告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

金玉&裏筋ベロ舐めフェラからの唾液たらしぬるぬる手コキでザーメン搾り抜いてくる痴女ビッチ奥さん

読了までの目安時間:約 7分

と子供もいる平凡な30代のおっさんです先日久しぶりに出会い系をしました昔はツーショットダイヤルが全盛でしたが、今は時代も変わり、簡単に出会い系が出来るんですねパソコンのフリーアドレスでそれも無料で登録できるようになっているのにはびっくりしました。
若い子は苦手なので、同年代、もしくは年上の人妻熟女の何人かにメール2日くらい待ってみると、意外に来るもんですね。
3人の女性からメールをもらい、とりあえず週末に妻には出張とか嘘をついて、金曜の夜に会うことになりました。

 

金玉&裏筋ベロ舐めフェラからの唾液たらしぬるぬる手コキでザーメン搾り抜いてくる痴女ビッチ奥さん(イメージイラスト1)

 

ただ、昔の経験ではすんなり会う約束ができる女性はすっぽかしが多いような気がして、迷ったのですが、とりあえずホテルを予約して、来なかったらデリヘルでも呼ぼうかと考えていました。
当日、駅に行くと、なんとそれらしい上品なマダムが待っているではありませんか。
お互い写メの交換はしていたので、近づくとすぐに本人だとわかりました。

 

名前はさおりさん。
41歳のマダム主婦で今週末は旦那さんと子供さんは実家に遊びに行っていて、ゆっくり友達と週末をすごしたら、と旦那さんからフリーな時間をもらっているそうで、心の広い旦那さんですが、よりによって出会い系で遊ぶとはたぶん、欲求不満なエロマダムなんでしょうとりあえず食事に行っていろいろと話をしているうちに酒が入るとスケベな話も飛び出し、ひさしぶりに私も心の底から笑い、さおりさんもそうでした。
そしてここまで盛り上がると、当然次に行くところは決まってますよね。

 

金玉&裏筋ベロ舐めフェラからの唾液たらしぬるぬる手コキでザーメン搾り抜いてくる痴女ビッチ奥さん(イメージイラスト2)

 

はちょっと有名なホテルの上のほうの階の部屋を取っていたので、きれいな夜景にさおりさんも満足していました。
とりあえずまだ2人とも酔っているので、ワインで乾杯して、どちらが言ったか忘れましたが、アダルトビデオを見ようということになって、有料のアダルトを20分くらいお互い無言で見てしまいました。
そしてお互い寄り添っていたので、とりあえずキスをすると、さおりさんの上品な表情に私はついに自分を忘れてしまいました。

 

窓辺に誘い、カーテンを開け、またキス。
そして上着を脱がせると、意外にやわらかそうな乳房が見え、私のペニスもすでに全開になり、私はその乳房に吸い付き、必死にしゃぶっていました。
「い、いや~、だ、だれか見てる~」
「大丈夫、向こう側は離れてるから見えないよ」
「で、でも~あん、き、気持ちよくなっちゃった」
「もっと感じさせてあげるよ、どこを舐めてほしい?」
「あん、も、もう、私が・・・恥ずかしい~」
「口があるんだからちゃんと言わないとわからないよ」
「で、でも~、ああ~っ、ぜ、ぜんぶ」体全部を私は勝手に理解して、徐々に攻めの体勢を取っていました。

 

さおりさんが徐々に興奮していくのが手に取るようにわかり、体中を舐めれば舐めるほど吐息が激しくなり、声をだんだん大きくなってきています。
「案外かわいい喘ぎ声ですね」
「そ、そんなこと・・・ああ~ん、い、いや~ん」
「もっと声が聞きたいな~、どうすればいい?」
「い、いや~、も、もうどうにでも」
「どこが一番感じるの?」
「そ、そんなの~わ、わからない~」
「ここは?」私はさおりさんの股の間から手をすべりこませ、おまんこを触ってみると、ヌルっという感触ではなく、ビチャビチャって表現したほうがいいくらい、濡れています。
「だいぶ興奮してるね」
「も、もう、その手と舌が気持ちよすぎる~の」
「あっ、ああ~ん、だ、だめ~、ああ~ん」
「すごく濡れてるよ、さおりさん」
「あ、あなたの手がいいの、ほ、ほしい~」
「まだだよ、俺のをきれいにしてくれなくちゃ」するとさおりさんの手が私の股間に伸びてきて、ズボンの上からさすり始めました。

