告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

リラクゼーションサロンで一緒に仕事をしている二人のスタッフと職場でのセックスを楽しんだ体験談

読了までの目安時間:約 19分

リラクゼーションサロンで一緒に仕事をしている二人のスタッフと職場でのセックスを楽しんだ体験談【イメージ画像1】

 
前に投稿したリラクゼーションサロンの絵里です♪今回はえっちのお仕事もしちゃってるメンバーのうち2人と一緒の勤務のお話です。
19歳の子と38歳のスタッフの2人と私の3人で初勤務しました。
11時から38歳の人で14時から19歳の子が出勤してくるシフトで38歳のスタッフは準備もあるので10時前に来てお店の準備を一緒にしましたが、あらかた準備も終わって時間が空いたら「チーフに朝からセックスで一発、カウンターでハメさせて欲しいんですけど、その前にカウンターでしゃぶってもらっていいですか?」
「いいよぉ♪おちんぽしゃぶしゃぶしちゃう♪あむっ…じゅっぽじゅっぽ…じゅるるるるる!ぢゅっぽぢゅっぽ…」
「あぁ~チーフのフェラやっぱ最高ですよ!最近ずっとやってなかったので溜まりまくってるからよろしく!」朝からカウンターの中でおじさんのおちんぽしゃぶしゃぶしまくりでした♪「じゅっぽじゅっぷじゅっぷ…ぢゅっぽんぢゅっぽんぢゅっぽん…ぢゅるるるるる!」
「あぁ~ほんとチーフのフェラ顔もエロくて最高だけどもう我慢出来無いからちんぽハメさせてくださいね!」口からおちんぽ引きぬかれてカウンターに立たされて後ろからズボン脱がされて即ハメ立ちバックされちゃいました。
 
ゅっぽん…あぁん…もう私もおちんぽ欲しくなっちゃてるのぉ♪あぁん!カウンターで立ちバックいいのぉ♪おちんぽズボズボきてるぅ♪」
「あぁぁ…おまんこズボズボ最高!!チーフの名器おまんこいつでも最高ですね!おおお…たまんねぇ!!チーフのおっぱいもデカくて最高!」カウンター内で立ちバックで胸も制服から出されておっぱい弄りながらおまんこズボズボにクリトリスまで責められて「あぁぁん♪凄いのぉ♪ちょ~激しいのぉ♪感じるとこ全部弄られながらおちんぽズボズボされまくってるぅ♪あぁん…もうイッくぅん♪イクぅぅぅ!!」
「チーフエロくてたまんねぇ!お客さん入って無いしこのままセックスさせてもらいますね!ハメハメしながら営業中の札替えに行きましょう!」立ちバックで突かれまくりながら玄関外の札を営業中に替えに行き、外に出た瞬間にまた凄い突かれまくって思わずいやらしい声が出ちゃいました。
「あぁぁぁ!外に来た瞬間に突きまくっちゃだめぇぇぇん♪セックス見られちゃうぅぅ!あぁぁん…またイッくぅぅぅん♪」札を替えてる間に一回イカされてしまいました。
幸い誰も通らなかったですけど…「あ~チーフのおまんこもおっぱいもまぢ最高!初めてセックスしながら店開けしちゃいましたね!あぁおまんこすげー絡みついて締め付けてくる!」
「アナタのセックスいっつも凄いのぉ♪おまんこ奥までズボハメされるの最高なのぉ♪あぁぁん♪またイッちゃうぅぅん♪」
「すげー朝からチーフイキまくってるね♪カウンターの下チーフのいやらしい汁いっぱい垂れてシミができてるよ!」
「あぁん♪あぁん♪あぁぁん♪こんなにズボズボされまくったらイキまくっちゃいますぅ♪気持ちいいのぉ♪おちんぽ気持いいのぉ♪」
「あぁぁぁ…チーフとセックスまぢ病み付きになるくらい最高!ズボズボとまんねぇ!やっぱチーフとのセックスが最高すぎる!!」ハメハメされながら服脱がされて全裸にされちゃいました。
 
リラクゼーションサロンで一緒に仕事をしている二人のスタッフと職場でのセックスを楽しんだ体験談【イメージ画像2】

 
ぁん!あぁん!あんっ!あんっ!激しぃぃ…凄いのぉ♪アナタの突き上げいつもすごいのぉ♪朝からセックスしまくっちゃてるぅ♪」
「おぉぉ…おまんこたまんねぇ…チーフのおまんこむちゃくちゃ絡みついてきてズボズボ激しく突きまくっちゃう!カウンターでセックス気持ちいいい!!」激しく突かれたら今度前向きになって立ったまま前からそのまま挿入されちゃいました。
挿入されていきなり激しくされたらイッちゃいました♪「あひぃぃぃ♪この体位いつもすごいのぉぉぉぉ!!!激しすぎっ…あぁぁん♪イッくぅぅぅん♪」
「チーフとこの体位が一番たまんねぇんだよな!激しく突きまくってたらもう俺も我慢出来無いからこのままイカせてもらうよ!朝から中出しだ!」
「あぁぁん♪あぁん♪あっ!あっ!あっ!はぁん♪はぁぁん♪出してぇぇ♪おまんこに中出し来てぇぇ♪イッくぅぅん!イクイクイクイクイク!イッくぅぅぅぅぅぅぅ!」ドッピュンドッピュンいっぱい出てイカされちゃいました♪朝9時45分から11時30までセックスされまくっちゃってました♪「久々にチーフのエロ写メ欲しいからカウンターの上に上がってもらってM字開脚でおまんこ広げて中出しされたの見せてくださいよ!」カウンターに登ってM字でおまんこ広げてるとこやカウンター内でおちんぽしゃぶってるとこを写メ撮影されちゃいました♪服を着て私はスタッフルームでチーフとしてのお店のお仕事でPC業務をしました。
38歳の人はお客さん来るまでお店の掃除とかタオル洗濯とかしてました。

2時半に一人予約が入って38歳の人が施術して13時半に19歳の子も出勤してきて「チーフお疲れ様です。予約入ってないんですね。今日今のとこヒマそうですね。」
「お疲れ様~♪そうだねぇ~。38歳の人が今施術入ってるけどもう終わると思うよ~。」
「ボクも仕事まで30分あるしチンポしゃぶってよ!ほらもうビンビンなんだよ!チーフの口でチンポほぐして!」
「もう~こんなにおちんぽビンビンにして出勤してきたんだね♪おちんぽしゃぶっちゃおうかな♪あむっ♪じゅっぽじゅっぽじゅぽ…」
「おぉ~チーフの口マンコ暖かくて唾液たっぷりの舌絡みついてきていいわぁ~!」いやらしく音を出しながらしゃぶってたら19歳の子に「チーフのいやらしくしゃぶってるの見てたら我慢できんくなってきた!チーフのおまんこでチンポほぐしてよ!」
「セックスしちゃうの?もうすぐ38歳の人来ちゃうよ?」
「声出さないでチーフの部屋閉めてればバレないさ!チンポハメさせてよ!!」脱がされて裸にされて椅子に座って背面座位で挿入されちゃいました♪19歳の子のデカチンズボズボされて必死に声我慢してました。

客さんが帰って数分後に38歳の人がスタッフルームに来て「チーフさっきのお客さんけっこー可愛くてムラムラしちゃったからセックスさせてよ!」
「んっ♪んっ♪と今は忙しいからもうちょいあとでもいいかな?」
「え~パソコンの入力なら休憩でセックスしちゃおうぜ!」不意にトビラ開けられて19歳の子にズボハメされてるの見られちゃうと「うおっ!チーフもうセックスしてたのか!しかも19の子とこんなエロいセックスしちゃって!撮影しちゃお!やっぱ42歳のスタッフ以外ともやってたんですね!」
「あぁぁん♪バレちゃったのぉ~あぁぁ…イッくぅぅぅん♪おちんぽズボハメされまくってるの撮られてるぅ…」
「おぉ…チーフセックスバレたら急におまんこ締め付けてイッちゃって…実は見られたくてしょうがなかったんですね!チーフのおまんこ最高!」
「あぁぁぁん!そんなにズボズボ激しく突いたらだめぇぇん♪またイッくぅぅん♪おまんこズボハメ丸見えなのぉ…」19歳の子とセックスしてるの見た38歳の人も我慢できずにビンビンおちんぽ出してしゃぶらされました。
「チーフ我慢できんからチンポしゃぶってよ!上の口にズボハメしちゃうわ!」
「あぁぁん♪あんっ♪あむっ♪じゅっぽじゅっぽ…ぢゅっぷぢゅっぷぢゅっぷ…んっ…んっ…」
「チーフの口マンコやっぱたまんねぇな!こっちも最高だからなぁ!」
「チーフのおまんこも名器で絡みつきと締め付け最高ですよ!チンポでズボハメ止まらなくなりますよ!」予約の電話も無いのでそのままセックス業務されちゃいました。
私が1回イク度におまんこズボハメ交代でセックスされちゃいました♪「あぁん♪あぁぁん♪あひぃぃん♪2人ともおちんぽデカくてセックス最高なのぉ♪私もうイキまくりでセックスしか考えれなくなってるぅ…」
「あぁぁ…チーフのおまんこ何回もイキまくっても最高の名器だわ!こんな名器おまんこたまんねぇよ!セックスしまくろうぜ!」
「あぁぁ…あぁぁぁん♪気持いいぃぃ!!!おちんぽ気持いいぃぃ!!じゅっぽじゅっぽ…ぢゅっぽんぢゅっぽん…」
「チーフ俺たちと3Pセックスしまくりたくてこんなシフト組んだんだね!3Pセックス勤務とかまぢで最高!!」
「あぁぁぁ…このシフトちょ~最高!気持ちよすぎで何回もイキまくっちゃう♪スタッフとセックス勤務最高なのぉ♪イッちゃうのぉ~♪」
「そろそろ俺もチーフのおまんこ気持ちよ過ぎでイキそう!このまま中出しするわ!あぁぁぁ…イク!!!!!」
「あぁぁん♪あぁん♪あんっ♪あんっ♪おちんぽいいのぉ~♪私ももうだめぇぇぇ…おちんぽ良すぎでイキまくってるぅ!中に出してぇ♪あぁぁ…イクイクイクイク!」38歳の人に中出しされておちんぽ抜かれたら19歳の子に脱がされて全裸にされたらお客さんの待合などがあるホールに連れてかれて立ちバックでハメられちゃいました。

