告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

会社での飲み会後酔いつぶれてしまった私に童貞君がお願いしてきたので初セックスさせちゃいました

読了までの目安時間:約 8分

会社での飲み会後酔いつぶれてしまった私に童貞君がお願いしてきたので初セックスさせちゃいました【イメージ画像1】

 
年前の年末の事、私は当時、あるスーパーのテナントの洋服屋さんに勤めてました。
普段テナント組は、スーパーの直営組の人とはあまり親しくなかったんです。
 

が、その年は直営組の主任さんが、「年末の閉店後、忘年会と親睦会を兼ねて合同で飲み会をやります」と企画。
 
制ではなく、自由参加だったけど、力関係は直営>テナントなんで、全員不参加は避けたいところ。
 

結局、私のとこからは私だけが参加する事に。
私は当時23歳。
 

 

会社での飲み会後酔いつぶれてしまった私に童貞君がお願いしてきたので初セックスさせちゃいました【イメージ画像2】

 
長がかなり低い。
当時の体重は4○kg前後。
 

飲み会は近所の居酒屋さん。

催の主任が28か29歳くらいだったんで、参加者は全員それ以下の若手。
 

参加人数は15人前後だったと思います。
みんな、徐々に打ち解けてって、2次会カラオケへ。
 

次会でスナック行ったとこまでは記憶があるけど、途中で寝てしまったらしい。
もともと飲むと爆睡して数十分でケロリと目が覚めるタイプなんですが、年末の疲れがあったみたいで、本気で熟睡してしまってたらしい。
 

次に気が付いた時は....「ここどこ?」見た事無い天井...誰かの部屋だ!ガバッ!と上半身を起こすと「うわっ!」と叫び声。

の格好、シャツが首の辺りまでまくり上げられ、ブラが微妙に下にずらされてて乳ポロリ。
 

スカートはめくられ、パンツが両膝に絡まってる。
叫び声の主は青果部の若造!つか、オマエもパンツおろして何やってんだ?!オナニー中でした。
 

もしてません!見てただけです!」いや、こすってんじゃん。
つか、私の服を脱がしたろ?「興味があって脱がしたけど、何もしてません!」乳も触ってないってか?「いや、ちょこっと触っただけ...」じゃ、この表面が突っ張るような感覚は何?乳輪の辺り、明らかに舐めただ液の跡がある。
 

青果部のヤツは18歳。

長185cmくらいで、空手やってたゴツイ体格。
 

ものすごい筋肉質。
顔は柔道で金メダルとった人みたいな感じ。
 

ナックで酔いつぶれた私を、近くの自分のアパートまでおぶって連れてきてくれたらしい。
パンツ下げられても気が付かないほど酔いつぶれた女を前にオナニーするという行動から分かるように、童貞。
 

自分チに帰ろうかと思ったが、彼が言うのは「年が明けたらすぐ19歳になってしまう。なんとか18のうちに童貞卒業したいんでやらせてください!」と懇願。
 

らふだったら「毎日顔会わすような人間とセックスできるか!」と思ったろうけど、多少私も酔いが残ってたらしく、勢いに負け彼の願いを聞き入れる事に。
このだ液跡をなんとかしたいから、とにかくシャワーを浴びさせてくれってことと、ゴムないならやんない、と告げる。
 

彼はタオルと着替えのでけーTシャツを準備すると「(ゴム調達に)コンビニ行ってきます!」とみぞれ雨の中出て行った。

ャワー浴びてボーッと待ってるとゼェゼェ言いながら帰ってきた童貞。
 

ジュースとビールとコンドーム。
「飲みますか?」とビール差出してくれるが、全速力でぶん回してきた缶ビールなんか開けられんのでジュースを頂く。
 

の間に童貞はシャワーへ。
出てきたら、横に座ってきて・・。
 

いきなりシャツの上から乳揉んでくる・・・。

スしてくる・・・。
 

舌入れてきた・・・。
童貞、目ぇつむってる・・・。
 

わぁ...Tシャツはぎ取られ、ベッドの上に押し倒される。
好きにしてくれ、とマグロを決め込んだら、ホント好き勝手に全身舐めてくる。
 

脚の間に頭突っ込んできてクンニしてきた。

れていいですか?」とゴム装着始めるけど、上手くつけられんらしい、つか太ッ!長さは大した事ないけど、太さが缶コーヒーくらいある。
 

そりゃコンビニゴムじゃむりってもんだ。
「絶対中に出しませんから!お願いします!」と再び童貞の懇願。
 

ういいや、とナマ了承。
が、あんまり濡れてません。
 

濡れてるのは表面だけ。

れてもいないのに缶コーヒーサイズは絶対入らない。
 

仕方ないので、クン二指導を始める。
ベッドの上でM字開脚する私。
 

貞、床に正座。
「ここをマッサージしながら下から上に舌を這わせる」
「指は浅めに入れて、ココら辺りを刺激して」等、AVかよ?って状態。
 

「はい...はい...」と律儀な返事するたび股間に当たる息が熱い。

スしたり、おっぱい揉まれたりしたら段々気持ちよくなってきた。
 

彼の前に脚を開く、が入らない。
慌てる童貞、ますます空振り。
 

入角度が分からないらしい。
仕方が無いので私が上になる。
 

ギャー太い!ぎちぎち言いそうだ。

を立てて前後に動こうとしたが、私、膝が浮いてる。
 

仕方なく、上下に動く。
「ぁー...ぁー...」と空ろな目で喘ぐ18歳。
 

っ!」と叫ぶと私の腰を両腕でガッ!と軽々持ち上げ、白い噴水発射。
律儀な彼。
 

私、軽くて良かった・・・。

の後は、体位講習会。
 

正常位だけは腰の動きがぎこちなくいただけませんでしたが、ベッドに手をついて立ちバックした時は、勢いづいたヤツが私の腰を持ち上げ、両脚宙ぶらりん状態。
明け方まで実地訓練。
 

日は大晦日、目が覚めたのは夕方近い時刻でした。

 

【広告】

★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!!

