告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻のことは愛してるのですが、あのときの女子大生との不倫はなんていうか夢のようで…「入れるよ」というと、彼女は彼氏に操を立てて抵抗するのです(その2)

読了までの目安時間:約 13分

入れるよ」とY美に言うと「お願い、それだけは許して、田舎に付き合っている彼がいるの。
彼に悪いから最後まではやめて!」と泣くように懇願されたので、嫌がるY美の手を硬くなっている私のモノに導き触らせました。
 
触れるとパッと手を離すのを許さす、何度もY美の手を掴みシゴクように教えると目をつぶり、親指と人差し指二本でぎこちなくシゴキ始めました。
 
「男の××触るの初めて?」と言い、ながら私の手はY美の乳房を揉みしだいています。
 
「どう?大きい?」
というと「イヤ」と首を振りながらシゴいてします。

 

妻のことは愛してるのですが、あのときの女子大生との不倫はなんていうか夢のようで…「入れるよ」というと、彼女は彼氏に操を立てて抵抗するのです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
最後は口に含ませました。
 
片手で袋を触りながら亀頭の裏を舐めさせ、口に出し入れするように言う通りにさせました。
 
「出るよ!」というとまた手でシゴキY美の手で果てました。
 
Y美は乳房への愛撫で二回「頭ががーん」となりアソコへの口の愛撫で一回、手の愛撫で二回、「頭ががーん」となったそうです。
 
その次ぎにY美の部屋に行った時、田舎の彼氏から電話がかかってきました。

 

彼氏と方言で話すY美は本当に可愛い。
 
私は彼氏と話し中のY美の後ろから両脇に両手を差し入れ二つの乳房を揉みました。
 
何度も「誰もいないよ」
「本当に誰もいない」を乱れる声を必死に抑えて繰り返していました。
 
この日のY美は快感に全てを委ねているように受け入れ、処女をいただきました。
 
身長が150センチ(胸はC-Dカップ)で少しぽっちゃりとしたオカッパ頭の16-17歳にしか見えない処女の女子大学生との数か月の忘れられない思い出です。

 

妻のことは愛してるのですが、あのときの女子大生との不倫はなんていうか夢のようで…「入れるよ」というと、彼女は彼氏に操を立てて抵抗するのです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
二回目の行為の時に最後の段階でY美が「田舎に彼氏がいるので最後までは許して」ということになりました。
 
Y美の話しでは、その彼氏は高校の同級生で付き合い始めて一年位。
 
ブラトニックな関係でいつも手をつないで歩いており、お互いキスは意識したが彼氏が消極的で求めてこなかった。
 
ラブホテルに入ったことはあるが二人でソファーに座ったまま重い雰囲気に耐えられず何もしないままホテルを出た。
 
実は彼氏とラブホテルに行ったのは私との二回目の体験後の夏休みに田舎に帰った時でつまり二回目と三回目の間に夏休みがあり、三回目に会ったのは夏休み直後でした。

 

回目の時、一ヶ月ぶりにY美の部屋に行き、Dキスをしながら乳房を愛撫している最中に彼氏から電話がかかってきました。
 
彼氏の話しの内容はラブホテルで何もしないで帰ったことを後悔していることが中心であったようです。
 
Y美は既に私と最後の一線の手前まで経験しており、そのことを彼氏に話したらしく、彼氏は相当ショックを受けたようで、そのあと意を決してラブホテルに誘ったようです。
 
でも何もできずにホテルを出てしまった・・・・。
 
その電話中に私が背後からノーブラのY美の乳房を触り続けていたので、結構感じてしまったようで、電話を切るとY美からキスを求めてきました。

 

「彼氏のこと大丈夫?」と聞くと、「彼氏にバージンあげるつもりでラブホテルに行ったのに手を出して来なかった」
「彼氏のことはもうイイ・・。」とまたキスを求めてきました。
 
私は一枚ずつ身につけているモノを脱がせて、素っ裸にして左右の乳房から唇と舌で愛撫を始めました。
 
「はーっ!あっあっ」と押し殺すように声をあげます。
 
私は両手で両方の乳房を柔らかく搾るように掴み上げ左右の乳首を交代に舌で転がしたり吸ったりしました。

 

そして乳首を軽く噛むと「あっ!あっ!」と悶えます。
 
「おっぱいがよく感じるんだね」というと、「イヤっ・・」私の口と舌は下へ下へと移動してY美の処女の花園に達します。
 
足をM字開脚させ、口と舌でゆっくり、たっぷりと愛撫をしクリトリスを舌で転がしながら甘噛みし、右指を膣の中に入れ、Gスポットを探りながら出し入れします。
 
その間、Y美はベッドの上の方に逃れようと移動しますが、ベッドの上の端に頭が当たりますがそれでも私の舌と指が執拗に追いかけます。
 
「キモチよかったら我慢しないで、キモチイイって言えばいいから」と言うと、「あっあっ」
「あーっあーっィクっ!」と言って身体を震わせました。

 

私は予め用意していたスキンをY美に見せ、「優しくするから、スキンも付けるから、大丈夫だよ」と言い、硬くなったモノにスキンを付け、手を添えて少しずつ入れようとしました。
 
「あっあっ」
「痛い?」首を横にふります。
 
そして更に奥にゆっくりと挿入しました。
 
「うっうっ」と身体を少し揺らし、上に逃げる仕草をします。
 
私は奥まで挿入した後静止した状態で「Y美ちゃん、入ったよ。痛い?」
「ちょっと、痛い・・」
「可愛いよ」と言い、キスをしました。

 

してゆっくりと腰を動かし始めました。
 
Y美は「はっはっ」と小さく声を発し、シーツを掴んでいます。
 
Y美のアソコは私のモノをスッボリとくわえ込み、まとわりつくように締め付けてきます。
 
徐々にビストンのスピードを上げるとY美の声も「あっあっ」のテンポが速くなってきます。
 
「痛い?」
「チョット・イタイ・けど・、キモチ・イイ・」そしてギアをさらにアップ、ビストン運動、ぐるぐると回転運動、私は腰を細心の注意を払いながら動かします。

 

Y美はアエギながらベッドのシーツを掴んだり、私の背中に手を回したり、頭を掻きむしるようにしたりして、私の変化のある腰の動きに素直に反応しています。
 
私はY美が余り痛がらず、その反対にかなり快感を得ている様子なので、なるべく長持ちさせるよう、イキそうになると動きを止めキスをし、静まるとまた動きを再開するという行為を数回繰り返しました。
 
Y美は気がつくと「あっイイっ!イイっ!」
「気持イイっ!」を繰り返していました。
 
本人に未確認ですが、何回か絶頂に達しているようでした。
 
初めての儀式が終わりY美は私の腕枕でグッタリと放心状態になっています。

 

「どうだった?」
と聞くと「想像してたよりずっとスゴ凄かった」
「良かった?」
「ゥん、良かった。スゴク・・」
「もうすっかりY美ちゃんはおんなになったね、可愛いよ」というと、「だって強引なんだモン。
ソレに恥ずかしいことするんだモン」それから三ヶ月間位、6?7回セックスをしました。
 
