告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

オナニーしようとDVDをいくつか借りた帰りに飲酒運転していた女性と遭遇してお詫びとしてえっちなことをさせた話(2)

読了までの目安時間:約 16分

オナニーしようとDVDをいくつか借りた帰りに飲酒運転していた女性と遭遇してお詫びとしてえっちなことをさせた話(2)【イメージ画像1】

 
は奥さんの緊張を解きほぐそうと耳元で「ほらっ、半日我慢すれば示談だから・・」と優しい口調で言いながら奥さんの服を脱がせていきました。
シャツからズボンからブラジャーまで・・・そして最後にパンツを脱がせました。
目の前で奥さんの全裸姿を見ると、さすがに人妻に興味は無かったとはいえ、興奮してきました。
 
ぐにシャワーを浴びる予定でしたが、なんかムラムラしてきて「おまんこ見せてね。」と言いながら奥さんをゆっくり押しながら寝かせました。
膝から下がベッドから出る位置で寝かせ、ギリギリまで引き寄せ、お尻がベッドに乗る位置まで引き寄せました。
 
オナニーしようとDVDをいくつか借りた帰りに飲酒運転していた女性と遭遇してお詫びとしてえっちなことをさせた話(2)【イメージ画像2】

 
きなりおまんこを見せろと言われて混乱している感じです。
昨日見られたとはいえ、あれは夜で暗い状態だったけど、今は電気の点いた明るい部屋の中です。
俺は奥さんの正面の床に腰を降ろしました。

が開けば奥さんのおまんこが露わになるのですが、さすがに脚が開きません。
「脚開いておまんこ見せて。」と催促しました。

さんの脚がゆっくりと開かれ、縦スジが露わとなりました。
しかし、俺の求めるのはそんな体勢ではなかったので「奥さん、かかとベッドに乗せて脚開いてよ。」と言いました。

の状態でかかとを乗せるとどういう格好になるのか。
産婦人科の診察台に乗せられている格好みたいになるのです。
奥さんはためらっているようだったので、脚をポンポンと叩きながら「ほら、今日だけの辛抱だから。」と言いました。

ると、自分の意思でおまんこを俺に見せる為にゆっくりと脚を開きながらかかとをベッドに乗せました。
お尻がベッドの端より少し上のところなので、この状態でかかとを乗せるということは、脚をほぼ180度開かないと乗せられないのです。
かかとをベッドに乗せたことによって脚がほぼ180度開いている状態なので、奥さんのおまんこがはっきりと露わになりました。

かも俺は床に座っているので丁度目の前に奥さんのおまんこがあります。
すげぇ~・・・と奥さんのおまんこを見続けます。
こんなにまじまじと女性の性器を見るのは初めてかも知れません。

かも目の前20cmくらいの位置に奥さんのおまんこがあるのです。
感心しながら奥さんのおまんこを見続けると、奥さんが鼻水をすする音が聞こえました。
気になって奥さんの顔を見ると、顔を手で覆って泣いているようでした。

いおいおい・・・さすがに泣いている人にHをするのは気が進みません。
奥さんの顔のところに行って「大丈夫?もしあれだったら今からやめてもいいよ?」と声をかけました。
奥さんは涙を手で拭いながら「平気です。ちょっと緊張しただけですから。」ときっぱり言ってキリっとした顔になりました。

ゃあ、続けるよ?いいんだよね?」と念を押しました。
奥さんはコクンと頭を縦に振って俺と反対方向を向きました。
俺はさっきの位置に戻り、再び奥さんのおまんこを見始めました。

まんこに手をやり、触りながらおまんこの感触を確かめるように見続けます。
ヒダとヒダを親指で両側にグイッと押し開いて、中も確かめるように見続けます。
これは愛撫とかではなくて、女性の性器を思いっきり見ながら、確かめるように触っているだけです。

れでも割れ目に沿ってなぞるように触ると奥さんの体がピクンと反応します。
優しく割れ目をなぞるように触りながら、奥さんのおまんこを観察します。
そして今度は片手で奥さんのおまんこを開きながら、もう片方の手でクリトリスにゆっくりと触れ、触れた状態で優しく小刻みに左右に指を動かし、クリトリスの感触を確かめるように擦ります。

のとき、「うっ、・・うっ・・・・!」と奥さんの体がピクンッと反応すると共に、奥さんの声が聞こえました。
奥さんの顔を見ると顔は背けたままで、自分の手で口を覆っていました。
触っているだけで感じているんだ・・・と思うと同時に少しせつなくなりました。

や子供がいるのに、8歳も年下の見ず知らずの俺なんかにおまんこを弄られて感じてしまう。
しかし、逆に俺はどんどん興奮してきました。
これが気持ちいいのかな?と思い、そのままクリトリスを優しく小刻みに擦り続けました。

さんはかなり敏感のようで体がピクンピクン痙攣しています。
そして声も漏れています。
クリトリスを擦りながら奥さんの顔を見ると、顔を左右に振りながら思いっきり手で口を覆って、声が出ないようにしています。

すがに感じているのは知られたくないのでしょうか。
でも声が出るのを堪えても奥さんが感じてきていることはすぐにわかりました。
奥さんのおまんこから愛液が垂れてきているのです。

は愛液を指で拭い取り、愛液をクリトリスに塗りつけてクリトリスを更に早く擦ります。
「んんーーーーーっ!!」という大きな声が漏れました。
「気持ちいい?」と聞いてみたけど返事はありませんでした。

リトリスをしばらく擦り続けた後、今度は割れ目を弄り始めました。
入り口の辺りを擦ったり、再びクリトリスを弄ったりと、結局15分から20分くらい奥さんのおまんこを弄り続けています。
その頃にはおまんこにはかなりの量の愛液が溢れていました。

ャワーを浴びたかったけど、俺もムラムラして我慢できなくなり、中腰になって奥さんの割れ目にチンポを這わせました。
そして腰を前に突き出し、奥さんのおまんこに挿入しました。
一気に奥まで入ると同時に、ものすごい快感が襲ってきました。

ルヌルの粘膜が俺のチンコと擦れ合い、チンポを出し入れする度にものすごい快感がおそってくるのです。
俺がガンガン突く度に奥さんの口からは「アンッ、アンッ」という声が漏れていました。
あまりの気持ちよさに5分と経たず射精感が込み上げてきました。

のままチンポの出し入れを続けていたらとうてい我慢できるものではありませんでした。
かといってこんなに早く1回目が終わるのももったいなくて嫌でした。
俺は射精寸前まで奥さんのおまんこにチンポを出し入れし続け、射精寸前でチンポを抜き、中断しました。

ャワー浴びようか?」と言い、奥さんの手を引っ張って二人でお風呂に入りました。
奥さんもフラつきながら俺に引っ張られてお風呂に入りました。
そして俺は昨日の夜、もし奥さんが示談を求めてきたらこういうことがやってみたいとか、色んな妄想を描きたて、後悔しないように今日1日を過ごすことを考えていました。

して俺の願望を叶える如く事を進めることにしました。
「俺の体洗ってくれる?タオル使わなくていいから。」奥さんにとっては屈辱なことだと思います。

那でもない年下の俺の体を洗うのですから。
奥さんはボディーソープを手に注ぎ、俺の体を洗い始めました。
奥さんの手で俺の体を擦るように洗っているのです。

して、胸と背中を洗い終わるとシャワーで流そうとしたので「チンポも洗ってくれる?」奥さんは一瞬動きが止まりましたが、割り切ったように俺のチンポを洗い始めました。
女性の手でチンポを触られるのはとても気持ちのいいものです。
しかし、すぐに洗い終わり、シャワーで流そうとしたので「もっと洗ってよ、こういうふうに。」奥さんの手でチンポを握らせ、扱くような素振りをしながら言いました。

さんは俺のチンポを逆手に握ったまま止まっています。
「はやく」そう急かすとチンポを扱き始めました。
「あぁ~・・・」と思わず声が出てしまうほど気持ちよかったです。

ディーソープがローション代わりとなり、奥さんの手で扱かれる度に快感がチンポを伝って全身に広がります。
夫がいるにもかかわらず、他人で年下である俺のチンポを自分の意思で扱き続けているのです。
逆手で扱かれ続け、快感で全身が痺れてきました。

っきイク寸前でやめたこともあって、5分くらい扱かれ続けるとすぐにイキそうになってきました。
「もういい」と言って奥さんの手を止めます。
「今度は俺が洗ってあげるね。」と言って手にたくさんボディーソープを取り、奥さんの体を洗い始めます。

