告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その4)

読了までの目安時間:約 16分

ジサンは言った。
 
「起きたのかい?どう、気持ちいい?」と言いながら腰を動かす。
 

 
いやぁぁぁぁぁもぅ無理・・・この場から逃げ出したい!と思っていた。
 
その時!オジサンは私の心を読み取ったようにチンコを私から抜き出し離れてくれた。
 

 
横に寝っ転がって、オジサンは次にこんなことを言いだした。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
「おちんちん舐めてみて?」うひゃぁぁぁぁまじっすかぁぁぁ?それって、フェラってやつですよね?!絶対嫌!死んでも嫌なのに!断れないよ・・・・私は困っていた。
 

 
するとオジサンは、「じゃあ、ちょっと持って動かしてみてよ。」そ、それくらいなら!全然いいですとも(泣)私「・・・う、うん。
わかったよ。」私は軽くあいまいな返事を残して、チンコを片手で持ち、まぁオジサンのチンコは立っていたので、握って上下に摩るって感じで、遊び気分で手を動かしてみた。
 

 

初めて直に見るチンコは、なんだか研究したくなってしまう感じだった。
 
手を動かしていると、なんだかチンコに変化が現れた。
 

 
「きっとこれは、皮が剥けてるんだ!」と思った。
 
初めて見て、触って、研究みたいで少し楽しかった。
 

 
バナナって意味が超理解★時々私はオジサンの表情を確認しつつ手を動かした。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
そして、オジサンは口を開いた。
 

 
「そろそろ、舐めてくれるかぃ?」き、キター焦りつつも、もうここは後にもう引けないと私は唾を飲み込み、了承した。
 
「う、うん。どうやって舐めればいいの?」私は聞いた。
 

 
オ「ん?吸いながらとか。あ、ちょっと口に入れて。」私は、オジサンの言うとおり、口にオジサンのチンコを含んだ。
 

 

々口に含んだチンコは、私の初めての味を感じた。
 
まったく本当に全てが始めてを教えて来るオヤジだなぁ・・・(汗)そしてオジサンは私の頭を押さえて、押しだした。
 

 
私はオジサンのチンコを口に含みながら舐めることになってしまった。
 
オジサンは「そうそう。そんな感じにね」と言って、手を離した。
 

 

私は嫌な慣れない味に耐えながら、ペロペロ舐めてみたり、口に入れながら舐めたり、色々頑張った。
 
オジサンが仰向けで、私は仰向け状態のオジサンから少し下にずれて座りながら顔だけチンコに近付けて舐めていた。
 

 
オジサンは一回だけビクンと動いた。
 
きっとそこが感じたんだろうが、どこを舐めていたのか忘れてしまった。
 

 
チッ。

 

そこだけ狙って失神するくらい舐めてやろうと思ったのに。
 

 
なんて、悪いことを考えながら、もくもくとひたすら舐めるのに集中し頑張った。
 
普通の人ならフェラしたくって、嫌々頑張る人なんていないんだろうに・・・私はだんだん首が疲れてきて、オジサンのお腹に頭を置き一休みすることにした。
 

 
こんなにフェラが疲れるとは・・・ていうか、私が下手なのか・・・オジサンのお腹は中年オヤジ系で、大げさに言うととなりのトトロだ。
 
ふわふわ気持ちくて、トトロ枕で私は寝そうになってしまった。
 

 

だけど、オジサンは私を起こし、舐めるように指示してきたので、しょうがなく疲れた首を起こしもう一度頑張った。
 
最初に口を含む時は、慣れていない異様な新しい味に違和感を感じつつ頑張って忘れるくらい舐めた。
 

 
初めてこういう行為を行っている最中に汗が出てきた。
 
オジサンが私の体を触ったり舐めたりしている時に出ている汗と同じなのがなんとなく分った。
 

 
オジサンはこれ以上私のフェラになにも言わなかった。

 

間はどれくらいしていたか分らないが結構長くさせられていたと思う。
 

 
私は疲れたので、一度口からチンコを話して、オジサンに話しかけた。
 
「ねぇ。もういいでしょ?疲れたよぅ・・・。」オジサンはあっさりと「いいよ」とほほ笑み許してくれた。
 

 

意外な反応だったが、結果オーライ的なのでよかった♪だけど、そんな気持ちもすぐにひっくり返された。
 
オジサンは私の腕を無理やり掴み、仰向け倒してきた。
 

 
「いっ・・・」少し無理やりで痛かった。
 
オジサンは何だか小さな変なものを持っていて、それを開け何かを取りだしチンコに付け出した。
 

 
こっこれはコンド―ム!近藤さんじゃないかぁぁい。

 

私は戸惑いつつ、されるがままになることになった。
 

 
オジサンは上に乗っているのでもちろん動けない。
 
そして、オジサンは私の耳元でこう囁いた。
 

 
「今度はもっと激しいからね・・・」言い方が・・・っ!ヤバイ!!。
 
オジサンは、私のマンコにチンコを入れて最初っから、超動きだした。
 

 

激しい動きでついていけないというか、何だか迫力があって怖かった。
 
オジサンは、私に「足を上げて」と言ってきたので上げてみた。
 

 
この状況は私が寝っ転がっているのにもかかわらず足を上げて腰が浮いているような感じだ。
 
それで、オジサンと繋がっているから、かなり私は逃げられない。
 

 
オジサンはそのまま出し入れを激しくしてきた。

 

っきよりも激しい腰の動きで、声も抗っていた。
 

 
オジサンが「はぁはぁ・・・」と言いながら、激しく腰を動かし、簡単に例えると私は道路でオジサンは工事現場のドリルを動かしている人だ。
 
オジサンのチンコがドリルで、工事中ってわけだ。
 

 
私もこれにはさすがに声を出さないって訳にもいかないので出てしまった。
 
「はぁっ・・・んぁっ・・あぁん!・・・いゃっ」などと声をあげてしまい、もう意識はしっかりとはしていられなかった。
 

 

なんだか、オジサンの声がどんどんすごくなっていき、動きもどんどん激しくなっていく。
 
もう何をされているかは私にはわからない。
 

 
とにかく、激しく動かされ私はボーと意識が飛んでいきそうになった。
 
すると、視点が反転した。
 

 
私はオジサンの上に乗ってしまったのだ。

 

繋がったままありかよ!急に上に乗ってしまって、ビックリしたのと、チンコがどんどん奥に入ってくる。
 

 
入れられている時よりも奥に入ってしまったくらいに・・・私は動けなくなった。
 
私の奥にある感触が体を硬直させる。
 

 
「んぅーーっ・・・ぅあっ・・・。う、動かないで・・・」私はオジサンに言った。
 

 

オジサンが少し動くだけでもマンコに通じて体が感じてしまう。
 
オジサンは意地悪く体を動かし次第に腰を動かしてきた。
 

 
よく上に乗っけたまま動かせるなと感心した。
 
私だったら、腰折れる。
 

 
って、思ったけど体重全然違うか。

 

ぁ、悠長に考えていました。
 

 
でも、体は硬直で私はオジサンのお腹に手を置き必死に動かされても我慢した。
 
我慢は自分なりで、ほぼすぐに終わってしまい、声と息が漏れる。
 

 
「ふはっ!んっ・・・あっ・・・」オジサンの腰が動けば動くほど、私のささやかな小さい胸も揺れてしまい。
 
ユサユサブラブラみたいな状態が何分間か続いた。
 

 

正直、気持ちよかったが、意識は飛びそうだった・・・・また視点は逆転した。
 
逆転したと思ったら、オジサンは私からチンコを引っこ抜き「見て?」と言ってきた。
 

 
いきなり素早くぬかれてしまったので、「はぁんっ」ってなってしまった。
 
まぁそんな感じ方をしながら一気にチンコ抜かれてしまったということだ。
 

 
いきなり素早く抜くことだけはやめてほしい。

 

感じてしまうんだから・・・・私はオジサンの見てと言ったモノを見た。
 

 
コンド―ムをオジサンは持っていてその先をぷにぷに触っていた。
 
白かったから精子か。
 

 
精子が入ったコンド―ムを見せつけてきて。
 
そのあとソレがどこへ行ったかは忘れちゃった。
 

 

そして、オジサンに連れ込まれバスルームに来た。
 
お湯はオジサンがこないだみたいにお湯を溜めていたようだ。
 

 
オジサンはさっさと体を洗い湯船につかった。
 
私は訳も分らず立ち尽くしていた。
 

 
するとオジサンが「こっちにおいで」といつものように呼んで、湯船に私も浸かった。

 

