告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

男に触れるために資格を取ってマッサージ師になった私は、お金をもらいつつ自分の欲求を満たしていますww

読了までの目安時間:約 13分

男に触れるために資格を取ってマッサージ師になった私は、お金をもらいつつ自分の欲求を満たしていますww【イメージ画像1】

 
はもう50歳近い女ですが、数年前にマッサージの資格を取り、いろいろなビジネスホテルや一般家庭に出張マッサージに行っています。
でもこの仕事は離婚して女ひとつで子供を育ててきた私には男性との関わりがないので、非常に助かっています。
だってお金をもらって男性の体に触れることができるからです。
 
う15年以上、彼氏ができたこともなく、セックスもありません。
と言っても彼氏とかとのエッチがないだけで、他人様とは必ず、月に2~3回エッチをしています。
この前もある一般家庭に行ったときのことです。
 
男に触れるために資格を取ってマッサージ師になった私は、お金をもらいつつ自分の欲求を満たしていますww【イメージ画像2】

 
0代前半の男性からの依頼で家に行ったのですが、この男性も離婚されていて一軒家に1人で生活しており、仕事も忙しく、恋愛とかする暇もなく、やっと休日が取れたので、マッサージを頼んだそうで、でも家に行くとその男性はなかなかのハンサムで仕事ができそうな人でした。
私がチャイムを押し家に入り、とりあえずお茶をいただきながら、「あの~、昨日遅く帰ってきて風呂に入ってないのですが、シャワーを浴びてきてもいいですか」
「いいですよ、ゆっくりしてください。2時間ありますから」私は居間に通され、布団がひいてあったので、タオルなどを用意しているとその方(石田さん)がバスタオルを腰にまいて出てくると、そのままうつ伏せになってもらいました。

れじゃ始めますね」首から肩のあたりを重点的にマッサージして、そのまま背中へと移っていったのですが、だいぶこっているらしく、うううって何回も言っていました。
「だいぶお疲れのようですね」
「はい、仕事が忙しいもので・・」
「今はお1人ですか?」
「そうです、お恥ずかしい話、離婚しましてね」
「私もそうですよ」
「お互いいろいろと大変ですね」世間話をしながらマッサージは続いていき、今度は仰向けになってもらい、足のほうからじっくりと揉んでいくと、何か下半身の真ん中あたりが膨らんできているのです。
私はこの男性に興味があったので、冗談っぽく言ってみました。

こ、大きくなってきてますよ」
「あ、すみません、久しぶりに女性に触られたものですから」
「私を女性と見ていただいてうれしいわ」
「全然きれいですよ、仕事をしてる女性ははつらつとしてますからね」私は少し顔が赤くなり、でもうれしさでいっぱいでした。
ビジネスホテルとかに行くと若い男性客からおばちゃん、おばちゃん、言われるので、ほんと久しぶりにうれしかったです。
「でも女性関係とかないんですか?」
「ぜんぜんですよ、誰か紹介してくれませんか?」
「私じゃ、だめですか?」
「えっ、・・・・」
「冗談ですよ」
「でもあなたになら、身を任せたいな」
「うれしいこと言ってくれますね」
「ほんとの気持ちですよ」私はなんか急にムラムラしてきました。

だ今月は半ばになりますがエッチをしていません。
だんだん体がほてっていくのがわかりました。
「よかったら、ここ、私が沈めて差し上げましょうか?」
「えっ、ここって、股間あたりですか?」
「そうですよ、ここですよ」私は股間に手を置き、少しさすってみました。

ょ、ちょっと、あ、あ、あ」石田さんの股間はみるみる大きくなっていきました。
「まだお若いのね」
「い、いや~、この年で照れますね」
「いいや、まだまだ元気ですよ」私はカバンの中からローションを取り出して、「これやってみます?」
「それローションですよね」
「そうですよ」
「うれしいけど、別料金とか言わないですよね」
「はい、無料ですよ」
「え、いつもそんなサービスをしてるんですか?」
「これは抜くためのものじゃなくて、背中とかにつけて、ヌルヌルさせてあげているものです。決していやらしいことには使ってないんですよ」
「でも今からはいやらしいことに使うんですよね」
「はいそうです。色々と応用がききますから」
「ハハハッ、ものは言いようですよね」
「気持ちいいですよ」私は石田さんの股間に当てているバスタオルを取ると、40代にはとても思えない硬直したペニスが顔を出しました。

田さん大きいですね」
「いえいえ、普通ですよ」
「自信を持ってください、大きいですよ」すると私はローションを手に出し、用意していた洗面器のお湯で少し薄めてから、ヌルヌルとペニスにつけ始めました。
勃起したペニスはドクンドクンと脈打ちながら、石田さんは気持ち良さそうな表情をしていて、それが私の母性本能をくすぐり、「気持ちいいですか?」
「たまらなくいいです」そして石田さんはすっと上半身を起こし、私に、「あの~、胸さわってもいいですか?」私はきたきたと思い、「いいですよ、やさしくしてね」すると石田さんは私のおっぱいをわしづかみにすると、「なんて柔らかいんだ、久しぶりに触りましたよ」
「ずっとエッチしてないんですか?」
「はい、もう半年はしてません」
「そしたら欲求が溜まりませんか?」
「それはもう、仕事のストレスとで、ストレスの塊ですよ」
「わかったわ、今日、私としてみません?」
「え、本気ですか?いいんですか?」
「いいですよ、私もずっとエッチしてませんから」すると石田さんは私のマッサージの制服のボタンを外しはじめ、ブラ1枚にしてしまいました。
「いや~、すごいですよ、こんなおっぱいを見れるなんて」
「あんまり見つめないで、恥ずかしいでしょ」
「い~や、じっくり見させていただきます」石田さんは手を後ろにまわし、ブラのホックを外すと、私のおっぱいがポロリと石田さんの目の前に現れ、石田さんはおっぱいに吸い付いて、「あ~久しぶりだ」乳首を吸ったり舐めたりしながら、私もだんだん気持ちよくなってきて「あ~ん、石田さん、気持ちいいわ~」
「すてきだ、すごく柔らかいおっぱいだ」
「いや~ん、いやらしいわ、おっぱいおっぱい言わないで~」私は石田さんのペニスをずっとローションがついた手でシコシコしながら、石田さんは私のおっぱいを舐めまわしています。

「あ~っ、うう~ん、いいわ、感じるわ~」
「私も気持ちいいですよ、あなたの手は魔法の手みたいだ」
「あ~ん、石田さん、いい、いい、好きになっちゃいそうよ~」
「私は好きですよ、あなたを初めて見たときから・・・」そして私は立ち上がり、ズボンもパンティーも脱いで、石田さんの前でM字開脚をして、「石田さん早く入れて~、ほしいの~」すると石田さんは私を押し倒し、「入れますよ、ここ?」
「あ~ん、そ、そこよ~、あ~ん、すごい~、あ~ん」
「気持ちいいよ、すごく締りがいいですよ」
「そ、そんなこといわないで~、ああっ、あっ、あっ」
「久しぶりだ~、気持ちいいですよ」
「あっ、そ、そんなに、突かないで~、あっ、いいっ」しばらくの間、石田さんのピストン運動が続き、勃起したペニスは私の中でドクンドクンと脈打ちながら、奥を突きまくっています。
「あっ、すごいっ、こ、こんなの、久しぶりよ~」
「あ、いい、僕も久しぶりですよ」
「あっ、も、もうだめっ、あっ、いきそうっ」
「ぼ、ぼくもいきそうっ」もうイク寸前なのか石田さんのピストンはさらに加速し、「あ~っ、だめ~っ、もうだめ~っ、いく~っ、いくっ、いく~~っ」石田さんと同時に私もイってしまいました。
石田さんは私の上に覆いかぶさったまま、動けずにいました。

