告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

大学のサークルを通して親しくなった先輩はMっ気のある変態女でしたww(1)

読了までの目安時間:約 12分

大学のサークルを通して親しくなった先輩はMっ気のある変態女でしたww(1)【イメージ画像1】

 
と先輩の出会いは大学のサークルだった。
俺は女性にあまり免疫なかったけど、出身地が同じだった事もあってすぐに仲良くなれた。
先輩はすごく社交的で、さばさばした性格をしていた男女の友達も多く、性格とスタイルのせいかすげえモテる女性だった。
 
方、俺は入学して初めての彼女が出来てその娘に夢中だった。
在学中はずっと付き合っていたので、先輩とは酒は飲むけど恋愛感情はまったくなかった。
そのまま月日が経ち、先輩は卒業して地元に帰って行った。
 
大学のサークルを通して親しくなった先輩はMっ気のある変態女でしたww(1)【イメージ画像2】

 
も大学を卒業して無事に就職できた。
東京勤務を希望していたけど、地元での勤務が決まった。
地元に帰り、先輩とは2,3回飲んだり合コンを行ったが、お互い忙しかったので、頻繁には連絡を取り合わなかった。

の間に遠距離恋愛していた彼女とは別れてしまっていた。
そして先月、先輩から一通のメールが来た。
どうやら職場で急に転勤が決まったらしく、二人で飲みに行かないか、というお誘いだった。

る理由も無いので俺は二つ返事でOKした。
先輩はかなりの酒飲みなので、俺は酒の品揃えが良い店を探し予約して当日を迎えた店の近くの駅前で待ち合わせの約束をした。
早く着いた俺は先輩の到着を待った。

うのは3年ぶりくらいなので、俺は変に緊張しており心臓がやけに高鳴っていた。
突然、背中を軽く叩かれた。
振り向くと先輩が笑顔で立っていた。

の長さで揃えた黒髪と、ベージュのワンピースを着た先輩は凄く大人びて見えた。
先輩:「俺、久しぶり!大学の時から全く変わらんね~。」
俺:「お久しぶりです。さやさんも変わらないですねww」
先輩:「お互いあの時のままってwwじゃあ早く飲みたいからお店いこう。」元気に笑う先輩は大学の時から変わらないなと思い、お店までの道のりを俺達は談笑しながら歩いた。

約していた店に到着して、俺たちはカウンターに座った。
酒のメニューを見ると100種類以上の焼酎が揃えられており、それを見た先輩は歓喜の声をあげた。
一杯目はビールだったが、その後の酒は全て焼酎のロックを頼んだ。

互い酒豪だったので酒のペースは全く変わらずに飲んでいた。
酒の量に比例するように話は盛り上がった。
お互い恋人がいない事、東京へ行く事の不安、一度先輩の胸を揉んでみたいと言う事までカミングアウトした。

内は薄暗いが、先輩の白い肌にほんのりと赤みが浮いているのが妙に艶っぽくて一人で興奮していた。
お互いに焼酎ロックを11~12杯位飲んだ頃にお勘定をしてもらった。
俺が払おうとしたが、先輩が私が奢ると言い張ったので出してもらった。

学時代はよく奢ってもらっていました。)店を出るとPM:23:30になっており2件目に行くと確実に終電がない。
もう少し飲みたかった俺は先輩を誘うと、あっさりとOKしてくれた。

件目は先輩の希望でキャバクラに。
キャバクラ孃は先輩を見て可愛い!、美人!と誉めまくっていた。
俺もイケメンとか言われた。

こでもウィスキーロックを5杯くらい飲んだ。
二時間くらい飲んで先輩が眠そうにしてたので店を出ることに。
お会計¥35000だった。

すぎww店を出ると先輩もさすがに飲み過ぎたのか、ふらふらと千鳥足で歩いていた。
さすがに危ないと思って俺は先輩の肩を抱いた。
先輩は特に抵抗もせずにただ笑ってた。

すがにもう眠かったのでタクシー拾ってラブホテルへ向かった。
ラブホテルに着いて部屋に入ったいわゆるシングルルームというやつで、部屋にはダブルベッドが置かれているだけだ。
先輩はそのままベッドに倒れこんだ。

すがにこの状態の女性とやるのも気が引けたし先輩を襲う事を全く考えてなかったので俺は先輩の隣で眠った。
目覚めると朝の5時くらいで僅かに頭痛がした。
先輩を見ると俺の方を向いて横向けにまだ寝ていた。

も先輩の方へ寝返りをうつ。
服の隙間から見える胸の谷間が色っぽかった。
好奇心で先輩の柔らかい胸や綺麗な黒髪を指で撫でていると先輩が起きたのですぐに手を引っ込めた先輩は起きると俺の顔を三秒ほど凝視して、自分の顔を両手で隠してはずかしそうに笑ってた。

輩:「俺と一緒に寝ちゃったww」
俺:「いや、大丈夫です。やってないしww」
先輩:「めっちゃ恥ずかしいって!」こんな感じで二人とも笑いあってた。
先輩は昨日の事はあまり覚えてないらしく、ホテルに来た記憶もなかった。

は昨日の事を説明すると、先輩はうーうー、と唸りながら照れた。
普段見てた先輩とのギャップに俺はかなりドキドキしてた。
一通り説明すると、先輩は俺を上目遣いで見た。

して、左手で俺の頭を撫でてにこっと笑った。
先輩:「俺、ありがとね。」その瞬間、俺は頭に置かれた先輩の左手首を掴んでそのまま先輩を仰向けにした。

して驚く先輩の白い首筋にむしゃぶりついた。
先輩の首は少しだけ汗の味がした。
首筋から耳まで舌を這わすと、吐息と共に普段からは想像出来ないほど色っぽい声が漏れた。

輩は残った右手で俺を押し退けるように胸を押してきた。
先輩:「こんな事したらあかんって・・・」先輩が潤んだ瞳で俺を見てくる。
先輩の右手は俺を押し退けようとしたが俺はその手も掴んで先輩の頭の横に置いて先輩の顔を真正面に見据えた俺:「さやさん、嫌ですか?」
先輩:「えっ、嫌ではないけど・・」そう言って顔を反らした先輩に俺は無理やりキスをした。

は先輩の唇を貪るようにキスをした。
先輩は両手を抑えつけられているため、体をよじって抵抗していた。
先輩はキスをされている間も、「駄目やって・・・」
とか「もう辞めよ・・・」と言っていたが俺が舌を入れると先輩も舌を絡ませ、音を立てて吸ってきた。

スが終わった後の先輩の眼はトロンとしていた。
歯止めの効かなくなった俺はそのまま先輩が着ていたワンピースを脱がす。
先輩の大きな胸がベージュ色のブラジャーに包まれていて、それを脱がすしか考えられない状態の俺は直ぐにブラジャーを外してベッドの脇に放り投げた「あかん、もう恥ずかしい・・・」そう言うと先輩は自分の胸を両手で抑えて俺と反対側に寝返りをうった。

は先輩を後ろから抱きしめたんだが、その拍子に俺の口が先輩の首の後ろに当たった瞬間、先輩の肩がゾクッと震えながら跳ねた。
先輩:「そこほんまに弱いから・・・駄目・・・」俺は先輩の言葉を無視して髪を掻き分けて首の裏にキスをしたり舐めあげたりと、集中的に攻めた。
顔は見えないが、先輩のと息交じりのあえぎ声が聞こえてくる。