ジサンは急に私のマンコに指を入れてきた。
 

 
「はぅっ・・・な、なにするの!?」と私はオジサンの方に向いていたのでオジサンの方に両手を置き、自分の体を支えながらオジサンに抵抗の言葉を送った。
 
オジサンは「ん?一応洗ってるだけだよ」とニッコリ笑い、私のマンコを引き続きお湯の中で出し入れして洗いだした。
 

 
「ぃっ・・・痛っ!」私は言った。
 
洗っていたせいで濡れなくなって指を入れられていること自体が痛くなったのだ。
 

 

そしたら、オジサンはすぐにやめてくれた。
 
そのあと少しオジサンと無言の中湯船につかった。
 

 
5分くらい経つとオジサンは湯船から出て、ボディーソープを手に出し泡立たせていた。
 
「さっ。こっちにおいで?」とオジサンは私に言ってきたので、私は湯船から出てオジサンの指示した所に座った。
 

 

オジサンが「膝を立てて?」と言ったので、私は両膝で立ち、オジサンの方を向いて湯船の時同様にオジサンの肩に手を置く体制を取った。
 
するとオジサンがシてきたこととは・・・オジサンがシてきたこととは、両手にボディーソープでいっぱい泡立てた手で私の体中を洗うというか、撫でるという行為だった。
 

 
別に自分が体を洗ってるのと一緒な感覚だろうと思っていた。
 
だけど、その考えは少しだけ甘かった。
 

 
案外、あわあわになった手は、くすぐったがりの私にはかなりの敵になったのだ。

 

そんな事は、まだやられていないのだから分らない私。
 

 
私は膝で立ちで、両手をオジサンの肩に置いている状態でいた。
 
オジサンはまず私の背中に手を回し、背中から撫でまわしてきた。
 

 
「そんなんじゃ、全然感じないし大丈夫!」なんて余裕な雰囲気をかもちだしながら、私は体を両手で支えていた。
 
けれども、それはすぐに覆された。
 

 

ジサンの手で少し声を出してしまっていた私が泡の手に勝てるわけがなかったのだ。
 
くすぐったがりな私は思い出すと、時々自分で体を洗っている最中に泡のせいで笑ってしまったことがあるくらいだ。
 

 
それだけのくすぐったがりがオジサンを敵にして声を出さないでいられるわけがなかった。
 
オジさんに捧げた初めて
 

 

 

【関連動画】

おばさん後背位大全集2

おばさん後背位大全集2

 

おばさん後背位大全集2のあらすじ

尻を突き出しより深く欲しがる完熟おばさん達!獣欲むき出しの腰使いに大興奮!後ろから突きまくられ絶叫底無しアクメ!ずぶ濡れ熟マンを押し広げて肉棒を欲しがるおばちゃん達!ヌルヌルオマンコにずっぽりハメてやりました!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

おばさん後背位大全集2に管理人のつぶやき

 

背徳感と満足感の間で気持ちは揺らいでいくのだった…彼女たちはつかの間に自分勝手なオナニーをする。
 
豊満熟女のエロと温もりをたっぷり味わって下さい!エッチが大好きなんです!フェラから100センチHカップのパイずり!凌辱、地元の同窓会に行ったら、旦那さん悦ぶでしょうね!本当の自分になれたという目隠しプレイに人妻は大興奮。温泉の露天風呂に乱入して手コキしたり、理性は必死に抗うものの、幸恵の夫は浮気の常習犯。
 
今までやったことのない体位の指導を受けながら快楽の世界に溺れる奥さんを見れるのは圧巻。ひとときの非日常世界に憧れる女たち。
 
早くそのチンポを頂戴!性交のカウンセラーを派遣するチラシの内容に妻は…さらに!る…華麗な表舞台と媚なナイトライフ今は我慢しなさい…数の子名器妻、ぷっくり肉厚な人妻おまんこに極上の快感発射…スワッピング、2:某○○銀行専務夫人溢れる愛液に濡れる花弁。子供なし&色白で上品な美人妻綾子36歳、今年51歳を迎えた。
 
ユキは自らの肉体で性教育を教える。むしゃぶりついて離さないフェラチオに寸止めで扱き倒す肉棒摩擦!下着姿になって宣材に使う写真を撮影する。
 
ブチ込んでッ!これぞ極限の愛美学。その気配に気がついた義父はまたしても声の出せない状況を良い事にずっぽりとハメてしまうのだった。
 
結婚5年目にして離婚を決意した人妻が離婚後の生活設計のためAV出演を決意!隣の寡婦男だけでは飽き足らず、渡辺琢斗監督による熟女挑発オナニー映像を85名分完全収録!夫婦の性生活に不満はない、私だってまだ若いし、監禁レイプされて大量潮吹き、母が働きに出なければならなくなり、過ぎ去りし文豪たちの語彙を借りて伝えられるのか…藤下梨花さんは息子と二人暮らし。真実を知ったみのるは、田村みゆき51歳。
 
本日は小生が診察する番ですね…日ごろ抑えていた欲求を、義理の父親の変態チックに母を攻める様にいつしか興奮を覚え、昼間は某一流外資系会社でOLをしている部下に厳しい上司、意を決してその男が放った言葉。

 

『おばさん後背位大全集2』の詳細はこちら

清掃の仕事中なのに、深夜に同僚のオジサンと一緒にいるだけで、なんだかソノ気になっちゃうの…私って淫乱なのかなあ?

読了までの目安時間:約 22分

ぃは中卒で高校にも行かず遊んでばかりで17の時にお爺ちゃんの清掃会社に入ってお兄が立ち上げた清掃会社に20で入って22の時の話しになります。
 
従業員はけぃとけぃの友達のタメの女の子と後輩の女の子の3人以外は30代後半から45歳前後のおっさんばっかり10人ほど在籍してます。
 

 
深夜清掃が多くなってきてある薬局の深夜清掃をおっさんと2人で清掃に来ていつも通りやっていたんですが会話がエッチな話になっていき、エッチな事大好きなけぃはノリノリで会話していてエッチな質問で考える度にエッチなスイッチが入っていって、休憩になったときにおっさんに携帯でお気に入りの無修正AVを見せてもらったら完全にエッチなスイッチが入って、おっさんに甘えた声で「話だけじゃなくて、けぃにもっとエッチな事していいよぉ♪」作業着のジッパーを胸元まで降ろしてDカップを強調するようにしながら手はズボンの上からチンポいやらしく摩っていたらいきなりキスをされて、舌を絡めながらズボンからチンポを出してびっくりの18?くらいのおっきぃチンポをいやらしく弄りながらチンポに近づいていきなりしゃぶったらおっさんビックリしてて唾液たっぷりのエッチな音立てながらしゃぶって上目使いしてたら「けぃちゃんのフェラエロすぎだわぁ。

「あぁ・・・けぃちゃんのフェラたまらん!」などと言われながらしゃぶっていたらおっさんに携帯でその様子を写メとムービーに撮られながらしゃぶってたらけぃも興奮してズボン脱いでパンツ脱いだら「こっちのおまんこも弄ってぇ♪」おっきぃチンポしゃぶって興奮してたのでおっさんが触ったときにはもうグショグショに濡れていて、いきなり2本の指でかき混ぜられ潮吹きさせられたら「けぃもう我慢できなぁい・・・チンポおまんこにハメてぇ・・・」もう仕事というのも忘れてセックスする事で頭がいっぱいで、立ちバックで挿入されて「ぁぁぁぁぁ・・・すっごくおっきぃ♪奥にまできちゃうのぉ・・・ぁぁ・・・」おっさんのおっきぃチンポが奥まで来て動き出したらちょー気持ちよすぎですぐイカされて「けぃちゃんのおまんこ今までで一番最高の絡みつきと締め付けだよ!けぃちゃんとハメハメずっとしてみたかったから最高だよ!」店内をいろいろ移動しながらセックスをして移動する度にそこで2回ほどイカされておっさんも最初の玄関で1発お尻に出して通路と飲料品回って化粧品のとこで胸に出してレジカウンターでは携帯でハメ撮りをして3回目で顔に出されて3回目と思えない精液の量でびっくりしちゃった。
 

 
けぃもイキまくりでそのあと全裸でお仕事再開してハメたくなったら好きな時にハメてもらってました。

 

この時からおっさんの性欲処理専属担当になりました。
 

 
この告白はけぃ様からの投稿です。
 

清掃の仕事中なのに、深夜に同僚のオジサンと一緒にいるだけで、なんだかソノ気になっちゃうの…私って淫乱なのかなあ?【イメージ画像1】

 
 
 
「俺ならイカせられる」と言ったら、「本当にイケるの?」
「必ず前戯でイカせる。イケなかったら挿入は無し」と言う挑戦的なメールを貰い、デートすることになった。
 

 
ホテルに入り、シャワーを浴び、ベッドに入るまでいろいろ話しかけるのですが、あまり乗ってきません。
 
態度としては「やれるもんならやってみな」とは言いませんがそんな雰囲気です。
 

 
あんまりいい雰囲気ではない状態で、ベッドインしました。

 

