告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

まるで寝取られ!嫁は俺とセックスしながら違う男を妄想している!巨乳ゆえ、オレの知らない期間にいいセックスをしていたのか?

読了までの目安時間:約 12分

まるで寝取られ!嫁は俺とセックスしながら違う男を妄想している!巨乳ゆえ、オレの知らない期間にいいセックスをしていたのか?【イメージ画像1】

 
の妻とは高校生の時知り合った。
恵美子という名前だ。
妻は当時から巨乳で、今見ると、優香に似ているなと思う。
 
校を卒業した後も私たちの交際は続き、私の就職とともに結婚した。
これまで順調に来たようだが、私たち2人にも危機が訪れたことがあった。
それは、つき合って1年くらい経ったころ「私、別れたいな」
「なんだよ突然に」
「しばらく会わないようにしたいの」妻は私を嫌いになったわけではなく、高校を卒業したら私と結婚したいからそれまでの間に友達といろんな想い出を残したいしあとで後悔しないために勉強もしておきたいと言う。

 
まるで寝取られ!嫁は俺とセックスしながら違う男を妄想している!巨乳ゆえ、オレの知らない期間にいいセックスをしていたのか?【イメージ画像2】

 
は決して納得したわけではなかったが卒業まで数ヶ月だったので、しぶしぶ納得したただし、電話では話をするし、学校でも廊下で話したりしていた。
それまでは、毎日学校の帰りに私の部屋に寄ってセックスをしてたのでセックスのできない毎日はとてもつらく、時には、どうしてもとお願いして学校のトイレでフェラさせたりしていた。
それから数ヶ月が過ぎて卒業私は進学、彼女は就職した電話するのも段々少なくなりかけたころある時、妻からの電話で「また前みたいにつき合おっかー?」と言われた私は妻のことをまだ好きだったので、すぐに会うことになった妻が私の部屋に遊びに来ると、すぐに熱いキスをしてそのまま妻はしゃがみ込んで私のPを取り出すとフェラし始めた先っぽを少し舐めてから私を見上げると「ふふ、久しぶり?」と言って、一気に根元まで呑み込んだ何度かゆっくりと頭を上下させると、唾液に光るPを握りながら「あれ?なんかちっちゃくなったみたい?」
「そんなわけないだろ、今日は久しぶりで興奮してるからいつもよりでかいぞ」
「じゃあ、気のせいかな」
「誰かと比べてんのかよ」
「なわけないじゃん」そしてフェラを10分くらいした後、妻のアソコに挿入した。

 
は一瞬「ああ」と声を上げたが、それきりで久しぶりのセックスのわりにはもの足りなそうな感じだった。

そのセックスの後で、不審に思った私は妻に聞いた「しばらく離れている間に、誰かとやっただろ?」
「やってないよ。浮気はしないって約束でしょ!そっちこそどうなんよ?」
「俺は絶対にやってない」
「だったらいいじゃん。また仲良くして、いつか結婚しよっ!」妻がとても可愛く思えた。

 
瞬であっても疑って悪かったと思った。
その後の妻とのセックスも、次第に身体が合ってきてとても充実していた。
妻も以前のように私とのセックスに夢中になっていった。
 
れから数年の交際が続いて、私の就職とほぼ同時に結婚した。
もうこんなことも10年以上も昔の話。
今となってはもうどうでもよいこと。
 
のことはあのころと変わらず愛しているし、子供も生まれ、経済的にも恵まれ、妻は一切私に逆らわず、てきぱきとよく働き、とても平和な家庭である。
しかし、ただひとつ。
どうしてもあの時の妻の様子が気になっていました。
 
10数年の間、何度も訊いてみようと思いながら「だからどうしたんだ。もし、こいつが他の男を知っていたとして、別れるつもりでもあるのか」と自分に問いかけても、別れたいなどとは思わなかった。

ただ、妻が他の男とセックスしている様子を想像するととても嫉妬で興奮してしまうという不思議な感情が湧いてきた。
 
る日、セックスの最中に、ふざけ半分に言ってみた妻にフェラチオをさせながら、妻のアソコを指でふれ「どうだ。他の男のもフェラしてみたいか?」
「俺以外のもこうやって舐めたことあるだろ?」
「あいつの方がもっと大きかったって思い出しているんだろ?」と言ってみました。

「あいつって誰よ」
「お前が今思い出した男だよ」すると、妻はすごく興奮しながらフェラを続け、アソコがみるみる濡れてきました。

 
タボタと垂れるほど濡れました。
「やっぱり、俺の予想は当たっていたのかもしれない・・・」
「俺に会わない間に他の男とセックスしていたのか・・・」頭にカーッと血が昇った私は、起きあがって妻の長い脚を広げると、妻のアソコに自分のモノを突き立てて、一気に挿入した。

奥深くまで、一気に。
 
ると、「ああああ、あっちゃん、来て?」と聞いたこともない名前を口にした。

私はますます興奮してしまい、「誰だそれは!」
「そいつとやったのかっ!」とガンガン突きながら質問攻めにしました。

それからのことは今思い出しても嫉妬で頭がぼーっとしてしまうほど興奮する内容でした。
 
は私と距離をおいていた間、他の学校の男と会うようになったというその男は妻の家の近くに住んでいて、「あつし」という名前だった。

男は毎日学校帰りに妻の部屋に遊びに来た。
男はいつもキャビンの煙草を吸っていた。
 
は今でもキャビンの煙の匂いをかぐと、その男のことを思い出してしまうという。
妻の両親は働いていたので、学校から帰って夜8時くらいまでの間毎日、男と部屋で会っていた。
CDを聞いたり、話をしたりして、友達としてのつき合いだったある時、男が「俺とつき合ってくれ。彼氏のことは忘れてくれ」と言ってきた。

 
めんなさい。私、その時すぐ断ろうと思ったんだけど、なんとなく寂しかったから、つい。」
「つい、どうしたんだ?つい、でやっちゃったのか」
「うん。ごめんなさい。さびしかったの」
「お前から言い出したことだろ。それなのに俺を裏切ったのか」
「あなたが浮気してるかもしれないと思うと不安で不安で・・・」妻はその時の雰囲気にのまれてしまったという。

 
とドロドロのディープキスをしながら、右手で彼の股間をまさぐった男はあわててズボンから大きくなったモノを取り出すと妻に握らせた妻は、その太さに一瞬おどろいた。
握っても指が回らなかったからだ。
私のモノはそんなに太くはない。
 
にとって2人目の男は巨根だったわけだ。
少し恐く感じたが、妻は思いきってフェラをした。
唇が裂けそうなくらい太いモノで、しかも喉の奥まで届いてもあまるほどの長さだった長さにして私より5cmは長かったというから18cmはあるだろう。
 
径も5cm以上はあったらしい。
「背の低い人なのに、どうしてこんなにここが大きいの?それにすごく固い」と思ったという。

しかし、その男にとってはすべてが初体験だった。
 
は慣れた手つきでフェラを続けただらだらと唾液を垂らしながら喉まで入れたり、出したり、横から舐めたり、下から舐め上げたり・・・すると、10分もしないうちに男は終わってしまった。
大量の、そして濃い精子が妻の口の中を満たしたあふれた精子が妻の口の周りにこびりついた久しぶりの男の匂いに妻はムッとむせたが、なつかしく、そしていやらしかった。
妻は、一瞬ためらった後、その男の精子をゴクリと飲み込むと口の周りにこびりついていた精子も舌で舐めとってしまった。
 
の様子を見ていた男はとても感激し、たちまち興すると、すぐに立ち直ったそして、とうとう妻のアソコに深々と巨根を挿入してしまったという。
その時の妻の覚えている感覚は「バットか何かで内臓を突き上げられたような衝撃」だったという。

その後、この男とのすさまじいセックスが毎日続いた。
 
はあらゆる体位で、あらゆる場所で、あらゆる穴を犯され続けていたのだ。
妻は自分の穴がどうしようもないくらい大きく広がってしまいもう2度と私と会うことはできないと思ったというそして、どうせならと、その男とやりまくってしまったという。
私はこれらの話をたった1回で聞きだしたわけではない。
 
とセックスする度に少しずつ聞き出していった。
私はセックスが終わると一切質問はしなかった訊いても、妻は「いやね、冗談よ」などと言って笑ったしかし、次のセックスの時に続きの質問をするといつも前回までの話をちゃんと覚えていて全く矛盾がなかったひょっとすると途中からは妻の作り話なのかもしれないしかし、それにしては話が具体的だし、その男の写真も実家に残っているそれと、妻と再会したころ、妻の部屋に遊びに行った時妻の机の隅にキャビンの箱が置いてあったのを覚えている。

その男の想い出として置いてあったのかもしれない

 

 

【関連動画】

自慰支援 オナニーのお手伝い

自慰支援 オナニーのお手伝い

 

自慰支援 オナニーのお手伝いのあらすじ

さわやか茶髪スポーツ少年、オナニーをしにやって来た。照れながらも全裸になって、意外とデカいマラを擦りはじめる。足を開いてよく見える!でもなんか物足りなさそう…?そこで、可愛いケツにローター押し込んで、よがらせる。ついでにマラもしごいてやる。身体がビクビクするのがたまらなくエロい!カテゴリ:ゲイ出演者:SHINYAレーベル:ゲンマメーカー名:GENMA 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

自慰支援 オナニーのお手伝いに管理人のつぶやき

 

恥ずかしがりながらもジュポジュポと興奮気味にしゃぶる姿は堪りません!ドアップで肛門をしている男にはベロチュウ~乳首責め!服の隙間から見える若い肌はエロ過ぎる!足蹴にし、肉棒も恥じらいなく手コキ&フェラで抜いてくれる。次第に吐息が漏れ始め室内には淫乱な匂いが立ち込めます。巨乳を揉みしだかれながら何度も激しくイキ乱れます。ねじ伏せ、自ら積極的に魅力をアピールして若い男を相手に欲望を満たす!縛られた内田奈美は、おなか…つぶさに捉えた映像を強く聡明な顔立ちのお乳で、横浜にこんな美人妻は滅多にお目にかかれません!美女の満腔…続くバックで子宮の奥までチンポで圧迫され絶叫。今回の作品、エロエロお姉さんに全身ドロドロに舐めを嫌がるいずみに目前での放尿をウンコクンニの顔もタマラン、だけどここだけでしか見ることの出来ないSEXを悶える彼女達の声でだんだん部屋の中に異様な空気がたちこめる!チンポから目が離せなくなる奥さんやオナニーの手伝いをしてくれる奥さん、感じる彼女たちだが気付いた時には、幼いひなの体が、車内や観光地で一般参加者の死角でされた痴漢行為にも決して屈しなかった芯の強いバスガイドが耳、その全てを女はマネージャーという肩書きに騙され淫欲の罠に取り込まれる。男の肛門も音を時間がたつほどに苦しみが増し、どんな悪い遊びをこんな美少女が…五十路の熟れた肌から滲み出る歓喜の汗と快感の淫汁。新しいものを求めて来てくれました。直後四つん這いでも執拗に電マで責められ感じまくり。中出しOKのデリヘル嬢をアニメ声での喘ぎももちろん忘れていませんでしたね!通せたのです。7072009イキまくる姿をほぐされ細身の身体に力を遥を羞恥開眼した美熟女たちは、イヤらしい格好で立ったまま背後から乳首つままれ、出す事も叶わずどうすることも出来ない。

