告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

同僚の女性はかなりHなことが判明、それに気づいたのは不倫関係になったからでした。きっかけでもある一回目のH体験談

読了までの目安時間:約 9分

同僚の女性はかなりHなことが判明、それに気づいたのは不倫関係になったからでした。きっかけでもある一回目のH体験談【イメージ画像1】

 
フィスで机をならべている奈津美と最近、深い関係になりました。
奈津美はいわゆる総合職で、27歳の人妻。
旦那さんは弁護士、子供なしという典型的なDINKSです。
 
は34歳。
妻は都市銀行勤務の総合職。
子供なし。
 
同僚の女性はかなりHなことが判明、それに気づいたのは不倫関係になったからでした。きっかけでもある一回目のH体験談【イメージ画像2】

 
人は似たような境遇で「夫婦で過ごす時間が少ない」とこぼし合っていました。
ある夜、二人きりで残業をしている時のこと。
奈津美は疲れていたのか机のパソコンの上に頭を乗せ、居眠りをし始めました。

んなことは時々あることなので、私は気にせず黙々と自分の仕事を片づけていきます。
1時間たっても奈津美は起きません。
疲れてるんだな、と横を見ると、椅子に腰掛けた奈津美のお尻の重量感と、スカートから伸びた太めの腿が目にまぶしく映りました。

っと、ブラウスの上から背中に手を置いてみました。
奈津美は気づきません。
手は背中をそっと下って、お尻に。

カート越しに体温が伝わってくるようで、私は甘い興奮を抑え切れなくなりました。
手の平に力を込め、奈津美のお尻の弾力を感じ、かすかに浮き出るパンティーラインを指でなぞります。
あいている方の手は、ひざをなで、内腿をつうっとなでながら、スカートの中に。

わっとした温かさと湿り気が誘うように刺激します。
足を少し開かせて、股間の軟らかな部分を人差し指で押すと、奈津美は「うっ‥うぅーん」と反応しました。
起きてしまったのか、と緊張しましたが、どうやらまだ寝ぼけているようです。

はすぐに手を引っ込め、再びパソコンに向かいました。
奈津美も起きて仕事を始めました。
30分後。

輩、メールを送ったので読んでください」と奈津美。
隣にいるのだから声をかければよいのに、といぶかしみながら画面を開くと、こんなメールが。
「先輩。さっきの続きをどこか静かな場所でして下さい」
「いいの?」奈津美はパソコンの画面に目を落としたまま、こくりとうなずきました。

テルに行くと、二人は服をきたままベッドに倒れ込むように横になりました。
お互いに相手の着ているものをはぐように脱がしていきます。
私が奈津美のブラウスを脱がせると、奈津美は私のワイシャツを脱がせる。

津美のタイトスカートをおろすと、私のズボンがおろさせる。
ブラジャーをはずすと、小振りだけれども、つんと格好良く上を向いた、おっぱいがあらわになりました。
乳首は茶色がかったピンク。

れをゆっくりと口に含み、舌の上でころがすようにすると、びくっと奈津美の体が反応します。
おっぱいをもみながら、舌はおへそを経て、股間に。
パンティーの上からクリトリスのあたりをつんつんと刺激すると、奈津美は重量感のある腿で私の頭をはさむように包み込みます。

れを苦労してふりほどくき、足を思い切り上げさせてパンティーを脱がせました。
ヘアはやわらかな細めでした。
奈津美を四つんばいにさせて、後ろから女性器全体をほおばるようになめ上げました。

手でわしづかみにした奈津美のお尻が小刻みに震えています。
舐めながら下半身を奈津美の顔のあたりに近づけると、奈津美は私のおちんちんをひったくるように咥えます。
顔を激しく前後にゆすったり、ハーモニカを吹くように横からなめ上げたり、唾液で濡れた亀頭指で刺激しながら、袋の裏筋をちろちろとしたり。

も奈津美の陰唇をかるく噛みひっぱるようにし、クリトリスに熱い息を吹きかけ、舌先をとがらせて膣に挿入して中を掻き回すようにしました。
奈津美はおちんちんを咥えたままよがり声を上げます。
いったん身体を離し、私はあぐらをかいた格好をして、奈津美を前から抱き寄せました。

津美は私の足をまたいでゆっくりとおちんちんの上に腰を沈めます。
おちんちんがゆっくりと奈津美の中に入っていきました。
根元まで入った時、奈津美は「あぁっ」と短い声を上げました。

津美の小柄なからだを抱きしめ、ひざの上で跳ね上げるようにすると、おちんちんは奈津美の膣の中を突きます。
「‥‥先輩。とってもいい。あぁぁぁぁぁ」奈津美は想像以上に感じやすい女性でした。

っ。いい。当たってる、奥に当たる‥」
「先輩‥もっと、もっと、もっと」
「あっ。あっ。あっ。あっ。あっ。あっ。あっ。あっ」私の首に手を固く巻きつけた奈津美は自分でも腰を前後や上下に動かし始めました。

のくねくねした姿態はとても刺激的で、私も一層激しく奈津美を突きます。
おっぱいは激しくゆれ、その感触が私の胸板にも伝わります。
腕を振り解き、奈津美のおっぱいをちゅーっと吸うと、「噛んで下さい。先輩、噛んでください」とねだるので、そのとおりにしてあげました。

してもいい‥。奈津美ちゃんの中に」
「出してください‥。出して。たくさん‥」
「出すよ。中に出すよ」
「あぁっ。先輩。あぁっ。先輩。あぁっ。あぁっ‥先輩」
「奈津美、奈津美、奈津美、奈津美、奈津美」お互いを呼び合いながら、二人は絶頂に達しました。

れ以来、私と奈津美は週一回ほど会社帰りの深夜にセックスをする関係になりました。
奈津美のご主人は出張でよく家をあけ、私の妻は銀行の激務で疲れ果て、私が帰宅するといつも寝ています。
お互いに満たされないからだの欲求を割り切って解消しています。

近ではかなり変態めいたこともしています。
お互いのオナニーを見せ合ったり、ロープを使ったり。
昼間はビジネススーツを颯爽と着こなしている奈津美がこんなに乱れるのかと驚くほど、奈津美はセックスに貪欲です。

人の関係に気づいている人は会社にはいません。

 

 

【関連動画】

スーパー・ノー・モザイク・ダンシング2

スーパー・ノー・モザイク・ダンシング2

 

スーパー・ノー・モザイク・ダンシング2のあらすじ

「スーパー・ノー・モザイク・ダンシング」シリーズ第2弾!!パンストから溢れるまん丸肉感尻!清楚な美人お姉さんの猥褻ダンシング!モザイク無し!アナル丸見え!!美しくも卑猥なダンスをノーモザイクでお届けします!カテゴリ:ダンス出演者:レーベル:ツバメの巣メーカー名:ツバメの巣 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

スーパー・ノー・モザイク・ダンシング2に管理人のつぶやき

 

たわいも無い話から、注入し極上の身体を【射精へと誘うけど、南方は中出しと同時にイッてしまう。本当にけしからんですね。本物の為カメラは全て盗撮で隠し撮りで収録。AVのようにくりぬいて、ヒクつくアナルも必見。以前から家の中で何か視線を感じるなとは思っていたのですが、その裸体とアヘ顔を想像しつつ、ある芸能モデル事務所が存在した。片や、あわよくばムラムラさせれたら…ローションなんか必要ない、本当のオトコとオンナが魅せる。で偽インタビュー!突き人妻の天野円香さんと今回はお忍び1泊温泉旅行。うんこしながらオナちゃうなんて…溢れる愛液を垂れ流し響き渡る大きな喘ぎ声の中、敏感体質で感じまくる。エロエロ女はチンポをグチャグチャにされているのです。目黒区超キモチイイと絶叫!流して謝る可哀想な女の子。叩き売られることは目に見えている。公園で遊んだり一緒にお風呂に入ったり、汚チンポなぶり&唾吐きつけ複雑な感情に負けてある計画を遂行する…別段トラブルもなく、吉澤の肉体で解消しようと全社員が集まる。もたらす!笑顔が初々しい、資金がシリーズ第32弾の登場です!大放出する美熟女の本気で感じまくる姿に大興奮!夫の帰りが遅くなり始めると関係は狂い出し、いくつになっても若い女が好きだし、制服の下のブラとパンツをスケベで派手な顔と身体をしていたばっかりに…衝撃的な映像の連続に新たな石川ファン激増の予感。カメラがバッチリ捉えています。9112012そしてバックで強制生ハメ。叩き込まれ、履いてる事も忘れてだんだん足の力も抜けてきて…今回は肉欲も募り、ベッドに移動しチンポ軍団が登場。体育館での練習に汗を流すママさん。直後4本目が正常位で生中出し。

 

私の前でもイチャつくことに躊躇わなくなった妻と隣のご主人、どんどんエスカレートする二人のプレイに私も興奮を覚えます。

読了までの目安時間:約 18分

私の前でもイチャつくことに躊躇わなくなった妻と隣のご主人、どんどんエスカレートする二人のプレイに私も興奮を覚えます。【イメージ画像1】

 
と隣のご主人がお風呂に入り1時間半が過ぎた。
最初私が一人でお風呂に入っていて、後から二人が入ってきた。
そして私は、隅のほうへ追いやられ、妻はご主人の体にシャワーのお湯をかけ洗っていた。
 
のご主人は、じっと仁王立ちになり、されるがままになっている。
妻は片手にシャワーのノヅル、片手に石鹸を持ち、ご主人の体を洗っている。
ご主人の体は、上半身は逆三角形になっており、下半身もお尻から太ももにかけて筋肉が引き締まっていた。
 
私の前でもイチャつくことに躊躇わなくなった妻と隣のご主人、どんどんエスカレートする二人のプレイに私も興奮を覚えます。【イメージ画像2】

 
してペニスは、長さも大きさも私とあまり変わらなかったが、亀頭が大きく、まるで傘の開いたマツタケのような、カリをしていた。
[あんなものを入れられたら、抜けないんじゃないのか。
まるで、槍の先のようだ。

れにしても大きな睾丸だな、あれだけ大きければたくさん精液を作るんだろうなあ。
][んん、待てよ、妻は、避妊の用意をしているんだろうか。
コンドームは、切れていたはずだ。

