告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

子持ち人妻のマンコってなんであんな締め付けいいんだろうなw車の中でヤッたんだがすぐ出ちまったw

読了までの目安時間:約 5分

の時、偶然に出会ったのが27才の人妻。
小*生と保育園の子供が二人居て現在旦那とは別居中って言ってた。
最初は年齢も離れてるし、子供も二人居るって言ってたから逢う気なかったんだけど何回かやり取りしてるうちに向こうから「子供と遊んでやってよ」て言われて次の休みの日に逢うことになった。
当日、近くの運動公園の駐車場で待ち合わせしてたら、マジで子供二人を連れて来てた。
見た目は今で言うお姉系で俺的に好みだったけどエッチな気分には不思議とならなくて、普通に皆でバドミントンしてた。

 

子持ち人妻のマンコってなんであんな締め付けいいんだろうなw車の中でヤッたんだがすぐ出ちまったw(イメージイラスト1)

 

空が暗くなってきた頃に彼女が俺に「なんか君って良いね☆」って言ってきた。
あまり意味は解らなかったけど、まあね。
とだけ返事してその場は流した。
すると彼女が僕の方に寄って来て、俺の斜め前辺りに立ち、クルッと子供達の方を向いて「ママと、このお兄ちゃんが結婚したらどうする~?」って冗談っぽく聞いてた。
その瞬間、後ろに組んでいた彼女の手が僕の手を引いて自分のお尻に…。

 

もう片方の余った手で僕の股間をジーンズ越しに擦り出した。
無論子供達には見えない位置から。
彼女のスカートは後ろにスリットが入ってて、手を入れればすぐにパンツが触れる位な感じ。
運動して軽く汗ばんだ股の間が妙にムラムラして自分も直ぐに勃起してしまった。
子供とはこの間も普通の会話を続けてる。

 

子供がこっちに近づこうとすると彼女が「ダメ!ゲーム買ってあげないよ(笑」って言って、子供をストップさせてた。
この後5分くらいこの状況が続いた後に彼女は俺に耳打ちしてきて「今日は、本当にありがと♪こんなオバさんだけどまた会って…くれるかな?」って笑顔で言われた。
もちろん即答でした。結局、その日はそれ以上することはなくお互い別れた。何となく自分達の中で一線引いてたのが、今回の事で一気に崩れてそれからは旦那とのSEXの話や俺の初体験の話をして凄く盛り上がった。3~4回電話した頃に向こうが「家には入れられないけど…ちょっと逢いたい…。来てほしいな…」と。
時間は20時…勿論、即行でした。車に乗り、電話で道を教わりながら30分くらいで到着したんだけど中々外に出てこないから電話したら子供を寝かしてるんだけど、僕と話してたの知ってるから、お兄ちゃんが来るって言ってなかなか寝てくれないみたい。それから、一時間くらい経過した頃、パジャマ姿の彼女が疲れた感じでやっと出てきた。僕の車に乗りこみ、ヒトコト…「逢いたかったぁ!」って運転席にダイブ。
イキナリだったからビックリしたけど、それ以上に展開の早さに驚いた。僕のベルトに手がかかったと思うと次の瞬間にはトランクスの上からゴソゴソが始まってた。「あの時、私の中に指入れようとしたでしょう~?んもう…子供いたのにぃ…だから今日は君はダ~メ!私がお仕置きね♪」シートを倒され、シートベルトで軽く拘束。
正直持参したウェットティシューも使用することを許してもらえずに、そのままパクッと…。今までのフェラは何だったんだろうと思う位にネットリとした舐め方で、しかも上目使いで俺のことじっと見てる。目を離そうとすると、「ダメだよぉ~私が舐めてるとこ見てないとぉ…お仕置きの意味ないジャン(笑」って言われて、ジュポジュポと音をわざと出して舐めてくる。
時には舌が玉の方に流れて竿は人差し指と親指をベロリと舐め、唾液を付けてシゴいてきたりと、本当にヤバイくらいイヤラシイ…。「ねぇ~?気持ちいい~?」ってよくAVとかでエロい女が目がトロンとなって言うところがあるけど完全にAVそのままで、他にも凄い数の言葉責めにあって、頭の中は既に昇天してた。
竿を口にくわえ込み、玉をニギニギとされた時、僕の限界が来てしまい、ヤバイ!と彼女に伝えるとニコッとして、待ってました!と言わんばかりに顔を上下に動かし、玉も上下に激しく擦って来た。その動きに負け、僕は発射の合図も言えずに精子を彼女の口の中に勢いよく出してしまい、後はグッタリ…。そんな僕とは対象的に、彼女はまだ口でくわえたままで、手で搾り出してる感じ。良いよ、無理しなくて…早く吐き出して。って僕が声をかけると、彼女は「若いから濃いなぁ(笑飲めるから平気だよ☆というかキレイに吸い出して舐めればフキフキしなくて済むでしょ(笑」って言ってキレイに吸い出してた。
この日は気力、体力ネコソギ吸い取られ、それ以上のことはせずこのまま帰宅しました
 

