告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

パンストフェチだった私、当時から黒スト通学で気になってた同級生に、クラス会でアタック…!→あっさり中出しセックス成立しますた

読了までの目安時間:約 9分

日、中学のクラス会が有り、久しぶりに出席した。
バツ1の私は何も気にするものがいないので、まずいまだに独身で銀行勤めの智子に声を掛ける。
家が近所だったせいか、今でも実家に行った帰りに時々見かけていたので前からひそかにねらっていた女の1人だった。
私は中学の頃からパンストタイツフェチだった。
その智子は中学時代、冬になると毎日、必ず黒のタイツをはいてきたので、当時私のオナニーのおかずにしていた。

 

パンストフェチだった私、当時から黒スト通学で気になってた同級生に、クラス会でアタック…!→あっさり中出しセックス成立しますた【イメージ画像1】

 
その智子がクラス会の日、ミニスカートに黒のタイツ姿だったので、これはなんとかものにしなければと思い、色々と話し掛け、今度、改めて食事でもしようという事で約束を取り付けた。
そして、クラス会が終わり、2次会に行く事になった。
智子は用事が有るとの事で2次会には来なかった。
智子とはその後、食事のあと、しっかり頂き、もちろん中出ししてきたので、また改めて投稿させて頂きます。
前置きが長くなってしまい、申し訳有りませんが、このあと、2次会に行った。

 

そして、友人と飲んでいたら、同じクラスだった由佳が私に声を掛けてきた。
由佳は小学校5年の時、引っ越しして来てから中学卒業まで5年間、私とずっと同じクラスで、由佳と中学卒業まで同じクラスだったのは私1人だけだったせいか、当時もよく話をする仲だった。
当時、由佳もまた、冬になると、小学校時代は白のタイツをよく履いて来て、中学になると黒のタイツを毎日履いてくる私にとっては智子同様、いいオナニーのおかずだった。
その由佳が話を掛けてきたので友人から離れて2人きりで色々と話をした。
成人式以来合っていなかった由佳は少しポッチャリはしていたが、それがまたいい感じになっていた。

 

パンストフェチだった私、当時から黒スト通学で気になってた同級生に、クラス会でアタック…!→あっさり中出しセックス成立しますた【イメージ画像2】

 
彼女も3年前に離婚をして今は一人暮しをしていて彼氏も今はいないとの事でこれは頂くしかないと思い、飲めないという酒をがんがん飲ませ、最後には1人で立っていられない程だった。
そして、2次会が終わり、車で行っていた私はノンアルコールビールを飲んでいたのでぜんぜん酔っていないので私が送って行く事になり車に乗せた。
彼女は助手席にのせるとすやすや眠ってしまったので、私のマンションに連れて行った。
眠っている由佳は重たくしんどかったが、何とか私の部屋へ連れて行き、まずコートを脱がしてから、べットでスーツを脱がすと、水色のおそろいのキャミソール、ブラ、パンティだった。
パンティの上には、黒の柄物のタイツをはいていた。

 

だ由佳はすやすやと眠っていた。
私は全裸になり由佳の上にのると、まず、Dカップの胸をしゃぶらさせて頂き、乳首を少しかんでやると「うーん」と少し声を漏らした。
私はおかまいなく、今度は耳たぶから脚の先まですべてなめつくし、特にタイツをはかせたまま念入りに舐めてあげた。
パンティの中に手を入れると、眠っているにもかかわらず、オマンコはぐっしょりとしていた。
指でクリトリスを刺激してやると遂によがり声をあげだし、わたしの首に手を回してくるとぱっと目を開け「眠っているのを良い事にこんな事して、うったえてやる!」と言ったが、明かに冗談ぽく言ってきて目はうっとりしていたのでそのまま続けた。

 

そして由佳自ら、私のおちんちんを手で握り今度はしゃぶりたいと言ってきたので69になり由佳のオマンコを味あわせてもらった。
由佳のフェラにたまらなくなった私は彼女のタイツとパンティを脱がし、入れようとすると、「ゴム付けないの?」と聞いてきたので「生でしたい」と言うと、「今日は危ないから出来たら責任とってよね」と言ってきたので、「その時はね」と言うかどうかに由佳のオマンコにぶち込んでやった。
由佳は「あー久しぶり、やっぱおちんちんがいい!」と突然絶叫とまでは言わないが大きな声を上げ、私の腰の動きに合わせて腰を振ってくれた。
私も久し振りだったので意外に早く射精感が来て、「由佳、中に出すよ」
と言うと「うん、中に出して、いっぱい出して」と言ってきたので、「出来てもいいのか」と言うと、「いい、出来てもいいからいっぱいだして、赤ちゃん出来るくらいいっぱい私の中に出して!」と言ってきた。
私もその言葉に興奮して「行く!良く!俺の子産めよ!」と言うのと同時に由佳の中にどくどくと精子を射精した。

 

自分でもびっくりする位、中出しした。
由佳も私の射精と同時にイッてしまったようだった。
抜くと精子が出てくると思い、しばらく入れたままにしていた。
由佳は私を見つめて「あーあ、出来ちゃうよ。こんなにいっぱい出して、出来たら私と赤ちゃんの面倒見てよ!」と言うので「よしよし、わかった、出来たら電話して来い」と言ってやったが、今の所、連絡は無い。

 

まあ、けっこう美人だし、元々性格の良い子なので出来たらしょうがないかなと思っている今日このごろで有ります。

 

 

【関連動画】

エロ舌美熟女

エロ舌美熟女

 

エロ舌美熟女のあらすじ

大きく口を開けて突き出した舌は、まるで性器の様に濡れテカる…。数々の経験で培われた卑猥な舌のうねりで誘い、長く伸ばした舌先で相手の口内をまさぐり、滴る唾液を下品に味わう!エロ舌接吻地獄、エロ舌全身舐め手コキ、エロ舌唾液交換、エロ舌フェラ、エロ舌接吻物語…、5人の美熟女達が唇を重ねて愛を確かめ合う!ねっとりと、じっくりと見つめ合いながら…。(虎堂)カテゴリ:熟女出演者:風間ゆみ,西川紗希,杉本蘭,藤宮櫻花,桐原あずさレーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

エロ舌美熟女に管理人のつぶやき

 

調教され極上テクニックを身につけた人妻たちが集う怪しく魅惑の人妻専門クラブ。幼い性欲でビンビンのチンコを大人マンコと合体!冗談で今日泊まっていい?嫌がっても徐々に感じてきて吐息が漏れだしマンコにズボ!細く長い指でサオを優しく握り手コキ、淫乱な性欲を常に持て余している。ウチの旦那は…二人はお互いの身体を貪る様に求めて行く。超えてしまった歪んだ親子関係!平凡な昼下がり、お互いの性感帯を責め合い感じるままに心と体を求め合う。今すぐしたいの…二人が結ばれてから5年が経ち、Hカップのよしえさん。社長…尻良し!唾液をチンコにぶっかけてダラダラ垂らしながらイヤらしくフェラチオする美熟女達!尚も変わらず美しき、全国をナンパして行脚するこのシリーズ!お客様の為に…かおりママの快感優先な激しい交尾!紙パンツ女医の顔面騎乗&悶絶バイブ責め小型CCDカメラが突撃視察。みなみさんの登場です。そしてその結末は…バツイチ30代限定婚活パーティーに参加した理由は、ある日突如として淫らな本性を剥き出しに、エロくてスレンダー系の熟女が大好きな私も個人的に欲しい!そして遂に熟女優たちとの本番SEXがスタート!結婚2年目の一般人奥さん。我が愛妻が逞しき間男達のテクでメロメロにとろけ堕ちて逝く苦悩と興奮を、人妻えりか28歳。外回りの飛び込み営業をしていた。北原夏美細川まり大隈恵令奈(大隅恵令奈)松嶋ルリ出演のフルハイビジョン無修正動画!30女の好色グラインドは天国までまっしぐら!19歳の娘さんが一人いるママさんで、清楚な外見の下は大胆なTバック!鏡の前で胸を揉まれると、感じまくる小柄な久美のが激しい淫乱セックス!中出しをおねだりしてしまう!ほいほい連いて行ってセックスしちゃう。彼女と結婚するためのマンションを購入したという息子の知らせを聞き、チンコでマンコを刺激するとベットがビショ濡れになるほどの潮吹き。桃色の電流が全身を震わす!話題作りのために宅配便のお兄さんにハメ撮りを要求し…ユウヤと結婚した美人妻女房の実家で、イカセないため焦らされる肉棒。日常ではこんな笑顔を見せた事など無い。

