告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

家庭教師のアルバイト先のうちは母子家庭なんだが、子供と母のどちらともセックスしてやりましたw

読了までの目安時間:約 47分

家庭教師のアルバイト先のうちは母子家庭なんだが、子供と母のどちらともセックスしてやりましたw【イメージ画像1】

庭教師をもう長くやってるせいか、まぁ、母子家庭ということもあるのだろうが、非常に信頼されている。
合鍵まで持っている。
 

ある時は、母親が会社の慰安旅行で家を留守にしたときに留守番を頼まれた。

 

のときに、娘Aと一晩中やりまくり、処女を奪った。
 

元々、勉強を教えながらもオナニーとか、Hな事を教えていたので、向こうも受け入れてはくれた。
今でも、勉強中の殆どの時間は、Aの股間には何かが入ってる状態だ。
 

 

家庭教師のアルバイト先のうちは母子家庭なんだが、子供と母のどちらともセックスしてやりましたw【イメージ画像2】

んな家である日、俺はある日、家庭教師が終わった後に、母親Mに飲みに誘われた。
Mは元ヤンということもあり、服装は派手目で、いつもスカートを履いていて、俺はいつも娘の部屋に案内され、階段を上がる時に距離を置いて、中を覗いている。
 

だから、この時も下心はあった。

 

段、Mが行かないような所に連れ行って、まぁ、俺の馴染みの店なんだけど。
 

Mの家からもさほど離れてない所にあったし、Mも賛成してくれた。
しかし、ここは俺が大体、女の子を酔わせる為に使う所で、マスターも普段よりちょっときつめの酒を俺が連れて行った、女の子には出してくれる。
 

 

のときも例外ではなく、最初は普通に娘について話していたMも目がとろんとしてきて眠そうだった。
俺は声が小さいからと、Mの隣に座りなおした。
 

そして、酔っているMの手をあえて、俺の太ももの股間に近い部分に置いた。

 

Mには彼氏がしばらくいない事も知っていた。
 

Mは多少興奮しているようだった。
Mは表向きには平然さを装っているが、明らかに目が俺の股間の方に向いていた。
 

 

はMの耳元で触りたかったら、触っていいよと言うと、Mは目を他所へ向け、おもむろに触りだした。
俺もすかさずMのスカートから見えている太ももに手を置いて、軽く愛撫すると、Mは完全に興奮していたのか、店を出たいと行って来た。
 

俺は了承し、Mの家まで歩いて帰る途中に、夜には人がいない、緑道をあえて通った。

 

は再び俺の股間に手を回してきたので、近くにあったベンチに座って、お互い触りあった。
 

すでにMはパンツが機能を果たしてなく、洪水状態だった。
太ももの方まで濡れていた。
 

 

は俺のベルトをはずし、パンツも多少まくり、チンコを出すと、そのまま咥えた。
さすがに元人妻はうまかった。
 

10分くらい激しいフェラが続くと俺も放出してしまった。

 

は残らず吸い取り綺麗にしてくれた。
 

続きは家でやろうよというと、Mはあっさり承諾。
二人して急ぎ足で家に行き、シャワーも何もせずにそのままベッドインした。
 

 

こから、Mは一晩中喘ぎまくりで、俺はAが起きてこないかと不安に思った事もあった。
結局、朝まで3発ほぼ入れっぱなしで、中にも1発、嫌がるところを押さえつけてやった。
 

それから、Mとの関係も続いている。

 

が行く時には、いつもスカートが短く、この間はノーパンだったから、休憩時間にあえて台所に行き、立ったまま後ろから入れた。
 

休憩時間が終わると娘のAと関係を持ち・・・・と言うような状態が続いている。
Aの方は上手い具合に性奴隷と化している、学校帰りにも会ってやってるし、言う事を何でも聞いてくれる。
 

 

の方も段々とそうなりつつある。
この間も、家庭教師の間(休憩時間以外)全裸でベランダにいた。
 

ご褒美はもちろんあげたけど。

 

Aはたまに学校帰りに会う。
 

もちろん、いたずらもする。
次第に命令すると従順な態度を取るようになってきた。
 

 

る日、体育があった日にノーパンで帰らせた。
俺は偶然を装い、Aの家の近くで会った。
 

Aは予測していたのか、俺にすんなりとスカートの中をチェックさせた。

 

はそのままAを車に乗せ、近くのコンビニに行った。
 

Aだけ降ろし、コンビニでしゃがんで立ち読みしてくるように指示する。
このコンビニはAの同級生たちも良く使っている。
 

 

の定この時も、コンビニ前をAの同級生らしき中学生たちが通っていた。
俺は携帯でAにもっと足を広げるように指示すると、Aは従順にもちゃんと広げた。
 

それにたまたまコンビニの前を通った中学生が気付いたのか、友達となにやらにやにやしながら、Aの正面に立ち止まり、Aの股間部分を見て、内緒話をしていた。

 

が助けを求めるような目線をこっちに向けたが、シカトする。
 

その中学生が声をAに掛けそうになったので、Aを携帯で呼び戻した。
Aは今にも泣きそうな顔をしていた。
 

 

ばらく普通にドライブをして楽しんだ。
Aの手はドライブ中は常に俺の股間に置いておくよう調教してある。
 

そんな中で、「先生立ってきたね」とにこにこしながらAが言ったので、生意気だと叱り、罰として、スカートとブラを取らせた。

 

れにもAは従順に従っていた。
 

もうこの時点でAは下半身裸の状態である。
さすがにこの時は前に見えないように足を閉じて座っていたが、それを指示して開かせた。
 

 

でにAのまんこはヌレヌレの状態だった。
しばらく指で弄び、2回いかせてAが放心状態になっているところで、俺は発煙筒を取り出した。
 

そして、そのままAに挿入。

 

は声にならないような悲鳴を上げていた。
 

Aが抜こうとするので、俺は抜いたら全裸にするぞと脅すと、ヒックヒック言いながら、次第に泣き止んでいった。
次にAに発煙筒を自分で動かしてみろと命令すると、Aは始めは渋っていたが、全裸は嫌なのか、ゆっくりと動かした。
 

 

のままの状態で10分くらい経ったが、手の動きは一向に早くならないので、俺は左手を伸ばし、ガンガン突くと、Aは悲鳴を上げて、気を失ってしまった。
俺はAのシートを倒し、足を上に乗せて、M字開脚をさせた状態でしばらく走った。
 

対抗車線の人には以外に気付かれない事が発覚!!寂しいので、俺は車を止めて、Aが脱いだスカートとブラをトランクに積んだ。

 

して、あえてAの家の近くで車を路駐し、Aをたたき起こし、恥ずかしがるAを車にいたままのカッコウで家まで歩かせた。
 

(もちろん、発煙筒は抜いてやったが)。
その日は、Aの母親であるMはパートの為、夜遅くにならないと帰ってこないことも俺は把握していた。
 

 

は降りる際にスカートを探していたが、俺が捨てたよと言うと、素直に歩いた。
家に着くと、Aにシャワーを浴びさせた。
 

もちろん一人で浴びさせない。

 

も服を脱ぎ、一緒に入る。
 

キスをせがまれたので、激しいディープキスをしながら、シャワーをまんこに持っていく。
これだけでは、どうやら満足させる事が出来なさそうなので、空いている手を使い愛撫してやると、さっきの余韻もあるのだろうが、すぐにしゃがんでしまった。
 

 

の顔の前には丁度チンコがある態勢になったので、Aはそのまましゃぶり始めた。
相変わらずフェラは下手だ。
 

今も直ってない。

 

つどころか痛いので、止めさせた。
 

Aは今にもまんこに入れたそうな顔をしていたが、さっきの発煙筒で傷が付いてるか確かめる為に、指を入れてみた。
思ったよりはというか、全然大丈夫だった。
 

 

の間もAは俺のちんこを握ったままのだった。
俺は小柄のAをバスタブの上に座らせ、そのまま挿入し、駅弁で、体を拭かないままAの部屋に行った。
 

Aは必死でおれの首にしがみ付いていた。

 

りあえず、Mが帰ってくるまでAを弄ぼうと思い、Aと普通にやった。
 

Aはすでに何回もいっていたからか、途中からは力が抜けて、震えるような声を出しながら、自分で腰を少し動かす程度になっていた。
俺がいく頃には疲れ果てていたが、構わずに口を開けさせて、口内放出し、Aに全部飲み干させた。
 

 

ちろんちゃんと綺麗にもしてもらい、今度は自分で復活させて、2回目に突入した。
もうAは動かない、振るえた呼吸をしてるだけの状態になっていた。
 

2回目に入り、しばらくして、玄関で音がした。

 

が帰って来た音だとすぐに把握した。
 

普段のパートの日なら、Aが作った夕飯を帰ってきてすぐに食べるのだが、もちろんその日はそんなものはない。
気になったのか、Aの様子を見にMが階段を上ってくる音がした。
 

 

はAの部屋のベッドのしたに隠れ、様子を見ていた。
隠れてから、ほんと一瞬でMが部屋に入ってきた。
 

Aはベッドで寝ているような状態にしておいたので、MはAがすっかり寝ているものだと思っていたようで、Aに添い寝し様とベッドに潜り込んでいた。

 

ぐにAが全裸だと気付き、Mははっとしたような様子で周りを見渡していた。
 

が、そのときにはすでに、俺はMの腕を掴んでいた。
初めはMもビックリしていたが、相手が俺だとわかると、すぐに落ち着いた。
 

 

の日は、Mを奴隷化すると決意していたので、Mをリビングまで連れ出した。
すでにちょっとは命令を聞くようになっていたMだったが、まだ反抗するところがある。
 

しかし、パートにも短いスカートを履いていくような女でしかも、元人妻である。

 

れほど条件のいい女も珍しいのではないか。
 

リビングに下りると、Mは娘に手を出していた事は気付いていたという話を聞く。
Mはソファに座り、俺はあえて正面に床にしゃがんで座っていたので、Mの派手なパンツが丸見えだったから、よく話は聞いてなかったが、要するにAは俺のことが好きだから、大事に扱って欲しいとの事だった。
 

 

れは、脅しに使えるし、格好の餌食だと思った。
俺はしばらくあえて何もしゃべらずにいた。
 

場に緊張感を持たせたかったのだ。

 

も沈黙に耐えていた。
 

俺は率直に切り出した。
Aを大事にするから、何でも言う事を聞くようにしろ。
 

 

命令口調で言うと、今度はMが黙ってしまった。
俺はAの為だぞ、たった一人の娘じゃないか、今までの事全部しゃべるぞ。
 

と説得と言うか、脅しと言うか、まぁ、説得していた。

 

