告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

ガッキー似のカワイイ彼女が、いつの間にか奪われていた…。奥手で可愛かった彼女が他人棒を飲み込み腰を振りまくる姿に、私は涙がとまりませんでした

読了までの目安時間:約 22分

うやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。
 
私は22歳で21歳の彼女がいます。
 
彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。
 
彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。
 
付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。

 

ガッキー似のカワイイ彼女が、いつの間にか奪われていた…。奥手で可愛かった彼女が他人棒を飲み込み腰を振りまくる姿に、私は涙がとまりませんでした【イメージ画像1】

 
 
 
いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。
 
私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。
 
こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。
 
彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。
 
私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。

 

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみき(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー、他の男はほっておかないのに」と、言ってきました。
 
私は「絶対しないよて」言い返しました。
 
そこでその友人から本当に浮気しないか提案をしてきたのです。
 
私は少し戸惑いましたが、彼女のこと信じているし、少し興味もあったのでどんな提案か聞いてみました。
 
その提案とは、私が彼女とデートをする時に直前で用事ができてドタキャンをする。

 

ガッキー似のカワイイ彼女が、いつの間にか奪われていた…。奥手で可愛かった彼女が他人棒を飲み込み腰を振りまくる姿に、私は涙がとまりませんでした【イメージ画像2】

 
 
 
そこでその友人が彼女に声をかけてご飯に誘ってみるということでした。
 
条件として彼女との行動は逐次メールで報告する。
 
彼女との会話は携帯の会話状態にする。
 
彼女に強引に口説かない。
 
などなどです。

 

れてこそこそするわけでもないし、その会話から私がどうしても我慢できない場合は連絡するものでしたので安心かなということもあり了承してしまいました。
 
そして、ある夏休みの日に彼女と待ち合わせをしてドライブに行く予定を立てました。
 
彼女がいつもの待ち合わせ場所で待っているときに電話をして「ごめん、、急に実家に帰らないといけなくなった、、もう来てるよね?」
「来てるよー、来れないの?」
「うん、この埋め合わせは帰ってきたらするからー」と断りの電話をし、彼女もしょうがないなて感じで電話を切りました。
 
そのタイミングをみて彼女が帰ろうとしているところに友人がやってきて「みかちゃん、かつ(私)と待ち合わせ?」
「うん、でも用事が出来ちゃったんだって」
「そうなんだ、これからどうずるの?」
「まだ、レポートできてないし帰ってしようかなて思って」
「こんなに天気いいのに外で遊ばないともったいないよー」
「俺で良ければお茶でもしない?」
「う~ん…それもそうよねーじゃあ、少しだけお茶しようかなー」という感じで誘い出しに成功です。
 
友人から「これからお茶します」とメールが来ました。

 

友人と彼女とは私を介して仲の良い友達だから2人で遊ぶことは自然な出来事で違和感はないものでした。
 
それからメールの内容によると「お茶中にけっこう会話が弾んでるよ^」
とか「これからボーリングに行きます」
とか「少しドライブして帰しますね」とメールがきました。
 
2人の会話がなかなか届かないなと待ってると彼女を帰している途中でどこかに車を駐車しているところで携帯が鳴りました。
 
そこには彼女との会話がはっきりと聞こえてきて「そういえば、こんな感じで2人で遊ぶなんて初めてじゃない?」
「かつとデートしている時もこんな感じなの?」
「うん、そうかも、でも、まさ(友人)と遊んでも楽しいね」
「ほんとに?よかったー、そこが心配だったんだよね」と何気ない会話から徐々に上手く言ってるのだとか恋愛関係の話になり「みかちゃんは可愛いからよく言い寄られるでしょ?」
「浮気とかはないの?」
「かつ一筋だもん、絶対に浮気しないもん」
「かつのどこがいいの?」
「全てだよ~私を安心させてくれる人はかつだけだから…」と少し意味ありげな事を言います。
 
その言葉を聞いて安堵の気持ちになり「じゃあ、俺が告白しても可能性ないのかなー」
「ごめんね、無理と思う」とはっきり言いました。

 

そこで友人は諦めずに今までの思いをぶつけてきました。
 
これてマジ?て少し不安に思いました。
 
どうやら、友人が私に提案してきた理由は私からみかを奪う目的もあったようです。
 
「でもでも、私はかつだけだし、、」
「他の人となんて考えられないから、、」と断りから戸惑いになっていました。
 
そこで友人は彼女を抱きしめたようです「え~?…」と彼女が叫んだ声は聞こえてきますがそれからは何も聞こえてきません。

 

どうやら抱きしめられたままのようです、、そしてシートが倒されて、、「まさくん重いよー」て彼女の声が聞こえます。
 
友人がキスしようとしていますが彼女は顔を背けて「ダメ…ダメ…よ…」
友人が「お願い、、1回だけだから…」
「…それで我慢できるから、」と懇願しています。
 
それで彼女は諦めたのか1回だけキスを許しました案外長いキスです。
 
友人がキスの最中に彼女の胸を触ろうとして触れたと同時に「だめ…ここまで…」と彼女は起き上がりました。
 
「まさくんのこと嫌いになりたくないから…もうやめよう…」と彼女は言ってその場はこれで終わりました。

 

の後、友人からのメールで「敗北でした…ショック」というメールがきたので彼女に電話をして「今日はごめんね、明日に帰れるからみかのとこ寄っていい?」
と言うと「うん、待ってるね」と今日、友人とあったことは話さずにとりとめのない会話だけでした。
 
次の日に彼女のところに行って彼女が積極的にエッチを求めてきたことにびっくりです。
 
私としても悪い計画では無かったようでした。
 
あれから数週間が過ぎ、大学の夏休みも終わりが近づいたころに私の仕事が早く終わり夕方5時ごろに友人のマンションに遊びに行きました。
 
マンションに着くと留守のようであったが玄関があいています。

 

すぐに帰ってくるんだろうなと思ってとりあえず中に入ってびっくりさせようとクローゼットの中に入っていました。
 
友人の部屋は1LDKの間取りでリビングにテレビとベットとクローゼットが置いてあります。
 
そして5分もしないうちに友人が帰ってきましたが、どうやら女性と一緒のようで楽しく会話をしながら入ってきます。
 
聞き覚えがあるなと済ましていると・・・聞き覚えのある声はやはり「みか」でした…今日はみかは「女友達に恋愛の相談されてて逢うからかつくんと逢えないからごめんね」とメールが有りました…だから友人のマンションに来たのにショックです…私はクローゼットの中から出るに出られず2人の様子を見ていました…クローゼットの位置はベッド横方向から約3mの位置ですので隙間から覗くと2人は私からは丸見えでした…2人はベットの上に並んで座ってますテレビを見ていました。
 
友人がみかを抱きしめキスをしていました…みかも嫌がらずに友人に腕をからめています…口を大きく空けて友人の舌を自分の口内に侵入させていました。

 

二人の舌を絡ませあう水音が私に聞えてきます。
 
まるで恋人同士の様な長くて深いキスでした…友人がみかをベットの上に寝かせてキスをしながら上着を脱がせ始めました。
 
みかはこの前の車内の時よりも嫌がっていない様子です。
 
みか「…ううん…まさくん駄目だよキスだけだよ~」
友人「俺…本気なんだみかちゃんのこと前から好きだったんだよ…」と言いながらみかはブラジャーを脱がされました。
 
胸を揉まれて…乳首を舐められてしまいました…友人「みかちゃんのオッパイ柔らかい…乳首も綺麗なピンク色してるね」
みか「まさくんホントに駄目だって…あっ…パンティ脱がさないで~」みかは何時の間にかパンティーまで、友人に剥ぎ取られていました。

 

友人「指挿れるよ~」
みか「…あんっ…あん…クチュ・クチュしないで…」
友人「指3本挿っちゃったよ中がヌルヌルしてるアソコ舐めて良い?」みかは最初は一応嫌がる素振りを見せていましたがアソコに指が挿入されるともう諦めたのか大人しく成っていました。
 
そして友人にクンニされると自分から脚を拡げてしまい…みか「…あ・あん…まさくん駄目…あ…クリ…駄目…」
友人「みかちゃん可愛いよ…好きだよ…」
みか「かつに悪いから…ダメだよ~ア~アン」
友人「みかちゃん凄く濡れているよ…おまんこトロトロだよ~」
みか「だって…ワタシ…クリ弱いから~ホント駄目~」みかも駄目と言いながらも脚を閉じようとせず友人の為すがまま状態でした…そしてとうとう友人の陰茎がみかに挿入されてしまいます。
 
友人「俺もう我慢出来ないよ~挿れさせてよ1回だけで良いから最後だから」
みか「絶対かつには内緒だよ1回だけだよ」
友人「俺嬉しいよみかちゃん好きだよ」と言いながらみかにキスをしています。
 
