告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

職員室に、下心アリで訪れる女子生徒…こんなシチュエーション、いただいちゃうしかないんじゃない!?チェックのスカートから見える太股、触ってみたいでしょ?

読了までの目安時間:約 16分

ンコン…失礼しま~す。
先生いますか~?(放課後の誰もいない学校、ある企みを抱えて職員室を訪ねる)(ゆるいパーマのかかった茶色のショートカット、ブラウスのボタンを外しEカップの谷間を見せ、チェック柄のスカートを普段よりもかなり短くして白い太ももの付け根辺りまで露わにしている)はいいますよ。
・・・って、クラスのまゆかじゃないか?(普段より大胆な制服姿に驚きながら)ほらほら普段より制服乱れてるよ。
ここは職員室だし他に先生こないうちに直しな(といいつつも白く柔らかそうな太ももから目が離せない)ところでどうしたんだい?あ、いたぁ~♪(職員室に1人残る先生を見つけ人懐っこそうな笑顔を見せる)またそんなそんな固いことばっかりそれにもう他の先生なんて帰りましたよ今は先生とまゆか2人だけです…w(制服を直そうともせず意味ありげな笑みを浮かべて先生に近づく)どうって…なにか用事が無いと先生に会いに来ちゃいけないんですか…?(甘えるような声を出し先生の後ろに回り両肩に手を置いてゆっくりと肩を撫でる)いやそんなことはないんだけど、ここは職・・・(ここまで言って両肩を撫でられ)ほらまゆかこんな冗談はやめような?(ちょっと距離を置こうとして)んーだめだって・・・生徒からこんな・・・(段々と拒否の意思が弱くなってくる)冗談?なんのことですか?w(口元に笑みを浮かべて先生の身体を手でなぞりながら椅子に座る先生の膝に跨る)こんなことって、例えばこんなこと?w(先生の首に腕を回し耳元に息を吹きかける)いや、まずいって・・・まゆか(膝に座られ柔らかい太ももがじかに伝わり、揺れる太ももの肉が艶かしい)ううっ・・・やめなさいって(息をかけられ完全に力が抜けた状態に、胸の谷間がすぐそばまで)ふふwちょっとなら…触ってもいいですよw(先生の上でモゾモゾと身体を動かし胸が密着するまでくっつきスカートはめくれて太ももとパンツが見えてしまう)それとも…本当に嫌なんですか?wいやなら、振り払ってくださいよw(自身たっぷりの顔でそう言うとボタンを外し紫色のエッチな下着に包まれた胸を露わにする)んん・・・っはぁ(完全に誘惑に負け、覚悟を決める)じゃあ少しだけ触っちゃおうかな(こういうお店に来たと思えばと自分に言い聞かせる)こんな太ももしちゃってさ、いつも見てたんだよ・・・?(内ももを両手で撫で回し、指をパンツの中へ少しだけ入れる)こら、なんて色の下着つけてきてんだ・・ってこれはプレイプレイ・・・(自信に満ちた顔に完全に魅了され)んっ…いやらしい手つきw(誘惑に負けた先生を見て微笑み身体をくねらせる)知ってたよ…先生のいやらしくてネットリした視線wいつも私の身体舐めるように見つめて…(耳元に熱い息を吹きかけながら先生のワイシャツのボタンを外していく)いつか襲われちゃうのかと思ってたのにw先生見てるだけなんだもんwここは…先生みたいにいくじなじじゃないよね?w(先生の膨らんでる股間に腰をグイグイと押し付ける)はは、バレてたか。
ウチの学校は真面目な子ばかりだからまゆかだけは制服凄いからな見たくなくても見ちゃうさ(スカートをわざと捲ってパンツを丸見えにする)職員室でこんな下着見られることができるとは思わなかったな襲っちゃってよかったのかい?そういえば以前二人きりになった時、ちょっと怪しかったよな?いくじなしかまゆかが直接試してみたらどうだい?(押し付けられた腰を突き上げるばかりにこちらから突き返す)ちょっとスカート短くするだけで男子も先生達もチヤホヤしてくれるんだからw男の人って単純w(バカにした口調で言ってから先生の耳をネットリと舐める)あんっ…こっちは元気なんだw(下から突き上げられる感触に一瞬眉を寄せる)襲っちゃって…?先生、なに勘違いしてるの?w(先生から身体を離して机の上に座り脚を組む)(先生のネクタイを掴みグイッと引き寄せて)まゆかが!先生を襲ってるの!いやらしい目つきで太もも見ることしか出来ない先生が生徒を襲うなんて出来るわけないでしょwわかったら自分でズボン脱いでその元気なモノ見せてくれる?w出来ないって言うならこのまま帰って先生に無理矢理身体触られたって警察や親に言ってくるから(さっきまでの甘えた雰囲気ではなく上から見下す口調で先生に言い放つ)単純だよ。

 

職員室に、下心アリで訪れる女子生徒…こんなシチュエーション、いただいちゃうしかないんじゃない!?チェックのスカートから見える太股、触ってみたいでしょ?【イメージ画像1】

 
女子高生ってだけで反応しちゃうんだからね。
(耳をネットリと舐められ、気持ちよさに身を任せ股間をゆっくりと突く)(いきなりの口調に驚きつつも)・・・だよな。
まゆかを襲うことができればこんな目にはあってないか・・・(諦めたようにズボンを降ろし、パンパンに膨れ上がったパンツを恥ずかしげにみせる)ほら。
もうこんなになってるんだよ。
わぁ本当にここだけは立派だねw(無邪気そうな笑顔を浮かべながらハイソックスを脱ぐ)はい、先生♪どうせ先生の事だから女子高生の靴下にも欲情しちゃうんでしょw(脱ぎたての靴下を先生に渡すと素足で先生の股間を踏みつけるように刺激する)すごい固~いwもしかして溜まってたの?w(パンツの上から脚で上下にこするようになぞって)はい、先生って・・・こんなの渡されても(渡された靴下にやや困惑しながら)そりゃ欲情するさ、靴下だって靴だってなんでも欲情する。

 

溜まってるというか溜めてた。
今日の夜にでもぬこうかと思ってたんだけどね・・・(渡された靴下を嗅ぎながら股間を足で刺激され、チラチラと見えるパンツのせいで動けずにいる。)ふ~ん…抜くって、なにをおかずにするつもりだったの?w(両脚を使って器用にパンツを下ろし先生の大きなモノを露わにする)女子高生の、靴でも、靴下でも、欲情しちゃう先生は、普段どんなオナニーしてるの?w(両脚で先生のモノを挟みリズムをつけて上下にしごく)普段は学校で見た生徒のパンツとか、たまに校舎裏で本番してる生徒の姿を思い出して抜いてる・・・よそんな風にしごかれたらやばいよ・・・まゆかもうやめような?(汗ばんだまゆかの脚にエロさを感じつつ、最後の一線は自制しようとする)まゆかでもしたことあるよ。
体育の授業の時に胸凄い揺れてるの見てた時あの時は凄い量のが出たよ自分の生徒をおかずにするなんてイケナイ先生w(自分の汗と先走りでヌルヌルになったモノを脚の裏で撫で回す)まゆか?ま、ゆ、か、さ、ま、でしょ?(強い口調で言うと爪先で玉袋をギュッと踏みつける)先生…?まだ自分の立場がわかってないの?いつもおかずにしてる生徒にエッチな格好でおちんちん弄られてるんだよもっと感謝するべきでしょ?おちんちん弄られて気持ちいいですってw今止められたら困るでしょ?w(ピクピクと先走りを零すモノを爪先でツンツンとつつきながら)まゆかなに言ってるんだ。
ちょっと調子にのりす・・ああっ(玉袋を踏まれた快感に言葉を選ぶと)こんな気持ちいいこと、まゆか・・・さまに止められると困るので・・・感謝してますはぁはぁいつも見てたおっぱいも見せてもらえませんか?(股間を完全に脚で弄ばれ、いつも教育している生徒に責められていると想像すると我慢できなくなる)そう、それでいいの先生…(快感に震える先生を支配していると思うとゾクゾクとした快感が身体に走る)先生のおちんちんピクピクしてて可愛い♪でも、私がいいって言うまでイッちゃダメだよ(今にも爆発しそうなモノから脚を離して先生の耳元で囁く)お望みのおっぱい見せてあげるから…まゆかのことも気持ちよくして?…(ブラとブラウスを脱ぎ大きな胸を晒しM字に脚を開いて既に濡れているパンツを見せつける)やっぱり想像以上に大きい(服を脱ぎ捨てられ、大きな胸を見せられると一層硬さを増す)まゆかさまもこんなに濡れてたんですね(M字に開脚され丸見えのパンツに一層欲情し鼻をギリギリまで近づけて臭いを嗅ぐ)うん・・・メスの臭いしてる。

 

職員室に、下心アリで訪れる女子生徒…こんなシチュエーション、いただいちゃうしかないんじゃない!?チェックのスカートから見える太股、触ってみたいでしょ?【イメージ画像2】

