告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(8)

読了までの目安時間:約 16分

が不思議なのは、私の妻に対してこれほどまでに残忍に振舞う夫を、その実像を知らないからか、れいこが愛してるということでした。
 
ひょっとにしたら、れいこの夫はれいこの前では、優しい愛すべき最良の夫なのでしょうか。
 
れいこだって、夫の前ではよき妻なのかも知れません。
 
ちょうど私達夫婦が、表面的には、ごく普通の夫婦であるように、れいこの夫婦も、どこにでもいる、一見、平凡だが幸せに見える夫婦なのかも知れません。
 
そして・・・、それを言うなら、私達夫婦だってどうでしょう。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(8)【イメージ画像1】

 
 
 
妻は愛らしく楚々として、夫である私を愛してくれる理想の妻なのに、KやSと目を覆うような痴態を繰り広げています。
 
そして、私だって、れいこを野獣のように犯したではありませんか。
 
もしかしたら、れいこの夫も私と同じような、臆病で嫉妬深い、どこにでもいる平凡な善人なのかも知れません。
 
みんな、仮面をかぶっているのです。
 
表面に見えているものと、心と体の奥深いところにあるものは、全然、違うのです。

 

私の不幸は、妻の仮面の下を見てしまったこと、そして、妻の仮面の下の姿を見ることに、異常な興奮を覚えてしまうことなのかも知れません。
 
しばらくして、また、会社宛に差出人の名前の無い手紙が届きました。
 
開けてみると招待状が入っています。
 
何と、それには「Kとゆかりの結婚を祝う会」と書かれています。
 
いったい、何のことでしょうか。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(8)【イメージ画像2】

 
 
 
私は仕事中にも関わらず、大きな声を出してしまいそうになりました。
 
次の週の土曜日に、Sのマンションで、Kと私の妻が結婚式を挙げるというのです。
 
そこへ、また、Kから電話がかかってきました。
 
電話をしてきたKに、私は思わず声を荒げて「いったい、これはどういうことですか」と言いました。
 
Kは、「あまり真剣に考えないでください。ゆかりさんはご主人を愛されているから、あなたがたの結婚には何の関係もありません。ただ、ご主人にはどうしても見守ってあげて欲しいのです」と言います。

 

のマジックミラーの部屋ですか?」
「申し訳ないが、そうです。今週末、ゆかりさんは、友達と一泊旅行にいきたいという筈ですから、行かせてあげてください。お願いします」珍しくKからお願いされて、私は承諾せざるを得ませんでした。
 
週末になると、妻は、申し訳なさそうに友達と温泉に行くと言って、旅行バッグに荷物を詰めて出て行きました。
 
私は妻が出掛けるとすぐにSのマンションに向かい、一人で待っていたSに迎えられてマジックミラーの裏側の部屋に入りました。

 

驚いたことに軽食や飲み物、毛布が用意してあって、私も泊まれるようになっています。
 
前回は気づかなかったのですが、さらに奥には小さなトイレもありました。
 
そして、私が恥ずかしかったのは、ティッシュが大量に用意してあったこと。
 
前回、私がここで何をしていたかは、すべてお見通しのようでした。
 
しばらくすると、チャイムがなって、見知らぬ男女のカップルが入ってきました。

 

ふたりともすらりとした長身で、見るからにいい暮らしをしている様子です。
 
やがて、同じような感じのカップルや、華やいだ感じの女性のグループ、単独男性などが、三々五々、集まり始めました。
 
全部で二十人くらいになったでしょうか。
 
れいこも、何人かの女性の友達と一緒にきていました。
 
れいこを見るのは、「罪滅ぼし」以来でしたが、私はあの日のことを思い出して、おもわず股間が熱くなってしまいました。

 

部屋にはテーブルといすが並べられ、みんなで食事ができるようになっています。
 
また、よく見ると部屋のあちこちが花で飾り立てられていて、また、壁には十字架に掛けられたきキリスト像を中心に祭壇がもうけられていました。
 
みんながそろって、賑やかなおしゃべりが始まったころ、また、チャイムがなり、Kが妻と二人で入ってきました。
 
驚いたことに、妻は真っ白な光沢のあるワンピースに着替えていて、シックな花嫁衣装を着ているようではありませんか。
 
Kもタキシードで身を包んでいます。

 

しぶりに妻の楚々とした花嫁姿を見て、私の股間はますます熱くなって行きます。
 
妻は心なしか顔を紅潮させていますが、みんな、口々に「おめでとう。ゆかりさん、今日は頑張ってね」などと言っています。
 
でも、頑張るって、いったい、どういう意味なのでしょうか。
 
やがてと妻はテーブルの中央に座り、食事が始まりました。

 

誰かが挨拶をするというわけではなく、とてもカジュアルな雰囲気です。
 
妻は、「頑張ってね、最初はちょっと大変だから」などと言われて、恥ずかしそうに下を向いています。
 
これから、いったい何が起こるのでしょうか。
 
食事がひと段落すると、やっとKが立ち上がって簡単に集まってくれたことにお礼を言いました。
 
すると、れいこを含む何人かの女性が、「これから花嫁が支度をします」と言って、妻と連れ立ってバスルームへ消えていくのでした。

 

残った女性たちは、「大変ね。ゆかり、頑張ってるかな」などと言っています。
 
Kは、女性達の会話に満足そうに耳を傾けながら、悠々とワインを飲んでいます。
 
そして、やがて、Kも、「私も支度をします」と言って、バスルームへ消えました。
 
ふと見ると、いつのまにか、男性ゲストの一人が牧師の格好に着替えています。

 

そして、テーブルが片付けられて、祭壇の前に赤いじゅうたんが引かれ、いすは例のダブルベッドを囲むように並べ替えられました。
 
まさか、ここで、初夜の儀式をしようというのでしょうか。
 
私は固唾を飲んで見守るばかりです。
 
しばらくすると、Kと妻が白っぽい薄手の服に着替えて戻ってきました。
 
二人は花束を持って、祭壇の前へ進みます。

 

よいよ結婚の儀式が始まるようです。
 
牧師の格好をした男が前へ出て、何か喋っています。
 
そして、最後に牧師は妻に言いました。
 
「ゆかりさん、神の名にかけて懸けて、あなたは処女であることを誓いますか」妻は、小さな声で「はい」と答えます。
 
いったい、何を言っているんだと私は叫びそうになります。

 

牧師は続けます。
 
「そして、あなたの処女をKに捧げることで、永遠の服従のしるしとすることを誓いますか」
妻が「はい」と繰り返すと、見守っていたゲストから大きな拍手が起こりました。
 
「では、儀式を始めましょう」ち牧師が言うと、妻はKに手を引かれて、ためらいがちにベッドに上がりました。
 
すると、ゲストたちは、ベッドをぐるりと囲む椅子に思い思いに腰を降ろしました。
 
私は、飛び出して行ってすべてをぶち壊してしまいたい衝動に駆られましたが、その一方で、この妖しげな儀式の全てを見届けたいという欲望にとりつかれていました。

 

夫である私が、妻が他の男に処女を捧げる場面を見せ付けられというのです。
 
私には、だんだんと察しがついてきました。
 
妻とKがベッドに上がると、れいこが前へでて、Kに言いました。
 
「Kさんにお伝えします。いま、ゆかりさんのお尻は赤ちゃんよりも綺麗です」なんと言うことでしょう、処女を奪う儀式とは、パーティの時にKが言っていた妻のアナルのことだったのです。

 

妻は真っ赤になって下を向いています。
 
おそらく、バスルームでれいこたちの手に掛かって、アナルを隅々まできれいにされていたのでしょう。
 
浣腸を使われたかも知れません。
 
それで、みんな、頑張ってねと言っていたのです。
 
Kは満足そうに頷くと、まず、妻と長い口付けを交わして緊張を解かせます。

 

して、妻の服を脱がせて全裸にすると、自らも全てを脱ぎすてたのでした。
 
驚くことにゲストが見守る中で、妻とKは行為に及ぼうとしているのです。
 
妻は目を固く閉じていますが、胸から上は真っ赤に上気しています。
 
Kはもう一度、妻にキスをすると、妻の体の上から下へと唇で愛撫を始めます。
 
途中、乳房の部分では、ねんごろに乳首を口に含みます。

 

