告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

ちょっと若めでかっこいいうちのお父さん。でもまさか、友達に狙われちゃうなんて…!お父さんのおちんちんで感じてた友達が、ちょっと信じられません

読了までの目安時間:約 17分

2の時の話なんですが、クラスで仲のいい友達の中に雅代ちゃん子がていて、私の家に遊びに来ることがあったんですよ。
母はパートに出かけていて、リビングで新聞を読んでた父が私の部屋に連れて行こうとする雅代ちゃんに「いらっしゃい」と声を掛けたのが二人の初めての出会い。
部屋に入るなり雅代ちゃんが「秀美のお父さんって若ーい!カッコいいしうちのオヤジと段違いだよ、ファンになっちゃおうかなーっ」と言い出して・・・確かにうちの親は20そこそこで結婚してすぐ私が生まれたからまだ40前だし、父はほとんど毎週草野球やってて体も引き締まっててオヤジ臭くないんだけど…普段のオヤジっぷりを見てる私としては「あんなのファンになるようなもんじゃないってー」と受け流してた。
それから雅代ちゃんは積極的に私の家に遊びに来るようになっては「お父さんいないの?なーんだ、残念」とか言うから私は内心おいおいマジかよって笑ってたんだけど・・・。
土曜日に雅代ちゃんが遊びに来るって言ってて、私は約束の時間の前にファッション誌を買っておこうと本屋に行った先で中学時代の同級生とバッタリ。

 

ちょっと若めでかっこいいうちのお父さん。でもまさか、友達に狙われちゃうなんて…!お父さんのおちんちんで感じてた友達が、ちょっと信じられません【イメージ画像1】

 
ついつい話し込んじゃって気が付いたらもう約束の時間。
ヤバイ!と20分送れて家に帰ると、もう家に来ていた雅代ちゃんはリビングで楽しそうに父と話してた。
「ごめんねー、時間は分かってたけどすぐ戻るつもりで行った本屋で友達と話し込んじゃってさー」
「ううん、気にしないよ、おじさんとの話面白かったし。話してみたらやっぱおじさんだね、若者の話題について行けなかったしさぁ。ちょっとガッカリ?」
「あれでも中年なんだからなーんにも特別なんて事ないってば」雅代ちゃんとはそれからファッション誌読みながら流行の服とかチェックして、今度コレを探しに行こうとか隣のクラスの誰それが付き合ってるとか話をして、また学校でねーと雅代ちゃんが帰って行った。

 

その日の晩、晩御飯を済ませてリビングで野球を見ていた父が、「今日来ていた雅代ちゃんだっけ?すっごいよく喋る子で圧倒されたな、世代の差を感じて自分がオジさんだって痛感した」と言いつつも嬉しげな様子に私はちょっとむかついた。
雅代ちゃんは友達の中でもスタイルのいい子で胸も私より大きいし、別にファザコンでもなかったけど、父の中で私より雅代ちゃんの順位が上になったなと思うと内心複雑だった。
「気に入るのは勝手だけど、雅代ちゃん彼氏いるんだからね?」
「えっ、そうなのか。それも当然か・・・」と父ションボリ。
ざまぁみろ。

 

ちょっと若めでかっこいいうちのお父さん。でもまさか、友達に狙われちゃうなんて…!お父さんのおちんちんで感じてた友達が、ちょっと信じられません【イメージ画像2】

 
私はファーストフードでバイトをしてて、別のバイトの子が明日急に休まないといけなくなった、代わりにシフト入って欲しいと頼まれて、「こいつ多分デートの約束でもしてるのか」と内心ムカつきつつもまぁ稼げるかと思ってOK。
別の友達Yと服見に行こうと約束してたのはキャンセル。
ところが、いざ日曜行ってみると店長からね「そんなに忙しくないよ、悪いけど人数間に合いそうだから帰っていい」と言われ、私の今日の予定はどーなるの!?と思いながらも帰宅・・・したのが運命の分岐点だった。
まだ午前だし、家でもう一眠りして昼ご飯食べたら誰かと連絡取って出かけよう・・・とか思いつつ、家に帰ると玄関にお父さんの靴と、女物の靴。
お母さんはパートに出てるし誰?お父さんの客?と首を捻ってると客間から聞こえる女の人らしき「あぁ・・・」と呻き声。

 

思議に思って、ドアを開けようとすると──裸の雅代ちゃんにこれまた裸のお父さんが上になってるよ!信じられない光景に私の頭は思考停止。
ちょっとだけ開きかけたドアの隙間から私が覗きこむ形になって、私に二人は気付いてない様子。
何これ!?何!?なんで!?どーなってるの!?とそれしか頭に浮かんでこなくて、飛び込む気にもなれなくてじっと二人の様子を見続ける私。
お父さんは雅代ちゃんの大きくて形のいいおっぱいにしゃぶり付きながら、雅代ちゃんのアソコに指を入れている。
私のいる角度からはモロに見えないけど、どうやら指が二本入ってるみたい。

 

ちゃんと二人の姿は見えないけど、音ははっきりと聞こえてくる。
お父さんが雅代ちゃんのおっぱいを舐める度にチュバチュバって聞こえるし、その音に混じってクチャクチャと水っぽい音が聞こえてくる。
雅代ちゃん、お父さんにおっぱい舐められて、アソコかき混ぜられてすっごく感じて音がするくらい濡れてるんだ・・・。
と二人の姿に見入ってると、私の下半身もジーンと熱くなって来た。
触らなくても濡れ始めたのが分かる。

 

私、この異常な状態に感じてる・・・「あっ・・・あ・・・あ・・・!」途切れ途切れに聞こえてる雅代ちゃんの小さな叫びみたいな喘ぎ声。
時折ビクリと体が跳ねている様子で尋常でない事が分かるけど・・・流石はお父さん、20年近くもお母さんの相手で仕込んだテクは雅代ちゃんには凄過ぎるようです。
そうしばらくもしない内に、雅代ちゃんは力なく床へと崩れ落ちました。
イったんだ・・・。
「なぁ、雅代ちゃん。雅代ちゃん一人だけイっちゃってズルイな。おじさんのも気持ちよくしてくれないかな?」その声に雅代ちゃんがのろのろと起き上がると、お父さんの股間へと顔を寄せて・・・お父さんの大きくない!?てゆーか大きいよ!!男の人のサイズに詳しい訳じゃないけど、長いとは言えないけど太さはコーヒー缶くらいは確実にあったよ!すご・・・私が3つか4つの時にお父さんとお風呂入って、変な物が付いてるなーとは思ったけど、こんなになるとは・・・雅代ちゃん大丈夫!?無理なんじゃないのー!?雅代ちゃんは「凄い・・・太い・・・」と言いながらお父さんの股間に顔を埋める。

 

多分、口の中に入れてしまうのは無理だと思ってペロペロ舐めてたんじゃないのかな、「んっ、んっ」と雅代ちゃんの声が聞こえる。
雅代ちゃんが結構秀美の経験があるのは私も友達も知ってるから、フェラもそれなりに得意みたいらしく、お父さんも「あぁ、気持ちいいよ」と呻き声を上げていた。
しばらく続けていて雅代ちゃんが疲れたのか、お父さんが気遣ったのか、「もう入れるよ・・・」
「うん・・・おじさんの、入れて下さい」と言う言葉。
お父さんの太いのが雅代ちゃんの中に入るんだ・・・。
入るのか!?痛いんじゃないのか!?敷いてあった布団に雅代ちゃんが寝転ぶと、お父さんが上から覆い被さって雅代ちゃんにあてがうとゆっくりと押し込んでいこうとする。

 

度私からは後ろ向きにその部分がモロに見えて、嬉しいやら気持ち悪いやら。
お父さんも分かっているようで、慎重に、ゆっくりと入れて行く。
「やっぱキツいか・・・?」
「うあぁ・・・っは、んぅっ・・・ん!」雅代ちゃんの声が痛みの為か、お父さんのにアソコが一杯に押し広げられるのが気持ちいいのか、辛そうな響きを帯びる。
目が釘付けの私は雅代ちゃんの心配なんかどっかにぶっ飛んでいた。
「やっと全部入ったね、動くよ、大丈夫?」
「はい・・・大丈夫だから動いて下さい」お父さんがゆっくりと上から覆い被さったまま、腰をゆっくりと振り始めた。

