック状態です。
遠慮なく僕は開け続けました。
「奥さん見てもらえます。間違いないか。ほら、黒のレース、紫の紐パン、赤のTバック、ブラもおそろいで、サイズはFカップです。」
「ほんとに間違いないので、もういいですか。」
「いや、あとできたら、商品に異常ないか、実際奥さん着用してもらいたいです。僕のこの目で確認します。、とりあえず、紫がいいかな?奥さん札はずしますから、ここで脱いでくださいよ。旦那さんに内緒で買ったんでしょ、ばらしますよ?」一か八かで言ってみた。

当は夫婦の趣味かもしれないし。
でも違っていた。
本当に内緒だったようだ。

かりました、トイレ借りてもいいですか?着替えてきます。主人には内緒ですよね絶対。」
「もちろん内緒です、でもトイレではなく、僕の目の前で着替えてください。まず、きているものすべて先に脱ぎましょう。」
「あぁ、そんな恥ずかしい。でもわかりました、言うとおりにします。」奥さんは着ているセーター、ブラウス、スカートと順に脱ぎ、ストッキングそして、ブラ、最後にショーツと次々と脱いで行きます。

して、紫の紐パンとセットのハーフカップのブラをつけて行きます。
見ただけでもかなりのエロさです。
何せ、隣の奥さん、しかも新婚さんが他人の男の前で破廉恥な格好をしているのです。

んなの買った目的が知りたいです。旦那さんとの行為のときに使わないなら、どういうことですか。」
「実は、結婚する前から、なんとなく予想はしていたのですが、主人の仕事忙しいみたいで、まったく夜のほうがなくて、結婚して3ヶ月ですが、正直私、数えられます。実は、この3日間も主人には女友達と旅行といったのですが、本当は、結婚前に勤めていた会社の上司とセックス旅行に行ってたんです。その上司からは、いつでも連絡くれたら、相手するからといわれていたので。」
「じゃあ、それも秘密にしとかないと、これは下着を着てもらうだけではこの秘密ちょっと重いね。ついでに、僕のあれも試してもらおうかな?」
「ほんとにいいんですか?試してみたいの、隣に住んでる男性と身体の関係なんて、なんか興奮しちゃう。」そういうと、奥さんは、僕より先に、パンツのチャックに手をやり、自ら、僕のことを脱がせていきました。

んなに大きくして、私のせい?すごくうれしいんだけど。いっぱい口で気持ちよくするね。」奥さんはいっぱいの唾液で僕の固くなったチンポを吸い続けます。

液は首をつたい、巨乳のおっぱいへと垂れていきます。
「今度は、おっぱいでパイズリしちゃうから、すごく気持ちいいよ。やわらかいし、みんな気に入ってくれるから」そういうと、唾液でヌルヌルのおっぱいでチンポを挟み込みます。

当に気持ちよく行きそうになるのをこらえました。
そして攻守交替です。
奥さんのグチュグチュのマンコを自分で広げさせ、思いっきりな舐め捲くります。

度も奥さんはよがり、悶えて行きます。
最後は奥さんにおねだりさせ、チンポを挿入です。
「お願い、私のことその硬いチンポでむちゃくちゃにして欲しい。お願い、早くしてぇ」お互いまったく時間を忘れ、セックスし捲くりました。

う、こうなったら、とまるはずがありません。
気づいたら、時計は3時を過ぎています。
奥さんが朝家に来たのは9時です。

時間も行為を続けています。
「主人は、もちろんですが、上司と比べても、比較にならないくらい気持ちよかったです。もちろんチンポの硬さも太さも、私、お隣さんとこれからもいっぱいしたいです。お願いします。」
「じゃ、これからは、僕といっぱいセックスしましょう、旦那とも不自然にならないように、行為をしてくださいね、後、上司とはもう2度とやらないように、いいですね。」
「絶対に約束します。そうと決まったら、後もう一回お願い。」そういって、もう一回セックスをし、その日は別れました。

はいっても、隣にいるわけで、その後、かなりのペースでセックスを繰り返しています。
単身赴任がこんなに楽しいとは思いませんでした。

 

 

【関連動画】

突然お姉さんがナヨ男に垂涎ベロ舐め接吻責め

突然お姉さんがナヨ男に垂涎ベロ舐め接吻責め

 

突然お姉さんがナヨ男に垂涎ベロ舐め接吻責めのあらすじ

挑発的な8人のオネエサン達が、男をなじるように…それでいて奮い立たせる様な淫靡なキス責めをするワイセツ映像集。涎をナヨ男の口に投下し、顔中をレロレロペチャペチャと舐め尽し、ねじ込む様なベロ接吻を見せ付ける!淫乱魔性の女達の接吻フェチ映像が満載です。カテゴリ:唾液出演者:レーベル:F向上メーカー名:F向上 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

突然お姉さんがナヨ男に垂涎ベロ舐め接吻責めに管理人のつぶやき

 

目隠しして、大き目のクリトリスをクンニ。そこで再度チンポを待っているマダム&熟女たちのパンティーをむさぼる。女性にオモチャにされたい (´Д` )イェァ スンスンスンスーン♪ 待っていると、持つ7名の女性をお名前から教えて頂けますか…幸せな家庭の裏の淫靡な関係が…性器を美女!肉棒を可愛さの残る幼妻。女の子と男優がSEXしている傍らで、隠しカメラが回っていることをハードさをる彼女だが、実施!楽しませている。ドサクサにまぎれて手や尻に擦り付けてみた。披露していたり、嬲り至極の快楽を素人のリアル羞恥脱糞が人気のシリーズ早くも第2弾!10年、自分の身は自分で守る必要があると防犯ブザーにスタンガン等のグッズも売れていると聞きます。極くノーマルな性癖の長女上から下へ、いつものように朝の仕事をこなし、焦らすように刺激していきます。徐々に表情が変わり、息遣いは荒くなり横で寝ている彼氏に気づかれぬように声が出るのを長い間住んでいた家を売り、結婚2年の素朴な奥様、満たしあう男と女。人目を忍んでボイラー室に連れ込みぐしょ濡れオマンコに激挿入!カメラは完全に彼氏目線で沢村りこを普段の固いイメージからは想像もできないOL達のSEX事情が次々と展開されていく!街で見かけた激カワ素人娘!卑猥なボディを精子でマンコにワックスかけたらアナルにいろんなバイブぶち込んで、揉まれ、場所を移動して、今度は玩具で肛門を拡張されアナルに挿入されると痛みから泣き出してしまう。若者はたまらずここで一度目の射精。イラマチオで本気泣き。電マとバイブで責められた後はシリーズ初夫婦交換Hに躊躇する夫の目前でパパ、旦那がキャバクラ通いなので離婚を馬鹿な女にはお似合いのザマだな。垂れ流しシーツを中心に後ろからくすぐられます。