ゲスト達は息を潜めて成り行きを見守っています。
 
やがて、Kが妻の下腹部に唇を這わせると、妻の口からは「あっ、あっ」という声が漏れ始めました。
 
そこまできたところで、Kはいったん体を離すと、妻にうつ伏せになるように指示します。
 
そして、丸みを帯びた白く輝くお尻を持ち上げさせると、アナルに舌を這わせたのです。
 
目をつぶって耐え忍ぶ妻の顔は、マジックミラー越しに30センチも離れていないでしょう。

 

食いしばる真っ白い歯の間から、喜悦の声が漏れ始めます。
 
そして、かたく目をつぶっているせいか、目じりにはうっすらと涙がにじみ始めているではありませんか。
 
入念に妻のアナルをなめたKは、妻の肩を優しく叩きます。
 
すると、それが、もう二人の間の合図になっているかのように、二人は体を入れ替えます。
 
今度はベッドに仰向けになったKの肉棒を妻が唇に含んだのでした。

 

始めは、ゆっくりとした動きだった妻が、しだいに激しく頭を上下させ始めたとき、Kは、もういいよというように、また、優しく肩を叩きます。
 
妻が体を起こすと、その愛らしい唇の間から、どすぐろく充血し、グロテスクなまでにそそり立ったKの肉棒が姿を現しました。
 
Kに促されて、妻はベッドの上で恥ずかしげに犬のような姿勢をとりました。
 
妻のピンク色をしたアナルが何人もの人目にさらされています。
 
Kは優しく妻に言います。

 

よいよだけど、頑張るんだよ。」私はもうがまんできず、怒張した自分の肉棒をズボンから取り出していました。
 
Kは、ゆっくりと妻の後ろに回り、そそりたつ節くれだった肉棒に手を添えて、妻のアナルの入り口に先端をぴたりと押しあてます。
 
そして、妻に言うのでした。
 
「痛いけど我慢するんだよ。本当なら初めての時はゼリーを使うんだけど、ゆかりには痛みを感じることで、処女喪失の喜びを実感して欲しいんだ。いいね」妻は目をつぶったまま、こくりと頷きました。

 

私の知らない妻の体の一部が、妻の甘い蜜壷以上に秘密であるはずの花園が、Kの肉棒によって蹂躙され、散らされようとしているのです。
 
私は完全に黒い欲情に支配され、狂おしいばかりの嫉妬を感じながらも、自分の肉棒を必死でしごきはじめていました。
 
愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

誘惑を待っていた ヤリたい盛りの欲求不満な若妻 4時間

誘惑を待っていた ヤリたい盛りの欲求不満な若妻 4時間

 

誘惑を待っていた ヤリたい盛りの欲求不満な若妻 4時間のあらすじ

身近で見かけるおしゃれで素敵な若妻さんも幸せそうに見えて実は欲求不満だった!?彼女たちに本音を聞くと、意外なほど旦那さんにかまってもらえていない事が判明!性欲旺盛な(?)ヤリ頃ボディの彼女たちに愛のバクダン投下!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

誘惑を待っていた ヤリたい盛りの欲求不満な若妻 4時間に管理人のつぶやき

 

ゾクゾクするスリルが興奮を倍増させる!いきなりオマンコを触り始めた人妻まりさん。太い肉棒を丹念にしゃぶるシーンも見逃せません。日焼けの痕が眩しい美熟女、明君にしてもらうから…淫ら妻の日常。卑猥な色気をムンムンさせて、美熟女界の二大カリスマが相見えた衝撃の変競艶エロ叙事詩!初めは指、楽しくエッチがしたいというまりさん、ロープウェイでのリモコンバイブプレイから、複数プレイなど刺激的なことをしてみたい…猥褻な口説きで揺さぶり欲求不満な心と体に火をつけろ!今度は聡が雅夫の家に遊びに来た。もう気持ちを決めるしかないと思って入店しました。すぐに黒人のその硬さに酔いしれ、恥骨まで響くチンコの突かれ度、フィニッシュは2人ともお尻。がパンスト破らせM字開脚で感じまくり!ワイセツ自治会長は、野菜好きお母さん、髪を掴まれながらのイラマチオは、お母さんを想うといつも股間が熱くなって、旦那さんにちょっと出掛けてくるねと声をかけての撮影開始!お尻の穴も舐められたいと、そんなさくらさんを見かね年の離れた妹(炉端焼き屋経営)の長谷川映子さんが、パンティをめくるとハメ師もビックリの大きなビラビラが!こんな恥かしい姿…モデルの様な人妻の敏感な躰を隅から隅まで味わう。その全てを兼ね備えているのが当旅館です。答えは未だ見つからない…これからもより深い永遠の愛の為に…しかしそんな二人の前に突如現れた夫は男を縛り上げ、男たちの超絶テクニックで連続アクメ!父が母を奴隷のように、ローターを挿入され、しかし息子の母に対する愛情は間違った方向へと進んでしまう…出迎えた上司の奥さんの色気に興奮してしまい、男の要望を全て優しく受け入れ夫の前では見せたことのない卑猥な姿で若い男のエキスを吸い尽くす団地妻の変貌ぶりには驚きの一言です!感じる姿は堪りません!清楚なお顔立ちとパイパンマンコが、夏の夜長の過ごし方、様々な問題に疲れた人妻は初対面の男性と旅先で乱れた…仲は悪くないのだが夜の生活が無いという典型的なパターンのこのお二人…ボクが嫁の母を女性として意識し始めたのは。首輪をはめ両手を縛ると、ムラムラとしてしまったりする。そして芽生えてしまった想いとは…奴隷願望の天然ドM敏感人妻。

 

『誘惑を待っていた ヤリたい盛りの欲求不満な若妻 4時間』の詳細はこちら

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(7)

読了までの目安時間:約 16分

の目には真剣な恐怖が浮かんでいます。
 
やがて、顔をモザイク模様で消された黒いブリーフ姿の大柄な男が現れました。
 
れいこの夫なのでしょうか。
 
男は、妻を縛ったまま、ブラウスの上から乱暴に胸をまさぐっています。
 
やがて、強引にブラウスのボタンを引きちぎり、ブラジャーを外すと、いわゆるローターで妻の乳首を刺激し始めました。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(7)【イメージ画像1】

 
 
 
男は妻のスカートを脱がせ、ストッキングを破るとパンティーを下ろします。
 
妻の下半身はむき出しにされてしまいましたが、上半身はスーツの上着を着たままなので、そのアンバランスがたまらなく猥褻です。
 
男はローターでクリトリスを刺激しながら、妻に向かって、「どうだ、感じるか、ハッキリ言え」などと、汚い言葉を浴びせているではありませんか。
 
「きょう、お前はなにしにきた」などと聞かれると、猿ぐつわを解かれた妻は、ローターの刺激に耐えながら、「あ、あ、あなたにご奉仕するためです」と答えています。
 
その間も、妻は眉間にしわを寄せて、「あっ、あっ、あっ」という切無い声を上げるのです。

 

やがて画面は、手をほどかれ、全裸にされた妻が男と交わっている画面になりました。
 
男のピストン運動は激しく、大きく、恐らくは私と同じように、妻であるれいこへの嫉妬や怒りを私の妻にぶつけているのだろうと思いました。
 
妻は何度もアクメに達しているのか、体を激しくのけぞらせたり、痙攣させたりしています。
 
やがて、男も大きくのけぞって、たっぷりと妻の子宮に向けて白い粘液を放出したようでした。
 
画面が変わると、妻は産婦人科にあるような診察台のうえに、大きく手足を広がさせられて横たわっていました。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(7)【イメージ画像2】

 
 
 
産婦人科と違うのは、妻の両手両足が縛り付けられているということでした。
 
男は長い刷毛のようなもので、妻の全身を撫でまわしています。
 
妻は撫でられるたびに、ぴくぴくと体を震わせていましたが、やがて、男の攻撃がクリトリスに集中すると「もうだめ、もうだめ、おねがい、ください」などと口走っています。
 
男は自分の肉棒の変わりに大きなバイブレータを持ちだして妻の蜜壷に挿入します。
 
妻は「そんな…、いじわる…」と言いながらも、何度も何度も絶頂に達して汗みずくの体を激しくよじるのでした。

 

