告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

近所に住んでいる悪ガキ中学生に押し倒されて無理やり犯されてしまった主婦のレイプ体験

読了までの目安時間:約 7分

近所に住んでいる悪ガキ中学生に押し倒されて無理やり犯されてしまった主婦のレイプ体験【イメージ画像1】

1年前、新居を購入しこの土地に引っ越してきました。
夫(35歳)は、IT企業で働き深夜帰宅に休日出勤と忙しい人です。
私達には7歳になる娘がおり、この春から小学校に通い始めました。

 

も知らない土地で、初めは嫌がっていましたが、1ヵ月もすると何も言わなくなっていたんです。
ある日、家の近くの公園で遊ぶ娘と一緒に遊んでいたのは、5・6年生位の男の子でした。
2人はニコニコしながら楽しそうに遊んでいたんです。

 

近所に住んでいる悪ガキ中学生に押し倒されて無理やり犯されてしまった主婦のレイプ体験【イメージ画像2】

ら・・・お友達かしら・・・“そう思い近づいて挨拶すると、何と中学1年生でした。
小柄な可愛い顔立ちの彼は、礼儀正しく感じの良い子だったんです。
家を聞けば我が家の裏手にある長屋に住んでいるとの事でした。

 

の後も何度か公園で遊んでくれている姿を見かけ、私は家に招きました。
それから彼は何度か我が家に訪れる様になり、娘も彼の家に遊びに行く様になったんです。
そんなある日、私は見てしまったんです。

 

い物に出掛け、家に着くと娘の部屋の方で声が聞え、ドアが少し開いていたから中を覗くと娘が裸にされ、男の子にアソコを舐められていたんです。
“何してるの?“と声を掛けると“あっママ・・・お医者さんごっこで見て貰ってるのよ“と言う娘に“そう・・・もう終わりにしておやつでも食べましょう“と止めさせました。
娘を残し、彼と彼の家に行くと誰も居ません。

 

から事情を聞くと、母子家庭で、母親は帰りが遅いと言う事でした。
娘との遊びについて聞くと“裸にしてアソコを舐めたり、自分の股間をお尻にスリスリさせ射精していた“と全てを語ってくれました。
“こんな事駄目なのよ・・・““でも・・・いいじゃない・・・あの子だって気持ちイイって““何言ってるの・・・““僕だって、ヤリたいし・・・我慢出来るか・・・““もうあの子には変なマネしないで““じゃ、おばさん僕の相手してくれる?““私・・・出来る訳無いでしょ““だったら、また誘っちゃうかも・・・““・・・お願いだから、あの子には・・・私が相手するから・・・“彼が目の前でズボンを脱ぐと、小柄な体には不釣り合いなチンチンを出し始めていました。

 

ばさん・・・早く・・・““ここで?““うん!“彼のチンチンを握ると脈打ちギンギンに硬くなっています。
先端が皮から顔を出していますが、半分位は皮に覆われていました。
手でシコシコしていると“おばさん、口に咥えてよ・・・今度あの子にも咥えさせようと思っていたんだ““そんな事まで・・・ダメよあの子にそんなことしちゃ・・・“彼に言われ、チンチンに顔を近づけると、チンカス臭い匂いが・・・。

 

は意を決し口に咥え、舌で先端をペロペロしました。
やがて彼の皮が捲れ、皮と肉棒の間のチンカスを舌で拭いました。
汚らしい筈が、いつしか私は股間を濡らし、息を荒らしていたんです。

 

して彼が“う・・・う・・・“と声を漏らすと同時に私の口の中に精液が吐き出されたんです。
若さでしょうか?夫とは比べようも無い量です。
“もう気が済んだでしょ、あの子にはもうしないでね““おばさん、僕まだ満足していないよ““何言ってるの?十分出したじゃない““だって、チンチンがこんなになったままだもん“彼のチンチンを見ると、先程と同じ大きさを保ち、ビクビクと反り上がっていました。

 

出したばかりなのに・・・““今度はおばさんのマンコを見たいなぁ““駄目よ・・・何言ってるの?““だって、あの子のマンコを毎日見て舐めてたんだから、おばさんも舐めさせてくれるんでしょ““そんな・・・“彼がスカートを持ち上げパンティに手を伸ばしてきました。
もう後戻りは出来ません。
私はパンティを脱ぎ、彼の前で全裸にされると同時に足をM字に開かされやがて、彼の顔が股の間に・・・。

 

にアソコを見られ、舌で舐められました。
“大人の人って感じると汁出すんでしょ!おばさん感じてるんだ““そんな事言わないで・・・“中学生に恥ずかしい姿を曝け出し、私は彼にマンコを散々舐められ、クリトリスを吸われました。
恥ずかしながら、私は中学生の彼に逝かされたんです。