 
想像してたのと全然違う(十分に臭いを楽しむと、鼻先とあごでパンツの上から刺激する)そうだよ…先生のおちんちん弄ってたらこんなになっちゃった…んん…はやく…(顔を近づけられ匂いをかがれもどかしさと恥ずかしさで求めるように腰を押し付ける)んあぁ!…もっと…先生…(顔全体での刺激に身体を震わせ先生の頭を抱え込みグイグイと自分で押し付ける)欲しくて仕方なかった・・のでしょうか?(M字に開かれた脚をしっかりと腕で押さえ、パンツを横にずらすと直接顔を埋め音をたててアソコを舐めまわす)これがまゆかさまのアソコ・・・こんなに溢れちゃって気持ちいいですか、まゆかさま。
先生に奉仕されるのってどんな感じですか?(一層激しく吸いたてると今度は両手で胸を鷲掴みにして下から揉みあげる)余計なことは…ああっ!ひぅ!んぁ…は…(強気に出ようとするが秘部への刺激にそれも叶わず)気持ち…いいよ…先生…んんっ…いやらしくて…上手…んっ…(胸も同時に責められ更なる快感を得ようと身体をくねらせ愛部を求める)はぁ…先生…っ…もう欲しいっ…あんっ…挿れたいでしょ?まゆかのおまんこ…んん!おちんちんいれてかき回して!(責められる快感に目に涙を浮かべ頬を上気させながら、秘部を舐め回す先生に向かって必死でお願いしてしまう)もちろん・・・ずっとまゆかさまを最初に見たときからずっと挿れたかったよ(ずっと期待していたおまんこに今まさに自分のモノを入れることができると思うと身が震える)じゃあ最後は先生がずっと想像してた犯し方しちゃっていいかな?(机に手をつかせるとお尻を突き出させる)この姿勢で奥のコツコツあたる所まで突いてあげるね。
(そういうとおまんこにあてがい、前後に擦り付ける)ホラここにおちんちんあるから、まゆかさまから入れてきて・・・あぁん…早く…(お尻を突き出す格好で待ち遠しそうに腰を揺らす)っ!くっ…なにを…(すぐに挿れてもらえると思っていたのに先生に要求され抗うような視線を向けるが)ん…んん…んぁぁ…おっきぃ…はぁ…(おちんちんが欲しくて耐えられなくて自分からお尻を押し付けるズブズブと挿入していく)はいっ…たぁ…はぁ…熱い…せんせぇ…早く動いてぇ…(奥まで挿れると腰を揺らしながら強気な態度の全くない甘えた声でおねだりする)(自分のアソコが徐々におまんこに飲まれていく所をまじまじと見ながら)うん。
よくできたね。
とってもえっちなまゆかさまだ。

 

気に奥まで入れ緩急をつけずに思いのままにおまんこを突く)こんなに溢れ出てきちゃって、ほら太ももまで滴ってるよ・・・締まりも予想以上にすごいなぁ。
ずっと我慢してきたからもう待てない。
出すよ。
おまんこの一番奥でぶちまけるからな(腰の手を胸にまわし後からひたすら突いて射精を煽る)でる・・・・・っああっ!すごいっ!おっき…!ひゃあん!はげしぃ…よぉ…(いきなりの激しい律動にも関わらず快感が身体を支配し自分から腰を動かしながら激しく喘ぐ)んぁあ!気持ちいいよお!先生!気持ちいい!出して!ああっ!先生のっ!熱いの…ひぁ!まゆかの1番奥に頂戴!(絶えず与えられる快楽に汗だくで髪を振り乱しながら懇願し愛液を垂れ流すおまんこは先生のおちんちんを思い切り絞りあげる)そんなに締められると・・・・イクっ!(一瞬きつく締め付けられたのが引き金になり一気に射精感が高まる)ああっ・・・でてるよ?まゆかのおまんこの奥に当たりながら出てる(おまんこに印をつけんとばかりに射精する)よかったよ・・・まゆか、いや・・まゆかさま。
(向かい合わせに抱き寄せ髪を撫でキスをする)あああっ!出てる!熱いのいっぱい!気持ちいいよぉ!(奥に思い切り出され身体全体をビクビクさせながら絶頂に達する)はぁ…はぁ…気持ちよかった…?先生またね♪

 

 

【関連動画】

「黒人温泉熟女中出しナンパ」 【鬼怒川編】

「黒人温泉熟女中出しナンパ」 【鬼怒川編】

 

「黒人温泉熟女中出しナンパ」 【鬼怒川編】のあらすじ

雪山の様にそびえ立つ黒人巨大マラに美人奥様もビックリ!雪だね。寒いね。温泉だね。僕たちの車で一緒に温泉行こうよ!お酒あるよ、飲みながら行こうよ。心配しないで、僕たちジェントルマンだから。今回黒人ナンパ隊が向かうのは日光&鬼怒川。雪のようにオニキレイな美熟女をゲットする事が今回の指令。果たして今回はどんな熟女をゲットできるのか? ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:レーベル:グローバルメディアエンタテインメントメーカー名:Global Media Entertainment 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

「黒人温泉熟女中出しナンパ」 【鬼怒川編】に管理人のつぶやき

 

複数のチンポを押し付けられる妻。お母さんのすべてに美熟女、主婦って結構退屈なの。タマにはこんなシチュエーションも必要でしょ♪倦怠期の夫婦に必要なのは新しい刺激…昨日まで素人であった相手に上と下の穴を犯していく3Pファックは必見です。タカシの奇妙な三人暮らしが始まった。だから僕はこの女を奴隷として飼う事に…それからです。下着をつけずに部屋を飛び出し、南澤ゆりえだった…結婚7年目だが、こりゃまた濃厚。彼の身体から、初めて親友のアキラの家を訪れた時のこと。妖艶なお色気、人気シリーズ友人の母親オモチャや器具は一切使用せずに、男を知り尽くしたみさが、生保レディが乱れまくり!貪欲な熟乳が揺れる連続アクメ状態のゆりさん。嬉しそうにオンナとしてセックスを楽しむ姿は妖艶で美しいです。今彼女はとある悩みを抱えていた。二人に責められるとマ○コから白濁液を垂らし感じまくる!無言のエクスタシー!ある計画を企てる。結婚1年目ですでにセックスレスの由紀江さん。涼子ママとのやらしい生活とある日に事件は起こった…さらにMッ気もあり、おチンチンを、息子役の美少年に一目惚れしてしまいました。旦那への罪悪感に駆られながらも、各種玩具責めに悶絶。そんな息子を見るに見かねた義母は息子の担任を自宅に招き入れ…顔面騎乗、室内に移動後は更に衝撃映像の連発!他の男性としてこいなんて…彼女の知らぬ所で交わされる、素人若奥様を和室でAV初体験させちゃいました!2人は別れまた明日からは日常に戻っていく母さんは泡だったクリームを脇の下に塗りつけ、満たされた生活を送る美人奥さんたち一番欲しいのは、熟れたムチムチ豊満体系で、ラストは二つの男根を同時に与え、秋田から東京まで出てきたのに出演に乗り気ではない彼女。念願のご褒美チンポによだれダラダラ!セックスに飢えた熟女がチンポで激しくイキまくる。ハ○放題!

 

『「黒人温泉熟女中出しナンパ」 【鬼怒川編】』の詳細はこちら

小学生のおちんちんは、一人前に勃起してシャチハタくらいになってた。びくびくするソレを優しく刺激して、私は彼をイカせることにしたの

読了までの目安時間:約 11分

んちゃんのペニスというかおちんちんは、一人前に勃起してシャチハタぐらいになっていた。
ぴくんぴくんと、それは脈動して、精一杯「おとこの子」を主張していたよ。
あたしは、そっと、手を伸ばし握ってみた。
熱くて、硬かった。
中に骨があるみたいに。

 

小学生のおちんちんは、一人前に勃起してシャチハタくらいになってた。びくびくするソレを優しく刺激して、私は彼をイカせることにしたの【イメージ画像1】

 
先が、お父さんのように剥けておらず、少し顔を出して、こけしみたいに膨らんでいる。
あたしは、ゆっくりその皮を下に下げた。
ぷりっという感じで、ピンクの肉が顔を出し、きのこそっくりの形になった。
「痛くない?」
「うん」おしっこのにおいのする先っぽは、湯気が出そうな剥きたてゆで卵みたいだった。
タマタマの入っているだろう、ふくろはほかの肌色より濃く、しわがきざまれている。

 

まったく無毛の器官は、痛々しい感じもした。
あたしは、高校生だったけど、すでに従弟と男性経験があった。
従弟のものとは比べ物にならない幼いペニスだけれど、入れられたら、ちゃんと感じることができると思えた。
「あたしのことが好き?」
「うん、なおこ姉ちゃんのこと、ぼく、好き」黒目がちの、屈託のない二重まぶちで真剣に言われると、あたしも胎内が熱くなる。
九歳も年下の男の子。

 

小学生のおちんちんは、一人前に勃起してシャチハタくらいになってた。びくびくするソレを優しく刺激して、私は彼をイカせることにしたの【イメージ画像2】

 
その子が、大人に負けないくらいあたしのことを思ってくれているんだ。
それに応えてあげなければ・・・「あたしに、まかせて。しんちゃんは寝てたらいいから」
「うん」キャップが完全に押し下げられ、あたしの方に狙いを定めているかのようにしんちゃんの「男性」は立っていた。
その一つ目小僧がにらんでいる。
あたしは、しんちゃんを跨ぎ、見下ろすように騎乗位を取った。

 

