告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

冴えない男でモテない先輩に妻を貸し出して幸せな夫婦体験をさせてやった話

読了までの目安時間:約 18分

冴えない男でモテない先輩に妻を貸し出して幸せな夫婦体験をさせてやった話【イメージ画像1】

 
近の出来事です。
先輩の小滝さんに一日夫婦体験をさせた時の出来事を書きます。
 

小滝さんは、私が入社した当時、同じ職場にいた4つ年上の冴えない男性です。
 
は良く言えば慎重派で、悪く言うと仕事が遅い“出来ない系“なんです。
 

そんな小滝さんは、実はPCオタクでPC・スマホに関する事は何でも知っていて何度も相談した事があり、その事がキッカケで彼の部屋に行き来する仲になりました。
彼の部屋は、ネット・PC雑誌と一緒にアダルト本やエッチなDVDがワンサカ・・・。
 

 

冴えない男でモテない先輩に妻を貸し出して幸せな夫婦体験をさせてやった話【イメージ画像2】

 
度も貸してもらっていました。
実際、彼と交流してみると、結構いい人で嫌な事を言われる事も無く、気さくな感じなんです。
 

一緒に食事に出かけても、かなりの確率でおごってくれます。

んな小滝さんとも8年の付き合いになりました。
 

男は皆エッチ大好き!嫌いな人はいないと思います。
ただ、彼はちょっとマニアックな感じでけっこうド小滝さんでしょうか?しかも身長180cmの長身ですが、顔はイマイチでカエル顔!もう35歳になるけど、一度も女性と付き合った事が無いんです。
 

みの女性を隠し撮りし、PCで顔だけを張り替え全裸の女性にして楽しんでいるんです。
(ちょっとヤバいマニア・・)話しは戻り、2年前に私は妻(2つ年下)と結婚しました。
 

妻からの提案で、結婚直後にはマイホームを購入し借金生活(普通ですが)。

供は、生活が安定してからと言う事で、まだ作っていません。
 

(私も妻もエッチでしたので、夜の営みを楽しみたかったと言う事もありますけど・・・)マイホーム購入後、半年位でしょうか?小滝さんを自宅に招いたんです。
彼は、良かったねぇ!と言ってくれたんですが、妻を見るなり“いい女“と一言・・・。
 

を飲むと、別人の様に女性(妻)と話す小滝さんに驚きを感じました。
彼女居ない歴35年とは言え、風俗で女性を経験済みなので、チェリーでは無いのは確か!キャバクラに行く事もあると言うから、女性慣れはしているのでしょう?昼間の社内の彼からは想像もつきません。
 

そんな彼を妻も“面白い人ね“と好印象!それがキッカケで、妻と3人で一緒に飲む事があったんです。

る日、私は小滝さんの部屋に遊びに行った時です。
 

パソコンでネットを見ている時、何気に内部に保存されている加工データーが気になり、小滝さんに断りなく見てしまいました。
最新と書かれたフォルダを開いて驚きです。
 

の加工写真がズラリ・・・しかもかなりエッチな感じに加工されていたんです。
怒りと言うよりも興奮に近い心境でした。
 

次々と妻の淫らな姿が・・・実際の物ではないのは分かっていましたが、彼の細工に掛ると本物に見えてしまいます。

かも、彼自身の生写真でしょうか?妻と繋がる画像までもがあったんです。
 

それに映る彼のチンポは大きいんです。
本物なのか?気になりました。
 

い!それ見ちゃったのか!・・・消すから許してくれよな!ちょっと出来心で・・・」
「良いっすよ!加工なんだし!小滝さんのこれ本物っすか?」
「あ~恥ずかしいなぁ・・・それは本物だ」
「マジっすか?デカいっすね」
「お前にそんなこと言われても嬉しくないよ」
「まぁ、そうでしょうけど・・・俺の嫁、好み何んっすか?」
「そうだな正直、今一番かな?」
「ん~そうなんだ」
「俺も、お前の嫁さんみたいな女性と夫婦演じてみたいよ」
「そうっすか?普通ですよ」
「お前は、贅沢なんだよ・・・彼女最高だと思うよ」
「ん~、今度夫婦体験してみます?」
「良いのかよ!そんなこと言って・・」
「一日夫婦?まぁ嫁に聞かないと駄目ですけど・・・」
「頼むよ・・・そこのDVD全部貸してやるよ」
「いいんっすか?でもエッチな事は・・・まぁいいか!小滝さんカメラ設置してもいい?」
「カメラ・・・通信で見れる、あれ?」
「え~状況を把握です」
「じゃ、後で設置しておくよ」そうして、私は小滝さんの部屋の中を監視できるようにしたんです。
私は妻に、小滝さんの事を話してみると「小滝さんが夫婦っていいなぁって言いだしてさぁ、1回体験してみたいって言うんだ」
「そうなの?確かに彼女も無く、1人暮らしは淋しいだろうしね」
「だろ!しかもお前の事凄く気に入っててさぁ、お前が奥さん役だったら最高だろうなぁって言うんだよ」
「そうなの!まぁ悪い気はしないわね・・・・小滝さんそんな目で見てたんだ!!!」
「どうだ!1日だけ夫婦体験させてみないか?」
「ん~夫婦体験かぁ・・・いいけど、何するの?」
「そうだね・・・まぁ1日一緒に居て、普通に俺と一緒に居る様な感じで良いんじゃない?」
「ん~普通って難しいけど・・・まぁいいか!小滝さん面白い人だし、楽しそうだから」
「いいのか?本当に」
「いいよ!あなたは何してるの?」
「俺は家でゴロゴロ?」
「ん~そうなんだ!じゃ私が彼の部屋に行って生活すればいいのかな?買い物でも付き合って貰おうかな?」
「良いんじゃない・・・」あっさりした感じで、妻は了承してくれました。
 

まぁエッチは無いと思っているんだと思う。

ッチな事は何も言えなかったし、まぁそんな事には成らないと私も思っていました。
 

小滝さんに連絡すると、物凄い喜び様でした。
土曜日の朝、妻は出かける準備をして、ちょっと綺麗な格好で気合を感じられます。
 

ゃ、行って来るね・・・夕食は適当に食べてね」
「ん~小滝さんによろしく」妻はいつもと変わらない感じで、出かけて行った。
妻が出かけると、私はパソコンを開き小滝さんのカメラと通信を繋いだんです。
 

画面が立ち上がり、部屋の中が伺えます。

滝さんは居間と寝室、キッチンに設置していた様で、どれも抜群のポジションに設置されていました。
 

暫くして、妻が現れたんです。
「どうぞ・・・いや~嬉しいですよ」
「そうお?夫婦体験って言ってもね・・・」
「いいんです。奥さんと一緒に過ごせるだけで・・・」
「まぁ嬉しい事言ってくれるのね。小滝さんは」
「今日は、小滝さんで良いです。奥さんは・・・」
「ミナでいいですよ」妻は、小滝さんの部屋に入るとキョロキョロと見渡し、落ち着かない様子でした。
 

濯でもしましょうか?」
「良いんですよ。そんな事・・・」
「いいからいいから」妻は立ち上がると、脱衣場へ向かいました。
 

そして洗濯機を回し始めたんです。

滝さんも落ち着かない様子で、パソコンを操作しているんですが、妻の様子が気になるのか?顔は何度も脱衣場へ向けられていました。
 

暫くして“ミナ、ちょっとタバコ買ってくる“そう言って部屋を出て行ったんです。
彼が居なくなった後、妻も居間に戻って来ると“彼、パソコンオタクって言ってたっけ・・・“とパソコンの画面を覗いていました。
 

してマウスを動かし中を見始めたんです。
少しすると、妻の表情が変わり見る見る内に顔が赤らめて言ったんです。
 

きっと妻の加工画像を見たんでしょう!「何!ヤダ~・・・これどうして?」妻は加工技術なんて知りません、きっと本物だと思っているんでしょうか?「え~凄い・・・小滝さんってこんなに大きいの・・・」妻は小滝さんのビックチンポに驚いて居るんでしょう!画面に顔を近づけて見ていたんです。

ょっと驚いたのが、妻が画面を見ながらおまんこに手を伸ばしたんです。
 

しかも明らかに指を動かし、感じている様でした。
「駄目ね・・・こんな所で・・・でも凄いわ!こんなの入れられたら」
「ん~あ~いい~私何してるの・・・」妻が玄関口を見て、小滝さんが来ない事を確認しパンティを脱ぐと直におまんこを触り始めていました。
 

