告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

友人の妻と不倫三年目のセックス関係で秘密の肉欲情事

読了までの目安時間:約 7分

僕は45歳、不倫相手の奥さまは44歳、友人の妻でもう三年目になります。
最初は友達の家に、ゴルフをするために前日から泊まりがけで行ったのです。
前夜は4人でお酒が入り、10時ころお風呂に入り、気持ちよくなり上がってビールを一杯頂きました。
奥さまは美人妻で、胸のふくらみはDカップぐらいで、Tシャツがモッコリと飛び出して膨らんでいました。
僕が最後のお風呂で、3人は明日の朝が早いので10時半ごろには就寝してしまいました。
二階建ての家で、客間は10畳ぐらいで3人で休むように布団も敷いてありました。
ビールを飲んで、テレビ番組を見ていると奥さまがお風呂を上がって、浴衣姿で居間に来られました。
「私もビールを飲もうかな」と言いながら、缶ビールを開けてぐいっと一気飲みです。
最初は僕の前に座っていたのですが、屈むと浴衣の前が割れて、大きな乳房が見えるのです。
奥さまの乳房は豊かで、重たげに実った二つの肉房は身体を動かすたびに波打つように弾んでいました。
目の前で挑発されると、浴衣姿の僕の陰茎は突然勃起して、ブリーフを突き破りそうに勃ってきました。
奥さまも「ふふふっ」と笑ってそこを指さして挑戦します。
そばのソファに来て身体を預けてきました。
浴衣の胸を開けて硬くなった乳首を、掌に当てて転がします。
彼女の豊かな乳房は、熱帯系の果物の様な芳香を放ち、甘ったるいフェロモンを立ち昇らせていました。
乳首を吸い取ると、艶めかしい声を上げて、背を仰け反らせ、ほっそりとした二つの腕を頭の脇に投げ出して、身をよじります。
一階の彼女の寝室に行きました。
キスをしながら、下腹部を触るとここも下着を着けておらずふんわりとした陰毛が目に入ります。
細身の身体にはバストだけが大ぶりで、小玉メロンのように身が付いて、下腹部のヘアは薄い栗色で、恥骨の下を少し覆っているだけです。
美しすぎるオッパイに武者ぶり付いて、すぐにブリーフを脱いで彼女に陰茎を握らせて、あとはお互いの陰部を愛撫しました。
すでにドロドロのマンコにも指を入れて、陰核を擦りあげます。
彼女も跪いて、僕のデカマラを口に含みフェラを始めます。
「ううううっ、すごく大きいチンポね」と彼女。
僕は両手の人差指と中指を秘孔に差し込んで、彼女の淫壁を蹂躙しました。
内側の中トロの様なピンクの果肉は鮮やかに覗き、水飴の様にとろとろに愛液を流し出しました。
「あああ、はあ~ん」やるせない喘ぎがこぼれ出します。
蝶のように開いたラヴィアを捲って、そっと男の凶器を彼女の淫肉の中に侵入させました。
「はああっ、凄いのね、私は最初にお会いした時から貴方とのSEXを夢見ていたの、これが手に入るなんて最高よ、もし主人に見つかっても私は貴方についていくわ」と、ぽっかり空いた膣口を見せるのでした。