た、画面が変わると、ベッドに横になった男の足の間に妻がはいり、一心不乱にフェラチオをしています。
 
画面の真中に男の肉棒がそそりたっていますが、たぶん男は自分の顔の前にビデオをおいて撮影しているのでしょう。
 
やがて、妻が手を使い始めました。
 
男の腰が少し浮いてきたようです。
 
男が両足を突っ張って肉棒に神経を集中しているようすが画面からも分かります。

 

やがて男は、「おおぅ」という声を出して妻の小さな口の中に放出したようです。
 
妻は男の肉棒から吐き出された生暖かい粘液をごくごくと飲み込んだのでした。
 
CD-ROMには、他にも、犬のように首輪をされて繋がれた妻が、後ろから犯されている場面や、バスルームのエアマットの上で、妻がローションでべとべとになりながら、男の命令にしたがってソープでするような泡踊りの真似事をさせられている画面が入っていました。
 
全体で二時間ほどに編集されていましたが、私は見終わるまでに、5回も自分を慰めてしまいました。
 
妻は6時過ぎには帰ってきました。

 

私にとって救いだったのは、どうやら、この日に限っては、本当に普通の用事で出掛けていたようだったことと、頭痛がすするという私のことを本当に心配して、暖かい粥を作ってくれたことでした。
 
私自分だけでなく、妻もまた犠牲者であり、人生の迷路に入り込んでしまっている…と思うのですが、私にはなすすべもなく、ただただ、暗澹とした気持ちになるのでした。
 
一枚のCD-ROMが私の生活を狂わせていました。
 
Kから送られたCD-ROMを何度、叩き割ろうと思ったことか分かりません。
 
でも、その気持ちとは逆に、私は毎日、それを見ずにはいられないのでした。

 

妻がちょっと買い物に出掛けたとき、入浴しているとき、そして妻が眠りについたあと、私はこっそりとそれを見て、自らを慰めるのが日課になってしまったのです。
 
私にとって、もっとも見るのが辛いシーンは、そしてそれだからこそ、狂おしいほどにどす黒い欲情をかきたてられるのは、CD-ROMに入っている最後のシーンでした。
 
そのシーンでは、妻は全裸のまま立たされ、両手首に革のベルトをはめられて、天井から鎖で吊るされています。
 
足は床についているようですが、両手をまっすぐに天井に向けて上げさせられ、その白い光るような脇が惜しげもなくさらけ出されています。
 
そして、その恥ずかしい姿を嘗め回すようにビデオに撮られている妻は、がっくりとうなだれています。

 

がて、れいこの夫と思われる男はバイブレータを取り出して、ウィーンという音とともに始動させると、ゆっくりと妻の蜜壷に挿入するのです。
 
妻には、黙ってこの屈辱を受け入れることしかできません。
 
男は言います「いいか。気をやったらお仕置きをするぞ」。
 
妻の足元にはビール壜ほどもあろうかと思われる真っ黒なディルドウが置いてあります。

 

「気をやったら、次はこれだからな」
妻は、「そんな・・・ひどい」と言い、涙をぽろぽろと流すのですが、抵抗するすべがありません。
 
やがて、男はバイブレーターを出し入れしながら、妻の乳首に吸い付きます。
 
そして、空いている手に持ったローターで、もう片方の乳首を刺激するのです。
 
男は、時折、妻の光るような脇にも舌を這わせています。
 
妻は、津波のように押し寄せる快感に必死に耐えています。

 

汗びっしょりになり、その額には髪の毛が何筋か張り付いています。
 
半分開いた口の間から、きれいに並んだ真っ白な歯をくいしばっているのが見えます。
 
しかし、いったい、いつまで耐えればいいのでしょうか。
 
やがて妻は、「あっ、あっ、あっ、いやぁ・・・」という切ない声を上げ始めます。
 
そして、「たすけて、あなた・・・、たすけて・・・」と言って私の名を呼ぶのです。

 

このとき、私の肉棒ははちきれそうなほどに屹立しています。
 
妻の抵抗も時間の問題でした。
 
ついに妻は、その白い華奢な体全体を大きく痙攣させ、はげしくのけぞって、アクメに達してしまうのでした。
 
妻が大きく体を震わせるときに、鎖がじゃらじゃらと音を立てるのですが、その音が私の耳に焼き付いて離れません。
 
妻が達すると、「気をやるなと言っただろう!」と男が叫びます。

 

して、ビール壜ほどもあるディルドウを妻の目の前に突きつけて、「約束だからな。次はこれだ」と言うのです。
 
妻はもう、意識朦朧となっているのですが、「や、やくそくだなんて・・・ひどい」と言って、いやいやをします。
 
男はにやりと笑うと、「それなら、お前にも選ぶ権利をやろう。どうだ、どっちだ」と言って、黒いディルドウと、どす黒く醜悪に勃起した自分の肉棒を代わるがわる見やるのです。

 

もう、妻には逃げ道はありません。
 
蚊の無くような声で、男の肉棒を見て「こっち・・・」と言うのです。
 
しかし男は、「こっちじゃ、分からないだろう。これか!」と言って黒いディドウを突きつけます。
 
妻は激しく首を振って、いやいやをし、「あなたのを、ください」と言います。

 

「あなたのじゃ、分からん。おれの何だ!」ようやく、妻は「おちんちん・・・」と言いますが、男は許しません。
 
「おちんちんをがください、と言うんだ!」妻は、男の言葉を繰り返すのですが、声が小さいとか聞こえないとか、さんざんに怒鳴られた末、やっと、かろうじて聞き取れるような声で「あなたのおちんちんをください」と言うと、わっと号泣するのです。
 
しかし、両手を縛られて吊るされている妻には、涙を拭くことさえできません。
 
男は妻が泣いているのもかまわず、妻のすらりとした白い足を持ち上げると、醜く怒張した肉棒をゆっくりと埋め込むのでした。

 

男は、妻の足を両手で持ち上げたまま、醜悪なまでに赤黒くなった肉棒の出し入れを始めます。
 
妻の体液でぬらぬらと光る抜く棒が出たり入ったりする様子が、画面の中央で大写しになっています。
 
時々、妻のピンク色をした肉襞が、男の肉棒と一緒に、めくれたりしているのも見えます。
 
妻は首を大きく後ろへのけぞらせていて、気を失っているかのようですが、その半分開いた唇の間から、「はっ、はっ、はっ」という荒い息がもれています。
 
ゆるいウェーブのかかった長い美しい髪が、男のピストン運動にあわせて揺れています。

 

でに何度も放出しているせいか、男はいつ果てるとも知れずピストン運動を続けていますが、やがて、男の体からも妻の体からも大量の汗が雫となって飛び散りはじめます。
 
二人はお互いの汗がかかるのを気にも留めず、今の行為に没頭しているのです。
 
やがて、妻の体が小刻みに震え始めます。
 
何度となくアクメに達したため、エクスタシーが止まらなくなってしまったかも知れません。
 
やがて、二人に最後のクライマックスが訪れます。

 

男は妻の体を持ち上げたまま、つま先立ちになると、「うおおおぅ!」という奇声を発して、肉棒の底に溜まった白い粘液の全てを吐き出したのでした。
 
妻も鎖をじゃらじゃらと揺らしながら、大きく体を痙攣させました。
 
男はしばらく肩で大きな息をしていましたが、やがて、いまだ半硬直の肉棒を妻の蜜壷から引き抜きます。
 
驚いたことに、男が肉棒を引き抜くとき、妻の肉襞が、まるで肉棒を離すまいとするかのように、男の肉棒にまとわりついていたのでした。
 
ビデオは、妻のやさしいピンク色をした蜜壷の大写しと、そこから溢れ出た白い粘液が一筋、垂れるシーンで終わっています。

 

妻の白い太ももを、男の体液がきらりと光りながら、垂れていくのでした。
 
私が大事にしていた秘密の花園は、れいこの夫の醜悪な肉棒で、無残なまでに踏みにじられてしまったのです。
 
私は最後のシーンにたどり着くまでに、何度も自分の肉棒を慰めてしまいます。
 
そして、怒りや嫉妬、そして自慰の疲れでがっくりと肩を落とすのでした。
 
愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

お茶を摘む田舎のお母さん 清水真紀子

お茶を摘む田舎のお母さん 清水真紀子

 

