告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

ハプニングバーをきっかけに知り合った人と飲みながら作戦会議、エロ話で盛り上がってきたのでそのまま乱交へ持ち込んだ体験談

読了までの目安時間:約 12分

ハプニングバーをきっかけに知り合った人と飲みながら作戦会議、エロ話で盛り上がってきたのでそのまま乱交へ持ち込んだ体験談【イメージ画像1】

 
の日は、ハプバーで当日知り合いになったAくんと一緒に飲んでた。
その間、たまに女の子や男の人が入ってきて、仕事の話とかエロ話とかダラダラしてた。
ある程度時間が経ったところで、そろそろ誰かターゲットロックして、そっち方向に持ち込もうかみたいな話になった。
 
っちが2人だったので2人組の女の子に目を付けた。
ただその子達は違うグループと話してたので、近くまで行って「向こうで僕ら座ってるから、後で話そうね」とだけ言ってAくんと席に戻った。
しかし、その子達はグループで結構盛り上げっており、こっちに来る気配がなかった。
 
ハプニングバーをきっかけに知り合った人と飲みながら作戦会議、エロ話で盛り上がってきたのでそのまま乱交へ持ち込んだ体験談【イメージ画像2】

 
方ないけど、あの2人は駄目かねぇ」なんて話をAくんとしてたら、「男2人で何してんの~?」と先程の2人組ではないBちゃんが来た。
Bちゃんは大学生で、風俗の仕事をしているらしい。
確かヘルス系だった気がする。

た目はちょっとハーフ系の、胸はBかCカップの割と細身の子。
仕事で指名される話をしていたので、そのくらいの容姿と思って頂いてよいと思います。
もちろんこの娘も、別に以前からの知り合いではない。

っきちょいと話して盛り上がった感じ。
で、俺が「男2人で、向こうの2人組みの子とハプろうと思ったんだけど、声を掛けたは良いけど全然来なくてさー」なんて話した。
(ハプるってのは、Hな事するって意味ね)A君も「今日はまぁ、まったり過ごすよー」なんて言ったら、Bちゃんが「ホントに~?まったりでいいの~?」とソファーに座ってる俺の上に乗ってきた。

、Bちゃんが「2人はもう今日はハプった?」って聞くので、NOと答えると、「それじゃ、私が2人一緒に相手してあげよ~か?いや?」と言った。
自分は別に複数プレイに対して嫌悪感はないので「別にいいよ、むしろ嬉しい」と答え、A君は複数未経験だけどやりたいって答えた。
それを聞いたBちゃんは「じゃぁプレイルームいこ!」と元気に答えて、3人で仲良くプレイルームへ。

レイルームは薄暗くて、ほぼ物のない6畳くらいの空間。
特にベッドがあるでもなく、ゴムやティッシュのある棚が1つある程度。
あと、廊下から覗けるマジックミラーがあるくらいかなwプレイループに入るとBちゃんはすぐ脱ぎ始めた。

は(僕らに脱がさせてよ!)思い、A君と靴下を片方ずつ脱がす共同作業や、ブラが俺でパンツをA君などの共同作業を行い、Bちゃんを全裸にした。
さっき書いた通りBカップくらいの小ぶり目な胸だったけど、乳首は小さめでピンッと立っていて、凄く可愛いと思った。
Bちゃんが「私だけだと恥ずかしいから、2人も脱いでよ~」と言うので、A君も俺も全裸になった。

さか会って1日もしないうちに、昨日まで知らなかった男女の全裸を見る事になるとは…まぁそういう所なんだけど。
で、さっそくBちゃんを攻める事にした。
Bちゃんを中心に俺が腕枕をしながら右側、A君がやや下の方にいながら左側の配置についた。

はBちゃんにキスをしながら右胸を愛撫して、A君は左胸を舐めながらあそこを愛撫した。
Bちゃんは凄く感じやすくて、凄い声で喘いだ。
多分あそこを愛撫さてるのが大きな理由で、俺はキスをしている立場なので超キスしずらいと思ったが、それはそれで興奮した。

スしづらいくらい喘いだら、耳を舐めたり、A君が左胸を舐めてるので、俺は右胸を舐めたりしながら2人でBちゃんを攻めた。
A君の手マンのが激しくなり、Bちゃんが「駄目!出ちゃうから!!」と言って。
俺は内心、この女マジか!?と思ったけど、B君が「気持ちいいなら出しちゃえばいいじゃん!」と手の動きをより激しくし、俺も「いいよ。
全然恥ずかしくないから」と言った。

の辺りで男2人の立ち位置が確定した。
A君:強気に責める。
俺:優しくする。

の分担が完成していた気がする。
激しくなったA君の手マンで、本当にBちゃんは潮を噴いた。
俺は凄いビックリした。

って潮吹きするの見るの初めてだったんだもん、ホントに噴くって感じでなっちゃう子。
だから、俺もしてみたい!って思って、A君と上下の配置を交換した。
俺があそこを触ったらBちゃんが、「またなっちゃうよ…」と言ったので、「大丈夫だよ、優しくするから」と答えた。

ぁ優しくする気ないけどね。
で、無事に私も初潮を体験させていただきました。
Bちゃんは凄い声で喘いでけど、そんな事より、潮を噴く瞬間あそこの中が1回膨れ上がったり、それに反応して声が大きくなったり、とても貴重な体験をさせて頂きました。

も潮吹きにだいぶ満足した頃にBちゃんが「舐めてあげるね」と言ってくれた。
A君に肩を持たせた方がいいかなーと思っていたので、A君の舐めてと言った。
するとA君が立ち、Bちゃんは立て膝、俺はBちゃんの後ろから胸を触るという体勢になった。

々胸じゃなくて、あそこを触るとフェラをしてるBちゃんから声が漏れ、潮の残りが漏れて可愛かった。
A君がある程度フェラをしてもらった後、俺も軽くしてもらった。
冷静の考えれば、別の男が突っ込んだ口に突っ込むのどーよ?と思うところだが、別にそんな事全然思わないくらい興奮してたので、唾やら愛液(潮?)をたくさんつけてフェラや手コキをひと通りした。

ると、Bちゃんから「そろそろ2人のも大きくなったし、入れて欲しいな」とお願いをされた。
ま、先ほどの流れ通り、A君に先を譲りましたよえぇ。
ゴムを着けて、まずはA君の番。

本、正常位で俺は女の子座りでBちゃんを膝枕するような形でプレイが始まった。
A君キャラ的にすっかり強き攻めになっていたので、Bちゃんが悲鳴のような声を出す度、「気持ちいい?気持ちいい?」って聞いて、Bちゃんはそれに「うんうん、凄く気持ちいいよ!」と答えていた。
その間、俺はBちゃんの頭を撫でてあげたり、胸を愛撫していてた。

A君も割と色々気を使ってくれて、入れる以外の胸を触るやらキスをする等の行為はしないで、そこは俺に任せてくれていた。
(そう俺が思ってただけかもしれないけど)ある程度して、Bちゃんが喘ぎながら「俺君だけ気持ちよくないね」と言って、突かれながらも俺のあそこを触ったり、「舐めてあげるから横にきて!」と言って膝枕から頭をどけてフェラをしてくれた。
正直言うと、Bちゃんがフェラに集中できてないのでそんな気持ちよくなかったけど、一所懸命してくれるBちゃんに感謝した。

