告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

私の部下の巨乳で淫乱で妖艶な熟女社員との不倫関係に安らぎを与えてもらっています。

読了までの目安時間:約 6分

私の部下の巨乳で淫乱で妖艶な熟女社員との不倫関係に安らぎを与えてもらっています。【イメージ画像2】

ょっとタイトな制服のスカートがお尻の張りでパンパンになり、ショーツのラインくっきりと浮き出ていたのはレースの縁取りのあるTバックでした。
迂闊にも見とれてしまった私に、他の部下が「どうしたんですか?」などと声を掛けて来たので「荷物ぐらいお前が持て」などとその場を誤魔化しましたが、頭の中は妄想で一杯になっていました。
温子を自分のものにしたくて我慢できなくなるのにさほど時間を必要としませんでした。

に角、個人的な情報を得るため仕事の合間に話し掛けることを多くしてみました。
セクハラがうるさくなって来ていたので言葉を選びながらプライベートを聞き出すのに少々手間を食いましたが、色々なことが判り始めました。
二十歳で結婚し子供が一人いて手がかからなくなってきたこと。

那はかなり年上だとのこと。
一度プライベートな話を聞き出せばかなりのエロ話もしやすくなり、夜の生活なんかも意外と簡単に話すぐらいになりました。
旦那が今だ現役で求めてくること。

事が不規則な勤務らしく昼でも求めてくること。
その割りに正常位と騎乗位しか知らないこと。
旦那しか知らないこと。

近は旦那としてもいく振りをしていること。
等・・・。
付け入る隙はその辺にあるかと、それとなく私が温子に関心を持っていることを伝えたり、冗談を言いながら手を握ったりと少しずつ距離を近づけていきました。

れから1ヶ月ほど過ぎたころ、二人っきりになるチャンスが訪れました。
本社から少し離れたところに昔の事務所が残っていました。
今は倉庫がわりになっていたのを取り壊す事になり、必要物品を分けることになり、比較的手の空いていた温子がその業務をやることになったのです。

まり人気のないところに女子社員一人を送るのもと言うことで私が付き合うことにしました。
正直、残しておく必要がありそうなものはさほど無く、2~3時間で終わってしまいました。
備品庫の方はデスクや椅子、初期のPCなどで埋もれていましたがその中に古いソファーが残っていました。

息入れようとソファーのカバーを剥がすと意外と綺麗で軽く拭けば十分使えます。
温子を呼び、買ってきたペットボトルでお茶をしながら少しずつ距離を詰めていきます。
最初は仕事の話を徐々に口説き文句を交え、温子の右手を握り、私の方へ引っ張ります。

の胸の中で軽い抵抗をしましたが、やや強引に唇を奪い、舌を差し込むと温子も答えてきます。
しばらく、キスを楽しみ左手を温子の胸にあてがいます。
思っていた通り豊かなふくらみは十分な弾力を持っていました。

服のボタンに手をかけると「それ以上は・・・」そんなことに耳を傾けることなど無く脱がして行きます。
同時に私の肉棒を出し温子に握らせ反応を見ました。
最初は目をそらせていた温子でしたが握っているうちに力がこもって来ました。

服を脱がすと濃い目のピンクのブラが目に眩しく、スカートの裾から手を入れ、ショーツの敏感なところを指で弄りました。
しばらく嬲っているとかなり熱くなってキスを求めてきます。
ブラを外し、スカートを脱がし、ストッキングとショーツだけで私の前に立つように言い、豊かな胸、くびれた腰、張りのあるお尻、をゆっくり鑑賞させてもらいました。

着の趣味は自分の好みらしくなかなか趣味がいいと思います。
ストッキングを脱がし、ブラと同じデザインのTバックを履いたまま足を開かせ、お尻を突き出させ割れ目を指でなぞります。
「こんな格好したこと無いから」と顔を火照らせながら、私の指に割れ目を擦りつけようとしてきます。

ョーツの脇から人差し指を一本差込み中を少しずつ掻き回します。
切なげな声が温子の口から漏れてきました。
私はソファーに座ったままペニスを出し、温子に咥えるように言いました。

那のもあまりしゃぶった事の無い女ですから、上手いわけも無く、咥えるのがやっとで歯を立てなかっただけでもマシかとも思いましたが、舌使いぐらいは教えようとあれやこれや注文を出しフェラ調教をしてみました。
いよいよ夢にまでみたオマンコへの挿入です。
ショーツを脱がし先ほどと同じ格好をさせ、生で挿入することを耳元で囁きます。

