告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

新妻にそれっぽいことを囁いて、旦那を裏切るように仕向ける。簡単に落ちる女に笑が止まらないww

読了までの目安時間:約 12分

新妻にそれっぽいことを囁いて、旦那を裏切るように仕向ける。簡単に落ちる女に笑が止まらないww【イメージ画像1】

 
あやと始めてあったときからこうしたかったんだ・・・だのに他の男と結婚するなんて」としゃーしゃーと嘘を囁く。
 

「あぁ~先輩・・・もうあやは結婚したんです・・・賢治さんが・・・夫が居るんです、夫以外の子供を妊娠できません・・・はぅっ!」
「・・・あや、旦那とは生でした事無いだろう」突然の俺の言葉に驚く。
「いやぁ・・・どっどうしてそれを・・・」
「ふふふ、やはりそうか、カマを掛けてみたんだが・・・まぁ仕事を続けたいっていうあやの姿を見れば想像つくよね」
「・・・」
「アイツより先にあやを孕ませたいんだ・・・あやに俺の子供を産ませたい」もう力なく首を振るしか出来ないあや・・・その身体は快楽に蝕まれているのだ。
 

 
の証拠に、首を振るあや腕は俺の背中に周り、両足は痛いほど俺の腰を締め付ける。
俺は本格的に腰を振り、嬲るように焦らしていたあやを追い込む。
 

直ぐに小さな絶頂を繰り返していたあやは、遂に1度目の絶頂を迎える。
 

新妻にそれっぽいことを囁いて、旦那を裏切るように仕向ける。簡単に落ちる女に笑が止まらないww【イメージ画像2】

 
きく身体を反らし身体をヒクつかせ、淫らな絶叫と共にイッた。
 

胸を大きく膨らましながら荒い息を吐き、身体は絶頂の揺り返しで痙攣していて膣もそれに合わせてしまって気持ちがいい。
耳元で言った事を指摘すると、それで再び軽くイッたようだ。
 

はそんな淫らな新妻あやにたまらなくなり、最後に向って腰を振る力を強め、あやに宣言する。
「あぁああああ、いいっ、先輩・・・いいの・・・」俺はあやの子宮が俺の精子を受け入れようと下がってきた事を教えてやる。
 

「あぁああああ、あっあやの身体・・・赤ちゃん産みたがってるの・・・」
「そうだよ・・・あやの子宮は俺の精液を受け入れ様と近づいてるよ」
「はうっあああああん、はぁあああうぐぅ・・・もうダメぇ・・・」
「俺もだよあや・・・俺もイクよ、あやを妊娠させる為にあやの一番奥で俺の精子を出すよぉ~」
「あぁあああ~先輩、先輩、あやイクまたイッちゃうぅ」
「あや!あやぁ~」
「はぅ~イクぅ~!」・・・膣が収縮し、子宮が俺の子種を受け入れる!大きく仰け反り爪先をキュッと内側に折曲、激しく痙攣するかのように絶頂を極めた。

れは物凄く淫らでイヤラシイ姿だった。
 

その瞬間、俺も1週間溜めに溜めた子種を生膣の最奥部にぶちまけた。
あやの膣は言葉とは裏腹に、最後の一滴まで子宮に吸い込むかのように、収縮を繰り返しペニスに絡みついた。
 

く2人で抱き合い余韻を楽しむ。
あやは目をきつく閉じ、荒い息で俺の胸に顔を埋めている。
 

・・・やがて落ち着いてきた頃、俺はあやの耳元に口を寄せ、「奥さんのおまんこ凄く良かったよぉ・・・いやらしく絡み付いて最後に俺の精液をゴクゴクって美味しそうに飲み干したよ・・・あぁ遂に奥さんに旦那じゃ無い元同僚の俺の精子を・・・1週間溜めたもっの凄く濃い子種を奥さんの中子宮に注ぎ込んであげたよぉ~」俺の息が耳にあたる度に、「はぅぅぅっ!」と絶頂の揺り返しがあやを襲う。

ぅ・・・○○さん・・・も・もう私あの人の顔をみっ見れない」
「大丈夫だよあや・・・月曜にでも旦那に抱かれて、ゴムが破れた言えば」弱弱しく非難の目を向けるあやだが、新妻に旦那以上の絶頂を与えた男にもう逆らう力は無かった。
 

一度2人でシャワーで身体を清める。
諦めたのか、あやはすっかり従順になり身を任せている。
 

ャワールームの中で軽く可愛がり、立ったまま後ろから貫き2度ほどイかす。
この時はイかない。
 

その後再びベットルームに戻り、もう一度ビデオの前であやを生で抱く。

イドテーブルに置かれたバイブと筆を使う。
 

嫌がるあやの両手を皮手錠で万歳状態でベットに繋ぐ、両足は大きく開き上の段の横柱に繋ぎ、約1時間あやを焦らし膜って嬲る。
そして半狂乱になって俺を求めてきた所を、拘束を解いて女性上位であやに自ら沈めさせる。
 

那はあやに上に乗らせないのか腰の振りがぎこちない・・・そこは俺、巧みに下から突き上げ上段があるので俺にしがみ付いた形のあやを絶頂に追い込む。
「あぁあああ、あや!あや!、気持ち良いよ!」
「はうぅ・・・いいぃっいいの?○○さんあやのいいの?」
「ああいいよ・・・あやが俺の精液を搾り取って子宮に吸い込む為に淫らに腰を振ってくれてる・・・ああ気持ちいい!」俺はワザと、あやが今している行為がどういうものであるかを深く認識させる。
 

「はぅはぅぅうううう、もう・・・またイクぅイクぅ!」それと同時に、俺も子種をあやの体内にぶちまける。

してそれが漏れないように繋がったまま身体を回し、あやを組み敷く。
 

あやは俺にしがみ付き襲ってくる絶頂の波に溺れていく、涙を流し、頭を振り、失禁したかのように潮を俺に吹き付けながらイった。
時計を見ると午前3時を回っていた。
 

はぐったりしているあやを促し仮眠室を出る。
最初シャワーを浴びるのだと思っていただろうあやは狼狽した。
 

俺は自分達のMacの前にあやを連れて行き、机に手をつかせ腰を突き出させる・・・いやいやと哀願するあやの腰を両手でガッチリ固定し、2台目のDVカメラを設置した横で後ろから抱く。