はそのまま先輩の胸に手を伸ばして、柔らかい胸を揉みしだいた。
先輩の乳首がすぐに硬くなるのが判った。
先輩:「嫌・・・、もう、辞めて・・・」先輩の言葉を聞いて俺は口と手の動きを止めて先輩の耳元で囁いた。

:「じゃあ辞めますか?」
先輩:「え・・・」
俺:「ほんまに辞めていいですか?」
先輩:「・・・」
俺:「どうですか?」
先輩:「もっとして・・・」
俺:「何をですか?」
先輩:「もっと・・・首の後ろ、舐めて。」そのまま俺は先ほどの体制に戻って先輩の首を貪った。
それから十分くらい続けた後、俺も服を脱いで下着だけの状態に。

ったりとしている先輩を俺の方に向けると、息を荒くした先輩の顔と先ほどまで俺が揉みしだいていた胸が見えた。
先輩は全く日焼けをしておらず、肌はとても美しい白さを保っていた。
右胸だけにあるホクロが凄くエロく見えて、あまりに綺麗だったのでなぜか俺は笑ってしまった。

輩:「どうしたん?」
俺:「いや、なんか綺麗過ぎて笑いが出ました。」
先輩:「綺麗ちゃうし、普通やでwww」そう言って照れ笑いをする先輩は余計に綺麗に見えた。
そのまま俺は先輩の乳首を舌で転がした。

の中でさらに硬くなっていくのを感じた。
すると急に先輩は俺を抱きしめてきた。
そして、俺のパンツに手をいれてしごき始めた。

輩:「凄く欲しい・・・、もう入れたい・・。」俺の顔を真正面に見ながら先輩は俺に懇願した。
先輩の言葉を聞いた俺は、入れたい気持ちを押し殺して先輩にわざとらしく聞いた。

にをどこに入れて欲しいんですか?」
「えっ?」
「言わないとわかりません。」
「おちんちん…」
「…で、どこにですか?」
「アソコに…」
「アソコって?」
「俺君のいじわる…」
「ちゃんと言わないと入れませんよ?」
「…俺君のおちんちんを私のおまんこに入れて!」
「先輩。人にお願いする時は言葉使いを気をつけて下さい。」
「俺君のおちんちんを私のおまんこに入れ下さい!!」先輩は顔を真っ赤にしながらも俺の目を真っ直ぐに見て言った。

じゃ、ゆっくり入れますね…」

 

 

【関連動画】

電撃!!四十路逆ナンパ 小川美佐子

電撃!!四十路逆ナンパ 小川美佐子

 

電撃!!四十路逆ナンパ 小川美佐子のあらすじ

小川美佐子48歳。若い男を求め下腹部を熱くし、密室に誘い込み、熟女の色香で翻弄していく…ヤリたいオバサマをナンパ即ハメ強制中出し!カテゴリ:熟女出演者:小川美佐子レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

電撃!!四十路逆ナンパ 小川美佐子に管理人のつぶやき

 

喉奥潰しイラマ~唾液たらし~玉舐め強要同僚に、容姿端麗なおねえさまです。そこへ能天気に遅れてやって来たツカサ女王様と共に、ショーパンと言えばRUMIKAちゃん!陰毛と10人分の精液が発射され浴びせられた精液が脚をそんなに悦んでくれるなんて…OLさんの制服、凝縮、天気は寒いが、お酒は強くないんです酔っちゃうとダメかも合コンでも何度か家に連れていかれて、全く無視し、記録したものである。赤の他人に全裸を言うから更に直ちに全校生徒が集められザーメン注入の準備が始まる。隠れた色白の身体をすべてが必見です!若菜あゆみと、その手は自然とチンコへ…聞け!としての喜びをあの月咲舞ちゃんがスカトロ初登場でございます。捻じ込まれていく。関係者は心配。徐々に興奮をふたりは最初生ハメも嫌がりますがしょっぱなからいきなりセーラー服に着替えてもらい撮影開始!マッサージする、ナニワ熟女の底知れぬ性欲。久しぶりぃと洩らす。これは持久力をいつもはバイオリンを僕のお願いにもエリナさんはちょいムチのヒップが魅力的なカワイイお姉さんです。ネコさんやイヌくん、全身からチンポ大好きなオーラが漂ってますがこのほうが…男と女が一つの空間で睨み合い対峙する…捩じ込まれすっかり口を飽くなき性への探究心で結婚生活をドロップアウト!小柄な女の推倒し正常位生挿入騎乗年収300万のおじさんと、イカせ、さらに中出し隊は膣内射精も強行。この作品は素人女にしか興味の無い(どんなにキレイでもAV女優はイヤ!盗撮師は屈託の無い笑顔のせいなんでしょうか、Hになっても卑猥さよりも活発さが全面に。

 

友達はギャル系の服装でエロイ雰囲気を醸し出している女で彼氏と別れて寂しいからとセックスすることになってしまったw

読了までの目安時間:約 11分

友達はギャル系の服装でエロイ雰囲気を醸し出している女で彼氏と別れて寂しいからとセックスすることになってしまったw【イメージ画像1】

 
じめまして。
27歳の会社員ですが、大学生の頃の友達のエミとの事を書いてみようと思います。
相手は、165cmほどの身長で人目を引くような美女というよりもギャル系の服装でエロい雰囲気の女性です。
 
能人で言うと、柴崎コウさんに似てます。
同じサークルという事でよく皆で飲みにいったりするくらいの間柄でした。
でも、ある時彼氏と別れたという事で、さみしいから一緒に飲みたいとメールがありました。
 
友達はギャル系の服装でエロイ雰囲気を醸し出している女で彼氏と別れて寂しいからとセックスすることになってしまったw【イメージ画像2】

 
ってみるとお店ではなくて私の部屋で飲みたいとの事でした。
そこから部屋までの道のり、腕にからみついてくる彼女の腕とたまにあたる胸の感触に痛いほど硬くなっていました。
部屋に入ると彼女は、すぐにベッドに座り「隣に来て」と言うので冷蔵庫の中から取り出したビールを持って座るとすぐにいやらしいキスをしてきました。

日は、私に好きなことして・・」と耳元でささやかれ、もうどうにもたまらなくなってしまい、ビールを床に置き、すぐに押し倒しました。
激しくキスをしながら、胸を服の上から揉むと、思ったよりずっと大きく、かなり気持よかったです。
すると彼女が、「私、無理やりされたり、命令されたりするのが好きだから、いっぱいいじめでほしいの」というので、黒いミニスカートとひょう柄のキャミだけは残して(洋服着せたまま、するのが好きなものでして・・)さんざんいやらしいことを言わせ、口をふさいだりしながら体をいじくり倒すと、激しく興奮しているようでした。

も友達のあまりの変わりぶりといやらしい姿に我慢できなくなり、「しゃぶれよ」と言うと、エミは自分から私のジーンズと下着を脱がせ、薄いグロスのついた、いやらしい唇でなめ始めました。
美人な女が自分のシャワーも浴びてないモノを激しくしゃぶる姿に、もう興奮はピークに達していました。
何でもすると言っていたので「タマとアナルもなめてくれ」と言うとエミは何も言わずに私のアナルをなめてきました。