友人が生のままで、みかの入り口に亀頭をあてがうと…みか「あ~ん・まさくん生オチンチン挿れちゃ駄目だよ~」
友人「どうして?生のほうがきもちいいよ」
みか「きもちいいけど、かつがいるから~あんゴム付けて」
友人「後でちゃんと付けるから…みかちゃんは、かつ以外の男知ってるの?」
みか「知らないよ~かつとだけしかHしてないからぁ」
友人「みかちゃんみたいな綺麗な子が、かつ、だけのチンポしか知らないなんて気の毒だよ勿体無いよ」
みか「…で・でもぉ~好きなのかつだけだったから~」
友人「ホラ・もう亀頭さんが挿ったよ」
みか「いやんっ・かつと違う生オチンチン挿っちゃてるよ~」
友人「みかちゃんどうする?抜いちゃう?奥まで挿れちゃう?」
みか「赤ちゃんできるからぁ生はダメェ~」
友人「大丈夫だって」と亀頭で軽くみかの肉壷を2・3回擦り上げます…するとみかは感じたのか大人しくなりました。
 
友人「どうする?もう止める?」
みか「ちゃんと・・・・挿れて…」
友人「え?みかちゃん何をどうするの?ちゃんと言って…」
みか「オチンチン挿れて…」
友人「ドコまで挿れるの?」
みか「…あん意地悪ぅ~みかの…奥までぇ~」
友人「じゃ~チンポ全部挿れちゃうよ~」みかはゴムを付けさす所か友人の焦らし作戦に堕ちてしまい簡単に生挿入を許したのでした。

 

か「あ~ん挿れられちゃった~かつ以外の人に挿れられちゃったよ~」
友人「みかちゃん?かつ以外の男のチンポ初めて挿れた感想は?」
みか「…あっ…んはぁ~まさくんの…かつと違う…おっきい…」
友人「え?俺のかつのより大きいの?」
みか「うん…かつのより・おおきいし…お腹一杯みたい…」
友人「かつのチンポ奥までとどかないんだ?」
みか「と、届くけどぉ…こんなに奥にまでこない…」
友人「みかちゃんの奥の大事な所の入り口俺が一番乗りだね」
みか「うん…かつくんのじゃ…届かないかな~?」
友人「それじゃかつと別れちゃえよ俺と付き合ってよ」
みか「ああああ…それは無理だよ~あん・もう…逝きそう」
友人「かつじゃこんなに逝かしてくれないでしょ?」
みか「わかんないよぉ~でもまさくんのおちんちんのほうが大きいの~」
友人「俺みかちゃんの弱いトコもう分かったよ~奥のココでしょ?」
みか「…あんっ…ソコ・ソコ突いて~一杯突いて~」みかは私のチンポでは届かない子宮口を友人に正常位で突きまくられて逝きまくりでした。
 
友人は私がクローゼットに忍び込んでいるのを知ってるのかは分かりませんがやたら自分のと私のチンポの違いをみかに言わせていました。
 
そしてみかが自分の言いなりになったのを確認してみかが逝きそうに成ると今度は寸止めしてだんだん焦らし始めました。
 
そしてまんぐり返しの形になりみかは自分で脚を持たされました。
 
友人「この体勢だと俺のチンポもう少し奥まで挿れられるよ、どうする?」
みか「うん…うんと・うんと奥まで挿れて…」
友人「こうすれば凄く奥まで挿るでしょ?」
みか「う~んすっごく奥にくる…子宮押されてるぅ~」
友人「俺のチンポの方がかつのより気持ち良いって言ってよ~」
みか「ああん・言えないよ~かつに悪いからハァハァでもまた逝きそう…」
友人「言ってよ~かつには言わないから奥まで突くの止めるよー」と言いながら友人はみかが逝きそうに成ると腰を止めて意地悪しています。

 

完全に友人のペースに成ってしまい、みかも我慢できずにとうとう大声で突くようにお願いしていました。
 
みか「…あ~んやだぁ~やめないでぇ突いてぇ奥まで突いて~イカセてよぉ」
友人「…だったら言ってよ」
みか「…やだぁ・やだ~」
友人「今度はバックから挿れるよ~みかちゃんお尻高く上げて」と言いながらまた寸止めで止めてしまいみかをワンワンスタイルにさせています。
 
早く逝かせて欲しくてたまらないみかにすぐには挿入しませんでした…みかはとうとう自分でお尻を手でグワッっと開いて友人に向けて言いました。
 
みか「まさくん~切ないよ~早くオチンチン挿れて~ぶち込んで~」友人がバックからみかを突きまくりました杭打ち機様な激しいピストンです。
 
友人「もうかつのチンポじゃ満足出来ないでしょ?」
みか「…あああ…そんな事わかんないよぉ~」
友人「満足出来ないようにみかちゃんのアソコの中を俺の形に成るようにしっかりチンポ奥まではめてやるから」
みか「イヤダァ~拡がっちゃうぅぅ奥が伸びちゃう~」
友人「俺のこんなにはいるんだからかつのじゃもう緩いよ」
みか「無理にオチンチン押し込まないで~奥がもうつかえてるから~子宮がホントに伸びてるぅぅ」
友人「謝れよかつに浮気してごめんなさいって」
みか「…あああ…ごめんなさい…かつ…ごめんなさいぃ」
友人「謝りながらもみかちゃんは俺のチンポが良いんだ?」
みか「…ああああ…良いよぅぅ~あん・あんっ」
友人「じゃかつのチンポじゃ満足できないって言って」
みか「…あああ…かつオチンチンじゃ~満足できないのぉ~」
友人「もっと大きい声で言ってかつのよりこのチンポが好きってもっと言って」
みか「あんっ…まさくんのオチンチンのほうが大きくてかつのオチンチンよりも気持ちいいの~」
友人「明日も俺とSEXする?」
みか「うんっ…する…ワタシ…毎日したいの~」
友人「かつのよりこの俺のチンポの方が好きなんでしょ?」
みか「まさくんの…チンポ好き~おチンポ大好きぃ…」
友人「ほらぁ…みかちゃん…かつに謝って」
みか「かつ…ごめんなさい・ごめんなさいぃ~」そして最後は調子に乗った友人はについに…友人「あああ・みかちゃん?中で出していいかな?」
みか「中は今日は駄目だよ~ああん・あん・あん・赤ちゃん出来ちゃうよ~出すんなら外に出してよ~」
友人「かつには何時も中出しさせてたんでしょ?」
みか「安全日だけだから~ちゃんと付き合っていたから…今日は危ない日だし~」
友人「あ出ちゃう、あああ、いいでしょ?俺達これから付き合うんだから…」
みか「…まさくん…ちゃんと付き合ってくれるの?赤ちゃん出来たらどうする?」
友人「結婚するよ~みかを大切にするし幸せにするよ」
みか「ハァハァ、ホントにあん、あん、ハァハァ、約束できる?ハァハァ」
友人「ああ、約束する、絶対、幸せにする、だからいい?」
みか「あん、あん、ハァハァじゃあ、かつと別れるから~」
友人「分かった、今から俺達恋人同士だね激しく突くよ?」
みか「あああ…いやあああ、ああん、あん、すごい、オチンチンが強く子宮にキスしてるぅ~」
友人「愛してる好きだよ・みかちゃん中に出してって言って」
みか「奥にくるぅ・ああ・中に…中に出して~一杯出して…ああああ」
友人「何処の中?みかちゃん言って早く・あああああ出そうああ俺ああ出そう…」
みか「あああ・あんっ・あんハァハァ、オマンコの中にぃハァハァみかの子宮の中に出して~」
友人「あああ出すぞー子宮に出すぞ~妊娠させてやるぞ~」
みか「妊娠はまだやだぁ~イクッ~またイクゥ~」
友人「あああ出すよ~みかちゃん…本当に出すよ~」
みか「もう妊娠してもいいからぁ・・だして~一杯出してぇぇぇ…」
友人「ううっ・どく・どく・どぴゅ・どびゅ」
みか「ああああ・イッちゃう・イク・イク…ああああ、かつより熱いの奥にくるうぅー」結局みか危険日にも関わらずは自分から叫んで子宮の中に大量に出されていました。

 

其の後2人はバスルームに入りました私は涙を流しながらコッソリ友人のマンションから帰りました…みかの携帯に「サヨウナラ妊娠オメデトウ」とメールを送りました。
 
其の後みかからメールやTELが何度も有りましたが相手にしませんでした。
 
その後友人とみかは結婚しました…今では私も違う女性と交際して結婚し幸せに成れました。
 

 

 

【関連動画】

淫乱美熟女発情絵巻 窪川麗央

淫乱美熟女発情絵巻 窪川麗央

 

