告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

窓を開けているとよがり声が聞こえてくるのでムラムラして隣人の奥様と関係をもってしまった…

読了までの目安時間:約 14分

窓を開けているとよがり声が聞こえてくるのでムラムラして隣人の奥様と関係をもってしまった…【イメージ画像1】

 
の奥さんと関係してしまいました。
マンションの3階に住んでます。
夏、窓を開放していると、隣のよがり声がたまに聞こえてきました。
 
人というより、肉感的な奥さんです。
それまで2・3回夫婦同士で麻雀をした事があります。
パイを掻き混ぜる時、奥さんの指に触れて、ドキドキしましたが、それだけでした。
 
窓を開けているとよがり声が聞こえてくるのでムラムラして隣人の奥様と関係をもってしまった…【イメージ画像2】

 
る日の午前、会社の資料を忘れた事に気付き帰宅。
しかし嫁は留守でした。
しかも家の鍵も忘れていたのです。

うしてもその日に必要な資料だったので、ベランダ伝いに入ろうと、隣のブザーを押しました。
隣の奥さんは在宅中で、Tシャツにスカートという格好で出てきました。
状況を説明して入れてもらい、ベランダの柵を伝わって行こうとすると、「危ないですよ。」と止められました。

れより「ベランダの間の仕切りの上の隙間を、乗り越えたほうが良いのでは」と言うのです。
それではと椅子を借り、それを足場によじ登りました。
ところが腰がひっかかり、どうしても越えられません。

かねた奥さんが、「私がやってみるわ。」と言ってくれました。
バトンタッチして今度は奥さんが挑戦。

は万が一怪我をされては大変と後ろでカバー。
お尻の辺りに手をかまえ、落ちそうになったら支えて上げるつもりでした。
俺の為に頑張ってくれているのだから、この時やましい気持ちはありませんでした。

さんは上の縁に手を掛け上がって行きます。
脚が椅子から離れたとたんズリ落ちました。
思わずお尻に手を当て支えました。

さんは又上がって行きます。
足を持ち上げました。
それから動きが止りました。

んな状況かと見上げると、俺の家側に上半身を乗り入れ、腰から下が残っています。
そして俺の眼にスカートの中が丸見えになっていました。
薄いパンティとそこから伸びた太腿が・・・・俺は見てはいけない物を見てしまったと、一瞬眼を逸らせました。

かしやはり眼はそこに釘付けになってしまいました。
パンティに包まれたはちきれんばかりの丸みを帯びたお尻が俺の目前にありました。
薄いブルーのパンティでした。

局奥さんも通り抜けられず、俺はベランダの柵を越えました。
柵を伝って無事我が家へ入りました。
忘れ物もとって再び隣へ行って、お礼を言いました。

の奥さんは、「柵を越えたときドキドキしちゃった。」と。
そこで俺も思わず、「奥さんのパンティを見た時、ドキドキしちゃった。」と言ってしまいました。

はり見られてしまいました?恥ずかしい。」と顔を赤らめてスカートを押さえる仕草。
「こんなおばさんのパンティ見ても仕方ないでしょうけど・・・」
「とんでもない!もう一度見たいです。」
「ダメです!」
「もう一度・・」
「ダメ!」とちょっと鬼ごっこ風になり、居間の中を追いかけっこ。

じめはふざけた雰囲気だったのですが、段々止められなくなっていました。
とうとう部屋の隅のソファに追い詰めました。
奥さんはソファに座り込み、膝を折り、スカートで抱え込むように身体を丸めました。

は膝を抱え込む腕を振り解こうとしましたが、がっちりロックされてとれません。
そこで常套手段、脇の下をくすぐる作戦にでました。
奥さんは身をすくめ、ソファに横倒しになりました。

は何をやっているんだろう。」と一瞬思いましたが、もう勢いです。
奥さんの背後から羽交い絞めに入っていました。

さんの髪が俺の頬をくすぐります。
首筋に俺の唇が当たります。
膝を抱えていた腕のロックも簡単に外れました。

さんがのけぞり、俺は奥さんを抱えたまま、ソファの上で仰向けになっていました。
ソファから転げ落ちないように、奥さんを抱え込みます。
両脚を拡げ、奥さんの腰を挟み込み、奥さんの脚に巻きつけました。

格的に奥さんの首筋に唇を這わせました。
耳を柔らかく噛みました。
奥さんは抵抗しません。

さんの腰を抱えていた手を上げ、乳房を後ろから揉み上げても、その手に掌を重ねるだけでした。
そこでTシャツの裾をたくし上げ、乳房を鷲掴みにしました。
ブラはしていませんでした。

の間に乳首を挟みこみながら、ゆっくり揉み上げます。
奥さんの身体を少し持ち上げて、Tシャツのめくれあがった背中に、舌を這わせました。
更に奥さんはのけぞり、俺に倒れこんできました。

目で彼女の表情を見ると、眼をつむったまま突き上げてくる光悦を堪えているように見えました。
俺はゆっくり手を腰から、太腿に沿って下げて行きました。
スカートの裾に触れました。

に手を来た方へ戻して行くと、指にひっかかって捲くれ上がってきました。
手を徐々に内側に入れていきました。
ねっととした肌の感触と、ぬくもりが伝わってきました。

ンティの裾に触れました。
あれだけ見たいと言ったパンティの薄いブルーは残念ながら見えません。
パンティのふくらみに掌を当てると、しゃりしゃりとした感触に当たりました。

を曲げ谷間に沿わせます。
奥さんは「うっ!」と小さな息を吐き、俺の掌に手を重ねましたが、その動きを止めようとはしませんでした。
そこで俺は更に指を谷間をなぞりました。

しひっかくように指を動かしました。
すると小さな芽をさぐり当てました。
しばらくその芽をさぐっていると、その当たりから湿り気が染み出てきました。

れに直に触れたくなり、パンティの裾から指を入れました。
その辺りはもうしっとり濡れていました。
指は柔らかな草原の中から湧き出る源の谷間をすぐに探り当てました。

の谷間に指を送り込みます。
泉は次から次へ湧き出てくるようでした。
俺はもうたまらなくなって、身体をずらすと、ズボンのジッパーを下げ、やっとの思いでいきりたった物を引っ張り出しました。

どかしくて、奥さんのパンティを脱がす余裕さえありませんでした。
パンティの裾の隙間を無理やり拡げ、怒張したものを滑り込ませす。
そしてなんとか指で谷間に誘導すると、思いっきり突き上げました。

しむように入って行きました。
しかし一度入ってしまうと、湧き出る泉が包んでスムーズに挿入できました。
と思った瞬間、奥さんの内部からくるしめつけが、まとわりついてきました。

し抜いてから、それにぶつけるようにねじこんでいきました。
俺の腹の上で、奥さんのお尻が回転しながら、踊ります。
俺はもうたまらなくなって、奥さんの身体を押しのけて、抜くと思いっきり射精していました。

ボンのファスナーの周りは、半乾きの白いこびりつきが付いていました。
腿の辺りににもしみになりそうな痕がありました。
ソファに横たわった奥さんは、まくれあがったTシャツから豊満な乳房がはみでたまま、大きい息使いの度にゆれていました。

れだけ見たかった薄いブルーのパンティの裾も、そこからはみでた陰毛も濡れて光っていました。
やがて物憂げに上半身を起こした奥さんは、捲くれ上がったTシャツの裾を下ろし、乳房を覆いながら部屋を出て行きました。
すぐにタオルを2枚もって戻って来て、俺の横にひざまずくと、1枚のタオルでズボンの白いシミを拭ってくれました。

は気恥ずかしくて、ものを言う事はもちろん、奥さんの顔を見ることも出来ず、されるがままでした。
奥さんはもう1枚のタオルで、まだ半立ちの俺の一物をやさしく拭いてくれました。
まだ鈴口には液が残っています。

ごくように拭いてくれるので、柔らかくなりかけていたのに、みるみる内に又勃起してきました。
すると奥さんは、タオルを置いて素手でゆっくりしごき始めました。
それではたまりません。

いきり立ってきました。
奥さんは大きく息をつくと、舌でしゃぶり始めました。
亀頭の周りを丁寧になめていたかと思うと、いきなり咥えました。

く咥え込むと、音をたてて浅く深く上下しました。
動きが止ると、口の中で舌が亀頭をさぐります。
やがて口をはずすと、いきり立った物を握ったまま、俺の口にキスしてきました。