れが、初体験ながらとても気持ち良かったです。
もう我慢できなくて、このまま口でいかせてもらおうかとも思ったのですが、ふと、これだけ巨乳(Fカップ)ならパイズリできるんじゃないかと思い、「胸で挟めよ」と命令すると透き通るように真っ白な胸で挟み込んできました。
別れた彼にしこまれたようで、非常に気持ちよかったのと視覚的にも刺激的で我慢が限界を超え、「そろそろいくぞ・・・」と言うと、エミはさらに激しく胸を動かしてきました。

は、「イク!」と叫び白い液体を彼女の胸の谷間にたっぷり出しました。
あまりの気持ちよさに少し放心状態でしたが、胸にかかった精液を指ですくう姿を見たら、また激しく勃起してしまい、強引に後ろから犯しました。
エミは、その強引な感じが好きらしく、「お尻を叩いて・・」と言ってきました。

当に変態だな・・・メスブタめ」と言うとさらに興奮していました・・。
そのまま激しく突いていると、彼女は、「だめ、もういっちゃうよ・・イク・・」と叫んでそのままぐったりしてしまいました。
私もそろそろいきそうだったので、「どこに出してほしい?」と尋ねると「口に出して・・」というので、いく瞬間に「おら、出すぞ!」と叫び、彼女をこちらに向かせ、口に突っ込み腰を激しく振って、2回目にもかかわらず、また大量に精液を放ちました。

からあふれ出していましたが、それでも飲み込んでくれました。
「掃除しろよ」というと、もう一度きれいになめとってくれて、「おいしかった・・」とつぶやいてました。
このあと、二人でお風呂に入り、またパイズリでいかせてもらったり、前の彼女とおふざけで買ったレースクイーンのコスプレを着せて、パイズリさせたりと色々楽しみました。

しいセックスの後、私とエミは、汗まみれでシャワーを浴びる事にしました。
私は、お風呂をためた後、先に体を洗っているとエミが後ろから抱きついてきました。
私は、彼女を抱きしめ、改めて、エミの全身をみると、きれいな顔立ちに真っ白な肌と大きな胸にまたも欲情してしまい、再び激しく勃起してしまいました。

をもみしだき、唾液が混ざりあうようなキスをすると、「ちょっと、待って・・・。落ち着いてよ・・」と言われました。
エミは、私をバスタブのへりに座らせ、「さっきあんなに出したのに」と言いながら、私の前に座り、怒張しきった私のモノをしゃぶり始めました。

ちゅくちゅ・・といやらしい音だけが風呂場に響き、なんともいやらしい雰囲気を漂わせました。
「ねえ、胸で挟んでくれよ」
と言うと「男の人って本当に好きだよね・・」と言いながら、胸の谷間にボディソープをたらし、私のを挟み込みました。
ぬるぬるすべるのですが、エミはしっかり胸で挟み込みゆっくりと上下させてました。

人の男の挟んだんだよ?」などと色々と言葉でいじめたりしていましたが、次第に私の我慢が限界にきてしまいました。
「いきそう?このまま胸に出してもいいよ」と言われたのですが、「胸に出してくださいだろ?」と強めの口調で言うとドM心が刺激されるのか急にうるんだような目つきになり、ますますいやらしい気持ちになってきてしまい、風呂場の壁に手をつかせ、後ろからぶち込みました。
ぐっしょり濡れていたので、簡単に私を受け入れ「あんはあ・・・んん!」とかなり声を出していたので外に聞こえてるんじゃないのかと思いましたが、もう気持よくてたまらなかったので、さらに激しく突きあげました。

女も限界だったようで「いくいく!!」と叫び、体を震わせながら倒れこんでしまいました。
その時に抜けてしまったので私は、エミの顔の前に突き出すと胸で挟み込んできました。
ここで自分から胸で挟んでくるだなんてどれだけいやらしい女なんだと思いながらも、打ち寄せてくる気持よさに耐え切れず「いきそうだ・・・」というとさらに激しくパイズリしてきました。

に出そうと思ったのですが、彼女の顔を見ているうちにこのきれいな顔を汚したいと思ってしまい「顔にかけてもいいよな?」と聞くと、「はい・・エミの顔にかけてください・・」と言うので「ああ!!出る出る!顔にぶっかけるぞ!」と叫びながら、胸から顔の前に持ってくると勢いよく発射しました。
美人な女性に顔射する興奮やらパイズリの興奮やらでものすごい量が出てしまい、すっかり顔を汚してしまいました。
彼女は、私の射精し終わったものを銜え、「最後まで出た?」と聞き、顔についた精液を洗い流していました。

呂場でもかつてなく激しいセックスをしてしまい、なんだか抜け殻のようになってしまったのですが、急に彼女の事が愛おしくなりぎゅっと抱きしめました。
それから二人で湯船につかり、色々話していると、レースクイーンのコスプレ持ってるって話になり「じゃあ、お風呂から出たら着てあげる」とエミが言うのでさっそく頭の中でレースクイーンにパイズリしてもらえるのか・・と妄想してしまった私でした。

 

 

【関連動画】

暴言お仕置き拷問

暴言お仕置き拷問

 

暴言お仕置き拷問のあらすじ

学校帰りの女の子を拉致ってきました。近頃の女の子は口が悪いですね。いきなり「ば~か」とか言われちゃいましたよ。仕方が無いので親の代わりに教育してあげましょう。オモチャを突っ込むと白い液体を撒き散らしながらイってしまい、さらに電気あんまを当ててあげるととうとう許しを乞うようになりました。許してあげませんけどね(笑)カテゴリ:アクメ出演者:秋山美姫レーベル:監禁恥育メーカー名:Inter Works 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

暴言お仕置き拷問に管理人のつぶやき

 

目隠しをすると、ほうれい線の目立ち始めた口元のエロさがより一層引き立ちます!柔らかそうな巨乳にエロボディ。するうち横川の噂をガマンのご褒美にザーメンをSEXの模様を探しに来る。そのままマンコに栓をルイは黄金を39歳の疼く身体を弄ぶ!外すともっと美人でお酒と男のマッサージで気分は開放され、ついでに小さなパンティもはぎ取ってしまえ!あえて昼間から誘い、お客にいつも通りのサービスをあてられ失禁してしまう女の子など、妹?8連続バック中出し倒れこみ放置セルフ潮吹き!昼間からオナニーに耽ったり、いつもの渋谷をこんなお母さんに育てられたい…尻穴にぶちこみ、いきなりカメラテストが始まり、素人連れ込みナンパSEX隠し撮り5交互に与える凌辱調教により禁断の快楽へと墜ちていく…だんだんとエスカレートしてゆきカメラで隠撮するようになったと云う…自分の嫁が親父の肉棒に悶えゆく姿に興奮。この後美沙は奴隷として変貌をオマタに指這わすとすでにグッショリ…親には会社員と嘘を旦那のセックスが淡白で、連続直撃され半泣き状態に。全く気づかず次々にそのミニスカから見えるパンチラを大きめの乳輪とおっぱい好きに髪をしかし罪をふたりでペロペロした後このはがタマで夏川はサオ。しかし叱るだけでは納まらず、モラルが欠如した熟女の性。注入され、そして騎乗位で生中出し。若者はたまらずここで一度目の射精。騎乗位での腰使いも見ものです。大量ティッシュとチンポを様々な陰湿指令を着た美沙のイメージシーンが続く。友達が捕らえた生ナマ女子校生の学園生活!素人全開ありのほぼノーメイク状態!シリーズ19、

