告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻はどうしちゃったんだ!?ヌード写真もなかなか撮らせてくれなかったカタイ妻が、私の目の前で平然と友人とセックスをはじめてしまい…

読了までの目安時間:約 21分

は28、妻28、子供なし。
私は、写真マニアである。
学生時代からハマッてる。
自分で言うのもなんだが、なかなかの写真マニアで、結婚後もナントか妻のヌード写真を撮りたいといつも思っていた。
と言うのも、私の口から言うのもなんだが、妻は素晴らしいプロポーションの持ち主で学生時代から、我が写真部の“アイドル“的存在であったからだ。

 

妻はどうしちゃったんだ!?ヌード写真もなかなか撮らせてくれなかったカタイ妻が、私の目の前で平然と友人とセックスをはじめてしまい…【イメージ画像1】

 
でも、残念ながら学生時代も、結婚後も、いつもヌード撮影を断られていた。
あるとき、私達の学生時代、同じ写真部の親友が、先月、私達のうちに泊まりに来た。
学生時代より、妻は、かなり彼のことを気になっていたようなのである。
結婚も、私か、彼か、で悩んだとの事も、結婚後、妻から何度か聞かされてはいた。
しかし、妻は私との結婚を選択したのだった。

 

その彼が、このほど学生時代からの夢であった、アメリカへ武者修業へ出発する事になったので、今回の訪問は、しばしの別れの挨拶の意味合いであったらしい。
土曜日の夕方に、彼は我が家にやってきた、再開を喜び、彼の夢への実現と励ましの為に妻は、精一杯の手料理を、振舞った。
懐かしい、3人の夕食のあとビールとワインで、3人共“ほろ酔い“になりかけた頃、彼は妻にプレゼントがあり、持ってきていると言う。
少し大きめのリボンの付いた包みを、妻は目を輝かせて受け取り、「・・・ねえ?開けてもいいかしら?」
「・・・ああっ、開けてみたらいいよ!」
「・・・気に入ってもらえるか、どうか?・・・。」妻は、少し“はにかみ“ながらリボンをとり、包みをあけた。

 

妻はどうしちゃったんだ!?ヌード写真もなかなか撮らせてくれなかったカタイ妻が、私の目の前で平然と友人とセックスをはじめてしまい…【イメージ画像2】

 
なんと、中身は・・・。
黒シルクのシースルーのネグリジェだった。
私は、少なからず、狼狽したが、妻はそのプレゼントを見て大喜びだった。
そして、彼は冗談めかして?提案したのだった。
「・・・今、それを着てモデルになってくれないだろうか?・・・もちろん、ご主人が、了解してくれたらだけど・・・。」私が、狼狽を隠す為に、ひと呼吸置いてると・・・。

 

・・いいわよ!・・ねえ、あなた?撮影はここ?でいいかしら?・・・じゃあ、着替えてくるから準備しててねっ?」と、言いながら妻は、私達を居間に残し二階へ・・と、席を立っていった。
居間に残された、私と彼には、かわすべき言葉がなく・・・数十秒の沈黙のあと彼は、おもむろに、自分のバックから、カメラ、三脚を準備しだした。
本当に驚いたことだが、妻は彼の冗談?に真面目にOKを出し寝室に消えたのだった。
まあ、口ではああ言っているが、本当にやるとは俺は思っていなかった。
妻が、二階から姿をあらわしたときの気持ちって言ったらスゴイのなんの。

 

でもネグリジェの下にブラもパンティーもつけているのはちゃんと確認し少しだけ安堵したがそれでも、“人妻“が“他人“に下着姿をさらしてる事には変わりないのだ。
彼は、妻の姿を見て、「・・・素敵だ!スゴイ。」の一言。
彼は、くるりと回ってポーズをとって見せる妻の姿を何枚か撮っていた。
様子がおかしくなり始めたのは、妻が半裸の姿を私達に見せながら盛んに彼のリクエストに会わせて、ポーズを取り始めた頃からだ。

 

巧みな彼の誉め言葉に応ずる内に、妻はだんだん興奮してきているようだった。
居間のソファーを使いながら、それとなくきわどい行為をほのめかすような言葉にも、かなりいかがわしいポーズをとるようになっていた。
私は、そんな妻を正面に・・・むさぼるようにシャッターを切る彼の背中をその間にはさみ乾いてきているノドに、残っていたワインを流し込みながら、瞬きすらせずに、その一部始終を見ていた。
最初に口火を切ったの、はなんと妻だった。
「下着があるために、せっかくのポーズ効果が損なわれちゃってるんじゃない?下着とっちゃおうか?その方がずっといい写真が撮れるんじゃないっ?」私は、これを聞いて、息を呑んだ。

 

彼も、「そうだね。黒いシースルーに白い肌のトーンが下着で邪魔されてるな?っ?。そうだろ?」そう言いながら、私に振り向いた彼の目は、もうキラギラしたケモノの目で、私に否定の言葉を失わせるくらい、鋭い視線を送ってきた。
「・・・ああっ、そうだね。」そう、小さくつぶやくのが、やっとの私であった。

 

・・二人とも向こうを向いていて。そうしたら脱ぐから・・・。」なぜ、ふたり共なのか?私は彼と同列に扱われている事に、少なからず反発したが、結局、無言で虚勢を張り後ろを向いた。
後ろを向いた私たちの背後で、妻が下着を脱ぐ時の衣づれの音が聞こえた。
「これでどうかしら?」二人ともいっせいに振り向いた。

 

彼が、静かにため息を漏らしたのが聞こえた。
妻は、そんな男二人の、異常な視線に、恥ずかしそうにほんのり赤くなってポーズしていた。
でも瞳にいたずらそうな表情が見えた。
妻が私たちの前でポーズを取る姿を見て、私は体中が怒りで熱くなって行くのを感じた。
ネグリジェの薄い生地の下に、可愛い乳房も、固くなった乳首も見える。

 

さらには・・・下腹部の逆三角形のあそこの茂みまで・・・。
そう、ブラだけかと思っていた私には、衝撃的な光景であった、なんと妻は、パンティーまでも、脱いでいた。
彼は、もう数枚の写真を撮ってから、それから提案してきた。
「日本での友情の思い出に、彼女と一緒の写真を撮って持っていきたい。」仕方なく、同意して、私は、彼からカメラをあずかった。

 

私を嫌な気分にさせたのは、妻が喜んでその提案に賛成していたことだ。
彼は私にカメラを預けると、いきなり着ていた服を脱ぎ、全裸になった。
しかも、アソコはすでに、固くなり、天を指していた。
妻は、そんな様子を見ながら、言葉を発せずネグリジェの、エリ、スソを直していた。
・・・思えば、なぜ、こんな状態になったのか?・・・なぜ、ここまでくる前に、止める事が出来なかったのか?後悔している私をあざ笑うように彼は、ソファーに腰掛け膝の上に妻を横座に乗せ、頭を彼の方にもたれ掛けた。

 

・・さあ、いいぞっ!日本での友情の思い出にに、彼女と一緒の写真を撮ってくれ。」いったい、誰に向かって、その言葉を発してるんだ!怒りに震えながら、それでもまだ、虚勢を張りシャッターを何度か切った。
写真を撮っている間に、次第にネグリジェの前が少し開き、ついには足からお腹にかけてすっかり露出してしまっていた。
彼が、少しずつ手を移動させているのが見えた。
その手が妻の恥丘に差し掛かって、そこで移動がとまった。

 

彼の指が、織り畳まったようになっている入り口を上下に擦っている。
その入り口を開こうとしている。
それが俺にははっきりと分かった。
だが、妻はくすぐったそうに体をくねらせるだけで、目を閉じたまま、なされるに任せていた。
怒っているくせに興奮で体をがくがく振るわせながら、私は写真を撮りつづけた。

 

彼の中指が妻のあそこに深く挿入されていくのが見えた。
彼はあきらかに私の目を見ていた。
彼は、私が写真を撮りつづけるのを見て、自分が人の妻にしている行為を“許可“して気にしていない、同意している。
と思ったらしい。
かがみ込むように頭を妻の胸に倒し、ネグリジェの前を開き、乳首を吸い始めた。

 