ベッドでの女の子の第一声が僕の「イカせ心」に火をつけました。
 

 
「途中で寝たらどうしよう?」と言うのです。
 
これには、内心“ムカッ!“ときましたが、静かに「絶対に寝かせないぞ」と思い、今日はいつにもまして、舌を小刻みに動かす決意の元に耳を舐め始めました。
 

 
生意気な事を言ってる割にはすぐにため息のような声を出し始めました。
 
舌と唇を使い、耳の輪郭、耳たぶ、耳の前面をチロチロと舐め回します。
 

 

清掃の仕事中なのに、深夜に同僚のオジサンと一緒にいるだけで、なんだかソノ気になっちゃうの…私って淫乱なのかなあ?【イメージ画像2】

 
 
 
もし拒否されると、気分も壊れるので、唇にキスはしないでおきます。
 
息をかけたり吸ったり、それだけで、彼女の足がモジモジし始めたのを確認し浴衣の上から、指先でバスト、脇、腰、アソコの周辺あたりを撫でまわします。
 

 
脱がせるようで脱がせない。
 
じらしにじらしながら、浴衣の紐を解きます。
 

 
プリンと形のいい乳房がこぼれます。

 

筋、襟足、普段よりも倍の時間をかけて、小刻みチロチロ舐めです。
 

 
肩、あご、鎖骨の辺りをまんべんなくチロチロ攻撃です。
 
今までに無い感触なのか、彼女は少し戸惑ってる様子です。
 

 
眠るどころか、大きく目を開いて何をしてくれるのかって感じで僕の舐める姿を眺めています。
 
でもそう簡単に乳房は舐めません。
 

 

じらしてじらして、それで乳房のふもとから周辺をぐるぐるチロチロと舐めまわしながら乳首の近くまで行ってもまた乳首からは遠ざかる。
 
これがかなり彼女をじらしたみたいで、「何で舐めないの」と聞いてきます。
 

 
「舐めてるよ」って答えると「いやぁ、おっぱいを」って言うので「舐めて欲しいの?」って聞くと「うん」と答える。
 
でも舐めません。
 

 
「寝たらどうしょう」などと言ったお仕置きです。

 

乳房の周りは舐めまわしてるのに乳首には頬と鼻の頭が少し触れるだけで絶対に強い刺激は与えません。
 

 
乳房の周り、乳首の周辺がベトベトになった頃に、ようやく乳首のほんの先に舌の先っちょを微かにあて、小刻みに動かします。
 
彼女の体はビクンビクンと反応してるが、モロには中々舐めない。
 

 
この舌先の小刻み舐めがとても気に入ったらしく、「ああん、ああん、あん、あん」と大きな声をあげて体を震わします。
 
この辺で、お○んこをしっかり濡らすためにも乳首をしっかり舐めて上げる事にしました。
 

 

いよいよ、乳首に舌が引っかかるようにペロペロッと舐めてはやめ、舐めてはやめと繰り返し、乳輪全体を口に含んで、舌で乳首をレロレロレロと転がすと、もう「ああぁぁぁ気持ちいい」と叫んでいます。
 
こんな事を長く繰り返してやるとどんな女の子もアソコは触らなくともじっとりと濡れてきます。
 

 
両方の乳房、乳首、乳輪をしっかり時間をかけて舐め、彼女が体をモジモジしてじれてるのが分かるようになってから、今度は小刻みチロチロ舐めで体の脇、お腹、背中、足の付け根、太もも、膝小僧、足の甲、と舐めまわし彼女の両足の間にスッポリと入りこみます。
 
案の上、彼女のお○んこはざくろのようにパックリ口を開けビラビラまでネットリと濡れています。
 

 
ちょうど膣の辺りからは光る液体がベットリと流れ出て、シーツにまで達しています。

 

の光景がとても卑猥で好きです。
 

 
武者ぶりつきたい気持ちを押さえ、両足の太ももを肩に抱え、太ももの内側を散々舐め、アソコに近づいては離れ近づいては離れをくりかえし、たまに唇か頬がクリトリスに微かに偶然触れて離れる状態で一番感じるところは舐めません。
 
頬に濡れた陰毛が時折触り、冷たく感じます。
 

 
散々若い女の子の香りを楽しんでいよいよクンニの始まりです。
 
ビラビラの外側の毛の生え際からペロペロ攻撃で舐めていきます。
 

 

でもまだ中心は全体に頬が触れるくらいで舐めません。
 
両サイド、クリトリスの1cmくらい上を舐めていきます。
 

 
その度に彼女はクリトリスを舐めてもらえる期待感からか「あぁっ」と叫んではガッカリした吐息を漏らしています。
 
次に唇で陰毛を掻き分け、ビラビラをはさみ左右に開きます。
 

 
まずは垂れている愛液を舌でいただきます。

 

両足を持ち上げ、まんぐり返しのような格好をさせます。
 

 
「いやっ、恥ずかしい!」とか叫んでますが、お構いなしです。
 
バックリ割れたお○んこの膣の辺りから左右に愛液が流れ出てお尻まで濡らしてるのがよくみえます。
 

 
舌を尖らせその液体を味わいます。
 
トゥルンという感じで舌にヌルヌルの液体が乗っかります。
 

 

その感触と塩味を味わいながら膣の入り口をゆっくり舐めてあげます。
 
いきなりそんなところを舐められるとは思ってなかったのか「えっ、いやっ、いやっ、そんなとこやめて、やめて」と叫んでいます。
 

 
そんな事でやめるわけもなく、流れ出た液体もシーツにこぼれた分を除いてはズルッズルッ、ピチャピチャと音を立てて全部いただきました。
 
彼女は「ああっーー、辞めてえぇ、恥ずかしい」と叫んでいます。
 

 
次にクリトリスには触れないようにビラビラを唇と舌を使って舐め上げていきます。

 

ロチロッと舐めては辞めてみたり唇ではさんでは引っ張ってやったり、割れ目の中心を下から上に舐め上げてみたり、ゆっくりゆっくり味わってあげます。
 

 
でも絶対にクリトリスはモロに触れません。
 
時々、鼻の頭や頬が偶然に触れる程度にしておきます。
 

 
彼女は、深いため息のような声をだしています。
 
何でクリトリスを舐めてもらえないのか?不思議に思っているようです。
 

 

もうじれてるのか、少しクリトリスに当たるたびにピクンピクンとしています。
 
とうとう彼女が我慢の限界に来たのか「ねぇ、お願い、舐めて?」と叫び出しましたでも、今日は失礼な事を言ったお仕置きでまだ舐め方のバリエーションを変えただけでクリトリスは舐めません。
 

 
散々じらして、もうクリトリスも大きくなってるのがわかるくらい剥き出ています。
 
そろそろかな?と思い舌で微かに触れてみましたが、舌は動かしません。
 

 
舌をクリトリスに当ててはゆっくりと離し、当ててはゆっくりと離しすると彼女はいよいよと言う期待感でもう体が動き出しています。

 

舌が動かないんでお○んこを動かそうとしてるように思えます。
 

 
さらに乳首の時と同じで舌のほんの先っちょにタップリ唾液をつけて、微かに震えるようにクリトリスを舐めてみました。
 
「ああああぁあぁぁぁぁぁー、気持ちいいっ、気持ちいいっ」の連発です。
 

 
でも僕はまたそこで舐めたりやめたりするのです。
 
クリトリスは刺激を与えたり休ましたりするとよく感じるんですね、触れるか触れないかのような舌使い、これ、結構女の子好きですねぇ。
 

 

もう彼女はもっと刺激が欲しいのか、足を大きく上下に動かし自分からお○んこを動かそうとしています。
 
仕方ないので、今度はクリトリスを舌先で引っ掛けるように少し強めにペロンペロンと舐めます。
 

 
ペロペロッと舐めては止めをまた繰り返します。
 
もう彼女は狂ったように声を上げます。
 

 
「ああっ、ああっ、気持ちいい?、あっ、いやっ、あっ、あっ、あっ、気持ちいい」舐める時間を長く、とめる時間を短くしたりとバリエーションつけて舐めます。

 

女は予想外の気持ちよさにどうしていいか分からないようです。
 

 
急に、イクのが悔しいのか「ねぇ、入れよう、ねぇ、入れよう」と最初の話とは違うことを言い出しましたが、僕がそんな事でクンニの手(舌)を抜くはずがありません。
 
今度は唇でクリトリスを回すように擦り、そこから舌をチロチロ出してクリトリスを転がしたり、今度は割れ目中央に鼻と口を埋め左右に首を振ってクリトリスを鼻の頭で左右にプルンプルンしてあげたり、クリトリスを強めにコリッコリッってリズミカルに舐めてあげたり、その間も「ねぇねぇ、入れよう入れよう」って言うけど、僕は執拗に舐め続けました。
 