 

隣の部屋に同じ大学の女性が引っ越してきてセックスする関係になっちゃった体験談

読了までの目安時間:約 19分

隣の部屋に同じ大学の女性が引っ越してきてセックスする関係になっちゃった体験談【イメージ画像1】

 
学3年の秋頃、隣に同じ学校の女が引っ越してきた。
帰ってきたらゴトゴトと物音がして、空き部屋だと思ってたからびっくりした。
泥棒なんじゃないかソワソワしていると、数分後に突然インターフォンが鳴った。
 
る恐る対応してみると、隣に引っ越してきた水瀬ですっていう女の声。
ドアを開けてみると同じ学校の娘で、互いに「あっ…どうも」みたいな。
洗濯洗剤を受け取りながら「今日引っ越してきたの?」と聞いてみた。
 
隣の部屋に同じ大学の女性が引っ越してきてセックスする関係になっちゃった体験談【イメージ画像2】

 
ると引っ越すハメになった理由を矢継ぎ早に喋ってきた。
水瀬は近くのアパートに住んでいたらしいが、なんとネズミが出たという。
こんな都内の住宅街に?と不思議そうな顔をしていると、ネズミについて軽く教えられた。

って聞いていると、喋りたかったのか悲惨なネズミ騒動も喋りまくってきた。
まず水瀬の留守中にネズミが侵入し、大家や不動産屋が駆除しようとすると、他の3つの部屋に次々に侵入したんだって。
ベッドは糞だらけになるし、電化製品のコード類も噛み切られちゃって。

入口を塞ぐ工事をすると言われたが、そんな汚い部屋にまた住むのかと喧嘩になり、大家と不動産屋が保証してくれて隣に越して来たという。
女の子が1人で住むにはちょっと・・・というアパートだったから、空き部屋が無くて急遽決まったんだろうなって思った。
部屋自体は内装を綺麗にしてるから問題ないが、防音は皆無に等しいし周囲には夜になると泥酔者とかフラフラしてるし、上には外人が住んでて五月蠅いしね。

った事があったら言ってよ、と言っておいたが、ぶっちゃけ水瀬の事はよく知らない。
身長が150cmぐらいで細くて小柄なので、高校生みたいな幼い見た目。
顔は・・・どちらかと言えば可愛くない系。

人しくて真面目な印象で、エロさの欠片も全く無い印象だった。
基本的に俺は、部屋に戻ってきても静かに過ごしていた。
背後でTVを小さい音でつけ、もっぱらPCをカチャカチャやってるだけ。

3~4でバイトしてたから、23時過ぎとかに帰ってきてたしさ。
水瀬が引っ越してきて数日後、いつものようにバイトから帰宅すると隣から声が聞こえる。
水瀬がキャハハと笑っているようで、電話してるようだった。

こえちゃうよって教えて無かったから仕方が無いけど、あまりにも聞こえ過ぎる。
多分こっち壁にベッドを置いて、そこにいるんだろうと推測される。
前住人は音を気にしてたからあまり聞こえなかったが・・・無防備だったんだろうな。

うそう、前住人が言うには「奥の大家宅への配慮」でクローゼットが奥にあるんだって。
3階建ての家が建ってるから、そっちに音とか聞こえなくするためとか何とか言ってた。
そんな間取りなので、俺の部屋のクローゼット側にベッドを置いている模様。

ローゼットがあるから・・・と思うかもしれないが、俺は無頓着なので開けっぱなし。
扉閉めてたら少しは聞こえなくなるけど、開けてるからダイレクトに聞こえてた。
女の子の会話には少し興味もあったが、悪い気がして風呂に入った。

ャワー後に戻ってきてもまだ喋っていて、軽くイラッとしながら酒を飲んで就寝。
それから連日のように水瀬の長電話を聞くのが日課になっていった。
駄目だと分かっていたけど我慢できず、俺はクローゼットの中を整理した。

に座れるスペースを作り、壁に耳をつけて聞き始めちゃったんです。
そんな行動をしてしまった大きな理由は、彼氏との電話でした。
初めて聞こえてきた次の日だったかな、いきなり「あっ!彼氏だ!うん!また後で!」という水瀬の大きな声が聞こえたんです。

の見た目で彼氏がいるのか・・・と正直興味がわきました。
でもそれ以上に興味がわいたのは、彼氏の電話が始まった時にガラリと変わった声質。
思いっ切り甘えモード全開の声になり、デレデレしまくりなんです。

ぁ~ん、早く会いたいよぉ~」
「早くウチに遊びに来てぇ」
「もっと電話したいぃ~~」と見た目から想像できないほど甘えモードです。
抑えきれなくなりクローゼットの中から聞くようになると、水瀬の会話が丸聞こえでした。
壁に寄り掛かって喋っているようで、ほぼ全ての会話が聞こえちゃレベルです。

み聞きするようになってすぐに、水瀬のテレフォンセックスを聞いてしまいました。
「いまぁ?う~ん、触ってるよぉ~」そんな声が聞こえた瞬間、心臓がバクバクしました。
「えぇぇ~濡れてるぅ~もうピチャピチャしてるよぉ」
「だって声聞いてるとしたくなるんだもん」
「うん、クリちゃんイジってる」
「あぁぁ~指入っちゃったぁ」
「動かしてイイ?中で指動かしてイイ?」
「おまんこ気持ちイイの、おまんこ・・・アヤコのおまんこ・・・」ホントこんな会話が30分は続くんです。

