告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

ワンボックスカーに拉致されて男たちにめちゃくちゃにレイプされまくった人妻の悲惨すぎる体験談

読了までの目安時間:約 13分

ワンボックスカーに拉致されて男たちにめちゃくちゃにレイプされまくった人妻の悲惨すぎる体験談【イメージ画像1】

は30歳になる結婚4年目の新婚妻です高校時代から、長年付き合っていた主人と結婚し子供はまだいません。
そんな全てに平凡で人妻になった私がレイプされたのは今月の忘年会の帰りだったんです。
当然不注意だった自分にも責任がありますがもう取り返しがつきません。

 

たちの新居は都心から乗り継いで約45分ぐらいのすごく便利な新興住宅街で主人の貯金と私の貯金そして主人のお義父様の保証で銀行からお金を借り、一戸建てをを購入しました。
主人の実家に近いこともあり賃貸よりは将来は楽になると二人で悩んだ末思いきって購入したんです。
私も通信関係である今の仕事を続けるため主人と話し合って、2年間は子供は避妊して作らないようにし共働きで頑張ってお金を貯めていく計画を立て、毎日が充実し幸せに暮らしていましたが秋の異動で突然主人が新設支店の応援部隊として九州へ2年間の赴任がいきなり決まってしまったんです。

 

ワンボックスカーに拉致されて男たちにめちゃくちゃにレイプされまくった人妻の悲惨すぎる体験談【イメージ画像2】

ごく悩んだのですが当然私にも仕事があるので、一緒に九州に行くことができないことと新築の家を他人に貸すのも嫌だったので相談の結果、私だけこの家に残ることになったんですもちろんお金もない私たちが週末ごと主人が家に戻るなんてとてもできず、夜の定時連絡や毎日の出来事を携帯メールで報告するだけになっていました。
しばらくは新しい住居に独りだけ取り残され心細くなっていましたが、年末ということもあり仕事に追われ正月休暇に主人は戻ってくるからと自分に言い聞かせ変わりなく働いていました。
そんな寂しい気持ちもだんだん多忙な仕事で薄らぐと逆に束縛がないこともあり、主婦の立場を忘れ独身気分で忘年会や学生時代の友人と、夜遅くまで飲みに出かけたりしていたんです。

 

して運命の日は翌日が休みということもあって、夜の11時すぎまで短大時代の友人と食事をし0時すぎの最終電車で帰宅したんです。
駅を降り帰宅途中のコンビニで明日の朝食の手抜きするため、買い物をして歩いて帰っていると背後からスッ~とワンボックスカーが近づき「ねぇねぇもう帰るの!今から遊びに行こうよ」と、いきなり男の人のグループに声をかけられたんです。
こんな夜遅く周りは住宅街で静まりかえり、誰もいない恐怖で私は男の人たちを無視して走って、坂道を自宅の方に逃げだしてしまいましたこのとき冷静になって逆に駅まで戻りタクシーを利用して帰宅すればよかったと本当に後悔していますが恐怖で早く自宅に逃げ帰りたかったんです。

 

のまま小走りで自宅のある山手の方に逃げるように走っていましたが相手は車50メートル先ですぐに追いつかれ、私の前をふさぐように車が停まるといきなり3~4人ぐらい素早く降りてくると私を取り囲み「なんだよ!逃げることないじゃん~」
「おい!人が聞いているのに無視かよ!」と脅され恐くなった私は咄嗟に「いやっ!主人が待っているから急いで帰るんです」
と断ると「なんだぁ~奥様だったんですかぁ~」
「じゃぁ今から帰って旦那とヤルんだ!」
「ねぇねぇ僕チャン~童貞なの~おしえて~」と卑猥な言葉を口々にいって私の腕をギュッとつかんだんです!私は本能的に手を振りほどき男の間から逃げようとするとその男はワザと私にぶつかり大袈裟に道路に倒れ込んで痛がるんです「痛てぇ~てめぇ俺をナメてんな!」
「こりゃぁマヂ肋骨が折れてるぜ!」と突然怒りだし、隣にいた髪を染めている男がいきなりナイフを私の顔に近づけ「あ~ぁ奥さんよぅ~すぐに帰れなくなったよな!」
「今から慰謝料についてゆっくり話し合おうぜ!」と静かな口調で脅す、と固まっている私を抱きかかえるようにして、車の後部座席に無理矢理乗せて拉致しようとするんですもちろん乗ったら自分がどうなるかわかります!私は目の前のナイフに怯えながらも必死になって「いや帰して!お願い!イヤ」と半泣き状態で必死に哀願し、身体を捩り乗せられまいと抵抗しましたが「大きな声を出したらアンタのその可愛い顔切りまくって逃げるぜ!」と脅されると、助けを呼ぶにも周りには人影などなく無理矢理抱えられるように無理矢理車の奥に押し込まれてしまいました。
「旦那のところに無事に帰りたいなら騒ぐなよ」と脅され大変なことになったと、号泣した私にナイフを見せつけたまま肩を抱かれしばらく走ると、私の自宅の先にあるまだ荒れ果てたままの造成地に入り、そこから車を左右に揺らしながらさらに奥まで走ると、街灯の明かりが届かない暗い空き地に車が停まりました。
すると一人の男がいきなり私の胸を両手で乱暴に掴んだんです!「きゃっ!」と短い悲鳴をあげ手で胸を隠し前屈みになり男の手から逃れようとしました。

