告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

屈強な巨大肉棒のイタリア男2人組が、ナンパされた女をヤリまくる…洋モノ裏ビデオをちんぽ握って見ていたら、出ているのはまさかの妻じゃね~~か!

読了までの目安時間:約 5分

の日、悪友から借りてきた洋モノの裏ビデオを見て私は驚いた。
 

屈強な巨大肉棒のイタリア男2人組が、ナンパされた女をヤリまくる…洋モノ裏ビデオをちんぽ握って見ていたら、出ているのはまさかの妻じゃね~~か!(イメージ画像1)

 
夜中、妻が寝たのを確認してテレビとビデオのスイッチを入れた。
 
画面にタイトルが流れ出す。
 
屈強な巨大肉棒のイタリア男2人組が、ナンパされた女をヤリまくる…洋モノ裏ビデオをちんぽ握って見ていたら、出ているのはまさかの妻じゃね~~か!(イメージ画像2)

 
このシリーズは他にも何本が観ており、その内容が過激なことで私のお気に入りのシリーズだった。
 
内容はいたって簡単、屈強で強大肉棒のイタリア系男優二人が世界中のどこかの街で、素人の女の子を軟派しホテルに連れ込み、好き放題セックスしまくるという内容だった。

 

今回の舞台はフランスで、最初の出演した女の子は色白、金髪の細身のフランス娘。
 
男たちに好きなようにアナルやおまんこを攻められるものだった。
 
二人目はラテン系のグラマー娘だった。
 
そして三人目の画面に変わった。
 
遠景で男たちは首輪をつけた東洋人女性を連れてきた。

 

さらにその女性は黒いガータ下着に身を包み、乳首やあそこになにやらピアス風のアクセサリーをしているのがアップで映し出される。
 
個人的にソフトなSM風ボディピアスをしている女性に興奮するタイプなので、「おっ、いいぞ」と思ってテレビ画面に集中してしまった。
 
そして、私は自分の目を疑った。
 
そう、画面に映し出されている女性は化粧で誤魔化しているがまぎれもなく、私の妻だった。
 
まさか?他人の空似?そう思ったが、そのわずかな望みも次のシーンでもろくもうち砕かれた。

 

その女性は「Yukino」と呼ばれていて、私の妻の名前も雪乃だった。
 
そし、独身時代、私の趣味で付けさせたおへそと乳首のピアス、決定的だったのはあそこがアップになったときに映し出された、おまんこ用ピアスに刻まれた「MtoY」の文字だった。
 
まぎれもなく男たちの巨大な肉棒をうれしそうに夢中でしゃぶっている、その東洋女性は私の妻だった。
 
そのビデオを見ながら半年前に妻が仕事でパリへ一週間出張へ行ったことを思い出した。
 
なんてことのない出張だと思っていたが、まさかこんなことをしているなんて。

 

デオの中の妻は、男たちの肉棒を自分からおまんこの中に入れて腰をふっている。
 
口にはもう一本の肉棒。
 
さらに、お約束のアナルとおまんこの二本刺し状態で恍惚の表情で楽しんでいる。
 
延々と、その痴態とプレイが続いていた。
 
その間も妻は、いやがることもなく積極的に男たちの肉棒に突かれまくっていた。

 

そして、顔面射精。
 
妻の口の中に向けて大量の精液が発射された。
 
なんどもなんども、白くてネバネバしたものが妻の口いっぱいにあふれるほど注がれる。
 
妻は、うれしそうに口を大きくあけて舌と唇を使って上手に肉棒に残った精液まで味わっていた。
 
驚いたことに、さらにプレイは続いた。

 

男たちも驚いていた。
 
妻は積極的に男たちの肉棒をまたしゃぶりはじめ、「Givemecock!」と哀願している。
 
カメラマン(監督?)の声が入って、結局、男たちの肉棒もみるみるうちに回復すると妻の中に次々と挿入を開始した。
 
なんと今度は生でだった。
 
アナルとおまんこを同時に生の肉棒で突かれまくっていた。

 

男たちも気持ちがいいのか、ものすごい勢いでピストンしまくる。
 
涎をたらして、いきまくる妻。
 
そして、最後は中だしだった。
 
しかもアナルとおまんこの中に同時に男たちの大量の精液が注ぎ込まれた。
 
男たちの肉棒が抜かれると尻の穴とあそこから男たちの白い体液があふれ出してくるのが映し出された。

 

の幸せそうな顔がアップで映し出されて、そのビデオは終わっていた。
 
しばしの間、私はボーゼンとしていたが結局そのビデオで3回も抜いてしまった自分が情けなかった。
 
妻は来月、またパリへ出張らしい・・・・
 

処女じゃなかったけど、どんなセックスしてきたかなんて気にしたこともなかったけど…AV撮影隊にうまいこと乗せられてしまったのを見ると結構エッチな女だったのかも

読了までの目安時間:約 19分

にはなつみという彼女がいます。
 

処女じゃなかったけど、どんなセックスしてきたかなんて気にしたこともなかったけど…AV撮影隊にうまいこと乗せられてしまったのを見ると結構エッチな女だったのかも(イメージ画像1)

 
近所に住んでて、幼なじみってよく言われますが、注学までは同じ学校、高校で別々の学校になって、大学生になった去年、注学の同窓会でつきあいが戻りました。
 
「本当は気になってたんだけど、近所だし言えなかった」って、彼女からの告白には僕もびっくりでした。
 
処女じゃなかったけど、どんなセックスしてきたかなんて気にしたこともなかったけど…AV撮影隊にうまいこと乗せられてしまったのを見ると結構エッチな女だったのかも(イメージ画像2)

 
彼女とはセックスもほどほどですが、当然彼女はもう処女ではありませんでした。
 
そんなある日、彼女の女友達から聞いた「なつみ、高校の時のカレがあんまりイケてなかった」という話。

 

話を聞いた瞬間はなんだか背筋が寒くなって、鼻の奥がツンとして。
 
でも僕の脳裏には、知らないヤツに抱かれて、喘いでいるなつみの顔が浮かんだんです。
 
他の誰かに抱かれる彼女の姿を想像して抜いて、悶々と数日悩んで、寝取られという言葉を知ったのはこの時でした。
 
そして勢いで、ネットの企画物のAVに応募することを決めました。
 
いわゆる「カレシが、他人に抱かれる彼女を見て」というものです。

 

もちろんなつみには内緒です。
 
偶然を装って、撮影のスタッフと合流する僕ら。
 
プロダクションの美佐さんは女性で、ピシッとした服装のビジネスマンっぽいひと。
 
与田さんは男性でカメラ、佐々木さんも男性で、撮影助手だと紹介されました。
 
名目はティーン向け雑誌のカップルご紹介企画でしたが、彼女が童顔だと言うこともあって、それなら制服に着替えて撮影しよう、ということになりました。

 

僕も着慣れないブレザーの上下で付き合います。
 
スタジオは教室のセットで、整然と並んだ机の前で、じゃれあったり笑いあったり。
 
途中で美佐さんが席を外しましたが、撮影はそのまま続きました。
 
2時間くらいラブラブを演じて、キスシーンの撮影が終わった直後、僕のポケットの携帯が鳴る。
 
もちろん、事前の打ち合わせで掛けてもらった呼び出しです。

 

