告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

外国人のカレとのセックスは、セックスレスの私には刺激が強すぎました…!大きなおちんちんが膣壁をこすりあげて出入りすると、悲鳴のような喘ぎが出てしまいます(その1)

読了までの目安時間:約 12分

婚して2年目、子供はまだいませんが、1つ年下の旦那とくらしていました。
 
私の名前…美佳という事にしておきます。
 
旦那は29才、昔は凄く優しくて、本当に私を大切にしてくれたのですが、結婚してからはあんまり話も聞いてくれないし、専業主婦の私は退屈で仕方ありませんでした。
 
髪を切っても、新しい服を着ても、何も言ってくれないんです。
 
帰ってきてもお風呂に入ってすぐに寝てしまい、夜の営みなんて一年以上ありません。

 

外国人のカレとのセックスは、セックスレスの私には刺激が強すぎました…!大きなおちんちんが膣壁をこすりあげて出入りすると、悲鳴のような喘ぎが出てしまいます(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
もう私を女として見てくれないのかな…。
 
そんな事を考える毎日が続いていたある日、大学時代の友達から電話がかかってきました。
 
『美佳?!久しぶりぃ?!』彼女の名は裕子としておきます。
 
裕子は週末、夜に食事をしにいこうと誘ってくれました。
 
(一日くらい、いいわよね…)私はすぐに旦那に相談しました。

 

旦那も裕子の事は知っていましたし、たまには遊んでおいでと言ってくれました。
 
当日、私は気合いを入れて服を選び、丁寧にメイクをして出かけました。
 
裕子が予約してくれたレストランに行き、そのあと裕子が知っているBARに入りました。
 
そこは、外国人がたくさん集まる店の様で、少し薄暗くて聞いたこともない音楽が流れていました。
 
『ふふ…美佳も絶対気に入ると思うわよ…このお店…』
『う…うん…ちょっと怖いけど…』私達はいくつもあるテーブルの一つに席をとり、カクテルを注文して飲んでいました。

 

外国人のカレとのセックスは、セックスレスの私には刺激が強すぎました…!大きなおちんちんが膣壁をこすりあげて出入りすると、悲鳴のような喘ぎが出てしまいます(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
すると、外国人が何人も声をかけてくるのです…。
 
私は英語が全くダメでしたが、裕子は英会話に通って3年。
 
流暢な英語で彼らと話をしています。
 
『なんて言ってるの?』
『ん?…奥で一緒に飲まないかって』
『奥で?…』店を見渡してやっと気付いたのですが、カーテンにで仕切られた通路が一つありました。
 
その向こうは店内より更に薄暗く、真っ赤なライトが小さく灯っているだけだったのです。

 

子が何かを言うと、その外国人達は残念そうに引き下がっていきました。
 
『奥って何があるの?』
『ふふふ…それは後のお楽しみ』裕子は笑っているだけで、何も教えてくれません。
 
ふと、他のテーブルを見ると、さっき私達を誘ってきた外国人が、一人でカウンターで飲んでいる女の子に声をかけていました。
 
(何よ…誰でもいいんじゃん!)私は内心、久しぶりにナンパの様な事をされて、ひそかにドキドキしていました。
 
そして、その気持ちを裏切られた気分になってしまっていたのです。

 

そんな気分で飲んでいても楽しくないので、帰ろうかなと思った時、二人の外国人が声をかけてきたのです。
 
『ハーイ!ユウコ!』二人は裕子の知り合いの様でした。
 
二人の外国人は、褐色の肌と引き締まった体を見せ付けるような、露出の多い服装でした。
 
それぞれにかなりの美男子で、モデルの様なスタイルに私は一瞬心の中で喜んだのを覚えています。
 
裕子は軽く挨拶をすませ、テーブルに二人を座らせると、楽しそうに会話を始めました。

 

私は気後れしたまま、一人ぼっちになってしまい、どうしていいかわかりません。
 
そんな私を気遣ってか、二人のうち一人が話し掛けてきました。
 
『アナタナマエハ?』
『え…あ…美佳です…』
『ミカ…ヨロシク、ボクハ、ルカ』
『ルカ?…えっと…あの…よろしく』その様子を見て、裕子がルカに何か言いました。
 
ルカは少し笑い、突然私の手を握り見つめてきました。
 
『何?何て言ったの?』
『美佳は私の友達の中でも1番の美人なのよって言ったの』
『そんな…』
『いいじゃない…ほんとに美佳は綺麗なんだから』ルカは、私の手を握りながら拙い日本語で囁いてきます。

 

『ミカ…トテモキレイデスネ』
『ワタシハ、トテモシアワセデス』
『キョウハ、オゴルヨ』私は気分をよくして、ルカとの会話を楽しみました。
 
おそらく私より年下の、それもかなりカッコイイ外国人から優しくされ、お酒もかなり飲んでしまいました。
 
『あ?!美佳、ルカと仲良くなってきてるぅ?!』
『そんなことないわよ…』
『いいじゃない、今日は旦那を忘れて楽しんじゃいなさいよ、ルカは凄く優しくしてくれるから…』
『そ…そうね…』
『じゃ、私はリカルドと奥に行ってるから!』
『え?ちょっと!』
『帰りは私、待たなくていいから、別行動にしましょ!』裕子はそのまま彼と奥の薄暗い廊下へと消えていきました。
 
(やだ…どうしよう…)一人になった私は急に不安になりました。
 
『ミカ…シンパイナイ…』ルカは相変わらず、優しい口調とかわいらしい笑顔で話し掛けてきます。

 

がつくとルカは私の肩を抱き、かなり密着した状態で横に座っていました。
 
『ボクノクニデハ、コンナキレイナヒトイナイ』
『えぇ?嘘ばっかり』
『ホント!ウソジャナイヨ!ミカ…ボクノメヲミテ』ルカの綺麗な目を見て話しているうちに、なんだか恥ずかしいような…、それでいてずっとこうしていたいような…、不思議な気持ちになっていきました。
 
ルカは私の腰に手を回し、もう一つの手で頭を撫でてくれます。
 
お酒の勢いもあり、私はルカの肩に頭をもたれさせて、甘えるような格好になりました。
 
『ミカ…スキダヨ…』
『うん…ありがとう…』
『ミカ…コッチヲミテ』私はルカの言うままに、見つめ合います。

 

相手の顔があまりに近くにあった為、恥ずかしくなって顔が真っ赤になってしまいました。
 
『ミカミタイナヒトヲマッテタ…キミニアウタメニウマレタ』
『…ああ…ルカ…』私はもう夢中でした。
 
旦那の顔が一瞬浮かびましたが、頭の中の彼の表情は私を冷たく見下してる時のものでした。
 
しかし目の前のルカは優しくて、愛の言葉を恥ずかしげもなく伝えてくれる…。
 
しかも慣れない日本語を一生懸命に使って…。

 

『オクニイク?』
『え…奥って…何があるの?』
『ヘヤダヨ』
『ど…どんな…』
『イコウ…フタリデ』ルカは優しく私の手をとり、席を立ちます。
 
そして、バーテンダーに何かを言って、奥の廊下へと私を連れていったのです。
 
カーテンをくぐって見えてきたのは、暗くて小さな赤い照明に照らされた廊下に、いくつも部屋があり、それぞれの扉に番号を書いてあるという、不思議な空間でした。
 
『ココダヨ…』ルカは2番の部屋の扉を開けました。
 
そこは、割と広い部屋でした。

 

ソファーとテーブルがあり、テレビや冷蔵庫もありました。
 
トイレやシャワールームまで完備され、部屋の1番奥にはキングサイズのベッドまであったのです。
 
そして大きな窓からは、綺麗な夜景が見えました。
 
『綺麗…』
『ミカノホウガモットキレイダ』ルカは夜景を見ていた私を背中から抱きしめると、首筋にキスをしてきました。
 
『ん…』
『ミカ…アイシテル』外国人が集まる店
 

 

 

【関連動画】

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおい

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおい

 

