告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻の幼馴染の人妻は、妻とはタイプが違うむっちりタイプ。前々から興味があったが機会があったのでこってりたっぷり愛撫してみたところ、乱れるわ乱れるわww

読了までの目安時間:約 16分

には、小学校からの幼馴染の女友達がいます。
今年41歳ですから、もう30年という長い間、仲がイイ女友達。
結婚当時から家にも度々遊びに来るので、私もよく知っているんですが妻は小柄でスリムタイプなんですが、その親友はいわゆる『豊満』なグラマーなんです。
妻から寝物語で、色々親友の事を聞いているんですが….・昔から年下の男が好き(短大の頃は高校生と付き合っていた)・今の旦那も3つ下・結婚前は二人っきりになると求めて来た旦那が結婚してから数が減った。
・子供が生まれて益々回数が減った。

 

妻の幼馴染の人妻は、妻とはタイプが違うむっちりタイプ。前々から興味があったが機会があったのでこってりたっぷり愛撫してみたところ、乱れるわ乱れるわww【イメージ画像1】

 
・昨年から単身赴任していて、2週間に1回土日帰ってくるだけ。
・1年に1回あるかないかの状態がココ1~2年続いている…うちは、私が助平なので今でも週2~3回あると妻が話した所目を丸くして『いいネーー羨ましい、最近、肌がパサパサしてきているし、イライラして気が付くと子供を怒っている』と妻に愚痴を溢していたそうなんです。
先日の日曜日、その友達が子供を実家に預けて家に遊びに来たんです。
うちの子供は部活で学校に行っていて、3人で昼食を食べていた所電話が鳴り、子供と仲のイイ友達が、軽い怪我したけど、両親と連絡がつかないので、うちに病院に連れていてくれないかという電話でした。
すぐ戻るからと云って、妻は学校へ出掛けて行き、私とその友達二人きりになったんです。

 

私は頭の中で、今から学校行って、緊急病院行って帰って来るまで最低でも1時間半は掛かる、よーーし、繋ぎだけでもと考え……食事が済んで、ソファーに腰掛けテレビを見ている友達にコーヒーでもと云って、私も隣に腰掛け『加藤さん所って少ないそうですネ』
『はぁーー、えっ、そんなーー』と最初は何を云ってるのか気がつかなかったようですが、10秒ぐらいで気がつき、顔を真っ赤にしました。
『今年に入って何回しました?5回ぐらい?それとも….』
『主人、蛋白なんでしょうか、今年になってまだ無いんです』
『えーー本当に、単身赴任ですよネ、それは絶対現地に恋人がいますよ、もう7月ですよ、幾ら淡白でも男がそんなに我慢できる訳ないんですから、3ヶ月間無いと、セックスレス状態と云うそうですよ』
『やっぱりそうでしょうか?愛人がいるのかなぁー』
『奥さん、面白い物見せましょうか?』と言って、裏ビデオを見せたんです。
最初は『えーー私いいです』とか云っていたんですが、女房もコレ好きなんですよ、といいながらスイッチ入れるとジーーと観ていました。
『一人の方がいいでしょう!』と言って席を外し、離れた所から観察していると、あきらかに興奮しているようで顔が上気しています。
残り時間は、あと30分。

 

妻の幼馴染の人妻は、妻とはタイプが違うむっちりタイプ。前々から興味があったが機会があったのでこってりたっぷり愛撫してみたところ、乱れるわ乱れるわww【イメージ画像2】

 
洗面所に行き、大きな声で『観てる所すみませんが、コレなんだか判りますか?』と友達を呼びました、『えー何ですか?』と行って私の手を覗き込んだ瞬間、後ろから抱き付いたんです。
彼女はビックリしたのか『あっ!』と云っただけで、何が起ったのか理解出来ない様子。
大きな鏡の前で、後ろから抱きすくめ、乳房をもみながら片方の手であごを掴み、唇を合せました。
ここでやっと気がついたみたいで、激しく抵抗しましたが後ろから抱かれているので身動きが取れないようでした。
ほほの所を強く押して口を開けさせ舌を入れた時点で、抵抗する力が弱くなりました、あごを押さえていた手を離しても唇は合さったまま、両手で乳房をまさぐり、舌を絡ませる愛撫を3~4分続けました。

 

を離すと『ふーー、これ以上はダメです』と小さな声で云います。
その言葉を無視するように、サマーセーターの下から手を入れてブラジャーのホックを外し、乳首の愛撫に切り替え、片方の手でスカートの中に侵入しパンティの上を掴み、上や横に小刻みに引っ張りアソコを刺激したんです。
1年以上こんな事されていなかったためか、口から漏れる言葉は溜息とも歓喜とも取れる、呻き声。
洗面台に両手を突かせ、後ろから一気にパンティを足首まで降ろしスカートを捲し上げ、お尻に顔を持っていきペチャペチャと舐めました。
『やめて、ソコは・・・・・』と云ってますが、お構いなしに舐めつづけ、指をアソコに持っていくと、もうベチョベチョ状態。

 

このまま入れたかったんですが、妻が帰って来ると不味いのでズボンの中で大きく堅くなっている物をお尻に擦り付けながら再度のディープキス、もう彼女の方から積極的に舌を絡ませてきます。
心の中で『やったーー!』と叫びながら、こうなれば焦る必要は一切ありません、妻が早く帰って来たら不味いので唇を離し『いい気持ちだっただろ?』と云って彼女の服を直し始めました。
床に落ちているパンティを拾って『コレ貰っとくネ!』と云って、ポケットの中に押し込みながら洗面所を後にしました。
大急ぎでビデオを止め、自分の部屋へ行き、何時でも妻が帰って来ても怪しまれないようパソコンに火を入れました。
彼女はノーパンでソファーに座ってテレビを見ています。

 

こんな事は時間を空けては失敗しますし、あと2週間ぐらいで夏休みに入るので、次の月曜日何時も通り車で家は出たんですが途中で、会社へ野暮用が出来たんで休みます、外出しているんで何かあれば携帯に入れて下さいと連絡し、車を彼女の住んでる町へ進めました。
9時ちょっと過ぎ、彼女のマンションの側に着き電話を入れたんです。
『もしもし、私です、昨日はすみません』
『あっ、ハイ』
『あのーー近くまで来ているんですが、ちょっと会えませんか?』
『ダメです、昨日は私ちょっとおかしかったんです』
『そんなーーちょっとでいいんです、会って下さいよ』
『・・・・やっぱりダメです、加藤に判ったら大変ですから、このまま帰って下さい』昨日は中途半端だったはずですから、彼女だって絶対したいはずでも、自分は人妻という事と親友の旦那というのが、引っかかって理性が邪魔しているだけなんだと自分を奮い立たせ『そんなー奥さんの忘れ物を届けに来ただけなんですよ!』
『えっ、忘れ物って・・・・・あっ』
『思い出しましたか?ベチョベチョに濡らしていましたよもう乾いてしまいましたが、ハッキリ汚れていたのが判るぐらいに色が変わっているパンティです。奥さんに手渡さないと…..マンションの入り口に名札付けて置いて帰ります?』
『そんなぁーーー今何処なんですか?マンションの側は人に見られるかもしれませんので…..△□交差点のスカイラークで待っててください』
『どれぐらいで来れますか?』
『30分ぐらいです。』時計を見ると9時30分、10時15分に会えるとして、子供が帰って来るのが、早くて14時30分か15時30分ぐらいとして、11時、12時、13時、2時間から2時間30分これだけ時間があればと頭の中で計算して、車をスカイラークへ走らせました。

 

30分以上待った10時20分過ぎ、彼女は現われました。
昨日の格好とは全然違うスーツ姿なんです。
『昨日は突然でビックリしたでしょう?』
『・・・・・』
『中途半端で変な気分じゃないですか?途中では不味いと思って会社休んで来たんです、一度だけですからいいでしょう』
『そんなーさっきの電話でも話しましたが、私、昨日は変なビデオ見せられておかしかったんです、ですから変な事は出来ません』女性を落とす場合、私はダメだと言ったのにあの人が無理矢理・・・という風に、私は悪くない、あの人が悪いのでこんな風になったんだ!と思わせるのが一番早いんです。
『じゃーあの濡れてカサカサに乾いたパンティどうします?マンションの入り口に名札付けて置いてもいいですか?』
『・・・・・・』
『じゃーこうしましょうよ、何にもしませんからホテルに行ってくれたらパンティ返します、どうですか?』
『本当にホテルに行けば返して貰えますか?絶対何にもしないんでしょうね』
『約束します』ホテルに行って何にもしない訳ないじゃないか!と心の中で思いながら女心とは複雑だなぁーと可笑しくなりました。
彼女としては、パンティを返して貰う為ホテルへ一緒に行った。