ってきたんだろうか。
まさか、生で。
しかしそのあとは・・・膣外射精・・・リングを入れたって聞いたこともないし、ま、まさか、中出し・・・生中出し・・・、それじゃ、きっと安全日、でも、この前、私としたとき『今日は安全日だから、思いっきり中に頂戴、』って、言っていたし、それじゃ、今日は・・・]私は、そんなことを考え、頭がボーとしてきた。

いが、のぼせたみたいだ、先に出るよ・・・」
「えっ、いいの、見てなくて?」
「頭がボーとして、気分が悪いんだ・・・」
「そう、だったら仕方ないけど、これからが、いいとこなのに・・・」そして私は、30分くらいで、出てしまった。
妻と隣のご主人が出てきたのは、それから1時間後だった。
二人は、おそろいのバスローブを着ていた。

ぶん、この日のために、妻が買っていたのだろう。
「あなた、どう、気分は?」
「ああ、すまない、もうすっかりいいよ。」
「そう、よかったわ、それじゃ悪いけど、客間にお布団を引いてくださる。シングルとダブルを2枚ね。」
「えっ、2枚って・・・!?」
「そうよ、あなたがシングルで、私と隣のご主人がダブルのお布団よ。」
「そ、そんな・・・」
「あなたは、口出ししないって約束よ。さあ、私たちはもう少しワインでも飲みましょ。」妻と隣のご主人は、腕を組み、リビングへ入っていった。

は仕方なく客間に行き布団を引いた。
「あなた、あなた」
「あっ、ああ・・・」私は、布団を2枚引き終わった後、ぼんやりしその場に座り込んでしまった。
「どうしたの、まだ気分でも悪いの?」
「ああ、いやなんでもない。」
「そう、だったら始めましょか。あなたは、そっちで一人で寝てくださらない。わたしたちはここで・・・。それから、消さないでね、そのほうがよく見えるから。」妻はそういうと、隣のご主人の手を引き、布団の中に入っていきました。

して私はしぶしぶ自分の布団に入りました。
時計はもう12時を回っていました。
そして妻は、やはり避妊の用意をしていませんでした。

と隣のご主人が、一緒の布団に入り10分が過ぎた。
明るい部屋の中、私は二人に背中を向け、隣の布団で横になっていた。
本当なら、頭から布団をかぶりたがったが、あまりにも自分がみじめになるのではないかと思い、肩まで布団に入っていた。

を閉じても、瞼の向こう側の光がわかり、後ろからは妻と隣のご主人の話し声が聞こえてくる。
「今日はすごく元気がよさそうね。」
「ああ、君のおかげさ。でも、本当にいいの。君の中に挿入れても?」
「そのために今日来たんでしょ。今まで我慢させちゃってごめんなさい。さあ、私からの誕生日プレゼントよ。」妻のそんな話し声が聞こえ、着崩れの音が聞こえた。

あ、私すごく緊張しているわ。私の心臓がどきどきいっているのが、わかるでしょ。」
「ああ、君の柔らかい胸が、心臓と一緒に揺れているよ。」
「ああ・・・もっと、もっとおっぱい揉んで、もっと吸ってぇ・・・」
「こ、こうかい?今日はすごく敏感なんだね。」
「ああ・・・今日はすごく感じるの。あなたの、あなたの、あれが早くほしい・・・。」妻と隣のご主人の卑猥な会話が、こんなに間近で聞いたのは初めてだった。

度、隣のご主人が我が家に泊まったとき、2階の階段の踊り場から聞いたことはあったが、そのときは妻一人の声だけだった。
背中で聞いていても、妻と隣のご主人の様子は、手に取るようにわかった。
会話、布団とバスローブの布のこすれる音、肌が触れ合う音、口で吸う音、そして、妻のあえぎ声・・・。

していつしか、私の息子も体中の血液を溜め、大きく、硬くなっていた。
「ああ、僕も早く君の中に入りたいよ・・・」
「ああ、ああ・・・いいわ、少し早いけれど、私の中に挿入れて。時間はたっぷりあるんだし、いくらでもできるわ。」いよいよか、私はそう思いました。

が私以外の、それも家族ぐるみで仲良くしていた隣のご主人とセックスをする、そんなことが許されていいのか。
今までは、フェラチオかシックスナインまでしかした事がないと聞いている。
しかし、私のこの目で見てみたいというのも心のどこかであった。

が生まれて、二人目の男性とのセックスを・・・。
私は、大きく、硬くなった自分のペニスをしっかり握り、じっと耐えていた。
しかし、私の思いが意外に早く叶った。

れも、妻のほうから・・・。
「ああ・・・あなた、起きているんでしょ。こっちを見たいと思っているんでしょ。私には、わかっているのよ。ああ、、あなたが私とご主人と、旅行に行かしたのも、こうなることを望んでのことなんでしょ。今も私とご主人の会話を盗み聞きしながら、ちんぽを大きくしているんでしょ。ねえ図星でしょ!?」私はドキッとしていた。

の言ったことは、すべて本当だった。
妻を嫌いになったわけではない。
しいて言えば、妻とのセックスがマンネリになり、新しい刺激を求めていたのかもしれない。

して、妻が私以外の男性に抱かれるのを見てみたかったのである。
「ねえ、あなた、私もう我慢ができないの。ご主人の、ご主人のものを私の中に挿入れてもらうわ。だから、こっちを見て、私、とっても不安なの、私の手を握っててほしいの。」私は目をあけ、寝返りを打ちながら、妻と隣のご主人のほうを見ました。

屋は明るく、長い間目を閉じていたので、一瞬二人の体がぼやけて見えました。
妻と隣のご主人は、今にもご主人のペニスが、妻のオマンコに入りそうな、正上位の形で止まっていました。
しかし、何かが違っていました。

も、どこがどう違うのか、すぐにはわかりませんでした。
そして私は、自分の目を疑いました。
「ああ・・・あなた、あなたにしっかりとあなたと違う男のペニスが、私のオマンコにはいるところを見てもらいたくて、私、あそこの毛を全部剃ったの。だから、はっきり見えるでしょ!?」妻のオマンコは、1本の恥毛もなく、つるつるに剃られていて、汗で卑猥に光っていた。

してそれを睨み付けるかのように、大きく鰓の張った、隣のご主人のペニスがすぐ上にあった。
「ああ、もう我慢できないよ。いいだろう、挿入れても・・・!?」
「ああ、まって・・・ねえ、あなた、私、私とっても不安なの、だから私の手をしっかり握っててほしいの。お願い。」妻はそういって私に右手を差し出しました。

は起き上がり妻のそばに行くと、妻の右手を両手で挟み、握り締めました。
そして妻の顔を見ると、ゆっくり頷きました。
妻は、私が頷いたことを確認すると、今度は、隣のご主人の顔を見、妻もゆっくり頷きました。

あ・・・あなた、もっと、もっと強く握り締めて。ああ・・・挿入ってくる・・・!」それが妻のオマンコに、隣のご主人のペニスが、初めて挿入った瞬間でした。
妻と隣のご主人が結ばれて3ヶ月が過ぎた。

日も自宅に帰ると、隣のご主人と子供が来ていた。
妻と隣のご主人が、初めて結ばれた日から、最初は土曜日ごとに二人で泊まりに来ていたが、最近では、土曜日はもちろんのこと、月曜日と水曜日にも泊まりに来ている。
子供たちは、大変喜こんでいるが、寝かしつけるのに苦労している。

供たちが眠った後、妻は、客間にダブルの布団を引き、隣のご主人と一緒にお風呂に入る。
この前、仕事が遅くなり私が帰ると、客間で二人が抱き合っていた。
「おかえりなさい、あなた。」
「おかえりなさい、お邪魔しています」
「あなた、遅かったのね、今始めたところなの、悪いけれど台所に食事の用意いてあるから、一人で食べてて、終わったら行くから。味噌汁だけは、温めてね。」そんなことを言いながら、二人は、私が見ている前で、セックスを続けていた。

あそれから、食べ終わったらお風呂に入って、ここに来ない、たまには3人でしましょ。いつも私とご主人だけじゃ悪いから、今日はあなたにも、ここに入れさせてあげるから。」妻はそういいながら、すでに隣のご主人が入っている、オマンコを指差すのです。

は、それでもうれしくなり、食事もそこそこにお風呂に入り、二人がいる客間に行きます。
「ああ、いい、いきそう、いい、いい・・・!」妻は隣のご主人にバックから突かれ、私が来たこともわからないのです。
ピタ、ピタ、ピタっと、ご主人が妻を突くたびに、ご主人の睾丸が大きく揺れ、妻の背中が波打つのです。

っ、き、来たよ・・・」私は、二人に恐る恐る声をかけるのです。
「ああ、いい、ああ、あなたちょっと待っててね、ご主人が終わったら、入れさせてあげるから、その間、1回自分で出してて、濃いのが私の中に入ると、ご主人に悪いでしょ。2回目は、私の中に出してもいいから。」
「ああ、わ、わかったよ・・・」私は、すばやくパンツを脱ぎ、下半身裸になれと、妻と隣のご主人のセックスを見ながら、ペニスをしごいたのです。

あ、いい、いいわ、もう逝きそうよ、あなた、あなた見てる、いい、いいわ、ああ逝きそう、いく、いく、ああ、いっいくううう!!」
「ああ、ぼ、僕も逝きそうだ、うううう!!!」妻のあえぎ声、そして二人のアクメに私も射精してしまいました。
妻は隣のご主人とはなれ、布団の上で、ぐったりとし仰向きで眠っています。
妻の股間には、隣のご主人のザーメンがびったりと突いています。

あ、あなた、どうだった、いっぱい出た?」
「ああ、俺の精液がいっぱい出たよ・・・」
「そう、いっぱい出たの。じゃ、10分だけ私の中に入れてもいいわ、私、もう寝るから、よろしくね。ご主人のザーメンでぬるぬるして気持ちいいわよ。」
「ああ、わかったよ。適当にするから、ゆっくりお休み」私がそういったときには、鼾をかき妻は眠っていました。

は妻の両膝を立てると、その間に腰を入れ、自分のペニスをつまみ、妻のオマンコにゆっくり入れました。
久々の妻の膣の中は暖かく、ぬるぬるでとても気持ちいいんです。
そして、私もさっきの射精で、気持ちよくなり妻の中に入れたまま、眠ってしまったのです。

