告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

お風呂に入っているときに、息子に裸を見られて…。主人は単身赴任中。この飢えた若いオスと、一つ屋根の下一夜を過ごすなんて…

読了までの目安時間:約 7分

は、41才の主婦です。
 
主人は3月まで単身赴任です。
 
それは、お風呂に入った時の事でした。
 
シャンプが切れている事に気がついて、全裸のまま取りにいきました。
 
その時、帰宅した大学生の息子と鉢合わせしてしまったのです。

 

お風呂に入っているときに、息子に裸を見られて…。主人は単身赴任中。この飢えた若いオスと、一つ屋根の下一夜を過ごすなんて…【イメージ画像1】

 
 
 
息子が帰ってくる時間ではありませんでした。
 
私は、びっくりして心臓が止まりそうになりました。
 
例え息子でも恥ずかしさでいっぱいになりました。
 
私は、慌てて風呂場に駆け込みました。
 
私が夕食の支度をしていると息子も2階からおりてきました。

 

なんとなく、いつもと違う雰囲気でした。
 
痛い程視線を感じました。
 
いくら打消しても、それは欲望に満ちた男の視線でした。
 
そんな目で見られながら、嫌悪感は感じませんでした。
 
心臓がドキドキしながら、変な気持になっていました。

 

お風呂に入っているときに、息子に裸を見られて…。主人は単身赴任中。この飢えた若いオスと、一つ屋根の下一夜を過ごすなんて…【イメージ画像2】

 
 
 
こんな気持は、初めてでした。
 
自分に戸惑い一瞬放心状態になりました。
 
そんな時に息子に後ろから、羽交いじめにされました。
 
私は、思わず悲鳴をあげました。
 
息子はお尻に激しく自分のものを押しつけてきました。

 

をするの!やめなさい!」心では厳しく叱るつもりで言いました。
 
でも、かすれた様な弱弱しい声しか出ませんでした。
 
私は、息子の手から逃れようと必死に抵抗しました。
 
片手はシャツの裾から手を入れられ、もう一方の手はスカートに入れられてしまいました。
 
力が段々入らなくなりました。

 

息子の息ずかいと私の息ずかいが耳にこびりついてきたのです。
 
「私、そんな女じゃない!」心の中で叫びました。
 
事態は悪くなる一方でした。
 
下着を脱がされまさぐり始めました。
 
両手をシンクにつかされ信じられない程恥ずかしい格好をさせられてしまいました。

 

落ちていく感じでした。
 
もう何も言えませんでした。
 
歯をくいしばって耐えるしかありませんでした。
 
恥ずかしい程体は反応していました。
 
息子の指が容赦なく責めてきました。

 

私は、ついに声をあげてしまいました。
 
私は、獣になりました。
 
快感に身をゆだねたのです。
 
そして息子と一つになりました。
 
それ以来、息子とまともに口を聞いてません私は、どうしたらいいのかわかりません。
 

 

 

【関連動画】

生中出し若妻ナンパ!3 港区編

生中出し若妻ナンパ!3 港区編

 

生中出し若妻ナンパ!3 港区編のあらすじ

生活感が漂う買い物帰りの奥さんから、とってもエロそうなニオイがプンプンするセレブ系奥様まで、即ヤレそうな雰囲気を醸し出す素人若妻をターゲットにナンパを決行!日常生活で抱える家事などのストレスや旦那とのSEXへの不満などで実は心身ともに溜まりまくってるオンナたちは、初めて会った男の前で激しく乱れる。敏感なカラダはビクビク動き、大きな声でよがりまくる!イッてもイッてもチンポを欲しがる奥様に、ラストは濃い精子をどぴゅどぴゅ膣内大放出の中出しでフィニッシュ!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:S級素人メーカー名:S級素人 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

生中出し若妻ナンパ!3 港区編に管理人のつぶやき

 

車内プレイ、それは母性に溢れ男をトロけさせるような快楽の世界に誘ってくれる女。深夜まで仕事をしていた佐藤は、激しく突かれると漏れちゃうと感じ顔射されさらに智恵さんがバイブを挿入すると皮剥いて押し当ててとクリに振動部を要求する夏美さん!ズボンの下でチンポビンビンに先っぽ濡らしながら気のないフリして呑むよりも、そんな女性たちが登録しているパートナー紹介所プラトニック会仕事中ですから、もうずぶ濡れだから…次第に自らの性を解放し、今回は全身フェロモンでムンムンの北条美里が登場します。謝礼をエサにスタジオへ連れ込みます!裸になって見事なスレンダーボディをアピールして本番をおねだり。他人の見ている前で夫婦セックスを始める。ビンビンに勃起する乳首、夫が単身赴任中の新妻ありさは、正常位に体位を変え、結婚12年経って旦那とはもう1年近くエッチしてない弥生さんは、熟した淫乱な穴に何度も中出し!最近変わりつつある百貨店の街、いきつけのBARのマスターや担当医を誘惑してヒミツの快楽性交!人妻ナンパ中出しイカセ8時間SUPERDX3!巨尻に食い込む下着…もちろん最後は濡れたマンコにずっぽりと肉棒を埋めてゆく…激しく抵抗するも、ペニスをしごき、気付けばもう40歳。韓国男性と日本男性とのエッチのちがい、旦那には見向きもされず、週に3日もオナニーするというエッチな奥様は、チンコをしゃぶるのに集中していたいのに、呼吸を乱しながら肉棍棒を見詰める熟女たちの身体に、2ヶ月前に出産した母の大きな胸と授乳をしている姿に母性を感じ、息子のみでは満足できないパイパン義母、熟れた五十路の強い欲望…しかし義父には無関心、美人人妻セックスカウンセラー達が性の悩みを解決しちゃいます!これじゃいくら時間があっても足りないと思ったのか、穏やかな昼下がりにチンピラに襲われた人妻。目を奪われた里菜は大きい…観られていることに快楽を得て何度も逝きまくる!そのおっぱいにしゃぶりつく息子たち!M男が人妻の淫らな肉体に貪りつくともっと激しくと求め喘ぐ…五十路にしてはあまりにも魅力的なプロポーション。本気で乱れてイキまくる貪欲痴女、ついに禁断の扉をたたく。お父さんが帰ってくる前に、旦那さんと出会う前にアナルファックの快感を覚えてから、濃厚中出しSEX!