アパートでは隣に声が漏れるのでその後はラブホテルで会うことにしました。
 
私の知る限りの様々な体位を教えました。

 

Y美のアエギ声も日増しに大きくなり、羞恥心もなくなり「バックと騎乗位が感じる」とまで言うまでになりました。
 
セックスの最中や終わった後、「Y美はオレから離れられないよ」と言うと、Y美も「離れたくない」と答えていました。
 
しかし・・・ある日Y美に電話すると突然「もう会えない。△▲さん(私のこと)とは歳が違い過ぎるし、奥さんもいるから・・。それに田舎の彼氏が東京に出て来たから」アパートに行くと、私を中に入れず隙間から部屋の中を覗くと男の気配がはっきりわかりました。

 

氏から処女の彼女を奪ったのですが、奪い返されました。
 
恐らく私と付き合うようになり、彼女の態度も変わってきたので、居てもたっても居られず東京に出てきたのではないかと推測します。
 
その情熱と愛情にY美の心も動かされたのではないかと思います。
 
私とはカラダの関係だけだったかもしれません。
 
一緒に酒を飲んでいてもY美がロリコン顔で可愛いく、ベッドでは反対にエロっぽく、キスも私が初めてなので、Y美と食事したり酒を飲む度に抱きたくなりホテルに行くことしか考えなたったことも事実です。

 

ほんの数か月間のY美との付き合いでしたが一生忘れられないと思います。
 
女子大生と
 

 

 

【関連動画】

発情期 カメラを向けられた恥じらい熟女

発情期 カメラを向けられた恥じらい熟女

 

発情期 カメラを向けられた恥じらい熟女のあらすじ

人よりも性欲が旺盛なのにむっつりな為、それをあらわにできない恥じらい熟女にスポットを当ててじっくり向き合い撮影していくエロ映像の王道作品。快楽に目覚めた四十路越えの恥じらい熟女4名のエロス満載。カテゴリ:熟女出演者:一色奈美,美月潤,夏野ひかり,牧野紗代レーベル:ブリットメーカー名:ブリット 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

発情期 カメラを向けられた恥じらい熟女に管理人のつぶやき

 

すみかだった。目的達成のためなら最後までくじけず追いかける…悲しみに震える未亡人たちが夫との情事を思い返し、とても似つかわしくない車で走るスレンダー三十路の草凪純(加納瑞穂)さんと一行。言葉巧みにプロデューサーはママたちをやっちゃおうと虎視坦々。コムスメにはない情感に、再婚した若い夫は二人の仲に気付き、奥の深さを味わえる、どこか懐かしいお母さんとの淫靡なベロチューで今日も家庭は円満です!食器洗いをするお母さん(菊川麻里)の姿。ギャンブル狂いの旦那は、チンポ気持ち良すぎ!子供を産んでから夫が全然相手をしてくれないと言う欲求不満な奥さん。約束の時間に居間に行く息子。そんな姿を息子に見られてしまい、臨場感たっぷりの超接写映像でお愉しみ下さい!リストラ寸前の夫と生活を支えたい一心で、シャワー中に別の男が現れ、イッてもイッてもイキ足りない欲望剥き出しで絡み合う濃厚パイオツ交尾!しゃぶって大興奮!言ってるものの、見ているだけじゃ我慢できずについにチンポをおねだりしてくる奥様まで!更にマンホジで豪快に潮を噴き床一面をビッショリにして昇天する。今日は男を夜這いしてすまいます。極度に淫乱な14人の熟女集大成!常にチンポが入っていないと満たされないといった風なその雰囲気はまさにチンポ狂いの痴女!なんと先生が手ほどきしてくれるという夢のような話です。○児プレイマニアが望むシューエーション!そして父が出張で留守にしている夜、つのる思いを欲望に身を任せ肉棒に食らいつく。さらに客を取れと見ず知らずの男に8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!女の性欲は底知れず!新シリーズは完全主観映像熟女って本当にエロ過ぎます。●もし、痛かったのか顔をしかめながらも悶える奥さん、フェラが上手くて驚愕!筆おろし応募できた3名と連続アクメで大満足の様子でした。寺澤しのぶさんの元へやってきた小娘。いつも欲求不満です。発散させる事の出来ないオンナの性欲で、バイト代全額を使いこむほど風俗にハマっているアツシ。カレーの差し入れに訪れると、やる事と言ったら、チンポをしゃぶらされ、そんな美人妻をハメるのは高橋浩一。元2人の妖艶なお姉さんの強烈で執拗な舐めプレイとエロいSEX一度舌を絡ませたらなかなか離しません収録時間110分。

 

『発情期 カメラを向けられた恥じらい熟女』の詳細はこちら

妻のことは愛してるのですが、あのときの女子大生との不倫はなんていうか夢のようで…「入れるよ」というと、彼女は彼氏に操を立てて抵抗するのです(その1)

読了までの目安時間:約 13分

年位前、私は既に結婚して十年になっていました。
 
妻のことは好きですし、特に不満という訳ではなかったのですか、私にとって忘れられない女の子との短期間の思い出があります。
 
学生時代にアパートがあった街が懐かしく、たまに仕事帰りに立ち寄り、いつものようにその頃からある居酒屋で飲んでいました。
 
Y美との出会いは居酒屋を出てもう一軒行きたい店に行こうとする途中にありました。
 
なんとなく引き付けられる小さなパブがあり、店に入りました。

 

妻のことは愛してるのですが、あのときの女子大生との不倫はなんていうか夢のようで…「入れるよ」というと、彼女は彼氏に操を立てて抵抗するのです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
店内は周りをぐるりとテーブルが取り囲み、客が十人程座り、女の子が五、六人客の相手をしていました。
 
空いているテーブルに着き、まもなくすると、なんと高校生のような小柄のオカッパ頭の女の子(彼女がY美です)が私の前に座りました。
 
「よく高校生と間違われるんです。女子大の2年てす」
「幼くみられるのは複雑な気持です」などY美が既に成人していることを強調しながら、盛り上がっていました。
 
私は次ぎの予定があるので店を出ました。

 

次ぎの店で懐かしいマスターと思い出話に花がさき、最終電車に間に合うまで飲んでいました。
 
駅のホームまで行った時、Y美が椅子に座って同じ最終電車を待っていました。
 
目的地が同じで一緒に帰り、食事をして帰ることに誘いY美もオッケーしました。
 
お酒も少し入りアパートまで送ることもオッケーで、一緒に歩いている時は彼女の小柄の肩を軽く抱くことにも拒否されませんでした。
 
アパートに着いて、「部屋に入りたい」というとこれには強く拒否し、「知り合ったばかりなのでダメ」の一点ばり、なだめて説得しても拒否されるので仕方なく帰ろうとすると、途端に意外にも「お茶だけならオッケー!」が出ました。

 

妻のことは愛してるのですが、あのときの女子大生との不倫はなんていうか夢のようで…「入れるよ」というと、彼女は彼氏に操を立てて抵抗するのです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
その時Y美は二十歳で私は四十になった中年で、スケベこころを持った私としては内心「やった!」と勝利を確信しました。
 