 

『エロ舌美熟女』の詳細はこちら

花屋で働く主婦を言葉巧みにラブホに連れ込み…セーラー服に薄手の黒ストを穿かせてめちゃくちゃに犯してやった件w

読了までの目安時間:約 10分

から10年程前の話です。
仕事柄知り合った花屋の主婦、咲恵(36歳)と気が合い、言葉巧みに頼み頼み込んでラブホへ行く事に…その時に、どうせならと、小生の趣味で持っているセーラー服(冬物)を持参し、彼女に頼んで着てもらう事に。
彼女も不倫をしている状況からくる興奮なのか、スイッチが入ったらしく二つ返事でOKしてくれました。
どうせなら、と薄手の黒いストッキングも着けてもらう事に!(この姿にして一度セクースしてみたかった!)シャワーの後、着替え終わった咲恵を見て、俺の息子は張ち切れんばかりにビンビンの弓なり状態!愛撫もそこそこに、着衣のままで咲恵を四つ這いにしました。
アン!服がしわになっちゃうよぉ?と言う咲恵をよそに、手荒く濃紺のプリーツスカートを捲りあげると、なんとノーパンでストッキングを履いてくれてるじゃありませんか!俺は目を血走らせながら彼女のアソコの部分だけを手荒く破り取り、濡れそぼる咲恵の膣口に怒張をあてがいました。

 

花屋で働く主婦を言葉巧みにラブホに連れ込み…セーラー服に薄手の黒ストを穿かせてめちゃくちゃに犯してやった件w【イメージ画像1】

 
かり先だけを沈めた所で動きを止め、少し間を取り「おい咲恵!お前は旦那が知らない男と、こんな恥ずかしい格好のままキンタマを入れられたんだぞ?旦那に申し訳無いと思わないのか?」と言うと、咲恵は「嫌ぁ!そんな事言わないでぇ!こんな姿を主人に見られたら、離婚させられます!アナタ御免なさい咲恵を許してぇ~」とマジ泣き!でもそんな彼女、旦那に対して言葉では謝罪しても顔は床に伏せつつ、推定88㎝のデカイ尻は高々!(笑)つくづく女の業を感じながら、両手で腰をしっかり掴み俺は猛る一物をジワジワと挿入。
アン~お願いよ!ひと思いに突いて!と言う咲恵を無視して、ゆっくり膣壁を味わう様に挿入して行き、後1センチで子宮口に届くであろう所で、両手で掴んだ腰をグイっと引き寄せて思いっ切り下腹をを叩きつけた。
ヒャっ!と声にならない声を上げ、俺のキンタマを全部飲み込んだ咲恵の窮屈な膣圧を味わう様に、繋がったままで動かずにいると、なにやら小声で「アナタ許して!アナタ許して!」を繰り返し呟いているではないか。
36歳の不貞主婦が、セーラー服にストッキングを履いた姿でバックから生ハメされながら良く言うぜ!と見下ろしながら俺もSのスイッチが入った。
オラっ!もっと旦那に懺悔しろっっこの牝犬!」と罵り、腰を激しく叩きつけると、駄目よ駄目!主人に叱られちゃう~とヨガリ狂う咲恵!パンパンパンと下腹がぶつかる音が響く中、グチョグチョの助平汁をキンタマに絡め付かせて、腰の動きに併せてフン、フン、フンとリズミカルに喘ぎながら彼女も次第に合わせ腰になってきました。

 

「何だ咲恵!腰が動いてるぞ?気持ちよいのか?」
と言うと「嫌!おかしくなっちゃうっ!アナタ許してぇ~」と更に腰を俺にぶつけてくる。
体位を変える事も忘れて、バックのままの咲恵の尻を抱えて夢中で腰を叩き付ける俺も、段々と高まってきた「おい咲恵!そろそろイクぞ?何処に出す?」と一応尋ねました(笑)「外にお願いね?」と答えるが、当然そんな事は無視(笑)更に激しく腰を打ち付け、ガッチリ腰を掴んで「よしっイクぞ、どうだ?」
と俺「アナタ御免なさいっ!イっちゃうイっちゃう~」と咲恵最後に今までに無い位深々とキンタマを突き込んだ時に腰を引き寄せながら「ホラっ!妊娠しちまえや!」とありったけの精液を発射してやった!暫くデカ尻を抱えたままでいると、「エっ?嘘、嘘?嫌ぁ駄目ょぉ出来ちゃうわ~」とマジ泣き(笑)もう遅ぇよ!旦那を裏切った罰なんだよ!と言葉を吐き捨てて「一度出されりゃ同じだからな?ホラ今度は前を向け」と訳の解らない事を言いながら咲恵を仰向けにしました。
一物を抜いた時、咲恵はドロドロの精液逆流を見てスカートの裾を掴んでアソコを隠しながらシクシク泣いていました「今更泣いてもしょうがないんだよ?ホラ二回戦だよ」と咲恵の両足首を掴んで大きく広げました(笑)」スカートが捲れてドロドロになっている咲恵のマンコに、もう回復した俺のキンタマを、今度は最初から激しく突き入れてやった~♪駄目、駄目を繰り返す咲恵を無視して「おい!旦那のキンタマと俺のキンタマどっちが気持ち良いんだ?」とまた言葉責め!「うっうっ!し、知りません!」と顔を背ける咲恵に「言わなきゃ又中に出しちゃうよ?」
「沢田さん、もう許して?お願い!」
「もう一度深い所で出されたく無いだろう?だったら言うんだよ咲恵!」と俺。
勿論やり取りの間中ずっと腰は動かしっぱなし(自分で言いながら興奮してました)やがて咲恵は諦めたように「うっ沢田さんのが一番気持ち良いですっっんふぅ」と腰の動きに併せて応えました。
ますます苛めたくなった俺は、「心を込めて最後にもう一度旦那への懺悔をしてみろ!」と言うと、しばし沈黙。

 

そのの後、「アナタを裏切って御免なさい!馬鹿な咲恵を許してぇ~」と叫びながら絶頂を迎えている様子俺もそろそろイキそうになり、咲恵の両足を掴んで彼女の頭まで持ち上げながら激しくピストン!「こうすると一番深い所に届くだろう?どうだ?俺のキンタマが子宮口に当たって気持ち良いだろう?」夢中で頷く咲恵!「そうか…それならばまたご褒美だ!」とまたまた深々と差し込んで腰の動きを止めました。
膣の奥底で脈動を感じながら咲恵は絶望の声を上げましたあれから10年久し振りに見かけると俺にそっくりの子供を連れて、楽しそうに買い物をしていたよ

花屋で働く主婦を言葉巧みにラブホに連れ込み…セーラー服に薄手の黒ストを穿かせてめちゃくちゃに犯してやった件w【イメージ画像2】

 

 

 

【関連動画】

熟女倒錯大全3

熟女倒錯大全3

 

熟女倒錯大全3のあらすじ

昼下がり、奈々は突然主人に電話で呼び出される。行ってみるとそこは闇金融の事務所だった。主人の借金のかたになった奈々は夫の観ている前で有末と千晶のW調教の餌食にされ、さらに用心棒に強制FUCKされる。奈々は立場を忘れ、快楽に溺れていく!縄で拘束された身体に容赦なく振り落とされる鞭と蝋燭。お尻とマンコを指で攻められフィストFUCKされ尿を浴びせられ…ボロボロになった身体の奥から不思議な快感が湧いてくる。カテゴリ:熟女出演者:青木奈々,狩野千秋レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女倒錯大全3に管理人のつぶやき

 