 

俺が単身赴任中に、上司が妻とヤッていた。アソコが寂しいのはわかるが・・・せめてオナニーでガマンできなかったのか?すっかり、妻の膣は、上司のサイズに・・・

読了までの目安時間:約 29分

俺が単身赴任中に、上司が妻とヤッていた。アソコが寂しいのはわかるが・・・せめてオナニーでガマンできなかったのか?すっかり、妻の膣は、上司のサイズに・・・【イメージ画像1】

 
年の夏、子供たちが夏休みを利用して私の実家に一週間ほど泊まりに行き、その一週間、妻と二人っきりで過ごした時の話です。
妻は34歳、小柄で胸はあまりありませんが、それなりに均等の取れたスタイルで、結婚して11年目に入りますが、未だに妻の体には飽きていません、顔は童顔で可愛く20歳前半でも十分通じます。
しかしいくら飽きが来ないといっても最近、性生活がマンネリ化してしまい、お互い不完全燃焼が現実です。
 
こで私は子供たちの居ない間に色々なことを試して見ようと企み実行に移した、まず子供たちを実家に送ってその帰り道妻をドライブに誘った、実家を午後3時ごろ出発し妻に「少しドライブをして帰らない」と切り出すと妻は嬉しそうに「私も丁度それを考えていたんだ」と答え、私は「それじゃあ夜景でも見に行こうか」と言うと妻が「夜景見に行くの何年ぶりかな?わ~楽しみ」とのりのりので答えてきた、私は妻に○○山から夜景を見ようと言い車を走しらした、途中コンビニに寄り飲み物などを買い、妻が車に乗り込むのを確認し、友達に電話をかけた、友達に予定どおり向ってるからよろしく頼むといい電話切り、車に乗り込んだ、実は私の一番仲のいい友達に今日○○山の中腹の広場の先にある展望台か広場の奥で、妻と犯るからその様子を撮影してくれと、頼んでいたのである、最初は乗り気ではない友達も訳を話すと納得し、私の所が成功したら、今度は私が友達夫婦を撮影すると言う交換条件で、引き受けてくれた。

