告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

他人の女を自分好みに調教するって興奮するよな…それも恋人とかじゃなく人妻だぜ…?

読了までの目安時間:約 6分

が何気なく登録した掲示板に来た女とメールのやり取りをしていた。
 

他人の女を自分好みに調教するって興奮するよな…それも恋人とかじゃなく人妻だぜ…?(イメージイラスト1)

 

ある日家が近いことを知り、それから直メをしだしてメールを交換していく中、写メまで交換する間柄になった。
 
年齢は27歳の主婦。
 

他人の女を自分好みに調教するって興奮するよな…それも恋人とかじゃなく人妻だぜ…?(イメージイラスト2)

 

見た目は悪くない、むしろ美人のママさん最初の方は何度も断られたが、何回かの挑戦で、ついに会う事に。
 
駅で待ち合わせして、居酒屋に二人で入った。

 

メールを通じてお互いの事を知ってるため、意気投合も早い。
 
気を許した彼女は、芋焼酎をロックで飲みだし、ほどなくベロベロに。
 
「今日は何と言って出て来たの?」と聞くと、「高校の友達と○△×□」と呂律が全然回っていない・・・。
 
日付が変わる時刻には、目が虚ろになり、視線も定まらなくなった。
 
「送って行こうか?」なんて声をかけても、返事も「はい」
だか「いいえ」だかわからない受け答え・・・。

 

「しっかりしないと、ホテルに連れ込んじゃうよ」って言うと、何故か体を寄せて来た。
 
ま、そっちがそう来るなら、遠慮なくって事で・・・急いでタクシーを拾い、そのままラブホへ。
 
しかしラブホに着くと、彼女は既に意識不明。
 
服を全部脱がしても無反応で・・・。
 
まるで死体を担いでいるみたいな気分になってくる・・・。

 

これじゃ面白味がまったくない。
 
楽しみを先に延ばす事にし、大人しく寝かせた。
 
もちろん自分も全裸になってだ。
 
朝7時に、彼女を起こす。
 
最初は寝ぼけてた彼女も、俺の顔と自分の状況を把握したらしく、慌ててベッドを出ようとした。

 

かしそれは逃さない。
 
腕を掴み、ベッドに引き戻し、上に重なる。
 
顔を背け、小さな声で「ヤメテクダサイ・・・」と言う彼女。
 
それに益々興奮し、アゴを掴んで俺の方を向かせ、強引に唇を重ねる。
 
最初は必死で唇を閉じていたが、胸に手を持って行くと僅かに開いた。

 

そこに無理矢理舌をねじ込むと、彼女の力が抜けて行った。
 
キスしながら愛撫を続けていると、やがて彼女の体が硬直し、そして力が抜けて行った。
 
「逝った?」と聞くと、顔を背けた。
 
「じゃ、次は俺を逝かせてもらおうか」と彼女の体を引き起こして、顔の前に仁王立ち。
 
最初は躊躇してたものの、「自分だけ気持ち良くなって、ずるくない?」なんて声をかけると、ゆっくりと咥えだした。

 

程なく射精感を迎え、躊躇なく彼女の口内へ発射。
 
彼女は口を離そうとしたが、髪を掴んで許さない。
 
やがてゴクンと彼女の喉が鳴り、掴んだ髪を離すと、横を向いて暫く咳き込んだ。
 
咳が収まり、俺の顔を見て、「許して・・・」と言う彼女。
 
「一緒に風呂に入ってくれたら、このまま帰してあげるよ」と言うと、ほっとした表情に。

 

「でも、帰るまで全裸だからね」と言う言葉に、仕方なく頷いた。
 
風呂にお湯を張り、一緒に入浴。
 
スミズミまで手で洗わせ、「綺麗になった?」と聞くと、コクンと頷く彼女。
 
「じゃ、舐めてみなよ」と言うと、一気に驚いた表情に。
 
「綺麗になったんなら、舐めれるだろ」俺は足を彼女の口の前に差し出した。

 

方なく、足に舌を這わす彼女。
 
「じゃ、次は太股だ」と言うと、言われるまま太股を舐める。
 
「お腹」
「胸」
「首」と舐めさせ、「タマ」
「チンポ」と続いた。
 
そして最後には、ケツの穴まで舐めさせた。
 
「じゃ、今度は俺が洗ってやるよ」と言うと、「結構です・・・」と、力ない声。

 

