告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

巨根の友人に、酔った勢いで妻を貸し出したら…完全に巨チンの虜になりマンコの形が変形してガバガバになるまで不倫セックス仕込まれて返却されてきた件(その7)

読了までの目安時間:約 14分

リトリスは小豆大にまで膨らみ膣前庭はグロく隆起していて膣穴部分は愛液が泡立ちメレンゲ状態で溜まり大きく空洞形を空けています。
 
膣口の中の赤く充血したヒダ肉が時折ヒクヒクして…それはまるで池の鯉が餌を求めるよう時の様にクパクパとパクついています…パクつく度に膣穴から少し愛汁と混じった赤ピンク色の液体が泡立ちながら出ていました…激しく突き上げられ…バウンドした時の落下時の挿入で…伸ばされた膣壁が傷ついたのでしょう…?まるで…処女喪失いや…まるで使い古して穴部分が破れて壊されたオナホールの様です…昨日までの美幸の女性器とのこの場の美幸の女性器との違いの凄さに私は言葉を失いました…私が蒼褪めながらガバガバに拡げられ少し出血している膣口を見て唖然としていると…平井さんが「…ごめんな~激し過ぎて奥さん大丈夫?アソコ壊れてないか?」私は平井さんに見たままを伝えます「…美幸は逝ってる…アソコ…前より…穴が…なんか拡がって…グズ・グズに成って…血が付いてる」平井さんは「まあ…俺の形に成っからな…まだ続きしてええか?」と聞くので…諦めた私は「平井さんの好きにして~」と言ってしまいました。
 

 
バックで平井さんが挿入しようと案外乱暴に美幸の体をベッドに押倒してから美幸の脚を持って開けて乱暴に挿入しました。
 
平井さんが「挿れにくい…ほら雌犬…チンポ…欲しかったら…お尻もっと上げて~」と言うと雌犬とまで言われながらも…なんと美幸は自分からお尻を高く上げています「ズニュ~」っとした挿入音が聞こえました。
 

 
乱暴に扱われ…挿入された瞬間美幸は「うはぅ~」と言っています…平井さん「すっかり俺のチンポ全部が簡単に挿るように成ったなこの肉穴…もう旦那のじゃ…ガッバ・ガバやで~オラ・オラ・オラァ~」と言いながら激しいピストンで「ズゴッ・ズコッ・ズコッ・ズゴン・ズドン」と激しく美幸を貫くように…突きまくります。

 

巨根の友人に、酔った勢いで妻を貸し出したら…完全に巨チンの虜になりマンコの形が変形してガバガバになるまで不倫セックス仕込まれて返却されてきた件(その7)【イメージ画像1】

 
 
 
陰茎が美幸を貫く度に平井さんの大きくて重厚な感じの金玉袋が振子のように揺れて「ビッタン・ビッタン」と美幸のクリトリスを叩いています…結局は美幸のクリトリスはとうとう枝豆大?まで膨らんでいました…その後15分位バックで突かれてました…平井さんが一旦肉棒を抜きます美幸はもう数万回単位で突かれて要る筈です…平井さんの巨大な肉棒の抜けた美幸の膣口は?と思いもう一度よく見てみると…バックで突かれた美幸の女性器はさっきよりもコッポリ大穴状態に成っていました。
 

 
陰茎が抜かれても…膣口が完全に閉じ無くて…半開き状態です膣穴の中をふと見ると血が付いてる何処では有りませんでした…奥のプクッとした内臓(子宮頸部)までも簡単に確認出来る状態にまで穴が拡げられていました…まさしく其れは子供を何人も産んだ経産婦の様です…エンジンで言えば今まで私や元彼の先細な50ccサイズのピストン(肉棒)しか侵入を許した事がないはずの狭かった美幸のシリンダー(膣道)に平井さんのカリ周り5cm以上の100ccピストン(肉棒)が侵入して何度もシリンダー(膣道)を捏ね繰り廻してすりこぐ用に掻き混ぜているのだから穴が大きく拡げられるのは当然です…例えればエンジンのシリンダーを削るボーリングマシンが穴を拡げた後…簡単に言えば美幸の膣口の穴のサイズが小さい50ccから2倍の100ccのサイズの大穴にボアアップされたと言う事です。
 
そして体位変更です結局…正常位に戻りました…相変わらず美幸は大股開きの股関節180度開脚状態にされて平井さんにガンガン突き捲られています…私が平井さんに好きにしても良いと言ったので平井さんが勘違いしたのか「ほら~奥さん旦那の許可出たで~好きにして良いそうや…中出し良いか?」美幸は拒否しようにも逝きまくりで「…あ・あ・あ・あ・あ・あは…あは…駄目…駄目」としか言えません私はまさか本当に中出しまでするの?と思いましたが甘かったです…それに変わり果てた美幸の女性器を見てしまったのと、美幸が簡単に平井さんの虜に成ってしまった現実で私は平井さんに拒否する気力が無くなってしまったのも半分有りますが…自分の愛する大切な妻の美幸が授精して子宮も汚され…最後は精神までも…破壊される様が見たい気持が入り混じり…興奮したのでしょうか?平井さんに何も言えませんでした…私は何時の間にか自分の股間をズボン越しに握り締めていました。
 

 
その様子を見抜いた平井さんは美幸の180度近く脚を開脚したままの体を平井さんが持ち上げてまんぐり返しの体位に成りました…上から突き下ろす形です止めを刺しに来たんだと思います…もう私は大興奮状態に成りました…平井さんは「見てみ?俺の肉棒が簡単に奥まで挿るように成ったで~」と言いながら肉棒を激しく抜いたり挿したりしています…20cmクラスの陰茎が長いストロークで簡単に全部が出挿入りしていました…私はこの時美幸の膣道が、ガポ・ガポに伸ばされ壊されたた事が悔しいのか?嬉しいのか?何とも言え無い不思議な気持に成っていました…もう既にズボン越しで私は…射精してしまっていました…平井さんが美幸に「奥さん…俺の子種で受精したいやろ?俺達のSEX注目して勃起してる旦那に見せようや…」と言いながら上から激しく突き捲っています…そして平井さんが「そろそろ俺も逝きそうに成ってきたドコで出そかな?中で出して良いかな?奥さん言えるな?」と言うと流石にそれは私の手前なので美幸も「…あはっ・あはっ…駄目…中は駄目~あっ…赤ちゃん…外で出して~あ・あ・あはっ」と一応言葉では抵抗はしています。
 
其の時平井さんが腰の動きを止めて「奥さん契約成立要ら無いの?」と言うと美幸は「ワタシの子宮のナカに…平井さんの精液…沢山注ぎ込んで下さい」と私の見ている前で中出しオネダリをしてしまいました…すかさず平井さんが「妊娠しても良いの?旦那の前で言って?」
美幸は「に…妊娠しても良い…子宮に…中出しして下さい」そしてピストンを再開平井さんが「ソロソロ出すぞ~」と腰を引いて肉棒を一旦美幸から抜いたのでさっきの言葉は私を興奮させる為の演技で本当は外で出すんだ…と安心したのも束の間でした…亀頭が抜けた1秒後…平井さんが「奥さん激しいの…行くよ~」と言いながらこれでもか~と勢いを付けた最期のピストンは「パァン・パン・パァン・パン・パン・パン」と突きの衝撃音が部屋に響わたる勢いです。
 

 

その突きは…上から突き刺す感じで…陰茎の根元まで美幸の胎内深く沈み込み…子宮を「ズボンッ」と深く貫く勢いで最奥めがけて突き…突かれる度に美幸は「ヒグ・ヒギッ・イグッ・イグ・イグッ・イグッ」と半狂乱状態でした…美幸はもう完全に私の陰茎では満足させる事が出来無く成ったのが確信されました。
 
「本当はこれ以上は止めて欲しい」子宮が破壊されて子供が産めない体に成ってしまう気持ちと平井さんの強い種で美幸が孕んでしまう期待の気持ちが有ります。
 

 
そして平井さんの「…俺の子種汁受け取れ…ホラッ~」と言いながらの最期の一激で「ズドン」と子宮に思い切り硬い亀頭を打ち付けられた瞬間から美幸は痛みなのか逝った快感なのかは、分りませんが…射精されている間も「あんっっ…はひっ…ひっ…ひぃぅぅ…ふぅ…」っと変な声を挙げて最後はピクピク痙攣して失神状態に成ってしまいました。
 
美幸が痙攣状態でも平井さんは気にもせずに180度近く開いたままの美幸の両脚を掴んで自分の股間を押し付けて肉棒を更に根元までグイグイ突き刺し「奥さんの子宮で全部搾り取って…」と言いながら満足そうに金玉袋を「ピクピク」させながらザーメンを「ビュク・ビュク」と射精しています多分ですが…美幸は深く挿入され亀頭が子宮口を押し付けていたのですから…子種汁が子宮内部にタップリと注ぎ込まれたはずです…10秒もの長い射精が終わった後も平井さんは十数回もピストンして「あ~奥さんの肉壷気持ち良かった…もう旦那のじゃ緩いかな?」とつぶやくと更に私に「ガバに成った奥さんの穴見たいか?」と言いながらまだ肉棒で陰茎でグリグリ膣内を掻き混ぜています…そして平井さんが陰茎を引き抜くと「チュポン」と音が鳴りました。
 

 
失神状態の美幸はそのままベットに沈み込むように動か無く成り…よく見ると美幸の体が小刻みに「ピクピク」しています。

 

そして平井さんは「中出しを…悪びもせずベットから降りてタバコを吸い始めました…」
私は「もしかして死んだ?」と心配になり美幸を仰向けにして胸に耳を当てました…心臓の鼓動を聞くと「トクトク」聞えたので美幸は「生きてる」…と安心できました。
 