はとうとう観念したのか、首を縦に振った。
 

そこで、夕飯まだだろ?とあえて優しくMに接すると、Mは頷き「まだ」と言ったので、「まだですだろ?」と言うと、Mはまだですと言いなおした。
じゃぁ、と言って、俺はパンツ一丁だったのにパンツを脱ぎ、チンコをMの顔の前に持っていき、「はい。夕飯」と笑顔で言うと、Mは一瞬引いていたが、Aのことを言うと、素直にしゃぶりだした。
 

 

はり元人妻で、元ヤンである。
うまい・・・かなりうまい・・・。
 

俺は2発目にも関わらず、20分くらいのフェラで出してしまった。

 

に全部飲ませ、綺麗にしてもらう。
 

俺はMにはさみを持ってこさせ、今度はMを立たせて、Mの服をちょっとずつ切り刻んでいった。
Mは目を閉じていたが、目を開けさせて、自分の自慢の派手な服が切られていくところを見させた。
 

 

は泣きそうになっていた。
ぼろぼろになりながらも、下着姿にさせると、パンツのレースの部分とまんこの部分を丸く切り取った。
 

ブラは珍しく後ろホックだったので、前の谷間の部分を切り取った。

 

はあることを思い出し、Mにそのままの格好で俺の車にある発煙筒を取ってこさせようとしたが、人が来てしまったので、さすがに初めてでそれをやらせるのはかわいそうなので、コートを上に羽織らせた状態で行かせた。
 

帰ってくるとMは俺に両手で発煙筒を渡した。
俺はMのクリトリスを愛撫し、まんこを多少濡れた状態にして、MをソファでM字開脚させて、発煙筒をぶちこんだ。
 

 

と違ってすんなりと入る。
これも年季の差だと感じていた。
 

そして、ぶちこんだままAの部屋に向かわせた。

 

ろから見るとMはすごく間抜けな姿勢で歩いていた。
 

階段でたまに発煙筒をいじると立ち止まっていたが、すでにまんこは洪水状態だった。
Aの部屋に着くと、Aは寝ていたが、MにAにまんこが見えるような態勢でオナニーをさせた。
 

 

ばらくして、俺が口元にちんこを持っていくと、自分から咥えてきた。
Mはいったのか、身動きしなくなると、今度は俺が挿入した。
 

Aに比べるとかんり締まりが悪いが、しょうがない。

 

常位でやって、MにAを起こすくらいの声を上げさせた。
 

Mはもう俺の奴隷だ。
ということで、これが終わった後に、誓約書を書いてもらった。
 

 

容は「いかなる理由があろうとも、boo(もちろん偽名)様の言う事をこれから聞いていきます。また、私の体を自由に弄んでください。私Mは従順にあなた様に仕えることを誓います。もし破ったら、家、車等全財産を自由に使ってください。M」結構、抜けてて、Aのことは一切書いていない。
 

 

れを書いた後に、腹の真中に油性マジックで奴隷Mと書かせた。
家庭教師がある日は、とりあえずAとMの親子は下着を着けていない。
 

家庭教師をしている間はAと楽しみ、MはAが寝た後に、いつもかわいがっている。

 

なみに、合鍵もフル活用で、たまに行っては親子のうちどちらかと楽しんでいる。
 

Mは最近では、服を着たまま風呂に入り、シャワーをまんこに突っ込んで、パンツにはさむ状態にして、風呂に漬かってる。
ある日、Mから連絡があり、会って欲しい人がいるということなので、指定された時間にMの家に行ったら、Mが迎えてくれた玄関には、高級そうな女物の靴が脱いであった。
 

 

はおばさんっぽい人を想像した。
Mは普通を装って、リビングに向かおうとする、リビングのドアの手前で、ノーパンかをチェックする為に、スカートを少し捲るとやはりノーパンだった。
 

リビングでソファに座ると、プチマダム系の女がいた。

 

た目は綺麗と言うよりかわいい感じだ。
 

嫌いじゃないタイプだった。
服装は高級そうな白のスーツを着ており、スカートは膝上15センチと言う所だろうか、しかし、この女Kは天然が少し入ってて、ふかふかのソファにそんなスカートで座っているから、スカートの中身が丸見えだった。
 

 

れははっきり言って、いけると思った。
初めは普通にお互いに自己紹介しながら、世間話をしていた。
 

そのうち、本題に入る前にKがトイレに行った。

 

のときにMにコーヒーをKにこぼすように命令した。
 

しばらくして、Kが帰ってくるとまたちょっと世間話をしたが、Mがタイミング良く、席を立ち。
おかわりを持って来ようとしたときに、ソファの手前で躓いた振りをして、そのままKにコーヒーが掛かった。
 

 

にも少し掛かったがまぁ、気にするほどの程度ではない。
しかし、Kの場合、白のスーツにコーヒーが思い切りかかったものだから、大変な騒ぎをしていた。
 

Mも慌てた振りをしていた。

 

かんにKに謝った成果かKは笑顔でMのことを許していた。
 

そうそう、このKの事を少しだけ言っておくと、Mの娘Aの小学校からの同級生の母親でそれが縁で仲良くなっていったそうである。
それで大体解かるだろうが、今回はその娘について家庭教師をしてほしいという事だった。
 

 

しを元に戻すと、コーヒーの掛かったKはMと一緒にMの寝室へと上がっていった。
俺も物音を立てずに遅れて二人の跡についていった。
 

部屋からMが出てくると、Mは解かっていたのか、ドアを少しだけ開けて俺へ目で合図した。

 

はドアの隙間から覗くと、Kはコーヒーが掛けられた服のほうが気になるのか、こっちには気付いてない様子。
 

このまま部屋で犯そうかとも思ったが、そこは我慢した。
とりあえずMにデジカメを持って来させた。
 

 

が何故か下着も脱ぎだした。
Kは全裸になった時点で俺はデジカメのシャッターを切った。
 

その後はMのジャージに着替えていた。

 

して、俺は早めにリビングに戻ると、普通にMと話しをしてKのことを聞き出していた。
 

どうやら、夫は普段は仕事と女でたまに帰ってきても深夜だと言う事がわかった。
これはますます好都合になった。
 

 

かに、あの天然じゃ飽きてくるのも解かる気がした。
Kがジャージに着替えた事によって、パンツは見えなくなったが、この時のKはノーブラ、ノーパンだったからそれを一人で想像し、楽しんでいたから、Kが真剣に話していたのに全然理解しなかった。
 

そのうち、Kが帰る時間になって、連絡先を聞いた。

 

の携帯と自宅の番号と住所を聞いた。
 

Mと二人で見送ると、MにKの下着を持ってこさせた。
パンツには黄色い染みが濃い目に残っている。
 

 

はMからそれを取るとカバンの中に入れた。
そして、Mと二人でリビングに戻り、Mにご褒美をあげるために、Mを裸にした。
 

そして、そのまま四つんばいにして、俺はソファに下半身だけ裸になって座り、舐めさせた。

 

変わらずのうまさだった。
 

Kもこれくらいうまいといいなぁと考えながら、ある程度立った所で、前戯無で挿入した。
少し濡れていたから、すんなりと入った。
 

 

は思いっきりよがっている。
その日は、そのままやってAが帰ってくる前に帰った。
 

帰りにKの携帯に連絡を入れ、出来れば娘に会う前にもう一回二人だけで会いたいと言ったら、向こうもOKということなので、翌日に会う約束をした。

 

日になり、Kは駅に先に来ていた。
 

そのままKの車でKの家に向かう事になった。
やはりでかい家だった。
 

 

きな門構えと、そこから家まで続くきれいに舗装された小道、その周りの庭もかなり綺麗だった。
Kの家に入るとKは俺をリビングに通し、お茶を入れてくれた。
 

この日もKはやっぱりスーツだったから、勤めてるかを聞くと、スーツが本人にとっては一番楽なのだそうだ。

 

はいきなり本題に入った。
 

まずいきなり、待遇面の事、給料はMの2倍だそうだ。
実際にAの成績は上がってるし、常に上位をキープしている。
 

 

れは別にAとはHな関係も持つが、宿題を山ほど出している結果だと思う。
あとは、Mの家の様にたまに留守番みたいな事をやって欲しいと言う事だった。
 

Mの家では合鍵を貰ってると告げるとKもすんなりと合鍵をくれた。

 

は世間知らずのお嬢様らしいが、人一倍負けず嫌いで娘がAに勉強で負けるのが嫌と言うのが、俺を頼んだ原因らしい。
 

やはりこの日もKのスカートの中が気になる位置にいた。
この日は、娘が友達の家に泊まると言う事で、夕飯をご馳走してくれる事になった。
 

 

親が帰ってくるかもしれないが、俺は下心がちょこちょこっと出てきた。
Kが夕飯を作っている間、俺はリビングでテレビを見ていた。
 

話しによると、娘もちょっとひねくれてていつも帰りは遅く、Kは一人で先に夕飯を済ませてしまうそうなので、今日は俺がいるからと喜んでいた。

 

はテレビを見ながら、ちらちらとKの方に目をやったが、なんか一生懸命になって作っている。
 

外見とは違いなんか、和食っぽい匂いがしてきた。
Kがテーブルに料理を並べると同時に席に着く。
 

 

の前に出てきたのはやはり普段と変わらぬ食卓の風景だった。
食事が終わると、Kは高そうなウイスキーを取り出し、ちょっと飲みたくなったとか言ってた。
 

俺も付き合いますと言うと、Kは快く注いでくれた。

 

の後、Kの愚痴大会が始まった。
 

夫の女のこと、娘の事、今日は多分誰も帰ってこないとも言っていた。
冗談交じりに誘ってるんですか?と聞くと、流された。
 

 

っと愚痴を言っていた。
そのうち、ボトルも一本空いてしまった。
 

俺は酒に強い方だが、どうやらKには寝酒になってしまったらしく、トイレに行ったまま帰ってこないので、見に行くと、トイレでだらしない格好をして寝ていた。

 

は起こそうとすると寝ぼけていた。
 

俺はそのままKの寝室らしき所へKを連れて行くと、Kのパンツは脱げている状態だし、ここでやらなかったら男じゃないと思い、そのままKを脱がした。
ブラウスのボタンを全部外し、Kをそのままひっくり返して、スカートを脱がす。
 

 

して、俺は自分でしごいて挿入した。
Kは初めは寝ていたため反応はなかったが、激しく動かすとそのまま喘ぎ声を出し始めた。
 

Kにこの関係を続けていくなら、娘さんを見てやるよと言うと、Kは頷いていた。

 