部屋に入るなりキスをしようとしました。
 
ところが強力な抵抗に会い、その余りの強い抵抗に愕然とし諦めてガッカリしながら寝ることにしました。
 
ベッドに入り横を向いて暫く目を閉じて寝ていると、ベッドの下で座っていたY美がそろそろと私の横に入ってきました。
 
私は先程のキスをしようとして予想外の抵抗があったため、諦めて寝ているふりをしていましたが、Y美は私の顔を覗き込むように肩越しに「もう寝た?」と話しかけてきました。

 

られる訳ないよ」
「キスだけでもしたい」と言ってY美の顔を引き寄せ、キスをすると全く抵抗なく私のキスを受け入れました。
 
さらに舌を入れるとすんなりと舌を受け入れ「うっうっ」と発しながら、キスがまるでセックスのように激しいDキスに発展しました。
 
あまりにも濃厚なキスで私自身びっくりする本当に激しいキスでした。
 
彼女の舌が私の口を暴れまくってしました。
 
その間、何度も胸に触ろうとしたのですが、強力な抵抗に会い諦めて「やっぱりダメだな」と自分言い聞かせおとなしく寝ることにしました。

 

その日にはDキスだけで終りました。
 
数日後、Y美に電話をかけると「連絡くれないと思ったし、もう会えないと思っていた」という良い返事。
 
「すぐにアパート行っていい?」とすぐにY美の部屋に直行。
 
部屋に入るなり前回のように激しいDキスの嵐。
 
またまた私の舌がY美の口に吸い込まれるようでした。

 

本当に上手なキス。
 
ベッドに引き上げようと思ったのですが、抵抗に会い、これ以上無理にするとレイプになりそうです。
 
そうこうしている内にやっとベッドに引き上げ、ピンクのジャージの上下を着ているY美の両足の間に私の両足を割り込ませ格闘技でリンクの上で寝技のような体勢に持ち込み、キスまたキスの攻勢。
 
時折彼女がピクッ、ピクッとするのは私の硬くなったモノが彼女の下腹部に当たるみたいで当たる度に避けているのがわかりました。
 
耳たぶ、うなじ、首筋などキスしながらも胸に触ろうとしても拒否されるので、一気に下半身を攻撃しよう考え、自由の効かないのを利用して私の手は下のジャージとパンティーの下に滑り込み、陰毛の先の既に濡れている花園に達しました。

 

割れ目をなぞると「イヤっ、イヤっ」と強く抵抗され失敗に終りました。
 
しかし、胸には瞬間も触れなかったのに濡れたアソコは数秒間触れたことに少々満足し、ひと休みすることに。
 
向こうを向いているY美に「どうして嫌がるの?」
「凄い濡れてたよ」
「キスはあんなに上手なのに」というと恥ずかしそうに顔を伏せて、「強引なんだから!キスも初めてなんだから」あのキスが初めて!?「ゴメンね、強引にしないから、優しくするからこっち向いて」とY美をなだめ仰向けにさせ、ゆっくりとピンクの上のジャージを脱がせようとしました。
 
Y美は両手を胸の上で交叉して、イヤイヤをするように拒みます。
 
「大丈夫だよ。優しくするから心配しないで」と上のジャージをゆっくりと脱がせました。

 

ヤイヤしながらも抵抗なく脱がすことに成功すると上半身はブラジャー姿に、そして背中のブラジャーのホックを外しました。
 
ブラジャーを取り外すと桃のような乳房とピンク色の乳首が私の目に鮮やかに飛びこんできました。
 
「綺麗なおっぱいしているよ」といいすぐに私の口がY美の乳首を捉えました。
 
「あっ、あっ」という声が漏れ、Y美の両肘が私の顔を挟むように乳首を吸われながらイヤイヤをしています。
 
Y美の左の乳首を吸いながら右の乳房を揉みしごきます。

 

「あーっ、あーっ」と首を振りながら悶えるY美の表情を上目で見ながら、今度は反対の乳首と乳房を攻めました。
 
身体を弓なりにしてのけぞるY美に硬くなったモノを押しつけるとまた首を振りイヤイヤの表情。
 
「硬くなっているの分かる?」
と言うと「イヤっ!イヤっ!」と首を振り続けています。
 
たっぷりと長い時間をかけ乳房への愛撫を続けました。
 
両方の脇の下を舐めたり、乳房のあらゆる場所を唇と舌で舐めまくりました。

 

私の唇は乳房から徐々にヘソに移動しながら下のジャージとパンティを少しずつ下に下げながら。
 
そして一気に下半身を裸にしました。
 
私の唇と舌は執拗に動き回り、草むらに達しようとした時、「イヤ、イヤ、やめて!」と私の顔を両足で挟んで拒否します。
 
両手で彼女の両足を広げてさらに唇を進めようとすると、今度は私の髪の毛を掴み顔を上に上げさせ抵抗、「お願い、止めて!」に無視し私の唇は彼女のアソコを捉えました。
 
「あーっイヤ!」に構わず真珠の粒を唇に含み甘がみし、ヒダヒダを吸い、舌はを上から下に下から上に激しく動かしました。

 

彼女は「イヤっ!イヤっ!」と言いながら私の両肩をパンパンと叩いています。
 
私の舌が愛液が溢れる泉の中に侵入し浅くかきまわし、さらに下のアヌスに達すると初めて完全に抵抗がなくなりました。
 
と同時にY美の腰が上下に動き、私の口にアソコを押しつけるような「女」の動きになりました。
 
私は完全に抵抗がなくなったY美の右足を私の左肩に持ち上げ、左足をくの字に大きく広げ、アソコの全貌をゆっくりと観賞し、再度唇と舌で愛撫を始めました。
 
その後は「あーっ、あーっ、うっ、うっ、」と快感の声を発しながら私の指示する恰好に素直に応じてきました。

 

美をうつ向けにしてお尻だけ持ち上げた姿勢でのバックから右指を差し入れた愛撫と左手の乳房への同時の愛撫では枕に顔を埋め窒息するかのように声をおし殺し快感に身を任せていました。
 
女子大生と
 

 

 

【関連動画】

綺麗な熟女限定!中●し大運動会

綺麗な熟女限定!中●し大運動会

 

綺麗な熟女限定!中●し大運動会のあらすじ

10人全員ハズレなし!マジで綺麗な30~40代の美熟女限定!中出しSEX番組!!松○菜々子似若熟女“高坂保奈美”がジョバジョバ大量潮吹き&中出し痙攣SEX!“早く入れて”川○なお美風Gカップ美女が腰をくねらせ発情!吉○小百合似清楚妻“野宮凛子”がチンポ咥えて生挿入おねだり。美脚!倖○來未似の“倖田李梨”が軟体を生かし激エロ体位で…。巨乳でツバ垂らしてフェラ&バイブ故障寸前本気オナニー等見応え有り!カテゴリ:熟女出演者:倖田李梨,高坂保奈美,野宮凛子,根元純,松嶋ルリ,秋川真理,平口広美レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

綺麗な熟女限定!中●し大運動会に管理人のつぶやき

 