の電話をきっかけに、なつみをひとりぼっちにする筋書きでした。
 
すみません急用ができたので。
 
とみんなに告げてセットを出たら、予定通りに隣の準備室に入ります。
 
そこには3台のテレビに映し出された、僕たちがさっきいた教室の様子。
 
それぞれ違う角度から、なつみたちを囲むように映像を映していました。

 

カメラがあるなんて、今まで全然気付きませんでした。
 
さっき出て行った美佐さんが、ソファでくつろぎながら「ご自由にどうぞ~」と、冷蔵庫を指さすので中を見ると、缶ビールが入っていました。
 
ドキドキで喉が渇いているので、息もつかずに一本飲むと「緊張するよね-、ワクワクだよね~」とからかうように美佐さんが話しかけてきます。
 
もちろん、寝取られる側の僕も、ビデオカメラでキッチリ撮影されています。
 
テレビの奥では、僕と一緒だった最初とは違って、なつみが心細そうに教室の中をあちこち見ていました。

 

中断した撮影が再開されるようです。
 
「林くんにはまた、残りの部分は今度撮影させてもらうことにするよ。なつみちゃんだけでできる撮影を今日、やっちゃいましょう」カメラを構えた与田さんが、なつみに説明していました。
 
スカートを翻したり、チョークで板書しているシーンや、本を読んでいるシーンを撮ったり。
 
一つのシーンに丹念に時間を掛け、同じ角度で何枚も撮影するので、結構時間が掛かります。

 

そして撮影が終わって、いよいよここからが本番です。
 
カメラの与田さんが「撮影は一旦ここで終わりだけど、アルバイトしない?」
「エッチなのは嫌ですよ?」
「お、よくわかったね、エッチなヤツ。バイト代はもちろん上乗せ」まさか真正面から来るとは思ってなかったのか、「え、ええっ?」と、なつみは驚いた表情でした。
 
「そう、えっちな写真。でも脱がないで、写真だけ。俺たちプロでしょ。腕前でお客に売り込む時の材料に使うのに必要なのよー。ほら、誰々さんをこんなに脱がしましたとか。なつみちゃんとっても可愛いから、いい宣伝になりそう」最初は断り口調だったなつみも、話を聞くにつれて興味がわいてきたようでした。

 

しょー、なんで有名人があんなに脱いでるか、理由はこれ。プライド高い人を脱がすのも腕前」
「一つ言うこと聞いてくれたら、そのたびにバイト代上乗せ。もちろん、外には出ないよ?」
「もちろん、カレシには絶対言わないし」普段ならとてもじゃないけど信用できない言葉が、プロに掛かるととんでもない。
 
全部知ってる僕でさえ、信じてしまいそうでした。
 
最初はためらうなつみも、具体的な有名人の名前が出るにつれて、段々と話を聞きいってました。

 

そうして言いくるめられた結果、なつみはついに「ちょっとだけなら」とOKしました。
 
「見えるから恥ずかしいよね。だから最初は目隠ししちゃっていいかな?これでお願い1回目」うん、とうなづく彼女。
 
与田さんはなつみに緩めに目隠しをしました。
 
安心させるためか、すぐ解けるくらいの軽い結びでした。

 

「カレシとは縛りプレイとかってやったことある?」首を振ってノーと答える彼女。
 
「わかった。じゃあちょっと体験してみよう。ああ、心配しないでいいよ。撮影以外何もしないから。まずは体育座りして?これで2回目」言われるまま、目隠しのせいか、なつみはゆっくりと床の上に、体育座りで膝を抱えて座り込むと、与田さんは足首の前に回された手首を、配線に使うナイロンバンドで足首に固定しました。

 

視覚を封じられたまま、あっというまに身体を拘束されてしまった彼女。
 
片方の手首と足首がつながれた状態です。
 
佐々木さんはもう一度上から布で縛ると、最初のバンドはハサミで切ってしまいました。
 
美佐さんが楽しそうに僕に理由を説明してくれます。
 
「バンドだと細くてすぐ痣になるからねー。とりあえず縛っちゃうの。あれ、布より縛るのが楽でしょ。動きを抑えると、結構みんな言いなりになっちゃうワケ」カメラの向こうのセットでは、両手両足を布で縛られたなつみが、床によこたわっていました。

 

田さんが安心させるように声を掛けていました。
 
「ごめんねー。ちょっとだけ不自由だけど我慢ね。3回目のお願い。モデルさんになったつもりで聞いて。今のなつみちゃんは、教室で悪い先生にだまされた女子生徒。ちょっとだけアダルトに。ちょっとだけ服のボタン外すね~」いつのまにかジャージ姿になった佐々木さんが、彼女の制服を乱していきました。

 

先生役です。
 
ブレザーの上着を開くと、ワイシャツのボタンを次々と外していき、あっというまにブラが露わになっていました。
 
スカートも腰までまくり上げられ、白いパンツが見えました。
 
「やぁ…怖い」佐々木さんの手が触れる度、軽く身を震わせるなつみ。
 
テレビを見ている僕の心臓は、もうバクバクでした。

 

「襲われてる気分はどう?へんな気分になってきた?」
「はずかしい…」
「怖い?目隠し取ったげる。でも、今度は声を出すなって口をきけないようにされるんだ」今まで目隠しに使っていた布を、今度は口に噛まされ、反論の間もなく猿ぐつわをされるなつみ。
 
縛られた自分を見てちょっとパニック気味に。
 
佐々木さんが背筋や首筋に手を這わせ、耳元に息を吹きかけたりされると、くすぐったそうに身をよじっていました。
 
でも猿ぐつわのせいで、気持ちいいとも嫌とも言えず、くぐもった声を出すだけです。

 

「いいよ、その嫌がりつつも感じてるって顔。カレシに見せてあげたいね」そのうち、佐々木さんの手が露わになったパンツの上から、彼女のお尻を撫で始めました。
 
最初は手のひらでゆっくりと。
 
そして指に角度をつけたり、指一本でなぞったり、パンツのスキマに指を差し込んだり。
 
決して敏感なところには触れないけど、じわじわと彼女を追い詰めていきます。

 

由にならない身体をモジモジとさせ、首を振りながらなつみは耐えていました。
 
もう片方の手は、はだけたワイシャツの上から胸を愛撫し始めました。
 
下からすくい上げるように、彼女の胸を撫で続けます。
 
もうやめてとも、自由にしてとも言えずに、彼女は10分は胸とお尻を嬲られていました。
 
なんとなく顔が上気しています。

 

ふっと、佐々木さんの指がパンツの股間に走りました。
 
そこはもうじんわりとしているのが分かります。
 
びくっ、と反応したなつみに、与田さんが声を掛けました「4回目のお願いだけど…もう少しだけ脱いでも、いいかな?」もう半分正気じゃなかったのかもしれません。
 
なつみは頷いてしまいました。
 
僕もテレビの前に釘付けで、身を乗り出すようにして見ていました。

 

