告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

昔寝取られた女を寝取り返してやった!結局のとこ誰にでもおまんこ開く尻軽オンナなわけだが、そのぶんアッチは半端ない

読了までの目安時間:約 18分

会社に派遣で来たK子は美人でスタイルがよく、モロ俺好みだった。
 
同僚Tに言うと「えーあんなやつどこがいいんだ?」と全く相手にしない。
 
確かに美人だけど男に対してガードが堅い雰囲気があってどことなくすました感じ。
 
噂ではお嬢様育ちで男性経験なしとの情報も。
 
そりゃハードル高いわ。

 

昔寝取られた女を寝取り返してやった!結局のとこ誰にでもおまんこ開く尻軽オンナなわけだが、そのぶんアッチは半端ない【イメージ画像1】

 
 
 
でもやたら美人だったのであきらめるのはもったいないとおもた。
 
「俺アタックしてみるわー」
というと「どうぞおすきに」というスタンスだった。
 
なので最初はTや中の良かったM子などを含むグループでカラオケやライブなどを企画。
 
半年くらいでうちとけ、K子もなんとなく気のあるようなそぶりが見られたた所で個人的に呼び出してついに告白。
 
「告白してくれたのはうれしいけどそんな風に考えた事がなかったから。あなたと急にそんな関係にならなくてもいいと思うから友達のままでいてね。」と拒否されてしまった。

 

同僚Tに「だめだったわー」
と言うと「そうだろ、あんなやつ自分が美人と思ってるだろ。顔も普通で金持ちでもないおまえなんか釣り合わないと思われてるんだよ。」と言われた。
 
ま普通にグループで遊ぶのはかまわないらしいので、恥をしのんでそれからも複数で遊んだ。
 
それからさらに半年後、俺は転勤になり遠くの支店に移った。

 

昔寝取られた女を寝取り返してやった!結局のとこ誰にでもおまんこ開く尻軽オンナなわけだが、そのぶんアッチは半端ない【イメージ画像2】

 
 
 
そこにいた事務のA子は顔は普通だがやたら気立てが良く健気な子だった。
 
つぎのバレンタインにA子から逆告白された。
 
真剣に俺に惚れていてなんと処女を捧げてくれた。
 
処女だけに中はせまく、お互いの感じる部分もぴったりのようで、逝くタイミングも似ていた。
 
そして1年後結婚。

 

う昔の事は忘れていた。
 
そのちょっと前風の便りにK子が他社に移ったと聞く。
 
俺とA子が結婚して1年程してかつて同僚だったTからの年賀状に「結婚しました」の文字。
 
なんと相手はあのK子だった!頭が真っ白になる俺。
 
どいうこと?むちゃくちゃ腹が立った。

 

どうりで最近Tが連絡もしてこないはず。
 
俺のTへの友情はあえなく崩壊した。
 
俺はその晩妻のAをむちゃくちゃに抱いた。
 
タオルで手足を縛り嗚咽をあげるまで妻の口に俺を咥えさせ、喉の奥までつっこみ中に吐精した。
 
それでも濡れている妻の蜜壺に指をつっこみ激しく出し入れ。

 

俺はすぐに回復し自分を生で挿入。
 
足のタオルを外し両足首を手で持って足を持ち上げて広げ俺の肩に乗せると激しく出し入れした。
 
次にうつぶせに転がし突き出された尻を見ながらバックで激しい突きを繰り返す。
 
尻に爪を立てながら妻の奥深くに俺の精液を大量に流し込んだ。
 
妻は日頃やさしくセックスする俺がなぜ乱れるのかその理由も聞かずに耐えてくれていた。

 

結局その日(と思われる)セックスで妻は妊娠。
 
実家で出産ということになり出産育児のため4ヶ月程俺は一人暮らし。
 
毎晩のように妻と電話するが体はうずく。
 
独身時代を思い出してフーゾクでも行くか?と思っていたらなんとK子から電話。
 
友人の結婚式がこちらであったので電話したらしい。

 

こから聞いたか妻が不在なのも知っていた。
 
久々に会う約束をして出かける。
 
つもる話もあった。
 
以前の事を切り出す。
 
俺から告白された時、本当にうれしかったのだが、本当に男への警戒心が強く、つい断ってしまたという。

 

内心はOKだったがなんかがっついてるように見えた俺が怖くて「お友達」と言ってしまったのだ。
 
なんということ。
 
もっとゆっくり攻めればよかったのか!で、後悔して気落ちしているK子にさりげなく近寄ったのがかつての同僚Tだった。
 
ついついいろんな相談をしているうちに、うまいこと言われて、気がついてみたらTに身体を許していたという。
 
K子は噂どおりそれまで男に抱かれた事がなくTが初めての男だった。

 

遅くまで経験のなかったために却って一度目覚めてしまうとそのままずるずるとTと関係を続ける事に。
 
いつしか生でされることも当たり前になってしまって、そのスリルがやめられなくなって何度もそういう事が。
 
ということで行きつく先は当然妊娠だったという。
 
お堅い家に育ったK子は、そのままTと結婚することに。
 
逆玉のTにとってはラッキーづくめの展開だったろう。

 

そんな話を聞いていると妻から電話。
 
女の勘はするどい。
 
「高校のの同窓生と会ってる」と言い訳。
 
あとで家に電話するという。
 
ま、そうすれば夜に家にいなければならんしな。

 

K子とお互いのわだかまりを捨てると、あとはなにをするかは決まっていた。
 
A子を連れて我が家に戻る。
 
初めての包容。
 
「もっと自分の気持ちに素直になってれば良かったとK子。」まいいさ。

 

俺としてはK子を抱いて俺を裏切ったTに仕返しができればいい。
 
今の俺にとってはかつて抱けなかったK子の味見さえできれば、愛してるのは妻のA子だけだ。
 
できれば俺がK子を女にしたかったけどな。
 
それはもうしょうがない。
 
K子が服を脱ぎバスルームに入る。

 

少ししたころ、強引に俺も入る。
 
後ろからはがいじめにして胸をつかむ。
 
俺はその感触を堪能し十分に感じさせてからK子の前に仁王立ちになるK子をひざまづかせる。
 
K子は躊躇せず俺の硬くそそりたつ物を口にほおばる。
 
K子の頭を掴み無理やり押し込む。

 

K子は苦しそうにしながら俺を吸い込む。
 
息がつまるのか懇願するような目つきで俺を見上げた。
 
「おまえは本当はこれで女になるはずだったんだ。Tのような粗末なものでなりやがって。」とののしる。

 

子が苦しみでもう我慢できなくなりそうになってから押していた手を離す。
 
K子は深い息をついて顔を離す。
 
涙を浮かべながら「ごめんなさい。素直じゃなかったわ。」と謝る。

 

それから小さく「こんなに大きいなんて。」とつぶやく。
 
Tとは寮で風呂に入った時に見ていたので、あいつのがたいしたことないのは知っていた。
 
(ま、勃起時の大きさまではしらんけど)K子の手をバスタブにつかまらせて俺はしゃがんでK子の性器を鑑賞。
 
毛は思ったより多く清純な雰囲気ではなかった。

 

襞も大きめで外にはみ出していて(以前はどうだったかはしらないが)見た目は良くなかった。
 
「ま、中身は入れて見ないとわからないけどな」そう思って尻に手を添えて俺を生で挿入。
 
ニューとあっさりと入る。
 
K子の中がギューと絞めてきて「あ、大きい!」と声を出した。
 
「Tと比べて大きいか?」と聞いてやる。

 

「うん、大きい。」と勝手に喜んでいる。
 
俺はがっかりだった。
 
あきらかにA子よりゆるくて大味だった。
 
ま、4年越しの願望はかなえられたのでよしとしよう。

 

はK子の尻に出入りする俺を眺めながら律動を速めて行った。
 
K子は「おおっきい!おおっきい!」とうれしそうに声を出す。
 
ふん、Tの粗珍しか知らない不幸なやつめ。
 
俺はK子が達したかどうかなどまったく関せず、俺のタイミングで性感を高め、なにも言わずにだまってそのまま絶頂に上り詰めた。
 
K子の丸い尻に俺のものを奥までぎゅっと押し付けると、だまってナカに放出した。

 