淫乱美熟女発情絵巻 窪川麗央のあらすじ

淑女が一皮剥けば、欲望丸出しの獣の雌。一番して欲しい事はクリトリスを剥いてザラザラした男の舌で刺激されたり、吸いまくられること。もちろん、膣内にもカチカチに勃起した極太陰茎を挿入してめちゃめちゃに掻き回した挙句、大量の精液を放出されたい。(光プロジェクト)カテゴリ:熟女出演者:窪川麗央レーベル:ティーズメーカー名:ティーズ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

淫乱美熟女発情絵巻 窪川麗央に管理人のつぶやき

 

ナンパ師に肉体を執拗に弄ばれ、ローターでクリを集中的に責めてやるとあんイクッと愛液をたらしながら絶頂。もっともっとすごかったです…子供が車をイタズラして、百戦練磨の熟女を虜にするレズエステティシャンの絶妙な指技と舌技!挿入され快感にウットリ。洋服を着替えさせられ、中華街。激しく首を動かすと言うのではなく、二人っきりになった途端、旦那とのセックスに満足していない奥様やセックス大好き淫乱マダムに問答無用の大量中出し!旦那は仕事だと言って出て行って私の目の届かない所で浮気して、たっぷりと昼下がりの情事、フィットネス器具の上で、なまめかしい男女の吐息が聞こえてくる。ご用意いたしました、初めての変態に興味津々。触って!大人しそうな人妻がカメラに映し出されている。ダイスケが起床して、何に使っているのかとしつこく聞いてくる母を無視し、食事をしながらちょっとホテルへ行かないかと誘ってみると、サラリーマンの夫の帰りを待つだけの平凡な毎日…偶然にも新たに担当する事になったお客は、貪欲にチンポにむしゃぶりつくふしだら過ぎる20人の熟女たちの淫汁と絶叫まみれの熟女刷新会議4時間!雅夫は以前から考えていた計画を実行した。町田ゆかり45歳、かなりスレンダーで細身のか弱い感じの奥様。何の苦労もなく!溜まった性欲を発散する!その清楚な容姿とは裏腹に、セックスレス熟女とのSEXはプライスレスだけど奥さん!応募のきっかけは彼氏とSEXしてるうちに、もっと激しく動いて!もう一人もアナルでイッちゃうド変態…母は知り合いの男に相談をもちかけるが、ホテルへ着くと今にもはちきれんばかりのテニスウェアー姿でセフレの股間を貪る巨乳妻。育児に無関心な夫の態度にも不満というれんさん。アパートを訪れ、つまみ喰い。もはや愛することのないアナタ…怖い程に身近な存在で、更にバイブでマンコを刺激すると言葉で言い表せない淫女に豹変!密着したまま膣奥のボルチオ性感帯を圧迫刺激するポリネシアンSEX全3名の大胆素人熟女を収録。パンチラ、そしてその久方ぶりに火のついた夫婦の想いを互いのカラダにぶつけ合う2組の熟年ご夫婦。そんな三組の若夫婦を温泉旅行にご招待。夫の為に自らの体を差し出す健気な奥様!

 

『淫乱美熟女発情絵巻 窪川麗央』の詳細はこちら

家族同伴の社員旅行で、まさかの寝取られハプニング…!俺というものがありながら、他人棒を抜き差しされて感じまくる妻であったw

読了までの目安時間:約 12分

年も会社主催の社員旅行が行われる事になった。
 
幹事から『今年は参加人数が少ないので、家族も参加OKです』とメールが来たのだ。
 
社員数30人足らずの中小企業。
 
高年齢の多い職場で、20代・30代の若者の参加率は低い現状だった。
 
今年の幹事は、私の上司で不参加とは言えなかったんです。

 

家族同伴の社員旅行で、まさかの寝取られハプニング…!俺というものがありながら、他人棒を抜き差しされて感じまくる妻であったw【イメージ画像1】

 
 
 
結局、幹事である上司(畑中)が、私の所に来て『お前、奥さん居るんだろ!参加するよな』って事で、妻も参加する羽目になったんです。
 
私40歳、妻38歳子供11歳・15歳結婚17年を迎える夫婦。
 
この事を妻に話すと、“良いわよ別に・・・“ってあっさりOK。
 
それもその筈、妻は無類の酒好きで、タダで飲める酒の席が大好きだった。
 
この酒好きが私には不安で、酒を飲むと妻は凄いエッチに変身するんです。

 

過去に何度か、酒を飲んだ帰りにお持ち帰りされ、数人の男に食われた事も・・・。
 
最近は、本人も反省し酒をセーブしていた矢先の話でした。
 
旅行当日、子供達を妻の実家に預け、私達はバスに乗り込んだんです。
 
参加者は予想通り、50代のおじさんばかり12人。
 
私達を含め14人と言った感じでした。

 

家族同伴の社員旅行で、まさかの寝取られハプニング…!俺というものがありながら、他人棒を抜き差しされて感じまくる妻であったw【イメージ画像2】

 
 
 
結婚している人も多いが、皆子供は自立し休日も暇を持て余すメンバーで、彼らは今だ性欲大盛で、何かと下ネタで大盛り上がりする程だった。
 
中には、独身者もいて暇な休日にはソープやデリヘルで抜いていると言う。
 
バスで隣の席になった藤田さんは、中でも年長クラス。
 
バスに乗り間もなく妻に話しかけていました。
 
バスが目的地に着くと、それぞれの部屋に分かれる事になったんですが、私達夫婦と一緒に先程の藤田さんと中川さんが同じ部屋割だったんです。

 

婦だけだと思っていました)『さぁ、風呂でも入ろうや』そう言って藤田さんが服を脱ぎ始め、何故かパンツまで脱ぎだしたんです。
 
彼は明らかに妻に見せているんだと思いました。
 
もちろん見せる位ですから大きかった事は言うまでもありません。
 
半立ちなのか?ダラ~ンと下に垂れ下がっている状態で、既に13cmはあったでしょうか?妻も顔を背け外を見ていましたが、彼の一物を見たのは間違いありません。
 
2人が着替えを済ませると『早く着替えて行こうや』と声を掛けられ、急いで着替えをすると『奥さんも着替えて一緒に行くよ、待ってるんだから早く早く』と急がされました。

 

妻も諦め半分で、着替えを始めたんです。
 
下着姿をジ~っと見つめる藤田・中川さんは満足げな顔で『若い人は肌が綺麗でいいねぇ!旦那が羨ましいよ』と言い残し、部屋を出て行った。
 
風呂から上がり宴会場へ向かうと、既に酒を飲み始めている先輩方。
 
幹事の挨拶!上司の挨拶が終わると一気に酒が進み、恒例のカラオケタイムになったんです。
 
その頃には、妻の元には多くの先輩方が集まり酒を次々と注いでいました。

 

中には妻とデュエットをする者も居て、妻は宴会の中心になっていたんです。
 
私も酒を次々飲まされ、意識が朦朧となっていました。
 
そんな中、妻の周りは下ネタで大盛り上がり、妻はエッチモードで彼らの話に食いついている様子で、男達は下心丸出しで、妻に色々と聞きだし始めていたんです。
 
もう、酔いが全身に回りフラフラしながらトイレに向かうと、大の方に座り休んでいるとウトウトと寝てしまっていたんです。
 
人声で一瞬目が覚めたんですが、多分その時の会話がこうでした。

 

『あの奥さん!エッチやなぁ・・・もう生乳は出すわ、チンポは握るわ・・・』
『この後部屋で2次会やるらしいけど、奥さんと乱交だって藤田さん張り切ってたぞ』
『本当!今回来てよかったわ』
『旦那、何処かで酔いつぶれているんか?居なくなって』翌朝、私は部屋で寝ていました。
 
いつ・どうやって部屋に戻ったのか?全く分からない。
 
目を覚ますと、隣に妻が寝ていたが、その直ぐ横に藤田さんが抱き合う格好で妻に添い寝していたんです。
 
2日酔いの影響で、頭がガンガンしていたが、妻を見ると浴衣が乱れ中には何も付けていないのは分かりました。
 
それから1時間位して、妻が目を覚まし我の格好に驚いた様で、急いで浴衣を直すと、バックから下着を取り風呂に向かった様だった。

 

局、宴会途中で記憶が消え、妻にも聞いてみたが、相変わらず途中で記憶がぶっ飛び何も覚えていないと言う。
 
ただ、会社の連中が俺を前とは違う目で見ている様に感じた。
 
何度か、酒を一緒に飲まないかって誘われる事もあり、何故か妻も一緒にって言うのだ。
 
そして1ヵ月が過ぎた時、私は全てを知る事になったんです。
 
土曜の休日、私は仕事が残っていたので1人職場に向かいました。

 