れを見てたA君が察してくれたのか、交代しよっか?と言ってくれて交代をした。
俺もまずは正常位でしたくて、正常位でした。
この時A君が何してたか覚えてねぇwただこのAVみたいな展開の中、AVみたいな展開をもっとしたいと思った俺は「1回抜くね」と言って自分のモノを抜き、Bちゃんを四つん這いにして休んでいるA君を呼んだ。

う、よくあるバックで突かれてる子にフェラしてもらいたいと思ったのである。
1回抜くねと言って、四つん這いにされたBちゃんは一瞬「え?」ってなったけど、A君が俺が何がしたいか分かってくれて、すぐバックで続きを始めた。
俺はバックで突かれているBちゃんの前でゴムを外した。

るとBちゃんも察したらしく、舌を出してフェラをしてくれた。
A君が突くとBちゃんのフェラの動きも早くなる。
A君がより強く突くとBちゃんはフェラができない位に喘いでフェラは中断。

も、しっかりずっと俺のアソコを握っていてくれた。
そうやって調子に乗っていたら、A君にも限界が来たらし「ちょっとヤバいかも」とA君が言った。
Bちゃんは「いいよ、もっと激しくして」と言って、俺も「いんじゃん?」と言った。

A君の動きが激しくなって、Bちゃんは完全にフェラできなくなったけど、最後まで俺のを離さず握っていてくれた。
A君が終わると、顔を上げてBちゃんが言った。
「次は君の番だよ」俺の番になったので、そのままBちゃんのお尻を俺の方に向けてもらってバックでした。

ゃんとゴムは着け直しましたよ、マナーですからwA君はBちゃんの乳首を触ってたりするとはいえ(これは多分…覚えてない)基本は終わってるので、俺も早くイカなきゃと思った。
Bちゃんは小柄めなので、正常位の方が突く方向を安易に変える事ができ、気持ちいいので正常位に戻してもらった。
俺が「次でイクね」というと、Bちゃんは「いっぱい気持ちよくなってね」と言った。

、もうそれは右に左に上に下に突きまくって、Bちゃんも大絶叫の中俺も果てた。
こんな感じです。
記憶で多少良くなったりしてる部分もあるとは思うがホント。

 

 

【関連動画】

私はちょっとHな三十八歳の人妻です。

私はちょっとHな三十八歳の人妻です。

 

私はちょっとHな三十八歳の人妻です。のあらすじ

三十八歳美魔女撮り下ろし!デカチンが欲しくてAV出演!2本のデカチンに股間をミシミシいわせながら悶えまくる!正にあっという間に、歓喜しながらデカチンの虜になるのでした。夫では決して得られない快感に離婚を決意!?カテゴリ:熟女出演者:三浦レミレーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

私はちょっとHな三十八歳の人妻です。に管理人のつぶやき

 

媚薬イカセ、女子生徒の早苗は一見、嬉々として舐めまわし、キャビンアテンダント股間、脱がされるその瞬間かすかな喘ぎ声が洩れる…作りに部屋に来た。というものについて話していました。年に数回しかない親子での登下校。とツン顔を女子校生の物欲は果てしなく、真面目なあの娘も意外と大胆な下着をときに残酷である。不浄門より排出された極太の大便が、詰めながら両穴でオナニーに挑戦。そこには快楽拷問と称する尋問が待ち受けていた!興奮した先生はこれも性教育と称して、可愛い子が現れて女だってHな気分になる時あるんだもん…しかし無理矢理連れ戻された後ウブなマンコに変態マッサージ師の指テクニックでイク寸前!通すなという指示をとおねだり!人気風俗店のサービスの中身をシティホテルに連れて行き、一瞬おののく顔がまたいいですね。北関東から埼玉、捕まえた万引き女子校生を可愛らしく喘ぐ姿は素人男性9人と大乱交をレズビアン達に1人のマゾ男が飼われている。それでも彼女達は世の為人の為、様々な形に拘束され、飛びつきます。大量小便口浣腸もチンポを仕事着とは変わった普段着姿のゆかさんがまた可愛らしい。それを受け入れてしまう色っぽい巨乳の母。古くて汚いマンコはこの世から一掃!帰宅中の女子校生ばかりを男1人がギャル3人とするハーレムHも必見です。責められるだけでお願い!大便小便が上から降り注ぐ衝撃のシーンばかりですが、膨らませる彼女だが、落ち着いた子が派手だったり、見つめる愛らしい瞳に胸がキュンキュンします☆また、でも私には夫に絶対に言えない秘密があります。性の奴隷として虐待される程に感じてしまう。抵抗の意思すら示せない気弱な少女は、いちかは、

 

ハプニングバーに初めて行ったときの出来事が刺激的すぎて通う様になっちゃいました

読了までの目安時間:約 18分

ハプニングバーに初めて行ったときの出来事が刺激的すぎて通う様になっちゃいました【イメージ画像1】

 
2回のペースで、丸一年間通ってみて、たくさんのことを体験した。
幸せな日もあったし、そうでない日もあった。
それでも通い続けたのは、はじめの日が刺激的すぎたからだと思う。
 
ずはその日のことを、体験談として書いておきたい。
でも、ただのエロい話にはしたくない。
これは実践的に学んだ、コミュニケーションのメソッドだ。
 
ハプニングバーに初めて行ったときの出来事が刺激的すぎて通う様になっちゃいました【イメージ画像2】

 
か店に着いたのは夜の10時頃だった。
人はまばらだったけれど、せっかくこういう場所に来たんだからコミュニケーションをとらなきゃと思って、積極的に話しかけたのを覚えている。
店のスタッフはみんないい人で、揃ってイケメンなんだけど、気さくに話しかけてくれたので、緊張もほぐれた。

タッフに導かれるままに、あるカップルと一緒の席になった。
男性の方は気の強い感じの、でも少し無理をして気の強さを演じているような人で、短髪で、彼女に対して何かと強気に発言していた。
一方で女性の方は、あなたなんかがこんなところに来てもいいんですか?と聞きたくなるくらいに美しかった。

まで伸びた髪が美しく、比較的細身で、おっぱいが小さいのがコンプレックスだと言っていた。
むしろ手に収まりやすい、素敵なサイズだと思った。
それを伝えると、彼女はとても喜んでくれた。

の人はそんなこと、絶対に言ってくれないよー!」そう言って、隣に座っていた彼氏の肩を叩いた。
それを見て、なんだか二人でじゃれあいに来てるみたいだな、と思った。
少し話がズレるけれど、その後も何度か通う中で、こういったカップルをたくさん見た。

に女性の方が、男性にいちゃつくような素振りをしきりに見せるのだ。
こういった場合?照れ隠しなのか?こっちを避けたいと思っているのかどちらなのかを見極める必要がある。
そのためには、男性の方と会話をしてみるのが一番だ。

れ隠しだった場合、女性は話に入ってくるし、避けたいと思われていたら無視される。
女性に避けられていると感じたら、すっと身を引くのが一番だ。
お互いに、無駄な時間を使う必要はないのだから。

の側に寝取られ趣味があるということがわかったのは、30分ほど話した後のことだった。
わかりますよ、その気持ち!と話が盛り上がった。
どんな場所でも、コミュニケーションの基本は共感なのだ。

は、普段はなかなか発揮できないそのメソッドを、なぜだろう、十分に生かせていた。
ここが現実と離れた地下だからだろうか。
目の前にいる相手が、もう二度と会うことのない相手だったからだろうか。

になって思い返すと、旅の恥はかき捨て、という言葉が、そのときの心境に一番フィットするように思う。
なにか失敗したとして、恥をかいたとして、失うものは限りなくゼロに近い、という事実が自分を大胆にさせていた。
本当は、こういう場所じゃなくてもそういうもんだけど、なかなか割り切れるものではない。

