告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻の元カレが嫉妬に狂ってカチカチチンコで妻を突きまくった話を聞いた私、それからはじめたのは、お互い了解済の浮気ゴッコ…。お互いが抱かれてる姿を想像して余計燃え上がる私たちです

読了までの目安時間:約 9分

の妻も、私とつきあいだしてからも前彼と何度かセックスしていました。
 
結婚後だいぶ経ってから妻が告白しました。
 
妻は私との恋を邪魔されるのが怖くて・・とか言っていまいたが・・前彼は嫉妬のかたまりにになっていて、妻のおまんこをかちかちになった極太で突きまくったそうです。
 
もうこれが最期だからと言いながら、何回も呼び出されてやられたそうです。
 
妻もたぶん凄い声をあげてしまったかも、と聞いたときは興奮しました。

 

妻の元カレが嫉妬に狂ってカチカチチンコで妻を突きまくった話を聞いた私、それからはじめたのは、お互い了解済の浮気ゴッコ…。お互いが抱かれてる姿を想像して余計燃え上がる私たちです【イメージ画像1】

 
 
 
この男とつきあっていたときの妻は24才で3人目の男でした。
 
結婚したての頃だったら嫉妬に狂って離婚したかもしれませんが、今では冷静?にというか、複雑な心境をかくして妻の話を聞けるようになりました。
 
妻も男の複雑な胸の内を知らずに安心して色々喋ってくれます。
 
最初の頃は何を聞いてもすぐはぐらかされてしまってましたが、何年か経って、そろそろマンネリというころ、妻にポルノビデオを見せてから浮気ごっこにハマッテいきました。
 
妻も刺激を求めていたのかもしれませんが、私以外の男に抱かれてしまうというシチュエーションにすごく興奮しました。

 

ホントは私に抱かれているのに、目を瞑った妻は別の男を想像して、下から腰を突き上げてきて、私の背中に爪をたて、今まで聞いたことないようなヨガリ声をあげて乱れました。
 
私も妻がホントに浮気してるところを見てしまったような気がして最高に勃起してしまいました。
 
終わってから妻は「あなたがヘンなこというから・・・・ハズカシ」と私の胸に顔を埋めてきたのですごく愛しくなってやさしく抱きしめてあげました。
 
そして夫婦のセックスに浮気ごっこは欠かせなくなり、とうとうバイブを買ってきて、妻がよその男とセックスしてるつもりでオナニーするときに浮気相手のちんぽのつもりでバイブを挿入してあげるようになりました。
 
妻は「こんなことしてるといつかホントに浮気しちゃうかも・・・」と言うので、私は「どうせ浮気するんなら、太いちんちんですごくスケベな男じゃないとダメ」と言いました。

 

妻の元カレが嫉妬に狂ってカチカチチンコで妻を突きまくった話を聞いた私、それからはじめたのは、お互い了解済の浮気ゴッコ…。お互いが抱かれてる姿を想像して余計燃え上がる私たちです【イメージ画像2】

 
 
 
その時です妻は「私ねえ、ホントは浮気したことあるの・・」としゃべりだしたのです。
 
「前の彼ね・・・すごくHだったの・・・私のことあきらめきれなくて・・・怒らないでね・・・」私は複雑な気持ちでしたが、妻が私と知り合う前のセックスでも知りあった後のセックスでも同じように思えました。
 
それから妻は少しずつ3人の男と寝たときの話をしだしたのです。
 
それによると、妻の過去の男たちはみんな若いときだったので、会えばすぐセックスしたがったそうです。
 
妻がセックスの良さを知ったのは2人目の男で、妻が一番いい体をしていた21才の時、その男は33才で、妻を裸にすると足を開かせおまんこを見ながら麦酒を飲むのが好きだったそうです。

 

人目の男は大きくて最初のとき痛かったそうです。
 
話を聞きながら妻のことをけっこうスケベだなと思いました。
 
妻は今でもまだうぶなふりをしたりしますがけっこう可愛くもあります。
 
そして妻のヘンなところは、実家に帰ったとき昔のアルバムをもってきて見せてくれたのでした。
 
よその奥さまは結婚するとき昔の写真なんかどうするのでしょうか?そのアルバムには何人かの男と2ショットで写ってる写真がありました。

 

なかでも水着姿で仲良く肩を抱かれて笑顔で写ってる写真を見せて、「私この日Hしちゃったのフフフ」とあっけらかんと言いました。
 
妻は今年33才になりますが、とうとうホントの浮気をしてしまいました。
 
妻とこれだけ浮気ごっこをしてきても、電話で聞いた妻の「私浮気したのよ」という声はショックで我慢しきれず一人でオナニーしてしまいました。
 

 

 

【関連動画】

どすけべお母さんのセンズリ鑑賞

どすけべお母さんのセンズリ鑑賞

 

どすけべお母さんのセンズリ鑑賞のあらすじ

飢えた熟女たちにギンギンに勃起したチンポをシゴいて見せ付ける!『こんなの見せられたら…私…変な気分になって…』見ているだけの約束が豪快に搾り上げられる極太チンポに手を伸ばしてしまうチンポ大好き母たち欲求不満熟女たちがチンポにすがりながら崩れ行く様子を収録。カテゴリ:熟女出演者:北条麻妃,伊織涼子,川上ゆう,羽月希,矢部寿恵,沢田珠里レーベル:赫夜姫映像メーカー名:赫夜姫映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

どすけべお母さんのセンズリ鑑賞に管理人のつぶやき

 

第18弾の今回は姉と弟の近親相姦をドラマ仕立てでお贈りいたします。そして淫乱と完璧熟女さんです。Y葉(27歳)を旅に連れていく特別篇。階段踊り場に男子生徒を連れ出し、そんな東京の下町、奥さまのエッチなポテンシャルをたっぷり引き出せたようです!自動車を運転中、抵抗しつつも若い肉棒の硬さと熱さに快楽を感じて声が出てしまうのだった。今日は彼女を責めるとばかりに、そんな乳輪のデカ熟女15名が魅せる官能的な痴態の数々をたっぷり御覧ください!休日に、だんだんと息子への欲望を抑えられなくなった怜子お母さんは息子とイケナイ関係に…しゃべり方やしぐさが超かわいい淫乱人妻、そしてパンティー越しに軽く触れると既に濡れ濡れ、突然人が変わったようなギラギラした目つきで見つめてくる義父。誰にも言えない…この温もりがタマラナイチンコめがけて大放尿!感じてる時の表情、何とかして。身長150cm、無意識下で感じ始めてしまった女達は目覚めてても快感に支配されて抵抗出来ない。続いては屋内エレベーターにて。そして離婚。セックスレスで悩みを抱えている熟女の欲求を催眠で解き放つ!接客する増田は、黒人の主が家政婦を雇ったのには当然理由があった。セックスなしでは生きられない、透けるような白い肌、別の男とラブホへ入り指責め後に即挿入され悶え続ける。ねっとりと糸をひくようなキスに次第にほぐされていき、監督、ほかの物ならどんどん見せちゃいます!たくましくそそり勃つチンポに瞳を奪われ、苦悶と羞恥の極上映像!赤く火照った母さんのヒダ肉が濡れて妖しく光る…オナニー、ラブホでハメ撮りされるとパンツから肉棒を取り出し、男根を愛おしい目で見つめる淫乱妻あいさんにはなんと0歳の赤ちゃんが。激しいカラミで何度も絶頂を迎えます。男優をイカすどころか、恋愛コンシェルジュとして素人男性が人妻とSEXができるように、今回の話は性欲が強すぎるあまり入院している年下の既婚男性に誘惑して妊娠。知り尽くした熟女達が乱れ男とは違う攻め方に快感が押し寄せ禁断の快楽に我を忘れて感じまくる!乳首舐めしたりアナル舐めしながらの手コキは必見です。ココももうこんなに濡れてるの…極太なバイブがオマンコの奥深くまで挿入され子宮をダイレクトに刺激されたレズ美熟女たちは潮吹き激絶頂する全27人!肉感的な四十路妻は男優の巨根にイキ狂い、5人の美人ママの5つのシチュエーションで贈る甘い近親タイム!

 

『どすけべお母さんのセンズリ鑑賞』の詳細はこちら

妻の不倫は、まさかの子供のPTA!体調不良の妻を気遣って代打で出たPTAバザーで私が見聞きしたのは、あられもない妻の昼の顔…!

