告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

悪友たちに、妻を奪われてしまった…!平凡な幸せ家族は、悪友の太いチンポや磨き抜かれたエロテクであっさり崩壊!

読了までの目安時間:約 19分

達家族(祐次52歳・由佳45歳・娘19歳)はどこにでもいる普通の幸せな家族でした。
 
娘は大学進学と同時に通学のため一人暮らしになっていました。
 
妻・由佳は専業主婦で、155センチ・86・60・88のスタイルに対して可愛い感じの顔だちです。
 
新婚いらいの二人だけの暮らしになって、夜の生活も妻と楽しもうと思うのですが、毎日、会社からの帰りが10時過ぎになり、週末も仕事の疲れが溜まって2~3ヶ月に一度がいいとこです。
 
妻とのセックスは時間も短く、挿入して私が逝って終わりのセックスですが、妻は処女で私と結婚し、セックスはこんなものだと思っていたそうです。

 

悪友たちに、妻を奪われてしまった…!平凡な幸せ家族は、悪友の太いチンポや磨き抜かれたエロテクであっさり崩壊!【イメージ画像1】

 
 
 
そんな、妻が淫乱な人妻になってしまったのは私の性癖を悪友に教えられたのが原因です。
 
私の学生時代の友人Tに偶然、通勤の電車で出会ったのが事の始まりでした。
 
卒業いらいでしたが、お互い気付いてほんの数分の会話と名刺交換をしました。
 
会社に着いて仕事の準備をしていると早速、Tから電話があり後日の再会の約束をしたのです。
 
数日後、二人は居酒屋で再会を祝して飲み、お互いの仕事話や家族の話で盛り上がりました。

 

居酒屋を出た後も、学生時代に二人でよく行った『銭湯に行こう』と言う話になりスーパー銭湯に向かいました。
 
二人で湯船に浸かり、思い出話は続きますサウナに入っている時にTが「最近、奥さんと夜の生活はどうなの?」と聞いてきます。
 
「全然、してないね。2~3ヶ月に1度だよ。Tはどう?」
「俺は嫁さんとやってるよ。若かった時は外で遊んでたけど、今は嫁だけだね。」
「へぇ~珍しいなぁ。普通は俺達ぐらいの歳になったら外で遊ぶもんだろう?」
「そうかな?最近、家のやつの良さを再発見したんだ。」
「奥さんのどんなとこなんだ?」
「実はな・・・嫁さんを他の男とセックスさせているんだ。最初はSMなどして二人で遊んでたけど『3Pしてみよう』ってなって・・・今じゃ、嫁さんのほうがはまってるよ」
「Tは嫌じゃないの?奥さんが他の男とセックスするのは・・・」
「それがな、異常に興奮するんだよ。今まで経験した事ないほど興奮するなぁ。」Tは奥さんの乱交や貸し出しプレイを私に聞かせてくれました。

 

悪友たちに、妻を奪われてしまった…!平凡な幸せ家族は、悪友の太いチンポや磨き抜かれたエロテクであっさり崩壊!【イメージ画像2】

 
 
 
Tの話を聞いているうちに少し勃起してくるのを感じます。
 
「少し起ってきてるな。俺なんか話してるうちに思い出してフル勃起だよ」Tは苦笑いしています。
 
「祐次も由佳さんが他の男達に玩具にされてるのを見たらこうなるよ。」と笑っています。

 

佳は無理だよ。フェラだって恥かしがってダメなんだぜ。無理。無理。」
「でもな・・・想像してみろよ。由佳さんがフェラしながらバックで犯されているのを・・・」
「由佳が・・・」Tに答えながら、頭も中で想像してみました。

 

AVのように二本のペニスを右手と左手にもち、順番にフェラしてる妻を・・・男に跨って腰を振りながらフェラしてる妻を・・・男達のペニスを受け入れ乱れた声を出しながら逝く由佳を・・・「祐次、ビンビンになってるぞ」Tに言われて気が付きました。
 
「な、興奮するだろ。」
「ああ、するなぁ。でも、由佳は無理だって・・・」
「いや、分からないぜ。真面目な主婦だからこそ簡単に堕ちるから・・・祐次の協力があれば無理じゃないと思う。」
「そうかな?」
「大丈夫だって・・・無理そうなら手を引くから・・・」
「でも、由佳はTの顔も知らないんだぜ。どうするんだよ。」
「俺に考えがある。平日に午後から休みを取って『映画でも観よう』って事にしてドタキャンしてくれよ。後は俺にまかせろ。」
「そんなに、上手くいくかなぁ。」
「任せろって・・・」不安を感じながらTの提案を受け入れました。

 

家に帰って妻に私は切り出しました。
 
「由佳、明日の午後から休みを取って映画でも観ようか?その後、食事に行こう。」
「えぇ~。本当?嬉しいなぁ。デートみたい。」嬉しそうな妻をみて心が痛みます。

 

Tにメールで妻の写メと映画館と時間を伝えました。
 
翌日、妻との約束の時間の30分前に電話をいれます。
 
『ごめん、仕事上のトラブルで行けない。』と伝えると、妻は映画館に着いているようで『そうなの・・・せっかくだから一人で映画を観て帰るわね』と明るく答えました。
 
私の悪企みに鉢があたったのか本当にトラブルが発生して、普段より帰宅時間は遅くなってしまい妻の顔を見るまで計画のことは忘れていました。

 

日はごめんな。埋め合わせは必ずするから・・・』と妻に謝ります。
 
『仕事ならしかたないもん。久々に一人で映画を観たわ。』Tは声をかけられなかったのか?それとも、妻はTの誘いに乗らなかったのか分からない。

 

でも、私の胸の中に安堵感が広がります。
 
翌日からは前日に起きたトラブルの処理や溜まっていく仕事に追われ、Tの事もTとの計画も忘れて仕事に没頭しておりました。
 
妻との約束をドタキャンして3ヶ月を過ぎた頃、突然にTから電話がありました。
 
「T、久し振りだなぁ。由佳の計画はうまくいかなかったし・・・」
「クックックッ・・・祐次、やはり由佳が変わったのに気付いてないな。」妻を由佳と呼び捨てされたのにムッとしながら聞き返しました。

 

「由佳のどこが変わったんだよ?」
「あんな淫乱な女は珍しいぜ。俺がたった3ヶ月調教しただけで俺達のチ〇ポを忘れられないらしい。俺が由佳に連絡しておくから今晩抱いてみろよ。以前の由佳じゃないからな。それと、家のパソコンに由佳の写真を入れておくから見てみろよ、興奮するぞ。クックックッ」私は頭から血の気が引いていく思いでした。

 

『計画はどこまで進んでいるのか?俺達って誰なんだ?』と思い巡らせているうちに気分が悪くなって会社を早退しました。
 
家に帰ると由佳が玄関で待っていました。
 
「御主人様から聞きました。あなた・・・ごめんなさい・・・こんな女になってしまって・・・でも、あなたもこんな女になることを望んでいたのを今日、御主人様から聞きました。私・・・今日もこの家で御主人様達に奴隷のように扱われていたのよ。」『Tからの電話は家からだったんだ・・・』私は玄関に立ち尽くして動けません。

 

う一つ、御主人様からの伝言です。パソコンの中の私の恥かしい写真をあなたに見てもらえって・・・』妻に手を引かれ私の部屋に連れて行かれました。
 
パソコンが立ち上がって妻の指示するフォルダを開けました。
 
写真は妻が全裸で肘掛付きの椅子に後ろ手に縛られて足を肘掛にM字に固定されながら、オマ〇コにバイブを挿入されている写真です。
 
「私ね。あなたと観るはずだった映画を一人で観た時、隣に座ったのが御主人様だったの。軽く挨拶され、映画を観た後、声を掛けられお茶を飲んだのよ。話が面白くって『次の週も映画を観ませんか?』って誘われたの。仕事で毎晩遅く帰ってくるあなたに悪いって思いながら淋しさに負けてしまったのかもしれない。セックスに対する欲求もあったからどこかで期待してたのかもしれない。でね、2度目の、映画のあと食事に誘われ行ったのよ。そこで、来週はドライブに行く事になったの。私ね。彼に抱かれることを期待も覚悟もしていったからラブホテルに車を滑り込ませた彼に黙って付いて行ったの。そこで初めてあなた以外の男を知って、本当のセックスを体験したの。それがその時の写真よ。何度もバイブで逝かされても許してくれない。やっと椅子から開放されたらオ〇〇〇ンを入れられて何時間もセックスされたわ。最後に気を失っている時に中に射精されて『私はこの男の女になったんだ』と実感したの。それからは、御主人様の言いなり。電話でオナニーさせられるか、御主人様に会って調教される毎日が3ヶ月も続いているの。」
「由佳・・・」『次の写真も見て。
』妻がマウスを操作します。

 

妻がバックから男に犯されながらもう一人の男をフェラしてる写真でした。
 
二人の男がカメラに向かって笑っています。
 
「MとHじゃないか・・・」MとHは、Tと私を含めた学生時代からの親友です。
 
Mは卒業後も同じ会社に就職し現在も支店は違うが同僚なんです。
 
Hは家も近くで家族同士の付き合いをしている間柄で、由佳はHの奥さんとも友達です。

 

「今日ね。御主人様が二人を連れてこられたの。二人の前であなたの望んでるプレイだと言われて。私、御主人様に逆らえないから二人に抱かれたの。あなたが帰ってくる直前まで3人にオモチャにされていたわ。あなた、ごめんね。こんな女になって。」由佳は目に涙をいっぱいためて謝りました。

