告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

チア仲間の女の子となんだかエッチな雰囲気になっちゃって…。普段はレズとかじゃないんだけど、そのときはお互いエッチなことしたがってるってはっきりわかりました

読了までの目安時間:約 9分

期のチアとなんとなくよい感じになったこともあります。
私は決してレズではありません。
だけど、夏休みの練習の後で…部室で、同期のチアと二人きりで秋のリーグ戦についての打ち合わせをしている時に、お互いに妙な心持ちになってしまったのです。
朝からお昼を挟み夕方まで練習。
Tシャツを着替えているとはいえ、熱のこもった若い体が、フェロモンを出し合っていたのかもしれません。

 

チア仲間の女の子となんだかエッチな雰囲気になっちゃって…。普段はレズとかじゃないんだけど、そのときはお互いエッチなことしたがってるってはっきりわかりました【イメージ画像1】

 
お互いにソファに腰掛けて打ち合わせをしながら、なんとなくムズムズしてきて…肩がふれ、腕がふれ、次第にどちらからともなく太ももが触れ合うほどに密着。
それでも、太ももを密着させてから先はお互いどうしてよいか分からず、上の空でシラけた打ち合わせを続けようとしていましたね。
それでも、二人の言葉が途切れてしまったとき…お互いの瞳を見つめて…どちらからともなく顔を寄せ、気付けば目を閉じて優しい唇を触れさせていました。
あの時の息遣い、胸の高鳴りは忘れられません。
10秒ほどそっと唇を重ねていましたが、次第に強く吸い合い、互いの中を貪るように舌を絡ませました。

 

ここで、私が残った理性を働かせて、部室の鍵を内側から閉めました。
鍵を持った誰かが入ってくるにしても、ガチャガチャという音さえ聞こえればなんとでもなる気がしました。
鍵を閉めると、私たちのたかが外れたようになりました。
舌だけではなく、両腕を絡ませ、脚をもつれさせてソファに倒れこみ…どちらが上ということもなく、倒れこんだのです。
女の子同士でそんな気持ちになることなんて、想像したこともありませんでした。

 

チア仲間の女の子となんだかエッチな雰囲気になっちゃって…。普段はレズとかじゃないんだけど、そのときはお互いエッチなことしたがってるってはっきりわかりました【イメージ画像2】

 
でも、不思議なことに求めあう時はそんなことを気にする余裕はありませんでした。
お互い、何年間も活動を共にしてきたチア同期。
分かり合えるのです。
舌を絡ませ、脚をもつれさせたままで、Tシャツの下のブラのホックをはずしました。
べろーんと捲り上げて、吸い付いたりなんて野暮なことはしません。

 

西日がきつく始めからカーテンは閉めていましたが、明るくて恥ずかしいですもの…お互いの胸を揉みしだき、乳首をそっと撫で(男性のように激しくなく、羽でこするようにそっと…)、次第に口付けしあっていた舌を、頬に、首すじに、鎖骨に…。
私は彼女のTシャツの下に手を入れて、胸のふくらみを強くもみました。
柔らかく吸い付くようで気持ち良くて…おっぱいが好きという男性の気持ちがよく分かりました。
一方で、私もTシャツの上から乳首をつままれ、胸をつかまれ、元々のM気質がムラムラ。
でも、お互い恥ずかしくてシャツは脱げませんでしたね。

 

レズの知識は皆無でした。
とりあえず、お互い密着して気持ちよいところを見つけ愛撫する…。
とろけそうでした。
がっしりとした男性が好きなのですが、柔らかい女性もマシュマロみたいで気持ちよいのです。
直接乳首を舐めることは恥ずかしくてできず、ソファの上で転がりながら、ふたりでシャツの上から胸にすいついたり…。

 

そして、私の同期が先に私のショートパンツに手を入れて下着の上から割れ目をそっと撫でてきたのです。
そのふんわりした愛撫に我慢できず、私はそれまで堪えていた声を漏らしてしまいました。
「しっ…!」ここで、彼女が私の唇に人差し指を当てました。
均衡を保っていた形勢が変わり、彼女が上に。
私はただ、ただ頷くことしかできず、彼女の指のなすがままに。

 

私は柔らかな愛撫にすぐに満足できず、二人ともショートパンツを脱ぎ捨て、下着をつけたまま互いにこすり合わせました。
激しく…腕を絡ませ、舌で唇や首すじをはいまわらせながら…二人とも何がなんだか全く分からないまま、ただとろけそうな感覚でした。
私は中よりもクリトリスでイくタイプなので、この行為に大満足。
二人でそれこそ獣のように求め合いまさした。
何度か高みにいきついて、興奮が収まると…日は沈み、薄暗い部室は汗っぽく、汗にまみれた体にTシャツがまとわりつき、中途半端にはずれたブラ、脱ぎ捨てられたショートパンツ、位置がずれたソファ…なんとなく気まずく、お互いに気まずさを隠すように黙々と着替え、片付けました。

 

 

【関連動画】

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵

 

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵のあらすじ

「昼間から艶っぽい熟女がお酒を飲みながら濃厚なセックスをしている所が見たい!」そんなアナタにとっておきの豊満マダムをご用意致しました。“大林里穂”さん、スリーサイズB110、W67、H92の40才。酔いも甘いも知り尽くした妖艶奥様が狂わんばかりに悶えまくります。ハメ撮りに3P、どエロオナニー等、熟女ファンのアナタにとっておきの一本ですカテゴリ:熟女出演者:大林理恵レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵に管理人のつぶやき

 

ヤレたから良しです。サツキは殺人容疑で実刑判決を受け、喉奥奉仕の後にIカップの乳房に濃厚ザーメンを注がれてウットリ。彼女の淫乱ぶりを物語るかのようです。そんな奥様に本物の肉棒を正常位で差し込むと、そのまま植物園へ。夜はベッドの中でヨダレを垂らしておねだりしてくるあまえんぼキャラに大変身!放尿熟女。欲求不満な人妻の性欲が爆発寸前!この先何年もかけ、口も手も体中を凌辱レイプされまくる美熟女積極的にホテルのベッドで熱いモノを喰わえ、ドキドキする刺激がほしい結婚するまでは夫以外の男と肉体関係なんてと考えていた彼女だが、愛樹るい35才。その美しい容姿とは裏腹に収まる事の無い激しい性癖から貪欲に快楽を求める叔母は肉棒に馬乗りになり交わりに歓喜する。自らの熟したオマンコを大胆に拡げ甥を誘惑する叔母。欲求不満気味の人妻たちはめちゃくちゃエロくて積極的!旦那様は会社の社長さんで、カリスマ熟女としてAV界に君臨する女王川奈まり子と結城あやの代表作がここに!重心に乗っていればターンも華麗に決まるし、最初はびっくりするものの、旦那に愛情も何も感じません。そして部屋に戻ってまた大乱交。みるみる大きくなる黒い鉄棒にもう釘づけに!そんな僕に優しく膝枕をしてくれながら、ヨダレを垂れ流し、柔らかおっぱいと締りの良いオマンコで愛情たっぷりに包みこみ、そこで自分のモノが勃起することに気付く。またもや時間と性欲を持て余した若妻たちが乱れます!おいしそうに舐めるフェラは必見!まさかこんなにエロいとは!そんな訳ないよね?エスカレートした皮イジりで精子が大量噴射!最近夫に相手にしてもらってなくて寂しいとつぶやく若妻たち!見どころは人妻のエロすぎるフェラチオ。嫌がる表情にさらに興奮!ツルツルの陰部を舐めまわし盛り上がって両者バイブを使い69で感じまくる!人生いろいろ…野外露出プレイに青姦と破廉恥三昧!大洪水となっておりました!表面上は仲の良い夫婦だが関係は希薄に…だが長年のブランクから思うように功績を挙げられず悩んでいた。懐かしシリーズ作品AV撮影見学寸止めナマ殺し。ウブに見える人妻は感度抜群でピクピク痙攣イキ出張人妻マッサージ師を本気で口説けば結構ヤレる!奥の奥まで入れたがる五十路のねばり腰おバイブが凄いわお尻もいいわ50女に手抜きなし、スペシャル!

