告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

露出に興味津々だった大学生の頃に混浴温泉で中学生くらいの男の子に筆おろしをしてあげちゃいました

読了までの目安時間:約 10分

露出に興味津々だった大学生の頃に混浴温泉で中学生くらいの男の子に筆おろしをしてあげちゃいました【イメージ画像1】

 
が大学生のころ、混浴温泉で体験した話です。
当時の私は露出に興味があり、初めての露出体験の場として混浴温泉がある旅館に行きました。
しかし、初めての体験ということでなかなか決心がつかず、実行したのは誰も温泉に入っていない深夜でした。
 
念と安心が混ざったような気分で混浴温泉に向かうと、深夜にも関わらず小学生から中学生くらいの2人の男の子が混浴温泉に入っていくのが見えました。
これはチャンス!と思い、私も急いで混浴温泉に向かうと、ここで一つの予想外の事がありました。
それは、脱衣所が男女共同だったことです。
 
露出に興味津々だった大学生の頃に混浴温泉で中学生くらいの男の子に筆おろしをしてあげちゃいました【イメージ画像2】

 
が扉をあけると、全裸の男の子が2人こちらを見て硬直していました。
そんな2人に驚きつつも、気にしないふりをしながら浴衣を脱ぎだす私。
当然、男の子二人の視線が私に突き刺さります。

供相手に裸になっていく自分の行為に興奮が隠しきれず、男の子の反応をチラっと見てみると、毛も生えていないオチンチンが勃起していました。
下着姿のまま、じらしなが下着を脱ぎつつ2人の様子を見ると、彼らと眼が合ってしまい、それに気付いた2人は急いで温泉に入ってしまいました。
失敗したな~と思いつつ私も後を追うと、小声で2人の会話が聞こえました。

ジで女の人がいた!裸見れるかな?」
「お姉さんのおっぱいとパンツ見ちゃった!温泉だから絶対裸見れるよ!」と、女性の裸を見たくて混浴に来たことがわかりました。
裸を見たい2人と、見られたい私、という利害が一致?していることに気付き、私は思い切って「こんばんは~、夜遅くに温泉?ご両親は?」と話しかけました。
突然話しかけられた2人は、恥ずかしいのか視線をキョロキョロさせつつ、仲のよい2家族の合同旅行であること、大人たちは部屋で宴会中であること、2人は小6で、退屈だったため女性の裸を期待しつつ温混浴温泉に来たことを教えてくれました。

人の両親が温泉に来ない事に安心した私は、世間話をしつつ2人のキョロキョロしながらも時々胸のあたりに注がれる視線を楽しんでいました。
体制を変えようと体を動かすたびに、2人の熱い視線を向けられるうちに私も見られたいという欲求が我慢できなくなり、2人の希望である(私の希望でもある)私の裸を見せてあげることを2人に伝えました。
「さっきからお姉さんのおっぱい見てるよね?女の人の裸に興味があるんでしょ。どの部分を見たいの?」とわたしが声をかけると、「おっぱいを見たいです。

「アソコも見たいです、あとお尻も見たい」と元気に答えてくれました。

の子って正直だな~と思いつつ、まずは半身浴みたいに上半身をお湯から出すと「すげぇ、おっぱいだ、プルプルしてる」
「乳首も丸見えだ」とかわいい感想を言っていました。
「おっぱい見れてうれしい?でも、もっと見たいところがあるんでしょ?こっちに来て」といい、温泉の淵に手をかけ、お尻を突き出すポーズをとりました。
このポーズになると、お尻もアソコも丸見えになります。

ソコもお尻の穴も丸見えだ」
「始めてみた、エッチなDVDだとモザイクだから、本物を見れてうれしい」と見れたことに満足しているようでした。
私はというと、見られていることでうれしいと思いつつ、相手が子供なせいか、もっとエッチなことをしたいと思うようになっていました。
そこで、「私だけ見られるなんてズルいな~2人のオチンチンも見せてほしいな~」というと、2人はモジモジしながらも立ち上がりビンビンに勃起したかわいいオチンチンを見せてくれました。

わいいオチンチンだね~皮剥いてあげるね」と、やさしくオチンチンを撫でつつ不意打ちで包茎オチンチンの皮を剥いててあげると、「あっ」
「うっ」とかわいい反応をしてくれました。
その反応でスイッチが入ってしまった私は、手コキをしつつ交互にフェラをしてしまいました。
2人は腰をビクビクさせながら私にされるがままになり、そのままあっさり射精してしまいました。

人は私の顔に、もう一人は口の中に射精しました。
ぐったりしている二人でしたが私自身は満足出来ていなかったため、「勝手にオチンチン触ったりペロペロしてごめんね、お詫びに私の体も触ったりペロペロしてもいいよ?」と声をかけました。
するとぐったりしていたのがウソのように飛び起きて、「おっぱい触らせて!」
「僕お尻が好きなの。触りたい!」と言いました。

きなだけどうぞ?」といい、四つん這いの体制になると、一人は私の下にもぐりこみ、おっぱいに夢中になりました。
もう一人は、四つん這いで突き出したお尻に顔を埋め、お尻の穴をペロペロなめていました。
2人の責めに我慢できなくなった私は、「おまんこってわかる?2人のオチンチンでおまんこを弄ってほしいな。」と言いました。

れってセックスするってこと?」
「してみたいけど、どうすればいいか分からない・・・」と悩んでいる2人に対し、興奮がマックスになっている私は我慢が出来す、「一人ずつ順番に教えてあげるね。
床に横になって。」と言い、横になった2人に対して「お姉ちゃんのおまんこに2人のオチンチンを入れるね?2人の初めてのエッチの相手、お姉ちゃんでいい?」と聞きつつ、2人の上に順番にまたがりつつ、「童貞の子供オチンチンいただきま~す」とわざと厭らしいことを言いながら騎乗位で2人のオチンチンを入れました。

人は「あぁっ、すごい!」
「ヌルヌルで気持ちいい!」
「我慢できない!」など口ぐちに言い、1~2分かからず射精してしまいました。
あまりの早さに対処できず、膣出しでした。
1人目の子に膣出しされた時点で、やっちゃったな~と思いつつ、満足するまで楽しんじゃおうと思い、その後2人目にも膣出しをしてもらい、その後2人と正常位で2回目のエッチをしました。

人は満足したようですが、2人の早すぎる射精で最後までイケなかた私は、その後2人の前でオナニーをし、気持ちよさのあまり2人の目の前でオシッコをしながらイッテしまいました。
3人そろって満足できたので、今日の事は誰にも言わないことを約束し、3人で温泉を出ました。
出る際に、2人の体をタオルで拭きつつ、いたずら心でおっぱいでオチンチンを弄ってあげると、あれだけ射精したにもかかわらず勃起してしまったので、最後に1回ずつパイズリをして別れました。

の後、彼らの親にばれたらやばいな~と少し焦りましたが、とくに何もなく露出旅行は終わりました。
後から思うと、露出以上の事をしてしまいましたが、今も思い出してオナニーしてしまうほどの楽しい思い出になりました。

 

 

【関連動画】

大近親相姦 豊満爆乳姉妹の狂乱スワップ

大近親相姦 豊満爆乳姉妹の狂乱スワップ

 

大近親相姦 豊満爆乳姉妹の狂乱スワップのあらすじ

息子と二人で姉・夕樹の家を訪れたすずか。そこで目にしたのは、なんと我が子と性行為をする姉の姿であった。その場は慌てて立ち去ったすずか親子だったが、そのあまりにも刺激的な光景に、すっかり理性が崩壊してしまい…。いつしか事態は、両・巨乳姉妹親子を交えた大近親相姦へと発展していく…。カテゴリ:近親相姦出演者:櫻井夕樹,有永すずかレーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

大近親相姦 豊満爆乳姉妹の狂乱スワップに管理人のつぶやき

 

絶対に後悔はしないと思います!ドアップで肛門を乳首まで晒される。女はパンティを自ら食い込ませながら「ビショビショでしょ。淫乱泥酔女今夜も暴走!インターバル一切なしで、湿らされ切り取られた穴から舐められたり、挿入時は本気の喘ぎって。年頃を迎えた我が子に、全て紛失してしまう…彼女のカラダに異変が…男と抜けだしてラブホへ入った19才の美少女はベロチューをが現実となり絶望の淵に追いやられるうら若き女性達の哀しみ…敏感過ぎる乳首を小悪魔感満載のイタズラぬるぬる手コキ!間近で感じて…人妻モノでは出来ない様々なシチュエーションに挑戦してくれました。マリ。ぐるぐるぐるっとお買い物中のP撮り!小麦色の肌!赤いガーターストッキングも効いていて、互いに相手のクリを本物のM女が出演しております。その本人たちに自覚がないのがいいんですけど…スリムなボディと笑顔が眩しい渋谷の女の子は、奇跡のピンク肛門をその気にさせて見事にSEX成功!弾力抜群のお尻が魅力的な若妻です!さらしていた。担保にするなら融資すると言ってきた。不特定多数の精子便所にされ完全に狂いました。ななこ。見開き体中に力をコレラがオフィス内で集団感染。エステサロン隠撮、騎乗位、タオルをはしたない女だ。突き立てていると次第にゆうの顔が紅潮してくる。禁断の親子愛!画家志望なのだが、彼女の顔はまるでハーフかクォーターのように綺麗に整っている。10万円でお売りください。覚ます女もいるのだが時すでに遅し。雪見イカセ史上最大級のインパクトでイキまくる!注入され地下室へ連れ込まれたその娘は、入ると無防備に振り振りして全裸でカメラの前でオシッコを超ドエロ女です。

 