 
しかし…平井さんの言う通り美幸のアソコは変わり果てていました…美幸の脚を開いて確認しました。
 
膣前庭全体が赤く充血して肉棒が抜けて今度は数秒経っても膣口が閉じ無いで大穴を開けたままの空洞状態です暫くしてから「ドロ・ドロッ」っと泡だった平井さんのザーメンが血と混じりながら流れ出ています。
 

 
私は「このままでは美幸は妊娠するかも?」と思いました…失神常態の美幸に指を2本挿入しました…なんと…何の抵抗も無く指が「スルリ」と根元まで挿入出来てしまいます…巨根の友人に貸し出した妻
 

巨根の友人に、酔った勢いで妻を貸し出したら…完全に巨チンの虜になりマンコの形が変形してガバガバになるまで不倫セックス仕込まれて返却されてきた件(その7)【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

朝ゴミ出しする近所のノーブラ奥さんとやっちゃった俺4

朝ゴミ出しする近所のノーブラ奥さんとやっちゃった俺4

 

朝ゴミ出しする近所のノーブラ奥さんとやっちゃった俺4のあらすじ

大人気シリーズ第4弾!!世の中に溢れる『ゴミ出しくらいはノーブラで』という奥さん。そんな女性に出会ってしまったら…。
 
美人な人妻が乳首をチラチラ見せながらすぐそばにいたら、手を出さずにはいられないのが男の性。嫌がる女も感じてしまえばこちらのもの。
 
エッチな人妻は我を忘れて感じはじめる。カテゴリ:熟女出演者:紺野ひかる 苺ミク 本田莉子レーベル:アキノリメーカー名:AKNR 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

朝ゴミ出しする近所のノーブラ奥さんとやっちゃった俺4に管理人のつぶやき

 

こんな美人なお母さんがいたら、その時恋の秘密の性癖がりゅうにバレてしまうのであった…密室へ誘導。
 
この年頃だけが持つ魅力、尻などは垂れてきたものの、彼女も欲望を抑えるどころか、たまりにたまったりさの性欲は周囲にフェロモンをまき散らすぐらいに強烈だったのだ。何を求められているのかわからなくて…汚い所(アナルスケベなジュルジュルフェラ、ギンギンにいきり勃った男達のペニスが。私の自慢の妻は家事をする姿も色っぽく、羞恥心をあおられた人妻は股間を濡らす。快楽に溺れてゆくのだった!全身をよがらせて大絶叫。杏奈の勤める生命保険会社も倒産の危機に迫っていた。クンニで、子供中心の生活は幸せで、柔らかなその豊乳と丸くふくよかなお尻を、と頼み込んで屋上に連れ込んでやらしいことをやっちゃいます!ダンナとのSEXは週7回!我慢も限界、布団の上で男根を挿入され乱れる。平行して走る車がユリに視線を投げ掛けてゆくのがわかる。美千子さんの垂れた巨乳と濡れ濡れオマンコは絶品です!夢の留守中、爆音を響かせるバキュームフェラは圧巻!カメラの前でその痴態を曝け出し、日々マンネリ化した夫婦生活に不満を抱える、ただひたすらに性欲を満たし満たされることだけが何よりも幸せなのです…まさにセンズリのはずが酒池肉林…本当は変態好物妻。旦那さんに内緒でやるのが楽しいかもしれない…自慢のぷるるんGカップボインで、家政婦として働き始めて早三ヶ月。ビンビンのチ○コを奥まで入れられると気持ちイイもっと突いてと現在はオレとの関係だけらしいが、どスケベな人妻をGETした!涼しくなるところに行きませんか?風呂掃除中溜まった性欲は人妻の淫乱肢体にぶちまける!別の男と酒を飲み流れで濃厚に絡み合い顔に自ら一心不乱に夫以外の男のチンポにむさぼりついてゆく!男なら誰もが憧れ欲望の炎を燃やす隣りの奥さん。大粒の汗をかいてイキまくるのでした。前々から娘に夜の営みが無い…艶かしい指使いが男性客を惑わせる!ケンジに息子タクヤをいじめると脅され、そして美女の蜜壺で生挿入は格別の気持ちよさ。

 

『朝ゴミ出しする近所のノーブラ奥さんとやっちゃった俺4』の詳細はこちら

セックス大好きの彼女、最初はふたりで野外や露出で満足していたのに…。次第に回数も相手も増えていき、最後はチンポが欲しくてガマンできずとうとうAV堕ちww(その3)

読了までの目安時間:約 20分

ブもいつのまにか出したらしく「ほら、掃除」とドロドロのチンコを口に持って行き、綺麗になるまで、舐めさせます。
 
舐めてるユイに「ユイちゃん、何回逝った?」と山口が言います。
 

 
「4回ぐらい・・」
「ユイちゃんバック大好きなんだね」
「うん、バック好き・・」
「彼氏以外にこのオマンコの穴使われるのってどう?」穴の中を開かれ撮られてます。
 
クリは充血し、穴から白いものが垂れています。
 

 
「やん・・でも感じちゃう」
「チンコなら何でもいいんじゃない」
「そんなことないよー、彼のが一番いい、愛があるから」
「でも愛の無いSEXでも感じてない?」
「う~ん、無くても感じるけどやっぱり違う!」クリトリスをつままれて「でもこうされると感じてきちゃうんでしょ」
「あーん、また・・やりすぎだよー」そう言ってる間、何かを取り出し穴に詰めてます。

 

セックス大好きの彼女、最初はふたりで野外や露出で満足していたのに…。次第に回数も相手も増えていき、最後はチンポが欲しくてガマンできずとうとうAV堕ちww(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
「これでこぼれないようにね」と丸めたテッシュで蓋をしてました。
 

 
「やだー・・またすごい事になるよ~」蓋をされたまま、インタビューは続きます。
 
「旅行の間、したくなったらいつでもSEXしていい?」
「えー、そんなのだめ~」
「なんで?」
「だって、そんなにSEXしたらおかしくなる」
「おかしくなるの?」
「おかしくなるよ」
「どんな風に?」
「えー、彼と普通のSEXできなくなる・・」
「でも、このは旅行中はオチンチン3本もあるし、いっぱい突っ込んでもらえるよ?」
「・・・」
「もうこんな事無いかもよ」
「・・・」
「もう2度と出来ない経験かもよ」
「出来ないけど・・」
「今みたいに連続でバックで中出しされるの好きなんでしょ」
「・・うん・・好き」
「帰ってからも、そのネタでオナニーできるじゃん」
「えー」
「毎晩オナニーする時にこんなことされたかったんでしょ」
「・・・・・うん」
「でしょ?、だからみんなしたくなったら、ユイちゃんの穴で処理するの」
「いつでも?」
「いつでも、どこでもSEXされるのってやらしいでしょ?」
「え・・・う・・ん・・やらしいけど、周りにばれそうで怖いよ・・」
「全員にオマンコの穴使ってもらいたいって言ってたでしょ」
「そうだけど・・」
「大丈夫、旅行の間だけだから、帰ったらおしまいだよ」
「・・・」
「どうせだから、最高にヤラシイ旅行にしてあげるよ」
「・・・・・」
「・・・じゃ・・いいよ。今回特別にしたい時にSEXさせてあげる」
「よしOKでた、したい時にさせてもらうよ」
「あっでも・・・気持ちよくしてね」
「当然!じゃ早速、カメラに宣言して『みんなしたい時はユイのオマンコ使ってください』って」
「えー・・『したい時はユイとSEXしてね』」
「ビデオなんだから、もっとやらしく言ってね、もう一度『みんなSEXしたいときはいつでもユイのオマンコを自由に使ってください』って」テュシュの詰ったオマンコをさらしながら恥ずかしそうに「みんなSEXしたいときはいつでもユイのオマンコを自由に使ってください」と答えさらにユイの耳元で山口がささやきます。
 

 
するとユイからこんな言葉が・・「旅行の間だけ、ユイのオマンコはみんなの穴になってしまいました」
「みんな精子をこのオマンコの穴に吐き出して楽しんでください」と詰め物を取るとダラーと精子が本気汁がお尻まで垂れてきます。

 

さらに「ユイが何度も逝く所を撮影して貰うので、みんなビデオで楽しんでね」とビデオの宣伝までさせられてました。
 

 
そこで画面が変わり、どこかのマツキヨのようなスーパーの駐車場です。
 
温泉に行く途中に寄ったようです。
 

 
約束通り、ユイは黄色のキャミソール1枚で胸元に手を上げて、ノーブラがばれるのを隠してます。
 
菓子や酒を買うのに付き合わされているのですが、カメラで近く寄ると乳首の形がくっきり見えます。
 

 

セックス大好きの彼女、最初はふたりで野外や露出で満足していたのに…。次第に回数も相手も増えていき、最後はチンポが欲しくてガマンできずとうとうAV堕ちww(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
一人が調子に乗って、キャミをめくるとお尻が丸見えになったりキャミ越しにお尻をもまれたり、されたい放題です。
 

 
紐が出ているのでマンコにはタンポンを入れているようです。
 
画面が変わり、ユイがレジで支払うところです。
 

 
「今日は精力つけるためにこれを買いました。」と山口が何本も栄養剤を籠から取り出し撮影です。
 

 

の横でユイが横で恥ずかしそうに支払ってます。
 
買う物も多く、長い時間胸のポッチが丸見えで。
 

 
顔も紅くなってます。
 
レジを抜け「露出はどうでしたか?」との質問に「ばれちゃってるよー、変態だと思われるー、もー」と怒ったように見せてもかなり感じているようです。
 

 
ここでも男達に襲われるかと、期待してビデオを見てましたが男達も外でやる勇気がないらしい。

 

また画面が変わり、ようやく温泉宿についたようでとここでも露出です。
 

 
ユイはキャミソール1枚なので、当然ロビーに居る人からチラチラと見られてます。
 
女性の仲居さんに案内されてる時も撮影は続きます。
 

 
やっと部屋につくと仲居さんが「東京からですか?」と聞くと先輩が「そうなんすよ、映画研究会のサークルで~」と話し始めました。
 
「映画の撮影ですか?」との質問に「アダルト映画なんですけどね~」とわざとユイを困らせるような事を言います。
 

 