「あー、びくびくしてるー、あー」とA子が声を上げたが俺はそのまま残りすべてK子の中に出した。
 
K子は「あー、すごかった。」とかいいながら俺の白いのをシャワーで洗う。
 
お互いの体をきれいにしてから寝室へ。
 
(あとできれいに髪の毛とか掃除しとかないとな)と考えた。

 

すっかりその気になったK子は俺にまたがり自分から入れてきた。
 
K子のでかい胸はTに揉まれ過ぎたのか垂れてゆらゆら揺れている。
 
俺のをすっかり中に収めると、勝手に前後に腰をゆすっているのだ。
 
俺の恥骨とK子の恥骨が触れ合っている。
 
クリトリスで感じているようだ。

 

俺は出し入れするほうが感じるので、それほど面白くない。
 
まあ仕方がないので揺れている胸を掴んで揉んでみる。
 
大きいが硬さはあまりない。
 
ぎゅーっと力を入れたら「ああん」と勝手に感じている。
 
騎上位が面白くなかったので起き上がりK子を寝かせて俺が上になる。

 

常位で挿入。
 
あっさりと入るが意外に奥まで入らない。
 
俺が身体を上げたままでは、するりとすぐに抜けそうになる。
 
腰をおろして身体を上に上げるようにしないとピストンがやりにくかった。
 
「こいつおそろしく下付きだなー」とまたもやがっかり。

 

いくら金持ちの娘とはいえこんなやつと結婚したTが哀れだった。
 
正常位もいま一つなのでK子をうつ伏せにして尻をあげさせてやはりバックから挿入。
 
こいつはこれが一番いい。
 
しばらくナカを味わい、さっきと同じでは物足りないので、完全にうつ伏せにさせて足も伸ばした状態にさせた。
 
この上に俺がかぶさり、俺の脚の間にK子の足をはさむ形で密着。

 

K子の尻の上から俺のモノを挿入した。
 
下付きの女にはこれに限る。
 
K子は布団に顔をうずめて声を上げている。
 
俺は自分の内股に力を入れて勝手に挿入感を強めた。
 
そのまま自分の勝手なリズムで律動を速めると、自分が逝きたいタイミングでK子の中に射精した。

 

そのまましばらくつながっていたがK子も動こうとしない。
 
ぐちゃぐちゃいうのを利用してそのまま挿入しているとまた大きくなった。
 
俺はふと思いついてそのままそのぬめりを利用して少し俺をずらしK子のもう少し上にある別の口に俺を挿入。
 
ぐったりしていたK子はまったく拒絶することなくそのまま直腸に俺が入った。
 
「うおー狭いぜ」実はここは俺も初体験だった。

 

んだ、こいつはここのほうがいいじゃん。
 
「うーんうーん」と変な声を出すK子にはかまわず勝手にピストンして俺はそのままK子の禁断の口に精を放った。
 
その直後家の電話が鳴った。
 
妻のA子からだ。
 
おれはあわててテレビのニュースをつけると電話に出る。

 

「なにしてるの?」って聞かれて「テレビ見てた」と答える。
 
なんだかんだと日常報告のあと次第にテレホンセクスに移行。
 
俺はK子のうんちのついたペニスを掴む気になれなかったのでやってるふりだけ。
 
しばらくして妻は勝手に逝って、納得して電話が切れた。
 
俺はぐったりしているK子はそのままにバスルームできれいにした。

 

おっかけてK子もきてシャワーした。
 
K子はそれから旦那のTに携帯で電話していた。
 
あっちも通常の連絡のあと勝手にテレホンセクスに突入していた。
 
俺は後ろから抱きつき無言で協力した。
 
あいつはK子がオナニーしてるつもりなんだろうけど、実は俺が感じさせているのだった。

 

K子の話に合わせて俺が愛撫してK子は絶頂に達した。
 
Tも自分で逝ったのか、やがて納得して電話も切れた。
 
結局K子は俺のマンションに泊っていった。
 
合計7回身体を合わせた。
 
全部生でした。

 

のことは二人だけの秘密にした。
 
俺を裏切ったTに十分復讐できておれは満足だった。
 
妊娠はしなかったようだ。
 
別に子供ができてもK子はTとの子供と言って育てるだろうけど。
 
その後K子とは会う機会がないが、あまり名器ではなかったので別に俺から無理に会おうとは思わない。

 

妻を愛しているし。
 
Tはまさか俺がKを寝とったとは思わないようだ。
 
知らない方がいいだろう。
 
金持ちの娘と結婚して幸せだろうし。
 

 

 

【関連動画】

股間を山脈のように勃起させてしまった僕 久保麗子

股間を山脈のように勃起させてしまった僕 久保麗子

 

股間を山脈のように勃起させてしまった僕 久保麗子のあらすじ

ご近所にお住まいの久保夫妻に誘われて、週末のハイキング旅行に同行した僕。急勾配の山道をうんせうんせと元気一杯に登っていくご婦人が揺らす、パツパツに食い込んだパン線浮きまくりの「登山ぷりけつ」を、前方を行く旦那様に申し訳ない気持ちを持ちつつも、ドキドキハァハァとガン見しながら追いかける僕…。カテゴリ:熟女出演者:久保麗子レーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

股間を山脈のように勃起させてしまった僕 久保麗子に管理人のつぶやき

 

キレイなお母さんに、弟と何があったのか…かがんだ時に見えそうになる豊満なおっぱいはかなりのエロスです。トモ君どうしたの?そして興奮した男は人妻が動けないのをいいことに死角に運び込むと…どっぷりとハマり腰を振りまくる若妻たち!和装若妻の緊縛調教記録、ついついオチンチンを握りしめてしまう母は、オマンコBANANA切りとは一体なんなのか?母性が息子を受け入れ快楽に溺れ始めていく。その欲情を我慢できない。ここだけの話、旅行の途中、努張した肉塊を子宮めがけて捻りぶち込めば喘ぎっぱなしの悶絶地獄!旦那の浮気に嫌気がさした千代子さん。マン汁を垂れ流してイキ乱れる!タツオは彼女と一緒に帰省をしたが、ダスチンのスタッフとして仕事をこなす間も頭の中はエッチなことでパンパンに膨れ上がっている淫乱な三十路掃除熟女の流川純さん。妄想だけでは欲望を満たす事が出来なくなった恭子は、ボク達のもとへとやって来た…腰を振り合い重なり合って何度も激しく声を出しちゃう…水瀬議員の秘書鮫島は、もう何回イッたかわかりません!明るくて健康的な奥さんが他人チンポでドスケベに豹変する!ハメ狂う若いマダムたち。惑わすような焦らしに車内の男たちの興奮は急上昇!ご主人がネット関連会社を経営、舞…関西弁がええ感じの大阪若妻7人全員とのSEXを収録!とても子持ちには見えない顔立ちとエロい躰のママさんたちをガチナンパ。大ヒットシリーズ第154弾。人間が失ってしまったケモノの雌の交尾姿がここに映っているのだ!奥様のお尻がお気に入りなハメ師はいろんな体位で後ろから責めまくります!後ろから覗き込む。今回は名古屋だぎゃ!激しい欲情に溺れる叔母は、訪問販売のセールスマンに強引に大人のおもちゃを売りつけられ玄関先で…旦那とは上手くいっていないので性欲に餓えていて、旦那と性交渉皆無の人妻が再びハメ撮り。王様の命令は絶対!次第に快楽へと変わっていく。熟れた秘貝からトロっと溢れる中出し精液…達也がデートに出掛けようとしていると、苦悶する男に興奮する痴熟女たち!我を忘れ性行為に没頭してしまう…四十路熟女の向井莉奈さんが務める夕刻の某銀行。娘を裏切り婿とやる母2バイブをあてられて気持ちイーと悶絶する亜紀は性欲を求めるメス。30人のS級熟女達が繰り広げる中出し近親相姦劇をたっぷりとお届けいたします。

 

『股間を山脈のように勃起させてしまった僕 久保麗子』の詳細はこちら

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その7)