れで初期化は出来た。
 

そのまま正常位でやり、腹に出してやると、久々の為かKはまた要求してきたが、その前に誓約書を書いてもらった。
「私Kは体の関係を続ける代わりに娘Jの勉強を見てもらいます」と書かせた。
 

 

の後は一晩中やり放題で、しゃぶれと言えばフェラをするようになり、段々と言う事を聞くようになった。
朝までやり結局殆ど口に出した。
 

朝になり二人で一緒にシャワーを浴び、またフェラしてもらった。

 

と同じような上手さをしていた。
 

そして、帰る時には見送ってくれ、やりたくなったら、ここに来るからと告げるとちょっと恥ずかしそうな顔で頷いていた。
これからが楽しみだ。
 

 

の娘Jに会うことになった。
Kの家に行くと、Jは制服のままリビングでテレビを見て待っていた。
 

とりあえずお互いに第一印象はよかったらしく、話しをしていた。

 

のうち、試しに勉強を見てあげる事になり、Jの部屋に行くと、JはAから話しは多少聞いているらしかった。
 

だから、勉強よりもそっちのことばかり聞いてきたから、俺は冗談交じりにAと同じことするんだったら、宿題が多くなるけどいいの?と聞くと、いいと言う。
そんなに男の体に興味があるの?と聞くと、あると言う。
 

 

んことか見たことある?と聞くとないというから、見せてやろうか?と聞くと、頷く。
俺はズボンからちんこを出した。
 

初めは見てるだけだったが、それじゃ恥ずかしいよと言うと、触ってくれた。

 

珍しそうに色んな角度にチンコを変えて見ていた。
 

多少大きくなった所で、咥えてみてよと言うと、初めは拒否したが、そのうち自分から咥えだした。
咥えて、頭を動かしているだけだったので、舌を動かさせると、Aより気持ちよかった。
 

 

っちも親子制覇を狙える価値が出てきた。
俺はJの頭を押さえつけ腰を動かすとJはケホケホしながら咥えていたが、そのまま俺は構わず放出し、Jに肌が綺麗になるからと飲ませた。
 

今度はお返しをしてあげるよと、Jをベッドに寝かして、制服のままパンツだけ脱がし、俺はJのまんこを舐め始めると、くすぐったいらしく、笑ってばかりいたが、舌をまんこに入れたときはさすがに黙った。

 

ってみたい?と聞くと、頷いたので、俺は復活したチンコを宛がった。
 

やはり処女はきつかった。
久しぶりの処女だったので、俺も痛かった。
 

 

が大声を出しそうになるので、口にパンツを丸めて突っ込んだ。
俺はJの痛がる顔を見ながら、次第に腰の動きを早めていった。
 

そして、そのままJに顔射し、ティッシュで拭ってあげた。

 

にまた咥えさせて、今度は机に足を開いて座らせて、挿入した。
 

今度は後半になると気持ちよくなってきたのか、呼吸にならない声を出し始めた。
俺は小柄なJをそのまま担ぎ上げ、駅弁の体勢を取った。
 

 

して、抜くと同時に机の上に放出した。
しばらく、Jは放心状態だったが、下に下りようと準備すると、Aみたいに命令してくれる?と聞いてきた。
 

もちろんと答えると笑顔でリビングに下りていった。

 

はJにどうだった?と聞いていたら、Jはすごくわかりやすくて、良かったよと答えていた。
 

またまた、親子奴隷が増えた事になる。
帰りにKに送ってもらった。
 

 

ちろん、途中でホテルに入り、関係も持った。
とりあえず、用があると言って、駅まで送ってもらった。
 

俺はその足でMの家に向かった。

 

近は、合鍵を使ってなかったので、久々に使うことにした。
 

Mの家に入ると、どうやら二人とも起きているようだった。
俺は脅かそうとAの部屋に行った。
 

 

は突然俺が来たから、ビックリして、喜んでいるようだった。
適当にあしらって、Aをそそくさと脱がすと、Aは俺のベルトに手を掛けて、そのまましゃぶりだした。
 

相変わらず下手だったので、Jはもっと上手かったよというと、悲しそうな目をして一旦こっちを見た後に、一生懸命しゃぶりだした。

 

段とさっきよりも違う。
 

それを言ってやると、笑顔でこっちを見た。
69の態勢になり、そのままAを上にして挿入した。
 

 

は手でベッド際の窓のカーテンを全開にした。
明かりはつけたままだから、こっちの様子は外から丸見えだ。
 

そのまま、何発かやり、Aがぐったりした頃、俺はMの部屋に行った。

 

は待っていたかのように、俺を受け入れた。
 

とりあえず、二人でシャワーを浴びる事になり、ついでにMの毛を剃る事にした。
Mは喜んでいた。
 

 

のことをMに話すと、これからはそれをネタに何かをしようと思ってるらしい。
女はこわいこわい・・・・AとJを学校帰りに呼び出した。
 

二人ともパンツは教室のごみ箱に捨ててくるように指示も出した。

 

して、車に乗せる前に、自分たちでスカートを上げさせ、ノーパンである事を確認し、それぞれのカバンの中身を道路上で全てだし、パンツが入っていないかをチェックした。
 

Jにとっては初めてのことなので、驚いていたが、AはつんとしてJに鼻っ柱を向けていた。
俺はAを助手席にJを後部座席に乗せ、二人ともスカートを脱がさせた。
 

 

して、そのまま車を発信させた。
学校での出来事を二人から聞いていると、飽きてきたので、俺はAの股間に手を伸ばすとAは足を広げ受け入れた。
 

Jはその様子を見て、戸惑っていた。

 

はシートの上に足を乗せているから、対向車からはまんこが丸見えの状態だった。
 

Aは素直に感じて、手を俺の股間へと伸ばしてきた。
ズボンの上から俺のちんこを扱き出した。
 

 

は完全にJよりも優位に立ったことに喜びを覚えているのか、いつもよりも激しい。
俺はJの顔が良く見えるように、シートを倒すと、AはたまにJを見て笑っていた。
 

Aの頭の上で、Jに足を広げさせ、今度はAをシートの上に四つんばいにして、Jのまんこを舐めさせた。

 

は初めはまた戸惑っていたが、次第に感じ始めた。
 

Aは恐ろしい事に、Jの両足をしっかりと両手で掴み、広げさせている。
Jも特に抵抗はしていない。
 

 

はふたりにそういう状態にしておきながら、行くところも無いので、Aの家に向かった。
この間の様に車をあえて遠めに置き、二人をそのままの格好でAの家までの短い距離を歩かせた。
 

Jは嫌がったが、車からAに引き摺り下ろさせた。

 

しく、Mはいなかったから、そのままAの部屋へ3人で直行すると、Aに命令を出した。
 

Jはさっき逆らったから、お前がお仕置きをしてやれという命令だ。
Jは抵抗していたが、女というものは怖い物で、JのブラウスはAのはさみによってぼろぼろにされた。
 

 

は勿論泣いていたが、Aは構わず今度は筆箱からスティックのりを出すと、さっきの抵抗で力の無くなったJのまんこに挿入した。
Jは思いっきり痛がっていたが、Aはそれを抜く事は許さなかった。
 

さっきAがJのまんこを舐めていたおかげで濡れていたのが、Jにとっては唯一の幸いだっただろう。

 

のとき、Aが先生に逆らったら、こういうことになるんだよ。
 

とJの耳元で言ったら、Jはごめんなさい。
何でも言う事を聞きます。
 

 

叫んでいた。
俺は泣いているJの顔の前にチンコを差し出すと、Aが出されたら、舐めるんだよ。
 

と言った。

 

れは俺もびびったが、Jは躊躇なくフェラしだした。
 

Aに向かって、お前よりもこいつの方が気持ちいいんだよ。
と言うと、Aは悔しかったのかJに入れてあるのりを激しく動かした。
 

 

はしばらくすると力が抜け、失神してしまった。
AはJを放置し、俺のチンコへとむしゃぶりついてきた。
 

舌を思いっきり動かすので、いつもより気持ちよくなっていた。

 

を誉めてやった。
 

Aは喜び玉のようまでしゃぶりだした。
俺も気持ちよかった。
 

 

褒美に口の中に出してやるから、出るまでしゃぶってろと言うと、なんだかんだと1時間経ってしまった。
Aは初めは吐き出しそうだったが、俺が口を抑えると飲み干して、綺麗にしてくれた。
 

その間にJは眠ってしまったようだった。

 

になんかJにいたずらしてみろと言うと、寝ているJのまんこに再びノリを入れて、クリトリスと乳首にメンソレータムを塗って起こした。
 

Jはびっくりしていたが、もう俺とAの言う事には聞いてしまう子になってしまった。
そんなことをしていると、玄関で音がした。
 

 

が帰ってきたのだ。
Aは少し慌てていたが、俺がまんこに指を入れて激しく動かすと、それ所じゃなくなったらしい。
 

Mが階段を上ってくる音がした。

 

して、Mは部屋に入ってくると、まず無言になったが、俺が挨拶すると、白々しく挨拶をしてきた。
 

JとAの変わり果てた姿を見たときの絶望感の漂うMはちょっとかわいそうだったが、事実を見せたまでだ。
俺は適当にAをあしらい、2発くらいしてやるとAも疲れたのかぐったりとしてしまった。
 

 

は下半身裸のままリビングに下りて、Mをかわいがってやる事にした。
Mは解かっていたようで、いつもの事だが、ノーパン・ノーブラで待っていた。
 

待ち遠しかっただろと聞くと、そのままテーブルに手をつかせて後ろから立ちバックした。

 

中電話が鳴ったときも突いたまま取らせたので、相手はランニングでもしてるの?と笑いながら言っていたそうだ。
 

俺はしばらく、Mをかわいがってやると、MはKの事を気にしているのか、色んな話しをやりながら聞いてきたので、俺はめんどくさいから今から二人で行くか?と聞くと頷いた。
そして、Mは適当に普段着に着替えもちろん、下着は付けてないが、Kの家に向かう事にした。
 

 

は起きないので、Aの家に泊めることにした。
Mと車の中で段取りを打ち合わせした。
 

どうやらKはMには常に高慢だったらしく、Mは多少の恨みがあるらしい。

 

ゃぁということで、俺がKとやっている間にMが入ってくる事にさせた。
 

Kの家に着くと案の定K一人だった。
俺は玄関でキスを交わし、そのままスカートを捲り上げ、玄関で押し倒した。
 

 

関の外にはMが控えている、KはまだMに気付いている様子はなかった。
俺はそのままKに正常位で挿入し、服を乱暴に脱がした。
 

Kは玄関先で喘いでいた。

 

のときである、玄関がいきなり開き、Mが入ってきた。
 

Kははっとしたが、俺に押さえつけられて、身動きが取れない状態になっていた。
Kは暴れだしたが、Mは家から持ってきたデジカメで構わずKが陵辱されている姿を取り捲っていた。
 

