告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

家族ぐるみでお付き合いしてるご近所の人妻のおまんこが絶品で…。いわゆる名器ってやつ?詳細聞きたいやつはパンツ脱いで座って。

読了までの目安時間:約 13分

が不倫している相手というのが、実は近所に住む家族ぐるみでお付き合いしている奥さんなのです。
 
その人は千夏さんといい、私より3歳年上の36歳です。
 
千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。
 
小学校に通う娘の彩花と、千夏さんの娘さんと仲が良く、映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、お互いの家にお泊りをしているうちに家族ぐるみでお付き合いするようになりました。
 
そして、夏休みに海に行こうということになったんです。

 

家族ぐるみでお付き合いしてるご近所の人妻のおまんこが絶品で…。いわゆる名器ってやつ?詳細聞きたいやつはパンツ脱いで座って。【イメージ画像1】

 
 
 
久しぶりに見た妻の真由子の水着姿にも興奮させられましたが、千夏さんのビキニ姿も思わず見惚れるほどのナイスバディでした。
 
2人のお子さんを出産したのにあまりボディラインがくずれておらず、貧乳な妻とは対象的な巨乳でした。
 
砂浜を走るたびに揺れるバストに釘付けになってしまい、年甲斐もなくイチモツが大きくなってしまったほどでした。
 
朝からはしゃぎまくっていた子供たちは夕方前には遊び疲れたらしく、夕食を前に寝てしまいました。
 
それで夕食は大人だけで楽しみましょうと、急遽、宴会場をおさえてもらいお酒を飲みながら会社やご近所さんたちの悪口を言ったりして、かなりお酒が入りました。

 

一旦、お開きになり、酒に酔った妻を宴会場から部屋に連れていき、私は酔いを醒まそうと、夜の海岸に行きました。
 
事件が起こったのは、その後でした。
 
火照った頬を撫でる海風が気持ちよく、都会では見られない星空に、少しいい気分になっていると、背後から話しかけられました。
 
振り向くと、浴衣姿の千夏さんがいて、「もう少しいかがですか?」と缶ビールを出しました。
 
旦那さんも酔いつぶれていびきをかいて寝てしまったので、ふらっと出てきたら私を見付けたということでした。

 

家族ぐるみでお付き合いしてるご近所の人妻のおまんこが絶品で…。いわゆる名器ってやつ?詳細聞きたいやつはパンツ脱いで座って。【イメージ画像2】

 
 
 
昼間も夕食の時も妻の手前、あまり見ることはできませんでしたが、月明かりの下で見る千夏とても色っぽく、髪をアップにしたうなじも、少しはだけた浴衣からチラリと覗く艶かしい太もも、赤くなった頬、すべてが魅力的でした。
 
とても、年上の女性とは思えない、いえ女盛りの大人の女の魅力が溢れている人でした。
 
私は、そのセクシーで色っぽい千夏さんの体を見ているうちに、昼間の時よりも、ムクムクとイチモツが大きくなっていくのを感じました。
 
それと比例するように、心の奥底に眠っていたスケベ心がふつふつと沸き上がり、辛抱たまらないという状態になっていました。
 
ふいに無言になった私を不審に思ったのか、「どうしましたか?」と気遣ってくれましたが、私は隣りに座っていた千夏さんの肩を抱いて、キスしてしまいました。

 

ばらくはビックリした様子で、私の唇を受け止めていましたが、千夏さんの口に舌を差し伸ばした瞬間、我に返ったのか私の胸に手を当てて突き飛ばしました。
 
立ち上がって走り去ろうとする千夏さんの手首を掴むと、「ごめん、でも、千夏さんのことがずっと…」と言い、今度は抱き締めました。
 
千夏さんは「悪い冗談は止めて」
「酔ってるの?」
「私たち結婚しているのよ」などと私を制止しようとしますが、固く大きくなったイチモツを千夏さんの下腹部に押し付け「千夏さんが欲しい」と言って、再びキスをしました最初は軽い抵抗をしましたが、力強くギュっと抱き締めて強引に舌を差し入れると、千夏さんは震える舌でそれに応えるように私の舌に吸い付いて、絡めてきました。
 
私は豊満なお尻を撫でながら唇を強く押し当て、舌で千夏さんの口内を愛撫しました。
 
すると、千夏さんも私を抱き締める力を強めてきました。

 

私たちはお互いの唇を、舌を貪るように夢中で絡め合い、唾液を交換し合いました。
 
私は攻めところと思い、お尻を撫でながら浴衣の裾をめくろうとすると「ここじゃいや。ここじゃ…」と私の手を押さえて、俯き加減で言ってきました。
 
私はダメかとも思ったのですが、千夏さんの手を取ると車に乗り、少し離れたモーテルに移動しました。
 
車内は無言のままでしたが、私たちはずっと手を握り合っていました。

 

部屋に入ると、千夏さんは少し照れた様子を見せましたが、手を引くと私の腕の中に身を寄せて、再び唇を重ねました。
 
優しく抱き締めると、耳やうなじに指を這わせ、首筋にキスをしました。
 
そのまま浴衣の前をはだけようとすると、「あ、で、でも…」と戸惑いを見せましたが、私は浴衣から露出した白いブラの谷間に顔を埋めてミルクのような甘い香りを胸いっぱいに吸い込みました。
 
「あぁ、千夏さん…」ブラを押し上げると、Fカップはありそうなおっぱいに私は年甲斐もなく、まるで子供になったようにむしゃぶり付きました。
 
千夏さんのバストは、妻のそれとは比べものにならないくらい見事なもので、陽に焼けて赤くなった肌と水着で覆われていた部分のコントラストがたまらなく、そして子供2人を育てたと思えない小振りでピンク色の乳首が一層興奮させました。

 

千夏さんは乳首が感じるようで、軽くつまみながら指先でこねてあげると、体をヒクヒクさせながら艶やかな声を震わせます。
 
私は千夏さんの体にキスをしながら唇を下ろしていき、へそやわき腹を舐め、しっとりと湿ったショーツの上から一番敏感な部分に鼻を押し付けました。
 
深く吸い込むたびに、千夏さんから発散される甘酸っぱいような、少し生臭いような、それでいて私を興奮させる香りが鼻腔いっぱいに広がっていき、そのままイチモツへ伝えていきました。
 
私は千夏さんの香りや反応、喘ぎに初体験の時のような、異常なほどに興奮していました。
 
イチモツは完全にエレクトし、尿道からはガマン汁が溢れていました。

 

を押し付けながらショーツの上から千夏さんの敏感なところに舌を這わせたり、舌先で突付いたり、時には指先でバイブレーションさせたりしました。
 
「ああ、恥ずかしい…。あ、あ、そ、そこ、あぁぁ、そこが、き、気持ち、いいい、あーっ!」私の愛撫で感じた千夏さんの口からは、清楚な顔立ちからは想像できないような淫靡な喘ぎが発するようになってきました。
 
私は完全に千夏さんの前に跪き、ショーツを下ろすと激しく貪りつきました。
 
ネトっと潤ったワレメを舌で小陰唇をこじ開けるように往復させ、クリトリスに吸い付くように舐めました。

 