先端が子宮口に到達すると、ピクピクとひくつく様な反応が生じて、深層部にナマコの様なものが亀頭にぶつかりました。
こりこりとしたナマコを押しつぶす様に、腰を振って奥を突きました。
「いいわ~、物凄く感じるよ~、最高のペニスだね」ぐちゅぐちゅとヴァギナが鳴ります。
四方八方から柔肉が陰茎に絡み付いて、男根を締め上げてきます。
「ひいい~、はああ~ん、あううっ~、わたしイっちゃう~、イ、ク、イッチャウヨおおおおお~」鋭い悲鳴が部屋中に響き渡ります。
誰か起きてきたらどうなるのでしょうか?彼女は何回かの快感でオルガスムスを迎えて、全身を痙攣させてついに白目を剥いていました。
感極まった奥さまの悩ましい声に、僕も思わずに膣の奥深くに精液を放出するのでした。
身体を弓なりに反らして、ぐいぐいと波打って絶頂の痙攣と、断末魔のごとき叫びを上げていました。
膣内の収斂と締めつけで最高潮となり、まるで粗相をしたように愛液の洪水で、お互いの股の間がびしょびしょでした。
「うちの人はもうインポなんです。久しぶりのセックスであんなにイッタのは初めて、今後もお願いします」と哀願されました。
あれから三年、ずっと月に2、3回の不倫性交が続きました。
でも互いのセックスでは飽きが来て、普通のマンコではイケなくなってきました。
繁華街の近くのポルノショップで「電動指バイヴ」を購入、「潤滑クリーム」のわさび味を塗り、セックスするようになりました。
もちろんアナルSEXもしています。
褐色の裏の花弁が小さく暗い穴をあけています。
生まれたてのイソギンチャクの触手のように収斂して蠢きます。
プリンとしたお尻の穴を突き出してもらい、尻肉を掴んで無理やりにアヌスに指を入れます。
「あううう~っ、うくく~っ」最初はプルンと押しだしますが、力ずくで押入れます。
苦渋の声を上げているので、前の口には指を入れて嬉々として打ち震えるまで柔肉に押し込みました。
デカマラを挿入します。
「ははは~ん、すごく感じるよ~、カ~、カンジルよ~、感じちゃうよ~」恥ずかしさを忘れて尻を高々と突き出します。
うつぶせの彼女は両手でシーツを掴んで「あっひいい~」と叫び、普段は侵入することのない男根をアナルが捕まえようとしています。
荒々しい息遣いで、肛門性交の愉悦に浸っています。
亀頭のエラが直腸壁を掻きあげると、えも言えない快感で、頭の中が真っ白になり、持ち上げたヒップをブルブルと痙攣させます。
「あ、ああ・・・っ、イク~、イっちゃう~、イクイクいく~」その瞬間は、アヌスが強力に収斂して、万力の様にペニスを絞めつけました。
「おれもダメだよ~、イっちゃうよ~、むむむ~」最後の突き上げと同時に快美の頂点に登り詰めました。
ガクっとのめり込んで沈むと陰茎が外れて、彼女は失神して前のめりに枕をはずして寝てしまいました。
お尻りの穴からはドロドロの精液が流れ出してシーツにシミを作っていきます。
「肛門性交がこんなに良いとは思わなかったわ~」と快楽に酔いしれる奥さまでした。
これで三年目の浮気はまだ持ちそうです。
今度は「肥後ずいき」を使用して、オマンコに突っ込んでやる予定です。