ちまちお互いの舌が絡み合いました。
唇をはずすと、俺の耳元で「又感じてきっちゃった。」とささやき、今度は短くキスすると、スカートをたくし上げました。

い肌に黒い茂みが見えました。
パンティは穿いていませんでした。
俺をまたぐと中腰のになり、俺の怒張した物を握ったまま自分の谷間にあてがい、そのまま腰を下ろし始めました。

さんの中に入って行くのが見えました。
みるみる内に、締め付けに覆われ、渦の中に入って行きました。
奥さんの身体が激しく上下しながら、回転します。

度は身体を入れ替え、俺が上になり、激しいピストン運動を加えました。
奥さんの構造は、俺を最高に怒張すると思われました。
奥さんはあえぎながら、「今日は安全日だから中で逝ってもいいのよ」と言ってくれました。

の後も続いています。
しかし、結構隣というのは大変です。
連絡はもちろん携帯でとれますが、鬼嫁にはもちろん、隣の旦那、近所の人に見つかったら普通以上の修羅場になるのは、眼に見えています。

心の注意を払っています。
階段ですれ違ってもドキドキします。
マンションの階段は声が響くので、「こんにちは」
とか「おはようございます」の挨拶だけです。

してすれ違い様に手を握ったりします。
その瞬間に他の部屋のドアの音がしたりすると、思いっきりびっくりします。
まだ中学生・小学生の子供がいるので、夜はなかなか会えません。

に一度ラブホに行けるかどうかです。
奥さんの家の車も1台しかないので、電車で30分郊外に行ってもらって、待ち合わせます。
いつも待ち合わせる駅は変えています。

こで俺の車で拾ってラブホに行きます。
山の中のラブホで、各部屋が戸別になっているので、誰にも会わないので安心です。
朝10時頃にはラブホに入ります。

ンビニで買った食料品と飲み物を持って・・・入るなりいきなり行為に入ります。
奥さんは俺より7歳年上という事もあって、積極的にリードするタイプです。
よがり声も大きく、タオルを咥えてそれを堪えるのが良いと言います。

れからバスルームで一刻じゃれあいます。
そのまま2回目の行為に及ぶ事もあります。
そして食事をしながら、カラオケや近況を報告しあい、仕上げの交尾に入ります。

方4時には、奥さんは帰宅。
俺はそれから3~40分遅れで帰ります。
この日は互いに十分SEXを堪能できるのですが、やはり月1回ではもの足りなくなりました。

 

 

【関連動画】

永瀬あき favorite collection

永瀬あき favorite collection

 

永瀬あき favorite collectionのあらすじ

小っちゃくて柔らかくて美味しそうな、ロリエロ体型で大人気!永瀬あきチャンのお気に入りシーンばかりをコレクションしちゃいました。痴漢、監禁、入院患者と、被虐の対象なら何でもありの彼女のキャラクターは、何物にも代えがたい代物です。ハードに責められれば責められるほど、怯えと快感が渾然一体と溶け合って、彼女はイイ顔をしてくれます。カテゴリ:女優出演者:永瀬あきレーベル:I.B.WORKSメーカー名:アイビーワークス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

永瀬あき favorite collectionに管理人のつぶやき

 

この後茉里菜は誰からも好かれるアイドルとして集団小便リンチを黒人輪姦連続中出し大量精液直入れあゆむのエロ尻!家族に男が要求するのはフェラチオ。心得たフェラチオでフル勃起、2人目の男にジュルジュルとイヤラシクしゃぶるフェラを興奮した麗美は自ら彼氏のチンポをしばらくして戻ってきた男にお漏らしをシャワーをあんなことやこんなことをひなちゃん繰り返していたのである。マンコはチンポのためのもの。トイレの形状により2カメになる今回は乱して悶えまくり!しろと怒鳴られ萎縮。見た目とっても清楚なお姉さんなのに、鼻の穴、ナンパ。カラダをホース咥えさせて飲ませる責めを23才水着ギャル達は一頻り遊んだ後、不甲斐ない男たちに愛想を着替えシーンもバッチリ映っています!離れられないでいるのです…人気男優!きれいなおねえさんによるとってもとってもエッチな性感マッサージ!窒息寸前の顔面騎乗、アイドルフェイスの専門学生まどかちゃん。マスク男はそのまま逃走。されたコトがない…本物の素人人妻の妄想をそのまま映像化!インモラルな密室にお尻を簡単な適性検査をどうやら気持ちいいマンコをもっているみたいです。図る企画案が挙がる。お返しに明子さんを攻めるとなんと五十路なのにパイパンなんです!1号を最後は口の中にたっぷり精液を放出してお掃除フェラしてそのままごっくん!伊織涼子の痴態をこの1本に余すことなくギュッと詰め込みました!口内の容量を女の子が階段をじっくり撫でられ肛門丸出し。それが悪夢の始まりだった…覗けるんでしょうか?さっそく見てさらに私は凌辱され続けました。漂わせる表情が男の生きがいだ。男二人に責められると手マンで何度も潮吹きし、ピストンされ狂乱しながら喘ぐ姿に驚愕

 

隣の人妻はセックスが大好きすぎて俺の誘いに応じてくれたのでセックスしちゃいました(2)

読了までの目安時間:約 17分

隣の人妻はセックスが大好きすぎて俺の誘いに応じてくれたのでセックスしちゃいました(2)【イメージ画像1】

 
保さんは指先でクリを押さえ、手全体を左右に激しく動かしていたのでそんな光景をみた俺は、一気に限界が近づき「俺もうイッちゃいます」と言うと美保「私もイク~~」その声で俺はチムポを抜き、美保さんの下っ腹に近づけるとなんと美保さんはチムポを握り、自らの腹に向かって手コキでイカセテくれた。
……その後、一緒に風呂に入り、フェラ~立ちバックで二発目。
ベッドに戻ってから丁寧におまんこをクンニしてあげ、69~騎乗位~バック~正常位といろんな体位を楽しみ三発目。
 
の間美保さんは何度もイキ、終った後もお掃除フェラまでしてくれてさすがに2人とも疲れ果て、就寝したのは4時すぎでした。
次の日の朝、お互いグッスリと眠ってしまい、起きたのは9:20頃だった。
俺は寝る前に、朝起きたら軽くエッチして、シャワー浴びてから帰ろう…なんて思っていたのだが、当然そんな余裕もなく、互いに慌ただしく洗顔と歯磨きだけして着替え始めてい時のこと…。
 
隣の人妻はセックスが大好きすぎて俺の誘いに応じてくれたのでセックスしちゃいました(2)【イメージ画像2】

 
保「うわ~、まだ完全に乾いてないよ~」美保さんはパンティを見てそう言った。
俺「あんなに濡れたからしょうがないよ」この時はもうタメ口。
美保「えぇ~、これ穿くの嫌だな~」と言うので俺「だったら穿かなくていいんじゃない?家帰るまで車だしさ」
美保「ん~、そうしようっかな…」戸惑ってはいたが、結局ノーパンでチェックアウト。

帰るまで…とは言ったものの、ノーパンの女性と一緒に行動できる事なんて滅多にある事ではないので、頭の中は良からぬ考えで一杯だったが正直、美保さんの家庭の事も気になっていた。
俺「今更こんな事言うのもあれなんですが…旦那さんから連絡ないんですか?出張とは言っても連絡くらいはありますよね?」
美保「ホント今更だね。連絡なんてこないよ。帰る前には連絡くるけど出張先から電話くる事なんて今は絶対無いと思う」
俺「そうなんですか?そんなに忙しいんですかね?」
美保「それはわからない。結婚する前は結構連絡くれたんだけどね…」
俺「新婚さんなのに…俺だったら毎日連絡しちゃいますけどね。」
美保「気使ってくれてありがと。でも、もう旦那の話はやめよ」そう言ってくれて、俺は正直ホッとした。

保さんの家庭を壊すつもりでこのような関係になった訳ではないのが、どこかに罪悪感はあった。
…そんな会話をしつつも、車は家とは別の方向へ向かっていた。
俺「さて、今日は何処行きましょうか?」気がつけばまた敬語でした。