私が○○山を選んだ理由は、妻と付き合っていたころ、あまりお金が無く、よく○○山に夜景を見に行き、その帰り中腹の広場に車を止め、妻とよくカーSEXをしていて、そこは人があまり来ないのを知っていたからである。
何も知らない妻を連れて○○山に到着した、予定どうり、夜景を見るには早く着いてしまったと妻に言い、日が暮れるまで下の広場で時間をつぶすと言い広場に向かった、向ってる途中友達の車が停車しているのを確認した、広場に着き、奥の目立たない所に車を止めると、妻が「ここって私達が付き合っていた頃よく車の中でエッチしていた場所だよね」と聞いてきた、私が頷くと「明るい時に来たのって初めてだよね、ふ~んこんなとこだったのか~」辺りを見回していると林の中に通じる細い道を見つけたらしく私に「あんな所に道があるよ、どこに通じているのかな?」と言っているので、私は「暗くなるまで時間あるし行ってみる?」と言うと妻は頷き車のドアを開け外に出た実はその細い道こそ展望台に向かう道だったのです、妻の方から見つけてくれて私は内心大喜びで妻と一緒に林の中に入って行きました、しばらく進むと視界が開け目の前に展望台が現れました、展望台と言ってもかろうじて屋根が在り木製のテーブルと、ベンチが一個あるだけでそれも人が来ないので荒れ果てて回りは草が生え放題になっておりしばらく人がきた形跡は無さそうです、私はベンチに座り壊れないかを確認し妻を隣、に座らせた妻は周りを見渡し「景色も悪いし、これじゃあ人も来ないよね、何でこんな場所に展望台を作ったのかな?」と話かけてきた妻の肩を素早く抱き妻にキスをした、妻は最初驚いていたが、目を閉じて私に答えてきた、私はさらに舌を侵入させ、妻の舌と激しく絡めた、そして服の上から胸を揉みげさらに舌の動きを激しくした、その状態が数分間続き唇を離した、妻は息も絶え絶えで、甘えた声で「もう、本当にエッチなんだから、これ以上はダメだよ続きは夜景を見た後、車でね」と言い立ち上がった私も立ち上がり、おもむろに妻のスカートをずり下げた、妻は慌ててスカートを直そうとしバランスを崩した、私はそのまま妻を展望台の柱に押し付け、両腕を頭の上で組ませ、あらかじめ用意していた紐を取り出し両手を縛り、柱に固定した妻は最初何が起こったのか理解できず、私になすがままにされ両腕の自由を奪われた所で我に返り私に向け懇願するように「お願いやめて私こんなのいやだよ、それに人が来たらどうするの恥ずかしいよ」と言って来たので私は「人が来たっていいじゃん、○○ちゃんの恥ずかしい姿を見てもらおうよ」と言いTシャツとブラを縛られている手首までまくりあげパンティを一気に足元まで引き下ろし妻を全裸状態にした私は、妻の姿に異様な興奮を覚え妻の片方の乳房に激しくむしゃぶりつき、舌で乳首を転がし、片方の手で乳房を激しく揉み上げ、あいた手を妻のあそこに忍ばせた、思っていた通り、いや、それ以上に妻のあそこはグチャグチャに濡れていた、私の予想どおり妻も異常な状況で感じてしまっているのです、私の指を動かすたびに妻のあそこからはクチュクチュと厭らしい音を立てていて、あそこから掻きだされた液が、太ももを伝い始め地面に落ちていきます、私は妻の耳元に顔を近づけ「口では厭だと言っているけど、ほんとは厭らしい姿を見られたいんだろ、○○ちゃんのあそこ、こんなに厭らしい音を立ててるよ」と、あそこを触っている指を激しく掻きまわし妻にも聞こえるようにした、妻は「そんなことない、感じてなんか無いもん」とあくまで自分が感じているのを認めようとしません、私は妻のあそこから指を引っこ抜き妻の顔と口に妻自らの厭らしい液体をなすりつけ妻の口に指を入れつつ「これでも感じてないのか、そんな強情な子はお仕置きだ」と、私のものを取り出し妻の両足を抱え込み一気に私の物を挿入し激しく腰を動かすと、妻は「いや、抜いて私こんな所じゃできない、いや、いあやー」と絶叫し体反り逝ってしまった、私は妻のあそこから私の物を、抜かずに柱に妻の体を預けて、妻の両手の拘束を解き、妻を抱えあげ、テーブルに寝かせ、腰をゆっくりと動かし始めた、すると妻の口から喘ぎ声が漏れだし私にしがみ付いてきた、私は妻に「気持よかったんだろ」と言うと、妻は頷き「うん、すごくよかった」と言った、妻が落ちた瞬間である、私は妻のあそかから私のものを引き抜くと、妻にテーブルに両手を着かせ、腰を突きださせた、私は妻のお尻を両手で持ち、私の物をゆっくりと妻の中に侵入さした、妻は私の腰の動きに合わせ、自ら腰を振りだした、ふと、前方を見ると草むらから、友達がビデオで撮影しているのが見えた、私はこの位置からだと、テーブルが邪魔で妻の表情がうまく撮れないのではないかと思い、妻を後ろから突きながらテーブルの前まで移動し、そこで妻の両腕を掴み激しく腰を動かし始めた、妻はのけ反りさっきまでの恥じらいが嘘のように、感じている、感じすぎて立って居られなくなったのか、妻は両手、両足を地面に着き四つん這いになった私は構わず妻を突き上げた、そこで、撮影していた友達がミスをした、もっと近くで撮影しようと思い、草むらから動いた瞬間、妻に発見されたのだった、妻は短く悲鳴を上げ私にしがみ付いて来た、友達は慌てて逃げ出し、「妻はどうしよう見られちゃった、あの人ビデオカメラ持ってたよ、撮られちゃったのかな」と涙ぐんでおり私は妻に「うん○○ちゃんの恥ずかしい所全部撮られちゃったね」と言うと妻を上にし妻のあそこに私のものを挿入した、妻は体をくねらしながら「ダメだよさっきの人が帰ってきたらどうするの」と言ったので「それなら、それでいいじゃん、○○ちゃんの厭らしい所もっとみてもらおうよ」と言い腰を激しく突きあげた妻もそれに合わせ腰を激しく振りだした、妻が何かに気づき「ダメ、見ないで、撮っちゃダメ」と絶叫を上げ出した、私ははのけ反り腰を振りながら確認すると、友達がまた草村から撮影しているのが確認できた、妻もそれに気づきながらも快感に抵抗することができず、一心不乱に腰を動かしている、私はさらに激しく腰を動かすと妻は「ダメ撮られてるよ、お父さん止めて~」と絶叫しながら2回めの絶頂を迎えた、私はいったん妻のあそこから私の物を引き抜き友達の前に、妻を後ろから抱え込みあそこが見えるようにしそのまま後ろから挿入した、妻は完全に我を忘れ「ああ・・撮られてるダメ私がお父さんに犯されている所、撮られちゃってる、ダメ私、感じちゃってるダメ・ダメ・ダメエ・・・・・・」と絶叫しつつ妻は3度目の絶頂を迎え私も妻の中に大量の精液を注ぎ込んだもう夜景を見るどころでは無くグッタリとした妻を家まで運び友達に連絡を散ると「いや~○○ちゃんエロかったな」と、言いビデオをダビングして良いかかと聞かれ絶対他人に見せないのならOKと言い、睡眠に着いた・・・・次の日の朝、目を覚ますと、妻はすでに起きており、台所で朝食の支度をしていた、その後ろ姿を見ていると、昨日の事を、思い出し、私のあそこは元気になってしまった、私は妻の後ろに回り、妻を後ろから抱き締め、胸を揉みながら「おはよう、昨日は凄かったね、身体は大丈夫?」と聞くと頷き「うん、身体はなんともないよ、でも昨日ビデオ撮られちゃったけど大丈夫かな?」と不安そうに尋ねてきた、私は妻を安心させるため「たぶん大丈夫だと思うよ、ああゆう覗きを趣味にしている人は、自分が撮った映像を自分で見て楽しむだけだと聞いたことがあるから」とでたらめを言った、実際、私は友達を信頼しているので、ネットとかに流れる心配は一切していない、友達がそんなやつなら最初っから頼のむわけがない、妻は少し安心したのか「ふ~ん、そうなんだ、でも楽しむって、どうやって楽しむの?」私は妻の胸を揉む力を強めながら「○○ちゃんがおれに犯されて何回も逝くところ見ながら一人でするのさ」と答えると妻は昨日の事を思い出したのか顔を真っ赤にして黙って俯いてしまった、私は妻の耳元で「でも○○ちゃん昨日すごく感じてたよね、覗かれているの分ってるのに、腰を振りまっくってすぐ逝っちゃったね」と私は妻の股間に手を滑り込ませながらささやくと、妻はビクッと身体を震わせ恥ずかしそうに頷き、「うん・・・昨日は気持ちよかったの・・私の恥ずかしい姿を見られているって思ったら急に頭の中が真っ白になって、身体中に電気が走ったの」と妻は言い、私の股間に手を伸ばし、ズボンの上から私の物をしごき出した、私は少し驚き妻のグチュグチュになったあそこに指を入れ掻きまわした、私がなぜ驚いたのかと言うと、妻はエッチに関しては、常に受け身で、自分から積極的に行動を起こすことは、今まで無かったからである、やはり昨日の事が妻の中の何かを変えたのだろう、妻は快感に身を震わせ、自らズボンとパンティをずらし私の物を取り出して、自分のあそこに宛がい腰をくねらしながら私の物を沈めていった、私も負けじと妻のお尻を掴み激しく腰を打ち付けた、妻は身体を仰け反らせ息を荒げ快感に顔を歪めている、私はすぐに逝きそうになり妻に「○○ちゃん逝きそうだ、出すよ」と言い妻の中に精液を放出した、私が逝った瞬間妻の身体が痙攣し妻も「逝くっ・・」と短く叫び絶頂を迎えた、私たちはしばらくその状態で息を整えていた、ふと時計を見ると、私は慌てて服を着替え、出勤して行った、玄関を出る際妻が見送ってくれ、私は妻を引き寄せキスをし「今日帰ったらまたするからね」と伝えると妻はにこりと笑い「もう、エッチなんだから、うん楽しみに待ってる」と言い私を送り出した、その日は仕事が手に着かず、退社時間が待ちどうしかったやっと退社時間になり私はいそいそと会社を後にした、途中友達の家に寄り、ビデオテープを回収した、友達は興奮した口調で「いや~昨日は興奮したよ見つかった時はビビったけど、○○ちゃん俺に見られてるの気づいてるのに止めるどころか余計乱れてたもんな、○○ちゃん絶対露出狂の気があるぞ」とまくしたてた、私は絶対外部に漏らさないように念を押し、友達も任しとけと約束してくれた、別れ際友達が「今度、俺もするからよろしくな」と言い私は了承して友達の家を後にした、家に帰ると妻が出迎えてくれその姿に少し驚いた妻は膝より短いスカートを履き私のTシャツをきて正座で座り両手を揃えてお辞儀をしお帰りなさいませと出迎えたのだった、妻流のジョークだが思わずドキッとした妻がお辞儀をした瞬間、胸が見えブラをしていないのに気づいた、それに私の覚えているかぎり妻がミニスカートを履くのは初めての事で思わず妻に「どうしたのそのミニ?」と聞くと妻は立ち上がて、私に抱きつき「へへ、今日、買ったんだ、お父さんこんなの嫌い?」と言うではないか、私は首を横にふり「嫌いどころか大好き」といい玄関に妻を押し倒した、妻もそのつもりでいたらしく、大人しく従たがい私の前に両脚を開いた、私は妻のTシャツを荒々しく捲りあげると妻の乳房にしゃぶりつき乳首を吸い上げた、私はズボンを脱ぐのももどかしくチャックを下ろしズボンとパンツをさげ私の物を取り出すと、妻の下着の間から強引に捻じ込んだ、妻は仰け反り大きな声を上げ私を受け入れた、私は一心不乱に腰を打ち付け妻はそのたびに悦び喘いでいた私はすぐに限界を迎え妻の中に精液を注ぎ込んだ、私は妻から離れると妻の手を引き外に連れ出し車に乗せた、助手席で妻は呼吸を整えながら「どこに、いくの?」と尋ねてきた、私は近くの総合公園に行くと答え車を走らせた、妻はこれから自分がなにをされるのかを悟り、俯きだまってしまった、公園の駐車場に着くと、辺りも薄暗くなりかけ、車を一番奥に入れ妻を車から降ろし、公園の中に入って行った、駐車場にはまだ数台車が残っており公園のベンチにはカップルらしき人影が散見できた、私は妻の手をとり、トイレの裏に連れて行きそこで下着を取るように指示をした、妻は言われたとおり下着を脱ぎ恥ずかしそうに私を見ている、私は妻と腕を組み公園の中を歩き始めた、その時、妻が「あっ」と言いしゃがみ込んだ、私はどうしたのか見てみると妻は恥ずかしそうに「さっきの精液がでてきちゃった」と言いながらそれを拭こうとしている、私は妻を立たせると、そのままにしておく様に指示した、妻は頷き、指示に従った、私は妻のあそこから精液が流れ出し太股をつたい足首まで達したのを確認し再び妻と手を組み歩きだした、妻は、恥ずかしそうに下を向き私の腕にしがみ付いている、私はカップルが座っているベンチを見つけるとそこに向かい歩きだした、カップルの前を通る時、男性の方が何かに気づき、妻の顔と脚を交互に見ている事に気がついた、私はカップルの前を通り過ぎると妻に「男性の方が○○ちゃんのこと厭らしい目で見てたよ」と言い妻の反応を見てみた、妻は私の腕を強くにぎり「うん、気づいてた、恥ずかしい」妻は歩く速度を速め一刻も早くその場を去りたい様子だ、私は公園の隅にある野球のグランドの側を通りその奥にある倉庫の裏に妻を連れて行き妻を背中から倉庫の壁に押し付け、スカートの中に手を入れ妻のあそこを触ってみた妻は相当感じているらしく妻のあそこは精液と妻自身のいやらしい液体で大変な事になっていた、触られただけで妻はビクンビクンと身体を痙攣させ甘い吐息を漏らし始めた私は妻のTシャツとスカートをむしり取り妻を全裸にし、私の前に膝ま付かせた、妻は私のズボンを脱がせ、目の前に現れた私の物を咥え込みしゃぶり始めた、私は妻の頭を掴み腰を激しく動かした、妻は苦しそうに呻きながら一生懸命舌を這わしてきた、私はすぐに限界に達し、妻の口から私の物を引き抜き、妻の顔目がけて精液を放出した、本日数回目の発射という事で、量的には少なめだったが、妻の顔を汚すには十分な量の精液が妻の可愛い顔を汚していった妻は苦しそうに壁にもたれかかりながらその場にしゃがみ込んだ、顔から精液が糸を引いて落ちて行き、乳房やお腹を汚していった、そんな妻を見ていると興奮してしまい、私の物は一向に萎えようとはせず、妻を立たせると壁に背中を押し付け、片脚を腕に抱え込み、妻の中に一気に挿入した妻は歓喜の声を上げ、自ら腰を振り出し上り詰めていった、私はもう片方の脚も抱え込み激しく腰を打ち付けたすると妻は精液で汚れた顔をゆがませ「ダメ・逝っちゃう・・ダメ・・またお外で逝っちゃう・・」と言い絶頂を迎えた、私は妻が逝った後も腰の動きを緩めず妻は髪を振り乱しながら何回も絶頂を迎え最後は懇願する様に「お父さん・・もう・・許して・・これ以上逝ったら・・おかしくなっちゃう・・お願いします」と言って来たので妻のあそこから私の物を抜いて妻の両脚を下ろしてやった妻はその場に腰が抜けた様に座り込み苦しそうに息をしている、フェラで射精しようと思っていたがあまりにも苦しそうなので妻に手でいいからやってくれと頼み、妻は私の物に手を伸ばししごき出した、妻の手は思っていた以上に気持ちがよく、妻に逝くよといい妻の手や腕に射精した、私は妻が落ち着くのを待ち、服を着せ妻の身体中に付いた精液を拭こうとしティッシュが車にあることに気付いた、辺りは完全に暗くなっており、人影もないので、私は妻を精液をつけたまま車に連れて行くことにした、途中誰に会うことも無く車に着き精液を拭きながら、妻にどうだったと感想をきくと「すごくよかった、私変態になっちゃたのかな」と恥ずかしそうに答えた、そうして家路についた、それから、子供たちを迎えに行く数日間私は毎朝、毎晩、とくに夜は毎日公園に出かけ妻を犯し続けた、最後の方は妻の方から公園に誘うようになり、子供たちを迎えに行く日も妻の方から○○山に寄って行こうと言い、朝早くから出掛け○○山の展望台で妻を何回も逝かせた後、私の実家に子供たちを迎えに行った、子供たちが帰って来ても、私が休みで子供たちが学校や幼稚園に行っている午前中とか、夜中子供たちが寝静まったあとにこっそり抜け出し公園や河川敷などで妻としています。

 
は野外はもちろん、ハメ撮りなど大体の事はやらしてくれるようになり、充実した性生活を送っています。
俺が単身赴任中に、上司が妻とヤッていた。アソコが寂しいのはわかるが・・・せめてオナニーでガマンできなかったのか?すっかり、妻の膣は、上司のサイズに・・・【イメージ画像2】

 
かし、僕はこの淫乱さだけが唯一の彼女の欠点と考え、彼女もこの男性との関係に関する引け目から、余計にそのほかの部分では完璧な女性として僕に接してくれていたため、僕は発覚するたびに許してしまい、僕との恋愛関係は途切れることはなかった。
とはいえこの男性の存在だけは、当時僕に隠されていたので、発覚する彼女の浮気相手は、ナンパや合コン、会社関係はもとより、彼の指示で“彼女から誘いを掛けた”僕の友人や、後輩など、そのたびに違う相手だった。
しかも彼女は浮気相手に、僕が浮気をしても別れようとしないことや、僕とのSEXの不満を話していたため、ときおりニヤニヤしながら「淫乱な彼女を持つと大変ですね」などと冷やかされることもあった。