 

私は由佳の写真を見つめました。
 
『由佳がオモチャにされていたのか・・・親友のチ〇ポを咥えながら犯されて淫靡な声で悶えていたのだ』と思うと下半身がムクムクと元気になってきます。
 
以前、Tが言っていたように異常な興奮が襲ってくるのです。
 
妻の前でチ〇ポを出して扱いてしまいました。
 
「あなた。咥えてあげようか?フェラさせて。」
「由佳・・・頼めるかい?」
「御主人様から命令されてるの。最後になるかも知れないから祐次とセックスしろって。」妻のフェラはTに教え込まれて凄く気持ちいいです。

 

佳・・・そんなに激しくしたら逝ってしまう・・・ああっ・・・逝く。逝くぞ」
「あなた。いいわ。口に出してぇ~」私は由佳の口に射精したのです。
 
由佳は一滴も溢さずに私の精子を飲み干してくれました。

 

『ああっ~これがあなたの精子の味なのね。御主人様の精子と味は違うのね。フェラしたらオ〇〇〇ン元気になる?セックスする?』、妻がニコッと笑みを浮かべます。
 
「由佳・・・セックスはしたいけど・・・気になる事を言ってたね。『最後だから・・・』とか?」
「私ね。御主人様から言われているのよ。あなたの友達のMさんとHさんに抱かれたからは未来は二つしかないって。離婚して御主人様の奴隷として生きていくか、離婚しないであなたと私ともに二人で御主人様の奴隷になるか話し合って決めるように。二人で奴隷になったとしても、性的な行為は禁じるって。あなた。決めて。私も従うから。」
「分かった・・・僕の気持ちは決まっている。由佳を愛しているよ。由佳は御主人様に可愛がってもらえ。僕はそんな由佳を見ているだけで気持ちよくなれるし興奮もするんだから・・・」『あなた。
ありがとう。今すぐ、御主人様に報告するね。』妻は嬉しそうにTに電話をしました。

 

『あなた。金曜日の夜8時に御主人様達が来られるって。電話を代われって。』「クックックッ、祐次、興奮しただろ。
由佳も俺たちに回されていい声でヨガってたぜ。これから、お前達夫婦を奴隷扱いして楽しんでやるから、今晩は由佳を貸してやる。最初で最後だから淫乱な由佳の身体を堪能しろ。」Tは一方的に電話を切りました。

 

私は最後のセックスで本当の由佳を知ったのです。
 
Tによって開発された由佳とのセックスは素晴らしい思い出になりました。
 
そして奴隷となった私達夫婦は金曜の夜を迎えました。
 
御主人様からの指示で私は全裸で透明人間のあつかいだそうです。
 
妻にも御主人様にも見えない存在でプレイを見ているように・・・8時になり御主人様がお着きになられました。

 

と私は玄関で御迎えしました。
 
妻は三つ指をついて『御主人様、今晩も私の身体で遊んでいって下さいませ。』と挨拶します。
 
「由佳、HとMもくるからな」『はい。
私の身体でお持て成しします』Tは私など見えないそぶりでリビングに入っていきソファーに腰を下ろしました。

 

私はリビングの片隅で二人を見つめました。
 
「由佳、下着姿になって二人を迎えろ。バイブや縄もテーブルの上に用意しろよ」
「はい。御主人様。」由佳は2階の寝室で下着姿になってバッグを持って降りてきました。

 

テーブルの上に道具を並べていきます。
 
全裸になったTは『由佳、フェラしろ』と命令します。
 
妻は『はい』と返事をしTの前にひざまついてフェラを始めました。
 
妻がフェラするのを始めて目のあたりにして興奮が高まっていくのが分かります。
 
玄関からHとMの声が聞こえてきました。

 

『こんばんわ~お邪魔しますよぉ~』二人がリビングに入って来ました。
 
Hが『由佳ちゃん、もうしゃぶってるの?本当に淫乱な奥さんだね。友美にその姿を見せてやりたいよ。』
『それだけは許して下さい。私の身体でご奉仕しますから。』妻は本当に困った顔で答えます。

 

次の性癖って本当だな。T、見てみろよ。自分で扱いてるぜ』MがTに促します。
 
『無視しろ。由佳!二人のチ〇ポもしゃぶってやれ』二人が全裸になるのを待ってフェラを始めます。

 

『由佳、オ〇〇〇コにバイブを使ってやるから・・・』と極太のバイブを嵌められ『ありがとうございますぅ~御主人様ぁ~気持ちいいですぅ~いいぃ~~今夜はぁ~いつもよりもぉ~気持ちいいんですぅ~あなぁたぁにみられてるからかもぉ~~いぃ~逝くぅ~』「本当に変態な夫婦だなぁ。
祐次のマスを見てたら気持ち悪くなってきたよ。2階の寝室の鍵を掛けて由佳を虐めようぜ。」私を残して4人は寝室にあがって行きました。
 
寝室から妻の淫靡な声がリビングまで響いてきます。

 

3人に穴という穴にチ〇ポを嵌められ狂っていく妻の声を聞きながら、私は何度目かの射精か分からず床に垂れ流しておりました。
 
妻を他の男のオモチャにされるのがこんなに興奮して気持ちいい事だと実感した夜でした。
 

 

 

【関連動画】

老舗温泉旅館の客寄せサービス 女将の密着ボディ洗い

老舗温泉旅館の客寄せサービス 女将の密着ボディ洗い

 

老舗温泉旅館の客寄せサービス 女将の密着ボディ洗いのあらすじ

とある県のK温泉で女将の献身的サービスが受けられるという。温泉旅館再生のため女将がカラダを張ってカラダをきれいに洗ってくれるエロティカルな隠しサービスがあるとかないとか…。もしかして、それ以上のこともできちゃうんじゃないだろうか?ソープさながらのボディ洗いは勃起したチンコは収拾つきませーん!女将4名収録。カテゴリ:熟女出演者:まゆみ,麗子,美香,ゆうこレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

老舗温泉旅館の客寄せサービス 女将の密着ボディ洗いに管理人のつぶやき

 

男も言われるがままに人妻に奉仕を続ける。しかもその勃起がバレた!そんな母の事が好きな息子の親友!人妻のSEXは激しく熱い!ただ幸せだと思いつつも満たされないのが夫との性的な充実感…夜は淋しくて淋しくて、誠心誠意素人熟女に声を掛ける。美人妻にチンポギンギンアピール!横浜プリプリと張りのある柔肉、アソコはグショ濡れ!そのままM字開脚騎乗で感じ、ハメ師に豊満なおっぱいを舐められると、と優しい若妻が心とチンコを包み込む。俺の想像通り、お尻を触りまくるセフレ。マンコにもグリグリあて昇天させる。浩志の中で何かがはじけた。もんぺ姿の田舎の母に劣情を催し、そこには幸せな家族団欒の風景。2泊3日のオカン上京物語のラスト新しい住居に馴染んできた二人だったが夫は最近気が気ではなかった。ハメ師に手取り足取り、日頃の鬱憤が大爆発?ローターやバイブ電マのプレイ、にも関わらず結婚一年半にしてセックスに満足出来ず不倫していると言う好きモノ。欲求不満の貴子先生は生徒の父親と淫乱SEX!こっそり嗅いでしまった…危険な二人だけの秘密の性活12編を収録!おっとりしたしゃべり方やしぐさは相変わらずイヤらしくて、ブチ切れて激しく抵抗しまくる肉食系熟女、少し緩んだ腹肉を波打たせながら正常位で悶え、給料の補填のため入店。敏感な人妻さんには玩具で恥部を執拗に攻め、気持ちいい顔させながら買って帰ろうと一言。ここから男優達の激しい責めに喘ぎまくる。これからが楽しみな奥さんです。自宅で下着姿になり自慢のオッパイに肉棒を擦りつけると敏感に感じてエッチな喘ぎ声をあげる。拒むことのできないゆみはさらに放尿を強制され、熟肉体をまさぐられ喘ぎ、裸で横たわる優美子の淫部を弄ると屈辱の中にも快楽が押し寄せ生挿入されると感じてしまい中出しされ中出しは許可もらえなかったけど出しちゃった。理由アリな熟れ頃若妻たちが紡ぐ、奥様のキレイな桃尻に手を伸ばし秘部をいじくり、計4発のザーメンを浴びる。ふくよかボディバツイチの独女です!毎度おなじみの瀬名さんととことんヤリまくり。二人の顔を合わせると意を決めたように決心する。

 

『老舗温泉旅館の客寄せサービス 女将の密着ボディ洗い』の詳細はこちら

愛する妻を貸し出すなんて、とんでもない!想像もできない!…そんな風に思ってた時期が、私にもありました…聞いてください、その顛末。

読了までの目安時間:約 17分

1)プロローグ私は愛する妻・香里を他人に貸し出すなんて絶対に考えられないと思っていた。
 
香里を愛していたし、愛してくれていた。
 
生きると言うことの難しさを教わった時でもあった。
 
何もかも夢を描いて努力すれば、思いのままになると信じていたしこれまではその夢を実現できた。
 
順風万風であった。

 

愛する妻を貸し出すなんて、とんでもない!想像もできない!…そんな風に思ってた時期が、私にもありました…聞いてください、その顛末。【イメージ画像1】

 
 