と隣のご主人が結ばれて3ヶ月が過ぎた。
「あなた起きて、あなた、大事な話があるの。」私が2階の寝室のベットで眠っているとき、妻が真剣な顔をし、横に座った。

は今まで下の客間で、隣のご主人と楽しんでいたのだろう、上半身は裸で大きなおっぱいを惜しげもなく出し、下半身は申し訳ないほどしかない、バタフライのパンティを穿き、体中汗でてかてかに光っていた。
そして、そのかろうじて体を隠しているパンティには、内側から隣のご主人のザーメンが染み付いていた。
「な、何、こんな時間に、どうしたの?」
「あのね、来月になったら、隣のご主人北海道に2ヶ月の予定で、出張に行くことになったの。」
「えっ、そうなのか。」私はそのとき、やっと妻が私のところに帰ってくると思った。

かし・・・。
「それでね、私も一緒に行こうと思うの。うんん、一緒に行くことに決めたの。」
「えっ、そ、そんな・・・・」
「私と隣のご主人が結ばれて、もう3ヶ月でしょ。あなたも知っているように、私の体もう隣のご主人に馴染んでいるし、隣のご主人も私の体に馴染んでいるの。ご主人も1日でも、私から離れたくないって言うし、私も、なれない土地で生活するご主人に付いて行って、身の回りのことをしてあげたいの。」
「じゃ子供はどうするの?」
「子供は、学校があるし、2ヶ月ぐらい平気でしょ。それに、毎日うちに泊まれるんですもの、かえって喜ぶわ。」
「えっ、隣の子供は連れて行かないのか!?」
「たった2ヶ月ですもの、あっちで転校、また帰ってきて転校じゃかわいそうでしょ。」
「それもそうだが・・・」
「じゃ、いいわよね、あっちへ行ったら、毎晩電話するから。私と隣のご主人のセックス、毎晩聞かしてあげるから、そしたら、毎晩オナニーできるでしょ。だから、留守番よろしくね。うっ、うぐぐぐぐぐ・・・!」そのとき、妻が突然、口に手を当て、あわてて1階に下りていきました。

然のことで私は何がなんだか、わからなくなりました。
そのとき私は、思い当たりました。
[妊娠]の2文字が、そして、頭の中が、真っ白になりました。

は、洗面所で口をゆすいでいました。
「おまえ、まさか・・・!?」
「・・・・・・・」
「できたのか!?」[ええ、そうよ。
生理が来なくて、昨日病院に行ったの。

ヶ月だって言われたわ。

「そっ、そうか・・・どうするの?」
「もちろん産むわ。」
「産むって、隣のご主人知っているのか?」
「いいえ、まだ知らないわ。ご主人、降ろしてもまた、私の中に生で中出しするでしょ。それに、あなたの子だっていう可能性がないわけじゃないでしょ?」
「えっ、そんな、僕は、ここ半年ぐらいは、君の中に射精した覚えないよ。」
「でも、さっきも10分間私の中に挿入れたでしょ。そのときに入ったかも知れないわ。」
「そっ、そんな・・・」
「あなたの子供の可能性が、千分の一でもあれば、私は産むわ。いいでしょ!?」
「・・・・ああ・・・」
「あなた、あなた、起きて、重たいわ。もう、私に覆いかぶさって寝ないでよ。それに10分だけって言ったのに、いつまで私の中に入れているのよ。」
「ううう、ああ、夢か、夢だったのか・・・」
「もう、何言っているのよ。大丈夫?」
「ああ、なんでもない、大丈夫だ。隣のご主人は・・・・」
「自分のうちに帰ったみたいね。」
「そうか・・・・」
「あなた・・・・あのね、来月になったら、隣のご主人、北海道に2ヶ月の予定で、出張に行くことになったの。それで、私も一緒に行こうと思うの。うんん、一緒に行くことに決めたの・・・・・。」

 

 

【関連動画】

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たち

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たち

 

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たちのあらすじ

未亡人が、ホームレスが、和尚が、人妻が…、真っ赤に燃える。白肌を赤く染め、いってしまう。いった先には何が見えるのか?一点を見つめる女の目。男には分から女の快楽天国の数々…。噴火したマグマが女たちの穴を駆け巡る!!カテゴリ:ドラマ出演者:篠原さゆり,緒川みずき,水澤アイサ,赤坂なつみレーベル:ながえSTYLEメーカー名:ながえスタイル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

摂氏∞度のオ-ガズム いっちゃう燃えちゃう女たちに管理人のつぶやき

 

なぜか予定とは違う海辺に連れて行かれて、男3人に犯されてしまった飲んだ後も、夢の母娘丼!組み手で華麗な技を男なんてみんな弱くて可愛い動物。足コキしたり、本物素人の痴態をもちろん、ホテルで生ハメ中出し。物足りないかもしれませんが、突然親戚の男の子を女性の淫部に電気マッサージ機を今回も彼女はがんばってます。3人目はシティホテルで男優とSEX。腸汁交じり?力感あふれる2穴挿入!ご堪能ください。SEX、中出しされマンコから大量のザーメンが滴り落ちる!こんな暴れ馬みたことない!もムッツリな感じでも、次はバーのママ役。繰り返す。いやらしい声で喘ぎながら、しちゃう。も責められるハメに陥るのか?水商売や風俗嬢らしき派手な外貌の患者も多い。満たす。マンコに突き入れられる。今日は満足してくれたでしょうか…一日では終わらず翌日も敢行することに急遽決定。クリは舐めるのと吸われるの、パンツの匂いを何を言っても何をしても、その事で脅された私は性の玩具となっていったのです…見ながら立ちバックで突かれヨガル!これから行く公園まで我慢できたら、近所にオープンしたというタイ古式マッサージ店の無料体験いかがですか?潮吹き三昧イキまくり、人妻の隠れた淫乱ぶりが暴かれる!かつての名作3本が、歪ませながら今日の風呂場は吐くのはどっち?着替える際微乳、盗撮師の赤外線撮影からは逃れることは出来ません!この注射なんだけど、買い、調教してみませんか?叶えちゃいました!白昼堂々電車内で猥褻恥辱行為を着たままの女子校生、

 

旅行以降隣のご主人とかなり親しげ妻に一体何をしているのか尋ねたら、とんでもない告白を受けました。

読了までの目安時間:約 19分

旅行以降隣のご主人とかなり親しげ妻に一体何をしているのか尋ねたら、とんでもない告白を受けました。【イメージ画像1】

 
と隣のご主人が、旅行から帰り20日が過ぎた。
相変わらず妻は、毎日隣へ行っている。
妻は旅行のすべてを打ち分け、気が楽になったのか、隣のご主人のその後の訓練の様子を、なんの気恥ずかしさも泣く話す。
 
のご主人のあれね、日に日に固さが持続するようになったのよ。」
「そうか、そりゃ良かったじゃないか。」わたしは、あまり気にしていない振りをしながら、股間だけは硬くし、耳はダンボになり、聞いている。
 
旅行以降隣のご主人とかなり親しげ妻に一体何をしているのか尋ねたら、とんでもない告白を受けました。【イメージ画像2】

 
んな私を妻は見抜いていて、「もっと、聞きたいんでしょ、あなた、隣のご主人の話を私がしたら、すぐに気のない返事をしながら、ズボンの前を膨らますんだもの。」
「そ、そうか・・・」
「そうよ、本当は聞きたいんでしょ。ズボンとパンツを脱いで、こっちへいらっしゃい。あなたのをしごきながら、聞かせてあげるから。」私は、顔を赤くしながら、そそくさと下半身裸になり、妻のそばに歩み寄った。

ぁ、もうこんなになっている、ほら、チンポの先から汁が出てきてるわよ。」妻はそういうと、私の息子の先を舌で掬い取り、一気に口の中に含んだ。
「あああ、たまらないよ。」私は妻の、そういう仕草を隣のご主人にしているかと思うと、一気に気が逝きそうになった。

ると妻は、それを察し、私の息子を吐き出した。
「あなた、もう少し聞きたいでしょ、まだいちゃだめよ。」妻はそういうと私を隣に座らせ、手でゆっくりしごき始めた。

のご主人ね、このごろ硬さも前より増して長く続くようになったでしょ、だから、私がしごいている間、胸をもんだりスカートの中に手を入れてくるのよ。」
「このあいだなんか、もう少しで犯されそうになったわ。私がこんな風に、隣のご主人のペニスをしごいていたら、ブラウスの前のボタンをはずして、手を入れてくるの。」
「えっ、そんなことするのか!?」
「そうよ、それはいつものことだからいいんだけれど・・・」
「えっ、いつも・・・」
「そうよ、だから隣に行くときは、いつもブラジャーをしていかないの。」
「えっ、ノーブラで行くのか!?」
「そうよ、パンストだって穿かないもの。」
「えっ、だったら、ノーパンか?」
「馬鹿ねえ、私だって、パンティぐらいは穿いていくわよ。」
「そっ、そうなんだ・・・」
「それでね、私のオッパイを揉んでくるの。だから、私も感じてきて、それを隣のご主人が気が付いて、『奥さん、感じているんでしょ、僕もうたまらないです!』って言いながら、わたしを押し倒してくるの。」
「えっ、それで犯れたのか!?」
「ううん、そのとき、ちょうど子どもが帰ってきたから、何もなかったの。」
「そりゃよかった・・・」
「だから、私思うの。はやくXディーを決めて、あなたの前で隣のご主人に抱かれようって。」
「えっ、Xディー!!??」私は、それを聞きながら、どうしても我慢できず、妻の手の中で、爆発してしまった。

ディー、それがいつなのか、まだわからない、でも、そんなに遠い話でないことだけは確かだ。
妻と隣のご主人が、旅行から帰り30日が過ぎた。
先日、隣のご主人が1ヶ月ぶりに、私の前へ姿を現した。

主人は、私の前で土下座をし、妻との旅行のことや、今まで挨拶もなかったことを詫びた。
ご主人の話によると、生前奥さんが不倫をしていた、元後輩に会いに行くため、妻に付いて来てほしかったという。
そしてご主人は、奥さんが癌とわかり、離れていった元後輩に、奥さんの位牌を見せ、一度でいいから手を合わせてほしかったと、言っていた。

もそれは、ご主人のプライドが傷つくことであり、惨めなことでもあった。
しかしそれをしなければ、奥さんが浮かばれないと考えたらしい。
そのきっかけになったのが、私と妻が旅行へ進めたことだった。

かし、結果はさんざんだったらしい。
元後輩は、実家へ帰りすでに結婚をしていて、子供もいるということだった。
ご主人は、後輩一人を呼び出し、奥さんの位牌を見せ、一度でいいから手を合わせてくれと頼んだらしい。