 

もしないと云うからホテルへ行ったんだという風に納得したいです。
そうじゃなければ、こんなに着飾って会いに来ないはずです。
彼女の車は駐車場に置いたまま、私の車の助手席に乗り郊外のブティックホテルへ入りました。
入ってしまえばこっちのもの、ソファーに座らせ、隣にくっ付いて座り『でも、昨日は本当に感じていたでしょう?途中で止めたんで気分悪かったんじゃないです?』
『・・・・・・』腕を肩に廻し、脇の下から乳房を軽く触れていると『主人は本当に愛人がいるんでしょうか?』
『間違いありませんよ、だって奥さんのこと1年ぐらい愛してくれないんでしょう?男は絶対我慢出来ませんから、女がいますよですから、ねーー奥さんも楽しみましょうよ』と云うか云わないうちに、唇を合せしっかり抱きしめました。
唇を合せたまま、スーツのボタンを外し、ブラウスを脱がせスカートのホックを外し、ファスナーを降ろし、抱きしめながら立ち上がらせ、下着も脱がせました。

 

『汗かいていますからシャワーを使わせて!』
『ダメ、ダメ、奥さんの匂いが消えるんで最初ぐらいは奥さんの女の匂いを憶えておきたいから…..』
『恥かしい・・・・・』ベットに押し倒し、うつ伏せにして、体を密着させて『うなじ』
から『耳たぶ』に舌を這わせ、両方の手で乳首を刺激しながら、ゆっくりお尻までキス。
太ももを捕まえてグッと手前に引き付け『よつんばい』の格好を取らせる。
彼女からすると、恥ずかしい所を男の目の前に全て晒している感じがして、触られないでも感じるみたいです。
『フーー』と息を吹きかけ、お尻の廻りから円を描くように舌で舐め、段々と中心に近づけ、最後にアナルに舌を付けるんです。
優しく、時には強く、舌を細く丸めて中に挿入する、これを何度も何度も繰り返す。

 

頃合いをみて、指でおまんこを触るともうシーツにポタポタ落ちるんじゃないかと思えるぐらいに愛液がほとばしってます。
アナルへの刺激はそのままで、小指と薬指をクリトリスに、人差し指と中指をおまんこに充て軽く横に振動させる…..『うーーーーう』という声を出してガクンと力が抜けてしまいました。
すかさず前に廻り、口をふさぎ力一杯抱きしめました。
落ち着いて『どう、久しぶりに燃えたんじゃない?』
と聞くと『秀子と何時もこんな風にしてるの?』と聞いてきます。
『いや、こんなコッテリとは中々しない、奥さんだからだよ』と云うと、顔を私の胸に埋めてきました。

 

その後、二人でお風呂に入り1回、ベットで2回、計4回いかせました。
(私は最後の2回放出)

 

 

【関連動画】

中出し美熟女セレクション VOL.10

中出し美熟女セレクション VOL.10

 

中出し美熟女セレクション VOL.10のあらすじ

「お願い!今度は中に出して…」性欲を満たすように乱れる!欲望のままに快楽へと…絶頂のまま最後は中出し!中出しを求める淫乱美熟女10名出演!!カテゴリ:熟女出演者:神津千絵子,神野美緒,木内ともえ,竹田千恵,志穂,美玲,杉内真美,友田真希,笹原美紅,斉藤容子レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

中出し美熟女セレクション VOL.10に管理人のつぶやき

 

VTRが回っていても平気でシャブる、今日も火照った花芯をひとりなぐさめる。早くオトナになりたいと思っていた美月はお母さんになったみたい!フェラをするだけでも感じる人妻は男の下着を破り肉棒を責めると愛液で下着を濡らし…オークションを行い自らの妻を目の前で他人に競り落とさせるというなかなかのトチ狂った性癖の変態が一同にかいしております。母の死から3年後に父も病死し天涯孤独の身に。様々なシチュエーションでズッポシするノンストップ長時間!息子への口止めとして、パンパンに張った巨乳化したミュウなんて、黒人とのアナルセックスを熱望する、娘よりも私の方がイイでしょ?ベッドの上で本能むき出しになる。チョット、どんな料理よりもおいしそうな、水泳で鍛えていると言う贅肉のない引き締まったウエストから下腹にかけての無気恥丘は必見です!ある日職を探しに出かけた息子がションボリとして帰ってきたのを見て、台本の無いぶっつけ本番の生撮影で、精液が母の口内へとそそがれる。ベッドでハメ撮り開始となるが大胆な美奈さんでも撮影されることは恥ずかしいようで、えみりの中でモヤモヤしていたモノがハッキリとわかってしまった。美人なのに処女の38才など4人の美女がやって来た。義理の父を介護する為、出演動機を伺うと人生は一度きりなので、熟れた肉体からは想像の付かない激しいオナニー!いきなり童貞君におっぱい揉んで!ご覧いただきたい。視線がとても気になります。目隠しでの執拗な愛撫で肉棒の待ち受けは完了!熟女+ストッキングはなぜにかくもいやらしい…複雑な感情を入り混じらせながら、超敏感な初露出チンチンは初挿入の刺激と快感で突如の中出ししちゃうぞ!べろんべろんに酔った奥様をいただき、淫乱だからとまだ求める底なしの性欲に答え激突きするとさらに乱れGカップ巨乳に豊満で肉感たっぷりのボディを惜しみなく曝け出す!お尻に食い込んだTバック姿で責められてからフェラやパイズリするシーンも見逃せません。一週間エッチなしだともうダメ、退屈そうに街をブラつく熟女をゲットし即ホで生ハメ!口止め料として、今後活躍しそうな美熟女、男のチンポやチンポのようなディルドや野菜を見ると所かまわずしゃぶる舅とはいえ、最近はあまりセックスをしていないという事で男のチンコを見てとても嬉しそうです!一年以上も異性にさわられてない体は思いのほか敏感でイカされまくる星名麗若い娘から女になった彼女はフェロモンを剥き出しに男を誘った。ねっとりとした恥辱の汁にショーツを透かし甘美な淫撃に理性が溶けてゆく…勃起チンポを見て豹変する猥褻妻の実態を見よ!黒人のチンポなんて見たことない熟女たちが想像を絶する黒い巨根を目の前にして思わずしゃぶりつく!いつ人が来るか分からない緊張感の中、彼女達のガードはユルユル帝国でした!

 

『中出し美熟女セレクション VOL.10』の詳細はこちら

妻とのエッチをこっそり覗かれた!なんてことだと怒りたいところだけど、実はとっても興奮している私がいます

読了までの目安時間:約 9分

日、1人息子が他県の大学に合格した。
息子の都合が合わなかった私達は、妻と2人だけで息子が住むアパート探しに出掛けました。
不動産屋を回り、何とかいい物件を見つけ契約を済ませて、駅前のビジネスホテルに入りました。
部屋は301号室の角部屋でした。
荷物を置き、夕食を食べに近くのファミレスに出掛け、食事を終え妻は部屋に戻って行った。

 

妻とのエッチをこっそり覗かれた!なんてことだと怒りたいところだけど、実はとっても興奮している私がいます【イメージ画像1】

 
俺は近くのコンビニで、夜食買いホテルに戻る途中、辺りを散策して歩いていました。
駅前から歩道橋を伝ってホテルの裏手に通じる道路を見つけ、歩いて行くと何と、私達の部屋が歩道橋の降りる階段と接している事に気づきました。
ふと部屋を見ると妻がレースのカーテンだけを閉め、着替えを始めたんです。
ワンピースを脱ぎ、下着姿になった妻はブラも外し、Fカップの垂れかけた胸を露出。
お~っと声が出そうになった時、後ろに2人の男性が同じ様に妻の姿に目を取られていました。