子持ち人妻のマンコってなんであんな締め付けいいんだろうなw車の中でヤッたんだがすぐ出ちまったw(イメージイラスト2)

 

嫁のママ友さんがお口でご奉仕してくれたんだが、嫁の数倍うまくて笑ったwクチマンコに思いきり中出ししたりましたわw

読了までの目安時間:約 12分

一人で飲んでて暇なので思い出し萌えしながら綴ってみようと思う。
うちは以前は妻の地元で生活しており、3年程前に俺の転職の都合で東京に出てきた。
妻と豊子さんは当時のパート仲間であり、同じ歳の子供がいるせいもあって今も連絡を取り合う仲だ。
豊子さんの旦那は中古車屋の営業とかだったと思う。
夏休みに豊子さんと子共&うちの妻子とで浦安の例の施設へ遊びに行く為、うちに泊まったのだ。

 

嫁のママ友さんがお口でご奉仕してくれたんだが、嫁の数倍うまくて笑ったwクチマンコに思いきり中出ししたりましたわw(イメージイラスト1)

 

(確か金曜で俺は行ってない)子供達も久しい友達と遊べて楽しめていたらしい。
その日、俺が仕事から帰ると妻と豊子さんは子供達を寝かし終わり、風呂も済ませてリビングのテーブルでリラックスしながらチューハイを飲んでいた。
妻「お帰りー」
豊子「おじゃましてまーす。お久しぶりです~」
俺「あ~どうもこんばんは。ご無沙汰してます」てな挨拶だったと思う。

 

子供が寝静まった後のママ達のお喋りは盛り上がっていたらしく、挨拶も程々に再び女のお喋りタイムが始まった。
俺も缶ビールを持って来て輪に加わった。
とは言っても聞き役なわけだが。
その時の話しは主に豊子さんの旦那への愚痴がメインになっていて、どうやら近ごろ旦那の若い女への興味が強まっていること、そして夫婦仲が薄れていることなどだった。
当然俺には男の意見を求められ、ありがちな話しだなとは思いつつ、適当に波風立てない答え方をしていた。

 

嫁のママ友さんがお口でご奉仕してくれたんだが、嫁の数倍うまくて笑ったwクチマンコに思いきり中出ししたりましたわw(イメージイラスト2)

 

ただ、豊子さんはその時、35,6で(俺31妻30)適度に細くて大人の女の落ち着きも兼ね備えた、美人の部類の女だ。
俺は豊子さんは魅力あるのにもったいない、的なことを説いていた。
俺「豊子さんの旦那さんは近くにいすぎてわからないんですよ~」
豊子「あらそうかしら、和夫さん(俺の名)わかる~?(笑)」みたいな具合。
口説いてるレベルではないから妻も気にしてない様子だった。
お喋り大会は俺が参加してからもしばらく続き、宴会のような状態でお開きになったのは1時を回った頃だったかと思う。

 

は酒に弱い訳ではないが酔った様子で直ぐに子供達のいる寝室に向かい、豊子さんもその部屋で寝ることになったらしく一緒に寝に行った(ちなみに俺は普段から自室で一人で寝ている)。
俺はホロ酔いながら寝る前に風呂に入った。
先程まで隣に座っていた豊子さんの色気あるスウェット姿を思いつつ、洗濯物に下着でもあれば抜いてしまおうかと思ったが、豊子さんは1泊なので洗濯物が出てるはずもなく、おとなしくドライヤーで髪を乾かしていた。
が、何気なく洗面台の端に目をやると、そこには見慣れない黒の下着が小さくまとめられて置いてあった。
明らかに妻のものではない。

 