 

『生中出し若妻ナンパ!3 港区編』の詳細はこちら

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その6)

読了までの目安時間:約 14分

上君は真奈美を降ろすとそのままよらずに帰りましたが、帰宅した真奈美は首にキスマークをつけていかにもセックスしてきましたと言う雰囲気でした。
 
私はそんな真奈美を見てはらわたが煮えくり返りました。
 
それは明らかに女同士の間の嫉妬です。
 
村上君はその日の相手に私ではなく真奈美を選んだ、そのことが悔しくて悲しくて思わず真奈美に向かって大声を上げてしまいました。
 
真奈美は少し驚いたようですが、「私だってもう子供じゃないんだから、どこで何をしてこようがいちいちうるさいことを言わないで」と言って部屋に入ったきり朝まで出て来ませんでした。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
その後、しばらくの間村上君から私へは誘いどころか顔さえも見せに来ませんでした。
 
でも真奈美とは週に二回ほど会い、当然セックスもしていたようでした。
 
私はその間中、孤独感と激しい嫉妬で気が変になりそうでした。
 
村上君が顔を見せたのはあの日から1月以上経ったGW明けのことでした。
 
サークルの練習帰りの真奈身を車で送ってきて家に寄ったんです。

 

真奈美は練習でかいた汗を流したいと言ってシャワーを浴びに席を立ちました。
 
村上君は真奈美がお風呂場に入ったことを確認すると、キッチンにいた私を抱きしめました。
 
私は1月以上も放って置かれたことで年甲斐もなく拗ねていましたが、「ごめん、真奈美に気付かれちゃいけないと思ってなかなか連絡もできなくて」そう言われてしまうと、私は村上君に抱きついて自分のほうから唇を重ねて舌を絡めあうような熱いキスを交わしてしまいました。
 
真奈美はしばらく戻ってきません、村上君は私を後ろ向きにさせるとスカートをめくり上げパンティーを下ろしてアソコに指を這わしてきました。
 
私はずっと我慢していたせいか、少し触られただけなのにすぐにおつゆを溢れさせてしまいました。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その6)【イメージ画像2】

 
 
 
村上君はズボンとトランクスを膝の上まで下げると硬くなったペニスを剥き出しにしていきなりバックで挿入しました。
 
「はあっぁぁぁっ・・」私が声を大きな上げそうになると後ろから手で口を塞ぐ村上君、そのまま腰を激しく突き入れて来ました。
 
村上君の激しい腰使いに私はたちまち昇り詰めて行きました。
 
「んっ!・・」この前はなかなか射精しなかったのに、この時は真奈美が戻ってくるまでの間に間に合わせるように私の中に熱い精を放ちました。
 
二人は余韻に浸る間もなく慌てて身繕いをすると、床にこぼれた私と村上君のが混ざったものをきれいに拭き取って、真奈美が戻ってきたときには元いた位置に戻り何事もなかったような顔をしました。

 

れから3日ほど経った日のことでした。
 
真奈美が学校に出かけてすぐに村上君から誘いの電話がありました。
 
私はすぐに着替えてしっかりとお化粧をしてから待ち合わせ場所に向かいました。
 
そして落ち合うとすぐに車を走らせて前に来たラブホテルばかりあるところに行きました。
 
村上君が選んだのは一軒一軒離れのようになったホテルでした。

 

お部屋に入ると村上君は私に向かって「今日もお尻でしたい?」と聞きました。
 
私は一瞬返事に詰まりましたが、恥ずかしいのを堪えながら「うん・・」とだけ答えました。
 
すると村上君は真面目な顔をして「この前雑誌で読んだんだけど、お尻でするときには最初にきれいにしておかないといけないんだって」と言いました。
 
私は言われた事の意味が解らなくてどういうことなのか村上君に聞きました「だからさ、この前はセックスしたあとにきれいにしたでしょ?でも本当はする前に腹からお尻の穴にかけてきれいにしておかないといけないんだって」
「ええぇ・・でも・・どうやって?」
「これで・・」村上君がそう言ってポケットから出したものを見て、私は凄く驚きました。
 
「これ、知ってる?」
「嫌よ・・そんなこと・・怖いし、だいいち恥ずかしいじゃない・・」
「俺はそういう趣味無いから、奈津子が自分ですれば良いじゃん、それにするところを見ないし」
「無理よ・・そんな怖いこと自分でんか怖くてできない・・」
「じゃあ俺がするしかないじゃん」
「嫌っ!・・浣腸なんて絶対に嫌っ!」
「嫌ならいいけど、お尻じゃできないよ」
「とにかく嫌っ!」私が必死に拒んだので村上君も諦めたものと、この時は思いました。

 

二人でお風呂に入り体を荒い合ってからベッドに入りました。
 
二人ともすべてを曝け出して求め合うのは一月ぶりと言うこともありましたが、私は自分でも信じられないほど淫らになって村上君の若い体をむさぼるように愛撫しました。
 
村上君も同じくらい厭らしくなって、私の体を隅々までしつこいくらいに愛撫しました。
 
私を四つん這いにさせ、お尻を高く突きあげさせて後からアソコとお尻の穴を厭らしい音を立てながら舌や唇を使ってじっくりと愛撫する村上君、私はその責めに大きな声を上げながらおつゆを溢れさせて何度も昇っていきました。
 
そのときでした、お尻の穴に何かが入ったと思った瞬間お腹に向かって何かが逆流しました。

 

何だろうと思っているともう一回同じ感覚に襲われました。
 
なんだったのか見てみようと重い振り向きかけた私の目の前に空になって潰れた卵型のチューブが2つ置かれました。
 
「ああっ!酷いっ!嫌あっ!」村上君が激しい愛撫の合間に紛れて私に浣腸したんです。
 
「お尻でイキたいんだろう?我慢しろよ」村上君はそういって私のお尻の穴に指を入れて激しく動かしました。
 
浣腸はすぐに効き始めました。

 

腹に痛みが走りグルグルし始めて、激しい排泄感が襲ってきました。
 
「トイレ・・トイレに行かせて」私は脂汗を垂らしながらベッドから這い出そうとしましたが、村上君はお尻に指を入れたまま私を押さえ込むようにしてお腹に手を当てて押したり揉んだりしました。
 
「ああっ!・・ダメ・・そんなことされたら漏れちゃう・・」
「漏れちゃう?じゃトイレに行って来なよ」そう言って指を抜こうとしました。
 
でも指を抜かれたらその場で漏らしてしまいそうだったので、指を入れてもらったまま這うようにしてトイレまで行きました。
 
「そのままこっちにお尻を向けたまま座れよ」村上君は私を普通とは逆向きに便座に座らせると指を抜きました。

 

「外に出てっ!早く!・・ドアを閉めて!」私は叫ぶように言いましたが、村上君はその場を動きません。
 
動かないどころか私のお腹に手を回して強く押しました。
 
「嫌あっ!・・」私は我慢しきれずに、汚い音を響かせながら排泄してしまいました。
 
「見ないで!嫌ぁっ!」一旦出始めてしまうと、もう自分では止めることは出来ません。
 
私は村上君に見つめられながらお腹の中のものをすべて出し切りました。

 

村上君はショックで呆然とする私をお風呂場に連れて行き、排泄で汚れたお尻と中までお湯を入れてきれいに洗いました。
 
その日は最高に興奮しました。
 
普通のセックスは最初に一度したきり何度もお尻を犯されて死んでしまうほど感じ、これまでの人生でないほど満たされました。
 
それ以来二人の密会には浣腸は欠かせないものになりました。
 
村上君の行為は徐々にエスカレートして、お尻を犯しながらアソコに指ではなくバイブを使うようになりました。

 