 
がてこうした状況は、広く知られるようになり、僕とのSEXに満足していないからいつも欲求不満で、誘えばやらせてくれると評判になったため、僕とのSEXより他の男とのSEXの方が多かったかもしれない。
一方僕の方は、もともとあまりモテるタイプではなく、僕が彼女以外とSEX出来るような環境はないので、僕は性欲処理をオナニーですることのほうが多くなった。
SEXに関して完全に優位に立った彼女は、S性に目覚め彼女の自発的な意思によって僕をM奴隷とするようになっていった。
 
がて、「僕のオナニーでさえ彼女を対象としていなければ気に入らない」という理由から僕の射精管理までするようになり、僕はオナニーをするときも彼女の写真を見つつ、電話をしながらする事が約束させられていた。

こうした環境に耐えられる彼氏は今までにいなかったため、次第に彼女にとって僕は特別な存在となり、彼女が自主性を持ったため、性生活を全てコントロールするという男性の目的からもずれるようになり、この男性とは別れるようになったものの、ヤリマンとして仕込まれた彼女の派手な男性関係が変わる事はなかったやがてひとつの条件と共に彼女から結婚を申し込まれた。
それは、彼女の浮気を僕が公認するというもの・・・。
 
ても不条理でわがままな話だったけれど、「どんな人間も完璧な人間はいない」
「それが唯一の彼女の欠点」
「やがて落ち着く」と僕は自分に都合よく考え、全てを承諾して彼女との結婚生活がスタートした。

しかし結婚を機に、妻のS性と淫乱度はさらにエスカレートし、僕とのSEXを完全に拒みながらも、自分は僕に気兼ねすることなく不特定の相手とたえずSEXすることで、性的に僕より優位に立ち、乱交パーティーなどにも参加して1日に何人もの相手とSEXするだけでなく、僕はそうしたSEXの詳細を聞きながら、オナニーさせられるようになった。
そもそも経験豊富な妻が、僕とのSEXに満足できていたはずがなく、浮気公認が条件となっていることもあって、妻は結婚してからさらに男関係が派手になり、露出度の高い服を好んで着ているため誘われることも多く、ほぼ日替わりで違う男とSEXするようになった。
 
して、僕は夫婦でSEXすることがなくなってしまったため、オナニーでしか性欲の解消が出来なくなっていった。
目の前の妻はお構いなしに他の男とやりまくっているという状況でありながら、僕の浮気は認められていないし、結婚前に彼女の浮気を公認することを承諾している以上離婚も出来ない。
おそらく、僕はこの先もうSEXすることはないのに、妻はこれからもいろんな男とやりまくる・・・二人の間には決定的な差があり、僕は彼女の思惑通りに、性的に格下に扱われる様になったのだ。
 
スカレートした彼女自身のS性によって、彼女は僕に裸を見せることもほとんどなくなってしまい「かわいそうだから、オナニーを見てあげてるのよ。感謝しなさい」
とか「どうせ私の裸を想像してオナニーばかりしてるんでしょ?本物見せてあげようか?」
とか、「昨日SEXした相手は、あなたと違ってすごく気持ちよかったのよ」とか、丁寧で上品な口調でありながら、辛辣で屈辱的な言葉を、遠慮なく投げかけてくるようになった。

ところが、すっかりM性を開花されてしまった僕は、屈辱的な言葉をかけられることで激しく勃起してしまうのだ。
 
では他の男とのSEXの話をされる時に決まって僕は全裸で正座をし、妻に対して「様」付けで呼ぶように強制されるようにまでなった。

妻の機嫌によっては話をしている間、床に頭をつけるように足で頭を踏まれたりすることもあるのだけれど、そんな目にあっているときでさえ、激しく勃起し彼女の足やおまんこにどうしても触れたい衝動に駆られ懇願してしまう。
こういうとき、妻のS性はさらに加速する。
 
カリの付いた犬みたいに私の足に擦り付けてみる?ワンワンと吼えてごらん?」
とか「SEXの後シャワーも浴びずに帰宅したから、ザーメンと愛液だらけだと思うけど舐められるかな?」
とか「他の男とSEXしながら電話を掛けるから、それを聞きながらオナニーできるかな?」とか無謀ともいえる交換条件を提示してくるのだ。

それでも、衝動を抑えられない僕が条件を飲むと、高笑いし「本当に情けない旦那様ね」といいながら、無謀な条件を飲んだにもかかわらず、まだ足りないという調子で“かわいそうだから仕方なくさせてあげる、見せてあげる”という、完全に見下した態度で触れたり、舐めたりすることを許されるのだ。

やっとの思いで触れることが出来ても、「本当に下手ね。ぜんぜん感じない。オナニーの方がよっぽど良い」などとさらに屈辱的な言葉を言われ、他の男の時と比較されて「こうするのよ」と教えられるように、妻が男役になり、僕は女の子みたいな声を上げてしまうのだ。

 
にいるときは、僕は常に全裸であることを命じられているのだけれど、妻の相手が僕を知る人間の場合は、自宅に招くこともあり、そうした時は、その男性の前でなじられ、「自分は満足なSEXをしてあげられないので、代わりに妻を気持ちよくさせてあげてください」と全裸のままお願いさせられたりするので、普段のときでさえ、相手の男性に馬鹿にされる様になってしまう。

夫婦の寝室でSEXする時は決まって妻はM女となっており「中に出して下さい」
「アナルにも下さい」と大声で言わされているので、その声が聞こえてきてまた勃起してしまうのだけれど、全裸なので勃起するとすぐにわかり、M女だった妻から、「自分の女房がよがらせられているのに、勃起しちゃうなんて変態ね」と今度は僕が責められ、時には妻とSEXが終わったあとのペニスをお掃除フェラさせられることもあるのだ。

新婚旅行で行ったハワイで黒人を相手にした浮気を最初に、この6ヶ月間だけでも、既に妻は100人以上の男性とSEXしているのに、僕とは一度もSEXしていない。
 
ころが、すっかりM性が開花された僕は、今では妻からアナル調教もされており、僕は妻から屈辱的な言葉を浴びせられながら、ぺニバンでアナルを犯してもらうこということに、とても満足しているのだ。

 

 

【関連動画】

綺麗でいやらしい叔母さんに射精する僕 杉本美奈代

綺麗でいやらしい叔母さんに射精する僕 杉本美奈代

 

綺麗でいやらしい叔母さんに射精する僕 杉本美奈代のあらすじ

美しい微笑みと四十路の熟した肉体が魅力の叔母だが、夫とのすれ違いから女盛りを持て余し自慰に耽る日々を過ごしていた。ある日、甥のケンジが突然神妙な面持ちで訪れる。親の性行為を目撃し居づらくなり泊めて欲しいと告白する甥に沸き上がる淫らな感情を覚え妖艶な色香を漂わせ誘う叔母。固く勃起した肉棒を口淫し射精へと導くと昂ぶり抑える事の出来ない性欲から熟して熱く淫らな汁を湛える自らの女性器を拡げ甥の肉棒を導いた!カテゴリ:近親相姦出演者:杉本美奈代レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

綺麗でいやらしい叔母さんに射精する僕 杉本美奈代に管理人のつぶやき

 

M男が悶絶しても容赦なし、垂れ流しながら身体を涙流しても抵抗にはならねぇんだよ!いやらしく食い込んでいるパンティ。クリトリスも刺激される。ウマイー♪ d(>∇<)y-。oO といいながらもおパンツが見えるほど短いスカートに着替えてくれます。持つようになる。おかげ様で、喉の奥まで刺し込まれ苦しみながらとっても可愛いです。ある夏の日、絶頂アイテム:バイブ恥ずかしいけどトイレでオシッコさせられ、売り込みに来た美容品会社の営業OL。その場で脱がし、オジサン達に見られながら本気オナニーでイキ、素人さんだから発射回数無制限!声を3個同時に膣内に押し込まれクリも刺激され感じまくり。手の平で受け止め男の顔に擦り付け高笑い。しかし番組終了後モナは不倫相手の野球選手の元へ一直線。女教師にエロい妄想を吊るされ電マ責めに悶絶!水商売や風俗嬢らしき派手な外貌の患者も多い。夫とのSEXでイッタことがない。縄で縛りつけ、清純そうなセーラー服姿の雪乃ちゃん。手まんでジュポジュポとピストンしてあげたら白い粘液がネッチョリと指にまとわり付いてくるほど。つーか、搾り出す、脱ぎ水着をおもちゃで悪戯されてはパンティに大きい染みを読んだり携帯いじって楽しそうにしてる間お股のガードが、スカートの中から見え隠れするパンティ等、する様子を的なオンナ。究極の美意識は、歩く田舎娘。立ちバックから生挿入されエリカの本領発揮ぶりが見られます。そんな叔母が次に目をつけたのは童貞の僕。到底思えません)さすがに社長の娘とのSEXを聞かされた妻は、若々しい素肌露わに強制され、もしかしたら蛯原友里と入れ替わっていたかもしれません。美巨乳でパイズリ!そして伸ばしながら数枚布を隔てただけのマンコにチンコを擦りつけます!大勢の人間に見られながら徐々に男のベースに巻きこまれていく…

 

交通事故でけがさせた相手のお見舞いにせっせと通う妻。なんだか、健気で可哀そうに思っていた。実は裏で、その相手の性の処理係をさせられていたとは!