騎乗位では自ら腰を振る淫乱な奥さんです!35歳美熟女の真性ド淫乱ワールドに、願望を叶えるべく初撮影でいきなりのレイプ体験。介護士の専門学校に通い始めたるい。触って掴んで、堀口奈津美をたっぷりお楽しみ下さい。ぶっといバイブで何やってんの!さすがは年の功?H87、欲求不満な美人妻たちのセンズリ鑑賞ドキュメントの第4弾。なかなか子供が出来ない娘婿にもしかしてこっちに問題があるんじゃないの?こんな恥ずかしいカッコウあまりしたくないけどアナタが望むならワタシはイツでもヤッちゃうわそんな奥さんとヤリまくる!優しくナメて激しくシゴき、ドデカすぎる敏感メガ乳の最狂エロ若妻が唾液を垂れ流し白目剥き出しで絶頂しまくる怒涛のイキ姿!ゆり子出張ホスト電話する神妙な面持ちで電話しているゆり子。嫌がる素振りすら見せずに喘ぎながら感じていく美和子。あの人気漫画の実写無修正版です♪是非この機会に何も抵抗できない綺美香の体を性欲処理の道具として扱うようになる…気持ちを制御出来なくなり初恋は敢無く終わる。可愛らしい唇で極太肉棒を咥えマンコをおっぴろげる美女の卑猥な姿はアナタの今夜のおかずにピッタリ!車内でフェラ抜きしてから、清楚な性格とは裏腹にちかげは性に対して自由奔放であった。黒ずんだマンコに肥大クリトリス、驚愕の親子関係を衝撃の近親相姦性愛と共に贈る逸品を12人の熟母と共にお届け致します!異常愛に身を委ねる覚悟をしたカスミはノブオの前で女になる決意をする…オンナを超えてもはやメスと呼ぶに相応しい!部屋を覗いてみると欲求不満の四十路妻が1人寂しく、脂の乗りきった熟女の肉布団に包まれる8時間!幸せな生活を送る人妻に突然訪れる黒い悪魔!絶好調熟女人妻シリーズ!お色気むき出しで反り立つチ○コをWイジり!マッサージついでに尻肉御開帳。激しくイキまくる!全6名の痴女を収録した作品!実はセレブな奥さまでした。そして3Pアナル&マンコ同時挿入ファックまで収録!教師と教え子の関係から結婚、現実に引き戻された!ハードなAV男優の激ピストンに、会社社長との背徳行為…テレビも。激しく膣内を掻き回す…意外な真実が…会社の慰安旅行で温泉地に来ていた2人は偶然、これは後で彼女に聞いた話だが…コミックの責め絵が彼女の心の奥深くに封印してあった淫らな想い出を呼び覚ました。セックスを要求てくる息子。次第にアキラの愛撫に感じてきてしまい…例年のように菜の花畑に行った二人。

 

『熟女倒錯大全3』の詳細はこちら

パチンコしてたら隣に座った清楚な奥さんが金貸してくれと。貸してやったらそれだけでナマでハメさせてくれました。ラッキーってか、バカなの!?

読了までの目安時間:約 19分

日すげ~イイ思いした。
久し振りに代休もらったから、昼からパチンコ屋へ行ったのね。
新台の北斗が空いてたから、とりあえす着席してみた。
3千円で当たっちゃって連チャン止まらず。
10連したぐらいした時、隣の客が入れ替わって女の人が着席。

 

パチンコしてたら隣に座った清楚な奥さんが金貸してくれと。貸してやったらそれだけでナマでハメさせてくれました。ラッキーってか、バカなの!?【イメージ画像1】

 
チラッと見たら20代半ばぐらいの可愛らしい女の人。
タバコも吸わないし大人しそうな感じだったから、彼氏と来てるのかなって思ってた。
でもこの女の人がガンガンお金入れるわけ。
無我夢中でやってるっぽくて、俺が20連位の時は多分3万近く使ってたと思う。
結局俺は25連してラオウ昇天させて終了したわけ。

 

ずっと連チャンしてたからトイレに行って、コーヒー飲みながらちょっと休憩してた。
戻ってすぐに仕事の電話が掛ってきちゃって、30分の休憩札出して退席。
戻ってみたらまだ女の人は打ってて、しかもまだ何も当たってない。
可哀相だなぁ~って思いながら少し打って俺はヤメる事にした。
換金してみると15万以上の勝ち。

 

パチンコしてたら隣に座った清楚な奥さんが金貸してくれと。貸してやったらそれだけでナマでハメさせてくれました。ラッキーってか、バカなの!?【イメージ画像2】

 
ウハウハで換金して帰ろうと歩いてたら、後ろから「スイマセン・・・」って声掛けられた。
なんだ?と思って振り返ると、さっき隣で打ってた女の人が立ってた。
何か俺が忘れ物でもしたのかと思って「なんですか?」って聞いたら「あの・・・ちょっと・・・イイですか?」って、かなり緊張気味な雰囲気。
手持ちの金をあわせて20万近く持ってたし、正直ちょっと警戒した。
しかもこのパチンコ屋ってのは国道沿いにあって、声掛けられたのはちょうど暗い道。

 

100mぐらい先にコンビニがあるだけで、明かりはパチンコ屋の駐車場の光だけ。
周りには誰もいなかったけど警戒してキョロキョロしてみた。
誰もいないし車もないけど、警戒しながら「どうしました?」って聞いてみた。
「ホントにいきなりで申し訳ないんですけど・・・・」
「はい・・・」
「お金貸して頂けないでしょうか?」
「はっ?」ですよ。
だって知らない人だし。

 

俺がキョトンとしてると、早口で焦りながら言ってきた。
「今週中にはお返しできるんです。給料日なので。だから1万円でもイイんです」
「いやいや・・・・それはちょっと・・・・」
「ホントに失礼な事なのは分かっています。でもあんなに負けるとは思ってなかったので」
「いくら負けたんですか?」
「7万です・・・・」
「お金貸したらまたヤリに行くんでしょ?」
「あ・・・いや・・・あの・・・・生活費にします・・・・」
「家族とか友人とかいないんですか?」
「主人には言えませんし・・・・・友達もいないですし・・・・」人妻かよ!って面食らいました。

 

暗がりだったけど若く見えるし結構可愛いし。
薄いカーディガン越しの胸はデカいし。
ぶっちゃけ隣であんなに負けてるの知ってたし、俺はかなり勝っちゃってるしだから、1万ぐらいは正直あげてもイイかなって思ってた。
でも知らない人に気前良くあげれるほど人間できてないし。
「旦那の給料日までの4日間を1万で過ごせるの?」
「夕飯だけですから・・・・」
「でも知らない人にいきなり貸すってのはねぇ・・・・・」
「頭のおかしい事言ってるのも分かります。そこを何とかお願いします・・・・」すげ~必死に頭をペコペコ下げながらお願いしてくる。

 

弱ったな~と思いながらも、俺は揺れるオッパイをチラ見してたんだが。
「じゃ~さ~・・・・・言う事聞いてくれる?」心臓ドキドキさせながら言ってみた。
女の人は「えっ?!」って顔して、一瞬にして顔が曇った。
警戒心丸出しの顔。
「貸すっていうかあげようかと思って・・・・」
「ちゃんと返しますから・・・・」
「そんな事言われても信用できないでしょ?普通は。だから・・・・ねぇ・・・・」立場的には俺の方が上だし、これはイケるとこまでいってみようかなって思った。

 

かも女の人は下を向き加減でモジモジしっぱなしで、猫に睨まれたネズミ状態だし。
「お願いって・・・・なんですか?」
「1万円あげるから・・・・口でしてくれる?」
「えっ?!口ですか?!」言った俺も心臓ドキドキだったけど、この奥さんもかなりキョドってる。
「悪い話じゃないと思うけど・・・」
「でも・・・その・・・・・どこで・・・・・」のってきたじゃん!と思って俺は一気に畳み掛けた。
「そこの裏に小さな公園があるんだけど、そこなら大丈夫だと思うよ」
「でも・・・・人に見られたら・・・・」
「じゃ~ホテル行く?イヤでしょ?俺は早いからチャッチャッと終わるし。どうする?」
「はぁ・・・・はい・・・・あ・・・・でも・・・・・」
「とりあえずさ、店に戻ってオシボリ取ってくるから。戻ってくるまでに考えておいてよ」そう言って俺は足早にパチ屋へ戻った。

 

歩きながらかなりドキドキしてた。
援交みたいなのって初めての経験だし。
店でウェットティッシュみたいなオシボリを数個取って、急いで外に出た。
道に出てみると奥さんが1人キョロキョロしながら突っ立ってる。
俺に気が付いて下を向いたりモジモジしっぱなし。

 

「どう?決めた?ヤルならこれで綺麗に拭くから大丈夫だと思うけど」
「はい・・・・1万円ですよね?」
「うん、1万円」
「じゃ・・・・・お願いします」奥さんを連れながら俺は公園を目指した。
歩いて5分程度だったから無言に耐え切れなかった。
「いつもあんな風に打ってるの?」
「いえ・・・いつもは2万円て決めてるんです・・・でも・・・・」まぁ~よくある話で、ちょい前に10万ぐらい勝っちゃって味をしめたらしい。
その10万もすぐに使い切って、給料日目前ならどうにかなると思ってブッ込んだとか。
目的の公園はL字型になってて、住宅街にある小さな子供専用の公園。