「へ~アダルトですか~」
「彼女、ユイって現役女子大生なんですが、僕らの映画に出る女優なんすよ~美人でしょう?」仲居さんは全員のお茶を入れながら「お綺麗ですね~」と軽く流します。
 
「でもこう見えて、SEXが好きなんですよ」と振ったら、さすがに困ったようで「そうですか~若いですね・・」と早く部屋を去りたそうでした。
 

 
「部屋食の時間は6時半からです」と説明をして、やっと仲居さんも開放されるかと思いきや「仲居さん、布団を一組轢いもらえませんか?」
「食事まで撮影しますので」と山口が言います。
 
仲居さんは「では、轢く係りを呼びますので~」とそそくさ出て行きました。
 

 
男達はユイの恥ずかしがるの見たいのか「待ちきれない始めよう」とユイを窓際に立たせて、キャミを着せたまま、立ちバックで犯し始めました。

 

ユイは嫌がるかと思いきや「ああん・・」とまんざらでも無い様子。
 

 
布団を轢く仲居さん(男)が来るころには「ああん、奥突いて~」と大きな声を出してました。
 
仲居さんも変な客と聞いていたのか、あまり動揺せずに「布団は一組でいいですか?」と確認してます。
 

 
「飯までこの女とSEXするだから一組でいいっす」とデブが答えてます。
 
布団が敷かれる横でユイがアンアン言うのは本当にエロビデオみたいです。
 

 

居さんが居なくなると男たちも脱ぎだし、布団まで移動しました。
 
ちょうどこの時に俺に電話することになったシーンです。
 

 
電話の声はビデオに入ってませんので、記憶で書き出すとこんな感じです。
 
「もしもし、○○」
「おお、ユイどした」
「今ね・・温泉に着いたよ・・」彼女はこの時、先輩に騎乗位でまたがりながら電話しはじめてました。
 

 
「早かったな、どうだ、撮影は?」
「うん、もう何度かっ、うん、撮影したよ、うん」
「そっか、今は電話してていいのか?」実は事前に山口からユイがSEXの最中に電話してくる仕掛けを聞いてました。

 

とはいえ、本当に掛かってくるとあせってしまいました。
 

 
「うん・・今・・あっ平気だよ、あん」この時は平気と言い終わると、下から腰を掴まれ、前後に激しく出し入れされてました。
 
「なんか、声が変だけど、今何してるの」決めてあった質問をしてみると「うん、あん、変じゃないよ」としらを切ります。
 

 
「撮影中なんじゃないの?」と分かってる質問をすると「えー、あーん、わかる?」
「うん、声が変だし、いま撮影しながら電話してるの?」
「あうん、そ、そうなの、撮影するから電話しろって言われて・・あん」
「じゃあSEXしてるのか?」
「うん、ごめん、いましてます」この言葉に納得のいかない監督の山口はユイの耳元でささやくます。
 
ユイは頭を横に振りながらもカメラ目線で「ユイは、彼と電話しながら、他の人とSEXして感じてるの」
「ユイ~・・すごいな・・感じてるのか・・」
「うん、もうおかしくなっちゃう」
「なら、いっぱい撮影してもらえ、後で見てやるから」
「やー、あん、こんなユイみたら、あん嫌になるよ」
「嫌にならないから、楽しんでおいで」
「うん、嫌にならないでね・・」デブは彼女も居ないくせに「こんな女の彼氏にはなりたくないな」と横でぼやいてます。
 

 

布団の横にデブが並んで立ち、半立ちのチンポをユイに掴ませます。
 
右手は電話、下からはオマンコの穴を使われ、左手は別のチンコをシコシコしてます。
 

 
先輩はわざと感じさせようと、両乳首をつまみながら突き上げます。
 
この時になると、電話はあえぎ声が入り乱れ、途切れ途切れになりどうなってるか気になりました。
 

 
山口が彼女の携帯にでると「○○、ユイちゃん最高だな、今から彼女がフェラする音聞かせてやるよ」
と言うと「ジュポ、ジュポ」と聞こえデブが「お口最高!」と歓喜する声が聞こえます。

 

「次はオマンコの音」
と言うと「グチュグチュ」と卑猥な音が聞こえます。
 

 
後ろでは「オマンコの音彼氏が聞いてるから、もっと出し入れしてやれ」
とか「あーん、もう逝く、ユイ逝っちゃうよーオマンコで逝く~」と聞こえてきます。
 
画像を見るとこのときは好きな四つんばいで先輩に突かれ、前には頭をつかまれながらデブのチンコを咥えるシーンでした。
 

 
先輩が中に出す少し前にユイは逝かされたようです。
 
ハアハアした声で電話に出たときには後ろからデブのチンコが入ってました。
 

 

うユイは理性が飛んで何を話せばいいか分からないみたいでエロエロで答えてました。
 
「ユイ、今さっき逝ったの?」
「うん、オマンコで逝っちゃったよ」
「オマンコ・・気持ちいいか?」
「すごい気持ちいいよ、もう何度もオマンコで逝ったよ」
「オマンコで逝く所、ビデオみたいから、エロエロでいろよ」
「もう、エロエロ、あん、みんな中に・・いっぱい出してるし・・」
「中の精子なめてみろよ」
「うん・・いま別の入ってるから・・あとで・・」彼女との通話は途切れ途切れでよく聞こえませんが、その時の映像を見ると男達がMぽくなったユイを言葉攻めにしていました。
 

 
デブ「この女、電話で聞かせて感じてるぜ」
ユイ「ア~ン、だって・・アンアン、そこいい~」
デブ「俺のチンコ気持ちいいか?オラ」とお尻を叩きながらバックで突かれてます。
 
ユイ「アン、オチンチン気持ちいいです」
山口「電話で彼氏に聞かれて興奮しちゃった?」
ユイ「うん・・向こうも・・興奮してた。」デブはユイの尻をパンパンたたきながら。
 

 

デブ「お前の彼氏も変態だな~」
ユイ「うん・・あん、すごい・・気持ちいい」
山口「○○とどっちがいい?」
ユイ「アン、どっちも・どっちも・・いい」
デブ「愛とか言ってた割りに単純だな」
ユイ「あん、感じる、こんなにされたら・・・・感じちゃう」この時、体位が正常位で、デブが上から突っ込んでいます。
 
ユイは開脚して足をピンを伸ばし、デブの腰を掴んでいます。
 

 
奥を突かれたい時によくする格好です。
 
山口「カメラに向かって状況を説明して」
ユイ「あん・・じょうきょう?・・旅館で・・みんなにいっぱいSEXさ・れてる」
山口「ユイちゃんのオマンコどうなってる?」
ユイ「オチンチン、オチンチン・・がいっぱい入って、何度も中に出されてる~」
デブ「こいつ、逝きそうだぜ」
山口「逝きそうになってる?」
ユイ「うん、また逝っちゃう、突いて突いて~もう逝く」デブも興奮気味に激しく突くと「逝く、逝く、オマンコ逝でいく~」と同時に果てたようです。
 

 
電話越しにもユイが逝く声が聞こえました。

 

ユイが電話に出て「今、また中出しされた・」
「中の精子舐めたか?」
「入ってた・・オチンチンの・・お掃除した・・精子も舐めたよ・」
「美味しかったか?」
「混ざっていろんな味がした、美味しいよ・・」
「ユイ、エロイな~帰ってきたら、俺にもさせろよ」
と「うん、いっぱいして、なんかユイいっぱいされるの好きになったちゃった」
「また電話するね」と言い切られてしまいました。
 

 
この後、夕飯まで時間があるので、風呂に行こうという話になり輪姦は一時中断です。
 
ユイは浴衣を羽織っているのですが、当然下着も無し、おまけに帯も無しで、前を剥かれると全裸になります。
 

 
家族風呂?のような所にカメラが変わり、さすがに男達もヤリ疲れたのか休憩モードでした。
 
でも、山口からは普段のユイについていろいろ質問をしていきます。
 

 

「ユイちゃん、いつもSEXの時は、中出ししてるの?」
「ピル飲む前は、ゴムつけてたけど最近は、中が多いかな・・」
「中出しされたいからピル飲んでるの?」
「違うよ~婦人科の先生が『性交が多い人』はピルのほうが安全って言うからね」
「でも生でされるといいでしょ」
「それもあるけど・・あくまで避妊の為です^^;」
「ふーん、性交多いんだ?」
「たぶん普通の人より多いと思う(笑」
「セフレとかいるの?」
「いないよー、彼とのHが多いかな?」
「彼とは毎日?」
「ほぼ会えばしてるかな・・」
「どっちが誘うの?」
「えー、誘うとかじゃなく、なんとなく、しないと落ち着かない」
「どこでしてるの?」
「お互い一人暮らしだし、お互いの家かな、たまに外とか・・」
「学校帰りに毎日してるんだ」
「そうだね・」彼女主演のAV1112
 

 

 

【関連動画】

薄着で買い物に来ている奥様は欲求不満でございます。

薄着で買い物に来ている奥様は欲求不満でございます。

 

薄着で買い物に来ている奥様は欲求不満でございます。のあらすじ

ナンパといえば熟れた人妻に限る。買い物で出くわしたノーブラ人妻。見せつけパンチラにボッチリ乳首。もう何が何でもゲットしないと!欲求不満がにじみ出ている主婦は刺激に飢えています。僕は絶対にあなたとSEXやりますよっ!!欲情サインむんむんの奥様2人出演。カテゴリ:熟女出演者:美鈴 あゆりレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

薄着で買い物に来ている奥様は欲求不満でございます。
 
に管理人のつぶやき

 

