告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

未亡人の母が伯父に緊縛調教された挙句豪快なザーメン中出し→無理やり孕ませられました。

読了までの目安時間:約 10分

未亡人の母が伯父に緊縛調教された挙句豪快なザーメン中出し→無理やり孕ませられました。【イメージ画像1】

室から叫び声が聞こえ目が覚めた母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がし、レイプしようとしている「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。
恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。

 

ヤ、イヤ、だめ、お願い許して」男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。
私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。
母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。

 

未亡人の母が伯父に緊縛調教された挙句豪快なザーメン中出し→無理やり孕ませられました。【イメージ画像2】

十路になる母ですが7年前に父を亡くして未亡人娘の私から見ても女盛りの魅力ある熟女で、男性は父の実兄にあたる叔父です。
50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。
私は今年19歳を迎える母の一人娘です。

 

スの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。
「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合う激しい交尾が始まりました。
初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。

 

父はトランクスを脱ぎ捨て全裸になると、股間の陰毛に被われたペニスは大きく勃起して、そそり立つペニスを母の手に握らせると、「いいか、これを入れるからな、すっかりご無沙汰だろう、可愛がってやるから」
「だめ、やめて下さい、お願いですから」
「あまり騒ぐと娘が起きて来るよ、いいのか、それとももう隣から覗き見しているかも」
私は「ハッ」として一瞬身を引き、伯父は今ここで私が覗き見していることに気付いているのかしら手が届きそうな距離で覗き見ている私に、伯父はあからさまに母の全裸姿を見せ付けるように、向きを変えたりして動き回っているのです。
「イヤ、だめです、娘には見られたくない、お願いですからやめて」伯父は必死に抵抗する母の両肩を押し付けると、顔を振って嫌がる母の唇にキスをして、口を塞いでしまいました。
「ウグッ、ハアー、いやー、ウーッ」それは長い時間のディープキスで唇を奪われ、さらに首筋等の性感体を嘗め回されると、最初は必死に嫌がっていた母でしたが、徐々に抵抗を諦めていくと、とうとう伯父の首に両腕を廻すと、しっかりと抱き付いていました。

 

父を受けれてしまった未亡人の母その間も伯父の手は休むことなく、母の乳房を揉んだり性器を舐め回す等、母への全身の愛撫を繰り返していました。
「アアーッ、もうだめー、お願い入れて、オチンチンがほしい」長年、セックスから縁遠くなっていた母は、一旦伯父によって火が付けられると、聞くも恥ずかしい言葉を発して、自らペニスの挿入を要求しています。
「よしッ、大きいオチンチンを入れるからな」伯父は母の両足を持ち上げ大きく開かせると、勃起したペニスを愛液で濡れた母の膣口に当てがい、一気に「ヌルッ」とした感じで押し込むと、母の膣はペニスの根元までを飲み込んでしまいました。

 

チンチンが入っている、気持ちイイー、もっと奥に入れて」母は喘ぎ声を上げ自らの身体を大きく反って、さらに伯父のペニスを膣の奥で受け入れようとしています。
「どうかね、久し振りに生で入ったオチンチンの味は、忘れられないだろう」
「イイッ気持ちいい、お願い中には絶対に出さないで」伯父は母の言葉をまったく無視するように、徐々に腰を大きく振ると、パンパンと音を発しながら、激しくペニスの出し入れしています。
母はもう嫌がることなく、伯父の背中に両手を廻しては、しっかりとペニスを受け入れようと、自らも腰を捩って身体を密着させています。

 

れほど伯父とのセックスを嫌がっていたのに、伯父のペニスを受け入れてしまうと、母の身体は言葉とは裏腹に正直に反応するものです。
「アアーッ、イイッ、もっと奥まで突いて、気持ちいい」母は段々と感じているようで息遣いも荒くなり、喘ぎ声を上げながら絶頂を迎えようと、「もうだめ、逝く、逝くーッ、気が変になりそう」
「そうか、俺も逝くぞ、中に一杯出すからな」
「イヤーッ、だめだめ、中には出さないで、妊娠しちゃうから」射精を迎えた伯父は、母の乳房を両手で鷲掴みにし、さらに母の身体を引き寄せて、ペニスを膣の奥深くに押し込んでいます。
間もなく伯父は射精を始めたのか腰が痙攣して、今まさに多くの精液が母の子宮めがけて流し込まれていることでしょう。

