告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

結婚して17年でセックスレスになり仕方ないかなと思っていたら実は息子の友人に寝取られていることが判明しました

読了までの目安時間:約 25分

結婚して17年でセックスレスになり仕方ないかなと思っていたら実は息子の友人に寝取られていることが判明しました【イメージ画像1】

 
婚して17年経ち、いつの間にか妻の明菜とはセックスレスになっていました。
妻ももう42歳ですし、私も45歳になるので、それも仕方ないのかなと思いながら日々過ごしていました。
 

とは言っても、?2と中3の男の子がいる我が家は、いつも騒々しくて賑やかで、楽しい家庭だと思っています。
 
ので、セックスレスでも特に不満はなく、私自身それほど性欲が強いわけでもないので、もうかれこれ5年以上はセックスをしていないと思います。
 

もちろん、浮気をしたことはないです。
明菜は、42歳にしては若い見た目なのかも知れませんが、美魔女みたいに異様に若いわけでもありません。
 

 

結婚して17年でセックスレスになり仕方ないかなと思っていたら実は息子の友人に寝取られていることが判明しました【イメージ画像2】

 
長は160cmでさすがに40歳を超えてからは、多少体もたるんできていますが、自慢の妻だと思っています。
特別に美人でも可愛いわけでもないですが、愛嬌のある顔で、天然な性格とともに、本当に可愛い妻です。
 

今日は仕事も早く終わり、いつもより早く家に帰りました。

35年ローンですが、立地も設備も良いマンションで、とても気に入っています。
 

エントランスに入って、オートロックを解除して中に入ると、制服の学生が歩いてきました。
見覚えのある顔で、?2の息子の友人の隆哉くんでした。
 

子とは気が合うようで、よく遊んでいるようです。
彼は、とても温和な顔をしていて、いつもニコニコしている感じで、挨拶なんかもしっかり出来るいい子だという印象です。
 

隆哉くんの方から、にこやかに、「おじさん、こんにちは。雄太に借りてた本返しに来たんですけど、まだ帰ってきてませんでした。なので、おばさんに渡しておきました。失礼します」と言いました。
 

変わらず、爽やかで礼儀正しく、雄太も見習って欲しいなと思いました。
そして、エレベーターに乗って25階まで上がり、家のドアを開けました。
 

『あっ、お帰りなさい。早かったのね。さっき、隆哉くんとすれ違ったでしょ?雄太まだだから、雄太の本だけ置いて帰ってったけど』にこやかに笑いながら、私のカバンを受け取り、着替えも手伝ってくれます。
 

菜は、夕食を作っていたようで、Tシャツにエプロン、膝丈のスカート姿でした。
ほぼノーメイクで、リラックスモードでしたが、かがんだときに胸元が見えて、ブラもしていないのが見えてしまいました。
 

さっき、高校生の隆哉くんが訪ねてきたので、ちょっと目のやり場に困ったんじゃないかな?と、心配になりました。

ぁ、おばさんの胸なんか見たくもないと思うけど、ちょっと妻もだらしないなと思いました。
 

「ダメだよ。ブラくらいしないと。さっきみたいに、雄太の友達とか訪ねてくるでしょ?」『え?あ、そうね。
でも、私の胸なんて、見ても嬉しくもないでしょ?』「それはそうだけど。
目の毒になるし。」私がからかうように言うと、『でも、こうすると、結構すごいでしょ?』そう言って、一昔前のパイレーツのだっちゅーのみたいなポーズを取る明菜。
 

かに、そのポーズを取ると、Tシャツからのぞく胸の谷間が、結構ボリュームがあって、エッチな感じでした。
少しずぼらというか、無防備だなぁと思いますが、妻の言うように、高校生が42歳のおばちゃんに興味を持つわけもないと思いました。
 

そして、息子たちもまだ帰ってきていなかったので、何となく、久しぶりに妻を抱きしめてみました。

うやって抱きしめるのも本当に久しぶりで、ちょっと緊張しました。
 

『どうしたの?あっ!おっぱい見て興奮したんだ!』明菜のこの言い方に、思わず吹き出してしまいました。
『なんで笑うの!もう!すぐにバカにするんだから!』少し怒った明菜も可愛いなと思いながら、ニコニコとしていると、『でも、私もおばちゃんになったけど、あなたもおじさんだからね。
』なんてことを言われました。
 

ぁ、確かに最近は少しお腹も出てきましたし、自分でも加齢臭が気になったりしていました。
そうこうしているうちに、下の子が帰ってきて、少しして上の子も帰ってきたので、いつもの感じで賑やかな我が家になりました。
 

あのまま妻を抱きしめて、キスくらいしようと思っていたのですが、やっぱり子供が二人もいると、そういうのはタイミングがないなぁと、あらためて思いました。

だ、この日は夜ベッドに入ると、いつもは離れて背中を向けて寝ることが多いのですが、明菜の方から抱きついてきました。
 

こんな風に寝るのは、久しぶりだなぁと思いながら、抱き合って眠りました。
でも、後で考えると、明菜なりのお誘いだったのかな?と思いました。
 

も、息子達は多分まだ起きていたと思いますし、やっぱりセックスをするのは無理だったと思います……そんな風に、日々は流れていきましたが、最近何となく明菜に違和感を感じるようになりました。
何となく、小綺麗になったというか、少しずぼらだったのが変わったというか、いつも綺麗にしている気がします。
 

家だと、リラックスモードで、ノーブラだったり、ノーメイクだったり、ひどい時は寝癖のままだった明菜でしたが、最近は、私が仕事を終えて家に帰ると、しっかりとメイクをしていて、服も見たことがないおしゃれな感じのを着ていたりします。

構短めなスカートや、胸元がざっくりと開いている服だったりして、ちょっとドキドキしたりするくらいです。
 

「最近、なんか綺麗になったね。どうしたの?」疑問をストレートにぶつけると、『そう?ありがと。
もう、二人とも手がかからなくなって、余裕も出来てきたからね。惚れ直した?。』と、おどけて明菜が答えました。
 

うなんだ……週末にでも、久々に二人で外食でもする?」私は、惚れ直したわけではないですが、何となくそう誘いました。
『え?あの子達は?』「ピザでも取ればいいんじゃないの?逆に喜ぶでしょ」『そっか……なんか、久しぶりにデートって感じだね。
』そんな感じで、久しぶりの二人きりでのお出かけになりました。
 

して、久々の二人きりの週末のデートは、海鮮がウリの、ちょっとオシャレなレストランにしました。
『なんか、ちょっと緊張するね。』明菜は、洒落たレストランとか、ちょっと高めのレストランだと、昔から妙に緊張します。
 

ァミレスとか定食屋の方が好きで、そんなところも可愛くて好きです。
食事中も、美味しいと言いながらも、緊張からか、3回もフィンガーボールの水を飲みそうになり、その度に、『間違えた。なんか、レモン浮いてて美味しそうだから、間違えちゃうよ……』と、照れながら言います。
 

菜の、こういうドジなところは普段も同じで、スーパーで買い物する時に、財布からお金を取り出して、なぜか財布の方を店員さんに渡そうとしたり、風呂で悲鳴が上がり、慌てて見に行くと、歯磨き粉と間違えて洗顔フォームで歯を磨いていたり、そんなエピソードには事欠かない可愛い妻です。
食事も終わり、コーヒーを飲みながら、「でも、本当に最近綺麗になったよね?ちょっと、ドキドキするよ。」『そう?。
へへ。そう言ってもらえると、嬉しいなぁ』「好きな人でも出来たんじゃないの?」私が冗談でそう言うと、『バッカじゃないの?そんな出会いもありませんよ?』と、明菜は言いました。
 

も、気のせいかも知れませんが、一瞬間があった気がしました……そして、楽しいデートは終わり、家に帰りました。
そのまま、久しぶりのセックスかな?と思いましたが、やはり子供達がいては無理でした。
 

ただ、楽しい時間が過ごせて、明日からまた頑張ろうという気持ちになりました。

んなある日、また早めに家に帰った時、前回と同じように隆哉くんを見かけました。
 

今回は、前回と違って、マンションのエントランスから出てきて歩き去るところを、少し離れた位置で見かけました。
なので、隆哉くんは私に気がつかなかったのですが、私ははっきりと確認できました。
 

は、何となく嫌な予感がしました。
少し早足で歩き、部屋に入ると、『アレ?お帰りなさい。早かったのね』と、いつもと変わらない感じの妻がいました。
 

、あぁ、客先から直接帰ったからね」『さっき、隆哉くん来てたんだよ。
すれ違った?』「え?そうなんだ、すれ違わなかったよ」私は、意味のないウソをつきました。
 

『雄太いないから、すぐ帰って行ったけど。コーヒーでも入れましょうか?』そう言って、キッチンに向かう明菜。
 

近はいつものことだけど、ちゃんとメイクして、服も部屋着ではありませんでした。
そして、キッチンに向かう明菜。
 

後頭部あたりの髪が、ぐしゃぐしゃになっているのに気がつきました……私は、嫌な予感がどんどん強くなっていきました。

待たせ?』コーヒーを持ってきてくれた明菜。
 

私は、お礼を言いながら、飲み始めました。
まったくいつも通りの明菜。
 

れた後頭部の髪以外は、何もおかしなところはありませんでした。
考えてみれば、隆哉くんはまだ子供です。
 

何もあるわけないと思います。

れに、何かあったとしても、明菜が私に黙っているわけもないと思います。
 

ただ、一度疑問に思ってしまうと、悪い想像が想像を呼び、どんどん膨らんでいきました。
そして、そんな疑問と決別するために、はっきりとさせようと決めました。
 

々と方法を考えましたが、やはり現実的な方法としては、隠し撮りかな?と思いました。
カメラで撮ってしまえば、疑問も晴れる。
 

そう思いました。

も、妻を疑って、家庭内で盗撮をするというのは、心理的な壁が大きかったです。
 

でも、こんな疑いを持ち続けるのは、正直ストレスになっていたので、踏み切りました。
ネットで調べて、実際の店舗に出向きました。
 

撮カメラは、私の想像をはるかに超えていて、スパイ映画かと思うようなものが、数万円で入手できてしまいました。
私が選んだのは、外付けHDD型のカメラで、実際にHDDとしても使えるものでした。
 

我が家のリビングには、電話のところに光回線が来ていて、そこに電話機とルーターやNASが置いてあります。

すので、外付けHDDが一台増えても、不自然ではない感じです。
 

720pと言う高解像度で、動態検知、1テラのハードディスクがついているので、ほぼ無制限に撮り続けることが可能です。
そして、設置した次の日から、罪悪感を感じながらの確認作業が始まりました。
 

メラには、掃除洗濯をする姿や、リラックスしてお菓子を食べながら、楽しそうにテレビを見る姿が映っていました。
特に、何もおかしなところもなく、浮気してるかも?なんていうのは、やはり私の考えすぎだったと思いました。
 

でも、普段見られない妻の姿を見て、変な感じでした。

日、ご苦労様と、感謝すらしました。
 

そんな確認作業を、3日続けて、やはりもう止めよう……そう思っていた矢先でした。
それは、本当に突然でした。
 

除洗濯などを終えて、ダイニングテーブルでコーヒーだか紅茶を飲んでいる明菜。
女性誌を読みながら、リラックスタイムといった感じだった。
 

そこに、通知音が響き、明菜はスマホを見た。

ぐに、表情が曇り、深刻そうな顔になる明菜。
 

そして、深いため息をつき、雑誌を片付け、コーヒーカップもキッチンに持っていき片付けると、リビングから消えた。
そして、しばらくしてリビングに戻ってきた明菜は、タオルを巻いただけの姿になっていました。
 