~気持ちいいわ!小滝さんの家でこんな事するなんて・・・私は淫乱ね」
「ハァハァ、こんな淫らなミナを見て・・・私どうしたの?・・・身体が熱いわ」
「彼に見られているみたい・・・生の巨チンポ見てみたいなぁ・・・あ~駄目・・・」
「どうしてだろう!見られたらマズイのに、見て欲しいって思っちゃう・・・こんな淫らな姿を見せて見たいの・・」
「ハァ~・・・イキそうだわ・・・こんな所でイク何て・・・変態みたい」妻の指の動きも激しくなり、逝くんだと思いました。
妻と結婚し2年も経ちますが、妻がオナニーをしている所など見た事もありませんし。
 

そんな妻の淫らな姿が、私の何かを変えて行くのを感じました。

んな時でした。
 

“ガチャ“と音がして小滝さんが戻って来たんです。
慌てる妻が、必死にパソコンの画像を消し元の状態にしていました。
 

一髪!小滝さんが気づく事は無く、慌てる様に「小滝さん早かったのね・・・」と脱衣場へ消える妻でした。
小滝さんも何か異常な空気を感じているんでしょう?妻の後姿をジロジロ見ていました。
 

その時、私は気づいたんです。

ーブルの下の方に妻のパンティが落ちている事に・・・。
 

もちろん、小滝さんも直ぐに気づきパンティを手に、ジィ~っと見ていました。
そして、妻の方に目を向けながら、パンティの匂いを嗅ぐ小滝さんは、最高の笑顔でした。
 

滝さんがパンティをポケットにしまうと、“なぁ!ちょっと外に散歩にでも行こうか“と妻を誘ったんです。
「散歩?外に行くの?」
「あ~天気も良いし、公園にでも行こうよ」妻は、パンティを探している様子で、小滝さんの辺りをチラチラ見ているんです。
 

小滝さんは、立ち上がると、妻の手を取り“さぁ行こう!“と玄関の方へ向かいました。

の後ろ姿を見ながら、私は小滝さんが妻のお尻に触れているのが分かったんです。
 

玄関を出る2人が気になって仕方ありません・・・。
PCの電源を入れたまま、私は彼の家の近くの公園に向かったんです。
 

いて15分、公園に着くと2人の姿がありました。
ベンチに座る2人は、何かを話している様ですが聞こえません。
 

私も近くに近寄り身を隠したんです。

ると小滝さんが立ち上がり、近くのブランコに行き妻を手招きで誘っている様でした。
 

妻も渋々ブランコに近寄ると座ったんです。
小滝さんが妻の後ろから押し出すと、妻は前後に揺れ始め次第に大きく揺れ出したんです。
 

れと同時に、妻のスカートはヒラヒラしながら捲れ上がり始めました。
「もう!いいよ、お願い止めて・・・」
「良いじゃないか!子供の頃、こうして遊んだでしょ」
「そうだけど・・・そんなに揺らされると怖いわ」
「怖いんだ!ミナ可愛いこと言うね」そんな最中、妻のスカートはドンドン捲れ上がり、太腿が半分位まで見え始めていました。
 

「お願い・・・止めて」
「じゃ、止めるよ」小滝さんは、妻の腰の辺りを掴み、一気に揺れを止めるとワザとらしくスカートの裾も捲ったんです。

だ!・・・」捲れ上がったスカートから、陰毛がみえていました。
 

「ミナ、パンティ履いていないのか?エッチだな」小滝さんは、急いで妻の前にしゃがむと、妻の陰部を覗きこんだんです。
慌てる妻は両手をブランコから離し、捲れたスカートを直そうとした瞬間でした。
 

ランスを崩し、後ろに倒れる様にブランコから落ちたんです。
ちょっと頭をぶつけた妻が“痛~い“と言っていましたが、体制はでんぐり返し状態で、スカートも捲れ上がり下半身丸出しで、小滝さんにはおまんこもアナルも丸見え状態になっていました。
 

「ミナ!綺麗なおまんこだな!エッチな汁も出ているじゃないか!」
「見ないで・・・小滝さんヤダ・・・」小滝さんは妻の両足を掴むと大きく開き、顔を近づけ舌を這わせたんです。

目よ!汚れているから・・・そんな事しちゃヤダ!」ほんの数秒の出来事でしたが、私には数分にも感じる位、長い時間でした。
 

本来なら、出て行って小滝さんを殴っているんでしょうけど、妻のオナニーを見てから私は何かを期待していたと思います。
そんな光景を見ながらも、興奮で勃起していましたから・・・。
 

滝さんが妻を抱き起こすと、“部屋でオナニーでもしていたの?パンティも履かないで・・・“と妻に問いかけています。
妻は顔を赤らめながら、“違います“と首を横に振っていました。
 

「ミナ、パソコンの履歴見れば全てわかるんだよ。正直に言った方が良いよ」
「えっ・・・何もしていません」
「ん~旦那にノーパンだった事言っても良いんだよ!しかもパソコンの履歴からミナがしていた事分かっちゃうけど」
「・・・・ごめんなさい!ちょっとエッチな画像見て・・・オナニーを」
「やっぱりしてたんでしょ!じゃ続き見せて貰おうかな」
「えっ・ここで」
「そうだな!じゃ、あのトイレでどう?」妻は、諦めた表情で小滝さんとトイレに向かったんです。
 

っちだよ!」
「えっ、男トイレで・・・」
「そうだよ!その方が興奮するんでしょ」渋々妻は男トイレに入ると、小滝さんに言われる様にスカートを捲り上げ、おまんこに指を這わせていたんです。
「恥ずかしいわ!こんな所でオナニーなんて・・誰か来たら」
「早く逝く所見せてくれれば、終わりにしてやるよ」
「でも・・・」
「じゃ、俺のイチモツを見せてやる」小滝さんの言葉に妻の表情が変わるのが分かりました。
 

小滝さんが、ズボンのファスナーから半立ちのチンポを出すと、妻は食い入る様に彼のチンポを眺めた。

い大きいのね!半立ちでこの大きさなんて・・・」
「あ~何でか分からないけど・・・濡れちゃうの・・・」
「もっと、もっと乱れるんだ!感じていいんだぞ」妻は彼の膝元にしゃがみ込んで、おまんこを弄るとピチャピチャと音がトイレに響いていた。
 

妻は次第に激しさを増し、トイレの手洗いに片足を上げると、小滝さんに見せる様にオナニーを続けていた。
妻の姿にすっかり見入ってしまっていた私は、トイレに近づく人気に気づくのが遅れていた。
 

0代後半位の男性がトイレに近づいていたのだ!小滝さんも妻も気づいていないだろう・・・老人がトイレに入ると直ぐに驚きの表情を浮かべたんです。
目の前で女性が下半身剥き出しで、オナニーをしているんですから当たり前です。
 

妻は慌てて、オナニーを止めたんですが、“続けて・・・“と小滝さんに言われると、渋々老人の目を気にしながら続け出しました。

うぞ!用を足してください」小滝さんは老人にそう言いかけると、老人も我慢していたのか?直ぐに小の方に立ち、しょんべんを始めていました。
 

妻は老人のその姿を見ながらクチャクチャと音を響かせ、やがて“駄目・・・逝きます“と声を上がていました。
「逝ったのか?」
「はい!じゃ、これを咥えて・・・」妻は、待っていたかのように彼のチンポを咥え、舐め始めたんです。
 

人は用を終えても、その場に立ちつくし妻達を見続けていました。
そして、小滝さんは“逝きそうだ!“と言い妻の口から抜くと、トイレの床に精液を吐き出したんです。
 

妻を連れ2人は、帰路に着くと老人はトイレの前で茫然と2人を見送っていました。

も急いで家に帰ると、再びパソコンの前に座ったんです。
 

 

【広告】

★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ!

大手メジャーメーカーから大々的なデビューを飾った彼女は選ばれた女優だった。

【★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ!】-1【★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ!】-2
【★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ!】-3【★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ!】-4
【★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ!】-5【★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ!】-6


2017年7月、グラビアの中の少女が脱いだ。


2021年、彼女は年内での引退を決意する。

レーベル:玉屋レーベル、  出演者:、  作品タイトル:ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★ver.知名度狩リ2 ~グラビアの少女 最後の密着7日★ 辱めサンプルがタマラナ過ぎるゾ! に管理人のつぶやき
 
未練をとビックリ。その姿もかわいいんです!監禁要求する。ストレス発散の為?そこに監督がやってきた・・・素人だからこそ!顔射!いっぱい精子かけてー!隠せない覆面達。凌辱の数々。
 

 

夫が帰ってこず寂しく過ごす新妻が旦那以外の男に絶頂させられてしまった体験談(7)

読了までの目安時間:約 16分

夫が帰ってこず寂しく過ごす新妻が旦那以外の男に絶頂させられてしまった体験談(7)【イメージ画像1】

 
アソコも触って欲しいだろ。」孝一は露骨な物言いをする。
 

「いや…」乳房を弄んだ手が焦らすようにゆっくりとお腹に降りていく。
 
ョーツの上を指先が滑っていく。
 

「クックッ、エッチな下着…」形良く盛り上がった柔丘が、ショーツの上から揉みほぐされる。
それからさらに下の方へと進んでいく。
 

 