 

を荒らし、こう彼に抵抗できないと感じたその瞬間、彼のチンチンが私の中に入り込み、腰を巧に動かされていました。
“駄目よ!中にだけは出さないで・・・““子供出来るんでしょ・・・僕の子供出来たら大変だもんね““外に出すのよ““うん!“彼の限界が訪れ、彼がチンチンを抜いてくれた事に安心していると、彼が目の前に来て、私の口にチンチンを入れて来て、口の中に吐き出して来たんです。
2度も彼の精液を飲まされ、私は何も言えません。

 

しく服を着て、彼の台所で口を濯いでいると、テーブルにカップ麺が用意してあり、置手紙か?【今夜は遅いから、これ食べて寝ててね】と書かれていました。
満足した筈の彼の表情は暗く曇り、犯されたとは言え、可愛そうな気持が込み上げて来たんです。
“今日、家で夕食食べる?““いいの?““うん・・・“結局彼を連れ家に戻った私は、夕食の準備を始めました。

 

と娘を2人っきりに出来ないので、リビングでTVを楽しむ2人!こうしてみると兄弟でも出来た様に見えます。
“僕も手伝いますよ““良いのよ!座ってて・・・““良いんです。運ぶの手伝いますよ“さっきまで、私は彼に・・・そんな事を忘れさせてくれる一時でした。

 

食を済ませ、片付けを始めると、彼も来て手伝ってくれたんですが、私の隣でお尻に触れながら“僕!またやりたくなって来たんです“と囁かれました。
彼の股間を見ると大きく前に張り出し、ヒクヒクさせていました。
娘がTVに夢中だと知った彼が、私のスカートの中に手を差出、パンティを下ろすと足元にしゃがみ込み、アソコを舐め始めたんです。

 

目よ!!!娘に気づかれるわ・・・““大丈夫、TVに夢中だから・・・““お願い、激しくしないで・・・声が出ちゃう““じゃ、差し込みますよ““分かったから・・・早く済ませて・・・“キッチンで後ろから挿し込まれながら、食器を洗う私!やがて彼が“おばさんしゃがんで・・・“と言うので、その場にしゃがみ込むと彼はまた、チンチンを口に入れて来て口内で射精したんです。
その日以降、彼は約束どうり娘には手を出していない様です。
ただ、毎日我が家に来ては、性処理をおねだりして来ます。

 

のままでは・・・そう思いながらも毎回彼の精液を受け止めてします私です。

ある日夫が日本人女性とセックスがしたいらしい巨根外国人を家に連れてきて、そのまま……

読了までの目安時間:約 4分

ある日夫が日本人女性とセックスがしたいらしい巨根外国人を家に連れてきて、そのまま……【イメージ画像1】

人がアメリカに海外赴任する事になり、着いて行き一緒に海外で生活する事になりました海外に赴任してから半年後のこと。
ようやく主人も私も慣れてきたので、家に外国人の友人を呼んで食事でもしようってことになったんです。
お客さんは主人の取引先の白人男性(マイケルさん)が来ました。

 

めは日本食とか、洋食とかをつまみにしながら仕事の事や、ゴルフの事などで盛り上がっていました。
私は主人と前もって服装の事を打ち合わせをした結果、白のブラウスとミニを着ていました。
胸のボタンは2つ外して時間が経つにつれてマイケルさんが酔ってきたようで、なにやら主人と妖しい話しを始めました。

 

ある日夫が日本人女性とセックスがしたいらしい巨根外国人を家に連れてきて、そのまま……【イメージ画像2】

ると主人が「日本人としてみたいって言ってるよ」と言うので、「それは私とHしたいってこと?」と聞くと、「お前さえよかったらだけどな」と答えました。
しばらく考えてから「…じゃあ、キッチンにいるから」と言って席を立ちました。
しばらくして主人が「30分ぐらい買い物に出かけるからあとは頼んだよ」とキッスをして出て行きました。

 

人が出て、すぐにマイケルさんが私の所にきて、夫公認の浮気、寝取られですマイケルという白人男性は優しく後ろから胸を触ってきました。
私は洗い物の手を休めて、マイケルさんのされるがままになっていました。
そしてディープキッス私はその時点で理性が無くなりました。

 

達はリビングに行き、全裸になるとお互いの体をむさぼるよに求め合いました。
時には優しく時には激しく、私はマイケルさんの愛撫に歓喜の声をあげていました。
しばらくして私は彼のペニスに手を差し伸べました。

 

イケルさんは声を出しながら感じています。
もちろんフェラチオもしました。
ふっと時計を見るともう30分は過ぎています私はマイケルさんを寝かせて騎乗位で外国人特有の巨大ペニスを受け入れました。

 