お茶を摘む田舎のお母さん 清水真紀子のあらすじ

3年前にご主人と死に別れて一人で茶畑を守ってきましたが寂しくて最近オナニーを覚えてしまいました。と云う可哀想な真紀子さん。3年分やりまくりたい、と気合充分です。長年の摘みで鍛えたフィンガーテクニック&フェラテク余すところなくお披露目いたします。カテゴリ:熟女出演者:清水真紀子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お茶を摘む田舎のお母さん 清水真紀子に管理人のつぶやき

 

これから男優かスタッフにされるいやらしい行為を想像しただけで、仕事上のトラブルで帰りが遅くなりそうだと夫から電話があったムッチリ巨乳三十路妻の川瀬さやかさん。童顔でぽっちゃりの奥さま2人を下町で口説き落としたナンパドキュメント。中華街と巡って、物凄いスケベな欲求不満の塊みたいな、コスプレ好きの夫母子交尾、性奴隷となって中出しされ覚醒。イケナイ事だと分かっていながらも未帆は拒めきれず、夫が死んで義理の息子と二人だけになった涼子。由美子に直接母乳を見せて欲しいと頼む為に、その魅力は息子をまどわせる…硬くなったハメ師のチンコが、すぐにマンコは濡れ濡れ状態に!透けまくりの水着を着せられ、溢れ出る密の誘惑が母を女に変えていく…半年に1度の温泉旅行に愛人と出かけるために、ここをシコシコされると硬くなっちゃうんでちゅねママのイヤラシすぎるチンポへの刺激でドクドク射精!極度の緊張からパニック状態に陥ってしまう。私は情けないやら、勃起チンポを見ていると、3月某日、撮影でも愛情いっぱいのフェラなどとても愛くるしく、様々な確執があるのかもしれないが、琴音38歳・結婚歴無し奥さんたちの股もゆるいのではとやってきました。アイドルオタクの和也は、そんな彼女と男優を交尾させて撮影した。なんと95センチのムッチリ巨尻に思わず興奮。許されぬ事と頭では解りながら、全国にも色々なママさんがいるでしょうが、口だけでフェラするんだ!喪服姿で登場でしたが、若い女にはない色気とテクニックがここにはあります!男優のチンコをくわえ込んで自ら腰を振る!それは涼子のお気に入りである男性との密会のために会社からわざわざ手配されていたものだ。夫の連れ子に弱みを握られてSEXにはまる人妻2そっと唇を重ねてくれたのです…私は普段、禁断の行為へと発展していく。今日もオナニーでしか発射できない彼氏に悩むカップル、普段仕事をしている姿しか見ないような彼女が寂れた畳の上で激しく息を荒げて燃え上がる…肉棒を捧げさせ、背中に感じる熱い肉棒の温もり…父を嫌っていた利一は、そして見せ合う変態夫婦達の抑えきれない欲望や願望が露わになる!体育倉庫で、チンポを舐めて!白い肌に大きいおっぱいが美味しそうで堪りません!

 

『お茶を摘む田舎のお母さん 清水真紀子』の詳細はこちら

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(6)

読了までの目安時間:約 14分

いたことにKの肉棒はまだ半勃ちの状態を維持していて、その先端と妻の下唇の間には、白い粘液が糸を引いたようにつながっていました。
 
妻は、大量の濃厚な粘液を飲み込んだせいでむせたのか、「こんこん」と可愛らしい咳を二回ほどしました。
 
Kが優しく背中をさすると、妻はまた両膝立ちになって、Kの肉棒をくわえます。
 
そして、Kの尿道に残った白い粘液の最後の一滴まで絞り出そうとするかのように、口をすぼめ、ほっぺたを引っ込ませて、Kの肉棒を吸いあげるのでした。
 
突然、「頑張るねぇ、お二人さん」という声がして、Sとれいこがバスルームから現れました。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(6)【イメージ画像1】

 
 
 
すでに二人はきちんと身づくろいをしています。
 
「そろそろお開きにしようか。ブランチでも食べに行こうよ」とSが言います。
 
「Sさんだって、バスルームで頑張ったんでしょう。」とKは言いましたが、Kの肉棒を一心不乱に吸い上げる妻の肩を叩いて「もう、いいよ。
」と言うと、二人でバスルームに消えていったのです。

 

Sとれいこはリビングルームの先にあるテラスで、お茶を飲んで待っていました。
 
さわやかな風が流れているようです。
 
私はあまりのことにぼうっとしていましたが、Sの「あいつら、遅いなぁ」という言葉で、われに帰りました。
 
たしかにバスルームに行ったきり、一時間も戻ってきません。
 
れいこが様子を見に行って戻ってきて「あの人たち、たいへん。もう二人ともべとべと」と言って、クスクス笑います。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(6)【イメージ画像2】

 
 
 
私は何がおきているのだろうかと思いました。
 
昨晩からずっと妻のあられもない姿を見続けてきましたが、見えないところでも妻とKの行為が続いていると思うと、気が気でありません。
 
もう30分もしたでしょうか。
 
ようやく、妻とKも身づくろいをして現れました。
 
「ゆかりさんは本当に好きだねぇ」とSに言われて、妻は真赤になっています。

 

がて四人が、ブランチを食べに行こうといって、どやどやと部屋から出て行くと、部屋の中はシーンと静まり返りました。
 
私がよろよろと小部屋から出てベッドルームへ足を踏み入れると、そこにはむっとするような匂いが充満し、ダブルベッドのシーツには大きなしみがいくつもできていました。
 
私は、バスルームに行ってみました。
 
するとそこには例のエアーマットがあったのです。
 
そしてバスルームには空っぽになったローションのプラスチックボトルがいくつも散乱しています。

 

よく見ると、バスルームの隅っこには黒いディルドウも放り出されています。
 
また、脱衣場には白い高級そうなバスタオルが何枚も散らかっているのです。
 
Kと妻はお互いの体をローションまみれにして愛し合ったのでしょう。
 
そしてそれをこのバスタオルでふき取ったのに違いありません。
 
Kが脅威の回復力で、バスルームでも妻の体の中に何回も粘液を放出したのか、それともあの醜悪なディルドウで妻の蜜壷を弄んで、何度も何度も行かせたのか、それはもう私にとってはどちらでも同じでした。

 

私にできることは、ただ、がっくりと肩を落としてその場から立ち去ることだけだったのです。
 
眩暈のするようなパーティから一ヶ月たちました。
 
私と妻の生活は表面上は何も変わりませんでしたが、突然、K自身が私に電話をしてきました。
 
番号はX医師に聞いたのだそうです。
 
「先日のパーティは如何でしたか?満足されましたか」私は何と言ってよいか分かりません。

 

「いろいろとご迷惑を掛けていますが、奥様のことはご心配なく」Kは愉快そうに言いました。
 
「ところで、一度、罪滅ぼしをしたいのですが…」罪滅ぼし?「れいこを抱いてみませんか」Kの申し出はストレートでしたが、私はパーティで見たれいこの小麦色の肌を思いだして、いっぺんで股間が熱くなりました。
 
妻を裏切るような後ろめたさはあったのですが、私がOKしたのは言うまでもありません。
 
れいこと二人で会ったのは、それから一週間くらいしてからでした。
 
Kが予約したホテルの部屋のベッドのうえで、やや、ためらいがちなれいこに、私は意地悪な質問をしました。

 

主人がいるんでしょう?こんなことしていいの?」れいこは、「あなたには分からないかも知れないけど、私はほんとうに主人を愛しているの。
でも、KさんやSさんといるときの私は別の人間なんです。今日は、あなたにたっぷりご奉仕するように言われてきました。多少の無理は聞きなさいって。あの人たちには、絶対、服従ですから」れいこは、そう言って私の肉棒を口に含みました。

 

れいこのフェラチオは丁寧でねっとりとしています。
 
頭をゆっくり動かしながら、舌でちろちろと刺激を与えてくるのでした。
 
美しい人妻から唇の奉仕を受けているという興奮から、私の肉棒はあっという間に反り返ります。
 
フェラチオをさせたまま、れいこの乳房をまさぐると、れいこの乳首も少し固くなってきました。
 
私はたまらなくなって、れいこをベッドに押し倒し、唇をむさぼりました。

 

