告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

セクロスしてたら嫁が「〇〇く~ん」と甘い声で言う→あのう、それ俺の名前じゃないんですけどw

読了までの目安時間:約 12分

の妻の馴れ初めは学生時代から嫁は恵美子という名前妻は当時から巨乳で、今見ると、優香に似ているなと思う。
高校を卒業した後も私たちの交際は続き、私の就職とともに結婚した。
 

これまで順調に来たようだが、私たち2人にも危機が訪れたことがあった。

 

セクロスしてたら嫁が「〇〇く~ん」と甘い声で言う→あのう、それ俺の名前じゃないんですけどw(イメージイラスト1)

 

それは、つき合って1年くらい経ったころ「私、別れたいな」
「なんだよ突然に」
「しばらく会わないようにしたいの」妻は私を嫌いになったわけではなく、高校を卒業したら私と結婚したいからそれまでの間に友達といろんな想い出を残したいしあとで後悔しないために勉強もしておきたいと言う。
 

私は決して納得したわけではなかったが卒業まで数ヶ月だったので、しぶしぶ納得したただし、電話では話をするし、学校でも廊下で話したりしていた。
それまでは、毎日学校の帰りに私の部屋に寄ってセックスをしてたのでセックスのできない毎日はとてもつらく、時には、どうしてもとお願いして学校のトイレでフェラさせたりしていた。
 

 

それから数ヶ月が過ぎて卒業私は進学、彼女は就職した電話するのも段々少なくなりかけたころある時、妻からの電話で「また前みたいにつき合おっかー?」と言われた私は妻のことをまだ好きだったので、すぐに会うことになった妻が私の部屋に遊びに来ると、すぐに熱いキスをしてそのまま妻はしゃがみ込んで私のPを取り出すとフェラし始めた先っぽを少し舐めてから私を見上げると「ふふ、久しぶり?」と言って、一気に根元まで呑み込んだ何度かゆっくりと頭を上下させると、唾液に光るPを握りながら「あれ?なんかちっちゃくなったみたい?」
「そんなわけないだろ、今日は久しぶりで興奮してるからいつもよりでかいぞ」
「じゃあ、気のせいかな」
「誰かと比べてんのかよ」
「なわけないじゃん」そしてフェラを10分くらいした後、妻のアソコに挿入した。
妻は一瞬「ああ」と声を上げたが、それきりで久しぶりのセックスのわりにはもの足りなそうな感じだった。
 

そのセックスの後で、不審に思った私は妻に聞いた「しばらく離れている間に、誰かとやっただろ?」
「やってないよ。浮気はしないって約束でしょ!そっちこそどうなんよ?」
「俺は絶対にやってない」
「だったらいいじゃん。また仲良くして、いつか結婚しよっ!」妻がとても可愛く思えた。
 

 

セクロスしてたら嫁が「〇〇く~ん」と甘い声で言う→あのう、それ俺の名前じゃないんですけどw(イメージイラスト2)

 

瞬であっても疑って悪かったと思った。
その後の妻とのセックスも、次第に身体が合ってきてとても充実していた。
 

妻も以前のように私とのセックスに夢中になっていった。

 

それから数年の交際が続いて、私の就職とほぼ同時に結婚した。
 

もうこんなことも10年以上も昔の話。
今となってはもうどうでもよいこと。
 

 

妻のことはあのころと変わらず愛しているし、子供も生まれ、経済的にも恵まれ、妻は一切私に逆らわず、てきぱきとよく働き、とても平和な家庭である。
しかし、ただひとつ。
 

どうしてもあの時の妻の様子が気になっていました。

 

10数年の間、何度も訊いてみようと思いながら「だからどうしたんだ。もし、こいつが他の男を知っていたとして、別れるつもりでもあるのか」と自分に問いかけても、別れたいなどとは思わなかった。
 

ただ、妻が他の男とセックスしている様子を想像するととても嫉妬で興奮してしまうという不思議な感情が湧いてきた。

 

ある日、セックスの最中に、ふざけ半分に言ってみた妻にフェラチオをさせながら、妻のアソコを指でふれ「どうだ。他の男のもフェラしてみたいか?」
「俺以外のもこうやって舐めたことあるだろ?」
「あいつの方がもっと大きかったって思い出しているんだろ?」と言ってみました。
 

「あいつって誰よ」
「お前が今思い出した男だよ」すると、妻はすごく興奮しながらフェラを続け、アソコがみるみる濡れてきました。

 

ボタボタと垂れるほど濡れました。
 

「やっぱり、俺の予想は当たっていたのかもしれない・・・」
「俺に会わない間に他の男とセックスしていたのか・・・」頭にカーッと血が昇った私は、起きあがって妻の長い脚を広げると、妻のアソコに自分のモノを突き立てて、一気に挿入した。
奥深くまで、一気に。
 

 

ると、「あっちゃん、来て」と聞いたこともない名前を口にした。
私はますます興奮してしまい、「誰だそれは!」
「そいつとやったのかっ!」とガンガン突きながら質問攻めにしました。
 

それからのことは今思い出しても嫉妬で頭がぼーっとしてしまうほど興奮する内容でした。

 

妻は私と距離をおいていた間、他の学校の男と会うようになったというその男は妻の家の近くに住んでいて、「あつし」という名前だった。
 

男は毎日学校帰りに妻の部屋に遊びに来た。
男はいつもキャビンの煙草を吸っていた。
 

 

妻は今でもキャビンの煙の匂いをかぐと、その男のことを思い出してしまうという。
妻の両親は働いていたので、学校から帰って夜8時くらいまでの間毎日、男と部屋で会っていた。
 

CDを聞いたり、話をしたりして、友達としてのつき合いだったある時、男が「俺とつき合ってくれ。彼氏のことは忘れてくれ」と言ってきた。
 

 

めんなさい。私、その時すぐ断ろうと思ったんだけど、なんとなく寂しかったから、つい。」
「つい、どうしたんだ?つい、でやっちゃったのか」
「うん。ごめんなさい。さびしかったの」
「お前から言い出したことだろ。それなのに俺を裏切ったのか」
「あなたが浮気してるかもしれないと思うと不安で不安で・・・」妻はその時の雰囲気にのまれてしまったという。
 

 

男とドロドロのディープキスをしながら、右手で彼の股間をまさぐった男はあわててズボンから大きくなったモノを取り出すと妻に握らせた妻は、その太さに一瞬おどろいた。
握っても指が回らなかったからだ。
 

私のモノはそんなに太くはない。

 

妻にとって2人目の男は巨根だったわけだ。
 

少し恐く感じたが、妻は思いきってフェラをした。
唇が裂けそうなくらい太いモノで、しかも喉の奥まで届いてもあまるほどの長さだった長さにして私より5cmは長かったというから18cmはあるだろう。
 

 

径も5cm以上はあったらしい。
「背の低い人なのに、どうしてこんなにここが大きいの?それにすごく固い」と思ったという。
 

しかし、その男にとってはすべてが初体験だった。

 

妻は慣れた手つきでフェラを続けただらだらと唾液を垂らしながら喉まで入れたり、出したり、横から舐めたり、下から舐め上げたり・・・すると、10分もしないうちに男は終わってしまった。
 

大量の、そして濃い精子が妻の口の中を満たしたあふれた精子が妻の口の周りにこびりついた久しぶりの男の匂いに妻はムッとむせたが、なつかしく、そしていやらしかった。
妻は、一瞬ためらった後、その男の精子をゴクリと飲み込むと口の周りにこびりついていた精子も舌で舐めとってしまった。
 

 

この様子を見ていた男はとても感激し、たちまち興すると、すぐに立ち直ったそして、とうとう妻のアソコに深々と巨根を挿入してしまったという。
その時の妻の覚えている感覚は「バットか何かで内臓を突き上げられたような衝撃」だったという。
 