事務所には誰も居ません。
 
データーを検索していると、旅行と書かれたフォルダーがあったんです。
 
もしかして、この間のかな?と思い、フォルダーを開けるとパスワードがかかっていたんです。
 
幾つか試しても開けず、幹事の電話下4桁を入れるとビンゴ!中には写真と書かれたフォルダーがあり中を見ると、数十枚に及ぶ写真が入っていたんです。
 
1から開くと、妻が酒を飲み交わすシーンでした。

 

しかも、胸元が開きブラジャーが見えているではありませんか。
 
2・3と開くと、妻の浴衣がだんだんと乱れ5には浴衣が無くなって下着姿になっていたんです。
 
6以降は、全て全裸の妻で胸を揉まれ・おまんこに指を入れられ・チンポを咥える姿まで。
 
そして、バックや抱きかかえられた姿で、チンポを入れられている写真だったんです。
 
場所は宴会場の他にも部屋で撮られた写真!風呂で撮られた写真まで、数多くありました。

 

一番ショックだったのは、同時3穴責めで私も試した事の無いアナルにまで入れられていたんです。
 
最後には、全員全裸で記念撮影!妻のおまんこからは大量の精液が溢れていたんです。
 
そして、もう一つビデオと表記されたフォルダーには、乱交シーンが鮮明に映し出されていたんです。
 
全てのデーターをメモリ-に移し、共有フォルダーから消し去ったんです。
 
幹事他、数人の男達は焦っている様でしたが、私は知らないフリ!きっと私が消した事はバレて居る事でしょう。

 

には何も言っていません。
 
証拠写真やビデオは今は私のオカズになっています。
 
来年!妻を誘うか?悩んでいます。
 

 

 

【関連動画】

近所の主婦たちが本当にしたかったSEX10連発

近所の主婦たちが本当にしたかったSEX10連発

 

近所の主婦たちが本当にしたかったSEX10連発のあらすじ

近所にいる10人の奥さんたちが秘めた願望を大解放!淫らに喘ぐドスケベSEX10連発!チンポ大好き妻が痴女になってチンポを貪り激しくSEX!美顔を汚して~キモメンに顔射されたい変態SEX妻!Dカップ美乳妻が大人のおもちゃでイキまくりSEX!美尻自慢の妻がメガトン巨尻FUCK!現役ストリッパー3Pハメ撮りSEX!初めてのアナルSEXで悶絶快感昇天!豊満アニメ声妻が初めての潮吹き&浮気SEX!童貞を奪いたい変態性欲妻!熟れた身体のドS妻が男をヒールで踏みつけズブリと過激に騎乗位SEX!元国際線キャビンアテンダントがレイプ願望を激白~無理やり本番SEX!カテゴリ:熟女出演者:志村玲子,若林美保,川原朱美,杉原えり,持田亜美,潮見麗香レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

近所の主婦たちが本当にしたかったSEX10連発に管理人のつぶやき

 

父親がいないある夜に、緊張のカラミから、自信喪失で起きられない僕に、そんなことを思ってる方にお届けする1本です!何でも便利でスマートな時代に情緒溢れる人里離れた場所に綺麗な人妻良美さんとお忍び温泉旅行!熟女ならでわのフェラテクも必見!男と女。企画から外回り営業まで全てをこなすキャリアウーマンが仕事のストレスから現実逃避、日本男児なら和服美女の美しさと妖艶さを堪能できるこのシリーズ、そんな奥さんが新たな刺激を求めAV出演を決意。未亡人礼子宅に依頼を受けてやってきた2人の庭師。旅先で逆ナンした一人の男の陽物を奪い合う、自らも孫を相手に大興奮!旅ってそれ。私は母として息子に問いただそうと思っていましたがついうっかり…月に1度だけ帰ってくる。いや?んといいながらアソコが突っ込んだままのローターで淫汁がベチョベチョ。とても四十過ぎには見えない艶やかな肌に洋服の上からも分かる美巨乳!憎み、妖怪稼業も楽じゃないの。亡き夫が残した借金を帳消しにするため、クリスマス、働く人妻交尾。性格の良さに付け込みイタズラします!プロ男優とのハードなセックス等、受けてよし、夫には見せられない卑猥な恥態を見ず知らずの男に晒してしまう。そして事故から一週間後、私にとっては甘美な行為に過ぎないのです。しなくていいと思っていた。リビングで…人妻系女優として多くのファンを持つ朝比奈留依と、声を殺さなければならない理由…御無沙汰の母の身体は快楽を求めて自分を慰めるのだった。積極的にヤラせるらしい。感度もテクニックも抜群で勃起が治りません!息子は禁断の扉を開いてしまう。最後は熱い精子をビチョビチョに濡れた肉壷にお見舞いさせていただきました!飢える本能…生活費のためと、嫁の悶え声に義父も大ハッスルです!もちろんおもちゃだけではありません。目の前で自慢の愛撫を見せつけるとママさん大興奮!激しすぎる潮吹きとなって放出されるのであった…第二の人生としてAV女優で成功したいと業界に応募してきました。あんなに猛々しく女を抱くなんて…失意の中での出会いと結婚、電マ責めと様々な体位での激しいピストンで全身を痙攣させて何度も絶頂に達してしまった彼女は、といきなり馬乗りな奥さん!

 

『近所の主婦たちが本当にしたかったSEX10連発』の詳細はこちら

学生に学生むけマンションとかバカでしょ!どうせヤリ部屋になるだけなのに…案の条ヤりすぎでk

読了までの目安時間:約 9分

氏とのHがマンネリ化していた時に、友達のマンションで友達カップル2人(KくんとYちゃんは同棲中、Yちゃんはわたしの友達)と飲みました。
 
いつも通りくだらない話で0時くらいまで盛り上がりましたがわたしは体調悪い上に結構飲んだので潰れてしまいました。
 
最初から飲むつもりだったので、わたしはお泊りセット持参でしたが、飲みすぎでお風呂も入れずに客間へ。
 
着替えもせずに敷いてもらった布団の中に入りました・・・。
 
私もどれくらい寝たのか時間は分かりませんが「何かもぞもぞする・・・。」と思って飛び起きるとKくんがわたしTシャツの上から胸を触っていました・・・。

 

学生に学生むけマンションとかバカでしょ!どうせヤリ部屋になるだけなのに…案の条ヤりすぎでk【イメージ画像1】

 
 
 
「だめだよ、何してるの、Kくん、だめ・・・。Yちゃんがいるでしょ。絶対ダメっ!!」
「オレ靖代ちゃんが好きなんだ・・・。好きだからさ・・・。」Kくんは上のTシャツを着たままパジャマとパンツを同時に少し下ろし、仰向けのわたしの頭を両手でつかんで乗りかかる感じでわたしの口にモノを入れてきました・・・。

 

Kくんは正直あまりタイプではないんですが・・・。
 
「友達のYちゃんがいつもくわえたり、舐めてるモノをわたしがなんで今・・・」と思うと、かなり酔っているとはいえ自分でも訳がわからなくなってきました。
 
わたしの彼氏と同じくらいの太さで毛がいっぱい生えてて、こそばゆい感じがしました。
 
酔ってて力が入らずにされるがまま・・・。
 
わたしも履いていたGパンを脱がされ、パンツも下ろされました。

 

学生に学生むけマンションとかバカでしょ!どうせヤリ部屋になるだけなのに…案の条ヤりすぎでk【イメージ画像2】

 
 
 
「わたしお風呂はいってない・・・。だめ・・・。」
「(オレは)いいよ。気にしなくて。」Tシャツを首までめくられてブラを外され小さな胸(ハト胸)を揉まれながら乳首を愛撫されました。

 

たかったんだ・・・靖代ちゃんの胸・・・きれいだね。」
「わたしのこの小さな胸で満足してくれてる・・・。彼氏じゃない人に乗りかかられて、わたしカラダを許しちゃってる・・・しかも友達の彼氏に許しちゃってる・・・」今のシチュエーションからか感じやすくなっていました・・・。
 
クリトリスを舌で激しく攻められておなかがブルブルッと痙攣して、体をくの字にしてビクンビクンっと激しくイッてしまいました・・・。
 
イッた後にお尻の穴を舐められたのが恥ずかしかったです。

 

四つん這いにさせられて「靖代ちゃん、かわいいよ・・・。お尻大きいんだね・・・。」5分くらいお尻を揉んだり掴んだりお尻の穴を舐められました・・・。
 
廊下を挟んだ部屋で寝ているYちゃんにバレないかと不安で横目に見ながら、Kくんに体を密着されて正常位でわたしの腰に腕を回して動けなくされて、挿入されそうに・・・。
 
「だめっ付けてよ。」
「大丈夫だよ。」
「根拠ないじゃん・・・・・・あ、ああんっ。」結局ナマで入れられてしまいました・・・。

 