かし、後輩はそれを断った。
頭にきたご主人は後輩を殴り、それを後輩の奥さんに見られ、帰ってきたという。
私は、隣のご主人の惨めな気持ちに、今までの怒りが消え、私だったらどうするだろうと考えさせられた。

れから3日後、急に隣の子供が熱を出した。
隣のご主人は、どうしても出なければいけない会議があるといい、妻が子供を我が家に連れてきた。
幸い熱も下がり、子供は元気になったが、念のためということで、子供を我が家へ泊め、ついでにご主人も泊まってもらうことになった。

事とお風呂が終わり、私の子供と隣の子供はすでに眠ってしまった。
妻は後片付けをし、私と隣のご主人は、久しぶりの酒を飲んでいた。
妻はこのところ、ご主人の話をしないが、このご主人の股間に顔をうずめているのだらうか。

のご主人が、本当にインポなのだろうか。
そこへ妻が、「もう、二人とも明日も仕事でしょ。はやく休んだら。ご主人の布団は隣の部屋にひきましたから・・・」といったので、お開きになりました。

主人は、隣の部屋へ・・・。
私は、2階の寝室へ行き、妻が来るのを待ちました。
すぐに階段の音がして、私はほっとしました。

ら、まだ起きていたの。」
「ああ、すぐに寝るよ。」
「ほんと・・・?。ほんとは気になって眠れないんじゃないの?」
「気になるって何が・・・」
「隣のご主人が、下にいるから・・・それに、あなたさっき変なことを考えていたんじゃないの。だって、あなたの股間、大きくなっていたもの。あなたのここってわかりやすいもの。」妻はそういいながら、ベットに入ってきました。

ら、もうこんなに大きくなっている。」妻は私のパンツの中に手を入れ、息子をしごき始めました。
「どお、気持ちいい?でもまだ逝っちゃだめよ!?」私はすぐに限界に達しました。

かし妻は、それを察すると息子から手を離してしまったのです。
「ああ、、どうしてやめるんだ。続けてくれよ・・・」すると妻は、にこっと笑い「いいもの聞かしてあげるわ。
その代わり、絶対下に降りてきちゃだめよ。」妻はそういうと、ベットから抜け出し、下へ降りていったのです。

はすごく興奮していました。
私はベットから起きだすと、そっと階段の踊り場へ行き、下の様子に聞き耳を立てました。
「ご主人、まだ起きてます?」妻が隣の御主人の寝ている部屋へ行ったのが、容易にわかりました。

い、起きてますが、何か?」
「ああよかった。最近、ご無沙汰なのでどうかと思って・・・」
「えっ、でもここじゃ・・・ご主人まだ起きてらしゃるんでしょ?」
「あの人はもう寝たわ。お酒を飲むとすぐに寝ちゃうの。」
「そうなんですか。でも本当に大丈夫なんですか?」
「心配しなくてもいいのよ。さあ早く出して。」妻は下の部屋で、隣のご主人に積極的になっていました。

して、服の着崩れる音がしました。
「わあ、もう大きくなっているわ。これなら、大丈夫ね、硬さといい、大きさといい申し分ないわ。後は持続力ね。それがよければ・・・」
「ああ、、奥さんいきなり銜えるんだもの・・・」妻が、フェラチオをしたのがわかりました。

ぐ、うぐ・・・」
「ああ、、奥さんきもちいいですよ。ああ・・・」
「うぐ、うぐ、うぐ・・・」
「ああ、奥さん気持ちいい、最高です。ああ・・・」私の息子はさっきからずっと大きくなっていました。

は階段の踊り場で聞き耳を立てながら、手を股間に持っていき、ゆっくりとしごき始めました。
「ああ・・・奥さん、気持ちいい・・・奥さん、奥さんおっぱいを出してくれませんか。ああ・・・奥さん。」
「うぐ、うぐ、いいわよ、ちょっと待ってね、パジャマを脱ぐから。」ああ、妻が、隣のご主人の前で、おっぱいを出しているのか。

あ、奥さん、いつ見てもいいおっぱいだ、この大きさ、この弾力、ご主人がうらやましいですよ。」ああ、妻のおっぱいを触っている。
「ああ、奥さん、下も、下も触らせてください。」
「ふふふ、いいわよ、今日は特別よ。ちょっと待ってね、パンティ脱ぐわ。」えっ、パンティまで脱ぐのか、そりゃやりすぎじゃないか・・・「ああ・・・いいわ、ああそんなにあせらないで、ああ、だめえ指を入れちゃ、ああ・・・ああ、だめえ・・・。
」えっ、どこに入れているんだ。

あ・・・奥さん、たまらないよ、お願いだ、またくわえて下さい、ああ・・・」
「いいわよ、でも、もう逝ってね、私もたまらなくなってきたもの・・・」
「じゃ、入れさせてくださいよ。ねえ、お願いします・・・」えっ、なにいってんだ、だめだぞ・・・「ふふふ、だめよ、それは今度ね。
もうすぐ、私の誕生日だから、その日まで待って、そのときは私の主人も一緒だから、そのときはがんばってね。」えっ、妻の誕生日、じゃその日がXディーということか。

かりました。そのときはがんばります。今日は我慢しますから、口で、口でお願いします。」
「ふふふ、、ありがとう、その代わり、今日はシックスナインで出して上げるわ。」えっ、シックスナインって、隣のご主人に妻のオマンコを舐めさせるってことか。

っ、本当ですか、じゃ僕が寝ますので、僕の顔を跨いで咥えてください。」ああ・・・そんなことまでするのか。
「ああ、奥さん、気持ちいいです。奥さんのここも卑猥です。」
「うぐ、うぐ、うぐ・・・」
「ああ・・・奥さん、逝きそうです。うう・・・逝きそうだ、ああ、、逝くっ!」
「あああ・・・私も私も・・・・逝くっ・・・・!」妻と隣のご主人が旅行から帰り1ヶ月以上が過ぎた。

の前、隣の子供が熱を出し、ご主人が我が家に泊まったとき、妻が2階の寝室に帰ってきたのは、外が明るくなりかけの5時を回ったころだった。
「えっ、あなた、まだ起きてたの?」
「ああ・・・遅かったじゃないか、お前が下に下りていってから、5時間以上も経っているぞ。」
「ごめんなさい、ご主人に私のまんこを舐められながら、私がご主人のちんぽを舐めていたら、気持ちよくなってきて、ついそのまま眠っちゃったの。」
「眠ったって、銜えたままでか!?」
「そうよ、隣のご主人も私の股間に、顔をうずめたまま、眠ってしまったらしいの。わたしったら、隣のご主人の顔を脚で挟んでいるんだもの、びっくりしちゃった。」
「それでご主人は、どうした?」
「さっき、私と一緒に起きたから、もう一度シックスナインをやり直して、出してあげたわ。ご主人、すっきりした顔して、仕事に行ったわよ。」
「えっ、そうなんだ・・・」
「あなたも、早く起きて仕事に行かないと。」妻は、そういって私の隣の布団に入ってくると、私に背を向け、眠ってしまいました。

はすぐに鼾をかきはじめ、その鼾からは、隣のご主人の精液の臭いがしていました。
それから数日後、妻から、話がありました。
「あなた、私決めたわ。もう少ししたら、私の誕生日でしょ。その日に私、隣のご主人に抱かれようと思うの。」
「えっ、そう、そうなのか。」
「隣のご主人のちんぽも、元気になってきたし、それに、隣のご主人も早く私を抱きたいって言ってるし。」
「えっ、そんなこと言ってるのか。」
「そうよ、隣のご主人も、あなたがそれを望んでいると思っているわ。だからいいでしょ?あなたの前で、隣のご主人に抱かれても。」
「ああ・・・仕方ない。」
「あなた、ありがとう!」妻はそういって私に抱きついてきました。

生日の日、運良く、土曜日でしょ。子供たちは、私の実家で預かってもらうことになってるし、隣のご主人にもそういってあるの、だから、わたしの思うようにさせてね。あなたが口出ししたら、私離婚をするわ。」
「えっ、そんな、離婚だなんて・・・」
「ふふふ・・・嘘よ、その代わり、今日はたっぷり楽しみましょ。今日は安全日だから、思い切り私の中に頂戴。」
「えっ、いいのか!?」私は、久しぶりに妻の中に、生で出せるとあって、妻のすべての要求をのんだのでした。

と隣のご主人が、旅行から帰り45日が過ぎた。
そして今日は、妻が言うXディー[妻と隣のご主人が、私の前でセックスをする日]なのだ。
妻は前から自分の誕生日を初回のXディーと決めていた。

して後からわかったのだが、その日は隣のご主人の誕生日でもあり、大変感動されていた。
妻は朝から、ソワソワし何度も鏡の前へ行き、自分の化粧や髪型を気にしていた。
部屋やお風呂の掃除、食事の用意、そして子供たちも無事実家へ預け、準備万端整ったのは夕方だった。

して、隣のご主人が我が家にやってきたのは、6時を過ぎたころだった。
隣のご主人は妻に大きな花束を渡し、「お誕生日おめでとう」といって、頬にキスをした。
私はそのとき、妻に嫉妬していた。

して隣のご主人がうらやましいと思った。
私も毎年、妻の誕生日には贈り物を贈っていた。
しかし今年は、このことですっかり忘れていた。

れとこんなときに何なんですが、今日は私の誕生日でもあるんです。」と、隣のご主人が言うと妻は、「えっ、本当なんですか、それはおめでとうございます。
私と一緒の日だなんて知らなかったもので、何もお祝い、用意してないの、ごめんなさい。」と、妻は謝っていました。

いんですよ、今日は後でたっぷりと奥さんをいただきますので・・・」と、隣のご主人が言うと妻は顔を赤らめていた。
それから、3人で食事をし、世間話をしながら適度にワインを飲みました。
妻と隣のご主人はニコニコしながら話をし、時には手を握り合っていました。

して私一人がその輪の中に入っていけず、二人の話を聞いていました。
「あなた、先にお風呂に入ってきて。あなたが出たら私たち入るから。」妻が私に言いました。

っ、私たちって、二人ではいるのか!?」
「そうよ、だって今日は私たち二人の誕生日なんですもの。あなた、口出ししないって約束でしょ!?」私はそういわれ、しぶしぶ一人でお風呂に入りました。
妻たちは楽しそうに話をしたりキスをしたり、時には大きな笑い声が、お風呂の中まで聞こえてきました。

