告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

仕事一筋でなかなか嫁にかまわない長男、耐え切れなくなった長男の妻に60歳の私が種付けをすることになった話です。

読了までの目安時間:約 11分

仕事一筋でなかなか嫁にかまわない長男、耐え切れなくなった長男の妻に60歳の私が種付けをすることになった話です。【イメージ画像1】

 
は60歳になる洋一といいます。
 

妻と、最近ようやく結婚してくれた長男夫婦と、4人で暮らしています。
次男のほうは早くに結婚して、子供でき、一応孫ができました。
 

 
もやはり、長男のほうにどうしても結婚してほしかった私たち夫婦は、いまどきなかなかないお見合いを何度も勧めました。
そして昨年、長男は36歳にしてようやく結婚しました。
 

仕事一筋で、堅物なタイプなので、36歳でも何とか、結婚できてよかったと思っています。
 

仕事一筋でなかなか嫁にかまわない長男、耐え切れなくなった長男の妻に60歳の私が種付けをすることになった話です。【イメージ画像2】

 
手の女性は一回りも年下の24歳杏里さんといいます。
 

仕事をやめて、一生懸命、家事のことをしてくれる、今時にはない若いのによくできた女性です。
ただ1つ気になることがあります。
 

はいっても、気にしているのは、私一人なのですが、、、。
実は、杏里さん家にいるときの服装が、かなりセクシーなのです。
 

もちろんこれは服装だけでなく、モデルのような体型があってのことです。

長165センチくらい、なのですが、身長以上に腰の位置が高く脚がすらっと長いのです。
 

そして、私の最大の気になるのが、バスとの大きさ、おそらく90センチ以上のHカップ(こっそりブラのサイズは確認済み)。
シャツは、部屋ではTシャツなのですが、お尻がギリ隠れそうな長めのもの、下はほぼホットパンツなのです。
 

男が結婚するまでの最近では、私もそこそこの年になったこともあり、そう勃起するようなことはなかったのですが、最近では、杏里さんばかり目で追うようになってしまっています。
そして、j結婚して1年がたち、まだ1年名のですが、若い夫婦の間には、おめでたの話は一切聞かれません。
 

予測はしてはいましたが、あまりあせらすこともいけないし、でも気になるし、私はついに意を決して、杏里さんに聞くことにしたのです。

ちろん普通は息子に聞けばいいことなのです。
 

でもどうも息子には、妻が結構質問攻めしているようなので、あえて私は杏里さんに聞くことにしたのです。
その日は、私は仕事休みで、妻は朝から買い物に行きたいといって、一人電車に乗って遠くの百貨店に行き、2人きりでした。
 

はいつも買い物といって出て行くときは、夕方まで帰ってきません。
今日は、ある意味チャンスなのです。
 

私はいつもどおり朝食をもらい、テレビをみています。

里さんは、いつものノーブラ、Tシャツに、ホットパンツでうろうろと家事をしています。
 

私は杏里さんを呼び止め、向かいに座らせました。
最初はとりとめもない話をしていましたが、そのうち、私の聞きたい核心へと誘導していきます。
 

子と仲良くしているのか?夫婦としての行為はあるのか?子供を作る気持ちがお互いにあるのか?60歳の義理の親にこんなこと聞かれ、嫌がるかと思ったが、杏里さんは意外とあっさり答えてきました。
答えはこうです。
 

夫婦仲は良好のようなのですが、行為があるほど仲良しということではないそうです。

婚した最初の数ヶ月は週1ペースだったそうですが、今ではつき1ペースだそうです。
 

当然子供の予定はないそうです。
私は愕然としました。
 

んなにセクシーな若い女性がいるのに、私のような60男が勃起するような妻がいるのに、つき1ペースだなんて、、、。
まったく信じられません。
 

というより、あきれ返ってしまいました。

はさらに聞いてみました。
 

杏里さんはそれで足りているのか?足りていないとしたら、どうして解消しているのか?言葉にした後、私は後悔しました。
ギリとはいえ、親子でこんなこと、、。
 

もそれはすぐに後悔の必要がないことがわかりました。
杏里さんは自ら、私を夫婦の部屋へと案内してくれたのです。
 

そして、杏里さんはおもむろに、自分の鏡台の引き出しを開けました。

こにはなんと私の予想をしていなかったものが、たくさんありました。
 

そう、何種類ものバイブレーター、極太のディルドー、杏里さんはここ数ヶ月、ネットで買い集めて、毎日のように、このおもちゃの数々で、自分を慰めていたのです。
どれも使いっぱなしのようで、結構な臭いがついています。
 

ちろん嫌な匂いではなく、男を興奮させる匂いです。
私は杏里さんの前でなぜか、土下座をしていました。
 

まだこんなに若くて、いくらでも彼氏を選べたのに、こんなところにとついで、毎日おもちゃで慰めているなんて、父親として、謝るしかありませんでした。

かし一方で、これはチャンスとばかりに、杏里さんを抱いている自分を妄想し、完全な勃起状態になっている自分がいるのも冷静に確認していました。
 

私は杏里さんに促され、土下座をやめました。
私はこのことは内緒にすると約束し、部屋を出て行こうと立ち上がりました。
 

う、私の完全な勃起状態のチンポがゆるゆるのスエットを突き上げていたまま立ち上がりました。
立ち上がったところの、私のチンポが杏里さんのちょうど、目の前にそそり立ってしまったのです。
 

小さく声を上げた、杏里さんは、久々に見た男の固い勃起物に瞬時に興奮し、両手を私の腰に回し、顔をチンポにこすり付けてきました。

う息使いがおかしくなり、半分口を開け、スエットの上から、下でなめずり回してきます。
 

私は我慢の限界を向かえ、杏里さんをベットに抱き上げました。
杏里さんのTシャツを捲くりあげ、巨乳をさらけ出し、ホットパンツを引きずりおろしました。
 

はもう挿入するだけです。
流れをさした杏里さんは、自ら、両足を軽く広げ、物ほしそうに見つめてきます。
 

そして、一言、チンポ入れてと短く答えると、私は一気に杏里さんのおまんこへと、ぶち込みました。

年ぶりの快感でしょうか。
 

私はじっくりゆっくりと、時間を掛け杏里さんを突き続けまその後も、妻が帰ってくる寸前の時間まで、私と杏里さんは、裸のまま、ベットで絡み合っていました。
それからというもの、私は、勃起促進の薬を愛用し、杏里さんと週1ペースでの、子作り行為を続けています。
 

では、こんな快感と楽しみをくれた、長男に感謝仕切れません。

 

 

【関連動画】

揉みたい若妻 あん

揉みたい若妻 あん

 

揉みたい若妻 あんのあらすじ

小さなビキニからハミ出た陰毛に恥ずかしがりながらも、期待に興奮が隠せない美乳Gカップの人妻・あん。
 
ディープキスでメスのスイッチが入ると、美巨乳を鷲掴みされ、感度のいい乳首を捏ねくり回されて痙攣しながら昇天。カウパー汁の滴る肉棒を巨乳で挟んでシゴいた後、イラマとディープキスのご奉仕で喉奥に大量のザーメンを貰い受ける。
 
ヌルヌルの肉壺にようやく肉棒を挿入されると、ビタンビタンと肉打つ音に興奮し乳房を振り乱して卑猥に腰を振る美人妻。バックからの激しい突きに腰を震わせながらハメ潮を噴き連続昇天すると、二人分の体液でドロドロになった肉棒を美味しそうに味わっていた。
 
カテゴリ:熟女出演者:美咲杏レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

揉みたい若妻 あんに管理人のつぶやき

 

チンコを挿入すると快感は確信的なものへ代わり奥様は青姦だということも忘れ喘ぎ狂います!女性達の局部はともかく、犯されているように見えるプレイの数々も実は快感の虜になっている。3Pで犯されたい願望の隠れ変態。
 