子は妊娠を極度に恐れていたのは事前の話で知っていましたが、「初めてのときは生だ」と言い、そのままカリ首まで一気に差込みました。
そのままゆっくり竿の根元まで入れまたゆっくりと引き戻し、カリ首が抜ける間際でまた挿入しました。
旦那とのセックスは意外と忙しなく淡白で、いけば終わりのようなので、少し遊びを加えながら温子の中を楽しみました。

ちバックも初めてなら、旦那以外の男を受け入れるのも初めてで、1時間ほどの間に幾つかの体位を入れ替えて楽しみました。
温子は何度も行ったようです。
私のフィニッシュは温子を四つん這いにしてのバックで中出しにしました。

初は中に出されたのも判らないくらいに果てていた温子もようやく正気に戻って時にはやや怒っていましたが、「後、何日かで生理だろ」と言うと、何で知っているのか目を丸くしていました。
その日のうちにもう2回戦し、「私の性処理担当は温子がすることと、旦那とのセックスは極力避けること、したときは逐一報告すること」この三つを誓わせることが出来ました。
後日、温子をホテルで犯した後、“何で私に抱かれたのか“と聞いたら、旦那以外の男を知りたかったのと、仕事にかこつけてセクハラしてくる私の股間が目についてしょうがなかったと言っていました。

黙ってると可愛いとよく言われる後輩OLが酔い潰れてぐでんとしている姿に興奮して一線を越えた俺の絶対秘密の体験談

読了までの目安時間:約 10分

黙ってると可愛いとよく言われる後輩OLが酔い潰れてぐでんとしている姿に興奮【イメージ画像2】

々1次会で女の子3人は帰る予定だったところに、居酒屋で精算済ませて外に出ると、たまたま課長と仲が良い同業他社の人と出くわした為、そのおっちゃんと先輩1人が課長に付き合い、後は解散ーって感じのぐだぐだ状態になった。
さて帰りますか、ってタクシー拾いに行ったところで居酒屋にコートを忘れているのに気づき、もう1人の先輩に女の子3人任せて、歩いて帰りますんで…って見送って居酒屋に引き返してたら、電話がブーンと鳴った。
その女からの電話だった。

ぅ、どした?」って聞くと。
「今、どこですか?さっきの居酒屋近くですか?」って電話口からも分かるくらいの酔っぱらい口調での会話。
「近くの広場(地元では待ち合わせ場所)から電話してるから」って言うので、行ってみるとハイヒール脱いで花壇のとこに座って「おーい…」って手を振ってる。

PC忘れたんで…」って言って会社の前で降ろしてもらって引き返してきたらしい。
「明日は休みだしーちょっと飲み行きましょう」って事。
飲み足らないと言うよりも、話し足りない感じがした。

ンストが伝線したとか言って、脹脛の辺りを気にしてた仕草に少しムラってきた。
飲み直しという事になり、以前接待で使ったワインバーに入った。
店の落ち着いた雰囲気に後輩も少し気分が持ち直したのか、店に入るまでの道中のハイテンションとは違って静かになった。

インの種類を知らなかったが、以前ここで飲んだお薦めシラーワインを頼もうとするとフルボトル飲みたいって事になった。
注文して飲み始めると、ぐいぐい飲み始めたと同時に会社や後輩への不満、愚痴が止まらない状態に…。
ここで彼女について書いておく。

面上はサバサバしてて男勝り。
喋らなければ可愛いんだけどな…と支店内では言われてるが、内面は感情の波が激しい。
不満や鬱積したのを溜める性格だった。

の為、上司に擦り寄る女性社員やゴマすり先輩への誹謗が凄まじい。
酒の力も手伝って溢れ出す…最後は「先輩はどうなんすか?どうなんすか?」と酩酊状態で繰り返すとテーブルに突っ伏した。
このまま店内で爆睡されると厄介だと思い、精算済ませて帰ろうと託すが、足元がふらついて立てない、靴履いてない状況で、周囲の視線を感じながらもおんぶして店前に呼んだタクシーまで運び乗り込んだ。

口に顔を預けたまま、むにゃむにゃ意識朦朧で口元が動いていた。
タクシーの運ちゃんが、「戻したりしないですよね?」と何度も確認していた。
スカートからブラウスがはだけて着衣が乱れていたので、車内でウエスト辺りを触れた時から自分の身体がざわざわした。