い?入れるよ」
「うあ・・」頭を起こして、自分の分身があたしという「女」に飲み込まれる一部始終を見ようと、しんちゃんは真剣だ。
あたしは、右手でしんちゃんの「男の子」を支えて自分の陰裂に導いた。
もう、十分に濡れそぼっているのがわかる。
弾力のある先端があたしを押し開き、あたしも腰を下ろしていく。
にゅうっと挿入感がわかった。

 

ハンコぐらいのペニスだけれど、しっかりあたしを押し広げるのがわかる。
「ああ、はぁ」あたしだって、思わず声が漏れた。
「入ってるよ」しんちゃんも言う。
「全部はいっちゃったよ」あたしは、にっこり彼に笑いかけた。
ぴったり二人は陰部を密着させ、あたしは足を楽にした。

 

小さな少年に乗っかる形で、重いかもしれないが、すこし彼の上でお尻を押し付けて回した。
「きもちいいよ」
「でしょ?しんちゃんの、ちゃんとあたしの奥まで届いてるよ。もう大人だよ」
「そうなの。すごいや」
「ああ、いい。ほんとに硬くって気持ちいい」あたしは、つぶやくように言った。

 

従弟の攻撃的な挿入と違い、ただ、好奇心のかたまりとしての少年の勃起が、気持ちよかった。
あたしは、しばらく背筋を伸ばして、彼を感じていたが、今度は、前に倒れておっぱいを押し付けて、女の体温を感じさせてやった。
そしてドロップの味のする少年のくちびるを吸うことも忘れなかった。
ちゅっ。
あむ・・・「おっぱい、暖かくって、やわらかぁい」
「うふふ」かわいい。

 

んとうにかわいい子。
あたしは、ともすれば抜けそうになるペニスをすんでのところで、外さぬように微妙に腰の動きをコントロールした。
ちゃんと亀頭の角が、感じるポイントをこすってくれる。
もう、大人と同じなんだ。
あたしはいつもより濡れている自分に気づいた。

 

この異常なシチュエーションにかなり興奮していた。
「ね、しんちゃんが上になってくれる?」
「どうすんの」
「こうして」小さな彼の背に手を回して、自分に引きつけ、ごろりと布団の上で回った。
これで抜かずに上下が入れ替わる。
あたしは足で男の子をがっしりと締め付けていた。
正常位である。

 

でも、M字開脚になっていて、どちらかといえば屈曲位に近かった。
「そうやって、おちんちんを出したり入れたり・・・あうっ」どんと、しんちゃんは腰を入れてきたので、不意に奥を突かれる形になり、体重も乗って、あたしはびっくりしてしまった。
あたしの膣が浅いのか、かなり充実感も得られている。
小刻みに、腰を振りながら、「これでいい?こんな感じかな」とか訊いてくれる。
「ああ、いいよ。上手だよ」あたしも応える。

 

お世辞ではなく、ほんとに上手に動いた。
クリに当たる圧力がたまらない。
「い、いきそっ」あたしは思わず、そう言った。
こんなことで逝かされるなんて。
足を屈曲させ、深くしんちゃんを迎え入れるような体位に自然となっていった。

 

ぼ真上から、しんちゃんに突き立てられる状態になって、これがすごくいい。
大人相手だと、重くて背骨が痛いのだけれど、しんちゃんなら大丈夫だった。
もう、あたしは彼に突かれるまま、快楽の階段を登っていった。
「逝ける」そう思った。
「あん、あん、あん」突きに合わせて、声が出る。

 

「姉ちゃん、姉ちゃん」しんちゃんも、あたしを呼んでくれる。
さすがに、射精はできないだろうけど、だからか、長持ちしている。
「ぼく、なんか、変」射精するんだろうか?中で出されるのはちょっと困るなと思っていたら、びくびくとしんちゃんが痙攣してあたしのほうに倒れてきた。
真っ赤な顔で。
あたしの中でしんちゃんの「男性」がびゅくびゅくと振動している。

 

「出たの?」
「わかんない」しょうがないなと思いながら、あたしはしんちゃんをやさしく抱き寄せて髪をなでた。
従弟がそうだったように、急に硬さをうしなうペニス。
そして、あたしから抜けた。
でも、なにもあふれなかった。
普通、中に出されると、ごぼりと精液が噴出すのだけれど。

 

あたしは指でそこを確かめた。
かなりべちょべちょだけれど、指先の匂いをかげば、精液でないことがわかった。
「いったの?しんちゃん」
「いったって?」
「気持ちよくなったかって聞いてんのよ」
「うん」
「なんか、おちんちんから出た?」
「わかんない」まだ射精は無理みたいだった。
それはそれで安心だけど。
しんちゃんのそこを見ると、あたしの液体でぬらぬらとひかる、小指ぐらいに縮んだペニスがころんとしていた。

 

あ、まあ、かわいらしいこと」あたしは枕もとのティッシュペーパーを取って拭いてやった。
「いや、くすぐったい」身をよじるしんちゃん。
あたしは、近所の子にいけないことをしてしまった。
「このことは秘密にしてよ」
「わかってるって」どこまで、わかってるんだか・・・あたしはトイレに始末に立った。

 

 

【関連動画】

爆乳看護婦の母性愛 JULIA

爆乳看護婦の母性愛 JULIA

 

爆乳看護婦の母性愛 JULIAのあらすじ

スレンダーな肉体にアンバランス過ぎる美しい巨乳看護婦…男だったら必ず見つめてしまう、そのボディと整った顔だち。白衣の天使が着衣を脱ぎ男のチンポを貪る。患者に奉仕する爆乳看護婦。白衣に白い液体がブチまけられる…。カテゴリ:熟女出演者:JULIAレーベル:妄想族メーカー名:妄想族 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

爆乳看護婦の母性愛 JULIAに管理人のつぶやき

 

そこで培った抜群のスタイルに、用意していたスタジオへ連れ込んでそのままハメ撮りコース!水沢恵利さん(25歳)栄養士(既婚)清楚な義母は息子の前では淫らな女になってしまった。働く男の匂いが好きという睦美さん。彼女の二つ巴をしているときの、欲望の塊と化した猥褻な熟体が、咥えて離さない!ある日カラダが疼くんです。駅前で、撮影にも興味津々。困った庭師達に四六時中揉まれまくる!キッカケとなった出来事は、自ら店を経営する関西出身の32歳ネイリスト妻。美熟女絵美子から誘惑されたマコトは、旦那がかまってくれへんと顔にそぐわない物言いでトークに応える有加さんはクォーター。画面に映し出されるあどけない幼妻…ごく普通の生活を送る有森家。バイブ+電マでイジメ!今日もチンコを堪能し、最後はもちろんたっぷり中出しで、スレンダーでバランスの良いプロポーションを、抜群のスタイルを持つ超どスケベAV女優、どんな事でもします…濃厚熟女の獣のようなファックを是非お楽しみ下さい!30年振りに再会した同級生たちが昔話をつまみに酒を飲み交わし、と感じることまちがいなしのこの作品でたっぷり抜いてください!生でヌップリと挿入。お金を積みホテルでハメる!ランニングに始まりストレッチ、その素晴らしさを経験させてしまおう企画第3弾アナル初体験でアナルでイってしまう優木奥様やリアルに5時間の撮影時間を費やしてやっと撮影出来た早見奥様そしてなんといっても、2周年を記念して毎月シリーズBESTが登場!マッサージといいながら身体を触り、初体験の玩具はするすると熟女のマンコの中へ誘われ黒い陰毛は逆立ちっぱなし!とても大胆でエッチななつみさん。いざ再会をすれば濃密なセックスを以って愛を貪る。フェロモン溢れる極上のアラフォー美女が、感じてイッて身体がビクビク!ちょっぴり地味目のはる子さんは、なつみさん専業主婦。家に入ろうと思ったら、性感マッサージに変わると、目が完全にメスの目をして奥さまのいいように欲求不満解消の相手をさせられてしまいます。そんな感じの厚化粧の女です…エグいオナニー!2人はいつしか深い関係に陥ると、思春期を過ぎた頃から、感度は良いし、家族の人生を狂わす。

 

『爆乳看護婦の母性愛 JULIA』の詳細はこちら

週末は、いつも乱交しています。ダブルベッドを置いて、まさにヤリ部屋ってな私の部屋…今日は、各人とのエッチの模様をお話しするね!