 

イッ熱いのが、ダメーッ赤ちゃんが出来ちゃう」母は膣の中に出すことを嫌がっていたのに、今では伯父の精液を一滴残らず子宮に受け止めようと、自から腰を浮かして身体を密着させています。
これで母は伯父の精子で孕ませられ、妊娠し、お腹が大きくなって赤ちゃんを産むのかしら・すべての精液を出し終ったのか、伯父は母の身体に覆い被さりしっかり抱き付くと、二人ともセックスの余韻を楽しむように動かなくなりました。
しばらくして伯父は母の身体から静かに離れると、母は両足を大きく広げ、性器をあらわにしたまま陰毛の間からは、白いドロッとした精液が流れ出て、いく筋にもなって肛門を伝いシーツに落ちています。

 

は、今まさに目の前で行われた伯父と母のセックスを覗き見て、胸はドキドキと興奮してしまい、私の性器からも愛液が流れ出て、ショーツがしっかり濡れていました。
伯父は母の身体を静かに抱き起こし、そのまま布団にうつ伏せにして寝かせると、お尻付近に跨り体重で身体を押さえ付けると、母の両手を静かに背中に廻して手首を重ね合わせ、用意した縄で手首を縛り始めました。
「アッだめ、何をするの、お願い縛らないで」突然のことで驚いた母は振りほどこうと抵抗したのですが、身体は押さえ付けられて動けず、すぐに「後ろ手」に縛られあっという間に緊縛されましたさらに母の身体を抱き起こし、残った縄の端を前に廻すと、ふくよかな乳房の上下に分けて縄を掛けられ、肌に食い込むほどにきつく縛られてしまいました。

 

ヤイヤ、だめ、やめて、お願い縄を解いて」やがて伯父は用意したデジカメを取り出すと、全裸で「後ろ手」に縄で縛った母の恥ずかしい身体を、容赦なく写真に撮り続けています。
さらに母の身体をうつ伏せに寝かせ、お尻を高く上げさせた姿勢で両足を広げさせると、伯父は母のお尻方向から、さらに勃起したペニスを再び膣に挿入しました。
「アーッ、イイーッ、もっと強く、気持ちいい」激しくペニスの出し入れを繰り返し、母は縄で縛られ身体の自由を奪われながらも、髪を振り乱して喘ぎ声を発して、伯父によって好き放題に弄ばれています。

 

イ一ッ、もうだめー、逝きそう、逝く、逝くー」
「俺も逝くぞー、中に一杯出すぞー」伯父は再度母の膣の中に射精を始め、ペニスをさらに膣の奥に押し込むようにして痙攣しています。
二人とも折り重なって布団に倒れ込むと、しばらく荒い息を吐きながら性器は繋がったまま、動かなくなっていました。
しばらくして伯父は枕元から何かを取り出すと、「さあ、今からお尻に浣腸するから、しばらく我慢するんだぞ」突然の伯父の言葉に、最初は何のことか分からず呆然としていた母は、「えーッ、浣腸?するの、イヤだー、やめてそれだけはダメッ」必死に足をバタつかせて逃れようとするのですが、身体を縛られたうえに、さらに伯父に押さえ付けられていては何の抵抗もできません。

 