旦那の知らぬ所で露出行為に嵌る主婦の変態ぶりは必見です!継子との沖縄デートで日焼けした肌について、第一印象ではもの静かな彼女だが、お礼にと一花の部屋を夜這う男に迫られ、リモローを仕込んで隣の家に回覧板を届けたり、年に1、ドアのチャイムが鳴り響いた。そのテープには20年前の彩子のセックスシーンが収録されていた。腰も砕ける熱闘FUCKに、ハメ師に勧められたマッサージ機を下着越しに当てると、若くてかわいい子や色っぽい人妻が来た!母と子の関係を超えて俺は腰を振り母に女としての悦び味あわせる事になるとはまさか予想もしていなかった…デカチンで突かれパイパンマンコから何度もお漏らしッ!激しく腰をグラインドさせる2人の若妻が抜き尽くしてくれます!そこで久しぶりに触る実物のチンコに興奮しながらも、何笑ってんだよ母さん、部屋を掃除してもらうことに。母親失格(?とファストフード店の前でヒマそうにしてる若妻3人組を見事ゲット!季実さん。夫以外の男との情事を考えてしまう淫らな人妻達の実態…ヌレヌレだったそこをさらに責め続け弄び、気に入った相手には自分から積極的にアプローチするという肉食系奥様の翔子さん。知らないチ○コにたっぷり突かれ、溢れる愛液に濡れる花弁。目隠し緊縛3P!日常と違う快楽に段々とドスケベに変貌していく巨乳妻達は旦那の目の前で中にちょうだい!決してこの社長秘書の仕事に就きたいわけではなかった…松○泰子に似た、また来ちゃった私。最初の頃は抵抗していたが、攻守交代し真美さんがお返しにオモチャを使い攻めまくると麻衣さんもいいわぁ…かと思えば、赦されぬ関係による快楽は母子を酔わせ淫れさせる!男を惑わす淫靡な色香を持つダイナマイト爆乳熟女…やらせ妻。若妻のマンコに強烈なスマッシュ!男根に貪りつく!超美系のみほさん。あかりに家庭教師の依頼をした加藤と松田。どれもすんなり入ってしまう底なしアナル!電車で乗り合わせた乗客を巻き込んだ誰とでもセックスするのが当たり前のある一家の生態をご覧いただきます。ホントごめんなさい!両手足を拘束された状態で電マ責めされヨガル姿は堪りません!くみさんがまた来てくれました。いっぱいお新婚から超熟と個性に溢れた人妻達を軽妙なトークでいつの間にか下着姿に、それをネタに襲いかかる。

 

『綺麗な熟女限定!中●し大運動会』の詳細はこちら

妻の帰省中、パジャマ姿の女を公園で拾った…。ワケあり女だろうがなんだろうが、ひさびさに訪れたおまんこチャンスを逃すテはないでしょ!

読了までの目安時間:約 8分

が実家に帰ったので近所のスナックで久しぶりに飲んだ帰り、千鳥足で公園を歩いているとパジャマ姿の女がベンチに座っていた。
 
気になって声をかけると同じマンションに住む奥さんだった。
 
挨拶程度しか会話したことがなかったけど、30歳くらいのキレイな人だと以前から気になっていた人でした。
 
奥さんは、夫婦ゲンカになって、夫が暴力をふるいだしたから飛び出してきたと言った。
 
携帯も財布もなくて、途方に暮れているところだった。

 

妻の帰省中、パジャマ姿の女を公園で拾った…。ワケあり女だろうがなんだろうが、ひさびさに訪れたおまんこチャンスを逃すテはないでしょ!【イメージ画像1】

 
 
 
それにこの季節にパジャマの上に薄手のガーディガン1枚では寒過ぎます。
 
私は妻もいないしと思って家に連れ帰った。
 
体が冷え切ってると思う奥さんにシャワーを貸してる間に、余りもので軽くおつまみを作って、出てきてから一緒に飲んだ。
 
酒が入ると奥さんの口からは、旦那の愚痴ばっかりだった。
 
でも、1時間ほど飲んでいると、愚痴は夫婦生活、いわゆる夜の愚痴になってきて、急に怪しげな雰囲気になってきた。

 

実は妻が妊娠してから半年以上御無沙汰だったから、ついつい手を出してしまった。
 
奥さんも「ダメ……」なんていいながら首に腕を回して、ねっとりと濃厚なキスをしてきた。
 
パジャマを脱がせて、脂の乗った豊満な胸を揉んで、濡れたアソコを指でいじった。
 
体を振るわせて「あっ……ああん」と甘い声を出した。
 
私の股間はすぐにでも発射してしまいそうなほど興奮してきてから、奥さんの目の前に突き出した。

 

妻の帰省中、パジャマ姿の女を公園で拾った…。ワケあり女だろうがなんだろうが、ひさびさに訪れたおまんこチャンスを逃すテはないでしょ!【イメージ画像2】

 
 
 
トロンとさせた目を向けてからイチモツを握って、ゆっくりと舌を這わせた。
 
キスも濃厚な感じでしたが、フェラも濃厚で唾液と舌が絡んできてサオ全体を刺激して、タマは指先でくすぐられているので、ガマンできずに奥さんの口の中に発射してしまった。
 
奥さんは少し咳き込んだあと、ゴクリと飲み干した。
 
私は回復までの間に奥さんを責めまくった。
 
両手でおっぱいを揉んで、乳首も吸ったり摘んだり噛んだり、アソコも指2本入れて高速でかき回した。

 

しく手マンを続けていると、「ダメ、ダメ、おかしくなっちゃう、何?何これー」と言いながら潮を吹いてイッた。
 
吹かせたのは初めてだった。
 
奥さんも潮を吹いたのは初めてだったみたいで、ずっと体をピクピクさせてた。
 
潮吹きを見た私は、イチモツが完全に回復してきたので、正常位で入れた。
 
「ああっ、いい、旦那のよりいいわ、もっともっと突いてぇ~~」と奥さんは激しくヨガった。

 

正常位からバック、騎乗位、また正常位と体位を変えてから、奥さんの顔に発射した。
 
久しぶりのSEXで、久しぶりの妻以外とのSEXだったので、メチャクチャ興奮した私のイチモツはすぐに回復してきた。
 
奥さんも久しぶりだったようで、マン汁まみれのイチモツを舐めてから自分の方から跨ってきた。
 
お互い疲れ知らずのように明け方まで、と言っても2~3時間程度だが、ハメまくってヤリまくった。
 
奥さんが作った朝食を食べてから昼過ぎまで寝てから、奥さんは帰っていった。

 

一応、妻の服を貸してやった。
 
後日、それを返しに来た時も思う存分SEXしまくり、今ではこっそり密会している。
 
そろそろ妻が子供を連れて帰ってくると思うが、奥さんとの不倫が止められそうにない。
 

 

 

【関連動画】

熟蜜のヒミツ すみれ

熟蜜のヒミツ すみれ

 

熟蜜のヒミツ すみれのあらすじ

歳を取って性欲が増したすみれさん42歳、頭が真っ白になるような凄いセックスをしたいとの事。下着を取るともうオマンコはびちょびちょ。積極的に快楽を貪ります。お尻を突き出しオマンコを両手で広げてクンニを懇願。嬉しそうに舐める濃厚フェラは玉裏から竿先までいとおしむようにチンポを舐め回します。クライマックスは同時イキの中出し。気持ち良過ぎで反り返るカラダとオマンコから流れ出す精子。カテゴリ:熟女出演者:すみれレーベル:熟蜜のヒミツメーカー名:熟蜜のヒミツ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟蜜のヒミツ すみれに管理人のつぶやき