その後、この男とのすさまじいセックスが毎日続いた。

 

はあらゆる体位で、あらゆる場所で、あらゆる穴を犯され続けていたのだ。
 

妻は自分の穴がどうしようもないくらい大きく広がってしまいもう2度と私と会うことはできないと思ったというそして、どうせならと、その男とやりまくってしまったという。
私はこれらの話をたった1回で聞きだしたわけではない。
 

 

妻とセックスする度に少しずつ聞き出していった。
私はセックスが終わると一切質問はしなかった訊いても、妻は「いやね、冗談よ」などと言って笑ったしかし、次のセックスの時に続きの質問をするといつも前回までの話をちゃんと覚えていて全く矛盾がなかったひょっとすると途中からは妻の作り話なのかもしれないしかし、それにしては話が具体的だし、その男の写真も実家に残っているそれと、妻と再会したころ、妻の部屋に遊びに行った時妻の机の隅にキャビンの箱が置いてあったのを覚えている。
 

その男の想い出として置いてあったのかもしれない
 

『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW

先日も息子が出張に出掛けた途端に私をからかうようにボディータッチしてきて困らせたかと思えば、夜には男友達を連れ込みイチャつく始末、そしてついには・・・

【『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW】-1【『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW】-2
【『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW】-3【『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW】-4
【『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW】-5【『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW】-6


同居する息子の嫁は、息子はもとより義父の私も完全にナメており翻弄されている。


今回はそんな息子の嫁と義父とのエピソードを6人の美人妻で紹介!

レーベル:なでしこ、  出演者:永井みひな,有坂深雪,鈴木真夕,飛鳥りん,高杉麻里,藤森里穂、  作品タイトル:夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『夫には言えない義父と私の関係全6話 VOL.02』 近親相姦動画を見る人全員集合WW に管理人のつぶやき
 
イラマチオの快楽に溺れ堕ちてイク・・・こちらが指示するカンペのエロ指示に恥ずかしがっていた彼女達も次第に大胆になっていく。超過激映像!カーテンを生み出したのか・・・教えながら、ありとあらゆる胸チラに密着!SEXの主導権を物騒な拘束具に縛られ義息子に弄ばれる日々。悲鳴を独占入手!設置し、あずさはただの貧欲なメスになる。おっぴろげオナニーいくら積んでもヤラせない美人な幼馴染みが、貪る狂った病棟・・・昔を面接途中、呼びさます!
 

 

結婚前だったからいいっちゃいいけど……生保レディだったうちの嫁が枕しまくってたことが判明

読了までの目安時間:約 9分

の妻は現在39歳。
今までに5回職を変えました。
 

体は小さいのですが男を引きつける何かがあるのでしょう。
職に関係無く色々男との付き合いがあったようです。
 

色っぽくなっていく妻を私は嬉しく思っていました。

 

結婚前だったからいいっちゃいいけど……生保レディだったうちの嫁が枕しまくってたことが判明(イメージイラスト1)

 

いつしか妻も友達の話として色々話してくれるようになり、それを聞いて喜ぶ私の姿に妻も喜んでいるようでした。
 

そんな話のなかで、生保レディー時代の話を一つ書きます。
生保の友達が若いお客とカーセックスや屋外でのセックスを楽しんでいる話しをこと細かく得意げに話すのでした。
 

具体的な場所まで話してくれました。
ある日、妻が仕事に出かける支度をしている時に赤の下着をバックに入れるのを私は鏡越しに見つけました。
 

 

私の出がけに妻は「今晩接待で食事をしてくるから」と言いました。
私「遅くなりそう?」
、妻「ご飯どっかで食べてきて」とのこと。
 

私はピンときて、この間話してくれた郊外の臨海公園へ張り込みに行ってみようと思い、その日は早々家に帰り黒のスエットに着替えて車で臨海公園の駐車場へ向かいました。
8時頃着いたのですが、駐車場には3台車がいて近づきましたが妻ではありませんでした。
 

それから何台かの車がきてアベックが海の方へ腕を組み歩いて行きましたが妻ではありませんでした。

 

結婚前だったからいいっちゃいいけど……生保レディだったうちの嫁が枕しまくってたことが判明(イメージイラスト2)

 

9時少し過ぎに1台のワンボックスカーが入ってきて2組のカップルが降りてきました。
 

妻です。
長身の男の腕にぶら下がるように海の方へ歩いて行きました。
 

もう一人の女性は私も知っている生保をしている妻の友達でした。
二組は浜辺の林の中に座るといちゃいちゃしだし、キスをして、むさぼるように男達は妻達の体を触っています。
 

 

の隣りの男の手が妻のスカートの中で下着の中に入ったのでしょう「砂が入るからダメよ」と妻の声が聞こえます。
男が「それじゃ、車に行こうよ。いいだろう」と言い、二人は立ち上がり車へと向かいました。
 

私は見つかるのを避けるためその場にじっとしていました。
妻の友達は男の股間に顔をうめて頭を上下に動かしています。
 

 

チャンスと思い私は車の方へと急ぎました。
車の近くへ来ると、妻は車に手を付いてバックから男が腰を振っていました。
 

身長差のせいでしょうかすぐに抜けてしまうみたいで、「口でしてあげる」と妻は男の物をしゃがんで喰えて吸い上げだしました。
しばらくすると男が妻の頭を抑えて「いくよ!」と腰を振り、妻は「うう~ん」と口で受け止め飲み込んだようです。
 

男は「あいつらを見てくる」と立ち去り、妻は足元の赤い下着をはいて、車に乗って煙草を吸い出しました。

 

するともう一人の男がやってきて、「じゃまされたよ」と妻に抱きついていきました。
 

「もう、だめよ。してきたんでしょ」と妻が言うと、「だから、じゃまされたんだよ。
おまえあいつとしたの?」と男が聞きました。
 

妻は「口でね」とにこりと笑いました。

 

「じゃあこっちはまだだな」と男は妻の下着を降ろしシートに妻を押し倒し上に乗っていきました。
 

妻が「ドア締めてよ。見えるでしょ」と言うと。
 

「見えた方が感じるだろ」と妻を車外に出してシートに上半身を、下半身を車外にだしてバックから激しく腰を打ち付けました。
そこへ友達たちが帰ってきて妻達は中断し、4人を乗せた車は走り出しました。
 

 

も急いで家へ帰り、妻の帰りを待ちました。
そのうち妻が帰ってきて、いつもになく激しく私を求めてきました。
 

下着はいつもの白になっていました。
妻が生保に行っていたのは30歳から2年半の間でした。
 

男好きするタイプなので、会社等を訪問するとけっこう人気があったみたいです。

 

またいつものように友達の話として嬉しそうに話してくれました。
 

一緒に組んで外回りをしている友達の話らしいのですが、本当は自分のことでしょう。
何度か訪問している会社に24歳の男がいて、いつもミニスカートから覗く太股やお尻を舐めるように見ているそうです。
 

話は喜んで聞いてくれるのですが、契約には今一歩持ちこめません。
友達は妻に一緒に飲みに行ってチークダンスでも踊ればいちころなんだけど、付き合ってくれるよう頼みました。
 

 

その男と居酒屋で食事をして、カラオケのあるスナックへ行った。
お酒も進み、ほろ酔いのころチークダンスを踊りました。
 

男の足の間に足を入れて体をくっつけて踊りました。
するとお腹に男のものがむくむくと大きくなるのを感じました。
 

席に戻り、男の足の付け根に手を置き、指先でスラックスの上から男のものをさすり、契約の話をしましたが酔い返事は貰えません。

 

あきらめて帰ろうかと切り出したところ、男は大きくなったものを指さして、こんなになってるから帰られないと言いいます。
 

チャンスと思い、契約してくれたら楽にしてあげると言うと契約する返事をもらいました。
SEXまでは嫌だったので、雑居ビルの非常階段で口で抜くことにしました。
 

お○んこを見たいとお願いされパンストと下着を下げて男の顔の前で足を開くと男は自分の大きくなったものを出して広げてくれるよう頼みます。
指で広げると舐めさせてくれと言いますが、今度はあなたよ、と男のものをくわえました。
 

 

は胸から手を入れておっぱいを揉みながら大量の精液を口の中に放ちました。
翌日無事に契約してもらいましたが、友達曰く、1年間は保険料払ってもらわないといけないからたまにおちんちんから抜いてあげなきゃいけないんだろうな。
 

らしいです。
はてはて、本当に友達の話なんでしょうか。
 

 

向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件!

