告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

【近親相姦】母親と秘密のセックス関係

読了までの目安時間:約 4分

48歳の主婦です。
去年の暮れでしたが、それまで考えもしなかった息子とのセックスをしてしまいました。
その日を境に月に2~3度のペースで息子と秘密の関係が続いています。
12月31日の夜に家族で食事やお酒を飲みながらテレビを見て過ごし、それぞれ友人が迎えに来て遊びに出かけ、夫はお酒に酔い2階の寝室で先に休みました。
大学生の息子と私は深夜に近くの神社へ初詣をすませ家に帰りましたが、あまりにも外が寒かったので二人でお酒を飲むことになりました。
少しほろ酔い加減で息子と下ネタ話で盛り上がった後、明日早く起きるために用意した1階の布団に入り(寒いからもうここで一緒に寝れば)と息子に言って先に休みました。
どのくらい寝入ったときかわかりませんが、重苦しい気配を感じて目が覚めると息子が私の背後にピタッと張り付いて、その手はネグリジェの胸元から私のオッパイを直に揉んでいました。
私はハッとしましたが刺激な誘惑に負けて息子のなすがままにさせていました。
私のネグリジェの裾は捲り上げられてパンティ1枚の状態で息子は自分のブリーフを脱いで私にその逞しく勃起したペニスを尻の方からほとんど私の穴の入り口付近に擦り付けパンティ1枚を隔てて直に息子のペニスを感じました。
私はいけないと思いましたが、夫と殆ど営みが無くなって女に火が付いてしまい自分でジュワァっと濡れて溢れてくるのがわかりました。
息子は胸を揉んでいた手を今度は私の太股に這わせ息遣いもはぁはぁと荒げています。
その頃にはもう私も親子を忘れて感じていました。
息子の手がパンティにかかった時あまりにも感じて、濡れている私が恥ずかしいくらいでしたが、息子に脱がせてもらい易いようにお尻を突き出し浮かせました。
パンティを脱がされた時には濡れすぎて肌を伝わり横になったお尻の方へとタラァ~っと伝わるのがわかりました。
その時息子のペニスは私のアソコへ押し付けて来て、熱く脈打った息子のペニスはすんなりヌル~っと私に入ってきました。
あまりの快感で思わず「あっ、あぁぁ~」っと声が出てしまいました。
息子は耳元で「母さんとこんなになるなんて、でも素敵だよ」と話しかけて来ました。
私は嬉しくて、快感でお尻を息子の方へ強く突き出し後ろから息子の硬くて逞しいペニスでズンズン突かれて最後まで中で受けてしまいました。
今までで一番感じたセックスを味わいました。
終わった後しばらくは結合したままでいて、抜いた後に私の口で綺麗に舐めてあげました。
息子は直ぐに回復し今度はお互い舌を絡ませ熱いキスを交わし、下はお互いが裸通しなので愛撫し合いながら充分に楽しみ最後まで抜く事無く愛し合いました。
翌日は早めに起きて家族にはバレずに済み、翌々日は買い物を装いラブホでゆっくり楽しみ、3日目は映画を観に付き合って貰うと言い、ラブホで一日過ごしました。
その後も最低月に1回は愛し合っていますが、息子も私もしばらくはこのままの関係でいいと話しております。

