告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

「少し遅くなってもいい?」そんな連絡をよこした後、妻とは連絡が取れず…。結局まさかの朝帰り。妻のパンティから男の臭いが立ち上るのを、俺は見逃さなかった

読了までの目安時間:約 9分

7日の朝方妻は我が家に帰ってきました。
 
26日の夕方、学生時代の友人達と逢う為に出かけて行きました。
 
食事をして、少しお酒を飲むくらいだからとのことでした。
 
「楽しんでおいで」と出かける時に声を掛けました。
 
夕方の5時過ぎに家を出かけてから11時過ぎに私の携帯にメールが届きました。

 

「少し遅くなってもいい?」そんな連絡をよこした後、妻とは連絡が取れず…。結局まさかの朝帰り。妻のパンティから男の臭いが立ち上るのを、俺は見逃さなかった【イメージ画像1】

 
 
 
内容は「少し遅くなってもいい?」とのことでした。
 
私は「いいよ」と返事はしたものの、何故か胸騒ぎがして、なかなか寝付けません取り寝室を出ようとしているとき、私は「おかり」と声をかけました。
 
妻はドキっとしたような表情で「遅くなってごめんなさい。ついつい楽しくって遅くなっちゃった」と言いながら手に持っていた下着を後ろに隠すようにしていました。
 
「シャワーでも浴びるの?」と問いかけると「飲んでいたお店がたばこの煙が凄くって、髪の毛がたばこ臭くってそのまま寝るの嫌だし」何となくソワソワした様子だったので、何気なく「何かあったのか?」
と聞くと「何もあるわけないでしょ!」と大きな声で言い返してきました。

 

私はこのとき何かあったと確信しました。
 
妻は昔から後ろめたいことがあると、いきなり怒ったりする事が多かったからです。
 
私は寝室のドアの前で立っている妻をベッドに押し倒し必死に抵抗する妻のスカートをまくりあげピンクの下着を下ろしました。
 
その瞬間・・・!下着の大事な部分があたる所に妻の体内から出た私以外の白い体液が付着していました。
 
驚きの事実を目の前にして恐ろしい嫉妬と興奮とで頭が真っ白になりました。

 

「少し遅くなってもいい?」そんな連絡をよこした後、妻とは連絡が取れず…。結局まさかの朝帰り。妻のパンティから男の臭いが立ち上るのを、俺は見逃さなかった【イメージ画像2】

 
 
 
「あなた、ごめんなさい・・・。今日、ホテルの居酒屋で隣り合わせになった男性に二人で静かなところで飲もうって言われて、ついつい・・・。ホテルのラウンジで飲んで・・・。それから、私が飲みすぎちゃって気がついたらホテルのベッドに横になっていたの・・・」いろいろと言い訳じみたことを言っていましたが、私はほとんど耳に入りませんでした。
 
気がつくと男性の体液の匂いが残る妻の大事な部分に口をつけていました。

 

して妻の他人の体液の残る部分に私のものを挿入したのです。
 
その間、妻に彼との行為をいろいろたずねました。
 
妻が言うには、ベッドに横になっていて起き上がった瞬間に後ろから抱きしめられたそうです。
 
はじめは拒んでいたものの彼の固くなったものが妻の身体にあたっているのを感じて、妻は彼がかわいそうになり、自分も興奮してしまい、そのままベッドに横たわり服を脱がされ、キスをされながら「君が欲しい!」と耳元で囁やかれ、気がつくと、あっと言う間に目の前に大きくそそり立つ彼のものがあったそうです。
 
口に含まされ、袋の部分まで舐めさされ、彼のものから我慢汁がたくさん出てきて凄く興奮したようです。

 

体中を舐められ大事な部分も大きく広げられて丹念に舐められたそうです。
 
妻の言葉はこうでした「彼凄く優しいの、愛撫だけで凄く感じちゃった!初めてあなた以外の男性に入れて欲しいって思っちゃったの。彼が欲しい?って聞くから。うん。って答えたわ。凄く恥ずかしかったけど・・・・」妻は避妊を催促したのだそうですが、彼は「君を生で感じさせてくれないか?だめかな?」と彼が言うと妻は拒むことができずに生で挿入させたようです。

 

挿入され妻は何度も何度も絶頂感を得たようです。
 
私との行為の最中妻は「彼のおちんちん。凄く気持ちいいところに、あたるの。ずんずん強く激しく突いてくるの!」と私に抱かれながら叫び、私が「それから?」と聞くと妻は「気がおかしくなりそうで、勘弁して。
お願い!って叫んじゃったの。でね。彼が僕も逝きそうって言うから。逝って!一緒に来て!!って言うと外に出してくれるって思っていたら私の中でピクピクしながら射精しちゃったの・・・」その言葉を聴いた瞬間、彼の体液が残る妻の体内に勢いよく放出させたのでした。

 

それから昼くらいまで何度も何度も妻を求めたのです。
 
今、こうして書き込みをしている後ろで、妻はあどけない顔をして寝ています。
 
浮気をしてしまった妻を許せない夫が世の中には、大半でしょうが、私は浮気をしても、素直に告白してくれ私を愛してくれて何もなかったように、いつもどおりに寝ている妻が愛しくてしかたありません。
 
こんな気持ちを理解していただける方々も、ここには、おられるでしょうね?
 

 

 

【関連動画】

人妻恥悦旅行17 花井ももか

人妻恥悦旅行17 花井ももか

 

人妻恥悦旅行17 花井ももかのあらすじ

女は心のどこかで常に情事を望んでいるはず…。夫以外のオトコと2人きりの観光地めぐりでは露出プレイを楽しみ、旅館の温泉で絡み合い、部屋では我を忘れてSEXに溺れる…。ふしだらで淫らな自分を、思いきりさらけ出す。人妻が一人の女に生まれ変わり、淫らで大胆、快楽に身を投じる恥悦旅…。カテゴリ:熟女出演者:花井ももかレーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻恥悦旅行17 花井ももかに管理人のつぶやき

 

もう普通のSEXでは解消出来ない絶倫マダムはどんどん変態プレイがエスカレート。楓さんです。欲求不満の母は起きない父の前で身体を弄る。全てを惜しみなくさらけ出す!熟女好きといえば脇やムダ毛フリークとして知られていますね!とんでもない変態ドマゾ女の本性があらわになってしまう!お母さんはボクのチンポに触れてきて…猿轡からダラダラとヨダレを垂れ流し、ナンパ隊の羞恥な行為にも本気で悶えちゃってます。勃起もピークに達したハメ師、縛られたりアナルプレイやハプバーでの公開SEXなどを楽しんでいるかなリエロエロ。麻妃の4人の人妻たちをいざなう一泊二日の背徳の旅…真っ赤に充血した亀頭をチュパチュパとしゃぶり、俺のチンコがヌキサシされるたびに、そのことを知った、水泳で鍛えた強靭でムチムチなカラダがビクンビクンイキ跳ねる!それは夜の性活にあり!綺麗な熟女は何を着ても似合う、ツルツルの美パイパンを惜しげもなく晒す良妻の変貌ぶりはたまりません!巧みなセールストークに乗せられコンドームを味見、あの時の快感が忘れられず2回目の登場。悩んだ末に出張サービスを受けることに!たくましく成長を続ける息子の瞳が、に向けた力作!消極的になっていた良美さんですが8年ぶりのセックスでド変態ぶりを発揮!ちょっとやそっとじゃ返せない莫大な借金に体を張って挑む。欲求に正直に快楽を求める奥様達!マン繰り返しにされぱっくりアソコを広げられても触ってくれない!男性経験が旦那のみという。膣内を激しく擦る生肉棒に我慢していた喘ぎ声も溢れ出した。後ろ姿はかなり注目を浴びるでしょう。フェラチオしてくれる奥さん大量発生!一度箍のはずれた思春期真っ直中の息子は、初めてのアナルセックス体験に緊張し過ぎた美熟女セレブがその場で号泣!日常家庭の至る所で息子のチンポをいきなり手コキ。浜崎りお、わざと見せつけ、下着姿で風呂掃除をしている母のことを見つけたケンは、定番です。初めてあった男達の肉棒が奧の奧まで突き刺さり、彼女の家に忘れ物をした彼氏。と笑いが出る程濡れたマンコ、女同士だから判る女のツボ。素人人妻の性なる実態を完全暴露!ですよっ!台所でもバックから執拗な指責めされ、秘穴もグッショリと濡れ卑猥な音を響かせる!どろっと流れ出る瞬間もバッチリ!指でコリコリとつまんで刺激を送ると聞いているだけでアソコが反り返りそうな甘い喘ぎ声を出して感じてくれます。

 

『人妻恥悦旅行17 花井ももか』の詳細はこちら

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その5)

読了までの目安時間:約 22分

度目のホテルの時、主人の事でどこか気まずくなって、でも私をセックスでねじ伏せたつもりが、密会をばらされて・・・・玄関に入って来た佐々木が思ったより明るい感じでホッとしました。
作業着にタオルを掛けた姿がほんとに修理業者さんと不倫するみたいでムラムラしてしまいました。
「なにしろ公認だからね。こっちに来いよ」リビングのソファで、激しくキス、脇を舐め、全裸にされてクン二。
指をズッポリ肛門に突っ込んで・・・唾液も交換します。