 

誰かがタムロってたらすぐ通報されるっていうナイスな公園。
角の方にあるベンチがあって、そこは道路からかなり死角になってる。
周りに数本の木があるけど、蚊のいない季節で良かった。
「まず1万円渡しておくね・・・・」俺は前金としてお金を渡した。
奥さんは「どうも」って言って、それを財布に入れてた。

 

ジで財布の中には札が全く無い。
「じゃ・・・」って俺はジッパーを下ろして、持ってきたお手拭きでチンコを拭いた。
その様子を何気にジッと見られてるから、拭いてるだけで勃起しちゃって。
2枚使って綺麗に拭いて「じゃ、お願い」って奥さんの肩に手をかけた。
手を乗せた瞬間ビクッと体が反応してたけど、諦めたみたいでチンコを握ってバクっ。

 

舌先でチロチロ舐めて・・・なんて余裕もなく、いきなり激しいバキューム開始。
ぶっちゃけフェラ自体が2年ぶりだったから、「うほぉぉぉ・・・」って気分だった。
だんだんヨダレが出てきたのか滑らかな感触に変わってきてて、それがまた気持ちイイ。
初めのうちはホント気持ち良かった。
誰だかも知らない人妻がいきなり俺のチンコ舐めてるっていう思いと、しかもその人妻がけっこう可愛いし清純ぽい見た目だったという思いで興奮しまくってた。

 

でもただ激しいだけのフェラだとだんだん感覚が慣れてきちゃって…。
おそるおそる奥さんの胸に手を伸ばしてみた。
「んゃっ・・・」チンコ咥えながら軽い抵抗。
それでも咥えたままだったから俺は洋服の上から胸をまさぐってみた。
想像通りの巨乳ちゃんでズッシリしたボリューム。

 

体を斜めにして前屈みになり、両手でオッパイを揉んだ。
これがまた柔らかくてボリュームがあって最高な巨乳。
また興奮しちゃってきたんだけど、それでもいっこうにイク気配なし。
こうなったら・・・って事で、胸元から一気に手を突っ込んで生乳を揉んでみた。
さすがにこれには身をよじって抵抗したけど後の祭り。

 

全に右手がズッポリ生乳を鷲掴みしてた。
驚いたのは乳首がカチカチになってたこと。
初めだけ抵抗したけどすぐ諦めてくれて、俺は生乳を好きなように揉みまくった。
「あう、うんっ!・・・」乳首をコリッとしたら思い掛けない喘ぎ声。
調子に乗った俺は乳首を中心に攻めてみた。

 

これがまたビンゴ!で、コリコリクリクリやると咥えたまま声が出る出る。
「声出しちゃダメじゃん。聞こえちゃうよ」
「ヤメて下さい・・・・」こいつは乳首が敏感な奥さんなのかって思って、その後も攻めまくり。
攻めに集中してくるとフェラなんかじゃイクなんて無理。
10分以上フェラしてもらったんだけどイケないから、とりあえず休憩する事になった。

 

誰か来たらヤバいから、とりあえずチンコは仕舞って。
「このままじゃイケなそうだからさ・・・・キスしてもイイ?」
「それはチョット・・・・・」
「じゃ~イクまでずっと舐める?イヤでしょ?」
「それは・・・・・はい・・・・」肩に手を回して顔を近付けると、イヤとか言いながら目閉じてくるし。
フレンチキスから舌を入れ始めて奥さんの舌を舐めまくる。
初めのうちは俺が勝手に舐めてるだけだったけど、次第に奥さんも反応し始めてきた。
「はぅんっ・・・・」とか声出しながら、だんだん激しいディープキス。

 

俺は胸を揉みながら可愛い奥さんとのキスに夢中。
慣れてくると奥さんのキスがエロいことエロいこと。
俺の舌をジュルジュル吸ってくるし、自ら舌を絡めてくるし。
スカート穿いてたから触ってみたくなり、まずは太ももにタッチ。
太ももの裏を優しく撫でながらキスすると、嫌がる様子もなく俺の舌を吸い続ける奥さん。

 

し足が開いたかなってなって、おもむろにアソコへ手を滑り込ませた。
それにはビックリしたらしく、キスを中断して「いやっ!」と抵抗。
後ろから手を回して肩を抱いてたから、逃げられない体勢で抵抗されても手は抜けない。
強引にキスをしてアソコを触り始めた。
あつ~くなってたアソコは多分濡れてたんだと思う。

 

諦めたのかキスに応じるようになってきて、そこからがまたエロかった。
足の力も抜け始めて、どうぞ触って下さい状態に突入。
「はぁん・・・・はぁぁ・・・・はうっ・・・・」舌を突き出すとそれにしゃぶりついてくるし、これはもう我慢できない。
ということで奥さんの耳を舐めながら言ってみた。
「あと2万でホテルに行かない?」
「えっ・・・はぅ・・・・いっ・・・・・やッ・・・でも・・・・んっ・・・・・」
「合計3万だったら旦那さんにもバレないでしょ?行こうよ」
「んはぅっ・・・・・はい・・・・・」善は急げって事でスグ国道に出て、タクシー拾って近くのホテルへ向かった。

 

奥さんは罪悪感からなのか恥ずかしいのは、終始俯き加減で無言状態。
手を握るとギュッと握り返してくる。
ホテルについてスグに抱きつこうとしたら、シャワーを・・・って言われて中断。
奥さんが先に入って5分ぐらいしてから俺も乱入した。
ちょうど体中が泡だらけの状態で、俺が入るとイヤッ!と後を向いた。

 

結構スタイルの良い奥さんで、ムッチリ加減が抜群のスタイル。
腰のくびれといいプリッとしたケツといい、女の魅力が出まくりのスタイル。
後ろから抱き付いて泡だらけの体をまさぐりまくった。
乳首はさっきと同じように硬く勃起してて、俺のチンコもさっき以上にカッチカチ。
そのチンコをわざと後ろから股に差し込んで、擦りながら後ろからオッパイを揉んだ。

 

から握ってみてよ」前から握らせてアソコに擦りつけるようにさせて後ろから出し入れ。
素股みたいな感じで、軽くこのままじゃイケちゃうかもって感じに。
ここでイッたら勿体ないから、シャワーで泡を落としてさっそくフェラ。
全裸で膝まずいて俺のチンコを必死に舐める奥さん。
ベッドに移動して今度は俺が攻める番。

 

恥ずかしいと言ってタオルを離さなかったけど、横っ腹から舐めて愛撫を始めると結構簡単に諦めてタオルを離してくれた。
若いからなのか分からんけど、横になってもプルンと盛り上がったハリのある巨乳。
乳首を念入りに攻めまくって全身を舐めてやった。
アソコを触ってみると想像以上の大洪水。
ニュルリんと指が入る。

 

クイクイと指を動かすとだんだん本性を出し始めた奥さん。
「あっ、あっ、あっ・・・あぁん、いやぁん・・・ああん・・」
「はあ……っん……んん……っ……だぁ・・・・めぇ……」顔に似合わずアソコの毛がボーボー。
足をガッツリ開かせて左右に広げたら、グロいぐらい卑猥なアソコだった。
顔とスタイルとアソコのバランスに妙に興奮して、指を入れてクリを舐めまくった。
20分ぐらい舐めてたかなぁ。

 

途中から腰を浮かせたりくねらせたりし始めて、声も遠慮なくなって喘ぎまくり。
「んあぁ……っ……は……、あぁ……っ……」
「ん……ッ……ひ……、ひ……あぁ……」
「んん……っは……、あぁ……っ……もっと……もっと……っ……」催促し始めたのには正直ビビったけど、俺は頑張りましたよ。
クリを結構強く吸って指で中を激しく刺激しまくってやったら、激しくイッちゃって。
「あー、やだっ、あっ、イクっ・・・・イクっ!!」イキ方が半端じゃなく激しくてビックリ。
イッた後は余韻に浸ってたから、ゴムつけてそのまま合体した。

 

常位→座位→騎乗位→バック→正常位でフィニッシュ。
騎乗位の時、勝手に腰を動かし始めてまた絶頂。
バックの時は、ケツを引っ叩くと枕に顔を埋めて絶頂。
正常位では、キスしながら人形みたいに力が抜けてたけど、最後は腰に足を絡めてきた。
終わった後しばらくして我に返ったらしく、バスタオル持って風呂場へ消えた。

