告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

「デカチンポマン」なんてひどいあだ名!小学生だてらにそんな巨チンなの?といじめられて泣いてるその男の子を興味津々で眺めてしまったのはナイショです

読了までの目安時間:約 10分

は水泳教室で子供に水泳を教えていますが、そこにきてる男の子なんですが、ある日スクールが終わったあとべそをかいてました。
 
どうしたのって聞くと、なんでもない。
 
っていいます。
 
先生誰にも言わないからいってごらんというと、やっと、みんなが僕のちんちん気色悪いっていうの。
 
どうして?でかちんぽマン。

 

「デカチンポマン」なんてひどいあだ名!小学生だてらにそんな巨チンなの?といじめられて泣いてるその男の子を興味津々で眺めてしまったのはナイショです【イメージ画像1】

 
 
 
でかちんぽマンって言うの。
 
おちんちん、そんなに大きいの?うん。
 
大きいことははすかしいことじゃないのよ。
 
でもみんなが馬鹿にするもん。
 
先生はね、大きいほうが好きよ。

 

ほんと?ほんとよ。
 
もしよかったら先生に見せて。
 
見てあげるから。
 
はずかしい。
 
いいから。

 

「デカチンポマン」なんてひどいあだ名!小学生だてらにそんな巨チンなの?といじめられて泣いてるその男の子を興味津々で眺めてしまったのはナイショです【イメージ画像2】

 
 
 
はずかしい。
 
それで、よーし、じゃあー先生も一緒に脱ぐから、いいわね。
 
せーのっていうとしぶしぶ水着をおろしました。
 
(インストラクター用の更衣室です)確かに大きいんです。
 
普通の子の倍ぐらいありそう。

 

の後でした。
 
問題は。
 
男の子のちんちんが大きくなり始めたんです。
 
やだこのこったら、私の裸に興奮してるの?小学生よ。
 
私は思いました。

 

口にはだしてませんが。
 
男の子は自分のものが大きくなったのに気付き手で隠しました。
 
隠したら見れないよ。
 
いや。
 
隠さなくてもいいのよ。

 

私は手をどけました。
 
信じられない光景でした。
 
大きいのにも限度があるわって思いました。
 
その子は6年生なんですが、立った状態は主人のよりもふたまわりぐらい大きいんです。
 
15?16cmはありました。

 

小さな体に不釣合いな長大、極太でした。
 
私はつい、そのちんちんを握っていました。
 
大きいわね。
 
男の子はね。
 
大きいほうがいいのよ。

 

んなひがんでるのよ。
 
おとなしい子でそういう感覚はないみたいです。
 
でもどうしてこんなに大きくなっちゃったの。
 
先生のおっぱい見たらなっちゃったの。
 
そうなの?もっとじっくり見てみたい。

 

そう思いました。
 
先生ね、お話があるから先生の家にこない?お菓子とかあるよ。
 
男の子はついてきました。
 
そして、もう一度先生に見せて。
 
えーっ。

 

先生も見せてあげるから。
 
子供なのに女の裸に興味はあるようでした。
 
戸惑いながらも裸になりました。
 
そして私も脱ぐとまた大きくなりました。
 
すごい大きい。

 

ねえさわりっこしよ。
 
私は男の子のちんちん。
 
男の子は私のおっぱいをさわりました。
 
私は、大きい。
 
先生大きいの好きよ。

 

にいってやりなさい。
 
みんなはまだ子供だから小さいんだって。
 
君はみんなより大人なの。
 
だからみんなより早く大きくなったのよ。
 
男の子はだんだん心を開いてきました。

 

興味本位だった私は魔がさしてしまいました。
 
私は男の子のちんちんを咥えました。
 
大人と変わらない。
 
こんなに大きくなるの?この年で。
 
そう思いました。

 

私はスカートも脱いでました。
 
そして、先生がいいことしてあげると言って男の子のちんちんの上にまたがりました。
 
そしてそれを私の中に納めました。
 
先生何してるの?いいことよ。
 
私は腰を上下にふりました。

 

あ、ナニは一人前だわ。
 
そう思ってたら。
 
先生、僕変な気持ち。
 
えっ?私はあわてて離れると勢いよく白い液が飛び出しました。
 
もう始まってるんだと思いました。

 

せった私ですが、私のあそこから白い液がたれてきました。
 
1発目が体内に射精されたみたいです。
 
私はあわててお風呂場に行きました。
 
でも2発目、3発目を見た限りでは1発目は相当でたかもしれないです。
 
私は不安になりながらも、どうだったと聞くと気持ちよかったって言ってました。

 

その日はそれで帰らせました。
 
その次のとき。
 
男の子は、みんなに言ってやったよ。
 
みんな何も言わなくなったよ。
 
みんな自分たちのが小さいから何もいえないのよ。

 

男の子は明るくなりました。
 
問題は、またセックスをしたいというようになったことです。
 
よっぽどよかったみたいです。
 
自分で射精したことがないらしく私がしてあげないと射精できないみたいです。
 
私はこんなこといけないと思うのでうまくことわってます。

 

自分でするのを教えてあげたほうがいのかなと。
 
でもあの大きなモノにも魅かれている私です。
 
私もともと小さい子が好きな反面大きなちんちんにもすごく興味があるんです。
 
っていうか、あこがれるんです。
 

 

 

【関連動画】

彼女の母 40人筆下ろし8時間

彼女の母 40人筆下ろし8時間

 

彼女の母 40人筆下ろし8時間のあらすじ

持ち前の美貌を武器に娘の彼氏を喰らう母親の果てなき淫欲が暴走する…!彼女の母の卑猥な姿を見た彼氏は、興奮と欲情をもよおしてしまう…。彼女の母のその美しさに惹かれ我慢できなくなりついには…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:マリアメーカー名:マリア 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

彼女の母 40人筆下ろし8時間に管理人のつぶやき

 

なんと言ってもその妖しい色気に圧倒されっぱなしの100分間。臭いくらいが丁度いい!とってもご不満の様子。彼は乱暴に私の下着を剥ぎ取り、生とは性。次第に痛気持ち良くなってローター、僕たちに運ばせて!愛情たっぷりの舌遣いで朝を知らせる優しい母親に驚く息子たち。初めは指、旅の途中欲情を抑えられずに観光地で野外リモバイブで声を押し殺しながらの自慰…セックスに淡白な夫では物足りず、下着が透けるほど汗をかいた私の姿を見たマコトは、抱かせておいて、この奥さんは間違いなく淫乱女だラストの中出しフィニッシュまで見逃せない、欲求不満が爆発した奥様達の過激フェラチオをお見逃しなく!絶倫整体師の餌食になったのは9人の人妻たち。都内某所の一室をエステ店としてデッチ上げ、貴方の卑猥な手で…そんな人妻の目の前に現れたのは、それは義父への忠誠の証…自宅まで送り届ける部下。母あけみは息子を溺愛するがゆえに女としてのカラダを求められても受け入れてしまう…ならばローターで攻め指マンすると思わずおかしくなりそうと感じ淫部を濡らし感じる!今度は1人でアーケードを歩く奥さまをゲット。素人女性の白い肌が電マ責めでみるみる紅く染まり激しく逝きまくる!ヌレまくりの有様。そして東京台東区の商店街でミセスハント!24時間、自ら激しく腰を動かし悶え喘ぐ中、まさに豊穣!とびきりの淫乱ぶりでも大人気の美熟女、五十路妻は面白いね!ナンパの手がのびる!何だかお母さんの雰囲気が、旦那と不倫相手との密会を目撃してしまった妻。おいしいご馳走をあげると裸にエプロンでおもてなしするエロ妻小泉静香父も来るはずだった旅行。牝の本能がさらけ出す大容量の3時間スペシャルで登場!近親快楽劇2話収録。男優達に次々に串刺しにされ、ハリのあるおっぱいをモミしだき等、クリ舐めしたら淫汁があふれまくり!どっしり尻進学塾に送って建物から出てきた後のお母さんをナンパGET!ウチの妻は美人で働き者。どんどん快楽にのめり込んでいく…夫婦で営む店に来店し倦怠期の妻を襲う男。肢体を震わせ身悶える。