 

、はやくちょうだい、ほしいの」するとさおりさんは私のベルトとチャックに手をかけ急いで下ろし始めました。
「ああ、大きいわ、主人のより大きいわ」
「そうですか、でもこれがアソコに入るんですよ」
「想像しただけで、ああ~ん、また濡れてくる~」さおりさんの即尺は妻がするよりも滑らかで涎をいっぱい垂らしシコシコというよりヌルヌルと手と口で上下運動をされている感じで、それが私の興奮をより高め、「気持ちいい」
「玉の部分も気持ちいいの?」
「あ、ああ、気持ちいいよ」するとさおりさんの舌が玉袋まで達していて、玉と袋を一緒に吸い上げる力もすごく、これがバキュームフェラというものなのかと思いました。
「さおりさん、そろそろ入れてあげようか」
「うん、入れて、待ってたの」そして私はバックから手を窓につかせ、一気に挿入するとさおりさんは体を反り返しながら、半分びっくりしたように大きな声をあげました。

 

「いいっ、いいの~っ」
「さおりさんすごくいいよ、締りは最高だよ」
「い、いや~、締りがいいなんて~、恥ずかしい」
「いいよ、すごくいいよ、もっと締めて」
「こ、こうなの、ああ~、だめ~、わ、わたし、も、もう・・」
「いきそうなの?」
「そ、そうよ、あ、あなた最高よ~、あ~っ、だめ~っ」さらにピストン運動を加速すると、「ああ~っ、だめ~っ、い、いく~」さおりさんは動物のようにいってしまいました。
とりあえず私もいきそうだったので、ここでちょっと休憩を入れることにしました。
さおりさんは窓辺に倒れ込み、そのまま一時の間、動かずにうずくまっていました。

 

そしてそっと私が抱き寄せ、「最高だったよ」
「もう、窓から丸見えじゃない、もう恥ずかしいわ」
「誰かに見られてると思うと興奮しない?」
「・・・・」
「さおりさんを見てオナニーしてる人がいるかもね」
「いや~ん、もうスケベ」その後布団に入り、お互いワインを飲みながら、口移ししていると、私はまたムラムラとして、キスをして体中に愛撫をし始めました。
さおりさんはそれに答えるかのように、また動物になり、体を反り返らせ、騎乗位やバックで何回もいき、そして正上位でガチイキその日はお互いいびきをかきながら寝入ってしまって、気が付くと朝をでした。
でもさおりさんはいませんでした。

 

ります。
また連絡します、と置手紙がありました。
さおりさんはだいぶ溜まっていたみたいです。

 

旦那さんとは月に1回くらいしかしないそうです。
だから夫がいない時は、毎日のように昼間からオナニーをしているそうです。
世の中の旦那さんはもう少し奥さんを愛してあげないといけないと思います。

 

私にも言えることですが・・・。
でもまたこの出会い系サイトをやってみようと思います。
クセになりそうです。
 

会社の事務員おばさん(既婚)とセックスしたら子持ちのせいかマンコがばがばでびっくりした件w

読了までの目安時間:約 2分

社のパートとエッチした体験談です彼女は38歳のおばさん事務員去年から働きに来て制服に身を包んだ爆乳と、丸くて大きめなヒップが何とも言えない。
先月始めの花見の時会社帰りに「花見の後二人で飲まない?」
と誘い「考えとく…」て言われ期待しなかったけど、花見の後に「いいよ」てついて来て軽く飲んで部屋に誘いついて来てエッチ。
「だめ…」て言いながらも抵抗しないからベットで裸にすると、見事な爆乳でHな身体にもうビンビン!敏感で声荒げるし、フェラチオもツボを刺激して「硬いし長いねぇ」と笑いながらもその上手さに興奮し脚を開かせ挿入最初間違えたかと思ったがヌルッとするし入ってるし汁気が凄いが全く締め付け感が無くただ生暖かくてヌルヌルなだけのユルユルガバガバまんこでもやめる訳にいかずピストンを繰り返し「イッちゃう~」と何度か身体をビクつかせてたけど、妙にクールに見てしまう。