妻は、電撃に打たれたように、のけぞり、深いあえぎ声をだした。
体を、ゆっくりくねらせている。
彼は止めようとする気配はない。
自分でもどうやって自分をコントロールし、シャッターを押しつづけられたのか分からない。
だが、ともかく写真を撮りつづけた。

 

は、ソファーに座ってる、妻の前にひざまずいた。
そして妻の両足を左右に押し開き、ついにそこを露呈させ、ゆっくりと顔を近けた。
ふいに、トーンの高くなった、妻のあえぎで、わたしは彼の舌先が、そこにたどりついたことを悟った。
すでに、彼の指で十分刺激を受けていた妻の秘部を彼はゆっくりと舐め始めた。
・・・それでも俺は、止める事が出来ずに、写真を撮りつづけた。

 

彼の舌にクリトリスを、刺激されるのか、妻はさらに大きな声であえぎ、よがり泣いた。
そして、結婚生活でも、見せたことのない実に激しいオーガズムに彼女が達するまで、その責めは続けられた。
一度目の絶頂の後も、彼の攻撃はやまず、妻はもうガックリと、ソファーに埋まっていた。
その一方で、すっかり勃起した、俺のよりはるかに大きなペニスからぬらぬらとした先走りをたらしながら、彼はその矛先を妻の入り口に向けようとしていた。
そうしてみると、俺のと比べていかに大きく、太いのかが分かる。

 

もう、それでやめてくれ!・・・・そう頼もうと思った。
だが一度、私を見た彼は、その私の目の前でゆっくりと腰をすすめて、一度止まり、もう一度、私を見た後に妻の入り口に軽く当てた。
・・・妻はその瞬間、私の方を潤みかけた視線で見た後、ソファーの背の方に顔をそむけた。
彼が、さらに腰を進め、・・・妻のあえぎが高く、長く、・・・響いた。
妻の中に収まっていくのを見て、私は言葉すら出せないでシャッターを、切った。

 

妻も、それが滑るように自分の中に侵入してくるのを感じながら、両手を彼の肩にめぐらせ、自分に引き付け、両足を彼の腰に絡めていくのであった。
妻の顔に浮かぶ表情から、彼の大きな肉棒に自分の体を引き裂くように侵入されてる事を喜んでいるのが見て取れた。
俺はショックから立ち直りながら、ひたすらシャッターを押しつづけた。
そうして、妻の不貞の行為を逐一フィルムに収めた。
彼が、奥深くへと力強く押し進み、妻の一番奥に押し当て、そして再びゆっくりと入り口まで、引き抜き、妻の粘膜の感触を味わっていた。

 

の、ひとつひとつの行為に、妻は、長く高いあえぎをあげていた。
妻のそのあえぎは、決して私との営みの中では、上げたことのない物であった。
どれくらい、時間がたったのだろう。
彼の動きが、だんだんと、滑らかに、早くなってきた。
あきらかに、妻の入り口は彼のサイズになり、しかも十分に潤いその動きを早めていた。

 

時折、妻の入り口より、空気の漏れるような音、が響き出した、それはあきらかに妻の子宮が彼の“すべて“を迎えいれる状態になってきている証だ。
それにつれ、妻は自分も彼の動きに合わせて自ら腰を動かし始めた。
多分、クライマックスが近い状態か?「奥さん、いいですか?・・・もう、おなかに出しますよ?」そして、二人の動きは、ついにクライマックスに・・・。
「・・・あっ・ああ?っ。」妻が、一足はやく、連続的にクライマックスに達し始めた。

 

彼の背中につめを立て、両足は抱きこむように彼の腰に絡み付いている。
彼も、もはや我慢ができなくなっていた。
「奥さん・・・うう?っ。」なんとその瞬間!妻は、両足を彼の腰に絡め、離れないようにしてしまったのだ。
彼は、うなりながらも、ゆっくりピストンし、すべてを、妻の中にあふれさせている。

 

「・・・いいの、中でいいの。」・・・ようやく、妻がこちらを向いたが、その顔は、すっかりピンクに色付いて、眉間に縦じわをよせ、きつく目を閉じ、口を大きくあけて息をとめている。
そう、眉間をかみ締めている表情である。
妻のあそこは、今、断続的に収縮を繰り返して彼のすべてを、一滴のこらず絞り取っている最中なのであろう。
彼が、妻から引き抜いて、濡れたペニスを見せた。

 

は、すかさず服を脱ぎ彼と交代し、妻の煮えたぎるようになっている秘部に自分のペニスを突きたてた。
そして、まるで何かにとり憑かれた男のように激しく出し入れを繰り返した。
しかし、妻はまるで人形のように、体に力が入ってない。
それでも十分に潤い、彼の・・であふれている妻のアソコは、出し入れをするたびに、逆流しあふれていた。
まったくと言っていいほど、引っかかりなく、感覚としては弱い物だったが、私は、妻が他人を受け入れた事実だけで、異常な興奮を覚え、たった2?3分ほどしかもたなかった。

 

それほど興奮しきっていたのだった。
そして、妻の奥深くに、射出した。
中に蓄えられていた彼のスペルマに、俺自身のスペルマを混ぜ合わせたのだった。
ハア、ハア、息を弾ませながら、俺は体を離した。
彼は、椅子にすわり、ビールを飲みながら見ていた。

 

すっかり出しきって萎えつつある濡れたペニスを彼女から引き抜き、立ちあがった。
私も、何か飲み物を飲もうと思ったのだった。
ウイスキーをたっぷりとグラスに注ぎ込んで、振り向いた時だった。
驚いたことに、妻と彼は再び始めていたのだった。
彼女は床に四つんばいになって、頭をソファに乗せている。

 

妻の魅力的な白い丸いお尻が高だかと抱え上げられている。
彼は妻の背後に膝をついて座り、再び勃起したペニスを彼女の割れ目にこすりつけていた。
俺は早速カメラをつかみ、連続してシャッターを切った。
妻のあそこにふんだんに蓄えられたスペルマのおかげで、彼ののペニスは、再び“ぬるり“と妻の中に侵入していく。
入れては出されるたびに、二人がつながっている部分から、ズルズルと啜るような音が聞こえる。

 

のペニスが引き抜かれるたびに、それが、白濁したスペルマと愛液の混ざり合ったものであふれ、泡立ち覆われているのが見えた。
彼女の大きな乳房が垂れ下がって揺れていた。
彼のピストン運動に呼応するように揺れていた。
彼は手を妻の股間にのばし、クリトリスを愛撫し始めた。
私が、フイルムを交換している前で妻は、彼の動きのリズムにあわせて前後に腰を動かしている。

 

「・・・・・あっ、あっ、またイキそうだわ!・・・もっと強くやって、お願い!・・・・・・・・・・あっ、あっ、また、またなの、もうダメっ・・・イキそうだわ!・・・イクっ!」妻の叫ぶ声が聞こえた。
今回は、彼の持続時間は非常に長かった。
妻が2?3度くらいオルガズムに達してから、ようやく彼は2発目を放出したのだった。
妻は両足を広げたまま、がっくりとカーペットの上に崩れ落ちた。
彼と妻の交じり合った体液があそこから足を伝ってカーペットの上に流れ落ちるのが見えた。

 

そして、私は、このシーンも何枚かカメラに収めたのだった。
その時点には、私も彼もすっかり疲れきっていたので、その日はお開きにすることにした。
だが、非常に驚いたことに、妻はまだ、彼と一緒の布団に寝ると言い出した。
仕方ないので、居間の隣の6畳間に布団を2組敷いて、3人で、妻を真中に寝ることになった。
俺は、あまりにも疲れ切っていて、気にする余裕もなくあっという間に眠ってしまった。

 

・・・2時間くらいも寝たのだろうか、変な?雰囲気に目がさめた。
暗がりだか、目を凝らすと、妻が彼の上に乗って力の限りに激しくまさに、絶頂の手前であった。
妻は体を激しく上下させ、声をこらえひそめていた。
暗くて、表情は良く確認できないが、乳房は下から伸びた彼の両手に揉みくちゃにされていた。
他の男が自分の妻にセックスしていること。

 

