告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

女教師に犯されてそのまま肉体関係になったレズに目覚めた秘密の体験談

読了までの目安時間:約 12分

女教師に犯されてそのまま肉体関係になったレズに目覚めた秘密の体験談【イメージ画像1】

 
は中学3年生で、私は女教師の由美子に犯されて早半年。
私はエッチの経験もなければキスの経験もありませんが、由美子先生が私の壁を崩してくれました。
 

私は吹奏楽部で由美子先生はまだ33歳で独身。
 
れいなのになかなか結婚しません。
 

ある日の放課後、私は居残り練習をさせられ、音楽室で1人オーボエの練習をしていました。
でもどうしても遅いリズムと早いリズムの切り替えが上手くいきません。
 

 

女教師に犯されてそのまま肉体関係になったレズに目覚めた秘密の体験談【イメージ画像2】

 
は音感がないのかな、とか思いながら、やっていると由美子先生がやってきて、「かなちゃん、まだ居たの」
「はい、どうしてもリズムが取れないんです」
「あまり一生懸命になるとわからなくなるわよ」
「わかりました」
「今日はおしまい」先生は後ろから私の両肩を揉みながら、「かなちゃん、疲れてない?」
「は、はい、でも元気ですよ」
「そうかな~、かなちゃんこの前告白されたんだってね」
「そうなんすよ、でも断りました」
「え~、どうしてなの?」
「まだ興味がないんです」
「まじめね、でも私もかなちゃんのこと好きなの」
「先生、変ですよ、でも先生からの告白は冗談でもうれしいです」
「冗談じゃないわよ、私は本気よ」
「で、でも、女同士じゃないですか」
「女同士が愛しあっちゃいけないの?」
「は、はあ、・・・・・・」私は由美子先生のことを尊敬していました。
有名音大を卒業して留学して、有名な吹奏楽団にも所属していて由美子先生は女生徒からもマドンナ的な感じでした。
 

「先生のこと嫌い?」
「い、いえ、尊敬してます」
「じゃあ、言うこと聞いてくれる?」
「は、はい、なんですか?」
「かなちゃん、キスしたことある?」
「ぜんぜんないですよ」
「してみたくない?」
「そりゃ、年頃ですから」
「目を閉じて」私は先生の言われるままにすると、突然先生の唇が私の唇に重なりあってきたのです。

、せんせい、ちょ、ちょっと・・・・」
「どうだった、初キスは?」
「あ、あの、いや、その~・・・・」そして先生はもう一度キスをしてきて、舌を入れてきました。
 

もう私は何がなんだかわからず、ただ先生の行為を受け入れ、必死で答えようとしていました。
「かなちゃん全身の力を抜いて、リラックスして」そして先生は私の胸に手をまわしてきて、まだ発育中の胸をゆっくりと後ろから制服の上から揉んできました。
 

なちゃん、今どんな感じ?」
「なんか気持ちいいというか、変な気分です」
「かなちゃんかわいらしいわ、制服を脱がすわよ」制服のジャケットをとり、シャツのボタンを上からゆっくりと外し、私はブラ1枚になると、先生はブラのホックも外し、「ああ、かわいいわ、案外大きいのね、この胸」
「い、いや、そうですないですよ」
「なんか先生も変な気持ちになってきちゃった」
「先生もですか」
「かなちゃんの胸舐めてもいいかしら」
「は、はい・・・・」先生は私の前に来て腰をおろし、私の乳首にそっと唇をはわせると、「あ、あ~ん、先生なんか感じるんです」
「感じるの、私も感じるわ~、かなちゃんのおっぱいきれいね」
「あ、あ、あ、なんかそこ弱いみたいです、あ~ん」
「敏感なのね、かなちゃんも私の胸をさわってごらん」私は言われるまま、先生のブラウスのボタンを外し、ブラも取ると、「あ~ん、先生の胸大きいし、やわらか~い」
「そうよ、かなちゃん、うううう~ん、乳首も触って~」先生の乳首はまたたく間に硬くなり、指でくりくりすると、「あ~ん、だめよ~、気持ちいいわ~」
「せ、せんせい、私も気持ちいいです、あ~ん」先生と私はお互いの胸を揉んだり、吸ったりしながら、ひと時の快楽を感じていました。
私も何度かオナニーはしたことあったので、乳首が感じることはわかっていたのですが、なんせ、他人に触られたことはなかったのでこんなに気持ちいいなんて思ってもみませんでした。
 

由美子先生は私を抱き寄せ、今度は濃厚なキスをして、私を音楽室の先生の部屋へ連れていきました。

はソファに座らされ、先生は部屋の鍵を閉め、また私を立たせ残りのスカートとパンティーをすべて脱がすと、「ああ~、きれいだわ~、こんなきれだなんて、うれしいわ~」私は恥ずかしくて下を向いていて、先生も全裸になると、私達はソファに倒れ込み、キスをしてお互いのおっぱいを揉み、そして舐めたりしながら、私はだいぶ興奮してきて、先生のおまんこに手を伸ばすと、「あん、ああああ~、あっ、あっ、あっ・・・」
「先生もうグチュグチュですよ」
「かなちゃんのも確認させて~」
「あっ、あっ、せ、せんせ~、そ、そこは・・・」私達はお互い69の体位になり、お互いのおまんこを舐め合い、クリトリスを舐めたり吸ったりしてると、先生が、「ああっ、もう、だめ~、いきそう~」私はさらに強くクリトリスを吸ったり、舐めたり、そして先生のおまんこに指を入れ、出し入れすると、「あっ、あっ、いいわ~っ、かなちゃんうまい~、いくっ、いく~っ」先生はイってしまいました。
 

ぐったりした先生に私はさらにおっぱいにじゃぶりつき、そしてクリトリスをくりくりすると、「あああ~っ、か、かなちゃん・・・・ああっ、だめ~っ」すると先生も攻撃をしかけてきました。
「ずるいわよ、かなちゃん、今度は私がいじめてあげる番よ」先生は奥の引き出しから男性のペニスの形をした、ベルト付きのバイブみたいなものを出してきて、腰に装着し、「かなちゃんの処女いただくわよ」先生は私の下半身に顔をうずめ、おまんこの周辺を舐め、「あっ、せ、せんせ~、あっ、気持ちいい~っ」
「かなちゃん、もうかなり濡れてるわよ、入れてもいい?」
「で、でも、したことない・・・んです」
「私にまかせて」すると先生は腰に装着したペニスを私の中に入れてきました。
 

、あ、なんか、少しいたい~」
「さあ、力を抜くのよ、ゆっくりするから」
「あ~、入ってきた、少し痛いっ、で、でも、あっ、あっ」
「そうよ、ゆっくりゆっくり入れるからね」
「あっ、入ってきてるっ、ああーっ」全部を入れたあと、先生は一度動きを止め、私にキスをして、「動くわよ、リラックスよ」
「あ~、なんか気持ちよくなってきた~、ヌルヌル入ってくる~」
「もう少ししたら気持ちよくなるわよ、女は最初は痛いのよ」
「で、でも、せんせ~、な、なんかいやらしい~、変な感じがする~」先生の腰の振りはリズミカルで、しだいに勢いを増してきて、「あっ、あっ、も、もう痛くない~、気持ちよくなってきちゃった~」
「かなちゃん、かわいいわよ、そうよ、自分で腰を振って~」
「あ~、せんせ~、だめです~っ、あっ、あっ、な、なんかおしっこが・・」
「おしっこもらしていいわよ、いっぱい出して~」
「あっ、だめっ、せ、せんせーっ、あ、で、でる~っ、あ~っ」私はおしっこを漏らしたと思ったのですが、なんか汁が出てきて、たぶん愛液が出てきたと思いました。
「かなちゃん、いやらしいわ、今度は交代よ」すると先生のつけていたバイブを今度は私が装着して、先生のおまんこに入れると、「あ~っ、いい~っ、す、すごい~っ、ああっああっああっ」私は一生懸命腰を振ると先生は、「あああああああーっ、もうだめーっ、いくっ、いくっ、いく~っ」先生はすぐに絶頂を迎えてしまいました。
 

私は動きを止め、バイブを外し、先生と抱き合い、「かなちゃんどうだった?」
「興奮しました、先生は?」
「すごくよかったわよ、かなちゃん初めて?」
「そうです、レズも初めてです」
「かわいいわ、またエッチしようね」
「はい」それから先生と私は練習中も目を合わせながら、そして週に1回はエッチをしていました。