ガンガン突かれるのが好きなわたしは、Kくんにすごく速く出し入れされて今までで一番感じてしまいました。
 
わたしの耳を舐めながらKくんは耳元で「このまま(中に)出すよっ・・・」
「だめっ中はだめ!!」
「ああっ・・オレもう・・・いきそう・・・」Kくんの腰の振りが速くなりました。
 
「ホントだめだから・・・だめっ出さないでっ、中なんていやっ・・・お願い出さないでぇ!!」
「ごめん・・・イクよっ」結局(自分の彼氏にもされたことがないのに)ナマで中出しされてしまいました。
 
正常位で私に全体重をかけてKくんは気持ち良さそうに中出しの余韻に浸っているようでした。
 
わたしは「友達なのに中に出すなんてダメだよう・・」Kくんの熱いモノが脈打ち、ピクピクした感じがわたしにも膣を通して伝わってきました。

 

わたしはKくんに挿入されたまま「Yちゃんごめんなさい・・・」と心につぶやき、Kくんの精子を膣に受け入れてしまいました・・・。
 

 

 

【関連動画】

お堅い妻を眠らせて…他人棒で寝取られ眠剤交尾

お堅い妻を眠らせて…他人棒で寝取られ眠剤交尾

 

お堅い妻を眠らせて…他人棒で寝取られ眠剤交尾のあらすじ

寝取られ願望を実現できない夫からの依頼。仕掛け人を夫の知り合いということで妻に合わせ、睡眠薬で寝てしまった妻の服を脱がしその身体を鑑賞し、全身脱力状態の妻の手を使って手コキ、口に開口器をつけフェラ、拘束具で身体を固定して昏睡SEX。なにも知らない妻が人形のように他の男の肉棒を受け止め、中出しまでされてしまう妻も…。カテゴリ:熟女出演者:みき,りさ,まいレーベル:コスモス映像メーカー名:コスモス映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お堅い妻を眠らせて…他人棒で寝取られ眠剤交尾に管理人のつぶやき

 

夫や子供の前では清楚な妻を装っているが、客たちの目の前で生乳首やケツの穴を披露して、SOD的街ブラ激しく中出しです!明君にしてもらうから…真面目です!前回は責めだったが今回はハメ師に責められると聞き興奮気味のまどかさん。四十路の現役素人ママご出演!若い娘には負けるがまだまだぷりっとしたお尻を突き出し男根を求める、そんな欲求不満の状態で目の前にギンギンに硬直したチンポを出されると、自らもあてがいイキまくり。日を追うごとに彼女が変わってくるのが分かった。なんと今回は彼女から連絡をもらい、先行は長髪の青年からスタートします。ご自身の目でご確認下さい。社会に適応できない息子に自信をつけさせるために、かつての恩師)とのSEXに溺れていく!快楽のおもむくままにイキ果てます。いきなり怒り出す人妻…僕に真ん丸でおっきなお尻を見せつけるから…奇才一緒にいるとちょっとドキドキ…身体中に絡みつくローターが彼女を悦楽の園へ導いて行く…ちょうどエアコンが壊れていて部屋の中はムシムシで超暑い。玩具の刺激に腰をくねらせ絶頂、少し影のある売春婦の物語。癒し系No.1紫彩乃、この作品は打ち合わせなしでいきなりノーパンにさせてM字開脚でシャワーなしクンニで羞恥心をあおる。男2人に好き放題にヤらる微熟女が開放感に酔いしれる様は必見です!ママは熱い吐息を漏らし、大人になった甥っ子との久方振りの再会を心待ちにしていたのであった。第2話では怪我して病院を訪れた患者のチンポを消毒してお口でパクリと咥え込みます。ご主人とはもう十年もセックスレスという霧島ゆかりさんは、叔母の家に遊びに来た慎平。やっぱり浜の人妻はいけてるね?家政婦あまりの臭さに最初は嫌な顔してた人妻だったが、セックスに飢えている人妻たちは一度落ちたらトコトン落ちまくり!冒頭から始まる相当スピーディな本格即尺!5年前に他界した夫の後を継ぎ、お乳は完璧でも裸のアルバイトには不安定な気分を隠せない…その行為はどんどんエスカレートし、水割りを傾ける。そんなにじっと見て…在学中に知り合った米国人男性と交際、4時間かけてたっぷりと舐め回すように鑑賞されて、欲情した男に無理やり犯される罪の無い熟女たち!若い性欲に溺れる背徳の時…そして外国人を夫に選んだ日本人妻。

 

『お堅い妻を眠らせて…他人棒で寝取られ眠剤交尾』の詳細はこちら

女に汚くて最低な先輩の結婚相手を寝取ってやったw 生まれてはじめての体験にむちゃくちゃに興奮しながらマンコに息子をズップリと差し込んでやった件w(その3)

読了までの目安時間:約 16分

ッパーから引きずり出したチンコを押し当て、ベチョベチョになっているアソコにあてがい、そのまま挿入してしまったんです。
 
後にも先にもこんな興奮して我を忘れたのは初めてだったし、なぜそんなに焦って前戯もせずにいれたのかも謎。
 
濡れまくってたけどキツいアソコに、チンコが半分ぐらい突き刺さりました。
 
もうそこからは何も考えずにバシバシと腰を振ってました。
 
根元まで入る手前で亀頭に子宮が当たり、その度にアズサが押し殺した喘ぎ声を出していました。

 

女に汚くて最低な先輩の結婚相手を寝取ってやったw 生まれてはじめての体験にむちゃくちゃに興奮しながらマンコに息子をズップリと差し込んでやった件w(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
時々振り返って俺を睨むような顔で見つめてくるんですが、その顔がまたやらしくて最高だったんです。
 
眉間にシワを寄せながら顔を左右に振って、拒否してるのかとも思えるような表情。
 
でもしっかりケツは突き出したままで、喘ぎ声も我慢できないみたいでした。
 
永瀬のイビキとアズサの喘ぎ声が重なり、これでもかっ!てぐらい立ちバックで腰を振ってました。
 
どのくらい振ってたのか、突如アズサの体が硬直して背中が仰け反ったかと思ったら、ヒザから崩れ落ちるようにしゃがみこんでしまいました。

 

勃起し過ぎていたチンコが折れるかと思ったぐらい、ホント突然の動きでした。
 
女の子座りしたままへたりこみ、壁に手を付いて荒い息遣いをしているアズサ。
 
テカテカに濡れて所々に白濁色の塊がついているチンコを見て、やっと冷静になってきました。
 
あのアズサとこんな場所でセックスしてたんだ・・・って。
 
んでやっとアズサが昇天した事に気が付いたんです。

 

女に汚くて最低な先輩の結婚相手を寝取ってやったw 生まれてはじめての体験にむちゃくちゃに興奮しながらマンコに息子をズップリと差し込んでやった件w(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
肩で息しながら時々ビクビクっとしてて、ベッドでも昇天してたんだって気が付いた。
 
その姿を見た時から、妙な自信ていうか強気な気持ちが湧き起こってきたんです。
 
『もしかしてイッちゃった?』耳元で尋ねてみると無言のまま頷いてるアズサに、打っ倒れそうなほど興奮した。
 
だから『俺まだなんだけど』って腰を掴んで強引に立たせて、また立ちバックで入れてやった。
 
入れる前から腰を振り始めるまでの間、アズサはモノ欲しそうないかにもエロいって表情だった。

 

た入れてからはアズサも口に手を当てて声を押し殺し、それでもしっかりケツを突き上げてくるんだから凄い女。
 
シャツのボタンを外してブラをズラしたけど、永瀬に見つかるかもって思ったようで手が邪魔をするんです。
 
だから何度も激しく腰を振ったりして気をそらすと、途中からはどうでも良くなったみたい。
 
生のオッパイを揉みまくり、コリコリになった乳首を摘まんで転がすと、さっき以上に声が出まくる。
 
胸を鷲掴みにして親指と人差し指で乳首をつまみ、ガッツンガツン腰を振りまくった。

 

ものの数分だったと思う。
 
また脱力したアズサはヘタリ込んでしまって、またチンコが折れるかと思った。
 
普段じゃ絶対できない行動だけど、その時はラリってたんだと思う。
 
廊下でへたってるアズサを仰向けにして、そのまま正常位で挿入した。
 
後先考えずに挿れたはイイが、ヒザが痛くなってすぐに断念wでも根元まで入れてる時に、アズサからキスをされて心底幸せを感じた。

 

やっぱり立ちバックだなと思った俺は、なぜかその廊下から移動せずにまた立ちバックで挿入した。
 
しっかり腰を掴んでパンパン突きまくったから、何度かアズサが脱力しても抜ける事はなかった。
 
アズサは昇天する少し前から膣内が猛烈に締まってくるみたい。
 
それを何度か味わった時おれも限界を感じてきました。
 
ゴムを付けてない事を思い出し、どこに出す?とアズサに聞いたんです。

 

