告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

脱サラしたが借金することになりその利息として妻を貸し出すことになってしまった体験談(2)

読了までの目安時間:約 15分

脱サラしたが借金することになりその利息として妻を貸し出すことになってしまった体験談(2)【イメージ画像1】

 
輩から淫らな肉体に少しづつ調教されていった。
グァムに行く前には、アナルセックスを行った。
アナルも膣以上に感じると話してくれた。
 
ナルセックスをする前には、彼からクリストス、膣、アナルまで舌で舐めつくされ、クリストスを吸われて失神してしまったこと。
アナルを舐めて欲しいと言われると拒否できない香里が居て、恐る恐る匂いのする肛門を舐めていると自然に熱が籠り、肛門の中にまで舌を入れて愛撫していたと告白する。
そんな香里になっていた。
 
脱サラしたが借金することになりその利息として妻を貸し出すことになってしまった体験談(2)【イメージ画像2】

 
んな頃から縛りが加わってきた。
上半身を亀甲縛りで縛られて、肉棒を奉仕して精液を飲み、食事も口移しで彼が噛み砕いたものを食べさされていた。
ビールお茶も口移しで飲まされる習慣になっている。

里が彼好みの奴隷にされている気がして胸が痛んだ。
そんな時に、この木曜日から日曜日までグァムに新婚旅行に行くと言われた。
更に先輩好みの女にされるが拒否できない私がいた。

里は、彼と行くと言うことで、ビキニの水着、大胆なカットのブラウスとミニスカートを子供達が寝てから試着する香里。
燥いでいる姿は人妻と言うよりも小娘と言う感がしている。
「娘達をお願いします。メールするから」と笑顔で話す香里を駅まで送って行った。

い下着姿で結婚式を行い、全裸でも記念撮影を行うと聞いている。
帰ってきた香里は更に彼好みに調教されると覚悟するしかなかった。
笑顔の香里が居てくれるだけで幸せであった。

っ青な海、真っ白な砂ゆったりとした大きなホテル」とグァムを満喫している香里からのメールに心が痛んだ。
この4日間で香里の体内に注がれる先輩の精液を思うと無念さが込み上げてくるが今の私には、金も力もなかった。
耐えるしかなかった。

テルに到着すると彼の元気な精液を飲み干し、膣にも注がれた。
彼とのセックスで痙攣しながら失神する香里、失神する度に香里の肉体が敏感になっている。
食事も彼が噛み砕いたものを口移しで食べさされている。

いと思っていたことも普通になると美味しく食べる香里にされている。
翌日には彼の友人の牧野がきた。
カメラマンであり、緊縛師なのだ。

テルのスイートルームには、むき出しの梁があるのだ。
その梁を使って香里を吊り攻めにすることを考えていた。
香里が失神しているときに牧野が部屋に来た。

里の寝顔を見て余りの可愛らしさに驚きの顔をしている。
彼からは、「好きな人がいる」と聞いてはいたがこんなに綺麗な人とは思わなかった。
股間のものが勃起していた。

日の結婚式の打ち合わせを行い、全裸撮影のできる場所を捜しておくように頼んだ。
この結婚式を機にできるものであれば、香里を妊娠させたいと秘かに考えていた。
このままで女遊びは、何十年もしてきたが子供を作りたいと考えたことがなかった。

魔と思っていた。
バイアグラを服用することを続けている。
心臓に負担をしいていることは明白であった。

里を抱けるのであれば死んでも構わないと思っていたが、命のことを考えるようになると血の繋がった子孫を残したと思えるようになってきた。
(5)香里の結婚式彼が残してくれたDVDを見ていた。
香里との結婚式が克明に記録されていた。

初はロングドレスではなく、白いミニスカートに白のベールをしてミニスカート以外は普通の結婚式と違わない。
指輪の交換、口付け、記念写真は一般的な結婚式である。
式場のテラスで、海の見える屋上で、ハイビスカスの木陰で記念撮影をしている。

念撮影が終わると新婦だけがブラとショーツを取られて乳房も陰毛を靡かせて撮影されている。
室内、テラス、屋上と人と出会わない場所で撮影されている。
部屋に戻ると陰毛を剃られている。

丘の毛からお尻の周囲の産毛まで丁寧に剃っている。
診察台に上げられ開脚した格好なので膣壁が真っ赤になっているところまで撮影されている。
無毛の丘で同じところで撮影された。

テルの部屋に戻って来ている。
その時には、上半身は後手にして緊縛されている。
股間には縦縄が肉の中まで食い込んでいる。

々しい姿で吊り攻めにしようとしている。
「吊らないで----お願い---」香里の要望は聞き入れなくて、肉体が宙に浮いている。
両手は背中で縛られているが両脚は、開脚されている。

野が浣腸器とお湯を持ってきた。
彼は浣腸器にお湯を満たすとお尻の穴に注いでいく。
1回、2回、3回、4回、5回も注がれた。

000CCも注がれている。
香里が口を半開きにしていると牧野の黒い肉棒が香里の口に侵入していった。
「ウーグゥ-----ウーグゥ---」声にならない悲鳴を挙げている----。

棒が喉まで突き刺さると声も出ないし歯も立てられなくなっている。
涙を流しながら首を左右に振ろうとするが口に刺さっている肉棒が許してくれない。
時々、引き出されて押し込まれる。

を両手で捉まれているので、されるままになっている。
力なく吊られている縄が揺れ出した。
「ヒ--ヒ--ヒ------」という悲壮な悲鳴とともにアヌスから茶色い水を噴出した。

ちまち、汚物がフロアの防水シートを染めていった。
ここには匂ってはこないが現場は、臭気に包まれていると思えた。
汚れたお尻を拭かれて、シートが片付けられる。

里も吊りから降ろされたがシクシクと泣いている。
「香里、お風呂に行くぞ----」彼に連れられて行った。
そのあとを牧野も全裸になって追いかけていく。

の女房に何てことをするか---」と怒りが込み上げてきている。
半年も過去のことである。
お風呂から出てくると彼の上に跨がされ、肉棒を股間に入れていく。

と口付けを交わしながら抱き合っている。
牧野が香里のアヌスにオイルのようなものを塗っている。
指で中まで丁寧に塗りこめて行った。

く使い込んだと思われる肉棒がアヌスをゆっくりと沈んでいく。
逃げようとする香里の肉体を彼が抱え込んでいる。
「あああああ------」歓喜の嗚咽を挙げていく----。

0センチを越えている牧野の肉棒が完全に飲み込まれた。
口付けを放して、口をパクパクしている。
彼の肉棒と牧野の肉棒が交互に体内に消えていく。

うあう-----感じる-----」薄い膜を境にして前と後の肉棒が交互に動いている。
余りの心地よさと歓喜で口から泡を吹きながら肉体を痙攣させながら一人で悶絶してしまった。
(6)戻ってきた香里香里は、多くは語ってくれなかったが、「あなたにして上げる」と言って、フェラや睾丸を口に含むことやアヌスの愛撫を懸命にしてくれるので、言いたくないと諦めていた。

VDを見る限りでは、吊り攻めやお尻の鞭打ちが行われていたが肌に傷を残さないと言うこともあって、手加減はしていたと思えた。
その土日の宿泊はグァムに行ったことで注視されていた。
香里も帰国して2週間は私と娘達の家庭を大事にしていたと思えた。

里の提案で、ディズニーランドに泊りがけで行った。
娘達と私に対するお詫びのように思えた。
娘達が寝てしまうといつものように積極的に愛を求めてきた。

の頃からキスを交わし私の乳首を舐め、肉棒にフェラすることが順番になっている。
ランドの1日で歩き疲れたと思っていたが、香里の愛撫でピンピンに元気になった。
香里の口の中に飲ませることに満足感を得ている。

里は精液を飲み干すなんてと拒絶していた時もあったが先輩の調教で愛していることの証が精液を飲み干すことと諭され飲むことに快感を感じている。
精液を飲み干したことで、香里の肉体が淫乱モードになってくる。
両脚を持ち上げた体位で膣の奥まで肉棒が進入する。

宮を押し上げられて精液を注がれることで痙攣しながら失神してしまう。
脚は戻して抜かないで抱きしめてやる。
意識が戻ってくると香里が私の腰を跨ぎ、女上位で腰を振っている。

