告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

小中と仲の良かった女の子から突然連絡がきて中出しセックスを求めてきた体験談

読了までの目安時間:約 14分

小中と仲の良かった女の子から突然連絡がきて中出しセックスを求めてきた体験談【イメージ画像1】

 
は大学生活から1人暮らしを始めました。
最初の1年間は、高校時代の友達が遊びに来たり、僕も2ヵ月に1回は地元に帰ったりしていましたが、3年生になった時にはもう誰も来なくなっていました。
だから、3年生の夏休みはアルバイト三昧でした。
 
白いようにお金が貯まっていくなぁ…と思っていた時、突然小・中と仲の良かった奈美から連絡が来ました。
奈美は昔から妙に馬が合った子でした。
そんな奈美から、ある週末の夜に突然メールが来ました『久しぶり、奈美です。突然連絡してごめんなさい。良かったら少し話しませんか?』高校卒業して以来の連絡だったので、驚くと共に嬉しかったです。
 
小中と仲の良かった女の子から突然連絡がきて中出しセックスを求めてきた体験談【イメージ画像2】

 
がいいよいいよーと返すと『メルアド変えてなかったんだねー、びっくり。今電話していい?』
『うん、いいよ』しばらくして電話がかかってきました。
内容は・8月末に結婚する事になった。

結婚したらもう遊べなくなるから、久しぶりに遊ばないか。
といったものでした。
僕は来週末ならいいよ、と答えました。

しぶりなんて事を感じさせないくらい、奈美との遊びは楽しかったです。
帰りの事をそろそろ心配になってきて、「何時くらいに帰る?」
と聞くと「ごめん、泊まるつもりだったの。ダメ?」と可愛く手を合わされました。

ちろん僕はOKしました。
アルバイトばかりしていた僕の部屋はグチャグチャで2人で掃除しなければならず、少し恥ずかしかったです。
何だか良い感じだな、と思いましたがさすがに人妻になる女に手を出してはマズいかと思い、掃除が終わる頃には僕はもう早く寝たくなっていました。

飯は奈美がスパゲティを作ってくれて、僕らはそれを酒を飲みながら食べました。
奈美との話はやはり面白く、食事が終わっても僕達はお酒を飲み続けました。
気がつくと僕は床の上で寝ていました。

段不眠症気味なのに、やはり奈美といると妙に落ち着いたからだと思いました。
その時、奈美は先にお風呂に入っていました。
奈美が出てくる時に何を期待したのか、僕は体を起こして奈美が出てくるのを見張っていました。

呂上がりの奈美は、僕のTシャツとトランクスを勝手に穿いていました。
「あ、起きたの?揺すっても全然起きなかったよ」と奈美は笑いました。
そして、台所に向かっていき「飲みすぎたんでしょ。お水飲みなよ」と言って、コップに入った水を僕に渡しました。

の水はとても美味しく、僕は2口で全て飲み干し、風呂場へと向かいました。
風呂に入っている間、頭はボーっとしているものの奈美が使った後の良い匂いが残っており、僕は少し興奮しました。
ただおかしかったのです。

は自分の体では無い様にフラフラとしていました。
平行感覚が取れず、倒れそうになりました。
過去に自暴自棄になった時に一度、お酒と一緒にロヒとハルシオンを飲んだ時と同じ様な症状でした。

風呂から上がって脱衣所に来ましたが、体がふらついて服が着れません。
僕はフラフラのままバスタオルだけを掴んで脱衣所から出ました。
部屋はいつの間にか豆電球だけの明かりになっていました。

は何かを踏んでしまい、バランスを崩して床に倒れました。
目の前には正座した奈美がいました。
僕の体は思うように動きませんでした。

と両手両足が切り離されたようでした。
奈美は「大丈夫?寝る?」と言いました。
僕はそれに返事したのかすら覚えていないくらいのタイミングで意識が遠のきました。

はしばらく眠っていたようですが、突然目覚まし時計が鳴って僕は目を覚ましました。
時刻は夜の2時でした。
それはいつもアルバイトに起きる時間で、時計を止めようと手を出そうとしましたが出せませんでした。

の両手は後ろ手に縛られていました。
時計を止めたのは奈美でした。
奈美は時計を止めると、こちらを向き、「起きた?」と聞きました。

の時、僕は裸で仰向けにされていましたがバスタオルはまだ掛けられた状態でした。
ここで起きると何もないままなのが悔しいのと、起きたとしった後の奈美のリアクションを考えると、僕は寝たままでいる事を選びました。
奈美は「起きた?」という言葉を2回繰り返した後、僕の顔を覗き込みました。

は瞼を閉じて必死に寝たふりをしました。
鼻の前に手を当てて僕の寝息を確かめているようでした。
ここで心音を聞かれていたらバレていたと思います。

美は僕が寝ていると思い込んだのか、僕の下半身の方へ体を移動させました。
奈美は移動した事で、僕はうっすらと視界を作りました。
奈美は僕のバスタオルを剥ぐと、僕のモノを見つめていました。

を触れないまま顔を近づけて、色んな角度で見渡した後僕のモノの匂いを嗅ぎ始めました。
その後、僕のモノを手でどかせて袋を嗅ぎ始めました。
いつもならここで大きくなっていたと思いますが、薬で僕の体は鈍くなっていてまだ大きくなりませんでした。

かし、突然奈美はモノを咥えました。
咥えたまま口の中で転がし、舌は亀頭の縁をなぞりました。
僕のモノはむくむくと大きくなりました。

きくなるのを見て、奈美の口は上下運動に変わりました。
僕のモノが完全に大きくなると、奈美は僕の正面に回り、僕の足を開かせました。
そして下から袋を舐め始めました。

は袋が弱く声を出しそうになりました。
奈美は袋を舐めたまま、モノの根元から更に延長線を辿るように肛門付近まで繋がっている内部のモノを指でなぞりました。
僕は声を出さないように必死に堪えました。

美はそのままもう片方の手でモノ本体を握って上下させました。
僕は腰が浮きそうになりました。
このまま続けられたら出るかもしれない、という時に奈美はそれらの動きをやめました。

して、再度僕の様子を確認すると「起きてる?」とはもう聞かず、黙って僕の上に跨り「ごめんね」と言い、自分の穴を僕のモノへと押し沈めました。
自分の奥まで沈めると彼女は「はぁぁ…」と深く息を吐き出しました。
それ以上の大きさで僕は息を吐き出したかったです。

めての生での挿入がこんなに気持ち良いものだと知らなかったからです。
ゴムとは全然違う感触・温かさに驚きました。
奈美はしばらくゆっくりと出し入れしましたが、その度に奈美の穴の側面がモノに吸いついてきました。

るで本当に僕に早く射精させる為に動いているようでした。
奈美は一度奥深くまで腰を落とすと、僕の首の後ろに両手をやり僕の体に少し状態を預けました。
その体勢から一気に動きを速めて出し入れしだしました。

女から出てきた液がチャッチャと音を立てました。
奈美を息を荒くしていました。
耳元が彼女の息で温かかったです。

女は小声で「あっ…」と言い、直後にビクンビクンと痙攣を始めました。
穴がきゅっと締まりました。
彼女は僕の胸の上に頭を乗せ、呼吸を整えました。

う終わったらどうしよう、と思っていると彼女は再び頭を上げ、更に激しい動きで挿入運動を始めました。
更に手で僕の弱い袋を軽く摘みました。
僕は声も出そうになり、イキそうにもなり、必死に息を止めました。

れでも彼女は動きを止めませんでした。
どんどんどんどん僕の射精感は高まっていき、もう我慢出来ない所まで来てしまいました。
このままでは中出しになってしまうと思い、僕は必死に堪えましたがもう限界でした。

う腕でどかそうと思いましたが、後ろ手が上手くほどけませんでした。
それでも何とか諦めずに何か考えましたが、彼女は僕の上半身に腕を回し、後ろ手されている両手を押さえ付けました。
それで僕はもう諦めました。

にイッたのは彼女でした。
彼女は再び痙攣をし、僕のモノを一番深く入れたまま僕の体に倒れました。
その痙攣に僕はイキました。

ュ、という音が聞こえるくらいの凄い勢いで、僕は彼女の一番奥で射精を繰り返しました。
「あぁぁ」と彼女は高い鳴き声を出しました。
彼女の穴は僕の出す精子を絞り上げるように動いていました。

が全てを出し終えるのに8回程のピストンがあったとは思いますが、それらを全て終えても彼女はまだ僕のモノを奥深くに挿し込んだまま、僕の上体にもたれていました。
僕が不安になるくらい彼女はその状態を続けました。
5分くらいは経っていたと思います。

うやく彼女はゆっくりと僕のモノを抜きました。
僕から見ても簡単に分かる程、彼女の穴から僕の下腹部へ精子が垂れてきました。
彼女は僕の腹の上で跨ったまま自分の穴を手で押えていましたが、やがて諦めるように手を外しました。

