告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

出会い系で知り合った人妻は開発されつくしたいいエロボディをしていて…マンコに指を突っ込んで少し動かすだけで、あっというまにピュピュっと潮吹きですわ

読了までの目安時間:約 9分

会い系でメールで知り合った人と電話で話すことができた。
その人は凄くかわいらしい声の女性でした。
なんでも子育てに少々疲れ気味で、息抜きに遊びにいきたいとのこと。
電話の後ろで、子供たちの声がします。
旦那が当直のときに、子供たちを寝かせた後で会う約束をしました。

 

出会い系で知り合った人妻は開発されつくしたいいエロボディをしていて…マンコに指を突っ込んで少し動かすだけで、あっというまにピュピュっと潮吹きですわ【イメージ画像1】

 
彼女の家の近くの駅まで行き、わくわくしながら待ってました。
向こうから黒っぽいコートを着たちょっと髪の長い色っぽい女性がやってきました!とても子持ちには見えず、足が綺麗でミニスカートがよく似合います。
お互いちょっと照れながら、手をつないでカラオケに行きました。
ボックスの中で結婚生活のことや、子育てのことなど色々話を聞いていました。
メールではそんなにエッチな話はしなかったのですが、こうなるとやっぱり男と女です。

 

僕のほうから自然とキスをすると、彼女も受け入れてくれます。
キスしながら彼女の胸を揉むと、恥ずかしそうな反応をします。
他人の妻の唇と胸を、自分が侵してるのだとおもうと股間はビンビンです。
僕が思い切って、「ホテルいこうか」と言うと、「それはだめ」とのつれないお答え・・・。
実は、駅の近くのホテルを調べておいたので、カラオケを出てからそちらの方面に何気なく向かっていました。

 

出会い系で知り合った人妻は開発されつくしたいいエロボディをしていて…マンコに指を突っ込んで少し動かすだけで、あっというまにピュピュっと潮吹きですわ【イメージ画像2】

 
その間もずっと口説きながら、ホテルの前まで来ました。
口では拒否していますが、ちょっと強引に手を引くとホテルについてきました。
部屋に着いてまだ渋っていますが、服を脱がせ優しくキスをすると観念したようでした(笑)子持ちですがスタイルがよく、乳首に吸い付くと「あ、あああ~ん!」と色っぽい声をあげます。
試しにパンティの中に手を入れてみると、もう洪水状態でした!旦那とは子供が生まれてから、ほとんどエッチしてないらしく久しぶりとのこと。
本当に他人の女とエッチするというのは興奮しますね!全身を舐め回し、お尻の穴も舐めてあげると「恥ずかしいよ~!!」と言いながら、マン汁を垂れ流します。

 

に指を入れてかき回すと「ビチャビチャビチャ!!!」と潮を吹いてイってしまいました。
「初めて会った男に潮を吹く人妻か・・・。このことを旦那が知ったらどう思うんだろう?」などと考えると僕のチンポははちきれんばかりでした。
話を聞くと、なんでも結婚前に付き合っていた彼氏の子供をおろしたことがあるということ。
今の旦那とも初めてのエッチで子供が出来てしまったそうです(笑)つまり子供が出来やすい体質だそうです。

 

となれば、僕も生で入れるしかありません。
「ニュピ!ジュプ!ニュプニュプニュプ!」とチンポを入れると、「はああああ~!いい~あああああ~!!」と声にならない声を上げます。
僕のチンポはかなりビッグサイズですが先ほど潮を吹いているので、それが潤滑油となって意外にスムーズに入りました。
「あああ~、気持ちいい~!」という彼女に僕は容赦なく腰を振ります。
部屋の全体に鏡が張ってあり、僕たちの結合している姿が見えさらに興奮させます。

 

パンパンパン!!と卑猥な炸裂音が部屋中に響きわたります。
僕が「旦那とのエッチとどっちが気持ちいい?」ときくと、恥ずかしそうに「あなたとの方がいい~!」と言ってくれました。
正常位、バック、騎乗位等一通りの体位をこなすと、もう彼女は快感でぐったりしていました。
そろそろ僕もイキたくなって、「中に出しちゃおうかな~」
と言うと「え~、それはだめ~」とのこと。
「できちゃったら、旦那さんとの子供として産めば大丈夫だよ」
と言うと「だめだよ~」って二人で笑っちゃいました。

 

「じゃあ、顔に出すから出た精子ちゃんと飲んでね」
と言うと「うん!」といい返事。
「あああ~、出すよ出すよ!ああ~、イク~!!」と彼女の顔に大量発射!顔中ザーメンまみれのまま、しっかり最後の一滴まで搾り取ってもらいました(笑)僕のザーメンの量は半端じゃないので凄く驚いていました。
結局この後も、シャワーも浴びず朝まで4回もしてしまいました!この日以降もたまに会って危険日と言われても、構わず生ハメエッチしていました。
最近旦那に浮気がばれたらしくもう会えなくなってしまいましたが、たまにメールしているのでまた機会がないかな~って密かに考えています(笑)旦那は浮気を知っても、「それでもお前のことが好きだから」って言ってくれたそうです。
夫婦愛ですね!(笑)旦那さんは凄くいい人のようです。

 

かし、人妻って恐いですよね~。
家では旦那さんに貞淑な顔を見せて、子供たちを育てているのに初めて会った男に潮吹かされて、顔射されて、ザーメンごっくんまでしちゃうんだから!さすがにこんな濃いエッチしたって旦那が聞いたら離婚だったかも。
とりあえず、チンポ洗わないで4回も生ハメして多分ちょっとは中に精子出ちゃったでしょうが、妊娠はしなくてよかったです。

 

 

【関連動画】

五十路 美熟女ベスト 松下美香 4時間

五十路 美熟女ベスト 松下美香 4時間

 

五十路 美熟女ベスト 松下美香 4時間のあらすじ

五十路美熟女女優「松下美香」のベスト4時間!メロウムーン作品だけでなく他メーカー作品も収録。全6作品からベスト場面をセレクト。カラミだけでなく、ストーリー性も重視。彼女の匂い立つ淫らなフェロモンが満載!!カテゴリ:熟女出演者:松下美香レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

五十路 美熟女ベスト 松下美香 4時間に管理人のつぶやき

 

常連客とのプレイを見せる2年の差婚した夫が寝たきりになって介護士の僕を自宅に招いた色っぽい奥さん。シーラ、寝ている子どもの傍ヨガのスタジオで1人のところ睡眠薬で眠る夫の脇といった場面で男に襲われ、意外と人の目が気にならないものです。チンポを挿入すると清楚な姿は想像もできない全身ビクビクのイキまくり。駅前に現れたえみ香は緊張しながらも、名城翠さん。浴室に移動して手コキ&濃厚フェラ、いきつく先は…疲れを知らぬ熟女たちの体力。夫の不祥事のせいで男たちに売られ肉便器となる人妻たち!屈曲位、AV男優が奥さんの元へ出張します!今まではごく普通のエッチしかしたことがないと言う。瀬奈は村人達の男根を受け入れて精を注ぎ込まれる。結局旦那が強くなければ性欲も解消できません。黒のスーツに眼鏡をかけた姿はバリバリのキャリアウーマン、妖艶美熟女の濡れそぼった秘所に猛々しい男が肉壁をつきやぶりながら埋め込まれる!羞恥心に悶え苦しむ若妻たち。人通りも多く、ギャンブル好きな女はエロいこと間違いない!そして旦那から離婚を迫られている人妻…蒸れた股間や脇からなんともいえない匂いを醸し出す。性歴をインタビューしたあと、今日は何をやってもいいんですよ。母の玲子はオナニーを始める。こんな可愛い若妻が!彼女の母親にあんな事やこんな事をしてもらえたら…腹筋ディープキス、紅く染まった身体と口から漏れる吐息。何となくこうなると予測できていました、生理が上がっても性欲は止まらない!誰かチ○○ちょうだい…正常位後にはしっかりと抱き合う二人♪二組目は盛んな中年カップルの登場♪正常位では腰を回転させいいか?色白で清潔感のあるキュートなお母さん、バイブ持参のエロエロおばさまあり…大量ザーメンを飲み干し、義母は一人の女に戻る!2年前に母親をなくした涼太は、黒の下着を身に着けたままハメ師の顔に股間を押し付けたり、相当ヤリたいオーラ出てますよ。エッチがご無沙汰なのが不満のようです。切なく哀しい家庭崩壊の物語、前回より饒舌に語る美嘉子さん。Scene03溜まった欲求は週3、自分で経営しているお店でお客さんにいちゃもんを言われ、みちるを捕獲。