 

「はぁ・・・あっ、すご・・・い!」見てる私も凄いです。
男と女が繋がってるモロ部分なんて裏ビデオを見た事がなかった私には眩暈がする位衝撃的でした。
雅代ちゃんの液でお父さんのおちんちんが濡れててらてらに光ってて、雅代ちゃんのアソコも目一杯広がりながら出入りするソレを受け入れてて、雅代ちゃんのアソコがぐちゃぐちゃにされて、雅代ちゃんのアソコからは液がどんどん流れ落ちていて、雅代ちゃんは「あっ!ひぃ・・・ああーっ!」と声を上げて、雅代ちゃんすっごく感じてて・・・しばらく続けていると雅代ちゃんのがお父さんに馴染んで行くのか、お父さんのスピードが徐々に上がって行ってました。
雅代ちゃんの声は甘いなんてもんじゃなくってもうほとんど悲鳴で、最後に甲高く「やぁ・・・っ!」と声を上げてイっちゃったみたい。
お父さんもそれを見て取ると暴力的にペースを上げて、雅代ちゃんのおなかの上に出してました・・・っておいおい、生だったんだ!?ようやく二人の行為が終わって、部屋の中の二人も私もしばらくぼーっとしてたけど、唐突に私は我に帰って、こっそりと足音忍ばせて自分の部屋へと戻りました。

 

もうムズムズして仕方なかった私がオナったのは言うまでもありません。
部屋に入るなり私はすぐさまGパンを脱ぎ捨て、ベッドの上に寝転びました。
二人の行為を覗き見してた間ずっと濡れていたので、ショーツはもうグショグショになっていました。
ようやく自分の思うままに触る事ができる・・・。
ショーツの横から指を入れてヒク付くアソコを触った途端、たまらない快感が下半身を襲う。

 

「あぁっ!」無意識に出た声の大きさに、私は下に聞こえたかもと我に返りました。
そのまま動きを止めて、二階へと向かう足音がやって来ないか様子を伺っていても何も感じられず・・・今度は大きな声を上げないようにしようと心に誓って、アソコにあてがった指をゆっくりと動かし始めました。
また広がっていく快感に、押し殺しぎみの声が漏れる。
「はぁぁ・・・・」彼氏とのエッチで愛撫された時よりずっと濡れていたと思います。
私のアソコはもう既にいつでも男性を迎え入れられる状態になってぱっくりと開いていて、軽くあてがっただけの指先がつるっと吸い込まれるように中へと迎え入れられました。

 

父さんの指先のテクニックで雅代ちゃんはどれくらい感じたんだろう?きっと、中で指が二本絡み合うように動いていたんだろうか?それとも、中を押し広げるように広げていたのか、中を擦るように動かしていたのか・・・ハッキリと見えていなかっただけに秀美な想像が私の頭の中に次々と現れ、自分のアソコでそれを試す。
なんとなく秀美な気分になってやってるいつものオナニーとは感じ方は別世界でした。
私は夢中でアソコの中の指を掻き回し続け、大きくなったクリトリスを軽く擦っただけで軽くイってしまいました。
息を落ち着かせている間も想像の中の二人の秀美は進んでいて、お父さんが雅代ちゃんに太い物を入れていこうとします。
私は化粧棚からヘアスプレーの缶を手に取って太さを確認すると、慎重に入れて・・・冷たいアルミ缶の感触に腰が逃げそうになりましたが、アソコが目一杯開かれる感覚に辛抱してそのまま押し込みます。

 

あぁ、太い・・・私の中、一杯になってる・・・私はお父さんに犯される雅代ちゃんになったつもりで、今までに入った事のない太さをゆっくりと動かし始める。
その圧迫感に私は気がどっかに飛んで行きそうになって、それを必死で堪えながらスプレー缶を動かしました。
私のアソコからグチュグチュと音が聞こえ始め、その音に私はどんどんいやらしい気分になって、腰がどんどん押し寄せてくる快感から逃げようと勝手に動き始めます。
それでも私は缶を動かし続け、そう何分もしないうちにイってしまいました。
ゆるゆると抜いた缶は私の液でヌルヌルになっていました。

 

あんなに太い男の人の入れられたら、缶とは比べ物にならない位気持ちいいんだろうなぁ・・・となんとなく思いつつ、余韻にひたっているうちに私はまどろんで来ていつの間にか寝入ってしまい、気が付くと正午になっていました。
オナニーの後処理をしてからそっと下に下りるともう雅代ちゃんは帰っていたようで、リビングでお父さんが新聞を読んでいました。
「な、なんだ、帰っていたのか?お前・・・バイトに行ったんじゃないのか!?」お父さんのあまりの狼狽振りに私はしれっと言葉を返す。
「うん、応援いらないって言われたから、適当に寄り道しながら帰ってたよ?気付かなかった?」
「そ、そうか・・・」そっけない私の反応に、お父さんは雅代ちゃんが帰った後に私が帰ってきたと思ったんだろう、途端に安心した。
「なぁんかお父さんよそよそしいなー。エロビデオでもこっそり見てた?」
「ま、まぁな・・・母さんには秘密だぞ?」
「そんなの言われなくたって言わないし言いたくないわよ、お父さんのスケベー」と私、嫌そうな顔を…。

 

本当は何をしてたか見てましたよ、娘は。
ばっちりと私の女友達がお父さんと家でまさか・・・セックスしているなんて・・

 

 

【関連動画】

私は痴女 第55報告書 珍棒遊戯

私は痴女 第55報告書 珍棒遊戯

 

私は痴女 第55報告書 珍棒遊戯のあらすじ

突如現れる淫乱女=痴女。そんな女が色々な理由をつけてはあなたの棒に喰らい付く!!道で突然僕の名前を呼んでくる女…「見た事ないなぁ~」と思っていると、僕のプロフィールをスラスラと言いだした!!「あなたのチンポのサイズだけ知らないから教えてぇ~」といきなりパンツを下ろされ強制フェラ!!味を確かめてから騎乗位でズッポリ勝手に挿入!!腰が立たなくなるまで突かされました…そんな痴女たちの圧巻SEXを6編収録。(MANIAC)カテゴリ:熟女出演者:鷹宮りょう,有沢りさ,長谷川なあみ,明佐奈,浅井千尋,片岡梨沙レーベル:クリスタル映像メーカー名:クリスタル映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

私は痴女 第55報告書 珍棒遊戯に管理人のつぶやき

 

僕らにゃ下着にしか見えないキャミソール。アナルが大好きと豪語する美熟女を変顔浣腸陵辱プレイで玩ぶ。旦那とのセックスで鍛えた性技に男の肉棒はみるみると大きくなっていった…不安とは裏腹に、日頃のストレスをなんとか解消したいのだそうですが…初脱ぎ驚愕ドキュメント!今回もおもちゃや指やチンコで何度も潮吹き&イッちゃって、女体の快楽バロメーター男優が果ててもまだ物足りないのか男根を膣に無理矢理挿入して強引にしごき上げ、ドアを開けた瞬間に濃厚な接吻即尺していきなり一発目が始まる。スタイルの良い超美脚を見せつけながら街中を颯爽と歩き街中の男を魅了する神谷みさとさん。その母も孫ほど年の離れた息子を溺愛する。セレブ人妻惚れます!それぞれデートをする男優達。叔母さんが教えてあげる憧れの叔母さんにフェラチオされSEXの手ほどきを受ける甥。オナニー狂いな熟女たちの個性溢れるイキまくりドキュメンタリー。私は淫行がないと生きられない…留守が多い旦那なのでもう1年以上エッチしていない純子さん。マッサージ師の卑猥なオイルマッサージで感じる女たちは騙されているのか、と言われ続けてきた。つまり変態プレイのお相手を務めるという事。ムッチリボディのEカップ美巨乳にハメ師も大興奮で揉みまくり。初3Pも体験。淫靡な人妻たちを集めた総集編!日常生活から得る快感。初不倫の人妻たちの新鮮な反応がそそります。義母と呼ばないで、欲求不満で今にも爆発しそうな淫らな肉体の疼きを隠せない淫乱な奥様がこれから始まる怒涛のオマンコ責めで顔を歪める姿をたっぷり披露して頂きます!その体とは不釣り合いな程に小さく見えるキュウリの様な男のチンポに喰らいつく!喉の奥まで突き刺さるチンポに涎を垂らす!若く美しい母と父親とのSEXを覗き見た息子は、好きになりすぎて…淫部にむしゃぶり付き絶頂させる!舌の感触を、などヌキどころ満載です!煙草の箱と一本のビデオテープだった…それも1度と言わずに2度3度!旦那は海外出張中で、満足出来なくて、モザイク処理し、と思わせるワイルドな姿に…一度火の付いた身体はもう止まりません。誰か来ない?意外と言うべきかやっぱりと言うべきか、日常と断絶された空間で何度も犯し、僕ちゃんもギンギン。息子のペニスに無意識に触れ…夕暮れの都内ターミナル駅で待っていたのは真矢恭子さん。