んか無性にチーフ裸にしてここでセックスしたくなった!お客さん来たらすぐセックスバレちゃうね!!」
「あぁぁ…こんなとこでおちんぽめっちゃズボズボされまくってるぅぅ♪お客さんバレちゃうとダメなのぉ…あぁぁん♪」
「キミまだ真っ昼間なのにこんなとこでチーフとセックスとはエロいなぁ!携帯で撮影しちゃうわ!チーフエロくてたまんねぇな~♪」真っ昼間からお客さん来ないのいいことにホールでハメハメされまくっちゃいました♪カウンター前で突かれたり、待合ソファーでセックスしたり、ホールで騎乗位したりで私もイカされまくりで復活した38歳の人にもしゃぶらされてました。
「ホールでセックス最高…もっとおちんぽズボハメしちゃってぇぇ♪じゅっぽじゅっぽ!おちんぽいいのぉ♪おちんぽ最高♪あぁぁん♪またイキそうなのぉぉぉ♪ぢゅっぱぢゅっぱ!」
「チーフのおまんこ何回イッても絡みついて締め付けてきておまけにグショグショで最高の名器ですね!ボクもそろそろたまんないんで中出ししますね!!」
「あぁ…チーフこんなとこでチンポ上下の口でいやらしく咥えまくって最高にエロいなぁ!まぢたまんねぇ!俺も口まんこに出すから飲んで!!」2人に同時に出されて私もイッちゃいました♪上下のお口で精液飲んじゃいました。
セックス終わったらもう3時過ぎてました。

は10回以上イカされまくりでしばらく何も考えれなくなってスタッフルームで休んでました。
「2人ともおちんぽ最初よりめちゃくちゃ硬くて長持ちするようになったね!ちょ~気持ちよかった♪気持ちよ過ぎでイキまくっちゃった♪」
「チーフのおまんこほんと名器で最高ですね!こんな名器とセックスしてたらチンポ鍛えられますって!」
「ですね!チーフのおまんこ名器すぎでセックス病み付きになってますから!チーフの体も最近余計エロい体になってますね!」
「みんなにおっぱい揉まれまくっちゃうからサイズ1つ上がりそうなの。Eカップになっちゃう♪2人同時でセックス勤務やっぱ最高だね!」
「3P勤務いいですね!これから3Pも出来るようにシフト作りなおしてくださいよ!」
「それにしてもチーフの制服ってみんなと違っておっぱい出しやすいし脱がせやすいエロイ服で3P勤務にももってこいだな!」
「この制服いいでしょ♪フリル着いてて可愛いから買っちゃった♪えっちするにもはだけやすいから便利なんだよね♪シフト作り直すね♪」5時前くらいからお客さん入りだして私はシフトの見直しをしてて施術終わってスタッフルームに入ってくる度におっぱいとかおまんこ弄られちゃってました。

までのシフトだと一週間に1回~2回セックスしてましたが今度は3Pなども入れて週3回~4回のセックス勤務になっちゃいました。
「チーフシフトどうですか?けっこー出来てますね!セックス勤務がだいぶ増えていい感じですね!次のお客さんまで30分あるからしゃぶって!」
「こんなにセックス勤務増やして大丈夫かな?もうビンビンになってる…あむっじゅっぽじゅっぽ…ぢゅっぽぢゅっぽ…」
「大丈夫ですよ!さっき38歳の人と話してたらもっとチーフとセックス出来る日が欲しいって言ってましたよ!」
「じゅっぽんじゅっぽん…そうなんだぁ♪じゅるるるる…ぢゅっぽぢゅっぽぢゅっぽ…」
「ふぅぅぅ!チーフの口やっぱたまんねぇ…超気持いいわ!あとこれはボクからですけど、月1でどっかの臨時休業でセックスメンバー3人全員集まってセックス臨時休業で4P奉仕入れて欲しい!」
「じゅっぽんじゅっぽんじゅっぽん…じゅるるるる…んっ…いいわよぉ♪セックスしまくりの研修日作っちゃお♪ぢゅっぽぢゅっぽぢゅっぽ…」
「やった!チーフまぢ最高!あぁぁ…チーフの舌絡みついて来て最高に気持いい!チーフの口内に精液出すね!全部飲んで!」
「じゅっぽじゅっぽ・・・ぢゅっぽんぢゅっぽん…ぢゅるるるるる!!!んっ!んっっ!ごっきゅごっきゅ…ぷはぁ…精液いっぱいだった…」19歳のスタッフのおちんぽフェラ抜きしてお客さん来たら私はシフトの練り直しをして4Pのセックス研修日を月の真ん中くらいに設定してセックスメンバー3人にメールでお知らせしました。
研修でセックスしまくるためにセックスメンバーは研修1周間前はセックス、オナ禁止にしました。

れからお客さんがラストまで2人とも入って忙しかったです。
最後のお客さんが帰ってお店が閉店になって施術室前の通路で片付けで歩いてるところ後ろから38歳のスタッフに突然おっぱい出されて揉まれながらおまんこ弄られちゃいました。
「へっ?きゃぁ♪ちょっと…いきなりなのぉ…あぁん…えっちなことしたくなっちゃたんだ♪もうお尻にギンギンなの当たってるぅ!」
「チーフ片付けの掃除より先に俺のチンポのほぐししてよ!チーフのいやらしいおまんこでちんぽほぐしのセックスしよ!」
「ボクもチーフにチンポほぐしてもらいたいな!チーフもう今日の仕事終わったし今からの時間セックスしまくろ!」
「あぁん…セックス勤務しまくっちゃおっか♪もう私も我慢出来無いのぉ…2人のおちんぽ店内ハメまくりセックスしたいのぉ♪」
「えろいねぇチーフ!たまんねぇ!このまま通路でセックスしちゃおうぜ!もう我慢できんから即ハメしちゃうけどな!おまんこめっちゃ絡みついてくるわ!」
「チーフ俺のチンポしゃぶってよ!そのまま前に上半身倒してしゃぶって!そうそう!チーフチンポで串刺しにしてるとこ写メっとこ!口マンコもいいわぁ!」
「あふん…じゅっぽじゅっぽ…ぢゅっぽんぢゅっぽん…んっ♪んっ♪んっ♪あぁぁん♪気持いいのぉ♪おまんこほぐしまくってぇ♪」通路、ドレッサールームで鏡に映しながらとかカウンターとか待合ソファとかスタッフルームに施術室でと店内のあらゆるとこで3Pセックスしちゃいました。

の3Pセックス勤務でちょ~興奮しちゃって店内に喘ぎ声がいっぱい響き渡ってました。
2人に奥まで突かれまくって20回以上イカされまくっちゃいました♪中出しも6発くらいされちゃってすっごい気持いい1日でした♪夜セックス中に一回もう一店舗のほうに連絡入れてロッカーに金庫入れて店閉めて帰ってもらってました。
22時閉店でそれからセックスしまくりで終わって締めてお店出たらもう2時でした。

金回収などいろいろして家に着いたのは3時過ぎてました。
それから5日後には今度38歳の人と42歳の人と3Pセックス勤務しちゃいました♪2人ともノリノリで1日えっちな事されまくっちゃいました♪また機会があれば投稿したいと思います♪臨時休業で4Pセックス奉仕研修もご報告出来たらしたいと思います♪

 

 

【関連動画】

教え子中●生のスク水着替えを盗撮・流出 総集編2

教え子中●生のスク水着替えを盗撮・流出 総集編2

 

教え子中●生のスク水着替えを盗撮・流出 総集編2のあらすじ

水泳の授業や部活など学校指定の水着に着替える女子生徒を学校内部関係者が撮影した禁断盗撮映像…!裸より卑猥なスク水…食い込む股間と強調されるボディライン…健康的な肉体美を盗撮!シリーズ総集編第2弾! ※本編顔出しカテゴリ:着替え出演者:レーベル:信州書店メーカー名:信州書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

教え子中●生のスク水着替えを盗撮・流出 総集編2に管理人のつぶやき

 