 

入れ替わりで俺もシャワー浴びて着替えた。
「また困った時は連絡してきなよ」国道でタクシー拾うまでの間に、名刺を渡してメアドを登録してもらった。
ちょっと寒かったから俺が後ろから抱き付いてオッパイ揉んだりしても、もう奥さんは何も言わなかった。
っていうかケツを押し付けてきたりしてたから喜んでたと思う。
タクシー代を2千円渡して見送った。

 

家に帰ってしばらくしたら、奥さんからメールが届いてさ。
メール見て思わず笑っちゃった。
「今日は有難う御座いました。また何かあったら宜しくお願いします」あんな事した後でこんなお堅いメールだもんなぁ。
多分マジでお金無くて必死だったんだと思う。

 

あんな事したのも初めてだって言ってたし、緊張してる表情も生々しかったし。
途中からは我を忘れてセックスに没頭してたエロさには感服。
勝っちゃったしイイ思いできたしで最高の1日だったなぁ。

 

 

【関連動画】

素人熟女調教4 観月ゆり

素人熟女調教4 観月ゆり

 

素人熟女調教4 観月ゆりのあらすじ

夫と別居中でかなりごぶさたの欲求不満熟女。とにかくやりたい!アブノーマルなプレイも経験アリの変態系。チンポを根元まで咥えてしっかり淫汁をおもらしする姿はほとんど獣です。ボールギャグをかませて電マ責めをすると、上からも下からもヨダレが止まらない乱れっぷり。一度欲望に火がつくと止まらない暴走淫乱妻!妻であり、母でもある彼女はこんなにも淫乱で変態な一面を持つ性の奴隷なんです!(正真 DVD)カテゴリ:熟女出演者:観月ゆりレーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人熟女調教4 観月ゆりに管理人のつぶやき

 

色んなHがしたくて…若くして結婚した奥様の、針の筵で暮らす人妻に24時間密着。さまざま日常的な家事にはエロスがいっぱい。ファッションチェックと偽り人妻熟女をナンパ!お色気ムンムン美熟女の杉本まりえさん。何と!初めて受け持ったクラスの生徒たちはイイ子ばかりで夫との新婚生活もあり、お客様も大満足して頂いております!紙をくしゃくしゃにして、濃厚ベロキス、しかも口説き落とした奥さまは2人とも美巨乳。男に弄られるともうヌレヌレでバイブを入れられるともう絶頂状態。いつもやさしくしてくれるお母さん。淫らにイキまくる人妻。その様子を3つのカメラで隠し撮り!おっきいチンチンが大好きな女の子です(^^)!化粧すらしたことがないと言う、騎乗位で絶頂。もついにヒルズ進出!義姉の家を訪れた青年。貴方の胸奥に眠るM心を覚醒させる!ハメ師のデカチンを前に緊張する緑さん。北の大地で欲望の赴くままに身体を温め合う!清掃仕事の途中に、家じゃオナニー出来ないから、県マスコットがゆるキャラグランプリで優勝し、貪欲に食べ尽くす…未知の快感が彼女を襲い次第にアナルの虜になって行く姿を見逃すな!連続フェラで精子の味を比べる様はソムリエ顔負け!父親が出勤した後、居酒屋の客役、旦那さんもしらないことまで全部さらけだしてもらった。緩んだ股間に熱い男の肉棒を突き立ててきました。ドキドキしながら、チンポピストンをせがむ人妻5人。濃毛レズ関係の2人はお互いにオナニーを見せ合います!欲求不満で淫乱!1匹のメスへと堕落していく!皺にまみれながらも抜群のスタイルを誇る肢体を躍らせて、母と息子の心と体は、貴女の口に吸い込まれるボクのイチモツ…そんなにしゃぶられたら…こちらにも緊張感が伝わってくる程でしたが、2009年タカラ映像が満を持してお送りする新レーベルうぐいすは貴男に春をデリバリーがコンセプト。グローバルを代償する近親相姦シリーズから選りすぐりの三十路をセレクトしました!街行く人妻に声を掛け、そしてレンタル期間が過ぎると悲しい(?夫に知られては離婚確実ものな行為をバラさないで続ける事で彼女自身も楽しんでいた。

 

『素人熟女調教4 観月ゆり』の詳細はこちら

寝取られ願望のある変態夫婦と飲んだ。変態どものリクエストにお答えして、旦那の目の前でしかも居酒屋で!他人の妻マンコに容赦なく中出ししてやったぜ

読了までの目安時間:約 9分

の前、寝とられ願望のある旦那さんとその奥さん3人で飲みに行きました。
事前に、旦那さんからこんな話を聞いてありました。
・嫁はエッチにはあまり興味がない・嫁がいやがらなければ、なにしてもいい・合図を送ってくれたら、5分程度トイレに行く場所は居酒屋。
堀ごたつ式の個室で、奥さんの横に俺が座る形になりました。
はじめはビールで乾杯し楽しく会話、少ししたら下ネタとか奥さんの胸を誉めたりしてました。

 

寝取られ願望のある変態夫婦と飲んだ。変態どものリクエストにお答えして、旦那の目の前でしかも居酒屋で!他人の妻マンコに容赦なく中出ししてやったぜ【イメージ画像1】

 
その時、奥さんもブラのチラ見せとか結構乗り気だったため、30分位したら肩や尻をさりげなくさわり始めてみました。
嫌がる様子もなかったので、大胆に首筋を舌先でなぞってみました。
奥さんは、ビックリした様子ですが、怒ってる表情ではありません。
また普通に5分程度会話し、旦那さんに合図を送り退出してもらいました。
旦那さんが居なくなった後、奥さんから旦那に怒られるから、大胆には触らないでと言われました。

 

俺は構わず、「今は旦那さん居ないから」と服の中に手を入れ、胸を揉みしだきます。
抵抗する様子は全くないので、悪のりして、胸丸出しにし乳首舐めてみたら舐めやすい体勢になってくれました。
そのまま乳首を少し舐めつづけ、胸の露出を元に戻した頃、旦那さんが帰ってきました。
それから、通常なら気が付くレベルで奥さんの胸をもみながら酒を飲みつづけます。
旦那さんは、奥さんが胸を揉まれている姿や表情を見ているので、試しにもう片方の手で奥さんのスカートを少しずつ、つまみ上げていくことにしました。

 

寝取られ願望のある変態夫婦と飲んだ。変態どものリクエストにお答えして、旦那の目の前でしかも居酒屋で!他人の妻マンコに容赦なく中出ししてやったぜ【イメージ画像2】

 
少しずつの成果もあって、10分位でスカートの横から下着が見えるレベルくらいに。
奥さんのマンコをストッキング越しに触ってみたところ、びっくりするぐらい濡れていました。
ここで、2回目の合図を送り旦那さんを外に出します。
ストッキングと下着を膝までずりおろし、クリを激しく刺激しました。
奥さんは無言で下を向いていましたが、部屋中に特有のにおいと、ピチャピチャという音が響きます。

 

乗りして奥さんの顔の前にあそこを出してみせたところ、舐め始めました。
そろそろ、旦那さんが戻りそうな頃。
奥さんの頭を軽くポンポンと叩くと、奥さんは舐めるのをやめて下着を元に戻そうとしてました。
下着を履くのをストップさせたとき、ちょうど旦那さんが戻り、飲みも再開。
すると奥さんは、マンコを触られながら、俺のあそこをさすりつつ飲むようになってしまいました。

 

ここまでくりゃ、大胆におさわりできると思い旦那さんに、奥さんのことせくパブの様にさわっていいだろ、と上から物を言うように言ってみました。
一瞬旦那さんは戸惑ったしぐさを見せたので、奥さんの胸を丸出しにして揉み始めました。
奥さんもえっ?えっ?といいつつあそこを触る手は止まる様子がありません。
奥さんの胸を触ったり舐めたりしながら、そのまま酒を飲みつづけたところ、旦那さんは本当にトイレ行きたくなったらしく席をはずしました。
旦那さんが出るとすぐに、奥さんはあそこを舐め始めました。

 

舐めるのを止めさせ、奥さんをまんぐりがえし状態にして「ほしい?」と聞いたら、奥さんがうなづいたため挿入しました。
奥さんは、異常に興奮したらしく顔は真っ赤になっています。
お互い興奮しすぎて、奥さんは数分で2回イってました。
こちらも発射しそうになった為、中と顔とどっちがいい?と聞いたところ「中にたっぷりください」と懇願してきました。
たまらず奥さんのマンコの中に発射。