夫が帰ってこず寂しく過ごす新妻が旦那以外の男に絶頂させられてしまった体験談(7)【イメージ画像2】

 
…んんっ!」美佳の最も敏感な部分に指先が触れた瞬間、美佳の腰がびくん、と大きく弾んだ。
ショーツ越しに柔襞の合わせ目がなぞり上げられる。
 

「へへ…濡れてるよ、すごく…パンティが湿ってる。」濡れたショーツが、ぴったりと柔襞に張り付いている。
 

こを何本かの指の先でいじられる。
刺激された小さな陰芽が固く隆起して、指が触れると大声を上げてしまいそうなほどの快感がある。
 

(そ…そんなこと…されたら…)美佳は必死に声を押し殺した。

一の手が太腿を滑って膝の裏側を掴み、持ち上げる。
 

美佳の脚は膝を立てた格好になった。
そうさせながら孝一は体を起こしたようだ。
 

佳の足の方に移動している。
美佳の片足がソファーから床に落ちて、太腿は半開きの格好になった。
 

「もっと脚を開いて…。」膝頭の辺りから聞こえてくる孝一の声は興奮しているせいかかすれていた。
 

佳は羞恥に耐えながら、少しづつゆっくりと脚を開いていく。
陰部への愛撫が再開される。
 

孝一は濡れたショーツを美佳の一番敏感な部分に押しつけたり、指先で美佳の入口に食い込ませたりした。

見てるんだわ…触りながら…)「…ああ…」羞恥心が危険な陶酔に変わっていく。
 

もうどうなってもよかった。
もっと猥褻にいやらしくいじめられたい。
 

う思い始めていた。
「美佳さん、濡れてるだろ…。」孝一は憎らしいほどに美佳の心理を見透かしていた。
 

を覗いていたせいなのかもしれない。
「これも脱がされたい?」
「…いや…ああ…」いつしか美佳は鼻にかかった甘えるような声を漏らしていた。
 

「裸にされたいだろ?」グッ、と指先が食い込んでくる。

佳にはもう抗う気力がなかった。
 

小さくうなずく。
「じゃあ、そう言ってみて。」
「え…」さすがに戸惑いがある。
 

佳は息を吸い込んだ。
「…脱がせて…。」
「よし、それじゃあ腰を浮かせて…。」孝一の言葉に従うと、ショーツが降ろされた。
 

れた女の部分が外気に触れて冷やりとした。
片足が持ち上げられ、ソファーの背もたれの上にかけられる。
 

床に落ちたもう片方の足もさらに開かれた。

佳は大きく脚を広げ、一糸まとわぬ全裸を晒した姿にされているのだが、目が見えないと実感が湧いてこない。
 

「丸見えだよ、奥さん…。グショグショになってる…。」
「…ああ…」卑猥な言葉が、美佳の妖しい陶酔を煽る。
 

の方はピンク色だ。濡れて光ってる。」(見ないで…!)脚を閉じたいのに、どうしても力が入らない。
 

んな格好のまま何もされないのがたまらなく切ない。
「舐めてほしいだろ。」
「い…いや…」孝一が両方の手の平を美佳の太腿の内側に押し当てた。
 

こが押し広げられる。
「美佳さんのアソコ、ヒクヒクしてる…」
「ああ…恥ずかしい…」
「すごくきれいだ。」
「おねがい…見ないで…」
「舐めてやるよ。」
「だめ…ああっ!」孝一の舌の先端が美佳の濡れた肉蕾に触れた瞬間、美佳はたまらず大きな声を上げた。
 

中に激しい快感が走った。
「あっ…ああ…ああっ…」意識が薄れていく。
 

美佳は甘い声を漏らし続けた。

一はそこを舐め、音を立てて吸った。
 

美佳が腰を浮かすと、孝一は美佳の中に舌先を埋めた。
「あんっ…!」体の奥から熱い蜜が溢れていく。
 

れを孝一が舌ですくい取るようにしゃぶる。
「美佳さん、アナルも感じるんだよね…。」孝一の舌が美佳のもう一つの穴の方に降りていった。
 

っ…そ…そこは…いやっ!」美佳はとっさに体を固くする。
孝一は舌の先でそこをチロチロと舐めた。
 

「フフフ…」孝一が忍び笑いをしている。

っただろ、奥さんのことはよく知ってるって。旦那がしてること、全部見てるんだから…」夫の健介が、美佳の菊門を舌で愛してくれることがある。
 

初めはとても恥ずかしくていやだったのだけれど、だんだんにその奇妙な感覚と激しい羞恥に性感が高まるようになった。

れを、この若い男は知っているのだ。
 

「あああっ!」美佳は全身を弓なりにのけぞらせた。
腰が震え、せり上がった。
 

ク…こんなに感じちゃって…」声が近づいて来る。
次に何をさせられるのか、美佳にはわかっていた。
 

唇に熱く硬いものが触れる。

一の猛り狂った淫茎だった。
 

立ち昇っているフェロモンが鼻をつく。
「さ、しゃぶって。」
「ん…」美佳はためらうことなく、それにしゃぶりついていった。
 

っつもね、奥さんがそうやって旦那のオチンチンしゃぶってんの見ながらオレは自分の奴をしごいてたんだ。でもさ、思ってたんだぜ、いつか奥さんにこいつをしゃぶらせてやるってね。」
「ああ…言わないで…」健介のものを唇で愛しているときのことが脳裏をかすめる。
 

一の男根を舐めながら、どうしてもその形状を健介やマスターのものと比べてしまう。
孝一のそれは美佳の知らない異様な形状をしていた。
 

竿の部分は細いのに、先の方が大きく張り出しているのだ。

う…美佳さん…すごいよ…」孝一は呻きながら、美佳の陰部を愛撫する手を休めなかった。
 

乳房も揉みしだかれていた。
「あ…ん…う…」美佳は舐めながら甘い吐息を漏らし続けていた。
 

一の異様に張り出した先端部を咥えこんだ。
断差になっている部分を舌で舐める。
 

刺激されたそれはときどきビクッと跳ねるように反応する。

う…ん…」今にも爆発しそうなほどに硬く張りつめた孝一の肉塊のゴツゴツとした表面が、美佳の舌先に触れ、その感触が疼きとなって下腹部に伝わっていく。
 

淫裂の奥から熱い蜜が溢れてくるのがわかる。
「んんっ…!」蜜壷に指が入ってきた。
 

いた腰がブルブルと震えた。
秘宮の内側の粘膜が刺激され、全身に突き通るような快感が襲ってくる。
 

指の細さがもどかしい。

あ…私…)美佳の口を犯しているこの奇怪な肉棒を挿し込まれたい。
 

マスターと孝一の、強いフェロモンを嗅がされ、美佳の秘裂はもう充分すぎるほどに潤んでいる。
クチュクチュと音を立てて孝一の指がせわしく抽送を繰り返し、快感と、物足りなさとが同時に増幅される。
 

まらなくなってきたろ…」孝一の声に、美佳は屹立を口に含んだままうなずいた。
孝一は美佳の口から男根を引き抜くと、美佳の上にのしかかった。
 

蜜泉の入口に、砲身が突きつけられる。

どうしてほしい?」孝一はそこで、動きを止めた。
 

(ああ…そんな…)この期に及んで、孝一は、まだ美佳を焦らすつもりなのだ。
「…あ…ん…お…おねがい…」美佳の下肢が妖しくうねる。
 

じわる…あ…しないで…あんっ…」孝一の剛直の先端が、美佳の肉蕾をこすり上げる。
「言いなよ、美佳さん。どうしてほしい?」
「ああ…い…れて…」
「もう一度。」
「ああ…恥ずかしい…」
「ずっとこうしてるか?」
「いや…ああっ…ねえ…」
「じゃあ、言って。」
「あうっ…い…入れてっ…!」
「ククッ…」孝一は笑い声を漏らして美佳の両足を抱えると、腰を突き出した。
 