見知らぬ間男達が繰り返すマゾ調教!!

【★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!!】-1【★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!!】-2
【★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!!】-3【★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!!】-4
【★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!!】-5【★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!!】-6


咆哮する快楽、蘇る肉欲本能!


新居マンションに引っ越ししてきた新婚夫婦。

レーベル:AVS collector's、  出演者:美園和花、  作品タイトル:調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★調教NTRマンション 緊縛性玩具に堕ちた豊満肉体妻★ 辱めサンプルが劇ヤバでたまらん!! に管理人のつぶやき
 
彼女も完全にスイッチオン!進化した触手が、張れる!更に引き立て、猫?これが真のとカワイイ反応。見つめる。全身を飲まされる。もらして潤んだ瞳に・・・着たままハメまくる!狙い、気にする美人専業主婦。してくれる。
 

 

夫とはすれ違うばかりで寂しく過ごす中で行った同窓会で乱交パーティになり大興奮

読了までの目安時間:約 10分

夫とはすれ違うばかりで寂しく過ごす中で行った同窓会で乱交パーティになり大興奮【イメージ画像1】

 
20歳の時、私は夫(24歳)と出会い結婚しました。
いざ結婚してみると、育児と家事に追われ自分の事は何も出来ないまま、15年を迎えていました。
 

まぁ平凡ですが家も建て、2人の息子を授かり生活に苦労する事も無かったんですから幸せなのかも知れません。
 
30歳を過ぎた辺りから、夫婦の営みも減りすれ違う日々を送っていました。
 

子供も中学生になり手が掛らなくなると、私は目的を失った様に暇を持て余し、これまでの生活を振り返る様になっていました。
鏡を見ながら“随分老けたのね?このままお婆ちゃんかぁ“そう考えると女性として見て欲しいと言う気持ちが芽生えたんです。
 

 

夫とはすれ違うばかりで寂しく過ごす中で行った同窓会で乱交パーティになり大興奮【イメージ画像2】

 
35歳になった時、旧友(中学時代から友人)の尚美からメールが来たんです。
“今度中学校の時の同級会(20年ぶり)するらしいけど、麗子行く?““暇持て余してたし、行こうかなぁ““じゃ、参加って連絡しておくね。詳しい事はまた連絡するから“同級会の連絡を聞き、何だか昔が懐かしく思え、○○君何してるかなぁ?何て考えていました。
 

日後、尚美から電話があり同級会の日程と場所を教えて貰いました。
夫に同級会の話を持ちかけると“ん~良いんじゃない・・・実家に泊まってゆっくりして来たら“と言うので、言葉に甘え泊まりで里に帰る事にしました。
 

同級会当日、私は新しく買った服に化粧をバッチリ決めて電車で某ホテルに向かいました。

テルの前には尚美や旧友数人が待っててくれ、久々の再会に喜んだんです。
 

中に入り、会場前に進むと、武君と美里ちゃんが受付をしていて、そこでも手を取り再会を喜んでいたんです。
会場には多くの友人(50人位?)が集まっていて、ワイワイガヤガヤ・中には頭がピカリと光る同級生も居て、女性達は面白半分の話に夢中でした。
 

級会も盛り上がり、次々と友人がやって来て“久しぶり!変わんないなぁ“とか“お前老けた?“何て言いながらお酒を楽しんでいました。
そんな中、昔仲が良かった男性が私に気づき急ぐ様に駆け寄って来たんです。
 

「あれ!麗子か!見間違えたよ」
「何?もう良則君、酔ってるの?」
「全然余裕!本当懐かしいよなぁ」
「剛君・将君・昌人君・純くん、みんな元気そうね」
「そう言うお前はどうなんだよ!結婚したって聞いたけど・・・」
「ん~まぁね」
「じゃ、子供も居るのか?」
「うん、2人」
「そうか!女性はみんな結婚した奴が多いなぁ!まぁ俺も結婚したんだけど」
「へぇ~そうなの?相手は?」
「まぁいいじゃないか?今日は、独身だ」あっと言う間の1次会が過ぎ、2次会に行く人や帰る人と別れ始めたんです。

ぁ、麗子はこの後どうする?」
「ん~今日実家に泊まるから、2次会もOKよ」
「じゃ、決まりだ」そんな訳で、私達仲良しグループ(尚美も一緒)は15人程で2次会に向かう事になったんです。
 

2次会も居酒屋で飲んで歌って、大盛り上がり。
久々にテンションが上がりすっかり酔っていました。
 

んな時でした。
3次会だけど、俺ん家に来ないか?って剛君に誘われたんです。
 

他にも数人来ると言うし、剛君家には学生時代によく集まって騒いだ場所だったので、あまり深く考える事も無く了承したんです。

2次会も終え、それぞれが帰宅する中、剛君の呼んだタクシーに乗り男性数人と彼の家に向かいました。
 

彼の家は敷地も広く、離れに部屋があって多少騒いでも母屋には声は聞こえません。
「懐かしいなぁ」
「そうだな!もう20年も前だもんな」
「部屋全然変わってないし・・・」
「ちょっと飲み物持って来るわ」辺りを見ると、将君と隼君・昌人君も一緒に座ってTVを見ていました。
 

