告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

兄とて慕っていた中学生と母の衝撃の性交尾を目撃した少年時代の屈折体験告白

読了までの目安時間:約 3分

弱で真っ白く透けるような肌をした母親。当時の私は、そんな母親の姿に目と心を奪われた。
 

 

の午後、昼でも薄暗い部屋に全裸で横たわる姿が目に焼き付いている立てた両膝の間に黒い影、下腹部から胸にかけ波打つように揺れ動く肢体。幼心にも、その行為が何をしているのか直ぐに理解出来たが、私はその場を離れる事が出来ずに見入ってしまう。
 

 

深い北国に育った私、秋の刈り入れが終わると父親は毎年、出稼ぎに行く。今年も父親は都会に出掛けた。
 

 

れから数日が過ぎ母親は私に向かい、「今日のお昼からは、お爺ちゃんの所で遊んでおいで」私は、身体の具合が悪く何時ものように寝るのだろうと思い、言われるまま祖父の家に行く。しかし、暫くして退屈した私は、やはり母親の側が良いと思い、家に帰った。
 

 

の中は静まり返り物音ひとつしない。私が母親が床に伏してる部屋に近づき障子の下部が硝子に成ってる部分から部屋を覗くと、母親のその光景が目に飛び込んで来た。
 

 

い腰を浮かし喘ぐ母親。時折上体を弓に反らし仰け反る母親。
 

 

っ白な母親の足の付け根を浅黒い腕が抱え込み、股間を蠢く頭。母親は何かを口走るように口をパクつかせ、大きく仰け反り、暫くしてグッタリと崩れ落ちる。
 

 

親の股間から顔を上げた相手を見て私は驚いた。当時、私が兄のように慕っていた人物であった。
 

 

時の彼は確か中学生だったと思った。その彼が母親を抱いている。
 

 

は母親の股間から身体をずらし、母親に覆い被さるように身体を重ねて行く。瞬間、母親の脚の間に彼の天を仰ぐ隆々とした物が垣間見えた。
 

 

が押し込もうとする動きに合わせるように母親の腰も動き、二人は重なり合って身体を密着させて行く。母親の脚の間で浅黒い腰がリズミカルに揺れる。
 

 

親はそんな彼に合わせるように脚を絡めたり、彼の腰に脚を巻き付けたり、声は上げないが表情は悶え喘いでいる。彼は両腕で身体を支え激しく腰を揺らす。
 

 

親は彼の両腕を掴み身悶え、彼は動きを止め何かを抑えるように歯を食い縛る表情をする。母親の両手は彼の身体を忙しなく這い回り、彼を持ち上げんばかりに腰を上下に揺らす。
 

 

くして彼は母親の横に倒れ込むように離れて行く。

俺の家でガチで起こった母親と弟の近親相姦騒ぎに家はてんやわんやなワケで・・・

読了までの目安時間:約 11分

、絶対に特定されないと自信があるというか、俺たち家族をよく知る人でもまさかそういう事が起きていたとは思いもしないだろうから、面白半分に書いてみる。俺が大学3年の頃だったか、俺は地元の駅弁(新設地方国立大学)に通っていたのだが、弟も同じ大学を目指して失敗してしまい、結局一浪して隣県の駅弁に行く事になった。
 

 

は母親似、弟は父親似という事もあるのだろうか、俺は親父とよく馬が合い、弟は母親とよく馬が合う。母は親父と俺がよく行動を共にするのを見て、「長男ばっかり贔屓する古くさい考えの持ち主だ」とか言って自分の弟贔屓を正当化してたけど。
 

 

の事はない、俺と母は同類でDNAが近しいだけにお互いに遠ざけ合っているに過ぎない事を俺はよく理解していたし、だから幼少の頃から母が弟を猫っかわいがりしていても、その件について強いジェラシーを感じたことはない。で、あるからして俺が駅弁に合格して自宅から通って、弟が落ちた事に痛く落胆したのは言うまでもない。
 

 

ぁ、“財政的に二浪は許さぬ“という一浪時の父の強い約束に押し切られ、結局、安全圏の隣県駅弁大受験を余儀なくされてしまったわけだが。俺が大学三年時、ゴールデンウィークに友達とツーリングしながらキャンプ地を転々とする約束をしていた。
 

 

が、当日になって友人の親父さんがクモ膜下で倒れてしまった事を待ち合わせ場所に着いてしばらくしてから携帯で言われ、急遽ツーリングをキャンセルする事になった。一人でも行ってやろうかという気持ちも多少あったのだが、キャンセル理由が理由だけに何かテンションが下がってしまい、家に戻ることにした。
 

 

に帰った時の母の驚いた表情を忘れられない。「ど、どうしたの?忘れ物?」「いや、友達の親父さんが倒れたんだって、んでキャンセルになった」「そ、そんな事急に言ったって」明らかに動転しているような母の表情をいぶかしく思った。
 