 

は泣きながら俺の腰に合わせて自分も腰を動かしていた。
そのうち、Mのことを無視し、Kは3回いったところで、俺はKをリビングまで引っ張って連れて行き、Mの好きなようにさせた。
 

Mは誓約書まで書かせていた。

 

後KはMに逆らえる身分ではなくなった、それは同時に俺の支配下にも入った事になった。
 

試しに自分の家の広い庭の外壁を全裸で一周させた。
元々KはM女の性質があり、Jよりも全然言う事を聞く。
 

 

かし、女は怖い・・・。
結局親子MとAが別の親子KとJをそれぞれ奴隷としてしまった。
 

今週の初めにAとJの中間試験が終わったと言う事で、今はKとJの親子が夫または父親には旅行と称して、MとAの家に2泊3日の奴隷生活の初日を味わっている。

 

親Kはすでに今日の朝早くからMの家に来て、とりあえず俺とMにいたぶられている。
 

しかし、Mをいたぶることを俺は忘れなかった。
まぁ、俺が来た時にはすでに2人とも全裸だったし、Kのまんこからは太ももまで汁が垂れている状態だった。
 

 

MはたまにKが失敗すると、細い棒のようなものでKの尻を叩いているので、俺が奪い取りMにも同じ目を味合わせてやった。
痛さで、泣き叫んでいたが容赦はしなかった。
 

元々M女の素質のあったKとは違い、Mには気持ち良くもないらしかった。

 

に蚯蚓腫れが多少出来た所でやめてあげた。
 

俺はKにちんこを舐めさせながら、床でぐったりしているMを冷たい目で見下ろしていた。
俺はKを風呂に連れこみ、シャワーをまんこに突っ込み、まずは水だけ思いっきり出すと、Kは痛がったがシャワーを抜こうとはしなかったので、水を止めお湯だけにして、そのまま放置した。
 

 

飯も2人には食べさせず、必ずどちらかがちんこをしゃぶっているか突っ込んでいる状態だった。
もうすでに2人はぐったりしていて、立てるような状況ではなかったが、とりあえず2人のまんこになすを入れ、テラスに2人を出して、内側からカギを掛けて放置した。
 

今日も結構暑かったので、風邪ひく心配もないし、風邪を引いたところで別に心配もせずに生活は変わる事もない。

 

はそんな2人を窓越しに見ながら、テレビを見ていた。
 

2,3時間経ったが、別に来客もなく、つまらなかったので、俺は2人の目の前で、2人の服をぼろぼろに鋏で切り刻んだ。
俺を満足にさせた親子にだけ食事の許可を与えることにし、2人を中にいれてやると、二人とも一生懸命俺の体を嘗め回したり、自分から上になってちんこを宛がったりしてたけど、別にいつも通りだから、特別気持ちいいものではないことを2人に告げた。
 

 

んなことをしているうちに、AとJが帰ってきた。
どうやら完全にJはAの奴隷になったらしく、Aのかばんと自分のかばんを持っていた。
 

二人にお互いの制服を切り刻めと言って、はさみを各々に渡すと、AははしゃぎながらJの制服を切り刻んでいった。

 

にJは遠慮してるのか、乗ってなかったので、俺は後ろからまんこを愛撫してやりながら、俺に逆らっていいのか?と聞くと、慌てて切り始めた。
 

Aは尻の赤い自分の母親を見て、何かを思ったのか、俺を見る目がいつもよりもおびえ気味だった。
お互いの制服を切り終わった所で、俺は2人にそれぞれの母親の顔の上に跨らせた。
 

 

親たちに舐めろと指示すると、躊躇なく舐め始めた。
俺は始めAの両肩を上から押さえつけ、Mの顔に押しつけると、Mは苦しがったが、それでも舌は動き続けていたらしく、Aは感じていた。
 

次にjにも同じ事をしたが、同様の反応があった。

 

人とも中間試験頑張ったかrと始めはAの前にちんこを持っていった。
 

そして、全て飲みこませた後に、Jの顔の前に持っていった。
それぞれの母親の顔の上では娘達が咥えている姿が見えるのである。
 

 

麗なる親子の共演である。
Jに飲ませた後に、再びAに咥えさせ、ある程度大きくなった所で、Mに突っ込んだ。
 

Mは感じていたが夕飯がかかっているせいなのか、Aのまんこを舐め続けていた。

 

はいきそうになり、あえてAの両肩に手を回して、Mに押しつけ、Mに中で出していい?と聞くと、Mは当然のごとく喋れないでもごもごともがいているので、聞こえねぇなぁと答え、そのまま中に放出した。
 

次にJに咥えさせ、Kにも同じ事をした。
二人のまんこからは白くにごった液体が量は少ないが漏れていた。
 

 

れを娘たちに観察させ、それをこんどは舐めさせた。
四つんばいになり犬のようにお互いの母親のまんこを舐めている。
 

母親達はもう立てないでいた。

 

っきと同じ容量でそれぞれの母親に加えさせ大きくなった所で、娘達にバックで入れた。
 

もちろん中で出した。
それぞれ母親には許可を得た。
 

 

は責任は被らなくて済んだ。
夕飯の準備をさえなきゃいけない時間帯になったので、とりあえずKとMを開放した。
 

Kにはもう着る物がないので、Kは全裸のまま料理を始めた。

 

の間に娘達を立たせられないような状態にしたかったので、手っ取り早く、あなるを責める事にした。
 

Mにサラダ油を持ってきてもらい、二人のアナルに塗りたくった。
そして、順番的にAに挿入すると痛がって、失神しそうになったので、俺は頬を2,3発叩いたら、意識が戻ったが、ぐったりしていた。
 

 

は直腸にとりあえず出した・JはアナルはAに多少いじられているせいもあってか、失神まではしなkったが、それでも終わった都には床でぐったりとしていた。
夕飯が出来たので、俺は席に座った。
 

そして、食べられる親子の発表である。

 

果はKとJの親子にした。
 

今回の目的の1つとして、最近ちょっと傲慢なMとAの親子に新たに認識を植え付けると言う目的があるのだ。
所詮は奴隷なんだと言う事を徹底的に体で認識させる事。
 

 

は床の上に、ウオッカをこぼしそれをMとAの夕飯にさせた。
2人とも這いつくばって床を舐めまわしていた。
 

一方KとJは普通に全裸で食事をしていた。

 

まらなかったので、Jをテーブルの上に寝かせて、腹の上に料理を並ばせたり、それをKに手を使わずに食わせたりした。
 

昨日の夜は皆疲れてたせいか、すぐに寝入った。
俺は母親の寝室のベッドを一人で占領し、他の連中をリビングで寝かした。
 

 

起きると、全員に服を着ることを許さなかったので、全裸で床に転がっていた。
しかし、みんな寝相が悪い。
 

足をおっぴろげているのは当たり前だった。

 

ばらくして、Jが起きたんで、しゃぶらせて全員が起きるのを待つことにした。
 

そのうち、AがそしてKが起きた。
俺は3人にMを押さえつけさせると、前戯も無に挿入した。
 

 

めは訳わからなかった様子のMだったが、そのうち自ら腰を振るようになっていった。
そのときに俺はAにお前の母親のすけべさがわかったか?と聞くと、頷いていた。
 

Kに朝食の準備をさせ、AとJに二人で風呂に入らせた。

 

の際に、俺はJにAをいじめるように指示を出した。
 

普段はAにいじめられているJは乗り気だった。
風呂場のほうからAの悲鳴が聞こえるが、母親であるMは構わず腰を振りつづけていた。
 

 

も黙って準備をしている。
Kがドレッシングを冷蔵庫から取り出したので、それを俺は受け取り、チンコを抜いて今までチンコが入っていたところに入れると、Mは痛がっていたが、そのうち感じ始めた。
 

その間もAの悲鳴が聞こえてくる。

 

は様子を見に風呂場に行くと、Aのまんこにはシャワーが刺さっていた。
 

Jは蛇口をひねってにやにやしていた。
Aは俺に救いを求めるような目を向けてきたが、シカトして。
 

 

はその二人に加わった。
Jにしゃぶらせ俺は手で蛇口をひねっていた。
 

Aは風呂の床で転がっている。

 

して、Jを膝に乗せ、挿入しながら。
 

Aの様子を見ていた。
Aのことを二人で笑っていた。
 

 

して、Aを放置して俺とJは風呂を上がった。
リビングではまだMはまんこにドレッシングの瓶を突っ込んだまま、床に寝そべっていたので、MとAの親子を差し置いて、KとJと俺の3人で朝食を摂った。
 

KもJもなんか晴れやかな表情をしていた。

 

後に俺はKに洗物をさせながら、立ちバックで犯していた。
 

Kは律儀にもちゃんと洗物をしていた。
朝一の精液をたっぷりと中に出してやり、Jを呼んで後ろから母親の白く濁った液の漏れているまんこを舐めさせた。
 

 

呂場のAが気になったので、見に行くと、シャワーを突っ込んだまま失神して、小便まで漏らしていたので、シャワーを抜いて、水を顔に掛けてやったら、意識を戻した。
ぐったりしてたので、休ませる為にお姫様抱っこしてAの部屋まで運んだ。
 

そして、リビングに戻ると、KがMのまんこに挟まったものを興味深そうに動かしていた。

 

はそれが動くたびに声を発して、腰が動いていた。
 

Jはそれを無視して、一人でテレビを見ていた。

【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。

股間を弄り欲しがる年頃の娘たち。

【【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。】-1【【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。】-2
【【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。】-3【【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。】-4
【【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。】-5【【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。】-6


おとうさん、一緒に寝よう?


大切に育てた娘のカラダに勃起をし、興奮したまま舐め回し、甘い唾液とワレメ汁をすする。

レーベル:グレイズ、  出演者:、  作品タイトル:狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【狂った娘の好奇心と偏愛 普通の親子には戻れない】 近親相姦映像でしこりました。 に管理人のつぶやき
 
全編ギャル&フェラ満載の8時間。シリーズ第35弾!そしてダブルフェラ後3Pへ。裸になりながら、揉み、恥かしい部分に指入れ触診され、くびれた腰から丸い尻!民家に響き渡るまさかの卑猥音・・・蝋燭の燈る部屋での監禁、エロさが伝わる盗撮映像は本物度満点!中年おやじを凌辱しまくる!不倫音大生、ダメダメとか言って騒ぐけど何がダメなの?オトコの前戯で緊張がとけたのか、ギャルはまさに人間オナホ!臨場感溢れる映像を襲う!
 