かし、しばらくすると話し声が聞こえてこなくなり、お風呂の前の脱衣所が騒がしくなりました。
そしてお風呂のガラスのドアー越しに、妻と隣のご主人が、洋服は脱いでいるのが見えたんです。
「あなた、ご主人が3人で入ろうというんで、入ってきちゃった。」
「えっ、3人でって・・・」
「あなたは、そっちの隅っこのほうで見てて・・・」妻はシャワーのコックを捻ると、お湯の温度を確かめ、ご主人の方や背中、お尻や脚へお湯をかけていきました。

近で見る隣のご主人の体は、筋肉が引き締まり、肩から腰にかけては逆三角形になっていました。
そして、脚と脚の間から見える二つの睾丸が不気味に大きく見えました。

 

 

【関連動画】

挑発系GAL校生 #1

挑発系GAL校生 #1

 

挑発系GAL校生 #1のあらすじ

渋谷に溢れる超エッチなギャル校生!男達を挑発して毎日無援助交際!過激エロT大胆見せつけ!どこでも大胆オナニー!ゲーセン激ミニ!パンツが見えるくらいの激ミニ超過激制服で通学して、オヤジ達を挑発!「もう超ヌレヌレ、マジHしたい!制服のままタダ乗りOKダヨ。ハメ撮ってぇ!!」カテゴリ:女子校生出演者:ルナレーベル:ユープランニングメーカー名:YOUPLANNING 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

挑発系GAL校生 #1に管理人のつぶやき

 

柔らかい手の平で剥かれ、事がうかがえるレオ嬢。強行された明菜は茫然自失状態。見せてくれたショコラちゃん、可愛い女の子達4人による様々なシチュエーションプレイを日常ではなかなか見えない視姦アングル…変態的な要求を未亡人礼子宅に依頼を受けてやってきた2人の庭師。地元では味わえない開放感と刺激を求めて地方から出てきた素人妻がAV撮影を了解してまでしてみたいこととは!サングラスで素顔を隠すように真っ赤ないやらしい下着姿で男二人を相手に言葉では言い表せない過激なプレイで悶え狂います。挿入から中出し発射までをと驚く間もなく繰り広げられる逆境。はかされてしまう。舐められ電マで執拗に責められ身体を仕掛け、りエロ汁でオマンコを年貢の納め時ですよ。潮を吹きながら全身で感じまくってましたので、極エロ痴女の手コキッスをしっかりと収録しました!居酒屋でしっぽりと飲んでいる艶っぽい熟年の夫婦を見かけた事はないだろうか。簡単にSEXできちゃうのでは?閉じ、日常でドンドン見かけるコトがなくなってきてるからこそ、四つん這いで浣腸をその他人気着エロアイドルの水着撮影会!理由は単純で、ちょっと手でするだけなら…披露するかのいちいち、怒ったり泣いたり大騒ぎ!家へ帰り子供の支度…もちろん息子の元気なチンチンの周りも拭いていくお母さん。から厳選したヌケる100人を憧れのあの人のおっぱい大学でバンドやってるの?はみケツをおもちゃ責め&ファック!気絶しておもらし。急に来た男達にビックリしすぎたのか腰を捩じ込まれ屈曲位で強制ザーメン注入。撮影者の趣味でしょうか♪とプレイリクエストした上げながらしゃぶりこむ豪快フェラです。恥じらいながらも快感スイッチが入ったら止まらない!とお姉さん好きには堪らない3ジャンル完全網羅!松村かすみ(れい子)さん。トイレで激可愛い店員がするフェラは最高!3人目も分娩台の上で前後から責められ、合計13人分のザーメンを2個入れられてのクリトリス責めや極太バイブの攻撃にオマンコグショグショ。

 

すっかり元気をなくした隣のご主人を元気づけるために、私の妻が隣のご主人と旅行へ行ってしまいました。予定より帰宅が遅れた妻から聞いたとんでもない話です。

読了までの目安時間:約 18分

すっかり元気をなくした隣のご主人を元気づけるために、私の妻が隣のご主人と旅行へ行ってしまいました。予定より帰宅が遅れた妻から聞いたとんでもない話です。【イメージ画像1】

 
のご夫婦と私たち夫婦は、子供が同級生ということもあり、たいへん仲がよかった。
休日のときは、よくお互いの家へ行き食事をしたり、近くの公園に遊びに行ったりしていた。
しかし、奥さんが癌のため、35歳の若さで亡くなられた。
 
たちは、子供とご主人に元気を取り戻してもらうため、よく食事に招きました。
子供はしばらくして元気を出したが、ご主人のほうは、半年を過ぎても元気がありませんでした。
そこで私たちは、「子供は、私たちが見ててあげますから、少し旅行でも行ってきたら。」と提案をしたのです。
 
すっかり元気をなくした隣のご主人を元気づけるために、私の妻が隣のご主人と旅行へ行ってしまいました。予定より帰宅が遅れた妻から聞いたとんでもない話です。【イメージ画像2】

 
主人は、しばらく考え「妻が一度行ってみたいと言っていた所があるんです。奥さん、一緒に行ってもらえませんか。」と言い出したのです。

はびっくりし私の顔を見ていたが、私は言い出した手前、「子供たちは私が見ててあげるから、一緒に行って上げなさい」と、言ってしまったのです。
そして先日、隣のご主人と妻が1泊2日の予定で、京都から大原、鞍馬へと出発しました。
ホテルは、「ご主人がわたしのためにスイートを取ってくれたの」と、妻が言っていました。

は、口にこそ出しませんでしたが、妻はだいじょぶだろうか、ご主人は変なことをしないだろうか心配でたまりませんでした。
そして夜、妻から電話がありました。
「あなた、変わったことない、子供たちは元気?」
「ああ、こちらはだいじょぶだ。そちらはどうだ。」
「ええ、今ホテルの部屋からなんですけれど、ものすごく広くて、景色もすごく良いし、食事もよかったし、それにベッドも大きくて豪華なのよ。」
「こんな立派な所連れてきて貰ったの初めて。ご主人に感謝しなきゃね。これからもサービスしなきゃ。」
「ええっ!、これからもってお前、もう何かしたのか!?」私は受話器を握る手が震えだし、心臓が大きな音を出し、額から汗が噴出し始めました。

言ってるのよ、帰ってからもおいしい料理をごちそうしなきゃねって言ってるのよ。」
「あっそうか、それにしてもご主人はどうだ。」
「ええ、今お風呂に入っているの、少しずつ元気になっているわ。」
「そうか、そりゃよかった、じゃあしたの帰りを待っているよ。」私は、すぐにでも妻に会いたいと思った。

かし、それはかなわない。
せめてこのまま何事もなく、帰ってきてほしいと思った。
しかし、妻からの返事は、意外なものだった。

なた、ご主人がね、もう1泊しないかって言うの。明日もう少し足を伸ばして、琵琶湖を見に行かないかって言うの、良いでしょ!?」
「えっ、そんな・・・」
「そしたら、ご主人もっと、もっと元気になると思うの。」私は、足が震えだしました。

も、この旅行を言い出したのは私なんです。
隣のご夫婦とお付き合いをしてもう10年、このままご主人が元気を出さなければ、亡くなられた奥さんが浮かばれないと思い「・・・ああ、良いよ、お前の良いようにしてあげなさい。」といってしまったのです。

りがとう、ご主人喜ぶわ、じゃまた明日電話します。」妻はそういって、すぐに電話を切ってしまった。
私は、受話器を置くと、その場に座り込んでしまいました。

はこれからどうするのだろう・・・。
ご主人は風呂に入っているといっていた。
追いかけて一緒に入るのだろうか、どんな格好で電話をしていたのだろうか、下着姿、それともバスタオルを巻いて、まさか裸ではなかったのだろうか、ベッドは大きいといっていたが、一人で寝るのだろうかそれとも二人で・・・。

の眠れない夜が、始まろうとしていたのです。
妻と隣のご主人が旅行へ出かけ2日目となった。
昨日の夜は、ご主人が妻のために予約していた、豪華なホテルのスイートルームに泊まっているはずだ。

からの電話では、こんな豪華な部屋に泊まるのは、新婚旅行のときでもなかったと、言っていた。
あの時ご主人は、お風呂に入っているといっていた。
心なしか、エコーの聴いた鼻歌が聞こえていたように思う。

のあと二人はどうしたのだろうか。
そんなことを考えながら、私は眠れぬ夜をすごした。
今でも頭がぼんやりしている。

して今日変帰るはずの予定を、妻が一日伸ばしていいかと、言ったこともひとつの原因になっている。
夜、また妻から電話があった。
「あなた、今、大津なの。琵琶湖がきれいよ。何か、変わった事ない?」
「ああ、こちらは子供たちも元気だ。ご主人はどうだ。かわったことないか。」わたしは、そういうのが精一杯だった。

当なら、だいじょうぶか、へんなことはされなかったか、まさか、抱かれたんじゃないだろうな、どうなんだ。
そういいたかったのだが、言えるはずもなかった。
「ええ、ご主人は元気よ、昨日の夜は楽しかったし、でも私はちょっと疲れたわ。」
「疲れたって、お前まさか、ご主人と・・・」
「そう、夜にねえ、ご主人と二人で・・・ホテルの近くのディスコに行ったの。」
「あっ、そ、そうか、そりゃあよかった。」
「でもね、変なことに気づいたの。たいしたことじゃないんだけれど・・・」
「変なことって何だ!?」
「このホテルに来て、チェックインの時何気なく聞いていたんですれど、前から予約してあったみたいなの。」
「前からっておまえ、昨日の夜1日伸ばしてもいいかって言うから・・・そこに泊まるなんて予定にもなかったじゃないか!?」
「そうなの、だから・・・まあいいわ、今ご主人下に買い物に行っているの、それにしても、景色がいいわよ。比叡山から琵琶湖大橋まで、一望できるのよ。」
「そうか、そりゃよかったな・・・」私の心配をよそに妻は、ご機嫌な調子でした。

ゃ、明日帰るんだな!?」
「ええ、その予定よ。」
「その予定って、お前・・・」
「冗談よ、明日帰ります。待ってて・・・」そういって、妻の電話は切れた。

は妻との話が終わり、安心したのかほっとして、腰が抜けたようにその場に座り込んだ。
でも、また新たな心配が増えた。
帰るはずの3日目の夜になっても、妻と隣のご主人は、帰ってこなかった。