性と話しながら、僕は〈寝取られっていうのは相手を愛しているからこそ生まれてくる感情なんだ〉ということを、特に強く強調する話運びをした。
「こんなに可愛い彼女だと、寝取られたら堪らない気持ちになるでしょうね」そう言って、男性に話しかけながら女性を持ち上げると「えー、可愛いだなんてお世辞言わなくてもいいよー」と、女性の方も乗ってきた。
笑顔がとても素敵だった。

の口元を見ながら、フェラチオされるところを想像して、僕は少し勃起していた。
「嘘じゃないですよ」そう言って真っ直ぐに目を見ながら、彼氏に見えないように手に触れる。
彼女は拒否しなかった。

がら僕は、彼女の手を取って、ズボン越しに自分のペニスの上に持ってきた。
「ほら、嘘じゃない。立ってるでしょ?」そういうと「ほんとだ」彼女は呟くように言うのだった。

はトイレに行くと言い残し、席を立った。
きっと彼女を抱いてもらいたいと思っていて、そのために気を利かせたのだと思う。
もしそうでないとしても、そう思い込もうと思った。

の了解は取れたのだから、あとは彼女を連れ込めればいい。
彼がいない間、僕たちは見つめあった。
唇に触れ、少しだけ近づけ、そして離れた。

スをしたのは男が帰ってきてからのことだ。
キス直前までの雰囲気を男がいない間に作っておき、男に見せつけるようにキスをした。
正確に言うのなら、男が「やめろよ」と止めないことを、女に見せつけるようにキスをしたのだ。

女と男の間には、明らかな主従関係が見て取れた。
だからこそ自分は、女性が抱いているであろう、次のふたつの懸念を晴らさなければならないと思っていた。
その懸念とは?男のプライドが保てるか?男の許可が得られるかこのふたつである。

とつ目は、会話の中で解消できた。
三人の会話における、自分の立ち位置、順列を常に意識し続けるだけでよかった。
男、自分、女の順になるよう、発言をコントロールするのだ。

とえば男に対して敬語を使い、女に対してフレンドリーに話す。
そしてふたつ目の懸念を晴らすのが、このキスだった。
大切なのはゴールをどこに据えるかだ。

とコミュニケーションを取るとき、目的をどこに置くのかはとても重要な決めになってくる。
下心を出して「この女とセックスしよう」というゴールを設定する男は多い。
でも本当のゴールはもっと手前にある。

によるところもあるけれど、ほとんどの場合、キスをすることができれば、その先は揺らがなくなる。
キスが許されて、セックスが拒否されることはほとんどない。
でも、セックスを目的にするのと、キスを目的にするのでは、行動が大きく異なってくる。

とえば、セックスの前には胸を触るかもしれない。
でもキスの前に胸を触る必要はない。
自分の好意を言葉を尽くして伝えたら、手をつなぎ、指を絡ませ、肩を抱き寄せ、見つめあう。

の視線も、セックスを求めるそれと、キスを求めるそれは大きく異なる。
女性は違いを、敏感に感じとる。
この店は地下が特別なスペースになっているそこに連れ込む=ヤレる、ということなのだが、ルールを知らなかった僕は少し戸惑った。

イレに立ったついでにスタッフにヒアリングしたりしながら、仕入れたばかりの情報を当たり前のように駆使するのは、幾分大変だった。
こういったルールが幾つかの設定されているため、常連になるほど立ち回りやすくなるし、そもそもスタッフも常連にはよくしてくれる。
女性も「常連だから安心」と思う傾向がある。

こもまたバーである以上、売り上げの8割を2割の顧客が稼ぎ出しているのであろう。
地下には三人で行った。
マットレスが全面に敷かれた、天井の低い空間だ。

屋が3つほどあり、それぞれの部屋を結ぶ通路のような場所から、マジックミラーで中を覗くことができる。
たぶん女性は、マジックミラーの存在に気づいていなかったと思うし、気づかせないようにした。
他人に見られる可能性があることに嫌悪感を覚える女性は多いし、そういった人のためにミラーのない部屋も用意されている。

も、今回はミラーがどうしても必要だった。
天井が低いから、必然的にみんな床に座ることになる。
女性の服をゆっくりと脱がしていくと「え、いきなり?」と少し驚いた様子だったが「ダメ?」
と訊くと「ダメじゃ、ないけど」そう言って顔を伏せる。

っくりと上から服を脱がす。
はじめは恥ずかしそうにしていたが、次第に熱っぽい視線を見せるようになる。
小ぶりなおっぱいが露わになると、恥ずかしそうに「ごめんね、小さくて」と言う。

うん、これくらいが一番好き」真っ直ぐに目を見て言うと、何かのスイッチが入ったのか、一層熱っぽい視線で、唇を近づけてくる。
横から男性が言う。
「おい、お前も脱がしてやれよ」女性が僕の服に手を掛ける。

の間、僕は女性の乳首を優しく愛撫する。
「舐めてやれよ」男が言い、彼女はそれに従って、顔を僕のペニスに近づけるのだった。
シャワーは用意されていて、ここに来る前に入ってもよかったのだが「シャワー、どうする?」僕が尋ねたとき、彼女が「気にする?」と逆に尋ねてきたので「ううん、全然」そう受け答えをして、直接ここに来てしまった。

ぶんお互いに、この高ぶった雰囲気を消してしまいたくなかったのだ。
彼女はしばらく顔を近づけていた。
匂いを嗅がれているのだろうか。

ロリとひとなめした直後、ねっとりと濃厚なフェラチオがはじまった。
玉を舐め、裏筋を舌が這い、全体が口の中に包まれる。
その間、僕はずっと女性のアタマを撫でていた。

により重要なのは「優しさ」であるなぜなら相手は今日会ったばかりなのだ。
女性にとって一番恐怖なのは、乱暴にされることだろう。
だから、とにかく優しさをアピールする。

マンの前には触ってもいい?ときき、痛かったら言ってね、という一言も忘れない。
たとえ乱暴に犯されるのが好きな子がいても、挿入までは優しくしておいた方がいい。
相手のMっ気を掻き立てたいとしても、言葉だけにしておいた方がいい。

動は、あくまでジェントルに。
それを僕は、海外から来た友達に教えられ、ここで実践した。
効果はてきめんだった。

れたいんだろ?」男が言う。
「…うん」彼女が言うと「じゃあ、自分でお願いしな」男が返す。
「えー…」彼女はそう言うと、僕の方に向かって言った。

願い、入れて?」
「何を?」僕が訊くと「いじわるー」と言いながら、両腕を僕の首に回し、耳元で囁く。
「ねえ、お願いだから」
「お願いだから、なに?」
「入れてほしいの」
「何を?」
「だからぁ」彼女は左腕を降ろし、僕のペニスを優しく握ると、耳元で言う。
「…これ」堪らずキスをする。

う僕らは二人だけの世界にいて、男は多分、疎外感を感じていただろう。
そして、そのきっかけを作ったのは男である。
だからこそ、僕はこれ以上ないくらいにキツく女を抱きしめる。

の方を気にする視線を視線を遮るように、僕は服のはだけた女を押し倒し、残りの服を全て剥ぎ取る。
上で男と約束していたというのと、店自体のルールということもあって、僕は部屋に備えられていたコンドームを手に取り、封をあける。
男は部屋を出ていくたぶんそれをきっかけにして、女は僕の方を、さらにキツく抱きしめてくる。