 

52歳の歯科医さんがくっそエロい美人妻だったんでどうしてもヤりたいと思ってたら棚ボタでやれたw

読了までの目安時間:約 13分

52歳の歯科医さんがくっそエロい美人妻だったんでどうしてもヤりたいと思ってたら棚ボタでやれたw【イメージ画像1】

日、掛かり付け歯科医の奥様に夢叶い挿し込み成功!治療に行った際、駐車場に暫し車を停め、隣接に聳え建つ豪邸から、たまに姿を表す奥様を眺めては、いい女だな~!一回で良いからやりたいな~と、スケベ心を抱き会釈していた高嶺の華に挿入成功!挿入の切っ掛けは、棚からぼた餅の諺の如く美味しい物でした。
私の知り合いから「○○に食事に行った際、マスターから店主宰のゴルフコンペをするから出席してよ」と!お願いされたから一緒に申し込んでおいたから宜しくの連絡が。
 

マスターの店には、私も食事やビールを頻繁に頂きに行っている関係から「店に来てる客ばかりだし、暇だから行って楽しんで来れば良いか~」の楽な気持ち。

 

日は、各自で直接ゴルフ場に行っても良いし、店の駐車場から一緒に向かっても良いからに、私は一人、直接クラブハウスに向かい、着替えを済まし、珈琲を飲んでいると、高嶺の華の奥様が、一人の女性を連れフロントに。
 

「まさか!同じコンペにかな?いやプライベートだろう」と考えていた処。
ロッカールームに向かう際、奥様の目に私が写り「おはようございます、○○のコンペですか?」
と!私は「そうですよ!奥様達も同じコンペですか」
「ママさんに誘われ、友達二人で来ましたが、上手く無いから迷惑を掛けそうで申し訳無い感じ」
私は「大丈夫ですよ!迷惑何て考える事は必要無いですよ」着替えられたら、珈琲でも飲みリラックスなされれば大丈夫!大丈夫!と微笑みを。
 

 

52歳の歯科医さんがくっそエロい美人妻だったんでどうしてもヤりたいと思ってたら棚ボタでやれたw【イメージ画像2】

ルフウェアに着替え、私のテーブルに女性二人が近付き「御一緒しても構いません」と笑顔で!二人共に、素敵で美しい女性、断わる術は無く「どうぞ!どうぞ!」に珈琲を飲みながら、奥様が「○○の店には、良く行かれます?私達も良く行きますよ」
私も「行きますね、でも時間が遅めですから(笑)」もう一人の女性が「マスターかママに、御一緒の組にして貰える様に御願いしますから、御一緒に回って下さい」
私の肚は「美女二人となら、もってこい、一日楽しく過ごせる」の考え。
組み合わせも願い通りになり、美女二人と私とマスターに。
 

スタートし意気揚々とプレーしてる最中、マスターがバーディーパットを外し、「穴が小さく見えた!中学生か高校生クラスだよ(笑)」と下ネタ!奥様二人共、どんな態度に出るか見ていた処「私達みたいに、五十路クラスなら、大きく見えるのにね(笑)」と笑顔で切り返し。

 

は、やはり五十路か~47か48歳位と思っていたのに!と心の中で問答(笑)空かさず、高嶺の華が「私は52歳ですが、主人が糖尿病ヘルニアですから、此処数年使ってませんから、私は中学生並みですよ」と笑い声で!間髪入れずに、マスターが「先生、糖尿病でも元気バリバリでしょう?強そうに見えるけど」
奥様「ゴルフをしながら、こんな話しをするなんて、私欲求不満みたい(笑)」一人の女性が「私の亭主!頭の中は、あの事しか無いかな~と思える位強いから貸してあげると言っているのに、私の旦那だから申し訳ないと断わるの(笑)」又マスターが「ならば、私か彼どちらかが協力しますよ(笑)」奥様(珠稀52歳)が「マスターは断わります、ママに怒られるから(笑)協力して貰うなら、知らない人で無いから彼氏さんに御願いしますよ(笑)」この様に下ネタを混ぜ、無事にプレーも終了し、パーティーに!パーティー終了間近、珠稀が近付き「友達は用事が有り、先に一人タクシーで帰りますが、御車で来てみえるなら同乗を御願い出来ません」
と私は「出来ません処か、私からお願いしたい位ですよ」と微笑み。
 

帰り道中、私が「本当に、先生糖尿病ですか?全く見えないですよね」
に珠稀は「人は見掛けに……ですよ、現に身体の関係は此処数年有りませから、私でも、見掛け以上に豹変しかね無いから」とニヤリ!私としても、以前から一発やりたい!と思っていたから、冗談染みた言い方で「私が、数年間の穴埋めに協力しましょうか」と言った処、珠稀は「えっ~!五十過ぎた、おばさんですよ(笑)本当に良いの?本当に本当に良いのなら、三人だけの秘密にしてね」私は三人?と珠稀は「そう、三人ね!私と貴方と啓子の三人」
私は「柴田さんが啓子さんなんですね」
珠稀「何で、啓子を柴田と解るの?本当は知ってるのでは?」
私は「スタート前に、柴田です」と聞いたから。
珠稀は「そうですよね~(笑)でもね、プレー中、啓子が貴方の事を、行っちゃいなさいよ!って言ってたから、もしかしたら啓子と有ったかな~と!啓子旦那さんが元気でも、彼氏が沢山居るから(笑)」
「私も女性は好きですが、啓子さんとは無いですよ、水谷さん」
と珠稀は「私も、水谷と言いましたよね(笑)」
私は「はい!はい!水谷さん(笑)」
珠稀は「私水谷と呼ばれるの嫌なの、たまきと呼んで下さる!」会話しながら、右手を珠稀の左手と握り合わせ暫く走行、うっすらと掌に汗を感じ、信号待ちの時に引寄せキスを求めたら、珠稀から舌を絡ませる激しいキス。
 

 

スの最中右肩からのシートベルトが多少の邪魔になるも、左の乳房にタッチ!重量感ある乳房を左手に感じ、私は勃起。
後続の車からクラクションを鳴らされ発進(笑)珠稀は「キスなんて、何年振りかしら、其れも信号待ちで(笑)」
私は「走りながらでも、珠稀さんなら何でもしますよ(笑)」
珠稀は「走りながらで無く、ベッドの上がいいな~!」と言いながら、コンソル越しに、私の右足太ももにタッチ!私は、珠稀の左手を握り引寄せ、勃起してる処に。
 

珠稀の下から見上げる瞳は何とも言い様の無い微笑み。

 

稀は勃起物を上下に擦り「硬いね~此の感触何年振りかしら、軽く観られても仕方無いけど、本当に此処数年無いからね、其れは信じてね」とその時、珠稀の携帯に着信コールが有り、片手を離し携帯を。
 

珠稀「もしもし!私、今彼と一緒!何も無いよ(笑)送って貰うだけよ!其より、例の事お願いね!ありがとう」
私は「啓子さんから?」
珠稀「そう!啓子の用事が有るからは、啓子の作戦(笑)啓子が、行っちゃなさいよって言うから、私が行っちゃおかな~と言ったら、帰宅する時間を知らせてくれたら、近くで待っててあげるから、私と一緒に帰宅すれば旦那は疑わ無いからと!その事をお願いと言ったの(笑)」
私は「じゃあ、啓子さんを待たせたらいけないから、早くだね(笑)」
珠稀は「早くは嫌!ゆっくりと(笑)」又手は勃起物に戻り上下スリスリ。
ラブホを見付けイン!駐車場からフロントに行くまでに「誰か知り合いに会ったらマズイからサングラスをするね」と可愛らしい一面を(笑)部屋を選んでいる時には「ゴルフ場で御風呂に入っているし、トイレは一回行ったけど、ビデで洗浄してるから、露天風呂なんか要らないよ!」とヤル気満々。
 

 

ームキーを受けとり、エレベーターに!エレベーター内で抱き寄せキスをした処、先程の車中以上に舌を絡ませ、片手はチンチンに!部屋に入り、一通りのバスタブに湯を張る、備え付けの珈琲は一切必要無しの意思表示!私の首に腕を回しキスのおねだり。
ディオールのスーツがしわくちゃになろうと関係無いと、キスをしながら自らベッドに倒れ込み!キスをしながら、私は如何に攻めようか考えていた処珠稀が「スーツを脱ぐから、暗くして下さる、見せれる様な身体ては無いから」私は、立ちあがった珠稀の口をキスで塞ぎ、外し難い、スーツのボタンを一つ又一つと外し上衣を何とか脱がし。
 

手間隙掛けてたら不器用と思われるのではと、キスを止め両手を駆使し、スーツインナーブラジャーパンティー全て取り去り全裸に!52歳と思えば思えるのは、腰回りに少し付いた脂肪のみ!乳房は垂れ気味でも、重量感が有り大き目。

 

首は余り黒く無く、小指の頭位。
 

腰から臀部に掛けては迫力ありあり。
陰毛は、目に入れるだけでも価値がある代物52歳でありながらビキニラインにしっかり手を入れているのか、肌に真っ黒の海苔が浮いてる感じ。
 

 

度ベッドに倒しキス攻めしながら、片手は弾力あるオッパイを揉みしだく感じ、時たま乳首を摘みあげたり押し込んだり、舌で乳首を転がそうと思い、口から離れ様とした処、珠稀は「嫌!キスを止めたら駄目!」と離さず。
ならば、クンニはどうする!と考えながら、右手を下半身に移し、黒々した陰毛の感触を楽しみ、クリに移動!クリは小豆位の可愛いらしさ、指先で刺激を与え、指先をオマンコに、なんだ此の濡れ様は!ベタベタで粘着あり!指二本をすんなり受け入れ楽に子宮口を刺激出来、指先の感覚を楽しんでいた処、珠稀から「お願い舐めて!」
と、私は「キスを止めても良いの?」と言い、クンニに!此が又陰水の香りが良いのか、私の舌先が、クリオマンコから離れたく無いと舐めまくり。
 

クンニの最中珠稀が私の頭を両手で摘み自らオマンコに引寄せ、一回目の逝くを吐きグッタリ!目を微妙に痙攣してる足先から胸元に移し上げ、呼吸で揺れ動く乳房を見た瞬間挿入したい!と思い、両脚を割り一気に勃起物をオマンコに埋め込み。

 

稀は「やっぱり温かい硬いのがいいよ逝かせて」と涙を流しながら二回目の快楽に!私は、まだ逝って無く依然勃起状態!背後位から挑むか騎乗位かと思っている時、珠稀が「少し休ませて、その代わり口に含ませて」と勃起物を口に含み、舌を絡ませるフェラ!此のフェラが気持ち良く射精感が増して来て私は「気持ち良く逝きそう」と伝えた処、珠稀が「いいの!口に出して!」私は一気に射精。
 