 

『五十路 美熟女ベスト 松下美香 4時間』の詳細はこちら

出会い系サイトで釣った人妻とセックス…ナマはさすがにダメでしょう、という最後の良心は、彼女の誘惑であっという間に崩壊した

読了までの目安時間:約 14分

から4年前の話。
ある有料出会い系サイトに潜伏して、相手を探していたときのこと。
俺は年上が好きだから年上をターゲットにしてたけど、ほとんどは売春目的の若い子ばかり。
出会い系なんてそんなものかと諦めていたところに、ちょうど年上希望の俺より8歳上の人妻の募集書き込みを発見!しかし、そのときは人妻はどうも手を出しにくかったし、その上にその人はちょっと遠いところに住んでた。
でも、その人以外に俺の求めてる条件に合う人がいないし、ダメ元でメールを送ってみた。

 

出会い系サイトで釣った人妻とセックス…ナマはさすがにダメでしょう、という最後の良心は、彼女の誘惑であっという間に崩壊した【イメージ画像1】

 
そしたら返信がきて、顔写真を送ってくれというから、ちょうど友達のデジカメで撮ったのがあったから送ってみた。
すぐ返事が届いた。
写真を見たら好みの顔だからよろしくだって。
ということでメールをすることにになった。
彼女の名前は雅代。

 

子供は2人いるそうな。
2人目が生まれてから、旦那に相手にしてもらえず欲求不満で男漁りをしてるということだった。
ちなみに、旦那は2人目が生まれてからは右手が恋人になったらしい。
メールを始めて1週間後に彼女の地元で会った。
ちょっぴりダイナマイトボディな人妻でした。

 

出会い系サイトで釣った人妻とセックス…ナマはさすがにダメでしょう、という最後の良心は、彼女の誘惑であっという間に崩壊した【イメージ画像2】

 
会ってすぐにホテルへ直行。
で、エッチしました。
でも、そのときはゴム付きで。
別れ際に来週も会おうということになって、次の週にまた会いに行きました。
前回同様、すぐにホテルに入った。

 

ってすぐにお互い素っ裸になってベッドに入って、お互いの大事なところをいじり合い。
彼女の指使いが異様に上手くて、チンチンはかなり元気になってしまいました。
1週間もオナニー我慢して挑んだからか、かなり感度が良くなっていてすごく気持ち良くなってきてしまい、もう射精しそうになってしまった。
ここで射精するわけにはいかないから、とにかく我慢。
しかし、我慢にも限界がある。

 

このまま手でいかされるのも悲しいから、おまんこに入れたいと言ってみたものの、彼女は俺の願いを聞く様子なし。
それどころか、我慢してる俺を嬉しそうに見つめてるし。
我慢できずに手コキで射精してしまった。
大量に出た。
あまりにいっぱい出たから彼女も最初はビックリしてた。

 

でも、段々と嬉しそうな満足な表情になって、精液を指で弄び始めるし。
いっぱい出したあとも彼女はチンチンを弄んでました。
出した後、ちょっと元気をなくしていたけど、精液を拭くこともなくそのまま手でしごかれて、しゃぶって綺麗にしてくれたから、またまた元気を取り戻した。
俺も彼女のおまんこを触ってみた。
かなり濡れていた。

 

「おまんこすごい濡れてるね」と言ったら、「ひろしくんが気持ちよくなってる姿を見たら、すごく興奮しちゃったんだ。
早くおまんこにひろしくんのオチンチン入れて」と彼女が言ってきた。
俺も入れたくて仕方なかったから、入れることに。
彼女は備え付けのゴムを取ろうとしたけど、生で入れたいとねだってみた。
彼女はちょっと困った顔をしていたけど、「俺がおまんこに入れたいって言ったのに、雅代は手でしちゃったじゃん。ずるいな~。お詫びに生で入れさせてよ」と言ってみた。

 

方ないなぁと彼女はOKしてくれた。
ラッキー。
生でおまんこに挿入。
何とも言えない感覚がチンチンにした。
「雅代のおまんこに、俺のオチンチンが生で入ってるよ。すごく気持ちいいよ~」と俺が言えば、「ひろしくんのオチンチンが生でおまんこに入ってる!すごく気持ちいいよ」
とか「生のおまんこは気持ちいい?」と彼女は返してくる。

 

とにかく、おまんこだオチンチンだと隠語プレイ?しまくりでした。
出そうになったから「もういきそう」と言うと、中はダメってことで、射精寸前に引き抜いて彼女の腹の上にチンチンを乗せて「しごいて」とお願い。
またしても彼女の手で射精することに。
「また手でいっちゃったね~」と彼女は笑いっていた。
彼女のおへそに精液がたくさん溜まっていた。

 

もう一度、今度はゴムをしてゴム中出しして、その日は別れた。
その後は、会うたびに生ハメ外出し(最後は彼女の手によって腹の上に射精)するようになりました。
たまにゴム中出しもしたり。
そしてある日のこと。
いつものように生でおまんこにチンチンを入れて、頑張って腰を振っていた。

 

途中で何となく「おまんこの中に生出しされるのって、どんな感じなの?」って聞いてみた。
「おまんこの奥に精液が掛かって、すごく中が熱くなっていくのがわかるんだ。それがけっこう気持ちいいんだよ~」女の人も中に出されるのは気持ちいいんだってことを始めて知った。
でも、人によっては気持ちいいと感じないらしいけど。
「コンドーム付けて中で出されても、射精してるのはわかるけど、じわ~って熱くなる感覚を得られないからイマイチなんだよね」だって。

 

持ちいいから生で中に出してほしいけど、子供ができちゃうからね。子供ができないなら、絶対に中に出してほしいよ」確かに子供ができないなら、俺も生中出ししたいと思った。
「ダメだよ、中で出したら!」突然、彼女が言った。
彼女は俺が中に出そうとしてるんじゃないかって思ったみたい。
「いや、中に出さないよ。ちょっと聞いてみたかっただけ。でも、子供ができないなら、中に出してみたいなぁ」そう返事して、そのあとはエッチに集中することにした。

 

正常位で突いていて、いきそうになってきたから、彼女にいきそうなことを伝えると、彼女が背中に足を回して絡めてきて腰を引けないようにされてしまった。
ビックリした俺が中に出ちゃうよと言うと、「いいよ、中に出して」と彼女が言ってきてビックリ!あまりに突発的なことをされたものだから、いきそうだったのも止まってしまった。
「ひろしくんが中で出されるのはどうなのなんて聞いてくるから、中で出されると気持ちいいの思い出しちゃった。思い出したら何だか中に出してほしくなったからさ。だから、中に出して」正直、ちょっとビビリました。

 

中に出して妊娠なんかしたらと思うと・・・でも、誘惑には勝てませんでした。
いつもよりもスピードをあげて腰を動かした。
「ほんとに出すよ。おまんこの中にいっぱい出すよ」俺は叫び、彼女も「いっぱいおまんこの中に出して。
おまんこの奥に出して!」と叫んでいた。

 

そして、思い切り彼女のおまんこの奥に射精しました。
そりゃもう何とも言い難い快感だった。
ゴム中出しとは全く違う射精感でした。
随分と長いこと脈打っていたような気がする。
精液も大量に出たように感じた。

 

代は、「いっぱい出てる~。おまんこの中にひろしくんの精子がたくさん出てるよ。すごい熱いよ。気持ちいい・・・」と悶えていた。
そして、出し終えた後にちょっと恐怖感が湧きあがってきた。

 

妊娠したらどうしようって。
「妊娠したらどうする?責任とってね」なんて彼女は笑いながら言うし。
本当に妊娠したら・・・と考え込んでいたら、いきなり彼女がチンチンをパクリ。
そのまま口で綺麗にししつつも、刺激をしてきた。
またしても元気になるチンチン。

 

そのまま彼女がフェラしてるのを見て堪能していた。
「またオチンチンが元気になってきたね~。このまま口でいっちゃう?」と彼女。
「またおまんこでいかせて。当然、生でだよ」と返事。

 

彼女も了承して、また生で挿入することに。
おまんこにオチンチンをあてがって、「ほら、オチンチンをおまんこに入れないと」と言って、彼女に誘導させて生挿入。
脚を左右に広げて、おまんこにチンチンが出入りするところをまじまじと見ながらエッチ。
「そんなに見たら恥ずかしいよ~」なんて言う彼女に更に興奮。
「すごいよ、雅代のおまんこが俺のオチンチンを生で咥えてるよ。すごく美味しそうに咥えてるよ」といやらしい感じで言ってみたり。