んでるマンションはメーターが2回上がるくらいの距離だったので、程なく到着した。
運ちゃんに手伝ってもらって降ろしてまたおんぶして運んだが、『この状況を会社の誰かに見られたら本当にヤバいな…』
とか、『やっぱこいつのマンションまで送り届ける方がいいんじゃないか…』とか考えたが、とりあえず早く室内に運んでから考えようとその時は思った。
部屋のドアを開ける際に廊下に降ろしたらスカートがはだけてミニスカ状態になり、太ももが剥き出していた。

情してたが、今後の自分に降り掛かるかも知れないリスクについても頭を過ぎった。
部屋に入るとベッドに仰向けになって転がった。
目を閉じているが時折へらへら笑ったり、むにゃむにゃしてたので寝ているのか判らなかった。

倒くさい女なのは何となく想像できた。
場合によっては会社へ訴えるとか言うかも知れないとか最悪のケースも想像した。
第一、彼女の真意が読めない。

っぱらってセクして大丈夫女なのか?割り切り関係OK女なのか?それとも…この時脳裏に浮かんだのは柔道家で捕まった人だった。
ジャケットを取るのは問題ないだろうと思い、腕から袖を抜く時に、彼女の身体の細さに対しておっぱいがかなりボリュームがあり、勃起し始めてるのを感じた。
覗いた顔がちょー可愛く見えた。

ャケットを取る際に、下乳を持ち上げる感じでブラウス越しに手で触れた。
かなりのボリュームで、ブラを取ってみたい衝動を懸命に抑えた。
間違いなくはぁはぁしてたと思う。

ラウスだけにすると、更に胸の盛り上がりが強調された。
相変わらずむにゃむにゃするだけで反応はなかった。
ブラウスのボタンを1つ外した。

い刺繍の柄のブラの一部と胸の谷間が少し露わになった。
揉み心地の良さそうなおっぱいだった。
彼女が反応すれば、顔を埋めて…と思ったが反応はなかったので、彼女を横にしたままシャワーを浴びに風呂に入った。

呂場で激しく勃起してるちんぽをゆっくり扱くと、痺れるくらいの快楽に包まれた。
もう数回扱いたら射精する寸前で止めた。
びくびくして腹を叩くほどにフル勃起していて、1人で発情しまくった。

ャワーを浴びて部屋に戻ると彼女は寝息を立てていた。
今朝には思ってもみない光景で、気持ちが動揺してるのが自分自身でも分かった。
薄明かりにして寝ている彼女の横に座った。

間は午前1時を過ぎたくらいだったけど、全く眠気に襲われなかった。
横たわる後輩の脚を見てると、どうしてもショーツが見たい欲望に襲われた。
足首に触れても握っても反応がなかったので、両膝を立てるような状態にするとスカートの奥に白いショーツが見え隠れした。

し開脚させるように膝を左右に開くと、スカートが太ももまで上がり、パンスト越しのショーツがもろ見えした。
窮屈そうにパンストの下にショーツが食い込んでいて、堪らず伝線したパンストの部分に鼻先を近づけて、匂いを嗅いだ。
太ももまで伝線が広がっていたのが異常に興奮して、足先まで匂いを堪能して痺れ捲った。

膝を折った状態のまま、下から潜りこんで間近でショーツを見た。
本意じゃないと後輩に言われたら、言い訳する用意は頭の中に幾つかあった。
間近でショーツを見ながら、あぁ…パンストに穴開けて、マンコくちゅくちゅしてー…ペロペロしてやりたい…とか思いながら視姦してると、内腿がぷるっ…って震えたので慌てて顔を上げた。

輩が腕をすぼめて喘ぐのを我慢してる格好に見えた。
寝息とは違う息遣いだったので朦朧
としているが、起きていると思った。
起きていると思い、「大丈夫か?気持ち悪くないか?」と聞くと、首を振ったり頷いたりしたが目は閉じたままだった。

っきまでの行為でブレーキがかからない気持ちになっていた為、喋りながら後輩の髪やおでこや頬を指先で触った。
乱れた髪を耳元に戻してやろうとしたら、後輩の身体がびくん…と跳ねた。
首筋から掻き上げるとまた…すると後輩から首に腕を回してきた。

がうるうるで、めちゃエロ顔になってたのが堪らなくて、唇を重ねて舌を押し込み吸い舐めした。
後輩も発情スイッチが入ったように舌を激しく絡めてきて、息が荒れていた。
普段スーツ姿しか見てなかった後輩のブラウスのボタンを外すと、乳房が飛び出してきた。

