告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

【母子相姦】未亡人の母親との背徳性交

目安時間:約 5分

私と同じ様な人がいるのかと思うと、私も聞いて欲しくなりました。
私の主人は62才で脳溢血で亡くなりました。
 

の時私は52才。
息子の英一は独身の28才でした。
 

の英一とは主人が亡くなるその1年前くらいから、男と女の関係になっていました。
きっかけは単純なものでした。
 

主人が留守のある夜、2人でテレビを見ていました。
その時かなり激しいベッドシーンが映りました。
 

れを見ていてなんとなく気まずい雰囲気が生まれていました。
そしてその沈黙をやぶろうとして、2人同時に声をかけあってしまいました。
 

してお互いの目と目が会ってしまったのです。
その時すでに私にはそんな予感が走っていました。
 

のベッドシーンに刺激を受けてもいましたし、英一に男も感じていましたから・・。
英一も同じ気持になったようです。
 

の前に女の私がいたのです。
後で聞いた事ですが、英一も私にその時女を感じたそうです。
 

気が付くと私は英一に抱かれていました。
そのテレビの前で。
 

か英一が誘ってきたと思います。
そして私はそれに応じてしまっていました。
 

の時の感情だけで。
「なんて事を!」そう思った時は遅かったのでした。
 

う引き返せないとこまで行っていました。
英一の熱い息吹が、私の身体の中に注がれていました。
 

り返しのつかない事をしたと思いました。
でも英一は違いました。
 

その後に英一に告白されました。
私を愛していると結局その後もいろいろありましたが、私は英一の愛を受け入れました。
 

私にそれを決意させた理由の一つには、多分に英一とのセックスにあったと思っています。
初めての関係から日もたたぬ3日目には、再び英一と交わっておりました。
 

主人の出掛けた後の、私達夫婦の寝室にあたる部屋で。
アッと言う間の事でした。
 

屋に押しかけて来るや否や、私をベッドの上に押し付け、素早く私を脱がしにかかりました。
「ヤメテ・・いけないわ・・こんな事しちゃいけない・・」そう言って抵抗しましたが、無駄な事でした。
 

詮敵う訳もなく私は再び英一に抱かれました。
本格的な交わりとなりました。
 

主人とはもう没交渉でした。
当に女でなくなっていた私が、英一との本格的なセックスに再び女を取りもどしていました。
 

忘れていた快感が身体を包み込みました。
だらしなく両足を広げ、英一のピストン運動を受け止めていました。
 

必死に声を殺し耐えていましたが、遂にこらえ切れなくなり、喘ぎ声と共に英一の身体の腕を廻してしまいました。
その日初めて英一と一日中してしまいました。
 

全裸になった私がベッドの上で英一に抱かれたのはその日が最初でした。
その日から私は英一の女になりました。
 

主人には絶対に知られない様に細心の注意を払いました。
家の中での行為はやめました。
 

一とは外で逢う様にしました。
週に一度では私が満足出来ませんでした。
 

曜と金曜の夜に待ち合わせしてラブホテルでの情事を繰り返しました。
英一は残業、私はカルチャースクールと言う理由を付けて。
 

2時間の間だけ、私は英一の女になりました。
何もかのすべてを許していました。
 

交わりは中出しです。
妊娠の心配はありませんから。
 

ナルも経験しました。
そんな矢先に突然の主人の他界でした。
 

葬儀の夜、悲しむ私に言った言葉は今でも忘れません。
主人に秘密を持ったまま逝かせてしまい、私は悔やんでいました。
 

そんな私にたいし、「僕とお母さんが本当に愛し合っている事を見せてあげれば、父さんも安心してくれると思うよ。お母さんをお前に任せると言って貰おうよ。」 英一がした事、非常識かもしれませんが祭壇の前に床を延べ、そこで私達が愛し合う事でした。
 

と英一の二人で主人とのお別れの夜でした。
夜通しで愛し合いました。
 

「貴方・・安心して・・私は幸せよ・・見て・・こんなに幸せな私を・・」 オマンコを思い切り濡らしながら、虚ろな目で祭壇の主人に喘ぎ声と共に心で叫んでいました。

【近親相姦】母のエロい体に欲情した息子が膣内中出しで犯したレイプ体験

目安時間:約 3分

私は38歳の母親です。
中学生の15歳の息子に犯されました。
 

前から息子の性的興味に気付いてたのに気がつかないふりをしていました。
小学生の時から私のスカートを捲って下着を下げようとしたり股間に顔をうずめて下着の上から割れ目に指を入れたり…。
 