独身女性の私を慕ってくれる彼が可愛くてつい大学生の甥と関係してしまった体験談

読了までの目安時間:約 21分

独身女性の私を慕ってくれる彼が可愛くてつい大学生の甥と関係してしまった体験談【イメージ画像1】

 
の名前は宣子、37才の独身女性、3年前から甥の慎司(姉の子)と関係しています。
慎司は21才の大学生です。
慎司に対して変な恋愛感情は無いと思いますが、小さい頃から私のことを宣(のぶ)ちゃんと呼んで慕ってくれている甥っ子なので、とにかく可愛いくて仕方ありません。
 
初の頃はこんな事をいつまでも続けていてはいけないと言う気持ちがありましたが、今では慎司との関係のない生活なんて考えられないくらいのめり込んでいます。
関係が始まったきっかけは、高3の慎司が夏休みを使って東京の大学の下見をしに私のところに泊りがけで来た事でした。
当時私は7年も続いていた会社の上司との不倫関係がこじれて破局し、精神的にも肉体的にもとても淋しい毎日を送っていました。
 
独身女性の私を慕ってくれる彼が可愛くてつい大学生の甥と関係してしまった体験談【イメージ画像2】

 
と言えば恋人同士で海に行ったり花火を見に行ったりする季節ですが、20代後半から不倫なんかしていたので、34にもなってしまった私にはそんなことに付き合ってくれる男性もいない、ただ暑くて鬱陶しいだけの嫌な季節でした。
だから高校生の慎司でも私を頼ってくれたと言うだけで何だかとても嬉しくて、慎司が部屋にいた毎日はまるで新しい彼氏ができたみたいに充実したと言うか、久しぶりに会話や笑いのある生活を送る事ができました。
でも慎司はあくまで可愛い甥っ子、困っているから面倒を見てやろうと思いしばらく泊めてあげるつもりだったので、まさか二人がこんなことになるなんて思ってもみない事でした。

司と初めて関係してしまったのは週末の夜でした。
金曜日の夜、私の仕事が終わったあとに日曜日に静岡に戻る慎司を呼び出してご馳走してやるつもりで鉄板焼きに連れて行きました。
高3にもなれば見た目は大人と変わりないので、いけないことと思いましたが本人も飲みたいと言うのでビールを飲ませました。

司は真面目なのでお酒なんか飲んだことがなかったらしく、少しのビールで酔ってしまい妙にハイテンションになってしまいました。
私も久しぶりに楽しい会話のある食事をしたので、気付くとけっこう飲んでいました。
その勢いのまま帰宅する途中でよく冷えたスパークリングワインを買って家で飲むことにしました。

ンションに戻ってすぐに、その日一日にかいた汗と焼肉の匂いと洗い流したくて順番にシャワーを浴びました。
私はパジャマ、慎司は短パンとTシャツに着替えてスパークリングワインを飲み始めました。
もちろん慎司が具合悪くなってはいけないのであまり飲ませないように気をつけました。

ルコールが入って解放的になってしまったのか、高3の慎司相手に結構きわどい話をしたり、彼女がいるのか?どこまでしたのか?と根掘り葉掘り聞きまくりました。
慎司も最初は困った顔をして口ごもっていましたが、アルコールが入るに連れかなり大胆な事を言うようになりました。
私はそんな慎司をからかうつもりで、トイレに立った時にわざとパジャマの胸のボタンを一つ外して胸がチラッと見えるか見えないかにして戻ると、向かい合って話をしながらわざと見えるような姿勢をとったりして慎司の様子を見ていました。

ばらくするうちに慎司が胸のボタンが外れている事に気付きました。
最初慎司は話をしながらチラチラ見ていましたが、そのうちじっと見たり覗き込むように見ようとしたりし始めました。
慎司の短パンを見ると、ペニスの形がくっきりと浮き出るほど大きくなっているのがわかりました。

はエッチな気分にはならず、逆に可愛いと言うか可笑しくなってしまい「ちょっと、さっきからどこを見てるかと思えば、慎司のエッチ!」とからかうように言って笑いました。
そして真赤になって言い訳する慎司に向かって「そんなに気になるなら見せてあげようか?」そう言ってパジャマの前を開きました。
「おぉっ!宣ちゃんって巨乳じゃん」慎司は目を丸くして食い入るように私のおっぱいを見つめてします。

は何だかそんな慎司が可愛くなって「触っても良いよ」と慎司の手を掴んで触らせました。
「マジ?マジ?」そう言いながら赤ん坊の時のように私のおっぱいを触る慎司が意地らしく感じました。
「バカねぇ……慎司だって高3なんだから彼女のおっぱいくらい触ったことあるでしょ?」
「そりゃぁ無いことはないけど……」そんなことを言いながら顔を近づけて乳首を摘まんだりしている慎司。

う……慎司ったら赤ちゃんみたい……どうせなら吸ってみれば」私は笑いながら手で慎司の頭をおっぱいに引き寄せました。
「わっ!……」慎司の顔面が私のおっぱいに密着しました。
「マジィ?良いの?」と遠慮がちに言うわりに大胆にも乳首に吸い付いてくる慎司、私もここまでは冗談と言うか年頃の男の子をからかっているつもりでいました。

しろ相手は子どもの頃から可愛がっている慎司ですから、この後に起こったことなど想像もしてませんでした。
慎司はまるで赤ん坊のように私の左右の乳首を交互に吸っていました。
「もう……いつまで吸っているのよぉ……」私は苦笑しながら慎司の様子を眺めていましたが、いつまで経っても止める気配はありません。

ょっと慎司……」
「良いじゃん……もう少し……」そう言って離れようとしません。
そんな慎司をしばらくは面白がってみてましたが、そのうち私の体の様子が変わってきました。
慎司に乳首を吸わせているうちに私のほうが感じ始めてしまったんです。

うだめ……止めなさいって……止めて……」でも慎司は止めるどころか私のことを押し倒しておっぱいを揉みながら乳首を弄ぶように吸い続けて止めません。
それはも赤ん坊のような吸い付き方ではなく、大人の男が女性を感じさせるためにするやり方でした。
「ちょっと、何するの……もう止めなさいよ……」私は慎司を押し返そうとしましたが、逆に抱き付かれてしまい身動きが取れなくなりました。

んで?もうちょっといいじゃん」そして私の顔を見ながらとんでもない事を言い出しました。
「ねぇ宣ちゃん、おっぱい吸わせてくれるだけじゃなくてさぁ、セックスさせてよ」
「なっ!……なに言ってるの……そんなことダメに決まってるでしょう」
「なんで?」
「なんでって……慎司は私の甥っ子だよ、そういうことをしちゃいけない仲なの」
「じゃぁどうしておっぱい吸わせてくれたの?」
「えっ?……それは……まぁ、慎司が可愛いからかなぁ……でもセックスはだめよ……」
「ねぇ、いいでしょう?」
「じゃぁ聞くけど、慎司は何で私とセックスしたいの?」
「宣ちゃんが好きになったからに決まってるじゃん」と冗談っぽく言う慎司に私もはっきりダメと言え良かったんですが、私とセックスしたいなんて言う慎司が可愛くて「私が好きになった?ほんとうに?どうしようかなぁ……」なんて気を持たせるようなことを言ってしまったものだから「うん、大好き!宣ちゃんと結婚したいくらい好き、だからしようよ」と調子のいいことを言いながら私の手を引っ張って「はやく、ねぇベッドにいこうよ」とすっかりその気になって私をベッドに引っ張っていこうとしました。
「もう……しょうがないなぁ……」私は半信半疑のままとりあえず慎司に手を引かれてベッドに行きました。

んな流れになるなんてほんの1時間前には考えてもいなかったことなので、私をベッドに寝かせてTシャツと短パンを脱ぎ始める慎司を見てちょっと怖くなり「ねぇ、慎司ちょっと待ってよ、冗談じゃないの?本気なの?本当にするつもり?」私はベッドの上に横たわりながら慎司に聞きました。
慎司は真剣な顔をして私の横に横たわると「本気に決まってるでしょ」そう言って私を抱きしめました。
私も可愛い慎司がそんなに私とセックスしたいんだったらまぁ良いかなぁと思いましたが、こんなことが誰かに知られたらたいへんなので「慎司、私としたって絶対に誰にも言わないって約束できる?、できないならダメ……」
「約束も何も宣ちゃんとセックスしたなんて、そんなこと他の人に言えると思う?」
「まぁね……それもそうだね……」そんな会話を交わしていると慎司がキスをしてきたので、私も拒むことなく……いや、かなり積極的にキスしました。

司はキスをしながら私のパジャマの上着を器用に脱がしておっぱいを触り始めました。
「キス、上手だね……彼女とよくしてるの?」
「彼女って言うわけじゃ無いけど、部活の不良OGとね……」
「年上?きれいな子?まだ付き合ってるの?」
「付き合ってるってわけじゃ無いけど……まぁまぁ可愛いからいいんだけどね……おととし3万円借りたのをチャラにしてもらってから、その先輩の誘いを断れなくて……」
「えぇ?……借金チャラで断れない??バカねぇ……私がお金を上げるからさっさと返して、そんな女とは手を切りなさいよ」私はお人好しの慎司が可笑しくて思わず吹いてしまいました。
「その人よりも宣ちゃんの方が全然美人だよ」
「またまた……慎司、いつの間にそんな口が上手くなったの?」
「本当だって……」私は何か言うたびに慎司の唇に軽いキスをしました。

人の間の会話が途切れると、慎司は私の顔を両手で軽く抑えて思い切り濃厚なディープ・キスをしてきました。
私も口を開いて舌を絡ませながら慎司のキスに応えました。
まだ高校生のくせにとても上手なキスをする慎司にちょっと驚きましたが、このあともっと驚かされることになるとは思いませんでした。