の上からでは分からないほどのかなりの巨乳だった。
すると急にケタケタと後輩が笑い始めた。
「先輩とするなんて思わなかった」らしく、酔った口調で、ウケるーとかフワフワするーとか言って落ち着かない様子だった。

ラを外すと、締め付けてたおっぱいが零れてきた。
乳首はピンクで既に膨らんでた。
乳輪から乳首にかけて、優しく舐め始めると激しく身を捩って、笑い声から卑猥な喘ぎ声に変わっていった。

らず乳房を揉み寄せたり乳首を交互に舐めると、俺の髪をかきむしるほどに痙攣してびくんびくんしていた。
乳房をしゃぶりながら、マンコへ手を伸ばした。
パンストを何度か爪で引っ掻くと、びりり…と大きく破れた。

れた瞬間にあぁ…って腰を揺らしてたので表情をみると完全にイってる目で喘いでいた。
ショーツに手を伸ばすと、まん汁と汗とおしっこが混じってるのか、大洪水でショーツがスポンジみたいに水を含み、ちゅぷちゅぷと押し込むと湧き出る感じだった。
何度も音を楽しんだ。

の頭もクラクラした。
ショーツを剥ぎ取り、両脚を開くと、マンコが丸見えになった。
「すげー濡れ濡れだ」
とか「奥まで見るよ」とか言うと、身を捩った。

にぱっくりびらびらが開いてた穴に指先を挿入してピストンすると、俺の腕を爪が立つほど掴んで、ぶるっぶるっ!と震えると吹き捲った。
アルコールを多飲したせいもあり、大量に噴射した。
ベッドのシーツに水堪りが出来るほどにお漏らししてひくついていた。

の後、ちんぽ挿入して、一応外に射精して眠った。
昼前に起きてシャワーを浴びていると入ってきて、ずぼずぼと始まって盛りがついた感じになってます。
今週は仕事が終わるとどちらかの家に行きって感じですが、同じ部署なんで関係がこじれたらと…少し不安です。

、終わりとりあえず付き合って見ようと思うんですが、会社バレとか怖いです。
器用に立ち回れない方なんで所長や支店長とかにバレたら…気を付けて行動します。
ありがとうございました。


■(お宝) 矢田亜希子マッサージ乳首立Tシャツの裾が■

嫁さんいるけど性欲には勝つつもりもなくすぐに屈する俺はこの前も独身OLとゴム無し生チンポでカーセックスしたwww

読了までの目安時間:約 5分

嫁さんいるけど性欲には勝つつもりもなくすぐに屈する俺はこの前も独身OLとカーセックスした。【イメージ画像2】

レは嫁さんが妊娠してて、「最近ご無沙汰ですわぁ~w」とM実にジャブを繰り出した。
するとM美は「彼氏と別れたんよ………誰か紹介してwww」見たいな感じで、無し無し!。
その後、あまりエロ話をしても駄目だと思い、普通の会話になっていた。

あ、既婚だし同じ職場だからね。
気が付いたら、2次会に参加した8人の内4人位しか残っていなかった。
俺「そろそろ、帰りましょうか?」他の人達も「おお~帰ろう帰ろう」となって俺がお会計担当したが、この時かなり時間が掛かって外に出た。

るとそこにはM美1人だけがポツンと立っていた。
俺「えぇぇぇぇっ!他の人達は!?」
M「さっきタクシーが来て帰ってったよw」
俺「マジで…、で、で、で、どうする?!もう、帰る?」
M「ん~まだ少し話ししたいかも~。相談したい事あるしwww」
俺「んじゃ、オレの車があるけんそこで話そうか?」
M「いいよ~www」という事でオレの車に移動した。

すがに酔っていたので運転するつもりはなく、「代行で帰れば良いか」と思っていた。
車の中で30分くらい話をしただろうか…オレはかなり眠くなってきてた…話も聞き役だったし。
というか寝てた。

ズかゆくて目が覚めた!俺「はっ!…………!!!!」M美の手が、オレのチンポをナデナデしてた。
M「も~っ………起きれ!!起きんとこうだよ~www」サスwサスw俺「うわぁ!ちょっやばい!びっくりした!www」と言ってM実の手をどけた。
M「寝てる間に結構触ったし~wあっこれ、ナイショねっww」
俺「寝てたのは、悪かったけど………触らんでも~wけど、気持ち良かったです」
M「もう、2時だよw帰らんと……代行呼ぼうか?」この時点で少しムラムラしてたので、もう少し時間を稼いでみた。

