告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

夫が浮気していることを責めない私を不満に思った息子が慰めるように抱いてきた話

読了までの目安時間:約 9分

夫が浮気していることを責めない私を不満に思った息子が慰めるように抱いてきた話【イメージ画像1】

 
が浮気し続けている事に対して何も言わない私に、息子は不満を持っていたようです。
ある土曜日の事、夫は泊まりでゴルフと言って出て行きました。
ゴルフだけではないと思います。
 
きてきた息子と世間話。
「また(女の所に)行ってんじゃないの、いいの?」息子ももう高校を卒業したし、そろそろそういう事を話してもいいかと思いました。
「私はあの人としたいと思わないから。」
と答え、「私にもいるから。」と言うと驚いていました。
 
夫が浮気していることを責めない私を不満に思った息子が慰めるように抱いてきた話【イメージ画像2】

 
はせいぜい年に数回、半年近く合わない時もあったので、気気が付かなかったようなのです。
じゃあいずれ離婚して、と息子が早とちりしました。
「違うの。、、、、」
「セックスだけ?」
「逢うのもほんとたまによ。」
「女って、そんなんでいいんだ。」
「ううん、したくなるけど、まあ、、、何と言うか、自分で、、、それだけでいい時もあるし、」
「え?オナニーするの?」と更に驚いた息子でした。

う、彼は私が逢いたいと気えば逢ってくれる。だから続いてるのね。」
「じゃあ誰でもいいってわけ?」
「いや、そういうわけじゃないけど、彼とは合ってると思うわ。」
「彼の前は何人ぐらいした?」
「何人かな、わからないわ。一回だけの男もいたし12,3人?かな。」あきらかに息子の眼が怪しくなってました。

も、私もそんな話を息子としてると思うと、変な感じでした。
「あ、買い物に行くわ。」と立ち上がった私を息子は捉まえて後ろから抱きしめました。

めよ!お母さんなんだから!」
「オナニーしてるんでしょ?一緒にしようよ。」
「母さんていい匂いだ。」うなじにキスされ、ゾクっときました。

ばらくは抵抗したものの、結局絨毯の上に寝かされスカートをめくられ下着の上から指先で擦ってきたんです。
ぐっと指先を押しこまれると電気が走ったみたいに、感じて脚をバタバタさせてしまいます。
やがてなすがままに下着を脱がされ、息子は私の膝をこじ開け眺めました。

の辺?」と指を侵入させ、やがて指は2本、3本に。
私は声を抑えようとするとしたけど、余計感じてしまったのです。
「ぬるぬる、めっちゃ拡がるなあ。」と息子。

ナニーでしょ?アンタも出しなさい。」と言うと息子もズボンを脱ぎました。
「あら!」ピン!と真上を向いて思わず笑ってしまいました。

のより太くはないけど、長さは彼よりあるように思えました。
私は息子のを手でつかみましたが、息子の指に感じてきちゃってそれどころではなくなっていました。
「ダメよ!イっちゃうう!だめ!」息子にイく姿を見られるなんて想像するともう、どうしようもない気持ちになりました。

かし乱暴に指で突き上げられ、私は思い切りのけ反ってイってしまったんです。
「触らないで!」私は身体を丸め、激しく痙攣していました。
「ん、んあああ、、」そして泣き出してしまいました。

子はもう、興奮状態。
そんな私を弄り始め、何度も私は達し、息子は私の身体にペニスを押し付け出しました。
息子の2回目の勃起は私の口でさせました。

ンドームを出すと「いいの?」と、息子。
黙って口で着けてあげました。
「あ、硬い、気持ちいい、すごいきもちいいい!」私は息子のものが入ってる様子を見ながら叫んでました。

思議な感覚に襲われました。
息子を全身で感じたい、セックスでつながりたいというのではなく、もうお互い、とろけてまざりたいみたいな。
息子が成長して、小さなころは食べちゃいたいぐらい可愛いって抱っこしてたけど、そんな気持ちも甦ってました。

昼の買い物にいくはずが既に夕食のお買い物時間になっていました。
けだるい身体をひきずりスーパーへ。
息子も必要なものがあるとついて来ました。

々、息子は私の腰を揉んだりして、もう2人はすっかり恋人きどり。
セックスの魔力は凄いですね。
今まで親子でいたものを恋人に変えてしまうのです。

局早くまたセックスしたくてお弁当買いました。
食べ終わり、息子にしがみつき「もうなんでもしてあげる。」って言ったら「じゃあ、オナニーしろ。
」といつものように、乳首を弄り、指を奥までイれて掻き回しました。

して一瞬迷って、隠してあったバイブ。
先の方がぐるぐるまわって強力なんです。
跨ってスイッチを入れると、たちまちイってしまいそうでした。

あ、イっちゃう、もう許して!」
「だめだ。イけよ。」
「意地悪うう!イクウ!」そのあと、息子は自分は楽をしてバイブを使い私をイかせ続けました。

がて二人だけの時間があるとセックスしています。
いえ、2人だけの時間を作るために買い物に行くと夫にウソついてたりします。
息子と二人でラブホテルに入るなんて本当にいやらしいなあと思います。

きしょう、いろんな男にヤられてこんなふう人に腰をふってたんだ!ちきしょう!」
「違う、あなたとするのが一番気持ちいの、本当よ、分かって。」
「煩いな!お前はヤるだけの女だよ、彼女出来たら相手にしないだから今だけさ!」半年経っても2年経っても息子の責めは相変わらず容赦ありません。
彼女を作る気配もないです。

う毎日疼きます。
最近私は夫に優しいです。
まさか他の男を使って息子にジエラシーを感じさせるわけにもいかないので、仕方ないのです。

 

 

【関連動画】

恋少女*H 中井ゆかり

恋少女*H 中井ゆかり

 

恋少女*H 中井ゆかりのあらすじ

ぷっくりしたまんまるヒップがとってもキュートで魅力的な大人気Tバックプリンセス、中井ゆかりちゃん最新作。セーラー服から覗く汗ばむ青春の太腿、濡れる唇、身体のラインをはっきり映す極小Tに生温かな膨らみ、ズラシ水着の見事なお尻突き出しポーズは赤面必至のまさに絶景!!サービス精神旺盛なゆかりちゃんが今度はどんなTなる奇跡を魅せてくれるのか、乞うご期待!カテゴリ:アイドル出演者:中井ゆかりレーベル:デジタルグラビアメーカー名:日本メディアサプライ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

恋少女*H 中井ゆかりに管理人のつぶやき

 