ちろん避妊具を着けてです。
私は腰を動かしながらペニスを刺激し、子宮の一番奥に当たるぐらい激しく動きました。
そしてバックから彼は激しく私を責め立ててきます「あん・・あうぅ…すごいぃ」私は声にならない声をあげながら喘いでいました。

 

のアソコからは極太ペニスと子宮が擦れ合ういやらしい音が聞こえてきます最後は足を抱え込んで深く、激しく突いてきました。
私は主人の事は忘れ、彼とのその淫靡な世界に酔いしれていました。
「あうぅ!はん!ああ!いくぅ!」遠ざかる意識の中で絶叫に近い声をあげながらその激しさのあまり、私は完全に意識を失い失神しましたしばらく私達は放心状態になっていましたが、マイケルさんが私に何やら言葉をかけてきました。

 

は薄らいでいる意識のなかでその声を聞いていましたその後マイケルさんは帰ってしまったようで、私は主人に起こされました。
「どうだった?」全裸になった主人に抱かれながら私は「…すごかった」私は主人に抱かれながら小さな声で答えました主人のペニスが入ってきた時、私は物足りなく感じ・・今後のセックスライフがどうなるのか不安になりました

SNSで知り合った人妻と会うことに!テクやばすぎの人妻さんとのセックスが超気持ちよすぎて最高だった

読了までの目安時間:約 16分

SNSで知り合った人妻と会うことに!テクやばすぎの人妻さんとのセックスが超気持ちよすぎて最高だった【イメージ画像1】

2週間前の土曜日の昼下がり、暇を持て余していた俺は、いつものように自宅のパソコンでメタルをBGMに、SNSで人妻を物色していた。
なかなか好みの人妻が見つからず、時間だけが無情に過ぎていくそんなある時。
先週メッセージを送った人妻から返信メッセージが届いていた。

 

イトルが女「RE:はじめまして」といった月並みのよくある返し。
とりあえず、俺は人からくるメッセージは一通り読まないと気がすまない性格なので、こんなタイトルでも読んでみることにしたその前に、俺がどんなメッセージを送っていたかというと俺「普段の生活を退屈と思っていませんか?」
俺「少し羽根を伸ばすつもりで、気分転換でもしてみませんか?」と、垢BAN対策としてかなり遠まわしに不倫を匂わす文面送っている。
そしてこんな文面に対して向こうから届いたメッセージ内容は女「んー少し文面の本質がわかりにくいのですが・・・」そらそうだろ。

 

SNSで知り合った人妻と会うことに!テクやばすぎの人妻さんとのセックスが超気持ちよすぎて最高だった【イメージ画像2】

BANされたら元も子もない。
上記のメッセージに続いて女「暇つぶしに気分転換はしてみたいです。」どうやら、その人妻は子供が高校を卒業し、春から地方の大学にいくことが決まり、手がかかる子供が親元を離れたことで、時間に余裕ができたようだった。

 

しでも食いついてくると、もうこれはずっと俺のターン。
即座にメッセージを返す。
俺「ご返信ありがとうございます。」
俺「では、明後日の月曜日に△△で13時に待ってますね」
俺「これ私の本アドレスなのであとから空メ送っておいてください。」
人妻「はい。わかりました。」まぁ食いついてきた人妻は大概すんなり話もすすみやすい。

 

してその後、慎重に写メ交換をした後、月曜日までこのwktkをどう抑えるようかと考える。
顔は写メを見る限り、芸能人で言うと麻木久仁子に激似だった。
1枚だけじゃ判断しづらいので2枚目3枚目を要求する。

 

「きれいですねー。他の角度からの写メはないの?」
女「ありますけど、必要ですか?」
俺「うん。見てみたいです。」
女「じゃあ送ります。」メールが届く。

 

こには、ちょっと古臭いポーズで笑みを浮かべながら写る麻木久仁子似の人妻がいた。
本物だ!!!俺は一気に気分が高まった。
これは大当たりだ!!瞬時に勃起する俺のチンコ。

 

すぎだよ。
俺「やっぱり可愛いね。」
女「そんな事ないですよ。」
俺「月曜日が楽しみです^^」などと、月曜日にブッチされないように日曜日にも適度に色々メールを送っていた。

 

月曜日朝時は来た!!!!俺のチンコは即座にマックスに達した。
俺「おはようございます。近くに着いたらまた連絡しますね。」
女「おはようございます^^わかりました。ちょっと本屋寄ってからいきますね。」
俺「オッケー。」
女「今着きました。」
俺「もうすぐ着きます。格好を教えて下さい。」
女「薄いピンクのジャケットに中は白のワンピースです」いた!!あの子だ。

 

くで顔見えないが、同様の格好した女の子を見つけた。
この瞬間が1番緊張する。
次第に女の子に近づき顔がはっきり見えて来る。

 