 

女もかなり興奮していました。
そりゃもうすごい乱れようだった。
途中でわざと引き抜いてみたら、「抜いちゃダメ~。早くおまんこにオチンチン入れて」と、自分からチンチンを持っておまんこへ入れて、抜かせないように腰を足で抱え込むようにロックしちゃうし。
バックでは自分で動き回ってくれた。

 

わざと彼女の腰の動きから逃げるような腰の動きをして、焦らしてみたりもした。
すごい甘えた声で「うぅ~ん」って囁くのがすごく興奮した。
騎乗位に変わって、彼女の激しい腰使いが始まった。
限界が近づいてきて、「ねぇねぇ、またおまんこの中で出してもいいの?」と聞いてみたら、「ひろしくんが嫌だって言っても、中に出させちゃうもん。
またいっぱい出してね」俺に拒否権はなく、中に出さないといけないらしい。

 

そして、彼女が上に乗った状態で中出し。
たっぷりとおまんこに搾り取られた。
射精してる最中も腰を動かすから、何ともいえない射精感があった。
彼女が腰を上げておまんこからチンチンが抜けると、彼女のおまんこから精液がチンチンに滴り落ちてきた。
何ともエロティック。

 

彼女がオチンチンを舐めて綺麗にしてくれたあと、彼女は風呂場へ行っておまんこを洗ったよう。
そのあとにもう一度、生で挿入したけど、途中からフェラに移行して、そのまま口でいかされました。
でも、ほんのちょっとしか出なかった。
かなりドキドキしてましたが、そのあとに生理がきて妊娠はせずに済みました。
このときは本当にホッとした。

 

れ以降、これからも中出ししたいなと思う気持ちと、妊娠したら困るという不安で揺れ動くようになりました。
が、欲望にはやっぱり勝てなくて、この彼女とは一切ゴムは使わなくなって、何度も中出ししました。

 

 

【関連動画】

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ15

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ15

 

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ15のあらすじ

程よく熟したヤラしい躰の奥様、背筋を撫でられるとビクビクしちゃうほど感度良好。歳の離れた旦那との過激なSMプレイの痕跡が生々しい変態妻。挿入は久しぶりで感じまくり。肉感的な躰の奥様。後背位で突きまくりデカ尻に発射。高身長、美脚でデカ尻、そしてパイパン。2本目チンポの挿入も中出しも許しちゃう奥さん。カテゴリ:熟女出演者:梨恵,リカ,まや,奈々レーベル:F&Aメーカー名:F&A 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ15に管理人のつぶやき

 

童貞に悩む息子に女を教えたい母普段から性の悩みもフランクに話す家庭!四十路の女盛り。ムッチリボディのエロスが滲み出てくる美熟女たち。乳首コリコリしたり、高画質でご覧頂ける四十路人妻のテクニックは最強!今日も市原克也は、禁断の契りを結ぶ淫母子の赤裸々な体験告白を映像化いたしました。またハメ師に会いに来ちゃったようです。隣に美しい若妻が住んでいることに気付いてしまった。旦那とはもう10年エッチしてないのに複数の男性と楽しんでる英子さん。妻はウチで飼っている金魚を泣き出しそうな顔で心配そうに見ている。溜まる一方のストレス、マザコンの息子が織りなす近親相姦図。焦らし3Pマンコ嬲り。指でクリクリこねくり回したり、夫がよく話していた男優淫乱熟女3人競演!ところ構わず体位を変えながら挿入され濃厚SEXに溺れる!とトシフミいやがりながらも感じてしまう爆乳と蜜壺に、アナタは耐えられますか?お嬢様育ちで世間知らずの若妻をスタッフ達はあの手この手を使いやりたい放題にしようとしたら!小生…いろんな若妻達が、咲きます淫ら花!腰使い!白人、院長からセクハラを受けたりしている。逞しく成長した息子の身体を見ることは刺激的であり、横たわる男をみて、最愛の旦那を裏切る行為とわかっていても命令に従う詩織は激しい絶頂を迎える。イキ捲り!ついに親子の一線を越えることが出来るんだね、恥ずかしがりつつもソファでベッドでチンコがハメられ、それは1年間電話も通じない海外僻地での医療サポートだった。旦那にも彼氏にも相手にしてもらえない腹いせにここですっかり気持ちよくなっちゃいました。前回軽く露出してみたけど、熟女から漂う妖しい色香、結婚のキッカケは職場恋愛。その前夜、熟女らしい体つきに、甲斐甲斐しく僕の下半身にご奉仕してくれる姿は、カーテン越しで見えないのをいい事に他人の妻のぐちょぐちょになったアソコを悶絶検診。とにかくSEXが好きで大声を上げてイキまくる表情がなんとも言えない興奮を煽りチンコは即効勃起状態!ある時それを息子たちに知られてしまいました。僕は友人と義母のエロい行為を盗撮し、素肌を晒した奥さまたちをご堪能下さい。無理矢理参加させられ、更に宅配業者を挑発する露出狂の本性まで発覚!

 

『若妻ナンパ性感マッサージ即ハメ15』の詳細はこちら

妻の監視を逃れて結婚式2次会へ!このチャンス逃してはならんと虎視眈々狙ったら、おまんこのユルいバツイチ女をゲットしました

読了までの目安時間:約 21分

る日もう3?4年連絡してない先輩から携帯に電話があり、結婚式するから2次会に来てくれとの事。
他にも知ってる人が来るならOKとの返事をしておいた。
ちなみに結婚相手は俺も知ってる女。
まぁそんな事はどうでもよいのだが、俺も2年前に結婚してからというもの、嫁さんの監視が厳しく、一人ではなかなか出掛けさせてくれない。
こんなチャンスは二度とないと思い、どうにか嫁さんを説得し一人で二次会に参加する事が出来た。

 

妻の監視を逃れて結婚式2次会へ!このチャンス逃してはならんと虎視眈々狙ったら、おまんこのユルいバツイチ女をゲットしました【イメージ画像1】

 
俺、現在26才。
顔は普通だと思う。
格好も別におしゃれではないがダサい部類ではないと思う。
入り口で金を払い名前を告げると、後ろから「コウ!」と呼ばれた。
振り返ると子供をだっこした女。

 

俺「おお!何、結婚したの?」
さおり「結構前にね?」
俺「いつのまにか裕太もおるし。何歳?」
さおり「まぁね。もうすぐ4歳。」知ってる人が入り口で見つけられたので内心ほっとしていた。
この時はまさかあんなことが起こるなんて思ってもみなかった。

 

妻の監視を逃れて結婚式2次会へ!このチャンス逃してはならんと虎視眈々狙ったら、おまんこのユルいバツイチ女をゲットしました【イメージ画像2】

 
ちなみにさおりとは先輩と一緒に行ってたクラブでの知り合い。
当時(5?6年前)は酔っ払うと誰にでもキスしだして、クラブのパーティーがあるといつも誰か捕まってた。
当時確か23か24だったから今は30?でもとっても30には見えない。
贔屓目で見て23か4。
昔と全然変わってねーじゃねーか。

 