あっ…!」濡れそぼった膣肉は、たやすく孝一の剛直を受け入れた。
孝一がしゃにむに腰を振り立てる。
 

深く貫かれる悦楽に美佳は、肢体を反らせて身震いした。

っ…あ…あんっ…」孝一の若い性欲に責められ突き上げられるたびに、美佳は甘く泣くような声を上げた。
 

孝一の動きに合わせるように、腰が動いてしまう。
その腰が掴まれ、さらに深い部分に剛棒の先端が当たる。
 

々しく張りだした部分に、美佳の中の粘膜が擦られている。
豊かな双乳が揺れる。
 

「あああっ…だ…だめ…」頭の中が白くなり、何度も意識が遠のきそうになる。

佳さん、気持ちいい?」
「あ…ん…気持ち…いいっ…!」夢中で叫んでしまう。
 

愛からかけ離れた淫らな行為に、目が眩むほどの快感があるのだ。
厳しい母親に育てられてきた美佳の道徳感や倫理感は、もろくも吹き飛ばされてしまっている。
 

た、させてくれる?」
「え…そ…それは…ああっ…」いくらなんでも、そんなことはできない。
美佳は人の妻なのだ。
 

わずかに残った理性で、美佳は首を振った。

んなに感じるのに?」孝一は息使いこそ荒かったが、むしろ楽しげな声だ。
 

「ああっ…おねがい…それ…だけは…許して…」美佳はすすり泣くように喘ぎながら、哀願した。
美佳を突き上げる孝一の動きが、さらに力強くなった。
 

佳の秘孔深くにある敏感な部分が、孝一の雁首に抉られる。
「ああんっ…」美佳は我を忘れて声を上げた。
 

「ねえ、美佳さん、いいでしょ?またヤラせてくれるよね?」孝一はしつこく訊ねる。

頂の寸前まで昇っている美佳にはまさに拷問だった。
 

肉欲に負けてしまう自分が口惜しいけれど、理性の限界が近づいている。
(お願い…イカせて…)美佳はあろうことか、高く上げた両脚を孝一の腰に巻きつけた。
 

一が律動を止めたのはその瞬間だった。
「あんっ…」媚びるような甘えた声を漏らして、美佳は身悶えた。
 

「またヤラせるって、約束してくれたらイカせてやるよ。」不良っぽい、ふざけているような口調で、孝一が言う。
 

あ…わかったわ…約束する…だから…」
「だめだよ、ちゃんと『またヤラせる』って言わなきゃ。」
「ま…また…させて…あげる…ああ…約束…するわ…」
「何をさせてくれるの?」もう、何もかもわからなくなっていた。
 

(健ちゃん…ごめんなさい…でも…)美佳は目隠しをされた闇の中で、湧き上がる官能の渦に抗がうことができなくなった。

あっ…ま…また…セッ…クス…させて…あげる…」
「へへへっ…よし…」その美佳の言葉を待っていたかのように、孝一の律動が再開される。
 

「ん…ああっ…!」美佳の細い裸身が反り返る。
もどかしさから解き放たれた淫欲が、体じゅうを駆け巡った。
 

して口にしてはいけない言葉を言ってしまったことで背徳への呵責が新しい悦楽となり、最も深いところまで貫かれた肢体の中心部で燃えさかっている。
「ああっ…だめ…もう…わ…私…」一気に絶頂の高みへと押し上げられる。
 

目隠しをされた瞼の闇の中に、眩しい閃光が差し込み、体が浮き上がる。

重力の世界に投げ出されるような不安に、全身が緊張する。
 

太腿が激しく痙攣し、膝も足首もまっすぐに伸びる。
「あっ…あ…あっ…イッ…ク…!」呼吸が止まり、聴覚が失われる。
 

ての筋肉が限界まで張りつめ、それから急速に脱力へと向かう。
その美佳の白い躰を、孝一の両腕が力強く抱きしめる。
 

五つほども歳下の男に抱きしめられ、しかし美佳は包まれる安堵感を感じてしまっていた。

…あん…」孝一が、またゆっくりと動き出す。
 

美佳は陰夢の世界に呼び戻される。
「舌を出して…」孝一が、妙に大人びた優しげな声音で命じる。
 

あ…怖いわ…)これ以上の快楽、そしてこれ以上の恥辱を知ることがとても恐ろしい。
だが、美佳は孝一に言われた通り、小さく舌を出した。
 

キスをされる。

おしむような口づけだった。
 

舌先が吸われる。
その舌に絡むように、ざらっとした舌が入ってくる。
 

っ…?)違和感があった。
美佳の朦朧とした意識の中に、大きな不安が広がった。
 

視覚を奪っていた黒い布が外された。

っ!」部屋の中の明るさに目が慣れた瞬間に、美佳は悲鳴にも似た声を上げた。
 

すぐ目の前に、マスターの顔があったのである。
「マ、マスター!」部屋を出ていったはずのマスターの手には、ビデオカメラが握られていた。
 

っふっ…そんなに気持ちいいか、美佳…。」マスターがビデオカメラを構える。
 

美佳は息を呑んだ。

部、撮らせてもらったよ。孝一にはまたセックスさせてやるんだって?」
「ああっ…ひ…ひどい…」美佳はイヤイヤをするように激しく首を振った。
 

「さんざん感じてたくせに、それはないだろ?」にたつきながら、マスターはレンズを美佳の下肢の方に向ける。

一の剛棒が、美佳の媚肉を抜き差ししている。
 

「いやっ…撮らないで…」目まいがした。
気が遠くなる。
 

く目をつぶった。
あまりの衝撃に、美佳の精神は耐えることができなかった。
 

う…ん…」美佳はそのまま、深い闇の中に落ちていった。

 

【広告】

★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw

衣服をはぎ取られケープの中を全裸にされシャンプー台に拘束されたまま電マアクメ!

【★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw】-1【★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw】-2
【★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw】-3【★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw】-4
【★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw】-5【★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw】-6


洋服越しでもわかる爆乳女性客は男性店員に目をつけられてしまう。


全裸であることに完全にハマってしまった女は再度自ら店を訪れる!

レーベル:電脳ラスプーチン、  出演者:吉根ゆりあ、  作品タイトル:恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★吉根ゆりあ★ 恥ずかしがりながら何度もイカされる爆乳女 吉根ゆりあ 辱め映像で発射しますタw に管理人のつぶやき
 
狙うは極上級の新潟美人!責めつづけて!吹かせてやる!たわいない話・・・ヒクヒクさせ悦ぶ。速攻でお店へと向かいました。刺激され続ける。見てるだけじゃ収まらない!どうにかしてSEXしたい!非情な顔で泣き喘ぐ。
 

 

出会い掲示板から知り合った彼女に浮気されたがそれによって絆が強くなりました(2)

読了までの目安時間:約 13分

出会い掲示板から知り合った彼女に浮気されたがそれによって絆が強くなりました(2)【イメージ画像1】

 
れでも幸子はフォローにならないフォローを俺にしてくれてた。
「幸子もいけるように努力するから」
「幸子ね、やっぱり前もいってなかったように思う・・」
「幸子はセックスでいけることより和樹に愛されてることが幸せ」・・全部俺にはうつろに聞こえた・・・やっちゃいけないと思いつつもセックスのたびに前彼のことを聞いた。
 

幸子はすごく嫌がったが、「全部聞かないとなんか嫉妬が収まらない、全部話してくれ・・絶対に何も隠さないでくれ。聞けば落ち着くしそれで怒ったりしない」としつこく言うと「あんまり覚えてないよぅ」と言いながらほとんど正直にしゃべってくれた。
 

 
あ、教授と社長(前彼二人です)はどっちのほうがセックスはよかった?」
「うーん・・・教授かなあ・・初めてが彼だったし・・」(ちなみに教授といっても教授ではないです・・念のため)「社長よりよかった?どこが?」
「覚えてないよぅ・・ただ、社長は乱暴で、教授は優しかったかな・・」
「幸子はいくときどんな感じ?」
「うーん・・わけがわからなくなる感じかなぁ」
「教授はね、触れるかどうかって感じで触ってきて、幸子が『欲しい・・』って言うまで絶対に入れてくれなったよ・・」
「で・・ゆっくり、少しずつはいってくるの・・でもねおおきいからいっぺんには入らないのね・・ただ、彼のが入ってくるとそれで幸子のなかはいっぱいいっぱいで彼は動かさなくても、もう幸子は支配されてる気持ちになってたよ」俺はこういう話を聞くたびに嫉妬で頭がおかしくなりそうで欝な気持ちになったが・・それと同時にちんこはかちかちになった。
幸子もそれに気づいて「ねえ和樹・・すごく固いよ・・」と咥えた口をはなし、俺に言った。
 

もうひとつの俺の欝の理由は幸子のフェラはもちろんいろんな奉仕が異常にうまいことだった。
 

出会い掲示板から知り合った彼女に浮気されたがそれによって絆が強くなりました(2)【イメージ画像2】

 
の横からはじまり、さおや先っちょまで本当においしそうになめる。
 

当然前彼に仕込まれたのかと思うと嫉妬でおかしくなりそうだった。
しかも・・俺は幸子を満足させてない・・とにかく幸子は前彼二人に徹底的に仕込まれてた・・本人は当たり前と思ってしているのだろうが、清純そうで子供っぽい外見からは想像もできないような奉仕を俺にしてくれた。
 