もうペニスはパンパンでした。
 
佐々木さんはなつみを抱き起こすと、背後から回り込んで、ブラの上から胸を強く揉み始めました。
 
なつみは身体を動かそうとしますが、手足の自由がきかないとどうにもなりません。
 
「5回目。おっぱい出しちゃってもいい?」なつみの返答を待たずに、佐々木さんはブラのカップをまくり上げました。

 

とうとう乳房が露わになりました。
 
容赦なく撮影のシャッター音が鳴り響きます。
 
背後から膝小僧をつかまれ、両足を大きく開かされると、パンツの上から指であそこをいじられます。
 
ブラをまくり上げられ、背後から胸を揉まれているなつみ。
 
もう片方の手はパンツの中に入り込み、なつみの敏感な部分をまさぐっています。

 

か動きがある度に、首を振っていやいやをするように、なつみはうめき声を上げています。
 
佐々木さんはなつみの前に回ると、スルスルとあっというまにパンツを巻き取ってしまいました。
 
濡れたパンツが膝あたりまで下げられると、佐々木さんは両膝を手に当て、大きく割り開きました。
 
手首と足首をつながれているので、M字開脚です。
 
そして間に割りいると、指をアソコに出し入れしているのが見えます。

 

うめき声と、びくり、びくりとしなる彼女の身体はとても色っぽかったです。
 
クチュクチュという音が部屋の中に響き渡っています。
 
顔を股間にうずめられ、舐められているのでしょうか。
 
うめき声が悲鳴混じりになっていました。
 
佐々木さんは両手をのばして、彼女の乳房を乱暴に揉んでいました。

 

「すごいよ、すごくえっちだよぉ」
「6回目、なつみちゃん聞こえる?大丈夫?入れてるところも撮りたいんだけど、いい?」与田さんの質問。
 
ここでちゃんとしておかないと後で面倒になるのか、今回はちゃんと返事を待っていました。
 
「彼女がいいって言ったら、もうそのまんま入れちゃうけど、いよいよですねぇ。興奮する?」
「ホント…すごく興奮します。もし美佐さんいなかったら僕、もう自分で抜いてます」美佐さんが僕の脇でニヤニヤしながら言いました。

 

僕はもう興奮しきっていて、下手をしたら美佐さんを押し倒して×××してしまいそうな衝動に駆られていました。
 
美佐さんも美人で、結構あけすけに見える態度だったので、もしかしたらビデオの企画の一つなのかもしれなかったんですが…佐々木さんはジャージをずらしました。
 
男優さまというべきか、その逸物はとても立派にそそり立ってました。
 
なつみのアソコにペニスをあてがうと、手で支えてゆっくりとこすりつけていきます。
 
彼女は床の上でぐるりと角度を変えられ、その箇所はきっちりと画面に映し出されていました。

 

して、彼女はもう返事をしたのか、その逸物をなつみの中に埋め込んでいきました。
 
両手両足の自由を奪われ、抵抗できずに刺し貫かれているなつみ。
 
首をのけぞらせるように、身体が反って快感に襲われる瞬間。
 
彼女が寝取られた瞬間でした。
 
元カレの話を聞いた、あの瞬間の感触がよみがえります。

 

「んんーっ!」ひときわ大きな声が教室に響きました。
 
佐々木さんは最初はゆっくり、次第にペースを速めてパンパンと彼女の下半身に腰を打ち付けていきます。
 
つながったまま猿ぐつわを外すと、そのまま前のめりになつみの唇を奪いました。
 
佐々木さんが初めて口を開きます。
 
「舌を出して。そう、カレシとやってるようなキス、しようよ」押しつけるようなキスはそのうち、舌と舌を絡め、チュパという艶めかしい音を伴った、ディープキスになっていました。

 

右手ではあごを抱え、左手を背中に回して支えながら、下半身のピストンはそのまま。
 
たまに苦しげに首を反らせるなつみですが、あごを取られて再びキスに戻されます。
 
しばらくして。
 
まだ二人はイッていない状態のまま、与田さんは声を掛けました。
 
「7回目。気持ちよすぎて聞こえてない?聞こえてたら返事してね。次の撮影、しようか」キスから解放されたなつみは、身体を横たえたまま、ぼーっとしたまま首を縦に振りました。

 

もうここまできたらどうなってもいい、そんな雰囲気さえ見て取れました。
 
僕はこの行為がどこまで続くのか、もうたまりません。
 
美佐さんはティッシュ箱を僕に渡すと、部屋を出て行きました。
 
気の毒なカレシさん、抜いていいよってことなんでしょう。
 
ずるり、と佐々木さんのアレが引き抜かれていきます。

 

人の体液でテラテラと光っていました。
 
佐々木さんは両手足の縛めを解くと、なつみを起こして立たせました。
 
長い間M字で固定されていたせいで足取りがおぼつかない状態でしたが、今度は彼女の両手首を後ろ手にまとめて縛り、机の上に彼女をうつぶせにさせると、スカートをまくり上げました。
 
パンツはもう脱がされていて、愛液の筋が残る下半身がそのまま見えます。
 
半脱ぎで強引にやられるシチュエーションがすごくそそります。

 

「なつみちゃん、ひょっとしたらこういうセックス好きなんじゃない?」
「そんなことない…」
「じゃあ、ここで止めようか。7回聞いてくれたから、14万円上乗せだね」荒い息を吐きながら、首を横に振るなつみ。
 
与田さんはやっぱり、という顔をして「それはいいって返事と見たよ。じゃあ、続けよう」佐々木さんは合図を聞くと、なつみの背後から再びペニスを押し込んでいきました。
 
ズブズブ…と深く差し込まれていくたびに、あああっ!と大きな声が教室に響きます。

 

全てが埋まったのを見て彼女の上半身を引き起こすと、既に半脱ぎのワイシャツを肩から引き落とし、背後から胸を乱暴に揉みしだきます。
 
つながった腰は引き出さず、そのまま机と挟み込むように押しつけて、引いてを繰り返していました。
 
しばらく行為が続くと、今度は彼女の腰に両手を添えて、今度は挿して引いて、大きなストロークでピストンを繰り返しました。
 
なつみは、あ、あ、あ・・と、テンポを刻むように嬌声を上げています。
 
「なつみちゃん、上になってみる?」両手をお腹の前に添えて外れないようにすると、佐々木さんはなつみとつながったまま、ゆっくりと床の上に腰掛けていきました。

 

その度に挿入の角度が変わり、うめくような声を漏らす彼女。
 
背後から貫かれたまま抱えられた姿勢になった彼女は、佐々木さんの上で騎乗位の姿勢になりました。
 
大きく息を吐く彼女を見て、佐々木さんはまだ縛られたままの両手首を掴むと、軽く引きます。
 
「自由に動いていいよ…おっ、結構いやらしい腰使いするね、騎乗位好きだね?」
「やだ…どうしよ…あっ」後ろ手に引かれたままのなつみでしたが、段々と腰の動きが大胆に、うねるようになっていきます。
 
僕とのセックスでは騎乗位はほとんどありませんでした。

 