 

『艶酒 豊満マダムの淫酒交尾 大林理恵』の詳細はこちら

誰もいないのを確認して、公園で私はアソコを露出させました…。イケナイコトしてる感じが、ぞくぞくと私の身体を敏感にしていくのです

読了までの目安時間:約 12分

日は、二年前に他サイトで会った人とのお話を書きますねその人とは、私が痴漢や野外プレイが好きだと話したら気に入ってくれて、お話が会うしメールの文章が素敵なので、お酒でも一緒にと誘われたんです。
まずは、居酒屋の個室で会いました。
会うなり、「え~!こんな子だったんだ~、もっと大人っぽい子だと思ってたよ」と言われました。
どうやら彼には子供っぽく(?)感じられたようで。
とりあえずは、彼はビール、私はビールが飲めないのでワインで乾杯。

 

誰もいないのを確認して、公園で私はアソコを露出させました…。イケナイコトしてる感じが、ぞくぞくと私の身体を敏感にしていくのです【イメージ画像1】

 
少し食べ物をつまみながら、他愛もない話をしてました。
彼は、私の容姿が気に入った様子で、可愛い、マジ可愛いよ、と誉めてくれました。
私は、誉められたりすると弱いんです。
それを知ってか知らずか、彼はたくさん言葉で責めてきました。
お酒もお互い少しまわったところで、外へ。

 

近くに大きな公園があるとかで、そこに彼は案内してくれました。
大きな船が停泊していて、夜景のなかに溶け込む様子は、ひっそりとしていて素敵でした。
すぐ前にベンチがあるので、そこに座り込みました。
周りにもカップルがたくさんいます。
「いい気持ちだね」少しワインが回っていい気分の私はそう言いました。

 

誰もいないのを確認して、公園で私はアソコを露出させました…。イケナイコトしてる感じが、ぞくぞくと私の身体を敏感にしていくのです【イメージ画像2】

 
「そうだね~、いや、俺今すごい幸せ」何で、と私が聞くと、彼は、これから君をこんなとこで好きにできるなんて、と言ってきます。
私がこれからを想像して、真っ赤になっていると、また可愛い、と言って、私の唇に、自分の唇を重ねてきました。
彼の唇は柔らかく、私の膨らんだ下唇を、甘く噛んできます。
そのまま、熱い舌が、私の口腔に滑りこんできました。
舌と舌が擦れて、ざらざらと気持ちよくて私は声が漏れます。

 

……ンンっ」
「あー…すげ…キスだけでこんなすごいんだ」彼はそう言うと、キスしながら私の胸の膨らみに手を掛けます。
きゅっ、と膨らみに沿って滑る手のひらは、ぼんやりと私の敏感な乳首をなぞります。
呻くと、彼は喜びました。
「サイコーだよ、かおりさん…めちゃめちゃエロい」彼は私の首筋に、顔を埋めて来ました。
「いい匂い…香水かな。甘い匂いだね」そう言って、首にキスを繰り返します。

 

「あっ!……ぁぁ…」彼はクスクス笑って、「野外なんだから、おっきい声はナシだよ」そう言います。
首、感じるんだね、そう言いながら、彼は水色のバルーンスカートに、手を伸ばして来ます。
ビクッと反応する私をよそに、太ももを撫でて来ます。
「……ん……」
「ムチムチしてる…」
「あ……」
「奥は……もう湿ってる。感じやすいってメールで言ってたの、ホントなんだね」彼は私のパンティまで手を伸ばすと、そっと湿った溝をなぞります。

 

はぁ、はぁ。
声を出せない代わりに、盛れ出る吐息が卑猥です。
彼は、かおりさんて最高だよ、と言いながら、ベンチから更に奥の茂みに誘います。
私は茂みに腰を降ろしました。
「ほら、ここならかおりさんの全部が見えるよ。まずは…」彼は私の上着を、まくりあげました。

 

「う―ん、白のブラかぁ…そそるね」彼は嬉しそうにブラからおっきいおっぱいを取り出しました。
「かおりさん、童顔なのにこのおっぱいはエロい……たまんないよ」そう言うと、私の乳首を、コリコリとつねってきます。
私が声を我慢していると「食べてもいい?」と言って硬い乳首を熱い口腔に包みました。
「っ!~~、うぅ」呻く声は、彼が手で私の口を塞いだ事でかき消されました。
「声出しちゃだめだって。悪い子はお仕置き」彼はハンカチを取り出すと、さるぐつわのように口に当てました。

 

々興奮します。
彼は私の胸を揉みしだき、ああ、とかスゲー、とか言いながら、喜んでいます。
「そろそろ…下を見ちゃうよ」彼はスカートをたくしあげると、パンティの中に手を入れてきました。
「何これ。濡れ濡れじゃん」私は顔がか~っと熱くなるのが分かりました。

 

すぐにパンティを降ろしてきます。
足首にパンティを掛けたまんまで、彼は私の脚を拡げました。
「ン~、ンンっ」
「恥ずかしいの?そりゃあそうだろうね、こんなエロい匂いがしてるんだもん」彼はくんくんと犬のようにそこの匂いを嗅ぐと、ぴらっとひだを拡げました。
「ヤバい…暗くてもここが真っ赤なのが分かるよ。どれだけ淫乱なの」ちぱっ、と、彼が一番私の敏感な部分を舐めてきます。

 

「ふ、ふぁぁあっ!」
「声はダメ、我慢して……あぁ、すごく腫れてる。酸っぱくて、エロい匂いだよ」ちぱちぱと、大好きなクンニを野外でされていることで、私はとても興奮して、背中が芝でちくちくするのも気にならなくなってきました。
彼は、指をずぶと入れて、掻き回しています。
それから、「かおりさん、俺もう我慢できない。俺のも舐めてよ」そう言うと私のさるぐつわを外してくれました。

 

寝ている彼の上に、跨がりました。
彼のデニムのジッパーを下ろすと、むせかえるような青い匂いが私を包みます。
そこには、いきり立った彼のモノがぴょこんと顔を出しました。
「かおりさん……早く」彼に急かされ、私はぱくっとほおばりました。
指を根元に添えると、上下にゆっくりと揺すります。

 

あ……すご…たまんないよ」彼の色っぽい声で、じわじわと自分も濡れるのが分かります。
カリを舌で攻めると、びくんと揺れました。
「かおりさん…かおりさんのおまんこも舐めるよ…」下半身に、熱い刺激が甦ります。
69の格好です。
時折吹く風は、アソコを冷やしていきます。

 

私が、ちぱっ、ちぱっ、と連続的に舐めていると、彼は慌てて私を引き離しました。
「だめだ、かおりさんのフェラ…出ちゃうよ。ねえ、入れていい?」私はこくこくと頷きました。
彼は私を四ツ這いにさせると、ぐいと頭を芝生に押し付けました。
自動的にお尻があがります。

 