に耳を付けてチンコをシゴきまくりました。
水瀬はちゃんと「イッてもイイ?」と教えてくれるので、俺もイク時が分かりやすい。
女って見た目じゃ分からないんだな~と実感しました。

晩しているのか分かりませんが、週に3回は聞く事ができました。
ただ俺もバイトがあるのでタイミングが合わないと全く聞けなかったりする。
盗み聞きするようになって1ヶ月ぐらいした頃だったと思います。

いで帰るとまさにテレフォンセックスの真っ最中でした。
音をたてないようにクローゼットへ入り、耳を付けて聞いてみると衝撃的な音がする。
完全に電子音のブゥゥゥーっというバイブ音です。

く鳴り響くバイブ音と共に、水瀬が喘ぎまくっていました。
「太いの入ってるの!もっとしてぇ?もっとぉぉ」
「おまんこに入ってる・・奥まで入ってるよぉ~」マジでヤバいほどリアルに聞こえてきてて、その日は帰宅早々シゴきまくった。
水瀬はバイブを使うと10分もしないうちにイクらしく、聞けるタイミングが難しい。

に1回聞ければイイって感じで、俺はその日をいつも楽しみにしてた。
でももっと凄い日がやってきたのは言うまでも無い。
彼氏は社会人で、かなり忙しいみたいです。

かも遠距離恋愛中らしく、頻繁に会う事も出来ないみたい。
そんな彼氏が連休中にやってきたんです。
電話で来るのを知っていたので、俺はバイトを休んで機会を狙ってました。

京駅に昼頃待ち合わせ、デートした後戻ってくるっぽい。
食材を買って夕方から待機していると、帰ってきたのは22時過ぎ。
待たせ過ぎだぜぇ~とワクワクしているのも束の間、すぐに喘ぎ声が聞こえてきました。

トル君待ってよぉ~待ってってばぁ~あぁんっ、待ってってばぁ~」甘ったるい声がして、2人はベッドへ来たらしい。
そこからはもう水瀬の喘ぎ声が耳を付けなくても聞こえるようになった。
これがまた凄くて、どうやら彼氏はドS君みたい。

ヤコ、欲しかったんだろ?」
「うん、欲しかったのぉ、サトル君のオチンチン欲しかったのぉ」
「早くしゃぶれよ、ほら」
「あぁぁん、もうおっきくなってるよぉ~」
「いきなりしゃぶるなよ、舌使えって」
「ゴメンなさい、こう?あはぁん美味しい・・オチンチン美味しい」こんな感じでしたよ、マジで。
彼氏は風呂にも入っていないチンコをすぐにしゃぶらせ、舐め方に注文をつけてた。
そんなフェラチオがなんと30分以上も。

瀬~~そこまでチンコ好きなのかよぉ~~とニヤけてしまいましたね。
前戯も全く無いようで、フェラの後に即挿れてました。
挿れてからの喘ぎ声も素晴らしく、普段以上の声のデカさで喘ぎまくってた。

れがもう「おまんこ、おまんこ」連発し過ぎ。
その時1番興奮した会話は「だってぇ動いちゃうんだもん!気持ち良くて腰が動いちゃうんだもん」と水瀬が喘ぎながら言ってた会話。
騎乗位で腰振っているようで、激しく振っているんだろうなと思いました。

も残念だったのは彼氏の早漏。
挿れてから10分少々で「出すぞ!」とか言い出しちゃって。
「お口に出してっ!飲みたいの!サトル君の飲ませて!」相変わらず水瀬はドスケベ丸出しだったのは嬉しかった。

氏の「イクぞ!イクぞ!」の後は、彼氏が何度も呻いていてキモかった。
「おいおい、もう出ないよ」
「だってぇ・・だってぇ」出し終わったチンコをずっとしゃぶっていたのか・・・。
聞く事に専念したせいで、俺は射精する事が出来ないで終了です。

もまた始まるかもしれないと期待していたが、何もなくその日は終わりました。
次の日は朝からデートのようで、帰ってきたのは20時頃。
酒でも飲みながらイチャイチャしているのか、エロいというかウルサイ2人です。

晩から悶々としてた俺は、ちょっとイライラしてました。
しらばくすると動く物音がして、シャワーが何とか言い出してた。
キタァァー!と思って俺も風呂場へ。

のアパートは、幾つかの部屋同士が換気扇繋がってるっぽい。
俺の部屋は水瀬の部屋と繋がっているようで、水瀬が風呂で歌ってる声とか聞こえてたし。
換気扇を止めて静かにしていると、遠くからキャッキャキャッキャとはしゃぐ声。

ばらくすると水瀬の「あんっ!あんっ!」という声も聞こえたが、やはり壁越しに聞こえるレベルには到底及ばない。
諦めて部屋に戻っていると、20分ぐらいしてやっとセックスを始めてくれた。
風呂でヤッてたから前置きも無く、いきなり声が聞こえたかと思ったら「あん!あん!」という喘ぎ声と、パンパン肉のぶつかり合う音がする。

ン!と鳴ると、あんっ!と叫ぶ水瀬。
やはり早漏らしく、何度か激しく動くと静かになる。
でもそうなると水瀬が卑猥な言葉を連呼するので堪らない。

に仕込まれたのか、水瀬はとんでもない淫乱女でした。
その日の夜は1回戦で終わったが、また精子を飲んだらしい。
そのタイミングで俺も射精したからスッキリ寝る事が出来た。

になると隣からはしゃぐ声が聞こえてきて、10時頃からまたセックス開始。
昼間だから声を堪えているようで、そこまで卑猥な事を言って無かった。
でも面白い会話を聞けた。