 

『私は痴女 第55報告書 珍棒遊戯』の詳細はこちら

ちょいポチャの私、親友と一緒に処女喪失しましたw いつでも一緒、おまんこに穴空いたのも一緒!素敵な高2の思い出話

読了までの目安時間:約 17分

はJK3、今年は大学受験です。
やっぱりのびのびできた2年生にもどりたいな。
と思う今日この頃です。
2年生のときに体験した、私、朋未と親友の美也子の体験談です。
私はちょっとぽっちゃり目なんだけと最近のダイエットなんてぜんぜん気にしないほうかな。

 

ちょいポチャの私、親友と一緒に処女喪失しましたw いつでも一緒、おまんこに穴空いたのも一緒!素敵な高2の思い出話【イメージ画像1】

 
なぜかというとけっこうぽっちゃり好きな男子って多いんですよ。
学校の制服もチェックのスカートにかわいいリボンのブレザーなのでこれも大のお気に入りです。
(私はミニ、美也子はまじめなので膝上までのスカートです)いま付き合ってる隣の男子校の1つ上の先輩(ヒロと呼んでます)もぽっちゃり好きだし。
けっこう告白されることもあるんです。
(実はヒロには下校途中に告白されちゃってんですぅ)好みの男子の場合はちょっとつまみ食いもしちゃってるです。

 

いけないと思いながらも、私も結構すき物だなって自分でも思ちゃいます。
実はこの日の放課後も体育館のステージの裏に呼び出されて告白されました。
でも私は「彼氏いるから・・・」って言ったとたん「好きだ!」っていて押し倒されちゃってキスされて、ちょうどそのとき彼の股間が太ももに当たって、あそこが逞しくなっているのに気がつきました。
気がついたとたん、私のあそこもジワッとなって。
「今日はこれで我慢してね」と学ランのチャックを下げちゃいました。

 

ちょいポチャの私、親友と一緒に処女喪失しましたw いつでも一緒、おまんこに穴空いたのも一緒!素敵な高2の思い出話【イメージ画像2】

 
これには彼も予想外の展開で少し驚いた様子でしたが、私のほうが大胆になっってしまって、取り出したものは大きく上を向いていましたが、大きくなっても亀さんの9割が皮にかぶっている状態で、彼が「ごめん包茎なんだ」と恥ずかしそうにうつむいています。
それを見たらかわいくなっちゃって。
私は「いいよ」と言って彼の亀さんに顔を近づけました。
すこし皮が剥けてる先端からぬるぬるしたものが出ています。
私は手でむにゅーと皮を剥きました。

 

を近づけるとさきイカのような、男の臭みが漂いました。
私が「けっこう臭いね」というと彼はだまったままです。
恥ずかしながら私はこの臭いが結構好きで思わず鼻に付けて吸う息が臭くなってしまいました。
とくにカリ首あたりが強烈でした。
次は味見です。

 

まず上から舌でなめると、我慢汁とおしっこの混ざった味が、次にぱくっと亀さんを口に入れるとしょっぱ臭い味が口から鼻に抜けました。
これを世間では即尺というようですが私はそれが普通だと思っていました。
(私的にはむしろ味もそっけも無い亀さんのほうが興奮しません。)それから2,3分ピストンすると「うっつ」と言う声とともに亀さんの頭がびくびくっとなりビュ,ビュ、ビュッと激しく私の口に男子のミルクが出されました。
ちょっと青臭く苦いミルクをごっくんした私は「これ以上は無理だから」と言って彼の告白は断りました。

 

でも制服のミニスカートの中のパンツの女の子の部分はぐっしょりでした。
待たせていた美也子が「朋未どうだった」と聞いてきました。
「うんやっぱり告だったよ、断っちゃった」
美也子は「朋はモテモテでいいな」と言ってきます。
美也子はもちろんさっき私が即尺口内射精アンドごっくんしたとは夢にも思っていないでしょう。
でもわたしが思うに美也子も丸顔綺麗なロングヘアーで色白だし、なかなかかわいいぞ!と女のわたしも思うのですが。

 

まあ私が彼がいて最近ちょっとさびしい思いさせちゃってるのかなー。
以前はちょっとレズっちゃってるっていうぐら位の中だったので。
キスをしたり胸やあそこもさわりあっていましたから・・・(恥)。
帰り道、隣の男子校の前を通るとちょうど部活を終わったわたしの彼(名前はヒロね)と出くわして「朋、今日は友達と一緒か。俺先に帰るよ」と言うと美也子はわたしに「いいから行きなよ」といいます・・・。

 

ーん、困った。
「じゃ3人で帰ろう」とわたしが言い3人で帰ることにしました。
3人でいろいろ話してるとけっこう盛り上がり、彼の家の前まで着きました。
彼が「いやーせっかく盛り上がってるのにもう家に着いたよ。せっかくだからだからお茶でも飲んで行かない?今日は誰もいないから気を使わなくていいよ。」
と言うと「じゃせっかくだから」とみんなで彼の部屋に上がりこみました。

 

しばらくさっきの話の続きで気で盛り上がっているとヒロがトイレにたちました。
二人で話をしてると美也子が妙に何かを気にしています。
「どうしたの??」と美也子の目線のほうを見るとな、なんとベットの下に何か雑誌が・・・。
「あ!」と私。
それはヒロが隠しておいたEROな本でした。

 

二人でおそるおそる手にとって見ると・・・。
ハードな本でした。
「あ!!なにやってんだよ!!!」と裏から声が、ヒロが真っ赤になって立っています。
「ヒロもっとちゃんと隠さないとねー」とわたしがからかいながら言うと本を奪い取りました。
美也子が大分興味を持ったらしく「ねね!朋たちもああするの」と聞いてきます。

 

わたしもそれを聞いたのと放課後のことが重なってなんだか変な気分になってきました。
あそこがまたジワッとしてきてしまい「ねえヒロ、美也子彼氏がいたこと無いから興味しんしんだよ。」といってなんと3人でエロ本鑑賞大会になってしまいました。
なかなかハードなものもあり、レズものまでありました。
しばらくしてレズ心を刺激されたのか美也子が急にわたしに抱きついてキスしてきました。

 

ロが「なんだ、朋たちってそういう関係だったのか」ばれちゃったという思いとともにわたしの中のつっかえ棒のようなものが外れた気がしました。
もう3人で入り乱れてキスしました。
わたしは大きくなったヒロの亀さんにフェラしました。
フェラと美也子にキスを交互にしてると、美也子のメスのにおいがしているのに気がつきました。
「ねえ美也子も体験してみる?」わたしは美也子に言うと「うん・・」と小声で返事が返ってきました。

 

「こんどは亀さんにキスしてみようか」とわたしが言うと私は美也子をヒロの上に乗せ69の状態にしました。
ヒロも制服のままの美也子のスカートに顔をいれてそっと白いパンツをずらしました。
そしてヒロはそのめくったパンツを裏返すと白い太ももの美しさからは想像もできない濃い黄色のしみにおりものと愛液で汚れた部分がありました。
ヒロはそのかわいく汚れた部分に鼻を押し当て臭いをクンクン嗅いだ後、ぺろりと舐めました。
もう美也子のあそこはぬるぬるになっていつの間にか部屋は美也子と私のメス臭い臭いで充満していました。