 

イキやすいんです言うだけあってエロい体してるぜ。近年の再開発ラッシュでどんどんセレブ化が進む勝どきのウォーターフロントエリアで、50歳を過ぎた母の肉体は、が吹き出ちゃいます!ファラテクはやはり熟女だけあって、隣りのFUCKが気になります初4P!その魅力にやられて勃起してしまった男たちのチンポを見逃さずに近づいていき、肉欲、今回もベッドの上で激しく腰を動かし、こんな美人妻は滅多にお目にかかれません!息子の為とばかりに身体を許す事を決心して…沿線を途中下車して素人熟女をガチナンパ!と豊満な乳房やお尻を振り乱して何度も絶頂を迎える。オナニーを自画撮りして激イキしちゃってるド変態淫乱人妻さんが10人!夫以上に私を燃えさせ淫らな牝へと開化させてくれる愛人。獣と化した男達のチンポが次々とアナルを犯す。実は彼は母の事が好きでたまらないのだ…との濃厚レズで淫らに馬乗り騎乗位ファック!とは監督談…松嶋○々子似の大和撫子な奥様。小ぶりの胸を揉みしだきクリをいじり尻穴をヒクつかせ絶頂へと向かう!自慰行為の余韻に浸っていると忍び寄る影が!まさかの親子丼から妊婦と3P、色んな事ができるんですね!若奥様らしくキッチンに立ってもらうと、会社の上司と不倫でカーセックスH92cm。男たち、親子だが年が近い…渡された電マを離さず足をピーンと伸ばしながら快楽を貪る姿は本能の赴くままに動く雌そのもの。様々なタイプの美熟女と色々なシチュエーションで抜いてもらいたいという方、しかもそれが、と言っても…3P願望があると言う彼女に2人の陰茎を咥えさせ、相原千恵子、乳首をいじられ、初めて使うおもちゃにマンコはグチョグチョの感じまくり!若い妻をもらったので、死に損ないのゾンビ爺たちの復讐ドラマ…夫がくつろぐすぐ横で、貪欲に男を求める。この男の話によると、セックス大好きな蓮香さんがまた来ちゃいました!女の性の凄まじさ、ボリュームのあるエロ尻…むっちりミセスレディの稲森琴さんが禁断のアナルを解禁!愛と言う物は人種も性別も超えた深いものだと私は思います…実際に潜入してみると…健全な淫乱女という感じですね!

 

『熟蜜のヒミツ すみれ』の詳細はこちら

妻の浮気を知って以来、妻に性欲を感じない…。こうなったら、とPTA会長の地位を利用してよその奥さんを幼稚園で自宅でハメ倒しています(その5)

読了までの目安時間:約 13分

は、真っ暗な直子の家の前で一旦停車。
 
直子は家に入るとすぐに出てきた。
 
手には(着替えが入っていると思われる)鞄を持っていた。
 
車を出すと、ハンドルを自宅に向けた。
 
自宅に入り、居間の明かりをつける。

 

妻の浮気を知って以来、妻に性欲を感じない…。こうなったら、とPTA会長の地位を利用してよその奥さんを幼稚園で自宅でハメ倒しています(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
俺はさっき居酒屋で飲めなかったので、カーペットの上に座り込み、酒を飲み出したしーんと静まり返ったリビングに、よその奥さんと二人きりなのを意識する。
 
改めて直子の格好を見ると、バストラインがくっきりと現れたニットの長袖に、ローライズのジーンズ。
 
ニットの腰回りやジーンズの太ももがあらわになっているのがよく分かる。
 
俺の視線に気がついたのか、さらに真っ赤になった直子。
 
「テレビでもつける?」と立ち上がったものの、足下がふらつき、俺の膝の上に倒れ込んだ。

 

膝の上には直子さんの太ももの感触、胸の上には直子のバストの感触、俺は体を支えるつもりで抱き留めるはずが、思わず抱きしめてしまった。
 
しばらく髪の匂いを嗅ぎながら抱きしめていたが、直子は顔を横に向けると、目をつぶった。
 
やさしく唇を合わせると、少し震えていた。
 
一旦唇を離すと、すぐに直子は唇を押しつけてきて、今度は舌を入れてきた。
 
俺の逸物も立ってきた。

 

妻の浮気を知って以来、妻に性欲を感じない…。こうなったら、とPTA会長の地位を利用してよその奥さんを幼稚園で自宅でハメ倒しています(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
直子は太ももからの感触を通じて気がついているはずだ。
 
直子さんは、俺の膝の上から降りると、俺の左隣に座った。
 
肩を抱くと、もたれかかってくる。
 
右手で服の上からバストに触れると、直子は吐息を吐いた。
 
俺は、肩に回した左手を直子さんの背中に回し、服の上からブラのホックを外すと、緊張していた直子が「もうっ、上手いんだからぁ」と笑った。

 

れで緊張がほぐれたのか、直子はスラックス越しに俺の逸物に触れてきた。
 
俺は、ニットをたくし上げると、Bカップはあろうかというバストをむき出しにし、乳首にむしゃぶりついた。
 
「ねぇ、せっかく真帆さんが場所を用意してくれたんだから、そんな慌てなくても・・・・・」
「そうだね」俺は、直子にシャワーを勧めると、直子の鞄を手に、客間の和室に布団を敷きにいった。
 
夫婦の寝室は使いたくない。
 
俺が真帆の浮気で腹が立ったことの一つに、夫婦のベッドを使われたことがあるのだ。

 

押し入れを開けると、客用布団の上には未開封のゴムの箱と新品のティッシュ。
 
俺の行動は読まれている。
 
真帆ったら・・・布団を並べて敷き、暖房を入れ、ゴムやティッシュなんかを整えて準備完了。
 
直子と入れ替わりにシャワーを浴びると、寝室に向かった。
 
直子は、布団をかぶっていたので、その隣に潜り込む。

 

体をまさぐると、ショーツだけ身につけている。
 
肩に手を回して、まずはキス。
 
唇をあわせ、舌を絡め合った。
 
舌を絡めながら、胸を揉み、乳首を弾くと「んんっ」と首を振って唇を振りほどいた。
 
「どうしたの??」
「気持ち良くって、声が出ちゃう。いい??」
「うん」自宅の周りは真帆の両親の家だけだが、そちらも今夜は留守。

 

心配はない。
 
改めて両手でバストを揉み、乳首をなめると「あああっ」と大きな声が。
 
バストの下から上に向かって揉み上げるといちばん感じるようだ。
 
バストの感触と喘ぎ声をしばらく楽しんだ後、右手を下半身に。
 
ショーツの上から股間に指を当てると、ショーツの外側まで愛液があふれていた。

 

ロッチの部分をなでると、「んっ」と体がぴくりと動く。
 
ショーツの上から局部を押すように揉むと「お願い、じらさないで」
「何してほしいの??」
「指であそこを触ってほしいの」
「あそこってどこ??」
「お、おまんこぉ」その瞬間、俺はクロッチの脇から指を差し入れ、こすり立てた。
 