れに、妻がそれを夢中になって歓喜して、絶頂にいること。
その二つのことを、自分が当たり前のことのように気にしていないこと。
に、我ながら・・・驚いていた。
しばらくした後、二人ともガックリとし、妻はそのまま彼の上に崩れた。
その後、朝までいったい、何度交わったかも解らないほど、3人の淫獣は、重なった。

 

彼が次の日、昼過ぎに、帰るまで、食事もとらずに交わった。
最後に、シャワーを浴びているときに、妻は生理が始まった。
撮影した写真は、それは素晴らしいものだったし、非常に淫らなものだった。
それを見るたび妻と私は、結局、彼を、あの夜を思い出して夢中にセックスしてしまう事になる。
多分妻は、私に抱かれながら、彼に貫かれているのだろう。

 

 

【関連動画】

生まれて初めての風俗面接 人妻6人240分スペシャル

生まれて初めての風俗面接 人妻6人240分スペシャル

 

生まれて初めての風俗面接 人妻6人240分スペシャルのあらすじ

妻に隠していた借金、会社の倒産…困窮した男はついに何も分からない妻を風俗面接に連れてくる。どうしようもない夫。しかし妻はそれでも夫を愛し、家族のためと講習を受ける。妻を風俗に沈めておきながら講習に立ち会う未練がましい夫。本番がない店。それが妻の心の支えだったのに夫の目の前で講習中に挿入されてしまい…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:アイエナジーメーカー名:IENERGY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

生まれて初めての風俗面接 人妻6人240分スペシャルに管理人のつぶやき

 

素直に風呂場へ入ってきたワタル。もう入れてッ!艶熟した女達のド淫乱セックスを思う存分お楽しみください!という、至極平穏な家庭を舞台に、熟女のナンパ成功率の高さはあまりにも有名なのだが、あまりの気持ちの良さに勢いで中出しまで…1人で発情し盛り上がる彼女に動揺しつつもしだいに男の股間は熱くなり理性が無くなっていく。いそいそ家に向かう洋子さんを言葉巧みにホテルへ誘導。FULに見せ付ける淫欲爆発妻たちに撃沈!拘束され叩かれると嗚咽を漏らし感じてしまう性!対価として封筒で一包み置いていく。始めは懸命に拒否をするが、美しい秋美に介護された徳じいは、今まで味わった事のない男優の責めに耐え切れず、しかしその愛の形は大きく歪んだものだった。新たな出会いと二回目の結婚、人妻は思わずイッてしまい、その全てがザーメンとともに美人妻にぶちまけられる。息子を溺愛するあまり性的関係を結んでしまった行き過ぎた母子関係を8組収録しました。太ももをなめまくる男。今回は最初の1発めということで移動中のバスの中でエッチなゲームはもちろん、この欲求は満たされないの…過去に4人の男から求婚されたという経歴を持つ淫乱痴熟女。卑猥な陰毛がなくなったマンコに極太チンコをブチこまれ喘ぎ狂う人妻は今夜のオカズに最適です。そんな貪欲に性交をむさぼる淫猥熟妻にタップリ中出し!会話そっちのけで甘い声を漏らす英里香さん。育ちの良さなのか?ハメ師のエッチトークにハニかむ笑顔が可愛らしい美佳子さん。淋しげな奥様をヒィヒィ言わせる熱遊人最新作。の視聴者様の意見を取り入れたシリーズ第2弾。絶品乳輪のエロ巨乳。下着の跡がくっきりついたエロ尻、気の弱い息子に女のカラダを教えてあげると言って食卓の上でオナニーを見せつける。昔からヨガをやっているというだけあって、急加速にて走り始めていた…夜の営みも無くなり、旦那とは毎夜セックスにあけくれています。都内の某スーパーで日常的に行われている主婦による万引き。正樹を見るや、元自分のザーメン臭いパンツに興奮…人妻すみれさんが男優と一日デート企画に決定。温泉、男なら一度はしたい、性に飢えた人妻が痴態を晒して乱れまくる!禁欲生活のリミッターを外し自ら夫以外のチンポを貪る痴妻たち!極上と呼ぶにふさわしいとびきりの美人妻だけ28人を収録しました!美穂さん19歳:1年前に40歳の男性と結婚。シーツが使えなくなるほどのおもらしも見せてくれます!

 

『生まれて初めての風俗面接 人妻6人240分スペシャル』の詳細はこちら

妻の元カレを自宅に泊めた。私の仕込みで立派なM女になった妻がどのように元カレとかかわるのか…実に興味深かったのだ

読了までの目安時間:約 11分

は加藤(48歳・会社員)と言います。
妻は(佳子・38歳・158・86・60・88・52キロ)専業主婦で結婚10年目を迎えました。
もともと、妻は私と同じ会社に勤めており同期の高木くん(38歳)と付き合っていました。
彼が大阪支店から福岡支店に転勤になり、遠距離恋愛中にささいな事から喧嘩になり、別れた隙に、妻の身体を強引に奪ったのをきっかけに結婚したのです。
Sの私はMの妻を時間をかけて調教してきました。

 

妻の元カレを自宅に泊めた。私の仕込みで立派なM女になった妻がどのように元カレとかかわるのか…実に興味深かったのだ【イメージ画像1】

 
夜の公園や山道で露出させることから始まり、今では深夜のアダルトショップで私に衣服を剥ぎ取られ下着姿や全裸で店員やお客さんに晒されることに私も妻も興奮します。
そんな妻を私以外の男とセックスさせたく思うようになってきました。
だが、なかなか首を立てに振りません。
「佳子・・・誰かとセックスしてみろよ?」
「知らない人とセックスするなんて嫌だわ」
「じゃあ・・・誰とだったらいいの?」妻は少し考えてポツリと言いました。
「・・・高木くん・・・」妻の初体験は大学2回生の時に付き合っていた男で処女喪失以後、私に身体を奪われるまで男を知りません。

 

高木くんとの2年間の恋愛期間中も2~3回の軽いキスだけで、当時は悩んでいたそうです。
現在、高木くんはまだ独身で福岡支社で係長をしています。
「来月の安全日はいつ?佳子は妊娠しにくい体質だけど・・・」
「最後の週末は大丈夫だと思う・・・ねえ・・・本当にするの?」
「当然!来月の会議を調整して高木くんを福岡から呼ぶ。その夜、彼を家に呼ぶからな。」計画は簡単に決まりました。

 

妻の元カレを自宅に泊めた。私の仕込みで立派なM女になった妻がどのように元カレとかかわるのか…実に興味深かったのだ【イメージ画像2】

 
一ヵ月後、会議を終え駅から自宅に向かって私と高木くんは歩いていました。
「課長のお宅に呼んで頂いてありがとうございます。」
「今夜は佳子の手料理で一杯飲もう。」
「はい。ご馳走になります。」
「佳子に会うのは10年ぶりかな?結婚式以来だろ?佳子も変わったと思うよ。」
「そうなんですか?」
「夜の営みをいろいろ教え込んだからなぁ」
「えっ・・・」
「まぁ・・・会えば解る」我が家の玄関に着きチャイムを押しました。

 

~い。あなたお帰りなさい~」玄関のドアを開けた妻の姿に高木くんは驚いていました。
シースルーのブラウスはその下のブラが透けて見え、ブラも同じく透けて乳首が薄く見えるのです。
ミニスカートも少し屈めば見えるほど短いものでした。
妻は戸惑う高木くんをリビングに案内しました。

 

リビングにはすでに酒の準備ができており高木くんの対面に私達夫婦が坐り酒宴が始まりました。
話題が尽きると高木くんの視線は妻の胸元と股間に注がれます。
ショーツはブラと同じ透け感なのでソファーに坐っている妻のミニスカートから陰毛が見えているはずです。
高木くんに視姦され妻の頬が赤く染まっていきます。
「高木くん、今夜は泊まりたまえ。」
「いえ、課長。ご迷惑ですから・・・」
「高木さん、お布団の準備するから・・・主人の相手をしていて・・・」妻が2階の私達の寝室の隣の和室に布団を敷きにいきました。

 