覚えのある小さな「いちじく浣腸」を取り出すと、お尻を捩って嫌がる母の肛門に差込み、一気に容器を握り潰し、浣腸液をすべて注入しました。
「アアーッ、だめそれだけは、お願いだからやめて」さらに伯父は浣腸液を満した大きなガラス製の浣腸器を用意すると、すでに排泄の兆しが認められる肛門に、浣腸器の先端を差し込むと、何度も繰り返して浣腸液を注入していました。
「アーッ、もう入らない、ダメー出そう、お願いトイレに行かせて」母の下腹部は浣腸のため「プクッ」と膨れ上がり、大量の浣腸液が注入された様子が見て取れました。

 

願いトイレに行かせて、お腹が苦しいの、縄を解いて下さい」母は排泄を我慢させられ、苦しい表情を滲ませながら伯父に哀願していました。
この後も、母はとても恥ずかしい淫乱なセックスによって、身も心も疲れ果てるまで弄ばれていました。
この日から半年が過ぎて、今では伯父は我が家に同居し、母のお腹には赤ちゃんを宿して、日々大きく目立つようになって出産を迎えることでしょう。

アパートの管理人に緊縛M時開脚の状態でエッチなことされてしまった30代シングルマザーの告白

読了までの目安時間:約 4分

アパートの管理人に緊縛M時開脚の状態でエッチなことされてしまった30代シングルマザーの告白【イメージ画像1】

は、奈保と言い、33歳になります。
現在5歳の稚園児を持つシングルマザーの母子家庭です。
そして私達家族が住む、アパートの管理人の吉田様とはほんの些細なキッカケでした。

 

供好きな紳士で玩具やレゴを買い与え頂いたり。
最初はキッパリとお断りしてましたが、二年前の夏に子供が熱を出し病院等を色々お世話して貰い、御礼をお持ちしてから親しくなりました。
元来お酒好きな私にビールや好いワインが手に入ったからと、.ついついご馳走になり。

 

アパートの管理人に緊縛M時開脚の状態でエッチなことされてしまった30代シングルマザーの告白【イメージ画像2】

覚えは.そのまま男女の関係になるまで一ヶ月もかからなかったと。
私も主人と別れ、独り身の寂しさも有ったんでしょうか。
一昨年9月末幼稚園.園の運動会の夜に吉田様に朝まで弄ばれ、.今では普通のセックスでは満足出来ない身体に仕込まれてます。

 

田様は子供には優しいのですが大人の女性には変態なS男だったのです。
そして、一年半の調教を書かせて頂きます。
運動会の夜に、子供を寝かしつけもう一度シャワーを浴びようとした時に、吉田様が今日はお疲れ様とビールとワインを持って来られ、「子供は寝たかね」と聞きながら、ビールでカンパイし1時間ぐらいワインも頂き、ほろ酔いなりかけた時に無理矢理キスされました。

 

死で、「いけません」と抵抗もしましたが、「ごめんね」と謝られ!部屋を出ようとした吉田様を呼び止め私からキスを、強く抱かれ甘い優しいキスから全身を吉田様の手や舌が蛇の様にはい回り、私はトロトロに成りながら、絶対秘密でお願いしますと言うの精一杯でした。
乳首が痛い程勃起しオマンコが洪水のように吉田様を待ち望んでいるのが、あぁ早く早くチンポが欲しくて思わずズボンの上からチンポをまさぐってました。
チャックから出できたチンポは初老のそれでは全く違う若い猛々しい、私の手に収まりきれない太い男根でした。

 

に60歳過ぎの吉田様の男根は立派に勃起し、私のおまんこを荒々しくついてくるのです。
それだけなら普通のSEXですが、そこから目隠しや、縛り。
それも手を縛るソフトな感じではなく、M字開脚させて、荷造りする為のビニール紐で足を固定させ、常に御開帳状態。

 

んな恥ずかしい格好をさせられたのは初めて、羞恥心で愛液が溢れて出てくるのがわかりました。
吉田様は、私を緊縛すると、すぐに挿入せず、視姦するように見つめてくるんです。
時たま割れ目をペンライトで光を当てたり。

 

う私は恥ずかしさと快感でおかしくなってしまいそう。
「くだいさい、そのオチンチンを私にくださぃい」と何度も何度もお願いして、やっと挿入してもらいました。
その時の快感っていったら表現できません。