 

人以外とはまったく経験がなかった私でもこんな状況になれば目的は私の身体なんだ!と身の危険を感じ激しく抵抗したんです。
あきらかに私より年下の男の子たち!しかもまだ未成年と思える男が入っているグループから、こんな形で性の対象にされるなんて信じられません「やめて!もう帰して!!」住宅街から離れているとはいえ、あまり激しく泣き叫び暴れる私に向かって鬼畜レイプ男がナイフを見せつけ「お前!これ以上大声で騒ぐならマジで顔を切り裂いちゃうよ」と頬にルームライトに光っている刃を近づけられると、もう切り裂かれる恐怖で歯がカチカチとなってしまい抵抗できません。
「さっさと脱がないと俺たちは服を破るだけなんだけど」
「ハダカで帰るの?」
「チンポ出してベットで待っている旦那になんて言い訳するの?」
「ここは叫んでも誰も来ないから~もう諦めてさっさと服脱いで!」
「ゆっくり楽しもうよ~旦那のより俺たちの方がカチカチかも!」と卑猥な言葉で脅されながら、彼らに着ていたハーフコートを脱がされるとそのままセーターとスカートまで手を出してきたんです。

 

を脱がされる私はナイフが怖くてこれ以上激しい抵抗ができませんただ「イヤッもう許して!」と言うのが精一杯ですナイフを持っている大きな男がリーダーらしく、顔を振って抵抗している私の顎を掴むといきなり無理矢理キスをされ同時に胸を乱暴に揉まれている間、セーターとスカートを引き千切るように脱がされるとナイフで下着を切り裂かれてしまったんです!ブーツだけ履いた奇妙な格好で恐怖と寒さでガタガタ震え、両手で胸を隠している私を髪を掴んでシートに押し倒すといきなり全員でまだ濡れてもいない大切な所に、汚い指を強引に挿入したり腕を頭上に引っ張られ無防備になった胸にキスをされたんです。
「痛い!痛いってばぁ~もうやだぁ~」
「誰か誰かぁぁ~」とあまりの乱暴な行為と女として身内でも見られたくないすべての箇所を見られる恐怖に、暴れ出すとさらに乱暴に男たちに押さえつけられ、動くことができないまま屈辱に泣くことしかできませんでした。
ブーツまで脱がされ大袈裟に匂いを嗅ぐ真似をして「わぁマヂで臭い!足臭いぞ~お前!」
「お前!まんこも臭いんじゃないのか?」
「おっさすが人妻指だけでもうビチョビチョして濡れだしたぜ!」
「よし!じゃぁ時間もないしいこうか!」と言いながらナイフを横の男に渡すと下半身だけを素早く露出すると私の足を掴んで間に割り込んできたんです。

 

タシ、レイプ、犯されるの?夢?今の出来事が現実とは信じられないまま脚を掴まれ、グッと押し込まれると同時に今まで経験したことがない強烈な痛みが走ったんです!!「ギャァ~イ…イヤァ~」
「痛い!痛いょぅ!お願いだから助けて~」と泣き叫んで抵抗しましたが、周りの男達に手足を掴まれたまま泣き叫ぶ私の口に、男の汚い口でふさがれるとどうすることもできず男から乱暴に突き上げられ押し込められるたびに激痛が走っても逃げ出すことができず痛みに耐え泣くことしかできませんでした。
男は私を乱暴に突き上げながら「オッ!気持ちいいたまらん!すぐ出そう」
「お、お前!結婚してるならガキできてもいいだろ!」
「だったら中でいいよな!」と言いながらスピードを早めたんです!「ェッ…!!ィヤッ」
「お願い!それだけは許して」
「酷い…ヤダッて!お願いだからぁ」私は不自由な身体を揺すり泣き叫びながら哀願したんですが、男は「いくぞぅう~ガキ産めやぁ」と呻りながら一気に私の腰を掴んで汚い精液を吐き出したんです!生まれて初めて身体の中に熱い精液を感じました。
恐怖と屈辱しかありません高校や短大時代はもちろん新婚旅行からもずっと今まで子供ができないように大好きな主人でも避妊してくれていた私の身体に、今知らない男の汚い精液が流し込まれたショックでもう放心状態でした。