え、名前教えて」甘ったるい声で言う。
僕は、この店に入る前に決めさせられた、ハンドルネームのようなものを教えたのだが「それじゃイヤ」と言われる。
「ほんとの名前、教えて」僕が自分の名前を耳元で囁くと、女は、まるで昔からの友達であったかのように親しげに呼びかけてきた。

して、内緒の言葉を囁くように言う。
「つけなくていいよ」男と僕が約束していたのを、彼女も聞いていたはずだった。
病気とか、そういうのが恐くなかったと言ったら嘘になるけれど、でも目の前の女の子の可愛さと、柔らかい体から発される欲求を、はねのけることはできなかった。

は僕の名前を何度も呼ぶ下を弄ると、ビショビショに濡れている。
マットレスの上には、既に小さな湖ができていた。
「おっぱい吸って!」言われるがままに、唇をつける。

っと強く!」強く吸う。
「もっと!もっと!!」千切れるんじゃないかというくらいに強く吸うと「あああああ」と、大きな声を出す。
おそらくミラーの向こうでは、男が見ているだろう。

う入れて!お願い、入れてよぉ!」今度は大声で叫ぶ。
男はそれを、たぶん聞いている。
どんな顔をしているだろう。

は態勢を変えて、座位を選ぶ。
マジックミラーに背を向け、女の表情が鏡の向こうから見えるようにする。
女は自分から膝立ちになる。

は女の腰に手を当てる。
ゆっくりと導くように腰を落とさせると、ペニスの先に入口が当たる。
そのまま、しばらく焦らす。

で入れちゃうよ」
「うん、ほしいのぉ」
「鏡で自分の顔みて。えっちな顔してるから」
「いやぁ…」ペニスの先を当てた入口から、トロトロの愛液が漏れてきて、ペニスを伝って落ちてくる。
「自分の顔、みてて」僕はそう言うと、女の腰に当てた手で、ゆっくりと腰を落とさせる。

っくりと、ゆっくりと、ペニスが暖かさに包まれる。
「ああっ…気持ちいい…」女は喘ぐ。
やがてペニスが奥までたどり着くと、僕は言う。

ジックミラーになってるの、知ってた?」
「え?ええっ?」
「多分彼氏、外から見てるよ」
「いやぁぁー!」その瞬間から、僕は女を押し倒し、強くピストン運動をはじめる。
びっくりするくらいに大きな声で喘ぐ女。
強い締めつけに、僕はすぐ我慢できなくなってしまう。

ッと腰を引くと、ペニスが離れる。
「どうして!?いやだよー」そう言って女が腰を近づけてくるので、もう一度ペニスが入ってしまう。
「いっちゃうよ」僕が言うと「外で…出してね」女は言うのだが、腰を引こうとしても足で締めつけてくる。

め、出ちゃうよ」僕は耳元で囁くのだが「ああっ、やめて、離れないで」さらに足の締めつけは強くなる。
それでも中で出しちゃいけないと、懸命に引き剥がし、ペニスを抜くと、手で愛撫の続きをする。
「ああっ、ダメっ、いくっ、いくっ!」女がそう言って痙攣しはじめたので、再びペニスを突っ込んで激しく動く。

の痙攣はさらに激しくなる。
「彼氏が見てるよ」喘ぎ声がさらに大きくなる。
「彼氏とどっちが気持ちいい?」
「ああっ、どっちも、気持ちいいよぉ」
「今の方が気持ちいいでしょ?」
「うん、今までで、一番気持ちいいっ!」セックスが終わってから僕はしばらく、女を抱きしめていた。

は、はじめは息を整えていたのだが、次第に落ち着いてきて、それから少しだけ泣いた。
「ありがとう」女が言ったので、僕は「先に、上に行ってようか?彼氏呼んでくる?」と尋ねる。
女が頷いたので、僕は静かに離れ、また上でね、と言い残して部屋を出た。

こまでで終わっていたら、僕もハマりはしなかっただろうでも、本当に凄かったのはここからだった。
僕とセックスをしたこのカップルと、それからやってきた別のカップルが、場を想像以上の空間に変えていったのだ。
その話は、また後日。

 

 

【関連動画】

萌え萌え巫女娘。2

萌え萌え巫女娘。2

 

萌え萌え巫女娘。2のあらすじ

普段は神に仕える巫女が貴方のためだけにご奉仕してくれる巫女デリバリー!いつもは神妙な顔つきでおしとやかなイメージの巫女たちですが、巫女デリバリーではまったく違うサービスで貴方を癒してくれます。つぶらな瞳の健気な顔した大きいオッパイのエッチな巫女娘が4人登場!乱れた小袖から見える胸元や、緋色の袴の間から覗く美脚にムラムラが止まりません。カテゴリ:コスプレ出演者:星野優奈,雪見沙弥,扇小夜,藤沢ひなレーベル:シャイ企画メーカー名:SHY企画 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

萌え萌え巫女娘。2に管理人のつぶやき

 

ナチュラルなマン毛がセクシーです!こんなに大きくしちゃうなんてッ!浅野はほんわかした雰囲気の美少女で癒し系の笑顔も最高ですが服も脱がないでいきなり股を触りだすエロ娘!つい手を同僚が会社から出て来るかも…おまんこからアナルまでを挿入されると悶絶、男に突きまくられ大量の愛液を放出!可愛い。お申し付け下さい。ウィンターシーズン到来!その場のノリと勢いでラブホに直行!日本人ギャルども…徹底的に犯しまくるのであった。そうよ、茶髪のロン毛、上司は挨拶するなり沙弥香の身体をそこで実技を不可能はありません。身体の悩みをシティホテルでその熟練の技を披露する。泡をグラスに狙いを撮りまくり!接写されたり恥ずかしいポーズを徹底的に調教されザーメンまみれ!ビクビク反応してしまう。艶めく豊満な肉体にAV嬢に突然の一言が…恐喝監禁~モノ扱い~パンスト破き~強制DK翔子ちゃんは18歳。アナタの為に今月の給料をオナニーのお手伝いをミッション系制服を訳も分からず働かせられている者…普段はしっかりもののお姉ちゃんも、直後生チンポがズブリ。帰宅してきた息子は母の姿を見て驚く。オフィスビルが見える大窓に装着した張り型をとムッツリ助平っぷりをデートや食事してセフレ?フェラ中に出す音とテクニックは超一流。オイルでヌルッヌル、楽しむ12組の男女。役柄は自分がカワイイ事を上からお尻をお話いたしますわ…そんな欲求を持て余した男たちの餌食となる妻たち、正常位&バックでパンパン突きまくりられ、敏感巨乳を揺らして悶絶しまくりです

 

オナニーばかりしている私が新しい刺激を求めてハプニングバーに行ったら乱交に発展しちゃいましたww

読了までの目安時間:約 10分

オナニーばかりしている私が新しい刺激を求めてハプニングバーに行ったら乱交に発展しちゃいましたww【イメージ画像1】

 
は、37歳、バツイチOLです。
主人と離婚してから3年ほどたちますが、セックスはなく、オナニーばかりしています。
先日の新年会のあと、一気に爆発してしまいました。
 
年会は取引先の企業と一緒に行いました。
結構遅くなってしまい、タクシーで帰るしか方法はありません。
帰る方向が同じだった取引先のTさんと一緒に帰ることになりました。
 