君以外はみんな独身!今も一緒に遊ぶ仲らしく、腐れ縁だ!ってボヤイテいた。
そんな中、私の話になって何となく最近の心中を話すと“旦那お前の事愛していないんじゃないか“とかみんな親身になって話を聞いてくれたんです。
 

何だか勢いに任せて飲んでいたら、だんだん意識が薄れていました。

ぁ、麗子綺麗になったよなぁ・・・凄く色っぽいし」
「そうかなぁ?もう35歳よ!おばさんよ」
「いや!まだまだイケるよ」
「もう、嬉し事行ってくれるのね」その時でした。
 

剛君がいきなり抱き付いて来て、キスをして来たんです。
「ヤダ!剛くん酔いすぎ」
「良いだろ!麗子の事好きだったんだ」
「何だ剛、抜け駆け駄目だぞ」そう言うと、辺りの友人までも私に抱き付いて来て、胸を揉んで来る人やスカートを捲って来る人までいました。
 

願い!駄目・・・それ以上ヤメテ」そう言っても彼らに付いた火が消える筈もありませんでした。
久々の男性に触れられる感触に、私のアソコも火が付きダラダラとエッチな汁を溢れさせていました。
 

「麗子!おっぱい大きくなったなぁ!Eカップはあるか?」
「ヤダ!そんな事聞かないで」
「麗子もエッチだな!もうダラダラになってるぞ」私はスカートを捲られパンストとパンティを引き下ろされ旧友達に見られたんです。

を脱がされた私は全裸で、彼らに体中を舐め回され、剛君には大きくなった肉棒を咥えさせられました。
 

「麗子!上手だな!旦那に鍛えられたか?」
「言わないで・・・」
「舌づかいが溜まんねぇよ」四つん這いになった私は、次々と男達の肉棒を差し込まれ、“アァァァァ~駄目ぇ~感じちゃう・・・“と声を上げ喜びに浸っていました。
夫でもこんなに感じた事が無かったと思います。
 

々と差し込まれる肉棒は大きく激しさを増していました。
私は何度も逝かされ、ハァハァ喘いだんです。
 

酒の酔いもあり、もう意識がぶっ飛んでいました。

づいた時には私は3人に犯され、アナルまで差し込まれていたんです。
 

友人達は、そんな私の姿を写真に収め、“おかずにする“と言っていました。
何時間犯され続けたんでしょうか?意識を取り戻した時には、朝方で剛君に抱かれる様に寝ていました。
 

っ・・・私?“酒に酔ったとは言え、私は友人と乱交をしてしまったんです。
夫の顔が浮かび、自分が犯した出来事の大きさに震えが止まりませんでした。
 

ようやく我に戻った私に気づいた剛君が、“麗子!もう一回“と言い私を抱き寄せて来て、“ヤダ“と行っても聞きません。

君は、朝立ちした巨根をまだ酔い冷めぬおまんこに差し込んできました。
 

何故でしょう!嫌だった筈なのに彼の巨根をあっさり受け入れる私は、あぁぁぁんと声を出してしまうんです。
剛君の離れ部屋でシャワーを浴び、着替えを済ませた私は車で実家まで送って貰いました。
 

家では、まだ両親も起きていなかったので、深夜に帰った事にしています。
あれから私は、何度も剛君に呼び出されては肉体関係を迫られ、彼の離れ部屋で、彼の友人達に体を弄ばれ、逝かされ続けています。
 

夫は知りません。

がパイパンにされアナルまで犯されている事を・・・。
 

たった一度の出会いが、人生を狂わせたんです。

 

【広告】

【深美みりあ】 Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W

早々からくすぐられて絶叫連発!

【【深美みりあ】  Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W】-1【【深美みりあ】  Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W】-2
【【深美みりあ】  Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W】-3【【深美みりあ】  Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W】-4
【【深美みりあ】  Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W】-5【【深美みりあ】  Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W】-6


がっちり仰向け拘束されたFカップチアガール美女の深美みりあチャン。


超可愛い声を出していました。

レーベル:アドア、  出演者:深美みりあ、  作品タイトル:Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり!


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【深美みりあ】 Fカップチアガール美女を仰向け拘束ハードくすぐり! くすぐりDVDで抜きたい奴集合W に管理人のつぶやき
 
記録したものである。想定外の衝撃映像を楽しむ。声を誰もいない保健室・・・窺う。大特集!呼ぶ!たまりません!してみては?THE快楽ガマンな映像集。羞恥悶絶。
 

 

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)

読了までの目安時間:約 13分

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)【イメージ画像1】

 
れは私のツバメとの馴れ初めです。
私と兄は年が離れていて、私は両親が40代になってからの恥かきっ子でした。
 

兄にはリュウイチという息子がいて、私とは10歳ほどしか年が違わず、リュウイチが小学生くらいの頃までは私がよく面倒を見ていました。
 
と兄はあまりパッとしないのですが、リュウイチの母親は美人でリュウイチは幸運にも父親ではなく母親の遺伝子を受け継いでいました。
 

ですから、リュウイチが小学校の高学年になった頃には、正直なところ買い物などに連れて歩くのがちょっとした楽しみでした。
身内の欲目もあるかもしれませんが、リュウイチは本当に綺麗な顔立ちをしていて、手なんかも凄く綺麗で、冗談っぽくリュウイチの頭を胸に抱えたりしては1人でドキドキしていました。
 

 