 

、どっか行くの?そんなめかしこんで(笑)」「や、やぁね、そんなんじゃないのよ。そんなんじゃないけど・・・」「?」その時だ、ピンポーンとチャイムのなる音がして「◯◯寿司です!」とインターホン越しに声がした。
 

 

由はこれか・・・。「おいおい、子供が居ないからって寿司かよ。しかも二人前って・・・全くデキた母親だな(笑)」この時までは笑ってられたんだ、うん。
 

 

れでも母の仕草が挙動不審でオドオドしてて、“何だ?“と思っていたら、30分くらいして弟が帰ってきたのだ。「ただいま、アレ?兄貴居たのかよ」「居ちゃ悪いか?」「い、いや別に・・・」と言いながら参ったな、という風に母の顔を覗き見る弟。
 

 

メンなさい、ほら、陽太(弟)は普段、なかなかご飯食べさせてあげれないじゃない?だから・・・」「親父と俺の留守中に寿司喰おうってか」と言いながら蓋を開けつつ、「うぉ、これ特上だろ?」と言って二人を睨んだ。「ごめん」謝られて、まぁその件はお開きになったんだ。
 

 

か。まぁ、母の弟溺愛は今に始まった話じゃないしね。
 

 

寿司ごときで激怒するほどガキでもないから。それで何だったかな、あ、俺の親父言い忘れてたけど技官で、その当時地方をあちこち転々とさせられてた。
 

 

身赴任でね、あまり家に居なかったの。で、俺が「友達の家に泊まってくる」とかいう話して、で、忘れ物しちゃった事があったんだ。
 

 

れ、たぶん昼過ぎ夕方前くらいだったかなぁ、三時とか四時とか。家に帰ったらお袋が居なくてね。
 

 

、どっか行ったんだと思って、自分の部屋から自分の荷物持ってそのまま外に出ようとしたんだよ。でね、あれ、虫が知らせたとでも言うのかなぁ、別に何の意味もなくお袋の寝室のドア開けたんだよ。
 

 

たら、まぁカーテンが閉められてるだけでね。あ、やっぱり誰も居ないんだと思って、出ようとしたら、丸められたティッシュが無造作に床に落ちててね。
 

 

れ?と思ってゴミ箱見たんだよ。したら使用済みのコンドームがあってさ、そこで死ぬほど驚愕したね。
 

 

だろ?って。だって親父、その時四国の方に行ってたしさ。
 

 

う考えたって浮気と思うだろ?でもそんなんだったらまだ死ぬほど驚愕したりとかはしないんだ。まだ有り得ない事ではないっていうか、親父は出張がちだったしさ。
 

 

00%ないとは言えないじゃん?俺の脳裏によぎったのは弟だった。そうそう、その時だよ。
 

 

の寿司の時の二人の過剰な慌てぶりが蘇ってね。その程度なら、普通そんなに狼狽えるわけないって事に気付いたわけ、俺はね。
 

 

にかくそのままね、俺が帰ってきた痕を残さないように静かに去った。その日、友達の家行ったは良いけど、何話したのかも全然覚えてないし、心ここにあらずって感じだったよ。
 

 

ってさ弟と母親がやってるとかって尋常ならざる事態じゃん。そんなこんな二次元の言葉にすると普通になっちゃうんだろうけど。
 

 

にかくどうしようどうしようって考えてね。結局、確認しないとどうしようもないって思ってさ。
 

 

う一回、「友達の家に泊まりに行くから」って嘘ついたんだ。でね、しばらくしてから、そっと家に帰ったの。
 

 

のドアを音がしないように、そっと開けたらさ、案の定弟の靴が置いてあってさ。嘘だろ~って、やっぱりかよ~って思った。
 

 

たらキッチンの方から、お袋と弟の楽しそうな笑い声が聞こえてきたわけ。あ、まだやってないんだなってちょっと安堵した。
 

 

きなりアンアンやられちゃ流石に神経もたないから。やっぱり少なからずホッとしたよ。
 

 

れで俺は、そのままそっとお袋の寝室に入ってね、押入れの中に隠れたの。ちょっとだけ隙間開けて、いや結構洋服のクリアケースとか入ってて音がしそうで参った。
 

 

やってんだろうなぁ・・・俺、と思いながらじっと待つこと1時間ってとこかな。俺、体育座りしながらウトウトしてたら、“ギ・・・“ってドアが開く音がして、二人が入ってきたんだ。
 

 

袋はもうパンツとブラだけの下着姿だった。俺もう緊張しちゃって大変。
 

 

間極限まで緊張するとゲロ吐きたくなるんだ、知ってた?胃がキリキリ痛んでね。ああ、胃潰瘍ってこういう風にしてなるんだなって、よく分かったよ。
 

 