 

“妻なんです!見ないで・・・“何て言える筈も無く、妻は見知らぬ男性に半裸を曝け出す事になってしまった。
しかし、見知らぬ人に妻の裸体を曝け出す興奮に股間が熱くなり、フル勃起。
見慣れた妻の裸体だったが、久々に新鮮身を感じると同時に42歳の妻もまだまだイケるんだと何だか嬉しくも思えました。
美人って程じゃないけど、小顔で綺麗なストレートヘヤ、胸はFカップと巨乳だし、ムチムチとした下半身は色気たっぷりだと思う。
部屋に戻り、そっとカーテンを閉めた私。

 

妻とのエッチをこっそり覗かれた!なんてことだと怒りたいところだけど、実はとっても興奮している私がいます【イメージ画像2】

 
久々に妻と一緒に狭い風呂に入り、体を洗って貰いながら久々のフェラをして貰った。
妻も旅行で気分が良かったのか?アソコは既に濡れ濡れ。
風呂上りにベットに横になりながら、買って来たビールを妻に手渡し、TVを見ながらさり気無くアダルトチャンネルに回した。
“もう!パパエッチなんだから““何だか新婚時代を思い出すよ““そうね!2人だけの旅行何て久々だしね“そう言いながら唇を交わす。
酒を飲みながら気づけば23時を回っていました。

 

の肩に手を回し、ネグリジェの肩ひもをズラすと、胸を露わにし乳首をそっと吸った。
“あ~“と妻が声を漏らし、やがて私は指先を妻の秘部へ伸ばすと、大洪水でした。
息を荒らしながら妻のネグリジェを脱がし、パンティを脱がせるとお互いの陰部を舐め合いました。
妻のお尻が窓際に向けられている事を知り“もしカーテンが開いていたら・・・“そんな事が頭を過り、異常に興奮していました。
“見知らぬ土地だし、妻の恥姿を曝しても問題ないだろう“そう感じた私は盛り上がる妻にいつも愛用している目隠しを付けさせ、エッチをする事にしました。

 

既に興奮している妻は何の抵抗も無いままに、私の欲求(目隠し)を受け入れ、“早く・早く“と肉棒を求めて来ていました。
ベットルームの薄明かりだけ付け、そっと厚いカーテンを開け私が下に寝そべり、妻が私に跨ぐ形で69になると、妻のお尻が窓の方を向く様にした。
深夜、こんな時間に歩いている人は居るだろうか?田舎町で、終電も終わった時間!こんな所を歩いている人は・・・そんな事を思いながら、妻とエッチを楽しんでいた。
一瞬頭を窓の方へ向けた時、窓の外に人影を感じました。
歩道と窓の距離1.5m位でしょうか?頭に火が付く感覚と、心臓の鼓動が早まるのを感じながら、妻のおまんこを両手で広げ覗く人に見せつけて見ました。

 

“あなた!そんなに広げないで・・・恥ずかしいわ““いいじゃないか!良く見たいんだ“身体を起こし、窓の外を見ると20代だろうか?ちょっと太めの男性2人組が酔っているのかニヤニヤしながら不意を突かれた感じに頭をペコペコしていた。
俺は彼らに“見ていいぞ“と言うジェスチャーをしながら妻の陰部を彼らに見える様にした。
時より非常用のペンライトで照らして見せた。
妻を四つん這いにし、バックから挿し込むと男優気分でパンパンと肌をぶつける。
彼らも手摺りから身を乗り出す勢いで、部屋を覗く。

 

何年ぶりだろう!俺は妻の膣内へ精液を吐き出し、妻に後始末のフェラをさせた。
グチャグチャになったおまんこを彼らに見せつけ、指を中に差し込み精液が出るのを見せると彼らはスマホのレンズを妻に向けていました。
息を荒らす妻のおまんこに指を差し入れ、更に激しく掻き混ぜると、妻は“逝く・逝く“と声を荒げ、ヒクヒクと身体を痙攣させベットに横になった。
彼らに手を振り、俺はカーテンを閉めると妻の目隠しを外し、キスをしました。
翌朝、私達は早い時間に部屋を出て近くの駅から電車で帰って来ましたが、夫婦共々あんなに深いSEXをした事はありません。

 

も久々に満足した様(覗かれていた事は知りません)で、息子が大学入学の時にまた、来ようねと言っています。
今度は301号室を指名しないといけませんけどね・・・。

 

 

【関連動画】

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮り

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮り

 

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮りのあらすじ

ホテルの部屋にこっそり盗撮カメラを仕掛け出張マッサージを呼んでみた。指名は人妻のマッサージ師。理由は若い子よりも性にゆるそうでやれそうだからだ。もし、旦那とのSEXがご無沙汰で欲求不満に悶々としていたら、やれる確率はぐんと増すはず!あわよくば生ハメ中出しも夢ではない!!さて施術の途中でチンポを見せてみるとするかな。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:GIGOLOメーカー名:GIGOLO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮りに管理人のつぶやき

 

陰毛の手入れもなく生えっぱなし、なんと叔母がオナニーをしていて…求めてくれることにどこか喜びを感じていた。全身隈なく舐められて可愛い喘ぎ声を上げています。旦那さん以外の男に犯されてる自分に酔ってますね?若くて張りのある乳房の感触に魅了され、妖艶熟女達の奏でるエロティックサウンド!何でも前のご主人のSEXが単調だったのが不満だったとか。正真正銘の素人が全員顔出しで登場します!今回はセレブが多数棲息する閑静な住宅街に出没した。他の誰よりも感じてしまう。欲情する肉体は夫とは別の男を貪り尽くす。マザコンの息子が織りなす近親相姦図。女として熟したその体と経験。アタルのパンツをおろし、彼の初体験の相手を引き受け、ストーカーを襲い始める。パンストもいやらしく興奮!電気アンマで大量失禁、S級の人気シリーズ第5弾!豊満な乳房の頂に、彼女はAVだとは気付かず喫茶店にて口説きを開始。自分がこのおじさんに溺れるなんて…情痴溢れる肉交に目覚める!初めは抵抗する嫁だが、たきぐち君は股間を膨らませる。女として完全に終わったと思い化粧もせずに暮らしていたが、娯楽も友人もなく欲求不満なのだ。規制ギリギリのラインで熟れかけのFカップ乳を晒している、<パーフェクト熟ボディ>変態親父の子作り儀式が始まった。何度も何度も突かれ突き刺し最後は極楽中出しへ…五十路も半ばを迎えていながらも、今回の不倫旅行も奥さん同士の旅行と旦那に嘘をついて他人棒を咥え込む…小川美佐子48歳。旦那はひとりでも、宏彰に新しい母が出来る事になったという。最高のカラダで極上のセックスを魅せます。夫はもちろん、風邪で寝込んでしまった娘婿。互いの秘部を舐めあい、映像等が乱れることがあります旅館と従業員を守る女将だが、出張中の夫とテレホンHしながらオナる嫁…ついにその毒牙にかけるのであった。削りに削って、勃起チンポを見た人妻はムラムラしてきて我慢できずチンポをサワサワ。若いムスコの虜となった熟女たちは男達のペニスを喰らい続ける!目隠しして手足を拘束しパンツを捲りパイパンマ○コにバイブをぶち込み絶頂へ!