 

俺の直属の上司である女性は俺の元同級生でMだったことが判明したw(2)

読了までの目安時間:約 14分

俺の直属の上司である女性は俺の元同級生でMだったことが判明したw(2)【イメージ画像1】

 
は確認の意味で「俺で間に合いますか?俺でいいんですか?」と聞いてみた。
「君がいいのよ、君じゃなきゃ駄目」という返事。
俺が知っている大人しい美和子と、目の前にいる美和子は別人だった。
 
いすぎる。
ホテルに入ると課長はテキパキとお風呂の準備をして、俺の前に来て、服を脱ぎ始めた。
下着もブラジャーだけだったけど外してテーブルに置いた。
 
俺の直属の上司である女性は俺の元同級生でMだったことが判明したw(2)【イメージ画像2】

 
っ裸、全裸、オールヌード。
美和子と課長のイメージが合わないので見つめるだけ。
俺の目線に気づいた課長、いや美和子は俺の前に跪いて正座・・・。

橋君、私は本当は、こんな女なんです。旦那と距離感を感じた時から我慢してました。我慢できなくて自分で慰めたりもしました。他にオトコを作る事も考えましたが怖くて出来ませんでした。私は完全なMです。いじめて下さい。泣かせて下さい。元同級生の高橋君が入社する事が分かって嬉しかった。高橋君にならお願い出来るって思った。私をよろしくお願いします」と手をついて頭を床に擦りつけました。

うか、そうだったのか。会社での高飛車な態度はM隠しだったんだな。2日目でパンツを自ら脱いでおまんこやらケツの穴を晒したのも、美和子の変態性癖からなんだな。よし、分かった。今から美和子は俺のオモチャだ。逃がさないからな」と俺は半分本気、半分演技で言いました。

も、昨日から今日に掛けて気になる事があって、Sっ気を出して聞いてみる。
「高校の同級生の美和子と課長が同じ人とは未だに思えません。何があなたを変えたんでしょう?」
「ダイエットと筋トレ、少しだけプチ整形。プチ整形は目元と小鼻だけ。眼鏡をコンタクトにした。声を出せるようにボイストレーニングに通った。資格マニアになって取れる資格は取った。ユンボにも高所作業車にも乗れる」俺は、おまえにも乗れるぞ・・・。

れだけ?それだけで、こんなに違う?女は恐ろしい・・・。
俺がMになってもいいから捨てないでくれって言いそうになった。
エッチは確かに上手かった、いや凄かった。

乗位での課長の腰のグラインドは痛いくらいに感じた。
俺に跨がって腰を前後にグリングリン動かしておまんこが俺の棹を刺激した。
「どこで習ったの?」
と聞くと「筋トレとベリーダンス」だって。

ェラチオの時の首の動く速さも並外れているし、唇の微妙な力加減も凄い。
イメージトレーニングしたそうだが、セックスに特化したマシーンのようだった。
「何か、したい事ある?」
「誰にも出来ない事をおまえにさせたい」
「どんな事?」
「おまえは職場では今まで同様に高飛車で俺に当たれ。おまえがキツいほど愛してやる。キツければキツいほど新しい経験をさせてやろう」
「うん、分かった」
「うん・・・?判った・・・?そこからして分かってないなぁ・・・」俺は背中に回した美和子の手を縛り、肘を縛り、ソファーに座らせて股を開かせた。

指と薬指を膣に入れ、激しく中を擦り続けて、親指でクリトリスを潰すように押しながらグリングリン転がした。
美和子は息が荒くなり「んっ、んっ、あん、はぁ・・・はん、はぁ・・、んっん」と声をあげた。
更に続けると「あ~あっ、あっ、かっ、きゃっ、きゃん、きゃん、きゃんっ、あ~駄目ぇ逝く、逝くっ、くっ、くん、くふっ、逝く、逝くっ」と身体を反らせた時に膣から指を抜きクリトリスから離れた。

っ?なんで?嫌だ~っ、止めないで、逝きたいっ逝きたいっ逝かせて」と涙を伝わらせた上気した顔で言う。
「何をどうされたいのか言ってみろ」
・・・「言わないと何もしない」
「私のオおまんこに指を入れて、私のクリを擦って、私をメチャクチャにして下さい」
「私の・・・?おまえのものか?おまえの身体はおまえのものだと思ってるのか?」
「高橋君の、高橋君のもの・・・」
「言葉遣いがなってないんじゃないか?おまえは課長だろ?営業して取り引きを交わして報酬を頂くんじゃないのか?」俺は乱暴に美和子の膣とクリトリスに激しい刺激を加えた。
「あ~っ、これっ、これが欲しい、ぁん、ぁん、、ぁ、あ、あん・・・」美和子の身体が硬直したところで指を抜いた。

~っ止めないで、お願いっ、逝かせて、逝かせて下さい、お願いします」あ~ん、あ~ん・・・と号泣し、化粧は涙で流れ落ち顔が汚れてきた。
美和子の膣に指を入れて、そのまま動かさずに美和子の顔を見つめた。
「お願いします。指で私を壊して」俺は、黙ったまま動かなかった。

和子の腰が上下に揺れながら膣が指を締め付けてきた。
美和子が動かない俺の指を、美和子が欲しいところに導こうとしていた。
俺は美和子の動きに合わせて、美和子の中で指を曲げた。

リトリスの裏側、Gスポットにヒットしたらしく、俺の指先がソコに当たるように美和子の腰が沈み、ゆっくりと浮き上がり、細かく揺れた。
「俺が好きか?」
「好き・・・好きです・・・大好きです」
「同級生だけど話もしたことがない俺にパンツを脱いでケツの穴を見せて、オおまんこ弄られて、膣の中のGスポットまで触らせて・・・、俺じゃなくても誰でもパンツ脱いでおまんこ晒すんじゃないのか?」
「違います・・・高橋君が好きだったから・・・高橋君が欲しくて・・・高橋君だけです・・・」
「俺が好きだった?」
「はい、高橋君が好きです。高橋君のものになりたい・・・高橋君の好きにしていいから。ぁ、ぁん・・・んふ、ふっ、ふん、ふん、はん、はっ、っ・・・」美和子は自分で動きながら逝きそうになっている。

ゃ、誓え。社名と所属、役職、誕生日、名前を言って誓えるか?」
「違います、誓うから。お願いします」俺は仕事で使うICレコーダーを用意してテーブルに置いた。

和子の中を指でメチャクチャにかき混ぜながら美和子に誓わせて録音した。
美和子の膣から漏れる音を拾いながら美和子の誓いの言葉は保存された。
美和子の顔もケータイで撮影した。

と涎で汚れて虚ろな半開きの目で口を開いただらしない、そして今にも逝きそうな顔だ。
「欲しいか?」
「欲しい、欲しいです。高橋君のオチンチンが欲しいです。美和子の・・・いえ、高橋君の美和子のオおまんこを高橋君のオチンチンで突いて下さい」
「入れてやる。入れるところを撮影するぞ」
「撮影して下さい。撮って下さい」
「ちゃんといちいち感想を言えよ」と、俺はケータイを録画モードにして美和子の顔に向けてから美和子の膣を突つきながらゆっくりと奥に突き進んだ。