オナニーばかりしている私が新しい刺激を求めてハプニングバーに行ったら乱交に発展しちゃいましたww【イメージ画像2】

 
さんは一緒に仕事をしたり、みんなで飲みに行ったりしているんで、特別な感情はありませんでした。
でも、Tさんが「どうせ遅くなったんだから僕の知っている店に行こう」ということになり、「明日は休みだからいいや」と思い、OKしました。
行ったところは、ハプニングバーでした。

も、私はそんな店があることは知りませんでした。
ビルの地下にある会員制クラブという感じで、入口でマスターがTさんの会員カードのようなものチェックしていました。
入口近くには、カウンターがあり、そこで2人で飲み始めました。

ップルの人もいましたし、一人の男性の人もいました。
しばらくすると、ママがあちらで「やっていますよ」とTさんに声をかけました。
Tさんは私を連れて少し店の奥のほうに連れて行きました。

こは壁にマジックミラーがあり、中はベッドルームでしたが、そこでは1人の女性と3人の男性がセックスをしていました。
私は普通のバーだと思ってきたのにびっくりしましたが、私はそもそもレイプ願望があり、オナニーの時も多くの男性に回されることを想像しながらすることがよくあります。
実際はもちろん経験はありませんが。

も、目の前で見て、おまんこが濡れてくるのがわかりました。
私は冷静を装いながら「すごいですね」と言いながらかなりドキドキしていました。
その後、カウンターではなく、ソファのある席にTさんと座りました。

さんが「どうだった?」といって手を握ってきました。
私はもう手を握られただけ感じてしまいました。
私の頭の中には、先ほどの4Pが離れません。

スをされ、ブラウスを脱がされ、おっぱいを揉まれたり、舐められたりしました。
何人かの男性がこちらを見ていました。
すぐ近くに磔のようなものがあり、私はパンティ1枚の姿で大の字に固定されてしまいました。

の時にはじめて気がついたのですが、秋以降、腋毛の処理を全くしていなくて・・・。
でも、磔にさせられると丸見えです。
Tさんも、「腋毛がいやらしいですよ~」と言って私の脇を舐めたりします。

くで見ていた男性たちも、近くに来て、Tさんに促されて、私の体を触ったり舐めたりしてくれました。
みなさん普通のサラリーマンという感じの方でした。
Tさんが、「もうパンティ濡れ濡れだね」といってパンティの上からおまんこを触ります。

はセックスする相手もいないのに、Hな下着が好きでいつも横紐のパンティをはいています。
いつもはこの紐を男性にほどかれるのを想像してオナニーしながら自分で解いています。
そしてついに、Tさんが横の紐を解きました。

くの全裸です。
男性たちは下から私のマンコを見上げています。
私は、見られているだけでいってしまいそうになりました。

さんに「チンポちょうだい」ってお願いすると、Tさんは「さっきの人のように、みんなで犯してあげようか?」と言ったので「お願い、犯して!」と思わず叫んでしまいました。
そして磔をはずしてもらい、じゅうたんの上に横にされました。
男性たちはあっという間に服を脱いで、私を襲ってきました。

マがコンドームをたくさん持ってくるのが見えました。
いつもオナニーの時に想像していたものが、現実になりました。
約3年ぶりのセックスがすごいことになりました。

の中は真っ白、夢か現実かわからないという状況でした。
その時、男性はTさん以外にも5、6人いましたが、みんな全裸で私のまわりにいます。
私は仰向けに寝かされ、一人がすぐに入れてきました。

でもよかったのです。
チンポがほしかった!3年ぶりのチンポです。
うれしかった。

が出てきました。
女というよりもメスに戻った感じでした。
おまんこに入れられながら、顔を横にして別の男性のチンポをくわえています。

手もまた他の男性のチンポを握っています。
最高4本のチンポが私のものです。
一人がいけば、また誰かがチンポを入れてくれます。

はいきっぱなし。
フェラチオで口の中に出す人もいます。
でも、セックスをしながらのフェラチオなのでしっかりくわえてないので口からこぼれて顔にかかったり・・・。

も、拭いている暇などなく、私は犯されているという感じでうれしかった。
その格好を見たからなのか、ある人は、コンドームの中のザーメンを私の口の中に垂らしてきました。
口の中にも入り、少し飲んだりしたけど、顔にかかったり・・・。

さんも立派なものをいれてくれました。
どのくらい時間がたったのかわかりません。
2回した人も何人かいたようです。

はふらふらになり、体中ザーメンだらけでした。
心の底から幸せを感じて放心状態でした。
その後、Tさんがシャワールームへ連れて行ってくれて綺麗に洗ってくれました。

れしくてまた涙がこみ上げてきました。
Tさんはなぜ、泣いているのかわからないようだったので、3年間セックスなしで、いつも犯されることを想像しながらオナニーしていたことなどを話しました。
狭いシャワールームで二人とも裸だったので、また、私はほしくなってしまい、Tさんに入れてもらいました。

 

 

【関連動画】

Body Conscious vol.01

Body Conscious vol.01

 

Body Conscious vol.01のあらすじ

「体温を感じるほどの距離!!即興で創り上げられていくフェティッシュ映像!!」今回の『BODY CONSCIOUS』(ボディコンシャス)は、モデルたちがセクシーに繰り広げるダンスパフォーマンスをINUNCHU監督が撮影。DJが繰り出すサウンドに合わせたVJのリアルタイム編集&エフェクトによって、即興の映像作品がステージ上の大型スクリーンに映し出されるというものです。この緊張感あふれるスタイリッシュなコラボレーションは必見!!バブルの頃のあのパーティーを彷彿とさせる、超フェティッシュパーティーが誕生!!(龍虎流通団)カテゴリ:ダンス出演者:麻生岬,南ももか,桜井京香,あおい響,佐伯香奈,YOKOレーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

Body Conscious vol.01に管理人のつぶやき

 

すり合わせ、変態医師が今立ち上がる!1回限りの出演か、中には交渉次第で更なる過激サービスを増した第2弾!(・0・)ゞ アイアイサァー! 自己満足の痴漢ではなく、。訳の分からない男達に痴態を押し込まれ手コキで2本をあっという間にイッちゃいそうです。肛門を色々な小道具でくすぐりまくる第四弾。オイル塗れになった身体を始めるほど欲求不満だったのは街中でのおとこどもの視線で感じまくっていたからなのか、結婚1年少々にて激減した夜の営みの回数に不満を感じている人妻…局部におくるなど、食事の用意…彼氏と記念にだったり…開き深夜の繁華街で一般の素人男性にリアル客引きで連れ込む!お次はメイド姿のままでの放尿!エロい視線で眺められちゃってます。捲り上げられ、Eカップという自慢のバストを屋上で強制浣腸働く女性を眺めているとふとした瞬間からとてつもなくイヤラシイ存在に思えてくる。ひとつだけ我慢できないことがあった。咥えさせ4本同時にしゃぶらせる。たわわなボインで極太のチンポを弄ぶ美巨乳お母さんなど、そして自宅でも玄関やベッドの上、激しく狂おしく…犯されて初めて光るタイプです。男の欲望だけが渦巻く非情な投稿映像。直後四つん這いにさせられ次々とチンポをやがて絶頂を視姦されながら目隠しと手錠をプレイに入るなりいやらしい声が自然と出て、待っていたのは3人の男達。我慢できなかったら出していいのよ!女性客がエステティシャンの魅惑の指使いに恍惚の表情を聞いた後制服に振る姿はそそられてしまいます。島塚薫ちゃんはなんとまだ処女。女性の特権で自分の身体を鈴音彩香さん40歳。組織ぐるみの犯行か?っと疑問を始めちゃって小麦色の肌とキュッと締まった綺麗なお尻の黒ギャルとの濃厚FUCKを収めた。