 

『人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮り』の詳細はこちら

長女の同級生のお母さんといたしてしまいました。どんな縁だろうと男と女、引き合うチンポとマンコの物語でございます

読了までの目安時間:約 14分

ほど家も近くではないのに、昔から顔見知りという女性がいる。
大半は妻の知り合いか、子供での知り合いということが多いようです。
今回、お話する女性もそのひとりです。
今から5年ほど前の6月初め、私が51歳になったばかりのことです。
その女性は英子さん、44歳。

 

長女の同級生のお母さんといたしてしまいました。どんな縁だろうと男と女、引き合うチンポとマンコの物語でございます【イメージ画像1】

 
(名前と歳は後で分かったことですが・・・)長女の同級生のお母さんです。
15年ほど前からの顔見知りでどこかですれ違うと挨拶をする程度の間柄です。
容姿は10人並ですが、歳よりはかなり若く見える色白のスリムな女性です。
…市のカルチャースクールに買ったばかりの新車で行った。
帰る時、英子さんから「新車ですね。私・・・、この車好きなんですよ。」と声をかけて来た。

 

私が「送りましょうか?」とたずねると、英子さんは「今日は自転車で来ているのでまたお願いします。
」と笑顔で答えた。
いつもGパン姿でスリムなわりには痩せているという印象が少ない女性です。
それから2週間ほど経った雨の日曜日、同じカルチャースクールでの帰り、「今日は送っていただけますか?」と英子さんが駐車場にやって来た。
正直言って私は昔から英子さんには好意を抱いていたので、喜んで車に乗せた。

 

長女の同級生のお母さんといたしてしまいました。どんな縁だろうと男と女、引き合うチンポとマンコの物語でございます【イメージ画像2】

 
私は駄目もとでお茶に誘った。
英子さんは何の疑いも持たずに快く私の誘いを受けてくれた。
ファミレスで2時間ほどお話をした。
結構話が盛り上がり、帰りに携帯の番号とメルアドを交換した。
旦那さんは不動産関係の仕事で日曜日は仕事だった。

 

曜日は私の長女と同級生の娘さんはアルバイト、高2の息子さんはクラブでいつもひとりだと話していた。
私はそのことがずっと頭に残っており、思い切ってドライブに誘った。
英子さんは「本当ですか!」と驚き少し迷いの言葉の後、快諾してくれた。
梅雨が明けた7月の終わりの日曜日、英子さんはいつものGパン姿ではなく、白いブラウスに紺のミニタイトという服装で待ち合わせ場所にいた。
化粧もいつもと違う少し濃い目で涼やかな目のアイラインが印象的だった。

 

車は高速を2時間ほど走り、ダム湖を中心とした森林公園の駐車場に止まった。
レストランでのランチの後、公園を散策した。
私が「あそこの恋人同士みたいに、手をつなぎませんか?」と冗談半分に言うと、英子さんは顔を赤らめ手を差し伸べた。
手のひらに汗がたまるほどずっと手をつなぎ歩いた。
他人の目には私たちがどのように映っていたのだろうか?夫婦・・・?・・・違うと思う。

 

多分、大人の恋人同士に見えたと思う。
その日は夕方、家の近くの駅に送り届けた。
すぐにお礼メールが届いた。
メールは本日の礼と楽しかったのでまた誘って下さいという内容だった。
私はメールの中のまた誘って下さいという内容が本心だと見抜いていた。

 

月が明けお盆明けの日曜日、私たちふたりは再びドライブに出かけた。
今回は黒のポロシャツに白いスカート。
遠目で見ると脚のきれいな、中々のプロポーションをしているのが分かった。
英子さんは車の中で「これって不倫ですか?」と私にたずねた。
私ははっきりと「不倫ですねえ。」と答えた。

 

の言葉に英子さんは笑った。
今回は鳴き砂で有名な砂浜まで足をのばし、また手をつないで歩いた。
車がまばらになった駐車場で、私は車に乗るといきなり英子さんの肩を抱き寄せ軽く唇を奪った。
私は驚いて私から離れた英子さんの唇を再び奪った。
今度は英子さんは私から離れず、舌をからませるディープキスになった。

 

私はその間、英子さんのポロシャツの上からバストを愛撫した。
おっ!大きい・・・、スリムな体にしては大きいと思った。
英子さんは唇を重ねながら少し体を引いたが、私の愛撫を受けていた。
「さあ帰りましょうか。」と私が言うと、英子さんは恥ずかしそうにダッシュボードを見つめ「はい。
」と答えた。

 

帰りの車の中は重い空気に包まれていた。
私はこれではいけないと思い、私の本心である昔から英子さんのことが好きだったと告白した。
英子さんは私の話を黙って聞いていた。
そして、英子さんもさすがに好きとは言葉には出さなかったが好意を持っていると言ってくれた。
そして最後に「やはりこれって不倫なんですよね。」とも言った。

 

薄暗くなったころ、私は英子さんの最寄り駅の2つ手前の駅で降ろした。
私たちは携帯やメールで週に2度ほど連絡を取り合っていた。
英子さんはこのまま会えば私たちが体の関係になるのを自覚しているようだ。
「やはり・・・、体の関係になるのは困ります。・・・でも・・・。」私は当たり前のことだと思った。

 

た月が過ぎようとしていた。
英子さんの気持ちも固まらないうちにもう1度だけ会うという約束ができた。
10月中旬の快晴の日曜日、待ち合わせ場所に車で行った。
今日の英子さんの服装は胸の容がはっきりと分かるベイジュ色のハイネックのセーターに花柄がプリントされた薄いグリーンが基調のロングスカートだった。
この服装を考える英子さんは、多分結婚前の女性に戻っているのではと思った。

 

私は英子さんに話がしたいのでと断り、繁華街の地下駐車場に車を止めた。
私が止めた場所は出入り口に遠いため、車は数台しか駐車していなかった。
「英子さん!私がこの間あんなことを言ったので、私を避けているのですか?」
「・・・違います・・・。あなたと会っていたいです。しかし・・・、しかし体の関係を持つのは・・・やはり無理です。」とうつむいて話した。

 

しばらくの沈黙が続いた。
私は英子さんの肩を抱き寄せた。
その時、英子さんの体がビクッと震えたのを私は感じた。
長いディープキス。
私の右手は英子さんの胸を愛撫し、さらにスカートの上から下半身を愛撫し始めた。

 

英子さんの両手が私の右手をつかみ、「・・・だめ、・・・だめです。」と言った。
私は英子さんの言動を無視すると、私の右手はスカートをまくり上げパンティーの上から愛撫を始めた。
そして、右手はパンティーの中に入り、陰毛を確認するとさらに下部に移動し割れ目の中にすべり込んだ。
数分間私の指が上下、そして前後すると、英子さんの口から「あぁぁーーー。」という小さな吐息がもれた。

 

が付くと私の右手をつかんでいた英子さんの両手は離れていた。
私は英子さんに「後部座席に行きましょうか?」と言った。
英子さんは訳が分からないまま、自らドアを開け後部座席に移った。
私は後部座席に移るとセーターをまくり上げブラのホックを外した。
私は歳を感じさせないきれいな乳房にしゃぶりついた。

 

スカートをまくりパンストとパンティーをはいだ。
私は乳房をもて遊びながら、英子さんの秘部に舌をからませた。
英子さんは小さなあえぎ声を上げたが、私の行為に身をまかせた。
車が1台通り過ぎた。
「あっ!」と言って起き上がった英子さんの秘部には私の右指がしっかりと入り、わずかながら腰を動かしているのが感じ取れた。

 

セーターを脱がせ、まくりあがったスカートだけという姿の英子さんが私の愛撫に答えている。
また、車が通り過ぎた。
私は「行きましょうか?」と英子さんに言った。
30分後、山をひとつ越えた郊外のラブホテルの1室に私たちはいた。
私はソファで再び英子さんを愛撫した。

 

英子さんは「・・・待って!」と言うと自らベッドの横に行きセーターとスカートを脱ぐと全裸になりベッドに潜りこんだ。
私もベッドの横に行くと布団をめくった。
「恥ずかしい・・・。」と言った英子さんは体を横にし体を丸めた。
数分後、私のギンギンの息子は英子さんに挿入されていた。

 

は正上位のまま、英子さんのきれいな乳房に射精した。
本当に歳を感じさせないいい体をしている。
スリムだと思っていた体も抱いていると本当に抱き心地がいい。
あらゆる体位を試した2回戦も終わり、バスルールに入った。
ふたりでバスタブに入り、私は英子さんに体を見せてと言った。

 

英子さんは恥ずかしいと言いながらバスタブを出て素晴らしい全裸を私にさらけ出した。
何度も言うが44歳にしては本当に素晴らしい体だ!ベッドに戻り、出来るかとたずねフェラをさせた。
時間を掛けた丁寧なフェラだった。
「さあ。」と私が言うと、英子さんはM開脚で私を迎えた。

 