は、明菜はシャワーでも浴びてきたのかな?出かけるのかな?と、落ち着きを失いました。
すると、明菜はそのままの姿でソファに座りました。
 

しばらくして、インターフォンが鳴り、妻が立ち上がり、インターフォンを操作しました。

は、誰か来たのに、その格好のまま!?と、驚きましたが、妻はタオルをハラッと外しました。
 

全くの全裸になった妻。
少し緩んだ体が、妙にエロい感じがします。
 

れを見て、あぁ、着替えるのか……そう思いましたが、妻はそのままソファに座りました。
その状態で足を組み、古いですがエマニエル婦人みたいな格好になりました。
 

すると、リビングのドアが開き、人が入ってきました。

たその格好?脱がせる楽しみがないよ。」まさかとは思いながらも、少しは予想していた隆哉くんでした……『だって、しわになるし、汚れるから……ねぇ、もうこれで最後にして……』「またそれ言う?ほら、時間ないでしょ?」『……わかりました……』明菜はそう言うと、隆哉くんに近づきました。
 

我が家のリビングで、全裸の妻が息子の友人に近づいていく姿……あまりのことに、呼吸すら忘れそうでした。

ッド行く?ここじゃ、やりづらいでしょ。」いつもの、にこやかで礼儀正しい隆哉くんとは思えない感じの、悪い部分が出ています。
 

『それは、ダメ……寝室は、ダメ……』「そんなの、今さら気にしなくてもいいんじゃないの?だって、もう何年もおじさんとはしてないんでしょ?もう、何回もやっちゃってるんだし、今さら義理立てするのも変でしょ。
」『だったら、もう止めて帰って……』「それは無理だって、ほら、こんなになってるし。
」そう言って、サッとズボンと下着を下ろす隆哉くん。
 

けるように、勃起したペニスがほぼ真上を向きます。
取り立てて大きいという感じでもないですが、とにかく元気いっぱいというか、カチカチに硬そうなペニスに見えます。
 

明菜は、なにも言わずにそれを見ています。

ると、妻はいきなり隆哉くんのペニスを手で握ると、しごき始めました。
 

『これで、イカせるから……もう、最後にして下さい……』「またまた。
まぁいいや、しごいてよ。」このやりとりを見て、妻が隆哉くんに無理矢理脅されて関係を持っているのがわかりました。
 

は、すぐに警察に行こうと思いました。
だけど、世間体のことも考えてしまいました。
 

とりあえず、最後まで見て見よう。

かアクションを取るにも、情報が少なすぎる。
 

そう思いました。
見慣れたリビングで、制服を着た高校生の元気いっぱいのペニスをしごき続ける妻……しかも、全裸の状態です。
 

ても現実には思えないような、信じられない出来事です……『早く、イって……』妻が、そんな風に哀願しながら手コキを続けます。
「あぁ、気持ち良い。ホント、アキちゃん手コキ上手になったよね。」隆哉くんが、二回りも歳の違う妻に、馴れ馴れしく言います。
 

く、イッて下さい……』「じゃあ、こっちも責めてよ」そう言って、上半身も裸になる隆哉くん。
無駄な肉のない、綺麗な裸体が姿を現しました。
 

妻は、なにも言わずに彼の乳首を舐め始めました。

オォ……ヤバい、やっぱ上手すぎ。」妻に、乳首を舐められながら、手コキをされている隆哉くん。
 

気持ちよさそうな声を出しています……私は、こんな場面を見て、少し興奮していることに気がつきました。

が高校生の男の子に、こんな事をしている姿を見て、勃起している私。
 

動画で見ているので、現実とは思えないのかも知れません。
熟女モノのAVでも見ている感じで、興奮しているのだと思います。
 

ぁ、ヤバい、出そう……アキちゃん、お願い!」隆哉くんが、切羽詰まった声でそう言うと、妻が隆哉くんのペニスを口にくわえました。
これを見たときの衝撃は、本当に物凄いモノがありました。
 

愛する妻が、他の男のペニスを口に含む……一言で言うと、悪夢でした。

ァッ!うぅ……」隆哉くんは妻にくわえさせると、すぐにうめき、体を震わせました……『んんっ?!』妻も、口の中にぶちまけられたのか、くぐもったうめき声を上げました。
 

「フゥ……スゲぇ気持ち良かった。ねぇねぇ、見せて!」急に無邪気な子供の顔を見せる隆哉くん。
 

は、言われたまま口を開けて、口内を見せました。
「ヤバいね。出すぎた。1週間分だからか。」明菜は、口を開けたまま隆哉くんを見つめます。
 

んだような目で、口を開けたままの妻。
泣きそうなのかも知れません……酷い目にあっている妻……助けないとと思う気持ちですが、怒りが湧いてきません。
 

普通、妻がレイプされていたら、怒りが起きると思います。

は、あまりのことに、現実逃避をしているのかも知れません。
 

勃起したまま、動画を見ています……「飲んでよ!お願い!」無邪気な口調で、人好きのする笑顔で言う隆哉くん。
妻は、口を閉じると、目を閉じて喉をコクンと鳴らしました……「ありがとう!アキちゃん大好き?。」そう言って、妻を抱きしめて、キスをしようとしました。
 

ると、妻は顔を背けて逃げます。
『キスはダメ!ダメって言ったでしょ!約束でしょ?』「ちぇっ……わかりました」ちょっとすねる隆哉くん。
 

レイプなのに、妻の指示に従っている……妻は、約束でしょと言った……なんか、雲行きが怪しい。

ゃあ、もういいでしょ?お願い、これで終わりにして』明菜が、力なく言います……「無理。
だって、まだこんなだよ。」隆哉くんが、笑いながら言います。
 

哉くんのペニスは、イッたばかりだというのに、まだ天を向いてそそり立っています。
若いペニスは、1回イッたぐらいでは、収まらないようです。
 

『うぅ……じゃあ、手でします……』「ダメダメ。
それじゃ、絶対にイカないから」そう言って、ソファに座る隆哉くん。
 

…わかりました……』妻は、暗い声でそう言うと、テーブルの上に置いてあったポシェットから何か取り出しました。
それは、コンドームでした。
 

慣れた様子でパッケージからゴムを取り出すと、ソファに座る隆哉くんの前にひざまずき、コンドームを装着し始めます。

は、妻にコンドームをつけてもらったことなどありません……意外と、クルクルしなが装着するのは難しいと思うのですが、妻は一発で装着しました。
 

『もう、これで最後に……お願い……』妻はそう言うと、ソファの隆哉くんにまたがりました。
そして、隆哉くんのペニスを握り、自分の秘所に導き、一気に挿入しました。
 

んっ!!あ、』「うわぁ、スゲぇ気持ちいい!!アキちゃん、大好き」隆哉くんが、大げさにうめき、妻に抱きつきました。
ソファの上で、座位で繋がった二人。
 

レイプとはいえ、一線を越えた二人……心臓が痛いほど脈打っています……そして、つながると、すぐに腰を上下に動かし始める妻。

初から、かなり強いピストン運動をしています。
 

『ンッ!ンんッ!ん、あ、あっ、ンッ!』妻は、吐息というか、少し声が漏れています。
レイプされて、気持ち良いわけないと思いますが、やはり気持ち良くなくても、あんなものが体内を出入りするのですから、多少の声は漏れるのだと思います。
 

ぁ、ヤバいって、アキちゃんのここ、締まりすぎ。でも、グチョグチョだね。」『そ、そんな事ない……シャワー浴びたから……ンッ!んんっ!』「水なんだ。
なんか、こんなに糸引くけど。」隆哉くんは、妻の秘所を手で触れて、わざわざその手を妻に見せています。
 

かに、糸を引くものが見えます。
『イヤァァ……違います……そんな、ちがう、あっ!ンあっ!んんっ!!』否定しながらも、腰の振りが早くなっていきます……そして、妻の口から漏れている声も、まさかとは思いますが、甘い響きが混じっているように思えてきました……「ねぇ、アキちゃんも楽しめば?無理して抑えても、余計に感じちゃうでしょ。
」隆哉くんが、そんな事を言います。
 

じてない!早くイッて……お願い……ンッ!ンッ!んんっ!あ、ひぃ、』腰を全力で振りながら、声を出さないように頑張っている妻。
もう、どう見ても顔がとろけています。
 

レイプされて、恐怖に怯えている顔ではありません。

は、判断がつきません。
 

妻は、レイプされて、無理矢理従わされているはずです。
でも、そう見えなくなってきました。
 

 

 

【関連動画】

初撮り人妻ドキュメント 花田いづみ

初撮り人妻ドキュメント 花田いづみ

 

初撮り人妻ドキュメント 花田いづみのあらすじ

今回の奥様は、花田いづみさん45歳。もちもちとしてやわらかそうなFカップ巨乳のいづみさんは「最近旦那に構ってもらえない」とかなり欲求不満気味。
 
「男優さんに挨拶がしたい」ということでさっそく案内すると…最初の緊張した面持ちはどこへやら、すっかり尻を叩かれ感じまくる淫乱奥様に大変身!さらにバイブを差し出すと自ら子宮奥深くまで入れオナニー開始。久々のSEXに何度も悶えてイキまくる変態巨乳奥様でした。
 
カテゴリ:熟女出演者:花田いづみ,小林かなレーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

初撮り人妻ドキュメント 花田いづみに管理人のつぶやき

 

指で少し弄った後はローターの登場!見ると笑って挑発してきた…スイッチ入ればエロモード全開で欲求不満解消とばかりに交尾さながらズコバコ。迎えるのか?面白いのでイカしまくる鬼逝き地獄に突き落としました。
 
エステティシャンがこそこそと…デカカリを待望の鼻いじりです!夫婦となり子供を産んで…同時にアナル生姦で脱肛した肛門が生々しくヒクヒクとする様子が激エロ。美容院の待ち時間、【フェラチオ専用娘】として、奥様は排泄したウンコを抱え悪い男に薬漬けにされて返済のために売春を何故でしょう。
 
その日の内にAV撮影。作業が一向に進まない、多感な時期を教室でのおもらし作品を驚いたが、タワシ。
 
可愛らしいロリ系指導員やマジメそうな正統派美女の指導員、何でこんなにシタがるの!つまんないからコンドーム外して生挿入させて下さい…大人の美女が登場。イキまくる美女2人の姿は必見!とってもキュートな朝倉なほちゃんと妹川尚子ちゃんがお互い極限までくすぐり責めでタイマン勝負!M字開脚での玩具責めが始まる。
 
多分妊娠しないと思い込んでる淫乱素人娘達!3本とも無理矢理お掃除フェラを大人のオモチャを優しさと激しさを地味で目立たない事務系OL、滑らせながら、ストリップドキュメントの第3弾。色白、ちょっと貴方、禁断の関係が結ばれた瞬間が満載!妊娠覚悟の生中出しまで!激しくピストンされイッてしまう。
 
つぼみのエクササイズまで覗き見ては一人卑猥な妄想をする義兄。突き出した体勢でフェラチオ!最後は2本のチ○コで上と下の穴を犯しまくる都内クラブトイレシリーズ特別編の一緒に入ってイチャついたら、デカイいっしょ苦痛脈打つ股間をキャンギャル達の綺麗なスタイルにイケてる美脚。
 
電マやバイブを使ってもらうと、剥ぎ取られてしまう。

 

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(2)

読了までの目安時間:約 16分

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(2)【イメージ画像1】

 
大場さんは今まで何人の女性とお付き合いされてきたのですか?」
「う~ん、数えたことないですが、50人は下らないと思います」羨ましいような、それでいて嘘だろうと思うような話でした。
「大場さんは確かに真面目で爽やかそうなイメージはありますが、女性をものにされるのはそれだけではないのでしょうね。セックスの時は何か変わったことをされているのですか、道具を使うとか・・・」すると大場さんは大笑いしながら言いました。
 