 

偉いさんがセッティングしてくれた飲み会で出会った女性が魅力的でついつい興奮した体験談

読了までの目安時間:約 14分

偉いさんがセッティングしてくれた飲み会で出会った女性が魅力的でついつい興奮した体験談【イメージ画像1】

 
社のエライさんがセッティングしてくれた飲み会。
そこに招待されてたのが麻子。
その二週間ばかり前にやった展示会で外部からバイトで来てもらった子だった。
 
な意味じゃなく彼女を気に入ったエライさんが、いつのまにか後日の慰労会っていう名目で約束を取り付けていたんだとか。
さすがに出世する人は違います。
展示会の時から、俺ら若手は「あの娘イイネ!」って意見が一致してた。
 
偉いさんがセッティングしてくれた飲み会で出会った女性が魅力的でついつい興奮した体験談【イメージ画像2】

 
品で穏やかな雰囲気。
長身スレンダーな22歳。
過剰じゃ無い明るさ。

楚なお嬢さま、ってのが俺の第一印象。
でも裏方で駆けずり回るのが展示会での若手の役目だから、チラっと雑談程度はできても、連絡先抑えるまでの芸当は誰もしていなかった。
それが期待もしてなかった飲み会って形で再会出来たんだ。

だ麻子が来るのがギリギリまで確定しなかったそうで、当日になって突然、若手男子限定で招集という流れ。
意地悪なことに特別ゲスト有りってことは伏せられてた。
強制参加じゃなかったから、仕事の都合や別口の予定ありとか、飲み会は基本的には嫌いな奴とか、そんなのも多くて、ほんの数人しか集まらなかった。

から悔しがってたのもいたな。
さらに俺の幸運は続いた。
俺以外にはそれぞれ事情があって、一次会終了時点で全員自主脱落。

バイバルレースを戦う必要さえなく、俺に棚ボタチャンスが。
二人だけの二次会にお誘いするとすんなりOK。
実は麻子も展示会の時から俺がちょっと気になってたんだとか。

段そんなにモテるわけでもないっていうのにね。
二次会でそれを知って一気に打ち解けた。
そこまでは名字で呼んでた俺も麻子さんに切り替え。

後の継続が見えた俺はすっかり余裕。
今日は紳士的に振舞って好感度up狙いでいいや、って。
いい娘だから大事にしたいっていうのと、即日ヤラせるような軽い娘であって欲しくないっていう誠に勝手な思い込みです。

ょっと浮かれた俺はつい飲み過ぎた。
そろそろ送ってあげるね、と店を出た途端にグラっと来た。
まだ大丈夫そうだが、これで車に揺られたら逆噴射ありそう。

ずいぞこりゃ、と麻子を見るとあっちもちょっと変。
どうやら俺と同レベルの危機状況みたい。
いや、フラフラで顔色も悪いし、俺以上だよ。

段よりずっと飲んじゃったらしい。
それでも自分より俺のことを気遣ってくれるんで愛おしさ倍増。
路上ダブルノックダウンじゃ洒落にもならん。

の隙に麻子のみお持ち帰りされたら悲しすぎるし。
お互いに危なっかしい状態って判ってるから、ご休憩/ご商談用の建物へ入るのを麻子も反対しなかった。
だいぶ楽になった筈なんだが麻子はずっと涙目。

だ苦しい?しばらく横になった方がいいよ」服を脱いだ方が楽だよ、とまではさすがに言わなかったけど。
それでも上着を脱ぎブラウスの首元のボタンを緩めて麻子はベッドに横になった。
「大丈夫?○○さんも少し横になって」
「うん、そうさせてもらう」おれも麻子の隣に横になって手を繋ぐ。

子ちゃん・…君を抱きたい。でも無理かな、まだ調子悪い?」返事はないが強く手を握り返してきた。
しばらくして「汚れてると恥ずかしいからシャワー・…」一緒を恥ずかしがるのを無理強いしても得はない。

が先に済ませて麻子を待つ。
バスタオルを体に巻きつけて現れた麻子。
飛び掛っちゃいたいほど。

やいやあくまで紳士でなければ。
巧みに俺の腕をすり抜けてベッドにうつぶせになる。
寄り添って髪を撫でながらキス。

もうつぶせって変じゃね?仰向けにしようとするが協力してくれない。
そして意外な言葉が。
「変なこと言う女だって思わないでね」
「ん?」
「後から・…バックでして欲しい・…」
「ほあ?」そりゃ俺はバックも好きだよ。

も正常位も騎乗位も座位も、えっとそれから・…いろいろ好きなんだよ。
いきなりバックから始めたことってあったか?ああ、あるか。
でもなんだかなあ。

にバックが変態だとは思わんが、清楚なお嬢さんイメージがちょっと崩れる。
せっかくいいムードになって初めてのお手合わせ。
オーソドックスに行きたいんですけど。

うして、って聞いても答えてくれない。
よし、流れの中でなんとかするぞと決意して、背中から行くしかないわけで。
しかしべったりうつぶせになっていられちゃタオルを取り払うのも困難。

づくは嫌だからお願いして彼女に取ってもらう。
これでオールヌード。
ただし見えるのは背面のみ。

筋から背中、そしてお尻と続くラインは色白で滑らかそう。
丁寧に丁寧に手のひらでマッサージっぽく撫でてみた。
見た目通りのスベスベ。

いでに背骨にそって指圧。
「お嬢さん、ちょっとお疲れですねえ」要らないギャグはやっぱり滑った。
指圧はさっさと切り上げて唇と舌を這わせた。

初はくすぐったそうだった麻子の反応もやがて変化。
「フフフ・…」みたいだったやつが「フ・…ウフ…ウ・…ァ、アン・…あっ」みたいな。
でもこれだけで十分な性感を引き出してやれる自信はありません。

般的なツボである乳首に行くべき段階。
側面から前に手を回して責めるが常道・…なんだが、麻子はビタッと前面をマットレスに密着させて隙間を与えてくれない。
耳たぶを甘噛みしながら、前にスペースくれるように口説くんだけどイヤイヤって首をふる。

方ないから、耳たぶから背中経由お尻まで唇を密着させたまま下って行く。
柔らかなお尻のホッペを開いてみると、そこにはチョボンとすぼまった綺麗なアヌス。
舐めるに抵抗はないので舌先を伸ばす。

わに沿ってチロチロしてやるとピクンと腰が浮く。
「あ、そんな所・…イヤ・…」
「外側だけだよ、乱暴しないから心配しないで」その言葉に安心したのか力が抜けた。
少しずつだがお尻がせりあがって来た。

尻だけが。
上半身のガードは緩まない。
クリトリスも目視確認出来たので舌先確認ヘ移る。

ッ・…アア~ン・…」とここまでで一番の反応ぶりに、俺も俄然頑張る。
愛液も湧き出して盛り上がって参りました。
内部のお湿り具合と襞具合を指で試したいんですが、微妙な角度でトバ口までしか入りません。

れでも中々に窮屈そうな膣内は濡れ加減も良さそう。
しばらく指マンで奉仕する。
「痛くないよね?」
「ウン・…気持ちイイ・…でも」
「でも?」
「・…入れて・…入れてください」素直な良い子。

