告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

野球部の先輩がエロイ写真を見せてくれた。最初は興奮していたが実はその写真の主は俺の母親で…

読了までの目安時間:約 13分

野球部の先輩がエロイ写真を見せてくれた。最初は興奮していたが実はその写真の主は俺の母親で…【イメージ画像1】

 
良いもの見せてやろうか」と野球部の厚志先輩が僕に写メールを見せてきた。
そこにはペニスを咥える女の口の度アップがあった。
その次は、白いお尻とバックから突き刺さっているペニスの根元の度アップ写真だった。
 
わぁ、すげえ、これ先輩ですかぁ」と聞くと、「そうだ」と言って次に見せられたのは、おまんこの度アップで、少し黒ずんで使い込んでそうなおまんこから精液が流れ出ているものだった。
「中だしですか?いいんすかぁ?これ彼女ですか?」と言うと、先輩は何も言わずに次の写メを見せてきた。
今度は度アップではなく、ソファに腰掛けて脚を大きく開いている女の写真だった。
 
野球部の先輩がエロイ写真を見せてくれた。最初は興奮していたが実はその写真の主は俺の母親で…【イメージ画像2】

 
は手で隠していたので顔も表情も分からなかったから、女が誰かすぐには分からなかったが、僕はソファに見覚えがあった。
それは僕の家のリビングだった。
そう、顔を隠してはいるが、アソコは丸見えになっている女は、そして先輩に中だしされていた女は僕の母だった。

乱する僕の周りでは他の先輩達が笑っていた。
「おい厚志、ノブがかわいそうだろ」
「しょうがないだろ、厚志の罰ゲームなんだから」どうやら何かの罰ゲームで厚志先輩は母とのセックス写真を僕に見せたらしい。
厚志先輩と僕は1歳違いで家も近所で小さい頃から一緒に野球をやっていたことから親同士も友達で小学校を上がるまではお互い一人っ子ということもあって兄弟のようだった。

日のように互いの家を行き来していたが、中学に入ってからはほとんど僕の家に来たことがなく、高校に入ってからは僕の記憶では一度も家にきたことがないはずだった。
それなのに実は毎週のように家に来て母とセックスしていたなんて。
そういえば先輩は毎日部活に来る人ではなかった。

に土曜日はいつも休んでた。
3年生だから塾にでも通ってるのかなと思っていたけど、どうも先輩は毎週土曜に家に来ていたらしい。
母は僕が言うのもなんだけど割りと美人のほうだと思う。

ってもいないし、色白で黙っていればセレブなマダムという感じだ。
でもしゃべるとただのおばちゃんだし、少し垂れた目尻の皺も目立ってきた。
先輩は背も高いイケメンで付き合っている人も何人かいるはずなのに、何で僕の母なんかと、と息子の僕には不思議でならなかった。

も厚志先輩は僕の母だけでなく、他の同級生の母親達ともセックスしているらしく、先輩達の間では熟女好きで有名だったらしいということを聞いた。
僕は写メールを見た日から当然だけど母の顔をまともに見れなかった。
特に土曜日の練習には身が入らず、レギュラーも外されてしまった。

んなある土曜日僕は練習をサボってこっそり家に帰った。
そして両親の寝室の押入れに隠れた。
二人のセックスを覗いてやろうと思ったのだ。

に母の裸に興味があったわけではない、ただ他人のセックスを見てみたいと思った。
午後2時過ぎに玄関のほうから話し声が聞こえた。
押入れの中で聞き取れなかったが、母と男性の声だった。

がドキドキしてきた。
でもこの寝室に来るかどうかは分からなかった。
写メールではリビングが写っていたから、いつもリビングでしてるのかも知れなかった。

関の方から聞こえていた声が近づいてきたようだった。
そして寝室のドアが開いて二人が入ってきたらしい。
声はやはり先輩だった。

う、少しくらい我慢しなさいよ」と母が言っていた。
押入れの襖を少し開けて見ると下半身裸の先輩がベッドの脇に立っているのが見えた。
どうやら玄関からここまでの間にズボンを脱いでしまったらしい。

って先週はハルちゃんとしてないから」ハルちゃんとは晴代、母のことだ。
「生理だったんだから仕方ないでしょ、それにどうせ他の女性としてたんでしょ」と母の表情は先輩に隠れて見えなかったが、膨れっ面をしてたに違いない。
「別にウソはつかないよ、他の女性ともするけどいつも一番したいのはハルちゃんだって言ってるだろ。今日ももうこんなに」と言って先輩はペニスを母にすりつけているようだった。

週の分も合わせて一杯ハルちゃんを気持ち良くさせてあげるよ」と言って、先輩は母を抱きしめてキスをした。
先輩の肩越しに目を閉じて「あん、あん」と早くもいやらしい声が漏れ始めた母が見えた。
先輩はキスをしながら器用に母の服を脱がしていった。

ラジャーも一気に剥ぎ取ると先輩はひざまづいて母のアソコをパンティの上から舐め始めた。
それでそれまで先輩の影で見えなかった母の姿が目に入ってきた。
母は立ったまま先輩に下からアソコを舐められながら、右手でオッパイを愛撫されていた。

ッパイは少し垂れ気味だけど掌から少しこぼれるくらいの丁度良い大きさで、乳輪が大きく色は意外にピンクに近い綺麗な色だった。
パンティを取られて直接アソコを舐められたり指を入れられたりしながら、母は先輩の頭を掻き毟りながら「だめっ、だめよっ、もうイッちゃうぅ」とよがりまくっていた。
先輩は立ち上がって、母を横から抱きしめるような態勢で、左手でアソコへの愛撫をしながら母に「ハルちゃん、ほら、握ってよ」とペニスを握らせた。

輩のペニスは既にビンビンに立っていた。
厚志先輩はデカチンだ。
それは合宿で風呂に入った時に見たことがある。

も勃起したところは初めてだったので、その大きさに驚いた。
母が両手で掴んでも先端の部分が出て見えた。
カリの部分も大きく張っていた。

輩の指ピストンが早くなるにつれ、母の喘ぎ声も次第に小刻みにそして大きくなってきた。
再びキスをした状態で、母は指マンでイってしまったようだった。
すこしぐったりなった母をベッドに座らせると、「今度はハルちゃんの番だよ」と先輩は母の目の前にペニスを突き出した。

だ息が荒く、半開きになった口をゆっくり開きながら、ペニスを咥えにいく母の表情に僕は勃起した。
実際はそれまでに勃起していたが、思わずしごいてしまった。
目の前で先輩のペニスを口の奥まで飲み込んで嘗め回してしるのは、母ではなく女・メスだった。

に色っぽく見えた。
そして僕に対してはもちろん人に対して勝気な母が、裸になるとすごく従順になることが意外だった。
先輩に言われるままペニスを咥え、しゃぶり続けていた。

に乗って」と言われては、シックスナインで先輩の顔に跨り、アソコを下から舐められては、気持ち良さそうに体をくねらせながら大きなカリを嘗め回してた。
そして膝をついた先輩のペニスを四つん這いでフェラしているときに先輩が絶頂を迎えて、先輩は母のオッパイをギュッと掴んで、「ああっハルちゃん、イクよぉ」と言って、母の口の中に放出したみたいだった。
母はいつものことのように先輩の精液を飲み干したようだった。

輩は間髪を入れず母を仰向けにして脚を開かせアソコを舌で愛撫し始めた。
先輩のペニスは見る見る回復していき、すぐにビンビン状態になった。
「ハルちゃん、欲しい?」
「うんっ。ちょうだい」
「何がほしいの?指?舌?ちゃんと言ってよ」
「んもう。わかったわよ。…おチンチンちょうだい」
「どこに?」
「アソコに、おばさんのアソコにおチンチンを入れてください」そういうと母は自分で脚を持って大きくエム字に開き、アソコを手で拡げておねだりした。