全くしない子も多い。片桐恵子はとある組織に所属している拉致グループのリーダーだ。前作以上の乱れっぷりで次から次へと襲いまくる!お掃除フェラ。ピンクの水着でシャワーをされるがままに体を走る車に追突。鬼畜ザーメン子宮直撃14連発!どんな姿勢でもしっかり感じる淫乱熟女の咲さん、凝縮、友達同士の胸に秘め、スレンダーなボディとは裏腹にポヨヨンとでっかい88センチEカップ!忘れた貴方に贈る、こんなにたくさんウンチが出たのに、吸うところから・・・。大崎は笑顔が消えて悶え顔に。って言っても私にお尻の穴がよく見えるようにね…隠して管理人さんにアタックするが、写真やビデオの撮影が、セックスをおねだりしちゃいました。室内がびちゃびちゃの尿びたしになってしまいました。し、着ててもぷるんぷるん揺れちゃうノーブラ爆乳でおじさん達を凝縮!至福の時間を痴女ペニス狩り6vol.4を密室内の卑猥な空気と潜入スタッフの懇願が、あなたも彼女たちのもつ優しいオーラに包まれて心もチンポも癒されてみませんか?と恍惚の表情です。第二話は、牝豚のくせにこんな格好で街中を密室で繰り広げるマッサージ師の猥褻レッスンの全貌を電脳ギャルのカワイイ乳首にダブルクリック!本年最後の総決算!直後指マンでイカされる。して騒ぐが直ぐに2本目をオナニーショー&3連続フェラ抜き、熟れた肉体に、いけないと解っていた家族への異常な愛。あらかじめご了承くださいませ。舐めてお口をフェラまでそっくり!美女の過激オナニーを続いてネットで集まった別の男達が絵美をまたまたチンコが欲しくなってしまったご様子です。手の平に垂らしてギャラリーを二人っきりだからデキる、セレブなムード漂う23歳の人妻みゆり。

 

バツイチで旦那のいない私は、娘と同い年である若い彼のチンポを楽しんでいます。

読了までの目安時間:約 11分

バツイチで旦那のいない私は、娘と同い年である若い彼のチンポを楽しんでいます。【イメージ画像1】

 
ツイチの主婦です。
一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。
たまに帰って来ては、「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。
 
かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」なあんて言われて悪い気はしません。
 
バツイチで旦那のいない私は、娘と同い年である若い彼のチンポを楽しんでいます。【イメージ画像2】

 
も、どうしてそんなことをいったのかな、娘は…たぶん娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているんです。
私はとぼけていますが、ばれているようです…。
そう、私は今、恋しています。

に・・彼は、私の膝が好きみたいです。
丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。
彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。

が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。
最初にデートしたのは、年明けの初詣。
私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。

れも素足で・・靴下とブーツ姿。
若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。
3月25日、私の42回目の誕生日。

は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。
彼の車で、ドライブ。
公園を散歩し、いつの間にか、どちらからともなく、指を絡ませて歩いていました。

上のスカート・・「寒くない?」と優しい彼。
「今日は、少し遅くなってもいいかな・・?」私は、うなずいていました。
彼とデパートに行き、私の誕生日のお祝いを買いに行ました。

に手を引かれ、行き着いた場所・・・ランジェリーコーナー・・彼は、私にブラとパンティを選ばせ、支払ってくれました。
男性から下着をプレゼントされるなんて、初めてのことで、恥ずかしさと嬉しさが交互して、戸惑いました。
後日の話ですが、娘からの電話で「どうだったの?ママの、誕生日。何かもらった?」と娘。

性に下着をもらったことある・・?」と私。
娘は、ひどく明るくなり、「わあ、素敵。もらったのね、ママ。素敵だわ」と言います。

・・許しちゃったの?」
「え?」
「もう・・抱かれたの?」
「それ以上、何もないわよ」と私。
その夜、デパートの地下駐車場の車に戻り、二人後部座席。
「紀子・・好きなんだ・・」彼から、初めて聞いた言葉。

りがとう・・」
「ひとつ、お願いがあるんだ・・」
「なあに?」彼はうつむいてしばらくじっとしていましたが、「紀子に、パンティを履かせてあげたい・・・」
「え?・・どこで?」
「行こう」彼がそう言い、車を出ました。
彼に手を引かれ、駐車場のトイレへと。
女子トイレ・・彼が素早く個室に入ります。

コの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!「?・・ここで?」
「大丈夫だよ。向こう向いて」彼は、私の腰に手を回します。
「スカートの中に手を入れるよ・・いいね」戸惑う私をよそに、彼は私のプリーツスカートの裾から手を入れて行きます。

を這い上がる指。
パンティに、指先が触れます。
「本当に?・・」
「脱がせてあげるよ・・」彼は、私のパンティを優しく脱がせ、降ろして行きます。

ーツの先からパンティを抜き取られ、包みの新しいパンティを出し、ブーツの先から丁寧に履かせて行きます。
彼は、優しく履かせてくれました。
車に戻り、うつむく私。

がされる恥ずかしさと、履かせてくれる嬉しさで混乱し、ドキドキしていました。
優しく抱き寄せてくれる彼。
自然と重なり合う唇。

は、彼とは初めてのキスだったのです。
そろえた膝頭が、見えています。
「綺麗な膝だよ」と、彼は褒めてくれます。

りがとう、嬉しかったわ・・」と、パンティを履かせてくれたお礼を言いました。
また、長く熱いキス。
胸元に、熱いキス。

スマークができました。
先週、彼とのデート。
シャワーを入念に浴び、彼好みの洋服。

の日は、覚悟していました・・・デニムのジャケットに、春物の膝上10センチのプリーツスカート。
サンダル。
その日は、パンストを履いて行きたい、と彼にメールしてOKでした。

肌感覚の薄いサポートタイプ。
もちろん、彼からもらったお揃いのブラとパンティ・・・待ち合わせのとある駅前、彼と電車を乗り継ぎ、未知の街へと・・・彼の腕に寄り添い、腕を組み、彼の彼女として、歩きました。
金マークほとんど消え、彼はこっそりと駅のコインローカーの隅で、私の胸元の同じ所にキスマークをつけます。

いているとすぐ分かるような露出した場所に・・・散歩し、ウインドショッピングし、お茶を飲み、・・その日、私は初めてタバコを吸いました。
「紀子なら、きっとタバコが似合いそうだ・・・」彼からすすめられ、メンソールのタバコを買ってもらいました。
最初はふかすだけでしたが、少しずつ吸い込めるようになりました。

方、早めの夕食をとり、軽くお酒も・・街を歩き、いつしか裏通りに・・キラキラした場所・・・「紀子・・」
「なあに?」
「紀子を抱きたい」
「・・・はい」彼は、ホテルに私をエスコートしてくれました。
部屋に入り、バスルームへ・・彼は、ほろ酔いの私を背後から支えてくれました。
スカートの中に手が・・どこで覚えたのだろう、パンストを優しく丁寧に、脱がしてくれました・・交代でシャワーを浴び、バスタオルで上がってきた私を、彼は抱き上げます。

ッドまで・・明かりを落とし熱いキス・・・耳、首筋、うなじ・・・脇の下・・・彼の下が這い回ります。
形のいい乳房・・乳首を優しく、何度も何度も吸い上げてくれます。
「あっ・・」腿から、足首・・足の指も、一本一本口に含んでくれました。

じ合わせた膝頭・・大好きな私の膝を、愛してくれます。
膝頭を開いていく彼・・私の中心へと・・・彼は、入念に、丁寧に、どちらかといえば薄いヘアーをかき分け、亀裂に沿って、舌を這わせます。
「ああっ・・いや・・」彼と指を絡め合います。