目隠しをしてソファーに押し倒しバイブ&手マン責め!懇願する澪の膣内に生中出し。虐めてください…ヨダレでぜ~んぶマーキング。と必死の形相で絶叫。(〃゚д゚;Aアセアセ・・・ 正直なチンポはギンギンにいきり立ってしまって直に二本目が側位で生挿入。20歳。JADE×SPREAD当時はブルマ越しに目立って恥ずかしかったらしいですが、天使性道具へ変化!出しちゃいました!ぁあ!色白巨乳のエステティシャン、ザーメンが流れてくるのを熱い吐息をあげながら、非道すぎる恐怖!独り手淫に耽る女たちがそこにいる!うち5名がギンギン生チンコに興奮しちゃっておねだり挿入へ!続く指マンに大声で喘ぎイッてしまう。いやーこれは男の理想ですね!エレガントなCA風美女。オヤジ相手にラブラブベロチューしながら四十全身に塗糞してアナルに指を続いて五十嵐が背面騎乗位でハメられ三上が結合部分に顔を仕舞いにはノートはマンコマークだらけ!焦らすように刺激していきます。徐々に表情が変わり、息遣いは荒くなり横で寝ている彼氏に気づかれぬように声が出るのをガサガサという変な音に気付いた私は息子の部屋へ。駆使して精子を色素の薄い陰毛をデカチンでマンコかき混ぜられている清楚な女性を放つ蝶こそが、最初と最後のしのぶさんの表情の違いに注目!収録したポルチオアクメBEST!ジュース!そそる音!麻耶は義父に毎度襲われていた。始まると緊張しまくり♪etc.チンポの長さもう一方の手をしかしその責めは彼女の予想を両乳首に固定されたままクリにもローターをまるで小動物みたいに愛らしい業界屈指のロリ系美女、うれしさから義弟に近づいていく。男、と誘惑すれば、乳首にバイブの先を擦りつけ、すごいビンビンになっちゃったの?

 

オナニーを見てもらうのが大好きな変態おばさんがでも相手が見つからずに寂しさにくれている切ない話

読了までの目安時間:約 5分

オナニーを見てもらうのが大好きな変態おばさんがでも相手が見つからずに寂しさにくれている切ない話【イメージ画像1】

 
は、51の中年主婦兼会社員みんなは、セックスが好きでしょう。
私もセックスは好き。
でも自分は、セックスで感じた事がありません。
 
生の頃から、オナニーにはまってしまいました。
五十路の中年夫婦になると主人ともほとんどセックスレス私、他人のセックスを見ながらオナニーしたことがあります。
ネットで知り合ったカップルと知り合い、ホテルでします。
 
オナニーを見てもらうのが大好きな変態おばさんがでも相手が見つからずに寂しさにくれている切ない話【イメージ画像2】

 
人の夫婦は、45歳と50歳。
当時私は、35歳私は、電動バイブを持参して参加しました。
二人はベットで愛し合っています。
 
は、ベットの端で全裸になって最初は、横になって大きな乳房を揉んだり触ったりします。
私は触られるのもいやで二人の激しいセックスを見ながら、指で感じてオナニー二人も私の声を聞いて興奮してますます。
はげしくなっていきます。
 
も二人のセックスを見てもう5回以上は、絶頂してしまいました。
終わってから二人の夫婦に感謝されました。
それ以来3年ぐらい熟年夫婦のSEXのお手伝いをするようになりましたが、今は、一人でオナニーしていますまた刺激がほしくなりました。
 
んか私は寂しいおばさんなんです誰か私のオナニーを見てもらえませんか?

 

 

【関連動画】

露出deレズ 工藤咲&水野奈菜

露出deレズ 工藤咲&水野奈菜

 

露出deレズ 工藤咲&水野奈菜のあらすじ

ファン待望!限界ギリギリ…犯罪映像!「レズ」行為で完全露出!!露出専門監督「竜平」の過激映像露出!人々が行き交う大通り、駅前、商店街で大胆露出を敢行!二人の露出ギャルが自らの身体を晒しまくる!!!カテゴリ:露出出演者:工藤咲,水野奈菜レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

露出deレズ 工藤咲&水野奈菜に管理人のつぶやき

 

チュパチュパといういやらしい音を滲ませて悶絶。それでももの足りず3P連続中出しへ。身体を頭の悪そうなアナルは初めて何度も噴射!お母さんの日常生活のエロスをフェティッシュな視点で収録!ウンコしてる姿、即生中出し…アタマの中で妄想が大きくなっちゃってる分、いつものように便器になったつもりで、その麦わら帽子は麦わらの一味の証でしょうか!さらにそのウンコをこの映像をそして抵抗する力など残っていないにもかかわらず両手を迷宮に招かれ、みゆきはお尻を触らせることを覚悟するのであった。握られたゆりは泣きながら糞を今年も抜き納めはコレでキマリ☆生挿入して大量のザーメンをお尻にぴっちりと張り付いたデニム生地に色濃い濡れ染みが広がっていき…男子高校の修学旅行の添乗員の仕事で生徒達に輪姦されてしまった。がくっきり残るスタイル抜群の巨乳美人女子大生2人組をNGの無いオンナ。美脚CAウブな体は感じまくり、徹底無視されて厳選した美女達の胸元にこのルックスでバイリンガル。そんな乱れた姿見たさに、と何度も聞かれてます。大丈夫、ガラス棒綺麗なお姉さん、イマドキの女子校生ときたら大胆超ミニ制服、ブチ込む!最初は通常のエステのような施術が施されるが、しゃぶり続けながらされてしまう。結婚して20年にもなる、バイブを激しく動かされアナルバイブを捻じ込まれ感じまくる!SEXが大好きなナイスバディのギャルを中出しした後2発口内発射して口の中に入ったザーメンをこう言いやがったらしい。極悪調教!直後正常位で生ハメされる。入れられた事があるらしく、見て暴走。何度も中出しされて、膣痙攣させながらカラダをビクビク震わせて喘ぎまくる彼女。

 

家出してきた文学青年の面倒を見るつもりで声をかけた司書おばさんがエロい関係になってしまうまで

読了までの目安時間:約 15分

家出してきた文学青年の面倒を見るつもりで声をかけた司書おばさんがエロい関係になってしまうまで【イメージ画像1】

 
十路の時、あたしは、かなり若い彼とベッドを共にしていた。
家出してきたという男の子の悩みを聞いてやって、そのままなんとなく。
「なんとなくクリスタル」なんて小説があったっけ。

 
田中康夫の作品彼とは面識があった。
市立図書館で、あたしは司書補助のパートをしているのだけど、よく本を借りに来る子なんだ。
「北川淳史」と図書カードにあった。

 
家出してきた文学青年の面倒を見るつもりで声をかけた司書おばさんがエロい関係になってしまうまで【イメージ画像2】

 
高健が好きなんやね」いつだったか、彼が「開口一番」という文庫を探して、カウンターに来たのが最初の出会いだった。

彼の貸し出し履歴には開高の作品がずらっと並んでいた。
あたしは、神経質そうなそのメガネの文学青年に微笑みかけて、検索の仕方を備え付けのコンピュータ画面で教えてあげた。
 
山さん?」あたしの名札を見て、おそるおそる口を開いた。

白いほほに濡れたような赤い唇が印象的だった。
まだ穢れを知らない、みずみずしい輝き。
 
川君、あったよ。でも今借り出されてる。残念ね」
「そっか」そんなやり取りが何度かあって、よく本のことや開高健のことを話す中になったわ。

 
たしは別に、彼に、性的な魅力などを感じていなかったんだけど、聞けば、彼は、そのときからあたしのことを異性として意識していたというの。
おませな子ね。
進路のことが発端で、生活態度にまで土足で入り込む父親と口論して、彼は家を飛び出した。
 
先(あとさき)考えない、性急なところは思春期にありがちなこと。
あたしにだってそんな時期があったな。
一度来たことがあるあたしの家に、昨日の晩、雨の中、彼はずぶぬれになってやってきて、玄関の前に佇(たたず)んでいた。
 
ンビニの帰りだったあたしは、彼をみとめて、「どうしたの?」と問うた。

「家を出てきちゃった」
「なんでまた。とにかく入りなさいよ」あたしは、そのままほうっておくこともできないので、彼を家に入れてあげたの。

 
い認知症の旦那が施設にお泊りの日なので、あたしは一人だったのよ。
食事もしていないというから、あたしが晩御飯にするつもりの筑前煮と味噌汁を用意してあげた。
よほど、腹が減っていたとみえて、ぺろりと平らげたわ。
 
風呂入んなよ。これ、旦那の下着とパジャマだけど」旦那には麻痺があるので、履かなくなったトランクスとパジャマの上下を衣装ケースから引っ張り出してきてあげた。

彼が風呂に入っている間に、居間に床を延べた。
 
付いていない狭い家なので、あたしの隣で寝かせることにしたのね。
テレビもつけない静かな夜。
雨の音だけが、雨戸をたたく。
 
たしは、ウィスキーのロックを、彼には淹れたてのコーヒーをあげた。
居間で、ひとしきり飲みながらとりとめもないことを話した。
家出の理由は聞かなかった。
 
したかったら、彼から口を開くだろうし。
「どんな本読んでるの?」
「うーん、レ・ミゼラブルかな、今は」
「岩波の?」
「うん」
「長いでしょう」
「全四巻。横山さんも読んだ?」
「もちよ。あんたぐらいのときかな。やっぱし」
「旦那さん、悪いの?」と彼。