はドキドキ鳴っていた。
はっきり顔が見える所まで近づいた。
人妻の顔を見る。

 

愛い!!写メの子と同じだ!!俺「やあ、お待たせ」俺は声をかけた。
女「あ、どうも」相手はぺこりとお辞儀をした。
俺「じゃあ、行こうか。」
「はい。」並んで歩き出す2人。

 

「月並みだけど、実物はさらにきれいですね」
女「そんなこと・・・」
俺「いや本当に綺麗ですよ。」
女「ありがとうございます^^」これはおべんちゃらなどではなく、本当にそう思った。
そんな話をしていると、最近出来た紅茶の美味しい喫茶店の前についた。

 

「あ、ここです。」
女「おしゃれですね。こんな店よくご存知で。」それもそのはず、こういった店探しは日常茶飯事だ。

 

さげな店をネットで見つけたらあらかじめ自分で立ち寄り、確認することにしている。
俺「では、お先にどうぞ」
女「中は外とはまた違って落ち着いた感じで、非常にリラックスできる感じですね」
俺「○○さんに似合うと思って今日はここを選びました。」そう言葉をかけてやると、少し笑みを浮かべてくれた。

 

う俺はその笑みだけでイッてしまいそうだった。
俺「○○さんって普段こういった感じで人にあったりするの?」
女「いいえ全くです。」
女「女子会で集まっている主婦達は結構やってるという人はいるのですが・・・」そんなことは俺の方がよく知っている。

 

ュースにもなっていたくらいだそういった奴らを食うのが俺の仕事だからだ。
俺「緊張してない?」
女「してないって言ったらウソになりますが、今は少し気分がいいです。」そらそうだ、普段、何も刺激のない生活を送っていると、こんな俺と一緒に外にお茶するだけでもだいぶ気分はかわる。

 

たり前の話だ。
紅茶とお店オススメのチーズケーキを食しながら、話も少しだんだんとエッチな方向へ変わっていく。
俺「最近ご無沙汰ですか?」
女「えっ?!」いきなりのフリにびっくりしたのだろう。

 

んまるのおめめがさらに丸くなった彼女を見て、俺はさらに興奮を得た。
そしてもう一度。
俺「最近ご無沙汰ですか?」
女「は、はい。」
俺「そう、じゃちょっと今日どうかな?そういったの嫌いじゃないんでしょ?」
女「で、でも。」
俺「悪くはしないですよ。」
女「・・・」ここは押すしかない。

 

まで大体こうやってついてきた女は軽くこの言葉で道を外したものだ。
俺「僕はあなたを知りたいんです。」女はだんだんとモジモジとしだし、次第に顔も紅潮していく。

 

たこれもかわいい。
女「わ、わかりました。」ひたすら押し捲ったあげく、そう、これは決まっていた結果である。

 

の言葉が聞きたくて、こういったことをしてるといっても過言ではない。
そして落ちた瞬間、すぐさま俺はレシートを手に取り精算、二人で店をあとにした。
ホテルまでの道中、最初とは違い、少しカラダを寄せ合いながら歩くようになっていた。

 

「ちょっと冷えるよね・・・」空は晴れていてもまだ暦上では3月という肌寒い季節。
彼女の手もかじかんでいるのを見て、近くの薬局によることにした。
俺「薬局よっていくね。」薬局に入るとすぐにカイロを手に取り、そして大き目のコンドームをカゴの中にカイロと一緒に入れる。

 

「僕これぐらいじゃないと、ホテルに置いてるゴムじゃ、きつくて入んないんだ…。」そのコンドームを見るや否や女はあっけに取られる。
そう、こんなサイズのものが私のナニに入るのかしらと思わんとばかりに。

 

「お、大きいんですね」
俺「へへ」薬局からでた俺達は、またホテルへ向かう道を寄り添いながら歩いていく。
俺「ここらへんは地元から離れているから気兼ねなしに歩けるでしょ」
女「そうですね。」一瞬、いいともの客かと思うようなこの返し。

 

ちろんホテル街は地元から離すのは常識。
俺的にも彼女的にもそっちのほうが都合がいいからだ。
そうすると、やっとお目当てのホテルがだんだんと姿をあらわしてきた。

 

テルに到着。
もちろんラブホテルではなく、普通のホテルだ。
そこは彼女にも気を使ってのこと。

 

っちのほうが連れ込み易い。
女「ラブホテルを想像してました。」
俺「ラブホは周りの目もあるし、こっちの方が何かと安全なんだ。」
女「へぇ」あまりそこらへんは気にしていないみたいだ。

 

ぁそんなことはどうでもいい。
俺は今にも襲い掛かりたい気持ちを抑えながら、部屋のキーを受け取った。
部屋に入るや否や。

 