だが無理矢理立たせ、両手で全身に泡を塗りまくる。
 
背後に回り、両手で胸をすくうように洗うと、「ああっ・・・」といい声を洩らし始めた。
 
オマンコに手を伸ばすと、石鹸とは違う成分でヌルヌルしているのが分かる。
 
クリを露出させ、摘むようにすると、「ああぁぁぁあ」と声が大きくなった。
 
「ダメっ・・・~~~」と絶叫した後、見事に潮吹き!!「いやー見ないでー」としゃがもうとするが、羽交い絞めにして許さない。

 

大量の潮吹きを見られて、とうとう泣き出してしまった。
 
濡れたままの体をベッドへ連れて行く。
 
半ば放心したような彼女は、何も抵抗しなかった。
 
これはいい機会だと時間が許す限りヤリまくり。
 
この日最低でも3回はヤッた気がする。

 

この日を境に彼女は、俺専用の性奴隷になっている。
 

保護者同士で仲良くなった我々ですが、まさかセフレ関係にまで進んでしまうとは

読了までの目安時間:約 6分

ょんなキッカケから次男(小5)の友達のお母さん(美香)とメル友する様になりました。
 

保護者同士で仲良くなった我々ですが、まさかセフレ関係にまで進んでしまうとは(イメージイラスト1)

 

子供は同級生でも、お母さんは俺より5才下の35才。
 
普段はたわいもない話しや子供の事などエッチな会話は少し程度の付き合いだったのです。
 

保護者同士で仲良くなった我々ですが、まさかセフレ関係にまで進んでしまうとは(イメージイラスト2)

 

それが先日、彼女からのメールで学校の役員決めの相談をされ、元気付けてあげたその日の晩、妻が夜勤(ナース)だったので病院まで送って行った帰りに偶然にも繁華街付近で彼女を発見しました。
 
声を掛けて聞いてみるとお母さん同士の新年会だとか。

 

どうせ帰り道なので数人のお母さんを送ってあげる事にしました。
 
美香が俺の家に一番近かったので最後は2人っきりになったところ、『○○さん時間は有るの?』「えっ?俺は明日は代休だし大丈夫だけど…」『良かったら夜のドライブに行きたいな』「えっ?マジ?でも旦那は?」『普段あまり相手にしてくれないし今日は出張なんだ。
子供が起きるまでに帰れば大丈夫なの。帰っても淋しいから…』「じゃ~俺と一緒じゃん。
俺も奥さんは夜勤なんだよ」そんな事から湘南海岸までドライブをする事となりました。

 

車を停めて彼女の手を引き浜辺に行き浜辺を歩いてると自然にキスをしてた。
 
ここぞとばかりにホテルに行こうと誘ったら最初は断られたけど、車に乗ってからも「一回だけだし、こんな機会は無いんだからハメを外そうよ」と粘ってOKをもらっちゃった。
 
もう速攻で国道沿いのホテルに車を入れちゃいましたよ。
 
部屋に入ってからキスをすると彼女は『シャワーを浴びさせて』と言ったけど私は無視してそのままベットに押し倒しちゃった。
 
セーターをたくし上げブラのホックを外すとFは有るのかな?凄くデカイ胸が露わになった。

 

俺はこんなデカイ胸は初めて。
 
貪る様に胸に顔を埋め乳首を吸うと、『あっ…あっ…あ~ん』と凄く可愛い声なんですよ。
 
乳首を軽く噛むと声も一段と出てきて、スカートに手を入れてパンティー越しにアソコを触るとパンティーまで浸みてる。
 
服を脱がしアソコに顔を埋めると、『シャワーも浴びて無いから汚いし恥ずかしいからダメだよ!そんなの旦那だってしないよ!止めようよ!』と言われたけど、「いいの!いいの!」と言いながらクリを吸い舌を入れてると感じやすいのか溢れるほど愛液が出て俺の顔もビショビョになってしまった。
 
そして指て膣を掻き回すと、『あっ…あっ…あ~ん!もうダメだよ…イッちゃうよ…ダメ…ダメ…あっ…あ~ん!イク~~~~~~~』と1回目のエクスタシーを迎えたみたいです。