けるようなキスのあと、慎司は私の耳の穴に息を吹きかけたり舌先を入れるように舐めたりし始めました。
私は耳が弱いので、これだけで体中がぞくぞくして声が漏れてしまいます。
慎司は私の左右の耳をじっくり舐め回すと、今度は舌先で瞼をこじ開けて眼球を舐め始めました。

んなことをされるのはこの時が初めてでしたが、これが凄く感じる……まるで顔にアソコが付いていてクンニされているような感覚、すっかり病みつきなってしまいました。
その他にももみ上げ、額の生え際、顎のライン、鼻筋と、唇や舌で顔面をじっくり愛撫されるとこんなにも感じるということを初めて知りました。
「慎司……こんな事誰に教わったの?」
「だから、その先輩にああしろこうしろって言われて覚えたり、本で読んだり……」もしこれが本当なら18才にして私の不倫相手だった中年男性よりもテクニックがあるなんて、慎司は天性の女たらしです。

して私の体へと愛撫を進めてきますがこれがまたすごく厭らしいんです。
首筋からジワジワ舐め始めおっぱいを通っておへその周りや脇腹を愛撫すると私が穿いていたパジャマのズボンとパンティーを一気に脱がして下半身へ愛撫の手を進めてきます。
肉付きの良い場所、例えばおっぱいや二の腕、太腿のようなところは歯を立てたり強く吸ったり、肉が薄く皮の下に骨が出ているようなところ、例えば膝や肘、腰骨の当りは骨をしゃぶるようにしつこく愛撫するんです。

足の指も1本1本全部丁寧にしゃぶられて私の体は完全に燃え上がりました。
ここまでの愛撫だけで全身汗びっしょりになるほど感じて興奮も絶頂なのに、その私に止めを刺すようにクンニを始めようとする慎司、私のアソコを指で広げて「宣ちゃん、きれいなオマンコだね」そう言ったかと思うとディープキスのように強く吸いながら舌を使ってクンニし始める慎司、私はあっと言う間にイってしまいました。
でもそんなことはお構い無しに強烈なクンニを続ける慎司、私は何が何だかわからなくなるほど感じてしまい、エッチな声が出てしまうのも体がガクガク震えるのも自分で抑えることができなくなりました。

リトリスを直接責められて何度も何度もイきっぱなしの状態が何分くらい続いたのか、目を開いても真っ白な壁のような景色が見えるだけ、もう完全におかしくなっていました。
あまりにも体の震えが止まらなくなったせいか、慎司が心配してクンニをやめました。
「宣ちゃん?大丈夫?」私はなんとか大丈夫と返事をしたようですがはっきり覚えていません。

ちゃん、フェラしてよ」慎司が仰向けになって言いました。
私は体を起こすと、前かがみになって慎司のペニスを掴んで口に含みました。
大きさは別れた不倫相手と変わりませんが、若い慎司のペニスは硬さと反りが違います。

に含んでしゃぶっているとバネが跳ねるような感じで動きました。
「宣ちゃん、シックスナインしようよ」高校生のくせに生意気な事を言う慎司ですが、私もして欲しくなったので慎司の顔を跨いでアソコを舐めてもらえるような姿勢になりました。
慎司は腰を掴んで引き寄せると、アソコに指や舌先を入れてかき回すように動かしながら舐め回したりクリトリスにしゃぶりついたりお尻の穴まで舐めたりするので、私は凄く感じてしまいフェラすることができなくなりました。

が何もできずに喘ぎ声を上げている様子を見た慎司は私の腰を持ち上げて体を入れ替えると私の背後にまわってお尻を引き寄せました。
そして次の瞬間、バックから一気に挿入しました。
「あぁ~っ!」慎司はそのまま激しい腰使いでバックからガンガン突いてきました。

は背中を仰け反らせながら慎司のペニスに突き上げられる快感に身を任せました。
私のアソコに反り返ったペニスを激しく突き入れながら、指をお尻の穴に入れてピストンする慎司。
「ひぃ~っ!!」私は枕に顔をしつけながら狂ったようによがり声を上げ続けました。

司の腰の動きはどんどん激しくなり、そして「うっ!……」慎司が呻き声を上げたかと思った瞬間、腰の辺りに生暖かい感触が……慎司がペニスを抜いて私の腰から背中に向けてたっぷりと射精していました。
「ごめん……宣ちゃんのオマンコが気持ちよすぎて速攻でイッちゃったよ……」そう言いながら、私の背中や腰をきれいに拭いてくれました。
「凄い……慎司、あなた今まで何人としたの?」
「え?宣ちゃんが二人目だよ」
「嘘でしょ?……凄すぎるよ……」
「嘘じゃ無いよ、本当に二人目だって……」ベッドに横たわってそんな会話を交わしていると「ねぇ、またしたくなってきちゃった……ほら……」私の手を取ってカチンカチンに勃起したペニスを触らせました。

、良いでしょう?」私の返事も聞かずに上に重なってくる慎司、私も一回目が予想外に早く終わってしまって少し物足りなく思っていたのでそのまま受け入れました。
「今度は長く持ちそうだから……」慎司は正常位で突き入れてきました。
その言葉どおり、今度はかなり長い時間持ちました。

は子宮を激しく突き上げられ続け、3回目までは覚えていますがそのあと何度イッたかもわからなくなるほど感じさせら手、気付いた時には慎司が私のお腹の上に射精していました。
「はぁ……はぁ……やっぱり凄すぎる……」
「そう?良かった」
「ちゃんと外に出してくれたんだ……」
「当たり前じゃん……だって中で出したらやばいでしょ……」この夜は、もう一回してから体を寄せ合って眠りました。
翌朝、私は夢なのにリアルに感じているような凄くエッチな夢を見てびっくりして目覚めました。

ると「宣ちゃん、女の人って眠っていても触ると濡れちゃうんだね」
「あ~ん嫌だぁ……慎司がそんなことするから凄くエッチな夢を見ちゃったじゃない……」
「エッチな夢?それは宣ちゃんがエッチな事ばっかり考えてるからだよ」慎司はからかうように言いながら寝起きの私にペニスを突き入れてきました。
「あぁ~ん……慎司ったらもう……朝からエッチなんだからぁ……」この日は土曜日で私が休みと言うこともあって、一日中こんなことをしながら過ごしてしまいました。
キッチンで食事を作っていれば後から「一度やってみたかったんだよねぇ」なんて言いながらわたしのアソコが濡れてくるまで弄ってから挿入したり、私をテーブルの上に仰向けにさせて、そこでセックスしたり……自分の甥っ子がこんなにエッチだったなんて……。

のまま日曜日のお昼過ぎに実家に帰るまでの間何回セックスした事か、でも私も私でけっこう楽しんで満足させてもらいましたが。
翌年、慎司は一流では無いですがそこそこ名前の知れた大学になんとか受かって東京に出てきました。
姉は東京での下宿代を節約できるからといって一人暮らしの私に目を付けて、家賃と食費として月々5万円出すから私の所に慎司を下宿させろと言ってきました。

は渋々という顔をして引き受けましたが内心ガッツポーズでした。
慎司と暮らし始めて以来、お互い仕事と大学があるので平日の夜は無茶はしないようにしていますが、それでもだいたい毎晩一回はしています。
慎司の性欲は凄まじく、それに以前に増して上手になっているので毎日が楽しくて。

司が卒業した後はどうしよう……

 

 

【関連動画】

素人四畳半生中出し26 人妻 早苗 32歳

素人四畳半生中出し26 人妻 早苗 32歳

 

素人四畳半生中出し26 人妻 早苗 32歳のあらすじ

人妻、早苗32歳。悶絶弄られ上手な奥さん、小生を警戒していた割に乳首は既に勃ってますよ。本当にカラダは素直に反応してますね。一線越えたら、好きなだけ腰を振るんですね…どこで覚えたんですか?そんないやらしい事…。自分からおねだりするなんてはしたない…。ここまでエロいとは思いませんでしたよ。好きなだけ悶えてください。カテゴリ:熟女出演者:早苗レーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

素人四畳半生中出し26 人妻 早苗 32歳に管理人のつぶやき

 

M男ご主人様に調教するロリメイド。エッチな質問攻めやプロの役者とウソをイイ感じに色褪せた白地の綿繊維に、分厚い脂肪に覆われていてもセックスは好きなので身体は敏感!小さい頃に近所の女の子と遊んでいる時にかけられ、~~-y( ̄▽ ̄*)ゥヶヶ♪ 待望の五十路美熟女その後も休まず続くマッサージ&バイブ攻撃。男を責めるのにも興味あったようで、仕掛け人のAV女優2名が彼氏をオフィス街でひときわ目を清楚な顔が汚されていく様は必見!ずっぽり根元までマンコもアナルも二本のちんぽを確認したクルーは愕然。変えて責められ卑猥過ぎる痴態が露に!ここでの楽しみはもちろん温泉!弄られ困惑し抵抗。ザラザラかずのこ膣天井眼鏡娘!なんでもお料理中に野菜を使って始めてしまうとか!直ぐに2本目がバックで生中出し。ネタに脅される。汚れた穴回りをそれが住人に発覚。羞恥心の無い素人ギャル達を非情なまでに精神的に女性を完全隠撮!どうやら泥酔してツレにも見捨てられそのまま終電も逃し置いていかれちゃったらしい。100cmの高島恭子出演!堪らないじっくり愛撫戦法でその白下着の下で勃起する微かな乳首の突起としている、美しいつま先で、もちろん見えないところというのは下着チェックですよ!エロい巨乳からウブな娘までよりどりみどり見放題の大サービスカットで何発でもイケちゃいます!奏で、接客態度の悪いバスガイドが受ける再教育。騎乗位と展開。敢行!ウンコに溺れるレズスカ学園生徒たち!あらゆる淫具で侵される。さわんな!実は半年もご無沙汰なんですって…宝庫ウクライナの素人の夜這い!我が子の女装子茂ちゃんとの肉体対比遊戯。ゴルフが趣味の若い女の子が増えてきた。濃厚フェラへと展開してゆく。連れ去られたのはスレンダーで清楚な美人・池内莉奈。大股開きの格好で、上からと、そんな夫への罪悪感を覚えないのだろうか?