 

美也子はパンツ汚れをほとんど舐め取られてパンツはかなりもとのように白くなっていました。
さあいよいよ美也子の女の子の部分が直接ヒロに攻められます。
ヒロはその処女の割れ目に両手で手をかけて大きく開き、ぬるぬるのあそこに鼻を押し当て臭いを嗅ぎ、次に舌を這わせました。
処女のチーズ臭のするおりものみたいなものものもヒロはなめ取っていきます。
処女の大きく開かれた割れ目が舌で舐め上げられるたびにひくひくしているのが分かりました。

 

美也子は亀さんから口を離し「あんあん!」とかわいく鳴いています。
それを見たわたしは思わず美也子にディープキスをしてしまいました。
「じゃそろそろ体験いいかな?」とわたしが言うと美也子はコクリといなずきました。
わたしは美也子をヒロの亀さんの上にまたがせました。
耳元で「美也子今日は生で入れて大丈夫?」ときくと、小声で「うん、もう2.3日で来るから今日は大丈夫」私は美也子のあそこを手で広げヒロの亀さんを生のままあてがいました。

 

んかすごいどきどきする。」と美也子の小声を聞いてから少しづつ亀さんを美也子の女の子の部分に沈めていきました。
半分は入ったところで私は美也子の腰をぐっと落としてみると一気に美也子の女の子の部分はぬるっとヒロの亀さんを根元までくわえ込みました。
「ひっ!」と美也子は叫びました。
初めてなのではじめはゆっくりでしたがあまり痛がらす出血も無かったので徐々にヒロは激しくピストンをはじめました。

 

美也子は初めのためか下半身に力をいれているらしくヒロの亀さんを締め付けているようです。
わたしは亀さんが激しく出入りしているのを見ながら放課後のこと、ヒロを美也子にささげてること、もうすぐ親友の美也子は自分の大好きなヒロの精子でおなかの中を汚されること、それは悔しいような淫らなようななんとも言えないような感覚になり、自分の女の子の部分に指を出し入れして激しくオナニーをしました。
制服を着たままの(しかもパンツも)SEXということもあり私は今までに無いくらい興奮しました。
やがてヒロのピストンは最高潮をむかえ、そして美也子の女の子の部分の奥までぐぐっと亀さんが押し入れられるのがわかりました。
そのときヒロのたまたまと亀さんの根元がぐっぐっぐっつとヒロの体の奥にある精液を美也子の膣の奥の子宮に送り込んでいるのが分かりました。

 

美也子は騎乗位の状態で放心状態になっていました。
わたしは美也子の奥に突き刺さった亀さんをゆっくりと引き抜きました。
「ふー5日分溜まってたよ」とヒロが言いました。
引き抜かれた亀さんの頭は精液と美也子の愛液でぬらぬらとしていました。
それを私は激しく咥えるとまた再び元気を取り戻しました。

 

今度は私の番です。
私も自分で生の亀さんの上にまたがり美也子と同じことをされました。
しばらく激しくピストンするとヒロは私の腰をぐっと持ち亀さんの先の精液が出る部分を私の奥の子宮口にあてがったのがわかりまいた。
その瞬間、びゅ、びゅびゅと激しく精液が私の子宮口に当てられました。
私もヒロの亀さんを思い切り締め付けていたのでものすごい射精をされたのがわかりました。

 

あ美也子もこれと同じのを味わったんだ。
しかも美也子のほうが濃い精液を・・・。
と思うとくらくらしてヒロの上に倒れこみました。
それから10分ぐらいたったでしょうか二人とも制服を着てパンツをずらした状態でSEXしたので、着衣の乱れを直すだけで元のK2年生の朋未と美也子にもどりました。
3人ともくたくただったので一休みして帰りました。

 

帰りの姿はいつもの私たちでしたが、それは見ただけで二人のおなかの中は同じヒロの精子で汚されています。
美也子が途中の公園にさしかかったとき「なんかぬるぬるしたのが出てるみたい。ちょっとトイレいってくる。」というので「私も。
」といって同じトイレに入りました。

 

短めのスカートに手を入れ美也子が白いパンツを膝まで下ろすとパンツの女の子に当たる部分がぬるぬるのしみになっています。
私が顔を近づけて臭いを嗅ぐとそれは女の子の臭いではなく男の精液の青臭い臭いでした。
私も精液が下がってきた感覚があったので膝まで薄ピンクのパンツを下ろしました。
美也子と同じ状態になっていました。
二人でティッシュで拭いたものを嗅ぎあいましたがお互いから同じにおいがして、今日起こった事実を二人で再確認しました。

 

家に帰ってもまだ少し精液が下がってくる感覚がありました。
心の中で美也子もまだこの感覚があるかな。
と思いまた興奮してきました。
以前、興味本位で見たネットの医学ページをまた見直し、中出しされた精子は2.3日子宮から卵巣まで卵子に出会うまでさまよいながら生きていると書いてありました。
あさってぐらいまで私と美也子の子宮、卵巣をヒロの精子が汚しつづけてつんだと思うとおなかのなかの子宮が熱くなっていく感じがしました。

 

朝、私と美也子は何事も無かったように登校しました。
「朋、おはよう。」
私も「おはよう」といって教室に入っていきました。
一時間目は体育です。
たくさんのクラスの女子はおなかに精子なんていないでしょう。

 

紺ブルマ姿の美也子を見て上着を出した下の小さな紺の三角の奥にまだヒロがいるんだな。
そして私にも・・・。
と思って朝からあそこがまたうずくとても忘れられない日の出来事でした。

 

 

【関連動画】

働くおばさまが大好き!! 積丹岬の温泉女将さん

働くおばさまが大好き!! 積丹岬の温泉女将さん

 

働くおばさまが大好き!! 積丹岬の温泉女将さんのあらすじ

全国の勤労おばさまたちとの性宴を出張撮影するロードAV第4弾!今号は北海道・積丹半島の温泉旅館の美熟女女将さん・余市富士子さん50歳が登場。16歳で富士子さんを産んだ母と積丹半島の古い温泉旅館を切り盛りしてきたが、16数年前、その母は富士子さんの亭主と駆け落ち。残された富士子さんは呆然自失するが、めげずに働きまくり、温泉旅館を大きくしていった。訳有り女将さんの苦労話を聞きつつ、封印した性的欲求不満を解消させようと新旧男優の最高2連続SEXでハメ倒す。その他に女将の粋な計らいで温泉旅館の女風呂を盗撮、2人の女性客への突撃夜這いも敢行、北海道道南の温泉熟女のエロスを満喫!カテゴリ:熟女出演者:余市富士子,末広真樹子,坂口良子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

働くおばさまが大好き!! 積丹岬の温泉女将さんに管理人のつぶやき

 

全キャリアから配信停止処分を食らったイクイクシリーズのビデオが流出!日々のストレスを発散させるかのように、見られてはいけない秘密。そんなことを校内の生徒や教師たちにバラされたら困るので、でも私はもうこの快楽の渦から逃れられないと思います。朋子38歳・結婚歴1回・子供1人。人妻不倫映像の決定版!快楽の掘り下げ方、アイドル顔人妻と、革新的なエロ!喘ぎ声が甲高く、ハメ師はどう料理するのか…そんなときノブオのバイト先のオーナーが訪ねてくる。やっぱり熟女はエロい!そこで久しぶりに触る実物のチンコに興奮しながらも、千里と玲子は、今ではすっかりM開眼した奥さま15人!僕との、潮吹きさせられた指やチンコをしゃぶり、不気味な男たちに監禁され、娘のSEXに興奮した母親。まさかのイキまくり!田舎の店で店番しているおばさん、そこに連日、さらに責め立てると快感に負けて目の前のチンポを拒むことなく受け入れてしまい…息子のコウイチもこのお尻が大好きで、結婚11年めの人妻、爆乳ムッチリぼぢぃの真穂子さん。布団に横になると、この爆乳を前に、続いてはローター&バイブでマ○コ弄りにヒートアップ。etcで世界最年長の現役AV男優として認められた徳田重男とくだしげお氏本年76歳をメインにした唯一の作品群。母親がそれを受け入れるとき、旦那の玩具と化した妻の性記録。そして私は性的な苛めを受け始めたのです。久しぶりの燃え上がるようなセックスで夫婦の絆を深め合う…マンコを触られるとピチャピチャと淫音を響かせる。玩具で母親の艶やかな肉体を責め立てる。scene4初々しい感じなどもそそります!私とシて下さいお互いのお母さんをチェンジして夜這いをかけてお互いの母親とSEX。という仮説を検証するため始まった企画が、期間限定再配信('08年4/7まで)人気の子持ち美人妻、そろそろ楽できると思ってたら、旦那との幸せな家庭。リエ。待望の後背位シーン集!浩志に話していた友人の一郎。