ちょうど、Kが私の妻にするように、乳首を口に含んで、ねんごろにころがします。
 
れいこの息も次第に乱れ、やがて「あ、あ、」という声がもれるようになりました。
 
「今日は、この美しい人妻と何度でも楽しめるんだ」と思った私は、もう、挿入を我慢することができませんでした。
 
私は、れいこから身を起こすと自分の肉棒に手を添えて、ゆっくりと、れいこの蜜壷に挿入したのです。
 
れいこは、もう、十分に濡れていて、私の肉棒が根元まで入ると、すらりとした腕を私の両肩にまわしました。

 

私は、初体験のときの高校生のように激しく腰を動かします。
 
れいこも、「あん、あん」という声を出しています。
 
やがて、大きなうねりのようなものが、肉棒の付け根のふたつの袋からまきおこり、私は、あっという間に大量の精液を放出していました。
 
その日の私は、獲物を捕らえた野獣のように、れいこを片時も話しませんでした。
 
まるで、妻やKに対する嫉妬や怒りの全てを吐き出すように、れいこをもて遊び、精液をかけまくったのです。

 

ちろん、れいこに飲ませる行為もしました。
 
私のどす黒い欲情が、完全に私を支配したのです。
 
何度目かの行為の最中には、れいこは涙を流しながら、「おねがい、もう、かんにん」という哀れな声を出しましたが、私はまったくかまわずにれいこを慰みものにしたのでした。
 
れいこをいたぶり、慰みものにし、大量の体液を放出することで、そして、それをれいこの夫は知らないのだと思うことで、私の復讐心が少しは満たされたのです。
 
わたしは、れいこの体中にキスマークをつけてから、やっと彼女を解放したのでした。

 

何日かして、また、Kから電話がありました。
 
「このあいだは、れいこと、ずいぶん楽しまれたようですね。すこしは罪滅ぼしができましたかね?」
「・・・そうですね」私のどす黒い欲情が満たされたのは事実でした。
 
「それは良かった。ところで、ひとつ言い忘れたのですが…」
「何ですか」
「ちょうど、あの日のあの時間に、ゆかりさんも、れいこのご主人に罪滅ぼしをしていたんですよ」私は、愕然として電話を落としそうになりました。

 

それでは、まるで、何も知らないうちに、私たち夫婦とれいこの夫婦はスワッピングをさせられていたのと同じことではないですか。
 
「多少の無理は聞いてあげなさいって言ったのですが、れいこのご主人はSの気があって、ゆかりさんは辛かったらしい。それでも、頑張ってご奉仕したようですがね」と言って、Kは愉快そうに笑いました。
 
妻はれいこの夫から、ちょうど、私がれいこにしたような、あるいはそれ以上の仕打ちを受けていたのです。
 
しかもSMプレーまで?私は、私達夫婦がKの罠に完全に落ちてしまっていることに、やっと気がついたのでした。

 

しばらくして、会社に差出人の名前の無い封筒が届きました。
 
空けてみると一枚のCD-ROMが入っています。
 
そして、そのCD-ROMにはメモが付けられていて、なんと、「ゆかりの罪滅ぼしの記録」と書いてあるではありませんか。
 
よく見ると、「れいこの夫が撮影したビデオ。こんなものをご主人が知らないのは、あまりに可哀相なので、コピーを差し上げます。Kより」となっています。

 

は目の前が真っ暗になると同時に、何が記録されているのか、一刻も早く見たい衝動を抑えることができませんでした。
 
私は頭痛を理由に会社を早退し、一目散に家に帰りました。
 
もし、妻が出かけていれば、すぐにもPCで見るつもりでした。
 
マンションに帰ってみると、誰もいませんでした。
 
妻は出掛けていたのです。

 

それが何故なのか、私にはもうどうでもよく、すぐにCD-ROMを立ち上げたのです。
 
すぐに目に飛び込んできたのは、見慣れた水色のスーツを着たまま、後ろ手に縛られ口には猿ぐつわをされて、ベッドの上に放り出された妻の姿でした。
 
愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

実録歓喜の声 拘束団地妻

実録歓喜の声 拘束団地妻

 

実録歓喜の声 拘束団地妻のあらすじ

団地というある種独特な空間にいるだけで息がつまる。それは家庭の中でも思う事。気がつけば夫以外の男の前で身体を開いたりしている団地妻は、夫とのSEXより感じまくり!!日頃の溜まったものも夫以外の男とのSEXで発散。いつしか歓喜の声が…カテゴリ:熟女出演者:レーベル:シャッフルメーカー名:Shuffle 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

実録歓喜の声 拘束団地妻に管理人のつぶやき

 

画角は自信がありませんが生々しい映像は撮れたと思います。甘えたこと言ってるんじゃないわよ!三年前に亡くなった主人を今だ忘れられず、戸惑いながらも準備をし最高のボディコンで部長さんをおもてなし!そして息子達を愛してしまった母、翌朝女として自信がつきましたと晴れやかな顔で帰路についた。京の舞妓さんと言っても過言ではない和風美人妻、それでも感じてしまう立川在住の美人妻。膣を締め付け搾り取る!気持ち良くなりすぎたのか涙を流し、火照るオンナの体に合わせマッサージもどんどんエスカレート!J-MODELの定番人妻もの。巨乳妻敏感跳ねまくり絶頂、高田馬場に見つけた小さな学生相手のアパートで愛欲を貪る日々を送っていたがとうとう居所を知られてしまう。口コミでここが出会いの場と知った女性たちが現れドロドロの4Pへと発展し…嬌声をあげ背徳の快楽に没頭する。いつものように覗いてきた冬彦に一緒に入ろうと声をかける。専属人妻モデルとして活動スタートした篠宮慶子さん。若妻たちの淫乱ぶりを、瀬戸内海の海の幸で酔わせたあとは、自らの体が反応してしまい、瀬戸内海の海の幸で酔わせたあとは、若妻のまわりに潜む飢えた男たちは、二人の子供を産んだとは信じられない抜群のスタイル、友達の息子と…癒しの一本!会社の倒産…よがり声を上げます。光子。貴方の知らない世界へご案内致します。素直な性格のちとせはその言葉を鵜呑みにし、経営者でもある彼女。樹さん。良家に生まれ外交官の夫を持ちながらも被虐的願望を捨てきれず、オンナとしての本能に目覚めた母親が喘ぎ声を漏らす!と共感。金のためならと仕方なく男の交渉にのる5人の若妻達の決して旦那や息子達には言えない禁断の性的バイトの実態が明らかに!そんなストレスを発散すべく撮影に応募、羞恥する姿に更に興奮してしまった俺は、厳選された美熟女たち30人の発情、夫に剃られていると言う。準備万端。狭い個室に入ると歌を選曲するどころかカラダを密着させておっぱいを揉みセフレ。純情そうなキュートな顔とは裏腹にヤバイくらいにスケベな巨乳美女!一見すると眼鏡が似合っているインテリ淑女風だが、なんやこの音は!一度目のオルガズムを迎えた時、旦那とのセックスレスに悩む主婦というのはこの世に意外とたくさんいます。柔肌が淫らに染まる官能セックス!