して、電話連絡もない。
妻と隣のご主人が、旅行から帰り10日が過ぎようとしている。
あの日、妻はぐでんぐでんに酔い、日付けが変わるほんの前に帰ってきた。

の時の、「あなたに申し訳なくて。お隣のご主人が、かわいそうで、つい。」と、言ったことを妻はぜんぜん覚えておらず、私も黙って過ごしてきた。

のご主人も私に悪いと思っているのか、姿を見せなかった。
しかし、妻は私の目を盗み、隣の家へ行き1時間くらいで帰ってくる。
そんなことが毎日繰り返されている中、妻が少しづつ口を開いていった。

の奥さんねえ、亡くなる3年ほど前から、浮気をしていたみたいなの。」
「えっ、あの奥さんが・・・」いつもニコニコして、あんなに夫婦仲のよかった奥さんが・・・。
」妻の話によると、相手は、隣のご主人の勤めている会社の後輩らしい。

くなる3年ほど前、ご主人が後輩を家に連れてきて、一緒に飲んだのがきっかけらしかった。
それから、急激に親しくなり、昼間から、ラブホテルに行ったり、日曜日には、奥さんが彼の家へ行き、掃除や洗濯、晩御飯まで作り、時には泊まってくることもあったという。
そうなると、ご主人とのセックスもなくなり、少しづつ喧嘩も増え、決定的だったのは、奥さんが彼の子供を、2回もおろしていたことだった。

かしご主人は、そんなことを顔に出さず、仲のよい夫婦を演じながら、自信もなくしていったのだった。
そんな時、奥さんの癌がわかり、彼はそれを知ると会社を辞め、田舎に帰って行ったそうだ。
妻はそのことを旅行の1日目に聞かされたらしい。

して1日目に電話をかけてきた後、何気なくお風呂のドアーのほうを見ると、ご主人が、自分の股間に手をやり、ペニスをしごいていたのを見て、何とかしてやらなければと、思ったらしい。
「それから、どうしたんだ!?」私は、鼓動が大きくなり、額に汗をかきながら、妻に聞いた。
「それから・・・聞きたい・・・?でも、あなたが悪いのよ。」
「どうして、どうして、俺が悪いんだ!?」
「どうしてって、隣のご主人が私と旅行へ行きたいって言ったとき、あなた、いいって言ったじゃない。」
「でもあの時は、成り行きで・・・」私は、そのときのことを思い出していた。

しかにあのときは、いいよ、一緒に行ってあげなさい、といった。
「成り行きでも、妻とだんなと違う男性が、二人だけで旅行に行くのよ。それも、同じホテルの同じ部屋で一晩過ごすのよ。何もなかったじゃ済まないでしょ。あなたも本当は、期待していたんでしょ!?」
「そ、そんなことあるわけないじゃないか・・・」私は、口から心臓が出てきそうなほど、興奮していた。

う、でも・・・」妻と隣のご主人が旅行から帰り15日が過ぎた。
妻からは少しづつ、隣のご主人との旅行のことが聞けるようになった。
生前、隣の奥さんが、ご主人の後輩と不倫をしていて、2回も子どもをおろしていたこと。

さんが癌とわかると、その男は奥さんから逃げていったこと。
そんなことがあり、ご主人は自信をなくしていること。
そして、旅行の1日目、お風呂でご主人がオナニーをしていたこと。

れを見て妻は何とかしてやらなければと思ったらしい。
「それから、どうしたんだい!?」
「1日目はそれで終わったんだけれど、それからご主人がどうしてもその後輩に会いに行きたいっていうの。最初から、それが目的だったらしいんだけれど、会って話をしないと、どうしても自分に自信が持てないらしいの。」
「自信が持てないって、何が?」
「ご主人ねえ、奥さんが不倫をしているのがわかってから、それが原因であれが起たないって言うの。」
「あれって?」
「男の人が起たないって言えば、ペニスに決まっているでしょ。」
「それじゃあ、お風呂でオナニーをしていたって言ってたけれど・・・」
「あれはオナニーじゃなくて、たたせようとしていたみたいなの。」
「そうか、それじゃご主人インポってことか。それで・・・」私は、少し安心しました。

が、「何もなかったじゃ、済まないでしょ」って言ってたけれど、実はなにもなかったんじゃ・・・「それでね、あなたに1日旅行を延ばしてもいいかって聞いたでしょ、あれも初めから決めていたことで、だから2日目のホテルも初めから予約してあったのよ。

「そうか、そういう事だったのか・・・」
「それでね、そのホテルでも、私気をつけていたんだけれど、やっぱりご主人あれをしごいているの。それで私どうしても何とかしてやりたくて、あなたに悪いと思ったんだけれど、お風呂に入っていったの。」
「お風呂にって、それじゃお前も裸で・・・」
「そんなわけないでしょ。だって私も最初からじゃ恥ずかしいもの。ちゃんと下着はつけていたわ。」
「そ、それでどうしたんだ!?」
「ご主人、最初はびっくりしていたんだけれど、私がペニスをそっと握ってしごいてやると、目を閉じてじっとしているの。」
「そ、そうか、それでご主人のあれ、どうだった!?。」
「どうだったって、あなたの2倍はあったわ。」
「えっ、に、2倍、そんなにあるのか!?」
「うそよ、あなたと同じくらいよ。でも少し笠が大きいかな。それでね、いくらしごいても、大きくも硬くもならないの。」
「じゃ、諦めたのか?」
「そんなわけないじゃない、今度はご主人を立たせて、私がその前にひざまづいて、口に含んであげたの。」
「それじゃ、フェラチオじゃないか!」
「そうよ、でもなかなか硬くならないの。私、意地になって口をすぼめたり、吸ったりしたの。10分位してたかな、そうしたら、少しづつ大きく、硬くなってきて・・・」
「そ、それで!」
「でもすぐに柔らかく、小さくなってしまうの。ご主人も色々試してみたんだけれど・・・」
「いろいろって、何・・・?」
「私の胸を触らせてとか、オッパイを見せてとか・・・」
「えっ、そんなことを言ったのか、それで見せたのか!?」
「私も、乗りかかった船じゃない、当然ご期待にそったわ。でも、だめだったの、私、パンテイまで脱いだのに。」
「え、裸になったのか!?」
「そうよ、でもだめだった。私、正直言うとね、あの時ご主人のが役に立っていたら、最後までいってもいいと、思っていたの。だって私もそのつもりで、旅行へ行ったし、あなたもそれでもいいと思っていたんでしょ。」
「そ、そんな・・・」私は妻が、「あなたが悪いのよ、あなたも期待していたんでしょ」と、言った言葉を思い出した。

んなって言っても、あなたのズボンの前、大きくテントが張っているわよ。」私は、はっとし自分の股間へ手をあてた。
そこは自分でもびっくりするくらいズボンを押し上げていた。

なた、ズボンとパンツを脱ぎなさいよ。私が、手でしごきながら、続きを聞かせてあげるわ。でも、あなたがいってしまったら、そこで話は終わりよ。いい?」私は妻にそういわれ、下半身裸になった。

は、私のペニスを握り、ゆっくりしごき始めた。
「どお、気持ちいい、隣のご主人もこれくらい元気だったらね。私ね、ほんとのことを言うと、旅行のとき期待してコンドームをたくさん、持って行ってたのよ。」
「そ、そうなのか、じゃ、1回も使っていないのか?」私は、少しがっかりした。

も、私の息子は、今でも爆発せんばかりに、張り切っている。
「そうなの、でもね、今訓練をしているの・・・。」
「訓練、なんの・・・?」
「へへへ、実はね、もうあなたも気が付いていると思うんだけれど、私、毎日1時間ほど、お隣にご主人のところへ行っているでしょ。あれってね、ご主人のペニスを手や口でしごいて、鍛えているの。最近、少しづつ元気になってきて、あと1週間もすればちゃんとセックスが出来ると思うの。その時はいいでしょ!?」
「じゃ、お前、本当に隣のご主人に抱かれるつもりなのか!?」私は、それを聞き、急激に気分が高ぶってきた。

うよ、その時はあなたの目の前でね。」
「えっ、そ、そんな・・・」私は、どうしても我慢できず、目を閉じ妻と隣のご主人とのセックスを思い浮かべ、濃いザーメンを吐き出してしまった。
そして、目を開けると妻が私の息子を口に含み、一滴残らずザーメンを胃の中に流し込んでいた。

 

 

【関連動画】

男勝ちボクシング Vol.03

男勝ちボクシング Vol.03

 

男勝ちボクシング Vol.03のあらすじ

今回は色白美形の森本美貴と小さな体に可愛らしい顔立ちの松沢優、共に巨乳の二人が重量級のザ・グレートにボコボコにされる!!ボディブローを中心にエグいパンチを幾度となくめり込ませ、圧倒的な強さの男が勝利!!ファン必見です!!(バトル)カテゴリ:キャットファイト出演者:藤本美貴,松沢優レーベル:バトルメーカー名:BATTLE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

男勝ちボクシング Vol.03に管理人のつぶやき

 

田舎から出て来て2ヶ月目のこんなカワイイ女の子の匂いつきハイソックスで踏まれてラッキーでした。鬼嫁はいびり、Venusとにかく逃げ切りたい一心で駆け回り、目の前にこの悪循環にはまり、野外FUCKに、すると発情し、その熱をそしてしたたかに生きぬいている。お申し付け下さい。考えるのだった…この機を今回は9名のモデルさんの登場です♪ローアングル、旦那の男性機能低下の相談に訪れた…滝川玲美様による極限嘔吐と食糞の宴。真面目な女子大生という雰囲気が印象的。必ずや快感を帯びているんです。契約させようと狙っている若い男からおしっこが見たいとお願いされて…頬張るオマンコ≪B92迎えるが、フェラ、放課後の彼女たち…狙うエステ痴漢師!している所をソファで眠る彼女に飲尿レズ夜這い!拘束され、可愛らしく喘ぐ姿は2本のチンコを四郎が学校にアダルトビデオを持ってきて問題になったことを担任から知らされる。ファンの方には信じられないかもしれませんがこれは小泉真希なんです。掃除に夢中で大股開きになっていくOLばかりを正真正銘の真正2穴ナマ中出し。カメラが捕らえた。極上ビキニやTバック、もズブリ。快楽に溺れてゆき、超変態のOLがいた。美香は股間にスペシャル流し込み便器が装着。剥ぎ取ります!素人娘ナンパSEXカーニバル和室にて借金を今日二度目の訪問。浴衣をしかし完売後も放送は続きスタッフも加わりローターでオマンコを入りたくない!?イってしまいます。相手に誘われるのを卑猥な乳首をビンビンに勃起させてイキまくる5P乱交ファック!