壁が胃酸で溶けてく感じ分かるのな。「陽太もそろそろ彼女が出来たんじゃないの?母さん心配だわ」これが確か部屋に入って来たときの第一声だったと思う。
 

 

さか」「本当?若くてピチピチした女の子の方がよくなっちゃったんじゃないの?」「そんな事ないよ、それに母さんはそこらの学生よりよっぽど綺麗だよ」そう言いながら、弟の陽太がまるで恋人にするみたいにお袋の肩を抱くわけよ。もう決定的じゃん、どうすればいいんだよ俺。
 

 

父、俺どうすれば良い?って思ったね。そのまま弟はお袋の背後に回ってね。
 

 

ラジャーのフォックを外すと、ハラリとそれが落ちていったわけ。「うそばっかり、オッパイだってこんなに垂れてきてるのに?(笑)」「疑い深いなぁ、そうじゃなきゃ僕のここ、こんなになったりしないよ」そう言って陽太の奴が自分の股間を強調して見せた。
 

 

しい・・・」って言ったんだ、お袋。そう言いながらお袋が弟にピトって引っ付いてね。
 

 

りゃもう本当恋人同士のそれそのまんまだよ、絵面だけ見ればね。そのうち弟のハァハァハァハァという荒い息遣いが聞こえてきてね。
 

 

、お袋の前に立って俺に背中向けてる格好だから見えなかったんだけど、お袋の手の動きで弟のモノを手で扱いてるんだろうなという事は想像できた。お袋が「このまま手の中でイク?」だか「出す?」だか言って、弟が「母さんの中が良い」って甘ったれた声出しやがって、頭グラグラした。
 

 

のままベッドになだれ込んでね・・・。「アン、陽ちゃんゴム付けてお願い、母さん妊娠しちゃうわ」「やだ、母さんの生の感触味わいたいんだ」・・・って、幼稚園児みたいな声出すんだよ、あいつがさぁ。
 

 

ぉ、でも中に出したら嫌よ、前みたいにお薬飲まなくちゃならないんだから」「うん」って。前みたいにって何だよ~、も~こっちこそお願い!しんで!ああ、もうそれ以上、その先の話は肉親としてはおぞましくてとても言えたもんじゃありませんのでカットさせていただきます。
 

 

なみにその時、俺、押入に4時間近く居たから小便我慢できなくなっちゃって、タオルケットに自分のチンチン包んでそこに小便染み込ませて、とりあえずその場をやり過ごしました。だってそのまま3回もセックスしてるんだもん。
 

 

さん、また硬くなってきちゃった」とか言いやがって。「嬉しい」と言って、甘えた声出すお袋の姿見てて、こいつらいつからこんな関係だったんだろうなと思った。
 

 

校時代からとか?やっと「お腹空いちゃったわね」とか、お袋が言って、弟が「今日は外で食べたいな」って甘えた声で言ったら「じゃ帰りにカラオケ行っちゃおう」とか、そういう会話してた。どうするか俺考えたんだけど、やっぱり俺じゃ判断できなくて、結局親父に丸投げした。
 

 

うなったかは書かない。親父は「分かった俺に任せろ」と言ってくれて、俺は「家に居られないから」と、そのまま大学近くのアパートを借りてもらい別居する事になった。
 

 

あ俺的には、兄の俺も加わって母親と3Pしたかった。やりたい盛りの兄弟二人に日々突っ込まれて、「もう、体がもたないわ!」とか言ってるママに萌え。
 

 

かそういう経験無い?

オナニー狂いだった俺の母さんはもうオナニーをする必要も無くなった。俺がいるから・・・

読了までの目安時間:約 9分

は18歳の学生です。今年の春、母と初めてセックスしてから、ずっと毎日のように、母の体に溺れてしまっています。
 

 

は今年の春から愛知にある子会社に単身赴任になって、月に一度しか家には帰ってきません。母は43歳。
 

 

の友達は「笛吹雅子にそっくりのすげー美人だ」と言います。僕も昔はオナニーのとき、母とのセックスを想像しながらやっていました。
 

 

はその必要もなくなりましたが。父が単身赴任になってしまうと、普段はあまり母と話をすることがなかった僕も、自然と母と日常のことなどを親密に話すことが多くなって、僕と母との距離感がずいぶんと近くなったように思いました。
 

 

る晩のこと、思いつめたように無口になって台所の後片付けをしている母を見て、「なんだか、今日は元気がないみたいだね」と僕が声をかけると、母は「すこし、頭が重くて、体が火照っているから、早めに寝るわ」と言いました。「母さんも、もう年だから、更年期障害じゃないの」と僕がからかうと、「何よ。母さんはまだ女よ」と、ちょっと怒った顔を見せて風呂に行きました。
 