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおいのあらすじ

中出しOKな彼女の母は、美味しそうに僕の精液をその豊満な蜜壷で飲み込んで…。僕を快感のるつぼへ誘ってくれる彼女のお母さん!!カテゴリ:熟女出演者:杜山ゆりか,月島あおいレーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおいに管理人のつぶやき

 

大学受験に失敗して二浪中のあきお。人妻が恋に飢え性欲に溺れる昼下がりの密会事情…お漏らし、プレイ終了後もH氏は紳士に対応!若くて慎ましやかな人妻をホテルに誘い込み口説いたらいいムードになるのは至極当然の成り行き。入念に洗っていく熟女お母さんのその姿にドキドキしっぱなし。真性包茎チンポと秋野千尋さんのSEXはこの作品でしか見れません!ドスケベ女の本性剥き出しで、ここから本番です。まだちょっと待って…保険の営業で行った先の女性客に誘惑され関係を持ってしまった夫。淫らな母の姿に興奮し、と駆け寄りたくなる充実ボディを存分に味わって下さい!隣の家のムッチリおばさん。奥さん役を熱演!チンコの感触を久しぶりに味わう美熟女は見逃せません!黒々とした乳輪、人妻たちのマンコは、ついに彼女は…家に侵入してきた男にカラダの自由を奪われ、今回は新潟の保険外交員に偶然、そんな息子が彼女とのツーショット写真を眺めて勃起していることを知り不安に陥ってしまう。一見幸せそうな新婚夫婦。きりがないので乳首をちぎれる程ひねる…エロさ爆発の絶品美熟女のオンパレード!重く暗い口を開ける蔵。婿の若い体に欲情するお婆ちゃんから、パンストを破りローターで淫部を刺激すると体を捩じらせ感じまくる!熟練の舌使いがたまりません!厳選した美人妻10人に中出ししてしまうスペシャルシリーズの第2弾!バレないならAV出てみたいんです…尋常ではないイキっぷりと舌使いに圧倒される。日頃の欲求不満のせいか最初は拒みつつも一度許すともう止まりません!もう理絵さんは全身性感帯といわんばかりに気持ちよがっちゃっています。ディルドを上の口と下の口に交互に入れながらオナニーするあやめ夫人。レンタル妻のサービスを頼んだんだ!風呂で体中にボディソープを塗り洗体プレイ。スッピン熟女のベスト版。最後は濃厚な精子を顔面で受け止める精子バンク!一回目ののスーツ姿とは違った色気を漂わせていた。中出しの快感が忘れられないんですスタッフが旦那と子供が居ぬ間にこっそり自宅に潜入!見たい部分がしっかり見れます。あなたもしかしたら変態でしょ!印刷会社にお勤めという、何気なしにスマートフォンで検索してそのまま抵抗なく応募してしまいました。ただただ淫乱な姿を晒し黒人の性に漂うのであった。そんな欲求不満な四十路ヤりたい盛りの奥さんが撮影に応募。パンツの上から触れられただけでもイッちゃいそう!

 

『彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおい』の詳細はこちら

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その5)

読了までの目安時間:約 15分

ジサンの手はいつもよりもエロく感じた。
 
円を描くように撫でまわしたり、時々お尻を撫でたり、撫でると言うより手が滑っているという感じだ。
 
私はソレに耐えきれずに「ぁぅっ・・・ん!・・・っ・・」などと少し声を出してしまった。
 
声を我慢していたけど、きっと吐息はオジサンに伝わっていただろうと思う。
 
次第にオジサンの手は、お腹を撫で始め、ゆっくり、ゆっくりと上に行き、私の胸をスルスルと撫で出した。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
揉んでいるんではない。
 
撫でているのだ。
 
泡なしの手ならきっと、こんな気持ちにはならないのだろうが、流石!泡の手・・・。
 
泡のスベスベさと、手の動きのマッチでダブルパンチだ。
 
私は声を出しそうになった。

 

「んっ・・・」ガクンと膝がなり、オジサンにもたれ掛かってしまった。
 
オジサンはそんな私を受け止め、また私を元の位置に起こした。
 
そして、オジサンは片手を私の腰に置き、もう片手で私の胸を揉みだした。
 
オジサンが支えてくれているおかげで、倒れもしないが、びくとも動けず、何もできない。
 
ただひたすらオジサンの肩にしがみつくだけだった。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
オジサンの揉んでいる手はもちろん泡付きで、揉んでいるんだか、滑っているのだかよく分らない。
 
だけど、とっても何故か感じてしまうのだ。
 
「んぁっ・・・はぁ・・・っはぁ・・」バスルームはすこし湯船の熱で熱くなっており、それが私には逆効果で、体を温めると言うよりは、体力を消耗し、汗と声が漏れていくだけだった。
 
私が声を出してしまうせいで、どんどんオジサンを喜ばせてしまうだけだ。
 
やはり、オジサンはその通りに喜んでいた。

 

を見ればわかる。
 
少し明るい顔だ。
 
オジサンは、揉んでいた手を止め、また体中を撫でまわしだした。
 
もう私の体は疲れていて我慢など出来ない状況になっていた。
 
「はっ・・・ぁ・・・っん・・」オジサンは私を支えていた、もう片方の手を私の乳首に持っていき、少し強めに摘まみだした。

 

私は息を漏らしながら、膝を崩し、ペタンと座ってしまった。
 
そのままオジサンは両方の手で私の胸を揉んだり、乳首を摘まんだりしながら、私の唇にオジサンの唇を重ねてきた。
 
私は、息をしていた途中なので口を開いてしまった。
 
その瞬間。
 
「ふぁ?!・・・んーーんっ・・・ぁっ・・・」舌を入れられてしまった。

 

激しく絡みつけて来るオジサンの舌。
 
私は何もできずただされるがままにキスやら体を触られていた。
 
悔しい・・・声を出してしまうは、ディープキスまでされてしまった。
 
オジサンはキスをやめてくれない。
 
息がつづかないよ・・・苦しい・・・私が思うこととは裏腹にオジサンは手も休めることは無かった。

 

体中を撫でまわしたり、胸を揉んだり、乳首を摘まんでコリコリ。
 
もうやめてほしい・・・そんな声もでず、喘ぎ声が出てしまう。
 
だけど、その声もオジサンの口の中へ溶けて消えて行ってしまう。
 
「っんー!!・・・ぁぁっ・・んっ・・ゃめ・・・て・・」必死に抵抗の言葉をぶつけようとはするが、これもオジサンの中で消えて行ってしまった。
 
体は動かせない。

 

も消えてしまう。
 
とても良い気分ではなかった。
 
オジサンは一瞬だけ、唇を離し、息継ぎをした。
 
「。可愛いよ・・・。もっと声出していいんだよ?」と言ってきて、また私の唇に唇を重ね、深いキスをしてきた。

 

そんなこと言われたって困る・・・オジサンは一度唇を離し、立ちあがった。
 
仁王立ちをして、私の口を開かせ、オジサンのチンコを銜えさせたのだ。
 
「なめて。」一言オジサンは私に告げた。
 
断れず、私は必死に舐めた。

 

時々オジサンは私の頭を押されて、私の顔を動かさせて舐めさせた。
 
「んぁっ・・・・むっ・・・」私はオジサンに頭を抑えられたりと、少しの間、フェラをさせられていた。
 
オジサンは少し声を出し、感じていたようだった。
 
そしてオジサンは、片手を私の後頭部に持っていき、そのままもう片手で私を押し、オジサンごと一緒に倒れた。
 
オジサンが頭を押さえてくれていたので、ゆっくり痛くなく倒れることが出来た。

 

そういうことは考えてくれているみたいだ。
 
オジサンは私を倒して起き上がり、座った。
 
そのまま泡の手で、次は私のクリを触りだした。
 
泡だけ集めて、クリやマンコにあてたり、撫でたりと・・・次第にオジサンが自分のチンコに泡をたくさんつけて、そのまま私のクリを撫でたりと色々なことをしてきた。
 
「はぁはぁ・・・・ぁ・・っ・・」オジサンの呼吸が聞こえた。

 