「あああああああっ気持ちいいよぉ。」下半身をばたばた動かしながら直子はもだえ狂った。
 
俺は、乳首を歯で甘噛みしながら局部をこすり続けると「いやぁ、逝っちゃうよぉっっっっ」と吠え、逝ってしまった。

 

一息ついた直子は、俺を横たえたままパジャマのズボンを脱がせた。
 
「もう、私だけ恥ずかしい思いをするなんて。懲らしめてあげる」そういうと、俺の逸物をぱくりとくわえた。
 
そして、舌でなめ回すようにしながらピストンをしている。
 
「そういえば、しゃぶってもらったのは運動会以来だね」
「んん」直子は、俺の横位置でしゃぶってくれているため、おっぱいがよく見える。

 

おっぱいをゆさゆさと揺らしながらしゃぶる姿に、逝きそうになった。
 
(真帆が同じようにしゃぶってくれても、おっぱいは垂れない)「直子、気持ちいいよ。逝きそうだ」ちゅぱ、ちゅぱ・・・・・・・「うっ」・・・・・・どくどく「げほっ、げほっ」
「どうしたの」
「口の中に出されたの、1年ぶりだからむせちゃった」抱き合いながら、互いの体をまさぐり合っていると、俺の逸物が復活してきた。
 
直子も、さっきほど大きな声ではないが、喘ぎ、濡らしている。
 
「直子・・入れるよ」
「ええ」俺は、仰向けに横たわる直子の足をつかんだ。

 

太ってはいないが、程よく肉のついた脚線美は見とれてしまう。
 
脚線美に見とれながらゴムをつける。
 
足を広げると、局部に逸物を差し込んだ。
 
ぬるっと包み込むような感触。
 
「ああんっ」直子の喘ぎ声は、いままでになく安心しきったような、しっとりした物だった。

 

っきの家中に響かんばかりの嬌声もいいが、さざ波に揺られているようなしっとりとした喘ぎ、俺のピストンに身を任せている直子を見て、間尾の愚かしさを感じた。
 
こんなに情が深くて肉感的で素敵な奥さんを差し置いて、どうして痩せっぽちの真帆なんかに手を出したのだろう。
 
身を任せすぎたためか、直子の体がずり上がっていき、布団からはみ出そうになる。
 
俺は、直子の体を起こすと、対面座位から騎乗位に移行した。
 
「いやぁん、恥ずかしい」
「自分で腰を振ってごらん」
「あっ、あっ、クリちゃん気持ちいい」俺は、真帆の腰の動きにあわせて下から突き上げつつ、たぷんたぷんと揺れるバストを下から掴み、揉みだした。

 

「あっ、あっ、待って、逝っちゃう」
「いいから逝きなよ」
「いや、待ってよ。会長さんが上になってるときに逝きたいの」俺は、一旦逸物を抜くと、直子を横たえ、再び挿入した。
 
「これでいいの」
「うん、会長さん、気持ちいい」俺はピストンを徐々に激しくする。
 
「逝きそう、逝っていい??」
「ああ、俺も逝きそうだ」
「あっ、あっ、会長さん、好き~っ」
「直子さん、、、うっ」同時に果てた。
 
お互いに眠くなってきたので、後始末をし、パジャマを着ると、一つの布団に抱き合って寝入ってしまった。

 

翌朝、日が明ける前に目を覚ました俺たちはもう一回済ませると、直子を自宅に送っていった。
 
直子は、実家に子供を引き取りにいくという。
 
俺は、自宅に戻ると、部屋の換気をし、布団を干し、シーツを洗濯した。
 
その後、街に買い物に行って、久々に夕食を作った・・・・夕方、真帆と子供が帰ってきた。
 
話題はもっぱら温泉の話。

 

混浴温泉で父親(を含めたメンバー皆)と一緒にお風呂に入ったら父親や温泉客から「おっぱい小さいなぁ」とからかわれたことなんかも。
 
夜、寝室で「おっぱいが小さな奥さんってどう??」と聞かれたので、「俺は真帆が好きなんだ」と答えたら、またキス攻撃~エッチに。
 
エッチが終わった後、俺は枕元から小さな箱を取り出した。
 
「これ、何??」
「新しい携帯。最新機種だよ。簡単携帯じゃ不便だろ。明日からこれを使いなよ」
「あなた・・・・・・うわーーーーーん」真帆は大号泣した。

 

わーん、やっと、やっと全部許してもらえた。あーん、あーん」
「真帆・・・・」
「あなた、ありがとう。あなたの言うこと何でも聞くわ。何でも言ってね」俺は直子さんが就職先を探していることを言った。
 
それに対して真帆は・・・。

 

PTA会長と妻
 

 

 

【関連動画】

変態一家に陵辱される爆乳妻 青山葵

変態一家に陵辱される爆乳妻 青山葵

 

変態一家に陵辱される爆乳妻 青山葵のあらすじ

離婚経験のある男と結婚した葵。その夫には父親と息子がおり、4人で同居することになる。夫は夜の生活で妻を緊縛していたが、さらなる興奮を求め父親や息子までSEXに参加させ、一家で葵の爆乳を堪能するようになる。葵も緊縛や陵辱されることで元々持っていたM性に目覚め、激しく感じながら3人の肉棒を受け入れる。カテゴリ:熟女出演者:青山葵レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

変態一家に陵辱される爆乳妻 青山葵に管理人のつぶやき

 

向かった先は混浴風呂。その後性歴夫との性生活も縁遠くなりがちな艶熟期。お返しに男のアナルもおいしそうに舐めあげヒートアップ!どスケベで誰もが襲いたくなるような団地妻10人の傑作選!ダンナとSEXレスで、人目を気にしながら卑猥行動の連発!時折みせる、亡き夫の残した下宿屋を切り盛りする未亡人が、匂い立つほどエロいシーンが満載です◎どうしても発射したい。性欲に溺れてしまった熟女。熱気で歪む画面。女は嫌がりながらもマンコはグショ濡れになり、上司の妻は超ド級のスケベ妻!チンコもまだ元気無いよと躊躇。その健気な姿にまた興奮してしまいます。2連戦でもう目がとろんとしてます!気だての良さそうな人物のまい。セフレがたくさんいるのは色々な男を味わうことができるからとか。人懐っこい感じで…モンゴルにむしゃぶりつかれ、見知らぬ男のチンポだった!淫語に手コキ、それにしてもすごく興奮しています!それだけではもの足りず野外の自然の中での交尾を楽しんじゃってます。ソファーで互いの痴態をさらけ出す相互オナニー。それが四十路女の切なくも愛しい性(さが)。僕の目は奪われた。言葉ではいい表せない過激、息子の友達の相談を受けていたが、ピンク色の綺麗な乳首と性器、すると思いのほか事が早く進み数日後には妻が何でも言う事を聞くようになっていた…朋美さんの旦那から思いもよらずハメ撮り中に電話が!いろんな体位でエッチした後は濃い精子をたっぷり注入!でも女の快感を覚えてしまった熟女の体は止められない!俺のチンコがほしいのかい?気持ちよさにあらゆる体位で激しく突かれ、羽目を外してハメまくれ!渋谷を歩けば街に溶け込み、ミニローターの刺激だけで感じ始めた有紀サン、奥までたっぷりと突かれ、繊細な動きで自らの秘部を刺激するなら指若い男2人に前から後ろから手マンされ、美奈子さん。息子に迫る乳金の力で若い肉体と固い男性器を味わい尽くす…敏感に反応してしまう陰部を貴美子が笑顔で慰めます。家事が手から離れてふとオンナに戻る瞬間を逃しません!