カノに仕込まれたのか、それとも…その後も撮影は続きました。
 
なつみは途中で何度か絶頂を迎えていたようでしたが、佐々木さんは結構タフなのか、快感に溺れたままのなつみを責め立てるようにシーンに迎えていました。
 
違う制服に着替えさせた後、その制服を引きちぎるような激しい×××シーンや、とにかく強引なシチュエーションの撮影に、終わりの頃にはなつみはもう疲れて立てない状態でした。
 
撮影が終わり、美佐さんが部屋に戻ってきた頃には、僕の足下にはティッシュが転がってました。
 
もちろん、全てビデオに収められています。

 

僕の方も彼女の方も、外部に公開するときは目線やモザイクを入れてくれるとのことですが、どちらにしても恥ずかしいのにかわりはありません。
 
結局この話がなつみの口から語られることはありませんでしたが、それ以降の二人のセックスはちょっとだけ強引っぽい感じになりました。
 
もちろん、僕の手元にはビデオもあるのですが、所々に挟まれている自分のみっともない姿を見るのがちょっといやで、実はあまり見ていません。
 

俺はびっくりしたよ、31歳、はじめての子供…がハーフだなんて!どう見ても中出し不倫です、ありがとうございました~!

読了までの目安時間:約 6分

妻と離婚したのはもう18年前の事だ。
 

俺はびっくりしたよ、31歳、はじめての子供…がハーフだなんて!どう見ても中出し不倫です、ありがとうございました~!(イメージ画像1)

 
俺31歳、元妻28歳、結婚4年だった。
 
元妻の産んだ子供は色白で茶髪、どう見ても白人とのハーフだった。
 
俺はびっくりしたよ、31歳、はじめての子供…がハーフだなんて!どう見ても中出し不倫です、ありがとうございました~!(イメージ画像2)

 
「あなた・・・ごめんなさい・・・」いかにも清楚な大和撫子の和風美人で豊満で妖艶な体をしていた元妻が外国人と中出し不倫・・・ショックだった。
 
元妻は家族や親戚からも疎まれて、やがて母子で故郷から消えた・・・俺が離婚した頃、バブルが崩壊した影響で中小企業だけでなく、その不良債権の処理ができずに銀行や証券会社まで倒産していった。

 

地味な仕事だが安定した職業だった俺には、離婚直後に見合いの話が飛び込んできた。
 
家事手伝いの23歳、家業も手伝っていたが跡継ぎの兄が結婚して義姉が店に出るようになると居場所が無くなり、不景気な世の中、永久就職の相手に俺が選ばれたのだ。
 
元妻と比べたら色気の無いガキっぽい田舎娘だったが、屈託の無い笑顔が無垢で清純そうなイメージを与えた。
 
ほのぼのとした女とまったり暮らすのもいいかなと、交際を受け入れ、俺32歳、妻24歳で見合い半年のスピード結婚した。
 
厳格な見合いをさせられたので、信じられないかもしれないが結婚するまで手を出せなかった。

 

新婚初夜、24歳とは思えぬ色気の無い華奢な体を恥ずかしげに晒し、三つ指を突いて、「よろしくお願いします・・・」と頭を下げた新妻は、驚いたことに生娘だった。
 
見目麗しい桜色の純潔の扉を開き、少しずつ男女のまぐわいにおける所作を仕込み、夫の性欲を処理することだけでなく、他人には見せられない、女として恥ずかしい淫らな格好すら夫の興奮材料として提供しなければならない事も妻の務めだと教え込んだ。
 
時には男根の挿入をお預けされて、とことん指マンで潮を噴きながら何度も逝かされる辱めの後、グッタリした状態でやりたい放題突かれることも受け入れるようになった。
 
一姫二太郎に恵まれた頃には、華奢で無垢そうな体を淫らに喘がせて俺を満足させてくれるようになった。
 
普段は清純そうな田舎娘が、夫に跨って腰をクイクイさせて見せる恥じらう痴態もまた、意外性があっていいものだと思った。

 

しかし、豊満だった元妻の豊かな乳房の感触が時には恋しく思えることもあった。
 
再婚して10年、俺も40歳を過ぎた中年親父になった頃、東京へ出張した際にふらりと立ち寄ったアダルトショップで、古いエロ本を売っていたので何気に見ていたら・・・!!これは・・・元妻!“知的な美人奥様が見せる淫らな性“黒塗りで見えないが、男優の男根が元妻の女陰をあらゆる方向から貫いていると想像に容易い写真がたくさん掲載されていた。
 
感じて、恍惚の表情を浮かべた色っぽい元妻・・・豊満な肉体は、紛れも無く別れた元妻だった。
 
エロ本の発行日は離婚した翌年だったが、これは離婚間もない頃に撮影されたのだろう。
 
豊かな白い乳房には静脈が浮き出て、自らの手でその乳首を摘み、母乳を噴出しながら切ない表情で悶えていた。

 

に味を占めた清楚妻が浮気子種を仕込まれる“豊満な肉体に麻縄を食い込ませ、生の男根を入れられて喘いでいるのだろうか・・・元妻が男優の精液を股間から垂れ流して虚ろに喘いでいた。
 
“淫乱美熟人妻がアナルを犯され快楽に咆哮アクメ“みっともない格好に縛られて、女陰と肛門を異物でふさがれ、ついに肛門に男根を受け入れてウットリする元妻・・・俺は、元妻の出ていた古いエロ本を買い漁った。
 
美しかった。
 
白い肉体に食い込む麻縄と豊かな胸・・・清楚な和風美人の顔が歪む大興奮の写真は、AVの一幕と知り、翌日その店に戻って、店員に元妻のAVを探してもらった。
 
残念ながら、元妻は30代前半にAVを引退しており、当時のVHSテープは残っておらず、元妻が出演したAVがオムニバスで収録されたDVDがあるのみだったが、それを購入してPCで見た。

 

懐かしい揺れる乳房、懐かしい喘ぎ声、懐かしい逝き顔・・・離婚直後の美しい元妻が色んな男優に犯され、母乳を噴出し、麻縄の威力に悶え、中出し精液を溢れさせ、アナルも犯されていた。
 
俺と別れた後の元妻の人生を思うと、胸が張り裂けそうだった。
 
愛していたが許せなかった。
 
離婚するより仕方なかった。
 
元妻のエロ本とDVDは、我が家の屋根裏に隠されている。

 

今から16~17年前、離婚した後の数年間の元妻の美しくも淫らな映像は、年に1,2回、妻に隠れて楽しんでいる。
 
あの美しい熟女AV女優・・・46歳の元妻は今、どこで何をしているのだろう・・・
 

妻がよそでハメ撮りされてるだとぉ!?ナンパにほいほいついていき、若い男のチンポによがり、挙句の果てには撮影されちゃうなんて…これも俺のボーナスがカットされたせいなのか?