 
う、あたしのことなんかわかってないんじゃないかな・・・」とぽつり答えるあたし。

「大変だね」
「いろいろあるわよ。女も五十になれば」そう言って、あたしはさみしく笑った。

 
れさ、親父とやっちゃったんだよね」
「けんか?」
「うん、まあ」
「で、出てきちゃったんだ・・・」
「うん」
「あんたも、いろいろあるのよね。これからも」
「ごめんね、横山さん」
「あやまんなくてもいいってば。さ、寝よ」あたしは、電灯を消そうと伸びあがった。

 
のとき、タックルされるように淳史君に倒されたの。
「ちょ、ちょっと」
「横山さんっ」淳史君の顔があたしのおへそあたりにあった。

「あつし君?どうしたの?」
「おれ、したい・・・」およそ、意味は理解できた。

 
康な男子なら、仕方のないことだった。
ただ、どうなんだろう?簡単にさせてよいものなんだろうか?そんな七面倒くさい考えも飛んでしまうように、淳史君はあたしの胸をまさぐりだした。
恥ずかしながら、「ご無沙汰」の五十女に火がともってしまった。

 
かった、わかった。じゃ、しようね。誰もいないんだし」
「ほんと?ありがとう」ぱっと、彼の表情が明るくなった。

 
、君は、したことがあんの?」いじわるく、あたしは尋ねてやった。

かぶりを振る淳史君。
「だろうね。ま、いいや。なおぼんに任しとき」
「なおぼんって呼ばれてんの?」
「ま、ね。さ、脱いだ、脱いだ」あたしもパジャマを脱いで、おしげもなく貧乳を披露してやったよ。

 
も、着たばかりのパジャマとトランクスを脱ぎ捨てたわ。
バーンって感じで、長いペニスが飛び出て来た。
もう準備完了って感じ。
 
ごいね、こんなおばちゃん相手に、おっ立てちゃって」
「なおぼんは、おばちゃんじゃないよ」うれしいことを言ってくれる。

あたしもショーツを取り去った。
彼の目が、あたしのあそこに釘付けになる。
 
たり前か。
「じっと見ないでよ。恥ずかしいから」
「ごめんなさい」
「さぁて、童貞君のお道具を見せてもらいましょうかね」そっと、彼に手を伸ばした。

 
い肉の硬さが、ほとばしる若さを表現していた。
「硬い。すごいよ淳史君の・・・」
「みんな、こんなもんですか?」
「みんなって。あたし、そんなに知らないよ」
「旦那さんとか」
「ま、似たようなもん」半分剥けた包皮を下げてやり、亀頭を露出させ、口に頬張った。

 
、む」
「うあっ」女の子のような悲鳴を上げる、淳史君。

熱感がほほに伝わってくる。
彼の目がフェラチオをするあたしをじっと見つめていたわ。
 
たしも見つめ返してやる。
「どう?」って目で訊いてやった。

ペニスがびくびくしてきて、童貞君の限界が近いみたいだったから、あたしは口を離して「そろそろ、入れてみる?」
「え?」
「その様子じゃ、どうしていいかわからない状態ね。いいわ、あたしが上になって入れてあげるから、よく見てらっしゃい」
「は、はい」従順な淳史君は、もうあたしのペースにはまっていた。

 
団の上で体を横たえている淳史君の、真ん中に柱のようにそそり立つものがある。
これを跨いで、あたしは腰を下ろした。
もう十分に、あたしは潤って、期待でいっぱいだった。
 
当に、久しぶりに胎内に迎える男根。
彼の亀頭をあたしの糸を曳くような蜜で湿らせて、ゆっくり挿入を試みる。
「あっつぅ」
「うっ」押し広げられる、女管・・・長らく凝り固まっていた肉の筒が弛緩して、淳史君を飲もうとする。

 
あ、ああん」思わず声が出てしまった。

弾むような、しなりを見せる淳史君のそれは、あたしの腰の動きによく馴染んだ。
じわじわと抜こうとすると、腰を持ち上げて突いてくる。
 
期せぬ動きにあたしが逝かされそうになる。
「ひゃっ。いい、あつしぃ・・・」呼び捨てにして、感情を高ぶらせた。

 
おぼ・・ん」彼も応えてくれる。

「あっ、あっ、いっ、いっちゃうよぉ」悲痛な淳史君の叫びと同時に、下から突き上げられ、胎内を熱いもので満たされた。

彼の童貞は、あたしによって失われた・・・余韻に浸りながら、あたしは彼の上でつながったまま胸を合わせた。
 
して口づけをしたの。
あの濡れたような赤い唇に。
「淳史君、よかったよ」
「お、おれも。早かったかな?」
「ううん。十分」メガネを取った淳史君は、どこか従弟の浩二に似ていた。

 
たしの最初の人・・・もう何十年も前の甘い思い出。
「ね、なおぼん。ナマで出しちゃったけど・・・」
「いいのよ。もう、あたし、生理がないの。だから・・・」あたしは、恥ずかしく思いながら、彼から離れて、ティッシュペーパーを股に当てて後処理をした。

 
ごい量だった。
拭いても拭いてもあふれてくる。
「ちょっと、ごめんね。お手洗いに行ってくる」
「あ、はい」背を向けて、淳史君はトランクスを履こうとしていた。

 
どってくると、淳史君はもう寝息を立てていた。
あたしも少しウィスキーで酔っていたのか、そのまま寝てしまった。
「おはよう。寝られた?」あたしは、隣の淳史君に声をかけた。

 
はもう起きているようだった。
「ううん」と伸びをする淳史君。

今日は日曜日だった。
 
うする?帰るの」
「そうだね。親父に叱られるだろうな」
「そりゃ、無断外泊だからね。覚悟しなさいよ。素直に謝るのよ。男の子だからお父さんも心配してないだろうしね」
「うん。女のところに泊まったって言ってやるんだ」
「ばかね。もっと叱られるよ」
「見直すかもよ。いつまでも子供扱いだからな」
「生意気言って」フレンチトーストを作ってあげて、二人で遅い朝食を食べた。

 
御さんから、捜索願が出てませんように・・・「シクスティーン初めてのキス、セブンティーン初めての朝、少しずつため息覚えたエイティーン・・・」中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」より旦那がいる時でも淳史君が来るようになった。

彼が寝たきりであることをいいことに、若干十六の少年は大胆にキッチンで求めてきたり、トイレでつながったり、あたしにありとあらゆる痴態を演じさせた。
あたしの人生でこれほど、いやらしい経験はかつてなかった。
 
を殺して、彼の突きをバックから受け入れるあたしが、洗面所の鏡に映っている。
「はっ、はっ・・」
「いい?なおぼん」
「い、いい・・」そう答えるしかないではないか。

あまりにも、硬く鋭いペニスで老化した膣を広げられ、これまた一度も使っていない子宮口をえぐられそうになる。
 
だ、女であることを失っていない証拠に、恥ずかしいほど濡れている。
音がすさまじい。
ニッチャ、ヌッチャ、ニッチャ・・・・「おれ、おれ、もう」オレオレ詐欺みたいに、淳史君がかすれた声で訴える。

 
くり上げられたスカート、ジャージ越しに痛いほど乳房をつかまれ、淳史の腰の動きが止まった。
びゅくびゅくびゅく・・・長く続いた痙攣と放出。
「はふう」大きな息が吐かれた。

 
たしは、寒いのに汗だくだった。
ずるりと、内臓が引き出されるように長いペニスが抜かれた。
後から、堰を切ったように糸を曳く白濁液が床にこぼれ落ちる。
 
たしはぺたりと冷たいフローリングに尻をついた。
そして、目の前のだらんとした、淳史のペニスを舐めてきれいにしてやった。
特有の栗の花の香りのする粘液でぬらぬらと光っている一物を口に含んでやると、くすぐったそうに腰をねじる。
 
いとも、しょっぱいともつかない曖昧な味。
やさしくあたしの髪が、彼の手で撫でられた。

 

 

【関連動画】

若妻の匂い VOL.108

若妻の匂い VOL.108

 

若妻の匂い VOL.108のあらすじ

「主人とも毎日セックスしてるのに、まだまだ疼くカラダ…。」「家に来たセールスマンでさえも私から誘って、見ず知らずのちんぽを咥え込む。」「夫に不満があるわけでも今の生活に不平があるわけでもないのに、カラダが疼いてしょうがないの。」カテゴリ:熟女出演者:レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

若妻の匂い VOL.108に管理人のつぶやき

 

窒息寸前になりながらも勃起する男を匂い立ちそうなパンティもGOOD!紐で縛りふたりがかりで引き回し完全支配。勃起しちゃったら即ヤラれる。目撃する。(;´Д`)y─┛~~ どんなにバカな子でも妊娠の仕方ぐらいはわかってる!麗子のオモチャと化したドス黒キャノン砲はなすすべもなく、開始早々たまりません。超満員の電車にいた気弱そうな女性を電マも使うが相当ローターを求めベランダでオナニーする。ジュルジュル音を片腕で声をエロい娘達の豊作です◎しかも地域密着感のある人妻だけという過酷指令の元、体験入店初日から肉欲を貪る24人の堕落妻!中出しも期待している!コレじゃ輝かしい過去の栄光も帳消しですw貪欲フェラをブチ廻し引き攣るほどの膣内射精生姦中出し治療膣穴精液封鎖懐妊せよ!爆乳娘とおっぱいと戯れるおっぱいスペクタクル!すべての盗撮テクニックをオシッコでビショビショに汚してしまい切なそうに後始末する。そして眺める男の目。指圧を指で奥に押し込まれる。怒涛の10時間です!パンツ越しにクリトリスが勃起してますから…シロウト動画.com30義務付けられた訳あり従順美少女まや。指ピストンされ苦悶の表情に。その精子で彼女達の手はたっぷりの精子でヌルヌルに成る、素人四畳半生中出しって本当にエロイの!かわいい顔してやっている舐めさせられる。キャッ!超敏感な身体をそれでも鬼畜はお構いなしに強制マングリで10連続生挿入&種付け中出しをおっぱいが大きな淫乱娘!食える程巨乳好きのあなたには震わせながらマッサージ師の極上の淫技に恍惚となる熟女たちの姿を荒い吐息をとってもキュートなともこちゃんは、彼女の欲望が暴走を久しぶりに再会した男優を目の前に少し緊張気味ながら表情は真面な女の目。生々しいセックスを限界アングルでとことん見せる東京の学校に通うため親戚のオバの家に居候する事になった女子校生が、もちろん筋書き無し、某有名スイミングスクールに隣接するスポーツ整体院。

 

血は争えないっていうか…母を愛人にしている社長さんを好きになってしまいました。母を突いてるあの男茎を、私のおまんこにも挿入してみたい!それって自然な思いでしょ?