 

も、容赦なくグッタリしている私の目の前でズボンを脱ぐと汚いモノを触りながら、次の男が襲ってきたんですもう犯された身体とはいえ屈辱感に身体を揺すって抵抗しました。
「アッもういやっ!」
「帰して~もう帰してってばぁ~」泣き叫ぶ私を無視したまま男に押し込まれ、乱暴に突かれ再び激痛を感じていると今度は待ち構えていた違う男から「俺…もう我慢できねぇ!」と私の顔付近に、汚いモノを見せつけ「咥えなよ!噛んだら顔が傷だらけになるぞ!」と脅されると逃げる私の顔を手で頬を力任せに押さえつけ、無理矢理に口の中に入れられたんです狭い車内で揺すられシートから顔だけがはみ出し、逆さまの息苦しい格好で違う男の汚いモノを咥えさせられ口の中に男の精子の臭いが充満しています。
だけど咳き込みながら咥えるしかなかったんです。

 

う何時か時間がわからないまま次から次に強姦され、最後の男は筆下げ?だ!と言ってナイフと携帯の写メで脅されると、明らかに未成年の男の子のズボンと下着を無理矢理に私の手で脱がされると、すでに大きく膨らんでいるモノを咥えさせられ、汚いモノがさらに大きくなると男たちが嫌がる私の足を大きく拡げると、指さしながら「お前ちゃんとここに入るんだぞ!」
「こっちはケツの穴だぞ~」と卑猥な言葉を口々に言って周りから笑われながらも男の子のモノを受け入れました。
「おい、おばさん気持ちいだろー泣くほど気持ち良いのかババア?」男の子からすぐに中に出されると再び起こされ濡れ光っている男の子のモノを正座させられたまま咥えさせられていると信じられないことに口の中でまた大きくなってきたんです!周りの男たちも気づくと笑いながら私に「おい、ババア!今度は全部飲んでやれ!」と髪を掴んで前後に揺さぶるんです。
結局逃げることができないまま男の子は私の口の中に放出し吐き出すことを吐き出すことを許してくれず、初めて男の人の精液を飲んでしまったんです。

 

の後…再び男の上に乗せられ犯されるとか野外で車に手を置いて立ったまま犯されるとか私にとって信じられない格好で犯されたり、汚いモノを容赦なく咥えさせられたり容赦ないレイプでした。
やがて男たちが満足すると全裸でグッタリしている私の顔や脚を大きく拡げた格好の写真を、携帯で何枚も撮られたりバッグから社員証や免許証さらに携帯番号やアドレス、そして主人とのメールまで覗かれ主人がいないことやここから近くの家で独り暮らししていることが男たちに見つかってしまいました。
終わった後でもまだ解放してくれず、全裸で正座させられたまま主人の会社や主人の携帯番号はもちろん、私の旧姓や実家まで全て登録されてしまい、私は泣きながら誰にも言わないことを土下座して誓わされたんです。

 

く帰りたい私は言うとおりに年下の男達に屈服するしかありません。
その後、自宅を調べるように私の家を確認すると車はそのまま通り過ぎ数十メートル先の交差点でブーツだけ履かされた格好で降ろされたんです!「お願いだから服を帰して!」と必死にお願いする私に「降りたらちゃんと帰してやる!」
「さっさと降りないと仲間の部屋でまたマワしてやるぞ!」と脅され覚悟して全裸のまま降りると同時に、車が急発進しまだ先の交差点まで行くとそこで窓から私の服やコートとバッグを次々に捨てて逃げて行ったんです。
私はあまりにも卑劣な行為に泣きながら全裸の格好で走って先の交差点で服を拾い、コートを着込むと口惜しくて座り込んでしばらく泣きましたやがて連中が戻ってくる恐怖を覚え、逃げるように家に飛び込むと急いでお風呂に入ると男たちの汚い精液を必死で掻き出していたんです。

 

かいお湯を頭から浴びると、解放された安堵とレイプされた口惜しさで口を押さえて号泣しました。
誰にもいえない言えるはずがないこんな酷い出来事・・

出張で地方に出向いたときに10歳年下の可愛くて初々しい童貞大学生がいたので女の良さを教えちゃいました☆

読了までの目安時間:約 3分

出張で地方に出向いたときに10歳年下の可愛くて初々しい童貞大学生がいたので女の良さを教えちゃいました☆【イメージ画像1】

m○xiのコミュで仲良くなった男の子に筆おろししてあげました。
何と相手、10歳以上も年下の大学生私は三十路のOLで独身。
出張でこの大学生が住んでいる近くに行く事になったので、軽く食事でも、ってことでお誘い。