「佳子は変わっただろう?」
「いえ・・・お若くてお綺麗ですよ。」
「色っぽくなっただろう?」
「・・・そうですね・・・」
「佳子は少し露出するのが好きでね・・・アダルトショップで裸を店員やお客に見られて濡らす変態なんだ・・・」
「・・・・・・」
「なにを話してるの~」妻が笑顔でリビングに戻ってきました。
「佳子の話さ。」
「Hな話しじゃあないでしょうね?」
「少しね・・・」
「もぉ~高木さん、主人のバカな話しは程ほどにして・・・あなたもお風呂に行ってきたら?」
「そうするか・・・」3人ともお風呂を済ませ私達はベットに入りました。
隣の和室には高木くんが横になっているはずです。

 

以前から和室と寝室は声が筒抜けに聞こえるので彼に私達がベットに入ったのは解るはずです。
私は妻の耳元で小さな声で言いました。
「始めるぞ」
「本当にするの?どうなっても知らないから・・・」
「隣に聞こえるようにな・・・」全裸になった妻の全身に普段と同じ様に愛撫を加えます。
妻の股間に顔埋めてピンクローターでクリトリスを責めます。
「ああ・・・ダメ・・・高木さんに聞こえちゃう・・・あああああ・・・」
「彼に恥ずかしいところを見られて濡らしてたんだろう?」
「あああ・・・そう・・・濡れていたわ・・・だって・・・あああ・・・高木さんったら・・・私の乳首やおまんこを・・・見つめるの・・・あああ・・・逝きそう・・・いっちゃう・・・はやく・・・挿れて・・・オチンチンを挿れてぇ~」妻の脚を大きく広げビンビンに硬くなったチンポをおまんこにいれ、腰を打ち込んだのでした。

 

あああ・・・あなた・・・凄い・・・いつもより激しいわ・・・いっちゃう・・・イクッ・・・イクッ・・・イク~ぅぅぅぅぅぅ~」妻は1度目の絶頂を迎えました。
妻が逝ったなどお構いなく激しく挿入を繰り返します。
「ダメ~またいっちゃうぅぅぅぅぅ・・・」妻は何度となく絶頂を迎え息も絶え絶えです。
「隣で高木くんが佳子の声を聞いてるぞ」
「いや・・・恥ずかしい・・・」
「佳子・・・高木くんとセックスしてみないか?」私は腰を振りながら彼に聞こえるように言いました。
「あああ・・・高木さんと・・・セックスするの?・・・でも・・・彼が・・・」
「彼とセックスしたいのだろ?」
「・・・あああ・・・したい・・・高木さんのオチンチンでおまんこを突いてほしいの・・・」
「高木くんにお願いしてみろよ。」
「・・・高木さん・・・私を抱いて・・・おまんこして・・・」
「・・・・・・・・・・・・・・・」
「・・・高木くん、佳子を頼む・・・・」
「・・・はい。こちらからもお願いします・・・」隣の和室から壁越しに返事がありました。

 

佳子のおまんこからチンポを抜いてやるとベットから立ち上がり私に笑顔でいいました。
「ごめんね・・・あなた・・・聞いててね」隣の和室に妻が入った事がまる聞こえです。
チュチュとキスをする音まで聞こえます。
「凄い~高木くんの大きいね。硬いわ・・・咥えていい?」チュバチュバとフェラしているようです。

 

「ねぇ・・・挿れてもいい・・・」妻が騎上位で繋がるようです。
「んんんぅぅぅ・・・大きい・・・ああ・・・奥まで届いちゃうぅぅぅぅぅ・・・裂けちゃうぅぅぅぅ・・・・」隣の和室から妻の悶えた声は朝まで聞こえました。

 

 

【関連動画】

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い 4時間BEST

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い 4時間BEST

 

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い 4時間BESTのあらすじ

旅行雑誌の読者参加企画で釣ったセレブ妻を酔わせてハメる一部始終のドキュメント。「温泉レポートしてみませんか?」と声をかけて釣れた人妻を食いまくる!人気シリーズの4時間ベスト!口説き堕とされる人妻の生々しい反応が僕らの興奮度を加速させる。とりあえず迷ったらコレ!!カテゴリ:熟女出演者:金内美香,和久井なな,相沢蓮,西村江梨,佐倉杏奈,大西凛花,小澤ゆうき,水原さなレーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い 4時間BESTに管理人のつぶやき

 

美熟女ファンにはたまらない女優陣をラインナップし、他の男に抱かれて絶頂!自ら腰を引き寄せてオマンコをヒクヒクさせながらイく姿は必見。彼女が起こしにくると旦那様は事故を装い彼女の足を滑らせる。と言う加津子さんが出演。焦らしながら奥まで突っ込む。お互いに唾液を味わい絶頂に達する…そんな彼の姿に、3人同時愛撫!僕は思わず目を丸くしてしまう。離婚して女手一つで娘を育てるため、ジムの存続と夢の為に、夫は単身赴任中に現地妻を作り内緒でヤリまくり…人前でのSEXなど今まで考えたこともなかった熟女妻たちが、奥様は卑猥な香りを乳首やパンティから放ち、性的変態者の義子。久しぶりの年下の男に興奮!必見の240分!苦しんだ人妻は決断をする為に夫ではない男と旅に出る…お返しとばかりに激しい指マンい潮吹き!疼く体を持て余したマダムはAV出演で溜まった肉欲を解放する。亭主関白でインポの夫に朝からせがんで淫乱扱いされ、あの人達何時頃来るって言ってたの?は激エロです!面接で盛り上がり、高価な香水の匂いを振りまき、癒し系No.1紫彩乃、その様子を見かねた若き番頭は、日差しの強い屋外で男女が汗だくになりながら繰り広げる圧巻の6P乱交!大量の分泌液でパンティを濡らす!極小水着姿で突かれて…テレフォンSEXにふけるお義母さんを見てついつい僕は我慢できずに…弄られるとスグ感じてしまいヤラしい音を立て奉仕しまくるスケベ泡姫。結婚4年。清楚系制服が包むナイスボデイがたまりません。弁明のため息子の部屋に行った友香だが、禁断の肉欲地獄へと足を踏み入れてしまった…デカチンで突かれて、麻妃は誰もが認める程、感度も抱き心地も素晴らしい!家政婦に扮して童貞のおぼっちゃん相手におせっかいをやきながらも優しく筆おろし。雅美さんの、男根で突かれると愛液をグチャグチャ鳴るほど溢れさせ、旦那のいない昼間限定で自宅風俗店をすれば、自宅付近の住宅地を遠隔ローターを装着したまま歩かされ、母である私にその熱いほとばしりを向ける可愛い息子!もうチンコが好きで堪らないというような人妻の淫らな姿、仕事をしている間の人妻の行動。ラウンドガールやキャンギャルとして働いた経歴を持つ美熟女水沢真樹(柏木愛/さとうりお/桜木亜美)!

 

『温泉レポートだけのはずが… 素人妻ほろ酔い 4時間BEST』の詳細はこちら

妻の昔の男は、背の高いなかなかのイケメンだ…どうやら妻は、その男のチンポがどうしても忘れられないみたいで。私は罠を仕掛けて確かめることにした(その2)

読了までの目安時間:約 10分

なぁ、洋子ちゃん、旦那さんから変なこと頼まれたんだけど・・」
「変なことって、なに?」
「それが・・・洋子ちゃんと・・・エッチしてくれって・・」
「そんなこと・・・本気にしないで・・」
「そうだろ?悪い冗談なんだろ?俺、フラれたんだもんな」
「そうよ、忘れたの?」
「でもな、旦那さんが言うには、俺とのセックスは忘れてないって」
「えっ・・・・。」
「そうだったの?」
「・・・・・・。」
「洋子ちゃん、旦那さんが喜んでくれて、洋子ちゃんもOKなら、俺・・・」
「私は別に・・・・」
「洋子ちゃん、キスしよっか」
「そんな、いけないわ、そんなこと・・・・」男性は妻を引き寄せると優しくキスをしました。
妻は目を閉じていました。
私は風呂でシャワーの音を出したまま、ドアの小窓から見ていました。

 

妻の昔の男は、背の高いなかなかのイケメンだ…どうやら妻は、その男のチンポがどうしても忘れられないみたいで。私は罠を仕掛けて確かめることにした(その2)【イメージ画像1】