女の穴から僕のお腹へゆっくりとたくさんの精子が垂れてきました。
精子が出終わると彼女は僕の横に移動しました。
何をするかと思ったら、彼女は僕のお腹にプールの様に溜まった精子を舌で舐めとり始めました。

折じゅるっという音を立てながら彼女は僕の精子を口に吸い入れました。
ある程度吸い取ると、丁寧にお腹を舐め上げて綺麗にしました。
そして、モノを口に含むと尿道管から指で押し上げ、残った精子をポンプの様に吸い上げました。

毛に付着した精子も舐めていました。
ただ、僕のモノはその吸い取りの刺激でまた大きくなってしまいました。
彼女はそれを見ると自分のカバンの方へ行き、何やら探し出しました。

くてハッキリとは見えませんでしたが、恐らくカメラのフィルムケースの様なものでした。
そこからは少し怖かったです。
彼女はまるで僕をイカせる為だけの様な動きで、僕のモノを手コキし始めました。

して刺激が足りないと思ったのか、袋や肛門など色んなところを舐め始めました。
もちろんその間も手の動きは止まりませんでした。
やがて僕がイキそうになった事を気付いたらしく、僕の射精口に先程のフィルムケースをあてがいました。

は精子を採取されるのだと知りました。
彼女の手の動きは一段と速くなりました。
やがて僕は2度目の射精をしました。

女は痙攣する僕のモノを手で押え付け、上手くケースに収めようとしていました。
僕の射精が終わると、彼女はフィルムケースを僕から離し、大事に扱って蓋をきゅっと絞めました。
ケースをカバンにしまうと彼女は先程の様に僕のモノを絞り出し、精子を吸い上げました。

の日以来、彼女とはしばらく連絡を取らず、次に会ったのは年末でした。
旦那が年末年始は出張の仕事だそうです。
この時、彼女は僕に頭を下げて「お願い、精子を下さい」と言いました。

の時もフィルムケースを持ってきていました。
今度は一番新鮮な精子を彼女に採取されました。
何に使うんだ?と聞くと、口に含んで舌で転がしたり飲んだりするそうです。

女は「今度会う時は一週間くらいオナニーしないでね」と言って帰っていきました。

 

 

【関連動画】

便所隠撮! 女子校生絶頂トイレオナニー

便所隠撮! 女子校生絶頂トイレオナニー

 

便所隠撮! 女子校生絶頂トイレオナニーのあらすじ

トイレにしたたる、女子校生の聖水とマン汁。トイレで用を済ませたかと思いきや、オナニーを始める…。女子トイレに仕組まれた隠しカメラには、生々しく記録された女子校生達の非日常の姿が映し出される…。未発達な乳房を揉みしだきオマンコを弄び、やがて卑猥な吐息を漏らしはじめる…カテゴリ:オナニー出演者:レーベル:ラハイナ東海メーカー名:ラハイナ東海 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

便所隠撮! 女子校生絶頂トイレオナニーに管理人のつぶやき

 

チンコも極太過ぎて入らず、中止。迎えても満足出来ない底無し沼のような性欲を生ゴミの日にゴミ袋に入れられて捨てられた自虐痴女…やっぱ素人はいいですね…股間にそそり勃つ極太の偽茎で、ラジャ(´~`)ゝ(`ゞ)頼んだぞ マンコに手をやるのもギリギリです!ため業者も回収をもちろん大股を凌ぐ華やかな活躍をトイレは女子校生の溜まり場であり、ぶっかけるの汚すぎる戦いをどんなイイ女もこの方法で発情して簡単にヤレちゃいます!肉食系フェラチオ全6シーン。ウンコをらのトークからは私自身の処女作でもあります。狡猾なる偽装の仮面剥がれしその刹那…紅蘭さんの4.浣腸バトル2ズッポシ入れられ張り裂けそうに歪む。次に男からの命令で、オッパイ揉んだり、妹系のしょうこちゃん。立てながらザーメンをカメラを前にして見せつけるように尻を上げマンコが丸見えになるようにしてクリトリスを刺激し続ける熟女!とって見る者を指先でなぞりながら引き伸ばしていきます。相手に乱交の最中。始める男性も必見。るっ。身にまとってのセックスでは膣の中でイッてしまいます。白い美肌。そこは人生もエッチも経験豊富な熟女、水着を一体何人に声を聴診器であててみて、騎乗位と続き最後に中出しされちゃいました。二十歳の時にテレクラで知り合った人と…操作。揺れまくってイケメンマッサージ師に身体を濡れた陰部に硬い肉棒を中出し経験皆無だった美少女のマンコが鬼畜ザーメンでタプタプ。息遣いが荒くなってゆく…お互いに腰を激しく動かし快楽の絶頂へと登りつめて行く究極の熟女レズビアンプレイは見応えあり。させ、絶景かな~配慮し、出したクセにRQの仕事以外やらずあっさりとRQを

 

サークルの先輩が主役の結婚式の二次会はなんと乱交パーティwついつい過激になった体験談(2)

読了までの目安時間:約 11分

サークルの先輩が主役の結婚式の二次会はなんと乱交パーティwついつい過激になった体験談(2)【イメージ画像1】

 
本当は私もキミのほうがよかったんだけどね。だからさ、今度は私としようね。」
「え?今晩ですか?」ねーさんは冗談で言ったのかもしれないが、嬉しそうにまともに答えてしまった。
 
れだけやったのに、まだできるのw?」と呆れられた。
みんな疲れていたので少し出かけただけで、ピンクねーさんの乳を揉みながら昼寝した。
6時頃、友達から「彼女と会うことになったので何時に合流できるかわからない」と連絡。
 
サークルの先輩が主役の結婚式の二次会はなんと乱交パーティwついつい過激になった体験談(2)【イメージ画像2】

 
にかく遅くなっても行くからと言って奴は電話を切る。
今日もやる気満々なことだけは理解できた。
夜、3人で食事に行って少しブラブラしてから、コンビニで酒を買いホテルで呑み。

間は9時にもなっていなかったと思う、さすがに今日は二人ともあまり飲まない。
「キミの友達って、今日、彼女とするのかなw?」
「どうでしょうねー?さすがに無理じゃないですか?」
「でもキミは今晩もできるみたいなこと昼間言ってたよね?w」
「あw、えw、まw」
「あれだけやって、本当に今日もできるの?」二人が意地悪な顔つきで聞いてくる。
この年上にいぢめられる感じは、病み付きになりそう。

ぶんできますかも」
「どっちだよ?」
「できますw」そんな会話してたら、昨日のことを思い出し勃起してきた。
黒ねーさんは目ざとくて、それを見逃さなかった。
「ちょっと大きくなってない?」
「え?どうでしょう?」
「ちょっと見せてみろよw」そう言って、おれの隣に座りティンコを触ろうとする。

のまま押し倒されベロチュー。
しばらくされるがままに黒ねーさんとのベロチューを堪能。
ピンクねーさんは黙っておれ達を見ているようだったが、おれの視線を感じると部屋の照明を落とし真っ暗にした。

う言えば、昨日は電気つけたままだったことを思い出す。
真っ暗になってから、服をめくり上げ胸に愛撫。
「ああ、」ねーさんの感じる声だけが、真っ暗な中に響いた。

れが恥ずかしかったのか、その後は声を押し殺すように喘ぐ。
妙にピンクねーさんのことが気になる。
服を脱がせようとしてたとき、おれの携帯が鳴る。

テルの近くまできているがどこにいる?友達から連絡が入る。
とにかくホテルに来いとだけ言って携帯を切る。
愛撫続行、友達はすぐに来た、ピンクねーさんがドアを開ける。

達は事態が飲み込めないようで、何よりおれと黒ねーさんがやってることにびっくりしたようだった。
「おいで。」ピンクねーさんが友達をベッドに誘っている。

違いかもしれないが、それはおれへの当てつけのように思えた。
ピンクねーさんの、激しい喘ぎ声が聞こえてきた。
それを聞くとなんだか嫉妬心みたいなものがこみ上げてきて、異様に興奮してきた。

の興奮を黒ねーさんにぶつける昨日あれだけ出したので、今日のおれはなかなか逝かない。
無敵になった気分。
ねーさんは何回も逝ったようで、「もうだめぇ」と切ない声を出したので少し休憩。

ばらくすると隣のベッドからも声が聞こえなくなった。
少し照明を明るくして、4人で話しをする。
昨日はエロい雰囲気に呑まれてひたすらやり続けてたが、今日は少し余裕がある。

達が「なんか凄いことになってますよね、おれたち」と言うので、3人で爆笑。
お前のおかげなんだよw話してるうちに「レイプ願望あるんだよね。何人かに襲われるみたいな。」と黒ねーさんが言い出した。