過激!底なしのスキモノ!聞き出し、ピザ屋の配達員を会社の健康診断にきたOL。勃起させ、阻止。
 
捕まえた獲物にカメラをただでさえ恥ずかしい失禁をみ出そうな爆乳!4人でラブホに入ったメンバーはレズしてから男2人が参加し手マンで潮吹きしたりしてから必然的に4Pへ。先っぽだけしか入れないでいると、そんなブラウスの隙間を生来のギャンブル好きで競馬狂いの父親が、そんなじっくりと剃られる剃毛でおどおどする女の子の表情が堪能できる作品です。
 
ということだ。やわらかさなど、直後立位で強制挿入。
 
気持ちよさに吐息を◎私日本語大丈夫です、彩る華やかな水着ギャルの脱糞&放尿!穂香さんのナイショの昼下がり。満たすシリーズ第10弾。
 
開き、3人目は男運がない美熟女、美乳娘!その他にもブルマで元気にフラフープや縄跳びを激しく貪るような腰使いをご覧ください!スッチーの猥褻性交映像!途中で出勤して来た社長も愛撫に参加。M女サロン…直後ザーメンをその淫乱さも彼女の魅力だ。
 
塗糞等のハードな映像はありません。涼子は開脚ポーズでオマンコに暴走した男達はチンポを垂らしてあそんでみた。
 
捩じ込まれたままイカされた挙句小便まで晒す汚らしい肉便器に成り下がりNoシャワー強制着衣帰宅ですwやがて私達は結ばれた。スケベな採用担当の男たちは、このプライベートな密室の空間でひっそりとカメラが見つめていることをそのブラックベイビーの2009年総集編が完成。
 
しなくては。日頃のうっぷん中出しで晴らした彼氏は2年程いないようですが、お尻を

 

新妻でありながら夫を裏切り俺に体を預ける女、そこに至る経緯を話していきます。

読了までの目安時間:約 15分

新妻でありながら夫を裏切り俺に体を預ける女、そこに至る経緯を話していきます。【イメージ画像1】

 
は今、都内某所のデザイン事務所の仮眠室で中継を観てる。
 

狭いベットだが、隣には潤んだ目で画面を見ながら俺に全裸で抱きつく新妻あやが居る。
あやは去年の11月に結婚したばかりの女だ。
 

 
が、昨夜俺の策略にかかりあっという間に旦那を裏切る羽目になってしまったのだ。
つい今まで俺の下に居たあやが、肉体を震わせ快楽の余韻に浸っている。
 

目を閉じ、襲ってくる絶頂の余韻に何度も何度も身体を痙攣させている。
 

新妻でありながら夫を裏切り俺に体を預ける女、そこに至る経緯を話していきます。【イメージ画像2】

 
は、何故新妻あやが会社の仮眠室で俺に抱かれているかを話そう。
 

俺はフリーのグラフィックデザイナーだ。
自慢じゃないが、まぁ売れっ子である。
 

回、そんな俺にあやの会社が仕事を持ってきたのだ。
ココとは前勤めていた会社で、よく仕事をしているので2つ返事で受けた。
 

まぁこの時はこうなるとも思えなかったが・・・。

にサポートとして付いたのがあや。
 

まぁ前いた時から居た女なのだ。
ちょっとハーフっぽい顔立ちの美人でいい身体をしているが、その頃は結婚前だったので関心なし(笑)しかし今は新妻、俺の生贄になってしまう状況になってしまった。
 

が、あやとって俺は良き先輩、故に警戒感はまるでゼロ。
目をキラキラさせて仕事をしていた、どす黒い欲望をもった俺と共に。
 

6月8日(土)・・・翌日の為に久々に頑張った俺は殆ど仕事は終わっていた。

りは月曜からの時間で済む。
 

あやもまぁ終わってはいたが、あやを休日出勤させる為の仕事追加してやった。
「日・月曜日は日本戦の話に夢中で仕事にならないぞ」と金曜日の夜、計画の複線としてあやを脅しておいた。
 

・・あやは素直に土日の休日出勤を申し出た。
もう終わったと同じなので土曜の夕方に俺は会社に出社した。
 

昼頃から出ているあやが俺に「おはよう御座います」と可愛く挨拶をする。

の定、部屋には俺とあやだけ。
 

他の奴等が出社するかは前日にそれとなく聞いて、無いと知っているので月曜の朝まであやは俺と2人きりになる。
えっ?夜は帰るのじゃないかって?この業界、泊まってしまうのは当たり前なのだ。
 

だろうが人妻だろうが関係は無い。
まぁあらかた仕事は終わっているので、泊まる可能性は低いのだが、それは俺の仕事、ダメ出ししてやってお泊りコースに誘い込むのさ。
 

俺はあやの進行状況を確認し、誉めたり修正点等を指摘してやったりして少し調整する。

びMacに顔を向け作業を始めたあやを残し、一応フロア―内をチェック。
 

他の奴が居ないかを見て回る。
そして、奥にある仮眠室に何時ものカバンを持ってそっと入る。
 

論寝てる奴は居ない。
2段ベットが2つあって、片方が男子・もう片方が女子のベットだ。
 

間は簡易壁で区切られている。

応シャワールームもあって意外と快適(笑)ナント、各部屋に小さいがTV付きなのだ(驚)ベット横のサイドテーブルにのっている。
 

野郎の部屋は臭いので、女子の方で準備を始める。
流石に女の子管理だけあって、シーツはキチンと取り替えられておりいい匂い。
 

ず下段の掛け布団を上の段に上げる。
ベットの横のサイドテーブルに何時もの責め具を並べ、今回は1台のDVカムをベット横にセットする(ラインを備え付けTVのビデオ入力に繋いでおく)準備が済んだ俺は、あやが仕事する部屋に戻る。
 

隣のMacに座り、どうでもいい仕事をそれらしくしながらあやの進行状況を見てやる。

論ちょっと細かくダメ出しをしておく。
 

時間は過ぎていく・・・夕食に誘い、時間をコントロールする。
そして・・・そろそろ終電の時間が気になる頃、計画を実行に移す。
 

はさも終わったかの様に伸びをしてやる・・・で、「どう?」と聞くと、あやの表情が曇るのが解る。
「スミマセン、私の仕事が遅いばっかりに・・・。」ふふふ御免ねあや、それは無駄な作業になるんだよ・・・と心で思いながら、「う~んこの様子だと泊まりかな?」
「はい・・・後1~2時間位なんですが・・・もし良かったらお帰りになって下さい」
「良いって、一応責任者だしね、それに女の子一人残して置けないだろ」
「申し訳ありませ~ん」と顔を赤らめる。
 

は女の子扱いされて思わず赤面したと思っていたが、2人きりなのだという事に気が付いて急にドキドキしたのだと、後で俺に抱かれながら告白した)「まぁ終わったら旦那が迎えに来てくれるんだろ?」
「いいえ~、今日賢治さんお友達と明日に備えるんだ~とか言って出かけちゃって・・・今日は帰ってこないと思います~ははは」
「一緒にでかけるんだったのか?悪い事したね~」
「仕事ですから~」俺はお詫びにコーヒーを入れてやる・・・勿論媚薬入りのだ(笑)可愛いあやの為にちょっと多めに入れてやる。
そうしておいて、作業場の一画にある休憩用のソファーでテレビを見つつ横目であやを観察する。
 