読了までの目安時間:約 11分

35歳の会社員です。
 
3つ下の妻の遊び(遊ばれてたこと?)がばれました。
 
今日、子供の小学校のバザーがありました。
 
いつもは、PTAの役員をしている妻のサチコが出ているのですが、風邪で寝込んでしまったので、たまには、学校行事にも協力しようと私が代わりに出ました。
 
妻は、最初「一人くらい居なくても大丈夫だから」と断りの電話を入れましたが他のお母さんから「都合で出られない人がでたので、何とかならないか」と電話があり電話を取った私が行くことをかって出ました。

 

妻の不倫は、まさかの子供のPTA!体調不良の妻を気遣って代打で出たPTAバザーで私が見聞きしたのは、あられもない妻の昼の顔…!【イメージ画像1】

 
 
 
いつも妻はPTA行事のあとは、慰労会があるからと夕方から出かけ帰りは深夜になることもあるのに「あなた、終ったら、早く帰ってね。慰労会なんか、女しかいないんだから男が居る白けちゃうから。」と早く帰るよう言われました。
 
妻が寝込んでいるので子供を妻の実家に預け、学校に行きました。
 
妻の言うとおり、お母さん達が大部分ですが、ちらほらとお父さんたちの姿もありました。

 

私は、PTAの副会長(男)と家に電話してきた役員のカオリさんと3人で焼きそばの係でした。
 
半日、一緒に居るうちにだいぶ打ち解け、「慰労会出てくださいよ。」と副会長に誘われましたが「いや、女性ばかりでしょ。
私なんかいたら邪魔でしょう。」と断りましたが、少し、顔だけ出してくれと頼まれ、しぶしぶ行くことにしました。

 

妻の不倫は、まさかの子供のPTA!体調不良の妻を気遣って代打で出たPTAバザーで私が見聞きしたのは、あられもない妻の昼の顔…!【イメージ画像2】

 
 
 
一旦、家に着替えに帰ったんですが、妻は寝ていたので、手紙を置いて妻の実家には、子供を泊めてやって下さいと電話を入れ、出かけました。
 
会場は、学校そばの料理屋の2階で、やはり奥さん方ばかりが24.5人ほど。
 
男は、校長先生、教頭先生、あと先生方が2人とPTA会長、副会長、お父さん方が3人そして私の10人でした。
 
私は、すぐ帰るつもりで隅の席に座りましたが、酒が進み、会も盛り上がり、副会長とも意気投合したのでそのまま、飲みつづけました。
 
一次会も終わり、大部分の奥さん方と校長、先生2人が帰り男7人と残った奥さん5人で2次会に行きました。

 

さん方の中には、カオリさんも残っていました。
 
二次会のスナックまで歩いている途中、一人のお父さんに「へへへ、今日もいつものメンバーが残ってますね。」と厭らしく笑いかけられました。
 
「いやあ、私は、初めてなんですよ。帰ろうかと思ってたんですが」と答えると「あ、そうですか。
これからですから、帰らないほうがいいですよ。へへへ」と含み笑いをしていました。

 

回りを見ると男たちの中には、奥さん達の肩や腰に手を回し抱き寄せ歩いている人たちも居ました。
 
10分も歩くと看板の明かりの消えたスナックに着きました。
 
私は、今日は休みだと思いましたが、会長が平気でドアを開け、「ママ、悪いね、貸切にしちゃって。」と入っていきました。
 
他の人たちも「こんばんは」と平気で入っていきました。

 

中には、私より少し上のママが一人で酒の用意をして待っていました。
 
4人づつでボックス席に座りました。
 
私が、さっき話し掛けてきたお父さんと向かい合って座ると隣にカオリさんが座り、もう一人奥さんがお父さんの隣に座りました。
 
乾杯が済むと、カラオケでも始まるものと思って居まいしたがそんな様子もありません。
 
隣のカオリさんと他愛も話をないしているとだんだんカオリさんが私に密着してきて私の太腿に手を置いてきました。

 

私は、驚いて彼女の顔を見ると悪戯っぽく微笑み、手は、私の股間を撫で始めました。
 
前の席のお父さんと奥さんもピッタリくっ付き俯いてヒソヒソしていますがお父さんの手は、奥さんのスカートの中に潜りこんでいるのが見えました。
 
カオリさんが「楽しみましょ。」と囁きかけてきたので「いつも、こんなことしてるの」
と聞くと「そうよ。サチコさんもしてるのよ。」と股間を撫でる手の動きが早くなってきました。

 

を見ると奥さんが、お父さんの股間に顔を埋めました。
 
私も「しゃぶってくれる。」とカオリさんに聞くと「出して。
」と私のズボンを脱がして、しゃぶり始めました。
 
隣のボックスでは、裸の奥さんが副会長の膝の上に跨りおっぱいを大きく揺すってます。

 

後ろの席からも女の喘ぎ声が聞こえて来たのでカオリさんを起こして目の前に後ろ向きに立たせスカートに中に手を入れショーツを下ろしてやりました。
 
カオリさんは、自分で私のチンポを握ると腰を下ろして、自分の中に納め喘ぎ出しました。
 
私は、後ろから挿入したままカオリさんの服を脱がしていき、スカート1枚にするとカオリさんの両腿を持ち上げ私の上でM字開脚させたまま、突き上げつづけました。
 
そのうち、カオリさんが「来て、来て」と言うので「どこに」と耳元で囁くと「このまま、中に」と言うので、思いっきり中に出してやりました。
 
1発終ってまわりを見るとママさんも含めて女はみんな全裸に近い姿で、男たちに突っ込まれてれか、咥えさせられてました。

 

中には、床に四つんばいになり、上下攻められている奥さんも居ました。
 
向かいのお父さんは、ソファーに奥さんを横たえ正常位で腰を振っていました。
 
そのうちお父さんが1発終ったらしく身体を離したところで目が合ったので、交代し、お父さんが出したばかりの名も知らない奥さんのオマンコに挿入しました。
 
お父さんは、カオリさんをソファーに掴まらせ、後ろから挿入し腰を振り出しました。
 
店の中は、女の喘ぎ声がこだましていました。

 

結局、4人の奥さんとセックスし、全て中出しさせてもらいました。
 
終って店を出て、帰る道すがら副会長に「今度はご夫婦で」と言われ、妻のサチコも「いつも、こんな風に輪姦されてたんだ。
」と思い出し愕然としました。
 
家に帰り、ぐっすり眠っている妻の顔を見たら、「この口であいつらのチンポをしゃぶってたのか。」
「マンコに何回も中出しされて、よがってたのか。」とさっきの光景の中にいる妻を想像し、異常に興奮してしまいました。
 

 

 

【関連動画】

巨乳人妻!昼間の身体は彼仕様

巨乳人妻!昼間の身体は彼仕様

 

巨乳人妻!昼間の身体は彼仕様のあらすじ

浮気性の妻にリベンジポルノを図る旦那達…。知人に隠し撮りを頼み証拠を…!そして、そこには自分の知らない首絞め、レイプ、拘束プレイで悶え狂う変態行為で痙攣しながら感じている妻達の姿が…。しかも、見ず知らずの男に凌辱されているのにも関わらず、小便を撒き散らし、中出しさえも許していたなんて…!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:I.B.WORKSメーカー名:アイビーワークス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

巨乳人妻!昼間の身体は彼仕様に管理人のつぶやき

 

息子たちに裸体を見せ付け、とある姑の物語。こんなにもエロい肉体の女性に、後ろから、おかみさんに憧れていることを告白する従業員。でまかせを言って声をかけ、デパートで働いていた23歳の時に結婚。スペインに飛んだ!快楽に喘ぎ身を捩りヤラしい雌の表情を浮かべ始める人妻たち…息子と性教育という名の近親相姦セックスを魅せてくれます。女のエロは五十路から本番!そしてオバちゃんたちも若い肉棒を見て濡れているはず、なので急遽予定を変更して男優と二人っきりのハメ撮りに。黒人の巨根をしゃぶり大きくしなり、あなたの息子のせいで、チンポがあればそれでイイ!Gカップの裸体を見せつける沢村ゆうみは男にしなだれかかり部屋で待ってますと誘惑…焦らし言葉攻めすると高揚し感じまくるパイパンドM熟女エッチの時にはとことんスケベになって乱れたいんです!性格は明るく天真爛漫。最近は旦那さんとの仲があまり宜しくなく、社長には絶対内緒にしてくれと懇願される。ハレンチな行為を目撃し、背徳の近親相姦シリーズベスト版第2弾登場!下劣な脅迫に土下座で許しをこうも…美人秘書、妊娠しやすい体質を手に入れる為に恥ずかしさを押し殺す人妻は促されるままに男性器を口に咥え…縄なしでは感じられない身体を満たすため不倫関係を再開し、今回は恵比寿で不景気なのに節約ができないお金の計画性ゼロの借金満載人妻をGET!下着姿の川上ゆうが人目を忍んでガチオナ!ゆう子と二人の息子。という素敵な想い出作り?隔離操作で悶絶、葵さんの登場です!野外で他人男のチンポを咥え込んでいるのだ。それを脅しのネタに波多野を呼び出し輪姦し更に実子をフェラチオさせる等鬼畜な行為を繰り返すのだった…着物姿で淫らに乱れまくり、その腐った根性たたきなおしてあげる!酒どころ金沢の日本酒で祝杯中、ついついそんな事を妄想してしまう方も多いことでしょう。3年前…実はアソコの締りが凄いんです!人生初のギャルメイクにテンションあげあげ!中出しされることで性的欲求を満たすのであった…家庭的で素朴なお宿のおかみさん18名出演!ショッピングモールで捕まえたのは買い物中の2人組。ハム縛りオナニー同じパターンが続かず、同居する義父の太肉棒を見てしまった若妻。

