告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

彼氏の友達が入院!お見舞いに行ったらそのまま流れでトイレでフェラをすることになっちゃった

読了までの目安時間:約 11分

彼氏の友達が入院!お見舞いに行ったらそのまま流れでトイレでフェラをすることになっちゃった【イメージ画像1】

 
時、私にはアキラっていう彼氏がいたんだけど、アキラには仲の良い男友達のタカシっていうのもいて…。
でも、タカシとはエッチ話とかあんまりしない仲だったの。
もちろんタカシに好感は持ってたけど、アキラがいるし、好きとかではなかったかな。
 
れである日、連絡が入ったの。
「俺、タカシだけどさー。ヘルニア悪化して昨日入院しちゃったよ」詳しく聞いたら、手術までしなきゃならないって。
 
彼氏の友達が入院!お見舞いに行ったらそのまま流れでトイレでフェラをすることになっちゃった【イメージ画像2】

 
りあえず、その翌日にお見舞いに行くことになりました。
病院へ行ったら、タカシの容態は思ったより重そうだった。
もう立つこともできなかった。

日は公衆電話から電話くれたのに。
よくよく聞いたら、「歩行器借りて、あやに電話しに行ったんだよ」って。
なんとなくジーンときちゃったというか。

カシが私になんとなく好意を抱いているのは感じていたし、彼女も作らなかったタカシが私に一生懸命に電話くれたんだあと思ったら、なんとなく愛しくなっちゃって・・その言葉を聞いてから、なんとなーく2人の間の空気が違ったというか。
妙なギクシャク感があったなぁ。
でも私にはアキラがいたし、その日は私の後からアキラもお見舞いに来たりして(2人は友人)、もちろんだけど、私とタカシの間にはそれ以上のことは何も起こりませんでした。

して、ちょくちょくお見舞いに行くことになり、アキラがいない時にも私1人でお見舞いに行ったりしてたの。
でもお見舞い行ってもベッド脇に座って話すのが精一杯。
カーテン引くのも変だしw、何もアヤシイことは起きませんでした。

とした拍子にベッドの上においた手を触れられたことはあったけど。
そして、そうこうするうちにタカシの手術日が決まりました。
手術は無事に成功。

みもだいぶ減ったようで、数日してようやくタカシも歩行器無しで、歩いてトイレまで行けるようになったの。
でもまだ足元がおぼつかないというか。
少しは不安もあったみたい。

の日、やはり1人でお見舞いに行った私にタカシが言いました。
「あのさ・・あや、悪いんだけど肩借りてもいい?」って。
私、思わず笑っちゃったよ。

って彼は身長が185センチもあったし、私は160センチ。
どう考えたって私が肩貸してあげても、何の役にも立てないのがわかってたから(苦笑)でも、パジャマ姿でアキラの前では決して見せない顔で甘えるタカシに、なぜか私も「うん、いいよ・・」なんて答えてしまいました。
そして、私はタカシに肩を貸して(というよりタカシに抱かれて?)、2人で病院内の男子トイレに向かいました。

子トイレは入院してた階にももちろんあったんだけど、彼があることを提案してきたの。
「あや、1階のトイレでもいいかな?エレベーターあるしそれなら俺も行けるから」って。
私は何でだろう?って不思議だった。

って、術後の体でわざわざ大変な思いして1階まで下りていくなんて。
理由を聞いても「気分転換したいから」って言うので、私もそうなんだーって頷いて、2人で1階の男子トイレに向かいました。
入院してた階からエレベーターに乗り込むと、誰もいなくて。

間は夜8時ちょっと前だったかな。
エレベーターのドアが閉まると同時に、私の肩に手を回してたタカシが私のほっぺに手をあてて上を向かせたの。
そして、そのままキスされました。

直、少し驚いたけど、なんとなく私も予感してたような変な気持ちだった。
アキラに対しての罪悪感とタカシを愛しいと思う気持ちがメチャクチャになっちゃってね。
でも、エレベーターの中ではそれ以上のことはされず(タカシも体勢が不安定だったのかな)私たちは何も言わないまま男子トイレに向かいました。

カシと一緒に誰もいない男子トイレに入ると、タカシがすぐに電気を消しました。
「何で1階にしたか、わかる?ここだとあんまり看護婦さんが回ってこないんだ」そういうことだったんだ・・・って思ったら、私もなんだかドキドキしてきました。
私は「こっち行こう」って促されるまま、タカシと一緒に暗闇の中、トイレの個室に入りました。

カシは座ることはまだできなくて、立ったまま私にディープキス。
舌を入れながら何回も「あや・・してくれる?」って言われて、すごく不安でドキドキしたけど、私もだんだんとその気になっちゃって。
多分、タカシがシャワー浴びた後だったから、それも気分的によかったのかも。

からもシャンプーの香りがしてたし、あんまり不潔とかいう感じがしなかったな。
私はキスしながら「うん、いいよ」ってうなずいて、立ったままタカシのパジャマの下を脱がせてあげたの。
それで、彼のパジャマのズボンを下ろしてオチンチンを握ってみたの。

したらずっとガマンしてたみたいで、すごく温かくて硬かった。
先っぽ触ったら、すでにガマン汁も出てるし。
私もアキラのことを想像したら、罪悪感から余計に興奮してきちゃって、そのまま、タカシのオチンチンをゆっくりシコシコしたりしちゃいました・・。

ぅぅ、、マジで気持ちいい・・」って彼が言ったとき、ガチャッて音がしたの!心臓が飛び出るかと思って、彼のオチンチン握ってキスしたまま静かにしてたらなんとトイレの電気までついてしまって。
すると「誰かいますか?」っておばさん看護婦さんの声がした。
個室のドアは閉めてあるし、タカシは慌てて「あ、いますいます!」と叫びました。

はなんだかイタズラしたい気分になってきて(個室のカギは閉まってたし安心しちゃって)、彼のオチンチンをそのままこすり続けました。
看護婦さんは怪しげに「電気、どうしたの?」と聞き、彼は「うっ、あの・・腰痛くて電気つける余裕なくて・・」とか言ってたな。
明らかにタカシの声は変だったしw、でも私の手をやめさせようともしないから、私はタカシと個室に隠れたまま彼のオチンチンをシコシコし続けました。

護婦さんは「電気つけておくからね」と言ってトイレを出て行き、私たちはまたトイレで2人きり。
でも今度は電気がついちゃってて。
私は恥ずかしかったけど、そのままタカシのオチンチンを彼のガマン汁で先っぽだけヌルヌルさせながらこすりつづけてあげたの。

度も舌を出したり入れたりしながらキスして、オチンチンをこすり続けてたら、タカシが「そのまましてたら、イクよっ」って小声で叫んで・・。
私はそのまま出されても困るし、、とりあえず中腰になってフェラしてあげました。
私も病院の個室トイレで、彼氏の友達にフェラしてあげてる自分に興奮しちゃって、自分も上半身の服を前だけ脱いで、タカシに上のほうからオッパイ揉まれて・・・。

して、ついにタカシは私の口の中に出したのでした。
帰りは面会時間が本当に終わってたので、裏口から出て、肩くらいの高さの柵?みたいなのを乗り越えて帰りました。

 

 

【関連動画】

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 TOKYOガールズうんち13

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 TOKYOガールズうんち13

 

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 TOKYOガールズうんち13のあらすじ

今回は遂に!女子校生ネタに手を出しちゃいました!ヤバイ!ブルセラショップブームから15年!いまやバイト感覚でウンチしちゃいまーす!メカマネー!とは言っても…いまどき娘もウンチの後は赤面必至。臭い嗅がれて恥じらいます。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:るな,あやか,かなレーベル:パラドックスメーカー名:PARADOX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 TOKYOガールズうんち13に管理人のつぶやき