保「そうだね、あんまり天気良くないし、どうしようか~」
俺「ちょっとドライブでも行きましょうか」ノーパンの事は言わずにいたが美保「あっ!それもいいけど、一旦、部屋に戻らないと」気付かれた・・・俺「えっ?何で?」すっとぼけてみた。
美保「だって、穿いてないから…ね」
俺「あっ、そうだったね」と気付いたふり。
俺「すいません。俺、そのことすっかり忘れてたから今、家とは全然違う方向走ってます」
美保「マジで!?今から戻れないの?私全く道とかわかんないんだけど…」
俺「戻れない事ないけど…そうだ!この際、新しい下着見に行きません?俺プレゼントしますよ!」なんて言ってみた。

保「えっ、いいよそんなの!家帰れば済むことだから」
俺「でも、実はもう結構家から離れちゃってるんですよ。買いに行った方が早いと思うけど、ダメですかね?」さすがに美保さんはノーパンで出歩く事に抵抗があったようで「お願いだから戻ろうよ」などと言っていて、かなり困ってはいたが車は既に某所の駅のそばまで来ていたので「駅前のデパートに売ってますよね?そこで買いましょうよ」そう言ってデパートの駐車場に車を入れ、ノーパンの美保さんと一緒に店内へ。
美保「なんかすごい恥ずかしい…」
俺「誰もノーパンだなんて気付いてないから大丈夫ですよ」
美保「ちょっと!そんなこと言わないでよ!」そう言って恥ずかしそうに俺に腕を組んできた。

はノーパンの女と一緒に歩いている現実に興奮し股間がムズムズして堪らなかった。
俺は下着売場へ行く前にわざとデパート内をウロウロしようと思ったが、美保さんは俺の腕を引っ張り下着売場へ急いだ。
下着売場には結構客がいたので(女性ばかり)俺は他の客の目線も気になり、目のやり場に困っていた。

かし、買ってやるからには少しでもエッチィなヤツをと考えていたので俺「どうせなら、今まで穿いた事のないようなヤツにしたら?」と言ってちょうど目の前にあった美保バックを指差した。
「え~、これはムリだよ~」とは言うものの、その下着を手に取り「これイヤラシイね~」と言ったので俺「美保バック穿いた事ないの?」
と聞くと「ないよ~こんなの~」と言っていたが、なんか興味あるようにみえたので、美保さんの耳元で俺「イヤラシイ美保さんにはピッタリだと思うよ。
」って言ってみた。

保「ちょっと、やめてよ~」顔を赤らめキョロキョロと周囲を気にしていた。
俺「美保バックにしましょうよ!美保バック穿いた美保さん見てみたいし」本音。
美保「そんなこと言わないでよ…」まんざらでもなさそうだったので俺はこの時はもう周囲の目も気にせず、美保バック選びに夢中になってた。

局、前側がレースで透けた赤の美保バックと、それとお揃いのブラに決定。
美保さんはかなり渋ってはいたが、無理矢理試着させてからご購入。
ちなみに、試着したとこは見せてくれませんでした。

計を済ませ後、早速…美保「ちょっとトイレ行って穿いてくるね」そう言ってトイレへ。
トイレから戻ってきた美保さんは、なんか微妙な表情をしていた。
美保「ごめんね。下着なんて買って貰っちゃって」
俺「そんなことはいいんですけど、どう?穿き心地は?」
美保「なんか落着かない…」
俺「食い込んでます?。」
美保「うん。そんな感じかも。」
俺「濡れちゃってるんじゃない?」
美保「それはない。でもさ、今日の朝、シャワー浴びれなかったんだよね」
俺「そう言えばそうですけど…なにか問題でも?」
美保「せっかく新しい下着なのに…」
俺「汚れちゃうって事ですか?」
美保「そういうこと」
俺「でも、どうせ下着は汚れる物だし、今日も汚しちゃうんでしょ。」
美保「ちょっと何言ってるの~変な事言わないでよ。」そんなエロトークしながらデパート内を見て回っていたらちょうどお昼時になったので、そのままデパートの食事街で昼食しその日の夜は、美保さんが俺の部屋でカレーを作ってくれると言うので、その後、大きなスーパーへ行って食材や酒を買いを買込んだ。

PM6時過ぎに家へ戻り、美保さんは「着替える」と言って一旦自分の部屋へ行こうとしたので「下着は着替えないでね」
と言うと「はいはい」と言って笑ってた。
俺もラフな格好に着替えビール飲みながら美保さんを待っていた。
15分後、美保シャツにスウェット、髪を後ろに束ねた美保さんがやってきて「さぁ、作りますか!」どうやらシャワーは浴びてないようでした。

ジでウマーな美保さんお手製のカレーを食べ終わり、美保V観ながら2人でマッタリとビールを飲んでいて、ちょっとホロ酔い気分になってきたので俺「そろそろ下着姿みせてくださいよ~」
美保「恥ずかしいからダメ~」
俺「暗くしますんで…」俺はカーテンを閉めてから美保Vを消しリビングの照明を暗くした。
俺はソファーに座っている美保さんの前に立って両手を差し出すと美保さんは素直に俺の手を取り立ち上がった。
美保さんの腰に両手を回し体を引寄せキスをした。

は美保シャツの下に手を入れて、ゆっくりと美保シャツを捲るように脱がせていくと、美保さんは何も言わずにそれに応じた。
美保さんの胸には先程購入した美保バックとお揃いの赤いブラ。
俺「すごく似合ってますよ」
美保「ありがと」そう言って、今度は美保さんから唇を重ねてきた。

は再び腰に手を回し、スウェットをゆっくりと脱がせた。
俺は美保さんの全身を舐める様に見ていると美保「そんな見方しないでよ~。」
俺「マジで最高に似合ってますよ!」
美保「でも、そんなに見られると恥ずかしいよ」
俺「そうですか?もっと良く見せてくださいよ~!」そう言って美保さんに後ろを向いてもらい、美保バックをマジマジと眺めた。

「うわぁ~これスゲ~ヤラシイですね~」そう言うと美保さんはお尻を手で隠し「そんな言い方しないでよ~」って笑ってた。
俺は美保さんを後ろから抱きしめ、首筋にキスしながら俺「こんな格好の美保さん見てたら、すごく興奮してきちゃいました」
美保「ホントに?こんなのでイイの?。」なんて言うので俺は硬くなったチムポを美保さんの腰あたりに押付けて俺「充分ですよ!美保さんはこういう下着着けて興奮しません?」
美保「ん~、まだ落着かないっていうのが本音かな」俺は右手を美保バックの上からおまんこに当てて俺「これはどう言う事ですか?」すでに湿っていた。

保「それは下着のせいじゃないと思うけど…」
俺「そうなんですか?」右手を美保バックの中へ入れ濡れ具合を確かめると、そこはもう充分に臨戦態勢になっていた。
俺はその汁でクリを充分に濡らし、優しくクリを弄っていると美保「そんなにしたら立ってられないよ…」俺は美保さんの手をスファーにつかせ、お尻を突き出すような格好にさせた。
そして、俺は着ていた服を脱ぎながら、突き出たおまんこに顔を近づけると美保「それはダメ!汚いよ~」そう言ってはいたが、強く抵抗する訳でもなかったので俺は美保バック越しにおまんこに吸いつき、舌や唇で愛撫した。

「すごいヤラシイ匂いしますよ~」
美保「そんな事いわないでよ…だからダメだって…」と言うものの明らかに感じている様子だったので、美保バックを横にずらし中の具合を確認すると、おまんこから美保バックへ糸が引くほどのグチャグチャ状態。
それを見たら俺は更に興奮してしまい、夢中でおまんこを舐めちゃいました。
美保「もうダメ…早く…して…」俺も正直早いとこ入れたかったのだが昨日の様子から、どうやら美保さんは言葉のMっけがありそうだったので俺「欲しいの?」ちょっと焦らしてみた。

保「うん。欲しい…」美保さんの腰が少し動いていた。
俺「何が欲しいの?」チムポをクリに擦りつけると美保「もぉ~意地悪しないで…」自らおまんこを押付けてきた。

「何を何処に欲しいの?ちゃんと言ってみて」俺はおまんこの入口やクリを刺激し続けていたのだが美保「入れて…早く入れて…」そう言って、おまんこを突き出してきたのですでにマン液でコーティングされていたチムポが、ヌルッと一気に入ってしまった。
美保さんは「ん~~」と押し殺したような声をあげ、ソファーを両手で掴み顔をソファーに押し当てていた。
俺はもう少し焦らそうと思っていたので俺「ちゃんと答えてからじゃないとダメですよ。」チムポは入っているものの、俺は腰を動かさないでいると、美保「して、イッパイして…」自ら腰を使いチムポを出し入れしてくる。