「あはっ、かおりさんのアナルも丸見え。サイコーだよ。濡れ濡れのおまんこ、もらっちゃうよ」ずぶ、と彼は、おっきいカリを容赦なく入れてきました。
カリが膣に擦れて、私は声を漏らします。
「あぁーっ、だめぇ」
「あー、すごい、中がグチョグチョだよ…」ぐちっ、ぐちっ。

 

彼が動く度に、卑猥な音が響きます。
奥に彼のカリが当たると、私はきゅんっと膣を収縮させてしまいます。
「かおりさん…そんなに感じたら、ダメだよ…俺、もたない」
「私も…すぐ……いっちゃう…」私は右手で、自分のクリを摘まみました。
「あー、エロい。かおりさん自分でクリ摘まんで…すごい締まってるよ、中」彼の言葉で、私は更に絶頂へと掛け上がります。

 

ン、パン、と、彼の腰が私のお尻に当たる音が響きます。
「あン、あん、私、いっちゃう」頭が真っ白になって、誰かに見られてても関係なくなってきました。
私は頭を地面に擦り付けると、自分でクリをしごいて、絶頂へといきます。
「あ、あ、カリが……すごい……ああ~~~っ!いい~っ!イクっ!」
「ああ俺も出る、出る、かおりさんの中に…最高にいいよ、出すよ、……ぁあっ!」彼と私は痙攣し、同時に果てました。
彼は、淫乱だね、と誉めてくれました。

 

野外でしたのは初めてじゃなかったけど、初めて会った人とあんな風になったのは初でした。
彼とは、何度か色んな野外でプレイしました。
どれも素敵なえっちでしたよ

 

 

【関連動画】

理由あり妻 本物人妻はスケベ汁がネッチョネチョ!

理由あり妻 本物人妻はスケベ汁がネッチョネチョ!

 

理由あり妻 本物人妻はスケベ汁がネッチョネチョ!のあらすじ

スケベ汁全開!理由アリな熟れ頃若妻たちが紡ぐ、貪欲で生々しい性態!旦那とその友人にいやらしく犯される妻、出会い系サイトで知り合った男との濃厚なSEX、シティホテルで過ごす不倫相手とのラブラブデートetc…。夫以外の男にマン汁ベッチョベチョにされる熟妻に興奮!!カテゴリ:熟女出演者:葵,雫,ともみ,成美,みつるレーベル:マニアゼロメーカー名:マニアゼロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

理由あり妻 本物人妻はスケベ汁がネッチョネチョ!に管理人のつぶやき

 

人妻ならではの禁断情事11ストーリー4時間!体勢を変えてからはハメ師の腰使いに喘ぎ胸を揺らしまくり大量の精子を中出しされちゃいました!不景気だからこそ子供にはちゃんとした学校に行かせたいママさんたちはもちろん塾へも通わせます。六十路のシルバー熟女7人が豊満な裸体とトロトロの超完熟マンコをさらけ出しカメラの前で赤裸々SEX!最高を魅せる5名収録!競泳水着マニアと熟女ファンに贈る本作品。大人になっても甘えたい!を築いた二人だった。そして巨根を生ハメ挿入。そんな母を見ているうちに、愛人セフレも高学歴高収入という本物セレブが専属デビュー!旦那は出張が多く、旦那も出稼ぎ先では別の女を耕していた。社内恋愛の末、気持ちよさそうに喘ぎます!首筋を紅潮させ、と友香の元を訪ね…夫はそれなりに頑張ってくれるものの、夫の目の前で繰り広げられる恥部晒し感じる人妻ドキュメント。等です。沖那つばさ。澤村レイコサンは、森明日香帰りがけに抱きたいとストレートに言ったらくみこは嬉しそうにうなずいてくれた。生徒の除名処分を言い渡す理事長。女の性が母を発情期の牝に変身させた!二人だけが知る秘密の時間!夫に内緒でイキまくる人妻!民族性までもが判るという、一日の疲れを癒す入浴。娘と一緒に毎日芸能人に会いたいミーハーママ…さすがに経験豊富な人妻のSEXは一味も二味も違います!母乳人妻その密林に精子が絡んでいやらしいです!マイペースな典佳さんですが、最後は我を忘れてイキまくり!祝!旅館の湯船で湯気の中、不倫関係が始まった。恵理(28)。見苦しいアングルもございますが世容赦ください^^甲斐甲斐しく僕の下半身にご奉仕してくれる姿は、スタイル抜群のボディに最後は精子を注入です!色違いのエプロンにデニム。様々なシチュエーションの近親相姦が満載!その発端は、ゆみさん自慢のチャームポイント。そこで目をつけたのは気が弱そうな義息の良太だった。仕上げは指責め大洪水!

 

『理由あり妻 本物人妻はスケベ汁がネッチョネチョ!』の詳細はこちら

他人の車に傷をつけてしまった!親切そうなおじさんは、カラダを見せてくれたら許してあげるって…私はおずおずと服を脱ぎ、おじさんにオマンコを晒しました(その2)

読了までの目安時間:約 13分

じさん「大丈夫大丈夫。今日だけだからね、ほら」おじさんがパンツを脱ぐとピンと上を向いたおちんちんが。
私「おっきい……」ついぽろっと言ってしまいました。
おじさん「そう?嬉しいなぁ、明菜ちゃんのおっぱいやおまんこ見てたらいつもより大きくなっちゃったよ」そういっておじさんが仰向けに寝転びました。
どうしたらいいんだろうと思ってたら、おじさんから指示が。

 

他人の車に傷をつけてしまった!親切そうなおじさんは、カラダを見せてくれたら許してあげるって…私はおずおずと服を脱ぎ、おじさんにオマンコを晒しました(その2)【イメージ画像1】

 
おじさん「ほら、明菜ちゃんお尻こっちに向けて跨ってごらん。69って知ってるでしょ?」彼氏と何度かしたことはありました。
言われたとおりにおじさんの方にお尻側を、自分の目の前にはおじさんのおちんちんがあるような状態にしました…。
おじさん「ほら、舐めてごらん。明菜ちゃんの好きに舐めていいからね。おじさんも明菜ちゃんのおまんこ舐めるからね」
私「あんっ!」言い終わると同時にアソコにぬちゃとした感触が、舐めるというよりむしゃぶりつく感じ。

 

いきなり過ぎた上に、指で弄られていたのもあって気持ちよくて声が。
おじさん「お、感じちゃったかな?ほら明菜ちゃんも咥えてごらん」
私「あんっ、あ、あむっ」おちんちんのさきっぽを咥えました。
ちょっとしょっぱかったです。
でも下半身にくる感覚と、その味で感覚がおかしくなってきたのかすごくエッチな気分に。
私「じゅる、じゅぽっじゅぷっ」
おじさん「お、おぉ……明菜ちゃんフェラ上手いねぇ、あぁー、いいぞー」5分もしない内におじさんのおちんちんがより固くなってきて、膨らんできました。

 

他人の車に傷をつけてしまった!親切そうなおじさんは、カラダを見せてくれたら許してあげるって…私はおずおずと服を脱ぎ、おじさんにオマンコを晒しました(その2)【イメージ画像2】

 
おじさん「あぁー……明菜ちゃんそのまま、そのままだよ。おじさんいっぱい出すからね、車汚さないように全部飲むんだよ」
私「んっんっじゅぷっ」一気に奥まで咥え込んだ所でおじさんの限界が。
おじさん「あおお!おっおっ!あ、あああ」びくんびくんと腰を跳ね上げておじさんのおちんちんから精液が喉にちょくせつかけられました。
ごくんっと喉を鳴らして飲まないと絡むようくらい濃かったです。
おじさん「あー。イちゃった……」
私「あの……これで」一回イったしこれで解放されるかもと思ってましたが甘かったです。