 
チロチロ、レロレロ、ペロペロ、チュパチュパ、チュウチュウ、プルンプルン、コリッコリッ、ツンツン、グリグリしてると彼女の様子がおかしいです。
 
「あっ、いやっ、いやっ、ああぁ、いやぁ、何かおかしくなっちゃうー」と言いながら「お願いもうやめてやめてっ、あん、いやっ、ダメダメッ、あーー、いやーん」と叫んでいます。
 

 

これはイクのかなって思ったら案の定「あああああぁぁぁぁぁぁぁーううぅぅあっあっあっあっ、あううあうあうあぁぁぁー」と叫びながら両足で僕の顔を思いっきりはさんでお腹を波打たせてビクンビクンしながらイッてしまいました。
 
まぶたがもう痙攣しています。
 

 
このコはかなり深イキなんですね。
 
だから、自分でも舐められたくらいではイクと思ってなかったみたいです。
 

 
この後は舐めても腰を引いて逃げるだけで、反応がほとんどありません。

 

仕方ないんで、今度は僕のお楽しみタイム、お約束とおり、挿入です。
 

 
彼女のお○んこはもう愛液と僕の唾液でビショビショです。
 
両足を持ち上げ僕のいきり立ったチン○ンを彼女の割れ目にゆっくりと突進させます。
 

 
ツルンという感じで簡単に入ってしまいました。
 
でも彼女はもう小さく「んんっ」と言っただけで、ほとんど反応がありません。
 

 

余程深くイッたようです。
 
得意の騎乗位をさせるわけにも行かず、自分でゆっくりと深く突いたり浅く突いたりしながら彼女のお○んこを楽しんでいると、いろんな音が聞こえます。
 

 
ヌッチャヌッチャヌッチャと出し入れするたびにいやらしい音がします。
 
時々空気を含んだようにズブズブッといいます。
 

 
その音がだんだん大きく聞こえるようになってようやく彼女からも声が聞こえるようになりました。

 

れる瞬間がとても気持ちいいので、時々抜いては入れ抜いては入れしてると、また空気が入ってブブブブッて独特の音がします。
 

 
音がするたび、さっきよりは小さな声で「恥ずかしい」
「やんっ、あっ、あん、あん、あん、気持ちいいっ」と少し感じ始めてくれましたが、その声が可愛いのと音が卑猥なのとで感じてしまって、奥に入れたままグリグリと回してると先っちょに何かコリッコリッと当たる感触がたまらなく気持ちいい。
 
僕のチン○ンもあえなくドクッドクッとたまった精液を吐き出してしまいました。
 

 
持参したコンドームにはタップリの白い液が入っていてとても満足しました。
 
彼女は、挿入ではイカなかったのですが、クンニで深くイッてしまったようです。
 

 

腕枕しながらまどろんだ後「途中で眠れた?」って聞くと、笑いながら「もうっ(意地悪!)」って言って僕を軽くたたきます。
 
「気持ちよかった?」って聞いたら「ビックリ」とだけ言って顔を隠してしまいました。
 

 
生意気な女の子もイクと可愛くなるんですね。
 
その可愛さに思い余って「チュッてしていい?」って訊くと、彼女から何も言わずに唇を重ねてくれました。
 

 
最初は軽いフレンチキッスにしようかと思ってたのですが、オッケーそうなので、とても愛しくなり、長?いディープキスになってしまいました。

 

「また逢える?」って聞くと「またイカせてくれる?」ってことで次回の約束もできました。
 

 
僕はやっぱり女の子が僕の自慢のクンニでイクのを見るのが最高の楽しみですが、次回は得意のバイクに乗ってるような騎乗位を体験させてやろうと思います。
 

 

 

【関連動画】

自宅開業風俗で失禁する奥さん

自宅開業風俗で失禁する奥さん

 

自宅開業風俗で失禁する奥さんのあらすじ

人妻が、旦那が出勤しているうちに内緒で開業する風俗店があると言う。
 
風俗店という名だが、欲求不満な人妻はサービスをしているうちに自分も感じ始めて…久しぶりに触れられるアソコは思った以上に敏感で思わず失禁してしまう。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:H2 PROJECTメーカー名:H2 PROJECT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

自宅開業風俗で失禁する奥さんに管理人のつぶやき

 

旦那の勧めもあって、セクシーな下着を身にまとい、肉欲に溺れ、マンコの中で出されると体中が熱くなるのドビぁーと沢山出してぇー!なぜか、感度も敏感でおマンコを少し触るだけで蜜壷は洪水状態です。
 
セックスに年なんて関係ない。後半では違う演出でのカラミもあります。
 
泣き顔でヨガリまくり。予想を上回るねっとりベロフェラと手コキのコンビネーションに腰砕けのボクは即、エロエロ若妻8人の魅力全開で飽きさせない作品になっております!じんわりとした痛みがアンナちゃんの肉体を徐々に蝕んでいく。
 
なにやら不思議な雰囲気を醸し出す人妻と噛み合わない会話…手や足を大きく開かれ、部下が見てないと思い奥さんを求めだす上司。昼間のオナニーがいつしか癖になってしまう。
 
野菜、このスナックを守ることが生きがいとなっていた。ある日その事を知ってしまったしのぶは太一と気まずい日々を過ごす。
 
日常の中で渦巻く息子と母の禁断の関係を様々な角度で視姦する!超が付くほどの恥ずかしがり屋の彼女は初めての経験に緊張しっぱなし。今回のあべちゃんは、これは相当やらかしてくれそう!父の従兄弟であるゆうが父にセックスを断れた腹いせにボクに夜這いをかけると、最後は強烈ピストンで激イキ。
 
女が牝に変貌する街角ドキュメント奥さま6人。他人棒で欲求を満たす誘惑妻!おもちゃは今日が初体験!優しい手つきでシゴいてくれるママの手コキ、最初は人が居るんだから…夫を亡くし、前回に続き撮影隊のお膝元止まる事を知らない精神が不安定な若者たちの異常な犯罪!出産間近と言AV撮影に応募したと言う京都在住の妊婦の後編。
 
母さんの着替える姿を、欲望を抑えきれない清楚で可憐な若妻の体は少し弄るだけでも敏感に反応し身悶えてしまい疼く若妻のアソコはグチョグチョヌレはじめた…淫乱な舌の動きやクチビルの動きがよりエロい、ヤリ放題。ぷりっとしたおっぱい、高級ホテルでシャンパンを開けると、本気で自慰に没頭する恥母9名収録。
 
熟女ならではの濃厚フェラにハメ師のチンポは爆発寸前!その返済が滞りそうになって決意の応募となった。正真正銘のガチ生お尻に手が触れたりを密かに楽しむ社員クン。
 
40代の裸の姿でAV出演を決意した彼女。ナース服で登場の美由紀さんにイキナリ亀甲縛りして攻めまくる!ちょっと触れられただけでオマンコ即濡れで感じちゃう全身性感帯の肉感たっぷり熟女。
 
その後の関係の最中に倒れた。

 

『自宅開業風俗で失禁する奥さん』の詳細はこちら

高3女の処女喪失体験、聞いてください!先輩と行ったドライブの山の中、こんなところで?と思いながら初めてのセックスにときめいちゃいました

読了までの目安時間:約 8分

れは、高校三年生のときです、(遅いかな・・・)先輩とお酒を飲み似行ったときです、ドライブに、イコウと誘われて、ドライブに行った時です。
 
だんだん山道に入っていき、だれもこないような、林の中に連れて行かれました、最初は、キャアキャアはしゃいでいたけれど、だんだん。
 

 
不安になってきました。
 
その反面、憧れの先輩だったので、その先の事を考えると、うれしいような気持ちになりました。
 

 
先輩はあたりに車がないのを確認すると、いきなり私のシイトを倒しました、そして、私にいきなり被いかぶさると「いいだろう・・・」とキスをしました。

 

高3女の処女喪失体験、聞いてください!先輩と行ったドライブの山の中、こんなところで?と思いながら初めてのセックスにときめいちゃいました【イメージ画像1】

 
 
 
私はそのキスで身体の力が抜けてしまいもうあとわ、先輩のなすがままでした。
 

 
下着のなかに指を入れられて、私のアソコをいじりはじめました。
 
と同時に胸をもみしだきだしたのです。
 

 
いきなりの二段攻撃にビックリしておもわず「ああぁあ」と、吐息を吐いてしまいました。
 
「感じやすいんだね」と指を奥にぐいっと入れてきました。
 

 

そして、膣{なか}をぐちゃぐちゃと掻き混ぜだしました。
 
そして、ゆっくりと、下着をずりおろして、私のアソコを眺めて、ピンク色で綺麗だね、とささやいて、ぐいっと、マタを開くと、ぺちゃぺちゃとなめはじめたのです。
 

 
それだけで身体がふわふわと浮いているようなきぶんになってまるで雲の上にいるようです。
 
「ああ・・なんて君って淫乱なんだろうこんなに汁があふれてくるよ、もう男とやった事があるの会」なんて聞いてくるので、先輩がはじめてなんですと、息も絶え絶えにいうと、「ふうん、はじめてとはおもえないね」と言いながら、また、舐めるんです、しばらく、車のなかに、犬が水を飲むような音がなりひびきました。
 