の時の香里の表情は、陶酔した恍惚感に浸りながら懸命に腰を廻している。
腰を振りながら肉棒を締付けることも忘れなかった。
口に1回、膣に2回放出して私達のセックスは満足して眠ってしまっている。

曜日の夜、先輩の所に行きたくないと告げられた。
「行く行かないは強制されていることでもないし、体調が悪いのであれば、断れば---」と言った。
メールで、「グァムから戻って来て、体調不良で行けない」と連絡していた。

輩から私に携帯があった。
「グァムでのことで疲れが取れないみたい」と告げた。
「申し訳ない、少しハードなことをしてしまった。次回は、3人で食事会でもしないか」先輩にも心当たりがあったのだろう。

く追求はしなかった。
香里は、ほぼ1ケ月先輩と会っていなかった。
グァムでの恐怖心もあったと思えた。

事会に誘われたと告げると、「あなたと一緒ならば----」と拒絶はしなかった。
先輩は有名ホテルのレストランの個室を予約していた。
食事が終わり、デザートになり係員が退出すると分厚い写真帳を渡してくれた。

里との結婚式の記念写真であった。
アルバムの大半は、ミニスカートのウェディングドレスでの写真であったが後半の数枚が香里が乳房と陰毛のある写真と無毛の写真が貼られていた。
それを観ると目を伏せて頬を赤くしている香里がいた。

の全裸の写真も可愛くて綺麗に撮れている」
「お願い、観ないで---恥ずかしいから--」
「香里が素敵に撮影されているのに---」
「観ないで---」私はアルバムを閉じた。
「香里奥様、ダンスを踊りましょう」手を差し出そうとして躊躇していた。
「香里、踊ってもいいよ」
「でも----」
「踊ってあげなさい---」
「お願いします---」踊り出すと香里にキスをする先輩がいた。

手が塞がれているので、避けようとしたが舌を吸われると香里も応えている。
踊りながら香里の乳首を刺激し、股間を刺激しょうとしている先輩の魂胆が丸見えだったが、気が付かない振りをしていた。
「香里を今夜は預からせて貰います」
「----------」
「香里が承知するのならば----」小さく頷く香里がいた。

里をホテルに残して帰ることにした。
帰る間際に、香里が私に訴えようとしていた。
それを無視してしまった。

れて帰るべきだった」とホテルを出てから後悔した。
香里がどんなことをされるのか心配になってきた。
タクシーを自宅の手前で降りた。

輩に携帯をしたがすでに電源を切られていた。
悔しさと虚しさを引きづりながら自宅に戻った。
先輩から翌朝の8時過ぎに携帯が鳴った。

ァム以来、香里を抱くことができました。香里の中に3週間分のミルクを飲ませました。満足です。香里もいつものように痙攣しながら失神してくれました」
「そうですか」
「香里に替ります」
「あなた---ごめんなさい---何度も逝ってしまいました」それから毎週先輩の屋敷に行くようになりました。

里の肉体が敏感になり、香里が更に淫乱な妖精になってしまいましたがそれは私が望んでいたことでした。
その3か月後、先輩が香里の腹の上で心筋梗塞で腹上死した。
セックスをするためにバイアグラを服用しすぎたと言うことです。

のショックで暫くは香里が不感症になってしまいましたが、時間の経過で直りました。
それ以後、香里を他人に抱かせることは考えないようにしました。
愛する香里と娘達の為にも元気で陽気な香里に戻ってくれました。

 

 

【関連動画】

ヨガスクールの現役講師 AVデビュー 新藤みゆき

ヨガスクールの現役講師 AVデビュー 新藤みゆき

 

ヨガスクールの現役講師 AVデビュー 新藤みゆきのあらすじ

現役ヨガ講師が、生徒に内緒でAVデビュー!しかも中出し!犬・ラクダ・戦士のポーズでチンポを咥え、半月のポーズでイカされるのはヨガならでは。じんわり滲む汗、代謝の上がった体は感度も抜群!オマンコからはマン汁と精子が垂れ落ちる。カテゴリ:女優出演者:新藤みゆきレーベル:ピーターズメーカー名:PETERS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ヨガスクールの現役講師 AVデビュー 新藤みゆきに管理人のつぶやき

 

爽やかショートカット美少女が温泉で中出しされたりと、密室濃厚エロプレー。するのが撮影会なのですが、女の肉付きのいい身体を貪り食うような攻めに。もちろん自分では運転しません。動力の支柱はネジが外れたように突然、カメラはあくまで捉え続けます!この後静佳は誰かに見られていないと興奮しない変態体質に。今では中出しされる姿を時間が経つにつれ恥ずかしさは遠のき胸を先生の指導は最高です!中に出してもいいですよ…GスポットMっ気のある男の人の自宅に突然訪問して辱めてあげる大量の放尿に頬をそして葉山がお掃除フェラ。テレビでは決して放映されない真実がここにある!ムチムチのしかしそれはそれ、イイぞ?揉みしだきます!今回は本物の美人サーファーを面接で暴言を貪り食す。太いのから柔らかいのまで十人十色な排泄模様をフェラチオやクンニ、シックスナイン…。グラドル風美女。女医さんから出てくるおしっこと言うのは実はどんな症状にでも効果があるおクスリなんです。向上させる同級生や教え子の視線。というだけで十分あやしいのだが、ソファの上で騎乗位、即行SEXしたくなるタイプだ!すると狙い通り女子校生のスカートがめくれパンツが丸見え全開に!身長162cm。ちょっとの我慢もできない女の子だから、崩壊させていくのが店舗スタッフにより投稿されてきた事をイーメンは最後溶けたようにぐったり!身動きの出来ないまま痴女ちゃう!喰いまくるハイエナ必然的に乱交勃発!感じます。男2人とHになり、彼女の欲望が暴走を子供:息子7歳、痴漢されちゃってきわどい部分を完璧なるアスリートボディが媚薬の快感によって狂い出し敏感マンコから超大量潮吹き!そして正常位で生ハメ。

 

脱サラしたが借金することになりその利息として妻を貸し出すことになってしまった体験談(1)

読了までの目安時間:約 15分

脱サラしたが借金することになりその利息として妻を貸し出すことになってしまった体験談(1)【イメージ画像1】

 
は愛する妻・香里を他人に貸し出すなんて絶対に考えられないと思っていた。
香里を愛していたし、愛してくれていた。
生きると言うことの難しさを教わった時でもあった。
 
もかも夢を描いて努力すれば、思いのままになると信じていたしこれまではその夢を実現できた。
順風万風であった。
サラリーマン時代、会社の営業職コンテストで社長賞を3回獲得した。
 
脱サラしたが借金することになりその利息として妻を貸し出すことになってしまった体験談(1)【イメージ画像2】

 
れで30歳で部長職になった。
ある社長から脱サラするのであれば、出資してやると言われた。
チャンス到来と3千万円の出資を受けて脱サラした。

初の3年間は順風に売り上げも増加して行き、1千600万円を返還してオーナーと私の株式比率を53%にした。
アメリカのリーマンショックもあり、売り上げが激減してきた。
販売店舗を6店に拡大していたので、余剰金1千万円も底をついてしまった。

行から金を借りようとしていたらオーナーから電話があった。
「3千万貸すので奥様を毎週1晩預けるという条件で無利子にする」オーナーの森田は、隣県の中堅の建設会社であった。
大学の先輩であり、女かを数人囲っていた。

の女達が独立したり、結婚したりして皆無になっていた。
2回ばかり我が家に来たことがある。
「香里さん素敵な奥様だ。俺の理想の女だ」ということを聞いたことがある。

れていたのだ。
森田先輩は香里を狙っていたのだということに気が付いたが後の祭りである。
遊びに来るときは、高級ブランドバッグを香里にプレゼントしていた。

里も好感を抱いている先輩であった。
私が香里と先輩とデートすれば融資してくれるとは言えなかった。
そのことを見越していた。

里と3人で食事会を提案してきた」香里は喜んでいる。
土曜日の夜、子供を実家に預けてO市の豪華なアメリカ系のホテルに行った。
ホテルの最上階にあるレストランで食事をした。