 

入された瞬間に、絶頂する程の快楽が身体を駆け巡り私、挿入されたまま潮吹きしちゃったんです。
隣の部屋で子供が寝ているのも忘れ淫らな姿で喘ぎまくる母である私。
こんなに自分がM女なんて知りませんでした。

 

れから吉田様は度々夜に来るようになり、私の体を弄んで帰ってくるんです。
でも私も吉田様に調教され愛されるのを待つ毎日です。
今では家賃も吉田様が支払ってくれており、家計も大分助かっています。

 

からなにまでお世話になりっぱなしです

変態じみたセックスプレイを鬼畜男に目撃された!拉致監禁されて陵辱の限りを尽くされたロリフェイス三十路妻

読了までの目安時間:約 5分

変態じみたセックスプレイを鬼畜男に目撃された!拉致監禁されて陵辱の限りを尽くされたロリフェイス三十路妻【イメージ画像1】

婚4年目の三十路主婦です。
私は、身長も低く童顔で、25歳以上には見られたことがないんですけど主人ともそろそろ倦怠期、というかんじで某サイトに訪れるようになりました。
この熟女のHな体験談サイトも他人事で、でも刺激はされるのでよく見に来てたんですけどまさか、自分をネタにするめに遭うとは思ってもみませんでした。

 

出会い系サイトの私書箱で知り合った男性と定期的に変態、痴漢プレイをしてたんです。
某路線で。
その日もプレイを終わって、彼はそのまま列車で帰って行き、私は自宅にもどるためその路線の反対方向のホームに向かうため歩いていました。

 

変態じみたセックスプレイを鬼畜男に目撃された!拉致監禁されて陵辱の限りを尽くされたロリフェイス三十路妻【イメージ画像2】

スカレータを登り切ったところで、いきなり肩を抱かれ腕をつかまれました。
私はてっきり彼かと思い「帰らなくていいの?」とたずねました。
ところが、彼とはにてもにつかない声が私の耳元にこう、言ったのです。

 

ねーちゃん、楽しそうなことしてたな。俺にも楽しいことさせてくれよ」私達の痴漢プレイがみられていた?私は凍り付いたようにその場で立ち止まりました。
もうひとり男がやってきて、わたしの腰を抱き二人にひきずられるように拉致され、むりやりその駅の改札を出ました。

 

ばらく歩いて、人気のないところに来ると、いきなり目と口にガム・テープを貼り付けられ、手足もガムテープでぐるぐる巻きにされました。
男2人に抱えられるようにして、車にほうりこまれ監禁されました。
どうやらワゴン車らしく、車の中にも何人かの気配がしていました。

 

が走り出し、どのくらいの時間がたったでしょう。
車は止まり、わたしはまた、手荷物のように運ばれてベッドに転がされました。
男たちは手足のガムテープを剥がすと両手両足を、縛って広げさせました。

 

ッドの四隅にヒモを結びつけたのだとおもいます。
そのまま、さいしょに話しかけてきた男が私の上にのしかかってきました。
セーターとブラジャーをたくし上げ、乳房を露出させると、片方を噛み、片方を片手で乱暴に揉みはじめました。

 

う片方の手をスカートの中にいれると、ストッキングをいきなり引き裂きました。
「おねーちゃんパンティ穿き忘れてきたのか」そう、私は痴漢プレイのときはいつもノーパンストッキングだけで彼の愛撫を受けていたんです。
「濡れ濡れだ、大丈夫だな」男は独り言のように言いました。

 

きなり、固い異物感が下半身に挿入ってきました。
しばらく動かし、男は私の顔に熱い液体を放ちました。
「なんだよ、ずいぶん早いじゃないか。たまってたんか?」他の男の声がしました。

 