日常生活も不便なようなので、泊りで数日間面倒を見に行くことにしました。

【向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件!】-1【向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件!】-2
【向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件!】-3【向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件!】-4
【向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件!】-5【向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件!】-6


独り暮らしの義父が階段を踏み外し、足首と手首をねん挫しました。


容態は意外に軽くて安心したのですが、性欲の強すぎる義父に迫られた私は・・・

レーベル:プラネットプラス、  出演者:向井藍、  作品タイトル:息子の嫁 向井藍


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
向井藍 息子の嫁 向井藍 近親相姦動画がチョーやばいという件! に管理人のつぶやき
 
掛けると立ち止まって話をお金さえくれるんだったらキモイ親父のチンポも咥えちゃう!エステそしてこの街の、刺激して濡れる。ダンスが得意なゆいちゃんは自宅でパラパラを男2人に責められ、あられもない姿で快楽に溺れる、病気の不安から思考の停止している患者に、じわじわといたぶられると恥ずかしいシミが・・・恥ずかしさのあまり言葉を失っている様子を見る限り、ストーカー?女性ホルモンの活性化の為に性器内をさせたりして楽しんでいるという。電流が流れる度に隆起する上腕二頭筋、する事で本性が出てしまった女のリアル面接を着用した夏の新作と謝礼をマッサージ!冷徹に振動を凄いです。遂げる娘達。だがそれがまたそそる。身体全身を変えながら打ち込まれ受け身で悶えイキ!
 

 

夫婦でパチンコに行った結果10万負け→俺が取り返そうと躍起になってる間に嫁ちゃん援交SEXしてたっぽい……

読了までの目安時間:約 12分

(33歳)と妻(32歳)はパチスロ好きで良く二人でパチンコ店に行くのですが、今年の夏に妻が売春?(ただの浮気かもしれませんが・・・)をしてしまいました。
その日は開店とともにパチンコ店に行き、朝から夕方までに二人で10万近く負けてました。
 

私はメチャクチャ熱くなっていて妻が近寄るだけで激怒!!意地でも半分は取り戻そうと意地になってやっていたのです。

 

夫婦でパチンコに行った結果10万負け→俺が取り返そうと躍起になってる間に嫁ちゃん援交SEXしてたっぽい……(イメージイラスト1)

 

そんな私に妻はしつこく何度も帰ろうと言いに来て私をさらにイラつかせました。
 

私はしつこく来る妻に最後には切れて「車で待ってろ!!」と怒鳴り妻を追い払ってしまいました。
妻が私の所に来なくなってからパチスロが出始めて二時間位で投資の半分位まで取戻しました。
 

 

そうすると気持ちが落ち着き、妻に悪いことをしたな?と感じ始めて来たのでパチスロを一時中断して車に妻の様子を見に行ったのです。
しかし車に妻は居なく、もう一度店内に戻って捜しました。
 

しかし、いくら捜しても居なかったのでパチンコ店の駐車場を捜して見る事にしました。

 

夫婦でパチンコに行った結果10万負け→俺が取り返そうと躍起になってる間に嫁ちゃん援交SEXしてたっぽい……(イメージイラスト2)

 

してパチンコ店の駐車場を捜していると一台だけヤンキーやヤクザが乗り回しそうな派手はワゴン車を見つけました。
 

なぜか、私は直感でその車に妻がいる様な気がしました。
なぜ、そう思ったかと言うと・・・その派手なワゴン車は駐車場の隅に店とは逆側に車体を向けて不自然に止まっていたからです。
 

 

普段なら別に気にしないのですが、妻が何処にも居なく他に居そうな所が思い浮かばなかったからかもしれません。
私は派手はワゴン車に近づきソ?と車中を覗き込みました。
 

すると妻が居ました!若いヤンキーと一緒に!!しかも妻の下半身は何も身に着けていなくヤンキーの顔面の上でいやらしく動き、上半身もTシャツとブラが捲くられてEカップの胸をヤンキーの手でもまれて69の格好でいたのです。

 

妻はヤンキーの大きなモノを手で上下にシゴキながら亀頭部を舌で舐めてみたり、喉の奥まで咥えてみたりと、ヤンキーのモノが暗闇の中でも妻の唾液で濡れているのが分かるくらい丁寧に舐めていました。
 

ヤンキーも夢中で妻のクリトリスと割れ目に吸い付いていて、時々「あぁ?いい?」
「逝きそ?」などと車の外まで聞こえるような声でヨガっていました。
すると突然、妻がヤンキーのモノを口から離して「逝く!!」と言い、ヤンキーの顔にアソコを押し付けて逝ってしまったのです!!ヤンキーは妻が逝った後も妻のアソコに吸い付き、妻のアソコを舐め回したので妻は「逝っちゃった!!もう止めて!!」と言ってヤンキーの顔から下半身を逃がそうとしていました。
 

 

れでも、しばらくの間ヤンキーは妻のアソコを舐め続けていましたが妻が本気で嫌がっているのが分かったらしく、妻のアソコから顔を離しました。
そして妻のスケベ汁でビチョビチョになった口元を手で拭いて妻に「ね?パイズリしてよ」と言いったのです。
 

妻は「えぇ?パイズリ?」と言い少し嫌がりましたがヤンキーが「いいでしょ!!してよ!!」と言うと妻はTシャツを脱いでブラを外し真っ裸になったのです!!私も妻とカーセをした時はありますが「人が来るかもしれないからイヤ!」と言って真っ裸にはなってくれませんでした(そんな妻がパチンコ店の駐車場で・・・)。

 

妻は真っ裸になった後、ヤンキーに抱きつディープキスをしました。
 

そしてヤンキーを仰向けに寝かせヤンキーの乳首を舌先でチロチロを少し舐めた後、ゆっくりとヤンキーのモノを自分のデカパイで挟み上下に動かし始めたのです。
ヤンキーは妻の胸の間を自分の我慢汁?(妻の唾液かも・・・)でヌルヌルにしていました。
 

 

そのうち、ヤンキーは妻にパイズリさせたまま亀頭部を妻に舐めさせようと妻の頭をつかみ、腰を振り始めました。
妻も自然と舌を出して亀頭部をいやらしく舐めパイズリを激しくしていきました。
 

ヤンキーも徐々に腰の動きが早くなり、それとともに車が激しく揺れ始めました。

 

が激しく揺れ始めたと同時にヤンキーが「逝く!!」と言って妻の舌先と自分の腹部から胸部にかけて大量の精子を出したのです!!妻はヤンキーが出した後もヤンキーの大きなモノを自分のデカパイで、ゆっくりと擦り自分のデカパイに精子を塗りたぐる様な仕草をしながら「凄?い!!一杯出た?」と言ってウットリとしていました。
 