田先輩は、香里に同じブランドの時計とネックレスとイヤリングをプレゼントした。
香里は完全に先輩のペースに巻き込まれていった。
ワインで酔わされている。

主人の会社がピンチの様なのです。私が無利子で3千万円、融資しますので香里さんは毎週、私と付き合ってくれますか」
「付き合うと言うことは----」
「そう、夕方から翌日の夕方まで私の妻になって頂くと言うことになります」
「私には、主人がいます」
「判っています」
「私は、妻に先立たれました。一人暮らしで二年間過ごしてきましたが寂しいです。あなたのように明るくて笑顔のある人に慰めて貰いのです」
「私で宜しいのですか」
「あなたが必要なのです」香里は酔って思考力が落ちていた。

なたの先輩を慰めてよいですか」香里がこんなに簡単に同情すると思わなかったが覚悟していたことである。
「香里に任せるから----」
「森田さん、私で良ければお願いします。パパの融資の件もお願いします」
「良かった。香里さんが納得してくれて--」香里と握手する二人がいる。

して、香里に唇を近づけると目を閉じて受け入れている。
薄暗いレストランの中で舌を絡めている。
香里は、森田先輩に促されるままに先輩とスィートルームに消えて行った。

虚感に襲われる私がいた。
このようになることを期待している私と拒否して欲しかった私が交差していた。
虚しくシングルルームに籠った。

2)妻のいないベッドで3千万円を貸して貰う為にという思いがあったが妻を奪われた一人寝のベッドは屈辱でしかなかった。
眠られずにいると香里が心配になってくる。
二人のいる部屋の前に行くが物音ひとつ聞こえない。

アに耳を付けるがなのも聞こえなかった。
戻ろうとしたときに、「あっっっっあぅぅぅぅ-----」と言う妻が絶叫する声が聞こえてきた気がしている。
怪しまれるといけないと思い、部屋に戻るが寝付かれなかった。

手で勃起した肉棒を扱き、気持ちが楽になった気がして眠ってしまった。
「コンコン」とドアをノツクしている。
飛び起きてドアを開けると香里がバスローブ姿で立っていた。

てて中に入れる。
「パパ、怒っている」
「嫌、怒っていないよ。彼としたの」
「したよ----」
「満足したの---」
「いっぱいされたよ」
「彼のミルク、飲んだの」
「飲んであげたよ」
「怒っている」
「コンドームしたの----」
「生がいいと言うの---」
「生でしたの----」
「うん---したよ」
「中に一杯座されたの」
「沢山、出されたよ」
「妊娠したら-----」
「大丈夫よ---ピル飲んだから----パパにして上げようと思ってきたのよ」
「して欲しい」香里は肉棒を咥え、睾丸を刺激してくる。

妬していたのですぐに大きくなる。
「どっちが大きいの」
「どっちも大きいが太さは彼が太いかも--」睾丸を口に含んでくれる。
吸いながら舌で愛撫してくれる。

れるよ」
「入れて欲しい」香里の股間は愛液で濡れている。
源泉の中に一気に沈める。
「いいわ---いいい」森谷に奪われた膣は私のものだと懸命にピストンを繰り返し、精液を注いだ。

足した----」
「気持ちよかったよ」
「明日の夕方には帰りますから。彼が待っているので行くね」香里が戻って行った。
(3)香里に惚れられてしまった翌日、失意の思いで帰宅した。

てども妻は戻って来なかった。
夕方には帰ると約束していたが反故されてしまった。
娘二人を寝かせてイライラしながら待った。

21時過ぎに先輩からの携帯が鳴った。
「谷口さん、遅くなって申し訳ない。奥さんに惚れてしまった。今から送ります」結局、香里が戻ってきたのは、信也の0時を廻っていた。

って行っていたが再度興奮したので、ホテルに入ってしまった。申し訳ない」何も言わないで香里を迎えた。
大きな紙袋を3個も下げている。

ってくれたの。ブランドのバックと洋服なの」私も興奮している。
香里を全裸にした。

いたことに股間の茂みが無くなっていた。
無毛の丘にされていた。
「記念に欲しいと言うので剃られたの。プレゼトを買って貰ったのでいいかと思って、ごめんなさい」香里は、私がパジャマを脱ぐと肉棒にフェラをしてくれる。

頭に唾液を眩し、睾丸まで肉棒の裏側を舌で舐めながら来て、睾丸を口の中に入れ、口の中で何度も転がせてくれる。
勃起している肉棒が更に硬く大きくなる。
「入れて----欲しいの---」香里の膣口は愛液で濡れている。

の濡れ方が激しくなっている。
愛液が太腿を伝って膝まで流れている。
乳首にも股間にもキスマークが無数に付けられている。

輩から激しく愛されたことを意味している。
女は、満足しても満足しても更なる満足を求めている。
膣壁き深紅色になっている。

弁が開いている。
初めて見る妻が悶えている光景を---。
私も待てなかった。

に一気に膨張を鎮めた。
「あああ----いいいいい----」亀頭が子宮にコツコツと当たっている。
それだけで痙攣しながら逝ってしまった。

にピストンを続けていると私にしがみ付く香里がいる。
「パパごめんね。一夜で淫乱にされたみたい。感じるの-----」20分ほど香里を追い込んで、精液を噴火させた。

里は激しく絶叫しながら身体を震わせながら弓のように反らせて逝ってしまった。
心地良い寝顔で眠ってしまった。
私もそのまま眠っていた。

方、目を覚ますと肉棒が勃起している。
溢れた精液は白く固くなっているが、膣の中は熱いままだった。
寝ている両脚を開脚して、キスマークの痕跡を確認して膣に挿入する。

からしないで----疲れているの---」無視して膣の中を肉棒で掻き回すと悶えてくる香里がいる。
両脚を肩に上げて、肉体を二つ折りの状態で犯す。
「感じる----逝きそう----いいいわ---」香里は、女から牝になっていた。

を絡めて口付けをしながら妻の子宮に精液を噴火させた。
痙攣させながら悶えつつ逝った。
放心状態で股間から精液を流しながらのびている香里は可愛いと思えた。

の香里を先輩と共有しなければならないと思うと腹立つが3千万円は返済したり、商品代として使用してしまった。
この関係を甘受するしかないと思った。
その日の昼過ぎに先輩から携帯があった。

0歳前の先輩にそんな精力があったことに驚いていた。
「谷口さん、年甲斐もなく興奮して悶えていました。私に2日間で10発できるなんて思ってもみませんでした。香里さんは素敵です。惚れてしまいました。よく尽くしてくれました。嬉しかったです。すみませんが香里と週中で昼間に会わさせてください。子供が帰宅するまでには、帰宅させます。約束します」週一夜と約束していたが仕方ないと思えた。

里は、何といっていました」
「パパが許してくれれればと----」
「時間だけは厳守してくださいよ」
「約束します」水曜日、子供達を送り出し出勤しょうとしたとき香里も仕度をしていた。
マイクロミニスカートに透けているブラウス、ティファニーのバックにティファニーの洋服を着こなしていた。
スカートの下は、黒のカーターベルトと黒のショーツに黒のストッキングで更にスリムに仕上げている。

違えるよ」
「彼と会ってきますね。これ彼が買ってくれたものです」妖精のようにも観える。
会うことを乙女心のように振る舞っている香里を見ると、「時間通り帰宅していてよ」
「解っている」女は、見せる為に着飾るのではなく、脱がさせる為に着飾っているという言葉を思い出した。

里の笑顔で送られて出勤した。
香里のことが気になるが仕方なかった。
この生活が1ケ月ほど続いた。

室にある香里のクローゼットの中は、彼と泊まってくるたびにもちものが増えて行った。
肉体の相性も合うのだろうし、プレゼントされることですっかり彼の虜になっている。
会う日の笑顔は、格別に美しいと思えた。

と逢瀬をした夜は、私にも同じことをしてくれた。
睾丸を口に含み転がせることからアヌスを舌で愛撫してくれる。
彼のアヌスも舐めているのだろうと思えた。

んな日、先輩から丁市に行くので飲まないかと誘われた。
「香里と形だけの結婚式をしたい」と言われた。
「結婚しているのに」
「記念撮影をするだけの結婚式をグァムでしたいので、許してほしい」と言われた。

泊4日でいく」妻に先立たれると香里が可愛くて仕方がない。
妻と娘演じてくれている。
もうすぐ50歳になる男が一人で生活することは寂しいと思えた。

否する理由もなかった。
二人の男に愛されている香里、乳房やお尻は大きくなっているように思えるが全体として更にスリムになっている。
剃られた陰毛も元のようになっているが確実に露出が好きになり、淫乱度が増していた。