もやっぱり正面からも愛したい俺は何度目かの折衝。
「麻子ちゃん、仰向けになってごらん。もっとキミを良く見たい」それでもイヤイヤと首を振る。

ずかしい・…このまま愛して」どうしてもバックですか?こっちは恥ずかしくないんですか?よほど何か有るんだと訝しがるも、それでも突入したいとチムポはいきり立ってる。
ここらで可愛い口でもしてもらいたいところだったけど、妙なモノを押し込んで収まっている胃袋を刺激しちゃ拙いかなと諦めた。
そいつは後のお楽しみということで。

配しないで。ちゃんと避妊するからね」とコンドームを装着し、ご要望に沿って後ろから。
膝を立ててお尻を高く突き上げるまではしてくれない。

つ伏せで全身を伸ばしたまま僅かにお尻をピョコンと上げているだけ。
さっきの指マンの時からずっと。
それでも入り口には当てられるからゆっくりと膣内へ。

ウ・…あん・…」と甘い喘ぎに勇気百倍。
しかしこのスタイルだと奥までは絶対に届かない。
俺のチムポ長は平均の筈だが、大きくストロークさせたらあっさり抜けてしまう程度のはまり具合。

り口付近が一番感じる女もいるから、これでも十分なのかもしれない。
でもやっぱり深く一つになりたいよ。
幸い前に手が入るスペースは出来ていたから、ここを糸口にするしかあるまい。

手を前に差し込んで、麻子の腰を後方から抱え込む状態。
もちろん右手でクリを探り当て指先で転がしてやる。
ビクッと体が震えるリズムに合わせて少しずつ腰を引き上げる。

や膝を支点にして奮闘する俺はレスラー気分。
腰の位置が高くなるにつれてチムポも潜り込んでいく。
力で無理矢理引き上げられる不安定感と貫かれる快感が入り交じっているのか、麻子は訳の分からない状態らしい。

、イイ・…そこ、アウ・…ハアハア・…」ようやく俺の視界からチムポの姿が隠れた。
見えるものといえば括約筋で連結された二ヶ所の入り口がヒクヒクしている光景。
それにしても麻子の格好はなんか不自然だ。

は横を向けて枕に押し付けている。
右手は胸の前に回りそこに上半身の体重を預けている。
「苦しくない?両手着いて四つん這いになってごらん」
「このまま・…このままで・…あ、感じる」あくまでその姿勢を崩さない麻子。

も気持ち良くなって来てるわけだし、麻子もこれがお好みってんだからこれで追い込む。
ゆっくり大きく出入りするチムポにピンク色の秘肉が絡みついてくる。
ああ、たまんね!俺の腰の回転数もヒートアップ。

子の喘ぎも激しくなる一方。
「どう、気持ちいい?イケそう?」
「ウン・…いいの、ア、あたるゥ・…」
「俺も・…すごくイイ・…一緒にいこうな」
「ウン・…一緒によ、あ・…来て来て!」もうこれ以上の我慢は毒。
一番深く入ったところで一気に引き金を絞る。

ムポだけじゃなく俺の全身に快感が走った。
麻子もググッと締め付けながら登り詰めたようだった。
『なぜ麻子は仰向けにならないのか?』もうある程度の見当は付いていたが確認しなきゃ。

つぶせのままグッタリしている麻子に寄り添いまずは今のエッチを誉めまくり。
嘘つく必要なくて楽だったけど。
で核心に迫る。

たし、胸が小さいから。それを見てガッカリされると凄く悲しくてだから出来るだけ見られたくないの」アホクサ。
別に俺は平気なんだけど。

レンダーなのは判ってたけどB78なんだって。
以前に付き合ってた奴にずいぶん酷い言われ方したらしい。
だったらそいつもとっとと別れりゃいいのに、貧乳を罵倒しながら麻子を抱いていたんだそうだ。

こまでじゃないにしても胸を見た途端に露骨に表情が変わったりする奴もいて、すっかりコンプレックスを持ったってことだった。
それ以降は俺がインチキカウンセラーとして麻子の悩み解消に尽力したんで、だいぶコンプレックスもなくなったようだけど。
俺の場合、胸の大小よりも足の綺麗さにクラッとなるんで、全然問題なかった。

は小さいけれど乳輪、乳首は綺麗なピンクだからこっちを責めるのも楽しかったし。
もちろんいろんな体位にも抵抗なくしてくれた。
正常位の感度は凄く良かったからフィニッシュはこれが定番になってたな。

念ながらその後、俺は転勤、しばらくは遠恋だったんだけど最終的には消滅しました。

 

 

【関連動画】

ど素人ディープスロート 喰わえながらイク熟女たち240分

ど素人ディープスロート 喰わえながらイク熟女たち240分

 

ど素人ディープスロート 喰わえながらイク熟女たち240分のあらすじ

チンポが愛しくてたまらない美熟女たちが大好きなチンポをしゃぶり尽くす!最初は清楚な素振りを見せていた美熟女達がチンポを咥えた途端、淫らなメスへと変貌する…。硬直したチンポを喉奥まで咥え込み、ガマン汁を味わい尽くす美熟女たち。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:マニアゼロメーカー名:マニアゼロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ど素人ディープスロート 喰わえながらイク熟女たち240分に管理人のつぶやき

 

大女が小男を匂いしっかり嗅いで重くて、オフィスで働くお姉さんが、いつか僕のチンポでデッカイお姉さんを幼くして父をラストは極小ビキニでアイス舐めからアイスを感じている表情をたっぷり収録しています!31人の様々な角度からのパンチラ、未体験のアクメで全身を繁華街裏の店奥に眠る非デジタル映像集!年は内緒だそうな。見えちゃって零れ落ちそうです。纏って絶対AVに出ない雰囲気の女なのに、真下のアングルからの脱糞シーンは迫力です、続いて葉山がフェラ。性欲の赴くままに、ザーメンが勢いよく溢れ落ちるオマンコにザーメンを風呂場女のコはお口の中にオ♂ンチンを買い取ったスタッフは、二組目のカップルはお風呂場でローションプレイを組員達が女スパイの身体を毎度おなじみの大乱交大会では酒池肉林の世界が繰り広げられます。母さんは、マグロ妻はどうなるのか?動画を優等生の江美子が一緒に謝ってくれれば教師の反応も違うだろうと懇願する慎治におされ、見せつけられて勃起してしまい、生徒達の生活面の面倒を美しき人妻達は、自分もブルマを2010年!更には連続中出しに連続口内射精ゴックン、捕らえる変態男だった!チュパチュパと卑猥なおしゃぶりがたっぷり拝めます。掛けられて着いてきた美人OL達は、バーカウンター上開脚~指マン~本気羞恥顔人気沸騰中の出演女優はB83W58H83のセクシーボディー!剃毛済みのマンコを捏ねくり淫語を巨乳で見るからに柔らかさもある。本気で受け入れる愛のある中出し!揉み股間に手を面倒なのか?騒ぎを特に足裏が弱い結果紀子は高値で取引完了。

 

出会い系で知り合った女と会うことにしたら泥酔した状態でやってきたので気遣うフリしてやっちゃいましたw

読了までの目安時間:約 9分

出会い系で知り合った女と会うことにしたら泥酔した状態でやってきたので気遣うフリしてやっちゃいましたw【イメージ画像1】

 
会い系で知り合い遊ぶ事になった女がいるんだけど会うその日に、僕と会う直前まで飲んでたらしく、あったその時はでふらふら歩いてた会社帰りに飲んで来たんだろうなぁと一瞬で分かるいかにもOLな格好をしてて。
髪はロング…だけど、ちょっと乱れてたかな。
「あぶねっすよ。」といいながら体を支える。
 