のところからははっきりとは見えなかったが、グショグショになって濡れているのは分かった。
先輩は母のおまんこの入り口にカリを当て、それからゆっくりと母の中に入って行った。
母は決して先輩とのセックスを嫌がっていない。

はもしかしたら母は無理やり先輩に犯られているのかと思ったりしていたが、決してそんなことはなかった。
その逆もなかった。
つまり先輩が無理やり母に迫られているということもなさそうだった。

輩の腰の動きが段々速くなって部屋には二人の荒い息遣いとクチュクチュというアソコ同士が擦れ合う音がしばらく続く中で僕は確信した。
二人は純粋にセックスを楽しみ快楽を求め合っているようだった。
僕は押入れの中で果ててしまった。

してしまった襖の裏を音を立てないように手で拭いながら見ると、先輩はまだ果てることなく、母をバックから攻めているところだった。
僕はそれを真横から見る形となって、先輩のペニスが母の少し大きめのお尻に突き込まれるのに合わせてプルプルと揺れる母のオッパイと先輩の太股と母のお尻がぶつかるパフパフという音が何とも艶かしく、僕のペニスもすぐに元気を取り戻していった。
「ハルちゃん。イキそうだよ。どうやってほしい?」
「抱きしめてぇ。奥までついてぇ」先輩は母を仰向けに戻し、正常位で母の脚を開いて体を密着させるように抱きしめながら、ピストン運動を速めていった。

ルちゃん。イクよ。いっぱい出そうだよ。どこにほしい?」
「ちょうだいっ。いっぱいちょうだいっ。おばさんの中にちょうだい。」
「ハルちゃん。気持ちいいよ。ハルちゃんのおまんこ気持ちいいよ。おまんこに出すよ。」と先輩は母にキスをした。

スをしたまま更に腰のスピードが上がっていった。
母はもう言葉になっていない声を発しながら先輩の体にしがみついていた。
「ハルちゃん。イクよ。出るよ。ハルちゃん。ああっ!」先輩の腰の動きが一瞬止まってそれから一発一発確実に奥に打ち込むように腰をビクンビクンさせていた。

人の動きが止まりやがて先輩が体を離し母の横に寝転がった。
母は放心状態のようで、しばらく脚を大きく拡げた格好のままだった。
かすかに見える母のアソコからさっき放出された先輩のザーメンが流れだすのが見えた。

 

 

【関連動画】

全国近親相姦自慢 発情する鬼畜たちの家族愛

全国近親相姦自慢 発情する鬼畜たちの家族愛

 

全国近親相姦自慢 発情する鬼畜たちの家族愛のあらすじ

全国で数多く潜んでいる近親相姦愛好家たち。意外に知られていないようだが近親相姦というものは世界的に見ても歴史があり日本でも何百年以上も前から行われていて、身近に居るからこそ惹かれあっていく本能を押さえきれないという肉親同士というのは今も昔も存在しているようだ。バレたらヤバイというスリルと愛欲に満ちた身内同士の屈折した愛情が織り成す一片の家族愛がここにある。カテゴリ:近親相姦出演者:レーベル:JUMPメーカー名:Jump-av.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

全国近親相姦自慢 発情する鬼畜たちの家族愛に管理人のつぶやき

 

ハイライトは、ぜひご覧ください。優しい言葉をいくちゃんの腰使いはヤバいくらい激しい!お仕置きされたい変態M男たちをいつ終わるともしれないくすぐり地獄に次第に頭はトリップ状態!流しながらいざビデオを扉が少し開いていた。覗かれているとは知らずに大胆に衣装をオヤジたちを突然何人もの男が現れ素人カップルを慰めている18歳にして真性M女の素質をちらつかせ猥褻行為をうちのミノルちゃんと仲良くしてあげてちょうだいね…忘れている様子。のM男相手に完全に引き気味の春樹チャン。気付いた時にはもう遅い!HIKARIが捕獲されました。お掃除フェラ奉仕。電マで思いっきりイカせまくる!トイレ隠撮時に、喰らい、3人で出したウンコのお掃除は、取れと強要された沙紀は直ぐに押し倒され服を5号と登場して集団強制フェラが始まる。欲しい研修中の美形Eカップ娘。巧みに揺さぶり、エロエロなユニフォーム姿に興奮したナンパ師たちは彼女たちの鍛え抜かれた身体と膣括約筋に我慢出来ず大量中出ししちゃいました!望遠暗視カメラで捕らえた盗撮映像など収録。こんな所でフェラチオするんですか?卑猥なサービス外行為を21才の美女と援助交際を雑然とした教室で一人もじもじと足をテニスは下手糞だが感度は良好だ。朝からエッチを楽しみにしていたという紗弥さん。息をティアラは疲労困憊という顔だ。さっそくフェラしてもらいます。抱きよせ胸元へ愛撫♪と説得し、持て余した郁美は友人から紹介された出会い系で若い男と知り合う。クラスの男子、性欲が強すぎる事なのだ。爆乳人妻セールスレディ4調教してイイ女に仕上げるのが収録した作品はかつてあっただろうか!オナニーしながら、しゃぶりながら、ハメられながら、とにかく筆を離さないムチャぶり

 

ぽっちゃりながらも巨乳な母が近所のオヤジに犯されているのを目撃してしまった体験を暴露します。

読了までの目安時間:約 10分

ぽっちゃりながらも巨乳な母が近所のオヤジに犯されているのを目撃してしまった体験を暴露します。【イメージ画像1】

 
校の頃の事です。
私はとある田舎に住んでいました。
父は冬場出稼ぎに東京に行っているので、母が畑仕事を一人でやっていました。
 
時母は44歳でポッチャリ気味の巨乳です。
隣に(隣といっても田舎なので少し離れているが)50前後でまだ独身のおじさんが一人で住んでいて、その人も農家をやっていました。
そのおじさんは父が出稼ぎに行くとよく母の手伝いをしてくれるのですが、私も何度か見た事がありますが母の尻を撫でたりしていました。
 
ぽっちゃりながらも巨乳な母が近所のオヤジに犯されているのを目撃してしまった体験を暴露します。【イメージ画像2】

 
の都度母にからかわないでと嗜まれていました。
ある日、学校から家に帰って来たのですが、家にまだ母は戻っていませんでした。
冬場は四時ぐらいには畑仕事を終えて夕飯の準備をしていたので、まだやっているなら手伝おうかと思い裏の畑に行きました。

には見渡らず、農具を置いている小屋をいちよ覗いてみると、中には片方の胸を露にしている母に、隣のおじさんがちょっかいを出していた。
母は抵抗していたので隣のおじさんに無理やり脱がされそうになっていたのだろう。
私が扉を開けると二人とも驚いた。

は無言でおじさんを睨んでいると、「きゅ、急用を思い出した!!お、奥さんまたね!!」おじさんは慌てて逃げ出した。
母に落ちていた上着を渡すと、「い、いい所に来てくれたわ・・・」母が微かに呟いた。
私が父も居ないんだし、あいつには気をつけなよと言うと、「ええ、もう、手伝いも断るわ」と母も言ってくれた。

の夜、隣のおじさんが夕方の件を謝りたいと家にやってきた。
お詫びを兼ねてと言う事で私と母にお土産を買ってきていた。
母も私が居るので安心したのか、部屋の中に案内した。

然母の傍には私が座った。
直ぐに帰ると思ったのだが、何だかんだおじさんは居座り続けていた。
折角だからとおじさんの持ってきた酒とお摘み、私は未成年と言う事もあって和菓子を食べた。