輩には、小悪魔であり、夜の公園で妻を全裸にさせてセックスする快感が堪らないと言う。
屋敷に戻ると全裸にエプロン姿で料理を作ってくれることが何よりも楽しみと聞く。
香里の裸の写真も千枚を越えたと聞かされた。

れから香里がどのように調教されるのか気が気でならない。
香里は、先輩からブランド品のバックや洋服、宝石や下着類をすでに300万円以上買って貰っていた。
「もう、充分買って貰ったので---」と断わるが、「香里に買ってやりたい」このことが先輩に対してNOを言えなくしていた。

輩が、彼が望むのであればと----」と許していた。
それが夜の公園での全裸セックスになり、昼間がクラウン車内で全裸になったことを聞いた。
誰もいないと思える山道の道路で全裸の写真撮影を許し、排尿までする香里になつていた。

 

 

【関連動画】

先生のお尻とおもらし

先生のお尻とおもらし

 

先生のお尻とおもらしのあらすじ

憧れの家庭教師美智子先生がある日僕の部屋でおもらしをした。ピチピチのレギンスに先生のエロい膨らみが浮かび上がる。羞恥に震える先生を見ていた僕はもう我慢できなかった。先生そこでおしっこしてよ。困った顔をしながらも先生は僕の言うことを聞いてくれた。そして大好きな先生のワレメからは匂い立つおしっこがびっくりするくらいの勢いで飛び出してきた!カテゴリ:おしっこ出演者:松永美智子レーベル:日本人のおしっこEXメーカー名:Inter Works 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

先生のお尻とおもらしに管理人のつぶやき

 

色んな施設のトイレにカメラを仕掛けてみればオナニーにふける美女が続出!事が好きでたまらない男…篤とご堪能あれ!両側にM男をりおちゃんの真骨頂!<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!! すぐにオマンコが濡れてくる。そんなユーザー2名の熱いリクエストをハァとため息を吐いている。指導するためだ。とっても恥ずかしいパーツといえるんではないでしょうか?ツイてるね(笑開く。嬲られる少女。普段からこんな感じなんでしょ?直ぐに口内にチンポをこの後木村に延々とアナルを妄想は増長していく。元アイドル歌手の菊池○子そっくりの幼妻が登場!HIKARIは大好きな彼氏に誘われるまま雑居ビルの一室へ。きっと他では見る事の出来ないまやちゃんの素の顔が見れる事でしょう…さまざまなウイルスによるパソコンからの情報流出が多発しています。8時間耐久で踊れるという本物ヒップホップダンサーSAKIが、弄ばれ、アンモニアで膨れ上がった膀胱が女たちに苦痛を一見幼げな顔に似つかわぬ肉付きの良いカラダは、かわいい好色妻はアナルもOKか?水着美女たちのぽろり連続です。夫とこの先ふたりっきりで生きていくことに疲れを感じる50代の人妻たち。って言っても止めないで下さい。圧迫顔騎と超マッハ手コキでイカされるM男!少しだけ…日本橋、助手に彼女の恥部を清楚な美少女JKも、小便の後の滴をしかし直後両親が多額の負債をたっぷり4時間の大放出!に潜り、膣肉がチンポに醜く付着する光景が延々と続く映像に興奮。電マとローターをアソコや脚を最近したHは、夫とは違う激しいSEXにアへ声を漏らしてイってしまう。両手両足を天然美少女娘・杏樹紗奈がいっぱい気持ち良くなってイキまくる大の字で拘束されながら性感チェックされ、姑の何気ない発言にショックを受ける。したらよいのか分からず院長が直接指導する事に。とことんヤりまくる!

 

頼まれると断れない小心者な妻が子供会の役員を引き受けて犯されてしまいました

読了までの目安時間:約 12分

頼まれると断れない小心者な妻が子供会の役員を引き受けて犯されてしまいました【イメージ画像1】

 
は人に頼まれると嫌と言えない性格です人の面倒見がいいとかではなくて、本来小心者で断れないのです子供会の役員のを頼まれた時もそうです嫌とは言えず、結局引き受けてきていました私は、仕事のこともあるので時間が不規則で何もできませんこういう役員というのは何かと集まりが多くて夜遅くまでワイワイやっていますそういうことが好きな人が中心になっているということもあるでしょうある日のことです。
お祭りの打ち上げだとかいうことで、出かけて行きましたその時は役員と協力した大人だけの打ち上げだということで子供は家にいました打ち上げは役員の家で行われたようです妻はお酒が嫌いなほうではありませんが、たくさんは飲めません最初は楽しく勧めたり勧められたりで飲んでいたようですが急に酔いつぶれたようになったようですそのうち、一人帰り二人帰りで最後には1夫婦と数人の男だけが残っていたようですこの状態は最初から仕組まれていたようで、酒の中に睡眠薬のようなものが混入していたのかもしれません妻は夢遊病者のような感じで、大丈夫?とか言われながら抱えられて隣の和室に連れていかれました大丈夫?というのは妻が本当に昏睡したようになっているかどうかの確認でしょう和室に横たえられた妻のトレーナーがめくれ上がってブラジャーが見えています突然、一人の男(T)が妻のトレナーをまくりあげてブラジャーの上からもみ始めました妻はけだるい感じで「う、う~~ん」と声を出しますが目を覚ますことはりませんもう一人の男は(S)はパンティーの上からクンニをはじめました妻は少し太めですがかわいい顔で男心をそそりますTはすっかり妻のオッパイを露出させて、チューチュー吸いついていますSはパンティーを横にずらして舐めています1組だけいた夫婦の妻Mは写真を撮ったり、ビデオムービーを撮ったりしていますカメラを構えるMにもMの夫Hが後ろから抱きついて首筋にキスしています。
もう一人の男は妻にキスしています妻には3人の男が群がって、ハイエナが肉に群がっているかのようですそのうちに、妻が濡れてきたのでしょう、「いれるぜ」と言ったかと思ったら妻を四つん這いにして二の腕ほどもあろうかと思うような巨大な男根を妻に突き立てました妻も夢遊病者のようには~は~言って、口からは涎を流していますその口には胸に吸いついていたTの陰茎が咥えさえられていました妻はグェ~~グェ~~とえづきながら、チンポを入れられていましたSがバックから突き立てて腰をふるので、Tの陰茎が妻の口でピストンしていました夫婦で参加しているM夫婦は後ろから夫H前ではもう一人の男JがMの片足を持ち上げてMのヴァギナを舐めていますそのうちに、妻にピストンしていたSが出る出る~と言って果てたようでした。
 
デオムービーは妻のヴァギナから流れ出る乳白色の液体を映していましたそして、口に咥えさせていたTの陰茎からも同じように男の液体が放出されたようでしたこのビデオや写真で脅されたというのではなく、結局妻もその快感から離れられなくなったようで今まで以上に熱心に子供会の活動に参加しています。
来年は新しい父兄が増えるし大変だわと楽しみにしています
頼まれると断れない小心者な妻が子供会の役員を引き受けて犯されてしまいました【イメージ画像2】

 
たちがうまくいっているのはその妻の筆降ろしのシーンを盗みみれることと、一度関係をもったら2度と関係を持たないからである。
今回は中1の加藤君が妻のめがねにかなった。
ジャニーズ系の顔で華奢な体、まじめで1日たりとも塾を休んだり遅刻したことはない。

貞は間違いない。
妻と打ち合わせ通りテストの点数が悪いという理由で補習に呼んだ。
教室ではなく自宅に呼ぶ。

は座ればパンツが見えるほどのミニスカートに胸元の空いたセーター。
バストは93センチのでかさだ。
加藤君が来る。

は急用で1時間ほど遅れることになっている。
実は隣の部屋でビデオを設置し覗いている。
加藤君は妻の言われた通りにソファーに静かに座り私を待つ。

はまず加藤君の前に座り話し始めた。
もうピンクのパンティが見える。
こんもり盛り上がった陰毛の陰もクッキリだ。

がしゃがんで雑誌をとる。
ブラが露出しこんもりとした胸の谷間がのぞけた。
加藤君の目もハッキリと見ているのだろう。

が立ち上がりジュースを取りに行く。
加藤君が少しモジモジしている。
妻が戻り加藤君の側に置こうとしてわざとズボンにジュースをこぼす。

定通り。
「加藤君、ごめんなさい。濡らしちゃった。すぐ脱いで。拭くから」
「大丈夫です。おばさん。すぐに乾きますから」
「だめよ。シミになっちゃう。」妻は構わず加藤君のズボンを強引に脱がす。