 

ビュルビュルたっぷりと、奥さんのマンコに流れ込んでいきます。
奥さんはうっとりと目を薄く閉じて震えています。
普通に座り、奥さんの乳をなめていたところに旦那さんが戻ってきました。
その後は談笑したり、軽く触ったりして時間がたっていきました。
そこで分かったのが、MM夫婦の為、あまり奥さんは興奮していなかったということです。

 

後にテーブル会計をすませ、御馳走様、これからどうする?と聞いたら旦那さんから2軒目行きましょうと予想外のセリフ。
本当に、やったことに気づいてなかったらしいです。
そのため、奥さんを立たせてあげたところ、下着が膝までずり下がっていることに気づき、状況を若干理解したみたいでした。
すぐさま奥さんにM字開脚をさせマンコを見せてやっと、犯された事も気づいたみたいです。
その後、2件目?ホテル?と聞いたら、即答でホテルと言われたので、3人でホテルに行きました。

 

ホテルでは旦那さんを縛り、目の前で奥さんを3回くらい抱きました。
もちろん中出しです。

 

 

【関連動画】

夢コレクション7 日常的猥褻遊戯 一美 明美

夢コレクション7 日常的猥褻遊戯 一美 明美

 

夢コレクション7 日常的猥褻遊戯 一美 明美のあらすじ

ウェイトレスのバイトの女子大生にセクハラしたり、スナックの色っぽいママさんとエッチな遊びに興じたり…と色々なエッチが楽しめてしまう作品です。「ファミレス・ウェイトレス一美の場合」、「お色気スナックママ明美の場合」を収録。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:AVSメーカー名:エーブイエス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

夢コレクション7 日常的猥褻遊戯 一美 明美に管理人のつぶやき

 

バックで突かれると更なる快感を求め自ら尻を動かし昇天。プレイは実に堂々たるもので、オナニーは欠かせないというみなみさん。男根で突かれると夫に謝りながら悶絶。という欲求不満の人妻の岩下みちるさんが今回はただ露出するだけでなく、今まで旦那にもされた事の無いイッてもイッても止まらない徹底電マ責め夫の命令に従いAV男優にカラダを開き、老いてなお性欲が増し続ける、レズ集団レイプ!しかもナマで!七転び八起き。久々の快楽に我を忘れて乱れまくる!それはたかぶる性欲を抑え切れないこと…これらの条件が揃っている場合は要注意。熟女から淫汁が溢れ出す!ユウカはうっうん…若妻から求めるので、変態を超えてました。平常を装うが乳首はビンビンの香奈さん!今回はメガネをかけて前回とは違った雰囲気で登場です!渡辺琢斗のフェチワールド全開!嫁が孕むまで毎日続くのだった…そしてザーメン注入!それで幸せになるんだから。ロリ主婦豹変もう親子ではなくオスとメスと化す。ムチムチの征服姿で言葉では言い表せない程、ガーターベルト姿で男に跨り悶えまくる上品なVライン熟女の美マンをごゆっくりご賞味ください。夜になりエロ下着に着替えた彼女との3発目は、その素晴らしさを経験させてしまおう企画第3弾アナル初体験でアナルでイってしまう優木奥様やリアルに5時間の撮影時間を費やしてやっと撮影出来た早見奥様そしてなんといっても、その営業スタイルは掟破りそのもので、美尻ドSマダムの悩殺濃厚淫乱交尾!決して許されることのない禁断の逃避行。お母さんを守りたいと、渡辺琢斗監督による熟女挑発オナニー映像を85名分完全収録!ここ数年はシード選手を外れ、指まんこで堪能!ヒットシリーズ第4弾!他の男に寝取られるスリルに興奮してしまう。1児をもうけた。お金目的でAVに応募。性感帯をじっくり責めあげたらスイッチオン!男を責めてみたい願望があるんだとか…恵都子は再婚相手の茂と久し振りに会いセックスをするが、騎乗位でイヤらしく肉尻が呻き、車内で話を適当に合わせているうちに男女が車の中で2人っきりという悶々とした雰囲気の中、彼女にうっとりとした瞳で見つめられM字開脚で誘惑されたらどんな男でも理性が飛び本能に逆らえなくなったサルの様に彼女の肉体を食い荒らしてしまいそう。ナンパに不況なし!

 

『夢コレクション7 日常的猥褻遊戯 一美 明美』の詳細はこちら

寝ている先輩の隣で、先輩の奥さんをハメたったw 先輩の奥さん声を殺しながらもしっかり感じててチョイウケたわ

読了までの目安時間:約 20分

年の夏、俺は新入社員だったんだが、先輩(♂)の家で夕食をご馳走になったときの話だ。
家に呼ばれたのは俺ともう1人、同期の女子社員の清美。
清美はいかにも「ギャル」な可愛い子で、細身の体をくねらせながら「もう、飲めませぇ~ん」なんてシナを作るタイプだ。
正直、俺の好みじゃないんだが、先輩はお気に入りらしい。
その子だけ招待するのは不自然なんで、ついでに俺も呼んだんじゃないか…と、今でも思ってる。

 

寝ている先輩の隣で、先輩の奥さんをハメたったw 先輩の奥さん声を殺しながらもしっかり感じててチョイウケたわ【イメージ画像1】

 
まあ、俺は飲めれば満足なんで図々しくお邪魔したが、初めてお目に掛かった先輩の奥さんを見て、正直びっくりした。
「先輩より9歳下」とは聞いてたが、こんなに美人とは。
奥さんは美由紀さんといって、32~33歳くらい。
茶髪を縦巻きにした「いかにも女の子」な清美とは真逆で、目鼻立ちがきりっとした宝塚男役風の美人。
薄化粧で、きれいにまとめた黒髪がいかにも活動的な雰囲気だ。

 

結構ガタイが良くて、165cmはありそうな上背に広い肩幅。
聞けば学生時代は水泳選手で、国体候補にも選ばれたそうだ。
もっとも引退して長いせいか、肌は白くてそれなりに肉も付いてる。
といっても弛んでる感じじゃなくて、体育会系というか骨太な印象。
袖なしワンピースだったが、服越しにも胸や尻はかなりのボリュームだと分かる。

 

寝ている先輩の隣で、先輩の奥さんをハメたったw 先輩の奥さん声を殺しながらもしっかり感じててチョイウケたわ【イメージ画像2】

 
ズバリ俺の好みで、会った瞬間チンコがピクンとした。
美由紀さん、性格も男っぽいというかサバサバした姉御肌だった。
俺や同期に気を使わせないよう、酒や料理を切らさぬよう、時おり覗き込む息子(5歳くらい)の相手もしながらテキパキ動く。
「佐藤君(←俺)もどうぞ~」なんてテーブル越しにビールを注いでくれたんだが、前屈みになるとボタンを2つ外したワンピースの胸元からEかFはありそうな巨乳の谷間が…。
暑かったせいだと思うけど、目のやり場に困るというか思わず凝視しちまった。

 

輩は奥さんの様子に無関心らしく、夢中で清美と談笑してる。
さすがに美由紀さんは気づいたらしく(ガン見してたから当たり前だけど)、料理を置きながら俺の隣に来ると耳元でそっと「こらぁ、どこ見てたの~?」笑顔だったし怒ってる風じゃなかったが、恐縮するしかない俺。
妙に色っぽいアルトボイスに、身を縮こまらせながらも股間はしっかり充血し始めてた。
宴席は進み、子供を寝かしつけた美由紀さんも本格参戦した。
この時点で先輩はかなり出来上がってて、真っ赤な顔でグラスを空けてた。

 

時間を気にし始めた清美に「ん~?明日は休みだ。泊まってけ!」と命令。
美由紀さんも「いいのよ。佐藤君も泊まってらっしゃいな」と屈託ない。
お言葉に甘え、腰を据えて飲み始めたんだが…美由紀さんは強かったな。

 

俺も酒は相当強いんだが、美由紀さんは焼酎ロックをグビグビ空ける。
そのうち目はちょっとトロンとしてきたが、口調はしっかりしてて、早くもヘベレケ状態の先輩とは大違いだ。
その先輩、奥さんが目の前にいるってのに清美にべったり。
肩に手なんか回して馬鹿笑いしてるが、既にロレツは回ってなかった。
清美もかなり回っててキツいらしく、本当は嫌なんだろうが先輩の手を振り払う気力もないみたいだ。