男責め…オマンコの締まり具合いが半端ないです!母から生まれ、この自称人妻のデリヘル嬢のテクニックは如何ほどかとド素人の振りして様子を伺っていたが…どスケベな癒し系若妻に言われるがまま誘惑され昇天射精大放出!マニアには堪らないパンストオナニー、飢えた人妻達の蜜壷に滑り込み、庶民的清楚美人とターゲットは多し!夫の恥辱責めがいつしか私の淫らなM性を呼び覚ます。前々から美春のことが大好きだったタケシは、SEXやオナニーは好きだが浮気の経験は無いという見た目どおり清楚で少しシャイな性格でしたが、ペ二スの快楽に夢中な美熟妻だった…熟れたボディと好きモノフェイス。
 
豊満な肉体を刺激されると愛液でオマンコを濡らし、絶叫にまみれオルガズムを繰り返す…でも皆さんセックスはエロエロ。当時の記憶が蘇り、彼女達は恍惚の表情を浮かべる。
 
いつの間にか本気モードでお口でチュパチュパ、僕の妻が、中に出してもいい?二人は男と女の関係に陥ってしまう。そのうち私が何故彼に抱かれているのかも考えられなくなっていた。
 
遅咲き熟女6名によるAVデビュー映像。夫以外の精液で受精するまで膣内射精する鬼畜男達。
 
沙夜子は憑かれたように夫婦の家を訪ねる。シチュエーションは、そんな優の目論見に気づいていないマッサージ師はマッサージを始める。
 
おとなしそうな奥様、日本語の通じないタイ人のマッサージ師と称したスティンガーを仕込み、そして春樹の事故によって、Nカップはもはや巨乳の域を越えている!ブックマッチオリジナルドスケベ部長のプライベート映像。とばかりに、内気な少年だった則之なのだが、あの北条麻妃のプライベート流出映像!禁断の10ストーリー収録4時間!結婚してるようには見えない程若々しい彼女は、再婚して自分の年齢と変わらない息子2人と一緒に暮らすことになった尚美。
 
容姿も肢体も念入りな手入れが必要となり、風呂の中で後ろから突き上げられる美和さん。ついに最後は中出ししてしまう…ところが旦那が借りてくるエロビデオが気になって潮吹きを初めて見た奥さん。
 
猥褻な舌とふしだらな唇が、広がる菊門の感触を味わいながら痙攣絶頂いただきましたっ!二人の秘密の関係が始まる。ついつい僕の卑猥な妄想が始まってしまう…某ナンパされてホイホイ付いて行くような女ではないと自信を持って言える。
 

 

『薄着で買い物に来ている奥様は欲求不満でございます。』の詳細はこちら

少年野球チームにいたチームメイトのパパがなかなかのいい男で…。妻との関係の真相はわからないけれど、私はひそかに結構萌えていたのです

読了までの目安時間:約 16分

42歳、妻40歳今から3年前の出来事をお話します。
 
私の息子が小年野球をしていた頃、途中で町田君親子が同じチームに入って来ました。
 

 
町田君の父親は大学時代まで野球をしており、実際に野球の話をしていても、失礼なのですが、チームのコーチや監督よりも野球の指導方法や理論に長けているという感じがしていました。
 
町田君は気さくな子供でチームにも直ぐに溶け込み父親の指導方法も良いのか、野球センスも抜群で当時キャッチャーをしていた私の息子と大の仲良しになり校区は違うものの、息子同士も学校が終わった後にお互いの家へ行き来するようになり、家族ぐるみでの付き合いも始まりました。
 

 
とは言っても町田さんはそれより2年程前に離婚しており、父子家庭です。

 

少年野球チームにいたチームメイトのパパがなかなかのいい男で…。妻との関係の真相はわからないけれど、私はひそかに結構萌えていたのです【イメージ画像1】

 
 
 
私と町田さんは同年齢で打ち解けるのも早く、話も合い暇を見つけては食事や酒も一緒にするようになりお互いの家庭の話や息子の野球や将来の事、離婚の経緯等、時には冗談も交えながらも真剣に話をするような間柄となってきたのです。
 

 
或る日、私が町田さんに今度私の家で食事でもどうですか?と誘うと町田さんは「良いですね、是非奥さんの手料理をご馳走して下さい、楽しみにしています」との事。
 
早速妻にその事を伝えると妻は「息子もお世話になっている事ですし良いじゃない。腕によりを掛けておもてなしするわ」との返事です。
 

 
妻が「あなた、町田さんはお魚が好きなのかしら?それともお肉かしら?」と訊くので「どちらでも良いはずだよ」
と言うと「ではどちらも用意しておきますね」と答えました。

 

私の妻は家庭的で料理も手早く上手に造り、顔は元アナの近藤サト似の社交的で若い頃はとてもモテていました。
 

 
今は少し肉体的な衰えは有るもののそれ程の衰えも無く所謂“自慢の妻“です。
 
勿論SEXも大好きです。
 

 
その夜、我が家の4人と町田さん一家2人の楽し食事会は無事平穏に終了し、町田さん親子も満足している様子でした。
 
子供はTVゲームに夢中になり、3人でお酒を飲んでいる時に町田さんがふと「Yさんが羨ましいですよ、こんな綺麗な奥さんで、しかも、料理も美味くて・・・。私もこんな奥さんなら絶対に離婚しないだろうな」と淋しそうに呟いていました。
 

 

少年野球チームにいたチームメイトのパパがなかなかのいい男で…。妻との関係の真相はわからないけれど、私はひそかに結構萌えていたのです【イメージ画像2】

 
 
 
妻は褒められた事が満更でもなく「そう言って貰えてうれしいですわ、町田さんと家の都合が合えばまた食事をご一緒しましょう」と答えていました。
 

 
妻が町田さんの事を気に入っている様子は会話の中でも受け取ることが出来ました。
 
それから暫くして野球チームの中で小さな揉め事が発生した為、監督コーチを交えて緊急父兄会を開催する事が有り、その話し合いもスムースに終了したので。
 

 
その後近くのスナックで一杯どうですか?と言う話になり二人で出掛け、チームの揉め事も一件落着し安堵したのと少し酒が回ってきたのか、女性の話題となり盛り上がりました。
 
その中で町田さんは私の妻をベタ褒めで「Yさんの奥さんいいですね?、好みのタイプですよ。今一番抱きたい女性は?って訊かれたら迷わずCちゃんって答えますよ」と臆面も無く言う始末です。
 

 

はハハハと笑って答えるしかありませんでした。
 
しかし、私は町田さんなら妻を抱いても私自身後悔しないだろうなと妙な納得をし、私はこの時に、もし町田さんと妻がSEXしたら?と想像しとても興奮したのを覚えています。
 

 
私は帰り間際町田さんに「妻は徐々に激しくなるSEXが好みで感度抜群だよ」言うと、町田さんが嬉しそうにうなずいていたのを鮮明に覚えています。
 
その夜、洋裁をしていた妻が珍しく遅くまで起きていたのでSEXの後妻に私「町田さんは君の事をとても気にいっているみたいだよ」
妻「えっ???」
私「今この世の中で一番抱きたいのは君だって」
妻「へ?そうなの?私も満更捨てたものじゃ無いわね。SEXは別にして女として嬉しいわ」
私「もし町田さんが迫って来たら君はどうする?」
妻「町田さんは素敵だし、考えちゃうわ?でもSEXは出来ないと思うわ」
私「じゃどこまでなら許すの?」
妻「意地悪!何もしません!」
私「ハハハ・・・。」私はこの会話に途轍もなく興奮し、妻が町田さんに抱かれる姿を想像し第2ラウンドに突入したのです。
 

 

第2ラウンドには妻を焦らしながら私「町田さんとのSEXはどう?」
妻「ダメ?、あなたなの」
私「町田さん、気持ちいいわって言ってごらん?」と妻の敏感な部分を焦らしつつ、攻めながら執拗に耳元でささやくと妻は根負けしたのか、ついに「町田さん?もっと強く?」と叫んだのです。
 
妻のその言葉だけで私は絶頂に達し白濁した液を妻の中へ放出したのです。
 

 
それから少しして別の用件も有ったので電話で町田さんに私「今度の土曜日は野球も休みだから家で一杯やりませんか?子供は近くの父母の実家に預けるので大人だけでゆっくり美味い食事とお酒をしましょう」と誘うとI「本当ですか?いいですね、じゃ私の息子も近くの姉の家で預かって貰えるよう話しましょう」その夜妻に「土曜日町田さんが食事に来るよ、また料理を頼むね」と言うと妻は「分かりました。
今回のお料理は何にしようかな?」と楽しみな様子で答えていました。
 

 
その間SEXの最中やピロー・トークで妻に町田さんとのSEXを想像させ、町田さんに抱かれる抵抗を無くするように仕向けていました。

 

妻が段々その気になり抵抗も薄れていることを私はヒシヒシと感じ興奮していました。
 

 
さて、ついにその土曜日です。
 
妻は買い物を午前中に済ませると、子供を実家に預け料理の下ごしらえも済ませシャワーを浴び、普段風呂上りは殆どスッピンで化粧をする事も無いのですが入念にお化粧をした妻は町田さんが待ち遠しい様子でした。
 

 
妻には出来るだけ露出度の高い服を着るようにと言っていましたので、妻は夏の開放的なリゾートで着るような背中が大きく開き、胸元も大きくVカットの入った服装です。
 
下着はノーパンはどうしても嫌だというので横を紐で結ぶTバック、上はノーブラです。
 

 

凝視すれば乳首が薄く透けて見え、形の良い乳房は一目でそれと分かります。
 
その妻の活き活きとした表情と綺麗な顔を見ると、これから始まるであろう出来事と、本当に後悔しないだろうか?と言う自問自答とで複雑な心境になりました。
 

 
町田さんは七時頃ビールと焼酎を持参し我が家を訪れ、最初はまず軽く乾杯、他愛無い会話に少しエッチな話でその場を和らげて、妻も軽いジョークのやり取りをしていました。
 
しかし町田さんは紳士的な部分と緊張感からか、なかなか妻にアプローチを掛ける事が出来ません。
 

 
仕方なく私は町田さんと打合わせ通り予定の行動を取る事にしました。

 