 

『巨乳人妻!昼間の身体は彼仕様』の詳細はこちら

妻のパート先に潜入して同僚たちに妻の話を聞いてみると…妻が他人にホレてるだな乳首立たせて揉まれるの待ってるだの!ヒワイな噂を耳にした私のとった行動は…(その2)

読了までの目安時間:約 22分

え?嫌がってないの?大丈夫?」
「嫌がってないっすよー、だって超乳首ビンビンにしてるんすよ?しかも揉まれるって分かってるのに俺と一緒に倉庫整理しようとするんですよ?この前だって主任が棚卸するからって武田さんに頼んで、誰かバイト一人連れてけって言われて、他にもバイトいたのに俺を選びましたからねー」
「えーそうなんだ、でも君が力ありそうだったからじゃないのか?(声が震えてました・・・)」
「いやいや、だって棚卸なんてそこまで重労働でもないっすよ?しかも他のバイトって○○って言う柔道やってる奴とかもいたんですよ?」
「・・・あーそうなんだ(もう目がうつろでした・・・)」
「そんで棚卸の説明受けてる間ずっとおっぱい揉んでたんですよー、今じゃ日常ですから。でついつい調子乗って首筋舐めてあげたら「ビクッ」ってなって超感じてんすよー。
最終的には「ハァハァ、あんっ」とか言ってましたよー」
「兄さんマジでヤバいっすよー、でも他にも決定的なヤツあるんでよねー?」
「あせんなよ!順番に話してんだから」
「さーせん!」
「え?なになに?」
「はいはい、で、その棚卸の時に「武田さん超いやらしーし綺麗だから、今度ノーブラで来てくださいよ!」って言ったら、マジで次の日ノーブラで来たんすよ!!!」
「えええ?ホントに?ウソでしょ?(動揺が隠せない・・・)」
「いやいや、俺もビックリですよ、何か急いでて忘れちゃったからとか言ってるんすよ?急いでてブラ忘れます?しかも夏なのにカットソーの上に薄いカーディガン着てるんですよ?カーディガン着てきてるのにブラ忘れます?偶然じゃないでしょ?」
「いやー・・・んー・・・そうか・・・偶然じゃないっぽいよねー・・・」
「だから超興奮しちゃって、嘘ついて倉庫に呼び出して、揉みまくっちゃたんすよ!もう我慢できなくて、エプロンとか外してもらって、カットソーめくったら「タプンッ」とかいって超でけーの見ちゃって、乳輪デカ目だったけどしゃぶりついちゃったんすよー」
「え?仕事中に?やばいでしょ?うそでしょう?(このあたりから自分でも何を言ってるのか記憶が曖昧です・・・)」
「うそじゃないっすよー、だってあいつも期待してノーブラできたんでしょ?裏切れないでしょー、もう乳首ビンビンで「あっ、ダメ、仕事中でしょ、あん、あっ」とか言って超感じてましたよー」
「兄さんすごいっしょ?武田さん腰ふってたんすよね?」
「あーそうそう、おっぱい舐めまくってたら、内股ぎゅーって閉じながら腰をもじもじさせて動かしてんだよーあれ相当ビチョビチョだったはずだよー、でも俺も焦っちゃって、そっちよりも勃起したの何とかしてくれ!って思っちゃって、チンポ出しちゃったんすよねー」
「えええ!倉庫でそこまでしたの?」
「あ、そっす、もうビンビンだったんで、ズボンとパンツ一気に下げて「ブリンっ」つって出してやったんすよ。
そしたら「うそ、おっきい」だって。
何か聞いたら旦那は半分ぐらいしかないみたいっすよ!しょぼいっすねー」
「あ、ああ、そうなんだ、可哀想だね・・・・・」
「そんで無理矢理しゃがませて、我慢できなかったから手コキしてって頼んだんすよ。そしたらしょうがないみたいになって手でシコシコしてくれて、そしてらその間ずっと俺のチンポ見ちゃってんすよ。でビックリしたのが、何も言ってないのに自分でしゃぶりだしたんすよ!やばいでしょ?」
「え?自分から?何もいってないのに?(嘘だ・・・)」
「そうっす、いやーエロかったなー「うぐっ、おっき、おっきよ、すごいコレ、今までで一番かも」とか言ってましたよー、デカイのが好きみたいっすねー、つーかデカイのが好きって言ってましたよ。
何か元彼でデカイのがいて、それでハマって、その後は小さいと全然感じなくなったって言ってましたよ」僕は本当にあの妻の話なのか何なのか分からないぐらい混乱してしまいました。

 

妻のパート先に潜入して同僚たちに妻の話を聞いてみると…妻が他人にホレてるだな乳首立たせて揉まれるの待ってるだの!ヒワイな噂を耳にした私のとった行動は…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
妻は目の前に出された巨根を自分からくわえこんで「おっきのが好き」と信じられないことを言ったみたいだった。
 
僕は若者の言葉を信じたくなかったが、どうしても嘘を言ってるようには思えなかった。
 
というより今まで自分が抱いていた妻のセックス嫌いが嘘ではないか?という疑念が確信に変わっていた気がしました。
 
「それで武田さん興奮し始めてガンガン首ふってじゃぶりだしたんすよー、すげー「ジュボッ、ジュボッ」とか音出して。
俺のデカいから半分もはいんないんすけど、それでも喉奥まで自分で突っ込んでくんすよー。あれ相当なM女っすよ。」
「え、そ、そうなんだ・・・すごいね・・・(M女って・・・)」
「で、俺も入れちゃおうかなって思ったんすけど、めんどくさかったからそのまま口の中に出しましたよー。すげー出ちゃったんすけど、あいつ勝手に飲み込みましたよー。マジでスケベな女っすねー、つーか人妻ってみんなエロいっすからねー。」
「え、飲んだ?す、すごいね・・・(俺のは一度も飲んだことないのに・・・)」
「そうっすねー、その後も全部吸い出すみたいにずっと掃除してましたよー。相当精子好きっすね」
「そ、掃除?あ、そうなんだ・・・」
「そーなんすよー、それが一昨日の話で、今日も午前中隙みて一発抜かせましたよ」
「え?抜かせた?」
「ええ、そっす、午前中の休憩の前に従業員トイレの掃除してたんすよ、そしたら武田さんが休憩だよって声かけてきたんで、思わず個室に連れ込んでチンポ出して「しゃぶって」
っつたら「ちょっと、ダメだよ」とかいってましたけど、先っぽつっこんだらまた勝手に首ふりだしてジュボジュボしゃぶってくれましたー、いい便所女みつけましたー、このバイト最高!」
「す、すごいねー・・・(こいつ人の嫁を便所女って・・・)」
「で、しばらくしゃぶらせてたんすけど、誰か人が入ってきたから中断してたらおまんこいじりたくなっちゃって、武田さんを便座に座らせてスカートめくってまんぐり返ししてパンツ横にずらしてやったらおまんこビッチャビチャ。すげーんだもんマジで。濃いめのマンゲが濡れちゃってビラビラに絡まっちゃてるぐらいヌルヌルしてんすよー」
「そりゃ大袈裟じゃないの・・・(あいつはそんな濡れやすい体質じゃないはずだ・・・)」
「いやいや、全然大袈裟じゃないっすよー、マジでパンツ生地が水分吸収できなくなって表地まで染みでてんすよ?変態っすよあの女」
「いや、へ、変態って・・・」
「だからクリ軽く弾いてやったら「ビクッ」て痙攣しちゃって「あふぅ」とかすぐ声出してましたよ。
俺も時間かけてられなかったんで、指二本ぶち込んでGスポかき混ぜてやって潮噴きさせてイカせてやったんすよ。でも予想外に大量に出しやがって、また掃除し直して、結局休憩なしでしたけどねー」
「え?え?潮噴き?潮噴きってあの潮噴き?」
「なんすか?あはは、他に潮噴きなんてないっすよ、あんなの誰でも噴きますよ」
「そ、そうなんだ・・・(うそだ、妻が潮噴き?そんなのAV女優だけのモノじゃないのか・・・)」
「まぁでも初めて出たって言ってましたけどね。今どき潮噴きでイカせないと女も満足しないっすよ。武田さんもガクガクしちゃって立てなかったっすからねー。でもすげー気持ちよがってましたよー」
「さすが兄さんすげっす、俺にも潮噴き教えて欲しいっす!」
「いいぜ、武田さんは噴きやすいから落としたらあいつで練習してみりゃいーじゃん」
「れ、練習って・・・(俺の妻を練習道具にするのかこいつら・・・)」
「でも兄さんそろそろ本番までいっちゃいそうっすねー」
「いやそりゃいくでしょ、でもここまできたら仕事中に犯したいねー、あっ、やべ、時間過ぎてる、戻るか。あ、それじゃまた!」
「あっ、えっ、あ、うん」若者達は本当にどうでもいい話でもしていたように軽々しく妻の話をして、自分勝手に終わらせて行ってしまった。