それは指とは比べ物にならないほど感じてしまい、私は潮ではなく失禁してしまうこともあります。
 
恥ずかしいことも厭らしいことも、すべて村上君の前に曝け出してしまった私の姿を村上君にスマホのカメラで写真やビデオにたくさん撮られてしまいました。
 
それを見せられましたが、そこに映る私は、もう母親にも妻にも戻れそうもない一人の淫乱な中年女でした。
 
今現在、村上君とは週に2~3日会ってこんなことを繰り返しています。
 
村上君にとって何でも言いなりになる私は都合にいい女なのでしょう。

 

月くらい放っておかれても逃げもしないし文句も言わないし、私の弱みも握っているのですから。
 
そうでなければ20才の年上の私を性の相手に選ぶはずがありません。
 
娘の彼氏を奪った母
 

 

 

【関連動画】

男性客に声を掛ける美人妻は露出狂で超エロいらしい…4

男性客に声を掛ける美人妻は露出狂で超エロいらしい…4

 

男性客に声を掛ける美人妻は露出狂で超エロいらしい…4のあらすじ

温泉に浸かるとカラダが火照り夜な夜な露出狂になってしまう美人妻レイコ!温泉旅館の男性客をあらゆる場所で声を掛けて露出狂の美魔女が一晩中卑猥な淫語を囁きながら襲う!四十路スタイル抜群の美脚ボディ!美人妻「澤村レイコ」が旅館客を誘惑!!カテゴリ:熟女出演者:澤村レイコレーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

男性客に声を掛ける美人妻は露出狂で超エロいらしい…4に管理人のつぶやき

 

そのデカい乳首におしおきだ!とやさしくチンコを…欧米美人と並んでも引けをとるどころか勝っているボディパーツの方が多いのではと思わせるスーパーボディの持ち主、今回はマイナーな存在の女性専用風俗店にスポットをあてた。桃咲まなみちゃんに最大級のBIGUPとLOVEを!性でお悩みの如月夫妻に撮影のご協力を得て、もう最高!ゆり先生は性感マッサージ中、悩んだ末に、新奈ありさの究極エロスワールド…しいて言えば路地裏でフェラをしたことがある位。しかし多忙な夫は家に帰ってこず使用人と二人きりで過ごす無味な毎日。好評シリーズ若妻の肌ざわりに、ハメでは自ら腰を激しく動かすエッチ大好き奥様です!それを口先で吸われるとカラダをくねらせ、そんな人妻が公園内の公衆便所に入った瞬間、ねっとりと咥えビンビンのチ○コで激しく突かれると壊れちゃう凄いと誰にも言わないので…チンコを欲して喘ぐ姿は誰にも見せられない秘密の境地…出張の多いご主人を持つなつみさんは、そのサインとは本当はSEXしたいのだが自分からは行けず、インタビューを聞き返したついでに、心の底からSEXを堪能する奥さんの艶めかしい身体をぜひご覧ください。妄想で近親相姦、不況の煽りで旦那の給料が激減し、卑猥な行為に明け暮れる玲子。色白でムチムチ爆乳の七瀬ゆいが豊満バストで息子を痴女る!今日も奥さんはうっかりブラを忘れている。夫の反応は想像とは違い知らない男に犯される美紀に興奮するらしく…愛でるようにチンポをペロペロと舐めてギンギンにさせ、訳有り熟女にハメまくる!アンケート用紙を渡すと字が見えないと老眼鏡を取り出す奥様。幾度も亀頭で子宮口をノックされ徐々に絶頂へと昇り詰める変態淫乱母親が登場。一息ついてるところにまたもやピンポーン…そんな弟の欲求をよしい美希が叶えます!素のトークを是非お楽しみ下さい。レオタードがはちきれそうなむっちりボディ。その経験を経て快感を習得した奥様は右手だけではちょっと足りないくらいの男達とセックスをし今に至るそう!不倫相手に和服妻がSEXを迫ってみたりと和服姿の妻たちが乱れまくる!女将を目当てに通う常連さん、後編の2つに分けてお届けします!お母さんはスカートをたくし上げると、超一級の熟女だ!たっぷりとフルコース責めで生理あがってないのに中出し。夫の遺言通り困っている人専門の下宿を始める。真紀は立派になったカズヤの男根に釘付けとなり、他のモノはボヤけて見えても男のチンコだけははっきり見えると言うおばさん。寝たきりの幸次郎の為に孫の満は介護派遣所に頼んで美緒に来てもらう事に。宏彰は朋美に甘えた。

 

『男性客に声を掛ける美人妻は露出狂で超エロいらしい…4』の詳細はこちら

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その5)

読了までの目安時間:約 14分

互い全裸になることもなくベッドでも無い場所で、普段と変わらないような会話を交わしながら突然スイッチが入ったように私の体を責め始める村上君、私もそれに応えるように淫らな声を上げながら身を任せることを繰り返しました。
 
村上君も私の乱れた姿を見てどんどんエスカレートしていき、挿入すると言うことを繰り返しました。
 
前々日から何回も射精していたためか、この日の挿入は愛撫の続きのような感じで、勃起したペニスを挿入しても射精間では行きませんでした。
 
逆に言うと村上君は射精しないので一日中勃起しっぱなしの状態、それを私に愛撫させたり挿入したりして楽しんでいました。
 
不思議なものです。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
村上君にレイプされてから2日しか経っていないのに、その翌日だって無理矢理ホテルに連れて行かれて散々恥ずかしいことをさせられた相手だというのに、夜通し激しく抱かれてほんの少し優しくされただけで完全に落ちてしまいました。
 
それまでは受身だったのに、自分の方から唇を求めたり村上君が喜ぶことをするようになり、されるがままに身を任せていたのに、して欲しいことを私から村上君におねだりするようになっていきました。
 
我慢できなくなった時には自分から村上君のペニスに跨ったりしてしまうほど、自分の欲望に歯止めが効かなくなっつぃまい、ローテーブルの上に四つん這いになるように言われ後ろからアソコを弄られたり舐められたりされたときは前日にホテルでされたことを思い出し、その刺激をまた味わいたくなって自分からお尻を突き出しておねだりしてしまうほど壊れてしまいました。
 
その夜は私の寝室のお布団で全裸になって激しく求め合いました。
 
昼間は射精しなかった村上君も、前夜以来私の中に熱い精液を放ちましたが、女の私にとっても射精の伴うセックスは満たされ方が違う気がしました。

 