 

ッタリした彼女を見ながら俺も服を脱ぎ2回目を開始。
 
69になってアソコに顔を埋めると彼女は俺のを咥えてくれないんですよ。
 
「俺のも咥えてよ」と要求すると、『えっ?やったこと無いよ!それにこんなに大きなの無理だよ』(俺のは普通サイズ。
よほど旦那のが小さいのかな?)「え~マジ?」『そんな要求された事は無いから…』とりあえず歯を立てない様に指示を出してフェラをしてもらった。
 
上手くは無いですけど彼女の初フェラって事で興奮したのか彼女の口内に発射。

 

ゲホゲホと咽せたみたいだけど『そのまま飲み込むんだよ』との言葉に彼女は素直に全部飲み込んでくれた。
 
『ん~苦い』「それも何度か飲んでる内に美味くなるんだって」『えっ?本当に?でも旦那にもした事が無いのに家ではできないじゃん』ん~それも言えてる。
 
俺も一回は射精してるから今度は長持ち。
 
69で再度咥えてもらい俺の息子も元気を取り戻すと騎乗位で感覚を味わいながらユックリと彼女に挿入。
 
『あっ…あっ…あ~ん…すっ凄い大きいよ…』ピストンを始め子宮を突きだすと、ものの数分もしないうちに、『あっ…あっ…あ~ん!もうダメだよ…イッちゃうよ…ダメ…ダメ…あっ…あ~ん!イク~~~~~~~』とグッタリしてしまい気にせずにピストンを続けると、『あ~ん…もうダメだよ!変になっちゃう…』
『もうダメだよ……ダメ…ダメ…あっ…あ~ん!私のアソコが壊れちゃうよ!もうダメ…』と言いながら俺がイクまで10回以上はイッてた。

 

俺もイク時に「どこに出して欲しいの?中に出したらダメ?」もう彼女はトリップしてたのか『彼方のを私の中に頂戴』と言われ彼女の子宮に押し付けながら発射。
 
余韻を楽しみながらドクドクと彼女の中に俺の精子を流し込んであげました。
 
俺はまた回復するまでグッタリした彼女の全身にキスをしました。
 
そうしてるうちに彼女の意識もハッキリして来たのか、急に自分のアソコに触り俺の顔を見て、『もしかしたら中に出したの?』「えっ?覚えて無いの?」頷く彼女に「彼方のを私の中に頂戴と言ってたよ」『あちゃ~!初めての体験に我を忘れてた…危険日だった気がする…』「ゴメン…」『もうしちゃったんだから、しょうがないよ!大丈夫だと思う…気にしないで!』と言われて少しは気持ちが軽くなったかな?結局はその後も3回中出しでさせてもらって朝の5時に家に送ってあげました。
 
別れ際に彼女は『凄く良かった。初めての体験だったもん。良かったらまた会ってね』と嬉しい言葉。

 

でもしばらくは妊娠の方が心配なんですよね…
 

しょっちゅう使っている弁当屋のおばさんは、実はセックスにも応じてくれる店員の鑑だw

読了までの目安時間:約 5分

りの潮待ちと小雨回避で、いつもの公園の駐車場に向かいました。
 

しょっちゅう使っている弁当屋のおばさんは、実はセックスにも応じてくれる店員の鑑だw(イメージイラスト1)

 

日頃はガラガラなのにその日は隣の広場でグランドゴルフの練習があるみたいで、じいちゃん達の車が沢山止まってました。
 
「小雨降るのによくやるなぁ」なんて思いながら、ついつい寝てしまいました。
 

しょっちゅう使っている弁当屋のおばさんは、実はセックスにも応じてくれる店員の鑑だw(イメージイラスト2)

 

2時間ほどしてから、喉の渇きと便意を感じ、駐車場内の公衆便所と自販機を利用しようと起きあがると、周りに車がほとんどなく、朝から居たのは2台横のじいちゃん達に弁当を売りに来たであろう移動販売の弁当屋の車と自分の車だけになってました。
 
とりあえず用を足し、飲み物を買ったんですが、空腹だった事と直ぐ横に弁当屋の車がいた事もあり、弁当を買うべく車に近づき、シートでくつろいでいるであろうオヤジに声をかけました。

 