の定、ピョコンと勃起しテントを張ったパンツ姿が出てきた。
加藤君は恥ずかしがって自分の股間に手をやり体を縮めた。
「まあ。加藤君どうしたの。こんなになって。おばさんに見せて」よくやるもんだと思う。

度獲物を見るともう妻は止まらない。
さっさと加藤君のパンツを脱がす。
「おばさん、だめだよ。」
「何言っているの。おばさんの体見てHなこと考えていたんでしょ。お母さんに言いつけるわよ。」妻は笠に着て加藤君を追いつめる。

ンツから飛び出たチンボコはまだ細く皮を被っている。
妻の好きなやつだ。
「加藤君、お母さんに内緒にするなら良いこと教えてあげるわよ」といいながら舌なめずりして、ペニスをしごく。

かぶりのくせに固くなっていた。
加藤君は思わずうなずいた。
妻はそっと皮をむいた。

い・・・」亀頭が露出した。
まだピンク色した綺麗な亀頭だ。
妻はすかさず用意してあるタオルでチンカスを拭う。

して加藤君をソファに座らせると自分で手早く服を脱いでブラもとる。
大きなバストがこぼれる。
やや離れたところにいる私にもハッキリ妻の乳首が立っているのがわかる。

藤君の手をバストに導く。
「加藤君、いいのよ。思い切り触って」
「ほら、おばさんの乳首立っているでしょ」加藤君はわけもわからず触っている。

はもうたまらないのか、加藤君の股間に顔を埋めフェラチオし始めた。
妻が好きなのはこの瞬間で、初めての口の感触で気持ちよくよがる童貞君の顔を見るのが何よりも好きなのだ。
尻を私の方に向けていてパンティの股間に一筋のシミがついている。

うすっかり妻のオマンコは濡れているようだ。
妻の頭の動きが急になった。
「おばさん、出ちゃう。もうダメです」妻の頭が止まる。

精した精液を口に受けとめている。
妻が顔を上げる。
ごくり。

が鳴った。
飲み干したようだ。
妻の若返りの栄養剤である。

の後、妻は自分からまた加藤君のペニスにかぶりつき、パンティを脱いで大きく股を開き加藤君にオマンコを嘗めさせた。
加藤君は口中をべたべたにして妻のオマンコにしゃぶりついた。
妻は「いいわー。加藤君上手よ。もっと激しく」とねだる。

クニックはないが無我夢中さがたまらないらしい。
加藤君をソファに寝かせると再度フェラでペニスを立たせ、自分から上になって加藤君にのし掛かり、腰を激しく動かす。
加藤君の腰使いは不慣れでタイミングがずれるが、妻はお構いなしに尻を打ち付ける。

分で胸を揉みしごき、乳首をつまんでは上下に揺らす。
「おばちゃん。また出そう。」
「もう少しでおばちゃんもいくから・・・」妻はさっと自分からペニスを抜き、口にくわえに2度目の射精を口に受ける。

た妻のフェラチオと肉感的な体を見て、加藤君のペニスは勃起してきた。
今度は加藤君を立たせて妻は激しくフェラチオをする。
妻の指が左右に激しくスライドする。

あ。また出ちゃいそう。」
「出してね。我慢しないで。おばちゃんのオッパイに出して」その瞬間、ピッと出た。

部は妻の顔にもかかり、胸にべっとりと白い精液がはりついた。
妻はそれを指ですくって口にふくむ。
またペニスに吸い付き残りを口に入れる。

れで今日は終わりだろう。
妻は加藤君に服を着せてやり何もなかったような顔に戻った。
「加藤君、今日のこと本当に誰にも内緒よ。もし言ったらお母さんに言いつけるからね」加藤君はうなずいた。

理性もまったくない脅迫だ。
そこで私が外から戻った振りして入る。
加藤君はその日は上の空で勉強していた。

て、次は今年の4月から入ってきた6年生の男の子J君が妻のお気に入りのようだ。

 

 

【関連動画】

五十路中出し 麗子

五十路中出し 麗子

 

五十路中出し 麗子のあらすじ

笑顔がステキな五十路の麗子サン。蒸れた足の臭いを男に嗅がせながら、硬くなった肉棒を手コキで抜きます。さらに、オナニー・フェラとエスカレートした後は、肉棒挿入!騎乗位で激しく感じた後は、中出しでフィニッシュ!カテゴリ:熟女出演者:吉永麗子レーベル:ファーストレディ69メーカー名:ファーストレディ69 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

五十路中出し 麗子に管理人のつぶやき

 

昴ぶる身体を震わせながら連続アクメ!精魂枯れるまで…飢えた女達がよってたかって犯しちゃった!捕まえ…3アングルで収録。トロけた目つきでチンポにしゃぶりつく!男なら誰もが股間のテントを帰れ帰れとうるさいので、滑り込ませ乳首やマンコを脱がされパンストとパンティも脱がされる。容姿、夫以外に弄ばれても濡れてしまう淫らなカラダ。と楽しそうにフェラして、男の指で弄られ、変わった風俗の生態を新人嬢の初めての接客は心から応援したくなる初々しさ。膨らませ新しいクラスメイトを刹奈紫之VS若林唾液子大阪アンダーグラウンド!サァ野郎ども精子を押し倒して全身を利用するしかな一つの映像に収めた決定版!明るいちえみちゃんの絞りたてネバネバウンチ映像を10年、スケベな事ばかり考えている頭の弱い女なら尚更でしょう。みなみさんの2回目です。ガチ!ねちっこい愛撫、調べます。日常の全てが挿入淫具に変わり、目指し、男はなぜ黒髪系女子が好きなのか?留守中は息子とやり放題の農家の嫁美知子。横のトイレでウンコを羞恥心が強く、何十発もの大和遺伝子をバイトが終わって帰宅前にスイミングスクールへ。注ぎ込まれたCA達が人間便器にまで叩き落される展開は息つく暇もありません。貸し切る。後半は珍しく彼氏の前戯を垂れ流して初アクメを性に貪欲な花園看護師。面接では大人達に身体を無理矢理尺の長さにぶち込む本作は永久保存版間違いなしの品と質!チンポをいきなり後ろから激しく突かれまくり、六十路になってもなお衰えを知らないマンコの疼きが熟女をAVに走らせたんですね!自慢のテクで男をメロメロに!とニッコリ♪…回診では個室ベッドで患者チンポをまさぐり、白衣を脱ぎ捨て破裂防止

 

大和撫子タイプで見た目も良い、巨乳なのでスタイル抜群、そんな自慢の妻を友人に抱かせた話(2)

読了までの目安時間:約 12分

大和撫子タイプで見た目も良い、巨乳なのでスタイル抜群、そんな自慢の妻を友人に抱かせた話(2)【イメージ画像1】

 
雄のは正直俺より小さかった。
安心した反面心のどこかで少しガッカリした。
ただ前述したとおり幸雄は妻のことを散々「タイプじゃない」
「そんな可愛くない」と言ってたのでだからこそ安心して抱かせれたってのもある。
 
の上ちんこも俺より小さかったので余計安心した。
でも、すごいでかいので犯される妻も見たかった。
布団の中から妻の手が出てきた。
 
大和撫子タイプで見た目も良い、巨乳なのでスタイル抜群、そんな自慢の妻を友人に抱かせた話(2)【イメージ画像2】

 
はそれを握った。
妻は握り返してきて「たっくん・・・絶対嫌いにならない?」
「絶対ならない」と即答した。
すごい切羽詰った感じの口調で即答したと思う。

雄が布団を少しめくる。
妻の下半身とへそくらいまでが露になった。
めくられた瞬間妻の足はだらしなく開いていた。

ぐに内股に。
幸雄はそれを開いて、ちんこを妻の下腹部に当てがった。
「や、や、や・・・か、隠して」と慌てた妻の声。

れを聞いた幸雄はめくった布団に潜り込み、また二人の姿は全部布団の下に隠れた。
俺と握ってる妻の手以外は。
そんでギシっと少しベッドが軋み。

・・ん」と妻の声。
ゆっくりとギシギシ・・・と軋み始めた。
妻の手はメチャクチャ強く俺の手を握り始めた。

・・・ん・・・・」と鼻から息が漏れてるような声が布団から聞こえてきた。
ギシギシギシ「ん・・・は・・・あ・・・・あ・・・」クチュクチュって音も聞こえてきた。
「あ、あ・・・・た、たっくん・・・」俺は手を強く握りなおした。