めは母子家庭で寂しいのか等と思っていたのですがそうではなかったようです。
昨年末頃から頻繁に私の下着が精液で汚れる様になりました。
 

子の部屋からは近親相姦やレイプ物のアダルトDVDも見つけました。
それを息子に咎める事も無く知らないふりを続け、日によっては汚された下着の匂いを嗅ぎながら自慰に耽ったりすることも…。
 

の日は外でお酒を飲んで少し遅い時間に仕事から帰ってきました。
家に入ってそのままベッドに倒れこむ様に横になると寝てしまいました。
 

んとなく下半身がスースーして寒さを感じたので少し目を開けてみると私の下着に納まりきらなくなった、立派に勃起した肉棒が割れ目に挿入される寸前でした。
直後、半ば強引に膣の中をこじ開けるように進入してきました。
 

婚して以来、5年ぶりのSEXが実の子にレイプされるという結果になりました。
使われていなかった私の膣は悲鳴を上げるかのように激痛が走り、私は悲鳴を上げながら、「痛い、やめて!お願いだからやめて~!」「ゆるして~!酷いことしないで!」と連呼しながら激しく抵抗したのですが、息子は私の両足を抱え込みながら肉棒を激しく突きたてて、「母さんがエロイ体してるのがダメなんだよ!」「母さんも毎晩オナニーしてるんでしょ!」「飽きるまでしてあげるからっ!」と言って獣の様な表情で私を犯し続け一番避けなければいけない時を迎えると、「くっ!出るっ!出るよ~!」「ダメッ!それだけはダメなの、外に…お願い外に出して」「あぅ…あぅ、僕もう我慢できない、出る~!」「嫌ゃ~、ダメ、外に出して妊娠しちゃう~」と言った直後、膣の中で肉棒がビクビクした途端、膣奥に熱く煮えたぎる物が勢い良くぶつかり広がりました。
 

子の射精が終わるまで異常に長く感じました。
そしてやっと終わったと思ったのですがそれからが本番で、履いていたパンティを口の中に押し込まれると中出しのショックで抵抗する気がなくなった私の中で再び犯し始めました。
 

の夜は息子になされるがまま犯され続け3回の中出し、アナルを指でほじられた後に犯され気絶してしまったのでその後どれくらい犯されたのか分かりません。
性的興味を示す息子の側で、挑発的な衣類を身に着けオナニーをしていた自分はもっと早く、息子に犯されたかったのだと思います。
 

近ずっと生理が来ていません。
堕胎する予定です。
 

【近親相姦】スケベな母さんのおまんこはチーズの臭いでザーメン中出し体験

目安時間:約 4分

45歳のオバサンです。
昨日までは、近親相姦なんて考えもしませんでした。
 

も昨日・・・21歳の息子とHしちゃったんです。
誰にもいえないけど、誰かに聞いて欲しいので。
 

日はダンナが出張で、息子と2人だったので、「ご飯作るの面倒だから、どっか食べに出よう」ということで、近くの居酒屋へ。
お酒を飲んでいる内に、なんかいい気分になっちゃって、ついムラムラと息子に若いオトコを感じちゃった・・・。
 

題もついつい下ネタに・・・。
調子に乗ってさかんにくちびる舐め濡らしたり、アイスキャンデーで模擬フェラとかもしちゃったら息子も興奮して見つめてきた。
 

ってきて、普通にお風呂に入り、床についたけど、何か悶々としちゃって眠れないんです。
オナニーしたけどスッキリせず、ふと、息子は何してるんだろう?と思って息子の部屋に行くと、息子はベッドに横になりテレビを見ていました。
 

んた、まだ起きてんの?」と言うと、「母さんと猥談したから眠れないよ」つい反射的に、「じゃ母さんとエッチしてみる?」と言うと息子はキスしてきて、その後は・・・。
私も興奮してヌルヌルですっかり発情しちゃって、自慢の肉厚のくちびるを舐めてたっぷり濡らして積極的に与え吸われ貪られます。
 

ざと唾液をタップリ乗せたよく動く長い舌をベロベロ絡めて濡れた肉厚くちびるで吸いつきます。
息子はもう夢中になって私のくちびると舌を猛烈に貪って酸っぱいツバの匂いに酔いしれてます。
 

も全部脱いじゃいました。
だってもうオマンコが濡れてるんです。
 

度は私がベッドで四つん這いになって汗に濡れて湯気立ちそうな自慢のムッチリヒップをぷりぷり振って挑発。
息子に濡れまくって欲しがってるピンクのオマンコを見せてあげました。
 

近づけて必死でみてるので「ニオイを嗅いでいいのよ」って鼻先に押しつけちゃいました。
「どう?匂う?どんなニオイがする?」「酸っぱくてチーズみたいな匂いがするよ~。エッチだよ~」もう恥ずかしいくらいに息子にヒップの匂いを嗅がれてジュースが溢れて太ももをつたいます。
 