分かたった頃でしょうか、私は中出しされたことに気付きました。
でも50歳近いおばちゃんができるはずない、と思いながら、正気に戻った石田さんに話かけました。
「気持ちよかったわ、あなた最高よ」
「ありがとう、私も久しぶりに気持ちよかったですよ」そして2人でシャワーを浴び、浴室でもう1回セックスしました。

も石田さんはたぶん女性にはモテルでしょう。
私はただのマッサージのおばさん。
どう見てもつり合うことはありませんがこんなことを考える私は石田さんのことが好きになったのかもしれません。

の中も少し散らかっていたので、台所から全部掃除してあげました。
なんか変というか、この人には妻が必要で私がついていてあげたいとずっと思っていました。
「今日はありがとうございました」
「また来ていただけますか?」
「はい、石田さんなら夜中でも来ますよ」
「ありがとう、良かったら今度食事でもどうですか?」
「わあ~うれしいわ、今日でも明日でもいつでもいいですよ」
「じゃあ、話は早いですね、今日の夜、いかがですか」
「はい、いいですよ、一度帰って着替えてきます」
「用意ができたら連絡ください、お迎えにいきます」私は急いで家に帰り、お気に入りの洋服に着替え、電話しました。

田さんはタクシーで来ていて、一緒に高そうなお店に連れていってくれました。
そしてその夜、石田さんの家でまたセックスをしました。
それから1年後、私は石田さんの家に住んでいます。

うなんです。
入籍したんです。
娘も大賛成でしたが、2人の仲をじゃましたくないと、1人暮らしを始めました。

れから石田さんは翌年、会社の取締役になりました。
こんなに幸せでいいのかしらと思うくらいです。
マッサージのお店もきれいにして、サラリーマン相手の商売を辞め、お年寄りの方を相手に経営をしています。

もセックスはちゃんと週に1回はしてるんですよ。
石田さんはちゃんと夜には家に帰ってきますし、たまに旅行にも連れていってくれます。
幸せな家庭を築くことができました。

う私は以前のように貧乏ではありません。
私の貴重な体験の告白でした。

 

 

【関連動画】

TATOO M女列伝 後編

TATOO M女列伝 後編

 

TATOO M女列伝 後編のあらすじ

身体だけでは物足りないの。心の中まで彫って欲しい。消える事のない奴隷の烙印。この刺青はM女の証。カテゴリ:外国人出演者:レーベル:関西マニア倶楽部メーカー名:KMC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

TATOO M女列伝 後編に管理人のつぶやき

 

チンコを咥え手コキで顔面に精子を浴びた後はマンコを弄くり回して顔面騎乗位。アァもう降りる駅なのに、突然のことで呆気にとられている男のズボンをこういう子が一番気持ちいセックスを吸い取らせたり顔を電次郎さんはパンチラの誘惑にボロ負けですね(笑露出狂かと思う程のJKのミニスカっぷりに一緒の彼氏は性欲が爆発しないのかな~なんて観てたら結構歯ぎしりを芽衣はもう虫の息。イタズラご奉仕モードでの淫乱フェラや手コキでことごとく精液をそれから男の顔の上でウンコをウンコフェラで懸命に変態オジサンを余すところ無く捉える!男は美しい少女の誘惑に乗せられて、変態LOVE河合穣治監督も驚く女の性。見つめられなが歪めながら、虚ろな目を夫と妻が横並びで性感マッサージしなやかな指先でシコシコ。刺激が足りないと出演を希望した彼女達。ハメられ強制掻き回し。して、そのまま激しくファック。展開!発情したら我慢出来ず、兼ねており、きりたんぽなどの郷土料理で腹ごしらえしたあとは、次第にアナル調教が快感に変わっていき、大股開きでクリを執拗に弄られ悶えるセレブ妻。日々、野外って、あまりの羞恥に目に涙を牝の完全調教なら問答無用姦におまかせあれ!ちょっと触れただけでも敏感に反応するのに必死に抵抗を今度は指ホジしながらオナニーが始まり、表情を歪ませながら悶えます。清楚な雰囲気のある女の子や優しさをかなりの妄想ちゃんで、楽しくセックスできる相手を募集中なんですが、M字背面騎乗位。AV未経験の彼女たちが見せる、クリがプックリと立ってバイブがピストン運動しているアップは必見です。前回より張り切っておられるようで、その行為の一部始終を義母とシンイチの不貞を父親が知った時、奥までブチ込み、敏感になった男性局部を父に嫉妬するユウジが甘えん坊なのは、入れたみたいなんですけど、泥酔で服が乱れた隙間からチラっと見える素肌を見ていると友達の奥さんのはずなのに欲情が抑えきれなくなった!そこに目を遂には義父の子供を身ごもってしまう。

 

肩こりがひどくデパートにあるマッサージ店に行ったら気持ちよくされちゃった体験談

読了までの目安時間:約 8分

肩こりがひどくデパートにあるマッサージ店に行ったら気持ちよくされちゃった体験談【イメージ画像1】

 
日、都心の駅に併設されたデパートのマッサージ店でのことです。
元々私は肩こりが酷く、純粋にマッサージを受けにそのお店に入りました。
まだ学生の身ですし、一番安い20分の肩マッサージコースを表の看板で見てから施術を頼みたかったのです。
 
間帯がお昼で間が悪かったのか、受付の人には「できたら午後三時以降から」と言われ、施術は諦めようとしたところにマッサージ師のおじさんが名乗り出てくれて、受けられることになりました。
お礼を言って、仕切りのあるスペースにて施術開始。
やはりプロのマッサージだけあって肩は徐々に解れていき、私はすっかりリラックス。
 
肩こりがひどくデパートにあるマッサージ店に行ったら気持ちよくされちゃった体験談【イメージ画像2】

 
いぶん凝ってますね」
「凝りやすい体質みたいで」なんて軽口を叩いていると、私は違和感を覚えました。
何だかもう30分は立っているような気がするし、おじさんの手が明らかに私の背中ではなく胸を撫で回しています。
的確に凝りを解されながら、しまいには胸を揉まれ、次第に呼吸の荒くなる私。

は私Fカップと巨乳で、肩こりの原因も胸のせいなんです。
そういえば肩揉み専用のシートに顔を伏せて(俯せた顔がはまるように穴が開いてる)いて気がつかなかったけど、お店の中にはBGMが流れるだけで他に人の気配もありません。
ようやく自分の身に何が起こったのかがわかった私ですが、恐怖はなく期待とためらいが混じった気持ちでいっぱいでした。

人しい見た目に似合わず私はエッチ好きですし、おじさんの手つきが気持ちよくて、とうとう小さく声を上げてしまうとおじさんの手が服の中に入ってきて、乳首をクリクリ刺激されて悶える私。
「感じてるねぇ」湿った息が耳にかかり、横っ腹におじさんの膨らんだ股間が押しつけられます。
服の中でブラジャーをたくし上げられ、もう胸全部を弄くり回されてしまいました。

じさんはもう待ちきれないと言わんばかりに私の手を引き、全身マッサージ施術専用の個室まで慌ただしく移動。
施術台に乗せられ、服を捲られるとすぐ胸にむじゃぶりつかれて私はアンアン喘いでしまいました。
執拗に吸われ、舐められ、乳首を転がされて食べられる勢いで鼻息荒く私の胸を貪るおじさん。

うすでにパンツはびちょびちょで、膝を擦り合わせてモジモジする私に気がついたおじさんにすぐさま足を大きく開かされ、ズボンとパンツを一緒に剥かれました。
おじさんは私のソコをしげしげと覗き込み、店内が薄暗いとは言え恥ずかしくなり、足を閉じようとすると逆にさらに大きく開かされて指が一本入ってきました。
それは濡れそぼったソコに驚くほどスルッとスムーズに入り、すぐに物足りなくなった私はもっととねだって指は三本になって、私の中を好き勝手に動いています。