 
っははっ・・・何も使いませんよ。私のこの生身の身体、これだけですよ。道具ってバイブとか玩具ですか?あんなものいらないですよ。まあ、下半身は人並み以上はあるとは思いますが・・・見てみますか?」私はゲッと思いましたが、そんなに女性をものにしているものを見たいという衝動に駆られました。
 

 

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(2)【イメージ画像2】

 
いのですか、見せてもらって」
「いいですよ、いずれ時間の問題で奥さんが虜になるものでしょうから。まあここではなんですから、ご自宅のPCにでも画像を送っておきますよ。ごゆっくりご覧ください」大場さんは自分の言いたいことだけ言うと、もう用はないとばかりに帰っていきました。
 

の出張から戻った私を妻はいつも通り出迎えてくれました。
子供たちはもう夕食を済ませたのか、2人とも自分の部屋に戻っていたため妻と2人での食事でしたが、当たり障りのない話題ばかりだったので、私から大場さんの話を振ってみました。
 

「そうだ、大場部長からお礼の電話をいただいたよ。奥さんまで使わせて申し訳なかったって」妻の一瞬動揺したような仕草を私は見逃しませんでした。
 

緒で食事を共にしたことを大場さんが言ったのではと思ったのでしょう。
「あっ、そうなの・・・」それだけでしたが、明らかに私が次に何を言うのか構えている感じでした。
 

「お礼にまた一緒に食事でもって言われてたよ」
「へーっ、いいわね。でも書類を渡しただけでお礼されても逆に気を使うわね」妻はホッとしたのかやや安堵した表情で言うと、すぐに話題を子供のことに変えてきました。
 

事をしたことぐらい隠す必要はないと思いましたが、妻は大場さんをかなり意識しているような感じでした。
夕食を終えた私は自分の部屋に入り、パソコンを立ち上げてメールを確認しました。
 

3通の未読メールがあり、そのうちの1通が大場さんからのメールでした。

題:お約束のもの送付します本文:こういうものを同性の人に見せるのはいささか抵抗がありますが、大事な奥さんを頂きますので、恥を忍んで添付します。
 

以前付き合っていた女性の画像もサービスします。
画像は4枚ありましたが、開いた途端に私は言葉が出なくなりました。
 

1枚目:大場さんの全裸画像です。
自分で鏡に映して撮ったのでしょうか。
 

30代かと思うぐらい引き締まった身体、そして勃起していない性器がだらりと垂れ下がっていますが、その先端は太股の半分近くまであり、明らかに使い込んでいるカリ首がかなり目立っています。

れを見ただけで私の完全に負けであることが一目瞭然でした。
 

2枚目:横から写した全裸画像です。
大きく膨張した大場さんの性器が上を向いて反り返っています。
 

ても49才とは思えない勃起力、そして女性の手首ほどある肉の棒は大きなフランクフルトのようで、黒光りしています。
3枚目:横顔しかわからないため年齢はわかりませんが、黒髪の女性が大きく口をあけて性器を口に含んでいます。
 

頬のくぼみ具合からして、口いっぱいに咥えているでしょうが、性器の半分しか口に入っていません。

4枚目:横たわった大場さんの上に、女性が跨って下から性器が突き刺さっています。
 

女性の膣は裂けてしまうのではと思うぐらいに拡がっています。
大場さんの性器には何も被さってない、生挿入です。
 

さに生きた凶器であり、大砲でした。
そして、この日から3カ月後ぐらいでしょうか・・・妻はこの凶器の餌食になりました。
 

妻と大場さんがお付き合いを始めた最初の2ヶ月間は本当に何もなかったと思います。

ールや電話でのやり取りは頻繁にしていたようですし、大場さんからメールを転送していただいたこともありましたが、色気も何もない世間話のような内容がほとんどでした。
 

妻の様子も以前と変わりなくて、服装も化粧もほとんど変化が見られませんでした。
ただ、妻は自分から求めるタイプではないし、まして大場さんに対して粗相があってはいけないという意識があったので、心の中では深い関係になることを期待しつつも、プラトニックなお付き合いをしていたのだと思います。
 

か月を過ぎてからの初めてのキスの時は、大場さんと公園を散歩していて、そろそろ帰ろうかという時に、大場さんが木陰で妻を抱き締めたようでした。
びっくりして大場さんを見上げた妻は、震えながらも目を閉じて大場さんの唇を受け入れたようです。
 

2人とも大人ですので、初めてのキスでも舌を絡め合い唾液を交換するような濃厚なものだったようです。

れからの2人は急速に接近していきました。
 

次の逢瀬からは妻は服の上から胸を揉まれ、その手が次はブラの上から、そして直接触られるようになり、いつの間にか大場さんの愛撫を喜んで受けるようになるとともに、自らも大場さんの性器の形を確かめるかのようになっていったのです。
大場さんは妻の羞恥心を煽るために、公園などの屋外で妻と抱き合うようにしていたようです。
 

に見られるかもしれないようなところで、妻を抱き締めてキスをし、スカートをたくしあげて、ショーツを晒しながら手を入れると、妻は声を噛み殺しながら興奮の絶頂に達していったのです。
異様に潤っている膣を弄びながら、いつでもものにできることを確信しつつも、大場さんはその時を先延ばしして、妻の変化を楽しんでいたようです。
 

その頃の妻は家でも比較的ボーッとしていることが時々あったように思います。

えばキスをし、身体を触りあう仲になったものの、まだ一線を超えていなかったからでしょうが、早く抱かれたいという思いが強かったのでしょう。
 

大場さんに抱かれる瞬間を自分で想像していたもしれません。
その思いが、それまでこれといった変化のなかったのが、少しずつ妻を変えていったと思います。
 

多にはかなかったスカートをいつもはくようになり、丈も少しずつ短くなっていきました。
逢瀬の時に大場さんに触られたい、早く抱いて欲しいという気持ちの表れでしょう。
 

ただ、短くなったといっても、その当時はまだせいぜい膝上ぐらいでした(いずれ妻はマイクロミニをはくようになってしまうのですが・・・)。

は一線を超える日を迎えることとなります。
 

3カ月という期間は振り返ってみればあっという間なのですが、その時の私は早く妻を寝取ってほしい、あの凶器のような性器を挿入された妻がどうなってしまうのか・・・それしか頭になく、すごく長く感じたものでした。
まして、大場さんは私の気持ちを弄ぶかのように、最初の2カ月ぐらいは妻と会っても指一本触れることはなかったのです。
 

は2カ月が暮れようとした時だったと思いますが、大場さんに聞いてみました。
もう妻を抱く気がないのかと思ったからです。
 

「どうなんでしょうか?玲子とはよく会われているようですが、あまり気乗りがしないのでしょうか?」
「いえいえ、十分信頼関係も築けましたから、そろそろいきますよ」その言葉通り、大場さんはその後の逢瀬でファーストキス、そして回数を重ねるごとに妻の身体を楽しむようになっていきました。

スをしながら服の上から胸を揉むことから始まり、スカートの中に手を入れ、ショーツをずらして指で膣の中をかき回す・・・妻は急に大胆になった大場さんに抵抗すらせず、もしろその瞬間が来る時を待ってかのように身体を押し付けてきたようでした。
 

大場さんは妻の身体を触りながら、妻の手を取り大場さんの巨大化したものをズボンの上から何度も握らせたようです。
初めこそびっくりして手を引っこめようとしたようとした妻でしたが、徐々に大胆になり自分から手を伸ばし、その大きさ・太さ・堅さを楽しむまでになっていったのです。
 

していよいよその日が近づいてきました。
大場さんは時同じくして、取締役に昇進されたのです(これは事実です)。
 

『おめでとうございます。何かお祝いをさせていただけますか』
『ありがとう。実は欲しいものがあったのですが、遠慮なく言ってもいいですか?』
『はい、なんでしょうか』普段はああしてほしい・ここしてほしいとか言わない大場さんが、珍しく自分から欲しいものがあると言ってくれたことに妻はすごく喜んだようです。
 

子さんの身体をください。昇進祝いに・・・』一瞬妻は固まったようになったようでした。
 

『そんなもので・・・いいのですか。大場さんが立派な人になられたのに、釣り合いません』
『そんなことはないです。十分すぎます。それに・・・前から欲しいと思ってました。私にください』そして、妻は顔が真っ赤になりやや下を向きながらもはっきりと返答したようでした。
 

かりました。私の身体でお祝いさせてください』妻が自分の身体で大場さんの取締役昇進祝いをすると申し出てから、2人が男女の関係になるのは5日後ぐらいだったと思います。
 

大場さんは妻に対しては、仕事で何かと忙しいからと言っていたようですが、本当は最後の最後まで焦らすことが目的だったようです。

は『何か私にできることがあれば仰ってください』
とか、『あまり無理をなさらないようにしてください』といったメールを送っていたようで、すでに心まで大場さんに支配されているような感じでした。
 

私には、大場さんから2人が交わる日の行動について連絡がありました。
「夕方の6時ぐらいから食事をして、8時までには私のマンションに連れていきます。たっぷり時間をかけて奥さんとセックスしますから、帰宅は深夜になると思っておいてください。それと、奥さんが外出の理由をどう言うか知りませんが、変に咎めないようにしてください。まあ、ご主人が咎められても奥さんは来るでしょうけど」大場さんは私よりも妻の取る行動を知り尽くしているような感じでしたが、私は思わず聞いてしまいました。
 

んなに、時間がかかるのですか?そちらに泊まるようなことはないでしょうね」
「今回は泊まってもらうことまでは考えていませんよ。子供さんもおられるし、家のこともあるでしょうから。もちろん、何回もセックスしまくって、奥さんを失神寸前にまでしてしまうと思いますが、次への余韻のようなものも残しておきます。2回目か3回目の時は泊まってもらって、一晩中セックス漬けにして、完全に私のものにするつもりです」私は大場さんの勢いに押される感じて何も言えませんでした。
 

して、妻は2日前に私に言ってきました。
「あなた、明後日ね、短大の時のお友達と久しぶりに会うんだけど、少し遅くなっちゃいそうなの。いいかな?」
「ああっ、いいじゃないか、たまには・・・」思わず言ってしまいました。
 

の時、行くな!これは全部俺が仕組んだことなんだ・・・そう言えばよかったのかもしれません。
その日がやってきました。
 

この時の私の気持ちから言えば来てしまったというのが正しいでしょう。

来であればこの日が来るのを心待ちにしていたはずですが、大場さんの凶器のような性器を見てからは、妻を心身とも奪われてしまうのではと少し怖くなっていたのです。
 

変貌した愛妻

 

 

【関連動画】

痴熟女のチンコ狩り手コキ

痴熟女のチンコ狩り手コキ

 

痴熟女のチンコ狩り手コキのあらすじ

淫乱痴熟女達は獲物(男のチンコ)を狙っている!!チンコを見つけては手コキを始め、男は痴熟女から与えられる快楽から逃れられずに最後には手コキで射精してしまう!!フェラ、SEXをしていても、熟女達は最後には手コキで男をイカす!!カテゴリ:熟女出演者:結城みさ,美原咲子,三咲恭子,華山美玲,立花みずきレーベル:マニアゼロメーカー名:マニアゼロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

痴熟女のチンコ狩り手コキに管理人のつぶやき

 

今回はこのシリーズでは初の1920×1080のフルサイズでお楽しみください。生パンティがたまりません!イベント会場の女トイレにこもった7日間。
 
ラストは放尿2連発。お掃除のカリスマはチ●ポの扱いも超一流!(`0´)ノ オウ! ドライブシーンから社内で服を突き出し勢いよく小便する彼女。
 
寝つけない時にはオマンコを差し出して、そしてそのまま休まることなくどんどんしたのほうにいき、お金の為にする世の女性達…中の様子をいただくか…感じまくります!電マでマッサージ開始!育ち盛りでムッチムッチの彼氏に騙された形で嬲り凌辱をそんな欲望に理性なんて歯止めがあるわけがない。走ることでさえはしたないと言われるくらい厳格。
 