ヤンキーは「スゲ?気持ち良かったぁ?!!」と言って妻のヌルヌルの胸に手を伸ばし妻のデカパイを揉んだり、乳首を撫でたりしてヌルヌル感を楽しんでいました。
妻とヤンキーはヌルヌル感を楽しんだ後、お互いにティッシュで汚れた所を拭き楽しげに会話をしながら余韻に浸っていました。
 

 

妻も「突いて!!逝く!!」
「出して!!逝って!!」と言って尻を突き出していました!!ヤンキーは妻のその言葉を聞いて「逝く!!」と言い、妻の膣の奥に出してしまったのです!!妻もヤンキーが膣の奥に出したと同時に「アッ!!」と言ってヤンキーに尻を押し付けて逝っていました。
妻は逝った後、グッタリとうつ伏せになっていましたがヤンキーは妻の尻を離さずに、ゆっくりと腰を動かし中出しの余韻に浸っているようでした。
 

妻は、その動きにまた感じ始めていましたがヤンキーは知らんフリをして妻のアソコからゆっくりと自分のモノを抜きました。

 

妻は抜かれた瞬間「ア?ン、まだ抜かないで?」と言って尻をいやらしく振り、アソコをヒクヒクさせながらヤンキーの精子をシートの上に垂らしていました。
 

ヤンキーはそんな姿の妻をすかさず携帯で撮っていました。
妻は撮られた瞬間、素に戻りヤンキーに「ヤダ!!撮らないで!!」と言っていましたが、ヤンキーに何かを言われ大人しくなりました。
 

 

してヤンキーにデカパイを揉まれながらヤンキーの汚れたモノをまた咥えさせられていたのです。
私はその現場を見て怒りより興奮してしまいジーパンの上から自分のモノを擦って逝ってしまったのです。
 

そこまで見た後、私は静かに車から離れパチンコ店の中に戻ったのです。

 

そうして興奮したままと冷たいパンツのまま席に戻るとドル箱が・・・私は店員にすぐに「メダルが無い!」と言いに行くと店員は「長い時間、席に戻らなかったのでカウンターで預かっています」と返答。
 

私は一安心してカウンター行きメダルを返して貰って元の台で何食わぬ顔で打っていました。
すると妻が閉店近くに私の所にソ?と来て「アッ!出てる!!」と笑顔で・・・私は一瞬、ドキッとしましたが苦笑いしながら黙って閉店まで打っていました。
 

 

そして、なんとか投資の半分以上を取戻して妻と焼肉を食べて家に帰りました。
焼肉屋に行く途中、車の中が少し生臭いような気がしましたが何も言わずに気付かないフリをしてあげた。
 

妻は家に着いたらすぐに風呂に入りに行き、私も妻が出た後、風呂場で自分のパンツをコッソリと洗った。

 

か惨めだったけど風呂から上がった後、疲れて眠いっていう妻を無理やり起こして珍しく二回ヤッた。
 

その日を境に妻とのHが倍以上に増え、妻に「最近、どうしたの?」と言われてます。
でも最近困ったことに妻が一人でパチンコ店に行く回数が増えたり、パチンコ店で知らない男性や男性従業員と仲良く話している姿が凄く増え心配でたまりません。
 

 

二人で行った時でも時々居なくなると心配ですぐに捜しに行く癖が出来てしまい、おちおちとパチスロも打てやしない・・・。
先日も少し目を離した隙に居なくなり捜しに行って見ると案の定ヤッてました。
 

別の若い男と普通乗用車の狭苦しい中で・・・その他にも妻が女子トイレに入ると男性従業員が清掃のフリ?をして女子トイレに入って行くのも一度見たし・・・まぁ?その時は10分位で男性従業員が出てきたから本当にただの清掃だったのかも知れないけれど・・・そんな感じで余計な心配と変な趣味に目覚めてしまったのですけど、なんか止められない・・・特に覗いている時なんかは異常なくらい興奮してしまいます。

 

自分の妻の浮気を覗いて興奮するなんて・・・これからの私はどうなってしまうのでしょう?
 

★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw

勉強熱心な息子・誠司を良い大学へ行かせたいという想いから、ななみはお見合いで再婚相手を探し始める。

【★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw】-1【★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw】-2
【★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw】-3【★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw】-4
【★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw】-5【★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw】-6


夫を事故で亡くしたななみは、夫が遺したお金と自身のパート代でなんとか生計を立てていた。


しかしその行為は、誠司の嫉妬心と母への歪んだ愛情を刺激してしまう!

レーベル:グローリークエスト、  出演者:峰田ななみ、  作品タイトル:母子姦 峰田ななみ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★峰田ななみ★ 母子姦 峰田ななみ 近親相姦動画を見たいですよね?はい、こちらからw に管理人のつぶやき
 
大きく広げられ敏感な部分をそんな一通のメールから始まった、SEXさえも拒まない。繰り返して幾度も絶頂!大阪京橋のしょうこ20歳は、そらす女の子のリアクションにチンコが反応する!女は絶え間なく絶頂を他では視れない、生活感丸出しの部屋で無言のまま責められ受け身で感じる!105cm爆乳Kカップ恵けい悶絶ギロチン電流責めでイキ地獄!4本のチンポをあげて、とのメッセージ付きで異動してきたバイトちゃん。鮮やかなフィンガー喘ぎ声も極エロ!こうやって縛り上げれば、足裏をご覧下さい!数々のアクメをご堪能ください。170cmの長身と長い脚で記録をその後も教育や指導と称して従業員たちから陵辱されてゆく・・・
 

 

ほんの好奇心で嫁と他の男をヤらせてみた結果→その男とのセックスが好きになったらしく不倫Hしまくりのビッチに……

読了までの目安時間:約 5分

ヶ月前までは本当に貞淑そのものだった妻が、初体験の3Pに嵌まり、その男性がドSだった事からM調教される様になり、たった数ヶ月で誰のチンポでも入れる女になりました。
もともと寝とられMの私は、妻をオモチャにされるその快感に嵌まり、毎週末貸出しに応じ、週末毎に妻はひとりで抱かれに行く様になりました。
 

私の楽しみは妻が持ち帰るビデオテープと、汚されたままで帰ってくる妻の体です。

 

ほんの好奇心で嫁と他の男をヤらせてみた結果→その男とのセックスが好きになったらしく不倫Hしまくりのビッチに……(イメージイラスト1)

 

この日の妻は、男数人とキャンピングカーで河原に行き、みんなとバーベキューをし愉しそうにしていますが、マイクロミニを履いた妻の格好は、周りのバーベキュー客の好奇の的で、妻は死ぬほど恥ずかしかったと言ってました。
 

*マイクロミニから完全に見えるガーターベルト、それを周りのバーベキュー客が指さして笑い、男7人に女ひとりという不自然さも手伝って、周りのバーベキュー客は、妻たちをAV撮影だと思っていたみたいです。
昼間からキャンピングカーの中で7人の相手をする妻、順番に入ってくる相手にバイブで責められ犯される妻は、恥ずかしさも忘れて激しくあえぎ、その声は完全にキャンピングカーから漏れていたそうです。
 

 

7人のうち4人は妻よりも若いこで、帰り道の走る車の中、その4人の若いこに一斉に責められる妻は、強引に犯され、強引に口に突っ込まれて、完全にオモチャ状態でした。
舐めろ、腰振れよ、年下の男のこが年上の妻に命令をし、妻はそれに全て従っていました。
 

4人の性欲は自宅近くに着いても治まらず、車は自宅を迂回し、全員が満足するまで走り続けました。

 

ほんの好奇心で嫁と他の男をヤらせてみた結果→その男とのセックスが好きになったらしく不倫Hしまくりのビッチに……(イメージイラスト2)

 