りあえずお風呂に入ろうと俺はすすめた。
何せ、この冷え切った体を温めたいからだ。
その彼女も女「そうですね。」まぁそうだろ、こんだけ寒かったんだ、エアコンのきいていない部屋より、シャワーやお風呂で温まるのが一番だ。

 

「どうする?一緒に入る?」一瞬ためらう彼女俺「よし、入ろう!」と無理やり押し進めると、女「はい///」と頬を赤く染めながら頷いた。
どうしても脱いでいるところは見せたがらなかったので、俺は先に風呂に浸かって待っていることにした。
そうしたらタオルで上下を隠した彼女がゆっくり風呂場のほうに入ってきた。

 

「タオルをとってみせてよ」ここでも一瞬ためらったが、スルリスルリと彼女は恥ずかしながらタオルを下ろし、少し大きい乳首と薄いアンダーヘアーを俺に見せてくれた。
乳首はまだ褐色がかってなく、胸は綺麗に上にツンと向いた形だった。
想像以上の彼女の裸体に俺は即勃起した。

 

女が風呂に浸かってくる。
俺はすぐさま乳首を人差し指でツンっと上から下に下ろす感じで触ってみた。
女「あっ・・」少し敏感なのか、か細い声でやらしい吐息とともに声こぼしてくれた。

 

かし、ここのホテルの風呂は狭い・・・。
お風呂プレイは次回以降に持ち越しと決め、踊る俺の下心を背に、体を温めるだけで一緒に風呂をでた。
風呂からでて、バスローブに包まる二人。

 

女の少し火照った首もとの肌がエロく感じる。
そして少し濡れた毛先・・・。
そんな髪を乾かすことなく俺達はベッドに寄り添った。

 

れくらい時間が経っただろうか。
ベッドに入り二人で見つめ合っているだけの時間がすごく長く感じた。
彼女のつぶらな瞳がずっとこっちを見ている。

 

も目を反らさずにいたが、少し口元に目をやると、ウェットな唇が目に入った。
やらしい唇をしてやがる。
その唇を奪ってやろうと、ゆっくり顔を近づけると、彼女はそのつぶらな瞳を閉じ、俺の押さえ切れない気持ちを察してか、自ら唇を寄せてきた。

 

厚に絡み合う舌。
よっぽど溜まっていたのだろう。
「クチュクチュ…」
「ピチャピチャ…」と、やらしい音を立てながら続く接吻。

 

もビックリするくらいのディープキスをし続けた。
まったくやらしい女だよ。
そして女はキスをしながら、そそり立つチンコに手をあててくる。

 

んとやらしい女だ。
「…あぁ、あっ・・・。」捻じるように触ってくる。

 

ぁ・・・。はぁ。ダメだ・・・。」これだけでイキそうだ・・・。

 

「○○さん・・・。もう我慢できない・・・。」我慢が出来なくなった俺は、女のバスローブはだけさせ乳を鷲づかみにし乳首にむしゃぶりつく。

 

ュパチュパ…」
「チュッチュッ…」
「ジュルジュルジュル…」擬音がフェラチオのように聞こえるが、これくらい激しく女の乳首に刺激を与えると、女は小さく「…あっ」と喘ぐだけだった。
どうせならもっと淫れさせてやろうと、今度は俺のゴールドフィンガーで○○のマンコをいじくり倒す。
「ネチョネチョ…」
「ピチャピチャ…」
「クッチャクッチャ…ピチョピチョピチョ」
女「あぁ~!!あっ!あ~~~~ぁ」そう!この声だ。

 

の声を待っていた。
○○が喘ぎ声を出すたびにネチョネチョと指に滴りつく愛液。
ちょっと臭う愛液もこれまた一興。

 

度は俺の反り返るチンポを愛撫させる。
最初は裏筋を根元からカリの部分までデローン舐め上げる○○。
俺はその時鳥肌が立つくらい震えた。

 

して、「…チロチロ、…チロチロ」とカリの部分と亀頭を舌先で舐めてくる。
「…お、お、おおぅ」思わず俺の口から気持ち悪い吐息が漏れた。
その後、一気に咥えだし俺の玉袋を左手で優しく触りながら、顔を上下に激しくディープスロート。

 

ジュル!ジュル!…ジュボボ、ジュボボボボ!」と風俗でも味わったことのないフェラチオに、俺は圧倒されるだけであった。
俺「そろそろ入れるね」と小声で呟き、○○の愛液で濡れまくったマンコにチンコを撫で付ける俺。
もうこの時には薬局で買ったゴムのことはすっかり忘れていた俺は、○○の小陰唇の感触を楽しんでいた。

 