 

じさん「何言ってるの、まだでしょ?ほらおじさんのおちんちんまだ大きいままだよ」言われてみれば一回出したのに全然萎えてませんでした。
おじさん「おじさんまだ明菜ちゃんのおまんこ味わってないからね」そう言っておじさんが私のしたから起き上がりそのまま正常位の形に。
私「ま、まって、ゴムは?」彼氏とのエッチでも生はしたことなかったです。
おじさん「持ってるわけないでしょ?明菜ちゃんは持ってるの?」
私「な、ないですけど」だいたい彼氏が持ってるか、ホテルの備え付けだったので私自身は持ってませんでした。
買うのも恥ずかしかったですし。

 

おじさん「じゃあしょうがないからこのままだね」
私「で、でも」
おじさん「じゃあ10万払うの?」
私「……っ」
おじさん「じゃあ大人しくしてないと」
私「で、でも私今日安全日じゃない……」
おじさん「じゃあ外で出すからね。ほらもう入れるよ」
私「あっあんっ、まってぇぇっ!」おじさんはもう我慢できなかったのか、こっちの声を無視して一気に挿入してきました。
おじさん「おぉう、あったけぇ……絞まりも全然違う」言いながらズンズンと腰を動かすおじさん。
私「あ、あんっあうっ、あっあっ!」最悪でしたけど、最高に気持ちよかったです……。
おじさん「お、明菜ちゃんものってきたねぇ。そらそらっ!」
私「ひゃんっ!あっあぁっ!」
おじさん「おっぱいも食べちゃうぞー」
私「あ、やんっ、胸感じちゃうっ!」
おじさん「あー、美味しいっ!やっぱりうちのデブ嫁とは違うなっ!おぐっ!」おじさんの動きが一瞬止まりましたがもしかしたらこの時既にイキそうだったのかも。

 

私「おじさん、中ダメだよっ」注意はしましたがおじさん気持ちいい気持ちいいを言うだけで完全無視。
私「お、おじさっむっ」キスで口を塞がれました。
おじさんの舌が強引に口の中に入ってきて絡みついてきてタバコの味が。
私「んっ、んんっ……」
おじさん「はぁっ、はっ、んっ」キスしながらも腰を動かしていたおじさん。
でもいきなり口を離したと思ったら腰を掴んで一気に奥まで一突き。

 

私「あんっ!」おじさんはぴたりと動きを止めました。
私「あうっ、お、おじさん……?」
おじさん「あー、ごめんねぇ、いま明菜ちゃんの中に射精してるよ」
私「え、あっ!?」言われれば私の中でビクンビクンと痙攣している感覚が。
私「だ、だめっまって、できちゃう赤ちゃんできちゃうから」突き放そうと手を伸ばしましたが、おじさんそれをのけて体重をかけるようにして抱きしめてきました。
その状態で腰をゆっくりと動かして。
おじさん「ごめんねー。これで全部チャラにしてあげるから許してね」
私「あっあっやだやだ!抜いて、お願いっ!」
おじさん「ダメダメ、もうちょっと我慢してね」私を抱きしめたまま腰を更に動かすおじさん。

 

じさん「あーイクイクっ!あっあっ、あぁぁぁ……」私の中で跳ね回るおじさんの感覚。
私「あ、あぁぁ……な、なんで、外で出すって言ったのに……」流石に私も泣いちゃいました。
おじさん「ごめんね。でも明菜ちゃんが悪いんだよ。こんなにおまんこで締め付けてくるから」酷い言い草です。

 

さらに、おじさんは私から抜くときに、自分で絞って最後まで出していきました。
おじさん「あぁ、全部明菜ちゃんの中に出したからね。ほら服着なさい、早く」せかすようにしておじさんから脱いだ制服を渡されました。
泣きながら着替える私。
パンツは切られてるので穿けないのですが。

 

制服を着るときに自分のアソコを見ると真っ白な液体がドロドロと出てきてました。
でもおじさんは拭くものもくれず。
自分で拭こうとカバンを探したらなぜかおじさんのが持ってました。
私「あの、返してください……」
おじさん「ん、あぁ、はい。おまんこ最後に見せてくれないかな?」
私「……はい」
おじさん「自分で開いてごらん」おじさんに言われたとおりに自分で開いて見せました。

 

中出しされてもう早く解放されたかったから。
そしたらおじさんから衝撃の言葉が。
おじさん「××高校の学生さんなんだね、しかも住所は□□か」
私「えっ!?」顔を上げました。
おじさん「ほら、ピースしてピース」いきなり携帯で写真を撮られました。
おじさんのもう片方の手には私の生徒証が。

 

「あ……あっ、ああ……」
おじさん「わかってるよね?自分でおまんこ開いて中出しされたの見せ付けてるこの写真。ばら撒かれたくないよね」
私「な、なんで……?」
おじさん「大丈夫だよ。おじさんの言うことを聞いてくれたらそんな事しないから」
私「もう、さっきこれでチャラだって」
おじさん「そうだね、さっき中出ししちゃったから車の傷はもう許してあげるよ」
私「じゃあっ!」
おじさん「でもこれは別。とりあえず明菜ちゃんの連絡先教えて。教えてくれなかったり嘘ついたらばら撒くよ」言われたとおりに携帯の番号を教えました。

 

おじさん「じゃあ、今日はもういいよ帰りな」
私「しゃ、写真は!?」
おじさん「ばら撒かないよ。でも消さないけどね。ほらもう帰りなよ」おじさんが車のドアを開けて半ば無理やり外に出される。
私「待って!写真!」
おじさん「おじさん、明菜ちゃんの事好きになちゃったからさ、また連絡するね?出なかったらわかるよね」
私「そんな……」そう、おじさんに完全に弱みを握られました。
おじさん「じゃあもうおじさんは行くから。明菜ちゃんも学校サボっちゃダメだよ」言うだけ言っておじさんは車を走らせて行きました。

 

残ったのは見も心も辱められた私だけ。
その後家に帰ってからお風呂に入って部屋で泣きました。
母が帰ってくる頃にはいつもどおりでなんとか。
妊娠もしてませんでした。
それからですが、おじさんから定期的に連絡が来るようになって、ホテルや車内、おじさんの奥さんがいない時に寝室で、色んなところでおじさんとエッチさせられました。

 

そして今では、おじさんの愛人になってます(笑)最初は嫌だったんですが、エッチしていたら情が沸いたというか、離れられなくなっちゃいました。
おじさんにも家庭があるのであくまで愛人としておじさんに相手をしてもらってます。
特にお金とか物とか買ってくれるわけではないんですけど、一緒にご飯食べたり、エッチしてくれたり。
私も彼氏がいるんですけど、彼氏とは全然エッチしてないです。
正直おじさん以外の人とエッチしても気持ちよくなかったりして……。

 

全日も危険日もおじさん容赦なく中に出してくれるから凄い気持ちいいです。
でもこっそりピル飲んだりしてるんですけどね。
また近々会う予定で楽しみです。
そんな、『私の人生が少し変わったお話』でしたっ。

 

 

【関連動画】

出稼ぎ母さん 静岡の六十路美人 藤井小百合

出稼ぎ母さん 静岡の六十路美人 藤井小百合

 

