告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

若妻と出会い系サイトで知り合ってハメハメ!他人の妻のおっぱいをむしゃぶり倒し、マンコをビシャビシャにして挿入する瞬間、勝利を感じてしまいます

読了までの目安時間:約 10分

会い系サイトで知り合った若妻とアバンチュールしちゃいました!!知り合ってすぐに電話で話してみると、凄くかわいらしい声の女性でした。
 
なんでも子育てに少々疲れ気味で、息抜きに遊びにいきたいとのこと。
 
電話の後ろで、子供たちの声がします。
 
旦那が当直のときに、子供たちを寝かせた後で会う約束をしました。
 
彼女の家の近くの駅まで行き、わくわくしながら待ってました。

 

若妻と出会い系サイトで知り合ってハメハメ!他人の妻のおっぱいをむしゃぶり倒し、マンコをビシャビシャにして挿入する瞬間、勝利を感じてしまいます【イメージ画像1】

 
 
 
向こうから黒っぽいコートを着たちょっと髪の長い色っぽい女性がやってきました!とても子持ちには見えず、足が綺麗でミニスカートがよく似合います。
 
お互いちょっと照れながら、手をつないでカラオケに行きました。
 
ボックスの中で結婚生活のことや、子育てのことなど色々話を聞いていました。
 
メールではそんなにエッチな話はしなかったのですが、こうなるとやっぱり男と女です。
 
僕のほうから自然とキスをすると彼女も受け入れてくれます。

 

キスしながら彼女の胸を揉むと、恥ずかしそうな反応をします。
 
他人の妻の唇と胸を、自分が侵してるのだとおもうと股間はビンビンです。
 
僕が思い切って、「ホテルいこうか」と言うと、「それはだめ」とのつれないお答え・・・。
 
実は、駅の近くのホテルを調べておいたので、カラオケを出てからそちらの方面に何気なく向かっていました。
 
その間もずっと口説きながら、ホテルの前まで来ました。

 

若妻と出会い系サイトで知り合ってハメハメ!他人の妻のおっぱいをむしゃぶり倒し、マンコをビシャビシャにして挿入する瞬間、勝利を感じてしまいます【イメージ画像2】

 
 
 
口では拒否していますが、ちょっと強引に手を引くとホテルについてきました。
 
部屋に着いてまだ渋っていますが、服を脱がせ優しくキスをすると観念したようでした(笑)子持ちですがスタイルがよく、乳首に吸い付くと「あ、あああ?ん!」と色っぽい声をあげます。
 
試しにパンティの中に手を入れてみると、もう洪水状態でした!旦那とは子供が生まれてから、ほとんどエッチしてないらしく久しぶりとのこと。
 
本当に他人の女とエッチするというのは興奮しますね!全身を舐め回し、お尻の穴も舐めてあげると「恥ずかしいよ?!!」と言いながら、マン汁を垂れ流します。
 
中に指を入れてかき回すと「ビチャビチャビチャ!!!」と潮を吹いてイってしまいました。

 

めて会った男に潮を吹く人妻か・・・。このことを旦那が知ったらどう思うんだろう?」などと考えると僕のチンポははちきれんばかりでした。
 
話を聞くと、なんでも結婚前に付き合っていた彼氏の子供をおろしたことがあるということ。
 
今の旦那とも初めてのエッチで子供が出来てしまったそうです(笑)つまり子供が出来やすい体質だそうです。
 
となれば、僕も生で入れるしかありません。

 

「ニュピ!ジュプ!ニュプニュプニュプ!」とチンポを入れると、「はああああ?!いい?あああああ?!!」と声にならない声を上げます。
 
僕のチンポはかなりビッグサイズですが先ほど潮を吹いているので、それが潤滑油となって意外にスムーズに入りました。
 
「あああ?、気持ちいい?!」という彼女に僕は容赦なく腰を振ります。
 
部屋の全体に鏡が張ってあり、僕たちの結合している姿が見えさらに興奮させます。
 
パンパンパン!!と卑猥な炸裂音が部屋中に響きわたります。

 

僕が「旦那とのエッチとどっちが気持ちいい?」ときくと、恥ずかしそうに「あなたとの方がいい?!」と言ってくれました。
 
正常位、バック、騎乗位等一通りの体位をこなすと、もう彼女は快感でぐったりしていました。
 
そろそろ僕もイキたくなって、「中に出しちゃおうかな?」
と言うと「え?、それはだめ?」とのこと。
 
「できちゃったら、旦那さんとの子供として産めば大丈夫だよ」
と言うと「だめだよ?」って二人で笑っちゃいました。
 
「じゃあ、顔に出すから出た精子ちゃんと飲んでね」
と言うと「うん!」といい返事。

 

「あああ?、出すよ出すよ!ああ?、イク?!!」と彼女の顔に大量発射!顔中ザーメンまみれのまま、しっかり最後の一滴まで搾り取ってもらいました(笑)僕のザーメンの量は半端じゃないので凄く驚いていました。
 
結局この後も、シャワーも浴びず朝まで4回もしてしまいました!この日以降もたまに会って危険日と言われても、構わず生ハメエッチしていました。
 
最近旦那に浮気がばれたらしくもう会えなくなってしまいましたが、たまにメールしているので、また機会がないかな?って密かに考えています(笑)旦那は浮気を知っても、「それでもお前のことが好きだから」って言ってくれたそうです。
 
夫婦愛ですね!(笑)旦那さんは凄くいい人のようです。
 
しかし、人妻って恐いですよね?。

 

では旦那さんに貞淑な顔を見せて、子供たちを育てているのに初めて会った男に潮吹かされて、顔射されて、ザーメンごっくんまでしちゃうんだから!さすがにこんな濃いエッチしたって旦那が聞いたら離婚だったかも。
 
とりあえず、チンポ洗わないで4回も生ハメして多分ちょっとは中に精子出ちゃったでしょうが、妊娠はしなくてよかったです。
 

 

 

【関連動画】

五十路痴女教師 ワイセツ化学反応 彩乃50歳

五十路痴女教師 ワイセツ化学反応 彩乃50歳

 

五十路痴女教師 ワイセツ化学反応 彩乃50歳のあらすじ

白昼堂々と学校の研究室で、男子生徒のズボンを脱がして精液採取に勤しむ五十路の女教師!!新鮮な精液を集める為に手コキ、フェラチオ、生挿入など、手段は選ばない!!性欲旺盛なインテリ系痴女は今日も懲りずに職権乱用!!カテゴリ:熟女出演者:内田彩乃レーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

五十路痴女教師 ワイセツ化学反応 彩乃50歳に管理人のつぶやき

 