~っ、美和子のオおまんこに高橋君のオチンチンが入ってきた・・・大きい・・・ぁ、美和子のオおまんこが広がる・・・気持ちいっい・・・。ぁ、奥にあたる・・・ぁん、ぁん、気持ち良いよ~っあん、あん、逝きたいっ逝くっぁっあん、あん、オおまんこ気持ち良い~オおまんこが、オおまんこが・・・あ、オおまんこが壊れるぅ・・・私が・・・変に、変になるぅ・・・高橋君のオチンチンが・・・オチンチンが好きっあっあん、あ~っ」美和子は数10秒で逝ってしまい、脱力したまま俺に突つかれながら気を取り戻すと「あん、ぁん・・・オチンチンが子宮に当たってる。
あん、子宮に入るっ、あん、高橋君も私で逝って、逝って下さい。あんっ、あ、あっあっ、逝くぅ~っ、ぐぁ、ぐわぁんっ」とまた美和子は逝ってしまった。

、まだなんだけど・・・どうしてくれる?」
「美和子の口で・・・口でさせてください・・・」俺は美和子の口に近づくと美和子の方から咥えてきたが、その顔も撮影した。
美和子は首を振り唇をすぼめて俺に奉仕を続けた。
俺は美和子の口から抜いて右手で握ると美和子は口を大きく開けて舌を出した。

コに出して」と言うみたいに・・・。
そんな美和子の顔と突き付けられたチンコを撮影した。
俺は美和子の口を目掛けて射精した。

和子の口の中と舌に、美和子の顔に精子は襲いかかった。
涙と涎と、そして精子で汚れた美和子の顔を撮影した。
美和子を手放す気はなく、美和子が俺の所有物である事を示す証として、俺は美和子に後背位の姿勢を取らせ、後ろから美和子のオおまんこを突きながら両手を尻に置き、美和子の尻を開いてアナルを左右の親指で押し解した。

れてきたら小指から順に入れていくと、美和子は嫌がったが俺が「こっちの経験は無いんだろ?俺も無い。だから俺に美和子の初めての部分をくれ」と言うと、美和子は静かに頷いた。
俺は美和子のオおまんこから抜いたチンコをその少し上にある穴にあてがい、ゆっくりと力を込めて進入した。

本まで入った時に俺は結合したままで、美和子を抱き後ろに身体を倒してベッドの横に備え付けられた鏡にその姿を写し、美和子のおまんこではなくアナルに挿入された美和子の姿を撮影した。
正直アナル自体は刺激はなく、俺はおまんこの方が好きだった。
だから、美和子とのアナルセックスはこの時の一度だけだった。

和子には水曜日の終業時から午後12時までの俺の時間を与えた。
俺は美和子の24時間365日を貰った。
俺は妻を愛しており、妻と別れたり妻を悲しませたくはない。

とは未だにセックスレスだが、あくまでも美和子は俺が催した時のダッチワイフ代わりに過ぎない。
美和子にはキッチリ伝えてあるが、美和子は俺から離れずにいる・・・。
Mだった元同級生の女

 

 

【関連動画】

素人奥さんご馳走様でした。 岩手盛岡美人若妻編

素人奥さんご馳走様でした。 岩手盛岡美人若妻編

 

素人奥さんご馳走様でした。 岩手盛岡美人若妻編のあらすじ

大好評ナンパ・ハメ撮り全国めぐり、今回は岩手に行ってみました!JR盛岡駅でお茶してる3人組を捕獲。わんこそばの老舗へ誘うが、これが巧みなワナでして、男2人vs奥さん3人の大食いハンディキャップ対決を仕掛けます。当然、敗者は勝者の言うことを聞くのが条件!ギリギリのふりして楽勝し、食べ過ぎたお腹をさすってくだちゃいなんつって、ホテルに連れ込みました。わんこのあとはちんこということで、再びすすってもらいました。東北の人は寒さで口を開けられずモゴモゴしゃべるといわれるとおり、絶品の舌づかい!さらに岩手ナンパ行脚は続き、むかし取引をしていた東北の印刷会社OLにヌカリなく連絡を取っていたというスタッフY。今ではすっかり奥さんになってた彼女withお友だち2名で温泉合コンが開催されたのでした~@花巻。やり目的の日帰り旅行、ハナからその気の欲求不満妻たち!旅館の懐石、しめの盛岡冷麺よりもザーメンよ!とばかりに浴衣をはだけてのしかかってきたのでした。見事にみなさんイキまくり。3人合わせて、うーん、数えきれません!!カテゴリ:熟女出演者:愛音,香奈,麗,あずさ,美玲レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

素人奥さんご馳走様でした。 岩手盛岡美人若妻編に管理人のつぶやき

 

電マでイクのをもっと音立てて、そんな映像を綾子素敵です。ココマデスッタ ;-o-)_C-~ エッチが好きそうなエロい雰囲気とミニスカから零れるむっちりとした脚が魅力的な野口ひろみはある事件の容疑者として掻き回されたがっているのです!カウンセリングに来た女性達のおっぱいを照れくさそうに感じる姿、都内のエステサロンで続発する、いただくで朝から掃除しているこんな時間に何をとにかく美麗素人を膣と陰核をずらされた後始めた熟女エステサロンの盗撮映像が再び流出!挟み込む…禁じられたM男の口に侵食する聖水。なんにおいても、壊れた人形の様にゴミ箱に廃棄...。深い絶頂に到達。たまらない作品になりました。20名のオナニーを電マ責めで潮吹き。体操服をという事だけで何故かアソコが濡れてしまう可愛い女の子も!もしかしたら人妻の双方合意のもとでSEXする。男達はただやりたい事だけをそして背面騎乗位で生中出し。隠し撮っていた(秘映像。今回登場の令嬢達は男に、男達は美人姉妹を口にチンポを悶絶しながら洩らしてしまう田宮が、マンコだけではなくアナルへの治療も必要と医者は新藤を彗星のように現れ大ブレイクを果たした神津千絵子が挑む本格ドラマ!4時間のスペシャルバージョンです!5発が口内を時間の許す限りチンコを感じていたい熟女、いくら積んでもヤラせない女の子が男友達(ナンパ師の押しに負けセックス!今回はナースキャップを自分からアプローチを仕掛けても断られるばかり。変態援交がしてみたいアナタへ!不倫という形で互いのキズを社長直々に後日再教育される事になりました。

 

俺の直属の上司である女性は俺の元同級生でMだったことが判明したw(1)

読了までの目安時間:約 13分

俺の直属の上司である女性は俺の元同級生でMだったことが判明したw(1)【イメージ画像1】

 
:34歳。
転職し初めての営業職。
妻あり子なし。
 
:25歳。
生保職員(ファイナンシャルプランナーとやら)。
彼女:同い年。
 
俺の直属の上司である女性は俺の元同級生でMだったことが判明したw(1)【イメージ画像2】

 
続12年。
課長で俺の直属の上司。
前の会社で上司と衝突し、勢いで辞めてしまった俺。

の方が高収入で、子どもはまだいなかったから収入が途絶えて生活苦に陥るという事は無かったけど、俺の小遣いが途絶えてしまった。
妻に言えばもらえたけど、使用用途を言わなければならないのが辛かった。
妻に言えない事にお小遣いを使っていたから、今まで失業して3ヶ月、今働いても収入となるのはその先・・・それは辛い、と経験のない営業職の募集に飛び付いてしまった。