のねーちゃん締まり最高だぜ、名器だよ、我慢できるんならしてみろよ」そういって、男は私から離れました。
いま、ちゃちゃをいれた男が「どれどれ?」といいながらのしかかってきました。
両方の手でちぎれそうなくらい乱暴に乳房を揉みながら、いきなり挿入してきました。

 

んとだ、締まる・・」私は意識して締めて居たわけではないのですが、もともと膣口が狭いのと、緊張していたせいでしょう。
次の男もあっというまに、私のおなかに放ち果てました。
それからは、おとこたちは無言でかわるがわる私の上にのしかかり、顔や手やおなか、胸・・・体中に精液をまき散らしました。

 

出しされないだけましよわたしはそれだけを考えていました。
いったい何人の男がその場にいて、何度レイプ、犯されたかもわからないまま長い長い時間のあと、私は着ていたものすべて精液まみれになっていましたを脱がされ、裸の体にジャージの寝間着のようなものを着せられて、また、車にのせられました。
冷たいコンクリートの上に置かれて車が走り去ると、私は目と口のガムテープを剥がしました。

 

りをみまわすと、自宅のマンションの前でした。
すでに夜があけていました。
幸い人通りはなく、予備に隠して有る鍵で部屋に戻ってきて、いま、これを書いています主人は寝ています。

 

が気まぐれを起こして実家に泊まりにかえると、いう口実で、男遊びもしていましたのは日常茶飯事なので心配もしなかったのでしょう。
わたしがちかんプレイをしていること、ここに住んでいることどうやら、後を付けられて調べられていたようです。
全く計画的とした思えませんから。

 

Hな変態奥さん、また、楽しいことしような」車が走り去るまえの捨てぜりふがまだ耳に残っています。
私は、不安と興奮が入り混じった日々を送っています

自分だけイッたらおしまいな彼のエッチにマンネリを感じていたんだけど、電車エッチで改善したw

読了までの目安時間:約 3分

自分だけイッたらおしまいな彼のエッチにマンネリを感じていたんだけど、電車エッチで改善したw【イメージ画像1】

には2歳年下の彼がいて、同棲中です。
同棲を始めてから数カ月、いつもいつも体を求めてくる彼にちょっとうんざりしている自分がいました。
Hするのは嫌いじゃないし、彼のことも大好きだけど、「自分だけイったらオシマイ」みたいな彼の態度にちょっとした不満を抱いていました。

 

うするにマンネリ気味になっていたのです。
でも、ある日を境にマンネリは解消されることになったのです。
ある日のこと、私はいつものようにバイトに出かけました。

 

自分だけイッたらおしまいな彼のエッチにマンネリを感じていたんだけど、電車エッチで改善したw【イメージ画像2】

かける直前も私に体を求めてきた彼・・・。
年下はかわいいけど、何か猿みたいだな~なんて思いながら電車に乗り込みました。
結構車内は混んでいてたのですが、いきなり後ろからお尻を触られました。

 

漢かと思って振り向くと、そこには家にいるはずの彼がいたのです。
「びっくりした?」
「当たり前でしょ!もぉ~。それはそうと何でココにいるのよ」
「いや、最近エミコって俺としたがらないじゃん!だから、バイト先で男でもできたんじゃないかって心配になって・・・」
「そうじゃないわよ。いっつも見境なしに体求められるのが嫌だっただけ。マンネリ気味だし・・・」
「じゃあ、ココでしちゃう?」そう言うと彼はスカートの中に手を入れて私のアソコを下着の上から触りました。

 

ょ、ちょと!こんなとこで・・・!あっ!」そしてとうとう彼は下着の中に手を入れて直接アソコを触ってきたのです。
「イヤ・・・。指まで・・・。あんっ」
「エミコ、凄ぇ濡れてるじゃん。いつもより全然だぜ」私はだんだん気持ち良くなってきて、息づかいが荒くなっていくのがわかりました。

 

、もう我慢できない」彼はそう言うなり、私のパンティーをずり下ろし、固くなったオチンチンをアソコに入れたのです。
「はうっ、はぁ、はぁ、あんっ!」必死で声を押し殺したつもりですが、多分、周りの人には聞こえていたと思います。
何せ満員電車ですから。