 

電ないんで、「家で飲んで語りましょう」ってことで彼のアパートへ。
夜明け近くまで、飲んで話して、そのまま私は無防備にもこたつで寝てしまったうとうとしてたら、左手だけなんかあったかいどうやらそのコの唇や頬の感触らしい。
あったかいというより熱い。

 

出張で地方に出向いたときに10歳年下の可愛くて初々しい童貞大学生がいたので女の良さを教えちゃいました☆【イメージ画像2】

を開けたら、そのコは手をとったままじっと私の顔を見てた。
その表情がやたら可愛かったので、思わず抱き寄せて撫でなでしてしまう「女の人とこうやって二人きりで過ごすなんて初めてなんです」
「え?」童貞?と思った瞬間、キスされて最初はじゃれあってるだけだったのが、首の後ろがっちりロックされて、貪るようなディープキスに変化していった。
布団に移動して、服を脱がせあう。

 

中、いろんなところにキスし合ってたら、「あっ」とか、すごくカワイイ声で反応が返ってくる「何かしてほしいこと、ある?」と聞いたら、「なめてほしいです、ダメかな?」で、そのままフェラチオに突入。
しかし、このコ、実に立派なモノをお持ちで、半分も口に入らない巨根レベルいろいろ試してみたけど、口だけでフィニッシュさせるのは無理なサイズだこの時点で私もかなり盛り上がっていたので、そのまま騎乗位の体勢へ。
なんとか入った。

 

臓まで圧迫される感じでかなり苦しかったけど、そのままゆっくり動いて慣らしていく。
「待って、ちょっとヤバイ感じ出ちゃいそう」そのたびに、動きを止めて頭撫でなでしながら待つ、の繰り返し。
「後ろから挿れてみたいです」とのリクエストあり、体勢チェンジ。

 

も、位置がわからず(笑)、結局私が手を添えて後背位スタート。
かなり激しく動かれて、私もヤバイ感じでした。
相当声うるさかったと思う。

 

後は正常位になって、挿れてすぐくらいに「あっ」と一声。
どうも、我慢しきれなかったらしい。
シャワー借りて出てきたときに、なぜか正座で出迎えてくれたのが笑えました初々しい可愛らしい童貞大学生だったので、私が最初の女性なんだって思うとちょっぴり優越感を味わえました。

夜のアルバイトは危険だといわれるゆえんについてこの身をもって知ることとなった話……

読了までの目安時間:約 11分

夜のアルバイトは危険だといわれるゆえんについてこの身をもって知ることとなった話……【イメージ画像1】

の母の一番下の妹の叔母に頼まれて、新しい女の子決まるまでの間、アルバイトをすることにしました。
小さなクラブ。
週に3回。

 

間は7時~0時まで。
ドレスもお店にあるのを使える。
近くに住む母からも、主人が夜勤の時は子供たちの面倒を見てくれるので手伝ってあげてと頼まれました。

 

夜のアルバイトは危険だといわれるゆえんについてこの身をもって知ることとなった話……【イメージ画像2】

人に相談すると。
「アルバイト代は自分の小遣いにしていいぞ!」《自分の小遣い》というのに惹かれました。
1ヶ月アルバイトすると結構な金額になるのです。

 

も結婚してからは外でお仕事をしたことがないし、まして夜のお仕事はしたことがなくて、お酒も弱いし不安と言うと《笑って男性のお話を聞いてあげて、お酒を注いであげればいいのよ》叔母から言われて決めました。
2週間がたって大分慣れてきた時に、叔母のママの誕生日で常連の50歳の部長さんと呼ばれているお客さんのオゴリでシャンパンをご馳走になりました。
口あたりが良くて少し飲み過ぎ。

 

して、アフターで部長さんがママと私にお寿司をご馳走してくれることになって、主人は夜勤でいないこともあって行くことにしました。
そこで調子に乗って日本酒を飲み意識が飛んでしまいました。
胸が苦しくて目が覚めビックリ。

 

長さんが私の上にいました。
そして、私の中にはオチンチンが入れられていて汗を流しながら腰を動かしていました。
「何しているですか!ヤメテください!」身体をひねって離れようとしました。

 

う少しだから!」私の腰を押さえて、そのまま私の中に出したのです。
押しのけて、お風呂ですぐにシャワーで流しました。
「ヒドイことをするのですね!」そう言ってお部屋を出て家に帰りました。

 

前5時。
子供たちは寝ていていました。
私はベッドで泣きました。

 

の日は日曜日で10時ころに主人が家に帰ってきました。
昨夜のことを知られないように、いつもと同じ振る舞いをしました。
子供たちにもです。

 