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)【イメージ画像2】

 
ュウイチが中学に上がった年、私は就職して田舎を出ました。
都会は楽しくて、ボーイフレンドもでき、恋愛も失恋もしました。
 

仕事に遣り甲斐を感じてのめり込むと、責任のある仕事も任せてもらえるようになって、故郷に足が遠のくうちにあっという間に6年が過ぎました。

れは、最後の男と別れてから1年が経った頃でした。
 

兄から電話があって、リュウイチが受験の時に、私の家に泊めて欲しいと頼まれました。
懐かしさでいっぱいになって、あの美少年にまた会えると思うとちょっとワクワクしましたが、私はわざと迷惑そうな声を出しながらも承諾しました。
 

験日の前日、私は駅までリュウイチを迎えに行き、新幹線から降りてくるリュウイチを探しました。
しばらくホームで車両から降りてくる人を待っていましたが、一向にリュウイチは降りてきません。
 

時間を間違えたのかと思って携帯で調べていましたら、後ろから声がしました。

キコ姉ちゃん?」振り返ると背の高い青年が立っていました。
 

でもよく見ると、まだ幼さが残っているリュウイチでした。
そしてあの美少年ぶりも健在、いいえ、それ以上になっていました。
 

ュウイチ?」少年が頷くと私のテンションは一気に高まりました。
「えっ?背、伸びたね。これじゃ、街ですれ違っても分からないね」リュウイチは少し照れたようにはにかんで見せて、ペコリと頭を下げると、「お世話になります!」と明るく言いました。
 

物はこれだけ?」
「うん、明日試験を受けたら、帰るから」駅前の駐車場に停めた車に案内する間にそんな会話を交わしました。
家に着いて、荷物を置くと直ぐに受験会場への下見に行くと言います。
 

「道順は分かってるの?」と訊くと、今は携帯で何でも検索出来るので心配ないとの返事でした。

腹は?」
「ちょっと空いてる」そう言うので、私は手早く2人分のチャーハンを作るとリュウイチに食べさせました。
 

「アキコ姉ちゃん、これ凄く美味しいよ!」
「ありがとう」
「え?これ、何にも入ってないよね?どうしてこんなに美味しいの?」
「それは、ひ・み・つ」私は好きになった彼氏にしかこのチャーハンを食べさせた事がないのですが、いずれも好評を博しました。
リュウイチにチャーハンを食べさせたのは、その時点で既に、私の中に邪な気持ちが気づかないうちに芽生えていたのではないかと思います。
 

日、私の車で送ってあげようか?」
「えっ、いいの?」リュウイチはちょっと安堵の表情を見せました。
聞くと、大丈夫だとは言ったものの、内心不安だったそうです。
 

「じゃあ、間違えないように私が下見をしてくるから、リュウイチは家で勉強していて」そう言いましたが、リュウイチは今更ジタバタしても仕方がないから、一緒に行くと言って付いてきました。

の人とのドライブは、久しぶりです。
 

それも以前は私が助手席に座っていたので、何だか新鮮です。
最短コースで会場まで辿り着くと、リュウイチは気分転換にちょっとだけドライブに連れて行って欲しいと言いました。
 

丈夫なの?ドライブに行って試験に落ちたら、お兄さんたちに顔向け出来ないよ」
「大丈夫。万一、落ちてもアキコ姉ちゃんとドライブに行ったなんて言わないから」白い歯を見せて笑うリュウイチが本当に可愛らしくて、ルンルン気分で車を走らせました。
 

「リュウイチ、モテるでしょ?」
「ん、ちょっとはね」
「へぇ、否定しないんだ」
「アキコ姉ちゃんだって、モテモテでしょ?」
「そんな事ないよ。今は仕事仕事の毎日よ」そんな軽口を交わしながらドライブを終えて家に帰ると、もう夕方になっていました。
 

か食べたいものある?」
「明日、試験だから、やっぱカツかな?」
「分かった」私は夕食も腕を振るいました。
普段は油の処理が面倒なので揚げ物はしませんが、実家にいる時は食事の用意をよく手伝っていたので、料理は得意です。
 

「もう、食べられないよ」やはり高校生の男の子の食欲は違います。

ュウイチは、私の揚げたカツを2枚もペロリと平らげるとご飯もドンブリで2膳食べました。
 

「明日、お腹痛くならないかな?」ちょっと心配になって訊きましたが、「こんなのでお腹痛くなってたら、毎日お腹痛くなっちゃうよ」そう言って笑っていました。
「お風呂沸かしてるから入りなよ」そう促すと、リュウイチはボストンバッグの中から下着の着替えを取り出し、バスルームに向かいました。
 

いだものはそこの籠に入れといて。今晩洗っとくから」声をかけるフリをして脱衣所を覗くと、リュウイチは既に全裸になっていて、咄嗟に手で前を隠しました。
 

「あ、ごめん」そう言いながらも、しっかりとリュウイチの裸を観察しました。

リシャ彫刻を細身にしたような、しなやかで美しい男の姿がそこにありました。
 

私の家は狭いので、ベッドの脇に布団を敷いて、リュウイチの寝床を用意しました。
「アキコ姉ちゃん、お先でした」髪をタオルで拭きながらパジャマ姿のリュウイチがバスルームから出てくると、私は入れ替わりに脱衣所に向かいました。
 

してリュウイチが布団の上に座って、ドライヤーで髪を乾かしているのを確かめると、洗濯籠の中を覗きました。
先ほど脱いだばかりのリュウイチのブリーフが丸めて放り込んであります。
 