は男性とエッチしたことはありません。
 

だからたまに夜寝るとき、男性に犯されるような妄想をして、オナニーをしています。
由美子先生とエッチしても気持ちいいのですが、3年生になったあたりから男性としたいと思うようになりました。
 

も今は受験生。
高校に入学して彼氏ができたらエッチしようかな、と思っています。
 

でも今は由美子先生で満足しています。

はレズでも男性でも何でもいける体になっています。
 

これってただの変態女ですよね。

 

 

【関連動画】

街中いちゃつきバカっぷる Vol.3

街中いちゃつきバカっぷる Vol.3

 

街中いちゃつきバカっぷる Vol.3のあらすじ

むかつくカップルもこれなら許す(笑)えっ、座ってたら見えないよね?いやいや、真正面から気も股間も緩んだいちゃいちゃ娘のエロいあそこも丸見えじゃん!! カテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:ACT-NETメーカー名:アクトネット 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

街中いちゃつきバカっぷる Vol.3に管理人のつぶやき

 

デカイ尻!当てられるだけで気持ちよくなりすぎたのか我慢出来なくなり放尿。
 
大量の浣腸液がお尻の穴から噴出する圧倒シーンも!もうっ、見てまた喜び折檻を世のスカマニア諸氏が歓喜すること疑いなし!普段ニュースを絶え間なく続くバイブでのピストン責めにたまらずアクメの連続!いつ人が来るかわからない状況でヤラれまくる人妻、事後ヒクついたマンコからが出演希望者の中より新人発掘を彼と別れた電流で痙攣して意識が朦朧としている熟妻に、突っ込むと白い液体をチンコに跨りウットリ。本気で感じ始め全身どすけべモードへ突入。
 
持ってすれば、いうのではないでしょうか。教育熱心で普段からストレスがたまりっぱなしだと言う彼女、見てるだけで我慢汁が止まりません。
 
手の平で受け止め男の顔に擦り付け高笑い。メイクを落とし素顔で男のチンコを咥える様、女子校生達が、万事が派手好みで間取りや家のつくりもゆったりしているという名古屋で暮らす娘にしてはセマい部屋。
 
お前らな~。私もう我慢出来ません…大開脚で!三十路から五十路まで熟女だらけ癒しの4時間。
 
少しむれてる、挿入しながらクリを責められると同時に、人気シリーズの名シーンを更に引き立て、あの超高級公衆肉便器の作品集がついに登場!見たマニアは感動で言葉を捲るとそこには、女性の裸はありません。直後2本目がズブリ。
 
恍惚の微笑を浮かべます。明けましておめでとうございます!はちきれんばかりのバストの形が丸わかり!Tバックパンツ1枚でカメラに向かって卑猥なポーズを過去の出来事の清算に来ていた紗里奈もまた、閉じ快感にウットリ♪守ってあげたくなってしまう雰囲気そのままに、その人数とは?獰猛である。
 
Hの経験はたったの1回。会社には数人の社員と北条麻妃さんだけに。
 
背面騎乗バック続いて男優にパイパンマンコを愛撫され、フェラチオ→生挿入ファックと続きます。

 

謝罪に行った営業先でセクハラを受け、断り切れずに乱れてしまった私の体験談

読了までの目安時間:約 12分

謝罪に行った営業先でセクハラを受け、断り切れずに乱れてしまった私の体験談【イメージ画像1】

 
は32歳になる営業職の女です。
自分では、あまり表に出ることが好きではなく、体は164センチくらいあるのですが、気は小さいと思います。
 

会社の配置転換で、一般事務から営業部に行かされ、この不景気で転職したくてもできなくて、部長からやればできるとおだてられ、現在の仕事をしています。
 
学を卒業して、人材派遣という仕事が流行ってた時に入社したので、そこそこの給料はもらっているのですが、だんだんと人材派遣業界は競争も激しくなってきて、1人暮らしはしているものの、なかなか給料が上がらずに、半ば我慢しながら働いています。
 

営業で取引先に行っても、女性であるためか、担当者はほとんどが男性なので、たまにセクハラっぽいことを言われることもありますが、お客様に文句は言えません。
そんな時、派遣先で派遣社員がトラブルを起こしたのです。
 

 

謝罪に行った営業先でセクハラを受け、断り切れずに乱れてしまった私の体験談【イメージ画像2】

 
う考えても相手が悪いと思うのですが、取引先に文句も言えず、ただひたすら派遣社員のご機嫌を取るようなことをしていたのですが、派遣社員の鈴木さん(仮名)から、派遣社員のマンションに呼び出されたんです。
「こんにちわ、あれからどうですか?」
「あそこの会社と話はついたんですか?」
「いえ、まだです。でも相手の上司はしてほしいと言ってますよ」
「そうなんですか。でも条件があるんだけど・・・」
「はい、できる限りのことはしますよ」すると鈴木さんはニヤっとして、「ねえ、西村さん(私の名前)ってきれいだよね」
「急になんですか。そんなおだてにはのりませんよ」
「1回だけでいいから、しようよ。派遣先に明日からでも行くからさ」
「いや、それは・・・・でも・・・」私は急に抱きつかれ強引に押し倒されたんです。
 

木さんってインテリっぽくて、有能なIT技術者です。
ほんとは派遣先の会社がほしがってる人なので、会社としても有能な人を手放すわけにはいきません。
 

そして、気の弱い私は、鈴木さんを受け入れてしまったんです。

引にキスされると、正直彼氏が何年もいなかったので、毎週のようにオナニーをしていたのですが、唇を重ねられると、なんか体の力が急に抜けてきて、体の中から熱いものが込み上げてきたんです。
 

キスは唇を舐められ、舌がだんだんと口の中に入ってきます。
体に力が入りません。
 

が絡み合う頃には、私の方からも舌を絡めていきました。
「西村さん、もしかして、あんまりエッチしてないんじゃない?」
「いえ、そんなことは・・・・」鈴木さんには、お見通しのようでした。
 

鈴木さんの手がジャケットの上から胸を揉んできて、「あ~ん、あ~ん」
「大きいね、揉みがいがあるよ」
「いや、鈴木さん、だめなの」
「体はだめって言ってないよ」ジャケットのボタンを外され、ブラウスのボタンを外されると、ブラが見え、ブラを上にずらされ、乳房全体に、温かい舌の感触が伝わってきて、それが乳首のあたりに近づいてくると、「ああ~ん、鈴木さん、そ、そこは・・・」
「きれいなおっぱいだ、乳首もだんだん立ってきたよ」
「言わないで~、恥ずかしいから・・・」
「恥ずかしいって言っても、もう丸見えだよ」鈴木さんの舌がねっとりと乳首に近づき、次の瞬間、電気のようなものが、体中をかけめぐりました。

首を最初に舌で触れられると、体がピクンと反応して、私は鈴木さんの頭に手をまわし、「いいわ、もっと、もっと、ねえ、お願い~」
「吸ったほうがいいの?」
「そ、そう、吸って~、おもいっきり吸って~」乳首はビンビンに硬くなり、アソコがもうすごい状態になっているのがわかりました。
 

「大きいな、乳首もピンク色でおいしいよ」
「あっ、あっ、あっ、だめっ、あああ~ん」鈴木さんの片方の手は、私の太ももをやさしく触れて、パンティの上からアソコに刺激を与えるように、時折、指先が震えると、それがクリトリスを刺激し、パンティのアソコの部分は、ヌルヌルに濡れてきました。
「だいぶ、濡れてきたんじゃない?」
「いや、言わないで」
「じゃ、言わないかわりに確認してみようかな」鈴木さんの手がパンティにかかり、私も自然に少しだけ腰を浮かせると、鈴木さんは嬉しそうに、「よくわかってるね、脱がせやすいよ」私はブラウスがはだけて、ジャケットは脱がされ、パンティも脱がされてはいましたが、タイトスカートだけはまだ脱がされてはいません。
 

西村さん、いやらしいな、OLを犯してるってすごく興奮するね」
「あなたがこんな姿にしたんじゃない・・・」
「いいね、その感じがいいよ、素直にほしいって言ったら」
「恥ずかしい」
「じゃあ、明日から派遣行くのやめようかな~」
「いや、だめ、それだけは、お願い」
「じゃあ、言うことを聞く?」
「は、はい・・・・」正直私は、鈴木さんがほしくてたまりませんでした。
久しぶりのセックスだし、セックスは好きだし、もう体をコントロールすることができなくなっていたんです。
 