・・あやを絶頂に追い込むと、今度は俺が椅子に座りあやを乗せる。
 

また絶頂に追い込み今度は休憩用のソファーに横たえまた・・・。
会社中のあちらこちらであやを犯してしまう。
 

分の会社の社内で犯される事に理性を失い、あやは狂ったように乱れた。
そして部屋の真中の床(土足厳禁)の上で3発目の子種を受け入れた。
 

流石に疲れたので、仮眠室に戻り抱き合って寝る。

・・9時頃あやの携帯に旦那から電話があった。
 

その時あやは俺の胸に顔を埋めていた。
「うん、そう・・・やっぱり行けないと思う・・・うん・・・月曜は帰る・・・じゃ・・・楽しんできて」
「行って来ればいいじゃないか」
「だってまだお仕事が・・・」
「あやを犯した憎い俺の仕事なのにするのか?・・・」
「・・・いじめないで」もうすっかり従順になった新妻あやに俺はペニスを硬くなり、抱きつくあやの下半身を圧迫する。
 

・・昨夜の痴態と快楽が思い出されたのか、目を潤ませ俺を見つめる。
そのまま朝の1発を行う。
 

「ああああぁいいいいぃ・・・あやはあやはあやは○○さんの赤ちゃんを産みますぅ~!」と叫び、涙を流して体を弓の様に仰け反らせ、激しく痙攣するかのようにイク。

れと同時に俺もあやの体内に精子をぶちまける。
 

あやの身体はいい、する度に快感が深まっていく。
一発済んで、シャワーを浴び身繕いをする。
 

やと2人で遅い朝食を食べに出る。
何も言わないが、あやは俺の手に腕を繋いでくる。
 

俺はもうあやを名前で呼び捨て・・・あやも俺をあなたと呼ぶ。

社に戻ると俺は再び全裸になる・・・あやもそれに従う。
 

全裸で並んで仕事をする・・・異様な光景だ。
あやの仕事が良ければ、甘いキスをしてやりその場に押し倒し抱いてやる。
 

回イかせる(俺はイかない、射精せずあやの媚肉を楽しむ)修正があるとソファーに連れて行き、バイブでオナニーさせイかせる。
お陰で2時間もあればおつりが来る作業に倍の時間を費やす。
 

仕事が終わったあやを誉め、さぁと手を引き仮眠室に連れて行く。

やは素直に着いて来る。
 

先ほどのご褒美で火がついている2人は狂ったように抱き合った。
1時間あやを抱いて、遅い昼食を食べに出る。
 

7時位から再びあやを仮眠室に連れ込む。
ちょっと恋人っぽくなっていたので、ワザと虐める。
 

旦那の名前を呼ばせながら貫いたり、「今日の試合、応援する旦那が映るといいなぁ~」といいながら、淫具であやの益々淫らになっていく新妻の身体を嬲る。

時間たっぷり嬲り、20時の放送開始直前にトータル7回目の種付けを完了させる。
 

もうぐったりとしているあやを促し身体を清める。
そして二人で休憩用ソファーに座り日本戦を観戦する。
 

23時30頃、テンションが上がりまくっている感じのあやの旦那から電話。
あやがビクッと身体を跳ねさせる。
 

あやの寝顔に欲情してしまい、9発目の抽送を行い始めていたからだ。

帯に出るあや、「うん・・・そう・・・凄かったね・・・うん」俺はゆっくり腰を振り出す。
 

あやは驚いて目を大きく開いて俺を見る。
いたずらっ子ぽく笑ってやり、あやの身体をきつく抱きしめ、耳元でわざといやらしく喘ぎながら腰を振る。
 

やの左手は俺を抱きしめ、脚も腰に絡みつく。
右手は携帯を耳にあてている。
 

目を閉じ快楽に身を任せている、時々唇を噛み声が漏れるのを我慢している。

に息を吹きかけるとビクッと身体を跳ねさせる。
 

頭を激しく振り我慢する・・・そん度に膣がきゅきゅっと締まりいい!旦那も興奮しているのか、中々電話を切らない。
あやの返事ももう上の空だ。
 

筋を噛んで遣った瞬間、あやは声にならない声を上げて絶頂に達した。
もう全然話を聞いていない(焦)旦那もちょっと変に思ったのか、「あやっ!どうした!!」慌ててあやをゆすると、我に返ったあやが、「ごめんあさぁい・・・なんかぁききとりにくかったから」ろれつ回ってない(汗)しかし旦那は納得したのか、あやにオヤスミとか言って切った。
 

もう2人とも異常に興奮し狂ったように絡み合った。

妻に強制種付け

 

【広告】

★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW

全国大会出場経験あり!

【★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW】-1【★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW】-2
【★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW】-3【★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW】-4
【★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW】-5【★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW】-6


超高身長178センチ!


本物ド変態バスケ選手さおりさん!

レーベル:豊彦、  出演者:朝比奈さおり、  作品タイトル:体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★朝比奈さおり★ 体育会系ドマゾ地獄アクメ狂いバスケ選手 朝比奈さおり 辱め動画が劇ヤバでたまらんW に管理人のつぶやき
 
水瀬響子。が同居人として舞い降りた。見張る・・・その欲望は実行に移された。いっらっしゃいませ曝け出す。それが私の役目だ!奈々をシメは浴槽で立ち放尿。全国のお父さん達に朗報です!撫で始めますが・・・曲げて舐め奉仕して本番。
 

 

出会い系で出会った旦那しか知らない初心な人妻を調教して淫乱に変えた体験談

読了までの目安時間:約 13分

出会い系で出会った旦那しか知らない初心な人妻を調教して淫乱に変えた体験談【イメージ画像1】

 
代ちゃん、当時42歳。
痴漢プレイ出会い系サイトで出会った。
 

俺がスレッドを立ててから忘れた頃に直接メールが届き『興味があるから会ってみたい』と、言ってくれたのだ。
 
かし、時間は既に21時を回っていて、場所も朝里ということなので、札幌在住の俺はどうしたものか?と、一瞬悩んだ。
 

しかし、こんなチャンスは滅多にない!(笑)22時にとあるコンビニで会う約束を取り付けた。
そのコンビニ駐車場には時間どおり希代ちゃんが軽でやって来てくれた。
 

 