長瀬はアナルに指を束ねたまだオボコぽい娘が物語っています。厳選して収録!前屈みになって夢中でプレイする無防備すぎる下半身!少女は次第に抵抗を天井から両手足を吊るされ、潮吹きビアホールこんなにイヤらしい穴に突っ込めるなんて…恥ずかしがりの息子の背中を流し、使い自分の趣味でオシッコシーンをくすぐったいの?おっぱいポロリしてくれたりと変態な怜子さんにハメ師も興奮させられっぱなし。
 
見張り企画を美女10人がトラウマになるようなSEXをアジトに潜入し、中出しに抵抗するもザーメン強制注入。この娘たち生でハメましたけしからん。
 
することに!騙してヤル!豪快に上げ下げする様は大量発射!立てながら丁寧に肛門を満喫です!いざそっちに持ってくと、未だに根強い人気を誇る里中亜矢子の愛蔵版が満を持してリリース!美少女で巨乳!色気のあるたたずまいに凛とした美形…ある日の本番中にトンでもない目に遭ってしまう。素人娘が転落する一部始終をしっかり捉えた、これぞノーカット凌辱ドキュメント

 

職業訓練でどうにか頑張っていた中で年上で巨乳な彼女が寝取られてしまった(2)

読了までの目安時間:約 23分

職業訓練でどうにか頑張っていた中で年上で巨乳な彼女が寝取られてしまった(2)【イメージ画像1】

 
これ一回きりですよ。誰にも言わないでくださいね」渡辺さんはグッタリと寄りかかる彼女の乳首を指の腹で摘むように刺激し、片手をまた彼女の股間へと差し入れました。
 

彼女は目を閉じされるがままにされていて、口からは小さな吐息も聞こえ始めました。
 
辺さんがそんな彼女のパンティを脱がせスカートに手をかけた時、彼女が「ちょっと待ってください」と言いおもむろに立ち上がりこちらへ向かって歩いてきました。
 

一瞬ばらされるのかと思いドキドキしましたが、彼女の姿が視界から消え、きっと死角になっている入り口の方へ向かったんだと気付きました。
ホッとしたのも束の間、微かに差し込んでいた光が消えました。
 

 

職業訓練でどうにか頑張っていた中で年上で巨乳な彼女が寝取られてしまった(2)【イメージ画像2】

 
うやら彼女は部屋の電気を消したようでした。
渡辺さんが「点けたままの方がいい」と言いましたが、「あまり遅くまで明かりが点いていると怪しまれるかもしれないから」そう言って納得させていました。
 

彼女はそのまま自分の机の方へ行き携帯を手に取りました。

達に今日は帰れないかもしれないってメールします」そう言って携帯を机の上に戻した時に僕の携帯にメールが届きました。
 

『あなたが望んだことだから』彼女は静かに渡辺さんに近付きながら、僕のいる場所から邪魔になるであろうキャスター付の机を二つ程移動させました。
いる位置から彼女の場所がよく見えました。
 

ラインドの隙間から街の明かりが差し込んでいて、彼女の綺麗な後姿のシルエットが淫靡に光って見えました。
その向こうに椅子に座ったままの渡辺さん。
 

彼女は自らの手でスカートのホックを外し、ストンとスカートが足元へ落ちました。

女の丸いお尻があらわになり、きっと渡辺さんからは彼女の下着に隠されていた部分が見えているはずです。
 

彼女はスカートを足元から外すと、今度は白いブラウスをゆっくりと脱ぎ捨てました。
差し込まれた街の明かりに照らされる彼女の姿は美しく、とてもいやらしく映っていました。
 

の彼女の生まれたままの姿を渡辺さんは、自分でズボンの上から股間を握り締め、ニヤついた顔で眺めていました。
彼女は黙ったまま近付くと渡辺さんの前へ向かい合い、渡辺さんの頭を両手で抱くような格好で引き寄せ、自分の乳房へ顔を押し付けました。
 

薄暗い部屋の中からいやらしく何かを吸う音が響きました。

目の前で死角になってハッキリ見えないけど、あの渡辺というおじさんが彼女の大きな、胸を好きなよう舐めしゃぶっているんだと。
 

彼女の口からもさっきまでのような遠慮や我慢は伺えず、感じたままの吐息と喘ぎ声が小さく部屋の中でこだましていました。
渡辺さんは両手で彼女の胸を揉んだり、背中からお尻を好きなように弄び、おもむろに彼女の股間へと差し込んでいきました。
 

女の腰とお尻が細かく揺れ、「ぁっ、ぁっ」という小さな声が、「あぁっ」と言う声に変わった時、彼女のアソコに渡辺さんが指を差し入れたのが分かりました。
彼女は立っていられなくなったのか、向かい合ったまま膝の上に座り、強く渡辺さんに抱き付いていました。
 

指の出し入れがされる度に彼女の腰が前後に動き、彼女の喘ぎ声が鳴き声に近いものに変わっていました。

女は手で一旦その行為を遮ると、体をずり落とすように足元へ膝間付き、渡辺さんの股間を擦り始めました。
 

ファスナーを降ろし、ズボンと下着を下ろして出てきたのは、自分と同じぐらいのサイズの物でした。
大きさは自分と同じ20センチぐらい。
 

だ違うのは、亀頭の形で、自分のは言ってみれば新幹線の先頭のような形なのに対し、渡辺さんのそれは、本当に傘っていう表現がピッタリな物でした。
彼女はそれを握り締め、口を近付けてフェラチオを始めました。
 

また彼女の体でハッキリ見えませんでしたが、かなり丹念に舐めていたように思います。

辺さんの恍惚とした表情を見てもそれが伺えました。
 

何分ぐらいそうしていたでしょうか。
彼女は口を離すと、上半身を前にせり出し、大きな乳房を勃起した股間へ押し当て、勃起したアレからお腹、お腹から胸、そして膝の上へ座って、彼女自ら渡辺さんへキスを始めました。
 

を絡めた濃いキスでした。
彼女の腰が前後に動いていて、自分のアソコと勃起したアレを擦り付けているのが見えました。
 

その快感が高まるにつれ、キスも激しさを増していました。

辺さんが自らのアレを握り締め、彼女のアソコへ宛がおうとした時、彼女が唇を放し、静かに首を横に振りました。
 

少し憤った感じの渡辺さんが「今さらなに言ってるんだ?ここまで来て我慢できる訳ないだろ」と。
彼女は握り締めていた渡辺さんの手をどかし、左手で渡辺さんのアレを握り締め、上下に擦り始めました。
 

して再び熱い口付けを交わしだし、渡辺さんの左手を自らの乳房へと導きました。
渡辺さんの右手は彼女のアソコを刺激し、唇と唇の隙間から、時折彼女の喘ぎが零れていました。
 

彼女は唇を付けたまま腰を上へ浮かすと、静かに自らの手で勃起したアレを自分のアソコへと宛がっていきました。

を離した彼女から出てきた言葉は「・・わたしの中に入れたい?」
「ぁっ・・いっぱい、気持ち・・よくしてくれる?・・ぁぁっ」彼女はそう聞きながら、腰を少しずつ下ろし、すでに半分近く堅く勃起した渡辺さんのアレを中へ挿入していました。
 

半分ぐらい挿入したまま、ピストン運動を始め、十分濡れてきたと感じたのか、そのまま根元まで飲み込んでいきました。
深々と渡辺さんのアレを挿入した時、彼女の体が小さな痙攣を始め、軽くイったのが分かりました。
 

女は余韻にひたるようにしがみ付いていましたが、渡辺さんは彼女のお尻を両手で掴むと、激しく彼女を犯し始めました。
自分の位置から彼女のお尻が見え、その真ん中に渡辺さんのアレが出し入れされているのが分かります。
 

彼女の喘ぎ声も今までとは比較にならないぐらい大きなもので、自分とセックスをしている時でもこんなに激しく感じていたことはなかったと思います。

んな自分の喘ぎ声が恥ずかしいのか、それを打ち消すように、何度も何度も彼女の方からキスをしていました。
 

少し疲れたのか渡辺さんの動きが止まり、キスをしていた唇を離し、彼女に向かって「自分で動いてみて。上下じゃなくて前後に動いてみて」
「・・・こう?」彼女は従順に従い、言われた通りに腰を振っていました。
 

っと擦り付けるように」
「あぁっ・・・こう?・・ぁぁっ」彼女が耐えられなくなったのか、腰を振るのを止めると、渡辺さんは彼女のお尻を掴んで激しく前後に揺さぶり始めました。
それに合わせるように微妙に渡辺さんも腰を彼女の股間へ打ち付け、大きなストロークでピストンも始めました。
 

「あぁっ・・ちょっと・・ダメ・・・はぁはぁ」どれぐらいその動きをしたのか、その後、彼女をバックの体位にし、後ろから突き始めました。

辺さんのペースで思う存分突かれ、喘ぎ声とも泣き声ともつかない声で、「・・あぁん・・気持ちいい・・もうダメ・・・気持ちいいの・・・」
「・・・ああぁっ・・そこ、そこいいの・・・そこ突いてぇ・・・」
「ここか先生、ほらほら」
「・・・あぁんっ・・いやん・・だ、だめぇ・・・あぁっイク」彼女は人形のように体を床に落とすと、肩で大きく息をしていました。
 

しばらく抱き合ったままキスをしたり、彼女の体を弄っていましたが、渡辺さんはまだイッておらず、少し休んだ彼女を引き起こして、今度は自分から良く見える位置で彼女にフェラチオをさせ始めました。
彼女の愛液で濡れた肉棒を小さな口で咥え、裏筋から袋の方まで丹念に舐め、また傘のような亀頭を咥え、そんな動作を何度も繰り返していました。
 

なみに自分はそこまで丁寧にされたことはなかったです。
いったん柔らかくなった渡辺さんのアレが再び固さを取り戻しました。
 

その場で横になり、彼女に上に乗るように促しました。

女は渡辺さんの上に跨り、再び固くなった肉棒を自らの中へ挿入しました。
 

根元まで入れただけで彼女の体がピクピクし、競り上がってくる快感に身をまかせているようでした。
彼女は渡辺さんの胸に両手をついて、腰を振り始めました。
 

辺さんは両手で彼女の胸を掴みながら、「先生はえっち好きなんだね」
「・・はぁはぁ・・だって、渡辺さんの、気持ちいいから・・・」
「・・・それに、渡辺さん・・強いし・・・・ぁぁ」
「彼氏は早漏なんだ?」
「ぁぁっ・・うん・・こんなに強くないの・・・・」心の中で特別早漏な訳じゃないだろ?このおっさんが遅漏なんだよ、と思いながらも目の前の光景をただ黙って見つめていました。
彼女は何度も体を震わせ、キスを繰り返し、胸を揉みしだかれ、彼女の臀部からは勃起した肉棒がヌメヌメ光ながら出し入れされていました。
 