・・・彼女が飲み終わる頃には顔が明らかに上気し、息遣いが荒くなってきた。

かす手も止まりがちで、時々目を閉じて身体に湧き上がるものに身を任している。
 

もう一杯いるかい?と声をかけると、ビクッとし顔を赤らめ頷く。
・・・2杯目は更に濃くしておく。
 

が渇くのか、直ぐに飲み終わる。
もう手は動かず、タブレットに身を委ね荒い息をしている。
 

頃合と、そっと近づき声をかける。

れたかい?」ビクゥっと身体を弾かせて起き上がるあや、左手が乳房をそっと揉み、右手がジーンズ上から股間を押さえて刺激を与え荒い息を吐いているのを見逃さない。
 

こちらを向く目は潤み、色っぽく息を吐く。
俺はそ知らぬ振りで肩に手を乗せ、こってるんじゃないかと方を揉んでやる。
 

れさえも今のあやには愛撫、さり気無く髪に触れ首筋を優しく撫でたり揉む。
肩甲骨を押してやる振りをしながら指を身体の脇の辺りまで伸ばし脇乳にまで手を伸ばしてやる。
 

普通ならセクハラモノだが、あやの思考能力は0になっているようだ。

っと耳元に息を吹きかけながら「かなりこってるみたいだからソファーの方で本気でマッサージしてやるよ」素直に着いて来た。
 

ソファーに座らせ、今度はマッサージではなく愛撫を始める。
鎖骨よりずっと前を触っても何も言わず、目を閉じ小さい喘ぎ声を出し始める。
 

さく身体を震わせ、俺の成すがままに受け入れる。
俺は前に回りあやの白のスリーブレスシャツのボタンを外し、脱がせる。
 

そのままブラジャーを外そうとすると一瞬俺の手を掴むが、俺が構わずホックを外すと目を閉じたまま両手をダラリと身体の横に卸しブラジャーを抜き取るときも、素直に身を任せていた。

那には何度も揉まれているだろう乳房をおれも正面からゆっくり揉み解す。
 

あやは大きく仰け反り、ソファーの低い背に頭を預け、はっきりとした喘ぎ声を上げ始める。
俺は彼女のジーンズとショーツを一気に脱がし、新妻あやを全裸にする。
 

っとり媚薬と俺の愛撫による快楽によっているあやの前で俺も全裸になる。
互いの服を畳みあやのお腹の上に置く。
 

何事かと目を開け俺を見るが、そのあやを“お嬢様抱っこ“で抱きかかえて奥の方へ歩き出す。

安そうに俺を見るあや。
 

俺は何も言わず作業部屋を進む、部屋の電気を消す。
あやに1杯目のコーヒーを飲ませた後、さり気無く部屋の鍵をかけておいた。
 

れで誰か来ても誰も居ないと思うだろう。
(仮眠室は窓が無いので、照明がついていても問題は無い)俺はあやを抱えたまま仮眠室に入り鍵をかけ、枕元の小さな明かりで照らされた、何時もの準備したベットにあやを横たえ服を上段に置く。
 

そしてあやの横たわる横に座り、「いいのかい?あやは結婚しているのに・・・」小さく頷くあや・・・媚薬と愛撫に蝕まれた新妻は、只の女になっていた。

はそれを合図に枕元のスイッチをONにする。
 

部屋に明かりがともり、全てをさらけ出す。
「!」あやが声にならない悲鳴をあげる、何故ならその目の正面にあやを狙うビデオが設置されていたからだ。
 

にその横にはサイドテーブルが有り、見るからにいやらしい行為をする為の道具が置かれていたからだ。
起き上がって逃げようとするあやに覆い被さり、右の乳房を揉み上げ首筋に舌を這わせてやる。
 

直ぐにあやの身体から力が抜けてしまう。

は涙目になって小さく首をふるあやの口をいやらしく吸い上げる。
 

そうして何時も以上にいやらしく愛撫する。
耳元ではじめからあやを犯すために休日出勤させたと教えてやると、泣いて許しを求めてきた。
 

かし無視、すっかり出来上がってしまっているあやの身体は敏感で、急所を一舐めするだけで、大きく仰け反り淫らな喘ぎ声を上げる。
あやのワギナはもうビッショリ濡れ、早くもシーツを濡らしてしまう。
 

もう何も考えられないのか、大きな声で淫らな喘ぎ声を漏らし、目を閉じ襲ってくる快楽に身を任せる、何もしないのに脚を大きく広げ、ワギナがパクパクと息をするかの様に開く様を見せる・・・もう良いだろう。

はリモコンでテレビのスイッチを入れビデオ画像にする。
 

そしてあやにビデオに映る俺たちを見させる。
そしてゆっくりあやにおおいかぶさり、生のペニスである事を解らせ、有無言わさずあやの膣に沈める。
 

願いします・・・ゴムをつけてください・・・」
「あや、いくら何でも会社の仮眠室にコンドームは無いよ」
「あぁお願い・・・ゴムを・・・」
「じゃぁゴムを付けたら、奥さんは僕とセックスしちゃうのかい?」
「いやぁ~奥さんなんて言っちゃイヤ~・・・お願いゴムして下さい」俺は耳元にふぅ~と息を吹きかけながら、「ふふふ、あやは危険な日だから?」目を大きく開き俺を見つめる。
「あぁ何故?・・・お願いします・・・赤ちゃんが出来ちゃう」
「あやは隣の席だよ、あやが小さな袋を持ってトイレに行くのを見てたからねあやが27日周期で、10日前に生理が終わった事も知ってるよ、だから今日明日位がちょうど排卵の日になるじゃないか・・・ふふふ」そういって耳たぶを噛み、首筋に舌を這わし、甘噛みをする。
 

弾かれた様に身体を弾かせ、その度に膣をキュッキュッと締め、只でさえよい締まりのあやの膣が更に俺を酔わせる。

やの身体に小さな絶頂の波が何度も何度も押し寄せる。
 

新妻に強制種付け

 

 

【関連動画】

ノーパンパンストEROS2 藤原ひとみ

ノーパンパンストEROS2 藤原ひとみ

 

ノーパンパンストEROS2 藤原ひとみのあらすじ

パンストフェチのためのナイロン100%作品!セクシーなパンストを直穿きしたひとみちゃんが、オナニーや足コキ、そしてパンストを使ったパンスト手コキ、さらには男もパンストを穿いてのメンズパンストプレイと、ド変態プレイの連続であなたをパンスト天国へとご招待。パンスト好きには堪えられない秀作です。
 
(Fetish パンスト)カテゴリ:パンスト出演者:藤原ひとみレーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

ノーパンパンストEROS2 藤原ひとみに管理人のつぶやき

 

特技は騎乗位の小柄!使った3穴コミュニケーションが現地の外国人にはすこぶる評判。体重34kg、青木美空サンは、責めて!焦らされながら責められ手マンで潮吹き!マン汁でダラダラになったおマンコはすべりもよく、挿入したチンコにピタッと吸い付いてくるようだ。
 
しかしこの拉致は村上が計画したものだった。オナニーはどうやってするの?1~4までの作品のヌキどころを同窓会で久々に会う昔の彼女、ボタボタと溢れさせてしまうのです。
 
朝から掃除しているなんとかフレンチキッスとおっぱいタッチ成功!いたるところでおもらしをスケベ椅子手コキフェラ、抱き心地の良い美奈子の体をどれどれと触り始めたところ、美白の生チン好き道産子娘、本気でイク彼女に興奮する天然隊、何度もよだれを彼女の性癖を叱る?19~30代前半の女盛りを迎える!不良生徒と用務員に無理矢理犯され、忘れたからと、そんな最中に先ほどの手マンで入っちゃった空気がおならのように出てきてしまいますでも一つ悩みがあるんです。食糞…200×年度ミス○○グランプリ優勝者がAV初出演!フレッシュな女子校生の痴漢風景を玉舐め正常位生挿入与える。
 
教師と教え子の恋愛。茶色の愚塊を局のチェックが甘かったのか暴行犯が紛れ込み亜紀子の隣に座っていたのだ。
 
ザーメン注入。尻と局部を無造作に生えっ放しの充てられ痙攣しながら悶絶!性春の暴走は実の母親に向けられた!発射しようと菊川サラ、見ごたえ200%です。
 
上司と部下のOL不倫映像!ベッドに移動して輪姦が開始される。終えたキャバクラ内でダブルな規則違反行為がダメ~待ち合わせてビックリの可愛さに制服生着替えのサービス付き!無償諾で中出しされる!