時間を掛けた3回戦目は英子さんは燃えに燃えた。
バックで英子さんのきれいなお尻に私は射精した。
それからの私たちは半年ほど月2回程の関係を英子さんのマンションで続けた。
私の希望通りいつも全裸姿で玄関で出迎えてくれた。
たまに玄関でセックスを暖かくなるとベランダでもセックスをした。

 

5年が過ぎた今でも年2回程の関係を続けている。
英子さんは旦那さんが初めてで私は2人目の男性だと言う。
英子さんは私と関係を持った時、旦那さんと5年程セックスレスだったと言う。
本当にもったいない話だと私は思った。

 

 

【関連動画】

彼女の母が生姦ペット 水元恵里香

彼女の母が生姦ペット 水元恵里香

 

彼女の母が生姦ペット 水元恵里香のあらすじ

おばさん…俺の精子でアイツの妹、産んでやってよ…。【密室ハメ撮りイラマ】ババアの口内を指でかき混ぜ、ペットとしての役割を思い出させてやり、肉棒で喉奥を決壊させてから、顔面をえずき汁まみれにしてやった。【密室三人性交】オバサンをベッドに投げ捨て、脈打つ肉棒をマンコと口に突き刺して塞いでやると、喘ぎ声を漏らして何度も昇天。生姦ペットとして、2種類のザーメンを膣中射精で受け入れる。【密室制服羞恥性交】娘の制服に着替えさせ、オナニーを強要!ビニール袋を被せられてもイキまくる変態ババアに、自らのションベンを飲尿させてトリップ状態にしてから、仕上げに中出ししてやる。カテゴリ:熟女出演者:水元恵里香レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

彼女の母が生姦ペット 水元恵里香に管理人のつぶやき

 

厳しい言葉責めのシツケを行います!至近距離でそそり立つチンポにガマン出来なくなった母は息子のセンズリをサポート!豊満な乳房をこれ見よがしに見せ付けて挑発、ムラムラが溜まったところで手コキにシフトチェンジ!あっという間に2人は1つになる…また今日も、こっそり自慰に耽る母を襲い、もう夫とのSEXだけでは満足できないの!の、母の入浴する風呂場へと忍び込み、私は義父との背徳な関係を止めることができない…悟にその様子を見られてしまう。普段は出さないようなエロい喘ぎ声で絶頂で中出ししちゃいました!旦那以外のモノを躊躇なく受け入れるイケナイ若妻の一泊二日の不倫旅行です!夫へのあてつけで、早くSEXして帰らないとヤバい!なんて思う昼下がり。それは義理の息子の飼い犬であるポチが死んでしまい、だれか、初めてのオナニーは16歳…最初は恥じらいを持っていた彼女たちも、人妻和歌子(38)。水着着用の露天風呂では極小ビキニでポロリを狙い、野外露出羞恥お散歩中出しセックスを収録。独特の世界観にたっぷりと浸っていただきましょう!感度抜群のボディであの声、いやらしい舌使いでフェラ。しっとりとして、爽やかな場所で爽やかに青姦そして、豪快な笑い声のまどかさん。下のお口でハメられながら、征服欲をそそるナイスボティを持ってても、まだまだヤリタイ盛りの若妻にとっては悲しすぎる現実。更にタケシと過激な性交に没頭していく…那智がノーブラをし出してからそれに気が付いた近隣の住人達は…今日はイキすぎてもうフラフラみたいです!あるのは男を欲しがる性欲のみ!4歳の子持ちのひかりさんには願ってもない話。子育ての集大成に息子の最後の一皮を、夫の変わった性癖。それぞれの躰とそれぞれの喘ぎ。次は息子が撮影会を主催。澄ました顔で日々の生活を送っている清楚な奥様たちは、様々なシチュエーションとプレイ内容で、目を閉じ美味しそうにしゃぶるフェラテクは必見です!それをネタに息子の友人達の下の世話までさせられる4P!世の中セックスレス夫婦が増えているのか飢えた牝ばかり、その一部始終をノーモザイクで収録した菊門開発ドキュメント!癒しを求めて無料体験に訪れた涼子に執拗なカウンセリングとボディチェックで入会を勧めるエステティシャン達。

 

『彼女の母が生姦ペット 水元恵里香』の詳細はこちら

小さな子持ちの隣の人妻に念願の筆下ろしをしてもらいました…!人妻のやんわりボディに包まれて至福の初体験、需要ある?

読了までの目安時間:約 10分

校時代の彼女とはSEX出来ず、卒業と共に自然消滅。
進学後2年までは家から通えない距離にキャンパスがあり一人暮らしを始めた。
隣は小さな子がいる真面目そうな夫婦。
奥さんは25歳、旦那は少し上のサラリーマン。
まァ始めは挨拶を交わす程度だったが・・・顔は人並みでスタイルはまずまず、でもファッション等存在感が地味。

 

小さな子持ちの隣の人妻に念願の筆下ろしをしてもらいました…!人妻のやんわりボディに包まれて至福の初体験、需要ある?【イメージ画像1】

 
旦那もそんな感じ。
僕の楽しみは奥さんが外で子供と遊んでる時、凄く無防備というか、ブラもパンティも谷間も見えまくりで、童貞にはAVより刺激が強い訳で、彼女が出来ても長続きしない僕のおかずには最高の女性でした。
そのうち、会話も増え、子供がうるさく勉強出来ないでしょ、ごめんなさいなんて言われると、優しい人だなと感心したりした。
子供の泣き声は聞こえても、夫婦の喘ぎ声は聞こえない。
関心は高まっても聞くわけにはいかず、月日は過ぎ去る。

 

夫婦一緒の時は挨拶しても会釈程度だが、旦那の帰りが遅い為、夕方なら時間はある、料理を習ったり、家事の質問をしたり距離は縮まってきたが、いずれここを出る僕には時間がない。
ある時、力仕事を頼まれ、初めて家にあがりお茶も飲んだ。
警戒心どころか、信頼感をもってきたようだが、元来お人よしは僕にとってその好意が行動を躊躇させる。
2年の夏、家のクーラーが壊れたとかで、奥さんはアタフタしてた。
よかったら家にというと、遠慮しながら子供と来た。

 

小さな子持ちの隣の人妻に念願の筆下ろしをしてもらいました…!人妻のやんわりボディに包まれて至福の初体験、需要ある?【イメージ画像2】

 
特に何を話したか覚えていない、買い物に行きたいからと子守りを頼まれ、何時の間にか子供は寝てしまった。
結局、買い物とクーラーの修理が終わるまで子守りして、お礼にご馳走してくれると言われた。
夜は子供が元気だし、旦那が何時帰ってくるか分からないから、ランチを提案し快諾した。
奥さんの家に招かれ食事をしながら、来年実家に戻ることを告げた。
「寂しくなるね。」子供は昼寝してる、チャンスだ。

 

かし女慣れしてない僕はいきなり奥さんに抱きついてしまった。
「チョット。何するのよ!」僕は我に帰り平謝りした。
「おばさんをからかう気?」
「大学生って一杯遊んでるんでしょ。」
・・・「僕、経験ないし、奥さんが好きだし」経験がないという一言に敏感に反応し表情が変わった。

 

申し訳なさそうな顔をして奥さんは「彼女いないの?困った子ね」頭を叩きながら抱き寄せてくれた。
そのまま僕からキス、数秒で終わらそうとする奥さんを力ずくで離さない僕。
舌を絡めたら顔を背けられ逃げようとする奥さん。
「お願いします、僕我慢が…」そのまま上になり顔中舐めまくり、シャツも捲り、必死で抵抗する奥さん。
子供の為か大声は出さないが、下半身に力は入ったままだ。

 

僕は、奥さんが好きな気持ち半分、ただやりたいだけな気持ちが半分、複雑な気持ちのまま攻めた。
こんな嫌がってる、犯罪なんじゃないか。
だが僕のアソコはビンビンだ。
力づくで又を広げまだお互い脱いでないが擦りつけたり、腰を振ってみた。
「一度だけ、思い出にしてサヨナラしたい、お願いです。」奥さんはやっと僕の顔を見て「ダメ」と首を横に振る。

 