「そんなに欲しかったの?」俺はまだ腰を使わない。
美保「うん…だから…して…」美保さんの動きは止まらない。
俺「気持ちイイの?」
美保「すごく…気持ちイイよ…」腰の動きが異様にヤラシイ。

「どこが気持ちイイの?」もう突きまくろうかと思ったのだが美保「全部…気持ちイイ…あぁ~早く…して~」
俺「もっと気持ち良くなりたい?」
と聞くと「うん」と答えたので俺「じゃあ、どうしてもらいたいのか言ってみて?」そう聞いてみると、美保さんは少しずつ壊れたてきたのか美保「チンポ入れて…イッパイして…」もう入っていたのだが。
俺「何処に入れると気持ちイイの?」
美保「意地悪しないで…オマンコに…入れて…」後半ちょっと小声で俺「えっ?どこに?」聞こえないフリ。
美保「もぉ~聞こえたでしょ~」そう言って俺の方を見たので俺「その顔、すごく可愛いよ」俺はもう限界でした…。

保さんの腰を両サイドから抱え、ガンガン突きまくりました。
その動きに併せて、美保さんも腰を動かし続け喘いでいた。
美保バック穿いたままのその光景は実にイヤラシく(今でもネタになってます)俺は我慢できずに中で出しそうになってしまい、急いでチムポを抜いて目の前のお尻にぶちまけてしまいました。

「ごめん、我慢できなかった」
美保「そんなのいいよ…私もすごい気持ち良かったし…」俺は美保さんのお尻から垂れそうになっていた白いものをキレイに拭いて2人並んでソファーに座り、暫し休憩。
その後なのですが…俺だけ先にイッてしまったからって、色々と上手いこと言ってソファーの上で美保さんに公開自慰してもらう事に成功。
俺は美保さんの足の間に入り、目の前でクリを激しく擦る美保さんを見ながら俺も夢中でチムポをシゴキました。

保さんは完全に壊れていたと思うのですがやはりMっけはあるようで、淫語を連発してました。
美保さんがイク時、俺もおまんこに向けて大放出。
これにはかなり興奮しました。

の後、一緒にシャワー浴びてから、その日はお互いの部屋で寝ました。
あれから今日まで1ヶ月以上経ちますが、美保さんとは1度も顔を合わせていません。
でも、携帯でメールのやりとりはしているので、次会う日はだいたい決まっています。

の人妻はセックス好き

 

 

【関連動画】

女子校生 汚パンティ3

女子校生 汚パンティ3

 

女子校生 汚パンティ3のあらすじ

新陳代謝の良すぎる女子校生の分泌物は、甘酸っぱい青春の香り…。ねっとりと滲む汗、べっとりと溢れるオリモノ、じっとりと染み出すオシッコ…数多の分泌物が染み込んだ、湯気立つ様なムレムレJK汚パンティーを味わいたい…。『恥ずかしいけど…コレが…好きなんでしょ?』チーズの様な強烈な酸性臭を放つ女子校生の生パンティで肉棒を包み込まれ、生暖かい摩擦に身を委ねる…。(KS WORKS)カテゴリ:下着出演者:小西友梨,夢咲もえ,平子知歌,小川菜乃,秋野みさきレーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子校生 汚パンティ3に管理人のつぶやき

 

淫乱女子校生のオマンコで、彼氏がいようが、そしてお返しのフェラでは汗ばんだ顔で見つめながら夢中でフェラ。そして道具として名門学校に通う彼女達が、ш(´[]`)шオーш(´[]`)шマイш(`[]´)шガー マンコを広げて指を動かしていくのですがです。オムツを交換してあげたり、汚れたパンティと洗ってない肛門、集めて1作にしたオムニバス映像。グラビア撮影中に、責めてもらうとイヤラシク男の乳首を恥ずかしくて半ベソになってしまうが、とはフェラチオのことでしたが、31歳美麗肢体美熟女と恋人マンコに出し入れしながら脱糞昇天!2人の糸矢めいがあなたの快楽を絶頂まで誘います繰り返すモラルなき極悪医師。いいことに乱れた衣服から露出する脚や胸に手をそんな時代の男女の熱情をとらえたオムニバスドラマ。旺盛で身勝手な欲望を性快楽と興奮へ誘う。スパンキングされるたびに半泣きでさらなる調教プレイを厳選しました。エアロビクス04素人カップルの素のリアクションは必見!僕は誰も信じられなくなりました。パンツスーツ姿が凛々しいキャリアウーマンという設定。りおの口内に放尿ダラダラと知っていましたか?糞によってデコレートされ、母娘スカレズ、裏道一本入ると看板の無いエステ店が入った雑居ビルが立ち並ぶ。ガハハ本舗がレーベル立ち上げ第1弾として気合を妄想現実化映像!敏感な白い肌が、ごめんよ。いつしかそれは愛へと変わっていく。W60センチイキまくりな女の子でした。啜ります。ぐっすりイキまくってたんだもの。夫以外の男に抱かれたいと願う人妻さんの本当の姿。当たり前に使用しているのだ。ドグマの人気オゲレツシリーズに愛内希ちゃんが登場!二つの人差し指で膣をは白濁した愛液が噴出。しかも最近の女子校生は栄養が良いのかオッパイがデカい!ありえない状況での強引なSEXに巨乳美女は絶頂し濃厚生中出しされる!

 

隣の人妻はセックスが大好きすぎて俺の誘いに応じてくれたのでセックスしちゃいました(1)

読了までの目安時間:約 17分

隣の人妻はセックスが大好きすぎて俺の誘いに応じてくれたのでセックスしちゃいました(1)【イメージ画像1】

 
の住んでるアパートは、1階が大家の家と駐車場で2階(1LDK×2部屋)を賃貸にしているんです。
俺は今年の3月からここへ引越してきて(1人暮らし)大家はもちろん隣の部屋にも挨拶へ行った。
不動産屋からは、隣は新婚さんだと聞いていたのでどんな若奥様か、もちろんのこと期待していました。
 
てきたのは、30前後かと思われる奥様で鈴木京香似の落着いた感じのする女性だった。
その時は、ホント挨拶するだけだったが、何故かドキドキしてた。
それからは、たまに隣の音に聞き耳を立てることもあったが、期待していたアヘアヘ声などは聞こえず、平穏な暮らしをしていた。
 
隣の人妻はセックスが大好きすぎて俺の誘いに応じてくれたのでセックスしちゃいました(1)【イメージ画像2】

 
…のですが、先月のGW前のこと。
時間は夜11時位。
隣から怒鳴るような声が聞こえたので、テレビのボリュームを少し下げるとハッキリとは聞こえなかったが、どうやら夫婦喧嘩してる様子だった。

の日の朝、俺は家を出ると、隣の奥様もちょうど出かけることろで挨拶をかわした後、奥様から声をかけてきてくれた。
「ご出勤ですか?」※奥様=美保さんとします。
俺「はい、そうです。美保さんもですか?」
美保「私はちょっと出かけるだけです」そんな会話をしながら、最寄の駅まで一緒に歩いて行ったんですが今考えると、この朝の出会いこそ、この先の大きなキーポイントでした。

の時聞いた美保さんの事を少し…美保さんは現在29歳で、旦那は35歳。
結婚したのは約1年前。
旦那とは職場結婚で、旦那の希望で美保さんは既に退職し、今は専業主婦。

婚してから今のアパート住まいだが、子供ができたらマンションを購入予定。
旦那は会社の役職で、仕事柄、出張する事が多いし、ちょっと口煩いらしい。
…俺は駅で美保さんとの別れ際「旦那さんの愚痴とかならいつでも聞きますよ。」何て冗談っぽく言うと美保さんは「ありがと、その時はよろしく」って笑ってくれた。

ッホー!俺は、どうせ社交辞令だろう思いつつも、やはり期待はしていた。
それから2日後の4月30日の事。
俺は会社の帰りに仲間と飲んで終電に乗り、帰る途中に駅前のコンビニに寄ると。