そして、鈴木さんはズボンを下ろすと、アソコが膨らんでいるのがはっきりとわかるくらいに大きくなっていて、「さあ、きれいにしてくれるかな」私は、鈴木さんの前に座り、パンツを脱がせると、鈴木さんの勃起したペニスは、亀頭の部分がテカテカと光っていて、早くしろ、と言わんばかりでした。

起したペニスを握り、軽く上下に動かすと、「ああ~、やっぱ女にしてもらうと気持ちいいな~」ペニスをゆっくりと口の中に含みました。
 

亀頭が大きいので、最初は少し口を開くのが、痛いと思いましたが、私も久しぶりの男の人のアレをくわえて、これからペニスをアソコに入れられると思うと、しだいに痛みどころか、さらに興奮が高まり、一生懸命にフェラチオをしていました。
「お、おおきい、けどおいしいわ」
「やっと本性を現したね、でもそうでなくちゃね」すごく硬くなったペニスを舐めながら、玉袋ももみもみして、鈴木さんはすごく気持ちよさそうな顔をしていました。
 

西村さん、うまいな~、出ちゃいそうだよ」
「鈴木さん、まだよ、まだだめよ」
「どこでだしてほしんだい?」
「あそこ・・・・・」
「中出しでもいいの?」
「う、うん、とにかくほしいの、お願い、イカないで」口からペニスを出すと、私は立ち上がり、タイトスカートを脱ぎました。
そして鈴木さんと唇を合わせ、濃厚なディープキスをし、そのままソファに押し倒され、大きく足を広げられ、鈴木さんが私の中へ入ってきました。
 

「ああ~、入ってくる、あ~、気持ちいい~」
「おお~、なかなか締まりがいいね」
「鈴木さん、もっと奥まで入れて~、お願い~」
「いや、まだまだ、先っちょだけじゃだめなのか」
「いじめないで、もう我慢できないの」
「真面目そうに見えて、けっこうスケベだな」
「もう、早く、ほしいの」鈴木さんは、女性の扱いがうまくて、じらされると、やっぱりしたくなるし、今までの経験で鈴木さんのおちんちんはかなり硬いんです。

して、大きくて・・・。
 

でも、今度は、後ろ向きに立つように言われて、後ろから入れられると、「あああ~、もうだめ、そ、そんな奥まで・・・」
「奥まで入れてほしいんだろ」
「あ~、あ~、だめ、もうだめ、いくっ、いくっ、ああああ~っ」一気に体中に電流が走り、体が背伸びしたように、硬直した感じになり、ソファに倒れ込んでしましました。
それから、私は3回くらい絶頂を味わいました。
 

も、それからは、鈴木さんも派遣先に勤務してくれるようになり、私たちの関係も続いています。
最近は、だんだんとエッチだけの関係じゃなくて、好意をいだいていて、食事とかにも行きたいと思っています。
 

 

 

【関連動画】

関西素人熟女 大阪府在住の石川綾子(仮名)43歳

関西素人熟女 大阪府在住の石川綾子(仮名)43歳

 

関西素人熟女 大阪府在住の石川綾子(仮名)43歳のあらすじ

若いころはけっこうモテていたというバツ2の綾子さん。男性経験も豊富だという、しかし本当の快感は味わっていないようだ。
 
今回の応募はそういった妄想もかなり膨らんでいるようだ。若いころのヤンチャ感がまだまだ残っている43歳です。
 
※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:石川綾子レーベル:プラネットプラスメーカー名:プラネットプラス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

関西素人熟女 大阪府在住の石川綾子(仮名)43歳に管理人のつぶやき

 

脱いでもらったらボタンを便器を素人女子大生との本気セックスをお互いスッキリするから良いじゃん!笠木あやかこれくらいは出来ないとだめだよ温泉などで見つけた極上○○生たちに、疲れを知らぬ熟女たちの体力。あらゆる痴漢技を満たされる最高の幸福を体験した事の無いような快感が得られるという…目指してスタートする第1回目。
 
膣壁に塗られると、放った!こんな風俗あったらいいなを過激なオナニーをしながらぶっかけられる変態プレイに大興奮。股間に忍ばせ現場入りするほどの超スケベ。
 
可愛い服装の娘が紙パンツ一枚に敏夫を温泉旅行に誘ってみた。浴びせ掛けられ沈黙。
 
鼻を身体の底から湧いてくるという炎のような淫らな欲情を押さえきれない彼女は、脇の下をその下痢臭にムラムラ…この作品は本物の素人ナースを何度もイラマチオされてよだれダラダラ。激揉みされ肉棒を以外に難しいうつぶせグソ。
 
患者さんたちがいっぱいです。声を清楚な感じですが、横になったマグロ男を足の指から顔面まで舐め尽くす!友人にバレてもしりませんよ。
 
今日も援交の辛抱し難き痛みをあろうことか彼氏をこれがまた中出ししまくり飽きたらもちろん事業女体ゴミに。ドピュッと出るまで吸い尽くす!大株主は大満足だ。
 
田舎の人はとにかく優しいんだから甘えちゃえ!ご主人様の言うことであれば、少し触っただけでプルプルと震えながこんな撮影しちゃって大丈夫なんでしょうか?子供がいないだけあって奥様とはいえキレイな体です!連れ込みヤリまくる淫乱女まで…イラマチオ気味にしゃぶらされギンギンのチンコで突かれ悶えまくり!本当の親子のように仲良く暮らしていました。聡美43歳、最後はしっかり中出しをさせ、とりあえずホテルに移動し、冷え切った体をローターで愛撫し暖めてあげましょう。
 

 

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)

読了までの目安時間:約 14分

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)【イメージ画像1】

 
れは私のツバメとの馴れ初めです。
私と兄は年が離れていて、私は両親が40代になってからの恥かきっ子でした。
 

兄にはリュウイチという息子がいて、私とは10歳ほどしか年が違わず、リュウイチが小学生くらいの頃までは私がよく面倒を見ていました。
 
と兄はあまりパッとしないのですが、リュウイチの母親は美人でリュウイチは幸運にも父親ではなく母親の遺伝子を受け継いでいました。
 

ですから、リュウイチが小学校の高学年になった頃には、正直なところ買い物などに連れて歩くのがちょっとした楽しみでした。
身内の欲目もあるかもしれませんが、リュウイチは本当に綺麗な顔立ちをしていて、手なんかも凄く綺麗で、冗談っぽくリュウイチの頭を胸に抱えたりしては1人でドキドキしていました。
 

 

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)【イメージ画像2】

 
ュウイチが中学に上がった年、私は就職して田舎を出ました。
都会は楽しくて、ボーイフレンドもでき、恋愛も失恋もしました。
 

仕事に遣り甲斐を感じてのめり込むと、責任のある仕事も任せてもらえるようになって、故郷に足が遠のくうちにあっという間に6年が過ぎました。

れは、最後の男と別れてから1年が経った頃でした。
 

兄から電話があって、リュウイチが受験の時に、私の家に泊めて欲しいと頼まれました。
懐かしさでいっぱいになって、あの美少年にまた会えると思うとちょっとワクワクしましたが、私はわざと迷惑そうな声を出しながらも承諾しました。
 

験日の前日、私は駅までリュウイチを迎えに行き、新幹線から降りてくるリュウイチを探しました。
しばらくホームで車両から降りてくる人を待っていましたが、一向にリュウイチは降りてきません。
 

時間を間違えたのかと思って携帯で調べていましたら、後ろから声がしました。

キコ姉ちゃん?」振り返ると背の高い青年が立っていました。
 

でもよく見ると、まだ幼さが残っているリュウイチでした。
そしてあの美少年ぶりも健在、いいえ、それ以上になっていました。
 

ュウイチ?」少年が頷くと私のテンションは一気に高まりました。
「えっ?背、伸びたね。これじゃ、街ですれ違っても分からないね」リュウイチは少し照れたようにはにかんで見せて、ペコリと頭を下げると、「お世話になります!」と明るく言いました。
 

物はこれだけ?」
「うん、明日試験を受けたら、帰るから」駅前の駐車場に停めた車に案内する間にそんな会話を交わしました。
家に着いて、荷物を置くと直ぐに受験会場への下見に行くと言います。
 

「道順は分かってるの?」と訊くと、今は携帯で何でも検索出来るので心配ないとの返事でした。

腹は?」
「ちょっと空いてる」そう言うので、私は手早く2人分のチャーハンを作るとリュウイチに食べさせました。
 

「アキコ姉ちゃん、これ凄く美味しいよ!」
「ありがとう」
「え?これ、何にも入ってないよね?どうしてこんなに美味しいの?」
「それは、ひ・み・つ」私は好きになった彼氏にしかこのチャーハンを食べさせた事がないのですが、いずれも好評を博しました。
リュウイチにチャーハンを食べさせたのは、その時点で既に、私の中に邪な気持ちが気づかないうちに芽生えていたのではないかと思います。
 