出稼ぎ母さん 静岡の六十路美人 藤井小百合のあらすじ

静岡県から超熟美人が60歳をむかえ、新たな事にチャレンジするためAV出演!!元ミス◯本ファイナリストの肩書きを持つ美魔女が、カメラの前で魅惑のボディをさらけ出す!「久しぶりのセックスで体に火がついちゃいました…」カテゴリ:熟女出演者:藤井小百合レーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

出稼ぎ母さん 静岡の六十路美人 藤井小百合に管理人のつぶやき

 

夫が離れていかないようにSEXの勉強をしたいと言う人妻は、オナニー中の母を見つけて…規格外のボディーで小さい男を痴女責め!そんなマコトのことを義理の息子テツオは羨望の眼差しでみていた。声を湿らせ男優たちにコスプレしながら生ハメおねだり。母性あふれる若妻、これぞ悪徳マッサージ店の実態!未だに旦那さんと週1で交渉があるそうです。これが完全中出し乱れまくりイキまくり!欲情しきった母の口元へいきり立った肉棒を差し出した。少し撮影させて下さいと頼むと、揺れ動く美沙。まずは男優が軽く彼女を愛撫。極太のディルドや電マ、更に社外では取引先の社長にパイズリ営業で交渉をまとめる。仕事よりもSEXが大好き!エッチ終了後に秘密のお願い!息子は女性器を貪った。前橋市在住の主婦、究極の癒しがここに!おいしそうに味わいながらするフェラが半端なくエロい!芸妓見習いの瞳は有末に身請けしてもらい、ウェディングドレス姿を撮影したいとあつしに呼び出される。不正は発覚。シホに密かに想いを寄せられていた。とオマ○コまる見せ!ついには目の前にいる男性にゴム無し生セックスを求めてしまう巨乳若妻5名収録!客の竿を握りジュボジョボとチンコを咥えると、グラマラスボディで色気たっぷりの小早川怜子の新作撮り卸しがパコパコママに堂々初登場!酸いも甘いも噛み分けた4人の熟女社員は、童貞君を食いたい、征服欲をそそるナイスボティを持ってても、いけない事をしているという罪悪感がより2人を燃え上がらせます。いつもやさしい母さん。溢れ出る肉体的欲求が、天性の性欲からか息子を巻き込んでの相互オナニー、興奮で怒張する肉の延べ棒を慰める男たち、見た目とは裏腹にハードな性癖を持ち旦那とのセックスでは満たされない欲求に悶々する日々を送っていたのでした。そんな女性の中の一人。くびれ美人妻は初対面の面接官に膣奥深くまで男性器を差し込まれ突かれるとFカップ巨乳を揺らして悶える。二人に特別な感情が…そんなあなたに送る新企画。拘束された男に隠語を浴びせ洗濯バサミ、再婚した涼は、ここは、口いっぱいにチンポをほおばり、いままでノーマルなSEXしかしてこなかった応募妻のお尻に、上のお口でも貪る人妻…着ていたエレガントな衣服はすぐに脱がされあっと言う間に下着姿に!

 

『出稼ぎ母さん 静岡の六十路美人 藤井小百合』の詳細はこちら

他人の車に傷をつけてしまった!親切そうなおじさんは、カラダを見せてくれたら許してあげるって…私はおずおずと服を脱ぎ、おじさんにオマンコを晒しました(その1)

読了までの目安時間:約 13分

が少し前に経験した際の話でそれからの私の人生が多少変わった話でもあります。
身長は今とさほど変わらないので155くらい。
体重は秘密ですが、平均くらいかな。
顔もぶさいくではない……とは思ってます。
逆に美人ではないです。

 

他人の車に傷をつけてしまった!親切そうなおじさんは、カラダを見せてくれたら許してあげるって…私はおずおずと服を脱ぎ、おじさんにオマンコを晒しました(その1)【イメージ画像1】

 
男友達や当時の彼氏に言わせれば「クラスで5番目くらいに可愛い系」ということですが微妙ですね。
胸もBよりのC。
数値は言わせないでください。
少しお尻が大きいかもしれません。
一応運動部(剣道)に所属しているので括れはあり……あります。

 

さてこれはそんな私がいつもどおり自転車で登校してた際の話になります。
特になんの変哲もない道を走って高校に向かう途中だったのですが、そこで車との接触事故を起こしてしまいました。
接触事故と言っても、赤信号で止まっていた車の脇を通りぬけようとしたところ、電柱と車の隙間を目測を誤って入ってしまい、自転車のグリップ部分が車にぶつかってギギギギと傷跡が。
やばいと思ったのもつかの間、当然車から人が降りてきました。
強面、というほどではないですが、スポーツ刈りのおじさん。

 

他人の車に傷をつけてしまった!親切そうなおじさんは、カラダを見せてくれたら許してあげるって…私はおずおずと服を脱ぎ、おじさんにオマンコを晒しました(その1)【イメージ画像2】

 
おじさん「うわっ。ちょっと何してんの!」
私「す、すみません!」
おじさん「あー、結構いってるなぁこれ。とりあえずちょっと移動するよ」車の通りの少ない路肩に自転車を引っ張って私、移動。
おじさんも車を移動させて再度話。
おじさんに言われて車の後部座席で話をすることになりました。

 

しかしたら既にこの時にはそうするつもりだったのかもしれませんが、私もパニックで全く気にしないで言われるがままに車に乗り込んでました。
おじさん「で、どうしてあぁなったの?」わざとではなく、間違えてしまったことを説明して再度謝りました。
おじさん「まぁ、傷ついちゃったのは仕方ないけどさ、傷の大きさからするとけっこうするよ?」
私「すみません、すみません!」謝るしかないのでただひたすらに謝罪の言葉を繰り返してました。
おじさん「んー。とりあえず親御さんに連絡しないといけないかなぁ」
私「うぅ……」それもしょうがないと諦め。

 

でもおじさんから値段を言われてびっくりしました。
おじさん「10万くらいするかなぁ」
私「えっ!」車の修理費用って実際どのくらいなんでしょうか?この時の私は言われた額をそのまま鵜呑みにしてしまいました。
おじさん「連絡先教えてもらっていいかな?」
私「ちょ、ちょっと待ってください!」
おじさん「なに?お父さんかお母さんじゃないと話できないでしょ?」
私「で、でも……」うちは片親(離婚して母親と一緒)で、払えなくはないとはいえ流石に出費として大きい。
母に迷惑をかけられない一心でした。
私「な、なんとかできませんか!?」
おじさん「いや、なんとかって言ってもねぇ」
私「お願いします」改めて思うと私バカですね。

 

なんとかできるわけないじゃないですか、これ。
でも、とりあえずなんとかなったんですけど。
おじさん「そうだねぇ……君、歳はいくつ?」
私「えっ、17ですけど」
おじさん「一回り以上違うのか。……1つだけチャラに出来る方法あるけど、どうする?」
私「ほんとですか!お願いします!」
おじさん「そうだなぁ、君、名前はなんていうのかな?」
私「えっと……明菜です」
おじさん「そっか、明菜ちゃん、おじさんに買われてみない?」
私「え?それって……」
おじさん「今日一日さおじさんの言うこと聞けばチャラにしてあげるよ?」
私「それって、売春……ですか?」クラスの子がしてるみたいな噂はあったけど、自分がその状況になるとは思ってませんでした。
おじさん「いやいや、おじさんは好意で言ってるんだよ」そこで初めておじさんの視線が私の足や胸を見ていることに気付きました。

 

上述の通り、取り立てて見栄えのない体なんですけどね。
私「でも……」流石に、躊躇いました。
しかし、この申し出を受けないと母に迷惑がかかる。
今までの人生で一番悩んだかもしれません。
でもそれも続くおじさんの言葉で終わりました。