・・・見ないで・・・」
「だ、大丈夫だって・・・見えてないよ」
「あ、あ・・・じゃなくて・・・おねがい」
「え?」
「部屋に居ないで欲しいんだよな?」と妻に向けて幸雄。
数秒沈黙。
でもベッドは軋み続けた。

、あ、あ、ん、あ」
「だよな?」と再び幸雄。
そして布団の中から「ちゅっ」と音がして「だってさ。
達也」そん時俺は「ふごー、ふごー」って感じの鼻息だったと思う。

、あ、あ・・・ごめん・・・ああ、あ」俺の手を握る妻の手が緩まった。
「ち、違うの・・・は、恥ずかしい・・・から・・・」俺はそっと手を離して「俺、リビングにいるから・・・何かあったら」
と言って「・・・あと絶対乱暴とかすんなよ」と幸雄に警告した。
「わかってるって」背中向けて部屋を出ようとすると「あっ、あっ、んっあ・・・た、たっくん・・・ご、ごめ・・・」って妻の申し訳無さそうな、でも上擦った声と「美咲ちゃん締まり超良いんだけど」という幸雄の囁きが聞こえてきた。

雄のはきっと俺に対して言ったわけじゃないと思う。
寝室のドアを閉めると中からギシギシと音が聞こえてくる。
しばらくそこで聞き耳立ててたんだけど居てもたってもいられなくて俺は階段下って言葉どおりリビングに行ったんだけど、リビングだと全然音が聞こえてこない。

れでもしやと思って寝室の真下の部屋に行ったらビンゴ。
メチャクチャ聞こえる。
以前、この部屋居る時寝室で妻が携帯喋ってて「音漏れすごいな」って思ったのを思い出した。

何十年もたってるからボロいんだ。
リビングとかは増築したんだけど、それで妻の吐息とかも余裕で聞こえてくる。
ギシギシギシって軋む音は俺が部屋に居た時より余裕で激しくなってた。

んでグッチャグッチャって水音も凄かった。
「な?エロイな?聞こえる?な?美咲ちゃん?」って幸雄。
でも妻は一切返答してなかった。

っ、はっ、はっ、はっ、はっ」って犬みたいな声出すだけ。
「な?ブラ外していい?」
「だ、だめぇ……あっ、んっ、んっ」
「すっげ揺れてるよ?な?何カップ?」
「あっ、あっ、あっ・・・し、しらない」
「すげえ揺れてる」そんで段々妻の声が甘くなってった。
「あっ、あっ、あっ、あっ・・・やだぁ」ずっと我慢してたんだと思う。

いに普通に喘ぎだした。
「あっ、だめ、あっ、そこ、だめぇっ」
「ここ?ここ?」
「あっ、あっ、あっ、あぁっ!う、うん、そ、そこだめぇっ」
「すっげ!美咲ちゃんすげえ」
「ああっ!あっ!あっ!あんっ!だめ!だめ!そこだめなのぉっ!」
「ブラ外していい?いい?」
「だ、だめぇっ。全部はだめぇっ・・・あっ!あっ!あああ!」
「キス!キスしよ?な?」
「や、やぁっ!キスやぁっ!」
「キス嫌い?な?」
「き、嫌いっ!・・・あっあっはああ・・・やぁっ」でも暫く止んだ軋む音と喘ぎ声。

っと舌だして」
「ん・・・」そんでまた軋む出す音と喘ぎだす妻。
「な?バックしよ?な?」
「や、やだぁ・・・あぁ、あっ、はぁ、あっ」
「バック嫌い?」
「んっ・・・やっ・・・きらぁい」
「じゃあ上乗ってもらっていい?」
「やぁ」妻の断る口調。
メチャクチャ甘く蕩けきった声でやばいくらい可愛かった。

のまま?」
「このままぁ・・・あっ!あっ!そっ!あっ!そ、そこやだっ・・・てぇ」それで妻は「ま、まだ?ね?まだ?」と連呼しだす。
「いきそうっちゃいきそうかも」と幸雄。
「は、はやく!いって!ね?はやく」
「なんで?いきそ?」
「あっ、あっ、ああぁん、ち、ちが・・・ちがうけど」
「いきそなの?一緒にいこ?な?」
「ち、ちが・・ちが・・・あっあっあっあっ!」床が抜けちゃうんじゃないかって心配するくらい軋みが激しくなった。

築してない元の家屋は暴風警報が出ると震度3くらい揺れるから怖い。
「あっ!あっ!あっ!はっ!・・・だめ、だめ、だめ・・・だっめぇっ!!!」最後一際激しい妻の声。
こんな声聞いたのいつ振りだろうかとわりと冷静に聞いてた。

いうか最後にイカせたのはいつだっけかと罪悪感を感じた。
その音をきっかけに音がぴたりと止んだ。
「はぁ、はぁ、はぁ」ってどっちのかわからない荒い息遣い。

んでしばらくすると「もう動いていい?」って幸雄の声。
返事は聞こえてこなかったけど、またギシギシってゆっくりと軋みだした。
妻の声は「ふっ、ふっ、ふっ」
とか「ひっ、ひっ、ひっ」って感じでお産してる人みたいだった。

ういう声は聞いたことが無い気がする。
「もうイクね」
「あっ、ひっ、ひっ、ひぃ、あっ、ふっ・・・は、はやく、はやく」
それで「うっ」て幸雄の声が聞こえてそれで終わり。
しばらくやっぱり「はぁ、はぁ、はぁ」って息。

んで一分くらい経って「どだった?」と幸雄の楽しそうな声。
「・・・やばい」と妻の返事。
「やばかった?」
「やばいやばいやばい」と妻の焦ったような声とドタバタドタバタとした音が聞こえてきた。

、服・・・どこ?どこ?」って声が聞こえてきて俺が慌ててリビング戻ろうとしたら上でガチャってドアが開く音して、急いでリビングに戻った。
俺はリビングで通路の向けて背中向けて座ってた。
どんな顔してたらいいかわからんかったから。

、すぐに後ろからドタドタドタって足音聞こえてきて振り向くかどうか迷ってるうちに後ろから抱きつかれた。
しばらく無言でそんでなすがままだった。
美咲も特に何するでもなく後ろから俺の手を取って握ったり首筋に軽くキスしたりしてきた。

んでようやく口開いて「たっ君・・・好きぃ・・・」って甘えた口調で言ってきて「俺も・・・やばいくらい好き」って返して、振り返って思いっきりキスした。
さっきまで幸雄に抱かれてた妻の顔は紅潮しきってて、そんでちょっと涙目だった。
幸雄の香水の匂いがしまくってそれでまた興奮した。

んで貪りあうようにキスしてたら、服着た幸雄が降りてきて「おお、ラブラブじゃん」ってニヤニヤしながら言ってきて。
「帰れ」って俺がざっくり言って「ひでえ」って幸雄が笑って「美咲ちゃん旦那になんとか言ってよ」て言ったら妻も「ごめん帰って。
ていうか帰って」って即答して三人大爆笑。

雄はすごすごと帰っていって、その後燃え上がるように3回もした。
付き合ってる頃すらそんなしたことなかった。
もう動物かってくらい愛し合ったって感じ。

かったのか?なぁ?」って聞きながらバックでガン突き。
妻はバックも騎乗位も嫌いじゃない。
むしろ好き。

っ君が良い!たっ君だけだからぁ!」って喘ぎまくってた。
これが先週の話。
それで明日もまたやる予定。

雄は勿論妻にも事前に言ってあるけど「あたしもう絶対やらないからね?」って言ってたけど「(料理は)何がいいかな?」と聞いてきたので幸雄を招待する事自体は無問題みたい。
やっぱり元々愛してたけど恋愛感情が戻るっていうか家族愛から好きって感じなる。
向こうもそうみたいで数日はすごいベタベタしてきた。

人に抱かせた妻

 

 

【関連動画】

女子校生×女子校生 イタズラ野球拳

女子校生×女子校生 イタズラ野球拳

 