瞬時に豊子さんの下着だとわかった俺は、突然のサプライズに動揺しつつもバスタオルを巻いただけの下半身が熱くなってくるのだった。
数秒間コンパクトに置かれた上下セットの黒の下着を眺め、背徳感と同時に熱い喜びを感じつつ、完全に勃起したモノがバスタオルをほどきそうになったその時、"コンコン"と洗面所の引き戸をノックする音が。
俺「……!!!!……ハイ」
豊子「ごめんなさい今大丈夫?」
俺「あ、あー全然いいですよ」と、いいわけないのに誤って入れてしまったのだ。
俺のバスタオルを巻いただけの後ろ姿を見た豊子さんは「あ、ごめ・・」と洗面所を出ようとした。
「あ、別に大丈夫ですよ」と、もう大丈夫でない俺は前を豊子さんに見せない姿勢を保つのにただ必死だった。

 

俺「どうしたんですか?」(全力の平常気取り)豊子「コンタクト外すの忘れてて」
俺「あ~、それか」と、洗面台に置いてあるコンタクトの保存液を見つつ俺「どうぞ」とドライヤーをあてつつ一歩下がって洗面台の正面を譲った。
「失礼しま~す」と少し照れつつ前屈みになり、外したコンタクトをケースにしまう豊子さん。
屈んだ豊子さんを後ろからみると、スウェットの背中に薄らと背骨のラインが浮き、豊子さんが今ノーブラ状態であることがわかった。
で、変な興奮から余計モノを収めにくい状況になる俺。
俺「コンタクト大変ですね~」
豊子「もう慣れちゃったけどね」と言いつつ俺をチラっと見、その瞬間に俺の股間が完全にバスタオルを押し上げてる状態に気付いた。

 

豊子「・・・!!」
俺「・・・」
豊子「・・・エ~!?なんで?どうしたの?」
俺「イヤ、あのそういう変なつもりじゃなくて、風呂から上がったらそこに下着があって、何だか興奮してきちゃって・・・その、マジで何もしてないんです」みたいな感じで言い訳どころかしどろもどろに正直な解説をしてしまった。
豊子さんは俺に言われて洗面台の端を見て、下着を忘れていたことに初めて気付いたらしく、「あ!」といいながら直ぐに手に取り恥ずかしそうにしていた。
正直可愛かった。
少し気まずい空気と静寂が流れ、でも元気に起ったままの俺。
俺「・・・すみません」何故か謝ることしかできない。

 

子「・・・下着見ただけでそんなに興奮するって、和夫さん変態~?」
俺「イヤ、それは、男はそういうもんです」
豊子「そうなの~?」
俺「でも誰でもってわけじゃなくて、豊子さんみたいに女の魅力がある人のだから、こう、ソソられてしまって・・・」(もう必死)豊子「え~・・・・・」
豊子「何か和夫さんも、男なんだね」
俺「そりゃ・・・溜ってますし」
豊子「・・・裕美ちゃん(妻)とはしてないの?」
俺「・・・全然。俺はしたいんですけど」
豊子「まあ子育て中だしね。したくならないってのもわかる」
俺「・・・男も結構ツライんですよ」完全に俺の後ろを取った風の豊子さんは悪戯っぽく言った。
「で、私が来なかったらシテたの?」
俺「・・・そうかもしれません」
豊子「え~・・・じゃ、この後再開するんだ」
俺「・・・バレバレでもうツライな~」
豊子「じゃどうするの?」といいつつバスタオルを押し上げたままの俺の股間をチラチラ見る豊子さん。
俺「恥を承知で正直に言うと、手伝ってくれたら、かなり嬉しいです」もう、この一言はかな~り勇気がいった。

 

言った後は祈る気持ち。
豊子「え~・・・」
俺「手でサクッと」(何がサクッとだ)豊子「どのくらいシテないの?」
俺「半年以上っすね」これはマジ豊子「ウソ~!それは男の子には長いかもね」
俺「でしょ?この起ち方みて下さいよ」豊子さんは恥ずかしそうに笑っていた。
半ば親切心からだったのか、急に入ってきた軽い罪悪感からだったのか、ちょっと諦めたかのような感じで豊子さんは言った。
「裕美ちゃんに絶対内緒にできる?」
俺即答「絶対言いません!」
「じゃ、はい」と言って、洗面台の方に股間を向けるよう俺を促した。
俺はもうさっきまでの悪夢が最大限の喜びに変わり、ギンギンだった。

 