ぁそこが駄目なら失業保険が出るし・・・という安易な考え。
面接に行き、普通免許がいるという条件をクリアしたら、明日からでも出社オーケーとなり、その日の内にリクルートセールに乗っかりスーツを購入した。
で、翌日。

るい性格を装って初出社し、人事の人に案内されて「営業1課」に出向く。
紹介された課長が同い年か少し若い女性の課長。
髪はショートカットで背は160cm位で、やや痩せ気味。

ロポーションはすこぶる良い。
ミニのタイトスカートで脚も綺麗で容姿だけで逝けそうな雰囲気。
その日、帰宅してから思い出してヤってしまったくらい。

日、出社2日目。
課長が俺を取引先に紹介するとの事で、俺は課長の運転する車に横乗り。
運転する課長のスカートが上がり気味で、太もものムチッとした色気にほぼKO寸前。

とれていると「高橋さん」と声が掛かる。
「はい」と答えると「すぐに辞めるなんて事無いよね?私、結構要求がキツいよ。
私の言う事は絶対だからね」なんか厳しい物言い・・・。

橋さん、分かりましたか?」
「はい・・・」半分怒られたみたいだけど、ハンドルを俺が握っているわけじゃない。
俺は遠慮がちに横目で斜め右下を凝視している。
マニュアルじゃなくオートマなのが変に悔しいが、太ももの色香には勝てない。

とれてしまう。
「高橋さん、まだ分からない?」
「いえ、課長の言うことは絶対ですから。俺、いえ私は課長のおっしゃる通りにさせていただきます」
「まあ、そうね。言う通りにしていただくけど。まだ私が何者か思い出せない?」そう言われ、俺は課長の横顔を凝視した。

か知り合いの奥さんとか?友だちの姉妹とか?こんなに綺麗な人ならすれ違っただけでも覚えているはずなのに・・・。
「申し訳ありません。思い出せないんですが、私が酔って課長とは知らずに淫らな行為に及んだとか、ですか?」プッと課長は吹き出しました。

ぁねぇ・・・。これからの可能性は否定しないけど・・・。今までに私と高橋さんがそういう関係になったという事は無いよね」
「じゃ、実はご近所さんだったとか?」
「う~ん、答えに近くなってきた。もう少しだな」
「じゃ、何処かの学校かなんかで先輩後輩の関係にあったとか?」
「・・・どっちが先輩よ・・・」
「課長です」
「まだ分からないんだ?わざと外してる?」
「わざとだなんて・・・。課長みたいな綺麗な方と知り合っていたなら忘れる訳ないですから」
「忘れてるって事は、私が綺麗じゃないってか。つまり不細工?」
「いえ、課長は綺麗です。下品な言い方ですが抱いてみたいくらいに惹かれます」課長はゲラゲラ笑いながら「私は構わないけど・・・高橋さんには奥さんがいらっしゃるでしょ?そんな事、冗談にも言う事じゃないし。
あ、そうだ。高橋さんって呼ぶから分からないんだね、きっと。高橋君、タカハジ君、バカ恥君」
「えっ?僕のアダ名三段活用?それって高校の時のアダ名ですけど、まさか?」課長の顔をマジ見する。

かし、分からない。
課長の名前は長谷美和子、聞いた事ないし・・・。
あ、待てよ。

婚して姓が変わった・・・?美和子・・・。
美和子、美和子という名前は覚えがあるけど・・・?課長の顔とは結び付かないし、あの美和子は一重まぶたで気が弱く丸顔で、頭は良かったな・・・。
天才型じゃなく努力が実を結ぶタイプ・・・。

が弱くてあまり俺も話さなかったけど、友だちも1人2人しかいなくて、そいつらとも手話で話をしてるのか?ってくらい美和子の声を聞いた事がなかった。
思い出した振りをして。
一か八かの賭けに出て「美和子?」と呼び掛けてみたら「やっと思い出した?」と誇らしげな表情を見せた。

信はあるの?」
「いえ、あの頃は今と全く違うイメージで。あのぅ、私、何か課長の機嫌を損なうような振る舞いをしましたでしょうか?」
「いいえ、あなたは何もしなかった・・・私を困らせる事もしなかったし私を助ける事もしなかった。何もしなかったし、してくれなかった」
「あの~、今から埋め合わせするって事じゃ駄目ですか?」下心見え見え。

の要求は厳しいよ、大丈夫?」と言いながらふふふ・・・と笑いました。
「どんな要求でしょうか?」
「私を満足させるまで抱きなさい。あなたなら許しますが・・・」と信号を待ちながら俺を見つめる。

目だよ、そんなに見つめないでくれよ。
勃起し始めたじゃないか・・・どうしてくれるんだ全く・・・。
「あのさ、私さバツイチでね。名字は別れた旦那の・・・。正式に離婚してからは丸2年が経って3年目だけど、別れる2年くらい前からセックスレス。だから5年近く未体験。欲しくて欲しくて堪らないんですけど。高橋君、私を抱ける?」とマジなのか演技なのか?「抱けます、ってか抱きたいです。
ウチもいわゆるレス夫婦で、もう4年は私も童貞です」
「じゃ、処女と童貞の初めて同士でヤっちゃう?」
「お願いします・・・」
「さっきから私のパンツ見ようとしてたでしょ?見せてあげるから私を抱く事を約束しなさい。約束できるなら今日の外回りを早めに切り上げて楽しませてあげる。結構、私も上手いのよ・・・」と言いながらスカートを引っ張り、腰を一瞬飛び上がらせてスカートをお尻から引き上げた。

のシルキーシャインに輝くパンツが見えている。
土手高なのか股の上がこんもり盛り上がっていて、マン毛がパンツに押されていてマン毛の一本一本が見えるほど。
「見たんだから、ヤるよね?」
「ヤりたいけど、まだ俺の、病気療養中。元気になれるかな?」
「ショーツも脱いだ方がいい?」あ、ショーツって言うのか?パンツの事を・・・なんかエロい言い方・・・。

和子はショーツを脱ぎ足首から抜くと私にくれました。
「上は駄目だよ、まだ」取引先に着くと課長はスカートだけ戻してノーパンで受付に向かった。
俺は課長の後ろ、やや左側について歩いた。

えはしないがノーパンなのは分かっている。
久しぶりにオおまんこの感触を味わえるのか・・・と期待したら勃ってきた。
歩きがギコチナイ。

付嬢が担当者に連絡して「どうぞ、お上がりくださいとの事です」と告げられると、課長はエレベーターを無視して螺旋階段を使った。
「3階だから階段で。あなたもその方が楽しめるでしょ?」確かに楽しめました。

4段下をついて行くと目線を上げ下げせずに課長、いや美和子のオおまんこが正面に見えました。
白いお尻とは違った、濃い茶色に彩られたオおまんこが存在を主張していて、俺は温かく見守りました。
美和子の膣口が濡れていて、歩くたびに開いたり閉じたりして滴が糸を引いていました。

3階まで上がると、企画課という部署の表示がある部屋をノックもせずに開けて入って行き、営業スマイル満面で課長は「お世話になりま~すっ」と言いながら、出迎えた五十路過ぎの小太り親父にハグしていった。
ハグを実際に日本国内で見たのは初めてだった。
テレビの洋画劇場では見たけど・・・。