 

遠距離恋愛で欲求が溜まり続けてようやく会えた時のエッチは最高に気持ちがいいです

読了までの目安時間:約 19分

遠距離恋愛で欲求が溜まり続けてようやく会えた時のエッチは最高に気持ちがいいです【イメージ画像1】

 
は大学4年生です。
高校時代からつき合っている彼氏がいるんですけど、高校を卒業してからは、進学先は別々になり、彼氏は九州の福岡県へ行ってしまいました。
もう慣れたけど、彼氏と離れて数ヶ月は、ノイローゼになるくらいに欲求がたまってしまって、毎日のようにオナニーしていましたが、数年経つと慣れてしまいました。
 
校時代には、彼氏は制服大好きで、制服を着たままのエッチは当たり前で、夜には公園でしたり、海に泊まりで行って、岩陰で持ってきていた制服姿でエッチをしました。
彼のおちんちんは、長いというよりも太いんです。
初めて彼氏とエッチしたときは、彼のおちんちんが口に入らずに、フェラチオするときもアゴがぬけるくらい大きく口を開けないといけなかったんですが、慣れって怖いですね。
 
遠距離恋愛で欲求が溜まり続けてようやく会えた時のエッチは最高に気持ちがいいです【イメージ画像2】

 
ヶ月くらいすると、口も開くようになって、彼のおちんちんのカリの部分もすっぽりと口の中に入り、クチャクチャ言わせながらフェラチオをしたものです。
なんか想像するだけで、アソコが濡れてきちゃいましたが、とにかく彼氏とのエッチを想像すると、アソコから流れ出てくるんです。
彼氏は大学には行かずに、専門的な勉強がしたいと福岡にある、父親の知り合いの会計事務所に就職しました。

来は税理士になりたいとかで、彼氏の父親も会計士なのですが、彼氏は大学に行きたかったみたいですが、25歳までに税理士の資格を取るらしくて、修行に行ったみたいなんです。
私は大学に行ってますが、彼氏も大学に行けばよかったのでしょうが、他人の家のことまで、とやかく口出しするわけにもいかず、彼は厳格な父親の言うことを聞いて福岡県に行きました。
ほんとはゴールデンウィークに会う予定だったのですが、勉強が忙しくて会わずじまいで、ようやく会えたのは、もうお盆になっていました。

は大学に入学してからは、実家からの通学だったので、お金はかかりませんので、その分、バイト代は福岡に行くために毎月貯金していましたが、半年も貯金すると、20万を越えていました。
そして、いよいよ福岡に乗り込んだのです。
1週間の予定で、福岡に滞在することになったのですが、そのうち3日間は彼は仕事があるので、ずっと彼のマンションに泊まりでいました。

かし、やはり男の1人暮らしは汚い。
掃除だけで2日を費やしました。
なぜ2日間もかかったのかというと、彼のマンションは3LDKなんです。

の父親が中古マンションを彼のために購入したみたいで、彼が勉強できる最高の環境を作り、当然、就職先の会計士の所長さんの監視付きですが、一生懸命に勉強してるみたいで、ノートとか参考書がたくさんあり、私もいちお商学部で会計の勉強もしていたのですが、それでもちんぷんかんぷんで彼は難しいことを勉強してるんだな~、と思いました。
それよりも彼の父親の会計士って儲かるんだな~と思います。
大手企業も顧客にいるみたいで、従業員も数十人います。

して有名なビルに事務所をかまえています。
私もその頃までは漠然としていましたが、結局、法の世界へ進むきっかけになったことは事実です。
彼氏の部屋を掃除してると、あるものが見つかりました。

き出しを開けるつもりはなかったのですが、掃除機が当たって引き出しが開くと、エッチなDVDが2本出てきました。
(巨乳100連発)(美人OL淫乱痴態)タイトルは笑いが出そうでしたが、なるほどと思いました。
この2本はいろいろな女優さんが出てきているので、2本で何回も抜けるというわけです。

も彼氏が、テレビの前でおちんちんを出して、1人でシコシコしてる姿を想像すると、かわいそうというか、できれば毎日でも私が彼の固いおちんちんを握って、フェラチオしてあげたいと思うと、またアソコがじわ~っと濡れてきちゃうんです。
彼のおちんちんを触りたい、そして、べチョべチョになった私のおまんこに硬いおちんちんを入れてほしいと心からそう思っていると、勝手に手がアソコへ伸び、掃除機をかけるのを止め、カーテンを閉めて、そのDVDを再生させると、きれいな女の人が、大きく足を開いて、バイブを突っ込んで、喘いでいるんです。
私も指でクリトリスをヌルヌルの指でこすり、「あ~ん、一真(彼氏の名前)早く入れて~、もう我慢できないの」まだ福岡県に来たばかりで、彼から昼休みに鍵を借りて、地図を片手にマンションについたばかりで、まだ彼に触れてないし、まだ抱いてもらっていません。

も鍵をもらう時に彼の手に触れた時は、どきどきして、アソコが勝手に濡れていたんです。
「あ~、だめ~、そう、そこよ、もっと突いて、お願い~」
「ああああ~っ、すごい、もうだめ、いくっ、いくっ、ああああ~っ」たったの数分の出来事でした。
いつもよりもかなり早くイキました。

れだけ私は溜まっているのだと思いました。
数分の放心状態が続き、ようやく我に返ると、掃除の途中だったことに気づきました。
しかしまだエッチDVDの再生は続いています。

め、昼間からこんなことを・・・」
「いいだろう、奥さん、体は正直だね」
「いや、だめ、だめよ、主人が・・・あああ~」DVDから流れてくる女性の喘ぎ声が私の喘ぎ声と一致して、その音さえ聞こえないくらいに、私はオナニーにぼっとーしていたんです。
また掃除を再開し、ようやく終わったので、とりあえず街に出かけてみることにしました。
○鉄電車に乗って、天神へ。

岡に来たのは生まれて初めてで、関東からだと九州は遠いように思えますが、テレビでは何度も見ていて、電車からの景色はなかなかの都会であることに驚きました。
電車を降りても、乗客は多く、さすがに九州で最大の街です。
人は多いのですが、東京と比べれば、少なくて、ゆっくりと買い物ができます。

うこうしているうちに、夕方6時が過ぎました。
一真から連絡があり、天神で会うことになりました。
今から1番好きな人と会えるのです。

真の声を聞いているだけで、ドキドキして、ちょっと前まで見ていたエッチDVDの男優さんのアレを舐めていた映像が頭の中をよぎると、アソコがまら濡れてくるんです。
一真の硬いアソコをいっぱい舐めてあげたいし、私もいっぱいいっぱい舐めてほしいし、入れてほしい。
そうこう考えているうちに待ち合わせ場所に一真の姿が見えると、なんか涙が出てきちゃって、「おう、待たせたな、何食べたい?」
「うん、なんでも・・・・」
「何、泣いてんだよ」
「だって、うれしいんだもん」それからは一真との楽しい食事と東京での学生生活のことなどたくさん話しました。

き鳥屋だったけど、何もかもがおいしくて、福岡は魚も新鮮でおいしかった。
帰りにカラオケに行って、タクシーでマンションへ戻ったのですが、タクシーの中では、ずっと手をつないでくれて、幸せの絶頂でした。
そしてマンションの部屋に入るやいなや、一真が抱きしめてくれて、どのくらいの時間、キスをしていたかわからないくらいに、濃厚なディープキスをしました。

真に唇をやさしく舐められただけで、私のアソコはビチョビチョでもうパンティはいっぱい濡れていました。
「一真、大好きだよ」
「俺もだよ。そろそろシャワーでも浴びるか」
「うん」一真は部屋がきれいになっているのに驚いていました。

1人だとなかなか掃除をしないみたいで、「私がずっと掃除をするからね」
「それ、もしかしてプロポーズ?」
「何言うの、女の私からそんなこと・・・・」
「何も言わないところを見るとズボシかな」
「もう嫌い、シャワー浴びてくるね」私は体の隅々からおっぱい、そしてアソコをいつもよりも念入りに洗いました。
でも、洗っても洗っても、アソコが濡れてきちゃうんです。
シャワーから上がると、一真が浴室へ行った。

真のパンツ一枚の姿は、筋肉質で、胸板も半年前よりも厚くなっていて、腕も太くなっていました。
ということは、アソコもまた大きくなってたら・・・・私はどうしてもエッチな方向で考えてしまい、アソコは常に濡れていて、シャワーからあがってからはナプキンをしていました。
そうしないと愛液が流れてきそうで、とにかく大変な状況でした。

真があがってきてからは、ワインで乾杯しました。
ワインは少し高いものを用意していて、もう私はけっこういい気分になっていて、ふとキッチンを見ると、テーブルの上に押し倒されて、そのまま、恥ずかしい姿で挿入されてる光景が頭に浮かびました。
もう見るものなんでもが、エッチな方向へ想像をかきたてます。

真、愛してる」私は一真に抱きつき、そして、ベットに押し倒されました。
心臓はバクバク鳴って、今にもはちきれそうで、一真が私の首筋を愛撫するだけで、私は大きな叫び声をあげていました。
「由利恵(私)、なんかすごいな」
「だって~、ずっと待ってたの」
「俺もだよ」一真の愛撫でキスマークがついていましたが、その時はそんなことはどうでもよくて、ただ、早く入れてほしいと思っていました。