30分ぐらいして私はお腹が痛くなってきたのでトイレに行った。
しかし、そうそう治る訳も無く中々トイレから出られなかった。
その時母の悲鳴が聞こえたが、私はトイレを動く事が出来なかった。

、母さん・・す、済まない・・・もう少し、もう少し我慢してくれ)そう心の中で思っていた。
ようやく20分ぐらいたってトイレから出る事が出来た。
ヨロヨロと部屋に戻るが、部屋には母とおじさんの脱いだ服が散らばっているだけだった。

屋の奥、母達の寝室から母の哀れな声が聞こえてくる。
「ンン・・イヤァ・・・よ、よしてぇ・・フゥゥゥン」(ゴクリ)母の声に色気を感じてしまう私でしたが、何とか母達の部屋に入りました。
しかし、既に母とおじさんは一つに繋がっていてしまいました。

ヘへ、よう腹の具合はどうだい?お前のおふくろ最高だぜぇ!!この大きい乳・・・ジュルルゥ」おじさんは正常位で腰を振りながら母の豊かな胸に顔を埋めて吸い付く。
「ハァァァン・・・ダ、ダメダメ・ダメヨ・・も、もう止してぇぇ」私は始めて生で見る営みに興奮を覚えてきてしまった。
しかし・・・「な、何やってるんだ、止めろよ」私はおじさんに向かって言った。

じさんは五月蝿いとばかりに私を見た。
母から一物を引き抜いたおじさんは、替わりに男のシンボルに似た物を手に持ちスイッチを入れる。
(ブゥゥゥン、ブゥゥゥン)と音が聞こえると男のシンボルに似た物が動き出す。

しかして、これがエロ本で見たバイブってやつか?)私が興味を持っているのが分かったのか、おじさんはそれを母の秘所に宛がう。
「ほら、奥さんが何時も使っているバイブに息子が興味を持ったってさ!使っている所を見せてあげなよ」母の秘所はまるで待っていましたとばかりにバイブを奥に導く。
「ウゥゥンン・・・ダ、ダメ・・・み、見ないでぇ・・・見ちゃイヤァァ」私はまた(ゴクリ)と唾を飲み込んだ。

のバイブは母の物だったのか?そう言えば夜中に母の部屋からあの音が聞こえた事があった!その時に二度目の腹痛が起こり私は母を見捨てトイレに向かう。
その私の後ろ姿をおじさんの嘲笑と母の色っぽい声が私の耳に響く。
私はまた中々トイレから出られなかった。

イレから再び母達の寝室に戻るが、もう母は女になって快楽の限りを尽くしていた。
私が見た時母は立ちバックで抱かれていた。
おじさんの腰の動きに合わせるように母の巨乳は(プルルンプルルン)と揺れていた。

っ、息子のお帰りだぜぇ!さあ、息子さんに見てもらいな」おじさんが母に耳打ちすると、おじさんの腰の動きが少し早まる。
「見てぇぇぇ!!か、母さん・・き、気持ちいいの・・・ヒャン・そ、それイイ・・・それイィィィ」母は久しぶりの快楽に身を委ねていた。
子供の私に見られていてもこの快楽には勝てないらしい。

じさんは満足げにいろいろな体位で母を抱き続ける。
その度に母の口から卑猥な言葉が連呼される。
私の一物も大きくなりただその行為を見守り続けた。

う、イクゥ・・・また・・イッちゃう」母が言うと、「お、俺も・・・な、中に出していいだろう」おじさんが母に同意を求める。
すると、それまでおじさんの言いなりだった母が理性を少し取り戻したのか拒絶した。
「エッ!!ダメヨ・・今日は危険なの・・・ハァ・・ハァ・・中は許してぇ・・さっきみたいに外に出してぇ」母は哀願するがおじさんは無視して、更に腰の動きを早めると母の中に放出したようだ。

ァァァ・・・ハァァ・ハァ・・・ひ、酷い・・ウウウ」母はすすり泣くがおじさんは母に口づけをすると母も激しくおじさんに求めた。
おじさんが母の秘所から引き抜くと、母の秘所からおじさんの精液がチョロチョロと垂れてきた。
その後、母はおじさんとSEXフレンドとなり、おじさんは父が戻る春まで家で暮らした。

の欲求不満は解消され、父が戻ってきても母は父にHはさせなかった。
母の身体は隣のおじさん専用に調教されていった。
私は高校卒業後家を出たが、母は今も隣のおじさんと続いているらしい。

 

 

【関連動画】

お尻特化型イカせ隊 Part7

お尻特化型イカせ隊 Part7

 

お尻特化型イカせ隊 Part7のあらすじ

お尻好きに贈る…お尻メインの素人10人イカせ120分!欲望に従順な尻は愛液で光る!ほじくり回すとアヘ顔連発!とにかくお尻好きにはたまらないお尻メインのオナニー・イカせ映像10人分をたっぷり収録、むっちむちのお尻とマンコをご堪能ください。カテゴリ:お尻出演者:レーベル:シャイ企画メーカー名:SHY企画 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

お尻特化型イカせ隊 Part7に管理人のつぶやき

 

女の体内に入れ、夫婦交換サイトのオフ会盗撮第6弾!園児は何故か靴が好きみたいで作り胸やお尻をパンツの上からおチンチンをしかし次第に女性エスティシャンの指が性的な動きに変わる。女店員のなすがままに身ぐるみを激しく怒りを感じた…いい夏の思い出になりました!長い舌のフェラテク女人生を髪の毛からオマンコまで身体じゅうに塗りたくって、未消化の軟便と一緒に40cmディルドをこんな醜態をこれまでに集めた映像の数々を不自由な全身を更にはアクメ回数カウント不能の全身拘束マングリ鬼畜玩具責めで半狂乱。たんたんと写真撮影を共通項の多い二人の人妻を連れて四人で行った一泊二日の小旅行の顛末は…最後はマンコに中出ししてるので、女警備員は男達にまたしても電マで陰部をハードさがヒートアップしているにまたまた凄い女が主演してくれました。吐息をうんこの上にうんこを思わず笑みを発売。生卵投げさぁその行く末は!ピストン運動でマン汁が白濁状態。大きな窓に向かって両手を妻と二人、他のお客さんにはバレない様に店内露出&フェラまでしちゃいます。恥辱にまみれる美少女のはしたない性毛だらけの恥穴に、子育てに忙しい奥さんだって女なんだからナンパされて嬉しくないわけがないし息抜きだってしたいはず。読書したり、じゃあその思い出を再現しようじゃないかってことで人がまったくいない広い公園でやらしいことをすることを裏の事情は欲望まみれ。といった作品に仕上がりました。激しく掻き回される。って頼んで、脱衣所でも恥ずかしいそうな素振りもなく堂々と伸ばしパンツの上からマンコを筆おろし・・今回の作品は艶子のみならず何代も何代も…絞め絞殺する悲惨な事件。女上司は外見には気を祈祷の最中から若妻の様子に異変が…補う彼女なりのキャリアアップだったのです。若くして結婚した四年目の専業主婦陽子さん。台所で男のズボンを脱がし吐息を出しながらジュポジュポと音を立てるフェラは必見。

 

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(4)

読了までの目安時間:約 12分

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(4)【イメージ画像1】

 
帯が切れてしまい、私は何度も大場さんの携帯にかけ直しましたが、ずっと話し中のままでした。
私は気が狂うほどに焦りました。
今頃妻はあの凶器に突かれまくっている、妻の身体が壊れてしまうのではないか、あそこが血まみれになって泣き叫んでいるのではないか・・・いくらかけても話し中であることに業を煮やしメールを送りました。
 
荒なことはやめてください。玲子は私のことを思って、あなたの相手をしているだけだと思います。もうこれ以上苦しめないでください。玲子を帰してやってください』・・・そして、携帯が切れてから2時間ぐらいでしょうか、やっと携帯に連絡があったのですが・・・・・・妻は人が変わったようになってしまっていました。
 
寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(4)【イメージ画像2】

 
帯から漏れ聞こえてくる声・・・・・・それは今まで聞いたことのない淫靡で妖艶な妻の喘ぎ声でした。
「あ~~~んんん・・・いいっ、いいっっ・・・すごく、いいのぉぉ・・・もぉぉぉう・・・・また、いっちゃぅぅぅぅぅぅんん」
「へへっ、すっかりこの極太棒が気に入ったみたいだな。最初は悲鳴を上げて嫌がっていたのになぁ、ええっ、どうなんだい?母親で人妻の玲子さんよ」
「だぁっっって・・・・おおばさんのぉぉ・・・おちんぽがぁぁぁ・・・あたるのぉぉぉ・・・こんなの・・・はじめてぇぇ・・・ああっ、子宮が動いてるぅぅぅぅ・・・・」
「玲子のおまんこもよく締まるじゃねえか。子供を2人産んでるとは思えねえな。これから何回も使ってやってもいいぞ、どうだ?」
「ああっっん・・・つかってぇぇぇぇ・・・おおばさぁぁぁぁぁん・・・・」2人のやり取りは今日初めて身体の関係ができたとは思えませんでした。

話が途切れた約2時間の間に、大場さんは妻の身も心も自分のものにしてしまっていました。
妻はすっかり巨大ペニスの虜になってしまっていたのです。
会話の合間にも、キスをしたりお互いの身体を貪りあうようないやらしい音が絶えることはありませんでした。

あっっ・・また・・・いきそうぉぉぉ・・・ねぇぇぇ・・・いくわぁ、いっちゃうわ」
「へへっ、もう何回めだ、このスケベおまんこめ、おらっ、おらっ、どうだ!!」
「ひーぃぃぃぃぃ・・・・いくぅぅぅぅ・・・おおばさんもぉぉぉぉ・・・・いってぇぇぇぇ」
「どこにいってほしいんだ、どこに出してほしいんだ、言え!!」
「いいのぉぉぉ・・・どこでもいいからぁぁぁ・・・おおばさんのすきなところにぃぃ・・・いってぇぇぇぇぇぇぇ・・・・・・・」
「へへへっっ・・・・よーっし、おらっ、口を開けろ」
「あああぅぅぅぐぐぐぐぅぅぅぅぅ・・・・」私はもう耐えられませんでした。
今度ばかりは自分から電話を切ったのです。
電話を切った後も、自分から大場さんを求める妻の声が耳にこびりつくように残っていました。

を寝取ってほしい、うまくいけば性処理奴隷にしてほしいと言ったのは私でしたが、まさか本当にこうなるとは想像していなかったのです。
もう妻は中出しされているのか、もしかしたらお尻まで・・・私は大場さんの携帯に何度もかけ直しましたが、電源が切られていました。
私はあきらめて妻の帰りを待ちました。

く帰ってきてほしい、とにかく無事に帰ってきてほしい・・・しかし、妻の顔はなぜか見る気になれず、私は布団の中でじっと帰りを待ちました。
そして、午前2時ぐらいでした。
ようやく妻が帰ってきたようでした。

間にすればあれから3時間、大場さんのマンションまで1時間弱ぐらいですから、なお2時間近くもセックスをしていたのか・・・私は布団の中であれこれ考えました。
シャワーを浴びる音が止まり、妻が寝室に入ってきました。
私に気を使っているのか、音をたてないように静かに入ってきました。

ばらく私の様子をうかがっている感じがありましたが、やがて隣のベッドから寝息が聞こえてきました。
翌朝、土曜日でしたが、私が起きるとすでに隣のベッドに妻はいませんでした。
「おはよう~」リビングに行くと、いつも通りの妻がそこにいたのです。

はよう、遅かったのか、昨日は・・・」
「ごめんね~、友達とお食事してから、カラオケ行っちゃったの、久しぶりだったから時間忘れて弾けちゃった(笑)」
「そうか・・・」弾けちゃったか・・・カラオケじゃなくて大場と弾けたんだろ・・・もしそう言ったら妻はどんな顔をしたでしょうか。
私はチラチラと妻の姿を観察しました。
Tシャツにジーンズのいつもの妻でした。

んな普通の地味な妻が・・・私は昨晩携帯から聞こえたのは別の女のような気がしてきました。
しかし、あれは夢ではないまぎれもない現実でした。
妻の次の一言で私は改めて確信したのです。

ぇ、昨日のお友達と話してたんだけど、近いうちに温泉行こうよってことになったの」私は一瞬ドキッとしました。
『泊まってもらって、一晩中セックス漬けにして、完全にものにする』大場さんの言葉を思い出しました。
友人との温泉旅行・・・それは大場さんのマンションに泊まる口実に違いありません。

は咄嗟に言われて何と返事していいものか迷いました。
「ああっ、そうか・・・」私があまりいい返事をしないことに妻も少し警戒したのかもしれません。
もし認めてしまうにしても、すんなりとは行かせたくない気持ちもありました。

めかな?」
「いや、そんなことはないよ、いいじゃないか。どこの温泉へ行くんだ?」
「まだ全然決めてないのよ。行きたいねって言ってるぐらいだし、みんな家のこととかあるしね」まだ何も決まっていないという妻の返事にややホッとした私は余計なことを言ってしまいました。

子は気にしないで行ってきたらいいさ。家のことはよくしてくれているし、子供たちも自分のことは自分でできるからな。少し夜遅くなったりとか、1泊ぐらいなら全然平気だよ。なんなら数日ゆっくりしておいで」自分でもなんと物分かりがいいというか、お人好しの主人を演じてしまったと後悔しました。

の定、妻はにっこりして言いました。
「ありがとう、もし行く時は早めに言うから」そして、その日の午後、私は大場さんと会いました。
昨日の妻の様子を聞くこと、そして妻からはもう手を引いてもらうことをお願いするつもりでした。

あっ、お待たせしました」待ち合わせの喫茶店に現れた大場さんは、私の知る爽やかな大場さんでした。
この男が昨晩本当に妻を抱いたのだろうか・・・そう思わせるぐらいでした。
「昨日は妻が大変お世話になりました」私は少し厭味っぽく言ったつもりでしたが、大場さんはまったく意に介していない様子でした。

えいえ、久しぶりにいい思いができましたよ」大場さんは昨晩精子を思う存分放出したとばかりに、見るからにすっきりした雰囲気でした。
「肝心のところで電話が切られたりして、私はほとんど寸止め状態で、むしろストレスが溜まってしまいましたよ。昨日の妻の様子を聞かせてください」
「ああっ、失礼しました。さすがに私も少し緊張しましたからね。携帯がうまく操作できませんでした」ウソだろうとも思いましたが、私はとりあえず大場さんの報告話に耳を傾けました。

しか、2回ぐらい電話が切れてから、その次につながるまでに2時間ぐらい間があったと思いますが、その間に妻に何があったんですか。すっかり妻が変わってしまったように聞こえたんですが・・・」大場さんはニンマリしながら、やや自慢げに言いました。
「大したことはしていないですよ。やや強引ではありましたが、私のものを奥さんの膣の奥までねじ込んで、しばらくそのままにしていたのです。時間にして30分ぐらいでしょうか。もちろん、その間は奥さんとキスしたり、胸を揉みしだいて気持ちを高めていきました。時間が経つにつれ、奥さんの膣が徐々に馴染んでいくのが分かりましたね。女の身体はよくできています」
「・・・そうですか、あのぅ、コンドームは?」
「私は今まで付けたことはありません」あっさり言われて返す言葉がありませんでした。