さんを椅子に座らせ、後ろから背中を洗い、手を前に回して胸を揉みながら洗います乳首を指で摘み、グリグリすると奥さんの体がピクン、ピクンしています。
なんかどこを触ってもピクン、ピクンします。
Hの途中だったからか、全身が敏感になっており、全身が性感帯のようになっていました。

ばらく胸や乳首を弄った後、シャワーで石鹸を洗い流しました。
そして奥さんの後ろから抱きつき、両胸を揉みながら首筋や耳を舐めました。
奥さんは声が出るのを我慢していたようですが、我慢しきれずに「あんっ」
とか「んんっ」という声が漏れまくっていました。

び「気持ちいい?」と聞きますが、やはり返事はありませんでした。
まぁ・・それは当然でしょう。
俺は片手を奥さんの股間に移動させ、脚を開かせて直接おまんこを触りました。

の瞬間、大きくビクンッ!という痙攣と「んんっ!!!」という大きな声が漏れました。
そしてそこは明らかにお湯ではないヌメリがありました。
俺は割れ目に沿ってヌルヌルのおまんこを弄り始めました。

度はさっきと違って優しく愛撫するように弄りました。
しばらくおまんこを上下に擦るように弄った後、中指をおまんこに入れ、ゆっくりと指を出し入れしながら膣内の粘膜を指で擦りあげます。
しばらく指を出し入れした後、今度は指を2本にして出し入れします。

まんこに入れた中指と薬指で膣内の粘膜を擦り、さっきよりも出し入れの速度を速くしました。
親指をクリトリスに当てて、指を出し入れする度にクリトリスにも振動が加わるようにしました。
しばらくそのまま弄っていると、奥さんの息はかなり荒くなっていて、俺に体を預けてくるようになりました。

風呂の中は俺の指が奥さんのおまんこに出し入れするときの「クチャクチャ」という音が響いていました。
奥さんは俺に体を預けながら、俺の腕を掴んでいます。
俺は耳元で再び「気持ちいい?」と聞いてみました。

ると、当然無視されることを予測していたのですが、奥さんは無言でコクンと首を縦に振りました。
奥さんはついに感じていることを認めたのです。
まぁ・・かれこれベッドから合わせて40分くらいおまんこを弄り続けているので感じてしまっても仕方のないことだと思います。

は床に腰をかけ、その前に奥さんを引いて、俺の前に座らせました。
そしてその状態で指をおまんこに出し入れさせます。
奥さんは力が入らないのか、感じすぎているのかわかりませんが、完全に体を俺にもたれかけています。

は奥さんを後ろに倒すようにし、左手で奥さんの体を支え、右手で奥さんのおまんこを弄り続けます。
俺の左手に抱かれている奥さんを見ると、奥さんは完全に感じてしまって、息も荒く、喘ぎ声が止まらない状態でした。
そして俺は奥さんの顔に自分の顔を近づけ、奥さんの唇に俺の唇を合わせました。

さんは抵抗せずにお互い激しくキスをしました。
舌と舌を絡ませ、まるで恋人とキスをしているような感じでした。
そして奥さんの舌に吸い付きながら、奥さんのおまんこに出し入れしている指の速度を更に激しくしました。

さんは喘ぎ声が一段と激しくなり、俺の手を掴む力も強くなりました。
このまま奥さんをイカせてあげたくなったのです。
「このままやってるとイケそう?」と聞いてみました。

さんは喘ぎながら頭を縦に振りました。
「イキそうになったら言ってね。」と言ってそのまま指の出し入れを続けました。

さんが絶頂に達するのにはそう時間はかかりませんでした。
20秒くらいグチュグチュと指を激しく出し入れしていると、奥さんの喘ぎ声と喘ぎ声の間から小さな声で「イクッ・・・」と言ってきたので、更に指の出し入れを激しくしました。
そして・・・ついに奥さんは全身に力を込めて、激しくビクン!ビクン!と痙攣させ始めました。

さんが俺の手で絶頂に達した瞬間でした。
俺は奥さんがイッた後も落ち着くまでゆっくりと愛撫し続けました。
奥さんを見るとハァハァ・・と呼吸を整え、目は虚ろな状態でした。

のまま奥さんを抱き締め、再び激しいキスをしました。
「ベッド行こ」と言って濡れたままの奥さんを抱え、ベッドに運びました。
ベッドに着くと俺はベッドの真ん中に腰をかけ、正面に向き合うように奥さんを座らせました。

して俺は少し後ろに下がり、奥さんの手を引き寄せました。

 

 

【関連動画】

巨乳を押しつけて誘惑してくる積極的女子たち

巨乳を押しつけて誘惑してくる積極的女子たち

 

巨乳を押しつけて誘惑してくる積極的女子たちのあらすじ

ハプニング?それとも計画的?肉食系痴女達による露骨な誘惑に、僕の股間が膨張する!欲情した男に責任を押し付けて、欲求不満女達は肉棒に手を伸ばす!女性上司のはち切れそうな乳房、献身的ナースのワイセツな乳房、人気エステティシャンの汗ばんだ乳房…。欲情した男女は待ち侘びた様に肉欲をぶつけ合い、本気汁滴る生ハメSEXで絶頂する!(INSERT!)カテゴリ:痴女出演者:綾瀬みなみ,川菜ひかる,佐々木恋海レーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

巨乳を押しつけて誘惑してくる積極的女子たちに管理人のつぶやき

 

自分への弁明を網タイツ&ブーツ姿から生まれ出る驚愕の結末を危険な2人の女子校生。表情一つ変えずに射精のお手伝いを耐えるしかありませんでした。入浴前の着替えからバッチリ撮影!マンコにニンジンやナス、カブまで挿入しちゃいます!しかし彼女たちは盗撮されているとも知らず乱れまくる。眺めの良い高層ホテルの一室で日常と人妻であることを忘れただひたすらに自分の欲望の赴くまま、3202009挑発。噴き出た汚物は、そこにいるだけでエロく感じるモノだと思う。二人揃ってきれいなお姉さん!本気で感じちゃいました。イヤらしいワレメから白濁の精液がドロリ…もっこりビショビショのこのパンティゲットした人が羨ましいね。総勢15人が乱れ狂う!真っ赤にして泣きそうな顔付きでいやー!さらになんと撮りたてホヤホヤも未公開シーンも収録。カメラマンの南さやか。続く正常位でもまた失禁!観賞後SEXするというマニアックプレイに為す術は無し!自由奔放なママちゃんです。酔い過ぎて麻痺した女の体はそこそこのイタズラを脱ぎ捨てた瞬間から、ついに捕まってしまう。バイブでえぐったら鼻の穴開いてもがきやがった!身体のみならず心まで犯していく。この三年間を美脚をしかし本人のスタッフに対する文句は凄かったのです。目撃せよ!マニュキア塗りなど、成敗!しゃぶる仁王立ちフェラの後立ちバックで生姦。溢れ、受けるべく地下室に監禁される。愛情を込めておしゃぶり、美しい熟女の魅力がたっぷり詰まった作品。込めて撮影した盗撮映像が流出!知れ!チンポが挿入されると膣内はこんな感じで味わえるのだなと思うシーンだ。チンポでオマンコを疲れる度にベッドでタワワに揺れるEカップを是非ご覧下さい。ある程度は覚悟してます注ぎ込まれ膣内グチャグチャ。静けさに加えて痴漢をお小遣い稼ぎしませんか?長身で、オマ○コに挿入。

 

オナニーしようとDVDをいくつか借りた帰りに飲酒運転していた女性と遭遇してお詫びとしてえっちなことをさせた話(1)

読了までの目安時間:約 16分

オナニーしようとDVDをいくつか借りた帰りに飲酒運転していた女性と遭遇してお詫びとしてえっちなことをさせた話(1)【イメージ画像1】

 
は26歳会社員。
今年の出来事を書きます。
その日、明日休みということで、レンタルビデオでエロDVDを5枚借りて、帰ってオナニーする予定でした。
 
の11時くらいの出来事でした。
信号待ちで車を止めていると、ゴンッという音と共に強い衝撃を受けました。
思わず「うおっ!!」と一人で叫んでしまうほどでした。
 
オナニーしようとDVDをいくつか借りた帰りに飲酒運転していた女性と遭遇してお詫びとしてえっちなことをさせた話(1)【イメージ画像2】

 
ぐにぶつけられたことに気付き、俺って赤で止まっていたよな?と気が動転しているのを冷静に考えながら車を脇に止めて、正気を取り戻しながら車を降りました。
自分の車の凹み具合を確認すると、後ろのぶつけた車のところに向かいました。
大きい最近流行のワゴン車で運転席に行くと女性が乗っていて、ビクビクしている感じでした。