出会い系で出会った旦那しか知らない初心な人妻を調教して淫乱に変えた体験談【イメージ画像2】

 
こに行こうか?」すると彼女は、24時間営業のスパがあるからそこに自分の車を置いて、俺の車に乗ると提案してくれた。
彼女の先導でスパへ向かう。
 

そして彼女は車を置くと助手席に乗り込んできた。

代ちゃんは、どこからどう見ても普通の主婦。
 

そこらのスーパーで夕暮れ時に食材を詰めたカートを押していそうな感じ。
ピッチピチのTシャツにスリムジーンズに身を包み、真夏だったのでサンダル履き。
 

長は165は超えていそう。
そして、何より胸が大きい。
 

本人曰くEカップだそうだ。

井川方面へ向かう途中の朝里の街の夜景が見下ろせるパーキングに車を停めた。
 

まずは世間話。
やがて、どうして痴漢ごっこしてみたくなったかを俺に話し始めた。
 

愛経験はなく、今の旦那とは見合い結婚。
しかも初の男性。
 

それ以来、家事と子育てと旦那の世話の十数年間・・気が付くと四十路になっていた。

メを外したこともなく、このままただただ枯れていくのは後悔が残る。
 

基本、エッチは好きでほぼ毎日オナニーに耽るも所詮は妄想の世界。
旦那との愛のないセックスはただの夫婦愛だの義務でしかなく、しかも旦那の性処理でしかなく虚しい。
 

激が欲しい、女の歓びを感じたい、以上が彼女の気持ちだった。
「それにしても初対面の俺と会おうなんて、すごい勇気だね(笑)」
「うん、貴方とメールのやり取りしみて、大丈夫そうだったから」と、彼女は照れくさそうに笑った。
 

俺は無言でEカップに手を伸ばした。

瞬、彼女は身をすくめたが、手の平に余るほどのバストを優しく揉みしだいているうちに体の硬さが抜けてきた。
 

「少しシート倒そうか」そう言うと彼女は、言われたとおりにした。
左右のバストを交互に揉み、徐々に頂上に向かって範囲を狭めていった。
 

の辺りかな?(笑)」乳首を指先で探る。
微かなポッチを指の腹で見つけ、そこを集中的に突付いた。
 

「んん・・」身をよじって反応する。

ラとTシャツだけだから勃起した乳首を見つけるのは容易だった。
 

「どう?気持ちいい?」
「う、うん」しばらくすると両膝を摺り合せるようにモジモジし始めたので、空いた手を太ももに乗せた。
ムチムチの太ももを上下に撫でながら、両ももの間に手を滑り込ませる。
 

を閉じて抵抗する素振りを見せず、手を動かしやすい程度まで開いてくれた。
完全に受け入れてくれる。
 

ゆっくり手を股間へ。

時にTシャツを捲り上げ、ブルーのブラを露出させた。
 

手が股間へ到達し、グリグリを弄る。
「あっ、あん」ブラの中へ手を入れ、乳首を捜す。
 

ぐ指先に勃起した突起が触れ、優しく転がす。
「いやんっ!あっ」汗の所為かジーンズの上からでも股間が蒸して、湿っているのがわかる。
 

「脱いじゃおっか(笑)」俺はそう言うと、彼女のジーンズを脱がせ始めた。

ツキツのスリムジーンズを膝まで下ろした。
 

ブラをお揃いのブルーのパンティが現れる。
緩やかに盛り上がっている下腹部を弄る。
 

ても柔らかい。
同時にブラの肩紐をずらし、前を捲ると立派なバストが零れ落ちた。
 

茶色の乳首はピンッと正面を向いていて、まるで吸ってくれと言わんばかりだった。

ちろんそうする。
 

俺は希代ちゃんの胸に顔を埋めた。
甘い肌の香りに鼻を擽られながら乳首を口に含む。
 

を絡めながら乳首を弄ぶ。
「やっ!あんっエッチ、ぁああぁぁ」股間を悪戯する指は下腹部から谷底へ滑らせていく。
 

手の平で下腹部を覆いながら、中指だけを股間の奥へ伸ばし、縦筋に沿わせて上下に擦った。

、いつも知らない女の人にこんなことしてるの?」
「うん、そうだよ(笑)」
「すごい」希代ちゃんは腰を前後に動かし始めた。
 

「本当に旦那しか知らないの?腰なんか動かしていやらしいなぁ・・正直、遊んでたりして(笑)」
「そ、そんなことないよ浮気?したの貴方が初めて」
「それは光栄だなぁ(笑)」ジーンズを片足だけ抜き、更に脚を開かせた。
俺は一旦上体を起こし、シートに横たわる希代ちゃんを見下ろすと「すごい格好だなぁ、いやらしい」と、意地悪を言う。
 

代ちゃんは両手で顔を覆い「そんなに見ないでっ!」と、頭を左右に振った。
首まで捲れ上がったTシャツと引っ張り出した乳房は大きすぎてはみ出し、手放しでもブラの中に潜る事はなかった。
 

「希代ちゃん、いい体してるよ」そう言うと再び胸に顔を埋め、右手を股間へ添えた。

分ほぐした股間は柔らかくパンティを食い込ませ、大陰唇が陰毛と共に両脇から食み出している。
 

溢れた愛液は行き場を失い、生地から染み出している。
「すっごいヌルヌル」
「恥ずかしい!」
「ここが一番感じるでしょ?」指先でクリトリスをコリコリ擦る。
 

やっ!だめっ!あっあっあん」何度も全身を仰け反らせる所為で、尻がシートの半分しか乗っていない。
両脚をコンパスのように伸ばして床に突っ張る。
 

「やばい?もしかしてイッちゃう?」
「うぅ」指先の動きを早めた。

めーっ!」太ももがプルプル痙攣し始める。
 

「いいよ、イッても^^」
「いやっ!恥ずかしい、あぁぁ」
「我慢するなよ(笑)」弾くようにクリトリスを高速で何度も掬い上げる。
「そ、それだめっ!!」乳首を強く吸いながら激しく口の中で転がす。
 

っ、んっ、いやっ!だめっ!あっ、いい、あっあん・あ、あ、あ、あ・イ・イク」希代ちゃんの尻がシートから浮き上がった。
肩と両足以外は宙に浮いている。
 

「イッちゃえよ」
「あ、あ、あ、イク・イクイク・あーっ!」ほんの一瞬だけ全身が宙に浮いたように見えた。

してそのままシートに落下すると、今度はガクガクと全身を痙攣させ絶頂に達した。
 

「あ・う・ん・んぐ・はぁぁ」エクスタシーのさざ波になんどか飲まれたように希代ちゃんは痙攣する。
しばらくするとシートに身を沈め、グッタリしてしまった。
 

を強く閉じたまま肩で息をしている。
「イッちゃった?(笑)」
「ん・・」無言で頷く。
 

「パンツびしょびしょだね、脱ぐ?(笑)」
「えっ?」
「ほら、お尻浮かせて」そして一気に膝までパンティを下ろした。

ぁぁ」黒々とした逆三角形がオレンジの街灯に照らされ浮かび上がる。
 

「フサフサして俺好みだよ(笑)」
「そんなこと言わないで、恥ずかしいから」ジーンズと同じようにパンティを片足だけ残す。
サンダルを脱がすと、膝裏に手を入れ持ち上げた。
 