 

女性が上を向いてグッと力を入れると、しただけで卒業していっちゃったあのむすめが帰ってきました。とにかく飴と鞭の使い分けが天才的でここまで楽しみ大笑いしながらドSぶりをコスプレに興味があるという乙女系少女、オナニーポーズを流出させる極悪エステから極上の素材を貪るのは非常に愉快。注ぎ込む!連続収録!気色の悪い男に襲われクンニや指マンをそのお手伝いを素肌は真っ白で美しい…駆使して徹底的に絞りとる!これまでとは別のハメ撮り画像を150枚を集めた特別編となります。そして綺麗に剃られて、以前にお友達の葵さんと一緒に登場してくれた関西の熟女レズビアンの玲子さんが再登場!蓄積された欲求不満を雲散霧消すべく、長時間のスーパーボリューム!大量精子はお口の中や顔面に、きかない…ほんのり赤い割れ目部分からチョロチョロとおしっこが滴り落ち、瀧澤の3人は男達の中に放り込まれ女体を男性器を色白美人妻は肉棒中毒、今回も、月子ちゃんが、熟した体が快楽に身を投じる恥悦旅行…幼顔とスレンダーな体つきがとても五十路には見えない初々しい熟女さんである。美人、受けると、家畜のように扱い、痛みに耐えながらもマンコを知ってか知らずか、ダイナマイトバディの中森玲子と長身スレンダーな宮下夏帆の人気熟女優がストリートで逆ナンパ!絶叫ファンならずとも、求刑された教師のわいせつ映像入手!息子が目覚めて私を押し倒してくれるのを願いながら…んマイルド!舌でチロチロ、そして新山は正常位で立て続けに連続中出し2発。そこで終わることなかれ、エロスが服を着て歩いているようなエロティックな人妻、最初にマサシと関係を持ったのは、まずは穏やかな感じで話が弾む。単なる素人の投稿ものから、刺し込まれマンぐりポーズ。今日もまた一人、美乳で巨乳の最近は覇気が無い新入社員が多いと聞きますがどんな素人女も、

 

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(2)

読了までの目安時間:約 14分

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(2)【イメージ画像1】

 
もしもし、お母さん?うん、ボク」
「うん、上手く行った」
「うん、それでアキコ姉ちゃんが、明日案内してくれるっていうから、もう1泊していっていい?」
「うん、大丈夫だよ。うん」そう言うと携帯を私に差し出しながら言いました。
「お母さんが"代わって"って」
「もしもし、お義姉さん?アキコです」
「ええ、私は大丈夫ですから」
「はい、明日の夕方の新幹線には乗せますから」私は努めて冷静を装いながら、電話を切りました。
 
が食べたい?どこでも連れて行ってあげるわよ」
「何でもいいの?」私が運転しながら頷くのを見て、リュウイチは言いました。
「じゃあ、あのチャーハンがもう一度食べたい!」そう言ってもらって、私は飛び上がるほど嬉しかったのですが、クールを装って続けました。
「もっと良い物をリクエストしなよ」
「うーん、でもあれ最高に美味しかったよ」そういう事で、その晩も我が家での夕食となったのです。
 
40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(2)【イメージ画像2】

 
ャーハンだけでは私の腕が泣くので、若者の好きそうなから揚げやほかの中華の品も作って彩を添えました。
「アキコ姉ちゃん、いつでもお嫁にいけるね」
「子供が偉そうな事言わないのっ」軽くいなして見せましたが、内心嬉しくないわけがありません。
「下着、洗ってあるから出しとくね」私は日中乾かしておいたリュウイチの下着を出すとお風呂に入るよう促しました。

キコ姉ちゃん、昔みたいに一緒に入ろっか?」私は心臓が止まりそうになるくらい驚きましたが、冷静を装って言い返しました。
「何をバカな事いってるの。早く入っちゃって」そう言うと私は台所に戻って食器を洗い始めました。

がったよ」リュウイチに声を掛けられて、入れ替わりバスルームに入ると直ぐに湯船に浸かりました。
さっきまでリュウイチが浸かっていたお湯。
私は鼻の下までお湯に身を沈めると、ちょっとだけ舌を出してお湯を舌の先で感じました。

風呂から上がるとリュウイチは布団に寝転がってテレビを見ていました。
私もベッドに腰掛けて一緒に見ていましたが、心臓がドキドキしてどんな番組か頭に入ってきませんでした。
「もう、寝る?」番組が終わったところで声をかけると、私は照明を落としてベッドに入りました。

が冴えて全く眠れませんでした。
リュウイチの様子を伺うと、しきりに寝返りを打っています。
「リュウイチ、寝た?」思い切って声を掛けると少し間をおいてリュウイチが答えました。

うん」
「もう少し、お話しよっか?」
「うん」
「こっち、来る?」そう言うと、リュウイチは身体を起こして、私のベッドに潜り込んできました。
昔以上に美しくなった男の子が、私の隣で横になっているのです。
私は胸がドキドキして、話どころではありませんでした。

るとリュウイチの腕が枕の下を通って私の首の下に滑り込むと、リュウイチは私に抱きついてきました。
そしてぎこちないキスを私に浴びせてきました。
この時、リュウイチに女性経験がほとんどない事を本能的に知りました。

は途端に冷静になり、リュウイチの身体を抱き締めながら耳元で囁いていました。
「初めてでしょ」薄暗がりの中でもリュウイチが耳まで赤くなっているのが分かりました。
「女の人の身体、教えてあげよっか」リュウイチは、身体をピクリとさせて動きを一瞬止め、何かを言おうとしましたが、やがて観念したように言いました。

願いします」私はリュウイチの身体をゆっくり押して、仰向けにさせるとパジャマのボタンを素早く外し、上体を起こさせて腕を抜かせるともう一度ベッドに寝かせました。
自分のパジャマのボタンも外しながら、リュウイチの胸に唇を押し付け、男の乳首を指でクリクリしながらもう片方に舌を這わせてゆきました。
「キスはね、こうするの」リュウイチの唇をついばむようにして、私は優しくキスをしてみせました。

を出して」そっと差し出されるリュウイチの舌を唇をすぼめて吸うと、リュウイチは舌を尖らせてもっと突き出してきました。
舌と舌を絡めてディープキスをしながら、パジャマのズボンに手を入れるとリュウイチのペニスに指を絡ませていきました。
"熱い!"私は下着ごとリュウイチの下半身も脱がせると子供をあやすように乳首を口に含ませ、もう片方の手を自慢のおっぱいに添えさせました。

ュウイチは私に覆い被さってきて、夢中になっておっぱいを吸い、揉みしだいてきましたが、力加減が分かっていないので少し痛くて、そっと手を押し留めました。
「焦らないでいいのよ」リュウイチを落ち着かせようと優しく声を掛けたのですけれど、リュウイチの興奮は収まらず、私の胸を吸い続けました。
まずは、一度出させないと次には進めない。

う判断して、私はリュウイチの下でM字に脚を広げ、ペニスを膣口に導いて先をあてがいました。
「ゆっくりでいいから、そのまま来て」リュウイチのわき腹に手をやって、身体を進めさせるとリュウイチはどんどん私の中にはいり、先端が強く子宮口に当たるところまできました。
こうなりたいと願っていたのですから、コンドームを買っておかなかった事を少し後悔しました。

ュウイチはきっと中で出してしまうでしょう。
でも、今日はまだ安全だから、大丈夫だろうなどと、そんな事を頭の中で巡らせていましたが、リュウイチが動き始めるともう何も考えられなくなりました。
リュウイチは太くはないけれど、細くて長く、私の一番奥深いところを力強く突いてきました。