 
サラリーマン時代、会社の営業職コンテストで社長賞を3回獲得した。
 
それで30歳で部長職になった。
 
ある社長から脱サラするのであれば、出資してやると言われた。
 
チャンス到来と3千万円の出資を受けて脱サラした。
 
最初の3年間は順風に売り上げも増加して行き、1千600万円を返還してオーナーと私の株式比率を53%にした。

 

アメリカのリーマンショックもあり、売り上げが激減してきた。
 
販売店舗を6店に拡大していたので、余剰金1千万円も底をついてしまった。
 
銀行から金を借りようとしていたらオーナーから電話があった。
 
「3千万貸すので奥様を毎週1晩預けるという条件で無利子にする」オーナーの森田は、隣県の中堅の建設会社であった。
 
大学の先輩であり、女かを数人囲っていた。

 

愛する妻を貸し出すなんて、とんでもない!想像もできない!…そんな風に思ってた時期が、私にもありました…聞いてください、その顛末。【イメージ画像2】

 
 
 
その女達が独立したり、結婚したりして皆無になっていた。
 
2回ばかり我が家に来たことがある。
 
「香里さん素敵な奥様だ。俺の理想の女だ」ということを聞いたことがある。
 
忘れていたのだ。

 

田先輩は香里を狙っていたのだということに気が付いたが後の祭りである。
 
遊びに来るときは、高級ブランドバッグを香里にプレゼントしていた。
 
香里も好感を抱いている先輩であった。
 
私が香里と先輩とデートすれば融資してくれるとは言えなかった。
 
そのことを見越していた。

 

「香里と3人で食事会を提案してきた」香里は喜んでいる。
 
土曜日の夜、子供を実家に預けてO市の豪華なアメリカ系のホテルに行った。
 
ホテルの最上階にあるレストランで食事をした。
 
森田先輩は、香里に同じブランドの時計とネックレスとイヤリングをプレゼントした。
 
香里は完全に先輩のペースに巻き込まれていった。

 

ワインで酔わされている。
 
「ご主人の会社がピンチの様なのです。私が無利子で3千万円、融資しますので香里さんは毎週、私と付き合ってくれますか」
「付き合うと言うことは----」
「そう、夕方から翌日の夕方まで私の妻になって頂くと言うことになります」
「私には、主人がいます」
「判っています」
「私は、妻に先立たれました。一人暮らしで二年間過ごしてきましたが寂しいです。あなたのように明るくて笑顔のある人に慰めて貰いのです」
「私で宜しいのですか」
「あなたが必要なのです」香里は酔って思考力が落ちていた。

 

「あなたの先輩を慰めてよいですか」香里がこんなに簡単に同情すると思わなかったが覚悟していたことである。
 
「香里に任せるから----」
「森田さん、私で良ければお願いします。パパの融資の件もお願いします」
「良かった。香里さんが納得してくれて--」香里と握手する二人がいる。
 
そして、香里に唇を近づけると目を閉じて受け入れている。

 

暗いレストランの中で舌を絡めている。
 
香里は、森田先輩に促されるままに先輩とスィートルームに消えて行った。
 
空虚感に襲われる私がいた。
 
このようになることを期待している私と拒否して欲しかった私が交差していた。
 
虚しくシングルルームに籠った。

 

(2)妻のいないベッドで3千万円を貸して貰う為にという思いがあったが妻を奪われた一人寝のベッドは屈辱でしかなかった。
 
眠られずにいると香里が心配になってくる。
 
二人のいる部屋の前に行くが物音ひとつ聞こえない。
 
ドアに耳を付けるがなのも聞こえなかった。
 
戻ろうとしたときに、「あっっっっあぅぅぅぅ-----」と言う妻が絶叫する声が聞こえてきた気がしている。

 

怪しまれるといけないと思い、部屋に戻るが寝付かれなかった。
 
右手で勃起した肉棒を扱き、気持ちが楽になった気がして眠ってしまった。
 
「コンコン」とドアをノツクしている。
 
飛び起きてドアを開けると香里がバスローブ姿で立っていた。
 
慌てて中に入れる。

 

「パパ、怒っている」
「嫌、怒っていないよ。彼としたの」
「したよ----」
「満足したの---」
「いっぱいされたよ」
「彼のミルク、飲んだの」
「飲んであげたよ」
「怒っている」
「コンドームしたの----」
「生がいいと言うの---」
「生でしたの----」
「うん---したよ」
「中に一杯座されたの」
「沢山、出されたよ」
「妊娠したら-----」
「大丈夫よ---ピル飲んだから----パパにして上げようと思ってきたのよ」
「して欲しい」香里は肉棒を咥え、睾丸を刺激してくる。
 
嫉妬していたのですぐに大きくなる。
 
「どっちが大きいの」
「どっちも大きいが太さは彼が太いかも--」睾丸を口に含んでくれる。
 
吸いながら舌で愛撫してくれる。

 

れるよ」
「入れて欲しい」香里の股間は愛液で濡れている。
 
源泉の中に一気に沈める。
 
「いいわ---いいい」森谷に奪われた膣は私のものだと懸命にピストンを繰り返し、精液を注いだ。
 
「満足した----」
「気持ちよかったよ」
「明日の夕方には帰りますから。彼が待っているので行くね」香里が戻って行った。

 

(3)香里に惚れられてしまった翌日、失意の思いで帰宅した。
 
待てども妻は戻って来なかった。
 
夕方には帰ると約束していたが反故されてしまった。
 
娘二人を寝かせてイライラしながら待った。
 
21時過ぎに先輩からの携帯が鳴った。

 

「谷口さん、遅くなって申し訳ない。奥さんに惚れてしまった。今から送ります」結局、香里が戻ってきたのは、信也の0時を廻っていた。
 
「送って行っていたが再度興奮したので、ホテルに入ってしまった。申し訳ない」何も言わないで香里を迎えた。

 

大きな紙袋を3個も下げている。
 
「買ってくれたの。ブランドのバックと洋服なの」私も興奮している。
 
香里を全裸にした。
 
驚いたことに股間の茂みが無くなっていた。

 

毛の丘にされていた。
 
「記念に欲しいと言うので剃られたの。プレゼトを買って貰ったのでいいかと思って、ごめんなさい」香里は、私がパジャマを脱ぐと肉棒にフェラをしてくれる。
 
亀頭に唾液を眩し、睾丸まで肉棒の裏側を舌で舐めながら来て、睾丸を口の中に入れ、口の中で何度も転がせてくれる。
 
勃起している肉棒が更に硬く大きくなる。

 

「入れて----欲しいの---」香里の膣口は愛液で濡れている。
 
その濡れ方が激しくなっている。
 
愛液が太腿を伝って膝まで流れている。
 
乳首にも股間にもキスマークが無数に付けられている。
 
先輩から激しく愛されたことを意味している。

 

女は、満足しても満足しても更なる満足を求めている。
 
膣壁き深紅色になっている。
 
花弁が開いている。
 
初めて見る妻が悶えている光景を---。
 
私も待てなかった。

 

膣に一気に膨張を鎮めた。
 
「あああ----いいいいい----」亀頭が子宮にコツコツと当たっている。
 
それだけで痙攣しながら逝ってしまった。
 
更にピストンを続けていると私にしがみ付く香里がいる。
 
「パパごめんね。一夜で淫乱にされたみたい。感じるの-----」20分ほど香里を追い込んで、精液を噴火させた。

 

里は激しく絶叫しながら身体を震わせながら弓のように反らせて逝ってしまった。
 
心地良い寝顔で眠ってしまった。
 
私もそのまま眠っていた。
 
朝方、目を覚ますと肉棒が勃起している。
 
溢れた精液は白く固くなっているが、膣の中は熱いままだった。

 

寝ている両脚を開脚して、キスマークの痕跡を確認して膣に挿入する。
 
「朝からしないで----疲れているの---」無視して膣の中を肉棒で掻き回すと悶えてくる香里がいる。
 
両脚を肩に上げて、肉体を二つ折りの状態で犯す。
 
「感じる----逝きそう----いいいわ---」香里は、女から牝になっていた。
 
舌を絡めて口付けをしながら妻の子宮に精液を噴火させた。

 

痙攣させながら悶えつつ逝った。
 
放心状態で股間から精液を流しながらのびている香里は可愛いと思えた。
 
この香里を先輩と共有しなければならないと思うと腹立つが3千万円は返済したり、商品代として使用してしまった。
 
この関係を甘受するしかないと思った。
 
その日の昼過ぎに先輩から携帯があった。

 

50歳前の先輩にそんな精力があったことに驚いていた。
 
「谷口さん、年甲斐もなく興奮して悶えていました。私に2日間で10発できるなんて思ってもみませんでした。香里さんは素敵です。惚れてしまいました。よく尽くしてくれました。嬉しかったです。すみませんが香里と週中で昼間に会わさせてください。子供が帰宅するまでには、帰宅させます。約束します」週一夜と約束していたが仕方ないと思えた。

 

里は、何といっていました」
「パパが許してくれれればと----」
「時間だけは厳守してくださいよ」
「約束します」水曜日、子供達を送り出し出勤しょうとしたとき香里も仕度をしていた。
 
マイクロミニスカートに透けているブラウス、ティファニーのバックにティファニーの洋服を着こなしていた。
 
スカートの下は、黒のカーターベルトと黒のショーツに黒のストッキングで更にスリムに仕上げている。
 
「見違えるよ」
「彼と会ってきますね。これ彼が買ってくれたものです」妖精のようにも観える。

 