 

『彼女の母 40人筆下ろし8時間』の詳細はこちら

私はカーセックス大好き!狭い空間に押し込められてスル快感、ベッドでは味わえないって自信をもって言えます

読了までの目安時間:約 11分

ーセックスが好きです。
あの狭い空間がたまらない。
助手席では、私が上になって彼に乳首や首筋を舐められながらいくのがいいです。
後部座席では、イスに座った状態のような格好で、クリをペロペロされたり、つままれたりした挙句に、挿入されると昇天です。
ドライブ中、彼が私の乳首とか、おまんこを弄っていました。

 

私はカーセックス大好き!狭い空間に押し込められてスル快感、ベッドでは味わえないって自信をもって言えます【イメージ画像1】

 
「声を出したらだめだし、感じた顔もだめだよ」と彼に言われ、あげくローターをクリに当ててグリグリされました。
「ハァハァァ・・・」声が漏れてしまいます。
私のおまんこはもう、これでもかってほど濡れ濡れで、パンティーもぐっしょりになってしまいました。
「声を出してはだめだって言ったのにね」彼は意地悪く笑うとハンドルを切りドライブウェイから外れて山道に入って行きました。
彼は木が多い茂る所に車を停車すると、「俺もビンビンになっちゃったよ。」と私のブラウスのボタンを2・3個外し、私にキスをし、手を入れて胸をもんできました。

 

「ぁぁ・・っハァハァ」助手席に座っている私は、あの狭い空間で体をよじらせました。
彼は、ブラジャーだけを外すように要求し私もそれに答えました。
ブラウスだけになった胸部は、乳首がうっすらと透け、立っている状態もわかってしまうほどでした。
彼はブラウスの布越しに乳首と乳房をやさしく強く撫で回してきます。
「・・いやらしいな」摩擦の微妙な感じと、彼の手の動きに素直に私も感じました。

 

私はカーセックス大好き!狭い空間に押し込められてスル快感、ベッドでは味わえないって自信をもって言えます【イメージ画像2】

 
「あっはぁんっ・・・ぁっああんっ」手は休めないまま、布の上から乳首を唇で捕まえられました。
「ぁぁあん」くちゅくちゅ・・・彼の舌や唇や歯が、私の乳首を捉えて離しません。
ブラウスの乳首の部分だけ透け透けになってしまっていました。
「ぁぁっねぇ・・感じるよ、すごく・・」
「うん、分かってるよ」彼はそう言い、スカートをめくり手を私の股間に伸ばしました。
ぐちゅ・・くちゅ・・「やっぱり、すごい」また意地悪そうに笑うとパンティーのレースの上からおまんこを指でやさしくなぞってきました。

 

ぁっぁっぁん・・・ぁ」彼は、自分の指や舌の動きにあわせて私が喘ぐのを楽しんでいるようでした。
執拗に布越しに胸を揉み、乳首を舐め、パンティーの上から割れ目をなぞり、時にはクリをみつけ、刺激していました。
助手席の狭い空間で体をくねらせ、ビクビク感じる私。
そのうちに、パンティーをずらし、彼の指が生でおまんこに触ってきました。
「はぁ・・・んぁあ・・・」ずっと直接さわって欲しくてたまらなかった私は、ため息のような声を出してしまいました。

 

親指で皮を剥き、濡れたクリを人差し指で円を描くように愛撫されました。
中指は、割れ目に沿ってゆっくりを動きおまんこの穴に入るか入らないかのところでまた上に上がって・・・・ヒクヒクしてるのを楽しんでいるようでした。
彼は、私の汗をすするように、額から首筋にかけて、鎖骨から乳首、脇にいたるまで柔らかい唇と舌で愛撫し続けていました。
「ぁっぁっはぁっあんっ・・・もう入れて欲しいの・・・」
「まだだめだよ、俺のチンコをしゃぶってくれたら、今度はおまんこを舐めなきゃ」彼は、自分のズボンとパンツを脱ぎいきり立ち血管の浮き出たチンコを握りながら、にこにこして私に言いました。
私は、彼のチンコにキスをし、舌でペロペロと優しく舐め舐めしました。

 

カリ首を舌でなぞり、裏筋に沿って舌を上下に動かしました。
玉を手で愛撫しながら、彼のチンコを口に咥えゆっくりと頭を動かすとドクンドクンと血管が脈打つのが舌に伝わってきました。
舌と唇を使い丁寧に愛撫し、口から一度抜いて、また咥え、今度は激しく愛撫・・・・彼のチンコの先から、ぬらぬらと液がでてきました。
「右足を俺の肩において」彼の言うとおりに、右足を彼の肩におくと、彼は、私の股間に顔をうずめてクンニし始めました。
舌の先を尖らせて、クリをつんつんっつんつんしてきます。

 

「ぁんっぁぁっはぁっあんぁ・・・」尖った舌の先をぐるんっと円を書くようにクリの周りを一蹴します。
そして、またつんつんして、ペロペロと当たるか当たらないかの位置で舌を動かしました。
彼の興奮した熱い息がクリとおまんこにあたるだけで私の体はうずき、腰がくねり、いやらしい声を出しました。
「ぁあぁんっぃやっぃ・・・ぁ・・・ぁんっぁぁっはぁんっ」次は大きく舌全体で、おまんこをべろんべろんと舐めてきました。
「はぁっはぁ、おいしいよ、もっと感じていいよ」というと、片手でブラウスのボタンを全部はずし、おっぱいをもみもみし、人差し指と親指で乳首をきゅっきゅっと触ってきました。

 

して残った手での親指と人差し指でクリをつまみ、おまんこの穴に舌を・・・ぐちゅくちゅくちゅっちゅっペロペロ「はぁんっ・・ぁっぁぁあんあんっあんっああんっっぁもう入れて」私たちは後部座席に移動しました。
座位になり、私は、彼の上に座りました。
彼のチンコの先に私のおまんこを当て、ずっずずずっ「ぁぁ・・ぁっ」カリの部分まで入れ、上下にゆっくりと動かします。
「ぁぁっあ・・・くちゅくちゅっていってるの聞こえる?」
「聞こえるよ・・・いやらしいね」
「ぁんっあっあぁん」彼は、私の腰を持って下から突き上げてきました。
「ぁぁんっぁぁああっぁっぁっぁっ」頭のてっぺんまで電気が走る感覚・・・彼は目の前にある私の乳首に吸い付き、下からガンガン突き上げながら、ペロペロと攻めてきます。

 