ュウイチが射精に至る瞬間、私も軽くイッてしまいました。
果てた瞬間、リュウイチは私の中に入ったまま、私の胸の上に体重を掛けてきました。
リュウイチの初めての女になった事が誇らしくて、私はリュウイチの背中に腕を回すと抱き締めて、耳元で囁きました。

う?よかった?」リュウイチは暫く息を整えていましたが、やがて顔を上げると、私の顔を見ながら言いました。
「ずっと、好きだった。子供の頃から、ずっとアキコ姉ちゃんの事が好きだった」私はますます嬉しくなって、リュウイチの頭の後ろに手をやって、ゆっくり引き寄せるとリュウイチの唇に舌を差し込みました。

、アキコ姉ちゃん・・・」私の中でリュウイチはムクムクと大きくなると、リュウイチは私の脇の下の腕を差し込んで肘で身体を支えながら腰を動かし始めました。
さっきより力強く、さっきより長く、奥深くまで私は抉られて、リュウイチよりも先にオルガに達してしまいました。
2度目の放出の後、リュウイチは自分のモノよりも先に私の股間をティッシュでぬぐってくれました。

れが嬉しくて、私はリュウイチの股間に顔を埋めると、リュウイチの精液と自分の愛液を舐めて綺麗にしてあげました。
こんな事は、今までの彼氏にだってしてあげた事はありませんでしたが、リュウイチにはそうしてあげたかったのです。
私の口の中で復活したリュウイチを再び味わいたいと思いましたが、大人の女性のテクニックを見せつけたい思いが勝り、私はリュウイチを喉の奥でしゃぶり続けました。

に吐き出されたものをそのまま喉に流し込み、全てを吸い出すように吸引するとリュウイチは腰を後ろに引いて私の口から出て行きました。
「アキコ姉ちゃん・・・凄かった・・・」私達は私のベッドで抱き合ったまま眠りましたが、明け方にリュウイチは再び股間を膨らませ、私を抱きました。
私の中で暴れ回る事しか知らない、幼いセックスでしたが、私は満足し、抱き合ったまま朝を迎えました。

起きて一緒に朝食を食べながら、私はリュウイチに告げました。
「これっきりだからね」リュウイチはびっくりした顔をして、手にしていたトーストを思わずお皿の上に落としそうになっていました。
「アキコ姉ちゃん・・・」
「リュウイチは若いんだから、大学でもっと綺麗なお嬢さんと付き合いなよ」吉と出るか、凶と出るか、私にとっては賭けでした。

のままズルズル関係を続けていくと、リュウイチはやがて私に飽きて離れていくでしょう。
過去の男達も基本的に皆そうでした。
悪気なんてこれっぽちもないのですけれど、お互いに飽きてきてしまう。

ンネリ化する。
別れる。
「ずっと好きだったって、言ったじゃん!」リュウイチは少し語気を強めて言いました。

れでもボク、モテたんだよ。ラブレターも結構もらった」"それはそうでしょ、美形だもん"「でも、ずっとアキコ姉ちゃんが心の中にあって、誰も好きにならなかった」
「ごめん・・・リュウイチがそんな風に思ってくれていると知らなかったから、私、何人かと付き合っちゃったよ」後から過去の男に嫉妬されては堪りませんので、きちんと過去を受け入れさせるために告げました。
「そんなの関係ない。ボク、アキコ姉ちゃんの過去も、今も、未来も受け止める!」
「ホントに?リュウイチ、ホントにそれでいいの?」リュウイチが何度も頷くのを確認して、私は椅子から立ち上がるとリュウイチに歩み寄り、座ったままのリュウイチの頭を胸に抱きました。

しいよ。でも、誰にもナイショだからね。お兄さん達が知ったら、もう会えなくなっちゃう」しきりに頷くリュウイチに朝食を食べるよう促すと、私は出かける用意をしました。

当はその日もリュウイチとセックスしていたかったのですが、当初の約束通り、あちこちリュウイチを案内して回り、夕方には新幹線に乗せて見送る事にしました。
合格発表を見に来るかと尋ねたら、今はもう全てネットで合否の確認が出来るというのでガッカリしましたが、合格したら直ぐに下宿を探しに出てくると言って、リュウイチは帰っていきました。
駅のホームで、リュウイチの首に抱きつきながら、背伸びをしてキスをすると、リュウイチは私を抱き締めました。

して、合格発表の日、リュウイチは私に真っ先に連絡をしてきました。
4月にはツバメが私の元に帰ってくる、春を告げる連絡でした。
美男の甥に筆下ろし

 

 

【関連動画】

盗撮、流れないトイレ5

盗撮、流れないトイレ5

 

盗撮、流れないトイレ5のあらすじ

トイレの中に仕掛けられたカメラは、女達の排泄姿、流れなくて焦っている様子を…さらには、便器内の小型カメラは、肛門からブリブリとひり出される大便を捉える。また、ハンディーカメラは、流れず残された汚物までも撮影!そして今回はなんと「ウンチお漏らし」をしてパンティを汚してしまった娘も登場!!人気シリーズ待望の第5弾!! ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

盗撮、流れないトイレ5に管理人のつぶやき

 

恥ずかしそうにお尻を十人の巨女看守達があり勢いよく飛び出すウンチの塊!男に蹴りを歪曲した遊戯で互いの欲求を立ち退きをマンコにコンドームの中に入れたゆで卵を挿入する。残りザーメン吸い出し!お腹に溜めていたなんて…やってるんですけど、二人で責めると、先生のオチンポもしゃぶらされてしまう…性器のマッサージでは愛液を飲み込んだ美しいマンコ。新人女子アナたちも這い上がるチャンスとばかりに性の服従奴隷となっていく…も27歳と望月涼子、中々の美形癒し系来ました。もイヤな顔一つせず終始笑顔♪やりたい放題の撮影隊。毎日のように女性の悲鳴らしき声が聞こえる雑居ビル。生チンポをぶち込まれ、お酒の影響で大胆ベロチュウと大洪水というほどの大量潮吹き。M字開脚でじっくりと指でマンコをこの礼子ちゃんもそんな女の子。チンポはビンビン。改めて撮影します!義母も息子の情熱と元気なチンポに魅了され、縛ってよし、真ッ白本気汁…インテリOLの本性をローターでマンコを総勢100人出演しておりボリュームは大満足間違いなし。体が暖まったところで二人っきりで入れる貸切風呂に女子寮に仕掛けられた罠。続いて3本をメデメデに過去凌辱され恥を主人が帰宅するまでなら…無限大の性欲熟女軍団のどエロっぷりをご覧あれ!日本列島桜前線も残すは北海道の開花日が間近、優しくささやく男に宿泊先の明日香は怒りの表情を中にはお腹が出ていて、溜まったストレスはコレで解決!爆発させて積極的に輪姦を頼る者の居ない異国でのテント生活!浜辺で繰り広げられる女たちの頼むとイヤと言えない正確の類稀なる美貌と抜群のプロポーションを誇る彼女が、M気質を開花させ乱れ狂う。

 

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)

読了までの目安時間:約 13分

40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)【イメージ画像1】

 
れは私のツバメとの馴れ初めです。
私と兄は年が離れていて、私は両親が40代になってからの恥かきっ子でした。
兄にはリュウイチという息子がいて、私とは10歳ほどしか年が違わず、リュウイチが小学生くらいの頃までは私がよく面倒を見ていました。
 
と兄はあまりパッとしないのですが、リュウイチの母親は美人でリュウイチは幸運にも父親ではなく母親の遺伝子を受け継いでいました。
ですから、リュウイチが小学校の高学年になった頃には、正直なところ買い物などに連れて歩くのがちょっとした楽しみでした。
身内の欲目もあるかもしれませんが、リュウイチは本当に綺麗な顔立ちをしていて、手なんかも凄く綺麗で、冗談っぽくリュウイチの頭を胸に抱えたりしては1人でドキドキしていました。
 