 

が出たあと、僕も交代で風呂に入って、風呂から出るともう母は自分の寝室に入っていて、居間には居ませんでした。僕も2階の自分の部屋に上がってパソコンのスイッチを入れ、お気に入りのダウンロードビデオを観賞することにしました。
 

 

は、このビデオを見るときは、いつもパンツを脱いで、通販で買ったオナニーホールにローションをタップリつけてチンポを挿入し、ゆっくりとしごきなら楽しんでいました。その夜も、そうやってビデオを見ていると、パソコンの音量をかなり絞っているのに「ああ~んはああ~ん」という声が聞こえてくるのです。
 

 

ててパソコンの音声を消音に切り替えたのですが、それでも微かに「ああ~んはああ~ん」という声が聞こえてくるのです。僕は、オナニーホールにチンポを挿入したまま、下半身裸の格好で、とっさに床に伏せて、片方の耳を床に押し当ててみました。
 

 

の声は、階下の母の寝室から聞こえてくるじゃないですか。僕の心臓は、高鳴りました。
 

 

前、父と母がセックスしているときに聞こえてきた声と同じだ!)(母さんが、オナニーをやっているんだ!)(見てみたい。そうだ父さんも居ないんだ、この目で見てみよう!)僕はそう思うと、パンツだけを履いて忍び足で階段を下りて母の寝室へ向かいました。
 

 

の寝室のドアに耳をつけるとやはり、母の切ないヨガリ声が聞こえてきました。たまらなくなって思い切って、ドアを少しだけ開けて中を覗いてみると、母がビックリした顔をして「そこでなにをしてるの!」と布団を首の辺りまで掴み上げて大きな声で言いました。
 

 

は、この時、謝るどころか、とっさに母を責めて「何してたんだよ!2階まで聞こえるようなイヤラシイことするんじゃないよ!そんなにしたいんだったら、俺がしてやる!」と言って、僕は母の布団を引き剥がし、ベッド乗ると母の体に抱きつきました。母は「やめなさい!」「たすけて!」「お父さんに言うわよ!」と大声で暴れ出し、メチャクチャに抵抗してきました。
 

 

丈も体重も僕のほうがずっと大きいので、僕は強引に母を押さえつけましたが、僕は(どうしよう何てことをしているんだ)と心の中で思っていました。しかしすでに僕のチンポは、『目の前の体を襲え!その肉穴に思いっきり押し込んで射精しろ!』と言わんばかりに、天に向かって勃起していました。
 

 

いに力が尽きたのか母が抵抗を止めて「・・・あぁ・・・」と甘ったるい声を上げました。(!・・・)それが合図のようになって、僕の理性は吹き飛んでしまい、「か、母さんっ!」と叫ぶと、僕は片方の手で母の豊満な乳房をギュッと握りました。
 

 

んっ・・・痛っ!」母の声が部屋に響きました。母の柔らかい乳房の感触を手のひらに感じながら、ゆっくりと揉みしだいていくと母が「あっ、ああっ・・・はぅっ・・・」と小さな声を漏らし始めました。
 

 

は興奮して、乳首を口に含みました。「あんっ・・・あっ・・・あっ、あんっ・・・あぁっ・・・」僕が乳首を吸うたびに母が甘い声を上げました。
 

 

は母の乳房を揉みながら、首筋に舌を這わせたあと、母の下半身に向かって舐め進んで行き、太ももの付け根に舌を這わせて吸い付きました。「はぅっ、あっ、やぁんっ・・・、あっ・・・、やんっ・・・」母は体を震わせ、脚を閉じるように力を入れてきました。
 

 

は、それを無視するように母の両脚を持つと、グイと左右に開いて顔を秘所に近づけていきました。(う・・黒い・・・)僕が産まれてきたところは、かなり使い込まれていて、ゴワゴワした黒い陰毛の間にヌルヌルとした肉襞がピクピクと小刻みに蠢いていて、チンポを取り込もうとしている様に見えました。
 

 

・・ここが僕が産まれてきた穴か・・・父さんのチンポを出し入れした穴か・・・、快楽を与えてくれる穴か・・・)そう思った途端、ドクンっとチンポが跳ねたようになって、我慢できない欲情が湧き起こって、勃起したチンポを母の濡れた膣穴の中にいきなり押し込んでしまいました。「はぅっ!あっ、やんっ・・・!」と母の声がして、禁じられた性器が繋がってしまいました。
 

 

っ・・・何て・・・何て気持ちいいんだっ・・・)チンポからこみ上げてくるたまらない快感に驚きました。チンポをやんわりと包み込むようにヌメヌメと動く膣襞のその気持ちの良さに、僕は激しくピストンし始めました。
 

 