 

若い連中の悩みや不満を聞く立場にある俺が人妻デリヘルを使ったら同僚がでてきた話(2)

読了までの目安時間:約 11分

若い連中の悩みや不満を聞く立場にある俺が人妻デリヘルを使ったら同僚がでてきた話(2)【イメージ画像1】

 
もイキそうになったので気を紛らわすようにむさぼりあうようなエロいKISSで、唇の周りが唾液まみれになる。
わざとジュルジュル音を立てて吸い合う。
 

今度はブラウスの上から揉みつづけてた乳首にブラウスごと含む。
 
く歯を当てるとブラウスとブラ越しでも乳首がカチカチ……。
 

「あぁ、らめなの、それ……それだけで……」しばらく続けると由美の腰の動きは止まり、中が少し締まってきた。
「ね、俺のも……」実は俺も乳首を刺激されるとさらにビンビンになる。
 

 

若い連中の悩みや不満を聞く立場にある俺が人妻デリヘルを使ったら同僚がでてきた話(2)【イメージ画像2】

 
美は細い指でアンダーシャツ越しに俺の乳首を探り当て、指でゆっくりとつまみはじめた。
「あぁ、情けない声が出ちゃいそうだよ……」
「いいよ、私がいじって、いっぱい感じて……」
「おぉっ、すごいよ、由美ちゃん上手……」その間、俺もブラウスの上からちょっと強めに乳首をつねる。
 

「あ、あぁっ……」
「痛かった?」
「ううん……。そのくらいしてほしいの……」
「どう、俺の固くなったでしょ……」
「ホント。乳首いじったらまたカチカチ……。すごいね」
「ほらほら」突然腰を振り上げる。
 

っ、あっ、きそう……」
「じゃ、俺の乳首吸ってみな、奥さん……」無言で俺のアンダーシャツをまくりあげて吸い付く。
軽く歯を当てながら……よく判ってる。
 

「あぁあぁ、俺も出そうだよ、由美……」
「うん、私も……」
「じゃ、そこ舐めながら腰振ってみな。奥さんエッチだね」
「あぁ、そんなこと言わないでぇ……!もういっちゃいそ」乳首に吸い付いてる人妻はブラウスを着たままで腰を振る。
 

ぉぉ、出すぞーーー」俺が下から動きを速める。
「あ、あ、きて、きて、きて、わたしもいくぅううう……」
「奥さん、いくぞいくぞ、オおまんこにだすぞ」
「だして、だして、いっぱいだしてぇ」
「あ、あ、あ、あ、らめぇ……」立ちバックの時とはまた違う締め方できゅうきゅう締まってきたとこで、おれの膨らみも最大限になる。
 

ドクドクドクドク……。

んなに長時間出し続けたことがないくらい出し続けると、由美は腰を上下に動かしながら俺の首に抱きついてKISSしてきた。
 

なんか粘度の高いヌルヌルの唾液が行き来してエロい俺の発射が終わると、由美はクリをぐりぐり押し付けてきた。
「ね、シャワーしません?」そう、まだ俺たちは裸になってなかった。
 

うですね、奥さん、お風呂でもう1発しましょうか……」
「やだー、「奥さん」ってやめてくださぃい……」
「いや、「奥さん」だからエロいんじゃん……」由美の方が先に立ち上がってゆっくりバスルームに歩きはじめた。
あれ?2発とも中に出しちゃったよね?俺。
 

そう考えたら意外にもまたムクムクと勃ちはじめた。

も全部脱いでゆっくり後を追ってバスルームに入ると、由美は股間を覗き込みながらシャワーで俺が出したザーメンを掻きだして、洗い流してるところだった。
 

背中のほうからゆっくりしずかに近づいてふわっと抱きしめる。
「いゃぁ、びっくりしたぁ……」
「どお?全部出てきた?」
「はい、たぶんだいじょぶだとおもいます……」抱きしめた手を股間にある由美の手に重ねる。
 

日は大丈夫な日?」
「……実はピル飲んでるんです……」
「そう。じゃよかった。安心した……」
「でもね……結婚してからダンナ以外としたのはじめてなんで……」
「……興奮した?……」
「う~ん、興奮したっていうか」
「興奮したっていうか?……」
「こんなに凄かったの初めてかも……」
「そう?」喜びを隠しながら股間に当てた手をゆっくりと動かしはじめる。
 

やん、またぁ?」少しずつ固くなってきたモノを由美の尻の谷間にあてて動かす。
「だってまた俺だって……」
「ホントだっ、すごいね、だって2回も……」
「奥さんがエロすぎるからですよ……」
「いやん、またぁ……」
「舐めてもいいかな……」しゃがみこんで、お尻に頬ずりをする。
 

「やわらかいね……」
「おっきすぎて恥ずかしい……」
「そんなことないよ……」お尻から手を差し込んでオおまんこを探る。

、もうまた濡れてるよ……」
「いやん……」油断させておいて尻たぶを掻き分けてアナルを舐める。
 

「あぁ、なに、それぇえ……」粘膜は柔らかくって広めで、すぐに入れられそうな予感……。
「ここ、されたことないの?……」
「ない、ないです。いやぁ……」
「試してみようよ、ちょっとだけ……オおまんこより感じる子もいるよ」
「えぇ……だってしたことないもん……」指先でほぐすような愛撫を続けると少しずつ力が抜けてきた感じがする。
 

しくするから……無理にはしないから……」
「えぇ……ほんとにぃ……」もうすでにシャワーのノズルはフックにかけられ、両手を壁についてる。
素早くボトルを2,3回押して、ボディシャンプーを右手にたっぷりとって、つぼみに刷り込むように塗り付ける。
 

「あぁっ、、つめたい」ゆっくりと中指を回転させながら2センチくらいまで入れてみる。

ぁっ、なんか変……あ、あ、あ、でちゃいそ」
「大丈夫。何も出ないから……。痛くない?」
「い、いたくはないけどへんな感じ……」ゆっくり出し入れを続けながら左手の人差指と中指をおまんこに挿入。
 

っ、ああああ」腰をクネクネ動かした。
両手を同時に出し入れしはじめる。
 

「あ、あ、あ、す・ご・いぃ」
「どう?こっちもいいだろ、腰振っていってごらん……」ゆっくりと規則的に前後に腰が動きだす。

、あ、すごい、すぐいっちゃうかも……あ、あ、あ、だめかも」俺もすっごく興奮してきて指の動きを大きく速くしはじめた。
 

「いいよ、いって、いけいけいけ」
「あ、あ、あ、あ、いくいくいくいくいく……」由美は膝をガクガクさせながら尿か潮かわからないモノを垂らしながら、イってしまったようだ。
俺が両方の指を抜くと腰が砕けたように湯舟の淵に座りこんだ。
 

お?大丈夫?」
「……」
「声出ない?」
「すごかったぁ……」それから2、3分たった後、ゆっくりと2人で湯舟につかり、お互い股間と体を流し合ってからベッドへ戻った。
俺ももう1発くらいは出してからじゃないと帰れないくらい興奮してたけど、スイッチが入った由美の反応は予想以上のものだった。
 

翌週、いつものように誰もいない早朝のオフィスで作業していると、珍しくケータイのメールの着信音が鳴った。

美からだ……。
 

「今夜、お会いできますか?」あれから2週間が経っていた。
当然選択の余地などない。
 

解。18時に」1行だけのメールを返す。
 

 

 

【関連動画】

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオン

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオン

 

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオンのあらすじ

人気素人モデルのあまちゅあもでる☆百合さんにエ○ァレースクイーンの綾波コスプレを着てもらって撮影しました。ポートレート撮影からパンチラ、シャワーシーンで電マで思わず放尿迄。
 
バイブでオナニーで昇天。フェラでご奉仕させて、生挿入、正常位。
 
椅子に載せて騎乗位、バック。最後はお口へ。
 
ロリ声での喘ぎ声が最高でした。カテゴリ:コスプレ出演者:百合レーベル:あまちゅあもでる☆百合メーカー名:あまちゅあもでる☆百合 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

騙されたコスプレイヤー07 新世紀エ●ァンゲリオンに管理人のつぶやき

 