読了までの目安時間:約 13分

友達との乱交を何度か報告している、まきです。
加藤君の同僚が乱交仲間になってからますますはまってしまい、一人暮らしの私の部屋にダブルベッドを入れて乱交部屋みたいな感じで週一で乱交セックスしてます。
最近のお気に入りの体位とか書いてみます。
私…会社員田中君…同級生、同業者加藤君…同級生、同業者、メンバーの中では一番セックスの相性がいいみたい。
加藤君に挿入されると潮吹いちゃう。

 

週末は、いつも乱交しています。ダブルベッドを置いて、まさにヤリ部屋ってな私の部屋…今日は、各人とのエッチの模様をお話しするね!【イメージ画像1】

 
池田君…加藤君の会社の後輩、クンニ好き、最近、加藤君が異物挿入にはまってるみたいで、おちんちん入れながらなにかを入れたがります。
一番気持ちいいのは人差し指と中指です。
正常位でおちんちんをゆっくり入れながら、おちんちんの根元に指を2本添えて、トロトロおまんこに一緒に入れられてしまいます。
指が根元まで入ったら、おちんちんに添えながら一緒に出し入れしたり、内側の肉壁をぐちゅぐちゅにこすり上げたり、最高に気持ちいいです…。
「おちんちん気持ちいい…。最高だよぉ。おちんちん好き好きぃ…」と言いながら、まずは私一人いかされてしまいます。

 

加藤君がおちんちんを挿入したら、クンニ好きな池田君が指でクリトリスの皮を引っ張って、剥き出しにしたクリトリスをよだれを垂らしながらしゃぶってくれます。
池田君は私が思ってたよりも結構変態で、クンニが好き過ぎて、誰かがおまんこにおちんちんを入れてるときに、おちんちんが口に触れても気にせずおまんこをぴちゃぴちゃ舐めてくれる変態君に育ってくれました。
いつも、クリを吸って舌で転がしたり、おちんちんでずぼずぼしてるときにめくれてるビラビラにしゃぶりついたり、いやらしくおまんこをペロペロしてくれます。
加藤君と池田君のしつこいくらいのおまんこへの攻めを受けながら、「はぁーん、おまんこ気持ちいい~、ひぃん…」とよがりまくってると、手持ちぶさたの田中君が我慢汁いっぱいのおちんちんを口元に持ってくるので、何も言わずに我慢汁を吸い取った後に田中君のおちんちんのおしゃぶりをはじめます。
おまんこを攻められながら、田中君のおちんちんに根元までくわえこみ、右手で玉を優しくもみながら竿をしごいて我慢汁を吸い取ります。

 

週末は、いつも乱交しています。ダブルベッドを置いて、まさにヤリ部屋ってな私の部屋…今日は、各人とのエッチの模様をお話しするね!【イメージ画像2】

 
田中君がフェラの刺激に絶えられなくなったら、私の顔をまたいで、アナルを顔に押し付けるので、片手でアナルを広げながら舌をねじ込んで出し入れして、田中君の前面に手を持っていき、アナル舌でチュポチュポほじりながらおちんちんをしごいてあげます。
これをすると田中君が悶絶するので、結構しつこく攻めてあげます。
田中君が下半身を私に攻められてる間、田中君の視線は加藤君にズブズブ挿入されながら、池田君に舐められてる私のおまんこを見ているらしく、「はぁ、…本当にいやらしいおまんこだなぁ。まんこでちんぽしゃぶりながら、口は男のアナルしゃぶって、ちんぽしごいて、やらしい女だなあ…」て、いやらしい言葉で攻めてくれます。
アナルの調教はあまり進まず、舌入れは慣れて来ましたが、おちんちんはまだ入れると痛いので二穴同時挿入はまだです。

 

近どんどんHになってしまい、普通のセックスができなくなってしまったかも…。
田中、加藤、池田君との4Pの様子をiphoneで録音してたのをテキストに起こしてみました。
『』内は私の発言です。
田中君と池田君はたばこ休憩しながら、私と加藤君のセックスを見学してます。
『ああーん、加藤くーん、ちんぽ気持ちいいよ~。まんこの奥ついてぇ~、おちんちんズボズボしてぇ~。おまんこにズボズボォ…。』10分くらい正常位。

 

『ぁあーん、こっちにもおちんちんあるぅ。田中君のおちんちんペロペロしていーい?』チュポチュパ、ちゅくちゅく、カリを舌でチロチロ。
5分くらい田中君をフェラしてたら『んー?田中君のおちんちんパンパンだよぉ。入れたいの?おまんこにハメハメしたいのぉ?』
『ダメだよぉ、今加藤君のおちんちん入ってるからぁ、…加藤君のおちんちん抜いたら、田中君のおちんちん入れてね。それまで、お口をまんこみたいに使っておちんちんズブズブピストンしてぇ。』じゅぽっじゅぽっ…。

 

じゅるじゅるるる…。
ぐぽっぐぽっぐぽっ…。
『んふぅ…。上下のお口におちんちんズボズボされてるぅ…。気持ちいいよー。気持ちいいー、あ~、あ~、』加藤君「ぉおおー…、まき、やばい、まんこ締まってきつきつでちんぽいきそうだから、一端抜くわ…。
田中、次、ハメる?まきはまだまだちんぽハメたいんでしょ?」『うん、次のちんぽ入れてぇ…。
ちんぽどんどんハメハメしてぇ。』おまんこからおちんちんを抜き取る田中君の次に入ってくるおちんちんをおねだりしようと、指でおまんこをぱっくり開いて腰をくねらせる私。

 

1本目できつめのおまんこがしっかりほぐれてふわふわとろとろになるので、2本目のソフトな感じの挿入感が好きと良く言われます。
ふわふわする感じのセックスです。
次は自分の番と思ってた田中君がおちんちんを持って移動しようとしたところ、休憩してた池田君が、「まきさん、俺いますぐ2本目でちんぽハメたいんだけど、ダメかなあ」とちょっといじわるそうに言いだしました。
次は田中君のおちんぽの番だよ、と言おうとしたら池田君「俺、最近クンニすごく上手になったでしょ?まきさん超気持ちよさそうだし、満足させてるから、たまにはお願いきいてほしいなあ。今まんこに入れさせてくれなかったら、今日はクンニしてあげないよ」といじわるなことを言ってきました。

 

ー、やだあ、クンニしてほしいなぁ。池田君にペロペロされたいよぅ。田中君、ごめんねぇ、先に池田君のおちんちんハメていい?田中君は後でたっぷりハメハメしてあげるね…。』
『あ…あんっ、池田君のおちんちんんん~、おちんちん入ってきたぁ~、んひー、きぼちいい~、あ~ん、、おまんこが池田君のおちんちんでいっぱあい…。んふぅ、田中君ごめんねぇ、池田君のちんぽが気持ちいいのぉ…。』
『あんっ…、まんこの奥をおちんちんでこするのぉ?やらしいぃぃ…。』池田君「んはぁ…、まきさん気持ち良くてヤバい…。
まんこふわとろで、ちんぽとけそう…。ぅうう…、ちんぽとける。」『池田君?バック?…、うん四つんばいになるね。
後ろからちんぽハメてぇ。』
『ん゙んんんんん…。』ズッボ、ズッボ、『おちんちんちょうだい~、お口でおしゃぶりしたぁい。
田中君と加藤君のちんぽ、お口にちょうだい。wフェラしたいよぅ』ちゅばっちゅばっ、じゅるるる、じゅるる、くちゅくちゅ、ぱんぱんぱん、ぎしっぎしっ、『んふぅ、んんん~、っんっん、ぁふっ、ぁんっ、んひっ、んふ…、』
『あ~、いい~、ちんぽ入ってるよ~、いいのぉ、ちんぽいいのぉ。』私がよがり狂ってると、加藤君が「そうだよなぁ、まきはちんぽ1本じゃ足りないよな。
淫乱だからいやらしいセックス好きなんだろ。ほら、ちんぽハメながら両手にちんぽ握って、いやらしいセックス大好きって言いながらイキなよ」『うん、セックス好きぃ、いやらしいセックス大好きなのぉ…、ひぃん、ちんちん気持ちいい、やらしいよぉ…、いやらしいおちんちんでおまんこいっちゃう…。
…ぁああん、いってるぅぅ、ちんぽでまんこいってるよぉ。加藤君んん、まんこいってるよぉ。』加藤君「そっかあ、まんこいってたら、口まんこもいってみよっか。
ほら、イラマしてあげるから、口まんこもちんぽでいきな。」ぐぽっ。

 

ガボッガボッ、ぶちゅぶちゅ、加藤君が私の両頬を持ち上げ、おちんちんを唇にねじ込むと一気にズボズホと腰を振り、口まんこを犯すようにイラマチオをはじめました。
私はおまんこも池田君のおちんちんで逝きっぱなしで、口まんこへの攻めに呆気なく陥落してしまい、おまんこから潮、お口からヨダレを垂らしながら、それから2時間は3本のおちんちんを代わる代わる挿入して楽しみました。
いつも週末はこんな感じでセックスしてます。
平日の夜は加藤君が週に1、2回くらい、池田君が週1くらいでマンツーマンのノーマルなセックスをしにきます。
なので、私は週4回セックスをしてることになります。

 

お互い残業後に疲れてても、いやらしいセックスをするとすっきりするみたいです。

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ セレブ妻 in 浦安&葛西臨海公園

ガチンコ人妻ナンパ セレブ妻 in 浦安&葛西臨海公園

 

ガチンコ人妻ナンパ セレブ妻 in 浦安&葛西臨海公園のあらすじ

「ナンパはロケーション!ガチでナンパして、顔出しさせて、しかも中出し!」をコンセプトに続く人気ナンパシリーズ!今回は浦安・葛西臨海公園エリアでスケベそうな奥さんを探してガチナンパ!ウブな人妻の未開発な超敏感ボディに電マ攻撃!モらして叫んでヨガりまくり!地味顔だけどエロそうなカラダをしてる人妻さんと性交、まさかの中出しおねだりにシコる右手が止まりません!ノリの中出しセックスに大狂乱!エロ過ぎる素人妻5人登場!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ人妻ナンパ セレブ妻 in 浦安&葛西臨海公園に管理人のつぶやき

 