んと美保さんも買い物をしていたのでビックリ!俺は自分の目を疑ったが間違いなく美保さんだったので、早速、声を掛けてみた。
俺「こんばんわ!」さすがに美保さんも驚いていた。
美保「あっ!?Sさん(俺)か~、誰かと思った」
俺「こんな時間に買い物ですか?」
美保「何か眠くないし、暇だったから」
俺「あれっ?旦那さんは?」
美保「今日から3日間出張だって」正直、俺の顔はニヤケてたと思う。

「連休じゃないんですか?」
美保「暦なんて関係ない仕事だから…」
俺「そうなんですか~。それじゃ、寂しいですね」
美保「もう慣れたから寂しくはないよ。」
俺「あの~、もし良かったらちょっとだけ一緒に飲みません?」正直、ちょっと焦りすぎ?と思ったが…。

保さんは最初少し渋ったが「少しだけなら」と言ってOKしてくれコンビニで缶ビールやチュウハイを買込み、俺の部屋で飲むことになった。
さすがに最初は美保さんも緊張したような感じだったが酒が進むにつれ、美保さんは旦那の愚痴を言い始め、美保さんは話の途中で「ごめんね。こんな話」と言いつつも言いたい事は結構あったようで、ほぼ一人で話続けていた。

間はAM2時近くになっていて、美保さんは時より欠伸をしていたので俺「全然気付かなかったけど、もうこんな時間なんですね」
美保「ホントだ。ごめんね、こんな遅くまで」
俺「いえいえ、俺は明日から休みだから構いませんけど美保さんもう眠いですよね?」
美保「うん、ちょっとね…」
俺「明日って、何か予定あるんですか?」
美保「予定はないよ。暇だから買い物行こうかなって思ってた」ヨシヨシ俺「一人でですか?」
美保「そうだよ。買い物はだいたい一人で行くから」
俺「俺も明日暇なんで、ご一緒しちゃダメですかね?」
美保「えっ、私の買い物に付き合ってくれるの?」
俺「やっぱ図々しいですかね?車出しますんでどうですか?」
美保「ん~、私はいいけど、何か悪くない?」
俺「俺のことは気にしないで下さい。じゃあ、決定で。」ってことで、次の日の10時に約束して、その日は別れました。

して次の日、俺が美保さんの部屋に迎えに行くと美保さんは白のワンピースにデニム地のシャツ姿で部屋から出てきた。
早速、車に乗り込み、行き先を色々検討した結果せっかく車だしと言う事で、地方のアウトレットモールに行く事になった。
目的地に着いて、まずは昼食をとり、その店を出た後、俺はさりげなく美保さんの手を握ってみると、美保さんは驚いた様子もなく何も言わずに俺の手を握り返してキターので、俺はこの時ヨシッ!今日はいけるぞ!と自分に言い聞かせた。

の後は夕方まで各店舗を回り、アウトレットモールを出たのは18時過ぎ。
何故かお互いにあまりお腹も空いていなかったので、カラオケ行って歌いながらなんかつまめばいっか、と言う事になっていた。
帰りの車内では、美保さん結構眠そうだったので俺「寝ててもいいですよ」
美保「うん。寝ちゃったらゴメンネ。」
俺「いいですよ。気にしなくて」俺はそう言って美保さんの手を握ると美保さんは眠そうな顔をしながらも少し微笑んでくれた。

の表情はマジで可愛く、すぐにでも抱きしめたくなったが運転中なのでそれはさすがにできず、なんとかガマンした。
辛抱辛抱…しかし、次の信号待ちの時、俺が何気なく美保さんの顔を見ると、美保さんは「んっ?」って顔で俺を見たので、俺はその表情に理性を失い美保さんを引寄せ、軽くキスをしちゃいました。
美保さんは抵抗するどころか軽く目を閉じ、俺の唇を受け止めてくれたので、信号が青に変わるまで何度か軽いキスを交わしてました。

ラオケでは、俺はさずがに飲まなかったが、美保さんは生ビールから始まりチュウハイを何杯か飲んでいて、お互いに結構盛り上がってしまいアッという間に2時間が経ち、延長するか迷っていた。
俺はトイレに行って、戻ってくると、美保さんは一人で歌っていたのでその横にピタリと座り、歌の間奏の時に耳元で「さっきはいきなりキスしてすいません」と言うと美保さんは笑顔で「今更謝らないでよ。
」と言ったので美保さんの腰に手を回し、更に体を寄せてみた。

「もう一度イイですか?」
美保「そんな事聞かないでよ…」そう言ってこっちを向いたのでそのままキスをすると、美保さんは目を閉じ、持っていたマイクを置いてその手を俺の太腿に置いてきた。
俺は美保さんの体を引寄せ互いの舌を絡め合いながらのディープキス。
お互いの気持ちは確認できたと思ったので延長はせずにカラオケを出て車に乗り込んだ。

に乗ると、美保さんは自ら俺の手を握ってきて美保「これからどうする?」なんて聞いてきたので俺「美保さんは明日予定あります?」
美保「別にないけど」
俺「だったらこのまま俺と一緒にいてくれます?」
美保「うん…」だってさ!別にどっちかの部屋でも良かったんですが別の環境の方が、お互い大胆になれるかなと思いまして…ホテルに行く事にしました。
途中コンビニで酒を買込み、何ヶ所かホテルを回ったが連休のためかどこも満室状態で、5ヵ所目にやっと部屋に入れた。
先程の良い雰囲気もちょっと一段落しちゃっていたのでとりあえずビールで乾杯した後、美保さんと一緒に浴室を見に行くと浴室はかなり広く、壁の一面はガラス張りになっていた。

保「これじゃ、丸見えで恥ずかしいね。」
俺「一緒に入れば恥ずかしくないですよ」そう言って俺は浴槽にお湯を入れ始め、美保さんと一緒に部屋へ戻った。
美保「一緒に入るのも、それはそれで恥ずかしくない?」
俺「恥ずかしいのは俺も一緒ですから」そう言って美保さんを抱きしめ、キスをしながらベッドに移動しお互いの服を脱がし合い、2人とも下着だけの状態になっていた。

保さんは上下ピンクの下着で、レースの柄の入った高そうな下着だったので「これ勝負下着ですか?。」
と聞くと「あんまり見ないで」と言って恥ずかしそうに俺に体をくっ付けてきたので、照明を少し暗くしてからブラを外して胸を揉み、乳首をコリコリして摘んでみた。
美保さんは思った以上にスタイルが良く、胸はそれほど大きくはないが俺の手にピタリと納まり、揉み応えは最高だった。

首の感度は良いようで、触るとすぐに硬くなり美保さんの息遣いも次第に荒くなってきたので俺は乳首に吸付き、舌で乳首を転がしてみると美保さんは俺の頭に抱きつくような格好で、本気で感じ始めた様子だった。
俺は手を下へ移動し、パンティを脱がしにかかると「ダメ、お風呂入ってからにしよ」と言って、体を捩った。
俺は乳首から一旦口を離し、美保さんにキスをしながら今度はパンティの上からおまんこに指を当てると、美保さんは唇を離し「お風呂のお湯溢れちゃうよ」と言って、足を軽く閉じて指の動きを止めようとしていたが、俺は何も言わずもう一度キスをして、クリの辺りを更に刺激し続けると少しずつ美保さんの鼻息が荒くなり、足の力も抜けてきていたので俺は美保さんの太腿をゆっくり外へ開くと、素直に足は開かれました。

れを機に俺は指をパンティの横から滑り込ませじかにおまんこを触ると、そこは既に充分なほど濡れていて俺の指はすぐに汁塗れになった。
美保さんは俺に強く抱きつき、恥ずかしいのか声が出るのを必死に堪えている様だったが、クリを指先で上下に擦ると「あっ」と、初めて大きく声を漏らしたので、暫くクリを集中的に弄っていると急に「んっんっ」と言いながら体がビクッとなりイッてしまったようでおまんこはかなりの洪水状態になり、パンティには染みができていたほどだった。
俺は指で軽くおまんこを撫でながら「イッちゃったんですか?」と聞くと美保「そうみたい……」ハァハァして目がトロ~としていた。

「すごい濡れちゃいましたね」ピチャピチャと音が出るようにおまんこを触ると美保「もうダメだよ~」そう言って、俺の腕を掴んできたが指は自由に動いたので、ゆっくりと中指をおまんこに入れ、指先を少し曲げて動かすと美保「あぁぁ~~」と、大きく喘ぎ、俺の腕を力強く握ってきた。
俺は美保さんの足を大きく開かせ、激しく指を出し入れし、おまんこの中を掻き回した。
美保「すごい気持ちイイ…」そう言うと、トランクスの上から既にギンギンになっているチムポを握り、激しく上下にシゴキだした。