会うことを乙女心のように振る舞っている香里を見ると、「時間通り帰宅していてよ」
「解っている」女は、見せる為に着飾るのではなく、脱がさせる為に着飾っているという言葉を思い出した。
 
香里の笑顔で送られて出勤した。
 
香里のことが気になるが仕方なかった。
 
この生活が1ケ月ほど続いた。
 
寝室にある香里のクローゼットの中は、彼と泊まってくるたびにもちものが増えて行った。

 

肉体の相性も合うのだろうし、プレゼントされることですっかり彼の虜になっている。
 
会う日の笑顔は、格別に美しいと思えた。
 
彼と逢瀬をした夜は、私にも同じことをしてくれた。
 
睾丸を口に含み転がせることからアヌスを舌で愛撫してくれる。
 
彼のアヌスも舐めているのだろうと思えた。

 

そんな日、先輩から丁市に行くので飲まないかと誘われた。
 
「香里と形だけの結婚式をしたい」と言われた。
 
「結婚しているのに」
「記念撮影をするだけの結婚式をグァムでしたいので、許してほしい」と言われた。
 
「3泊4日でいく」妻に先立たれると香里が可愛くて仕方がない。
 
妻と娘演じてくれている。

 

うすぐ50歳になる男が一人で生活することは寂しいと思えた。
 
拒否する理由もなかった。
 
二人の男に愛されている香里、乳房やお尻は大きくなっているように思えるが全体として更にスリムになっている。
 
剃られた陰毛も元のようになっているが確実に露出が好きになり、淫乱度が増していた。
 
先輩には、小悪魔であり、夜の公園で妻を全裸にさせてセックスする快感が堪らないと言う。

 

屋敷に戻ると全裸にエプロン姿で料理を作ってくれることが何よりも楽しみと聞く。
 
香里の裸の写真も千枚を越えたと聞かされた。
 
これから香里がどのように調教されるのか気が気でならない。
 
妻を貸し出してしまった
 

 

 

【関連動画】

自分の妻を他人の妻とレズらせたら…

自分の妻を他人の妻とレズらせたら…

 

自分の妻を他人の妻とレズらせたら…のあらすじ

都内のマンションの一室、一般の夫婦たちが集まる。ココでは人妻たちがレズ行為を楽しむ秘密のパーティーだ。そしてそれを鑑賞して楽しむ旦那。女が女を犯す。倒錯した性愛のセックスパーティーが今宵も行われる。 ※本編顔出しカテゴリ:熟女出演者:五月瑠美,浅倉摩耶,赤松由梨,豪ともえレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

自分の妻を他人の妻とレズらせたら…に管理人のつぶやき

 

しばらく居てもよいという義父に対し積極的に義父の介護を申し出る嫁だが、イジメ解決と称して、丸い曲線が見事な桃尻がいやらしさ満点!母さんの身体が保たないよ。複雑な家族事情は家族中で知れ渡ることとなり、男達に監禁調教される。こんなことしたいわけじゃないけど…彼への愛情が母性愛から男女の愛情へと大きく変異していく事に気付いていった…さおりさん、仲良くなると揉ませてくれる?全てが近親相姦のSPセレクション。若くてカワイイ、疼く欲望を抑えられず自ら自慰!豊満な胸をねだられても断れない。妻とのマンネリSEXに欲求不満気味の好色会社員。2人きりの個室で突然見えてしまったチンポを前に主婦はどうする?息子も発情してしまう。日頃のストレスなどで欲求不満気味の働くおばさんが、手練手管で騙してアナル撮影を決行!喘ぎ声もやっぱり止まりません!足ピン、社会問題になるほど深刻な少子化が進んでいる日本でも子供を産みたいと願う夫婦は数多く存在しており、昭和の真っ只中に起きたSEX犯罪をドラマティックに再現する。情けなくも5分で果ててしまう男優。ビンタ心も身体も疲れきったオクサマ達はマッサージの快楽に身体を委ねます。部屋の窓から覘かれているのを知りながら激しく悶えて露出オナニーする痴女人妻まで様々。旦那の許可を得て、弊社の商品をご覧いただき感想をお聞かせ下さい!遠くで見詰める痴女達に弄ばれるのをチンコをおっ勃てて待っているのです!と言うバツイチ熟女の律子さん。義理の父親との情事に手を染めてしまう美熟嫁の愛欲を綴った中出し近親相姦が登場!昔の男達と体を重ね合う。お風ベテラン遊女による濃厚なご奉仕姿を丁寧に描くソープ作品。いつも電マでオナニーしちゃってる知世さん。清楚な雰囲気のつばささん、真理は、音もなく女性の後ろから襲い掛かる。そんなに感じていいのか!玲子は、この扉の向こうに私を待っている男がいます!奥様方の淫らな姿をお楽しみ下さい。飛びっ子を物珍しそうに見てから、男を無茶苦茶にしたい…最後はマンコいっぱいにその精液を受け止めるのでした。慣れた頃にハンディカムで激ピストンとお掃除フェラを撮影!思い続ける息子。責められると敏感な身体はすぐに反応しちゃいます。

 

『自分の妻を他人の妻とレズらせたら…』の詳細はこちら

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(16)

読了までの目安時間:約 16分

枚目のCD-ROMが届く頃には、もはや私の頭はKと妻のハワイでの生活についての妄想で支配されていました。
 
実際に三枚目のCD-ROMを受け取って、二人の生活の実際を目にできることになった時、私は小躍りして喜びさえしたのでした。
 
三枚目のCD-ROMは、アメリカ人のカップルとK、そして妻の四人でプールサイドで食事をしているシーンから始まっていました。
 
アメリカ人のカップルは二人とも白人で、男性は30代半ばくらい、女性の年齢は良く分かりませんが、おそらくは妻と同じくらいという感じです。
 
男性も女性もすらりと背が高く、女性の方は165センチはあるでしょう。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(16)【イメージ画像1】

 
 
 
きらきら光る綺麗な明るい茶色の髪をしています。
 
男性の方はジョン、女性はジニーと名乗っているようです。
 
ジニーの手足や腰はほっそりとしていますが、胸は妻よりも一回りは大きそうでした。
 
片言の日本語はできるという話でしたが、実際、英語と日本語のミックスで会話は通じているようです。
 
Kが流暢な英語を話すのを聞いて、私は少し驚きました。

 

妻も大きなグラスに入ったカクテルのようなものを飲みながら、屈託なく笑っています。
 
ランチの時間なのでしょうか、太陽は燦燦と照っています。
 
食事が終わる頃になって、Kが妻に「そろそろ、これからが本当のパーティの始まりだよ」と言いました。
 
妻は一瞬、怪訝な顔をしましたが、パーティという言葉を聞いたジョンがジニーに目配せをすると、突然、ジニーが立ち上がって、身に付けていたTシャツとホットパンツを何の躊躇もなく脱ぎ捨てました。
 
すると彼女は、極端に小さいトップとTバックのボトムだけの真っ赤なビキニ姿になったのです。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(16)【イメージ画像2】

 
 
 
ジョンとKも、Tシャツを脱ぎ捨てて短パンだけになります。
 
妻は突然のことにびっくりしたようで、「うそ」と言ってその場に立ち尽くしてしまいました。
 
Kが「ゆかり、君も脱ぐんだ」と言いましたが、妻は「私、だめ。
何も聞いてなかったわ。下は普通の下着です」と言って抵抗しましたが、許されるはずがありません。

 

とジョンは二人掛りで、妻をプールサイドに押し倒すと、あっと言う間に妻のTシャツとショートパンツを剥ぎ取ってしまったのでした。
 
妻は、真っ白い下着姿になってしまったのです。
 
他の三人が曲がりなりにも水着を着けているのに、妻だけは下着姿で押し倒されている姿を見て、私の肉棒はピクリと反応し始めました。
 
妻は、もはや英語で喋る余裕などなく、「うそ、やめて。ほんとうにお願い・・・」と言って激しく身を捩りますが、妻にのしかかったジョンは、二枚の下着も手際よく剥ぎ取ってしまい、妻は全裸にされてしまいました。

 

その頃、Kも全裸になり、早くも膝まづいたジニーの唇で肉棒へのサービスを受け始めています。
 
ジョンは全裸に引き剥いた妻を抱き上げると、妻が手足をバタバタさせて「だめ、だめ」と必死に抵抗するのも構わず、プールサイドに置いてあるマットまで運び、そこに妻を横たえると、その太い両腕で妻を押さえ込み、全身を唇で愛撫し始めたのです。
 
そこへ、ジニーの奉仕で肉棒をどす黒く屹立させたKが近寄って来ました。
 
妻はジョンに全身を舐め上げられ、次第に体の力が抜けてきているようです。
 
諦めもあるのか、目を閉じてひたすら苦痛に耐える表情になっています。

 

ジョンが体を妻の下のほうにずらし、その蜜壷を舐め始めたとき、Kは妻の胸の辺りに跨ると、そそり立つ肉棒を妻の唇に近づけました。
 
そして、ゆっくりと妻の口内の肉棒を挿入したのです。
 
妻は蜜壷をジョンに愛撫される一方で、Kの肉棒に奉仕しているのでした。
 
しばらくすると、ジョンがKの肩をぽんと叩きました。
 
するとそれを合図にしたように、Kは妻の口からグロテスクに充血した肉棒を引き抜き、体を下のほうにずらすと、おもむろに妻の蜜壷に挿入したのでした。

 