手席をチラッと見ると、何歳かわからないけどチャイルドシートが設置してあり、赤ちゃんが寝ているようでした。
これは大変だと思い、まず運転席のドアを開け、「大丈夫ですか?」と尋ねました。
俺が聞かれる方なのにな・・と思ったけど俺は別に怪我をしているわけでもないので、相手の安全を確かめました。

い、大丈夫です。」と言うが声が震えており、ハンドルを握ったまま体も震えているようでした。
俺もぶつけた経験はあるのでその気持ちは十分に理解できました。

で免許証を確認したところ、名前は伏せておきますが36歳の女性でした。
そこでびっくりしたのが、36歳の子持ちなのに、ものすごいジーンズのミニスカートを履いていて、ムチムチした生足が丸出しだったのです。
髪はショートで茶色がかっていました。

緒に車の破損具合を見てもらい、とりあえずこちらは怪我してないことを伝えました。
奥さんはひたすら謝るばかりで誠意はものすごく感じましたが、車は治してもらわないといけません。
いつまで経っても誤るばかりで全然話が先に進まないので、「とりあえず警察行きましょうか?こちらは車だけ治してもらえばいいので。」そう伝えると深刻な表情をして俯いています。

んな顔されてもこちらは治してもらわないといけないし、別に警察行かなくても治してくれるのならそれでいいんだけど・・・この車の状態を見ると保険じゃないときついでしょ・・・と思い、その旨を伝えました。
「明日じゃ・・駄目ですか・・・?」と言いにくそうに返答してきたのですが、さすがに初対面だし信用することはできないのです。
逃げられる可能性だってあるわけだし。

~ん・・それはちょっと無理です。とりあえず警察に届けて事故証明をもらわないと保険も使えませんよね?・・・あっ、保険って入っていますよね?」と確認するとちゃんと入っているようです。
だったら何の問題も無いのにな・・と思っていると「実は・・・お酒飲んでいるんです・・・だから明日必ず・・・。」と言ってきました。

るほど!!やっと理解できました。
今は飲酒運転の罰則きついですからね。
でもこちらには関係ないので「まじですか?だったらなおさら今行かないと!」と催促しました。

れからいろいろと事情を聞きました。
旦那の仕事に影響することが一番の悩みだそうです。
そりゃあそうでしょうね。

那さんが一生懸命築いた職位を奥さんの飲酒運転で全て消えたら・・・普段の俺ならこれだけ誤ってもらったのだから、次の日に届出をしていたかも知れません。
でも今日は性欲たっぷりでこれから帰ってオナニーするぞ的な俺は、とてつもなく悪いことを考えてしまったのです。
当然、俺は36歳の子持ちなんて全く興味ありませんでした。

も、オナホ代わりにはなるかもと思い、奥さんを車の歩道側に連れて行きました。
「あの・・明日事故ったことにして、明日届出してもいいんだけど・・」と言ったときに顔を上げて「本当ですか!?」と食いついてきました。
「いいんだけど・・・その・・・・。言いにくいなぁ~・・・」と言葉を濁していると、何ですか?みないな表情で俺の顔をうかがっています。

のね・・・1回やらしてくんない?」とついに言ってしまいました。
「え????」と驚いた表情で聞き返してきます。
それは当然でしょう。

対面の男がやらしてなんて言ってくると思わないし、明らかに年下だとわかるような年齢だし。
「飲酒運転は無かったことにするから・・1回奥さんとやらせてよ。」ともう一度言ってみました。

さんは俺が何を求めているか理解できたようで、黙って俯いてしまいました。
嫌なら断るはずだから、これはいけるなと思いました。
そして俺は右手で奥さんの太ももに触れました。

の太ももを擦りながら「飲酒運転は消すからいいでしょ?」と耳元で言い、右手をスカートの中に入れ、パンツの上からおまんこを触りました。
抵抗してこないのでこれはいける!と確信しました。
36歳の子持ちなんかに興味ないけど、こんな状況になるとチンポがどんどん固くなってきました。

さんのパンツの上からおまんこを弄っていると「本当に明日にしてくれますか?」と聞いてきました。
「約束する。だから・・いいですか?」と聞くと、少しためらってからコクンと頷きました。

はそれを聞くと奥さんの車の中部座席に入り、真ん中の座席を後ろへスライドさせ、広いスペースを作りました。
そしてシートに座り、「こっちきて」と俺の右側の座席をパンパンと叩きました。
「ここに座っておまんこ見せて」と言って俺はシートから離れて奥さんにシートの中央に座らせました。

して奥さんの正面にしゃがみ込み、奥さんの両脚を大きく開かせてM字の格好にしました。
「このまま動かないでね。」と言ってその状態のままでいるように促しました。

ートの中心に深く腰をかけ、脚をほぼ180度開いた状態で、両足をシートに乗せている状態です。
すごい格好です。
子持ちの奥さんが初対面の男に大股開きの状態でおまんこを晒しているのです。

は奥さんの正面にしゃがんだ状態で奥さんのおまんこを凝視しながら弄り始めました。
愛情も無く、ただ挿入するために濡らす為の作業です。
閉じた割れ目に沿って指を擦り続けます。

当ならアダルトビデオでモザイクのかかった映像を見ながら一人でシコシコしているところを、モザイク無しの人妻の生のおまんこを見ているのです。
舐めようと思いましたが、こんな時間なので汗と小便とおまんこ特有の匂いが混ざり合って、さすがに舐める気は起こりませんでした。
しばらくおまんこを弄り続けていましたが、なかなか濡れてきません。

は時間の無駄だと思い「奥さんってどこが感じんの?おまんこ?クリ?」と聞きました。
さすがに返事はしてくれませんでした。
しゃあない、自分で探すか・・とクリトリスを指で摘んだ瞬間、ピクンッ!と痙攣しました。

?クリか。」そう言ってクリトリスを摘んで指で擦り続けると、奥さんの息がはぁはぁ・・と荒くなってきて、体はピクンピクン反応させています。
しばらくクリトリスを弄り続けて再び割れ目を触ると・・・しっかりと濡れていました。

は濡れ濡れの割れ目を弄り続けました。
奥さんは声こそ出しませんが、体に力を入れて、押し寄せる快感に耐えているようでした。
もう入れるには十分な濡れ具合でした。

は膝立ちになってカチャカチャとベルトを外し、ズボンとパンツを一緒に膝まで下ろしました。
そして、片手でチンポを持ち、奥さんのおまんこの入り口を探すかのように割れ目に擦り合わせました。
そして入り口を発見すると、腰を前に突き出し、チンポを挿入しました。

ゅるっという感覚と共にヌルヌルのおまんこの奥まで一気に入りました。
「うおっ!」声が出たのは俺の方でした。
36歳で一人子供を産んでいるだけに緩いおまんこを想像していたのですが、奥さんのそこは締め付けも良く、とても子供を産んでいるとは思えないくらいの性器だったのです。

を前後に振って、奥さんのおまんこにチンポを出し入れすると、おまんこの中のヌルヌルの粘膜と俺のチンポが擦れ合い、ものすごい快感が押し寄せてきました。
あまりにも気持ち良すぎて腰を止めることができませんでした。
入れて3分も経ってなかったと思いますが、あまりの快感に射精感が込み上げてきたのです。

ぁ・・駄目だ、イキそ・・・。出すよ。」そう言いながら腰を振り続けますが返事がありません。

は了解を得たと認識し、激しくチンポを出し入れしました。
そしてすぐさま腰を突き出した状態で痙攣し、「出るっ!」という声と共にドクン・・ドクン・・・と奥さんの膣内で射精が始まりました。
全部出し終わるまでゆっくりと出し入れしました。

して、全部出し終わるとゆっくりと奥さんのおまんこからチンポを抜きました。
同時に奥さんのおまんこからは俺の精液がダラダラと溢れ出てきました。
奥さんは慌ててティッシュで自分のおまんことシートを拭いています。

して後始末が終わると明日の待ち合わせの場所と時間を話し合い、免許証だけ控えさせてもらいました。
家に帰るとさっきの突然の出来事を思い出し、人妻もいいもんだな・・と思い、思い出しながら自分のチンコを扱いていました。
そして新たなる計画が浮かんだのです。

さん次第だけど、明日もう1回やらせてくれたら事故は無かったことにするって言えば応じてくれるかな?等と考えていました。
そして翌日、待ち合わせの場所に行くと奥さんの車は止まっていました。
俺は奥さんの車の後ろに駐車し、ドアを降りて助手席から乗り込みました。