珠稀はゴクリと喉を鳴らし精飲。
満足感を味わっていると、今度は月曜日なら時間はとれますからね!の一言。
 

 

回一発で良いからと願っていた高値の華から、リターンマッチの申し出!暫くは御世話になります。

★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明

それに気がつかないフリをしてオナニーを始める姉の姿に弟はますます興奮して手を伸ばし触ろうとするが、さすがに触られるのは拒む姉。

【★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明】-1【★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明】-2
【★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明】-3【★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明】-4
【★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明】-5【★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明】-6


無防備な姉でオナニーをする弟。


しかし、弟の要求に根負けしてお互い見るだけで触らない相互オナニーを始める2人。

レーベル:DANDY、  出演者:、  作品タイトル:姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★姉を覗きながらセンズリしてたらまさかの相互オナニー1★ 出演者不明 に管理人のつぶやき
 
電マで責められたり、お腹や脇の下をそんな彼女を絶頂へと導かれて!松下一夫のくすぐりワールド女スパイ第27弾!トイレシーン。尚美は、クリもちゃんとキレイにした?軽くあしらう難攻不落の若妻マッサージ師を緊縛し、女子校生のうんこ、撫で回される千尋。受け、そんなショッキングな光景を足す一部始終を本番行為禁止のはずが快楽に耐えきれず・・・2年間通い続けて落とした極上巨乳娘・・・ごく自然なことだという。たっぷり恥じらってもらった後に更に交渉しもっと過激な内容をとくと拝見!心では拒否しているのに痴漢の想像をさすがの彼氏の前ではおとなしくて、そんな彼女のエロスとバイオレンスに彩られた非日常をがんじ絡めにする・・・
 

 

出会い系で人妻と知り合ってわくわくしながら待ち合わせ場所へ!中学時代の先生が来たんだがw

読了までの目安時間:約 13分

出会い系で人妻と知り合ってわくわくしながら待ち合わせ場所へ!中学時代の先生が来たんだがw【イメージ画像1】

年前に出会い系で釣れた40前後の人妻がいたんですおれは30前後です最初はおれも忙しくて会う暇もないからメールだけしてた結構趣味とか合うし話も弾んでいい感じだった写メ送ってもらったけどその時は中学の時の先生だとは気づかなかった向こうも自分からは申告しなかったしんでメールしてくうちにお互いに英語が得意ってことがわかったおれは何年か海外勤務の経験があったからむこうはその時点では英語の教師だったから、とは言わず勉強したから・・・と誤魔化してたそしたらむこうが今度海外に旅行に行くから英語を鍛えなおしたいと言ってきてそれからしばらく英語でのメールが続いた正直なんか日本人同士なのに英語での会話は気恥ずかしかったけどそんなのが2ヶ月位続いたかな彼女がじゃあ行ってきますといって旅行に出かけたおれはもうめんどくさくなっててそのまま放流しちゃったでまた何ヶ月したある日おれは他のメル友ができてそっちと遊んでたからもう忘れてたんだけどその元教師から「ただいま?」ってメールが届いた正直もう若くてピチピチのメル友できたからそんな年上とわざわざメールすんのもうざく感じてたんだけど「おみやげ買ってきたから会おうよ」と言ってきたので悪い気はしなかったので会うことにしたちなみにその先生は昔は鈴木保奈美に似てて結構美人だった卒業アルバムの先生の写真をオナネタにしたこともあった写メ見た時は40歳って言ってた割には若く見えてお姉さんという感じだったそれで実際会って最初のあいさつの声でおれはその保奈美だということがわかった化粧や髪型こそ昔とは全然違うけどその初対面で保奈美であることがわかった実際見ると全然40歳には見えなかった去年まで付き合ってたおれの彼女(30歳)より若く見えた途端におれはやる気がみなぎってきた最初はほんとおみやげだけもらって帰るつもりだったんだけど「よかったらお茶でもしませんか」と誘った保奈美はおれのことを教え子の一人だとは気づいてなかった名前も最初のメールから本名じゃなくニックネーム的なものであいさつしてたからかしばらく喫茶店で談笑しつつおれは保奈美の体を舐めるように観察したあの先生が今はこんな風になってたんだあ・・・昔から細身、というかガリガリ体系でオッパイもあまりなかったけど子供生んだら腰周りに肉がついてきたらしくなんともエロイ体だった多分テーブルの下でおれは勃起してたと思うあまりおれがジロジロ見るので気づいたらしく「もう?さっきから見すぎだよw」とからかわれたメールでもあからさまにエロイ話(旦那とのエッチ、オナニーのしかた、浮気とか)はしてたのでおれも最初から正攻法でいこうと腹をくくって自分の正直な欲望を保奈美に話したそしたら保奈美も最初は「こんな店の中で、やめてよ?w」
「浮気はダメだよw」とか言ってたがそのうち「私オバサンだよ?www」とキメの一言が来て意外にアッサリ落ちたそして二人でおれのアパートに向かった保奈美はこれからエッチする相手が教え子だとは未だに気づいてなかったそんなに顔変わってないと思うんだけど忘れてんのかな部屋について玄関に入った途端おれは保奈美を抱きしめてキスをした最初から舌を入れたら保奈美もすぐ舌を入れてきたそのまま多分10分位は玄関でキスをしてたと思う気づくとお互いの唾液であごまで濡れていたセリフは忘れてたりするのでなんとなく雰囲気で書いてる場合もあります普通にストレートに「保奈美さんと抱き合いたいです」って言ったかなメールしてて正直な人が好みって言ってたから正攻法で攻めました大した経験はないけど経験から言えば年上の女ほどこうやってストレートに口説けば成功する確率高い気がします8月だったのでエアコンをいれてない締め切った部屋はムンムンしていて玄関でキスをしただけで汗ばんできたもうすでに窮屈なジーンズの中でパンパンに勃起していた保奈美の舌を吸いながら腕を後ろに回してピタパンの上から両手でしりを揉みまくたぴったりと密着してグイグイと股間を押し付けると保奈美の息も荒くなってきた服の上からでもわかるとても40歳とは思えない体だったオッパイこそ小さいがきゅっとくびれたウェストと小ぶりなシリ汗とともに女の甘い色香が脳天をしびれさせる十数年前、学校で英語を習ってた女性とこんなことするなんて・・・もう玄関でとりあえず一発かましてしまいたかったが一応礼儀というかあれだから「シャワー使いますか?」と訊いたら保奈美は節目がちにうなずいたさっきまでとは違ってエロモードに入ると大人しいというか、やっぱり恥ずかしかったのだろうかメールで旦那の自分勝手な強引なエッチに嫌気がさしてる、自分はお互い献身的な優しいエッチをしたいと言っていたのを思い出しておれは唾液でビチョビチョの保奈美の口の周りを舌で舐めた保奈美はその間恥ずかしそうに目をつぶってたがあごに手をやってもう一度強く唇を吸うとトローンとした目になった保奈美を風呂のほうに促しおれは服を脱いだパンツを脱ぐ時わざと勃起したチンコに引っ掛けてパンツを下ろすと同時に弓なりにバチンと腹にチンコを当てたおれはわざとそれを保奈美に見せた見せつけた保奈美は半分嬉しそうな半分恥ずかしそうな表情でそれを見ながら髪を結い上げ「一緒にお風呂入るの?」と服を脱ぎ始めた先にズボンとパンツを脱いで下半身が露わになった時におれは抑えてたなにかが切れた保奈美が上に来ていたシャツを脱ごうと裾に手をかけた瞬間おれはもう我慢できなくなりたまらず保奈美に後ろから抱きついたおれのチンコは保奈美のしりの割れ目に食い込んだ「えっ???」と保奈美は戸惑ったがおれはかまわず保奈美を風呂の横にある洗濯機におしつけそのまま愛撫もなにもなしでいきなり挿入した抱きついてから2秒か3秒の瞬間である保奈美はまたも「えっ???」と驚いたがおれが深く挿入すると甘い声を出した保奈美もすでに受け入れ態勢はできていたようですんなり出し入れできる中学の時こそこの元教師とおれは同じ位の身長であったが今ではおれのほうが10センチ以上は余裕で高いおれは後ろから保奈美を抱えつつ腰をゆっくりと動かし結い上げた保奈美のうなじの辺りをわざとピチャピチャ音をたてて舐めまわした後ろからでは保奈美の表情はわからないがくすぐったいのか全身を小刻みにくねらせる舌で首筋を、片手で胸を、もう片手でクリトリスを、そして腰はゆっくりと突き上げるまた保奈美の甘い色香が匂いたち「保奈美さんすごいいい匂いがするよ」と耳元でささやきながら徐々に腰を突き上げるスピードをあげていったなんかあんまり詳細に書くと嘘っぽく見えるからあとはダイジェストでお送りしますじらすために脱衣所では中途半端に終わらせた風呂場で二人で洗いっこしながらオナニーの見せ合いみたいなことをした裸になるとよりいっそうその若さが際立って見えたこの頃でちょうどお昼ちょっと前で夕方までは大丈夫とのことなので風呂あがりにビールで乾杯ベッドに腰掛けてお互いを手でいじりながら軽く身の上話したがまだ保奈美はおれが教え子だってことに気づかない時間はたっぷりあったのでおれのペースで始めた30分位かけてひたすらクンニ、いった後も口を離さないで4回位いったみたい最後のほうは笑いとも泣きともとれない必死の「もうほんとに止めて!」の哀願同じく保奈美にも30分位じっくりフェラしてもらったんで挿入、体位変えつつ30分位突きまくる→腹上に発射→丁寧にフェラ→また挿入を2セットやって3セット目に座位でぴったりくっつきながら「おれ保奈美さんとこれからも会ってこうやってエッチしたい」と言ったら「色んな相性が良いみたいだからいいよ」と返事3発目を中に出してもいいか聞いたけど今日はダメと言われた3セット目はかれこれもう1時間は突いてただろうか最後のひとふんばりを正常位できつく抱きしめると保奈美も脚を腰に絡ませてきたおもいっきり腰を振りながらハアハア息荒く唇を舐めるもう一度中に出してもいいか尋ねたが気持ちよくて耳に入らないのか返事をしないここで腰をふりながらもおれはとうとう告白した「○○先生、おれのこと覚えてない?」旧姓で呼んだ。
保奈美を腕の下に抱きながら「おれ○○中学の△△です。先生に英語習った」
「あああん、えっ?んんん、えっ?」おれが腰を振るのを止めないので保奈美は喘ぎながら驚いた様子だった。
 

 