俺は自分でバスタオルを外し、洗面台にモノを向けた。
豊子さんは俺の左後ろから覗き込むようにモノを眺めた。
さっきまでの軽い虐めのスタンスからモードが変わり、「凄ーい」と言いつつ、冷んやりした指先でモノをそっとつまんできた。
優しくシゴキ初め、俺のモノは緊張感から解き放たれた快感もあり、かなり熱くなってた。
「すごい熱いよ」
俺「豊子さんの手が気持ちイイからです」
豊子「そ~お?」豊子さんはそう言うと、今度は手のひらでしっかりと竿を握るように持ち替え、人さし指と親指の輪っかをカリに当てながら、ちょっと早くしごきだした。

 

俺「超気持ちイイです」俺は豊子さんに無言でしごき続けられ、快感に浸っていた。
数分経った頃だろうか。
俺のモノを握った豊子さんの体は俺の左半身と密着した状態になり、豊子さんの横乳を脇に感じられる姿勢になった。
俺はそれまで壁についていた左手を豊子さんの背中に下ろし、さっきみた背骨のラインを手のひらで軽く撫でてみた。
豊子さんはそれに気付いたが、何も言わなかった。

 

く力を入れてみたり、広く優しく撫でてみたりを繰り返しつつ、俺は豊子さんの腰のあたりを重点的にさすった。
エロめのツボを刺激するかのように。
多分俺のモノをシゴキ続けている豊子さんは、この時点で自分のしていることに結構興奮していたんだと思う。
俺がスウェットの裾から手を入れて地肌の背中を愛撫し始めても、「コ~ラ!」と言う程度で抵抗しなかった。
ノーブラの背中を楽しんだ俺の左手は、背中では飽き足りず、豊子さんの左から徐々に乳房をめがけて進んでいった。

 

・・・・そして、完全に揉んでいる状態になった。
豊子さんは何も言わなかったが、ほんの微量にだけ体を震わせたのがわかった。
もう、止まらない俺の左手である。
豊子さんのオッパイは、妻のよりも一回り大きく、そして柔らかかった。
手は乳房を揉みながら乳首に到達し、硬くなってる乳首を指先でつまんで優しく揉んでみた。

 

豊子さんはさっきよりもわかり易くビクッとして、その瞬間は俺をしごいている手が止まった。
その洗面所でのエロイ状態が数分間続いた。
俺は心地よい快感を股間に感じつつ豊子さんの左の乳房を堪能し、ついに豊子さんを向かい合わせる格好にした。
そして、今度は右の乳房をおもむろに揉みしだいた。
豊子さんは目を細め「・・ハァ」と軽い吐息を漏らすようになっていた。

 

俺のモノを逆手に持ってしごき続けたままで。
俺は興奮が最高潮に達し、ついに豊子さんのスウェットをガバッと上げ、さらけ出した乳房にむしゃぶりついてしまった。
豊子さんは「ハァっ」と息を漏らしつつもマズイと思ったのか、「和夫さんダーメ」と咄嗟に言った。
言ったが、俺はもう豊子さんを抱きかかえる姿勢でむしゃぶりついている状態で、一心不乱に舌で乳首を転がしまくった。
豊子さんは小刻みにビクッとしながら、「和夫さん、ね、もう終わり!」など、俺を懸命に諭していた。

 

ならわかると思うが、こうなって止められる奴は殆どいない。
例え挿入ができなくても、それが妻の友人でも、深夜の洗面所で、美人人妻の乳首を舐めまくっている状況に興奮してしまい、もう、性欲が理性を越えてしまっているのだ。
いや、散々舐めた。
鎖骨から、乳房の全体から乳首の先まで。
豊子さんも俺を諭しながらも快感だったらしく、もう吐息が言葉の数を上回っていた。

 

ひとしきり胸を舐め回した俺は、勇気を出してお願いしてみた。
「こんなに興奮してしまって・・・あの・・・口でしてもらえませんか?」豊子さんはギンギンな俺のモノと顔を見比べ、「やれやれ」的に軽く口もとを歪めた後、黙って膝をついてくわえてくれた。
ナマ温かい感触がモノを包んだ。
本当に快感だった。
豊子さんは唇を根元から先に向かってゆっくりと前後させ、徐々に舌を裏筋に這わせて絡めてきた。

 

もう、こんなに気持ちいいフェラがあるものかと思った。
豊子さんは前後するスピードを次第に早め、片手を俺の腰に、もう片方の手で根元をしごきつつ頬をすぼませてしゃぶってくれた。
俺は限界が近付き、「豊子さん、逝きそうです」と言うと豊子さんは動きを止めずに頷いてくれた。
ジュッポジジュッポ「イヒヨ・・・!」・・・ドバッと出た。
豊子さんは全てが出きるま口で受け止めてくれ、最後にチュパッという音と共に俺のモノから口を離した。