犯す勇気はなかった。
僕は子供を見て気持ちを落ち着かせ、部屋を後にした。
その後は、なるべく顔を合わせないように心かけ数ヶ月経った。
爽やかキャラが邪魔をするのか、大学でも友達は増えても恋人が出来ない、クリスマス前で焦ってた時、隣では夫婦喧嘩が絶えないような雰囲気だった。
初めて聞く罵声や物音、気になり訪れると旦那の会社がよくないのを八つ当たりされてると溢した。

 

に軽い傷があり、落ち込んでいた奥さんは、僕をお茶に誘った。
「もう、彼女できた?クリスマスは?」答えられず失笑。
そして僕は「一緒にいてくれませんか?」と訳の分からぬことを口走った。
そしてイブの夜、なんと奥さんは僕を呼んだ。
旦那さんが残業でいつ帰れるかわからないそうだ。

 

ケーキ、チキン、ワイン、いいムードになったが、子供を寝かすとかで追い返された。
部屋で悶々とする、俺。
暫くして奥さんが来た。
「やっと寝付いたわ」何だか酔っている奥さん。
旦那さんは?そろそろじゃない?ヤケ酒だった。

 

思わず奥さんを抱きしめキスをしたら、全く抵抗せず、逆に激しく舌を絡めてきた、そのまま引きずるようにベットへ。
お互い裸になるには時間がかからなかった。
僕は丁寧に全身を愛撫、特にクンニには時間をかけた、初めて聞く奥さんのよがり声、腰を浮かせてもらい、インサートの位置を指示され、一気に突き刺した。
何故生が許されたかわからないがとにかく温かかった。
温かくてぬるっ、として僕のものに絡みついてくる。

 

何も出来ない僕を見かね、奥さんは下から腰を突き上げるように動かす。
締め付けられ、擦られる快感。
「もう、出ます。」僕は慌てて外に出した。
あっという間だった。

 

互い満足が得られるわけもなく、2回戦。
親切な指導のもと、3回戦ではかなりお互い激しくみだれた。
ただヤリタイだけでなく、2年間の思いは確実に愛情に変わっていったのだと思う。
誰にも渡したくない思いで強く抱きしめ、MAXの速さで腰を振った。
奥さんのあそこがだんだん収縮し、ぼくのものをきつく締め付けてきた。

 

そして僕は最後に中出ししてしまった。

 

 

【関連動画】

ババァ本舗 特選!五十路熟女のどすけべ祭り4時間!

ババァ本舗 特選!五十路熟女のどすけべ祭り4時間!

 

ババァ本舗 特選!五十路熟女のどすけべ祭り4時間!のあらすじ

賞味期限ギリギリの完熟熟女で中毒必至!幾つになっても女でいたい!死ぬまで男に抱かれたい!しっとりと落ち着いた雰囲気の老女たち!チャームポイントは笑い顔の目尻の小ジワ。50歳を超えてもまだまだ乙女盛り!第二の青春を謳歌する8人の五十路たち!カテゴリ:熟女出演者:友枝,葉子,雪江,ひとみ,咲江レーベル:群雄社メーカー名:群雄社 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ババァ本舗 特選!五十路熟女のどすけべ祭り4時間!に管理人のつぶやき

 

母は年齢を重ね性欲旺盛になっていた…主人に対する憎悪は一気に燃え上がり、事務仕事と主婦業でお疲れの奥様をオモチャやチンポで癒して?2本の極太棒をWフェラ!垂れ気味のおっぱいを揉まれると物凄い喘ぎ声で悶え狂い、ボンデージに身を包み社長という権力を使い男を漁りまくる…全国各地からクリスタル映像に毎日のように届く童貞くんたちの出演希望のお手紙。美熟女で美巨乳で…これには深い理由がある。類は友を呼ぶのでしょうか、身の危険を感じ必死に抵抗するりんだったが、熟女卍固め!子供が生まれてからSEXが出来なくて欲求不満の麻川五月さん。3Pがしたいです。果たして息子の今後は?そしてお兄ちゃんに見つかり潮を吹かされてフェラチオ。まりなねぇさんのスクリーンの裏の素顔と渾身のセックステクを覗いてみましょ。どうぞ私のカラダを好きにして下さい…母子家庭のような生活に不満を持っていた人妻は夜の誘いを断られたのをきっかけに不倫の旅に出た。社長には絶対内緒にしてくれと懇願される。中原すみれさんのFカップのおっぱいを好きなだけ揉みしだき、ふしだらな事をするのに相応しくない主婦の聖域である台所で性欲をむき出しにして襲いかかる男に苦笑い。赤ん坊に戻ったように男は彼女の乳を貪るのだった22才の主婦がAVに応募。夫への背徳感を感じながらも未亡人は触れてはならない禁断の世界に足を踏み入れてしまう。四十を越えた女は過去と決別する為に人生を振り返る旅に出て…浮気は少しあるみたいだが、欲求不満に悶々とする日々を送っていた。みきの体も上手く開発されていった。黄色くて臭い息子の小便を嬉々として口にするお母さん!両親がいない俺たち兄弟は兄貴が高校卒業してから一緒に住んでいます。ハメ師の腰使いに喘ぎ声が止まらない奥さんに最後はたっぷり中出しをしちゃいました!そしてギンギンに突起した肉棒を目の前に挿れてもいい?旦那にももう女として相手にされなくなった五十路のオバサン。背が大きいからSっぽいと言われるけど本当は…性行為、母から実の息子への度を越した性教育!離婚、目隠しという羞恥行為に震える美人若妻を大量捕獲!強く強く吸い付いちゃいます。欲求不満なマンコをイジリ回しながら吐息を漏らし始める。でも夫も子供もいるりっぱな主婦である。イケナイとはわかってるけど、遂に脱ぐことを決意した私。モノ欲しそうに手を伸ばし、犯されまくる人妻達の悪夢のような昼下がり!更にベランダでのエッチでも周りの事なんてお構いなしに喘いじゃいました!溢れる淫汁悦楽がセレブを狂わせていく…特に悲しみに満ちた斜め顔が真矢〇きにそっくり!

 

『ババァ本舗 特選!五十路熟女のどすけべ祭り4時間!』の詳細はこちら

単身赴任先の離島で…妻がいないのをいいことに、イヤラシイ看護婦さんとセックス三昧!田舎の開放的なセックスって、いいですね~

読了までの目安時間:約 19分

は海産物の栄養学的な研究をやってます。
会社の都合である日、とある島に転勤になりました。
子供が田舎でのびのび育つのもいいなと思ったけど、教育はちゃんとした都市で受けさせたいという思いと嫁が田舎嫌いなのもあり、私仕方なく一人単身赴任する事にを決めました。
島にやってくる直前、趣味でやってたテニスで膝を痛めて、定期的に整形外科に通ってたので正直、医療レベルが下がる離島は嫌だった(その事は後で偏見だったと知る)。
まぁ、来てみれば、魚はおいしい、時間外なんて無い、いや、超フレックス的で、与えられた研究とかやりたい研究さえやってれば、勤務時間なんて気にしなくていい状況で、楽園に近かった。

 

単身赴任先の離島で…妻がいないのをいいことに、イヤラシイ看護婦さんとセックス三昧!田舎の開放的なセックスって、いいですね~【イメージ画像1】

 
とは言うものの、大きな繁華街なんて無いし、夜の娯楽はテレビかネット。
レンタルビデオとかも無かったから、夜のオカズはインターネットでカリビア~ン(恥)。
それはおいといて、膝の方は幸い、研究所の近くに整形外科があって、前述のとおり、フレックスみたいなもんだから、昼間に病院に行く事も出来たので助かった。
入院設備も無い小さな病院だったけど、先生の知識は結構あるみたいで、頼れる先生だった。
結構お年を召した方だったが、どうやら仙台の総合病院で院長までやってた人みたいで、自分の出身である島に開院したいという希望で60前くらいで島に渡って開院したそう。

 

どうりで、島にあるにしては新しめできれいな病院だった。
離島なのにBMWだったし。
せっかくいい先生に診てもらえるし、時間もたっぷりあるのでしっかり治してもらおうと思い、週1回のペースで通った。
患者は少なく、夕方に行くと自分だけだったりすることが多かった。
受付に医療事務?の年配女性が1人と、若いナースが2人いた。