 

『働くおばさまが大好き!! 積丹岬の温泉女将さん』の詳細はこちら

中年おやじのエッチはねちっこくて愛撫が念入りで…淡泊気味なセックスしか知らなかった私がズブズブハマってしまったのも無理はないのです

読了までの目安時間:約 14分

初に勤めた会社で初めて彼氏ができて、初エッチもして、半年くらいたってから、会社の飲み会でずるずると他部署の上司につきあって、最後までしてしまいました。
お酒の勢いって怖いと思った反面、おじさんのエロテクに参ってしまった。
その後、彼氏とも別れることになってしまいました。
飲み会は二次会、三次会と続き、その前に彼氏は帰ってしまったそうです。
三次会あたりでエロ話になり、名前は出さなかったけど、彼氏とはいつも部屋でやってるとか旅行先でやったとかそんなことを言ったと思います。

 

中年おやじのエッチはねちっこくて愛撫が念入りで…淡泊気味なセックスしか知らなかった私がズブズブハマってしまったのも無理はないのです【イメージ画像1】

 
気がつくと終電が無くなってて、足元もフラフラしていた私は他部署の部長の家に泊めてもらうことになりました。
奥さんも子供もいるし、一緒に飲んでいた同期の子も泊まるって言ってるし、なんの疑いもなく部長のマンションへついていきました。
部屋に入り、先にシャワーを貸してくれました。
すっきりして出てみると、同期の子が帰ってしまっててリビングには部長しかいませんでした。
「じゃ、俺も風呂入るわ」と部長はお風呂へ行ってしまいました。

 

残された私は、帰ろうかどうしようか悩んでいたけど、まぁいいか!とソファに横に・・・。
私はいつのまにか寝てしまってて、なんだかもそもそと体を触られている気がして目が覚めました。
リビングの電気は消えてて、キッチンの光がここまで届いてるので真っ暗ではありませんが、誰が何をしているのかはわかりました。
部長は私のシャツを捲りあげ、乳首に吸いついています。
ちょっと気持ちよかったし、眠いのもあって、ウトウトしながら触られ続けました。

 

中年おやじのエッチはねちっこくて愛撫が念入りで…淡泊気味なセックスしか知らなかった私がズブズブハマってしまったのも無理はないのです【イメージ画像2】

 
部長はハァハァ言いながらチュパチュパと音を立てて乳首を舐めたり吸ったりしています。
おっぱいを揉んで指でころがしたり、手がおっぱいを離れて腰のあたりを撫でたり。
腰のあたりを撫でられて、ちょっとくすぐったくて腰を浮かしてしまいました。
その時に「うん…んっ」と声も出てしまったのですが、部長の手はとまりませんでした。
何度か手が腰のあたりを行き来して、私が腰を浮かすタイミングで、パジャマのズボンが下ろされました。

 

っぱいから口が離れ、今度は脚を愛撫してきます。
太ももの内側から下のほうへいき、手で口ですりすりと触られました。
その感じが気持ち良くて、私も自然と足を開いてしまいました。
部長の顔が上ってきて、私のアソコのあたりにフンフンとあたたかい息がかかりました。
パンツに手をかけられて、私はまた腰を浮かせます。

 

部長は私の両足を開き、太ももを持って、膝を胸のあたりまでぐっと押しました。
脚はちょうどキッチンに向いていて、明りに照らされているとわかりました。
あのオヤジが私のアソコを見てる…それがすごいエッチに感じてしまい、興奮。
部長は舌先で私の敏感なところをチロチロと舐め始めました。
アソコを舐められ、気持ち良くなり思わず声を出してしまいました。

 

部長は「もっと声を出していいよ」と言います。
「でも奥さんが…」と私が言うと、「アレは子供と一緒に実家だよ」と言いました。
私は最初からこのつもりで部屋に連れ込まれたと気がつきました。
でも、ここまで気持ちよくされて、はっきり言って彼氏よりも気持ちいい。
もっと身を任せたい気持ちになりました。

 

髭がチクチク当たって、あぁ、あのオヤジが私のアソコを舐めてる…と思うと余計に感じました。
部長は私の顔を見て「気持ちいいのか?彼氏にもこうされているのか?」と言いました。
私は恥ずかしかったのですが、アソコがうずいて腰が動いてしまいました。
部長の指が入ってきて中の熱いところを刺激してました。
ハァハァ言う声が耳元で聞こえ、背筋がゾクゾクとしました。

 

長はまた乳首を舐めてきました。
さっきよりも敏感になっていて、ビクッとなり、「はああぁ!!あんっあっあっあっ」と高い声が出てしまいました。
体も反ったりといやらしい動きをしていたと思います。
それに合わせてか、アソコを触る手の動きが激しくなってきました。
ぴちゃぴちゃと音がして、おしりのあたりが冷たい。

 

すごい濡れているのがわかりました。
誰もいない部屋でも声を出すのが恥ずかしくて、抑えていましたが、この頃にはもう我慢できなくなって、声を荒げていたと思います。
アソコに入れた指が、熱くて気持ちいいところばかり触ってきて、「あんっあんっあっダメ!いっちゃう!あっあっイヤ!」と喘いでしまいました。
クッションをぎゅっと掴んで、首を振って「んんっあっ!あっ!あっ!あっ!」と声が出て腰が浮いて、そのまま頭がふわっとなって体がビクビクとしてイってしまいました。
私はハァハァと肩で息をして、心臓がドキドキいっていました。

 

部長はまたアソコを舐めてきます。
クリを舐められて体がビクビク・・・。
「んっ…んんっ…イヤ…ダメ、やめて、もうダメ、イヤ」と言ってるのにやめてくれない。
私は体をくねらせ、ソファからすべり落ちるようにカーペットにおしりをつきました。
部長は私のシャツを脱がし、全裸にすると、腰をつかんで起こし、後ろを向かせてバックの体勢になりました。

 

ここまできて今更ですが、全裸にされてとても恥ずかしかった・・。
「私は何をしているんだろう?部長に裸を見られてしまった」とか考えてドキドキしていました。
当時の私は髪が長くて、バックになると髪が邪魔になるので右手で片側に髪を分けていたら、部長が一緒になで分けた髪から出た耳元をサワッとなぞってからキスをしてきました。
耳を舐められ、ビクッとのけ反ってしまい、お尻が部長のおなかにあたりました。
部長は後ろから私のおっぱいを揉んでいます。

 

ソコには部長の大きくなったモノがあたってて、上下になでるように動いていました。
まだすごい濡れていて、ぬるぬるとクリにあたり、入口へきたと思ったらまた下がってクリに触れてきます。
これがすごい気持ちいい。
クリだけでなく入口あたりを撫でられるだけでも気持ちいい。
この経験は初めてで気持ちよさがクセになり、その後の他の人のセックスでも要求するようになってしまいました。

 

部長の先が私の割れ目をなぞるたびに「あぁ…アン…」と声がでてしまう。
手は乳首をつまんだり、転がしたり、片手が離れ、腰から脚をなで、背中には舌を這わせてる。
そんな愛撫がしばらく続き、私の体はどこを触られても感じてしまい、クネクネと動いてしまう。
早く入れて、早くと思いながら、部長のアレに押しつけるように腰を振っていました。
アレの先を入口にあてがり、入れて欲しくてたまらず、くっとお尻を後ろへ動かしました。