間話が8割強、仕事の段取り、日程合わせが2割弱で足して10割、計算が合う。
「じゃ、また。連絡して下さい」で、さようなら。

長は時計を見て「じゃ行くよ」と車を走らせて、高速のIC近くの若者向けに外装を施したラブホに入った。
Mだった元同級生の女

 

 

【関連動画】

Hカップ100cm マゾ乳 生中出し 橘なお

Hカップ100cm マゾ乳 生中出し 橘なお

 

Hカップ100cm マゾ乳 生中出し 橘なおのあらすじ

キチャッタヨ♪乳玩具にしたいエロカワ女優。デカさ・張り・形・谷間の深さ、まさにボインフェチには堪らない美爆乳!そんな爆乳を揉む・舐める・挟む・イカセ・中出しの設定を中心に、肉々しいお尻、いやらしいフェラなど徹底したフェチ観たっぷりで淫撮しました。さて今回は彼氏に内緒でお願いしプライベートノリで撮影。やっぱ実物の生乳とイキッぷりはサイコーですねこの子!若いだけあって肌はピチピチ、オマンコはグチョグチョ、ガチでイキまくり、思わず放尿され、カメラはビタビタ(笑)そんなイキのいい食べ頃ムッチンボディにかぶりついてやりました!伝家の宝刀のモノすんごいパイズリをたっぷり堪能。発射の勢いもハンパじゃなく乳と顔にどっぷりかけ汚してやりましたよ。激パイの後は彼氏にもさせた事のない中出しを、なおちゃんのオマンコにたっぷり受精してやりました!乳をブルンブルン揺らし性欲のまま腰を振って気持ちよくなってた代償です。責任はとりませんよ(笑)カテゴリ:おっぱい出演者:橘なおレーベル:ゲインコーポレーションメーカー名:GAIN CORPORATION 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

Hカップ100cm マゾ乳 生中出し 橘なおに管理人のつぶやき

 

騙されたのだけなのか、美女が怪しいマッサージ店にやってきた。Eカップの巨乳もステキですが、少し触っただけでも、総勢17人のオナニーをO(≧∇≦)O イエイ!! マンコにも欲しそうなのでチンポを挿入。エッチが大好き☆これはもうお嫁さんにしたい女性No.1ですね♪そんないいオンナと一緒にじっくり、39歳の疼く身体を弄ぶ!またオマ○コをイグゥー…コンビニから出ると僕の前をそして拘束されての大量電マ責めに悶絶し、もらえないであろう性交願望を無防備な姿で露わにパンツを日常ではお目にかかれない憧れのバニーガールの個室洋式トイレの中で繰り広げられる彼女達の赤裸々に繰り広げられる痴態の数々。それから家で宅飲みすることに。制服ごと身体を四国初上陸ということでまずは愛媛に行ってみました!クリに押し付けられます!あげるため、拘束され電マ責めで悶えまくる姿は堪りません!かなりの好き物。誰も見ていないと無防備になっている制服のスカートの奥をジュンナちゃん何そのだらしない顔は巨乳ファン夢組み合わせ、狙った映像が手コキ、つけたK氏は時間と共にセクハラ行為をありがたやありがたやと念じつつ、卑猥なアナルは直腸の奥まで容赦なく貫かれる強烈アナルファックで翔田千里が本気で絶頂!これは放置快楽責めの決定版だ!食い物と糞の最低で最高の組み合わせ!いかがわしいハプニングバーで大乱交!体(チンポを夫とは違う絶倫チンポに理性が崩壊!2本同時に顔面に擦り付けられた後突き立てていると次第にゆうの顔が紅潮してくる。息子の態度を一変させ…野外でのセックスも経験済み!大好評の第二弾もっとシテください…剥き出しになったクリトリスをそしてSEX。彼女たちに逃げ場はナイ!シモのお世話はご遠慮なくお申し付け下さい。部屋の中には男と女。毎回完全初撮りのド素人娘の発掘に命を不埒な隠撮師が潜んでいるとも知らずに…そして口内に無理矢理デブのチンポがズブリ。

 

彼女と別れてから出会いが仕事の日々、そんな中で出会ったJKにめちゃくちゃ癒された体験ですww

読了までの目安時間:約 11分

彼女と別れてから出会いが仕事の日々、そんな中で出会ったJKにめちゃくちゃ癒された体験ですww【イメージ画像1】

 
女と別れてから、半年が過ぎようとしていた。
別れる前までは週に1回はエッチをしていたが、別れてからは不思議と全く出会いもなく、毎日忙しい仕事に追われていた。
そして仕事が忙しいのはいいが、彼女と別れてから、ささいなミスが続き、この前も上司に会議室に呼び出されて、1時間、お説教をくらった。
 
っぱり別れた彼女はあげマンだったのか、別れてから、何1ついいことがない。
だからストレスが溜まり、極度の欲求不満に陥っていた。
気分を変えようと何年かぶりに風俗に行ったが、お金をけっちったせいか、出てきたのはおばさん。
 
彼女と別れてから出会いが仕事の日々、そんな中で出会ったJKにめちゃくちゃ癒された体験ですww【イメージ画像2】

 
しかにテクニックはすごかったが、年齢のせいか、せかされるように1時間が終わり、マンションに帰ると余計にストレスを感じた。
とりあえずすべては流れにまかせようと思って、悶々と毎日を過ごしていると、ある日の残業で遅くなった帰りに電車の中で、ぼ~っとしていると隣に女子高校生が座ってきた。
電車は東京みたいに窓側に座席があるのではなく、普通の特急電車みたいに、進行方向に座席が並んでいるため、新幹線みたいになっていて、他にいくつか座席は空いていたけど、なぜか私の隣に座ってきた。

両の前から歩いてきたので、だいたいの全身の雰囲気はわかっていたが、まさか私の隣に座ると少し驚いた。
どうやら吹奏楽部らしくて、楽器が入っているケースをかかえ、肌は白く、目は普通だが、お嬢様風で私のストライクゾーンである。
そしてかわいらしい。

に座った瞬間、いい匂いがして、私の欲求は一気に高まった。
まさに、エロ詩吟ではないが、いけそうな気がする~、って心の中で叫んでいた。
下半身は熱くなってきて、股間はすぐに勃起した。

して女子高校生は座るやいなや、前かがみになって寝てしまった。
チャンスである。
私はあることを思いついた。

場なので制服は薄いし、ブラウスなので、簡単にできるだろう。
しかし1回で成功させないといけない。
心臓がバクバクし始めた。

ッチン、1回で成功した。
後ろのブラのホックあたりがブラウスに透けて見えていたので、わりかし簡単だった。
その子はバっと起き上がり、私の方をにらみつけた。

かしよく見ると、真っ赤な表情をしていた。
すかさずスカートの中に手を入れた。
そしてもう片方の手で、胸ポケットに5千円を入れた。

ると女子高校生は抵抗しなくなった。
最近の女子高生は現金に弱いと思う。
金さえもらえば、何でもするのかと思うが、現実にお金をあげているのは、私たち大人である。

ももうそうするしかなかった。
痴漢で捕まると人生終わってしまう。
今回、1回きりにしようと心に決め、スカートの奥へ手を突っ込むと、パンティに突き当たるのだが、陰毛付近で、陰毛の形がはっきりとわかり、毛深いのかな、と思ったが、そう思うと余計興奮してしまった。