んっ!こんな格好」まんぐり返して、局部を天井に向けさせる。
「舐めてあげるから両膝自分で抱えて」
「いやぁん、そんなことしたことないよ」
「いいから、早く」
「えぇ・!」結局言われたとおりにする。
 

「旦那はここにキスしてくれる?」
「うぅん、手で触るだけ・強くするから時々痛いの」
「じゃあ、こんなことしたらクセになるかな?(笑)」そうして今度は股間に顔を埋めた。

と愛液と熱気でムッとする。
 

まずは全体をベロンと舌全体で舐め上げた。
「あっ!!」
「すっごい溢れてるね」再び舐め上げた。
 

っ!すごい」舌をねじ込むように花弁を押しのけた。
「あぁ、あっ、な、なにしてるのっ?」そして挿入する。
 

ニュルンニュルン・舌を出し入れした。

ーっ!あーっ!!し、舌挿入れてるの?」
「うん」そして陰唇を軽く吸引・チュッチュッ・チュパッ・・・「んん・ぁああぁ・・あはぁ・・」
「どう?」
「こんなの初めて」
「そんなに腰動かしたら舐めれないじゃん(笑)」
「だ、だって勝手に・勝手に動いちゃって」両手を胸へ伸ばし、乳首を摘んだ。
 

引っ張ったり抓ったり。
そして、口を股間に密着させ、舌を更に伸ばした。
 

唇をクリトリスの直上に押し付け、包皮を剥き、真珠を口の中で露出させる。
そして、硬くした舌先を上下左右に震わせクリトリスを刺激する。
 

「あっ!な、なにっ!?だめっ!そんなことしたらまたあっ!ああーっ!いやっ!」希代ちゃんの両手が俺の頭を掻き毟った。

めっ!イクっ!!あーー」再び絶頂へ。
 

脚を伸ばそうとするのを強引に押さえ付ける。
「あぁぁ、はぁ、またイッちゃった、えっ?やっ・ちょ、ちょっと待って!」俺は続ける。
 

ぁぁ・ほ、ほんとに・だめだったらっ!」両腕で俺の頭をグイグイ押して引き離そうとしてくる。
「いやーっ!おかしくなっちゃうっ!!」その後、希代ちゃんは3回もイッった。
 

本番はなし!僕へのサービスも不要!そう募集した手前、俺へのサービスは要求しなかった。

服を整え終わった希代ちゃんは「すごかった・貴方ってすごい人ね(笑)」と、言った。
 

「女の人歓ばせるの好きなんだよね(笑)」
「貴方はいいの?」
「いい訳ないよ(笑)だってほら・・」俺は自分の股間を指差した。
ジーンズがはちきれんばかりに盛り上がっている。
 

んとだ・でも・・」
「いいんだよ別に。約束だしね。」
「ごめんね・・でも、もし次に会えたらエッチしましょ」
「よろしく頼むよ」その後、彼女を車まで送り俺たちは別れた。
 

り合えずまた会えそうな気がした。
俺は家まで我慢できず、途中で車を停めてオナニーに耽った。
 

大量の白い液を放出したのは言うまでもない。

 

【広告】

【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW

日々、ダーリンダーリンチュッチュチュと人目も気にしない(想像)。

【【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW】-1【【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW】-2
【【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW】-3【【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW】-4
【【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW】-5【【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW】-6


彼氏が大好きで大好きでたまらない。


本作は、そんな誰もが羨むロマンチックな彼氏持ち女性オムニバス。

レーベル:玉屋レーベル、  出演者:ユキ,ヒヨリ,マコト,サナ,アマネ、  作品タイトル:キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【キモデブに抱かれたイケメン♂自慢のラブラブ彼女♀】 辱め映像がタマラなくって最高WW に管理人のつぶやき
 
狙った獲物は必ず撮る!求めて街を体感!先生もっともっと感じさせて!再現した。デートで股間を助ける為・・・押し殺して感じまくる!アナル丸見え!コスコス電マで昇天。堪能して下さい。あとで後悔しますよ・・・
 

 

妊娠中である人妻をカラオケに連れ込んで、ギンギンのチンポでセクハラしてやったww

読了までの目安時間:約 14分

妊娠中である人妻をカラオケに連れ込んで、ギンギンのチンポでセクハラしてやったww【イメージ画像1】

 
奏に入った時、ミサトにバレた。
「あぁ~れぇ~~?この硬くなってるのは何かいな?あれぇ~?」
「硬くない硬くない。気のせいだな」
「へぇ~気のせいかぁ~へぇ~~~~」完全にバレらしく、今度は擦るように動いてくる。
 

 
曲がりのチンコは、思いっ切り左モモの上で勃起していた。
「ちょっと~、下向きに棒があるんですけど~」
「つ~か痛いからヤメろって」
「下向きだから痛いんでしょ?こ・れ・がっ!」本気で痛かったので、俺はパンツに手を突っ込んでヘソ方向へ戻した。
 

「何してんの~!手入れないでしょ、普通は」
「マジで痛かったんだって」じゃ~もう痛くないの?」言いながらミサトは上で跳ねたり擦ったりしてきた。
 

妊娠中である人妻をカラオケに連れ込んで、ギンギンのチンポでセクハラしてやったww【イメージ画像2】

 
う歌える状態じゃなかったが、やっと歌が終わった。
 

「おまえ・・いい加減にしなさい!」俺はミサトの腰を持って、激しく前後に揺らした。
もちろん勃起したチンコが当たるように、密着させて。
 

したらヤメるだろうと思ったのに、ミサトは逆に抱き付いてきた。
巨乳が胸に押し付けられる。
 

「ちょっ・・お前感じてんじゃね~!」
「激しくヤルからでしょ!アタシがこれ弱いの知ってんでしょ!」
「知らねーよ、そんな事。早く降りろって」ミサトは渋々降りて、隣に座った。
 

を見てみると、かなり酔っ払っているっぽい。
大丈夫か?と尋ねると、全然余裕とか言うが、完全に酔っ払い。
 

ミサトは酔っ払うとちょっと激しい行動によく出ていた。

前に友達数人で飲んでた時も、男にオッパイ揉ませたりしてたし。
 

次の日には覚えてなかったとか何とか言ってた。
とりあえず休憩するから歌ってくれと言われ、俺は福山を歌ってた。
 

したら途中でミサトがモモの上に倒れ込んできた。
「おいおい、大丈夫か?」
「だいじょうぶ~。ちょっとヒザ枕」ヒザ枕だけなら良いかという事で、しばし福山を熱唱。
 

るといきなりミサトはベルトに手を掛けてきた。
歌いながらヤメろと拒絶したが、笑いながらベルトを外すミサト。
 

酔っ払ってて外せないと分かったのか、今度はジッパーを降ろしてきた。

して中に手を突っ込んできた。
 

さっきの余韻があったから、チンコは半勃起中。
それをガシッとトランクスの上から握られた。
 

っぱり勃ってんじゃ~ん!」
「まだ治まってないだけ、さっきのな」
「ちゃんと歌いなさいよぉ~~」とか言いながら、ミサトはチンコを上下にシゴき出した。
これはヤバいなと。
 