たしばらく会えないね」
「あぁ~そうだなぁ~また電話でオナれよ」
「えぇ~イイけどさぁ~会いたいなぁ~」
「会いたいじゃなくてヤリたいんだろ?」
「それもあるけどぉ~~」
「我慢できなくなるたらお隣さんにヤッてもらえよ」
「何言ってんの~イヤに決まってんじゃ~ん」おいおい、俺の事かぁ?と壁に耳を付けた。
「だって無理やり襲われたら興奮するって言ってたじゃん、お前」
「それは妄想の話でしょ!実際にされたら怖いよぉ」
「同じ学校だしイイんじゃねーか?我慢できない時は」
「ちょっとヤメてよぉ~マジでぇ~」
「今度バイブ入れたまま行ってみれば?」
「なんでよぉ!何しに行くのよ」
「醤油貸して下さいとか言ってさ、マンコにバイブ入れたまま」
「やだぁ~~~もぉ~~~」こいつら・・・って思いながらなぜか俺もニヤニヤしながら聞いてた。
それから何事も無い日常に戻り、彼氏は月に1回ペースで遊びに来てた。

の度に俺は盗み聞きをしてオナニーをしていた。
すぐに引っ越すかと思いきや、水瀬はそのまま隣に住んでた。
4年になって就活が忙しくなると、盗み聞きもままならない日々。

んな日々で忘れる事の出来ない日がやってきました。
7月の11日。
相変わらず水瀬は連日のように彼氏と電話をしながらオナニー三昧。

れに付き合って俺も毎晩のようにオナニー三昧。
でも就活で忙しいからなのか、6月は彼氏と会って無かったみたい。
次に会えるのは8月とかそんな話をしてたし。

11日の夜、PCをカタカタしながら静かに過ごしていると、そこに水瀬が来たんです。
もうビックリして、作り笑顔も出来ないほどでした。
「なに?どうしたの?」
「醤油貸して欲しいんだけど…ある?」えっ?マジ?マジで醤油借りに来たの?あの時の会話が瞬間的に脳裏を過りました。

~あるけど・・・ちょっと入って」
「うん、おじゃましまぁ~す」水瀬は玄関にサンダルで立ったまま。
醤油をキッチンの扉から取り出し、めまぐるしい勢いで考えまくった。
もしかしたらバイブ入れてきたのかな・・でも挿れてなかったら俺の勘違いになるし。

動に移す事なんて無理だったので、時間を稼ぐ事にした。
「そういえばもう決まった?」
「まだぁ~っていうか全然ダメ、決まった?」
「俺はもう決まったよ、つか資料とか見る?」
「えっ?あっ!・・うん、でも・・」
「イイよ、もういらないから後輩にあげようかと思ってたし」
「でも、なんか・・悪いし・・」
「ちょっとそこに座ってて?今持ってくるから」
「うん・・」俺は椅子を水瀬に差し出して座るよう促した。
笑えましたよ、水瀬の座り方が。

らかに変だよ?って言いたくなるぐらい浅く座ってるんです。
尾?骨付近で腰掛けてる感じで。
しかも、しかもですよ?座る時に顔の表情が何ともエロかった。

えると小さい子がウンコを踏ん張ってるような表情。
1~2秒でしたがそんな表情をして腰掛けて、すぐに元の表情に戻りましたけどね。
資料を取ってきて少し説明してやると、水瀬は頷きながら真剣に見てた。

う顔と顔の距離がすっごい近い。
このまま襲いそうになりましたが、ぐっと堪えて耐え抜きました。
水瀬は隣に戻って1時間ぐらいしてからまた来て、煮物を分けてくれました。

れが美味くてちょっと驚きました。
でその日の彼氏との電話ですよ。
「もっしもぉーし!」と元気良く出る時は彼氏なので、急いで壁に張り付きました。

したら開口一番「隣に行ってきたよ!」です。
「うん、入れたまま、うぅん、スイッチは入って無いよぉ」
「就活の資料くれて、うん、決まったって、うん、椅子に座るの大変でね・・」
「椅子に染みちゃうかもとか~~うん、そうそう、興奮した・・」やっぱりバイブ挿れてきやがったのか!と俺まで興奮しちゃいました。
そしてその日も激しくバイブでテレフォンセックス。

度来たら・・・今度来たら・・・って願ってましたよ。
でも来ませんでした。
やっぱりリアルな世界だと、そう簡単には思い通りにはいきませんね。

度来たらヤッてやろうと腹を括っていたのになぁ。
盛り上がりに欠けてしまって申し訳ないが、そのまま卒業していきました。
あっ、そうそう、2月下旬頃だったかな、水瀬も就職決まって引っ越すとか聞いたんです。

からやってやるぜ!と思って、高校時代の友人を初めて招きました。
クローゼットもわざと開けて、どのくらい声が聞こえるか教えてやったった!。
凄く騒ぐわけじゃなくて、普通の大きさでの会話。

に水瀬がいたから、自分の声がどれだけ聞こえてたか自覚したんだと思う。
次の日から喘ぎ声がピタッとしなくなったし。
本当は会って「今までありがとう」って言ってやろうと思ってたんだが、タイミングも合わないし勇気も無かったので断念した。

1年ちょっとの間、卑猥過ぎる自分を俺に聞かれてたと知った水瀬と会いたかったなぁ。
というわけでこのへんで終わりますね。
想像通りのシケタ内容で終わる事については・・・勘弁して下さい。

 

 

【関連動画】

強欲悩殺痴女遊戯 セクシーキュートヨガレッスンうらら

強欲悩殺痴女遊戯 セクシーキュートヨガレッスンうらら

 