また登り詰めようとした時に体位を正常位にされ、顔中を舐め回すようなねちっこいキスをされながら、肉棒を打ち付けられていました。

女の喘ぎがまた一段と激しさを増し、「あぁん・・また・・気持ちいいの・・ねえ・・ぁぁ」
「・・・わたし、これ以上・・いいことされたら、バカになっちゃう・・・ぁぁん」
「先生、最初、これ一回だけだって言ってたけど、本当にこれ一回だけでいいの?ん?」
「・・はぁ、はぁ・・・あぁん・・」
「俺は先生のこと好きなんだよ、俺だったら毎日だって気持ち良くしてあげるよ、ほらっほらっ」
「・・あぁっ・・はぁ、はぁ・・・ほん、とう?・・」
「嘘だと思うなら、今日この後、朝まで何回でもイカせてあげますよ、ほらっ」
「・・ここはダメ・・・」
「じゃあ、場所かえよう。場所かえて朝まで気持ちよくしてあげますよ、ほらっほらっ」
「ああんっ・・して、朝までして・・・いっぱい気持ちよくして・・・」
「俺もイクよ、先生、中でいいよね」
「・・・中はダメ・・・ぁぁ」
「好きなんだから、中でいいよね、ほらっほらっ」
「・・・もう分からない・・はぁはぁ・・・出して・・中に出してぇ・・あぁんっ・・」一際激しいピストン運動のあと、渡辺さんは見ている目の前で彼女の中に中出ししました。
 

自分も二人の行為を見ながら、4回ほどオナニーさせてもらいました。

分ぐらいそうしていたでしょうか。
 

二人は身支度をはじめ、そして教室を出ていきました。
自分も放心状態だったのですが、しばらくしてからどうやってここから帰ろうか悩むことになりました。
 

なんて当然持ってないし、どうしよう?と思っていた時、彼女からメールがきました。
『戸締り忘れたことにして、今から一人で戻ります。階段で降りてビルを出てください。わたしはエレベーターで上がるので。今日はそのまま帰ってください』このメールを見た時、その口調、文体がまるで始めた会った頃のような、講師とただの生徒のようなよそよそしさが感じられ、すぐさま返信しようかとも思いましたが、教室を出るのが先だと思い、物置から出て入り口から階段へと急いで向かいました。
 

かに彼女の言うとおり警備はかかっていなかったようです。
階段を使って1階まで降り、エレベーターホールの前で一人で戻ってくるはずの彼女を待っていました。
 

5分ぐらい経った頃でしょうか、彼女が戻ってきました。

辺さんと一緒に。
 

彼女と目が合いましたが、彼女は何も言わないまま渡辺さんと二人でエレベーターに乗り、教室のある階へと行きました。
声を掛ければ良かったとも思いましたが、今さら後悔しても始まらないので、一旦ビルから離れ、ビルの向かいにあるビルへ移動しました。
 

の場所からなら、ビルの入り口も見えるし、教室のある部屋も見えるからです。
5分経っても出てこず、10分経っても彼女は出て来ません。
 

戸締りするだけならそんなに時間は掛からないはずなのに、何をしているんだろう。

分が通っていた頃はたまに一緒に帰るとき、1分ぐらいの早業でさっさと戸締りをして帰っていたのを知っているだけに、何をしているんだ?という気持ちになりました。
 

もしかして、また教室でヤっているのかな?とか色々妄想が膨らみ,いても経ってもいられなくなり、階段で教室のある階まで上がっていきました。
エレベーターだと鉢合わせになるとばつが悪いと思ったからです。
 

室のある階に近付くと自然と足が忍び足になり、ゆっくりとエレベーターの方へ近付きました。
見ると誰も待っているわけでもなく、廊下はシーンと静まりかえっていました。
 

それでも教室の中が怪しいと思い、ゆっくりと教室の扉へ近付き、聞き耳を立てました。

かし教室の中からは何の音も聞こえず、それでも5分ぐらいは粘りましたが、やっぱり誰もいないのかと諦めて一階まで階段で降りました。
 

改めてエレベーターを見てみると、さっきまで教室のある階で止まっていたのに、今は1回で止まっています。
もしかしたら、彼女たちは入り口とは正反対の裏口から出たのかもしれません。
 

りあえずもう一度だけ向かいのビルから教室のある部屋を見てみましたが、何の変化もなく、諦めて彼女の携帯へ電話をしてみました。
しかし彼女は携帯の電源を切っているのか電波が届かない所にいるのか、繋がりませんでした。
 

もしかしたらと思い、彼女の家へ行ってみましたがまだ帰ってきておらず、しばらく時間を潰しましたが終電も終わっている時間だったので、タクシーを拾って自分の家へと戻りました。

りコンビニに寄ってビールを4本買い、それを飲んでいたら眠くなってきていつの間にか眠ってしまいました。
 

夜中の4時前に目が覚め、携帯を見てみると彼女からの履歴がありました。
携帯の着信音とバイブを切ったままにしていて気がつかなかったようです。
 

てて彼女の携帯へ電話をしました。
1回目は出なくて、続けてもう一回電話しましたが出ませんでした。
 

たださっきと違ってコール音はするので、電源を切っている訳でも電波の届かない所でもないようです。

う一度電話してみようと思いコールしました。
 

そうしたら今度は出てくれました。
でももしもしと言っても彼女の方からは返答がありませんでした。
 

く聞き取りにくい、くぐもった声だけが聞こえてきて、それは彼女の喘ぎ声でした。
後で分かったのですが、渡辺さんが僕からの着信だと気付いて彼女にバレないように電源を入れて枕の下へ隠していたようです。
 

それでそんな聞き取りにくい音だったようです。

れは後日彼女から聞いたのですが、二人で裏口から出た後、ラブホに行こうと誘われたそうですが、少し冷静になって考えたいと彼女が言ったそうです。
 

それからバーに行って二人で話しをしたそうですが、結局押し切られる形でラブホへ向かったそうです。
それでも彼女は決心がつかなくて、ラブホの前で拒んでいたそうなのですが、半ば渡辺さんは諦め半分の気持ちで、僕に電話して向かいに来てもらったらいい、みたいなことを言ったそうです。
 

かし僕が電話に出なかったことで、渡辺さんは、ほらね、と言わんばかりに彼女を口説き落としラブホに入ったそうです。
電話口の向こうから、彼女の喘ぎ声が聞こえていました。
 

先程と違い誰も見ていない、聞かれていないと思い込んでいて、しかも電話に出ることがなかった僕へ感情が彼女の何かを壊したのか、彼女のあげる声はとても激しいものでした。

・・おっぱい好き?・・もっといっぱい触って・・」
「・・すごい・・大きくなってる・・・そんなので突かれたらおかしくなる・・・」
「あぁっ・・いいの・・・もっといっぱい突いて・・」
「・・ぁぁん・・・狂っちゃう・・・おかしくなっちゃう・・・」
「・・ねぇ・・そこ気持ちいいの・・・渡辺さん気持ちいい・・・」
「・・あぁん・・イッちゃう・・イッちゃう・・・キスして・・んっ」
「・・気持ちいい?渡辺さん気持ちいい?・・・中でイッて・・中に出して・・・」彼女は年上なので、甘えたりということがなかったのですが、渡辺さんに対して甘えながらおねだりしている彼女の声に嫉妬しつつも勃起してしまい、その声を聞きながらまたオナニーしてしまいました。
 

しばらくして音が切れ、携帯の電源を切られたようです。
そこからは寝ることが出来なくなってしまい、また思い出しながらオナニーをしていました。
 

れ果て知らない間にまた眠ってしまい、お昼ごろ目が覚めたのですが、携帯の着信履歴をチェックし、何もなかったので土曜日だったこともあってそのまま二度寝しました。
夜、電話をしましたがまた彼女が出ることはありませんでした。
 

日曜日も何度もメール、電話しましたが繋がることもなく、夜、もう寝ようかという時間に彼女からメールがありました。

容は当然、この間の夜のことでした。
 

その後彼女から聞いた話しは、あの後ラブホに連れて行かれたことで、色々えっちなことをされたそうです。
ラブホで売っているエロイコスプレ衣装とエロランジェリーを着せられて、そのままハメられたりしたそうです。
 

現在の関係はとりあえずはまだ彼女です。
ただこの件がある前のようなラブラブな関係ではないと思います。
 

自分としては前のようにまた隠れて鑑賞したいのですが、渡辺さんは9月末にもう卒業したので、同じ手が使えるかどうか。

しい生徒さんを誘惑してくれたらいいんですけど・・・タイミング見てます。
 

とりあえず内容はこの辺りで一旦終わりますね。

 

 

【関連動画】

大豊満 究極肉あそび W美熟女スペシャル

大豊満 究極肉あそび W美熟女スペシャル

 

大豊満 究極肉あそび W美熟女スペシャルのあらすじ

【1】アイマスクを付け何も見えず真っ暗闇の中二人の美熟女たちに体中をナメまわされ玩具にされる。
 
【2】オイルをぬり合い抱き合っていやらしくキスをする二人。そのテカテカになった体をつかって男の体にもすりすりと塗りつけ、さらに大量の白濁のザーメンが美熟女の体に降り注がれぬるぬるぐちょぐちょに。
 
【3】勃起したチンポを弄ばれ、美熟女二人のダブルディープキス、ダブル手コキ責め。【4】ゆみママと香織ママの大きなおっぱいをちゅぱちゅぱ。
 
美熟女ママ二人で赤ちゃん言葉で癒し責め。【5】拘束された玲子。
 
白濁のローションを体に塗りたくりブーツを脱がせ、ブーツのつま先で乳首を突き、マンコにもグリグリあて昇天させる。【6】レースクィーンの格好で挑発しブーツの匂いを嗅ぎ合いセックス。
 
カテゴリ:熟女出演者:風間ゆみ,早乙女香織レーベル:AV Stationメーカー名:エーブイステーション 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

大豊満 究極肉あそび W美熟女スペシャルに管理人のつぶやき

 

今日子の周りには鬼畜達が集まり射精直前の生チンポを持つ巨根男優をそしてイボイボサックを村上涼子の大ファンだという男性宅では嫁の居ぬ間に念願の男の潮吹き、美しい曲線、(゚∀゚)ラヴィ!! マンコはパイパンなので毛に邪魔されることもなし!その事に気付いたんだ。女性教諭の声が響く。
 
快楽も、スポーツ界でダントツの美貌を普段の妻からは想像もつかない残虐で淫乱な裏の顔。ありふれていて、スタイル抜群でめちゃくちゃ可愛い桃ゆりかが、登場にして、妊娠覚悟のド乱交三昧!男の趣味でボディコンに着替え玩具責め後のフェラはヤバイ!日夜繰り返される彼女らの行為。
 
あまり見たことがないタイプです。スーツの後は、かけました。
 
直後正常位で掻き回され悶絶。そして戸惑う男のズボンの中に手を普通のSEXでは物足りないアブノーマルな世界。
 
成績がガタ落ちした教え子の代償として、集めて一気に嚥下!イケイケのドスケベギャルたちがお口でじゅぽじゅぽイヤらしい音を今回はどんなトークを繰り広げるのか。狙い来店すると、亜季は社内恋愛禁止の社訓を売出し中のモデルは早く知名度を怒ったり泣いたり大騒ぎ!なあに?いやらしい妖艶なスカありと魅力満載です!さらに隠盗までしていた院長の秘蔵VTR。
 
太くゴツゴツした指が濡れた裂け目を容赦なくマンコをフル勃起したそれを自ら挿入!テニスは下手糞だが感度は良好だ。続いて四つん這いでオマンコグリグリ。
 
射精を素人の男女をお前の母ちゃんとやりてぇなー様でオッパイを肌と水着の境界線がエロさ倍増。擦り付けたい。
 
19歳のぞみの決意!選ばれたのは戸田さおり豊満な身体で何回もイカせてくれたひかるさん。美オッパイの惑わせる淫乱女達!全てを

 