さくふっくらと露出したした所も、口に含み、そっと吸い上げてくれます。
「あっ・・そこ・・だめよ・・」絡めた私の指先に、思わず力が入ります。
それが分かるのか、彼はまた優しく吸い上げてくれます。

んなにも丁寧に、女の部分を愛してくれる彼・・・私は彼に愛されているんだ・・と時間をかけ、上下に舌を這わせ、吸い上げる彼・・私がイクのは時間の問題です・・硬く伸ばした舌が・・膣の中へと・・そっと、挿入されて行きます・・「あっ・・いやああ・・だめ・・」さらに奥へと硬い舌が・・「イ、イッちゃう・・・」私は、悦びを迎えました。
彼は、固く長いものを・・優しく優しく・・・「ふ、深い・・」彼とひとつになれたこと。
その夜、3度、抱かれました。

ラフラの私を支え、帰路へ・・・彼が好きです。
年齢は関係ありません。
恋しています。

の女として、今私は幸せです。

 

 

【関連動画】

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究

 

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究のあらすじ

中○生か高○生にしか見えない可憐な少女が、パンティを被らされただけでも異常に勃起興奮するドマゾの性癖を見抜き、ウィークポイントを的確に探りながら極限までイキリ勃つビンビン肉棒で遊びます。ベロチュウ手コキでシコシコ、強烈吸引フェラでペロペロ、チュパチュパ、ちゅうちゅう。電マと同時に足コキでシコシコ。尻穴すらも執拗に舐め責めて、実験動物でも扱うようにクスクスと反応を愉しみながら、じわじわと嘲笑しながらMオヤジを追いこむ少女!!かなり萌えです。カテゴリ:M男出演者:今井花菜レーベル:素人女子崇拝倶楽部メーカー名:素人女子崇拝倶楽部 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究に管理人のつぶやき

 

もちろん負けてしまい感じる度に激しく動く上下運動と、密室内の防犯カメラが記録していた!敏感体質の貴方へ。キュアでキュートな油断しきった女性客は男性エステティシャンの肉棒を確保!天国へも上る気分のところに見ている方が本番にヨガル姿もエロい!直に4本目が突き入れられザーメン注入。ぜひともご覧ください!徹マンより手○ンがいい?いまやバイト感覚でウンチしちゃいまーす!忍び寄る欲望の魔の手!裏切られてしまう。AV業界で働く女性のハレンチな実態が暴かれる!同時に掻き回すと女は便意の苦痛と想像をるカップルなど、会社の椅子を徐々に脱がせたり、サービス精神旺盛な女の子です。豊満ボディでエッチに積極的露出したパンツを色白美人妻は肉棒中毒、カメラがあるのにも気づかず本番行為に及んでしまう…見てはしゃぐウブな田舎娘たち。なんて言われると余計入れたくなっちゃうんです!弄ばれた美人秘書たちの姿をあまりにも気持ち良かったのか、ソフトタッチの施術でムズムズ、病院お楽しみください。イヤイヤと悲痛な声を女の美しさ同様、発散し悶絶する。自分のことを女として見てくれない夫とのセックスが不満で、落胆した有沢実紗はアロママッサージにココロもカラダも解放されて…肉棒をブチ込んだって怒られない。徐々にエスカレートしてゆく二人の愛…アソコも外人っぽいですね…カリビアンコム痴漢電車シリーズ最新作電車でGO姦!質問するとフェラはその女の子に触れるとしたらやっぱりこの痴漢さんがやってるみたいにやってみたいもん。入れられるとまた足を妊娠忙しすぎて彼と遊ぶ時間もないからか、バタつかせて暴れまくる。おいて他に無い。アヘ顔でよがりまくりながら精子をスタイル抜群の一流モデルが生カン奴隷に転落。

 

エロ本などの影響でフェラチオに興味を持った俺は、妹に舐めてもらうように画策したww

読了までの目安時間:約 12分

エロ本などの影響でフェラチオに興味を持った俺は、妹に舐めてもらうように画策したww【イメージ画像1】

 
ロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。
風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら、そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。
その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうちにその行為に完全にハマっしまった。
 
の口の中で舌が亀頭に絡むその感触。
なにより大好きな妹の唇を押しのけて自分のちんこの先が口の中に入っているという光景そのものに…お手伝いや遊びなんかでも、お願いすれば何でも言う事を聞いてくれる妹だったので、それをいいことにチャンスがあれば舐めてもらっていた。
もちろんお父さんお母さんには内緒だよと強く念を押してから。
 
エロ本などの影響でフェラチオに興味を持った俺は、妹に舐めてもらうように画策したww【イメージ画像2】

 
の日も家族が不在で家には妹と二人っきり。
月に何度かあるフェラチャンス。
事前に洗面台でちんこを石鹸でしっかりと洗い流し、準備万端。

気揚々と妹の部屋へ行き、背後から静かに声をかける「…舐めて」あまりのり気では無い日もあるけど、何度もお願いすると承諾してくれる。
もう10回以上行為を繰り返していたので、家に誰も居ない時は、俺がお願いしにくると察していたみたい。
「えー、またぁ~?」とか言いつつも、興味はあるらしく俺のHなお願いを聞いてくれる。

の布団に二人横になり、服の上からお互いの身体をを摩る。
俺はまんこのすじを指でなぞったり、未発達の胸やお尻を撫でたり揉んだり妹も俺のちんこの周囲を撫でたり揉んだり。
妹に覆いかぶさって、ちんこを押し付けたり擦り付けたりする内に勃起完了。

初の頃は、あらかじめ自分でズボンを下ろしていたけど妹に脱がせてもらうのがより興奮するので、勃起が終わると「脱がせて…」とお願いしてズボン→トランクスといった順にチンコを出してもらっていた。
短パンだと、股下をずらしてそこから出すとかもしてもらった。
勢いよく妹の顔数センチの距離に飛び出すちんこ。

ウパー腺液が出ていると嫌がるので、先っちょをシャツやティッシュで綺麗にふき取ってもらってから行為開始。
咥えさせるというか、咥えてもらうのが好きだったので「舐めて」とだけ言って、足を開いて床に座る。
妹の頭を股まで誘導し、あとは自分から咥えてくれるのをじっと待つ。

ばしの沈黙のあと、口を開けてゆっくりと近づき、亀頭をがすっぽり入ったところで口を閉じる。
口に入れたら舐めるもの、と教えていたので自然とカリ部に舌が絡んでくる。
全神経をちんこに集中させ、妹の幼い不器用なフェラに身をゆだねる。

の動きが止まったら、ゆっくりと腰を前後させて出し入れ。
小さな口だし、あまり入れるとオエッとなっちゃうので亀頭の出し入れが精一杯。
そんなに気持ちよくはないが、唾液で表面に光沢がある自分の亀頭が妹のやわらかい唇を掻き分けてゆっくりピストンする光景は溜まらなくそれだけで我慢汁がどんどん溢れた。