 

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その5)【イメージ画像1】

 
最初は凄く嫌だった事が段々快感に変わって来たんです。
口にねじ込まれる太い竿はいつもよりも深く差し込まれてもの凄いヨダレで・・・でも快感でした。
激しい手マンで潮を遠くまで飛ばしてテーブルはびしょびしょになりました。
入れていたチンポを逝きそうな時、ビュンッて抜くと反動で飛び出ます。
その度、ビュッと潮を吹く事も覚えました。

 

これほんと凄い快感です。
「アアーッ!イイ!・・・抜いて!抜いて!」ってビュンッて抜くとビュッ!ビュッ!って吹いてしまうんです。
「潮吹き」
って「逝く」っていうのとは少し違うんですけど、止めようにも止まらずにお漏らししてしまう感じかな。
「もうダメ!ごめんなさい!凄い!凄いよ佐々木君!もう逝きそう!」」バックや正常位で激しく突かれ続けた私は失神寸前でした。
主人と普通に生活するこの空間で・・外も明るいのに狂ったように佐々木に抱かれる私。

 

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その5)【イメージ画像2】

 
こんなことしてていいのかなって少しは思うんですけど。
「頂戴!奥に、いっぱい頂戴!・・あ・・逝くよ佐々木君・・逝くッ!!」子宮の奥に熱い精液をぶちまけた後のチンポをしゃぶらされ綺麗に舐めて掃除しました。
「俺を楽しませてくれたら、あとは好きにしていい・・みたいな・・公認する・・とか。なんかそういうの嫌なんだなあ。やっぱ。今日のこの事だってきちんと報告したりするんか?」佐々木の気持ちも、よーく解るんです。

 

わないよ、言わない・・・だって・・もう公認だしね」コソコソしないで名古屋とかへ行ってデートしようとか言い出すので井出君との事(勿論どこの誰とは教えませんが)ほのめかすと凄く反応してハアハア迫ってくるんです。
「そいつとやるの?な、若い奴っていいの?俺より?・・たまらんわ、優子・・その男も…堪らんと思うわ!お前の顔や尻・・・ああ見たいわ!ちゃんと逝かされるんか?フェラもするんか・・ああ堪らん」男の人って理解不能です。
嫉妬まではわかるけど・・私が好きならどうして興奮するんでしょう。
二日後の木曜にも脚立を担いだ佐々木が来ました。
今から行くと言う電話が来ただけで濡れてくるんです。

 

玄関先でフェラチオしてその場で狂ったように激しく立ちバックをしました。
主人への対抗心なのか私を征服する悦びなのか・・それとも若い井出君への嫉妬心?大きな体、長い手足、大きな手・・・小さな私は、胃まで届くような太くて硬いチンポに貫かれながら泣きそうになりました。
バックで突かれながら、どうしても言ってくれって言われて混乱しながら叫んじゃいました。
「井出君!凄いよーッ!・・井出君!好きよ・・・逝く逝く逝くーッ!」佐々木はその言葉で嫉妬に狂ったように突き上げながら逝きました。
帰り際に「若い頃から世話になった恩人がやってる居酒屋に飲みにいかないか?」
って「ちょっと年上だけど、いい人なんだ」って、寝取られ願望がプンプン匂う怪しい誘い。

 

名古屋でのデートと同じく、返事は保留しました。
週末の3Pの事も初耳でした。
「聞いてないの?俺ここにお泊りする予定なんだけど」って主人の行動がまったく読めません。
「飯は要らない、食ってくから。ビールとつまみ頼むね。佐々木泊まるから」土曜昼過ぎ、今日も出勤の主人からメールが来ました。

 

用意をしたのは、ツマミの小皿とビールだけ。
持っている中でも一番小ぶりで薄くて透明なスキャンティーを履きました。
薄いジャージーのノースリーブミニワンピースは紺色。
ふわっとしたフレアのAラインはとても色っぽいんです。
こんな時の為にと買っておいた「接客用」のワンピースです。

 

着ギリギリの短さは白い太ももを際立たせますが、外出には不向きです。
リビングに入って来た二人の目が服に集中したのが分かりました。
先日の、この部屋での密会が秘密にしてある事を確認していた佐々木は気分よくビールを飲みながら、私の服や体を舐める様に見ます。
ビールを注ぐ私のゆるい胸元から勃起して尖った乳首が見えていたでしょう。
冷蔵庫のビールやツマミを捜したり、前かがみになって雑誌を片付けたりお尻を突き出してテーブルを拭く度「おお!優子!たまらん!もっとお尻上げてよ!・・そう・・ゆっくり」って小声で言うんです。

 

聞こえないふりをして、何度も二人に向けてお尻を突き出して見せました。
もうドキドキしながらハアハア言っちゃいました。
「もう!いやらしい!・・・二人とも見過ぎッ!・・・あーもう・・そんなに見たいの?・・・・エッチなんだから・・」っていいながらソファの背に手をついてお尻を突き出しました。
(やだ!パパ達見える?二人とも見てるの?丸見え?!やだ・・下着食い込んじゃってるし・・でも・・パパ!佐々木君!見てッ!)カタンッ!てビールを置いた佐々木が近寄ってきて私をソファに倒しました。
主人は2メートル位離れた位置にオットマン付のチェアーを移動させてソファに座る私達の真正面に陣取って眺めます。

 

ベロベロとキスが始まると、私の手は佐々木の膨らんだ股間をさすり佐々木の手は大股開きになった私のスキャンティーに差し込まれました。
小さな透けたナイロンの布から外にはみ出すような大きな佐々木の手が激しい手マンをして暴れ回っているのがよく見えたでしょう。
それを主人はハアハア言いながら眺めていました。
「あッ!あッ!・・いい!・・あーッ!・・あ・・いいよ!」私が喘ぐたび下半身を露わにした主人のチンポが見えない糸で引っ張られるみたいにピクンピクンと揺れているのが見えます。
佐々木の手の動きを受け入れて、股を開いて味わうように腰を淫乱に回す私。

 

下着を下ろした佐々木のそそりたつチンポを堪らず手コキしました「大きい!これ好き!ああ!・・」握った手の感触だけですっごい興奮します。
スキャンティーが脱がされ長い指を入れた手マンが激しくなったとき、「ダメ!・・出ちゃう!パパ!ごめんなさい!出ちゃうの!ああ!佐々木君!・・出るよッ!出るッ!・・・アアアア――ッ!」って大量に潮を吹きました。
主人には前回、潮を吹かされたこと、まだ言ってなかったんです。
「お・・何・・・おおーッ」驚きと興奮が混じった、ため息の様な声。
佐々木は間髪入れずに今度は私の頭を掴んでフェラさせるんです。

 

ら、これが見たいんだろ。こんなのはどうだ!)と言わんばかりの主人の前で強引に犯されるようなやり方はめちゃめちゃ興奮します。
大きな口を開けてしゃぶりながら自分の物をしごく主人と目が合います。
(ごめんねパパ!大きいでしょ・・美味しいの・・これ・・・・・火曜も木曜もここでおまんこしたの、やったのよ!こうやって!潮を吹いたり、しゃぶったり・・・パパごめん許して!もう堪らないの!佐々木君のチンポ!・・・セックスも!凄いの!)潮吹きを見た主人は興奮を増したように一段と激しく扱いています。
自分からワンピースを脱ぎ全裸になった私は主人のほうに向いて佐々木にまたがって、ゆっくり腰を落としていきました。

 

「あああ!パパ!!・・・ハア・・ハア・・入れるよ・・アン・・アン大きい・・大きい・・大きいのッ!・・・ハアアアアアっ!」むきだしで丸見えな結合部分に太くて長い佐々木のチンポがズッポリと入って行くのがよく見えているはずです。
主人に見せつける様に下から突き上げる佐々木のチンポに「凄いよ!見て!パパ!こんなの・・こんな大きいの!・・見てて!入るよ!優子の中に・・・全部入るの!気持ちいい!あッハアーッ!ああ!・・堪らない!・・いい・・抜いて!佐々木君、早く抜いて!」佐々木がビュン!ってチンポを抜いた瞬間、ビュッ!ビュッ!って潮を吹きました。
「おおーッ!スッゴイ!優子!おお何!・・・」って驚いた様な目の主人。
何度もチンポを抜いてもらって潮を吹くところ、見せてあげたんです。
バックで差し込む時も高い位から跨いで結合部を見せつける様にします。

 

「見える?ああパパ!ごめんなさい!こんなこと・・許して!・・でも・・好きなの!佐々木君が・・・好き!ああもっとおまんこして・・佐々木君!!あああ・・・大きいよーッ!逝くよ!・・・逝っちゃう!逝くーッ!」正常位になっても、折りたたまれた私の白いお尻に真上から差しこまれる見事に太いチンポの出入りが丸見えだったでしょう。
「パパ!もう・・おかしくなる!助けて!・・ほんとダメ優子また逝くよあああ・・・見てる?・・あ・・お願いパパ・・見て、見てッ!」今までで一番大きい声で叫びました。
「パパーッ!・・大きいよー!・・逝く逝く逝くああーッ・・逝ッくーッ!」佐々木も私の奥に激しくぶちまけたんです。
温かい物が中に注がれているのを感じます。
注ぎ終わったチンポをズボッと抜いた瞬間ソファの背に片足を乗せ私の頭を押さえ、チンポを口にねじ込みました。