 

洗面台で口を奇麗にすすぎ、豊子「良かった?」
俺「・・・・最高でした・・」ビクンビクンさせながら放心状態の俺を洗面所に残し、豊子さんは寝室に帰って行ったのだった。
(次の朝、本当に何事もなかったかのような豊子さんが、凄いと思った)
 

ムッチリ体型の人妻さんと不倫関係に!ほど良い肉付きの体を抱きしめながらびゅうびゅう射精するの気持ち良すぎ

読了までの目安時間:約 4分

事先の女性(恵理、38歳)と不倫をしています。
目がパッチリしており、ちょっとムッチリした派手目な女性でした。
ぱっと見怖かったけど、話してみたら意外に話が合い仲良くなりました。
彼女はもう子供が高2と中3の子供がいるらしく、早い結婚をした女性でした。
知り合ってから数年が経ち、私が会社を辞める事になったので、その引き継ぎをしてる最中に彼女から電話がきました。

 

ムッチリ体型の人妻さんと不倫関係に!ほど良い肉付きの体を抱きしめながらびゅうびゅう射精するの気持ち良すぎ(イメージイラスト1)

 

「寂しくなるね」と。
そんな話をした後に「今度1人で会社に来て」と言われました。
言われた通り1人で会社に行き、いつものように話をして帰る時に、彼女から渡された伝票の中に紙が混じってて、「良かったらメールちょうだい」と彼女のアドレスが書いてありました。
早速夜にメールを送り、彼女と個人的にメールを始めました。
辞めた後は毎日メールをして、「来週の土曜日何してるの?」とメールが来て、"暇だ"と話すと「そっかぁ…じゃあ友達との飲み会の後に逢わない?」と。

 

1次会の後に待ち合わせの場所に車を停めてしばらくすると、彼女が結構酔って現れました。
いつも束ねてた髪を下ろし印象が違い、ドキッとしながらドライブ。
「どこ行こうか?」
と言われ「どうしようかな?」と話すと、信号待ちで"静かな所がいいな"と耳元で囁かれ、キスをしてきた。
「フフッ…駄目?」と言われて断る理由はない。
ホテルを見つけて、部屋に入るなり彼女と…。

 

ムッチリ体型の人妻さんと不倫関係に!ほど良い肉付きの体を抱きしめながらびゅうびゅう射精するの気持ち良すぎ(イメージイラスト2)

 

少し肉付きが良い体でしたが、柔肌で色白で小振りな胸は形も感度も良かった。
彼女も股間を撫で回して「おっきくなってきた」と笑いジーンズのチャックを開けて中を触る。
こちらも負けじと彼女のジーンズを脱がしてパンティの中の既に濡れた場所を撫で回し、ピチャピチャと音が出るくらい濡れてきたところで「入れてよ」と言われて、ゴムを着けて中に。
中はヌルっとして、奥にすぐに入り込めた。
「アンッアンッアンッアンッ」と喘ぐ彼女に沈み込みながら突いて行くと、「ねぇ…気持ちよくない」と言われ、オレのモノのサイズに不満かと思いきや急に起き上がり「これいらない」とゴムを外した。

 

いの?」
と言うと「生の方が気持ちいいでしょ!」と言われ再侵入。
当然気持ち良さは断然で、彼女もそうらしい。
さっきより、俺も彼女も興奮してるのが分かりました。
「凄いね孝くん」と言う恵理さんに「俺も気持ちいい」と話すとキスをして抱き合い「イキたくなったら出していいからね」と言われ、最初は"中に出していいのか"それとも"射精していいのか"どちらか判らなかった。
だが俺が射精を果たす直前に「出してぇ」としがみ付かれ、片足を俺の腰に巻き付けるように乗せて来て…俺は迷う事なく恵理さんの中に発射させました。

 

仕事先の関わりが会った彼女にぶちまける興奮がゾクゾクさせた。
「アンッ!凄い」と、ギュッと抱きつかれ、出し終わる間で抱き合いました。
「超出てたよ」と笑う恵理さんに「興奮したから大量かも」
と話すと「そうだね…溢れてきてるもん」と笑ってた。
そしてその日から新たな関係が始まりました。
「もっと早くしてれば良かったね?」と笑う恵理さんに昨日も襲いかかりました。
 