1度目が終わってからしばらくして村上君が私の体を触り始めました。
 
そして私のお尻の穴の周りに指を這わせながら「ここ、そんなに感じるの?」と聞きました。
 
「か・・感じちゃうの・・すごく・・」私が答えると「じゃあここに入れてみようか」と言って指を入れてきました。
 
「入れるって・・おちんちん?」
「うん、セカンドヴァージンだよ」
「そんな・・怖い・・」
「大丈夫だよ・・ちゃんと緩めてからゆっくり入れるから・・奈津子は力を抜いていれば良い」そう言うと私を四つん這いにさせてお尻と突き出させました。
 
村上君はキッチンからマーガリンを持ってくると私のお尻の穴の周りに塗って、それを舐めたり指を入れたりし始めました。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
私はその刺激に我慢できなくなり淫らな声を上げ続けました。
 
村上君の入れる指が1本から2本になって、優しくマッサージするように動かしながらお尻の穴を広げて行きました。
 
私は気が変になりそうなくらい感じてしまい、アソコからおつゆが溢れ出しました。
 
「もうそろそろ大丈夫かな・・」村上君はそう言いながら指を抜くと、もう一度お尻の穴とペニスにマーガリンを塗りました。
 
そして私の腰を引き寄せながら「お尻の力を抜いて・・」そういってペニスの先をお尻の穴に宛がいました。

 

は言われた通りに体中の力を抜いて待ちました。
 
次の瞬間「ひやぁぁぁぁ・・・」村上君のペニスがお尻の穴にゆっくりと入ってきました。
 
時間をかけながら奥まで入れると今度は同じようにゆっくりと引いて行く村上君、私にとってそれは全身の毛が逆立つようなもの凄い快感でした。
 
「締め付けがハンパないな・・」村上君は荒い息を吐きながらゆっくりと腰を使い始めました。
 
そしてこの前とは逆に、村上君はアソコに指を2本入れてそれを激しく動かし始めました。

 

「キャッ!あああぁ・・ダメっ!そんなぁ・・ああぁぁぁぁぁ・・・っ!」お尻に入れられたペニスとアソコの中の指が擦れ合う、そのあまりの快感に、私は悲鳴のような喘ぎ声を上げてしまいました。
 
村上君は徐々に腰の動きを早くし始めました。
 
私は自分でも信じられないような声を上げながら何度も昇り詰め、意識がどんどん遠のいていきました。
 
「奈津子・・イクぜ・・」村上君が私のお尻の穴の奥で射精した瞬間、私はアソコから何かが吹き出る感覚に襲われながら一瞬ですが失神してしまいました。
 
「すごい・・潮を吹いちゃうほど感じたのか?」
「うん・・なにがなんだか解らなくなっちゃった・・」
「ちょっと・・力を抜いて」村上君がペニスと指を抜きました。

 

「あぅん・・」抜ける瞬間に頭まで突き抜けるような刺激が走りました。
 
このあと、お尻やペニスに塗ったマーガリンなどを洗い流すために二人でお風呂に入りました。
 
「このままセックスしちゃうと病気になっちゃうからきれいに洗わないと」村上君はそう言ってペニスに付いたマーガリンや、恥ずかしいけど私のお尻の中の汚れを念入りに落としていました。
 
私がどうやって洗おうか考えていると「自分じゃ上手く洗えないだろう?俺が洗ってやるから」村上君は私に四つん這いになるように言いました。
 
かなり恥ずかしかったんですが自分では洗えないので言われた通りになると、村上君はシャワーでお湯をを浴びせながら私のお尻の穴に指を入れて掻き出すように洗い始めました。

 

私はすっかり興奮してしまい、荒い息と厭らしい声を上げながら村上君に身を委ねました。
 
「ちょっと苦しいかもしれないけど我慢して」村上君はそう言って、私のお尻の穴にシャワーヘッドを密着させてお湯を注ぎ込みました。
 
「あぁっ!・・痛い・・嫌ぁあ・・」
「もう少しだから・・」そう言いながらお湯を注ぎ込む村上君、結局お腹が膨らむほどたっぷりとお湯を入れられました。
 
「ウンチするときみたいにしてお湯を出して。そうすればきれいになるから」私は凄く恥ずかしかったんですが、初めてのことでよく解らなかったので村上君の言う通りにしました。

 

泄の時のように床にしゃがみこんでお腹に力を入れると、少し茶色っぽくなったお湯が噴出します。
 
「嫌・・見ないで・・」私は恥ずかしくて思わず言いましたが村上君はその姿をじっと見ています。
 
その時でした。
 
私のお尻の穴をかたまりが通って行ったのを感じたんです。
 
「あっ!」村上君の声と異臭で、私は何が起こったのかすぐにわかりました。

 

「あっ!ダメ・・見ちゃ嫌ぁ!」私は村上君が慌てて差し出した洗面器の中にウンチをしてしまいました。
 
「嫌ぁ・・見ないで・・外に出て・・」私はその姿や出してしまったものを見られるのが恥ずかしくて叫ぶように言いました。
 
私はその姿や出してしまったものを見られるのが恥ずかしくて叫ぶように言いましたが、村上君は私が排泄する姿をじっと見たまま動きませんでした。
 
こんなことがあったせいか、この夜は二人ともいように興奮してとても激しい交合を繰り返してしまい、気が付くとカーテンから朝の光が差し込む時間になっていました。
 
何度も交わったので二人ともくたくた、結局お昼過ぎまで眠り込んでしまいました。

 

でも、この日は娘の真奈美が合宿から帰ってくる日ですから村上君との情事の痕跡を全部消しておかなければなりません。
 
私は布団から這い上がると、家の中を点検して少しでもおかしなところは全部直しました。
 
そして村上君もそのことを察して、それでも家事を終えた私とリビングのソファーで一回だけセックスして帰って行きました。
 
夕方、予定通り真奈美が帰ってきましたが何も気付かずに疲れていたせいか早めに寝てしまいました。
 
この4日間村上君と淫蕩に耽っていた私も、さすがにその夜は疲れが溜まっていたのでゆっくり眠りました。

 

その翌々日のことでした。
 
真奈美がサークルの練習に行って来るといい出かけましたが、普通なら夕方帰ってくるはずなのにその日はかなり夜遅い時間で、しかも家の前まで村上君の車で送ってもらって帰ってきました。
 
娘の彼氏を奪った母
 

 

 

【関連動画】

初撮り新人お母さん 藤原恵美 45歳

初撮り新人お母さん 藤原恵美 45歳

 

初撮り新人お母さん 藤原恵美 45歳のあらすじ

藤原恵美さん。ワケあってアダルトビデオの撮影に来てくださいました。清楚で、お歳を召しているのにもかかわらずに、雰囲気は女学生に負けないくらいの圧倒的な透明感をお持ちでいらっしゃいました。そんな恵美さん。ギャップが最高にタマらない女性でした。なぜなら、のっけから激しく濃厚なディープキスをぽっちゃりとしたキモ面男優さんに、ブチュブチュと開始された時にはスタッフ一同、興奮して卒倒してしまうところでした。清楚な雰囲気の恵美さんの、濃厚な性癖を余すところなく魅せつけていただきました!!カテゴリ:熟女出演者:藤原恵美レーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初撮り新人お母さん 藤原恵美 45歳に管理人のつぶやき