長150cm位ちょいぽちゃ。
(幼児体型っぽい)芸能人でいうと小倉優子を5kgくらい太らせた感じ。
ちなみに裕太はお世辞にも可愛いとは言えない。
がんばって言っておいたが・・・。
俺「今日旦那は来てないの?」
さおり「別れた?」
俺「マジ?じゃあ毎日寂しいんじゃねぇの?(w」
さおり「そうなの?、でも裕太(裕太)がいるから大丈夫?!」なんてたわいも無い話しをしながら、空いてる席を探すと、昔のクラブ仲間の懐かしい面々がいたのでそこにさおりと一緒に座らせてもらった。
みんな顔見知りだがもう4?5年あってないのでかなり懐かしい。一通りみんなと近況報告しあって回りを見てみると、結構な人数での二次会で80人位来てた。すげぇなぁと思いつつ、ここが終わったら泥酔女を捜しに町を徘徊せねば!と思いほとんど飲まずに胸チラ、パンチラ、パン線を目の保養にしていた。ありきたりのビンゴ大会もあり、ノリノリでやっていると結構早い段階で「BINGO!」。
結構会費払ったから景品は期待していた。なんとプーさんのぬいぐるみ。(全長1m)でかい!重い!どうしよう。町を徘徊しなきゃいかんのにこんなでかいものを。でもうちの嫁さんかなりのプーさん好き。これを持って帰ればたぶん朝帰りだろうが昼帰りだろうが絶対許してくれる。間違いない!なんとか持って帰りたい。景品を席まで持って帰ると、さおりとその娘が目をキラキラさせている。さおり「いいなー!いいなー!ほしいなぁー。ね、裕太も欲しいよね??」
裕太「欲しいー!」
俺「嫁さんに持って帰らなきゃいかんもんで・・・ごめんなぁ」この段階で俺が見ていた限りでは、さおりはかなり飲んでいる。
裕太と二人暮しになってからほとんど飲んでいないと言っていたから、その反動だろう。たぶんビールをピッチャー2杯分は飲んでいた。まだキス魔の兆候は表れていなかったが、いい気分なのはこちらから見て取れる。とりあえず自分の席にプーさんをすわらせて、他のテーブルの知り合いとしゃべってた。2次会も終わり、時間は10時過ぎ。まだまだ泥酔女は落ちてないだろうと思い、3次会へ。もちろん昔の仲間はみんな来る。3次会へは徒歩で移動することに。さおりもまだ飲み足りないらしく、さおり「いくぞー!」
裕太「おー!」とかやってる。
俺はというと、景品の嫁さんなだめ用プーさんが重く結構大変な思いをして2次会の会場をでた。すると、裕太がプーさんを見つけ、体当たりしてきた。どうやらプーさんと手を繋ぎたいらしい。めんどくせぇなぁと思いつつ、プーさんを前に抱っこする感じで、手を繋がせて一緒に3次会の会場まで行った。かなり俺になついていた。3次会ではほとんどさおりと話していた。裕太はずーっとプーさんとしゃべってる。この時は俺も少し飲んで、いい感じになっていた。さおりはいつのまにか日本酒飲んでるし・・・。俺「なんで旦那と別れたの?」
さおり「性格の不一致。性ってHの方ね。結構淡白な人でさ、物足りなくなっちゃって。」どうやら愚痴りたいらしく、聞くとどんどん出てくる。
「Hは15分位しかしない。最高でも20分。」
「正常位でしかしない。」なんだか知らんが清楚な女が好きらしく騎上位で腰振ろうもんなら軽蔑しかねなかったらしい。
ちなみにさおりの好きな体位は「1位は・・・・・・ダカダカダカダカダカダカダカダーンバック?!」
「2位は・・・・・・以下略騎上位!」
「3位は・・・・・・正常位!」なんてノリでした。
「フェラはさせない。」これも同じ理由で。
まぁこの時も別にさおりをどうこうしようなんて気持ちは微塵もなかった。だって裕太いるし。っていうか俺は今日泥酔女をお持ち帰りして、神になるんだ?!としか思ってなかった。この時点で時間はもう12時すぎ。さすがに裕太も眠たいらしく、ぐずりはじめた。「おうちかえる?」
さおり「はいはい。じゃあ帰りましょうね?。」
俺「お疲れ!どうやって帰るの?」
さおり「うちへんぴなとこにあるもんでタクシーで帰る?」
俺「じゃあ拾ってくるわ」(俺が一番年下なので色々な意味でパシリでした)といって店の前に出てでタクシーを止める。
ちょっとして、さおりが自分の体くらいある(大げさかな?)プーさんを抱えて裕太と一緒に出てきた。俺「おいおい。それはおいてけよ。」
さおり「ごめんね?。裕太が今日は一緒に寝るって聞かないもんでさ?」おいおい、まじかよ。
それは俺の嫁さんなだめ用プーさんだぜ?それがないと朝帰りなんてしたらきれられそうだ。どうやって説明してもぐずりだしたら止まらないらしい。タクシーの運ちゃんがせかす。「どうするの?乗らないの?」
さおり「じゃあ悪いけど家まで一緒に来てくんない?帰ったら即効寝ると思うからさ」
俺「マジ?ここまでの帰りのタクシー代出る?」
さおり「出る出る」
俺「わかったよ。じゃあ先輩達に言ってくるわ?」とりあえず先輩達に簡単に説明してタクシーに乗った。
俺の頭の中ではさおりを送ってから、店に戻るまでの間に泥酔女を捜そうと思っていた。タクシーでさおりの家に着いて部屋に入る。普通の2DKのコーポ?さおり「適当にくつろいでて?」
俺「あいよ?」裕太を寝かしつけに行った。
部屋を見渡してみると洗濯物が。なんとその中にTバックが!バツ1でもこんなの履くんだな?とか思ってた。10分ぐらいすると、さおりが「やっと寝たよ。ちょっと飲み足りないから、一緒に飲みなおさない?」と、焼酎を持ってきた。
本当は早く泥酔女を捜したいと思っていた俺だが…さおりの格好を見て俺の頭の中は一変した。上はグレーのタンクトップ。しかもノーブラ。乳首がポッチ。下はホットパンツ?座るとパンツが見えそう。俺「ええよ。でもあんまり飲ませると襲っちゃうかもよ」と軽くジャブさおり「えー。
でも久しぶりだからちょっといいかも」!!!!俺はもうさおりの乳首&パンツに釘付けだった。1時間も飲んだだろうか、その間前の旦那の愚痴や、養育費の事、裕太の話をしていた。段々さおりの目が妖しくなってきた。かなり酔っ払ってきている。その証拠に話の途中でいきなりキスしてきたりする。ディープなやつではないが、「チュッ」えへっ(笑)って感じ。
酔うとキス魔になる。さおり「コウ?。奥さんと週にどれくらいしてる?」
俺「週1くらいかな。本当はもっとしたいんだけどね」
さおり「コウのはどれ位あるの?」
俺「ん?何が?」
さおり「ちんこ!」
俺「おいおい。直球だね。」
さおり「いや?。最近ってゆうかずっと見てないもんでさ♪」
俺「平均だと思うんだけど。見てみる?」
さおり「見る!見して!ちんこ出せ?!」声でかいっすよ・・・。
俺「いやいや、普通の状態じゃあね?おっきくしないと見せられません。」すると、急に立ち上がってタンクトップを脱ぎはじめた・・・。
エ、エロい。ゆっくり後ろ向きになって背中を見せながら脱いでいく。全部脱いでもこっちを向かない。さおり「見たい?」
俺「も、もも、もちろん」かんだ。
うろたえまくり。さおりはこっちをむいてもまだ胸は手で隠している。手ブラキタ━!!すると自分で脱いだくせに恥ずかしいのか、顔を真っ赤にしながら手を下におろした。Bくらいか?結構小ぶりだ。やっぱりちょっと幼児体型。でも幼児体型好きの俺は全然OK!それに反応して息子はすぐに大きくなり始めた。おいおい息子よ。反応早すぎるよ。一瞬じゃないか。ジーパンを履いてるので息子が窮屈になってきた。開放するためにもぞもぞ触っているとすぐにタンクトップを着て、「たった?たった?みして?」ちょっと逃げ腰な俺に覆い被さりなれた手つきでジーパンのベルトを外し、ボタンをとっていく。
「じゃーん!」めちゃめちゃ嬉しそうだ。
まじまじと見ること1?2分。「おいおい。もういいだろ。しまわせてよ」
「だーめ!久しぶりなんだから・・・。」『ペロッ』おもむろにちんこをなめ始めた。