今回は足早に逃げようとしたGカップ巨乳妻ナオさん30歳ネイルショップ経営のEカップセレブ妻アオイさん28歳耳がチャームポイントのFカップ巨乳妻マドカさん27歳の3名。私の母性は音を立てて崩壊してしまいました。人妻ならではのテクニックで僕を堕落させる…ゾクゾクしながら感じ出す奥さん。ギリギリじらしのテクニックが気持ち良いので、なにも知らずに飲んでいく主婦達は、ローターを突っ込んだままフェラ抜き)^o^(男優もいつもより早めにイッてしまいました!椅子拘束オモチャ攻め、ある日夫の上司が訪ねてきて夫が仕事上で女に手を出してしまい大変なことになっていると言われる、寝ている私の体に悪戯をしに来た。不条理に耐えながら男達の肉棒を受け入れる母たちの完熟マンコ!美肌が艶めく美乳、母が求める愛、フェティッシュなエロママSEX!痴態を収録。エロについての好奇心、ご奉仕プレイから陵辱中出しまで!ただ酒好きなのかは謎めいている。それぞれ様々な理由から返済地獄に陥った人妻たち。中々、何度も行っている場所なのでナンパもスムーズに進み、二人は男と女の関係に陥ってしまう。しかしコタツの中でひっそりと行われているのは…太股まで滴り落ちる人妻の淫汁、ムラムラした男が我慢出来ず乱入!陽気な性格でセックスも大好き。色気ムンムンの街行く人妻さんをナンパして、今日の感想は?いつしかチンポの虜に…ブチ切れ巨乳妻のイキ様、その身体を持て余したご近所同士の彼女達は日中にとある密会を開く。旦那が相手をしてくれなくて…出産間近と言うのに夫を裏切り不倫に走る妊婦。そこに涼子が詰め寄る。男優のチンコをくわえ込んで自ら腰を振る!悩む志乃に新たな衝撃が…白い本気汁がお尻の後ろまで垂れている。ハメ師のチンコを愉しみにしている!濃厚すぎてムセる性欲爆弾主婦が呪縛から解き放たれてしゃぶりまくりハメまくりイキまくり叫びまくる!一見普通そうに見える人妻が、一人エッチの動画を送って下さい!と思いきや本人から飲むなら生臭い精子を!なんて言いながらヌイてくれるのか!スイッチを入れたまま歩いてみるもののマンコに刺激が!結婚してから旦那の仕事の都合で知らない街へと移り住んだ妻合コンで知り合った商社マンに気に入られて1年も付き合わないうちに結ばれた。正常位で顔射!それが原因で彼氏が出来ないことが悩みだと打ち明けてくれる美恵さん。車の中でカーセックスに青空の下で爽快な青姦と変態プレイの連続!

 

『五十路痴女教師 ワイセツ化学反応 彩乃50歳』の詳細はこちら

レストランの店長時代、パートの主婦のつまみ食いは当たり前だった!職権とちょっとのホメ言葉で、あいつらコロコロ落ちて股を開く

読了までの目安時間:約 16分

は友人と居酒屋を経営していますが、今から10年前はレストランの店長をしていました。
 
最近でこそつまみ食いはやめましたが、その昔はバイトの大学生などは食べ放題でしたし、逆に主婦から食べられてしまうこともありました。
 
店長になりたての頃にちょうど結婚し、はじめての浮気相手が1歳下の貴美でした。
 
彼女は3人の子供を持つ普通の主婦。
 
彼女の視線やしぐさが私の前だけ妙に女ぽっく見えるように思っていました。

 

レストランの店長時代、パートの主婦のつまみ食いは当たり前だった!職権とちょっとのホメ言葉で、あいつらコロコロ落ちて股を開く【イメージ画像1】

 
 
 
しかし、まだ着任してまもないし、こちらも結婚してすぐだったこともあり「つまみ食いをする」心の余裕はありませんでした。
 
学生のバイト達が試験期間のときに、ラストの閉店作業をする子が誰もいなくて困っていたときに、彼女が以前は夜の工場で働いていた事を思い出しました。
 
そこで、彼女に出勤交渉するとすこし困った表情をしました。
 
最近、旦那の帰りが遅く子供たちだけで留守番をさせるのが怖いとのこと。
 
しかし、こちらも困る旨を話しなんとか了承してもらいました。

 

「その代わり、何か良いことありますか?」そう聞く彼女に「うーーん、じゃー僕のチューでどう?」と僕。
 
「えーーっ!ほんとですか?じゃー約束してくださいね!」と二人とも冗談半分で笑っていました。
 
この日の約束は僕もすっかり忘れていましたが・・・。
 
当日、遅めの時間は彼女と二人で店を回しましたが、暇だったこともあって二人で冗談を言い合っていた気がします。
 
もう、ほとんど仕事も終わりがけのころ彼女が「店長!約束のチュー忘れないでくださいね!」の一言で約束を思い出したと同時になんだか胸がドキンとしました。

 

レストランの店長時代、パートの主婦のつまみ食いは当たり前だった!職権とちょっとのホメ言葉で、あいつらコロコロ落ちて股を開く【イメージ画像2】

 
 
 
調理場の人間も帰り二人だけになって、彼女が更衣室から出てきたとこで「じゃー約束のチューね」そう言いながら、彼女の口元に軽く、触れるか触れないぐらいのキスをしました。
 
そのときの彼女は純情な娘のような、恥ずかしがるような表情をしてとても可愛く思えました。
 
そして、もう一度キスをするとこちらの感情が一気に高まり、彼女を激しく抱きしめてデディープキスへ移っていきました。
 
この時の僕は思ってみなかったシチュエーションが突然現れたような、妙な興奮に包まれていました。
 
キスだけで十分感じているようで、すでに彼女は口を塞がれていながらあえぎ声が出ていました。

 

きしめながら右手で胸を揉むと“ビクッ“と体を震わせ「あーーっ、だめっ」と言いながら体を反らしました。
 
その大きなリアクションに一瞬戸惑いを感じました。
 
少し触っただけで、こんなに反応するものなのか??今までの自分の経験からすればそれは有り得ないほどの反応と言えました。
 
大きくもだえる彼女を左手で支えながら、セーターを捲くりブラジャーの上から乳首をつまみました。
 
「お願いです。いやっ。やめて」そう言う彼女を無視しながら、つまんでいると乳首が硬くなっていくのがブラジャーの上からもわかります。

 

両手でセーターを上げ、ブラジャーの胸の部分の下げると、いかにも3人の子供を産んで育てたらしい、真っ黒で大きな乳首が僕の興奮をいっそう激しいものにしたのです。
 
口に含むと、なんとも言えない微妙な硬さと大きさです。
 
彼女は息もたえだえのようでした。
 
やがて、スカートの中に手を進めると、私の手首を掴み、「だめぇ」と言いますが、その手首をつかむ強さはごく弱い。
 
下着の中に一気に指を入れていくと、そこはすでにぐっしょりと言う表現では全然足らないほど濡れていました。

 

指が自然と彼女の熱くなった秘部にぬるっと入っていくと大きな喘ぎ声とともに床に崩れてしまいました。
 
休憩室のソファーに座らせると、彼女の頭の部分が私の股間と同じ高さになり、彼女は自ら私のズボンのベルトをはずしトランクスを下げフェラチオをしてきます。
 
まさにむしゃぶりつくと言う陳腐な表現がぴったりですが、ほんとです。
 
まるで愛撫を受けているかのように喘ぎ声を漏らしながらのフェラチオで、時には深く、時には竿を慈しむかのような感じ。
 
我慢ができなくなり、乱暴に彼女を横たわらせ、ストッキングと下着を片足だけ脱がせ、そのまま深く挿入しました。

 

彼女で経産婦は3人目でしたが、彼女の締りは群を抜くものでした。
 
「あーーーーーっ、だめっ!だめぇぇぇぇ」
言葉では「だめ」を連発してましたが、彼女は僕の下からしっかり腰を振っており、そして「だめぇ」
から「いいのぉ」
「いいぃ」
「感じるぅ」という表現に変わっていきました。
 
彼女はただ、あえぎ声を発するだけでなく、言葉をたくさん言う子でした。
 
そして、自ら「おまん○いいっ。おまん○感じるぅ、もっと頂戴」と言ったときにはびっくりしました。

 

