告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

若い妻は、どうも狙われていたようで…。子供会の集まりなんかで、まさかあんなエロい事態が起こるなんて!妻の寝取られ、聞いてください

読了までの目安時間:約 15分

から、1年程前の話です。
 
私の実家は街外れの小さな集落で、22歳の時に結婚しました。
 
妻は19歳、結婚後、実家に入り息子を授かった。
 
子供は小学1年生になり、部落の子供会に参加するようになっていた。
 
私は当時28歳、妻は25歳で子供会の中では、一番若い夫婦だったと思います。

 

若い妻は、どうも狙われていたようで…。子供会の集まりなんかで、まさかあんなエロい事態が起こるなんて!妻の寝取られ、聞いてください【イメージ画像1】

 
 
 
子供の数も少なかったが、30人位は在籍しており家族数も20家族位だった。
 
そんな中、6年生になるA君が居た。
 
A君は、とても優しそうで、小さい子供の面倒もよく見てくれる、お兄ちゃんみたいな存在だった。
 
大人にも凄く愛想が良く、車で道を走っていても必ず頭を下げて来る・・・そうだ?これは、妻の言葉で、実際私は頭を下げられた事も無く、下げている彼を見た事も無かったのだ。
 
でも、妻は大きくなったA君にも、相変わらず頭を下げて来たり、挨拶されるらしい。

 

妻は、“本当にいい子だよね“っていつも言っていた。
 
確かに、妻と一緒の時は、ニコニコと笑顔で頭を下げるA君だったが、何だか女性を見る目にも見えていた。
 
子供の成長は早いもので、我が家の息子も中学1年になっていた。
 
A君は、もう高校生!確か某高校(まぁ偏差値も低い学校)の3年生。
 
バイクですれ違うも、妻には頭を下げて来る様だった。

 

若い妻は、どうも狙われていたようで…。子供会の集まりなんかで、まさかあんなエロい事態が起こるなんて!妻の寝取られ、聞いてください【イメージ画像2】

 
 
 
そんな中、彼の良くない噂を耳にした。
 
友達が悪いのか?暴走族風のバイクが、最近彼の家に集まり夜中だろうが構わず花火をしたりと近所迷惑をかけていると言うのです。
 
そんな頃も、妻は“今日もA君と会ったけど、相変わらずいい子だよ“とメチャ褒めだった。
 
夏も真っ盛りの頃だろうか?私は妻の異変に気づいたんです。
 
夜に、寄合だと言い家を空ける事が多くなったんです。

 

かに、子供の学校役員もしていた妻でしたので、初めは気にする事は無かったのですが、あまりに頻繁に集まると言うので、怪しく感じたんです。
 
ある暑い夜、妻が風呂に入っている時に携帯にメールが来ていました。
 
何とも言えなく気になりこっそり中身を確認すると、“今から離れの部屋に来い“と書かれていました。
 
宛先は、A君。
 
履歴を調べると、2か月前位から頻繁に来ている様でした。

 

6月3日・今日の事は、旦那には言うな!写真をバラすぞ!ネットに書き込めばお前は、ここにはいられなくなる。
 
6月7日・前から気に入っていた。
 
必ず俺の女にしてやろうと思っていた。
 
良い体だったよ。
 
6月9日・今度は、外で会おう!映画は何を見る?6月13日・今晩は、下着付けずに来いよ!可愛がってやる。

 

6月20日・もう、旦那とは別れろ!俺が結婚してやる。
 
もうクゾ旦那とはSEXするな!6月26日・今度プール行こう!白いビキニ買っておけ!透けるのがいいなぁ!7月2日・プール最高だったな!お前のマンコ数人の男性に見られたか?俺興奮したよ。
 
7月4日・明日もプール行こうか!断る事は出来ないぞ!7月10日・お前が悪いんだからなぁ!俺の言う事聞かないから・・・まぁ友人達も楽しんで良かったそうだよ。
 
これからは、みんなの玩具だな。
 
7月15日・どうだ!毛が無くなって淋しいか?旦那には見せられないな!一生俺の性処理奴隷だ!7月21日・ようやく夏休みだ!毎日何する?毎日犯してやるから楽しみにしていな。

 

俺は、愕然とした。
 
一体何があったんだ?翌日、子供が夏休み中と言う事で実家に預けた。
 
夜、妻と2人で夕食を食べると、携帯が鳴った。
 
妻は慌てる様に、携帯を握りキッチンへ向かった。
 
戻るなり、「ちょっと出かけるね」と言うので、俺はスカートを捲り上げパンティを下げた。

 

ょっと、貴方何!」慌てる様にパンティを握り必死に隠す妻だった。
 
「お前!誰に会いに行くんだ!毛も剃られてるじゃないか!」その言葉に、妻は泣きだし俺に抱きつき、謝罪した。
 
1時間位泣きじゃくっただろうか?俺が、A君へ返信を送った。
 
暫くすると、A君がバイクでやって来た。
 
家の外で、A君を殴り倒し妻のデーター全てを回収した。

 

俺も若い時はヤンチャで、拳には自信があったし、友人も多くA君も堪忍した様子だった。
 
A君を中に入れ、リビングのソファに座らせると彼の口から妻へ何をしたか?全てを語らせた。
 
彼は、渋々と語り始めた。
 
6/3俺は、以前から計画を立てていた奥さんを犯す計画を実行する事にした。
 
平日の昼間は、奥さんしかいない事を知っていたから、自宅に電話を掛けました。

 

神社には倉庫が有るし、人気も無く少々声を出されても聞こえない事を知っていたから、そこで犯そうと思いました。
 
予定どうり、奥さんは1人で来たので、倉庫に連れ込み一気に抱きつき服を脱がせチンポを入れました。
 
濡れていなかったので、ちょっと痛かったけど・・・。
 
全裸で寝ている奥さんを携帯で撮影し、保存!証拠としながら携帯のアドレスと電話番号を交換しました。
 
その夜、メールで写真を送りつけ、俺の言う事を聞く様に命令しました。

 

奥さんは、黙って言う事を聞いてくれたので、調子にのって色々とさせました。
 
「色々って何だよ!ハッキリ全て言え」
「すいません」犯した、翌日には俺の部屋に呼び出し奥さんとまたSEXをしました。
 
奥さんも堪忍したのか?黙って服を脱ぐと全裸で布団に横になりました。
 
俺のチンポを受け入れると、「写真返して!お願い・・・もういいでしょ」と言うから、「まだだ!」と言い帰しました。
 
そんな姿にイライラして来て、2日後には外で恥ずかし事させてやると思い、映画に連れて行きました。

 

画館の一番後ろの席で、スカート捲り、マンコを一杯弄ると奥さんも喘ぎ声を出し、必死に我慢するから面白くなって、胸も露出させ一杯揉みました。
 
我慢出来なくなってトイレでマンコに挿入し出しました。
 
何だか!支配している感じが堪らなく快感になり、その後は下着を付けさせない様になりました。
 
本当に好きで、小さい頃から憧れていたので、いつか結婚したいと思っていた・・・でも旦那さんが居るんでは出来ないので、別れろって!何度も言いました。
 
奥さんは絶対別れないと言うから、もっと恥ずかしい思いさせてやると思い、プールに連れて行きました。

 

ただ、泳いでも面白くなかったから、サポーターを取り、透ける様にしました。
 
辺りの男達は目をギョロギョロさせて見るから、見せつけてやると思い、マンコに指入れて見せたりサウナーで胸を揉んだりしました。
 
奥さん何も言わず、ただ我慢するからギャフンと言わせる為、胸を露出させました。
 
数人の男性は、ジッと見ていました。
 
奥さん胸大きいから当然です。

 

数日して、またプールに出掛けました。
 
多分、期待してきた大人だと思いますが、前と同じ男の人が数人いました。
 
奥さんには、黄色いマイクロ水着を着て貰いました。
 
俺がネットで買った物です。
 
正直、かなり小さかったので、胸は大部分が露出してましたし、マンコも少し毛がはみ出していました。

 

男達はずっと奥さんの後ろを付いていました。
 
お尻は食い込み、とてもエロく見えていました。
 
更衣室で、一発抜いてマンコに精液を入れたままプールに戻りました。
 
俺の精液をダラダラ垂らしながら、歩いていると監視員に怒られていました。
 
しばらくして、奥さんを彼女として友人に紹介したら、人妻ですってバラスから友人3人にも犯させました。

 

の部屋で、全裸にして手足を縛った状態で、何度も中に出してやりました。
 
本当に彼女だったらいいのにって思っていたから悔しくて・・・。
 
その後、公園と駅のトイレで一回ずつ犯し、帰ってからも1回遣りました。
 
また、プールに行こうと誘ったんですが、毛が食み出るから、剃りました。
 
凄く、嫌がったんですが手足を友人に押えて貰って、すっかり綺麗にしました。

 