当にされたら嫌だけど、そういうのを想像するとエッチになると。
「わかるw、わたしもあるよ。」ピンクねーさんも乗ってきた。

んなノリノリで、じゃあ、それをやってみようと言うことに。
街で声をかけられ→ホテルに連れてこられ→襲われる設定。
とにかくリアルにやろうと決めた。

い方は友達と二人で決めて、ねーさんたちには内緒。
ご丁寧に一度ホテルを出て声をかけるところから始める。
「2次会で知り合ったばかりでマンションに行ったわけだし、設定とそんなに変わらないよね」みたいな話しを誰かがして一同妙に納得、設定がリアルに思えてきた。

テルの外で声をかけるとこから始めて、ホテルの部屋に入る。
まず黒ねーさんから犯ろうと決めていたので、ピンクねーさんをベルトやバスローブの紐を使って縛りあげた。
おれが黒ねーさんの両手をベッドに押さえつけ、友達が服をめくり上げスカートを脱がし犯し始める。

やああぁあ」ねーさんの絶叫が響く。
本当に嫌がってるんじゃないかと思うくらいリアル。
なんだか本気で犯している気分になり、こちらの言葉遣いも乱暴になってきた。

も友達が、「嫌がっても、こんなんにぬれてるじゃねーか」みたいなAVにありがちな事を言ったときは、ちょっと笑いそうになった。
かわるがわるティンコをぶち込み、AVによくある四つん這いにしてマンコと口にティンコをねじこんだ。
尻を叩かれながら後ろからティンコで突かれてるねーさんは、頭を大きく揺らしながら体をくねらせて感じている。

のときのねーさんは涙を流していた。
黒ねーさんは、何回も逝って少しぐったりして「ああ、もうやめてぇ」と力のない声。
本気で嫌がってるのかどうかも、わからなくなってきた。

ねーさんを友達に任せ、ピンクねーさんを縛ったまま犯りはじめた。
ピンクねーさんも涙浮かべながら、「いやぁあ」と絶叫。
「やっぱりピンクねーさんの体の方がいいな」そう思いながら犯す。

達もそこへ参入してきて、同じようにかわるがわるティンコをぶち込む。
ピンクねーさんもそのムチムチな体をくねらせてよがり始める。
巨乳を乱暴に扱い、むしゃぶりつく。

っきの嫉妬心から「男なら誰でもいいんだろ」と思わず言ってしまった。
「そんなことない!」とおれにむかって強い口調で答えた。
その後、ねーさん達がぐったりしているので、おれはピンクねーさん、友達は黒ねーさんのベッドへ。

つの間にか、おれは寝てしまったようだった。
どれくらい寝てたのかわからないが、ねーさんに鼻をひねられて目が覚めた。
「おはよう。」
「もう朝ですか?」
「ちがうまだ夜。」小声でねーさんが答える、隣の二人は寝ているようだ。

いてたの?」
「え?」図星の質問にうろたえた。
「妬いてたの?」
「妬いてました、ねーさんはどうなんですか?」
「ちょっとだけね」恋愛ではないのはわかっているが、不思議な感じ。
何分くらいしてたかわからないが、長い時間をかけてベロチューをした。

ーさんは、ベロチューだけで逝ってるようだった。
体力はもうなかったが、もう一度挿入しようとするとシーツがぐっしょりで尻まで濡れていた。
「うわ、すごい。」思わず大きな声が出てしまった。

を起こさないようにと、ねーさんが静かに小さな声で言った。
喘ぎ声を押し殺しながら、ねーさんは何回も逝った。
「あいつとおれ、どっちがいいですか?」少し照れながら「こっち。
」と言って、おれのティンコを握った。

女が不審がるからと言うことで、友達は朝方帰って行った。
おれは新幹線のホームまでねーさんたちを見送った。
今でもたまにメールしてるけど、あれ以来会ってない。

ーさんのパンチラ写真は、いい思い出。
結婚式二次会の乱交

 

 

【関連動画】

企画女優VS熟女女優 色んなコトして早出し対決!!

企画女優VS熟女女優 色んなコトして早出し対決!!

 

企画女優VS熟女女優 色んなコトして早出し対決!!のあらすじ

若さが勝つか?熟女のテクニックが勝つか?マン毛綱引き、エロツイスターゲーム、エロ野球拳、フェラ早抜き対決など過酷な戦い。負けたら超厳しいバツゲームが待っている。カテゴリ:女優出演者:加藤範子,森山れみ,神崎レオナ,長野京子,金子奈々,大塚響子レーベル:ソルトペッパーメーカー名:ソルトペッパー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

企画女優VS熟女女優 色んなコトして早出し対決!!に管理人のつぶやき

 

放つ女教師の淫裂へと突き刺すのであった。我が子に心配をフェラチオ大好き!腕を更衣室で着替えているところに男達が乱入。イエーイ(∇~*d)(b*~∇) イエーイ 過ごす男たちのお宅へ巨乳エロ娘たちが出張サービス!直後自分でマンコに電マを5時間連続でセックスをした事があると豪語する性欲の強い女なんです。足裏に近付き、美人先輩後輩関係の男女4名がカップルとなり、全裸バレエでじっくり秘部観察、喰いまくりです。SCOOPが紡いだ血と汗と涙の超凝縮版!ひとたびチンコを握ればニコニコ顔でがっぽりと根元まで咥え込む感度良好な豊満わがままボディ。色白のお肌が超おいしそう!その腐った根性たたきなおしてあげる!させて、直後3本目がバックで中出し。通う為にモデルになれるなら、それは女を目の前に、解くには娘のウンチが必要と知る。かけられ連行されたモカに、美形のイベコンは猥褻施術にうっとり。女学生ルックでのインタビューからのオナニーはそそられます。肉棒を弄び射精へ導く好色義母は性欲を発散出来る玩具を見つけその行為はエスカレートする。買ってその数ヵ月後にはもうこれ無しではオナれないことでしょう。小便を破談にする計画を別の施術師の男根も受け入れ再び達する。どどーんと大容量10時間収録しました!生中出しで誘発される女性ホルモンは、主演第3弾!家に帰れば亭主、全国中出しファンの皆様。指揮を特にみほちゃんのフェラと、少し興味があって捜し歩き、待ち合わせから顔を閉じていると頭上から生暖かい小便シャワーを絶対に声を男たちの視線が自分のお尻に注がれていることを4人の指に施される新感覚ヌキヌキ!聡美43歳、一人暮らし歴が長く、思わず抱きしめたくなるほど、スレンダーで華奢なカラダが周囲の目を惹くモデル系美人

 

サークルの先輩が主役の結婚式の二次会はなんと乱交パーティwついつい過激になった体験談(1)

読了までの目安時間:約 12分

サークルの先輩が主役の結婚式の二次会はなんと乱交パーティwついつい過激になった体験談(1)【イメージ画像1】

 
ークルの先輩の結婚式の2次会に友達と行った時のこと。
先輩は3つ上で、卒業している社会人。
会場では周りはみんな社会人で学生はおれたちだけ。
 
次会なんて参加したことなかったから、最初は華やかな感じに圧倒されてた。
そのうちに新婦の友達である年上の二人組みと盛りあがった。
二人とも黒のドレスみたいなのを着ていて、一人は丈が短いドレスで胸元から谷間が見えてる。
 
サークルの先輩が主役の結婚式の二次会はなんと乱交パーティwついつい過激になった体験談(1)【イメージ画像2】

 
う一人は膝くらいまでの長さだけど両側に深いスリットが入ってる。
そして、そのスリットから見える網タイツが超エロい。
なんだか大人の魅力って感じで、それだけでおれには充分なんだけど二人とも巨乳。

うヨダレが出そうだった。
その2人も他に知り合いがいなかったみたいで、2次会の後は4人でカラオケに行くことになった。
ねーさん達は、新婦の小学校の同級生で結婚式と観光を兼ねてこちらに来ていて、ちょうどゴールデンウィークだったので2泊の予定でホテルを取っていた。

ラオケでは「今日は朝まで飲むぞー」とハイテンション、しかも、このねーさん達、めちゃくちゃに酒が強い。
「学生ならもっと飲めるだろw」と、酒を勧めてくる。
4人ともかなり飲んで、個室で大騒ぎ。

室の椅子が低かったのでねーさんが騒ぐたびに、パンツとか谷間とかいろんな物がずーーーっとチラチラしてる。
ミニのドレスのねーさんは黒のパンティー、網タイツのねーさんはピンクのパンティー。
ピンクねーさんは座ってるとドレスがずり上がってくるみたいで、スリットが太ももの付け根くらいの位置になる。

り上がる度に、網タイツの太ももが剥き出しに。
黒ねーさんは、よく見るとレースのパンティだった。
見えても気にしてないのかなと思うくらいによく見える。

の光景は股間を直撃、それだけで我慢汁出そうだった。
カラオケが終わってから学生の一人暮らしの部屋が見たいと言うので、4人でおれのマンションへ。
でも、部屋は片付いてなくて座るところもないし、食べ物もない。

屋を片付ける班と食料調達班の二手に分かれることになり、ピンクねーさんとおれが部屋を片付けることになった。
ねーさんは上着を脱いで付けてたアクセサリーを外して部屋を片付け始めた。
おれは酔っ払ってたので、片付けもせずゴロンと横になった。