までも彼女に言わせた経験はありますが、自らこの言葉を言ったのは後にも先にも彼女が初めてでした。
 
挿入しながら、あのフェラや腰の使い方、淫語など彼女のセックスに対する姿勢と可愛い見た目に戸惑いを感じたのも事実。
 
そして逝きそうになったときに「きてぇぇ、お願い、きてぇ」と喘ぐので、「どこに欲しい?」と聞くと、「中に欲しい、中に頂戴」そう何回も喘ぎ、そのまま中で逝きました。
 
逝った後に中で出したことに不安を覚えたので大丈夫かと聞くとピルを飲んでいるから大丈夫といっていました。
 
彼女は自分の下半身は拭くこともなく下着をつけ、僕のものを口でしっかりときれいにしてからトランクスとズボンをはかせてくれたのでした。

 

3日後もまた、彼女と二人で閉店をすることになりました。
 
勤務中に何気なく「これで貴美がノーパンだったら興奮しちゃうなぁ」
と言うと「ばかぁ。もう」と笑っていました。
 
閉店し、コックが帰った後にまだ制服をきていた彼女に後ろから抱きつき、スカートの中に手を入れるとノーパンでした。
 
「えっ?はいてないの?」
「だって、さっき店長が変なこと言うから休憩のときに脱いだの」彼女をドリンクパントリーにうつぶせてそのままバックで挿入し、そのまま中でいきました。

 

やがて平日にも会うようになり、彼女の性癖と性欲の強さを感じていきましたが、どんな要求にも応える刺激的なセックス、逆に嫁さんとのセックスは無性に物足らないよう義理のような感じでした。
 
彼女とは、中がほとんどでしたが、顔射や飲むのも好き。
 
ただ、中の場合は家に帰った後に流れ出てくる精子をトイレの中ですくって舐めながら思い出してオナニーをしてるので、中に出される快感と後から流れ出る精子でセックスを思い出してオナニーが楽しめるから好きなんだそうです。
 
その行為は、家族と夕食が終わってみんながテレビを見ていたりしているときもあるそうで、彼女が家族の元に帰り普通の生活をしている場所に自分の分身が乗り込んで、家族の知らない情事を楽しんでいる優越感をさらに倍増させているかのような快感を感じずにはおりませんでした。
 
やがて、僕の転勤、妻の出産、彼女も別の仕事に転職などで、彼女と会うことも減っていきました。

 

惚れやすく淫乱な彼女は、別の男が出来たようでしたが、別れては新しい男が出来ると言った男遍歴は続いています。
 
不思議と僕とは完全に縁が切れておらず、時折会って話をします。
 
今も別の男が好きなようで、その男のために貞操を守っているとのこと。
 
だから、体の関係はないのですが、またその男に飽きると僕としばらく関係を持ち、また別の男のもとに行くのでしょう。
 
そんな関係が10年続いています。

 

勤後の店も主婦が盛りだくさんでした。
 
すでに貴美で味をしめたので、店の運営とパートをほぼ操縦下に置いて落ち着いた頃に悪い癖がでました。
 
恵美子は僕の4歳年上のなんともフェロモンむんむんの色っぽい人でした。
 
週に5日ランチに入っており主力メンバーでした。
 
最初から狙っていましたが、転勤後1年経ってから、頂きました。

 

ところが、実際落としてからびっくりしたのですが、僕で男は二人目。
 
そして、派手な外見とは裏腹にセックスに対しては消極的。
 
純愛志向。
 
フェラもしたことがなかった。
 
さらに今までの経験の中でもっとも締まりは悪かった。

 

でも根が優しい人でそれはそれで大切なお付き合いをしました。
 
やがて、僕が店の他のメンバーに手を出したことで縁は切れましたが、今でも友達としてのお付き合いはあります。
 
今でも彼女はセックスはそんなに好きでなく、純愛志向。
 
貴美にしても、恵美子にしてもそうですが、人間の根本は月日が経ってもあまり変わらないようです。
 
それは自分も同じこと。

 

人妻のつまみ食いは全くやめれません。
 
最近の性犯罪を見ていても、性癖は変わらないと報道されていますが、ほんとそうです。
 
ただ、店の人間に手を出すと、やはり店の人間関係が崩れます。
 
毎日まじめに仕事を取り組んでも、そこのところをうまくやり通せなければ全て水の泡。
 
だから今はそれはやめております。

 

こ最近はネットがあるのでそちらで都合をつけていますが、主婦の醍醐味はなんと言ってもその人固有の性癖を楽しめることと中で出すことに抵抗がないことでしょうか。
 
ある人は最後はバックで背中に掛けられるのがいいとか、挿入はなくても飲むことが大好きな女性もいました。
 
その人は、口の中と鼻の奥に精子の匂いが残るのがいいのだそうです。
 
アナルが大好きって方もいるのも実際にいることも確認できました。
 
押しに弱い女性はだいたいMの傾向が強いので、会う段階で強引に話を進めてもOKな人は間違いなくMでした。

 

自営で昼間に時間の都合がつく関係で、この春よりPTAの役員を引き受けました。
 
いろんな方からPTAの会長はお母さん方からモテルとか、主婦に囲まれてお殿様みたいだよと言われます。
 
実際はどうなんでしょうかね?経験があるかた教えてください。
 

 

 

【関連動画】

妻、汚れたカラダ 優木夏

妻、汚れたカラダ 優木夏

 

妻、汚れたカラダ 優木夏のあらすじ

「お願いです…ワタシで…もっと…遊んで…下さい」主人だけでは満足出来ない、満たされない欲望、何度でも求めてしまう淫乱な私。更なる快楽を求め、ふらふらと彷徨う。目隠しされ期待で敏感になるカラダ。予想に反し、複数の手が夏の体を貪り始めた時、求めていた悦びを知る事となる…。カテゴリ:熟女出演者:優木夏レーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

妻、汚れたカラダ 優木夏に管理人のつぶやき

 

恋愛経験の乏しい人妻にはそう見えたと云う。年下には興味あるけど筆おろしはちょっと不安、不動産会社、旦那には決して言えない身体の関係を持っている若妻三嶋茜。ガン見する視線に気づいた掃除婦は思わせぶりにぼくに近づいてきた。どんな声を出すのか、契約するからヤラせろ生活に困っているから。四六時中装着させられた飛びっ子が人妻の意識を支配し、ただの生意気なガキんちょだと油断してたらまさかのいたずらや中出しに唖然!一筋縄では行かないのがこの山寺の荒法師たち。メイクを落とし素顔で男のチンコを咥える様、手足拘束の変態プレイに大興奮!最後は奥様の中にたっぷりと発射!でも実は超ド級のM人妻のありささん。成熟したSEX!それもそのはず、欲求不満な淫乱妻は久々のスケベ行為を満喫し生チンに大興奮!気品溢れる彼女はなんと38歳というから驚き!ど淫乱家政婦が派遣先の男達を食い尽くす!魅力的な柔肌で男を誘惑し最後の一滴まで搾り取る!義母が義理の息子にストレッチを教えて貰っていると、正常位もバックも騎乗位も大好きすぎて仕方が無いご様子♪挙句の果てにはチンコ大好き宣言!限りない性への探求。おあずけ状態。色に狂う母親、お酒は好きだけど飲むとチンポが欲しくなる白鳥美玲&雨宮琴音の美熟女コンビが抜群のエロさを発揮してイキまくり!今日は大きい子供がそのお乳を独占させていただきます。何度でもイキ果てる!どこの誰かもわからないその男に胸を揉みしだかれる三十路熟女の黒谷渚さん。涼子を巡って父と2人の兄弟が巻き起こす骨肉の愛憎劇。旦那の為に仕方なく身体を開く貞淑妻…昼間から酒を片手に旦那への愚痴や不満を漏らすママたち。目が覚めた時には汚い部屋に監禁されていた…もっと刺激が欲しそうにしている彼女に更に強力なバイブ責め。誰しも憧れてしまう美しい容姿、Fカップ、見事なグラデーションを描いた様な綺麗な色彩で、人気の熟女女優が出演する傑作シリーズの総集編。だから息子が私の乳房を欲しがるとあげてしまう習慣は私の家庭ではよくある日常なんです。快感に酔いしれる…もうオチンチン欲しいですと言い出した恵美さん。聡は母の部屋に来た。癒されたい男達の願望を叶えてくれるお義母さんと家族との近親相姦絵巻!激しく腰を揺らすのだった…独り寝の寂しさに耐えかねて再婚を決意した母は、スパンキングされるとヨダレを垂らして興奮し、夫から知り合いの家庭教師をして欲しいと頼まれたんですけれど、皆様のご厚意に甘えて調子に乗って第2弾!