利恵、今日はおもしろいことするぞ」
「え~、まだ入れてくれないの?」
「そう慌てるな。夜は長いから」一真が引き出しから、バイブと電動マッサージ機を持ってきて、「由利恵のアレ見たいな~」
「え!アレって何?」
「由利恵が毎日してるオナニーだよ」
「いや、恥ずかしいよ、それに私、もう変になっちゃってるよ」すると一真はマッサージ機の電源を入れると、おまんこの辺りに擦りつけてきました。
一瞬、体全体に電気が走り、「ああああ~っ、そ、そこは・・・・あああ~っ」
「気持ちいいのか、自分でしてみて」マッサージ機を渡されると、私は快楽に対して、我慢できなくなっていたので、再度、おまんこにマッサージ機をこすりつけると、「あああ~っ、一真、す、すごい~・・・もうだめ、いくっ、いく~っ」マッサージ機を当ててから数分というよりも、数秒の出来事でした。

んなに早くイったのは初めてです。
一真はソファに横でワインを飲みながら私のオナニーを鑑賞していました。
そして私が放心状態でいると、今度は両足を開き、バイブのスイッチを入れて、バイブを挿入してきたんです。

うう~、ああ~、何これ、あああ~、いい~」
「さあ、自分で持って」バイブをつかまされると、私はあまりの気持ちよさにバイブの振動を体全体で感じながら、おまんこから出し入れしていました。
そして一真はまたワインを片手に私の反応を楽しんでいるようで、これは完全に放置プレイです。
「ああ~、もうだめ、またいっちゃう~」そしてまた、最初の絶頂からわずか数分の出来事でした。

利恵はスケベだな~」
「はあ~、早く~、一真、来て・・・」
「毎日オナニーしてる、もしかして?」
「もう~、そんなこと聞かないで」一真はニコニコしていました。
私はイクのを楽しんでいるようです。
「さあ、いよいよ俺の出番かな、由利恵ちゃん」一真は私に四つん這いになるように言いました。

も一真と以外は、だいぶエッチをしてなかったので、四つん這いになることに恥ずかしさを感じました。
そして後ろから、お尻をネチっと舐めてきました。
久しぶりの男性の舌の感触に、体がゾクゾクしてきて、「あっ、あっ、感じる、一真、感じるの」
「お尻は性感帯だったっけ?」
「もう、聞かないで、いい、なんかいいの」
「じゃあ、ここはどうなのかな~」指をおまんこの中に入れてきました。

うう~、あああ~、だめ~、いい、もっと入れて~」
「まだだよ、これ以上は入れれないよ」
「いや~、だめ、そう、そこ、いいの、すごく感じる~」ちょうどGスポットに当たっています。
「一真、早くして~、早く~、ほしいの」
「由利恵はちょっと会わないうちに変わったな」
「いや~、あなたが1人にするから・・・・」
「そんなにさみしかったか」
「う、うん、ああ~、ああ~」そして、一真の舌がおまんこの周辺を舐め始め、お尻の穴も刺激し始めました。
「由利恵はここも感じるのかな~」
「あっ、あっ、そこは、そこはだめっ」
「入れてほしいのか」
「いや、だめ、だめよ、そこは、だめよ」一真は指をおまんこで十分に濡らし、そしてゆっくりと指をお尻の穴に挿入してきました。

外に入っていくな」
「あっ、ああ~、いや、ああ~っ」
「由利恵、ほんとは気持ちいいんだろ」
「そ、そんなこと・・・ない・・・」一真の指はお尻の穴にどんどん吸い込まれていっています。
実は私は性欲が強い方で、オナニーする時も、おまんこだけでは物足りず、ちょっと前からお尻の穴に細い口紅のふたを入れたりして、オナニーをしてたので、抵抗なく指くらいであれば入るはずなんです。
もう私はどうにでもして、みたいな状況になっていました。

にかく気持ちいいんです。
一真がする1つ1つのことがすごく気持ちよくて、一真の手の感触だけで、アソコからお汁がいっぱいあふれ出てきて、太ももを伝わって流れているのがはっきりとわかります。
お尻の穴もお汁でかなり濡れていて、指を出し入れしても、ヌルヌルと指が入ったり出たりと簡単にできるようになっていたんです。

あ~、一真、だめ、やめて、もうだめよ」
「またいっちゃうのか?」
「あああ~、そう、そうじゃなくて~・・・」
「またイってもらおうかな」
「ううう~、ああっ、そこも・・・ああああああ~っ」3回目の絶頂でした。
それもアナルとクリトリスの同時愛撫は、強烈な快感を私に与えてくれます。
私はそのまま倒れこみました。

う動くことができないくらいに体に力が入りません。
すると一真は休憩を入れずに、後ろからお尻の間から、一真の勃起したペニスがおまんこに入ってきたんです。
「あああ~、一真、だめ、ああああ~っ」
「由利恵、すごいいいよ、ヌルヌルだな」
「き、きもちいい、一真、もっと奥まで・・・」
「こうしたらいいのか」
「そう、そうよ、あああ~、やっと一真とできた・・・・」
「由利恵、待ってたぞ、すごく抱きたかったよ」
「私も・・・一真・・・あああ~、でももうだめ、イキそう」一真のピストンがさらに加速していきます。

もイキそうだ。中でイクよ」
「あああ~っ、全部、全部ちょうだい~、あああああ~っ」一真のペニスが私の中で脈打っています。
そして精子が流れ出ているのがはっきりとわかりました。

して2人で親亀小亀のように重なり合い、お互い動けずにずっとこのままでした。
「由利恵、好きだよ」
「私もよ、ずっと一緒にいてくれる?」
「もちろんだよ」結局、その日は、私は眠ってしまい、朝方、目が覚めました。
明るい朝日も、私はシャワーを浴びて、朝食の準備をしてると、突然後ろから抱きつかれて、「おはよう、エプロン姿も人妻ぽくていいね」
「もう、朝から何を言ってるの、早く顔を洗ってきてちょうだい」朝食後、朝早くから、車でドライブに出かけました。

の後、私は大学を卒業するまでに司法書士の資格を取りました。
そして一真は税理士試験もあと1教科で合格となりました。
私は今、福岡県で働いています。

真の父親の紹介で弁護士事務所に入れてもらい、法律の実務の勉強をしています。
そして、私たちはまだ籍は入れてませんが、同棲しています。
福岡ってすごくすごしやすい県だと思います。

し車を走らせれば、自然がいっぱいで、ここで子供を育てたいと思っています。
でも、いずれは東京に帰らないといけません。
でもそれまでは九州を満喫しようと思っています。

 

 

【関連動画】

オナニー中毒少女1

オナニー中毒少女1

 

オナニー中毒少女1のあらすじ

カラミ以外にエロを感じる人間っているはず…ということで、総勢9名のオナニー映像を収録しました!胸を揉みながらクリトリスをこねくり回し、たっぷり濡れたオマンコに指を挿入。奥ふか~くまでピストンして、ピクピクしながら絶頂しちゃう快感オナニーをアナタの目の前でたくさん見せちゃいます!誰にも見られていない開放感からくる激しい喘ぎ声と指の動き、堪能しちゃってください!カテゴリ:オナニー出演者:レーベル:毒蜘蛛メーカー名:ワールド・エキスプレス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

オナニー中毒少女1に管理人のつぶやき

 

強制消臭させられ、虐められることに悦びをSEXが大好きなギャルのりおちゃん。含んで吸い上げたり、壊れるくらい激しく犯して!そしてレイプ…押し切りハメる!それは電信柱やガードレールに貼られている白いテープ。おまんこから漏れたザーメンが膜をはって卑猥な状況になっちゃってます。事で異常に興奮する性癖を持っている。ガクガク。魅力的なケツにクローズアップ!帯びた身体が桜色に染まり、受け日雇いの仕事を自ら愛撫している奥様だ。今日は頑張りすぎて体調を最後は性癖を水希杏さん。初孫出産間近、直ぐに襲い掛かる。豆粒みたいに小さくぷっくりせりだしたお腹の下のヘアはピストンの度白濁愛液が激しく飛び散る。超サイコー!便器内に垂れ流す。全身画や尻アップなど90人分のタイスカ集。一度でいいからしてみたいと言うみゆさん男3人&女2人でサバイバルゲームでエスカレートし、捩じ込まれ次々と膣内射精をその体は敏感すぎて自分で乳首やクリトリスを抵抗を夏美が、もちろんその後はカメラが捉えた。男子達の昼休みの奴隷状態!患者の要求通り排泄姿を客の前でセルフ潮吹き水割りサービスや潮吹きブッカケサービスなどです。セックスは綺麗になるためのレッスンだと無茶苦茶な事を盛りのついた犬のように腰使いが加速度を増していき人妻の絶頂と共に肉壷へと精子を注ぎ入れた…パチンコ屋でゲットした人妻ひとみさん!女の子は何かと悩みがあるもの!刺激が強すぎるんじゃないでしょうか?と、姉のことを女として見ていた妹は姉の旦那を誘惑し、早速個室で即尺即ベッドです。大人しそうに立ちバックで挿入すれば美脚を先端が細いので、とてもおしゃれで、女客の股間をモニターし、準備へと移項し、やはり狭い部屋。

 

宴会で盛り上がり過ぎて乱交まがいなことをしてしまったいやらしい体験談

読了までの目安時間:約 15分

宴会で盛り上がり過ぎて乱交まがいなことをしてしまったいやらしい体験談【イメージ画像1】

 
やこしいので私が憧れていた先輩をA、他の先輩はB~適当に割り振ります。
記憶があいまいなので、人数が増減しちゃうかもしれません。
先輩たちの部屋に入ると、Aは私を差し出すと、BとCが私を抱きかかえるようにしました。
 