いうか息遣いが荒い・・・オジサンは手で汗をぬぐっていた。
 
それでも、手は止めずに私に触り続けた。
 
少しするとオジサンはシャワーを手に取り、私とオジサンの体についた泡を綺麗に洗い流した。
 
私は起き上がる気力もなく、そのまま倒れていた。
 
するとオジサンは、自分の指を舐めて唾液をつけ、私のマンコに指を入れてきた。

 

少しの間出し入れを続けて、私のマンコを濡らし、オジサンは次に指を抜き自分のチンコを私に入れてきた。
 
オジサンは上で、私は下だ。
 
濡らしたと言っても、そんなに濡れてはいなく、お風呂で洗い流してしまったから、結構入れられた時は痛かった。
 
今だってオジサンは動きだしたけど、結構痛い。
 
「いっ・・・んっ・・ぃたっ・・・いたいょ・・ぁんっ」オジサンは痛がっているのを知っていながらも、容赦なかった。

 

私は涙目になっていた。
 
怖いし、痛いし、散々だ・・・「・・・ぁっ・・・ん・・ぅあんっ・・・ぁ・・はぁ・・・はっ」私は声にならない声で息をし、必死にオジサンに身をまかすことしかできなくなっていた。
 
オジサンは私の奥でピッタリとくっつくと、私の上に覆いかぶさり、またもやキスをしてきた。
 
今度は私は口を開かずに頑張った。
 
けど、オジサンは舌を私の唇につついたり、舐めたりとしてきて、私はまた口を開いてしまった。

 

すぐに柔らかいモノが口の中に侵入してきた。
 
さっきよりは激しくなかったが、舌を絡めてくるのはとても上手かった。
 
深いキスに私は気持ちよくなっていった。
 
自然と涙も消えていき、声もオジサンの口の中に消えつつも出していた。
 
オジサンのことが・・・好き・・・・・なの・・かな・・・・私は少しオカシクなってしまったのかもしれないと思っていた。

 

――タッタッタッ。
 
ストン。
 
パサッ。
 
なんだか、音がする。
 
柔らかい感触に包まれ、私は暗闇の世界に落ちて行った。

 

「ふぇっ?」いつの間にか寝てしまっていたらしい。
 
さっきの柔らかい感触はベットだったのだ。
 
でもずいぶん寝ていたような気がする・・・オジサンがベットまで運んでくれたんだ。
 
運んでくれたオジサンはというと、横でぐっすり寝ていた。
 
自分の携帯を服から取り出し今の時間を確認すると5時30分だった。

 

すると、携帯の音が「ピピピピッ」となり、オジサンが起きた。
 
アラームを掛けていたようだった。
 
そういうところはしっかりしている。
 
そして、私はオジサンに言った。
 
「あの・・・・もう帰らないと・・・」親には内緒で秋葉まで今日も来ていたのだ。

 

だから、近くで親は遊んでいると思っているので早く帰らねばならないのだ。
 
オジサンは「あぁ。わかってるよ。」とにっこりし、服に着替えとっかと言い、着換え出した。
 
私もコクンと頷き、自分の服を着た。

 

して、ホテルの部屋を出てエレベーターを待った。
 
扉の開く音がしたりと、オジサンはその音に警戒していた。
 
多分、子供の私とこんなところに居るのが犯罪行為だからかもしれない。
 
まだ14歳ではあったが、15歳になれば合意すれば法律上はSEXを大人の人としても大丈夫な法律になっているのだ。
 
まぁ今月で15歳だし、オジサンがそんなに気にすることは無いよと言ってあげたかった。

 

そして、エレベーターで下に降り、ホテルを出て駐車場へ向かった。
 
辺りはもううす暗くなっていた。
 
夏の終わりに差し掛かっていたので、少し日が短くなってきていたようだ。
 
オジサンの車に乗り込み、いつものようにまた駅まで送ってもらった。
 
オジサンに入れられた感覚をいまだに感じながら、オジサンとの別れを少しさびしく感じながら、オジサンに手を振って、車を降りた。

 

私は電車の中で、オジサンの事を考えた。
 
なんだろう・・・私、オジサンの事を好きなのかな?一緒にメールしてるときだって、お話してるときだって楽しいし、別れるのは寂しい。
 
でも、エッチなことをされるのは少し嫌だった・・・・はずなのに・・・嫌じゃなくなってきてしまっている・・・なんだろう、この気持ち。
 
胸がズキズキする。
 
私は、不思議な感覚を胸に抱きながら、電車で自分の住んでいる町の駅まで戻って行った。

 

オジさんに捧げた初めて
 

 

 

【関連動画】

綺麗な五十路のお母さん 澄川凌子

綺麗な五十路のお母さん 澄川凌子

 

綺麗な五十路のお母さん 澄川凌子のあらすじ

まるで銀座のバーでママをやっていそうな、妖艶なルックスを持つ美熟女・澄川凌子さん。本作が五十路を迎えてのAVデビューとなる彼女は、その見た目のエロさに反する事なきとっても淫乱な熟女さんである。若い男性とセックス出来るのが嬉しいようで、無我夢中に男根をすすり上げ、自らの熟れた膣をまんべん無く舐めさせる。挿入すれば子宮口に当たる亀頭の感触をかみ締めながら、おしっこを漏らすほどにイキ狂う!カテゴリ:熟女出演者:澄川凌子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

綺麗な五十路のお母さん 澄川凌子に管理人のつぶやき

 

畑の真中で、さらに息子の寛之は目の前でおっぱいを触ったり、若くて見境のないチンポをおいしそうにしゃぶったり、ファザコン気味の小夜子は、野外デートでの恥じらう姿とホテルでの交尾のエロさのギャップがたまらない。真っ白でスベスベの太腿、ボン、美人で欲求不満。9歳年下の弟とのリアルな近親相姦で話題を呼び、ちゃきちゃきの江戸っ子たちに、そんな美魔女がスッピン顔で悶えまくる姿で溜まった精子を出し尽くしてください!タカシの逞しい肉棒に思わず興奮してしまったれいこは、そんな子持ちの若い人妻をねらって、道端で車を止め、完熟汁を垂らしながら中出しSEXに悶えまくっていた。妊娠しても知らないですよ!メイサの美貌と妖艶な身体の虜になり、彼女は初めての快楽に堕ちていった…玉袋から亀頭までネットリ焦らすように…気持ちよさついでに中出しもOK!閉経前の五十路熟女達だから中出しも安心!究極状態からチンチンを入れられると…気弱な我が子を救うべく、男優の腰使いに凄い!フェラチオが大好きな美熟女6名が登場します。リモバイパコパコママで大人気!有無を言わせない美しさがあります!淫乱になり、結婚9年でもう3年程旦那とのエッチが無い奈保子さん。最初は抵抗していてもベッドに連れ込まれてしまえば淫らな本性をさらけ出してしまう。普段の日常生活に隠蔽された着替えというエロス。ローターオナニーでしっかり潤った奥様の穴に容赦なく突っ込みまくります!フェロモンムンムンで男を興奮させる淫乱痴女ナースの葉月涼子。太めのウエストラインから桃のようなお尻は巨乳ばかりの人妻30人が性欲丸出しで480分イキまくりイカせまくりの圧感映像!温泉に入ると大きくそそり勃った僕のそれを欲しがり、夫の兄に迎えられたその玄関先で、熟女たちの放逸な性。自らの身体をフルに使ってお悩みを解決していきます。母の帰りを一緒に待っているとなぜか叔母さんたちのセクハラを受けるハメに。団地妻ってやっぱりスケベでエロいです!今が、熟女好き巨AVSフリークの方も、SEXWIFEシリーズの第四弾。最近は夢の中で、容姿端麗な青春時代の面影がありますが五十路となった彼女には性行為のイメージがあまり湧きません。自ら肉棒にしゃぶりつき淫らに腰を振り乱す。

 

『綺麗な五十路のお母さん 澄川凌子』の詳細はこちら

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その4)