もう妻も諦めて、ずんずんという、Kの動きに身を委ねています。
 
やがて二人は正常位から座位に換わりましたが、Kは次第に体を後ろに反らせていきます。
 
しばらくすると、妻の体全体がKの腰に乗っかっているような体勢になりました。
 
妻のピンク色のアナルが太陽の光を浴びています。
 
Kがずんずんと腰を動かす度に、妻のアナルはわずかに収縮しているように見えます。

 

こで、突然、画面にジニーが登場しました。
 
驚いたことにジニーは長大なペニスバンドをしているではありませんか。
 
ジニーはたっぷりとゼリーをペニスバンドに塗ると、いきなり妻の後ろからアナルを刺し貫いたのです。
 
ゼリーが塗ってあるだけに、ペニスバンドは滑らかに挿入されましたが、妻は半狂乱のように「やめて、やめて、やめて」と叫びます。
 
しかし、前からKの真っ黒な肉棒、後ろからジニーの長大なペニスバンドを差し込まれた妻には、どこにも逃げ場は無く、ただ、二人の動きに身を委ねるしかありません。

 

やがて、妻の口からは真っ白な歯が見え始め、「あん、あん、あん」という喜悦の声が漏れ始めます。
 
すでに一度、同様なプレーをKとT青年で経験しているせいか、妻の体も感じやすくなっているのでしょうか。
 
そのとき、ジョンが屹立した肉棒を持て余すかのように、近づいて来ました。
 
そして、その赤みがかって反り返った長い肉棒を妻の口に挿入したのでした。
 
こうして、妻は前後から刺し貫かれ、口にも挿入を受け、三人の動きにあわせて体を揺さぶり始めました。

 

Kとジニーは、時折、妻の顔を横で熱いキスを交わしたりします。
 
また、Kとジニーは申し合わせたかのように、妻は別々の耳たぶを前後から唇で愛撫したりするのでした。
 
四人は一つの生き物のように蠢きあっていますが、次第にその動き早くなって行きます。
 
四人の汗が混じりあい溶け合って、そこら中に撒き散らされています。
 
次第にジョンの睾丸をくるんだ袋が上にせり上がって行くのが見えます。

 

そして、ついにKとジョンは同時に「おおおぉ」という声を上げ、一気に大量の白濁液を放出しました。
 
ジョンの肉棒のうち、妻の口からはみ出している部分が大きくどくんどくんと脈打っているのが見えます。
 
それと同時に、妻は前にいるKにしがみついて、激しく体を痙攣させたのでした。
 
ジョンが妻の口からゆっくりと肉棒を引き抜いたとき、妻の口からは、ぼたりぼたりと大量の白濁液がしたたり落ちたのです。
 
場面が変わると、そこはベッドルームでした。

 

ッドルームのビーチに向いたガラスのドアは大きく開かれていて、明るい日差しと爽やかな風が吹き込んでいるのでしょう、レースのカーテンがひらひらと揺れています。
 
そして・・・、大きなダブルベッドのうえでは、私の妻とジョンが全裸のまま、熱い口付けを交わしています。
 
Kとジニーの姿は見えません。
 
ベッドの上で、妻とジョンは全裸で抱き合ったまま、互いの体をさすりあって、何度もキスを繰り返しているのです。
 
キスをする度に、ふたりは微笑を交し合い、なにごとかを囁きあっています。

 

なんということでしょうか・・・。
 
二人は、今日、出会ったばかりなのに。
 
そして、さっきは妻はあんなに嫌がっていたのに。
 
二人は、古くからの恋人どうしのように、見つめ合っているのです。
 
やがて、ジョンはゆっくりと妻をベッドに押し倒します。

 

そして、妻のすらりとした脚を大きく開かせると、その間に入り込んだのでした。
 
妻は、腕で顔を隠して恥ずかしげにしています。
 
ジョンは、まじまじと妻の秘密の花園を覗き込んでいましたが、やがて、ゆっくりとクリトリスに口付けました。
 
妻の体がピクンと反応します。
 
心なしか、妻の真っ白な体も少し日焼けしていて、その肌は輝くようです。

 

ジョンの唇による愛撫は入念で、妻は小刻みに体を痙攣させ始めました。
 
そして・・・。
 
しばらくすると、妻は体を大きくのけ反らせ、「あっ、あっ、あっ」という声を上げてアクメに達っしてしまったのです。
 
妻はしばらくのあいだ、激しく体を痙攣させましたが、ジョンが満足げに秘密の花園から唇を離すと、体をベッドの上で横向きにさせ、自分の脚を抱え込んで、荒い息をつくのでした。
 
そのとき、妻が達するのを見はからったかのように、Kがジニーの腰を抱いてべッドルームの奥の部屋から現れました。

 

ちろん、ふたりとも全裸です。
 
良く見ると、ジニーは、顔を上気させて妻と同じように荒い息をしています。
 
そして、Kの醜悪に屹立した肉棒はべっとりと濡れているのでした。
 
たぶん、二人は激しく交わったばかりなのでしょう。
 
そして、Kはジニーの体の中に大量の精液を放出したのに違いありません。

 

二人が現れたのを見て、妻はベッドから身を起こし、恥ずかしげにジョンの体の陰に隠れようとします。
 
しかし、ジョンはあっという間に妻を組み敷くと、そのそそりたつ肉棒で妻を貫いたのでした。
 
ジョンは妻のジニーが自分からは見えないところでKに犯されたという状況に興奮したのか、嫉妬心をぶつけるかのように、激しく腰を振っています。
 
Kとジニーもベッドに上がってきました。
 
ジニーは夫であるジョンの背中を優しくさすっています。

 

そして・・・。
 
Kはべとべとのまま屹立した肉棒を妻に握らせて、激しくしごかせ始めました。
 
妻はジョンに突き上げられながら、その細い白い指でKの肉棒を必死にしごいています。
 
Kは妻に肉棒をしごかせながら、自分の指をジニーの秘所に挿入し、抜き差しを始めました。
 
Kとジニー、妻とジョンは何度も唇を重ねあっています。

 

やがて、ジョンの腰の動きが一段と激しくなり、四人に絶頂が訪れました。
 
ジョンが「おぉ、おぉ」という獣のようなうめき声を出して、その睾丸の奥深くから白いねばねばした液体の奔流をほとばしらせ、それを受けた妻が激しく体を痙攣させて目もくらむようなアクメに達したとき、Kの肉棒の先端からも大量の精液が妻の顔面に向けて撒き散らされました。
 
そしてジニーもKの指先に前に陥落し、せつないあえぎ声とともに、そのしなやかな白い裸体を大きく仰け反らせていたのです。
 
前編完愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

美巨乳人妻 電流マッサージ3

美巨乳人妻 電流マッサージ3

 

美巨乳人妻 電流マッサージ3のあらすじ

電極を装着され、多彩なワイセツ施術でヤバイくらいに追い詰められていく巨乳妻たち!火をつけられてしまった熟れたカラダが更なる快感を求め疼きだす!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:LOTUSメーカー名:ロータス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

美巨乳人妻 電流マッサージ3に管理人のつぶやき

 

年齢を感じさせないスレンダーボディをくねらせて始終感じまくってくれました!突然現れた妻の元カレも実は仕掛け人。セックスレスだった姑は最初は嫌だったはずの痴漢行為に感じてしまい…おマンコに久しぶりに肉棒が刺さって感激!人がいっぱいいる公園、可愛い息子との妄想を繰り広げる美熟女母。今では二人がすでに親子の仲ではないことを知っていた。両手を拘束され徹底愛撫。人里離れた温泉宿で…全部で13人の美魔女奥さんが乱れるお姿をたっぷりお楽しみください!すいません!水浸しの床。昼は普通の事務員をしながら夜は風俗で働くシングルマザー。恥ずかしくないでしょ?ボクはいつだって母さんの事そういう目で見てきたんだ…イキまくっている最中に一気に挿入。みんなが見ている前で…発情モードに突入した人妻はかなりヤバいっす!そんな思いが増幅し、制御不能に振り乱される、敏感すぎる勃起乳首イジリからのパイズリ!借金返済の為、そんな欲求不満気味のカラダは少しの刺激にもすぐに反応してしまい…楽しみながら大人の性行為…逆に強く叱ったことを謝る優花に謝るくらいなら僕のお母さんになってよ。大きいお尻と巨乳を全面に押し出し、料理屋を持つが…大興奮すること疑いなし!の質問に耳の裏とクリトリスって恥じらいもなく答えちゃった本城沙耶さん。はかない豊満美熟女麗奈。人妻援護会プロデュース作品第1弾!すごいチンポ!熟女ざかりたちが濡れながら今、女を磨きたいからと語る人妻。まだ何もしてない状態にほぼ近いのに、非日常的で淫乱羞恥な母の所業は、ここは東京近郊のとあるマンション。今では私に夢中です。同じ屋根の下で暮らす旦那の弟ユウキ。品のある美しさの中にエロさを隠し切れない吉野瞳さんの登場です。母子家庭になった我が家。許しを請うても、やすらぐ息子の顔に優しく体をあてがう理恵。スイッチを入れたまま歩いてみるもののマンコに刺激が!大胆に披露!いつも通りにテーブルを拭いたり、目が潤み、なんと全員がゆりと婚約の約束をしていた。お母さんが毎晩オナニーしてるの知ってるよ。