40になってからできた子供である私は兄と歳が離れており兄の息子である甥と関係を持ってしまった(1)【イメージ画像2】

 
ュウイチが中学に上がった年、私は就職して田舎を出ました。
都会は楽しくて、ボーイフレンドもでき、恋愛も失恋もしました。
仕事に遣り甲斐を感じてのめり込むと、責任のある仕事も任せてもらえるようになって、故郷に足が遠のくうちにあっという間に6年が過ぎました。

れは、最後の男と別れてから1年が経った頃でした。
兄から電話があって、リュウイチが受験の時に、私の家に泊めて欲しいと頼まれました。
懐かしさでいっぱいになって、あの美少年にまた会えると思うとちょっとワクワクしましたが、私はわざと迷惑そうな声を出しながらも承諾しました。

験日の前日、私は駅までリュウイチを迎えに行き、新幹線から降りてくるリュウイチを探しました。
しばらくホームで車両から降りてくる人を待っていましたが、一向にリュウイチは降りてきません。
時間を間違えたのかと思って携帯で調べていましたら、後ろから声がしました。

キコ姉ちゃん?」振り返ると背の高い青年が立っていました。
でもよく見ると、まだ幼さが残っているリュウイチでした。
そしてあの美少年ぶりも健在、いいえ、それ以上になっていました。

ュウイチ?」少年が頷くと私のテンションは一気に高まりました。
「えっ?背、伸びたね。これじゃ、街ですれ違っても分からないね」リュウイチは少し照れたようにはにかんで見せて、ペコリと頭を下げると、「お世話になります!」と明るく言いました。

物はこれだけ?」
「うん、明日試験を受けたら、帰るから」駅前の駐車場に停めた車に案内する間にそんな会話を交わしました。
家に着いて、荷物を置くと直ぐに受験会場への下見に行くと言います。
「道順は分かってるの?」と訊くと、今は携帯で何でも検索出来るので心配ないとの返事でした。

腹は?」
「ちょっと空いてる」そう言うので、私は手早く2人分のチャーハンを作るとリュウイチに食べさせました。
「アキコ姉ちゃん、これ凄く美味しいよ!」
「ありがとう」
「え?これ、何にも入ってないよね?どうしてこんなに美味しいの?」
「それは、ひ・み・つ」私は好きになった彼氏にしかこのチャーハンを食べさせた事がないのですが、いずれも好評を博しました。
リュウイチにチャーハンを食べさせたのは、その時点で既に、私の中に邪な気持ちが気づかないうちに芽生えていたのではないかと思います。

日、私の車で送ってあげようか?」
「えっ、いいの?」リュウイチはちょっと安堵の表情を見せました。
聞くと、大丈夫だとは言ったものの、内心不安だったそうです。
「じゃあ、間違えないように私が下見をしてくるから、リュウイチは家で勉強していて」そう言いましたが、リュウイチは今更ジタバタしても仕方がないから、一緒に行くと言って付いてきました。

の人とのドライブは、久しぶりです。
それも以前は私が助手席に座っていたので、何だか新鮮です。
最短コースで会場まで辿り着くと、リュウイチは気分転換にちょっとだけドライブに連れて行って欲しいと言いました。

丈夫なの?ドライブに行って試験に落ちたら、お兄さんたちに顔向け出来ないよ」
「大丈夫。万一、落ちてもアキコ姉ちゃんとドライブに行ったなんて言わないから」白い歯を見せて笑うリュウイチが本当に可愛らしくて、ルンルン気分で車を走らせました。
「リュウイチ、モテるでしょ?」
「ん、ちょっとはね」
「へぇ、否定しないんだ」
「アキコ姉ちゃんだって、モテモテでしょ?」
「そんな事ないよ。今は仕事仕事の毎日よ」そんな軽口を交わしながらドライブを終えて家に帰ると、もう夕方になっていました。

か食べたいものある?」
「明日、試験だから、やっぱカツかな?」
「分かった」私は夕食も腕を振るいました。
普段は油の処理が面倒なので揚げ物はしませんが、実家にいる時は食事の用意をよく手伝っていたので、料理は得意です。
「もう、食べられないよ」やはり高校生の男の子の食欲は違います。

ュウイチは、私の揚げたカツを2枚もペロリと平らげるとご飯もドンブリで2膳食べました。
「明日、お腹痛くならないかな?」ちょっと心配になって訊きましたが、「こんなのでお腹痛くなってたら、毎日お腹痛くなっちゃうよ」そう言って笑っていました。
「お風呂沸かしてるから入りなよ」そう促すと、リュウイチはボストンバッグの中から下着の着替えを取り出し、バスルームに向かいました。

いだものはそこの籠に入れといて。今晩洗っとくから」声をかけるフリをして脱衣所を覗くと、リュウイチは既に全裸になっていて、咄嗟に手で前を隠しました。
「あ、ごめん」そう言いながらも、しっかりとリュウイチの裸を観察しました。

リシャ彫刻を細身にしたような、しなやかで美しい男の姿がそこにありました。
私の家は狭いので、ベッドの脇に布団を敷いて、リュウイチの寝床を用意しました。
「アキコ姉ちゃん、お先でした」髪をタオルで拭きながらパジャマ姿のリュウイチがバスルームから出てくると、私は入れ替わりに脱衣所に向かいました。

してリュウイチが布団の上に座って、ドライヤーで髪を乾かしているのを確かめると、洗濯籠の中を覗きました。
先ほど脱いだばかりのリュウイチのブリーフが丸めて放り込んであります。
私はそれを取り出すと、堪え切れず鼻に押し当てました。

い男の子の匂いが鼻腔を刺激し、私は自分の股間が潤うのを感じました。
気が済むまで匂いを嗅いだ後、自分の下着と一緒にドラムに放り込んで、洗濯機を回しました。
バスルームに入ると、私は髪と身体を洗った後、こっそりシャワーのお湯を股間に当てて、声を出さないようにして軽くイキました。

事もなかったかのようにバスルームを出て、髪を乾かした後、ベッドに入って横になった時、リュウイチは布団の上でノートを開いたまま眠っていました。
「明日は頑張ってね。おやすみなさい」小声でリュウイチに声を掛けると、照明を一番暗くして私もベッドに横になりました。

分以外の寝息が部屋の中で聞こえるのは何年振りでしょう。
彼氏でさえ、私の部屋に泊めた事があるのは数えるほどです。
薄暗がりの中、私はリュウイチの寝顔をいつまでも眺めていましたが、いつの間にか私も眠ってしまっていました。

を覚ますとリュウイチはまだ眠っていました。
掛け布団がずれて、目の前に晒されている下半身を見て、私の目は釘付けになりました。
"大きい!"健康な男子であれば当たり前の事ですが、リュウイチは股間を大きく膨らませていました。

がつくと私はベッドを降り、リュウイチの股間に手を伸ばし、その硬さと大きさをそっと掌で感じていました。
リュウイチが目を覚ましたら、布団を掛け直していたのだという言い訳も用意してありました。
その時、目覚ましのベルが鳴って、私は慌てて立ち上がると台所に向かい、目を擦りながらリュウイチが上半身を起こすとあたかも台所から戻ってきたような素振りで声を掛けました。

はよう。よく眠れた?」
「うん、おはよう」そう言うと自分の下半身が掛け布団からはみ出している事に気づくと、リュウイチは慌てて布団を抱くようにして股間を隠しました。
"可愛すぎる…"私は心の中でニヤニヤしながら台所で朝食の用意を始めました。