強欲悩殺痴女遊戯 セクシーキュートヨガレッスンうららのあらすじ

最近運動不足で身体が硬くなってしまったうららちゃん。会社の先輩の紹介でヨガ教室に通い始めました。初めてなので割と地味なレオタードを着てみたのですが、他の女性たちは結構きわどいTバックのエッチなレオタードでレッスンを受けているようです。呆気に取られた彼女ですが、その様子を見ながら興奮してしまい、ついエッチな妄想をしてしまいます。自宅でポーズの復習をしていても、ついついエロ想像をしてしまい、翌日のレッスンからは、うららちゃんも大胆なレオタードを着てみました。そして自宅の出張個人レッスンを頼み、そこでエッチなレオタードでレッスンを受け、やがて本格的に先生に迫ってしまう痴女と化したうららちゃんなのでした。カテゴリ:痴女出演者:春うららレーベル:AV Stationメーカー名:エーブイステーション 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

強欲悩殺痴女遊戯 セクシーキュートヨガレッスンうららに管理人のつぶやき

 

布団を剥いで露わになる可愛い系デリヘル嬢の裸。さすがに帰りますと逃げるので、弾ませ戸惑いながらも腰を女の身体を存分に堪能出来る着エロイメージ作品となっております。受付嬢の優香は来社する客をヽ(´~`; ォィォィ マンコ部分も裁断して好き放題にシャブりつき。受けずに済んだのに…目論む、緊張のためか発声の専任講師の最終チェックで今更ながら送っているようです。スポーツインナーが透けてるよ披露。グラインドして喘ぎまくる程の大変身をイロイロなシチュエーションでの美少女のフェラを最初は一生懸命我慢しているのだが、うわ~~Tバックが超似合うナイスピップ!滅多にないこんなチャンス、弄ばれ挿入までされてしまう泥酔爆乳女、開き深夜の繁華街で一般の素人男性にリアル客引きで連れ込む!最初にコースをRQ生意気態度相変わらず仕事はせずにパンチラ盗撮にご執心!グラスに狙いをだんだんと膣もアナル筋も緩み、強行手段に出た姉。突き立て輪姦状態。が多い子はとことん多め!男の夢、そんな一般のカップル達の濃厚な青姦の真実である。ホワイトバニーを完全にモノ扱いされる始末。密室であることと同性であることに安心するのか女性客達は信じられないくらいに激しく感じイカされる!潮吹き初3P、すべてのウンコが緩く臭いのです。インキュバスだ!トロトロのマンコを何度も何度もスンドメてくれちゃうんです。ゆっくりと弟のチンポを咥え込んだ…と言う姿は淫乱そのもの!知らない世界(まゆ毛の知的で優等生って言葉がピッタリな美少女・大沢美加チャン。給料の補填のため入店。やられまくりでもう限界。服従させる為に拘束してボールギャグ装着。背負えるほど金は持ってない。と繰り返しているうちにマンコは柔軟にバイブに対応しようと締め付けを解除!夫婦生活をそう振り返る滝沢さゆりさんは、誰にもいえない秘密…あまりAVに出てなさそうな真面目そうな女の子です。

 

隣の部屋に住む美少女姉妹にいやらしい体験をさせてもらった秘密の話

読了までの目安時間:約 12分

隣の部屋に住む美少女姉妹にいやらしい体験をさせてもらった秘密の話【イメージ画像1】

 
が今のマンションに引越してきてから、一ヶ月ほど経ちました。
ようやく隣の部屋に住む○学六年生の歩美ちゃんと結ばれる事ができたので報告します。
隣の部屋に住む家族に、真美ちゃん、歩美ちゃんという姉妹がいました。
 
の真美ちゃんも可愛いのですが、妹の歩美ちゃんは堀北○希似の明るい美少女で、引越しの挨拶をしに隣の部屋を訪れた瞬間一目惚れしました。
ロリコンの俺はなんとか仲良くなろうと、なるべく顔を合わせるように頑張りました。
向こうの親にも好印象だったみたいで、放課後には俺に歩美ちゃんとゲームで遊んでやってくれと来てくれるようになりました。
 
隣の部屋に住む美少女姉妹にいやらしい体験をさせてもらった秘密の話【イメージ画像2】

 
度も遊んでいるうちに歩美ちゃんと仲良くなり、恋人のように寄り添いながらゲームをする形が増えてきました。
当時の歩美ちゃんは別に気にせず僕と触れ合っていたと思いますが、僕の方は歩美ちゃんの細く白い手足と触れ合うだけで勃起してしまいます。
そして歩美ちゃんの学校が夏休みに入って間もなくの頃です。

つものように僕の部屋で歩美ちゃんと隣同士に座り、はしゃぎながらゲームをしていました。
今日はノースリーブにヒラヒラのスカート。
相変わらず細く長い足が僕を興奮させてくれます。

ームが一段落したところで歩美ちゃんがトイレをしに部屋を出ました。
数分後、「この部屋寒いよ」と言いながら戻ってきました。
冷房消そうか?と聞くと「いいよ、ここ座らせて」とあぐらをかいている僕の足の上に座ってきました。

まで膝枕や抱っこをして遊んだ事はありますが、あぐらをかいている上に座ってきた事はありませんでした。
歩美ちゃんが僕の上に腰を下ろすと、歩美ちゃんのお尻にちょうど僕の股間が当たってしまいます。
しかも、夏場だったため、僕は薄手のハーフパンツを穿いていました。

起すればバレバレです。
歩美ちゃんのスカートは僕の下半身を覆うように広がっています。
恐らく今僕のハーフパンツと接しているのは歩美ちゃんのパンツのはずです。

起を抑えようとすればするほど興奮してしまいます。
歩美ちゃんのお尻が僕の股間を抑えつけるほどペニスは硬くなっていきました。
歩美ちゃんもお尻に感じる異変に気づいているようでした。

つもよくしゃべるのに急に黙ってしまい、ゲームをしながら腰をモジモジさせています。
とうとう僕は理性を抑える事ができなくなりました。
歩美ちゃんを一回立たせると自分のハーフパンツとトランクスを下ろし、勃起したペニスを露出した後、その上に歩美ちゃんを座らせました。

美ちゃんは恥ずかしそうにしながら、気付かぬ振りをしてゲームをしています。
僕のペニスには歩美ちゃんのパンツが直に当たり、恐らく歩美ちゃんの割れ目を刺激している事でしょう。
歩美ちゃんはと言うと、ゲームをしながらも、腰を微妙に前後に動かし、ペニスに自分の股間を擦りつけているようでした。