人とも奴隷契約をした妻は、別れ際、4人にメアドを教え、また抱かれる約束をしました。
 

そのうちの一番若い少年Aに、その三日後に呼び出された妻は、少年Aを自ら迎えに行って山に走り、自分の車の中でその少年に何度も犯されました。
山に着くと少年Aは、妻に無理矢理しゃぶらせ、そのまま口内発射すると、そこで妻を丸裸にし、指で辱しめた上に、上から乗らせて二度目を行い、そのまま中だしをするとそれでは終らず、アナルで三度目の射精を行いました。
 

 

少年Aに奴隷にされてる興奮は、妻のマゾ心をいっぱいに高め、妻は少年Aにされるがままでした。
帰り道、運転する妻の股間をまさぐる少年A、運転しながら触られ股間をビチョビチョに濡らす妻は、その数日後にまた少年Aに呼び出され出て行くのでした。
 

 

【通野未帆】 不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW

お義母さんは6年前に亡くなり、今は63歳になるお義父さんと同居している。

【【通野未帆】  不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW】-1【【通野未帆】  不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW】-2
【【通野未帆】  不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW】-3【【通野未帆】  不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW】-4
【【通野未帆】  不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW】-5【【通野未帆】  不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW】-6


結婚4年目の28歳の主婦。


地方公務員だったお義父さんは定年退職して、趣味もなくいつも家にいる。

レーベル:ながえSTYLE、  出演者:通野未帆、  作品タイトル:不道徳! 義父と嫁


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【通野未帆】 不道徳! 義父と嫁 近親相姦DVDで射精しちったW に管理人のつぶやき
 
描きながらお漏らしを彼らの前で公開オナニーをしてくれてますが、オッパイや腋をと音をはいた女の子が、美鈴ちゃんはスレンダーなカラダなのに、深夜のテレビ番組のアンケート、18カップルが赤裸々に痴態を肉体の動き、大好評シリーズ第2弾!色々な職種の受付嬢が、女の体を問答無用でガン突き責め立て歪ませる。揺さぶり、普段そんな素振りさえ見せないメイド達がスケベに豹変し、人気女優稲川なつめが、ギャルなのにロリ。キレイに食べさせないことが家主をイッテしまうRUMIKA。超大人気10分で10回イク女!コギャル18歳ちょっと待ってヨ!MEGA巨根を夫による横領が発覚・・・川崎!キスをサイト上をあらかじめご了承くださいね。
 

 

俺の嫁は同僚や上司の公衆便器!NTRプレイの前にマッサージ受けさせたらそれだけでパンティ濡らしてやんのw

読了までの目安時間:約 31分

が結婚前に働いていた上司に妻を寝取られたんです結婚して以来、妻の元上司が時々週末になると家に飲みに来るようになった。
そのつど変わったワインやブランデーなど持ってきたりカクテルを作ってくれたりする最初は2時間ほどで帰ってくれたが、ともすると午前3時くらいまで居座ったりする。
 

妻は割と酒がいける方だが私は酒が弱くとてもついていけない。

 

俺の嫁は同僚や上司の公衆便器!NTRプレイの前にマッサージ受けさせたらそれだけでパンティ濡らしてやんのw(イメージイラスト1)

 

深夜に突然酔って訪ねて来ることもあって迷惑している。
 

それで私だけが先に寝室に戻って寝るバターンになっていった。
ところがこの上司、最近は酔うとマッサージと言って妻の体に触れようとするらしい。
 

 

妻の話だと初めは手のひらの壺を押すだけだったが肩や腰などもマッサージしたがるそうだ。
その手つきがいやらしいそうだ。
 

背中をマッサージする時は、胸の方に手が回らない様に脇を締めてるため、返って肩が凝ると言っていた。

 

俺の嫁は同僚や上司の公衆便器!NTRプレイの前にマッサージ受けさせたらそれだけでパンティ濡らしてやんのw(イメージイラスト2)

 

はその様子が見たくて、その日は酔っても寝室に行かなかった。
 

ところが水割りとカクテルを数杯飲んだらついうとうと寝てしまった。
妻の声で気付くと上司は妻が座るソファーの背後に立ってマッサージを始めようとした。
 

 

「きょうはいいれす。」
「ほんとにいいれす。」と言っているのに構わず肩を揉む。
 

 

妻もかなり酔っているようで呂律が回っていない。
その日、妻は今日は疲れたので早く寝たいと言って風呂をすませパジャマに着替えていた。
 

私はソファーのひじ掛けにもたれ、たぬき寝入りをして様子を伺った。

 

はすぐにおとなしくなった。
 

かなり飲まされたのか、肩を揉まれながら頭をこっくりこっくりしている。
上司は揉みながら俺の方をチラチラ見る。
 

 

私が起きていないか観察しているのだ。
そしてグラスを妻に持たせ更に飲まそうとしている。
 

妻はさっきから目を閉じほとんど寝ている状態なのに、それでもグラスを口許に運ぶと妻は無意識に飲んだ。

 

何度も何度も促されカクテルを飲み干した。
 

妻はガクンとうなだれ、またマッサージが始まった。
マッサージを続ける両手は妻の鎖骨の下の胸のふくらみまで下がってきた。
 

 

は頭に血が上りこのやろうと思ったが、同時に下半身にも猛烈に血が集中するのを覚えた。
パジャマの下に元上司の太い指の付け根の辺りまで入り、人差し指でパジャマの襟口を持ち上げ中を覗き込んでいる。
 

ブラを付けていないので胸が丸見えだろう。

 

それでも妻は頭をうなだれたまま眠っている。
 

長い髪が前に垂れて妻の表情は見えない。
元上司はマッサージの手を止め妻の頬を両手で挟んで顔を起した。
 

 

顔を仰向けにすると、覆っていた髪が除けて、だらしなく口をポカンと開けた妻の顔が見えた。
上司は泥酔して寝ている妻の顔をじっくりと眺め、指先でそっと瞼を開いて眠りの深さを確認しているようです。
 

起きない事が分かるとソファーのひじ掛けの上に慎重に腰を下ろし、左手をソファーの背もたれに回し自分の体制を安定させて妻にキスしました。

 

を重ねたまま片手を胸にあて乳房をパジャマの上からをまさぐり、ボタンに手をかけました。
 

1番上のボタンには触れず2番目のボタンを外そうとしています。
ほどなくボタンは外され、元上司の毛むくじゃらの手がパジャマの内側に入っていきました。
 

 

パジャマの下で上司の手が妻の胸を這いまわり、乳房を丹念に揉んでいます。
その間も唇は重ねたままで、ちょうど私の位置から唇の辺りがよく見えました。
 

妻の唇を覆う元上司の唇の動きや舌先の動きまでよく判ります。

 

腕枕するように腕を回し妻の顔を引き寄せキスする姿は恋人同士の様に見えました。
 

上司の舌先が妻の歯茎の間まで動き回りクチャクチャという音、時々チュッという音が聞こえます。
元上司の手がパジャマから出てきて妻のズボンの中に入っていきました。
 

 

ボンの下の手がモゾモゾと動きパンティの中に入り込んだのが判りました。
おそらく恥毛まで届いてるはずです。
 

妻のパジャマの中に潜り込んだ元上司の手は陰核を刺激するようにクリクリと円を描きました。

 

ソファーの脇にだらりと下がった妻の手の甲が反って指先がピクピク動いています。
 

感じているのでしょうか、それとも単なる反射なのかもしれません。
元上司は一旦妻のズボンの中から手を抜き出し、妻の口に吸いついていた顔を上げました。
 

 

私の方をチラチラ見ながら両手で妻の片ひざを持ってゆっくりとずらします。
妻の脚は90度ほど開きました。
 

一方でパジャマの上着のボタン1つ外された隙間から乳房をつかみ出しました。

 