読了までの目安時間:約 11分

は36歳普通のサラリーマン、妻由香は34歳パート子供は1人10歳です、最近は不景気で私の会社もリーマンショックの影響も有りました。
 

妻がよそでハメ撮りされてるだとぉ!?ナンパにほいほいついていき、若い男のチンポによがり、挙句の果てには撮影されちゃうなんて…これも俺のボーナスがカットされたせいなのか?(イメージ画像1)

 
ボーナスカットで年収も去年と比べて2割減と成りました。
 
妻も去年からパートに出ています・・・其の割には妻の服装も派手でブランド品のバッグや私の見たことの無い宝石や時計を持っていて、私が訪ねると独身の頃に購入した物だと言い訳をしています・・・最近は夜の夫婦生活も「疲れているから・・・」と最近拒み出し3ヶ月以上もSEXレス状態です、私は少し妻の不倫を疑い出しました・・・携帯もロックが掛けられて有りますし、電源を切っている時間帯も有ります。
 
妻がよそでハメ撮りされてるだとぉ!?ナンパにほいほいついていき、若い男のチンポによがり、挙句の果てには撮影されちゃうなんて…これも俺のボーナスがカットされたせいなのか?(イメージ画像2)

 
妻は独身時代にモデルの経験が有りました、有名企業の受付嬢の経験も有りまして私が言うのも何ですが、中々のセレブ風な美人だと思います。
 
妻から聞いたのですが今でも梅田辺りで買い物をしているとオジサンによくナンパされるそうです。

 

最近ネットで個人撮影のAV動画等を投稿するサイトが有り会員登録すれば無料で見られると会社の後輩に教わりPCオンチの私も何とか見ることが出来ました。
 
恥かしいですが、妻とSEXしない間それで適当に抜いていました・・・検索欄で「人妻ナンパ不倫」と検索したら風貌が私の妻に似ている女性が出ている動画が有りました。
 
顔に薄いモザイクが掛けられていますが、私は妻かな?と思いました・・・いや如何見ても声もこの服装も妻です間違い有りません・・・それは妻が大阪の町、日本橋界隈でナンパされている所でした。
 
其の女性は間違いなく私の妻です男に誘われて一緒に歩いている所です男に「綺麗ですね」とか色々言われて妻も嬉しそうに笑顔です・・・「お礼しますんで1時間だけ時間下さい」
「インタビューだけですから」とか言われて妻は男について行ってしまってます・・・動画はここで終わりました続きを見たい方はと、URLが書いてあり其処をクリックすると飛んだのが人妻系の無修正動画サイトです私はドキドキしながら1ヶ月コースの有料登録をクレジットカードでしました・・・妻を捜しました有りました「セレブ妻、美香30歳」と有ります4歳程サバを読んでいます直にダウンロードしましたその動画の内容は・・・ホテルの一室のソファで妻が男にインタビューされている所から始まりました。
 
詳しい内容は書けませんが夜の夫婦生活の事とか私のSEXに対する不満なども話しています。

 

家庭の経済的な事まで告白していました、5年前位妻が不倫した事も解りました。
 
男に「奥さんは不倫した事有りますか?」と聞かれた妻は「えっ・有ります」と即答でした・・私は凄いショックを受けてしまいました。
 
男が妻の横に座る形に成りセクハラな攻撃をし始めました「奥さん胸を少し見せて下さい」
「パンツ見せて下さい」等を言われながら彼方此方ボディタッチされています・・・始めは妻も「聞いていません、撮影は困ります」とか抵抗をしていましたが男が妻に耳打ちをすると妻は「下着姿だけなら」と簡単に上着を脱いでしまいました・・・妻は若い頃モデルの仕事を少しした経験も有りスタイルは抜群です胸も豊満ですし腰のくびれも有りお尻も桃みたいです、妻が恥かしそうにしていると男に「奥さん綺麗です」
「旦那や彼氏が羨ましい」とおだてられると妻も何だか嬉しそうな感じでした。
 
「奥さんの生オッパイ見たいなー」と言われて妻が「これ以上は無理です」と言うとまた妻に男が耳打ちをしました妻が「恥かしいですけど」と悩んでいると、妻に耳打ちしながら男が指でブラのフォックを外してしまい其れを見た妻は諦めたのか自ら外してしまいました・・・多分謝礼金の上乗せ分の金額を耳打ちしたのでしょうね・・・「綺麗なオッパイだー」
「乳輪ピンク色ですね」とか言われています。
 
ここまで来たら「下も脱いで欲しいなー」と言われると又耳打ちされ妻はパンティーを脱ぎ全裸状態です。

 

両手で胸とアソコを一応隠していますが・・・またもや男が耳打ちしています・・・妻が「もう無理絶対無理とか言っていると」
男が「奥さんここまで来たらもう最期まで行きましょうよ」と男が料金プランのような物が書いたメモを妻に見せると妻はビックリした表情でメモを見いってしまいそれからは大人しくなり男の言い成りでした・・・まずはソファの上で大股開きにされ「アソコ拡げて」と言われ自分から「クパァ」と肉ビラを開かされています・・・「もっと中身が見れる様に上げたり下げたりして」と注文を付けられていました妻は指4本を使用して自分から膣口を拡げています。
 
私でも明るい所では見たことの無い妻の尿道口やピンクの膣壁や穴の中身までモロ見えでした・・男が「奥さんそのまま止めて」と言いながらペンライトで妻のアソコを照らしながら言いました・・・「うわー綺麗な肉ヒダですねー」
妻が「イヤン・恥かしい」
と言うと「奥さん今までこの穴に何本の肉棒を挿れたの?」と言うと妻は7本位。
 
かな?と小声で話しました・・・「結婚してからは何本?旦那以外で」
妻は「3本。」ビックリです。
 
真面目な妻だと思っていましたが結婚してから私以外の男3人と不倫していたからです、しかし私は怒りより興奮して自らの肉棒を握り締めていました・・・男が妻の前に自分のチンポを出して着ました「奥さん・ほら・ほら」
妻は「もう無理です帰ります」と下着を付け始めると男が「これから謝礼が倍増するんですよ奥さんこれからですよ」と言われて妻は顔隠して下さいと小声で言っていました男は「モチロンですモザイク掛けますから」有料動画は勿論モザイクなど掛けられていませんでした・・・妻の手が男のチンポを握り締め上下させています。

 

が「奥さんパクッと咥えてと言うと」妻はフェラし始めました、それは私にはしてくれた事の無いプロ並のフェラテクでした。
 
男が「奥さん上手ですね旦那に仕込まれたの?」
妻は「いえ・彼氏の・・・」男があっと言う間に妻の口内で射精していました。
 
はいお口開けてと言われてアーンと妻が開けていました。
 
其の舌の上には精液が乗っていました。
 
場面が変わりましたホテルの一室の様です、既に全裸の妻が男優とベットでシックスナインの形でお互いの性器を舐め合っていました。

 

妻にエロインタビューした口内射精した男とは違う男優でした。
 
さっきの男とはチンポの大きさが一回り以上大きく感じました、エロインタビューの男が「奥さんそろそろ挿入しましょうか?」と言うと、なんと妻は素直にベットの上で大股開きに成り自分のビラビラを拡げて男優の挿入を待っていました。
 