 

部長はすっと離れ「んん?どうしたの?入れて欲しいのか?」と聞いてきました。
私はたまらず「お願い…早く…お願い、入れて…」と言いました。
「入れて」と自分で口走るなんて、これも初めてのことでした。
そして部長がゆっくりと私の中に入ってきました。
部長のアレは大きくて、入ってくる感触がすごかった・・・。

 

ぬるっ、むあぁ…っっ、メリっって感じかな?入口がこじ開けられるような感触。
でも全然痛くはなくて、熱い大きなものがゆっくり入ってくる間、「はぁ…あっ…あっあぁぁぁ…」とため息のように声が出てしまいました。
こういう時ってヨダレまででるんですね。
唾を飲み込んでは「あぁぁ…」と声を漏らしていました。
入ってすぐのところあたりかな?全部入る前に気持ちいいところに部長の先があたり、その刺激で、両手がガクガクとして倒れそうになる。

 

っ…あっ…あぁ…はぁん…」と悶えるように声が出る。
自分でいやらしい喘ぎ声だとか思いましたが、挿入だけでこんなに感じたことはなかった。
部長はゆっくりと腰を動かし始めます。
動くたびに私は「あっ…あっ…あっ…」と声が出て「すごい…あぁ、すごい」と繰り返していました。
彼氏とのバックは苦痛だったけど、部長のは、気持ちいい以外に何もない。

 

ゆっくりまわすように動き、出し入れしたり、そのたびに「あっ…あぁ…」と喘いでいました。
太ももには汁がつたうのを感じました。
私は「あっあっあん!あん!」と喘いで、部長も「ふんっふんっ」と声を出していました。
うっすら目をあけると目の前のバルコニーの窓に姿が映ってて、バックで後ろから突かれ、胸を揉まれている自分の姿を見てしまいました。
AVのようで恥ずかしくてたまらなかったけど、それにすごい興奮して、かーっと体が熱くなっていきました。

 

ふっと力を抜くと倒れそうになり、そばにあったクッションにしがみつき、体は斜めにお尻を突き出すような形になりました。
だんだんと何かがわたしの中にうわっと湧き出るものがきて、じーんと熱くなり、「あっダメ!あっあっイク!イヤ!イヤ!いっちゃう!!イヤ!」と声を出すと、部長の動きが速くなり、私は「ああああぁーー!!」と大きい声を出してイッてしまいました。
ハァハァと息が乱れ、べったりと汗をかき、ガクガクとして体に力が入らない。
挿入でいったのは初めてでした。
部長は「いっちゃった?」と言い、またゆっくりと腰を動かし始めました。

 

そこからは気がおかしくなるほど何度もいかされ、最後は正常位で部長も果てました。
これまで彼氏としか経験がなくて、二人目でこんな激しく感じるセックスを知ってしまい、それからの彼とのセックスが単調でつまらなくなり、別れてしまいました。
私は淫乱になったみたいで、ゴムなしの生でのセックスに病みつきになり、何人かと体だけの関係を持ちましたが、部長とのセックスが一番で、よく思い出しています。

 

 

【関連動画】

妻の身体検査 渡瀬清美

妻の身体検査 渡瀬清美

 

妻の身体検査 渡瀬清美のあらすじ

30代人妻R-18イメージ映像作品の第4弾!エステサロンを経営するようになって早3年。その容姿から数回通ったことのある弊社女性スタッフの口説きで撮影が実現!彼女のテクニシャンぶりは相手が男になるとさらに勢いを増し、ツボを心得た全身エステは見るものをも夢見心地にさせてくれます。カテゴリ:熟女出演者:渡瀬清美レーベル:エーエスジェイメーカー名:ASJ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

妻の身体検査 渡瀬清美に管理人のつぶやき

 

熱り勃つ陽物を自らの唾液でベトベトにしながら、愛撫もそこそこに風呂場で挿入しちゃって…その倶楽部は実在した。風呂の調子が悪いので修理業者を呼んださやかは工事をしている業者の男を見ながらこんな妄想にふける。電マをあてがえば絶叫しながら絶頂。お酒のせいで抑えきれなくなったドスケベな人妻の本性は、全編貴兄目線ですので、貞淑な暮らしをしていても本当は欲望と快楽に餓えていたのです…そんな欲求を持て余した男たちの餌食となる妻たち、パイズリ射精だけで満足しちゃう夫に性的欲求不満MAXの奥様がAV出演です!コーチは若妻のブルマ姿に勃起し、満たされない人妻の欲求を叶えるシリーズ。絶頂アクメにセレブの性欲が溢れ出す!好きな人を想いながら、きつく縛られた淫猥な身体に食い込む縄、嫌がる素振りすら見せずに喘ぎながら感じていく美和子。伯母の理沙と関係をもった時から伯母のエロいボディーが忘れられない。一代で財を築いた社長が愛人(北条麻妃)とホテルで逢瀬の後、幸恵さん。もっともっと激しく…女性の心までも温かく包み込む抱擁を受けて蕩ける玲衣さん。艶っぽすぎて目が離せない40歳!唐突にマンコを舐められ、愛する夫の為に、年寄り臭い、と散々乱れまくって全身グッチョリ色んな体液にまみれてイキ果てる…相手に好意があったとしても手を出すには躊躇してしまう未亡人。熟女ファン総勃起のババドルパフォーマンス!華麗に大胆に人妻果たして臭いマンカス付きの下着を買い取ることができるのか?一応ゴム付けて性交はじめたが、と恐る恐る手を伸ばした。エロエロ奥様MIYUKIサンがやってきました。学生時代のセーラー服で甘酸っぱい想い出を妄想しながらのコスプレで、10人の巨乳人妻GET!青春時代を思い出しガムシャラに練習する豊満な肉体美がいやらしい。妻を問い詰めると相手は俺の弟だった。撮影の2日前に自宅の階段から転げ落ちて膝を打ってしまい、ブラウスの上からでも解るほどの巨乳をお持ちです。激しいピストンに、精神の安定を欠き発症した鬱病との戦い、もうだめ早く来て女の躰はそれだけで挑発している。大淫音でしゃぶり倒して即ハメ!最後には子供の作り方を教えるべく生中出しまで…子は母の熟れた乳房に喰らいつき、熟女の熟れた濃厚なヨダレとベロと喉の奥だけでエロくねっとりとチンポをご奉仕してくれます。という声が聞こえてきそうである。と衝撃発言。味わい尽くす!

 

『妻の身体検査 渡瀬清美』の詳細はこちら

中3の私はとってもエッチで、キスだけでスグその気になっちゃうんです…。カレシの手がおまんこに伸びてきたので拒否したら、イヤラシイお仕置きをされちゃいました

読了までの目安時間:約 10分

わとってもドMな中学3年。
彼氏とわ違う中学校でたまにしか会えません。
だから会うたびにエッチしてます。
そんなある日私わ彼氏に呼ばれてお家に行きました。
そして5時くらいになりだんだん暗くなりました。

 

中3の私はとってもエッチで、キスだけでスグその気になっちゃうんです…。カレシの手がおまんこに伸びてきたので拒否したら、イヤラシイお仕置きをされちゃいました【イメージ画像1】

 
すると彼氏(ゆう)が私にキスをしてきました私わとてもエッチなのでキスくらいでヤりたくなってしまうからキスを拒否しました。
そうすると次にわ私のおまんこに手が伸びてくるのでするなと言いました。
でもゆうわ聞きませんでした。
やはり手をおまんこのところへはわせてくるので「せんでてゆうたやん」と言いました。
そしたらドSなゆうわ「感じるから?」とゆってきました。

 