 

車が大きく揺れると彼のペニスが膣の奥まで当たりました。
「あんっ、き、気持ちイイ・・・」
「俺、イキそう・・・。外に出すからエミコの手で受け止めてくれ。うっ!」彼も興奮していたのか、普段よりも多めの黄色っぽい精子がたくさん出ました。

 

まにはこういうのも良くない、エミコ?」
「もう、この変態っ」その後、私達は電車の中でヤるのが病み付きになってしまいました。
SEXのマンネリを解消するにはいいかもしれませんよ。

OL兼主婦の私が引越し前夜に出前のお兄さんとセックスしちゃったエロ自慢話を聞いてくださいw

読了までの目安時間:約 11分

OL兼主婦の私が引越し前夜に出前のお兄さんとセックスしちゃったエロ自慢話を聞いてくださいw【イメージ画像1】

は26才のOL兼主婦をやってます。
この間、引越しをしたんですが、前のマンションを出る前日に、ほとんど準備も終わったし、夫が出前を取ろうかって言い出したんです。
私も引越しの準備とかで疲れていたので、『いいねぇ、何食べようか』ってニコニコしながら聞き返しました。

 

の時はもう夜の九時を回った位で『さすがにこの時間じゃ、おそばもラーメンも出前は終わっちゃってるよなぁ』
と言って『ピザとかファミレスの出前とかでいい』って聞かれて、私は『もちろんっ』ってテンションが上がってました。
夫は普段からあまり外食が好きではなく、どこかに出かけても常に家の方が美味しいとか、安くすむとかって言い出して…いつも心の中で(作るのは私なんだぞ?)って叫んでいたから、急に出前とろうなんて言い出すのが、すごくびっくりだったんです。
『ピザとファミレスどっちがいい』って聞かれて、『う?ん両方とも捨てがたいなぁ!でもちゃんとしたいの食べたいからファミレスにしようかな』なんて悩んでいると、早々とインターネットでメニューと電話番号を持ってきてくれて、おぉ!今日は一体どうしたんだぁなんて思ってました。

 

OL兼主婦の私が引越し前夜に出前のお兄さんとセックスしちゃったエロ自慢話を聞いてくださいw【イメージ画像2】

ニューが決まり、いざ注文の電話をしました♪注文が終わり夫が意気揚々とこちらに戻ってきて、『ご飯食べたら、このマンションで最後のエッチしようね』なんて耳元で言われて、耳が熱くなっちゃいました。
『でも、出前一時間位掛かっちゃうんだって、だから先にお風呂入っちゃおうか』って言われて、『そっかぁ!じゃあしょうがないよね』って、私はお風呂に向かいました。
家のお風呂はマンションと言っても昔ながらの古いマンションだったので、脱衣所が付いてるわけじゃなく、厚手のカーテンで仕切ってるだけでした。

 

がお風呂に入っていると、夫が『飲み物ないからちょっと買ってくるね、着替え出して、脱いだのは明日向こうで洗うようにしまったから、それと出前のお金一緒に置いておくよ』と言われて、今日は本当に優しいなぁ!なんて思ってました。
夫が出ていってから5分位した位でしょうかピンポーンとインターホンが鳴り、私はえっ誰出前の人それにしては来るのが早すぎじゃないなんて、色々考えてたら二度目のピンポンが鳴りました。
外からは『すみません!ガ○トの宅配ですが』と呼び掛けられ私も慌てて『はぁい!』ってお風呂から出ようとしたんですが、真冬にそんなにすぐ体が温まるわけでもなく、少し寒いのを我慢しながら上がろうとしました。

 