私はそれを取り出すと、堪え切れず鼻に押し当てました。

い男の子の匂いが鼻腔を刺激し、私は自分の股間が潤うのを感じました。
 

気が済むまで匂いを嗅いだ後、自分の下着と一緒にドラムに放り込んで、洗濯機を回しました。
バスルームに入ると、私は髪と身体を洗った後、こっそりシャワーのお湯を股間に当てて、声を出さないようにして軽くイキました。
 

事もなかったかのようにバスルームを出て、髪を乾かした後、ベッドに入って横になった時、リュウイチは布団の上でノートを開いたまま眠っていました。
「明日は頑張ってね。おやすみなさい」小声でリュウイチに声を掛けると、照明を一番暗くして私もベッドに横になりました。
 

分以外の寝息が部屋の中で聞こえるのは何年振りでしょう。
彼氏でさえ、私の部屋に泊めた事があるのは数えるほどです。
 

薄暗がりの中、私はリュウイチの寝顔をいつまでも眺めていましたが、いつの間にか私も眠ってしまっていました。

を覚ますとリュウイチはまだ眠っていました。
 

掛け布団がずれて、目の前に晒されている下半身を見て、私の目は釘付けになりました。
"大きい!"健康な男子であれば当たり前の事ですが、リュウイチは股間を大きく膨らませていました。
 

がつくと私はベッドを降り、リュウイチの股間に手を伸ばし、その硬さと大きさをそっと掌で感じていました。
リュウイチが目を覚ましたら、布団を掛け直していたのだという言い訳も用意してありました。
 

その時、目覚ましのベルが鳴って、私は慌てて立ち上がると台所に向かい、目を擦りながらリュウイチが上半身を起こすとあたかも台所から戻ってきたような素振りで声を掛けました。

はよう。よく眠れた?」
「うん、おはよう」そう言うと自分の下半身が掛け布団からはみ出している事に気づくと、リュウイチは慌てて布団を抱くようにして股間を隠しました。
 

"可愛すぎる…"私は心の中でニヤニヤしながら台所で朝食の用意を始めました。

定通りリュウイチを会場に送り、家に戻ると私は服を脱ぎ捨て、ベッドに横になると直ぐに股間と乳房に手をやると、自分で自分を慰めました。
 

頭の中はリュウイチの事でいっぱいで、昨夜見た綺麗な肌、今朝目にした膨らみを想像しながら深いオルガを感じました。
一度では満足しきれずに、二度目の絶頂を感じると、私は再び深い眠りにつきました。
 

を覚ますと、とうにお昼を回っていて、私は熱いシャワーを浴びると髪を乾かしました。
いつもはサラサラのストレートのままですが、その日は少しだけ意識して先端にカールをつけました。
 

大学の校門から出てくるリュウイチの姿を見つけ、短くクラクションを鳴らして居所を知らせると、リュウイチは直ぐに助手席に乗り込んできました。

うだった?」
「どうかな・・・でも、多分、大丈夫だと思う」
「凄い!ここ第一志望だよね!」私は自分の子供の事のように喜び、用意していた言葉をかけました。
 

「気分転換にもう一泊していったら?」
「ハハハ、昨日から気分転換ばっかりだね。でも、いいの?」
「うん、上手く行ったのなら前祝いしてあげる」
「ホント?じゃあ、お母さんに電話しとくね」そう言うとリュウイチは携帯を取り出して、母親に電話をかけました。
 

男の甥に筆下ろし

 

【広告】

「七碧のあ」 ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW

黒獅子会に拉致され消息不明になった仲間を探し街中を彷徨う少女の姿が…七碧のあである。

【「七碧のあ」  ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW】-1【「七碧のあ」  ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW】-2
【「七碧のあ」  ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW】-3【「七碧のあ」  ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW】-4
【「七碧のあ」  ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW】-5【「七碧のあ」  ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW】-6


Sweet Angelsに地元を荒らされ面子丸潰れの黒獅子会は疑いのある人間を捕まえてきては尋問という名の快楽拷問を行っていた。


そんなのあのもとに仲間から情報が…単身その場所へとむかうのであったが、その場所が黒獅子会のアジトとは知らずに乗り込むのあ…。

レーベル:AVS collector's、  出演者:七碧のあ、  作品タイトル:ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「七碧のあ」 ULTRA SWEET赤貝 快楽開花昇天調教 七碧のあ 辱めDVDで射精っすょWW に管理人のつぶやき
 
恥部を激写!森川有紀ちゃん19歳。繰り返す・・・たっぷり4時間お届けします。感じてない?黒い布で覆われているようだ。ブルマetc・・・涙目になった顔を許していきついには・・・人見知りなのか?
 

 

1つ違いの弟と仲が良すぎて処女まであげちゃった近親相姦体験を告白します

読了までの目安時間:約 10分

1つ違いの弟と仲が良すぎて処女まであげちゃった近親相姦体験を告白します【イメージ画像1】

 
には1つ違いの弟がいます。
私と弟は昔から仲がよかったんですが、高校くらいになっても仲良しのままだったので、夜とかは毎日のようにお喋りしたりしていました。
 

弟と恋愛話とかをしていたら、唐突に弟に「俺は姉ちゃんのことが好きだ。」と告白されてしまいました。
 

 
気にしていなかったので、「私も弟のこと好きだよ。」とか、言っていたら弟に急に抱きしめられて、キスしようとしてきました。
 

びっくりしたのでちょっと抵抗したら、すぐに離してくれて、弟に「ごめんね」と謝られて、その日はちょっと微妙な空気を残したまま分かれて眠りました。
 

1つ違いの弟と仲が良すぎて処女まであげちゃった近親相姦体験を告白します【イメージ画像2】

 
の日から、弟の態度がいつもとは違って、露骨に私のことを避けようとしてる感じがしてすごく嫌でした。
 

話をしようと思って、弟の部屋に行くと弟はベッドの上で寝っころがっていたので、私もベッドの上に座りました。
何で避けるのか聞いてみたら、「別に避けてない。」とか言って、話になりませんでした。
 