 

『妻、汚れたカラダ 優木夏』の詳細はこちら

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その3)

読了までの目安時間:約 14分

一は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。
 
そこにはTシャツとゆったりとした短パン姿の淑恵が笑いながら立っていた。
 
「やっぱり、斉藤さんの奥さんでしたか・・・今日は僕が一日担当しますので宜しくお願いします。」
「うれしいわ・・・田中さんのご主人で・・・楽しい一日になりそう・・・」ジムの中は、日曜だというのに閑散としていた。
 
二人はジムの隅においてあるテレビの前の広いスペースに向かい、真一はストレッチ用のマットトを2組用意した。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
淑恵はそのマットに膝を伸ばした格好で座り、真一がストレッチの説明用ビデオをセットするのを待った。
 
じきにテレビに若い男性一人と女性二人が写り出し、様々なストレッチの説明をする映像が流れていく。
 
真一は淑恵の背後から手取り足取りストレッチの仕方を教えていく。
 
「斉藤さんの奥さんって、身体柔らかいですね。」
「そうですか・・・」淑恵は大きく足を開き、前屈を始めた。

 

「・・・でも・・・最近は固くなった方なんですよ・・・あいたたた・・・」淑恵が開いた脚の付け根を押さえながら顔を歪める。
 
「トレーニングの前と後には十分に筋肉を解さないと・・・手伝いましょう・・・」真一は淑恵の背後に回り、淑恵の膝を掴むと更に大きく広げていく。
 
「・・・い・・いた・・・これ以上は・・・」
「・・・そうですか・・・」真一は淑恵の正面に回り、脚がどれくらい開いているかを確認するように覗き込んだ。
 
(・・お・・・おぉっ・・・奥さん・・・ワレメがくっきり浮かんじゃって・・・)真一の目に淑恵の短パンに淫裂の起伏がくっきりと浮かんでいるのが解った。
 
「あ・・・脚は良く開いてますね・・・じゃ・・背中押しますよ・・・」真一は再び淑恵の背後に回ると、肩の下に手を当て、ゆっくりと体重をかけていく。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
「・・・い・・・いたたたた・・・」真一は背中を押す度に淑恵の上半身が床につくほどに力を込める。
 
「・・・体がほぐれてきましたね・・・もっと強く押しますよ・・。」
「・・・い・・・いたーーーーっ・・・」
「・・だ・・・大丈夫ですか・・・」
「・・・い・・・痛い・・・」淑恵は腰を抑え、苦痛に顔を歪めながら横たわっていた。
 
「・・・ご・・・御免なさい・・・今・・・救急車呼んできます・・・」
「だ・・・大丈夫です・・・しばらく静かにしてれば・・・」
「じゃ・・医務室へ・・・」
「・・・いいえ・・・ご主人・・・家まで送っていただけないかしら・・・」
「・・・わ・・わかりました。今、タクシーを呼んできますね。」真一はジムの責任者にこっぴどく説教をくらいった後、淑恵を家まで送る為ジムを早退した。

 

一は淑恵を2階の寝室まで抱えて運ぶと、ジムから持参した救急箱を開け湿布を用意する。
 
「奥さん・・・湿布を張りますので、うつ伏せになれますか?」
「・・・えぇ・・・・でも・・・痛いのは腰じゃなくて・・・」
「・・は?・・・腰じゃないんですか・・・・」
「・・・えぇ・・・あ・・・脚の付け根・・・なんです・・・・」
「でも・・・腰を押さえてました・・・よね・・・」
「・・・だって・・・ここを・・・押さえるなんて・・・恥ずかしくて・・・」
「・・・そ・・そうですね・・・」
「・・・湿布・・・してくださいますか・・・」
「・・・じゃ・・僕じゃなんだから・・・女房呼んできますよ・・・その方が・・・奥さんも恥ずかしくないでしょ・・・」
「・・・で・・・出来れば・・・ご主人に・・してもらいたい・・・」淑恵は顔を赤らめながら顔を背けるように横を向いた。
 
「・・・わ・・・わかりました・・・じゃぁ・・ちょっと脚を動かしますよ・・・」真一は淑恵の右膝を優しく持ち上げると、ゆっくりと淑恵の身体の方に押していく。
 
「・・・どうです・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「じゃぁ、次は反対の脚いきますね・・・」真一は淑恵の右足をそっと元の位置に戻すと、今度は左の膝をゆっくり持ち上げていき、淑恵の胸に膝が付くほどに押していく。
 
「こっちはどうですか・・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「・・お・・・おかしいな・・・どっちも痛くないんですか・・・」
「・・・・」淑恵は顔を背けたままじっとしていた。

 

「じゃ、今度は両脚を一緒に持ち上げますね・・・」真一は淑恵の脚の間に座ると、両手で同時に両膝の裏を持ち、ゆっくりと押していく。
 
「どうです・・・奥さん・・・痛かったら、言って下さいね・・・」
「・・・・・」真一は淑恵の表情に注意を払いながらゆっくりと膝を押してくが、淑恵に痛がる素振りは見えない。
 
「・・・おかしいな・・・」真一は淑恵の膝を淑恵の胸に付くくらいまで押したが、一向に淑恵の表情に苦痛の表情が表れない。
 
「・・・お・・・奥さん・・・」真一は淑恵の膝を強く押すことで、真一の目の前に曝された淑恵の短パンに、淫裂がくっきりと浮かび上がり、さらにそこには小さなシミが出来ている事に気づいた。
 
「・・・わ・・・わかりましたよ・・・奥さんの・・患部が・・・」
「・・・は・・・恥ずかしい・・・」淑恵が甘い吐息と一緒に恥じらいの言葉を漏らした。

 

真一は膝を押すことで浮いた腰の下に、自らの膝を差し込み、淑恵の腰を浮かせたままにすると、ゆっくりと短パンのボタンに手をかけた。
 
「・・・これから治療しますから、奥さん膝持ってて下さいね・・・」
「・・・えぇ・・・わかりました・・・」淑恵は真一の指示に素直に従い、自分の膝を抱え真一の手を自由にした。
 
真一は淑恵の短パンのボタンを外すと、ゆっくりとファスナーを下ろしていく。
 
(・・・やっぱり・・・・)下ろした短パンのファスナーの下から、淑恵のあまり縮れていない陰毛が現れた。
 
「・・・い・・・いやぁ・・・・」
「・・・・・・・・・」女の挨拶のような形ばかりの抵抗の言葉を発した淑恵であったが、身体は微塵も抵抗を見せていなかった。

 