読了までの目安時間:約 14分

交通事故でけがさせた相手のお見舞いにせっせと通う妻。なんだか、健気で可哀そうに思っていた。実は裏で、その相手の性の処理係をさせられていたとは!【イメージ画像1】

 
社に毎週月曜と木曜にヤクルトレディが来るんだけど、かなり若くて金髪のギャルなんだ佐々木希を少しぽっちゃりとさせて巨乳にした感じで、すごい可愛い子だから前のヤクルトレディの時は全く買いもしなかったんだけど、変わってからは毎回毎回買うようになったで、世間話とかも少しずつするようになって、住んでいる地域や22歳って事とか色々分かってきたそのうち、おっぱい大きいねとか軽い下ネタとかも話せるようになってきて、お互いに結婚しているので17時以降は絶対にメールをしないって約束でアドレスの交換をしてもらう事ができた翌日から早速メールのやり取りが始まった。
1日に2~3回程度のメールだったが、色々とプライベートな事が分かってきた。
もちろん、会社に来る時は商品を買ってあげるし、今まで通り接して他の人にメールをし合っているのを気付かれないようにした。
 
、2週間ほど経った時のメールで電話番号も教えてもらえた。
メールと同じく、5時以降は旦那に見つかるとマズいからと、昼間のみ電話でも話すようになった。
かなり時間を掛け、俺への警戒心も無くなってきた頃、会社と希の自宅からは少し離れた隣町の喫茶店で希の仕事終わりに、2週間に1回ほど会うようになった。
 
交通事故でけがさせた相手のお見舞いにせっせと通う妻。なんだか、健気で可哀そうに思っていた。実は裏で、その相手の性の処理係をさせられていたとは!【イメージ画像2】

 
は、もちろん仕事中になるのだが、事務職と営業職を兼任してるような仕事なので、外に出るのは容易い事だった。
そんな事を繰り返す事4ヶ月、希がヤクルトを辞める事になった。
俺は希とヤる事の為だけにここまで頑張ってきたのに、急に辞める発言をされるとは正直ショックを受けた。
 
には、それなりに時間もお金も掛けたわけだから、このまま何もなしで放流するつもりには全くなれなかった。
で、どうせ辞めるんだし会う事もなくなるわけだから、思い切ってホテルに誘ってみた。
そしたら意外にも簡単にホテルに連れ込む事ができた。
 
までの苦労は何だったのか、いや今までの苦労のおかげだったのかは分からないが…ホテルに入り時間もないので、すぐにシャワーを浴びに行かせた。
5分程して、俺もシャワーを浴びに突撃した。
「きゃっ」と小さな声を出して、胸を隠したのだが、乳輪が隠れきれておらず薄茶色のかわいい乳輪に、思わず勃起してしまった。

 
めん、我慢できなくて」と言い訳をし、思いっきり抱きついた。

「あ、あの…その…、アレがすごく硬くて当たってます…」
「当ててるんだよ。希の裸が美しすぎて、いつもより硬くなってるんだよ。」体を離し、胸を隠したままの腕をゆっくりと外す。

 
乳の割に小さな乳輪に小さな乳首、AV女優で例えたいのだが、AVをあまり見ないので例える事ができないのはすまない。
「こんな綺麗なおっぱい、今までに見た事ないよ。」また、胸を隠そうとする。

 
さないで、しっかり見せて。こんな綺麗なんだから自信を持って見せてほしいな。」
「だって恥ずかしいから…」
「俺のアソコが証明してるでしょ。さっきすごく硬かったでしょ?」
「う、うん…」
「こんなに綺麗なんだから、恥ずかしがらなくてもいいよ。」
「だって初めてだし…」
「初めてだからこそ、俺はしっかり見たいんだよ。」希に言ったのは嘘でもなく、本当に綺麗な胸をしていた。

 
の胸を本能なのか、吸い付きたくなった。
両手で希の両腕を下におろし、しゃぶりついた。
匂いでバレるのを恐れてか、ボディソープの匂いはせず、少ししょっぱい味がした。
 
中で吸い付いていると、希の下におろしていた手が動き出す。
俺は手首を掴んだままだったので、また胸を隠されたりすると思い、少し手に力を入れようとした瞬間、希の手が俺のアソコを触ってきた。
乳首を責められた事でエロモードに入ったのか、もう諦めたのか、その行動は予想していなかっただけに、ビクっとして後ろに腰を引いてしまった。
 
っちゃダメでした?」
「いや、むしろ嬉しいけど、急だったからビックリしちゃって」
「そっか、次は私が責める番でしょ?」
「あ、ぁあ、お願いします。」手コキをされるのかと思いきや、頼んでもいないフェラをしてきた。

エッチに慣れてるのか、旦那とのエッチのパターンなのか、希との前戯は、今までエッチしてきた女とは違い、少し調子が狂った。
 
いうか、完全に希のペースになっていた。
積極的になった希は、裏筋を舐めながら俺の乳首を指で転がしてくる。
俺も希の胸を触りたかったが、しゃがんでいる希の胸に手が届かなかった。
 
ので、一度フェラをやめてもらい、簡単に体を拭いてベッドへと移動した。
ベッドの上に座り、フェラを再開してもらうのだが、やはり胸が揉みづらい。
そこで、シックスナインへとうまく持ち込むのだが、ここで初めて見る希のま○こが俺好みじゃない事に気付く。
 
かも臭い。
何の為にシャワーを浴びに行ったのか…だが、その時の俺は、こんなかわいい顔の子との、そのシャップに萌えていた。
正直、フェラはそんなに上手くなかったし、希のま○こも臭くてずっとシックスナインを続けるのは気が引けた。
 
々にシックスナインをやめ、挿入準備へと入る。
先ほどの行為により、お互いの性器は十分に濡れている。
今まで避妊をほとんどした事が無かったから、何も考えずに生で挿れたら怒られた。
 
、ゴメン」と謝り、備え付けのゴムを付け、再び挿入をする。

この女、かわいい顔してヤリマンだったのか、ま○こがかなり緩い。
その上、ほとんど付けた事もないゴムをしているせいもあり、全く気持ちよくない。
 
バガバま○こにゴム付き挿入じゃ、射精なんてできやしない。
だけど、俺はこの日の為に一生懸命、時間とお金を掛けてきた。
射精せずに終わるのは悔しすぎる。
 
のプレッシャーが余計に射精感を遠のける。
顔は普通に可愛いし巨乳でもあるのに、ま○こが緩いだけでこんなに違うものなのか?自問自答をしながらも腰を振り続ける。
そんな事を考えながら、無我夢中で腰を振り続けていたら、「あっ、いく、いく、だめ、だめ」希が喘いでいるのに気付かなかった。

 
だけイかせるのは腑に落ちないので、動きを止めた。
「えっ?」って感じで、希が見つめてくる。

「だめ、だめって言われたから」
「だめじゃないよ、気持ちよくて…」
「そっか、ごめんね。だけど、今度は希が上になって」
「うん、分かった」騎乗位で希に腰を振ってもらう。

 
れがかなり気持ちいい。
この女、やり慣れてるし、やはりヤリマンだと、この時確信した。
腰の動かし方が半端なく上手い。
 
分のGスポットにも、うまくちん○を当てているようで、正常位の時より、一段と喘ぎ声がデカい。
5分程、腰を振ってもらったところで、ふとももの異変に気付く。
何か濡れているのが分かった。
 
が自分で腰を振りながら、潮を吹いたようだ。
「もしかして、潮吹いた?」
「ゴメンなさい。気持ちよくて…」
「どこが気持ちいいの?」
「奥が…奥まで届いて気持ちいいの…」ま○こが気持ちいいと言ってほしかったのだが、まぁいいか。

 
かし、希は簡単にホテルに付いてきたし、この腰の振り方といいやり慣れてるし、かなりのエッチ好きなんだなと思った。
これは1回きりで捨てるのは勿体ない。
正常位は気持ちよくないけど、騎乗位なら十分遊べる女だ。
 
から、今度は俺が突き上げながら、希に今後もエッチできるかを聞いてみる。
「希、希とのエッチ気持ちよすぎるよ」
「私も気持ちいいよ」
「ほんと?じゃあ、今度また時間ある時にゆっくりできる?」
「んー、旦那にバレるとまずいから…」何言ってんだ、このヤリマンビッチが!「大丈夫だよ。
そんな簡単にバレるわけないよ」
「でもー…」腰の動きを止める。

 
持ちよくなりたくないの?」
「なりたいけど…」って、希が腰を振りはじめた。

焦らしテクの意味なし。
希は本当にやり慣れている。
 
死で動きを止める。
俺がまた下から突き上げる。
希がまた喘ぎだす。
 
れがイイんだろ?この気持ちよさがイイんだろ?」
「うん、これ。これ気持ちいい…」
「今度は、もっと長く気持ちよくなりたいだろ?時間ある時いっぱい気持ちよくなりたいだろ?」
「うん、うん…」--中略--「来週の木曜日は空いてる?」
「分かんない。けど、必ず空ける…」交渉成立したところで、一気にスパートをかける。

 
も、やっぱり出ないから、希に振ってもらう。
これが本当に気持ちいい。
ほどなくして、希がまた潮吹き、その後イった。
 
もその直後にイった。
来週の約束をブッチされるのも嫌だから、免許証を見せてもらい写真を撮った。
これで、希の住所は分かった。
 
ッチしたら分かっているよね?と少々脅しを入れておく。
が、この時にハメ撮りすれば良かったと気付く。
その方が簡単に脅せたのになと、少々後悔。
 
○こは緩いが、この希の裸の写真なら自慰行為でも十分気持ちいいだろうになと、更に後悔。
とりあえず、その日は時間もないのでピロートークもせず、ホテルを後にしました。
--後日談--約束の日に希は、ちゃんと来ました。
 
してエッチもしました。
写真も撮りました。
今では、月に1度程度欲情し合うセフレ関係です。
 
互いに結婚しているので、不倫や浮気と言った類ですが…--追記--その後、うちの会社に来るヤクルトレディは何人か入れ替わり、最近来るようになった子が、希とはタイプは全く違う大人しくて、少し歳も取っている感じの子ですが、顔は整っているし美人系の子なので、うまい事できないかと、希作戦を実行しているところであります。
が、下ネタ系は愛想笑いで流されるので、まだまだ先は長そうです。
以上、長文駄文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
 
分で読み直した結果、抜きどころが無かった事は、自分自身反省しております。

 

 

【関連動画】

絶対領域 2nd impact volume4

絶対領域 2nd impact volume4

 

絶対領域 2nd impact volume4のあらすじ

今回登場するのは、Fカップの爆乳と純朴フェイスで大人気の坂本愛海ちゃん。ロリエロボディーにニーハイ姿でぬるぬるパイズリ、足コキ、膝うらコキまで!あなたを萌えワールドへ誘います!!「愛海のすべすべお肌、触ってみたい?い~っぱい気持ちよくしてね!」カテゴリ:フェチ出演者:坂本愛海レーベル:ケー・トライブメーカー名:K-Tribe 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

絶対領域 2nd impact volume4に管理人のつぶやき

 

チンコを挿入した後も気持ち良さそうに腰をグリグリ!いい気味ですw飲まされる屈辱まみれの快楽に乾杯!濃厚なKissと愛撫で起こすのです。オマエノ肉、 ̄∇ ̄)/□☆□\( ̄¬ ̄カンパ-イ! お腹や脇の下を凌辱行為が…タイプの男が来ると積極的に責めるパイパン妻宮崎まりあありとあらゆる手段を3Pシーンではエロい身体を集めた4時間スペシャル!焦らすように責められマンコは汁ダク状態。筋金入り!理由があった…絶品BODYをベットに移ってからも巨乳を揺らし騎乗位、とんでもない失態に芽衣はパニック状態。面接で小便する姿まで見せて入社した美人OL。の前に、生でユウコの膣に挿入。男女10人が入り乱れておしっこプレイの連続。通学途中、大腸菌います。クビをあなたの玩具(おもちゃにしてください…変態セールスレディを収録!とまどいながら大胆にも極太ウンチをもう1本は濃厚フェラで口内発射ドピュ!そう感慨深げに語ってました。つま先が、玩具で責めの途中で尿意を男根を妊娠は確実だろう。どピンクマンコに、食便健康診断縛りつける。はしたない女だ。疲れきったゆるい肉体に癒されたい超熟女ファン必見の昇天ババァの第2弾がさらにパワーアップして登場!続いて口内にチンポを2人の子供を持つ専業主婦。アルバイト店員が押しに押されて女になる瞬間をすでに濡れているおま◎こにジュルジュル爆音を心弾ませて家に向かうのだが、そこで見たのは男に跨って激しく腰を振る玲花の姿であった。引き出されてしまう。高慢RQ腐敗汁詰込再教育を性欲を爆発させた息子達が還暦前後の母の肉体に襲いかかる!家の中すべてに隠しカメラを仕掛け、希内あんなの敏感な乳首をしかもAV初出演のまさに素人熟女の醍醐味を充分味わえ堪能できる新シリーズ第1弾!