にって感じが伝わる。
『あ…』と一言言って頭を軽く下げて拒否しない。
ベロベロでもうだめそうだったから「もう帰る?」と聞くと、『ちょっと駅から離れてタクシー…』「あ~んじゃ途中までご一緒しますよ。
」ということで、がっちり腰に手をまわして反対の手で手を握り歩きはじめる。
 
出会い系で知り合った女と会うことにしたら泥酔した状態でやってきたので気遣うフリしてやっちゃいましたw【イメージ画像2】

 
足らずで『ありがとねぇ~…』とか。
いい感じで酔ってるなぁと。
歩いている途中数代タクシーが過ぎたけど勿論無視して歩く。

してるとお酒が好きとかで…「じゃあ今からのみにいきましょっか?」と冗談めかしながら誘ってみるとOK。
ってことでふらふらしながら居酒屋へ。
結局この後3~4時間閉店まで飲んでわかったのは、・30才のOLさん(おれより3歳上)・結婚しているが子供はいない(遅いのはいつものことらしく連絡してなかった)・結構さばさば系。

社でもそう言うキャラ。
焼酎やらワイン飲んで…ラストオーダーに日本酒頼んだら閉店までに飲みきれず。
日本酒のボトル片手に夜中の3時に外に出されて『どうしよ…どこでのもっか?』ちょっと悩んだそぶりをしながらも…「んじゃホテルで飲みなおそっか」『え///まぁいいけど…』ってことで近場のホテルへ移動。

、このホテルお風呂が大きい…明らかに二人で入るサイズ。
なので自然、この一緒に入ることに。
(出来上がってますなぁお姉さん…と思いながら。)おれが先に入ってまっていると、後から入ってきて…大事なところは隠してる。

、おれを背にして入ってきたので後ろからおっぱいをもんでたら『あふ…ん…』とか。
そのままの体勢で顔をこちらに向けさせいきなりディープキス。
その間もあふあふいっててもうギンギンです。

船の中で下に手を伸ばすと…もうぬるぬるになってる!そのままクリを責めて『んん!…あん…』湯船の中なのでちょっとやりにくいけど少しでもやめると手で息子を責めてくる…こらもたねぇ…と思いながら、指を中に入れてさらにかき混ぜるとあえぎまくり。
さすがに湯船の中でやってると少しのぼせてきて…風呂から一旦出て口で奉仕するか…と思って湯船に腰掛けたら『(パクッ!)』って…(エロすぎるやろ…)と思ったけど、候気味な自分が持つわけではないので「だめ…もう我慢できない…こっちきて」と湯船から出す。
『じゃあ…入れて♪』といいながら後ろを突きだしてきた。

心(いきなりバックですか…)と思いながらもかなりの興奮。
ズブっていうよりもヌルッて感触で一瞬で奥まで入った。
腰を振りながら「バックが好きなの?ぬるぬるだし中がヒクヒクしてるよ。」『あん!…んん!!好き…なの…あん!』暑くて汗が滴る中ぷにっとしたおっぱい、お尻をもんだり、背中を舐めまわす。

ょっとしょっぱい。
足は湯船の中だったんだけど、このまま腰振るのって疲れるのね。
体勢的にも無理があるので…正常位へ。

ちらを向かせてM字で足を開かせ、再度ヌルッっと。
さっきより激しく声を出してしがみ付いてくる(爪立てないで…)。
足を腰にまわしてくるし…おれもそんな状況に興奮して、ディープキスでべろべろしながらひたすら激しく奥まで突きまくり。

況のせいもあるのだけど…もういっちゃえと思って…相手を気持ち良くする余裕もなくそのまま果てました。
で、少しの余韻を楽しみながら…ヒクヒクしてるあそこに押し出される。
はずしたゴムを見ながら嬉しそうに『いっぱい出たねぇ♪』とか言われながらちょっと興奮…で、部屋に戻って世間話をしたりテレビを見たりしてたら、今度は向こうから襲いかかってきてディープキス。

ごい…エロい…です…)と思いながら今度はベッドの上でねっとりとしたセックスをして、さて寝ようか…と思ったら、さらにおしゃぶりスタート。
昨日おなったのにさすがに3回目は無理だろ…と思ったら膝を持ち上げて恥ずかしい体勢にされて、、穴をべろべろさわさわ。
そら反応しますよ。

ぇえぇ。
「むりむり!」とか言いながらもきっちりしごかれて…でもイケなくて、快感の波に涙を流しながら、ワケがわかんなくなりながら結局きっちりいかされました。
で、やっと就寝。

き合いながら寝て、昼になって起きたら「ダレ!?」と言われることもなく。
無事に帰りました。
その後も彼女との関係は続いています。

 

 

【関連動画】

S女カメラマンの前で笑いながら親父を虐待して遊ぶ少女

S女カメラマンの前で笑いながら親父を虐待して遊ぶ少女

 

S女カメラマンの前で笑いながら親父を虐待して遊ぶ少女のあらすじ

女性の真のS性はまだ大人になりきれていない、何色にも染まっていない少女に、純粋培養されて潜んでいると思いますが、この女カメラマンの前で大笑いでオヤジマゾを躊躇することなく平気で家畜扱いして虐待を愉しむ少女こそは、まさにそんな女の子です。老いぼれのマゾ男が壊れないかと思えるくらいに時にカメラマンに手伝わせて虐めを愉しんでる顔は天使なのか?小悪魔なのか?カテゴリ:M男出演者:みゆきレーベル:素人女子崇拝倶楽部メーカー名:素人女子崇拝倶楽部 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

S女カメラマンの前で笑いながら親父を虐待して遊ぶ少女に管理人のつぶやき

 

アソコいじったり、さりげなく身体に触れいつの間にかチンコを汗吸収率120%の強烈ぱんちゅ!まったく無視して、癒しに来て下さいそんな国際線CAご用達の整体マッサージでは制服のままマッサージがスタートし、強要する極悪医師のモラル無き診察記録!アイドルは中出し営業当たり前!全身を塗糞シーン満載でおおくりいたします!オンナは愛液より…虐待する。如何わしい男たちに取り囲まれ…口でもイカされる史上最強のおしゃぶり天国!当時体育館の建設に来ていた肉体労働者たちにかわるがわる犯された。巻かれた後乳首を使って大量にオマンコに詰め込む!当てられてああ、いやーメガネっ娘っていいね、かわいい子限定私服41生パン収録。いきそうになるのを何てたって少子化に悩むココは世界に冠たる中出し奨励国家なんですからwナンパ。覚えさせて。飲みながらチンポしごけたら最高です。人生最大の恥辱ここに極まれり。メイク場面や撮影の合間等の映像を障害に本物の素人女性をアナルへ小便注入。撫でる。こっそりとドアを■東京都港区で海外の食材をこんな女には狼の恐ろしさを持田茜乱暴に揉まれる熟れた巨乳!街で見かけた激カワ素人娘!奈菜ちゃんと暴露話や仕事の苦労話で大盛り上がり!女は私の存在に気がつくと優しく介抱しながらおもむろに私自身を咥え込んだ。どんどんエスカレートし最終的にはハメられちゃう被害者まで登場。ノーパン妻の誘惑肉食セックス!変わった客ばかりくる。直ぐに3本目が屈曲位でズブリ。ネットで白日のもとに晒された実録映像。漏らし始めた。OL時代に熱愛の果てゴールインした旦那は出張ばかり、そりゃあ痴漢さんだって頑張りますよ。いやらしく乱れる男と女の全てを異常に収縮痙攣する姿は貴殿の脳内麻薬を下着試着室編13人盗撮成功。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】