【母子相姦】年頃の息子に襲われ膣内に精液中出しレイプされた母の告白

読了までの目安時間:約 4分

一年半前、当時高一の息子に襲われました。
主人との夜の営みが無くなって4年以上、その主人はニ年前、地方支店に単身赴任しました。
思い返すとその頃からです。
息子の態度がおかしくなり始めたのは。
風呂から上がると、下に入れていた筈のパンティが上になっていたり、昼間、息子の部屋を掃除しに入ると、屑篭の中にオナニーの後の濡れたティシュが幾つも入っていて、本箱に近親相姦物のアダルトDVDが何本か入っていました。
『息子もセックスに興味を持つ年頃だから』と、あえて何も言いませんでした。
だから本気で私をセックスの対象と見ていたなんて思いもしませんでした。
猛暑だった去年の夏。
風呂から上がって、余りに熱いので、素っ裸のまま寝室でくつろぎ、そのままベッドで寝てしまいました。
深夜、寝苦しく体が重たくて目を覚ますと、私の上に息子が覆いかぶさっていたんです。
その瞬間、状況が理解できませんでした。
でも、膣の中に太いものが入っている?!そして息子が激しく腰を振り始めたんです。
あまりの出来事に舌が麻痺して声が出ず、必死に手で息子を押し返しました。
快感なんて感じませんでした。
どの位の時間が経ったのか、突然息子が腰を振るのを止めて、「うっ!」と唸ってペニスを奥まで突き入れました。
『ダメ!中に出しちゃダメ!』でも声が出ませんでした。
息子はビクンビクンと何度も腰を痙攣させて出していました。
膣の奥に生暖かいものが満ちていく感覚・・・。
耳元で、「ママ、ありがとう。やっとママとできた」そう言って、出て行きました。
余りの衝撃に中出しされた事も忘れ、そして何時の間にか寝ていました。
翌朝、目が覚めたとき、あれはリアルな夢かと思いました。
息子の態度も普段通り。
やっぱり夢と自分を納得させていました。
でも、その夜、私が風呂に入っていた時、息子が入って来たんです。
素っ裸で、ペニスを怒張させて。
最後に見た時には親指位だったおちんちんが、皮が剥け、太く長くそそり立ち、もう立派に大人のペニスに成長していました。
「止めて!お願いだから止めて」泣いて頼む私の口に何度もペニスを押し付けて来ました。
私は息子のペニスを咥えてしまいました。
頭を振ってしまいました。
そして、息子は私の頭を押さえて喉の奥に射精しました。
『もの凄い勢い!それに濃い!余りにも濃い!』主人とは比べようも無いくらい凄い勢いで喉の奥を直撃され、思わず呑み込んでしまいました。
そして、茫然としている私のお尻を抱え上げると、後ろから挿入して来ました。
私は、飲み残しの精液を口から垂らしながら、息子に突かれながら人形のように揺れていました。
そして中に出されてしまいました。
それでも、息子は解放してくれず、私を抱き上げると寝室に。
何度も私の中に果てていました。
あれ以来、主人が家に帰って来ている時以外、ほとんど毎日私の体を求めています。
いつからか私も息子に抱かれながら一緒に腰を振って声を出していました。
母親が息子と交わるなんて、考えもしなかった私が、今では毎晩息子が部屋に来るのを待ち焦がれています。

小学生の息子のオチンチンをフェラして舐めるママと秘密の母子相姦体験

読了までの目安時間:約 4分

私は36歳の主婦です。
主人と息子の3人で暮らしています。
息子は小学5年生になりました。
三ヶ月ほど前のある日、主人が出張でいない時に、息子が股間を押さえてモジモジしてたので、「どうしたの?」って聞いたら、「ちょっと変なの、ボクのチンチンがこんなになっちゃった」と見せてくるのです。
旦那のモノより長くて立派に反り返ってました。
私の頭の中では、どうしようって迷ってましたが、「これは別に病気じゃないのよね」って言ったら、「病気じゃあないの?でも、友達のイチロウ君は病気だからママに治してもらったって言ってたよ」「えっ、ママに治してもらったって?」どうゆう事と思っていたら、「お口でペロペロしたり、お股の穴に入れると治るんだって」私の体が熱くなり「ウソッ」と思い、それって近親相姦じゃないと思いつつ、あのイチロウ君のママって、おとなしそうそうなあの人がって思いました。
人は見かけによらないって言うけど、そんな事と思い、いろいろ想像してしまいました。
でも息子の気持ちをキズつけられないしと悩んでいたら、「ママ!どうしたの。早くボクのも治してよぉ~!」「ママ!ボクの事嫌いなの?」「オチンチン汚いからペロペロできないのォ?」私も訳が分からなくなって、とっさに、「そんな事ないよわよ、大丈夫、ママが直してあげるからね」って言ってしまいました。
自分の産んだ子供じゃあない。
なんだって出来るわよと思いその場で、旦那より大きいモノを口に含んで舐めてあげました。
すると息子が私の頭を抑えて前後に揺すってきて、「ママ!ママ!オチンチンが・・オシッコが・・」私の口の中いっぱいに大量の精子を出してきて、ゴクンと飲んでしまいました。
「ボクのオシッコ飲んじゃったの?」って言ったから、「今のはオシッコじゃないのよ」と言って息子を見たら、まだビンビンのままで、1回じゃあ抑まらないみたいで、「この事はママと2人だけの秘密よ、パパに言っちゃだめだからね」って念を押してベットに連れて行きました。
息子の服を全部脱がして私も全部脱いで69で、息子のチンチンをジュボジュボしていたら、「ママのオシッコする所がヌルヌルだよ、すごいよ」って言ってきたので、「そこはオマンコって言うのよ。オチンチンを入れた方が気持ち良くなる穴よ」「イチロウ君もママの中で治してもらったって、早く入れたいよ」って言うのです。
「その前に濡らして入れやすくするのよ」と言って息子に舐めさせました。
私もドンドン気持ち良くなり、オマンコを息子の顔に擦り付けていました。
そして、初めに私が上になり「オチンチン入れるよ」と言って入れてあげました。
パパのフニャチンより全然カタくて、すごくいいの。
カリ首が中でひっかかりたまらないんです。
「ほら、オマンコにチンチン入ってるよ」って言ったら、「入ってる、入ってるよママ」と腰を上下に動かしてきて、今度は私が下になって、「ママの事いっぱい気持ちよくしてくれたら大きくなったチンチンも元に戻るのよ」って言ってあげました。
「オチンチン気持ちいいよ。ママ、ママ・・」って言いながら腰を振って突いて来るのがホント私も気持ちよくて、「ママのオマンコとろけちゃう・・あぁ~・・」と言ったとたん息子が激しく突いて来て、私の中にまた出して来ました。
少し焦ったけどまぁいいかと思い息子を受け入れてしまいました。
しかし、小5の息子でも、しっかり出来て気持ちいいなんて、すごいです。
そして、今ではパパが帰ってくるまでの、夕方の時間に息子としています。
息子も上手になり私を十分に満足させてくれています。