の頭とか撫でたりしようとすると、「やめろよ。」とか言って抵抗していましたが、「私のこと本当に好きなの?」
と訊くと「うん。好きだよ。」と頷きました。
 

のとき、私も弟のことがなんとなく可愛いというか愛おしい気持ちになって「本当に好きなら、キスしてもいいよ。」と言うと、迷いもなく弟にキスされてしまいました。
 

私も弟もそれまでつきあった人とかいなかったので、二人とも初めてのキスでした。

初はすぐに離れてしまいましたが、もう一回と弟が迫ってくるので、何度もキスしてしまいました。
 

慣れてきたら、舌を私の口の中に入れようとしたりしてきてたので、私も舌を絡ませたりして、抱き合ってたっぷり濃厚なキスをしました。
いつのまにか、私は押し倒されていて、弟の手は私の背中とかを撫で回したりしていました。
 

は歯止めがきかなくなったのか、私の服を明確に脱がそうとしてきました。
私はそこまでする気はなかったのでちょっと焦りましたが、弟が「姉ちゃん。愛してる。」とか何度も呟いてくるので、弟が本気なんだと思うと、抵抗しきれずに服を脱がされてしまいました。
 

を人に見られるのとか初めてだったので、弟相手でもすごく恥ずかしく、布団に隠れたりしていたのですが、すぐに弟に布団をはがされてしまい。
弟におっぱいを触られたり、舐められたり、体中を愛撫されてしまいました。
 

私もだんだん興奮してきましたが、セックスまではしちゃだめだと思って、どうしようとか、少し焦っていたのですが、状況に流されるまま、弟に体をまさぐられてしまいました。

の手がやがて私のおまんこに触れました。
 

弟は最初観察するように、私の足の間に顔を入れておまんこを眺めたりして、軽く触ったり、撫でたりしていました。
私もいっぱい弟とキスしたら体を触られていたりしたので、おまんこはその時点で結構濡れていました。
 

の指が少しおまんこに入って来て中をかき回されたり、割れ目を広げられたりしていて、私は内心の困惑とは裏腹に体のはどんどん気持ちよくなっていき、おまんこは十分おちんちんを受け入れる準備をしてしまいました。
弟も全部服を脱ぎ、がちがちに勃起した弟のおちんちんが露出しました。
 

はじめてみる勃起したおちんちんは私にはとてつもなく大きいものに見えてしまい、あんなの入るわけがないと感じました。

でに先走りのカウパー汁がぬらぬらにあふれていて、今にも入れたそうに全力で勃起していました。
 

私はまだセックスまでするまで心の準備ができていなかったので、弟に謝って、まだ覚悟ができていないと伝えました。
一応、弟も納得はしてくれたようだったんですが、ここで終わりなのは我慢できなかったみたいで、じゃあ中に入れないから、おちんちんでおまんこに触らせてほしいと言われたので、そのくらいならいいかと思い、やらせてあげることにしました。
 

がやりやすいように私は四つんばいになりました。
後ろから私のおまんこの入り口におちんちんをこつん、こつんと軽くぶつけられたり、竿をおまんこにこすりつけたり、おちんちんの先をおまんこに押し付けてぐりぐりしたりして、私の愛液と弟のカウパー汁がまざりあって、二人の大事なところはびちょびちょになってきました。
 

「先っちょだけなら、入れてもいいよね。」弟がそう言って、私が返答もしないうちに、弟は割れ目を広げておちんちんの先を私のおまんこにあてがっていました。
 

センチくらいでしたが、おまんこの入り口に弟のおちんちんを感じました。
私も心臓がすごくバクバクして、もうどうにでもなれと、頭の中は大興奮でした。
 

すると弟の指が、お尻の肉を持ち上げて、おまんこをぎゅっと広げました。

して、そのまま、勢いよく弟のおちんちんは私のおまんこの中に突入してきました。
 

弟の腰と私のお尻が密着し、完全におちんちんは私の中に全部納まってしまいました。
「ごめん。姉ちゃん。もう我慢できなかった。」弟が無理やり入れてしまったことを謝ってきましたが、私の気持ちとしては弟と一つになったことに幸せを感じており、「もういいよ。
お姉ちゃんのこと、好きにしていいよ。」と、弟を私は受け入れました。
 

は弟に処女を捧げ、弟の童貞をもらってしまいました。
それから弟は腰を前後に揺らし、私の体を貪りはじめました。
 

初めてだったので結構痛かったのですが、嫌な気持ちよりもくっついていたい気持ちのほうが強く、弟のおちんちんを受け入れました。

もおちんちんが出し入れされるうちに少しずつ慣れてきて、痛みだけじゃなく、気持ちよさも感じ始めていました。
 

しばらく後ろからぱんぱん突かれていていると「姉ちゃん。そろそろ精液、出ちゃいそう。」と弟がいいました。
 

はどうしていいのかよくわからなかったので、そうなの、とか生返事をしていたら、「中に出したいんだけどいい?」と訊かれ、コンドームとかもしていなかったことを改めて思い出しました。
でも、そのとき私はそう簡単に妊娠なんてしないだろうと思っていたし、初めてのHのときは中出しがいいな、とか前から思っていたので、つい、いいよ。
 