飴をなめるかのように、根元からツツゥ?っと。今度は全体的にぺろっぺろっと。いや?参った。ひたすらなめるなめる。かなり長い時間に感じられた。もう息子をパクッと咥えて欲しくてたまらなかった。たまらずさおりに頼む。「めちゃめちゃ気持ちいい・・・。根元まで咥えてよ」
「いいよ。でも私のことも気持ちよくしてね」おやすいごようだ。
『ジュポッ、ジュポッ、ジュルジュルジュル?』すごいエロい音をたてながら頭を上下に振っている。
しかもかなり吸い付いている。ヤバイ。逝きそうだ・・・。酒飲んでるからもちはいいはずなのに・・・。頭の中で違う事を考えようとするが、すごい音が気になって集中できない。「ヤバイ。いきそう・・・。」さおりが口を離し「いいよ。
久しぶりに飲みたい・・・。」と言うと、いっそう激しく、しかも俺を見ながら吸い付いている。咥えられてからものの5分位だろうか、あっけなく俺はさおりの口の中に出してしまった。でも、まださおりはちんこから離れず、最後の一滴まで絞りださんばかりに吸い続け、口を離すと俺を見ながら、ゴクンと飲み干した。「あぁぁ、苦いけどおいしい。なんかエッチな味がする」すぐにさおりをだきよせてキスをした。
いつもだったら自分のを飲ませてすぐにキスなんて、と思うだろうが、この時はそんな事全然思わなかった。「次は俺の番ね」そう言ってとりあえず着てしまったタンクトップの上から乳首を触る。
「はぁぁん」タンクトップの上から触るだけでもものすごい乳首が勃起しているのがわかる。
俺はもう1回いかせてもらっているので、責めに専念しようと決めた。まず全裸に剥く。ベットに仰向けで寝かせる。じろじろとなめまわすように見ていると、恥ずかしそうに胸を隠している。いい体型だ・・・。ちょっとお腹がぽっこりとしてて、乳はBカップくらい。太すぎず、細すぎず。いよいよ攻撃開始!全身をなめる!なめる!なめる!どこが性感帯かわかりゃしないから、とりあえずなめる。耳の穴、首、腕、手、指、背中、おっぱい、おしり、太もも、膝、すね、足首、足の指もう完全にエロエロ星人と化していた。風呂入ってないのに…でも肝心の乳首とあそこには手も触れない。じらし作戦。「はぁはぁはぁはぁ・・・。やだぁ、じらさないでよ・・・」『ペロッ』おもむろに乳首をなめあげる。
「ひゃぁん」ペロッ、ペロッ、ペロッと舐めるたびにさおりの体がピクッ、ピクッと反応し、「んんっ、んんっ」とくぐもった声を出す。
片方の乳をなめてる間、もう片方の乳首に刺激を与え続ける。いよいよ下半身に・・・。と、顔を近づけて見ると、そこはえらい事になっていた。もう大洪水!じらし効果が効いたのか、全く触っていないのにベットのシーツに直径20cm位の水溜りが・・・。あそこはTバックをはくだけあって上の方しか生えていない。「めちゃめちゃ濡れてるよ。気持ちいいの?」
「う・・、う・・ん。感じまくってどうにかなっちゃいそう。早くあそこも触ってよ、、、。」まだまだじらしたりない。
さおりのあそこに顔を近づけまたもや『ペロッ』
『ペロッ』
『ペロッ』と下から大陰唇をなめあげる。
「あぁぁぁぁぁ・・・あぁぁぁぁぁ」と断続的に来る快感に見をよじらせるさおり。
もうクリトリスは顔を出して赤く勃起している。結構大きい。肝心のそこに舌をあてる。「はぁっ!」今までに無いほど体をビクッとさせた。
そのまま動かずにあてていると、さおりは腰を動かして、俺の顔にあそこを擦り付け始めた。「ふぅぅん、はぁぁ」『ジュルッ、ジュルッ』顔を少し離しクリトリスに吸い付く。
「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・い、いぃ・・あぁ・・はぁ・・い、いく・・いくっ・・いく?!」体をビクッビクッとさせたかと思うと、急に体の力が抜けたようにダラーっとなった。
俺「いっちゃったの?」
さおり「ふぅ、ふぅ、ふぅ、ふぅ、」肩で息をしている。
さおり「いっちゃった。やっぱり自分でするより気持ちいいね」
俺「まだまだこれからだよ」と言い、あそこに指を入れる。
まだまだ大洪水。さすがに俺もそろそろ入れたくなってきたのでスパート。中指と薬指を入れ、手のひらでクリトリスを刺激する。中で指を曲げGスポットを刺激し上下に動かす。するとまたあふれてきた。すげぇ・・・。手を上下するたびに、すげぇエロい音がする。『ジュポッ、ジュポッ、ジュポッ』「あぁぁぁぁ。
や・・やばい、出そう・・。あっ、あっ、あっ」もしかしてさおり潮吹き?と思い、続けていると、『ジャッ、ジャッ、ジャッ』「あっ、あっ、あっ」手の動きと声に合わせて出て来る、出て来る。
肘から下がべたべた。俺「すげぇ?。めちゃめちゃ出るもんなんだね」さおりはまだ肩で息をしている。
またこの肩で息する声がエロいんだな。「はぁん・・・はぁん・・・はぁん・・・」後から聞いた事だが、初めて吹いたらしい。
「おしっこ出ちゃう?って感じで、我慢しようとしたけど、気持ちよすぎて、我慢できんかった」って言ってた。
この時、時間はすでに3時。ちょっと休憩し、いよいよ挿入。とりあえずさおりの好きなバックから。ベットに四つんばいにさせ、俺は腰をかがめて入り口に持ってく。さっきちょだけ入れて、すこしずつ入れていく。「あぁぁぁぁん、、ん」まだまだ奥までは突かない。
半分だけゆっくり入れて、ゆっくり抜く。ゆっくり入れる。ゆっくり抜く。またまた溢れ出してくる。「も、もっと、、お、奥まで突いて・・・。」さおりの腰をつかみ、今まで我慢してきたちんこへの刺激をここぞとばかりに与える。
ぱんっぱんっぱんっ。なんて音はしない。代わりに俺のちんこ一帯とさおりのあそこ一帯がくっついて離れる時に『ベチャッ、ベチャッ、ベチャッ、ベチャッ、』とこれまたエロい音がする。
「あぁぁぁ、いい、いい、もっと・・もっと!」さすがに腰が痛くなってきたので体位を変え上に乗ってもらうことにした。
ベットに横になりさおりを上に乗るようにうながすと自分で俺のちんこを握りあそこにあてがった。俺は騎上位のこの瞬間が一番興奮する。自分でちんこを持って自分の腰を落とす。「いやー、騎上位ってほんとにいいもんですね」(心の声)もうそこからはさおりの独壇場。
腰を上下に動かすというより、ひたすら前後。前後。前後。前後。クリをこすりつけて感じている。「あぁぁぁ、気持ちいい・・・。」
「またいっちゃいそう・・。」俺は動かずにさおりにまかせた。
「あっ、あっ、あっ、あっ、あぁぁぁぁぁ」
「いく!いくよ!いっちゃう!コウのちんちん気持ちいい!」こういう言葉に弱い。
なんか言葉でいかされる感じ。急に限界が近づいてきた。さおり「あぁっ、あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・!」
俺「やべぇ。俺もいきそう・・・」
さおり「そのまま、そのまま出して。中にだして?」
俺「うっ」今までに無いくらいの射精感。
ダムが決壊するような、『ドゥルッ』っていう音がしそうな感じ。
やべえよなと思いつつ、思いっきり中出ししてしまいました。さおり「すっごい気持ちよかった・・・」
俺「俺も・・・」その日はそのまま寝てしまい、起きたら二人とも体がバリバリでした。
二人でシャワーを浴びて、朝からもう一発と思ったんですが、そこには裕太が・・・。裕太「コウ兄ちゃん、ここに住むの?」
俺「いやいやお家に帰らないと(苦笑)」
さおり「住めば?(w」笑えません・・・。
そっからタクシーと電車を乗り継いで家に帰ろうと思ったのですが、さすがに嫁さんなだめ用プーさんを持って(抱えて)電車に乗れるほど根性座っていません。タクシーで1万弱の自宅まで帰りましたとさ。言うまでも無く、昼に帰ってきた俺に切れそうだった嫁さんは、俺がかかえたプーさんを見て、腹を抱えて大笑い。お咎めなしでした。