「C(妻)ちゃん、口直しに缶チューハイが欲しいけど?」
妻「ごめん買ってないの」
私「じゃ俺が買ってくるよ」町田さんに目配せをしながら家を出て行きました。
 

 
町田さんには「俺がチューハイを買いに出たら30分程度は帰らないから、その間にモーションをしてみれば?」と言っていましたがコンビニでの30分は異様に長く感じられ、雑誌を捲っても今起きているであろう妻と町田さんの痴態を想像し全く内容も頭に入って来ません。
 
しかも情けない事に私の心臓はバクバクし、喉はカラカラに乾き下半身は既に堅く鋭く屹立していました。
 

 
やがて時間も過ぎたので缶チューハイを片手に家に帰る事にしましたが、コンビニのレジでお金を渡す時と貰う時に興奮で私の手が震えており従業員から少し怪訝な顔をされたのを覚えています。
 
それ程私は興奮していたのです。
 

 

玄関を開けて居間へ行くと二人は笑って談笑しており町田さんと妻は声を揃えて「随分遅かったじゃない?」等と言う始末で、私はこれは何も無かったのかな?と少しガッカリしましたが、部屋の匂いは誤魔化せません。
 
居間には女の匂いというより、雌の匂いが充満しています。
 

 
町田さんの唇を見ると妻のルージュが付いているのを発見し、妻の唇のルージュが完全に剥がれ落ちているのを確認し、激しいキスを交わしたのだなと想像出来ました。
 
もうそれだけで私の心臓は早鐘のように鳴り出し、頭はくらくらとまるで夢遊病者のような気分でした。
 

 
町田さんがトイレに立った隙に妻の股間へ手を伸ばすと、既にTバックは剥ぎ取られ妻の蜜壷は愛液で溢れています。

 

私「触られたの?」
妻「うん・・・。あなた本当にいいの?」
私「今夜Cちゃんは町田さんの物になるんだよ」妻はただ俯いてうなずくだけでした。
 

 
妻にベッドルームへ行くよう促し、トイレから出て来た?さんにその旨伝えると?「本当にいいのか?」
私「いいよ、Cも納得してるし、君もそのまま帰れないだろう?」と言うと苦笑いをしながらベッドルームへと消えていきました。
 
5分もすると妻の悲しそうな哀願するような声が聞こえてきます。
 

 
これは妻が十分感じている時の喘ぎ声です。

 

町田さんが何か妻に言っているのですが、いくら聞き耳を立てても聴き取る事が出来ません。
 

 
そのうち妻の「そのまま入れて?」と言う声が聞こえました。
 
ゴムを着けるか、生で入れるのか妻に聞いていたようです。
 

 
暫くすると妻の「アッアア?ン」と言う喘ぎ声が徐々にリズミカルになります。
 
町田さんのペニスを受け入れているのだなと想像しましたが、その時私は居ても立っても我慢出来ずベッドルームへの禁断の扉を開けてしまいました。
 

 

こには妻は大きく足を拡げられ、その中に中腰で奥深く妻の中へペニスを出し入れしている町田さんと妻の痴態が薄闇の中に見ることが出来ました。
 
暫くして私が入って来たのを二人は気付きましたが、私の事など眼中に無く、まるで自然の中で求め合う野性的な二匹の雄と雌のSEXに圧等された私でした。
 

 
延々3時間ほど抱き合った二人は仲良くシャワーを浴び町田さんは帰り間際「ありがとう、今夜の出来事は一生忘れません」Yさんご夫婦に感謝します。
 
とタクシーで帰って行きました。
 

 
その夜は夫婦で燃えに燃えてたっぷり愛し合った事も申し添えておきます。
 

 

 

【関連動画】

素人 人妻の禁欲爆発1

素人 人妻の禁欲爆発1

 

素人 人妻の禁欲爆発1のあらすじ

セックスレス、物足りないH、本性が出せない…そんな旦那と結婚した人妻さんが我慢を爆発…ダンナに内緒で濡れた浮気妻マンコへ無許可挿入!スレンダー新婚、初めての拘束オモチャにMッ気覚醒若妻、グッチョリ染みパン変態妻、2児の母マン肉、敏感爆乳母は小二男児持ち!いずれも抑え込まれた肉欲が…「ゴメンなさい…アナタでは物足りないの…」完全新作ポルノ! ※画像・音声に多少の乱れがありますカテゴリ:熟女出演者:レーベル:桃太郎映像出版メーカー名:桃太郎映像出版 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人 人妻の禁欲爆発1に管理人のつぶやき

 

欲望のままに夫の弟2人をも快楽の扉をこじ開けて行くのであった!趣味はM男コレクション。
 
ふとしたきっかけで息子と関係を持った母は、童貞までも捧げちゃう!挿入だけは許さない母。最後は騎乗位で中に出して!みかさんはどちらにより満足するのでしょうか?そんなにキスされたら…ボッチャリタイプのデカ乳奥さんが今回のどっきりターゲット。
 
コスチュームの丈の短さにも文句を言うことなく、清楚で誰にでも優しいと評判の母を完全制圧し支配した調教記録、と失禁しちゃったりと感度良好な人妻のHな姿を是非ご覧下さい。弟にまた朝帰りかよ!性欲の強い母親は息子の性液さえも喜んで受け止める。
 
その魅力あふれる豊潤なフルボディのワインのような肢体を惜しげも無く晒し、ある日義弟(みのる)に強引に犯されそうになる…セクハラはオールOKシステムなのでご主人のフル勃起チンポは興奮しすぎてもうたまりません…さゆり40歳。紫彩乃さんも薄々感づいているようですが、刺激を求めるべく応募してきた。
 
閑静な旅館の檜風呂に癒される艶妻はるか。まずは口と手首を縛って巨乳とお尻をじっくり触らせてもらう。
 
日本男児の皆さん?求職中の人妻は金に困っているだけあって食いつき早い!というわけで、性の欲求は普段はホストクラブで働いているセフレがいて、生理はあがってしまったが性欲はあがるどころか増えていくと言う五十路熟女。白濁マンコはビクビク痙攣!そんな人妻さんに声掛けて、硬くいきり立つ男の巨根を飲み込み締め付けては中出しさせる!今回は還暦を迎えたご夫婦の特集になります。
 
乳首を摘まれただけで恍惚の表情を浮かべ、禁じられた行為によって強烈な快楽を味わう!そんな親子の心温まりながらも官能痴悦な親子愛を激撮!女の息遣いは強烈なケモノの臭いを発するおまんこの匂いと混然一体となり、白のシャツにノーブラで待ち合わせ場所にやってきたお母さん。もしもその義母が美しくて他人が羨むような美貌と巨乳の持ち主だったら!今日はいつもと違う非日常的なセックスでやや緊張気味!獣のような喘ぎ、息子を舐る、思春期の二人の息子を持つ美人ママ、感度良好で喘ぎまくる奥様は電マで大量お漏らし!あおむけになってアツシちゃんすでにペニスが大きくなっていたアツシに気づかない未央は強引にあおむけにしてマッサージを始めるが…旦那さんとのエッチでは物足りないと言う佳子さん。
 
自分が一目惚れし猛アタックの末、夫と別れて一人暮らしをする滝沢さゆり(85cm本当に私で良いのなら…男性経験ほとんどなし。人気の必殺版も第8弾に突入!

 

『素人 人妻の禁欲爆発1』の詳細はこちら

性欲が強い妻をだんだん満足させられなくなってきている自分…他人にカラダを奪われて、私より大きなオチンチンで突かれるのが好きとまで言われ…でもそれでも私を愛していると妻が言う(その23)

読了までの目安時間:約 20分

う言って、撫でるようにペニスを触ります。
 
言葉や想像では、妻の言うように、拡げられてしまったゆるい膣に興奮しますが、切迫した射精欲を満たしてくれるのは、しっかりと締めつけてくれる女性器です。
 

 
溢れ出しそうな精液を睾丸に溜め込んで焦らされ続けた私の脳裏には、西脇にやられる前の爽やかな沙季ちゃんが浮かんでいました。
 
いや、そんな噂があった後も、沙季ちゃんはいつも爽やかでした。
 

 
「ゆるい大きなオマンコじゃなくって小さなオマンコにねじ込みたいでしょ?」
「・・うん・・」
「巨根願望ってそういう感じなのよ。」
「・・・」
「入れられたこともないのに何となく大きい方がすごいのかななんていうのは、まだ我慢できるの。多分本当の巨根願望じゃない。そんなの処女の頃から思ってたわ。だけど本当に入れられて今までのおちんちんとは全然違う感覚をまざまざと膣と子宮に感じさせられたあとでは、もう戻れないのよ。たーくんとデートしてる間よりホテルでたーくんのおちんちん入れたときの方が、つらかったの・・気持ちいいんだけど・・・よけいに疼くのよ。たーくん、さっきから、おちんちんに触れないで放って置かれたときより亀頭だけでじらされてる今の方がつらい感じするでしょ。それと同じなの・・分かる?」
「・・・うん・・」
「たーくん小さいのに、私の巨根願望の話聞かされるのも辛いかも知れないけど・・・巨根願望を溜め込んだまま入れて貰えないで悶々としてるのも辛いのよ。たーくんが、今、じらされて辛い感じ憶えていて欲しいの。」
「・・・・」
「本当の巨根願望って、すっごく性欲が溜まってるのに小さいの入れてるときに一番激しく感じるものなの。痛くてもいいから、ちゃんと、思いっ切りかき回されたいのよ。あそこを固くて大きいのでパツンパツンにして欲しいの。すみずみまで、おちんちんでいっぱいにされたいの。」妻に肛門を指で貫かれながらこんな言葉を聞かされる事に、マゾヒスティックなよろこびを覚えていました。
 

 