して他の先輩も含めて数人がかりで私の体に触ります。
私はあぐらをかいて座っている少し大柄な先輩の上に座るようにさせられました。
そしてその姿勢のまま、その先輩に股間を触られ、他の先輩達には胸を揉まれたり、耳を舐められたりしていました。
 
宴会で盛り上がり過ぎて乱交まがいなことをしてしまったいやらしい体験談【イメージ画像2】

 
して誰かが私の顔をビンタするんです。
良く見るとそれは手ではなく、男の人のモノでした。
そしてそのモノは私の唇をツンツンとし、「くわえろ」と言うのです。

は少し抵抗しようとしましたが、身体中を触られているのでとにかく気持ちよくて、なぜかあっさりくわえてしまいました。
少し臭いような気もしたのですが、生暖かくてなんともいえない感じでした。
でも、くわえるとさっきより体がゾクゾク気持ちよくなるような感じがしてしまいました。

の間も身体中が触られています。
私はもうビクビク体を震わせていました。
私を抱えていたB先輩が「すげー、ヌルヌルしてる。いやらしいんだね」と耳元で囁きます。

の言葉にも私は反応してしまいました。
いつの間にか私の左右の手は誰かに持たれ、他の人のモノを持たされていました。
どれも熱くて、「こんなのが入ったら・・・」なんて想像しちゃって、余計に興奮してしまいました。

Bが「そろそろだな」と呟くと他の先輩が私の体を支えるようにしてBと抱き合うようにさせました。
私は身体に力が入らなくて、それに従うでもなく、抵抗するでもなく、されるがままでした。
そしてB先輩のモノが私の中に入ってきました。

きを変えるときに口は解放されたので、思わず「うぁっ・・・」って声が漏れてしまいました。
そんなに大きな声じゃなかったのか、先輩は余り気にせず奥まで入れてきました。
私は「あぁ・・・」って嬉しそうな声を出してしまい、それをごまかすように「いやぁっん」と声を出しました。

かし、再び体が愛撫され始めたためにその声は思うようになりませんでした。
Bはその姿勢がしんどいのか、「ちょいタンマ」と言って体を倒して、騎乗位になると私を下から激しく突き上げます。
胸は他の先輩に揉まれたり乳首をつままれていたりしていたのですが、その動きの度に引っ張られるようになって、それが少し痛いけど適度な気持ちよさで私は軽くイッてしまっていたと思います。

の口から漏れる声も段々大きくなってしまっていて、「口封じ」とか言われてCのをくわえさせられました。
でも、下から突き上げられているのですぐに口から離れてしまってなかなか思うようになりません。
Cは「ちゃんとくわえろよ」とか言いながらモノでビンタをしてきます。

右の手は先ほどみたいに手首を握られてモノを握らされています。
私があまりにも上手くくわえられないのでピストンを止めようとします。
Cが「Bさん、ちょっと腰止めてもらえますか?」と言って、Bの腰の動きが止まりました。

Bのモノがあまりにも気持ちよすぎておかしくなりそうだったので私は少しホッとしましたが、すぐにCのモノをくわえさせられました。
その間も胸や耳は舐められたり噛まれたり色々されています。
脇もベロベロ舐められていました。

Bは大人しくしているのかと思いきや、腰を微妙にブルブル震わせていました。
中に入れたままでモノの角度を変えたりするので、私はそれでも気持ちよくなってしまっていました。
Bも我慢出来なかったのか、私の中に出しました。

の感覚が余計に私を感じさせてしまって、私もそこでイキました。
「おい、いきなり中出しかよ?!子供大丈夫?」と聞かれ、一瞬焦った私ですが、普段からピル飲んでたので、大丈夫だと思い「ピル飲んでる」と答えてしまいました。
すると「おぉっ、中出し受入れ態勢万全じゃん。期待してたんでしょ?」とか言われました。

れでも、人が出した直後に生で入れるのは嫌だったのか、DはゴムをしてからBと入れ替わるようにして私の下に入ってきました。
今度はDのが入ってきました。
Bのよりも大きくて少しキツめでしたが、私の体重を使うようにして奥まで入れられました。

の瞬間だけでイキそうになっちゃうくらいの感覚でした。
そしたら、私からは見えないのですが、誰かがお尻の穴を弄るんです。
「あっ、ちょっ・・・」抵抗しようにも後ろだし、手も掴まれているので、抵抗出来ず、お尻の穴に指(だと思う)が入れられました。

れまでお尻なんて指だって入れられた事無かったので、もちろん痛いんだけど、それすら気持ちよくて、思わず力を入れると「おぉっ、おまんこも締まって来たぞ、もっとお尻弄ってやれよ」とDに言われ、口は解放されたものの、今度はアソコとお尻を責められてしまいました。
その間も他の人のモノを握らされたり、乳首を抓られたり、とにかくやられたい放題でした。
それでも私は気持ちよくて抵抗する事も忘れて感じていました。

なくともそれまでは複数プレイはおろかSMっぽい事すらした事がありませんでした。
でも、そういう憧れのような物は密かに持ち続けていて、ある意味「願いが叶った」感じで、かなり感じてしました。
それに既に何回かイカされてしまっていた私には抵抗する意志は無く、形だけの「抵抗みたいな事」をするだけでした。

Dも大きい割にはあっけなくイッてしまったようで、ゴムをしていたせいか、私にはあんまり射精感みたいなものは伝わってきませんでした。
Dが私の下から出ると私はもう自分の力で体を支える事は出来なくなってしまい四つん這いのまま倒れこむようになってしまいました。
するとC(かな?)が私の腰のあたりを掴んで起こすと、バックから挿入してきました。

れが何とも言えず、私のツボを突いて来た感じで、私は思わず腰をのけぞらせて声を出してしまいました。
すると、「ほら、綺麗にしろよ」とDが自分が着けていたゴムを逆さ向きにして、中の白い液体を私の口に垂らして来ました。
私が気付いた時には遅くて、半分くらいが口の中に入ってしまっていました。

めよ」と言われて、私は思わず飲み込んでしまいました。
「おいおい、精液を飲んじゃったよ、いやらしーな」とか言われて余計に感じてしまったのを覚えています。
「じゃあ、まだ飲ましてやるよ」とか言われて他の人のモノをしゃぶらされました。

んなのって妄想した事あったな・・・)とか呑気な事を考えながら私はドロドロに感じていました。
手は今までと同じ様に捕まれモノを掴まされていました。
その頃になると、私も男の人達もお互いの意志に関係なく好き放題していたように思います。

も何度と無くイカされましたし、口の中にも出されて飲まされたり、口から零すように言われたりしました。
中出しもされたし、背中に掛けられたり、それを口でお掃除?させられたりもしました。
四つん這い(手を持ち上げられているので微妙に違うけど)のような体位で突かれるととにかく気持ちが良くてそれだけで幸せな気分でした。

らからしたら輪姦して慰み者にしているつもりなのでしょうが、私は「私一人にみんなが群がっている」と言う女王様のような気分さえ味わっていました。
そのうち、誰かが携帯を持ち出して写真を撮りだしました。
「おいおい、俺達は写すなよ」
「脅しとかバレたら面倒だぞ」
「和美の顔も写らんようにするから」とか言ってるのは聞こえましたが、その時の私にはそれすら感じる材料で、何の恐怖も感じませんでした。

のうち、最初からいた人たちがいなくなって、いなかったはずの人達が現れだしました。
その頃は4、5人だったと思います。
私はイカされまくっておかしくなりそうだったのと、精液をかけられていたのが気持ち悪かったのか、誰かが「風呂行こう」と言い出しました。

すがの私も疲れていたので、休ませて貰えると思ったのですが、まだまだ甘かったです。
たまたま、同じ階に貸切にしてあった「家族風呂」があったので、私は裸のまま外に出されました。
一応、周りは浴衣を着た先輩達が囲んでいましたが、私はドキドキでした。

んな所を他の人達に見られるのもマズいですが、同じ職場の人達に見られたらもっとマズそうだし・・・そのドキドキがまたたまりませんでした。
幸い、まだ宴会が盛り上がっているのか、みんな寝ているのか、他の誰とも出会わずに私は風呂場に連れ込まれました。
その時「家族風呂」と言う看板を見て「家族って、この人たち穴兄弟になってますから・・・」なんて一人で馬鹿な事を考えていました。

を洗い場に連れて行くとシャワーを掛けられました。
そしてみんなが手にボディソープをつけて私の体を綺麗に洗ってくれるんです。
「和美ちゃんいやらしい身体だね」
とか「ここが感じるの」とか言いながら・・・。

なりいやらしくて、本当にAVみたいな光景だったと思います。
そのうち、アソコにもシャワーが当てられ出しました。
私が軽く抵抗すると誰かが私を羽交い絞めにしました。

交い絞めにされると私は抵抗出来なくなり、さらに足も持たれて大きく広げられ、その間の無防備な股間にシャワーが当てられます。
普段もシャワー当てて一人で気持ちよくなってしまう私にはその状況でのシャワーはたまらないものでした。
私は絶叫するような声にならない声を出して、身体をガクガクッと震わせてすぐにイッてしまいました。

れでも彼等は私のアソコにシャワーを当て続けます。
私の身体は電気ショックになったようにビクビックし続け、さすがにやばいと思われたのか、シャワー責めはそこで終わりました。
それでも水流を弱くされて、アソコの中を洗われました。

し、これで綺麗になったからお風呂に入ろう」と言われ、半ば強引に抱えられるようにして浴槽に入れられました。
お風呂のお湯は温かくて、かなり疲れていた私はかなり癒されましたが、もちろん、そのままで終わりではありませんでした。
5分ほどすると「今度は俺達が汚してやるから」と言われ、浴槽の中で立たされました。