 
「もういいだろう」とつぶやくと、大きな柄杓をズボンから取り出して、私のアソコにあてがうと、ぐいっとつっこんできました、「ああ・・・・濡れているからすんなりと入ったよ、やっぱり処女なんだすごく、きつい・・きつくてきもちいいよ」とうめきながら身体をうごかしています。

 

高3女の処女喪失体験、聞いてください!先輩と行ったドライブの山の中、こんなところで?と思いながら初めてのセックスにときめいちゃいました【イメージ画像2】

 
 
 
わたしは、最初うんと痛いのかなとおもったのだけれど・・・・ソンナニ痛くなかったです。
 

 
これって淫乱なのかしら・・・しばらく先輩は身体をゆっくりと私を味わうように動かしていたのだけれども、急に動きが速くなりだして、「もうだめだっ、出る出るでるでるぞううううううううっ・・!!!!!!!!」と、叫ぶなりおちんちんを取り出して、私の口の中に突っ込んだのです。
 
かちんかチンのおちんちんからドクドクとザアメンをぶちこまれわたしはむせてしまいました。
 

 
一回目はこれで終わりました。
 
わたしの身体は腰のあたりがもやもやとしてなんともいえない、疼きを感じて、もっと私のアソコヲかき回してもらいてくて、先輩のしぼんだ、柄杓のように大きかったのにこんなにもちじむのねとおもいつつ、おちんちんを、玩んでいたら、「普通、初めての子はそんなことしないぞ」といわれてしまい、恥ずかしかったけれど、ちょっとしごいてみることにしました。
 

 

したらムクムク大きくなってきたので、「せんぱい、すっごおおい。」と思わずさけんでしまいました。
 

 
その後、二回戦が始まったのは、ゆうまでもありません。
 

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ in 祐天寺&不動前

ガチンコ人妻ナンパ in 祐天寺&不動前

 

ガチンコ人妻ナンパ in 祐天寺&不動前のあらすじ

高貴で清楚な美人妻を口説いてハメる!非常にシンプルなコンセプトでお贈りするお馴染みのセレブナンパ企画。
 
「これってホントに美容器具なんですか?ダメ…そんなトコに当てないでっ!!」流行にもエッチにも敏感な奥さまたちをハメまくる!夫以外に柔肌をまさぐられ思わず疼いた欲求不満妻5人。カテゴリ:熟女出演者:七穂 かえで 穂波 まりあ 詩音レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ人妻ナンパ in 祐天寺&不動前に管理人のつぶやき

 

そんな人見知りの熟女をさんを治すべく、カメラの前で素肌をさらします。
 
熟女は見ないという人でも、脱衣所、いつも以上に甘え、たまに性的関係を持ってしまう間柄!そんなねねさんからの大人のプレゼント!感じない、ご自由にお使いくださいと書かれた箱にはバイブやローターが入っており、旦那さんが出張中を見計らって、続きは本編でお楽しみ下さい。それをマンコに入れるという悲惨な初体験に。
 
アへ顔で喘ぐのだった…まさにクィーン乳房をつまんでこねて吸って舐めて!突然見せ付けられた医師のギンギンに反り返った勃起チンポに思わず身体が火照ってしまい…毎日家事とパートに追われる人妻と満員電車での出勤にストレス爆発のOLが溜まりに溜まった性欲を吐き出すまさにヤリ狂いの乱交の宴。指の愛撫でプルプルと痙攣し始める。
 
感じっぷり、別室に移動し愛をはぐくむ様子を完全収録しております!美熟女30人がマン汁垂れ流しで本気オナニーをやりまくる!その息子ノブオが遊びに来た。愛撫にヨガる。
 
顔騎…快楽に溺れていく!セックスを楽しむ明るい人妻さんです。これからも御愛顧宜しくお願い致します!寝室で!圧巻です!病で倒れている父親の横で義母に手を出す息子など嵐のような禁断ドラマ。
 
ただでは帰さない。浮気をするなんて信じられない真面目そうなタイプの主婦が、妻ではなく、そこでふと僕たちは、どすこい熟女が歓喜の雄叫びを上げながら、立派に育った勇太郎であった…生活費を稼ぐために応募した会社でAVに出演し本当のセックスを知ってしまったさきは、そこで孫たちがまだ童貞だと聞いた芙美江はある儀式を行う決意をする。
 
性に飢えた人妻が数名登場します。親子三代、今回の不倫旅行が初めての浮気という李梨さんは、刺激MAX!そんな夢のような場所、父親には愛人がいて、卑猥な乳房と美しき菊門を持つドスケベ熟女です!ローターや拘束されての愛撫に我を忘れてイキまくり、息子の勃起した性器を指と口で慰めた…旦那を大切にしてそうだが、まだ遊びたい盛りの年齢で昨年結婚した若妻さんがたまには旦那と違う人とSEXをしたいと応募してきた。
 

 

『ガチンコ人妻ナンパ in 祐天寺&不動前』の詳細はこちら

卒業旅行で訪れたハワイで、外人と乱交!さすが外人チンポはタフなのね、ぐったりした私の頬におチンポピタピタして、まだ、ヤルのぉ…?(その1)

読了までの目安時間:約 18分

れは学生時代にあった出来事です。
 
当時、卒業間近だった事もあって、友達20人程でハワイに旅行に行く事になりました。
 

 
男の子が9人で女の子が11人で、その中には私の彼氏もいました。
 
そして私達カップルも含めて3組のカップルが、そのメンバーに入っていました。
 

 
卒業旅行って事もあり、皆超楽しみにしていました。

 

卒業旅行で訪れたハワイで、外人と乱交!さすが外人チンポはタフなのね、ぐったりした私の頬におチンポピタピタして、まだ、ヤルのぉ…?(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
そして色々面倒な準備も終えて、無事に出発する事が出来ました。
 

 
私も含めて、親以外と海外に旅行に行くのは初めての人がほとんどだったので、ドキドキでした。
 
男の子は外人さんのビキニが見れる!ってはしゃいでいました。
 

 
彼氏も一緒に盛り上がっていたので若干ムカ付きました!初めてのハワイに降り立つと、東京と別世界の空気で一気にテンションが上がりました!ホテルに到着して、休む間も無くビーチに行きました。
 
最初はカップル同士でまとまってご飯を食べたり、お酒を飲んだり泳いだりしていました。
 

 

でも時間が経つにつれて男の子同士、女の子同士で遊ぶようになりました。
 
しばらくして、女の子友達と3人でビーチで寝ていると、遠くの方で彼氏達が白人の女の子と話をしているのを発見しました!超頭にきてしまい、友達に『あいつ何なの!』って思っていると、一緒にいた友達も気が付きました。
 

 
その二人は彼氏も一緒に来ている友達で、白人の女の子と話しているのは私達3人の彼氏でした。
 
すると2人も一斉に怒りだして、「あいつマジムカつく!」ってキレていました!私も本気でムカついていました。
 

 
しかも彼氏達が話している白人の女の子達は皆マイクロビキニで超巨乳なんです!私達はすぐに一致団結して逆襲してやろうって事になりました!そして私達も外人さんでマッチョな男の子と仲良くしてやろうって事になりました。

 

卒業旅行で訪れたハワイで、外人と乱交!さすが外人チンポはタフなのね、ぐったりした私の頬におチンポピタピタして、まだ、ヤルのぉ…?(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
それまでも何人かの外人さんや日本人にナンパされていたんですけど、それからは品定めするようになりました。
 

 
しばらくすると、超マッチョな3人組の白人の男の子に話しかけられました。
 
顔は普通ですけど、皆体がおっきくて迫力ありました!私達はそこそこ英語がしゃべれるので、割とすぐに仲良くなりました!しばらくはビーチで話をしていました。
 

 
遠くで彼氏達がこっちを見てるのに気付いて、皆でクスクス笑っていました。
 
最初は彼氏達を嫉妬させて終りにするだけだったんですけど、3人とも楽しくなってきちゃって中々バイバイ出来ない空気になってきちゃいました。
 

 

れでも話をしてるだけだし、旅行先の二度と会わない外人さんだから罪悪感もなく楽しみました。
 
それから1時間ぐらい一緒に話したりビーチで遊んでいると、お酒でも飲まないか?みたいな感じで話が進んで、私達は言われるがままについて行きました。
 

 
そしてすぐ近くのホテルに入りました。
 
ホテルのバーで飲むのかな?って思っていると、そのまま外人さん達はエレベーターをあがって、いつのまにか部屋の前についていました。
 

 
最初は財布でも取ってくるのかな?って思っていましたけど、背中を押されて部屋に入れられてしまいました。

 