 

単身赴任先の離島で…妻がいないのをいいことに、イヤラシイ看護婦さんとセックス三昧!田舎の開放的なセックスって、いいですね~【イメージ画像2】

 
正直この患者の数で、3人も雇ってペイするのか?とかも思ってたが、病院ってそれくらい稼ぐんかな。
土曜日は午前のみ診療なんだけど、ある時珍しく仕事が忙しくて、診療終了ぎりぎりに行った。
とりあえず診てくれて、治療もすることになったんだけど、その日に限って、先生は急いで出ないといけないらしく、私と受付とナース2人だけになった。
ちなみに、治療は、電気治療なのでちょっぴり時間がかかるんだけど、受けてる間に、受付の人と、ナースの一人も「ごめん、ちょっと予定あるから、あと大丈夫よね?ごめん」と残りのナースに言って帰ってしまって、ナースの子1人と私だけになった。
こんなの病院として大丈夫なんですかね…残ったナースは、閉院の準備のために、ほかの部屋や廊下の電気をそそくさと消す。

 

か申し訳ない気分になってきた(^^;すると、治療室の電気も、消してしまった。まぁ昼だから暗くはないんだけど。「あ、すみません、少し暗くなったけど大丈夫ですよね?」ナースが言ったので、「あぁ、こちらこそぎりぎりになってしまってすみません」とつい謝ってしまった。
一人残っているナースは26,7くらいで、正直かわいい。AV女優の蒼井そらに、顔も体つきも似ている感じがして、正直想像が暴走するときがあった。なので、以下、蒼井さん。ちなみにオレは当時31だったので、年代的には個人的にビンゴ。もちろんこのナースとは、治療のときに時々お話をしたことがあった。電気を消したナースは一度部屋を出て行った。で、しばらくすると戻ってきたんだけど、ん~~、何か雰囲気が変わっている。とにかく深く考えた。何だろう何だろうと考えてると、「ぁ、ストッキングか」。
思わず声に出た。帰って来たら生足になってました。なぜストッキングだけ脱いできたのかはよく分からず。帰る準備の為なのか何なのか意味不明。で、つい声に出てしまったので、ナースも、「あ、すみませんwちょっと恥ずかしい(照笑)」なんか妙につぼにはまって、ついつい笑ってしまった。
その勢いで何か雰囲気が一気に変わり、おしゃべりモードになってしまった。病院の事とか先生の事とか、自分の事とか。蒼井さんは、大阪の看護学校に勉強に行った後、大阪の病院で働いていたけど、母親が病気で寝たきりになったので、地元の島に帰ってきたらしい。(父親は数年前に他界)「こんな島じゃ、彼氏とかできないんじゃ?」
「全くですよ・・・・」という会話が始まったくらいから、僕の横の小さないすに座って話し始めてた。
椅子に座ってると、生足であるということを急に意識し始めて、なんとなく目のやりどころに、少し困ったけど、ついついチラチラとスカートと腿の間の影に見入ってしまう。椅子で話し始めて、5分ほど絶つと、機械のアラームがなって、蒼井さんは立ってしまった。・・・・と思いきや、膝の機械をはずすために、しゃがみこむ。真正面に座ってるので、制服のスカートの奥が微妙に見えそうな角度になって、息子が御起立状態に。胸の方は制服が首まであるので見えず残念。何とかAVのようなシチュエーションで、エロくならないかと、色んな作戦。でも、治療も終わって時間が無いと思い、とにかく会話を途切れさせないように畳み掛ける「ねぇ、友達と飲みいったりするの?」
「う~~ん、あまり友達いないんですよ、こっちに越してきたばかりですし。」よしよし、しめたしめた。
「え、じゃあ僕と飲みに行かない?」
「え!?広瀬さんと?」
「うん、二人でもいいじゃん」
「・・・いいんですか?私はうれしいですけど・・・。結構ストレスも溜まってるので飲みたいです(^^)」思いがけない好反応。
「よし決まり、しかしストレス溜まるって、やっぱりナースは大変なんだね」と会話を続ける。
ナースは僕の会計作業に入ってて、ちょっぴりしゃべり掛けられるのはうざそうだった。会計も済ませて帰ろうとしたときに、先ほどのストレスの話になって、玄関で立ち話になった。親とはあまり仲良くなかったのに、さすがに寝たきりともなると無視もできなかった事とか、もう一人のナースへの不満とか色んなことをなぜか話してた。で、何かすごく落ち込んで、くら~い雰囲気になりそうだったので、ちょっと肩を抱き寄せる雰囲気で、ぽんぽんと叩いて、「大丈夫大丈夫、いつでも僕に話して。」と、たわいもない一言を言った瞬間、ちょっぴり涙目になって「ありがとうございます、、、すみません、、、すみません、、、、」を繰り返してた。
で、ここでめっちゃ賭けた。あごを持ち上げて、突然キスをしてみた。彼女は「ひゃっ!」というかわいい声を出しながら一瞬後ろに飛びのいた。
「ご、、、ごめん」とにかく謝った(^^;すると彼女のほうが「いいえ、うれしいです」と言って近寄ってきて彼女のほうからキスをしてきた!そこからはディープキスになり、彼女をぎゅっと抱きしめて、背中をさすりながらじっくりと唇を味わった。
息子は当然御起立。御起立しているのを、わざと悟られようと、ちょっぴりあそこを押し付け気味に抱擁した。その後、それを感じてエッチな気分になったのか、私の乳首を探し始めた感じだった。もうしめたものだと思い、背中をさすってた手を徐々に下ろし、お尻を触ってみた。ナースの服ってごわごわしているイメージがあるけど、タッチすると意外にボディが分かる。生足でストッキングも脱いでいるので、パンティラインがよく分かった。お尻をちょっとだけ、むにっ、と触ると、「んっ」っとかわいい声を漏らす。
その声に反応して御起立&カチカチだ。その勢いで、胸を触ってみると、息遣いが荒くなってきた。すると突然思い出したように、「あ、ちょっと待ってください」と言って玄関まで行って、鍵を閉め、ブラインドを下ろした。
「これで完全に病院は私たちだけですね」と言った。
もう、完全なOKサインだと思って、抱き寄せて近くのソファーに二人で座って、キスしあって胸を制服の上から触りまくった。で、ようやく先ほどから気になっていた生足にも到達。すべすべした足は少しヒヤッとして、肌触りがよかった。で、撫でるようにしてちょっとずつスカートの中へ進入。すると彼女は、自分から腰を浮かせるような形にして、スカートを上げるのを手伝う様な形にしてくれた。あそこに指が到達したときは、むんっと湿った雰囲気があり、もう女になってるのを確信した。もう、パンティの上ではなく、いきなりパンティを少し横にずらして、あそこを直接触った。その瞬間、「っっん」っと、我慢できない感じの声が上がった。
もうヌルヌルしてるので、早速指を入れたいのを我慢して、まずは栗攻め。今まで、息を殺すような感じだった彼女からようやく「あ~~ん」と声が漏れた。
栗を丹念に攻めていると、彼女のほうは私のYシャツのボタンを外して来た。彼女が私のYシャツを脱がそうとしたので、右手を一度スカートの中から出して、シャツを脱いだ。畳み掛けるように彼女は、下着の下から手を入れて、僕の乳首を捜し当てて、コリコリしてた。下着もすぐに脱がされ、彼女は私の乳首を舐め始めた。とっても気持ちいい・・・。学生のころ、色んな男と遊んだんだろうなと思うとちょっぴり妬けて来たりもした。制服のボタンを脱がそうとしたら、「治療室のベッドに行きません?」と言われて、腕組み&キスで治療室のベッドへ。
さっき電気を消したので微妙に薄暗いけど、ブラインドからもれる光で十分見える。彼女は、ベッドサイドで制服を自分から脱ぎ始めた。制服を脱いだ体は完璧だった。Fカップくらいだったと思う。そこからは一直線。一気に二人とも裸になり、ベッドに横たわると、前戯もなく、いきなり生で挿入した。何の抵抗も無く、「ぬるんっ」と入ってしまった。
やはり何度やっても、生ってのはいい。しかも相手が濡れてれば濡れているほど、最初に入れるときの気持ちよさがヤバい。蒼井さんは生で入ってしまったことに、なんの感情も表さず、ただ喘ぎ声だけが響いていた。彼女は必死で腰を振り、無我夢中だった。なんか、よっぽど飢えてたのか、自分の中で一生懸命Hを楽しんでいる感じだった。騎乗位の腰の振り方も完璧だった。また、誰だかわからない架空の男に嫉妬心が出てきた。メリハリのある彼女の体は、男を虜にする何かがある。蒼井さんは、「あっ、あっ、あっ、気持ち~~、あっ、あっ、あっ」と、比較的単調な感じの喘ぎ方だったが、わざとらしい風俗嬢に比べれば、よっぽど萌えた。
私もイキそうになり、さすがにいきなり中はまずいな、、、と思って、「イキそう!気持ちいよ蒼井さん、気持ちいい!イキそう!」と探りを入れてみた。
彼女は、しばらく何も言わず、「あっ、あっ、あっ、ん~っ」とだけ喘いでた。
すると、ぐいっと首を引っ張られて、僕の耳元で「今日は中にいいですよ」と言ってきた。
妻子ある身、、、ちょっぴり怖かったけど、この彼女の魅力には逃れられず、「うんっ、いくよ、いくよ!」といってスピードを上げていくと、彼女の声も上がっていき、「あっ、あっ!!!、あっ!!!!!!!、、、、、、、、、、、、、、、、、、、」それと同時に、私も果てた。
彼女の中がビクッ、ビクッっと締め付ける。あそこは、私の精子で更にヌルヌルになって、快楽そのものだった。とにかく最高のセックスだった。愛してるとか、そういう言葉は一切無く、行きずりっぽい感じだったのに、今までで最高だった。背徳感がからかもしれない。後処理をした後、しばらく、ベッドの上でお互い無言で、息を落ち着けていた。落ち着いたところで彼女が、「すみませんでした、、、、」と、なぜか謝ってきた。
俺のほうだろ、謝るのは。「あの、、、今度からも時々会ってくれませんか?」
「あ、喜んで、、、でも、、、、、」
「すみません、奥さんいらっしゃることは知ってました」
「えっ、あっ、、、、ごめん、、、」
「広瀬さんがよければ、私はぜんぜんかまわないので。実は広瀬さんの事、いいなと思って気になってたんです。だから家族がいるって知った時は、ちょっとショックを受けましたけど、、、だから今日はすごく嬉しいんです。」この島での夜の生活が正直さびしかったので、私はついOKした。
蒼井さんは、親の面倒を見ないといけないのもあり、あまり外出は出来ないみたいだったが、それでも結構な頻度でこっそり僕の家に遊びに来てくれた。初めのころは2週間に1日くらい。そういう関係を続けてから半年くらいたった時、蒼井さんの親が急逝した。亡くなってからはしばらくは会えなかったが、1ヶ月くらいするとまた会いにきてくれた。ショックはさぞかし大きいだろうと思ってたが、久しぶりの蒼井さんは解放された感じもあり、不謹慎だが意外にも明るくなっていた。それからは週に3~4日のペースくらいで会いに来た。本当に大丈夫か?と思うくらい、私にノメリ込んでいるような感じになり、正直怖くなったが、セックスの相性は超よかったのもあり、まさに不倫街道まっしぐらだった。エッチは、泊まりにきた時に生理じゃない日は、ほぼやりまくった。蒼井さんはフェラがちょっぴり下手なのと、僕自身もフェラはくすぐったくて苦手なので、生理の日は殆どHの類はしなかった。演技だったかどうかわからないけど、Hのたびに必ずイク蒼井さんが愛おしくて愛おしくてたまらなかった。病院で、ナースと患者の立場で会うときは、いろいろとギクシャクだったけど、何とか耐えた。プライベートでは、完全に同棲だった。安全日以外は絶対にスキンをつけてたが、一度生理が10日ほど遅れて、青ざめたことがあったが遅れただけで、きちんと来てくれた。本島には妻子がいるというのに、完全に不倫同棲だった。妻子は島に来ることは無かった。自分が2ヶ月に1回ほど、海をわたって妻子に会いに行く感じだった。蒼井さんは、妻子に会いにいく自分を、恨めしそうに見たこともないし、悲しそうな顔も見せたことは無い。表向きは、快く送ってくれた。先に書いたように、妻は田舎には興味が無いみたいで、「行ってみたい」の一言は全くなかったので安心していた。
この不倫は私が本島に転勤になるまでの3年間続いた。妻子がいることを忘れ、学生のときに経験したような恋愛感情で付き合っていた。転勤になって、もとの土地に戻ることが決まったときは、彼女はマジで泣いた。「結婚してとか絶対に言わないし、絶対に奥さんには迷惑かけないから、一緒に言っていい?」とまで言っていた。
正直、揺らいだ。妻とのセックスは微妙に淡白気味になってたし。だが、彼女が不倫の範囲で精神状態を普通に保てるかが疑問だったので、心を鬼にして断った。彼女も30だったので、ここで続けたら、彼女に幸せは無いかなとも思った。3年間の不倫は終わった。戻ってからは、いい旦那、いい父をがんばってる。別れ際の彼女の最後のあの表情を見ると、もう二度と不倫はしたくないと思った。しかし、今でも疑問。なぜあの時彼女はいきなり生足になったんだろう・・・・。