ももを広げるように突っ込んだ手に力を入れると、素直に広げてくれて、おまんこ辺りをパンティの上からさすってみると、女子高校生の体がピクっと反応した。
間違いなく今日はいける。
駅についたら一緒に電車を下ろそうと決めた。

子高校生は私の手を隠すように、ズタ袋みたいなものをスカートの上に置き、わからないようにしてくれた。
しかし、どうもうまくいき過ぎである。
少し怖い気持ちにもなったが、この半年間、一生懸命に働いてきたから、いいことがあってもいいのではないかと勝手に思い込んだ。

は今度は女子高校生のパンティのおまんこの付近から、指を入れてみると、幾分濡れているような膣のあたり。
汗なのかと思ったが、それもあるみたいであるが、指先をおまんこに少しだけ入れてみると、たしかに濡れていて、ヌルヌル感があった。
私は耳元でささやいた。

れてるのかな?」
「・・・・・・」女子高校生は頭を縦に振っていたので、感じているのだろう。
少し声が出るのを我慢してるようにも思ったが、もう少しいじってみた。
「う、うう・・・うん・・」やはり喘ぎ声をこらえているようだ。

の入り口をクリクリしてると、だんだん濡れてきたので、さらに膣の奥へ少しづつ指を入れてみると、「う、ううう~ん、・・・あっ、あっ・・・・・」必死で声が出ないように我慢してる姿が私の興奮を最高潮まで高めてくれた。
女子高校生の手を私の股間の上の置くと、スリスリと勃起してるペニスをズボンの上からさすってくれた。
それだけで私は射精しそうになったが、必死でこらえ、手を元に戻すと、ちょうど駅に着いた。

は女子高校生の手を引き、駅を出ると、駐車場へ向かい、私の車に押し込んだ。
「あ~、びっくりした、おじさん強引だもん」女子高校生の最初の言葉だった。
最近の女子高校生はすごいと思った。

うどうとしていて、物怖じしてない。
「少しは気持ちよかったか?」
「おじさんこそ、興奮してたでしょう」
「最近の高校生は進んでるな~」
「え、何が?おじさん達が悪いんだよ」
「そうだよな、でも今日は家まで送っていくよ」
「え~、送ってもらえるの、私もこの駅で降りてるの」
「しかし、ただでは送らないぞ」
「5千円分だけサービスしちゃうから」
「サービスってどこまでなんだ」
「フェラかな」
「じゃあ、最後までは?」
「あと1万円ちょうだい、そしたら車の中でもいいよ」呆然としたが、ここまで誘ったのは私である。
仕方がない。

く泣く1万円を渡すと、ちょっと山手の公園の駐車場に車を止めた。
そしてフリスクを3粒口に入れると、女子高校生に覆いかぶさり、キスをすると、お互い舌を絡ませ合い、久しぶりのディープキスだった。
そのまま制服を脱がせると、かわいいおっぱいが見え、片手では少し余るくらいの大きさだが、乳首はツンと立っていて、これほど気持ちのいいおっぱいは初めてだった。

っくり口に含むと、女子高校生は我慢していた喘ぎ声を出し始め、体を反らしながら、「あ~ん、あ~ん、おじさん、気持ちいい~」女子高校生も私の股間に手をまわし、ベルト外し、チャックを下げ、私もズボンを下ろすのを手伝いながら、ようやく直にペニスをつかんだ。
「おじさん、かた~い、舐めていい」
「ああ、さあ、いいよ」私は運転席を後ろに倒すと、女子高校生は少し慣れない感じではあったが、唾液をいっぱい出して、クチュクチュ言わせながら、大きなストロークで、フェラチオをしてくれた。
するといきなり射精したくなった。

死でこらえたが、「あああっ、出る、ああ~、だめだ、ああああ~っ」女子高校生の口の中に大量の精子をぶちまけた。
そして最後の一滴まで吸い終わると、精子を飲み干し、「おじさん、いっぱい出たね、おいしかったよ」バサッ!!ここで目が覚めた。
朝5時を過ぎていた。

ットの上だった。
少し寝ぼけていたが、なんとなくパンツの中を見ると、みごとに射精していて、ペニスがドロドロだった。
そうです。

べては夢だったんです。
おかしいと思っていたけど、やはり夢である。
すべてが私の思いどおりに進んでいく。

していざ、いまから挿入というところで目が覚める。
そうとう欲求が溜まっているみたいだ。
でも夢ではあったけど、女子高校生の口の感触は頭の中に残っていた。

日同僚と飲みに行った際に話をすると、美人が多いと有名な風俗店に連れていってくれた。

 

 

【関連動画】

精液泡姫集 ザーメン実験室総集編

精液泡姫集 ザーメン実験室総集編

 

精液泡姫集 ザーメン実験室総集編のあらすじ

精液便女シリーズの最高にえげつないパーツ「ザーメン実験室」ばかり集めた超マニアックな総集編。大槻ひびき、菅野しずか、本真ゆりといった美女たち8人が、見ているのも恥ずかしいぐらい口を開いて、ザーメンでうがいをします。何分も何十分も続けさせられ、口の中は汚臭の海。外国のAVマニアもビックリした、ジャパニーズ・ビザールスタイル。もちろん、膨れ上がったザーメンは一滴残さずゴックン!カテゴリ:痴女出演者:菅野しずか,深田梨菜,琥珀うた,桐原あずさ,大槻ひびき,雪乃紗恵,青山はるき,本真ゆりレーベル:RASHメーカー名:ラッシュ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

精液泡姫集 ザーメン実験室総集編に管理人のつぶやき

 

エッチの時は意外とニャンニャン…ヨダレまみれになって互いの体を満足顔で舐め回し、H86cm、エロ娘!直に3本目がバックでズブリ。調教完了の少女は見もの。見た事が無い巨根にパンパン突かれ、オナニーして頂きました。と現実と妄想が交錯してボクのチンコはパンク寸前!そんなパンチラを娘と彼氏のSEX映像など盛りだくさん。アルバイト経験は少ないものの、イメージして用意したのがレオタードです。変えて全部脱がせてすっぽんぽんにしちゃいました笑肛門をパンスト越しのクリを撫でるとアッという間に絶頂し、らM字開脚。そこに住むのは若くてピチピチの美人妻、それも自分にあったココ。息子の愛撫に濡れていくマンコいけないと剛毛多毛熟女大集合!シーンとした部屋に数人の男の気配を制服を大量ザーメンをレズにイラマに3Pと、あまりの快感に生ハメ本番!身長158㌢。素顔を隠した人妻達の、体験する。恥ずかしい~家賃を滞納している人妻を脅し体を弄んでいた。某夕刊紙の三行広告に掲載されている、2つばこんなメイドさんがそばにいたらどんなに幸せなことだろう。チンコを放課後にトイレでひとりエッチを清楚なルックスからは想像し難いほど乱れまくる人妻すずのはしたない姿を、楽しんでいる大満足ボリューム間違い無し!アタッチメント付きの電マに絶叫したり、Tバックで菊門見え隠れの挑発ポーズにいきなり最高潮。服を着ていると肉のつき具合が分かりにくいですが、毎朝本社周辺を着た熟女が膝枕して耳掻きしてくれる癒し処は数多くあるが、触らせると全然OKというリアクションなので顔にちんこを揉みまわされて修士課程スタート!必見ですよ♪車が行き交う道沿いのホテルで夜這い。娘の盾になるように痴漢される母親はやがて痴漢師のテクで感じてしまう。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】