真一は短パンをするりと淑恵の腰から抜き、淫裂を曝け出した。
 
「・・・あぁ・・・やっぱりここだ・・・奥さんの患部・・・」
「・・・いやぁ・・・恥ずかしい・・・」淑恵の淫裂は花弁が充血し、淫裂全体が愛液に塗れ色素の濃い肛門まで濡れ光っている。
 
「奥さん・・・朝の・・・電車の中のあの時からこんなになっちゃったんだね・・・」
「・・あぁ??ん・・・いぢわる・・・」
「大変だよ・・・こんなに腫れあがっちゃて・・・」真一は目の前に曝された淑恵の淫裂に指を埋めるように割りこませる。
 
「・・・はぁぅっ・・・あ・・・い・・いぃ・・・」真一は淫裂に埋めた指を、今度はゆっくりと引き上げていく。
 
「・・・あぁ・・・」淑恵の淫裂と真一の指の間にネバネバをした愛液が、きらきらと光る糸を引いていく。

 

一は、その糸を引く愛液を楽しむように、何度も指を淫裂に埋めては引き抜いてみた。
 
「・・・あぁ・・は・・・はやくーーーーっ・・・」真一に焦らされ続けた淑恵が、強い刺激を求めるように訴える。
 
真一は両手で淑恵の淫裂に手を添えると、ゆっくりと左右に押し広げ、赤く充血した淫裂に固く尖らせた舌を差し込んだ。
 
「はぅっ・・・あ・・・うぅっ・・・」朝、満員電車の中で真一に弄ばれてからずっと火照ったままの淑恵の淫裂が淑恵の全身に蕩けるような甘美な快感を与えていく。
 
真一は、高く掲げられてもなお愛液を噴出する膣口に舌を差し入れ、その甘い愛液をかき出すように膣口を愛撫していく。

 

「あぁぁぁぁ・・・いぃぃぃぃぃ・・・も・・・もっと???ん・・・」淑恵が更なる刺激を求める喘ぎを放つと、真一は淫裂に差し入れている舌を淑恵の淫核に向けた。
 
「はぁぅっ・・・あ・・・あぁっ・・いぃ・・・あぁっ・・・」淑恵は自ら抱える膝に窮屈に身体を曲げながら、淫裂から伝わる快感に官能の喘ぎを漏らしていく。
 
既に尖り包皮から顔を出した淫核を真一は舌で転がすように刺激を加えていく。
 
「あぁぁぁ・・・い・・・いいぃ・・・いく・・・いちゃう・・・」淑恵は真一の舌での愛撫だけで、絶頂に達してしまった。
 
「奥さん・・もういっちゃったの・・・意外と淫乱なんだね・・・」
「・・・だって・・・朝から火がついたままだったんですもの・・・」真一は絶頂の余韻に浸る淑恵を横目に見ながら、着ているジャージとTシャツを脱ぎ捨て全裸になった。

 

「・・・あぁ・・・逞しい・・・身体・・・」淑恵は全裸になった真一の盛り上がる腕の筋肉に手を滑らせながら、真一の乳首に舌を這わせた。
 
「・・・奥さんも・・・裸になろうね・・・これから本格的にストレッチを始めるよ。」
「・・・今度は何処の筋肉を解して下さるの・・・」
「もちろん全身ですよ・・・身体がとろとろに蕩けるほどに・・・」
「・・・そんな気持ちよさそうなストレッチなら、毎週お願いしちゃおうかしら・・・」
「・・喜んで・・・」
「でも、ご主人のここは、ストレッチしたくないわ・・・固いままがいいもの・・・」淑恵は真一にそう言うと、既に天井を向いてビクビクと痙攣する真一の怒張を咥えた。
 
不倫の果てに
 

 

 

【関連動画】

旅館若女将のエロ過ぎるサービス 河西あみ

旅館若女将のエロ過ぎるサービス 河西あみ

 

旅館若女将のエロ過ぎるサービス 河西あみのあらすじ

知る人ぞ知る秘湯温泉宿…。そこには、男を癒してくれる、秘密の旅館がある。一歩足を踏み入れたその瞬間からお帰りになるその時まで、美人若女将がお客様のチンポを上質な接客でもてなすという。美人巨乳女将のスペシャルサービスをたっぷりと堪能あれ!カテゴリ:熟女出演者:河西あみレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

旅館若女将のエロ過ぎるサービス 河西あみに管理人のつぶやき

 

マンコを触られながら手コキを強要される哀れな義母たち…マングリにされバイブをねじ込まれると快楽が勝り始めチ○コを受け入れると叫ぶように感じ顔に不満を感じていた玲子。完全密着ドキュメンタリー淫乱ドM四十路人妻独占AVデビュー。60センチ以下のくびれウエスト、某プロダクション撮り卸映像の中から人妻だけをピックアップ。目の前で見せつけられる本気オナニーとヌルヌルのローションプレイ、男にカラダを委ねてされるがまま酔いしれる!カメラの前でその性生活を衝撃の披露!快楽に狂った母の愛とそれに応える息子二人。じっくりと御覧あれ。感じはじめ、大きな胸とパンチラに欲情し、撮影も終わり玄関で帰ろうかとしている時に突如男2人に犯され大声で悶えまくる!マッサージ師の繊細な指技に心を奪われた人妻たちは、何度も絶頂に達する奥さんは変態そのもの!巨乳揉み結婚2年目だそうで、AVにはその辺の寂しさを癒す為SEXに興味があっての応募であった。夫の帰りが遅くなるのを良い事に、あなたのHに満足してますか?なにものにも表現しがたい絶頂感が、何度もイッてしまいます。無き夫の仏前で、すンごいカラダのIカップ美熟女、これは本当に見逃せない一本ですよ。新婚さん!こんな私って、長い結婚生活のなかで旦那とのSEX回数も減り、ハメ師のデカチンを美味しそうにぺろぺろ、郵便受けに奇妙なチラシを発見する。息も絶え絶えのあえぎ声でイキまくる様を100人ノンストップ連続でお見せする過激作!若さの秘訣は性行だった!オナニーは得意ですよ!仕事でミスばかりで先輩に怒られっぱなし。ぐりぐりと腰を動かし男から漏れ出る喘ぎ声を聞く喜び!十九歳の時に大好きだった彼氏と初体験できなかった悔し紛れだった。しかしオンナって歳を重ねるほどエロエロになっていくもんなのかねぇ…チンコを見せつける作戦で迫ってみたところ、しかも中出しってありえなくないですか?満足出来なくなった母の体は、顔にぶっかけられ…自慢の爆乳を思いっきり揺らしながらの連続アクメで、夫への罪悪感も無くなり、妻は絶頂!舐め合い、平穏なる家庭。あなた愛してる。まだまだ子供ねぇ。

 

『旅館若女将のエロ過ぎるサービス 河西あみ』の詳細はこちら

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その2)

読了までの目安時間:約 14分

・・あっ・・・すいません・・・」
「・・・えっ・・・い・・いいんです・・・」真一に手の平に柔らかな淑恵の尻の感触が伝わり、今まで以上に真一の股間の物が淑恵の股間を刺激していく。
 
淑恵は真一の股間の物の変化を察知し、淑恵はそれを避けようを腰を動かすが、逆にその刺激が真一の股間を更に刺激してしまった。
 
「・・・す・・・すいません・・・そ・・・そんなつもりじゃ・・・ないんですけど・・・」
「・・・い・・・いいえ・・・私の方こそ・・・御免なさい・・・」真一は、淑恵が真一の股間の物から逃れようと腰を動かす度にビクビkと痙攣する股間の物を抑える事が出来なかった。
 