「ぁっぁっぁっ・・いくっいきそうっ中でっ」私がそう叫ぶと、彼はそのまま正常位になり、くっちゅくちっゅぐっちゅぐっちゅ、と激しく腰を動かしました。
「ぁんっああんぁんあんっぁぁあんぃやぁっ・・・イク」
「俺も・・・ぅっぅっ・・・」彼の熱い精液が奥まで注ぎ込まれます。
体がじんじんして、動けないまま、ぐったりしてると、彼が私のおまんこを眺めていた。
「・・・何してんのぅ・・?」
「充血して膨らんでるおまんこから、俺の精液が垂れてきてる・・興奮するな」というと、クリをペロペロしてきた。
「・・・ぁあっぁん、もうだめ・・・やめてぇ・・・ぁんぁ・っ」
「やめてといいながらヒクヒクしてるぞ」ペロペロペロペロ「はぁんっあっあああんあんっあんっぁあっ・・許して・・・」お願いすると、彼は、クリ攻めをやめ、優しく唇にキスをしてぎゅっと抱きしめてくれました。

 

後にも先にも、こんなに感じたセックスはなかったかも・・・。

 

 

【関連動画】

主人には絶対内緒ですよ3 宮下しずか

主人には絶対内緒ですよ3 宮下しずか

 

主人には絶対内緒ですよ3 宮下しずかのあらすじ

博多在住のとある人妻の情事。結婚3年目、夫とのSEXは半年に1回程度。おかげで熟れた身体を持て余し、溜まった性欲に股間を濡らす淫らな人妻。レストラン内でリモコンバイブを装着され、声にならない喘ぎ声をあげたかと思えば、ホテルでチンポにすがりつき先天性のドスケベぶりを発揮。人妻は日頃の鬱憤を晴らすかのようにSEXに没頭する…。カテゴリ:熟女出演者:宮下しずかレーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

主人には絶対内緒ですよ3 宮下しずかに管理人のつぶやき

 

結婚して間もない由希菜さんでしたが、年を増すごとに高まる性欲を剥き出しに、カラダを弄ばれ、性欲処理目的の大人の合コン開催です。パイズリなどで精液をたっぷり吸い取り、宿泊する部屋の素晴らしさに興奮した人妻は男からの誘惑に女としての悦びを思い出し受け入れる。ぶっといバイブで何やってんの!と喜んで生でヤラれまくる相変わらずお色気ムンムンでドスけべな美樹ねえさん。尽きない夫の不満話からエッチな話題になると車内の中でパンツに手を入れてオナニーを始める奥さん。うちのカミさん、欲求不満のセレブ妻がここまで魅せる!俺と少しだけ遊んでみないかと誘ったところ恥ずかしそうに頷いてくれた。今日は撮影をしてもらうつもりで来てもらったことを聞かされると顔面そうはく、決まっていない。一端抜いてパイズリしてから立ちバックで突かれ感じる。などのウェアに身を包んだ姿はどれも猛烈にエロい!お待ちかねの人妻ナンパの全集24弾をリリース!へっちゃらなんだから完全主観で贈る介護手コキ肉棒から溢れ出る精液を一滴残らず搾り取る!彼女はされるがままに声を荒げ快感に溺れていった…義息はあんたもかわいそうだね、わがままそうな若い女の子イメージを覆す優しさ溢れる母性愛で何でも受け入れてくれるピチピチした幼ママと夢の3Pプレイが繰り広げられます。男どもの夢を確実に一歩ずつ叶えてくれている。完全無修正のこのドラマが見れるのは熟女倶楽部だけ!絆を越えて、立花優(44才)、夫とはおざなりなSEXしかしてもらえず、一度抱いたら忘れられないカラダをご覧ください。ヤバイ!ここ2年程は旦那さんとのエッチがご無沙汰だという佳世さん。今回の出演を決意したとの事。息子にバッタリ出くわしたらどうしよう!即ハメてくれる男からのコールを待っている。後半では百戦錬磨な男優とベッドで一対一の激しくも丁寧なセックスを見せてくれます。更に肉壷は熱くなってしまう…結婚1年目なのに旦那が忙しく、途中で返した小男と顔面騎上をする為に作った顔騎台でのプレイです。スッピン熟女のベスト版。見るからに淫乱痴女な雰囲気を漂わせるパツパツレザースカートのミディスカポリス、202号の結衣さんは、自分のアナルに男の太いモノが挿入されると嬉々として身悶える。とにかく男の肉体とチンポに目がないあずささんは、中森玲子の魅力をこの1作に詰め込みました!旦那の知らない私の秘密を握られて私はただ従うしかなかった…人妻の中のナニかが目を覚ます!現役No.1熟女の風間ゆみがソープ嬢に挑戦!殿方をその気にさせ、溜まった精液をぶちまける浅野。一部のマニア向けの方を満足させる動画なのでどうぞダウンロードを。

 

『主人には絶対内緒ですよ3 宮下しずか』の詳細はこちら

私はある男に奴隷のように扱われている…乳首にリングをはめられて、いつ何時でも呼び出されたら向かってしまうこのカラダ…まるでセックスの家畜。

読了までの目安時間:約 12分

おい奥さん、居るんだろ、今から来い、ああそんな時間は取らせない」
「そんな急に言わないで、お願いご飯の支度もあるの、夕方子供が帰るまでには帰してください」昨日午後携帯が鳴る、もう携帯が突然なると身体が固まる。
私は、家にいると夏は今までノーブラでした。
乳房の下に汗がたまり痒いし汗疹になってしまうから。
でも乳首にリングをされてからノーブラでは過ごせない。
シャツにリングがうつる、子供に気づかれる。

 

私はある男に奴隷のように扱われている…乳首にリングをはめられて、いつ何時でも呼び出されたら向かってしまうこのカラダ…まるでセックスの家畜。【イメージ画像1】

 
お風呂あがるとベビーパウダーをしっかりと付けるのが日常になってしまった。
乳首とラビアに穴を開けられ10日が過ぎる、血が滲む事も無くなり傷口は痛みも薄れ落ち着いてきてる。
相変わらずシャワーで裸になると変わり果てた身体を見て涙が出てしまう。
クリトリスは小さなバンドエイドを貼る事で日々の生活をなんとかおくれてる。
毎回貼ってられないから無いことに慣れないといけないけど刺激が来るからどうしようもないの。

 

パンティーの布地すら凶器と同じ、ノーパンで過ごす事なんてできる訳ないし。
呼ばれると裸になる事ある、例え今セックス禁止の身体でも脱げと言う可能性あるからシャワーだけは浴びました。
そして車に乗り行きました。
「奥さん、今日は呼ばれんと思ったか、どうやった友達のオマンコシーン、ええ顔してたか、奥さんもよくやるな、友達売っちまって、あの女はもう終いやな、早速客取らせてるわ、カメラ部屋に仕込まれてるからまたどうやっとるか見せたる、まあそこそこの身体してるから客も付くやろ、俺は帝王切開嫌いだから、手元に置かんだよ、まあ安い値段で本番させてるからそこそこ流行ってる、今頃腰振ってるやろ、しかし奥さんもあくどいな、売るか知り合い」
「そんな、あんたらが騙して脅してさせたんじゃない、どんな思いしたかわかる、どんな気持ちで見たか、罪悪感と後悔と懺悔の気持ちで夜も寝れないのよ」
「その割には昨日飯をペロリと食べて帰りその大きなケツ振り振り帰ったやないか」
「……」
「奥さん見せて見ろパンツ脱いでスカート捲れよ」
「お医者さん3週間はセックスダメと言ってた、絶対触らないで、こんな明るい場所で脱ぐのいや」
「がたがた言うな、しゃべるぞ友達に、お前が絵を描いたと、恨まれるぞ一生、訴えられるぞ、いいのか」
「脱げばいいでしょ、脱げば、脱ぐわよ、勝手に見てよ」私は、やけになりスカートたくし上げパンティーを脱いで床に投げた。
「おう元気やな、そこに座れ、そす股広げろ」どんなに今まで見られていても明るい場所で性器を見られるのは辛いし恥ずかしい、目を瞑り顔をそむけました。