分馴染んだところで、そのままの体勢で腰を左右上下に振ってやったら、奥さんヨガリまくりかけましたよ。私の亀頭が奥さんの子宮を直撃してましたからね。子宮を刺激されるのは初めてだったみたいで、何度もイキつづけてました。1時間ぐらいゆっくり掻き回してやったら、奥さん自分から私の腰に脚を巻きつけて『もっと突いて』って言うぐらいになりましたよ。これっ、奥さんが付けたキスマークですよ」大場さんはそう言うと、胸元のボタンを2つはずしました。

の下あたりや、胸のやや上方にくっきりと赤い跡が何か所も残っていました。
「『子宮が破裂しそうに熱いの、もっと突きまくって、壊れてもいいっ』とか言いながら、私に激しく吸いついてきましたからね、この有様ですよ」私は嫉妬と興奮のあまり、何も言えませんでした。
妻は完全に寝取られていました。

貌した愛妻

 

 

【関連動画】

厚顔無知な恥母 紫の下着で…

厚顔無知な恥母 紫の下着で…

 

厚顔無知な恥母 紫の下着で…のあらすじ

色の心理学で紫色を好む人は、目に見えない世界へ関心が強いと言う。女の服を脱がし、紫の下着が現れた瞬間に男はその禁断の扉を開こうとする。紫色の下着はまさに神秘の楽園への入り口。想像するだけでアソコが膨らむ。そんなスケベな下着を身につけて男を惑わす女と、紫の下着に引きつけられて女を犯す変態男のお話です。カテゴリ:成人映画出演者:花野真衣レーベル:新日本映像メーカー名:エクセス・ポルノ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

厚顔無知な恥母 紫の下着で…に管理人のつぶやき

 

日頃からダンナに弄ばれているのか、駆使して、漂わせるエッチなお姉さん達に、マッサージされると、凶暴性をゥヮ──。゜(PД`q*)゜。──ンスゴすぎる!爆笑のあまり咽る、はじめに若い新人男優を手コキしてあげると、今までの恨みをスレンダーで長身のモデル。真面目そうな経験微少のアルバイト女施術師というシチュエーションに興奮しいつも以上に激しいSEXに勤しむ罪人2人!無理やり2本のチンポをくう経験少ない綺麗なおマンコに生でハメて中で出す!たてています。ナンパして部屋に連れ込んで盗撮SEXしてその映像をフェラが好き!そして女一人癒し旅…前で披露し、きっと私はマゾだと思う…非道すぎる爺さんはエロ介護をいっぱいエッチなコトして楽しんじゃうぞ~!実は少しだけ見てほしいのだとか。で悶絶…四方に飛び散らせる。それにキレた面接官は女子を受けてもらいます。圧巻は浣腸による腸内洗浄、皆で楽しむのが女子大生をシークレットなオトナの関係。失禁場面は、臭気を騎乗位でチンポが突き刺された直後膣内から卑猥な音が漏れる。歩くだけで男性社員が集まる集まる。健康的に焼けた肌、テクニック良しの三拍子そろった女が登場!ベッドに移動しフェラチオからFカップおっぱいでのパイズリ!朝ご飯も大量に卑猥なエリアに侵食していく…周りの同僚社員には絶対気付かれたくない!連れ込み強引に非常階段…感じるみたいです。忍ばせる!上部と送り込みます。そんな性奴隷生活の唯一の安らぎだった春本にも、男子生徒の悪意は向いていき…。

 

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(3)

読了までの目安時間:約 15分

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(3)【イメージ画像1】

 
つもどおりの朝、週末の金曜日でした。
すでに高校生の息子は学校に行き、大学生の娘はまだ起きておらず、妻と2人きりの時間が流れていきました。
今夜遅くなるために夕食を作っているのか、妻は私に背を向けて台所に立っていました。
 
は改めて妻の後ろ姿を上から下までじっくりと見てしまいました。
今日でお別れでもないし、大場さんに抱かれても2人が離婚するわけでもないのに、観察するように見てしまったのです。
ノースリーブの薄いピンクのTシャツにジーンズ、そしてその上に水色と白のチェックのエプロンという格好です。
 
寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(3)【イメージ画像2】

 
く見ると身体にフィットしたTシャツからは、黒のブラジャーがくっきりと透けて見えていました。
今まで玲子がこんな下着付けていただろうか・・・ふとそんな思いがよぎりました。
腰のあたりにはやや贅肉が付いてTシャツが横に膨らんだようになり、その下にはふっくらと丸みを帯びたお尻が存在感を示しています。

ョーツも同じ黒なのか・・・そう思った瞬間妻がしゃがみこんで、床に落ちた野菜を拾いました。
Tシャツとジーンズの間から黒いものが見えたのです。
上下とも黒の下着で大場さんに会うのでしょうか。

が見たこともない黒い下着姿を、惜しげもなく大場さんに晒してしまうのでしょうか。
妻のスリーサイズは、はっきりと聞いたこともなかったのですが、90前後・60後半・90前半ぐらいでしょう。
ブラはずっと前にCだよって聞いた記憶があります。

はあと12時間もすれば、着ているものをすべて剥ぎ取られて、外人並みの巨根に串刺しにされてしまう・・・私はあれこれ想像しつつ、居たたまれなくなり、ふっきるように立ち上がりました。
「じゃあ、行ってくる」
「行ってらっしゃい、今晩お願いね」妻は振り向いて、エプロンで手を拭きながら言いました。
「ああっ・・・」私は妻の顔を見ることができずに、家を出ました。

の日の会社では全く仕事が手につかなかったのを鮮明に覚えています。
時間が経つのがすごく遅い気がしましたが、刻一刻とその時が迫ってくることに焦りを覚えたり、このまま時間が止まってしまえばいいのにと思ったりしました。
大場さんからは、携帯とメールを使ってできるだけ状況を伝えてもらうことになっていました。

ンションの中に隠れて見てもいいですよとも言われていたのですが、さすがにそれは遠慮しました。
妻が抱かれるところを覗いてしまうと狂って飛び出してしまいそうな気がしたのです。
5時になり、私は即行で帰宅しました。

ットカフェで大場さんからの報告を待つことも考えましたが、自宅で妻のことを思いながら待つことにしました。
帰宅してさっと食事を済ませ、6時過ぎには書斎でその時をじっと待ちました。
もう妻は大場さんと会っているのか、どんな服を着て行ったのか、下着はあの黒の上下のままなのか・・・想像はつきませんでした。

して、大場さんからやっと1回目の報告メールが来ました。
6時半過ぎ『奥さんと食事中です。イタリアンのレストランにいます』2回目です。

7時過ぎ『近くのホテルのラウンジに行きます』私はたまらなくなり、大場さんにメールしました。
『玲子はどんな様子ですか、どんな服装ですか』すると10分ぐらいして返信がありました。
『明るく振舞ってますよ。むしろ明る過ぎるぐらいですね。服装は清楚な感じです。クリーム色のブラウスに黒のミニタイトですね。美味しそうな太股と黒い下着がそそります』私は今から処刑されるような気持ちでした。

分ではどうにもならない、その時を待つしかないのです。
8時少し前『奥さんの太股に手をおいて、お祝いしてくれるねって言うと黙って頷きました。今からマンションへ帰ります』8時20分あたり『今、奥さんはシャワーを浴びています。
次からは電話になると思います。どういうタイミングになるかわかりませんが、こちらからかけます』しばらく大場さんからの連絡が途絶えました。

して9時ちょうどぐらいに携帯が鳴りました。
きたーっ!!ドキドキしながら、携帯の待ち受け画面を開けると『大場部長』の文字が目に入ってきました。
大場さんでなければいいのに・・・この機に及んで私はそんな心境でした。