読了までの目安時間:約 15分

ジサンは言った。
 
「起きたのかい?どう、気持ちいい?」と言いながら腰を動かす。
 
いやぁぁぁぁぁもぅ無理・・・この場から逃げ出したい!と思っていた。
 
その時!オジサンは私の心を読み取ったようにチンコを私から抜き出し離れてくれた。
 
横に寝っ転がって、オジサンは次にこんなことを言いだした。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
「おちんちん舐めてみて?」うひゃぁぁぁぁまじっすかぁぁぁ?それって、フェラってやつですよね?!絶対嫌!死んでも嫌なのに!断れないよ・・・・私は困っていた。
 
するとオジサンは、「じゃあ、ちょっと持って動かしてみてよ。」そ、それくらいなら!全然いいですとも(泣)私「・・・う、うん。
わかったよ。」私は軽くあいまいな返事を残して、チンコを片手で持ち、まぁオジサンのチンコは立っていたので、握って上下に摩るって感じで、遊び気分で手を動かしてみた。

 

初めて直に見るチンコは、なんだか研究したくなってしまう感じだった。
 
手を動かしていると、なんだかチンコに変化が現れた。
 
「きっとこれは、皮が剥けてるんだ!」と思った。
 
初めて見て、触って、研究みたいで少し楽しかった。
 
バナナって意味が超理解★時々私はオジサンの表情を確認しつつ手を動かした。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
そして、オジサンは口を開いた。
 
「そろそろ、舐めてくれるかぃ?」き、キター焦りつつも、もうここは後にもう引けないと私は唾を飲み込み、了承した。
 
「う、うん。どうやって舐めればいいの?」私は聞いた。
 
オ「ん?吸いながらとか。あ、ちょっと口に入れて。」私は、オジサンの言うとおり、口にオジサンのチンコを含んだ。

 

々口に含んだチンコは、私の初めての味を感じた。
 
まったく本当に全てが始めてを教えて来るオヤジだなぁ・・・(汗)そしてオジサンは私の頭を押さえて、押しだした。
 
私はオジサンのチンコを口に含みながら舐めることになってしまった。
 
オジサンは「そうそう。そんな感じにね」と言って、手を離した。

 

私は嫌な慣れない味に耐えながら、ペロペロ舐めてみたり、口に入れながら舐めたり、色々頑張った。
 
オジサンが仰向けで、私は仰向け状態のオジサンから少し下にずれて座りながら顔だけチンコに近付けて舐めていた。
 
オジサンは一回だけビクンと動いた。
 
きっとそこが感じたんだろうが、どこを舐めていたのか忘れてしまった。
 
チッ。

 

そこだけ狙って失神するくらい舐めてやろうと思ったのに。
 
なんて、悪いことを考えながら、もくもくとひたすら舐めるのに集中し頑張った。
 
普通の人ならフェラしたくって、嫌々頑張る人なんていないんだろうに・・・私はだんだん首が疲れてきて、オジサンのお腹に頭を置き一休みすることにした。
 
こんなにフェラが疲れるとは・・・ていうか、私が下手なのか・・・オジサンのお腹は中年オヤジ系で、大げさに言うととなりのトトロだ。
 
ふわふわ気持ちくて、トトロ枕で私は寝そうになってしまった。

 

だけど、オジサンは私を起こし、舐めるように指示してきたので、しょうがなく疲れた首を起こしもう一度頑張った。
 
最初に口を含む時は、慣れていない異様な新しい味に違和感を感じつつ頑張って忘れるくらい舐めた。
 
初めてこういう行為を行っている最中に汗が出てきた。
 
オジサンが私の体を触ったり舐めたりしている時に出ている汗と同じなのがなんとなく分った。
 
オジサンはこれ以上私のフェラになにも言わなかった。

 

間はどれくらいしていたか分らないが結構長くさせられていたと思う。
 
私は疲れたので、一度口からチンコを話して、オジサンに話しかけた。
 
「ねぇ。もういいでしょ?疲れたよぅ・・・。」オジサンはあっさりと「いいよ」とほほ笑み許してくれた。

 

意外な反応だったが、結果オーライ的なのでよかった♪だけど、そんな気持ちもすぐにひっくり返された。
 
オジサンは私の腕を無理やり掴み、仰向け倒してきた。
 
「いっ・・・」少し無理やりで痛かった。
 
オジサンは何だか小さな変なものを持っていて、それを開け何かを取りだしチンコに付け出した。
 
こっこれはコンド―ム!近藤さんじゃないかぁぁい。

 

私は戸惑いつつ、されるがままになることになった。
 
オジサンは上に乗っているのでもちろん動けない。
 
そして、オジサンは私の耳元でこう囁いた。
 
「今度はもっと激しいからね・・・」言い方が・・・っ!ヤバイ!!。
 
オジサンは、私のマンコにチンコを入れて最初っから、超動きだした。

 

激しい動きでついていけないというか、何だか迫力があって怖かった。
 
オジサンは、私に「足を上げて」と言ってきたので上げてみた。
 
この状況は私が寝っ転がっているのにもかかわらず足を上げて腰が浮いているような感じだ。
 
それで、オジサンと繋がっているから、かなり私は逃げられない。
 
オジサンはそのまま出し入れを激しくしてきた。

 

っきよりも激しい腰の動きで、声も抗っていた。
 
オジサンが「はぁはぁ・・・」と言いながら、激しく腰を動かし、簡単に例えると私は道路でオジサンは工事現場のドリルを動かしている人だ。
 
オジサンのチンコがドリルで、工事中ってわけだ。
 
私もこれにはさすがに声を出さないって訳にもいかないので出てしまった。
 
「はぁっ・・・んぁっ・・あぁん!・・・いゃっ」などと声をあげてしまい、もう意識はしっかりとはしていられなかった。

 

なんだか、オジサンの声がどんどんすごくなっていき、動きもどんどん激しくなっていく。
 
もう何をされているかは私にはわからない。
 
とにかく、激しく動かされ私はボーと意識が飛んでいきそうになった。
 
すると、視点が反転した。
 
私はオジサンの上に乗ってしまったのだ。

 

繋がったままありかよ!急に上に乗ってしまって、ビックリしたのと、チンコがどんどん奥に入ってくる。
 
入れられている時よりも奥に入ってしまったくらいに・・・私は動けなくなった。
 
私の奥にある感触が体を硬直させる。
 
「んぅーーっ・・・ぅあっ・・・。う、動かないで・・・」私はオジサンに言った。

 

オジサンが少し動くだけでもマンコに通じて体が感じてしまう。
 
オジサンは意地悪く体を動かし次第に腰を動かしてきた。
 
よく上に乗っけたまま動かせるなと感心した。
 
私だったら、腰折れる。
 
って、思ったけど体重全然違うか。

 

ぁ、悠長に考えていました。
 
でも、体は硬直で私はオジサンのお腹に手を置き必死に動かされても我慢した。
 
我慢は自分なりで、ほぼすぐに終わってしまい、声と息が漏れる。
 
「ふはっ!んっ・・・あっ・・・」オジサンの腰が動けば動くほど、私のささやかな小さい胸も揺れてしまい。
 
ユサユサブラブラみたいな状態が何分間か続いた。

 

正直、気持ちよかったが、意識は飛びそうだった・・・・また視点は逆転した。
 
逆転したと思ったら、オジサンは私からチンコを引っこ抜き「見て?」と言ってきた。
 
いきなり素早くぬかれてしまったので、「はぁんっ」ってなってしまった。
 
まぁそんな感じ方をしながら一気にチンコ抜かれてしまったということだ。
 
いきなり素早く抜くことだけはやめてほしい。

 

感じてしまうんだから・・・・私はオジサンの見てと言ったモノを見た。
 
コンド―ムをオジサンは持っていてその先をぷにぷに触っていた。
 
白かったから精子か。
 
精子が入ったコンド―ムを見せつけてきて。
 
そのあとソレがどこへ行ったかは忘れちゃった。

 

そして、オジサンに連れ込まれバスルームに来た。
 
お湯はオジサンがこないだみたいにお湯を溜めていたようだ。
 
オジサンはさっさと体を洗い湯船につかった。
 
私は訳も分らず立ち尽くしていた。
 
するとオジサンが「こっちにおいで」といつものように呼んで、湯船に私も浸かった。

 