ず、俺に愛撫されるよりも、幸子は徹底的に俺に奉仕をしてくれる。
シャワー浴びるよりも先に、体中をそれこそなめまくってくれる。
 

一番驚いたのは、靴下を脱がしてくれた上で足の指を一本一本咥えて「おいしいよ・・和樹・・」とくりっとした愛らしい目で見つめながら指の間までぺろぺろとなめてくれる・・最初は(まあ・・今でも嬉しい)悦びばかりだったが、こんなこと本にも書いてないだろ!?と思うと・・・前彼にもしてたのか・・そんなことばかり考えてた。

子・・・そうやって足の指なめてやったら、前彼もよろこんだろ?お前みたいに可愛い女にそんな風にされたら誰でもよろこぶぞ」
「・・うーん・・(ぺろぺろってなめながら)なんかね、最初の彼(教授)は結構足の匂いがくさかったんだよぉ・・だから嫌だったけど喜んでくれるし会うたびに最初にさせられててなれちゃったぁ・・」・・・やっぱる鬱だ・・聞くだけで嫉妬で死にそうになった・・「どうしたの和樹?・・やっぱり聞くの嫌なんでしょ?もう言わないよ~~」・・そういう幸子におれはなんでもない顔して「ぜんぜん嫌じゃないよ聞けて安心した」なんて嘘をついてた・・本当はこのころは嫉妬でいっぱいだった俺はどうしても幸子と前彼の関係を許容できなかった。
 

・・・何よりもおれにひけめがあったんだとおもう。
なにせ・・俺を含めてたった3人の経験でおれだけ幸子をいかせられない。
 

かも、幸子はめちゃくちゃ可愛いのに、前彼に仕込まれてすごくエッチだ。
・・・どう考えてもいつか誰かに寝取られる・・そんな恐怖があった。
 

だからどうしても、いかせたかった。

のうちセックスのことばかりで頭がいっぱいになってたんだと思う。
 

幸子とも少しギクシャクしてきた。
そろそうだろう。
 

緒にいるだけで幸せ」といい、映画を見たり食事に行ったりするのが幸子の希望なのに、俺は幸子をいかせることしか考えてないんだから。
挙句の果てに「一年以上前に別れた」とはいえ大学に行けば前彼がいる。
 

大学に行って遅くなると嫉妬で怒りがこみ上げ、バイト(前彼のところはやめてたが)に行って遅くなると「誰かとあってないか・・・」と疑心暗鬼になってる俺。

んな俺に幸子は一生懸命に「心配ないよ。和樹だけが大好きよ」と言ってたが俺の態度がそんなんじゃ、幸子も限界だったんだろう。
 

そのころは、幸子がバイトで遅くなる日以外は毎日のように俺たちはあってた。

かも会うたびにセックスをしていた。
 

俺は必死で幸子を喜ばそうと大丈夫か?と思うくらい激しく突きまくっていた。
ただ・・俺の過去の経験では、もっとまたーりと愛撫を交えたり、言葉攻めしたりしながらセックスをするほうが女は喜ぶものだと思ってたんだが・・幸子は相変わらず、ねっちこく俺を愛撫して体中に舌を這わした上で最後は激しい挿入を望んだ。
 

のたびにおれは前彼たちに比べた自分のちんこの大きさにあせりまくってた。
そんな気持ちが、幸子とささいな喧嘩に発展した。
 

2,3日電話もせず、もちろん会うことも無くすごした。

だ4日目ぐらいには幸子から電話で「ごめんね・・・和樹・・」と謝ってきて、また同じ日々。
 

そして喧嘩。
また連絡もとらない日々、そして謝罪・・そんなことが3、4回あっただろうか。
 

のあってない日になにをしてたか、あんなに何でも俺に言ってくれてた幸子が(幸子は前彼たちに嫉妬する俺のために、毎日なにがあったかを次にあったときに話してくれてた)まったく話してくれなかったが、俺もそんなこと聞けばまた喧嘩になるしまあ・・信じたかったしで聞かなかった。
ある日幸子の部屋でセックスの後またーりしてたら、幸子にメールがあった。
 

幸子はそれを読んでいつもはしない行動をとった。

・携帯の電源を切ったんだ。
 

されもさりげなく。
おれは・・・嫌な予感がした・・そして聞いた。
 

のメール誰?」
「うん?友達だよ」
「友達ってA子、B子?」
「うーん、和樹の知らない子だよ」
「ふーん・・そっかあ・・」
「なあ・・昨日とか一昨日とかなにしてたの?」
「別に・・・ぼっとしてたよ、家で」おれはかまをかけた。
「昨日さ、真夜中に電話したんだよ。そしたら留守電になってたよ」もちろん嘘だ。
 

っ・・?電話ならなかったよ・・」
「何時ごろ?もう眠ってたんだよ。」いつもは何時にかけてもおきて電話を取る幸子が??おれはものすごーーーーく嫌な予感がした。
 

俺は覚悟を決めてこういった。

あ、今の携帯のメール見せて」今まではもちろんそんなこと言った事も無い。
 

「ええっ・・・嫌だよ・・」
「どうして?べつにいいじゃない」
「だめぇ・・・そんなことよりも、幸子またぺろぺろしたくなってきちゃった」そういいながら俺のパンツに手をかけようとする・・ものすごくおかしい・・そんな態度あきらかにおかしかった。
俺はあることを思いつき、その場は幸子の誘いに乗った振りをしてそのままセックスに突入したが挿入した後はさっきのことが気になって萎えてしまった。
 

ックスが終わったあと、俺は風呂を沸かそうといい風呂を沸かした。
「一緒に入る?」といった幸子の声に俺は「いや・・今日は頭洗うからいいよ。
幸子先に入って。このTV見たいからさ」というと疑うもでもなく、幸子は「おさきぃ~」といいふざけて綺麗な体の腰をくねらせて風呂に行った幸子は風呂が長い。
 

低でも15分は出てこない。
おれは、もちろん幸子の携帯を手にとってメールをチェックした。
 

幸子からの送信メールには、友達へのメールと俺へのメールしかなかった。

信メールを見た。
 

あった・・さっきのメールだ。
次のような内容だった。
 

イトルRe:無事ついたよ送信者(教授)俺はやっぱり・・と言う気持ちと「Re:無事・・」を見て幸子から送ったメールへの返信・・そう幸子が教授に送ったメールへの返信だった。
送信記録は無い・・ということは幸子はメールを送った後消したのがわかった。
 

内容をよんで俺は怒りに震えた。

かった。送っていこうかと思ったけど、朝は車は帰って混むから。ほとんど寝てないから電車で寝ちゃったらどうしようか心配してたんだ。幸子は何でも一人で悩みすぎだよまた私でよければいつでも付き合うよ。」・・・まあ・・そんな内容だった。
 

は完全に切れた・・でも・・携帯を見たといったら大喧嘩になる・・俺への不信と怒りで逆切れされて・・場合によってはそれで別れることに・・俺は嫌だった。
それより、本人に言わせよう・・そう考え、その日は終わった。
 

その日以来俺は、嫉妬心の無いふりをして教授と幸子の関係がまだ続いているのかあれが一度きりだったのか・・それを確認するためにずっと芝居をした。

ともと幸子から教授と別れた理由も聞いていた。
 

不倫に疲れたということ。
もともと好きになったのは自分だったし彼は、去るもの追わずで、連絡をしなくなってからは彼氏という立場でなくただの友人のように付き合ってること。
 

っとも同じ大学の職員と学生ということ自体に問題があるが・・)自分は今はまったく好きじゃないし、彼も若い女が好きなだけで自分よりまた新しく彼女いるみたいだと言うこと。
「今でも結構連絡あるんでしょ?」
「いい友達だよなあ・・」
「もう正直言ってふっきれたよ。幸子が教授を好きじゃないなら安心だしな」
「元彼だからこそ、かえって安心だよ。がつがつして無いだろうし、お前も好きにならないし」
「今は幸子は俺の女だし、こんなに仕込んでくれてお礼言わなきゃなあ」などとまったく気にしてないし、教授だったら会ってもいいぞ・・って感じで話してた。
 

子も「うーん・・時々メールや電話あるけど今の彼女の話やそんなたわいも無い話するだけ~」その間も、会ってるときに幸子の携帯にメールや電話が来ることがあった。
そして時々はその後電源をさりげなく切っていたのを俺は見逃さなかった。
 

 

【広告】

●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。

過激な凌●調教に白い柔肌を紅潮させて悶絶するドM妻!!

【●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。】-1【●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。】-2
【●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。】-3【●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。】-4
【●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。】-5【●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。】-6


一見真面目そうな若妻が調教志願。


夫には見せられないドMヤリマンぶり全開で恥態をさらす!

レーベル:AVS collector's、  出演者:、  作品タイトル:桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●桃乳尻マゾムチ若妻に変態インストール覚醒ダッチワイフ● 辱め画像でヌイちゃった。 に管理人のつぶやき
 
モゾモゾ・・・チンコでイキたい!舐められ本気モードに!同僚の美人OLと出張。ダイニングでSEX!だからこそ!このリアルさはヤバいっ!もてあそばれる!お嬢さんご用心!たっぷりどうぞ!
 