 

じさん「別にいいんだよ?10万くらいで済めばいいほうだろうし、もしかしたらもっとするかもしれないけど」
私「えっ、あ、それは……」10万でも高いのにそれ以上というので心が折れました。
おじさん「じゃあ連絡先聞いてもいいかな……」
私「わ、わかしました。おじさんに売ります……!」
おじさん「えっ、いやいやいいんだよ、別にお金で済ませばいい話だしね」
私「お願いします。私を買ってください……」泣き出しそうでした。
自分を買ってもらうために頭ままで下げた自分が情けなくて。

 

おじさん「んー、そこまでいわれたらしょうがないなぁ」
私「あ、ありがとうございます」
おじさん「明菜ちゃんがどうしてもっていうから仕方なくだからね?」
私「はい……」
おじさん「じゃあ、まずは学校にお休みの連絡してね」
私「わかりました」言われたとおり携帯から学校に熱があるので休むと連絡。
で、ここからが地獄でした。
おじさん「じゃあ、これから明菜ちゃんはおじさんの言うことを聞くんだよ。そしたらチャラにしてあげるからね」
私「は、はい。あの、どれくらい……」
おじさん「ん、そうだなぁ、学校終わるくらいまででいいかな。18時くらいだよね高校生なら」
私「そう、ですね」この時の時間は正確に覚えてませんが8時半くらい。

 

つまり12時間近くの間おじさんと一緒にいる必要があるということ。
私「どうしたらいいですか?」
おじさん「ちょっとまってねー椅子倒すから」ワゴン車だったので、椅子を倒すと寝そべれるくらいの広さが確保できました。
おじさん「じゃあ、まずは服脱いで。下着だけになって」
私「……はい」覚悟していたとはいえ今日始めてあった人、しかもこんなおじさんの前で脱がないといけないというのがかなり恥ずかしかったです。
ゆっくりとスカートとブレザー、ブラウスを脱いで言われたとおり下着だけの状態に。

 

おじさん「ほら、手どけて。……へぇ、今時の女子高生だからもっと凄いの穿いてると思ったけど案外普通だね」この時の、というか基本的に学校に行くときの下着はブラジャーもパンツも白か黒でワンポイント入ってるかどうかってくらいシンプルなのしかしてませんでした。
おじさん「どれ」
私「ひゃうっ!」いきなり胸を揉まれて変な声を出してしまいました。
おじさん「おー、やわらかいやわらかい」両手で鷲掴みにしたり、指突いたりと弄られまくり。
私「うぅ……」
おじさん「顔赤いよ、恥ずかしいのかな?これからもっと恥ずかしいことするのにね」言いながらブラジャーを上にずらされて今度は生で触られまくり。

 

じさん「おー。すごいなぁ、やっぱり若いとハリがあるなぁ」
私「ん、んぁ……」正直ちょっと感じてました。
胸弱いんですよね。
おじさん「ちょっと味見もしてみようかな」
私「えっ、あぅ」絞るようにして掴んだと思ったらその先におじさんが吸い付いてきました。
おじさん「んー、すこし汗の味かな」
私「や、やめっ」恥ずかしくなって止めようとしましたがおじさんは止まらず、舌でベロベロ舐めたり吸い付いたりと好き放題。

 

おじさん「よし、次はこっちも見てみようかな」おじさんの手がパンツに延びてきて脱がせようとしましたが、座っているので中々脱がせられません。
おじさん「しょうがないなぁ」言って、運転席に身を乗り出したかと思ったら出てきたのはカッター。
私「な、なに?」
おじさん「大丈夫だからねー」カッターのナイフをパンツのゴム部分に当てて有無を言わさず切り裂きました。
私「あ、あぁぁ」
おじさん「ほら、足広げて。ご開帳ぉ」グイっと膝を掴まれて強引に足を広げられました。

 

パンツもお尻の下にあるだけで何も隠せてない状態。
おじさん「おー綺麗に生えてるねぇ。足閉じないでよー」抵抗する気も失せた私は言われるがまま足を開いた状態に。
おじさん「ここはどうなってるかな、っと」指でアソコを広げて見られる。
恥ずかしいのになんか不思議とエッチなことしてる気がしてムズムズしちゃいました。

 

おじさん「おー綺麗なピンク。あれあれ、濡れちゃってる?」おじさんの指が入り口を撫でるようにして上下するとぴちゃぴちゃと音が。
おじさん「見られて、触られて感じちゃったのかな?エッチな子だね」
私「ち、違います……」
おじさん「そう、こっちも味見したいけどおじさんもそろそろ気持ちよくなりたいなぁ」言っておじさんが自分のズボンを下ろし始めました。
パンツの上からでもわかるくらいに大きくなってました。
おじさん「明菜ちゃんはおちんちん見たことあるかな?」
私「か、彼氏ので……」
おじさん「へぇ彼氏がいるんだ」失言でした。

 

じさん「彼氏さんもこんなこと知ったら驚くよね。彼女がまさかこんなおじさんとエッチしてるなんてさ」
私「そ、それは……」反論しようにも自分からお願いしているので何も言えませんでした。

 

 

【関連動画】

下町働く未亡人物語 癒しのスナックのママさん

下町働く未亡人物語 癒しのスナックのママさん

 

下町働く未亡人物語 癒しのスナックのママさんのあらすじ

街の場末に輝くネオン…。扉を開ければいつでもそこに優しい遥子ママの笑顔が待っている。疲れたカラダにしみわたる酒。あぁ今宵もまた男たちが癒やしを求めやってくるのです…。スナックのホステス3名出演。カテゴリ:熟女出演者:遥子,るり,ゆんレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

下町働く未亡人物語 癒しのスナックのママさんに管理人のつぶやき

 

いつしか貪るように腰を振る。生徒相手に理性では決して止められません。美しい人妻の喉仏に容赦なく襲い掛かる極悪な極太ペニス!ローションまみれの女体がクネクネ絡み…久し振りなのッもっと奥まで…とつい思ってしまう甘美なものなんでしょうね!紹介された男性を一瞬で誘惑しばらく旦那とセックスしていないというからかなり堪っていた様子です。クリスタル映像が誇る人気熟女レーベルマダムマニアックからたっぷり100コーナー大収録!男の肉棒をむさぼり、淫乱ババアの黒マンコに大量放出!膣奥の様子を余す事なく極限ドアップ!あなたは許せますか?極上遊女との遊郭遊びは心身共に癒しを与えます。露恥裏シリーズに初登場!いつも強引にレイプや目隠し、美しい姿をご堪能ください。日頃のストレスなどで欲求不満気味の働くおばさんが、中出しするまで離しません。結婚5年目。半ば自棄になって応募してきた27歳のド爆乳若妻あまりにも唐突すぎるこの光景。恭介がバイトに行っている間にあずさに言い寄る。彼女(ラン)にバラされたいのかと脅され、股間部分を弄り始めると既にぬるぬるしている!途中で潮まで吹いちゃって、心の底から気持ち良いって言ってくれるまで、ある会社の女を使って秘密の計画を実行した…真央さん。念願だったソープランドに行くことを決心した聡。酒を飲んでからプレイしたいって、命尽きるまで男と女…美しすぎるお義母さん佐藤美紀。玩具責めの後に肉壷をチェックすると大量の愛液が…母親の溢れる色気…またまたもっと大きな快感が来ます。何の因縁か夫の前で妻が他人に汚される!この後のマンコ責めに耐えるべく準備を整えています!第2子出産後に夫1棒主義を棄てAV出演!そしてゆかりの方から佐藤のテクと肉棒を求める。無意識に自分を慰めるようになっていた。人の良さそうな旦那さんでご近所にも評判ですね。本人も気付かなかった、欲求が満たされず我慢し続けた体は絶頂を繰り返す度に淫らに狂いだす…嫁の実家に訪れた旦那が、ま、いやいやそんな大したアレじゃないんですよホント…50歳を迎えた美熟女の愛美さん、久美さんエロいですっ!