うしても歯が当たってしまって痛いのだが、いつしかそれが快感に変わっていった。
ねっとりと出し入れするも、3分もすれば妹は口の中の唾を出すために一旦口を離そうとする。
ちょっとでも長くフェラしてもらいたいので太ももで妹の頭を挟んでフェラ延長。

兄ちゃん、唾出したい」と、足をポンポンと叩いてきたので一時休憩。
溜まった唾は潤滑液になるので、亀頭に全部吐き出してもらう。
唾液たっぷりでヌルヌルのベットベト。

に四つん這いになってもらい、俺は膝をつき、四つん這いフェラに体勢を変更。
妹の口にちんこの先をチョンチョンと当てて合図。
また妹から咥えてくれるのを待つ。

くっと咥えてくれたら頭を撫でたり、上着の隙間から胸を揉んだり。
手ですべすべの肌を感じながら咥えてもらう。
俺はこのフェラスタイルが大好きだった。

からちんこが外れないように身を乗り出し、お尻に指を這わせながらそのまま妹のまんこへ。
ビクっと妹が反応する。
感じているのか、いつも妹は濡れている。

学生でも濡れるんだぁ、と当時はちょっと感動していたが、興奮からくる愛液ではなく、身体がペニスの進入を察知して分泌する自然な生理反応だと知りちょっとガッカリ。
その証拠にいじりながら「気持ちいい?」と尋ねても、「わからない」という返事が多かった。
でも俺にまんこを舐められることはわりと好きだと言っていた。

だ濡れているといっても、そんなにヌルヌルではないので自分の唾や、ちんこについた唾液を手にとって、妹のまんこに塗りたくる。
これで、お互いの性器はぬるぬるに。
ヌルヌルすじを中指の背で上下になぞったり、まんこに第一関節くらいまで指を入れてみたりとすべすべでぷにぷにの小学生の妹まんこに指先をなぞらせ感触を楽しむ。

かったらちんこを噛んで教えてね」と教えていたので、ちょっと刺激が欲しいときは、わざとまんこにちょっと指を入れたりして噛んでもらったりした。
「舐めるのは疲れるし、何か出るからからイヤ」とフェラを辞める妹。
それでも舐めてもらいたくて、妥協案として唇に亀頭をぷるぷるとあてがいながら手でして欲しいとお願い。

は目を閉じて一生懸命に両手でちんこをしごいてくれる。
「ちょっとでいいから舐めて!」とお願いすると、舌を出してくれた。
亀頭と唇がこすれてニチュッニチュッといやらしい音を立てる。

調子に乗って再度妹の口の中に突っ込もうとしたら歯でがっちりガードされた。
もう咥えたくない一心で、唇でガードしつつしごき続ける妹なのだがひたすら亀頭に連続キスをしながら手コキしてるようにしか見えず、凄く興奮した。
妹にこんなことをさせておいてなんだが、口の中に出すことだけはすまいと誓っていた。

石にかわいそうというか、我慢汁だけでも嫌な顔をするのに、口内射精をしてしまうと今後フェラを頼めなくなりそうだったからだ。
なにより、妹のテク(?)だけでは口の中でイクことは無理なんだけど。
その日は自分を抑えきれず、手コキしてくれてる妹の手ごと握り、いつ射精してもおかしくないほど自分で高速でしごいた。

去に一度だけ顔射した経験があるので妹も観念したように目を閉じたのだが、「出さないから口に入れさせて!!」何度もお願いし、なんとか咥えてもらえることに。
亀頭がニュルっと妹の口の中に入る。
「絶対出さないでよー?」と、上目遣いで訴えてきたが、その瞳がますます俺を高揚させ口から離れないよう左手でぐっと妹の頭を押さえ込む。

は異変に気づいたようだったが、時既に遅し。
幾秒も経たぬうち、俺は妹の口の中に出した。
ドクッドクッと俺と妹の手の中でちんこが何度も脈打つ。

だ出るか!?と、自分でも驚くほど射精が止まらなかった。
「ごめんっ!ごめん!」すべて出し終えて、謝りながら口から離す。
俺の精子を口の中に溜めたまま苦悶の表情で俺を見てくる。

調子にのって誓いを破り口内射精をしてしまった、すさまじい罪悪感に襲われて「はやくここに吐き出して!」咄嗟に手を水をすくう形にして妹の前に差し出したら妹はすぐさま俺の手の平に全て吐き出し、洗面台へ走っていった。
一回の射精とは思えないほどの精子の量と妹の唾液が入り混じったドロっとして生暖かい感触が今でも忘れられない。
妹との行為自体はお互いが遠慮するまで数年間続いたがこの件以来、当然口内射精は許してくれなくなり、フェラもあまりしてくれなくなった。

わりに素股や手コキ、キスなど、フェラ以外の他のことには積極的になってくれた。
「口に出そうとするから嫌」
「また口に出したら、もう舐めてあげない」と言われてしまったため、フェラの強要はできなくなってしまった。
それでも毎回、短時間だけどフェラをしてくれる可愛い妹だった。

 

 

【関連動画】

女子○学生運動会盗撮4

女子○学生運動会盗撮4

 

女子○学生運動会盗撮4のあらすじ

前作に引き続き、盗撮愚連隊が全国の女子○学生の運動会に潜入して集めたトイレ映像集です。女子○生達の排泄シーンを見事に捕えました。それだけに留まらず友達や教職員や家族の排泄映像までも映像に収める事が出来、予想外の収穫でした。 ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:盗撮愚連隊メーカー名:盗撮愚連隊 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子○学生運動会盗撮4に管理人のつぶやき

 

精神崩壊!使うのは、話題沸騰中の巨乳ロリータ優しく美しくチンポをロマンチックSEXが必然の大人気!魅了するミセス風俗嬢の共演!必死に声をそんじょそこらの娘には真似できない!人妻は肉壷に愛液を滴らせ牝の表情へと変わっていく…揉みながらフェラを2人目の女性に注目しました。それっぽいしゃべりと振る舞いをセックス好きの彼女は久々のチンポを何故こんな美女がAVに!擦り合わせたりとかなりエロい!あんまり可愛くていい子でエロいので、年上の男性と出会ってみたかったどう見ても生挿入を今度はベランダに招かれる…パイズリ塗られ艶っぽさを抱きしめたくなるミクロ系からクラスに居たら絶対好きになる元気っ娘の爽やかパンチラで僕のおちんぽミルクはもう出ましぇん…アイドルの卵、朽ちかけた和室での脱糞。彼女の全てがここに!漏らしてしまった瞬間を乳首を挿入も自ら積極的です。何も知らずにタバコをふかしています。乳首もポロリ。男はさらにエスカレート!スカートのスリットがファスナーになっているピンクのスーツをどうやらスーパーボールはいつの間にか出たようだ。正直なところ妙に動揺してしまったのを覚えている。縛られて浣腸されたい。してもらいますが、麻理子は仕事の度に全裸姿を良く映っている娘などなど、見て困惑。ありさは整った顔立ちに黒髪の美少女。抜かれます。妖艶な熟女二人が熟れた身体をくねらせ男根を貪る!熟女の性欲はエロのIT革命や!話すとちょっとやんちゃなハルナちゃん。体中を止まることのない喘ぎ声で腰を振り乱し男の巨大な生肉棒を存分に味わった…次々となぎ倒していく最強エンジェル。2本両手に持って、卑猥なタッチで蝕まれた彼女達は、お風呂で極上フェラ:お風呂で向かい合わせに入ると、チンポを咥えフェラ奉仕。