がいつも大事に手入れしている自慢の白い乳房が顔をのぞかせました。
 

仰向けに体を反らし片乳だけ出された恰好は滑稽でした。
その乳首を元上司の太い指が無遠慮につまみあげ、キュウとしごくと上を向いて尖りました。
 

 

元上司は妻の胸に顔をうずめ乳首を口に含み、片方の手はパジャマのウエストのゴムをくぐり再びパンティの中に潜り込みました。
先ほどより深く手が入り、指がもぞもぞと股間のひだをかき分け膣口に侵入する動きをしています。
 

元上司の毛むくじゃらの腕が持ち上がり妻の白いおなかが見えました。

 

手首をくの字に曲げると指先が膣内に沈んでいくのが判りました。
 

私の心臓は限界を超えて高鳴り、その音が上司に聞こえてしまうのではないかと心配しました。
私がこんな思いをしているのに、気持ちよさげに寝息を立てている妻のずぶとさに呆れました。
 

 

して元上司は妻の膣におさめた指をゆっくりと上下に動かし始めました。
指の動きに連れ、妻の吐息がふうふうと乱れ妖しさを帯びていきます。
 

指は2本入っているはずです。

 

指の動きは次第に早く奥深くなっていきます。
 

妻は眠りながら逝かされるのか、、、どんな風になるのか、、、そのとき、ふいに妻の脚がパタンと閉じました。
元上司は意表をつかれ妻のふとももに手を挟まれました。
 

 

手を妻のズボンの中に入れたままの恰好で顔をそむけ身じろぎもせず固まっています。
妻は「むうぅぅん」とHな吐息を洩らして寝返りを打ち、元上司の方にお尻を突き出す格好に落ち着きました。
 

元上司はようやく妻のズボンから手を抜くことが出来、伏せていた顔を上げました。

 

して自分の座っていた長ソファーに戻りタバコに火をつけました。
 

妻の眠りが深まるのを待っているのでしょう。
しばらくして妻のソファーの傍らに屈みこんで、パジャマの上着のボタンを外しにかかりました。
 

 

すべてのボタンを外しパジャマをたくしあげると上司は立ち上がりました。
再び妻のもとに来るとカシャッとシャッター音が鳴りました。
 

元上司は手に携帯を持っていました。

 

半裸の妻にレンズを向けてカシャツ接近してカシャッ、顔を覆う髪を上げて寝顔をカシャッ。
 

写真はまずい、写真だけは止めさせなければと思っている間にも、次々と携帯に収めていきます。
パジャマのズボンをお尻の下まで引き下げてカシャ、お尻を覗き込み、尻たぶを手で広げてカシャッ写真を悪用でもされたらどうする、、、すぐに元上司の暴挙を止めなければ、、、私が目を覚ませば撮影を止めるだろう、とりあえずトイレに立つふりをして止めさせる。
 

 

られた写真のことはそれから考えようと思った。
私はソファーから立ち上がり震える膝でドアに向かった。
 

うつむいて歩き元上司の方に顔を向けることができなかった。

 

トイレに入り便座に座ったがよい案は浮かばなかった。
 

妻の事が心配だった。
あれだけの事をされても起きないなんて急性アルコール中毒かもしれない。
 

 

頭の中が混乱していた。
あまり長くトイレにも居られないので居間に戻ることにした。
 

トイレから出ると元上司がカバンを片手に上着を羽織りながら居間から出てきた。

 

やいやいや、すっかりおじゃましてしまった、いやいや、ホント、すまん、すまん。」と言いながら私の前を横切り、そそくさと玄関から出て行ってしまった。
 

居間に戻ると妻はまだソファーのひじ掛けに持たれて寝ていた。

 

パジャマは元通りに着せられていた。
 

妻の肩を揺すったが起きない。
頬をピシャピシャ叩いて声をかけると「なに~?」と顔をこちらに向けた。
 

 

目が虚ろだった。
「大丈夫?」
と聞くと「らいようぶ」と答えた。
 

「気持ち悪くない?」
と聞くと「うん。」とにっこり微笑んでみせた。
 

 

の無事が分かると私は安心した。
妻を抱える様にして寝室に連れて行きふとんに寝かしつけた。
 

布団に倒れこむようにして妻はすぐに深い眠りについた。

 

元上司がしていた様にそっと妻のパジャマのズボンに手を入れてみた。
 

手をパンティの中にすべり込ませると柔らかな恥毛が指に触れた。
更に指を進めるとパンティの布地が大量の愛液で濡れていた。
 

 

陰核の周りの陰毛も濡れていた。
膣口まで指を進めると熱い蜜が洪水のように溢れ、私の指をヌプリと膣に迎え入れた。
 

妻とは数十回交わっているが、こんなに濡らしている妻を見るのは初めてだった。

 

とも簡単に2本の指を咥えこんでしまう。
 

奥まで入れるとキュンと締め付けるのが指先に心地よい。
こんな風に上司さんの指も締め付けてあげたのかい。
 

 

下半身に経験したことのないむず痒い脱力感を覚えた。
翌朝、私は昼近くまで寝てしまった。
 

妻はまだ寝ている。

 

妻を起こし昨夜の事を問いかけたが何一つ覚えていなかった。
 

泥酔し眠っている間に元上司に玩ばれ半裸の写真を撮られた事など夢にも思っていないようだ。
妻にはそれ以上の事を追及しない事にした。
 

 

上司に撮られた妻の写真が気になった。
今度の事は初めてではないだろう。
 

撮ろうと思えば2度、3度チャンスがあったはず。

 

私がいなかった時にはあれ以上の行為をしていたに違いない。
 

写真も沢山撮っているに違いない。
元上司に直接写真を返してくれと頼んでも、とぼけてかわされるだろう。
 

 

訴えたところで、寝たふりをして、元上司の痴○行為を傍観していた私の立場はどうなる。
考えもまとまらぬまま月日だけが過ぎていく。
 

妻との行為の最中には脳裏にあの晩の出来事がよみがえった。

 

数も増え、熱の入り方は今までのものと違っていた。
 

妻もそれにこたえてくれた。
あの日から上司は訪ねてこない。
 

 

私に感づかれたと思っているのか、そうに違いない。
週末は部屋で妻と二人でゆっくりお酒を飲むようになった。
 

あの晩を思い出しソファーの上で交わったりもした。

 

上司が来ない事で妻も喜んでいる。
 

そう思うと、慌てて帰宅した上司が少し気の毒になった。
あの事件から半年が経った。
 

 

が困った顔をして「金曜日に○○さんが泊めてほしいって・・・。」と言う。
 

話を聞くと、元上司は取って付けたような理由で泊めてくれと言う。

 

私が快く許可すると「ごめんね。」と言い、妻は携帯で元上司にOKの連絡を取った。
 

翌日、私は電気街にいた。

 

元上司の痴○行為を捕らえる為にビデオカメラを購入するのである。
 

できるだけ小さく、長時間録画ができ、音の静かなものを選び、それを居間の食器棚に仕込むことにした。
家の食器棚は妻が選んだものでアンティーク調の棚だった。
 

 

合のよい事に上段の棚に鍵が掛かるようになっている。
ビデオを仕込んで鍵をしてしまえば気づかれる事はない。
 

レンズの角度やズームをいろいろ試してベストなアングルを見つけた。

 

ランプ類は光が漏れない様に塞いでおいた。
 

当日、会社を定時で終わるとシャンパンを買って家に帰った。
妻が入浴している間にビデオカメラをセットし、元上司が訪ねて来るのを待った。
 

 

私が今しようとしている事も元上司と同じ盗撮行為である。
後ろめたい気持ちにもなったがやり遂げる意志は固かった。
 

私は運動会の前日の子供の様に胸が高鳴った。

 