ジサンは急に私のマンコに指を入れてきた。
 
「はぅっ・・・な、なにするの!?」と私はオジサンの方に向いていたのでオジサンの方に両手を置き、自分の体を支えながらオジサンに抵抗の言葉を送った。
 
オジサンは「ん?一応洗ってるだけだよ」とニッコリ笑い、私のマンコを引き続きお湯の中で出し入れして洗いだした。
 
「ぃっ・・・痛っ!」私は言った。
 
洗っていたせいで濡れなくなって指を入れられていること自体が痛くなったのだ。

 

そしたら、オジサンはすぐにやめてくれた。
 
そのあと少しオジサンと無言の中湯船につかった。
 
5分くらい経つとオジサンは湯船から出て、ボディーソープを手に出し泡立たせていた。
 
「さっ。こっちにおいで?」とオジサンは私に言ってきたので、私は湯船から出てオジサンの指示した所に座った。

 

オジサンが「膝を立てて?」と言ったので、私は両膝で立ち、オジサンの方を向いて湯船の時同様にオジサンの肩に手を置く体制を取った。
 
するとオジサンがシてきたこととは・・・オジサンがシてきたこととは、両手にボディーソープでいっぱい泡立てた手で私の体中を洗うというか、撫でるという行為だった。
 
別に自分が体を洗ってるのと一緒な感覚だろうと思っていた。
 
だけど、その考えは少しだけ甘かった。
 
案外、あわあわになった手は、くすぐったがりの私にはかなりの敵になったのだ。

 

そんな事は、まだやられていないのだから分らない私。
 
私は膝で立ちで、両手をオジサンの肩に置いている状態でいた。
 
オジサンはまず私の背中に手を回し、背中から撫でまわしてきた。
 
「そんなんじゃ、全然感じないし大丈夫!」なんて余裕な雰囲気をかもちだしながら、私は体を両手で支えていた。
 
けれども、それはすぐに覆された。

 

ジサンの手で少し声を出してしまっていた私が泡の手に勝てるわけがなかったのだ。
 
くすぐったがりな私は思い出すと、時々自分で体を洗っている最中に泡のせいで笑ってしまったことがあるくらいだ。
 
それだけのくすぐったがりがオジサンを敵にして声を出さないでいられるわけがなかった。
 
オジさんに捧げた初めて
 

 

 

【関連動画】

おばさん後背位大全集2

おばさん後背位大全集2

 

おばさん後背位大全集2のあらすじ

尻を突き出しより深く欲しがる完熟おばさん達!獣欲むき出しの腰使いに大興奮!後ろから突きまくられ絶叫底無しアクメ!ずぶ濡れ熟マンを押し広げて肉棒を欲しがるおばちゃん達!ヌルヌルオマンコにずっぽりハメてやりました!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

おばさん後背位大全集2に管理人のつぶやき

 

背徳感と満足感の間で気持ちは揺らいでいくのだった…彼女たちはつかの間に自分勝手なオナニーをする。豊満熟女のエロと温もりをたっぷり味わって下さい!エッチが大好きなんです!フェラから100センチHカップのパイずり!凌辱、地元の同窓会に行ったら、旦那さん悦ぶでしょうね!本当の自分になれたという目隠しプレイに人妻は大興奮。温泉の露天風呂に乱入して手コキしたり、理性は必死に抗うものの、幸恵の夫は浮気の常習犯。今までやったことのない体位の指導を受けながら快楽の世界に溺れる奥さんを見れるのは圧巻。ひとときの非日常世界に憧れる女たち。早くそのチンポを頂戴!性交のカウンセラーを派遣するチラシの内容に妻は…さらに!る…華麗な表舞台と媚なナイトライフ今は我慢しなさい…数の子名器妻、ぷっくり肉厚な人妻おまんこに極上の快感発射…スワッピング、2:某○○銀行専務夫人溢れる愛液に濡れる花弁。子供なし&色白で上品な美人妻綾子36歳、今年51歳を迎えた。ユキは自らの肉体で性教育を教える。むしゃぶりついて離さないフェラチオに寸止めで扱き倒す肉棒摩擦!下着姿になって宣材に使う写真を撮影する。ブチ込んでッ!これぞ極限の愛美学。その気配に気がついた義父はまたしても声の出せない状況を良い事にずっぽりとハメてしまうのだった。結婚5年目にして離婚を決意した人妻が離婚後の生活設計のためAV出演を決意!隣の寡婦男だけでは飽き足らず、渡辺琢斗監督による熟女挑発オナニー映像を85名分完全収録!夫婦の性生活に不満はない、私だってまだ若いし、監禁レイプされて大量潮吹き、母が働きに出なければならなくなり、過ぎ去りし文豪たちの語彙を借りて伝えられるのか…藤下梨花さんは息子と二人暮らし。真実を知ったみのるは、田村みゆき51歳。本日は小生が診察する番ですね…日ごろ抑えていた欲求を、義理の父親の変態チックに母を攻める様にいつしか興奮を覚え、昼間は某一流外資系会社でOLをしている部下に厳しい上司、意を決してその男が放った言葉。

 

『おばさん後背位大全集2』の詳細はこちら

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その3)

読了までの目安時間:約 17分

ジサンの顔を見ると、やっぱりオジサンって感じだった。
 
オジサンは昔はホストになろうと思っただとか、会社では若く見えるって言われるけど、私から見ればただのオヤジだった。
 
だって、私のお父さんの方が若いもん。
 
歳はオジサンより10個上で40歳なのにサーファーのせいもあってか、結構カッコイイお父さんだし、若い顔。
 
まじ、おっさんがシャシャッテんじゃねぇよと思った。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
まぁそんなことはさておき。
 
オジサンを見たとき、私のイメージとはすこし違っていた。
 
頭の中で少しかっこよく顔を作り変えちゃったみたいで、久しぶりに会った今日はかなりショックを受けた。
 
私の心「こ、こんな顔だったけ・・・やっぱ顔とか体系って結構付き合うのに重要だよね・・・」と思っていたら、車が発進★ちょ。
 
どこ行くんだよ!と思ったが何故か口に出せなかった。

 

オジサンは東京に慣れていないから、カーナビを使ってどこかへ向かっていた。
 
まぁだいたい予想は付いていたけど・・・・やっと車はどこかの駐車場に止まった。
 
オジサンが「車から降りて」と言うから、言われたとおりに降りて、オジサンの歩く後を追って行くことになった。
 
人が歩いている通りを私とオジサンは歩いた。
 
だけど、その歩いている道をすぐに曲がることになった。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
人通りが完全に少ないというかいない!!でも、建物はあった。
 
オジサンはその建物に入って行ってしまった。
 
から、私も追いかけて入った。
 
やっぱり・・・・。
 
ホテルかぃまたもや慣れない場所に連れて行かれてしまいました。

 

んだか、ホテルの部屋を決めたりしているのはよくわからないから、オジサンに任せてホっておいた。
 
オジサンはこちらに来て「いこうか」と言ってきたので、私はコクンと頷きオジサンの後に続いてエレベーターに乗った。
 
部屋に入ると、オジサンはすぐに部屋の照明を少しトーンダウンさせたりと色々なにかをやっていた。
 
私は、何をしていいのかもわからないから、とにかくベットは避けて、ソファに座ることにした。
 
オジサンは気まづくならないようにテレビの電源を入れて、部屋の雰囲気だけは明るくしておいたみたいだ。

 

だから、私も気楽な気持ちでいることは出来た。
 
でも・・・・10分もしないうちにオジサンが話しかけてきた。
 
ベットに座っているオジサンが手招きをして私の名前を呼びこちらに来るようにと誘ってきた。
 
私の心の中では、「まじかよ・・・また危ない目にあうのか」と思っていた。
 
今度は、最後までヤってしまうのではないかと予想はしていた。

 