「ジュースでも飲んで酔い覚ますわwそんで、家まで送ります」
M「ええ~悪いしw奥さん心配せん?送ってもらえるとw嬉しいかもw^^」
俺「嫁はもう寝てるしwもう少ししたら運転大丈夫だと思うからw」ジュースを買いに行き、隠れて立ちションもついでに………w車に戻ってしばらく雑談していたが、かなりムラムラしてたのが"プチン"と音を立て、その後は貪りつくようにキスをした。
M美も最初は、「んんん~ちょっと待った~www」って感じだったが、オレのベロちゅうに降参したのか、互いの唾液でグチョグチョになった。
時折、「んんん~www」と感じているご様子wただ、オレの経験上いきなり最後までは無いだろうw次回は必ず!みたいな感じでした。

こら辺までは、押せ押せムードを支配しておりましたが、Bに移行しようとしたら、M「わたし胸ないけんごめんねwww代わりに私が攻めるねっwww」助手席から、後部座席に移動して………ベルトを外され、ズボンとパンツを一気に。
もちろん「ビヨ~ン」と出てきた所を「パク~ン」と………かなり溜まっていたのですぐ逝きそうに………。
俺としては、"まあ、ここまでかな"的な感じでいたのだが、M「なんか~www欲しいけど~www入れてイイ??」って。

れ、マジ?俺「ゴムないし、……………イイの?」
M「うんww大丈夫だよww」オレはもう逝きそうだったので本当は口で逝きたかったが、ここで早打ちはマズいと思い、苦渋の決断をした。
まずは全裸にしてM開脚でクンニ。
M美はかなり恥ずかしがっていたが………クンニによる、時間稼ぎでチンポの状態は沈静化した。

の中は喘ぎ声で物凄い状態だった。
マン汁でシートを汚してたし、M美は気を許すとチンポに貪りつき「ねえ~っww早く~wwねえ~ww入れて~ww」を連呼しながら、手マンに移行した時にまたもやパクッと咥えジュボジュボ上下に頭を動かした。
オレのハンドマジックは嫁にも好評なので「手で逝かせたる!」と思い、高速ギヤにチェンジ。

M「ああああああっ…………イ…ク………イク…イク~wwww」ぎゅ~と膣がしまる途中でビクビクと痙攣した。
M「んんんっ~wwwwwイッちゃったよ~wwwてか、上手すぎだわ~www」
俺「ごめん、久しぶりで興奮しすぎで………まだまだ、逝っていいよwww」その時、M美が被さる様にキスをしてきた。
同時に温かいぬるま湯の感覚がチンポを包んだ。

M「生でイイ?」(出来たら、洒落にならんな)と考えていたのは、ものの数秒で吹っ飛んだ!騎乗位で突いて突いて突きまくりました。
多分、傍から車を見たらもの凄い事になっていたでしょう。
最後は口で出して、ゴックンしてもらいました。

の後、10年近く目を盗んではヤッてました。
3pもお世話になりました。
M美は、今年オレの知り合いと結婚したと風の噂で聞きました。


■カップ別 グラビアアイドル一覧【Aカップ?Pカップ】- AKB48からB級グラドルまで一挙公開-■

女王様が連れてきて紹介してくれたドSなJDにチンコをビシバシ調教されたった話

読了までの目安時間:約 7分

女王様が連れてきて紹介してくれたドSなJDにチンコをビシバシ調教されたった話【イメージ画像2】

王様に会う時は先にホテルに私がチェックインし、後から女王様がチェックインします。
その日も早めにホテルのSM部屋にチェックイン。
アナルに固形媚薬をぶちこみ、友達の家に飲みに行った時に拝借した友達の嫁の未洗濯のパンティとブラジャーを着けてストッキングを穿き、AVを観ながら待つこと1時間、女王様がチェックインしてきました。

屋の扉を開ける前までのドキドキ感。
どんな娘を連れてくるのかな?こんな格好、見たらキモいって思うんだろうな?考えただけで興奮して鼻息が荒くなりました。
そして扉が開きました。

王様と、その後ろに20歳前後の女子大生っぽい娘が部屋に入ってきました。
初対面の、清楚でかなり可愛い娘に自分の格好を見られて、恥ずかしいやら情けないやらで興奮度は最高潮です。
すでにアソコはびんびんで、汁も出てパンティはシミで濡れています。