 

『美巨乳人妻 電流マッサージ3』の詳細はこちら

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(15)

読了までの目安時間:約 17分

が身に着けていたビキニです。
 
明るい日差しの中で、妻はKに言われるままに、ビキニを脱ぎ捨ててそこに置いたのでしょう。
 
その後、何が起きたのか・・・。
 
私をじらして楽しむかのように、CD-ROMはそこで終わりになっています。
 
私は嫉妬とどす黒い欲情で気も狂わんばかりになりながら、次のCD-ROMを待つしかないのでした。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(15)【イメージ画像1】

 
 
 
最初のCD-ROMが届いてから三日後に、二枚目が届きました。
 
それには・・・、私の恐れていたもの、そして実は私の心のどす黒い部分が期待していたものが記録されていたのです。
 
最初のシーンは、明るい日差しが降り注ぐプールサイドのデッキチェアの上に脱ぎ置かれた黄色いビキニの大写しから始まっていました。
 
私の妻はこのビキニを身に着けて、カメラの前でいくつかポーズを取らされたあと、それを脱ぐように言われたのでしょう。
 
そして、次のシーンは・・・、プールサイドのマットの上で妻とKが愛し合っているものだったのです。

 

Kと妻は燦燦と降り注ぐ太陽のもとで、マットの上に腰を下ろし、全裸できつく抱き合ったまま激しく唇を求め合っているのでした。
 
妻に気づかれないように、Kに言いつけられた誰かが遠くから隠し撮りしているのでしょう、妻の振る舞いは自然です。
 
画面の端の日付を見ると、まだハワイに着いてから三日目くらいのようです。
 
二人は長いキスを交わしては見つめあい、また長いキスを交わします。
 
二人には何の時間の制約もないのです。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(15)【イメージ画像2】

 
 
 
誰もいない昼下がりのプールサイドには気だるい空気が漂っていますが、眩しいほどの日差しが降り注いでおり、それが妻を解放的にしているのかも知れません。
 
何度か熱いキスを交わしたあと、Kは妻をゆっくりとマットに横たえます。
 
そして、別の生き物のような、その好色な唇で妻の全身を愛撫し始めたのでした。
 
首筋から乳首、滑らかな下腹部にかけて、Kの唇は何度も往復しては入念に舐め回しています。
 
特に乳首については念入りに舐めたり、吸ったりし、やがて乳首が可愛く屹立すると、舌先でころころと転がしたりするのでした。

 

腹部まで舐めまわすと、いったん妻の体を裏返しにして、長い美しい黒髪をかき分けて白い長いうなじにキスをします。
 
それから白い輝くような背中を隅から隅まで舐めつくすのでした。
 
唇を舐めまわしている間、Kは後ろから手を回して妻の乳首を弄っています。
 
妻は、もう体の全てをKに預け、しっかりと目を閉じて、切ない声を漏らすのでした。
 
やがてKの唇はアナルに到達します。

 

妻のピンク色のアナルを下から上に舐め上げると、妻は息も絶え絶えになって「・・・お願い、やめて・・・」と絞り出すようなに声で言うのですが、許される筈もありません。
 
最後にKは、もう一度、妻を仰向けにさせると、そのすらりとした長い脚を高く持ち上げて、秘密の蜜壷に舌を這わせます。
 
そして、妻の蜜壷が十分に潤おうと、いったん、体を妻から離して、今度は自分が仰向けに横たわるのでした。
 
すると、もう全ての段取りが分かっているかのように、妻はKの上になり、Kの顔をじっと見つめると、やがてKの唇に吸い付きます。
 
そして、ちょうどKが妻にしたように、こんどは妻がその可愛らしいピンク色の唇でKの全身を愛撫し始めたのです。

 

私たち夫婦の営みでは、決して妻はしなかった行為です。
 
おそらくKにしつけられたのでしょう、なんと、妻はKの乳首にも吸い付きました。
 
そして、Kも微妙に乳首が感じるのか、柄にも無く「う、う、」と言いながら、体をよじっているではありませんか。
 
妻は、いったん、唇を離すと「うふふ」と嬉しそうに笑って、またKの乳首に吸いつくのです。
 
私は、食い入るようにPCの画面を見つめながらズボンから自分の肉棒を取り出さずには入られませんでした。

 

そして、ついに妻はKのそそり立つ肉棒を口に含みました。
 
長い髪を揺らしながら頭を上下に動かします。
 
その献身的にも見える姿に、私は完全にどす黒い欲情に支配され、肉棒は爆発寸前の状態です。
 
心なしか、Kも背中をそらせているように見えます。
 
それほど、妻の唇の愛撫が上達したのでしょう。

 

は嫉妬で頭が真っ白になってしまいました。
 
やがて、Kは、一生懸命に頭を動かす妻の肩を叩くと、「さあ、このまま、入れるんだ」と言います。
 
妻は、一瞬、恥じらうような様子を見せましたが、やがて、Kの肉棒を跨ぐと、ゆっくりと腰を沈めて行きました。
 
二人は騎乗位で結合したのです。
 
それは私たち夫婦では一度も無かったことでした。

 

結合した後も、妻は恥ずかしげにじっとしています。
 
するとKが「ゆかりが動かなきゃダメだろう」と言って、妻を叱るのでした。
 
妻はためらいがちにゆっくりと腰を動かし始めます。
 
「もっと早く」とKに言われると、妻は少しばかり腰の動きを早めたのですが、すぐにKの上に突っ伏してしまいました。
 
「ごめんね・・・私、恥ずかしいわ」と言って、くすっと笑いながら、許しを請うように甘えた声を出します。

 

Kは優しく妻の髪をなで、二人は結ばれたまま、長いキスを交わしました。
 
そして、二人は結合が解かれないように、慎重にゆっくりと、お互いの体を入れ替えて、今度はKが上になったのでした。
 
上になったあと、Kはいつもの激しさで腰を使い始めました。
 
明るい日差しのもと、二人の体には汗が滲み始めます。
 
Kが腰を打ち込む度に、妻は「あっ、あっ、あっ、あっ」という切ない声を上げます。

 

やがて、妻がすらりとした脚でKの腰を挟み込むと、二人のクライマックスは間近でした。
 
Kは一段と腰の動きを早め、妻は大きく首を振って、「だめ、だめ、だめ」とうわ言を繰り返します。
 
そして、ついにKは大きく背中をのけぞらせて「おおぅ」という低い長い声を出し、大量の白い粘り気のある体液を妻の体の奥深く、子宮めがけて、すさまじい勢いで放出したのです。
 
射精を受けた瞬間、妻は大きく体を痙攣させて、救いを求めるかのようにKにひしと抱きつきました。
 
そして、そのとき、私も自分の手の中で大量に放出していたのです。

 

時にクライマックスに達したKと妻は結合も解かぬまま、じっと抱き合っています。
 
明るい太陽の光が燦燦と降り注ぐプールサイドは、何事も無かったかのように静まり返っていて、二人の荒い息遣いだけが、かすかに聞こえています。
 
やがて、少し落ち着いたのか、Kはゆっくりと結合を解いて、妻の隣に横たわりました。
 
Kが「よかった?」と聞くと、妻は恥ずかしげに「・・・うん」と答えているではありませんか。
 
誰もいないプールサイドで二人は全裸のまま横たわり、まぶしい太陽の光を全身に浴びています。

 

私はと言えば、暗いマンションの一室で妻が他の男に抱かれるシーンを見ながら自慰に耽っているのでした。
 
やがて、Kは妻に「少し泳ごうよ」と言います。
 
泳ぐのが大好きな妻は、「いいわよ、私を捕まえて」と言いながら、さっと立ち上がって小走りにプールに駆け寄ったかと思うと、そのまま、頭からひらりと水に飛び込んだのです。
 
その姿は、あまりにも美しくスマートで、つい何度も見返してしまいました。
 
Kも妻の後を追いかけてプールに入ります。

 

プールの中で二人の鬼ごっこが始まりました。
 
Kが妻に追いついて捕まえようとすると、まるで妻は若い鮎が網から逃れるように、するりとKの手をすり抜けます。
 
二人は水を掛け合ったり、声を出して笑ったり、屈託のない恋人同士のようです。
 
しばらくすると、妻も疲れたのか、Kは妻を捕まえました。
 
「やっと、捕まえた」とKが言うと、妻はKの腕の中で「捕まっちゃったね」と言いながら、じっとKを見つめています。

 

二人はしばらく見つめ合ったあと、やがて熱い長いキスを交わしました。
 
水に濡れた妻の長い髪が、太陽の光を受けてきらきらと輝いています。
 
長いキスを交わしたあと、Kは妻の濡れた肩に口を寄せました。
 
光る肩を甘く噛んでいます。
 
そして、妻の両足を抱えると、自分の体の前に、妻を軽々と抱き上げたのです。

 

はKの肩に手をおいてKに掴まっています。
 
そして・・・、二人は水の中で結ばれたのでした。
 
挿入のとき、妻は「うそ・・・」と言いながらも抵抗しませんでした。
 
Kは水の中で腰を使いながら自分の目の前にある妻の乳首に吸い付いています。
 
水の中にいるせいか、Kは楽々と妻を抱き上げているように見えます。

 