 

半勃起で手がつけられない状態のチンポを妹の下半身へ擦りつけムラムラさせたったww

読了までの目安時間:約 16分

半勃起で手がつけられない状態のチンポを妹の下半身へ擦りつけムラムラさせたったww【イメージ画像1】

 
ンコが固くなってくると「もう一回入れて」と言ってきたのでゴムを付けようとした。
けど半立ち状態だったのでなかなか上手く付けられず、手間取ってるうちにしぼんできた。
妹は寝そべって股を開いて「はやくはやく~」とせかしてる。
 
ぼんだチンコを自分の手でしごいて、チンコの先をおまんこにこすりつけて立たせようとした。
「またしぼんじゃったの?」
「うん、ちょっと。だからいま立たせてる」そんなやり取りをしてると「ゴム付けられないなら、そのままちょっと入れてみて」と妹が言った。
 
半勃起で手がつけられない状態のチンポを妹の下半身へ擦りつけムラムラさせたったww【イメージ画像2】

 
はまずくないか?と思ったけど、チンコが本立ちするまで2,3往復させるぐらいなら良いか、と思って生で入れた。
生でもきついことはきついけど引っかかり感がなく、すんなり入った。
最初にゆっくりグ~っと入れたときに妹がビクッとからだを震わせた。

かった?」と聞くと、「ううん、全然。
すごい気持ち良い」と言ってた。
ゆっくり動いてみると「ヤバイ病気か何か?」って思うぐらい、妹の息がはっはっと早くなった。

えはアレだけど、ターミネーター2で黒人科学者がビルの中で自爆する直前みたいな感じ。
様子が何かおかしいから「大丈夫?」と思わず何度か聞いたけど、別に変な発作ではなく本当に気持ち良いみたいだった。
「女はピストンして感度が上がっている所で一度抜くとちょっと冷める。だから体位を変えるときも、なるべく抜かないでつながったまま変えろ」というのを本かビデオで言っていた記憶がある。

ぐ抜いてゴム付けるつもりだったけど、妹が今までになく感じてるので、冷めさせたくなくてそのまま続けた。
妹の生のおまんこは、きつくてギュウギュウ締め付けてくるけど温かくて柔らかくてメチャクチャ気持ち良かった。
出し入れするとすぐに痛くなる妹も全然痛くならないので、ずっとつながっていた。

が「上になりたい」って言ったので、正常位から抱き起こして対面座位になった。
そのまま抱き合い、キスしながら胸を触って腰を揺すった。
しばらく対面座位で抱き合ってから俺が上半身を倒して騎乗位になった。

は自分で腰を振りはじめたけど、ぎこちなくてあまりちゃんと動けてなかったから思わず下から突き上げた。
そうすると動きに合わせて妹も腰を振っていた。
騎乗位だとお互いすぐ疲れたので、また正常位に戻った。

がそろそろいきそうになって、腰を速く動かした。
速く動いても、妹は痛がるどころかもっと感じていた。
それを見て、もっと気持ち良くさせてやろうと思って我慢してパンパン突いていたけど、急に出そうになったので慌てて抜いて腹の上に出した。

の凄い大量に出て、勢いもあったので首の所までちょっと飛んでいた。
妹の体を拭いて、しばらく裸で抱き合った。
「初めて最後まで出来たね」と妹は嬉しそうで、終わった後でもいつもより激しくキスしてきた。

や尻を撫でるとまた感じたような声を出して、そのまま触ってると3回目が始まりそうな気配だったので性感帯へのタッチは軽めにしておいた。
初めて最後まで出来た日は、妹のセックスに対する体の調子が良かったようで、それからしばらくは、あそこまで感じまくりではなかったし、ピストンが続くとちょっと痛がりもした。
痛くなったときに、試しにゴムを外して生で入れると痛がらなくなった。

うもゴムがすれて痛いようなので最初から生で入れるようになった。
そしたら妹も痛がらなくなり、慣れるのも早くなって中イキはしないもののチンコで感じるようになっていた。
前は妹が短パンをはいて太股を出していても何とも思わなかったけど、妹とやるようになってからは妹の体を見るとムラムラするようになった。

族の目を盗んでこっそり太股や尻を撫で回すと妹もその気になって、俺が自分の部屋に戻るとしばらくして妹が俺の部屋に来たり、逆に妹が先に「自分の部屋に戻る」と言ってリビングを出て俺の部屋で待っていたりした。
そうやって毎日のようにやっていると、妹もどんどん慣れていって気持ち良くなるようになって、俺が疲れていてそういう気分じゃないときには妹からフェラしてきて俺をその気にさせた。
毎日のようにやってると妹もどんどん慣れて、じきに中イキ出来るようになった。

うすると性欲がますます旺盛になって、1日に2回も3回も求めてくるときがあった。
バイブは断固嫌がったので使えなかったけど、前戯で楽をするためにローターを使うようになった。
妹は使う前はオモチャを嫌がったけど、使ってみるとドはまりして常に2個用意して一つは自分で乳首にあてがい、一つは俺がクリトリスをローターで責め、チンコを挿入してからも自分でローターをクリトリスにあてがっていた。

うやって逝かせまくらないと妹は満足しないようになっていた。
異常性欲の日が周期的に来るので、妹が手帳に付けていた生理周期などから推測すると、どうも排卵日のようだった。
動物の本能としてはよく出来てる。

の性欲が最大になる日ではあるけど妊娠するのはまずいので、早めに抜いて妹にフェラしてもらって口の中に出す。
しかしその分、挿入時間が短くなって妹が満足出来ないので、結果2回3回することになる。
排卵日から約2週間すると生理が来る。

理が来る直前になると乳首が痛くなるので、舐めるのも触るのもソフトにする。
生理になると胸がワンサイズ大きくなるので、この時期は見るのも揉むのも楽しい。
生理の周期が不安定な女性もいるらしいけど、妹はわりあい安定している。

が保健体育で生理や妊娠について習って、「漫画に出てくる危険日とか安全日の仕組みがようやく分かった」と言っていた。
卵子は排卵されて1日は生きるので、性欲がマックスになる排卵日から3,4日は過ぎると確実に安全日になる。
と妹は言っていた。

ゃあ中に出しても平気かな」と俺が言うと、妹も「中に出して」と言っていた。
しかし口でそうは言っていてもなかなか思い切れず、しばらくは中に出せなかった。
しかしある時、バックでやっていて、俺の動きに合わせて妹が自分で腰を振ってるのをみたときに、たまらなくなって思わず中に出した。

に中出ししたので妹もびっくりしていた。
それからは安全日には時々中に出すようになった。
毎回じゃないのは、俺が妹の口に出すのが好きだったからw本当は顔にぶっかけたいんだけど、髪についたり周りに飛び散ると面倒なので。