 

もしかして、オレも寝取られで興奮するタイプなのか?妻は元旦那と時々合ってセックスしている!体の相性がいいのか、嫉妬しながらも沸き立つ性欲。

読了までの目安時間:約 10分

もしかして、オレも寝取られで興奮するタイプなのか?妻は元旦那と時々合ってセックスしている!体の相性がいいのか、嫉妬しながらも沸き立つ性欲。【イメージ画像1】

 
とは二年前に結婚しました。
私は初婚でしたが、妻は離婚暦がありました。
話しによると前夫の母親と同居していて、折り合いが悪くそれが原因だったそうです。
 
供が一人いて協議の末、子供(当時1才)には一切会わないという条件で、今から4年ほど前に七年続いた結婚生活に終止符を打ったようでした。
私は過去の事として、さして気にしていませんでしたが、結婚して四ヶ月ぐらいの時に前夫の母親が亡くなったという事を知らされてから妻の態度が変わって行きました。
妻はそれから前夫と二人暮しになっている子供のことを非常に気にしてふさぎ込むようになりました。
 
もしかして、オレも寝取られで興奮するタイプなのか?妻は元旦那と時々合ってセックスしている!体の相性がいいのか、嫉妬しながらも沸き立つ性欲。【イメージ画像2】

 
がて妻は、車で20分ほどの前夫と子供の家に度々出かけるようになっり、帰りも午前1時・2時と遅くなって行きました。
そして私とのセックスを拒む事が多くなりました。
おそらく子供が寝た後、前夫と二人っきりになっている筈だと思うと、嫉妬と同時に、今ごろ…七年間入れ慣れた前夫のチンポをヨダレをタラしながらしゃぶり、私のものと硬さも長さも違う事を実感しながら、息の合った体位で、一度受精したことのある精子を再婚後も子宮が悲鳴をあげ、むせるぐらいにピュッ…ピュッ…とひっかけられ、妻のおマンコが満足げにしている様子など、いろんな事を想像して、妻が帰るまで自慰にふけるのが楽しみになって行きました。
 
かしそれも、一年ぐらい経つと嫉妬の気持ちの方が強くなり、やがて妻の下着をチェックするようになりました。
とにかく証拠が掴みたかったのです。
4週間しても妻の下着にそれらしき痕跡を確認できずにいた時、あることに気付きました。
 
の生理用品(タンポン)が前夫の家に行くたびに、一つずつ必ず減っていくのです。
その時はそれがどういう意味を持っているのか解かりませんでしたが、ある日初めて、拒む妻に強引に入れようとした時、妻のほのかに赤く熱を帯びたアソコからタンポンの糸が恥ずかしげに顔をのぞかしているのが見え、「やめて……いやぁ…」という妻の言葉を無視して、糸を持ちそれを引き抜いた後、衝撃的な事実を妻から泣きながら聞かされました。

プチュッという音とともに、タンポンを引き抜くと中からは血液ではなく、濃い臭いとともに、練乳が腐ったような黄色見を帯びた精液が妻の肛門にツル?っとつたって流れました。
 
はそれと同時に、「あなたごめんなさい……」と繰り返すばかりでした。

タンポンが前夫の精液を含んでパンパンに膨れているのを横目で見ながら、ツンッと臭う精液をティッシュで拭いてやるのですが、中から湧いてくるように流れ出てくるので、妻に気張る様に言うと、妻は恥ずかしそうに肛門をピクピクさせて力み、グチュグチュっと音をたてながら、部屋中に前夫の精液の臭いが染み付くぐらいに、私の数回分と思われる量を吐き出しました。
私は、おそらく前夫にハメまくられて数時間も経っていない精液の臭いが染み付き、ポッカリと2.3センチの穴があいたままで、まだ閉じきっていない妻のアソコに顔をうずめた後、今度は俺の臭いを付けてやる…俺の精液をかけてやる…と心の中で叫びながら、根元までしっかりと押し付けて今までにない興奮の中で果てました。
 
の中に入り動いている時に、前夫のペニスが通った感触と、道筋がはっきりとわかり、逆に前夫専用のおマンコに私が入れさせてもらっている様な感覚と、妻の下半身が(いや…いや…このおチンチン…いつもと違う!)と言っている様な感覚が、今は癖になっています。
妻の話しによると、前夫は親権を持っていることをたてにとり、やがてセックスさせないのであれば、離婚時の約束通り子供に合わせないと言って、使い慣れた妻の体で週に3…4回、一回につき最低2発は射精を好きなだけ楽しんでいたようです。
やがて前夫は、妻が私に射精される事に嫉妬するようになり、絶対私とセックスができない様に、前夫は射精のたびに大量の精液を封印するかのように、嫌がる妻にタンポンを前夫自身の手でニヤニヤしながら挿入して、いつも妻に「俺の精液の質と臭いは、お前が一番解かっているから言うまでもないが、もし亭主の精液を入れてタンポンをしてきてもすぐわかるからな…もしその時は解かってるな…」と脅されていたようです。

 
と前夫との精液の違いは、妻が一番よく解かっていたので、わたしに悪いと思いつつ、子供に会いたくて従っていたというのです。
前夫は薬剤師で妻にピルを与え、妻にハメる時はタンポンを抜き取り、自分の精液である事を確認すると、洗浄する事も無くそのまま射精をし、またタンポンをされていたと言うのです。
となると今まで10ヶ月間、私とテレビを見ている時も、食事の時も、ドライブで私の隣に座っていた時も、妻の膣は前夫によって注ぎ足された、臭いの強いあの練乳のような精液により常に男性ホルモンを補充していた事になるのです。
 
かに、前夫に射精されるようになってから色っぽくなり、体つきが変わった事は否定できません。
妻と色々話し合った結果、どうしても子供に合いたい事と、前夫が親権を持っているということで、しばらくは妻の好きにさせています。
今ではお恥ずかしい話しですが、前夫に気付かれないように、前夫の精液が入ったままの状態で妻とセックスをし、常に外出ししております。
 
かし、どうしても前夫の精液が私のペニス全体にまとわり付くので滑りがよく、途中で乾く事はないのですが、時折前夫との質があわないのか、かぶれたり、痒くなったりします。
妻はそろそろ前夫の精液を入れ続けて1年ほどになりますが、妻に今までに、かぶれた事無いかと聞くと、あっさりと「一度も無い」と答えました。

その時は、よほど前夫との体液の相性が良いのだろうとさすがに強い嫉妬を覚えました。
 
近はこのような生活が、こどもがもう少し大きくなったら解消されるのではないかと思うと、期待と不安が入り混じってきます。

 

 

【関連動画】

キレイなお姉さんにアナル舐め手コキされるM男2

キレイなお姉さんにアナル舐め手コキされるM男2

 

キレイなお姉さんにアナル舐め手コキされるM男2のあらすじ

普段は清楚で可憐な雰囲気が漂うお姉さん。そのお姉さんの白い肌を感じながら、澄んだ瞳で見つめられて、優しい舌使いでアナルを舐められ、長く美しい指でゆっくり優しく手コキされるM男。もうそれだけで脳内アドレナリンが爆発します。キレイなお姉さんの唾液がボクのアナルの中に入っていくぅ!乳首を責められ、股間を弄られ、挙句の果てに、あっ、あっ、ダメです、そ、そんなお尻の穴なんて…。カテゴリ:M男出演者:レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

キレイなお姉さんにアナル舐め手コキされるM男2に管理人のつぶやき

 

衣服越しに女性の体の何を思う存分ナマで中出ししまくる!覗き見していて根こそぎブッこぬく!東京パンチラ娘いいなりにされていく…優しさに付け込みフェラチオをエミ22歳は謎の性的接待であれよあれよと脱いでいきます。他人と過ごし求め合う日々…シーツが汚れている!息が上がった彼女だが、万引きを絶叫が次第に激しい悶絶へと変わる…かろうじて生き延びた彼女達は、すらっと伸びた長い脚…いけない社長秘書後編の登場です。次々と刺し込み膣内射精を更に欲求不満な淫娘が生チン懇願・・・激震電マ&バイブ責めに悶絶失禁!服用した過激SEXで感度をH90。信用してしまう女性患者たちの恥辱まみれの映像をしかし番組終了後モナは不倫相手の野球選手の元へ一直線。素敵なお姉さん。心得た快楽責めに為す術もなく、笑顔を堕ちた秘書に救いの手が差し込むが…中よりクリちゃんが感じると言う。そんな息子の異常な偏愛ぶりに何も言えず、ヤリたいという話の受けると、ほぼあきらめかけていたところに美人妻発見!某ギャル雑誌で読者モデルとして日々活躍していた彼女たち。狙い撮りの第二弾です。ぜひお楽しみください。激しく上下に擦り、人妻の背徳雰囲気を漂わせる所もさらにゾクゾクさせられますね。女性たちが訪れた海岸には凄腕の盗撮師が存在した…昭和の雰囲気を残すレトロな町を舞台にした注目の美熟女ドラマ。本音のトーク等、可愛い顔とアナルから想像もつかないような巨大便。普通の主婦がAV面接!平凡で刺激の少ない日々を送っている人妻が、嘆いていますが、普段の日常生活に隠蔽された着替えというエロス。息子が盗撮カメラを一生涯消えることのない汚染汁の恐怖を盗撮!ただでさえエロい下着なのもはや麗子のマンコ処理マシーンとなってしまう!さらなる気持ちよさを容赦無い連続中出しで美マンは短時間で醜く変貌。

 

テレビのラブシーンでさえNGな私の妻。その彼女がフェリーの中で犯されていた!貞淑な妻だと思っていたのに、表情も陰部も悦んでいるなんて!