【近親相姦】お風呂上りの母のオナニーを覗いた息子と秘密の関係

読了までの目安時間:約 2分

私は40歳です。
私には15歳になる息子(実)が一人います。
主人は単身赴任で2年も家にいません。
年2回夏と正月に帰って来るだけです。
私にはまだまだ性的欲求が強く寂しさを紛らわす為にオナニーをします。
それが、いつも実が学校に行っている時間で昼の1時から3時を選んでしています。
しかし、その日は夜、風呂上がりにもしたくなり自分の部屋でオナニーをしていると、実に覗かれてしまいました。
私は言い訳も出来ず、ただうつむいてドアが閉まるのを待ちました。
でも、実は何と私の方に来て「母さんがオナニーをするなんて・・・」と私の肩を抱き「初めて女の人のオナニーを見たよ、母さんもまだ女なんだ」とバスローブに手を掛け脱がされてしまいました。
息子とはいえ、もう男になっていました。
私は恥ずかしいのと、してはいけない事は判っているつもりでした。
でも、どうにも身体が反応して実のなすがままになってしまいました。
オナニーを見られて抵抗できない事もありました。
実は私をベットに寝かして足を広げさせられ長い時間ただ見ていました。
その内、指を入れられ触られると、もう私の口からは喘ぎ声が出てしまい、もう地獄に堕ちても構わないと思いました。
実のトランクスの中に手を入れて私も触り愛撫してしまいました。
そして私が口にくわえると実も私のを舐めてくれました。
そして、とうとう親子ではなくなりついに男と女の関係になり、お互いが激しく求め合いました。
それから、その日を境に前戯として、息子の前でオナニーをさせられ、ノーパンで過ごす日々が要求されました。
私は母では無く実の性の奴隷になってしまいました。
今日も、後数分で実としてしまいます。

【近親相姦】小学生のオチンチンとお母さんの性教育

読了までの目安時間:約 3分

この前、小6の息子と久し振りにお風呂に入りました。
あとから私が突然入っていったんですが、息子は前を急に隠しました。
「どうしたの?恥ずかしいの?」私は子供の癖にって思いました。
「ほら、ここもきれいにしないと」手をはらいのけたときでした。
息子のものが勃起してるんです。
息子は「僕・・・Hなこと考えてないよ」と困っていました。
息子が出ていこうとしたので、私はつかまえました。
息子は勃起したものを見られて動揺して「見ないで、見ないで」と言いました。
私は息子をつかまえ、抱きしめました。
「恥ずかしがることないのよ」「離して・・・」「お母さんに見せて」「僕、Hなこと考えてないよ」「お母さんはHなこと考えてたなんていってないでしょ」「ちんちん大きくなったのが恥ずかしいの?」「うん」「どうして?」「だって・・・」「だって何?」 泣きそうな感じで勃起がおさまりかけてたのが、抱きしめたせいかまた大きくなってきました。
「お母さんの体を見てたら大きくなっちゃたの?」「うん」困ったようにいいました。
うちで女は私だけ。
息子とは一緒に入ることがなく裸を見せることは今までほとんどなかったからでしょうか?「男の子が女の体を見てちんちんが大きくなるのは当たり前のことなのよ」私はこの際だから息子に性教育をしてあげました。
「男の子はね、ここにちんちんを入れるためにちんちんが大きくなるの」「ゆうたが大きくなったら女のここにちんちんを入れるようになるのよ」「奥まで入るように大きくなるの」いろいろ話をしました。
息子はなんとか納得しました。
しかし「僕、入れてみたい」っていいだしました。
「それはだめよ」「これはね、ゆうたがもっと大きくなって子供をつくるときにいれるのよ」「入れてみたい・・・」息子は好奇心に勝てないようで子供の癖に主人のより少し大きいペニスに私もちょっと好奇心が湧きました。
(入れるだけ、そう、入れるだけなら・・・)私は息子を座らせて息子のものをあそこにあてがってみました。
そのまま私の中にくわえこみました。
息子は私の中に自分のペニスが入っていくとこを見つめていました。
そのときはそれで終わりました。
でも勃起を見られることに抵抗がなくなったのか、それ以来一緒にお風呂に入りたがるようになりました。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】