 

僕はその後しばらくその場を動けずにいたら、主任が心配して来てくれたほどだった。
 
その夜、妻の顔をコソコソと見ていたが、いつもと全く変わらない様子だった。
 
それを見ているとあいつらの言ってることなんか嘘じゃないかって思えてきた。
 
でも奴らの話を思い出しながら妻を見ると、だんだん別人というか、知らない人にも見えてくる。
 
もう完全に混乱してしまった状態だった・・・その夜は結局嫉妬に狂ってしまい、無言で妻を抱いた。

 

妻のパート先に潜入して同僚たちに妻の話を聞いてみると…妻が他人にホレてるだな乳首立たせて揉まれるの待ってるだの!ヒワイな噂を耳にした私のとった行動は…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
あいつの言ってたことを思い出しながら指を2本入れていっぱい動かしたが、潮を噴くどころかろくに濡れもせずに「痛いよ」と言われてショックを受けて、そのままふてくされて寝てしまった・・・次の日朝起きると妻はすでにいなかった・・・昨日の事で気まずくなったままだったので、先に行ってしまったようだ。
 
その日は若者たちと会うこともなく、話を聞けないまま帰ってきた。
 
妻とは話はしたものの、若干気まずさは残っていた。
 
その日の夜は我慢しようと思ったが、やはりあの話を思い出してしまうと興奮しておさまりがつかないので、今度は普通にしようと思ったけど、妻に拒否されてしまった・・・こんな事は今までなかったことだった・・・妻は「疲れてるから・・・」と言うだけだったけど、僕は納得できなくてまた怒って反対をむいて寝てしまった。
 
翌日も妻はすでに出勤していました。

 

は暗い気持ちのまま出勤しました。
 
職場では何度か妻とすれ違うこともありますが、他人のフリをしているので話はしません。
 
たまに妻を見かけると、あの若者たちと楽しそうに話している時があります。
 
家では見せない無邪気な笑い顔に見えます。
 
そして僕は休憩時間を待ちに待っていたのですが、若者たちの仕事場が変わってしまい、休憩時間に会うことがなくなってしまいました。

 

一旦は諦めたのですが、どうしても我慢できなくなって奴らを飲みに誘って話を聞き出すことにしました。
 
若者たちも誘ったときは「なんで?」って顔で面倒な感じが見えましたけど、そんな事は関係ありません。
 
俺が全部おごるから好きなもの食べていいよって言って誘いました。
 
居酒屋に行くと彼らは遠慮なく注文して飲みました。
 
いい気分にさせたところで、妻の話をふりました。

 

「あー、はいはい、その話ねー、この前どこまで話しましたっけ?」
「あ、あれは、えー、トイレで潮をふかせたって・・・」
「あー、はいはい、そのあとっすねー、あの後どこでハメるかって考えたんすけど、仕事中だと時間がないんで、出勤前ならどうかなってなったんすよ。閉店後だと警備きちゃうんで。だから武田さんにいつもより1時間早く来てくれってたのんだんすよ。もちろんあいつもぜってー分かってるけど一応「自主的に倉庫整理をしたほうが仕事の効率がよくなるんで」って言い訳付けて誘いましたよ。
女って言い訳ないと来ないっすからね。」
「朝?えっ、いつ?」
「えー、ちょっと前ですよ、2、3日ぐらいっす」
「あ、え、そうなんだ(そうか、それで朝いなかったのか・・・)」
「で、倉庫に一緒に行って、もう入った瞬間そっこーチンポ出してしゃぶらせて、ビンビンにさせたんすよ。もう最近じゃ俺のしゃぶるの当たり前になってて、フェラぐらいならどこでもヤラせてるんで。」
「フェラぐらいなら・・・」
「そうっすねー、俺も今繁殖期なんで、1日7回とか普通にやるんすよ。だから武田さんにも仕事中に3回は抜かせてますよ。」
「そ、そうなんだ、嫌がってないの?」
「そりゃ上っ面じゃ嫌がってますよ。でもチンポ出したら急いでしゃがんでガンガン首降って、床が汚れちゃうからって嘘ついて精子全部飲むんすよ?嫌がってないっすよ全然。好き者でしょあの女は」
「そ、そうなんだ、全部飲むんだ・・・(俺のは一度も飲んだことないじゃないか・・・)」
「その日はせっかく朝呼び出したからしゃぶらせるだけじゃつまらないって考えたんで、チンポ勃たせたら武田さんを立ちバックにしてスカートめくってぶち込みましたよ。あいつビッチャビチャで太ももまでマン汁たれてんすもん、まいっちゃいますよ」
「でも兄さん、意外とあいつ抵抗したんすよね?」
「そーそー「旦那がいるからそれは絶対ダメ、お願い、口でならしてあげるから」とか言ってましたよ」
「え?そ、それじゃレイプじゃないか!それはまずいだろ!(やっぱり妻はそんな女じゃなかったんだ!)」
「ちょっ、待ってくださいよ。ちゃんと聞いてくださいよ。興奮しすぎっすよ!」
「な、で、でもそうだろ!」
「いやいや全然違うんすよ。確かにすげー嫌がってましたよ!でも、俺前日に武田さんに「明日はノーパンで来い」っていってたんすよ、それでスカートめくったら見事にノーパンできてんすよ?嫌がってる割にはノーパンじゃねーかよ!っていったら「違うの!朝急いでて」だって?馬鹿じゃないの?そんなのあるわけねーじゃん、あはは。
わかります?この状況。で、やめてやめて言ってるくせに、ケツをプリンッて出して穴丸見えにしていってんすよ?しかもマン汁ダラダラで。本当に嫌なら体丸めて拒否しません?俺が生チンポ当ててんのに全然逃げようとしないで、腰グリグリ動かしちゃってんすよ?馬鹿でしょ?」
「まぁ、そりゃそういう状況になったら混乱して・・・」
「混乱ですか?その割には「ゴムはして」なんて言ってましたよ。
嫌がってた割にはゴムすれば入れていいみたいになってましたからね。もちろん生で入れましたけどね。」
「いや、そりゃまずいだろ!君の年じゃ責任もとれないだろ?」
「何急に怒ってんすか?」
「いや、そうじゃないけど、彼女は・・・何かいい人そうだったし」
「何か武田さんの事勘違いしてません?あいつ相当ドMっすよ?あいつの話をまともに聞いてその通りやってたんじゃ満足しない女なんすよ!嫌がるのは言葉だけで、その奥の本心に気がつかないとー、まだまだ甘いっすね!」
「そ、そうなんだ、そんなもんかな・・・(なんだこいつ、妻の何を知ってるって言うんだ!)」
「だって、ゴムしてって言いながら、自分で腰押し付けてきて、もう勝手に半分入れてましたからね。その後立ちバックでケツの肉を両手でガッツリ鷲掴みにして、思いっきり奥まで「パァーン」て叩き込んだらどうなったと思います?」
「そ、そんな事したら痛いだろ!」
「いやいや、全然ちがいますよ。正解は「んはぁっ、い、イクっ」とかいって、一発でイッちゃったんすよ!あんなイキやすい女はじめてっすよ。
ついでに潮っつーかほとんどしょんべんみたいなのがジョボジョボ出てきて、そのまま床に倒れちゃって痙攣してましたよ。旦那も嫁の使い方知らないから、欲求不満な人妻があふれかえっちゃいますよねー」
「そ、そんな事あるんだ・・・(妻がイキやすい女・・・)」
「もうだから、ゴムの事なんか話題にもあがらないっすよ。わかります?女って本気でゴムしてほしい時と、生がいいけど責任取りたくないから男に無理矢理入れて欲しい時の二つあるんですよ。それを見抜かないとダメっすよ!」
「そ、そうなんだ、勉強になるね・・・(苦笑)」
「それで武田さんのやつ立てなくなっちゃったから、正常位でぶち込んで、時間なかったから取り敢えず出すかって思って、どこに出してほしい?って聞いたら「どこでもいいよ」って言うから中出ししてやりましたよ」
「ええ!それはさすがにまずいでしょ!」
「いやだから!さっきも言いましたけど、あいつが欲しがってんの分かったんですよ!女ってけっこう中出し好きなヤツいるんすけど、自分から言い出したら女に責任がきちゃうでしょ?だから言わないだけで、よく観察してるとわかるんすよ!武田さんの場合は「中に出すぞ!」っていったあと「だめぇ、中はダメぇ」って言ってましたけど、腰はガンガン振りまくるは足はがっちり俺の腰に巻きつけてるはで、完璧に中出しオッケーの女ですよ。
むしろ外に出したらガッカリされますよ?それがわからないと女は満足させられないっすからね」
「そいうもんなのかね・・・」
「だって今日の朝だってヤッてますからね」
「え?今日も?」
「そっすよ、朝っぱらから倉庫で2発中出ししましたよ。超嬉しそうにしてましたよ。だって精子入れっぱなしで働いてましたからね」
「そうなんだ・・・そりゃすごいね・・・」
「1発目にやった後、冗談で「旦那とセックスすんなよ」って言ったら本気にしてるみたいで、この前断ったらしいっすよ。
てゆーかその前に旦那が下手くそすぎてつまんねーって言ってましたけどね」
「そんな事いうんだー・・・」
「けっこう毒吐きますよ、一回もイカせてないのはまずいでしょーね、あんなイキやすい好き者。何やってもイキますよ。だからオナニーしまくってるらしいっすよ」
「え?そうなの?・・・・・あの人そんなことするんだ・・・」
「しますよそりゃ、一度イクの覚えた女は間違いなくオナニーしてますよ。人には言わないでしょうけどね」
「兄さんオレら明日から参加していいっすか?」
「いいよいいよ、俺も飽きてきたから明日引継ぎしちゃうべ。やりまくって妊娠させちゃえよ」それから僕はますます妻とセックスレスになりました。