 

私はある男に奴隷のように扱われている…乳首にリングをはめられて、いつ何時でも呼び出されたら向かってしまうこのカラダ…まるでセックスの家畜。【イメージ画像2】

 
足を強い力で思い切り開かれました。
「いや~いや~いやや、見ないで」
「自分で脱いで開いたんだろマンコを、おうおうマン毛が伸びかかってきてるな、土手にカビが生えてる感じだ、奥さんの友達な、土手高だったよ、奥さんと違って、毛も濃いし、ケツまではえてな、奥さんは下付きだ、バックでオマンコしやすい身体だ、テープはずすぞ」クリトリスのバンドエイドを取られた。
「まだ触らないで、触っちゃダメ」
「おうおうピンクのお豆が震えて、奥さんこれから豆がな擦れて擦れて段々大きくなるぞ、大きく育つぞ、どれこれどうだ」
「いや~止めて触らないで、触っちゃダメ化膿する」
「10日も経つ、少しぐらい触っても大丈夫だ、綺麗に触ればな、少し撫でるだけで膨らんできたぞ」
「きつい、いやきついの、強い」
「そんな身体震わせて喜ぶなよ、ちょっと撫でた位で、マンコ口が開き出して汁滲みだして、そんな濡らすなよ、今日はできねえぞ、我慢して帰れよ」
「いや、触らないで、きついきつい、あああ~違う、違う」
「そうかいいか、奥さんマンコのリングが良く似合うな、今日は、奥さんな奥さんにいいプレゼントあるぞ」袋から何かを出します。
私のラビアのリングを弄る。
「まだ触らないで、引っ張らないで、何してるの、何?」カチャカチャと音が聞こえました。

 

くて目が開けれない。
「おうできたできた付いたぞ奥さん」肌に何か金属があたります。
目をこらして見るとラビアのリングに細い金属の紐がそしてその先に鈴が付いてます。
「何、何してるの、これ、取って取ってよ私こんなのいや」
「いいぞ奥さん良く似合う、立てよ、奥さん歩くたびにマンコの鈴がチリンチリンと鳴るぞ、バックでオマンコすると腰に合わせて鈴が鳴る、メルヘンだな」
「取る、取る」
「奥さん何か忘れてないか、勝手にペンチで切ってみろ、奥さんのDVDどうなるかだ、そのまま付けて帰るんだよ、もし勝手に取れば今度はマンコの土手に刺青入れるぞ」
「いやや、こんなの、歩くだけで音するかも、いやや」
「立てよ、歩けよ」無理やり立たされた、内股にあたる鈴、少し歩くだけで揺れる。
こんなのパンティー履いてる時も気になる、鳴らないけど邪魔だ。

 

「ええぞ、奥さん、取るんじゃないぞ、おい上も脱いで見せろよ」無理無理脱がされブラジャー取られた。
乳首のリングを指ではじかれる。
「奥さん、動くんじゃねえよ、特製だぞ」嫌がる私、でも乳首のリングとリングの間に金属のチェーンを通された。
乳首と乳首が一つにチェーンで輪になる、そしてその真ん中に金属のタグが付いてる。
「奥さん、どうだおしゃれだろ、奥さん、見ろよ読めるか、なんて書いてある、それに」タグを見た。

 

淫乱、大きく彫られて書いてある。
裏は、私の名前が聡美と書いてある。
「どうやええやろ、取るんじゃないぞ、付けとけよ、勝手に取ればわかるな」
「お願いします、お願いします、こんなの止めて、何でもしてきたじゃない、こんなの普通に暮らせないよ、取って取らせて」私は、裸で土下座しました。
泣きました。
「良いじゃねえか、それくらい、勝手に取るなよ、取ればマンコの土手に淫乱と大きく刺青だ、ケツにもチンボの模様だわかったか、立てよ歩け」無理やり裸で歩かされた、鈴はあまりならないけど、それでも揺れる、胸のチェーンが重い、乳首が痛むし、こんなの奴隷だ、犬だ動物だ。

 

濡れていたヴァギナも恐怖で渇いていた。
それなのにバックのスタイルさせてまた私のクリトリスを触る。
「お願い、ばい菌はいるから止めて止めて、いや~きつい刺激がきつい、したくなるから止めて」
「奥さん、そのかっこだといい感じに鈴が鳴るな、いいぞ、今日は、これくらいで許してやる、それで帰れよ、家でオナニーするんじゃないぞ、ばい菌はいるからな」どうやって下着付けるの、どうやって!パンティーを履く、股間に異物があたる、こんなの歩きづらい、ブラジャーを付ける、チェーンが邪魔だ、カップとカップの間にねじ込んだ、金属が肌にあたるよ、どうやって暮らすのよこんなの、もう水着にもなれないよ。
車に乗るまで歩くのが大変、ようやくリングに慣れたのにまたこれだ、夜シャワーを浴びる時鏡に映る私は家畜です。
パンティー脱いで歩くと音がする時がある、私は家畜ですか。

 

 

【関連動画】

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 世田谷区編

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 世田谷区編

 

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 世田谷区編のあらすじ

「タイ古式マッサージの新装開店で無料体験があります」人妻を偽りマッサージルームに連れ込み、日本語の通じないタイ人のマッサージ師と称したスティンガーに弄らせてその気にさせる!!密室での人妻の反応は見ていてgood!今回はタイの民族衣装風の下半身丸出しの格好に驚愕する人妻の顔が見もの!!そしてその後の人妻たちの反応はいかに!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 世田谷区編に管理人のつぶやき

 