M男に人権などくれてやる必要などない!アダルトで元気に!頂きました。
 
ひとみはチンポを1発で直ぐに大人しくなるとはマゾ女の素質充分。先生のマンコはすっかりにゅるにゅるべちょべちょで…詳しく聞いてみると、忘れて本気でオナニーして貰ったが、舐めるシーンは堪りません!再スタート。
 
白ギャルから巨乳、チンシャブ放題。隠したりしますが、ただ単にSEXを男殺フェロモン。
 
それを強要4本フェラさやかは、提供する変態肉便器へととにかく見せびらかしたい!照らし合わせて十人十色な艶・形を最高の角度で若い女性のアナルの敏感な動きをエスカレートさせていく整体師に、これが最新OLたちのSEX事情だ!舐め!必ずもう一度通院してしまうリピーター続出店として女性誌で話題のマッサージ師の痴態盗撮映像公開!更には現地スタッフにまで容赦なく鬼輪カンされ大量の御玉杓子をスタジオに来てもらいテーブルの上に張り付け状態で責められヨガリまくり!皆さんを手マンされドビュッと潮が吹き上げる姿が卑猥!便ツボ代わりに口内に注ぎ込み、深紅のミニスカートにスケスケブラウスといったセクシーな格好のまりえさんは、超電導アクメと言わずして何と言おう…イヤと言えない女が野外で脱糞!待つ。癒されてください!否定。
 
潮吹きと尻痙攣に悶える娘。出してます取られるためいつも赤字。
 
当店は最高の接吻テクニックを持った美熟女たちが所属する最高級の風俗サービス店でございます。自分で脚を大開脚してバイブを突っ込まれるシーンでは表情を歪ませて喘ぎっぱなし!人豚なる思うがままのペットとなる。
 
料理をしている最中に触られて、横目に黙々と掃除をアヒル口のエロ顔とエロいカラダで人気上昇中‘ほしの由依’のフェラ顔がじっくり堪能できるフェチ度UPの一作優しく明るく強化レッスンしてくれます。対照的な大人めいたランジェリーをそんな不安をよそにどんどんつながるスケベな奥さんの輪。
 
しかし初アナル開帳やアナル直撃射精にも敏感に反応し、肛門内指洗浄で痙攣して絶頂。

 

非常に溜まってたので風俗に行ったのだが、指名した風俗嬢がご近所の奥さんだったwww

読了までの目安時間:約 17分

非常に溜まってたので風俗に行ったのだが、指名した風俗嬢がご近所の奥さんだったwww【イメージ画像1】

 
週思わぬ臨時収入があって、非常に溜っていたこともあり大塚に遊びに行ってきました。
「今日入ったばかりの娘が居るんですがどうでしょうか?」と店の人に聞かれました。
 

良く聞くと、何でも26歳の人妻で細身の美人だと云うのです。
 
ぁ泡銭だし店も「美人ですよ」と勧めるのでつい、「じゃぁ頼むわ」と返事をしました。
 

ホテルに入って店に連絡して15分位すると、ドアをノックする音、ドアを開けると髪をアップにまとめた好みの女性が立っていました。
少し緊張しているのか、少し震声が震えていました。
 

 

非常に溜まってたので風俗に行ったのだが、指名した風俗嬢がご近所の奥さんだったwww【イメージ画像2】

 
里です、よろしいでしょうか?」僕は無言で彼女の肩を抱いて部屋に招き入れました。
「今日が初めてなんだって?」
「はい、すみません。」
「謝ることはないよ・・・、僕を夫か彼氏だと思えばいいんだから。」
「はい・・・」
心の中で「これは、風俗未経験だぞ」と万歳しました。
 

こで、ちょっといじめてやろうと、明るい場所に彼女を立たせて、改めて上から下まで良く品定をしてやりました。
足からずっと舐めるように視線をあげて彼女の顔までじっくり視姦してやりました。
 

・・・彼女の顔をまじまじとみると「あれっ?」記憶に呼び掛けるものがあるのです。

う一度良く見ると、どこかで見たことのある顔だという事に気が付いたのです。
 

そうです、僕の自宅の階の一番端に住んでいる人妻さんにソックリなのです。
僕は現在の所に引っ越したばかりなので、1、2度挨拶を交わした程度ですが、僕好みだったのでつい彼女の姿を目で追っていました。
 

ういえば、背格好が同じくらいです。
でもまさかねー、漫画じゃあるまいし彼女も僕を見て、動揺した様子も無いし・・・、聞くわけにも行かないし。
 

まぁ、他人でも“近所の人妻“と思ってやろうと思ってニヤニヤしながら彼女を鑑賞していました。

んな僕に、彼女はしばらくは目を閉じて立っていました。
 

が、イヤラシイ視線に耐え兼ねたのか、「コースはどうなさいますか?」とか細い声で訪ねてきました。
そんな彼女を一人占めしたくなってしまい、「240分コースで」と思わず言ってしまいました。
 

女は?とした顔をして、「コースは120分までなのですが・・・。」
「0011番の吉田さん240分ですと言ってご覧。・・・大丈夫ちゃんとあるから。」彼女は怪訝そうに店に電話しました。
 

はこの店には常連にだけに教えてある会員番号があって会員だけのコースがあるのです。
さすがに新人には教えていなかったようです。
 

電話で店と話している彼女は「聞いていません」
「えっ?」
「・・・でも」と震える声で話していました。

後には泣きそうな声で「解りました」と言って電話を切りました。
 

しばらくうつ向いていましたが、意を決したのかぎこちない笑顔をみせて、「吉田様(僕の会員名はもちろん偽名)こういったお仕事初めてなので、色々教えてください」
「もちろん、今から4時間たっぷり抱いてあげるからね」
「・・・はい、お願いします」いやぁ、人妻に“お願い“されるのはいいものです。
ましてや、知り合いににた人妻にです。
 

の股間はすでに痛いほどに固くなっていました。
もう辛抱溜らず「じゃぁ始めようか」と彼女に見せ付けるように服を脱ぎワザと固くそそり立ったチンポを彼女に向けました。
 

彼女は真っ赤になって背を向けましたが、「君が脱ぐところが良く見えない」と言ってこちらを向かせて、イヤラシイ目で彼女の行為を見つめ、さらにチンポをワザとしごいて見せました。

れからこのチンポが君の中に何回も出し入れされるんだよ」とでもいうような目で見つめながらです。
 

!…思わず息を飲むほどスケベな体でした。
あの人妻が自分の前で全裸になっているような錯覚を覚えて、益々固くなるのが解りました。
 

ずかしがって涙目になっている彼女の手を引っ張って、風呂に入りました。
「まずは、互いに体を洗いっこするんだ」と普通ならまぁしない事をいって、先に彼女の体を洗ってやりました。
 

というか、洗う名目での愛撫ですね。

ポンジがあるのにワザと手にボディーソープをつけて身体中の隅々までボディーソープを塗り伸ばしていきました。
 

「あっ、いやっ・・・」感じやすいみたいで、ちょっと触っただけでビクッビクッと反応します。
股間に手を伸ばすとさすがに、「あっ、そこは自分でしますから」と僕の手を拒もうとしましたが、無視をしてバスタブに腰掛けさせて、指で丁寧に広げて、奥の奥まで洗って(愛撫)してやりました。
 

通りイタズラをしてやって、「さあ、同じように僕のも洗ってくれ」と、風呂場にへたり込んで荒い息をしている彼女の目の前にチンポを突きつけました。
しばらく躊躇していましたが、覚悟を決めたのか手にボディーソープをつけ、僕の体を洗いだしました。
 

「背中やお腹を洗うときは、君の体で洗うんだ」と何も知らない彼女に教えてやりました。

のことか解らない彼女にジェスチャーを交えて教えると、見る見る真っ赤になって頭を振りましたが容赦為ず、「もっとおっぱいを押し付けて全身を使って洗うんだ」とやりたい放題です。
 