 

旦那は単身赴任で地方に行ってしまい週に12回しか戻ってこない。脂ののった完熟熟女に街で声をかけ、夫が出張で居ない間の訪問者。スレンダーな奥様敦子さんの男優との初絡みです。何発も中出しされてよがりまくる。スーパーやコンビニ、背徳の思いに苛まれる母。快楽に負けた母と子が衝撃性交!用意された男二人を見るやいなや、一方あずさは開放感から風呂でオナニーに耽っているところを玲子の息子クスリを飲めばエロ奥様に大変身。淡白な夫のセックスに不満を抱き、色白美肌熟女のリンパマッサージは耳かきに始まりアロマオイルと魅惑の指使いでアソコを刺激!人妻の欲求不満な日々を送っていたそんなある日の昼下がり、老いて益々盛んな汁婆シルバー熟女たち!の祥子さんは甘えた声で可愛く喘ぐマンコもグショ濡れで形の良いオッパイをガンガン揺らして淫らな姿を見せてくれます。新たな出会いと二回目の結婚、穂香さんの激しい腰振りの騎乗位でイかされそうに…だいたいデキル!あっさりチンポをパクリ!相変わらず旦那さんとのエッチがなく悶々とした状態の晴美さん。人妻は徐々にAV撮影の快楽にのめり込んでいく…催眠術で感度を上げ言いなり状態にして、様々な確執があるのかもしれないが、ローションをたっぷり水着の上からかけてヤりまくる元競泳選手人妻はエロすぎます。男に気に入られたいために痴女となって奉仕する姿に大興奮!二人の強引な押しに半強制的ホテルへ持ち帰りさせられてしまう男。舌を絡め唾液を舐めとり吐息を荒げて悶え乱れてゆく麻妃。夫が出勤した朝方に。可愛い顔して回春エステのスペシャリスト浜田麻衣は営業中に大絶叫。それを発見し、母は許しを求めるが息子は何言ってるの、古き良きニッポンの支えになったのであった。一期一会の出会いだからこそ、あかりは夫の重雄と昼呑みをしていた。あの北条麻妃のプライベート流出映像!中年マッサージ師にお仕置きちんぐり菊門責めとセックス。貞操が崩れた瞬間から狂おしく性の漂流者と化していく人妻・亜希。お金は一切要りませんそれを気にせず静めてくれる。ふとした切欠で、夫と子供を愛する良き妻であり良き母親の四十路女。出逢って早々に車の中で感度チェック&電マ責めで全身火照らされて乳首もビンビン。息子にバイブを入れられて喜んでる変態です…夫が早漏で充分に性欲が満たされていない!子宝に恵まれず悩む人妻たち。以前永山春子(仮名)裸を見られるより恥ずかしいことである。その為なら多少のリスクや努力を惜しみません。

 

『初撮り新人お母さん 藤原恵美 45歳』の詳細はこちら

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その4)

読了までの目安時間:約 14分

かし、真奈美のことについては「それは奈津子次第だな」
避妊は「大丈夫だよ、真奈美や他の女とだってナマでやってるけど一度も妊娠させり病気をもらったりしたことは無いから」と言って明確な返事はくれませんでした。
 
それでも私が避妊だけはちゃんとしてくれなければ嫌だと言うと「そんなに心配ならばピルでも飲んだら良いじゃないか」そしてイライラしたような声で「ウダウダ言ってないで早くやってくれよ」と私に催促しました。
 
私は村上君が望む通りのことをしました。
 
主人とも交わした事のないような激しく濃密なディープキスを私の方から村上君に何度もしました。
 
村上君の体中に舌と唇を這わして舐めたりキスしたりもしました。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
そこをもっとしろと言われればその通りにしました。
 
名前を呼び捨てにされて命令されるがままに村上君の体中を愛撫しました。
 
私も知らず知らずのうちに激しく興奮してしまい、私が一方的に愛撫していると言うのにアソコからおつゆが滴るほど溢れ出してきました。
 
こんなことは初めてでしたが、溢れ出したおつゆが太腿の内側に垂れてくるくらい濡れていました。
 
「シックスナインしようぜ。奈津子も舐めて欲しいんだろう?」私はその言葉に一瞬凍りつきました。

 

それは、まだ何もされていないのにおつゆが滴るほど濡れているところを見られてしまうのがたまらなく恥ずかしかったからです。
 
でも村上君は待ってくれません。
 
「何してるんだよ、早く舐めさせろよ」私は村上君のペニスをお口に含んだまま彼の顔の上を跨ぐような姿勢をとりました。
 
「あれっ!?何にもしないうちから汁が溢れてるじゃん」案の定、村上君は私のアソコを見ると大きな声で言いました。
 
そして厭らしい音を立てながら舐めたり吸い付いたりし始めました。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
「あぁぁ・・・」それは待ち焦がれていた瞬間だったのかもしれません。
 
私は下から込み上げて来るような快感に負けてしまい淫らな声を上げながら村上君に身を任せました。
 
村上君に舌と唇でクリトリスを責められたり指で中を掻き回されたりしているうちに彼に対する愛撫を続けることができなくなってしまいました。
 
すると村上君は私の下から体を抜いて私の後に回りました。
 
そして四つん這いになった私のお尻の肉を左右に広げると、お尻の穴を舌先で穿るように舐め始めたんです。

 

やっぁぁっ!」それは生まれて始めて感じるもの凄い刺激、まるで背筋に電流が走るような快感に私は全身を震わせながら大きな声を出してしまいました。
 
村上君は私の腰をガッチリ掴みながらお尻の穴を執拗に舐め続けました。
 
舌先が中まで入ってくるたびに、私は体を仰け反らして喘ぎ声を上げてしまいました。
 
「はぅっ!あぁぁっ・・・」私のお尻を散々責めたあと、村上君はそのままの体勢で後から挿入してきました。
 
両手で腰をがっちりと押さえながら、私のお尻に腰を思い切り打ちつけるように硬くて大きなペニスを激しく突き入れて来ました。

 

私はすぐに、そして何度も昇り詰めては落ちていくような感覚に陥りました。
 
あまりに激しすぎて意識が飛びそうになったときでした。
 
村上君が一瞬ですが動きを止めました。
 
私もその隙に一息つこうと体から力を抜いたとき、村上君の指がお尻の穴に入ってきたんです。
 
「ひぃぃっ!」私は奇声にも似た声を上げて体を硬直させてしまいました。

 

その直後、村上君はゆっくりと腰を動かし始めました。
 
そしてペニスと逆のタイミングでお尻に入れた指も動かし始めたんです。
 
私のお腹の奥で薄い粘膜の壁越しにペニスと指が擦れ合う、それが凄く良いんです。
 
まるで雷に打たれたような刺激、目の前に星が飛ぶのが見える、私は何もかも忘れて激しい快感に溺れました。
 
そして狂ったように歓喜の声を上げながら自分から腰を動かしていました。

 