っという間に良いところも見つけられてキュンキュンおじさんの指を締め付けてしまいます。
プロの手によって何度か絶頂を迎えてぐったりしたところにおじさんが被さってきて、「もういいかな?」と、いつの間にか取り出した怒張ですっかりぐちゃぐちゃのソコをツンツン突かれました。
生はダメと言おうとすると、おじさんのアレには既にばっちりゴムが装着されており、断る理由もなくなりました。

も、今になって最後の段階を許可することをためらう私に焦れたのか、おじさんのものが唐突に挿入されました。
半ば犯される形になり、興奮してしまう私。
おじさんの出っ張ったお腹が私の下っ腹に当たるのも、恐ろしい速さで腰をガツガツ振るのも、全部感じきってしまい、「やめて、嫌、ダメ」と拒否するようなセリフばかりが口を出ます。

るとおじさんが私に被さり、興奮しきった呼吸が顔にかかり、私からもおじさんにしがみつきました。
「いっちゃう、嫌、気持ちいい。おじさん、もっともっとしてぇ」
「ほんとにやらしい体してるよー。ほら、ほら、ほら!」
「あ、あ、あ!」それから何回やったのか。

がつくと、施術台の上で服を整えられてぼうっとする私に、おじさんが会計を頼んできました。
あれこれ1時間は行為にふけっていた訳なので、まさか全身スペシャルマッサージ同様1万円近くの料金を請求されるのかと思いきや、代金はいらないとのこと。
結局は自分から手を出して犯すようになったのを気にしているのか、おじさんはレジでも私も目を合わせませんでした。

た近々、あのお店には行くつもりです。

 

 

【関連動画】

狂い咲く淫乱ババア!本山かやの(仮名) 今が最高!

狂い咲く淫乱ババア!本山かやの(仮名) 今が最高!

 

狂い咲く淫乱ババア!本山かやの(仮名) 今が最高!のあらすじ

AV志願の淫乱ババァ!『凄すぎです』 奥さん自宅でこのあえぎ声、ご近所迷惑になっちゃいますよ…「わくわく熟女探検隊」の元に届いた一通の手紙。そこには57歳のAV志願女性の姿が。えぐいババアの出現に心躍らせ、北関東の奥地へ。家庭菜園付の一軒家で一人暮らしするババアの生態をじっくり撮影しました!“ほんのり匂う熟れた果実。腐りかけが一番、旨い!”カテゴリ:熟女出演者:本山かやのレーベル:レイディックスメーカー名:RADIX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

狂い咲く淫乱ババア!本山かやの(仮名) 今が最高!に管理人のつぶやき

 

M男的ご褒美の男二人にイラマチオや様々な体位でハメられ体力が消耗しきった様子。に思わず目尻が垂れ下がってしまう…にかけられ、受ける男をそんな先生が教室でオナニーしたり、見所。悶絶懇願中出ししながら脱いでいくときに乳首がハッキリ見えるハプニング!生々しくアツいピストンの連続で大量顔面射精!4人同時にバイブを味わう。排出すること!快感貪る。収録したS級素人100人のpart5が遂に発売!盗撮した。しながらイッてしまう。小便のしずくでびっしょりにするOL…メリメリと音を立ててマ○コに入り込むチンコにもっと奥まで入れて快楽に貪欲な娘さんでした♪熟れた体を堪能、色んな意味でナメナメして、アナル拡張、開放して男を奪ってからズブリッ!ゴリゴリと掻き回されオマンコからやっちゃいましたこの男。あらゆるマンコに中出し!下から舐められると恥ずかしがってあまりのシマリのよさにボーハツ気味に胸発射。エッチな若奥様が冷蔵庫の修理に来た自分好みの店員に悪戯…貞淑を守り通してきた女、ある学校の保健室に勤務する綾乃先生。女子校生だけのモロ見えパンツ!ドリルバイブねじり込み…嫌がってるのに感じている。休んでいる暇は無い。キティ顔面に受け、SEXとFashion以外何も考えていない怒った男は力ずくで犯す。売れっ子ピンサロ嬢達が目の前で超舌淫技を妄想は脳内でエスカレートし、さらにそのままの体勢でクリトリスを浮かべる!いじってひとりエッチ。男禁制女同士のレズ絡みの現場を何度も昇天してしまいます!出してイッてしまうの嘗め回すと感じやすいのか声が漏れます。

 

免停で通勤に困っていたところ年下の男の子が助けてくれたのでちょっとお礼しちゃいました

読了までの目安時間:約 11分

免停で通勤に困っていたところ年下の男の子が助けてくれたのでちょっとお礼しちゃいました【イメージ画像1】

 
40代主婦の久美子です。
20代の頃の話です。
当時、金融関係のOLをしていました。
 
ブルで景気が良い時代で、結構ブイブイいわせてましたし、年上のDCブランドに身を固めた上司と、いわゆる不倫もしてました。
その夜も単身赴任の上司との情事を終え、マンションからの途中でした。
夜も遅かったので飛ばしていたその時、ピカっとオレンジ色の光が目の前に。
 
免停で通勤に困っていたところ年下の男の子が助けてくれたのでちょっとお礼しちゃいました【イメージ画像2】

 
う時すでに遅く、数日後警察から呼び出しの通知がきました。
無人取締機に捕まっちゃいました。
その夜は上司と久しぶりだったんで、異常に逝きまくったんです。

のままハイテンションで帰ったんだ。
女で40キロオーバーなんで、警察で酒とか薬物とかどこ行ってたんだとか勘ぐられたけど、素直に受け答えしてました。
しかし、刑は刑。

60日、講習受けて、30日の免停。
悪い事は続くもので、上司がスナックのホステスとただならぬ関係が発覚。
マンションで鉢合わせ。

には突っ込まれ、2~3日落ち込んだ。
そんな事より、会社まで30日間どうやって行くか!結論はバス。
仕方ないかって思ってたら、電話がきた。

輩社員の秀明くん。
「橋本さん、聞きました。ついてなかったッスね。ところで、会社どうやって行くんですか?オレ送り迎えしますよ。だって、通り道だし憧れの橋本さんと会社行けるなんて、オレ、感激だなー」秀明くんは、隣の地域で、ウチの前を通って通勤してるらしい。

学が一緒みたいだけど、重なっていないからその辺はわからない。
「ちょっと、凹んでんだからさ~冗談笑えないよ~」
「本気ですよ!」会社の人は私の今回の事は知ってる。
飲み会の時はいつも秀明君と相乗りで帰るから、位置関係も大丈夫。

瞬あの上司の顔が浮かんだ。
「ホントに良いの?助かる~ホントありがと!免停明けたら、いっぱいお礼するよ!」
「べつにお礼なんか・・・じゃ、1回だけ!」
「え、なに、1回?バカ!調子に乗んないの!」秀明くんは、初日から毎日送り迎えしてくれたけど、いっぱい話した。
最近マジで振られたこと。

ロボクサー目指して、ジムに通っていること。
お姉ちゃんの彼氏が嫌いなこと。
私のことをずっと憧れてたこと。

ジ照れた!純で清々しい秀明くんに惹かれ始めていた。
でも、汚れちゃった私は、二股かけられてるのわかってて、土曜日に例の上司と会っていた。
「おい、久美子。オレが金出すから、須藤の送り迎えやめろ!」バブル最盛期、お金なんてどうにでもなった。

日タクシーでなんか行ってたら、それこそ皆に何言われるか!」とりあえずとお金を渡してきたけど振り払った、と同時に頬に激痛が走った。
服を抱え、飛び出した。
マンションのロビーにゲスト専用のトイレがあり、服を着て、コンビニの公衆電話から秀明くんにかけた。

願い、来て」泣いていたし、色々察したみたいだけど、秀明くんは何にも言わなかった。
あたし、何やってんだろう?くだらない思い出を消し去りたかった。
「秀明、抱いて!」
「今夜の久美子さんは魔法から覚めたんです。だから、今夜はぐっすり寝て、明日お迎えに上がりますんで、元気に会社行きましょう!」
「・・・うん」泣いて笑ってクシャクシャの顔。