ゅるり・・」と膣口からゆっくりと入る俺のビッグマグナム。
○○もゴムのことを忘れ、女「…ア、アッ・・・」と奥へ奥へと入っていく度に吐息を漏らす。
○○のマンコの中はとても気持ちがよく。

 

んと言ってもシマリがいい。
そして、ゆっくりと俺は腰を振り始めた。
女「…アッ、…アッ」と普段見るAVとは違う小さな喘ぎ声。

 

して、次第に二人の体はねっとりと汗に包まれた。
「…ハァハァ、ングッ。…ハァハァハァ」
「…ピチャチュパジュボ、…ピチャチュパジュボ」
女「…アン、…ウ、ゥウ、ウーン」徐々に声を荒らげてくる○○。

 

ーツにしがみ付いた手がだんだんと強くなる。
今にも破れそうだ・・。
そして、○○は俺の背中に手を回し、再度キスを要求する。

 

ピチャチュパジュボ、…ピチャチュパジュボ」○○の顔を見つめながら腰を振り続ける俺。
すると動物的本能か、○○は「バックでして」と俺に声を掛けた。
「…パンパン、スパパン、パンパン、スパパン」
「…パンパン、スパパン、パンパン、スパパン」…と、リズムよく激しく突く俺。

 

○はもっとくれと言わんばかりに、高く腰を突き上げる。
そして俺はその意思を汲み取り、ぎゅっと○○のお尻を鷲づかみにしながらさらに激しく突いてやった。
女「…ア、ア、アァァァ…」
「…ア、ア、アァァァ…」と次第に○○の喘ぎ声が大きくなっていく。

 

パンパン、スパパン!!!、パンパン、スパパン!!!」
「…パンパン、スパパン!!!、パンパン、スパパン!!!」
俺「……ハァハァ・・ハァ~・・・・・・・」日頃の運動不足が祟り、31とはいえ、そろそろ少し疲れが見え始めてきた俺は、○○を上に跨がせ、騎乗位に体位を変えた。
女「…う、う、ンー・・・」と自ら腰をくねらせ、自分のピンポイントに感じる所を只管あててくる○○。
よっぽど気持ちがいいのだろうか、○○の目は最初に会ったときとは違ったトロけた目をしていた。

 

ゥ…」息が整った俺は再度正常位にもどし、残った力を振り絞りながら腰を振り始めた。
「…ア、ア、アァァァ!」
「…ア、ア、アァァァ!」○○の声がさらに大きくなる。
女「…お、俺さん、…イ、イィ、イキそう・・・。」と○○と気持ちよさげな声で言ってくる。

 

ると俺は○○を強く抱きしめながら、さらに腰を振り続け絶頂の時を迎える。
俺「…ハ、ハァー・・・。あ、あぁ、もうダメだ。イ、イっちゃうよ?」
女「…う、うん、…い、いっぱい出してぇ・・・」
俺「…ア、アッア、…ンッアー」ドピュッ!ドピュ!ドクンドクンと脈打ち流れ出すザーメンが、○○の中へ注ぎ込まれる。

 

の日の為に土日オナ禁をしていた俺のザーメンは止まることを知らない。
ようやく出し尽くした俺は、マンコから滴り落ちるザーメンを尻目に、○○に倒れがかるかのように抱きピロートークを始めた。
俺「…ハァハァ。…ングッ、ハァハァ、き、気持ちよかったよ・・ハァ」
女「…ハァハァ、私も…」
俺「…ハァ、○○さん思ったよりエッチでびっくりしたよ。」
女「///」と○○は舌を小さくペロっとだしながら笑顔を浮かべるとすぐにシーツで顔を隠した。

夫が海外に転勤して欲求不満を募らせている熟女が愛犬家の会でとんでもない体験を……

読了までの目安時間:約 8分

夫が海外に転勤して欲求不満を募らせている熟女が愛犬家の会でとんでもない体験を……【イメージ画像1】

1年前夫(48歳)が海外勤務を言い渡されました。
子供も就職し、県外へ。
私(42歳)と一匹のわんこ、名前はサブ♂(土佐犬)だけになってしまいました。

 

ブは、子供が家を出て淋しいだろうと、夫が友人から貰ってきた犬でした。
大型犬のサブでしたが、体格はやや小ぶりで気が優しく大人しい犬でした。
ある日、私はサブを連れ夫とよく出かけていたドックランの設備のある施設へ向かいました。

 

夫が海外に転勤して欲求不満を募らせている熟女が愛犬家の会でとんでもない体験を……【イメージ画像2】

の日は、愛犬家の姿も少なく、私を含め3組だけです。
サブを思いっきり走らせ、日頃のストレス発散をさせていました。
やがて、サブの毛を整えていると、1人の女性が話しかけて来たんです。

 