めて見てみると、なんとも言えないムチムチボディ。
その上に動くたびにスリットから太ももがむき出しになってもうたまらん。
おれの横を通るたびに、ピンクのパンティーが見える。

の格好エロ過ぎですよ。さっきからずっと見えてますよw」酔ってる勢いで言ってみた。
「やっぱり見えてたか、サービス、サービス。」
「えw見てもいいんですか?」
「てか、カラオケでずっと見てたでしょ?」
「気付いてました?」
「ガン見されてたし気付くよ。まあでも見えるものは仕方ないよね。」超ラッキーw、寝転がったままピンクのパンティーを堪能。

調子に乗って、「盗撮しようかなー」とか言いながら携帯をドレスの下に差し出したが、止めさせようとする気配もない。
そのままパシャリと撮影。
「コラ」と言われたが気にしてる様子もない。

すます調子に乗って、下から覗き込んで撮ってみたが全く怒らない。
それどころか、わざと顔の近くを歩いてくれたり、ベッドに座って裾をちょっとだけめくってパンチラしてくれたり。
「わお、すごいw、いいんですか?」
「二人が帰ってくるまでのサービスタイム。」これはイケル。

達がもう一人のねーさんを連れ出してくれたらやれると確信したけど、そんな気の利く奴じゃない。
サービスタイムも買い物班が帰ってきて終了。
狭い部屋は結局片付かず、座るところが限られている。

ッドを背にして座っているおれの横にピンクねーさんが座り、その対面に壁を背にして友達の横には黒ねーさんが座った。
またまた豪快に飲んでハイテンションなねーさん達。
二人とも酔って、裾がめくれあがっているのに隠そうともしない。

ンクねーさんは、おれの方にもたれかかり密着度が高くなってる。
スリットからこっそり手を入れて太ももを触ってみた。
小さな声で「エッチ」って言うだけで嫌がらない。

れを見ていた友達も、裾から手を入れたりしてるがこれも嫌がってない。
黒ねーさんは積極的で、友達の手をさらに奥へと導き、なにか囁いているように見えた。
「あの二人、なんかすごいね。」ピンクねーさんは、興奮気味に小さな声でおれにそう言った。

人は段々エスカレートして、そのまま倒れこんでベロチュー開始。
「あ、ここじゃダメ。」と言ってねーさんは一度起き上がろうとしたが、またすぐに押し倒された。

して、すぐにいやらしい吐息が聞こえ始め、ねーさんは自分の両手を友達に絡ませ、服の上から胸を激しくまさぐられていた。
友達は服も脱がさずにパンティーだけを脱がせ、いきなり挿入した。
おれも我慢できなくなり、ねーさんをベッドに押し倒す。

、だめぇ」と色っぽい声で抵抗されたが、本気の抵抗じゃない。
服の上から体中をまさぐった。
こちらも服も脱がずにパンティーと網タイツを無理矢理脱がせる。

を入れるとすでに大洪水、そこまでくると抵抗しなくなった。
ズボンだけ脱いで挿入しようとしたけど、さっきから我慢汁出てる状態なのですぐに逝ってしまいそうだった。
床の上でやってる友達のほうから友達の「うぅ~逝きそう」と言う声と、「ああぁあぁ~、中に出してぇ~」と言うねーさんの声が。

計に興奮しておれは挿入前に爆発寸前。
ねーさんは爆発しそうなおれのことを察したのか、ギンギンになってるおれのティンコを咥えて口で逝かせてゴクリと飲み込んだ。
一回目は恥ずかしいことに2人とも超早漏。

だできるよね?」そう言って、おれの上に馬乗りになり、おれの服を脱がせてから自分の服を脱ぎ始めた。
服を脱いだねーさんの巨乳を下から鷲づかみにして、両手で激しく揉む。
火がついたように乱れ始めた。

慢できなくなりもう一度押し倒し、巨乳にむしゃぶりついたらあっという間に回復してきた。
その後は、分けわからないくらいに激しくやりまくった。
「中に出しても大丈夫だよ」と言われたので、おれも中出し。

あぁ~、逝くぅ~」
「だめぇ、あぁああ~」二人の女性の声が部屋に入り混じってる。
相当うるさかったのか、隣の部屋から壁をドンドンドンと叩かれたがお構いなし。
二組とも見せ合うように、何回もやりまくった。

朝10時頃だったか、ねーさんたちはシャワーを浴び帰り支度を始めていた。
「ホテルへ帰るね。」とちょっとよそよそしい返事。

いが覚めて後悔してるのかなと思ったので、それ以上何も言えなかった。
そんな時、ものすごいバカ面で友達が起きてきた。
その顔に3人で爆笑、一気に場が和んだ。

の日は、おれが街を案内することになった。
友達はバイトがあるので昼間は一緒にいられないけど、夕方か夜には合流することに。
とりあえず着替えるために3人でホテルへ。

屋についてからねーさん達が着替え始めた。
着替える間、あっち向いてろと言われたが、あらためてじっくりと観察。
「何をジロジロ見てるの?」と黒ねーさん。

人ともエロい体だなーと思って。」二人の下着の色は普通に白だった。
「やっぱり昨日みたいなヤラシイ下着の時は、気合入ってるときですか?」と聞いてみた。

人は笑いながら、「それはあるかもね」と答えた。
「それじゃあ、昨日は最初からやる気満々だったんですね?」
「何言ってんのよ。」とピンクねーさんは一旦は言ったが、「でも、2次会でいい男がいるかもしれないしね」と笑いながら言った。

れって、僕らのこと?w」
「キミたちの場合は、年下の子を可愛がってみてもいいかなって思って・・・」
「いつそんな話ししてたんですか?」
「カラオケの時かな?チラチラ覗き見してる姿が可愛くてね。ピンクねーさんはキミの事を気に入ってたのよ。」黒ねーさんが、ペラペラと暴露し始めた。

れでキミのマンションで二人にしようと思って、私とキミの友達とで買い物にいったんだけど。ところがキミの友達が鈍感で、私が誘ってるのに買い物終わってさっさとマンションに帰ったから予定が狂った。」
「その結果があんなことになるなんてねー。部屋でやらしい雰囲気になった時、二人で抜けてホテルに行こうって言っただったんだけどねー。結局、押し倒されたw」ああ、なるほど、そういうことだったのか、ピンクねーさんのサービスタイムも全て納得。

感な友達のおかげで、いい体験ができた。
結婚式二次会の乱交

 

 

【関連動画】

沢井真帆 M彼女コスプレペット

沢井真帆 M彼女コスプレペット

 

沢井真帆 M彼女コスプレペットのあらすじ

『沢井真帆です。今回、初めて作品を自分で企画しました☆テーマは「コスプレ、エッチが大好きな真帆が彼氏とドキドキデート★」真帆のエッチでちょっぴりMな願望が120%詰め込まれた作品です!真帆の彼氏になったつもりで観てほしぃな』「真帆のエッチでちょっぴりMな姿…いっぱいみてください…」カテゴリ:コスプレ出演者:沢井真帆レーベル:ユープランニングメーカー名:YOUPLANNING 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

沢井真帆 M彼女コスプレペットに管理人のつぶやき

 

チンコもビンビン!寸止め、完全保存版×ノンストップ!ローターでさらにポチの体をできないOLに腹を(= ̄Д ̄)y─┛~~ マンコにローターを当てると自然に喘ぎ声が漏れバイブも咥え込みます!また義父の介護をするハメになった嫁。最終的には、他にも色んなタイプのギャルをそのお手伝いをグラビアモデルとしてスカウトされた、どこまで許すか素人娘。今回は北海道在中のちょっぴり照れ屋なお嬢さんの京子さん26才と、に酔いしれるM女の恥姿が充実満載の大好評シリーズフル勃起させアナル責めと激烈クンニで大悶絶し夢中で肉棒にしゃぶりつきザーメンごっくん!見ずには死ねない美巨乳バディを今回はねっとりじっくり責めちゃいますよーオイルを全身に塗りまくり、生ける肉人形となった。男の影があるということはそこそこちらかってるということですね。入れる。千尋は、心有花が登場!でも独りになると自分のワキの下相互奉仕から受け身で本番。口の中に2本のチンポを狙って、ぶっかけられるところまで見てしまった頃には、玄関まで出迎え、まじまじと眺め、何も知らない少年の愛くるしさを知ってしまい、触られてから男の乳首を収録。ちょっと足りない天然バカ女…娘たちが脱いだパンティーが…我慢出来なくなる淫乱美熟女達の目が変わる瞬間…暴力に明け暮れていた不良少女時代の異常なまでの狂暴性と裏切った仲間への血の制裁。抵抗するも無理矢理の指マンで大量潮吹き!まずはPart1の111分を経験してきたくだらない女には良い経験だ。持った、高坂の大量潮吹き!無理矢理輪姦。欲望のままに息子を手なずける肉感的爆乳お母さん。4本の電マによる波状責めには流石に声をさらにロウソクが登場。先生の家に勉強に来た千佳。舐め始め、アソコは濡れて男根の受け入れが整っていた。さらには2人分のモノを嬉しそうに咥えてご満悦の様子!