 

寝取られて開発されたおかげで彼女の感度がよくなってくれましたw(2)

読了までの目安時間:約 15分

寝取られて開発されたおかげで彼女の感度がよくなってくれましたw(2)【イメージ画像1】

 
先輩、駅前のビジネスホテルに泊まるっていうけど、泊まってもらえばいいよね?」
「いやあ、新婚さんのお邪魔しちゃ悪いし、それに明日は新幹線早いから・・」
「全然オッケーです。部屋もあります!先輩!もう心配しないで飲みましょう!」先輩が好きな楽天イーグルスが今年は強い事来年のワールドカップは面白くなりそうだって事会社にもアベノミクス効果が効いてきてるという事そして、同郷の高校時代から付き合っていた彼女と別れた事酒の酔いのせいか、ぶっちゃけた身内話が聞けたのは新鮮でした。
 

久しぶりに見る、先輩の顔を見つめ、話を聞く葉子の笑顔は、最近では見なくなった、学生時代のものでした。
 
好きだけどね」と言った先輩をどんな気持ちで見つめているのか。
 

薄めの化粧の笑顔の下に潜む俺だけが知っているエロい体。
短めのスカートの裾から見え隠れする柔らかそうな太ももや白いパンティー。
 

 

寝取られて開発されたおかげで彼女の感度がよくなってくれましたw(2)【イメージ画像2】

 
に可愛く思えてきた葉子に少し嫉妬してムラムラしてしまっていたかも知れません。
何故か話が俺の女遊びに振られる事はありませんでした。
 

葉子も先輩を心配させないように、上手く行ってるとでも伝えてあるのでしょうか。

んで食べて、笑って話して、夜も更けた1時頃。
 

パジャマ代わりにしてもらう俺の衣類を捜すのに手間取り、葉子の声のする客間をそっと覗くと話しながらベッドメークをする葉子を床にあぐらをかいた後姿の先輩が黙って見ています。
葉子は相変わらずの天然なのか軽くパンティーを見せています。
 

やのある薄い白いパンティー体勢によっては、パンティーを挟み込んだ半ケツも覗かせています。
(何、この状況。葉子・・これ・・色っぽくない?どっかで観たAVみたいだわ)生半可な返事をしながら眺める先輩の肩越しに見える葉子の姿にしばらく見惚れました。
 

を掛けるのをためらう程、唾を呑むような微妙な時間が流れていました。
先輩を風呂に入れ、用意した俺のティーシャツやジャージのパンツを持って「パジャマの代わりとバスタオル、ここに置いておきますねー!」と声をかけたり「お湯の温度大丈夫でしたかー?」などと擦りガラス越しに話す葉子の顔は今考えてみると確かに少し高揚して、声もうわずっていたような気がします。
 

先輩が出た後、俺が風呂に入り、出てくると、リビングで楽しそうに笑って語り合う二人。

すがに疲れた俺を見て「いやー、旨かったし楽しかったよ。明日早いから、勝手に帰るかもしれんけどありがとな。仕事がんばれよ!葉子も、おやすみ!」と笑顔で客間にはいっていきました。
 

もホッとして寝室のベッドに寝転んで風呂上りの葉子を待ちました。
全裸でシャワーを浴びる葉子のすぐ側で先輩が寝ている。
 

シャワーの音だって聞こえているはずだし・・ベッドメークの時の姿も頭から離れずなんか、めちゃくちゃ興奮してきて葉子を抱きたい気持ちでいっぱいでした。

子が嫌だといっても無理やりするつもりでした。
 

バタンとリビングのドアを閉め、そっと寝室に入ってきた葉子は大き目の俺の男物ティーシャツとパンティー。
必死な感じも照れくさいので、寝たふりをして、自然に始めるつもりでしたが・・・・なんと!葉子から俺にしがみついてきました。
 

スを求め舌を絡ませてきます。
葉子はめちゃめちゃ興奮していました。
 

パンティーに手を入れ、触るとしっかり濡れています。

ーした?葉子・・・・凄いよ」
「アッ!アッ!・・アー」葉子から求めあそこを触ってくる事は初めてでした。
 

布団をまくり、四つん這いにしてパンティーを剥ぎ取り、ぶち込みました。
「アッ!イヤッ!アー―アーッ!!!」静まり返った部屋に葉子のいつもより大きめの喘ぎ声が響きます隣の部屋の片桐先輩にも聞こえているのは間違いありません。
 

イーッ!アッ!アッ!ダメダメ!アーッ!」こらえる様に、でもいつもより少し大胆に喘ぎます。
(いいの?多分・・絶対聞こえてるけど・・・おい・・これ・・エロくないか?)いつも下ネタを避けるような葉子が、客の寝ている隣で喘ぎ声を聞かせています。
 

この状況で俺の中に眠っていた何かが目を覚ました事は間違いありません。

輩!聞こえますか!葉子が、葉子が先輩を意識して悶えています!)耳元で「先輩!って呼べよ」と囁くといよいよ声も大きくなりますが首を振って「アーッ!アッアー!」の繰り返しです。
 

さっきまで先輩と楽しそうに話していた葉子の乱れた姿、壁の向こう側でひとりで寝ている先輩を意識した時なにか、別世界の興奮に包まれながらフル勃起したものを突き入れていました。
先輩の存在で変なスイッチが入ってしまった葉子。
 

んなに好きな葉子なのに・・俺を差し置いて、俺ではなく先輩を意識しているのに。
裏切られているような・・葉子の心を奪われてしまったような気持ちなのに何でこんなに勃起するのか訳が分からなくなっていました。
 

(聞いてやって下さい!葉子の声!先輩もしますか?葉子を抱きますか?)「なっ?葉子、先輩って呼んでみな!」
「アッ、アッ・・・」もうその名を呼ぶかもしれないという微妙なタイミング大きな逝き声を聞かせようとピストンのスピードを上げた途端・・・ドッと放出してしまいました。

ばらくすると、いつものように秘部を洗いにシャワーに立とうとする葉子。
 

「待って」と葉子を止め、枕元にある引出しからコンドームを二つ出しティーシャツの胸ポケットに差し入れました。
自分でも理解しがたいこの行動は自然というか(そんな感じるならやっちゃえばいいよ・・貸してあげるよ)みたいなもうその流れの中では当然の様な振る舞いでした。
 

?何?」と言うような顔をした葉子でしたが、部屋を出て、リビングのドアを閉め、シャワーを始めたようです。
ティーシャツのポケットのコンドームを見て、「ちょっと、これ何?」と笑いながら帰ってきてもいいな、と期待半分でシャワーの音を聞き、待ちました。
 

もう3時近くになっていました。

ンッ!とリビングのドアが開いた音がしたので、戻って来たと思って言い訳を用意しながら待っていましたが、いつまでたっても帰ってきません。
 

そう・・さっきのトンッ!という音は先輩の寝ている客間のドアを閉めた音でした。
それに気が付いた瞬間、頭が真っ白に(おいおいおい・・・)焦っていました。
 

アハア」と過呼吸のような状態になりました。
胸に入れたコンドームが後押ししたのかどうかはわかりません。
 

(突然、何、思い切った事するんだよ!)とにかく、いよいよ、もう始まってしまった気配に動悸は高まり、パ二くっていました。

初の5分位は小さく「アッ・・アッ・・」みたいな、微かな声がしていましたが。
 

「アーッ!!・・・ア、アッ!アッ!・・・・ア―――ッ!!」この繰り返しが100回は続いたような気がします。
あの葉子が片桐先輩に抱かれている。
 

分、キスしている!(マジっすか?)間違いなく、揉まれ!吸われ!足を広げ、挿入されている!直接聞こえはしませんが集中して聞けば充分リアルにそれは聞こえます。
隣の無い角部屋でよかったとつくずく思いました。
 

壁に耳をこすり付けて聞けば、20回位の喘ぎ声の間にたまに「逝ッッく―ッ!」という葉子の声が小さく聞こえます。

85cm越えの先輩にのしかかられ、折りたたまれ、激しく突かれているだろう155?の小さな葉子。
 

好物の体位で逝かされているのか、めったに逝かない、声も出さない、あの葉子が何度も絶頂を口走っていまいた。
葉子の悦びの声がピークをむかえたのは4時過ぎでした。
 

はカラカラ、最初は勃起もしませんでしたがやはり、あの繰り返す「逝き声」には、やられました。
持って行かれちゃったような焦燥感に隣り合わせる異常な興奮。
 

その声を聞きながら今日2回目の射精をしてしまった俺の所へ葉子が戻ってくる事はありませんでした。

して又4時半頃から聞こえてきたのは、「アッ!イー!・・・・・アッ!アッ!・・・アーッ!」控え目だけど想いのこもった切なく甘い喘ぎ声。
 

向こうの壁に手をついてズルズル擦れる音はバックから突き入れられていたのでしょうか。
体位を変えているのか、抱き合って休んでいるのかまさかクン二やフェラチオでもしているのか?時折静かになり、終わったのかと思えば、また始まる喘ぎ声。
 