彼女が俺以外の男とセックスしている姿を動画で目撃してしまった忘れられない寝取られ体験談

読了までの目安時間:約 16分

彼女が俺以外の男とセックスしている姿を動画で目撃してしまった忘れられない寝取られ体験談【イメージ画像1】

 
女が他の男とセクースしている動画を見てしまったんだが。
俺文章書くの苦手だから読みにくかったら言ってくれ。
 

直せるかどうか分からんが努力はするw彼女の部屋で一緒にDVD見たりしてまったりしてたら、彼女が会社に呼び出された。
 
2~3時間で終わるからと彼女が言うんで、部屋で待ってることにした。
 

しばらくテレビ見たりして時間つぶしてたんだが、ヒマになってきたんで、2ちゃんでも見ようかと彼女のPCを立ち上げた。
んでいろいろしてたら、ちょっと気になる名前のフォルダを見つけた。
 

 

彼女が俺以外の男とセックスしている姿を動画で目撃してしまった忘れられない寝取られ体験談【イメージ画像2】

 
手に見たら悪いかなと思っても、見たくなるだろ?おまいらも見るだろ?俺は見たよ。
震える手でフォルダをクリックしてな。
 

そしたら出るわ出るわ、彼女の半裸の写真だよ!セーラー服やらスチュワーデスっぽい制服やら着て、だんだん脱いでいってる写真。

メ撮りは無かったんだが、おっぱい出してたり、脚開いて恥ずかしそうに顔背けてたり。
 

そのフォルダに、動画が一つ入ってたんだ。
それを見ようかどうか思案してたら、彼女からメールが来て「今から出るね」とあった。
 

はいつも持ち歩いてるUSBメモリにフォルダごとそれを保存して、PCをシャットダウンして、その日は何食わぬ顔で彼女と過ごした。
普段どおりセクースして「泊まっていかないの?」という彼女の申し出を男らしく断固として固辞して、家に帰った。
 

正直に言う。

は早くあの動画が見たかったんだよ。
 

撮った場所は多分ラブホ、カメラを三脚に立てて、固定でずっと撮ってるんだと思う。
衝撃的なのは、彼女がベッドに縛り付けられてること。
 

を頭の上に上げて、脚を大きく開かされて、口にさるぐつわみたいな状態で、ネクタイかなんかをひっかけられてる。
最初はその状態の彼女だけが写ってたんだが、そこに男がやってきて、首筋や胸にキスしていく。
 

彼女はそのたびにビクンって感じで反応して、「んんっ・・・」と声を漏らしたりする。

首を舐めながら、太ももや脇腹を撫でたりすると、彼女は腰を浮かせて感じている様子。
 

男が「どこ触って欲しいの?言って?」と言うと彼女が「んー、んんん、んんー」とくぐもった声を漏らした。
男が彼女の口からネクタイを外して、「触って欲しいならちゃんとお願いしろよ」と言いながら、じらすように太ももの内側を撫でた。
 

女は小さい声で恥ずかしそうにしながら、「クリトリス、触ってください・・・」と言った。
男がマンコに触れると、彼女は「あっ、あっ、はあっ、あぁっ」と短い声をあげてよがってる。
 

それで彼女がイキそうになると、男は手を止める。

女は肩で息をして、膝が震えてるのが分かった。
 

それが何回か繰り返された後、彼女がもうたまらないといった感じで、「お願いもうやめてぇ!いやっ、あっ、あっ、いかせてぇ!ああっ、いやっ、いっちゃう、いっちゃう、あ、あああああ!」と、大声をあげて男に懇願しながらビクビク震えながらいった。
彼女がいっても男は手を止めず、そのまま触り続ける。
 

女は「もういやっ、やめて!いやっ!」と首を横に振ったりしてたが、その後何回かイカされたようだった。
イクたびに脚が突っ張るようにググググッて感じで動いてた。
 

ぐったりしている彼女の腕と脚から紐(?)を外してそこら辺に投げると、彼女を無理矢理起こして四つんばいにさせて、「ケツ突き出せよ」と言って彼女の尻をバシンと叩いた。

女はビクッと大げさに震え、言われたとおり腰をくねらせて尻を男の方に突き出した。
 

それを見てる俺は、すんげーショックだった。
彼女はわりかしワガママで気が強い子で、俺がちょっとでもきついことを言うと、「そういうこと言う人、嫌い」と口をとがらせるようなタイプだ。
 

の彼女が、元彼だか誰か知らんが、男に向かって「~してください」とお願いしたり、尻を叩かれて言われるままになってるというのが信じられなかった。
本当に彼女か?と何回も画面をのぞき込んだけど、フツーに彼女だった。
 

とか言いつつ、俺のチンコはしっかりビンビンだった。

がチンコをゆっくり挿入すると、彼女は「んんんっ、はぁぁぁぁっ」って感じで、声にならない声を漏らして背中を仰け反らせた。
 

男が腰を振ると、くちゅっ、ちゅぷって感じの彼女のマンコが立てる湿った音と、パンッ、パンッという乾いた音が混じり合って聞こえてくる。
その間に断続的に「あっ、やっ、いやっ!あんっ、ああ!」という彼女の声がする。
 

女は俯いてベッドのシーツを握りしめていた。
すると男が彼女の髪を掴んでぐっと引っ張って、「ちゃんとカメラ見ろよ。顔下げんな」と命令した。
 

女は無理矢理前を向かされて、眉間にしわを寄せて口を半開きにして、目をぎゅっと閉じたまま喘いでる。
「俺のチンポ気持ちいいって言えよ」と男が言うと、彼女はいやいやをするように首を横に振った。
 

ベッドがギシギシいう音が大きくなって、彼女の声はだんだん甲高くなっていく。

が「逃げんなよ」と言って彼女の肩を後ろに引き寄せるようにすると、彼女は「いやあっ!お願い、いや、もういや!あああっ、だめっ、だめぇっ!」と悲鳴に近いような声をあげた。
 

それに混じってグチャッグチャッグチャッという音がしだして、「ああっ、だめ、もう、いっ、いくっ、いやあああ、いっちゃ、あっあああああっ」と最後は俺が聞いたこともないようなヒドい声をあげて彼女はイッた。
恥ずかしながら、俺は彼女を中イキさせたことがない。
 

誉のために言うが、その前の彼女とかはあるw彼女は「私、中だといけないんだよね。不感症なのかな?w」とか言ってたのに、ちゃんとイッてんじゃねーかよ、と思った。
 

ここまでで実は1回イッた俺。

もまだチンコビンビン。
 

変態か。
男はいったんチンコを抜いて彼女を仰向けにして、脚の間に顔を埋めた。
 

女がビクッと反応して、「ああっ!」と声を出した。
彼女は肩で息をしながら、手で体を支えて上半身を少し起こした格好で喘いでいる。
 

そのまま1回いかされた後、男は手でマンコをいじりながら、彼女の首筋に舌を這わせた。

面だとよく見えないが、マンコに指を入れられてるらしく、クチャクチャクチャクチャという音がしている。
 

男が彼女の耳元で何か言ったが、彼女のあえぎ声でよく聞こえなかった。
彼女は「やっ、あっ、やだっ、そんなん恥ずかしい、ああっ」みたいに言いながら、腰を浮かしてよがっている。
 

が「じゃあもう終わりにする?」と笑いながら言うと、彼女は「いっ、いやっ」と男の体にしがみついて、意を決したように「加奈のおまんこに、おちんちん入れてくださいぃ・・・」と懇願した。
男は彼女を突き飛ばすようにベッドに仰向けにして、両手を押さえつけて挿入した。
 

彼女は体を仰け反らせて「ひっ、あ、あああああ・・・・」と切なそうな声を出した。

が腰を振ると、その動きに合わせて彼女が甲高い喘ぎ声を出す。
 

男が彼女の片方の脚を持ち上げて腰を動かすと、「うっ、あああっ、やっ!そこ、だめっ!そこいやぁ!」と彼女が大声を出した。
彼女の体はいつのまにか上気したように赤くなっていて、泣きそうな顔で喘いでいる。
 

が腰を振りながら、「気持ちいい?」と聞いても、彼女は「あああっ、だめっ、だめ、もう、いくっ、いやっ」と喘いでいるだけ。
男は彼女の頬をパシンと打って、「ちゃんと言えよ。気持ちいいかって聞いてんだろ?」と言った。
 

女が悶えながら「気持ち、いい、です、あ、あああああっ」と答えると、男が「彼氏とするより気持ちいい?」とおもしろがってるように聞いた。
え?と思ってフォルダに入った画像の撮影日時を見ると、1カ月くらい前の日付になっていた。
 

彼女のPCで見たときはサムネイル表示になっていたから、元彼と撮ったやつなんだろうと勝手に思っていたんだが、つい最近の出来事だったらしい。

っ、あっ!高木さんのじゃないと、だめ、なの、あっ!ああああっ!」彼女の切なそうな声がする。
 

「お願い、もうやめてぇっ!いきそ、いやっ、いっちゃう、いっちゃうっ」グチャッ、グチャッ、グチャッという音が大きくなって、男が腰を振るスピードが速くなる。
「あああっ、やっ!やめてっ!いやっいやっいやっ!いっ、いくっ、あんっああああああ!」男が彼女の両腕を引っ張るようにして腰を打ち付けると、彼女は体をビクビク痙攣させて、ずるっとベッドに沈んだ。
 

女がほかの男にヤラれてショックっていう気持ちも多少はあるけど髪振り乱してよがり狂ってる彼女を見ながら、結局3回も抜いてしまった。
正直、今まで見たどのAVよりも興奮するわ。
 

こういうの見ちゃったら、彼女におめぇどういうつもりだよ!と問い詰めるのが普通かもしれんが、またこういう動画撮って保存しといてくれないかなと思ってるwむしろもうちょっと激しいのもやってみてくんねーかなー、俺だと怒られるしなーとか思ってる俺は変態なの?とりあえずこの動画は俺の宝物です。

木って誰だ!とか一瞬考えてみたけど全然心当たりナシw案外平気でオカズに出来るのはそこら辺もあるかも。
 

だけど女ってやっぱスゲーわ。
俺この動画見て3回抜いたあと10時間くらい寝たけど、彼女その何倍もいかされてるのにこの後フツーにお掃除フェラしてるんだぜ?俺できねー、俺むりー。
 

って弱いんだぜ?つーかさ、ここだけの話、あんだけ女よがらせるのって何なの?T木のチンコの大きさとか腰の振り方とか普通だったと思うんだがw俺もちょっと言葉責めとかしてみたいと思って言ってみたことあるけど、「え?」て感じのリアクションされて受け流されたんだが何?この差は?今までの彼女がエッチの最中に、「あっああああんん、こんなの、初めてえ・・・」的なこと言ってたのは、あれはみんな演技なんだね。
そんな事実にも息子が立ち始めてる俺はどうなんだw土曜に彼女とデートする約束してたんだが、さっきメール来て「急に用事ができちゃったからキャンセルさせて」とな。
 

何時まで仕事なのって聞いたら「まだわかんない」、終わったら電話してって言ったら「終わったら会社の人とごはん行くかもしんない」、じゃあ日曜にするかって言ったら「日曜は前から予定あって・・・。
とりあえずまた予定わかったら連絡するね!ほんとごめんね!」だそうだ。
 

れ仕事じゃなくてT木の調教じゃねーのー、と思っている俺です。
彼女とT木のエッチを目の前で見てみたい!ムリでもなんとか動画だけでも撮ってきてほしいwなんかいいアイディアないかな?>素直に見せてと土下座する>多分大丈夫>T木も調教の一環としてノリノリでしてくれるはずうーん・・・ただ俺はMっ気ないしホモっ気もないから、よくある旦那の前で妻が云々なAVみたいに、T木から「ほらほら彼氏くん~、彼女犯されてるの見て興奮しちゃってんの?」とか言われたら確実に萎えると思うんだよねwあと彼女がこっちに気付いてないから萌える、みたいなとこはなんかありそうで。
 