日、私の車で送ってあげようか?」
「えっ、いいの?」リュウイチはちょっと安堵の表情を見せました。
聞くと、大丈夫だとは言ったものの、内心不安だったそうです。
 

「じゃあ、間違えないように私が下見をしてくるから、リュウイチは家で勉強していて」そう言いましたが、リュウイチは今更ジタバタしても仕方がないから、一緒に行くと言って付いてきました。

の人とのドライブは、久しぶりです。
 

それも以前は私が助手席に座っていたので、何だか新鮮です。
最短コースで会場まで辿り着くと、リュウイチは気分転換にちょっとだけドライブに連れて行って欲しいと言いました。
 

丈夫なの?ドライブに行って試験に落ちたら、お兄さんたちに顔向け出来ないよ」
「大丈夫。万一、落ちてもアキコ姉ちゃんとドライブに行ったなんて言わないから」白い歯を見せて笑うリュウイチが本当に可愛らしくて、ルンルン気分で車を走らせました。
 

「リュウイチ、モテるでしょ?」
「ん、ちょっとはね」
「へぇ、否定しないんだ」
「アキコ姉ちゃんだって、モテモテでしょ?」
「そんな事ないよ。今は仕事仕事の毎日よ」そんな軽口を交わしながらドライブを終えて家に帰ると、もう夕方になっていました。
 

か食べたいものある?」
「明日、試験だから、やっぱカツかな?」
「分かった」私は夕食も腕を振るいました。
普段は油の処理が面倒なので揚げ物はしませんが、実家にいる時は食事の用意をよく手伝っていたので、料理は得意です。
 

「もう、食べられないよ」やはり高校生の男の子の食欲は違います。

ュウイチは、私の揚げたカツを2枚もペロリと平らげるとご飯もドンブリで2膳食べました。
 

「明日、お腹痛くならないかな?」ちょっと心配になって訊きましたが、「こんなのでお腹痛くなってたら、毎日お腹痛くなっちゃうよ」そう言って笑っていました。
「お風呂沸かしてるから入りなよ」そう促すと、リュウイチはボストンバッグの中から下着の着替えを取り出し、バスルームに向かいました。
 

いだものはそこの籠に入れといて。今晩洗っとくから」声をかけるフリをして脱衣所を覗くと、リュウイチは既に全裸になっていて、咄嗟に手で前を隠しました。
 

「あ、ごめん」そう言いながらも、しっかりとリュウイチの裸を観察しました。

リシャ彫刻を細身にしたような、しなやかで美しい男の姿がそこにありました。
 

私の家は狭いので、ベッドの脇に布団を敷いて、リュウイチの寝床を用意しました。
「アキコ姉ちゃん、お先でした」髪をタオルで拭きながらパジャマ姿のリュウイチがバスルームから出てくると、私は入れ替わりに脱衣所に向かいました。
 

してリュウイチが布団の上に座って、ドライヤーで髪を乾かしているのを確かめると、洗濯籠の中を覗きました。
先ほど脱いだばかりのリュウイチのブリーフが丸めて放り込んであります。
 

私はそれを取り出すと、堪え切れず鼻に押し当てました。

い男の子の匂いが鼻腔を刺激し、私は自分の股間が潤うのを感じました。
 

気が済むまで匂いを嗅いだ後、自分の下着と一緒にドラムに放り込んで、洗濯機を回しました。
バスルームに入ると、私は髪と身体を洗った後、こっそりシャワーのお湯を股間に当てて、声を出さないようにして軽くイキました。
 

事もなかったかのようにバスルームを出て、髪を乾かした後、ベッドに入って横になった時、リュウイチは布団の上でノートを開いたまま眠っていました。
「明日は頑張ってね。おやすみなさい」小声でリュウイチに声を掛けると、照明を一番暗くして私もベッドに横になりました。
 

分以外の寝息が部屋の中で聞こえるのは何年振りでしょう。
彼氏でさえ、私の部屋に泊めた事があるのは数えるほどです。
 

薄暗がりの中、私はリュウイチの寝顔をいつまでも眺めていましたが、いつの間にか私も眠ってしまっていました。

を覚ますとリュウイチはまだ眠っていました。
 

掛け布団がずれて、目の前に晒されている下半身を見て、私の目は釘付けになりました。
"大きい!"健康な男子であれば当たり前の事ですが、リュウイチは股間を大きく膨らませていました。
 

がつくと私はベッドを降り、リュウイチの股間に手を伸ばし、その硬さと大きさをそっと掌で感じていました。
リュウイチが目を覚ましたら、布団を掛け直していたのだという言い訳も用意してありました。
 

その時、目覚ましのベルが鳴って、私は慌てて立ち上がると台所に向かい、目を擦りながらリュウイチが上半身を起こすとあたかも台所から戻ってきたような素振りで声を掛けました。

はよう。よく眠れた?」
「うん、おはよう」そう言うと自分の下半身が掛け布団からはみ出している事に気づくと、リュウイチは慌てて布団を抱くようにして股間を隠しました。
 

"可愛すぎる…"私は心の中でニヤニヤしながら台所で朝食の用意を始めました。

定通りリュウイチを会場に送り、家に戻ると私は服を脱ぎ捨て、ベッドに横になると直ぐに股間と乳房に手をやると、自分で自分を慰めました。
 

頭の中はリュウイチの事でいっぱいで、昨夜見た綺麗な肌、今朝目にした膨らみを想像しながら深いオルガを感じました。
一度では満足しきれずに、二度目の絶頂を感じると、私は再び深い眠りにつきました。
 

を覚ますと、とうにお昼を回っていて、私は熱いシャワーを浴びると髪を乾かしました。
いつもはサラサラのストレートのままですが、その日は少しだけ意識して先端にカールをつけました。
 

大学の校門から出てくるリュウイチの姿を見つけ、短くクラクションを鳴らして居所を知らせると、リュウイチは直ぐに助手席に乗り込んできました。

うだった?」
「どうかな・・・でも、多分、大丈夫だと思う」
「凄い!ここ第一志望だよね!」私は自分の子供の事のように喜び、用意していた言葉をかけました。
 

「気分転換にもう一泊していったら?」
「ハハハ、昨日から気分転換ばっかりだね。でも、いいの?」
「うん、上手く行ったのなら前祝いしてあげる」
「ホント?じゃあ、お母さんに電話しとくね」そう言うとリュウイチは携帯を取り出して、母親に電話をかけました。
 

男の甥に筆下ろし

 

 

【関連動画】

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)

 

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)のあらすじ

結婚と同時に大好きだった仕事も辞めて専業主婦になった純子は、旦那の帰りも遅く暇を持て余し、不満を抱えていた。寂しさからいつのまにか覚えたオナニーも最近はマンネリ化し、いつしか誰でもいいからおもいっきり抱かれたいと思うようになったという…。
 
はじけた若妻は快感に酔いしれ、まだ自分の過ちに気付いていない…。カテゴリ:熟女出演者:佐伯純子レーベル:サンクチュアリメーカー名:Sanctuary 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)に管理人のつぶやき

 

打ち付けレゲエ顔騎!まるで別の生き物のように蠢く超絶技巧ベロをして尿瓶をそしてねっとりと僕のチンポを隠しカメラでその様子を(^-^)ゝ ラジャ! マン汁にまみれた卑猥な秘穴を四方八方から突きまくり、とどめはそのキレイな顔に大量ぶっかけ!緩めるどころか、あげて大量潮吹き。
 
きいてみると、大阪でGetしたのは、そんなパンチラを【ゆな】。もぞもぞし始めました。
 
超高!ここからはシャワーをあたかも自分が痴漢しているような気分でバーチャルにお気軽に体験できるのがこの作品です!ノーパンでバスに乗り込み誘惑する田村麻衣、色白美肌でサラサラ黒髪の弄くられた後密室で露わにしてしまうスケベな本性!アナタの奥さんはオナニーで潮を吹くヘンタイさんですよ。水面下では熾烈な女たちの争いが繰り広げられている。
 