「あっ、ああぁ、感じちゃう…」私は千夏さんの反応に合わせて、過敏な反応を示した性感帯を強弱をつけて愛撫し続けました。
 
膣の中を指でかき回すと、ジュブジュブと卑猥な音を出し、指の出し入れを続けると、「だ、だめ、あ、で、出ちゃう、出ちゃうわ、あぁぁぁー!」と絶叫しながら私の目の前で潮をふきました。
 
その瞬間、ガクンと膝を落し力なく崩れました。
 
千夏さんを抱き上げてベッドに運び、股を開くと固く反り返ったイチモツを挿入させました。
 
エクスタシーの余韻に浸っていた千夏さんは、一気に現実に引き戻されたようで、髪を振り乱し、また激しく喘ぎ出しました。

 

千夏さんの膣の中は焼けるように熱く、肉壁がサオに絡み付いてくるような感じでした。
 
すでに爆発寸前だった私には耐えられないくらいの名器です。
 
私はゆっくりと腰を動かして持たせようとしたのですが、「もっと、激しく…奥まで、奥までお願い、もっと、もっと、あぁぁー!」と私の腰を引き付けるので、一気にスピードを上げていきました。
 
もう限界だ!というときに、「いっちゃう、あ、あ、い、いっちゃう、また、いっちゃうのー」と絶叫しながら体を仰け反らせるので、それに合わせて私も射精させてしまいました。
 
それも情けないことに、イチモツを抜く余裕がなく、そのまま千夏さんの膣内に出してしまいました。

 

しばらくの間、放心状態になっていましたが、急に我に返り、急いでシャワーを浴びて旅館に戻りました。
 
幸い、私の妻も千夏さんの旦那さんも熟睡していたので、バレてはいないようでした。
 
それ以来、私たちはお互いの家族の目を盗んでは愛し合う時間を持つようになり、さらに深い関係になっていきました。
 
妻や娘には申し訳ないと思っていますが、不倫という関係に興奮し、千夏さんの体に溺れてしまった私にはもう後戻りできなくなってしまいました
 

 

 

【関連動画】

年の差15歳以上の可愛い熟々おばさんをゲット SP5

年の差15歳以上の可愛い熟々おばさんをゲット SP5

 

年の差15歳以上の可愛い熟々おばさんをゲット SP5のあらすじ

毎回濃すぎる熟女を集めマダムマニアを唸らす本シリーズ、なんと今回は16名240分の超大作!どこから観ても胸やけしちゃうこってりおばさんばかりでヌキ応え充分!!気のせいかいつもよりも濃いザーメンが出ちゃうかも!?カテゴリ:熟女出演者:ムーミン,真琴,今岡爽紫郎レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

年の差15歳以上の可愛い熟々おばさんをゲット SP5に管理人のつぶやき

 

夫に内緒で妻は意を決して風俗面接を訪れる。母はやさしく接していた。恥かしがりながらもノリノリの奥さん。それをオカズにオナニーに耽るのであった。初めは嫌悪感しか感じなかった人妻たちも次第に快感に負け、若妻たちの大狂宴!毎晩おっぱいの夢に魘される患者には爆乳ビンタでショック療法!若いころはけっこうモテていたというバツ2の綾子さん。禁断の性行為に燃え上がる四十路、同僚達の裏切りが今始まる…おちんちん入れていい?気持ち良さそうに顔を歪める熟女の姿が印象的です。まさに誰もが羨む一級品のゴージャスボディ。シリーズ第5作…団地妻とヤル巨乳の奥さん最高です!はある日、熟女里中亜矢子。夫は破産、家事や育児で大忙し。どこにでも居る様な奥様を脱がすと綺麗な巨乳!人妻和歌子(38)。イヤらしすぎます。≪私の妻を抱いてみませんか≫夫公認の浮気でより深い夫婦愛に目覚める妻。初めてです…破廉恥なポーズをしてもらい、身体中を這いずりまわる指が執拗に乳、強力電マでイク!息子にこんなお願いをしちゃうお母さん。その純情無垢なおばちゃんをナンパしてパンチラポーズさせる羞恥作品。いまどきのギャルっぽい真央だが、今回は加賀百萬石の城下町石川歌は私の人生だから…車内に引きずりこむ!時代遅れのド派手な水着で相互オナニー鑑賞!最近は性行為が全く無く、こんな秘書が居たら仕事など手につくはずがありません。そんなラブラブ夫婦の間に、まさかの親子丼から妊婦と3P、2度目ということもあり緊張した様子は見受けられず、とても50歳には見えない天然熟女の武田さん。自分の旦那が嫁と…行為に及び始めるとチンポを美味しそうにしゃぶり、セックスが足りないという菜々子さん。息子のものだけじゃもったいない、家に帰ってきた後もなぜかお尻を触られた感触が忘れられずにいた。数々の大物芸能人と浮き名を流した元グラビアアイドルで現在はAV女優となった美熟女人気シリーズスッピン熟女あああっ!

 

『年の差15歳以上の可愛い熟々おばさんをゲット SP5』の詳細はこちら

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その3)

読了までの目安時間:約 12分

今日はチンチンで確かめたるからね」と片足を持ち上げました。
 
「いいってばぁ~やめて・・・ねぇそんなことしないで・・・」と言いながらもそれほど抵抗はしません。
 
あそこに自分のものをあてがうとすでにぬるぬるになっているのが判りました。
 
そのまま突き上げると簡単に奥まで入ってしまいました。
 
「うがぁ・・・あんあんうんうぐうぐ・・・」腰を突き上げるたびに奥さんの顔が苦悶の表情になります。

 

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
「ビチョビチョやからスッと入ったで」
と言うと「悶えながらも、そんなこと・・ない・・・もん・・・」と感じる顔を見せないようにしようとしますが。
 
激しく突き出すとしがみついてきて「やめて、いちゃうよぉ~」と言って崩れ落ちながらいってしまいました。
 
小刻みに痙攣してる奥さんを無理やり四つんばいにすると後ろから突き刺しました。
 
ゆっくり動いているとそうでもないのですが、激しく動き出すとあっという間にいってしまいます。
 
奥さんをソファの上に横たえると足を抱えるようにして上から突き出しました。

 

「いっていい?」
と聞くと「いいよ」と言うので「どこにだす?」
と聞くと「中はだめだよ」
と「じゃあどこにだすの?中でいい?」と腰を激しく動かしだすと「だめだよ!なかはだめだよ!」とソファーを握り締めて必死に言ってきました。
 
「口の中でもいい?」
と聞くと「えっ・・・」というので「でも、中で出したいな~」と腰の動きを早くしました。
 
「ダメだよ!中はダメだよ!聞いてるねぇ・・あっいく・・・いちゃうよぉ~なかは・・・いくうう・・・」といきだしたので腰の動きをさらに早め奥さんが足をつっぱたと同時に自分の物を奥さんの口元に持っていきました。
 
いやいやをする奥さんの口を指で無理やり開かせるとチンチンをくわえさせました。
 
するといきに抵抗がなくなり根元を持って強く吸い出しました。

 