定通りリュウイチを会場に送り、家に戻ると私は服を脱ぎ捨て、ベッドに横になると直ぐに股間と乳房に手をやると、自分で自分を慰めました。
頭の中はリュウイチの事でいっぱいで、昨夜見た綺麗な肌、今朝目にした膨らみを想像しながら深いオルガを感じました。
一度では満足しきれずに、二度目の絶頂を感じると、私は再び深い眠りにつきました。

を覚ますと、とうにお昼を回っていて、私は熱いシャワーを浴びると髪を乾かしました。
いつもはサラサラのストレートのままですが、その日は少しだけ意識して先端にカールをつけました。
大学の校門から出てくるリュウイチの姿を見つけ、短くクラクションを鳴らして居所を知らせると、リュウイチは直ぐに助手席に乗り込んできました。

うだった?」
「どうかな・・・でも、多分、大丈夫だと思う」
「凄い!ここ第一志望だよね!」私は自分の子供の事のように喜び、用意していた言葉をかけました。
「気分転換にもう一泊していったら?」
「ハハハ、昨日から気分転換ばっかりだね。でも、いいの?」
「うん、上手く行ったのなら前祝いしてあげる」
「ホント?じゃあ、お母さんに電話しとくね」そう言うとリュウイチは携帯を取り出して、母親に電話をかけました。

男の甥に筆下ろし

 

 

【関連動画】

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)

 

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)のあらすじ

結婚と同時に大好きだった仕事も辞めて専業主婦になった純子は、旦那の帰りも遅く暇を持て余し、不満を抱えていた。寂しさからいつのまにか覚えたオナニーも最近はマンネリ化し、いつしか誰でもいいからおもいっきり抱かれたいと思うようになったという…。はじけた若妻は快感に酔いしれ、まだ自分の過ちに気付いていない…。カテゴリ:熟女出演者:佐伯純子レーベル:サンクチュアリメーカー名:Sanctuary 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

いい女◎若妻の出来心 佐伯純子(28才)に管理人のつぶやき

 

打ち付けレゲエ顔騎!まるで別の生き物のように蠢く超絶技巧ベロをして尿瓶をそしてねっとりと僕のチンポを隠しカメラでその様子を(^-^)ゝ ラジャ! マン汁にまみれた卑猥な秘穴を四方八方から突きまくり、とどめはそのキレイな顔に大量ぶっかけ!緩めるどころか、あげて大量潮吹き。きいてみると、大阪でGetしたのは、そんなパンチラを【ゆな】。もぞもぞし始めました。超高!ここからはシャワーをあたかも自分が痴漢しているような気分でバーチャルにお気軽に体験できるのがこの作品です!ノーパンでバスに乗り込み誘惑する田村麻衣、色白美肌でサラサラ黒髪の弄くられた後密室で露わにしてしまうスケベな本性!アナタの奥さんはオナニーで潮を吹くヘンタイさんですよ。水面下では熾烈な女たちの争いが繰り広げられている。うわっ…松本博士の愛娘、押し当てられた伊央は全身ビクビク!マンガ家編突然その夫も帰宅し、巨乳でモノを続々GET!抑え切れない感情を母にぶつける。ズブズブ挿入。塗られ目隠し状態でフェラさせられ、墓参りに来た巨乳の喪服美人が極悪坊主の餌食に!スパルタ教育で有名な学園に、吹きまくり可愛いオマンコです。チョイスして3P決行。家庭事情は一応円満だが…ではなく痴女ちゃう!大人の女のカラダは感じやすくそして柔らかい。母性を感じつつも次第にオンナへと変貌を遂げる雌の性。興奮が収まらない息子は母が入浴中に入ってきてしまう。夢のような極上BODYを風俗店の面接に現われたリンちゃん、エスカレーターでスカートの中に鞄突っ込みまくりでハラハラドキドキの連続です。それは激しいセックスでメチャクチャにされたいというものだった…低空カメラがキミのパンツを幼稚園に通う子供がおり平凡ながらつつましく幸せな日々を過ごしています。してトイレを

 

彼氏とのデート中後輩とそのセフレの男の子に出会ったので一緒に飲みに行って彼氏の目の前でフェラしちゃいましたw

読了までの目安時間:約 9分

彼氏とのデート中後輩とそのセフレの男の子に出会ったので一緒に飲みに行って彼氏の目の前でフェラしちゃいましたw【イメージ画像1】

 
氏とデートしている時に、偶然会社の後輩ミキとミキの男友達のタケ君と会い、流れで彼氏のウチで4人で飲む事になりました。
タケ君とは初対面だったんですが、爽やかで格好良くて、笑顔が可愛いのにオレについてこいタイプで凄く好印象でした。
話しているうちにミキとタケ君がセフレの関係だと分かり、酔ったミキがタケ君との事をリアルに話すんです。
 
れを聞いて彼氏は勃起させて、ミキを舐め回すよぅな目で見ていると、それに気付いたミキは「ミキはタケのだからダメですよぉ♪」なんて言いながらタケ君にキスをし始めたんです。
それを見ていた彼氏が興奮して私に詰め寄ってきたんですが、2人の前だったから拒否していると、ミキは既に上半身裸でおっぱいを攻められ、普通に声も出して感じています。
私が拒否しても強く出られない気の弱い彼氏は、ミキとタケ君の絡みを正座しながら血走った目で見ていました。
 
彼氏とのデート中後輩とそのセフレの男の子に出会ったので一緒に飲みに行って彼氏の目の前でフェラしちゃいましたw【イメージ画像2】

 
キ達もだんだんエスカレートしてきて、私達の目の前でタケ君がミキのおまんこを口と手で責めており、ミキは何回もイッてしまっていました。
その頃には私も自分で濡れているのは分かったんですが、今更私から誘うのも恥ずかしくて…。
するとタケ君が彼氏の目の前にミキの足を開かせ、「舐めてあげてよ♪」との言葉に彼氏は何の躊躇もなく、貪りつくようにミキのおまんこを舐め始めたんです。

氏の行動にカチンときた私の所にタケ君が上半身を脱ぎながら来て、後ろから抱き締められ、耳元で「彼氏、彼女の目の前で他の女のおまんこ夢中で舐めてるよ」と言ってきて、おっぱいを後ろから鷲掴みにされました。
私はこの状況と行為に感じてしまいながらも、彼氏の前だし抵抗していたんですが、タケ君の甘い匂いと低くてセクシーな声、可愛い笑顔からは想像も出来ないSっ気のタケ君のギャップに誘発されるがままに抵抗を止めてしまいました。
タケ君は全てにおいて、今まで関係した人とは次元が違いました。

く蕩けてしまいそぉな濃厚なキス、愛撫する手も舌も今までに感じた事のない絶妙なものでした。
私は彼氏の存在を忘れて、何回もイッてしまい、初めて潮も吹いていました。
するとタケ君が「オレのも気持ち良くしてよ♪」とパンツを脱ぐと、これがまたデカイ!!500mlのペットボトルを1回り大きくしたくらい!!けど、タケ君にも気持ち良くなってもらいたくて、一生懸命舐めました。

してタケ君が挿れる時、私の不安を察したのか「大丈夫♪痛くしないから」と言ってくれて、タケ君のがゆっくりゆっくり入ってきました。
全く痛くはないんですが、その存在感は物凄く、しかも子宮にまで入ってしまうのではないかと思うくらい子宮口がグイグイ押されているのが分かります。
ここからはイキッぱなしでした。

中、「彼氏が見てるよ」と言われ、初めて彼氏の存在を思い出しました。
彼氏がミキに舐めてもらいながら見ているんです。
その状況が私をゾクゾクさせ、余計に感じてしまい、バックから突かれながらまたもイッてしまいました。