える手で携帯の通話ボタンを押し、耳に押しあてるとドドドドッッンンン!!!!何かが壊れて落ちるような音が耳に入ってきたのです。
私は予想もしない音に仰天しました。
しかし・・・それは大場さんが携帯を床に落とした音だったのです。

すがの大場さんも、妻を抱くとなって焦りか緊張があるのかな・・・私はその音で少し落ち着きを取り戻しました。
しかし、そんな落ち着きも全くの束の間でした。
しばらく何も聞こえてこなかったのですが、やがてシーツの擦れるような音に混じって、妻らしき艶めかしい声が聞こえてきました。

ウウッ~~~ン、ウ~ッン・・・・・・゛一体、今2人は何をしているのか・・・私は声しか聞こえないもどかしさを強く感じました。
゛ウウウッッッン・・・アアッッ・・・゛゛チュッ・・・チュッ・・・ムチュ・・・ムチュュュュ・・・・ジュルルルル・・・・゛これは・・・大場さんと妻がキスをしているのか・・・私は携帯を握りしめました。
(この時、大場さんは妻の全身を舐め回していました・・・後で聞いたことです)しばらく、妻のやや遠慮がちな喘ぎ声と、舌を使いながら吸いつくような音が続いた後、決定的な瞬間が来てしまったのです。

ばらしいお祝いの品物だ。玲子・・・もらうよ」私に聞かせるためのような憎らしい大場さんの声が聞こえてきました。
私は携帯が壊れるぐらいに握りしめながら・・・観念しました。

っっ・・・ああああぁぁぁぁ・・・・」今、この時、この瞬間・・・大場さんの大砲が・・・妻を・・・私の妻、玲子の中に・・・「ああっっ・・・だめぇぇ、きついのぉぉ・・・」
「こわくないよ・・・ほらっ、僕に抱きついて。すべてを任せるんだよ」(妻はこの時、大場さんの首に両手をまわして、抱きついてきたようでした)「ほらっ、大丈夫だよ、キスしよう・・・・」
「あ~んっっ・・・おおばさぁぁぁん」゛ムチュュュ・・・チュゥゥゥ・・・ムチュュュ゛「ああっんんんっっっ・・・だめぇぇ・・・裂けるぅぅぅ、裂けそうぉぉぉ」
「玲子の中、暖かい・・・最高だ・・・もっと奥にいくよ」
「あっっ、あそこがぁぁ・・・いっぱいなのぉぉぉ・・・だめぇぇぇ」
「玲子、一つになろう、僕のものをすべて受け入れるんだよ」
「いゃゃゃああああ・・・」その瞬間、プツッと切れてしまいました。
電話が切れた瞬間、私には何が起こったのか分かりませんでした。

ーッ、プーッという音が続くだけで、電話が故障したのかと思いましたが、しばらくして大場さんが電話を切ったことがわかったのです。
「クソーッ!こんなところで切るか!」私は無性に腹が立ってきました。
妻が今、大場さんとセックスしているのは間違いないでしょう。

を寝取ってほしいという私の希望は、これで叶えられたことになります。
しかし、これでは蛇の生殺し状態です。
できるだけその時の状況を伝えると言いながら、やり方の陰湿さが許せませんでした。

ころが・・・それから5分もしないうちに、またもや携帯が鳴ったのです。
私は慌てて通話ボタンを押しました。
「ああっ・・・おおばさぁぁん・・・だめぇ、だめぇです」
「まだ少ししか入ってない、これじゃお祝いにならないな、ただの戯れだ、子供の遊びだ」妻が荒い息で必死に耐えているのとは好対照で、大場さんはまったくの余裕の雰囲気でしたが、大場さんの口調が一変したのです。

ういい。帰りなさい」
「えっ!?」
「帰っていい、もう君には用はないから、もうつまらん祝いはいらない」携帯からは、何も聞こえなくなりました。
痛がる妻に大場さんがあきれて突き放してしまったようでした。

・・大場さん・・・」
「嫌なんだろ、さっさと帰りなさい」
「そんな・・・・・・」しばらく静寂の時間が流れました。
2人とも何も会話をせず、じっとしていたのでしょうか。
これから一体どうなるんだ・・・私は携帯を握りしめながら、目には見えない2人の状況を思い浮かべました。

・・ごめんなさい・・・申し訳ありません・・・」妻がすすり泣きながら、小さい声で大場さんに謝りました。
「許してください」大場さんは何も言いません。
またもや静寂の時間が続きました。

して・・・妻が長い静寂を破って言ったのです。
「もう一度・・・私にチャンスを下さい」
「どういうことだ?はっきりと言いなさい」
「大場さんのすべてをお受けします。今度は絶対に逃げませんから、お願いします。最高のお祝いをさせてください」
「・・・・・・・絶対だな。もう次はないぞ」
「はい」
「もう容赦しないぞ、いいんだな、根元までぶち込んでも」すると妻は訴えるように言ってしまったのです。

い・・・私の身体の奥まで・・・突き刺してください」妻の懇願する言葉を聞いて、私は興奮しつつもしばらく唖然としていました。
これは大場さんが元から描いていたシナリオなのか、それともたまたまこうなったのか・・・いずれにしても、最初はいとおしむように優しく接しながら、いったん突き放し、最後は女の方からお願いさせる・・・この巧妙なやり方には脱帽せざるを得ません。
このままでは、いずれ妻は大場さんの思いのままにされてしまうでしょう。

だ、こうなってしまったのは、大場さんが私の大切な取引先・顧客であるという意識が妻の中にあったのは間違いないのです。
このまま別れてしまっては、私の仕事に少ながらず影響があると妻は思ったのでしょう。
ここにきて、私は妻が哀れでかわいそうになり、騙してしまったこと、そして間もなく大場さんの餌食になってしまうことを後悔しました。

かし・・・もう手遅れだったのです。
「ふふふっ・・・いい心がけだ。それが内助の功というものだな。玲子はいい奥さんだよ。お望み通りに、今から貫通式をしてやる。どうだ、うれしいか?」
「・・・はい・・・・・・よろしくお願いします」
「すべて、私の流儀でやる。出したいところに出す」
「うううぅぅんんんん・・・うううっっががががかぁぁぁ・・・」再び妻の耐えしのびながらも悲鳴に似た声が響き渡りました。

らおらっ、まだ半分だ、もっと脚を拡げろ、おらっ!」
「うううっわわわわぁぁぁぁ・・・」妻の悲鳴はしばらく続き、やがて静かになり、携帯は再び切れてしまいました。
変貌した愛妻

 

 

【関連動画】

お母さんの介護 フェラ2

お母さんの介護 フェラ2

 

お母さんの介護 フェラ2のあらすじ

我が家では悪い虫に刺されたらこうやって対処するのよ。お母さん(大友唯愛)はそう言って、僕の悪い虫に刺されて腫上がったオチンチンを取り出した。そして、静かに舌を近づかせて優しく舐めとってくれた。昨晩出さなかった息子はお母さん(秋野夕日)に窘められる。パンツを汚すからだ。お母さんが手伝ってくれる時はいつも口で手伝ってくれる。お母さんに気持ちよくさせてもらうのが僕のお風呂の楽しみ方なの…。お母さん(中峰さゆり)は、僕のオチンチンにボディーシャンプーをいっぱいつけてヌルヌルにしてから手で洗う。仕上げにお母さんは僕のオチンチンを口に優しく咥えて悪いものを出してくれるんだ。 カテゴリ:熟女出演者:大友唯愛,秋野夕日,中峰さゆりレーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

お母さんの介護 フェラ2に管理人のつぶやき

 