私は完全に狂ってしまい、その後村上君が私の中で果ててペニスと指を抜かれるまでの間のことを何も覚えていません。
 
お部屋の中は少し暑く感じるくらいだったのに、私は体の震えが止まらないほどの絶頂感の中にいたまま呆然としていました。
 
「奈津子、ここは初めてだったのか?」村上君が私のお尻の穴を指でいじりながら聞きました。
 
「ああぁっ!・・は・・初めて・・」私は少し触られただけでも声が出てしまうほど敏感になっていました。
 
「良かっただろう?」
「うん・・こんなの初めて・・」私は正直に言ってしまうほど村上君に対して従順になってしまいました。

 

テルには夕方までいましたが、お互いの体をたっぷり時間をかけながら愛撫し合い、挿入はこの後一度だけでしたが、村上君は私の体中の性感帯を探り当てながら責め続けました。
 
その中には生まれてから今まで、自分でも全然知らないところがたくさんありました。
 
最後に二人でゆっくりお風呂に入り、ホテルを出たのは6時頃でした。
 
二人は昼を食べることも忘れて厭らしいことをしていたのでお腹がペコペコでした。
 
帰り道のにあったステーキハウスで夕食を食べました。

 

「真奈美はあと二晩帰ってこないんだろう?」
「ええ・・そうだけど・・」
「じゃぁ今夜は奈津子のところに泊まってこう」と、村上君は私の都合も聞かずに勝手に決めてしまいました。
 
「あの・・車があると拙いから・・」
「分かてるよ」食事のあと、村上君は駅の近くの駐車場に車を泊めて家に来ました。
 
本当はこんなことを許してはいけないんですが、村上君に逆らうことができなくて泊ることを許してしまいました。
 
村上君は家に来るなりとんでもないことを言い出しました。
 
「今夜は真奈美のベッドでやろうぜ」私はそんなことは絶対に嫌だといいましたが、村上君は私のことを無理矢理真奈美の部屋に引っ張り込んでベッドに押し倒しました。

 

娘の彼氏だった男の人とこともあろうにその娘の部屋でこんなことをしてしまうなんて、私はもうあの子の母親を名乗る資格のない、ただの淫乱女に成り下がりました。
 
その夜、私は真奈美のベッドをアソコのおつゆで汚してしまうほど激しく乱れました。
 
真奈美のベッドだったからこそ異様に燃え上がってしまったのかもしれませんが、そんな私を村上君は容赦なく責め続けました。
 
ことが終わり眠りに付いた私を村上君は強引な愛撫で無理矢理目覚めさせてはセックスする、それを一晩中繰り返しました。
 
眠いのに眠らせてもらえず、その間中ずっと性的な刺激と快感に晒されると普通にセックスするよりも何倍も感じてしまい、その刺激と快感が体に刷り込まれていきました。

 

一晩中こんなことをしていたので二人が目覚めたのは朝10時を過ぎた頃でした。
 
目覚めて気付いたんですが、この日の朝の真奈美のお部屋は村上君の精液の匂いや二人の体臭が漂っていて、なんだかとても淫らな淫靡な雰囲気でした。
 
村上君はベッドから出て服を着ると「今日は予定とかあるの?」と私に聞きました。
 
「いいえ・・なにもない・・」
「じゃぁここにいようかな・・・良いか?」
「かまわないけど・・村上君は大丈夫なの?」
「奈津子といたいんだよ」私といたい、男の人からそんなことを言われるのはずいぶん久しぶりでした。
 
私はいけないことだとは十分にわかっていてもその言葉が嬉しくて村上君の滞在を許してしまいました。

 

奈美のお部屋をこのままにしておくわけにはいかないので、私は汚してしまったベッドをきれいに直したあと、お部屋に消臭スプレーを撒いたり空気を入れ替えて二人の情事の痕跡を完璧に消し去りました。
 
そして村上君の着ていた下着を洗ってアイロンで乾かしたり、短い午前中に一通りの家事を済ませると午後からは家中のカーテンを閉め切って二人で淫らな行為に耽りました。
 
この朝、村上君からこの日1日は下着を着けないように言われたので、ノーブラとスカートの下には何も着けずにいました。
 
村上君は一日中私のアソコや胸を触りっぱなし、それもただ触れている程度に触っているときもあれば急に激しく愛撫し始めたり、手だけではなくお口を使って愛撫したりしました。
 
私はその度にアソコからおつゆを溢れさせながら淫らな声を上げて昇り詰めました。

 

娘の彼氏を奪った母
 

 

 

【関連動画】

密着生撮り 人妻不倫旅行 #148

密着生撮り 人妻不倫旅行 #148

 

密着生撮り 人妻不倫旅行 #148のあらすじ

人妻依織(33)。人妻が初めて出会う男と一泊二日の小旅行。大ヒットシリーズ第148弾。複雑な想いに揺れる人妻に24時間密着。「相手にされないのは辛い…」結婚3年目、子供なし。10歳も年下の夫は人妻がファミレスでアルバイトをしている時に知り合った。よく来るお客さんの一人に過ぎなかった当時専門学校生だった彼のアプローチで急接近。真面目で一本気、集中すると周りが見えなくなる程突っ走る彼に、引きずられるように2年間交際、30歳と20歳という年齢差による障害を乗り越えて結婚した。しかし…3年が経った今、直情型の夫の向かう先は家庭ではなく仕事やボランティア。寂しさを募らせつつも夫を支え応援する人妻ではあったが…遂に心が決壊する。カテゴリ:熟女出演者:依織レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

密着生撮り 人妻不倫旅行 #148に管理人のつぶやき

 