い毛並ね!土佐犬なんて珍しいわね」彼女は50代でしょうか?綺麗な顔立ちにちょっとマダムな雰囲気が漂っていました。
「そうですか?確かに土佐犬はあまり見ないですね」
「良かったら、あっちで話しませんか?」感じの良い女性に私は彼女の後を付いて行きました。
「奥さん一人ですか?」
「えぇ、旦那が海外勤務で・・・今は1人なんです」
「そう?淋しいでしょう」
「えぇまぁ、でもサブが居るから・・・」
「サブちゃんはオスだからきっと、繁殖期は大変ね」
「そうですか?」
「そうなのよ!オスはエッチしたくってウズウズしているんだから・・・」
「え~全然分かりませんでした」
「そうなの?今度家に遊びに来たら・・・仲間紹介するわ」
「ん~じゃ今度」そんな訳で、彼女A子さんと連絡先を交換したんです。

 

子さんの家は比較的近く、車で30分と言った所でしょうか?毎日暇だった私は、翌日早速彼女の家へ向かいました。
海の見える丘と言った感じの所に豪邸が立ってました。
集落から離れた所で、辺りには何もありません。

 

から、庭も広く芝生のドックランが設置されている程です。
彼女の玄関を開けると、一匹の大型犬(ラブラドール)が出迎えてくれました。
サブも一緒にリビングへ向かう、他にB子さんと言う女性もいたんです。

 

犬家だけあって、話は犬の事ばかり・・・あっと言う間に仲良くなりました。
犬達も仲良くなって場が和んだ頃です。
B子さんの犬(ジョン)がB子さんの足元でクンクンし始めたんです。

 

がてB子さんに乗りかかる様に立ちあがると腰をクイクイ動かし始めたんです。
ジョンの股間からは真っ赤な棒が剥き出しになり、汁を垂らしているんです。
驚いたのはこの後です。

 

きなりB子さんが“もう、遣りたくなったの?“とジョンのペニスをペロリ・・・。
“えっB子さん・・・“と言うと彼女は、“ちょっとごめんなさいね“とジョンを連れ隣の部屋に向かったんです。
余りの出来事に衝撃を受けているとA子さんが“あら!あなた初めて見たの?獣姦““獣姦?““そうよ!可愛い愛犬の相手をするのも飼い主の努めでしょ““務めって・・・犬ですよ““でも、犬だって性行為はしたいでしょ!あなた我慢させているの?““我慢って・・・““サブちゃん可愛そう“A子さんはサブに近づき、サブの股間を擦ったんです。

 

ブも気持ちが良かったのか?中から真っ赤な肉棒が出始めていました。
“あら!こんなに立派な物持っていたのね・・・この相手は大変ね“そう言って私の方を見たんです。
A子さんに連れられ、私は隣の部屋へ・・・そこではまさにB子さんが繋がっている所でした。

 

ックからB子さんの上に乗っかったジョンはペニスをマンコの中へ入れクイクイ腰を動かしています。
B子さんもハァハァ息を荒らし、“ジョン最高よ・・・もっと一杯出して“と喘いでいました。
恐ろしくなり、その場から立ち去ろうとした時、フラッとしたんです。

 

を覚ました時、私はどこかの部屋の中にいました。
動こうにも動けません。
全裸にされちょっと長めの椅子の足に手足を縛られ四つん這いの格好です。

 

も何だか入れられ声を出す事も出来なかったんです。
う~う~と唸っていると、お尻の辺りに生暖かい感触!見ればサブが私のお尻を舐めていたんです。
“駄目・・サブ止めなさい“そんな言葉を発したつもりでも声が出ていません。

 

ブは私の股間をペロペロ舐め、息を荒らし始めていたんです。
サブの股間は真っ赤に染まり、巨大な棒が反り立っていました。
A子さん・B子さんもそれをジッと眺めていたんです。

 

ブちゃん遣りたかったでしょ!もうご主人から雌犬になったから好きにしていいのよ““そうそう、彼女はもうサブちゃんの性処理奴隷よ“サブが私の腰に手を乗せ、チンポを入れようとしてきたんです。
A子さんはそれを手助けする様にサブのペニスを私のマンコにあてがったんです。
見る見る内に私はサブのペニスを受け入れていました。

 

の物とは比べようも無い大きさに、体中を電気が走る感覚に襲われ、やがて感じてしまっていました。
サブの腰の動きは激しく、子宮をグイグイ突いてきます。
口に咥えたボールからヨダレをダラダラ流し、私は喘いでいたんです。

 

は数分で終わりますがサブは違います。
何分も腰を動かすんです。
恥ずかしい話、私はサブに逝かされたんです。

 

度も何度も・・・。
身体に教え込む様にサブは私を逝かせ続け、熱い精液を体内で放出したんです。
ドクドクと熱い物を感じ、私サブの性奴隷になったんだと思いました。

 