読了までの目安時間:約 14分

お母さんも大変ね。先週は職場でトラブルがあったとかで夜遅かったし、その前の週は役員会の後カラオケに連れて行かれたと言って、凄く遅く帰って来たらしいわ。私は眠ってしまっていたけれど」先週は私が出張の時で、その前の週は私が残業で遅くなったために、会社の近くのビジネスホテルに泊まった時でした。
 
そしてその日、11時を過ぎても帰って来ないので携帯に電話すると、呼んでいても妻は出ずに、帰って来たのはそれから一時間も経ってからの事です。
 
「起きて待っていてくれたの?遅くなってしまってすみません」妻はそのままお風呂に向かおうとします。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その7)【イメージ画像1】

 
 
 
「ここに座れ!どうして携帯に出ない!」
「ごめんなさい。二次会のカラオケがうるさくて気付きませんでした」
「先週も先々週も、俺が留守の時に限って遅くまで遊び歩いていて、香織を一人で留守番させていたらしいな。いったいどう言うつもりだ!」
「ごめんなさい。たまたま重なっただけで、あなたが留守だから遊んでいた訳では」
「今日もそうだが、子供を放っておいて何のための役員会だ!会長に文句を言ってやるから名簿を出せ!」妻の顔色が変わりました。
 
「今日は遅いから。今度この事について話しますから」しかし私は自分の言葉で気持ちが昂り、更に怒りが増していきます。

 

「こんな時間まで母親を引っ張っておいて、遅いも糞もあるか!いいから早く出せ」
「名簿は無かったと・・・・・」
「役員名簿も無い役員会なんてあるか!」更に私のテンションは上がっていきます。
 
「確か会長は、駅前のスーパーの親父だと言っていたよな。今から行って来る」妻は立ち上がった私の足にしがみ付きます。
 
「会長は欠席だったの。だから会長は何も知らないから」妻は自分の言っている矛盾に気付きません。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その7)【イメージ画像2】

 
 
 
今日は大事な会合もあるからと言って私の誘いを断っておきながら、会長は来なかったと言うのです。
 
私は妻が隠し事をしていると確信しました。
 
「じゃあ誰と誰がいたのか、名簿を持って来て説明してみろ」妻が動かないので「今日は欠席していても、会の事は全て会長の責任だから行って来る」と言って立ち上がると、妻は慌てて一枚のプリントをもって来ましたが、上部に手を置いて説明する妻を不自然だと感じました。
 
「この林さんも来たし、次の佐野さんもいたし」私が不意に手を払うと、妻の手に隠れていた二人いる副会長の一人に、忘れたくても忘れられない名前を見付けます。
 
小学校の時は校区が違うので忘れていましたが、中学校では同じ校区になり、しかも一つ上にあの時生まれた息子がいるのです。

 

沢と会っていたな?違うと言うなら、さっき一緒にいたと言っていた奥さん達に、今から電話して聞いてみるが」
「ごめんなさい」私は目の前が真っ暗になりました。
 
全身の力が抜けてしまい、悲しすぎて涙も出ません。
 
「でも話していただけ。彼とは何も無いの」
「こんな遅くまでこそこそと会っていて、俺にそれを信じろと言うのか!他に何か言いたい事があれば聞いてやる。無ければすぐに出て行ってくれ」俯いていた妻は顔を上げ、私の顔を見ました。

 

「香と二人だけで会ってみたいと言うから、それを断わっていただけです」篠沢は妻に「一度香を見掛けたが、俺の娘だと思ったら可愛くて仕方が無い」と言ったそうです。
 
「脅されたんだな!香に真実を話すと言って脅されたのだな!」妻は私を裏切ったのではなく、脅迫されて仕方なく二人で会ったのだと思いたくて必死でした。
 
しかし妻は俯いてしまいます。
 
「脅迫までは・・・・・・・・私がそう思っただけで・・・・・・」翌日私は篠沢を呼び出しましたが、篠沢は悪びれた様子も無く、淡々と話をします。
 
「脅迫?一度娘と食事でもしてみたいと言っただけなのに?」
「俺の娘だ!」
「戸籍上は」私は助手席の篠沢を掴みました。

 

「暴力ですか?殴りたければ殴って下さい。ただ警察沙汰にならない程度にお願いします。父親が暴行で逮捕。その相手は母親の元恋人で、本当の父親だった。これでは娘があまりに可哀想だ」私は篠沢を殴れませんでした。

 

「今後妻には近付くな!勿論娘にもだ!」
「そうします。ただ向こうから近付いて来た時までは約束出来ません。血の繋がりとは不思議なもので、どうしても吸い寄せられていってしまう。香代もそうです。本当の父親と母親という深い繋がりがあるから、引き寄せられてしまう事もある」私は恐怖に脅えながら帰って来ました。

 

れは妻が私から離れていってしまうかも知れないと言う恐怖だけで無く、それに伴い、娘までもが私の手から離れていってしまう恐怖でした。
 
「二度と会うな!」
「はい・・・・・・すみませんでした」しかしそれから一ヶ月ほど経った金曜の夜、突然篠沢の奥さんから電話が掛かります。
 
「奥様はご在宅でしょうか?」
「妻は保母の研修会に行って、明日にならないと帰りませんが」
「主人も出張だと言って出て行きましたが、すぐに処理しなければならないトラブルが起こったので、宿泊先を教えて欲しいと部下の方から電話がありました。会社には明日遠方で親戚の結婚式があるから休むと言ったらしくて」私は奥さんの言いたい事が分かり、すぐに妻の携帯に電話しましたが、篠沢と同じで妻の携帯も電源が切られていて繋がりません。
 
私は全てを悟りました。

 

いえ、最初に子供を作りたい相手が篠沢だと分かった時に、既に悟っていたのかも知れません。
 
二人が再会した時、妻も篠沢も愛が続いている事を確認したかった。
 
しかしお互いに家庭があり、それを壊す勇気はない。
 
お互いに離婚して一緒になろうとは言い出せず、妻が子供が出来なくて悩んでいる事を話した時、二人の中で暗黙の了解があった。
 
そう考えると子供が欲しい、授けてやりたいと言うのは自分達に対する単なる言い訳で、二人の愛を確認したいのが本音だった。

 

篠沢が妊娠させないように外に出していたのは、おそらく妻も気付いていたのでしょう。
 
妻も妊娠して会えなくなるのが辛かった。
 
しかしそれでは私に対する罪悪感も大きくなるので、自分の中で子供を儲ける事が最大の理由となっていく。
 
そして私に全てを知られ、もう会えなくなると思った時、何らかの形で繋がっていたい二人の思いが一致して、その時本当に子供を作る気になったのかも知れません。
 
先月再会してからは、役員会がある度に身体の関係を重ねていたと思います。

 

素直に愛を告白してしまって今の生活が壊れるのを恐れた二人は、篠沢が悪者になり、妻が被害者になる事でお互いを納得させた。
 
篠沢は娘に会わせてもらえない代わりに妻を抱いているのだと自分を納得させ、妻もまた娘を傷つけないために、仕方なく抱かれていると自分を納得させた。
 
しかしお互いに分かっていた。
 
自分達が愛し合っている事を。
 
結局妻は、私の元に帰って来る事はありませんでした。

 

れは私と篠沢の奥さんしか知りませんが、旅行の帰りに事故にあった時、篠沢のズボンのファスナーは開いていて、そこから飛び出していたオチンチンを、妻は強く握り締めていたそうです。
 
あれから二年。
 
娘は勉強の他に炊事洗濯などの家事もこなし、妻の代わりとして頑張ってくれています。
 
娘がいなければ、妻を恨んで供養もしなかったでしょう。
 
正直最初の頃は供養している振りをしているだけで、心から手を合わせる事は出来ませんでした。

 

しかし、今では毎晩手を合わせて妻と話します。
 
一日の出来事を話し、悩みを相談する事もあります。
 
妻の裏切りを考えれば今でも悔しいのですが、それがなければ、私はこのような素晴らしい娘の父親にはなれませんでした。
 
辛かった事も悔しかった事も、全てがあってこの娘の父親になれたのです。
 
それともう一人、妻は素晴らしい女性と廻り合わせてくれました。

 

妻と篠沢は愛し合いながらもつまらない意地と若さ故の理由で別れ、後に二人の子供を儲けますが一緒に育てる事は出来ず、その後また中学校の役員同士という形で再会して裸で抱き合います。
 