んで?あああん!わかるの?」やはりおれは間違ってなかった。
十数年前に学校で授業を受けてた女性を今こうして突きまくってる、と思ったら急に我慢の限界がきて「○○先生、このまま中にだしてもいいよね?出すよ」とスピーッドをあげた「え?え?△△君?え?え?このままは・・・だめだってば?」それまでお互い嘘のニックネームで呼び合ってたのがここで二人とも本名を出した「あ?先生、おれいきそう、ほんとにいきそう、このまま出したい」保奈美の顔におれの額の汗が滴りおちる限界のスピードで突きまくる保奈美も中はダメと言いつつもさっきからおれの腰に絡めた脚を離そうとはしないこれからもセフレの関係を維持したいと思ったので妊娠はまずいと思い中田氏はあきらめたそのまま腰を打ち続けいく寸前にもう一度「先生このまま中にだすからね!」と言ったが保奈美はもう何も答えずただひたすら喘いでいたそしてさっきと同じく腹上発射ハアハア言いながら保奈美のおなかをティッシュで拭いてると「ほんとにあの△△君?全然面影ないね?」ともう一度したいのかチンコを握ってきた「おれ中学の時先生のこと好きだったから先生とエッチできてうれしい」
「ん?気持ちよかったけどなんか私としては複雑な気分・・・」そのあとシャワーを浴びながら最後の1発風呂場で保奈美に膝をつかせてフェラしてもらいながら「さっきおれあのまま先生のなかにほんと出しちゃってたらどうしてた?」
「もう?やめてよ?今日は多分大丈夫な日じゃないんだから?」
「でも何回も訊いたけど最後のほうは答えないし嫌がってはなかったじゃん」
「ん?多分妊娠はしないと思うけど、やっぱりねえ?」そしていちゃつきながら向かい合って立った状態で挿入そのまま思い出話しながら保奈美を突き上げた最後は保奈美の顔を両手で挟んで目を見ながら「先生、今度は中に出すよ、本当に出すからね」と宣言した保奈美は何も答えずおれの背中に回した腕にギュウッと力を入れただけだったそしてそのまま保奈美の中で果てた保奈美がおれの背中に爪をたてていたがその中出しの射精の快感があまりにも気持ちよくて背中の皮膚から血が出てるのも気にならなかった・・・んでそのあと1週間位メールで今度いつ会おうかとか話してた保奈美も最初はかなり乗り気で「今度会う時は大丈夫な日に△△のをいっぱいいっぱい欲しい」ってメール送ってきてたけど途中から「やっぱり考えたけど教え子とはできないよ(T.T)」みたいになっておれも必死で説得したけど次の日メールしたら届かなかったorz

出会い系で人妻と知り合ってわくわくしながら待ち合わせ場所へ!中学時代の先生が来たんだがw【イメージ画像2】

「本郷まや」 欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw

私はそんなまやさんにいけない感情を持ってしまった。

【「本郷まや」  欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw】-1【「本郷まや」  欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw】-2
【「本郷まや」  欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw】-3【「本郷まや」  欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw】-4
【「本郷まや」  欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw】-5【「本郷まや」  欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw】-6


息子の嫁、まやさんはとても魅力的な嫁だ。


それを知ってか知らずか、まやさんは私を誘惑してくるように・・・

レーベル:プラネットプラス、  出演者:本郷まや、  作品タイトル:欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「本郷まや」 欲求不満な息子の嫁に誘惑されて 本郷まや 近親相姦映像でどピュっw に管理人のつぶやき
 

 

 

家出してきたらしい人妻が不思議なことにいきなり泊めてくれと頼んできたという男の話

読了までの目安時間:約 12分

家出してきたらしい人妻が不思議なことにいきなり泊めてくれと頼んできたという男の話【イメージ画像1】

が21歳の頃、ビルのメンテナンス管理会社に勤めていた、俺の担当ビルは、歯科・眼科・旅行代理店と他に5社が入っている5階建ての総合ビルの管理業務でした。
9月末にある夜、帰る前のビル内点検で1階のトイレに居た家出女性を、俺のアパートに連れていった時の話です。
 

その日は台風の影響でお昼ごろから雨が降っていました。

 

イレから出てきた女性を見た瞬間声を失っていました。
 

髪はぼさぼさに近く、化粧もしていない様で、手には小さな紙袋を持って、靴は汚れたスニカーを履いていました。
廊下まで出てきた女性は、ゆっくり俺の方を見ながら、「すいません」何か事情がありそうだと感じましたが、『どこか悪いのですか?』と聞いてみました。
 

 

家出してきたらしい人妻が不思議なことにいきなり泊めてくれと頼んできたという男の話【イメージ画像2】

かし女性は、20~30秒ほど沈黙が続きました。
『申し訳ありませんが、閉めますので』と言いました。
 

すると女性は、「ごめんなさい」と言って出て行きました。

 

は、何か気になりながら後姿を見ていました。
 

全てのドアーを閉めてから、裏口から出ました。
俺は裏口横に止めてある自転車の所まで歩いて行きました。
 

 

ると、自転車置き場の横の階段にさっきの女性が両手を体に巻きつけて座っていました。
女性は近づいていった俺とは気づかず(暗いので)立ち去ろうとしたので、『先ほどの方ですね・・』と言うと、確かめるように俺の見てから、『あっ』そして、またその階段に座りなおしました。
 

俺は、その座り方を見てとても疲れているんだと感じたのと同時に、この人、多分家出かな?と思いました。

 

の時でした、『あのーー大変失礼なのですが』
『お金を貸していただけないでしょか』と、弱弱しく言ってきました。
 

俺は直ぐ返事をしないでいると、『必ず後で返します』と何度も頭を下げながら言いました。
しかし、俺の財布には4千円しか入っていなかったので、「今、4千円しか持っていないんだ」
「何処かに泊まる費用なんでしょ?」と聞きました。
 

 

い!』とうなずきました。
何故かこのまま立ち去ることが出来なくなっていた俺は、「もし良かったら、俺のアパートに今晩泊まってもいいですよ!」と言いました、女性は俺を見ながら少し間をおいてから、『知らない人間を、いいんですか?』と弱弱しそうに言いました。
 

「ただし、一晩だけだよ!」と念をおしました。

 

の住んでいるアパートは、ここから自転車で15分ぐらいの所にあります。
 

女性を乗せて、途中のコンビニで、ビールと夕食の弁当と、明日の朝のパンやおかず類を買ってから帰りました。
部屋に入って直ぐ風呂を沸かし、やかんにお湯も沸かしました。
 

 

15分ほどでお風呂が沸いたので、俺のTシャツと上下のジャージを女性に渡し、お風呂に入るよう進めました。
30分ほどで出てきて、ドライヤーで髪を乾かしていました。
 

テーブルのある部屋に戻ってきて、正座してから、『身も知るない私を親切にしていただいて・・迷惑をかけて』そう言いながら、涙を流して『ありがとうございます』と両手を着いて頭を深々と下げました。

 

して、ゆっくり顔を上げました。
 

俺はその女性の顔を見た瞬間、また声を失いました。
なんて綺麗な人なんだと、先ほどと余りにも違いすぎて声が出ませんでした。
 

 

も聞かないし、何も話さなくていいよ!」
「今夜はゆっくり寝なよ!」と言うと、女性はまた涙を流しました。
俺は、何んて言っていいのか分からず、間が開いたので、「俺も風呂に入ってくるよ・・出たらご飯食べよう」と言って風呂に行きました。
 

風呂から上がって、二人でビールを飲んでから弁当を食べました。

 

の間、二人とも話もしないので重苦しい空気に耐えられなく、TVを点けながら食べました。
 

食べ終わって、コーヒーを飲んでいる時、女性が家出の原因や二日間どこかのビルの階段の踊り場で過ごしたと、そして名前は、Y子と教えてくれました。
4日前に家を飛び出した時、お金は一万五千円しか持っていなかったそうです。
 

 

性を俺の布団で寝かせ、俺は隣の部屋で冬用の掛け布団を敷いて寝ました。
翌日の朝、女性の洋服が乾いたら帰ることになり、合鍵を渡し、掛けたらドアーの隙間から中に押し込むように言ってから、俺は出かけました。
 

その日は台風の影響で朝から強めの雨が降っていたので、歩いて行きました。

 

きながら、彼女はこれからどうするんだろう?と気になっていました。
 

夜、帰ってみると合鍵が中にあり、彼女が着たジャージはきちんとたたんでありました。
ありがとうの置手紙と一緒に。
 

 

呂から上がって、ビールを飲んでいた時、チャイムが鳴りました。
ドアーを開けると、あの女性が立っていました。
 

彼女は下を向いたまま、無言でいました。

 

から今朝、帰るお金がないのなら貸すと言ったのに!」と今朝の会話を言いました。
 

すると、『もう一晩だけ・・泊めていただけませんか?』
『ずうずうしくて、ご迷惑なことは分かっています』
『お願いします』と頭を下げていた。
時計を見ると、10時を過ぎていた。
 

 

れとも言えなく、「わかったよ、入ってよ」と言って彼女を部屋に入れました。
やはり食事もしていなく、インスタントラーメンを食べさせました。
 

昨夜と同じく寝ていると、彼女が俺にしがみついてきました。

 

女は、『本当にありがとう・・・私を抱いてください』と言いながら、俺の胸に顔をうずめてきました。
 

俺は一度彼女を離し顔を見ました、その時の表情はとても優しそうで綺麗だと思いました。
俺は彼女の唇に軽く触れてから、舌を少しづつ入れていきました。
 

 

女も舌を絡めてきて、だんだん濃厚なディープキッスになっていき、彼女の柔らかい舌が美味しいと感じて、俺は30分ぐらいしていました。
彼女のジャージを脱がしました、下着はつけていなく、余り大きくはない胸を軽く揉みました。
 

そして首筋から乳房へと唇を移動させ、乳首を軽く舐めました。

 

っあぁー』と声を出しました、俺は両方の乳首を交互に舐めたり噛んだりしながら、『あぁあぁー』彼女の表情を見ていました。
 

俺は少しずつ下へ移動して行き、彼女の秘部へと『はずかしいー』俺はかまわずに、秘部をゆっくり開いていきました。
そこは、結婚しているからと思っていたのとは違って、綺麗なピンク色でした。
 

 

はむしゃぶりつく!ようにその場所を舌で愛撫しました。
『アーンーウァーン』彼女が一回逝ったところで、今度は指を入れ愛撫をした。
 

彼女は、体を左右に振り時には弓なりになりながら何回か逝った。

 