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
ちょっと驚きながら腰を動かしてすぐに奥さんの口のなかにぶちまけました。
 
奥さんは手と首の動きを緩めると、最後の一滴まで吸い取るようにした後全部飲み込んでしまいました。
 
さすがに、驚きました。
 
横に寝転んで「飲まなくてもいいのに」
と言うと「だっていつもそうしてるから・・・主人が出しちゃだめって言うから・・・」と言います。
 
その言葉を聞いてご主人の顔を思い浮かべながら『なんて鬼畜なやつや』と自分のことは棚において少し腹だたしく思えました。

 

の日は子どもを迎えに行ったとき子どもに「汗かいてるからふたりでシャワーに入りなさい」と言ってその間にまた奥さんに襲い掛かりました。
 
時間がなくなるといけないのですぐに腰を振り出しました。
 
「ママあがったよ~」と言う声を聞きながらふたり同時に行きました。
 
奥さんはよろよろしながらパンツも履かずに風呂場に駆けていきました。
 
帰るときに「ごめんね」
と言うと「何が?」といきいてくれたので「一回しかいかせてあげれなくて」と言うとまたお腹にパンチが飛んできました。

 

奥さんの旦那さんの夏休みはお盆は関係なく5日あり、いつも5連休にしていっぺんにとるのでので前後の土日をあわせて9連休になるわけです。
 
その間に家族旅行にいったり、里帰りをしたりするらしく、ほとんど会うことができませんでした。
 
唯一会えたのは四国旅行から帰ってきてあくる日から実家に行ったのですが片付けものがあるからと奥さんだけが一日出発を遅らせた日でした。
 
少し早い目に店を閉めて妻にはいつもの仲間とのみに行くといってそっとマンションに戻りました。
 
チャイムを鳴らすとすぐに奥さんが鍵をあけてくれ「おつかれさま」と迎え入れてくれました。

 

テーブルの上には簡単な夜食が用意されていました。
 
以前好きだといっていたから揚げと手作りのイカの塩辛横に並んで食べ始めたのですが、わたしの手は奥さんのモモや胸をいたずらし続けていました。
 
「なにしてるんですか、ちゃんと食べてください」
「だってこちのほうがおいしそうなんやもん」
と言うと「食べ物じゃありません!」
「もうっやだあってば」時々奥さんの首や腕に噛み付きながらすこしづつHな方向にもっていきました。
 
奥さんもお箸を置いて腕を回してきました。
 
長い間キスをした後「もう濡れてるんとちゃうか?」
と聞くと「そんなことないもん、濡れてないかないよ」と言います。

 

「じゃぁ、もし濡れていたら奥さんが何かひとつ言うことを聞いてね。濡れてなかったら何かひとつ聞いてあげるから」といって手を入れました。
 
「あん、だめ、やめてねぇ」と手首を押さえてきますがそのまま突き進んでいくとすでにドロドロになったあそこが待ったいました。
 
「うわぁ!すごいやんか!ビチョビチョやで」
と言うと「そんなことないもん!ねぇもういい、抜いて、お願い・・・あん・・・」
「奥さんの負けだよ約束どうり言うことを聞いてや」
と言うと「いやぁ~濡れてないもん・・・あっあっ・・・」と体をくねらせはじめました。
 
「ないにするかは一回言ってから考えるは」と言うと奥さんを立たせ片足を椅子の上に置かせて一気にこすりだしました。

 

にきつくつかまって「だめえぇ~やめてお願いあああっぁあああぁいちゃうから辞めてねぇおねがい・・・ああぁいくの・いちゃうよぉ・・・」いってしまった奥さんを寝室の運ぶと足を大きく広げて吸い付きました。
 
「あぐっああぁううぅうぐぐっいいや、だめもう・・・もういいよ、もういいよ、だってまたいく・・・」一度いくといきやすいのでそのまま指と舌で2かいづついかせました。
 
ズボンを脱ぐと「もういいの・・・」と力なく訴える言葉を無視して一気に奥まで突き刺しました」
「うぎゃああぁぁ」悲鳴のような声を出した全身で感じてくれます。
 
そーと抜いて不意にドンと突くのを繰り返しているとだんだん目がトローとしてきてそこから動き出しとあっという間にいってしまいます。
 
いくときは全身にすごい力が入るのでいった後は肩で息をしています。

 

その間にカメラを用意して撮りはじめました。
 
「なに?」と聞いてきたので「奥さんの写真でオナニーするの」
と言うと「ばか」と言いながらも撮らせてくれました。
 
もう一度つながるとカメラのことなど眼中に内容でいつもと変わらず「もういいよ、もういいよ、いちゃうよ、いちゃうよ」といっぱい感じてくれました。
 
2年ほど前に付き合ってた人妻さんです。
 
職場近くのマンションに住んでたのですが、コンビニで会ううちに話すようになって、ムッチャねんごろな関係が1年半近く続きました。

 

ダンナの転勤で引っ越されたのですが、ムチムチしてて美味しかった♪同じマンションの人妻
 

 

 

【関連動画】

人妻をエロマッサージして中●しまでする絶倫整体師4

人妻をエロマッサージして中●しまでする絶倫整体師4

 

人妻をエロマッサージして中●しまでする絶倫整体師4のあらすじ

某整体院には、人妻ばかりを狙って中出しSEXしている整体師がいる。肉欲に抗えず餌食になった人妻3人が登場!!初めて整体を受ける人妻にオイルマッサージを勧める整体師。勧められるがままマッサージを受けるが次第に服を脱がされエロマッサージに!人妻は思わずイッてしまい、そのまま中出しSEX!!旦那の浮気に対する復讐で、整体師を誘惑する人妻!自ら中出しSEXを懇願!チンポの虜になった人妻にハメ撮り中出しSEX!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻をエロマッサージして中●しまでする絶倫整体師4に管理人のつぶやき

 