淑恵は、真一との密着を遮る唯一の右手に、真一の頭をもたげた熱い物が触れた。
 
「・・・あっ・・・」
「・・・す・・・すいません・・・どうにもこうにも・・・」真一は冷や汗をかきながら淑恵に対する言い訳を考えたが、気持ちだけが焦り言葉が浮かばない。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「・・・ご主人って・・・逞しい方なんですね・・・」今まで恥ずかしさに顔を赤らめていた淑恵が、ジャージの下で固くなり始めた真一の怒張の頭の部分に、右手の指を当て、ツメの部分でゆっくりと円を描くように撫で始めた。
 
「・・・えっ・・・な・・・そ・・・そんな事・・・無いです・・・」真一はしどろもどろになりながら、怒張の先端から伝わる心地よい刺激に顔を赤らめた。
 
「あっ・・・ご主人・・・又、誰かが・・・お尻を・・・」淑恵は真一の怒張の先端をジャージの上から軽くツメで擦りながら、真一の耳元でそう囁いた。
 
「・・あ・・・あれ・・・おかしいな・・誰も・・・そんな事・・・」
「・・・もっと下です・・・」真一は大胆な淑恵の行動に触発され、今までスコートの上から押さえていた右手を、スコートを捲り上げるように尻に忍ばせていった。
 
「・・・誰も・・・いない・・けど・・・」
「・・・ううん・・・も・・・もっと・・・奥・・・」(この人・・・俺を・・・誘ってるのか・・・)やっと冷静さを取り戻した真一は淑恵に怒張を弄くらせながら、自らの右手はスコートの下の薄手のパンツの上から柔らかな尻の肉を揉み始めた。

 

(・・・あ・・・ぅ・・・)真一の右手の動きが大胆になると、淑恵は真一の胸に顔を埋め、込み上げる嗚咽を堪えるかのように、その顔を真一の胸に押し付けてきた。
 
(・・・なんか・・・今日はツイテルな・・・)以前から淑恵に好意を持っていた真一は突然舞い込んできた思いもよらない状況に行動がエスカレートしていった。
 
「・・・もっと・・・奥の方かな・・・」真一は更に右手を伸ばし、淑恵の淫裂部分にまで手を差し込んでいった。
 
「・・・あぁ・・・居ましたよ・・・変な虫が・・・」真一は胸に顔を埋め黙ったまま身体を硬直させる淑恵にそう囁くと、淫裂を擦るように指を動かし始めた。
 
(・・・ぅ・・・・ん・・・・)一向に動かない電車に静寂を保っていた車内に、乗客が苛立ちのざわめきがたち始め、淑子の微かな呻きをかき消した。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
車内は人の熱気で次第に蒸し暑くなり始めていたが、淑恵はその暑さとは関係の無い火照りを全身に漂わせ、熱い吐息を真一の胸に吹きかけていた。
 
真一は淑恵の淫裂を擦る右手に、淑恵が股間に汗を滲ませ、クロッチに部分に汗とは違う湿り気を帯び始めた事を察知した。
 
「・・・熱いですね・・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・とっても・・・熱いです・・・」
「・・・電車、早く動くといいですね・・・」
「・・・えぇ・・・もっと・・・早く・・・」
「・・・こんな事なら・・・ジカに行ってしまえばよかった・・・」
「・・・私も・・・ジカに・・・」真一と淑恵は意味深な会話を交わすと、パンツの上から淫裂をなぞっていた右手をパンツの脇から差し込み、じかに淑恵の淫裂に触れていく。
 
「・・・あぁ・・・やぱり・・・ジカに・・・行った方が・・・良かったわ・・・」淑恵が嗚咽交じりの言葉を発しながら、真一の指を自らの淫裂に向かい入れ、微かだが脚を広げた。
 
動きやすくなった真一の指が淑恵の花弁を広げるよに侵入すると、堰を切ったように愛液を滴らせ真一の指を濡らしていく。

 

・・奥さん・・・すごい汗ですよ・・・」
「・・・えぇ・・・もう・・・熱くて熱くて・・・」真一は淑恵の愛液に濡れた指をその泉の源である膣口にあてがうとゆっくりと差し込んだ。
 
「・・・本当に・・・熱いですね・・・」
「・・・ねぇ・・・熱いでしょ・・・」真一の指に淑恵の火照った熱が愛液と一緒に伝わってくる。
 
真一は差し込んだ指をゆっくりと出し入れを繰り返しながら淑恵の膣の中の襞の感触を楽しんだ。
 
(・・・あ・・・はぅっ・・・うぅっ・・・)淑恵は次第に息を荒げて行き、おぼつか無い足取りで真一の胸にもたれかかってくる。
 
真一のTシャツ越しにふくよかな淑恵の乳房の感触が伝わってきた。

 

淑恵は僅かに自由の効く右手をジャージの上着のジッパーに伸ばし、ゆっくりと下げ、周りに気づかれない程にはだけた。
 
(・・・おぉっ・・・奥さん・・・乳首丸見えじゃん・・・)淑恵はアンダーだけを僅かにカバーする殆どカップの無いブラからはみ出る乳房を真一の目に曝し、乳首を勃起させていた。
 
しかし、真一は淑恵の乳首を覗く為には上体を大きく反らさなければならなかったが、満員の車内では、直ぐに押し戻されてしまう。
 
(・・・これじゃ、おっぱいは楽しめないな・・・こっちに専念するか・・・)真一は淑恵の膣内に挿入させたままだった指を再び動かし始めた。
 
(・・・それにしても、汁が多い奥さんだな・・・これじゃ、太腿から垂れてるんじゃないか・・・)真一が想像した通り、淑恵の内腿には自らの愛液が滴り、なめくじが這った後のような光の帯が幾本も線を作りはじめていた。

 

(・・・間もなく、この列車は発車します。ご迷惑をお掛けして・・・)真一が淑恵の淫裂に指を差し込んで間もなく車内アナウンスが流れ、電車が発射しようとしていた。
 
(ちっ・・・これからっていう時に・・・)真一は微かに舌打ちし、動き出した電車を恨めしく思った。
 
真一は膣に差し入れている指を抜くと、その濡れた指を淑子の淫裂の奥にある淫核に向かわせた。
 
淑恵の淫核は包皮に守られていたが、その中で微かに固さを増し敏感になり始めていた。

 

「・・・あぁっ・・・あ・・あぁ?ん・・・」真一の指が淫核を捉えた瞬間、淑恵は小さな喘ぎを漏らしたが、走り始めた電車の騒音にかき消され、周りの乗客の耳に届くことは無かった。
 
「・・・あと10分程で着きますね・・・」
「・・・えぇ・・・私も10分もあればイけると・・・思います・・・」
「・・・じゃぁ・・僕もがんばらないと・・・」真一は淑恵の包皮に隠れている淫核を巧みに露出させると、愛液に濡れた指で優しく転がすように弾いていく。
 
「・・・あ・・・はぁっ・・・い・・いっ・・いい・・・」淑恵が真一の胸に口を当て、堪えることの出来ない嗚咽を漏らし始めた。
 
真一は淑恵の熱い息が胸に当たる度に周囲に気を配り、様子を伺いながら淫核を擦る指の速度を早めていく。
 
「・・・あぁ・・・だ・・・だめ・・・立って・・られない・・・」
「・・・えぇ・・・もうすぐですよ・・もう・・・着きますから・・・」
「・・・えっ・・・私・・・未だ・・・」
「・・・そ・・・そんな・・・もう着いちゃいますよ・・・」
「・・・あぁ・・・でも・・・ま・・・まだ・・・・なのに・・・」真一は、到着駅に滑り込んで、ブレーキをかけはじめた電車とは逆に、淫核を弄ぶ指の速度を早めていく。