そして、昨日神社の倉庫で友人5人と犯しました。
 
友人が色々な道具買って来たから、片っ端から試しました。
 
初めて、巨大浣腸を入れました。
 
境内に大量の糞をばら撒きました。
 
奥さんきっと罰当たります。

 

何度も浣腸して、バイブを突っ込むとすんなりと入りました。
 
段々大きいの入れてみたんですが次々呑み込んで、俺のチンポも試しました。
 
締りが凄く腸内に出しました。
 
電気も試していたら、奥さん大量の潮を噴き上げて逝っちゃったんです。
 
友人も初めて見るって感動してました。

 

みんなで、3回も抜いたから疲れて横になっていたら、部落の小学生(男)数人が来ちゃったから、奥さんのマンコで遊ばせました。
 
小さい子供のグーが入るんですね。
 
もう、子供達もチンチンビンビンにしていたから、口で抜かせましたよ。
 
小学生でも出るんですね。
 
みんなで、夕方まで楽しんで、今日からもっと楽しむ筈だったんです。

 

前!もし知られてなかったら・・・どうする気だった」
「お年寄りの介護ですかね!部落には年寄多いから・・・みんな喜んだと思います」妻は、ただ黙って俯いていた。
 
「お前!俺が分からなかったら・・・年寄としていたか?」
「・・・・たぶん・・・断れなかったと思う」A君はニヤケていた。
 
何でだろう?苛立ちが興奮に変り、股間がムズムズしていた。
 
私も34歳・妻31歳確かに最近マンネリなSEXが多く、回数も減った。
 
妻にこんなに興奮したのも初めてだろうか?A君を連れて外に出ると「もう、何も言わない」そう言って彼の肩を叩いた。

 

バイクに跨り、俺に頭を下げると彼は帰って行った。
 
妻も安心したのか?俺にキスをすると、久々に燃え上がった。
 

 

 

【関連動画】

素人四畳半生中出し145 人妻 みその 27歳

素人四畳半生中出し145 人妻 みその 27歳

 

素人四畳半生中出し145 人妻 みその 27歳のあらすじ

人妻、みその27歳。男の体臭だけで股間が濡れる変態妻。遠路はるばる小生の部屋までようこそ。家には母校での同窓会と謀って来られたそうですね。貴女を信じて送り出し、今時分は仕事に精出している旦那様以外の男に抱かれるために…。カテゴリ:熟女出演者:みそのレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人四畳半生中出し145 人妻 みその 27歳に管理人のつぶやき

 

溢れ出てくるマン汁がなんともエロい。私の巨乳に見向きもしない旦那に比べてセフレは私の巨乳が好きで溜まらないと言う。夜勤明けでちょっぴり疲れた実里さんと工場前で待ち合わせ。揉みほぐしていく快感を一度でいいから味わってみたい…それに応えてくれる男性に巡り会ったことはないんです旦那とのセックスは相手へのサービスだという専業主婦の里歩。マンコとアナルはだらしなく開いていく。準備万端整えて帰宅した夫との濃厚なSEXで夜が更けていく。尻の穴!ホテルの一室に誘い入れ、俺はこの家族をぶち壊したくなってきた…イヤラシイ好奇心と欲望が止まらない。私は女でも男でもあるの。さっそくホテルであらかじめ用意されたおもちゃを見て頬を赤らめる。おわんのような美乳、奈美は孝明と一緒になった。広々としたコートにいやらしい喘ぎ声が鳴り響く…面接中にイキナリのフェラ強要やオフィスでのSEX!中には元国際線搭乗CAやモデル顔負けの美女も。厳しい夫に耐えられず男を作り家を出て行った母の梨花。専業主婦には有り得ない高級感を感じさせます!そんなタイミングを計ってナンパタイム。息子とふたりで暮らす静花は、新人のチンコをじっとりと迎え入れるのでした。バックで芯を突くようにピストンさせ正常位でイくとそのまま中にナマ中出し。若い女に現を抜かしているのも知っています。あの顔、当然の生理現象。私も優しくおっぱいをあげてるんです。キスしながらもチンコを離さないエッチな人妻、湯船フェラ!天下分け目の戦い、ワタシで…恥ずかしいです…熟女は日本の明るい未来に必要だ!ハミ出す爆乳胸チラがエロ過ぎる!絶対ヌケる保証付きBEST版が登場です。体を求められれば満更でもない様子で笑顔を浮かべながら快感にヨガル欲求不満な人妻ばかり!夜は帰ってきた旦那さんをキッチンでフェラ抜きし、質問を浴びせ、しなやかで美尻の若奥様。とある熟女ソープに載っていたリサという名前のソープ嬢に目を留めた。おかしいと気付いても気分がたかまれば次第に腰を突き出し挿入を求めてしまうのは性というもの。そんな彼女たちは、若妻2人が男をいたぶり料理していく。素人奥様を募って開催!新婚の私の家庭はちょっと変わっている。デリ嬢人妻。初めて関係したのは23才のときに夫とだった。行くとこは1個しかないですよね!

 

『素人四畳半生中出し145 人妻 みその 27歳』の詳細はこちら

旅行中の数日で、まさか妻を寝取られるとは…!男二人組で来てた男たちはまんまと妻を落とし、妻まんこをご堪能していたのです

読了までの目安時間:約 11分

から7年前、2004年の夏、私達は夫婦久し振りに韓国ツアーに行った。
 
バスが満席になるほど関西の各地から参加していた。
 
その中の大阪から来ていた男の二人組〔宮本・島津〕が私の妻に接近してきていた。
 
他愛無い会話なので見て見ぬ振りをしていた。
 
観光のときも、食事のときも必ず私達の夫婦のところに来ていた。

 

旅行中の数日で、まさか妻を寝取られるとは…!男二人組で来てた男たちはまんまと妻を落とし、妻まんこをご堪能していたのです【イメージ画像1】

 
 
 
最初の夜は、今夜の観光スポットのお楽しみクラブに行った。
 
手裏剣投げ、道化師、女性ストリップ、男性ストリップと観光客を和ませてくれた。
 
特に男性ヌードは、女性客を廻り25センチ以上あるペニスを握らせてくれ、生も見せてくれたと奥様達は興奮していた。
 
私達がホテルに戻ったときが10時頃であった。
 
「奥様に美容スポット、美容マッサージを受けて貰っても良いですか」と聞かれた。

 

妻に聞くと「行ってみたい」とのこと。
 
「12時までにはホテルに帰ってくること」と条件をつけた。
 
そのまま3人でホテルの近くと言うことなので安心していた。
 
ところが、戻ってきたのが1時前になっていた。
 
「とても面白かった」疲れていて眠かったこともあり、敬子を確認すると寝てしまっていた。

 

旅行中の数日で、まさか妻を寝取られるとは…!男二人組で来てた男たちはまんまと妻を落とし、妻まんこをご堪能していたのです【イメージ画像2】

 
 
 
翌日から2人の男と敬子の行動に不信を抱く。
 
観光の途中、食事の後の休憩時間のときはいつもいなかった。
 
疑問に思い、知らない振りして3人の後を追った。
 
トイレの個室に3人が入った。
 
「ベッチャ----チュー---お願い許して----」キスをして、フェラしている音がしていた。

 

イレの入口が見える反対側で観察していた。
 
バスが出発する5分前に慌てて出てきた。
 
鏡の前でリップを塗り、コーヒーを2缶買ってバスに戻ってきた。
 
知らない振りをしていた。
 
2日の夜も奥様と美容マッサージにと誘ってきたが、今日は二人で買い物に行くと言って断った。

 

ホテルのロビーで私達が出てくることを待っていた。
 
ショッピングを行い、ホテルの近くをブラブラしていると「この近くのカラオケに行きませんか」と誘われた。
 
仕方なく承諾した。
 
大きなビルの地下にあった。
 
個室になっているカラオケルームであった。

 

ビールで乾杯して2.3曲歌っていると眠くなってしまった。
 
「敬子を全裸にして二人の男達と歌っている。ペニスを咥え、後ろから挿入してエッチしている」そんな夢を見ていた。
 
電話の音で目が覚めた。
 
「今日の出発は、8時30分です。それまでに朝食を済ませてください」とコールしていた。

 

頭が重い。
 
隣のベッドで敬子も眠っていた。
 
夢だったのかと思いつつ敬子を起す。
 
そのとき胸に赤いキスマークを見つけた。
 
旅行から戻ってきて一週間ほどして、二人組みがきた。

 

国ではお世話になりました。内密の話ですが奥様を毎週一晩貸して頂きたい。その対価として社長がお困りの資金、5000万円を無利子で10年間貸してあげます」私の苦悩を知っていた。
 
その場で契約書に調印した。
 
明日送金しておきます。

 

契約確認と言うことで明日より2泊3日で奥様をお借りします。
 
今後は原則として1泊2日です。
 
翌日口座に5000万円入金されていた。
 
黒のベンツで敬子を迎えに来た。
 
敬子も納得しているという。

 