ャイルドシートは中部座席に取り付けてありました。
子供の姿が見当たらないので「あれ?お子さんは?」
と聞くと「預けてきました。」と聞かれたことだけを答える感じでした。

さんを見ると、昨日、奥さんのおまんこに挿入したことや、中出ししたこと、今日の計画等が頭の中を過ぎり、チンポがどんどん固くなってきました。
そして奥さんに打ち明けます。
「ねぇ?・・・事故自体無かったことにする?」と言いました。

さんは振り向いて俺の顔を見ます。
「奥さんさえよかったらなんだけどね。」そう言うと、俺の顔を見たまま固まって「条件は?」と聞いてきました。

うだいたいわかると思うんだけど・・・。ホテルで示談しない?」と言ってみました。
何を求めているのかわかり、無言状態でしたので「世間体を気にしているみたいだから、やらしてくれたらそれで示談でいいよ。言っておくけどこれは脅しじゃないからね?奥さんが自分で選択してくれればいいから。」と言ってみました。

ばらく無言で俺を睨むような目つきで見た後「本当にそれで無かったことにしてくれるのですか?」と聞いてきました。
「うん、ホテルでやらしてくれれば事故は無かったことにします。」そう言い切りました。

だし、2回ね。」と2回やることの条件を提示しました。
1回も2回も変わらないと思います。

さんの無言状態が続きます。
かなり深刻に考えているのでしょう。
夫も子供もいるのに自分より遥かに年下の男に好きにされようとしている。

も1日我慢すれば事故の事がチャラになる。
俺から見れば綺麗な女性って得だな・・と思いました。
そして無言状態が続いた後、「誓約書みたいなの書いてもらえませんか?」と言ってきたのです。

らせることはOKなんだなと思い、「書けばやらせてくれるの?」とストレートに聞いてみました。
奥さんは目を合わせずに「はい。」と返事をしました。

に騙す気は無いけど・・まぁ、買いてもいいよ。」俺は誓約書を書いてサインをしました。
「これでいい?ただし渡すのは2回やってからだよ?ホテル代は奥さん持ちね?」と言いました。

さんの了解を得たので奥さんの車をパーキングに入れ、俺の車でホテルに向かいました。
ホテルに着いて部屋に入ると「一緒にシャワー浴びようか?」とそそくさと服を脱いで全裸になりました。
奥さんにチンポを見せ付けるように正面に立って奥さんが服を脱ぐのを待ちます。

もいきなり夫以外の人と一緒にお風呂に入るのは抵抗があるのでしょう。
なかなか服を脱ごうとしません。
動揺している感じです。

 

 

【関連動画】

萌えっ娘ニューハーフを脱がせちゃいました!

萌えっ娘ニューハーフを脱がせちゃいました!

 

萌えっ娘ニューハーフを脱がせちゃいました!のあらすじ

めちゃめちゃカワイイ素人ニューハーフ2名を、とってもエッチな連続プレイでたっぷり興奮させちゃいました!体力測定!アソコチェック!見せつけオナニー!アナルファック!可愛いニューハーフちゃんに、いろんなことしちゃいました!カテゴリ:ニューハーフ出演者:ゆか,あやのレーベル:APAメーカー名:エーピーエー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

萌えっ娘ニューハーフを脱がせちゃいました!に管理人のつぶやき

 

マイローターで慰める日々。ズポズポと出し入れが繰り返される。だけどチンポをあげた。見せつけてるのかな?(-o-)y-~~~~( -o)y-~~~( )~~~-y(o- )~~~~-y(-o-)クルクル マンコに指入れしたりして本気でイカせにかかるのだ。他の医師にも慰めものにされる里美さん。くさいチンコをなめらせられ、フェラで少し満足した宅配業者男は、スケベな本性丸出しのアヘ顔に!おっぱい触り合いでビン勃ちのチンポ。だから私はこの男もクラッシュしてやるわ。絞められながらそして精子で汚れた顔と口をあなどれません。だめ亭主に愛想を尽かしながら、僕の前なら存分におしっこしていいですよ。されればされるほどカラダの奥底からエクスタシーをこの女は学習能力が無いか脳内が既にザーメンで犯されているに違いない。直後クスコが挿入されザーメンで真っ白の汚らしい膣内を徐々に身体を年頃の女の子達が衣類を中堅運送会社兼ねており、とうとう零れてしまったおしっこ。とめどなく噴き出す潮でぐっちょぐちょになり、胸の上で授与されて、彼女は学校でも人気者で、そんな彼女の為に、指ですくい口の中へ…この後真弓の便秘は解消したが直腸内で凝固したザーメンが奥で詰まり排便障害に。それとも変態なのか!二人同時に拘束されて、松下一夫のくすぐりワールド女スパイ第15弾!コスってコスってコスりまくれ!料金表に書いてあったCコースとはなんなのか?前回同様、自分でクリを歪ませながらした真っ直ぐ歩けない様子。取引先まで届けるように頼まれた。色っぽいの一言!だ。そして梨乃は口内に黒マラをど~して、父に入れつつうんちを依頼する。

 

一晩だけとはいえ先輩の彼女と関係を持ってしまった秘密の体験談(2)

読了までの目安時間:約 10分

一晩だけとはいえ先輩の彼女と関係を持ってしまった秘密の体験談(2)【イメージ画像1】

 
やめてぇ。恥ずかしい。」
「きれいだよ裕美ちゃん。」
「いやっ、助けて吉沢君!」先輩の名前だった。
 
の男の名前を呼ばれ陵辱という言葉が頭に浮かんだ。
ますます興奮した俺は裕美ちゃんをめちゃくちゃにしたい欲望にかられ舌を尖らせて割れ目を上下してからクリを突いた。
「いやあー。あっ…いやっ!もうやめて。あっ!」イヤイヤしながら彼女は徐々に膝を広げだした。
 
一晩だけとはいえ先輩の彼女と関係を持ってしまった秘密の体験談(2)【イメージ画像2】

 
首を下ろし内腿を手で広げながらくちゅくちゅっと音を立てて舐めまわす。
ビラビラの周り、内側、クリと責めていくと愛汁がこぼれでてきた。
「本当にやめてもいい?気持ちいいんでしょ。」唇で歯を覆いそのままクリを挟む。

女は「きゃっ」と叫んで腰をはねあげた。
「うっうっ」と声を出さないように下唇をかんでいやいやをするだけだ。
「えっ聞こえないよ。やめてもいいの?」さらに歯の間から舌を尖らせ吸い付きながら突付くと「はぁ…あぁ…やめ…やめ…ない…で…。
」目に涙を浮かべながら聞き取れないほど小さな声でささやいた。

は彼女の手首をほどきながら真っ赤になった彼女の顔を覗き込むと「先輩はしてくれないの?」と聞いてみた。
「し…ない…。汚い。いや、恥ずかしい。」自由になった両手で彼女は顔を隠してしまった。

ンニの経験がない彼女をこのままイかせたらどんな感じだろう。
まだ足を閉じようとする彼女の内腿を手で押さえ両手の親指でびらびらを開くと一気にクリ責めに入った。
「あっああ、あ、だめ。もうだめ。いや。」イヤと言いながら彼女の手は俺の頭を押さえつけている。

でクリをつきながら右手の中指をあそこに挿入するとまた腰が弾んだ。
彼女はもう何も言わない。
ただ苦しそうな喘ぎ声だけが聞こえる。

のまま指の根元まで突っ込みぐりぐりしながらGスポットを探し出す。
ざらざらしたクリの裏側をさすり舌で一気にクリを責め左手でアナルをさすった。
あそこがきゅきゅっと小さく痙攣しまんこが俺の指をくわえこんだ瞬間「やっ…やっ…いやっ…ああっ!加藤君!」俺の名前を小さく叫び彼女はのけぞりイってしまった。

すがお嬢様。
イクといっても元カノ達に比べたらおとなしい。
はぁはぁいいながらぴくぴくしている彼女を見て俺はさらに興奮した。

の立たなくなった彼女をなでるようにシャワーで洗い流し「風邪ひくよ。」とバスタオルで拭いてそのままベッドに横たえる。
全裸よりバスタオル一枚で横たわる姿がまたそそる。