子は夢中で吸いつくように舐め吸ってます。
激しく勃起してる息子を下にして、69でたっぷりお互いのニオイと味を貪ります。
 

しく顔を振り舌を絡めながらくちびるで激しく吸いたてます。
息子もヒップのニオイを嗅ぎながら耐えてます。
 

してもう我慢できません。
息子は上に乗り、ヌルヌルと擦りつけてからニュルっと挿入!そして初めての結合・・・トロけるような感触、固くて太い息子の肉棒が私の濡れマンに出し入れされます。
 

ゃー!はずかしい!!腰が抜けそうよ!父さんともこんな事しないわ!」息子は私の濡れたくちびると舌を激しく貪りながら激しく突きまくります。
私は「もぉあなたの女よぉ~、女にしてぇ~っ!朝までやってぇ~いっぱい中に頂戴っ!」と叫びました。
 

子はビクンビクンと痙攣しながら何度もわたしのカラダの奥深く射精しました。
私も同時にイキました。
 

のオマンコで息子が射精した、そう思うと幸せでした。
その夜は5回、激しく求めて愛し合い朝まで私のカラダを求め貪り精液まみれにしたのです。
 

いっいいわぁ~。抱いて抱いて抱いてぇっ!」私も久しぶりの絶頂を味わいました。
 

して今、私は毎晩息子とたっぷり交わっています。
結婚以来初めての浮気と20代のオトコを一度に堪能してしまいましたが、よりによってその相手が息子とは・・・。
 

うハマっちゃいそう!

包茎息子のペニスの皮を剥くお母さんの手コキで精液射精の秘密体験

目安時間:約 5分

私は38歳の主婦で夫は平凡なサラリーマンで特にセックスには不満はりませんでした。
しかし夫も42歳になり、次第に私の身体を求める機会が少なくなりました。
 

子は一人で、今の時代には珍しい茶髪にもしない真面目な子です。
しかし息子の異変に気づいたのは今年の夏ごろでした。
 

子も高校生になりセックスには興味があるみたいでしたが、ある晩偶然に息子がオナニーをしているのを覗き見してしまいました。
息子は気づかなかったようですが私はそれなりにショックを受けてしまいました。
 

論男の子だからいつかはそうなると思っていましたが、現実となると簡単に受けいることは難しいのでした。
しかし日々の生活に追われるまま、時間は過ぎていきました。
 

ころが9月中旬にそのことは起きたのです。
主人が珍しく出張で二晩も家を留守にしたときでした。
 

子と夕飯を済ませて息子は自分の部屋に戻りました。
たまには息子とゆっくり話でもしようと息子の部屋に後片付けをしてから行きました。
 

ると息子はオナニーをしている真っ最中でした。
息子は私の顔を見るなり、慌ててパンツとズボンを履きました。
 

こで私はたじろいだらいけないと思い「母さんは驚きもしないわよ。あなたの小さいときから知っているんだから」と言うと息子も観念したように少し笑みを浮かべました。
 

が「母さんが手伝ってあげようか?」と聞くと息子は何も言わずに下を向いてしまいました。
すかさず私は息子の股間に手をやり、「自分でするのもいいけど、私にやらせてよ」と言い強引にズボンを脱がせました。
 

るとパンツがこんもりと膨れ上がっているので、パンツも脱がすと勃起したおチンチンが目に入りました。
主人のとは異なってそれはすごく硬そうでした。
 

かし先っぽからは完全に亀頭は露出してませんでした。
「あなたまだ皮剥けてなかったの。じゃあ母さんが剥いてあげる」なんでこんな大胆な言葉を発したのか自分でも理解できない状態でしたが、私の手は息子の陰茎を握ってゆっくりと剥いたのです。
 

かし亀頭の周りは恥垢で白くなっているではありませんか。
丁寧にそれを取っている最中に息子は射精してしまいました。
 

の量と臭いには驚かされましたが、息子に悟られまいと平常心を装うって飛んでしまった精液を綺麗に片付けました。
息子は嬉しそうにしていたので「お風呂で洗ってあげる。一緒に入ろう」と言うと恥ずかしそうに風呂場についてきました。
 

子を全裸にしてから私もパンティーとブラだけになり息子のおチンチンを石鹸で洗いながらできるだけ戻らないように皮を剥きました。
すると息子は「また出ちゃうよ」と言うので「遠慮しなくていいから、おもいきり出していいのよ」と言うとまたもや勢いよく射精していまいました。
 