「すみません!弁当まだありますか?」
すると「あらごめんなさい!弁当全部売れちゃったの…パンなら1つあったかな?」と、くつろいでいた事が恥ずかしかったのかはにかみながら女性が顔を出したのです。
 
てっきりオヤジだと思ってたのに、なかなか綺麗な30位の女性であったのでびっくりしましたが、とりあえずパンを買い、「グランドゴルフで弁当売れたみたいですね!」と話しかけたらなかなか気さくな女性で、思ったより売れたから昼ご飯食べながらくつろいでた事、3時前に会社に帰ったら雑用回ってくるから時間つぶししてた事、旦那が夜遅くまで帰って来ない事、子供のお迎えが5時である事なんかを話ししてくれました。
 
「自分も潮待ちと雨降り回避で時間つぶししてるんで、良かったら話しでもしますか?」とダメ元で誘うとOKしてくれたので、小さい屋根のあるベンチで話しをする事にしました。
 
話ししていたら、雨足がどんどん強くなり、ベンチが濡れだしたので、とりあえずの雨除けをする事にしたのですが、車まで遠かったので、近くの屋根の広い公衆便所に移動しました。
 
お互いにずぶ濡れになり、「あらら…濡れちゃいましたね…」と彼女を見ると、持っていたタオルで髪を拭いていました。

 

その仕草が可愛らしく、また濡れた白いポロシャツから透けて見える下着、張り付いたパンツから浮き出た下着のラインに興奮し、恥ずかしながら勃起してしまいました。
 
すると、彼女が「あら、私ばかり拭いてごめんね!」と髪を拭いてくれ、続けて身体拭いてくれたのですが、彼女があまりに身体を近づけるものですから勃起した一物が彼女に触れてしまいました。
 
恥ずかしさに硬直していると「あらっ…」と彼女は笑いながら、右手で体を拭きながら、左手で一物をさすってきたのです。
 
しばらくなすがままにされていましたが、我慢できなくなった自分は、彼女の手を取り無言で女子トイレの中に……個室に入った時にはもうお互いに言葉は要りませんでした。
 
抱きしめ合いキスをした後、2人共服を脱ぎ、首筋を舐めながら秘部をまさぐると、すでに溢れんばかりの蜜が出ていました。

 

彼女の片足を便座に掛け、したから秘部をなめあげ、固くなったクリを転がし、吸い上げ、同時に指で膣内を刺激しました。
 
雨降りで、元々人があまり来ないとは言え公衆便所の中ですから、お互いに声を我慢したのが尚更快感だったのでしょうか、いくらもしない内に、私の頭にしがみついたまま彼女は身体を硬直させ果ててしまいました。
 
すぐさま彼女を抱え上げ、壁に押し付けいきり立った一物を挿入しました。
 
「ああっっ…」流石に彼女も声が出始め、身体も更に反応してきます。
 
ひとしきり攻め立てた後、自分が便座に座り彼女をまたがらせ、上で動いて貰いながらキスをし、乳房を舐め、クリを刺激しました。

 

分で動いているにも拘わらず、彼女は更に反応し、再び果てたようでした。
 
バックで攻め立てた後は、駅弁スタイルで彼女を下から突き上げ、三度目の彼女の絶頂と共に膣内に射精しました。
 
彼女が果てた時の膣内の収縮が何度も一物を吸い上げ、自分でも驚く程の快感と共に、大量の精子を彼女に注いでしまいました。
 
連絡先も交換したので、また会うのが楽しみです。
 
中だしは流石にまずいから、次はゴム着用でいきたいと思ってます。
 

人妻とお互いを洗い合ったら、あとはセックスするのみですよねw

読了までの目安時間:約 6分

2歳人妻と出会い系で約束・待ち合わせでラブホ直行。
 

人妻とお互いを洗い合ったら、あとはセックスするのみですよねw(イメージイラスト1)

 

笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
 
ささやき交わしながらラブホまで歩く。
 

人妻とお互いを洗い合ったら、あとはセックスするのみですよねw(イメージイラスト2)

 

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」目当てのラブホがあるようで誘導される。

 

ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
 
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話「ホントに出会い初めて?」
「ホントよ。友達と、最近要求不満気味ね、なんて話してたらこのサイトを教えてもらって、それで…」彼女のリクエストでHビデオの喘ぎ声を聴きながらキス、舌をからませる胸をそっと揉むと「乱暴にされると痛いの…上手ね…優しいわ…」スカートの裾に手を伸ばすと、「この先はお風呂のあとで。
いっぱい気持ちよくなろうね。お湯入れてくるね」用を足しトイレから出るともう彼女はパンティを脱ぐところだった体の線は崩れ気味だが長身で胸もあり俺が好むタイプ「シャワー暖めておくから早く来てね」浴室に入ると椅子が用意されている「座って…洗ってあげるね」ソープを泡立て慣れた手つきで全身を丁寧に洗ってくれる足の指の間まで洗い終わると「ごめん、立ってね」チンポのカリの周囲を点検するようにじっくり回し洗いながら「チンチン大きい~」とうれしそうに笑う玉もアナルも慣れた手つきで優しく洗い上げる「こんなに優しい女性ははじめてだ」
「そうかしら?これが当たり前だと思ってたけど…」彼女が自分の方を洗い始めたので俺も胸と腹にソープを泡立て彼女の背中と擦り合わせ回し洗う「ええっ…楽しい!こんなの初めて!気持ちいいわ…やっぱり優しいのね…」彼女はベッドに横たわりうっとりとした表情で「どんなふうに気持ちよくさせてくれるの?」とささやくあまりにも感じやすい身体で耳や首筋や脇腹への舌責めに悲鳴を上げて悶える。

 

乳首をそっと舐められたり乳房をず撫でるように愛撫されるのは大好きのようだ大きなヒップを上げさせ下に枕とバスタオルを敷く「クンニ感じるの…声大きいから恥ずかしい…」クリの皮を剥き舌先で舐め始めると彼女は悲鳴に近い声を出しながら悶えるそうしながら自分の指でクリの皮を剥き上げ更に強い快感を求める舌先でクリを押しつぶすように強く早いストロークで舐め始めると彼女は全身を痙攣させ2分足らずでイッてしまった。
 
俺は舌が疲れる間も無く彼女がイッたので拍子抜け彼女はすぐに意識を取り戻すと、「電マ使ったことないの…一度使ってみたかったんだ」と言うのでベッドボードの上の籠に入っている電マをコードを引っ張りながら彼女の股間に持ってくるこういう所のって不潔なんだよな、と思ったが彼女が「早く…」というので、敷いてあるバスタオルでサッとヘッドを拭きスイッチを入れ最初はソフトモードでクリにあてがうと「ええっ!しびれる!」と叫ぶのでハードに切り替えると「ああっ!強い!ダメ!おし・こ漏れちゃう」
「バスタオル敷いてるから漏らしてもいいよ」1分と持たず彼女は電マの隙間から小便を小さくピュッピュッと吹き、それは花弁の間をつーっとアナルの方へ流れていったヒップを持ち上げ大開脚でオール丸見せの彼女に「恥ずかしくないの?」と言うと、放心状態で「もうどうでもいい…」身体に力を取り戻した彼女は「貴方も気持ちよくならなきゃダメ」と言い俺をさっきまでの自分と同じ体勢にさせる「さあいくわよ」の言葉とともにチンポをカリまで咥えこみねっとりとしたフェラを始める彼女の舌の動きと吸い上げに「これじゃ弱い男だったらあっという間だよ」と半分泣きを入れると「だーめ。
これからたっぷり頑張ってもらうんだから」と顔を下げ玉舐めを始める絶妙な舌先の動きで玉全体を舐めまわされながら「くっ…男殺しだな貴女」と声を出すと「フフッさっきのお返しよ」と嬉しそうに笑う「この大きいの入れて…」用意してきた厚手のイボイボのゴムを彼女に被せてもらう「いやらしいわね…私こんなの大丈夫かしら…」さっきの体勢に戻った彼女の花弁の間に下から突き上げるようにゆっくりと挿入する大柄な身体からは意外な程中は狭くヒダヒダも多い湿った中にスムーズに滑り込ませると「ああ…入ってる…お願い、激しくお願い…」突き上げるように彼女の中の腹側を擦りまくると1分位で「もうイヤ!止めて!イク!」と叫びながら彼女1人でイッてしまい締め付けながらヒクヒク痙攣してしまったまだ射精していない俺に対し彼女が2回イキ3回目の途中で厚手のゴムを被った俺は疲れて中折れしてしまった中折れを感じた彼女は無言で素早く起き上がり、自分の愛液まみれも関せず一心にゴムフェラを始めた。
 