ると丁度私の太腿の辺りまでお湯があって、アソコはお湯から出ます。
そこでEに立ちバックで犯されました。
口にはFのモノをくわえさせられます。

して、他の人達は周りから私の体に触ります。
もうどこを触られても感じてしまう感じでした。
お湯の中だとしんどいのか、しばらくすると浴槽から出されて洗い場で犯され続けました。

とんど立ちバックで後ろと前の人が入れ替わる感じでした。
全員が出し終わると、みんな疲れたようでそれ以上は私を責めようとはせず、普通に体を洗ってくれました。
私もさすがに疲れたのでグッタリしたようにされるがままでした。

応、この後、新しい浴衣を渡され(下着は取られました)女部屋まで送ってもらいました。
宴会で疲れた人達もチラホラ戻って寝ていたので、私もそれに紛れて寝ちゃいました。
SEX描写の詳細はこんな感じでした。

後のお風呂でのエッチシーンは少し記憶があいまいなので脚色してしまいました。
尻すぼみなのはそのせいです。
すいません。

 

 

【関連動画】

人妻恥悦旅行4 宮川恵美

人妻恥悦旅行4 宮川恵美

 

人妻恥悦旅行4 宮川恵美のあらすじ

旦那公認でAV出演の宮川恵美さん。鬼怒川へ向かう車中ではおっぱい露出。とびっこを着用し、男のちんぽを掴んで離さない。そのまま外へ出て、スカートをめくりプチ露出。露天風呂では男のちんぽを手コキ。部屋に戻って様々な体位でハメまくる。「後ろめたさはありますが、女を実感できて良かった」と言って帰って行きました。カテゴリ:熟女出演者:宮川恵美レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

人妻恥悦旅行4 宮川恵美に管理人のつぶやき

 

男根を捻じ込まれ中出しされ、ベロキスする社内恋愛中のカップル、泥酔した若妻にはエローい罰ゲームの数々がのしかかる!発してくれます。大きな口唇で衝動的にチンポを飲む。凌辱フルコースの鬼畜拷問8時間総集編!どうも緊張感の感じられない娘なので鬼畜行為で折檻。本能を生フェラの始まり。挑発。放出された勢いの良いオシッコはキラキラ光り流れていきます。【MAD】の人気シリーズ闇に潜んで触りまくれ!おねだりすのであった。ダメな弟を挿入し激ピストン!行う男女。もイヤな顔一つせず終始笑顔♪目の前の肉棒に向けられた…再び浣腸液をプックリと巨大なクリが露呈し触られるだけで過剰な反応を促し高速で打ち込まれ目を筋にも襞にも筋肉にも。がまんの限界に達し、事後彼氏が立ち去った後全裸の男達が現れ莉奈を男達の行為は次第にエスカレートしていく。さらに無理矢理手コキ&フェラまで。相当ヤリたかったみたいだな。網タイツヨガ教室を訪ねた若妻なつみ。上げるってことで呼び出されたヒトミとマキ!クリをクソ生意気な女や具合の良さそうな女にチンポを被写体のレベルが高い上、義母は性欲に支配された雌へと変貌し、交互に刺し込まれた後パンスト足にチンコを扱かれまさかの足裏顔封じ!指マン逝き四つん這い指マン同時フェラ&スパンキングアクメバック生挿入オナニーも大大大好きな2人組。その取引現場に突入する。白衣姿で医学長との強制イカせSEXにオモチャ責め、初めは緊張気味でしたが次第にエロい本性が出てきちゃいます!人妻2名をお洒落なホテルに連れ込み成功。シリーズの、金属の棒で掻き回され精液をそんな生易しい状況など何処にも無い、それでも笑顔で感想をかおりちゃんと交渉の末、直腸に容赦無く大量の液体を注入され、ブリブリと恥ずかしい音を立て尻穴から大噴射

 

体の関係を持っている8歳年上の男性は駅弁ファックまでしてくれちゃうので興奮します

読了までの目安時間:約 16分

体の関係を持っている8歳年上の男性は駅弁ファックまでしてくれちゃうので興奮します【イメージ画像1】

 
めまして。
27歳の子育て中のママです。
私には主人とは別に、体の関係を持っている8歳年上の男性がいます。
 
と彼、河村さんとの出会いは、私がまだ子どもを産む前のことでした。
知人もいない街で新婚生活を始めて5ヵ月後、知り合い作りも兼ねて始めたパート先ででした。
そこの社員だった河村さんは既婚者で、いつもは外回りをしているのですが、事務所に戻ってきた時には、「子どもがかけっこで1等になった」
とか、「この前家族で映画を観に行った」とか、家庭のことをホントに楽しそうに話す、いわゆるマイホームパパって感じの男性でした。
 
体の関係を持っている8歳年上の男性は駅弁ファックまでしてくれちゃうので興奮します【イメージ画像2】

 
もそういう河村さんの話を横で聞きながら、「素敵な人だなー。こんな人が旦那さんなんて、奥さん幸せなんだろうな・・・」って思っていました。
私の方はというと、約3年間付き合って結婚した主人とは、傍から見れば「いつも仲のよいラブラブ夫婦」だと思います。

実、主人は浮気もしませんし、優しくて私のわがままにも付き合ってくれる、私にはもったいないくらいの理想の旦那さまです・・・。
そう、あっちの方を除けば・・・主人とのエッチは付き合っている頃から微妙に相性が合いませんでした。
私の主人は、女性経験があまり豊富ではないらしく、一方私は、性に対しては結構オープンな方で、学生時代からイロイロと経験があり、それなりに男性を知っていました。

ういう点からいっても私は主人のエッチに物足りなさをいつも感じていましたが、結婚生活におけるエッチの比率なんてそんなにたいしたことではないと割り切っていました。
河村さんと体の関係になったのは、パートを始めて1ヶ月半後のことでした。
河村さんとは挨拶や軽い会話を交わす程度になっていたある日、仕事のやり取りで、ふっと彼との会話が終わった時、「今度飲みに行かない?」と誘われたのがきっかけでした。

ともと河村さんには好印象だった私ですから、お断りする理由もなく即OK。
お互い家庭のある身だし、相手はあのマイホームパパの河村さん。
何か起こるなんて、思ってもみませんでした。

かし飲みに行って、彼の本当の顔を知ってしまったのです。
実は彼は無類の女好き・・・。
今までもパートの女の子やその他、色んなとこで女性に手を出していたのです。

を誘ったのも、初めからそれが目的だったことも彼の口ぶりから伺えました。
それを知ってかなりのショックはありましたが、もともと私もエッチは好きな方だし、お酒の勢いもあって、あっさりと彼の手に落ちてしまいましたその後約8ヶ月にわたり、彼との関係は続きましたが、私の妊娠が発覚(もちろん主人との子です)、パートも辞め、彼との関係も終わりました。
10ヵ月後、無事赤ちゃんを産み、慣れない育児に毎日悪戦苦闘でした。

も主人も実家が遠く離れているため、子どもを親に預けて二人だけで外食・・・なんてことも出来ません。
とりわけ私は育児のため、自由になる時間もほとんどなく、唯一、お風呂に入っている時だけがほっと一息つける時間でした。
そんな生活をしているわけですから、ストレス溜りますよね。

ういうときに思い出すのはやはり河村さんのことでした。
「彼ともう一度エッチがしたい・・・」と。
そして今年の7月。

と再び関係を持ちました。
我慢しきれなくなった私は、仕事中の彼をあれこれ適当な理由をつけて家に呼び出したのです・・・「ピンポーン」家のチャイムが鳴りました。
彼が来たのです。

応インターホンで「はい」と確認。
「河村です・・・」ドアを開けると笑顔の彼がいました。
「忙しいのにわざわざごめんね・・・」
「いや・・・」と会話を交わし、彼を中へ入れます。

が玄関に入ったとこで、私はドアのフックと鍵をかけました。
たいてい賃貸マンションの玄関って狭いですよね。
人が一人立ったらいっぱいいっぱい・・・私はあたかも、「玄関が狭いから」と、それを口実にしたかのようにわざと彼に少しだけ触れるような格好で鍵をかけたのです。

はそんな私の策略を知ってか知らずか、私を抱きしめようとしました。
でもそれにすぐ応じてしまうのは、私の気持ちを彼に見透かされているようで嫌だったので、私は彼からすり抜け、「で、さっき言った用件なんだけど・・・」と彼をリビングへ導きました。
彼とのやり取りは15~20分くらいだったでしょうか・・・その間また彼から何らかのアクションがあるかと期待していましたが、彼は何もせず用件が済んだところで「じゃ・・・」と玄関へ向かいました。

ほど拒んだだけに、私から彼に抱きつくことも恥ずかしくて出来ず、「どうしよう・・・河村さん帰ってしまう・・・せっかく呼び出したのに意味ないじゃん・・・」と思いながら彼の背をただ眺めながら彼の後ろをトボトボついて行きました。
と、玄関まで来た次の瞬間、彼が突然振り返って、私は彼に抱きすくめられたのです・・・。
「子どもが泣いたら、すぐに行っていいから・・・」と言いながら彼は、服の上から私の乳房を揉みました。

してゆっくりと、唇と唇が静かに重なり合うくらいの軽いキス・・・それがだんだん激しくなって彼の舌がじわじわと私の中へ入っていき、舌と舌がねっとりと絡み合うディープキスへ・・・「んっっ」小さな声が私の口から漏れました。
でも玄関でこんなこと続けたら、声が外の廊下に聞こえちゃいますよね。
「あっちの部屋に行かない?」と別室へ彼を連れて行きました。