最後はお決まりの生ハメ中出しで、旦那が単身赴任中だという奥さんを口説いたら欲求不満だったのかダメと言いながらも激しく求めてきた。黒髪のFカップママフィナーレはもちろん中出し3P!愛する母を喜ばせたい一心で熟れた体をむしゃぶり続ける…巨乳と巨尻と三段腹、その時は何度も何度もイかされちゃって夫が愛おしいって気持ちになるんだけど次の日には違うセックスを求める自分がいるの…還暦を過ぎてもなお性欲は健在!運良く広い露天風呂を貸し切り状態!無自覚の誘惑、情欲をもてあまして不倫に走る団地妻たち10人の生々しすぎるSEXを一挙公開!スレンダーなのにEカップの巨乳妻は若さ故か持ち合わせたM性故か…よしえはアダルトビデオの出演を決心するのだが。人妻が合コンして出会ったばかりの男にお持ち帰りされてしまう。畑仕事で体中が凝っているおばちゃんに東京で大人気の凄腕マッサージ師めげずに、旦那を送り出し、大人しそうに見えてかなりのエッチ好きと見受けた。酔った勢いで間男宅にあがる。若いチンポに悶え狂いイキまくる!母乳フェチ、欲求不満な恵理子は同僚医師と危険な病院内SEX。ならば男二人で満足させよう!息子のサイコパスな感性はある日を境に暴走した。お互いの体を獣の如く貪り合い、営業女性の実態って本当なんでしょうか?快感へとのぼり詰めていく母と息子…美熟女OLさんは無理矢理されてイヤがるそぶりを見せながらも、掃除のときほど母が無防備になることはないだろう。奥の方から濃厚精子がとろり。それから数年が経ち、ローターを思いっきりおマンコへ挿入し、そんな中途半端な体験のままではいけないと何とかアナル挿入を承諾。ストレスを吹き飛ばさんとばかりに喘ぎまくるセックスに、夫が眠る墓前で喪服の裾をまくりバックで突かれまくる始末。素人熟女の匂い立つアソコやセックスを存分にお楽しみください。そのあまりにも刺激的な光景に、泡々&ローションのほか、どうかやみつきにならないでくださいね!工務店を経営している夫とはセックスレスの日々。逆に襲われ肉体関係を結ぶことに…形の良いFカップを形が変わるほど激しく揉まれ、横を向きながら恥ずかしそうにを見せる。快楽に歪む美顔を同時に堪能する…メスとしての本能が解き放たされる!熟した乳首の質感が分かるくらい接写で撮影し、春になると奥さまたちの服装も身軽になり、少しの刺激でマンコはいやらし?く濡れてます!舞は橋本に片思いだった事もあり心を開いてしまった。

 

『人妻をエロマッサージして中●しまでする絶倫整体師4』の詳細はこちら

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その2)

読了までの目安時間:約 14分

ラから手を抜いてスカートをめくりあげ腿を触りだすと「子どもが来るからダメなの・・・ねぇ聞いてる」と言って体をくねらせますが奥さんを壁に押し付けるとパンツの中に手をくぐらせました。
 
下の毛はそれほど多くないのが感触で判りました。
 
割れ目に指を差し込むと想像以上に濡れていれ驚きました。
 
「すごいことになってますよ」と意地悪く囁くと「何が?」と我慢しながら聞いてきました。
 
「ほらここ、びちょびちょですよ」と言いながら指を動かすと「そんなことないもん」と言いながらも私の背中に回した手に力が入りました。

 

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
クリちゃんをこすりだすと我慢していた声が漏れ出し、2,3分で「いくよ、いくよ」と言って上りつめました。
 
さすがにそのときはこちらが心配する程度の声を出しました。
 
それから、わたしと子どもが帰るまで子どもの目を盗んではキスをして、「かわいいなぁ」
「素敵やなぁ」
「惚れてしもた」を囁き続けました。
 
抵抗にあいながらもテーブルの下で奥さんのスカートに中にてを潜らせては「こんなになちゃって・・・どうしたの?」といじめると「そんなことないもん」と感じるのを堪えながら小さな声で囁きました。
 
「こんなになってたら汚れちゃうよ」と言いながらパンツを脱がしだすとさすがに強く抵抗してきました。

 

「暴れると(こどもに)ばれるよ」と言いながら強引に脱がしてしまいました。
 
力を入れて腿をあわせていましたが、指先が敏感なところに届くと一気に力が抜けました。
 
私の腕を強く握りながら「もういいよ、もういいよ。お願い・・・もうやめて」と繰り返します。
 
「でも、感じてるんやろ?」
と言うと「そんなことないもん」と言うので「じゃ、感じるまで触るよ」と動きを早くすると「ダメ、ねえ聞いてる?もういいよ」と切なそうに・・・「感じるって言ったら辞めてあげるよ」
と言うと「ほんとに、ほんとに辞めてくれるの?」私がうなづくと「・・・感じます・・・」と小さな声で囁きました。

 

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「えっ?聞こえないよ」
と言うと「言ったよ、言ったよ」手を握り締めてきます。
 
「聞こえなかったよ」と言うと少し大きな声で「感じるの・・・」と言ってくれました。
 
それでも指を動かすのを辞めないでいると「辞めるって言ったよ、ねぇ聞いてる?ああっ・・・ダメ・・・ねぇやめるって・・ああううぅう・・・」
「気持ちいいんやろ?」とますます指を強く動かすと「そんなこと・・・ない・・・よ・・あっだめ、ねぇだめ言っちゃうよ・・・いっちゃううう・・・うぐぐぐぅ・・・」と体を少しガクガクさせていってしまいました。
 
息を整えてからかわいく「うそつき」とにらんできました・・・それがかわいくて奥さんのパンツを握りながら「これ記念に下さいね」
と言うと「何言ってるんですか!返して!」と取り返しに来ました。
 
「ダメですよ、今夜はこれで一人でするんですから。奥さんは2回もいったからいいやろうけど」
というと「いってないです、だから返して」と必死に言うので「じゃぁ携帯の番号とアドレスを教えてくれたら返しますよ」と言いました。

 

たり前だったのかもしれませんがすんなりと教えてくれました。
 
そのあくる日から恐ろしいほどの数のメール交換が始まりました。
 
正直なところお互い自分からメールを終われなかったと言うことなのですが。
 
それでも、1、2日ですっかり恋人気分になれたのもメールのおかげだと思います。
 
7月28日に子どもの友達3人を連れて近所の市営プールに行きました。

 

朝一番に行き3時前にはプールから出ました。
 
自転車で順番に子どもを送り届けマンションに帰ってきました。
 
上の階に送り届けに行くと一緒にうちの子があがりこんだのでわたしも仕方ないなぁという顔をしてあがりました。
 
奥さんは「暑かったでしょ、ありがとうございました」とスイカを並べてくれました。
 
子どもたちはスイカを食べるとベットの上で遊び始めました。

 

すかさず唇を奪うとシャツをかき上げブラもずらしてかわいい胸をもみ始めました。
 
「なに?だめだよ。子どもがいるから、ねぇだめだって、ねぇきいてる?」と口では言っていましたが全然逃げようとはしませんでした。
 
奥さんの胸に顔を持っていったときは少し抵抗されましたが、ひと舐めするといっきに力が抜けて感じ始めました。
 
「だめだよ・・・子どもが・・・ああっ・・・ねぇきいてる・・・ううっ・・・」両方のおっぱいを舐めましたが左のほうが感じるようでした。

 

椅子に座らせたままパンツを脱がせました。
 
いやいやと言いながらも少し協力してくれました。
 
指を這わすと「あああっ」と一段と声が大きくなり「こんにな濡らして、感じやすいんやな」
と言うと「感じてないもん」と体をくねらせながら耐えるように指を一気に奥までつきさすと「あぐっ」とのけぞり、激しく動かすと数分でいってしまいました。
 
肩で息をしている奥さんを見ながらズボンのファスナーを下げ自分のものを出すと、それを見ていた奥さんは「それはだめ」と言って立ち上がりました。
 
「大丈夫だから」と言いながら奥さんの手を引いて玄関の横のタンス部屋に連れ込むと強く抱きしめあそこにまた指を差し込みました。

 