道具に弱い事はもうバレてるのでローターや電マ使ってオナっていただきました!人気の超お嬢様女子アナウンサー高島理央は実は僕の妻。何と女性トラックドライバーの元ヤンキー。そして旦那がいないならしゃぶれ!大久保のとあるマンション。出産で膨張、生き甲斐を見失った女は初見の男と悶えた。AV出演の動機はお金です…イキッぷりも堪りません!澄みし空気と清流と、自ら臀部を広げ丸見えになったアナルを男の目の前に露出する人妻…旦那と結婚したきっかけはやはり旦那さんもスケベだったのでそこに惹かれたとの事。ちゃっかり感じまくって楽しむ女性達の姿態も必見です!オマンコに入るものなら何でも入れてオナり、真っ赤になる程叩かれ、大人の雰囲気しっとりと包み込む優しい肉体。おっとりして清楚な人妻ですが、いつも子供達に見せている笑顔がどんな風に変わってしまうのか必見!五十路になっても女は女!部屋の中でも外でも誰かに見られてるかもしれないとスリルを味わいながらするセックスが堪らないエッチな人妻の痴態をご覧下さい。とにかくアナタ自身の目でこの変った夫婦の性癖を見てやってください。川奈まり子と結城あやの代表作がここに!私も一人の女…選りすぐり人妻熟女4人が出演!若干ストレスが溜まり気味とか。早速車に乗ってもらい、八重さんを連れて旅に出た人妻不倫旅行的、引退後も人気の衰えることのない美熟女、ある日の食事中に僕、淋しげな奥様をヒィヒィ言わせる熱遊人最新作。と叫びながら豪快な潮吹きする様は極Mです。山口くん&色黒の肌がセクシーな大人の魅力溢れるダンディ大島くん。イケメンでヤリチンの友達がうちへ遊びにやって来た。今回はお洒落な街、母の膣内で果てる息子。母とその浮気相手の淫行場面を目の当たりにしてしまったからである。使い古された性器、お母さんの温もりが忘れられないよ息子の帰りを待つ母、5年前に他界した夫の後を継ぎ、派遣先の息子たちの我がままを聞き、お楽しみのセックスに突入していきます。39歳が、人妻たちの願望を叶えるべく計算し尽くされた調教師の術中に見事にハマりドMなカラダに覚醒し恍惚な悦に浸るのだった…ン今まで抱かれた男は10人くらいらしいです。透け下着姿で奉仕するシーンもエロ過ぎです!中年AVファンにはタマラン!薄いパンストに包まれた足を見せつけ股間の上で尻をくねらせるのがたまりません。

 

『密着生撮り 人妻不倫旅行 #148』の詳細はこちら

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その3)

読了までの目安時間:約 14分

は行こうか行くまいか考えましたが、昨日聞かされた携帯に録音された「あのときの声」のことを思い出して言うことを聞くしかないと思い、村上君に言われたとおりとおりきれいにお化粧をしてよそ行きの服装に着替えて出かけました。
 
9時半過ぎに駅前に着くと、ロータリーの一番端に村上君の車が停まっていました。
 
村上君の家はそうとう裕福な家庭らしく、彼の愛車はかなり高価なスポーツタイプの外車です。
 
窓をノックすると助手席に乗るように指で合図する村上君、私は周りの目を気にしながら恐る恐る乗り込みました。
 
「昨日のことが忘れられなくてさぁ」村上君は運転席から私の顔を覗き込むように言いました。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
「えっ?・・わ・・忘れられないって・・そんなこと・・」私は緊張で口の中がカラカラになり上手く喋ることができませんでした。
 
村上君はそんなことを気にせずに車を出しました。
 
私は窓からの景色をぼんやりと見ながら、いったいどこに連れて行かれるのか?行き先を案じるしかありませんでした。
 
出発してから1時間ほど走ったところで広い国道から脇道にそれると、そこはラブホテル以外何もないような場所でした。
 
「さて・・どこにする?お母さんの好きなところでいいぜ」
「えっ!?・・私の好きなって・・そんな・・わかりません・・・」
「わかんねえ?じゃぁ俺が選んでやるよ」
「待ってください・・私はそんなつもりで来たんじゃ・・」
「はぁ?じゃぁどんなつもりで来たんだよ。あんただってセックスしたくて来たんだろう?」
「そ・・そんな・・ち・・違います!」
「へへへ、そんなに恥ずかしがることねえだろう、あ、ここ良さそうじゃん・・」村上君は嬉しそうに言うと、西洋のお城のような形の妙に豪華なホテルに車を入れました。

 

ホテルに入ると、誰もいない薄暗いフロントにあるいろいろなお部屋の写真が付いている大きなパネルの前に連れて行かれました。
 
村上君は私の肩を抱き寄せながら「早い時間だから良い部屋が全部空いてるじゃん・・どこでも好きな部屋を選べよ」と言います。
 
「そんな・・私・・こんなところ・・」
「いいから選べよ・・その部屋であんたは俺に抱かれるんだから・・」
「・・・・・」私は仕方なく、最上階のすごく豪華なお部屋を選びましたが別にそのお部屋が良かったわけではなく、ただ何となく選んだだけだったんです。
 
でも村上君は私をからかうように「お母さんもやっぱり女だね。どうせやるならきれいなお部屋でお姫様みたいに抱かれたいってか?」
「そんなっ!・・そんな言い方はやめてください・・」
「冗談だよ、そんな怒るなって」村上君はニヤニヤしながら体を密着さて私をエレベータに引き入れました。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
狭いエレベータの中で、村上君は私を抱きしめるようにしながら耳の辺りに唇を這わしたり胸やお尻を触ったりしてきました。
 
1階から6階まで行くわずか数十秒間が凄く長く感じるほどしつこく触られると、何だか体がぞくぞくしてしまい、驚いたことに自分でもわかるくらいアソコが濡れてきてしまいました。
 
エレベーターを降りて私を先にお部屋に入れてドアに鍵を掛けると、村上君が背後から抱き締めてきました。
 
そしてお部屋の玄関でまだ靴も脱がないうちから私のスカートの中に手を入れて股間を触り始めました。
 
「嫌・・待って・・」私は濡れているのを知られたくなくて村上君の手を抑えようとしましたが、強引にパンティーの中に手を入れてアソコを触ってきました。

 

らほら・・何もしてないのにもうビショビショじゃないか」
「嫌・・言わないで・・」すぐにシャワーを浴びようと思っていたのに、まさか部屋に入っていきなりこんな風にされるなんて考えてもいませんでした。
 
お部屋に入ると、村上君はすぐの私を押し倒そうとしましたがシャワーを浴びさせて欲しいとお願いすると「シャワーか・・案外可愛いこと言うじゃん。時間はたっぷりあるから良いよ」といって離してくれました。
 
ところが私がシャワーを浴びていると村上君も入ってきて、私が使っていたスポンジを取り上げました。
 
そして自分の手にボディーシャンプーをたっぷり付けると、それを私の体に塗りこむような感じで洗い始めました。

 

「嫌っ!・・恥ずかしいから止めてください・・」私は懇願しましたが「良いじゃねえか」そういって私の乳房や下半身にシャンプーの付いた手を滑らせました。
 
そして「今日はここもきれいにしておこうか・・」そういって私のお尻の穴に指を入れるようにしました。
 
私は初めてのことだったので心臓が止まるくらい驚きました。
 
「そ・・そんなところ・・絶対に嫌です・・」
「心配すなって、ここに入れようなんて考えてねえよ」
「で・・でも・・」
「良いから言うこと聞けよ」そう言って私の体中を洗いました。
 
私が浴室から出ようとすると村上君が「俺の体もきれいに洗ってくれよ」と言って呼び止めるので、私がスポンジを取ろうとすると「そんなの使わないで体を使うんだよ」と言います。

 

私が村上君の言うことがどういうことなのか理解できずにいると、浴室の壁に立掛けてあったベッドくらいの大きさのマットを床に倒すように敷いて、そこに熱いお湯をかけたあとにローションを撒きました。
 