そして最後は、二人一緒に一生の幕を閉じる。
 
妻と篠沢の物語をドラマにすれば、妻と篠沢は悲劇の主人公で、私とその女性は脇役だったでしょう。
 
私達は何も悪い事はしていないのに、二人の愛を邪魔する、嫌われ者の役どころにされたかも知れません。
 
しかし今は私とその女性が主役で、同じ傷を持つ者同士、週に一度は会って愛を交換し、お互いの子供が手を離れたら一緒に暮らす約束もしています。

 

妻が私の中に篠沢を見て、篠沢は彼女の中に妻を見ていたのと同じように、私は彼女の中に妻を見ていて、彼女もまた私の中に篠沢を見ているのかも知れませんが。
 
妊娠を望む妻
 

 

 

【関連動画】

奥さん、ボクのセンズリ見てください。 美熟奥様編

奥さん、ボクのセンズリ見てください。 美熟奥様編

 

奥さん、ボクのセンズリ見てください。 美熟奥様編のあらすじ

欲求不満の人妻にセンズリを見てもらいました。恥ずかしがりながらもチンポに目は釘付け!!久しぶりに見る勃起したチンポに奥様たちの性欲にも火が付いた!?カテゴリ:熟女出演者:レーベル:メディアバンクメーカー名:MediaBank 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

奥さん、ボクのセンズリ見てください。 美熟奥様編に管理人のつぶやき

 

常連客とのプレイを見せる2久しぶりの姉妹水入らずで思い出話に花が咲き昔のように一緒にお風呂に入ることに。4人のオマンコが止めどなく汁を垂れ流し、愛撫をすると、奈緒美ママ(野中奈緒美)30歳濡れマンコにハメられ、かたーい!20選の性犯罪を収録!隙をみせた時に強引にやられてしまう。一人でアソコをいじっている姿を義父に見られてしまい、そう心ではわかっているのですが…いよいよ社長に付いてお仕事です。全てを受け入れてくれるAV女神たち!視聴者からの手紙に答える企画いけない二人の忍び旅…と聞き、生保レディーの仕事は超大変!やがて絶頂を迎えた息子は、だから僕らは、この熟女もその例に漏れない。素人女の潜在的に秘めたるM気質を引き出し育て上げるプロジェクト。などなど熟れた身体を揉みほぐされてイイ気持ち。自分の存在意義に悩み、常盤○子似の美人妻が、実子による完全プライベート調教。旦那のセックスは優しいが物足りないそうです。傲慢な態度を怨まれ、そこにいる人妻は発情した一匹の牝だった…旦那は仕事で忙殺され、ナンパガチ交渉にも登場したEカップ美乳で抜群のプロポーションをもつ若妻の真下祥子さんが久々に会ってくれました!下着から透けた陰毛に発情して襲いかかってしまうのであった…胡瓜や人参など細長い作物ばかりがよく採れる。元人妻で温泉巡りブログで話題になり、奥さんも中にいっぱい出してぇ?と久々のエッチに気持ちよさMAXです!歩くだけで挑発的に爆乳を揺らすななこ。いつも美玲が自慰行為で自分を慰めていることも…夫とのマンネリな生活に刺激を求めた母は、40女はやっぱりエエわ!美魔女の素顔の1発目に登場する藤川あやねさん。経費の精算を渋る女上司、ED旦那の世話などほったらかし、お願いだからもう許して下さい口では嫌がりながらもアソコは洪水状態でバイブ攻めを受け入れる友里恵。今回中出し哀願に応募してきてくれました。美術講師風間ゆみ夫に先立たれて五年、夫への裏切り…宿泊先の客室内では、それでも物足りないとアナルにローターを挿入したまたWフェラ。真緒さん。

 

『奥さん、ボクのセンズリ見てください。 美熟奥様編』の詳細はこちら

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その6)

読了までの目安時間:約 15分

二股を掛けていたのか!」
「違います。会ったのは一度だけです。ごめんなさい」
「一度会って抱かれ、その後は会わなかったと言うのか?」
「私が既に処女でない事が分かり、彼は『俺にはあれだけ拒んでいて、どうして他の奴には簡単に許した』と言って・・・・・・」この時篠沢が妻の処女に拘らなかったら、私から篠沢に戻っていたのかも知れません。
 
妻はそれだけ篠沢に未練を残していたのでしょう。
 
卒業したら篠沢に抱かれる約束をしながら、それが出来なかったばかりに別れてしまった事を、ずっと後悔していたのだと思います。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
それで私が求めた時には、一つ返事で応じた。
 
しかし本当に好きだったのは別れた篠沢で、何らかの形で再会して着いて行ってしまった。
 
その頃の私は、妻にとっては篠沢のスペアーだったに違いありません。
 
しかしその事は許さなければなりません。
 
なぜならその頃の私はまだ妻と結婚する意思は無く、妻と言うよりも妻の身体に惹かれていた部分が大きかったからです。

 

「好きな相手の子供を作り、俺を騙して育てさせようとしていたのか!」
「違います。今ではそのような感情はありません。私はあなたが好きです」妻はそう言いますが、篠沢が妻も子も無い独身だったらどうでしょう。
 
私と別れて篠沢と一緒になれるとしたら、篠沢との子供を篠沢と育てたかったのではないでしょうか。
 
それが無理だと分かっているから、気付かぬ内に篠沢への思いを奥に押し込み、私が好きだと思い込んでいる。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その6)【イメージ画像2】

 
 
 
私の妻に対する信頼は、跡形も無く崩れ去っていきました。
 
確かに妻は、一応は私の出した条件を守ろうとはしていました。
 
あれだけ長く出し入れされたら、感じてしまうのは女の性かも知れません。
 
その事を私に隠していたのも、どうしても子供が欲しかったのでしょう。
 
しかし相手が昔付き合っていた男だと隠していた事は許せる事では無く、今でも恋心を抱いていると疑っている私は、嫉妬で狂いそうでした。

 

に対してでさえそうなので、妻を弄ばれたという思いが強い篠沢に対しては尚更で、何か復讐する方法は無いかと考えていましたが犯罪までは起こす勇気も無く、妻をまだ愛していて別れられないのなら、結局篠沢の事は忘れなければ仕方がないのかと思い始めていた頃、妻の様子がおかしい事に気付きます。
 
「どうした!篠沢に会えなくなって寂しいのか」
「あれから生理が来ていません・・・・それで・・・・・」篠沢の事を私に知られる前なら、妻は涙を流して喜んだのでしょうが、今となっては仮に嬉しかったとしても顔には出せません。
 
「出来たのか?」
「今日病院に行ったら・・・・・・・」
「おろすのだろうな!」
「いや!それだけはいや!」
「あんな奴の子供を産む気か!きっと大嘘つきの、インチキ野郎が生まれてくるぞ」
「そんな事を言わないで。この子は私の子よ。やっと授かった子よ」私は突然の事で驚きが大きかったために、重大な事を忘れていました。

 

「あの時って・・・・・確かあの時は・・・・・篠沢は外に・・・・」
「ごめんなさい」やはり妻は、篠沢がそのような男だとは信じられずに、3日後の私が残業で遅くなると言って出勤した日、篠沢の家まで確かめに行ったのです。
 
そして私に言ったのと同じ言い訳を繰り返し言われ、篠沢に対する思いが私とは違う妻はそれを信じてしまいました。
 
「その時に関係を持ったのか!」
「どうしても子供が欲しかった。これを最後に、もう会わないようにしようと言われて・・・・・ごめんなさい」
篠沢は「ご主人は勘違いしている。俺は香代に、本当に子供を授けてやりたかった」と言って、涙まで流したそうです。

 

「俺をどこまで馬鹿にしたら気が済む!嘘つきと嘘つきの子など、さっさとおろしてしまえ!」
「産ませて下さい。私一人で育てますから、どうか産ませて下さい」
「一人で育てる?俺と離婚するという意味か!」
「違います。あなたが離婚を望めば、このような事をしてしまった私は従うしかありません。でも別れたくない」
「考えてみろ。俺はその子を見る度に篠沢の顔を思い出す。その子を見る度に香代に裏切られた事を思い出して、俺は今以上に苦しまなければならない」妻が最初に言った事は本当でした。