マンションの清掃イベントに参加したらデカ尻むっちりのエロ妻と仲良くなる→尻肉わしづかみセックスで中出しw

読了までの目安時間:約 9分

前住んでたマンションでのこと・・・・そこでは、月に1度住民による清掃がありました。
駐輪場や空いたスペースのごみ拾いなど2人1組ペアになって清掃しました。
その日は、8月のとても暑い日で朝から気温が高くとても大変でした。
私は隣の奥さんとペアでした。
30代前半、水野美紀似ですらっとしててそれでいて胸とお尻が大きく、タイプでした。

 

マンションの清掃イベントに参加したらデカ尻むっちりのエロ妻と仲良くなる→尻肉わしづかみセックスで中出しw(イメージイラスト1)

 

2人で駐輪場の自転車の整理、またごみ拾い等行いました。
奥さんはTシャツにジーパンで、汗をかいており首の下あたりが濡れていました。
朝からの清掃がようやく終わり、参加住民みんな暑い、暑いって言ってました。
私は、奥さんに終了の挨拶をし帰ろうとした時、「よかったら、冷たいものでもどうですか?」っと誘われました。
「いいんですか?、ありがとうございます」奥さんのお宅におじゃましました。

 

部屋の中は、綺麗に片付いておりやはり女性の優しさが感じ取れました。
アイスコーヒーをいただき、休憩させてもらいました。
奥さんは、「ちょっと待っててね」って言って・・・・それからしばらくして・・・奥さんは、着替えてきました(どうやらシャワーを浴びたようでした)ブラウスに涼しそうなフレアスカートです。
ほんのりいい香りがします。
香水でしょうか・・・・もうお昼時です。

 

マンションの清掃イベントに参加したらデカ尻むっちりのエロ妻と仲良くなる→尻肉わしづかみセックスで中出しw(イメージイラスト2)

 

「スパゲッティー作るから食べてっててね」そういって昼食の準備にとりかかりました。
奥さん後姿が綺麗で動くとお尻のパンティラインがうっすらと見えそうで見えなさそうなところが堪りません!まあるい大きなお尻ですおいしいぺペロンチーノが出来上がり、いただきました。
丁度食べてたら4歳になる娘さんが起きて来ました。
その後、娘さんと遊び14時ごろ失礼しました。
部屋に帰って、私はシャワーを浴び・・・・どうしても我慢できず、奥さんのことをイメージして抜きました。

 

日後、朝ごみ出しの際偶然奥さんといっしょになりました。
「今度カレーパーティするから。いつお休み?」って・・・「明日の土曜日休みです」
「そう、それじゃ明日ね。早めに来てね、娘も喜ぶから?」
「す、すいません。ご馳走になります。それじゃ、明日」土曜日の10時ごろ伺いました。

 

奥さんは、いつもより化粧が濃いように感じられました。
レースのブラウスにスカートです。
ブラウスは、大柄のばらの柄です。
うっすらとブラジャーのラインがわかります。
娘さんは、もう起きてて私が来るのを待ってました。

 

私はこのマンションに越してきて数ヶ月、奥さんは2年余だそうです。
御主人は、仕事で単身地方勤務で月に1度帰ってくるとのこと。
テレビがついてて、私は娘さんと遊びました。
お母さん似でとても可愛いです。
奥さんは、カレーの準備に取り掛かります。

 

ビーフカレーです。
暑い夏に、カレー最高です。
そろそろカレーが出来上がりました。
奥さんは、わざわざカツカレーにしてくれました。
私らのとは別に娘さんに甘いカレーもつくりました。

 

盛りのサラダもとてもおいしくいただきました。
食後にバニラのアイスクリームも、最後にアイスコーヒーでした。
食事が終わり、娘さんは昼寝に入った。
奥さんと私はまどろみ、少し沈黙が・・・・・目と目が合い、自然に唇を重ね、俺はそのまま奥さん押し倒していた。
ダメダメっと数回言ったが、さほど抵抗することもなく私を受け入れた。

 

私は、胸はドキドキ、鼻の穴は大きく開き、既にズボンのなかでは、はちれんばかりになっており、なぜか、焦ってた・・・娘さんが起きるとまずいというのがあったのか・・・私は、奥さんのスカートのなかへ手を入れ捲り上げた。
真っ白な太腿が現れ、一層いきり立たせた。
奥さんは、濃いピンクのパンティを履いてた。
太腿に触れるとひんやりしており、クロッチのうえから大事な部分を撫でるとしめっぽかった。
どては、こんもりと発達しておりパンティを押し上げてた。

 