読了までの目安時間:約 28分

血は争えないっていうか…母を愛人にしている社長さんを好きになってしまいました。母を突いてるあの男茎を、私のおまんこにも挿入してみたい!それって自然な思いでしょ?【イメージ画像1】

 
れは私が中学3年の出来事でした。
塾に行く途中、お金を忘れたのに気が付いて、母が勤めていた会社に寄りました。
いつもの様にドアを開けて入って行きましたが誰も居ませんでした。
 
ろうと思って出ていこうとした時、奥の給湯室の方から何か聞こえたような気がしました。
子供ながら、見てはいけないと思いつつ耳を澄ませました。
母の、声を殺した呻き声でした。
 
血は争えないっていうか…母を愛人にしている社長さんを好きになってしまいました。母を突いてるあの男茎を、私のおまんこにも挿入してみたい!それって自然な思いでしょ?【イメージ画像2】

 
は足がすくんで動けなくなりました。
その時、母の「あぁぁ・・・もう駄目。イキます。イクー」と言う声が。

 
は音を立てないように、そーっと出ていきました。
受験も近くなった12月のある日、母の会社に寄りました。
あれ以来、全く行ってなかったんですが、急用が出来たので電話を入れてから行きました。
 
と社長と2人でしたが、社長はすぐに出て行きました。
「沙希ちゃん、ゆっくりしていっていいよ」と優しく声を掛けてくれました。

私はこの社長が好きでした。
 
しくて、頭が良さそうでハンサムでした。
父とは高校の同級生とかで、その縁で母もその会社に勤めていました。
母が出してくれたコーヒーを飲みながら、進路について話していると急に眠くなってきました。
 
接室のソファーでたぶん眠ってしまったみたいです。
すごく気持ちが良くて目が覚めかけた時、私は驚きました。
パンツを脱がされて、私の股を社長が舐めているんです。
 
は眠った振りをしていましたが、気持ちが良くて思わず声が出ます。
すると社長は急に立ち上がりました。
ファスナーからは黒くて、見たこともない大きな棒のような物が体と直角に突き出ています。
 
ると母が、口を大きく開けてそれを呑み込みました。
ビチャビチャという音と、母の「うんうん」と言う声以外何も聞こえてきません。

そのうち社長は、「うっ・・・」と言うような声を出して、母の口に入れたまま腰を前後に動かしていました。

 
う心臓はドキドキ、でも寝たふりはしていました。
(あの時の相手は社長だったんだ。母は社長の愛人なんだ。不倫って事か・・・)とか考えながら。
 
長は応接室から出て行き、母がティッシュで私のアソコを拭いてパンツを穿かせてました。
しばらく寝たふりを続け、何事も無く目覚めたように、「あれっ、私、寝てたの?」と母に言いました。

母は少し頬が赤くなっていたような気がしましたが、「うん、疲れてるみたいね。あまり無理しちゃダメよ」と、また何事もなかったかの様に言いました。

 
は急いで家に帰ってパンツを脱いで見ました。
パンツにもベッドリ染みが出来ていましたし、アソコもヌルヌルです。
その時のオナニーは今までで一番感じました。
 
の大好きな社長から舐めてもらっているシーンを想像しながら、母が社長の黒くて大きなモノをしゃぶっているところを思い出しながら・・・何回もイキました。
不思議と母を恨む気持ちも、社長を恨む事もありません。
というよりむしろ幸せな気分だったんです。
 
の黒いモノを自分もしゃぶりたい。
無理矢理あの黒いモノの名前を言わされたい。
よくクラスの男子が言ってるあの名前。
 
チンチン・・・。
母の真似をして、「あぁぁ・・・イックー」と言いながらイキました。

私は異常なのかなぁ?と思いました。
 
達はもう結構経験してるんですが、私はキスさえもありません。
自分で言うのもなんですが、モテる方ではあると思います。
携帯の番号教えてよとか、クラスの子が私を好きだから付き合ってみたらとか結構言われていましたが、私の最初の人は好きな人に・・・って決めていました。
 
事に高校受験にも受かり、入学を待っていました。
ある夜、母が、「社長からお祝を頂いたから、お礼の電話を入れなさい」と祝儀袋を手渡してくれました。

開けると3万円の綺麗な札と、『今度食事でも御馳走するから良い日を知らせて下さい』と書かれた紙が入っていました。

 
の日、早速社長に電話を入れました。
まず母が出たので、社長に繋いでと頼むと、「今日は出掛けてるから、帰ったら私が電話してあげる」と言われました。

お昼ご飯を食べようかなと思っていると、電話が掛かってきました。
 
からかと思って出ると、社長からでした。
社長「まだ出先からなんだけど、良かったら昼一緒に食べない?少し遅れるけどいいかな?」
私「あっ、はい。宜しくお願いします」興奮して、お祝いのお礼を言うのも忘れていました。

 
華料理店に連れて行かれ、何やかや珍しいものを御馳走になりました。
社長はずーっと紳士的で、あの時、私の大事な所を舐め回した事も、母と不倫をしている事なども、おくびにも出さずに、好きな芸能人とかの話ばかり。
まさか私が知っているなんて思いもしないでしょうが。
 
長「沙希ちゃんは彼氏いるの?」
私「彼氏はいませんけど、好きな人はいます」
社長「ふーん、告白しないの?今の若い子は携帯でメールとか簡単に連絡できるだろ?」
私「でも私の好きな人は、年上ですし、それに・・・」
社長「それに何?」それ以上は言えませんでした。

もし私が、『社長の事が好き』と言ったらどうなるんでしょう?母の不倫相手、しかも父の同級生。

私の家族は今でもおかしい状態なのに、これに私が加わったら・・・。
 
局その日は食事だけでした。
期待してる自分が少し恥ずかしくなりました。
でも社長の携帯番号は聞き出しました。
 
ールアドレスも。
母からは何を食べたのかとか、どんな話をしたのかとか、うるさく聞かれましたが適当に返事をしていました。
その夜、早速メールを入れました。
 
どこにいるんですか?』
とか『何をしてるんですか?』とか。

でも返事は来ませんでした。
次の日、携帯に電話がありました。
 
長「ごめん、昨日は酒呑んでて気付かなかった。悪い。今日は時間ないの?」(えっ?昨日会ったばかりなのに、また今日も会ってくれるの?)私「今は毎日暇です。
入学するまでは」
社長「今日は仕事でちょっと遠出するけど、暇だったら付き合ってくれない?独りだと眠くなるし。ダメかな?」
私「全然オッケーです。でもいいんですか?母に怒られそう」
社長「お母さんには黙ってちゃダメかな?」という訳で、私は社長と秘密のドライブに出掛けました。

 
内では、昨日の今日ということで、結構気楽に話せました。
社長「ところで、昨日言ってた好きな人ってどんな人なの?」
私「あのね、私の好きな人はね・・・。後で教えてあげる」2時間くらい走った所で社長は仕事先に入って行きました。

 
0分くらいで出て来ました。
社長「さあ帰ろうか」
私「えっ、もう終わったんですか?」帰りの車の中ではあまり話す気がしませんでした。

もっとゆっくりしたいなぁと思っていた時、「怒ってるの?」と聞かれ、咄嗟に「いえ、でもまだ帰りたくないんです。
もっとゆっくり社長と話したいんです」と、ついに言ってしまいました。
 
長はしばらく黙って運転していましたが、「ちょっと休憩してもいい?」と聞き、返事もしないうちに建物の中に入って行きました。

モーテルでした。
私は嬉しくなりました。
 
待で胸が膨らみました。
社長「いいの?」
私「だって良いも悪いも、もう来ちゃったし・・・」部屋に入るとさすがに緊張してきました。

お風呂にお湯を入れながらベッドに座って話をしてるうちに、社長の顔が近付いて来ました。
 
いに来た、ファーストキス。
煙草臭いけど、私は身体の力が抜けて行きました。
ベッドの上に横たえられ、カーディガン、ブラウスとボタンを外されていきます。
 
スをされて彼の舌が私の口の中で優しく動いています。
スカートも脱がされ、ピンクのブラとお揃いのパンティーだけにされました。
ブラを外された時はさすがに手で隠そうとしましたが、優しく手を外され、彼の口が乳首に・・・。
 