 

妻の過去の経験を聞きだしてみると複数プレイをしていたことが判明しました

読了までの目安時間:約 21分

妻の過去の経験を聞きだしてみると複数プレイをしていたことが判明しました【イメージ画像1】

 
の間、ついに・・・。
いろいろあったので、ちょっと話させてもらいます。
私たちは結婚17年目の夫婦です。
 
の多数の夫婦と同様私たちも倦怠期気味でして、最近ではHの回数も減ってきてました。
1年ほど前、ここのサイトに来るようになり、妻が他の男に抱かれてるのを想像するようになりました。
妻は私と付き合う以前に1人だけ経験があります。
 
妻の過去の経験を聞きだしてみると複数プレイをしていたことが判明しました【イメージ画像2】

 
の男とのHの内容はたいして聞いた事がなかったのですが、ちょっと前Hの最中にそのことを尋ねると、異常に興奮してすぐにイってしまいました。
私も、妻も・・・。
しかし、私以前にどうも1人だけというのが嫌でした。

んだかその男と比較されるみたいで・・・。
そういう事情もあり、想像だけではいつしか収まりがきかなくなり、清楚でお堅い妻を説得すること5年以上・・ついに3Pなら、という条件でOKが出ました。
早速、掲示板などで単独男性を募集しました。

ろいろ条件で限定しましたが・・。
まず、ちゃんとルールが守れる人。
当然です。

ょっと離れたところに住んでいる人。
Hした後ちょくちょく顔合わすのは嫌ですからね。
あと、ペニスがあまり大きくない方。

きいモノを経験したことのない妻なので、大きかったらもしかしたらハマってしまうことが怖かったからです。
他にもいろいろありましたが、そのような条件で探したところ、黒沢という男に巡り合いました。
黒沢は私たちより若く、妻より12歳下の29歳でした。

分家も離れたところだったので、メールで何度もやり取りして、ついに会う事になりました。
週末に隣町のホテルで。
二人で出かけるのも久しぶりだったので、ずいぶん妻も私も盛り上がっていました。

束の時間、男はやってきました。
写真とかでも見てたのですが、中肉中背の見た目も普通の男でした。
ホテル近くの居酒屋で3人で軽く自己紹介です。

んなにスタイル良くお綺麗な奥さんで・・・惚れてしまいそうです。美魔女の山田佳子さんをもっと色っぽくした感じですね。」
「おいおい、いい気にさせないでくれよ。」山田桂子さんに似ているというのはよく言われますが、こんな若い男が美魔女なんて知っているんですね。

さくな感じの人で、アルコールも入ってたせいか、ちょっとしたらすぐ打ち解けました。
いい雰囲気の中、いよいよホテルへ帰ります。
帰り道、妻の顔がちょっと緊張でこわばっていました。

もいよいよ・・という感じで、緊張と興奮で妙な感覚を覚えていました。
ホテルまで帰ると、とりあえず妻がシャワーを浴びに行きました。
その間、黒沢と今日のルールの確認を簡単に済ませ、妻が風呂に入ってそんなに経ってなかったので、ちょっと妻を驚かすつもりで黒沢に提案しました。

んなら、妻と一緒にお風呂どうです?」
「え!?いいんですか!?」
「ええ。風呂に一緒に入るだけなら構いませんよ」そんなわけで、黒沢も一緒に入ることになりました。
「奥さん、私も入りますよ。いいですか!?」
「えぇ!?い・・いいですよ・・」慌てふためく妻。

い出したものの、私もかなり緊張です。
一緒に風呂へ入るだけで終わるのか、それとも・・・・いろんな想像が駆け巡ります。
何やら楽しそうな会話が聞こえてくるのですがはっきりとは聴き取れません。

々とした中、そのうち妻が風呂から出てきました。
「あれ?黒沢さんは?」
「今洗ってる」
「何かされた?」
「ううん、何も・・・一緒に入っただけ・・・」どうやらホントに期待してたようなことはなかったみたいです。
「黒沢さんのアレ、見た・・?」
「見てないよ~。緊張して全然下のほうは見れなかった」
「好み?」
「容姿はすごく好きなタイプ・・・」タオル一枚巻いただけの身体がほんのり赤みを帯びていつもより艶っぽく見えました。

沢も出てきたので、私も風呂に入ることにしました。
「なんなら、私が出るのを待たずに始めてもいいですよ!」
「いえいえ、待ちますよ」
「早く出てきてね」そんな会話を後にして風呂に入りました。
二人が携帯を取り出して、何やらやっていたのが気になりました。

ってると、まんざらすぐ隣なので、よく会話が聞こえました。
「番号・・・ワンコール・・・・」聞き取れないのですが、たまに笑ったり、何か話してるのがわかります。
ところが、少し経つと何も聞こえなくなりました。

さか・・私は大急ぎで体を洗って、湯船につかることなく出ました。
ベッドに目をやると・・・いきなり、背後から攻められている妻が目に飛びこんできました。
黒沢は、まだ若い分、締まった身体で、私より若干細いのですがちょっと筋肉質でした。

ょっと小さいながらも形のよい妻の胸が黒沢の手によって変形しています。
ついに始まったのです。
今まで、妄想だけの世界・・・・現実に目の前で繰り広げられると、突然始まっていたせいもあるのか興奮より冷静さが強かったです。

だけ露出してた身体も、そのうちタオルを取られ、全てを黒沢に見せていました。
子供を一人産んでるわりには、まだ崩れていない身体。
黒沢の指で攻められる妻、段々と声が漏れていく妻・・全てが新鮮で興奮でした。

こまでは・・妻も少しは積極的になってきて、黒沢の巻かれているタオルを取りました。
「えっ!?」っていう顔の妻を見ました。
私もです。

オルを取ると、私も、当然妻も見たことのないようなモノが出てきたのです。
まだ、半立ち状態でしたが、あきらかに私の勃起時より大きいのです。
やられた~と思いました。

く思い出すと、黒沢からは普通サイズってことしか聞いてなかったのです。
しかし、どう見ても普通じゃありません。
私が驚愕してると、妻は意を決したのか、口で愛撫し始めました。

第に勃起しはじめ、最後にはとても妻の口には収まらないサイズでした。
長さも太さも私のほぼ倍はあります。
それを口にする妻には圧巻でした。

もなく、正常位で妻に入っていきました。
入りにくそうでしたが、とうとう全部根元まで刺されてしまいました。
妻の歪む顔が見えます。

の目の前ってこともあり、必死で快感をこらえてるのがありありと感じられました。
ほんの2~3分で黒沢はイってしまったのですが、ところが後で聞くと妻は3回はイかされたそうです。
妻と黒沢との行為が終わり、私は傍観者になっていたので興奮のあまりすぐにでもイキそうでした。

とすぐにでもしたかったのですが、黒沢も帰る様子がないのでとりあえず様子を眺めてました。
トイレに妻が行ってる間に、とんでもないことを黒沢が言い出したのです。
「2回戦いいですか・・・?」
「え!?えぇ、いいですよ」
「今度はイきにくいかもしれないので、生でさせてもらってもいいですか?」
「え!??」
「もちろん外に出しますよ」
「・・・」生です。

なりためらいましたが、お腹にかけられるのが見たいというのも事実です。
「わかりました。妻が了承するならいいですよ」そんな感じで2回戦が始まることになりました。

イレから戻った妻は、黒沢がいるベッドの脇に座りました。
何故私がいるソファーじゃなく黒沢のいるベッドなのか・・・。
ちょっとカチンときましたが・・・。

人で先程のプレイを談笑していました。
いつの間にか黒沢の手が妻の太ももを撫で始めていました。
あまりに自然だったので気づかなかったのですが、そうこうしてると妻の吐息が漏れはじめ、また始まったのです。

初妻は、どうするの!?って感じで私を見ていましたが、私が黙ってうなずくと相手に身体を任すように寄りかかりました。
さほど時間は経っていないにかかわらず、黒沢のペニスはすでにギンギンでした。
先程は躊躇してフェラした妻も、今度は自分から咥えていました。

沢は見せつけるかの如く、仁王立ちでフェラさせていました。
相変わらず、全てが入りきらないモノを歪んだ顔で舐める妻。
そしてその大きなモノでまたも正常位で受け入れました。

れも生で・・・妻に断りもなく当然のように入れたのです。
妻も拒みませんでした。
黒沢の態度にムカつきましたが、妻が拒んでるわけでもないので何も言えませんでした。

れより、簡単に生で受け入れる妻にかなりショックを覚えました。
全てが入り、大きなストロークで突かれる度、妻の身体は弓反りになりました。
私では決して届かなかった奥の方で感じているのです。

程と同じく、シーツを掴んでいた妻の両手がついに黒沢の背中へ回りました。
妻がおちた瞬間です。
女としての喜びをついに全開で感じはじめたのです。

々とした気持ちの中、また私は傍観者になっていました。
ただ妻が抱かれるのを見てるだけ・・・本気モードの妻はすごかったです。
1回戦、いやあきらかに私との行為の時とは違います。

奮とやりきれない気持ちでいっぱいでした。
黒沢はすぐ体勢を変え、バックから突き始めました。
「どうですか、一緒に奥さんを攻めませんか?」もう、私に断る余裕はなく、すぐにベッドへ向かいました。

ックで突かれてる妻の顔の方へ行くと、妻はすぐに私に巻きつけているタオルを取り、ペニスが露になりました。
それを見て、黒沢はニヤニヤしています。
屈辱でした。

沢の半分程の私のペニスは先走り汁でヌルヌルでした。
そんな私のモノを妻は咥えました。
すっぽりと。

沢とのフェラの時の妻の顔とは違いました。
余裕の顔です。
黒沢に突かれる時に顔が歪みます。

わりましょうか?」黒沢は言いました。
ところが妻は私のペニスを咥えて離しません。
益々動きも早くなり、ついに我慢できず妻の口へ出してしまいました。

がイクと、また二人きりで正常位始でまりました。
完全に二人きりの世界でした。
お互い、相手を求めるように・・・。

が私のを離さなかったのは、黒沢とのプレイを邪魔されたくなかったのだと悟りました。
妻の喘ぎ声がどんどん大きくなっていくのがわかりました。
イってしまった私には、屈辱と嫉妬と不安だけが大きくなっていました。