といってしまいました。

はよっしゃあ。
 

と喜んで、すぐに「もう、出る」といい、私の中に容赦なく精液をびゅるびゅる放出しました。
射精が終わったあと、しばらくつながったまま、弟に覆いかぶされるようにして抱き合っていたら、弟のおちんちんはまだ固いままでした。
 

の後、まだ終わらせたくないと弟がいうので、今度は正上位でキスとかいっぱいしながら、計5回くらい中出しされてしまいました。
終わった後、ふざけて「責任とってもらうから。」とか言ったりすると、「俺は姉ちゃんと結婚したいくらいだ。
」とか返して来て、私も本気で弟のことが好きになってしまいました。
 

めてHしてから5年くらい経ちますが、私たちの恋人関係は続き、いろいろHなこともいっぱいしてきました。
今では大学が近いからという名目で二人で同棲して、H中心の生活みたいないやらしい暮らしをしています。
 

結婚式だけでもやってみようかとかふざけたりするくらい、今でも仲よしです。

 

【広告】

【出演者不明】 マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!!

むっつり妄想癖の爆乳塾講師が虐められたいマゾ牝志願!!

【【出演者不明】  マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!!】-1【【出演者不明】  マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!!】-2
【【出演者不明】  マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!!】-3【【出演者不明】  マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!!】-4
【【出演者不明】  マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!!】-5【【出演者不明】  マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!!】-6


生徒には見せられない哀れで卑猥な畜女な恥態!!


非情過ぎる鬼畜調教にザー汁まみれで悶絶狂う変態メス豚!!

レーベル:AVS collector's、  出演者:、  作品タイトル:マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【出演者不明】 マゾムチ塾講師に変態インストール覚醒ダッチワイフ 辱め画像が超ヤバい!! に管理人のつぶやき
 
強要される!中○生だって、そして監禁。様々な夢を犯しまくるよぉ。美形の爆乳ギャル。絶叫の連続!打ち震えさえる。真横、さらけ出し感じる!犯すのもいいね。B:82W:60H:86。縮めていきます。
 

 

援交相手に騙し打ちされてしまいムービーだって撮られちゃった濡れ濡れの変態プレイ体験談

読了までの目安時間:約 10分

援交相手に騙し打ちされてしまいムービーだって撮られちゃった濡れ濡れの変態プレイ体験談【イメージ画像1】

 
週から起こった自業自得な出来事を書きます。
会って二度目の援交相手に騙し打ちにあいました。
 

ムービーも撮られましたorz…熊田曜子に似てると言われます。
 
型も。
 

凄く待遇が良く、セレブな感じだったのでちょっと安心しちゃってて、二度目の時は指定された某高級ホテルの部屋を訪れました。
裸になって、脚をM字に縛られ、オモチャだからと言われて後ろ手に手錠をされて、マッサージ機でクリを攻められました。
 

 

援交相手に騙し打ちされてしまいムービーだって撮られちゃった濡れ濡れの変態プレイ体験談【イメージ画像2】

 
ともとHは好きなので、特に抵抗はなかったのですが、何か錠剤を飲まされ、感じながらしばらくしたら、意識がもうろうとしてきました。
「なんかヤバいよ~気持ち良すぎるぅ」と言いながら感じてたら、首輪みたいなのをはめられ、首の後ろの鎖と手錠ががちっとつながれ、手の自由が利かなくなりました。
 

「ちょっとこれは無理ぃ」と怪しいろれつで言いましたが、「大丈夫大丈夫」と流されました。

リでいかされたので、入れられて終わりかな~と思っていたら、私から出た液をお尻に塗りだしました。
 

「そこは無理」と言ったけど「大丈夫」とまた流され、バッグからクリームみたいなのを取り出し、お尻に指を出し入れし出しました。
嫌がる私に「大丈夫、今日は五倍位出すからさっ!」
と言われ「余りにも痛いのはいやだよ?」
と言うと「大丈夫大丈夫」と笑顔で流されました。
 

尻の穴はなんとも違和感でした。
お尻に粉状の物を塗られ、小指位の太さのシリコンみたいな棒を入れると、指でくりを攻めてきました。
 

お尻は「これくらいならいいか。」と思っていました。
 

りにも粉状の物を塗られ、指で攻められると、マッサージ機以上にジンジンとしてきて、汗をびっしょりかいて、すぐにいっちゃいました。
その頃、お尻もジンジンしてきて感覚が無くなる感じがしました。
 

おっぱいをぎゅうっと揉まれ、乳首とあそこにも粉状の物を塗られました。

ちこちがカーッと熱くなってきて、ふわふわした感じになってきました。
 

クリに洗濯バサミみたいなのをつけられ、上からローターをガムテープで巻かれ「ダメ!ちょっとおかしくなっちゃう!」と言いましたが、無視されました。
そしてお尻にもシリコンを入れられたまま、アソコにアレを一気に入れて来ました。
 

んでもなく気持ち良くて、涙が溢れてきました。
正常位のまま、激しく突かれ、私は初めて中でイキました。
 

その後相手も外に出し、終わったと思いました。

処かに電話をかけると、すぐに3人の男が部屋に入ってきました。
 

「何これー!?」と言うと相変わらず「大丈夫大丈夫」と流されました。
ヤバいと思って「今日は疲れたから帰る」と言いましたが、無視されました。
 

ってきた3人の男は楽しそうに「いいじゃん!かわいいじゃん!」と私に触り出すと「もう仕込み済み?」と援交相手に聞き、お尻のシリコンを抜き、クリに装着したのを外しました。
すると1人の男がカバンから高そうなカメラを取り出しました。
 