ブは優しくマンコを舐めると、私の顔のに近づき、口から流れるヨダレも舐めてくれました。
終わったと思った瞬間!今度はまた違った感触!B子がジョンのチンポを入れさせたんです。
サブには敵いませんが、ジョンの腰の動きも絶妙です。

 

う火照った体は、入る者を拒まないと言った感じで、直ぐに絶頂を迎えていました。
ジョンとも長くつながったと言うのに、最後はA子さんのラブラドールです。
3匹の性奴隷になった私は、夜まで犬の相手をしたんです。

 

まで味わった事のない快楽!生れて始めて潮を吹いたんです。
しかも犬に感じて・・・。
その日は、A子さんの家に泊まらせられ、翌日も朝から犬と戯れました。

 

ブは、もう私を雌犬としか見ていないんでしょう!私に近づくとチンポを擦り付けて来るんです。
でも、サブの巨根に逝かされた私は、サブの求めに断る事が出来なくなっていました。
そうして私は、家に戻ってもサブの性処理奴隷として朝晩彼と繋がっている毎日です。

 

が帰宅したら、私はサブを断る事が出来るでしょうか?きっと夫の目を盗んでサブの巨根を指して頂いている事でしょう。
月に数回、A子さん宅に招かれ愛犬家の会に参加していますが、今では10匹以上の犬達の世話(性処理)を任されています。
帰る頃にはマンコは腫れ上がりガバガバです。

 

子さんには“今度はポニーの相手もして貰うかしら“と言われており、益々穴が拡大する予定なんです。
夫も私のマンコを見たら驚く事でしょう?こんな書き込みしている最中も隣にはサブがハァハァ息を荒らし私の身体を待っています。

教師であるというのに息子が万引きをして窮地に立たされてしまった女教師の取った行動は……

読了までの目安時間:約 3分

教師であるというのに息子が万引きをして窮地に立たされてしまった女教師の取った行動は……【イメージ画像1】

子の万引き事件から、まさsか母子相姦するなんて・・・私は、ある学校の女教師です。
そんな私の息子が、事もあろうか万引きをしたと、店の店長から連絡があって驚いて店に行ったのでした。
店長の部屋で、万引きした息子が青ざめた顔でいました。

 

母さんですか?お宅の息子さんに間違いないですか?」
「はい、この度は息子が、大変な事をしまして、何とか穏便にお願いしたいのですが~?」
「そう言われましても、万引きは犯罪ですので、警察に届けないと!」
「そこを何とか、店長さんのお慈悲でお願い致しますわ」
「お母さんは、私の息子の学校の先生でしたね!よく存じていまので、私の一存で処理する事も出来ますが?」
「お願い致します。私で出来る事でしたら何でも致しますから~」私は、世間で良く耳にする許して貰う代償に、母親である私の身体を求めてくる事も覚悟していたのでした。
「店長さん!息子の前で、こんな事を言うのかどうかと思いますが、店長さんの気が済むようにして下さっても構いません!」
「いゃ~お母さんの必死の気持ちは分かりますが、男としては、そうしても良いのですが、なにぶん、息子の学校に先生だけに躊躇しているのです。本当に、お母さんの穏便にしたい気持ちも分かりますので迷っております」
「店長さん、私も、こんなお願いを口に出したので、何でもおっしゃってください!何でしたら、息子を帰して、この場で裸にもなりますけど~!」
「分かりました。私とお母さんが関係を持つ事は出来ませんので、この場で、息子さんとセックスしている所を見せてくれませんか?」
「えっ!息子と~?そんな!」しばらくの沈黙が続いたが、私も口に出した手前、もう、それ意外に逃れる事は出来ないと思ったのでした。

 

教師であるというのに息子が万引きをして窮地に立たされてしまった女教師の取った行動は……【イメージ画像2】

かりましたわ、それで許して下さるのでしたら~」
「私も店の店長として、お母さん事は一切、公言しない事を約束します」私は、息子のズボンを脱がせて、私もスカートを脱いで、お互い下着姿になったのでした。
息子のパンツの股間は、突然の出来事で膨らんではいませんでした。
「お母さん、息子さん緊張して元気がないみたいですね?お母さんが裸になって興奮させたら~!」私は、全ての衣類を脱ぎ捨てて全裸になって、息子の股間を手で揉み始めたのでした。

 

子は、目の前の女の全裸、しかも母親のオマンコを真近にみて、パンツの股間がムクムクと膨らんできたのでした。
私は息子のパンツを脱がすと、子供の時にしか記憶のないオチンチンが、太くて逞しい大人のオチンチンそして異常な状況の中で、息子のオチンチンを私のオマンコに挿入したのでした。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】