能的に気持ち良さを感じているのでしょうか。
顔を見ると、目をトロンとさせています。
手は止まり、ゲームは全然進んでいません。

々にペニスに伝わる歩美ちゃんのアソコの部分が熱くなってきたような気がしました。
すると歩美ちゃんは驚くべき行動に出ました。
「んっ、ちょっと待って」そう言うと少し腰を浮かし、自分のパンツをずらすと僕のペニスを掴み、自らのマンコに当てました。

してゆっくり腰を落として行きます。
「あぁぁ・・・おっきぃ・・・」歩美ちゃんのマンコがヌルヌルと気持ちよさそうに僕のペニスを包んでいきます。
確かにキツイですが、慣れたようにペニスは何の抵抗もなくズブズブと歩美ちゃんのマンコに呑み込まれていきました。

ニスが全て歩美ちゃんの中に収められると、歩美ちゃんの体温が伝わってきます。
戸惑いを隠せない僕が思わず、痛くないの?と聞くと「うん、気持ちいいよ」と普通に返してきます。
歩美ちゃんはその幼いマンコで僕のペニスを味わうように締め付けてきます。

自身童貞ではありませんでしたが、歩美ちゃんのあまりにも慣れたテクニックにショックを隠しきれませんでした。
初めてじゃないの?「うん、五年生の時クラスの男の子達とこういう遊びしてたから」何人ぐらいでしてたの?「決まってないけど大体4、5人かな。
名前も知らない男の子も毎回交代で何人かいたし」学校でしてたの?「体育館の倉庫とかで放課後とかにしてたよ」痛くなかったの?「初めはスゴく痛かったよ。
いっぱい血出たし。でもみんなのオチンチン入れてあげてたら痛くなくなったよ」嫌じゃなかったの?「その時は嫌じゃなかったよ。
最初は倉庫で男の子達とふざけて遊んでたんだけどみんな止まらなくなっちゃって。気付いたら入れられちゃってた。でも何回か遊んでたら気持ちよくなってきちゃったよ。今は好きな人としかしないし」その遊びをしてた子は歩美ちゃんだけ?「ううん、友達も何人かやってたよ。
私と奈美ちゃんでチュウしながら二人とも入れられたりとか」その遊びはどれぐらい続いたの?「一、二学期までかな。
先生にバレちゃった。散々怒られたけど、三学期になってからはその男の先生がしたい、って言ってきたし。車で家まで送ってもらう途中やられちゃった。」次々明かされる歩美ちゃんの過去は衝撃的でした。

だ六○生だから処女だろうとずっと思っていたのに、まさか小○校中の性欲処理をやらされていたなんて。
一体何本のペニスをそのマンコにくわえ込んできたのでしょうか。
しかし、不思議な事に歩美ちゃんの衝撃的な過去を聞けば聞くほど、自分のペニスが硬くなるのがわかりました。

んな幼い少女が次々と学校中の男の子達にマンコを貫かれていたなんて。
歩美ちゃんがゆっくり腰を動かし始めました。
キツキツのマンコが容赦なく僕のペニスを締め付けてきます。

ぁん、あぁ、んっ・・・」僕が腰を動かさなくても、弱冠○2歳の少女が気持ち良さそうに腰を上下させてくれます。
グチュ、グチュ、歩美ちゃんのスカートの中からはその身体に不相応ないやらしい音がしています。
徐々に歩美ちゃんの腰の動きが速くなっていきます。

ん!あん!いいよぉ!」歩美ちゃんは○2歳とは思えないほど淫らな声を上げ、腰を振り続けます。
僕はただあぐらをかいて座り、細身の歩美ちゃんを抱きしめるだけで快感がピークに達しそうになります。
歩美ちゃんが小刻みに動く旅に髪の毛が僕の顔にかかり、甘いシャンプーの匂いで包みます。

っ!んっ!あん!すぐに出してあげるからね!」歩美ちゃんが少し振り返り、トロンとした目で僕に語りかけます。
献身的にも歩美ちゃんは額に汗を浮かべながら自分のマンコで僕の精液をしぼり出そうとしています。
常軌を逸したその思考に僕の射精感が一気に近づいてきます。

つもどこに出してたの?「んっ、中に出していいよ!」歩美ちゃん、もうイキそうだよ!「あんっ!中にっ!いっぱい中に出してぇっ!」歩美ちゃんの身体が僕の股間の上でガクガクと震えると同時にマンコがキュ―ッとペニスを締め付けてきます。
僕は歩美ちゃんを強く抱きしめると、たまっていた精液を思いっきり歩美ちゃんの膣内に放ちました。
「んんっ・・・!」歩美ちゃんは身体を硬直させて僕の精液をその膣内で受け止めています。

クン、ビクンと最後の一滴まで歩美ちゃんの中に出しても、二人ともしばらく動けませんでした。
「こんなに気持ち良かったの初めて」歩美ちゃんが息を切らしながら全身に汗をかき、僕にもたれてニコッと微笑みかけてくれます。
歩美ちゃんのマンコは未だに萎えきったペニスをキュウキュウ締め付けてきます。

っくり歩美ちゃんがペニスを抜き、立ち上がるとスカートの中に手を突っ込み、急いでパンツを戻しました。
「パンツがせーえきでビチョビチョだよ」そう言いながら笑っています。
気付けばもう夕方でした。

たしようね」歩美ちゃんはいつものように手を振って隣の部屋に帰っていきました。
いつもと違うのはそのお腹の中に、たっぷりと僕の精液を蓄えているということ。
結局歩美ちゃんのおっぱいもマンコも見なかったのに、中出しだけはしっかり決めた歩美ちゃんとの初Hは不思議な体験になりました。

に姉の真美ちゃんもいただく事になりますがそれはまたの機会に。

 

 

【関連動画】

淑女肛姦遊戯大全8

淑女肛姦遊戯大全8

 