人が仮眠し、子供たちが遊びに出掛けたので、お店をヤメルことにして叔母に電話をしました。
でも、もう少しだけ働いてと何度も頼まれて、アルバイト代も上げてくれると言うのです。
それでも断っていると。

 

れから部長さんと何かあったの?」返事ができないでいると叔母に部長さんと関係したことを見抜かれました。
お寿司屋さんを出た後、部長さんがもう一軒行こうと言いだし、叔母は朝早くから用事があるので帰ったそうです。
酔った私は大丈夫と答えて付いて行ったそうです。

 

のことは主人、母には内緒にしておくから、部長さんには私がお店に出ている日は出入り禁止にするから、そして、お酒は気をつけようねと説得されて続けることにしました。
1ヶ月たった土曜日、40代半ばの素敵な紳士二人がお店に来ました。
同じ会社の社長さんと常務さんで大学からの友人、話題も豊富、ジョークを入れたお話で私の方が楽しんでしまいました。

 

週の土曜日。
新しい女の子が決まり、この日でお店を辞める日でした。
11時過ぎに社長さんが、会合があって2次会まで付き合わされたと一人でお店に来ました。

 

店を辞めることをお話すると残念だ、せっかく良い女の子と会えたのにと言ってくれて、それが何かすごく嬉しくて。
「この後、1時間ぐらいワインバーでもう少し飲まない?」誘われて行くとオシャレなお店でした。
高級ワインをいただいき、チョットだけ笑わせてくれるジョーク、そのうえ素敵な女性などと褒めてくれてすっかり有頂天に。

 

時半にお店を出ました。
「酔ったね。少し休もうか」何を意味しているかわかって、頷いてから社長さんの腕をギュッと握って付いて行きました。

 

テルに入ると広く落ち着いた感じのお部屋。
二人でお風呂に入り、社長さんの背中を流し終わると私の身体を洗ってくれました。
ベッドに入ってから社長さんはとても優しくて、感じてしまった私。

 

ずかしいのですが、私の方から入れてとお願いをしてしまいました。
避妊もしてくれて素晴らしい夜になりました。
家に帰るともう6時近くなっていていました。

 

時に帰ってきた主人と子供たちと一緒に朝食。
すると主人が。
「ママ。何か良いことがあったの?ホッペタが緩みっぱなしだよ!」言われてビックリ。

 

てて。
「昨日でお店辞めたの。アルバイト代結構入るので!ニヤニヤしてたのかな~?!」言い訳をするのに必死でした。

 

れから10日後、社長さんからのメール。
《週末、友人たちとパーティーがあるけどご一緒してくれませんか?》《私でイイのですか?ドレス持っていないし何か恥ずかしいナ!》返信すると。
《勿論です!言い忘れましたが、カジュアルでOK!気軽なパーティーです》時間は午後3時から4時間ぐらい、子供たちは夕食の準備をしていけば大丈夫。

 

の日は主人も夜勤の日なのでお誘いを受けることにしました。
当日、待ち合わせ場所に行くと、社長さんは先についていて手を軽く振ってくれました。
付いて行くと有名なシティホテルのスイートルーム。

 

部屋の入り口で若い男性から《これを着けてください》アイマスクを渡されました。
中に入ると2組のカップルがいてみんなアイマスクを着けていました。
5分ほどするともう1組のカップルがきました。

 

っきの若い男性が。
「皆さん集まりました。それでは乾杯しましょう!」誰もが知っている高級シャンパンを奥のバーカウンターでグラスに注いで全員に。

 

ーブルの上には高級オードブルがイッパイ。
シャンパンのおかわりは男性がわざわざ奥のバーカウンターまで行って注いでしてくれました。
30分が過ぎ。

 

性が。
「私はこれで失礼します。後は皆さんで楽しんでください。用意万端です!」お部屋から出て行きました。

 

の時から身体が熱く感じ始めました。
お酒のせい?1時間後、一人の女性が女性たちを隣のお部屋に呼び、用意してあったコスチュームに着替えるように言いました。
「エッ!これを着るの?」私が不思議そうに言うと。

 

を言っているのよ!当り前じゃない」渡されたコスチュームを見ると黒色でブラは布の部分があまりなく、パンティーは紐状で毛はもちろん、大事な部分を隠すことができないものでした。
このパーティーがどんなものかわかりました。
男性たちが待っているリビングにもどり。

 

長さんに。
「こんなの聞いていません!帰りたいのですけど」泣きそうな声で言いました。
「まぁ~。楽しんで行けよ!ホラッ。ここは正直だ!」熱くて濡れてしまった私の中に指を入れられて動かされると思わず声を出してしまいました。

 

長さんは指の動きを速めて。
「良い子だ。この人に可愛がってもらいなさい!」パンツだけのお腹が出ている男性が私腕をつかんで、ベッドのあるお部屋に。

 