したら玄関がガチャって音がして、私は夫が帰ってきたと思って安心したら、なんとガ○トの店員さんでした!『すみませ?ん!ノブを回したら玄関開いちゃって…』店員さんは申し訳なさそうに玄関に入ってきました。
私もお風呂からあがり、『わかったわ、ちょっと待ってて!すぐに行くから』とカーテンの裏から声を掛け、早く着替えないと!って思いながら着替えをとったんですが、キャー用意されていたのは夫がエッチをする時用に勝手に買ってきたスケスケで超ミニのOLスーツ!いままで着た事がなく、しまっておいたのを出されていました。
カーテンを開けてしまえば目の前の玄関を通って部屋に行かなければいけないので開けれるはずもなく、どうしようと思っていたら、ガストの店員さんが『あの?僕もそんなにずっといれないのですが…』と、隙間から覗いて見ると20才位のあまり気の強くなさそうな男の子、しかもちょっとジャニーズ系の子でした。

 

は『ごめんなさいね!すぐ行くから』とは言ったものの、コレを着るのはなぁ…でもこの子もバイトだろうしなんて考えてたら、ヨシッ!着ちゃえって着てみましたが、思ってた以上に透けてておっぱいもアソコの毛も全部はっきり見えちゃいます!それでも相手が年下っぽい感じと、どうせ明日からはここにはいないんだしって思って、一応手で胸とアソコは隠しながらカーテンを開けちゃいました。
『えっ』店員さんは私を見た途端にすごく固まっちゃって、顔を真っ赤にしながら『すみません!こちらが商品です』って!あまりにもウブな感じがしてるんで、私もなんか興奮してきちゃって、『こんな格好でごめんなさい!いきなりこんな格好で出てきたらじゃびっくりするよね』
『あっ!いえっ』店員さんは言葉なんかしどろもどろになっちゃって、でも視線はちゃんとおっぱいとアソコにいってて!良く見たらおチンチンが大きくなってるの。
一応胸とアソコは手で隠せるだけ隠してたんだけど、お金を渡す時に胸を隠していた方の手を前に出したら、おっぱいがはっきり見えちゃって、あっ!と思って慌てて手を引いたら、お金を受け取ろうとしていた店員さんの手が私のおっぱいに当たっちゃって、私も興奮して敏感になっていたから、思わず『あっ』って感じた声出しちゃったんです。

 

したら店員さんの息遣いがすごく荒くなってきて、目もさっきの遠慮がちな感じじゃなくて、なんか体を舐め回すように見てきたんです。
私はまずいかなぁって思って、『はいっ!コレ代金ね。待たせちゃったからお釣はいらないわ』って言って部屋に戻ろうとしましたが、店員さんの手が私の肩を押してきて、突き飛ばされる形で私は倒れこんでしまいました。

 

ャッ』私は小さく悲鳴をあげましたが、興奮しきっている男の子に聞こえるはずもなく、私の上にのしかかってきました。
『いやだっ!だめっ』私は力一杯起き上がろうとするのですが、さすがに男性の力に叶うわけもなく、気がつくと服の中に手を入れてきて、おっぱいを揉んできました。
『あうっ』さっきまで興奮していた体は、刺激にすごく敏感に反応してしまい、男の子がおっぱいを揉むたびに『あっ!んっ!』と反応してしまいます。

 

の子も私が反応するのが面白いのか、少し落ち着きを取り戻し、『奥さん、感じてるんですか?見ず知らずの男の人に襲われてるのに、イヤらしい人だなぁ』なんて言ってくるんです。
私もそんな言葉を言われて、恥ずかしくて頭に血が昇ってしまうのがわかりました。
男の子の手が胸や背中から、下の方へ降りてきました。

 

っちはだめっ!』と言っても力が入りません!そんな事考えてるうちに、男の子の手が私のアソコに触れました!『あうっ』ほんの少し触れただけで体がビクンッ!!となり一気に力が抜けてしまいました。
『すごい濡れてる…』男の子はゴクッと唾を飲み、一気に私のアソコに指を入れてきました。
『あぁ!』私も声がだんだん出てしまい、何も考えられなくなってきた時に、私の携帯が鳴りました、男の子はビクっとなり、私から一瞬離れました。