れから私は「母さんも裸になろう」と言い全裸になってオマンコが見えるような仕草で再びおチンチンを洗ってやりました。
すると息子は「僕、母さんの見てみたい」と言うので浴槽の縁に座って股を大きく開くと息子は「舐めてもいい」と聞くので乱暴にしないでと小さく言いました。
 

子は濡れはじめた私のオマンコを音を立てて舐め、指を入れたりしさらに肛門まで舐めまわすのです。
主人にも肛門は舐めてもらったことはなく、それはもうなんとも言えない絶頂感に達してしまいました。
 

の間息子はおチンチンに触らずも射精してるではありませんか。
でもさすが に3回も射精して少しは落ち着いたようでした。
 

こで私は身体の火照りが消えないまま息子の頭を洗って風呂場を後にしました。
しかし息子に舐められたオマンコと肛門は興奮から醒めぬまま一夜を過ごすことになったのです。
 

け方火照りが消えずに、久しぶりに指で自分の股間を弄ったのは言うまでもありません。
翌日、息子と昨夜何もなかったように買い物に出かけました。
 

【母子相姦】母を女として見た息子に抱かれて熟膣に精液射精の背徳情事

目安時間:約 4分

49歳の母親です。
夫は6年前に他界しており、大学2年の息子と母子二人暮らしです。
 

の息子が、半年程前から私を女としてみているようで困っていました。
息子は私の体をじろじろ舐めるように見るんです。
 

はグラマーな方なので、外では男性の目を引くことが多いのですがまさか息子までもが・・・。
この頃では、家ではなるべく地味な服装でいます。
 

呂上りでも厚地のパジャマを着ています。
息子はこっそり浴室のガラス越しに覗くんです。
 

ジャマを大きく膨らませて私に見せつけるようにするんです。
昨夜、息子がマッサージしてあげると言って来ました。
 

にも2度断りましたので、今回は「少しだけお願いね」と言ってうつ伏せになりました。
息子は、肩、腰、ふくらはぎ・・・と丁寧にしてくれました。
 

な手つきではないので安心しました。
今度は仰向けになりました。
 

の上腕部を揉む時、故意かどうかは分かりませんが、乳房に触れるのです。
太腿を揉む時も、時々微妙な所に触れるのです。
 

のうち、手つきが触るというより、撫でるようになりました。
私の胸の辺りをじっと見ています。
 

れ以上はいけないと思い、「ありがと、もう十分だよ」と言って体を起こそうとした時、息子から押し倒されました。
「あっ、何するの?やめて!いけないよ」と抵抗しましたが、ネグリジェの裾がめくれて、返って息子を刺激したようです。
 

抗しても男の力には勝てません。
息子は胸のボタンをはずし、私の乳房を掴み激しく揉むのです。
 

を首筋から、うなじ、耳と這わせ、私の口に達しました。
舌で私の唇を開かせ、侵入します。
 

むわけにもいかずじっとしていました。
そのうち、気持ちとは裏腹に、体が勝手に反応するんです。
 

6年ぶりの男の手に体が悦び、期待しています。
息子は私をベッドに運ぶと、着ている物をすべて脱がせました。
 

子の目の前に全裸の体を晒してるのです。
息子はますます昂ぶり、自分も裸になると私を抱きしめます。
 

をずらして私の足の間に入ると、私の両足を肩に乗せ、両手で開くのです。
じっと眺めています。
 

度は私の腰の下に枕を置くと、口を付け舌を入れ舐めたり、吸ったりしつこく攻めます。
私はすっかり忘れていた男の愛撫に性欲を刺激されました。
 

子は私に体を重ねると、驚くほど大きくなった男根をぬるぬる、ずぼずぼと侵入したのです。
その瞬間、私の体に電流が走り、思わず体がのけ反りました。
 

子は小刻みに、或いは大きく突いたり、引いたりします。
そのたびにゾクゾクとした快感が訪れます。
 

子の動きが止まり、私を強く抱きしめ、痙攣するような感じで「うっ!」と呻いて私の体内に精液を放出したのです。
生暖かい、ドロドロした精液が私の体の奥に満たされました。
 

の体は押し寄せる快感に悦び、あまりにも大きな気持ち良さに放心状態です。
息子は私の耳に口を付け、耳を舐めながらハアハア喘いでいます。
 

母さんの体、素敵だよ。お母さんがこんなにいい女だなんて。前から、お母さんを見るたびに勃起してたまらなかったんだ」と言います。
 

も思わず、息子の首に手を回し、しがみつきました。
一旦体を離れてからも、息子は私の乳房や太腿、陰毛を触っていました。
 

び、体を重ねてきました。
2度目の挿入の瞬間、私は息子の女になったのだなと感じました。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】