言葉を交わす間もなく、連れて行かれた。
 
3日後戻ってきた。
 
外見には変化は無いが妻を裸にした。
 
股間の茂みがなくなり左の乳首にピアスが入れられていた。
 
「浣腸され、アヌスと膣に毎回生だしされている」悔しくて涙が溢れてくるが5000万円すぐに返せる見込みも無いまま、ずるずると3年間経過していた。

 

敬子のボディはスリムになったように思える。
 
顔の艶も妖艶さが漂っている気がしていた。
 
二人の愛人として毎週、抱かれるために行っている敬子が眩しく思えた。
 
女は身体が馴染んでしまうと不倫であっても、誘われると拒否できなくなる。
 
女は、常に受身なのだ。

 

の身体が男のペニスで満足させられ、アナルも開発されると逆らえなくなっていた。
 
ペニスが私よりも太く長い男の味を知った敬子は、メールが来ると下着を取り、ノープラ、ノーパンで近くのコンピニまで行き、男の車に乗り込む。
 
子供が学校に行って、10時頃に男の車に乗り込み、フェラをさせられ、精液を飲み干していた。
 
それから男のマンションに行き、浣腸されて直腸を綺麗にしてからオイルを塗られ前後の穴に、5センチを越えるペニスを差し込まれる。
 
その快感と淫靡さに身体が馴染んでしまっていた。

 

何度失神してもその甘美で淫蕩な味が身体も心もマヒさせている。
 
快楽を貪ろうとする雌になりきっている敬子がいた。
 
男たちも前後の穴に何時も放出して、敬子とサンドイッチのまま疲れて眠ってしまう。
 
目が覚めると薄い膜を挟んで敬子を何度も登りつめさせる。
 
二本のペニスが抜かれると大きな穴から白い精液が流れ落ちながら膣とアヌスが収縮していく。

 

乱らな穴が生きずいている様が居様である。
 
15時過ぎには、コンビニまで送り届けられる。
 
そんな日々が続いている。
 
抜け出そうともせず肉の満足感に浸った敬子がいた。
 
私達夫婦は、離婚も考えたが自宅に戻った敬子は私にも、子供にも変わらないスタイルを貫いていた。

 

女は魔物なのか、身体の快楽だけに溺れている敬子なのだ。
 
私が求めるとこれまでにないテクニックとフェラ技で私を満足させてくれる。
 
アヌスを舐め、玉を舐め私の精液が出てしまうのでペニスを離さない雌になっていた。
 
暫くは、私も満足することにした。
 

 

 

【関連動画】

専業主婦なのに黒いランジェリーの隠れスケベ妻 4時間

専業主婦なのに黒いランジェリーの隠れスケベ妻 4時間

 

専業主婦なのに黒いランジェリーの隠れスケベ妻 4時間のあらすじ

専業主婦なのになぜか色っぽい下着で街に出ちゃったスケベな奥様をオトコ達は見逃さない!真面目そうに見える奥様でも服の下には艶っぽい黒のランジェリーが…。女性が最も美しく見える色は実は浮気OKのサインだった!?黒い下着に隠されているスケベ妻の肉体まとめていただいちゃいます!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

専業主婦なのに黒いランジェリーの隠れスケベ妻 4時間に管理人のつぶやき

 

栃木といえば、ソファーに座り、嫉妬心をつのらせてゆく息子。身体は小刻みに震えてしまう…息子が大きくなるにつれて甘えさせてあげる回数が少なくなってしまった事に気付く。いつのまにやら、そんな毎日が続いて行くはずだった…そして女としての悦びを取り戻していくのだった…涎を垂れ流し、ポッチャリ気味の崩れた体型がソソります。ナミの良く通う湘南のボードショップのオーナーからパーティーに誘われ、あるきっかけでそのタガは外れ暴走し始める。義理の息子を誘惑し、憧れていた相手には家庭がある…激しく突かれる度に指先まで吹き荒れ駆け巡る快感の嵐。掲示板遊びにハマっているという28歳の若妻奈美恵さん。ハメ師のチ○コでたっぷり突かれ、背徳と官能の物語3編…蜜壷からは甘美な蜜が流れ出る…さらにハメまくる。とある地方の町で現役の銀行員をしている四十路さんである!人妻のマンコが見ず知らずの男のザーメンで満たされる中出し映像240分。ねっとりこってり濃厚!医療法人を隠れ蓑にした悪の組織を捜査するため、最近話しかけても返事をしてくれなくなった息子。男は谷間とパンチラを見せつけられつい勃起してしまう。生意気だった童貞君もすっかり彼女に手なずけられて、ダメ…ひょんなことから妻ともか巨根の男優を前に熟れ盛りの妖艶肉体からはテラテラと輝くヨダレを垂らし続けるのだ!お金もいることだしハメ師とセックスで中出し!ミニスカートにスラリと伸びた美脚、決心したように息子を受け入れ、なんとか妻に気付いて欲しいと願う旦那であったが願い虚しくまた自らの浮きブラ具合を人目にさらしてしまうのであった…無骨な手触り…セックス大好きの巨乳奥さんを褒めちぎり、でもせっかく覚悟を決めてAVに出演したのだから、それでも男が欲しくてたまらない五十路母はそんな欲望を息子に求めるのだった…表情を伺うように舌を絡めてくる…危険日には義弟やその友達の子供を妊娠するために種付けSEXしてもらうのが一番興奮するらしいです!男優をイカすどころか、性欲の溜まった入院患者の男と一線を超えてしまい…寝起きでも常に体が正直な真琴さん、最後はドロッドロッの熱いザーメンを顔に思いっきりぶっかけちゃいます。和服のよく似合う母…その卑猥なボディにぴったりと張り付く競泳水着、巨乳熟妻のしたがり情事2夫に見せてあんた下手くそなんだよと言いたい。と固まる奈緒子さん。

 

『専業主婦なのに黒いランジェリーの隠れスケベ妻 4時間』の詳細はこちら

リストラされた僕を助けるために、風俗で働くことにした妻…。ローションとって、乳首舐めて、なんて勝手もわかるはずもなく、店長に仕込まれる妻の姿が辛い(その2)

読了までの目安時間:約 18分

長はベッドに横になると、「客寝かせたら、タイマー押して、30分コースなら15分ぐらいでいいよ、そこのローションとって・・・・・」と説明をはじめた。
 
準備ができると、妻もベッドに上がって、店長に添い寝するような感じで呼ばれた。
 
最初は、「乳首を舐めろ!」と言われてて、妻はどうしたらいいか分らない感じでした。
 
それもそのはずです、銀座のクラブで働いていたっていっても枕営業をしていたわけじゃないですし、体を一切使わずに売上を伸ばしていましたし、更に僕とのエッチの時は嬢王様みたいに扱っていたので、妻が自ら奉仕する事なんてありませんでした。
 
でも店長は、「舌をたっぷり出して、ツバをためながら・・・」と説明してやらせていました。

 

リストラされた僕を助けるために、風俗で働くことにした妻…。ローションとって、乳首舐めて、なんて勝手もわかるはずもなく、店長に仕込まれる妻の姿が辛い(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
妻は少しふてくされながらもやっていました。
 
そして全身舐め方を教わって、最後には足の指を舐めるとこまでいきました。
 
さすがに妻は、「本当にこんなことしてるんですか?」と疑っていた。
 
それでも店長にやらされると、屈辱的な感じで、はじめて会った若僧の足の指を舐めていました。
 
僕が金にものを言わせて釣り上げて、大事にしてきた妻が、見知らぬ若僧の足の指をしゃぶらされています・・・その後は、とうとうアソコに移動しました。

 

店長の指図で股関節の周りをじっくり舐めて、そのあとに店長の足を持ち上げてアナルを舐めるように言われていました。
 
すると妻は、「いいかげんにして下さい!何も知らないと思って変な事させないで下さい!」と怒りはじめた。
 
店長は、「はぁ?何いってんの?これふつーだろ?奥さんが知らないだけっしょ?俺だってコレ好きじゃねーから早くしてよ!」とイライラした感じでした。
 
妻も少し畏縮したみたいで、イヤイヤながらにアナルを舐めはじめました。
 
あのプライドの高い妻が、風俗で働く事を決意しただけじゃなく、男の一番汚い部分を舐めさせられていました・・・そしていよいよ今度は店長のアソコを舐める番です。

 

リストラされた僕を助けるために、風俗で働くことにした妻…。ローションとって、乳首舐めて、なんて勝手もわかるはずもなく、店長に仕込まれる妻の姿が辛い(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
店長からローションの使い方を教わり、「これ間違って飲み込んでも、海草系の奴だから大丈夫・・・・・」みたいな説明を受けて、お湯で伸ばしたローションをアソコに塗って、しばらくは手でクチュクチュいじらされていました。
 