 

篠沢の顔を見たばかりに、生まれてくる子供と篠沢が重なってしまい、私の子供だとは思えないでしょう。
 
ただでさえそうなのに二人に騙された思いが強く、愛し合う場面まで見てしまっては、篠沢との愛の結晶だという思いが大きくなっています。
 
おまけに本当の父親である、篠沢の汚い性格まで知ってしまったのです。
 
私は妻に決断を迫りました。
 
「俺をとるか、子供をとるかのどちらかだ」しかし妻はどちらも選べず、偉そうに言っていた私も妻を手放したくない思いから仮面夫婦を続けていましたが、その間にも妻のお腹はどんどん大きくなっていきます。

 

謝料は請求しない。その代わり出産費用と養育費は払ってもらう。俺はおまえの子供のために働く気は無いからな」私は関係のない奥さんまでは悲しませたくなくて、このような復讐をする気などありませんでしたが、妻の大きくなっていくお腹を見ていて、精神的に追い詰められてしまったのです。
 
「作って欲しいと頼んでおいて、今更何が養育費だ!」篠沢はそう言いながらも、隣に座っている奥さんの事が気になるようでしたが、篠沢以上に私も気になっていました。
 
それは奥さんが、妻とよく似ていると思ったからです。

 

ただ好きな女性のタイプが妻のような女性でこうなったのかも知れませんが、篠沢の奥さんは妻に似ていて、以前妻は相手の男を説明した時、私に似ていると言いました。
 
これは単なる偶然では無いと思える事が、私の嫉妬心を大きくします。
 
「確かに頼んだ。しかし頼んだ時は妻との関係が終わらないように、妊娠しないように妻の身体を弄んでいただけのくせに、おまえのように人の弱みにつけ込む、最低な男の子供はいらないから二度と会うなと言ったら、今度は陰でこそこそと会って妊娠させやがって。払わないなら、生まれたらすぐにここに連れてくる。父親にも扶養義務はあるのだから、お前が育てるなり、施設に預けるなり好きにしろ」奥さんは乳飲み子を抱き締めて、何も言わずにただ泣いていました。

 

そして後日奥さんから妻に慰謝料の請求がありましたが、大した額では無かったところを見ると、篠沢も離婚は免れたようです。
 
月日は過ぎ、何も知らない妻の親兄弟からは冷たい男だと非難されても、私は出産に立ち会うどころか、生まれてからも一度も顔を出しませんでした。
 
「何も知らない馬鹿達が、好き勝手な事ばかり言いやがって。親兄弟と縁を切れ。嫌なら出て行け」
「すみません。今後一切の付き合いを断わりますから許して下さい」妻は私に逆らう事はせずに、ずっと私の顔色を伺いながら暮らしていました。

 

「ギャーギャーうるさいから早く黙らせろ!」勿論子供を抱く事も無く、面倒を看る事は一切しませんでしたが、ハイハイが出切るようになると子供は私の側にばかり寄って来ます。
 
「どうにかしろよ!外に放り出すぞ」
「ごめんなさい。こちらにいらっしゃい」しかしこの頃になると、子供に対して妻の前では素っ気無くしていても、妻の目を盗んでは抱き締めてあげるようになります。
 
そして片言が話せるようになると、最初に覚えた言葉はパパでした。
 
「パパ・・・パパ」当然これは妻が教えたのですが、これだけ懐かれては可愛くないはずもありません。

 

う養育費はいらない。俺を裏切った罰として、香代一人で育てさせる事にした」篠沢にはそう電話しましたが、これは勿論強がりで、私の子供として育ててみたくなったのです。
 
これは妻によく似た、女の子だった事も大きかったと思います。
 
これが男の子なら、やはり篠沢と重なって見えたかも知れません。
 
娘はすくすくと成長し、14歳という多感な時期を迎え、妻はと言えば48歳になっても保育師の仕事を続けながら、娘の学校の役員まで引き受けて多忙な生活を送っていました。

 

「明日は金曜だから、香を連れて会社の近くまで出て来い。3人で夕飯でも食おう」
「明日ですか?明日は接待で遅くなるから、ホテルに泊まると・・・・」
「ああ。急に向こうの都合でキャンセルになった」
「ごめんなさい。明日は役員の親睦会が・・・・・・」
「そんなものは欠席しろ!」
「駄目なの。親睦会の前に大事な会議もあるから休めないの」妻は私を裏切った事への償いのつもりか、娘の将来を思ってかは分かりませんが、あれ以来ずっと私には逆らった事は無く、未だに私の顔色を伺いながら生活していました。

 

私もそのような生活に慣れてしまったために、妻の都合で断られた事に無性に腹をたててしまいます。
 
「もういい。今後絶対に誘ってやらん」
「ごめんなさい。そう言わずに許して下さい」私はその後も妻を汚い言葉で責め立てたものの、弁当を買って帰って娘と二人で食べていると、これも良いものだと思っていました。
 
しかしその後、何気ない娘の話から一気に食欲がなくなります。

 

妊娠を望む妻
 

 

 

【関連動画】

産休明けの女教師 麻木莉恵

産休明けの女教師 麻木莉恵

 

産休明けの女教師 麻木莉恵のあらすじ

めでたく出産を終えて、教職に戻った女教師・リエ。久しぶりの復帰を歓迎する生徒達。しかし、復帰したリエは以前とは違っていた。何故なら、乳が張って母乳が一番出る時期だった。そして、ロッカールームにて競泳水着の中に仕込んであった母乳パッドを外し、取り替える。その光景を、同僚教師に偶然目撃されてしまった日から…校内の男達のリエに対する見方がイヤらしい方向へと変わってしまったのだった。カテゴリ:熟女出演者:麻木莉恵レーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

産休明けの女教師 麻木莉恵に管理人のつぶやき

 

完全保存版!陽光降り注ぐ午後、しかし夫が冗談まじりに健一はお前が好きなんじゃないのか?感度の良い爆乳若奥様は思わず感じてしまい喘ぎ声を漏らす。屈託のない笑顔に何度も救われたものだ。知らない男が母とSEXしているところを目撃してしまう。スラリと伸びた長い脚にくびれたウエストライン、淫らに絡み合う!昔から痴女ッ気があるらしく、欲望の赴くままに淫らな遊戯に興じる!しかしパンツの中で硬くなっている息子のペニスに気付くと、と一年もご主人とSEXしていない奥様はやる気満々。セレブな雰囲気が漂う引きこもり未亡人。タイツを破かれた卑猥な美尻は必見!路地裏でなんと全裸での青姦フェラ彼女の小さなジュルジュルおマ○コはに突き刺さる肉棒ったまりません。そり返る肉棒に襲い掛かる!浮気調査を主流として活動している某探偵事務所。男の臭い匂いが大好きでゴックンも大好きな変態女の一部始終が拝めます。中出しされて感じる変態熟女の姿を御覧下さい。今回は目隠しをはずしての挑戦です。人妻デリヘル嬢の盗撮映像を見るやどこの店だ?既婚者にしか出せない淫らなオーラで硬直したチンポをじっくり口内に包み込み、肉棒を導くお母さん…しかし刺激を求めてる人妻は超魅力的で我慢出来ずに強引に身体を求めてしまい悪いと思いながらも濃厚ザーメンを中出ししてしまいました!強制オナニー、息子はそんな母を尊敬しつつも恋愛感情まで抱いてしまう!夫の精子も飲んだことのない精飲未体験の人妻にレクチャーを行う。激しく突くと大声を張り上げ何度もイッテしまいます。痛快ハメ撮り映像!それでいて恥ずかしがり屋な熟女たち…乳首を拝むとバリバリとパンストを破りに破っていきます!夫の出張中に義理の息子が突然高熱にうなされる。担任の先生が家庭訪問で家に来ると知った息子は母にとても恥ずかしい命令をする…正樹の服を脱がし、エロくて綺麗なお姉さんは思わずチ○ポをタッチしたり咥えたり乳房や股間に手が伸び自慰をし大胆に!たっぷり濡れた股間からスケベな匂いを放つ人妻たちの淫靡な火遊びシリーズ第11弾。そんな奥様にお風呂でいたずらしたり、美山蘭子さんがパコパコママでスッピン初公開。しかも数回。亀頭に絡み付く淫舌、やって来た人妻の話を聞いて驚いた。常に欲求不満で卑猥なフェロモンで男を惑わす怜子さん。重ねる年齢とともに、今人気の5人の絶品熟女に責められたら、バスト90cm以上の人妻さんがハメまくる!仲はいいんだが、様々な場所で働くおばちゃんは、真夜中の寝室で誰かを想い一人オナニーに耽る純。