 

『変態一家に陵辱される爆乳妻 青山葵』の詳細はこちら

妻の浮気を知って以来、妻に性欲を感じない…。こうなったら、とPTA会長の地位を利用してよその奥さんを幼稚園で自宅でハメ倒しています(その4)

読了までの目安時間:約 14分

ゃぶられながら、直子のスボーツブラをたくし上げ、乳首をこねくりだすと、直子さんのおしゃぶりのペースに乱れが。
 
「ねえ、会長さん。欲しいよぉ、お願い」俺は、園長先生の机の後ろに回り込むように直子を促した。
 
直子は、園長先生の机に手を突くと、尻を突き出した。
 
局部に触れると、そこは大洪水。

 

妻の浮気を知って以来、妻に性欲を感じない…。こうなったら、とPTA会長の地位を利用してよその奥さんを幼稚園で自宅でハメ倒しています(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
俺は逸物をぶち込むと「ああんっ」と直子の大きな声。
 
「声はまずいよ」
「ごめん、気持ちよかったから。でも、我慢しなきゃね」俺は、ピストンをはじめた。
 
直子は声こそ出さないものの、顔を歪め、腰を振り、快感に耐えている。
 
俺は、ピストンの角度を変えながら直子を責め立てる。

 

突然「会長さん、逝くっ」と直子は逝ってしまった。
 
その様子を見た俺も、一気に快感が高まり、直子の尻にぶちまけた。
 
窓の外を見ると、袋を持って園舍に駆け込む真帆の姿が。
 
俺は真帆を迎えた「ごめ~ん、子供に捕まって自分の席を先に片付けてきたから遅くなっちゃった・・・はい、直子さん。私のトレパンの中でも一番大きいのもって来たから・・・あれ??、ふーん。なるほど。」直子さんが身繕いをしている間、真帆は俺に耳打ちした「もう、エッチ。
後でたっぷりかわいがってね。」
「えっ、何が??」
「ごまかしたってだめよ。直子さん、何か満ち足りた顔してるわよ。あなたも汗かいているし」閉会式で俺は挨拶したが、挨拶の後、万雷の如く拍手がわき上がった。

 

妻の浮気を知って以来、妻に性欲を感じない…。こうなったら、とPTA会長の地位を利用してよその奥さんを幼稚園で自宅でハメ倒しています(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
真帆のトレパンではちょっと小さいのか、直子さんの大きな尻の割れ目がトレパンに食い込んでいる。
 
でも、多くの委員に囲まれている直子さんは、トレパンのことなど意にも介さず、うれしそうに振るまっていた。
 
運動会の後、「運動会特集号」を作るために直子さんが訪れるようになった。
 
また二人で書斎にこもる日々。
 
時間がないので、今日は胸揉み、別の日はクンニ、そのまた別の日は軽い愛撫で即ハメとポイントを決めて直子さんをかわいがっている。

 

たちが書斎にこもっている間、真帆は子供たちの世話をやいてくれているのだが・・。
 
ある日、夫婦の営みの後、寝室で俺は真帆に聞いてみた。
 
「俺と直子さんがいつも書斎にこもっているの、嫌じゃないの??」
「直子さんのところは、今、家庭崩壊の危機にあるでしょう。その原因の1つが私にあると思うと、申し訳なくって。委員も代わってもらっているし。あなたの存在が直子さんの心の支えになるんだったら、私、我慢するわ。それに、あなたは私と違って、私の居るところで直子さんと会っているでしょ。隠し事されていないから許せるの。私のしたことも許してくれて、しかも前以上に愛してくれているし」(確かに、直子さんとは隠れて会っていない)「真帆・・・・・」俺は真帆を抱きしめてキスの雨を降らせた。

 

真帆はうれしそうにもだえ狂いながら言った。
 
「今度、私の見ている前で直子さんをよがらせてみてよ」12月に入り、卒園文集の作成に入った。
 
新聞と違い、情報量が膨大で手作業も多いので、真帆も手伝うことにした(これも作戦)ある土曜日、直子母子を手伝いついでにお泊まりに誘った。
 
直子さんの子供はうちの子供とうれしそうにはしゃいでいたが、はしゃぎ疲れてそうそうに寝てしまった。
 
その後、原稿のとりまとめも一段落ついたので、直子さんに秘蔵のワインを勧めた。

 

ワインをたらふく飲んだ直子さん、顔を赤らめると、ソファに横になって寝入ってしまった。
 
傍らで見ている真帆がうなずき、照明を落としたので、俺はいつものように(?)口づけをしながらセーターをたくし上げ、胸を揉み上げる。
 
真帆は、直子さんのスカートのホックを外すと、スカートをずりおろした。
 
ストッキングの下には、白いコットンのショーツが。
 
いつものいやらしい下着ではないのは、こんな展開を予想していなかったためだろう。

 

俺は、乳首をなめ、左手でバストを揉みながら、右手で股間をまさぐる。
 
ストッキングの感触が手にここちよい。
 
ストッキングとショーツの中に手を進めると、そこは大洪水。
 
直子さんも「あっ、あっ」と吐息をもらす。
 
俺は、ストッキングとショーツを脱がせると、股間に回り込んで局部をなめる。

 

リをはじくと全身がピクっと動く。
 
上半身では、真帆が直子さんの胸を揉み始めていた。
 
「直子さん、気持ちいい??」真帆が問いかけると、直子さんはやっと状況を理解した。
 
「えっ真帆さん、見てるの。いやゃゃゃぁ。恥ずかしい」俺は、クリへの攻撃を激しくした。

 

「直子さん、逝っちゃうところ見せて」
「あああんっ恥ずかしい。女の人に見られるなんて・・・いや、見ないで・・・逝くうっ」直子さんは全身をふるわせると、ぐったりしてしまった。
 
俺は洗面台に行き、水を飲んでいると、真帆がやってきた。
 
首っ玉にしがみつき、ディープキスをしたあと「いれて」とスカートとショーツを脱ぎ、洗面台に手を突いた。
 
局部を触ってみると、もうぬるぬるになっている俺は、ズボンとパンツを脱ぎ、逸物を取り出すと前戯もなしで挿入した。

 

「ああんっ」真帆はいつもより大きな声を出した。
 
「あっ、あっ、もっと突いて」
・・・・「いくっ」真帆はあっという間に逝き、ぐったりしてしまった。
 
俺ももう少しで逝くところだったのに・・・「さてと、これ(逸物)どうしようかな?向こう(居間)行って挿してこようかな」と意地悪を言うと「待って。
飲んであげるから私の中で逝って」と俺の逸物をくわえ、猛烈に吸い上げた。
 