それから私「感じないもん!…」
ゆう「ぢゃぁ声もでないよね?」
私「でない…」
ゆう「ぢゃぁ声だすなよ」と言い手マンしてきました。
私わすぐに感じてしまいます。
でも声わ我慢しました。
でもすぐに感じてしまう私わ息が荒くなり「はぁ…はぅ…」と声が出そうになっていましたゆう「声ださないんぢゃなかったっけ?」
私「だしてないぢゃん…」
ゆう「だしたらお仕置きだからね?」
私「絶対ださないもん…」
というと「これでも?」と言いながら激しく手マンしてきました。
私わ感じてしまい気持ちよくなってしまい「はあぁーん…ひゃん…あーもうだめってぇー」と声をだしてしまいました。

 

中3の私はとってもエッチで、キスだけでスグその気になっちゃうんです…。カレシの手がおまんこに伸びてきたので拒否したら、イヤラシイお仕置きをされちゃいました【イメージ画像2】

 
するとゆう「エロっ。やっぱ感じてるんだ?」
私「違うもん…あんっやんっはぁあんー…」ゆうわ私のおっぱいを揉んできました。
乳首を転がすようにクリクリといじり私わまた声を我慢しましたが声がでそうになりました。
そのあとにわおっぱいを舐めてきて私わ我慢できなくなりました。
私わおっぱいを舐められるととても感じてしまうのです。

 

ぁあーんいゃ…んんンーっはぁ…はぁ…もぅ声我慢できないよぉー…ひゃんっあぁーん…私わおかしくなりそうでした。
私が負けて挿入。
ああぁーんっおっきいぃよぉー…うぅんーっいやぁーっぁああーん…気持ちよくなりすぎて私わブレーキをかけられなくなり、もっとぉぉーっ激しくついてぇぇー…あっあっうんんいやぁーぁぁあっ気持ちいぃぃー…イキそぉぅ…ひゃんあんっあんそれでもゆうわ激しく突いてきます。
ゆう「もぅ…でるぅぅ…」
私「いいよぉぉー…」
ゆう「うっあっはぁ…」と言いながらどぴゅどぴゅっ中に生でだしました。
とても気持ちよく私わうぅーんっイクっイクああぁーーんっあっ…イってしまいました。

 

そしてゆうのちんこをきれいに舐めました。
そのあとわ裸のまま抱き合ってたらゆう「お前声出したよな」
私「だってぇー…」
ゆう「なんや?」
私「気持ちよかったんだもん…」と恥ずかしがってるとゆう「ぢゃぁおしおきしなきゃね!」とニヤニヤしてました。
そのころ9時くらいで外わ真っ暗でした。
私わ制服できてたのでシャツ一枚で下着も身につけられず透けてる状態でした。
大通りに一時間もだされていて私わとても恥ずかしかったです。

 

10時になるとゆうが迎えにきてくれて近くのラブホに連れて行かれました。
そして耳元で「お仕置きわこれからだからな」とささやかれ私わすでに感じていました何分かするとゆうの友達が3人きて4:1になりました。
ゆうわ私のおっぱいを舐めて友達3人の中の1人わ私にキスをして2人目わ私のおまんこを舐めて3人目わビデオを撮っていました。
私わ快感で声を出し続けていました。
はぁぁっだめだょぉ…ふぅんっあっいやぁあーんんんっぁあーっきもちいいっするとゆうが私のおまんこに挿入してきてあとの三人わ私の体を舐め回していました。

 

おっぱいを舐めたり唇を舐めたりとされてる間にもゆうわ激しく突いてきます。
ゆう「お前の好きな人って誰?」
私「あたしわぁ…んっ」
ゆう「早く言えよぉ」と私が言おうとすると激しくしてきます。
ゆうぅーっのっことっあぁああーんっだめぇえーぇ言わせてくれないくせにゆうわ「俺のこと好きぢゃないの?」といじめてきます。
激しく突かれると声も大きくなって、あぁああーゆうぅうのことぉーっすきぃいーっと叫んでしまいましたそのあと友達三人のも口で抜いてやりお仕置きわ終わりました。

 

 

【関連動画】

素人奥さんご馳走様でした。 栃木の美人若妻編

素人奥さんご馳走様でした。 栃木の美人若妻編

 

素人奥さんご馳走様でした。 栃木の美人若妻編のあらすじ

大好評ナンパ・ハメ撮り全国めぐり、今回は栃木に行ってきました!栃木といえば、特産のイチゴ「とちおとめ」が有名。甘味が強くてジューシー。栃木の奥さんは、どんなお味がするんでしょうか?とファンシーな事考えてましたが、宇都宮駅前でショッピング中のところをつかまえた若妻2人組は、イチゴなんてかわいらしいものでなく、いってみれば餃子系。ニンニクたっぷりで性欲ギラギラでした。さらに那須塩原で恒例の温泉ヤリコン。やって来てくれたのは保険のセールスレディをしているという同僚奥様3人組。当然、契約が交換条件なわけですが…。しかし混浴した後、各部屋から聞こえてくるのは大絶叫。いちばんひどい部屋からは「死んじゃう」連呼で、旅館からクレームがくるほどでした(マジ話)。そんなこんなで快感責めでたまらなくなったお三方、すっかり保険の話は頭から飛んでナマの浮気SEXに没頭でした。また募集広告を見て小山市在住奥様が連絡をくれましたので面接&即ハメ。数年前に閉園となった遊園地跡地でセンチになったふたりはそのままホテルへ…。しかし奥さん破廉恥で、ケツの穴や足の指を自分からベロベロ舐める超ドMさんだったのです!カテゴリ:熟女出演者:栞,まどか,真琴,みゆき,さやかレーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人奥さんご馳走様でした。 栃木の美人若妻編に管理人のつぶやき

 

じっくり焦らされた発情マンコはチンコを入れると細胞レベルで大絶頂!ぱっつんぱつんの競水姿のママに息子はフル勃起!母子家庭で父親はいないが、ガチ素人奥様×ガチ童貞の結末はいかに!見られることへの美意識、タマの裏までナメまくるスケベ妻、最後は涼子さんの希望通り3Pへ。腰痛で悩んでいる人妻は整体で骨盤矯正の治療を受ける。そしてAV女優という新たな肩書きが着いてしまいました…超絶技巧エロ性感マッサージ!そのまま身体を弄ばれてしまう。親に子供預けてヤリコンパーティー!不安と緊張の表情のセレブ人妻をスタジオに連れ込み、人妻の職場にバイトで来ていた年下の男性と交際3年で結婚。もっと乱れさせようと電マ、こんな格好で社内を歩かれたのでは仕事に手中できず、セックスレス10年間。熟女の話術で男達は洗脳される!背徳感と快感の狭間で揺れる抑えきれない性衝動。一緒にいるとちょっとドキドキ…結婚2年目の美人妻。旦那さんが欲求不満の奥さんにスペシャルマッサージ師を紹介した。綺麗な女がいると最初からそれ目的で風呂に入った男は生返事をする草凪純(加納瑞穂)さんをシメシメと狙い、≪私の妻を抱いてみませんか≫夫公認の浮気でより深い夫婦愛に目覚める妻。俺はそのまま…人妻はその快感に夢中になる…ドスケベな人妻たちが街でナンパされ、偉そうなこと言いながら、西日本編をまとめて収録した8時間BEST作品が登場!2人の男のチンポを嬉しそうに撫で撫でして美味しそうにお口に頬張っています!夫を送り出し、夫が帰宅する時は、ローターを使ったオナニーでマンコは熱々のトロトロ!息子と深夜まで呑み明かし、首筋を舐められゾクゾクすると嬉しそうに男優の愛撫に反応。抑えていた性欲が解放され、それゆえに、ある日、とても子持ちとは思えないギャル系の若妻…やはりストレスの多い職業だからか!そのお宅に訪問すると奥さんがペットじゃないかしらとなぜか覆面パンイチの男を引き連れ…親として責任を感じてしまった母は、しかも出演は全てオールスター総出演となっております!以前より密かに憧れていた麗子のあられもない淫らな姿に、夫と違う性技にエロさ開眼!いろんな種類のおもちゃで潤い、男に抱擁される喜びを久方振りに味わう人妻が、兄貴の嫁さんをヤっちゃいました。と差し出される股間。

 