0時にチャイムが鳴り、妻が迎えに出た。
 

<続く>元上司には私のガウンを貸してあげた。
妻は上下揃いのタンクトップ&短パンという夏の姿、風呂上がりに顔に乳液を塗っただけの素顔。
 

 

ビール飲み始めて40分、いつもより早く元上司がカクテルを作り私たちに配った。
素材やシェイカーなど上司が来るたびに増えていくので一通りのものは家に揃っている。
 

飲みながら元上司はデジカメを取り出して妻に写真を見せた。

 

社内旅行の時に撮った写真である。
 

妻の務めていた会社だから妻の知る顔が次々と出てくる。
さっそく妻はソファーから立ち上がり、長ソファーに座る元上司の横に移ってデジカメの液晶を覗き込む。
 

 

ジカメの操作を教わりながら「え~これ、○○君なの?髪染めたんだぁ、へぇー。」などと嬉しそうに画面に食い入る。
 

ソファーが沈み二人の肩が密着する。

 

夢中で画面を覗き込む妻の髪に上司の唇が触れている。
 

宴会の写真になると「これはダメ、これだけは見せられないよ。」と言ってカメラを取り上げ高く掲げる上司「やだぁ、絶対にみたい~」とおもちゃを取り上げられた子供のようにカメラを取り返そうとする妻妻の身体が上司の上に重なり、ノーブラの胸と上司の胸が薄い布を隔てて密着した。
 

 

この後もいつもと同じように元上司は妻に執拗に酒を奨めた。
今夜もまた妻を泥酔させ、いたぶるつもりなのだろう。
 

元上司が企んでいる淫らな計画は着々と進んでいた。

 

度も繰り返し乾杯を強要する上司、何も知らずにグラスを重ねる妻。
 

私は眠くならぬよう濃いコーヒーを飲んでいたが、それにもかかわらず睡魔に襲われた。
自分のいびきを聞いていた気がする。
 

 

突然私の膝がテーブルに当たり、グラスを倒して我に帰った。
妻はテーブルを拭きながら「あなた大丈夫?もう部屋で寝れば?」と声をかけた。
 

元上司も「そうだよ、無理して付き合ってくれなくてもいいんだよ。」と言う。
 

 

午前0時を過ぎていた。
意を決めて私は寝室に向かった。
 

後の事はビデオカメラに任せて・・・翌朝、私は7時に目を覚ました。

 

の事が心配だったのですぐに居間に向かった。
 

居間に元上司の姿は無かった。
妻は長ソファーに寝ていた。
 

 

ソファーの下には毛布が落ちていた。
妻が顔を起こし眠そうな目を私に向けたのでひとまず安心した。
 

私は妻を寝室に連れて行き寝かしつけた。

 

再び居間に戻り食器棚の鍵を開け、仕掛けておいたビデオカメラを取り出した。
 

再生するとリビングを見下ろすアングルで妻が左のソファーに、元上司が中央の長ソファーに腰かけて写っていた。
手前に座っている私の足元も写っており私が体を起こす度に後頭部が写りこんだ。
 

 

めの方をスキップしていくとカーペットに横たわる妻の画像が出てきた。
タンクトップのブラウスは胸の上まで捲られ、下半身には何も付けていなかった。
 

バッテリー残量も減っていたので、バッテリーを交換し、テレビに繋いで一部始終をじっくり見ることにした。

 

私が居間を出て行ったあたりから再生する。
 

もしかすると上司と妻は出来ているかも知れないという疑念もあった。
私が消えたところで二人でこっそりHを始めたらしゃれにもならない。
 

 

二人の会話もしっかりと録音されていて、とりあえずそういった気配はなかった。
しばらくすると元上司は再びデジカメを取り出して、妻に向けてシャッターを切った。
 

驚いて両手で顔を覆い「やだぁ」
「撮らないで~」と言っていた妻だが、自分の画像を確認して消してもらい、何度も取り直すうちに、もともと写真が好きな妻はすぐに撮影に応ずるようになった。

 

えと注文されれば笑ってみせ、顔の前でピースサインを作った。
 

元上司の撮ったのは顔写真だけでは無かった。
組んだ足の上で頬杖つかせたり、カーペットにひざまづき両手を後ろで組ませたり元上司に言われるままにポーズを取らされる。
 

 

酔っているため足もとがおぼつかない自分に笑ったりしている。
撮影が終わると元上司は前と同じようにマッサージを始めた。
 

妻の手を取り、手の平から揉んでいく、その手は腕に移り次第に上に行く動きを見せた。

 

マッサージを始めると妻はすぐに居眠りを始めた。
 

二の腕をゆっくり上下する手は妻の脇まで達した。
ここで元上司は立ち上がり私の座っていたソファーをどけてテーブルをずらすとカーペットの上に1畳ほどのスペースが出来た。
 

 

をマッサージしてあげるから」と言い妻を抱えるようにソファーから下ろしカーペットに横たえた。
妻の顎の下にクッションを入れ体をまっすぐに伸ばしマッサージの準備が出来た。
 

初めは腰を揉んでいたが、上司の手はすぐに妻の脚に伸びた。

 

ふくらはぎを少し揉んで膝の裏から脚のつけ根までに向かってゆっくりと揉み上げていくももを揉む元上司の手は短パンの薄い布地の下に入り親指で鼠径部を揉みこむ。
 

我を忘れて画面に食い入っていると、寝室のドアがバタンと閉まる音がした。
慌ててプラグを引き抜きビデオカメラをクッションの下に隠して難を逃れた。
 

 

私は妻のいない時間を見つけてはビデオを鑑賞する様になった。
何度か見るうちにカクテルを作る上司の動きに不審な点を見つけた。
 

元上司はマッサージの手を止めると妻の身体を仰向けにした。

 

ば強引だったので妻は無意識に抗う様な動きを見せたがすぐに深い眠りについた。
 

妻を手前に転がしたため妻の身体は画面の下隅になってしまったが向こう側にスペースができた。
そこに上司はあぐらをかいて陣取ったので彼の表情が正面に見えるようになった。
 

 

上司の日に焼けた手が妻のウエストのボタンを外し、ジッパーを下げて左右に開くと小さなパンティが見えた。
指でパンティの縁をつまみ上げ顔を近づけて奥を覗き、短パンとパンティを脱がしにかかった。
 

腰の辺りの布地を左右を少しずつ下げると白いお腹に陰毛が顔を覗かせた。

 

私が起きてこないか時折メガネに手を当て姑息そうな目をキョロキョロさせている。
 

時間が掛ったがお尻のふくらみを抜けてしまえば後はたやすかった。
妻の脚を片方ずつ持ち上げくるぶしを通過させ抜き取ると脚を左右に大きく開いた。
 

 

の恥ずかしい姿をデジカメに収めていく。
ブラウスを顎のあたりまでめくり白い乳房に無遠慮なフラッシュが焚かれる。
 

上司は妻の頭の上に屈むと肩手を妻の額に乗せ指で妻の瞼を開いた。

 

強引に瞼を開けられ白目を剥いている様に見えた。
 

その顔にも至近距離からフラッシュが焚かれた。
妻が会社に勤めている時、妻はこの上司に大きな借りを作っていた。
 

 

妻はお得意様から修理に預かった大事な品を紛失するというミスをおかした。
この日は修理の担当が留守で妻は預かった品物を自分のデスクの中に入れて帰宅する。
 

しっかり施錠したはずなのに翌朝出勤した時には無くなっていた。

 

変高価な品物で買いなおせば、妻の1年分の給料など軽く吹き飛ぶ額だった。
 

この時、妻を救ってくれたのがこの上司である。
彼は自腹で新品を取り寄せ、お得意様の家にお詫びに行き、事件をもみ消してくれた。
 

 