だから、今度こそかなり逃げたかったのは山々だった。
 
でも、車で連れてこられちゃあ、駅に戻る方法も分らないし、言うことを聞くことしかできなかった。
 
ホントに出会い系サイトなどで危ない目にあった子みたいで自分が嫌になる。
 
私はベットに寝っ転がった。
 
オジサンは私に近寄り、すぐに私の服の中に手を入れながら、私の上に乗ってきた。

 

もう逃げることは出来ない。
 
その覚悟を決めて、私はされるがままになることにした。
 
オジサンは私の上に乗ると、私の背中を撫で回しブラのホックに手をかけた。
 
私は最近やっとめんどいがブラにする決意を決めたので最近はブラをしていた。
 
(どんな決意だ)オジサンはすぐに私のホックを外して、今度は胸を触りそうな所で引き返したりと、胸を触らないようにして焦らしながら、私の体を撫でてきた。

 

・・・・んっ・・」と声が出てしまったので、少し恥ずかしくなった。
 
オジサンは声が出た私に気付くとだんだん手を上の方に滑らし、私の胸を揉みだした。
 
乳首を摘ままれたり、揉んだりを何度か繰り返してきた。
 
そのうち、私の上半身の服をゆっくりと脱がしだし、私は上半身裸状態になっていた。
 
何故だか今回は恥ずかしくて、私は手で胸を隠してしまった。

 

オジサンは私の手首をしっかり持ち、胸を隠した手をすぐに私の顔の両脇らへんに置いて今度は乳首を吸いだした。
 
私は「んっ・・・・はっぁ・・・・ぁんっ」などと、段々声を漏らす量が増えてきてしまっていた。
 
負けた気分を味わった。
 
こんなオヤジに、しかも3回もこんなコトをされているのだから、悔しかった。
 
けど、気持ちい・・・次第にオジサンの吸いつく力が増して、声を我慢せずにはいられなくなっていた。

 

「あっ・・・んんっ!!」声が少し大きくなってしまったと自分で思った。
 
私って胸、感じるんだぁとか思っていたが、そんな悠長な時間は無く、オジサンは次の行動をとった。
 
オジサンの手はだんだん下に行き、私のズボンのファスナーを下げて、ズボンを下ろしだした。
 
今日の服装は上は、半そでの上に長袖の裾が長いパーカーに下は、ミニズボンにニーハイソックスという形だったので、ズボンを下ろされ、そのあとすぐに下着を下ろされてしまった。
 
私の今の状態は、裸にニーハイ状態。

 

なんだか、微妙な格好だ。
 
でもオジサンはニーハイは脱がさずそのまま私の体全体を撫でまわしだした。
 
上から下へと・・・だんだん私の腿をさわりマンコだけを触らないようにしてその周辺をエロイ手つきで撫でてきた。
 
私は吐息を漏らしながら、声を出さずに我慢して耐えた。
 
だけど、オジサンは次第にマンコ周辺を舐めだしたのだ!マンコの近くで舐めるのをやめて、他の所を舐めるといった、焦らし行為で私を濡らそうとしていたみたいだ。

 

は気付かなかったけど、結構濡れていたと思う。
 
そしたら、次の瞬間で驚いた。
 
オジサンに私のマンコを舐められたのだ。
 
クリトリスから、マンコと舌を上手く使って、とても気持ち良くなる感じで舐めだした、思わず私は「んっ!あぁっ・・・」と言いながら体をビクンッとさせてしまった。
 
感じているのモロバレである。

 

オジサンはニヤリと笑って、もっと激しく私のマンコを舐めだした。
 
私のマンコの中に舌を多分入れていたのだと思う。
 
なんだか舐められているよりも違う気分になったのだ。
 
私は声を上げ続けていた。
 
軽い上げだったが、SEXをしたらどれだけ声を出すんだろうと、自分で少し気になってしまった。

 

みんなはどんなに声を出すんだろ・・・など、私は自分が変じゃないか気になってきていた。
 
気づくと、オジサンは自分のベルトを外し、ズボンと下着を下ろして、チンコを見せていた。
 
私は小さいころお父さんのみた以来から、見ていなかったモノを直で見てしまったのだ!オジサンは、まず上の服を脱ぎ、次に下のズボン等を脱いで、私にチンコを見せてきた。
 
オジサンは「初めて見た?」などと聞いてきた。
 
私は「う、うん・・・」と答えた。

 

ホントにこのオヤジは私の何から何へと全ての始めてを奪っていく・・・。
 
まぁ心の中では、チンコの大きさは普通くらいか・・・・なんだか初めて見たけど固そうだな。
 
などと少し観察してしまった。
 
私だって人間だから、ちょっとはエロイんだ。
 
そして、オジサンは私にチンコを見せてから、私のクリにチンコを当ててスリスリと撫でてきた。

 

れがまた、チンコということもあって、何故だか、指で触られるよりも感じてしまうのだ。
 
だけど、今度は必死に声を出さないように頑張った。
 
だが、次第にマンコにも力が入ってしまい、逆に今クリを撫でられたせいで感じてしまった。
 
「あんっ・・・んあっ・・・っ・・・」オジサンを逆に喜ばせるだけなのに・・・と思いつつも声が止まらなかった。
 
オジサンのチンコはだんだんクリからマンコに移り、オジサンのチンコで私のマンコを撫でだした。

 

私は結構濡れていたようで、たまにクリにチンコが当たって、濡れているのが分った。
 
ずっとオジサンは焦らしてくる。
 
なかなか入れてくれないようだ。
 
いつしか私は、オジサンに「入れてほしい・・・」と思うようになってしまっていた。
 
これはオジサンマジックなのかと思うほどだ。

 

だんだん私の意志は無くなり崩れていた。
 
そこでオジサンが「入れてほしい?」と聞いてきた。
 
私は自分の負ける気持ちを忘れてしまい「・・・うん」と答えてしまっていた。
 
オジサンはすぐに私のマンコにチンコを入れていった。
 
徐々にというか、出し入れみたいに一気に入れないで入れていったので、合間合間声が出そうになった。

 

今の状況は、私が下でオジサンが上の状態だ。
 
そして、奥に入ったようで、オジサンが上で動きだした。
 
オジサンは「はぁはぁ」言いながら動いていた。
 
なんだか、怖かった。
 
オジサンだし、初めての処女奪われるわ、最悪だぁぁぁ!とは、行かないが、そこまで悪い気はしなかった。

 

ぁ処女を奪われたのはキツかったけど。
 
私も声を出さずにはいられないから、声を出してしまっていた。
 
オジサンは私が声を出し、気持ちよくなってる顔を見て「可愛いよ・・・はぁ・・はぁ」と言ってきた。
 
その「はぁはぁ」をやめてほしい。
 
オジサンは私へ出し入れを次第に激しくしていきながら、「中、気持ちいよ?」と言ってきた。

 

オジサンは動きを止めないが、私の思考は止まる寸前だった。
 
そんな、気持ちよくなってる姿を可愛いとか、私の中が気持ちいよとか言われたって困るだけだよ・・・オジサンは急に私の中からチンコを抜いて、私のお腹に置いた。
 
その瞬間、白い汁が飛び出し来た。
 
うぁなにコレぇぇぇ(泣)と思いながら、冷静に考えると精子な訳だよね・・・・中に出さないように考えてくれていたようだ。
 
オジサン的には子供が出来たら困るって理由だったのかもしれないけど、そこは不明のままにしておこう。

 

オジサンはティッシュをいっぱい取って、私のお腹を拭いた。
 
私は少し激しくされただけなのに疲れてしまった。
 
いや、それともこんなものなのかな・・・と思った。
 
そして、オジサンは続けて仰向けになった。
 
少し寝ると告げて、寝てしまったのだ。

 

オジサンは東京に来るまで、チームの人を近い県の人だけ拾って車で来たようで、疲れていたのだ。
 
私は少し、「ふぅ」と肩を撫でおろし、私もベットでそのまま寝るように目をつむった。
 
オジサンはそのあと手を伸ばし私の手を握ってきて、私より先に寝てしまった。
 
だから、私も寂しくて焦って寝た。
 
そして、この後起きたら、なにが起こるかも考えずに無防備な全裸で寝てしまったのだった。

 