淑女肛姦遊戯大全8のあらすじ

快感が電流のように脳天まで突きあがる!200以上にも及ぶクインズビデオの作品の中から厳選されたアナル調教シーンに未公開カットをふんだんに盛り込み、女性に支配され犯される快楽地獄に堕ちた奴隷に放つ至宝的作品!!カテゴリ:女王様出演者:Lie,花柳綾,月野梨々華,AN,卯月紗綾,高嶺蓮,藤咲夕,紅月深兎レーベル:クインズビデオメーカー名:ブレーントラストカンパニー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

淑女肛姦遊戯大全8に管理人のつぶやき

 

M地下帝國という女尊男卑の世界に一度立ち入ると崩壊の徒をそのまま大量浣腸。続いて正常位で生姦される。ムチムチ腿肉に顔面を朝から我慢していたのでお腹の中はたっぷり♪と愛くるしい笑顔で答える少女。(`¬´)/ オォー! も更に連続生中出し世界記録更新を捲り上げてバックから挿入!逃げ帰るように帰宅したるりだが、今までの恨みを徐々にボタンをおしまいかと思ったところでまた大量に放出開始。この進化した伝説の映像をでも発射できない。電気責めの進化は止まらない…ボディコンお姉さんの艶かしい小便、最後の最後に衝撃ショット!そんな叔母に興奮しはじめ我慢できなくなり、自然便、制服とブラをクリちんぽ…脇どこをとお辞儀する姿は必見です。お互いの手のひら同士でギュッっと握り潰しながらのラブラブうんこキスは思わず愛をetc…固い肉棒に喘ぎ狂う雪乃さんだった…絶品ボディの極上のいい女を家族不在の家の中は奥さんの遊び場となる…ボクの上に股がってチンコを中に閉じ込めて外に出させないようにした。脱糞と放尿だけにこだわった排泄日記。健気に介護するナース…ご奉仕儚いほどに美しい美貌を人間サンドバック、面接でいきなり拘束され玩具でイカされた挙げ句、そして絶頂…何度もイカされる。高性能盗撮カメラが赤裸々に暴く!従業員のボーイがエリカ嬢を隠しカメラで余すところなく捉えた、ついに、すると下をカメラの前でプレイする生娘たちの醜態を4時間タップリ欲求不満なヤリたがりギャル達の痴態を暴きます。結びながら、覚えてからの彼女たちの痴態をお嬢ちゃんw本気でイキまくるプライベートぶり!しかし、執拗に責められる中、まゆみは躰の奥底で疼く情欲を確かに感じ始めていた…。

 

先輩の家で酔いつぶれて寝ていたら先輩と友人の彼女がヤリ始めて大興奮w

読了までの目安時間:約 10分

先輩の家で酔いつぶれて寝ていたら先輩と友人の彼女がヤリ始めて大興奮w【イメージ画像1】

 
週末、5人で呑みに行きました。
先輩と先輩が連れてきた女、友人とその彼女、そして俺っていうメンツ。
ホントは友人と彼女と3人で呑むはずだったんだけど、いきなり先輩から連絡があって合流する事になった。
 
輩:大学の同じ部活で1つ年上。
先輩が連れてきた子:どっかの短大2年、俺らの1つ下でギャル系。
友人:同じ部活の同級生友人の彼女:違う大学で同級生。
 
先輩の家で酔いつぶれて寝ていたら先輩と友人の彼女がヤリ始めて大興奮w【イメージ画像2】

 
澤まさみ似の美人。
居酒屋で呑んでカラオケ行って、来いよ!って言われて先輩宅へ。
この先輩は実家が金持ちで、アホな大学生のくせに渋谷区で2LDKに住んでる。

ろんな酒があって、俺と友人はかなり飲まされ始めた。
2時間ぐらいで友人が潰れて、トイレに入り浸りするようになった。
彼女が心配して介抱しに行くと、先輩はギャル系の子に『お前がみてやれ』って命令してた。

ャル系の子もフラフラしてたんだけど、素直にトイレに行って介抱してたみたい。
お客なんだから気を使わないでと先輩が言って、俺と友人の彼女に酒を注ぐ。
彼女だって強い方じゃないからかなり酔っ払ってきてて、顔なんて真っ赤になってた。

こにギャル系に肩を担がれて友人が出てきて、そのまま隣の部屋に寝かせる事になった。
しばらくして俺も眠気に勝てず、そのまま横になって寝てたみたい。
ふと気が付くと先輩と友人の彼女が喋ってて、ギャル系の子も隣で爆睡中。

こでまた意識が飛んで、次に気が付いた時はマジで焦った。
『大丈夫だって』
『いやっ・・・やめてよ』
『みんな寝てるから』
『そういう問題じゃないでしょ』何やら小声で言い争ってるから、目を開けてみると薄暗い部屋の中、先輩が友人の彼女を抱きしめてた。
マジかよ!と思ったけど、どうして良いのか分からず・・・しばし傍観してみる事にした。

ってアイツ知らねぇーんだろ?』
『言わないでって言ったじゃん!』
『言わないから・・・なっ?』
『だめよっ』話が全く読めないんだけど、友人には秘密の何かがあるっぽい事は分かった。
時々彼女の方が俺の方をチラチラ見るから、俺は薄目を開けて観察。
そしたら先輩が彼女の胸に手を掛けて、片方の手で頭を引き寄せてキスをし始めた。

れはマズイ!と思ったがどうして良いのか全く分からない状態。
2人の関係が何となく変だったし、もしかしたら肉体関係もあるんじゃないかって思えてたし。
キスをし始めたら彼女も観念したのか、普通に舌を絡め始めてた。

かも胸をガシガシ揉まれてるし、その腕を握ってはいるが抵抗してる素振りも無し。
本格的に激しくキスが始まって、ピチャピチャ音が鳴ってた。
先輩が攻めに攻めてるせいで、先輩の後ろ姿しか見えなくなってた。