っ、あっ、ああっ・・・はぅっ・・・」母は僕のチンポが出し入れされるたびに豊満な乳房をユサユサと揺らせて悶えていて、その有様にこれまで経験した事のない興奮を感じました。僕を産み、育ててくれた母を、こうしてヨガらせていることに、体の血がたぎって、男としての征服感を強烈感じて、急に射精したくなり、腰の動きが早くなっていきました。
 

 

あんっ、あっ、・・・い、あんっ・・・いいっ・・・」母が顔を左右に振って、僕の背中に腕を回し腰に脚を絡めてアソコを強く押し付けてきてきました。その途端に、僕も射精感が一気に高まり、ラストスパートで、腰を激しく動かし、「母さぁんっ!」と叫ぶと、母の膣穴に大量の白濁液をドクドクドクドク・・・と一気に放出しました。
 

 

の瞬間、「ああっ、あっ、ああんっ・・・はぅっ・・・はぁんっ・・・あっ、あっ、やぁあああああああああんっ!」と長い母の絶叫が寝室に響き渡りました。さらにもう一回激しくチンポを叩きつけると、母の甘い喘ぎと共に膣穴をキュウッと締めてきて、最高の快感が押し寄せてきました。
 

 

は、射精を終えて、ゆっくりとチンポを抜いて、ハァハァと荒い呼吸を繰り返しながら、(ああ・・・何て・・・何て気持ちいいんだろう・・・まさに目の覚める経験だ・・・母さんのセックスって・・・最高だ・・・)と感激しました。いつも目上にいた母を、今度は僕が征服して、チンポを挿入して甘い声でヨガらせたのですから、これほど興奮する事はありませんでした。
 

 

か自分が強い存在になったかの様な気がしました。僕はそのとき、心の中でこれからも母を抱いていく事を決意しました。
 

 

がオナニーをするのは、このセックスの快楽のせいだ・・・。だったら、僕が同じ様に気持ち良くさせれば、母はもうオナニーを必要としない・・・。そしてそれは、僕自身の性欲も処理できることだ・・・。そうしよう・・・これから毎日・・・僕が母さんを抱くんだ・・・)少し落ち着いた後、母は「どうして・・・何てことをしたのよ・・・」と僕を責めました。
 

 

は「もう、後へは戻れないよ。これからは毎日・・・僕が母さんを抱くんだ・・・父さんに代わって・・・」と言い、母を抱き寄せて、母の乳首にキスをしました。
 

 

ると母は「・・・父さんには・・・内緒よ・・・」とポツリと言って、また体を開いてくれました。そして、その翌日からずっと、父が帰って来ない日はほとんど毎日のように、母の体に溺れてしまっています。
 

今でも忘れられない、母との体と体をぶつけあう熱く甘美な気持ちのいい思い出

読了までの目安時間:約 9分

ーグルで偶然このサイトを知りました。母子相姦体験者の告白があるなんて、初めて知りました。
 

 

さんの投稿を読ませてもらっていると、キューンっと胸が締め付けられるような切ない気持ちになりました。私は39歳、妻と子供二人の平凡な公務員です。
 

 

は15年前に病気で亡くなりました。実は、私も18の頃から、母と関係を持つようになっていました。
 

 

が今も生きていれば、その関係は続いていたと思います。私に物心がついたときには、もう父はいませんでした。
 

 

は学校の教師をしながら、女手一つで私を大学まで出してくれました。母は普段はやさしい人でしたが、しつけには厳しく、教育にも熱心な人でした。
 

 

んな母親と実の息子がセックスをするようになったなんて、誰も信じないと思うし、一生涯、誰にも打ち明けることなく、墓場まで持っていくつもりでした。でも、匿名なら、あのときの出来事を誰かに知っておいてもらいたいという思いが沸き起こってきて、今日、私もここに投稿することにしました。
 

 

時、母の年齢は45歳。グレーのタイトスカートに真っ白のブラウスが良く似合う、今思えばどことなく黒木瞳に似た感じの人でした。
 

 

っかけは夏休みの合宿で、しばらく私が家を空けたとき、母が部屋の掃除をして、私が隠していた“見られたくないもの“を母が発見してしまったことからでした。私の家の裏には、三味線のお師匠さんをしている、50に近い後家さんが住んでいて、月に二、三回、金持ちそうな初老の紳士が尋ねてきて、昼間から居間や廊下でセックスをするのが私の部屋から見えたのです。
 

 

の家の北側には窓が無く、壁しかないので、裏に住んでいる後家さんは、私が見ていることなど、疑うわけもありませんから、それはとても大胆なものでした。実は、私の部屋のエアコンの冷媒管の貫通穴から雨漏りがしていたので、それを直すためにパテを剥がして穴を覗いているとき、偶然に、後家さんと初老の紳士のセックスが見えたのです。
 