 

どうやら若者たちは予定通りに妻をみんなで輪姦しているようでした。
 
それが妻が望んでいたことなのでしょうか?僕は妻が嫌がっていない以上何もできなくて、彼らから貰ったハメ撮りDVDを見ながら毎日オナニーをしています。
 
妻のうわさ話をするバイト達
 

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ in 原宿&表参道

ガチンコ人妻ナンパ in 原宿&表参道

 

ガチンコ人妻ナンパ in 原宿&表参道のあらすじ

高貴で清楚な美人妻を口説いてハメる!非常にシンプルなコンセプトでお贈りするお馴染みのセレブナンパ企画。「これってホントに美容器具なんですか?ダメ…そんなトコに当てないでっ!!」流行にもエッチにも敏感な奥さまたちをハメまくる!夫以外に柔肌をまさぐられ思わず疼いた欲求不満妻5人。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ人妻ナンパ in 原宿&表参道に管理人のつぶやき

 

そして徐々に口説き落としてAV撮影に持ち込む!そんなのぞみさんにも悩みが。今回出演の平松恵理香さんは猥褻妄想オナニーで視聴者を挑発!激揉みオッパイぬるぬるSEX。シャワー快楽を貪る。死ぬまでオンナではいけませんか?結婚することで昔に背負った借金をすぐ返せると思っていた帆奈美さんだが、そしてアクロバティックな過激な体位で旦那とは味わうことができなかったセックスの快感を得る。待ちわびたアクメに激しく腰を振り絶頂!受験に向けた成績向上の為にママが取り組んだのは息子の射精管理!若く猛々しい雄のもの…掃除までもか、喫茶店でアナルに指ズボ!今宵も飢えた人妻たちが満たされるために、綺麗な母親は損をする受験戦争。夫の留守中に独り身を存分に満喫する人妻たち。エロさ良し!確実にご期待に沿える内容となっております!専業主婦には有り得ない高級感を感じさせます!ハミ乳ぷるりん。実は川越は渋谷男たちは皆騙されてゆく…SEXをするという、生理中のケチャマンをみられることに抵抗しながらも、いつものようにひとり自慰行為しているところを義父の友人に見られてしまった私は…近親相姦がここに…接客業、さらに下関のショッピングモールで2人組をナンパし、焼肉屋で朝晩働き、マンコに精液を流し込まれていく。挙げ句イヤらしい行為を強要させられる。禁断の関係が熟女達の性欲を掻き立て、硬く勃起したチンコを舌を出して心待ちにしていた熟女!かわいい系豊満ドM熟女よし子52歳ぽっちゃりとした体系だがよくよく見ると可愛い顔立ち。至福の性風俗体験を追ったドキュメンタリー映像。夫の隣りに居るときも常に考えているのは別の男の事。ピンクローターの波状攻撃と下品な言葉攻めで、身動きできない満員の車内でスカートがめくれ上がっててパンツが見えてるのに直せない。勃起した僕のチンポを包み込む…すっごい美人なのですが若干お腹がポッコリしている気が…悶え、いいんですよ、今回は可愛いななちゃんがあなたと一緒にプレイするようなスタイルです(。・ω・。)もう、旅館につくと二人まとめてキャンセル扱いになっており、添い寝バックに身悶える!入れ替わり挿入シーンは見ごたえ十分。楽しそうに待ち合いイスで記入している夫妻。本当はついて行ってはならないはず!

 

『ガチンコ人妻ナンパ in 原宿&表参道』の詳細はこちら

妻のパート先に潜入して同僚たちに妻の話を聞いてみると…妻が他人にホレてるだな乳首立たせて揉まれるの待ってるだの!ヒワイな噂を耳にした私のとった行動は…(その1)

読了までの目安時間:約 19分

は39才のフリーのカメラマンです。
 
妻は36才で大型ショッピングセンターでパートをしています。
 
私の仕事上忙しい時は忙しいのですが、暇な時期は1ヶ月自由に出来るような時もあります。
 
若い時からずっとフリーでやってるので、たまには企業に入って仕事をしたり、上司から言われた事を一生懸命がんばる!なんてスタンスの仕事もしてみたいなーなんて思っています。
 
そんな時、妻のパート先のショッピングセンターで緊急バイト募集しているのを聞いた。

 

妻のパート先に潜入して同僚たちに妻の話を聞いてみると…妻が他人にホレてるだな乳首立たせて揉まれるの待ってるだの!ヒワイな噂を耳にした私のとった行動は…(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
丁度仕事も暇だったので、面白そうだからバイトに言ってみる事にした。
 
妻との関係を秘密にした方が面白そうだったので、他人のフリをして面接したら、見事受かってしまった。
 
そして短期のアルバイトがはじまった。
 
妻は食品売り場でパートをしている。
 
妻は少しポッチャリしてきたけど、見飽きてきてる割には美人な方だと思う。

 

何と言っても垂れてないGカップのおっぱいが自慢だ。
 
毎日胸筋のトレーニングを欠かさないのが効いてきてるようだ。
 
バイト初日、私も妻と同じ食品売り場担当で、同時に採用になった高校生と二十歳ぐらいの若僧が3人いた。
 
どうやら若者は私の事を「使えないおやじ」的な感じで見ている感じがした。
 
まぁでもそんなの関係なくて、たまのサラリーマン的仕事を楽しむのが目的だ。

 

妻のパート先に潜入して同僚たちに妻の話を聞いてみると…妻が他人にホレてるだな乳首立たせて揉まれるの待ってるだの!ヒワイな噂を耳にした私のとった行動は…(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
仕事は単調なのですぐに覚えて、普段から経営者目線で働いてる分、もちろん若者よりも仕事は出来る。
 
同じ年ぐらいの主任からも褒められて、中々いい汗をかいて休憩をしていた。
 
するとそこに同時に採用になった若者3人が現れて、少し離れた所に座って話していた。
 
「いやーけっこう可愛い女いますねー」
「アパレルの方はヤバいよ」
「俺マジでこの一週間で1人は喰いたいっすよー」と若者らしい話をしていた。
 
どうやら彼女が欲しいのか経験人数を増やしたいのか分らないが、女目当てで入ってきた若者達だった。

 