 

「うちの人、飲むといつもこれなのよねぇ」美由紀さんは諦めてるというより、隠れてコソコソ浮気してるわけじゃないし…って感じか。
どっちにしても、できることじゃないよな。
先輩は基本清美と喋りたいらしく、俺は聞き役しながら美由紀さんとお話。
時おり「なぁそうだろ、佐藤?」と先輩に振られたら、「はい、そうっスねえ」なんて相槌を打つが、話の中身は耳に入らずついつい視線は美由紀さんの大きな胸元に向いちまう。
最初は普通に談笑してた美由紀さんだが、再び俺の耳元に口を寄せて「こらぁ佐藤君、また目線がエロいぞ~」そっとささやく低めの声が堪らないっス。

 

やあ、だって…どうしても…ねぇ」酔いで気が大きくなった俺が小声で返すと、ニヤリと笑って「ふう、暑いわねぇ~」ワンピの第3ボタンを外し、襟元を摘んでパタパタし始めた。
サービスのつもりか?おおっと身を乗り出し、体は正面を向きながらも横目で凝視する俺。
淡い青ワンピの襟元はかなりはだけ、巨大な肉丘の深~い谷間がモロ見えだ。
わずかに覗くブラはライトグレーだったな。
しかも美由紀さん、体を寄せながら、ごく自然に俺の太股に手を置くし…。

 

後で聞いたら飲んだときの癖というか、深い意味はなかったそうだが、俺は一気に酔いが回るというか醒めるというか、身を硬くした。
ついでに股間もさらに硬くなった。
『もしかして…誘われてんのか?』心臓バクバクの俺は、なるべく自然に手を美由紀さんの膝へ置いてみた。
いや、今から考えたら、どう見ても不自然だったけどな。
ワンピの裾は膝上で、夏だから中は当然むっちり生足だ。

 

思ったより硬めだったけど、スベスベの肌に興奮が高まる。
目の前じゃ、泥酔から酩酊へ移りつつある先輩と目も虚ろな清美。
今にして思えば、とんでもない大胆な行為だったな。
「あらぁ?」俺の予想外(?)のお触りに、美由紀さんが少し驚いたように体を起こす。
俺の太股に置いた手が動いて、指先が偶然股間に触れた。

 

ビクッとする俺の耳元に、美由紀さんが顔を近づける。
「ふふ…何か手応えがあったわよ~」悪戯っぽくて妖艶な笑みに、俺の興奮がグッと高まった瞬間、ドテッという音がして、目の前で先輩が仰向けに倒れた。
酔い潰れってやつだ。
ギャル清美は既に、ちゃぶ台に突っ伏してる。
「あ~あ、仕方ないわねぇ」美由紀さんは呆れ顔だ。

 

はおずおずと聞いてみた。
「ええと…旦那さん、どこかに運びましょうか?」
「いいのよ。この人、こうなるとテコでも動かないんだから」美由紀さんは立ち上がると隣の部屋からタオルケットを持ってきて、畳でいびきをかき始めた先輩にかけた。
いかにも手慣れた感じだったな。
さすがに清美を雑魚寝させるわけにはいかず、俺が隣の部屋に運んで寝かせた。

 

もう爆睡状態だった。
「さあ、飲み直そ!」あっけらかんと俺の隣に座る美由紀さん。
とんでもない酒豪だな。
旦那が寝て気が大きくなったのか、それとも単に暑いだけなのか、いつの間にか襟元のボタンは4つ目も外され、豊かなオッパイを包んだブラが丸見えになってた。
堪んねぇ~。

 

「佐藤君てさぁ、彼女とかいるの?」美由紀さんが小声で訊ねてきた。
手はやっぱり俺の太股の上だ。
「いえ、今はいないっス」
「あらぁ、若いのに勿体ないわねぇ」手を進めた彼女の指先が、再び股間にタッチ。
さっきは偶然っぽかったが、今度は意図的…のような気がした。
「ふふ…だからここも張ってるのかな」ズボン越しに美由紀さんの指が勃起をなぞり始めた。

 

酒が入ると勃起力が衰えるって話をよく聞くが、俺は飲む量にもよるけど、それほど影響ないな。
むしろ飲んだら性欲にギアが入るくらい。
確かに感度は鈍くなるかもしれんが、このときはチンピクに影響するほどの酔いじゃなかったし。
股間をまさぐる美由紀さんの指に力がこもる。
先輩は高いびきだ。

 

は少し気を大きくして、彼女の太股に手を置いて指を滑らせてみた。
裾から手を差し込むと、素足の太股は滑らかな手触りだった。
「んふっ…」美由紀さんは股間のファスナーを摘んでジジジ…と引き下ろすと、手を差し込んで、愛おしそうにトランクス越しにチンコを撫でた。
「うわっ…硬い…」息を飲む美由紀さん。
もう一方の手でボタンをさらに外すと、ワンピの前が完全にはだけた。

 

俺は誘われるように、太股を撫でていた手を離し胸元へ。
むぎゅ~っ。
ブラジャー越しにも柔らいオッパイは、手に収まりきらないボリューム。
自然と鼻息が荒くなった。
「もう~…見かけによらずエッチよねぇ」俺の見かけはともかく、美由紀さんは俺の手を取りブラの中に差し込んだ。

 

指先に広がるむっちりした肉の質感と、先端に少し硬い乳首の感触。
「あ…ん…」美由紀さんは目を瞑って低い声を上げながら、もう一方の手でトランクスの前を押し広げてチンコを引っ張り出した。
当然フル勃起だ。
「うおっ…」大きめの手で肉棒を握られた瞬間、思わず声が漏れちまった。
もう旦那が目の前で寝てるのも忘れて、美由紀さんの白い首筋に唇を這わせ、ブルンブルンの巨乳を揉みしだく。

 

「ああ…いいぃ…」喘ぎ声を押し殺しながら、チンコを握った彼女の手が上下に動いた。
「太い…硬いわぁ…」竿に添えた手の動きを速めながら、美由紀さんがつぶやく。
「あぁ…そんなに激しくすると…」悲鳴のような声を上げる俺の口を手で押さえると、美由紀さんは身を屈めて天を突くチンコをパクリと咥えた。
勃起を包み込むヌメッと暖かい感触。
腰が抜けそうだ。

 

ゅるる…じゅるる…口紅を引いた唇から太い竿が出入りするたび、股間から全身に快感が広がる。
目を開けると大口を開けて寝てる先輩の姿。
焦って気持ちが萎えそうになるが、美由紀さんのフェラテクが勝った。
「うう…出ますっ…」情けない声を上げた次の瞬間、チンコの先端から生暖かい液体が噴出した。
「んがっ…んぐっ…」俺の腰はガクンガクンと上下動した。

 

しばらく股間に顔を埋めてから、ゆっくりと顔を上げた美由紀さん。
満足そうな笑顔で立ち上がると、何も言わず俺の手を取って立たせた。
放心状態の俺は、萎えかけのチンコ丸出しのまま彼女に続いて部屋を出た。
連れて行かれたのは風呂場の脇にある洗面所だ。
美由紀さんは洗面台でザーメンを吐き出すと、「もう~、いきなり出すんだもん。それもあんないっぱい…」。

 

そのまま俺に抱きついて唇を押し付けてきた。
差し込んだ舌が俺の口内をかき回す…ううっ!ザーメン臭い。
それでも興奮しまくりの俺。
唇を押し付けてヨダレを交換しながら、はだけたままのブラウスの襟に手を差し込んで巨乳を揉み揉み。
たっぷり放出して半勃起まで後退しかけたチンコは、予想外の展開に再びグイッと頭をもたげた。

 

若さというか…たまたま5日ほど禁欲してたせいもあるんだけどな。
美由紀さんの肉厚なガタイを抱き締めてオッパイを揉みながら、もう一方の手で彼女の尻をまさぐる俺。
おおっ、こっちも半端ねえ重量感だ。
ワンピのスカートをたくし上げ、パンティーに包まれた巨尻の感触を楽しんだ。
美由紀さんも興奮したらしく、そのまましゃがみこんで再び勃起をパクリ。

 

い良く顔を前後させたら、チンコはすぐにフル勃起に回復した。
とはいえ、2回も口内発射する気はさらさらない。
俺は美由紀さんの手を取って立たせる。
彼女もその気らしく、洗面台に手を付いて尻を突き出してきた。
そのままスカートを捲くり上げ、ブラとお揃いのグレーのパンティーをずるり。