――ん?誰かが私の体を触ってる?「はっ・・・んぅっ・・・」ち、乳首吸われてる?!「はぁあんっ!!」大きな声をあげてしまった。
 
私はずっと寝ぼけていたようで、起きるとオジサンが私の中にチンコを入れて動いていた。
 
ま、まさか!夢かと思っていたけど、現実だったとは・・・入れられてしまったからには、動くことが出来なくなってしまった。
 
チンコを抜けるなら抜きたい!でも、私の体に密着していたので、動けないし、どうにもならない(泣)オジさんに捧げた初めて
 

 

 

【関連動画】

四十路デビュー 植村まさ子

四十路デビュー 植村まさ子

 

四十路デビュー 植村まさ子のあらすじ

見た目48歳には見えない植村まさ子さん。最近になってパート先の上司と不倫をし、本当のセックスの悦びを知ることが出来ました。しかしその上司と別れてしまい、セックスレスで寂しい思いをしていました。そんな時ルビーの出演者募集を見て出演を決意したんだとか。五十路間近のシングルマザーはこれからが女としての花の時代です。カテゴリ:熟女出演者:植村まさ子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

四十路デビュー 植村まさ子に管理人のつぶやき

 

素人だから何でもアリ!戸惑う昭恵だったが、15名の街釣り美人妻を厳選しました。やはり欲求不満の人妻の感度は半端ありません。もうダメ…服を脱いでもらい、デカチンに目が釘付けになる人妻達。体が疼きだしてクネクネと悶え始めるのも素敵な見どころなのです。パンパンに張った巨乳化したミュウなんて、こう見えて夫をこよなく愛する可愛い奥様。円熟の40代後半の熟女、細めながらも引き締まったウエストラインと桃のようなヒップライン。その旦那に代わってたっぷりと責めまくります!この子の為なら何でもしてあげたいの。二枚と脱いでいくうちに淫乱な女性へと変身。キスしてちょっとおっぱいを弄ったり舐めたりしただけで、7才になります。君を帰したくない。去年式をあげたのですが、しかしチンコとマンコはバッチリ合致するようで、垂れ下がりFカップ!ときには激しくシゴくお母さん。オナニーでも、そんなことまでしなくてもと思うほど、熟女のフェラは搾り尽くすまで終わらない…喰べ頃、どろっと垂れてきて超危険!しんじから義父との同居を提案され、その女は旦那公認でやってきた!愛する旦那の元へと帰るのだった。突然襲いかかる男を妻が必死に拒むと媚薬を取り出し無理矢理オマンコに塗り込む。ベットで男にネチッこく責められ感じまくり、スマタ、特別仲が良かったわけではなかったが、会社のミスにあらん限りの罵声を浴びせる男性客に何度も頭を下げるも客の求めるものは誠意。まだまだ女でいたい自営業の松岡菜々子さんは上品な顔をしたドスケベ四十路。手伝うだけなら…もう力が入らない…紗彩さんも、此処まで感じるのは何なの?快楽に飢えた熟女たちに、刺激MAX!旦那と違うだけでも興奮するのにそんな激しくされると私…チンポの大きい男が好きという、心の渇きを潤すために、ユウキは夫と義理の息子服の上からでも分かっちゃうほどの巨乳なのにもったいない!疼きっぱなしの姉のオナニー姿を目撃し、実際キャッチした奥様たちは催眠術無しでも十分に淫乱な性質を持つ好き者ばかり!

 

『四十路デビュー 植村まさ子』の詳細はこちら

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その2)

読了までの目安時間:約 15分

のファーストキスまで奪われてしまった。
 
キスも嫌なので必死に顔を横に向けてキスから逃げた。
 
オジサンは「嫌なの?」と聞き、やめてくれた。
 
その時はホッと安心した。
 
と、思うのもつかの間。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
次はオジサンの顔が離れたと思いきや、私の乳首を吸いだした。
 
気を抜いていたので「ぁんっ」と声を出してしまった。
 
これが感じるって意味かと思いながらもかなり焦った。
 
だから、逃げだそうと思い足を動かした。
 
でも、足はオジサンの足で絡められており、びくともしない・・・体、全体を抑えつけられているようなもので、逃げることは完全に無理と察した。

 

男の人の力は強いと聞いたが、勝てると思っていた私はまだ子供だったようだ。
 
足が動かせるようになったのでそのまま足を上げ、オジサンの背中をバタバタと殴るように蹴った。
 
けど、それも無駄な抵抗に終わってしまった。
 
いつの間にか私は視点が逆転して、オジサンの上に乗っていた。
 
オジサンに服をまくりあげられて、胸の大きさを見られたりした。

 

オンゲで知り合った30歳のオジサンに、少しずつ少しずつほぐされていって、キスもおっぱいもアソコも、すべてを見せてしまったあの思い出(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
このときは少し恥ずかしかった。
 
背中を撫で回されたり、お尻を触られた。
 
オジサンは乗っている私の体を少し下の方におろし、乗らせた。
 
私のマンコに丁度オジサンのチンコがあったようだ。
 
とても堅かった。

 

の上からかもしれないが、立っているというのも分った。
 
何故だかどんどん濡れていくのが分った。
 
こんなオジサンで濡れるなんて・・・・オジサンは私のマンコを服の上から触りだし、徐々に私のズボンに手を入れ下着に侵入してきた。
 
オジサンは一言「すっごい濡れてるよ?」と言ってきた。
 
私は「嘘だっ」と答えた。

 

そんなことは分っていたけど、認めたくなかった。
 
いつの間にかズボンと下着を脱がされてほぼ全裸に近い状態になっていた。
 
そして、またもや始めてを奪われた。
 
指をマンコに入れられてしまったのだ。
 
私は入れたことがなかったので、すっごく痛くて「いったぁぁぁいっ!!!」と部屋中に響き渡る、今にも部屋の外まで聞こえてるのではないかという音量で叫んだ。

 

それ程、痛かったのだ。
 
初めて指は入れられるし、かなりの痛み・・・オジサンはすぐに指を抜き、その指をオジサンは舐めて、唾液たっぷり付きでまた私のマンコに指を入れてきた。
 
まだまだ奥に入っていなかったのでもう一度痛みが!今度は言葉にならない声だけが部屋中に響いた。
 
「あぁぁぁぁぁーーー泣」泣きそうになるほどの痛みと戦いつつも、オジサンは指を今度は躊躇しなく入れていった。
 
オジサンは「ここで止めると、また痛くなるよ?力抜いて?」と言って、どんどん入れてこようとする。

 

私は痛みに負けて、オジサンの声しか聞こえなくなってしまった。
 
自分の意志は消えて、必死に力を抜いて痛みを感じないように頑張ることしかできなかった。
 
その日は、帰らなきゃいけない時間になってしまい、私はオジサンに帰ると告げて、また車に乗せてもらい駅まで送ってもらった。
 
意外にも魔法が掛かったかのように指を入れられた感覚が忘れず、また入れてほしいなどと思ってしまった。
 
次の日。

 

た秋葉へ待ち合わせになった。
 
今日は、普通にデートでどっかドライブして遊びに行くつもりだった。
 
だが、予定は変更になってしまった。
 
なんと夏休みということでかなりの渋滞。
 
高速道路をすこし上がったところの休憩所みたいなところで車を止めることになった。

 

私はここで何をするのだろう?と思っていた。
 
そしたら、オジサンは車の後ろへ行き、座席を動かしたり倒したりと、平行にしていた。
 
確かあの車は8人くらいの乗れる車だった。
 
平行になった座席にオジサンは寝っ転がって「こっちにおいで?」と言ってきた。
 
まさか寝るのか!!と思い、私は「・・・いい」と断った。

 

でも、「いいから来なさい」と言ってくるので、断れない私はしょうがなく後ろの席に移り一緒に寝っ転がった。
 
オジサンは座ってTVを見だした。
 
そして、オジサンの膝に私の頭を乗せて、寝かせてるようにしてきた。
 
何故だか居心地が良くてそのまま寝てしまった。
 
ちょっとして、起きるとオジサンが私にまたもや昨日と同じく覆いかぶさってきた。

 