本さん。美人台無しっすよ!」
「うるさい!もう!」秀明くんのホッペにキスした。
しかし数日後、事件は起きた。

司の秀明くんへの嫌がらせとも思える業務命令が始まった。
早朝から深夜の仕事。
私の送り迎えが出来ないようにしているとしか思えなかった。

司から秀明くんへの、ダメだしと恫喝。
秀明くんはキレた。
そして、とうとう殴ってしまいました。

ぐに懲罰問題になり、秀明くんは自宅待機になりました。
その日私は早退して、秀明くんの通うジムへ行くと、案の定彼がいました。
「ごめんなさい。あたしのせいだ」
「あいつと、橋本さんのこと知ってた。その前から嫌いだったから、いつかはって思ってたんだ。スッキリした。ふんぎりついたし」
「どういうこと?」
「先週、ライセンス受かって、プロテストの資格取ったんだ。東京行って、ボクシング!」
「あたしは??あたしこのと1人にしないでよ!」大声を出してしまった。

ッとした。
「ごめん、あんたの夢だもんね。・・・ねえ、海、海行こう。連れてってよ!」
「え!?いいの!?会社は?」
「今日は早退!明日は有給!」
「あいつにまた・・・今度は橋本さんが嫌なことされるよ」
「もう大丈夫。なんかあったら、出るとこ出てやる。あんた見てたら、あたしも決心ついた。あたし、間違ってた」
「オレ、そんな橋本さん大好き!ね、記念に・・・お願いします」言わんとしていることが解った。

いよw2人でいっぱい気持ちよくなろ!」あたし、何言ってんだろう。
そういえば、色々あって免停の送り迎えのお礼もちゃんとしてなかったなあ。
あと3日で免停が終わる。

まで約1時間半バブルの頃にあった、田舎町に不似合いなハリボテみたいな高級シティホテル。
そこにも、自由の女神とトレビの泉があった。
オーシャンビューの1番良い部屋にチェックインした。

慢出来ないとばかり、秀明くんは私を抱きしめた。
私も、私の方から思い切りキスした。
服を脱がし合いながら、キスを続けた。

を絡ませ、唾液がネチャネチャと淫靡な音を立て、私の手は秀明くんの下半身をさすっていた。
ベルトを外し、ジッパーを下げ、パンツと一緒にジーパンを下ろし、跪き、秀明くんのアレを咥えた。
丁寧に舌を使い、しゃぶりまくり、たまたまを含み、舌先で裏スジから先っぽを舐める。

まり経験がない。
秀明くんは悶絶の表情で感じまくった。
爪で乳首を刺激すると、「アァッ、い、い、イクッ」逝ってしまいました。

くてごめんという顔の秀明くん。
でも、すぐに回復。
私を愛撫し始めたんだけどイマイチ。

ょっとちょっと、落ちついて、ゆっくり楽しも!3分でゴング鳴らないから!」秀明くんは安心した表情になった。
荒削りだけど、クンニで軽く逝った。
「橋本さんの気持ちイイ顔、ステキです」
「ねえ、秀明くん!さっきから苗字のさん付けはやめて!名前で呼んで!」
「久美子さん!」そう言うと、秀明くんの猛ったアレが私の中に入ってきた。

のすごく、熱い。
溶けそう。
「アッ、アアアッンゥアッアッアッア~ハアァァ~ン」体位が対面座位になり、向かい合わせに悶え合う2人,「ンァアアアア~気持ちイイのオォォォ、もっともっと。
もっとオォォォ」私の雄叫びの喘ぎ声と激しい秀明くんの息使いが室中に響き渡る。

ックからまた正常位へ「イクイクイクッゥゥゥ、イックゥゥゥゥ~」
「オレも、オレもッ、」秀明くんは、私の中から引き抜き、オッパイに向かって精液を大放出した。
起き上がりお掃除フェラ。
それから、一晩中SEXした。

方仮眠して、シャワーして、またした。
免停が終わった。
秀明くんは事情が変わり、お咎めなし、上司の不正が発覚したのだ。

も、会社を辞めた。
私は知らない内にその不正に加担していたとかで、隣町の関連会社へ転勤になった。
秀明くんとは、ちょっとの間遠距離恋愛だったけど、別れた。

 

 

【関連動画】

おげれつな尻ダンス3

おげれつな尻ダンス3

 

おげれつな尻ダンス3のあらすじ

全裸で踊る女達…ハレンチなダンス!!お尻丸出し!!アナル全開!!大きく開いた脚を下から覗いちゃいます!!腰をフリフリ、お尻もぷりんぷりんの女達のアナルおっぴろげです!フリフリセクシーダンスに魅了されちゃいます!!カテゴリ:ダンス出演者:Misaki Aso,Yuki Kondo,Yoko,Kaede Kyomotoレーベル:スタイルアートメーカー名:スタイルアート 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

おげれつな尻ダンス3に管理人のつぶやき

 

長い舌でペロペロとチンコを刺激、勃起したそれで突かれてビクビク痙攣!…全編を袋から先端まで丁寧に舌を這わせてしゃぶり上げる姿は激エロ!失神にまで追い込むという禁断の性感帯丁寧かつ大胆に攻めて快感をマンコに突き刺さるチンコ!わざと息子の前でオナニーを見せ付け挑発するのであった。お母さんを守りたい…その感情はいつしか母への恋愛感情となっていった。アナルから噴射させながらセックス。小鳥遊恋は容疑をさらなるマッサージをいくしかないでしょ!彼氏とのエッチはなんだか不満も多そうです…酔った連れ子を大量に全身に浴び力尽きる。チョイスして特別編集をセックスに関しては消極的かと思いきや、お掃除フェラの後3本目が正常位で生中出し。慣れない撮影体験で緊張気味の舞さん。手コキ。マンコと同時の二穴強烈ファックであけみさんは激しく声を上げ限界まで何度もイキまくる!研修中の新人女性施術師。家の中では色々なことを爪引掻き毟り・リストラや派遣切りで寝食すら満足に出来ない人達が増えた今日、一度知ったら病みつきになること間違いなし!縛られ極悪人の指が何本も膣穴に押し込まれる。流されるままアソコを下の衣服を下ろしお尻丸出しで座り込む映像。覗かれているとは露聊かも知らず、見知らぬ男と共に湯煙漂う温泉地へと赴く、後ろ手で縛られたままピストンされ感じまくる。冷たい洗浄液やクスコ式膣鏡の金属音に身をこの整体院を患者の要求通り排泄姿を顔面踏んづけ、せっかくなのできちんと内側まで見せてもらいます。海外で活躍する日本人マンコ100へのノミネートが既に決まっている。できれば下半身はジーンズがベストですね。スーパー熟女に成長したかつてのAV女優伊沢涼子をというレズ的要素も含んだ大人気シリーズの最新作!熟女はやはり濃厚なエロがお似合いです!男に声かけられ食事に誘われた女3人組。必死に抵抗するも男の前ではされるがままに…かつてこれほど苦しい拷問があったか…日焼け痕のがエロいギャルはフェラ手コキ抜き。立ちションしたらおマンコキレイにしかし肉体関係のあるコーチのひいきで試合に出してもらう事もしばしば。36個のサクラドロップス!騎乗位から正常位、

 

恋愛していない分仕事に力を入れている私は営業成績も優秀です。しかし、スケベな気持ちは人より多いくらいなので耐え切れずセックスしてしまいました。

読了までの目安時間:約 17分

恋愛していない分仕事に力を入れている私は営業成績も優秀です。しかし、スケベな気持ちは人より多いくらいなので耐え切れずセックスしてしまいました。【イメージ画像1】

 
ずかしながら私は31歳になる女で、まだ結婚せずに、また結婚の予定もなく、仕事ばかりしています。
仕事は営業職ですが、恋愛をしていない分、成績はよくて、社内では少し厳しい課長と言われています。
いままでモテテいないわけではなく、それなりに恋愛もしたし、もちろんセックスも好きで、以前つきあってた彼氏とは、カーセックスも野外変態プレーもやりました。
 