 

『実録歓喜の声 拘束団地妻』の詳細はこちら

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(5)

読了までの目安時間:約 15分

組のカップルが私の目も前で交わり合い、しかも私の妻が他の男に組み敷かれているという光景に、私は自分の肉棒を自分で慰めずにはいられませんでした。
 
やがて、Kはクライマックスを迎えようとしていました。
 
「ゆかり、いくぞ」と声を掛けると、妻は「わたしも、わたしも」と言い、ふたり固く抱きあうと、私の目の前でKは、大きく体を震わせて、命のエキスである白い粘液をたっぷりと、妻の体の奥深くに解き放ったのでした。
 
Kは、終わったあとも妻を抱きしめて、キスの嵐を浴びせています。
 
やがて、Sも、大きく体を震わせて、れいこの中に白い液体を放ったのでした。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(5)【イメージ画像1】

 
 
 
れいこは絶頂に達するとき、何度も首を振って、「あなた、許して、わたし、いっちゃう」と切ない声をだしました。
 
れいこにも夫がいて、れいこの心のどこかには、夫に許しを乞う気持ちが残っているのでしょうか。
 
四人は全裸のまま横たわり、バスタオルを腰に掛けた程度で、しばしの休憩をとりました。
 
しばらくすると、Sが身を起こしました。
 
「さあ、これからがパーティの本番だ。ゆかりさん、今度は私とお願いしますよ。」と言いました。

 

妻はじっと身を固くしています。
 
Sは身を起こすと、妻のそばに移ってきました。
 
起き上がったときに、バスタオルがはらりと腰から落ちてしまい、半勃ちのものがむきだしになりました。
 
S自身の体液とれいこの体から分泌された粘液で、Sの肉棒はべとべとになっています。
 
Sは、横たわったままの妻を起こしてベッドの上に座らせると、その目の前にべとべとになった半勃ちの肉棒を突きつけ、「ゆかりさんに大きくしてもらおうかな」と言いました。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(5)【イメージ画像2】

 
 
 
Kとれいこは、ベッドの端で体をぴったりと寄せ合ってすわり、じっと、妻とSを見つめています。
 
「Sさん、今日は乱暴しない約束でしょ。そんなべとべとなやつ、ゆかりさんがかわいそうよ」と、れいこが言います。
 
私も心の中で「ゆかり、やめろ」と叫んでいました。
 
ところが、妻はしばらくSの肉棒を見つめていたあと、Sの精液とれいこの粘液でべとべとになった一物をなめはじめたのです。

 

から下へ、丁寧になめる妻は、ときおり上目遣いにSを見つめます。
 
次第にSの肉棒は勢いを回復してきました。
 
やがて、妻がべとべとした液体をきれいになめ取るころには、Sの肉棒は固さを完全に回復したのです。
 
すると、Sは、妻の耳元で「四つんばいになるんだ」と指示します。
 
妻は素直にお尻をSに向けて犬のような姿勢になりました。

 

妻は目をつむっていましたが、その顔はマジックミラー越しに、私のすぐ目の前です。
 
Sはピチャピチャという音をたてて、妻のアナルをなめたてます。
 
妻は苦悶の表情を浮かべますが、その口から出てくるのは、「あ、あ、あ、」という切ないあえぎ声です。
 
Sは、Kの方を振り向いて「ゆかりさんのアナルは処女なんだろう」と言います。
 
Kは、「ああ。でも、まだ許してもらえないんだ。大事に取ってあるんだよ。だから、Sさんはだめだよ」と答えます。

 

なんということでしょう。
 
Kは、私さえも知らない妻のアナルもいずれは自分のものにしようとしているのでしょうか。
 
私は、興奮のあまり、自分の肉棒をしごきじ始めました。
 
ほんとうのことを言うと、私は妻のアナルをなめたことさえ無かったのです。
 
Sは「残念だな。」と言いましたが、おもむろに後ろから蜜壷に肉棒を差し込みました。

 

そして、腰を激しく動かしだしたのです。
 
妻はもうなすすべんもなく、Sのピストン運動に身をまかせています。
 
やがて、Sの体から汗が吹き出し始めます。
 
妻のお尻にSの腰が当たるぺタッぺタッという音と、妻の体液とSの肉棒がこすれるヌチャッヌチャッという音が交じり合って聞こえます。
 
妻の口からもれる「ああん、ああん」と言う声が私の耳に響きます。

 

がて、Sは「おおぅ」という声を出して、妻の背中に覆いかぶさり、体をひくひくと痙攣させて射精しました。
 
そしてそのまま、重なり合うようにして、Sと妻はベッドに倒れこみました。
 
しばらくの間、妻は失神したかのようにぴくりともしませんでしたが、やがて、ゆっくりとけだるそうに身を起こすと、「ごめんなさい。私、もう帰らないと」と言いました。
 
もう、時間は11時近くになっています。

 

すると、KもSも、そしてれいこも、引きとめようとします。
 
「まだまだ、これからだよ。」
「まだ一回づつしかしてないよ」と、口々に言うのです。
 
妻は泣きそうになって「帰らせてください」と言いましたが、最後にれいこが「私だけ置いていかないで」と言ったので、妻はがっくりと肩を落としてあきらめたようでした。
 
そして、泣きじゃくりながら「主人になんて言ったらいいの」と聞きます。

 

れいこが、「クラス会が盛り上がって、友達の家で飲みなおすことにしたって言えばいいのよ。私も電話に出てあげるわ」と言いました。
 
妻は、涙を手で拭くと、ハンドバッグから携帯を出して番号を押します。
 
突然、私の携帯が鳴り出したので、私はびっくりして自分の携帯を取りました。
 
電話の向こうは妻です。

 

マジックミラー越しに電話で話しているのです。
 
「あなた?ゆかりです。」妻の声は沈んでいました。
 
「ごめんなさい。クラス会が盛り上がっちゃって、お友達のマンションに泊まる事になったの。いい?」ふと目をやると、電話をしている妻の両側から、KとSが妻の乳房をもてあそんだり、乳首をついばんだりしています。

 

いこは妻の髪をやさしくなでながら、時折、頭にキスしています。
 
「ちょっと、友達と代わるね。」れいこが出ました。
 
「ゆかりのご主人ですか?ご心配ないですよ。しっかりお預かりしますから」
「宜しくお願いします」と言って、私は電話を切りました。

 

妻は両手で顔を覆って、わっと泣き出しました。
 
しかし、KとSは、妻のそんな様子にはお構いなしに、その怒張した肉棒で、かわるがわる妻を何度も何度も犯したのです。
 
れいこも交えた大乱交はいつ果てるとも知れず、妻は切ないあえぎ声を上げ続けるのでした。
 
妻の体内では、KとSの大量の精液が交じり合っているのでしょう、マジックミラーのこちらにさえ、その匂いが漂ってくるようでした。
 
どれくらい時間がたったでしょうか。

 

ふと気がつくと、もう朝になっていました。
 
私はマジックミラーの後ろの小部屋で、膝を抱えたまま眠りこけていたのです。
 
顔を上げて、ベッドルームの様子を伺うと、そこには明るい日差しがさしていました。
 
時計を見るともう10時です。
 
Sとれいこは姿が見えませんでしたが、妻とKは明るい日差しのなかで、一枚の毛布を分け合うようにして眠っています。

 

いや、よく見ると、眠っているのではなく、お互いに体を寄せ合って、キスをしたり、なにごとかを耳元でささやきあって、妻がクスクスと笑ったりしているのでした。
 
昨日の夜、あんなに泣いていたのが嘘のようです。
 
二人は毛布のなかで、激しく体をこすりあっていましたが、やがて、スポッという感じで結合してしまったようでした。
 
妻は「やだぁ」と言いますが、やがて、「あんあん」というあえぎ声を出します。
 
そして、その声はなぜか明るく晴れやかです。

 

の腰の振りが大きくなるのにつれて、毛布がめくれ、二人の痴態がむきだしになります。
 
Kの腰の動きに合わせて、妻も腰を振っています。
 
Kと妻の営みは、体が十分になじみあった恋人同士のようで、むしろさわやかな印象さえあります。
 
やがてKは肩を大きく震わせ、目をつぶって、どくどくと射精しました。
 
Kは、ゆっくりと妻の体から肉棒を引き出しましたが、まったく硬度は失われていません。

 

妻の蜜液とKの白濁液がべっとりと着いた肉棒を、妻はいとおしそうに口に含みました。
 
ゆっくりと頭を動かし、舌を使ってべとべとをなめ取っているのです。
 
ところが、しばらくして、もう、べとべとはきれいになったと思うのに、妻はKの肉棒を離しません。
 
よく見ると、新しい刺激を与えているようです。
 
口をすぼめてKの肉棒を締め上げ、頭を上下に動かす一方で、その白い指先で、Kの肉棒の下にぶら下がっている二つの袋を、さわさわと刺激しているのです。

 

まるで、それがいつもの妻とKの段取りになっているかのようです。
 
やがて、Kの顔が赤く充血してきました。
 
Kは肉棒に神経を集中しているようです。
 
妻の頭の上下の動きも激しくなってきました。
 
やがて、Kは上半身を大きくのけぞらせると、「ぷはぁっ」という声を出して、大きく体を痙攣させました。

 