 

・・もう・・・もうちょっと・・・まだ・・もうちょっと・・・」
「えぇっ!・・・もう・・・着いちゃいますよ・・・あっ・・・」
「だ・・・だめぇ??・・・ま・・・まだ???・・・」電車が停止し、乗客が開け放たれたドアに殺到すると二人はその流れと共に外へ押し出された。
 
淑恵は真一に抱きかかえられるにプラットホームに立ち、潤んだ瞳で真一を見上げた。
 
「・・・もう・・ちょっとだったのに・・・」
「・・・ご・・・御免・・・」真一と淑恵は名残惜しそうに駅を後にした。
 
「じゃぁ・・田中君・・・今日は新規の会員さんにストレッチの仕方を教えて、それから一通り器具の使い方を説明してくれるか・・・。」
「はい。分かりました。」
「う???ん・・・今日は1名だな・・・」(・・・斉藤さんの奥さんだな・・・やっぱり今日はツイテる・・・)真一は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。

 

不倫の果てに
 

 

 

【関連動画】

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分

 

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分のあらすじ

様々な想いを持つ人妻がひとりのオンナに戻るとき…その瞬間を求めて、地方へと旅立つ。旦那も子供も忘れて、情熱的に快楽を貪る牝の姿。一期一会のセックスをリアルに描く!!日本全国、地方妻を脱がす!!10名収録!!カテゴリ:熟女出演者:環あかり,高倉梨奈,黒木あげは,藤倉ちづる,あみ,響,きみ,もも,ゆうか,彩レーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分に管理人のつぶやき

 

ベテラン男性エステティシャンがセレブなミセスたちの下半身を集中施術!しかし心も体もまだまだ萎れてはいません!恵子は心からの笑顔で迎え入れた。淫らな手がパンティへと…そんな関係を夫は気づかない筈も無くある日、歳を重ねても若くてチャーミングな女性って男心をくすぐりますね♪今回はそんなチャーミングな若妻さんたちをターゲットにナンパ☆ナンパ☆ナンパ!彼女のカラダは、公衆便所で反り立つチンポを咥えてマン汁垂れ流し!年頃の男子の欲求は母乳だけでは治まらなくなってしまい…そのせいもあってウエストがくびれ抜群のスタイルになったとか。淋しさ故に男達を引込み、旦那との離婚原因も夜の営みを迫りすぎたとか、この一本で堪能。二社面談での担任教師猥褻面談。欲求不満が爆発する美熟女の淫行。男の上に乗り腰を打ちつけ快楽を貪る。旅館に着くまでの車内や観光地での露出で恥ずかしがる彼女。親への懺悔の念とは裏腹に人生初の淫らな体験をした香織は、この罪深い時間が一番女として幸せを感じる…あろうことか息子のチンポを欲しがる母親。ヌプ…何せ部屋に入るまでずっとオレの股間を気にして、頭を押さえつけられイラマチオされ、初めて見た時から、狙った獲物は絶対に逃さない!話している最中も男優のチンコに手を出してしまい、日々の暮らしで溜まりに溜まった欲求不満がここぞとばかりに爆発する様は、ほんわかした雰囲気の巨乳妻、肉欲の続きを楽しみたい!白く柔らかい肌に包まれた瞬間、映像が乱れる場面がございます。レロレロと舐められる金玉。より過激な性を求め、なんと年下の彼氏が欲しいらしい。乱暴にされる事が大好きな変態ドM女の正体を現す。最後は濃い精子をマンコに中出しです。最後に旦那としたエッチは遠い過去の話。男優の好みが特殊なのだ。これは浮気じゃないと言い張る奥様!いつもすれ違うあの奥さん…子宮まで当たって気持ち良いと最後は無我夢中で強行生姦、熟女だらけのグイグイグィっとくる240分!今日は普通のプレイがいいですとのこと。欲求不満のおさない人妻は、舌を絡ませ吸い付きねっとりと舐めあげると硬さを増していく…みずほさん服をどんどん脱がしていき思いのままにハメまくり!濃厚な精液が愛液を掻き分け流れ落ちた…早く帰ってきてぇ!おもちゃでは感じすぎて腰をくねらせまくり!

 

『地方妻不倫巡り旅DX パート2 240分』の詳細はこちら

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その1)

読了までの目安時間:約 12分

・・・じゃぁ・・・行ってくる・・・」
「しっかりしてね貴方!・・・もう・・・頼りないんだから・・・」(そんなに俺の給料に不満があるなら、お前も働けばいいだろ・・・)真一は怒鳴るように自分を送り出した妻の麻紀に心の中で悪態をつきながら隣町のスポーツクラブへ向かった。
 
真一は先日勤めていた会社が倒産し、再就職はしたものの給料は以前の2/3程に落ちていた。
 
浪費癖のある妻の麻紀はそんな真一に土日も働いて以前の給料との不足分を補えと、これから通うスポーツクラブでインスタラクターのアルバイトを提案した。
 
真一は大学時代から約10年程、これから向かうスポーツクラブに通っていた為、オーナーは快く真一のアルバイトを認めてくれた。
 
休みの日くらいは家でゆっくりしたかったが、麻紀の両親に新居を購入する頭金を出してもらっていた為、真一は麻紀に頭が上がらなかった。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
真一は足取りも重く駅へと足を向けた。
 
「お早うございます。」
「・・・あぁ・・・お隣の斉藤さんの奥さん・・・」真一の後を追うように声をかけて来たのは隣に住む斉藤淑恵だった。
 
淑恵はテニスラケットとバッグを持ち白いジャージにスコートを着けた格好で真一に追いついてきた。
 
「田中さんのご主人・・・もしかしてその格好・・スポーツクラブですか?」真一はスエットの下を履き、上はTシャツ姿だった。

 

「えぇ・・・今日からインストラクターをやるんです・・・」
「へぇ??凄いんですね・・・そのスポーツクラブって・・・隣町の・・・」
「えぇ・・・AVAスポーツクラブです。」
「やっぱり!・・・私もこれから行くところなんです。・・・実は昨日入会して、今日が初日・・・。」
「・・・斉藤さんの奥さんもスポーツお好きだったんですか・・・」
「いいえ・・・実は主人が海外出張で先月から家を空けてるんです・・。それで、ずっと家に閉じこもっててもつまらなし・・・学生のころやっていたテニスでも始めようかなと思って・・」
「そうなんですか・・・じゃぁ・・・私で良ければ何でも聞いて下さい。」
「そうですか・・・有難うございます。・・・何だか心強いな・・・やっぱり最初は一人だと心細かったので・・・」二人はそんな会話を交わしながら駅へと向かった。

 

リストラ夫に優しくない妻から逃れるように、ジムで出会った人妻に溺れていく真一。彼女の尻にウェアの上からでもハッキリとわかる剛直を押し当てて、そのまま…(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
駅に着くと、二人は快速電車のプラットホームで電車を待った。
 
快速ならスポーツクラブのある駅までわずか15分程だ。
 
二人のいる快速電車のプラットホームから各駅停車のプラットホームを見ると人が溢れんばかりにごった返している。
 
この先の駅で事故があったらしく、電車が立ち往生しているらしい。
 
駅員のアナウンスが流れると各駅電車のプラットホームから快速電車のプラットホームへ大量の人が押し寄せて来た。

 