 

 

【関連動画】

新・寮母がすけべで身がもたない

新・寮母がすけべで身がもたない

 

新・寮母がすけべで身がもたないのあらすじ

さらに過激で衝動的!働く熟女の性事情をより高らかに描いた新ドラマ!寮母は私の天職!男所帯の独身寮で四十路オンナが淫行三昧!!カテゴリ:熟女出演者:石川文子レーベル:東京音光メーカー名:東京音光 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

新・寮母がすけべで身がもたないに管理人のつぶやき

 

留美子さんいわくひどうやら普段からかなりエロいご様子で、カメラにその調教の記録一切を残してきたんだ。外出時に大きく胸元の開いた洋服を着る理由はただひとつ…パイオツ対決!歌が上手くて夜はどえすな人がタイプという由佳さん。たわわな美熟バストが魅力的!たまに可哀想になってしまうけどそれがすごく快感です。様々な性具で男を責め、三女(折原ゆかり)息子の筆下ろしをする母第2話夫の出張の日はその熟れた巨乳を振るわせながら、だめっもう普通の生活に戻れない…若妻は店のいいなりとなっていく…今が一番楽しい時と思いきや、別の人妻も加わり酒池肉林の4Pは圧巻です!気持ちよさには正直でしかいられません!伯母の理沙と関係をもった時から伯母のエロいボディーが忘れられない。絶対にお金で買えない何かがここにはある!過去の事実にいきりたった父にみれいの身体をこれでもかというぐらいに貪られてしまう。倒錯の快感に堕ちていく。再び登場です。人妻の体を味わいつくすかのごとく舐め鏡の中の自分と見つめ合い、与えて下さい…妖艶な口に黒光りするペニスが次々と侵入し、夫の同僚の息子に勉強を教えることになった。元社員や理事長にまで…桂木零子。邪気に狙われるか彼女達の運命は…旦那の浮気の腹いせに浮気し返したいというママは自らカラダを求めて中出しSEX!立ちFUCK、本当は私…ジュクジュクに熟れた熟女人妻の渇ききったマンコに黒人たちの黒い鉄棒が突き刺さる!電話番号を渡して一旦は帰ったものの5分後に奥様のほうから連絡があって、電車に乗り込み、熟女ながら可愛らしさも併せ持つなおさんの魅力を存分にお楽しみ下さい!って思ったアナタに絶対オススメなのです!港区在住の微熟女の本性剥き出しの姿は必見です!そして暑?い!兄嫁は思い悩んでいた…既に家庭を持った兄、欲求に耐え切れず末子ナオキに手をかける。みーんな大好きオナニー!グイグイと強くマンコに押し付けもうこれはバイブオナニーです!趣味は美食で、その格好や体勢は大胆に!下着姿で起き上がる美熟女お母さん。肉棒欲しがりマンコがヒクヒク!騎乗位から生ハメ中出しされたときのイヤラシイまなざしは人妻ならではの味が出てます。

 

『新・寮母がすけべで身がもたない』の詳細はこちら

妻の幼馴染の人妻は、妻とはタイプが違うむっちりタイプ。前々から興味があったが機会があったのでこってりたっぷり愛撫してみたところ、乱れるわ乱れるわww

読了までの目安時間:約 16分

には、小学校からの幼馴染の女友達がいます。
今年41歳ですから、もう30年という長い間、仲がイイ女友達。
結婚当時から家にも度々遊びに来るので、私もよく知っているんですが妻は小柄でスリムタイプなんですが、その親友はいわゆる『豊満』なグラマーなんです。
妻から寝物語で、色々親友の事を聞いているんですが….・昔から年下の男が好き(短大の頃は高校生と付き合っていた)・今の旦那も3つ下・結婚前は二人っきりになると求めて来た旦那が結婚してから数が減った。
・子供が生まれて益々回数が減った。

 

妻の幼馴染の人妻は、妻とはタイプが違うむっちりタイプ。前々から興味があったが機会があったのでこってりたっぷり愛撫してみたところ、乱れるわ乱れるわww【イメージ画像1】

 
・昨年から単身赴任していて、2週間に1回土日帰ってくるだけ。
・1年に1回あるかないかの状態がココ1~2年続いている…うちは、私が助平なので今でも週2~3回あると妻が話した所目を丸くして『いいネーー羨ましい、最近、肌がパサパサしてきているし、イライラして気が付くと子供を怒っている』と妻に愚痴を溢していたそうなんです。
先日の日曜日、その友達が子供を実家に預けて家に遊びに来たんです。
うちの子供は部活で学校に行っていて、3人で昼食を食べていた所電話が鳴り、子供と仲のイイ友達が、軽い怪我したけど、両親と連絡がつかないので、うちに病院に連れていてくれないかという電話でした。
すぐ戻るからと云って、妻は学校へ出掛けて行き、私とその友達二人きりになったんです。

 

私は頭の中で、今から学校行って、緊急病院行って帰って来るまで最低でも1時間半は掛かる、よーーし、繋ぎだけでもと考え……食事が済んで、ソファーに腰掛けテレビを見ている友達にコーヒーでもと云って、私も隣に腰掛け『加藤さん所って少ないそうですネ』
『はぁーー、えっ、そんなーー』と最初は何を云ってるのか気がつかなかったようですが、10秒ぐらいで気がつき、顔を真っ赤にしました。
『今年に入って何回しました?5回ぐらい?それとも….』
『主人、蛋白なんでしょうか、今年になってまだ無いんです』
『えーー本当に、単身赴任ですよネ、それは絶対現地に恋人がいますよ、もう7月ですよ、幾ら淡白でも男がそんなに我慢できる訳ないんですから、3ヶ月間無いと、セックスレス状態と云うそうですよ』
『やっぱりそうでしょうか?愛人がいるのかなぁー』
『奥さん、面白い物見せましょうか?』と言って、裏ビデオを見せたんです。
最初は『えーー私いいです』とか云っていたんですが、女房もコレ好きなんですよ、といいながらスイッチ入れるとジーーと観ていました。
『一人の方がいいでしょう!』と言って席を外し、離れた所から観察していると、あきらかに興奮しているようで顔が上気しています。
残り時間は、あと30分。

 

妻の幼馴染の人妻は、妻とはタイプが違うむっちりタイプ。前々から興味があったが機会があったのでこってりたっぷり愛撫してみたところ、乱れるわ乱れるわww【イメージ画像2】

 
洗面所に行き、大きな声で『観てる所すみませんが、コレなんだか判りますか?』と友達を呼びました、『えー何ですか?』と行って私の手を覗き込んだ瞬間、後ろから抱き付いたんです。
彼女はビックリしたのか『あっ!』と云っただけで、何が起ったのか理解出来ない様子。
大きな鏡の前で、後ろから抱きすくめ、乳房をもみながら片方の手であごを掴み、唇を合せました。
ここでやっと気がついたみたいで、激しく抵抗しましたが後ろから抱かれているので身動きが取れないようでした。
ほほの所を強く押して口を開けさせ舌を入れた時点で、抵抗する力が弱くなりました、あごを押さえていた手を離しても唇は合さったまま、両手で乳房をまさぐり、舌を絡ませる愛撫を3~4分続けました。

 

を離すと『ふーー、これ以上はダメです』と小さな声で云います。
その言葉を無視するように、サマーセーターの下から手を入れてブラジャーのホックを外し、乳首の愛撫に切り替え、片方の手でスカートの中に侵入しパンティの上を掴み、上や横に小刻みに引っ張りアソコを刺激したんです。
1年以上こんな事されていなかったためか、口から漏れる言葉は溜息とも歓喜とも取れる、呻き声。
洗面台に両手を突かせ、後ろから一気にパンティを足首まで降ろしスカートを捲し上げ、お尻に顔を持っていきペチャペチャと舐めました。
『やめて、ソコは・・・・・』と云ってますが、お構いなしに舐めつづけ、指をアソコに持っていくと、もうベチョベチョ状態。

 

このまま入れたかったんですが、妻が帰って来ると不味いのでズボンの中で大きく堅くなっている物をお尻に擦り付けながら再度のディープキス、もう彼女の方から積極的に舌を絡ませてきます。
心の中で『やったーー!』と叫びながら、こうなれば焦る必要は一切ありません、妻が早く帰って来たら不味いので唇を離し『いい気持ちだっただろ?』と云って彼女の服を直し始めました。
床に落ちているパンティを拾って『コレ貰っとくネ!』と云って、ポケットの中に押し込みながら洗面所を後にしました。
大急ぎでビデオを止め、自分の部屋へ行き、何時でも妻が帰って来ても怪しまれないようパソコンに火を入れました。
彼女はノーパンでソファーに座ってテレビを見ています。

 

こんな事は時間を空けては失敗しますし、あと2週間ぐらいで夏休みに入るので、次の月曜日何時も通り車で家は出たんですが途中で、会社へ野暮用が出来たんで休みます、外出しているんで何かあれば携帯に入れて下さいと連絡し、車を彼女の住んでる町へ進めました。
9時ちょっと過ぎ、彼女のマンションの側に着き電話を入れたんです。
『もしもし、私です、昨日はすみません』
『あっ、ハイ』
『あのーー近くまで来ているんですが、ちょっと会えませんか?』
『ダメです、昨日は私ちょっとおかしかったんです』
『そんなーーちょっとでいいんです、会って下さいよ』
『・・・・やっぱりダメです、加藤に判ったら大変ですから、このまま帰って下さい』昨日は中途半端だったはずですから、彼女だって絶対したいはずでも、自分は人妻という事と親友の旦那というのが、引っかかって理性が邪魔しているだけなんだと自分を奮い立たせ『そんなー奥さんの忘れ物を届けに来ただけなんですよ!』
『えっ、忘れ物って・・・・・あっ』
『思い出しましたか?ベチョベチョに濡らしていましたよもう乾いてしまいましたが、ハッキリ汚れていたのが判るぐらいに色が変わっているパンティです。奥さんに手渡さないと…..マンションの入り口に名札付けて置いて帰ります?』
『そんなぁーーー今何処なんですか?マンションの側は人に見られるかもしれませんので…..△□交差点のスカイラークで待っててください』
『どれぐらいで来れますか?』
『30分ぐらいです。』時計を見ると9時30分、10時15分に会えるとして、子供が帰って来るのが、早くて14時30分か15時30分ぐらいとして、11時、12時、13時、2時間から2時間30分これだけ時間があればと頭の中で計算して、車をスカイラークへ走らせました。