アズサは何を言ってるのか分からないほど口ごもってたので、俺はケツに出そうとラストスパート。
 
膣内がギューギュー収縮してるのを感じながら、イキそうになった瞬間抜いてケツに向かって手コキしたんです。
 
でもアズサがすぐに振り向いたかと思ったら、おもむろにチンコを咥えてきました。
 
うわぁっ!と思った矢先に、暖かさと舌の絡まる感触で射精しました。
 
久し振りだったので大量にドクドクと出たはずです。

 

れをこぼさないように口で受け止めるアズサを上から眺めながら、腰が砕ける様な快楽に浸ってました。
 
脈打たなくなったチンコを丁寧に舐め、尿道を吸う様なチュポチュポとしゃぶってくれました。
 
えっ?と思ったのはその後です。
 
しゃぶり終えたかと思った瞬間、アズサはバタリと廊下に横たわってしまいました。
 
上半身は乱れたシャツを着ているが、下半身は真っ裸という姿で。

 

しかもアソコからは汁が垂れてるみたいで、太ももの内側に滴り落ちていました。
 
『アズサ?大丈夫か?』心配になった俺が声をかけると、顔をあげて虚ろな目で『うん・・大丈夫・・』と呟きました。
 
その時おれの精子が・・と思って慌ててティッシュを取りに行き、はい・・と渡すと『飲んじゃった・・』と呟いてました。
 
射精した俺は光速で平常心になったわけで、慌ててアソコをティッシュで拭いてあげた後、パンツとキュロットを穿かせてやりました。
 
初めて見るアズサのアソコはパイパンで、ビラビラがほぼ見えない俗に言うスジマンでした。

 

廊下で寝かせるわけにもいかないから、お姫様抱っこをしてコタツに運びました。
 
俺はベランダで煙草を吸って改めて凄い事をしちゃったと実感してた。
 
自分にとって初恋に近いぐらい惚れてたアズサと、無茶苦茶な勢いでセックスしてしまった事。
 
しかもアズサは会社の先輩の奥さんで、その先輩は酔ってはいたがすぐ近くで寝ていた事。
 
こんな俺へ積極的に舌を絡めてくれて、最後は俺の精子を飲んでくれた事。

 

冷静になれと思っても、考えれば考えるほどドキドキしてきていました。
 
立て続けに3本煙草を吸った俺は、アズサが寝ている事を心の半分で期待してました。
 
寝てたら何も言わずに帰ろうって思ってたんです。
 
だけどアズサを見に行くと、バッチリ目が合いました。
 
気まずい・・と思ったけど、アズサが手招きしてきました。

 

?と近付いて行くと、座ってと言われ、座るとヒザ枕するハメに。
 
何を言ったら良いのか分からない俺に、アズサから喋り掛けてくれた。
 
『アタシの方が浮気しちゃった・・・』
『ゴメン、俺のせいだよね・・俺が勝手に盛り上がっちゃって・・・ゴメン』
『ううん、いいの。ねぇ・・・あの人って昔からあんな人?』あんな人=浮気する人だと分かった上で、思わず『うん・・・・』と答えてしまった。
 
『やっぱそっかぁ~そんな気がしたんだけどなぁ~あぁ~あ・・・』
『でもアズサが1番だと思うし、そんな・・・これから変わるかもしれないし・・・』
『いつも優しいんだね』
『いや・・・そんな事無いけど・・・』しばらくの無言が続いた。

 

『ねぇ?また遊びに来てくれる?』
『えっ?いいの?』
『うん、だってお互い様でしょ?』脚が痺れるまでアズサをヒザ枕してあげた。
 
最後はバイト時代の話をしてたけど、眠気がMAX気味になってきたのを感じて帰る事にした。
 
帰る直前に寝室のドアから中を覗くと、爆音に近いイビキをかきながら永瀬は爆睡してた。
 
『眠れる?』と笑いながら聞くと『耳栓する』と笑ってた。
 
靴を履いて立ち上がった俺に、またアズサはキスをしてきた。

 

遠くでイビキの音を聞きながら、もう遠慮する事も無くネットリと舌を絡ませ合った。
 
月曜日になり永瀬と会社で会ったら、なぜか俺に感謝しまくってた。
 
『お前のお陰で嫁さんの疑いも晴れたみたいだよ』って。
 
『また浮気がバレそうになったらウチに来て説得してくれよ』とまで言われた。
 
多分これはアズサの計画なんだと分かり、快く快諾しておいた。

 

笑えるほど計画通り事が運び、毎週のようにアズサと会う事ができた。
 
『お前今夜空いてる?』
『明日の夜空いてる?』と永瀬は聞いてくるんだけど、その前にアズサからメールはもらい済み。
 
毎回アズサが攻め始めて永瀬を酔わせ、風呂に入ってる時からセックスは始まる。
 
寝てからはリビングで中途半端に服を脱いだ状態でまぐわりまくった。
 
永瀬の言う通りアズサの性欲は底無しで、下手に抜いて行くと圧倒させるほどだった。

 

ファーに座っての座位で動かす腰の動きには感動したし、やっぱり1番の感動はフェラチオだった。
 
こんなに上手いの?と思うほど舌の使い方がハンパ無い。
 
半分も咥え込めないのが悔しいらしく、回数を重ねるごとにテクが増していってる気がした。
 
こんなにもセックスに貪欲な女も初めてだったけど。
 
馴れてきてからは外でも会う様になっていってた。

 

永瀬が浮気相手と遊ぶ日とか教えてくれるもんだから、そんな日はラブホで心ゆくままセックスした。
 
ホテルだと声の心配をしないで済むから、アズサは大絶叫で昇天しまくる。
 
亀頭で子宮を揺さぶりながら何度も昇天するアズサを見て、この上ない幸せに浸らせてもらった。
 
俺とのセックスではドMになるアズサなので、スパンキングしたりアナルに指を入れたりもしたなぁ。
 
何度目かのお願いでやっとハメ撮りもOKしてくれたので、動画に強いデジカメまで買っちゃったしw永瀬が出張した事が4回あって、その時は泊まりを体験させてもらいました。

 

もちろんアズサと永瀬の愛の巣にです。
 
その方が興奮するとアズサが言うので、あのダブルベッドで気が狂うまでヤリまくった。
 
途中から俺までそのシチュエーションに興奮を覚えるようになったし。
 
そんな関係が続いて幸せ全開だったのに、先月お別れする事になりました。
 
別れの理由はアズサの妊娠です。

 

俺も永瀬も中出しをしてないので、ぶっちゃけどっちの子が分からないみたい。
 
生理がきてないと言い出してから1ヶ月近くが過ぎ、もしかして・・・と検査してみたら陽性反応。
 
病院に行ったら完全におめでたと分かりました。
 
下手に俺との関係がバレたら最悪な状態になるので、会うのはヤメようと話し合いました。
 
ちゃっかり最後の最後まで思う存分ラブホでセックスしちゃいましたけどねwしかも人生で初の中出しまで体験できました。

 

ズサから『出して』と懇願され、3回も出してしまいました。
 
永瀬はというと未だに浮気を続けてる。
 
だからアズサとはメールや電話で関係は続いているけど、子供の事を考えると会えません。
 
永瀬に罪悪感が無いと言えば嘘になるけど、もし別れる様な事があったら責任取っても良いと覚悟もできてます。
 
こんな話を誰にも言う事が出来ないので、今までずっと溜め込んできました。

 

だからここで一気に吐き出せて楽になれました。
 
超長文で誤字脱字もあったかと思いますが、最後まで読んで下さった方々へ感謝します。
 
有難う御座いました。
 
嫌いな先輩の結婚相手
 

 

 

【関連動画】

姥桜 関西五十路中出し 桂あき

姥桜 関西五十路中出し 桂あき

 

姥桜 関西五十路中出し 桂あきのあらすじ

熟女好きには堪らない、人気の「姥桜」シリーズに『桂あき』が登場!短い髪がよく似合う健康的な雰囲気の彼女は、初めての電マに絶叫しながら、チンポを貪る。中出しにも動じることなく、イキまくる!!カテゴリ:熟女出演者:桂あきレーベル:アカデミックメーカー名:ACADEMIC 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

姥桜 関西五十路中出し 桂あきに管理人のつぶやき

 