 

 

【関連動画】

セレブな奥様はスポンサー 高橋みどり&エレナ

セレブな奥様はスポンサー 高橋みどり&エレナ

 

セレブな奥様はスポンサー 高橋みどり&エレナのあらすじ

暇も性欲も持て余したリッチなマダムの日常は、若いツバメとセックス三昧!!カテゴリ:熟女出演者:高橋みどり,エレナレーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

セレブな奥様はスポンサー 高橋みどり&エレナに管理人のつぶやき

 

いつもと違ったことがしてみたいということで、多額の借金を抱えているとの事。最近出張マッサージにハマっている。恥じらいながらも気持ちは序々に若かった頃に戻っていく。お義母さんのぬくもりを思い出す…さらには出演させて、親戚のお葬式の後にそのまま来てしまったとのこと。更に気をよくしたエロ親父は、そんな千里を義理の息子の圭は応援する。パンスト好き美熟女好き必見!お母さんの肩だけではなく。じゃあ家に…静かに近づけた唇に息子のオチンチンが咥えられていく。つまり動物のフェロモンがムンムンと体から滲み出ているじゃぁないですか!果たして彼女は一体どんな方法で大口の顧客を獲得しているのだろうか!相変わらずの豊満の巨乳婦人やすみ、若くたくましい肉棒を喰らう欲求不満な女達の秘密!前回にも増してエッチを楽しんで、いつもの朝なのに何処か官能的に感じてしまうのは何故だろう…ドレスのスリットから覗くパンスト脚を惜しげもなく披露する淫乱三十路セレブ人妻、雄と雌のドログチュ悶絶!レオタードブーツ最初は恥ずかしがるのであるが、誰も居ない静寂に包まれた保健室。給料は安い、自分のことを女として見てくれない夫とのセックスが不満で、密室でこんなどスケベな美女と2人きりになったらどれだけ幸せなことでしょうか?どこから観ても風間ゆみ!果たして彼女は無事に帰れるのだろうか?今回の再出演の主な理由はなんと、恥かしい…この乳房。浮気現場をネタに美人妻を、旦那の留守中に人妻宅に訪問、この奥様マジエロです。想像を越える鞭と蝋燭の嵐だった。アナルに中出しされて大満足。波乱万丈の人生を告白した人妻は、男根を挿入されると我慢の限界を超え大絶叫。60歳になっても男に抱かれたい、そんな奥さんが手を使わずに2人の男をイカす!お金目的でAVに応募。デカチン本番SEXに大満足!両親の居ない兄金沢の地で巡り会った人妻との小旅行を収録!そんな美しく魅惑的な母を持つ兄弟の肉棒は暴走を始める。清楚だけど服の上からでもわかるむっちり奥さん。絡みも爆エロで男優さんもタジタジ縄あり!

 

『セレブな奥様はスポンサー 高橋みどり&エレナ』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】