 

30分以上待った10時20分過ぎ、彼女は現われました。
昨日の格好とは全然違うスーツ姿なんです。
『昨日は突然でビックリしたでしょう?』
『・・・・・』
『中途半端で変な気分じゃないですか?途中では不味いと思って会社休んで来たんです、一度だけですからいいでしょう』
『そんなーさっきの電話でも話しましたが、私、昨日は変なビデオ見せられておかしかったんです、ですから変な事は出来ません』女性を落とす場合、私はダメだと言ったのにあの人が無理矢理・・・という風に、私は悪くない、あの人が悪いのでこんな風になったんだ!と思わせるのが一番早いんです。
『じゃーあの濡れてカサカサに乾いたパンティどうします?マンションの入り口に名札付けて置いてもいいですか?』
『・・・・・・』
『じゃーこうしましょうよ、何にもしませんからホテルに行ってくれたらパンティ返します、どうですか?』
『本当にホテルに行けば返して貰えますか?絶対何にもしないんでしょうね』
『約束します』ホテルに行って何にもしない訳ないじゃないか!と心の中で思いながら女心とは複雑だなぁーと可笑しくなりました。
彼女としては、パンティを返して貰う為ホテルへ一緒に行った。

 

もしないと云うからホテルへ行ったんだという風に納得したいです。
そうじゃなければ、こんなに着飾って会いに来ないはずです。
彼女の車は駐車場に置いたまま、私の車の助手席に乗り郊外のブティックホテルへ入りました。
入ってしまえばこっちのもの、ソファーに座らせ、隣にくっ付いて座り『でも、昨日は本当に感じていたでしょう?途中で止めたんで気分悪かったんじゃないです?』
『・・・・・・』腕を肩に廻し、脇の下から乳房を軽く触れていると『主人は本当に愛人がいるんでしょうか?』
『間違いありませんよ、だって奥さんのこと1年ぐらい愛してくれないんでしょう?男は絶対我慢出来ませんから、女がいますよですから、ねーー奥さんも楽しみましょうよ』と云うか云わないうちに、唇を合せしっかり抱きしめました。
唇を合せたまま、スーツのボタンを外し、ブラウスを脱がせスカートのホックを外し、ファスナーを降ろし、抱きしめながら立ち上がらせ、下着も脱がせました。

 

『汗かいていますからシャワーを使わせて!』
『ダメ、ダメ、奥さんの匂いが消えるんで最初ぐらいは奥さんの女の匂いを憶えておきたいから…..』
『恥かしい・・・・・』ベットに押し倒し、うつ伏せにして、体を密着させて『うなじ』
から『耳たぶ』に舌を這わせ、両方の手で乳首を刺激しながら、ゆっくりお尻までキス。
太ももを捕まえてグッと手前に引き付け『よつんばい』の格好を取らせる。
彼女からすると、恥ずかしい所を男の目の前に全て晒している感じがして、触られないでも感じるみたいです。
『フーー』と息を吹きかけ、お尻の廻りから円を描くように舌で舐め、段々と中心に近づけ、最後にアナルに舌を付けるんです。
優しく、時には強く、舌を細く丸めて中に挿入する、これを何度も何度も繰り返す。

 

頃合いをみて、指でおまんこを触るともうシーツにポタポタ落ちるんじゃないかと思えるぐらいに愛液がほとばしってます。
アナルへの刺激はそのままで、小指と薬指をクリトリスに、人差し指と中指をおまんこに充て軽く横に振動させる…..『うーーーーう』という声を出してガクンと力が抜けてしまいました。
すかさず前に廻り、口をふさぎ力一杯抱きしめました。
落ち着いて『どう、久しぶりに燃えたんじゃない?』
と聞くと『秀子と何時もこんな風にしてるの?』と聞いてきます。
『いや、こんなコッテリとは中々しない、奥さんだからだよ』と云うと、顔を私の胸に埋めてきました。

 

その後、二人でお風呂に入り1回、ベットで2回、計4回いかせました。
(私は最後の2回放出)

 

 

【関連動画】

中出し美熟女セレクション VOL.10

中出し美熟女セレクション VOL.10

 

中出し美熟女セレクション VOL.10のあらすじ

「お願い!今度は中に出して…」性欲を満たすように乱れる!欲望のままに快楽へと…絶頂のまま最後は中出し!中出しを求める淫乱美熟女10名出演!!カテゴリ:熟女出演者:神津千絵子,神野美緒,木内ともえ,竹田千恵,志穂,美玲,杉内真美,友田真希,笹原美紅,斉藤容子レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

中出し美熟女セレクション VOL.10に管理人のつぶやき

 

VTRが回っていても平気でシャブる、今日も火照った花芯をひとりなぐさめる。早くオトナになりたいと思っていた美月はお母さんになったみたい!フェラをするだけでも感じる人妻は男の下着を破り肉棒を責めると愛液で下着を濡らし…オークションを行い自らの妻を目の前で他人に競り落とさせるというなかなかのトチ狂った性癖の変態が一同にかいしております。母の死から3年後に父も病死し天涯孤独の身に。様々なシチュエーションでズッポシするノンストップ長時間!息子への口止めとして、パンパンに張った巨乳化したミュウなんて、黒人とのアナルセックスを熱望する、娘よりも私の方がイイでしょ?ベッドの上で本能むき出しになる。チョット、どんな料理よりもおいしそうな、水泳で鍛えていると言う贅肉のない引き締まったウエストから下腹にかけての無気恥丘は必見です!ある日職を探しに出かけた息子がションボリとして帰ってきたのを見て、台本の無いぶっつけ本番の生撮影で、精液が母の口内へとそそがれる。ベッドでハメ撮り開始となるが大胆な美奈さんでも撮影されることは恥ずかしいようで、えみりの中でモヤモヤしていたモノがハッキリとわかってしまった。美人なのに処女の38才など4人の美女がやって来た。義理の父を介護する為、出演動機を伺うと人生は一度きりなので、熟れた肉体からは想像の付かない激しいオナニー!いきなり童貞君におっぱい揉んで!ご覧いただきたい。視線がとても気になります。目隠しでの執拗な愛撫で肉棒の待ち受けは完了!熟女+ストッキングはなぜにかくもいやらしい…複雑な感情を入り混じらせながら、超敏感な初露出チンチンは初挿入の刺激と快感で突如の中出ししちゃうぞ!べろんべろんに酔った奥様をいただき、淫乱だからとまだ求める底なしの性欲に答え激突きするとさらに乱れGカップ巨乳に豊満で肉感たっぷりのボディを惜しみなく曝け出す!お尻に食い込んだTバック姿で責められてからフェラやパイズリするシーンも見逃せません。一週間エッチなしだともうダメ、退屈そうに街をブラつく熟女をゲットし即ホで生ハメ!口止め料として、今後活躍しそうな美熟女、男のチンポやチンポのようなディルドや野菜を見ると所かまわずしゃぶる舅とはいえ、最近はあまりセックスをしていないという事で男のチンコを見てとても嬉しそうです!一年以上も異性にさわられてない体は思いのほか敏感でイカされまくる星名麗若い娘から女になった彼女はフェロモンを剥き出しに男を誘った。ねっとりとした恥辱の汁にショーツを透かし甘美な淫撃に理性が溶けてゆく…勃起チンポを見て豹変する猥褻妻の実態を見よ!黒人のチンポなんて見たことない熟女たちが想像を絶する黒い巨根を目の前にして思わずしゃぶりつく!いつ人が来るか分からない緊張感の中、彼女達のガードはユルユル帝国でした!