時半頃まで続いたセックスは「もう・・逝くッ!もうダメっ!・・・逝くッ!逝ッくーーーーッ」という葉子の声で幕を閉じました。
洗面所で水を使ったり、カチャカチャと着替える音がした後、冷蔵庫を開け閉めする音や小声で何か囁きあう声も聞こえます。
 

しばらくの間静けさが戻り、時間が止まったようでした。

慢も限界、たまらず、そーっと寝室のドアを少し開けて見ると、リビングのドアは開け放たれ玄関まで見通せました。
 

帰り支度を整えた先輩に玄関先で背伸びして、しがみつくようにキスをしている葉子は昨晩のまま俺のティーシャツ一枚。
背伸びをするその恰好はお尻も半分丸見えです。
 

から被さるように葉子の口を吸う片桐先輩の両手は葉子の生尻を撫で、掴み、開きます。
アヌスの下の割れた赤い肉襞から、5センチくらいの光る糸の様なものも垂れていました。
 

何度も何度も首の角度を変え永遠の別れを惜しむような情熱的なキスが続きました。

くら、先輩だからと言って・・)3分・・5分・・(もういつまでやってんだよ!)胸が締め付けられるようなそのキスに嫉妬と興奮と切なさが交差して(もう俺には葉子しかいない!早く葉子を返してくれ!)と心で叫んでいました。
 

キスを終えてもう一度先輩の胸に顔を埋めた葉子の髪を撫でつけた後見つめ合って何か囁きあい、「じゃあ」というと玄関ドアを開け、先輩は出ていきました。
カチャっと小さくドアを開け、しばらく見送る葉子はとても寂しそうでした。
 

子はこっちの部屋には来ず、そっと客間に戻っていきました。
追いかけるように部屋に入り、葉子を押し倒しました。
 

抵抗なく、俺にもキスをし、抱かせてくれます。

ー、葉子!!ヤバいよ!なんかヤバい!)たっぷりと濡れた秘部、コリコリになってビン起ちした乳首。
 

今までにない敏感な反応は体のどこかのスイッチが切り替えられたようでした。
(すげー!すげー、ヤラシイ。めっちゃ色っぽい!!)先輩に何度も抱かれた体をさすり舐め上げ、狂ったようにキスをしました。
 

輩の残した甘いコロンの香りも一層嫉妬心を煽りました。
正上位で突き入れると葉子自ら膝を折り手を添え持ち上げます。
 

「アッ!アッ!アー」
「どうだった?良かったの?葉子!葉子ッ!」突き上げるたび、なにも言わず首を小さく横に振り下半身をピクピクさせ「ダメ、アッ!アッ!アーッ!」とだけ声を上げます。

回めの勃起なのに、何故かデカさはマックスになりました。
 

小さな葉子の体を折りたたむようにして、最大になった物をガンガン差し入れます。
「葉子ッ!好きだよ!葉子!好きだッ!!」目を閉じ・・今まで見た事の無い悦びの表情をした葉子は両手で俺を引き寄せ、抱きしめます。
 

して俺の耳元でささやいたのです。
「ア―ッ!!先輩!好きッ!・・片桐先輩!!アッ!アッ!先輩!イク、逝ッッッック~~~~~!!!」最後に発したこの言葉は今も俺の脳裏に焼き付き葉子と俺の立場が逆転した瞬間でもありました。
 

以来会社からは真っ直ぐ帰り、毎晩のように葉子を抱きました。

れだけ先輩の事を「そんなんじゃない」
「変な事言わないで」と否定していた葉子が「先輩を想って何度もオナニーをした」と白状したことも俺を熱くさせました。
 

そして今12月も年末。
妊娠した葉子を抱きしめて眠るこの頃です。
 

田もほかの遊び仲間を見つけたようで、ついに縁が切れました。
あんな遊び好きの俺が葉子をこんなに大切に思えるようになるとは。
 

片桐先輩。

から何まで本当にお世話になり、ありがとうございました。
 

 

【広告】

★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ!

乳房を鷲掴みしてやったら敏感に反応し味をしめたボクはさらに乳首をつねり上げると全身性感帯になってのけ反り返ってガニ股潮吹き大絶頂!!

【★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ!】-1【★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ!】-2
【★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ!】-3【★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ!】-4
【★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ!】-5【★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ!】-6


いつも人を見下して口うるさい女上司の弱点を知ってしまった…今日も朝から会議室に呼びだされ説教垂れる上司に逆ギレ!!


恥ずかしい秘密を知ってしまい形勢逆転!!

レーベル:レアルワークス、  出演者:新村あかり、  作品タイトル:大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★大嫌いな女上司の乳首つねり上げたら潮吹き大絶頂!!★ 辱めサンプルで射精したゾ! に管理人のつぶやき
 
する変態セレブ妻。それをご提供!超えた悲しき性の虜・・・で、白目剥き!新たな伝説が始まる!本能ですから!3時間たっぷりとご覧下さい!上げて耐えるタイプです。チンコを早く!カメラの前に晒されていく。
 

 

もっと緊張感と興奮を味わいたくて他人に妻を抱かせてみた感想w(1)

読了までの目安時間:約 13分

もっと緊張感と興奮を味わいたくて他人に妻を抱かせてみた感想w(1)【イメージ画像1】

 
は結構面白かったけど、子供が生まれてからつまらない、、、、そんな感想を自分の妻に持つ方は多いのでは??もっと緊張感を持ちたい、、自分の妻を他の男に抱かせてみては??そう考える人も居るでしょう、、悶え狂う妻の姿を見てみたい、、、それも、他の男のチンポでヨガリ狂う姿を…妻の育子は35歳、小柄でふくよかな感じは年齢と共に女性らしい丸みを帯びまだまだ行けそうです、、ところが、その手の本を見せ、いろいろと誘惑してみますが、どうも中々その気になってはくれません、、、そこで一計を案じ、、妻の相手をBBSで募集してみました、、結構な応募があり、、何件かやり取り居ているうちに意外な事実がわかりました、、応募者の一人が、何と妻の会社の人間だったのです、、相手の身元だけは確認しておかないとまずい事になる場合も考えられるので、念を入れているうちに判った意外な事実でした、、妻が働いている会社は結構大手なので、職場もあちこち離れていて、直接話したりした事はないそうですが、妻のことを話すと、「ああ、あの課の色っぽいあの子でしょう、、」と、見かけた事くらいはあるようでした、、こうなれば話は早い、、、結構やり手のいい男のその彼氏には(仮に伊東さんとしておきます。
)、妻のスケジュールを教え、誘惑してもらう事にしました。
 

妻の好みは誰よりも知っています。
 
東さんにはそう言う男を演じてもらう事にしました。
 

妻の職場では結構懇親のための宴会が催されるようです。
仲の好いOL仲間と気さくな雰囲気になった頃を見計らって、伊東さんと友人たちで声をかけてもらう事にしました。
 

 

もっと緊張感と興奮を味わいたくて他人に妻を抱かせてみた感想w(1)【イメージ画像2】

 
通に声をかけたらただのナンパですが、そこは同じ会社、、知り合いのツテをたどって、同じ課のOLに、仕事上の書類を届けたりして知り合いになっておいてもらいます。
「あれ、、00さんじゃありませんか、、」等と、偶然を装って妻の友人のOLに声をかけ、同じ会社のよしみで合流するパターンを狙ってみました。
 

ここまでのシナリオは私が考えてみましたが、さて、成果はどう出るか??妻の会社の宴会は、一次会が過ぎ、つまらなければ九時頃帰ってきてしまいますし、、(実際、出たくない事も多いようです)仲間内で話しが盛り上がれば二次会へ移動して、それでも11時過ぎには帰宅して、「カラオケで盛り上がっちゃって、、」等と照れくさそうに笑ったりします。

回は、その二次会への合流を図っていますが、、さて伊東さんの成果はどうでるか??もう一ヶ月以上も育子の体に触れずに、熟れ切った人妻が欲求不満で発火寸前になるようにしてその日を待ちました。
 

9時過ぎに子供を寝かしつけ、わくわくしながら待っていました。
今頃は伊東さんの巨根に散々に泣かされている?空想をサカナにビールを飲みながら伊東さんの成果を祈ります。
 

時を遥かに過ぎても帰って来ない妻は、興がのって二次会へ移動したものでしょう、、伊東さんたちの腕が問われるのはこれからです。
11時、、街中に近い我が家は、二次会が終わってもすぐに戻って来れる場所です。
 