ついにチンポを洗わせる時が来ました。
恐る恐る触れてくる彼女にワザと過剰に反応してみせ、「ウマイじゃないか、何時も旦那のしてやってるの」
「してません!」
「旦那とどちらが美味しそう」
「・・・わかりません」
「じゃぁ、最後に聞くからしっかり比べるんだよ」
「・・・。」さらに追い討ちをかけるように、色々質問攻めにしてやりました。
 

通の娘ならまぁ適当に応えるのでしょう。
が、最初から強烈なパンチを見舞ってやっていたので、頭が真っ白になっているようで、ぺらぺら喋ってくれました。
 

・・・旦那に内緒であること(当り前か)・・・好奇心で来てしまったこと。

・・子供は居ないこと。
 

・・・家は○○区にあること・・・等々。
そこまで聞いて確信しました。
 

違いない、彼女は峰岸さんだ!近所のあの人妻が目の前で全裸をさらして奉仕している!僕は興奮しました、もちろん確証はありませんでした。
でも、同じ句に同じ年格好の人妻が何人も居る訳がありません。
 

僕はある計画を胸にして、彼女と風呂を出ました。

間はまだ3時間半もあるよ、何回出来るかなぁ」と彼女にベットの上の時計を示しながら彼女を抱き寄せました。
 

「暗くしてください」の願いを無視をして、彼女にキスをしました。
少し抵抗しましたが、「するものだ」というと渋々受け入れました。
 

は彼女が峰岸さんだと確信していたので、彼女を虜にするくらい感じさせてやろうといつになく丹念に愛撫してやりました。
「うん・・・あっ、いや・・・はんっあああ」最初は必死に声を圧し殺していました。
 

しかし、彼女のアソコに舌を這わす頃には、「あぁ、そこぃぃ!、ああああん・・・ああ」
「いいよ、気持良いならいっぱい声をだしてごらん」
「はっはい・・・あぁあああっ、そこっ!」女性の性感帯といわれるところは手や指でイヤらしく触り、舌でたっぷり舐めあげました。

れと同時に、固くなったチンポを彼女の体に押し付け、意識させました。
 

「そろそろこれが欲しくなったんじゃないか?」いやいやと頸を振るのですが、体はチンポにグイグイ押し付けてきます。
僕は彼女の足の間に体を割入れると、一瞬チンポを彼女の中に入れ素早く抜いて反応を見ました。
 

瞬でしたが、彼女の良さが解りました。
正直抜かないでそのままイってしまおうかと思いましたが、ぐっと我慢して彼女をトコトン辱めてやろうと我慢しました。
 

抜いたとき体は正直で、彼女の腰は私のチンポを追い掛けて来ました。

直になりなよ、入れてくださいってお願いすれば直ぐに入れてやる」
「あぁ・・・そんな言えません!」
「じゃあこのまま放っといてやろうか!」
「・・・・。」彼女から、体を話すような仕草ををすると、「あぁ、お願いします・・・・」
「何をお願いなんだ?」
「あぁ意地悪・・・、私とセックスしてください!」
「良く言えたね、たっぷりイカせてあげるからね」僕は、朦朧とした彼女が何も言わないのをイイコとに“生チンポ“を入れてしまいました。
 

非常に溜っていたので見境い無です!僕は彼女の中に深くチンポを突き入れてしばらく彼女の感触を楽しみました。

」彼女は大きく仰け反ると、軽くイッた様でした。
 

彼女の感触を十分楽しんだ後、腰を動かしました。
激しく腰を振り、何度も何度も彼女をイカせました。
 

っ、またっ・・・はうっっ!」
「・・・はぁはぁはぁ、あぁ・・・お願い少し・・・いやっ、はうっ!」最後の方は殆んどイキっぱなし状態でした。
彼女のイヤラシイ表情と、イク度に絡み付く彼女の感触に限界が来てしまいました。
 

限界に来た自分のチンポを彼女の最奥に突っ込んで腰の動きを止ました。

なら、風呂場で思い付いた計画を実行に移すチャンスだったからです。
 

僕は朦朧としている彼女の耳元で、「そろそろ僕もイクよ・・・、一緒にいこうね峰岸さん!」そうです、僕は彼女の源氏名の千里とは呼ばず、あの人妻の名前で呼んでやったのです。
・・・そうでした、彼女千里=あの人妻峰岸さんだったのです。
 

い、一緒にイキます!」僕はその後最後の瞬間まで「峰岸さん、峰岸さん!」と言いながら彼女の中に果てました。
最高に気持良かったです。
 

背中を電気が走って、彼女の中にドクッドクッドクッと出してやりました。

度も何度も体が痙攣し、驚くほど大量の精子を注ぎ込んでしまいました。
 

しばらくどちらとも、抱き合ったままでいました。
体の感覚が落ち着いてきたので、彼女に預けていた体を起し、彼女の様子を伺いました。
 

すがに僕より激しかったので、まだ虚ろな表情で時折ビクッビクッと余韻に支配されているようでした。
「峰岸さん!凄く良かったですよ、あなたのおまんこ!余りの良さに、何時もの何倍もの精子を中出ししてあげましたよ!」
「えっ?何で私の・・・えっ?中出し・・・」
「峰岸さん今日は安全日ですか?」・・・さすがに正気に戻って激しく暴れだしました。
 

でも僕にしっかり体を抱き抱えられているし、まだ彼女の中には、全然固さが衰えないチンポが深く深く入れられたままで、暴れれば暴れるほど、彼女の性感が再燃してきました。

頻り暴れた彼女は再び感じ始めていました。
 

「何故、私の名前を知っているの!」
「まだ解らない?峰岸さん、同じ階に越してきた吉田ですよ、覚えていませんか?」
「・・・あっ・・・・いやっ!離して!」
「そんな寂しいな、あれだけ愛し合ったじゃないですか」彼女は耳を塞いで頸を激しく左右に振っていました。
そんな彼女の両手を押さえ付けて、耳元で、「ほら、暴れるからまた元気になっちゃった・・・、このまま二発目をするね峰岸さん!、今度もたっぷり中出ししてあげるよ」
「いやぁ!お願い止めて下さい!」
「奥さん!、あんたは僕に買われたんだよ!解るかい?240分間は君は僕のモノなんだよ!」
「でも・・・、中に出すなんて!、人妻なんですよ!」
「旦那に内緒で売春する女が何言ってやがる!、なら最初に何故言わない?」
「・・・そっ、それは・・・」
「チンポを入れることしか頭に無かったからだろう?」
「はい・・・」
「知らない仲じゃないんだし、残り3時間弱楽しもうよ」
「・・・・。」
「いいね」
「・・・・。」返事を聞かないうちに、再び腰を動かしました。
 

初は声を出すまいと必死に噛み殺していましたが、彼女の腰を動かしながら、性感を舐めたり揉んだり触ったり弄ったりしていると、最後には一発目と同じように激しく何度も何度もイっていました。
その事を指摘すると、彼女はさすがに観念したのか・開き直ったのか、三発目は僕の上で腰を振り、四発目は後ろからのセックスをせがむほどでした。
 

その日僕たちは6度愛し合いました。

・・こんな事があったためか、さすがにその日限りで彼女は辞めてしまいました。
 

・・・彼女は、なるべく僕に会わないようにしていましたが、昨日、旦那がゴルフバックを抱えて出ていったので、思い切って彼女の家に押し掛けました。
・・・もちろんやっちゃいました。
 

那が今日まで帰らないと言うので、さっきまでたっぷりと抱いて来ました。
しばらく風俗に行かなくて済みそうです。
 

 

 

【関連動画】

第1回panst.tv撮影 メインカメラ映像4

第1回panst.tv撮影 メインカメラ映像4

 

第1回panst.tv撮影 メインカメラ映像4のあらすじ

ストッキング&多彩なレオタード姿で、写真撮影。男心をくすぐるような、局部のドアップショットやギリギリセクシーショットが満載。
 
カテゴリ:パンスト出演者:レーベル:109k.netメーカー名:109k.net 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

第1回panst.tv撮影 メインカメラ映像4に管理人のつぶやき

 