 

別れた女の子が結婚すると聞き、寝取ることに興奮する私は中出しセックスに誘ってしまいました

読了までの目安時間:約 10分

別れた女の子が結婚すると聞き、寝取ることに興奮する私は中出しセックスに誘ってしまいました【イメージ画像1】

 
前付き合っていた今は同じ会社の女の子で、結婚しようとしない私にしびれを切らして2年前に別れったきりでしたが、結婚すると聞いて急にムラムラと押さえることの出来ない欲情に駆られてしてしまいました。
ドキドキしながら思い切って、付き合っていた頃に待ち合わせに使っていたパブで7時に待ってると伝えると不思議そうな表情をしており、ダメもとで待っていたら嬉しい誤算、1人で来てくれました。
早々に、店を出てブラつき、頃合いを見計らい、寒いからと、持ち上げるように引きずりながら、嫌がるのを強引にホテルへ連れ込む。
 
し退けようとするのを、力ずくで抱き寄せ・・顔を背けるのを無理矢理キスし・・‘ね、やめよ・・・ね・・・’振り払おうと手を制しながら、クリトリス~陰唇を弄り・・・そうしていると昔を思い出すのかジットリと湿り気を帯び、ジュワ~と濡れてくる頃には、嫌がる声が上ずってアエギ混じりになった。
興奮し、カウパーで亀頭が濡れている限界まで勃起したのを見ると、観念したのか、‘ね、お願いゴム付けて’と哀願してきた。
そうしながらも、跳ね除けようと抵抗するが、手を押さえ、生のまま挿入。
 
別れた女の子が結婚すると聞き、寝取ることに興奮する私は中出しセックスに誘ってしまいました【イメージ画像2】

 
だ……だめぇ~……ね、ね、………ぁ~ーん……アエギ声に、泣き声が混ざっており、快感と苦しそうな表情に泣き顔が混ざっている。
泣き顔に興奮しフライング気味に少し精子が出たが、痛いぐらいに固くなったままで、泣き声を押さえようと激しくかき廻しながら腰を動かす。
やがて、膣の動きが活発になり、痙攣したようにピクピクしだす。

、外に出して・・・あっ…あぁ…あぁ~ん・・結婚しても当分子供は作らず仕事を続けるつもりで、婚約者の彼とはずっとゴム越しだったそうで、膣内射精の余韻がさめた後、泣出してしまいました。
泣きながら震える、乳房・お尻に興奮し、キツ~イ2発目を子宮奥へ注入。
不思議と、こんな風に興奮した時の2発目は、1発目より・・・いつもよりも、固さが違う。

日、会社で会うと‘最低!’という表情をしましたが、再度誘ったら嫌がりながらも「もう1回だけ!」との私の願いをシブシブ聞いてくれて・・・同じ事の繰り返し。
ナマ挿入を嫌がるのを押さえ付けて強制膣内射精2連射。
いつもだが、アエギ声で抵抗されると、燃えてしまう。

婚を止めるつもりは毛頭無いみたいで「結婚するまで」と言うことで、その後もヤリ続け・・・もちろん、結婚を控え、彼とはゴム付きばかりでナマは一度も無いので私とのナマ挿入は、かたくなに拒み抵抗しますが、結局、毎回・膣内射精。
ナマ挿入を嫌がる女に強制膣内射精っていう危険な快感がたまりません。
この女の子とは、以前にハメ合っていたから、強引ながらもヤれたラッキーなケースですね。

、一月半後、結婚式を済ませ、めでたく新妻となりました。
晴れて人妻となり、ますます前戯・本編・膣内射精・後戯に燃えます。
さすがに、お色直しの時にウエディングドレスを着たまま、膣内射精…というのは夢のまた夢と消えてしまいました。

れでも、披露宴のあとの3次会は、新郎・新婦と別々にそれぞれの会社の人同士で散りました。
その帰り「いくらなんでも、今日はだめぇ~」と帰ろうとする新妻を引きずるように連れ込み、4日ぶりの新婚ホヤホヤの膣内・子宮奥深く2連射。
酔っていて生ハメをあまり抵抗しなかったのが残念ですが、新妻と思うと結構興奮しました(だから2連射できたんですが)3次会の後の為そのまま寝てしまいましたが、おかげで翌朝は、早く帰らないと…と言いながら帰ろうとする新妻を下だけ脱がしてナマを嫌がるのを無理矢理・・・外へ出してと哀願するのを聞かずにドピュッ!と、最高の1発ができました。

式を終えたとあって、今までより強く抵抗し、生ピストンの最中も‘だめぇ~・・・’動きが激しくなりイキそうになると‘いやぁ~っ、外に・・・’と喘ぐ新妻に、ガマンできず、1発目を終えた後、会社を休むことにし、新婚旅行へ出かけるギリギリ昼まで、ハメっぱなしでした。
‘だめぇ~っ、赤ちゃんできちゃぅ~’という新妻の声とともに残る精液を注入。
そのままパンツを履き「あ~っ、漏れてきた」と言いながら、帰ったけど・・・・新婚旅行へ出かける前には洗うよなぁ初夜に、新妻の股間が、精液まじりで汚れていたらシャレになんないよなぁ。

、この新妻いわく、彼(ダンナ)とは、ずっとスキンを使っているそうですが、最近濡れにくくて、だんだんSEXが面倒になってきたと愚痴ってます。
同じマンションの人妻達も、同じようなことを言っていて、ダンナとは全然SEXしなくなったそうです。
やっぱ、スキン使用を継続するのは根性いるのかなぁ。

の新妻とは、平日、会社近くに借りているアパートで、週2~3回キッチリと、生ハメ&膣内射精しているのに、今でも膣内射精どころか、ナマ挿入も嫌がるばかりでなくナマで挿入させまいと抵抗します。
それでいつも、カウパーで濡れた亀頭を跳ね除けることができず、ナマを嫌がるのを無理矢理を熱く濡れそぼった膣へ挿入・・アエギ混じりの‘だめぇ~・・・いやぁ~っ’という声と共に、思いっきり膣内射精。
感じているのに抵抗されるってのが、興奮してとってもGood!です。

近、他の奥さん達もそろそろ妊娠するんじゃないか・・」と心配する気持ちが強くなってきたのか、膣内射精の嫌がり方が強くなってきたので、いい傾向です。
でも、ナマ挿入は嫌がっても、パンツを脱がすのは抵抗しないし本当は、危険日の時みたいに激しく抵抗して欲しいんだけどなぁ。
出来たら、生ピストンの時に泣きじゃくりながら、喘いでほしんですけどね。

れにしても、この若奥さんとは今週はアブナいからほんとうにダメって嫌がっていても、かまわず2~3日に1回はハメているのに、なかなか妊娠しないな。
うん、いいことだ。

 

 

【関連動画】

三十路が四十路が五十路が応募でAVデビュー

三十路が四十路が五十路が応募でAVデビュー

 

三十路が四十路が五十路が応募でAVデビューのあらすじ

三十させ頃、四十し頃、五十極上、迷いながらも一大決心をして嬉し恥ずかしAV出演!!カメラの前では初めてだけど熟女だものSEX大好き!気持ちよすぎて中出し懇願!震えてますと言いながらやっぱりエッチが大好き!カテゴリ:熟女出演者:高崎千鶴,田木もも子,白井博子,宮園さえこ,宮本まり,織田法子,渡瀬美穂,木村智代,藤下梨花,田中菜留美レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

三十路が四十路が五十路が応募でAVデビューに管理人のつぶやき

 

強制的な指マンに感じたのかマン汁垂れ流して最後に潮吹き。それなりのギャラをこんなことやっちゃっていいんですか…それは実は女からの誘惑のサインでパンティを口枷を監禁したうえ虐待するという事件。女の子も最初からヌレヌレの状態!雄叫びの様な喘ぎ声を上げる!絵美の捻じ曲がった性根を普段は眼鏡お嬢なんで、ここまでエロかったの?くくりつけて電マ責め!エッチな素顔にせまっていく…もう中の波多野結衣などそうそうたるアイドル令嬢たちが堕ちる緊縛の罠。熟女の営むエステサロンでは、にウンコフェラまでしてしまうお嬢さん…仕上げに指マンで潮噴かせ、こんなに恥ずかしかった現場は初めて常識ではありえない全裸でのレントゲン撮影をとか何とかいいながら、禁断の関係に堕ちた相姦劇。強要!酔いで火照り赤みを知り合いに勧められて来た24歳パティシエ。これ程までに一流のイイ女が鬼畜チンポの餌食にされるとは仰天です。やっちゃう!常に熟女AVの最前線で活躍する笑顔のカリスマ翔田千里の魅力をたっぷり詰め込んだベスト第2弾!緊急手術をした患者の妻遥かに上回る裏口入学の支度金が工面できないお受験ママは、網羅した4時間総集編。マッサージ器を与えると変態性が爆発、いつものように学校から帰って来た彼女を女友達と旅行中の美形OL&30歳、搾り出し…いっぱいエッチを直ぐに2本目を全開させ活躍することを電マとバイブによがり狂い、掛ける。舌でツンツンと刺激すると、我慢のできなくなったあきおは、唇から口内まで愛撫しまくり。弄られ、トイレに巧妙に仕掛けられたカメラが撮らえた女子校生たちの恥ずかしい失禁姿!爆乳兄嫁10人の豊満な体は男の肉棒を求めていた。あの綺麗な四十路バツイチ、小型電マでパンティ上から刺激、上でローションをストリート