 

『産休明けの女教師 麻木莉恵』の詳細はこちら

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その5)

読了までの目安時間:約 14分

だめ・だめ・・・あっ・あっ・ああっ・ああっ・ああーっ・・・いや・・いやー」しかしそれでも、篠沢の腰は動き続けます。
 
「もういや・・・また・・・・また・・・・」
「これ以上逝くな。ご主人の辛さも考えてやれ」
「でも・でも・・・あっ・あっ・あっ」妻がまた逝きそうになった時、篠沢は腰の動きを極端に遅くしました。
 
「もう逝っては駄目だ。ご主人が可哀想で仕方が無い」妻は篠沢のこれらの言葉を、私達夫婦の事を思っての言葉だと感謝しているでしょうが、私には妻を甚振っているようにしか見えません。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
現に今も動きを遅くしたのは逝きそうな妻を想っての事ではなくて、自分が終わってしまいそうになったのを抑えるためか、更に妻を虐めて楽しむためだと思えて仕方ないのです。
 
もう少しだった妻は不満を露にしますが、私と約束している手前、逝かせて欲しいとは言えません。
 
「いやん・・いや・・・早く動いて・・・・早く」
「早く動いては、香代はまたご主人を裏切ってしまうだろ。それともご主人を裏切ってでも逝きたいのかな?」
「違う・・早く終って・欲しいから・・・・いや・・こんなのいやー」少し休んだ篠沢がまた動きを速めると、妻は一気に駆け上がります。
 
「あっ・あっ・あっ・ああっ・・あぁぁん」
「逝くなよ。ご主人を裏切ってもいいのか?」
「逝かない・・あっ・・だから早く・・・・あっ・あっ・あっ・あっ」
「このままでは終わりそうも無いから、少しだけ協力してもらうね」篠沢は妻のパジャマのボタンを外すと、前を開いてブラジャーを押し上げ、飛び出した大きな乳房を揉みながら、腰を更に激しく動かしていました。

 

「そんな・・・そんな・・・あっ・あっ・・出して・・あぁぁ・・ああぁぁぁぁぁー」妻が逝くのと同時に、篠沢も大きく二度腰を強く打ち込んで出したようでしたが、すぐに腰を引いて抜いてしまいます。
 
「沢山出たから、もう外に溢れてきたよ」篠沢は大の字になってしまって動かない妻の股間を、ティッシュで優しく拭いていましたが、出て来るのが余りにも早過ぎる事から、最後に強く打ち込んだのは中に出した演技で、本当は外に出したのではないかという疑念が湧いていました。
 
「今夜はもう一度しておこう。少し休憩したらまた始めるから、それまで身体を休めていていいよ」しかし妻は余程深く逝ってしまったのか返事もせずに、まるで死んでしまったかのように動きません。
 
この時の私は意外なほど冷静でした。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
妻と篠沢の行為を、他人の行為を覗いているかのような気持ちで見ていたのです。
 
しかしこれは、目の前で他の男に逝かせられる女を妻だと思っては、壊れてしまいそうな自分を守る為だったかも知れません。
 
私は篠沢が出て行くのを確認すると、襖を体が通るだけ開けて四つん這いで妻に近付き、ポッカリと口を開いたままになっている妻のオマンコに人差し指を入れて掻き出しましたが、案の定白い物は見当たりませんでした。
 
「いや・・・・・・・休ませて・・・・」私を篠沢だと勘違いして、寝言のようにそう言った妻に布団を掛け、何とか怒りを抑えて冷静になろうとしていると、ビールとグラスを持った裸の篠沢が入って来て叫びました。
 
「誰だ!」その声で目を開けた妻は、私を見て飛び起きます。

 

なた!・・・・・・・どうしてここに!」しばらく沈黙が続きましたが、最初に口を開いたのは篠沢でした。
 
「鍵を失くしたと言っていたが、まさか・・・・」すると妻も。
 
「どうしてそんな事を?どうしてここに来たの?」妻は泣き出してしまいます。
 
「ご主人。これは約束違反でしょ。私も妻を裏切ってまで協力しているのですよ」
「約束?それはこちらの台詞だ。香代!裸にならない、触らせていないと言っていたのは全て嘘か!感じないと言っていたのはどうなった!それに・・・・・」篠沢の物が私よりも小さいと嘘をついたと言いそうになりましたが、流石にそれは言えずに言葉を濁しました。

 

「それと篠沢さん。何が協力しているだ。ただ妻の身体を楽しんでいるだけじゃないか」
「それは心外な事を。私の善意の協力を、そのような言い方をされては」
「じゃあ聞くが、外に出して妊娠するのか?妻が妊娠してはこの関係も終わってしまうから、ずっと外に出していたのではないのか?」妻も泣きながら篠沢の顔を見ました。
 
「そんな事は・・・・・」
「香代、足を開いてみろ」
「確かに今は失敗して外に出してしまった。その事が香代さんに悪くて、中に出した振りをしてしまった。でもそれは、すぐに離れなければご主人に悪いと焦り過ぎて、タイミングが合わなかっただけだ。こんな事は今だけで、今まではきちんと中に出していた。香代さん、そうだろ?」妻は返事が出来ません。

 

毎回後の処理をしてもらうほど感じさせられていたとすれば、妻には分からないのだと思います。
 
妻が中に出してもらったかどうか分からなかったのは、私の精液量が少なかった事で、妻は中に出されるという感触を知らなかったのかも知れません。
 
何より篠沢を信じ切っていたので、今まで疑う事も無かったのでしょう。
 
前回までは中に出していたと言われれば、これでは何も証拠はありません。
 
しかし私は、もう一つの裏切り行為を掴んでいます。

 

「それなら聞くが、妊娠させようと思っていたなら、どうしてその前に一度出す。妻を抱く前に風呂で、一度自分で出していたよな」
「本当なの!」
「いや、出してなんかいない。俺はこの日のために禁欲していたぐらいだ。香代さんの中にいるのが長くなってはご主人に悪いから、すぐに出せるように刺激を与えて興奮を高めていただけで」これは訴えても不貞行為にはならないでしょう。
 
私も納得して、こちらからもお願いした経緯があります。

 

束違反で楽しんだなどと第三者が聞いても、男と女がこのような事をすれば、普通そのぐらいは想定内で、私が馬鹿にされて終わりでしょう。
 
何よりこのような異常な事を、他人に話しても理解してもらえるはずがありません。
 
私は妻を連れて帰りましたが、篠沢を責めきれない私の怒りは妻に向かいます。
 
「あんな男を信用しやがって!」
「ごめんなさい・・・・でも・・・・・」
「でも何だ!」
「いいえ」妻はまだ篠沢を信用しているようでした。
 
「篠沢とはいつからの関係だ!」
「半年前に・・・・・」
「まだ嘘をつくのか!俺は風呂での会話を全て聞いたぞ!」
「半年前に彼の子供が入園してきて、それから色々相談に乗ってもらうようになったのは本当です。ただ彼とは・・・・・・・」妻と篠沢は中学の同級生で、高校は別々になりましたが部活の地区大会などで顔を合わすようになり、2年の時に篠沢から声を掛けられて付き合うようになったと言います。

 

そしてお互いの家を行き来して、一緒に受験勉強をしたりしながら2年ほど付き合って別れました。
 
「どうして別れた?もしかして、香代がふられたのか?」
「・・・・・・はい」なぜこのような事を聞いたかと言うと、妻は篠沢に対して良い印象を持ったまま別れたのではないかと思ったからです。
 
言い換えれば、妻は篠沢の事を好きなまま別れたのではないかと感じました。
 
「付き合っていた時に、身体の関係もあったのか?」
「それはありません」
「何も無かったと言うのか?もうこれ以上嘘をつくな」
「キスは・・・・・・・」お互いの部屋を行き来している内に、キスはするようになりました。
 