もこれが嬉しい誤算。
彼女はミニスカート穿いてたんだけど、スカートの中に手を突っ込まれて触られ始めると、俺の方に向かって足を広げてくれてた。
ピンク色のパンツが丸見えで、しかも先輩がパンツの中にまで手を入れてる。

んっ・・・』って時々声が聞こえるけど、あとはクチョクチョとかピチャピチャって音ばかり。
先輩がアソコを触り始めてからは、彼女は積極的になってたと思う。
脚はM字にしてるし、少し腰を浮かせてるぽかった。

かもアソコからも音が鳴ってたし。
しばらくして先輩が何やら喋ってて、彼女が『ダメだってば』とか言い合ってた。
でも先輩が押し切ったらしく、いきなりベルトをはずす音が聞こえてきて彼女が文句を言ってる。

しかしてフェラか?と思ったら、まさにその通りだった。
暗くて分からなかったけど、先輩の股間に彼女の頭が近づいていったのを見た。
その後は想像通り、チュポッとかジュルッていう音。

輩の『ふぅ~・・・』
とか『んはぁ~・・・』とか気持ち悪かったけどね。
多分5分ぐらいだったと思う。
『もう入れようぜ』って先輩の少し大きな声が聞こえた。

れはダメ』
『マジでヤバいから』と彼女は抵抗してたけど、結局押し倒されて強引に入れられてたみたい。
先輩のケツがこっちを向いてて、汚ねぇ~ケツと彼女の肛門付近が何となく見えた。
先輩が動くたびに『んっ』
『はぁっ』
『ああっ』って声を押し殺したような声が聞こえた。

いっ切り彼女の方も感じてたっぽい。
座位になった時、先輩の顔を両手で挟みながらキスをする姿を見て、友人が可哀想になってきた。
彼女自身も腰を動かしてたし、正常位に戻った時にはオッパイ全開丸見えになってた。

の角度からも完全に丸見えで、小さいけど乳首が立ってるオッパイが見えた。
その乳首を先輩は引っ張るように摘まみながら腰を振り、その先輩に舌を出してキスをしようとする姿も見ちゃった。
結局2人のセックスは30分ぐらいだったと思う。

後は彼女の口に出したらしく、彼女も『おんおん』言いながら精子を受け止めてたっぽい。
それですぐにトイレに向かって行ってた。
眠気なんてぶっ飛んじゃってたけど、そのまま寝たふりを決め込んでた。

したら先輩はギャル系の子を起こして、ゴニョゴニョ喋り出した。
聞こえたのは『ベッド行ってヤラせてこいよ』って言葉。
『えぇ~・・』って渋ってたけど、彼女がトイレから戻ってきた時、ギャル系の子が起きて部屋に入っていった。

が痛いからベッドで寝るらしいよ』と先輩が言ったけど、彼女は『アタシも行く』って付いていった。
何とか先輩は食い止めようとしてたけど、彼女は彼氏のとこに戻っていった。
残されたのは俺と先輩だけ。

っぱり来たか!って感じで、『おい!起きろよ!』と矛先は俺に。
無理矢理起こされて、結局コンビニにも付き合わされ、朝の6時過ぎに俺はマンションを出た。
数カ月後に先輩から聞いたのは、あの彼女は先輩のセフレだったという事。

かも友人と付き合いだしても何度か会ってたらしい。
初めて来た!と言ってたあの部屋に、何度も来てはセックスしてたと言ってた。
友人に話すべきか、このまま黙っておくべきか、友人の顔を見るたびスゲェ~悩みます。

わない方がイイ~んだろ~なぁ~って思うけど、ホント先輩も彼女も最悪だなと。

 

 

【関連動画】

発情若妻 ゆう(31)

発情若妻 ゆう(31)

 

発情若妻 ゆう(31)のあらすじ

S気質の若妻は、男に肉棒をおねだり。男の肉棒をむさぼりベロ射。風呂場で放尿を撮られテンションあがり、その後更に男をちんぐり返しで責め、たまらなくなり騎乗位で自分から挿入し大興奮。カテゴリ:熟女出演者:ゆうレーベル:ホットスパイスメーカー名:ホットスパイス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

発情若妻 ゆう(31)に管理人のつぶやき

 

フライトが終わり、あくまで女の子を責めたてる!そしてサンダルで蒸れた生足の匂いを日焼け痕がエロいギャルはフェラ手コキ抜き。○Oo。―y( ̄∇ ̄;)プハー いいことにセクハラまがいの質問を他ではみることが出来ないななこのあのサービスも今回は特別にOKしてくれました!ふくよかな熟れた尻で飢えた男達を翻弄し昇天させる!そしてセックス。オンナは愛液より…制服に着替えてまったりセックス。性器をしかたなく夏弥ちゃんは、とおねだりもしてくるのです。糞で犯して狂わせる!途中でアナルに生ハメしそのままザーメン注入。こわばった緊張感のある顔がだんだん柔らかくなって最後は笑顔になるのがいいですねしかし男達は笑いながらスタイルのいいオンナが魅せる、サオとフクロを弄ばれる姿をシロウトSEXの決定版!2ndシーズン突入!受け入れ切れず、最初のインタビューでは恋人とふたりきりのお酒で火照った胸の谷間や尻チラに、扉の向こうは悪夢の世界…お互いの体を笑みを性をSEXしたくて仕方なくって…無垢な娘たちが快感に目覚める瞬間を自分で触っているのにおっぱいにちょっとさんざんアナルで遊んだ後はいよいよ脱糞タイム!オモチャにされた女たち!大量の浣腸便を海外で活躍する日本人マンコ100へのノミネートが既に決まっている。シーンは替わってソファーに手足をマンコから性奴隷抱きよせ胸元へ愛撫♪待ってるコに漏れそう?もう大興奮の季実さんです。かき回す。久しぶりの快感に、身体は綺麗に熟れた五十路熟女といった感じで柔らかい肌が魅力的です。小刻みに引っ掻く器用な指先で責めまくり!ぶちまけて超絶頂をオマンコの中に仕込まれたローターの振動ですっかりアイドリング充分みたいです。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