は、女王様が扉を開ける前から正座して待っとくように命じられてるので、そのまま頭を床につくほどに土下座して「今日はよろしくお願いします」と挨拶しました。
すると女王様と若い娘は無言でソファーに座りました。
女王様「みどり~(私)、またそんな格好して変態だねぇ!知らない女のコも来てるのに恥ずかしくないの?」その娘を見ると私の方を冷たい視線で見てます。

まりにも興奮して私はおかしくなりそうです。
立つように命じられ、女王様が近づいてきます。
女王様「お前、何やってんの?いっつも、こんな格好して情けない!」ブラジャーを捲られて剥き出しの両乳首をねじあげられると、私は思わず女みたいに「あぁぁぁぁんっ!!」と大きな声で喘いでしまいました。

うこうなると理性がぶっ飛び、変態モードまっしぐらです!四つん這いにされ、パンティを途中までずらされ、特大の注射器で浣腸されました。
2本目を注入された時に「女王様ぁ・・・もうダメです、出そうです」と言ったら、「何言ってんの!まだ我慢しなさい」と言われ、計4本注入されました。
そして風呂場に連れていかれ、鏡の前で四つん這いにされ・・・。

王様「ほらっ!いいわよ!出しなさい!」
私「あぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!」情けない声を出しながら脱糞してると、風呂場の入り口で見てる女王様から「ほらっ!顔上げて!」と言われ、顔を上げて鏡を見ると若い娘も見てます。
もうたまりません!びんびんです!その後キレイに身体を流し、部屋に戻ると女王様と若い娘はソファーに座ってます。
すると女王様は「あたしの前に座りなさい」と命令し、女王様の前に正座するとペニバン装着がされてました。

は何も言わずフェラし始めると、女王様は私の頭を押さえて「みどり~これが欲しかったんだろ~?」と言いながら喉奥まで突っ込み、腰をぐりぐり動かしてきます。
「はい」と答えると女王様は私をテーブルに手をつかせました。
目の前には若い娘がソファーで見てます。

のまま立ちバックの体勢でペニバンが入ってきます。
目の前に知らない若い娘がいるのに思い切り喘いでしまいました。
女王様「みどり~気持ちいいのか?まだ半分しか入ってないのに?奥まで欲しいんだろ?ちゃんとお願いしな!」
私「はいぃぃぃ!女王様ぁ!奥まで欲しいです!みどりのケツマンコをいっぱい犯して下さい!」私は若い娘の目を見ながら言ってしまいました。

ると女王様は「お前、そんなお願いして本当変態だな!」と言いながら奥まで、ズブーと入れてきました。
もう最高です!気持ち良すぎます!頭が真っ白になり喘ぎまくり、「もっと激しく!」
とか「奥まで突いてぇ!」
とか、「私は変態です!」とか色々言ってしまいました。
若い娘が目の前で見てるのに。

して痙攣しながらアナルでイッてしまいました。
何回もイカされました。
白目を剥いてイッてしまいました。

ライオーガズムです。
この世でこんな気持ちいい事はありません。
崩れる様に床に倒れ込むと今度は仰向けに寝かされ、ローションを全身にかけられ始めました。

その時、女王様の携帯に着信が入り、女王様は「静かにしてて」と言ってトイレで通話中です。
私は床に正座して待ってると、ソファーに座ってた若い娘がなんと私の乳首をつねってきたんです!私は若い娘の目を見ながら小さい声で喘いでしまいました。
すると今度は足で私のアソコを踏んできたんです!乳首を摘みながら!私は一瞬、(女王様、ずっと電話してて~)と思いました。

い娘は無表情で責めてきます。
気持ちいい!更には耳元で、「おじさん、こんな事ばかりやってんの?マジキモいんだけど!」って罵ってくるんです。
私は思わず「ごめんなさい・・・」と言うと、若い娘は「ふふっ」と笑っていました。

にとっては正に至福のひとときです!気持ち良すぎて頭がおかしくなりそうです。
そんなのも束の間、女王様が戻ってきました。
少し残念です。

開です。
ローションをまぶされ、乳首を弄られ、ビンビンになったペニクリをしごかれだすと、若い娘が女王様に「あたしもしていいですか?」と聞き、女王様が「いいわよ」と言って、若い娘が私のペニクリをしごき始めたんです!実は若い娘も興奮してたんです。
幸せです。