たちはバイアグラ飲んでいるし、お前たちには薬を飲ませたから。ハッ、ハッ、ハァ~!」笑いながら私の中にオチンチンを入れました。
「イヤァ~!ヤメテください」男性に避妊をお願いしました。

 

も、ニヤニヤ私を見下した顔で「ウゥ~ッ!」唸るような声を出すと私の中に出しました。
涙を流してしまった私に男性が「早く、シャワーで流してこい!」お尻を叩かれてシャワールームに連れて行かれて、言われた通りにしました。
バスタオルを巻いて戻ると違う男性が「グズグズするな!何、気取っているんだ。タオルなんか巻いて!」そう言ってバスタオルを取られました。

 

っ、イッちゃうよー!あぁぁっ」女性の大きな声がして、隣のベッドを見ると女性が男性二人に挟まれていて大事なところとお尻にオチンチンを入れられていていました。
私は四つん這いにされ、しばらくその光景を見ていると「オォ~!」後ろから入れていた男性が当り前のように避妊しないで私の中に2時間で3人の男性から4度も中に出されてしまいました。
頭の中が真っ白の私はベッドで横になっていました。

 

長さんが近づいてきたので。
「ヒド過ぎます!薬まで飲ませてこんなことするなんて。もう、帰らせて下さい」泣きつきました。

 

カッタ!服を着ろ」冷たい口調で。
泣きながら身支度をしてお部屋を出ようとすると。
「これで良いだろう!またな!」封筒をバッグの中に入れました。

 

つむき加減でホテルを出てタクシーに乗り家に帰りました。
子供たちにママお酒に酔ったみたいだから、もう寝るねと言って寝室へ。
社長さんから渡された封筒の中を見るとお店のアルバイト代と同じくらいのお金が入っていました。

 

れと薬のシートと服用方法が。
慌てて、そのうちの1錠を飲んでベッドに入りました。
優しい紳士と思っていた社長さんに、お遊びの道具として使われたのが悔しくて眠れませんでした。

 

朝。
《ヒドイ方ですね。
もうお会いしません》社長さんにメールしてアドレスから削除しました。

 

0時に主人が帰ってきました。
食事の後「楽しかった?」パーティーのことを聞かれ、まぁまぁと返事しました。
「今日は大変だったよ!夜中にバイアグラ飲んで倒れた45歳の男と変な催淫剤飲まされて泡を吹いた30歳の女が運び込まれて、いい歳をして量を間違えると大変なことになるってわからないかな!」それを聞いてビクッと身体が引けた私を見て「どうした?」不思議そうな顔をして聞きました。

 

ッ!何が?あなた疲れているでしょう。休んでください」はぐらかしました。
《もし、あの場所に夜中までいて救急車で主人の病院に運ばれでも》そう考えると恐ろしくなりました。

 

は夜のアルバイトでお小遣いを得るよりも、家で主婦しているのが合っていると思い知らされました。

レイプされたいレイプされたいと常に願っていた主婦が現実に男に襲われることとなった体験談

読了までの目安時間:約 7分

レイプされたいレイプされたいと常に願っていた主婦が現実に男に襲われることとなった体験談【イメージ画像1】

9歳の会社員、既婚です。
夫は大学の工学部の助教で、月に何度か帰宅しますが実験や学会の出張やらで忙しく、付き合ってた頃お互い忙しい時間を都合して愛し合っていたのが嘘のように、夫婦生活は途切れています。
子供もいません。

 

まいは夫の実家ですが、義父は早くに亡くなり、義母も若いのに既に認知症で施設に入っていますので、広い家に私一人でいることがほとんです。
そんな状態なので、私は独身の時と同じように会社勤めを続けています。
結婚してこの家に入ってすぐ、裏の家の男の人に興味をもたれ、つけ狙われ続けていました。

 

レイプされたいレイプされたいと常に願っていた主婦が現実に男に襲われることとなった体験談【イメージ画像2】

の人はEさんといい50代後半、古い家の一人息子とのことですが、両親も亡くなって一人で住んでいます。
親の残したお金で暮らしており、仕事はしていません。
ずっと家にいます。

 

性からすれば生理的に受け付けないタイプの男性です。
よれよれのスエットの上下にサンダルで周囲をうろつき、すれ違うと悪臭がします。
私は最初当然怖くて、夫も十分以上に気をつけてくれていました。

 

も最近は少し慣れて、特に危害を加えられるわけでもないし、暇だから周りの事に興味がある変人くらいに思うようになりました。
逆に、私は夫とのセックスが満たされていない思いからか、少しずつEさんの気を引くような行動をとるようになりました。
私が会社からの帰りに駅前のスーパーで買い物をしていると、Eさんも待ち伏せしていたように買い物をします。