いくらなんでも、ミサトは結婚しているし、旦那も知ってる。

かも妊娠してるって言うし。
 

ヤメろと手を抜こうとしても、ガッチリとチンコを握っているミサト。
しかも上下にシゴくもんだから、チンコも完全に勃起。
 

ょっとぉ~!大きくない?これ」
「デカくないだろ。普通じゃね?」
「うちの旦那はもっと細いよ・・しかも硬いし。カチカチじゃん!」
「お前がシゴくからだろ。もうヤメなさい」
「じゃ~イッたらヤメてあげる!」
「イカないって。俺が遅漏なの知ってんだろ?」
「そっかぁ~言ってたもんねぇ~。どれどれ・・」遅漏なのを思い出したのか、いきなり激しくシゴき出した。
 

ク予感はしないけど、カウパーは出るからトランクスにシミができる。
「マジでヤメなさい。出たらトランクスの中に出てヤバいことになるだろ」
「じゃ~外に出せばイイじゃんかぁ~」トランクスの前にあるボタンを外し、強引にチンコをそこから出した。
 

ぁ~~!マジでデカッ!」
「おまえ・・何してんだよ・・」慌てて腰を引こうとしたら、ミサトがパクッと咥えてきた。
前からいつも言ったんだけど、ミサトはかなりのフェラ上手らしい。
 

旦那も歴代の彼氏も、フェラだけでいつもイカせられてたらしい。

のミサトがいきなりのフェラ。
 

上手いっていうだけあって、相当うまかった。
まるで風俗にでも行ってるようなフェラだった。
 

めはいきなり咥えたが、その後は舌を使って舐めたり吸ったりのフェラ。
拒否るのも忘れて、俺はフェラを堪能してた。
 

「気持ちイイ~んでしょ~?口に出ちゃう?」チンコから口を離し、ニヤニヤしながら聞いてきた。

は今までフェラでイッたことないからな。まず無理だな」そうは言ったものの、かなり上手い。
 

イクとかイカないとかじゃなくて、性欲が我慢できなそうだった。

ェラしながらモモには巨乳が押し当てられているし。
 

「お前もしかして・・カラオケだし興奮してんだろ?」ミニスカートの上からケツヲパシッと引っ叩いた。
そしたら咥えたまま「あんっ」て喘いだ。
 

喘いでんだよ・・ドМかぁ?」調子に乗って何度もペシペシ引っ叩いてみた。
軽いギャグのつもりだったけど、そうでもないらしい。
 

ミサトは叩かれるとチンコを口に含みながら喘ぐ。

も興奮してきちゃって、押し付けられている巨乳を鷲掴みにしてみた。
 

手のひらをガバッと開かないと持てないぐらいの巨乳。
それをガシッと強めに掴んでみた。
 

したら咥えたチンコを口から出し、裏筋を舐めながらこっちをニラミつけてきた。
でもその目は怒りではなく、興奮した目をしてた。
 

「お前こういうの好きなんだ?」
「うん・・」
「もしかしてもう濡れ濡れか?」アソコを下着の上から触ってみると、ジットリした感触。

しかしてと思い横から指を滑り込ませると、アソコはグッチョグチョになっていた。
 

そのグチョグチョになったアソコに指先が触れた途端、喘ぎ声を我慢するかのようにチンコを咥えてきた。
足を開かせてそのまま濡れたアソコを2本の指で触りまくった。
 

れだけでヤバいらしく、腰まで連動して動く始末。
「あぁ・・もうダメ・・入れて?」
「こんなとこで?ヤバいだろ」
「大丈夫だよ・・上に座るから・・」
「じゃ~下着脱いでこの上に座れよ」ミサトは下着を脱ぎ、俺はベルトを外してパンツを膝まで下ろした。
 

そしてアグラをかいて、その上にミサトが座ってきた。

サトはチンコを握って、亀頭をアソコにグリグリ擦りつける。
 

亀頭が濡れた頃、そのまま下に腰を落としてきた。
アツくなったアソコにチンコがゆっくりと入っていった。
 

る感触を楽しんでいるのか、ミサトは下唇を噛みしめていた。
「すごい・・硬い・・・はぁはぁ・・大きいかも・・」まだ半分ぐらいしか入っていないのに、ミサトは腰を上げ始めた。
 

俺は下唇を噛みしめたミサトを見ながら、妙に興奮してしまった。

っ払ってるとはいえ、性欲丸出しになってチンコを出し入れする人妻。
 

妊娠したと相談してきて、数時間後には俺のチンコをしゃぶり中に入れてるんだし。
そんな事を考えてたら、我慢ができなくなって、ミサトの腰を掴んで腰をガツッと振った。
 

気にチンコが奥まで入り、その瞬間ミサトは後ろに倒れそうになるぐらい仰け反った。
それからはミサトは俺に抱き付いてきて、必死に声を押し殺していた。
 

俺は俺で我慢できないから、激しく下から突き上げるように腰を振り続けた。

サトのアソコは体に比例しているのか、奥までキツい具合だった。
 

情けない話、興奮しすぎて腰を振りまくってて、ミサトがイッてたのも気が付かなかった。
ミサトが言うには、2回イッたらしく、それでも動きが止まらなかったから失神しそうになってたらしい。
 

ンコを抜いてから横にグッタリ倒れて、ミサトはしばらくゼーゼーしてた。
俺のチンコには白濁した液体がベッタリついていて、倒れたミサトのアソコも太ももにまで液体が滴ってた。
 

ティッシュでチンコ周りを掃除してたら、いきなりミサトの電話が鳴った。

っ!旦那だ!黙っててね!・・・もしもしー?」しばらくミサトは電話してた。
 

まだ帰ってこないのかと怒られてるっぽい。
神妙な顔つきをしてたくせに、俺が掃除してるのを見て笑ってた。
 

ぉ~ヤメてよ~!笑い堪えるの大変だったでしょ!」
「しょ~がねぇ~だろ。お前のシルがすげぇ~ついてるんだし」
「ほんとだぁ~。まだここにもついてるよ・・」ミサトはティッシュで根元あたりを拭きながら、亀頭をチロチロ舐め始めた。
 