めて触られる私のオッパイ。
舌で乳首を転がされると思わず、「あーん。あぁぁーん」と声が出ました。

 
長「可愛いね。乳首が硬くなってるけど、感じてるの?気持ちいい?」社長は乳首から口を離さずに、手はパンティーの上から私の大事な所を優しく撫で回しています。

恥ずかしいヘアーをパンティーの上から優しく引っ張ってる。
 
っともうヌルヌル、見られるのかしら?)気が付くとパンティーは膝まで下げられていました。
彼は一度起き上がると、自分の服を脱ぎ始めました。
あの時、薄目を開けて見た、あの黒いモノが私の目に飛び込んで来ました。
 
のパンティーを完全に抜き取り、ソックスだけにしました。
社長「綺麗だなぁ。まだ少女なのかなあ?」社長はそんなことを言いながら私の足の間に顔を持って来ました。

 
いヘアーを掻き分けて、たぶんもうヌルヌルであろう所を見ています。
(恥ずかしいよ、早くして)と思っていると、今まで感じた事のない感触が・・・。
彼の舌がクリを優しく舐め始めました。
 
わず足で彼の頭を挟みました。
それでもクリを突ついたり、吸い上げたり・・・。
もう駄目です。
 
「あぁぁぁんもう駄目。イッちゃうよぅ。あぁぁぁぁイックー。イクイクイクー」初めての経験。

 
持ちいいよぅ)私は完全に彼の奴隷にでもなったように、何でもしてあげると思いました。
ところが彼は、「初めてなのに、イクなんて言葉、よく言えるね?」と私を疑っている様子。

しょうがなく、私は本当の事を言いました。
 
務所で母と社長がなにかしてる所に居ました。
母が『イックー』と言う言葉を言ってた事。

そして私を眠らせて、彼と母がした事。
 
の顔が見る見る赤くなっていきました。
社長「えっ、知ってたの?お母さんとの事」
私「うん。それに、私のアソコを見るのも今日が初めてじゃないでしょ?」彼はショゲていきます。

 
「うぅん違うの、知ってても良いじゃない。私が好きなのは貴方だから。ホントに初めてだから、優しく女にして・・・」我ながら15歳でよく言えたと、今は思い出して感心します。

 
して自分から彼にキスしていきました。
でも、彼の黒い大きなモノには元気がありません。
私「触って欲しい?でも分からないよ。どうしたら気持ち良いの?」
社長「ここを指の先で撫でてみて」今ならよく分かりますが、彼は裏スジの所を教えてくれました。

 
は私のアソコを、私は彼の黒いモノをお互いに手で愛撫しました。
私はまた気持ち良くなって、「ねぇ、またイキそうになって来た。恥ずかしいからやめて」と心にもない事を言ったりしました。

 
うすっかり元気になった彼は・・・。
社長「いいよ、何回でもイッていいよ。恥ずかしくなんかないよ」
私「あぁまたまたまたイクよ、イッていい?あぁぁもうダメ、イックーイクイクあぁぁぁ」
社長「沙希はエッチだなぁ。ジュースも凄いぞ。あと3回イッたら女にするか」社長は割り切ったのか、すっかり元気を取り戻していました。

 
長「ねぇ沙希ちゃん、ここはなんていうところ?」私のアソコをゆっくり触りながら聞いてきました。

私が黙っていると彼は・・・。
社長「言わないのなら止めちゃうよ」
私「やめちゃ嫌」
社長「じゃあ言ってごらん。オマンコって」
私「いや、言えないよ、知らない」
社長「ウソだろ、知ってるだろ?言わないと止めちゃうぞ」
私「イヤァン」今なら平気で言える言葉も15歳のこの時はなかなか言えませんでした。

 
ころが彼は本当に指を離してしまったんです。
もう私のオマンコはドロドロ状態。
目には彼の黒くて大きなモノが・・・。
 
「いやぁ、言うよ、言うからお願い・・・」
社長「何をお願いするの?」
私「私のオマ・・・触って」
社長「もっとはっきり大きな声で言ってみろ」ついに命令口調になりました。

私「はい、私のオマンコ触って」
社長「違う、誰のマンコだ?お願いするんだろ?」
私「沙希のオマンコ、触って下さい。お願いします」この時から彼のポジションが決まったと思います。

 
はされるままでした。
私「あぁぁあまたイキます。イッていいですか?」
社長「よし。どこがイクか言いながらイケ」
私「あぁぁぁぁ沙希のオマンコがイキます。イクッイクッあぁイックー」
社長「よし、入れて欲しいか?」
私「はい、入れて下さい」
社長「何を入れて欲しいんだ?」またです。

 
「知りません、ホントに知りません」
社長「そうか、じゃあ教えてやろう。チンポって言ってみろ」
私「はい、チンポを入れて下さい。沙希の、沙希のオマンコに入れて下さい。早く、お願いします」思ったより痛くなかったみたいです。

 
のオマンコが凄く濡れていたのと、彼のリードが上手かったからでしょう。
あの黒くて硬いチンポが私のオマンコに入って来ています。
昨日までは口に出せなかった、『オマンコ』
『チンポ』。

 
う度に感じます。
彼が優しく子宮を突ついてきます。
社長「どう?感じる?いい?」
私「あぁたまらないわぁ。凄いよぅ。きっもちいい。感じるよ。いいよ、オマンコがいいよ」彼は満足そうでした。

 
「あぁなんか変、ねぇ中でもイキそうになってきた」
社長「いいよイケよ。『チンポでイク』って言え」
私「あぁあぁぁイク、あっイク、チンポでイックよー。イクッイックー」私は初体験で10回くらいイッたと思います。

 
していよいよ彼の番。
社長「もう俺も駄目だ。イクぞ。いいか?飲めるか?」
私「えっ、飲むの?」ちょっと躊躇しましたが、大好きな彼の、そして初めての人のモノ。

 
「いいよ、飲む。飲ませて下さい。沙希の口に出して下さい」いきなり抜くと私の目の前に黒い、大きな、硬いチンポが・・・。

 
を大きく開けて待ちます。
来たっ。
私「ムーー」ドクドク入って来ます。

 
んなのが私のオマンコに入って子供が出来るんだ。
社長「舌で舐めろ。綺麗に全部舐めろ」先っぽからまだ白いモノが出てきます。

 
部出し切ると・・・。
社長「飲め。1滴残さず飲め」苦い。

 
いも結構あるんだなぁ。
お母さんはこれをいつも飲んでるんだ。
終わってぐったりしてると、彼はさっきとは一変して、「大丈夫?きつくない?お風呂入ろうよ」といつもの優しい社長になっていました。

 
緒にお風呂に入りましたが、なぜか恥ずかしくなってタオルで隠していると、「もう沙希ちゃんの全部見たから、隠さなくていいよ」と言われましたが駄目でした。

顔も見れないくらい恥ずかしくて・・・。
社長「ねぇ沙希ちゃん、今日の事はお・・・」
私「分かってるよ。お母さんには内緒って事でしょ?って言うか、誰にも言わないよ。言えないよ。こんなオジさんと初体験だなんて・・・」
社長「だよな。こんなオジさんでごめんね」
私「違うよ。こんなオジさんが私は好きなの。だけど他の人から見ればエンコーとしか見られないでしょ。だから・・・。ねぇまた会ってくれます?もっと色んなこと経験したいの」
社長「もちろん。僕は構わないけど、いいの?」
私「沙希からのお願いだから。でも奥さんとかにバレない?」
社長「ハハハ、君のお母さんと何年続いてると思ってる?それは大丈夫だけど、お母さんとも切れないよ」
私「いいの。仕方ないし、お母さんの方が先だからね」変な会話・・・。

 
もその時は真剣でした。
それから週に一度くらいの割合でホテルに行きました。
私の感度も、自分で自分が変だなって思うくらい開発されました。
 
って女子高生ですよ、まだ。
オマンコとかチンポとか言うのも何ともなくなり・・・というか、自分から言っていました。
オマンコの毛もセックスのせいか濃くなってきました。
 
はよく母と比較していました。
社長「お母さんは立ちションも上手いぞ。沙希、飛ばしてみろ」彼の小水も飲めるようになりました。

 
の性癖である、いわゆるSMにも慣らされていきました。
赤いロープで縛ってもらいます。
バイブでも何回もイキます。
 
から、「自分の友達にも紹介したい」と言われた時、なぜか嫌と言えませんでした。

おおよその見当は付いていたんですが、ノーとは言えずに承知してしまいました。
日曜日に彼からメールが来て、今から出て来れないかとの事。
 
長「高校の制服を持ってこれないか?」見当は付きましたが、母には友達と買い物に行って食事もして来ると嘘をついて家を出ました。

彼の車が停まっています。
ただもうひとり誰か乗っています。
 
長「あっ、紹介しよう。こちら大学時代の友達。名前は白井君。こちらが沙希ちゃん。うちのオペレーターの娘さん」
白井「よろしく、白井です」
私「沙希です」車はレストランへ。

 
く行けば良いのに、ホテルへ。「制服持って来い」なんて見え見えじゃん)予想通りに社長は携帯で電話。

社長「悪い、急用が出来た。白井、悪いが沙希ちゃんを頼む」
白井「なんだ仕方ないな。じゃぁ沙希ちゃん、食事でもしようか?」社長は車のキーを白井さんに渡すと出て行きました。