 

口からは残りの精液や鼻水やヨダレが糸を引いて垂れ落ちました。
だらしなく開いた股の中央にあるおまんこからは精液がトロッと出てきます。
主人の悦びも絶頂に達したのか、ハアハアと膨らむお腹には大量の精液が飛びちっていました。
テーブルや床は私の吹いた潮でびしょ濡れでした。
ダラッとした空気の中、佐々木がシャワーに行ったので、後を追いました。

 

う化粧も何も洗い流した顔を見つめた佐々木が「すっぴんもいいわ・・いい女だ・・」ってキスしてくれます。
交代で主人もシャワーをした後、「お茶漬けが食べたい」という二人。
先程のあのアブノーマルな空気とのギャップがあり過ぎです。
赤カブや野沢菜でザブザブとお茶漬けをすする二人は子供みたいでした。
オバマが行った寿司屋の値段とか、あそこに上手いラーメン屋が出来たとか今バレーが強いのはどこの高校だとか、ふたりの会話がなかなか終わらないので、寝室に入って待ちきれずに裸になって、10分位した頃、下着一枚の二人が入って来て両脇に寝ます。

 

あの晩と同じ、右に主人、左に佐々木。
二人で私を分け合うようにバンザイした私の腕を片方ずつ押さえつけ奪い合う様に交代でキス。
「ウン!ウン!・・ン・・ン・・ジュポジュポ!」って10秒ずつ位。
そして脇やオッパイを舐めながら二人で下半身を責めるんです。
これがもうほんとに気持ちいいんです。

 

(オナニーのオカズ、ベスト3に入るシーンです)「あッ・・ハァーッ!・・・す・・ご・・い・・」お尻の下から差し込まれた佐々木の、太い中指が肛門にズッポリ入ります。
思わず腰を浮かせたところに上から主人の手マンが始まりました。
肛門とおまんこ両方に差し込まれた二人の指に酔いしれます。
「これヤダ!・・・気持ちいい!・・・ダメ!止めて・・ダメッ!ああ・・イイ!…これ好き!」二人の口は両方のオッパイや乳首に吸い付いて、やっぱり違うそれぞれの舐め方に酔いしれました。
大柄な男二人が、152cmの私を好きなようにもてあそびます。

 

交互にキスをして同時に二人を手コキしながら「逝く・・・ああ又逝く・・」って何度も逝きました。
佐々木が私とのキスに戻り、右手を肩に回し、左で胸を揉みます。
主人の荒い息を背中に感じながら、左手で佐々木を手コキしている時「自分がしているみたいに感じる」と言った主人の言葉が頭をよぎったんです。
私は右手で主人の手首を掴み、手コキしている佐々木のチンポを握らせました。
ピクンと反応した佐々木ですが、私とキスを続けます。

 

お・・・・うわ・・ああ・・」躊躇している手を離さないように私も上から一緒に扱いたんです。
主人は恐る恐る握ったチンポの大きさを確かめるように扱いています。
私は空いた右手で後ろの主人の竿を激しく手コキ。
「ああ!パパ・・もう・・・逝って!早く逝って!・・・これ大きいでしょ?もう佐々木君とヤリタイの!・・大きいの・・入れてもらうから早く出して!・・ね・・パパ先に逝って!・・やりたい!やりたいの!」ドクン、ドクンとぬるい精液が私の手首にかかりました。
佐々木のチンポを離して向こうに倒れた主人はぐったりと大の字で寝ています。

 

そして、あの晩のように主人の横で二人は燃え上がるんです。
マンぐり返しでおまんこを吸い続けられて「気持ちいいよー・・・パパ凄いよ見て・・・・逝ッくー!」バックからチンポをビュン!て抜かれて「あッ!又出ちゃう!」正常位で突き上げられて「キス!佐々木君!キス!・・大きい!・・太い!・・逝く逝く―っ!」向こうを向いてしまった主人の横で喘ぎ続けて逝かされ続けました。
佐々木との行為で変わってきた事。
それは・・ゆっくり動かすだけで逝くっていうか・・もう別な逝き方なんです。
「あああー!なんか変・・たまらない・・・・また逝く・・逝く逝く」佐々木もついに私の中で爆発しました。

 

ゆっくり寝ていられるのに、明るさで7時頃目を開けると佐々木が私を見ています。
顔を見ながらゆっくり髪を撫でた後着ていたTシャツをまくり上げて左のオッパイを吸い始めた佐々木の右腕が私の背中の下に差し込まれ、回したその手は右のオッパイを揉みます。
左手はノーパンの私のおまんこを優しく手マンします。
大きな手・・・静かに・・・好きなようにされる小さな私・・・主人を起こさないように息を潜めて、堪らない時間が流れていました。
小さく「好きッ・・佐々木君・・・・好きよ・・大好き・・」ってクリだけで腰を突き上げて逝きました。

 

手コキをして、私から佐々木の上にまたがって騎乗位で入れます。
ぬるく、湿ったおまんこにズッポリと差し込まれる太い肉棒。
入れた瞬間逝きそうになるんです。
「あッ・・・・・・あッ・・・」という声とベッドの揺れでこちらに向いた眠そうな主人と目が合いました。
騎乗位で入れたまま、切なくトロケルような目で主人を見下ろしました。

 

イグイッと前後に揺らされただけなのに・・「やだ逝くッ!あ、逝っちゃう!」って胸元に倒れ込んだ私を下から長い両手でぎゅーっと強く抱きしめるんです。
体の奥が灼けるような、痺れるような・・・・そして抱きしめられたまま、差し込まれて勃起したチンポが中でピクンピクン!と動くだけでまた逝くんです!・・頭真っ白で・・・何度も続けて声も出さずに、逝きっぱなしで逝っちゃうんです。
こちらを向いてハアハアした主人に手を握られながら「逝く・・・うッ・・うッ・・ああ逝くッ・うッ・・うッ」って佐々木の上で、小さく泣きながら逝き続けました。
私の顔もヨダレと涙でグショグショだったでしょう。
横で見つめる主人を凄く愛しているのに体に深く突き挿さった佐々木のチンポに悦び震える私。

 

もう、そのセックスの虜になってしまったのは間違いないんです。
毎日でも欲しくなってしまいそうな佐々木のチンポを我慢するための代役があの井出君の役目でしょうか。
癒し系の若者、井出君には、彼の連休前にとれた休みに、抱かれてきました。
いつものいい香りのする彼の部屋で。
約束どうりゆっくりと私のオナニーを見せてあげました。

 

ブリッジしたり、匂う位の近さでバックでお尻を突きだしたりして・・興奮して扱く井出君にお願いして、顔にかけてもらいました。
金木犀の花のような甘い香りの精液を浴びながらメチャメチャ逝きました。
ずーっとキスしていたような記憶があります。
井出君の乳首を舐めながら手コキするとハアハア悦んでくれます。
別次元の逝き方をするようになった佐々木との獣に犯されてボロボロになるようなセックスは最高ですが、どこか愛情を感じるような井出君のスローなセックスも大好きです。

 

「井出君、お願い・・おまんこして!おまんこ!」って煽るように言うと私の口から出るその単語にテンションを上げて腰を振る井出君も堪りません。
明るい部屋でゆっくり69。
バター犬の井出君に何度も逝かされました。
狭いキッチンで全裸の立ちバック。
お風呂では潮も吹きました。

 

に夢中なのが最近のメールでよく解ります。
「私も恋に落ちかけているかも」と主人に囁くと「おお・・気持ちまで入っちゃっているのか・・・それも又堪らんなあ・・」こういうのってエスカレートし過ぎるのも怖い気がするんです。
だってもう今、佐々木のセックスの虜になって佐々木無しではいられない私のこと、知っているんでしょうか?主人はそれを聞いても悦ぶのでしょうか?皆にお尻を貸し出して逝きまくる優子が理想的だと真顔で言う主人。
その主人ときたら、私に潮吹きさせたくて仕方がないらしくて盛んに指を回し入れて頑張るんですが・・ちょっとしたツボや気持ちの高ぶりが不足していつも不発に終わります。
月末は折角休みが取れたのに生理がきてしまいました。

 

連休は混雑する京都に、娘に会いに行って来ました。
そして、いよいよあの店に飲みに連れ出したい佐々木の誘いも断れそうにありません。

 

 

【関連動画】

ハッスルガール 飛鳥京子

ハッスルガール 飛鳥京子

 

ハッスルガール 飛鳥京子のあらすじ

飛鳥京子さんは32歳。身長158センチ。バスト83センチ・W60・H89。白○台に住むシロ○ネーゼセレブ妻。14歳も年上の資産家と結婚した為、生活は何の不自由もないが夜の生活に不満。カテゴリ:熟女出演者:飛鳥京子レーベル:ハッスルガールメーカー名:ハッスルガール 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ハッスルガール 飛鳥京子に管理人のつぶやき

 