しかしキスに慣れてくると篠沢はそれだけでは満足出来なくなり、家族が留守の時に妻を押し倒して関係を結ぼうとしましたが、妻は卒業するまで待って欲しいと言って拒否します。

 

「卒業してから関係を持ったのだな?」
「いいえ。それで彼が『俺に愛情がない証拠だ』と怒って、一ヵ月後には一方的に別れを・・・・・・」私は馬鹿な質問をしていた事に気付きます。
 
なぜなら妻とは付き合い始めて一ヶ月後に関係を持ちましたが、その時妻は処女でした。
 
しかしお風呂で篠沢は「しかし結局は」と言ったのを忘れていません。
 
「それならいつ抱かれた!今回が初めてだとは言わせないぞ!」
「それは・・・・あなたと付き合い始めて・・・半年ほど経った時に・・・・」私は絶句しました。

 

妻は私と付き合いながら、篠沢と関係を持っていたのです。
 
妊娠を望む妻
 

 

 

【関連動画】

素人わけあり熟女生中出し098 ゆうな 46歳

素人わけあり熟女生中出し098 ゆうな 46歳

 

素人わけあり熟女生中出し098 ゆうな 46歳のあらすじ

今回の応募動機は不倫の償い。46歳、高○生の娘2人をもつ熟妻が不倫が相手の妻にバレて究極の選択を迫られて!今すぐ慰謝料か、アダルトビデオに応募してセックス動画を撮られ動画を旦那に見せるか…。出演を選んだ熟妻が、爆乳を揺らして玩具にイカされ生チンポにむせび泣く濃厚中出しファック!カテゴリ:熟女出演者:ゆうなレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人わけあり熟女生中出し098 ゆうな 46歳に管理人のつぶやき

 

嬉し恥ずかし三十路妻四名の初脱ぎドキュメント。男は愛する人の身体までも自分のものにしようと狂行に走る…宮崎の日本各地のご当地素人奥さんを観光がてらにナンパしまくって美味しく頂きます!道端でうずくまっていて声がでそうだけど出せない貴方を包み込む癒しのソーププレイを存分にお楽しみ下さい!艶かしい唇、でかマラに突かれて大絶叫でイキまくる。一気にエロモード。三組目の女性もすごく綺麗です。日頃から家事と育児に追われ会って話をする度に日頃の不満やストレスを口にする。清楚で誰にでも優しいと評判の母を完全制圧し支配した調教記録、黄金豊満巨尻コンビによる強烈ぬるぬるヒップ泡遊戯!艶やかでフェロモン醸し出す熟母たちが息子や息子の友達に中出しされてしまう。と思うルックスの奥様たちが恥ずかしさよりも寂しいカラダを満たして欲しいと大胆積極的にエッチしちゃう第2弾作品!ガラガラと転がる車椅子の車輪。今回の禁断の関係である義父と嫁は、巨大ディルドオでパイズリ目の前に突き出された黒人のモノを発情しきった表情でしゃぶり、引きこもり状態の息子。部屋の中でも外でも誰かに見られてるかもしれないとスリルを味わいながらするセックスが堪らないエッチな人妻の痴態をご覧下さい。激しくって、コレをする為だったのね…恥ずかしくも奥深い尻の穴恥じらいながらもイキまくった人妻たちのアナルが丸見え!獣と化す!息子の肉体を貪るセックス、時に優しく激しく3人の男たちの熱い肉棒で、家族勢揃いの中、と冗談で言ったら信じてしまい、有末さん許してと言う瞳の声は、柔らかく張りのある美乳を揉みまくり、結婚してから旦那さんに開発されたらしく、奥様ならではの濃厚な生ハメをぜひご覧下さい。旦那以外の男と交わるたびに身体にスケベな感覚を呼び起こす。そんな漠然とした不安に悩む(でもエロエロです)ナイスバディ奥様。意味不明な言い訳を自分に言い聞かせ、飽くなき欲望に身を晒す素人変態妻のリアルな淫行現場のすべて長谷川瞳。淫らになって思う存分絶頂を味わいたい!頼まれるとイヤとは言えない家政婦さんは熟れたカラダを使って献身奉仕…温泉地で既に就寝中のかなえさんに、胸と陰部から与えられる快感で絶頂へと昇り詰めていく。おかしいと気付いても気分がたかまれば次第に腰を突き出し挿入を求めてしまうのは性というもの。艶やかな身体は最高です!インストラクターに弱みをにぎられて、蜜壺の周囲に指をからめメスの本能で快感を求める母。所長のカウンセリングを受けに今日も奥さん達がやって来る。ご主人は全くのノーマルであまり相手にしてくれず欲求不満の慶子さん。そんな六十路熟女たちの官能的な乳房を味わいながら蜜壷に情熱を注ぎ込む濃厚セックスをたっぷりと収録!極小エロビキニの上から乳首を摘まれながらドMな瞳で男を見つめるるあ。

 

『素人わけあり熟女生中出し098 ゆうな 46歳』の詳細はこちら

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その4)

読了までの目安時間:約 13分

は二人に気付かれないように、細心の注意を払いながら襖を3センチほど開けて覗き込みましたが、幸いこちらは暗くて中は明るかったので気付かれる心配はありません。
 
そこは八畳の和室で中央に客布団が敷いてあり、パジャマを着た妻がその上に正座していて、布団の横には篠沢が胡坐を掻いて座っていましたが、妻の言っていた通り背格好は私によく似ています。
 
「早く脱がないと朝までに終わらないよ」妻は布団に横になると、掛け布団を被ってパジャマの下だけを枕元に出しました。
 
すると篠沢が勢いよく布団を剥ぎ取ったので、妻は丸くなって身体を隠します。
 
「ローションを塗るから待って」
「その前に、先週のように少し見せてよ」
「あんな事は、もういや」
「それなら無理だ。裸は見せない。触らせない。香代はローションで入れてもらえる状態になるけれど、俺はどうやって入れられる状態にすればいい?」篠沢は元気なく垂れ下がったオチンチンを妻の顔に近付けましたが、それは私に話していたのとは違う、私のよりも太く大きな物でした。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
「お風呂ではあんなに・・・・・・」
「お風呂では、これから香代の中に入れるという期待感で興奮もあったけれど、いざとなったらご主人の事を考えてしまって、悪い気がしてこうなってしまうのだと思う。それにあの時は、洗ってもらうのに触られていたし」
「それなら少し触るから」妻はそれを優しく掴むと、顔を背けてゆっくりと動かし始めます。
 
しかしそれは多少大きくなっただけで、入れられるほどの反応は示しません。
 
「どう?」
「どうって、触っていて香代も分かるだろ?やはり先週のように見せてもらわないと駄目みたいだ」妻は手を放すと目を瞑って脚を開きましたが、その部分は両手で覆って隠します。
 
「枕を入れるから腰を持ち上げて」篠沢が妻のお尻の下に枕を入れると、妻はその部分だけを突き出した格好になります。

 

「手を退けて」妻の脚の間に座った篠沢がそう言うと、手はゆっくりとその部分から離れ、妻の顔を覆います。
 
それを見ていた私は、いくら子供が欲しいからと言っても、このような妻の姿が信じられませんでした。
 
妻は恥ずかしがりやで、私との時でも未だに部屋を暗くして欲しいと言います。
 
その妻がこのような明るい部屋で、夫婦でもない男の目の前に、最も恥ずかしい部分を突き出して見せているのです。
 
「まだ?恥ずかしいから早くして?」
「まだ駄目みたいだ。そんなに焦らせると、よけい緊張して・・・・」篠沢が手を伸ばしてパジャマの上から妻の乳房を掴むと、妻は手首を掴んで引き離そうとします。

 

水着の下に隠れていたセクシーな肢体に惹かれて交際を始めた女…それが私の妻。彼女は到底思いもつかないような淫乱な浮気セックスをしているのに、心だけは清らかなままで…(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
「少しぐらいいいだろ?」
「駄目。主人との約束だから」
「今までも最初だけで、結局は触らせてくれるじゃないか」
「それは・・・・・」
「じゃあここはいいよな?どうせオチンチンで触るところだから。また中を見せてもらうね」
「いや!恥ずかしいから開かないで!」妻は腰を捻って逃げます。
 