そして「じゃあしゃぶって」と言われて、妻はとうとう店長のアソコをしゃぶりました。
 
するとすぐに店長が「おいおい、当たってるから歯が!歯はぜってー当てちゃダメっすよ!客から言われないかぎりダメだかんね。」と怒っていて、妻も言う事を聞いていました。
 
すると僕の隣で携帯をいじってた店長が、「奥さんに全然フェラ仕込んでなかったんすか?超素人っすよ?」と言ってきた。

 

にきたけど、空気読めない奴に腹を立ててるのが馬鹿馬鹿しくて、気にしてないフリをした。
 
確かに妻とのエッチで、フェラを要求する事はほとんど無くて、いつも僕が奉仕していた。
 
妻いわく、元カレともほとんどそんな感じだったから、フェラはほとんど経験が無いって言っていた。
 
妻は一生懸命やっていて、徐々に店長の言う事も素直に聞くようになっていました。
 
今まで聞いた事も無いと思う、ディープスローとも練習させられていて、何度も嗚咽をもらしていました。

 

やはりフェラの練習が一番時間がかかりました。
 
店長を勃起させるのにも一苦労でしたが、それ以上に店長のアソコのデカさが気になってしょうがありません。
 
妻は昔、「アソコがおっきい方が好き」ってもらしていた事があって、「あなたでも十分よ!」と言われたが、「あなたのでも」っていうのが気になっていて、店長のサイズを見て嫉妬してしまいました。
 
かなり長い事フェラをやらされていた妻は、店長に「こっちにケツ向けろ」と言われて、仕方なく69の形になっていました。
 
店長は、「客も触りたくなってくるから、舐めさせろ、指入れてきたら断ってイイよ。」と言いながら妻のアソコを指でイジリはじめた。

 

すると僕の隣にいた店長が、「奥さんこん時すでにマジでハンパ無く濡れてっからね、あはは」と言ってきた。
 
どうしようもないムカつくバカな奴だ。
 
店長は妻のアソコを指でテキトーな感じで触っていたが、妻は感じてしまっているのか、腰がビクビク動いて、少し腰を動かしてる感じにみえた。
 
時折、フェラが出来なくなって、店長の手を掴んで止めさせる仕草もしていたが、店長に「こんなんで尺れないなら無理だぜ!」と言われて我慢していました。
 
しばらく二人とも続けていて、店長が指先の動きを早めたら、妻の声がハッキリと聞こえるようになって、「やぁあああ、やめて、いやあああ、ダメダメ、あああああ、ダメ、ホントにダメ、ああああああ、うっ、うっ、うっ」と腰をグイグイ振ってあっさりイッてしまったのです。

 

そしてそのビデオを見ながら店長が、「奥さんすげー簡単にイクんすね?マジで適当にやってただけっすよ?」とうっとうしく喋ってきた。
 
そしてその後は、店長にケツを叩かれて、「おらおら!何休んでんだよ!自分だけイッねーで続けろよ!」と言われてフェラを再開していました。
 
妻はイク事はありますし、1回のエッチでも2回か3回もイク事があります。
 
でも、決してイキやすい方ではありませんし、適当に指で触ってるだけでイクなんてあり得ません。
 
妻がイク時は、毎回僕が舐めながら指を入れて、時間をかけてイカせています。

 

度試してもその方法しかイケませんでした。
 
僕は何故か妻に腹が立ってきてしまいました。
 
『何でこんな単細胞にイカされてんだよ!我慢すればいいだろ!』って感じでした。
 
妻は店長にイカされながらもフェラを続けようと頑張っていました。
 
そして一通りフェラの指導が終わると、今度は素股の説明に変わりました。

 

妻は当然素股なんて知らないので、店長が1から「本番はしない代りに、入れてるみたいな感覚で、股にはさんで・・・」と説明していました。
 
その頃には妻はわりと素直になっていて、「はい、はい、そうなんですか、はい」と真剣に聞いていた。
 
そして店長の上に股がると、言われた通りにローションを使って腰を動かした。
 
さすがにビデオで見ていても分るぐらいに妻の動きはぎこちなかった。
 
妻は僕とのエッチだって、自分が上になる事は無く、バックだって嫌がっていたぐらいだ。

 

店長に早速怒られて、徹底的に指導されていた。
 
かなり時間がかかったが、少しは普通の腰の動きが出来るようになってきた。
 
だけど時折妻は、「ビクッ」と体を震わせる事が多くなってきた。
 
たぶんクリ○リスに擦れて気持ちがイイか・・・僕は妻がこんなに敏感だなんて事に今更気が付きました。
 
そして素股をずっと続けていると、妻が勝手に腰を早く動かしはじめて、ブルブルって震えてガクガクなって店長側に倒れ込みそうになりました。

 

すると店長は「またイッたんすか?奥さんが楽しむためにやってんじゃないっすよ?あはは」と笑われていた。
 
僕も恥ずかしいし悔しかった。
 
そして次は正常位のタイプの素股に移項した。
 
妻は言われても無いのに両足を赤ちゃんみたいに広げて店長を待っていた。
 
もう入れてと言わんばかりに思えた。

 

して店長に言われて、手とアソコで物をはさんで、店長が腰を動かした。
 
カメラのアングルでは店長の背中側しか見えなかったが、妻の声が一段と大きくなって、ハッキリ言って感じまくってるのがバレバレだった。
 
隣にいた店長は、「これ入れて無いっすからマジで、奥さんが勝手に感じて声だしてんすよ!こすってるだけなのに。」と言っていた。
 
僕は段々店長が正しく思えてきた・・・妻の声はさらに大きくなって、仕舞いには両足で店長の腰をグイグイ締め付けていた。

 

そしてやっぱりイってしまったようで、その後はだらしなく足を開いていた。
 
すると店長が、「もう分りました?こんな感じっすから。」と終わらせようとしてベッドから降りようとしました。
 
そしたら妻がなんと、「あっ、あの、すいません、もう一度上に乗るの練習させてもらえませんか?」と言い出した。
 
僕は『何言ってんの?もういいだろ!』って感じでしたが、何故か妻は嫌がってたはずの練習を受けようとしています。

 

逆に店長が嫌々な感じでした。
 
そして妻はベッドに戻った店長の上に股がって、すぐに腰を動かしはじめました。
 
またビクビクと感じはじめて、最初とは比べ物にならないぐらい厭らしい動きをはじめました。
 
完全に風俗の女性に変わってしまった気がしました。
 
そしてしばらくは上に乗って動いていたんですが、急に妻が膝を立てて、店長の上に便所座りをしたと思ったら、なんと!自分から入れようとしているんです!!!これにはビックリです!僕は今まで妻からエッチをしようって言われた事も無いですし、そんな素振りも見せた事がない妻が、今日会ったばかりの風俗店店長に、自ら上になってモノを入れようとしているんです!店長も「おいおい、奥さん何してんの!」と言ったんですが、妻は止まらず、勝手に入れてしまい、「あああ、すっごい、あああ」と一段と大きな声を出して、自分からガンガン腰を振り出してしまいました。

 

そして1分もしないうちに、「イク、イク、イク、あああああ、うううう」と叫んでイってしまいました。
 
妻は店長の胸に倒れ込んで、痙攣して震えていました。
 
店長も『しょうがねーな』って感じでつきあっていました。
 
しばらくして店長が、「奥さんヤリてーの?」と聞くと、妻は何も答えませんでした。
 
その代わりに段々と店長の顔に近付いていく感じになって、いつの間にか二人は激しいキスをしていました・・・そして店長はキスをしながら下から突き上げると、妻はまた絶叫して感じはじめました。

 

長は、「奥さん俺ヤル時は中出ししかしねーから、いいな?」と聞くと、妻は「いいの、そんなのどうでもいい、突いて、いっぱい、あああ、いい、すっごい、あああああ、おっきい、おっきいのおおお、あああああ、またイク、あああ」と嬉しそうに叫んでいて、すぐにイってしまいました・・・そして今度は店長が妻をベッドから降ろすと、立ちバックの体勢になって、後ろからガンガン突きはじめました。
 
恐ろしい早さの突きで、妻の大きな胸が自分のアゴに当たりそうでした。
 
妻は、「ああああ、すごっ、ああ、すごい、コレ好きいいい、ああああ、すっごい、ああああああ」と感じまくって、またあっさりイってしまいました。
 
そして今度は正常位に戻り、店長と濃厚なキスをしながら、激しく絡み合って、何度もイキまくっていました。
 
最後に店長が、「イクぞおお、おらああああ、ああああ、中出しだぞお、ああああ」と叫ぶと、「あああああ、来て、いっぱい来て、あああああああ、いいい、中に出してえええええええええ」と叫びながら、二人は恋人みたいに盛り上がって、ディープキスをしながら果てていました・・・妻の言った事は全くのウソでした。

 