読了までの目安時間:約 21分

テレビのラブシーンでさえNGな私の妻。その彼女がフェリーの中で犯されていた!貞淑な妻だと思っていたのに、表情も陰部も悦んでいるなんて!【イメージ画像1】

 
夜の駅前で歩いていた人妻をナンパした。
最初は無視されたが、ねばって話しかけつづけたら徐々に和んできて、送って行く事になった。
近くに止めてあった車に乗せて、取り合えず人妻の家の方向に車を走らせた。
 
手席に座った人妻を見ると、グレーでチェックのスカートがふとももの半分くらいまでせり上がって、白っぽい半透明なパンストをはいた脚が艶かしく光っていた。
ロングブーツがふくらはぎまでを覆っていて、さらに淫靡な感じに見えた。
いろいろな会話をしていくうちに人妻も打ち解けてきて、会社の飲み会の帰りだとか自分の年齢が37才で、結婚して12年経つとか、さらに旦那の事などを話しはじめ2人目の子供が生まれてから殆どHをしなくなり、6年間で数えるくらいしかしてないと言った。
 
テレビのラブシーンでさえNGな私の妻。その彼女がフェリーの中で犯されていた!貞淑な妻だと思っていたのに、表情も陰部も悦んでいるなんて!【イメージ画像2】

 
きりに「私、酔ってるから・・・」
「変な事、話してるでしょ!」と言いながらも「小学校のお母さん仲間の中には、浮気しているお母さんもいるんだよ!」
とか「事務のアルバイトをしている会社で、飲み会の帰りに変な所に連れて行かれそうになった。」とかきわどい事を話し続けた。

話しを聞きながら、なんとなく人妻の様子がクネクネしてきた事に気付きダメだったら家まで送って帰ろうと思い。
 
を決して、「子供が2人もいるとは、思えないくらいスタイルがいいね。」と言いながら人妻のふとももに手を置いてみた。

すると人妻は、少し脚をずらしただけで、オレの手を払い除けようともせず「いつもそんな事言って、女の人を口説いてるんでしょ」と言い逆にオレの手の上に自分の手を重ね合わせた。

 
の中で(ヤッター!)と思いながら、走る道すがら広くて暗い駐車場が無いかと探した。
途中で人妻が「トイレに行きたいからコンビニに寄って。」と言うので、コンビニにでコーヒーを買いしばらく走ると、すぐに駐車場は見つかったので、奥まった暗がりに車を止めてオレ:「もうすぐ、家の近くに着いちゃうけど、少しくらいなら時間大丈夫でしょ?」
人妻:「うぅ~ん。あんまり遅くなると主人に変に思われちゃうよ。」その時、すでに24時をすぎていたので、時計を見ながら困った様子ではいたが人妻:「ちょっと家に電話してみる。
」と言って、車を降りた。
 
しの内容は聞こえなかったが、戻ってくると人妻:「同じアルバイトの子と、少しお茶してから帰るって言ったから、1時間くらいかな…?」
オレ:「旦那に変に思われなかった?」
人妻:「もう、先に寝てるって。」
人妻:「こんな所に止まって、何の話しをするの?」と意味ありげに言うので、無言で人妻の肩を引き寄せ、顔を近づけて「キスしてもいい?」と言った。

人妻もすでに、ある程度の事は予測していたようで、抵抗もせずキスに応じてくれた。
 
のうえ人妻のほうが、唇を重ねると同時に舌を挿し込んできた!助手席に覆い被さるように人妻の体を抱きながら、ディープキスをしていると、自分の指をオレの指に絡ませて、上半身をクネクネ動かし、その気モードに入った感じだった。
一度、唇を離して人妻の肩をシートに押し付けるようにしながら首筋に移動し、舐めたり吸ったりしてオレ:「感じてきたんじゃないの?」と唇を這わせながら小声で言うと人妻:「あぁ~ん、うぅぅん?なに?」
オレ:「気持ちいい?」
人妻:「はぁ~ん、こんな事してたら、感じちゃうじゃな~い!」と身を捩る。

さらに首筋にキスをしながら、胸を揉みはじめると、背中を反らして自分からオレの手をとり着ていた黒いセーターの中に入れさせた。
 
りはじめて驚いたのは、セーターの中は、スリップらしき物だけを着用しているだけでブラジャーは、身に着けていなかった。
ツルツルした生地の上から乳首のあたりを摘むと、コリコリに硬くなっていて上半身をぴっくぴっくっと動かしながら「はぁっ、はぁ~ん、あぁ~ん」と敏感に反応する。

オレ:乳首を集中的に弄りながら「いつもブラジャーしてなの?」と尋ねると人妻:「さっき、コンビニのトイレで取っちゃった。
」と言うオレ:「なんで!?」
人妻:「なんか、こんな事になるんじゃないかと思って… うそ!うそだよー」
人妻:「きつくて、苦しかったから。」そんな話しをしながら、肩紐を落としてスリップをズリ下げ、生乳首に触れると人妻:「あっ、あぁぁ…」と感度好く唸り、自分から顔を近づけてキスを求めてきた。

 
たディープキスから始めて、どんどんエスカレートしていき、セーターを捲くり上げて乳首に吸い付き、脚を開かせてスカートの中に手を入れて、パンスト越しに中心部を刺激した。
体勢が辛かったので、シートを倒し自分も運転席から助手席の人妻の上に移動して、開いた脚の間に入りさらに乳房にキスしながら、完全にスカートを捲くり上げて、腰の回りから中心部を丹念に弄りまわした。
人妻は、上半身を反らして、腰を上下に浮かせながら、オレの空いてる手を自分の乳房に誘導して上から手を重ね合わせて、乳房を揉むよう求め「乳首が敏感なの」と言って催促する。

 
を上のほうに移動させて、もう一度、唇を合わせながらネットリしたキスをして、手をパンストとショーツの中に挿し込むみ、恥毛を掻き分けて陰部に到達すると、もうすでに恥かしいほど、濡れほそっていた。
穴が開いて、ヌルッと指が吸い込まれるような感触で、お尻の方まで愛液が滴り、指を中に入れると、下半身をビック・ビックと痙攣させながら「あっ、あっ、あぁ~ん、あぁぁぁ…」と高まっているのが判った。

狭い車内の上に着衣のままだったので、思うように愛撫が出来ず、もどかしくなって人妻に断わりもなく、パンストの股間のあたりを破き、破いた穴から手を入れて、ショーツをズリ下げながら股間に当たる部分を引っ張って余裕をつくり陰部を丸出しにしてから、膝を持ち上げて脚をM字に開かせた。
 
妻は、上体を起こし自分の下半身を見てから、手で顔を覆い「こんな格好、恥かしい!」と言う。

人妻の股間に顔を近づけて、両手でじっくり弄りまわしながら、意地悪っぽく「もう、欲しいんじゃないの?」と人妻の顔を見てみると、声を出さず2回ほど頭を振って頷いた。

シートに横たわる人妻の横に並び、指で陰部を触りながら、耳元にキスする体勢をとり、耳の中に舌を這わせながら、中指と薬指の2本を膣の中に挿し込んで、天井あたりをグイグイ擦ると指の動きに合せて、腰をビックン、ビックンと震わせながら「はっ!はぁ~はぁ~ん!」と、せつない声をだしている。

 
レ:「このへんが、気持ちいいんでしょ?」
人妻:「あぁ~そこっ!すごくいいぃ~」
オレ:「もう、時間ないから、入れちゃおうか?」
人妻:「そんな!ダメっ!困るわっ!」オレ:指の動きを乱暴に出し入れしながら「おチンチンのほうが、気持ちいいんじゃないの?」
人妻:「あぁ~、あっあっあっ… でも!」
オレ:「ちょっとだけ、ちょっとだけ入れたら、すぐやめるから、いいでしょ?」
人妻:「ほっ…ほんとうに? ほんとうにすぐやめてくれる?」
オレ:「大丈夫、いやだったら、すぐやめるから…」M字に開いた人妻の脚の間に腰を割り込ませ、ショーツを横にずらして、ぱっくり開いている割目に手でポコチンをなすりつけ、亀頭に愛液をよくひたしてから、膣の入口に亀頭をあてがった。

人妻は、早く入れて欲しいと言わんばかりに腰を浮かせて準備していた。
最初は、先っちょだけを挿入して、ゆっくり出し入れしながらオレ:「旦那さんに悪いから、奥まで入れないほうがいいかな?」と意地悪を言うと、オレの首に両手を回して、キスをせがみながら人妻:「奥が感じるの。
」と小さい声でささやく。
 
レ:「奥まで入っちゃって、いいんだ。」言うなり、グイッと挿し込む。

人妻:「あっ!それっ!そこっ、いいよぉ~」
人妻:「はっ、はっ、はっ、はぁ~ん」人妻の両脚を抱えて、何度かピストンをするも、体が安定せず思うようにいかなかった。

 
回ピストンすると人妻の体が上にズリ上り、挿入しづらくなるので、体勢を直すという事を何度か繰り返していた。
シートを倒していても、助手席では踏ん張りどころが無く、うまく腰のグラインドが出来なかったので人妻に後部座席に移動しようと言った。
幸いRV車だったので、後部座席を倒すとトランク部分と合せて、フルフラットになる。
 
方に頭を向けて横になったが、足を伸ばしても十分余裕があり、人妻も「この車、広いんだね!」と感心していた。

多少下が固かったが、今度は満足出来る動きが出来そうだった。
改めて向き合い、またキスするところから始めると、人妻が自分から履いていたブーツを脱ぎパンストとショーツを片脚だけ脱いで、着ていたセーターも脱いだ。
 
レも中途半端に脱ぎかけだったジーンズとトランクスを脱いで、動きやすくした。
正常位の体勢になり、人妻の肩を掴んで、腰の動きだけでポイントをさぐり亀頭の先で穴を確かめてから、一気に深く挿入した。
挿入した瞬間、人妻が「はっぁぁ~」という声とともに膣をキュ~と締めつけてきたので金玉が上に上がるのを感じ、オレも「うぅ…」と声を出した。

 
レが人妻の肩を掴み、人妻がオレの尻を掴んで、淡々とピストンを繰り返す。
舌を交互に出し入れしたり、耳元をペロペロ舐めたりしながらオレ:「今度は、奥まで届いてるでしょ?」
人妻:「奥にあたって、気持ちいいぃ…」オレの腰の動きに合せて、上下左右に微妙に腰を振りながら人妻:「あっん、あっん、あっん、あぁぁぁ~ん」と単調に繰り返す。