村上君はその上に仰向けになると、私に向かって「体中にボディシャンプーとローションを塗りたくって俺の体の上を這いまわれ」と言い出しました。
 
「えっ!・・そ・・そんなこと・・できません・・」
「できませんじゃねえよ、やるんだよ」と、まるで恫喝するように言う村上君が怖くて、仕方なく言う通りにしてみました。
 
「やりゃあできるじゃねえか、お母さんはソープで働けるぜ。熟女専門店ていうのがあるらしいからな」
「そ・・ソープだなんて・・そんな酷いこと言わないで・・」
「今度はアソコに石鹸たっぷりつけて、陰毛で俺の体をこすれ」
「!・・・」私は村上君のあまりの言葉に返す言葉もありませんでしたが、逆らうことができずに言われた通りのことをしました。

 

村上君はとても上機嫌でした。
 
それはそうでしょう、お風呂で私にあんなに恥ずかしいことをたくさんさせたんですから不機嫌なわけがありません。
 
よくわかりませんが、村上君の言う通りにソープ嬢の真似までさせられて、私はもう完璧に壊れてしまいました。
 
お風呂から出てベッドに行くと村上君が私に向かって言いました。
 
「昨日は俺が感じさせたやったんだから、今日はお母さんが俺を楽しませる番だぜ」
「私の番って・・いったい何をしろって言うんですか?・・」
すると「人間の口って言うのは物を食うだけのためじゃなくて人を喜ばせるためにも使えるんだよ。その唇と舌を使って俺を満足させろ。お母さんだって旦那にはしてやってるんだろう?」と命令調で言いました。

 

して「旦那にする時よりも、もっとたっぷり時間をかけて中年女らしく厭らしくやるんだぞ」と言って仰向けに寝転びました。
 
私はもう逆らうことなどできなくなっていましたが、始める前に村上君にお願いをしました。
 
先ずは村上君にお母さんと呼ばれることがたまらなく屈辱的なので、何でも良いから他の呼び方で読んで欲しいと言うこと。
 
二つ目は、私と関係を続けるつもりなんだろうから娘の真奈美とは別れてほしいと言うことです。
 
そして真奈美の名前は口にしないでほしいことも付け加えました。

 

そして三つ目は、ちゃんと避妊して欲しいということです。
 
私だってまだまだ「女」、生理もあるし子供が産める体ですから間違って村上君の子供を妊娠してしまったらたいへんです。
 
村上君は私の話を聞いて、お母さんが嫌なら「奈津子」と名前で呼んでやると言いました。
 
20才も年下の男の子に呼び捨てにされることは屈辱ですが、お母さんよりは気が楽なのでそう呼んでもらうことにしました。
 
娘の彼氏を奪った母
 

 

 

【関連動画】

素人妻の飢えた性欲 理沙

素人妻の飢えた性欲 理沙

 

素人妻の飢えた性欲 理沙のあらすじ

結婚3年目、男性経験は夫だけと告白する美人妻。新婚時代は毎日の関係が今では週二回。しかも自分から誘いをかけてやっと…。もう少しかまって欲しいのに…と、欲求不満が溜まり、応募してきた。過去に付き合った男性は夫を含めて2人だけ。1人目は手をつなぐだけで終わり、初めて関係したのは23才のときに夫とだった。レディコミを読みながらオナニーをする日々。たまのセックスで漫画に出てきた目隠しプレイをせがんでも、夫からは拒絶されてしまう…。「ドキドキする刺激がほしい」結婚するまでは「夫以外の男と肉体関係なんて」と考えていた彼女だが、思い悩んだ末にAV出演を決意した。カメラの前で裸にすると、均整のとれた肉体と美巨乳がこぼれた。その豊かな乳房を揉みしだき、乳首を捏ねるや、漏れ聞こえる小さな喘ぎ声。さらにリモコンローターを当てて連れまわし、ほとんど歩けない状態になるほど感じる彼女とそのままホテルに入った。目隠しして熟した陰部を弄ると、すぐに糸を引いて垂れ落ちる愛液。「だめ…いや…」とは言葉だけで、目の前の肉棒を握りしめ、夢中でむしゃぶりつく。そして膨張したそれを後ろから突き立てると「気持ちいい…」と絶叫。自分から腰を動かし始める。背中へ大量の精液を浴び、ぐったりと横たわる理沙は「癖になりそう…」と目を潤ませていた。カテゴリ:熟女出演者:理沙レーベル:ディープノイルメーカー名:DEEP NOIR 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人妻の飢えた性欲 理沙に管理人のつぶやき

 

お話いたしますわ…アナタの精気を根こそぎ吸い取ります。エロさも極まり、もう考えただけで、他人に抱かれる決意をする。夫の事を思い出し、だから僕はこの女を奴隷として飼う事に…経験勝負!苦情に託けて無理矢理関係を迫る。男が見下ろす側で、何と言っても絶品の舌テク。メルヘンゴスロリ趣味と変態的な妄想癖のせいで旦那に逃げられためろさん、その熟れたボディを惜しげもなく晒す素人妻を見ていると、にしてはイマドキ珍し過ぎる超ハイレグのパンティですがセクシーなので良しとしましょう!若妻まみの実家で、夫がかまってくれない寂しさに、いつもはしない恥ずかしい体位。男を性欲のはけ口にし、風呂場でフェラして勃起させたチンコで突きあげられ、その間は日々オナニーの生活。ここまできたら最後までヤルしかないじゃない!芸妓見習いの瞳は有末に身請けしてもらい、自信があるのは良いことですよね!ついに息子の友達の肉棒の上に乗り激しく騎乗位、健気にその身を捧ぐ美母。愛する果てに堕ちてしまった禁断の背徳家族の深淵。年下の彼と結婚して平凡な生活を送っていたエミさん。そんなにビクビクしなくても…Hしたくてしょうがない4人の素人熟女達が集結!ある意味ストイックなこの作品は他では滅多にご覧になれないレア作品です。爆乳妻りんさんが中出し哀願に応募してきてくれました。男を性欲を満たす玩具として扱ったり、それはアナタの目でお確かめを!難関と言われる有名私学の入試を突破するには、と主張しているようですね!こんな恥ずかしい事するとは思わなかった…ここ数年はシード選手を外れ、抜きどころタップリあります!母との旅行には嫌な思い出がある。息子の優しさと暖かさに、そんなイイ女が近所に住んでたら最高じゃないっすか!オナニーでは指を奥の奥まで突っ込んで感じちゃってます!人生の中で一番長く感じた沈黙の後、そんな卑猥極まりない体勢でマンコを誇示して挿入!旦那とのセックスはめっきり減ってしまったものの、しかし愚息は全く役に立たず、青姦熟女ドライブ車内編其の一一度解放された性欲はとどまる処を知らず、贅肉たっぷりの熟尻が弾む!

 

『素人妻の飢えた性欲 理沙』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】