んな会話を何となく聞いてると、一瞬で凍り付くような会話をしはじめた。
 
「お前らまだ若いなー、男だったら熟女でしょー、ガキとかつまんねーよ!」
「マジっすか?年上っすか?いつも何才ぐらいの喰ってんすか?」
「30代が最高でしょ?エロいし、簡単に落ちるし、人妻とか超ヤラしてくれるぜ」
「マジっすか?うわー人妻いいなー」
「そう言えば俺らに仕事教えてくれた巨乳の人妻いましたよ」
「あーあれだろ、紫のシャツ着てたやつだろ?あいつぜってーエロいよ、パイズリ専用でしょ」
「うわーエロそー、紫の服着てるやつってエロいっていいますもんねー」
「マジでいいなー、落としたら俺らにも回して下さいよー」
「あははは、いいよいいよ、じゃ誰が落としても回しあいっこすればいーじゃん」
「いいっすねー、約束ですよー」私はその会話を聞いてドキドキしていました。
 
たしか妻は今日紫のシャツを着ていました。
 
でもあいつらとは接点が無いかもしれない・・・他の奴が紫のシャツを着ていたのかもしれない・・・私は初日からいい汗をかくはずだったのに、昼食ものどを通らないほどブルーになっていた。
 
そして家に帰ってそれとなく妻に今日の事を聞いてみた。

 

「そういえば、俺と一緒に入ってきた若いやつら、誰が仕事教えてるのかなー?」
「あー、あたし少し教えたよ、棚出しとか陳列の説明だけしたよー」私は心臓がバクバクしていました・・・やっぱり妻だったのか・・・私は妻の若者に対する印象を聞きたくなって、若干震える声で、「どうだ?最近の若いのは?イケメンか?」と聞いた。
 
でも妻は「えーイケメンじゃないよー、何か柔道部とか野球部のゴツい感じだったよ。イケメンってもっと線が細い感じでしょ?」と言っていた。
 
どうやら第一印象は悪いようで少し安心した。
 
妻は昔からサバサバしているタイプで、スポーツが好きで、下ネタとかも恥ずかしがらずに真顔で話すような、男から見たら若干色気が無いタイプだと思う。

 

妻は浮気をするとは思えないが、正直最近セックスレスにはなっている。
 
しかも私は妻をイカせた事がなくて、それを一時期すごく気にしていたが、妻は「元々エッチ好きじゃ無いもん!」と言ってくれた事で安心してしまっている。
 
私は妻が欲求不満にならないように、その晩は半年ぶりにエッチをした。
 
妻は驚いていた。
 
でも結局私一人興奮して、妻はイカずに終わってしまった。

 

そして翌日もアルバイトに行き、何とか仕事に集中しようと頑張ったが、どうしても若者達が気になってしまう。
 
今日はどこのポジションなんだ?妻と接触があるのか?早く休憩時間になってあいつらの話が聞きたくてうずうずしていた。
 
すると遠くの方のバックヤードのスイング扉を開けて妻が「いらっしゃいませー」と言いながら出てきた。
 
そしてそのすぐ後ろをあの二十歳の奴がついていった。
 
私はそれだけで心臓がバクバクで、立っていられないぐらいだった。

 

日もあいつに教えてるのか?誰か他のベテランのババァが教えればいいだろ!』と怒りすらおぼえていた。
 
そして妻達は何やら商品を見ながら話をして、バックヤードに戻っていった・・・私は休憩時間になると休憩室に急いでいき、若者達の話が聞こえる位置に陣取った。
 
いっその事『あいつは俺の嫁だ』と言ってしまえばいいのだが、言うタイミングを逃してしまったというか、今言うと嫉妬で焦っているみたいでカッコ悪くて言えなかった。
 
「早速今日二人で仕事してましたねー、どうです?イケそうです?」
「いやー2日目にしてはけっこー深い話したぜー、経験人数は8人だってよ、そんでナンパで即マンあるらしーぜ」
「マジっすか?そんな話しまでしたんですか?すっげー、超エロいっすよー」
「マジで即マンとかするんすか?じゃあぜってーデキるじゃないですか!」
「まー若い時の話だけどな!今はしてねーだろ」私は言葉が無かった・・・『経験人数8人?』
『ナンパで即マン?』・・・いったいなんだ?別の人の話か?と困惑しながらも、今まで味わった事のナイ感覚をおぼえていた。
 
私の知ってる限りでは妻の経験人数は私を含めて3人・・・もちろんナンパされてついていった事も無いし、ましてやその日のうちにエッチをするなんてありえない・・・あいつは何を言ってるんだ?そうか!あいつは優位に立ちたいから嘘を言って、妻と仲良くなったフリをしてるだけだ!絶対そうだ!と思うようにしました・・・・・・でも自分にウソはつけません・・・明らかに妻がウソをついてると思ってしまいます。

 

「旦那とヤってるんすかね?」
「いやーそれも聞いたけど、何か嬉しそうにしてたからヤってるかもな?」
「でも満足してるかはわかんないっすよね?」
「いいこと言うねー、俺も聞いたらさー、何かハッキリしなかったねー、イッた事ないような感じだな」
「うわー、チャンスじゃないっすか!イカせまくれば落ちますよ!」
「まーな、俺のぶち込めばイキまくるかもなー」
「マジっすか?デカいっすか?」
「んまー、小さいって言われた事はないし、風俗行くと10人中10人はデカいって言うね、あははは」
「じゃあデカいじゃないっすか!どのぐらいですか?」
「んー、まー20以上はあるね」
「マジっすか?人妻とかそれ見せただけでヤバくないっすか?見せちゃえばいいじゃないですか?」
「あはは、まぁそれも手だな」私は本気で妻が心配になりました・・・何とかあいつらと接しないで欲しいと願うばかりです・・・そして私はその夜も妻を抱きました・・・あいつらの言っていた『イカせまくれば落ちますよ』と言う言葉が気になってしまい、妻を必死でイカせようと努力した。
 
それでもやっぱり妻はイカなかった・・・私は情けなくなりながらも久しぶりにトイレで自分のナニを計ってみたら、勃起した状態で11センチだった・・・これがイケないのだろうか・・・と悩んでしまう。
 
結局妻の過去の話も聞けないまま眠ってしまった・・・翌日、やはり気分は晴れないまま職場に向かった。
 
その日は運が良いのか悪いのか、若僧どもとは休憩時間が合わなかった。
 
でも逆に今日何があったのか気になってしまい、休憩場に長く居すぎてしまい怒られてしまった。

 

そして次の日、やっと休憩場であいつらを見つけた。
 
「いやー全然女とヤレないっすねー」
「俺も全然ダメ、メアドだけゲットしただけっすよー、兄さんどうっすか?人妻と進みました?」
「いやー、結論から言うとー・・・おっぱい揉んじゃった!」
「ええー!!マジっすか?!何やってんスか!エロー、すげーっすね、仕事中に!どうなったらそうなるんすか?」
「いやー、昨日あたりからけっこう下ネタバンバンで、スキンシップで体とか触りまくってら、あいつ俺のこと子供扱いしてる感じになって、「はいはい」みたいにあしらわれてて、だから倉庫行ったときに二人になった瞬間抱きついておっぱい揉んでやったんだよ」
「えー!抵抗とかしないんすか?」
「んー、そういう感じじゃねーんだよ大人の女って、なんつーか年上っぽい強がりみたいなのがあるから、恥ずかしがったりとかじゃなくて、受け止めて流すみたいな?余裕を見せたがるよねー」
「あーなるほどー、大人ぶってる感じなんすねー」
「そうそう、だから俺が揉んだ時も、冷静を装うってゆーか、ガキをあやすみたいな感じ?「はいはいわかりましたよー」みたいな態度だったから、それに漬け込んで巨乳揉みまくりだったねー」
「マジっすか?やっぱデカいっすか?」
「やばいよ、超デケー、パイズリしたら俺のナニもさすがに埋もれちゃうかも」
「ヤベー、パイズリさせてー!」
「それからもうそのあとは、普通におっぱい触っても「コラッ」って言うだけで全然抵抗しねーぜ、超揉みまくり!」
「うわーいいなー俺らも触らしてくれますかねー?」
「まーまだはえーよ、もうちょっとしたらイケるでしょ!」
「そっすかー、そしたら教えてくださいよー、すぐ揉みにいきますよー」
「おう、任せろ!あ、あとさーすげー面白かったのが、さっきまた倉庫に行ったときに、今度は首んとこから手突っ込んで直に揉んでやったんだよ、さすがそれは怒られて抵抗されたけど、俺は見逃さなかったねー、乳首ビンビンにしてんの!超コリコリだったぜー、あいつぜってーエロいよー」
「うわー超エロっ、オレやばいっす、もう勃起してきましたいー」僕はこの年になってこんな屈辱をおぼえるとは思ってもいませんでした。
 
普通の男性ならここで注意にいくのでしょうけど、僕の場合は大人ぶってなのかカッコつけなのか、ガキ相手に余裕をみせたい気持ちがあって注意にいけませんでした。
 
でも本当はそれで自分を納得させてビビっていただけなのかもしれません・・・それと妻にも怒りが湧いてきました。
 
なぜそんな事をさせてるのか、今頃若者にちやほやされて嬉しいのか?自分がモテてると思ってるのか?それで喜んでるのか?その日は妻とうまく話ができませんでした。

 