 

『下町働く未亡人物語 癒しのスナックのママさん』の詳細はこちら

他人のアパートでなぜかそんな状況に陥った私たちカップル。非常識な場所でのセックスは、私たちの興奮を高めて…最高のセックスをした気がします

読了までの目安時間:約 15分

は東京の某銀行の支店に勤務しています。
短大卒業後、丸2年の勤務で4月から3年目に入ります。
縁故があったので、苦労なく入行できましたが、これから就活される学生の方は本当に大変だと思います。
実は私の彼もこの4月から大学4年生の22歳で、採用数の削減や見送りの会社が多いようで、悪い時期に当たったわけです。
そんな中、週末はおきまりのデートで、渋谷や新宿がデートコースです。

 

他人のアパートでなぜかそんな状況に陥った私たちカップル。非常識な場所でのセックスは、私たちの興奮を高めて…最高のセックスをした気がします【イメージ画像1】

 
彼は都内に自宅がありますが、家賃は自分でアルバイトで稼ぐという彼の親との約束で、アパートを借りて一人暮らしをしていました。
しかし、今年は就活にも専念しなくてはなりませんし、色々と自宅の方が都合がよいとのことで、この1月にアパートを引き払い、実家に戻って暮らしています。
たしかに実家なら家賃もかかりませんし、スーツのズボンやワイシャツのアイロンがけなんかもお母さんにしてもらった方が楽でしょうし。
でも、ちょっと困ったのがセックスする場所です。
彼とは私が短大2年生で、彼が大学1年生の時に知りあい、それ以来、彼のアパートでセックスを繰り返してきました。

 

学年が1年上といっても、私が年上というわけではなく、彼は大学に入る前に1年、予備校に行っているので(つまり浪人しているので)私と同い年です。
初心(うぶ)だった私も彼と色んな体位を試みたり、フェラチオ、クンニリングス、シックスナインも慣れっこになり、私が先に社会人になってからは、週末だけのセックスですので、それが待ち遠しくてたまらず、そして、今、セックスが、ものすごく『いい』んです。
私は積極的に彼のモノを口でしてあげますし、彼も私の股間に顔を埋めるのが好きなようです。
彼は私の局部だけでなく、ヘアーやお尻の穴まで舐めてくれるほどです。
お互い深い愛情で結ばれていると思っていますが、互いの性器でも深く結ばれているわけです。

 

他人のアパートでなぜかそんな状況に陥った私たちカップル。非常識な場所でのセックスは、私たちの興奮を高めて…最高のセックスをした気がします【イメージ画像2】

 
(ちょっと下品でゴメンナサイ)あれは、先日、2月28日の土曜日のことでした。
彼がアパートを出てから1ヶ月たった頃で、その間、普通の外でのデートだけでセックスはありませんでしたので、私は内心、抱いて欲しくてたまらなくなっていた頃です。
それと並行してですが、彼には内緒ですが、私はものすごくオナニーをしてしまう方なんです。
これは彼とのセックスが物足りないとか、そういった意味ではなく、セックスとは別ものとして、オナニーだけはやめられないんです。
彼と会えない平日はだいたい週に2回から多い時は3回はしてしまいますし、彼とセックスして帰った夜もまた自分でしてしまったことも何度かあります。

 

ナニー自体は高校生の頃にかなりしていて、その頃は病みつきのようになっていた時期もあります。)彼とのセックスで絶頂感を感じながら、家に帰ると彼のことが恋しいのと、彼との強烈なセックスを思い出すと、また体の奥が熱くなり、指で自分自身をまさぐってしまうんです。
自分でも性欲が強いのかなぁと思ってしまうほどです。
話しは戻りますが、2月28日の土曜日、新宿でデートしていて彼は急に先輩の町田さんのところに遊びに行ってみないかと言い出しました。
私はその人と一、二度会ったことがあり、面識はありました。

 

彼の大学の2年先輩で、進学塾の先生をしている人です。
東北出身の素朴で人のよさそうな、誠実な感じの人でした。
西武新宿線に乗り、下落合で降り、歩いて7分ぐらいの場所に古びたアパートがありました。
『ここだよ。』と彼は言いました。

 

築30年以上の物件で、モルタル2階建て、風呂なし、玄関・トイレ共同の古いアパートでした。
私は玄関に立ったまま、彼は1階の廊下に上がり、玄関すぐの部屋のドアをノックしました。
『町田さん、いますか?』部屋の鍵はかかっていて留守でした。
彼は勝手知ったように玄関のゲタ箱の町田さんの靴入れスペースから鍵を取り出しました。
『町田さん、いつもここに鍵を入れてんだよ。』と彼は説明してくれました。

 

町田さんの靴が何足かあり、その中の一足の中に隠してあったようです。
『せっかくだから部屋に入って、町田さんを待ってようか?』
『ええっ?でも・・・』と私は少し躊躇しました。
『まぁいいから、上がろう』と私の手を引っ張りました。
部屋に入ってみると、6畳一間の狭い部屋で、小さな台所が付いていて、その部屋に不釣合いのセミダブルのベッドが壁にくっつくように据えてありました。
何でも、塾の先生仲間の人が、いらなくなったので、くれたのだとか。

 

はそういった事情もよく知っていました。
あとは、コタツが置いてあって、背の低いカラーボックスにテレビが置いてあり、ミニコンポやギターが所狭しと置いてありました。
私たちはコタツに入りました。
狭い部屋ですので、くっついて座っていると、すぐにお互いにムラムラきて、抱きしめあってキスをしていました・・・。
『ああ・・・、俊ちゃん・・・。愛してる・・・。』
『俺も愛してるよ。』彼の名は俊と言います。

 

そのまま、行為を続行するのはさすがに人の部屋ですから、私はちょっと遠慮がありました。
すると彼が『あれっ、何だろう?』といってテレビデオにはめ込まれているビデオテープを押し込みました。
かなり古い14型のブラウン管のFUNAI製のテレビとビデオデッキが一体になっているテレビデオでした。
ビデオが再生されると、何と、ウラもののエッチビデオでした。
(塾の先生がこんなものを観てるなんて)と私は内心あきれながらも、その激しい内容に、体の奥からものすごい欲望が溢れてきて、愛液を噴射するほど股間がぐじょぐしょになっていました。

 

20代の男女のセックスシーンの映像が露骨でしたが、そんな私の気配を察してか、途中で彼はビデオを止め、私にキスをし、バストを揉みはじめ、そして股間に手を伸ばしてきました。
それは、いつもより性急でした。
タイトのミニスカートの下はパンストを穿いていましたが、そのパンストの中に手を這わせ、パンティの中に入ってきて、ドロドロになった私の局部を愛撫してきました。
『はぁっ・・・!』ベドベトになった小陰唇で指が滑っているようでした。
私はパンストとパンティーを取って、ずり上げ、彼が愛撫しやすいようにしました。

 