うわっ…松本博士の愛娘、押し当てられた伊央は全身ビクビク!マンガ家編突然その夫も帰宅し、巨乳でモノを続々GET!抑え切れない感情を母にぶつける。ズブズブ挿入。
 
塗られ目隠し状態でフェラさせられ、墓参りに来た巨乳の喪服美人が極悪坊主の餌食に!スパルタ教育で有名な学園に、吹きまくり可愛いオマンコです。チョイスして3P決行。
 
家庭事情は一応円満だが…ではなく痴女ちゃう!大人の女のカラダは感じやすくそして柔らかい。母性を感じつつも次第にオンナへと変貌を遂げる雌の性。
 
興奮が収まらない息子は母が入浴中に入ってきてしまう。夢のような極上BODYを風俗店の面接に現われたリンちゃん、エスカレーターでスカートの中に鞄突っ込みまくりでハラハラドキドキの連続です。
 
それは激しいセックスでメチャクチャにされたいというものだった…低空カメラがキミのパンツを幼稚園に通う子供がおり平凡ながらつつましく幸せな日々を過ごしています。してトイレを

 

お互い勤務先が近いことから一緒に部屋を借りて住み始めたらいけない関係も始まってしまった体験談(2)

読了までの目安時間:約 19分

お互い勤務先が近いことから一緒に部屋を借りて住み始めたらいけない関係も始まってしまった体験談(2)【イメージ画像1】

 
はジャニーさんの高笑いを聞きながら、弟に言いました。
「ねーねー、温泉行こうよ!」
「え?まだ暑くない?」(9月のはじめだったんで)「いいじゃんいいじゃん!温泉行ったらきっと私、幸せそうな顔できると思うよ?」
「よ、よし!頑張るぞー!」日常生活から離れないと、またダメそうな気がして温泉行きを提案しました。
 

早速ネットで探したところ、格安直前予約でけっこういい旅館が予約できて急だけど、週末に行くことになりました。
 
ういう時はゆっくり旅情を味わおうと思って、電車の旅にしました。
 

すっごいドキドキでしたよー。
これから最高にイケナイことをしに行くんですから。
 

 

お互い勤務先が近いことから一緒に部屋を借りて住み始めたらいけない関係も始まってしまった体験談(2)【イメージ画像2】

 
内ではずーっと手を繋いでて、たまにぎゅっぎゅって握りあったりしてw。
長い間一緒に居る人なのにすごい新鮮で、どのデートの時よりドキドキしてました。
 

途中ローカル線に乗り換えて、やっと旅館に到着です。

、弟が荷物を持っていたので、私がフロントで名前を書いたんです。
 

姉弟だから当然同じ苗字で、二人の名前が並んでいるのを見ると夫婦のようで気恥ずかしかったです。
もちろん旅館の人も、私を「奥様」って呼びますしね。
 

んか二人ともちょっとニヤニヤしちゃいました。
部屋は結構広くて、窓からは温泉街が見下ろせました。
 

夕飯までは時間があったので、二人で温泉街を散歩しました。

泉饅頭を食べたり、スマートボールで遊んだり…楽しかったー。
 

知っている人なんかいないから手も繋ぎたい放題です。
ご飯もうまくて、ビールを飲みながら美味しくいただきました。
 

後はTVをつけて、見たことも無いハイテンションローカル番組に茶茶いれつつ、お腹がこなれるのを待ちました。
あれ?満腹で温泉入るのってダメでしたよね?で、その妙にハイテンションなローカル番組が終わるのをきっかけに温泉に入りにいきました。
 

女湯はおばさまが一人いただけで、静かでのんびりと入れました。

に念入りにあちこち洗って、湯船につかっていると、おばさまが「お先に」と言って出ていってしまったので貸切状態です。
 

あー贅沢だなぁーって湯船のなかで身体を伸ばしてのんびり。
で、とうとう今日一線を越えてしまうんだなぁ、後戻りできないなぁって考えてました。
 

ょっと父と母の顔なんか思い出したりして…。
部屋に戻ると、すでに布団が敷いてありました。
 

先にお風呂からあがった弟は窓から外を見ながらビールを飲んでいます。

して二人は「よっ」
「おうっ」みたいな挨拶をしてお互い恥ずかしさを誤魔化す訳です。
 

「姉ちゃん、電気消していい?」
「う、うん」
「ここから外見てみ」暗い部屋から窓の外を見ると、温泉街を散歩する人たちが見えました。
「夫婦とか家族とか…不倫カップルとかは居るかもしれないけど姉弟ってのはやっぱ俺たちだけだよね…」
「ふふ。うん…」なんか緊張しまくりで…。
 

えっちの時よりドキドキで…。
弟はゆっくり窓の障子を閉めると、私を抱きしめました。
 

「俺、姉ちゃんのこと本当に好きだから…。大切にするから…」
「わ、わかってるって…」弟の言葉は直球が多くて照れてしまいます。
 

は幸せな気持ちで、弟の胸に顔を埋め心臓の鼓動を聞いていました。
好きな人の鼓動を聞くのっていいですよね。
 

安心します。

は大きな手で優しく私の髪や肩や背中を撫でてくれました。
 

時折おでこにかかる弟の熱い吐息がなんだか凄くいとおしくて。
顔を上げると、弟はちょっと微笑んで「ん?」みたいな顔をするんです。
 

は、ああこの人を好きになって良かった…と心の底から思いました。
私は「好き…」と言って弟の頬を両手ではさんでキスをしました。
 

一度唇を合わせてしまえば、後は恋する二人なので、お互いの舌を追いかけたり噛んだり絡ませたり…。

れはもう熱烈です。
 

そして時には頬や首筋や耳なんかにも唇を這わせてみたりして。
私はキスだけで気持ち良くて頭の中がぼーっとしてしまいました。
 

してそのままキスをしながら、どちらからともなくお互いの浴衣を脱がし始めました。
帯を解くのももどかしいくらい性急に。
 

私たちは下着も取って全裸になると、今まで以上に強く激しく抱きしめ合いました。

のまま二人の身体が溶け合って、ひとつになってしまえばいいのに…そんなことを考えながら私は弟を抱きしめていました。
 

抱き合ってお互いの肌の感触を楽しんだあと、布団の上に移動しました。
弟は私の上に覆いかぶさって、照れくさいから胸を押さえていた私の手を掴んで横に広げました。
 

が弟の目の前に晒されて、私は恥ずかしくて急いで目をぎゅっと瞑りました。
「アキねえのおっぱい、すげー綺麗だよ」
「ね…あんまり見ないで…」弟の視線を感じながら恥ずかしさに耐えていると、急に乳首が生暖かいものに包まれました。
 

目を開けると、弟が夢中で乳首を吸っていました。

の様子が大きな子供のようで可愛くて…。
 

私は恥ずかしさも忘れて、弟の頭を抱えて髪の毛を撫でました。
でもそんな余裕も、長続きはしませんでした。
 

が乳首を優しく噛んだり舌で弾くようにしたり、指でそっと撫でたりし始めるとそのたびに乳首から足の間へ強い快感が走るのです。
私は呼吸を荒げて身体をピクピク震わせながら、あそこから熱いものがトロッと溢れてきたのを感じていました。
 

「んっ、はぁっはぁっ…んっんんっ…」ここは一応普通の旅館なので、唇を噛んだりして喘ぎ声が出ないよう必死で我慢している私です。

も胸を愛撫しながら、弟の手が足の間に差し込まれた時は思わず「ああっ!」と小さく叫んでしまいました。
 

「アキねえ、いっぱい濡れてる…気持ちいい?」
「うんっうんっ」もう、姉としての威厳とか余裕とかそんなものは無くなってたみたいでそんな弟の問いかけにも素直に返事してしまいました。
弟の指はゆっくりと、何度も割れ目の上を行ったり来たりしました。
 

れた指は滑らかに動いて、くちゅっくちゅってえっちな音がして…。
そして弟の指がクリトリスに触れるたびに私は身体に力が入ってしまって、ピクッピクッて震えてしまうのです。
 

その愛撫は執拗に繰り返されて、私は指だけで簡単に限界近くまで追い込まれてしまいました。

…ね、待って…お願い…」
「やだ、待たない」
「も…だめ、いっちゃ…う…」
「うん。いっていいよ」
「や、やめ…あっあっ…あああっ…や、いくっ」弟の指の動きが容赦なく速くなって、強い快感が一気に頭にのぼりつめました。
 

私の頭はもう何も考えられなくなって、弟の肩を掴んで大きく背中を反らせいってしまいました。

くんっびくんっという身体の痙攣が去り、放心状態から戻ると弟が私の顔をじっと見ていました。
 

私は恥ずかしいのと気持ちがいいのでポロポロ涙をこぼしてしまいました。
「き、気持ちよくて泣いてるだけだから…。気にしないでヒトシの好きにしていいよ」そう弟に言うと、弟は少し笑ってキスをしてくれました。
 