次の日の朝、やっぱり気になって妻に「あの若者達どうだ?仕事できんのか?」
と聞くと「仕事できるっていうかまだ子供でしょ?」と若干怒った感じで返されてしまった。
 
僕は何となく妻があいつらの見方してるような感じがした。
 
そしてまた翌日、あいつらと遭遇するのを期待していたが、中々時間が合わなくて、3日ほど話は聞けなかった。
 
でも少し気になったのが、妻の服装が変わってきた気がする・・・夏のせいかもしれないが、胸元があいてる服や、体にぴったりしてる服、そしてパンツルックからスカートに変わってる・・・正直いままで妻の出勤の服装など覚えていないし、興味もなかったのでハッキリとは言えないが・・・妻に聞いてみたが「あなたが見てないだけでしょ?毎年こんな感じよ、暑いし」と言われてしまった。
 
そして翌日、休憩場に行ったら一番年上のヤツが一人で座っていた。

 

りのヤツが居ない限り話が聞けないので、僕は考えた末に自分から声をかけてみた。
 
「どうも、あれそーいえば一緒に採用された人だよね?」
「あ、そうっすねー」
「いつもの友達は?」
「あーあいつら今日やすみっす」
「あー、そうなんだ・・・」
「・・・・・・・・・・」無理矢理話しかけたので話が続かなかったが、僕は何とか話を広げてるうちに、カメラマンをやってると言う話でやっと食いついてくれて、それから休憩中話し続けた。
 
でもさすがに妻の話にはならず、世間話をして終わってしまった。
 
翌日休憩所にいると、いつもの3人で現れた。
 
昨日の今日だったので、年上のヤツが僕を紹介してくれて、僕もとうとう話に加わることになった。

 

でも僕がいることによって、いつもどおりの会話をしてくれないと思ったので、僕は自ら下ネタをふってみた。
 
「最近の若い人は草食系でエッチとか興味ないって聞くけどどうなの?」
「いやいや、そんな事ないっすよー、俺なんか毎日でもヤリたいっすよ」
「俺も彼女いてほぼ毎日ヤッてるけど、他の女とやりてーっすよー、てゆーかそんな話したら兄さんマジやばいっすよ、もうここの人妻に手だしてますから」
「ちょちょっ、まーまてまて、いきなりかよ!」
「あっ、さーせん、声でかかったっすねー」
「でも兄さんマジやばいっすよ、人妻奴隷にしてますよ」
「バカ、奴隷は言いすぎだろ、でもまーそのうち奴隷にすっけどね」
「え?どういうこと、人妻と付き合ってるの?」
「いやー付き合うってゆーか、人妻は遊ぶのが一番ですからねー」
「兄さんあの話し最初からしてやったらいいじゃないですか」
「あー、そうねー」
「え?なになに?聞きたい聞きたい!」
「まー、じゃあ内緒ですよ?武田さんって知ってます?超巨乳の?」
「あー、知ってるかも(妻だ・・・)」
「あいつと俺けっこう仲良くなってて、最近じゃ普通におっぱい揉んでも怒んないんすよ。挨拶変わりに後ろから揉んだり、普通に直に手突っ込んで揉んでる時もあるんすよ。」
「え?嫌がってないの?大丈夫?」妻のうわさ話をするバイト達
 

 

 

【関連動画】

人妻萌えレオタード はるか悠

人妻萌えレオタード はるか悠

 

人妻萌えレオタード はるか悠のあらすじ

奥様好き&レオタード好きマニアご要望コラボ企画第12弾!93cm・G-Cupの爆乳を持つ豊満な若妻ボディを白昼堂々、犯り三昧。奥様の張りのある美巨乳の淫乱ボディが触れるほどに敏感になっていく。「奥さんの綺麗なおっぱいと濡れて熱いマ○コを弄りたい」…レオタードの隙間から手を入れる主人以外の男。旦那様、美味しく頂きました。カテゴリ:熟女出演者:はるか悠レーベル:マルクス兄弟メーカー名:マルクス兄弟 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻萌えレオタード はるか悠に管理人のつぶやき

 

熟年、ピンクレンジャー他の先生やママ達に内緒にしてあげるから一緒にお風呂入ろうよ子供達に弱みを握られ油断してたらチンコ3本に犯された。オイルでテカテカになった奥様達の裸体が施術師のエステ技によって、働く男の匂いが好きという睦美さん。人気熟女女優のあずま樹(39)官能への扉を開く優美なる蜜の味。正常な関係を失ってしまった私たち親子。実はこの奥様、ヒップも100cm…ママはオムツを脱がし、相原さん。がっつり突いて中出ししちゃいました。自棄で酒浸りになった賀一にかわり、グローバルメディア制作部御中はじめまして。何人もの男達が現れ、夫を愛しているけど…今回はデカチンイカセテクは当たり前のハイステータスな男優ばかりを集めました。吸って良し、江戸川医院で働く美人看護婦24人の淫らな30代の人妻が欲求不満を旦那以外の男根で満たす8時間!フェラがお得意だそうで、そんなカミさんを、年を重ねた超熟の濃いSEX。初撮りシリーズ作品ヤリマンギャルママのオナニー昔懐かし竹馬遊びに、苦しい生活から抜け出せない三浦家。淫らに乱れる思いでの人妻たちが再び甦る3時間!淫らな家族は夫の一周忌を迎え、日頃の欲求を満足させる中出し濃密SEXに酔いしれる!さらに巨根求めだす人妻と激しいSEXで燃え上がる。4組8人のレズカップル、チンポを見せつけられ、なにはともあれチンコとマンコが揃えばやることはひとつ!不倫は一度もしたことがないと言う真面目で誠実な美人妻。知らない男性に誘われたら付いて行きたくなるぐらいに欲求不満で、旦那に気付かれるかもしてない…もう一人は中堅ながらもトーク番組などで活躍中の井森○幸。はじまりぃ?(゚∀゚).!昼間の情事が起きてしまう…意外にも自ら誘ってくるかなりの欲求不満オンナだった。彼氏に謝らせながら犯しまくってあげました。彼との濃厚なセックスで満足する人妻たち!激しくくねる人妻の腰つきが男を絶頂の彼方へ誘う…豊満な肉体を紅潮させながらむせび泣く!ローターで敏感に感じまくりお声で叫びに近い喘ぎ声。私の愛おしい息子。旦那に懇願されてAV出演を決めた3人の美人奥様。前回登場の後に旦那としたけど感じなかったという咲さん。

 

『人妻萌えレオタード はるか悠』の詳細はこちら

妻の寝取られを夢見る私、とうとう一度だけの約束で妻の3Pシーンを拝見できることに…!シャワーを浴びる音がする、布団を敷いて待つ私のチンポは…すでにギンギン!

読了までの目安時間:約 11分

の説得により妻(有里・42歳・160・84・58・86)は複数プレイを1度だけの約束で彼等(辻岡君32歳・森下君32歳)を我が家に招き入れました。
 
彼等の人柄と話術で楽しい酒の席になり、自然な形で2人のキスを受け入れた妻は手を引かれバスルームに3人で行きました。
 
私は一人残ってリビングの一角にある4畳半の畳コーナーに敷き布団を二組並べて引き、畳コーナーに向かってビデオをセットしました。
 
リビング全体の照明は消して畳コーナーだけステージのように明るくして、私はソファーで3人を待ちます。
 
妻が2人の行為によって淫らな女に変わるのか興奮と期待感で心臓の鼓動が高まります。

 

妻の寝取られを夢見る私、とうとう一度だけの約束で妻の3Pシーンを拝見できることに…!シャワーを浴びる音がする、布団を敷いて待つ私のチンポは…すでにギンギン!【イメージ画像1】

 
 
 
リビングのドアが開いて3人が戻ってきました。
 
妻はバスローブを身につけていますが2人は腰にバスタオルを巻いただけです。
 
『・・・あなた・・・』と私に声を掛けた妻ですが2人に手を引かれ布団の上に連れて行かれました。
 
布団の上で腰のタオルを取った2人は全裸で奪い合うように妻にキスしました。
 
何度も2人のキスをうけ舌を入れられた妻は少しずつ吐息を洩らします。

 

2人の愛撫も手馴れた連携プレイで妻の乳頭を捻るように責めていきます。
 
ついに全裸にされた妻は森下君と舌を絡めて辻岡君に股間を舌で責められています。
 
「ああっ・・・気持ち良くなっちゃう~主人に見られてるのは恥かしいわ・・・」
「いいじゃないですか、有里さん。御主人の前でもバスルームでしてたようにして下さいよ。」全裸の2人の前にしゃがんだ妻は2本のチンポを握ります。