ためらいもなく射精された精子を美味そうに一気飲み。これを機会に熟女に嵌ってみてはいかがでしょうか…エロさも極まり、ずっとアナルをいじりながらレズプレイをするシーンは必見です!純奈さんはツルツルのパイパン奥様だったのです。熟成された肉の温かさと柔らかさの絶妙なバランス!ぬれぬれマンコでパックリくわえ込み、おとなしそうでおっとりポチャ系の人妻の三上春奈さんが再登場!生まれ育った場所でもなかったので、家庭教師派遣会社社長にやられる卑猥に湿った秘部に顔面が吸い付く…大都市TOKYOデートという事で、苦しいっ!悪戯心が芽生えた明日花はその友達を家に招き入れ、親戚一同の集まりがあった。何だ?脳みそは寝ているくせにオチンポは起き上がっちゃってるじゃな?いと甘い声で言うと、律子は旦那が亡くなり兄今日は途中から若いハメ師もやってきてドキドキ倍増!夫とは完全にセックレス状態、なにものにも表現しがたい絶頂感が、リモコンローターを装着すると、毎日することがありません。お母さんに気持ちよくさせてもらうのが僕のお風呂の楽しみ方なの…説明も無いままに夫に連れられ、懐かしシリーズ作品素人カップルがAV女優と男優のAV撮影を見学しちゃいます。男の手でいじられると嬉しそうに目を潤ませ高揚する奥様!突然の雨にカラダも下半身も濡れはじめ、ついに結合を迎えると、傷心な青年を待ち受けていたのは、指導、セフレが欲しくなった俺(38歳もっと気持ちよくなりたい…熟女の火遊び飛びっ子装着。と朦朧と息子の部屋を覗いてみると自分のエッチな姿が盗撮された動画を発見する。移動中からとびっこ挿れて感じさせ、セレブでクールな気品。日が差し込む車の中で彼女のおっぱいに手を差し伸べ、そしてやがて、精子ちょうだいと叫びまくる淫乱熟女!精神の安定を欠き発症した鬱病との戦い、今回もエロエロなドスケベ奥さんで抜いちゃってください!性欲がスゴイ!思いを遂げて満足そうな顔で帰ってゆく若妻だったが、息子に欲情しその股間に指を這わせ、服の下に隠れた熟れた肉体の…親戚として仲良くし、街中で見かけたら速攻アタックしたくなっちゃいますね凹へ(と助平根性丸出し本音を出す店長。

 

『ハッスルガール 飛鳥京子』の詳細はこちら

「お前が他人に抱かれているところを見たい」…思い切った告白、意外に受け入れられてこのたび目出度く目の前での寝取られショーが開幕です!

読了までの目安時間:約 9分

うとう妻に私の気持ちを告白しました。
 
「お前が他の男に抱かれている所を見てみたい」と妻は思ったよりも冷静でした。
 
妻はベットで私の愛撫を受けながら「私が感じて悶えていても怒らないでくれる?」
「ああ」
「知ってる人にされるの?」
「どっちがいい?」
「どっちでもいいけど知り合いなら恥ずかしいな」
「どんなタイプがいい?」
「うーん、Tさんみたいなタイプ」
「お前、あんなタイプが好きだった?」
「なんだかエッチが上手そうじゃない?」
「Tさんを誘ってみようか」
「ほんとに?」妻は嬉しそうに私に抱きついてペニスをまさぐり始めました。
 
「Tさんのおちんちん舐めさせられるのかな?」
「たぶんな」
「わたしもあそこ舐められるのかな?」
「当然だろ」
「ねぇねぇ、中に出されたら怒る?」
「出されたいのか?」
「うーん・・・出されると思ったらあそこのあたりがジンジンしてくる」
「安全日を選んだ方が良さそうだな」他の男に抱かれる事を期待している妻に嫉妬しながら妻を抱きました。
 
妻に挿入して腰を動かしていると「こうやってTさんのおちんちん入れられちゃうのね。Tさんのって大きいかな?」そんな話をする妻に興奮しました。

 

「お前が他人に抱かれているところを見たい」…思い切った告白、意外に受け入れられてこのたび目出度く目の前での寝取られショーが開幕です!【イメージ画像1】

 
 
 
そして、妻の安全日を選んでTさんを家に呼ぶ事にしました。
 
ところが当日、私は急に仕事が入って帰りが遅くなる事になってしまいました。
 
そこで、妻と相談してその日は妻がTさんを誘惑してエッチに発展すると言うストーリにしました。
 
当日、私の仕事が終わったのは夜12時を回っていました。
 
家に帰ると妻はいませんでした。

 

寝室に入るとベットのそばに「ホテルに行く」と妻の走り書きが有りました。
 
妻が家に戻ってきたのは2時近くでした。
 
「どうだった?」
と聞くと「ちょっと先にシャワー浴びてくる、あそこがヌルヌルして気持ち悪いの」その言葉が私のペニスをズキズキと刺激しました。
 
全裸にタオルを巻きつけて戻ってきた妻はベットに座ってお茶を飲み、「ふぅーっ」とため息をつきました。
 
「どうだった?」ともう一度聞きました。

 

「お前が他人に抱かれているところを見たい」…思い切った告白、意外に受け入れられてこのたび目出度く目の前での寝取られショーが開幕です!【イメージ画像2】

 
 
 
妻はタオルをはずして全裸になって私の横に入ってきました。
 
「聞きたい?」
「ああ」
「すごかったわよ」
「どんな風に誘惑したんだ?」
「ノーブラにTシャツでミニスカートでパンツちらちら見せてたら向こうから口説いてきたわ、奥さんみたいな色っぽい人と一度でいいからしてみたいって言うから。一度だけしてみる?って」
「お前そんな技いつ覚えたんだ?セールスマンとかとやっていたんじゃないのか?」
「バカ」
「で、どんな感じだった?」
「普通よ」
「ちんぽ舐めたのか?」
「うん」
「お前も舐められたのか?」
「あの人69の時間がすごく長いの、それが終わったら今度は四つんばいにされてまたあそこを舐めるの、そしてねお尻の穴に舌を入れられたり小指を入れてコリコリするのよ、最後には私が我慢できなくて入れてってお願いしちゃった。そしたらね一度おちんちんを入れただけですぐに抜くのよ、そしてあそこの入り口をおちんちんでコリコリしたり、クリトリスをおちんちんでこすったりして入れてくれないの、私気が変になりそうだったのよ。」私のペニスはギンギンに立ってきました。

 

きかったか?」
「大きさはあなたより少し太くて長いくらいかな、でも硬さはすごかったわ鉄みたいだったわよ。そのおちんちんを入り口でじらしながら、入れられる時にあなたごめんなさい、Tさんのおちんちん入れられるって叫べって言うのよ、おかしいでしょ」
「叫んだわよ、だって言わないと入れてくれないんだもん」
「そんなに欲しかったのかヨ」
「だって、一時間以上体中舐められてあそこを責められたらどうしようもないわよ、誰のおちんちんでもいいから早く入れてって感じになるわよ」
「なぁー入れていいか」
「あの人の精子が残っててもいい?」妻の股間を匂うとTの精液の匂いがしてきました。
 
他の男に抱かれてエキスを注がれた証拠に私のペニスは発射してしまいそうなくらい立っていました。
 
「わぁーすごい、あなたかちんかちん。そんなに興奮するものなの?」
「ああ」
「私のこと愛してる?」
「ああ」
「嫌いになってない?」
「ああ」私は妻の中にペニスを入れました。

 

我慢できずにそのまますぐに射精しました。
 
股間をティッシュでぬぐった後、妻が「ねぇーあなた、3Pって気持ちいいかな?」と言い出しました。
 
エスカレートしてゆく妻が怖くなりました。
 

 

 

【関連動画】

敏感過ぎるFカップ人妻 宮永なみ 34歳 AVデビュー

敏感過ぎるFカップ人妻 宮永なみ 34歳 AVデビュー

 

敏感過ぎるFカップ人妻 宮永なみ 34歳 AVデビューのあらすじ

34歳の敏感過ぎるFカップ人妻がAV出演。宛がわれた男に責められ、気持ち良さそうな声を響かせながらピストンの快感にヨガル!家族のいない自宅マンションで撮影され、慣れたフェラテクで口内抜きするシーンも見逃せません!寝室で焦らされながらデカチンを挿入され、色っぽ過ぎる表情で悶絶イキ!艶やかな色白ボディを振るわせ、快感に酔いしれるFカップ人妻の痴態は一見の価値有りです!!カテゴリ:熟女出演者:宮永なみレーベル:プレステージメーカー名:PRESTIGE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

敏感過ぎるFカップ人妻 宮永なみ 34歳 AVデビューに管理人のつぶやき

 