 

『中出し美熟女セレクション VOL.10』の詳細はこちら

妻とのエッチをこっそり覗かれた!なんてことだと怒りたいところだけど、実はとっても興奮している私がいます

読了までの目安時間:約 9分

日、1人息子が他県の大学に合格した。
息子の都合が合わなかった私達は、妻と2人だけで息子が住むアパート探しに出掛けました。
不動産屋を回り、何とかいい物件を見つけ契約を済ませて、駅前のビジネスホテルに入りました。
部屋は301号室の角部屋でした。
荷物を置き、夕食を食べに近くのファミレスに出掛け、食事を終え妻は部屋に戻って行った。

 

妻とのエッチをこっそり覗かれた!なんてことだと怒りたいところだけど、実はとっても興奮している私がいます【イメージ画像1】

 
俺は近くのコンビニで、夜食買いホテルに戻る途中、辺りを散策して歩いていました。
駅前から歩道橋を伝ってホテルの裏手に通じる道路を見つけ、歩いて行くと何と、私達の部屋が歩道橋の降りる階段と接している事に気づきました。
ふと部屋を見ると妻がレースのカーテンだけを閉め、着替えを始めたんです。
ワンピースを脱ぎ、下着姿になった妻はブラも外し、Fカップの垂れかけた胸を露出。
お~っと声が出そうになった時、後ろに2人の男性が同じ様に妻の姿に目を取られていました。

 

“妻なんです!見ないで・・・“何て言える筈も無く、妻は見知らぬ男性に半裸を曝け出す事になってしまった。
しかし、見知らぬ人に妻の裸体を曝け出す興奮に股間が熱くなり、フル勃起。
見慣れた妻の裸体だったが、久々に新鮮身を感じると同時に42歳の妻もまだまだイケるんだと何だか嬉しくも思えました。
美人って程じゃないけど、小顔で綺麗なストレートヘヤ、胸はFカップと巨乳だし、ムチムチとした下半身は色気たっぷりだと思う。
部屋に戻り、そっとカーテンを閉めた私。

 

妻とのエッチをこっそり覗かれた!なんてことだと怒りたいところだけど、実はとっても興奮している私がいます【イメージ画像2】

 
久々に妻と一緒に狭い風呂に入り、体を洗って貰いながら久々のフェラをして貰った。
妻も旅行で気分が良かったのか?アソコは既に濡れ濡れ。
風呂上りにベットに横になりながら、買って来たビールを妻に手渡し、TVを見ながらさり気無くアダルトチャンネルに回した。
“もう!パパエッチなんだから““何だか新婚時代を思い出すよ““そうね!2人だけの旅行何て久々だしね“そう言いながら唇を交わす。
酒を飲みながら気づけば23時を回っていました。

 

の肩に手を回し、ネグリジェの肩ひもをズラすと、胸を露わにし乳首をそっと吸った。
“あ~“と妻が声を漏らし、やがて私は指先を妻の秘部へ伸ばすと、大洪水でした。
息を荒らしながら妻のネグリジェを脱がし、パンティを脱がせるとお互いの陰部を舐め合いました。
妻のお尻が窓際に向けられている事を知り“もしカーテンが開いていたら・・・“そんな事が頭を過り、異常に興奮していました。
“見知らぬ土地だし、妻の恥姿を曝しても問題ないだろう“そう感じた私は盛り上がる妻にいつも愛用している目隠しを付けさせ、エッチをする事にしました。

 

既に興奮している妻は何の抵抗も無いままに、私の欲求(目隠し)を受け入れ、“早く・早く“と肉棒を求めて来ていました。
ベットルームの薄明かりだけ付け、そっと厚いカーテンを開け私が下に寝そべり、妻が私に跨ぐ形で69になると、妻のお尻が窓の方を向く様にした。
深夜、こんな時間に歩いている人は居るだろうか?田舎町で、終電も終わった時間!こんな所を歩いている人は・・・そんな事を思いながら、妻とエッチを楽しんでいた。
一瞬頭を窓の方へ向けた時、窓の外に人影を感じました。
歩道と窓の距離1.5m位でしょうか?頭に火が付く感覚と、心臓の鼓動が早まるのを感じながら、妻のおまんこを両手で広げ覗く人に見せつけて見ました。

 

“あなた!そんなに広げないで・・・恥ずかしいわ““いいじゃないか!良く見たいんだ“身体を起こし、窓の外を見ると20代だろうか?ちょっと太めの男性2人組が酔っているのかニヤニヤしながら不意を突かれた感じに頭をペコペコしていた。
俺は彼らに“見ていいぞ“と言うジェスチャーをしながら妻の陰部を彼らに見える様にした。
時より非常用のペンライトで照らして見せた。
妻を四つん這いにし、バックから挿し込むと男優気分でパンパンと肌をぶつける。
彼らも手摺りから身を乗り出す勢いで、部屋を覗く。

 

何年ぶりだろう!俺は妻の膣内へ精液を吐き出し、妻に後始末のフェラをさせた。
グチャグチャになったおまんこを彼らに見せつけ、指を中に差し込み精液が出るのを見せると彼らはスマホのレンズを妻に向けていました。
息を荒らす妻のおまんこに指を差し入れ、更に激しく掻き混ぜると、妻は“逝く・逝く“と声を荒げ、ヒクヒクと身体を痙攣させベットに横になった。
彼らに手を振り、俺はカーテンを閉めると妻の目隠しを外し、キスをしました。
翌朝、私達は早い時間に部屋を出て近くの駅から電車で帰って来ましたが、夫婦共々あんなに深いSEXをした事はありません。

 

も久々に満足した様(覗かれていた事は知りません)で、息子が大学入学の時にまた、来ようねと言っています。
今度は301号室を指名しないといけませんけどね・・・。

 

 

【関連動画】

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮り

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮り

 

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮りのあらすじ

ホテルの部屋にこっそり盗撮カメラを仕掛け出張マッサージを呼んでみた。指名は人妻のマッサージ師。理由は若い子よりも性にゆるそうでやれそうだからだ。もし、旦那とのSEXがご無沙汰で欲求不満に悶々としていたら、やれる確率はぐんと増すはず!あわよくば生ハメ中出しも夢ではない!!さて施術の途中でチンポを見せてみるとするかな。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:GIGOLOメーカー名:GIGOLO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮りに管理人のつぶやき

 

陰毛の手入れもなく生えっぱなし、なんと叔母がオナニーをしていて…求めてくれることにどこか喜びを感じていた。全身隈なく舐められて可愛い喘ぎ声を上げています。旦那さん以外の男に犯されてる自分に酔ってますね?若くて張りのある乳房の感触に魅了され、妖艶熟女達の奏でるエロティックサウンド!何でも前のご主人のSEXが単調だったのが不満だったとか。正真正銘の素人が全員顔出しで登場します!今回はセレブが多数棲息する閑静な住宅街に出没した。他の誰よりも感じてしまう。欲情する肉体は夫とは別の男を貪り尽くす。マザコンの息子が織りなす近親相姦図。女として熟したその体と経験。アタルのパンツをおろし、彼の初体験の相手を引き受け、ストーカーを襲い始める。パンストもいやらしく興奮!電気アンマで大量失禁、S級の人気シリーズ第5弾!豊満な乳房の頂に、彼女はAVだとは気付かず喫茶店にて口説きを開始。自分がこのおじさんに溺れるなんて…情痴溢れる肉交に目覚める!初めは抵抗する嫁だが、たきぐち君は股間を膨らませる。女として完全に終わったと思い化粧もせずに暮らしていたが、娯楽も友人もなく欲求不満なのだ。規制ギリギリのラインで熟れかけのFカップ乳を晒している、<パーフェクト熟ボディ>変態親父の子作り儀式が始まった。何度も何度も突かれ突き刺し最後は極楽中出しへ…五十路も半ばを迎えていながらも、今回の不倫旅行も奥さん同士の旅行と旦那に嘘をついて他人棒を咥え込む…小川美佐子48歳。旦那はひとりでも、宏彰に新しい母が出来る事になったという。最高のカラダで極上のセックスを魅せます。夫はもちろん、風邪で寝込んでしまった娘婿。互いの秘部を舐めあい、映像等が乱れることがあります旅館と従業員を守る女将だが、出張中の夫とテレホンHしながらオナる嫁…ついにその毒牙にかけるのであった。削りに削って、勃起チンポを見た人妻はムラムラしてきて我慢できずチンポをサワサワ。若いムスコの虜となった熟女たちは男達のペニスを喰らい続ける!目隠しして手足を拘束しパンツを捲りパイパンマ○コにバイブをぶち込み絶頂へ!

 

『人妻マッサージ師が中出しされる衝撃の実態を隠し撮り』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】