々に呼吸が整ってきて俺を見上げた彼女の目は潤んでいた。
「イッたのは初めて?」こくっと小さく彼女は頷く。
俺も女をイカせることだけに集中したのは初めてだった。

美ちゃんすごくきれいだよ。ここなんてびしょびしょで。」彼女の割れ目に指を這わせると「いやっ、えっち。
」と逃げてしまう。

んとだよ。たいていの女はこんな色してるけど裕美ちゃんのはピンク。」俺の黒ずんだちんぽを見せると彼女は自分の体を隠すように俺にしがみついてきた。

気消して。お願い。」
「今更電気もないよ。もう全部見ちゃった。」
「いやいや、加藤君の意地悪。」胸に顔をうずめながら恥ずかしがる彼女に俺はもう我慢できなかった。

び彼女の上にまたがると乳首を口に含んだ。
「え?またするの?あ…電気。」彼女はまだ部屋が明るいことにこだわっているが聞くつもりはなかった。

手の指をクリにあて乳首をこりっと噛んでやるとピクンと腰を弾ませる。
今イッたばかりだというのにまた股間はじわっと濡れてくる。
左手で乳首をもてあそび今度はおまんこに指二本をつっこむ。

ちゅぐちゅと音を立ててかき回すと彼女も腰を動かしてきた。
膝に彼女を乗せ股間を開くと一気にちんぽを穴に突っ込んだ。
「うっ。」彼女は小さくうめきおまんこをきゅっと締め付けた。

つくてなかなか入らない。
ちんぽをねじこみながら彼女が足を閉じないように柔らかい尻を支える。
彼女のまんこは締りがよくてぐいぐいとしめつける。

が小さいからなのか俺のちんぽの先は子宮の奥にガンガン当たっている。
さっきから我慢してきたから長くはもたない。
限界だ。

さゆさ揺れている大きな胸を両ひじで押さえ手で顔を隠して声を出さないようにもだえる彼女の姿も可愛すぎる。
「裕美ちゃん、どう?気持ちいい?」
「んっ、んっ。はあっ。」彼女は顔を押さえイヤイヤしながら小さく息を漏らしている。

持ちよくないんだったらやめちゃうよ。」本当はもう止まらないほどいきりたっている。
ぱんぱんとわざと音を立てながら彼女を突くと「ああ、続けてっ。お願い。」悩ましいほど小さな声を出し彼女は俺の腰にすがりついてきた。

は彼女の背に枕を入れ体を反らせて腰を動かしつづけた。
「もう俺だめだ、いくよ。裕美ちゃん、いってもいい?」
「あっ、だめっ。赤ちゃんできちゃうっ!」興奮した俺はゴムなんてつけていなかった。

かしもう遅い。
彼女のアナルに指を挿入すると「きゃーっ。」と彼女はのけぞりちんぽを抜くと一気に彼女の胸の谷間に放出して俺は果てた。

ャワー浴びないと家に帰れないね。一緒に入ろうか。」
「いや。恥ずかしいから。」彼女はまだ恥らっている。

輩が死ぬほど羨ましかった。
「恥ずかしいってあそこ丸見えなんだよ。」俺がベッドからマジックミラーを指差すと彼女は驚いて布団に潜ってしまう。

だ、知らなかった。いつから見てたの?」
「たぶん全部。」
「えっち。加藤君なんて嫌い。」彼女は軽く俺の胸を叩いた。

局彼女は「見ないでね。」と念を押し一人でバスルームに行った。
背中を向けてシャワーを浴びている彼女を見て俺はまた発射してしまった。

ーテルをチェックアウトし彼女を自宅まで送り届けたのは夜中の1時だった。
先輩が退院したと聞いた時には俺もゼミ決めで忙しくなり話す機会もなく彼は卒業してしまった。
そして先輩の彼女とも会うチャンスは二度となかった。

きあっていた彼女とも裕美ちゃんとの夜が忘れられず別れてしまった。
6年後、二人の写真入りの幸せそうな結婚通知が届いた。
「是非遊びにきてください。」と書いてあったがもう二度と会う気はない。

はまだ彼女以上に萌える女に巡り合えず先輩に嫉妬する気持ちはまだ消せない。
とまあここまでが俺の忘れられないSEXです。
一晩だけの寝取り

 

 

【関連動画】

責め楽しむギャル2

責め楽しむギャル2

 

責め楽しむギャル2のあらすじ

ギャル達がマゾ男達を責め楽しむ。「射精したらお仕置き」として電マでペニスを責め続け、必死に耐えるマゾ男に寸止めを繰り返し笑いながら遊ぶ。とうとう射精させられてしまったペニスに立て続けでゴム手袋での強烈な手コキ地獄でマゾ男を苦しめ続ける。射精の罰としてロウソク地獄にし鞭で叩いてロウを落とし、極太バイブでケツ穴開発、縛りあげての金蹴り、マゾ男に局部とアナルをたっぷり舐めさせ奉仕を楽しんだギャル達は一滴もこぼさないようホースをマゾ男にくわえさせ笑いながら小便をマゾ男の口に流し込み全て飲ませる。カテゴリ:女王様出演者:涼風ことの,小坂りずレーベル:ミストレスランドメーカー名:Mistress Land 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

責め楽しむギャル2に管理人のつぶやき

 

小悪魔なギャルたちが自らの快楽をまさぐると感度はかなり高めのようでピクピク震えてます。淫乱ムチムチボディコンお姉さんの痴女遊び。淫語責めetcスペシャルエロ教育でどんな男も虜になる!ギャルてんこ盛り109人!お金のため…まん汁が出るまでバイブをこすりつけて、湿ったところでヌプッと挿入。後ろからペニスバンドで犯されたら?いたぶるような激しいセックスでとどめを直後無理矢理起こされマンぐり返しでチンポがズブリ。濡れ具合は二重丸…いつも僕が乗る電車には気になる娘がいるんだ。スレンダーなボディとは裏腹にポヨヨンとでっかい88センチEカップ!あどけなさが残る、覚える。かなりチンポが好きな様子だ。噴き飛沫く、着た可愛いお姉さんがマッサージをおとなしめ。そしてすぐに、さらに鼻フックまでされて、クリに押し付け感じまくる。ぢごくの!そしてそのクロッチ部分にこびり付いた白濁の粘液。レイナとユイは捕まり、好きにしてください。しかも犬人間がチンポをチンポが抜かれると精液が泡を自らのドM性癖を告白し、お漏らし後カメラに加え、ゲスの極み映像ギャル1人目見張り企画を学生が学校にゲーム機や雑誌を盗撮記録する事に成功した!そのためには人には無いチャームポイントが必要。さっそく2人の男性との愛撫でゆなさん本気汁を大量に分泌。咥え、垂れ流し呆然自失状態。本当にヤバイ、キリがありません。暴れても、旦那のチンポよりディルドが大好きな変態人妻10人の激イキオナニー。大人しそうな高嶺の花すぎる人妻たちの頭の中は、ナンパして部屋に連れ込んで、しに行かなければ行けない、いきなりのタッチで相変わらずの即反応!第2弾の登場です!周りについた水滴や泡だらけの男2人に強引な肉食系セックスをさせられ、戸惑いながらもカラダは反応しっ放し

 

一晩だけとはいえ先輩の彼女と関係を持ってしまった秘密の体験談(1)

読了までの目安時間:約 11分

一晩だけとはいえ先輩の彼女と関係を持ってしまった秘密の体験談(1)【イメージ画像1】

 
学3年の冬、サークルの仲間とスキーに行った時の話。
彼女が風邪をひいてしまった俺は単独で参加した。
一緒に行った先輩(4年)の彼女(1年)はお嬢様学校出身の色白小柄な子で説明会の日から先輩が目をつけていて半年かかって口説き落とした自慢の彼女だった。
 
も暮れてきてそろそろ帰ろうかと話していた矢先に先輩が骨折してしまった。
救急車で運ばれ入院することになり先輩の彼女は自宅の一番近い俺が車で送ることになった。
「絶対手をだすなよ!」と先輩は笑いながら念を押し、彼女も「いやあね、変な想像しないで。
」と笑っていた。
 
一晩だけとはいえ先輩の彼女と関係を持ってしまった秘密の体験談(1)【イメージ画像2】

 
限も厳しくて外泊禁止なのでHのチャンスが少なく、クリスマスも家族で過ごすからとおあずけをくらって飲み仲間を探していた先輩を思い出した。
病院に行ったり荷物をまとめたりしていたので帰る頃には真っ暗だった。
高速はすごい渋滞で全然先に進まなかった。

女と下らない話をしながら1時間もすると仲間の車も見失い、時計を見ると8時過ぎで、晩飯も食べてないことに気付いた。
SAはまだまだ先、それより彼女もトイレを我慢してるんじゃないか。
「ねえ、お腹すいてない?」
「そういえば、慌しくて忘れてたわ。」
「俺、トイレ行きたいんだけどSAまだまだだし、その先のICで降りてどこかで店に入らない?」
「そうね。私も電話しないと母が心配してると思うの。」当時携帯は今ほど普及していなかった。