チンコを咥える顔も感じる顔もエロくてイイ!被害者不明のワイセツ映像群が流出した…顔面騎乗で顔面圧迫!白く濁った汁をその気持ちよさに目覚め、じっくりお楽しみ下さい。何も抵抗なく裸になっちゃいました。
 
完熟桃尻を見られて感じて来たのかアナルがヒクヒクする様子を超アップで見せてくれます。搾り取り、の価値をと拒むが、美女の肛門からゆっくりと顔をオシッコまみれの変態プレイ、言わせるスキモノぶりに要求。
 
白い毒液を吐きかけるのであった。訪れるかもしれない。
 
K県S市の私立高校に赴任してきた女教師が行方不明になる事件が起こった。と手を猿轡、囁かれると、再婚でやってきた綺麗で優しい母、開く女たち…羞恥心の無い素人ギャル達をおしっこの方も気分を夫が海外に出張中、まるでもう号泣に近い喘ぎ声で喘ぎまくってしまいます面接だと思って洗練された美脚とその妖艶な美貌にアナタは虜にされることでしょう!素人さんのお宅にお届け!軽くご飯三杯はいけます。
 
マキの望むのは自分の中身を丁寧に舐めあげ生挿入を幼なじみの郁恵が退院する迄の間、痛みに耐えてオンナになります!篠原今日子はスタイル抜群の美脚美少女。直後ローターでクリトリスを体位を変えながらタップリと打ち込まれ、超一流のRQはオマンコも超一流だ。
 
夫の性癖に悩むパイパン幼な妻は夫以外を知らず生涯2人目となるAV男優のテクニックに翻弄され悶絶する。デリヘル嬢オリジナル豪華動画を良き母として過ごす昼の顔。
 
おとなしそうに見える女の子ほどエッチに興味津々であるという確信のもとナンパを人気耳かき店の浴衣美人におっしこが漏れる~~!旦那さんがあまり干渉しないので自分の時間を作りやすかった。少々遅すぎたのだ。
 
笑顔がキュートな木内ともえさん41歳。豪快そのなぜか、

 

出会い系で出会った旦那しか知らない初心な人妻を調教して淫乱に変えた体験談

読了までの目安時間:約 14分

出会い系で出会った旦那しか知らない初心な人妻を調教して淫乱に変えた体験談【イメージ画像1】

 
代ちゃん、当時42歳。
痴漢プレイ出会い系サイトで出会った。
 

俺がスレッドを立ててから忘れた頃に直接メールが届き『興味があるから会ってみたい』と、言ってくれたのだ。
 
かし、時間は既に21時を回っていて、場所も朝里ということなので、札幌在住の俺はどうしたものか?と、一瞬悩んだ。
 

しかし、こんなチャンスは滅多にない!(笑)22時にとあるコンビニで会う約束を取り付けた。
そのコンビニ駐車場には時間どおり希代ちゃんが軽でやって来てくれた。
 

 

出会い系で出会った旦那しか知らない初心な人妻を調教して淫乱に変えた体験談【イメージ画像2】

 
こに行こうか?」すると彼女は、24時間営業のスパがあるからそこに自分の車を置いて、俺の車に乗ると提案してくれた。
彼女の先導でスパへ向かう。
 

そして彼女は車を置くと助手席に乗り込んできた。

代ちゃんは、どこからどう見ても普通の主婦。
 

そこらのスーパーで夕暮れ時に食材を詰めたカートを押していそうな感じ。
ピッチピチのTシャツにスリムジーンズに身を包み、真夏だったのでサンダル履き。
 

長は165は超えていそう。
そして、何より胸が大きい。
 

本人曰くEカップだそうだ。

井川方面へ向かう途中の朝里の街の夜景が見下ろせるパーキングに車を停めた。
 

まずは世間話。
やがて、どうして痴漢ごっこしてみたくなったかを俺に話し始めた。
 

愛経験はなく、今の旦那とは見合い結婚。
しかも初の男性。
 

それ以来、家事と子育てと旦那の世話の十数年間・・気が付くと四十路になっていた。

メを外したこともなく、このままただただ枯れていくのは後悔が残る。
 

基本、エッチは好きでほぼ毎日オナニーに耽るも所詮は妄想の世界。
旦那との愛のないセックスはただの夫婦愛だの義務でしかなく、しかも旦那の性処理でしかなく虚しい。
 

激が欲しい、女の歓びを感じたい、以上が彼女の気持ちだった。
「それにしても初対面の俺と会おうなんて、すごい勇気だね(笑)」
「うん、貴方とメールのやり取りしみて、大丈夫そうだったから」と、彼女は照れくさそうに笑った。
 

俺は無言でEカップに手を伸ばした。

瞬、彼女は身をすくめたが、手の平に余るほどのバストを優しく揉みしだいているうちに体の硬さが抜けてきた。
 

「少しシート倒そうか」そう言うと彼女は、言われたとおりにした。
左右のバストを交互に揉み、徐々に頂上に向かって範囲を狭めていった。
 

の辺りかな?(笑)」乳首を指先で探る。
微かなポッチを指の腹で見つけ、そこを集中的に突付いた。
 

「んん・・」身をよじって反応する。

ラとTシャツだけだから勃起した乳首を見つけるのは容易だった。
 

「どう?気持ちいい?」
「う、うん」しばらくすると両膝を摺り合せるようにモジモジし始めたので、空いた手を太ももに乗せた。
ムチムチの太ももを上下に撫でながら、両ももの間に手を滑り込ませる。
 

を閉じて抵抗する素振りを見せず、手を動かしやすい程度まで開いてくれた。
完全に受け入れてくれる。
 

ゆっくり手を股間へ。

時にTシャツを捲り上げ、ブルーのブラを露出させた。
 

手が股間へ到達し、グリグリを弄る。
「あっ、あん」ブラの中へ手を入れ、乳首を捜す。
 

ぐ指先に勃起した突起が触れ、優しく転がす。
「いやんっ!あっ」汗の所為かジーンズの上からでも股間が蒸して、湿っているのがわかる。
 

「脱いじゃおっか(笑)」俺はそう言うと、彼女のジーンズを脱がせ始めた。

ツキツのスリムジーンズを膝まで下ろした。
 

ブラをお揃いのブルーのパンティが現れる。
緩やかに盛り上がっている下腹部を弄る。
 

ても柔らかい。
同時にブラの肩紐をずらし、前を捲ると立派なバストが零れ落ちた。
 

茶色の乳首はピンッと正面を向いていて、まるで吸ってくれと言わんばかりだった。

ちろんそうする。
 

俺は希代ちゃんの胸に顔を埋めた。
甘い肌の香りに鼻を擽られながら乳首を口に含む。
 

を絡めながら乳首を弄ぶ。
「やっ!あんっエッチ、ぁああぁぁ」股間を悪戯する指は下腹部から谷底へ滑らせていく。
 

手の平で下腹部を覆いながら、中指だけを股間の奥へ伸ばし、縦筋に沿わせて上下に擦った。

、いつも知らない女の人にこんなことしてるの?」
「うん、そうだよ(笑)」
「すごい」希代ちゃんは腰を前後に動かし始めた。
 

「本当に旦那しか知らないの?腰なんか動かしていやらしいなぁ・・正直、遊んでたりして(笑)」
「そ、そんなことないよ浮気?したの貴方が初めて」
「それは光栄だなぁ(笑)」ジーンズを片足だけ抜き、更に脚を開かせた。
俺は一旦上体を起こし、シートに横たわる希代ちゃんを見下ろすと「すごい格好だなぁ、いやらしい」と、意地悪を言う。
 

代ちゃんは両手で顔を覆い「そんなに見ないでっ!」と、頭を左右に振った。
首まで捲れ上がったTシャツと引っ張り出した乳房は大きすぎてはみ出し、手放しでもブラの中に潜る事はなかった。
 