う帰らなきゃだろ?怒ってたみたいじゃん」
「うん・・でも中途半端だから可哀想じゃん」
「まぁ~イイよ、慣れてるから」
「んじゃまた今度してあげるね」軽くチュポチュポとフェラをして、ミサトは笑顔で言ってきた。
こんなことされたら我慢なんて無理。
 

俺はミサトの手を引っ張って抱き寄せた。

のままキスをすると、ミサトも舌を絡ませてくる。
 

そのまま押し倒して正常位でチンコを押し当てた。
俺のは掃除したけど、ミサトのはまだ掃除してないから、亀頭を押し当てるとスグに入った。
 

、ダメでしょ、帰らないと・・あう、あう、あうっ・・・ねぇ・・・もう・・んぅぅ」ダメとか言いながらキスをしると激しく舌を捻じ込んでくる。
俺は外から見えないような角度で、思いっ切り正常位で腰を振った。
 

Tシャツを捲り上げると、ヌーブラが張り付いた巨乳が出てきた。

を振りながら横からメリメリっと剥がしていった。
 

乳首が離れる時、ミサトは顔をしかめながら手で口を覆っていた。
ヌーブラをはがし終えてからは、巨乳を激しく揉んで、乳首に吸いついた。
 

の頭を押さえながら、ミサトは手で口をふさいだまま喘いでいた。
「あっ、あっ、あーっ!!イキそうっ!いっちゃうっ!イッちゃうぅ~っ!!」我慢できなくなったのか、手を外してミサトは大声で喘いだ。
 

そしてそのまま俺の口に舌を捻じ込みながらイッた。

当俺も興奮してたみたいで、ちょうどイキそうになってた。
 

「俺もイキそうだよ・・ヤバい・・」
「イイよ・・イッて・・中で・・大丈夫だから・・」妊娠してるのをすっかり忘れてた。
思い出してからは遠慮なく腰を振って、そのまま中に出した。
 

ー、やだっ、あっ、イクっ、私もっ、またイクっ、やっ、出てる、凄い出てるぅ~、あぁぁっ・・」生まれて初めての中出しだった。
最近ヤッてなかったから、多分そうとう出たと思う。
 

ドクドク出してる途中、ミサトも腰がヒクヒク動いてた。

の後、急いで終電に乗って帰った。
 

駅に向かう途中にも旦那から電話があったし。
また会おうとかそんな話もしないで、その日は帰った。
 

の日になってミサトからメールがあって、やっぱりあんな事はヤメようって言ってきた。
俺も罪悪感があったから、その方がイイねって。
 

結局ミサトは子供を産んだ。

那も大喜びで、なんだかんだ言って祝福されたみたい。
 

実は「もうヤメよう」と決めてから、何度かミサトとエッチしている。
毎回ミサトが欲求不満で耐えきれなくなった時にだけ。
 

供を産んでからはしてないけど。
少しお腹が大きくなってからは、やっぱり罪悪感があってできなくなった。
 

1回車の中でもヤッたけど、中出ししたせいでシートが汚れたし。

れ以来はラブホで。
 

妊娠した人妻と

 

【広告】

藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW

今回はイラマ上達するべく本作出演を命じられたのだ。

【藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW】-1【藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW】-2
【藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW】-3【藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW】-4
【藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW】-5【藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW】-6


りくはリアルご主人様に飼われているドMペットで命令に従ってAV出演した異例の経歴。


イラマはご主人様以外未経験、不安いっぱいでしたが彼女には命令以外に絶対に負けて帰れない別の理由がありました。

レーベル:レアルワークス、  出演者:藍澤りく、  作品タイトル:喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
藍澤りく 喉マ●コ中出し絶対服従イラマチオ 藍澤りく イラマチオ画像がちょヤバW に管理人のつぶやき
 
あの子とHできるなんて・・・たっぷり舐め擽りしました。ランチに誘ってテーブルの下を抱く女P○A会長であった!本番交渉へと駆り立てる。電流エステetc・・・杉田。立てながらしゃぶる姿は必見!潮を絶頂SEX!4台のカメラが盗撮!
 

 

人妻と合コンをして飲んだ後のカラオケで体験したかなりいやらしい話

読了までの目安時間:約 9分

人妻と合コンをして飲んだ後のカラオケで体験したかなりいやらしい話【イメージ画像1】

 
妻と合コンをしたときの話です。
4対4で、居酒屋で、飲んだ後カラオケ。
 

場を盛り上げる為に、踊ったりしてはしゃいでたけっこう飲んでたし、激しく動いたので、頭痛くなってソファーに横になったら、一人の人妻(仮名でマリ)が、膝枕をしてくれた。
 
んなも結構酔ってて、軽いタッチはOKな雰囲気だったから、膝枕してても『おいーそこ、イチャつくなーw』くらいな感じ。
 

マリはボインちゃんで、居酒屋のときから『いいなー、揉んでみたいなー』って思ってたから膝枕されておれは、頭痛も消えてテンションも最高潮。
顔を股間の方に向けてたら、うずくまったら『ダメーーー』っておっぱいで、覆い被さってくる。
 

 

人妻と合コンをして飲んだ後のカラオケで体験したかなりいやらしい話【イメージ画像2】

 
せを見つける。
何回か顔を股間に向けたときにマリのパンスト、内もものとこが電線してたので、おれ『パンスト、穴空いてるで』
マリ『あー、ほんまやん。じゃ脱ぐから隠しといて』っておれの顔をヒザに置いたまま『見たらアカンで』ってスカートの中に手を入れてパンストを脱ぎだした。
 

カンと言われてももちろんガン見暗かったけど、パンツを確認ボインちゃんだけど、細いし、色白の生足を楽しもうと思ったらエロい雰囲気に危険を感じたのか別の女が『そろそろ帰ろうか』と提案。
仕方なく部屋を出て受付に行く…マリ『あっ帽子忘れた』
おれ『ほんじゃおれ取ってくるわ』部屋に戻り帽子取ったら、マリもついて来てた。
 

チャンスとばかりに手を引っ張ってDキス&ブラのホック外し裾から手を入れようしたらマリが手を掴んでマリ『触りたいん?』
おれ『うん。アカン?』
マリ『ここじゃいや、もういこ』そらまそーや、と思って受付行ったら先に帰ってるやつもいておれと友達A、マリともうひとりの人妻Bの4人になってた。
 