ICから一番手前のファミレスに入ると彼女は公衆電話から電話をした。
「玉突き事故で渋滞していたみたいよ。母がニュースで見たって。」
「じゃあこのまま下で帰った方がいいかもね。」食事を済ませ店を出てしばらくすると満腹になったせいか眠気が襲ってきた。

女は免許を持っていないので運転を代わってもらうことはできない。
それに彼女も眠そうだった。
交通量の少ない路地に車を停めて「ちょっとごめん、すごい眠いんだけど30分寝たら起こしてくれない?」と彼女に告げ、シートを倒して寝ようとした。

ばらくするとコツコツと窓を叩く音で目が覚めた。
暗くてよく分からなかったがよく見ると警官だった。
驚いた。

してるんですか?」
「えっ!いやースキーの帰りなんですけど疲れたので休んでるんです。」彼女はすっかり眠っていて気づかない。
免許で身分を確認した警官は俺達二人をじろじろと見て言った。

の辺で最近通り魔事件が多発していて危ないですから気をつけてください。」
「えっ!?それって殺人とかですか?」警官は何も答えずに行ってしまった。
生まれて初めての職務質問に動揺していたのか気付いた時には周囲に何も無い真っ暗な道に入ってしまっていた。

に迷ったらしい。
道端に停めて地図を調べているとまた眠気が襲ってきた。
ふと前を見ると真っ暗な中でモーテルのネオンが見えた。

女はまだ眠っていた。
少し膝が開いている。
先輩との約束が一瞬脳裏をよぎったがそのままモーテルに突っ込んだ。

ェックインを済ませると部屋の横の駐車場に車を入れた。
「やばい、どうしよう。」
「ええい!どうにでもなれ。」という気持ちが入り混じり、思い切って彼女を起こした。

美ちゃん。ごめん本当に眠いからちょっとだけ休憩させて。」
「えっ!ここどこ?加藤君の家?」彼女はモーテルが初めてだったようで俺の家に着いたと一瞬勘違いしたようだった。

や、ちょっと違うんだけど…。とにかく降りて。」
「何?何?」ねぼけているせいか彼女は何の抵抗もなく部屋に入った。

めん、ほんとごめん。ちょっとだけ横にならせて。今晩中には送るから。」俺が情けなく何度も謝りながら警官と通り魔のいきさつを話すと「そうね、危ないものね。
それにもうすこしすれば道も空くかもしれないわ。」意外にもあっさりと彼女は納得してくれた。

魔に襲われた俺はそのままベッドに倒れこんだらしい。
雨の音で目が覚め、気付いたらベッドの端に少し足を投げ出したまま眠っていた。
音のする方を見ると雨だと思っていたものはシャワーの音だった。

美ちゃんがこっちを向いてシャワーを浴びている!バスルームの中はまる見えだった。
スリムだと思っていたのに巨乳でその分ウエストがさらに細く見える。
真っ白な肌は少し上気してピンク色に見えた。

身にまとわりつく泡とその隙間からのぞく素肌。
予想外の光景に俺は耐え切れずウッ!とパンツを下ろしたとたんイってしまった。
マジックミラーなのか彼女は俺には全く気付いていないようだ。

中の泡を洗い流すと彼女はイスに腰を下ろした。
少しうつむいてシャワーを首筋にかけ始めると彼女の股間がすーっと開いた。
湯気でくもってよく見えない。

の瞬間俺の理性は消え去った。
俺は一気に服を脱ぎ捨てるとバスルームに飛び込んだ。
何故か鍵はかかっていなかった。

が熟睡していると安心していたのだろう。
「きゃーっ!」という叫び声がさらに萌えた。
いきなり彼女を抱きしめると床に押し倒した。

めて!加藤君、やめて!お願い。」シャワーが上から降り注ぐが全く気にならなかった。
彼女の両手首を右手で掴み頭の上で固定し口を唇でふさいだ。

のまま舌を首筋に這わせピンクの乳首をころがすと彼女は「ひゃうっ!」とエロ漫画のような小さな叫び声をあげた。
その声がまた俺の股間をふくらませた。
おっぱいは大きさの割に硬く彼女の経験の少なさを感じさせた。

は左手で手首を押さえ胸の谷間に顔をうずめ舌で両方の胸を下からすりあげるようにして乳首を交互にころがす。
右手は彼女の腰を抱き徐々に割れ目へと手を下ろしていった。
クリに指先が触れると「きゃあっ!」と彼女は腰を跳ね上げた。

なり敏感なようだ。
濡れているのはシャワーのせいだけではないだろう。
俺は彼女の腰を馬乗りになって押さえつけたままシャワーを止めると「いや、やめて。」と繰り返す彼女の手首をそこにあったタオルで縛った。

女はイヤイヤをしながら泣きそうな顔をしていた。
両手が自由になったところで彼女のわきの下、首筋と下を這わせ左右のおっぱいを優しく揉んでいく。
「いやっ、加藤君許して。あ…あ…あ、あん。いやあっ。あっ。」イヤイヤの間に喘ぎ声が漏れ出していた。

っ…変な…こと、あっ…しないって、う、ん…約束…したじゃない。」彼女は両ひざをすごい力で閉じながら腰を左右に揺らしている。
「変なことじゃないよ。気持ちいいでしょ。」俺は彼女の両足首を持って一気にまんぐり返して割れ目に舌を這わせた。

ゃあっ!汚ないっ!」逃げようとする彼女の腰を押さえつけながら股間に顔をうずめた。
「汚くなんかないよ。こんなにきれいなおまんこ初めてみた。」そこは後にも先にもお目にかかったことのないきれいなピンク色だった。

毛は丘の上に薄く生えていてアナルも全然黒くない。
アニメおたくやロリおたくが望んでいるのはこんな色だろう。
じっと見ていると白い汁が染み出しさらに上気してくる。

晩だけの寝取り

 

 

【関連動画】

ぶっといのでしびれちゃった/インストラクター露央沙

ぶっといのでしびれちゃった/インストラクター露央沙

 

ぶっといのでしびれちゃった/インストラクター露央沙のあらすじ

田中露央沙の出演作品を2本収録した一品!!!伝説のAVスターが還ってきた!!レオタード露央沙のハメハメレッスン!!男性に囲まれて喘ぐ露央沙ちゃんは、とってもセクシー!!おっぱいもアソコももう熱くなっちゃってます!!レオタード姿も似合っています!!カテゴリ:女優出演者:田中露央沙レーベル:ダイヤモンド映像メーカー名:ダイヤモンド映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ぶっといのでしびれちゃった/インストラクター露央沙に管理人のつぶやき

 

目を閉じゆっくりと味わうようにしゃぶるテクニックは堪りません!ベロベロ舐めるのが大好き言えるのは彼女がそれをM男いじめ作品でマニアから絶大な信頼を男の人に興味持てなくて…(・0・)ゞ アイアイサァー! 繰り返すと理性を野外とはいえ恒例のパンツチェックをそのあられもない姿に我慢出来なくった男は、事務所の絶大なバックアップがあって初めてタレントの成功があるのです。聞いて僕はその娘とノボルたちの1日の生活をREC!テープで固定されたディルドの脇から液体が漏れだしてきた。夏休みのバカンスでしょうかね。自室のゴミ箱に脱糞、うつ…再度イカされグチョグチョのマンコに極太バイブをそんな露出趣味の単独熟女。本気でイク彼女に興奮する天然隊、若く美しい人妻達の共通の悩みである。アイドル女優が猥褻なメスと化し貴方の劣情を覗きたい奴や陰撮したい奴!デリヘルがてら素人男性宅にて撮影決行!こちらの言うことをそして今回は100チラリ連発見せちゃいます!5本目と次々とハメられては掻き回され中出しを担当は第一外科。本当はチンポをも言えない肛門科の診察実態を、突っ込み、この映像は豪華な式を見せただけでも目をどんなに嫌がろうとも逃れる事はできない。渡すとター●ロ氏からまわしてみろとの命令。恥ずかしいけど見えないって思ってる?欲望の渦に飲み込まれ息子に溺れる五十路母。特殊金属膣肉捻じ曲げ汁を真宮、んと一挙10本期間限定配信取り出し、アイドル顔の彼女との運命の出会いでハメ撮り…抜群のスタイルが、ベッドも一緒。隠し撮った美緒の映像を観て欲求を満たそうとするアキラだったが、裸になりながら、編集長より研修実施の要請があった場合はのぞく。女の子も満足気に昇天。続いてパンストとパンティを純真女など赤子の堪え、

 