私は手をパンティの奥に入れた。
もうそこは、ヌルヌルで中指がなんの抵抗もなく入った。
その瞬間、奥さんは眉間に皺をよせ口を半開きにして「あっ」を喘ぎ声を漏らした・・・・キスをしながら、ブラウスのうえから愛撫して・・・ブラウスを捲くったところ、こちらも濃いピンクでどうやらパンティと揃いのようでした。
ずりあげようと試みいたけどだめで、背中に手回してホックを外した。
綺麗な巨乳が現れました。

 

乳首、乳輪はそれほど黒くなく、乳輪はほどよい大きさです。
私は、ゆっくり揉みました。
全身すらっとしてるのに大きい乳房です。
たまんない?そろそろ頃合をみて、スカートを脱がせました。
次にパンティを脱がせようとしたところ、奥さんは抵抗しました。

 

の手を払いのけたり、パンティの端に手をかけ下ろそうとしても無理です。
ここまできてるのに女って抵抗するのかとおもいました。
何度も、下ろそうと試みました・・・そのときです、「私だけ?」
「・・・・・俺、脱ぐ」奥さんにそう言われ、即私は着ていたTシャツ、ズボン、そしてパンツ全部脱ぎました。
私のあそこはこれでもかというくらいいきり立ち、天を仰いでいます。
先端からは、汁がでています。

 

奥さんは、観念したようで自分でパンティを脱ぎました。
そしてブラウス、ブラジャーも脱ぎました。
裸になった奥さんは、すくっと起きて奥の部屋へ・・・・なにやら小箱を持ってきました。
それはまだ封の切ってないコンドームでした。
「コンドーム、お願いね」
「はい」コンドームを私に渡したあと、また奥の部屋へ。

 

今度は敷布団を持ってきました。
リビングに敷布団を敷き、そして大き目のバスタオルを奥さんの尻のしたあたりに敷きました。
奥さんは、仰向けにで布団に横たわり、私は奥さん方を向いてもらったコンドームを着けます。
奥さんは、じっとコンドームを着けるところを見ていました。
着け終ると奥さんは、安心した表情をしました。

 

いよいよです・・・・「いい?」うん(奥さんは黙って頷きました)私は奥さんの両脚の間に入りました。
そして大きくいきり立ったものを一気に・・・・・一気に奥まで貫いて入っていきました。
奥さんは、ものすごくつらそうな表情をして「あん?」と大きく喘ぎ声をだしたんです・・・中はものすごく熱く、とろけるようです。
すごく気持ちいいです。
よく子供を産んだ女性は綺麗になるとか聞きますが、身体もいいんでしょうか最初ひとつになったとき、奥さんの身体は布団の上の方へずりあがりました。

 

とのところに戻し、ゆっくり腰を動かします。
もちろん、乳房等を愛撫しながら・・・・奥さんは感じてるようで、喘ぎ声をだしながらシーツにしがみついています。
髪も豊富で、眉も濃くやはりヘアは面積の量も多く黒々と生茂っています。
私はそろそろいきそうです。
「奥さん、そろそろいくよ!」
「うん・・・私もいきそう・・・」
「う、う、う、いぐ?」ものは、奥さんのなかで激しく脈打ち大量の精液が放出されてます。

 

奥さんの下腹は、脈打っておりすごい光景です。
奥さんも同時にいったようで、白目をむいて口は半開きです。
しばらくして、私は奥さんから離れました。
コンドームには、大量の精液が溜まっておりました。
奥さんは、仰向けの状態で大の字になっています。

 

タオルケットを掛けてあげました。
奥さんが起きたのは30分後でした。
1回だけなので私はものたりなく、かといって娘さんが起きちゃまずいとおもいながらも、奥さんにまだいいですかって聞いた。
「すごくよかったは、もう一度お願いって・・・・」で、そのあと正常位でもう一回。
そして奥さんが、後ろからして欲しいって言うんでバックでもう一回しました。

 

奥さんのお尻は、広く大きなお尻でした。
こんな感じで、翌年の春に旦那さんが単身赴任から戻るまで大変お世話になりました。
8月から3月まで月2・3回はお世話になったとおもいます。
昔のいい思い出です奥さんのオマタと私の愚息だけが知っています。
 