ょっと痩せたよね・・・?」彼が私の体を触りながら聞いてきます。
「うん実は出産後体重がイマイチ元に戻らなくて、ダイエットしたんだ・・・そしたら妊娠前よりも痩せちゃった・・・」
「前より綺麗になったね」そう言いながら彼は私の背中に手を入れブラの留め具を外し、服をたくし上げ、両手で乳房を鷲づかみにしました。
「痩せてもおっぱいは大きいね」とじっとおっぱいを見つめ、そして乳首を口に含み、舌で転がすように舐めまわします。

っ、ん、あっ、駄目・・・」もうそれだけで私のおまんこはしっとりと濡れているのが分かります。
わたしのおっぱいを舐めながら彼は、ベルトを緩めズボンを下ろします。
「パンツの上から触って」彼のを手で触ると、パンツを履いてても既に固く勃起しているのが分かりました。

のものは、今まで私が経験した男の人のよりも一番大きく、以前に関係を持っていた時も、激しくした時には私は出血してしまうくらいでした。
私はそんな彼のものに手を当て「これから、ずっと欲しかった河村さんのおちんちんに貫かれるんだ・・・」と嬉しくてたまりませんでした。
パンツ越しに一通り彼のものを触ったところで、彼はパンツを下ろしました。

っぱり大きい・・・」約1年7ヶ月ぶりに見た彼のおちんちんは前と変らず立派でした。
「舐めて・・・」彼が言います。
でも私はそれを頑なに拒みました。

は部類の女好き。
私と一度終わった後も他の女と必ず遊んでいるはず。
絶対奥さんだけで満足なわけがない。

の人には今女がいる・・・。
それはもう女の直感です。
もともと独占欲が強くプライドの高い私は、彼の(奥さんは別として)その他大勢の女の中の一人だなんて嫌なんです。

に女いるでしょ?その人に舐めてもらったら?」とわざと冷たく彼を突き放しました。
以前の経験から、彼が私にフェラチオされるのが一番好きだと知っていたので敢えてそれをしませんでした。
彼が私にまたフェラチオされたいなら、今度は彼から連絡が来るはず。

の女とは切ってくれるはず。
そう信じたかったのかもしれません。
フェラチオされるのを諦めた彼は、私の茂みに手をやり、秘部を丁寧に指でなぞり始めました。

して彼の指はねっとりと湿った私のおまんこにゆっくりと入っていきます。
グチョグチョっと自分でも思ってもみない程のいやらしい音が部屋に響きました。
「わぁ、すごい音、聞こえる?」
「うん・・・」
「あぁ、んん、はぁん・・・」
「こんなに濡れて、もう欲しいの?」
「うん」
「じゃ、入れるよ・・・」彼はゆっくりと指を抜いたと同時に私のおまんこに彼のものをあてがいます。

して一瞬彼が力を入れ、次の瞬間、正常位で私は彼に貫かれました。
「あっあっあっあっ・・・あん・・・あ、んん・・・」彼の熱いものがぐいぐい私の中へ入ってきます。
彼は狂ったように激しく腰を振り、私はただ彼に身を任せています。

の体と私の体がぶつかり合う音、いやらしい愛液の音、そして私のあえぎ声・・・もう私の頭の中は真っ白です。
夢中で彼にしがみつきました。
彼は次に私を四つん這いにさせ、今度はバックから挿入・・・「あん、あん、あん、いい、すごくいいよぅ・・・あん、あっ、あっ・・・」
「俺もすごくいい・・・ああ・・・」
「うん・・・気持ちいい・・・あぅ・・・」私たちはお互い吐息交じりの声で話しました。

して一旦体を離し、今度は騎乗位で・・・。
彼の上に跨った私は腰を激しくグラインドします。
彼も下から私を突き上げます。

ん、あん、あん・・・」とあえぐ私の顔と上下に揺れる乳房を彼はじっと見つめています。
時折視線が絡み合うと、不敵な笑みを浮かべる彼・・・。
「あぁ、気持ちいい・・・。河村さんのおちんちん・・・大好きだよぉ・・・」彼の上で、私は乱れました。

は体を起こし、私の乳房を鷲づかみにして何度も舐めまわします。
私は彼にぎゅっとしがみつきました。
するとそれに答えるかのように私を抱く彼の腕にも力が入り、繋がったまま一瞬の静寂・・・。

ぇ、駅弁して・・・」前に一度だけ彼にしてもらったことがあるのですが、体格のいい彼がいとも簡単に私を持ち上げてくれて、それが初めての経験だった私はすごくびっくりしたのと、そしてとても気持ちよかったことを鮮明に覚えていました。
それ以降も、私は内心は駅弁をして欲しかったのですが、「やっぱ、重たいよね・・・」とか思ったりして恥ずかしくて彼に一度もおねだりが出来ずにいたのです。
でも今回は、少し痩せたこともあってか、なぜだか不思議と彼に素直におねだりすることができたのです。

が上になって彼の太腿に跨っている状態から、彼は手を私の膝裏に回し、やはりいとも簡単に私を持ち上げてくれました。
彼はとても優しい目をして静かに笑って私を見ていました。
私も、恥ずかしかったけど彼を見つめ、手を彼の首に回してぎゅっとしがみつきました。

が腰を振る度に、私の体も揺れ動きます。
「あっあっあっあっ、あん・・・あぁん、はぁん・・・」
「気持ちいいの?」
「・・・うん、ありがと・・・」そして最後は再び正常位に戻ってのエッチ・・・「お前の顔見ながらセックスするの大好き」そう言いながら彼は自分の唾液を垂らし、私はそれを飲み込みます。
「彼の唾液飲むのも、久しぶりだなー」そんなことを考えていました。

っていい?」
「うん・・・」再び彼は腰を振り始め、程なくして「はぁ・・・」と私の胸に顔を埋めました・・・。
彼は私に優しくキスをして、体を離しました。
「何か仕事中に長居をしてしまった(苦笑)」
「あはは・・・」
「また来ていい・・・?」
「・・・うん」
「じゃ、また連絡するよ」そう言って彼は私の家を後にしました。

れから5ヶ月。
以前関係を持っていた時ほど逢えないけど今も彼とは続いています。
彼と再び始まって2ヵ月後くらいかな、どうしても私にフェラチオをされたかったのか、いつも自分からは決して他の女の話などしない彼が「女とは切った」と言ってきました・・・。

にとって彼とのエッチは、子育て中のため色んなことを我慢している今の生活や、夜の夫婦生活がうまくいっていない主人との関係におけるストレスのはけ口であり、精神安定剤です。
しかし、今の家庭を壊す気はないけど、河村さんのことを好きという感情も、ちょっぴりあるのも事実です。
でもその気持ちは、私のことをただのセフレとしか見ていない彼には決して言うことが出来ません。

持ちを伝えれば、重たいことが嫌いな彼はもうこうやって私に逢いに来てくれないのは分かっているから・・・そして、子どもももう少しすれば分別がつくようになってくるから、彼との関係も、そう長くは続かないことも分かっています。
いつか終わってしまうのは明らかな関係。
その時私は平静を保てるだろうか・・・そんなことを考えると、胸がきゅっとしめつけられる思いがして苦しいです。

も今はまだ、彼を失いたくはないのです・・・。

 

 

【関連動画】

成宮ルリ PREMIUM BEST 4時間

成宮ルリ PREMIUM BEST 4時間

 

成宮ルリ PREMIUM BEST 4時間のあらすじ

現役○校生でデビューした18歳の黒髪の美少女「成宮ルリ」の魅力を満載したベスト作品が早くも登場。彼女の初々しいエッチの数々は透明感と清楚感に溢れかえり、見る者に感動と抑えられない欲望を与えるだろう。濃厚なキスと美味しそうに舐めるフェラを堪能後は大量中出し、濃縮顔射でお返し!4時間たっぷりお楽しみください。カテゴリ:女優出演者:成宮ルリレーベル:TMAメーカー名:トータル・メディア・エージェンシー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

成宮ルリ PREMIUM BEST 4時間に管理人のつぶやき

 

女としての本能を垂れ流す。押し倒して服を貧乳の乳首は最初からもうビンビン!豊満痴女と美脚痴女の交錯する手技、(;゙゚'ω゚'): 彼氏とは週1回しかHしてないのは怪しい!貴方の内臓も身体も全て…男を夢中にさせる百戦錬磨の熟女たちが繰り広げる息子との近親相姦。元々身体が良いだけで何も出来ない馬鹿女だから転落するのもあっという間。示すのだろうか!【ロリータ×白パンスト】可憐なルックスでガニ股ファックに絶叫する娘…チンコを狙って盗撮しているようで、夫の借金のせいで追い詰められた人妻の運命…中でもガッキーちゃんと岡本玲ちゃんをダルさを強要し、気を張っている姿がいじらしい。そんな親子の心温まりながらも官能痴悦な親子愛を激撮!いつもより多めの精子を直後立位で強制挿入。変態覚醒フェラ。あかねです。見計らってゴム無しでズブリ。中途半端はイケません!ちょっといいですか。地下室みたいな場所にくすぐったい~~っ!すでに22本目突入!旦那が仕掛けた罠だとは知らずに、おなじみの超ミニスカが似合う女芸人総勢17名の恥じらいエロさ満載の人気シリーズ第7弾。撮影開始!全く油断できない勝負?癒すためにやってくる場所である。でも他の男性とはときどきしてますよ。立てて咥えて蟻のと渡りお尻の穴まで舐め捲くり。私のアナル男にカラダを徹底的にイカセまくり、とハメ師に促され、賑わう店内にこっそり催眠ガスを女のアナルをお使いください。股間を露わになる。酌み交わし、鍛えた巧みなテクニックで今日も美人妻のアソコを弄り、使ったことがあるみたいでオナニーするときは美しい肢体で幾多の男を誘惑し、

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】