う身体中が敏感になり、女王様には両乳首責めをされてるし、気持ち良すぎて白目剥きながら「あぁぁんっ!あぁぁっっ!!」と喘ぎまくっていました。
私が限界に近づいたのを感じたのか、女王様は若い娘に「もういいでしょ」と言って交代しました。
女王様「みどり~もうイッてもいいわよ」
私「イッてもいいんですか?」
女王様「いいわよ♪」
私「あぁぁ・・・あぁ、イキますぅぅ!!イッちゃいますぅぅぅ!!」限界に達すると、若い娘は私のザーメンが飛ぶのを避けようと身体を後退りしました。

は「あぁぁぁ!もうだめぇぇ!イク、イク、イクぅぅぅ!!」と雄叫びを上げながらイキ果てました。
ものすごい量のザーメンがドクドクと出てしまいました。
事を終えると女王様達は先にホテルを出ていきました。

当に気持ち良すぎな体験でした。
すべて実話です。


■進藤玲菜 美乳アイドル■

国立の大学に通うJDはドマゾで変態の調教しほうだい性処理専用無能マンコ【禁断の飼育体験談】

読了までの目安時間:約 8分

国立の大学に通うJDはドマゾで変態の調教しほうだい性処理専用無能マンコ【イメージ画像2】

更バカでもないどころか、有名国立大学1年生。
しかも、「今日は何でもしていい」と言う。
(何でもって、どこまでだろう?)恐る恐る生ハメ中出しするつもりで聞いたら、恥ずかしそうに、コクリ。

女「大丈夫な日なので」ラララララッキー!!!!きわどい撮影をタップリ出来ました。
結果から言うと、今日の撮影作品は・・・。
『手足共に縛られた、2穴にバイブ&ローター、涙目表情の美少女』
『マンコに黒いバイブを自分で突き刺す美少女』
『バックでアヌスからローターの白いコードを出す美少女』
『バックから極太ペニスで犯される長い黒髪の美少女』
『正常位で奥まで突き刺されたピンクマンコ拡大』
『女性上位で悶えまくる美乳美少女』
『マンコから多量のザーメンを垂れ流す放心状態の美少女』
『マンコから出てきたザーメンを可愛い顔に多量に塗られた美少女』
『慣れない手つきで懸命にフェラする美少女』
『バック体位大股開き美少女マンコから流れる一筋の濃厚なザーメン』・・・などなど。

ィルム合計で7本も撮影しました。
早速ホテルへ。
仕事で使うカメラとロープがあったので、持って行きました。

女「何に使うんですか」
俺「君の裸を撮るんだよ」
彼女「えー、顔も裸も撮るんですか?」
俺「今日は何でもするんだろう」
彼女「ええ、顔は写さないで、それと・・・」言葉とは裏腹に、お風呂に入らずいきなりフェラを始めて、こちらが戸惑う。
純粋系に見えるので、経験人数を聞くと、3人目とのこと。
脱がせたら、細い質の毛が薄くクリトリスの上部を覆っているだけで、マンコの周りには全然生えていません。

麗だ)開いてみたら、肝心のマンコはピンクの小陰唇。
これまたラッキー!!俺「何でもして良いんだね」
彼女「お願いします、エッチを教えて下さい」
俺「こんな風にテレクラ関係で会った事あるの?」
彼女「今日が初めてです。もっと大人になれそうで、なりたくて」服を少しずつ脱ぐところから撮影しましたが、最初は顔を隠してましたけど、パンティで吹っ切れた。

戯にたっぷり時間をかけたのと、もともと濡れやすいのかベチョベチョ、お尻からシーツへ濡れ濡れ。
濡れて光るマンコを、拡大で、全身まで引いて、何枚も撮影。
時間はお互いタップリあるので、焦らしました。

ずは、後ろ手で縛りを入れて放置。
フロントに注文して、ピンクマンコにバイブを入れようとします。
見た限りとても入りそうにないのに、濡れ濡れマンコはスッポリ迎え入れます。

イブが入っているのが見えるように撮影します。
可愛い系、そう、美少女が大学生になった風貌の彼女が、縛られて、怪しい表情で、バイブが刺さって、虚ろな目でこちらを見ます。
最高!!!バイブの動きに合わせて、彼女が腰を動かし始めたんです。

い調子だぜ。
さー、生入れするか!!!俺「『いじめてください』って言えたら入れてあげるよ」
彼女「恥ずかしいです」調教は最初が肝心。
ローターをアヌスに入れようとしました。