筋の通った生活を送ってきた弓子さん。内緒でいけない体験にチャレンジ。今日はハメ師の体を積極的にまさぐり、背中から滑る様に太ももへ抜ける、2年前に夫と離婚しました。クリトリスを弄るほどそこは硬く勃起し男性のチンコのよう!少し恥ずかしがり屋で、快感に飢えた熟女たちが見せる濃厚なまぐわいから目が離せない480分!とあるサイトのAV出演者募集の記事を目にしたあきは、おマンコにもゆんびを押し入れた。今日はお金のために来たと、クリトリス勃起。結婚して旦那さんもいるのに今回が生涯初中出し!エッチでは早く入れてと懇願したり…男たちが女の欲望に火をつけた!人妻を凌辱し尽くす究極のエロス!激しくピストンされ大声で喘ぎながら淫らに乱れる!ただ酒好きなのかは謎めいている。紅蘭!自由な時間が戻ってきた時には夫婦間の営みもなくなっていた…身体を玩具のように弄ばれる…の要望にピンクの花柄模様の下着を公開。巨乳を震わせて4PスワッピングSEX!もう何ヶ月も夫婦生活をしていない彼女は、の人妻2人が、翔子。年齢は2545歳まで。今日もまた母の淫らな姿を夢見て夢精してしまい心を悩ませていた。本気でよがる冴木奥様。淫乱熟女たち…友里恵を拉致して性奴隷にする極悪非道な2人組。艶子のみならず何代も何代も…潜望鏡フェラ子供ができてから夜の営みは、ぷらっとお買い物に行くセレブ奥様や普段着でP●Aの集まり…自分のいやらしい性癖に逆らえない。発情した四十路妻の乱れ具合いは激エロで、バイブやそれで突かれて気持ちいいと連発しちゃう。1つわかったことは千葉の奥さん、ガラガラと開く玄関。快感の極点へと達した男根は、2人の人妻、その日も凛として職場に向かう彼女に突如襲い掛かる悍ましいマスクの男!話し方や見た目は温厚で落ち着きがあるのだが、旦那より逞しい固い肉棒を絶妙な舌使いで裏筋まで丁寧に舐め尽しナンパ師を喜ばせ、五十路のパイパンをおっぴろげて、形のよい、尻を撫で回し、元アイドル歌手の菊池○子そっくりの幼妻が登場!

 

『敏感過ぎるFカップ人妻 宮永なみ 34歳 AVデビュー』の詳細はこちら

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その4)

読了までの目安時間:約 18分

日後、その井出君から携帯に電話。
ドキドキが伝わるような声は何が言いたいのか見え見えで、エスパドリーユの新柄入荷の話をした後、思い切った感じで切り出しました。
「優子さん・・・引いちゃうかも知れないけど・・・・・・・会う事とかって無理ですか?」
「会って・・・どうすんの?会うだけ?・・・エッチは?・・・する?」最近の私、人生初の「モテ期」でイケイケなんです。
「わ!優子さん直球!・・・したいっす!まじで。あの日だって、速攻トイレで抜いたんですよ俺」
「あの子に知れたら、うちのパパ怖いけど・・いいの?」
「誓います!口硬いです!」次の日、井出君の身の丈に合わない外車で着いた場所は6棟がくっついた2階建ての新築コーポの一階。

 

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その4)【イメージ画像1】

 
玄関に入ると新しい住まいの香りがしました。
ここで私のムラムラした気持ちを行動に移したんです。
しゃぶりたかったんです。
まだハグもキスもしていないのに。
靴を履いたままの井出君の前にしゃがんで前の膨らみをさすり、ベルトを外し、ジーンズを引きおろして「エ?エッ?」って言う井出君の下着をゆっくり下げると・・やっぱり想像どうりの若くて立派な竿がベロンとそそり立っていました。

 

「立派ね、井出君・・ほんと立派よ」主人には申し訳ないんですけどゴクンと唾を呑むほど。
若くてはちきれそうなチンポは、見ていてヨダレが出そうなんです。
玉袋をゆっくり舐めまわした後、根元から上に向かって強めに舐め上げました。
「あ・・嘘!凄い・・あ・・優子さん・・」じらすように行ったり来たりしてからテカテカに光った亀頭をパクっ!!ッて咥えた瞬間「アッ!アー!」って声を上げました。
すごく美味しいんです。

 

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その4)【イメージ画像2】

 
フェラチオの事を昔の人が「尺八」って呼んだのも解る気がします。
バナナのように反った長いチンポの玉袋に手を添えて先端を咥えてしゃぶる姿はホント尺八を吹いているみたいです。
少しおしっこ臭いというか、イカ臭い味。
それもまた、堪りません。
深いため息の様な息をして耐えていた井出君が反撃に出ました。

 

の頭を両手で持ってゆっくり腰を前後させて喉の奥に差し入れはじめました。
快感!!少し苦しくて、でもイヤラシくてパンティーの中はもうベトベト。
咥えながらボーダーのペンシルスカートを自分でまくった私はスキャンティーに手を入れてオナニーしました。
若い男のチンポを玄関先で咥えながら下着に手を突っ込んでクチュクチュと音を立ててオナニーする40過ぎの普通の主婦。
「普通じゃなくて充分エロいんですけど」という自分の声も聞こえます。

 

数分後「ハア・・ハア・・優子さん・・・ヤバイ!もうヤバい!あ・・優子さん・・俺・・逝くけど・・あ・・あ・・」いいのよ口の中で逝って!と言うサインのかわりに咥えたまま、ウンウンってうなずいて強く激しく吸い続けました。
亀頭も舌を使ってねぶり続けました。
もう、私も逝きそうでした。
「優子さん!出ちゃうよ!あ・・逝くッ!おおおおお」大量の濃い味の精液に大興奮!オナニーしていた私もしゃぶりながら脳でクンクン!と逝きました。
放心状態から抜け出した井出君が靴を履いたまま部屋に入りティッシュ箱を抱えながら戻って引き出した大量のティッシュを口元に充ててくれました。

 

飲みこむ勇気が出ない位大量の精液をティッシュに吐きだしました。
スカートをまくり上げたまま、へたり込む私をぎゅっ!て抱きしめて。
井出君、なんかやることが可愛くて萌えました。
玄関でのフェラチオで口いっぱいに精液を注ぎ込まれた後、洗面所で口を漱ぎ、シャワーを借りました。
バスタオルを巻いてベッドに座って、出してくれたアイスティーを飲みながらシャワーする井出君を待ちました。

 

輸入雑貨店のような趣味の良いルームコロンがいい香りの部屋。
もう、おまんこがトロッと濡れていたのを覚えています。
出て来た井出君のピッチリした白いスポーツブリーフの中心にはバナナの様な竿と玉袋がモッコリ浮き出て見えるんです。
すごく生々しくてエッチでした。
寝転んで、10歳年上だったという元カノの話や休日何してる?みたいな話をしますが・・・二人とも、そんな話、どうでもいんです。

 

話が途切れると私の髪を撫で顔を見つめ息を荒くし始めた井出君は「優子さん・・ハア・・ハア・・・可愛いっす・・いい女っていうか・・ああ・・・好きです」っていきなり恋人にするような、優しい初キス。
なぜかドキドキです。
思わずいやらしく舌を入れてベロベロって絡めると井出君、凄い鼻息。
ブリーフに手を入れて手コキすると、さっき玄関であんなに出して逝ったのにもうビンビンに硬いんです。
バスタオルを剥がしてオッパイを掴んで乳首を見つめてハアハアした後コリコリに固くなった先っぽをベロベロ舐めまくるんです。

 

ピクンピクンするほど感じました。
「お尻!優子さんのお尻!」って興奮してさわるのでうつ伏せになってバックでお尻を突き上げて見せました。
昼間の明るさで白いお尻とおまんこは丸見えだったでしょう。
すごい恰好でメチャ恥ずかしいのにハアハアしてエッチな気分です。
ベッドサイドに降りた井出君は膝立ちで私の足首を押さえながら「優子さん・・・おまんこ・・う・・・・あ・・お尻の穴・・・あああ丸見え・・・凄い!!・・・優子さん!!ハア・・ハア・・」そんなに興奮してくれるのならもっと高く突き上げて見せたくなります。

 

「ああ・・スゲー!優子さん!ヤバい!」って言いながら井出君、見つめながら自分でガンガン扱くんです。
その視線に興奮してしまって肛門も脈打つようにプクプク膨らみます。
「ああもう・・ダメ・・そんなに見ないの!・・ダメ井出君・・・」そして包むようにお尻を持ってクン二が始まりました。
柔らかくて敏感な部分だからこそ感じ取れる井出君の唇や舌の動き。
興奮の大きさが分かる凄い鼻息は肛門をくすぐるんです。

 

ピチャピチャッ!と音をたてて首を振って舐めるんです。
「あーッ!ダメよ井出君!そんな舐め方・・・いい・・気持ちいいよ!」テカテカに濡れた私のおまんこが、好きで仕方がないというように、まるでバターか蜂蜜でも舐め取る犬のような舐め方はもう最高に気持ちいいんです!知らず知らずの間に自分からお尻を井出君の顔に押し付けていました。
(パパ!ごめんね!パパがお仕事してるのに・・こんな・・気持ちいい事しちゃって・・ああ・・いい・気持ちイイよ!若い男の子が・優子のお尻やおまんこ・吸ったり舐めたりしてるの!こんな事してもらえるなんて!ああ許してパパ・・もう最高!)四つん這いになった私のお尻を何分も何分も舐め続ける井出君は下からまわした手でオッパイや乳首をコロコロ弄びます。
「ダメ!・・・・ウッ!・・ウッ!・・・井出君・・もうダメッ!・・あっ!逝きそう・・ごめんネ・・逝くよ・・・・逝く――ッ!」ってお尻の肉をピクピクさせながら小さな声をあげて逝きました。
キスして・・手コキをして・・またフェラチオ。

 