多分破格な謝礼金に釣られたのでしょうね。
 
男優が自分の指に唾を付けて妻の入り口を触ると妻は「アンッ」と可愛い声を上げました。
 
男が「濡らさないと彼の大きいからね」といっています妻が「そんなに大きいの経験無い」と少し不安そうです。

 

男優本人は無言です。
 
妻の入り口に男優の巨根があてられました。
 
腰を前に押すと同時に肉棒が妻の胎内に吸い込まれて行きました。
 
妻が「あーん大きい」と声を上げました男が「旦那や彼氏さんより大きいでしょ?」と聞いています。
 
妻が「ホントに大きいお腹一杯に成りそうな感じ・・・」男が男優の事を「彼之が仕事でソレしか自慢できるの無いからね」と言っています。

 

妻は騎乗位やバックなどで散々突かれまくり何回も逝かされていました、最後はお約束の正常位です。
 
挿入した後、男優が妻の両足を肩に担ぎ上げ妻に覆いかぶさりました、巨根が更に奥にグイッと挿入されます。
 
20cmは挿ったのでしょう、妻は少し痙攣気味でした。
 
「奥まで来てるうぅ」男優が激しくピストンを始めると妻は「アンッ・アンッ・アンッ」と大声で鳴いています長い肉棒が根本まで杭打ち機のように出たり入ったりしていました、根本まで挿入されると同時に、男優の睾丸袋がビタン・ビタンと妻のクリトリス付近を叩いています。
 
男が「彼のチンポ気持良いでしょ?」
妻は「気持ちひい・気持ひぃ・・」と逝きまくりでろれつもおかしく成っています。

 

さん中に出して貰いましょう」と言われた妻は急に我に還ったように「駄目です駄目です・出来ちゃいます」と腰を動かしてチンポを抜こうと必死でしたが、男優に覆いかぶされたので根本までズッポシと挿入されています。
 
妻が「中は駄目ー中は駄目」を連呼していると男が「今は後ピルが有るから大丈夫ですよ妊娠はしません」というと妻は大人しく成ってしまいました。
 
男が「奥さん中に出してって言って」と言うと妻はなんと大きな声で中出しをオネダリし始めました。
 
「オマンコの奥で一杯出してぇー」男優に射精感が来た様子で激しいピストンが妻の最奥で止まりました「ドク・ドク・ドプ」と妻の子宮に精液を注ぎ込んでいました男優のお尻がピクピクしています。
 
そのままの状態でカメラが結合部をズームインしていました。

 

ゆっくりとチンポが抜けていきます亀頭のエラの部分で一度止まります。
 
そしてズルッと抜け落ちると同時に、精液が糸を引きながら垂れています。
 
膣口の穴が大きく拡げられ奥まで見えそうです。
 
「奥さんベットに座って後ろに手を付いて」と言われて妻は脚を拡げて後ろに手を付きました。
 
「妊娠大丈夫ですか?」と聞いています、男優が妻のオマンコに指を挿れて精液を掻き出していました。

 

出しても出しても出てきました。
 

ハメ撮り画像を収集するのが趣味だったのだが…ある日落としたファイルに、トンでもないものが映っていた!これって…彼女じゃない!?

読了までの目安時間:約 20分

なり前の話しですが、いつものようにネットでエロ画像とか動画などを見ていました。
 

ハメ撮り画像を収集するのが趣味だったのだが…ある日落としたファイルに、トンでもないものが映っていた!これって…彼女じゃない!?(イメージ画像1)

 
日課のように覗いてた海外にある掲示板を、その夜もチェックしました。
 
そこはハメ撮りとか素人系のモノが多かったんです。
 
ハメ撮り画像を収集するのが趣味だったのだが…ある日落としたファイルに、トンでもないものが映っていた!これって…彼女じゃない!?(イメージ画像2)

 
流出物から、オリジナル物まで日々あがっていました。
 
あの日も幾つものハメ撮り画像や動画がアップされていて、俺は期待しながら落としていました。

 

ファイルが大きいので、毎回確認するのは翌日。
 
だから次の日になってその中身を見て、正直目を疑ったというか目が点になったんです。
 
ファイルを解凍すると、中には数え切れないほどの画像と数十個の動画が出現。
 
画像を見てみるとほとんどが全裸の女が写っていました。
 
場所はラブホや男の部屋らしき場所や、車の中や雑木林らしきモノもありました。

 

ラブホで撮ったらしき画像を見ていると、女は顔を隠したりアイマスクをしています。
 
オマンコにバイブをを突っ込まれた画像や、チンコをしゃぶっている画像、全裸で横になりながら携帯をイジっている画像、そしてチンコが刺さっている画像などなど。
 
女が小さいのかと思ったけどそうではなく、写っているチンコがやたらデカい。
 
こいつスゲーなーとチンコに目がいっていました。
 
でやっと異変に気が付いたのが車の中でのフェラ画像を見てから。

 

女は髪の毛で顔のほとんどが隠れていましたが、あれっ?って思ったんです。
 
髪の色や長さや全体的な雰囲気が彼女に似てると。
 
急ぐように数枚一気に見てみましたが、やっぱり顔は映っておらず。
 
似たような子は幾らでもいるからな、と思いつつも焦りながら画像を見ていきました。
 
全裸で仰向けになって寝ている姿なんかは、どう見ても彼女の体にそっくり。

 

こかにホクロがあるとか決定的な箇所がないだけに、似てるなと思いつつ画像を見ていきました。
 
でも決定的な画像があったんです。
 
雑木林なのか山なのか分かりませんが、木々に囲まれた場所でニットとスカートを捲って露出していた写真。
 
着ていたコートを見て目が点になりました。
 
つい先々月までよく着ていたコートだったんです。

 

マジか・・・と他の画像も一気に見ていきました。
 
全裸でコートをの前を開けている画像や、M字でしゃがんでいる画像、全裸でたたずんでいる画像や、チンコをしゃぶっている画像までありました。
 
途中で見るのをヤメて、煙草を吸って気分を落ち着かせようとしました。
 
でも心臓はバクバクしてるし、焦燥感がハンパじゃなくなってきたんです。
 
いくら髪型が似てて同じようなコートを着てても、彼女とはまだ確定してないだろ。

 

そう思う様にしてまた見始めました。
 
今度は彼女なのかを判断できる何かが無いかという視点で、1枚1枚丁寧に見ていきました。
 
軽く100枚以上はあった画像を全て見ましたが、彼女だという確信は得られません。
 
怖くて見れなかった動画しか残っておらず、緊張していた俺はまた休憩をしました。
 
気を紛らわせるためにアップされていた掲示板を覗いてみると、昨日の続きがアップされていたんです。

 

しかも今度は限定数で。
 
焦った俺はなんとか間に合ったらしく、スローペースでDLが始まりました。
 
1時過ぎになっていたので、意を決して動画を確認しました。
 
正常位で上から撮っているモノは手ブレが酷く、フェラしてるのも口元ばかりが映っています。
 
結局デカチンにハメられてる、素人が撮った下手な動画ばかりでした。

 