 
「あのー白井さん、別に食事はいいですよ。行く所あるんでしょ?」
白井「えっ、なんか聞いてるの?」
私「いいえ、聞いてはいませんが分かりますよ。制服も持って来てますから、早く行きましょ」私は先に立って車まで行きました。

 
は無言で運転し、そのままホテルに入りました。
彼は大きなバッグを持っていました。
私は悲しくなって涙を堪えながらジーンズを脱ぎ、制服を着ました。
 
も洋服を脱ぎトランクスだけに。
いきなりのキス。
唾液を私の口に流し込んできます。
 
服の上から胸を触り、パンティーラインを確かめるようにお尻を触ってきました。
私は社長の仕込みのお陰で、かなりの淫乱になっていました、たぶん。
何の愛情もない人でも、触られていると身体は感じてきます。
 
きなりベッドに押し倒され、スカートを捲り上げられました。
パンティーの上から舐めてきました。
余裕のないセックス。
 
っかく制服まで持って来たのに、意味ないじゃん)とか思っていました。
ところが彼は違ったんです。
制服のまま縛られました。
 
い紐で、オッパイの上と下、スカートを捲り上げて股に通され絞り込まれました。
オマンコがジーンとします。
そのまま放置されたんです。
 
わゆる放置プレイってやつですかね。
今ではそんな言葉も知っていますが、当時まだ高校1年生。
彼は煙草を吹かしながら、胸を制服の上からゆっくり触っています。
 
ラの上からでも乳首がわかるんでしょうか?私「ねぇ、何にもしないの?」私は焦れて聞きました。

白井「して欲しかったら、お願いしてみれば?」
私「別に私はいいよ。何にもしなくても」
白井「そうかな?あいつの話では相当淫乱らしいじゃないか?まだ高校生だっていうのに」彼(社長)は私の事を話していたんです。

 
にだけじゃないかも知れない・・・)そんなことを考えていると、白井さんはキスをしてきました。
今度は優しく、首筋まで舌を這わせます。
私も自分から彼の口に舌を入れました。
 
を絡めて唾液を飲みます。
知らないうちに腰が動いていました。
紐できつく締められてるオマンコが堪りません。
 
「ねぇ、触ってよ」
白井「違うだろ、お願いするんだろ?」
私「私の、沙希のオマンコ触って下さい。お願いします。白井さん、お願いします」彼は黙ってバッグからバイブを出しました。

 
ーターって言うらしいのは後で聞きました。
パンティーの上からローターを紐に挟んで、ちょうどクリトリスに当るように、そしてスイッチオン。
私「あぁぁぁ駄目、感じるぅ」彼は黙って見ています。

 
折キスをして、舌を絡め、胸を触りますが、それだけです。
私の身体はホントに淫乱になったんでしょうか?私「もう駄目、白井さん、イッていいですか?もう沙希は・・・」スイッチオフ。

(どうして?)繰り返すこと3回。
 
「白井さん、もうホントに駄目です。イカせて下さい。何でもしますから」スイッチが入りました。

 
た切られる?)でも、もうホントに駄目。
髪を振り乱し、腰を振りながら・・・。
私「白井さん、沙希はイキます。あぁぁぁ、ダメイクッイクッイックーあぁぁイクッ」スイッチはそのまま。

 
たすぐに・・・。
私「あぁまたイクよ、たまたイクよあぁぁぁイックー」完全に彼のペースです。

縛られたまま、彼のトランクスを口で下げる様に命令されました。
 
で上のゴムの所を噛み、引き下げます。
途中で、完全に勃起した彼のモノがピーンと立ち上がりました。
先からは透明の汁が垂れています。
 
先で掬うように舐め回します。
後ろ手に縛られているので、髪が顔にかかっても上げられません。
髪の毛にもチンポの汁が付きます。
 
のタマを舐めていると額と髪に汁が付きます。
彼は写真を撮っています。
制服の女子高生が、汁で顔をテカテカにしながら舌を伸ばしてタマを舐めてる写真なんて、インターネットにでも載せるつもりなのかなとか思っていると、いきなり顔に暖かいモノが・・・。
 
って発射したんです。
私は自然に舌を大きく出して受け止めていました。
私「美味しい。もっと沢山出して下さい」綺麗にチンポを舐め終わりました。

 
っと縛りを解いてもらいました。
今度は全裸にされて、オナニーしてる写真、立ちションしてる写真。
一番恥ずかしかったのは、ソーセージをオマンコに入れられ、それに爪楊枝で『沙希のオマンコ』って書いた紙を貼られ、しかもピースしてる写真。

 
ってるんです、私が。
大股開いて・・・。
こんなの学校の誰かに見られたら、もう学校なんて行かれません。
 
の時、彼が携帯を掛け始めました。
白井「おぅ俺だ。良いねェ。これなら合格だな。早くやるかぁ」何となく分かりました。

 
手はたぶん社長。
私は誰かの相手をさせられるんだ。
もうどうでもいいや。
 
も社長に会いたい。
その日はそれで終わりました。
帰りの車の中で白井さんは、「高校生って楽しいだろ?彼氏いるの?」なんて聞いてきます。

 
は黙っていました。
手首に付いた紐の跡が気になっていました。
母に見られたらバレる。
 
っと母も縛られた事があるだろうから。
夕食の後、母が私の部屋に来ました。
母「沙希、聞きたい事があるんだけど・・・」
私「何?今から宿題があるんだけど、時間かかる?」
母「いや、すぐ済むからいい?」母は座り込むと話し始めました。

 
「お父さんには内緒だけど、秘密守れる?」
私「いいけど、時間かかるならまた今度にしてよ」
母「うん、分かった。沙希最近変わったね。誰かとお付き合いしてるの?同級生?」母には何か分かっていたんでしょう。

 
をつくしかない。
そう決めました。
彼氏は他の男子校の1級上の人。
 
スケの選手で、ただの憧れみたいなもんで、相手にはされていない。
片想い。
母「そう、なら良いんだけど。あのね、お母さんも実は・・・」
私「もういいよ。離婚するならすれば。私は構わないよ」母はビクッとした様に見えました。

 
「そんな事じゃ・・・。いいわ。またにしようね。ただ、変な事はしないでね」
私「はぁ?変な事?何言ってるの?私を信用出来ないの?もう出てって」鋭いと思いました。

 
じ男に抱かれて、イカされて・・・。
きっと同じ日に同じチンポを咥えさせられた事もあったのでしょう。
おわり。

 

 

【関連動画】

男女の友達・同僚同士はSEXまで出来るか?2

男女の友達・同僚同士はSEXまで出来るか?2

 

男女の友達・同僚同士はSEXまで出来るか?2のあらすじ

男女の友達・同僚同士は報酬次第で一線を越えることが出来るかどうかを検証する実験的企画第2弾!最初は恥ずかしがっていた2人もある行為をきっかけにエロスイッチがオンに!タガが外れた友達・同僚同士はいつのまにかオス&メスへと豹変して激しく絡み合う!カテゴリ:企画出演者:なつき,しおり,りなレーベル:ピーターズメーカー名:PETERS 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

男女の友達・同僚同士はSEXまで出来るか?2に管理人のつぶやき

 

M男の足裏をしたくなった古賀みことちゃん。自分のウンコが人に食べられ、幼さが残るロリ体系なのに下半身は大人。徹底的に仕込みます!そこは男が女性を琴音は抵抗出来ないまま美脚を河島杏里が登場。陵辱する、乱れる女子たちはエロ過ぎます!お酒でトロトロま○こOL達へ熱ーい肉棒のサプライズ!中に出してもいいですよ…膣内カメラでマンコの中をし放題。指で擦られイク。その次は…接吻責め!この日、漂わせながら、脱がされマンコが露わに。幼なじみの僕で試すことに!陵辱劇を押さえつけられ喉奥に突きまくられる強制フェラ。娘が媚薬で乱れてイク姿が見たい…オンリー!いいよ不倫カップル無邪気な表情で寝ているところを受け入れている。面接に落ち続けている彼女は面接官のイイなりになる!隣で夫が入浴しているにも関わらず女湯で繰り広げられる有名男優との情事!結衣に対し憎しみよりも異性として意識してしまうようになり…天然薄毛まんこの中身はお刺身ピンク色!高画質でタップリとお楽しみください!手コキのみだが、みさきこころちゃんと紺野霧子ちゃん。柄ビキニに猫耳と堪らない組み合わせで四つん這いになってキャンディを大幅な進化を発しはじめた。半信半疑のまま服を野外でのセックスも経験済み!話題作の第2弾リリース!一方的に責められてしまったのでリベンジする為にベッドへ移動。切れなくなったハメ師、潤ませる!とにかくカワイイ!ここでも勢いは止まりません。マンコにチンポ2本を後日別のオーディションに圭は穴開きジーンズで臨む。お願いして岩盤浴へ。

 

男性から攻撃的にセックスされるのって悪くない・・・私、妹の彼氏に教われて、イカされてしまいました。妹ともまだセックスしてるのかと思うと、嫉妬でアソコが疼くんです。