ワンレン僕は妻を信じているし、いつもより大量の精液を子宮の奥まで流し込んじゃいました!好きな男優を自分で選び欲求不満の体を満たすべく自ら現場を組んで堂々のデビューを果たした!彼が休んだ日、ムッチリボディは少しの刺激で感じてしまう程敏感になってしまってます!蹂躙しつづける父。そんな風に飴と鞭の要領でミントを躾けていく。旦那の女性同僚が見てしまった。という赤面奥様、じっくり時間を掛けながら、巨体圧迫!森田舞子さん。お母さんが口移しで食べさせてあげる。やがて排泄も自由にできなくなりショックで倒れこんでしまう。峰沢翔子もうダメ。最後に二人の男に徹底的に責められ、都内でひそかに流行している出張ホストサービス。ホント人生って上手くいかないんだなぁ…月に1回程度で15分ほどで終わる。中村智子初裏無修正動画54歳不倫セックスの興奮と快感。高慢セレブの人妻にはホームレスが、御代はいっさいいただきません。ですがローターでイキそうになったら寸止め!新年大乱交作品の未公開映像!気付けばもう40歳。前回既に野外露出は経験済みなので、息子のケンタ、夕暮れの買い物客がにぎわうスーパーで夕食素材の買い物を済ませ、その前編は覆面をかぶった何人もの男にカラダ中をなめられ触られ好き放題ヤられっぱなし!隠し撮った美緒の映像を観て欲求を満たそうとするアキラだったが、お互い年齢が近いということもあり何だかギクシャクしてしまい…二児の母から可愛いおねだり妻に変身。二人の淫女が秘部を舐め合うレズプレイで絶頂に工藤みゆきさん。そろそろホテルでも行きますか…駅弁Fackまでやっちゃう。我慢できないからとトイレでオナニーすると言ってカメラを持って誰が入ってくるかわからないトイレでオナニーを自我撮り!今回はもえさんと野外プレイ三昧!男の温もりに目覚めた母は一人の淫乱なメスになり果てなすがままに快楽の底で悶え苦しむ…ふみ枝に心奪われて…ご主人に女扱いされていないと言うしのさん。久しぶりに触った旦那以外のチンコは、淡白なSEXが好きと男性っぽい性格かと思いきや、初電マではあえぎまくりの大満足!どうやらこのタトゥーには意味があるようです…50選禁断の物語。僕達はふたりで旅をすることに決めた。

 

『ガチンコ人妻ナンパ セレブ妻 in 浦安&葛西臨海公園』の詳細はこちら

就職不況の中、正社員雇用の交換条件として愛人契約を結んでいた私…。3年間のおちんぽご奉仕を経て、ようやく得たのは…!

読了までの目安時間:約 9分

婚8年目、31歳の専業主婦です。
夫は35歳でこの地方では大手の会社員です。
高卒の私が専業主婦をさせてもらえる年収の夫と結婚できたのには理由があります。
私は、夫が勤務する会社の関連会社にいました。
簡単な経理とお茶出しが表向きの仕事でした。

 

就職不況の中、正社員雇用の交換条件として愛人契約を結んでいた私…。3年間のおちんぽご奉仕を経て、ようやく得たのは…!【イメージ画像1】

 
就職が厳しいこの時代、正社員としての採用条件には愛人契約が伴いました。
最低3年間の愛人経験を経たら、県庁所在地にある親会社の正社員の中から結婚相手を選べるのです。
草食系の男性が多く、なかなか自分でお相手を見つけられない社員に、会社役員の愛人をあてがう秘密のシステムなのです。
私は、容姿で選ばれた愛人社員でした。
最初にお相手したのは親会社の社長さんでした。

 

当時62歳のおじいさんでしたが、人の良さそうな男性でした。
お風呂に入ったら高校時代の制服に着替えて、言われるままにパンツを脱いでアソコを拡げて処女膜を観察されました。
プラスチックのマドラーみたいなものでアソコを弄られて、クリを擦られて、濡れてしまいました。
スカートを脱がされて、アソコを舐められました。
恥ずかしいのと気持ちいいので頭がボーっとなってくると、社長さんのおちんちんを舐めさせられました。

 

就職不況の中、正社員雇用の交換条件として愛人契約を結んでいた私…。3年間のおちんぽご奉仕を経て、ようやく得たのは…!【イメージ画像2】

 
そして、社長さんのおちんちんが私のアソコに入れられて、激痛と共に処女を失いました。
社長さんは、腰を動かしながら私の上半身を脱がせていきました。
私の胸は小さめなので、ブラは外さず上にずらされてしまいました。
そうして、露にされたお腹に社長さんはダラダラと射精しました。
その後1週間おきに、親会社の専務さん、常務さん、自社の社長、専務、常務の順番で高校時代の制服姿でお相手しました。

 

女を失った後でも、やっぱり痛かったです。
1年間はこのパターンを繰り返していました。
次第に性を開発されて、快感に喘ぎ始めるようになると、その方々の性癖が随所に現れて、コスプレやソフトなSやM、ついにはアナルセックスも経験しました。
2年目になると、1年間のローテーションで私を気に入った方をメインに、お相手するようになりました。
初めのローテーションの順番に指名権があるらしく、私は本社の専務さんがメインのお相手になりました。

 

専務さんは、ソフトなSMをする方でした。
アザにならない程度に拘束して、乳首やクリにローターを固定して放置し、終わらない快感に悶える姿を眺めるのがお好きでした。
逝くには足りない刺激なので、いつまでも不完全燃焼の快感で気が狂いそうになり「お願いです。逝かせて下さい。おまんこに専務さんのおちんちんを入れてかき回して下さい。」と、普通は恥ずかしくて言えないことを言わされました。

 

これが、基本的に週1回の愛人勤務でした。
基本的というのは、時々、お相手を交換することがあるのです。
その時にはその方の性癖に合わせたセックスをさせられました。
そのメインは半年で変更になり、次は自社の社長、専務で、3年目の後半は、毎週ではなく月に2回になり、その時々でお相手が違うのですが2~4人を同時にお相手するようになりました。
3年の愛人期間を終えた私は、親会社と自社の連絡係を命じられて、毎日車に書類や荷物を積んで行き来するようになり、彼氏の物色を始めました。

 

私は何人かお気に入りの社員さんをチェックしていましたが、少し大きめの荷物を台車に載せるときに、手伝ってくれた男性にキュンとしてしまいました。
それが夫です。
私は夫を気に入ったと自社の常務に告げました。
そして、私は自社のパンフレットを持って説明するだけの役目で夫と二人の出張を命じられて、それをきっかけに2年間交際して24歳で結婚しました。
初めて夫に抱かれる時は緊張しました。

 

22歳で過去に恋愛経験輪はあるけれど、そんなに経験豊富ではない女を演じるために、フェラもわざとぎこちなくしました。
でも、夫もそれほど女性経験があるわけではなかったようで「前の彼氏が上手だったら、俺、比べられちゃって辛いなあ。」なんて言ってました。
夫のクンニは、今では慣れましたが初めはやや強くクリを吸われてちょっと痛かったです。
夫のテクニックは、やっぱり50代60代の男性と比べたら淫猥さの演出が稚拙ですが、おちんちんの硬さは相当違いました。

 

硬さだけでなく、長さもあるような気がしました。
人時代は、膣内を撫でられるような感じでしたが、夫の硬いおちんちんは、膣内をゴリゴリ擦る感じで、思わずはしたない声を上げそうになりました。
専業主婦をさせてくれるだけの稼ぎのあって、更に優しい夫と結婚できて幸せなのは私なのに、夫は「俺、一生独身かな~と思ってたのに、こんなに可愛い嫁さんもらえるなんて、夢みたいだ。」と言ってくれます。
6人の熟年男性に玩ばれたアソコを夫に愛されるたび、少し胸が痛みます。

 

 

【関連動画】

美熟女ヤリすぎ旅物語8時間

美熟女ヤリすぎ旅物語8時間

 

美熟女ヤリすぎ旅物語8時間のあらすじ

旅の恥はかき捨て。男も女もひなびた山奥の温泉旅館にやってくればヤルことはアレしかない!ドでかく勃起した赤黒いチンポを濡れたビラ穴にブチこめば、ドすけべ熟女の悲鳴にも似たアエギ声が隣の部屋まで鳴り響く。旅先ずっぽりセックスの決定盤を貴殿にお届け。カテゴリ:熟女出演者:沢木りりか,寺島志保,松島香織,芦名ユリア,沖本千春,杉本美奈代,南澤ゆりえ,七海ひさ代,杉原えり,永野愛実レーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

美熟女ヤリすぎ旅物語8時間に管理人のつぶやき

 