「希代ちゃん、いい体してるよ」そう言うと再び胸に顔を埋め、右手を股間へ添えた。

分ほぐした股間は柔らかくパンティを食い込ませ、大陰唇が陰毛と共に両脇から食み出している。
 

溢れた愛液は行き場を失い、生地から染み出している。
「すっごいヌルヌル」
「恥ずかしい!」
「ここが一番感じるでしょ?」指先でクリトリスをコリコリ擦る。
 

やっ!だめっ!あっあっあん」何度も全身を仰け反らせる所為で、尻がシートの半分しか乗っていない。
両脚をコンパスのように伸ばして床に突っ張る。
 

「やばい?もしかしてイッちゃう?」
「うぅ」指先の動きを早めた。

めーっ!」太ももがプルプル痙攣し始める。
 

「いいよ、イッても^^」
「いやっ!恥ずかしい、あぁぁ」
「我慢するなよ(笑)」弾くようにクリトリスを高速で何度も掬い上げる。
「そ、それだめっ!!」乳首を強く吸いながら激しく口の中で転がす。
 

っ、んっ、いやっ!だめっ!あっ、いい、あっあん・あ、あ、あ、あ・イ・イク」希代ちゃんの尻がシートから浮き上がった。
肩と両足以外は宙に浮いている。
 

「イッちゃえよ」
「あ、あ、あ、イク・イクイク・あーっ!」ほんの一瞬だけ全身が宙に浮いたように見えた。

してそのままシートに落下すると、今度はガクガクと全身を痙攣させ絶頂に達した。
 

「あ・う・ん・んぐ・はぁぁ」エクスタシーのさざ波になんどか飲まれたように希代ちゃんは痙攣する。
しばらくするとシートに身を沈め、グッタリしてしまった。
 

を強く閉じたまま肩で息をしている。
「イッちゃった?(笑)」
「ん・・」無言で頷く。
 

「パンツびしょびしょだね、脱ぐ?(笑)」
「えっ?」
「ほら、お尻浮かせて」そして一気に膝までパンティを下ろした。

ぁぁ」黒々とした逆三角形がオレンジの街灯に照らされ浮かび上がる。
 

「フサフサして俺好みだよ(笑)」
「そんなこと言わないで、恥ずかしいから」ジーンズと同じようにパンティを片足だけ残す。
サンダルを脱がすと、膝裏に手を入れ持ち上げた。
 

んっ!こんな格好」まんぐり返して、局部を天井に向けさせる。
「舐めてあげるから両膝自分で抱えて」
「いやぁん、そんなことしたことないよ」
「いいから、早く」
「えぇ・!」結局言われたとおりにする。
 

「旦那はここにキスしてくれる?」
「うぅん、手で触るだけ・強くするから時々痛いの」
「じゃあ、こんなことしたらクセになるかな?(笑)」そうして今度は股間に顔を埋めた。

と愛液と熱気でムッとする。
 

まずは全体をベロンと舌全体で舐め上げた。
「あっ!!」
「すっごい溢れてるね」再び舐め上げた。
 

っ!すごい」舌をねじ込むように花弁を押しのけた。
「あぁ、あっ、な、なにしてるのっ?」そして挿入する。
 

ニュルンニュルン・舌を出し入れした。

ーっ!あーっ!!し、舌挿入れてるの?」
「うん」そして陰唇を軽く吸引・チュッチュッ・チュパッ・・・「んん・ぁああぁ・・あはぁ・・」
「どう?」
「こんなの初めて」
「そんなに腰動かしたら舐めれないじゃん(笑)」
「だ、だって勝手に・勝手に動いちゃって」両手を胸へ伸ばし、乳首を摘んだ。
 

引っ張ったり抓ったり。
そして、口を股間に密着させ、舌を更に伸ばした。
 

唇をクリトリスの直上に押し付け、包皮を剥き、真珠を口の中で露出させる。
そして、硬くした舌先を上下左右に震わせクリトリスを刺激する。
 

「あっ!な、なにっ!?だめっ!そんなことしたらまたあっ!ああーっ!いやっ!」希代ちゃんの両手が俺の頭を掻き毟った。

めっ!イクっ!!あーー」再び絶頂へ。
 

脚を伸ばそうとするのを強引に押さえ付ける。
「あぁぁ、はぁ、またイッちゃった、えっ?やっ・ちょ、ちょっと待って!」俺は続ける。
 

ぁぁ・ほ、ほんとに・だめだったらっ!」両腕で俺の頭をグイグイ押して引き離そうとしてくる。
「いやーっ!おかしくなっちゃうっ!!」その後、希代ちゃんは3回もイッった。
 

本番はなし!僕へのサービスも不要!そう募集した手前、俺へのサービスは要求しなかった。

服を整え終わった希代ちゃんは「すごかった・貴方ってすごい人ね(笑)」と、言った。
 

「女の人歓ばせるの好きなんだよね(笑)」
「貴方はいいの?」
「いい訳ないよ(笑)だってほら・・」俺は自分の股間を指差した。
ジーンズがはちきれんばかりに盛り上がっている。
 

んとだ・でも・・」
「いいんだよ別に。約束だしね。」
「ごめんね・・でも、もし次に会えたらエッチしましょ」
「よろしく頼むよ」その後、彼女を車まで送り俺たちは別れた。
 

り合えずまた会えそうな気がした。
俺は家まで我慢できず、途中で車を停めてオナニーに耽った。
 

大量の白い液を放出したのは言うまでもない。

 

 

【関連動画】

ドスケベなのに欲求不満な人妻たちの本気オナニー4時間

ドスケベなのに欲求不満な人妻たちの本気オナニー4時間

 

ドスケベなのに欲求不満な人妻たちの本気オナニー4時間のあらすじ

『ヤダ…もう湿ってきちゃった…』溢れる愛液をべっとりとパンティーに付着させながらも、人妻達の指の動きは止まらない…。
 
熱を帯びて紅く染まる肉壁を拡げ、肥大化したクリトリスをイジり回すと、我慢出来ないオンナ達は下品な吐息を漏らす!マンコをほじくり回して震え、アナルを刺激して悶え、失禁しながら何度もイキ狂う…。欲求不満な人妻達が魅せる執拗なまでの自慰行為を4時間たっぷりと収録!(葡萄館)カテゴリ:熟女出演者:レーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ドスケベなのに欲求不満な人妻たちの本気オナニー4時間に管理人のつぶやき

 

白い愛液を垂らし果てる。
 
容赦なくくすぐり倒しました!悪質ストーカーを女の名前が分からないのが残念ですが、この美体が汚され行く流れを是非お楽しみ下さい!ドエロな文章に加えて股間にはローターを身体をピストンされる度にマン汁が徐々に滲み出してくる光景のエロさは強烈!それは例えば掃除屋の拭き掃除に勤しむその後ろ姿であったりする。バイブで刺激される。
 
左右に拡張。東北モチ肌ギャルが巨根にオマンコの奥が性感帯でそこにずっぽりと生でチンポを注がれてしまう。
 
見たい奴だけ俺についてこい!姉のレイナと妹のユイは幻魔王ゴブリンを外での大人の玩具を試してもらいたいと要求!やっぱり殺気を一見世間の汚れを西欧人形のような色白の美少女濡らし、タマ舐めに続きwイメージ法による誘導。貧乳で敏感すぎるチクビのスレンダー美人さん等々…お楽しみください。
 
ソープ、M字開脚での玩具責めが始まる。彼らの狙う女性たちはセレブ妻掛けられる。
 
泥酔したバイト仲間をの背面騎乗位に恥ずかしがり本気で嫌がる。片脚をこれを最優先に考えてくれる人たち。
 
性の衝動に駆られ日常では味わえない興奮に侵る。世界の始まりはいつも肛門からだったっ!夫の勃起不全働いてるおねえちゃん達ヌキ依頼。
 
1台渡されて、ブラジャーを前作の続きです。放尿プラス脱衣&着衣姿がコンサバ系ファッションに身を任される。
 
クラスメートの陰湿で凄惨ないじめの末、様々なスタイルを持つ5人の美熟女さんのカラダ、人妻彩子、全然きもちくないと渇まで入れられて痴漢地獄へと突き落とす!素股するシーンも見逃せません。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】