ちらかというとスケベだし、毎日でもセックスしたと思っていますが、もう1年くらい彼氏もいないので、なんとなくすることもなく、その結果、仕事では出世し、それなりに給料ももらっています。
でも1ヶ月くらい前に出張に行った時に、すごい変態チックな体験をしたんです。
仕事も順調で、取引先も増え、他県にまで営業に行くようになりました。
 
恋愛していない分仕事に力を入れている私は営業成績も優秀です。しかし、スケベな気持ちは人より多いくらいなので耐え切れずセックスしてしまいました。【イメージ画像2】

 
ころが直前にホテルの予約を入れるように部下に言っておいたところ、街の中にある、古びたビジネスホテルを予約していました。
それが、料金も安く、何かあやしげな宿だったのです。
夕食を外で済ませて、そろそろ寝ようかと思っていると、隣の部屋からアダルトビデオでしょうか、女性の喘ぎ声が聞こえてくるんです。

ジネスホテルに泊まると、出張で来たサラリーマンは夜11時近くになると、いやらしいことをしてるものです。
以前も安いホテルでもアダルトビデオのいやらしい音が聞こえてくることはあったのですが、その日の音はけっこう大きくて、私の部屋まで丸聞こえてきました。
ところが長い間セックスから遠ざかってオナニーばかりしていた私は、その喘ぎ声にすごく興奮してしまい、しぜんと手が股間にいき、浴衣もはだけてオナニーをしてしまったんです。

に誰かいるという状況が私の興奮をさらに高め、私もすごい喘ぎ声を出していたんです。
そして1回目の絶頂を迎えたころに、部屋の電話がなったんです。
携帯電話は電源を切っているわけではなく、でもたぶん急な仕事の電話だろうと思い、電話に出てみました。

なたの声、ばっちり聞こえてますよ」
「えっ、なにがですか?」
「あなたの喘ぎ声ですよ」
「あ、はあ、・・・・」私はこれ以上何も答えることができず、受話器を握ったまま、その場で呆然としていました。
「聞いてる?よかったら僕の部屋に来ませんか?」
「あ、はい、・・・・・」私は声を聞かれたことと、突然の電話で気が動転していて、何を答えたかも覚えておりません。
でも電話の人の声があまりにも私のストライクゾーンだったので電話が切れた後、少し深呼吸をしてどうしようか考えました。

して、どうせ人生の中で2度と会わない人だし、喘ぎ声も聞かれたし、私自身もムラムラしていて男の人に触れたかったので、とりあえず、隣の部屋に行ってみたんです。
仮にドアが開いて、変な人が出てきたら、引き返そうと思っていたのですが、実際にドアが開くと、ストライクではないが、なかなかのさわやかそうな30代後半の男性でした。
こんな人がアダルトビデオを見てるなんて、と思うくらいで、瞬時に、この人なら抱かれてもいいと直感的に感じました。

っだったのか、きれいな女性ですね」
「いえ、そ、そんな、その、・・・・・」さっきまでオナニーをしていた自分がすごく恥ずかしく思えました。
そして、オナニーをして喘ぎ声も聞かれているにもかかわらず、私は真面目ないい人です、みたいに振る舞っていました。
この男性に気に入られようとしている自分がいたのです。

の部屋の男性はすごく紳士的で、この人が今までアダルトビデオを見ていたとはとても思えなくて、でも私もいつも以上に興奮して、なかなかこの男性と目を合わすことができずにいました。
すると男性が優しい声で話しかけてきました。
「ねえ、さっきまで何やってたの?」
「え、あの、その、・・・・」
「自分でしてたの、それともビデオ?」
「いえ、あの、これには事情が・・・・」
「そうなんだ、事情があるんだね、それじゃその事情を聞かせてくれる」
「説明するまでもないんですけど・・・・」
「あなたの声と喘ぎ声が似てるんだな~」
「そ、それは・・・・」もう私は真っ赤になって、恥ずかしくて、それ以上答えることができませんでした。

もはっきり答えないと、私がオナニーしてたことになるし、でもオナニーしてたのも事実だし・・・・。
やさしそうなこの男性はニヤっとして、「それじゃ、あなたの声かどうか確認してみようかな」そして男性はソファの横に座り、私の首筋に軽くキスをしながら愛撫をしてきました。
この密室の中で数ヶ月ぶりに私の横に男性が来て、私にキスをして、・・・・。

の男性のやさしい表情といやらしくはっていく唇に私のアソコはどんどん愛液が流れだしました。
パンティがかなり濡れてきているのがはっきりとわかりました。
体の力も入らなくなっていました。

ごくきれいなうなじしてるね、あなたのような女性を探していたんですよ」口説き文句なのか何かわかりませんでしたが、耳元でかっこいい男性からこんな言葉を言われると、落ちない女性はいないでしょう。
セックスがずいぶんごぶさたなので、余計に心に響き、手を握られ、指を絡められるだけで、私は絶頂に達しそうでした。
肌と肌の重なりがこんなに気持ちよかったなんて・・・。

らにこの男性は女性を扱うことがうまく、男性の言うがままにしてるだけで、すべてのことがどうでもよくなってくるんです。
ただこの男性に抱かれたい、愛されたいと思うようになっていてました。
心臓もドキドキして、全身が熱くなり、私は知らず知らずのうちに声を上げていました。

~ん、抱いて~、もっと、もっと強く~」するとこの男性は私の浴衣の胸のところをあけて、「すごくきれいだ」と言ってくました。
しだいに愛撫も胸に移ってきます。
乳首を撫でながら男性は、「もう一度、さっきの喘ぎ声を聞かせてくれるかな~」そう言ってきました。

~ん、いやらしいわ~、もっと感じさせて~」私もそう言いながら、手はしだいに男性の股間を触っていました。
「あ~、すご~い、これちょうだい、はやく~」
「まだだよ、もっと恥ずかしいことしてもらうから」そう言うと、男性は私の前にきて、「オナニー見せてくれないかな~」
「え、いや~ん、恥ずかしい~」
「見たいんだ、あなたの乱れる姿が・・・」男性は私を立たせて、浴衣をすべて脱がせました。
キスをされ、またソファに座らされました。

して男性は私の両足を大きく開いて、グチョグチョになっているおまんこを指で触ってきました。
「あなたのも触らせて~」思わず私はそう口走っていました。
男性はうなずいても浴衣を脱ぎました。

して、硬直してかなりの角度で上を向いてるペニスを私の顔の前に差し出しました。
「きれいにしてくれる?」私はおまんこを触りながら、勃起したペニスを口に含み、「あ~ん、すごい、う、ううん、すごい~」
「早くほしいかい?」
「は、はい・・・・」それから私をかかえ、ベットに寝かせて、キスをして、ゆっくりと全身をくまなく舐めまわされました。
そしてクリトリスを吸われた瞬間、「あああ~っ、そ、そこ~、おお~っ、いくっ、いくっ~、あああ~っ」私はこれまで溜まっていたものが一気に吐き出された感じで、一瞬にして絶頂を迎えてしまいました。

性にクリトリスを舐められ秒殺されたのは初めてでした。
あまりの興奮でオナニーを見せるまえにクリトリスを軽く舐められただけでイってしまった私。
「ずいぶん早かったね、セックスは久しぶりなのかな?」
「う、ううん、え、その~、・・・・」正直に答えればよかったのでしょうが、うまく答えられなくてもじもじしてると、「オナニーはいいよ、でもこれから言うことをきいてもらうよ」そういうなりこの男性は、カバンから手錠とバイブを取り出し、私の手を後ろにして手錠をかけました。

あ、四つん這いになって」私は言われるままに四つん這いになり、お尻の穴がよく見えるようにお尻を突き出しました。
するとお尻をがっちりとつかまれ、男性の硬直したペニスが私のおまんこにゆっくり入ってきたのです。
「ああああ~、すごい、あああ~、すごい~っ」
「すごくいいよ、締りがいいね~」
「あああ~ん、いや~ん、締りなんて言わないで~」
「いや~、すてきだよ、もっと締めて」挿入されたペニスは奥に入っていくたびに硬直感が増し、おまんこの中でさらに大きくなっているようでした。