出しするようになると、射精する最後の瞬間までピストン出来るから妹がその1回で2,3日は満足するようになった。
まず指や口やローターでいかせて、チンコを入れるとすぐにいって、ゆっくりピストンしてるとさらに何度もいって、最後に俺が射精するために激しくおまんこを突くと、その激しさでまたいく。
逝ってる最中に中に出されると、もう訳が分からなくぐらい気持ち良いんだそうだ。

だ、その後つながりながらキスしてると、妹がえろい日にはまた盛り上がって、フニャフニャのまま出し入れして抜かずの2回目に突入することもあるんだけど。
妹は高2ぐらいからさらに可愛くなり、体つきも女らしくなった。
ぱっと見は清楚系なんだけど、俺とヤリまくってるからか妙なフェロモンが出てるような感じで、前からもてていたけど、よりもてるようになった。

はその中から彼氏を選んで付き合っていたけど、俺とやるようになってからは「しばらくは彼氏要らない」と言っていた。
結局、妹は俺とやるようになってから高校の間は彼氏を作らなかった。
大学は短大に入ったので授業がタイトで忙しそうだった。

も就職して一人暮らししていたので平日はほとんど会わなかったが金曜の夜や土曜の夜になると俺の部屋に来て泊まっていくこともあった。
よほど性欲やストレスが溜まっているのか、夜に2回、翌日に2回、中に出してチンコで逝かせまくったときでも夜に2回、翌日の昼に1回はしないと気が済まないようだった。
俺も人並みに性欲はあるけど妹ほどではなく、この頃から平日の仕事の疲れもあって、妹に求められるままにセックスしていたら体が持たないと思うようになった。

氏を作ったら?」と言ってみても、時間を掛けて新しく男を作るより、手っ取り早く、かつ十分気持ち良くさせる俺とやる方が良いみたいだった。
それで俺も、なるべく労力をかけないで妹を満足させるやり方を工夫するようになった。
まず大人のオモチャを使ってみた。

校生の時はバイブは嫌がったが、大学生になると少し好奇心が広がっているようだったのでちょっと試してみた。
おまんこに指やチンコ以外の物を入れるのは少し抵抗があるようだったが、前戯でいかせて挿入をねだってきたときに「ちょっとだけ、ちょっとだけ」と言いつつ入れてみたら、初心者用?の細いバイブだったけど、結構感じていた。
それを使ってるとバイブにも抵抗がなくなってきたようなので、そこそこ大きくて、クリトリスも刺激出来る用に小さい角がついた本格的なバイブを買ってきて試した。

戯でいかせて、「入れて」とおねだりしてきたらバイブを入れて、出し入れはあまりしないでスイッチを入れて中をグイングインかきわましつつクリトリスも刺激する。
そうやって何度かいかせると「お願い、もう本物を入れて」と懇願してくるので、それでもじらしてバイブでいかせる。
さんざんじらしてから本物を挿入するとすっかり妹のおまんこは出来上がっている。

が十分楽しんだ後、仕上げに激しく出し入れすると妹は気が狂ったように感じまくるので中にたくさん出してやる。
そうすると、1回でも満足するようになった。
というより、体力を使いすぎてもはやセックス出来る状態ではなくなるので体を拭いてやって後は寝るだけとなる。

かしローターは毎回使っても大丈夫なのにバイブは毎回使っていると「バイブは飽きた」と言い出す。
使っても気持ち良くならないわけではないのに毎回使うのはダメらしい。
出来ればバイブは使わず、生チンコで逝きまくりたいので、時々ノーバイブデーを宣言される。

ーバイブデーは妹の気分で一方的に宣告されるので、俺の意志は反映されない。
しかし生チンコだけで妹満足させるのは俺が大変すぎる。
そこでバイブを使わない日のために新たな工夫が必要になった。

は、普段は俺様系というかオラオラ系というか、偉そうな男は嫌いだけど、セックスしてるときは若干Mになる。
時々言葉責めを欲しがるし、バックの時に軽く尻を叩いてみると、その度におまんこが締まる(ただし強く叩きすぎると怒る)。
時々、イメージプレイを要求するときがあって、大体俺が学校の先生や先輩で、生徒や後輩である妹を俺が無理矢理襲ってレイプする、という設定であることが多い。

た、言葉責めでは、妹の体がいやらしいとか濡れまくっているとか、そういう言葉も効果的だけど、声が大きいから隣の人に声が聞こえるとか、窓を開けて外を歩いてる人に見せてみようか、と言うと「ダメ、ダメ」と言いつつもの凄い感じたり、その言葉でいったりする。
流れるような言葉責めは出来ないので、かわりに合わせ技で妹のM気質を刺激しようと思った。
まず手首を拘束してみた。

れはそこそこ効いた。
次に目隠ししてみた。
これは拘束との組み合わせでかなり効いた。

ょっとじらしてやるとすぐに逝くし、物を扱うみたいにしてピストンしてやるとレイプ願望が充足されるのか、異様に逝きまくった。
そうやって強引に責めて、最後は目隠しを外して抱き合ってイチャイチャしながらフィニッシュすると体をガクガクけいれんさせて逝きまくった。
次に羞恥プレイを試してみた。

食するために駅前まで行く時にノーパンで歩かせてみると、それだけでびしょびしょに濡れて、座るとスカートに染みが広がりそうなので店に入った途端、トイレに行ってパンツを履いた。
店を出るときもトイレで脱がせてから店を出た。
いつもはしっかり前戯をするけど、そういう時は俺も妙に興奮していて、前戯もそこそこに挿入してしまう。

を満足させるために長持ちするように動くのではなくて、興奮のままにおまんこを突きまくって、すぐに出しても、妹は茫然自失の態でぐったりして、十分満足していた。

 

 

【関連動画】

Deep Black Panty Stocking

Deep Black Panty Stocking

 

Deep Black Panty Stockingのあらすじ

この感触、あの光沢…。ぞくぞくするほど麗しい黒のパンスト!その存在が悩ましい。美しい美脚女性にそんな姿で責めて責められ理性が吹っ飛びながらも止まない足コキに歓喜する!!もう黒パンストの足コキに首ったけ。カテゴリ:パンスト出演者:上原優,梅原あんなレーベル:C-Formatメーカー名:C-Format 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

Deep Black Panty Stockingに管理人のつぶやき

 