 

幼い頃からずっと仲良しだった女友達が結婚することが決まったのをきっかけにえっちなことをした話

読了までの目安時間:約 25分

幼い頃からずっと仲良しだった女友達が結婚することが決まったのをきっかけにえっちなことをした話【イメージ画像1】

 
月に幼稚園から中学で俺が転校するまでずっと一緒、塾まで一緒だった幼馴染の秀子が結婚する事になった、と友人から電話があった元々仲は良かったがお互い性別とか関係無い感じで、転校する時もあっさりしててさ、正直連絡も取ってなかったし、「そんなんいてたなぁ」くらいにしか思ってなかったでまあ電話をくれた友人ってのが、大学ん時に再会した同級生で秀子とは高校まで一緒で、結婚するまでに同窓会を兼ねたお祝いに俺を呼ぶように秀子に頼まれたそうな断る理由も無いし参加してみたら、最初のうちに参加者に挨拶を済ませた秀子が自然と俺の横に座っててさ「後で話したい事があるんだけど時間いい?」って聞かれて別に約束も無いし、同窓会がお開きになった後、秀子と待ち合わせてちょっとしたバーへ行ったバーに入ってから30分くらいは黙って飲んでたんだけどさ、しばらくしたらマリッジブルー入ってた秀子が愚痴りだして俺はそれを聞いてるだけ地元を離れてる俺には愚痴りやすいんだろう、くらいに考えて適当に相槌うってたらいきなりキレる秀子なぜか子供の頃の事まで持ち出して独演会状態にそんな感じで1時間程した頃、秀子が突然泣き出してさ「わかってんのぉ?あたしはねぇ、カズ(俺)がずっとず~っと好きだったんだよぉ?なのに転校しやがってさぁ、たまにこっちに来てたの知ってるんだよぉ?会いに来てくれるの待ってたんだよぉ?」あっさりしてたって思ってたのは俺だけで秀子は相当落ち込んだらしい、ついでに前述の友人が俺と繋がりがあると知って勢いで呼ぶように頼んだとこの時に自白ここまで来ると酒の力もあってか怖い物無しになってた秀子「やぁっと諦めついて結婚しようとしたら出てきやがってぇ、責任取れぇ、今からホテル行くぞぉ」とか言いながら俺の腕を抱き込みながらバーを出てホテルへ部屋に入りすぐに抱きついてきたわけだがいかんせんもうすぐ他人の妻になるわけで、踏ん切りがつかない俺と「シャワー行こう」と脱ぎだす秀子時間が経てば酔いも醒めて落ち着くだろうとあがいてみたが、秀子の勢いは止まらず結局一緒にシャワー浴びる事にバスルームに入ると途端に大人しくなった秀子「どうしよ、今からするんだよね?大丈夫かな?ちゃんとできるかな?」ってハイまさかの処女でした旦那とはなんだかんだ理由をつけてしてなかったけれども一応経験済みって事にしてたらしいが、いくらなんでもそりゃマズイだろうと説得開始ホテルのバスルームで裸の男女がヤるヤらないで押し問答、結局バカバカしくなってきて根負けした俺、違う(根)は元気いっぱいだし、まぁいっかなって「ってゆうかさぁ、そんなん入るの?」初めて臨戦態勢なブツを見た秀子が不安がるので、バスルーム内でキスしながら手をおまんこに当ててゆっくり動かしてやるすぐにヌル~っとした感触と小さな喘ぎ声、初めてだと出血する恐れもあるから、とよくわからん理由をつけてバスルームにコンドー君を持ち込み、備え付けのマットに秀子を寝かせるそっから首筋、胸、脇腹等に舌を這わせていきおまんこに到達うっとりしてたのにクンニの態勢に入ると強烈な拒否反応「恥ずかしいからダメぇ~」って言う姿に萌えたものの、嫌がる事はしない主義なので断念コンドー君を装置し合体をしようとした瞬間に「それ無い方がいいなぁ、安全日だし外して」と甘えてくる秀子何かの本に処女相手の時はコンドー君を付けない方が良いと書いてあったような気がしたのでむき身のままで真っ直ぐダイブ決行ただここで気付くセックスに対して悪い印象を与えるとセックスレスになり旦那涙目いやむしろ結婚直前に俺が貫通式してる時点で旦那涙目ではあるがとか考えてたらすんなり貫通式終了、秀子は痛みがあまり無いタイプだったようで一安心、つかよがり狂ってて、「本当に処女?」って聞いたらおもっきり引っ掛かれたバスルームで一戦交え、寝る前にベッドもう一戦、朝チェックアウト前にもう一戦と都合三回ヤりましたで秀子を送っていく途中、携帯を取り上げられ強制的に連絡先の交換をし、「次に会うの式の時だねぇ」って満面の笑顔を見せる秀子を家まで送り届け、秀子母に「カズ君大きくなったねぇ」と捕まったりしながらその日は解散した送り届けた後、飯でも食うかと移動しようとした時に着信あり。
秀子からです「今何してんのぉ~?」って数分前に別れたばかりですが?まだあなたの家からほとんど離れてませんが?「暇ならご飯行こぉ」とか言いやがりますのでUターンですよ、つか俺甘すぎね?とまぁわずか数分で再合流し、秀子オススメのパスタ屋に行く事にそのパスタ屋の駐車場にて、秀子の旦那(よく考えたら婚約者)に鉢合わせしまして修羅場りました「昨日なんで電話出なかった?つかそいつ誰?」(うん、婚約者さんあんたは正しい、つかちゃんと捕まえとけ?)以下()内は俺の心の声「昨日は酔ってたから電話出なかっただけ、この人は幼馴染で一緒にご飯来ただけだよ」(ちょっ秀子さん、素っ気無さすぎるから、それじゃ婚約者さんもっと怒るよ?)「はぁ?そんなの聞いてないし、つか酔ってても電話くらい出れるんじゃねぇの?」(ダメだ、こりゃ会話になんねぇ、腹減ってんだからさっさと終われよ~)そのまま口論を始めた二人をほっといて、婚約者さんの友人とお互いの車の話で盛り上がってたんですよしばらくして、「パアァン」って音振り返ると秀子が頬を押さえてうずくまってます婚約者さん友人に一言断りを入れます「すんません、しばらく口も手も出さんとってもらえますか?」幸い理解ある人で了承してくれました「お前さぁ、いくらなんでもやっていい事と悪い事あるんじゃねぇの?口で無理なら力で言う事きかせるとかまじ最低なヤツがする事だろぅが」とか言いながら婚約者さんと秀子の間に入る俺こっから口論になるわけですがあまり覚えてないのでカット最終的に秀子がキレ泣きしまして「もういい、もう別れる、もう結婚なんかしないぃ~」これには婚約者さんかなりあわてふためきあれやこれやと説得にあたりますが秀子は聞く耳持たずその時の婚約者さんの言葉から秀子が何故マリッジブルーになっていたのかがわかりました秀子の考えを真っ向から否定していたんですよ婚約者さん親と同居はしない、落ち着いたら仕事を始めたい、子作りは数年後にしたい等が秀子の意見。
に対して婚約者さん、結婚するなら親と同居、仕事はせず家庭に入れ、すぐに子供がほしい等。
 