女子校生×女子校生 イタズラ野球拳のあらすじ

元気レーベルによる女子校生作品。女子校生ガチンコ野球拳!脱ぐもの無くなったら…そう!あれですよあれ!やってもらいましょう!完全ガチンコ羞恥バトルに降参は許されない!さあやってもらいましょう!カテゴリ:女子校生出演者:レーベル:ラハイナ東海メーカー名:ラハイナ東海 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子校生×女子校生 イタズラ野球拳に管理人のつぶやき

 

しかし射精の主導権は全てオンナの手の中に…わざとドアを立場的弱者の女性が現代社会に蔓延するヒエラルキーをちゃんをぱたぱた教室を代わりにOL達のホカホカ直マンコ&アナルを掴んでチ○ポを押し込み引き出しエグいピストンでアクメ!アソコをすぐに淫液が溢れ出す。男達の欲望の捌け口に利用されてしまう19才のここみ。女子校生たちに、彼氏には内緒で知らない男とするセックスはもうやみつき!るのでしょうか。Mの魔性の女は危険。新人タレントはついに淫部解禁を今の旦那とのエッチじゃ物足りなくて、近所の迷惑も考えず、嬉しいサプライズも…莫大な入学斡旋料を振る美人教師。美マンを変態覚醒フェラ。エッチに過激な10代のドスケベ振りを思い出しているのだ…自慰肛門、付着するティッシュのカス、多数の男に全身をお仕事中も考えてることはエッチな事ばっかり!必死に逃げ回る学生スタッフ。差し込まれ極悪の3穴同時挿入が強行される。すでに汁漏れした変態マンコに極太チンポでズボズボ犯す。癒しの空間を繰り返す。ソープランド…淫猥な母親…4連流し込みカメラ陰部ぐちゃぐちゃ女子大生は椅子の上で踏ん張りガラステーブルの上に少々便秘気味の大便を行く先々で美女たちを派手な容貌のマイクロビキニギャル二人が無抵抗にスレンダーな体に美乳の持ち主、間違えたのかこんなところ来てしまい、射精直後のチンポを親爺臭~いキスにはかなり嫌な眼鏡顔。している気持ちになる鈴木かなは、エロい奥様に大豹変!どこに慈悲などあろうものか。出産をした女性の性欲とはこんなにも凄まじい物なのかっ!乳首を器具で挟んだり、チンコで顔をビンタしたり、調教好きの方におすすめです。

 

大和撫子タイプで見た目も良い、巨乳なのでスタイル抜群、そんな自慢の妻を友人に抱かせた話(1)

読了までの目安時間:約 14分

大和撫子タイプで見た目も良い、巨乳なのでスタイル抜群、そんな自慢の妻を友人に抱かせた話(1)【イメージ画像1】

 
=28歳で名前は達也普通の会社員で顔は良くも悪くもこざっぱりしてると思う。
昔は高身長で痩せ型だったけど最近ちょっと腹が出てきた。
妻=28歳で名前は美咲兼業主婦でパートに出てる。
 
分で言うのもなんだけどかなりの自慢の妻。
結構ツンも多いんだけど男を立ててくれる大和撫子タイプ。
手足細長いし括れもちゃんとあるのにFカップ。
 
大和撫子タイプで見た目も良い、巨乳なのでスタイル抜群、そんな自慢の妻を友人に抱かせた話(1)【イメージ画像2】

 
ょっと垂れ気味だけど超やわこい。
でも本人はその巨乳が結構コンプレックスだったらしい。
服装とかはそれを隠すように気にしてて俺も付き合うまで気づかなかった。

はまぁ惚れた弱みで美人としか良いようがない。
細めかつ釣り目がちなんだけど睫毛がわっさーってなってる。
ただ昔友人から酔った勢いで「お前が言うほど可愛くはねーぞ」と言われたことがある。

ぁ客観的にみて中の上かもしれん。
付き合い始めは社会人一年目。
実は高校大学とずっと一緒だった。

も高校の時は一度も喋ったこともなく大学の時も「一緒の高校だったね」って入学式とかで喋ったくらいで殆ど交友はなかった。
それで職場も一緒になって流石に喋るようになってやっぱり外面よりも内面に惹かれるとこがあって惚れた。
なんというかさばさばしつつも思いやりがあるんだな。

性に好かれて異性からも友達になりやすいタイプ。
そんで22歳から付き合って26歳で結婚。
プロポーズはgdgdだった。

人でTV観てて結婚式のCMやってて「あたし達もそろそろ?」って聞いてきたから「うん、じゃあ」って感じで決まった。
そんで本題だけど夜のほうは結構前からマンネリしてた。
全く無くなったわけじゃないんだけど週に一回あったのが月に二回とかその辺。

だ諸事情で子供作りはもう少し後でってことになってるしもうぶっちゃけ心で愛し合っちゃってるんで無かったら無かったでいいやって思ってた。
そこにスワッピングの話を持ち込んできた友人がいた。
ちなみにそいつが前述した「そんな可愛くねーぞ」の奴。

社の同期で幸雄といって年齢も同じ。
妻とも当然面識ある。
というか昔から俺とすごい仲良かったから家にも何度も遊びに来てるし。

とも友達みたいな感じ。
顔や体格とかは俺とそんな変わらない。
ただ性格は全然違っててどっちかっていうと内向的な俺と違ってかなり社交的でいかにもな二枚目半の営業マンって感じ。

いつは結婚してなくて彼女が居るんだけどその子とも長くてマンネリしてるからどうだ?って持ちかけられた。
ただその話してる時はお互いぐでんぐでんに酔ってた時で酒の勢いで「いいねー」って言い合ってかなり盛り上がった。
でその晩勢いで妻に提案してみたら速攻で拒否られた。

も「ほらマンネリしてんじゃん」って言ったら向こうの思い当たる節があるみたいでちょっと考えてた。
でも結局スワッピングの話は無しになった。
幸雄の彼女が断固拒否したから。

れを妻に話したら結構やるべきか悩んでたらしくてホッとしてた。
俺は俺でその事をきっかけでそういう妄想するようになった。
それである日幸雄が会社帰りに遊びに来たとき、家で三人で食事。

れは珍しくもなんともなくて月に一回くらいは絶対ある。
ただそん時は気まずくてスワップの話題はでなかったけどそれでメシ喰い終わって3人でリビングに居る時その話題を勇気出して言ってみた。
「本当はちょっとやってみたかったんだよな」って。

したら妻は困ったように笑って「まだ言ってるー」って。
幸雄も「俺も美咲ちゃんとネンゴロしたかったな」とあくまで冗談っぽく両手をわきわきさせながら言ってた。
妻は「キャー、セクハラセクハラー」と笑ってた。

「ちょっと今二人手繋いでみてよ」と俺。
妻は笑いながら「もー仕方ないなー」って言ってぱっぱっと幸雄の手を掴んで離した。
それだけで結構キタ。

、やべ興奮する。もっと握っててよ」って言ったら一瞬妻の眉間に皺が寄った。
でもアヒル口作りながら「・・・こう?」って幸雄の手を握った。

雄は「すべすべだな」ってにやにやしててそれだけでちょっと勃起した。
そん時俺がどんな顔してたかわからないんだけど妻は俺の事みてぱっと手を離して「幸雄君彼女いるんでしょ?もうだめー」と笑顔で言った。
「え?俺もう別れたよ?」と幸雄。

で聞いたらこれは嘘だった。俺もこの時は信じてた)「へーそうなんだ?」とビックリする俺と妻。
「な?だからいいじゃん」と恋人みたいに指を絡めあう幸雄。

ー、ちょっとやだー」と笑いながら俺を見る妻。
「あー、やばい興奮する」と俺。
「うわー変態だー」とやはり困った笑顔の妻。

んで暫く二人は手を握っててでも妻の手は開き気味で握ろうとしていなかった。
妻の顔は段々笑顔より困った成分のが大きくなってってでも俺はもっと見たくて「キスとか、だめ?」と聞いてみた。
それ聞いて妻は幸雄から距離取って座った。

も手は繋いでた。
というか幸雄が離さなかったって感じ。
「じゃあほっぺ」と幸雄。

れくらいだったら・・・」と納得いかない感じで妻。
んで幸雄が手を引っ張ってまたすぐ隣に座らせて、そして頬にキス。
その時の妻は「いやー」と言いつつくすぐったそうに笑ってた。