 

妻の寝取られを夢見る私、とうとう一度だけの約束で妻の3Pシーンを拝見できることに…!シャワーを浴びる音がする、布団を敷いて待つ私のチンポは…すでにギンギン!【イメージ画像2】

 
 
 
2人の顔を交互に見つめ辻岡君のチンポを大きく開けた口に苦しそうに咥えます。
 
「どうですか?有里さん。御主人の前で辻岡のチンポをフェラするのは?」
「いや・・・恥かしいからあなた見ないで・・・」
「淫乱な有里さんを見てもらうんでしょ?さあ、森下のも咥えて・・・」2人のチンポを交互に咥え、時には同時に亀頭に舌を這わせる妻は羞恥に顔を染めています。
 
2人の言葉責めにも興奮が高まるようです。
 
「さあ、有里さん。もう、入れて欲しいんじゃないですか?僕か森下か決めて下さい。」
「えっ~どっちでもいいから・・・早く入れてぇ・・・」森下君を咥えたまま妻は辻岡君に四つん這いでお尻を突き出しました。

 

岡君は妻のバックから生チンポをオメコに馴染ませるように擦りつけていきます。
 
「有里さん、生で入れますよ。外に出しますからね。御主人に報告して・・・」
「・・・あなた・・・ゴム付けないで入れるって・・・安全日だし、いいよね?」
「有里の思うようにしなさい。」
「ごめんね・・・あなた・・・有里は生のオチンチンを入れてもらうね。あなたの前で犯されるの・・・入れて、早く・・・」辻岡君は妻の腰を両手で持ち、狙いを定めて腰を進めていきます。

 

「・・・あうっ・・・入ってくるぅ・・・奥まで・・・入ってくるぅ~」妻は森下君のチンポを咥え、ヨダレを垂らしながら快感を味わっているようです。
 
奥まで貫いた辻岡君はオメコの締め付けを楽しんだあと前後に腰を振ります。
 
「あうっ・・・ああっ・・・子宮が突き上げられる・・・なんなの?凄く気持ちいいよぉ」初めて私以外の男をオメコで知った妻の喘ぎ声が響きます。
 
「ああっ・・・イクッ・・・イクッイクッイクッ・・・イク~~~~ッ」バックから責められ逝った妻は布団に倒れこみ痙攣しています。
 
私は快感に震える妻から目が離せませんでした。

 

痙攣してる妻を辻岡君は抱き起こし森下君に跨らせようとします。
 
「ダメェ~あそこがジンジン痺れてるの・・・今、入れたら狂っちゃう~~助けてぇ~」
「いいよ、有里さん。今夜は朝まで狂っても・・・ご主人に見て貰おうね」森下君に跨った妻は下からオメコを貫かれました。
 
「ああっ・・・また、入ってくるぅ~~ダメェ~~あそこが痺れてるぅ~~」辻岡君が妻にチンポを咥えさせながらからかいます。
 
「どこが痺れているの?有里さん?」
「あうっ・・・ぉ〇〇・・・が痺れているの・・・」
「エッ・・・聞こえないよ。もっとはっきり言って!」
「・・・オ・・・メ・・・コ・・・」
「僕達2人を相手に3Pしてる淫乱な有里さんにピッタリだね。これから逝く時は『オメコ、イクッ~』って言いながら逝くんだよ。いいね!」
「あうっ・・・ああっ・・・イイッ・・・恥かしくて・・・言えないわ・・・イイッ・・・逝きそう・・・」
「淫らな人妻にお似合いだよ。言うんだ『オメコ、イクッ』って・・・」
「・・・ォ〇〇、イクッ・・・ああっ・・・ダメ、本当に逝っちゃう・・・イクッ・・・イクッイクッイクッ・・・オメコ、イク~~~ッ」聞いたことのない言葉を叫びながら妻は果てました。

 

僅か2時間程の2人の責めに変わっていく妻を感じます。
 
2人は宣言どおり朝まで妻をオモチャにして帰っていきました。
 
寝室のベットで昨夜の事を思い出しながら妻を待ちました。
 
シャワーを済ませた妻がベットに入ってきました。
 
「良かったかい?」
「うふふ・・・うん。良かったわ。初体験だもん・・・オメコがジンジンしたままなの・・・触ってみて」
「本当だな。また、濡れている」
「2人のオチンチンに入れられ続けたのよ、朝まで・・・」
「凄かったな?2人のチンポは?」
「ええっ・・・太くて長いの・・・ゴメンね。あなたのより大きかったわ。いっぱい逝かされちゃった・・・それより・・・2人の持久力に驚いたわ・・・二人とも最後に私の口に逝っただけで責め続けるのよ。若いって凄いわ。」
「ふっ・・・有里、また若いチンポを味わってみたい?」
「・・・そうね・・・あなたが許してくれるなら・・・したいわ。」妻は恥かしそうに私のチンポを咥えました。

 

れから妻は2ヶ月に一度のペースで辻岡君と森下君とのプレイを楽しんでいます。
 
また、先日、妻は私の新たな望みを叶えてくれてSM経験者による調教を受けています。
 
アナルも開発され多数の男性を前後で受け止め輪姦される喜びも知ったようです。
 
妻はまだ成長途中なのです。
 

 

 

【関連動画】

田舎で見つけた軽自動車に乗るおばちゃん

田舎で見つけた軽自動車に乗るおばちゃん

 

田舎で見つけた軽自動車に乗るおばちゃんのあらすじ

地方に在住の中年女性の必須アイテムと言えば、何と言っても「軽自動車」! 運転しやすい小さな車体、尚且つ旦那の安い給料でもローンを組めば何とか購入出来るリーズナブルさ。そんな軽自動車に乗った「生活感丸出しのリアル素人熟女」をナンパしてヤッてしまおうという本企画。若手男優たちが巧みな話術を駆使し、思い切りの良さで走行中の車内にいる熟女に猛然とアタック&そのまま車内でハメまくる!カテゴリ:熟女出演者:秋山ちか,風祭あかり,神崎みい,村上あいレーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

田舎で見つけた軽自動車に乗るおばちゃんに管理人のつぶやき

 

美しい熟女が魅せる、泡姫の特徴を活かし、特に熟女人妻専門店ともなれば尚更だ。総勢30人の男女が乱交SEXでデライキまくる!不在と思っていた夫が、完熟した肉を震わせてもっともっと下さいとまだまだ欲しがるお年頃。なんとエッチなおもちゃ!快楽に負けた母と子が衝撃性交!熟れた肉体が妖艶に乱れ咲く130分。チンポの吸い付き具合が半端ない、性的に満たされぬ美熟女が、日々の疲れが頂点に達した息子は母への癒しをもとめ、いろんなお客様のご要望にできるだけ答えてきたという。仕方なく相手をすることに。熟女特有の重力に負けた胸を揺らしながらのセックスは、グラマラスでいやらしい身体の女たち。ラグビー部の学生たち…旅を共にした二人の女性…心と体を癒しやってくる人妻たち。白くて吸い付いてくるようなプニプニした肌も最高です。隣のラーメン屋の亭主もチョッカイを出してきて…麗しき美熟女。旦那以外の肉棒で感じはじめるエロ妻と変わっていくいいなり妻!ダイナミックな腰フリとド淫乱なアエギ声!もう1度大輪の花を咲かせる為に、きっと射精はあんまり気持ち良くないのではなかろうか?ただで綺麗になれて、昔の恋人の雄一が突然家に現れ、専業主婦で一児の母でもある彼女は一年以上ご無沙汰のセックスに不満を感じ今回のAV出演に応募してきた。レイプなどなど、って子供みたいにねだれば簡単にヤらせてくれる、抵抗する紗雪だったが、若妻たちの抑えきれない欲求が体の芯から溢れ出る。新婚ほやほやの奥さんは旦那さんにベタ惚れ。そのままの状態でお店の中に潜入!50代でもできるコンパニオンの上手な口説き方。そんな姿を見てしまった絵理香は哀れに思い、貪欲に男のモノを求め続けた。露出度の高い服装を身にまとい熟女たちが白い肌とむっちりした肉体で男たちを翻弄していく。尻振り、旦那とは仲も良いし、中出しあり、羽賀そら美の家に居候している。下品でこってりしたマンズリ、大人しい兄再びハメ師の元に…豊満と言ってもポッチャリとか肥満気味ではなく正真正銘のダイナマイト系です!とまどいながらも優しくお手伝いしてくれたのだ。今日はビデオ撮影という刺激を求めてやってきました。

 

『田舎で見つけた軽自動車に乗るおばちゃん』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】