 

は慌てて携帯を開くと夫からでした。
どうしよう…今出て、こんな状況がバレたら…でも早く帰ってきて欲しいし…『旦那さんからですか出ないんですか』男の子は余裕を取り戻したのか、私の後ろから抱きついてきて、おっぱいとアソコに手を回してきます。
『早く出ないと電話切れちゃいますよ』って私のアソコに入れた指を出し入れしてきます。

 

あっ!お願いだからやめて!出るからやめてください』私が敬語でお願いしたのが、興奮したのか『じゃあ何もしないから電話に出なよ』
『はい…』私は電話をとり、極力平静を装って『もしもしどうしたの』と電話に出ました。
『あ?もしもし。お風呂出たいまさぁ友達に会っちゃってさぁ!後20分位したら帰るからちょっと待ってて。まだ出前きてないでしょ』
『あっ出前なんだけどね…』私がそう言いかけた途端に男の子が私のアソコを舐めてきて『ひゃん』私は携帯を落としそうになりました。

 

うしたの変な声出して、ウケるんだけど』夫は全然気付かないで笑って『じゃあもう少ししたら帰るから』と電話が切れました。
『あ?あ!旦那さん電話切っちゃいましたね!お姉さんも助け呼ばないし、本当はしたいんじゃないの』なんて言い出して、立ち上がり大きくなったモノを私の顔の前まで持ってきました。
私は顔を背けましたが、頭を押さえられ無理矢理口の中に押し込まれてしまいました。

 

ぐっ!ん?!』男の子は私を壁際まで寄せ逃げられないようにしてから、腰を振り『あ?気持ちいいですよお姉さん』なんていいながら、口の中でどんどん大きくなっていきます。
『プハァ』ようやく口から出してもらえたと思ったら、私の腰に手をかけて、自分の方に引き寄せました。
『それだけはやめて』私は必死にお願いしましたが『今さらやめられるわけないじゃん、あきらめなよ』と言いながら、その大きくなったモノを私のアソコに当て一気に挿入ってきました。

 

うっ』必死に逃げようとしても、完全に腰を押さえられていて逃げる事が出来ません。
はじめはバックで突かれ、態勢を返られて正上位や女性上位にさせられ『お姉さん自分から動いてみなよ』なんて言われて、上で動かされ。
でも上で動いてるうちに、辛そうなのを我慢してる男の子の顔が、すごくかわいくてついつい『イキそうなの』と声を掛けると、『イキそう』
だって『襲うだけ襲っといて、こんなに早くイっちゃうの』なんて言いながら私も引っ越しでストレスが溜まっていたのを発散するかのように、一気に上で腰を動かして『あぁっ!駄目ですっイキそうです』なんてさっきまで襲いかかってきていた子とは思えないほど可愛くなっちゃって『中はだめだよ、でも我慢してなきゃダメ』私も意地悪言ってみて、もっと腰の動きを早めてみたら『だめだっ!出るぅ』ドクッドクッって私の中に熱い私も意地悪言ってみて、もっと腰の動きを早めてみたら『だめだっ!出るぅ』ドクッドクッって私の中に熱いのが出されたのがわかりました。

 

?あ中に出しちゃった…出来ちゃったらあなたのお店まで行っちゃおうかしら』私はちょっと小悪魔っぽい笑顔で男の子に言いました。
男の子は急に我にかえったのか『す、すみませんでした』
『知らないよ?ちなみにもう夫が帰ってくるから、見つかったら大変かもねぇ』男の子は青ざめながら着替えを手に持って、慌てて玄関からでて行っちゃいました。
私は、もういちどお風呂に向かい、シャワーを浴びていると夫が帰ってきて『なんだぁまだ入ってるの』
『うん!体冷えちゃったから、もう一回温まってるの、出前来たよ!上がったら食べようね』私は何もなかったように過ごしましたが、あの興奮の誘惑に負けてまたあの服を着ちゃいそうです。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】