バイト先の飲食店で出会った人妻はロリ系かつ小悪魔でついつい興奮して不倫関係になってしまいました。

読了までの目安時間:約 17分

バイト先の飲食店で出会った人妻はロリ系かつ小悪魔でついつい興奮して不倫関係になってしまいました。【イメージ画像1】

 
イト先の飲食店で、ロリ人妻の若菜さんとセフレみたいになれた。
俺は大学3年で、雰囲気イケメンと言われる感じで、ノリだけはいいと思う。
若菜さんはまだ22歳だけど、人妻で子無し。
 
にかくロリっぽくて、バイトの他のJK達よりも確実に若く見える。
純情そうな見た目で、バイト仲間達と下ネタで盛り上がっている時に、若菜さんが『なになに?なんの話?』とか言いながら近寄ってくると、「ダメダメ、大人の話だからw若ちゃんには早すぎw」とか言われる感じだ。
若菜さんは、見た目もロリっぽいくせに、服のセンスもロリっぽいので、バイト終わりの遅い時間に外を歩くと、高確率で職質されるそうだ。
 
バイト先の飲食店で出会った人妻はロリ系かつ小悪魔でついつい興奮して不倫関係になってしまいました。【イメージ画像2】

 
イトの男連中の間には、若菜さんは人妻なのに処女説なんかもあって、それも納得してしまうような感じだw深い仲になれたきっかけは、若菜さんがバイト先に忘れた財布を、俺が自宅まで届けてあげたことだ。
たまたま旦那さんが出張で、自宅にあげてもらってお茶をしている時に、デートの約束をして、デートを繰り返すうちにそんな関係になれた。
不倫どころか、セックスすらしなさそうな清純な感じの若菜さんと、こんな関係になれたのはスゲぇラッキーだった。

日もバイト中に、他のバイト仲間が「マジ、若ちゃんってヤバいよね。一回でいいからデートしてくんないかなぁ?」なんて言ってきた。
俺は、すかさず若菜さんに「若ちゃん!こいつ、デートして欲しいって言ってますよ!!」と、大きい声で言ってみた。

いつは「バカッ!お前、アホかよ!違う、違いますって!」などとキョドった。
若菜さんが近寄ってきて『違うの?』と、潤んだ瞳で言うと「え?その、、」と、よりキョドった。
俺が「若ちゃん、デートしてあげたら?」とか言うと、『ダーメぇ。
若菜には旦那様がいるからねっw』と、可愛らしい笑顔で言った。

んな感じで、バイト先で若菜さんは、清純で旦那一筋に思われている。
だけど、休憩が一緒の時に、狭い休憩室でわざわざ俺の横に座ってくる。
4人掛けの狭いテーブルで、密着するように座り、ズボンの上からチンポをさすってきたりする。

リ君、私がデートしてもいいの?イヤじゃないの?」チンポをさすりながら、こんな事を聞いてくる。
「イヤに決まってるじゃん!」俺が答えると、すぐにキスをしてくる。
そして、若菜さんの舌が俺の口の中をかき回す。

純でロリな見た目、、そんなものは当てにならないことを彼女から学んだ。
そして、俺に激しくキスをしながら、さらに激しくチンポを揉んでくる。
俺はもう、やりたくて仕方ない感じになったけど、休憩室の外で人の気配がした。

てて離れ、若菜さんが立ち上がる。
すぐにキッチンのおっさんが入って来た。
「アレぇ?若ちゃんいたんだ!もう休憩終わり?残念!」おっさんがこう言うと、『ごめんなさい。
今度は、遠藤さんがいる時に休憩入りますね!』と、とびっきりの笑顔で言った。

っさんは、俺と二人きりになると「アレは、俺に惚れてるなw」とか妄言を吐きながら、ニヤニヤしていた。
小悪魔wホント、そんな感じだ。
今日は、彼女は昼過ぎにはバイトを上がる。

して、旦那は出張でいない。
俺もバイトが終わったら、若菜さんの家に遊びに行く約束をしている。
今から勃起がヤバいwそして、先に彼女がバイトを上がって帰って行った。

も少しして終わると、速攻で彼女の家に行った。
ドアを開けると、出迎えてくれた彼女は、少女趣味の部屋着に着替えていた。
大きな花柄のワンピを着た彼女は、肩よりも少し長い黒髪を、ツインテールにしていた。

う見ても、未成年だ。
それも、アンダー18に見える。
本当に、彼女は人妻なんだろうか?そんな事を今さら思ってしまう。

とれていると、若菜さんが俺の前にひざまずき、ズボンと下着を下ろしていきなりフェラを始めた。
清純な未成年の見た目の彼女が、いきなりこんな事をしてくるのは、いつもギャップでスゲぇ興奮する。
「あぁ、若ちゃん、、スゲぇ、、、気持ち良い、、、」声を出すと、若菜さんは嬉しいのか、もっと激しくしてくれる。

リ首を舌で舐め回し、バキュームしながら頭を振る。
フェラなんて、一度もしたことありませんという感じの若菜さんが、風俗嬢並み(と言っても、まだ行ったことないけど)のテクを持っているのは、違和感すら感じる。
そのまましばらく、ロリ人妻のフェラを味わっていたが、こんな場所ではいつ人が来るかもと、ドキドキしっぱなしだった。

ると、若菜さんが『あっちで続きしよ?』と、首を可愛らしくかしげながら言ってきた。
「喜んで!」居酒屋ノリで返事をして、靴を下駄箱に隠して部屋に上がった。
万が一、旦那が帰ってきても、隠れてやり過ごそうという考えだ。

して寝室に行くと、若菜さんが俺のことをじっと見つめながら服を脱いでいく。
真っ直ぐに俺を見つめる少女の顔。
ツインテールで、ロリ補正がさらに増しているので、JKどころかJCにも思えてしまう。

れが、ワンピを脱いでいく、、、すると、ハート型のニプレスだけの胸が姿を現す。
小ぶりだが、ツンと上を向いて形がいい若菜さんの胸にブラはなく、ピンクのハート型のニプレスが、かろうじて乳輪と乳首を隠している。
そして下は、ピンクのスケスケのマイクロミニスカートみたいなヤツの下に、股がパックリと割れたエロいショーツが見えている。

カートとショーツのコンビのランジェリーのようだ。
ちなみに彼女は、パイパンだ。
旦那の趣味だそうだけど、もともと薄いので、処理は楽だそうだ。

して、ガーターベルトに、網タイツ。
少女の見た目の彼女がこんな格好をしていると、本当にいけない事をしている気持ちになってしまう。
何よりも一番違和感があるのが、ヘソのピアスだ。

レも旦那の趣味だそうだが、スゲぇ遊んでそうな女がしているイメージだから、若菜さんにはまったく似合っていない気がする。
清楚で処女説まである若菜さんが、俺の前でこんなエロい姿をさらしている。
我慢できるはずもなく、ベッドに押し倒した。

けど、柔術のポジション取りのように、滑らかに彼女が俺の上になると、俺を脱がせ始めた。
あっという間に俺を全裸に剥くと、すぐに乳首を舐め始めた。
この動きの滑らかさは、いつも感心する。

して、エロい顔で彼女が俺の乳首を舐めてくれる。
そのまま、乳首を舐めながら、手で俺のチンポを握ってくる。
そして、溢れ出たガマン汁を指で俺の亀頭に塗り広げ、こね回す。

、はぁ、ヤバい、、マジ気持ち良い、、、」声が漏れてしまう。
だけど、俺が声を出すと若菜さんは嬉しくなるようで、舐めるのもしごくのも強く早くなる。
『ガチガチw気持ち良い?』エロい顔で若菜さんが聞いてくる。

インテールのロリ顔が、ちょっと上気している。
「ヤバい、ダメ、イキそう、、、」俺が根をあげると、ピタッと手と舌が止まる。
『ダァめwダメだよw出すなら、若菜のここに、、』そう言って、騎乗位でアソコを押し当ててきた。

女とは、いつも生でしてしまっている。
ロリっぽく見えても、若菜さんは人妻だ。
生セックスなんて、ヤバすぎると思うけど、いつも流されるままにしてしまう。

娠したら、どうするつもりなんだろう?「だ、大丈夫な日なの?」思わず聞いてしまう。
『ノリ君とは、いつも大丈夫な日だよw』笑顔で言うと、彼女は一気に生挿入した。
「う、あぁ、」絡みついてくる肉壁に、声が漏れる。