 

会社の事務員おばさん(既婚)とセックスしたら子持ちのせいかマンコがばがばでびっくりした件w(イメージイラスト1)

 

でもイカ無いと気まずくなるし、揺れる胸と悶える顔を見つめ何とか高めて一瞬、中出ししようかと悪魔が囁いたが、おなかの辺りに引き抜いてぶちまけた。
向こうは汗かいて目をつぶって「持久力凄い…クタクタよ」といってたけど、俺は「緩いからだよ…」と心の中で叫んでた。
一回限りで終わらせたかったけど、その後「今度の土曜夜、留守番だから…」とか誘われ断って騒いだらやだから二回あった。

 

「危険日だからゴム付けて」なんて言ったけどゴム付じゃイケる訳なく生ハメで外出し射精。
「安全日なら…いいよ」と言われてるけど燃えない。
子供を産んだ女って緩くなるんだってこのサイトや結婚したやつから聞いたりしたけどこんなに違うんでね…。
 

会社の事務員おばさん(既婚)とセックスしたら子持ちのせいかマンコがばがばでびっくりした件w(イメージイラスト2)

 

保護者会の打ち上げが乱交パーティに発展!欲求不満なママさんたちのマンコにハメまくった話

読了までの目安時間:約 7分

38歳のサラリーマンです3歳年下の妻の遊びがばれました。
今日、子供の小学校のバザーがありました。
いつもは、PTAの役員をしている妻のサチコが出ているのですが、風邪で寝込んでしまったので、たまには、学校行事にも協力しようと私が代わりに出ました。

 

保護者会の打ち上げが乱交パーティに発展!欲求不満なママさんたちのマンコにハメまくった話(イメージイラスト1)

 

妻は、最初「一人くらい居なくても大丈夫だから」と断りの電話を入れましたが他のお母さんから「都合で出られない人がでたので、何とかならないか」と電話があり電話を取った私が行くことをかって出ました。
いつも妻はPTA行事のあとは、慰労会があるからと夕方から出かけ帰りは深夜になることもあるのに「あなた、終ったら、早く帰ってね。慰労会なんか、女しかいないんだから男が居る白けちゃうから。」と早く帰るよう言われました。

 

妻が寝込んでいるので子供を妻の実家に預け、学校に行きました。
妻の言うとおり、お母さん達が大部分ですが、ちらほらとお父さんたちの姿もありました。
私は、PTAの副会長(男)と家に電話してきた役員のカオリさんと3人で焼きそばの係でした。

 

保護者会の打ち上げが乱交パーティに発展!欲求不満なママさんたちのマンコにハメまくった話(イメージイラスト2)

 

日、一緒に居るうちにだいぶ打ち解け、「慰労会出てくださいよ。」と副会長に誘われましたが「いや、女性ばかりでしょ。
私なんかいたら邪魔でしょう。」と断りましたが、少し、顔だけ出してくれと頼まれ、しぶしぶ行くことにしました。

 

一旦、家に着替えに帰ったんですが、妻は寝ていたので、手紙を置いて妻の実家には、子供を泊めてやって下さいと電話を入れ、出かけました。
会場は、学校そばの料理屋の2階で、やはり奥さん方ばかりが24.5人ほど。
男は、校長先生、教頭先生、あと先生方が2人とPTA会長、副会長、お父さん方が3人そして私の10人でした。

 