女「ダメです、それだけは許して・・・」動けないように押さえつけて無理矢理入れようとします。
俺「力を入れると痛いよ、ほら力を抜いて」
彼女「あー、そこはダメ、あー」でも、もう先端を入れてしまいました。
ここまで来れば、こっちのもの。

「入れるぞ、もっと入れるぞ」
彼女「痛い、許して、ダメ、あー」入ってるのがはっきり分かるように、顔も見えるようにして、バンバン撮影します。
彼女「あー、だめ、マンコに入れて下さい、お願いします」
俺「最初からそう言えよ」
彼女「マンコを犯して下さい」
俺「もっと言ってごらんよ」
彼女「マンコを犯して下さい」太いイチモツを突き刺す。
彼女「うぐっ」これは格別の締まり。

去の2人にもあまり入れさせてなかったな。
「あー」叫びと悶えが続きます。
俺「2人に何回入れられたの?」
彼女「一人1回ずつです」やっぱりだ。

日は3回目、締まっているはずだ。
ほとんど処女じゃん。
締まりが良すぎて、マンコの内側が伝わってよく分かります。

「とっても締まってるよ、気持ち良いよ」
彼女「私も、気持ち良いです、あー、太い、大きい、あー」こんな嬉しいこと言うから、不覚にもたったの5分で出してしまいました。
もちろん中出しです。
彼女は涙を浮かべながら無抵抗に脱力しています。

「今日はたっぷりいじめるからな」出してからもすぐに復活。
有無を言わさず、抜かずにピストンを続けます。
撮影も続けます。

の間、無抵抗に従順な彼女。
彼女が突然イキました。
彼女「ずーと入れて、動いて、もっと、もっと、激しく、イクイクイクイクイク」
俺「あー、ずっとイッてる。長時間イキやすい体質?」
彼女「奥まで、奥まで突いて下さい、奥まで犯して下さい」今度は私も長持ちして30分。

「マンコに出すぞ」
彼女「出して!!◯◯のマンコに、中にたくさん出して!!!」
俺「はらー」どっぴ、どくどく。
彼女「いい、いい、イクー、もっと出して」抜いて2回分のザーメンが多量に流れ出すのを何枚も撮影。
放心状態の表情にピントを合わせてマンコをぼかす、マンコに焦点、顔をぼかす。

まんねー!!俺「また起ってきたから、犯すぞ!!」
彼女「犯して下さい、その太いので犯して下さい、イカせて下さい」未だ私が直接アヌスに入れたことが無いので、今日のところはオモチャでアヌスを犯すことにしました。
入りやすくしておいて、次回また会った時に徐々に入れることに。
彼女「あー◯◯、今、お尻を犯されています、知らないお兄さんに、お尻をオモチャで犯されてます、あー」美少女が大声でこんな発言!!たまらない!!!彼女「恥ずかしいです、お尻を犯されて、見られてる、あー、イク」完全にこちらのペースで、美少女相手に調教と撮影を続けていきます。

ヌスにローターを入れたまま、極太ペニスでマンコを犯します。
振動が肉壁を伝わってきます。
彼女「あー、両方犯されてる、犯されてる」涙を流しながら彼女はイキ続けます。

中休憩。
バイブ、ローターを入れて振動させて、縛られて放置される美少女。それを見ながらビールを煽ります。

イブをアヌスに入れてみると、濡れているからかすんなり入りました。
「うごー、ごわー」という彼女の声にならない呻き声。
バイブ、ローター、ペニスを交互に入れて、色んな体位で続けました。

回目も多量に出しました。
バックで薄毛の股間から一直線にシーツに落ちるところもバンバン撮影しました。
彼女もたっぷりイッたようで、満足してくれました。

きついてきて・・・。
彼女「実はイッたのも、腰を動かしたのも、今日が初めてです」嬉しいこと言ってくれるじゃないか。
後半、また彼女は連続してイッてましたよ。

帯ゲットしたので、来週早々の生理日に、また会って中出しします。
『血とザーメンを股間から流す今犯されたばかりの美少女』という作品を追加撮影する予定です。
セーラー服ヴァージョンも考えてみます。

晴らしい程の狭いマンコがとても魅力ですので、ユルユルマンコにならないように、ペニスでアヌス調教しようと思います。
よーし、溜めておいて、来週もタップリ中出しするぞ!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】