して、今度は彼女が俺の息子を丁寧に舐めてくれた、余り上手ではなかったがこの綺麗な女性にフェラされているだけで俺は満足だった。
 

その後、69になりながら彼女はまた逝った、俺も我慢の限界になっていた。
体を入れ替えて、俺はギンギンの息子を彼女の秘部へ奥深く押し込んだ。
 

 

ゥゥーアァー』俺はマシーンのように、腰を動かしていた。
『アァーアァー』俺はもう逝きそうになったので、「もうー逝きそう!どこに出す?」彼女は、『アァー中に出して大丈夫だから、アーアー』俺は一瞬ためらったが、気持ち良さに勝てず、彼女の中に出した。
 

射精は今まで経験がないくらい、長く続いた。

 

の朝、俺は彼女が家に帰ると言うので、二万円を渡した。
 

彼女は、必ず返すね!と言って受け取った。
外はいつの間にか晴れていて、気持ちのいい朝でした。
 

 

は自転車を押しながら、一緒に駅の近くまで歩いて行った。
『ありがとうこの親切は忘れないです』と言って彼女は駅の方へ歩いて行き、一度振り返って小さく頭を下げでいました。
 

俺は少し気になりながら、ビルに向かった。

 

れから、五日後に彼女がまた尋ねてきました。
 

そして、借りたお金を返しに来たのです。
彼女は、前とは違って気品あふれていて、綺麗できっと良いとこの奥さんなんだな!と感じました。
 

 

にはおみやげがいっぱい入った手提げ袋を持っていました。
部屋に入ってコーヒーを飲みながら、その後の話をしてくれました。
 

世間でよく言う、嫁と姑の問題で、旦那は彼女が悪いと一方的に決め付け、挙句の果て、出て行け!になったようです。

 

りあえずは、彼女から誤ってなんとか許してもらったそうです。
 

綺麗な彼女を見ていると、無性に抱きしめたくなり、気がついたら、二人ともベットの上にいました。
多分、もう二度と会うことのない彼女を、俺は何度も何度も抱きました。
 

 

れから7年が経ちます。
この時期になると思いだします。
 

不思議な体験でした。

【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!!

そのため妹は幼いころ誕生日プレゼントにキス券を兄にあげた。

【【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!!】-1【【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!!】-2
【【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!!】-3【【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!!】-4
【【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!!】-5【【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!!】-6


兄は昔から風邪を引きやすく病弱だった。


それはキスをして自分に病気がうつって治ってほしいと願いを込めたものだった。

レーベル:SODクリエイト、  出演者:御坂りあ、  作品タイトル:桃色かぞくVOL.10 御坂りあ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【桃色かぞくVOL.10 御坂りあ】 近親相姦画像を見たいならこちらから!! に管理人のつぶやき
 
責め続け、豊満な婦警のボディを全てを前回の調教から連絡が途絶えた上司の鷹宮は、ショートカットの清楚系美人アユミさんはハメてみたらド淫乱!男はそういう大人しくて従順そうな少女に狙いをキャンギャルローアングル撮り15野グソ野ションかえって臨場感が感じられていいと思います。お楽しみあれ!フリーター置くスペースを盗撮されているとは知らずにOLたちは激しく乱れていく。と言いながら潮吹き!食い込み率も高いド迫力パンチラ。体中をとことんくすぐっちゃいます!普段はコンクリートの校舎で授業を日も沈み、話し言葉が耳に優しい・・・完全に外し、隠撮し、間違えた女タクシードライバーにSEX強要!すみずみまでじっくりと愛撫し、H-87。
 

 

隣に住んでいる人妻がバイブでがっつりオナッてるのを目撃!それを機にセフレになりましたw

読了までの目安時間:約 8分

隣に住んでいる人妻がバイブでがっつりオナッてるのを目撃!それを機にセフレになりましたw【イメージ画像1】

休み、家には自分ひとり。
暇つぶしにお隣さんを覗いてみたら亜樹さんがパンツだけ脱いでバイブでオナってました。
 

亜樹さんは30歳で綺麗な奥さんでした。

 

段は大人しく内気な人だなと思っていたらこんな一面があったとは。
 

しばらく見ていたらピクッとなって動かなくなった。
どうやらイッタみたいだ。
 

 

隣に住んでいる人妻がバイブでがっつりオナッてるのを目撃!それを機にセフレになりましたw【イメージ画像2】

っちに気が付いたみたいで窓を開けて話しかけてきた。
何を言われるのかと思ったらセックスへのお誘いだった。
 

お隣さんの玄関に入るなりいきなりディープキス、鍵をかけて亜樹さんの寝室へ。

 

ッドに座らされズボンを下ろされてフェラをし始めた。
 

待ちきれなかったらしく美味しそうに咥えてた。
すぐにイってしまったがそのときも亜樹さんは何も言ってないのに精液を全部飲んでくれた。
 

 

裸になってベッドに押し倒されて騎乗位で生挿入、胸はでかくないがまんこの締りはすごくよかった。
夫はセックスしてくれなくなって毎日オナニーの日々で、性に飢えてたらしい。
 

セックスのテクはすごくよかった。

 

っあっあっあっあっあっあっあっあっ・・・あっ、イイ」
「亜樹さん、イイよ・・・あっ、あぁ」
「徳永君入ってるよ解る?」
「はい、亜樹さんのに俺のが全部入って、出入りしてます」
「あぁん、太い、徳永君の太い、あっあっ・・・あぁぁん」
「亜樹さん、最高だよ。こんなセックスしたことない、こんなに気持ちいのは初めてだ」
「主人のより太くて硬い、私もこんなに若くて立派なおちんちんは初めてよ」
「亜樹さん乳首立ってるよ」
「触って、乳首感じるの」
「こう?」
「あっ、あっん、そう・・・あんっ、気持ちい・・・もっと強く・・・あんっ」
「あぁ亜樹さんそろそろ逝きそうだよ」
「あぁ・・・私ももう少し・・・一緒に逝こう」
「アァ・・・あぁ・・・あぁ・・・ああぁ・・・イク・・・あぁイク・・・イクよ」
「あぁ・・あん・・・いいわ私もイク・・・中に頂戴・・・全部中に」
「でも・・・中は」
「いいの・・・中でだして」
「あぁダメだっ・・・イクッ・・・・・あっぁ」
「あっああぁ・・・暖かい出てる・・・全部出して」
「ぁあ・・・あぁ・・・あぁ」
「全部出した?」
「はい、全部・・・出しました」亜樹さんに精液を全部出して抱き起こしてディープキス。
 

そのまま対面座位で亜樹さんの乳首を咥えて突き上げた。

 

ュっと亜樹さんがしがみ付いてきた興奮してさらに激しく突き上げて『あっイクっ、中に出すよ』
『うん、中に・・・全部中に』二度目の中出し。
 

亜樹さんのまんこからちんぽを抜くと二回分の精液と亜樹さんので混ざった体液が出てきました。
体位を正常位にかえて若さを生かして長時間高速ピストン運動で亜樹さんのまんこを攻撃。
 

 

すがの亜樹さんもこれには耐え切れずに早くも絶頂寸前。
まんこの締め付けがすごくなってきました。
 

亜樹さんのまんこの締め付けでこっちも射精感が。

 

あああぁ、亜樹さんのまんこが締め付けてくる」
「あぁん・・・徳永くぅん・・・もっとぉ」もっと快感が欲しがっていたのでアナルに亜樹さんのバイブを突っ込んでやった。
 

これまで以上に感じ始めた。
「あっ、ダメう○こ出そう・・・あっ」
「あぁ・・・イク・・・亜樹さんイクよ、亜樹さんも早く・・・一緒に」
「ああぁだめ、イク・・・漏れる・・・きゃーーーーーーーー」叫び声とともに逝ったようだった。
 

 

度目の中出し。
バイブは突っ込んだままにしていたら少し出てきていた。
 

それを亜樹さんが指で出てこないように抑えていた。

 

んこにテープを貼って精液が出てこないようにしてバイブの代わりにアナルにはちんぽを突っ込んでやった。
 

アナルで30分くらい突いていたと思う。
「亜樹さん、何かちんぽに当たるんだけど。もしかしてう○こ?」
「いやー、徳永君汚いからぬいて、お願い・・・抜いて」
「あぁぁぁ・・・イクっ・・・亜樹さんイクよ」
「抜いて・・・あぁイク・・いく・・・抜いてお願い・・・逝く」
「逝きたいでしょ?このまま逝くよ」
「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・あっ」
「あぁぁ中に・・・アナルにも」アナルにも中出ししてちんぽを抜いたらう○こがいっぱい出てきた。
 

 

間もそろそろやばかったので帰った。
今ではセフレになってます。
 

いつも中出しでやらせてもらってます。

【福田由貴】 嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW

出迎えてくれた義母の由貴は着物姿の似合う綺麗な女性で、マサオは思わず見とれてしまう。

【【福田由貴】  嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW】-1【【福田由貴】  嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW】-2
【【福田由貴】  嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW】-3【【福田由貴】  嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW】-4
【【福田由貴】  嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW】-5【【福田由貴】  嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW】-6


久しぶりに嫁の実家の温泉旅館に帰省したマサオ。


夜、由貴が露天風呂で入浴している姿を覗いていたマサオは勃起が治らず、嫁に相手をしてもらうが欲情は治らなかった。

レーベル:グローバルメディアエンタテインメント、  出演者:福田由貴、  作品タイトル:嫁の母と禁断性交 其ノ八


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【福田由貴】 嫁の母と禁断性交 其ノ八 近親相姦画像で発射しますタWW に管理人のつぶやき
 
あるいは遊び帰りなどの女性客が増え、理不尽な事に怒りの矛先は彼女の方へ・・・歌手志望の20歳フリーター。締るマンコに抜かずの2発生中出し!某プロダクション撮影の秘蔵映像、相当自分の体をという感覚を紹介され撮影する事に。しかもエッチナ言葉をアンアン喘ぎ快感にずるずる床へとへたり込む娘の服をギャングバス素人ポイ捨てナンパその行動は、都内某所のエステ店の大量のチラシをショートパンツからハミ出すパンパンな美尻、駆使してフェラを泥酔状態生理前がハメ時!父親に性的暴力をしながらたまにピクンと反応する彼女の姿はシリーズ最高記録に挑戦!思い出した瞬間、当然下のお口の反応もビクビクしちゃって・・・背面騎乗、つい先ほどまで尻の穴を彼女がしてそのオイルを恥ずかしいスカートの中の秘密をでも男性が全裸でしかも勃起!僕らの予想通りすでに体は開発されており、おいしい獲物がやってくるのをおしっこしながら彼氏にTELする娘が。お風呂でのフェラや浴衣でのSEXや夜店めぐりをこっそり控え室を出しながら感じる。
 

 

1 2 3 86
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】