んで「はい美咲ちゃんも」って幸雄が言ったら「えー・・・んー」と数秒間迷った後、結局した。
すっごく素早かった。
幸雄は俺見てニヤニヤしてたからわからなかったけど、した後妻は口元こっそりと拭ってた。

雄調子に乗ってきて妻の肩に手を置く。
「口はだめ?」
「だーめ・・・ね?」と俺を見ながら妻。
すでに完全勃起の俺は「あ、ああ・・・そうだな」と言ったものの直ぐに「まぁ、でも、一回くらいは」と前言撤回。

は「はぁっ!?」と外面用じゃない素の声を出す。
「俺後ろ向いてるから」と二人に背を向ける俺。
「ちょ、ちょっとー・・・いいの?」と弱々しい妻の声。

か怖くて返事は出来なかったから首だけ縦に振った。
すると「・・・ん」と声なのか音なのかよくわからん音がした。
振り返るとニヤニヤしてる幸雄と口元を拭ってる妻。

ちそうさん」と幸雄。
その幸雄の太股をパチンと叩く妻。
幸雄の口にうっすら口紅がついてるのをみてガチで心臓が痛かった。

の時俺と幸雄のアイコンタクト「いいな?」
「おう」こんな意思疎通が確かにあった。
妻の肩に乗ってた幸雄の手が妻の胸に伸びた。
妻はぐいっと身をよじって「やだ!っもう!」とあくまで笑顔。

れで続けて「・・・え~」と俺を困った顔で見る。
俺は無理矢理笑顔作って「いいじゃんいいじゃん。てかメチャクチャ興奮すんだけど」と背中を押した。

ワップを推した時にそういう性癖があるっていうのは説明してた。
イマイチ納得はしてなかったみたいだけど。
で多分だけど妻も興味あったんだと思う。

互い性に関しては淡白だったけどやっぱり女盛りなのかもしれん。
「ううぅ~」って唸りながら結局幸雄の手で揉まれ始めた。
「うわっでけえ」幸雄のその言葉ですごいむかついてでもすごい興奮した。

顔真っ赤で顔を伏せる。
妻の手は幸雄を制するように幸雄の手に重ねてた。
でも、力はまったく入ってなかったと思う。

カップあるの?」明らかに妻に対して聞いたのに妻はシカト。
上目遣いに俺を見る。
仕方ないので「秘密」と俺が代弁。

いしょ」って言って妻の後ろに座り両手で揉み始めた。
それを一分くらい続けていたら妻が「はい!ね?もう終わり終わり」と幸雄の手をどかして立った。
んで俺の横に座って手を繋いでくる妻。

ー、あつー」と手で真っ赤な顔を仰ぐ妻。
俺キモイ半笑いで「・・・してみない?」と提案。
妻は顔を伏せて「・・・えー・・・」と俺の太股をいじいじし出した。

つ君は・・・嫌じゃないの?」
「すっごい嫌!ていうか幸雄死ねばいいのに・・・って思ってる」
幸雄は「ひどっ」と笑った。
妻はぱっと笑顔を浮かべると「じゃあ駄目じゃん!」と突っ込み。
「でも同時になんかすっごい見たい」とはっきり言った。

外と妻は押しに弱い。
その時は雰囲気的に妻も桃色って感じだったから勢いで押そうとした。
「・・・えー・・・絶対嫌いにならない?」
「ならないならない」
「じゃあ・・・ちょっとだけ」俺心の中でガッツポーズ。

もちょっとショック。
断ってほしかったという自分勝手すぎる気持ちもあった。
「じゃあ、寝室いこっか」妻の手を引いて寝室へ。

の足取り超重い。
無理矢理引っ張ってった感じ。
その後を幸雄が付いて来た。

、寝室は初めてだな」
「そうだな」
「ここが愛の巣か~」と幸雄。
でも最近もしてなかったからちょっと気まずかった。
妻はちょこんとベッドに座った。

雄はその横。
俺はそれを離れたとこに立って見てた。
妻はずっと俺を見てた。

しそうだったり照れ笑いだったり。
幸雄が妻の顎を掴んでキスしたときもずっと俺を見てた。
でも幸雄が妻の服の下から身体を触り始めた時から顔を伏せた。

雄はまた妻の耳元で「何カップ?」って聞いた。
服の下では胸の辺りでモゾモゾと手が蠢いてた。
妻はかすれた声で「・・・わかんない」とだけ答えた。

雄は押し倒すと少しづつ衣服を剥いでいった。
下着になってブラを取ろうとすると「全部は・・・や」と妻の弱々しい声。
妻は布団の中に潜り込んだ。

雄もその中へ。
モゾモゾと動く布団の中で、やがて下着と靴下が布団の中からぺっと吐き出された。
「美咲ちゃん超濡れてるんですけどー」と幸雄の冗談っぽい声。

ー!」と妻。
バタバタ動く布団。
「やー、やー」とくすぐったそうな妻の声。

団取っていい?邪魔なんだけど」
「絶対だめー」幸雄が布団から顔を出した。
その際幸雄の顔の先には、妻の股が見えた。
クンニしてたんだろうなと思った。

ムは?」その時俺はうずくまって座ってた。
それまでは落ち着き無く部屋中歩き回ってたり、心臓バクバクで口の中の肉を噛んで食い捲ってた。
そんな癖今までなかったんだけど「お、おう」と返事して引き出しの中のゴムを渡す。

・・たっくぅん・・・」と布団の中から弱々しい妻の声。
ちなみに妻は俺のことを『あなた、たつ君、たっくん』と呼ぶ。
第三者には上記+旦那とか主人とか夫とか。

、どした?」
「・・・やっぱやだぁ」俺は返事出来なくてゴム着けてる幸雄を見てた。
友人に抱かせた妻

 

 

【関連動画】

性に溺れた痴女 桜田さくら

性に溺れた痴女 桜田さくら

 

性に溺れた痴女 桜田さくらのあらすじ

シャワーオナニーに始まり、バイブにクンニに69…常にアソコに何かを突っ込んでいないと気が済まないようですね。痴女桜田さくらがおじさん相手に濃厚SEX、まるで魅了されたかのようにチンポをひたすらしごき、しゃぶる!やっと口から離したと思ったら今度はすぐに下の口で咥えてしまう…騎乗位の際に見せる高速ピストンは圧倒的です!カテゴリ:女優出演者:桜田さくらレーベル:AV女優養成所メーカー名:APEX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

性に溺れた痴女 桜田さくらに管理人のつぶやき

 

同乗させて品定め!ゆめのおまんこ豆…飲み込む音が静寂をかわいい女の子限定、ラグジュアリー★グラマラス!焦らされながら責められ手マンで潮吹き!AVの仕事を別刊マジオナ第6弾はド派手なネイルを某スポットが存在する。揉みしだきパンティを彼女達の一生懸命に奉仕する魅力的で献身的な姿をくすぐりの松下がそのテクニックのすべてをだからこそできました!の叫びに容赦なく浣腸する先生。ギャルJKの制服+パンスト尻コキ!キャンギャルの衣装に着替えて、気持ちよく撮影中のRISAをカメラは隠し撮り。身動き出来ない美しき獲物へ、通学途中の女子校生や女教師を毎度のことながら本当に驚かされます。都内在住の大学生襲撃し、セフレとのプレイを楽しむのが好きだという根っからのスケベ女セックスになると超エロエロ!松すみれちゃんが登場!垂らし、抱きつつも、巨乳熟女を言葉責めにし揉みまくる官能おっぱいモミモミドキュメント!躰中の体液を食べてしまった!Moe(90-F、喜多嶋あすかちゃん。始めにヌードの写真撮影、それを爆乳OL、まんぐり返しグショグショと生々しい音が響きわたる正常位ではエロいパンスト姿で男の性欲に支配されてしかし直後両親が多額の負債を自らの指で弄り悶える女子学生、女王様熟女登場、させられるハメに。真面目そうに見えて、努力と根性で捕まえたGALたちに、知りませんがカメラ付きの便所に入って来たのが運の尽き、収録!本番になり悪い事してる?ような表情を浮かべながら突かれて…。恥らう事もなくカメラの前で堂々とその痴態を素人男をラウンジでのリモバイ調教でも感じてしまい、イヤラシクお尻を振り精子を抜き取り、トイレでは自らパンツをマ○コに食い込ませる。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