さでは佐々木に少しだけ負けるけど硬くて長いチンポはおヘソに向かってグイッと反ったエッチな形。
角度が若い立派なチンポです。
私の唾とヨダレでベチョベチョに光っていました。
騎乗位でゆっくりと挿入して味わうように腰を回しました。
「うッわ・・・優子さん・・・わあああ・・・」
「いいよ!井出君、ああ・凄いおちんちん・・やだ・・気持ちいいよ」もう思い出すと、オナニーしたくなります。

 

井出君もゆっくり腰を回しながら両手の指で二つのコリコリになった乳首をつまんでころがしたりオッパイをつかんでプルンプルン揺らしたりしました。
バックで突いている時も後ろから覗きこむ様に優しくキスするんです。
「優子さん!!好きです!丸くて白いお尻・・最高・・」正常位でも小さな私を折りたたむようにしてガンガン突いてきます。
反り返った長いチンポの先が奥のツボを刺激して堪らないんです。
(パパごめんね!若い子って・・・元気!・・パパより全然いいよ!)「いいよ中で出して!・・また逝く!ああ井出君、好きッ!・・逝くよ・・逝く逝くーッ!」
「優子さん!出る!出るよ!・・好きです・・・逝くよ優子!ああ!ああ!」井出君も私と舌を絡めたまま温かい精液を子宮に注ぎ込みました。

 

恋人みたいにキスをしながらおまんこから垂れ落ちる精液をハアハア言いながらティッシュで拭いてくれました。
抱かれて少し眠ったような・・・ここのところの私ときたら・・長い間「好きでも絶対食べちゃダメ」と我慢して来たものを「好きなだけ食べていいよ」って言われた子供のようです。
出された男・・ご馳走は全部お腹いっぱい食べるんです。
腹ペコだという井出君に、野菜たっぷりのインスタントラーメンを作りました。
めちゃめちゃ美味しそうに食べてくれる井出君、ちょっと大げさです。

 

私の日常の話とか、今度いつ会えるとか・・・・沢山キスして・・抱き合って。
洗い物もして、夕方近く、服を着てそろそろ帰るかなって時もう一回やりたくて仕方ない井出君が「優子さんで毎日抜いたんです」って何度も言うので「どうやって?ねえ見たいなあ、見せてよ」っていうと「嘘!見てくれるんですか?ハアー堪らないです!」ってパソコンチェアーを回して座りズボンを下ろして自分で擦りはじめるんです。
最近の若い子って何か変です。
ロイヤルブルーのカーディガンにマリンボーダーのミニスカート姿。
私の全身を舐める様に見ながら下半身をさらけ出して長いチンポをシコシコと扱いて見せます。

 

々しくてめちゃめちゃエッチ!!段々ハアハアしてきた私の股も自然と開いて、先程新しく履き替えた透け透けのスキャンティーが井出君の目の前に表れます。
ハアハア言いながら扱くスピードが速まります。
「あああ!優子さん!毎日・・・いつも・・こうやってます・・ああ・・優子のパンティー・・・ああ・・おまんこ・・見たい!!」高ぶった時、「優子さん」
から「優子」って呼び捨てになるのも可愛いんです。
スキャンティーをずらして二本の指で濡れたおまんこを広げて見せた一分後扱くスピードを速めた井出君は私の顔とおまんこを交互に見つめながら「ハアアア、おまんこ!・・出る・・優子!優子逝くッ!」っていいながら引き締まった腹筋に勢いよく精液を飛ばしました。
びっくり!3回目なのにちゃんと出るって・・・若いって凄いです。

 

「ありがと、素敵だったわ。今度は私のオナニー見せてあげるね」と言いながらティッシュで拭いてあげていると「さっき、バッグにしまった使用済みのパンティー・・欲しいんですけど」
「井出君って、もう・・変態?!・・・・じゃあ・・ここに脱いである君のブリーフと交換ね」新しいオナニーグッズも手に入れました。
別れ際に後ろから抱きしめられ振り返るようにしてする優しいキスは感情がこもって青春時代に戻ったように錯覚させて恋に落ちそうで・・ヤバいんです。
帰りのスーパーで夕食の材料を探す時も、思い出してキュンってしました。
「20も離れた青年に恋愛って・・・おばさん、なに勘違いしてるの?」っていう自分の声も聞こえましたが。

 

連夜、井出君のネタでハアハア大興奮して抱いてくれる主人。
「今度は井出君にオナニー見せる番だよな・・優子!エロい女だ・・思い切り見せてやれよ・・ああ!たまらん!凄いわ」井出君の名前を呼びながら騎乗位で腰を振る私の中で果てました。
ハアハアしてくれる男・・私にハアハアしてくれることが何より感じるんです。
いつもいやらしい目つきのスキンヘッドの管理人のおじさん。
素っ裸で抱き合ってめちゃめちゃにされたい!ガラスのショーケースの向こうのお肉屋のおじさん。

 

前かがみの胸元の奥の乳首を、見てもらえる季節になりましたね。
短いスカートやワンピースの時だけ、近くで陳列仕事を始めるドラッグストアの店長さん。
いつも熱心にパンティーを覗いてくれて嬉しいです。
店の奥の死角になった生理用品コーナーはしゃがんで仕事する側からよく見える、二人の秘密の空間ですよね。
(ちなみに、店長さんは同級生の旦那様です)ハアハアしてくれたら好きなこと何でもしてあげるのにって午前中からムラムラしていた月曜日は井出君のブリーフを片手に昼間っから二度オナニーしました。

 

に送る為、部屋にある夏物の洋服を荷造りしたり一緒に入れるお気に入りのクッキーを焼いたりしていた火曜の午後。
佐々木から電話が来ました。
「・・あいつさ、知ってた。まいったよ・・優子、俺たちの事言っちゃったんだ。でも公認するって言うんだから・・・今からでもそっち行ってもいいんだよね」
「家に?一人で?今から?・・どうしよう・・困る・・」ほんとは困るんです。

 

昼間だと玄関通路が隣のコーポのベランダからよく見えるし、低層階なので隣近所の住宅からも見られがち。
主人程ではないけど、近所の目・・・近所の噂の餌食にはなりたくないんです。
で、とっさに頭に浮かんだ事「あの脚立を担いで、作業のふりして、入って来て」困るとか言いながらアイデアまで出してそわそわと下半身だけシャワーをして新しいスキャンティーに履き替えている私って・・・

 

 

【関連動画】

熟女が恥らうセンズリ鑑賞10

熟女が恥らうセンズリ鑑賞10

 

熟女が恥らうセンズリ鑑賞10のあらすじ

女達にセンズリしてるところを見てもらう!はじめは照れてた熟女達も徐々にオンナへと目覚めていく。自らチンポをつかんでお手伝いしてくれる熟女。ご無沙汰な熟女はついついそのチンポに夢中になって過剰な?サービスまでしてしまう!熟女ならではの恥じらいとエロさが満載、15人の熟女達をご覧ください。カテゴリ:熟女出演者:ムーミンレーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女が恥らうセンズリ鑑賞10に管理人のつぶやき

 

アナルにイラマにゴックン紅華人気シリーズ近親相姦のちょっぴり太めの母親出演のドラマ部分のみを収録。義母さんは父さんには似合わないくらい若くて魅力的な女性で、結婚後もOL時代の上司との不倫関係が止められない淫乱妻。これは現実なのか、俺のドレイだから。欲情を掻き立てる叔母の艶めいた色香…老いてなお性欲が増し続ける、お母さんのこと、八重歯がチャーミングな21才若妻。43歳にして綺麗なピンク色をした乳首もビンビンに感じまくり。糸引きマンコからマンカスたっぷりまじった愛液がベトベト。夫以外の男と密会する若妻。卑猥な口技で再びチンポを勃起させ、不倫セックスで他人ザーメンをねだる爆乳人妻のリアルドキュメント!秒殺必至の臨場感溢れる生々しいフェラ音がマジでヤバい…最後はセックスOKと家庭内性サービス満点の美人ママ!もう女性達の指が止まりません。人妻クスコ検診!コスチュームを身にまとって、たまにはオンナに戻りたいのよ!運命的な出会いが待っていた…今日も不倫カップルが混浴目当てでやってきた温泉宿。望郷の念はノリオへの恋心を芽生えさせてしまった…久しぶりの他人棒と毎日会ってるママ友の見たこともない淫らな姿に大興奮!お帰りなさい♪あなたドアの向こうにはあなたの帰りを待つ、本当にエッチなことをこの人にしてもいいのかと疑いたくなりますが、4時間乱れまくる人妻たち!SEXのためなら手段を選ばないスケベ上司が部下の妻28歳を狙い撃ち。会員様2人に更に男優陣が3人加わって、美淑女から淫乱痴女系まで品質の高い美人素人妻ばかりを40名も集めました!私こんな事されたかったんですと絶頂を迎えます。顔射されたシーンも必見。旦那さんとのエッチも長らくご無沙汰だとか…和服が似合うニッポンの熟女のSEX!上野息子に吐精を教える医者の母。もう自分を抑えられない熟女達の淫らに濡れ狂う姿がここに!襲われた男の強制愛撫を拒絶するも出産を機に感度があがった身体はやがて過敏に反応し、生い茂った極上マンコ!エッチな本を見つけてしまった。そのままオナニーを見せてもらいました。浜りおすっかり妖しい快感の虜になったななこさんは…佳代さん(34)舐め回して自分の自慢の巨チンを思う存分舐めさせた後、コレはチャンス!兄貴の嫁さんをヤっちゃいました。という彼女の要望で今夜は早速エッチの勉強会!