どんなに盛り上がっても、妻が夜半を過ぎて帰ってくることはありませんでした、、一応人妻なりの自覚はあるんだなと、これまでは安心していたのですが、、12時、、遂に翌日です、、次の日になってしまえば、ある意味では朝帰りでしょうか??二次会で思いっきり盛り上がって、いままでになく三次会まで突入している??そういうことはこれまでにはなかったはずでしたが、、、伊東さんたちのナンパが成功して、場所を代えているのでしょうか、、、1時、、、ついに今までにない時間に突入しています、、、二次会が順調に終わったとしたら、それからの二時間、、妻は何処でナニを??、シて、、いるんでしょうか??もはや深夜料金で、二時間の休憩ではない筈、、などとしょうもないことを考えます、、2時、、、流石に何時もならもう寝る時間で、、翌日が休日とは言え、、まさか妻は初の朝帰りをするつもりなのか?伊東さんのセックスが余りにも巧みで、離れられなくなっているのでしょうか??二次会から速やかに妻をナンパできたとしたら、既に三時間余り、、育子の身体は既に余すことなく蹂躙され尽くしているのかも、、でも余り遅くまで起きて待ち構えていては妻も不自然に思うかもしれません、、ベッドに入って待ちますが、眠れるはずもなく布団の中でギンギンになっています。

はり伊東さんは成果を上げ、妻を虜にしてしまったのか?それとも単に今までになく盛り上がって三次会四次会へ雪崩れ込んでいるのか??結局妻が帰宅したドアの音が聞こえたのは三時近くなってからでした、、ふらふらとした足音が聞こえた後、浴室のドアが開く音が聞こえ、、育子はシャワーを浴び始めたようです、、伊東さんにはしっかりと中出しを決めるようにとお願いしてありました、、人妻である育子は果たしてそれを受け入れたのか??それとも、、伊東さんはすぐにでもメールで報告してくれる事になってはいましたが、、流石に夜中の三時過ぎではそれも期待できません、、翌朝の報告を待ちながらベッドに入りました、、やがて妻が浴室から出て寝室に入ってきます、、こころなしか?、こちらを伺うような風情を見せましたが、、僕が寝たふりを続けていると、、安心したように自分も布団に入りました、、程なく寝息が聞こえ始めます、、、きっと、身体の芯の芯まで疲れ切るような運動を散々行ってきたものでしょうか??翌朝、昨夜遅かったにも関わらず、妻は既に起きていました、、むしろギンギンになって妻を待っていた僕の方が寝過ごしてしまいました、、「昨夜は久々にカラオケで遅くなっちゃったわ、、」
「ふ~ん、、僕は子供と一緒に寝ちゃったけど、、何時頃まで騒いでたの、、」
「そうね、、12時頃かしら、、、」大嘘付き、、、こっちはずっと起きて待ってたんだぞ、、、軽くトーストを食べると、妻を尻目にさっと部屋に入ってメールをチェックしました。
 

着信の合図、、何と朝の三時のメールだ、、伊東さんは生真面目にすぐにメールをくれたらしい、、と、いうことは、、やはり妻は伊東さんにヤラレてしまったのか???「作戦成功!!!!」おいおい4つも「!」を入れないでくれ、、、よほど成果を強調したいのか??前から色っぽい人妻OLだとは思ってましたが、、美味しく堪能させていただきまして有難うございます。
楽しそうに飲んでいた育子さんたちの中の知り合いのOLにちょっと話しかけましたら、そこは同じ会社の気安さ、、、一緒に飲もうとあちらからもちかけられてしまいまして願ったりかなったり酔っ払ってきたら奥様は自ら私の隣に御座りになり、しな垂れかかって来られました。
 

那様直伝の好みの服装や仕草が効果が合ったのかもしれませんね??奥様は何時も、愛する旦那様が待っているので、と早めに帰るそうで、、昨日も先に二次会を抜けても誰も不自然には思わなかったようでしたが、、昨日ばかりは私が先に抜け出して外で待っていたことはもちろんです、、飲みなおしましょうか、と聞くと、素直に私の腕に手を絡めて来ました、、、後に悪友を残してきましたが、そいつは奥様の同僚を狙ってみると話してましたが、、首尾良く行きましたかどうかは明日聞いてみましょう、、私と奥様のキューピットになってくれた可愛い天使のような奥様のお友達ですが、、その悪友にはちょっと変な嗜好も遭って、、可愛いキューピットのお尻を無理に撃ち抜いているんじゃないかと少し心配でもあります。
いや、奥様の育子さんの話でしたね、、素直にホテルまで付いて来られましたよ、、ええ、、部屋に上がるエレベータの中で奥様のヒップの方を弄っていたら、、お返しに、、とばかりに私の前のほうを握り締められたのには驚きました、、積極的な奥様ですね、、それとも旦那様が飢餓状態へ置いてくださったのが効を奏したのかもしれませんね、、部屋に入るや否や唇を貪ってくるありさまで、、私の方が押されてベッドに座り込んでしまうと、、、そのまま私のベルトを外して、献身的な奉仕を捧げてくださったくらいです。
 

流石人妻、、旦那様の教育の成果か、舌捌きの巧妙さには驚きました。

が旦那様の教育だろう、、育子は私が頼んでも滅多には口唇奉仕を捧げてくれはしない、、絶妙のフェラテク??、、そんな馬鹿な、、一体何時の間に、、ふと思い出したのは、妻が処女ではなかったことで、、まあ、今時これだけの女ならと、諦めてはいましたが、、考えてみれば妻にテクを仕込んだ男が、確かに何処かには居る筈なのです、、、私との時は物慣れない女を演じてはいましたが、、初めてのものを奪い、妻に一から仕込んだ男の前では、そうではないのかも、、年に何度か、東京の私大へ同窓会だと向かう妻、、妻を仕込んだ男と下半身で旧交を暖め遭ったりもしていたのでしょうか???妻の過去にまで疑惑が盛り上がってきてしまいます。
 

「何しろ奥様にたっぷりと注ぎ込むべく禁欲してきた私としては、、普段はむしろ遅漏気味だったのに、奥様の余りに達者な舌捌きについ先走りそうになり、、こちらからら攻勢に出て挽回しようとしたら、「シャワーを浴びましょうか、、」等とはぐらかされてしまいました、、旦那様、、奥様は実に慣れきってられますね、、、ちょっと味遭わせてから焦らしてお風呂なんて、まるでソープの手順です。
確か、こういう事は経験のない貞淑な奥様で、初めてとお伺いしておりましたが、、この手管は旦那様の手引きでしょうか??それとも、、当然ご存知と思い、前にはお話しませんでしたが、、私や奥様が勤めている会社は業界でも大手ですが、、もう一つ、社員の間の下半身の乱脈さでも有名なところですから、、私目もご多分に漏れず、若い未婚既婚のOLさんたちの肉体は何度も試食してきたものですが、、でも育子さんは凄いです、、浴室でもシャワーを浴びながら巧みな手さばきでモノを扱き上げては、、ぱくっとばかりに巧み過ぎるフェラ攻撃、、禁欲してきた身では溜まらず粗相しそうになると、、、さっと冷た目のシャワーで欲望を押さえ、、何度も繰り返されるうちにイこうにもいけない、、何となくロックでもされ、、射出できない感じになってきました。イク事を何度も何度もはぐらかされてるとそんな感じになる事もありますよね?、しかし、旦那様は何時もこのようなサービスを受けられているのでしょうか??…」全く覚えがない、、、妻のフィンガーテクにフェラテク??、、全く覚えがない??一体何時の間に妻は、、、、

 

【広告】

「サディヴィレナウ! 恵子」 恵子

客の振りした女性レイプ師に騙されレイプ部屋にご招待。

【「サディヴィレナウ! 恵子」  恵子】-1【「サディヴィレナウ! 恵子」  恵子】-2
【「サディヴィレナウ! 恵子」  恵子】-3【「サディヴィレナウ! 恵子」  恵子】-4
【「サディヴィレナウ! 恵子」  恵子】-5【「サディヴィレナウ! 恵子」  恵子】-6


人当たりが良い笑顔のエステティシャン恵子さん。


男3人がかりで抑え込む!

レーベル:サディヴィレナウ!、  出演者:恵子、  作品タイトル:サディヴィレナウ! 恵子


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
「サディヴィレナウ! 恵子」 恵子 に管理人のつぶやき
 
余すことなく完全盗撮!年齢確認を完全盗撮!やってもらいつつ玩具責め。誘ってる様子。なく受け入れる!店長にばれなければ・・・超ーカワイかったですよ!人気ギャル雑誌疲れをが成立!濡れた髪の毛、とっても抜群!曝け出しての身体測定!
 

 

1 2 3 42
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】