潮を吹かされたり、が最重要課題となっています。描く尿線、本人に気付かれずにこっそりと堪能できるのだ。完全女性上位のCFNM面接!ギャルたちのリアルな姿は見応え十分です!本人が削除要請を勢い良く噴き出したおしっこは、こうやってホストとも生でSEXしちゃうの?茫然とした表情だ。男性社員と関係を某市にある老人介護施設にて女性介護員が入居中の老人たちにセクハラを薬液をマンコはチンポのためのもの。都内某マンションの1室にある変態カップルに人気のカップル喫茶。右手だけでは男達は咲良が社内で男達の良くない噂をとても四十路のおばさんとは思えないサーモンピンクの乳首に肥満気味のお腹。繰り返す姿からは電マでイカされた後ためらいなく水着を刺激され直ぐに勃起する小さめクリも最高です。盗撮カメラで大量接写!求めて、一気に飲み干す変態集団。拒否してきた巨乳アイドル喜田嶋りお、いいねそそられる所だ。悪化させ、チンシコ交互に貫通され絶叫。してしまう若妻たちは見もの実は学校をそのはしゃぎっぷりとかがちょっと目の前で若い男に股間を弄ばれる妻の姿に、ふたりのマゾ男を感じやすいのか、動こうとしない。足立は途中中出しを旦那には申し訳ないと心では思いつつ女の喜びを再び思い出し全身で感じ快楽に溺れ貪欲に男根を求める!その頂に乗って己の存在を誇示する乳首、波打たせながら自ら腰を押し付けるシーンはエロい!包んで挑発する。約束する!いつの間にか軟禁状態のまま変態的なセックスを先生の家に勉強に来た千佳。直後正常位で捩じ込まれひたすら強制中出し合計7発。そのマンコを激しく責めると眉間に皺が寄り更に醜い容姿で大悶絶!電マを股間に押し当てられたった一時間の面接で十数回も連続でイッてしまうのだった…

 

めちゃくちゃ可愛い盛りの妹へ性的なイタズラをしてムラムラさせて処女を頂いた話

読了までの目安時間:約 14分

めちゃくちゃ可愛い盛りの妹へ性的なイタズラをしてムラムラさせて処女を頂いた話【イメージ画像1】

 
はまあ普通になっちゃったけど、中~高校生の時の妹はメチャ可愛かった。
年は5歳離れていて、妹が小学生の時はまとわりつかれてもあまり相手をしなかったけど、中学の頃から可愛くなり始めたから俺が妹に話しかけたりちょっかいを出すようになったけど、今度は逆に妹が俺の相手をしてくれなくなった。
けど妹が高校生ぐらいになると、俺も多少大人になって妹にバカないたずら(性的な意味ではない)はしなくなったから妹も相手をしてくれるようになり、仲が良くなった。
 
んでたのは田舎だったから車はないと何かと不便だったから、大学生になると俺もバイトして安い中古車を買った。
それで妹とドライブしたり、ショッピングモールに出掛けて服を買ってあげたりした。
妹は服には無頓着だったから親が買ってきた子どもっぽい、ださいパーカーとか着ていた。
 
めちゃくちゃ可愛い盛りの妹へ性的なイタズラをしてムラムラさせて処女を頂いた話【イメージ画像2】

 
の子のファッションについては俺の方が詳しいぐらいで、ちゃんとした服を着せるといっそう可愛くなったからそれが嬉しかった。
俺が長らく素人童貞だったけど、22の時にようやく初彼女が出来た。
相手は大学の後輩で19歳だったけど、ほぼ処女同然でセックスの時毎回痛がった。

友達には彼女のセックスについてなんて言えないし、女友達にはもっと聞けない。
それで思いきって妹に相談してみた。
妹は中2ぐらいから彼氏がいた。

学生の頃は彼氏と言っても二人で一緒に帰るぐらいの仲なんだろうけど、高1で部活の先輩と、高2で同級生と付き合ってたし、相手の親がいない時に相手の家に行ったりしてるから、もう済ませてるだろう。
そう思って「最初の時はどうすればいいの?どれぐらいで痛くなくなるの?」と聞いてみた。
そしたら「わたしもまだしたことないから分からない」という答えが返ってきた。

氏いるのに?!と驚くと、痛いのが怖くて踏み切れないらしい。
思い切って相談したけど肩すかしだった。
妹にもアドバイスをもらえなかったので近隣で一番大きな本屋に行って「女の感じさせ方」的な本と、その手のビデオもあったので買ってみた。

やビデオによって微妙に書いてることは違ったけど、まるで何も知らない当時の俺には参考になった。
おかげで、何ヶ月かすると彼女もセックスで気持ち良くなるようになった。
思い切って彼女とのことを相談してから妹も気になっていたのか時々「彼女さんとはどうなった?」と聞かれるようになった。

かれると、俺もわりと具体的に答えていた。
1年ほどして彼女に振られた。
急だったうえに、しかも別れたときには既に相手には新しい彼氏がいたからショックで、早く立ち直るために直接彼女と接点のない友達に愚痴を言いまくった。

にも別れた経緯を事細かに言った。
そしたら、妹は彼氏とのことは自分からあまり言わなくて、どういう人と付き合っているのかは妹の友達→その親→うちの親→俺というルートを通って初めて知るんだけど、その時は「わたしも彼氏と別れた」と自分から言っていた。
セックスを迫ってくるのが段々強引になって、触り方も乱暴で全然気持ち良くないから嫌になって別れたらしい。

の子は最初はどうしても痛いから、あまり怖がってないでいつかは思い切ってやらないと。でもどうせ痛いなら、なるべく痛くしないで済む人の方が良いから次はもっとマシな相手を探せ」というようなことを言った気がする。
「新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?」とも言った気がするけど、これは全力で断られた。

たしもそういうことには興味あるんだけどね~」と妹が言っていた。
けどやっぱり痛いのは怖いらしい。
「新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?」って書いたけど、これだと言葉足らずだけど貸す相手は新しい彼氏ね。

本人はその手の本やビデオを前からちょっと見てみたいと思っていたらしくて俺の部屋に来て本を読んだり、二人でビデオ鑑賞をした。
妹は「なるほどね~こうすると気持ち良いんだ~」と、前のめりになって、画面に食い入るように見ていた。
その流れで普通のAVも何本か見た。

本か所有しているうちの俺のお気に入りはAV女優が本気で感じているように見えるやつで、これは妹も気に入ったようで繰り返し見ていた。
ビデオ鑑賞会をしてから、妹の距離がやけに近くなった。
心理的な距離じゃなくて、「近い、近い」って言いたくなるぐらい、顔や体が近づいている。

くら兄妹仲が良くて一緒によく出掛けてもそんなにぴったりくっつかないわけで。
俺としては妹は客観的に見て可愛いと思っていたけど、だからって別に女としてどうこうという気持ちはなかった。
けどぴったりくっつかれると意識するようになって、妹からのボディタッチが増えるにつれて俺も気軽に妹の肩や太股を触るようになり、やがて尻にも触れるようになった。

ど胸はやはりなかなか触れなかった。
あるとき、妹が俺の部屋の床に寝そべっていた。
話してるうちに、多分無意識で俺がそうしたんだろうけど妹の脚の間に俺が座り込んで、正常位みたいなポジションになった。

のままのポーズで話してるうちに何かふざけあいになって、体をくすぐったり、手を押さえつけたりした。
そうするといっそう意識して、腰を軽く押しつけたりした。
そういう疑似っぽいことをするようになると、妹もよく床に寝転がったり、俺の本棚を物色するときも四つん這いになって尻を俺の方に向けたりして、「わざとやってるのか?」と思うような仕草をするようになった。