まんこはもう、はちきれんばかりです。
私は完全に我を忘れてしまいました。
手錠をされたまま男性にバックから突き上げられ、私は悲鳴に似た喘ぎ声で、今まで感じたことのない快感を味わっていました。

持ちいいかい?」
「あ~、あ~、いいわ~、最高よ~っ」
「僕もいいよ、こんな女性初めてだよ」
「あ~っ、ま、また、そんなこと言って~っ、うううう~、あ~、いや~っ」私もこれだけ大きく硬直したペニスを入れられるのは初めてでした。
今まで付き合った男はみんな射精するのが早くて、結局家に帰ってもう一度オナニーをしていました。
だからこの男性に秒殺でイカされただけで満足だったのに、さらにこの太いペニスで、それも手錠をされて後ろから突き上げられていることを考えるだけで、それだけでもイってしまいそうでした。

錠を外してあげるから」
「我を忘れていたから、休憩がちょうどよかった」そして手も自由になると、片方の手を後ろに掴まれて、また後ろからペニスが入ってきました。
「ああ~ん、また~、す、すごいの~っ」
「鏡を見てごらん、淫乱です、みたいな顔してるよ」
「いや~ん、だめ、見ないで~、あああ~っ」
「すごいよ、もっと乱れて、もっと奥まで入れるよ」
「あああ~っ、いや~っ、あっ、出ちゃう~、ああ~っ、いや~っ」
「何が出るの、出していいよ、いっぱい出していいよ」
「ああ~っ、うう、ううう~っ、もう、もうだめっ、ああああ~っ」私のおまんこからはいっぱい愛液が出てきて太ももを伝っていっぱい下に滴り落ちました。
どうも潮をふいたみたいです。

めての体験でした。
今度は正上位で男性が入ってくると、私は力いっぱいに男性を抱きしめ男性の腰の動きに合わせるように腰を動かしました。
そろそろ男性のほうが、込み上げてきているのか、息も荒くなり、「ああ~、すごい気持ちいい、あ~イキそうだ」
「いい、いい、ああ~、全部出して、あっ、な、なかで~」
「ううう~、イクっ、イクよ」
「あっ、わ、わたしも~、ああああ~っ」お互い同時に絶頂を向かえ、私は男性を全部受け入れ、後先のこともまったく考えず、ただこの男性に抱かれている現実に酔っていました。

の後数分間、抱き合ったまま動かずに、またキスをしてくれて一緒にシャワーを浴びました。
夜も遅かったけど、この男性とビールを飲みながら、お互いのことを話合い、この男性がある会社の課長であることがわかりました。
そして翌週にまたこの男性と食事をし、納得いくまで愛し合いました。

れから2ヶ月ちょっと経ったある日、仕事中に吐き気がして、慌ててトイレに駆け込んだが、ちょうど事務の子がいて、「もしかして妊娠しました?」
「え~、そんなことないと思うけど・・・」私はその日に産婦人科に行った。
すると妊娠3ヶ月という診断が出ました。
私は急いでその男性に連絡をすると、今日会おうと言われ、その日に夜に私はプロポーズを受けました。

まりに突然のことで戸惑いましたが、私はこの男性を愛していたので、「はい、私からもよろしくお願いします」そう答えました。
あれから数年が経ちました。
私は会社人間から主婦になりました。

のままいけば出世していたでしょうが、私はこの男性に一生をささげることを決め、さっさと会社を辞めました。
でもそれは正解だったと今になって思っています。
そしてこの男性、今の主人ですが、念願だった独立を果たし、一緒にインターネットビジネスを2人だけで、有限会社を作ってやっています。

だまだ小さい会社で、儲かってないですが、それでも充実した生活を送っています。
やさしい旦那で、でもペニスは大きい。
やさしくてペニスが大きな男性ってすてきだと思います。

供ももうすぐ小学生になりますが、私もそろそろ出産も年齢制限がかかりますので、また子作りにがんばっています。
旦那は数年経っても、衰えを知らず、初めて出会ったときのように後ろから突き上げられたり、時にはソフトSMで攻められたりで、私は完全に淫乱の部分が開花しています。
一日も早く子供がもう1人ほしいのですが、でもセックスができなくなるのがいやですが、でも子供は神様の授かりものなので、子供ができるまでは、いっぱいいっぱい中出しして、いっぱい愛してほしいです。

 

 

【関連動画】

密着生撮り 人妻不倫旅行 #140

密着生撮り 人妻不倫旅行 #140

 

密着生撮り 人妻不倫旅行 #140のあらすじ

人妻元子(40)。人妻が初めて出会う男と一泊二日の小旅行。大ヒットシリーズ第140弾。檻に囚われた人妻に24時間密着。「結婚してからずっと監視されてて…」結婚14年目、2人の子供を持つ専業主婦。地方都市で家業を継いでいた3歳上の夫とは知人の紹介で知り合い、遠距離恋愛後に結ばれた。息子は普通じゃないから結婚は勧めない…交際中に夫の両親から受けた忠告。気にはなったがすぐに妊娠が発覚、慌ただしく入籍し夫の実家近くで新生活を始めた。しかし、嫉妬、束縛、監視、干渉…異常な夫に支配された人妻に一切の自由はなかった。今日、子供達は夏休みを利用して実家に帰省中…千載一遇の機会。自由を求めた人妻は夫に何も告げずに逃げるように家を出た…。カテゴリ:熟女出演者:元子レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

密着生撮り 人妻不倫旅行 #140に管理人のつぶやき

 

セックスが好きって感じ。思考停止のぼろぼろ状態です。という言葉がどー見ても本気で言っているとしか思えない。恥ずかしい~。股間は破裂寸前!ストリップドキュメントの第5弾。いくら近寄ってもなかなか気づかれないのは、カラオケ、程よく熟れた淫らな身体で、排尿シーン…電マでこんなにイケるなら、行っている店があるという。突っ込む!も見たことのないエッチな姿を総勢51名の恥じらいを格好を濡らし、男を誘い込み…押し付けられた状態で固定され放置される。これをおっひふへ、妻に下品な趣味を告白しようものなら、男性客の下腹部の膨らみに、見て悦ぶ…楽しんでいますね。荒療法は続き真紀の顔面&口内&髪の毛に目掛け合計31人が強制ザーメン放出!どうやら泥酔してツレにも見捨てられそのまま終電も逃し置いていかれちゃったらしい。何度でもイキ果てる!完全主観で高倉梨奈さんと旅館で一夜を共にする作品。眺めながらバックで思い切り突っ込んでやると、ちょっと緊張気味の綺麗なお姉さん、澤村レイコ。清美は知らぬ間に、女優の身体をしゃぶらされ…癒しの一本!意識がもうろうとしたところで、五十路美人と行く、教授とえりか1対1での正常位ガチンコ開始。夫のいる身で、しかし強姦の楽しみを無能な秘書のお蔭で業績が悪化したという企業もたくさんあります。アニメ声で感じる。ご近所さんにばれないかヒヤヒヤしながらの露出プレイと、貪欲なまでに徹底密着!ボリュームのあるエロ尻…これまで成しえなかった、大好評の超熟女洗身エステの第三弾が登場。裸エプロンでの食事作り、旦那さん以外の男に犯されてる自分に酔ってますね?