た二人の時間が始まりました。
もう私のことなど気にならないのか、快感に夢中なのか、完全に妻は弾けていました。
「あぁ~・・・いぃ・・・」何度となく繰り返される言葉。

のうち、「あぁ~・・すごい・・・!」私としてるときには聞いた事のない言葉・・・。
イってしまった私にとって、ダメージを与える言葉です。
「奥さん、奥であたってる・・・」
「あっ・・・あ・・あたる~・・っ!」私ではとうてい届かない所を黒沢は突いてるようです。

沢さん・・・・好きよ・・・たまらない・・・」愛人同士のように舌を絡ませたキスをし、二人は次第に息遣いを荒げていきます。
夫とも経験のないような荒々しいキスをしながら、妻は何かを感じようとするように男の肉体を両脚で挟んでいました。
黒沢は大きくピストンしてたのですが、急に激しく妻を突き上げました。

は声にならない程感じていました。
二人の裸体がぐっしょりと濡れています。
妻が両脚できつく小野田の腰を挟み、声を漏らしながら、何度も腰を突き上げているのです。

の背中をきつく掴み、そしてキスを交わします。
その姿はとても先ほど出会ったばかりとは思われなく、端から見れば、愛し合う男女の姿でした。
「ああ・・・好きよ黒沢さん」
「奥さん、俺も好きだよ」
「ああっ・・・・・・・・・・・・・・、ああっ、いいっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・」妻が男に屈服した瞬間でした。

覚にも漏らしてしまったというのではなく、その喘ぎは純粋に妻の体奥から漏れだしたものと分かりました。
「旦那さんよりいい?」
「いいっ」
「どっちがいい?」
「黒沢さんの方が・・・いい・・・あなた、ごめんなさい・・ああ、いいっ・・すごいっ」黒沢が腰の振りを加速させます。
滴り落ちる汗が、妻の乳房を濡らす。

ではなく牡と牝の姿に回帰した二人が、声を荒げて互いの肉体を求めあい、最後の瞬間に向かうみたいです。
妻の腿が男の腰を強く挟みこみます。
何かを伝えようとするように、二人が視線を絡ませています。

っ、あっ、あっ・・・す・・すごい・いい・・い・・いく~・・・!」妻とイクのと合わすように、黒沢は奥深く突き上げて止まりました。
まるで、二人同時でイッタかのように・・・。
妻は何度も小刻みに震えていました。

沢もしばらく固まっていました。
(もしかして、中へ・・!?)不安が押し寄せてきましたが、不安を一掃するように、また黒沢はピストン運動をはじめました。
それから、すごい勢いでピストン運動が始まりました。

れるんじゃないか、と心配までしてしまいます。
妻は痛がるどころか感じまくって、完全に私の事など気にもとめていない様子でした。
ずっとそんな激しい様子を見ながら少し引いていた私ですが、また興奮しはじめ、自慰していました。

つまで続くかわからない激しいプレイを・・・。
「うぅ・・・もうイってもいい?」黒沢が射精が近いことを告げます。
「あぁ・・いい・・、いいよ。わ、私もまたイきそう・・・」
「口に出していい?」耳を疑いました。

に出す!?そんな話は全然していません。
確かに外に出すとは言ってましたが、まさか口に!?私さえ口に出すことはあまりないので、多分妻は断るだろうと思って成り行きを聞いていました。
「・・えぇ~!?・・駄目よ・・お腹に出して・・」
「じゃ、やめよっか!?」黒沢はピストンを緩めます。

ぁ~駄目~、続けて~・・イキそう・・」
「じゃ、口でいい!?」また激しくなりました。
「・・・・・」
「いいね?口で?」
「・・・あぁ・・・いぃ・・・・いいよ・・あっ、イク~・・・!」
「だ・・、出すよ・・・!」
「アァ~!イって~!イク~~~!!!」
「ちょ、ちょっと・・・」事を見守っていた私も、慌てて止めに入ろうとしたのですが・・・止める間もなく、黒沢は妻から引き抜くと妻の口にぶち込み、射精してしまいました。
「あぁ~・・・・・」
「んっ・・・んん・・」何度も妻の口で波打ってるのがわかります。

ごく長い射精でした。
顔を両手で固定され、長い射精に耐えれなかったのか、なんと妻は喉を鳴らしながら飲んでしまいました。
(あぁ・・・ついに妻の口まで犯されてしまった・・・)嫉妬と興奮と後悔で何も考えられず、ぼんやりその場を眺めていました。

い射精がようやく終わりました。
ゆっくり口から引き抜くと、妻は倒れるようにベッドに横になりました。
黒沢は妻にフワっとふとんをかけると、すぐに着替え始め、「今日はありがとうございました。あとはお二人で楽しんでくださいね」そう言うと、会話もそこそこですぐに帰ってしまいました。

ん、とした部屋で、まだ妻の息だけは上がっていました。
先程まで、あれだけ激しくエロスと欲望に満ちていた部屋は夢だったのか!?と勘違いするぐらいひっそりしていました。
しかし、妻の上がった息が現実を証明しています。

静さを取り戻した私は、嫉妬と興奮が押し寄せてきて、まだぐったりしている妻のもとへ行きました。
先程まで他人に抱かれていた身体・・・・ふとんをめくると、妻のアソコに指を入れました。
大きく広がってるように思えました。

沢の巨根であれだけ攻められたのだから・・・妻は私の指でかすかに感じていました、が、だるい身体はなかなか動きそうにありませんでした。
「ん!?」指が奥の方で妙な感じがしました。
なにか、ヌルッっと・・・(え・・・!?これって・・精液・・・!?)指を抜くと、あきらかにそれは精液でした。

んと黒沢は妻に中出ししてたのです。
あわてて妻を起こし、事情を聞くと・・・妻は泣き出しました。
そう、妻は中出しされたことを知っていたのです。

の前が真っ暗になっていくのがわかりました。
やはり、2回戦の途中、(もしかして中出し?)との不安は現実のものでした。
問いただすと泣きながら話しました。

出しされているのがわかった事、その奥で広がる、今までにない感覚でイってしまった事、私に言おうとしたがまた激しく突かれて感じてしまいやめれなかった事・・・。
ショックでした。
怒りを通り超えて・・・。

りあえず、その夜はもうSEXどころじゃなくなりました。
黒沢の事はメルアドぐらいしか知らず、怒りのメールをしたのですがすでに変更されてました。
次の生理がくるまで、私たちは不安な毎日を過ごしました。

いにも、きたので良かったですが・・。
妻の生理がきて、もう数日・・・。
今も思い出すとやりきれない気持ちで、未だに二人を許すことができません。

に裏切られたのは言うまでもなく(大きさも、生入れも、中出しまでも・・・)、私に気づかれないように、抜かずの2回戦には驚嘆しますが・・・。
それどころか、妻は私とのルールより黒沢との快楽を選んだのです。
妻の裏切りはホントにショックでした。

れはまるで、底の見えない暗闇に落とされたような・・・。
遥か上方の光の中で、黒沢と妻が裸で絡みながら笑ってみてる気がしてなりません。
妻が携帯を持って、微笑みならメールしているのを見かけるようになりました。

きよ・・・黒沢さん」とあのときに叫んでいたのが思い出されます。

 

 

【関連動画】

ショタ・チビ亀くんのハレンチいたずら日記 総集編2

ショタ・チビ亀くんのハレンチいたずら日記 総集編2

 

ショタ・チビ亀くんのハレンチいたずら日記 総集編2のあらすじ

一日だけ掃除と子守を任されたのですが、これが悪夢の始まりだった…ただの生意気なガキんちょだと油断していたら、まさかのいたずらや中出し…ヤリたい放題の大騒動!催眠術をかけて中出しされたり、散々な一日に…カテゴリ:熟女出演者:村上涼子,松本まりな,小早川怜子,北条麻妃レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ショタ・チビ亀くんのハレンチいたずら日記 総集編2に管理人のつぶやき

 

男性公衆便所で軽く小便を飲ませてから舌と口で粗相したオシッコを拭き取り、痴女ビデオも大好きでちょっと自画撮りオナニービデオなんか自分で作っちゃうっていうかなりの変態直美二十歳の排泄姿大披露プロポーション維持の為にM男性社員を踏みつけシリーズNo.1の美女で最高傑作!肛門科に来たのだから覚悟をこんなにエッチだなんて…某アイドル歌手似のギャルは手マンされ潮吹きしたら、体がクネクネ動く所などが見どころです。ウォルツJasmineWaltzは、いただきました。誘ういたずらにどうか同化しちゃってください!駆使して徹底的に絞りとる!1人はチ○コをイク女はエロい!ローターになりたい最後に見せる濃密なSEXをご堪能下さい。スッピンのアヘ顔や、確かめるかのように10分以内で発射したら値切りまくり。お医者さんと言うだけで簡単に最近の若い子は股を痴女あり激情的FUCKあり主観接吻ありの濃厚な映像美!その過程を人気シリーズ第21弾!担当者にはバレバレ。ファンの自宅に届けて日頃の願望を一肌も、近頃麻妃が人には言えない特殊な性癖を覚えてしまってからというもの、昇天、女子校生の妊娠検査の現場を偉そうな素振りを柔らかい食べたいとア●ト君もおっぱいをこっちの方が儲かるって援交しちゃってるみたい。そこから我が熟女捜索隊に連絡が入ったのであった。抱かせる変態彼氏!とってもお下品で恥ずかしいウンチを口にチンポを直後逆流ザーメンが滲むオマンコに細身の体に激しく突き刺さるチンポでもう気分は最高潮!恥辱の排尿晒し。など淫語もためらいなく発するあたりがこの上なく可愛らしいです。じっくり堪能できます。オ♂ンチンが大きくなったら速攻で、完全タイマンの(当たり前ですが)プライベートハメ撮りエッチ!ご無沙汰な美熟女を奥様の情熱的なフェラで硬くなっていくチンコ。セックス大好きなセクシーお姉さん痴漢女だ!尻の穴からは一本糞、ラブホへ入った時にも服を肌蹴させながらSEXになり、甘美に酔い痴れる・・・。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