 

っ昼間です。当時はデジカメが無かったので、さっそくビデオカメラを出して盗撮しました。
 

 

の後、何度も盗撮を繰り返し、気に入ったシーンは静止画像にして、何枚もプリントして隠し持っていました。合宿から家に帰ったとき、母が無表情でなぜか顔が青白く見えたので、なにかあったのかなと思いながら部屋に入ると、きれいに片付いていて、とっさに隠し物が気になってベッドの下を剥がしてみると、あるべきものが無くなっていました。
 

 

まった、見つかってしまった」私が呟いて動揺している姿を、母がドアの外からジッと立って見ていました。私はドキッっとして耳まで赤くなりました。
 

 

流の公務員になって、お母さんに楽をさせたいって・・・、少しお話しが違うようね・・・」と言って、母が部屋に入ってきました。私は恥かしさと、情けなさと、これで母に嫌われたという思いとが一緒になって、つい大声でわめき散らしました。
 

 

んで勝手な真似をするんだよっ!」母がカッと私を睨みつけたと思ったら、いきなり大きなビンタが飛んできました。「こんな子じゃなかったのに・・・どうして・・・」と母が呟くように言って、泣き出しました。
 

 

ばらくして、「もうお願いだから・・・他人様のことを覗いたり、カメラに撮ったりみたいな事はやめてね・・・」と母が言いました。私は、照れ臭さもあって、わざと反抗的な言葉で、「年頃の男はみんな興味があっても不思議じゃないだろう!そういう考えの親だから子供が犯罪に走るんだろうがっ!」と言うと、また母と言葉の応酬になり・・・。
 

 

なたは犯罪に走ったりしてはいけないの・・・、かけがえのない私の息子なんだから・・・母さんはあなたのために何だってしてきてじゃないの」「じゃあ性欲の処理もやってくれるっていうのっ」と切り返すと、「二度と他人様に変な真似はしないって約束できるなら・・・、そういう気持ちになったら母さんも考えてあげるわ・・・」と言い残してドアを閉めて部屋を出ていきました。私は耳を疑うほど驚きました。
 

 

ういう気持ちになったら・・・“って、“やりたくなったら・・・“ってことだと思うと、それを想像しただけで勃起してしまいました。その後、夕食のとき、私は母に謝りました。
 

 

う、二度と、盗撮したり、犯罪めいたことをして、母さんに心配をかけたりはしないよ」「そう・・・。分かってくれたら、もういいわ・・・」「だから・・・今夜は母さんと寝てもいい?」母は私の目を見ないで、横を向いたまま「あとで部屋に来なさい・・・」と言って、台所の片付けに行きました。
 

 

が11時頃、パジャマに着替え、枕を持って母の寝室に行くと、豆電球だけの薄暗い明かりが点いていて、布団の中で母が背中を向けて横になっていました。私は母の布団の中に滑り込むと、母の背中から手を回して乳房の辺りを触りました。
 

 

は黙ってじっとしていました。母のうなじからいい匂いがして、たちまち勃起してきました。
 

 

ジャマのボタンを外して手を入れても、乳房を覆うブラジャーが堅くて邪魔だったので、母のパジャマの背中を捲り上げて、ブラのホックを外すし、乳首を出して揉みました。しばらく揉んだ後、母のパジャマとパンティを脱がそうとしたら、母が私の手を押さえて「ね・・・手で出してあげる・・・」と言いました。
 

 

リーフを脱いで」と言う母に従って、ペニスを出し、母を上半身だけ裸にして、私が母の乳房を吸いながら母の手でしごいてもらいました。母の手は柔らかく暖かかで、しごき始めから約二分くらいで、いきなり射精したくなってきて、一回目は勢いよくドクドクとでた精子は母の手で受け止めてもらいました。
 

 

う、これで、すっきりしたでしょう?」と言って、母はティッシュでペニスを拭いてくれました。だけど、若いせいか、そんなものじゃ収まらず、どうしても本番がしたいと思い、油断している母のパンティをいきなり脱がそうとしたら・・・。
 

 

う、すっきり出したでしょう!これ以上はダメよ!」と猛烈に抵抗してきました。私がさんざん抵抗する母の上に跨って押さえ込むようにして、全部脱がしてしまうと、観念したかのように抵抗が収まりました。
 

 

じまじと母の全裸はを眺めているとペニスは興奮してカチンカチンに勃起していました。ゴワゴワとした黒くて硬い陰毛を撫でると、ぺチャッとした粘液が指に絡みつき、相当母も興奮していることを知りました。
 

 

りたい放題におっぱいを吸ったり、あそこを触ったり、指を入れて、ぐちゅぐちゅしたりしました。そして、いよいよ私のペニスを母の膣穴に入れようとした時、急に母が腰をちょっと横にずらして、真剣な顔で、「絶対に一生、誰にも内緒にするって約束しなきゃいや!」と言いました。
 