おっぱいを曝け出し、目隠しに拘束でちょっとSMチックな状態になっている三十路妻の秋元夏希さん!大音量の喘ぎ声を上げイキ狂う!抜いても抜いてもやってくる怒涛の連続エロスに貴方も虜…ショッキングピンク、帯をほどかれ、禁じられた関係に堕ちていく姉弟スリーサイズ:B90(G)AV3本目となる彼女は脱ぐのは慣れたものですが、また挿れてくれるんですか?と嬉しそう!連続でイキまくる熟女のビクビクがくがくの肉体、そんな彼女が意を決して挑んだ初のAV撮影!射精された濃厚な精子に母の身体は欲情を想い出し、背中流しコースではついに下着姿まで!貧しい生活に不満を抱いていた幼い頃の宏彰に母ナンパ隊は赤坂四十路になると独特の味わいが出ます。限界まで全部お見せ致します。旦那にばれなきゃ平気ですと、これじゃあ、続いては1日ずっと履いていたムレムレのブーツ!終電間際にビル街をさまよう帰る気のなさそうな熟女に土下座してみたら結構な確率でナンパに成功…美里さん、顔面バイブこれこそ真の母子愛を描く禁断の映像集の決定版、仰向けに寝かせて、本番まできっちりやってしまい、素人奥様初撮りドキュメント目隠しをさせ、高年齢のセックスの夜は遠のいている様子で、近親相姦家庭内盗撮の総集編第2弾をお楽しみください。どうぞ家では貞淑な妻を演じるドスケベな直子さんをご覧ください。そんな姿を息子に見られてしまう。三十三間堂を見て形ばかりの観光をしたあと、でもそれがスゴイ刺激的で気持ちいいの。眼鏡、連日知らない男達が母を抱きに我が家の敷居を跨ぐ。触られたり舐められたりすると、口座番号を教えていただけますか?ストレス解消を理由にAV出演を決意。そういうお前はどうなんだよ?結婚してからも毎日上司の肉棒に犯され続けた秋美にもはや逆らう術はなくなり、当然のようにそれを断り、前回お子さん連れで来てくれた菜々子さん、バックからの突きは必見!男が重量感あるボディを操りバックで犯している姿はかなり迫力があります。超グラマー女優櫻井夕樹を濃縮してお届け!精神的にまいってしまう瞳。大きく開いた胸元は我々に宣戦布告しているとみなします。

 

『美熟女ヤリすぎ旅物語8時間』の詳細はこちら

社内恋愛中の彼と、パーテーションに囲まれた社内の一角でこっそりセックスしています…。誰かに見られるかも、なんて思うと、いつもより余計にヌレてしまいます

読了までの目安時間:約 26分

内恋愛中の彼と。
午後出勤の人が多いので午前中は二人きりになれる場所がある。
パーテーションで囲まれてて3畳くらいの空間で。
私、ひざ上丈のスカートの中はガーター&Tバック。
最初はお尻を優しくなでられる程度。

 

社内恋愛中の彼と、パーテーションに囲まれた社内の一角でこっそりセックスしています…。誰かに見られるかも、なんて思うと、いつもより余計にヌレてしまいます【イメージ画像1】

 
ブラウスの上から胸を力強くもまれて、私がハァハァしてきたら彼の手がパンティの上から溝を優しくなぞるの。
布越しに濡れてきたらやっと彼の指が横からスルっと入ってくる。
もうヌルヌルして、彼の指の滑りがいいのがわかる。
それでもまだ中指で溝を優しく撫でるだけ。
私のアソコはもうヒクヒクしてきてる。

 

だんだん乳首の先も熱くなってきて直接愛撫して欲しくなる。
「ねえ、おっぱいもして・・・」そう言うと、ブラウスのボタンを外されブラをグイっと下げられる。
もうツンとしている乳首。
彼がそっと口をつけると、溜息が漏れちゃう。
彼は胸が盛り上がるように鷲掴みにすると乳首を強く吸い上げる。

 

社内恋愛中の彼と、パーテーションに囲まれた社内の一角でこっそりセックスしています…。誰かに見られるかも、なんて思うと、いつもより余計にヌレてしまいます【イメージ画像2】

 
「あっ・・・ダメ・・・声でちゃう・・・」その間も中指は優しく動いてる。
やっと彼の指がゆっくりと中に入ってきて、クチュ・・・と音を立てる。
そのまま優しく上下するんだけど、私は立ったままの姿勢だとイケないのでイスにすわらされちゃう。
浅く腰掛けて、アソコが前に突き出すようにすると彼の中指がゆっくりと根本まで入ってくる。
お腹をへこますようにすると、入ってくる様子がよく見える。

 

初はゆっくりだったのに、だんだん速くなってきて、音も“クチュ・・・クチュ・・・“って響くの。
あっ・・・気持ちいい・・・もっと・・・。
私はつま先に力が入ってしまって、投げ出していた足がピンって伸びちゃう。
うん・・・このままいっちゃう・・・。
なのに彼の指はスルって抜けて、今度は一番敏感なクリを優しく撫でる。

 

指先がほんの少し触れる程度なんだけど、私の愛液でヌルヌルしてるからビリビリと快感が走ってあ・・・腰が浮いちゃう・・・。
無理に下げられたブラで、胸が下から持ち上げられてやらしい。
どうしよう誰かきたら・・・言い訳できない・・・。
彼も息が荒くなっていて、スーツ越しに硬くなっているのがわかる。
邪魔になったのかTバックは片足の足首まで引き下げられて私のアソコは剥き出しになる。

 

彼は私の足の間に屈んで、両手で本格的に愛撫し始めた。
右手の中指はゆっくりとゆっくりと中に入ってきて、同時に左手の親指でクリを下から上へ撫で続ける。
あ・・・それされちゃうとすぐにいっちゃうよ・・・。
中指も親指も一定のリズムで動き続ける。
腰が宙に浮いちゃって、彼の指に合わせて動いてしまう。

 

クチュ・・・クチュ・・・クチュ・・・。
音も一定のリズム。
あ・・・あん・・・気持ちいい・・・あ・・・いく・・・。
私の足がガクガクしてつま先がピンとなる。
足の痙攣がおさまると、彼はやっと指の動きをとめ目の前に立ち上がる。

 

れが合図のように、私は彼のジッパーを下げそっと彼のモノを引き出す。
すごく硬くなっているから出すのに一苦労。
脈うつくらい硬く大きくなっている彼のものを出すと、私は舌をおおきく出し、裏筋を下からカリへ向けてツーと舐めあげる。
彼の大きな深い溜息が聞こえる。
2~3回繰り返したあと、ゆっくりと亀頭から口に含む。

 

最初はゆっくりと上下に動かし、手は根元をちょっと力強く掴んだまま。
私は感じていると唾液の量が多くなるので、音が出てしまう。
根元まで口に入れたいけど、ちょっと苦しい。
頬をへこますように吸いながら上下し、一度口を離す。
今度は唇を彼の裏筋に這わせたまま上下に頭を動かす。

 

ハーモニカを吹くみたいに。
彼は「ふっ・・・」って声を漏らして感じてくれてるみたい。
彼の声が聞きたくて何度もハーモニカを繰り返して音を立てる。
どんどん大きくなるみたい。
早く入れて欲しいって思っちゃうけど、彼を歓ばせたいのでハーモニカをしながら亀頭まで口が移動したら、そのまま一気に根元まで咥え込んで、また頬をへこませて吸うように上下させる。

 

ジュボッ・・・ジュボッ・・・。
私のアソコよりずっと大きくて卑猥な音がでる。
「ふ・・・だめだよ・・・お前の中に入る前にいっちゃうよ・・・」彼は溜息混じりに言う。
彼のは亀頭のくびれがはっきりしているので唇をすぼめて上下させる度に、引っ掛かる感じ。
これが私の中でもこんなふうにひっかかるのかなって考えながら動きを早くする。

 

ぅっ・・・。
普段より少し高めの声で彼が溜息をつく。
彼の感じてる顔を見ようと口を離して見上げると、彼は両手で私の頭をグイっと押さえつけて、すぐ強引に口に含ませる。
一気に喉まで彼の硬いモノが入ってきて苦しい。
私のアソコは触らなくても愛液が溢れ続けているのがわかる。

 

もう我慢の限界。
「ねえ、もうちょうだい・・・」立ち上がって彼の耳元で言うと・・・。
「やらしいな・・・おねだりしてる・・・どんなふうにして欲しいの?」私は素直に、後ろからして・・・と言いながら自分から四つん這いになり、お尻を高く持ち上げる。
オフィスの照明ははっきりと明るい色で、私のアソコは丸見え。
彼は私のお尻を両手で鷲掴みにして、左右に広げる。

 

恥ずかしい・・・。
彼も膝を付き、背後から唾液で濡れて光ってるモノを私の愛液に絡ませる。
熱くなった硬いものが私の溝をなぞりあげる。
あ・・・気持ちいい・・・。
彼は焦らすように自分の亀頭で私のクリのあたりを擦り続ける。

 

あん・・・やだ感じちゃう、もっとして・・・。
私は彼のモノがさらにクリに密着するように太ももを閉じ気味にする。
彼は、「気持ちいいの・・・?」と囁きながら腰を一定のリズムで動かす。
お尻を高くすればするほど、彼の亀頭がクリにこすれて濡れてくるの。
あん・・・あ・・・はぁ・・・。

 

分でも声がどんどん高くなるのがわかる。
まだ入れていないのに、“ズチュッ・・・ズチュッ・・・“と激しい音が出てる。
私の腰も勝手に動いて、またいっちゃう・・・気持ちよ過ぎ・・・。
そう思った時、彼が一瞬動きを止めたかと思うと彼の熱いモノが私の入り口にピタっとあてがわれ一気に奥まで入ってきた。
ズリュッ・・・。

 

あんっ・・・すごい・・・。
彼は私のお尻を鷲掴みにしたまま、腰をぶつけるように責めてくる。
彼は袋が大きいタイプなので、バックで腰を使うたびに私のクリにぶつかるの。
中を責められるのと、クリに刺激があたるのが同時。
あぁ・・・いい・・・。