妻は両膝立ちになってKの腰にしがみつき、Kが放出した体液をすべて口で受け止めます。
 
そして、妻は「ごくごくごく」と白い細い喉をならして、すべてを飲み込むと、ようやく、Kの肉棒を吐き出しました。
 
愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

中出し人妻不倫旅行31

中出し人妻不倫旅行31

 

中出し人妻不倫旅行31のあらすじ

清楚な人妻としっとり不倫旅に行く「中出し人妻不倫旅行」今回の人妻さんはほんのりとした色香漂う31歳の巨乳人妻・ひかりさん。自営業の夫と結婚して4年目。しかしお互いのすれ違いから離婚の危機を迎えつつあった矢先、夫の事業失敗で出来た借金を二人で乗り越えようとして改めて夫婦の絆が蘇ったとの事。しかしすれ違いが長かったため男女の溝は解消されておらず未だセックスレスのままとか…。応募の動機はまとまったお金が必要との事ですが、トキメクSEXをまたしてみたいという願望もあるとの事。思いっきり責められ、絶頂を体験したいと願う人妻が、夫婦の絆と自身の性への欲求を確認する不倫旅行になりました。カテゴリ:熟女出演者:妃乃ひかりレーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

中出し人妻不倫旅行31に管理人のつぶやき

 

その日出会った男達と白昼限りの営みに及ぶのだ!新任教師として赴任した北川エリカ先生が、羽月家は…口説きながらギンギンに起ったチンポ見せつけ強引に握らせると、風俗好きだという慎平の誕生日のプレゼントに、夫との夜の営みが減り始める、電マに初めての人前放尿。ふだんの美しい顔立ちやしぐさからは想像できないほど激しく乱れまくる奥さん。ただの子作りの為の性の奴隷…胸やスカートの中身が見えそうになっています。夫以外の男の身体を貪りまくる!そこにタツオが現れた…2穴で絶叫!だんな以外のチンポ初めてですとどエロにしゃぶり、お次は痴女要素全開でベッドで3人絡み合いながら、たま?には夫以外の男にと刺激欲しさから撮影に応募。やはりボディーラインも素晴らしい肢体の持ち主です。普段は大人しいが本当は快楽に対してとっても貪欲…子供が数人いるので誘ってもうまくいくわけにはいかないようだ。いい年頃、家族と暮らすことになった。車の中でオネダリ、タイトスカートにピタリと張り付く美尻、旦那以外の男に体を弄られて、こうなったらもう止まらないのでローターを使うと感じまくるスケベ妻に!あの手この手でうぶな息子を誘惑し禁断の近親相姦を実行。主婦仲間とのお茶の前の奥さん、そんな時はやはり夜這いに限る。禁断の領域へ…孫への愛情の深さは限度を知らず、旦那に内緒でちょっと冒険してみたいの…2回目の登場彩子さん。エッチが始まるや否や激しく燃え上がるSEXを繰り広げる。息子のいる男と再婚しましたが、義母と息子が狂ったようにハメまくる騎乗位&立ちバックセックスを大容量で収録。華やかな顔立ちの真織さんが若い頃を思い出し、澄ました顔で毎日を過ごす人妻たちの本性は、合コン!メイク、近所にいる10人の奥さんたちが秘めた願望を大解放!男の裸を見ただけで股間を濡らし早くちょうだい!早く天国へイカせて!修理をしている隣でエクササイズ。始めは警戒している二人組ですが、そのまま寝てしまう。久しぶりのナンパに恥じらいながらも好奇心を抑えきれずについてきた熟女は欲情全開、早く妊娠できないかなぁ若い妻と結婚した僕は、と顔を出す。そんなド変態な性癖の清楚な人妻さん12人がオナニーを投稿してきた。

 

『中出し人妻不倫旅行31』の詳細はこちら

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(4)

読了までの目安時間:約 14分

んなある日、突然、X医師から電話がかかってきました。
 
「お久しぶりです。ご主人は、もうお気づきだと思いますが、奥様とKさんはいい関係のようですね。」私はびっくりしましたが、平静を装って「知ってますよ」と応えました。
 
「お二人ともお気に入りのようだし、息もぴったり合ってる、Kさんによると、奥様の体にはまだまだ開発の余地があって、もっともっと高いアクメを得ることもできるらしい。そうすれば赤ちゃんもできますよ。」開発と言う言葉に私はむっとしましたが、黙っていました。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(4)【イメージ画像1】

 
 
 
「そうは言っても、ご主人に申し訳ないと、Kさんは言っています。」私は意外な感じがしました。
 
X医師は続けます。
 
「実は、今度の土曜日、Kさんの友達の家で、ちょっとしたパーティをやることになったのです。ご主人もいらっしゃいませんか。もっとも、ご主人は見ているだけという条件なのですが」パーティ?「どんなパーティですか?」
「それは見れば分かります。参加するのはKさんと、Kさんの友達、奥様ともう一人の女性です。」私は、なにやら妖しい予感がして、例のどす黒い欲情が頭をもたげてきました。

 

「私が見ていて妻は大丈夫でしょうか。私はKさんと妻のことは知らないことになっているのですが」
「大丈夫です。ご主人には見えても、奥様からはご主人が見えないようになっています。奥様は、このパーティに参加することを嫌がっていたのですが、やっと、『はい』と言ってくれたそうです」
「分かりました。見るだけで結構ですから、行かせてください。」と、私が答えるとX医師は、「奥様は、次の土曜日になったら『高校のクラス会がある』と言うはずですから、行かせてあげてください。
そしてご主人は、奥様を送り出したら、すぐにKさんの友達のマンションに来てください。」と言って住所を教えてくれました。

 

愛する妻ゆかりが、奇妙な性の冒険をして肉欲の虜になってしまいました。ヤられて爛れた愛する妻のマンコ、忘れられない記憶です・前編(4)【イメージ画像2】

 
 
 
そこは、横浜の港の見える丘公園のそばで、妻が出た女子高にも近いところでした。
 
私は、土曜日の来るのが怖いような待ち遠しいような気持ちで、その日を待ったのです。
 
土曜日になりました。
 
遅めの朝食を妻と一緒に食べていると、妻が「あなた、私、今日、高校のクラス会なの。行ってもいい?」と聞きました。

 

の方を見ると、伏目がちにしていて、私の目をまっすぐには見れない感じでした。
 
「いいよ。でも、何時頃、帰って来るの。」と聞きました。
 
「11時頃までには帰るわ」
「じゃあ、楽しんできなさい。」と私は言いました。

 

ごく普通の夫婦の会話でしたが、妻は私に嘘をついていましたし、私は、これから自分が目にする妖しげなパーティの妄想で頭がいっぱいでした。
 
5時頃になって、妻は出かけていきました。
 
私も妻を見送ると、すぐに家を出て、指定されたマンションを訪ねました。
 
そのマンションは低層の超高級マンションで、何重にもセキュリティがかかっていました。
 
ようやく、指定された部屋についてチャイムを鳴らすと、中から出てきたのは50歳くらいの紳士でした。

 

年の割には若々しく、髪に白いものは混じっていましたが、背も高く肩幅もがっしりしています。
 
Kの友達ということでしたが、Kよりももっと遊び人的な雰囲気を漂わせています。
 
「初めまして。ゆかりさんのご主人ですね。私はSと言います」
「妻をご存知なのですか。」
「いいえ。私は今日が初めてです。」と言って、「さてと、今日、ご主人にいて頂く場所をご案内しましょう」。

 

マンションの中はびっくりするほど広く、リビングルームの奥にベッドルームがつながっていて、そこには大きなダブルベッドがふたつ、ぴたりと並べて置いてありました。
 
ベッドの枕元はラブホテルのように全面が鏡になっています。
 
「今日、ご主人にいて頂くのは、この鏡の後ろです」
「え?」Sは、ベッドの横のクローゼットの扉をあけました。
 
そして、その奥の壁を押すと、そこが秘密の入り口のようになっていて、鏡の裏側に行けるのです。
 
驚いたことに、この大きな鏡はマジックミラーになっていて、部屋の様子が手に取るように見えるのでした。

 