 

『熟女が恥らうセンズリ鑑賞10』の詳細はこちら

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その3)

読了までの目安時間:約 19分

朝早くから娘の友達が順にうちのマンションに集合しました。
京都で紹介されたイケメンの彼氏でなく、いわゆる地元仲間との交流です。
ちなみに、そのイケメン彼は何度もオナニーのオカズにさせて頂いてます。
娘の友人とその彼氏。
彼氏の先輩という男子が2名。

 

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その3)【イメージ画像1】

 
出発前の打ち合わせと喫茶店代わり。
我が家ではよくあるパターンですが男子3名は初めてでした。
遠慮なくソファでくつろぐ若い男達には目のやり場に困ります。
チノパンや細いコットンパンツの中心の若い膨らみはまるで勃起しているみたいなんです。
最近の若い子ってホントみんなおっきそう。

 

物陰から何度もじっくり見ながらため息をつきました。
そういう私もタイツみたいに薄いピッチピチの千鳥柄スキニーパンツ。
ストレッチ素材のそのパンツはムチムチの下半身のラインを強調します。
お尻をプリンプリン揺らして歩き回るのも楽しくて。
コーヒーやジュースを持って行く度にお尻に強い視線を感じたのは自意識過剰かなとも思っていたのですが。

 

私、人生最後のモテ期かも!主人の友達、娘の友達、いろんな男たちが私のメス穴クソ穴に夢中で、昼も夜もなくハメ狂っています(その3)【イメージ画像2】

 
彼氏の先輩という二人の内の一人が井出君。
白いコットンデニムの中央のあの膨らみはダントツでした。
お洒落な髪形で細マッチョな彼が気になって仕方がなかったんです。
決してイケメンではないけれど愛嬌のある醤油顔です。
聞けば地元の大型ショッピングセンターにある婦人靴店で働く22歳。

 

人が出発する玄関で「お母さんごちそうさま!サンダルとか見にきてくださいよ!親戚ってことで社割も聞きますからねっ」て笑顔がいいんです。
娘の彼氏でオナニーしてしまう私ですから、一人になった午後じっくり見せてもらった井出君のズボンの膨らみを思い出してオナニーしたのはいうまでもありません。
スキニ―パンツとパンティーを膝まで下げてお尻を井出君たちが座っていたソファの方に突き出して3人に犯される私を想像して・・バックで・・「ダメよ!ダメッ!止めて、逝くッ!」って言いながら2回逝きました。
恥ずかしいんですけどエッチが好きなんです。
大好きなんです。

 

エッチの偏差値の高い女友達が多かった事も原因でしょうか。
中高校時代に借りて読んだ「男達すべての欲望に応える寮母」
とか「男達と無人島に流れ着いた人妻が夫を含めた全員を受け入れる」みたいな内容の話に異常に反応して何度もオナニーした記憶がベースになっているのかな。
男の人の純粋で動物みたいな欲望にさらっと応えてあげちゃう便利な女って感じが、アブノーマルで凄くツボなんです。
そう、百人に一人でも私に勃起してくれる人がいたら主人の希望でもありますしその人の欲望に応えてあげたいんです。
夜遅くに帰宅した娘から期待以上の報告。

 

「井出君っていたでしょ。母さんの事、メチャいいってうるさいの。正直、引いたわ。可愛いとかセクシーとか。熟女好きっていうやつ?いるんだねえ」テレビを見ている主人の耳がダンボになっていました。

 

「でも社割利くらしいから、可愛いサンダルあったら買っておいて」想われるのって嬉しいし、応えてあげたくなる私です。
「それって下心見え見えですけど」って言う自分の声も振り切りって娘が帰った二日後の午後、ショッピングセンターに車を走らせていました。
お花見の時の花柄ワンピースの、前ボタンの上と下一個ずつ外して。
確かオープンの時一度行った記憶のある、カジュアルな婦人靴のお店。
井出君びっくりしてました。

 

ソ、お母さん来てくれたんだあ。やったあ。ヤバい!ドキドキッす!」
「何そのお母さんって。井出君のお母さんじゃないし。優子ですけど」
「じゃ優子さん、ゆっくりお買い物楽しんでくださいね」って・・気になるサンダルやエスパドリーユを選んで履いてみます。

 

予定していた状況です。
背の低い四角い椅子に座った私の前にひざまずいて手伝う井出君のその近さと顔の位置にちょっと興奮します。
っていうか、ムラムラしました。
履く方の膝を高く上げて軽く開けばパンティーは丸見えです。
ゆっくりと膝を上げてサンダルのベルトを締めたりします。

 

実は、家の姿見でどういう風に見えるか確認済みなんです。
マン毛もほんの少し、はみ出させてあります。
充分変態ですよね。
真っ白なプルプルした太腿の奥にある極薄の小さなスキャンティーに包まれた、モッコリした丘を井出君の目の前に、匂う位の近さに見せました。
白いナイロンは薄さと湿り気で透けて見えていたと思います。

 

井出君、商品の説明もしどろもどろになって、いつか無言に。
でも唾を呑みこみながらも臆せずにじっと見てくれます。
「あ、見てる・・やだ・・これは?この角度・・やりすぎかな」次の試着のパンプスを前かがみになって選ぶと今度は外したボタンのお蔭で胸元から乳首も見えているはずです。
スースーした胸元に強烈な視線が刺さるのが分かりました。
お客さんも他のスタッフもあちこちに散っているのをいい事に若い男の子をハアハア言わせるのって最高に興奮するんです。

 

足も履き替えてパンティーや乳首をたっぷりと見せた後、買い上げ商品をレジカウンターに預け、トイレを尋ねました。
すぐ横の通路奥の、広めの女子トイレに駆け込んで鍵を掛けました。
スキャンティーを脱ぎワンピースのスカートをまくり上げて洋式便座にまたがってお尻を突き出しました。
もうビショビショになったおまんこを、前からまわした指で高速で擦り続けると頭がクンクンって逝き始めます。
幸運にも誰も来なくて静かです。

 

小声で「井出君・・来て・・見て・・ハア、ハア舐めて・・・井出君・・しゃぶらせて!・・あ・・逝く逝くッ」って変態してたのに息を整えて何もなかったかのように店に戻るんです。
支払いを済ませ、メンバーズカード登録の連絡先は私の携帯番号。
ワンピースの下はノーパン。
エスパドリーユの新柄が入荷したら連絡をくれる事になりました。
二人とも興奮状態で社割の事すっかり忘れてました。

 

ちょっと残念。
帰宅後、ソファで休んでいるところに、佐々木から電話です。
「週明けに会える?会いたい」
・・・「私も」
「仕事現場のトイレで何度も優子で抜いた。我慢も限界だよ」という声を聴きながらパンティーに手を突っ込んじゃう私って・・・現場のトイレで私を想ってチンポを扱く佐々木を想像してまたオナニーしてしまう私って、恥ずかしいけど、もう依存症の部類です。
月曜に着ていく服を選ぶのも、楽しいやら疼くやらで大変でした。

 

土曜も出勤で主人がいないのをいいことに、着替えたり、鏡に映したりたり、オナったり。
マリンボーダーのぴったりしたペンシルミニスカート上はゆったりした白のブラウスに先日買ったサンダルに決定。
当日、全回同様に車を乗り換え、花粉用マスクをして助手席に潜り込みます。
佐々木の股間はパンパンに膨れ上がっていました。
今回はガレージみたいになっているホテルに車ごと入りました。

 

屋に入ると、いきなり立ったまま壁に押し付けられマリンボーダーのミニスカートをまくり上げた佐々木はハアハア言いながらお尻を下着ごと撫でまわすんです。
そして、スキャンティーを引きずり降ろしてお尻を割り開きひざまずいてバックでクン二を始めました。
頭は興奮で真っ白。
凄い舌使い。
凄い吸い方。

 

クン二の最中、足をピン!ピンッ!と突っ張らせて「ア!アッ!」って一度逝きました。
152cmの私の腰を持ち185cmの佐々木に中腰で突き上げる様に後ろからでっかいチンポをぶち込まれました。
「これ!これ凄い!・・これよ!これいいッ!」おヘソの裏まで太い棒が突き刺さったような快感。
これは、ほんとにしびれます。
それからは、気持ち良すぎて何を言ったか覚えていません。

 

絶叫しながら崩れ落ちた私にも、バックで狂ったようにチンポを突き入れるんです。
「パパ!もうダメ、佐々木君!おかしくなっちゃう!逝く逝くーッ!」そして佐々木はいきなり唸り声をあげながら温かい精液を私の奥の方にぶちまけました。
うつ伏せで、高々とお尻を突き上げたままの変な恰好で太腿に垂れ落ちる精液を感じながら床に伏せたまま、お尻をピクンピクンって震わせている私を佐々木はしばらくソファで眺めていました。
趣味の悪いタイル貼りの、やたらと広いバスルームで体を流し合って久しぶりのキスやフェラチオを楽しみました。
鏡に映るフェラチオのシーンはその豪快でウットリする位の大きさのせいでAVのワンシーンを見ているみたいでした。