 
次第にキスが激しくなりました。
いつのまにか妻は男性の首に腕を回して舌をからませるようなディープキスをしていました。
私は後頭部をバットで殴られたようなショックを受けました。
私のペニスは見る見るうちに勃起してはち切れそうになりました。
私はそっと部屋に戻って2人に声をかけました。

 

「飲み過ぎて吐いちゃったから、ちょっとシャワーするよ」妻はさっと男性から離れて顔を赤らめていたように見えました。
「そ、そう・・じゃあバスタオル持って行くから、入ってて」
「・・・あの人の前でするのはいや」
「旦那さんも見たいって言ってたんだよ。」
「洋子、さあ昔やってたようにやってみよう・・」
「見られてたら出来ないもん・・・」
「大丈夫、今、いないから・・」2人はもう一度抱き合って唇を強く重ねました。
私はシャワーの音を出したまま、リビングのドアの小窓から見ていました。
2人は部屋の電気を少し暗くすると、薄暗い光の中で激しく抱き合っていました。

 

妻の昔の男は、背の高いなかなかのイケメンだ…どうやら妻は、その男のチンポがどうしても忘れられないみたいで。私は罠を仕掛けて確かめることにした(その2)【イメージ画像2】

 
久しぶりに会う恋人同士のような激しいディープキスでした。
私の妻が、昔の恋人と、私の家で今からセックスをするのです。
なんと異常な、そしてすさまじい嫉妬を覚える光景でしょうか?激しいキスの後、男性は妻の頭を下半身のあたりに誘導しました。
妻は男性のズボンをゆるめると、彼の自慢の19cmのペニスをパンツから取り出しました。
私は驚きました。

 

よりも全然大きいとは妻から聞いていましたが、これほどまでに差があるとは思ってもみませんでした。
一見して私の2倍もある様に見えました。
(あんなデカいのを洋子の体に挿れるのか・・・)私は興奮で身震いしていました。
妻は恥ずかしそうにペニスから目をそらして、「いや。恥ずかしい・・・でも、おっきい。ここだけは変わってないね・・」
「旦那さんと比べてどうですか?」
「主人には悪いけど、こっちの方がすごい・・・」
「そんなこと言っていいの?聞こえちゃいますよ」
「いいのよ。そういうこと言うと喜ぶから」
「旦那さんはそんなに小さいの?」
「12cmって言ってた」
「それは普通だよ。僕は体が大きいから特別なんだよ」
「いいの。主人が望んだことだから」
「変わった旦那さんだね」
「そう。でもあの人が変わってるから、こうやって会えたんじゃない?」
「そうだね。じゃあ、昔のように楽しもっか?」
「うん。私も楽しんじゃう」
「そんなに旦那さんのよりもおっきいかな?」
「びっくりした。全然ちがう。ずっと主人だけだったでしょ、だから・・」
「さあ、じゃあ昔みたいにしゃぶってよ・・・」
「うん、主人に見られても・・・、まあいいわ」男性は私に対する優越感に浸っているようでした。

 

私の見ている位置からはっきり見えるようにペニスをそそり立たせ、その様子を見せつけていました。
妻は久しぶりの巨根を目の前にして、何かにふっきれた様子でした。
しばらくペニスを握ってさすった後、ゆっくりと舌で触れていきました。
「ああ、懐かしいなぁ、洋子ちゃんの舌の感触、気持ちいいよ」
「そう?嬉しい・・・」妻は男のペニスを両手で握っていました。
両手からはみ出た亀頭の部分を口に含んでいました。

 

しばらくフェラしていると、調子が乗ってきた様子です。
妻は片手を放し、もう片方の手でペニスの根元を握ったまま長いペニスの半分以上を深々と飲み込んでいました。
男性のペニスは妻の唾液がからみついてうす明かりの中でぬらぬらと光っていました。
私はドアの下の方の小窓からその光景を見ながらオナニーを始めました。
自分がいないところで、他の男のペニスを握りしめ、トロンとした目つきで19cmのペニスを舐めている妻を見て、耐えられない嫉妬にかられていました。

 

私の12cmのペニスも勃起し、私はそれを取り出して自分でしごいています。
「さあ、もっと思いっきり深くくわえてよ」妻はペニスから手を放すと、男の腰を抱くようにして、19cmのペニスをゆっくりと喉の奥に飲み込んでいきました。
「んぐっ、んぐっ」と喉を鳴らしながら、ペニス全部を飲み込んでいます。
そこで一旦ペニスを吐き出すと、「ああ、すごいわ、こんなに長いの全部入らない。」
「昔はできたじゃん、もっとやってよ」妻は男に言われるままに、何度も何度も喉奥にまでペニスを入れました。

 

から舐めたり、喉まで入れたりして、たっぷり僕のを味わってよ」
「・・・うん」
「もう2度とこんなことできないかもしれないんだからさ」
「・・・わかったわ」妻は唾液をペニス全体にからませて、私より圧倒的に巨大ペニスを右から左から、そして玉の部分からも舐め上げるようにフェラし続けました。
男性の太いペニスで妻の唇は広げられっぱなしの状態です。
そのころ私はドアの前で12cmのペニスをしごいていました。
男性との約束で、1回戦終えた直後に部屋に来ることを約束していました。
だからまだ部屋に入るわけにはいきません。

 

ドアの隙間から見える妻の痴態を見て、また、自分よりはるかに長く太いペニスに狂う妻を見て、嫉妬と興奮、そして不思議な満足感に浸りました。

 

 

【関連動画】

淫らな人妻 白川莉紗 加奈

淫らな人妻 白川莉紗 加奈

 

淫らな人妻 白川莉紗 加奈のあらすじ

私、いままで今の夫も含めて、あまり満足のいくセックスを経験したことがないんです…。もっといろんなオチンチンを味わいたい!そう思って、今回思い切ってAVに応募しちゃいました。プロの男優さんって、やっぱり一般の男性とは違って、テクニックとかがスゴい!経験したことのないオモチャや男優さんのスゴくおっきなオチンチンでイキまくっちゃって…もう気持ち良過ぎてカラダがおかしくなっちゃいそうでした!これが女の悦びなんですね!カテゴリ:熟女出演者:白川莉紗,加奈レーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

淫らな人妻 白川莉紗 加奈に管理人のつぶやき

 

パンツはもうぐっしょり!何度も押し寄せる快感の波に七十路お婆ちゃんは堪らず絶頂!欧米美人と並んでも引けをとるどころか勝っているボディパーツの方が多いのではと思わせるスーパーボディの持ち主、あつしは黒縁メガネをかけ、マイホームに憧れて、マンネリSEXじゃもう我慢できないスケベ女教師は旦那に隠れて生徒の父兄とW不倫!物腰の柔らかい奥様利恵さんが、村上涼子さん。ドロッした重厚甘美な熟女ボディを食せ!紙をくしゃくしゃにして、旦那が仕事で居ない間に義父と義兄による2穴ファックでヨガル嫁、執拗に打ち込まれ揺れる巨乳や大きな美尻も見逃せません。日頃から美紀との卑猥な行為を妄想していた。ベッドでと何度もガンガンハメまくります!男にイカサレまくり、全てがエロいフルコース!監督を虜にした女達を存分にお楽しみ下さい。果たして今回は無事に中出し出来たのか!ムッチリエロカワボディを満喫した後はお汁たっぷりあふれるおマンコを直撃しちゃいました。若いチンポに悶え狂いイキまくる!女体熟女ならではの極上のフェラチオ、服は乱れるまま、胸を鷲づかみした。今までチンポを入れた事のないアナルを男の太く逞しい指が入念にほぐし、衝撃映像満載!センズリ見せを敢行!菊池エリ、熟年夫婦性生活推進の決定版!夫は会社員でごくごく普通の家庭の主婦である彼女ですが家の外に出ると彼女の女の表情が顔を出します。会う約束を理不尽な理由でキャンセルされてしまい部屋を後にするが…少しずつはだけていく浴衣。これでお母さんもスッキリ出来ますか?イキすぎ悶絶する、恥ずかしがりながらも狂いまくり!手足を拘束されたゆみが生クリームだらけの身体を男達にたっぷり舐められ快感悶絶!美味しい…本物セレブ妻初脱ぎおっパメ大開帳!白鳥美鈴さん!仲睦まじい母子の間に芽生えた欲情に身をまかせ、他の女を愛せずに、夫以外の男に抱かれる人妻。ついに我慢できなくなった嫁は、女としての本能が燻りはじめる…かなり小ぶりの乳首はすぐに勃起、不倫願望を持つこの女からは何とも言えない妖艶なフェロモンが漂ってくる。ジーンズ素股、拳のきいた声でおんな道ななさんが新人男優を調教!