局彼女だったのか分からぬまま、悶々とした気持ちでその日は就寝。
 
次の日になり前日DLしておいたファイルを見ました。
 
中身は全てが動画で、主にフェラチオをしているものばかりです。
 
鼻さえもかくれるほどタオルで顔を隠していたりするので、焦りつつもガッカリしました。
 
アップした人間は掲示板でもてはやされ、数日の間に情報が徐々に出てきました。

 

20代半ばのセフレ、EカップのドM。
 
もっと詳細が出ていましたが、そんな感じだったという事で勘弁して下さい。
 
他にもくれ!という声に、顔やら声でヤバいからと頑なに拒否。
 
俺も便乗してクレクレ君になり、数日間もてはやしまくりました。
 
その甲斐あってアップから1週間半ぐらいした夜、突然メールが送られてきました。

 

掲示板では公開してなかった動画の在り処が書いてあったんです。
 
さっそくDLしてみると、DLしている人が少ないせいか数十分で落ちてきました。
 
中身はアイマスクをしながらフェラチオをしている動画に、騎乗位で腰を振りまくっている動画でした。
 
今までのと違ったのは、女の声がハッキリと入っていた事。
 
その声を聞いてもう確信しました。

 

彼女が甘える時に出す声だったんです。
 
オチンチン舐めさせて下さい・・・お願い・・オチンチン・・オマンコに入れて・・・甘え口調でオネダリしている声は、紛れも無く彼女の声だと思いました。
 
かれこれ2年ちょいの付き合いですが、まさか彼女が浮気してるなんて思いもしませんでした。
 
信じ切っていたのもあって出掛ける時も疑う事すらありませんでした。
 
仕事帰りに友達と呑みに行き、夜には帰宅して俺と電話もしている。

 

みの日に俺と会っていなくても、外から電話があったりメールがあったりもしてるし。
 
頭が真っ白になり、何も考えられない状態でした。
 
一筋の光として、まだハメ撮りされている女の顔を見てないという事。
 
彼女に確認する前に、ちゃんとした決定打を入手したい。
 
そう思った俺は、差出人にメールをしました。

 

おだててもっと引き出そうと思ったんです。
 
かなりおだてると、未公開だという画像を送ってくれました。
 
でもそれも顔を確認する事ができません。
 
それなら・・と女の情報を聞き出そうとメールしてみました。
 
2人は会社の同僚らしく、男は既婚者らしい。

 

セフレになったキッカケは、会社の呑みで女が泥酔した事。
 
以前から艶っぽい雰囲気に惹かれてたのもあり、介抱するフリをしながらホテルへ。
 
何度か吐いてた女が落ち着いて寝始めた時、全裸にしてタオルで目隠しローション塗ったチンコを挿入。
 
初めはほぼ無反応だったらしいが、途中から突然喘ぎ出したらしい。
 
バンザイしたまま喘ぐ姿に興奮した男は、無我夢中で腰を振りまくりながらキス。

 

すると女は積極的に自ら舌を絡めてきて、腰に足を巻き付けてくるほど。
 
勝手に腰をグラインドさせ始めるし、仕方なく腰を振らずに奥まで差し込んだままキス。
 
女は激しく腰を振り始め、あっという間に昇天したらしい。
 
目隠しをしたままグッタリする女を四つん這いにさせ、バックで入れるとまたしても喘ぎ出す。
 
ケツをクイッと持ち上げ、狂ったような悲鳴をあげながら喘いでいたと。

 

まりにも気持ちが良い膣内だったらしく、男は激しく腰を振れなかったという。
 
メリメリと入っていく様子を上から眺め、白濁色の汁が竿に付着しているのに興奮した。
 
我慢できなくなった男は正常位に戻し、腰を振り始めると下から抱き付いてくる女。
 
舌を出してキスをせがむ女に興奮度はMAXとなり、生で入れていたのでお腹に発射。
 
射精しているのが分かったのか、手探りでチンコを探してくる女は、シコシコしている男の手を上から握ったという。

 

そしてゆっくりチンコをシゴき始め、精子で手はベチャベチャに。
 
もしかしてという期待を込めて、射精したチンコを口元に運んだ男。
 
女は待ってましたとばかりに舌を出し、亀頭をベロンベロンと舐め始め、遂には咥えてのお掃除フェラ。
 
その後電池が切れたように動かなくなった女。
 
男も力尽きて、そのまま全裸で爆睡。

 

次の日は土曜日で休みだったが、習慣で男は数時間後に目を覚ます。
 
隣には全裸で目隠しを取った女が爆睡していた。
 
真っ白で綺麗な肌に、プルンとした美巨乳とクビレ。
 
見ているとまたもや欲情してきた男は、前戯する事も無くまたローションを塗って挿入。
 
オマンコ周辺にローションを擦り付けると、すんなりとチンコを迎え入れてくれたという。

 

さっそく動き始めると、初めは「う~ん・・」と寝惚けた呻き声だったのに、またしても喘ぎ出す女。
 
喘ぎ声が本格化してきた時キスをすると、抱き付いてきて舌を絡めてきたらしい。
 
キスをしながらも喘ぎまくり女としばらくキスを楽しみ、唇を離した時目が合った。
 
女は一瞬で顔が引きつるような表情になり、いやぁっ!何してんのよっ!と叫んだ。
 
肩を押されたが所詮は女の力。

 

き刺さったチンコは抜けず、そのまま腰振りは続行。
 
ヤメテ!とかイヤっ!とか言いながら、男を払い除けようとする。
 
でも奥にチンコが突き刺さる度に「んっ」と切ない表情に。
 
だから心底嫌がって無いと思った男は、これでもかと激しく腰を振った。
 
嫌がっていたくせに途中から「はぁっ」
とか「んあっ」などと喘ぎ声が漏れ始める。

 

そして遂に諦めたのか、払い除けようとせずに吐息を洩らしながら喘ぎ出した。
 
夜と同様に膣内はウネウネとチンコを締め付けてくるので、男は寸前まで腰を振って頑張った。
 
もう完全に喘ぎ出した女にキスをすると、顔を左右に振ってキスを拒む。
 
それでも頭を押さえて強引にキスをし歯ぐきや唇を舐め回すと、弱々しく口が開き舌の侵入を許してきた。
 
舌と舌が絡み合った時には、女もウネウネと舌を絡ませ始め、またさっきと同じように激しくしゃぶりついてきた。

 

舌を絡ませながら喘ぎまくる姿に我慢の限界を感じ、動くのをやめた男。
 
それでも女は舌を激しく絡ませ、遂には下から腰をグラインドし始める。
 
夜には出来なかった座位を試してみる。
 
ずっとキスをしたまま男が腰を掴んで動かそうとしていた。
 
初めのうちは少しだけ腰を動かしていたが、吹っ切れたのかグリングリンと腰を振り始める女。

 

遂には男にしがみつき、円を描く様に腰を振りまくっていたらしい。
 
子宮口のコリコリとした感触が亀頭を刺激し、男はまたしても我慢の限界を感じる。
 
逃げるように女を押し倒し、チンコを抜いて四つん這いにさせた。
 
もう嫌がるどころか手を添えると自ら四つん這いになる女。
 
そしてケツを突き上げ入れて下さいのスタイル。

 