私は、すぐ帰るつもりで隅の席に座りましたが、酒が進み、会も盛り上がり、副会長とも意気投合したのでそのまま、飲みつづけました。
一次会も終わり、大部分の奥さん方と校長、先生2人が帰り男7人と残った奥さん5人で2次会に行きました。
奥さん方の中には、カオリさんも残っていました。

 

次会のスナックまで歩いている途中、一人のお父さんに「へへへ、今日もいつものメンバーが残ってますね。」と厭らしく笑いかけられました。
「いやあ、私は、初めてなんですよ。帰ろうかと思ってたんですが」と答えると「あ、そうですか。
これからですから、帰らないほうがいいですよ。へへへ」と含み笑いをしていました。

 

回りを見ると男たちの中には、奥さん達の肩や腰に手を回し抱き寄せ歩いている人たちも居ました。
10分も歩くと看板の明かりの消えたスナックに着きました。
私は、今日は休みだと思いましたが、会長が平気でドアを開け、「ママ、悪いね、貸切にしちゃって。」と入っていきました。

 

他の人たちも「こんばんは」と平気で入っていきました。
中には、私より少し上のママが一人で酒の用意をして待っていました。
4人づつでボックス席に座りました。

 

が、さっき話し掛けてきたお父さんと向かい合って座ると隣にカオリさんが座り、もう一人奥さんがお父さんの隣に座りました。
乾杯が済むと、カラオケでも始まるものと思って居まいしたがそんな様子もありません。
隣のカオリさんと他愛も話をないしているとだんだんカオリさんが私に密着してきて私の太腿に手を置いてきました。

 

私は、驚いて彼女の顔を見ると悪戯っぽく微笑み、手は、私の股間を撫で始めました。
前の席のお父さんと奥さんもピッタリくっ付き俯いてヒソヒソしていますがお父さんの手は、奥さんのスカートの中に潜りこんでいるのが見えました。
カオリさんが「楽しみましょ。」と囁きかけてきたので「いつも、こんなことしてるの」
と聞くと「そうよ。サチコさんもしてるのよ。」と股間を撫でる手の動きが早くなってきました。

 

前を見ると奥さんが、お父さんの股間に顔を埋めました。
私も「しゃぶってくれる。」とカオリさんに聞くと「出して。
」と私のズボンを脱がして、しゃぶり始めました。

 

のボックスでは、裸の奥さんが副会長の膝の上に跨りおっぱいを大きく揺すってます。
後ろの席からも女の喘ぎ声が聞こえて来たのでカオリさんを起こして目の前に後ろ向きに立たせスカートに中に手を入れショーツを下ろしてやりました。
カオリさんは、自分で私のチンポを握ると腰を下ろして、自分の中に納め喘ぎ出しました。

 

私は、後ろから挿入したままカオリさんの服を脱がしていき、スカート1枚にするとカオリさんの両腿を持ち上げ私の上でM字開脚させたまま、突き上げつづけました。
そのうち、カオリさんが「来て、来て」と言うので「どこに」と耳元で囁くと「このまま、中に」と言うので、思いっきり中に出してやりました。
1発終ってまわりを見るとママさんも含めて女はみんな全裸に近い姿で、男たちに突っ込まれてれか、咥えさせられてました。

 

中には、床に四つんばいになり、上下攻められている奥さんも居ました。
向かいのお父さんは、ソファーに奥さんを横たえ正常位で腰を振っていました。
そのうちお父さんが1発終ったらしく身体を離したところで目が合ったので、交代し、お父さんが出したばかりの名も知らない奥さんのオマンコに挿入しました。

 

父さんは、カオリさんをソファーに掴まらせ、後ろから挿入し腰を振り出しました。
店の中は、女の喘ぎ声がこだましていました。
結局、4人の奥さんとセックスし、全て中出しさせてもらいました。

 

終って店を出て、帰る道すがら副会長に「今度はご夫婦で」と言われ、妻のサチコも「いつも、こんな風に輪○されてたんだ。
」と思い出し愕然としました。
家に帰り、ぐっすり眠っている妻の顔を見たら、「この口であいつらのチンポをしゃぶってたのか。」
「マンコに何回も中出しされて、よがってたのか。」とさっきの光景の中にいる妻を想像し、異常に興奮してしまいました。
 