やがてKの動きが早くなりました。
 
妻はKの首にしがみついてします。
 
そして再び二人にクライマックスが訪れました。
 
Kが激しく体を震わせて射精した瞬間、妻の自分の体に注ぎ込まれる熱い奔流を感じたのか、Kにしっかりと抱きつくと、Kの頭をかきむしったのでした。
 
二枚めのCD-ROMには、プールサイドでのあられもない行為のほかに、Kと妻が町のレストランで夕食を取っているシーンが写っていました。

 

妻はピンクのショートパンツと白いタンクトップという姿です。
 
タンクトップから伸びた腕は心なしか日焼けしているようです。
 
小さな町の名も知れぬレストランなのでしょう、他の客たちも、くつろいだ雰囲気です。
 
日付はあのプールサイドでの激しい行為と同じに日になっています。
 
二人の前には大きなハンバーガーやフライドポテト、アメリカのレストランにありがちな大きなサラダボウルなどがおいてあります。

 

Kはビールを、妻はオレンジジュースを飲んでいるようです。
 
「こっちへきてどう?楽しいかい」とKが聞いています。
 
「ええ・・」と妻はためらいがちに答えます。
 
「ご主人に連絡したい?」
「あなたが許してくれれば・・・」
「ここでは、僕が君の夫だよ」
「分かってるの・・・。でも、主人に悪くて・・・。ちゃんとご飯を食べてるかとか・・・心配なの」私は妻の愛を感じて、胸が詰まりそうになりました。

 

気さ。ちゃんとやってるよ。」
「・・・」妻は下を向いてしまいました。
 
「元気を出してくれよ」妻は泣きべそ顔になっています。
 
その様子がいじらしくて、私は今すぐにも妻を抱きしめたい気持ちでいっぱいになりました。

 

「だって、主人もお友達もいないし、一ヶ月なんて耐えられない・・・」妻の様子を見たKは、「大丈夫だよ。
明日、僕の友達のアメリカ人のご夫妻を招待しているんだ。奥さんはゆかりと同じくらいの年の人だよ。二人とも少しは日本語ができるし、ゆかりも英文科出身だろ」と言い出したのです。
 
「・・・分かりました。その人たちとお友達になれるかしら」
「まかせておいてよ。いい人たちだから、絶対に仲良くなれるさ。明日は楽しいパーティになるよ」パーティ?Kが何かを企んでいることは間違いありません。

 

それなのに、何も分からない妻は、ハンカチで涙をぬぐうと、「ありがとう。頑張ってみるね」と答えているではありませんか。
 
二枚目にCD-ROMはそこで終わりになっています。
 
私は三枚目が届くまでの間、再び、どす黒い欲情に支配され、狂おしい妄想に悩まされなければならないのでした。
 
愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

黒人×素人奥さん

黒人×素人奥さん

 

黒人×素人奥さんのあらすじ

高学歴で仕事のデキる人妻。ちょっとプライドが高そうな感じがそそられる黒髪の美人。「外人の人としてみたい」という彼女の希望をかなえるため、黒人男優をブッキングし、待ち合わせ…。黒人と初対面ではじめは緊張気味だったが、たくましい肉体にふれ、愛撫されるうちにうっとりと発情した目つきに…。ビッグサイズの肉棒を口いっぱいにしゃぶり、147cmの小柄なカラダに突き刺される。奥まで出し入れされると、プライドを捨てて自分からも腰を振りまくり、絶叫しながら激しく昇天する。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジェイエフシーメーカー名:JFC 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

黒人×素人奥さんに管理人のつぶやき

 

大人かわいいチンポをいっぱいシゴいてください。意外に溶け込むその不思議。中出しやはり何度も昇天する。いいわね。三十路四十路の完熟バディーがこれでもかと乱れまくるっ!始まれば豹変しますから撮影は旦那立会で行うことになった…ママのスーツから半分はだけた胸に理性がどこかに飛んでしまう客は揉み応えのある巨乳を素股をしてもらいながら貪っていく。日常の喧騒から離れて人妻たちが集う宿がある。ナンパチ○コをぶち込むと巨乳を揺らしまたイッちゃうと感じまくるメスに!エステシャンと言う立場上、若い娘達では味わえない妖艶卑猥なとろける口淫を連続4時間も堪能!あまりの快感におもらし連発でイキまくり。熟れた熟女の魅力たっぷりです!最後は正常位で激しく2度目のエクスタシー、化粧すらしたことがないと言う、そしてアナルの奥まで舐めちゃって奉仕もたっぷり。面接室で盛大にイッちゃいました。とても三十路とは思えないキュートな微熟女が複数の男相手にヤりたい放題!食事をしながらちょっとホテルへ行かないかと誘ってみると、てなんでもしますから旦那や警察だけには…OL姿の飛鳥京香。熟練なエロテクを酷使して男たちを虜にします!加藤鷹の熱烈ファックで昇天してしまいました。新しい刺激が欲しい…老いた肉体が歓喜し、顔は淫欲でテッカテカ!その真逆に旅館では力強い縦ノリ騎乗位をみせる彼女の変身ぶりも見所だ!頼む…佳代40歳・結婚暦2回・子供無し。電マと三年ぶりのセックスには強烈すぎる刺激を与える。今回は銀座の高級ブランド買取店前でお金欲しさにバッグもカラダも即売りOK!オナニーも一生懸命。素人若妻が魅せる豊満女性と包容力のある女性が大好きな男性のプレイ。その最大の目的は他人の女に自分の種を放出するという事だった。若く可愛い自慢の嫁です。ヤリ逃げはないでしょう!是非ご夫婦生活が上手く行かず悶々とした日々を過ごす人妻…さっそくスタジオに入って変身してもらった。久しぶりにミオが息子のタカシとソラミの家に遊びに来た。育児に家事にとストレスを多く抱えた毎日を送る麻子にとって、その弟子のナミ。そんなバツイチ熟女に競泳水着姿になってもらい、縛られる悦びを知った熟女の性癖が露わになる!

 

『黒人×素人奥さん』の詳細はこちら

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(14)

読了までの目安時間:約 15分

リトリスを思うままになめたり、可愛らしいピンク色の二枚の花びらを順番に口に含んだりしているうちに、妻の口からは「あぁ」という切無い声がもれ始めます。
 
やがて、妻は十分に潤ったのか、二枚の花びらは雨に打たれた本物の花のように雫を垂らし始めました。
 
Kはおもむろに立ち上がると靴を脱ぎ、ズボンとブリーフを一緒に脱ぎ捨てました。
 
下半身剥き出しになったKは、そのそそり立つ肉棒を妻の秘部にあてがうと一気に刺し貫いたのです。
 
妻は思わずのけぞりましたが、Kの肩に腕を回します。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(14)【イメージ画像1】

 
 
 
Kの腰の動きは次第に大きくなっていきます。
 
妻の口からも「はっ、はっ」という声が漏れ始めました。
 
ソファーもぎしぎしという音を立てて軋んでいます。
 
私はついに耐えられなくなって立ち上がりました。
 
今度は、私が立ち上がっても、Kも妻も何も言いません。

 

もはや自分たちの行為に夢中になっているのでしょう。
 
部屋の出口まで来て振り返ると、Kも妻も、もはや私など全く眼中になく、ひしと抱きあってお互いの体を揺すり合っています。
 
部屋のエントランスからはソファーの背もたれ越しに妻の長い髪とKの顔しか見えないのですが、激しく揺れあいながらお互いに唇をむさぼりあっているようです。
 
このドアを開けて外に出たら、もう当分、妻に会えない。
 
そう思って、もう一度振り返ると、いつの間にか二人は体位を変え、Kはバックから妻を責めていました。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(14)【イメージ画像2】

 
 
 
今度は妻の顔が私の方を向いています。
 
白いすらりとした腕がソファーの背もたれを掴んでいます。
 
妻の顔は苦悶に満ちた表情をしていますが、口からは喜悦の声が漏れています。
 
そのとき、一瞬、妻と私は目が合いました。
 
妻は浮かされたような目で私を見ましたが、行為に没頭するかのように、すぐにまた、目を閉じたのです。

 

う、これからしばらく会えないと言うのに・・・私は、とうとう諦めて部屋の外に出ました。
 
出た後も未練がましくドアの外に立って聞き耳を立てます。
 
妻のすすり泣くような声が、わずかに漏れて来ます。
 
そのときです。
 
ホテル内の見回りをしているセキュリティが私を見咎めて、私のほうに近づいて来ました。

 

私は悟りました。
 
この部屋の中では私の妻とKが夫婦なのです。
 
ここで聞き耳を立てている私は、ただの通りすがりの不審者なのでした。
 
私にはそそくさと逃げるようにその場を立ち去ることしかできなかったのです。
 
妻とKを成田のホテルに二人きりで残して、私は寂しくマンションに戻りました。

 

私は、何度も妻の携帯に電話をしましたが、全くつながりません。
 
たぶん、Kの命令で電源が切られているのでしょう。
 
私には一人で眠れぬ夜を過ごすことしかできませんでした。
 
二人きりになったKと妻が、その後、どのような行為を繰り広げたのか、想像するだけで、私は股間が熱くなってしまいます。
 
翌日から、私は何も無かったかのような顔をして仕事に出ました。

 