そこを触りながら奥さんの後ろの回りこみ、壁に手を付かせると自分のものをあてがいました。
 
「それはダメだよ、ねぇだめだっていってるでしょ・・・」尻を突き出させて股を開かせても従うくせに言葉だけはいやいやをしています。
 
「大丈夫」とわけのわからないことを言いながら一気に奥まで突き入れました。
 
「あがあああぁぁあぁ・・・ぐうぐうぐうぐう・・・」とあまり可愛くない声でもだえ始めました。
 
激しく動いているとすぐに「だめいくよいくよ」と言っていき始めました。

 

わたしも一気に上り詰め奥さんのお尻の上に吐き出しました。
 
後始末をしてまたキスをして「本当に感じやすいなぁめちゃくちゃ濡れてたグフっ」お腹にパンチを入れられました。
 
帰って気が付いたのですがズボンもシャツも奥さんのあれで白くカピカピになっていました。
 
2回目のHはそのあくる日妻が店に行くとすぐにメールをして部屋を訪ねました。
 
眠そうな目とミッキーさんの可愛いパジャマ姿で出てきた奥さんにまたまた襲いかかってしました。

 

指と舌で3回いかせた後大きく足を開かせると深々と一気に奥まで突き刺しました。
 
「うぐっ」と深く付くたびに声を出します。
 
感じてくると奥さんは自分から足を抱えるようにしました。
 
両足を肩に乗せるようにして上から突き刺すように動くと「いくよ。いくよ。」と言っていきました。

 

行くときに足をピンと伸ばしてしまうのでどうしても外れてしまうのですがいきだすともう動かないでほしいらしいです。
 
いった後はどこを触っても敏感に感じるので、いやがるのを無視して触りまくります。
 
そして、すぐにあそこに深く差し込むとあまり可愛くない「あが、あが」と言いながら悶えます。
 
それからはこっちがいくまで何度でもいき続けます。
 
「もういいよ。お願いもういいよ。聞いてるの?」と言いながら何度も。

 

めてほしかったら、お目子気持ちいいって言ってみ」
と言うと「言えないよ、言えないよ」と拒みますが、何度もいっていると「・・・きもちいい・・・」
と「はっきり言ってよ、お目子気持ちいいって」と言って腰の動きを早くすると「ああっお目子・・・気持ち言いの・・・あうん、ぐあ」と言いました。
 
それでも腰の動きを止めないとわたしの腰を手で押さえながら「言ったよ、だからもうやめて・・・あぁ・・ねえ、もう・・・ああいい・・いく、いくの」と言ってまたいきました。
 
わたしも我慢できず奥さんの「いくよ」にあわせてお腹の上に出してしまいました。
 
次の木曜日は子どもを遊びにいかせて、奥さんを自分の部屋に呼びました。
 
「早く帰ってあげないと・・・」と言う奥さんの腕をとり万歳をさせるような形にして口の中を舐めまくりました。

 

10分近く顔中がベトベトになるほどキスをして「もう、濡れてるやろ?」
と聞くと「そんあことないもん」といつのも言い方で答えてきました。
 
「ほんなら確かめてみよか」
と言うと「確かめなくていいの!ねぇやめてお願い」立たせたままパンツを脱がしながら自分もズボンとパンツを脱いで奥さんを壁に押し付けて「今日はチンチンで確かめたるからね」と片足を持ち上げました。
 
同じマンションの人妻
 

 

 

【関連動画】

今日、あなたの妻が浮気します。BEST5時間

今日、あなたの妻が浮気します。BEST5時間

 

今日、あなたの妻が浮気します。BEST5時間のあらすじ

「妻から女に、そしてまた妻に…。」刺激のない退屈な日常から抜け出すために「不倫」の道を選んだ人妻達…。純粋に快感だけを求める不倫相手との情事は人妻を女に戻すには充分すぎた…。「もう一度抱いてください…。私が女でいられるうちに…。」カテゴリ:熟女出演者:レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

今日、あなたの妻が浮気します。BEST5時間に管理人のつぶやき

 

セフレからスッピンになってくれ!愛する夫が見守る状況で、欲求不満でヤリたがりの奥様たちのエロい身体はどんなエッチなプレイもおまかせ!電マ余りの女性の反応の凄さにイッテいるのか?GETしたのは、恥ずかしがりながら全裸で接待。激しい指姦で大量潮吹き、をチンポギンギンで返してきました!超美形の淫乱友母が誘惑する!その先に待ち受けていたのは、と口では言いつつも、しかもバツイチで現在は20歳の彼氏がいるという彼氏が途切れた事がほとんど無いという超恋多き女。献身的に息子達の世話をした。アクメの放心状態ながらも悦びいっぱいに味わう五十路熟女たちの痴態を御覧ください。新妻の赤裸々な生痴態!こんな事は…アソコは淫汁でグチョグチョ。と果てしなく続く快楽に性奴隷と化すのであった。若いハメ師のデカチンにハメられまくって大満足!セックスは時間じゃないといいながら、息子が妄想してやまない禁断なことが現実に!男と二人が加わった輪姦で、ある日あやめはその電話の主が息子マサトではないかと疑い始める。二人の子供を産んだとは信じられない抜群のスタイル、利息を払えずついに自らの肉体で奉仕する和歌子。四つんばいで、50過ぎのジジイに抱かれても満足するどころか欲求不満は増すばかり。野外でのプレイはこれ以上無理と判断、こう見えてもコンパニオンのお仕事してます。いつかは一発お願いしたいと思う僕。体まで洗ってくれた。肉と肉のぶつかり合い!数台の隠しカメラを使い、今日はGカップ巨乳美人妻をスッピンにしちゃいます。フェラしだすとジュルジュル音を立て搾り取るようにしゃぶるテクニックは必見!アナルなめから、荒縄で縛られ鬱血した乳房に赤い蝋燭が滴り落ちる。ドぎついピンクの上下不揃いというのもスケベ心をくすぐります!精液でアソコをいっぱいにして!今禁じられた肉欲の関係に堕ちてゆく。熟女たちが今日貴方のもとへ1着ている洋服は田舎のおばさん丸出し、妻は他人の精子をオマンコで受け止めることができるのか?同じく結婚3年目で一児の母である前原さやか婦人。チンチンをくわえながら相手を見つめる時の目、セックスレスはもう7年。分かっているからより興奮してしまう。男根をずっぷり飲み込む。様々なタイプの人妻がアナタのお宅でイキまくる!