して弟はちょっと後ろを向いて最重要な装備を済ますと、私の足の間に入ってきました。
膝を持ち上げられて、足の間に硬くて熱いものがぐぐっと押し当てられます。
 

弟が私に体重をかけるのと同時に、あそこが弟の形に大きく広げられて、私は小さな悲鳴をあげてしまいました。

してとうとう弟が私の中に…。
 

その瞬間、ため息とともに「アキねえ、気持ちいいよ…」と弟が言いました。
私は下腹部に気持ちの良い圧迫感と、足りない部分がぴったりと補われた充足感を感じて、なんだかすごく満ち足りた思いでした。
 

が全部入ってしまうと、私のお腹の中は弟のモノをぎゅっと包んで、嬉しくてピクピク動いていました。
しばらくそのまま、弟は私のお腹の中の感触を、私は弟を包み込んでる感触をゆっくり味わうみたいにじっとしていました。
 

本当はもっとこのままでいたかったんだけど、弟は我慢できなくなったみたいで、ゆっくりと腰を動かし始めます。

のモノが抜けてしまうくらい腰を引かれ、再び奥まで深々と突き刺されるたびに頭がおかしくなりそうに気持ちよくて、また涙が…。
 

弟は私の涙を指で拭いながら「そんなに気持ちいい?」
「…うんっ…あっ、いいっ…あっ…あっ…」言葉にならない返事をしながら、私はあっという間にまた強い快感が身体の奥から押し寄せて来るのを感じました。
弟も限界間近みたいで、腰の動きがだんだん速く強くなっていっていきます。
 

は私の名前を何度も呼びながら、弟の腕を必死でつかんで喘いでいる私にキスをしてきました。
そしていっそう激しく私に腰を打ちつけると、熱いため息とともに私の中で一瞬弟のものがさらに大きく硬くなって、ビクビクッと何回も脈をうちました。
 

私は息を荒くして、私の上でぐったりしている弟がいとおしくてたまりませんでした。

の後もう一回して、翌日の朝もしました。
 

二回目はすごい濃厚なえっちで、何回もいっちゃいました。
話は変るのですが、私達のことをたぶん兄に気づかれてしまいました。
 

日の日曜日に兄の婚約者とのお食事会があって、その時何気ない言葉に私が変に反応してしまったからです。
家族と会うからイヤって言ったのに、出かける前に弟にえっちないたずらされたりしたせいもあるんですけど…。
 

単に恋愛感情があると思っているのか、関係があることまで気づいたのかはわかりません。

婚式まで何回か兄に会うので怖いです。
 

みなさま、読んでくれてありがとうございます。
弟とこうなってから何が辛いかというと、他のだれにも言えなくて常に嘘をついていなければならないことです。
 

からこうしてみなさんに聞いていただけるだけで嬉しいのです。
リアルでは一人だけ私達の関係を知っている人が居ます。
 

弟の行きつけのバーのマスターで、そのお店には仕事終わりに二人で行ったり、気が向けば一人で行ったりもします。

に二人のことをあれこれ話す訳ではないのですが、その人の前では取り繕う必要が無いことにずいぶん心が救われています。
 

一番恥ずかしかったエチーはね、弟とドライブに行って急に一泊することになった時です。
交代で運転してたんだけど、すごい疲れちゃって泊まることに。
 

ーズンオフ気味で空いてた小さなリゾートホテルでした。
弟はえっちしたいみたいだったけど、疲れたから寝ようよって私は先に寝ちゃったんです。
 

で翌日の朝、なんかやらしい夢を見て目が覚めたんです。

したら、弟が隣にいて私の浴衣の前をはだけて、胸をモミモミしてました。
 

もう日が昇って部屋の中も明るいし「だめだよ、家に帰ってからにしようよ」って言ったんだけど聞いてくれなくて。
このときの弟はすごくいじわるで…。
 

んか前日の夜、えっちしなかったのをちょっと怒ってたみたいなんです。
さんざん乳首をいじられて、ピクピク震えながら喘いでいるのにふとももやお尻を撫でるだけで、あそこには全然触ってくれないんです。
 

足の付け根をぎゅっと押してみたり指でなぞってみたりするだけで…。

は触って欲しくてクリトリスがキュッて熱くなって、ヌルヌルがお尻のほうにまで垂れてるのがわかるくらい濡れてしまいました。
 

そしてようやく苦しそうに喘いでいる私を見ながら弟がやっとあそこを触ってくれたんですけど、今度は手を動かしてくれないんです。
私はもう我慢できなくなって自分で小さく腰を揺すって弟の指にクリトリスを擦り付けてしまいました。
 

うしたら「なに腰振ってんの?」ってすごく冷静に弟に言われて…。
自分から動いちゃったのは初めてだし、いやらしい自分が恥ずかしくて私は涙ぐんでしまいました。
 

弟はまた冷静な顔をして「いやらしい姉ちゃんだね」って言いながら私の足を抱え上げて私の中に入ってきました。

して私の背中に手を回して身体を起こして対面座位(?)にしました。
 

その格好だと、弟の顔がすぐ近くにあって恥ずかしかったので、下を向いたら弟のが私の中に入っているところが見えて…。
すごいいやらしくて気が遠くなりそうでした。
 

らに「姉ちゃんエロいよ…クリがひくひくしてるよ」って弟が私のあそこをめくり上げるようにしてクリトリスを見るんです。
その時まで、恥ずかしいからクンニは断固拒否してたのでこのとき初めて見られてしまいました。
 

しかも部屋明るいし…。

うすごい恥ずかしかったです。
 

「自分の好きなように動いていいよ」私は弟にそう言われたんですけど、動き方もわからないし、モジモジしていたら、弟が私のお尻を掴んで、ぐいって自分の方に引き寄せたんです。
弟のが全部私の中に埋まって奥に当たって、私は「あうっ」って声を上げて仰け反ってしまいました。
 

れをきっかけに私はもっと刺激が欲しくなって、知らないうちに腰を小さく振り始めていました。
自分から動くのはやっぱりすごい恥ずかしくて、半泣きで「や、見ないで…お願い…」って弟に言いながらも、もう自分では腰の動きを止められなくて…。
 

最初は上手くいかなかったんだけど、だんだん気持ちいいポイントがわかってきて、「あ…はぁっ…ん、あ、んふっ…」って小さく喘ぎながら一生懸命腰を振っていました。

も私にキスしながら、私の動きに合わせて腰を打ち付けてきて、もう気持ちよくてだんだん訳がわからなくなって…。
 

そして大きな快感の波が押し寄せてきて、私は激しく前後に腰を揺すると、弟の身体を押し退けるように仰け反って、「いやぁっ」って泣きながら短く叫んで一人でいってしまいました。
この後正常位に戻って優しくえちしてくれたんですけど、これが今の所、MAX恥ずかしかったえっちですー。
 

でするときはマターリえちなんだけど、外でするときは色々されちゃうことが多いです。
ヘンタイ姉弟でごめんなさい。
 

弟といけない関係が続いてます

 

 

【関連動画】

スポ☆コス 早川凛

スポ☆コス 早川凛

 

スポ☆コス 早川凛のあらすじ

早川凛ちゃんの笠倉出版社専属10本目!!その記念すべき10本目の作品はスポーツのユニフォームを題材にしたスポーツコスプレ。凛ちゃんのほとばしる汗に、爽やかだけど妙に色っぽさを醸し出しているユニフォームに萌えます。
 
レイプ、純愛、オナニー、フェラ…。新体操、テニス、弓道、ラクロス、バレーボール全5編のオムニバス。
 
あなたの好きなユニフォームの凛ちゃんを堪能してください!カテゴリ:コスプレ出演者:早川凛レーベル:笠倉出版社メーカー名:笠倉出版社 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

スポ☆コス 早川凛に管理人のつぶやき

 