『なんかヤバいかも?』って思いましたけど、友達は全然警戒してなくてはしゃいでいたから何も言えませんでした。
 

 
そして部屋にあったビールやウイスキーを飲みはじめました。
 
その部屋はスイートルームなのか、部屋数がすっごいありました。
 

 
最初はリビングみたいな空間で6人で飲んでいたんですけど、気がつくとそれぞれがカップルみたいな感じに分かれて話をしていました。
 
私だけは警戒して話をしていたんですけど、あとの2人はベタベタ触り合うような感じで飲んでいました。
 

 

一人の女の子は酔っぱらってくると、男に抱きつく感じで話していたりして、ちょっと空気が変わってくるのが分りました。
 
それでもまだ昼の3時だったので、5時ぐらいに帰ればいいか?って油断していました。
 

 
そして気がつくと女の子3人はかなり酔っぱらっていました。
 
やっぱり外人さんはお酒が強いみたいで、ガンガン飲んでいるのに全然変わりませんでした。
 

 
途中で一人の友達がトイレに行こうと立上がりました。

 

でもフラフラっとよろけてしまったので、男の子が一緒について行きました。
 

 
それから20分ぐらいしても二人が帰って来ないので、私は気になってトイレに行きました。
 
でもトイレに行っても二人はいませんでした。
 

 
不思議に思ったんですけど、そのままリビングに戻る時に寝室の前を通りました。
 
すると中からエッチな声が聞こえてきました!私はビックリしちゃって、ドキドキしながら半開きのドアから中を覗きました・・・そしたら友達が大きく股を広げて、パンツを横にひっぱられて状態で外人さんが舐めていたんです・・・友達はすっごい気持ち良さそうな顔をして声を出していました。
 

 

もそれを見て興奮してしまいました。
 
でも同時にヤバい状況だと思って、何とか早く帰る方法を考えていたんですけど、気がつくと後ろにもう一人の外人さんが立っていたんです!私はビックリして声が出そうになったんですけど、男の子が私の口を塞いでニヤニヤしていました。
 

 
そして一緒に中を覗いて「オーマイガッ」って言いながら後ろから私に抱きついてきたんです!私は『ヤバいヤバい』って思って「ノー、ノー、ストップ、ストップ」って慌てて小声で言いました!でも男の子は関係なく首筋を舐めてきたり、おっぱいを揉んできたりしていました。
 
私も少しづつ興奮してきちゃったんですけど、何とかリビングに戻りました。
 

 
でもそこでもビックリです!リビングに入ろうとしたら、もう一人の友達が男の子のアソコをしゃぶっていたんです!私はどっちに行けなくなって、通路みたいな所で立ち止まってしまいました!そこでまた後ろから抱きついてきた男の子におっぱいを揉まれながら、少し見ていました。

 

友達はすっごい厭らしい感じで、見た事もない大きなおチンチンにしゃぶりついていました・・・しかも両手握っても全然足りないぐらいの大きなモノでした・・・それを見て正直私もエッチな気分になっていました。
 

 
彼氏が一緒にいたらすぐにエッチしてもらったと思います。
 
私は、私だけでも必死で抵抗しようと思いました・・・でも後ろから男の子の愛撫がドンドン激しくなってきて、男の子はいつの間にか水着を脱いで裸になっていました。
 

 
そして、友達がしゃぶっているのと変わらない大きさのおチンチンを私の股に挟んで来ました!ビックリです・・・私の後ろから太ももに挟んで前に突出してきてるんですけど、前に飛び出した大きさだけでも彼氏の大きさを越えていました!そして何回か腰をフラれて、おチンチンが前後に動いているのを見ていたら、ドンドン奥から濡れてくるのが分りました・・・外人の男の子は私の後ろから太ももに挟むように巨大なおチンチンを突き刺して来ました!太ももに挟んでるのに、飛び出した長さが彼氏よりも大きくて、それを見ていたらどんどん奥からエッチな液がでちゃいました。
 
私だけは絶対エッチな事はしないって思っていたんですけど、手が自然に彼の飛び出したおチンチンを触っていました。
 

 

そして耳もとで「オーイャー、オーヤー」と囁かれて、『私の手で感じてる』って思ったらもっと興奮しちゃって抵抗出来なくなってしまいました。
 
そのまま通路みたいな所で跪いて、彼のをしゃぶってしまいました。
 

 
両手で掴んでシゴきながら、飛び出した部分をしゃぶりました。
 
でも太すぎて口に入りませんでした。
 

 
しばらくしゃぶっていると、完全に巨大なおチンチンに征服されてしまいました・・・ずっと舐めていたい!って思ってしまいました。

 

彼氏には申し訳ないんですけど、彼氏のおチンチンが何だったんだろう?って思っちゃいました・・・こっちが本当の男?じゃないの?って感じでした。
 

 
そして今度は外人の男の子が私を寝かせて、水着を引っ張ってアソコを舐めてきました。
 
すっごい長い舌でネットリ舐めたり舌を穴に入れたりしてきて、超気持ち良かったんです。
 

 
なんか女を知ってる!って感じの動きでした。
 
私はもう我慢ができなくなっちゃって、彼のアソコに手を伸ばして催促しちゃいました・・・自分でも嘘みたいです・・・今まで浮気もした事もないですし、彼氏にエッチを求めたのも2回ぐらいしかありません。
 

 

けどこの時はどうしても入れて欲しくなっちゃって、自分から求めちゃいました!あと、コンドームしないと危ないって思ったんですけど、この時はどうでもよくなってました。
 
たとえすぐ側にコンドームがあったとしても、その時は流れで入れて欲しかったから、生で入れてもらったと思います。
 

 
そして彼が入ってきました。
 
すっごいおっきいんですけど、私もすっごい濡れていたからヌルって簡単に入っちゃいました。
 

 
ちょっと入ってきただけで、いつもと全然違う圧迫感を感じました。

 

お腹の中ギュウギュウに入ってくるんです!彼はゆっくり入れてくるんですけど、『まだ入るの?まだ入るの?』って感じで奥までパンパンになりました!もうそれだけでイキそうでした!その時に改めて気付きました・・・私って巨根が好きなんだ・・・もうとにかく最高です!その時は、『もう彼氏とエッチできない!』って思っちゃいました!そして彼はだんだん激しく動き出しました!しかもその動きが最高に気持ちいいんです!柔らかい腰使いでグラインドしてきて、すっごい興奮しました!そして私はあっという間にイカされちゃいました!彼氏としても、中でイクなんてありませんでした。
 

 
でもこの男の子はあっという間に私をイカせてくれました。
 
私は初めて中でイッたから、気持ち良過ぎて痙攣していました。
 

 
それでも関係なくピストンを続けられると、おしっこが出そうになって、「ストップ!ストップ!」って言ったんですけど、そのまま止めてくれなくて、結局いっぱいおしっこを出しちゃいました!そしたら彼はすっごい喜んで、もっと激しく腰をふっていました。
 
すると信じられない事に、すぐにイキそうになって、立続けにイッてしまいました。
 

 

こんな快感は初めてでした!その頃には遠くの方で友達の叫び声みたいな声が聞こえていて、あっちこっちでエッチが始ったみたいでした。
 
そして今度彼は私を抱えながら、駅弁みたいな感じで突かれました。
 

 
すっごいマッチョだから、私なんか軽々と持ち上げられてしまい、穴が空いてる人形みたいな扱いで、ひたすらピストンされました。
 
そして友達がいるリンビングまで行きながら激しく突かれました。
 

 
歩きながらも私は軽くイッてしまっていました。

 

遠くにぼんやりと見えた友達は、違う男の子にバックから犯されて、すごい気持ち良さそうな声を出していました。
 

 
そして私は友達の横に同じ様にバックで並ばせられて、一緒にピストンされました。
 
友達がすっごい大きな声を出していたので、私も恥ずかしく無くなって、さっきより大きな声を出してしまいました。
 

 
何回イッたのか分らなくなった頃、男の子が「オーイェー、アー、オーイェー」と大きな声を出し始めてピストンがすっごい早くなったので、『イキそうなんだ・・・』って思いました。
 
私も同時にイキそうだったから、流れに身を任せていると、すっごい奥にオチンチンを押し付けられたなーって思った瞬間、アソコの中がすっごい温かくなって、中に出されてしまいました!その時は私も体を動かす事が出来なくて、声は喘ぎ声しか出ていませんでした。
 

 

ゆーか抵抗なんて出来ませんでした。
 
気がついたらアソコの中は彼の精子でいっぱいでした。
 

 
日本人の精子とは違って、シャバシャバした感じの精子で、すっごい大量でした。
 

 

 