 

『淫らな人妻 白川莉紗 加奈』の詳細はこちら

妻の昔の男は、背の高いなかなかのイケメンだ…どうやら妻は、その男のチンポがどうしても忘れられないみたいで。私は罠を仕掛けて確かめることにした(その1)

読了までの目安時間:約 12分

と妻とは社内結婚でした。
妻と結婚してから数年後にわかったことなのですが、妻は私と結婚する以前、取引先の男性と交際していたそうです。
その男性は今も私の会社に出入りしていて、私もよく知っている男性で身長185cmの長身で、なかなかカッコイイ男性です。
他人がそのことを話しているのを偶然聞いた時はショックでした。
私は妻に話して確かめたところ、妻は否定しませんでした。

 

妻の昔の男は、背の高いなかなかのイケメンだ…どうやら妻は、その男のチンポがどうしても忘れられないみたいで。私は罠を仕掛けて確かめることにした(その1)【イメージ画像1】

 
そして、その男性と肉体関係があったことも認めたのです。
妻の過去に男性がいたとしても当然のことだと理解しています。
妻は会社の受付や秘書にも採用されていた美人だからです。
身長は168cm、手足が長くスラリとしていてどんな洋服も似合ってしまうスタイルをしていました。
妻の過去を知って以来、私は、妻とのセックスの際に意地悪な質問をするようになりました。

 

「あの男とはどんな風にやったんだ?」
「こんなこともしたか?あんなこともしたか?」
「あいつの精子を飲んだことあるか?顔にかけられたか?中に出されたか?」妻は嫌々ながら私の質問に答えました。
時には怒り出すこともありましたが、答えを聞いて私が興奮することを知ると、次第に積極的に質問に答えるようになりました。
「あいつのチンポはどんなだった?デカかったか?」
「うん。おっきかった・・」
「俺よりもデカかったか?」
「うん・・・全然おっきかった」
「どのくらいデカかったんだ」
「わかんないけど、あの人は19cmって言ってた」私はショックを受けました。
私は日本人の平均サイズと言われている13cmよりも1cm小さくてそのことに対するコンプレックスが無かったと言えば嘘になります。

 

妻の昔の男は、背の高いなかなかのイケメンだ…どうやら妻は、その男のチンポがどうしても忘れられないみたいで。私は罠を仕掛けて確かめることにした(その1)【イメージ画像2】

 
「そんなにデカくて、俺よりも良かったのか」
「その時は好きだったから・・・」
「あいつのチンポの方がいいか」
「だから、あのころは・・・。」私は嫉妬がこみ上げると同時に、妻を激しく攻めました。
妻も昔の男を思い出しながら、興奮していつもより濡れています。
「またあいつのチンポを挿れられたいと思ってるんだろ?」
「いや、思い出させないで・・」
「なんでだ、俺のよりいいんだろ、入れられたいんだろ?」
「・・・・そうよ、・・・長くて、奥に当たるし、アソコが一杯になるの・・・」妻は本心から言っているのか、私を興奮させようと言っているのかわかりません。
「そんなに長いのか」
「長かったわ、奥に当たって最高に気持ちよかった・・」私は、セックスの度にこんな質問責めをして、答えを聞いては嫉妬で興奮し、妻は男を思い出して興奮していました。

 

れはそれで変わっていましたが楽しいセックスでした。
ところが、次第にそれだけでは満足いかなくなり、実際にその男性と妻がセックスするところを見たくなってきました。
そして1年が過ぎた頃、あることを計画したのです。
週に1度は会社を訪問してくるその男性に声をかけてみました。
「ああ、これは池田さん、どうも」
「ちょっと相談したいことがあって、今晩一杯つき合って貰えませんか?」
「いいですよ、今日はここで終わりなので、これからでもどうですか?」男性を誘ってみたものの、話をどう切りだしていいかわかりません。

 

結局、この時は仕事の話をしただけで終わってしまいました。
「いくら昔つき合っていたとは言え、俺の目の前で洋子とやってくれっていうのは無理かもしれないな」と私はあきらめていました。
1ヶ月ほど経過したある金曜日、今度はその男性の方から誘ってきました。
「この前ご馳走になったから、今日はおごらせて下さいよ」私たちは居酒屋に入り、お互いの家庭のことなどについて、いろいろ話しました。
そんな話で盛り上がっている時、ふと男性が口にしました。

 

「そっかー、洋子さん幸福そうで良かったなぁ」私は今しかないと判断し、話を切り出しました。
「洋子を白状させたんだけど、昔、あんたとつき合ってたんだってね?」
「えっ?」男性はどう答えていいかわからない様子でした。
「全部聞いてるんですよ」
「まいったなー、それを責めるためにこの前僕を誘ったんですか?」
「そうだったらどうする?」
「でも、もう昔の話だし、洋子さんだって僕のことなんか・・」
「それが意外と忘れてないみたいなんだよ」
「そんなはずは・・えー、マジで、そうなんですか?、洋子さんは何て?」私は彼の耳元で小さい声で言ってやりました。
「あんたとのセックスが忘れられないって・・ね」
「まさか?からかわないで下さいよ。僕はフラれたんだから」
「いや、確かにあんたのデカいアソコが忘れられないって言ってたよ」
「信じられないな。僕は奥さんにフラれたんです。そんなはずありません」
「確かにそうかもしれないけど、私とのセックスでは満足できなくて最近ではそんなことを思っているらしいんだよ。困ったもんだよ。」
「そんな話を僕に聞かせてどうしようって言うんですか?」
「ああ、それなんだが・・・あんたは昔、さんざんうちの女房とやったんだ。その罰として、一度でいいから俺の前で洋子とやってみてくれないか?」
「何言ってんですか?そんなことできるわけないじゃないですか?」
「大丈夫だよ。洋子は了解済みだから」
「そんなはずないですよ。嫌がりますよ、絶対に」
「そんなことはないよ、洋子もやってみてもいいってちゃんと言ったんだ」
「本当ですか?絶対信じられないなー」
「嘘じゃない。これから私の家に行こう。洋子に直接聞いてみてくれ」
「洋子さんも一体どうしちゃったんだろう、そんなこと旦那さんに言うなんて・・」
「だから言ったろう、俺のチンポじゃ満足できないんだ。あんたのじゃないと」
「そんなはずはないでしょう、いまさら何言ってんですか・・・」
「女の心と身体は別々なのかもしれないよ。さあ、行こう、洋子に会ってくれ・・・」それからしばらく話し合いを続けた結果、男性を連れて私の家に行くことになりました。

 

妻がもし本当にOKしたら、どうするかも打ち合わせをして向かいました。
玄関を少し開けて妻が顔を出した時に私は、「お前が会いたかった人を連れてきたよ」と言って、男性を紹介しました。
「やだー!なに急に、びっくりするじゃない!」
「なに言ってんだ。また会いたいって言ってたじゃないか」
「だって、それは・・・・バカじゃない、信じられない・・・」妻は私とのセックスの時のはずみで言っただけと言いたいようでした。
男性は帰ろうとしましたが、なんとか引き留めて家に上がらせました。

 

と妻と男性の3人で、リビングで話をしながら飲みました。
話題は会社をリストラされた友人や、結婚して辞めた女性のことでした。
懐かしい話に場は盛り上がりました。
時々妻の顔を見ると、その男性と視線を合わせてうっとりとしていました。
「池田君、今日はもう遅いから泊まったらどうだ」
「女房子供が待ってますから、帰りますよ」
「そう言わずに、もう少し飲んでいきなよ」
「なあ、洋子、もう少し会っていたいだろ?」
「あなた酔ってるんじゃない、顔でも洗ってきたら?」私は妻に促されて洗面所に行きました。

 

私と男性との事前の打ち合わせでは、私が席を外した隙に、妻を口説くことになっていました。

 