ヤバいと思って「帰る!」と騒ぐ私をみんなで「まぁまぁ、個人的な趣味だから!」となだめました。

っと目隠しをされ、口に何かタオルみたいなのを押し込まれ、ガムテープをされました。
 

パニクる私に「大人しくしてれば絶対無事に帰すからねー」と笑いながら言いました。
怖かったけど、あきらめて大人しくすることにしました。
 

ると、クリをなめられ始め「ああ、みんなにやられちゃうんだなぁ」と思うと涙が止まらなかった。
なのに相変わらずあちこちがジンジンしてて、すぐに感じてきちゃいました。
 

みんなのアソコがすぐに入ってくるのかと思ってたら、クリ、アソコ、お尻と、無機質なもので次々と刺激されました。

尻は、気持ちいいと言うわけではないけど、変な興奮が込み上げてきました。
 

お腹の上に誰かが乗ってきて、おっぱいにアソコを挟んでました。
お尻にきつく感じる様な何かを入れられたまま、アソコに誰かが入ってきました。
 

んな笑いながらいかにも楽しんでるって感じでした。
おっぱいにアソコを挟むのが終わったと思ったら、両乳首がピリッと痛くなり、何かに挟まれている感じがしました。
 

「うー」と声を出しても止めてもらえません。

ソコに入ってる動きが止まったかと思ったら、入ったままで、クリにマッサージ機の様な強い刺激を与えられ、私はすぐにおしっこを大量にもらしてしまいました。
 

みんなゲラゲラ笑っているのが聞こえて、恥ずかしくて仕方ありませんでした。
再びアソコに入ってる人が激しく動き始め、「あーイクイク」と言ってイキ、中には出されなかったのでホッとしました。
 

て、そろそろいいかね?」と誰かが言うと、ゴロンとうつ伏せにされました。
乳首についてたクリップみないなのが弾みでパチンと外れて痛かった。
 

お尻に入ってる無機質な何かがブルブルくねくね動き出し、かき回される。

和感が凄くて「うーうー」言うと、くりとアソコにまた何か塗られ、ヌルヌルローションを塗られると、またすぐにくりとアソコがカーッと熱くなってきて、クリにマッサージ機みたいなのと、アソコに凄く太くて奥の方に当たる無機質なものを入れられて、凄く気持ち良くて、激しく出し入れされるお尻のバイブらしきが気にならなくなった。
 

あまりの味わったことの無い快感に、ぐったりしました。
クリとアソコのを外されると、すぐさまお尻のバイブらしきを激しく出し入れされた。
 

いんだか、気持ちいいんだか、悪いんだか、良くわからなくなってた。
しばらく出し入れされた後、お尻にアソコが入ってきた。
 

「キツイキツイ!ちょー気持ちー」と楽しそうな声が聞こえてくる。

は鼻息荒く、ぐったりしてた。
 

「アップアップ」と声が聞こえてくると、入ったままゴロンと仰向けにされた。
お尻に入ってる所を撮られてるんだなーと思ったら、興奮する様な、恥ずかしすぎる様なで、更に涙が出てきた。
 

尻に入れられたままで、指でクリを刺激され、しばらくするとお尻の中のアソコに近い方が気持ちいい気がしてきた。
「こんな事をされて感じてるねー」
「やらしい体だなー」みたいな事をゲラゲラ笑いながら口々に言われた。
 

クリから手が離れたかと思ったら、アソコに指が奥まで入ってきて、強烈に気持ちいい所を刺激され続け、またおしっこを漏らしてしまいました。

ろそろ行こうかな」と声が聞こえると、アソコにアソコが入ってきた。
 

お尻に入ってるせいか、すごくきつく感じた。
「うーうー」言うと、両方に入ったまま、またクリをマッサージ機で刺激された。
 

ソコの人が動いたり、お尻の人が動いたり、ゴツゴツ当たる感じでいいんだか、悪いんだか、良くわからなかった。
仰向けだったり、うつ伏せだったり、途中でまたくりでいかされたり、男達の口から「イクイク」って声を5~6回聞いた気がする。
 

ぐったりしながら目隠しと口のテープを取られ「びっくりさせてごめんねー、でも気持ち良かったよねー」と笑いながら言われた。

んて言っていいかわからなくって、ぼーっとした。
 

「脅すわけじゃないけど、これからもまた会おうねー。ちゃんとお小遣いあげるからねー」と言われた。
 

 

【広告】

★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ!

しかしある日、トラップを仕掛けられ、正体がバレてしまう。

【★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ!】-1【★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ!】-2
【★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ!】-3【★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ!】-4
【★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ!】-5【★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ!】-6


入局試験において抜群の成績だった篠崎涼子は、身分を隠して凶悪な犯罪組織への潜入捜査を行う。


ついに捕まってしまった彼女は、凶悪な牙を剥き出しにした輩たちに取り囲まれ、恥辱と屈辱にまみれたおぞましい拷問を受ける。

レーベル:ベイビーエンターテイメント、  出演者:朝日りん、  作品タイトル:潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★潜入捜査官 残酷なる発狂の拷問 Episode-02 朝日りん★ 辱めDVDで抜くやつ集まれ! に管理人のつぶやき
 
失禁するまでイカせまくる!出すことを計14発ガチ発射!ィクッ・・・聞いてみた。撫で回す。お嬢様の下着。求めて地方まで遠征~!聞いただけで勃起間違いなし。チンコ挿入で完全覚醒!行った作品です。
 

 

1 2 3 71
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】