その姿に徐々に立ち直った俺は再び彼女と合体し、彼女の3度目の痙攣に合わせて放つことに成功した。
 
ゴム出しを感じた彼女は「中でプクプクいってる…出したのね…」とうっとりとした表情で呟いた。
 

昔同僚だった女に連絡をとってみるとまさかのセックスOKww

読了までの目安時間:約 4分

女は4年前、結婚退職しました。
 

昔同僚だった女に連絡をとってみるとまさかのセックスOKww(イメージイラスト1)

 

その彼女とは、部署は違うけど、同じ会社にいて、年に数回飲みに行くだけの関係でした。
 
可愛くてスタイルいいので、連れて歩くだけだけど、俺は満足でした。
 

昔同僚だった女に連絡をとってみるとまさかのセックスOKww(イメージイラスト2)

 

久々に4年たった、6月に彼女にメールしてみました。
 
なぜか、すぐ返事が来て、久々だから会いたいと言ってきたのです。

 

旦那は日曜日仕事だから、日曜のランチを食べることになり、一緒に食べながら、久しぶりの会話をしてました。
 
子供は4年経っても出来ないってことです。
 
途中から旦那の愚痴を聞かされ、今では月に1回それも数分でエッチは終わり、子供を作る作業のみらしい話です。
 
俺も結婚してるから、そんな話を聞いて誘うこと出来ないと思ってて、話をそらし、昔の話をしてました。
 
俺は彼女が結婚する前、可愛いしスタイル抜群な彼女を連れて飲みに行くことが楽しく優越感でいっぱいだったし、体の関係まで行きたかったこと告白しました。

 

そしたら、彼女は、「当時なぜ、強引に誘わなかったの??」と言ってきました。
 
高値の花感覚で無理だと思ってたと言うと、謙そんした返事がきました。
 
冗談交じりで、「当時に戻って、今から強引に誘うかな??」って言うと、まじめな顔をして、首を縦に振りました。
 
お互い無言になり、店を出て手を握ると、握り返してきたので、そのまま車に乗り、ホテルの駐車場に止め、助手席を開け手を差し伸べ、車を降りて部屋に向かいました。
 
彼女は無言で下を向き、彼女の手は俺の腕を抱きかかえていました。

 

部屋に入り、ドアを閉めると彼女からキスしてきました。
 
ホテルの玄関で激しいキスを交わし、耳と首筋に舌を這わせると、「あ、ああ~~ん」と言いながら、俺に抱きつき腕を背中に回してきたのです。
 
玄関先で俺は強引に脱がし、片足を上げて挿入すると、「いい~~気持ちいい~~ああああ~~ん、いい~~」彼女は腰砕けになり、その場で座ると、俺の股間に手がきて、チャックを下ろし俺のペニスを出して、銜えてきたのです。
 
可愛い顔してすることが大胆だとびっくりしてました。
 
吸い付きがすごくて、俺は彼女の口に出してしまいました。

 

のザーメンを手で受けて洗面所に行くと、一緒にシャワーをすることになり、明るい部屋で彼女の裸体を見ると、すばらしくナイスボディーで、俺はこんな人を抱けるのだと思うと優越感だった。
 
ベットに行っても、彼女の激しい攻めで、2回連続で俺のザーメンを出させて、彼女は満足そうに寝入ってしまった。
 
夕方、帰る時間になると、俺のペニスをしゃぶり、再び元気にさせると、俺に跨り腰を振りながら、自分で乳房を揉み、悶えながら、「キテ~~~いいの、中にキテ~~~」彼女はおまんこを締めてきて、俺は中に出してしまった。
 
気持ちよさそうに、俺に抱きつき、彼女は、「逝っちゃった~~」って言い、キスをしてきた。
 
数分そのままで余韻に浸り、俺も満足だった。

 

帰り際に、彼女は、「また会ってくれる??」と言ってきたので、「いいよ、俺は日曜は暇だから」と返事をした。
 
それからは、毎週日曜日に会っては俺のザーメンを彼女の中に出している。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】