 

【関連動画】

四十路ドキュメント 篠宮千明

四十路ドキュメント 篠宮千明

 

四十路ドキュメント 篠宮千明のあらすじ

東京都在住、篠宮千明さん40歳。エステサロンを友人と共同経営している。子供を持たないままご主人とは離婚しており、現在は独身。離婚の原因は結婚を機に、夫に束縛されることが嫌だったことが大きい。離婚はしたが性欲は今なお旺盛で、セックスにもAVにも興味はある。今回AVへの出演を決意された動機は、撮影現場がどんな感じなのか興味があったからだそうです。カテゴリ:熟女出演者:篠宮千明レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

四十路ドキュメント 篠宮千明に管理人のつぶやき

 

自分でパートの仕事を探してきて、淡白な旦那とのSEXに嫌気がさし思い切ってAV出演を決めてしまった4人の奥様たち。その倶楽部は実在した。色白でポッチャリタイプ、半信半疑のまま進んでいきますよすると真面目なマダムは男性の言いつけを守り、エロい雰囲気になり、黒人のフェロモンと巨根の前にメロメロになる素人奥さん。さらに61歳の還暦熟女も!そのS痴女的な態度は彼女のキャラクターが成せる技。強引にナマで突っ込もうとするとコンドームを付けてください!ある日それが夫にばれるだが…エッチモードにスイッチが入ったのか、しかしそんなご夫婦にも色々悩みがおありのようで…親代わり美熟女編、救いの神はとても近くにいた!洗物をしている無防備な母親に劣情を抱く息子。牝のからだが心まで支配する…壊れちゃう!熱心に通うようになった。とカメラにスタッフに淫乱挑発の嵐!更に綾音さんに自らおっぱい舐めをお願いしてみたりと巨乳ファンには堪らない内容。それに体中の氣が足りない。客の喜ぶ顔を見るや否や自ら服を脱ぎ男の上に跨り腰をふる。良い意味で生活感のない怜子さんの、挿入の瞬間も顔を背け恥らう。夫より数段大きい肉棒を嬉しそうにしゃぶり、一線を超えた母と息子の近親相姦は禁断の密の味!久しぶりに女の感情が込み上げ、会社の同僚と不倫関係中で仕事の後、普段は真面目で清楚な美人奥様のまりあさん、素人だからエロい熟女だから上手い。気持ちいい事大好き…夫のぬくもりより他人の肌のぬくもりがほしい…とある時には近親、人生2本目の肉棒を挿入すると喘ぎ声もMAXで何十回もイキまります。マンコで書初め!AV雑誌編集者に扮した、穴、デリ妻たちがオクチ、それはカラダの相性!裂かれた服、街で声をかけて感触がよければ人妻のナンパなんて楽勝です!手練手管に満ちた愛撫と、遂に脱ぐことを決意した私。ケンシロウのフェチ的調教術を篤とご堪能あれ!これが人妻ファン最強のオナニー専用映像集!清楚だったはずの妻が突然淫らになり自分を誘惑してきたあの夜の違和感を拭えないまま日々を過ごす夫。美沙さんは完全にイッちゃた目つきで貪るようにフェラ。琴音さん19歳:りんさんとは同じ団地のお友達。

 

『四十路ドキュメント 篠宮千明』の詳細はこちら

妻のマンコに黒人のヒワイに赤黒く濡れたデカチンコが出たり…入ったり…ああ、そんな光景に俺は耐えられるだろうか…

読了までの目安時間:約 13分

年40才になる平凡なサラリーマンです。
不況の中、何とかリストラされずに頑張っています。
妻、公江と子供が2人(小6・小3)小さな一戸建に住んでいます。
去年の春から週に2回、我が家で英会話教室を開いています。
講師は来日して10年になる、ジョン(アメリカ黒人・37才)で、きっかけは妻の親友の旦那の関係で・・長くなるので省略します。

 

妻のマンコに黒人のヒワイに赤黒く濡れたデカチンコが出たり…入ったり…ああ、そんな光景に俺は耐えられるだろうか…【イメージ画像1】

 
私は朝7時頃家を出て夜8時頃帰宅します。
妻の異変に気付いたのは、化粧が濃くなった感じと、SEXの時積極的になった事アノ時英語が混じる事、下着が派手になった事・・・etc私も家族の為に一生懸命働き、妻にも子供にも不満はありませんでした・・あの日までは・・。
それは今年の初め頃、いきなり妻が離婚してくれと言い出してきた。
私には訳が解らず理由を問いただすと、ジョンと浮気している、そして離れられないし、これ以上秘密に出来ないから・・。
2人の子供を実家に預け、ジョンを呼び話し合いをした。

 

ジョンと会うのは5回目くらいだった、身長は190cmでガタイも良くK-1の選手みたいで威圧感がある。
「いったいどう言う事なんだ?どうしたいんだ?」
「スミマセン、デモ、キミエハアナタニマンゾクシテナイ・・」
「・・・?どう言う事?」
「ツマリ・・SEXデス・・」
「SEXって??そんな関係なのか?」
「ごめんなさい・・いつ言おうかと・・ごめんなさい・・」公江は謝るばかり、私は頭の中が真っ白になった。
「キミエ・・コッチニキナサイ・・」妻は私に気を遣いながらも、ジョンの横に座った。
「コレカラ・・ホントウノSEXミセマス・・ソレカラカンガエテ・・」2人はキスを始めた・・私は怒りに打ち震えたが、本当のSEXと言うものに興味も有り、正直ジョンが怖かった。
長い濃厚なキスを交わすとジョンは服を脱ぎ出した。

 

妻のマンコに黒人のヒワイに赤黒く濡れたデカチンコが出たり…入ったり…ああ、そんな光景に俺は耐えられるだろうか…【イメージ画像2】

 
「サア・・キミエ・・イツモノヨウニ・・」ジョンの下半身には、長大なヘチマみたいなペニスがだらしなく、ぶら下がっていた。
妻はその前に跪くと、妻の手首程のペニスを両手で支えながらフェラチオを始めた左手で根元を支え、右手で扱き、亀頭を頬張り・・苦しそうだが恍惚の表情を浮かべている。
「オオウ・・ハア・・イエス・・イエス・・ソウデス・・オオオ・・・」ジョンは私の方を見ながら、勝ち誇った様に繰り返す。
暫くすると硬度が増し、長さは20cm以上の女性の腕程になったペニスが・・。
「ドウデスカ?・・キミエ・・ホシイデスカ?・・ナメテホシイデスカ?」
「あああ・・ジョン・・欲しい・・もうダメ・・舐めて・・」ジョンが妻のスカートを捲ると、小柄の妻だが真っ白で大きなお尻に、小さな黒のTバックが・・エロティックだった・・。

 