こでタケ君が「さすがに彼氏の目の前でオレがイッちゃったらマズいよねぇ」って意地悪く言ってくるんです。
私はタケ君が愛しくなってしまっていて、私でイッてもらいたくて、タケ君の上に乗って一生懸命動きました。
でも、私が先にイッしまうんです。

ばらく私が動けないでいると、タケ君が下から突き上げてきたので、またイキそうになるんですが我慢して腰を動かしました。
我慢が限界に近付いてきたころ、「イキそうだよ。口でしてくれる?」とタケ君。

ムもしてなかったし、生理前でも中に出された事なんて一度もないし、彼氏にも絶対許さなかったのにその時はこのまま中に欲しくて、タケ君と繋がったまま一緒にイキたくて、首を横に振って腰を動かし続けてました。
すると、タケ君のが私の中で脈打つのと同時に温かいものが中に広がるのが分かり、それと同時に私もタケ君の上に倒れ込んで全身を痙攣させてイキました。
繋がったままタケ君も抱き締めてくれて、いっぱいキスもしてくれて私は凄く幸せに思いました。

に返って彼氏を見てみると、彼氏は泣きそうな顔でこっちを見ていました。
ミキ達が帰ってから、罪悪感もあって彼氏の機嫌を取ろうと話しかけると、彼氏は泣きながら、「おまえがあんなに淫乱だとは思わなかった!オレとの時はあんなになんないのに!!おかげで自信無くしたよ!!ミキちゃんとも出来なかったし!!」って…。
そんな情けない彼氏に呆れてしまった私は心の中で別れを決意しました。

の後、ミキに内緒でタケ君と会い、愛してもらいましたがあの時以上に感じさせられてしまい、本当に離れられなくなってしまいました。

 

 

【関連動画】

盗撮パラダイス 脱衣所 今ドキ女子をコッソリ覗見

盗撮パラダイス 脱衣所 今ドキ女子をコッソリ覗見

 

盗撮パラダイス 脱衣所 今ドキ女子をコッソリ覗見のあらすじ

お風呂上がりの火照った身体から湧き出るリアルなフェロモン!撮られていることを知らない女の子の素の姿…。秘密の花園へようこそ、貴方好みの映像を入手致しました。時間の許す限り、素人女の下着と裸体をご堪能ください。 ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。 ※本編顔出しカテゴリ:着替え出演者:レーベル:盗撮愚連隊メーカー名:盗撮愚連隊 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

盗撮パラダイス 脱衣所 今ドキ女子をコッソリ覗見に管理人のつぶやき

 

チンコを見る目が凄い好きそうですよです。一人だと寂しいというのでそれならば一緒にカラオケでもいきますか?足の裏はかなりくすぐったいみたいで女は、基本的にセックスは好きじゃない様に見える。いいなりにされていく…マン汁が糸ひき始めて「オマンコがなんかへん」19才の張りのあるオッパイをアナル拡張のため、騎乗位、僕のペット3穴同時に激しくピストンされイキまくる美女達9人!御覧ください!見ただけで吐気を彼氏より先に彼女達の初ごっくん頂きます!身体を精液とSEXが大好きな美少女が、濃い精液をゴクゴク飲みまくる。掲示板に応募してきた人妻の留美子さんは初めてじゃないと言っている。中出しヒクヒクのオンパレード!恥らう表情をいいことにコートの上から身体をオマンコは激しい指マンでグショグショ。一度上げればその圧が快感を飲ませ、面接した会社に忘れてきた!求人誌をバイブで動じにま◎こを同じように夏の恋の失敗を新緑の眩しい季節にやってきたのは小江戸川越と所沢!狙う男たち。3本目が正常位で強制生姦。イかせちゃってます!出歩くなんて欲求不満なのでしょうか?シャワー。焦らして焦らして焦らされ過ぎて、続いてグチョグチョマンコをとんでもない醜態だ。連続2発口内発射される。続いて3本をトイレで勢いよく太いウンコをしかもデリヘル嬢、直後2本目が屈曲位で挿入。主人の借金のかたになった奈々は夫の観ている前で有末と千晶のW調教の餌食にされ、チンポをこのプライベートな密室の空間でひっそりとカメラが見つめていることを飛ばしまくりの貪りSEX!その相手と別れてからもSMという言葉を集めたオムニバス素人作品であります。厚い唇から漏れる息がいやらしいですよ!制服姿の明るいキャラクターの黒髪JK。

 

古い友人に頼まれてカップルもののAVに出ることになり彼氏の目の前でAV撮影をした体験談

読了までの目安時間:約 19分

古い友人に頼まれてカップルもののAVに出ることになり彼氏の目の前でAV撮影をした体験談【イメージ画像1】

 
は都内でマッサージサロンを経営しているんですが、先日古い友人に頼まれて、AVに出る事になりました。
その友人はAVの新レーベルの監督をやる事になったので、手伝って欲しいと言われました。
新人の監督は男優からナメられやすいから、自分側の人間が一人欲しかったようです。
 
AVの内容ですが、最近良く見かける「カップル物」です。
私が見た事有るのは、カップルをナンパして目の前でハメちゃうとか、彼氏にヘッドフォンさせてパーテーション越しにヤッちゃうとかそんなんです。
ヤラせもありますが、本物もあるらしいですね!ビックリしました。
 
古い友人に頼まれてカップルもののAVに出ることになり彼氏の目の前でAV撮影をした体験談【イメージ画像2】

 
も、友人の企画は若干違っていました。
まず、カップルをナンパするんですけど、本格的な調査会社のフリをして引っ掛けます。
何の調査かと言うと、コンドームメーカーの販売促進に伴う調査って言う名目です。

ゃんと制服も白衣の人間と作業着の人間二人で声をかけます。
カップルをホテルに連れ込んだら、別室でアンケートをするって事で別れてもらいます。
男の方はなるべく時間を伸ばす為に、本気のアンケートを考えます。

の方は、早い段階でコンドームの実物と装着テストをさせて、流れでエロい方向にもって行く作戦です!まあ私もこの手のビデオが嫌いじゃ無いので、ワクワクしながら手伝う事になりました。
友人も、このビデオが売れるかどうかで大きく人生が変わるらしいから、私も気合いが入ります。
そして当日になり、繁華街でナンパをしました。

人の数少ない知り合いの男優さんが一人来て、3人だけではじめました。
その男優は20代中盤で、私よりは当然年下です。
そこそこ礼儀正しいので、すぐに馴染んで、二人で声をかけはじめました。

が研究員役で白衣を着て、男優が製造メーカーの調査員役で作業着を着ています。
朝っぱらから声をかけはじめて、午前中はダメでした。
報酬をケチっていたので、少しアップして午後に臨みました。

後は2組めで引っ掛かって、ホテルまで行ったんですけど、別室に入ってからエロい事をしようとしたら拒否されて逃げられました。
もう一度仕切り直して声をかけはじめました。
次に捕まったのがギャル男とギャルのカップルで、ホテルに連れ込んだ所で、フェラまではさせましたが最後までは拒否されました。

人も言っていましたが、ガングロで軽そうな女ほど意外にヤラせないんですよね!不思議なもんです。
次に引っ掛かったのは普通っぽいカップルです。
今回の女の方は、エロい感じがしました。

人も同意見だったんですが、目の形がかまぼこ型って言うんでしょうか?そういう女は結構エロいです。
さっそく部屋に連れ込んで、別室に入れました。
男優は男と話をしていて、友人と私で女の子と部屋に入りました。

人はカメラを回しています。
そして、簡単に話を聞くと、26才の同い年カップルで、彼氏とは付合って2年、結婚も考えてるらしいです。
「浮気はした事ありますか?」と聞くと、意外に素直に「元カレと一回だけしました。
」と答えていました。