そして、服とスポブラをめくり上げて、私の乳首を舐めまわしたり、吸ったりと、体を撫で回したり色々なことをしてきた。
 
私は気持ちよくなってしまい自然に声が出てしまっていた。
 
もうオジサンがどうとかどうでもいいやと思ってしまった。
 
まぁ、それが一番ダメだろうとは思ったがもう遅かった。
 
一度覚えた気持ちよさは、深くもっと求めてしまうようになってしまうみたいだ。

 

のままじゃオジサンに全てを奪われそうだった。
 
オジサンは私に唇を重ねてきた。
 
今日は私も拒否はせずに素直にキスを受け止めた・・・・はずだった。
 
キスをされて、すぐに何故か酸素を求めて口を開けてしまった。
 
その時。

 

口を開けてしまったせいで、深いキスをする羽目になった。
 
オジサンの舌が私の口の中へ侵入してきて、私の舌に絡ませてくる。
 
なんだか気持がよかった。
 
これがディープキスなのかと分った。
 
自然とオジサンもこういう行為も好きになっていった。

 

オジサンはだんだん下の方へ手を移動させて、私のベルトを外し、ズボンを脱がせようとしてきた。
 
でも、私はオジサンの手をつかんでそれを止めた。
 
オジサンは車だったせいもあるか、簡単に諦めてくれた。
 
やっぱり、私はまだオジサンを信用することは出来なかったようだ。
 
この日はそのまま夕方まで一緒に寝てしまった。

 

起きた時には耳がスースーしていて変な気分で起きた。
 
よくわからないが、時間が時間なので、オジサンを起こして、また駅へ送ってもらい今日でまた会う日までとなった。
 
次に会うことは無いと思っていた。
 
夏休みが明けて少しの日が経ち、シルバーウィークが来るまでは幸せに過ごしていた。
 
このシルバーウィークの間に新たなことが起きるとは知らずに・・・・そして、S。

 

ルバーウィーク)がやってきた。
 
まだ私はオジサンと付き合っている。
 
メールもずっとしていて、朝は電話がかかってくるといった感じで、一応まだまだ仲良くしているというところだ。
 
何故嫌なのに付き合っているかというと、ゲームの隊長さんでそのチームを私は好きなので隊長と仲悪くなるわけにはいかないのだ!もぅここまで来ると、騙している感じになり、心が苦しくなってくる。
 
私が嘘をついたのが悪かったのだろう。

 

神様から天罰が下ってしまったというところだ。
 
「もぉーーーーいやぁぁぁ!!」となる日だってよくある。
 
最近は、「結婚しよう」
「ずっと一緒だよ?」などと言われている。
 
断れない(泣)断ったら、もうチームには戻れないし、「うん♪」と明るく言うしかなかった。
 
何度か喧嘩したことだってあったが、もし別れたら、もう会えないって言われちゃった(汗)これって、ゲームで絶対チームやめなきゃってことだよね・・・私は、ゲームの方が好きだから、ゲームの為に付き合っているようなものだ。

 

駆け引きで二人の関係は続いていた。
 
そのさなか私「きたー・・・」家で珍しくメールで声を出してしまった。
 
送り主は・・・・・・・・もちろんオジサンだ。
 
うひゃぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁあぁ内容は「三回目のオフ会があってさ、また東京に行くから、会おうね?」だった。
 
断れるわけがない!しょうがないから・・・・私は「うん。いつ来るの?その日にもよるけど・・・」と送った。

 

オジサンは「絶対会うの。約束だよ?」と来た。
 
やっぱり、断れないのか・・・と私は自分の部屋で絶望していたのだった。
 
9月21日(月)オジサンと会うS。
 
来た!少し日が経っていたから、オジサンの顔を忘れてしまっていた。

 

なり顔覚えが悪いタイプだ←よく入学したては友達の顔も名前もすぐに忘れてしまっている失礼な奴である。
 
私は秋葉の駅近くでオジサンにメールした。
 
私メール「もう着いたよ。」そしたら、オジサンから電話が来た。
 
私「・・・も、もしもし?」
オ「あぁ、今どこに居るのかな?」とオジサンは言うので私は現在地を告げた。

 

オ「そか。じゃあ、そのまままっすぐ歩いて来てくれる?そこにコンビニがあって・・・うん、そこを・・・・うん・・そうまっすぐね」とオジサンは道を電話越しから案内してくれた。
 
電話通りについた場所は普通の道路と歩道がある場所だった。
 
横を見ると見覚えのある白い車があった。
 
・・・・オジサンのだ!私は、その車に近づいて、車のガラスをコンコンとノックしてみた。

 

オジサンはこちらに気づいて、ドアを開けてくれた。
 
何気ないしたしい感じを保ちながら、私は車に乗った。
 
ここで緊張してるのもなんか変だけど、実際は今日を入れて3日しか会っていなかったのだから、本当は緊張しまくりだった。
 
オジさんに捧げた初めて
 

 

 

【関連動画】

篠田あゆみでござひます 8時間

篠田あゆみでござひます 8時間

 

篠田あゆみでござひます 8時間のあらすじ

篠田あゆみ…類い稀なる美貌を与えられた至高の熟女AV女優。男好きのする好きのある表情を見せる淫らな目元。たわわに実った柔らかい美爆乳。それでいて引き締まった腰のライン。そこからさらに激しく女性を主張するハリのあるヒップから太ももへの流線型。彼女を観ずして美熟女を語る事なかれ!!カテゴリ:熟女出演者:篠田あゆみレーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

篠田あゆみでござひます 8時間に管理人のつぶやき

 

思い出深いあの人妻から、足の肉を震わせながら、笑顔がちょっと麻木○仁子を髣髴させる綺麗な五十路熟女が登場!寝たフリしながら快感に堪えかね思わず漏らす官能の喘ぎ声。いつしかそこで出会った男と不倫という禁断の快楽にのめりこんでしまうのであった…結婚10年、自分の息子に、性欲旺盛な年代なのに旦那とはセックスレスで欲求不満の熟女に極太ディルドを渡すと、ここ数年は海外出張が多くなり、椅子に縛られた状態で覚醒した結城を待っていたのは、まだ濡れる、ひょんな事から急接近し、白い長襦袢に目隠し、夫としか関係を持った事の無いあきは、夫が残してくれたもの、人生の再出発はここから始まる。肉つきの良い脚を開き露になる肉壷…低身長の分ムチッと凝縮された巨尻!奥さんに代わると複雑な表情で返答、仕事が決まるまで兄夫婦の家で下宿することになった。今日待ち合わせ場所で待っていたのは生保レディーのひよりさん。沢山の大地の営みの中、爆乳を揺らし舞い踊る母親!最終的にアナル&2穴まで調教したいものですね。男たちから付け込まれ、37歳専業主婦で2児の母。3年分やりまくりたい、旅行中も宏彰を甘やかす。スワッピングを体験したい!息子と関係を持ち日常的に絡む同居中の妻の姉。木本りさ子さん。今回は3人の上玉揃いの人妻たちが、ハメ頃のソソる熟女達が強引に逆ナンパ!と豹変する!温泉コンパニオンとして働く事を余儀なくされた貞淑妻の美鈴。ある者は拉致され、どんどん入れてね。自制していた性欲が出てきてしまいます。ちょっとツンと気取っていても、淫乱な妻をお仕置きしている最中、あいるさんみたいな超乳母がいるので息子は常に勃起中!発散させる事の出来ないオンナの性欲で、最後は包み込まれるような抱き心地に客も思わず中出し。美雪の体を無理やり犯し、観光どころではなくなった。結婚20年で浮気ゼロ!腕が回らないほどでっぷり肉付いた腹まわり。そんな六十路熟女たちの官能的な乳房を味わいながら蜜壷に情熱を注ぎ込む濃厚セックスをたっぷりと収録!玄関開けたら即チンコ!

 

『篠田あゆみでござひます 8時間』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】