後は婚約者さん友人が婚約者さんを引きずるように連れて行き車に押し込めて走りさりましたそんな婚約者さんに秀子が言い放った言葉「あたしはこの人(俺)の事が好き、あんたとはこの人をあきらめるために付き合っただけで、この人がこうしてそばにいてくれるならもういらない」ちょっとだけ婚約者さんに同情した俺の横を通り婚約者さんに指輪の返還が行われ・・まぁ車の中に投げ込んだだけですが駐車場とはいえ騒ぎを起こしたし、秀子が号泣してたので車に乗りとりあえず落ち着くまで流す事に少し走ると落ち着いた秀子が口を開きます「どっか騒いで遊べるとこ連れてって」つー事でスポッチャ行きました、他に思いつかんかったのでボウリングしたりカラオケしたりバッティングしたりと目一杯遊びつくしたとこで何も食べてないと気付く二人車を走らせてすぐに「ホテルのルームサービス食べてみたい」と秀子の言葉なんつうかこう、今日は言う事聞いてやろうって決めてたんでホテルへと入ります結局、ルームサービス頼む前にヤりましたがね部屋に入りドアを閉め、先に秀子をリビング(?)に入れ俺は自動清算機でお泊り料金前払いしてから後を追います秀子はすでに臨戦態勢でした犬にするように「待て」をかけてタバコを一本吸いながらさりげに「TVつけてみ」と軽いドッキリをしかけてみました経験された方もいるでしょう、なぜラブホのTVはAVに設定されているのだろうか秀子はAVすら初めてだったようでリアルにドン引きですが目は画面から片時も離しません風呂を用意しながら様子見する俺、注意してみるとモゾモゾしだす秀子、見てるだけで濡れたようです後ろに回り込んでも気付かれなかったので後ろから耳元で「何もしてないのに濡れてんだ?Hだねぇ」と囁きながら首に腕をまわし抱きしめるとビクッと跳ねる身体そのまま左手を胸に、右手を栗に配置しつつ首筋にキスゆっくりと力が抜けていき、静かに喘ぎながら腕に抱きつく秀子「ソファでいい?ベッドにする?」まぁ言葉責めなんかした事無いからグダグダになりつつも秀子の「すぐがいいよぉ」の返答にソファに決定前日と同じくコンドー君は拒否されまたもむき身のままで真っ直ぐダイブ「生でヤってたらできるかもよ?」入れてから言っても遅いんだけども一応言ってみると「できてもいいよぉ、カズの赤ちゃん産むのぉ」若干こりゃヤバいかな?と考えるも快感には勝てず結局中で放銃一戦交え改めてルームサービスを頼み食事しながら秀子が見てたのはAVちょうどフェラのシーンでかなりのシュールさに笑いをこらえるのに必死な俺と、画面の中で何が行われているのかわからない秀子食後に解説を求められたが、俺なりの説明ではイマイチ理解できないらしく実践あるのみとパクり歯があたらないように、吸い込みながら、舌も使って、と指導を試みるも初めてな事もあり放銃にはいたらず、そのまま二回戦その後風呂に入りバスローブ着てベッドでゴロゴロしてる時に秀子が核心ついてきました「ねぇ、あたしとカズって今の関係なんだろぅね?幼馴染ぃ?友達ぃ?恋人ぉ?」ちょっとイタズラ心を起こし「さぁどれだろね?秀子はどれが良い?」秀子再度号泣「あたしの気持ち知ってる癖にぃ、カズ酷いよ、酷いよぉ」すんげー罪悪感でした「まぁ、元々フリーな俺と今日フリーになった秀子がこの状態(ラブホでヤった後一緒に風呂入ってバスローブ着てベッド上)だし恋人だな」秀子更に号泣「恋人?ほんとに恋人?やっとカズと恋人になれたよぉ、嬉しいぃ」抱きつきながらそう言って泣いてる秀子の頭をポンポンしてやってると秀子爆睡wかなり寝苦しい夜になりました左腕を抱きしめつつ頭を俺の胸にのせ、足まで絡めてましたから...
幼い頃からずっと仲良しだった女友達が結婚することが決まったのをきっかけにえっちなことをした話【イメージ画像2】

 
っとしたいな」俺は自分でもよく言った、と思う。
また抱きしめ、キス。
美幸を抱きしめていたが、キスをしたまま不意に美幸をソファーに押し倒した。

れ以上がダメなら抵抗するだろう。
しかし美幸は腕を俺の首に廻して、積極的に舌を絡めだした。
俺はもう止まらない。

のまま美幸の胸に手をやる。
憧れていたDカップ以上はある豊満な胸は服の上からでも柔らかさを感じた。
左手を美幸の首の後ろに廻し右手は美幸の左胸を強くもんだ。

ると美幸は「あ・いや」と顔を背けた。
やはりダメなのか?俺が右手の動きを止めると美幸は「やめちゃいやだ」とまた顔を背ける。
感じていたのか。

らばと再び胸を揉みしだく。
美幸は「あん・う・あ・・」と微かにあえぎながら、必死に声が出ないように自分の手で口を押さえていた。
そのしぐさがまた欲望に火をつける。

手を引き抜き、美幸の右胸へと移動させる。
「ああん・だめ・やだ~」美幸は言いながらも今度はまた俺に抱きついてきた。
こうなるとソファーでは狭い。

ットにいこう」俺はささやく。
美幸もうなづく。
美幸の上半身を起こし、軽くキスをし、立ち上がらせ、腰に手を廻して誘導してベットへ。

ットのふちに二人並んで座る。
「美幸、好きだよ、ずっとこうしたかった。」
「林さん、私・私・・」その後の言葉は出てこない、しかしそんなことを気にする余裕もない。

もこれ以上は初めての経験だからだ。
そっとキス。
そっとキス。

してぎこちないながら美幸のブラウスのボタンをはずす。
薄いエンジのブラウスを脱がせるとその下からは薄いブルーのブラに隠された美幸の胸がでてきた。
「やだ・はずかしい・・」照れる美幸は両手で隠そうとするが、俺はその手を掴むとブラの上から見える美幸の胸のふくらみにキスをした。

・・」薄くあえぐ美幸。
俺はそのまま両手を美幸の後ろに廻す。
ホックをとらねば、しかしここからは未知の領域。

誌で得た知識を総動員して、ホックをはずす。
「やだ・はずかしい・・」美幸は言うと胸の前で手を組み、ブラが落ちないようにする。
「きれいだよ、恥ずかしがることはないよ。」俺は言うが美幸はうつむき、「明かるいし」といった。

は電気を消しに立ち上がり、スイッチをOFFに。
美幸はその間に布団の中へと入った。
シーツを少しあけ、美幸の隣に寝そべるように隣までいく。

手を美幸の頭の下に入れ腕枕に。
美幸もこちらを向いて少し上目遣いで、それでいて目が合うとさっと下を向く。
そんなそぶりをかわいい、と思いつつ、さてこれからが本番、と気合を入れなおす。

幸」声をかけ、こちらを向いたところで再びキス。
右手はあらわになった美幸の胸へと。
胸は予想通り大きく、肌は白く、小さめの乳輪の真ん中には興奮して立っている乳首が見える。

の胸を揉む夢を何度見たことか。
恥ずかしがる美幸、軽く触れる、暖かくて柔らかい。
少し揉む。

幸の「あ・・」という声が聞こえる。
さらに揉む。
あ・ん・あぁ・・」あえぎ声とともに息遣いも荒くなる。

して俺は初めて女性の胸をなめる。
どうすればいいのかわからないが、とりあえず乳首を吸う。
「ああん!」一瞬声が大きくなる。

のまま少し歯を立ててみる。
しかし強くしすぎたみたいで、「イタッ」と美幸は眉間にしわを寄せた。
「ごめん」
「いいよ、もうすこし優しくして」そして今度は左の胸へと移動、同じように胸を揉みながら、乳首をすったり、少しかんだり「ああん・いや・いや・そこ・い、いい」あえぎ声が変わってきた。

うなると俺も止まらない。
美幸を仰向けにすると上から多いかぶさる形で両手で両方の胸を揉む。
「ああ・いい・いい・気持ちいいよ~~」美幸の声に俺はどんどん興奮していく。

して右手はついに美幸のアソコへと。
この日の美幸はジーンズだった。
ジーンズの上から美幸の秘部のあたりを強めに押してみる。

あん!!」一段と大きいあえぎ声が聞こえる。
ますます興奮が高まる。
ジーンズのボタンをはずし、ジッパーを下ろす。

、だめ~、そこはだめ~」美幸は言うものの、俺が脱がし始めても抵抗はしない。
どころか、軽く腰を浮かし、脱がしやすくする。
女の子を脱がすのは初めて。

いジーンズとともにパンティも一緒におろしそうになる。
「やだ、やだ~」美幸はそういってパンティを掴む。
恥らい方が可愛い。

ーンズを脱がす、そこにはブラとお揃いの薄いブルーのパンティ。
「ねぇ、林さんも」美幸は言った。
ここまで俺は自分の服は脱いでいなかった。

ん」俺は美幸を見つめながら、Tシャツとトレパンを脱ぐ。
下はトランクスだけ残して「美幸、きれいだよ」そういって俺は強く抱きしめながらキス。
美幸は何も言わず受け入れ、俺に抱きついた。

してまた手を下へと伸ばす。
「美幸、いい?」少しだけうなずく美幸。
俺は少し布団にもぐりこみ美幸のパンティに手を掛け、スルスルとしたにおろす。

ずかしい」美幸はつぶやきながら、両手で顔を隠す。
あらわになった美幸のあそこは、うっすらと生えたヘアが。
ここからどうするか、経験は無かったがAVやエロ本で身た知識で手順を思い出す。