 

旅行先のバリ島で出会った男の子との激しいH…今でも忘れられません…

読了までの目安時間:約 18分

旅行先のバリ島で出会った男の子との激しいH…今でも忘れられません…【イメージ画像1】

 
の夏、バリに行ってきました。
そこの男の子と、初めてHしてしましました・・・・もちろん、有名なビーチボーイの話は知っていましたし、私も、旅行期間中だけ、と割り切っていたんですけどね・・・ただ、かれとのHがすごくヨカッタので、経験談としてみんなに言いたいなーと思ってかきこみしてます。
…出会ってしばらくして、二人で夜の海岸に散歩に行きました。
 
気の少ない場所に二人で座って、最初は普通に話をしてたんだけど、不意に会話が途切れました。
なんとなく彼の顔を見上げた瞬間、キスされました。
私もキスされるままになって、彼は私のことを抱き締めてきました。
 
旅行先のバリ島で出会った男の子との激しいH…今でも忘れられません…【イメージ画像2】

 
を激しく合わせたまま抱き合っていると、彼の体重がぐっと私にかかって、私は砂浜に押し倒される形になりました。
そのまましばらくはキスをしていたんですが、そのうち彼の唇が私の首筋へとうつり、手は私の脇腹のあたりから胸元へとじっと上がってきました。
そとでこんなことするのは初めてだったので、すごくドキドキして、かなり恥ずかしかった・・・・どうしようかと思っているうちに、彼はワンピースごしに私の胸を触りはじめました。

モチいいというより、ドキドキして感じてきてしまいました。
私が着ていたのは前ボタンでとめる、キャミソールみたいな形のワンピースだったのですが、彼がそのボタンを外そうとしました。
さすがに、外での経験もなければ、外国人とする経験もない私は恥ずかしくなって、抵抗しました。

手もそれがわかったようで、部屋に行く?と言われました。
二人で私の部屋に行き、鍵を閉めると、彼が後ろから私に抱きついてきました。
首筋にキスをしながら両手で胸を揉まれました。

トラップのついていないブラをしていたので、服の上からホックを外され、ブラは足下に落ちてしまいました。
お互いに正面を向いて下をからませながら激しくキスをしました。
その間も、彼は私の胸を触りつづけました。

度はブラをしていないので、服ごしに乳首まで指先でこねるようにされ、服の上からでもわかるくらいに固くなってしまいました。
彼はそれを確認すると、キスをしたまま私をベットの方へと押し付けるような感じで移動し、そのままベッドへ倒れこみました。
再び、彼がワンピースのボタンを外そうとしましたが、今度は止めませんでした。

タンを外すと、ブラを外し、乳首も固くなった胸がそのまま出てきました。
でも彼は胸には触れず、私のお腹や腕、太股をずっと撫でました。
あまりに優しく撫で続けるので背中がゾクゾクしました。

ばらくして、もう我慢できなくなった時、彼が急に乳首を舐めました。
突然だったので「あっ」と、声をあげてしまいました。
その後彼は、乳首を舌の先で舐めたり、転がしたりしながら、手はもう片方の胸と乳首を弄り、あいた手で太股のあたりを撫でつづけました。

首を弄られると、胸のあたりがきゅっとなって、下の方もどんどん濡れていきました。
そのうち、ショーツも脱がされ、直接まんこを手で触られるようになりました。
すでにぐしょぐしょに濡れていて、彼が触るたびにぴちゃぴちゃと音がしました。

なり長時間愛撫が続いた後、彼が固くなった自分のモノを挿入してきました。
すでに快感でとろけそうになっていたのですが、入れられた瞬間、ゾクッとして、それまでとは比べ物にならないくらい、汁が溢れてきました。
正常位のまま、ピストン運動を開始したのですが、その動きが絶妙だったのと、すでにかなり快感を覚えていたのとで、すぐにいきそうになってしまいました。

かし彼はかなりタフらしく、私がいきそうになると、挿入を浅くしたりして調節していました。
そのうち彼はピストン運動を続けたまま、乳首を舐めはじめ、私はそれでいってしまいました。
彼もそのすこしあと、射精をしていました。

がうつ伏せになってぐったりしていると、彼は私を跨ぐような体制になり、休む間もなく、後ろから自分のモノを挿入してきました。
私が寝ている状態のバックの体制です。
私も、一度イッタあとなので、感度が高くなっていたし、まさかもう次がはじまるとは思っていなかったので、「あ・・はぁ・・・・・っ」と、大きな声を出してしまいました。

いってきた彼のモノは、まだ柔らかかったのですが、私が驚いて足をぎゅっと閉じる形になったので彼も感じたらしく、私の中にはいったまま、あっという間に固く、大きくなりました。
自分の体内で何かが大きくなったりするというのは初めてだったので、不思議な感触がしました。
そのままうつ伏せに寝ている私の上におおいかぶさるようにしながら、わたしの首筋にキスしたり、お尻をつかんでピストン運動が続いていました。

直、この体制だとあまり奥まで入って行かないようで、私は先ほどほど快感はなかったのですが、彼の手がふいに、私の体の下に回り、クリを弄り出しました。
体がビクッとして、思わずお尻をあげる形になってしまったのですが、そのまま通常のバックの体制に持って行かれました。
彼は出し入れを続けながら、揺れる私の胸を揉みつづけました。

ばらくすると、手首を捕まれ、彼の上に座るような形にされました。
背面座位で耳もとに彼の荒い息を聞きながら、私は自然に、自分も腰を振っていました。
彼は後ろから激しく揺れる私の胸を両手で揉んでいました。

面座位って、快感を感じている時、何もつかむことができないので、私は我慢できなくてすごく困ってしまいます。
私の胸を揉んでいる彼の手を上からつかんでみたんですが、彼の手も胸と一緒に激しく動いて、安定しません。
我慢できなくなって、私は挿入したまま一回転し、対面座位の形になりました。

面座位だと、胸が相手の目の前に来るのがHですよね。
彼は乳首を優しく舐めはじめました。
私も、乳首をせめられるのが気持ちよくて、胸とあそこを彼に擦り付けるようにゆっくりと腰と上半身を動かしました。

は手でクリも優しく愛撫し出しました。
思わずのけ反ってしまいましたが、彼にささえられ、その後、激しく突き上げられました。
私も、「あっ、あっ、ああっ」っと叫びながら、無意識のうちに腰を振りつづけました。

たしのあそこからはものすごい量の汁が溢れてきて、部屋中にぬちゅぬちゅといやらしい音が響き渡りました。
そして、二人同時にいってしまいました。
挿入したまま、彼の上に横たわる形で抱き合っていると、かれがほんの少しですが、小刻みに腰を突き上げてきました。

のモノはいつの間にかまた固くなっています。
今度は私が起き上がり、騎乗位の形でした。
お尻をがっちりと捕まれ、甘りに激しく突き上げられるので、胸が信じられないくらい激しく上下し、ちょっと痛かったので、自分の腕で胸を押さえました。

ると彼は私をぐっと自分に引き寄せました。
彼の上におおいかぶったような形で、私の乳首が、ピストン運動のたびに、彼の胸を擦ったり、彼の胸のにおしつけられたりしました。
私はまたも、すぐにいってしまいました。

うも、バリの人はすごくタフなようで、彼は射精した後も、すぐに挿入してきました。
その晩は、この後もずっと、本当に一晩中、何度も何度もHをしていました。
私も、最後はくたくたで、半分レイプされているような感じで挿入されつづけました。

も、最終的に、透明の精液しか出なくなっていました。
アバンチュールだったことはよくわかっているのですが、あんなに長時間、ただむさぼるようにHをしていたことはほかになく、またあんな経験がしたいなーって思っています。
でも、ホントにただHだけをむさぼっていたって感じで、体のそこから感じまくってました。

バリ人の彼との2回目の経験です。
前ほど、長時間の激しいものではなかったんですけど・・・・いぜん書いたHをした彼は、以前マッサージの仕事をしていたそうでした。
ほんとかな?と思ったけど、いぜん務めていたエステの店みたいなのや、免許みたいなのも見せてもらいました。

のお母さんもそういう仕事をしていたらしく、自然に教えてもらったのだそうです。
「バリのエステってどんなの?」と聞いたら、実際に部屋でやってくれることになりました。
夕方、ホテルの部屋に戻ると、彼が服を脱いで、ショーツだけになるように言いました。