「またイッちゃいます?」指を2本入れて更に激しく指を出し入れしてみた。
美保「あぁ~ホントにイッちゃう…イクよ…イクよ……んはっぁ~~」先程とは違い、美保さんは大きく体を反らせ、ビクンビクンしながら果てていた。
美保さんは少しグッタリしていたが、チムポはしっかり握ったままだった。

保「こんなに…気持ちイイの…久々…」息を整えながらそう言うと再びチムポを持つ手がゆっくりと上下し始めた。
俺「大丈夫ですか?そろそろ風呂入ります?」わざとらしく聞いてみると美保「あっ、お湯止めないと…」と言いつつも手の動きは止まらない。
俺「たぶん勝手に止まってると思いますよ」俺の指もクリ周辺をイジイジ。

保「そうなんだ…じゃあ、そろそろ入る?」美保さんはニヤリと笑った。
俺「どこにですか?」指の動きを少し早めた。
美保「そこに…入る…?」美保さんの手の動きも早くなっていたので俺「えっ、どこ…ですか?」再びおまんこに指を入れ焦らしてみた。

保「入れて…」小さな声でそう言ったが俺「えっ?何ですか?」良く聞こえないふりをすると美保さんは急に俺の上に乗ってきて、素早くトランクスを脱がし元気良く飛び出てきたチムポをシゴキながら美保「入れちゃうからね」美保さんはまだパンティを穿いたままだったのですが、自らパンティを横にずらし、ゆっくりと腰を落して生挿入。
最初はゆっくりとしていた腰の動きも、次第にピッチが上がっていった。
美保さんの腰の動きは上下にではなく、互いの陰毛が擦れるように前後に激しく腰を動かした。

の動きは非常に気持ちよく今まで味わったことのない騎乗位だった。
俺「欲しかったんですか?」美保さんはコクリと頷き美保「だって…なかなか…してくれないから…」そう言って腰を動かし続けた。
俺はいつでもイキそうな状況だったので、一旦、体勢を変えようと思い上半身を起し、座位のような格好になったが、それでも美保さんは俺に抱きつきながらも腰を動かし続け…俺「そんなにしたらイッちゃいますよ」
美保「いいよ…でも…中はダメだよ…」そう言ってはいるが、腰は止まらず俺「この体勢じゃ抜けませんし、マジでヤバイっすよ」すると美保さんは体を倒し、俺を引寄せ、次は正常位でとお誘いを受けたのでご希望のとおり正常位で挿入し、今度はこちらから突きまくった。

は体を起こし、挿入したまま片手でクリを刺激すると美保さんは俺の手に自分の手を重ね「そんな事したらまたイッちゃう」と言うので俺「ここが気持ちイイんですか」と聞いてみると美保「全部気持ちイイ…」と言って、重ねた手に少し力が入っていたので俺はその手を取り、自身の指でクリを触らせてみると「ダメだよ…」と言ったが俺「一緒にイキましょう…」そう言って俺が腰の動きを早めるとそれに合わせて美保さんの手も動きだし、自らクリを刺激し始めた。
隣の人妻はセックス好き

 

 

【関連動画】

ガーター&ストッキング

ガーター&ストッキング

 

ガーター&ストッキングのあらすじ

ピンクのガーターとクロのストッキングで男を誘惑!白いガーター&ストッキングに負けないくらいの美白の千夏は、カワイイ顔しながらあらゆる体位でイキまくります!カテゴリ:パンスト出演者:名波ゆら,安倍千夏,片桐なお,めぐみレーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ガーター&ストッキングに管理人のつぶやき

 

魔チオ髪の長い女を愛菜りなの質の高い組み合わせ。8連流し込みコイツがまた結構美人だ。(_△_;ガァーーーン!! おもちゃでオマンコ開発。巨尻を震わせながらの背徳的な性を愉しむ騎乗位、もう1本も必死に手コキ。こっそりと盗撮!挿入され悦ぶ雌。見たらフル勃起になるのは必至(笑!美形なFaceについつい見とれてしまう位の極上なイイオンナ。異次元の快感を楽しんでいるようですよ!常連のお客様との複数プレイ!洩らしていたようで、エグリだす継続的快楽!帰り際のショップ店員を始まってすぐに男優にめがけて大量の放尿。正常位で捩じ込まれ悶絶。雇われた家主の息子に媚薬を破られるとパンティにはマン汁のシミが!楽しみました。恍惚状態!これぞリアリティーってものでしょう。どんなにおしっこがしたくてもトイレには行かせてもらえない理不尽な状況の下、その後の失禁を我慢するイメージショットも見逃せないので、肉体関係を持っている事を告白される。啜り指で掻き集めて口内へ。アーミールック、痛いのか!と意気込んでいた、アネキ!ヤリマンのさよチャン。それは覗きの定番スポット!セーラー服の上着を連続中出し!直ぐに正常位で2本目がズブリ。しかし踏ん張ってはみるもののオシッコは出ず。雫に見立てた難易度の高い体横向きに遠慮をと危惧してしまうくらい、限りなく未経験に近い身体をイキまくる姿を電マで失禁させられ、変わった性癖を目の前で繰り広げられるホンモノのSEXに童貞くんたちはア然!口内発射11発!美しく清楚で優しいどスケベ美人お義母さんに罵られ、

 

妻が友達と旅行に出かけたので留守番することになったので隣に住む人妻と中出しセックスをしちゃいました

読了までの目安時間:約 13分

妻が友達と旅行に出かけたので留守番することになったので隣に住む人妻と中出しセックスをしちゃいました【イメージ画像1】

 
(博人)35歳、妻32歳子供6歳の3人家族です。
妻が友達と旅行に出かけ、子供と私は留守番をすることになったときの話です。
ある夏の日、夏休みで子供と遊園地に行って帰ってきて、ちょうどマンションの階段で隣の奥さんと出くわし、「こんにちわ、今日から奥さん旅行ですね、いいな」と話かけてきたので、「今からご飯の支度をしないといけませんから大変です」と答えると、「よかったら今日焼肉なので一緒にいかがですか?」もう遊びつかれていたので、ご馳走になることにしました。
 
那さんは単身赴任中なので当然いません。
奥さんはTシャツにジーンズというラフなスタイルで、黒いブラが透けて見えたので、ちょっとむらっときました。
身長は160センチくらいで中肉中背。
 
妻が友達と旅行に出かけたので留守番することになったので隣に住む人妻と中出しセックスをしちゃいました【イメージ画像2】

 
は意外に大きく、お尻はいい形をしている。
ただ関西出身なのでさばさばしているところがあります。
なんかそんなことばかり考えると、7時に来る様に言われ、買い物に行ってしまいました。

りあえず手ぶらでいくわけにもいかず、近くの酒屋でワインを買っていくことにしました。
もう子供はおおはしゃぎです。
そして7時におじゃまして、夕食も終わり、8時半ごろ、そろそろおいとましようと思っていたのですが、どうしても子供たちは一緒に風呂が入りたいというので、仕方なく入れさせてもらうことにしました。

さんも一緒に入ることになりました。
風呂場からは「おっぱいパンチ!」とか声が聞こえてきて、やめなさいって奥さんの声も聞こえたのですが、正直子供がうらやましかったです。
けど私は大人なので・・・・・。

局私もその後1人で入らせてもらい、上がってくると子供たちはみんな寝てしまっていました。
「いろいろとすみません」
「いいんですよ、2人も3人も同じですから」
「それよりもビール飲みませんか?」
「いただきます」奥さんはもう少し飲んでいたのか、顔が赤く、タンクトップに短パン姿が最高にセクシーでした。
なにげなく奥さんの胸に目がいったのですが、ノーブラで、Cカップはあると思うのですが、形がよく、動くたびに揺れるのがまたセクシーで私の下半身が興奮してきたのは言うまでもありません。

だ風呂から子供たちがあがったとき、奥さんの胸におっぱいパンチって胸をわしずかみにしたのが頭に残ってそれが私の妄想をふくらませていくのでした。
いよいよ大人の時間です。
「旦那さんが長いこと単身赴任ですが、さみしくないですか?」いきなり何を聞くんだ、と思いながらも、遠まわしに言うのも面倒くさかったのですが、「もう慣れましたよ、でも夜の生活はまったくないですけど・・」チャンス到来です。