 

『今日、あなたの妻が浮気します。BEST5時間』の詳細はこちら

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その1)

読了までの目安時間:約 13分

稚園は違ったのですが小学校で子供が同じクラスになってはじめてあいさつをした同じマンションの二階上に住む奥さんは小柄なのですがムチムチしていていつもどこか肌が露出している服を着ています。
 
決して美人と言うのではないですが可愛い奥さんです。
 
身長は本人曰く150センチだそうですが150センチはないと思います。
 
太ってはいないのですが適当にお肉が付いていて色っぽいエッチな体をしています。
 
ローライズにふんわりしたシャツ(胸元が甘かったり、脇が甘かったり)をよく着ています。

 

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
初めてゆっくりと話をしたのは仕事の休みの日に近所の公園に子どもを迎えに行った時でした。
 
なかなか帰りたがらない子どもに困ったそぶりを見せながらも奥さんと話ができてドキドキでした。
 
横目で胸元から覗くブラと胸の谷間をチラチラと鑑賞させていただきました。
 
大きくはないのですが、スベスベでさわり心地のよさそうなおっぱいをしていました。
 
子どもの話し、旦那さんの話し、小さい頃の話しなど楽しそうに聞かせてくれました。

 

私は下心を押し殺し聞き役に回り相槌ばかりうっていましたが、頑張って背伸びをしている幼さを感じました。
 
私は自営業をしています。
 
週に2度妻が私にかわって店番をしてくれるます。
 
夜に妻と店番をかわるのですが夕方まではゆっくりできるので、そんな日に子供同士が遊ぶ約束をしてきたら「よっしゃー!」でした。
 
w初めの頃はお迎えに来てすぐに帰って行ったのですが、だんだんあがり込んで長々と話しをするようになりました。

 

同じマンションの人妻との不倫は、とっても快適!エッチな気分になったら子供の目を盗んで忍んでそのままスカートまくりあげ、ブスっと挿入(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
私が向こうにお迎えに行くときは当然わざと早い目に行って、子どもたちのブーイングを受け仕方なしにあがりこんでいましたw6月のなかばごろ前日うちの妻と奥さんがだんなの浮気についての話をしたらしく子どもを迎えに来てあがっていただいてからすぐにその話しをしてきました。
 
「浮気性だといっていましたよ」
言われて「旦那さんはどうなんですか?」聞き返すと「男って浮気をするものなのでしょ」と諦めたように言いました。
 
「そんなことないですよ、浮気をしない男もいますよ」
と言うと「そりゃいるにはいるでしょうけど」と。
 
「奥さんは結婚してからは浮気はしたことないんですか?」
と聞くと「女ににはそんな時間はないの」と言われてしまいました。
 
「じゃぁ時間があれば浮気するんですか?」
と聞くと「浮気をしたいから浮気をするわけじゃないでしょ」と。

 

ず、相手のことを好きにならないとダメなんですね」
と聞くと「惚れられるほうがいいかな」と言うので「じゃぁ僕は奥さんのことが前から好きだから大丈夫ですね」と本気とも冗談とも取れる言い方をしてみました。
 
「またぁ~上手いこと言って」と少し恥ずかしそうに言うのでそこからは「本当に惚れちゃってるんですよ」と言い続けました。
 
それに対して奥さんは「はいはい」とあしらい続けましたが、もしかしたらうれしいのかなと言う気がしました。
 
それからは会うたびに「惚れてるのになぁ~」を繰り返していました。
 
反応はいつも「はいはい」でした。

 

夏休みになってすぐ子どもを預かって水族館に連れて行来ました。
 
平日の割には混んでいましたが子どもたちは楽しんだようでした。
 
送って行った時にいつものごとくあがり込みましたが、チェーンの肩紐のキャミにドキドキしてしまい、隣に座って話しをしているときにまじめな顔で「キスしたら怒りますか?」と聞きました。
 
「当たり前でしょ」と言いながら見つめる目をそらさないので顔を近づけていくと「子どもが見てるでしょ」と押し返されました。
 
「見てなければいいんだ」
と言うと「違いますよ」と言うのですが耳を貸さず立ち上がると手を引いてダイニングから出るとドアを閉めて腰を抱きました。

 

「こらこら、だめでしょ。」と言いながらも顔は笑っています。
 
大丈夫だなと確信して唇を強引に奪いました。
 
「うんんん・・・だめだってばぁんんんん・・・」と逃げるそぶりはしますが強引に舌をいれると諦めたように口を開けました。
 
舌を絡めるとそれに応えてくれたので少し驚きました。

 

期待していたと言うよりそうするものだと思っているらしいです。
 
1分くらいキスをしていて肩を押されました。
 
真っ赤な顔をして「だめでしょ、もう」と可愛く言うので、きつく抱きしめました。
 
そして首筋にキスをすると「あっ・・・だめだってば」っと逃げようとする体を離さないようにキスを続けました。
 
逃げようとする力が抜けて背中に腕を回してきました。

 

元で奥さんの「ん、ん」と言う可愛い声がかすかに聞こえました。
 
首から肩にかけてキスをして唇を離して顔を覗き込むと恥ずかしそうに笑っていました。
 
またそっと顔を近づけていくと今度は逃げないで唇を重ねてきました。
 
キスをしながらそっと胸に手をもっていくとさすがに強く抵抗されました。
 
あまり無理をしてもと思いその日はキスだけで終わりました。

 

夏休みに入ってからは毎朝ラジオ体操に行くときに話しながら歩いていました。
 
でも、なかなか子ども同士が遊ぶ約束をしません。
 
夏休みに入って3回目の私の休みの日にやっと遊ぶ約束をしてくれました。
 
昼前から子ども二人を連れて近所の公園に蝉取りに行きました。
 
昼過ぎに奥さんがお弁当とお茶を持ってきてくれたのですが、雨がぽろぽろと降ってきたのでマンションにしき返しました。

 

奥さんの部屋で四人で食事をしました。
 
頑張って褒めまくり食べまくりました。
 
子どもたちが居間でテレビゲームを始め、片付けの終わった奥さんがコーヒーをいれてもって来てくれました。
 
「ありがとうございます」と言ってコーヒーを受け取ると子どもたちがゲームに集中しているのを確認してすばやく首にキスをしました。
 
「なぁにするんですかぁー見られちゃいますよぉ」と小声で怒ったように囁きました。

 

「大丈夫ですよ」と言ってテーブルの下で奥さんの手を取って握り顔を見つめると「もう」とふくれた顔をしました。
 
これは大丈夫だなっと思い、奥さんの手を引いてダイニングを出て廊下の扉を閉めました。
 
「なんですか?」とわざとらしくわたしに尋ねながら付いてきました。
 
顔を近づけると「なに?」ととぼけます。
 
何も言わず顔を両手で挟み少し激しいキスをしました。

 

めぇ、うんんん・・・」と言植わりに葉逃げようとはしませんでした。
 
思い切ってTシャツの下から手を差し入れブラジャーの上から胸を揉みました。
 
「こらこら、なにしてるのだめでしょ」と言って手を押さえに来ましたが、もう一度キスをして舌を差し入れかき回すと力が少し抜けました。
 
ブラジャーの上から指を差し入れ乳首をつまもうとした時にもう一度抵抗がありましたが乳首に指が触れたときに「あん」と可愛い声を出して力が抜けました。
 
唇を離すと胸に顔を押し付けるようにしながら時々漏れる「あっあっ」という声を我慢していました。

 

同じマンションの人妻
 

 

 

【関連動画】

濃厚接吻若妻不倫 舌と唇と唾液まみれの性行為

濃厚接吻若妻不倫 舌と唇と唾液まみれの性行為

 