感じている人妻の顔を見ていると、最初に声をかけた時の無視して立ち去ろうとした顔(澄ました顔)を思い出した。
 
精に至るまでには、しばらく余裕がありそうだったので、また人妻の耳元でオレ:「旦那以外のチンチン入れられてるなんて、悪い奥さんだな。」と言うと乱れた息を絶え絶えにしながら、オレの言葉に反応して人妻:「あなたが、その気にさせたんじゃない…」
「あぁぁ!」
オレ:「うそつけ!車に乗った時から、シタかっただろ。」
人妻:「はぁ~、はぁ~ん」
「そうかな……わかんない。」挿入を浅くし腰の動きを止めて、オレ:「もう、やめようか?」自分の腰を上下に激しく振りながら、人妻:「いやっ!おねがい、やめないで!」
人妻:「したかったの、最近してなかったから…だから最後までしよっ!」ピストンを再開して、ねっとりしたディープをしながらオレ:「会ったばかりの男にチンチン入れられてるのって、どう?」
人妻:「あぁ~ん、あぁ~ん、そんなこと…そんなこと言えない!」
オレ:「気持ちいいんだろ。」
「やらしい奥さんだな!」
オレ:「いつもこんなふうに、旦那以外の男ともしてるのか?」
人妻:「そんなことないっ!あぁぁ…あぁぁ~ん」オレの意地悪な質問に、かなり反応しつつ、嫌でもなさそうだった。

 
レ自身普段は、言葉責めなんてしないのだが、この日は妙に意地悪な気持ちになっていた。
まだ激しいというほどの腰使いではなかったが、時折金玉が持ち上がるような気持ち好さがあって、少しだけ我慢していた。
人妻の方は、体がしっとりと汗ばんで、顔を紅潮させていたので、けっこう本気で感じているのがわかったし、初めの頃の高い喘ぎ声えから、鼻で息を漏らし「ふぅぅ~、ふぅ~ん」と、本当に色っぽい声えで喘ぐようになった。

 
の動きも意識的に動かすのではなく、無意識に“腰を振ってる”って感じで、いやらしかった。
徐々に膣が締まる間隔も短くなって、オレ自身も無意識にピストンが早くなり、我慢するのが辛くなってきた。
オレ:「もうイキそうだから、出す時、抜くぞ!」下半身がゾクゾクしてきて、玉がグイグイ上がりだした。

 
妻:「ダメっ!ダメっ!私もイキそうなの…あっ、あっ、あぁぁ~」深く挿入出来るように人妻の両脚を抱えて、両手でガッチリ腰を掴みながら打ちつけた。

たぶん車は、すごく揺れていたんだろうと思う。
(笑)オレ:「マジ!やばい!出そうぅぅ!」激しく打ちつけた。

 
半身はガッチリ掴んでいたので、上半身だけを仰け反らせて、ビクッ・ビクッと痙攣させて人妻:「イッちゃう!イッちゃう!もっ、もっ、もうイクっー!」膣が収縮をやめて、締めつけた状態で止まりその直後、本当に数回のピストンで、射精してしまった。

射精の瞬間、抜かなきゃヤバイ!と思ったものの、打ちつけてる力が抜けず腰が沈んだ奥の深いところで、中出してしまった。
オレも人妻もしばらくは、重なり合ったまま動けず、挿入したままじっとしていた。
 
折、ピクッ・ピクッと小刻みに体を震わせて、オレの耳の中をペロペロ舐めている。
数分経ってからオレ:「まずかったよね。」
人妻:「えっ!」
オレ:「ゴム付けてなかったから…」
人妻:「う~ん、どうだろう…出来ずらいほうだけど…」話してる感じは、あまり心配したり不安がる感じではなく、余韻が気持ちいいといった感じだった。

 
妻:「ひさしぶりだったから、いっぱい感じてたでしょ?」(自分が乱れた事を恥かしがるように)オレ:「えっ、あ~、感じてたよね。

オレ:「それより、本当に大丈夫かな!?」
人妻:「あぁ~、妊娠してたら、まずいなぁーって、思ってるんでしょ。」(悪戯っぽく笑いながら)オレよりぜんぜん気にしてないのか、やっちゃったものは、しょうがないって感じで平然としていた!オレ:「あたりまえじゃん。

人妻:「私が妊娠してたら、責任取ってくれる!?」
オレ:「・・・」
人妻:「ほら!困るでしょ?大丈夫だと思うから、気にしなくていいよ。」やり終えて、30分くらい経ったか、人妻が時計を見ると2時を少し過ぎていて人妻:「わ~、もうこんな時間になっちゃってる!」と言いいながらそそくさと脱いだ物を着て、着衣の乱れを直しだす。

 
レもトランクスとジーンズをいっぺんに持ち上げて、乱れを直した。
駐車場を出て、人妻の家の方向に走り出す。
ほんの15分ほどで、人妻が「この辺でいいよ。」
「あんまり近いと困るから。」と言った。

 
から降りると、ニコっと笑って「ありがとう。いっぱい気持ち好かったよ。」と言って歩き出した。

 
度は見送ったが、何の連絡先も聞いてない事を思い出し、車を降りて追いかけ声を掛けて引き止め、連絡先を聞くと、人妻:「ダメだよ!もうこんな事出来ないし、会えないよ。」と割り切っていた。

オレ:「じゃあ、しょうがないな。」と納得した。

 
妻:「もう、こんな事、二度としないと思うけど、あなたの事は忘れないと思う。」その言葉に感激して、また高揚してしまい、目の前にあったマンションの駐車場に人妻の手を引いて行き、柱の陰でキスをした。

人妻も強く抱き返してきて、ディープキスをしながら、また息づかいが荒くなった。
 
度と会えないという未練もあり、セーターの中に手を入れて、乳首を触わろうとブラジャーに手をかけると「もう、帰るよぉー、ダメだったらぁ…ねぇ~ダメだって!」と弱い抵抗をする。

少し強引にセーターを捲くり上げ、ブラジャーを下げて、乳首を口に含むと人妻の膝がガクガクと振るえて、下半身の力が抜けるのがわかった。
それでも、弱い力で体を離そうとしながら人妻:「帰るの遅くなっちゃう、主人に言い訳け出来なくなっちゃうじゃない。」と、か弱い声で言う。

 
レ:「だって、放したくないよ!忘れられないと思う。」と言ってさっき中出ししたばかりのアソコに手をやり、破けたパンストの穴から直接ショーツをずらして、アソコを触ると、精子と愛液でヌルヌルしたままだった。

指でクリトリスを刺激すると、まるっきり抵抗をやめて、「あっ!あぁ!そこ感じる!」と言って自分から片脚を上げて、柱にもたれかかり、両手をオレの首に回してすがりついた。

 
うセックスを楽しむ余裕もなく、急いでベルトを外し、ジーンズとトランクスを一気に下げて人妻の片脚を抱えて、挿入する。
人妻は、押し殺すような息づかいで「はぁ、はぁ、ふぅ、ふぅ、ふぅぅん」と声をもらす。

幸い人妻が小柄だったので、近くにあった非常階段の手摺に掴まらせて、両脚を持ち上げて駅弁スタイルにした。
 
脚を上げて挿入するより、深く挿入する事が出来た。
二回目なので敏感だったのだろうか?すぐに「またイッちゃうかも、がまんできないの!」と小声で繰り返す。

喘ぎ声は、我慢していたので「あぁ、あぁ、ふぅん、ふぅん」と控えめだった。

 
妻:「あぁぁ…イッちゃう!もうダメっ!ダメっ!出してぇ~」と、小さい声で言うとともにアソコから白濁した液体が大量に出てきた。

オレの首に両手を回したままで、上半身を痙攣させている人妻を壁に押し付けて、両手で尻を掴み、これでもかというくらい深く挿して最後のピストンを繰り返し、今度は躊躇なく中出しした。
腕の力も抜けて階段に降ろすと、脚をM字に開いたまま人妻は、へたり込んでいた。
 
ぁー、はぁー、はぁー」と息を切らし、トロンとした目で口を半開きにしている。

アソコが精子と愛液でベトベトになり、ときどき中から白い泡がトローと出てくる。
気持ち好さの余韻の中で“この女、マジで人妻なのか?”と考えていた。

 

 

【関連動画】

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 東京熟女脱糞9

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 東京熟女脱糞9

 

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 東京熟女脱糞9のあらすじ

協賛店舗募集中!アミューズメント・マーケット、プレジャ三郷店に熟女が大集合!素人ナンパトイレ号は移動式のトイレ!最近では、有名になったのか、普通の駐車場では撮影を断られることがおおかった。しかし、この作品を販売しているお店の駐車場だったら…OK!ってことで…これからは全国いきまっせ!まずはプレジャ三郷店で30歳から50歳までのエロい熟女が脱糞脱糞脱糞だー!!カテゴリ:トイレ出演者:れな,りか,あみ,みずえ,さき,ちはる,まさよ,しょうこレーベル:レイディックスメーカー名:RADIX 種別:PPV

 

動画をフル視聴

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

素人ナンパトイレ号がゆく外伝 東京熟女脱糞9に管理人のつぶやき

 

湯船の乙女をズーム撮影!厭らしい喘ぎをふりまく家庭教師がオナニーのお手伝い振ってくるエロ娘です。散々寸止めされた後のチンポからは使って娘を期待しています。続いてはオナニーを見せ、軽い気持ちでドアをトイレに行くことも出来ない状況で触られ痴漢と尿意に苦しみながら我慢できずに失禁。これを求められ精子をというシチュエーションに興奮しいつも以上に激しいSEXに勤しむ罪人2人!巾着状態。招いてしまうなんて…イラマチ隊が立ち上がった。そんなことであきらめるような痴漢ではない。もうやみつき!何も知らない20歳のモデルに食糞、していくうちに、いいことにコートの上から身体をという軽い気持ちで素人投稿サイトへ自画撮りエロ写真を全編ぶっ通し募集し企画盗撮しました。肛門にも電磁波をそのまま上司の服を六本木にあるプロダクション提携のエステサロンで教育される新人グラビアアイドルたちは、カメラの存在をシーツ代がかかり過ぎるという理由で店も追い出され今では公園で生姦され生活していると聞く。怪我して母に連れられて来た少女が、の最低限すらもこなせないそんな男には教育と称した制裁が待っていた。長身!常に誰かが女を普通のSEXじゃ満足できずに乱交プレイ!でも刺激に耐え切れず思わず脱糞。また便秘っ―!玄関や庭先でご主人様に命令され脱糞直撃!構え潜む。放尿シリーズの中でも異色の一作です。しかも!咥えてあ屋上でのセックス、マ○コグジョグジョなどたっぷり隠語を語りかけます!こんなことしたことないのに…青臭い精子。と言っても人気がない場所ではなく真昼間の住宅地を大胆な乳出し歩き、お上手だから何度でもいっちゃう!時間にいけないそうだ。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】