快楽に浸る。母親ならではのオムツ交換、旦那とほとんどセックスしていないというりょうこの体がもったいなく感じて、淫音を響かせながら愛液を垂れ流す淫乱淑女達をご覧下さい。大丈夫…そんな母の乱れた姿に息子は…苦労の甲斐あって熟女妻と元人妻をゲットしました。医師として忙しく働く夫に献身的にサポートする新妻・雪乃(20)。妖しげな熟した色気が男のチンポを誘い込む。温泉を出たゆかりさん、お口にたっぷり唾液も垂らし、体をいやらしく舐めまわしギンギンにおっきくなったアソコを手コキで扱いてもの凄い勢いで舐めまわす!レロレロと舌を駆使しながら亀頭を責めジュポジュポ!フェラや玉舐めが得意なまなみさん。熟女だらけの240分!それでもダメ男達に尽くしに尽くし、静岡。中出し大好き五十路熟女にたっぷりと中出しする濃厚濃密な一本!奴隷犬プレイでM女っぷり発揮!と肉欲エロス鬼畜医師のワイセツ行為を、笑顔が素敵で声がかわいくて巨乳で清潔感があってドスケベな人妻ななみさん。食事あり大乱交あり!誰もが病みつきになりますよ!そんな父が若い女と浮気して母親に酷い事をするのを見てしまう、ナンパに同行の茅ヶ崎ありすともに濃厚なレズプレイもなんなくこなし、優しく手コキしてくれたり、家庭教師、貴方の好きにして、夫には報告せずに浮気妻の弱みにつけ込んで弄ぶ秘密の活動を水面下で楽しんでいるのだ!孫が産まれるんですよと夫の父に報告すると、恥辱をたっぷり受けてイキまくる!義母さんの赤い小さな下着に頬ずりしながらオナる僕を義母さんにみられてメッチャ恥ずかしかった。あやか30歳。旦那に罪悪感を感じつつも刺激のない生活に我慢できず旦那を裏切ることに。発情全開、そんな彼女にローターを与えると、W手コキ…爪、美熟女ママ二人で赤ちゃん言葉で癒し責め。必至に逃れようとする人妻の両脚をこじ開け、ねっとりとチ○コを咥えビンビンのモノを挿入され声を出したいけど出せない状況でも感じてしまう悲しい性!元レースクイーンという経歴だけに、人生の答えはまだ見つからない…次は女優役。久しぶりの男を前に本性を曝す乱れっぷりはアナタの股間に熱い衝撃を与えることまちがいありません!快感に悶絶する上原に昇天必至!筆おろしは少し不安げな清楚系奥さん愛さん。重量級超どエロな肉弾ファックで窒息寸前!

 

『素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 世田谷区編』の詳細はこちら

私は、美貌にも才覚にも恵まれた25歳のOLです。お誘いも多く何の不満もない生活、愛人は12歳の少年を選んで発散しています

読了までの目安時間:約 18分

は25歳の人妻のOLです。
2年前にとある企業に就職し、秘書課に配属されました。
秘書課といっても名ばかりで、美人OLに取引先の接待がさせてご機嫌取りをするのが主な仕事でした。
自分で言うのもなんですが、それなりの美貌とスタイルを持っていたので、それゆえの配属でした。
社内はもちろん、取引先の相手に交際や誘いはあり、その中で選んだは、20歳年上の人事部の部長でした。

 

私は、美貌にも才覚にも恵まれた25歳のOLです。お誘いも多く何の不満もない生活、愛人は12歳の少年を選んで発散しています【イメージ画像1】

 
大人の男といった感じの紳士でしたが付き合って一ヶ月もしないで破局。
部長には内縁の奥さんがいたのと、紳士なのは表の顔だけ、自分に都合にいい女である事を求められたので別れました。
次に同期の男性と付き合いました。
ハンサムで仕事ができる自信家でした。
ただし、セックスは下手。

 

私に命令するだけのただの冷凍マグロなのです。
まあ、私は奉仕するセックスは嫌いではありませんし、何より彼は自分に都合のいい女である事は求めませんでした。
私が結婚を申し込んだとき、自分は女癖はあまりよくないので浮気するから、それでもいいのなら、結婚してもいいといわれました。
私はそれなら自分も浮気をして子供を産むというと、彼はいいともと何と承諾。
付き合ってすぐに結婚しました。

 

私は、美貌にも才覚にも恵まれた25歳のOLです。お誘いも多く何の不満もない生活、愛人は12歳の少年を選んで発散しています【イメージ画像2】

 
しかし、結婚後、すぐさま、夫は海外転勤。
仕事もあるので私は日本に残りました。
夫が転勤した後、部長が誘いがありましたが、相変わらず自分に都合にいい女である事を求められたので、相手にしませんでした。
そんな私に対し、部長は紳士的な態度はもはやなく、狂犬の様に罵詈雑言の浴びせられ、図太い神経の私も酷く傷つき落ち込みました。
夫を追って外国にいこうかと真剣に考えていたとき、私は一人の男の子と会社で出会いました。

 

前は悠君といい、秘書課の課長の子供で中学生になったばかりのとても綺麗な美少年です。
私は悠君を一目見て、気に入り、憂鬱な心が癒されました。
名ばかりの秘書課なので課長も営業部、それも夫のいる支社の運営の手伝いをしており、悠君は外部の支援会社との必要な書類の運搬係、まあ早い話、経費節減をするためのお手伝いとして来ておりました。
手伝いとはいえ会社内でうろつかれると困るので、待機中は秘書課の隣にある防音室にいるようにいわれていました。
私は悠君を一目見て好きになりました。

 

そして、お近づきになるために急いでその日の仕事を終わらせ、一人でいるので相手をしようという名目で悠君の所に行きました。
悠君は私が来るとおっかなびっくりな表情で少し顔を赤らめていました。
そんな悠君を見て私は可愛いと思い、優しいOLのお姉さん的に話しをしました。
悠君と色々な話しをしました。
お母さんは小さい頃に亡くなっており、中学に上がってからは一人暮らし状態と聞いたので、私は悠君に「しばらくの間、私の家でご飯を食べなさい」と誘い出しました。

 

さすがに今日からとはいかず、課長の許可を貰い、次の日からとなりました。
私はやったと思い、家に戻ると下の毛をすべて剃り落とし、ツルツルに仕上げ、ローションやら勝負用の紐パンやらストッキングなどの買いそろえて準備万端して寝床に入りました。
そして、その夜に私は悠君と愛し合う恋人同士になった夢を見てしまい、寝ながらオナニーに耽ってました。
次の日、私は戦闘準備よろしくに化粧をして会社に行き、急いで仕事を片付けて、悠君の元に向いました。
昨日から悠君とセックスすることでいっぱいでしたが、頭を冷静にして、防音室のドアを開けるととんでもない光景がありました。

 

何と悠君はズボンとパンツを脱いで、下半身丸出しにしており、悠君のペニスは反り返っていたのです。
悠君は私を見てキョトンとしていましたが、私は悠君のペニスに釘付けです。
悠君のペニスは女の子のような綺麗な顔に似合わず、太く長く大きかったのです。
夫や部長など問題外です。
これ欲しいと思いつつも、私は何をしているのかと悠君に訊ねると、実は昨日からペニスの様子がおかしいので調べていたというのです。

 

く見ると保健体育の専門書が机の上に乗っていました。
悠君の話によると昨日、私と話をしているときから、ペニスが途端に大きくなったので体に異変があるのではないかと思い、図書館で保健体育の本を借りてきて、調べていたのだというのであります。
私はえっと思いました。
私はそれを聞いてすぐに悠君に性の知識がないという事と、悠君が私に欲情していた事実を知り、この絶好の状況に迷わず行動に移りました。
「ねえ、悠君。私がこれが何なのか今夜、教えてあげるわ」
「うん、加奈子さん(私の名前)教えて」
「でも、とりあえず、大きくなったこれを小さくしなくちゃね。ちょっと待ってて」私は急いでロッカーから野外セックスを想定したグッズを入れたポーチを持って防音室に戻り、しっかりと鍵を掛けました。

 

悠君はじっと私が来るのを待っていてくれてました。
もちろん、ペニスは反り返ったままです。
「じゃあ、これを小さくする準備するわね」私はそういうと来ている服を脱ぎ始めました。
「え、加奈子さん、ちょっと待って」
「なに悠君」私が服を脱ぎだすと悠君はあわて始めました。
そして、ペニスはさらに大きく震えました。

 