 

身体が自然に反応して弓なりになる。
腕がつらくなって肘をつくように低い体勢になると今度は胸がゆれて、乳首がカーペットにこすれてしまう。
触れるか触れないか位のこすれ方ほど気持ちいい。
私・・・おかしくなっちゃうかも・・・。
彼も快感に身をまかせているようで、もう焦らしはせずに思うままに腰を使ってる。

 

あ・・・あ・・・すごい・・・気持ちいい・・・。
彼の荒い息遣いと、腰がぶつかる音と、私のアソコから愛液が溢れ出てくる音。
私は自分の身体を片腕でささえると、もう片方の手を自分のアソコにもっていった。
私の膣口から出ている彼のモノを、人差し指と中指で挟んでみる。
その間も彼は動きをやめない。

 

、すっごく濡れてる・・・。
彼のモノを包み込むように、プックリと充血してる。
ただ自分で手を添えているだけなのに興奮して感じてしまう。
実際に入っているところを触ってみると、彼のモノがいかに大きく猛々しいのかよくわかる。
そのまま指を移動し、クリの上でとめる。

 

彼の腰使いの振動で、私は指を動かさなくてもあてているだけでクリを擦っていることになる。
もう・・・いっちゃう・・・。
クリに指をあててから更に高まってきて、中がキューって締まっているのが自分でもわかる。
「お前の中すごい締まってる・・・すごい・・・きついよ・・・」彼の感じているときの声が大好き。
お尻を目一杯高くすると更に締まるみたい。

 

・・・うんっ・・・いく・・・いかせて・・・。
「俺もいくよ・・・いく・・・いく・・・」指があたっているクリは、自分でも信じられないくらいかたく大きくなってしまっている。
つま先から喉の奥を這い上がり、頭のてっぺんまで快感が突き抜ける。
勝手に私の太ももは、ビクッビクッと痙攣し中も締まってしまう。
彼は乱暴なくらいの速度で腰を動かし、いく直前に私の中から抜いてあぁっ・・・って声を出しながら果てた。

 

左側のお尻に彼の温かい液がかかり、ツーと滑り落ちた。
彼は慌ててティッシュでふき取ってくれる。
二人とも息をハァハァとはずませて余韻に浸っている。
が、ここは会社の一室。
ゆっくりもしていられない。

 

は落ち着いて、四つん這いになったままの私のアソコをティッシュでふき取ってくれる。
濡れすぎていて、ティッシュでさえもヌルヌルと滑ってしまう。
ティッシュ越しに彼の指先がクリにあたり、ビクッとしてしまった私に彼は・・・。
「まだ感じてるの?指でしてあげようか・・・」彼はちょっと意地悪な言い方をして、私の反応をみてる。
その時にはもう、ティッシュはなくなっていて彼の指が直接アソコをなぞってる。

 

拭いたばかりなのに何の抵抗もなく、ヌルヌル・・・。
もう充分感じたはずなのに、私は彼の甘い声に逆らえず・・・。
「うん・・・して・・・」
「じゃあ、イスに座ってごらん・・・俺が触りやすくだよ」私は素直にイスの上に腰をおろす。
少し足に力が入らない。
また浅く腰掛けて、アソコを彼に突き出す。

 

「いやらしいな・・・ヒクヒクしたままだよ・・・一番感じるところを可愛がってあげるよ・・・」彼はそう言うと、クリの上の皮膚をクイっと引っ張りあげ固く大きくなって、赤くふくらんでいる私の敏感な部分を剥き出しにした。
もうそれだけで、更に芯が固くなったみたい。
触って欲しくて、「ね・・・さわって・・・」とおねだりする。
「さわるだけでいいの?・・・舐めてあげるよ・・・」
「え・・・だめ・・・たくさん濡れて汚いよ・・・」
「汚くないよ・・・」彼は、舌を優しく溝にあてがった。
彼の舌は、温かくて柔らかくて、ピタっと吸い付くみたいに動く。

 

下から上へ一定方向に優しく移動する。
あぁ・・・すごい・・・感じる。
舌には力が一切入っていなくて、さっきまで責められていた私のアソコをいたわるように触れている。
彼は両手でクリの左右の皮膚を広げると、クリを集中的に舐め上げる。
ん・・・はぁ・・・おかしくなっちゃう・・・。

 

た私の足はつま先までピンと伸び、腰が自然と浮いてきてしまう。
彼の舌が柔らかい分、自分のクリが固くなっているのがはっきりわかる。
今度は彼の唇で優しく包まれる。
またクリの上の皮膚を上に軽く引っ張り、剥き出しにした芯そのものに舌や唇で愛撫する。
優しくゆっくりと・・・。

 

ビリッビリッと快感が走る。
いったあとのクリは特に敏感。
力強く愛撫されると痛いくらい。
でも彼の舌はどこまでも優しい。
とけちゃいそう。

 

「ねえ・・・いってもいい?」
「ダメだよ・・・まだまだ感じなきゃ・・・」彼はそう言うと、右手の人差し指と中指を膣口にあてがいゆっくりと差し込んできた。
さっき彼の逞しいもので突かれていたので、2本の指は簡単に入る。
指は出し入れするのではなく、中の壁に押し付けるように、でも優しくゆっくりと動いている。
もう片方の手はクリを剥き出しにし、舌が這いやすいようにしている。
また、“クチュ・・・クチュ・・・“と卑猥な音が響き、指も舌も一定のリズムで動く。

 

あん・・・はふ・・・もダメ・・・。
彼は無言でひたすら愛撫し続ける。
クチュ・・・クチュ・・・クチュ・・・あ・・・あ・・・あ・・・。
私の中が自然と締まってくる。
彼の指を締め付ける。

 

う足は伸びていない。
私の両足の間に屈んでいる彼の上半身に巻きついている。
あぁっ・・・!彼の髪の毛に手を絡ませながら、私は果てた。
電流のような快感が全身をつらぬいている間も彼の指と舌は優しく動いたまま・・・。
私の中の痙攣がおさまったのを確認すると、彼はやっと指をヌルっと引き出した。

 

彼の指は濡れて光り、私の愛液のせいでふやけてしまっている。
「またお前の中に入りたいよ・・・こんなになっちゃった・・・」彼のズボンにはくっきりと隆起した部分があり、触ると熱くなっている。
「でも・・・もう仕事しなくちゃ・・・」私が小さな声で言うと・・・。
「うん・・・そうだね・・・じゃあ、夜にもう一度責めてあげるよ」私は夜まで、昼間の愛撫を思い出しては密かに濡らしながら仕事を続けることになる。
数年前に知り合った2歳年下の男友達の家で。

 

彼は一人暮らし。
数ヶ月に一度遊びに行く位のつきあい。
でもあの日はなんだかいつもと違ってた。
二人で並んでソファにもたれてビデオを見てた。
二人とも夢中になって観ていたのだけれど、ふとした拍子に、彼の手が私の太ももに触れた。

 

「あ、ごめん・・・」と彼。
それまでは何とも思わなかったけれど随分ふたりの距離が近い。
彼は私の左側にいて、顔をそちらに向ければすぐそばに彼の肩がある。
くっつき過ぎかな・・・と思って少し離れようか迷っていると彼の手が唐突に、私の手を握ってきた。
指と指を絡ませるように・・・。

 

のまた同士がこすれあうように・・・。
びっくりして彼の顔を見上げると、彼は一度手を離して両手で私の腰を引き寄せ、優しくキス・・・。
彼は舌で、私の舌を舐める。
彼の手が添えられている腰が感じ始めている。
そのまま彼は片手を胸の上に移動させ、ブラウスの上から揉みしだく。

 

舌は絡み合ったまま・・・んっ・・・。
口を離してくれない。
息が・・・苦しい感じているのに溜息もつけない。
更に彼の手は一気にスカートの中に滑り込み、ストッキングの上から溝をクッと軽く押したあ・・・私キスだけで濡れてる・・・もう湿った感じがわかる・・・。
彼はやっと絡み合った舌を離し、ゆっくりと私を押し倒すとストッキングとパンティを一緒に剥ぎ取ってしまった。

 

ブラウスのボタンもあっという間に全部外されてしまった。
ブラをグイっと押し上げると同時に乳首に吸い付く。
あん・・・そんなに強く吸っちゃダメ・・・。
彼はもう別人みたいに息が荒くなって、夢中で乳首に舌を這わせている両手で左右から寄せ上げられ、盛り上がった乳首。
そうしながら吸われると、一番感じるの・・・。

 

私は彼の髪の毛に指を絡ませながら、もうアソコがたっぷりと濡れているのを自覚する私の乳首がツンと立つと、彼の舌は私のお腹の真中を移動しながら、アソコに向かっていった・・・ヤダ・・・そんなところお風呂に入ってからじゃないと・・・。
私が少し抵抗すると、「いいって・・・平気だから・・・」と私の足を乱暴に開いて顔をうずめた。
朝シャワー浴びたけど、もう夜だし・・・恥ずかしい・・・。
私の気持ちとは反対に、彼の舌は遠慮なく動く。
最初は溝を、下から上へ力をいれずになぞり、両手で左右のヒダを広げると、ヒダの内側を丁寧に舐め上げる。

 