 

が頷いて「わかってるよ」と言うと、母が私のペニスに手を添えて膣穴の入り口まで誘導してくれました。ズイーっと奥まで挿入してみると、初めて味わう気持ちよさで、数十回ほどピストンしただけで、たちまち射精感がこみ上げてきて突然母の膣穴に射精してしまいました。
 

 

出しされた母はビックリしていましたが、また優しく私のペニスをティッシュで拭いてくれました。そのあと、母は膣を洗いに行って、戻ってくると「もう中に出しちゃだめよ」と言い、抱き合って寝ました。
 

 

の日からは、コンドームを買ってきて毎日、母とセックスをするようになりました。母はどんどん若返って綺麗になっていきましたが、私が24歳のとき、母は病気で亡くなりました。
 

 

の後、私は今の妻と見合い結婚をしましたが、今でもすすり泣くような母のヨガリ声や、濡れたあそこの締め付け具合は忘れることはありません。妻とセックスするとき、目を閉じて、母を抱いているように想像しながらピストンするとあの頃の興奮が蘇ってきて、射精の快感が倍増するのです。
 

 

れられない母の想い出です。

ちょいワルな大学OBにもらった媚薬を母親に使ってみた結果、大変なことになりました。

読了までの目安時間:約 9分

は大学2年の20歳です。先々週の初めから、ちょっとした悪戯から母と大変なコトになってしまいました。
 

 

は43歳で小柄で細いというほどではないけど、けっしてデブではない、可愛い感じの美人です。父は50近いのかな、今年の1月から単身赴任で、月1回くらい帰ってきます。
 

 

はGWの後半から帰ってくるらしいです。僕は大学では旅行関係のサークルにいます。
 

 

月の飲み会のときに仲のいいOBから面白いものもらいました。“媚薬“だということでした。
 

 

貞じゃねいだろ。騙されたと思って、彼女とのエッチに使ってみ。スゲー効くからよ」「え~、合法ドラッグとかでしょ、やばいからいいっすよ。退学になっちゃいますよ」「ちげーよ。興奮剤みたいなもんだよ。・・・たぶん。いいからやるよ」・・・と、抵抗しつつも、先輩にポケットに突っ込まれたのを微かに覚えていました。
 

 

っと忘れたいたのですが、5月の初めに冬物を整理したときに、コートのポケットの奥から出てきて思い出しました。一緒に入っていた解説書は中国語と英語と、直訳したような日本語が書いてありました。
 

 

使ってみたい!という欲求が湧いてきましたが、あいにく最後の彼女とは2月末に別れたきりで、それ以来これを試せるような彼女は居ませんでした。これを飲ませられて、反応も見られるような、身近な女性というのは、母だけでした。
 

 

が夕食のときに飲んでいる赤ワインに入れておくことにしました。2日前に開けた瓶には3分の1ほど残っていました。
 

 

ぶん今日、これは全部飲むだろうと思い、液体状の媚薬を2回分入れました。念のため2倍にしておきました。
 

 

説書には、「酒と一緒に服用すると効きすぎるので注意」と書いてありましたが・・・。母はやはり食事の時にその瓶のワインを空けました。
 

 

レを飲んでいるところを、ついマジマジと見ていたら、「どうしたの?」と聞かれました。慌てて、「別にそのワインって美味しい?」と聞くと、「美味しいわよ。シンちゃんも飲む?」と、言われたので、さらに慌てて首を振りました。
 

 

食中からずっと母の様子を観察していたところ、後片付けから帰ってきた母の頬が少し赤らんでいて目が涙目になっていました。「母さん、どうしたの?暑い?」「うん、ちょっと暑いか、な。ちょっとクラクラするし」「早く風呂入って寝ろよ」「ありがとう、でもシンちゃん、先に入っていいよ」僕が先に入って、出るときに母に声をかけたら、何回目かで、「ごめん、うとうとしてて。入るから、シンちゃん寝てていいよ」と、上ずった声で返事が返ってきた。
 

 

ッチな気持ちというよりも、ひょっとしたら合わない薬で、本当に具合悪くなったのかなと心配になってしまいました。母さんが風呂から上がった後も、心配で「大丈夫?」と、様子をみたら火照った顔で、ふらふらしていました。
 

 

ょっとめまいがする・・・でも、大丈夫、早く寝ちゃうから・・・。シンちゃんも部屋で寝てて」と言い残して寝室に行きました。
 

 

は(くどいけど)エッチな気持ちではなく心配で、寝室の外で聞き耳を立てて母の様子を窺っていました。しばらくの間、眠れないのか、布団の動く音が聞こえていました。
 

 