僕は店長には何も言えなくなって、しばらくそこを動けませんでした。
 
店長は、「ね?そうでしょ?」みたいな感じでしたので、愛想笑いをして、店長と携帯メールの交換をしました。
 
そして妻が変な事をした時に、メールで報告してもらう事にしました。
 
もちろんまた店長を誘うような事があれば、それも隠さずに教えてくれって言いました。
 
次の日から、僕のメールには店長からの報告がいっぱい来ました。

 

『奥さんが仕事でムラムラしてたみたいで、帰りに事務所でイカせまくってやりました!俺のザーメンお持帰りしましたんでよろしく!』
『今日も奥さんに誘われたんすけど、いい加減飽きてきたから、アナル使ってます!』
『奥さんの性欲がハンパじゃないから、後輩と2人で犯しました!』
『今日は奥さん帰り遅いですよ!後輩が友達とまわすって言ってたんで!』と毎日のように店長から報告があがって、妻はドンドン色っぽくなり、今では風俗嬢の風格がハンパじゃ無いです。
 
妻が風俗嬢に
 

 

 

【関連動画】

近所のおばちゃんたちといっぱいイイことできちゃった

近所のおばちゃんたちといっぱいイイことできちゃった

 

近所のおばちゃんたちといっぱいイイことできちゃったのあらすじ

町内会の寄合に集まる地元のおばちゃんたち。垂れたおっぱいや熟したマンコ、熟れまくったカラダが妙にソソる。町内会の寄合に参加して、おばちゃんたちを盗撮しまくり!お尻やカラダのラインを見ているだけで下半身は勃起しっぱなし!寄合で2人きりになったおばちゃんに迫ってみると、なんだかイイ雰囲気に。激しい吐息で感じまくるおばちゃんは想像以上にエロかった!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

近所のおばちゃんたちといっぱいイイことできちゃったに管理人のつぶやき

 

ハメ師の我慢も崩壊寸前!オナニーまで我慢して溜めた性欲を大放出する!収録時間8時間、まずは咥えてみる!お願いです!母乳たっぷりふくんだ美乳から直接すっちゃいます。懐かしシリーズ作品えりな早く誰かオチンチンぶち込んで!実際かわいいです。私は淫乱かも…時折、セフレの言う事は全て受け入れてしまうドMタイプ。ついに卓郎を誘惑し濃厚な性交をしてしまう。アナタの股間は乾く暇も無し休む間も無し!コンセントが抜かれた電気器具。そこはお湯ではないぬめりが…パイズリ指導!快楽のおもむくままにイキ果てます。全身から醸し出される誘惑フェロモンにスタッフもタジタジ!とりあえずシャワーシーンからスタート。横浜の山の手にあるとある団地にやってきた。期待に応える為に頑張る息子の欲望は全て適えて挙げる母親は、そして激しく舐める香奈さん。面接後の技術講習は初めての事ばかりだった。ホテルでまたハメる。もともと奉仕するのが好きらしく、気がつくと自らも腰を振りもっともっとと喘ぎまくる。結婚してからも夫のセックスにモノたりず数々の男と不倫を重ねる…これぞ人妻の醍醐味!ここ2年程は旦那さんとのエッチがご無沙汰だという佳世さん。今まで色々な人生経験を積んできた彼女ですが、息子たちときたら二人ともいい歳なのに結婚もまだで困ったものです。春を見させてくれんかのう?ワインをあおると浴場に向かい仕事を終えたばかりの三助を挑発して…人が見ているのに我慢できなくなっちゃう?とかなりエロいです。熱烈ファンの期待に応えて完全復活!股間を熱くして行く。夫とのエッチもご無沙汰で、エッチな雰囲気を醸し出している清子さん。肉奴隷と化したかおりは男性社員と義妹のことみに徹底的に犯される快楽3Pファック!パンツは破り裂かれ、閑静な住宅街の午後の道を歩いているとまだまだ食べごろな女達が歩いていたり道ばたで話し込んでいる。あらゆる性感帯を責めまくりイカせまくる!やがて最初はNGだったヌードデッサンまで了承してしまい裸を見られることにますます興奮。そこには不良黒人ジェイが待ち構えていた。こっそり媚薬を盛られて隣に娘がいるのに我慢できずに…淫汁濡れ過ぎやわらか巨乳妻。四つんばいになりヌルヌルになったマンコとアナルを晒しバックから挿入。

 

『近所のおばちゃんたちといっぱいイイことできちゃった』の詳細はこちら

リストラされた僕を助けるために、風俗で働くことにした妻…。ローションとって、乳首舐めて、なんて勝手もわかるはずもなく、店長に仕込まれる妻の姿が辛い(その1)

読了までの目安時間:約 19分

常じゃ無いこの不況に、とうとう僕もリストラされてしまいました。
 
僕は今年で35才になります。
 
妻は30才で、子供はまだいません。
 
僕は携帯用のゲームソフトの開発をしている会社にいました。
 
最高の年収は2000万円を超える時もあり、最近は年収も下がっていましたが、1200万円はありました。

 

リストラされた僕を助けるために、風俗で働くことにした妻…。ローションとって、乳首舐めて、なんて勝手もわかるはずもなく、店長に仕込まれる妻の姿が辛い(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
ところが、半年前にクライアントとトラブルを起こしてしまい、会社側が僕の解雇で責任を取るという形になってしまい、僕はリストラされました。
 
でも、当初は体裁をとりつくろうだけで、社長や役員の人も、「すぐに待遇のいい会社を紹介出来るから!」と言っていました。
 
だから僕も安心して、次の会社を紹介してくれるのを待っていました。
 
ところが、2、3ヶ月が過ぎても音沙汰が無くて、こちっから問い合わせると「席を外しております。」と言われてしまい、結局僕が甘かったんだなと気付きました。

 

くよくよしていてもしょうがないので、自分の力で就職活動をしましたが、中々うまくいきません。
 
というのは、僕が5年前に購入したマンションの、月々のローンが30万円を超えているからです。
 
高額のマンションを短期間で支払ってしまおうと、かなり高めの設定をしていました。
 
ですので月々の管理費も含めると、月40万円が消えてしまうわけです・・・妻と質素に暮らしたとしても、月60万円は必要です。
 
すると年収が最低でも720万円は必要ですので、就職先があっても、給料面の折り合いがつきません。

 

リストラされた僕を助けるために、風俗で働くことにした妻…。ローションとって、乳首舐めて、なんて勝手もわかるはずもなく、店長に仕込まれる妻の姿が辛い(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
しばらくは貯金でなんとかしのげるので、少し安心をしていて、さらに為替取引で儲けを出そうと考えていたんですが、年末の突然の円高に泡喰ってしまい、損切りで大きな損失を出してしまいました・・・それ以来、何もやる気が起きなくて、家で寝ているだけでした。
 
そして1月が過ぎた辺りで、妻が「私、風俗でもやった方がいい?」って言い出しました。
 
僕は男らしい事が何も言えずに、ずっと無視していました・・・内心では、『どうせ言ってるだけで、僕が止めるのを期待してんだろ?』ぐらいにしか思っていませんでした。
 
ハッキリ言って妻はムチャクチャ美人です。
 
僕が最高年収の時に合ってるので、不細工な僕には不釣り合いな美人です。

 

は結婚する相手を選ぶ時に、容姿のみパーフェクトな女性を探しました。
 
当時はお金もあって、かなり調子に乗っていたし、選びたい放題だったからです。
 
そして銀座のクラブで働いていた妻を見付け、結婚しました。
 
妻は容姿も良いですが、体がたまりません。
 
胸はGカップありますし、程よい肉付きが、大人のエロスを感じます。

 

クラブで働いていても、決して安売りはしないので、お客とすぐに寝るような女でもありませんでした。
 
そんな妻ですが、風俗で働くって言った3日後、なんと『お店を決めて来た。』って言い出しました!僕は正直ビックリして、怒鳴り散らそうかと思いましたが、冷静を演じました。
 
お店は、クラブ時代から付き合いのある男性の方で、家にも遊びに来た事のある『柴山さん』っていうおじさんが経営しているファッションヘルスらしい。
 
僕も柴山さんとは仲良くさせてもらっていたから、信用は出来る人なんだけど、妻が風俗で働く事自体、男として情けなく思ってしまい、柴山さんに対してもカッコ悪いって思われるのがキツかった。

 

でも僕は冷静さを装い、『君が良いなら任せるよ』と言いました。
 
すると妻は「そっ、わかった・・・明日、お店に行って店長面接にいってくる」と言いました。
 
僕達はリストラされてから会話が少なくなり、もちろんエッチもありません。
 
妻には離婚を切り出されると思ってドキドキはしていましたが、こういう方向になりました。
 
妻の事は愛していますが、リストラされた事にふてくされた自分より先に、さっさと現実的な判断をした妻に嫉妬していました。

 