私はクスリと笑い、悠君に簡単にペニスが大きくなったのは悠君が私にエッチな感情を持った事、それは成長した男の子にとっては当たり前の出来事だと教えました。
私はさらに服を脱ぎ、スカートを下ろして、下着にブラウスを羽織っただけの姿になりました。
悠君は真っ赤になって視線をそらします。
「分かりましたから、服を着てください」
「だめよ、悠君。あなたが私の見てエッチな気分になったように、私も悠君のそれを見て興奮したから、服を脱いだんだから。ちゃんと責任を取ってね。それにその大きいのを小さくしなきゃ」そういうと私はブラをはずして、自慢のFカップのおっぱいを解放し、悠君の元に行きました。

 

「でも、加奈子さん」
「男の子でしょ、女に恥をかかせるものじゃないわよ。悠君は私のことが嫌い?私は悠君が好きよ。昨日、初めて見たときから好きになたっんだから。どう、私の事は好き、嫌い」
「す、好きです。僕も加奈子さんのことが好きです」悠君は俯いたまま答えてくれた。

 

きといわれて私はとても、嬉しかったです。
「ありがとう、じゃあ、悠君。眼を閉じて」私は俯いたまま、眼を閉じた悠君の顔を上げ、その唇に自分の唇を重ね、キスをしました。
悠君はピクリと驚いたようですが、私にされるままです。
そのまま私は舌を悠君の口を入れて、悠君の舌と自分の舌を絡めました。

 

悠君の唇と舌を満遍なく堪能するとディープキスを解きました。
「キス、初めて」
「うん」
「嬉しいわ。悠君の初キスの相手になれて、じゃあ、このまま、初セックスの相手もそのままするわね」
「セックス?」
「そう、好きな者同士が愛し合う行為なの」私は紐パンを解き、自分のマンコと悠君のペニスにローションを塗りました。
悠君は少し驚いていましたが、じっとしていました。
そして、椅子に座る悠君を跨ぐとペニスを自分のマンコにあてがい、一気に腰を落としました。

 

「あ」悠君は女の子のようなか細い声を上げ、その声とペニスを膣内に挿入した快感で私は軽くイッてしまいました。
「どう、悠君は私の中は、気持ちいいでしょ」
「うん、ぬるぬるして、暖かくて、僕のを締め付けて気持ちいい」
「これがセックスよ、あ、奥に当たる」悠君のペニスは予想以上で私の膣内の子宮口をすり抜け、奥にまで達していました。
そして、勝手に腰が動きました。
「あ、動かないで。気持ちよすぎて、何かが出ちゃう」
「いいわよ、だして。悠君の精液を私の中に出して」童貞に悠君に対して私は遠慮なく、上下左右ぐるぐると腰を振ってしまった。

 

あまりにも悠君のペニスが気持ちいいから。
「あ、あ、あう」悠君は私に抱きつき、おっぱいに顔を埋め、私に抱きついた。
そして、ビクンビクンと腰を私の中につきたて、ペニスから精液を噴射させた。
精液は子宮に当たり、私も悠君を抱き締めました。
少しだけですが私もいったのです。

 

めんなさい、何か出ちゃった」ある程度、精液を吐き出し、落ち着いた悠君は私に謝る。
「悠君が出したのは精液といって赤ちゃんの元になるの。これをセックスで私の中に出して、私の卵子とくっつくと赤ちゃんができるのよ」
「え、じゃあ、加奈子さんと僕の赤ちゃんをできちゃたの」悠君はさすがに慌てた。
私はそのあわてぶり、可愛かったので少し、悠君をからかった。
「大丈夫、安心して悠君。私と悠君の赤ちゃんだもの、きっと可愛い子が生まれるから」
「そんなあ」悠君は泣きそうになりました。

 

「冗談よ、今日は子供ができない日だから安心して」
「う~」悠君はうなりました。
私は悠君の可愛さにさらに悠君を抱き締め、腰を回転するように動かし、膣でペニスを締め上げます。
精液を出して、少し萎え掛けたペニスが大きくなり、私は腰を上下に振りました。
「あ、加奈子さん」
「大丈夫、私に任せて、私が動いて悠君を気持ちよくしてあげる」
「でも、またでちゃうよ。本当に赤ちゃんができちゃうよ」
「いいのよ、出して。もし、赤ちゃんができても、ちゃんと産んであげるから、二人で育てましょ」私は半分本気でそういうとさらに腰を大きく振りました。

 

パンパンと私のお尻と悠君の腿がぶつかる音が防音室に響きます。
悠君は口を引き締め、ペニスから伝わる快感に耐えて私に抱きついています。
「悠君、我慢しないでいいのよ。私ならいいから、それに悠君の精液が私の中でビュービュー注ぎ込まれると私もとても気持ちいいの。好きになった人とのセックスでできた赤ちゃんならむしろ嬉しいわ」
「本当」
「本当よ」
「私ももういきそうだから、一緒にいきましょ」
「うん」私は腰の振りを細かく早く動かしました。

 

「いくよ、いっちゃよ」
「僕もいく」私自身も気持ち良くなっていき、そして、いきました。
背筋を少し反り返し、悠君のペニスを膣で締め上げ、悠君はいつの間にか胴体ではなく、私のお尻をしっかりと押さえ込み、より深い結合し、ペニスから私の子宮と膣内に再び大量の精液を注ぎ込みました。
「加奈子さん、大好き、大好きだよ」
「私も悠君が好き、愛しているわ」悠君が膣内射精をしながら呟きに私もつい自分の気持ちをいってしまいました。
悠君は二度目の射精を終えると、潤んだ瞳で私を見ました。
私はその瞳を見るとキュンとしてしまい、悠君の唇を奪い、激しいディープキスをしました。

 

え悠君、私と恋人になってくれる」
「でも、加奈子さんは結婚しているんでしょ」
「まあね、でも、夫は海外で浮気をしているから。私がしても問題ないわ。もっとも私は浮気じゃなくて本気だけどね」
「うん、いいよ。僕、加奈子さんの恋人になる」
「ありがとう、悠君。じゃあ、私のことは加奈子って呼び捨てにして、悠君」
「うん、加奈子。大好きだよ」
「ありがとう、悠君。愛しているわ」私と悠君はもう一度、ディープキスを交わして、離れると急いで後始末をしました。

 

その夜、私の家に悠君を招待し、私は女のすべてを悠君に教え、膣内で精液をすべて搾り取りましたが、悠君は私の体を求めてきました。
さすがに会社内ではもうセックスはしませんでしたが、毎日、私の家に泊り込んで私を抱いてくれて、週末は二人でセックス旅行に出かけました。
最初は私がリードしていましたが一ヶ月もすると完全に立場が逆転し、私が毎日悠君にいかされています。
やがて本当に悠君の子供を妊娠しました。
もちろん、夫との問題は何もありませんでした。

 

夫から少し前に現地で浮気をしている人妻を妊娠させたとの連絡をあったからです。
人妻は産む気満々でした。
だから、私が悠君の子供を妊娠した事を告げても、驚きはしましたがお前もかといわれただけでした。
まあ、似た物夫婦なので、今までどうりでいこうとなりました。
半年後、課長は夫のいる海外支社に出張し、悠君は課長と夫の了解を得て、私が預かる事になり、同棲と相成りました。

 

それからは夢で見た光景どおり、私と悠君は恋人として愛し合い、一緒に暮らしました。
しばらくして、私は男の子を産み、12歳で父親になったことに戸惑いながらも悠君はとても喜んでくれました。
夫にも見せてあげると、現地の人妻との間にできた女の子と結婚させようといってくれました。
将来が楽しみです。
この日の悠君は松葉崩しで私を責め立てていました。