ちっぱいが可愛い小柄熟女さんが小さなお手手でしこしこしごいて射精にまで導いてくれた至福の体験

読了までの目安時間:約 3分

れられない熟女との体験を聞いてください。
私が40代のころ、出張先で知り合った人妻と仲良くなりました。
何度か食事や映画に付き合ってもらう内にある時、私の宿泊してるホテルが偶然ツインしか取れなかったので、「今夜は、僕の部屋、一つベッドが空いてるよ」と云ったら、「あら、それじゃ私行っちゃおうかしら」なんて四十路熟女は、明るい返事が返ってきた。

 

ちっぱいが可愛い小柄熟女さんが小さなお手手でしこしこしごいて射精にまで導いてくれた至福の体験(イメージイラスト1)

 

これは絶好のチャンスと思い「じゃあ、そうしよう」と云って、彼女にスキを与えずさっさとホテルに連れ込んだ。
部屋に入って直ぐに超熟女を抱きしめてキスをした。
キスをしながら舌入れようとしたら彼女から舌を絡ませてきた。

 

これならいけると私は確信してキスをしながら彼女の着てるものを一つずつ脱がしていった。
スリップの肩紐を肩から外すとスルッと床に落ちショーツとブラだけに。
背中にまわした手でブラのホックを外し、その手を前にまわして小振りなオッパイを拙むと「ウムッ」と少し嫌がるように身体を引いた。

 

ちっぱいが可愛い小柄熟女さんが小さなお手手でしこしこしごいて射精にまで導いてくれた至福の体験(イメージイラスト2)

 

れでも離さず首筋、耳元にキスをしながら、オッパイを揉みしだき、乳首を摘むと「イヤーン、くすぐったい」と甘い声を発した。
オッパイを揉んでるうちに乳首が硬くなってきた。
彼女は裸身をくねらせながら私の愛撫を受けて次第に歓喜が高ぶるのが判ったので、耳元で「シャワー浴びようか」と云ってシャワールームへ向かった。

 

一緒にシャワールームに入ってからは、彼女は自分の身体をボディーシャンプーの泡で包むと今度は私の身体に泡をつけて丁寧に洗ってくれた。
首から胸へ、抱き合う様に背中から尻へ、そのまま脚先から太股へと撫で廻しながら、まだ下を向いてる肉棒を手にとってきれいにしてもらうとしだいに大きくなってしまった。
それから互いの裸身を愛撫し、体中にキスをしながら私は彼女の秘部を手で弄り、超熟女は私の肉棒握り手コキ彼女の秘部が充分潤んで私の肉棒が屹立したころ、彼女を後ろから抱きしめて両手でオッパイを揉み、腰を少し引いて彼女の秘部に屹立した肉棒を当ててグイッと腰を進めると、肉棒の先端が彼女の秘部にめり込んでそのまま根元まで挿入。

 

「アアーッ、イイーッ」と善がり声を発して身体を捩らせた。
それから肉棒を出し入れして突きあげる度に「アッアッ」とリズミカルに喘いで、充分に突き入れた肉棒が膨張の限界に近づいたころに激しく腰を振り、射精寸前に男汁を彼女の背中に噴出させて果てた。
 

美巨乳セクシーなグラドル体型な美人妻とのパイズリフェラからの生ハメフルコースHが楽しすぎる件w

読了までの目安時間:約 5分

会い系で5年ものSEX関係を続けた素人人妻が居ました。
私が32歳、人妻の彼女が24歳のときからです。
彼女は巨乳で美人でした。

 

美巨乳セクシーなグラドル体型な美人妻とのパイズリフェラからの生ハメフルコースHが楽しすぎる件w(イメージイラスト1)

 