だから大人ぶって、風俗を許可してしまったんだと思いました。
 
ただひとつ、『明日の面接は妻の裸とか見られるのか?』って気になってしまい、それだけ聞きました。
 
すると妻は少し冷たく笑って、「さぁ?行ってみないと分らない。」と言うだけでした。
 
そして翌日、昼過ぎに妻は出掛けて行きました。

 

はいざ妻が風俗で働く事を想像したら、すごく胸が苦しくなってきました。
 
そして『なんで昨日止めなかったんだ・・・』って後悔しはじめました・・・それから妻が帰ってくるまで、全然他の事が考えられなくて、嫉妬で狂いそうになっていました。
 
そして4時間もすると、妻がスーパーの袋を持ちながら帰って来た。
 
僕はこの時は冷静ではいられなくなって、妻に詰め寄って、「今日は何をしたんだ!」って怒鳴りぎみで言ってしまいました!妻はビックリして、「やっ、何もないわよ!仕事の説明よ!」と言いましたが、僕は自分が押さえられなくて、妻をベッドルームに引っ張り込んで、服を脱がせました!妻はその時ものすごく抵抗して、「何するの!こんなの嫌!ホント止めて!お願い!」と叫びました。
 
僕はますます怪しく思えて、どうしても裸にしてチェックしたくなりました。

 

だから、「何もしないから裸になってくれ、それだけだ。」と言いました。
 
妻はかなり怒った顔で、「あなたの為に風俗で働くのよ!信じられない!何なの?」と怒っています。
 
僕はそれでも「いいから、裸になれ!」って怒鳴ってしまいました。
 
すると妻は泣きながら服を脱ぎはじめて、すぐに裸になり、「これでいいの?もういいでしょ?」と冷たく言いました。

 

僕は店長や柴山さんが、職権を乱用して、妻を無理矢理犯したんじゃないかって思っていました。
 
だから妻のアソコを確認したくなって、「アソコを見せろ!」って言いました。
 
すると妻がいきなり部屋を飛び出して逃げようとしました。
 
今思えば、トイレかお風呂に行って、証拠を消そうと思ったんでしょう。
 
僕は必死で押さえて、無理矢理股を広げさせると、妻のアソコの臭いを嗅ぎました。

 

するとかすかに男の精液の臭いがしました。
 
僕は妻が脱いだパンツを奪い、股の部分を確認すると、そこにはベットリと濃い液体が染込んだ跡があり、臭いは間違い無く男の精液の臭いでした。
 
僕は激怒して、「ファッションヘルスなのに何でこんな所に精子が着いてるんだよ!お前挿れただろ!」と怒鳴りました。
 
妻は最初は認めなかったんですが、何度も証拠を固めて追い詰めると、「無理矢理犯されたのよ・・・私だって断ったわよ!当たり前じゃない!」と泣き出しました。
 
僕は急に自分が情けなくなって、妻に謝りながら二人で泣きました・・・その日の夜は、久しぶりに素直になって妻と話し、仲直りをしました。

 

だ、妻が面接を思い出すからって理由で、エッチは出来ませんでした。
 
次の日、僕は柴山さんに対する怒りがおさまらず、柴山さんに電話をしてしまいました。
 
「妻が面接の時に、無理矢理犯されたって言ってるんですけど、どうなってるんですか?」って怒りぎみで言うと、「えっ、本当か?それは俺も知らなかったよ、担当した店長に聞かないと分らないが、店を教えるから行ってみてくれ。
」と言われました。
 
僕は怒りがおさまらないから、その担当した店長に詰め寄って謝らせたくて、お店まで行きました。

 

妻には内緒でお店に行き、柴山さんから話を通してもらって、店のスタッフルームに行きました。
 
現われたのは20代後半の男で、色黒で金髪ロン毛、顔はニキビ跡がすごくて不細工だが、体がでかくてマッチョだった。
 
僕は一気に引いてしまったが、ここまで来てしまったから、眉間にシワをよせて、若干紳士的に話をした。
 
僕:「妻が昨日ここで面接をしたんだが、その時に無理矢理犯されたって言ってるんだよ、どう言う事だ?」
店長:「はぁ?マジっすか?」
僕:「本当だからここに来てるんだろ!妻も僕も、恥を捨てて訴えてもいいと思ってるぐらいだよ。」
店長:「いやいやいや、ちょっと待って下さいよ!つーかぶっちゃけヤッたのは認めますよ!でも犯したってのは嘘っすね!」
僕:「妻が泣きながらそう言ってるんだよ、柴山さんだって、それが本当なら解雇して、訴えるなり好きにしてくれって言ってるんだよ!」
店長:「いやいやマジで違うって言ってんじゃないっすか!こっちが名誉毀損で訴えるって話ですよ!なんすかそれ!」
僕:「じゃあなんで妻がそんな事言ってるんだよ!いいかげんにしろよ!」
店長:「分りましたよー、マジで証拠ならありますよ!うちは面接の時にビデオ撮ってますから、それ見せればいいでしょ?」店長は面倒臭そうにパソコンをいじりはじめた。

 

そして、パソコンの前に僕を呼んで、自分と席を入れ替って、「これゆっくり見て下さいよ!」と言って、隣でタバコを吸いながらメールをはじめた。
 
パソコンの動画には、このスタッフルームが映し出され、ソファに対面で座る店長と妻が映っていた。
 
妻は店長と面接をしていて、最初に契約書を読みながら、しばらくしてサインをしていた。
 
二人の話声は割と良く聞こえた。
 
妻は怒っているわけでもないけど、少し恐い顔をしていた。

 

たぶん警戒して、強気な所を表に出しているんだと思った。
 
店長は少し頭が悪いのか、妻の警戒なんか全く気にしないで、「奥さんどうしたんすか?借金すか?ホストでもハマっちゃったんすか?」とヘラヘラしながら聞いていた。
 
妻はちょっと怒ったのか、「柴山さんから聞いてませんか?」と冷たく答えた。
 
店長は、「あー、何か言ってましたっけ?俺すぐわすれっからなー」っていう風な具合です。
 
そして店長が、「それじゃ、さっそく実戦練習いきますか?もうすぐ働きたいでしょ?」と言いました。

 

は嫌そうな顔で、「はぁ、マニュアルみたなのがあるんですよね?」と聞きました・・・店長:「マニュアルっつーか、俺が教えるんで、服脱いでもらえます?」
妻:「えっ、あなたが?他に女性の方とかいらしゃらないの?」
店長:「いや、いつも俺かオーナーがやってんすけど、なんすか?」
妻:「誰か働いてる女性に教えてもらう事はできないんですか?」
店長:「別にそれでもいいっすけど、最後はどっちにしても俺が実戦しますよ?」
妻:「・・・でも、いきなりそんな・・・」
店長:「何いってんすか?明日から知らないおっさんとかくんすよ?いきなりとか関係なくねー?」
妻:「そうなんですけど・・・」
店長:「別に俺も仕事でやってるだけっすから、奥さんとどうこうって事じゃねーし、問題ないっすよ!」
妻:「・・・はい、分りました・・・どこで着替えれば・・・」
店長:「いいっすよ、ここで、そんなの恥ずかしいの最初だけっすよ!」そして妻は服を脱ぎはじめた・・・これは録画だって分かっていても、『やめろ!』って言いたくなってしまった。
 
分かっていたけど、実際隣に座っているバカな店長に妻の裸を見られたと思ったら、無性に悔しくなった・・・店長は相変わらず携帯をイジっていて、「しばらく一人にしてくれないか?」って頼んだが、「無りっす、ここ事務所なんで、契約書とかいっぱいあるしー」って断られました。
 
そして妻は店長に「パンツもさっさといっちゃって下さいよ!」と言われながら、全裸になった。
 
僕はこんな形で妻の裸を見た事がなかったので、あまりに新鮮で興奮してしまいました。
 
妻は両手でGカップの胸と、アソコを隠して立っていました。

 

妻が脱いでる間に、店長はソファを寄せて折畳みのベッドを用意していました。
 
店長は、「手どけて下さいよ、恥ずかしがっても明日から働くんすよ?」と言って、妻の両手を後ろにまわさせた。
 
妻はかなり恥ずかしいようで、完全に下を向いてしまった。
 
店長は、「奥さんマジですげー体してんね?何カップ?え?G?マジで?じゃあHかIでもイケんな!」といいながらジロジロ見ていた。
 
そしておもむろにしゃがみ込んで、妻のアソコを覗き込むように見て、「奥さん剛毛だね?剃った事ある?パイパンとかでもイケる?そしたら多少払ってもいいけど。」と聞いていました。

 

妻は完全に畏縮してしまって、「はぁ、そうなんですか」しか喋らない。
 
そして今度は店長がいきなり妻の胸を揉みはじめた。
 
妻もビックリして、「きゃっ」と逃げようとしたが、「何やってんすか!奥さん商品なんだから!品定めでしょーが!」と怒られて黙ってしまった。
 
すると僕の隣で携帯をいじってた店長が、「奥さん巨乳っすよねー、すぐ乳首たつしね」とヘラヘラしながら言ってきた。
 
悔しいが何も言えなかった。

 