が眠ったようなら、僕も部屋に戻ろうと思いました。すると、ときどき呻きのような声が聞こえてきました。
 

 

?と思って、襖に耳をつけて注意深く聞いていると、呻きに加えて荒い息遣いや、「あん」とかのアヘ声も混じってきました。そのときになってやっと、母に飲ませたのが媚薬だったことを思い出しました。
 

 

っと効いてきたんだ、ほんとに効くものなんだな・・・)と感心して聞きながら、母の痴態を想像していました。聞いて想像しているうちにどうしても見たくなって、注意深く襖を開けて、這うようにして部屋に入っていきました。
 

 

は目を閉じて口を開けて、控えめに声で喘いでいました。首から下は布団がかかっていますが、その下で、どんなことをしているのかは想像がつきました。
 

 

まらず、「母さん・・・」と声をかけると、母は固まったように動きを止めて、「なに!どうしたの!?」と擦れた声で言いました。「トイレに来たら、うめき声が聞こえたから、具合悪いのかなと思って」と僕は答えました。
 

 

はいかにも作ったような固い笑顔で、「ありがとう・・・でも大丈夫だから、部屋に戻っていいわ。ありがとう」と、僕を部屋の外に出そうとしていました。
 

 

は、そばにあったタオルを取って、「でも、汗、すごくかいてるし・・・ほら」と、母の額や首のあたりの汗を拭きつつ、耳や首筋をちょっとだけ、自然に撫でてみました。母はその瞬間、「はん!」と声を出して、ぶるっと体を震わせました。
 

 

の下の方も汗かいてるよ」と鎖骨のあたりまで拭こうとすると、焦ったように「平気だから・・・ね・・・部屋に行って・・」と、切実な声で“お願い“のように言ってきました。僕は徐に布団を捲り上げました。
 

 

は手で胸とあそこを隠していましたが、寝巻きの浴衣は帯で結んであるだけで、つい今まで開いていたのがわかる姿でした。寝るときはブラはしていないようで、パンティーは足元で丸まっていました。
 

 

は恥ずかしそうに顔を逸らしたまま、手で隠したまま体を縮めました。「お願い・・・見ないで・・・帰って・・・」僕は衝動的に母に抱きついて、僕の手を、母の手が隠してある部分に重ねて、母の手の上から揉みました。
 

 

は「何するの・・・やめなさい」と、擦れた弱い声で言いながら、逃れようとしつつ、意思とは別に体を捩じらせて感じていました。母の手を少しずつ押し退けるようにして、僕の手が母の胸とあそこを占領した。
 

 

そこは濡れてるどころか、ぐちゃぐちゃで、ねちゃねちゃでした。僕は母のおっぱいを吸って揉んで、あそこをぐちゃぐちゃさせていると、母は口では、喘ぎ声の合間に「ダメ・・・やめて・・・」と言いながらも、逃げようという動きはなく、僕の手の動きに合わせてクネクネと捩っていました。
 

 

そこに指を挿入して動かしながら、母の首筋を舐めたり、わき腹や唇を撫でたりすると、全身が感じやすくなってるみたいで、釣りあげた魚が暴れるみたいに激しく体をくねらせ、大きな声で喘ぎました。指を2本にして母のあそこにズコズコというか、ぐちゅぐちゅと指ピストンをしました。
 

 

は、「ダメ」とか「もっと」とか、矛盾することをつぶやきながら、のたうちまわり、身を震わせていました。指を抜いて見てみると、ベッドリとコーヒーミルクみたいな白いものがついていました。
 

 

のあそこからこんなにいやらしいものが出てるんだ・・・)と気付いて、僕のペニスはMAX状態になりました。そして、それが当たり前の流れのように、ペニスを母のあそこに突き入れていました。
 

 

れたまま母のおっぱいを吸ったり、揉んだりして、ズボズボと出し入れしました。母はしばらく状況が判らなかったのでしょう、上に乗る僕の背を抱きしめて悶えていましたが、僕が母を犯していることに気付くと、「何してるの!ダメよ、ダメ!」と抵抗しましたが、あまり強くはなく、やがて快感に負けて「ヒイヒイ」と控えめな喘ぎに変わり、「ダメ、ダメ」と繰り返しました。
 

 

がクイクイと腰を動かしてきたあたりで、僕も興奮と快感で気が遠くなってきました。急に母の全身に力が入って僕の背に爪が食い込むほど抱きしめてきて、腰もガクッガクッと打ち付けるように動き、「ウワッ!」と小さく叫びました。
 

 

のペニスを包む母の肉が“キュウー“と締まりました。母は僕にしがみついたまま硬直して、すぐに脱力したように、腕も足も投げ出しました。
 

 

験はなかったけど、イッタんだなと気付きました。

 

1 2 3 8
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】