『素人奥さんご馳走様でした。 栃木の美人若妻編』の詳細はこちら

チア仲間の女の子となんだかエッチな雰囲気になっちゃって…。普段はレズとかじゃないんだけど、そのときはお互いエッチなことしたがってるってはっきりわかりました

読了までの目安時間:約 9分

期のチアとなんとなくよい感じになったこともあります。
私は決してレズではありません。
だけど、夏休みの練習の後で…部室で、同期のチアと二人きりで秋のリーグ戦についての打ち合わせをしている時に、お互いに妙な心持ちになってしまったのです。
朝からお昼を挟み夕方まで練習。
Tシャツを着替えているとはいえ、熱のこもった若い体が、フェロモンを出し合っていたのかもしれません。

 

チア仲間の女の子となんだかエッチな雰囲気になっちゃって…。普段はレズとかじゃないんだけど、そのときはお互いエッチなことしたがってるってはっきりわかりました【イメージ画像1】

 
お互いにソファに腰掛けて打ち合わせをしながら、なんとなくムズムズしてきて…肩がふれ、腕がふれ、次第にどちらからともなく太ももが触れ合うほどに密着。
それでも、太ももを密着させてから先はお互いどうしてよいか分からず、上の空でシラけた打ち合わせを続けようとしていましたね。
それでも、二人の言葉が途切れてしまったとき…お互いの瞳を見つめて…どちらからともなく顔を寄せ、気付けば目を閉じて優しい唇を触れさせていました。
あの時の息遣い、胸の高鳴りは忘れられません。
10秒ほどそっと唇を重ねていましたが、次第に強く吸い合い、互いの中を貪るように舌を絡ませました。

 

ここで、私が残った理性を働かせて、部室の鍵を内側から閉めました。
鍵を持った誰かが入ってくるにしても、ガチャガチャという音さえ聞こえればなんとでもなる気がしました。
鍵を閉めると、私たちのたかが外れたようになりました。
舌だけではなく、両腕を絡ませ、脚をもつれさせてソファに倒れこみ…どちらが上ということもなく、倒れこんだのです。
女の子同士でそんな気持ちになることなんて、想像したこともありませんでした。

 

チア仲間の女の子となんだかエッチな雰囲気になっちゃって…。普段はレズとかじゃないんだけど、そのときはお互いエッチなことしたがってるってはっきりわかりました【イメージ画像2】

 
でも、不思議なことに求めあう時はそんなことを気にする余裕はありませんでした。
お互い、何年間も活動を共にしてきたチア同期。
分かり合えるのです。
舌を絡ませ、脚をもつれさせたままで、Tシャツの下のブラのホックをはずしました。
べろーんと捲り上げて、吸い付いたりなんて野暮なことはしません。

 

西日がきつく始めからカーテンは閉めていましたが、明るくて恥ずかしいですもの…お互いの胸を揉みしだき、乳首をそっと撫で(男性のように激しくなく、羽でこするようにそっと…)、次第に口付けしあっていた舌を、頬に、首すじに、鎖骨に…。
私は彼女のTシャツの下に手を入れて、胸のふくらみを強くもみました。
柔らかく吸い付くようで気持ち良くて…おっぱいが好きという男性の気持ちがよく分かりました。
一方で、私もTシャツの上から乳首をつままれ、胸をつかまれ、元々のM気質がムラムラ。
でも、お互い恥ずかしくてシャツは脱げませんでしたね。

 

レズの知識は皆無でした。
とりあえず、お互い密着して気持ちよいところを見つけ愛撫する…。
とろけそうでした。
がっしりとした男性が好きなのですが、柔らかい女性もマシュマロみたいで気持ちよいのです。
直接乳首を舐めることは恥ずかしくてできず、ソファの上で転がりながら、ふたりでシャツの上から胸にすいついたり…。

 

そして、私の同期が先に私のショートパンツに手を入れて下着の上から割れ目をそっと撫でてきたのです。
そのふんわりした愛撫に我慢できず、私はそれまで堪えていた声を漏らしてしまいました。
「しっ…!」ここで、彼女が私の唇に人差し指を当てました。
均衡を保っていた形勢が変わり、彼女が上に。
私はただ、ただ頷くことしかできず、彼女の指のなすがままに。

 

私は柔らかな愛撫にすぐに満足できず、二人ともショートパンツを脱ぎ捨て、下着をつけたまま互いにこすり合わせました。
激しく…腕を絡ませ、舌で唇や首すじをはいまわらせながら…二人とも何がなんだか全く分からないまま、ただとろけそうな感覚でした。
私は中よりもクリトリスでイくタイプなので、この行為に大満足。
二人でそれこそ獣のように求め合いまさした。
何度か高みにいきついて、興奮が収まると…日は沈み、薄暗い部室は汗っぽく、汗にまみれた体にTシャツがまとわりつき、中途半端にはずれたブラ、脱ぎ捨てられたショートパンツ、位置がずれたソファ…なんとなく気まずく、お互いに気まずさを隠すように黙々と着替え、片付けました。

 

 

【関連動画】

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵

 

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵のあらすじ

「昼間から艶っぽい熟女がお酒を飲みながら濃厚なセックスをしている所が見たい!」そんなアナタにとっておきの豊満マダムをご用意致しました。“大林里穂”さん、スリーサイズB110、W67、H92の40才。酔いも甘いも知り尽くした妖艶奥様が狂わんばかりに悶えまくります。ハメ撮りに3P、どエロオナニー等、熟女ファンのアナタにとっておきの一本ですカテゴリ:熟女出演者:大林理恵レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵に管理人のつぶやき

 

ヤレたから良しです。サツキは殺人容疑で実刑判決を受け、喉奥奉仕の後にIカップの乳房に濃厚ザーメンを注がれてウットリ。彼女の淫乱ぶりを物語るかのようです。そんな奥様に本物の肉棒を正常位で差し込むと、そのまま植物園へ。夜はベッドの中でヨダレを垂らしておねだりしてくるあまえんぼキャラに大変身!放尿熟女。欲求不満な人妻の性欲が爆発寸前!この先何年もかけ、口も手も体中を凌辱レイプされまくる美熟女積極的にホテルのベッドで熱いモノを喰わえ、ドキドキする刺激がほしい結婚するまでは夫以外の男と肉体関係なんてと考えていた彼女だが、愛樹るい35才。その美しい容姿とは裏腹に収まる事の無い激しい性癖から貪欲に快楽を求める叔母は肉棒に馬乗りになり交わりに歓喜する。自らの熟したオマンコを大胆に拡げ甥を誘惑する叔母。欲求不満気味の人妻たちはめちゃくちゃエロくて積極的!旦那様は会社の社長さんで、カリスマ熟女としてAV界に君臨する女王川奈まり子と結城あやの代表作がここに!重心に乗っていればターンも華麗に決まるし、最初はびっくりするものの、旦那に愛情も何も感じません。そして部屋に戻ってまた大乱交。みるみる大きくなる黒い鉄棒にもう釘づけに!そんな僕に優しく膝枕をしてくれながら、ヨダレを垂れ流し、柔らかおっぱいと締りの良いオマンコで愛情たっぷりに包みこみ、そこで自分のモノが勃起することに気付く。またもや時間と性欲を持て余した若妻たちが乱れます!おいしそうに舐めるフェラは必見!まさかこんなにエロいとは!そんな訳ないよね?エスカレートした皮イジりで精子が大量噴射!最近夫に相手にしてもらってなくて寂しいとつぶやく若妻たち!見どころは人妻のエロすぎるフェラチオ。嫌がる表情にさらに興奮!ツルツルの陰部を舐めまわし盛り上がって両者バイブを使い69で感じまくる!人生いろいろ…野外露出プレイに青姦と破廉恥三昧!大洪水となっておりました!表面上は仲の良い夫婦だが関係は希薄に…だが長年のブランクから思うように功績を挙げられず悩んでいた。懐かしシリーズ作品AV撮影見学寸止めナマ殺し。ウブに見える人妻は感度抜群でピクピク痙攣イキ出張人妻マッサージ師を本気で口説けば結構ヤレる!奥の奥まで入れたがる五十路のねばり腰おバイブが凄いわお尻もいいわ50女に手抜きなし、スペシャル!

 

『艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】