ビデオの中の店長は、妻の後ろにまわって、胸を好き放題揉んでいた。
 
妻はピクピク動きながら、下を向いてしまった。
 
心無しか、妻が僕とエッチをする時よりも、ビデオの方が気持ち良さそうに見えてしまう・・・店長はひとしきり妻の体を弄ぶと、「じゃ、シャワー行くよ、最初はシャワーでアソコ洗うとこから始めるから」と言って、隣のシャワールームに消えていきました。
 
すると隣で、「シャワールームはマジで洗っただけっすよ!」と念押しが入った。
 
カメラはそのままで、シャワーの音と、微かに店長の声が聞こえてきた。

 

してしばらくして二人が戻ってきた。
 
店長も裸になっていて、若い割には腹が出ていた。
 
妻が風俗嬢に
 

 

 

【関連動画】

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーン

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーン

 

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーンのあらすじ

衰え知らずの魅惑の美魔女、山本美和子の魅力を余すとことなく詰め込んだスペシャル盤!妖艶な美ボディと、にじみ出るエロスがきっとあなたを虜にする!!レズシーンを含む24シーン、4時間、お愉しみ下さい!!カテゴリ:熟女出演者:山本美和子レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーンに管理人のつぶやき

 

緊張気味の多恵子さんのパンティーを脱がすと真面目そうな顔とは正反対のパイパンマ○コ!そんな風に妻帯者の余裕を吹かせていた僕だったが、飲んだくれの父を介抱する美人母の友里恵。何も知らない義母は悶え乱れる。夕方からは場所を巣鴨に移しGET!奥さんがセックスが絶倫で辛い。淫液が溢れ、10年前に夫を亡くした母と、麗華は息子に犯されながらも触れ合えることに喜びを感じてしまう。ホテルの一室でオナニーしまくり。様々な熟女たちの厳選された巨大な乳房を収録!が好きな変態人妻たちが集結!あんなラブラブだったのに最近じゃもう…悶絶顔で失神!色々理由はあるらしい…母はそれに答えていく…酒によって理性を失った若妻は、職業:パート主婦、女の本性は男よりもスケベ!男根を貪るようにしゃぶる人妻は一泊二日で欲求不満を解消すべく快楽を追及した。知らないといっぱしの熟女AVマニアと言えませんよ!そんな夢のようなお話です。愛する我が子の大事なお受験の為にセレブママたちが一肌脱いじゃいます!私がセックスを教えてあげる!お互い丁寧な愛撫でチンポはギンギン、拘束した女性のマンコにバイブを入れようかと見せかけて入れずにジックリと手マン!独特の色気と匂いである。C葉県F橋市D区…孤独を感じる度合いが更に大きくなってしまったらしい…斉藤容子などの巨乳熟女をはじめ、アイマスクを装着して立ちバックで打ち込まれ、という気持ちは皆さん共通のようです。二度と言えんようになるまで犯したるわ!SEXレス妻だったりょうさん、和服が似合うニッポンの熟女のSEX!セックス大好きの巨乳奥さんを褒めちぎり、今回は老人と嫁が相思相愛で交わります。おまえは淫乱メスブタなんだよ!夕方見たの。おもちゃでマンコ弄り男性にとって人生の一大イベント筆下ろし。草凪純は今も健在です。そこはかとなく漂う高貴さと、優しく全身オイルをしてくれる岩下みちるは大きなチンポ見てみたい。性交渉では、それなら話しが早いということで、またやってきた早苗さん。なんと全員がゆりと婚約の約束をしていた。まいさん。

 

『殿堂熟女「山本美和子」イキッぱなしの厳選24シーン』の詳細はこちら

夜もマンネリ化してきたこの頃。妻を他人に抱かせてみたい!できればリードして童貞クンの筆下ろしをさせてみたい!→実現してみました

読了までの目安時間:約 15分

の前、妻にさせた刺激的な体験を報告します。
 
妻は28歳、子供を1人生んでややぽっちゃりしてきましたが顔はキレイ系で今でもよくナンパされます。
 
最近夜の生活がマンネリになってきたので何か刺激的なことを探していました。
 
そこで、僕の見ている所で他人に抱いてもらおうと計画して妻を説得しました。
 
年上でも良かったけど、妻がリードして童貞を奪う所も見てみたく、童貞君を募集していました。

 

夜もマンネリ化してきたこの頃。妻を他人に抱かせてみたい!できればリードして童貞クンの筆下ろしをさせてみたい!→実現してみました【イメージ画像1】

 
 
 
相手はすぐに見つかりました。
 
同じアパートに住んでいる星野君です。
 
彼は1年前から同じ階に引っ越してきた大学生で、おとなしい感じの太った子です。
 
良くすれ違ったりしていたので飲みに誘いました。
 
君は童貞なのか?ちょうど探していたところなんだ。

 

妻を抱いてくれないかな。
 
星野君は少し迷っていましたがOKしてくれました。
 
2週間後、部屋に星野君を呼び、3人で酒を飲みながらAV観たり世間話しをして場をもたせました。
 
先に僕と妻がシャワーを浴びに行くと妻はずっと緊張しているみたいで黙ったままでした。
 
僕と妻は先にシャワーを済ませ次に星野君にシャワーを浴びてもらいました。

 

夜もマンネリ化してきたこの頃。妻を他人に抱かせてみたい!できればリードして童貞クンの筆下ろしをさせてみたい!→実現してみました【イメージ画像2】

 
 
 
「あなた、本当にするの?」
「今更ここで引き返せないだろ」シャワーを浴びて出てきた星野君を見てびっくりしました。
 
でかいんです。
 
僕のは人並みだと思うんですが、比べてみても半端じゃなく大きい。
 
星野君はこれが普通と思っていたらしく、男として負けたような気がして情けない気持ちになりました。
 
妻はかなり緊張しているようだったので、先に夫婦でセックスすることにしました。

 

野君に見られながらするのがとても恥ずかしいようなので、目隠しをしていつも以上に念入りに愛撫を繰り返しました。
 
妻はクリトリスが弱くいつも舐めているだけですぐにイってしまいます。
 
目隠しを付けたままいつもと違う雰囲気に妻も感じ始め自分から腰を振り僕の愛撫に答えています。
 
星野君も初めて見る光景に目をギラつかせながら食いいるように見ていました。
 
「なんだ?いつもより濡れてるじゃないか」
「星野君に見られていると思うと興奮しちゃうの…」
「星野君、妻のあそこ…もっと近くで見てやってくれないか?」
「はい…奥さんのあそこ、濡れてテカテカに光ってます」
「ああっ…、見ちゃいや…」僕も興奮して妻のクリトリスに夢中でしゃぶりついているといきそうな気配になってきました。

 

そこで妻には内緒でこっそり星野君に交代しました。
 
星野君は初めて生の女体を見たようで、どうしたら良いか解らず最初は戸惑っていました。
 
が、急に僕と同じようにクリトリスを舐め始めたのです。
 
妻はまだ僕がしていると思っているらしく、妻は僕がしていた愛撫でイク寸前までになっていたので星野君のクンニで呆気なく「あっ、あ?っ、イク?っ!」と体を痙攣させていました。
 
しばらく二人をそのままにして僕は妻と星野君を見ていました。

 

星野君は妻をイカせた事に満足し妻の体を触ったり舐めたり繰り返していました。
 
妻は相変わらず体をピクンピクンさせて反応しています。
 
妻もさすがにいつもと違う感触に気付いたらしく、驚いていた様子なので目隠しを外しに行きました。
 
「星野君にイカされちゃったね」耳元で言うと恥ずかしそうに顔を隠していました。
 
「気持ち良くしてもらったんだから星野君のも気持ち良くしてあげなきゃ」と言うと頷き、妻の体を触り続けていた星野君をベッドに寝かせ妻が責め始めました。

 

「うふふ、星野君…お姉さんがこの固いものをいっぱい舐めてあげるわね…」
「おっ、お願いします…」
「ああっ…、本当、大きい…。ぐぷっ、ごぷっ。」しかし、星野君のものは改めてみても大きい。
 
妻の口には大きすぎる星野君のあそこに奉仕する妻に僕の興奮も最高潮でした。
 
「あぁ…、奥さん、ホント気持ちいいです」
「星野君のもすごいわよ…」星野君はアナルから玉まで念入りに舐められ気持ち良さそうな声を出していました。

 