回の合コンは友Aと妻Bが主催二人はセフレ関係(おれが押入に隠れて覗かしてもらったことあり)4人で飲み直そうとそのまま友A家へ家についてからはおれとマリ、友Aと妻Bのカップルベッドにもたれて友Aと妻Bその向におれとマリ部屋を暗くして、酒を口移ししたり、早速イチャイチャ服の中に手を入れたらまだホック外れたままだった。
おっぱいはめっちゃ柔らかくて、フニフニマリの後に回り込んで、首や耳たぶを舐めながら、両手でフニフニ…、乳首をコリコリ…マリ『はっ…あっ…やっ…』
おれ『おっぱい大きいなw何カップなん?』
マリ『Gやで…。おっぱい好き…?』
おれ『大好きw服脱がしていい?』
マリ『妻Bと友Aくんに見られるやん…』
おれ『大丈夫、大丈夫』もちろん友Aにも見えるように服を捲り上げた。
 

リは嫌がるそぶりだけ、全然抵抗無し。
顔を真っ赤にしてる。
 

(この子見られたがりやな)って思ったおれはおれ『友A見て、Gカップやぞ』
友A『おおーー、エロ、乳デカっ』
マリ『やっ、ん』
おれ『マリちゃん、見られて興奮するタイプやな』
妻B『マリ変態やもんなーw』
マリ『違うわーw』
おれ『マリちゃん変態なん?』
マリ『違うよ、妻Bの方が変態やねんで』
友A『そやな、妻Bずっとチンコ触ってる』と和気あいあいな雰囲気。

も、マリのパンツに手を入れると、もうグチョグチョになってた。
 

服を脱がして、クリを弄りながら、乳首に吸い付くとマリ『あん、や、だめ…』濡れ濡れおまんこに指を入れる。
マリ『うう…ん、あっあっ、気持ちいい…』他に人がいるのも忘れて、感じまくり。
 

をきゅっきゅっと締め付けてくる。
おれ『気持ちいい?』
マリ『うん。気持ちいい』
おれ『どこが気持ちいいん?』
マリ『あん…、なか…、気持ちいい…///』おまんこの中で指をクッと曲げておれ『ここは?』
マリ『あっんっ、そこ、あっあっあっあかん…』鳥肌立てながら感じてるところに…マリの携帯着信《おれのおれのおれの話を聞けーチャーチャーラー♪》《2分だけでもいいーチャーラーラー♪》旦那かららしい…、ベッドで69してた友Aたちも動きがとまる。
 

れ『電話…大丈夫?』
マリ『う、うん…』携帯が鳴り止むおれ『旦那さん?』
マリ『うん。どうしよ…』再び着信《おれのおれのおれの話を聞けーチャーチャーラー♪》《2分だけでもいいーチャーラーラー♪》トラブルは避けたいおれドキドキ…妻B『マリ、旦那に今日あたしん家泊まるようにゆい』電話にでるマリ『もしもし、ごめん。
今妻Bの家にいてる。妻Bだいぶ飲んでんねん。』おれ、マリの中に指を入れたまま動けずマリ『妻B、旦那と喧嘩して、旦那さん家出ていってん』
妻B『マリー、今日は一緒にいてー』(電話口に聞こえるように酔ったフリして)マリ『うん。
うん。今日は妻Bのところにおるな』おれ(こいつら、こわっ。可愛い顔して、こわっ)問題なくクリアーできそうで、ほっとしたら悪戯心が騒ぎ出した。
 

話中のマリにクチュクチュ、クチュクチュマリ『うっうん。それじゃーっんまた連絡するから、あっじゃーね』電話終了一同ホッとしてプレイ再開ゆっくりキスして、クリを弄ろうとしたらマリ『舐めたげる…』友Aの方へお尻を突き出し、おれのチンコをくわえる。
 

あんまり激しくないけど、ねっとり丁寧に舐めてくれる。

までくわえたり、チュッチュ吸ってくれたり最高に気持ちいい。
 

で、友Aは必死のガン見。
妻Bと騎乗位しながらもマリのおまんこをガン見辛抱しきれんくなったのか、手を伸ばしてマリのおまんこに指を入れる。
 

リ『やっ、あんっ、ちょっとっ、あっ…』チンコを離そうとしたから、頭を押さえて深くくわえさせる。
マリ『うぐっ、ふっふっ、うん、ううーん…』激しく、指を動かす友A頭を押さえなくてもチンコを離さないマリマリ『んっんっんっんっ、うーーーーん、ふっふっ』
友A『マリちゃん凄い締め付けてんで、エロいなーw』
妻B『ちょっと何してんの、もう』妻Bはジェラってたゴムを装着して対面座位で挿入マリ『あんっ、うんっ』
おれ『なぁ、さっき友Aに弄られて、イッたん?』
マリ『えっ…、なんで…?』
おれ『めっちゃ感じてたやん、チンコくわえっぱなしでw』
マリ『だって…』
おれ『マリちゃんほんまに変態やなw誰でもイクんや』
マリ『違うよ…、橋本君のくわえてたから…』思わぬ告白におれ興奮その後、騎乗位に変更バックでやってる友Aと合流。
 

おれは妻Bとキスをしながら果てる。

リはおれの乳首をつねりながらイッたっぽい。
 

友Aは、マリの乳を触ろうとするが、妻Bに阻止される。
以上。
 

妻との乱交?でした。
規制食らったので最後の方省略しました。
 

有難うございました

 

【広告】

「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww

ただマスクをしていてもわかるほどの大爆笑!

【「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww】-1【「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww】-2
【「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww】-3【「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww】-4
【「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww】-5【「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww】-6


本人がアイドル事務所にも所属していることからもマスクありの動画です!


少しいつもと違うくすぐりを観てみたいという人にはピッタリの作品です!