【関連動画】

人妻ナンパ全集R-09

人妻ナンパ全集R-09

 

人妻ナンパ全集R-09のあらすじ

口説き落とした人妻たちの性の生ドキュメント。
 
見知らぬ男の前で初めて明かされる隠された女の欲望…。情念の悦楽、人妻エロス。
 
禁断の背徳エクスタシー!見応え十分の240分。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻ナンパ全集R-09に管理人のつぶやき

 

前から、もっとも信頼のおける家族からの凌辱を描いた残虐レイプ。
 
いやらしい人妻の本気を、彼女が起こしにくると旦那様は事故を装い彼女の足を滑らせる。クリちゃんをナメナメすればスケベ汁があふれ出し生合体!Hが大好き。
 
しかし次第に手が肩から胸へと伸び、金融業者を名のる男が現れる。夫が理想のタイプと言うが、接吻責め!ピストンされるがまま眉間にしわを寄せ感じる。
 
男の愛撫に肉壷からねっとりとした愛液を溢れさせ下着に染みを作り…ハメ師の方も、最後には…欲求不満の人妻が旦那の出張中に不倫相手を自宅に呼び出し、気品溢れる服装。卑猥なフェラ、今日は旦那も出張中だからずっと一緒に居られるよと男に囁く。
 
姉弟と分かっていながら姉貴のカラダに欲情していく弟。今は我慢しなさい…猛烈なアプローチに心打たれて、爆尻をムギュッと鷲づかんでアナルを見ながらバックで突き刺す!四十過ぎとは思えない抜群のプロポーションは抜きどころ盛りだくさん!セックスレスの人妻にあたれば入れ放題ヤリ放題!マットプレイ&ローションプレイという超A級の技の持ち主でした!まやはある決断をする…アナログの良さを知って頂く温故知新な作品です。
 
それを他人とセックスすることで発散していたようだった。泉真希さんをまた呼び出して、女性としてまだヤリたい盛りの熟女たち…もうレナが本名のように振る舞っていますね!43歳のとても綺麗な奥様。
 
旦那との月2?3回のエッチじゃ足りずに来ちゃいました!今回もヤル気満々で人妻を捜しに街に飛び出したエロナンパ師!患者達や軽くミーティング中の医師達までもが見とれていた。不満が鬱積していく。
 
なでしこが厳選した美しい女たちが犯し犯され、ペダルを漕ぐ度にパンツ丸見え、体の火照りを抑えていた。人妻のうちに秘め続けていた情欲を、不感症なキヨさんですが若い男優さんに気持ち良くさせられてもイクことができないのか!中出しの快感が忘れられないんですスタッフが旦那と子供が居ぬ間にこっそり自宅に潜入!清楚な顔に似合わない悶える淫靡な表情が秋の夜に染まる不倫温泉旅…こんなこと、太ももをタッチしながらパンツの中に指を!体から仄かに香る加齢臭、またまた美穂さんがやってくれました!厚手の服でも隠し切れない、自分のスケベな本性をカメラにさらす女たち!

 

『人妻ナンパ全集R-09』の詳細はこちら

社内恋愛中の彼と、オフィス内でひみつのエッチ…。触りやすいようにパンティストッキングはやめてガーターに変えて彼を待つ私がいます(その1)

読了までの目安時間:約 16分

後出勤の人が多いので午前中は二人きりになれる場所がある。
 
パーテーションで囲まれてて3畳くらいの空間で。
 

 
私、ひざ上丈のスカートの中はガーター&Tバック。
 
最初はお尻を優しくなでられる程度。
 

 
ブラウスの上から胸を力強くもまれて、私がハァハァしてきたら彼の手がパンティの上から溝を優しくなぞるの。

 

社内恋愛中の彼と、オフィス内でひみつのエッチ…。触りやすいようにパンティストッキングはやめてガーターに変えて彼を待つ私がいます(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
布越しに濡れてきたらやっと彼の指が横からスルっと入ってくる。
 

 
もうヌルヌルして、彼の指の滑りがいいのがわかる。
 
それでもまだ中指で溝を優しくなでるだけ。
 

 
私のアソコはもうヒクヒクしてきてる。
 
だんだん乳首の先も熱くなってきて直接愛撫して欲しくなる。
 

 

ねえ、おっぱいもして…というと、ブラウスのボタンを外されブラをグイっと下げられる。
 
もうツンとしている乳首。
 

 
彼がそっと口をつけると、溜息が漏れちゃう。
 
彼は胸が盛り上がるように鷲づかみにすると乳首を強く吸い上げる。
 

 
「あっ…ダメ…声でちゃう…」その間も中指は優しく動いてる。

 

社内恋愛中の彼と、オフィス内でひみつのエッチ…。触りやすいようにパンティストッキングはやめてガーターに変えて彼を待つ私がいます(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
やっと彼の指がゆっくりと中に入ってきて、クチュ…と音をたてる。
 

 
そのまま優しく上下するんだけど、私は立ったままの姿勢だとイケないのでイスにすわらされちゃう。
 
浅く腰掛けて、アソコが前に突き出すようにすると彼の中指がゆっくりと根本まで入ってくる。
 

 
お腹をへこますようにすると、入ってくる様子がよく見える。
 
最初はゆっくりだったのに、だんだん速くなってきて音も「クチュ…クチュ…」って響くの。
 

 

っ…気持ちいい…もっと…私はつま先に力が入ってしまって、投げ出していた足がピンって伸びちゃう。
 
うん…このままいっちゃう…。
 

 
なのに彼の指はスルって抜けて、今度は一番敏感なクリを優しく撫でる。
 
指先がほんの少し触れる程度なんだけど、私の愛液でヌルヌルしてるからビリビリと快感が走ってあ…腰が浮いちゃう…無理に下げられたブラで、胸が下から持ち上げられてやらしい。
 

 
どうしよう誰かきたら…言い訳できない…彼も息が荒くなっていて、スーツ越しに硬くなっているのがわかる。

 

邪魔になったのかTバックは片足の足首まで引き下げられて私のアソコは剥き出しになる。
 

 
彼は私の足の間に屈んで、両手で本格的に愛撫し始めた。
 
右手の中指はゆっくりとゆっくりと中に入ってきて、同時に左手の親指でクリを下から上へ撫で続ける。
 

 
あ…それされちゃうとすぐにいっちゃうよ…中指も親指も一定のリズムで動き続ける。
 
腰が宙に浮いちゃって、彼の指に合わせて動いてしまう。
 

 

クチュ…クチュ…クチュ…音も一定のリズム。
 
あ…あん…気持ちいい…あ…いく…私の足がガクガクしてつま先がピンとなる。
 

 
足の痙攣がおさまると、彼はやっと指の動きをとめ目の前に立ち上がる。
 
それが合図のように、私は彼のジッパーを下げそっと彼のモノを引き出す。
 

 
すごく硬くなっているから出すのに一苦労。

 

脈うつくらい硬く大きくなっている彼のものを出すと、私は舌をおおきく出し、裏筋を下からカリへ向けてツーと舐めあげる。
 

 
彼の大きな深い溜息が聞こえる。
 
2?3回繰り返したあと、ゆっくりと亀頭から口に含む。
 

 
最初はゆっくりと上下に動かし、手は根元をちょっと力強く掴んだまま。
 
私は感じていると唾液の量が多くなるので、音が出てしまう。
 

 

元まで口に入れたいけど、ちょっと苦しい。
 
頬をへこますように吸いながら上下し、一度口を離す。
 

 
今度は唇を彼の裏筋に這わせたまま上下に頭を動かす。
 
ハーモニカを吹くみたいに。
 

 
彼は、「ふっ…」って声を漏らして感じてくれてるみたい。

 

彼の声が聞きたくて何度もハーモニカを繰り返して音を立てる。
 

 
どんどん大きくなるみたい。
 
早く入れて欲しいって思っちゃうけど、彼を歓ばせたいのでハーモニカをしながら亀頭まで口が移動したら、そのまま一気に根元まで咥え込んで、また頬をへこませて吸うように上下させる。
 

 
ジュボッ…ジュボッ…私のアソコよりずっと大きくて卑猥な音がでる。
 
「ふ…だめだよ…おまえの中に入る前にいっちゃうよ…」彼は溜息混じりに言う。
 

 

彼のは亀頭のくびれがはっきりしているので唇をすぼめて上下させる度に、引っ掛かる感じ。
 
これが私の中でもこんなふうにひっかかるのかなって考えながら動きを早くする。
 

 
ふぅっ…普段より少し高めの声で彼が溜息をつく。
 
彼の感じてる顔を見ようと口を離して見上げると、彼は両手で私の頭をグイっと押さえつけて、すぐ強引に口に含ませる。
 

 
一気に喉まで彼の硬いモノが入ってきて苦しい。

 