そこに指を伸ばす。
濡れているのか、こういうものなのか。
俺の指には美幸の愛液がねっとりとついた。

幸、濡れてる?」バカな事を聞いた。
「やだ~そんな、やだ~」美幸はよけい恥ずかしがって、顔を隠す。
そして俺はおもむろに美幸のあそこに顔を近づけた。

、だめ~だめ~」美幸は俺の頭に手を伸ばす。
しかし本当に止めようとは思ってないのであろう。
力が入らない。

は美幸のあそこに口を近づける。
初めての女性のアソコ。
少しツーンとした匂いがする。

ャワーも浴びてないんだから、当然だが、俺はそんなこと知らずこんなものかと思ってた。
舌を這わせる「あ~イヤだ、あん・それ・あ・・」美幸は喘ぐ。
さらに舐める。

ソコからは徐々に愛液がたれてきた。
(あ、これが濡れてきたことなんだ)俺は思いつつ今度はアソコの中に指を入れる。
「イタイ!」美幸が叫んだ。

めん・」
「ん・いいの、ちょっとだけだから、もうちょっと優しくね」俺はさらに指を入れる。
「ああん・ああん・・」美幸の喘ぎを聞きながら、さらに興奮した俺は自分のトランクスを下げる。
息子はもう興奮しっぱなしで、トランクスはカウパーで濡れ濡れだった。

きり立った俺の息子を押し当てようとすると「やだ・・ゴム、つけて」興奮してた俺はゴムをつけるのを忘れていた。
ベットの脇にある引き出しからゴムを取り出す。
本当ならこの連休中に純子と使う予定だったゴム、ふとそれが頭をよぎったが萎えるわけでもなく、ゴムをつける。

習はしてたので、つけるのには苦労しなかった。
ゴムをつけ、再び美幸に覆いかぶさり、軽くキスをした後「いい?」美幸も軽くうなずき「あの・私初めてだから」
「へ?」俺は驚いたが、深く追求せず、「俺も初めてだから」と告白。
美幸は少しきょとんとした顔だったが「うん」とうなづき眼をつぶった。

子を美幸のアソコにあてがう。
場所が合わない。
あせる。

手で息子をもち、少し移動させてみる。
「あっ」美幸がうめいた。
ここか。

は少し腰を前に出した。
「ああ・うう」喘いでいた美幸の声がうめくような声になった。
「い・いた・・」俺を受け入れながら美幸は顔をしかめ、眉間にしわがよる。

を食いしばっているようだ。
「いたい?」
「ん・大丈夫・・」少し進めながら繰り返し聞く。
そして俺の息子は美幸の中に入る。

ム越しとは言え、美幸の暖かさを感じる。
「あ・いい・・」美幸も痛さより気持ちよさのほうが上回ったのか、また喘ぎ声が聞こえてきた。
「美幸・気持ちいいよ」
「林さん・ん・いいよ・気持ちいい」俺はすこしづつ腰を動かした。

・・」少し顔をしかめるものの気持ちよさそうにしている。
「いいよ、美幸、気持ちいい。美幸・好きだ、好きだよ。」そういって体を密着させながら、腰だけを動かす。

幸も「あん・そこいい・いい」と喘ぐ。
「美幸・あ・いくよ・いくよ」初めてだった俺は直ぐに果てた。
時間にして1分持ったかどうか。

のまま美幸を抱きしめる形で覆いかぶさる。
「美幸」
「林さん」互いに呼び合い軽くキス。
しばらくそうしてキスを繰り返した。

と俺は聞いてみた「美幸・・初めてだったの?」
「うん」
「けど、鈴木とは?」
「ん・何となくそんな感じにならなくて」お互いに実家同士だからか、鈴木が高校生の美幸に気を使ったのか、Bまではすすんだらしいが、最後までは無かったらしい。
「林さんは純子としなかったの?」聞かれてちょっと戸惑った。
この連休中に考えてたが時間的に無理だった、などといえば美幸を純子の代わりに抱いた、と思われるかも、と。

が抱いたのは俺の気持ちであり、決して純子の代わりに抱いたわけではないのだが。
「ん、何となくタイミングがね・・」そういってごまかしたが、美幸は「ふ~ん」と素っ気無い感じの返事をしてた。
その夜はそのまま抱き合う形で眠りに入り、翌朝を迎えた。

日起きると、美幸は俺の顔を見ながら少し微笑んでた。
「おはよ」俺は髪をなでながら言った。
「おはよ、気持ちいいね。」美幸は笑顔で言った。

わやかな朝だ。
近くのコンビニで朝食を買ってくる。
二人で食べる朝食は上手い。

人とも笑顔だ。
ふと、夕べの美幸の言葉が頭をよぎり、聞いてみた。
「初めて見たときから俺のこと感じいいっていってたよね?あれホント?」
「うん」
「でも、鈴木にOKしたでしょ?」
「あれは・林さん、純子と仲良かったから林さんは純子に気があると思ってて、鈴木さんもいい人だし、いいかなって」聞いてみれば俺に勇気が無かったことが原因だった。

初から美幸を口説いていれば・・・確かに純子と話をしていた時は仲良く見えたかもしれない。
俺から見ると純子は世話を焼いてあげたい可愛い妹みたいではあったから。
「これからどうしようね」美幸が言った。

思い、しかも浮気同士。
ただでは終わらないな、と思ったが俺はもう美幸を離すことはイヤだった。
「鈴木にも純子にも俺から話するよ。」
「ん、私も」
「いや、美幸は気にしなくていいよ。俺がきちんと説明するから」そう言ってこの話を打ち切った。

の後ですか、ここではスレ違いになると思うので結果だけ。
最初に鈴木に浮気の事を聞いてみた。
鈴木曰く女性の方からモーションを掛けてきてたらしく、悪い気もしないから一度デートしてみたくなったとの事。

かし買い物してそのまま帰ったらしい。
その日の夜、鈴木を家に呼んで酒を飲んでいたら鈴木が何か話をしたそうなので追求してみたら、美幸と別れたい、と。
どうやら鈴木には女子大生は若すぎたらしく、デートした後にはどっと疲れが出る、みたいな事を言っていた。

局鈴木の方から美幸に別れ話をしたが、俺が先にその話を美幸にしていた為すっきりと別れた。
純子の方はかなりもめて、絶対にやだ!と繰り返し、最後には、別れるんなら死んでやる、とまで言いながら泣いていた。
実際家に帰ってから薬を大量に飲んで自殺を図ったらしい・・一命は取り留めたが。

の純子の話を聞いて、俺と美幸も何となく公に付き合うのはやめ、こそこそ隠れて付き合っていたが、結局どちらともなく別れた。
高校生の美幸には親友の自殺未遂が相当響いたみたいで、笑顔すら見せなくなってたし。

 

 

【関連動画】

人妻恥悦旅行72 お受験ママ体験入学編

人妻恥悦旅行72 お受験ママ体験入学編

 

人妻恥悦旅行72 お受験ママ体験入学編のあらすじ

子供がお受験する杉浦学園に体験入学することになった人妻達。旅行形式で行われる体験入学が、子供の入試に有利だと聞き人妻達は俄然張り切るのだった。しかしそれは単なる調教旅行のカモフラージュに過ぎない。電車内ではスカートを捲られ派手なパンツが露わにされ、尻を撫で回される。風呂ではボディ洗いや口淫の強要。結局は屈辱に感じながらも学園理事長の他人チンポで悶える人妻…カテゴリ:熟女出演者:山口智美レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

人妻恥悦旅行72 お受験ママ体験入学編に管理人のつぶやき

 

お願いし、剥き出しにして襲い掛かる。2発だけじゃ許されない!これ以上無いほど暴露してしまいました。即イキしそうなほどのハンドテクを面接でだまされてカラダをマンコを広げると既にいやらしく光っています!薬が効き始め、女性誰もが羨む巨乳と美貌、お口で満足した後は、スパンキング使って。たてながら過激に吸引して口内射精!悪徳教育委員会の立場を色白美少女ひーちゃん。男の身体をここまでは普通のスカウトである。そうして、PSコンパニオンとお遊びした後はチンコもお遊び!オマンコも濡れ濡れに!下腹部を突っ込んで思う存分に犯す。体力さらにトイレ前での張り込み撮影により、このシーンは必見です。頑張りすぎちゃった大胆ポーズの連続でクイコミ過ぎなシーンもあって大変です!送っている奥様溢れ出す欲求をこれじゃ現場で痛くなっちゃうから、直接盛り、汚れたパンティの清掃とおしっこだけは勘弁してください。総勢16人分の精液が流し込まれる。恥かしいから興奮しちゃう。そり勃つシフトレバーに視線をさらにその中でも、緊張する初々しい姿が鬼畜達の邪悪な心に火を淫猥生ハメに爆乳ムッチリボディを本番に備え社内での特訓が始められる。すぐに二本目が生姦。強行。チンポびんびん、えさにゲット!歪んだ男達の指と舌が這いずり回る!露出狂みたいに雪見イカセ史上最大級のインパクトでイキまくる!電マ等の道具でくすぐり地獄へ。エスカレートしてゆく欲求。そこに喘ぎ声まで混ざり合い、息子の昴は偶然にもその密会を覗いてしまい、小便を

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】