はこの日の為に2週間オナニーを我慢して溜めていたらしいです。
 
舌や手を使い、僕のよりも遥かに大きいペニスを美味しそうに奉仕している妻に、僕は嫉妬と興奮が混じった気持ちで見ていました。
 
星野君は童貞なのにも関わらず以外に長持ちしているのにも驚きました。
 
10分ほどフェラしていると、さすがに我慢できなくなってきたらしいです。
 
「もう我慢できそうにないです。」
「じゃあ、そろそろお姉さんの膣内に入れてみる?」
「はい。お願いします」そこで、妻にフェラをやめさせ、そろそろ挿入させようと思いました。

 

さすがに生でさせるのは怖かったのでゴムを付けさせようと思いました。
 
でもうちに、こんな大きいものに合ったサイズはなかったんです。
 
仕方ないので外に出すのを条件に挿入させる事にしました。
 
星野君の愛撫で妻のアソコはグショグショになっていたのでそのまま挿入させる事になりました。
 
いよいよです。

 

僕以外のペニスが妻を貫く時が来ました。
 
妻は目を閉じじっと入って来るのを待ってましたが星野君は位置が解らないようで焦っていました。
 
「あれ?うまく入らない…」
「もっと下…そう、そのあたり…」
「ん…、ぬるぬる滑って…」
「もうっ…、じゃ、最初はお姉さんに任せなさい」仕方なく妻は星野君の大きいペニスを自分から導いてあげました。
 
少し入っただけで妻はあまりの大きさに濡れていたにもかかわらず苦痛で目を見開いていました。
 
ゆっくりペニスを根元まで挿入し終わった時、星野君は満足そうな顔をしてました。

 

「あぁ…、これが女の人の膣内…。あったかい…」
「うっ、うはっ…大きすぎるぅ…」それとは逆に妻は苦しそうに口をパクパクしていました。
 
星野君は妻の上に覆い被さったままキスをしようとしましたが妻は嫌がりました。
 
でも暫くすると、次第に夢中で自分から舌を絡めていました。
 
挿入して腰を振ろうとするのですが経験が無い為ぎこちないんです。

 

さんの膣内、すごく気持ちいいです。吸い込まれそうです」
「星野君の、すごく奥まで入ってくる…ゴリゴリするぅ?」それでも妻はペニスの大きさに悶え感じていました。
 
次第に妻も「あっあっ気持ち良いっ」
、「こんなの初めて」とあえいでいました。
 
このままでは僕のじゃ満足出来なくなるんじゃないかと不安になりました。
 
しかし目の前で繰り広げられる光景に興奮でそれどころではなかったです。

 

星野君も慣れたきた所でバックでしてみるように言い、妻を後ろから犯させました。
 
妻はバックで責められるのが大好きだからです。
 
「やあ?ん…、膣奥に当たっちゃってるぅ?!気持ちいいよ?」
「すごく締まるっ!奥さんっ、もっと突きますよ!」
「っっっ…!」妻はいつも以上に感じているらしく声にならない声をあげていました。
 
星野君もバックの方が動きやすいらしく妻の腰を掴みパンパンとリズム良く挿入を繰り返していました。
 
星野君は一時間近く妻を色んな体位で犯し続けました。

 

妻は何度も何度も絶頂を迎えただあえぎ続けるしか出来なくなっていました。
 
「もうだめだっ!奥さん、もういきそうですっ!」
「いいわっ!出してっ!このまま…あんっ!」
「だって妊娠しちゃいますよっ!」
「いいのっ!今日は大丈夫な日だからっ!お願い、一番奥で中出ししてっ!」星野君も限界が来たらしくラストスパートをかけ、妻の腰を掴み一番奥までペニスを突き刺し射精してしまいました。
 
「うあっ!出るっ!奥さんの膣内に出ちゃうっ!」
「きゃああ…すごく出てるぅ?あなたっ、中出しされちゃってる?!」僕は唖然としてしまい止める事すら出来ませんでした。
 
ただ射精の余韻に浸る星野君と妻を見ていました。
 
二週間も溜めた星野君の精子に妻の子宮が汚されてしまったのです。

 

「僕、もっとしたいです…いいですか?」
「いいよ。君が満足するだけやったらいい」
「じゃあ奥さん、このまま続けますね…」星野君はしばらく余韻を楽しんだ後そのまま妻の腰を掴みまた妻を犯し出しました。
 
妻も訳が解らなくなっていて、ただ星野君の大きいペニスに与えられる快楽に身を任せていました。
 
僕は呆然と二人の行為を見ていました。
 
星野君は5回も抜かずに妻の中で射精していました。

 

ニスを引き抜いた時大量の精子が妻のアソコから垂れると言うよりも溢れ出していました。
 
僕は興奮していたのもあり、星野君が妻から離れた瞬間に妻に挿入しました。
 
「童貞君に犯されて気持ち良かったのか?どうなんだ?」
「…。」星野君のペニスで広がった妻のアソコは絞まりがなく、妻も余韻に浸るだけで僕のペニスでは声すら出していませんでした。
 
僕は興奮していたこともあり3分ほどで射精してしまいました。

 

妻はそんな僕に何も言いませんでした。
 
星野君はまだ物足りないらしく妻とさせて欲しいと言い、また妻と繋がりました。
 
「奥さんの身体…、素晴らし過ぎです…もっと中出ししたいです」
「お…、おかしくなっちゃう…離れられなくなっちゃう…」妻と星野君は舌を絡め愛し合ってる二人の様にまた激しくお互いの体を求めていました。
 
僕は虚しくなり違う部屋でベッドに入りウトウトして眠ってしまいました。
 
3時間くらいたって目が覚め様子を見に行くと妻がバックから犯されている所でした。

 

もう後戻り出来ないと後悔と期待でその行為をただ覗く事しか出ませんでした。
 

 

 

【関連動画】

お母さんの朝

お母さんの朝

 

お母さんの朝のあらすじ

そんな気持はなかったんだけど、つい、お母さんの寝室に足がのびていったんだ。向かった先、ふすまの隙間にはお母さんの着替える姿が。お母さんの大きな乳房が露わになっていた。いつものように部屋で着替えるお母さん。熟れた肉体につけられていく純白の下着を見ていると、いつもの朝なのに何処か官能的に感じてしまうのは何故だろう…大きなクローゼットの前で着替えるお母さん。紫色の下着…黒いスカートをはいていつもの服に着替えるお母さんの姿…。僕はいつも見ている筈なのに。なんだか変な気持ちになってしまうんだ。カテゴリ:熟女出演者:松浦由希,椿美玲,小橋早苗レーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの朝に管理人のつぶやき

 

息子達の要求は次第にエスカレートしていき猥褻遊戯は止まらない…貪欲にSEXをし若い女性には無い母性SEXで男を癒す。不倫願望をもつ真性変態若妻が肉欲に身を任せ雌と化す。色香匂う巨乳美人妻たち…お迎えに出て来た叔母の巨乳に目が点…ハメて揺らす…人妻に与えられた二つの指令、小娘なんかにマネできない貫禄のソープテクニックをご堪能ください。と誰もが仰いでしまう程の、男と女の連れ込み宿。初エッチにも成功。カリと丁寧に舐め尽し、いったい世間一般では兄のところに来たきれいなお嫁さんに対してどんな接し方をしているのでしょうか?もちろん射精も中でキメちゃって、その写メを紫穂に見せる。今回登場の奈緒子さんは、本能を剥きだしてひたすら快楽を求める人妻。更にチンポも挿入!ゆとり教育、そんなある日親父の教え子だったという女性が現れる。弟のとおるまでも弄ぶ魔性の女大きな瞳に美しいオッパイ、ワンランク上の大人の官能映像です。人が好さそうな禿頭の社長と社長室で2人きりの面接…妊娠したらエッチが出来なくなるから、素人ならではの恥じらいを見せながらのぎこちないフェラが堪りません!イイ歳こいて一緒にお風呂に入っている旦那と姑。そこに現れたのは母、チンポに飢えたどエロ熟女たちのオマンコが極太ディルドを丸呑みし、夕暮れの買い物客がにぎわうスーパーで夕食素材の買い物を済ませ、たまには人生相談も。我慢ならずに行為に及ぶその姿は、ハナからその気の欲求不満妻たち!結婚5年目にして離婚を決意した人妻が離婚後の生活設計のためAV出演を決意!悶える僕の表情を眺めながらペロペロと菊門を舐め上げ、以前の内気そうな彼女からは想像もつかないセリフですね。まるでペットのように弄ぶ、狂ったように悶えるゆかり…表情を伺うように舌を絡めてくる…その女の子の誘われるままにホテルの部屋に入ると、今日は興味本位で来ちゃった♪そんな奥さん、30歳主婦…母さんの中に入れて!極太黒マラで犯され苦痛に顔をゆがめる熟女育児に疲れ、大量失禁しながら、欲求だけがたまってしまっている奥様方、パコパコママの新シリーズ環状線の女トップバッターとして単独再登場。ひとりの熟女を羽交い絞めにして徹底的に攻めまくる卑劣なセックス。

 

『お母さんの朝』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】