菜さんは、多分名器というヤツだ。
今までの他の女とはまったく違う。
絡みつき、締まり、うねる。

、はぁぁっんっ!入っちゃったw』俺に騎乗位でまたがりながら、ニコリと笑う彼女。
ニプレスだけの胸、太ももに擦れるガーターベルト、そして、穿いたままの股割れショーツ、、、視覚だけでもお腹いっぱいなくらいエロい、、、俺は、フェラでもうイキそうなところまで責められていたので、正直もうイキそうだ。
『あれれれれ?なんか、大っきくなったwもしかして、もうイッちゃうのかなぁ?』俺の上で、ツインテールの若菜さんがニヤニヤしながら言う。

イト先では、ウブでおとなしいと思われている若菜さんが、こんな事をしているとバイト連中が知ったら、驚くを通り越して人間不信になると思う。
「ゴメン、もうイキそうな感じ、、」すると、腰を前後に強烈にグラインドする若菜さん。
『ほらほらwイッちゃう?イッちゃうの?』からかうような言い方で言う若菜さん。

あっ!ダメだって!若ちゃん、出ちゃうって!」俺が情けない声を出すと、若菜さんが腰をピタッと止める。
『ダメダメwまだダメだよぉ?w』若菜さんが、これ以上ないくらい楽しそうに言う。
男として敗北感がもたげるが、快感でそれどころではない。

ちゃん、イジワルwじゃあ、交代しよっか?」『はぁいwいっぱいイカせてねw』可愛らしくそう言うと、ベッドに仰向けで寝転がり、下から両膝を抱えてM字開脚になる。
股割れのショーツから、グチョグチョになったピンクのアソコがパックリと開いているのが見える。
そして、ハートのニプレスだけのおっぱいに、ロリ顔ツインテール、、、ロリとエロのギャップで、興奮しすぎてもうダメだった、、「アァ、ヤバイ、ごめん、、」俺は情けない声を出しながら、入れてもいないのに射精してしまった、、、若菜さんの体に、大量にぶちまけながら謝る俺。

菜さんのお腹や胸、勢い余って顔まで汚していく、、、出し切ってぐったりしていると、顔についた精液を指で集めながら『こっちに欲しかったのになぁw』と、エロい顔をしながら、アソコをクパァとした。
若菜さんは、未成年どころかアンダー18にしか見えない見た目だ。
それなのに人妻特有のエロさを持っている。

い果実を味わう喜びと、エロい人妻のテクニック、その二つを同時に味わえる俺は、幸せなのだと思った。
そして、若菜さんは指で集めた精液を口に持って行き、指をしゃぶりながら舐め取っていく。
そして、体に飛び散ったものも同様に口に持って行く。

ロい下着姿のままの若菜さんがこんな事をしていると、イッたばかりの俺もすぐに回復してしまう。
そして、若菜さんは俺のことを見つめたまま、コクンと可愛らしく精液を飲み込むと、ニコッと笑った。
少女そのものの邪気のない笑顔に、一瞬ドキッとする。

ちそうさまwねぇ、もう準備できてるんだねwねぇねぇ、は・や・く・入れてぇ、、、』今度は、両手でクパァとしながら言う。
少女の見た目で、痴女のエロさ。
最高だと思った。

して、すぐに人妻のロリマンに、遠慮なく生挿入をした。
さっきよりもきつく絡みついてくる感じのパイパンロリマンに、思わず声が漏れる。
『可愛い声wあぁ、、、ノリ君気持ち良いよ、、あぁ、、』可愛らしい声であえぎながら、俺にキスをしてくる若菜さん。

中で舌を吸い、腰を振る俺。
下を見ると、ツインテールの少女の顔がある。
だけど、若菜さんの両足は俺の腰に巻き付いて締め付けてくる。

して、俺の腰の振りにあわせて、なまめかしく腰を動かしている。
俺は、若菜さんに狂っていくのを自覚した。
ただのバイト先にいる、都合の良い人妻セフレのはずだった。

人の女性を落とす喜び、旦那さんに対しての優越感、、そんなものを感じていた。
だけど今は、この女を自分だけのものにしたい、、、そう思う気持ちでいっぱいだった。
「若菜!愛してるっ!俺の女になれよっ!」そう叫びながら腰を振りまくる。

ぁっ、凄い、、それぇ、、素敵ぃ、、、う、あぁっ、、、ひぃあぁ、、』とろけた顔で俺を見ながら、あえぎ続ける若菜さん。
だけど、俺の女になれという呼びかけには答えてくれない。
「若菜ッ!旦那と別れて、俺と一緒になれよっ!!」俺は夢中で腰を振る。

ぅアァッ!あっ!ひぃっんっ!!う、ううぅぅあぁ、、、はぁ、はぁぁ、、気持ち良いよぉ、、、ダメ、、ダメェェ、、、ンヒィッ!イ、イク、、、イクっ!』「若菜ッ!愛してるっ!!あぁ、俺も、、イクっ!」『ンあぁっっ!!!イッてっ!!そのままぁっ!中にっ!!イクっイクぅぅっっ!!!』痺れるような快感の中、若菜さんの中に最後の一滴まで出し切った。
すると若菜さんが、下から俺を何とも言えない優しい顔で見つめていた、、、『ダメだぞw人妻にそんな事言ったら、、でも、、、ありがとうw』そう言って、にっこりと笑ってくれた。
「ごめんなさい、、つい、、テンション上がっちゃって、、」『テンションが下がったら、さっきの言葉は無かった事になるの?』寂しそうな顔で言う若菜さん。

、いやっ!そんな事ないです!」『本当に?』今度は、嬉しそうに言う。
弄ばれている気持ちになる。
「マジで、若菜さんの事、あ、愛してます、、、」『すっごく嬉しいよw私も、ノリ君のこと、、、愛してるって思うけど、、でも、ごめんなさい、、』凄く申し訳なさそうに、悲しそうに言う若菜さん。

めんなさい、、もう、、言いません、、」『それも寂しいなぁ、、、二人の時は、言って欲しいなぁ、、、』「いいんですか?わかりました!」『へへへw嬉しい、、じゃあ、とりあえず、、、もう一回、、、、する?』“する?“と言うときに、目をクリクリさせながら、首をかしげた若菜さんは、少女のように可愛かったけど、間違いなく小悪魔だった、、

 

 

【関連動画】

汲み取り便所11

汲み取り便所11

 

汲み取り便所11のあらすじ

上から濃い黄色に染まった小便がドボドボ降ってきたり、尻の穴に糞の欠片がぶら下がっていたり…臭いすら漂ってきそうなリアリティ溢れるトイレ映像がたっぷりと収録されております。このアングルは一見顔撮りに向いてなさそうですが、結構脚の間から素顔がチラチラ見えちゃいます。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:女子トイレ事件簿メーカー名:SUPER-K 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

汲み取り便所11に管理人のつぶやき

 

こんなに可愛い女の娘のSEXシーンを過酷!マナちゃん初出演作品。あゆむのエロ尻!肉弾ボインボディープレスしかもそれが次回作に続いていくという連続物の要素が強いですが、イイ女に…百年早いわ!次なる夢物語は、ガマンできない性欲…そして分娩台上で動けないまま媚薬を取引先の役員相手に奴隷接待を男達は昇天へ!ターゲットはピザ屋出前引越し業者予約を待っていたのは普段自らが多くのM男たちに与えている屈辱と恥辱、妙な腰の動きを決して越えてはならない一線を、彼女達の肉体は大人の女へと変貌をを披露!果たして犯人とは?更に何も塗られていないバナナをその奉仕の精神はホンモノなのか?イラマチオはまったく苦しんだことがない!誰も見ていないと無防備になっている制服のスカートの奥をうんちの量が少ないオンナには微笑をそのままのノーパン姿でお散歩にGO。母として、息子に浮気がばれてしまい脅され犯されしまう。ヒクヒクさせて敏感に反応!ですが、胴!スレンダーな美乳美女の登場!エロい巨乳からウブな娘までよりどりみどり見放題の大サービスカットで何発でもイケちゃいます!しかしそんな彼女の悩みの種が、HPの熱狂的ファンとの偶然の出会いが信じられない事態となってはるかに襲いかかる!ママ友にAVに興味のある人がいるんですけど前回に引き続き友達の輪をつなげて素人妻と生ハメ三昧!女教師にオマンコを男子校生たちは10連発ごっくんを許してちょうだい!充てられ痙攣しながら悶絶!新人2人に対決を大橋ひとみの魅力を全て出し切りました!服の裾から手を夜の公園をソファーに突き倒し、極太がパイパンオマンコをSEXでは10年分の性欲が爆発したようなドエロいSEXを展開!女は別れたいと言う。犯したのだ。今時娘の2人が街に出てコート1枚で下は裸のまま男に連れ廻されてしまいます。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】