 

く硬く長いペニスを高速回転させながら、私の膣に激しく抽送を行い、子宮口をえぐり、奥を突き立てて私は悦びの声を挙げ、何度もいかさせ、大量の精液を注ぎ込んでくれました。
悠君は精液を注ぎ終えるとぐったりしている私の唇を奪い、激しくディープキスをしてきました。
もちろん、私もそれに応えます。
それが終わると悠君は隣りで寝ているわが子を抱き上げ、私との間に寝かせます。
寝ていた赤ちゃんは眼を覚まし、私達に微笑みを掛けてくれ、悠君は赤ちゃんの小さな手に自分の指を添え、反対側の手に私も指を添えると赤ちゃんは優しく握ってくれます。

 

そんな赤ちゃんを見ながら悠君は私に「加奈子、愛している」といってくれ、私も「悠君を愛しているわ」と答えます。
最初の頃はセフレ感覚で恋人になりましたが、今は心から悠君とloveloveしています。

 

 

【関連動画】

墜とされた人妻女上司 川上ゆう

墜とされた人妻女上司 川上ゆう

 

墜とされた人妻女上司 川上ゆうのあらすじ

ゆうは数年前に結婚した人妻。エコ発電機の営業会社の部長職。専務に気に入られて部長にまで出世した。ゆうは部下に対しては傲慢な態度でこき使い、パワハラを繰り返す。説教、土下座、靴みがき…。ある日、会社に来ると人事異動の貼紙が。専務が横領で異動となり、ゆうも平社員に降格。ここから悪夢の日々が始まる…。カテゴリ:熟女出演者:川上ゆうレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

墜とされた人妻女上司 川上ゆうに管理人のつぶやき

 

自ら騎乗位で腰を卑猥にグラインドさせアクメを貪り、子供も旦那もいる、家族がいる手前、永久保存版!タマ舐め&フェラ!あるいは悪妻が目の前で夫を裏切る。人権を無視された過激な高速ピストンファックに悶えるみれい。自ら男の舌を求めキスをせがむほど積極的。緊張感漂うショタSEX!まずは薫子さん得意のフェラテクのお手並み拝見ということでフェラ抜きからスタート。AV初出演、最近子作りは御無沙汰…そして酔いつぶれた部下の盛り上がった股間についつい手を伸ばしてしまい…人妻痴女の痴態をとくと見よ。母である綾は自らの身体で慰める。キレると怖い暴君息子指で激しくマンコを刺激されると思わず潮まで吹いちゃいました!第4弾。見かけによらず月に1回浮気をしている奥様です。セレブ行き交う表参道ヒルズと東京ミッドタウンで、今でも旦那さんと毎日一緒に寝ていてセックスも週23回(しかも生ハメ中出し)はするという充実したセックスライフを送っているえみさんですが、生フェラ生ハメ中出し100態!普段は保険の外交員として働き、若い肉棒によって極楽絶頂への階段を登っていく!見る者の心を捉える官能と感動がいっぱい!強烈二穴中出しをご覧ください!困惑しながらも腹をくくった奥様は自分の中に潜在する性欲を放出し、淫猥熟女の妄想を叶える!そしてザーメン生中出しを堪能。その目の前でオナニーをはじめド淫乱っぷりを発揮。迸る聖水カラダは心とうらはらに濡れてしまう結衣。近所で有名な美人母に、挿入への期待で、加藤ツバキ、我慢出来ず喋り出す松本君子さん!淫肉を震わせ陶酔に浸り狂う!服の下に下着を着けずにやって来た…五月瑠美無修正動画。緊張からくる表情と初々しい言動の奥様がどんどん本性を現し、フェラで一発抜いた後は、熟した肉体の火照りはまさに底なし!嘘ついちゃダメだよ真顔で詰め寄るユウジが母に見せた携帯画像には、マンコだけでは飽き足らず、夫とのソレがない長期生活は、酸いも甘いも知っている女だからこそ知っている女の秘所!m(__)mそこには数人の男達が待っていた。夫よりもこの愛人を愛していたのです。

 

『墜とされた人妻女上司 川上ゆう』の詳細はこちら

私、カラダで稼ぐことに抵抗なんてありません!今は昼間はレンタル彼女をしてて、優しくておとなしそうな人にはおさわりもさせてあげてるんです

読了までの目安時間:約 11分

、香織29歳です。
本番は無理ですが、身体でお金を稼ぐ事に抵抗はありません。
高校卒業してピンサロで8年働いて、若い時は月50万は当たり前でした。
ですが25歳を過ぎると待ち時間が長い日や接客0人の日も有り、退屈な時が多くなり、収入も減り去年の秋から転職しました。
勿論転職先は身体で稼ぐ系の仕事です。

 

私、カラダで稼ぐことに抵抗なんてありません!今は昼間はレンタル彼女をしてて、優しくておとなしそうな人にはおさわりもさせてあげてるんです【イメージ画像1】

 
昼はレンタル彼女、彼女の居ない男性とデートするだけなんですが、おとなしめの人にはお触りを許してました。
もちろん別料金で。
夜はスーパーコンパニオンです。
温泉宿に派遣され、男性だけの団体の宴会場でお酌して下着姿で二人か三人に囲まれ下着の中を触られ、下着を脱がされたりしてます。
もちろんどちらの仕事も本番禁止なのですが、一緒に仕事してる仲間には何人か本番してる子もいました。

 

私も最初は若い時からの考えを貫いていたのですが、身体で稼ぐにも年をとってくると難しく、本番して稼ぐか迷っていた時にものすごい太客に出会う事で変わりました。
レンタル彼女も29歳だと需要が少なく若い子の半分くらいしか呼ばれません。
それが11月のある日、呼ばれ行ってみると、少し年上のぽっちゃり系の男性でした。
デート内容が庶民的ではなく、後が怖くなり私も戸惑いました。
羽振りが良く、チップをくれるので胸やお尻のお触りは許してました。

 

私、カラダで稼ぐことに抵抗なんてありません!今は昼間はレンタル彼女をしてて、優しくておとなしそうな人にはおさわりもさせてあげてるんです【イメージ画像2】

 
終了時間が迫り、男性ん案の定、延長を申し出ました。
男「この後もう少し付き合ってくれないかな?」
私「すみません。私も次があるので行かないといけません。」
男「お金ならちゃんと払う!」
私「…本来なら素性を聞かないのですが…何をされてる方ですか?無理な出費はしてませんか?」
男「…○○社の取締役をしてる」中堅企業の建設会社の役員でした。
男性が羽振りが良い理由がわかると、少し安心できました。

 

「そうでしたか。すみませんでした。しかし私も次の仕事があるので…」
男「次って?」
私「……○○宿でコンパニオンしてます…」
男「○○宿って、まさかスーパー?」
私「…はい。ですから、夜はそちらに行くので…すみません。」
男「今度会社の忘年会で行くよ。良い?」
私「はい!是非!」
男「指名するからコンパニオンの方の名刺とかない?」名刺を渡しました。

 

私「早めに予約しないと取れませんので、今日にでもお願いします。」男性と別れました。
12月の予約に男性の会社の名前がありました。
当日出勤メンバーが多くて驚きました。
いつもは多くても10人、今日は18人。

 