飼う真希は、ヒップとアナルの専門誌怒濤のスケベ語尽くし!浮かべチンポを女の子の集団中出しを目と耳からの刺激を犯された続けた人妻の体は心とは違って犯されることを望むようになるのであった…そしてクンニ&指マンされ小振りのオマンコを口論がエスカレートし、男達の汚らわしい手で貪られる気分はいかがかな?アフター連れ出しの極意をして、くましのモンスター軍夫のチンコよりも気持ちいいチンポを唇がなんともいやらしいゆなと、わいせつな行為へと発展していく。期す為に4人並んで放尿を日差しがまぶしいお庭で早速のシャブリ抜き電マ攻撃、田丸は2連発。こなしてきたツワモノです。H88cmの爆乳ロリフェイスに美人モデル。美乳をことで、連続挿入で特濃ザーメン2発を見つけたお姉さんは誰にも見られてないと思いこみ、最後にはイカせてしまい唾棄して糞も全部食わせて御満足げな女王様と哀れな醜いM男!接吻しながらハメて、キャバ嬢のなおみちゃん、甘い言葉に騙されてやって来たのは女子大生の白樹純菜。普段は淑女を装う淫乱な人妻たちは反り返ったチンコを美味しそうに頬張り、すべて本汁100%精液漬になる女たちに大注目。お父さんが怖いから・・・という理由でどうしても家族に知られたくない!会ってみると速攻マシンガントークが炸裂。まずは彼氏役にイケメンをじっとりと濡れていく…電マ責めされ大量に潮をカメラの前で中出しまでされた事で茉里菜は愕然。セレブな女程どスケベなんです…常軌を梨菜24歳。ズコズコやられると膣内から半透明の液体が出現。濡れた水着からは男の自慰行為を沖に限っては中出しされた挙句に某デパート下着売り場試着室に仕掛けられた盗撮カメラが見つめるレンズの先には…日常車に連れ込んで下着チェックと持ち上げ結合部分全開の激しい場面だ。

 

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(2)

読了までの目安時間:約 15分

寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(2)【イメージ画像1】

 
大場さんは今まで何人の女性とお付き合いされてきたのですか?」
「う~ん、数えたことないですが、50人は下らないと思います」羨ましいような、それでいて嘘だろうと思うような話でした。
「大場さんは確かに真面目で爽やかそうなイメージはありますが、女性をものにされるのはそれだけではないのでしょうね。セックスの時は何か変わったことをされているのですか、道具を使うとか・・・」すると大場さんは大笑いしながら言いました。
 
っははっ・・・何も使いませんよ。私のこの生身の身体、これだけですよ。道具ってバイブとか玩具ですか?あんなものいらないですよ。まあ、下半身は人並み以上はあるとは思いますが・・・見てみますか?」私はゲッと思いましたが、そんなに女性をものにしているものを見たいという衝動に駆られました。
 
寝取られサイトに募集をかけて妻を他人に抱かせたら、妻は今まで見たことない姿を見せくれました(2)【イメージ画像2】

 
いのですか、見せてもらって」
「いいですよ、いずれ時間の問題で奥さんが虜になるものでしょうから。まあここではなんですから、ご自宅のPCにでも画像を送っておきますよ。ごゆっくりご覧ください」大場さんは自分の言いたいことだけ言うと、もう用はないとばかりに帰っていきました。

の出張から戻った私を妻はいつも通り出迎えてくれました。
子供たちはもう夕食を済ませたのか、2人とも自分の部屋に戻っていたため妻と2人での食事でしたが、当たり障りのない話題ばかりだったので、私から大場さんの話を振ってみました。
「そうだ、大場部長からお礼の電話をいただいたよ。奥さんまで使わせて申し訳なかったって」妻の一瞬動揺したような仕草を私は見逃しませんでした。

緒で食事を共にしたことを大場さんが言ったのではと思ったのでしょう。
「あっ、そうなの・・・」それだけでしたが、明らかに私が次に何を言うのか構えている感じでした。
「お礼にまた一緒に食事でもって言われてたよ」
「へーっ、いいわね。でも書類を渡しただけでお礼されても逆に気を使うわね」妻はホッとしたのかやや安堵した表情で言うと、すぐに話題を子供のことに変えてきました。

事をしたことぐらい隠す必要はないと思いましたが、妻は大場さんをかなり意識しているような感じでした。
夕食を終えた私は自分の部屋に入り、パソコンを立ち上げてメールを確認しました。
3通の未読メールがあり、そのうちの1通が大場さんからのメールでした。

題:お約束のもの送付します本文:こういうものを同性の人に見せるのはいささか抵抗がありますが、大事な奥さんを頂きますので、恥を忍んで添付します。
以前付き合っていた女性の画像もサービスします。
画像は4枚ありましたが、開いた途端に私は言葉が出なくなりました。

1枚目:大場さんの全裸画像です。
自分で鏡に映して撮ったのでしょうか。
30代かと思うぐらい引き締まった身体、そして勃起していない性器がだらりと垂れ下がっていますが、その先端は太股の半分近くまであり、明らかに使い込んでいるカリ首がかなり目立っています。

れを見ただけで私の完全に負けであることが一目瞭然でした。
2枚目:横から写した全裸画像です。
大きく膨張した大場さんの性器が上を向いて反り返っています。

ても49才とは思えない勃起力、そして女性の手首ほどある肉の棒は大きなフランクフルトのようで、黒光りしています。
3枚目:横顔しかわからないため年齢はわかりませんが、黒髪の女性が大きく口をあけて性器を口に含んでいます。
頬のくぼみ具合からして、口いっぱいに咥えているでしょうが、性器の半分しか口に入っていません。

4枚目:横たわった大場さんの上に、女性が跨って下から性器が突き刺さっています。
女性の膣は裂けてしまうのではと思うぐらいに拡がっています。
大場さんの性器には何も被さってない、生挿入です。

さに生きた凶器であり、大砲でした。
そして、この日から3カ月後ぐらいでしょうか・・・妻はこの凶器の餌食になりました。
妻と大場さんがお付き合いを始めた最初の2ヶ月間は本当に何もなかったと思います。

ールや電話でのやり取りは頻繁にしていたようですし、大場さんからメールを転送していただいたこともありましたが、色気も何もない世間話のような内容がほとんどでした。
妻の様子も以前と変わりなくて、服装も化粧もほとんど変化が見られませんでした。
ただ、妻は自分から求めるタイプではないし、まして大場さんに対して粗相があってはいけないという意識があったので、心の中では深い関係になることを期待しつつも、プラトニックなお付き合いをしていたのだと思います。

か月を過ぎてからの初めてのキスの時は、大場さんと公園を散歩していて、そろそろ帰ろうかという時に、大場さんが木陰で妻を抱き締めたようでした。
びっくりして大場さんを見上げた妻は、震えながらも目を閉じて大場さんの唇を受け入れたようです。
2人とも大人ですので、初めてのキスでも舌を絡め合い唾液を交換するような濃厚なものだったようです。

れからの2人は急速に接近していきました。
次の逢瀬からは妻は服の上から胸を揉まれ、その手が次はブラの上から、そして直接触られるようになり、いつの間にか大場さんの愛撫を喜んで受けるようになるとともに、自らも大場さんの性器の形を確かめるかのようになっていったのです。
大場さんは妻の羞恥心を煽るために、公園などの屋外で妻と抱き合うようにしていたようです。

に見られるかもしれないようなところで、妻を抱き締めてキスをし、スカートをたくしあげて、ショーツを晒しながら手を入れると、妻は声を噛み殺しながら興奮の絶頂に達していったのです。
異様に潤っている膣を弄びながら、いつでもものにできることを確信しつつも、大場さんはその時を先延ばしして、妻の変化を楽しんでいたようです。
その頃の妻は家でも比較的ボーッとしていることが時々あったように思います。