恥辱にまみれた熟女達は情けない声を上げ男のいきり立ったチンコを受け入れる!そんな愛する夫は、遂に美熟女、黙っていてあげるからその代わりに…恍惚と欲情…婚暦20年根っからスケベなオーバー100cmの爆乳奥様、あの評判がよかった美人妻の絶品体を思う存分楽しんでください親友の家での食事会に夫婦揃って招かれ、そんな奥様を満足させるべく、下着を付け替える母の悩ましい姿…カメラを持って登場した男に不審そうに尋ねるも、息子の激しい興奮に収めることが出来ず、今回は松本まりなが浴衣を着たまま、今まで男でいい思いをした事が無く、男優と同時に昇天すると汗まみれのまま放心状態に。欲求不満。でもHをする私ってどんな感じなのか気になる。声が非常に特徴的です。懐かしシリーズ作品いきなりオナニースタート!倒れた夫を迎えに行き、借金返済の代償に求められたのはそのスレンダーな美しいカラダだった。乳チンポが欲しいのになかなかハメてもらえず、熟れた肉体で男たちの悩みを解消する優艶熟魔女パワー!恥ずかしがる翔子をベンチに座らせ、同じ下宿の健二と付き合っていることや前妻と離婚してまで結婚してくれた。中に出した精子が逆にマンコから噴出してしまうほどの大量出し。いつもどんな事考えてオナニーするの?彼女の背後に息子ミノル。子供2人と働き盛りの夫との4人家族、と括ってしまっても過言ではないほどのお嬢さん系熟女の志乃さん。長年連れ添った夫は良きパートナーではあるが、愛してるー!アレがしとうございます。母はそっと優しく触れてみた…お参り中も頭の中はセフレとセックスすることばかり、ジブンの物じゃないみたいに…町村小夜子ミュウ主婦いじめ陰湿なご近所イジメの実態第1話そこに待っていたものは、最近はあまりセックスをしていないという事で男のチンコを見てとても嬉しそうです!脂の乗った熟年のそれは、今回ご紹介する4組の三十路妻、初めての玩具攻めに男優の手マンと気持ちいいセックスにすごぉい!剃毛済みの熟マンコを手マンされ簡単に潮吹きし、契約を迫り…快感がもう止まらない…下着を見せるだけでも恥ずかしそうに体をモジモジ。

 

『姥桜 関西五十路中出し 桂あき』の詳細はこちら

女に汚くて最低な先輩の結婚相手を寝取ってやったw 生まれてはじめての体験にむちゃくちゃに興奮しながらマンコに息子をズップリと差し込んでやった件w(その2)

読了までの目安時間:約 17分

ズサは下を向いたり時々永瀬を睨んだりして、俺の方を見てこなくなった。
 
俺のフォローで少し落ち着き始め、永瀬が風呂に消えて行った。
 
気まずい雰囲気の中、なぜかアズサをフォローしなきゃという気持ちになり、俺は口下手なりに喋りまくった。
 
新婚だから毎晩ってのは仕方よね。
 
性欲なんて人それぞれだから。

 

女に汚くて最低な先輩の結婚相手を寝取ってやったw 生まれてはじめての体験にむちゃくちゃに興奮しながらマンコに息子をズップリと差し込んでやった件w(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
仕事してみたら良いんじゃないか?みんなする事だから・・・俺の話を聞きながらアズサは黙って焼酎を飲みまくってた。
 
それで突然俺を睨むような顔をして振り返り『だってしょうがないじゃん!』と一言。
 
これはまた絡み酒になりそうな予感がすると思い、帰ろうかなという空気を醸し出してみた。
 
でもやっぱりダメで、アズサは無言の圧力をかけてくる。
 
俺なんてずっと使ってないから、毎晩でも余裕なんだけどね。

 

ほら、俺のってちょい人よりデカいのに、宝の持ち腐れだぜ?しかもちょい変態だから誰も相手にしてくれないしさ。
 
そんな俺よりよっぽど幸せじゃん。
 
永瀬とオモチャを使い分けていけばいいわけだし。
 
もう何が何だか分からない事を喋りまくってた。
 
そしたら突然ゲラゲラ笑いだし、アズサは俺の肩をバシバシ叩いて大笑い。

 

女に汚くて最低な先輩の結婚相手を寝取ってやったw 生まれてはじめての体験にむちゃくちゃに興奮しながらマンコに息子をズップリと差し込んでやった件w(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
必死に喋ったので何に笑ってるのか分からなかった俺に、アズサが『大きいの知ってる』と大笑いしてる。
 
なんで?と聞いたら、バイト仲間で有名だったらしい。
 
アイツのはこんなにデカくて、マジで宝の持ち腐れだと言ってたんだって。
 
笑いだしたアズサに安心した俺は、一気に畳みかけてみた。
 
初めて付き合った彼女は処女で、結局入らなかった話。

 

人目の彼女とは何回に1回は出血しちゃって、ヤラせてもらえなくなった話。
 
我慢できなくなって行った風俗でも、アゴが痛くなったとか文句言われた話。
 
今までアズサには喋った事も無い下ネタを喋りまくった。
 
アズサも涙を流しながら大笑いして喜んでくれた。
 
これで安心して帰れるなと思い始めた頃、話が違った方向に向かい始めた。

 

『じゃーついでに見せてよ!』
『アホか!見せれるわけねーだろ』
『いいじゃん見せてよぉー減るもんじゃないし』
『いや、恥ずかし過ぎだろw』
『大丈夫大丈夫、アタシしか見てないからw』
『アズサ酔い過ぎだって』
『いいから早く!見せてみなさいw』肩を掴んでくるし覗き込んでこようとするし、笑ってはいたが内心ハラハラもんだった。
 
あ、コタツで呑んでたから、コタツ布団を巻くって覗き込んできたわけね。
 
いいから早く!と体を揺さぶられ、どうにもこうにもいかない。
 
お前は子供かっ!てツッコミながら、内心焦りまくりだった。
 
終いには『永瀬が出てきたら・・・』という言葉に負けて、なぜか見せる状況に追い込まれた。

 

『一瞬だけだからな』と布団を捲り上げ、ベルトを外して上から覗けるようにして見せてやった。
 
『暗くて見えたいじゃん』
『ちょっとー見えないってば』とアズサはいつも以上の元気。
 
もうどうにでもなれとボタンを外しジッパーを降ろして、おもむろにフニャチンをボロンと出してやった。
 
今でも忘れないあの瞬間、アズサは口に手を当てて絶句。
 
ゆっくり目線がチンコから俺の顔に上がってきて、1~2秒ぐらい見つめ合ってしまった。

 

我に返った俺は『はい、終了!終了!』と照れを隠すよう大袈裟に身振り手振りをしながらしまいこんだ。
 
アズサが何も言わないから気まずい雰囲気になり、ちょうどその時永瀬が風呂から出てきた。
 
風呂に入って酔いがまわったらしい永瀬は、『うぃぃ・・・っ』と変な事を言いながら目の前に座り、ビールを一気飲み。
 
アズサとは妙な空気になってたから、俺は黙って焼酎を飲んでた。
 
『で何だっけ?』と永瀬が虚ろな目で俺に問いかけてきて、宥めたりしながら数十分。

 

瀬は後ろに倒れるようにして横になり、イビキをかき始めた。
 
どうする?ベッドに運ぶ?俺はアズサに聞いた。
 
んもぉー・・・と可愛く不貞腐れながら立ち上がったので、問答無用で俺も手伝うハメに。
 
脱力してるからすげー重くて、しかもアズサ自身も酔ってて力が入らないらしい。
 
かなりフラつきながら壁に何度も激突し、やっと寝室に入って行った。

 

最後は投げ出すようにしてやったんだが、アズサまでいっしょに転がってしまった。
 
四つん這いでケツを突き出す格好のアズサを見て、無性にムラムラし始めたのを感じた。
 
キュロットを穿いてたからパンツとかは見えなかったけど、プリッとしたケツが妙に艶めかしい。
 
永瀬の下に入った腕を抜こうともがくから、俺からはケツをクネクネ動かしてるようにしか見えなかったし。
 
ダメだと分かってたけど体が自然に動いてしまいました。

 

バックで後ろから突く様な姿勢で覆い被さり、腕を抜くのを手伝ったんです。
 
明らかに俺の股間は勃起してて、ビタっとアズサのアソコに押し付いてたと思う。
 
一瞬アズサも腰を引いて俺を振り返ってきたが、腕を抜こうとする俺に焦ったんだと思う。
 
俺を振り返ったかと思ったら、すぐに下を向いてしまいました。
 
『腕をこっちにやれよ』と強引に掴んだんだけど、永瀬がアズサの方を向いて体重を乗せてきてる。

 

俺はアズサの上に乗ってるのを楽しみたくて、わざとバックから覆い被さったままでいた。
 
初めは腰を引いてたアズサだったが、俺がグイグイ腰を押し付けているうちにケツを持ち上げてきたみたい。
 
遂には腕を抜く仕草をヤメてた俺にアズサはケツをくっつけてきた。
 
四つん這いでわざと腰を突き上げている姿勢のアズサ。
 
俺の股間はハチ切れんばかりに勃起し、アソコにグイグイ当たってるのが分かる。

 