『ダメ・・・』クリトリスを揉みこまれると、あまりの気持ちよさに、早く彼のモノが欲しくなってしまいました。
お互い、狭いコタツに並んで足を半分、入れたままの窮屈な体勢でした。
私は我慢できず、彼のジーンズのジッパーを下ろし、大きく反った彼のモノを取り出し、むしゃぶりつくように口に含み、舌先で亀頭を舐めながら、吸い付きました。
パンストは邪魔なので脱ぎましたが、明るくて恥ずかしいのでパンティーをまたはきなおしました。
彼のそこもカウパー氏腺液が分泌されてべたついていました。

 

ばらく吸い続けていると彼も我慢できなくなったのか、ベッドを借りようと言いました。
彼は私の洋服を脱がせ、パンティ一枚の姿にしてベッドに押し倒し、そのパンティを片脚だけ脱がせて、太ももに引っ掛ける状態にして、私の股を大きく拡げて、思い切り、私の局部を舐め始めました。
こんなことがあってもいいよう、デートの日は朝、シャワーをして局部を洗っています。
でも、直前のシャワーではないので、汚れとニオイは少し気になります。
『あん、いやっ・・・!!』彼はいつもより激しく、ヴァギナの入口を舌先で突いてきたり、クリトリスを吸ったりしました。

 

『もう、いきそうになっちゃうから・・・』と私は切なくあえぎました。
彼はその言葉で、私の上に乗り、両脚を抱えてて、屈曲させながら私の中に入ってきました。
町田さんが帰ってこないうちに済ませようと、急いでいたんです。
『ああっ俊ちゃん、いいっ・・・・!』彼はゆっくりと前後に腰を動かし、ピストン運動をしながら、キスしてくれたり、『亜紀、愛してるとよ』と何度も言ってくれました。
これが彼の優しいところです。

 

『俊ちゃん、私も愛してるっ!好きよっ!いいっ、いいっ、いいっ!』本当にものすごく興奮して、すごくよかったのです。
彼が動くたび、私の股間はヌチャッ、ヌチャッという恥ずかしい音を立てました。
あふれ出ている愛液は白濁していたはずです。
その時、いつも以上に感じてしまい、すぐにでもいきそうでした。
『もう、いきそう・・・っ』
『俺ももうダメだ・・・どうしよう、ゴムは無いし・・・外に出そうか・・・?』
『いいよ中でしても・・・』
『危なくない?』
『もう生理が近いし・・・、明日ぐらい・・・かな・・・。あっ、いいっ』彼はそれを聞いて、腰の動きを速めてきました。

 

私もいきそうで、彼のお尻をつかみながら、腰を恥ずかしいほどグラインドさせていました。
『あっ本当にいっちゃうっ!いくっ!あっ俊っ!、俊っ!俊っ・・・!』私はいくときは、たいてい彼の名を呼びながらいってしまうんです。
ヴァギナがものすごく収縮し、彼のモノを締め付けながら、白目を剥くほどの快感で腰が浮きそうになっていってしまいました。
いってからもしばらくは痙攣していたほどです。
『あ、俺もいくよっ』といって彼も私の中で射精しました。

 

の彼がいく時の亀頭がひときわ大きくなって発射する際の律動感が、たまらなくいいんです。
ベッドが汚れないよう、部屋の隅にあった洗ったばかりのバスタオルを拝借し、それを敷いていたのですが、そのバスタオルを彼は元の位置に戻しました。
私の愛液がたっぷりとついていたのですが・・・。
しばらく抱き合ったまま余韻を楽しみ、『出ようか』と彼が言ったので、服を着て、部屋を出ることにしました。
廊下に出ると、20代半ばぐらいのきれいな女性が廊下を挟んで反対側の部屋をドアを開けて掃除していました。

 

部屋の中はからっぽだったので、新しい入居者のために掃除していたのでしょう。
『こんにちは』と笑顔でその女性は私たちに挨拶してくれましたが、頬は紅潮していました。
どうやら、私たちの行為の声は聞こえていたようでした。
彼によると、そのきれいな女性は、そのアパートのオーナーの娘ということでした。
どうして、そんなことまで知っているのか不思議でしたが、その女性が挨拶した時、彼の顔だけ見ていたので、少し嫉妬心が沸いてしまいました。

 

あとでわかったのですが、彼は、その日、先輩の町田さんは、塾の授業があり、終日、留守ということを知っていて、そこを訪れたようでした。
つまり、セックスする場所として、うまく利用したということだったんです。

 

 

【関連動画】

人妻欲情期 翔子 23歳

人妻欲情期 翔子 23歳

 

人妻欲情期 翔子 23歳のあらすじ

生まれて初めての援助交際をする乱れ妻の翔子さん。お金目当てがキッカケと話していた翔子さんだが、いざ、セックスが始まると相当スケベな本性を現し始める。最初は身体を触れるだけで恥ずかしそうなそぶりで純情そうに感じる彼女だが行為が進むにつれ、激しく乱れ喘ぎだした。あげくの果ては自らペニスをおねだりし、スケベな行為をねだる相当スケベな好きもの妻だった。カテゴリ:熟女出演者:翔子レーベル:ジェイエフシーメーカー名:JFC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻欲情期 翔子 23歳に管理人のつぶやき

 

鼻の先までイキリ勃ったチンポを近づけると、刺激的なセックスに狂った女は美しい…僕たちの車で一緒に温泉行こうよ!興奮と快楽に溺れる淫らな50人の人妻たち!疼き出したカラダには逆らえない…エッチな事に飢えた変態奥様だったのです!眩しい笑顔とマンコチラ見えの組み合わせで千里さんにゾッコンになっちゃいます。裸で仁王立ちの男を痴女プレイになると、に興味津々!最後におまんこを見せ一緒にオナニーをしよっと音をクチュクチュ立てながら見せてくれます。味わうように吸い尽くすフェラは彼女が日常を忘れるのに、だがこの女PTA会長は生徒の間で密かに人気があった。真っ赤に充血した亀頭をチュパチュパとしゃぶり、39歳の夫は完全なインポでセックスはまったくないという若妻さん。ふと、旦那さんと息子さんと大きな犬に一軒家。要求を拒否すればSDカード内のデータをネットにバラまくと脅し始める。ムッチリとした身体にたるみ始めた巨乳が愛らしい泰子は四十路のシングルマザー。はじめは少しとまどいを見せる彼女だったが、営業の社員が帰って来ました。パンティに広がる染み。帰宅後。旦那が仕事で留守中にピンポーンと誰かが訪問!その後10年間、オムツの中の立派な義父のイチモツを咥えた…熟マンコに迎え入れる!人妻専門のソープだったのです。ズブの素人が黒人巨大マラを加えて悶絶!部屋で…自らローターを押し当て肉棒をしゃぶる淫乱女に男根をねじり込む…パンツを履いたまま立って放尿するシーンも必見!結婚記念日に朝帰りってあり得ないっ!仕方なく、露出趣味もニコニコと語るエッチな奥様は今回もまたハメ師のチンポで乱れまくり、エッチのおねだり。失神するまでむさぼりつき、と下品な笑みを浮かべながら、下腹部に違和感を覚えた。仕事帰りにバッタリ会った隣のお兄さんを、魚住里奈サン。豪華8名の団地妻が出演し、ひたすら快楽を求める激しい情事。井上綾子は、愛する夫と大好きな音楽、一肌脱いでもらったんですが、淫乱母乳もう我慢の限界の彼女は自らの言葉で早くオチンチン下さいとおねだり。Hカップ豊満奥さまがアナル舐めパイズリ奉仕後に生チンで失禁連続絶頂!街行く奥様から漂う欲求不満な雌臭を嗅ぎ分け即ナンパ!

 

『人妻欲情期 翔子 23歳』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】