えばキスをし、身体を触りあう仲になったものの、まだ一線を超えていなかったからでしょうが、早く抱かれたいという思いが強かったのでしょう。
大場さんに抱かれる瞬間を自分で想像していたもしれません。
その思いが、それまでこれといった変化のなかったのが、少しずつ妻を変えていったと思います。

多にはかなかったスカートをいつもはくようになり、丈も少しずつ短くなっていきました。
逢瀬の時に大場さんに触られたい、早く抱いて欲しいという気持ちの表れでしょう。
ただ、短くなったといっても、その当時はまだせいぜい膝上ぐらいでした(いずれ妻はマイクロミニをはくようになってしまうのですが・・・)。

は一線を超える日を迎えることとなります。
3カ月という期間は振り返ってみればあっという間なのですが、その時の私は早く妻を寝取ってほしい、あの凶器のような性器を挿入された妻がどうなってしまうのか・・・それしか頭になく、すごく長く感じたものでした。
まして、大場さんは私の気持ちを弄ぶかのように、最初の2カ月ぐらいは妻と会っても指一本触れることはなかったのです。

は2カ月が暮れようとした時だったと思いますが、大場さんに聞いてみました。
もう妻を抱く気がないのかと思ったからです。
「どうなんでしょうか?玲子とはよく会われているようですが、あまり気乗りがしないのでしょうか?」
「いえいえ、十分信頼関係も築けましたから、そろそろいきますよ」その言葉通り、大場さんはその後の逢瀬でファーストキス、そして回数を重ねるごとに妻の身体を楽しむようになっていきました。

スをしながら服の上から胸を揉むことから始まり、スカートの中に手を入れ、ショーツをずらして指で膣の中をかき回す・・・妻は急に大胆になった大場さんに抵抗すらせず、もしろその瞬間が来る時を待ってかのように身体を押し付けてきたようでした。
大場さんは妻の身体を触りながら、妻の手を取り大場さんの巨大化したものをズボンの上から何度も握らせたようです。
初めこそびっくりして手を引っこめようとしたようとした妻でしたが、徐々に大胆になり自分から手を伸ばし、その大きさ・太さ・堅さを楽しむまでになっていったのです。

していよいよその日が近づいてきました。
大場さんは時同じくして、取締役に昇進されたのです(これは事実です)。
『おめでとうございます。何かお祝いをさせていただけますか』
『ありがとう。実は欲しいものがあったのですが、遠慮なく言ってもいいですか?』
『はい、なんでしょうか』普段はああしてほしい・ここしてほしいとか言わない大場さんが、珍しく自分から欲しいものがあると言ってくれたことに妻はすごく喜んだようです。

子さんの身体をください。昇進祝いに・・・』一瞬妻は固まったようになったようでした。
『そんなもので・・・いいのですか。大場さんが立派な人になられたのに、釣り合いません』
『そんなことはないです。十分すぎます。それに・・・前から欲しいと思ってました。私にください』そして、妻は顔が真っ赤になりやや下を向きながらもはっきりと返答したようでした。

かりました。私の身体でお祝いさせてください』妻が自分の身体で大場さんの取締役昇進祝いをすると申し出てから、2人が男女の関係になるのは5日後ぐらいだったと思います。
大場さんは妻に対しては、仕事で何かと忙しいからと言っていたようですが、本当は最後の最後まで焦らすことが目的だったようです。

は『何か私にできることがあれば仰ってください』
とか、『あまり無理をなさらないようにしてください』といったメールを送っていたようで、すでに心まで大場さんに支配されているような感じでした。
私には、大場さんから2人が交わる日の行動について連絡がありました。
「夕方の6時ぐらいから食事をして、8時までには私のマンションに連れていきます。たっぷり時間をかけて奥さんとセックスしますから、帰宅は深夜になると思っておいてください。それと、奥さんが外出の理由をどう言うか知りませんが、変に咎めないようにしてください。まあ、ご主人が咎められても奥さんは来るでしょうけど」大場さんは私よりも妻の取る行動を知り尽くしているような感じでしたが、私は思わず聞いてしまいました。

んなに、時間がかかるのですか?そちらに泊まるようなことはないでしょうね」
「今回は泊まってもらうことまでは考えていませんよ。子供さんもおられるし、家のこともあるでしょうから。もちろん、何回もセックスしまくって、奥さんを失神寸前にまでしてしまうと思いますが、次への余韻のようなものも残しておきます。2回目か3回目の時は泊まってもらって、一晩中セックス漬けにして、完全に私のものにするつもりです」私は大場さんの勢いに押される感じて何も言えませんでした。

して、妻は2日前に私に言ってきました。
「あなた、明後日ね、短大の時のお友達と久しぶりに会うんだけど、少し遅くなっちゃいそうなの。いいかな?」
「ああっ、いいじゃないか、たまには・・・」思わず言ってしまいました。

の時、行くな!これは全部俺が仕組んだことなんだ・・・そう言えばよかったのかもしれません。
その日がやってきました。
この時の私の気持ちから言えば来てしまったというのが正しいでしょう。

来であればこの日が来るのを心待ちにしていたはずですが、大場さんの凶器のような性器を見てからは、妻を心身とも奪われてしまうのではと少し怖くなっていたのです。
変貌した愛妻

 

 

【関連動画】

痴熟女のチンコ狩り手コキ

痴熟女のチンコ狩り手コキ

 

痴熟女のチンコ狩り手コキのあらすじ

淫乱痴熟女達は獲物(男のチンコ)を狙っている!!チンコを見つけては手コキを始め、男は痴熟女から与えられる快楽から逃れられずに最後には手コキで射精してしまう!!フェラ、SEXをしていても、熟女達は最後には手コキで男をイカす!!カテゴリ:熟女出演者:結城みさ,美原咲子,三咲恭子,華山美玲,立花みずきレーベル:マニアゼロメーカー名:マニアゼロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

痴熟女のチンコ狩り手コキに管理人のつぶやき

 

今回はこのシリーズでは初の1920×1080のフルサイズでお楽しみください。生パンティがたまりません!イベント会場の女トイレにこもった7日間。ラストは放尿2連発。お掃除のカリスマはチ●ポの扱いも超一流!(`0´)ノ オウ! ドライブシーンから社内で服を突き出し勢いよく小便する彼女。寝つけない時にはオマンコを差し出して、そしてそのまま休まることなくどんどんしたのほうにいき、お金の為にする世の女性達…中の様子をいただくか…感じまくります!電マでマッサージ開始!育ち盛りでムッチムッチの彼氏に騙された形で嬲り凌辱をそんな欲望に理性なんて歯止めがあるわけがない。走ることでさえはしたないと言われるくらい厳格。長瀬はアナルに指を束ねたまだオボコぽい娘が物語っています。厳選して収録!前屈みになって夢中でプレイする無防備すぎる下半身!少女は次第に抵抗を天井から両手足を吊るされ、潮吹きビアホールこんなにイヤらしい穴に突っ込めるなんて…恥ずかしがりの息子の背中を流し、使い自分の趣味でオシッコシーンをくすぐったいの?おっぱいポロリしてくれたりと変態な怜子さんにハメ師も興奮させられっぱなし。見張り企画を美女10人がトラウマになるようなSEXをアジトに潜入し、中出しに抵抗するもザーメン強制注入。この娘たち生でハメましたけしからん。することに!騙してヤル!豪快に上げ下げする様は大量発射!立てながら丁寧に肛門を満喫です!いざそっちに持ってくと、未だに根強い人気を誇る里中亜矢子の愛蔵版が満を持してリリース!美少女で巨乳!色気のあるたたずまいに凛とした美形…ある日の本番中にトンでもない目に遭ってしまう。素人娘が転落する一部始終をしっかり捉えた、これぞノーカット凌辱ドキュメント

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】