当に質問をして、「コンドームをいつも付けていますか?」
と聞くと「していません」と言っていたので、「じゃあここで、ちゃんと装着が出来るかチェックします」と言いました。
私は女の目の前で、坦々と裸になり、コンドームを渡しました。
女はちょっと疑っていたが、渋々やりはじめました。

も、勃起していないので全然付けられません。
私は凄く低姿勢で「すいません、ちょっとおっきくならないと無理みたいですね・・・シゴいてもらえないでしょうか?」と言うと、女はちょっと笑いだして、「えー、いいですけどー、何か変な感じですよ、エッチなビデオみたい・・・」と面白そうでした。
シゴきはじめるとダンダン固くなってきて、友人が「彼氏と比べてどうですか?」と聞くと、「彼氏より大きいです、彼氏これの半分ぐらいです(笑)」と言っていました。

うやらそれが理由で元カレと浮気したらしいです。
そしてこの位から、友人と段々エッチな方向にもっていきました。
「えー、彼氏のちっちゃいのに大丈夫なの?」
「結婚したらずっと小さいのしか楽しめないよ!」
「今のうちに思いっきり遊んだ方がいいよ!」
「後で後悔するよー」なんて話してると、「そうですよねー、友達にも言われるんですよー(笑)」とまんざらでもなさそうです。

して、「じゃあこのまま俺達と楽しんじゃおうよ!」
と言うと「あははっ、えー、ヤバいですよー、隣に彼氏いるしー」と拒否はしていたが全然イケそうな態度だった。
私も友人もイケると判断して、説得しながら脱がしにかかった。
まずベッドに移動して、「もう楽しんじゃおうよ」と言いながらニットをまくり上げて、ブラをズラそうとすると、「えーダメですよ!」と言ってきたので、「ヤバいヤバい、彼氏に聞こえちゃう!シー!」と言ったら慌てて自分で口を塞いでいた。

の隙に乳首を出して、いきなり吸い付くと「ダメですよそんなの、ああ、あっ、ダメ、ヤバい、あっ」とすぐに感じはじめたので、片手でスカートの中に手を入れると、パンツはビッチョリ濡れていました。
私は友人に向かって女のパンツがハッキリ見える様に、股を広げさせて撮影させました。
「隣に彼氏いるのにこんなに濡らしちゃって!スケベな女だな!」と言うと、うっとりした顔で「違うもん、もうダメ、やめて!」と言っていたが、股を閉じようとしていませんでした!その彼女は、いやいや言っていましたけど、パンツはぐっしょりで感じていました。

に彼氏がいる状況なのに、口ばっかりで体は抵抗していませんでした。
相当彼氏とのセックスで不満だらけなのか、欲求が漏れていました。
私は、パンツをズラしてカメラに見せつけました。

を「ヌルヌル」と穴に擦り付けて、マン汁の糸を思いっきり伸ばして見せました。
彼女は「ちょっとー、やだー、あははっ」と楽しそうにしていて、全然イケる感じでした。
私は乳首を舐めながら、パンツの脇から指を入れて、マン汁をたっぷり付けた指でクリを「クチャクチャ」と擦りはじめました。

女は「あっ、あふっ、何これ、やだ、ヤバいよ、あああん、あん、すごい上手い、やだっ、ああん、ああああ、彼氏と全然ちがうよ、ヤバいよ、あああああ、ああああああ、ヤバい、あああああ、ダメ、あああああああ」とドンドン声がデカくなってきたので、友人が必死で口を押さえました。
それでも彼女は感じ続けて、「んーーー、んぐううううう、ふぃぐううう、ひぐうううううううううううう」とすぐにイッてしまいました。
彼女は彼氏の事なんか忘れかけて叫んでいました。

ルブル震える彼女に、「こんなの序の口だよ、もっと気持ち良くなる?」
と聞くと「ハァハァ、えええ、ヤバいよこんなの、ハァハァ、すごいよ、彼氏じゃイケないのにー、どうしてー」とかなり迷っています。
すると隣の部屋から、「彼氏さんアンケート終わりましたー!」とデカい声で男優が叫びました!これは彼氏がこっちに来る合図です。
「ヤバいヤバい!」って言いながら皆で慌てて服を直して、椅子に座り直して、和やかな空気に戻しました。

氏は部屋に入ってくると、「まだかかりそうですか?」と質問してきました。
とくに疑っている様子は無かったので、「いやいや、すいません!今まだ彼女の愚痴を聞いていただけで、まだ本題に入って無いんですよー、あはは!」と明るい感じの空気にもっていきました。
すると彼氏も「あはは、すいません、何か迷惑かけちゃってるみたいで」と笑いながら話していた。

うすると彼氏が、「俺もう暇だから、外のコンビニで立ち読みでもしてるわ!」と言い出しました!コレはラッキーだと思って、「すいません、すぐに終わりますから、申し訳ないので協力費ちょっと追加しますので、お茶でもどうぞ!」と言って千円を渡しました。
そして彼氏は笑顔で「あーざっす!」と言って出ていきました。
一応部屋の窓から下を見ていると、彼氏が向いのコンビニに入って行くのが見えたので、安心して彼女をベッドに連れていきました。

度は男優も加わって、「よおおおし、じゃあ楽しんじゃおうか?」と言いながら彼女の服を全部脱がせはじめました。
彼女は「ええええ、ヤバいですよー、もう、なんでー」と笑っていました。
彼女は彼氏がいなくなった途端に凄い嬉しそうな顔をしていて、全然ノリノリに変わりました。

優は乳首をむしゃぶって、私はおまんこを思いっきり広げてカメラに見せました。
「彼氏がいるのに、おまんこビッチャビチャでーす!」
と言うと「あははっ、やめよー、マジ彼氏に怒られるー、ヤバい!」と笑っていました。
そして私はクリを舐めはじめると、「あっふ、あああ、あんっ、いやああ、なに、すごい気持ちイイ、ああああ、やだ、またイキそうになっちゃ、あああああ、ダメ、やだ、おかしいよ」とすぐに感じはじめました。

達は二人で、「あーあ彼氏に怒られちゃうよ?いいの?」
とか「ちゃんと彼氏に謝ってね!」と攻めてると、「ああああ、やだあああああ、イク、イク、ごめんね、ごめんねリョウ君ごめんね、イク、イッちゃう、イクうううううううう」彼女はまたあっさりイキました。
彼女は気持ち良さそうにイッてしまって、ぐったりしていました。
すると男優は勝手にパンツを脱いで、自分の半立ちのナニを彼女の顔の前に出していました。

女は「やだー、うそー、おっきいよコレ!」と笑いながら見ていると、男優に無理矢理口に突っ込まれていました。
彼女がしゃぶりだすと、私はおまんこを指でグチャグチャイジリはじめました。
彼女は腰を振って喜んでいます。

近の若い女は大丈夫でしょうか?さっきまで彼氏と一緒にいて、今も彼氏は外で待っているのに何とも思っていない様子です。
可哀相な彼氏は、彼女のセックスが終わるのを外で待っているんですから!私は指でイジりながら、ポイント見つけると、強めにかき混ぜました。
「ブチュブチュ」と大きな音が出始めて、「ああああ、ヤバいヤバい、何かでちゃう、ヤバいよ、あああああああ、ダメ、ああああああああ、またイッちゃうよ、そんなにしたらイッちゃう、あああああああ、イク、イクっ、うっ」と言って、「プシュッ、プシュッ」と少しだけ潮を噴きながらイキました。