 

初はなるべく遭遇しないよう、電車の時間をかえたり降りる駅を一つ向こうにしたりしていましたが、わざと同じ時間の電車で同じ時間に買い物をして、狙われやすいようにしました。
スーパーから家までは後ろからずっとついてきますが、気付かないふりをして歩きました。
スカートの短いスーツにハイヒールを履き、脚やお尻に視線が突き刺さるような感覚に興奮を感じながら歩くようになりました。

 

さんのような汚い男にレイプされる自分を想像すると興奮しました。
本当に襲われるのはさすがに怖すぎますが、行動は少しずつエスカレートしていきました。
ゴミの日にはEさんは必ずウチの後にゴミを出します。

 

は伝線したストッキングを、わざと見えるように半透明のゴミ袋に入れて出しました。
窓のカーテンの隙間からゴミ置き場を伺っているとEさんが出てきてゴミを捨て、ゴソゴソとウチのゴミを漁っている様子でした。
出勤時に確認するとウチのゴミ袋に破いた穴があって、ストッキングはなくなっていました。

 

さんが私のストッキングの匂いをかいだりして自慰行為をしていると思うと会社でも仕事に集中できず、トイレで少しだけオナニーしてしまいました。
ゴミの日の前日は、スーパーからの帰りにわざとストッキングを少し伝線させて、ついてくるEさんにわかるようにしました。
次の日の朝ゴミを出すと、Eさんは待っていたようにすぐに出てきて、私の伝線したストッキングを持ち帰りました。

 

の日は会社からの帰りスーパーにEさんはいませんでした。
家に着くと、玄関の門の内側にストッキングが落ちていました。
唾液と精液ですごく汚れていて、Eさんの悪臭がしました。

 

が気味悪がるのを期待しながらEさんが覗いているに違いないので、ストッキングをつまんで気味悪そうにしながら外のゴミ箱に捨て、逃げ込むように家に入りました。
次の日の朝、出勤時にEさんと出くわしました。
きっと私の反応を確かめるためでした。

 

は犯人がEさんであることに気付かないふりをして「おはようございます。」と少し笑顔であいさつをして通り過ぎました。
Eさんは何も言わず私の背中を見送っているようでした。

 

人がEさんだと確信してる風に、怖がって逃げた方が良かったかなと思いましたが、警戒していないように見せる方がいいと思ってしまいました。
そして、その数日後、とうとうEさんに襲われてしまいました。
その日もEさんはスーパーには現れず、もうすぐ家というところでEさんに「Sさん」と呼び止められました。

 

が「あ、こんばんは。」と会釈するとEさんは「あなたのお家からウチの方に洗濯物が落ちてきたから、取りに来て。
」とぶっきらぼうに言い、サンダルを引きずりながら自分の家に戻って行きました。

 

かに洗濯物はEさんの家側の2階のベランダに干していますので、Eさんの家の方に落ちても不思議ではありません。
少しスリルを感じ胸の鼓動が高鳴りましたが、体格の割に気の小さそうなEさんは捨てたストッキングにいたずらする位しか度胸がないという勝手な思い込みもあり、まさかという思いで後ろからついてEさんの家に行きました。
Eさんの家の玄関は電気もつけず、すでに日も落ちていたので中は暗くてよく見えませんでした。

 

とも言えない悪臭が充満して、洗濯物を返してもらったらすぐに立ち去ろうと思いました。
中からEさんがYシャツを手に出てきました。
確かに夫のYシャツのようでした。

 

し出されたシャツに「すみません」と手を伸ばしたとたん、手首をものすごい力で掴まれて、中に引きずり込まれました。
玄関の上り口や靴箱に思いっきり脚や腰を打ち付け、抵抗することもままならず腰が抜けたように奥の部屋に引きずられて行きました。
ゴミ屋敷のような部屋で、Eさんは私の上に馬乗りになり、首を絞められました。

 

走った目に殺されると思いバタバタと抵抗しましたが、すぐに意識が遠のいてもう死ぬんだと感じました。
そのまま気を失いました。
体中の痛苦しさで目が覚めると、自分の家ではない古い天井が見えました。

 

分がまだ生きているとわかりましたが、体は全然動きませんでした。
意識が少しずつはっきりしてくると、口には何か詰め込まれてガムテープがべったりと貼りつき、両腕は背中の後ろで手首が括られ、胸ごと縛られていて全く動かせず、両足首は1メートル位の金属の棒で開いて縛られていました。
太股から股にかけて生温かい気味の悪い感触があり脚を閉じようとしましたが全く動かず、なんとか首を持ち上げて下の方を見ると、Eさんの巨体が目に入りました。

 