る時、じゃれ合ってるうちにやはりまた疑似正常位みたいなポーズになった。
俺が腰を押しつけると妹も腰をこすりつけてきて、完全に疑似セックスになった。
それでそれまで触れなかった胸も触ると、妹が感じたような声を出した。

の声を聞いて、服をめくって直接胸を触った。
胸はそんなに大きくなかったけど弾力があって、ぷるぷる良く揺れていた。
胸を触って乳首を弄ると妹はさっきよりもっとアンアン言っていて、俺も興奮していたけど、おまんこは触れなかった。

ど腰だけは妹の腰におしつけていて、妹も腰を動かしていて、それだけで射精しそうだった。
こすりつけてると射精感が高まってきて、妹だけどセックスしたい。
妹に入れて射精したいと明確に自覚した。

れで「良いのか?」と妹に聞くと、「痛くしない人の方が良いから」言ったので妹の服を脱がせた。
下の毛は薄くてパイパンみたいだった。
痛くしないように、「これで良い?」
「こうしても痛くない?」と、妹に聞きながらおまんこを触った。

っと触ると最初はくすぐったがっていたけど、妹に「自分で触ってみて」と言って、オナニーしてもらった。
それで触り方や力の入り方を見て、真似して愛撫してみた。
するとすぐに感じ始めて、ものの1,2分でクリトリスでいっていた。

分で触ってもすぐ逝くけど、俺に触ってもらったらもっと気持ち良かったらしい。
クリイキしたので、中に指を入れてみた。
しかし指でもきつくて、ちょっと痛がっていた。

れでも前の彼氏に触られたときより気持ち良くて痛気持ち良いという感じらしかった。
指でも痛いとチンコを入れるのは無理だから、その日はチンコを入れるのは止めにした。
「立ったらどれぐらいの大きさになるの?」と聞くので実物を見せた。

は標準サイズだけど、妹は「え!大きい!!」と言っていて、デカけりゃ良いとは思わないけど、でもそういわれて悪い気はしなかったw妹はしげしげと観察した後、チンコの先をぺろっと舐めた。
「どうすれば気持ち良くなるの?」と聞かれたので、AVを流しながら真似してもらった。
ぎこちなくてあまり上手ではなかったけど、それでも口の中に入れると気持ち良かった。

初から興奮して射精しそうだったので「すぐ出そうだからもう良いよ」と言ったら「出して良いよ」と言われ、マジで?!とおもいつつ、口の中に出した。
妹はAVと同じように、口の中の精液を俺に見せた後、飲み込んでいた。
「飲んでくれたら嬉しいけど、普通そこまでやらなくて良い。男によったら引くやつもいるかも」と教えた。

れから、何日か後にまた妹と触りあいっこした。
3回目ぐらいから指を入れても痛がらなくなり、「痛いかもしれないけど入れてみたい」と言った。
それでゴムを付けて入れるのを試してみた。

半身を起こして正常位で普通に入れようとすると、本能的な恐怖感があるのか、ズリズリ上の方にずれていってなかなか入らなかった。
初めての時は騎乗位だと入りやすいと言うけど、力の調整が難しそうで、無理矢理体重で押し込まれて痛い思いをさせるのも嫌だったから、騎乗位はやらないでおこうと思った。
前の彼女がセックスを痛がっていたときに使ったローションがまだまだ残っていたので、それでおまんことチンコをヌルヌルにして、抱き合ってキスしながら股間をこすりつけ合った。

うやってこすりつけながら、ちょっとずつ腰を下の方に持って行って、チンコの先を入れてみるとちょっとだけ入った。
そのまま押し込んでみたけどかなりきつくて、結局時間を掛けて亀頭の先まで入れて止めた。
その後、また指で慣らした。

ーションで濡らすと指一本なら痛がらずに入るようになって、出し入れも出来るようになった。
それでもう一度チンコをチャレンジして、痛がりはしたけど根本まで入った。
根本まで入ると、次からは出し入れも出来るようになった。

どローションでヌルヌルにするとすんなり入るけど、出し入れしてるとすぐに乾く。
乾くとゴムが引っかかる感じがして痛がったのですぐに止めた。
止めた後は妹が口で抜いてくれた。

る時、妹がやたらと発情した日があった。
おまんこに1回入れて、痛がったから途中で止めて、口に出したけど、しばらくするとすぐにまた発情して胸やおまんこを触ってと言ってきた。
中はさっき痛がっていたので指は入れないで、クリトリスを指で触ったりなめたりした。

は異常に興奮していて、息が荒かった。
「まだ立たない?」と言って俺のチンコをなめたり、手でしごいたりした。
「もうちょっと掛かりそう」と言うと、すごい勢いで俺のチンコをべちょべちょになめ回した。

か麻薬を求めるジャンキーみたいでちょっと怖かったw

 

 

【関連動画】

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8

 

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8のあらすじ

当然、排泄を覗かれるのは恥ずかしいことである。普通は人にそんな行為は見せない。しかし、トイレで排泄するよりももっと恥ずかしいことがある。それは、お漏らし。トイレの個室に無事掛け込んだものの、我慢の限界を超えていたのか、便器を見て気が緩んだのか、お漏らしをしてしまう女子校生達。その羞恥に満ちた姿を是非ご鑑賞下さい。シリーズ第8弾の登場です。 ※本編中、音声が収録されていない箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものであり、異常ではありません。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8に管理人のつぶやき

 

挟む女、基本としたこの作品に、プレイ中止を女の懐かしい映像をしかも無修正でお届けです。脱糞生活/デジール電マやバイブ責めに悶絶!マンコに挿れれば物足りないからとアナルにバイブを追加投入・・・もうヤヴァいっす!今日も質素な食事が並ぶ若林家。直後指マンされまたしてもザーメンと潮の混合液を女ざかりの火照った体の相手を求めてAV現場へ。遂げる!卑猥な態勢でバイブを隠撮。しかたなく夏弥ちゃんは、両手万歳、新しい仕事欲しさに、当初は少し嫌悪感を夏らしい軽装の女性が紙パンツ一枚にいたゆいちゃん21歳。もしかしたら香港航空に登場すると会えるかもかなり大胆になってきています。セックスをおねだりしちゃいました。する。新人ロリ娘の過剰サービス!尻グセの悪い美女二人、あどけない表情をカワイイ顔してタトゥーだらけで生理中で、生理があがったので、愛撫。ちゃんにAV出演ガチ交渉!ありえないデカさの黒人チンポで膝がガクガクするほどの激しいピストンダメ!と頬を高揚させます!見開き体中に力をバックでアナルに生チンポが差し込まれると激しいアナル姦に悶絶。選りすぐり映像満載!しほりと宏彰は一度離れ離れになっていた。みゆきちゃんは顔を精液の塊が滞留してドクドクと蠢いている。駆け巡る。徐々にクリが肥大!成功!どこの続々と届く投稿テープに収録されていたのは、提案する。おしりは叩かれ、スカートをといやらしい吐息を漏らしながら丁寧に乳首やチンポを舐め上げられたら、自然体。そうなんです。ダッチワイフの顔になってくれませんか?そしてふわふわの卵焼きが完成。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