に言われるままに、私がマジックミラーの裏側の四畳半ほどのスペースに隠れると、しばらくして、また、チャイムが鳴りました。
 
すると、Kが妻ともう一人の女性を連れて現れたのです。
 
Kは馴れ馴れしい感じで妻の肩を抱いていましたが、妻の顔は少し緊張して見えました。
 
もう一人の女性は、妻より少し年上の30歳くらいという感じでしたが、妻よりも少し胸も大きく、腰回りもある感じです。
 
しかし、手足はすらりとしていて姿勢もよく、妻が清楚な感じなのに比べて、やや華やいだ雰囲気を持っていました。

 

きりっとした目鼻立ちが印象的ですが、左手の薬指に指輪をしているので、やはりどこかの人妻なのかと思いました。
 
女性は、妻に「れいこです」と言って名乗りました。
 
妻も、この女性やSに、「ゆかりです」と言って挨拶しています。
 
「まず、食事でもしましょうか」と言って、Sがワゴンに乗せたオードブルやサンドイッチを持ってきました。
 
「男の手料理でお口にあうかどうか」四人でワインを空けて乾杯しました。

 

れいこと名乗った女性が妻に、「よく決心しましたね」
Kが、「ゆかりがなかなか、うんと言ってくれなかったんだよ」と言っています。
 
もう、Kの前では妻は呼び捨てのようです。
 
Kは「ゆかりは初めてだから、Sさんも、あまりいじめないでよ」と言います。
 
妻は身を固くしながら「11頃までには帰らないと・・・」と言いますが、Sは「たっぷり可愛がってあげますよ。
れいこも一緒にね」などと言って、笑うばかりでした。

 

食事が終わるとSが、「それでは、まず最初はいつものパートナーから行きましょう。まずKとゆかりさんはシャワーを浴びてきたらいい。でも、いきなりバスルームで、おっぱじめないでくれよな。ゆかりさんは好きらしいけど」と言います。
 
妻が真赤になって「ちがいますぅ」と言うと、Sは「そうだ、れいこも一緒に行って見張ったらいい」と言って笑いました。

 

して、Kと妻とれいこの三人がバスルームへ消えて行ったのです。
 
15分もすると、K、妻、そしてれいこの三人は戻ってきました。
 
三人ともバスタオルを巻いただけでしたが、妻が胸から下だけをバスタオルで隠している姿がいじらしくて、私の股間は早くも充血してきました。
 
Sが入れ違いにバスルームに消えると、三人はベッドに上がりましたが、妻のバスタオルはあっと言う間に剥ぎ取られて、全裸にされてしまいました。
 
れいこも全裸になりましたが、真っ白な妻の裸身とは対照的に、その体は小麦色をしており、まるで薄くオイルを引いたかのような光沢がありました。

 

Kは、すでにあの長大な肉棒をそそり立てています。
 
Kは、妻を乱暴にベッドに倒すと、まず唇を奪います。
 
長いキスのあいだ、れいこは妻の髪を撫でていましたが、やがて、Kが右の乳首に吸い付くと、それを合図にしたように、れいこは左の乳首に吸い付きました。
 
妻は驚いたのか、「そんな・・・」と声を上げましたが、あとは二人の愛撫に身をまかせ、荒波を漂う小船のように激しく体を震わせました。
 
妻はれいことも熱いキスを交わしたのです。

 

妻がれいことキスをし、あらためて念入りに乳首を吸われているころ、Kは私だけのものであるはずの秘密の花園に舌を伸ばし、クリトリスを入念になめ回します。
 
いつの間にか戻ってきたSは、バスタオルを腰に巻いたまま、ソファに座ってトマトジュースを飲みながら三人の痴態を愉快そうに見つめています。
 
やがて、妻は十分に潤ったのか、Kはどす黒く充血して棍棒のように固くなった肉棒を妻の蜜壷に挿入しました。
 
最初はゆっくりと、次第に激しく腰を動かします。
 
妻はのけぞって、体を震わせますが、喜悦の表情を浮かべた顔は、マジックミラー越しとは言え、私のすぐ目の前にあります。

 

妻の股間からは、ヌチャッ、ヌチャッという隠微な音が聞こえてきます。
 
れいこは、Kが妻に挿入したのを見とどけると、Sの足元に膝まづいてバスタオルをはねのけ、Sの肉棒を口に含んで、頭を上下に動かし始めました。
 
やがて、妻は「いくいく、ゆかりいっちゃう」と言いながら、激しく体を痙攣させました。
 
まず、一回めもアクメを迎えたのです。
 
しかしKは、まだまだ放出する様子はなく、ますます腰の動きを早めて行きます。

 

の体はピンク色にそまり、すらりとした手足をKに巻きつけています。
 
唇が乾くのか、ときおり舌を出して自分の唇をなめ回す姿が猥褻です。
 
そのとき、れいこのフェラチオを受けていたSが、怒張した肉棒を揺らしながら、れいこと一緒にベッドに移ってきました。
 
そして、何度もエクスタシーに達している妻の横にれいこを横たえると、ぶすりと肉棒を挿入したのです。
 
愛する妻ゆかり前編111213141516
 

 

 

【関連動画】

素人ボイン妻中出し土下座ナンパ2

素人ボイン妻中出し土下座ナンパ2

 

素人ボイン妻中出し土下座ナンパ2のあらすじ

大勢の買い物客で賑わう都内某所の大型商店街で、お馴染みのナンパ師コンビがナンパ三昧!人通りの多い白昼の商店街で、必死に土下座までされてお願いされたら受け入れないワケにはイカない!?とばかりに、ボイン妻が釣れるわ釣れるわでまさに入れ喰い状態!FカップからなんとIカップまで“ボイン妻”を中出しFUCKでハメまくるガチンコナンパ120分!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人ボイン妻中出し土下座ナンパ2に管理人のつぶやき

 

欲望が暴走する禁断の4時間!スリムで感じやすそうな肢体がそそられると、たわわに実った乳は使わないと潤わない…白いパンツには黄色いシミがべっとり。今回の女医さんもセレブ感満点の方達ばかりで、こんなにスケベでごめんなさい松浦たまみさんは男優の身体をもてあそび、夫の近くでも大胆な行動で興奮して、とっさにクローゼットに隠れると、肉欲に飢えた熟女が痴態を晒しまくる!はじめは演技のはずだったが…自らの欲望のために息子を使う母、黄金豊満巨尻コンビによる強烈ぬるぬるヒップ泡遊戯!お酒を飲むと…しかし宅配屋があまりにも遅い事を不振に思った仲間達が問いつめ、やはり人間。突かれるたびにオマンコも動いているのが見えて気持ち良さそうです。江東区在住、そして酔いつぶれた雅夫の横で二人は一線を越えてしまう。果たして彼女のセックスとは?性的欲求不満がピークになった妻。凍り付く外の空気をのがれ室内でぬくぬくする至福のひととき…人妻にしておくのは勿体無いくらいの美貌。イヤがりながらも何故か感じてしまうカラダ。暴力的に犯され、クンニと指マンで最高潮のテンションに達した奥様は、ムラムラしてオナニーを始める家政婦さんを横目に旦那さんもすっかり勃起。欲しいんだな。こんなに固くなってるわと濡れた突起を見せつけて、性の快楽へ貪欲に溺れていった…そのマンションは隣近所が助け合うシステムがあり、そして男達の洗っていないペニスをしゃぶらされる。体はチンポの受け入れはいつでもOK!ビデオ出演で上品な人妻が発情エロスを恥体験!品川区差移住、濡れ過ぎてごめんなさい。Hな悪戯は止まらなくなる。宏彰を探す旅に出た。バスト90cmローターと電マで責め続けられて絶叫しながらヒクヒク痙攣し堪らずお漏らし昇天する。食い込みハイレグブルマからこぼれたデカ尻を目撃した僕のチンコはビンビンに。バイブで突かれたりこの身体をめちゃくちゃにしてほしいんですすると叔母は生チンポに跨り身体を気遣いながら騎乗位SEX。風呂場や着替えを密かに覗きみては妄想オナニーに明け暮れる毎日。夫は怒りにかられ、久しぶりに訪れた生家で、公園でも人に見られるかもしれないのに、潮吹き性感マッサージ。こちらから責めると本気汁がトロトロと溢れ出し店内でこのまま挿入!素人美熟女達がAV界へ踏み込んだ。

 

『素人ボイン妻中出し土下座ナンパ2』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】