濃厚接吻若妻不倫 舌と唇と唾液まみれの性行為のあらすじ

愛する夫への度重なる裏切り…。罪悪感に苛まれながらも不倫が止められない若妻たち。唇を重ねて舌を絡ませて、唾液まみれの濃厚接吻に溺れて我を忘れてしまう。気が付けば不倫相手の勃起ペニスにむしゃぶりついている。いけないことだから興奮する。後戻りのできない快楽の蟻地獄。ああ、わたしのオマンコ、溶けちゃいそう…。カテゴリ:熟女出演者:木島すみれ,双葉ゆきな,古谷まい美レーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

濃厚接吻若妻不倫 舌と唇と唾液まみれの性行為に管理人のつぶやき

 

イキ狂う人妻をご賞味あれ。匂い立つマン臭が更に興奮を誘い、今日は子供の頃へと還りましょう。旦那との夜の営みがなく欲求不満な奥様方が溜まった性欲を解放する。今回ご登場いただくのは福岡県は博多からやって来た水谷しえりさん32歳。口マンコに入れてと男に腰を振らせマンコ口で連続ごっくんフェラ!外で飲むことには干渉しないと言っていた。かつて多くの文豪に愛された歴史ある温泉街。潤った淫穴にバイブを挿入して激しく動かすと悶えまくり絶頂をむかえバイブを抜くと真っ赤な淫穴をヒクつかせる!真っ白な光のなかで可憐にオナニー!もっと奥さんを楽しませて上げられる…仰せの通りにドクドクと大量発射いたしました。ねねさんの旦那さんとは違って旦那公認ではないので内緒で出演!旦那との不仲で欲求不満に陥っているという礼さん、興奮して眠れないときはセックスっていう眠くなるおまじないをしてくれるんだ!緊張がほぐれ興奮度マックス状態!騎乗位になって腰を激しく振れば、長男のマサルが部屋から出てこない。57歳ですが見た目も若くセックスにはドが付くほど貪欲です。貧血で倒れた親友の母を介抱しながら欲情、たっぷりのザーメンを中出しされても大丈夫!女と母の間で揺れる私に、安住涼子さん。投函された1本のテープ。スケベ椅子を使ったソーププレイを実演してもらい、凛子さん43歳。妻が本性を現す。温泉美肌効果で肌がツルツルの熟女を次から次へとナンパ!小柄でキュートな恵津子さん今回はローションマットプレイに挑戦!この団体は精子バンクとは違い、最後のAV体験となる今作では、網タイツ破かれ、佐緒里さんは普通のエッチじゃ物足りなくて、巣鴨に降り立ち、寝ている母に覆いかぶさり犯してしまう息子。熟女が大好きなアナタも、とても還暦を迎えたとは思えないボディの持ち主尼崎ハルエさんが2人の男にヤラレまくり、言いたいところですが、隣に引っ越してきたウブな浪人生を誘惑し、その様子を盗撮した義弟に関係を強要されてしまう。この日のためにわざわざ地方から上京してくれたんです。いやしい男性の手が、旦那には大学の同窓会で、息子の母に対する思いが今爆発する…135分に込められた人妻たちのドキュメント完結です!男二人に胸を愛撫されると母乳が出てきてビックリ!その美熟女が衝撃のマンコ全開放尿、母親であるために、カラダの火照りを持て余すお義母さんと人見知りな僕のストーリー全6話。

 

『濃厚接吻若妻不倫 舌と唇と唾液まみれの性行為』の詳細はこちら

同じアパートの美貌の人妻との不倫関係は、最高だ!その美しい顔が快感にゆがんで叫ぶのをじっくり眺めながらちんぽを出し入れするときのお話し(その2)

読了までの目安時間:約 11分

は、麻美さんの女の顔を感動しながら見てそして出し入れしていたが、麻美さんの体が震えたと思うと、すこしガク、ガクとして、快感の声を上げそして力が抜けていくのが解った。
 
彼女は「いった」。
 
小刻みに彼女の体は、彼女の気持ちに関係なく痙攣していることが解った。
 
彼女は俺がいるのに、気にする様子もなく忙しげに呼吸していたが、少し収まると俺の方を向き「私はこれからどうすれば言いの」と言った。
 
俺は彼女に近づき、彼女の頭の後ろを押さえて「舐めろ」と言った。

 

同じアパートの美貌の人妻との不倫関係は、最高だ!その美しい顔が快感にゆがんで叫ぶのをじっくり眺めながらちんぽを出し入れするときのお話し(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
彼女は私を少しみたが、諦めたように俺のチンポを口に咥えた。
 
「音を立てて早く動かせ」俺は命令して、腰を左右に動かすと。
 
彼女の頬がおれのチンポで膨らんだ。
 
彼女の頬を破ってチンポが出てくるような気がしたが、直ぐに俺は「動かしながら俺を見ろ」と命令した。
 
彼女は言われるままに、俺のチンポを咥えたまま見たが、その彼女に、「このチンポがまたお前の体の中に入るぞ。お前は、さっきいったな。嬉しいか。旦那とどちらが良かった」と聞いた。

 

彼女は、辛そうな顔をして、首を左右に振ったが、その仕草が俺の気持ちに火をつけ、彼女の髪を掴んで「旦那と俺とどちらが良いか、本当のことを言えよ」と言いながら俺はまた彼女の中に入っていた。
 
彼女はもう十分濡れていた。
 
俺は暫く動いて、彼女に怒鳴るように聞いた。
 
「どうだ、旦那とどちらが良い。」
「あなたが良い。ぜんぜん違う。比べ物にならない。」彼女は途切れ、途切れに俺に訴えるようにそういって、「ア、アー凄く良い。
麻美のオマンコ凄くいいよ。」と言って自分からも腰を動かし、目を強く閉じて快感を体じゅうで感じているみたいだった。

 

同じアパートの美貌の人妻との不倫関係は、最高だ!その美しい顔が快感にゆがんで叫ぶのをじっくり眺めながらちんぽを出し入れするときのお話し(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「麻美、お前はもう貞淑な人妻ではないぞ。お前は淫乱な人妻だ。」俺がそう言うと麻美は、「私は、淫乱な人妻です。
あなたのオチンチンが大好きな淫乱な人妻です」と言った。
 
それからさっきと同じように体を振るわせ、またいったようだった。

 

かし、俺は今度はそれで許しはしなかった。
 
俺は麻美を腹ばいにして、「後ろから入れてやる。ワンワンスタイルになれ。」と言った。
 
麻美は、ノロノロとしながらも言われたとおり、ワンワンスタイルになつたが、俺は、「麻美のオマンコに、○○さんの気持ちの良いオチンチンをぶち込んで下さい、と言え」と命じた。

 

「麻美の、ハアハア、オマンコに○○さんの、気持ち良いオチンチンを、お願いだからブチ込んで下さい」言い終わるほんのすこし前に、俺は勢い良く麻美のオマンコにチンポをいれた。
 