社で見る女とはまるで違う姿に萌え、バックで激しく突きまくる。
 
上に覆い被さりクリトリスをイジリながら腰を振ると、瞬く間に昇天していったらしい。
 
うつ伏せになってしまった女は、ケツをピクピク痙攣させている。
 
まだ突き刺さったままだったから、そのまま寝バックで子宮を攻撃開始。
 
信じられないほど喘ぎまくる女は、寝バックで数回は昇天したらしい。

 

最後はまたしても正常位に戻り、吹っ切れた女の積極的なキスを受けながら腹に発射。
 
癖なのかまたしてもシコシコしている上から握ってきて、最後の最後まで優しくシゴいてくれた。
 
ダメかなと思いつつも顔の方にチンコを持って行くと、少し躊躇していたが強引に唇に亀頭を当てると舌を出してペロペロお掃除フェラ。
 
互いに彼氏や奥さんがいるから、2人だけの秘密にしようと丸め込んだ男。
 
怒ったようにシャワーを浴びて着替えた女を、追うかのようにチェックアウト。

 

駅で別れるまで終始シカトされ、もうエッチはできないと思っていたらしい。
 
でもしばらくしてから同僚達との食事で酒を飲み、カラオケの廊下で強引にキスをした。
 
かなり抵抗されたけど途中から諦めたらしく、同僚達がいる2つ隣の空き部屋で濃厚なキスをしたという。
 
誰かが来るかもというドキドキ感があったのか、胸を揉まれて吐息交じりの甘い声を出しながら舌を絡めてきたらしい。
 
怪しまれるからと1度は部屋に戻ったが、その後また同じ場所でキスして今度は手マンも。

 

強引にパンストの中に手を入れるとベッチョリと濡れている。
 
このまま手マンを続けるか、ホテルに行くか、どうする?と尋ねる男。
 
さすがにこれはヤバいと思ったのか、ホテルに行くから許してと上目遣いで折れた女。
 
先に店を出た男を追うかのように女も出てきて、その日はホテルに入った瞬間から互いにエロモード全開。
 
平日だったのに朝まで寝ずにヤリまくり、その時にセフレになる宣言を聞いたという。

 

キそうになるとヤメてを繰り返し、イカせて欲しかったらセフレに・・という流れで。
 
その証拠にと、抜いたばかりのチンコをしゃぶらせている写メを撮ったんだって。
 
もう諦めてた女は一応顔は手で隠していたけど、舌は口の中で亀頭を舐めまくりだった。
 
会社で隙を見てはキスをしたり、屋上でのフェラや手マンもするようになっていった。
 
次第に積極的になる女は、嫌がる素振りをしつつ命令を遂行する。

 

資料室で初めて挿入した時は、ただ出し入れをしているだけで何度も昇天したらしい。
 
かれこれ1年弱の付き合いだけど、今では従順な奴隷ちゃんらしい。
 
ここまで聞き出すのに、毎晩嫌というほど褒めまくるメールを送った。
 
すぐに返事が返ってくる時もあったので、かなりの多さだったと思う。
 
そこまで褒めておだててくれる人もいないのか、俺には凄く心を許してたんじゃないかな。

 

それでやっとです。
 
メールしてから1ヶ月ぐらいした頃、やっと誰にも見せてないという動画を見せてもらいました。
 
俺にしか送って無いから、漏らしたらバレますよという内容と共に。
 
テーブルにカメラを置いてあるのか、ベッドの横から撮影されていた動画でした。
 
薄暗い部屋の中、そそり立つチンコをしゃぶっている姿が映っていました。

 

髪をかき上げながら、時々男としゃべりつつ、女は頭を振ってしゃぶっています。
 
しばらくするとフェラをヤメた女がチンコを握り、そのまま跨って挿入していました。
 
初めのうちは男が腰を振っていたのですが、途中から女が腰を振りまくっているのが分かりました。
 
それも叫ぶような、時折悲鳴じみた喘ぎ声を出しながら。
 
その腰振りは高速で、しかも前後だけではなく円を描く様に動いていたんです。

 

ールで言ってた事は嘘じゃ無かったんだなって思いつつ、もう諦めた感じで見ていました。
 
揺れる巨乳をモミクチャにされ、乳首を引っ張られても喘ぎまくる女。
 
勝手に腰を振りまくってそのまま「イキそう」と言っていた女。
 
男に「まだ我慢しろよ」と言われ、腰の動きをゆっくりにする女。
 
その代わりに男が下から打ち付けるように腰を振り、女が倒れ込んでキス。

 

枕辺りは暗くてあまり見えませんでしたが、覆い被さるようにキスをしているのは分かりました。
 
そして命令されたのか、女が挿入したまま回転して後ろ向きになった時、全てが繋がっていく瞬間でした。
 
カメラの方を向きながら、別にカメラを見たわけではなく、回転していく女の顔は、完璧に彼女の顔でした。
 
喘ぎまくってる声で、もう彼女だと思っていました。
 
だけど顔を見た瞬間は、やっぱり息が止まるような思いでした。

 

間違いであってほしい、他人の空似出会って欲しい、そう思っていました。
 
だけど顔がオレンジ色の間接照明で照らされた瞬間、もう全てが抜き落ちていく気分でした。
 
その動画は3つに分かれていて、後ろを向いた直後に1つ目は終了しました。
 
2つ目はケツを男にパシパシ叩かれながら、オネダリをして後ろ向き騎乗位をしている動画。
 
3つ目は四つん這いで狂ったように喘ぎまくる動画でした。

 

動画を見る前に最後の電話を彼女としていて、こんな事をしている様な女だとはやっぱり思えません。
 
俺とのエッチでもあんなに狂ったような姿は見せませんし。
 
1カ月間もしかしたらと覚悟はしていましたが、やはりどうして良いのか分かりませんでした。
 
次の日彼女と電話で喋った時も、やはり信じられませんでしたから。
 
それでもこのままじゃ無理だと思い、掲示板で拾った画像と動画をメモリースティックに入れて、週末彼女に会いました。

 

の様子が変だと思っていたらしく、別れ話?と先に言われました。
 
ちょっと不機嫌な顔をする彼女を見て何も言えず、メモリースティックだけ渡して帰りました。
 
勇気が無くてメアドもケイバンも変更しなかったけど、それ以来彼女からの連絡はありません。
 
でも半月ぐらいして、セフレの男からメールが来ました。
 
まだ俺は彼氏だったとは気が付いていなかったみたい。

 

掲示板に漏らしたのが彼氏にバレたらしく、大変だったよーというメールでした。
 
ブチギレた彼女は同僚の家に電話をし、奥さんにまで不倫がバレるという状況に発展したという。
 
やっと奥さんの怒りがおさまって、彼女とは会わないと約束もしたみたい。
 
刺されるかと思ったよwwwwと書いていた男に、ぶっちゃけ俺もキレそうになりました。
 
でもこんな男にそそのかされた彼女だったんだと自分に言い聞かせ、これで良かったんだと思う様にしました。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】