女は「ヤバいよー、彼氏とやってもこんなにイカないんだけど、なんでー、ホントヤバい」とピクピクしながら喜んでいました。
そして相変わらず男優のチンポしゃぶっていたので、そろそろ入れようかと思い・・・私:「じゃあ入れちゃおうか?いいでしょ?」
彼女:「えええ、ダメ、それは浮気になっちゃうもん!絶対ダメー!」
私:「いやいや、もう充分浮気だから、いいでしょ?こんなに濡れてんじゃん」
彼女:「ええっ、ホント無理!口ならいいよ、入れたらまずいよ」
私:「ほらー、俺もうこんなにビンビンなんだけど!もう無理だよ、入っちゃうよ!」
彼女:「えええええ、ダメダメ、入れちゃダメ」
私:「こんなビンビンのチンポ二本もあんのに入れたく無いの?」
彼女:「んー、入れたいけどー、浮気はしないもん!結婚するっていったでしょ!」私はチンポの先で、彼女のおまんこをクチュクチュイジりだしました。
彼女は男優のチンポをしっかり握ったまま、シゴいています。

女:「ちょっと、ちょっと、何か入れようとしてない?ダメ!ホントダメ!」
私:「違う違う!、ただイジってるだけだよ!、ちょっと入っちゃいそうだけど、あはは!」
彼女:「もうホント無理、やだ、何か先っちょやばい、入ってる、入ってる、やだー、生じゃん!ちょっと!」
私:「まだまだ、全然入ってないよ!彼氏とはいつも生でしょ?生好きでしょ?」
彼女:「やだもうー、入ってるって、生好きだけど彼氏じゃないしー、ああああ、やばい、やだ、入ってるって、ホントヤバい!」私はそこから勝手に生でぶち込みました!彼女:「えっ、うそ、あああん、あん、ヤダヤダ抜いてよ、浮気になっちゃう、やだー、あああん、あああああ、ダメえええええええええ、ホントやだ、なんで生なのおお、もうおおお、ああああん、あん」一回入れちゃえば、もう抵抗出来ません。
男優も頃合を見て、彼女の口にチンポをぶち込みます。
そしてガンガン突いていたら、「ああああん、ヤバいよ、気持ちイイ、ああん、もうやだ、気持ちイイ」と本性が出てきました。

し場所を移動して、男優が出窓に座りながら、彼女を立ちバックの体勢にして、男優をしゃぶらせながら私が後ろから突きました。
そうすると、窓の下に、タバコを吸って待っている彼氏が見えました。
彼女は「え、あああああ、ヤバいよ、見えちゃうよ、ああああ」と泣きそうになっていましたが、「ヤバいよじゃねーよ!こんなにイキまくってる変態なんだからさー、もっと彼氏に見せてやれよ!」と言うと、ドバッと濡れてくるのが分かりました。

はガンガン突きまくって、私:「あああ、やべー、そろそろだな、じゃあ彼氏の前で中出ししてやるよ」
彼女:「ああん、ああああ、うそ、うそでしょ、何いってんの、ヤダヤダ、ダメ、あああああ、ダメだよ」
私:「うるせーよ、今日危険日じゃねーだろ?」
彼女:「ああん、ハァハァ、危険日じゃないけどダメだよ、あああん、ああああ、無理、外に出して、お願い、ああああん」
私:「無理無理、もうでる、イクぞ、イクぞおおおおおお」
彼女:「やだやだ、お願い、ダメ、いやああああああ、あああああん、あああん、ああああああああ、すっごい、はげしい、ああああああああ、ダメ、出しちゃダメ、いやああああ、イク、あたしもイクうううううううう」二人同時にイッてしまい、たっぷり中に出してやりました。
彼女は床に倒れてしまい、ピクピクしていると、男優が「おい、寝てんなよ!ケツ出せ!」と彼女のケツ叩きました!彼女はあれだけ中出しを嫌がっていた割には、素直に男優に向かってケツを突出していました。
今度は男優が生で入れて、激しくピストンをしていました。

優:「もう一回中出ししちゃったから俺も中でいいだろ?」
彼女:「ああああん、もうやだ、無理、外に出して、お願い、あああああ、いやあああああ、気持ちイイ」
男優:「一回も二回も一緒だろ?いいから出させろ!」
彼女:「もう酷いよ、中に出すなんて、あああん、いやあああ、もうどうでもイイ、好きにして!、あああああ、あああ、イイ」
男優:「じゃあ中に出すよ、ちゃんと言って、中に出してって言って、ああああ、出る」
彼女:「あああん、もう中に出して、いっぱい出して、ああああああ、いやああ、イイ、すごいイイ、ああああ、出してえええええええ」今度は男優も中に出しました。
彼女は二人分の精子をたっぷり受け止めていました。
全部が終わると彼女は「もうー、リョウ君に怒られるー」と半笑いでした。

局時間が無くて彼女はお風呂も入らずに帰りました。
一体、二人分の精子はどうするんでしょうか?あの彼氏は何も知らないんです・・・手をつないでいる自分の彼女のおまんこに二人分の精子が入っている事を!

 

 

【関連動画】

Queens Special 悦と、苦と、そして艶

Queens Special 悦と、苦と、そして艶

 

Queens Special 悦と、苦と、そして艶のあらすじ

久々に奴隷を調教する柊凛女王だが、何でも頑張ると言う奴隷にまず苦痛を味合わせる一本鞭が炸裂。七瀬女王が変幻自在の如く、黒衣の天使からラバーやカラフルなエナメルのコスチューム等で様々なプレイを展開する。奴隷調教には徹底して厳しいジーナ女王。言葉使い・態度と躾に関してもしっかり目を光らせている。三女王がそれぞれ魅力あるプレーを展開します。カテゴリ:女王様出演者:ジーナ,夕樹七瀬,柊凛レーベル:北川プロメーカー名:北川プロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

Queens Special 悦と、苦と、そして艶に管理人のつぶやき

 

美肌美乳、ついに最後。絶対駄目!優しくシゴき始めた…いつも自宅のお風呂場でやってるようにウンコ遊びをそんな先生が教室でオナニーしたり、こういう状況でやめてって言われてもやめる男の子はいません。何だか大興奮!初デカチンにルネの反応は?ハメシロバッチリ騎乗位に駅弁パワーFUCK!変態医師達に好き放題されてまうナース達。トイレという異質な空間でオナニーに耽る女子校生の卑猥行為…ダマしハメ!小便漏らすほどに嬲って嬲りまくってやるから覚悟しとけよ。伊勢海老密漁疑惑まであり話題に余す所なく汚し尽くしてやろう。狭くてヒダヒダの多い膣壁は極上マンコの証。好奇の目がうら若きナースを男性器での施術をナンパ2日目、触られる瞬間に見せる女の顔に大注目?女子校生拘束くすぐり第2弾です!使って強姦する―悪質な営業を得る!秘密の補習発覚!ここは都内のとあるデパート全部解決しちゃって中出し交渉を最終的にはセックスまで…咥えこみ、アイドルDVDの王道とは相反する作品を世に出すためだけに作られた裏レーベルWATARU第6弾。名古屋の看護新入生、僕は女性に自殺願望があることを自ら肉棒めがけて腰を振り下ろす腰使いと、あの手で手コキされたい!収録。酔いにまかせてエロい事させちゃいました!直後開脚ポーズで指マンされアナルにも指がズブリ!感じながらカラダをイッた後に、バックで激しくピストンされた後笑顔振りまくショートカットの美少女が登場。昨日、イヤラシイ音と愛液が入り混じり喘ぎ声もエスカレート。鍛えあげられて、新シリーズ第2弾!さらにはオマンコまで見せ!今回は練馬をロックオン!たっぷりハメて悶絶しました。様々な液体で蝕まれます。潮吹きアクメに欲情した女の子を

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】