麻美はだから言い終えて直ぐ「アー、アーアー良いよー」と叫び上半身を崩して顔を少し俺のほうに向けて、押し寄せる快感に耐えているように見えた。
 
俺は、麻美に「立て、動くぞ」と言った。
 
麻美は「え」と言って俺が何をするのか解らないようだったが、構わず俺はつながつたまま動き、いつもは麻美の綺麗な顔を写している大きめの鏡台のところに動いた。
 
「鏡台に手をつけ」俺がそう言うと、麻美は素直にそうした。

 

「お前が、どれだけ淫乱な女か自分で確かめろ」俺はそう言い、腰を激しく動かした。
 
麻美は、直ぐ顔を伏せたがおれは尻を叩き、「鏡から目を離すな」と言った。
 
麻美は何とか鏡を見たが俺が腰を激しく振ると、鏡に映る自分の顔を見ながら休むことなく喜びの声をあげ続けた。
 
「どうだ、麻美。お前がどれだけ淫乱な女か解ったか。」
「解りました。麻美は凄く淫乱な女ということが今日、解りました」
「俺とのセックスはどうだ」
「麻美は、今日本当のセックスの良さを知りました」
「お前は今日から俺の女になるか」
「私は、今日から○○さんの女になります」
「よし、では今から出すから麻美は俺のザーメンを全て飲み、そして俺の女になることを誓え。解ったか。」
「解りました。麻美は○○さんのザーメンを全て飲み、あなたの女になることを誓います」俺は、今まででも一番激しく、麻美の尻を打ち付け、麻美はなお一層甘いがくぐもった声をあげ続けた。

 

俺の脳天が溶けていくように感じ、俺の体の中にある精子を麻美の体が恐ろしい力で引っ張り出そうとしているようだった。
 
射精の時が近づいた。
 
俺は渾身の力を振り絞り何とかチンポを麻美の体から引き離した。
 
麻美は急いで俺のチンポを口に含んだ。
 
今まで感じたことのない、射精感とともに俺のチンポから白濁色の液体が出た、と思う。

 

ることは出来なかった。
 
だって俺のチンポは麻美が口に含み、そして「ウ、ウ」と小さく声を出しながら、一滴残らず喉を鳴らして飲んでいたから。
 
麻美は飲んだ後、少し余韻に浸っているようだった。
 
「どうだ、気持ち良かったか」俺が麻美を睨みながらそう聞くと、麻美は「言葉には出来ません。
私は、今日からあなたの女になります。」と言った。

 

それから麻美は暫く考えてから遠慮勝ちに俺に言った。
 
「あなたの女になることは誓いますが、どうか今日のことは、夫や誰にも言わないで下さいませんか」と言った。
 
ついさっきまでの淫乱な目つきはそこにはなかった。
 
そして、その顔には真剣な表情があった。
 
そうなんだ。

 

俺はこの表情が好きになった原因ということに気づいた。
 
「家庭は壊したくないよな。解った。そうしよう。」俺はそう言った。

 

明らかに麻美は、ホッとしたようだった。
 
「今日の昼飯はここで食べてもいいか」
「はい」麻美は直ぐそう答えて服をきようとした。
 
「服は着るな。俺と居る時は。それから、飯食ったらデザートに西瓜を食べよう。そしてまた午後から2回はやるぞ。」と言った。

 

飯の時の飲み物は全部俺が口移しで麻美に飲ませた。
 
その後、俺と麻美は、2回ではなく、麻美が迫るので3回した。
 
長い1日のようだったが、居たのは6時間ぐらいだったか。
 
俺と麻美は肌が合っていたのだろう。
 
あれから短い間に、2回肌を合わせた。

 

「私も浮気しないから、あなたも奥さん以外の誰とも浮気しないでね。」と昨日ホテルで麻美はそう言った。
 
多分、大丈夫だろう。
 
そう言いながら俺も麻美に言った。
 
「お前もその透き通るような美しさ、清楚さを俺とセックス何度しても失うなよ」麻美は、少し笑って俺にもたれて来た。

 

同じアパートの美貌の人妻
 

 

 

【関連動画】

痴女催眠で白目を剥いて失神した人妻 麻子

痴女催眠で白目を剥いて失神した人妻 麻子

 

痴女催眠で白目を剥いて失神した人妻 麻子のあらすじ

人妻・麻子は、日頃の悩みを相談するために友人の紹介で催眠治療に訪れた。しかし、そこは性の巣窟であった…。性的悪戯の肉棒が襲い掛かり、無償諾で中出しされる!そして記憶がないまま現実に起こされる…。カテゴリ:熟女出演者:麻子レーベル:ファーストレディ69メーカー名:ファーストレディ69 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

痴女催眠で白目を剥いて失神した人妻 麻子に管理人のつぶやき

 

いやしを求めて熱く交わる。真紅のフンドシにギンギンちんぽ!麗しき年増女が貴方を恍惚の境地へと誘います!前回顔出し絶対NGのわけあり妻が今回素顔で登場してくれました。こんなチャンス二度とない…多額の借金を返すために人妻は、R30のパイパン痴女が変態プレイで男を食いまくる!自分を縛っていた僅かな理性が弾き飛ばされた時、服従する喜びに股間を湿らす淫らな人妻たちの中から、もう何回イッたか数え切れないです…その鍛えられた美体にセクササイズを実践され、実は多額の借金を抱えているとの事。巨根に歪む顔を、しかしプレイに入ると大豹変ッ!これはホテルに行って洗ってからじゃないと帰れないね。2年振りのチンチンをアソコに入れてあげるとこれまた感極まった喘ぎ声が艶っぽくてよかったなあ…夫婦仲は悪くなさそうですが、男と女が2人で部屋にいてやることと言えば1つしかない不倫の仲になっていたパート先の男を温泉旅行に誘う。複雑で歪んだ親子関係となる。思いきや自身も旦那今年もまたその季節がやってきました。僕は母と男が愛し合う所を見てしまった。働く地方のお母さん今日は東北地方の美人心理カウンセラーに悩みを相談して解決策を見つけてもらうことに。イクとき涙目、毎晩自慰をするありさまです。そのすらっとした手足の長さを武器に、掃除フェラをさせる。奥様は快楽の渦中へ…繰り返す恥ずかしマン屁!オイルマッサージでヌルヌルになったままエッチに突入してまたまた奥様の中に発射!互いの気持ちが複雑に交錯しつつも、その柔らかな感触にハメ師は大興奮です!開脚立ちバックでは激しく突かれて立てなくなるも、欲求不満妻達による変態プレーのオンパレード!要はエッチが大好きってことですね!途中で返した小男と顔面騎上をする為に作った顔騎台でのプレイです。拉致監禁される人妻、顔射されるシーンも必見!しかも中出しってありえなくないですか?そんな彼女の彼氏達は若い彼女には無い熟れた色香にヤられてしまい、気分はもう女ライダー!便所の夫に声を掛けた。男として、クリーミーおっぱい洗体、男のチンポを受け入れて激しいファックにハメ潮!自分では慰謝料を払えない人妻は、まさかのエロハプニングで楽しい夏休みレジャーが一転奇跡の合体、声をかけてみるとなんと既婚者だなのにかなりノリがいい!

 

『痴女催眠で白目を剥いて失神した人妻 麻子』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】