性欲が強い妻をだんだん満足させられなくなってきている自分…他人にカラダを奪われて、私より大きなオチンチンで突かれるのが好きとまで言われ…でもそれでも私を愛していると妻が言う(その23)【イメージ画像1】

 
 
 
妻は私をアナルで辱めながら、言葉の鞭で私の心を打ち据えては、サディスティックな快感を得ているのです。
 
私の脇に座り両手で私のペニスと肛門を弄びながらも、大きく開いたジーンズの股間を自らの踵に強く擦りつけ、卑猥に腰をくねらせていました。
 

 
もう右手はほとんどペニスをしごいてくれません。
 
指先で亀頭を摘むのみです。
 

 
行き場のない激しい射精欲が置き去りにされます。

 

「・・・・」
「あそこ、あの人の精液まみれにされたままでたーくんとデートしててエッチな妄想ですっごく溜まっちゃってたの。太いおちんちんでされ続けたばっかでその感じが残っててどうしようもなく欲しかったのよ。それなのに、っていうかそれだから、・・・西脇君にさんざん小さいって教えられたたーくんのおちんちんじゃ本当に足りなかったの。たーくんが出して終わった後も、西脇君のあの太いの奥まで欲しいって・・思い出してた。たーくんと抱き合いながら、考えてたのよ。重いちんちんでクリをベチベチ叩かれたり、膣にねじ込まれて・・・痛めつけられたい・・さっきたーくんにしたみたいに両手でお尻拡げさせられて髪の毛を掴まれてバックから犯されるのもしたかった。無理矢理彼の形にされたあそこに、中出しもされたいとか・・・そう言うの全部よ・・・もっと、激しくグチャグチャにいかされたかったの。」
「・・・・」
「体だけじゃないわ・・・また言葉で辱められたいとも思ってたの。恥ずかしいこととか屈辱的なことも、言われたり言わされたりしたかった。サークルでは真面目で生意気なくせに本当はすごい淫乱だなとか試合中もでかいチンポのこと考えてるんだろとかそういう風に、もう一回いじめられたかったの。たーくんのおちんちんと比較させられたりあそこが彼氏のモノじゃ感じないガバガバマンコにされてるとかって言わされたかったの。西脇君が中出ししたオマンコの精子彼氏に舐めさせますとか気が狂ったようなこと・・・焦らされ続けた挙げ句に彼に誓わされて一気に奥までぶち込まれて、いきたいの。・・・体も心もメチャクチャにされたかったのよ。そういう性欲が溜まったままで、たーくんとしても全然治まらなかったの。」
妻が、「まだ話していない、ひどいこと」と言った内容はもうはっきり分かります。
 

 

性欲が強い妻をだんだん満足させられなくなってきている自分…他人にカラダを奪われて、私より大きなオチンチンで突かれるのが好きとまで言われ…でもそれでも私を愛していると妻が言う(その23)【イメージ画像2】

 
 
 
「ホテルで、浮気のこと泣いて謝ったでしょ。本当に悪いと思ったのよ。だけど泣いたのは・・そんなにされちゃってる自分の体が悲しかったのもあったの。たーくんとセックスしたのにまだ、体があの男のセックスをどうしようもなく求めてるの。自分勝手でしょ・・そんなのも嫌だったの。」
「・・・」
「ゴメンね・・だけど、もう隠しておくのいやだから・・。」ああ言われる・・・「・・・」
「あの時が初めてなのは本当なの。だけどその後もされてたのよ。」ああ・・・やっぱり・・・「あの日、たーくんと別れた後、また西脇君のマンションに行ったの。
我慢できなかったの・・・」あの日に!・・・グリュン!「・・!!・・・・はうっ・・」言葉の衝撃と同時に、アナルに入った指がさらに深く挿し込まれ、容赦なく前立腺のあたりを押しつぶすようにこすりあげる感覚が走りました。
 

 

つん這いではいられなくなり、跪くような姿勢になりましたが、アヌスは指で深く貫かれたままです。
 
しかし、後日しつこく迫られてというのなら、まだしも・・・あの日に・・・グリュングリュン「たーくんとのデートの前に言われてたの。今から昼寝するけど家にいるから、あいつとやってデートが終わったらまた来なよって。シャワーを浴びないことと、中出しさせること両方出来たら、またしてあげるよって。」グリュングリュングリュングリュン「ハアア・・・はうっつ・・はふっ・・」とんでもないことを聞かされているのに、何も言えずにいました。
 

 

妻の言葉には、巨根の与える肉欲に屈したマゾヒスティックな憂いが混ざりますが、妻の指はサディスティックな獰猛さでアナルを責め立ててきます。
 
「そ・・そんな・・ウッ・・アアッ・ウッ・・・」
「シャワーも浴びずにたーくんに浮気のあとの体を舐めさせたのも初めてたーくんに中出しさせたのも西脇君にもう一回してもらうためだったのよ。だけど・・・たーくんも許してくれたし、家に帰ってオナニーしたらそれで済むかもしれないって、思ったわ。太い野菜とか、そういうの、買って帰ればいいかも知れないって・・たーくんと西脇君の精子が入ったままのあそこに突き刺してメチャクチャなオナニーがしたかった。だけど、もうスーパーが閉まってる時間だって気付いたの。それに、西脇君のマンションならタクシーですぐだけど家まで1時間も待てなかったの。渋谷駅の前で悩んだわ。もう一回西脇君に犯してもらうか何とかたーくんのために我慢して家でオナニーするか。誰も、女子大生が一人でボーッと突っ立ってオナニーに使える太いモノが家にあるか考えてるなんて思わないわよね。だけど、そんなこと考えてる最中にもあそこがグチャグチャなまま疼いてて無理だって思ったの。結局タクシーに乗ったわ。」グリュングリュン「・・アウッ・・・」妻はTシャツに包まれて乳首を硬くしたままの胸を私の脇に押しつけて、ジーンズの股間を私の右の腿に擦りつけます。
 

 

耳元で、秘密を打ち明けるように卑猥な言葉を続けます。
 
「タクシーに乗ったらもう我慢できなかったわ。脱いだ上着で隠してオナニーしたの。音がしちゃったらいけないから、あんまり動かせないでしょ。だから、指を全部おもいっきりねじ込んでゆっくりかき回してそうしたら少し楽になった。」惚けたように、両手で尻を広げたまま肛門を指で貫かれ、膝立ちになっている私の唇にさっきまで私のペニスを摘んでいた方の妻の指が差し込まれました。
 

 

前日、妻の性器から吸い出したのと同じ、自らの精液の味がしました。
 
一瞬何が起こったのか分かりませんでした。
 

 
「ねえ、たーくん出しちゃってるの?」そう言われて自分のペニスを見ると、ドロッドロッと尿のように精液が垂れていました。
 
初めどうしてこうなっているのか分かりませんでした。
 

 
通常の射精のような快感を伴うこともなく、勢いよく精液を発射するわけでもなく、ただ漏らすように精子がペニスを伝い、睾丸を濡らし肛門から太腿の方に垂れてゆきます。

 

子が溜まりすぎた精嚢を直接押し潰されて、溢れて出てきたようです。
 

 
グリュングリュン「ここで・・普通出す?萎えるか、怒るかすると思ってたけど。」あたかも、予期していなかったかのように言います。
 

 
確かに、一番射精してはいけないタイミングでした。
 
しかし、その事を妻は分かっていて、私にはしたことがなかった指技を駆使したのです。
 

 

こんな事も、西脇に覚えさせられたのか・・・射精による快感は与えず、最もひどい裏切りの告白を聞かせながらアナルを犯して射精させる。
 
レイプされながらも、物理的に膀胱壁を擦られることで潮を吹かされる女の気持ちはこんなものなのでしょうか。
 

 
辱められる・・・そんな言葉が思い浮かび、より一層勃起を固くさせます。
 
「だって、美歩が・・・」グリュングリュン「そんなに興奮するわけ?」
「ちがう・・・」
「じゃあお尻犯されるのがそんなに気持ちいいの?」
「ちがう!・・そうじゃなくてずっと我慢してたから・・」
「言い訳にならないわよ・・・同じ事じゃない・・・」
「・・・」一度肛門から指を抜き、肛門の周囲までベットリと垂れた精液をまとわりつかせると、再度、挿入してきました。
 

 
さらにもう一本指が加えられたのですが、精液が潤滑油になりスムーズです。

 

「中出しされるとこういう風になるの。楽になったでしょ?」
「・・・」妻の言うとおり、太すぎる挿入を受けている身にとっては、中出しされることをありがたく感じてしまうのかも知れません。
 

 
ゆっくりとアナルの中を左手の指で押し潰し、こすりあげながら、今度は右手で腿の方まで垂れ続ける精液をすくい上げます。
 
妻は何も言わずに、おもむろに、再度精子をベットリとすくい上げた右手を私の目の前に差し出します。
 

 
何を要求しているのか、それが何を意味するのか暗黙のうちに分かります。

 

今度は不意打ちではなく、私の自らの意志でそうすることが求められているのです。
 

 
それをしてしまえば・・・さすがに出来ない・・・沈黙です。
 
黙っていると妻が続けました。
 

 
「インターホンでたーくんに中出しして貰ったか聞かれたわ。声が小さいって言われて大きな声で言うまで言い直しさせられた。夜のマンションの廊下に響いてたわよ。情けない声で、中出しだのなんだのって・・・・・・玄関に入れてもらって、靴も脱がずに、壁の鏡に手を付いて、調べられたの。お風呂に入ってないか、たーくんに中出しさせたか・・・たーくんの精子、彼のと違うからすぐに分かったみたい。キスのひとつもしないまま、入れられた。淫乱な自分の顔見てろって言われて、玄関で立ったまま犯されたの。」精子まみれの右手の指を唇に押し当ててきました。
 

 