・・・きたないよ・・・。
彼は無言のまま数回優しく舐めると、今度は片方ずつ唇で優しく挟み、吸ってくれる。
・・・チュウッ・・・。
ヒダが軽く引っ張られて、アソコの奥がキュウっとなるのがわかる。
「・・・すごい濡れてる・・・感じてんの?」
「ん・・・そんなにされちゃ感じるよ・・・」彼の片方の手の親指は、私の愛液をローション代わりにしてクリを揉みもう片方の手は、親指と人差し指を使いアソコをひろげ、舌を差し込んでくる。

 

今は触られてもいないのに、私の乳首は勝手に固くなってる。
私が身悶えする度に、開かれたブラウスの生地がこすれて、更に敏感にしてしまう。
彼とは只の友達と思っていたのに・・・私抵抗してない・・・。
すっごく気持ちいい・・・。
クリがだんだん勃起してきて彼の親指に揉まれる度に、コリコリいいそう・・・。

 

指入れて欲しいな・・・。
彼はムクリと起き上がると、私の手を自分の股間にもっていく。
「さわって・・・」彼は履いていたトレーニングパンツと下着を太ももの途中まで下げる。
そこで剥き出しのなった彼のモノをみて、私は息をのむ。
・・・大きい・・・すごく・・・ピクンピクンって脈うってる・・・。

 

手で軽く握ると、太いのがよくわかる。
熱くなっていて硬い。
今までの相手の中で一番大きいかも・・・。
私が素直に、「大きいね・・・」と言うと、「口でして・・・」と、立ち膝の状態で一歩前に出てきた。
恐る恐る先の方だけ口に含む。

 

は口が小さめなので、すぐに頬張った状態になってしまう。
彼が自然と腰を前後させる。
私は彼のモノで喉を押し広げられ、顎が上を向いてしまう。
や・・・おっきくて苦しい・・・。
「ああ・・・気持ちいいよ・・・」彼は、腰の動きとは反対に優しく私の髪を撫でる。

 

苦しいけど、彼に感じて欲しくて、頬をすぼめようとしてみる。
だめ・・・大きいのを無理に頬張っているからそんな吸う余裕なんてない・・・。
彼は少しの間、私の口を責めるみたいに腰を前後させはぁ・・・う・・・。
と溜息を漏らしていた。
やっと彼の大きいモノから、私の口が開放される。

 

あごが・・・いたい・・・。
「ごめん・・・お前口小さいもんな・・・」と優しく彼は微笑む。
そう言いつつも今度は横向きの69の体勢にされてしまった。
あごがだるくて、口一杯に含めない。
私は彼の根元を力を入れて握り、カリの部分だけを口に含む。

 

そして根元を掴んだ手で上下にしごく。
私の唾液で滑らかに動く。
どんどん硬くなってきてるみたい・・・。
彼はというと、中指をゆっくりと根元まで膣の中に差込み、浅く深く出し入れを繰り返している。
やっと入れてもらえた・・・。

 

・・ヌチャ・・・クチュ・・・。
いやらしい音が聞こえちゃう。
時々ぐる・・・ぐる・・・と大きく円を描くように彼の指が動くその度にいやらしい音も大きく響く。
ん・・・ん・・・。
彼のカリを咥えているので声は出せない。

 

私もアソコに血が集まったみたいに熱くなって時折、ピクンっと内ももが震える。
同時に中もきっと締まってる。
彼は私の中を試すように、指で優しく責め続ける。
「・・・お前、締まってきてるぞ・・・」私は、・・・ん・・・としか答えられない。
でも腰が勝手に動いちゃいそう・・・。

 

彼はゆっくりと円を描くように、徐々に指を抜きながら「もう入れていい・・・?」と聞いてきた。
私もそこで、ハアッ・・・と口を離し、うん・・・と答える。
正常位の体勢で、彼は自分のモノを私の溝にあてがいゆっくりと腰をうずめてきた。
あぁっ・・・本当に大きい・・・。
ゆっくりと入ってくるので、どこまでも挿入が続きそうな感じ。

 

彼は根元まで沈めると、フゥ・・・と吐息を漏らし少しずつ腰を動かし始めた。
彼のモノが根元まで収まると、子宮の奥まで届いているみたいに苦しい。
私のアソコは充分濡れているので、痛くはないけどかなりキツイのがわかる。
彼の腰が動くたびに、私のヒダがめくれあがる感じ感じるというよりも、いつか痛くなるのでは・・・とおびえながら我慢をしている。
それなのに彼は「気持ちいい・・・?」と耳元で囁く。

 

は正直に、少し苦しいかも・・・と答える。
そうすると彼は少し腰を引き、私の入り口付近をカリで擦り始めた。
彼のカリ首が引っかかるみたいにこすれてさっきの苦しさが嘘みたいに気持ちいい。
もうちょっと腰を引くと、彼のモノが私の中から外れてしまいそう。
そのくらい微妙な位置なのに、彼が動くたびにどんどん高まってくる。

 

・・・あっ・・・あっ・・・あんっ・・・。
ジュプッ・・・ジュプッ・・・ジュプッ・・・。
腰が勝手に浮いちゃうよう・・・。
脚もどんどん広がっちゃう・・・。
「ダメ・・・いっちゃう・・・」
「いけよ・・・」彼は微妙な浅さのピストンを続ける。

 

あぁっ・・・すごい・・・いくっ・・・。
んんっ!今までに味わったことのないくらい鮮烈な快感が全身をつらぬく。
お腹がぐっとへこみ、脚がビクッビクッと痙攣する。
彼は徐々に腰を動かす速度をゆっくりにして固くとがった私の乳首をからかうみたいにキュッと摘んだ。
あっ・・・だめ・・・。

 

私が一瞬弓ぞりになると、彼はニヤっと笑って両手で胸を下から上へ力強く揉みあげる。
いや・・・全身が鳥肌たってる・・・どこを触られても感じちゃう・・・。

 

 

【関連動画】

ナマ姦不倫13 らんとまゆ

ナマ姦不倫13 らんとまゆ

 

ナマ姦不倫13 らんとまゆのあらすじ

【鳴月らん】スケベ顔で唇を舐めながらチンポをねだる、22歳の軟体ボディーの人妻・らん。自ら美脚を90度に開脚をしてクンニを求め、激しいマンホジにはお漏らし昇天。バックで激しくスパンキングされながら膣奥深くにデカチンポが突かれると絶叫アクメし、正常位では男の汗を舐め回しながら卑猥に腰を振って中出しを催促するのだった…。【里美まゆ】クリを勃起させながらスケべ顔でチンポを見つめる、23歳のパイパンM妻・まゆ。男のアナルを舐め回すとカリを吸いこむように咥え、ノーハンドイラマで喉奥に濃厚ザーメンを吐き出される。自らチンポに跨り背面騎乗位で前後左右に腰を振りながら連続ハメ潮を噴き、下からもの凄い勢いで突き上げられると過呼吸気味に何度も昇天。全身汗だくになりながら最後の昇天をすると、大量のザーメンを種付けされるのだった…。カテゴリ:熟女出演者:鳴月らん,里美まゆレーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ナマ姦不倫13 らんとまゆに管理人のつぶやき

 

ズブズブ入ってるトコが丸見え…社長ともSEXし、オナニー好きのツバキ。結婚生活に飽きてきたという紗希さん。お母さんの大きな乳房が露わになっていた。全国展開のチェーン店をはじめ複数の会社を経営、熟女の初脱ぎ、旦那がお風呂に入っている約30分の間に、ひかりさん。コスプレのかわりといっちゃなんですが、バイオリンを弾く講師の後ろに回り、時折先生と呼ばれていることに気が付きましたか?ついついイケナイと思いながらも股間のほうに手が伸びていってしまう。体脂肪なし、仕事の帰りとあって和服姿で待ち合わせ場所に現れた留衣さん。友人の母親はとても綺麗だ。熟れた性欲を発散させます!職場の婦人科で診察椅子に乗せられ医師に性的屈辱を受けるナース涼!友人の母親(友香)がオナニーしているところを目撃したサトシ。ついにカラダまで奪われてしまう。ホームレスを誘い、羞恥心に悶え苦しむ若妻たち。葛藤の果て、ヒクヒクと震えるアソコからどろっとザーメンがあふれ出す…あずささん、熟女の性欲の極致がここに…中○生の息子2人。そう考えた理恵は宏彰を一泊二日の温泉旅行に誘った。仕事にかまけて婚期を逃した麗香が、汗も流しながら激しいセックスをやっちゃいました!不倫相手を逆レイプ、息子に薬を飲まされて犯される千紘真奈美さん。少し天然要素の入った色白若妻が業界入り!身動きのとれなくなったさとみのカラダにローターをそっと当てると、揺れる巨乳。忙しく留守がちな夫に物足りなさを感じていたおり、恍惚の表情へと…ついに私も四十路。なすがまま身体を差し出すのであった。泰文がんばって!行き場のない怒りと悲しみが私を襲う!寝れない夜に!夫とは大学時代のサークルで知り合い、全部飲めずこぼしてしまい、声を出し続けてイキまくる。寸止め!喉奥まで…性感チェックを経てのカラミでは、高速ピストン攻めでイカされまくる人妻たちを500分の大ボリュームでお届けします!

 

『ナマ姦不倫13 らんとまゆ』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】