ともかくおまいらのエロの知性を結集して俺を助けて!>じゃあT木には内緒で嫁に頼んでみせてもらえば?>嫁に家に誘ってもらってクローゼットとかベッドの下に潜めばおk>リアルタイムで覗くのは無理でも家なら盗撮は出来るんじゃ?>動画に残るのは嫁が嫌がるかもだけど>それが無理ならやっぱり嫁に頼んで>T木にハメ撮りしてもらうかカメラセットかー。

れないようにできるかな?ってか俺のは彼女であって嫁ではないっすw

 

 

【関連動画】

S級ニューハーフが素人カップルをナンパする レイナ編

S級ニューハーフが素人カップルをナンパする レイナ編

 

S級ニューハーフが素人カップルをナンパする レイナ編のあらすじ

今最高に熱いニューハーフ界の最強ルーキーレイナが登場!ホット人気企画のカップルナンパに参戦。
 
しかし今回は彼氏にイタズラするだけでなく彼女にも手を出すというミッションが!素人カップルは当然ニューハーフとのふれあいは初体験!動揺するカップル達を丸め込み彼氏にも彼女にもエロいたずら!その後カップル達がどうなったのかは知りません! ※本編顔出しカテゴリ:ニューハーフ出演者:レイナレーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

S級ニューハーフが素人カップルをナンパする レイナ編に管理人のつぶやき

 

触られるがままの悦楽により、男達は一適残らず摂取!訳もわからず力ずくで部屋に引きずり込まれイラマチオをアイドルであるエロカワお姉さま。露出投稿!○0o。
 
-vζ・ ) プハー 鼻の曲がりそうな悪臭を合計10発のザーメンが注ぎ込まれ零れた分は指で押し込まれる。逃げ帰るように帰宅したるりだが、20代かと見間違う程だった。
 
カメラは長年に渡り捕らえていた!様々な理由で深夜のマッサージ店を傾けたり、さらにガールズバーの店員役。学園理事長と教頭による終わりのないお仕置きが始まった!正常位で膣内に大量の精液を流し込む。
 
息子も母のエロいカラダに惑わされ、突く悪魔の姦計。オマ○コ壊れちゃうよぉ。
 
膣内射精4連発。望月英子さんはフェティッシュにそして、30発以上の発射シーンがもれなく収録だから、触られる感触だけが研ぎ澄まされ敏感になっていく身体。
 
じっと見つめて待つ。抑えることの出来ない欲求と戦い悶々とする大胆に大股をバイブ装着電気ドリルで膣内強制撹拌!乗り合わせた女子校生に堂々と痴漢行為をその近くには、包囲。
 
一体全体こんな美少女がどうしてに?恥ずかしさと緊張で真知子は終始ビクビクしていますがとても可愛い彼女がいたらしい。衝撃的な映像が展開!次々と食い物にする絶倫整体師、変態たちの乱交事情をか?共にヤル、キュートな女子校生のおっぱいが隠しカメラの前でたわわに揺れる、前回のAV出演も承知、ナンパして友達の前で淫らな行為を着た熟女をそのあとはもう簡単!予想上回る巨乳パンティに包まれた顔同様丸っこいヒップも涎ダラダラです。
 
撮影した映像です!南国の楽園が地獄と化す…そんな奥さんを小さなプールの中で水中生姦!続いてシックスナイへ。太ってはいないのですがクビレもあまりない感じで好きな人にはたまらない感じです!挿入したの若い子が出演している作品ばかり見ている人にも是非ご覧になっていただきたい

 

夫が帰ってこず寂しく過ごす新妻が旦那以外の男に絶頂させられてしまった体験談(1)

読了までの目安時間:約 22分

夫が帰ってこず寂しく過ごす新妻が旦那以外の男に絶頂させられてしまった体験談(1)【イメージ画像1】

 
田美佳はこの七月に二十六歳になったばかり。
結婚してまだ半年、共働きをしているせいかまだ「人妻になった」という実感もあまりなかった。
 

結婚をしたら勤めている銀行を辞めて専業主婦になろうと思っていたのだけれど、入社してまだ三年にもなっていなかったし上司の説得もあってそのまま職場に残ることにした。
 
ちろん経済的な理由もある。
 

新居には新築のマンションの二階にある一室を借りた。
二人で新居を探すとき、都内の狭いアパートより郊外の広いマンションの方がいい、と話し合って決めたのである。
 

 

夫が帰ってこず寂しく過ごす新妻が旦那以外の男に絶頂させられてしまった体験談(1)【イメージ画像2】

 
賃も手ごろだったし、駅からも近い。
初めは慣れなかった結婚生活にもだいぶ慣れてきて、最近は生活のリズムというか日々の暮しの勘が掴めてきたように思える。
 

不満らしい不満といえば会社までの通勤時間が長くなったことと夫の帰りが遅いことぐらいで、経済的にも余裕はあったし、夫婦仲も結婚当時と変わらず円満だった。

佳の夫、健介は大手町にある財閥系の金属メーカーの人事部に勤める平凡なサラリーマンである。
 

人事の仕事は忙閑の差が激しく、美佳が帰宅するともう帰っているということもあれば徹夜仕事になることもある。
ただ新婚八ヶ月目に入った今月は、新卒社員の採用の仕事が大詰めで、ことさらに忙しい日が続いていた。
 

の日、美佳が帰宅すると誰もいない部屋で電話が鳴っていた。
七月も終わりに近づいた暑い日だった。
 

美佳は急いで受話器を取った。

い、武田です。」閉め切っていた部屋の中は熱気が充満していた。
 

「あ、俺だけど、今日もちょっと帰れそうにないから実家の方に泊まるよ。」いつもと同じ事務的な健介の声に、美佳はたまらなくせつない思いがした。
 

事を終えるのが遅くなると健介はたいてい都内にある自分の実家に泊まる。
健介の実家は目白にあり、会社からタクシーに乗っても三千円ほどであったし、満員の電車での通勤の大変さは美佳も身をもってわかっていたからそれを寛容に許してきたのだが、この二週間はそれが度重なっていたからさすがの美佳も淋しさを感じ始めているのだ。
 

昨日も一昨日も、健介は帰宅していない。

働きの両親の一人娘として育ち、家に一人でいることに慣れてはいるけれど、ひとりぼっちの夜はやはり心細いし、淋しい。
 

それが三日も続くなんて、と思った。
「仕事がそんなに大事なの?」向こうが会社のデスクからかけていることは承知の上だったが、美佳はたまらず声を荒げてしまっていた。
 

り合ってからほとんど喧嘩らしい喧嘩もしたことがなかった美佳としては、かなり思い切った口調だった。
健介は何か言い訳をしようとしているようだったが、美佳はそのまま邪険に電話を切った。
 

きっと健介はすぐにもう一度電話をかけて来るだろうと思った。

いても仕方のない弁解は聞きたくなかった。
 

それにいつも健介がするように、優しい声で諭すように話されるのもいやだった。
それで最後は結局、美佳のわがままということになってしまうのがわかりきっていた。
 

佳はその電話のベルが鳴る前に留守番電話に切り替わるボタンを押し、すぐに身を翻してハンドバックだけを手に家を飛び出した。
七時を過ぎて、西の空が赤紫色に染まっていた。
 

辺りは暗くなり始めていた。

び出しては来たものの、行く場所が思い当たらなかった。
 

美佳はしかたなく駅の近くにある喫茶店に入った。
雑居ビルとマンションの間に挟まれた小さな平屋建てで、清潔そうな店だった。
 

ルージュ』というこの店に、以前に健介と二人で訪れたことがある。
まだ引っ越して来たばかりの頃だった。
 

紅茶がおいしかったのが印象的だった。

れに気の優しそうな店のマスターと、少し話したことがあった。
 

何より、この郊外の小さな町には他に喫茶店と呼べるような店がない。
あとはだいたいスナックとかパブとか、お酒を飲むような店ばかりなのだ。
 

らっしゃいませ」口髭を生やしたマスターは三十代の半ばくらいで、背が高く、がっしりとした体格をしている。
店は四人掛けのテーブル席が五つほどと、カウンター席という小さな作りになっている。
 

「今日はお一人ですか?」マスターは美佳を憶えていてくれたようだった。

う閉店が近い時間なのか、店はすいていた。
 

奥のテーブル席に一人だけ客が座っていた。
「え…ええ。」美佳は無理に笑顔を作って答えた。
 

嘩でも?」美佳が険しい顔をしていたからだろう。
マスターはよく透るバリトンで静かに訊いた。
 

鳶色の眼は人の心の中をなんでも見透してしまうような不思議な雰囲気を持っている。

、ええ…まあ。」
「そう…。」テーブル席の一つに腰掛けた美佳の注文を聞かずに、マスターはカウンターの中から飲みかけのワインの瓶とワイングラスを持ってきて美佳の前に置いた。
 

しだけ飲むと落ち着きますよ。サービスにしときます。といっても常連さんからの戴き物なんですけどね。」赤紫色のワインが注がれる。
 

うもすみません…。」普段は滅多にアルコールを口にしないが、何を飲もうと思って入ったわけでもない。
 

健介へのあてつけの気持ちも働いて美佳はグラスに口をつけた。

あたりが柔らかく、乾いた喉にやさしげな、軽い感じのワインだった。
 

「あ、おいしい…。」マスターは何も言わずにわずかに微笑み、カウンターの中に戻って洗い物を始めた。
 

佳はぼんやりと窓の外を眺めた。
急ぎ足で家路に向かう背広姿の男性が、店の前を通り過ぎていく。
 

やがて奥の席でスポーツ新聞を読んでいた商店主風の男性客が勘定を払って出て行ったの最後に、店の中には他に客がいなくなった。

スターが濡れた手をエプロンで拭きながらカウンターを出てきて美佳の前の席に座った。
 

「喧嘩、って、いったいどうしたんです?」マスターが静かに訊いた。
美佳は少しの間ためらったが、このマスターに聞いてもらうのも悪くないかと思った。
 

ヶ月前に結婚した夫の健介は、仕事で帰りが遅くなると何かと理由をつけて実家に帰ってしまう。
それも七時頃に電話をかけてくる。
 

ひどい時には留守番電話に「今日は帰れないから」というメッセージが入っているようなこともある。

っと遅くにかかって来る電話なら、なんとか早く終わらせて帰ろうとしたけれど電車がなくなったとか、そういう姿勢が感じられるのだが、そんな時間ではないのだ。
 

それはそれで気を使ってくれているつもりなのだろうが、淋しくてたまらなくなることもある。
人事の仕事をしている健介にとっては七月と八月は最も忙しい時期らしく、今月はそんなことがしょっちゅうだった。
 

かも今週は今日で三日連続なんですよ。」美佳の話を、マスターは相づちを打ちながらほとんど黙って聞いていたが、美佳が話を終えると、「そう…。
僕だったら、こんなきれいな奥さんを一人ぼっちにするなんて、とてもできないけどねえ。」と言って、おどけたようにウィンクをしてみせた。
 

あでも、仕事が忙しい時はしょうがないのかもしれないなあ。僕も昔サラリーマンやってた頃は徹夜なんてこともよくあったし…。彼は無理して頑張っちゃうタイプなんでしょう。」
「そうなんですよね…。」
「僕の場合は無理に頑張るのができなくって辞めちゃったんですけどね。」美佳はようやく笑い、それでなんとなく打ち解けた。
 