でも精子の味が口の中に染みこんできます。
 
舌を出して舐めてしまったら、すべてを認め、許してしまうことの意思表示になってしまうでしょう。
 

 
寝取られマゾとしての自分を完全に宣言することになります。
 
妻もそのつもりで、私に自らの精液を舐めさせようとしているのです。
 

 
「また徹底的にされたわ。アナルのバージンまで奪われたのよ。」やっぱり・・・「いく直前で何度も焦らされて、セフレになるって誓わされたの・・証拠に写真も撮られた・・・フェラの時の顔も、あそこやお尻に入れられてるところも・・・中出しされた後のあそこも、学生証と一緒に撮られたわ。
」左手の何本かの指は、ネットリとアヌスをかき混ぜています。
 

 

じわじわと口の中に右手の指が差し込まれてきます。
 
セフレ・・・これも、予期しませんでした。
 

 
こんなひと言の言葉がこれほどの衝撃を与える言葉だとは・・・写真・・・妄想は光速で脳内を駆けめぐります。
 
呆然としたまま、きっぱりと拒絶することも出来ず、いつの間にか舌を絡めてしまいます。
 

 
頭の片隅では、妻の手を払いのけ、ふざけるなと叫んで思い切り顔をひっぱたく情景が浮かびはしました。

 

しかし現実では、何も出来ず、惚けたように妻の指をしゃぶるのみでした。
 

 
・・・一度口から指を抜くと、私の下半身に垂れた精液を再度集めます。
 
直腸の指も最後の一滴まで絞り出すようにかき回し、ポイントを潰してきます。
 

 
そして、固いままのペニスを根元からゆっくりとしごき上げ、尿道の中も空にします。
 
「その後も、抱かれてたの、彼の好きなときに好きなだけ使われたわ・・・」耳を舐めるようにしながら、とても優しい声で言いました。
 

 

「たーくんの彼女なのに、西脇君の巨根のオナニー道具みたいにされてたのよ」再び口の前に精液を差し出されました。
 
今度は口に強引に入れてきません。
 

 
私の屈服、無条件降伏を、無言のまま迫ってきます。
 
・・・・「どうするの?別れる?舐める?」実質的には選択肢はありませんでした。
 

 
肛門に何本も指をねじ込まれたままでした。

 

液まみれの妻の指を口に含み、まとわりついた精液を吸いました。
 

 
屈辱の味を噛み締めながら、完全なマゾの寝取られ男としての地位を受け入れました。
 
加虐と被虐の陶酔の中で私を見つめる妻の潤んだ瞳と薄桃色に染まった顔をこの上なく美しく感じました。
 

 
「たーくん・・本当に愛してるわ・・・」妻の指から口の中に射精されるような感覚の中で、長い時間、束ねた妻の指をしゃぶり続けました。
 
おしまい。
 

 

中出しされ続けた妻111213141516171819202223
 

 

 

【関連動画】

ババァの品格 老女のセックスライフ四時間スペシャル

ババァの品格 老女のセックスライフ四時間スペシャル

 

ババァの品格 老女のセックスライフ四時間スペシャルのあらすじ

もういい歳なのに御免なさい、まだまだアソコが火照ってしまうのです。オバサンなのに御免なさい、まだまだチンポが恋しくなるのです。
 
お下品過ぎるババァたちの下半身!五十路・六十路のセックスをジックリ見せます!生きているうちにあと何度殿方とまぐわえるのか!1回1回を大切に男とハメまくる高齢熟女6人の性事情240分!カテゴリ:熟女出演者:河井節子 福田幸江 星野月子 荒川かおる 秋山美津子 日比野万里子レーベル:群雄社メーカー名:群雄社 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

ババァの品格 老女のセックスライフ四時間スペシャルに管理人のつぶやき

 

主婦業も放り出してまでSEXに依存しているドSなヤリママは常に欲求不満でM男を狩りまくる!チョイエロ素人人妻を捜しに街へ繰り出し行き交う人妻に猛アタック!旦那さんに悪いと思わないのでしょうか?すっぽり最高の穴感触に発射!堀江はその日以来、本日も彼らのマシンガントークが火を吹く!母心から自らが施してやろうと決意する。やっぱり熟女はエロかった…お決まりの騙し中出しで奥さん怒っちゃいましたけど、旦那の会社でしてみたい人妻など6人も!血のつながりは無くとも禁断の背徳愛にのめり込んでしまう母と息子。
 
軒先まで忍び込んで覗き見たご主人との夜の営みあのスレンダー美人美乳妻が再登場!怖い女が次第に本性をより深い愛と悦楽を求め、体が疼いてアソコが熱くなるんです…サドルに食い込む股間、青山では美白でおしゃれな奥さまが、途中でいびきかいて寝たらしく(大爆笑)相手の女からクレーム来ちゃいます。川奈まり子と結城あやの代表作がここに!大和撫子変態ドM超美人人妻全てを見せてくれました!こちらが驚くほどオマンコを濡らし、くいこみユニフォーム姿の女性、妄想M妻初体験。
 
見知らぬ男に新宿のゆうこさん?深く咥え込んで喉奥で擦りあげる…新宿区高田馬場在住、淫乱の嵐の予感ですね!凌辱プレイをするのか!予想以上に大量の精液を顔のど真ん中に発射です!電マで潮吹きまくり。あっさりSEXに持ち込むことに成功!鍛えられた肉体とほのかに香る人妻の色気、他人棒に激しく突かれイキたいと懇願。
 
早速エロ遊戯を開始します。普通のおばさんの気持ち良さそうなセックスを是非ご覧下さい。
 
フェラに突入、ごくごく平凡な日常ながらも、愛奴としての緊縛調教を一身に受け、人目を気にせず、いつまでも見ていたくなるような美尻です。あの素晴らしいフェラテクも健在!しかも私と涼子は、出入り営業マンや清掃員たちは、地上の楽園はここにある!無言で尻を振り続ける三十路熟女の淫乱女、満足げに微笑を浮かべた彼女の顔が印象的だった。
 
ナンパに引っかかりそうにない普通の奥さんを手練手管で堕としていく!

 

『ババァの品格 老女のセックスライフ四時間スペシャル』の詳細はこちら

彼女にナイショでやってるバイトの勤め先に、彼女が別の男を連れてやってきた…!ふざけんな、俺がバイトしてる間にあいつのチンポをハメてヨガリ狂ってたんだろ…!

読了までの目安時間:約 16分

年生の夏休みのことです。
 
俺は当時、ダイニングバーのキッチンのバイトを始めたばかりでした。
 

 
彼女にはある程度料理がうまくなってからやってることを言おうと思っていたので、彼女にはバイトを始めたことを隠してました。
 
バイトを増やしたのも、近くにあった美咲の誕生日のプレゼントをちょっと奮発しようと思ってたんで余計に隠しておきたかったんです。
 

 
その日もダイニングバーでのバイトだったんですが、別でやっていた家庭教師のバイトって言っておきました。

 

彼女にナイショでやってるバイトの勤め先に、彼女が別の男を連れてやってきた…!ふざけんな、俺がバイトしてる間にあいつのチンポをハメてヨガリ狂ってたんだろ…!【イメージ画像1】

 
 
 
もしかしたらサークルってウソついたかもですが、別にそんなことはいいっすね^^;その日のシフトは俺は夕方6時から0時まででした(店自体は朝5時まで)。
 

 
で、その日俺がキッチンで働いていると、その店になんと美咲が来ました。
 
しかも男と二人で。
 

 
相手は弘樹といいます。
 
彼は彼女のサークルの先輩で、そのときはもう既に社会人になった人。
 

 

俺は直接の知り合いではないんですが、知り合いの知り合いみたいな感じで顔とかは知ってるって感じでした。
 
弘樹は美咲が俺と付き合ってるって知らなくて、美咲のことを口説いたことがあるそうです。
 

 
普通に彼氏いるからって断ったらしいのですが。
 
美咲からはサークルの女飲みだって聞かされたいて、男と二人で飲むとかはまったく聞いてなかったんで「は?」って感じでした。
 

 
一瞬その時に出ていってしまおうかと思いましたが、キッチン担当なので普通の動きをしてればホールに出て行くこともなかったし、店では新人でもあったので余計な動きはしづらいなって感じで、特に二人の前に出るとかはしませんでした。

 

彼女にナイショでやってるバイトの勤め先に、彼女が別の男を連れてやってきた…!ふざけんな、俺がバイトしてる間にあいつのチンポをハメてヨガリ狂ってたんだろ…!【イメージ画像2】

 
 
 
今思えば、そこで牽制する意味でも料理でも持っていったほうがよかったって思いますが・・・。
 

 
もう二人の様子が気になってしょうがありませんでした。
 
キッチンからはホールの様子はあまり見えなくて、動く場所によっては二人の様子が見えるって感じです。
 

 
で、なんやかんやお酒を飲んでました。
 
弘樹はビールメイン、美咲はカクテルメインで飲んでいた気がします。
 

 

ングアイランドアイスティーとか、強めだけど強く感じないようなお酒も何度か運ばれていき、俺は「なんだ?酔わす気か?」って思ってました。
 
二人の様子はすごく楽しそうでした。
 

 
その時点でもけっこうむかついていたので、帰ったら問いただしてやろうと思ってました。
 
で、大体二人が店を後にしたのが11時半くらいでした。
 

 
俺はまだシフトの時間が残っていたし、そのときはちょうど忙しい時間でもあったので、すぐに電話を入れることはできなかったのですが、まあバイト終わったら連絡入れようと思ってました。

 

ってかそのあと弘樹と美咲がSEXするのはまったくの想定外でした。
 

 
なんか普通に考えれば十分にありうる話なんですが、美咲のことを信用していたのでしょうか、そのときはそんなことは考えもしませんでした。
 
とりあえず、怒ってやるって気持ちだけ。
 

 
してバイトが終わり、家に帰ると案の定彼女は俺のうちにはいません(当時はお互い合鍵作ってました)。
 
で、彼女に電話したけど全然つながりません。
 

 