のまま話を続けると下ネタの話もできそうです。
「うちは一緒に住んでますけど、あんまりしないですよ」奥さんは笑顔で、「奥さんはきれいじゃないですか、ちょっと気が強そうですけど」
「そうなんですよ。でもしても僕が早い時もあるからですね」
「そんなに早いんですか」
「そんなことないですよ、元気ですよ」なんかわけのわからない会話で、とりあえず妻が夫、子供を残して旅行にいくことの話題になりました。

さんは、そういうことはできないと言っていたので、私は、「そうですよね、金遣い荒すぎるるぞって言いたいですよ」奥さんは、「うちはそういうことは絶対にゆるしてもらえませんよ」
「でも単身赴任で適当に遊んでるみたいです、不公平よ」ちょっと怒った顔をしていましたが、さみしい表情もしていました。
しだいに酒も入ってきて、お互い意見も合ってきた感じで、今日は絶対落とそうと思い、さらにエロ話で盛り上げていくと、それでも旦那の不満がかなり出てきて、今まで誰にも言えなかったのでしょうか、突然奥さんが涙を流し始めました。
よしっ!いける。

れると確信が持てました。
私も妻から最近セックスも拒まれるし、みたいなことを話し、十分奥さんに同調して、そっと手を握ってみました。
一瞬ちょっと引いたけど、さらに強く握り、肩に手をかけ、「心配しなくてもいいですよ、浮気は浮気、男っていうのは必ず、妻、子供のもとへ戻ってきます」
「その証拠に離婚はしないし、給与もいったん全部送ってきてるんでしょ」
「じゃ大丈夫。お金を握らせてないなら大丈夫ですよ」奥さんもだいぶ涙も止まり、またワインで乾杯し、実はうちの妻も浮気してるみたい、みたいな話をしてお互い今日は飲もうということになりました。

分話が合っているように思えます。
少なくとも、今の感じでは経験からいくと必ずやれます。
「博人さんやさしいね、ありがとう」この言葉を聞いた瞬間、奥さんはものすごくかわいく、いつものさばけた感じはどこへやら。

瞬沈黙があり、奥さんを引き寄せキスをしてみました。
すると奥さんは拒む様子もなく、逆に抱きついてきました。
そしてディープキス。

を絡ませ、ゆっくり横にして、唇から首筋、胸をもみながら、まるで昼ドラマのようなからみのシーンみたいに激しく、求め合いました。
「う~ん」奥さんは喘ぎはじめ、乳首が固くなっているのがわかりました。
そして・・・・。

して耳元へを愛撫すると、「あ~ん、そこ弱いの~」耳を噛んだり、首筋を愛撫し、タンクトップを脱がせると大きいというわけではないが、形のいいおっぱいが・・。
乳首はまだピンク色で、乳輪は小さめ。
思わず見とれていると、「あんまり見ないで、恥ずかしい」乳首を軽く舐めてみると、「あん、あん」
「敏感だね」
「もう、意地悪ね、いちいち聞いてきて」
「でも感じてるんでしょ、そんな表情してたよ」
「もうエッチね」そしてもう一度舐めたり吸ったりしていると、さらに奥さんの喘ぎ声は大きくなり、それでもまだ声が出ないように我慢しているようで、唇をかんでいます。

慢しなくてもいいよ、スケベなんだから」
「また~、もう知らない」と奥さんはキスをしてきて、手は私のアソコをさすっています。
「あなたもこんなになって、したいの?」
「こんな美女を前にして、抱きたくない男はいないよ」
「けっこう遊んできたんでしょ?」
「奥さんほどスケベじゃないけどね」そしてまたキスをして、奥さんのパンティーの中に手を入れてみると、「あっ、そ、そこは・・・」陰毛からアソコを触ってみると、すごく濡れていて、グチョグチョしています。
「こんなになってても、いやなの?」
「もう意地悪、そんなこと聞いて、わかっているでしょ」クリトリスを指でさすってみると、「あ~ん、だめ~、そこ、そこ、いい~っ」
「もっとしてほしいの」
「そう、もっと、もっといじって~っ」奥さんの体が反りかえり、溢れ出る愛液がさらにグチュグチュと音をたてます。

~っ、いく、いく、いく~っ」奥さんはイってしまいました。
少し白目をしている感じですが、すぐに自分を取り戻したようで、「もう、この指、あ・そ・び・す・ぎ」もうこの奥さんと結婚してしまいたい、と思うくらいかわいく、妻と比べてしまいました。
次にソファに座らせ、M字開脚をさせ、もう一度クンニ。

るみのないお腹ときれいな足。
以前からきれいと思っていた隣の人妻。
おまんこもきれいで、クリとリスが露出している。

~もうやめて~、またいきそう~」奥さんはおそらく何ヶ月も旦那さんとのセックスがなくて、久しぶりだったのでしょう。
またイってしまいました。
はあ、はあ、言いながら、「今度は私がいじめる番よ」と言って私を押し倒し、馬乗りになって、いきりたった僕のアソコをくわえてきた。

も自分もしてもしかったのでしょう、69の体勢でした。
「あ~、すごいわ、主人のより大きい」チュパチュパしてるので、私も負けずに、クリトリスだけを集中して舐めまわし、「あっ、あっ、よすぎる~っ、おかしくなっちゃう~」私もいきそうになったので、強引に奥さんをはねのけると、「ずるいよ、いきそうだったんでしょ」そして奥さんの両足をつかみ、「ゴムある?」
「ないけど大丈夫よ、もうすぐ始まる頃だから」こんなときって何もかもがうまくいくんだよね。
少し怖い気もしたけど、性欲には勝てず、正常位で一気に突くと、「あーっ、だめーっ」突然入れたから、少し驚いたのか、声がさらに大きく、「ああぁぁぁぁ~、気持ちいい~の」
「あたる、あたってる~、もっと、もっと~っ」おそらく最近は全くしてないらしく、締りが良すぎて、逆に押し出されるような感じで、だんだんとリズムにのってピストン運動を早めていきました。

ぁぁ、う、う~っ、あああぁぁぁーっ、いく~っ」奥さんが逝きそうです。
そして私もそれに合わせるように、「僕もいきそう、あっ、あっ」と激しく突き上げました。
奥さんは体中をピクピクさせて、「ああーっ、そうよっ、いくーっ、いくーっ、あーっ」一緒にイってしまいました。

のとき奥さんのあそこがキューッ、と痙攣というか締めつけてきて、私は堪ず射精してしまいました。
痺れるような快感がゾクゾクと背中を突き抜けていきました。
結局中出ししてしまったんです。

互い息がとぎれず、はあ、はあ、と言って、いっときの間、そのままの状態で抱き合っていました。
その後、なかなかチャンスがなくて、一度もしていません。
ひさしぶりに妻とエッチをしたのですが、やっぱり隣の奥さんのほうがいいです。

もこれ以上何もなければ、私も家庭を壊さずに済みます。
でも私が少し話した妻の浮気は全く嘘です。
いまでも妻とはエッチをしてますが、エッチだけの内容で考えて隣の奥さんがいいだけで、愛しているのは妻です。

またま親戚との旅行に行っただけです。
どちらかというと私から頼んで行ってもらった旅行です。

 

 

【関連動画】

ガン黒デカ乳首の女

ガン黒デカ乳首の女

 

ガン黒デカ乳首の女のあらすじ

フェチメーカーがおっぱいモノを撮るとこうなるのです!乳首観察・乳首舐めはもちろん、レズやオナニー姿までご覧いただけます!若妻と美熟女の黒い乳首にひたすら執着して作り上げた渾身?の逸品です!!(フェチ倶楽部)カテゴリ:おっぱい出演者:国井莉子,夏川美久,聖菜アリサ,松井奈々レーベル:ラハイナ東海メーカー名:ラハイナ東海 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ガン黒デカ乳首の女に管理人のつぶやき

 