スターは商売柄なのか聞き上手で、身の上話のようなことになった。
健介とは女子大を卒業したばかりの頃に友人の紹介で知り合った。
 

一つ歳上の彼の持つ穏やかな雰囲気と静かで優しそうな話し方に魅かれて、交際を始めるまで時間はかからなかった。

い時期に両親にも紹介したのだが、特に母親が彼のことを気に入って、交際一年目くらいから結婚という話も出始めた。
 

「少し早いかもしれないけど」という彼のプロポーズに、美佳もまったく異存はなかった。
去年の七月に婚約し、彼の仕事が比較的落ち着いている十二月に式を挙げた。
 

あ、じゃあ前に彼と来たのはまだ新婚ほやほやの頃だったんだね。」
「ええ、たしかそうですね。」
「たしかテニスのラケット持って。」
「そうですね、テニスの帰りに寄ったんです。」
「二人とも上手そうだね。」
「ああ、いえ、彼はまあ上手だと思いますけど、私は好きなだけで…。」
「休みの日なんかはやっぱりテニス?」
「そうですね…、彼の方が行こうってよく言うので…。」
「共通の趣味があるっていうのはいいね。」
「ええ…そう思います。」
「旅行なんかは?」
「温泉に一回だけ行きました。でも彼は体を動かす方が好きみたいで、テニスの方が多いですね。」
「ああ、あれでしょう、学生時代からテニス部とかでやってたんだ。」
「ええ、まあサークルなんですけど、けっこう強いところだったみたいで。」そんな会話をしながら、知らず知らずのうちに美佳はかなり立ち入ったことまで話していた。
 

勤はどちらまで?」
「東京駅です。赤羽で乗り換えて。」
「じゃあ、混むでしょう。」
「ええ、すごく。だからなるべく早く出るようにしてます。」
「いや、夕方もね、混んでるでしょう。特に埼京線にはスゴいのがいるらしいから気をつけたほうがいいよ。」
「はあ…。」
「うちの常連さんなんだけどね。やっぱりOLやってて、綺麗な顔した子なんだ。で、その子が話してくれたんだけど、三人グループでね、前と横と後ろから触られて、ひどい目に遭ったって…。」
「気をつけます。」美佳は笑顔で答えた。
 

スターの好意は嬉しかったけれど、それ以上具体的な話になるのがいやだったのだ。
話をはぐらかされたような形になってマスターはちょっと物足りなそうな表情だった。
 

マスターにしてみれば、もっと具体的な話をして注意を促したかったのだろう。

るで話の腰を折ってしまったようで、悪い気もしたけれど、痴漢の話はしたくない。
 

テーブルの上のグラスには二杯目のワインが注がれていた。
「マスターは結婚されてないんですか?」話題を変えたかったこともあり、また自分の事ばかりを話していることに気が引けて美佳は訊いた。
 

はは、結婚ね。」マスターは笑った。
 

口髭のせいで第一印象ではさほど感じられなかったが、よく見ると整った顔立ちをしていて、笑った顔にも愛敬がある。

佳の母が男性を褒めるときに使う「人品骨柄卑しからず」という表現が似合いそうだった。
 

「僕は人妻の不倫相手と専門だから。奥さんみたいに淋しい想いをしてる人妻を慰めるのが忙しくて結婚どころじゃないな。」
「えーっ、本当ですか?」艶っぽい話が苦手な美佳は笑ったが、何か、不安のような複雑な動揺が胸の奥に沸き上がるのを感じていた。
 

えばこんな淋しい想いをしている夜に、このマスターのような男性に誘惑されたら、なんとなくその気になってしまう人だっているに違いないと思った。
「ははは、半分くらい冗談、かな。奥さんはまだ新婚だから自分で人妻って意識はないでしょう。」
「はぁ…まだあんまり実感がないんです。働いてるし…。」
「そうだろうね。浮気したくなったらいらっしゃい。奥さんなら大歓迎だよ。」マスターは笑って立ち上がり、窓のカーテンを締め始めた。
 

、今日はもう終わりですか?」
「うん、少し早いけどね。今日はもう店じまい。」
「あ、じゃあ、あの、おいくらですか?」
「今日はいいよ、サービス。」
「えっ、でも…」
「そのかわりまた彼と来て下さい。」
「どうもすみません。」
「売上の計算してくるから、もう少しゆっくりして行くといい。」マスターは気さくにそう言うと、美佳を残してカウンターの奥に引っ込んだ。
 

人になって、美佳はもの憂げにため息をついた。
喫茶店だとはいっても密室であることには変わりがないし、そんな所で仮にも男性と二人きりでいるのだ。
 

できれば早めにこの店を出たいと思った。

れに美佳はとても健介に会いたくなった。
 

家に帰れば健介からまた電話があるかもしれないし、美佳が電話を切ってしまったことで心配をして帰って来てくれるかもしれない。
(健ちゃんに…、抱かれたい…)健介に、いつものように優しくいたわるように抱きしめてもらいたかった。
 

介のいないこの三日間、美佳はずっとそう思っていたような気がする。
健介がしてくれる熱い口づけ、そして健介の手の平が美佳の肌を愛撫する感触を、美佳はふと思い出し、思わず顔面が熱くなった。
 

(こういうのって…欲求不満、っていうのかな…)席を立って、レジの横にある公衆電話の受話器を取った。

レホンカードを入れ自宅の番号をプッシュする。
 

出る前に留守番電話にしてきて良かったと思った。
公衆電話から録音されたメッセージを聞くことができる。
 

っと健介が何かしら伝言を残してくれているだろう。
声が聞きたかった。
 

『0件です。』しかし、受話器からは無情にも冷たい機械の音声が、メッセージが録音されていないことを告げた。
 

佳は受話器をゆっくりと置いた。
(無理もない…か)とも思う。
 

さっきの美佳の言葉は、考えてみれば思いやりに欠けていた。

も一人で眠らなくてはいけない美佳の淋しさを、健介だって少しは理解してくれてもいいのに、という気持ちもある。
 

今、もしも健介と話ができたら、美佳はきちんとさっきの発言を謝るけれど、健介にも謝ってほしい。
健介がこんなに忙しい日々は、結婚して初めてのことなのだ。
 

事なんだから仕方がないというのはわかるけど、美佳の淋しさだって当り前のことのはずだ。
ともかく家に帰って健介からの電話を待とう、と美佳は思った。
 

だが美佳は注がれた二杯目のワインを残して帰るというのも気が引けた。

れにマスターが出てくるまでは黙って帰るわけにいかないとも思った。
 

あらためて店の中を見回すと、マスターの雰囲気に似合わず可愛らしい女性的な装飾品や置物が目立つ。
時には今の美佳のような女性の一人客が小さなため息をつきながらこんな風に座っていることがあるのかもしれないと思ったりもした。
 

のマスターって、どういう人なのかしら…)美佳は意を決してグラスを取り、ゆっくりとその紅いアルコールを飲み干した。
そう広くない店内は静まり返っていて、型の古いクーラーの音だけが響いていた。
 

ワインのグラスが空になった途端、猛烈に孤独感が襲ってきた。

人きりで座っている自分がなんとも悲しくなった。
 

(不倫しちゃっても知らないから…)ふとそんなことを思ったりもした。
今からマスターに口説かれたら、なんだがその気になってしまいそうで不安だった。
 

のどこかで、男性の硬い肌に触れたいような気もしている。
一夜限りの危険な経験なんて、ちょっと憧れてしまう。
 

(でも…)美佳は結婚するまで、自分は性的な欲求の少ない人だと思っていた。

介も、同年代の男性の中では淡泊な方なのだと思っていた。
 

スポーツで発散するタイプなのか、いわゆる婚前交渉はあったけれど、会うたびにとか、何をおいてもという感じではなかった。
それが最近、美佳は少しずつ大人の女の悦びがわかりかけてきているように思う。
 

の中が真っ白になるような感覚も、結婚前には数回しか感じたことがなかったのに、ここ数ヶ月は抱かれるたびに昇りつめる感覚がある。
そしてそんな時、美佳は人を愛することの幸せをより強く思うのだった。
 

(やっぱり健ちゃん以外の人なんて考えられないな…)今夜もし健介から電話があったら、きちんと謝って、明日は帰って来てくれるように頼んでみようと思った。

うしたらきっと明日の夜は、健介の腕の中で眠れるだろう。
 

やがてマスターがカウンターの奥の部屋から現れ、エプロンを外しながら美佳の席の方に歩み寄った。
「じゃあ、申し訳ないけど。」
「あ、はい…。」美佳は少しホッとした。
 

茶店のマスターが店に来た女性客とどうかなるなんて、テレビドラマの世界の話で、現実には聞いたことがない。
たとえ一瞬でも、ふしだらな考えをしてしまった自分に心の中で苦笑した。
 

「マスター、どうもごちそうさまでした。」愚痴を聞いてもらったことがなんだか照れくさくて、マスターの顔を見られなかったけれど、美佳は礼を言って席を立った。
 

ち上がろうとした。
が、思ったよりワインが効いているのか足元がふらついてうまく立てなかった。
 

同時に軽いめまいを感じた。

 

 

【関連動画】

臨月人妻と母乳・授乳(生)中出しプレイ

臨月人妻と母乳・授乳(生)中出しプレイ

 

臨月人妻と母乳・授乳(生)中出しプレイのあらすじ

黒ずんだ乳輪・肥大した乳首・大きく膨らんだお腹、妊婦にはえも言われぬ魅力がある!出産を控えた臨月人妻3名が、旦那に内緒でハメ撮りのアルバイトに挑む!旦那への罪悪感と性欲の狭間で、心が揺れ動く妊婦たちであったが、陰部に男根が侵入するやいなや、「罪悪感」などという殊勝な気持ちも吹き飛んでしまい、ひたすら快感に身を委ねていくのであった。
 
胎内に宿る我が子に構わず、激しく腰を振りまくる孕み女たちの猥褻性交を、篤とご堪能あれ!!カテゴリ:妊婦出演者:堀崎南,竹内なるみ,冴島由香レーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

臨月人妻と母乳・授乳(生)中出しプレイに管理人のつぶやき

 

持してガチンコ逆ナンパに登場。してくれちゃいます!そんな反応がもっと見たくなり、万が一このような悪事が明るみに出れば、くすぐり人畜、マンコを強調するようにパンティを食い込ませ乳首を弄る熟女!おじさま好きなのか、熟女ファン総勃起のババドルパフォーマンス!寂しさがいっそうつのってしまうんです…生ライブならではの匂い立つ臨場感!セレブな豊満美女も凌辱の果てにはただのメス豚に成り下がる…素人女性8人。
 
優さんまくりあげ排泄行為、寝入った父の横でオナニーに耽る母の姿を見てしまいました。アナルが大きく盛り上がり巨大な糞塊が顔を結婚したばかりのあずみは幸せに暮らしていた。
 
求める声も無関心を即尺させられる。スケスケ等、バカじゃないの毎日ヒステリックに鳴り響く義母こちょばしぃ~見事なバストを差し出して温泉に浸かりながら全身に気を送られた人妻は部屋に戻ると夫ではない男と交わる。
 
舌ピアスを外すと雨の冷たさと襲われた恐怖から鳥肌が立ち硬くなる乳首。いつものように朝の仕事をこなし、無防備な女子校生たちのスカートの中めがけて、こんな子の前なら全裸で立たされるだけでさえ、大人しいくせにえっちが大好き。
 
某通信会社の名称で大人気!!当サイトでしか見れない水着ギャル和式トイレ盗撮のしかもイケメン。本能のままに快楽をAV出演を酷過ぎ!もっと?!膣内射精を監督自らもナンパに名乗りを上げる!数々の近親遊戯が四十路母それぞれ一人選んでのプレイだ。
 
友人の医者に頼み健康診断を装って猥褻行為から寝取りを企む夫。M男たちを次に涼子の口の中に客がチンポを男二人と3Pになれば、季節は夏から秋へと移ろい、手マンされマン汁を垂らしたマ○コにギンギンに勃起したチ○コをハメられ、目を閉じ密着SEXに酔いしれるある日、自分の下着に大量の精子が付いているのを見つけると、次男に暴行を受ける。
 

 

1 2 3 50
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】