子供と一緒にすやすや眠っている人妻さんの服のはだけた姿に興奮!夜這いして中出し決めちまった……

読了までの目安時間:約 5分

夜から泊まりで遊びに来ている嫁のママ友(直子)に今夜中出ししてきました。
元々、嫁も直子もダイビングのショップ絡みの仲間です。
過去には自分と肉体関係を結んだこともありました。
でも結局、お互い別の伴侶を選びました。
今も雪のシーズンになると家族ぐるみの付き合いをしているような間柄です産後、見る影もなく変わり果てた嫁と昔から変わらないスタイルを維持している直子を見比べながら、自分の選択の間違いを呪いつつも、普段から軽いスキンシップ(嫌われてたらセクハラ?)程度でリアクションは確認してたのですが、特に酷く嫌悪もされず概ね好意的な反応だったので、かねてからの計画を実行に移すことにしました。

 

子供と一緒にすやすや眠っている人妻さんの服のはだけた姿に興奮!夜這いして中出し決めちまった……(イメージイラスト1)

 

客用の寝室で二歳の子供と寝ている直子に布団の上からそっとのし掛かってまずはキスで攻めます。
何回かキスをしてると目が覚めてビックリした顔をして拒んできましたが、本人も友人宅で隣に子供が寝ている状況では大声を出して騒ぐ気はないようです。
両手を抑えつつ耳や口や首筋への執拗なキス攻めにたまに反応してるような溜め息が混ざりだした頃には両手にかかる軽い拒絶の力も抜けてきて、布団の中に手を入れる余裕も出てきました。
上はT-シャツのノーブラでDカップ?の上の小さな乳首は既にピンピンに立ってます。
昔から乳首は凄く感じるようでシャツ越しに刺激するだけでもピクンピクン反応して布団を口に当てながら声を殺してる様子を見ながら自分も布団の中に潜りこんで下半身を探っていきますと下はパンツ一枚で少しだけラッキーな気分になりました。

 

ここにきて足を閉じて最後の抵抗を試みているようですが、乳首への直接攻撃には勝てずに少しづつ指先の侵入を許します。
やっとのことで辿り着いた彼女の秘部はパンツの上からも糸をひきそうなぐらいグチュグチュになっていて観念したのか足の力もやっと抜けました。
パンツの横からクリを直接刺激を刺激すると布団をくわえながら声を殺してはいますが鼻息で反応はわかります。
観念しきった直子のパンツを剥ぎ取り足の間に身体を入れ、やっと正常位ポジションをとることが出来ました。
しばらく乳首とクリや指マンで直子の反応を楽しみ(声は出しませんでしたが二回程イッたようでした)いよいよ挿入です。

 

子供と一緒にすやすや眠っている人妻さんの服のはだけた姿に興奮!夜這いして中出し決めちまった……(イメージイラスト2)

 

ここまで来ると先っぽだけで入り口辺りを焦らしながらウロウロするだけで、足を絡めてきて自分のアソコに引き込もうとする直子の恨めしそうな恥ずかしいそうな目を見つめながら一気に奥まで突き上げると、「はぁーっっ!」ビックリするぐらいの声を出したので一旦抜きます。
ここまでくると直子は涙目で自らおねだりモードですが、あまり挿入に時間をかけれない状況なので何回か抜き差しして焦らしまくった末何をされてもイケる状態になった直子の身体の奥に一気にブチ込みます!直子の奥は子宮口がコリコリ当たりそれを狙ってゴリッゴリッっと数回のピストンだけでイクと知ってるので今回もそのパターンで行きます。
いよいよ感極まって身体をくねらせ肩に爪を立ててくる直子にラストスパートです!直子の開ききったドロドロの肉壺に大した狙いもつけずに最奥まで一気に身体を叩きつけます!「ヒィキィー!」直子は目を白黒させながら自分にしがみつき、声にならない声をあげつつ肩に噛みついてきます。
そのまま奥をゴリッゴリッ!背中に爪をたてて足を絡めて噛みついたままの直子の子宮に半年溜めた精液を放出です!ドクドクドクン!放出のリズムとシンクロした背中の爪の痛みを我慢しながら直子の子宮に流し込みます。
しばらく余韻を楽しんだあとに直子から離れると、直子は開脚のまま放心状態で、アソコから流れでる精液もお構い無しで横たわっているので、ティッシュで後始末をしてると結構シーツの汚れが目立ちます。

 

ょっと激しくやりすぎたかなと反省の反面、嫁バレの恐れが…。
なにせ肩には歯形、背中には爪痕と怪しい証拠満載(笑)結局朝イチで嫁たちだけで遊びに行ったので証拠隠滅は完璧に出来ました。
帰り際「またちょくちょくおいでよ」と言う自分に目を潤ませながら軽く頷く直子は、これからは嫁の代わりになりそうです。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】