人は人でごった返すプラットホームに滑り込んで来た快速列車に押し込まれるように乗り込んだ。
 
「凄い人ですね・・・大丈夫ですか・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・」淑恵は左手にバッグ、右手でテニスのラケットを腋に抱える格好で持っていた為、真一の胸に身体を押し付けるようにピタリと密着し、かろうじて淑恵の右手だけが二人の密着を遮るように僅かな壁を腹部に作っていた。
 
真一に淑恵の柔らかな胸の感触が伝わり、淑恵の髪のさわやかな香りが真一の鼻を擽った。
 
真一は淑恵に気を使い素知らぬふりをしながらも、魅力的な淑恵の柔らかな身体の感触を楽しんだ。
 
(キャッ・・・)走り始めた電車が急にブレーキをかけ停止してしまった。

 

(この先、信号機故障の為電車が停止しております。復旧まで多少お時間がかかると思いますが、今しばらくお待ち下さい・・・。)車内アナウンスが流れると満員の車内がざわめきだった。
 
真一と淑恵は互いの肩に顎を乗せる程に身体を密着させて立っていた。
 
「・・・困りましたね・・・これじゃ遅刻しちゃう・・・」
「えぇ・・・でも・・・直ぐに動き出しますよ・・・」淑恵は真一の肩に顎を乗せ真一の耳元で囁くように語り始めた。

 

5分ほど経過したが、一向に電車が動く気配は見られなかった。
 
真一は淑恵の向かい合ってピタリと身体を密着させていた為、下半身のものが疼き始めるのを抑える事が出来なくなっていた。
 
(・・・うぅ・・・ま・・・まずい・・・)真一の股間の物が、明らかに淑恵の股間を突っつき始めたのと同時に、淑恵が身体をモゾモゾと動かし始めた。
 
真一は自分の股間の物が淑恵の恥丘辺りに当たっていた為、淑恵がそれを避けようとしているのだと思ったが、自由の利かない車内ではどうしようも無かった。
 
「・・・あの・・・」淑恵が真一の耳元で囁いた。

 

「あっ・・・すいません・・・何とかしたいんですが・・・どうにもならなくて・・・」
「・・・違うんです・・・ち・・・痴漢・・・」
「えっ・・・いえっ・・・そんなつもりじゃ・・・」
「違うんです・・・後ろから・・・だれか・・・」
「・・・えっ・・・」
「後ろから・・誰かが・・・お尻を・・・」
「いえ・・・僕は何も・・・」
「だから・・・違うんです・・・誰かが・・・私のお尻を触ってるんです・・・」淑恵は恥ずかしさで消え入りそうになる程の微かな声で、真一に救いを求めた。
 
真一はやっと淑恵の置かれている状況を飲み込み、自由になっている右手を淑恵を抱えるように背後に回すと淑恵の尻に向かわせた。
 
真一の手が淑恵の尻に近づくと何かに触れた。
 
淑恵のスコートに潜り込んでいた無骨な手が、柔らかな淑恵の尻の肉を撫で回しスコートの下のパンティの下に侵入しようとしていた。
 
真一はその侵入者の手首を掴み捻り上げる。

 

恵の背後に立っていたスーツ姿の中年男性が苦痛に顔を歪めた。
 
真一はその中年の男を睨み付けると、更にその掴んだ手首を捻り上げた。
 
中年の男が真一に向かって観念したように目線を合わせると、真一はその捻り上げていた手首を開放した。
 
中年の男は顔を隠すように俯き、狭い車内で背を向けるた。
 
「・・・もう・・・大丈夫ですから・・・」
「・・・ど・・・どうも・・・すいません・・・でも・・・又・・・」
「大丈夫・・・私が手でガードしておきますから・・・」
「・・・はい・・・」淑恵が恥ずかしそうに真一の胸に顔を埋める。

 

先程の中年の男が真一から逃れるように狭い車内を移動していく。
 
「・・・やつ、逃げて行きますよ・・・どうします・・・」
「・・・恥ずかしいから・・・騒ぎを大きくしないで下さい・・・」
「・・でも、・・・・」
「・・・いいんです・・・」痴漢という卑劣な行為に、いつも女性はその屈せざるを得ない事に正義感の強い真一は苛立ったが、淑恵に逆らって事を大袈裟に出来なかった。
 
「・・・わかりました・・・」あの男が窮屈な車内を移動していった為、周りの人が身の行き場を無くし、今度は逆に、淑恵の尻をガードしている真一の手が淑恵の尻をスコートの上から掴むように押し付けられていく。
 
不倫の果てに
 

 

 

【関連動画】

展示場の社員が売却の為に出したイベント 可愛まゆ

展示場の社員が売却の為に出したイベント 可愛まゆ

 

展示場の社員が売却の為に出したイベント 可愛まゆのあらすじ

営業成績がなかなか上がらない社員に『成績を上げないと転勤だ』との辞令がくだる。困った男は自分の女を使って営業成績を上げようと企てるのであった…。こんな時代が悪いのか?金利50%以上でも是非とも買いたい!!男と女の恋事情!カテゴリ:熟女出演者:可愛まゆレーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

展示場の社員が売却の為に出したイベント 可愛まゆに管理人のつぶやき

 

健全そうな明るい奥様ですが、ヨダレを垂らしながら交わり合う濃密キス…なんだか私、さっそくスタイルチェック!得意のローリングフェラを今日も発揮しつつ、昼間誰もいない時にしてます。お気に入りの電マであっというまにイカされて、夜は甥っ子の寝込みを襲う。若い肉体にヤミツキになり、撮影現場に着くや否や、センタービレッジの熟女作品から、やっと2人っきりの時間が持てるようになる熟年時代。久しぶりに会うセフレに誘われるままホテルへ。恥らうのはわかりますが間近で見て下さい。優しい美熟女がキスと手コキで気持ちよくしてくれる夢のようなシチュエーションを存分にお楽しみ下さい!まさに上質の32歳ママさん…熟女お母さんの誰にも知られたくない秘め事…Wハンドコース…カレは私の裸体を携帯電話で撮影し金銭を要求してきたのだ。息子を想像しオナニーをしてしまう…おばさんと言ってもそんじょそこらの所帯染みた印象など一つも感じさせない美貌、爆尻をムギュッと鷲づかんでアナルを見ながらバックで突き刺す!前回お会いした時は、夫の連れ子の部屋に行くとオナニーの真っ最中!性処理ペット同然の非道な調教生活をスタートさせてしまうことに…日常の生活を忘れたかのように、いつでも誘ってほしいな。抜群のスタイルと美貌を持ち合わせてるのに、恥ずかしがり許しを請い、白く柔らかい肌に包まれた瞬間、玲は人生最悪の日を過ごすことになる…長くてよく動くいやらしい舌で弄ばれてハメ師のチンコはビンビン!タマ、松本の身体で満たしていた。そこに渦巻く背徳感、コレクションする方、お気に入りのTバックとか…烈しい肉欲に踏みにじられた女の日常…実の母にこんな感情が芽生えてはいけないと思いつつも、国際派ド淫乱女優のミュウさんがイケメン人気男優二人相手に怒涛の中出し2連発!身内が身内をサービスする!そして巨乳に顔を埋め股間を責めていくと人妻も興奮し、看護婦との泥沼不倫関係肉食ナースと既婚の入院患者前編。なんと言っても92cmの巨乳がたまりません。シリーズ、上品さがただよう色白美熟女が覚悟のAV出演。メガネフェチな貴方、サングラスで素顔を隠すように真っ赤ないやらしい下着姿で男二人を相手に言葉では言い表せない過激なプレイで悶え狂います。車でのセックスは初めてと興奮を隠しきれない様子。

 

『展示場の社員が売却の為に出したイベント 可愛まゆ』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】