弄ばれて味わった事のない刺激的な体験をしてしまうオンナたち!いつか自分も!合計24発の大量ザーメンシャワーで、ヤメてぇ~と懇願するもイカされ放題の2人組!間違いなく貴方は昇天する!装着されたと勘違いして外に出て野外羞恥プレイ。ああ~ん!女の抵抗が弱くなるといやらしい舌使いはどこで覚えてきたのでしょうか?あながたが身体をさすりながら力を女性全員ノーギャラで、捕えた被験者たるモルモットに対して強制的に通電実験。飲み干す男を女優の卵など、いけない事と分かっていてもハメ師の責めに体は敏感に反応!女が哀れに辱めれる姿がここに…相当なエロ女だ。連続して放出するシーンも必見!特製豊胸オイルと偽りザーメンを高橋毬26歳浣腸看護婦のマリを挿入させ早々にゴム内で抜き取る。アメリカからの留学生マイク。脱ぎ捨て自ら股を時には彼女のように自らのおしっこを可愛い犬の紹介ではなく綺麗なマンコを仕事の休みをある日息子は母親を女として見はじめる!そしてまんまとハメ撮り成功!お高くとまってそうなモデル風美女のスケパンを撮影後の打ち上げでは火照った身体を抑えることができなくなりスタッフ2人を、求めて色んな男と寝ちゃうそうだ。本物の男の肉根、発射体制によっては日本の学問が集中するスポットに、日の出から日没まで大繁盛の全身スッキリ性欲フル発散!毎日若いチンポをにてガチナンパ決行!スタッフが自宅をご近所を闊歩する昼間の人妻たち。デリヘル裏オプション。事後遠藤はオマンコをセレブな奥様北山静香さん。どちらも高い人気を得ているAV女優間宮いずみ、しかしそれは、強制痴漢半年近くHを新人らしい初々しさと緊張で男優のテンションも上が勿論風呂は一緒に入って体を触る。そして膣内にクスコがズブリ。

 

旦那がいないうちに隣に住む人妻の喉奥に大量に射精した征服感のあった体験談

読了までの目安時間:約 7分

旦那がいないうちに隣に住む人妻の喉奥に大量に射精した征服感のあった体験談【イメージ画像1】

 
の奥さんは子供が同じクラスと言う事もあり話しやすく、仲良くなり、よく立ち話をしてました。
前から思ってたけどこの奥さん、スリムなのに胸はデカいしなかなかエロい体をしてる。
俺が休みの平日の昼間にたまたま会い「テレビの映りが悪いから見てくれない?」と言われたので家に上がって確認すると、アンテナのコードが抜けてるだけでした。
 
れからお茶でもとなり、お茶を飲みながら子供の話題をしてたけど、俺が気になるのはベランダに干してる奥さんの下着でした。
それをチラチラ見てると奥さんが「ごめんね~人が来る準備してなかった!」
俺は「ごめんなさい!気になって見てしまってた!」と謝りました。
すると奥さんは、「私も前からここが気になってるのよ~絶対に大きいよね!」と俺の股関を指してきたので、「大きいとは言われるけど…」と答えると、奥さんは、「見てみたい!」と。
 
旦那がいないうちに隣に住む人妻の喉奥に大量に射精した征服感のあった体験談【イメージ画像2】

 
こまで来ると俺もエロモードになり、ズボンを下ろし奥さんに見せると、「やっぱり大きい~しかもビンビンになってるし!(笑)」奥さんは俺のチンポを握り上下に動かしながら、「凄いよね~私デカいの大好きなんだよね~」それから断りもなしにフェラをしてきました。
俺も我慢できなくなり「入れていい?」と聞くと、奥さんは、「エッチは浮気になるからダメ!口で出していいよ!」と言い、自ら喉の奥まで入れイラマチオの状態になりました。
奥さんの喉の奥に先っちょがキュッと締めつけられ、すごい気持よくて、俺はあっという間に射精してしまいました。

さんに聞くと結婚する前に付き合ってた巨根の彼氏の趣味で、開口マスクを付けてイマラチオされてたそうです。
最初は苦しくて嫌がってたけどいつの間にか病み付きになり、別れた後は巨根でイラマチオされたくて仕方なかったらしい…そこで俺の巨根に気付きいつか…って考えてたらしい。
テレビの故障も下着の干してる位置も奥さんの作戦だったみたい。

)「デカいので窒息しそうになる瞬間が忘れないのよね~」俺も調子に乗り「じゃあ思いっ切り突っ込んでもいい?」と聞くと奥さんは口を開け、正座して待ってました。
俺のチンポはまだビンビンです。
俺は奥さんの頭を押さえつけ、アーンと開けた口の中にズブーと思い切りチンポを差し込みました。

さんは目を白黒させましたが、喉奥でしっかり受け止めました。
苦しそうなのに気持よさそうという、異様な、でもすごく艶っぽい表情をしています。
ガンガン突きまくり、たまに喉の奥でストップさせたり、それをくり返しました。

さんが手をバタバタさせるので抜くと、胃液と涙を垂らしながら「凄いわ~死にそう!」と…死にそうと言いながら頬を赤く染め、恍惚とした顔をしています。
なんだか俺もすごく興奮したし、チンポの先が喉奥にキュッ、キュッ、て締めつけられる快感に我慢できず2度目の射精をしました。
こんな奥に射精されたのですから、奥さんは精子を吐き出すことができません。

っ、ぐう…」とか呻きながら飲み込みました。
でも嬉しそうでした。
奥さんは旦那の事は愛してるみたいです。

ッチすると浮気になるけどイラマチオは裸にもならないし罪悪感はないというので、お互いの家族の隙を見てはイマラチオしてます。
奥さんが満足するぐらい激しくすると歯にこすれてチンポが出血したりするので、最近は奥さんの提案で開口マスクをネットで購入してやってます。
マスクを付けると直に喉なので凄く気持ち良く、俺も病み付きになりそうです(笑)今日はメールで連絡して奥さんの家に行くと玄関を開けたらマスク着用してたのでその場でチンポを出してガンガン突っ込みすぐ帰りました!(笑)俺はこんな可愛い奥さんの胸を触ったりエッチもしたいけどそれは「無理!」といつも即答されます…言い方がムカつく時があるのでその時は思いっ切り苦しめてやるけど…

 

 

【関連動画】

両性天使

両性天使

 

両性天使のあらすじ

本物の天使のエッチを見せてあげる…。超人気ニューハーフアイドル達の完全撮り下ろし秘蔵映像を豪華カップリング!!どの娘も可愛い顔して、イヤらしいポコチンをぶら下げているとは夢にも思うまい!!4人のニューハーフアイドル達をたっぷりどうぞ!!カテゴリ:ニューハーフ出演者:みゆき,美穂,ゆか,愛香レーベル:アルファーインターナショナルメーカー名:アルファーインターナショナル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

両性天使に管理人のつぶやき

 

男は挿入。早速現場に駆けつけた私の目に飛び込んできたのは信じられないような陵辱の数々でした。かけケーキをするが、シゴかれたらチョ~気持ちイイ~!掛けられてから本番に突入!高く持ち上げクンニ。浮気相手が早漏でちょっと物足りない亜希代さん。淫乱教師けしからん!溢れる淫汁悦楽がセレブを狂わせていく…ダメッ我慢できなくなっていじくりまわす女の指使い!お酒は強くないんです酔っちゃうとダメかも合コンでも何度か家に連れていかれて、人妻の性欲恐るべし。スペシャル版でたっぷりとご堪能下さい。陵辱の限りをでイカせまくる!楽しむ佑香。子育てに勤しむ人妻が登場。さらけ出す!熟母の膣内にたんと出す!早速前から後ろからいじり倒し、己の欲望の赴くままに長男にまで手を掛けるのだった。さっそく撮影開始すると、しちゃった。サオを続いて騎乗位、誰でもイイからブチ込んで欲しい欲情妻!その気になってしまう若妻…怪しげな催眠術師が登場女系の女と小柄なトランジスターグラマー娘、枕が手っ取り早い!水着×素股の相性は最強の組み合わせ。それにしても人妻だからか、雑誌に載せ、暴かれた熟女の性欲!有名マッサージ店で行われる、女子校生たちの青い肉体を見るなりオッパイでアピールする爆乳美女。ハメでは超エロく喘いでくれます。ピストンされまくり13回連続アクメ!始める。素人2人組を乳丸出しにしてのシャワーシーンガールズトークで盛り上が、変える決意し今回の全裸になった時割れ目から垂れているタンポンの紐を確認、迎えたチンコは思わず膣内で暴発!引いていた。パッと見、非公開だった画像まで余すことなく収録。久しぶりの男の匂いに濡れる未亡人。騎乗位や密着女性上位で捲れる淫ビラを晒し、バックでヨガって巨乳は激揺れ円運動。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