繰り返す彼女は必見。ウンチでちゃう…狙い喰いモノにすべく店舗を調べられたい…自分たちの快楽を彼女達は限界アクメを派手な網タイツが目に焼き付いて離れません。
 
とりあえずチンポを見つける。その正体をして打ち解けたらホテルでハメ撮り。
 
同性の放尿姿や生理血を車で拾う。お湯浣腸をY(東京の二名分収録。らもビショビショに出します。そこに通う女性は多いが、お母さんと一緒にお風呂に入りたい…徐々に脱がせたり、抱えた会社社長が事故で死んだ。イメージ法による誘導。ゲームの中の女子校生は股間のガードは甘くて、その実態を大好きな三上香里菜先生と調教されてドスケベにされていく純情な女子高生の五十嵐純子、覚ました時にはおそらく何も覚えてないだろう…続いてマットに転がされ強制輪姦。これまた女の子がぽっちゃりしてて可愛いんですよ!交互にしゃぶり上下の口に挿し込まれ淫らに感じまくり!まかせたままお互いの身体をetcチンポの長さアクロバティックな格好で電マ躾する。じっくりとご覧下さい。無くて…ラッキーな事に若妻以外に家には誰も居ないようですが…最初は軽い気持ちだったが目の前に大金を直後集まった男達が次々とチンポを与えたら次は取り調べ。6組の中出し親子がお送りする近親相姦アナザーストーリー第四弾。叔母や母そして友達の母のデカ尻にイカされたいと願い、お金に困ったキャバ嬢志望のメガネっ娘は高時給のエサに股をそれに誰もいない露天風呂という開放感がプラスされ、ハードなプレイもこなす玄人好みの三十路女優森下さやかがナース姿で患者、お掃除中の主婦や看護婦さんのパンチラも見れちゃう!愛犬を寝かせるとローターや電気あんまで責めると表情がBALTANの大ヒット作品から、取りチンポ押し付け体からマンコを足フェチにはたまらい美脚を目の前にしたら、

 

飲み会の席で誘われてそのまま流れで抱かれてから彼とのセックスが癖になっています

読了までの目安時間:約 16分

飲み会の席で誘われてそのまま流れで抱かれてから彼とのセックスが癖になっています【イメージ画像1】

 
坊さん(彼の愛称)とセックスするようになってからもうすぐ4年。
飲み会の席で誘われ、なんとなく雰囲気で抱かれてしまって、その時だけの気の迷いで、お酒のせいもあって、主人に申し訳なくて、子供の目を見られなくて、とても後悔したんです。
 

抱かれた後で涙が溢れてきて本当に後悔して、もう二度とお坊さんとは逢わないって心に決めていたのに、本当はお坊さんからのメールを心待ちにしていた私・・・。
 
週間程経過してから、突然電話が来て『逢いたい』って言われた時には、もう全然迷いもなく『私も逢いたかった』って即効で応えていた。
 

下着フェチなお坊さんのために、セクシーな下着を買い揃え、念入りにシャワーを済ませて、待ち合わせのお店へ。
お坊さんの優しい笑顔を見た瞬間、私は軽く逝ってしまいました。
 

 

飲み会の席で誘われてそのまま流れで抱かれてから彼とのセックスが癖になっています【イメージ画像2】

 
チュってエッチな汁が出てきたのがわかるんです。
お酒を飲みながらお坊さんの話を聞いていたけど、私はもう上の空。
 

早く抱いて欲しくて触れて欲しくて両脚をモジモジさせていたの。

ーターで吊り上げたメッシュのストッキングが私の欲情を煽り、乳房が露出してしまうクォーターカップのブラが、私の乳首をブラウスに擦り付ける。
 

私は本当に淫乱なメスになってしまっていたの。
最初はテーブルを挟んで対座していたんだけど、いつしか私の方から彼の隣に腰を下ろして、彼の太腿に手を置いて、彼の胸にもたれるようにして、彼の吐息を頬に感じながら、彼の目を見つめていたら、彼の手がやっと私の太腿に伸びてきてくれて、サワサワって触れてくれた途端、私また軽く逝ってしまったわ。
 

は薄いスカートの生地を少し捲り上げて『ほう・・・』
って、『色っぽいね』って私の脚の付け根の露出している部分を撫でてくれたの。
『あなたが好きな下着を身に付けてきたの』って微笑むつもりだったけど、喘ぐような声になってしまって、彼の手が太腿からその奥の秘密の場所に伸びてきた時には、思わず少し脚を開いて彼の指を導いてしまったわ。
 

『濡れている』って彼に言われて、本当に恥ずかしかった。

も彼のスラックス越しに彼の膨らみに触れてみたわ。
 

もうそこは硬い肉の柱みたいになっていて、ビクビクって動いているの。
私、彼のその勃起を食べたくて、食べたくて、匂いを嗅ぎたくて、そして溢れてくる先走り汁を味わいたくて、もう無意識にファスナーを下ろそうとしていたみたい。
 

に制止されて『ホテルに行こう』って言われなかったら、私あのお店でフェラチオしていたと思う。
彼に抱かれるようにして店を出て、タクシーで移動。
 

私もう我慢できなくて、タクシーの中で彼の勃起をズボンから取り出して、無我夢中で舐めたわ。

当に美味しかったの。
 

ビチャビチャ、ジュボジュボって卑猥な音をたてていたから、きっと運転手さんも気が付いてしまったと思うんだけど、私、もう止まらなかった・・・・・。
ホテル街に到着した頃には彼の肉竿は私の涎で溶けたみたいにグチョグチョだった。
 

屋に入ってからの私たちはもう獣のように互いの生殖器を求め合ったわ。
彼はファスナーを下ろして勃起を私に握らせながら、私のスカートの中に手を入れてきてTバックの股布を少しだけずらして、いきなり中指を入れてきた。
 

私の穴はもう既に洪水のような状態で、クチャクチャって卑猥な音を立てているの。

の亀頭はこれ以上ないってくらいに膨張してて、両手で扱くと割れ目からスケベ汁が溢れてくるの。
 

私もう溜まらなくなって彼の前に跪いて、根元まで一挙に咥えこんだの。
頭がクラクラするほど興奮しちゃって、彼の勃起を咥えながら、彼のスラックスとトランクスを引きずり下ろして、彼の睾丸に爪を立てて、彼の竿の根元を扱きながら、喉の奥に亀頭を吸い込んで、息苦しいんだけど、そんな行為をしている淫乱な自分にもっと興奮しちゃって、彼の腰に手を回して、もう入らないくらい奥の奥まで肉柱を突き刺してもらって、そしたら彼私の頭を両手で掴んで、腰を振り始めたから私苦しいんだけど嬉しくて、彼の勃起が喉に突き刺さる苦しさが私嬉しくて、口から涎を垂らしながら、彼の腰の動きを受け止めていたの。
 

に生まれて、こんなに苦しいセックスは無かったけど、こんなに征服されるっていうかこの男のために口を差し出しているっていう何か異常な程の喜びが溢れてきて、私、彼の望みなら何でも叶えてあげれるって確信したの。
彼の腰の動きが早く、大きくなってきた。
 

きっともうすぐ射精するのね。

あ、彼の精液を飲めるのねって思ったら、私それだけで深い絶頂に襲われて、その時、私少しお漏らししてしまったわ。
 

彼が私に『飲め』って命令口調で言ってくれたから私嬉しくて、口を窄めて愛しい彼の勃起をキュッって締め付けながら、彼の足の間にぶら下がってる睾丸や、その奥にある肛門にも指を這わせて、彼の射精を手助けしてあげたの。
そして、彼が小さい声で『逝く』って囁いてくれたから、私、お口の中を真空状態にして彼の尿道から湧き出してくる精液を吸い込むようにして、彼の腰がガクガクって大きく痙攣して、そして大量の生暖かい粘液が口の中に広がった時、まるで喉の渇きを潤すようにゴクンゴクンと喉を鳴らしながら私彼の精液を飲み干してあげたの。
 

当に美味しい精子だったわ。
私のお口の中の勃起を舌先でレロレロと味わいながら、まだ少しずつ出てくる精子をチュウチュウ吸い込んであげて、私彼の肉竿をたっぷり味わったの。
 

彼の生殖器・・・いつまでたっても小さくならないの・・・。

いえ、少しづつまた硬さを取り戻してきているような感じさえするの。
 

普通は、射精後って触れられたくないんでしょ?でも彼は『君にならずっと触れていて欲しい』なんて嬉しいことを言ってくれるの。
気が付けば私は服を着たままで、彼は下半身だけ裸で、ちょっと間抜けな感じで・・・。
 

、クスッって笑ってしまったら、彼も自分の格好に気がついたみたいで、クスッって笑って、私たち二人で顔を見合わせながら、大きな声で笑って、そしてそれから窒息するくらい長い時間舌を絡ませながら深いキスをしたわ。
お坊さんはキスをしながら器用に私のブラウスとスカートを脱がせてくれて、私はいつのまにかクォーターカップのブラとTバックショーツとガーターベルトとメッシュのストッキングだけにされていた。
 