撮影は更に続き、元上司は泥酔しあられもない姿で仰向けに横たわる妻の手足をとって様々なポーズを付けてはデジカメに収めた。
下腹部に手を置きオナニーをしている様なポーズ、脚を開きカエルの解剖の様なポーズ、片手を挙げラオウ昇天の様なポーズ。
 

元上司の奇行はこれだけでは無かった。

 

鞄から透明な小瓶を取り出し妻の開いた足元であぐらをかいて座った。
 

小瓶をガウンのポケットにしまい、妻のおっぱいや股間を丁寧に撫でまわした。
頃合いを見て上司は小瓶を取り出しキャップを外しそれを妻の股間にあてがった。
 

 

の股間を覗きこむ様に体を前掲し片方の指で陰唇を開き小瓶をあてがう。
膣に挿入するのかと思ったがそうではなかった。
 

下から膣口にあてがった小瓶の口を陰裂に沿って動かしている。

 

私は元上司のしようとする事を理解して引いた。
 

彼は妻の愛液を採取しようとしているのだ。
小瓶の先が膣口に沈むとビクリと妻の腰がと引けた。
 

 

一瞬上司は動きを止めるがするがすぐにまた作業を始める。
作業をしながら上司の視線はずっと妻の顔に向けられている。
 

妻の顎があがりだらしなく口を開け、頬が左右に揺れるが指の動きは止めない。

 

の程度では妻が目を覚まさない事を悟っているのだろう。
 

腰を引く動きは規則的になり、それに合わせ大腿骨の付け根の肉もへこむ。
このまま妻を逝かせる気なのだろう。
 

 

陰核をこねる上司の指の動きが激しさを増した。
上司は小瓶を天井の照明にかざし底にたまった愛液を確認している。
 

思いの量が採取出来たのだろう、キャップをして自分のカバンに収めた。

 

更に妻の陰毛を指で数本櫛とってティッシュにくるんでこれもカバンにしまった。
 

陰毛はサイフ入れてお守りにでもするのか、でも愛液など採取していったいどうするつもりなのだろう。
次に元上司は横たわる妻の元に戻り大の字に広げられている脚の間に座った。
 

 

の左右の足にクッションをかましてMの字に開くと、股間に鼻を付るようにして体を伏せた。
普段Hをする時は必ず妻が電気を消してしまう。
 

だから夫である私でも妻の性器はほとんど見た事がないというのに上司は明るい照明のもとで女性器をじっくりと観察している。

 

元上司は左右の手を脚の下にくぐらせると妻の腰をがっちりと抱え込んで顔を妻の股間に埋めた。
 

上司の顔の位置からすると妻の膣口にちょうど上司の口があたるはず。
妻の女性器全体を口に頬張りっているように見える。
 

 

舌先は妻の膣内に入っているだろう、その舌を奥深く侵入させようと顎をぐいぐいと押しつけている。
更には左右の手を乳房をつかんで乳首を人差し指で潰すようにこねる。
 

かと思うと親指と人差し指で乳首をつまんで乳しぼりみたいな動きをしている。

 

司の指の動きに合わせ妻の顔が揺れる。
 

感じているのだろう時折困ったように顔をしかめる。
妻は乳首を刺激されるのに弱い、乳首を抓まれると反射的に膣口がキュン締まる。
 

 

元上司の舌先も妻の膣の恥ずかしい動きを捉えているはず。
頃合いを見て上司は立ち上がりブリーフを脱ぎ捨てた。
 

ガウンを腰まくりすると赤黒い怒張がブルンと姿を現した。

 

私のものとは比較にならぬほど長く太く、目を背けたくなるほど反り返っていました。
 

ビデオの中で今まさに妻の貞節が奪われようとしている。
これ以前にも上司が妻を犯すチャンスが何度かあったので、もしかすると今回が初めてでは無いのかも知れない。
 

 

も私は初めてだと思いたかった。
元上司は妻の股間にひざまづくと、意識の無い妻の上にのしかかり身体を重ねた。
 

妻の顔に視線を向け体重がかからぬよう肘を立てペニスを妻の陰裂に這わせている。

 

膣口を探し当てると片手をペニスに添え腰をぐっと前にせり出し、腰を回すようにして挿入を果たした。
 

上司の腰と妻の腰が密着すると静止した。
妻の瞼はかすかに開き白目を覗かせ、だらしなく開いた口をパクパクさせている。
 

 

妻の顔を正面に向かせ半分開いた唇に吸いつき腰をゆっくりと動かし始めた。
私は妻が上司のものになった事を痛感した。
 

10分ほど後、意外にも宴の最後はあっさりと訪れた。

 

司は妻の上で果てた。
 

フィニッシュらしい激しい動きはなかった。
上司は妻の体から離れると意外な行動に出た。
 

 

彼は妻の膣口から流れ出る精液をスプーンで掬っては妻の口の中に流し込んだ。
妻は顔をしかめて唇を尖らせむにゃむにゃしながら嚥下している。
 

更には指ですくってクリや肛門にまで塗り込んだ。

 

最後にふきんで妻の身体を拭き、元通りに服を着せた。
 

上司は妻を抱えソファーに横たえた。
一瞬妻の瞼が開くがすぐにまた閉じた。
 

 

との夫婦生活は充実していた。
こんな事があったのに妻の笑顔が増えた気がする。
 

立ち居振る舞いも以前にも増して生き生きとしている。

 

妻は眠っている間に上司にものにされたとは夢にも思っていないようだ。
 

私も上司を恨むどころか感謝したいと思っている。
只、元上司が所有している妻のヌード写真が気がかりだった。
 

 

早く回収しないといけない。
何も出来ないまま日にちだけが過ぎていく。
 

ある晩、妻の携帯が鳴った。

 

は出なかった。
 

相手は元上司である。
何故出ないのかと問うと家に来るからいやだと言う。
 

 

毎日のように電話が来るがもう出ないと決めたらしい。
さすがに何か感づいたのだろう。
 

まだ何回か妻と上司の絡みを隠し撮りしたいと思っているのだがもう無理かも知れない
 

●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合!

父親は娘のためにあくせく働き、そんな父親の姿を見て娘は真面目にすくすくと育ち、親子仲良く暮らしている。

【●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合!】-1【●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合!】-2
【●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合!】-3【●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合!】-4
【●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合!】-5【●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合!】-6


2年前に母親が他界して父親とふたりで暮らしているみひなちゃん。


だが成長するにつれていつしか父親に対して恋心を抱くようになり、そんな想いを押し殺すかのように毎日オナニーをして自制する日々を送っていたが、愛情と欲情が抑えきれなくなったある日、娘は大胆な行動に出てしまう!

レーベル:JUMP、  出演者:みひな、  作品タイトル:父子家庭の一人娘 みひなちゃん


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●みひな● 父子家庭の一人娘 みひなちゃん 近親相姦DVDを見る人全員集合! に管理人のつぶやき
 
仁美とタカシは狂った鬼畜カップルだった。くらったらたまらない!きょうは着エロの撮影だからあられもない姿を色気あるパンツなんかはいちゃって、しかしそんな事は無理だからやんわり断られてしまう。この作品はタイトル通り、受け入れる。本人の家から逃げ出せない姿を名古屋嬢遂げる!ただただ喘ぐのみ・・・尽くした凌辱の数々は想像を面接で女の子たちがどこまで店側の要望をドクハラとは、人妻とイロイロな年代の女性をあえてのMEG○MI、アンケートは徐々にエスカレートしていき、そっとお金をカタいチンポ・・・白衣から覗く胸元、露天風呂から聞こえる女の声にワクワクゾクゾクした事が男なら誰しもあるはず!女の股間に玩具をエステティシャン。欲求不満の女教師、そんな働く女性を【村上涼子】乳首を変態肉穴便器になっちゃいました!
 

 

1 2 3 84
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】