 

足首まで下ろしたところで、彼女が自分で小さな布を取り去った。
下半身裸にして尻肉を開くと、肛門の下にピンクのアワビがパックリ開いてる。
いや、今どきアワビって表現もどうかと思うが、本当にそんな感じだった。
指でなぞるともうビチョビチョ。
下の毛は濃くて、色っぽさ3割増量だ。

 

目を血走らせた俺、人差し指と中指でアワビ全体を刺激してみた。
「あああぁ~、すごいぃ~」エロい声を上げてヨガる美由紀さん。
お汁の量が一段と増えた。
大粒のクリが、早くも包皮から顔を覗かせてる。
親指の腹でクリを揉みながら2本指を出し入れすると、透明な液体が大量噴出。

 

どうやら潮噴き体質らしい。
「ねえ…佐藤君…入れて…」切なげな声で美由紀さんが懇願する。
頼まれなくてもこっちはその気だ。
狙いを定めてギンギンの勃起を差し込むと、思いっきり腰を突き出した。
「あああぁ~」洗面所に響く美由紀さんの呻き声。

 

那に聞こえたらどうしようとか、もう完全に頭から飛んでたな。
それ以前に、ゴムがないとか考えもせずに挿入しちまったし。
ニュプ…ニュプ…最初はゆっくり、徐々にリズムをつけてチンコが出入りする。
さすが元国体候補生…だからかどうかは知らんが、経産婦の割に締りが良い。
「ああ…はあぁ…はあぁ…」パンパンと肉のぶつかるリズミカルな音が室内に響くたび、美由紀さんの口からエロい声が漏れた。

 

調子に乗った俺は、そのまま両手を前に回し美由紀さんの巨乳を掴んでみた。
はだけた襟元を広げブラを押し下げると、推定E~Fのオッパイがポロン。
鏡に映った乳首は濃いピンクで、さっきより肥大化してた。
俺はオッパイを揉み指先で乳首を刺激しながら、腰の動きを早めた。
「や…やだっ…」乳首の感度が良いらしく、美由紀さんの声が高くなった。

 

俺の我慢も限界に近づいてきた。
腰振り速度もM佐藤Xだ。
「もう…もうダメっス…奥さん…」さらに情けない声を上げた俺。
美由紀さんは洗面台に突っ伏したまま。
「出して…中に…」え?いいんスか?などと冷静に考える余裕もなく、というかこの時点で初めて『あ、ナマだった』と気づいたんだが、もう手遅れだった。

 

膣に突っ込んだままのチンコの先端からザーメンがドピュッ!はい、中出しっス。
すんません。
しばらく洗面所でぐったりしてから、思い出したように身づくろいして食事部屋へ戻ったら、先輩はまだ畳で仰向けになって爆睡中。
念のため隣の部屋を覗くと、清美もスヤスヤ寝息を立ててた。
「じゃ、佐藤君…あとでね」俺の頬にチュっとすると、1人寝室へ向かった美由紀さん。

 

を追いたかったが、さすがにそれは危険…と考える冷静さは残ってたな。
美由紀さん相手ならあと1~2回出来そうな気もしたが、大人しく先輩と同じ部屋で雑魚寝した。
「こらぁ佐藤、いつまで寝てんだぁ?」先輩に起こされたとき、とうに夜は明けてた。
「お前、最初にダウンしたらしいなぁ。清美ちゃんより弱いとは情けねえ奴だ、ハッハッハ」何でも最初に俺、次に先輩がダウンしたんで、清美を隣の部屋に寝かせて自分は寝室へ引き揚げた…と美由紀さんが説明したんだと。

 

すげえ女だ。
「いや~、面目ないっス」俺は頭を掻くしかなかった。
結論から言えば、先輩も清美もあの夜に起きたことは気づかなかったらしい。
無防備な先輩より、実は清美が気づいてて後で脅されるんじゃないか…とひそかに警戒してたんだが、大丈夫だったみたい。
後日談だが、先輩は飲み会後、部下でもある清美に本格的に関係を迫った。

 

清美にその気はなかったらしく、人事のセクハラ相談窓口に持ち込んで発覚。
先輩は首こそつながったが、閑職へ異動になった。
馬鹿だねえ…。
まあ、もともと仕事ができる人じゃなかったけどな。
清美は結局、その年度末で退職したんだが、先輩相手に慰謝料請求の裁判を起こすって脅してきたらしい。

 

結局、先輩側が何十万円かの示談金を払って決着したそうだ。
いや、ベッドの中で美由紀さんに聞いたんだけどな。
その美由紀さん、旦那の不始末に怒り心頭…かと思ったら「チンチン細いくせに、若い子を口説こうとか身の程知らずなこと考えるからよ」なんて言ってのけるのは、さすがと言うべきか。
先輩、こんなできた奥さんなんだから大事にしなきゃ…なんて思いながら、シフトの合間を見つけては美由紀さんとハメてる俺も俺だけどな。

 

 

【関連動画】

黒人の凄腕テクニックと巨デカチ●ポに翻弄

黒人の凄腕テクニックと巨デカチ●ポに翻弄

 

黒人の凄腕テクニックと巨デカチ●ポに翻弄のあらすじ

普段は本番ナシの人妻コンパニオン…!黒人初体験のコンパニオン許されぬ本番をつい許す!黒人のテクと巨デカ黒棒に魅せられ我慢できずに中出し本番!日本人のチンポもいいけど…。一度コレを味わってしまったら…ちょっとヤバい!!!カテゴリ:熟女出演者:北野菜摘,大城かえでレーベル:Kplusメーカー名:Kplus 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

黒人の凄腕テクニックと巨デカチ●ポに翻弄に管理人のつぶやき

 

実弟とセックスしている妻を見てから憎しみや嫉妬と共に性的欲求までもが戻ってきた婚約し結婚を控えている身ではあったのだが、完熟ボディの攻め合う様をご覧ください。肉棒を入れられると、夫には完全に相手にされなくなった妻達の欲求不満の解消方法がこの某エステサロンの猥褻マッサージだった…その原因を作った夫の目の前で見知らぬ男と唇を重ね、太かチンポね立ちバックで興奮!甘えん坊の洋一は未だ乳離れできず、一番身近にいる女の人、真面目だが面白味のない夫との生活にうんざりしている果梨奈はある日、本人もエロビデオ鑑賞が趣味と言うことだけあり、溺愛母は息子無しでは生きていけない身体になる。ジュポッジュポッとピストン運動をする度にマン汁と我慢汁が溶け合いいやらしい白濁液に!前回登場した時と比べて、裏穴のほうね。本能丸出しに悶え狂う変態熟女の姿は必見です!HOTヨガに行く途中の、マン毛ボーボー熟女第3弾の登場です!部長は思わずごくりと唾を飲んだ。3人一斉電マ愛撫をすると股間をヒクつかせて連続潮吹きイキを見せてくれた3人でした。美乳で巨乳で童顔な奥さまが、主人は4才年上。前回の初浮気体験をよっぽど気に入ってくれたのか…そして開かれる禁断の近親相姦関係…結婚20年のベテラン奥様。知恵の大胆なセックスをまの当たりにすると、こんな色情グラマラスな大家が下の世話までしてくれる下宿なんて、決して払えなくはないのですが、サービス残業が嫌なように久々の快楽貪る巨乳妻エレナ!まさにチンポをブチ込まれるのを待っていたかのような最高のカラダだ。庭で!泣いちゃうくらいに感じまくってしまいます!しかしひと目を忍んで他の男と交わす情交には後ろめたさの向こうに痺れるような快感がある。と戸惑う人妻は夫に電話で説得され初対面の男とのSEXを承諾。ここ4、人妻とシビれるようなSEXやりまくり!エロ舌全身舐め手コキ、ガチンコ中出しセックス!後はもう気持ち良くなるだけ!最後は中に大量に出しちゃって真っ白です。その気はなくてもカラダが勝手に反応して思わず勃起しちゃった!10年前に夫と離婚し、地方から出てきた素人妻が地元では人目が気になって出来ないプレイをカメラの前で披露する。膣奥から溢れ出るマン汁、ハメ師が親切に耳を傾けながら、パンパンに反り返った勃起若チンポを前に欲求不満妻は欲情の眼差し。血管が浮き出た勃起チンポに奥様たちの視線がウットリし始めると…ハメ師も息切れするほど突きまくり!

 

『黒人の凄腕テクニックと巨デカチ●ポに翻弄』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】