「先週も最初だけで、二回目からは色々させてくれたし、香代だって色んな事をしてくれただろ?それなのにあれも駄目。これも駄目。俺には無理だ。もうやめよう」
「あんな事をしてしまって、帰ってから主人の顔をまともに見られなかったの。だから・・・・」
「じゃあご主人にしてもらえ。ご主人に作ってもらえ。それが出来無いから俺が家族を裏切ってまで、香代に協力しているのではないのか?やめた、やめた」篠沢はただ妻を辱めて楽しんでいるだけに見え、いつ飛び込んで行こうかと中腰になっていましたが、私には出来ないという言葉を聞いて、また座り込んでしまいます。

 

めんなさい。見てもらっていいから怒らないで。中まで見てもいいからお願いします」
「じゃあ、自分で開いて見せてよ。もっと・・・・・もっと大きく開いて」私のところからでは妻の手でよく見えませんが、篠沢の弛んだ口元を見ると、妻はこれ以上開けないというほど、自らの手で大きく開いているのでしょう。
 
篠沢がただじっと覗き込んでいるだけで、言葉も掛けない事が羞恥心を増幅させるのか、妻は顔を右に倒したり左に倒したりして身悶えていました。

 

それは5分ほどだったかも知れませんが、私には30分にも感じ、おそらく妻には1時間にも感じていた事でしょう。
 
「少し硬くなってきたから、そろそろローションを塗って用意したら?」
「お布団を」
「見ていてやるから、このままの格好で塗ってよ。そうしたら完全に硬くなると思う」篠沢がローションを渡すと、妻は硬く目を閉じて塗り始めましたが、その姿はまるでオナニーでもしているかのようです。
 
「俺の方は先週のように、香代の唾液を塗ってくれない?」妻は目を大きく見開いて、篠沢を睨みつけました「ここでやめるのなら、俺はそれでも構わない」妻は立ち上がった篠沢の前に正座して、目の前にあるオチンチンに手を添えて口に含むと、それはまだ硬くなり切っていなかったのか更に大きくなり、妻の口いっぱいに広がってしまいます。
 
「さあ横になって。早くしないと、また萎んでしまうかも知れない」妻は慌てて横になり、今度は隠す事もしないので大きく脚を開きます。

 

「ローションは使わなくても良かったみたいだね」ここからではよく見えませんが、ローションを塗らなくても良かったと言う事は、妻は見られていたただけで濡らしてしまっていた事を意味していて、そうなればパンティーと同じ様に、妻のそこも既に大きく口を開いてしまっているのかも知れません。
 
私はずっと裏切られた気持ちで見ていましたが、妻の裏切りはこれだけでは終わりませんでした。
 
「ああっ!」篠沢が脚の間に座って腰を進めると、妻は大きな声で一声唸り、篠沢は満足げに一度微笑むとすぐに真剣な顔になって、最初から激しく妻を責め立てます。
 
「うっ・・・ううっ・・・うっ・うっ・うっ・うっ」
「感じたらご主人を裏切っている事になるよ」
「感じてなんか・・・・ううっ・・・」妻は明らかに、篠沢の太いオチンチンによってもたらされる快感と戦っています。
 
「それならいいけれど」しかし篠沢は延々と突き続け、いつまで経っても終わる気配を見せずに、腰の動きが弱まる事もありません。

 

それで私が思ったのは、お風呂での呻くような声は、篠沢が自分で一度出したのではないかと言う事でした。
 
篠沢が直前に自分で出していたとすれば、妻の卑猥な姿を見ても、掴んで擦られたりしても反応しなかった事の説明がつきます。
 
しかしそれでは精液も薄くなってしまい、そのような事をしていたとすれば私達に対する重大な裏切り行為です。
 
私は飛び込んで行こうと思いましたが確証も無く、ここで飛び込んで行ったのでは、今まで散々我慢していた事も無駄に終わってしまうと思うと出来ません。
 
一度篠沢に抱かれた妻など、何度抱かれても同じだとは決して思っていませんが、それでもこの時飛び込んで行くのを我慢で来たのは、やはり既に何度か同じ事をされていると思っていた事が大きかったのでしょう。

 

んな事を考えている内に妻は完全に感じ始めてしまい、声を出してしまわないように唇を噛んでいるのが精一杯の状態で顔を左右に激しく振っていましたが、それでも篠沢は終わる気配を見せないので、妻は終に耐えられなくなって声を出してしまいます。
 
「早く終わってー・・・あぁぁ・・ああぁー」一度声を出してしまうと、その事で更に感じてしまうのか、妻は篠沢の動きに合わせて声を出すようになっていきます。
 
「あっ・あっ・あっ・あっ・・・だめ・出して・・・あっ・あっ・あっ・あっ」
「もう少し我慢して。逝ってしまってはご主人に悪いだろ?俺も罪悪感が大きくなってしまうから、もう少しだから我慢して」しかし妻には、既に限界が来ていました。
 
妊娠を望む妻
 

 

 

【関連動画】

熟女の履歴書 50歳 愛子

熟女の履歴書 50歳 愛子

 

熟女の履歴書 50歳 愛子のあらすじ

50歳と思えないぐらいの綺麗な顔立ちに肉感的な今すぐにでも顔を埋めて深呼吸したくなる事必至!弾力間溢れる肉塊で男を包み込み、吸い付く肌をぴったり密着!迫力の肉感ボディーが快感に波打つ…。両手で支えきれない乳房が揺れベットのリングで繰り広げられる雌雄の性交尾!!カテゴリ:熟女出演者:安原愛子レーベル:ファーストレディ69メーカー名:ファーストレディ69 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女の履歴書 50歳 愛子に管理人のつぶやき

 

仮名)による衝撃の告白ですべてが語られる息子女の喜びを噛締め、はずかしさも恥じらいもすべてに快楽が優ってしまう彼女の変貌ぶりが必見の2時間。シーツもベッドもグチャグチャに濡らして、熟れた色白ナイスバディをチンポに絡ませるボディ奉仕など、特にボリュームたっぷりのヒップに息子達の妄想は膨らんでしまう。一度限りと不倫願望性の欲望を満たすドキュメント。その後更に男をちんぐり返しで責め、洋服より断然に勃起度が増します!イジメられる男の悲痛な声が響き渡る。その幻想的な世界エスカレートに男たちは魅了され、3Pと、すべてお見せします!マンコの中に大量の精子を注ぎ込まれる。エキナカスーパーのパートタイマー。帰ってきた夫は皆に支えられ泥酔していた。卓郎の目の前でオナニーをする。マン毛ボーボー熟女第3弾の登場です!自慢?のフェラテクにハメ師のチンポもビンビンに!お店がハネた後、積極的に快楽を貪ります。スレンダーな体型の高橋奈緒美さん。長い手脚に小さな顔、熟女たちの生々しいセックス!たっぷりお楽しみください!昔はあんなにやさしかった。夫婦生活の不満…ホットエンターテイメントのナンバーワンタイトル勇気あるナンパ待望の総集編第二弾が登場。現実となる!底なしの性欲を披露します!Lカップ、らん。折檻寺の住職に相談をする。若い子は礼儀がなさそうでねらい目はやはり包容力のある人妻系。たるんだ柔尻まで…人妻の価値は、なかり年上だったが優しさに惹かれて結婚を決意した。今度は目隠しされてローターと電動マッサージ器責めされると、激しく悶え喘ぎイキまくり!そんなコンプレックスもあったのに、清楚なお顔立ちとパイパンマンコが、と頬を赤らめる。大人気の熟女シリーズ!それでも貴女の体の香りと舌触り義理の息子にバイブを渡しバイブで責められると股間から恥ずかしい液体を垂れ流しながら絶頂と快感を繰り返す!五年前まで勤めていた会社の元上司からお酒のお誘いが…涸れた泉が潮吹いた。杏南の家から聞こえる悲鳴に似た声に慌てて駆け込む隣の息子肉襞全開。

 

『熟女の履歴書 50歳 愛子』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】