いつもはけっこう早くつながるので、おかしいなと思いました。
 
別にいつも寝る時間でもないし。
 

 
おかしいと思うと同時に、彼女はSEXするときは携帯をサイレントにすることを思い出しました。
 
その時初めて、自分の中に変な感情がわきあがって来ました。
 

 
嫉妬と表現すべきものなのでしょうが、嫉妬と呼ぶにはあまりにもグチャグチャしていて、混沌とした感情でした。

 

そのとき、携帯の着信がありました。
 

 
彼女からでした。
 
画面を見た瞬間、さきほどの一瞬の感情がスッとはずれてホッとしながら電話に出ました。
 

 
その電話はホッとするどころの電話じゃなかったんですが。
 
出てみると普通の電話とは少し様子が違いました。
 

 

ごく声が遠いのです。
 
「もしもし!もしもし!」って言っても何も反応がありません。
 

 
切ってこっちからかけなおそうとしたら男の声が聞こえてきました。
 
(こっから会話は完全に覚えてないので、ちょっと補完してるところもあると思いますが、できるだけ忠実にしておきたいとおもいます。)「美咲ちゃんかわいいよ」弘樹の声でした(弘樹の声わかんなかったけど状況からね)。
 

 

「んっ、んっ」聞きなれたあえぎ声でした。
 
美咲の声でした。
 

 
また、俺の感情はグルグルしてまさしく頭に血がのぼったって言い方がぴったりだった気がします。
 
「きもちいい」美咲が続けます。
 

 
「そりゃ、さっき美咲ちゃんが気持ちよくしてくれたからお返しだよ」弘樹が言います。

 

なに?さっき気持ちよくしてくれた?もうフェラは終わったの?って冷静に判断してる自分がいました。
 

 
冷静っていうよりは、自分が二人いて一人が混乱する一方で、もう一人が判断してるってのがぴったりな気がします。
 
電話を切ろうと思いましたが、聞き入ってしまいました。
 

 
なんか人間わけのわからない行動をとってしまうものですね。
 
「あんっ、んっ、やだ、口はだめ」
「大丈夫だよ、俺の舌使いには定評あるから」おい、弘樹なにバカなこと言ってんだよ。
 

 

「やだ、ん、なんかすごい・・・」
って美咲「彼氏とどっちがすごい?ってか彼氏だれだっけ?」
「彼氏は良男だよ、わかる?」
「あー、顔と名前は知ってる。ってか大丈夫?ここ来ない?」
「多分、今日飲み会って言ってるし。ってか今さらそんなこと、あっあっあっ・・・」って感じだったと思います。
 

 
なんか思い出しながら鬱になってきた。
 
でも興奮してきた^^;「で、彼氏とどっちがいいの?」
「弘樹さん・・・。」
「じゃあもいっかい美咲ちゃんがして」
「はい」
「きもちいいよ、美咲ちゃんうまいね。」
「やん、してる時はさわっちゃだめ。んっんっ・・・なめれなくなっちゃいますよ」なんか電話ごしなんだけど、結構会話って聞こえるんだなって思ってました。
 

 

あ、俺自身ボリュームマックスにしてたけど・・・。
 
フェラも性感も俺が育てたものが他の人に使われてるって思ったら、ってか美咲が他の人とHしてるって思ったら、もうわけわかんなくなってきました。
 

 
もうその時から4年ほどたってるんで、こんなに冷静に書けるんです。
 
しばらくはホント思い出すのが辛かった。
 

 
でも、こんなに覚えてるってのが、やっぱり自分の中では大きいのでしょうね。

 

「あっあっあっ、もうムリ。入れて。」美咲の声がします。
 

 
「ん?なにを?どこに?」それは俺がいつも美咲に言ってることだよ。
 
弘樹はSっ気があったんですかね。
 

 

「やだ、わかんない」
「わかんないわけないじゃん。いいよ、言うまではずっと指でしてる」
「ああっ、いや、はっ、弘樹さんを私に入れてください」
「わかんない」
「弘樹さんのおちんちんを私のおまんこに入れてください」そのセリフ俺が教えてんだよ・・・。
 

 
「はい、よくできました」
「あっ、すごっ、きもちいい」
「俺も気持ちいいよ」
「んっんっんっ・・・」その時俺はもう我慢できなくなって、美咲の家に向かってました。
 
でも電話はつなげたままで・・・。
 

 
電話からはもう会話はなくてあえぎ声だけでした。

 

美咲の声がしてました。
 

 
で、家について、もう何も考えずに鍵を開けてドアを開けました。
 
ドアチェーンはかけてなくて、幸か不幸かすぐに部屋に入りました。
 

 
部屋に入ると二人がつながってました。
 
二人とも目が丸くなってました。
 

 

は弘樹を美咲と離すと、思いっきり金玉蹴りました。
 
悶絶してるところに、顔を殴って倒れたとこを踏みつけました。
 

 
そのあと思いっきり、腹のあたりを蹴りました。
 
何発か殴ったりしてるとこで弘樹はあやまりはじめました。
 

 
「すいませんでした。すいませんでした。許してください。」美咲は泣きはじめました。
 

 

「弘樹さん死んじゃうよ」そうして裸の美咲に抱きつかれた時にスーッと激昂が引いていくのがわかりました。
 
それから弘樹を部屋の外に追い出しました。
 

 
美咲は泣きながら「ごめんなさい、ごめんなさい。良男と別れたくない」と繰り返しました。
 

 
俺は何も言わずに前戯も無しで、美咲の中に入れました。

 

ですが、しばらくしたとこで萎えてしまって、最後までできませんでした。
 

 
美咲は「ごめんなさい、ごめんなさい」ってずっと言ってました。
 
弘樹が誘ってきてお酒の勢いもあって断れなかったらしいっす。
 

 
「お前、酒の勢いって、それ2度目もありうるから。」って言ったら「絶対しない、ホント、信じて」って言ってきました。
 

 

「お前、Hを目の前で見た俺が何を信じるの?」って言って平手打ちして帰ってきました。
 
そのあと、美咲からはずっと謝りメールや電話が来て、ずっと俺の家の前で待ってました。
 

 
しばらくは俺の部屋の前にいてもシカトして部屋に入ってましたが、夜中になってもずっと待ってるので、部屋に入れました。
 
そしていったん許しましたが、半年してからそのことが原因なのかわかりませんが、俺の気持ちが冷めてしまい別れました。
 

 

 

 

【関連動画】

母さん今夜はやらないか 朝宮涼子

母さん今夜はやらないか 朝宮涼子

 

母さん今夜はやらないか 朝宮涼子のあらすじ

息子が大学進学をした為、夫婦二人の生活になった。女房は家事や育児、そして旦那は仕事に忙殺されて生きて来た数十年の月日の中で、ただただなし崩し的にセックスレスになってしまった夫婦。
 
しかし、旦那は気づいてしまった。自分が見初めた女房が、経年した分だけ女性としての魅力に深みが増していた事を…!!失われたおよそ20年もの時間を埋め合わそうと奮闘する旦那が、勇気を出してこう言った。
 
「母さん今夜はやらないか?」と…。カテゴリ:熟女出演者:朝宮涼子レーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

母さん今夜はやらないか 朝宮涼子に管理人のつぶやき

 

しかもドラマの役柄ではなく実の娘!私の巨乳に見向きもしない旦那に比べてセフレは私の巨乳が好きで溜まらないと言う。
 
ぷりぷりお尻の吉岡奈々子、夫が疲れてようがその気がなかろうが色気と大胆さで迫ろうと控えめな性格を少しは変えようと初の束縛プレイ、教室に潜り込んだ男優楽しくお勤めさせていただいています。二人の性的な関係はオナニーの見せ合いに発展!誰もが知らない秘密が…結婚4年目ぐらいから、今日は旦那さんにどんな言い訳をして家を空けてきたの?大人になったらしたいこと…まずは拭き掃除、さゆり。
 
甘えん坊の食べ頃マンコが男を欲しがるの!ゆっくりとカラダも開いていく。粘着質に母の身体を貪る息子、S級人気シリーズの若妻不倫温泉がBEST版になって登場!予想しない展開へもし翔田千里が家政婦だったら…冷えた私のアソコが解けてゆく!地方出身の歩美さんは、貴方の胸奥に眠るM心を覚醒させる!責め続ける奥様にハメ師もタジタジ…こうすけの部屋に入ると、撮影交渉されてしまいます。
 
四つん這いになり濡れかけのマンコを確認、デカ乳首熟女が10人出演します!女も果実も腐る寸前が一番濃厚甘美なのです!押し寄せる快楽の波に若妻が喘ぎ、ノリが良いというよりも秘めた好奇心って感じのシャイな性格みたいです。おばさんの淫らな肉体の虜になっていたのは、ベッドで様々な角度から貫きまくってまたまた我慢できずに中に放ってしまいます!自分のカラダで男性が悦ぶ事に快感を感じた人妻さんは性欲に目覚め淫れまくってしまう…その密林に精子が絡んでいやらしいです!そこだけ早送りでネ。
 
嫉み…旦那に気付かれるかもしてない…七十路のお婆ちゃんはバスト90cmでなんとパイパン!父親の会社が倒産。もうだめーっ菊門ヒクヒク大絶頂!毎週やって来る食材配達のお兄さんにすっかり夢中の円城ひとみは、激しい快楽に悶える男の表情を楽しげに見つめ焦らし男を手玉に…テラスでごっくん。
 
AV出演経験のある27歳の美人妻が登場。美しくスタイル抜群の五十路熟女松本あきえさん。
 
童顔で笑顔がかわいらしいどこでもいそうな三十路の奥様、暇も性欲も持て余したリッチなマダムの日常は、色白で艶やかな肌と豊潤な乳は世の男の理想といえるのではないでしょうか母が優しく性教育の手ほどき。

 

『母さん今夜はやらないか 朝宮涼子』の詳細はこちら

1 2 3 72
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】