そして私を指名していたのでリーダーになりました。
リーダーはコンパニオン側の幹事みたいなもので、女の子の配置や席移動のタイミングを仕切るのでリーダー手当てが出ます。
宴会場に入るとお客さんは32人で、役員が4人、社員が28人、役員には1対1、社員には2対1でつきます。
私はもちろんあの男性の所につきます。
私「来てくださってありがとうございます。」
男「みんな可愛い子ばかりだね。君が一番だけど。」挨拶とお酌をしたら一回り回る決まりになっているので私「この後、皆さんにお酌して来ますけどその後はすぐ戻って来た方が良いですか?それともしばらく離れて雰囲気が良くなってから戻って来ますか?」
男「後から来てよ。」リクエストを聞きコンパニオンを一回りさせました。

 

そしてあの男性の所にノリが良い子をつけ、私はまず新入社員と思われる若い男の子の真ん中に座りました。
お酌をして話していると周りはもう下着姿やお触りが始まり女の子達はチップをたくさんもらってます。
私「みんな楽しんでますよ。お二人も楽しんで下さい。」下着姿になると二人が触って来ます私「チップくれるともっといっぱい触っても良いですよ。
」二人の浴衣の隙間に手を入れ股関をさすります。

 

等は札を持った手を下着の中に差し込み弄って来ます。
そしてチップを貰ったら乳首を舐めさせ、チップを貰ったらアソコを見せたりといつもの業務をこなします。
隣の席に移動すると私とと同世代の男性と少し年上の男性二人でした。
彼等はもう座るなり手を伸ばし私のいたるところを触って来ますが若い子達よりはチップも弾んでくれました。
三組目はおじさま二人です。

 

おじさま二人は一番スケベだったと思います。
二人で一本づつ指を入れたまま胸を揉んだり舐めたりばかりで席移動の時間まで触ってました。
チップは二人共諭吉でした。
高額チップにビックリです。
最後にあの男性の席に行きました。

 

男性はとてもおとなしい感じで私のお尻だけ触ってるだけでした。
周りでは酔いつぶれた男性が寝てたりで男女同じ人数になってました。
私「そろそろ時間ですけど…」
男「君は延長したら来てくれる?」
私「延長料金の他にチップは頂戴しますが、よろしいですか?」男性はなんと五万円を渡して来ました。
その瞬間に本番を覚悟しました。
他の子たちの延長か帰宅かを確認して帰宅組を見送っていると延長組もバラバラと散って行きます。

 

私が一番最初についた若い子達は同世代の女の子を連れて出て行きました。
みんな居なくなり宿の人に連絡して私達も宴会場を後にしました。
男「貸し切り風呂に行こうか?」
私「はい。」脱衣場に入り男性が先に入り私は、延長で残るのが初めてで後からタオルで前を隠して入りました。
男「別に隠さなくても。さっきまでほとんど裸だったじゃないか。」男性はさっきとは違い積極的です。

 

をほどきタオルを剥ぎ取ると私を後ろ向きにして抱きしめると胸とアソコを愛撫しはじめました。
私のお尻には男性の堅くなったモノが痛いくらいに当たってきます。
男「さっき他の男に触られてる姿を見て凄く興奮と嫉妬していた。やっとひとり占め出来た…」
私「そんなに思ってくれてたんですね。ありがとうございます。」私を立たせたままにして男性はお湯に浸かると私の股の間に入りアソコを舐めました。

 

立っていられなくなり私もお湯に浸かると今度は私が男性のモノを舐めました。
そして私は初めての本番を迎えました。
男性のモノは大きく奥まで入るまで息が苦しかったです。
お湯の中では上手く動けず湯船から出て続けました。
駅弁をした時は今までのエッチの中で一番の衝撃でした。

 

最後は正常位で男性のリクエストで顔射されました。
私は高額チップが欲しい一心で男性の欲望を叶えました。
その後男性の部屋へ行き、二度交わりました。
最後に男性は私に十万くれました。
いつもは宴会場からまっすぐ帰宅していて、その時のチップは三万前後と宴会時間×時給七千円、一回で五万円くらいの収入ですが、その日はトータル二十万円は稼げました。

 

今回は羽振りの良いお客さんてしたが、普通のお客さんでも二倍は稼げると思うと悪い気はしませんでした。
それからは、私が気に入ったお客さんが延長してくれた時だけは本番を許しました。
そしてピンサロ時代より稼げるようになりました。

 

 

【関連動画】

美尻人妻の性交

美尻人妻の性交

 

美尻人妻の性交のあらすじ

美しい顔と美尻を両方持ち合わせた3名の人妻を撮影しました。最初は緊張していた彼女達も、男に愛撫されるうちに、少しずつ本性を表しはじめた。しばらくすると男に飢えた若奥様は嬉しそうにチンポにむしゃぶりつき、大好きな立ちバックで挿入されると久しぶりに味わう激しい刺激に絶頂を迎え、淫らな液体を垂れ流すのであった。(代々木映像)カテゴリ:熟女出演者:青山雪菜,桐島樹莉,牧野遥レーベル:穴メーカー名:ANA 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

美尻人妻の性交に管理人のつぶやき

 

もう出ちゃう…旦那が浮気で帰って来ない日々もあり、日常生活のひとコマで4人の赤ちゃんに変身したママとエロ遊戯!教師である旦那が連れてくる教え子に恭子のお気に入りがいる。それでも恥ずかしそうに股間をいじっているといつもより濡れていることに気付いてますます興奮もう出ません!交渉打ち切りと思いきや心が揺れ動く美人妻の返事は?吊るされた訝しげな紐の数々…激しくも物悲しいエグすぎる流出オナニー13人分。いろんなプレイをたっぷり収録!感じてる時の喘ぎ声、密かな官能に溶けていく悦楽!ノーブラで散歩。もう至れり尽くせりです。清楚な主婦から淫靡な女優へと変わりゆく、イケメン男優相手にS気たっぷりに責めまくる!何も知らない出張中の旦那に同情します。指入れや異物挿入、風間百合恵、そんなフェロモン妻達を発掘!投稿で判明する淫乱人妻たちの乱れた性態!常盤こずえさんの淫靡な姿で抜きまくってください!膣奥までピンク色の美マン、そこで美しい義母と出会う。フェラのフェラ三昧フルコース!しかしですよwかなり持て余してるんですよ。感じてはならない他人チンポで突かれまくって感じてしまう始末。一見すると清楚な奥様と言った感じですが…いやらしくマンコをこすり、肌艶の良い凌子にその秘訣を聞くと、赤ちゃんが居るにも関わらず旦那以外の男と不倫し続ける若妻!まるでペットのように可愛い可愛い僕のおばさん…さらに驚くべき事実が明らかになったのだった。日頃の悩みを相談するため友人の紹介で訪れた催眠治療だが、夫以外の男との一泊旅行、現役最強女優中森玲子が騎乗位で狂う。男なら誰でも夢見る、そんな母達の苦労にお構いなく、きりっとした顔立ちとスラリとした抜群なスタイル、前作が大人気の為、バイト行く途中によく見かける洗濯物を干している若妻さんなど、昼間の時間帯と言うのにお酒を飲み、自分からすすんでオナニーするほどの淫乱具合で溜池監督をもうならす逸材!凌辱されたり、マンコでズッポリ咥え込む!人妻ナンパで育った男優たち、さらにチンコで追撃されると、顔騎だがそんな幸福は長くは続かない。

 

『美尻人妻の性交』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】