地味な年上の奥さんは騎乗位の肉棒挿入で淫らに乱れる不倫セックス体験

読了までの目安時間:約 6分

先日、親父が検査入院した結果、胃に腫瘍が見つかりすぐに手術ということになった。
早期発見だったため大事には至らず、術後の様子見ということでしばらく経過入院することになった。
個室は差額ベッド代がかかるので、とりあえず大部屋に押し込められた父は文句言っていたが、文句を言うほど元気な証拠と思って笑って聞き流していた。
隣のベッドに40代の奥さんらしき女性が毎日、お見舞いに来ていている患者さんがいた。
ほど毎日顔を合わすうちにいつしか話をするようになり、帰りに僕の車で送るほどになった。
ある日、夫の身の回りの品を買いたいと言うので帰りにスーパーに寄った。
お礼にお茶でもと言うことになったが、駐車場の広いファミレスに入った。
軽食をしながら、取り留めのない話をしていたが、しばらくすると年下の僕に悩みを打ち明け始めた。
夫婦2人の生活で子どもはいないので、夫が入院してしまって家に帰っても独りで寂しさがストレスになっているとのことでした。
だからこうして話を聞いてもらえるだけで嬉しいと言われたので、年下のこんな僕でよければいつでも話相手になりますよと言った。
それなら明日お見舞いの帰りにちょっとドライブにでも行きませんか?と誘いました。
奥さんは笑顔でいいんですか?と言ってきたので、もちろん。
と言って早速、明日のドライブが決まってしまいました。
翌日、お見舞いが終わると病院のロビーで待ち合わせた。
奥さんを見るといつもの地味な服装から胸元が開いて谷間がわかるような女の色気が漂うような服装だった。
早速、病院を出て2人で車の乗り込むと海岸方面へ向かった。
奥さんはから甘いコロン匂いがした。
軽く音楽を流しながら、またいろいろな話をしたが、奥さんはよく笑い横顔が若い娘さんのように輝いていた。
1時間ばかり車を走らせて、ようやく海岸沿いに到着。
車を止めて海に歩き出し、誰もいない浜辺で奥さんを引寄せると既に男女を意識し始めていました。
肩口に手を回し防波堤に寄りかかり背後から抱きしめヒップに指先這わせると微かな吐息が漏れ始めた。
僕の股関を奥さんのヒップに押し当てると奥さんの白い指先が股関をゆっくりと撫で始めた。
奥さんの口から二人だけになりたいと言わせました。
車に戻り、カーナビで一番近いホテルを探してチェックインした。
部屋に入ると、僕はすぐに背後から奥さんを抱きしめながらフレアースカートを捲くり上げると極薄のストッキング越しに白いレースのパンティが見えた。
ヒップの方から指先這わせイタズラすると甘い喘ぎ声を漏らしみるみるパンティにシミができた。
そのまま奥さんをベッドに押し倒しストッキングとパンティを下ろすと舌先で奥さんの秘部を舐め回した。
久しぶりだったのだろうと思わせるほどの喘ぎ声と濡れ具合で奥さんは体を捩りまくっていた。
そしてそのまま舐め回していると、奥さんの体が痙攣しイッてしまった。
恥ずかしそうに顔を覆い、ごめんなさい、と言う奥さんが可愛かった。
シャワー浴びたいと言って、お互い服を脱いで一緒にバスルームに移動した。
奥さんは僕の体を洗ってくれた。
ボディーソープの泡を流し終わると、急にひざまついて僕のペニスをしゃぶり出した。
丁寧に丹念に舌を這わせ愛おしそうにしゃぶってくれていた。
もちろん僕のペニスは痛いほど勃起して腹につきそうなほど反り返っていた。
奥さん、俺…。
と言うと、バスタオルで体を拭いてくれて先にベッドに入った。
しばらくするとバスタオルを捲いた奥さんもベッドに入ってきた。
僕はもう我慢できなかったので、すぐに奥さんの秘部を指で弄った。
すぐに濡れて愛液が溢れてきたので、枕元に設置してあるゴムを取ろうとしたら、生でしてと言われたのでそのまま正上位で奥さんの秘部にいきり立ったペニスをゆっくり挿入した。
根元まで挿入すると奥さんは腰をくねらせ切ない吐息も漏らした。
ゆっくり腰を引き、そしてまた根元まで押し込む、また腰を引き、またそしてまた根元まで押し込む…何度も繰り返した。
そしてどんどんそのペースが速くなっていき、僕は奥さんの上に覆い被さって激しく突いた。
奥さんはシーツを掴んで快感を受け入れているようだった。
夫が入院していろいろとストレスが溜まっている人妻が夫以外のペニスを咥え、そしてそのペニスを生のまま要求して受け入れながら悦びの声を上げていると思うと興奮した。
僕はもうイキそうだったのでそのままラストスパートでさらに激しく腰を動かした。
すると奥さんが僕の背中に腕を回してギュッと抱きしめてきた。
奥さん、俺…イキそうです。
というと、いいわよ。
一緒にイキましょう。
と言われ…そのままお互いイッてしまった。
奥さんに抱きつかれていたので、かまわずそのまま中出ししてしまったが、奥さんは何も言わなかった。
しばらくベッドで抱き合ってキスしながらイチャイチャしてると、奥さんが体を起こして僕のペニスを咥え出し、激しくしゃぶり出した。
ねっとりしたその舌使いにまた勃起してしまった。
奥さんはそれを確かめると、僕のペニスを握り自ら上に跨って騎上位の態勢で腰を振り出した。
何かが吹っ切れたのだろうか?髪を振り乱し、自分でおっぱいを揉みながら、腰を振って切ない喘ぎ声を出して感じてる。
奥さんを下から見る光景はまさにエロスの極致だった。
その後、また奥さんと同時に僕もまたイッてしまった。
その日は奥さんが泊って行きたいと言ったので、そのままホテルに泊まり、朝まで計4回もした。
夫のお見舞いのときな地味なイメージはとっくに吹き飛んでしまい、ただただセックス好きの淫乱な奥さんだった。