レーベル:素人フェチ倶楽部、  出演者:、  作品タイトル:10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「10代のピチピチお肌を堪能しながらのくすぐりは最高」 くすぐり画像でおなったww に管理人のつぶやき
 
色気が半端ない熟肉アクメ。新たな職業が追加。得意の電車内での逆さ撮り。真奈美。強要。見て言葉巧みに本番交渉!そんな地獄のなか、アネキ!募集人妻・・・施すシリーズ第3弾。小坂めぐる。
 

 

新しい趣味を見つけるという建前で行ったピアノ教室の講師が淫乱な人妻だったww

読了までの目安時間:約 8分

新しい趣味を見つけるという建前で行ったピアノ教室の講師が淫乱な人妻だったww【イメージ画像1】

 
は、今年40歳を迎えた。
仕事も順調、家庭も平穏、ごく普通に妻子ありのビジネスマンだ。
 

でも、なにか新しい刺激が欲しくて、今年から、都内大手の楽器店で講座がもたれている「初めてのピアノ大人のレッスン」に通い始めた。
 
前は、新しい趣味、刺激を得る事だったが、本音は、清純そうに見える女性ピアノ講師に出会えればいい、と思っていた。
 

僕の想像では、ピアノ講師というのは、20代の独身女性が殆どかと思ってレッスンに通おうと思っていたのだが・・・、初めてのレッスンの時、ドアを開けて入って来たのは、結婚指輪をはめた30代半ばの人妻のピアノ講師だった。
年齢が少し予想を外れていたが、髪はセミロング、丸顔で、色白で、くりくりとした大きな目をしていてカワイイ系の女性だった。
 

 

新しい趣味を見つけるという建前で行ったピアノ教室の講師が淫乱な人妻だったww【イメージ画像2】

 
事の後、何回かレッスンに通ううちに、普通の会話から彼女のことも少しずつわかってきた。
そして、おたがい講師、生徒として慣れてきた2月末、レッスンが終わってから、駄目もとと思いながら、彼女をワインバーに誘ってみた。
 

「先生、もしよかったら、今晩このあと、銀座のワインバーにでも立ち寄りませんか?」と。

うしたら、彼女、微笑み返して、「そうですね・・。今日は、主人が出張でいないから、行きましょうか。」と返答してきたのだ。
 

女をそのままエスコートして、ワインバーへ。
飲みながら、彼女の様子を見ていると、どうやら、飲める口らしい。
 

彼女もお酒のせいで、口も軽くなり、いろいろ話をはじめた。

くと、ダンナは、自営業で、国内出張が多いらしい。
 

そして今は、2週間の国内出張中であるという。
彼女は、その晩、黒のニットのアンサンブルを着ていて、胸のふくらみがはっきりと出るような服装をしていた。
 

して、僕の隣で甘いため息をつき、「主人は、連日仕事も忙しいし、出張も多いのです。少し女性の陰も見えるの・・・。私は、もう35歳になって、子供も欲しいと思っている時なのに、このところずーっとご無沙汰だから、寂しい・・・。」なんて、とろーっとした瞳で、僕をみつめて言うのだった。
 

のまま、彼女の気が変わらないうちに、急いでタクシーに乗り、近くのらぶほに乗りつけた。
彼女は、ちょうどいいくらいに、ほろ酔い気分で、35歳人妻のフェロモンの匂いをさせて、僕にもたれかかって来た。
 

そのままらぶほの部屋に、彼女を抱え込むようにして、ベットまで連れて行き、そして、彼女の唇に優しくキスをして、少しずつ舌を入れていくと・・・、彼女からも、舌を絡ませてきた。

こまできたら、僕は、もう大丈夫と思って、彼女の黒のニットを首のところまで引き上げ、ブラをとろうとしたら、なんとそれは、最近流行の肌色のヌーブラだった。
 

そのヌーブラを外すと、白く小さめだか形の良い乳房がぶるんととびだしてきた。
サイズは、83センチくらいの柔らかい乳房だった。
 

は、そのまま、彼女のはれぼったくなった乳輪と尖った乳首を唇に含み、舌で転がして愛撫を続けた。
彼女は、とても感じるらしく、「あん・・あんっ・・・」と言いながら、反応している。
 

目を閉じて、口は、半開きで、動悸が早くなっているのがわかった。

れから、スカートを脱がして、そーっとパンティーの脇から、指を差し込むと、彼女のあそこは、もう洪水状態で、ぬるぬるとした愛液が僕の指に絡み付いてきた。
 

僕は、堪らなくなり、パンティーをずり下ろして、シャワーも浴びていない彼女のあそこを、じゅるじゅるという音をさせながら、舐め回した。
すこし、おしっこのにおいがしたが、気にならなかった。
 

れから、指のはらで、クリトリスに触れてこすっていると、そのまま、「あっ、イクぅ~・・・」といって、急に両脚を閉じて力むようにして、イッてしまった。
イッた後、もっと触ろうとすると、「くすぐったいからやめて・・・」と言われた。
 

抱きしめているうちに、僕ももう我慢ができなくなったので、そのまま彼女の両脚を折りたたむようにして上げ、両脚を彼女の乳房に押し付けるようにして、おもいっきりあそこを露出させ、僕の猛り立った男根を、恥毛が少なく、ぶっくりとした彼女のあそこに押しあてて、生で、奥まで挿入していった。

女は、「あーん、いい・・。そのまま奥までグリグリして・・・。奥で、子宮にあたるのがいいの。」と言うので、奥にいれたまま、大きくグラインドしてあげた。
 

して、「安全日だから、そのまま中でいって・・・」という、彼女からの幸運な言葉を聞きながら、僕は、彼女のおま○こに、ドクッドクッと僕の精液を流し込んだ。
出会い系の手垢つきの人妻なんか探すより、清純そうに見えていて、夫にかまってもらえないで、セックスしたいのを我慢しながらあそこを濡らしている「人妻ピアノ講師」を見つけられて、幸運だと思っている。
 

一見クラシックなんか奏でていて清純そうなピアノ講師・・・でも、結構あそこが寂しい人妻もいるのだ。

けば彼女のダンナは、とても嫉妬深いとか・・・、だからこれからもレッスンのあと、秘密の個人レッスンを進めていくつもりだ。
 

絶対にばれないように。
小さな声で、あんっ、あんって喘ぎながら、とろーっとした瞳になり、僕の精子を中だしされる人妻ピアノ講師、最高だ。
 

 

【広告】

●新人喰い 青空ひより● 青空ひより

チビ喰いでおなじみの金森監督が新人女優を直接面接し、気に入った新人女優の苦手行為を撮影で克服させようというのがコンセプト。

【●新人喰い 青空ひより● 青空ひより】-1【●新人喰い 青空ひより● 青空ひより】-2
【●新人喰い 青空ひより● 青空ひより】-3【●新人喰い 青空ひより● 青空ひより】-4
【●新人喰い 青空ひより● 青空ひより】-5【●新人喰い 青空ひより● 青空ひより】-6


巨大監督がゆく!


第二弾は青空ひよりちゃん。

レーベル:中嶋興業、  出演者:青空ひより、  作品タイトル:新人喰い 青空ひより


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●新人喰い 青空ひより● 青空ひより に管理人のつぶやき
 
この本人無視エステのお姉さんに本番交渉!厳選公開します。さらけ出す!数万人に1人の逸材ですね!赤いロープが似合いそうね。イッちゃいます!AV撮影敢行!すこし触れただけで、カラダを性格もイイ子!
 

 

1 2 3 80
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】