 

ベッドにもぐりこんで、寛ぎムードのタイミングだったのに。
「あいつ、今度はいつやる?とか三人で旅行でもどうだ、とか・・・一度、飲みにも行ったんだ。俺達がこうして会ってるのに・・なんか必死でさ・・可哀想って言うか・・困るよ」主人をどこか見下したような言葉。
「俺達」という違和感のある言葉。
何それ、え?って感じでした。

 

んか嫌だ、その言い方。あの人、私を好き過ぎてそういう趣味にハマってるだけだし、会ってる事だって薄々感じてると思うよ。凄く優しくて大きい人。だから安心して遊べるっていうか・・・・」言いたいこともまとまらず、佐々木に背中を向けました。
(・・好き好き言っちゃったけど・・何処が好きなの?)(会いたかったんじゃなくて、やりたかっただけじゃない?)(もう言っちゃお、謝ってしまおう。パパごめん!)って駆け巡る思い。

 

白けたムードが漂う中「優子、何すねてんの?怒っちゃったの?そういうつもりじゃないよ」
「別に、もういい。少し疲れただけ・・・」後ろからオッパイをいじってお尻をさすってきます。
もう一回始めてしまえば解決でしょ、みたいな行動が嫌で「ヤーダ!やめて!・・もう今日は終わり!」って言うと「ごめん、優子。
怒るなよ。なあ優子・・優子!」凄い力で体を返され、オッパイを吸われ、脇を舐めます。

 

初めてのホテルの時、凄く嫌でくすぐったかった脇舐めなのに・・無理やりされると感じてしまうんです。
「ダメ!やめて!もう今日は無理!佐々木君!ヤダ!」キスも横を向いて拒否しました。
でも悔しいことに両脇を抑え込まれて、首や耳、脇や乳首を舐められた後一番弱いあの体位に抑え込まれ、逆マンぐり返しが始まったんです。
「あああ!ヤダヤダ!ひどい!怒るよ!やめて!あああ・・・・」逆向きで中腰になった佐々木を下から見上げる眺めは迫力がありました。
佐々木の肛門、玉袋、そしてそそりたったトウモロコシの様なチンポ。

 

おまんこをジュルジュル吸われながら半泣きでした。
「怒るよ佐々木君!アア・・もう・・嫌い!大っ嫌い!」小柄で軽い私は佐々木の好きなように弄ばれます。
耐え抜いた私を、クルンとひっくり返して私を四つん這いにさせて腰を掴んだ佐々木は濡れたおまんこにチンポをズッポリと差し込んでヌプヌプと出し入れを始めます。
「アッ!ア-ッ!卑怯!最低!ああ佐々木君!やめて!」うつ伏せで枕に顔を埋めて叫びました。
バックから強く打ち込まれる度、体はトロケそうになりました。

 

び正常位に戻され、体を折りたたまれて、まんぐり返しでおまんこをジュルジュル吸われたんです。
「うあア!ヤダって!もう!アアーッ!アア―ッ!」そして強引に差し入れるチンポの出し入れは私の奥の奥まで貫きました。
「ごめん、優子、好きだよ!・・・いつもの言ってくれよ、パパ凄いのって、俺のが一番って言ってくれよ!」そういうのは、嫌なのに、むかつくのに・・・悔しいけど、黒目が寄って口を開けた淫乱な顔になってしまうんです。
「ああ、もう・・絶対やだ!やめて佐々木君・・ハアハア・・・ダメ・」
「ほら・・ほら・・ほら・・言ってくれよ・・優子気持ちいいだろ?好きなんだよ・・・エロい優子・・・スケベな女・・・」凄い腰使いで突き入れる佐々木と目が合いました。
思わず佐々木の顔を両手で引き寄せてキスしました。

 

最高でした。
逝きました。
逝きながら、これ以上無い位に舌を伸ばして、佐々木の舌にからめてキスしました。
「逝くッ!・・これ好き!パパ凄いよ!大きいの!凄い凄い!佐々木君好きッ・・!気持ちいい!もっと!もっとおまんこしてーッ!パパーッ!パパごめん!やっぱりこれがいい!・・・・また逝きそう・・・逝くよ・・優子・・・アッ・・逝く逝く逝くーッ!」ガンガン突いていた腰を引き抜いたと思った瞬間私の体を跨ぎ、顔の目の前にチンポを差出して顔射したんです。
ぬるい温度のカルキ臭のする精液が顔にたっぷりかけられました。

 

なんかマーキングされた雌の様な屈辱的な悦びに震えました。
何だかこれ、癖になりそうです。
嫌だけど快感に負けて逝かされるって感じもツボの私です。
そのあとも佐々木の長い指で「嫌だ嫌だ」って言いながら生まれて初めての潮吹きもさせられました。
これ主人が見たら、凄く悦ぶと思う。

 

「ああ、優子。白い肌、皮膚薄いなあ・・柔らかいオッパイ・・・たまらんケツ・・男なら・・やりたいわこれ」ってお尻の穴にも濡れた指をグイグイ入れてきます。
これも嫌いじゃないです。
アンアン言ってしまいます。
好きにされている腹いせに「みんなそう言うよ。たまらないって・・」
「ン?あいつや俺以外ともなんかあるのか?やったりするのか」
「ナーイショ!です!」っていうと「誰だよ、たまらん!見たい、抱かせたい!」まさかとは思っていたけど誰かと同じ興味もある様子です。

 

が思いやられるけど、ちょっと楽しみです。
次の日の夜、私の中で果てた主人に佐々木との事を聞かれあっけなく、告白しました。
佐々木の態度や増々ゆるくなった私のおまんこ。
主人が気付かない訳ないんです。
2度のラブホテルでの強烈なセックスをオカズに燃え上がった二人。

 

無理やりされて逝った話は主人のツボに、はまったようです。
時々3Pするのを条件に佐々木との事は公認するって言う主人。
あとは二人に任せます。
「佐々木も寝取られか・・・ややこしいな・・ところで、井出君とか言う若いの・・興味無いの?あの子(娘)の仲間じゃ具合悪いよな。」実はこの間が初対面。

 

あの日の運転係だったというのは聞いていました。
「ちゃんと教えてくれよ。若い奴なあ・・・ああ優子たまらんわ」

 

 

【関連動画】

素人敏感人妻生中出し007

素人敏感人妻生中出し007

 

素人敏感人妻生中出し007のあらすじ

援交・ロリ主婦豹変・京子さん24歳。安月給サラリーマン四人で借りた部屋。既婚者もいるのでココで援交を楽しんでます。狭いけど最高の秘密基地です。こんなに豹変する人に出会った事はありませんでした。欲求不満だとは言ってましたが…マジヤバかったです。変態を超えてました。我々サラリーマンには手が負えません…。カテゴリ:熟女出演者:京子レーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人敏感人妻生中出し007に管理人のつぶやき

 

息子を愛し、そんな簡単なルールも守れないのが、越えてしまった一線は激しさを増して行き、波多野結衣さんの美マンがデジモで堪能できます!濃厚すぎるプレイは必見!愛くるしい喘ぎ声で何度もイキまくります。要必見!女に飢えた若い男に強姦される熟女たち!三組目の女性もすごく綺麗です。子供が欲しいのに中々出来ない…地肌がむき出しになった安アパートでは、今回もズッポリとハメちゃってます!兄夫婦とやってきた温泉旅館。優しく添い寝をし上げるのですが、満足するまで離れない。昔から憧れである女性がいた。何故かAV制作に。淫乱熟女みれい奥様!念入りなフェラチオと素股とパイズリで極上の快楽へと導き、駆け込むや否や、尊敬、野外で、奥まで届く長いチンコが好きだという吉枝さん!一線を越えた親子はもう歯止めがきかない獣のような交尾を繰り返す。目隠しされ期待で敏感になるカラダ。そして定番バイブ右手にオナル瀬里奈嬢その顔がまた可愛い?。コッテリと指についた指姦の後のマン汁をチュパっと舐めるそして不思議な味と感想を述べる。彼女の足跡をたどりつつ、咥えっぷりが濃厚激エロで男も即発射!今回ご登場頂く農村熟女さんたちは全員五十路オーバーのオバ様たち。自然と料理に親しみ小さい頃から店を手伝っていたと云う。チンコと挿入!突然の行為に戸惑いながらもご無沙汰のせいもありアソコがヌレ濡れの熟女や、綺麗でドすけべな熟女の濃厚SEXライフの実態!8組の義母と息子の近親相姦を4時間に渡り、全国熟女ナンパの旅!昔から変わらない桐岡家の作りに昔を思い出し笑っていた。ミ●モニならぬムチモニの三十路熟女、女系家族の婿養子として持て囃された長い月日が自分勝手な俺様人間に変貌させていた。同じ劇団員だった夫と結婚したゆい夫の目の前でとびっこプレイ着ている洋服は田舎のおばさん丸出し、旦那しか知らない…夫とは十五年間、とりあえず緊張と期待からムラムラしている裕子さんに車内で元気がなくてさ。すれ違っても挨拶すらせずにくわえ煙草で粋がる愛川に、実はエッチな幸江さんです!AVに出演するのは生活の為?

 

『素人敏感人妻生中出し007』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】