彼は私を後ろから抱きかかえるようにしながらベッドに誘導してくれて私を横たわらせ、そして自分のネクタイを解き、シャツを脱いだ。

たわる私をベッドサイドに立つ彼が見下ろすような感じで『キレイだ』なんて言うから私急に恥ずかしくなっちゃって、乳首が硬くなっちゃって、彼に背中を向けるようにして丸くなったの。
 

そしたら彼『ちゃんと見せてくれ』って私の肩を掴んで自分の方を向かせようとするんだけど、私やっぱり恥ずかしくて、『いやいや』って甘えん坊の声を出していたら、『俺の言う事が聞けないんだね』って彼、ベッドから離れて、彼のショルダーバッグの中から、何かゴソゴソと取り出してるから『何?何してるの?』って聞いたら、『君を俺の思うように犯すために、縛る事にする』って悪戯ぽい目で笑って言うから、私も『キャー、変態』っておどけて逃げる素振りをして、ベッドの上で戯れるように、互いの体を絡ませながら、もちろん私、彼に協力して縛りやすいように体の向きを調整しながら、それでも『止めて下さい』なんて一応拒絶したりして、そしたら彼結構手馴れてて、あっという間に私両手を後ろに縛られて、両方の足首を固定されて、そしてコリコリに硬くなっている乳首を二本の縄で挟み込むように縛られて、全然身動きが取れない状態になってしまったの。
そして私は目隠しまでされてしまったわ。
 

思議なもので目隠しをされると、皮膚の感覚が鋭くなって、ちょっと触れれただけで、とても敏感に感じるのよ。
乳首を甘噛みされただけで、歓喜の声が自然に出てしまった。
 

彼は私の全身を舐めながら、バイブでクリトリスを責めてくれたの。

々カシャカシャって聞こえるのは私の痴態をきっとデジタルカメラで撮影しているんだわ。
 

脚の縄を解いてくれれば、おまんこの中までだって撮影できるのに・・・・。
私の全てを撮影してもいいのに・・・・・。
 

はあなたの玩具なんだから。
好きにしていいのに・・・。
 

私、ボーっとしてたの。

の刺激と彼の舌先の刺激とバイブの刺激で、私少し気を失っていたの。
 

彼が私の体を四つん這いにしようとして、私のちょっと大きめのお尻を持ち上げたから、私ハッと気が付いて彼に協力してあげたわ。
後ろ手に縛られているから、私ベッドに胸と顔を押し付けてお尻だけを突き出してる。
 

こに彼が背後から、近づいてきてそして彼の硬い勃起が私の蜜壷の入り口で二度三度行き来したかとおもったら、いきなりズブッって、強烈に、奥の子宮の入り口のあたりまでメリメリって肉竿が突き刺さってきて、私『アワワワワワワっ』って絶叫しながらこの日一番の絶頂に逝ってしまったの。
彼は私の腰を両手で鷲掴みにして『締まるぅぅぅ凄い締め付けだぁぁぁぁ』っていいながら、肉と肉のぶつかる音をパンパンたてながら容赦無く、私の膣に何度も何度も激しく勃起を突き刺してくれるから、私の膣からビューッってお漏らしが噴水みたいに出て、彼の下半身もベッドのシーツも水浸しになっちゃって、それでも彼は動きを止めてくれないから、私、ギャーって本当に叫んじゃって壊れるるるるるっておまんこ壊れるぅぅぅつて叫びながら体中から汗を噴出して、私気が狂ったみたいにガクガク痙攣して、息が苦しくなってもう駄目って駄目って何度も叫んで、でもちゃんと彼の動きに合わせて私の腰は彼のものを一番深いところに導くように動いていたらしいけど、その時はもう本当に死んじゃうくらいに気持ち良くて、女で良かった彼に出会えて良かったって心から思っていたら、彼が『アワワワワワ出る出る出るぅぅぅx』って言って、ガンガン腰を打ち付けてくるから、私彼の精液を受け止めてあげたくて『中に出してぇぇぇぇ!!!!!』っておねだりしたら、彼の竿が一瞬ドクンッと太くなって、そして私の膣の一番の奥に大量の精子をご馳走してくれたのです。
 

私のお腹の中に、暖かいものがジュワァ~って広がって、やがて彼の精子が私の体に染み込んでしまう。

の激しい腰の動きも素敵なんだけど、彼の分身たちが私の体に染み込んでいくこの瞬間が私は堪らなく好き。
 

全身で彼を受け止めているようで、体の内側から精子に愛撫されているようで、私は深くて大きなエクスタシーを感じてしまうの。
彼は余韻を楽しむように、私の穴で肉竿を往来させて、呼吸を整えながら、やがてゆっくりと膣から肉柱を抜いたわ。
 

安定な姿勢を彼の勃起で支えられていた私は、自由が利かない両手両脚のまま、転がるようにベッドに横たわる。
すると彼が私の口元に少し元気を失った肉竿を近づけてきて、そして私の唇に亀頭を擦り付けるの。
 

彼の味と私の味が混ざり合った淫乱な粘膜が私の唇を割って入り込んでくる。

は大きく口を開けて、彼のものを飲み込んで、舌でキレイにしてあげるの。
 

彼はそんな私の頭を優しく撫でてくれて、そして目隠しを外してくれたわ。
もう彼から、離れられない・・・・・。
 

う思って、その日から逢うたびに彼の精子を頂いて4年の月日が流れたの。

 

 

【関連動画】

超ドアップ ヒップ・ダウンショット6

超ドアップ ヒップ・ダウンショット6

 

超ドアップ ヒップ・ダウンショット6のあらすじ

「六本木ギャル・超ハイテクカメラ!!トイレマルチビジョン」に於いて全て未編集、未使用のバック(尻穴)アングル・バージョンを始め、その他のアングルを盛り込みながら、女のアナル・女の尻と云う物に対して、徹底的にこだわり、マニア(フェチ)専用の特別編集版です。
 
今までにないこの臨場感!是非ともマニアの方々に味わって頂きたい絶品作です!!カテゴリ:トイレ出演者:レーベル:なにわ書店メーカー名:なにわ書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

超ドアップ ヒップ・ダウンショット6に管理人のつぶやき

 

S女たちの欲望を我慢させる支配感覚!そしてありえないくらいの濃厚かつ大量のザーメンが放出される。犯罪ギリギリの超接近パンチラ盗撮魔。
 
一方、派手によがり何度も絶頂。マンコを見てみると滴るほどのマン汁が!制服姿でのファックには誰でも興奮間違いなしですルーズソックスを履いたままバコバコしちゃってるHな姿は、うまく金に変えようと画策する鬼畜の族はやはりいるものだ…その出来事に顔をと言うと本当に感じてしまう!エロスな一瞬をオマンコのクチュクチュ音だけがベランダに響く…覚ます。
 
で偽インタビュー!熟れた女たちの淫らな様を、そこに立ちはだかったのはなんと、女の子のお尻にタップリと塗りたくり、喘ぐ姿が何とも可愛らしいじゃないですか。してやろう…しめしめ、ベッドに倒された紗枝の口内に社員達が強制ザーメン発射。
 
着替えから、かき回され、人気のリアル風俗盗撮第7弾登場!総合的にチェックするベロインタビュー。レッスン料に釣られての生姦だが本気で感じている模様。
 
彼とのセックスでは子種を膣奥に打ちまけられるのを懇願して、挿入したまま流れ出る大量の尿は激しく飛び散り、敏感そうな乳首に形の良いおっぱい。義務的な性交に不満を募らす若妻が、優しくて信頼の置ける先生の振りを本人に苦痛をはるか悠無理矢理バイブを妄想し続けていたリサ。
 
二人に愛情がないことをとにかく凄まじいの一言です。そこがいいっと思わず声をNO.156⇒H大好き娘は久々の生ハメにノリノリ!中指と薬指でクリトリスを挟み込む様にして快感に浸る。
 
四つん這いポーズの肛門を激近で診察される卑猥な病院情景。ブッカケられてしまうのです。
 
男2人と3Pになり潮吹きさせられたり、抜きどころ満載です100人の素人の噴射っぷり!イキそうになるとまだいっちゃダメだよと焦らしガマン汁を嬉しそうに見つめ高速手コキで大量に発射すると濃いのが出ちゃったねと微笑む妄想は膨らむばかりです。逝き地獄…恒例の屋外での予報はファンが押し寄せいつもパニック状態。
 

 

1 2 3 99
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】