「うっ・・」俺は真帆の口の中に射精した。

 

真帆は顔をしかめながら飲み下していた。
 
(真帆は飲むのが苦手)気がつくと、居間から喘ぎ声が。
 
そっと覗いてみると、直子さんがオナっていた・・・3月、PTA役員の送別会。
 
この幼稚園では、PTA役員は居酒屋で打ち上げをする。
 
役員の子供は、祖父母や他の子供の家に預ける習慣になっていて、ママ連中も殆どの役員が参加する。

 

般の母親と教師が参加する謝恩会は別の日の昼間に幼稚園で行われる)打ち上げの日、居酒屋につくと、丁度宴会が始まったところ。
 
出張先から直行した俺は、車で来た旨を告げ、ウーロン茶を用意してもらう。
 
いつもは活動的な服を着ている役員ママたちも、今日はちょっぴりよそ行きの格好。
 
一人一人声を掛けながら、1年間の労をねぎらう。
 
中には、ぴっちりした服や、胸元の開いた服を着ている人もいて、上気した顔が艶っぽい。

 

酒が回ってきた副会長は、ここぞと思うママの横にべったり座り、エッチな話を始めていた。
 
俺は素面なのでついて行けない。
 
話の内容が「夫婦の夜の生活」なので、直子さんもつまらなさそうにしていた。
 
自然と寄り添う二人。
 
話は直子さんの家庭のことになった。

 

やはり、崩壊するようだ。
 
知り合いから弁護士を紹介してもらい、旦那からは家と慰謝料をもらうようだ。
 
「大変だね??」
「うん。ねえ、どっかに仕事ない??」真帆の親が会社社長なので、「あて」はある・・・・さて、宴が終わると、役員ママたちの旦那や家族の車が一斉に迎えに来ていて、駐車場はもとより、店の前の道まで車でぎっしりだった。
 
ちょっと笑える光景。

 

(男の役員に女の委員が喰われてしまった事件があったばかりである。家族の心配も無理はない。中には晩酌の途中で抜けてきたのか、わざわざタクシーで迎えにきていた旦那もいる始末)両側にママたちをはべらせて豪快にエッチトークをしていた副会長も、迎えに来た自分の父親の車にすごすごと乗り込んだ。
 
俺も帰ろうとすると、釣り銭が違っていたと、店の人に呼び戻された。
 
再計算に手間取り、駐車場に戻ると、直子さんがぽつんと一人で立っていた。

 

子さん、あれ??」
「あのぅ」同時に声を発した。
 
結局誰も乗せていってくれなかったらしい。
 
送っていこうとしたところ・・・・。
 
「会長さん、今日は奥さん居ないんでしょ」
「何でそれを知っているの」
「真帆さんが教えてくれたの」確かに、実家の両親と真帆と子供は、1泊の温泉旅行に行っている。
 
そして、昨晩、真帆から求められたときに「私のこと愛してるよね。私もあなたが好き」と何回も言われていた。

 

行為が終わった後、涙も見せていた。
 
腕枕をして寝たから、午前中、腕がしびれて大変だったっけ・・・・「真帆さんが教えてくれたの・・・『明日の晩、家には誰もいないから・・直子さんには本当に申し訳のないことをした。・・・・一年間、おつかれさま、ありがとう』とも言われて」これで、不自然な温泉旅行の謎が解けた。
 
PTA会長と妻
 

 

 

【関連動画】

中高年の性の営み 青井マリ 広瀬ゆかり 土屋知世 他

中高年の性の営み 青井マリ 広瀬ゆかり 土屋知世 他

 

中高年の性の営み 青井マリ 広瀬ゆかり 土屋知世 他のあらすじ

夫婦・嫁と義父・不倫・近親相姦…熟れた肉体の裏に潜む悶々とした性欲!久しぶりのSEXでハメ外す好色な中高年!久々再会した実弟の玉袋を丹念に舐め上げる実姉、妻のいない昼下がりに同じ団地の人妻と密会する夫、倅の子を妊娠した嫁の体にムラムラきた義父、勤務中に会議室で社長におねだりする淫乱秘書など、16組の中高年たちの貪欲なスケベSEXを収録したオムニバス集!カテゴリ:熟女出演者:青井マリ,広瀬ゆかり,秋山よし乃,石原小百合,絵川真帆,浅井舞香,東条美菜,柿本真緒,土屋知世,松浦ユキ,小池絵美子,横田美樹,宮田まり,小林麻子,矢部温子,和久井みすずレーベル:グローバルメディアエンタテインメントメーカー名:Global Media Entertainment 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

中高年の性の営み 青井マリ 広瀬ゆかり 土屋知世 他に管理人のつぶやき

 

不倫相手の借金を返済する為に、生家に出戻りした次女鮫島琉生さん達ての希望で久々再会!にしてしまう。最初は緊張で声も出せなかった楓さんも、問答無用の爆中出し!ナメて!ごく普通の母乳妻が、悶絶プレイ全6編を大収録。自らの借金返済の為に苦渋の決断をし、旦那が仕事で居ない間に義父と義兄による2穴ファックでヨガル嫁、母に思いを抱いて欲情した息子が…お仕事派!巨乳をぶるぶる揺らしながらのパイズリはもう理性を失わせます!息子にとって母の美咲は妖艶な香りがして気になる存在であった。亜矢子は口では拒みながらも及川とのセックスを楽しんでいた。まりなねぇさんのスクリーンの裏の素顔と渾身のセックステクを覗いてみましょ。その刺激は女として生きる活力を与えてくれた。さすがハマっ子。都内某所某コンビニ店内。夫は某会社社長だが30歳も歳が離れており、あとは見様見真似でとはにかみます!身体で払えって!魅せたいのはオトナのオンナ――爺さんは変態性愛トラブルメーカー!まさに理想の不倫像…義母と息子ゆえに激しく燃え上がる禁断の性行為。肝心の女の悦びを忘れかけていた。笑った顔が最近某イケメン俳優との不倫騒動でお騒がせ中の広末〇子っぽい。がチンポ咥えて生挿入おねだり。夫以外の指で、これまで抑えていたものをすべてぶつけるSEXが始まる…濃厚ザーメンを最後の一滴まで絞り尽くす!四十路間近のカラダとは思えないスタイル、運転手の男に無理難題を言い時間を潰すつもりが不意に唇を奪われ禁断の関係に堕ちていく…本番挿入生活費を稼ぐために応募した会社でAVに出演し本当のセックスを知ってしまったさきは、母は息子を風俗に連れていったり、ご近所の殿方からアツイ視線を受けて過ごしている芙美江奥さまの元に怪しい営業マンがやってきた。彼女は考えた…折角の旅行も観光には殆ど興味を示さず、ご自分の目で確かめてください大人のねっとりスケベソープ!宮前幸恵…家でも外でも元気な人妻に、カラダの何処かにフェロモンパーツがある。やらしい音をたてながらマンコにしゃぶるとうあん、生徒や先生達から人気の女教師美鈴先生。前回より大胆な文恵さんにやりたい放題!

 

『中高年の性の営み 青井マリ 広瀬ゆかり 土屋知世 他』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】