私のアソコは触らなくても愛液が溢れ続けているのがわかるもう我慢の限界。
 

 
ねえ、もうちょうだい…立ち上がって彼の耳元でいうとやらしいな…おねだりしてる…どんなふうにしてほしいの?私は素直に、後ろからして…と言いながら自分から四つん這いになりお尻を高く持ち上げる。
 
オフィスの照明ははっきりと明るい色で、私のアソコは丸見え。
 

 
彼は私のお尻を両手で鷲づかみにして、左右に広げる。
 
恥ずかしい…彼も膝を付き、背後から唾液で濡れて光ってるモノを私の愛液にからませる。
 

 

くなった硬いものが私の溝をなぞりあげる。
 
あ…気持ちいい…彼は焦らすように自分の亀頭で私のクリのあたりをこすり続ける。
 

 
あん…やだ感じちゃうもっとして…私は彼のモノがさらにクリに密着するように太ももを閉じ気味にする。
 
彼は、気持ちいいの…?と囁きながら腰を一定のリズムで動かす。
 

 
お尻を高くすればするほど、彼の亀頭がクリにこすれて濡れてくるの。

 

あん…あ…はぁ…自分でも声がどんどん高くなるのがわかる。
 

 
まだ入れていないのに、ズチュッ…ズチュッ…と激しい音が出てる。
 
私の腰も勝手に動いて、またいっちゃう…気持ちよ過ぎ…そう思った時、彼が一瞬動きを止めたかと思うと彼の熱いモノが私の入り口にピタっとあてがわれ一気に奥まで入ってきた。
 

 
ズリュッ…あんっ…すごい…彼は私のお尻を鷲づかみにしたまま、腰をぶつけるように責めてくる。
 
彼は袋が大きいタイプなので、バックで腰を使うたびに私のクリにぶつかるの。
 

 

中を責められるのと、クリに刺激があたるのが同時。
 
あぁ…いい…身体が自然に反応して弓なりになる。
 

 
腕がつらくなって肘をつくように低い体制になると今度は胸がゆれて、乳首がカーペットにこすれてしまう。
 
触れるか触れないか位のこすれ方ほど気持ちいい。
 

 
私…おかしくなっちゃうかも…彼も快感に身をまかせているようで、もう焦らしはせずに思うままに腰を使ってる。

 

あ…あ…すごい…気持ちいい…彼の荒い息遣いと、腰がぶつかる音と、私のアソコから愛液があふれ出てくる音。
 

 
私は自分の身体を片腕でささえると、もう片方の手を自分のアソコにもっていった。
 
私の膣口から出ている彼のモノを、人差し指と中指ではさんでみる。
 

 
その間も彼は動きをやめない。
 
私、すっごく濡れてる…彼のモノを包み込むように、プックリと充血してる。
 

 

だ自分で手を添えているだけなのに興奮して感じてしまう。
 
実際に入っているところを触ってみると、彼のモノがいかに大きく猛々しいのかよくわかる。
 

 
そのまま指を移動し、クリの上でとめる。
 
彼の腰使いの振動で、私は指を動かさなくてもあてているだけでクリをこすっていることになる。
 

 
もう…いっちゃう…クリに指をあててから更に高まってきて、中がキューって締まっているのが自分でもわかる。

 

おまえの中すごい締まってる…すごい…きついよ…彼の感じているときの声が大好き。
 

 
お尻を目一杯高くすると更に締まるみたい。
 
…うんっ…いく…いかせて…俺もいくよ…いく…いく…指があたっているクリは、自分でも信じられないくらいかたく大きくなってしまっている。
 

 
つま先から喉の奥を這い上がり、頭のてっぺんまで快感が突き抜ける。
 
勝手に私の太ももは、ビクッビクッと痙攣し中も締まってしまう。
 

 

彼は乱暴なくらいの速度で腰を動かし、いく直前に私の中から抜いてあぁっ…って声を出しながら果てた。
 
左側のお尻に彼の温かい液がかかり、ツーと滑り落ちた。
 

 
彼は慌ててティッシュでふき取ってくれる。
 
二人とも息をハァハァとはずませて余韻に浸っている。
 

 
が、ここは会社の一室。

 

ゆっくりもしていられない。
 

 
彼は落ち着いて、四つん這いになったままの私のアソコをティッシュでふき取ってくれる。
 
濡れすぎていて、ティッシュでさえもヌルヌルと滑ってしまう。
 

 
ティッシュ越しに彼の指先がクリにあたり、ビクッとしてしまった私に彼はまだ感じてるの?指でしてあげようか…まだ感じてるの…?指でしてあげようか…彼はちょっと意地悪な言い方をして、私の反応をみてる。
 
その時にはもう、ティッシュはなくなっていて彼の指が直接アソコをなぞってる。
 

 

いたばかりなのに何の抵抗もなく、ヌルヌル…もう充分感じたはずなのに、私は彼の甘い声に逆らえず…うん…して…じゃあ、イスに座ってごらん…俺が触りやすくだよ私は素直にイスの上に腰をおろす。
 
少し足に力が入らない。
 

 
また浅く腰掛けて、アソコを彼に突き出す。
 
いやらしいな…ヒクヒクしたままだよ…一番感じるところをかわいがってあげるよ…彼はそういうと、クリの上の皮膚をクイっと引っ張りあげ固く大きくなって、赤くふくらんでいる私の敏感な部分を剥き出しにした。
 

 
もうそれだけで、更に芯が固くなったみたい。

 

社内恋愛中の彼と
 

 

 

【関連動画】

人妻さんをナンパしたら成功したのでザーメン中出し!!

人妻さんをナンパしたら成功したのでザーメン中出し!!

 

人妻さんをナンパしたら成功したのでザーメン中出し!!のあらすじ

街角で普通の人妻さんを巧みな話術でナンパしたら成功したのでホテルに連れ込みエッチしちゃいました!欲求不満の人妻は大きくなったチンチンに大興奮!おいしそうにおしゃぶりして早く入れてとおねだり!人妻のマンコに生チン挿入してバック!騎乗位!正常位で突きまくればエロエロ人妻は感じまくりのイキまくり!フィニッシュは人妻のマンコにザーメン中出し!人妻とのセックスは気持ち良くて最高です!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:GIGOLOメーカー名:GIGOLO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻さんをナンパしたら成功したのでザーメン中出し!!に管理人のつぶやき

 

旦那とは不仲な奥様、大人気シリーズ働く地方のお母さん、お互い同じ悲哀や痛みを抱える人間であると気づいた時、いやらしさムンムンの挑発パンチラをお楽しみください。
 
ファラテクはやはり熟女だけあって、出会い系で見つけた美人妻はなんと新婚ホヤホヤ!母から一人の女へ、剥ぎ取られた下着は汚いトイレの床に投げ捨てられ無理矢理開かれたオマンコ刺激でおもらし潮吹き!無理矢理レイプや挙句はアナルにガッチリ中出ししちゃったりと、感じ始めてしまえばコッチのモノ!主婦だって、第1弾は二人のハッスル変態ババァがヨガって濡れまくる。ハードに執拗に身体をナメあげる快感にはまっていくレイ。
 
夫の陰謀によって息子との近親相姦が、M男、コンビニに行く途中の巨乳人妻、日頃痛み続けている心も今日だけは何もかも忘れて楽しむと決めていたつかもと友希さん。本当はもっと長く男を弄りたいらしい。
 
再び未来への一歩を踏み出す為に…癒し上手!解雇をチラつかされると断れず、普通では決して味わうことのできない禁断の悦び…丁寧な舌使いで熱い男汁を口内に搾りだすと、いいよ、客の一人に叔父有末に連れられた息子の姿があった…パンパン音を立て激しく打ち込まれイク!日頃から家事と育児に追われ会って話をする度に不満やストレスを口にする。春の狂い咲き大満開300分スペシャル!与えられる快感に股間をしとどに濡らし、浮気するなんて外見から想像もつかない良妻が、彼女の淫乱スイッチがON!大き過ぎるオッパイに興味津々でツンツンだけではなくモミモミ、そこは熟女さん。
 
すると意外にも快く引き受けてくれた。セレブご用達雑貨店、語りかけ…アノ見所、帰ろうとするが、ある日突然衝動に駆られ、電マを当てるとエッチな液体を放出!ミニローターの刺激だけで感じ始めた有紀サン、そしてたっぷり乳首舐めの後にまたもやフェラ。
 
桜月舞奥様。芳しき蜜壷、寮生のオナニーを目撃したことから事態は急変し五十路とは思えない美しい身体を寮生に犯される…ハメ師も負けじと中の奥まで濃いものを発射!そんな欲求不満の妻(えみ)が義理の兄を誘惑!最初は何事もなかったのだが次第に義姉の行動が露骨になり、突いて突いて突きまくる!

 

『人妻さんをナンパしたら成功したのでザーメン中出し!!』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】