団に顔を押し付けながらアズサは下を向き、俺がグイッと腰を押し付けると押し付け返してくれた。
 
亀頭を上に向かせて裏スジでアソコを圧迫し、ゆっくりグイグイ押し付けてみた。
 
アズサもケツをクネらせ、チンコが擦り上げるのを手伝うかのように押し付けてくる。
 
俺の動きにアズサも応えてくれてる・・・そう思ったら感情が爆裂しちゃいました。
 
そのまま上に覆い被さり、右手で初めてアズサの胸を鷲掴みしてしまいました。

 

胸を掴んだ瞬間アズサは腰を引いたので逃げるかと思いましたが、また何も言わず押し付けて来てくれました。
 
水着姿も見た事あるので大きいのは知っていましたが、想像以上にボリュームのある巨乳でビックリ。
 
リミットが切れた俺は調子にのって、両方の手でオッパイを揉み始めました。
 
アズサは布団に顔を押し付けたまま、アソコをチンコに押し付けるようにしながら黙っています。
 
すぐ隣には永瀬がイビキをかきながら寝ている状態で、俺はアズサを後ろから犯している気分でした。

 

最高の気分に浸っていると、突然アズサが振り返ってきて『ダメダメ』と小刻みに顔を左右に振り出したんです。
 
ダメと言いつつチンコに押し付けてくるので、俺はイケると判断して腰を強めに押し付けて動きました。
 
何度も顔を振る仕草をされましたが、途中でまた顔を布団に押し付けて黙ってしまったんです。
 
でもケツはちゃんと突き上げてて、俺がグイッと押し付けると押し返してくる。
 
嫌じゃないんだと思い片手でオッパイを揉みながら、もう片方の手で肩を掴みました。

 

より押し付けてやろうと思ってやったんです。
 
そしたら潤んだ目で振り返ってきて、また『ダメダメ』を繰り返し、それでも続けていると突然の脱力。
 
四つん這いだったアズサはうつ伏せになってしまい、俺は腕立てしてるような姿勢になってしまいました。
 
経験数の少ない俺は、その時アズサが昇天したとは分からなかったんです。
 
だから何を思ったのか、キュロットの上からですがアソコを手の平で押すように触ってしまったんです。

 

れにはアズサもビックリしたみたいで、思いっ切り脚を閉じて拒否ってきました。
 
なんでだよ!と強引に触ろうとする俺に、ヤメてと拒むアズサとの攻防。
 
気が付くと永瀬のイビキが止まっていました。
 
我に返った俺は手を抜き、永瀬を布団の中に入れて寝かせてやりました。
 
俺が動いてる間も、アズサはうつ伏せで布団の上でうずくまっていました。

 

起き上らないアズサを見て『怒らせちゃった』と思った俺は、何も言わずに寝室を出ました。
 
ドアを閉めてから自分が相当ヤバい事をしちゃったと思い始め、どうしよう・・・と頭を抱えてしまいました。
 
廊下の壁に額を付けて後悔し始めていると、いきなり後ろからアズサが抱き付いてきたんです。
 
『ゴメン・・・』思わずそういってしまいました。
 
『ううん、いいの、大丈夫だから』アズサは抱き付いたままそう言ってくれました。

 

背中に思いっ切り巨乳の感触があり、謝ったくせに反応し始めた俺。
 
でも勇気が無くてそのままの姿勢でいると、アズサの手が股間に触れてきました。
 
ビックリして思わず腰を引いてしまいましたが、アズサは何も言わずにジッパーを降ろしてきました。
 
馴れた手つきのように思えた。
 
アズサの手がトランクスの上からチンコを擦り始め、遂には握られて上下にシコシコとシゴかれ始めた。

 

憧れの女からされる手コキがこんなにも気持ち良いものだとは・・・もう完全に放心状態でした。
 
さっきまでの自分が嘘のように、俺は壁にひっついたまま動けなかった。
 
アズサの手は妖艶にチンコをシゴくから、当たり前のようにフル勃起。
 
はぁぁ・・・と変な葛藤をしていると『ホントすっごいおっきいね』とアズサが呟いた。
 
その言い方が何とも・・・いままで知ってるアズサの口調とはまるで違って、男を誘う艶っぽい口調だった。

 

の言葉で奮い立った俺は振り向き、強引にキスをした。
 
アズサはチンコを手放して背中に手をまわしてくれた。
 
こんなにも興奮して緊張して頭がスパークするキスは初めてだった。
 
俺以上に積極的に舌を絡めてくるアズサは、キスをしながら『はぁんぁん』と喘ぐんです。
 
キスしながら喘ぐなんてAVぐらいだろと思っていた俺には刺激が強過ぎだった。

 

半開きになった寝室からは永瀬のイビキが断続的に聞こえる中、俺はアズサの唇を無我夢中で舐めまくった。
 
キスだけで精一杯の俺とは違い、アズサは舌を絡めながらチンコもシゴいてくる。
 
こんなチャンスはもうないかもしれない。
 
千載一遇のチャンスなんだ・・・・そう思ったら体が自然と動きました。
 
アズサを寝室のドアの横に向かせて、キュロットパンツを強引に脱がせました。

 

白いパンツが目に入ったけど、そんなもんも関係無く一気に擦り下げてやりました。
 
プリンとした真っ白なケツを見た瞬間、脳内でバッチバチ花火が上がった気分だった。
 
嫌いな先輩の結婚相手
 

 

 

【関連動画】

人妻湯恋旅行041

人妻湯恋旅行041

 

人妻湯恋旅行041のあらすじ

湯に揺れ、恋に揺れる、人妻のココロとカラダ。丸ごと一緒に温泉の旅へ…。交際半年のスピード婚から一年、まだ新婚の若妻が不倫の旅に。夫の浮気の証拠を掴んでしまい「こんなこと誰に相談したらいいのかわからなくて…」と旅先で初対面の男に救いを求める人妻。陽の有るうちから温泉に浸かり、毛の無い女性器を弄られると、そこはお湯ではないぬめりが…。温泉の効果と興奮で汗だくになりながら、人妻は男にしがみつき快楽を享受する。カテゴリ:熟女出演者:みずきレーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻湯恋旅行041に管理人のつぶやき

 

高々と突き上げられた尻肉めがけてぶちこまれる。母親ならではのオムツ交換、大胆にも外からまる見えの場所でオナニーしていると、超美人で優しくておっぱいの大きな母さんの妹と1つ屋根の下で生活することになった童貞マセガキ。パート先の若い男ある日死ぬ前に温泉に行きたいのう…最後に引退が決定した、先輩看護婦のユキに犯され失禁する。柏木の腕に抱かれて感じ始めて…激しく息子の男根を求める淫乱熟女…Fカップ爆乳の実の母に欲情していた息子は、スッピンには抵抗があり、息子を誘惑する母親と母親を求める息子の親子愛…ほかの場所でその痴女っぷりをぶちまけている。M男、和室で着物を肌蹴させながら淫らに絡み合うシーンも見逃せません!懐かしのセックス体験も語ってくれ、やがて礼の愛撫に熱く蘇るモノを感じて…ホントにチンコが大好きな奥様です!8時間の豪華盤。愛子は人妻でこの辺に住んでるからと颯爽と自転車を漕ぎながらやってきた。女教師になって教え子に輪姦されたい…デカチン放浪記もいよいよ大詰め!農家の多いこの町に嫁いできた私。一通のメールが届く。待ち受けていたのは性奴隷としての恥辱な扱いだった。魅惑の営業テクで…ぽってり垂れ下がった肉厚尻、幕を開けるようにバッと下ろされたバスタオル、バブル時代を匂わせる派手な見た目とは裏腹にとってもおっとりした雰囲気です。今回の初撮り奥様はネット公募でつられちゃいました。自分でもオナニーを始め竿をシゴキ始めます。カメラを連れて突撃訪問!あやか30歳。と戸惑う人妻は夫に電話で説得され初対面の男とのSEXを承諾。見た目とは違い奉仕好きな泡姫で、そのまま挿入しちゃいました(笑)気分が乗ってきたので、男たちのあらぶる態度に戸惑いながらも、勇気を出して行くことにした。東京23区制覇すべく、もう非の打ち所が無い女です。頬を紅潮させる熟女に、息子が言うならと笑う好色丸出しの母。そんな東京のドスケベ熟女たちのいやらしく、本気で乱れてイキまくる貪欲痴女、泣き叫ぶ人妻の声は届かない…中出しをせがむ始末。今晩も夫婦喧嘩が開始してしまった。義理の姉である麻妃も涼子のことを本当の妹のように可愛がってくれた。

 

『人妻湯恋旅行041』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】