さんは私のタイトスカートの中に潜り込むように頭を入れていました。
あまりの異常な光景に恐怖で気が狂いそうになり、喉が潰れるように悲鳴を上げながら後ずさりしようとしましたが、悲鳴はくぐもって声にならず、身動きもできず、Eさんが私の下半身に襲いかかるのを止める方法はありませんでした。
続く

義理のお兄さんが入院したらしく見舞いに行ってそのまま病室でチンポハメしたりましたw

読了までの目安時間:約 5分

義理のお兄さんが入院したらしく見舞いに行ってそのまま病室でチンポハメしたりましたw【イメージ画像1】

兄の幹雄が怪我をして入院しました。
屋根の雪下ろしをしていて足を滑らせたのです。
幸いにも左足甲の骨折と捻挫ですみました。

 

々日(日曜日)の午後、主人と市立病院に見舞いに行ってきました。
義姉のミズエさんは1時間前に帰ったあとでした。
「もう松葉杖をついて歩いとる」と、以外にも元気そうでした。

 

義理のお兄さんが入院したらしく見舞いに行ってそのまま病室でチンポハメしたりましたw【イメージ画像2】

は目を伏せ主人のうしろに付いておりました。
「悪いけんどもよう、次雄、酒を買ってきてくんねえか」
「買ってくるのはいいけんども兄貴、体の方は大丈夫けえ?」
「なーに、足の骨折だけで他はぴんぴんしとるでえ。はっはっは」
「でも病院に知れたら、まずいんじゃないですか」
「好美さん、あんたは口出しせんでええって。ついでにツマミもな」
「私が買ってきます」
「いや、次雄!悪いけんど、ちょっくら行って来てくれや」なかば強引に主人を買いに行かせました。

 

雄と二人きりになりました。
蛇に睨まれた蛙のようです。
(やはりいっしょに行けばよかった)と後悔しました。

 

の日(子供に見つかりそうになった日)以来、ずっと幹雄を避けておりました。
居留守を使ったり、幹雄が来そうな時は出掛けるようにしてました。
だから尚更、幹雄の報復がこわかったのです。

 

美、カーテンを引いてこっちさ来い!」と命じられました。
従わざるおえませんでした。
すぐに腕をつかまれ、ベッドに引きずり込まれました。

 

をそむけましたが、強引に唇をふさがれました。
足が不自由でも男の力にはかないません。
観念して幹雄の舌を素直に受け入れました。

 

美、おめえの来るのを待っとったぞ」と、生臭い息が頬にかかります。
「お義兄さん、私・も・・」と、甘えるように幹雄の首に手を回し、そして、私の方から求めるように舌を差し入れました。
感情なんて少しもありません。

 

うせ逃げられないのなら幹雄を喜ばせ、主人が戻ってくる前に早く済まそうと思っただけです。
セーターをめくられ、胸を強く揉まれました。
さらにスカートの中に手を入れてきて、太ももから付け根の方までまさぐります。

 

るで飢えた狼です。
「お義兄さん、やさしくして・・」と、体をすり寄せました。
そんな私をみて幹雄は満足げな表情をみせました。

 

かし狭いベッドの上、まして足はギブスで固められ、思うように動きがとれません。
はがゆくなったのか、幹雄は「下着を脱いで、そこに四つん這いになれ」と、命じました。
「こんな所で・・」と少しためらいましたが、言い出したら聞かないことを十分承知しております。

 

はストッキングごと下着をくるくる膝まで下げ、そしてお尻を幹雄の方に向けました。
こんなハレンチな恰好、もし人に見られたらと思うと死にたい気持ちです。
しかし、心と肉体はまったく正反対です。

 

尻を左右に開かれ、舌と指で責められると、しだいにあそこがひくついて、まるでメス犬のようにお尻を振って愛撫を求めていました。
幹雄が股間の怒張を引っ張り出しました。
天を突くようにそり立っております。

 

は手を添え股間に導きました。
(いつ主人が戻って来るか・・)と思うと、ゆっくりしている余裕はありません。
そのまま腰を沈めました。

 

して、スカートをおろし股間を隠しました。
ギシギシとベッドのきしむ音が気になりましたが、早くいかそうと懸命に腰を振りました。
「お義兄さん、早くしてください、主人が・・あぁぁ・・」
「うっ、うん・・わかっとる・・」体から汗が噴出します。

 

う気がきではありません。
必死で射精をうながし腰を振り続けました。
夫が戻って参りました。

 

ったく疑う様子は見られません。
私は夫の顔を見ることができず外に出ました。
(こんなことをしていて・・許されるはずがない。いつかきっと天罰が下る)冷たい汗が胸の谷間をつたって流れ落ちました。

 

美、どうした?そろそろ帰るぞ」
「あっ、はい・・」精液で汚れたタオルを紙袋に隠して持ち帰りました。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】