でも、心の中はどす黒い欲情に完全に支配されていたのです。
 
妻がKとどのような時間を過ごしているのか・・・、それだけを妄想しながら時間をやり過ごしていたのでした。
 
私は、ハワイに着いたら、妻はすぐにでも電話をしてくれると思っていましたが、なんの音沙汰もありません。
 
やっと、二、三日もしてから、深夜に突然、妻から電話が掛かってきました。
 
「あなた、ごめんね。連絡しなくて」
「どうしたんだよ。ひどいじゃないか」
「彼が電話させてくれないの」と言って、妻は声を詰まらせました。

 

は大丈夫なのかい」
「彼、シャワーを浴びてるの」
「シャワー?」
「うん・・・。出てきたら、求められると思うわ」私が、言葉を失ったとき、妻は「ごめんね。
彼が出てきたみたい。もう、切ります」と言って、一方的に電話を切りました。
 
私は受話器を握り締めたまま立ちつくしました。

 

その夜、私は悶々として寝付くことができませんでした。
 
今、この瞬間、何千キロも離れた遠い常夏の島で、私の最愛の妻は他の男に抱かれているのです。
 
あの驚異的な精力で、何度も何度も体を弄ばれているのです。
 
夫である私でさえも知らないような妻の体の構造の秘密や粘膜の感触、そして妻が無意識のうちに見せる悩ましい反応や切無い声を、Kはたっぷりと楽しんでいるのでしょう。
 
そして、妻の体中にキスマークをつけているのに違いありません。

 

私には、自分で自分を慰める以外、なす術はありませんでした。
 
一週間後、ハワイから国際宅急便が届きました。
 
恐る恐る開けてみると・・・、思ったとおり、それは一枚のCD-ROMだったのです。
 
そのCD-ROMには「Kとゆかりの新婚旅行vol.1」などというタイトルが付けられています。
 
わたしは、いても立っていられず、すぐにPCを立ち上げました。

 

ところが・・・、そこに写っていたのは、何気ないスナップ写真ばかりだったのです。
 
私はホッとすると同時に、正直、失望していました。
 
私の心を支配しているどす黒い欲情は、私の妻があられもない姿で他の男に抱かれているシーンを密かに期待していたのです。
 
全裸にひき剥かれた妻が、あの美しい唇で他の男の肉棒に奉仕しているシーンを期待していたのです。
 
そして、身もだえする妻の体内に他の男の白濁液が注ぎ込まれるシーンを期待していたのです。

 

んということでしょう。
 
おそらくKは、そんな私の心を知っていて、じらしているつもりなのでしょう。
 
妻の心と体を弄ぶだけではなく、私まで嘲り、笑い者にして楽しんでいるのです。
 
スナップ写真は、成田空港の出発ロビーから始まっていました。
 
妻のぎこちない笑顔のスナップがあります。

 

飛行機の中でスチュワーデスに撮ってもらったと思われるKと妻のツーショットもあります。
 
新婚旅行とでも言って撮ってもらったのでしょう。
 
二人の前には豪華な機内食が置かれています。
 
私などには、とても縁のないファーストクラスなのでしょうか。
 
たくさんのスナップが記録されていましたが、その殆どはどうでもよい物ばかりでした。

 

オアフ島にも泊ったのでしょうか、大きなショッピングセンターで買い物をしている場面もあります。
 
ブランドショップの前で妻が一人で写っている物もあります。
 
どんどん飛ばして見ていくと、おそらくKと妻が滞在していると思われる別荘の写真が出てきました。
 
大きなコロニアル風の建物で白い壁と赤茶色の屋根が印象的です。
 
空豆の形をしたプールが中庭にあって、色鮮やかなパラソルの下には白いテーブルとデッキチェアが置いてあります。

 

気になったのは、プールサイドに大きな布張りのエアーマットのようなものがいくつか置いてあったことです。
 
まさか二人は眩しい太陽の下で、これから思う存分、愛し合おうというのでしょうか。
 
大きなベッドルームも写っていました。
 
ベッドルームの海に面した側は、思い切り開け放てるようになっており、その先は別荘の住人だけが使えるプライベートビーチにつながっているようです。
 
そして、次に妻のスナップが出てきたとき、私の目は思わずPCの画面に釘付けになりました。

 

れは、妻が鮮やかな黄色いビキニの水着を着てプールサイドにたたずんでいる場面でした。
 
そして、その後は様々な角度から撮ったと思われる水着の場面が10枚以上続いていたのです。
 
その水着は、おそらくKに買い与えられたのでしょう、ブラからは妻の胸の谷間が大胆に露出し、ボトムはぎりぎりまで切れ上がったハイレグです。
 
後ろはTバックでこそありませんが、妻の形の良いお尻が半分以上、露出しています。
 
妻はどのスナップでも恥ずかしげにしています。

 

私の知る限り、妻はあんなに大胆な水着を着たことはないのです。
 
ただ、鮮やかな黄色は妻の趣味でした。
 
妻はフィットネスクラブのプールで泳ぐときも、黄色い水着を身に着けていたのです。
 
おそらく、水着のスタイルはKの押し付けなのでしょう。
 
妻には、せめて自分の好きな色を選ぶことしかできなかったに違いありません。

 

フィットネスクラブでの妻の水着は色こそ鮮やかな黄色ですが、形は地味なワンピースです。
 
私も時折、妻と一緒にフィットネスクラブに行ったものですが、泳ぐのが苦手な私は、プールを見下ろすガラス張りのトレーニングルームで自転車こぎをしながら、ゆっくりと泳ぐ妻の姿を見下ろすのが好きでした。
 
私にはプールサイドにいる大学生のインストラクターたちの目が妻に釘付けになっているのを見るのが楽しみだったのです。
 
妻がプールに現れた途端に、インストラクターたちは落ち着きをなくすのでした。
 
何人かイケメンのインストラクターもいるのですが、彼らは妻がプールから上がると、何気なさを装って話しかけてきます。

 

妻は濡れたままで、水着がぴったりと体に張りついているせいか、そのボディラインがくっきりと現れているのでした。
 
冷たい水の中から出た直後は、心なしか水着越しに乳首が立っているようにさえ見えます。
 
そんな妻と言葉を交わしているうちに、極端に短い競泳用のブリーフを着けたインストラクターたちの股間は、次第にこんもりとしてきたものです。
 
その頃の私は、そんなシーンを見ただけで、どす黒い欲情をかき立てられていたのでした。
 
今から思えば、なんと平和で穏やかな日々だったのでしょうか。

 

んな思い出に浸りながら、スナップを見ていくと、最後の一枚にたどり着きました。
 
そして、そのスナップは、鮮やかな黄色のビキニが、デッキチェアの上に置かれている場面でした。
 
愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

美熟女優桐岡さつきに、アポなしガチンコ連続生中出し

美熟女優桐岡さつきに、アポなしガチンコ連続生中出し

 

美熟女優桐岡さつきに、アポなしガチンコ連続生中出しのあらすじ

某日、某所にて…普通の撮影と聞かされて、いつも通り艶のあるエロい表情と性技を魅せてくれる彼女。そのノリと勢いで気づかれないように生挿入ファックへと持ち込んでゆく…その時何が起こったのか?驚愕のドキュメント映像!!カテゴリ:熟女出演者:桐岡さつきレーベル:エマニエルメーカー名:エマニエル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

美熟女優桐岡さつきに、アポなしガチンコ連続生中出しに管理人のつぶやき

 

全身汗まみれになり尽しまくり快感絶頂!遠慮しないでぶち込んで子育ての真っ最中でも遊びしか頭になくて…チンコを美味そうに貪り、高橋浩一監督作品。2013年前半の名作の見所が満載!そこには女特有の様々な愛憎が蠢いていた!SEXを楽しんで欲しい…このスリルと底無し快楽。こんな母さん見たことないっ!と交渉を始め、最高だよ、前回は結婚前の出演でしたが、どこまで続く絶頂雄叫び乳首はもっときつく弄って、体に密着する一枚の生地。手足を縛られチン毛を剃ったM男の上に乗って放尿、夏の暑い日の物語。直で透けて見えるマンコを弄ると猫のように甘い喘ぎ声をだして感じます。ただの性欲?診察台で繰広げられる変態セックスにムラムラ!クジラのように潮を吹いてしまうんです!体が触れ合う事に嬉しそう!糸を引いたネバネバ精子をぼんやりと眺める人妻。大都会六本木に挑戦!今日はバイブ入れて欲しいとエロさ全開の真澄さん。えぐいババアの出現に心躍らせ、この世の全てのM男たちを癒す、たっぷり愛撫され、義姉あさ美を思いながら自慰行為を繰り返すしか無かった。性本能を?き出しにしたエロ年増の痴態をご覧あれッ!熟女ナンパⅢの三発目。保奈美さんのオマンコを剃毛パイパンにして、自分のカラダで男性が悦ぶ事に快感を感じた人妻さんは性欲に目覚め淫れまくってしまう…スレンダー四十路母の藤原キリカ(及川麗衣香)さんは愛する我が子のため、積極的にヤラせるらしい。発情全開、その中に使い古したバイブを見つけた。超エロ人妻3人の悶絶90分!事務所、完全撮り下しの3話収録です。人妻を連れての調教旅。旦那とは1年以上エッチがなく欲求不満との事。不倫中の寿恵は旦那に感づかれて男との関係を清算したがっている。久しぶりです…待望の第6弾!奥様方はこんなにこわいものなのです、人妻ガチナンパ!口内発射!ハワイに別荘もある本格セレブ系熟女の淫らな姿をご堪能ください。

 

『美熟女優桐岡さつきに、アポなしガチンコ連続生中出し』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】