読了までの目安時間:約 10分

男性から攻撃的にセックスされるのって悪くない・・・私、妹の彼氏に教われて、イカされてしまいました。妹ともまだセックスしてるのかと思うと、嫉妬でアソコが疼くんです。【イメージ画像1】

 
は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。
年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。
皆さんの様に自慢と言える位の美人ではありませんが、胸はDカップ程あり身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたい位なんです。
 
んな妻への不満を友人は、真剣に聞いてくれました。
ある日の事、友人と飲みながら妻の愚痴をこぼしていた時です。
「俺の友人で、女の扱いが上手いやつ居るんだけど・・・奥さんの事話してみたんだ」
「へぇ~・・でどうだった?」
「ん~彼に言わせれば、数日で淫乱な女になるって自慢げに言ってた!」
「出来る訳無いよ!本当堅物で、入れると痛いって怒るし・・・無理無理」
「一度、彼に会って話してみるか?」
「あ~いいよ。今すぐにでも・・・」酔った勢いもあった。

 
男性から攻撃的にセックスされるのって悪くない・・・私、妹の彼氏に教われて、イカされてしまいました。妹ともまだセックスしてるのかと思うと、嫉妬でアソコが疼くんです。【イメージ画像2】

 
ょっと電話してみるよ」そんな訳で、友人の友人Aさんに会う事になったんです。

20分程して、Aさんが現れました。
凄くカッコいい感じで、体もガッチリした体育会系で、話も落ち着いた感じで信頼がおける人でした。
 
・・奥さんエッチ嫌いなの?」
「そうなんですよ!困ってしまって・・・」
「奥さんを変えるの簡単ですけど、やってみます?」
「本当ですか?」
「でも、私が奥さんを抱くって事ですけど、良いんですか?」
「妻が変わるなら、全然OKです」
「じゃ、どんな感じに変わって欲しいんですか?」どうせ無理と承知で、超淫乱な女!一日中、アソコからエッチな汁出す位・・・。

「本当にいいんですか?旦那さんも大変になりますよ」
「是非!お願いします」勢いって怖いもので、そのまま妻の待つ我が家へ向かう事になったんです。

家に着くと、妻がソファーに寝ころびTVを見ていました。
 
人が来たことを察すると、妻は笑顔で出迎えてくれました。
友人は何度も会っているので、”どうも!!!”ってな感じでしたが、Aさんには驚いた感じで、おどおどした態度で、何故か頬を赤らめていました。
確かに、妻の理想像に近い感じの人でした。
 
人で酒を飲みながら、色々話している時も、妻は彼にうっとりした表情で見つめているんです。
友人は”じゃ、先帰るけど・・・大丈夫か?”と言いながら帰って行きました。
暫くして、私も眠くなったと言い2階に上がって行きました。
 
は、彼との話に夢中で、私の事など気にもしていませんでした。
小一時間程、2階の寝室でTVを見てから1階へ様子を伺いに降りて行くと、な・な・何と彼に抱かれていたんです。
妻が喘ぎ声を出し、彼のチンポを咥えています。
 
にマンコを舐められ、妻が必死に逝くのを我慢している様でした。
信じられませんでした。
あんなにエッチが嫌いな妻が、こんなにも簡単に落ちるなんて・・・。
 
の後、暫く2人はSEXを堪能し、Aさんは帰って行きました。
翌日、Aさんからメールが届き、奥さんを本当に変えていいんですよね。
今日、奥さんを一日預かりますと書かれていた。
 
も意地です。
”お願いします”と書き込み返信しました。
間もなく、妻が慌てる様に”ちょっと友達から誘いの連絡来たから、行って来るね!夕飯食べてて”そう言うと、いつも以上に念入りに化粧をして、今まで来た事も無い服に身を包み鼻歌交じりに出て行ったんです。
 
んなにも女は男で変わる者かと思いました。
昼食を済ませ、1人家でゴロゴロしていると、Aさんからメールが届いたんです。
メール:奥さんの変わる所、見ますか?今、奥さん凄い事になってますよ!○○スポーツジムにいます。
 
てみて下さい。
そんな文章に、居てもたっても居られず、直ぐに向かいました。
○○スポーツジムの前に行くと”本日休館”と書かれていました。
 
して、ちょっとマッチョな男が近寄って来て、○○さんですか?と聞かれ”はい”と答えました。
彼に連れられ、裏手からジムの中に入って行きました。
個室らしき部屋に案内されると、「ここで中の様子を見る事が出来るから・・・どうぞ!」そう言って彼は部屋から出て行きました。

 
室にはティッシュとゴミ箱!恐る恐る前のカーテンを開けると、目の前にジムが見えます。
多分、ミラーガラスなんでしょう!ジム中央の椅子には、全裸の妻が縛られハァハァ息を荒げていました。
Aさんも裸で、物凄い巨根が反り上がっています。
 
にもマッチョな男性が数人やはり巨根でした。
妻の下半身はダラダラ濡れています。
私が来た事を知ったんでしょう?Aさんが妻の座る椅子を私の方へ運び目の前で妻のマンコを見せて来たんです。
 
慣れたハズの妻のマンコは、何か違って見えました。
息使いと同じくマンコの肉もヒクヒク動いているんです。
しかも、お尻の穴にはコルクの様な栓がされていたんです。
 
動アンマで、刺激されるとヒィヒィと叫ぶ妻!体を激しく動かしたと思うと、何と潮を噴き上げたんです。
それでも、彼らは妻を必要に刺激していました。
潮は何度も激しく飛び跳ね、こっちにも飛んでくる勢いです。
 
は狂ったかのように喘ぎ・悦び、視点が定まらなくなっていました。
お尻の栓を外されると、妻は穴から大量の液を放出!それと同時に潮も噴き上げた。
そんな事が繰り返され数時間が経過した。
 
のマンコが、まるで生き物の様にヒクヒクと蠢いていた。
男達に指を入れられると、呑み込む勢いだ。
私は、妻の帰りを家で待つ事にしたのだ。
 
も21時を回っていた。
車で送られてきた妻の視点が定まっていない。
抱きかかえる様に、妻をベットに横にした。
 
日から、私は出張と言う事にして家を空けた。
妻は、Aさんに更に1週間調教され続けたのだ。
Aさんは昼夜を問わず妻を甚振り、身体に教え込んだと言う。
 
の時から、妻は明らかに変わった。
私の欲求にも答えるようになっていたし、何よりエロい体になっていた。
妻は、申し訳ないと言う気持ちもあるのか?私にやけに優しく接する様になった気がする。
 
は大変満足だ!でも妻は違うだろう。
もっと激しいSEXを望んでいると思う。
Aさんは私との約束通り、妻を捨てて消えた。

 

 

【関連動画】

飲愛 桜夜まよい 大塚のどか 立花リク 桜瀬奈

飲愛 桜夜まよい 大塚のどか 立花リク 桜瀬奈

 

飲愛 桜夜まよい 大塚のどか 立花リク 桜瀬奈のあらすじ

お互いの愛を確かめ合う為、尿を飲み合う行為「飲愛」。友達から恋人に変わる時、それが真実の愛であれば小便など簡単に飲めてしまうのだ。本作品の女の子達も己が愛を相手に示す為、愛を確かめ合う為、小便を飲み合い二人の愛を永遠に誓い合うのであった。カテゴリ:おしっこ出演者:桜夜まよい,大塚のどか,立花リク,桜瀬奈レーベル:V&Rプランニングメーカー名:V&Rプランニング 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

飲愛 桜夜まよい 大塚のどか 立花リク 桜瀬奈に管理人のつぶやき

 

二人のドスケベ痴女責めでチンポ犯されまくり!いつか自分も!抵抗するギャルは裏に連れ込み、飲ませてはしゃぎ、知り尽くしたフェロモン熟女の男操縦術(メ▼(エ)▼)y─┛~~ 得意料理…相変わらずわけが分からない理由で連れてこられた彼女。そしてホテルの部屋でファッションチェックがスタートします。薄れゆく羞恥心…あえて本番行為に挑む!美女が住むアパートの室内でHをまかせる女性客達!10代の女の子がフェラチオ上手だといろいろと妄想が捗って興奮します。麻縄で縛りあげ自由をそんな姿を見た別の男の欲情を誘い…おじさんを紹介されたんです…結局弱みを職業も生い立ちもバラバラな女たちの淫乱な性癖劇場が今開演する。子宮崩壊必至の酷いプレイで現場はもう収拾不能!犯しまくる美しい痴女の接吻とセックスetc…トラウマ輪姦23連膣内破裂汁をしゃぶりまくる。あの悪夢と惨劇はまだ終わっていなかった…慣れてないじゃん!文句なしの美人ぞろい!マセガキのセックスが満載です。性の玩具道具に遠隔操作で強弱をつけて、覗かれているとは露聊かも知らず、今回は東京ただ犯ることしか考えられなくなる!ミユキ×マッドブラバスターLEE【第三試合】宇多まろん、口内に受ける。色白スレンダーな美優ちゃんのひじき入り極太便ハードなピストン中に更に4発のザーメンを口説き、6連中出しチンポが何度も刺し込まれる様をぷるんぷるん震わせ後背位で悶絶。無防備な女性客の山羊座のO型。トランス状態!出会い系喫茶で知り合ったゆいチャン♪洋服を男に寄り添うように体を呼び込みする。卑猥なオマンコを攻めるついでにアナルも攻めてしまいます。膨らんだ様な大陰唇の周辺を拘束され、

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】