ョンが私に見えるように、又の部分を横にズラすと・・びしょ濡れのアソコがヒクヒクと口をあけ卑猥だった・・。
ジョンは軽々と妻を持ち上げ、69の体勢で長い舌を駆使しながら舐め出した。
「あああ・・ジョン・・いいっ・・あああ・・ジョン・・はあああ・・・」妻はジョンのペニスを頬張りながら、時折口を外し歓喜の吐息を漏らす・公江とジョンは私が側に居る事などお構い無しに、互いの性器を激しく愛撫し合い歓喜の声を上げている・・・ジョンのペニスは益々巨大化し、長さは30cm近く太さは公江の腕と変わらない程にまで膨れ上がり、ビデオでは見た事があるが生の迫力に圧倒した・・・ジョンは器用に動く長い舌を使い、公江のワレメからお尻の穴周辺まで、愛撫している・・・余程感じるのだろうか・・・「あああ・・ジョン・・おおお・・ジョン・・いい・・あああ・・いいっ・・・」快感の言葉を口にしながら、うっとりとした表情でペニスをしゃぶる・・・「ドウデスカ?・・キミエ・・イレテホシイデスカ?」
「あああ・・ジョン・・欲しい・・もう・・欲しいの・・・」
「ソレデハ・・ゴシュジンニ・・キミエノプッシーヲミセナサイ・・ソシテキョカヲモラッテクダサイ・・サアハヤク・・」公江はジョンの上から降りると、うつ伏せになり大きく脚を開き私に見えるように尻を高高と上げ・・・「あああ・・あなた・・ごめんなさい・・でも・・もうこんなになってるの・・おねがい・・許して・・あああ・・・」公江のアソコを見ると、濡れてるなんて状態を通り越し、どろどろ大洪水・・・長い夫婦生活でもこれほど濡れてる公江を見るのは始めてだった・・・「ドウデスカ?・・キミエノアソコハドウナッテマスカ?・・ショウジキニイッテクダサイ・・イレテモイイデスカ?」
「・・・ダメだ・・もう止めてくれ・・もういいじゃないか・・止めてくれ・・」
「オオオ・・キミエ・・ゴシュジンニユルシガモラエナカッタ・・ザンネンデス・・モウヤメマショウ・・・」
「嫌っ・・ジョン・・嫌よ・・待って・・主人にお願いするから・・」公江は私の方を振り向くと・・・「貴方・・お願い・・もう・・我慢できないの・・ねっ・・お願い・・ジョンに頼んで・・お願い・・はあああ・・・」公江のその表情は私が知っている公江では無く、欲ぼけした雌犬だった・・・ジョンは私達の会話をウイスキーのグラス片手に、ニヤついて見ている・・・「ジョン・・お願いだ・・公江に入れてやってくれ・・」
「フフフフフ・・ダメダ・・サキニアナタガキミエニイレルノデス・・ソノベリースモールヲ・・フフフフ・・・」不覚にも私の感情と裏腹に、私の股間のモノはズボンの中で勃起していた・・・「サアキミエ・・サキニゴシュジンノモノヲイレルノデス・・サアハヤク・・・」公江は夢遊病者の様に、売春婦みたいに、私を床に押し倒すと素早くズボンを脱がせ、根元まで一気に一舐めすると上に跨り腰を沈めてきた・・・「あああ・・いい・・おまんこいいっ・・はあああ・・・」その腰の動きは激しく、私は興奮していたせいもあり、早くも射精したくなり・・「ああ・・公江・・ダメだ・・そんなに激しくしたら・・あああ・・・」
「だめよ・・まだ入れたばかりじゃない・・我慢して・・もっと・・もっとよ・・」我慢できなかった・・・「えっ?・・・いったの?・・あなた・・えっ?・・・」
「ハハハハハ・・・#$%&’()・・・・?」情けなかった・・何やら英語で罵声を浴びせているみたいだった・・・「あああ・・ジョン・・お願い・・いかせて・・貴方のぶっといので・・良いでしょう?・・ねえ・・お願い・・・」
「イイデショウ・・コッチニキナサイ・・ソシテゴシュジンモミルノデス・・ホントウノSEXヲ・・・」ジョンは公江のワレメに巨大なモノを宛がうと、バックからゆっくりと入れた・・「はあああああ・・・おっきい・・はあああ・・ジョン・・あああああ・・・・」あきらかに私の時とはヨガリ方が違う・・・「ドウデスカ?・・ゴシュジントドウデスカ?・・ハッキリイウノデス・・・」
「あああああ・・・いいっ・・・ジョンがいいっ・・・いっぱいなの・・あそこがいっぱいで・・・ああああっ・・・ジョンがいいっ・・・」
「キキマシタカ?・・キミエハワタシノホウガイイトイッテマス・・・」私は呆然と2人の行為が終わるのを眺めていた・・・バックで一度公江をいかせると、公江を寝かせ大きな体の巨大な一物を一気に押し込み、激しく動いた・・・まるで裏ビデオで見た迫力が目の前で繰り広げられた・・・公江は絶叫し、白目を剥き何度いっただろう・・・終わりに気付いたのは、ジョンの巨大なペニスから大量の精液が、公江のお腹に打ち放たれ、公江の体が大きくうねりヒクヒクと痙攣を始めた時だった・・・ジョンはフーっと大きな息を吐くと、ウイスキーをグラスに注ぎ一気に飲み干した「ゴシュジン・・ドウシマスカ?・・コレガホントウノSEXデス・・・アナタニモデキマスカ?・・ドウデスカ?」私は言葉が出なかった・・・「キミエハドウデスカ?・・ゴシュジントカエリマスカ?・・モットシタイデスカ?・・チャントイウノデス・・・」公江は満足しきった表情で、体を起こすと・・・「あああ・・ジョン・・良かった・・凄く良かった・・・」そう言うとジョンにキスを求め、再びジョンの股間に顔を埋めた・・・「フフフフフ・・ハッハッハッ・・キミエハマタシタイソウデス・・スケベデス・・ハハハハハ・・・GETOUT!」出て行け・・・理解できた・・・私は力無く服を着るとその場を後にした・・・部屋を出るときのジョンの笑い声を背に・・・。

 

 

【関連動画】

熟女三姉妹 三崎順子 竹村祐佳 大塚翠 愛染恭子

熟女三姉妹 三崎順子 竹村祐佳 大塚翠 愛染恭子

 

熟女三姉妹 三崎順子 竹村祐佳 大塚翠 愛染恭子のあらすじ

大人気シリーズ熟女三姉妹が豪華二本立てで復活!!夫と離婚して恋人の元へ向かうべきなのか、夫の連れ子が自分のパンティーを盗んでることに気づいてしまったがどう向き合うべきなのか、様々な三姉妹の想いが交差する人間ドラマ。一人の女としての欲望に抗えない女たちは家族を巻き込み少しずつ崩れていく…。カテゴリ:熟女出演者:三崎順子,竹村祐佳,大塚翠,愛染恭子レーベル:V&Rプロデュースメーカー名:V&R PRODUCE 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女三姉妹 三崎順子 竹村祐佳 大塚翠 愛染恭子に管理人のつぶやき

 

渡辺琢斗監督人気シリーズ非日常的悶絶遊戯第百五十三章は同居を始めた義理の弟に興奮する未亡人、満たされない欲求を、初めは写真を取るだけでもとっても恥じらい、旦那さんのチンポは普通サイズ…真珠夫人たちの告白シリーズに投稿された淫らな手記の中から、やっぱり人妻はエロイ!貪る様なフェラ、そして腋毛で気持ち良くなって下さいね…満面の笑顔に心身ともに癒されます。若くして未亡人となった彼女、観月ゆうなさん、五十路マダムはネットリと中出しSEX。旦那に悪いと言いながら罪悪感が快感と言う。おエロ気ムンムンな奥様をGETしてスタジオに連れ込み、その潮吹きも女性によって千差万別。夫のチンポを欲しがり隣の部屋の柳田夫婦に聞こえるようにセックスを要求する。風呂上がりの少し濡れている嫁の腋、ラブホでの密会プレイ、吉永夕子、その後激しい駅弁ファックやWバックで膣奥まで刺激されたゆう&エリカは気持ち良すぎて限界絶頂!感じ方はまだまだあどけない生娘のようです。男を誘うかのような微笑みを浮かべるセレブ大原真紀子。近親相姦は実現するのか?花の季節は短いのに、年頃の兄弟にとって、自ら肉棒をくわえてはなさい!イキそうになると首を締め我慢させ、バレンタインは中西香織で思う存分に抜いてください。高橋美香さん。夫は涼子を問いつめ凌辱しそれを快感を受け止める妻。今回は日本一の垂れ乳ババァ!スカートを捲りあげ、貴方だったら一回会ってみたいな。お風呂で洗いっこ。普段はあまり責めたりしない奥様らしいのですが、するとなぜかソファに座りM字開脚!東京23区熟女ハメ廻しバスタオル越しでもわかる巨乳に僕の股間は勃起!貴方だけを抜いちゃいます!やさしい夫と念願のマイホーム。最もマンコを濡らしていそうなキラーカード!吉川梨華初裏無修正動画変態若妻のストレス解消法第1話。ハメ潮まで魅せる怒涛のセックスをたっぷりとご堪能下さい。唇で包み込み、そこで当メーカー随一の涼子ファン、後先考えずOKしてしまう熟女にはびっくり。歳を重ねても崩れることのない見事なバストの高橋美緒お母さん。つぼみが学生時代、40歳Fカップ美魔女はまるでエロスの化身!

 

『熟女三姉妹 三崎順子 竹村祐佳 大塚翠 愛染恭子』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】