家庭教師先の奥さんの筆下ろしセックスで童貞卒業した秘密の初体験

読了までの目安時間:約 7分

昔の話になるけど、私は学生時代家庭教師やってました。
そこでのことです。
当時、私は大学生で中学生の男の子の家庭教師をしてました。
その子の母親にお世話になったんです。
父親は、国家公務員で他県に単身赴任してました。
週に2回行ってました。
母親(奥さん)は、とても親切で優しい人でした。
7月の梅雨時だったでしょうか、勉強の休憩でトイレを借り洗面所で手を洗おうとしてたときです。
奥さんは、買い物から帰ってきて着替えをしてたんです。
風呂場の前に洗面所があって、雨で濡れたようでした。
奥さんは、上はブラジャーの格好でした。
私は、いけないものを見てしまったような感じです。
白いブラジャーに、大きなおっぱい。
深い谷間です。
「す、すいません」「雨で濡れちゃって・・・・」私は、どこを見ていいのか目のやり場に困りました。
が、やはりというかしっかり谷間を見ました!私のズボンの中は、これでもかというくらいかちかちのびんびんです。
その日は、もう勉強になりませんでした。
アパートに帰った私は、即、何度もオナニーしました。
それから、数週間後8月のあるとても暑い日のこと。
いつもの様に、家庭教師をしに行きました。
ところが子供は、友達の家に行ったとかで不在でした。
せっかく来たんだから、あがって行く様にいわれお邪魔したんです。
丁度、昼前で母親(奥さん)は、掃除機を使って掃除してました。
昼飯にカレーライス用意してくれました。
あと、サラダがあったかな。
その間、キッチン(広い台所)で椅子に腰掛けて待ってました。
母親(奥さん)と話しながら・・・・母親(奥さん)の後姿を見て、私のあそこは既にびんびんです。
大きなお尻、Tシャツ越しにうっすらと透けて見えるブラジャーの太い帯・・・・横を向くたびにわかる、大きく突き出たおっぱい。
我慢できません。
カレーはとてもおいしく、汗をかきながらいただきました。
食事が終わり、そしてアイスコーヒー飲みながらの会話。
「○○さん、彼女は?いるんでしょ・・」「いないです。高校時代は、部活だけだったし、浪人して一応受験勉強で」「国立ですもんね。すごいわ?」「もてるでしょ」「いいえ」「大学には女の子もいるんでしょ」「いますけど、工学部だから。そんなには多くないですよ」「経験は?」「えっ」「女性経験は?」「えっ。あ、ありませんけど」私は、顔を赤らめて質問に答えた。
沈黙がしばらく・・・・流れ。
「私で、いいかしら?」ソファー(長椅子)にこしかけて2人並んで話してたんです。
そのうちに、奥さんにキスされて。
頭撫でられて・・・目の前に、豊かな胸が・・・・「触っていいのよ」「えっ」Tシャツの上から触らせてもらいました。
やわらかいというよりは、ずっしりした感じです。
私のズボンの中は、もう痛くて!我慢の限界です奥にある、和室へいくように言われ。
奥さんは、押入れから布団をだして敷きました。
それから、脱ぐように言われて。
そして奥さんも脱ぎだして・・・・私の鼻の穴は大きく広がり、胸の鼓動はバクバクで口から心臓が飛び出しそうなくらい・・・奥さんは、てきぱき(さっさっさ)と脱いだ。
私は、Tシャツとズボンは脱いだが、やはり恥ずかしくパンツははいたままでした。
でも、奥さんは、私にパンツも脱ぐように言いました。
私は、観念しパンツを脱ぎました。
ものは、大きく天を仰ぎこれでもかというくらいいきり立ってます。
たぶん、先端からは既に汁がでてたでしょう。
奥さんは、私の下腹のあたりをちらっと見て言いました。
「まぁ~、お○○○ん、すごいのね」奥さんの肌は、白くとても綺麗だった。
40代前半の脂ののった存在感のある身体です。
「うわ~すごい」今にもこぼれそうな、みごとな乳房です。
昔は、ボインっていってましたが今で言う巨乳です。
乳リン、乳首少し黒っぽかったけど垂れてなくて綺麗だった。
あと、覚えてるのがじょりじょりってのとぬるぬるって・・・ヘア、濃くて面積広かった。
それと、あそこぬるぬるだったよ。
しばらくして、奥さんがコンドーム持ってきたんです。
見たことはあったけど、着けるのは初めてです。
私は仰向けに寝ました。
奥さんが着けてくれます・・・奥さんの指は、ひんやりとしててとても気持ちがよく・・・私のものは、ぎんぎんでもう我慢できない。
あ・・・・・・・・・ば、爆発です(す、すいません)あたり一面に大量の精液が飛び散りました。
「す、すいません」「大丈夫よ、気にしないで」奥さんは、そういうと濡れたタオルを持ってきて、布団や畳にの汚れたところを拭きました。
「少し、休もうか?」「は、はい」奥さんは、麦茶を持ってきてくれました。
とても冷たくて、おいしかったです。
私は、どうやら落ち着きました。
仰向けになり、もう一度コンドームを着けてもらいました。
根元までしっかりと。
今度はうまくいきました。
ものは、弓なりにいきりたちこれでもかというくらいに天を仰いでます。
和室にはエアコンがなく、もう汗でぬたぬたです。
「ごめんなさいね・・・」って、奥さんは言い私に跨りました。
それから、私のものを握り、大事なところのとば口にあて、ゆっくり大きなお尻を下ろしました。
2度3度上下したでしょうか。
「あっ・・・・・・」奥さんの奥深くまで入りました。
あの中は、ものすごく熱いです。
奥さんは瞼を閉じてます。
すごい光景です。
目の前に、大きなおっぱいの奥さんが裸で上になっています。
奥さんは、腰を何度か動かしました。
私は、とても我慢できずあっというまにいっちゃいました。
時間にして、数分でした・・・次も奥さんが上になったんだけど・・・・突然、自分でおっぱい揉みだして、その後私の手とって揉むよう指示された。
両手で下から、揉みあげた。
圧巻です。
奥さんは、感じてるようで「あん、あん」喘ぎ声をだしちゃって・・・・まあ、こんな感じでした。
9月ぐらいから、奥さん私のアパートに訪ねてくるようになって・・・弁当、おにぎり持って来てくれたり、夕飯作ってくれたりしました。

1 924 925 926
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】