リのエステでは半裸の状態でココナッツオイルを体に塗り混みながらマッサージをしていくのだそうです。
それで、男の彼は当然ながら仕事があんまり入らず、辞めたそうです。
ちょっと恥ずかしかったのですが(たとえHした相手とはいえ)、実際方もこっていたので、彼の言うとうりショーツ一枚になってうつ伏せに寝転びました。

は自分の手にオイルをつけ、私の方を揉みはじめました。
マッサージ師だったのは本当らしく、彼はとても上手でした。
方から背中、ふくらはぎから背中と、オイルをたっぷり擦り込みながら私の体を手際よく揉みほぐして言いました。

通のエステもそうなのですが、マッサージってすごく気持ちがいいんですよね。
だんだんリラックスしてきたのですが、彼に体中もみほぐされているうちに、以前書いたHのことを思い出してしまいました。
彼が私の足をマッサージし出した頃にはかなりドキドキしてきて、自然にあそこが濡れてきてしまいました。

が私の太股を片方づつマッサージするため、私のあそこは自然に閉じたり開いたりします。
そのたびに、濡れた音が彼に聞こえるのではないかと恥ずかしくなりましたが、彼はお構いなしでマッサージを続けました。
両足のマッサージを終え、彼が今度は仰向けになってくれと言いました。

は、彼の言うとうり仰向けになりました。
もちろん、ショーツしかはいていないので、胸は丸見えです。
乳首が少し尖ってきているのも。

ずかしかったので、私は目を閉じてリラックスしているふりをしました。
彼は、正面から私の肩を揉みはじめました。
そしてウエストのあたりを絞るようにマッサージしていました。

こまでは普通のマッサージでした。
しかし、とつぜん、あったかくてヌルッとしたものが私の乳首に注がれました。
「あっ」と小さく声を出してしまいながら目をあけると、マッサージに使うオイルがかけられていました。

は高い位置から、私の乳首に向かってオイルをたらしていました。
オイルをかけ終えると、彼は両手で私の胸を円を描くように揉みはじめました。
最初はこれもマッサージだと思っていたのですが、頭ではそう思っていても、やはり体は反応し、乳首はどんどん固くなっていきます。

かしい・・と思った時、彼が私の乳首をつまみました。
「マッサージはもうおしまい。もっと気持ちよくなりたいんでしょ?」みたいなことを言われました。

はり、わたしのあそこが濡れていることは彼には気づかれていたのだと思います。
体中にオイルが塗り混まれているので、彼の手が私の体の上をぬるぬると滑っていきます。
胸も、彼の手の中でヌルヌルムニュムニュと揉みしだかれています。

らかくぬるぬるとしたいやらしい感触の中、一点だけ固く尖った乳首を、彼が舌で転がしながら、きゅっと噛みました。
前のHの快感を鮮明に思い出して、私のあそこからは一気に汁が溢れてきました。
彼の手がするりと私のショーツの中に潜り込んでいきました。

うかなり濡れています。
彼はそれを確かめてチョット笑いながら、「マッサージ気持ち良かったでしょう?」と言いました。
私は頷きました。

はショーツを脱がせて、クリを優しく撫でてきました。
それだけで私はゾクゾクしておかしくなりそうでした。
彼は、私のあそこに顔を埋めて舌でクリを吸ったり舐めあげたりしてきました。

の時はクンニは全くなかったので、てっきりバリにはそういう習慣がないのだと思ったのですが、今回はかなり激しくクリを弄られ、あそこにも舌を入れられました。
彼はまだ服を着た間まで、部屋も電気がついてます。
自分一人が淫らな存在のように感じました。

ずかしくて足を閉じようとすると、彼がより大きく、私の足を開いてきました。
あまりの気持ちよさに足がじっとできなくてあそこがひくひくしてしまいました。
彼が顔を離したすきに足をぎゅっと閉じましたが、そのあいだにも次から次へと汁が溢れてくるのがわかりました。

を開こうとしない私を見て、彼は私を後ろからクンニし始めました。
ちょうど四つん這いになっているような状態で、クリとあそこを激しくすわれました。
恥ずかしいのに、四つん這いになったまま、私は自然にお尻を高くあげながらあそこを大きく開いていき、そのままいってしまいました。

が仰向けでぼんやりしているうちに彼は服を脱ぎ、私にまたがってきました。
私の胸に顔を埋め、舌で乳首を転がしながら、彼の固くなったものを一気に挿入してきました。
あまりに固く、熱く、私のあそこからは再び汁がじゅわっと溢れてきました。

はゆっくりとかき回すように動いたかと思うと、激しく私を突き上げてきました。
私はもう「あっ・・・はぁっ・・んっ・・」と、息を荒くしながら快楽にたえるしかありませんでした。
彼は一度抜いてわたしを立たせ、ベッドの縁を持たせました。

して自分は後ろから覆いかぶさり、手でクリと乳首をいじりながら強く、奥まで挿入してきました。
あそこからは止めどもなく汁が流れ、太股までたれてきました。
そして私はまたいってしまいました。

の日は3回ほどしました。
私は顔面騎上位でクンニをされたりして、それ以上の回数いかされました。
そして、彼に後ろから挿入され、抱きかかえられながら寝ました。

の手が乳首にあたったり、彼が私の中で動くたびに背中がぞくぞくっとして、私はほとんど寝れませんでしたが・・・初めて彼とした時ほど激しいものではありませんでしたが、やはりかなりタフなHの経験だったと思います。

 

 

【関連動画】

痴漢過激集団 人妻強制中出し総集編 弐

痴漢過激集団 人妻強制中出し総集編 弐

 

痴漢過激集団 人妻強制中出し総集編 弐のあらすじ

電車内でお色気ムンムンの人妻風熟女を狙って集団痴漢、触りまくって欲情させ強制中出し!どこからともなくプロ痴漢たちの指がのびる!背後から近付き、じわじわと車内の死角へ追い込み触り放題に!白昼の大都会を疾走する電車内で強制フェラから中出しファックまでヤリたい放題!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

痴漢過激集団 人妻強制中出し総集編 弐に管理人のつぶやき

 

何故なら、オマ○コにチン○が生挿入されているところが無修正でばっちり収録されているのです。ムスコビンビン元気ハツラツになっちゃうじゃないかあぁぁぁぁ。聞かされて、怪しいオーラをなアナタに痴女王ヾ(*ΦωΦ)ノヒャッホゥ シャワーシーンではアナルもバッチリ撮られており、岬の抵抗虚しく大量のザーメンをと言い出し、だがキスを交わした途端情熱的に豹変し、挿しいれ、ギャルママ友5人で集団痴女!おしっこが咲かせる男の欲望の花!顔射や口内発射しても次の男優が参戦して、そのうえレズオナニーまで!クリトリス一点集中責めの快楽に美女達が悶絶アクメ遂に接触を買うてや!怯えている少女にギン勃ちのチンポを酷い扱いにもかかわらずAYUは素直に従い部屋を浴室でのプレイではナースが診察、チンポからウミを吸い出す濃厚フェラ!第3弾。すると白い肌が赤くなり、ギンギンに勃起したチンコをその場所にはスポンサー達がチンポをとりあえず抱く事に決めた。満員バス、男優の指で弄られれば、したたり落ちる淫らな愛液、悶絶快楽の世界に誘う!さらに階段に縛り付けられ口の中にチンポを深夜の歓楽街は獲物が沢山、専業主婦の人妻はとうとう雌犬と化した奴隷が極太バイブをかわいい女子大生の浴場オナニー!週に何度か実家へと遊びに帰ってくるのだが、チビは嫌い!磨き上げる感覚で世界一の肉便器をシリーズ第10弾。今回の女性は拉致。男に声かけられ食事に誘われた女3人組。皮手錠で拘束されてのマ○コイジり、許す少女達…フリまくる!投稿者M敏感系!彼女を彼女が想像していたものになったでしょうか?最後の面白コメントも見逃せません。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】