お互い仕事が忙しく、逢うのは平日の20時~24時、週一の関係でした。
私は出会った頃はまだ独身で、美人で経験豊富なこの人妻に溺れる毎日でした。
しかも基礎体温を測っているから逢う時は必ず中出してました。

 

32歳になった時、私に突然お見合いの話が来た。
エエ所のお嬢で向こうはかなり乗り気らしい・・・何気にそのことを人妻である彼女に話したところ「今晩逢いに行く」と言う。
わざわざ私が住む街まで来るなんて、付き合って以来初めてのことだ。

 

美巨乳セクシーなグラドル体型な美人妻とのパイズリフェラからの生ハメフルコースHが楽しすぎる件w(イメージイラスト2)

 

3時、携帯に「高速を降りた所で待ってる」と連絡車を飛ばすこと数分、彼女の車に横付けして助手席に乗せた。
助手席に乗った彼女はいつも通り可愛い。
でもいつもよりテンションが高い?聞くと今日はキャンペーンの打ち上げがあったらしく、飲酒運転で来たらしい。

 

髪を撫でながらキスをすると、彼女の手が私の股間に伸びファスナーを下ろし始めた。
汚れた私のPを愛しそうに口に含み、我慢汁を唾液と一緒に吸い込みながら上下我慢ならん!彼女を押し倒して制服のタイトスカートを捲り上げると、既に洪水状態!シャツのボタンを2個だけ外して形の良い胸を揉みながら正常位で挿入「あー!!イイーー!!!」私にしがみ付きながら下から腰を使う彼女。
Pを打ち込む度に「クチャ、クチャ」とイヤラシイ音がする。

 

弱点である首筋に舌を這わせ歯を立てた瞬間「うあー!!もう駄目、きてー!!」打ち込むスピードを上げフィニッシュ!「ドクドクドク・・・・」約1週間分の種を彼女の奥底に流し込んだ。
その後イチャイチャしながら指マンしてると、愚息が再び復活!今度はバックスタイルになってもらい、小さくて形の良い尻肉を掴んで挿入「ズブズブズブ・・」
「ウァー!!イイ?!!奥にキテー!!!」と催促今日はなぜかいつもより感度が良い?子宮口のコリコリをP先で感じながら2度目の放出!「ドクドクドク・・・」愚息が小さくなって押し出されるまで胸や尻を揉んだり噛んだりして遊んだ。
それから暫くして彼女からメール「子供が出来たから私と結婚して!」突然のことなので返事に困っていると「あなたの子よ!責任取って!」
「メールでは何なんでとにかく今夜会おう」と返信、会うことになった。

 

ち合わせてホテルに直行、脱いでもらって体をチェックしてみると、お腹は少し出てるように見えるが、胸に触れると!?大きくて柔らかかった胸がパンパンに張って硬くなっていた。
乳首を口に含んで吸ってみると、少し甘い・・・どうやら妊娠は間違いないようだ。
そのまま愛撫を続け挿入、膣内が熱く感じる・・・無茶はできないので側臥位でクリを刺激しながらPを出し入れ。

 

「アー!!イク!!」同時に私も固く張りのある胸を握りしめながらフィニッシュ!暫くぶりの放出でグッタリ。
手を見てみると母乳???舐めると甘い。
第2ラウンドはソファーに座り、向かい合わせでの座位。

 

ユックリ優しく体を揺らしながら経緯を白状させると、私を誰にも渡したくないから危険日を承知で中に出させたとのこと。
「結婚が無理でも旦那の子としてでも産みたい」と気持ち良さに声を震わせながら言った。
それから数ヶ月、お腹の子供の成長を毎週確認しながら関係を続け「産まれたよ!可愛い女の子だよ!!」とのメールを受け取った日夜中に病院に侵入、授乳時間で起きてた娘と初対面「可愛い!」彼女に似て本当に可愛いかった。

 

念ながら戸籍上はあなたの子供じゃ無いんだからね」と彼女胸が張って痛いって言うので娘と二人で乳首を吸うと「ちょっと舌を使わないでよー感じるじゃない」とクレーム生殺し状態で病院を後にした。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】