告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

息子がAVを見て勃起した姿を目撃した母の近親相姦性教育

読了までの目安時間:約 6分

三ヶ月ほど前、部屋で息子がAVを見てるところを見てしまいました。
それに気がついた息子はあわててテレビを消していました。
息子はそのとき小6でした。
息子はとにかく先にテレビを消そうとしたので、大きくなってるちんちんが丸出しでした。
「何してるの」私が言うと黙りこんで、とにかくちんちんだけあわてて隠しました。
とっさのことで私はどうしていいかわかりませんでした。
とにかく変なかっこうしてないで服着なさいと言って部屋をでてきました。
主人はよく出張するんですがその日も出張でした。
その日は一緒にご飯を食べてるときも息子はうつむいたままで気まずい感じでした。
私は食事のあと「お風呂に入りなさい」と言って入らせました。
そのあと私は意を決して息子の入ってるお風呂に入っていきました。
息子は普段は主人と入るか一人で入るので、もう何年も一緒には入ってなかったんです。
息子は驚いていましたが、お互い裸ならなんでも話せるんじゃないかと思ったのですが、それが間違いでした。
「洗ってあげるからいらっしゃい」って、なかば強制的にお風呂からあがらせ前に座らせました。
何事もなく息子の体を洗おうとしたら息子のちんちんが大きくなってきたんです。
息子は泣きそうな顔でうつむいてしまいました。
この子ったら実の母の体を見て立っちゃうなんて、私は驚きました。
まだ毛は生えてないのに大きさは大人そのものでした。
主人のものよりも大きかったです。
私は「よくちんちん擦るの?」って聞きました。
息子は「たまに」っていいました。
「母さんの体見てこんなになっちゃったの?」と聞いたらうなずきました。
私は子供のわりには大きいちんちんを触ってみたいと思いました。
そして「お母さんがしてあげようか?」って聞くと「えっ」と戸惑っていました。
「女の裸に興味あるんでしょ」と言うと息子は返事をしないので、私は興味本位に息子のものを握りました。
息子は一瞬びっくりしたみたいですが、またうつむいてしまいました。
私は「どうしたの」って聞くと「恥ずかしいよ」って言いました。
私は「男の子はいつか女の前でちんちん見せるようになるのよ」っていうと息子は「どうして」って聞いてきました。
「たかちゃんも直ぐにわかるようになるわ」って言うと私は息子の少し剥けたちんちんの皮を剥くと少し痛がりましたが、我慢しなさいって怖い目をして言いました。
石鹸をつけて半分ほど剥けたときに私は息子のちんちんを口に含みました。
そして、主人にしたように上下に頭を動かしました。
1分ぐらいしたころ。
私の口に生臭い液体が発射されました。
私は全てきれいに舐めてあげました。
そして気持ちよかったって聞くと「うん」って言いました。
そして今度は「母さんの体を好きにしていいよ」って言いました。
息子はまっ先におそるおそる私の乳房を触り、揉み始めました。
するとまた息子のちんちんは大きくなり始めました。
少し慣れたのか勃起をもう隠そうとしませんでした。
そして「母さん、ぼくセックスしたい」って言いました。
小学生の息子の口からそんなことを聞くとは思いませんでした。
私は思わず「セックスってどんなことをするのか知ってるの?」って聞くと「くっついておっぱい吸ったりすることでしょ?」って言い「それで」って聞くと「それだけじゃないの?」って聞いて来ました。
私は「まだちゃんとわかってないのね」って言いました。
息子が「違うの?」って聞くので「ちょっと違うの」って言い、私は「お布団の中で教えてあげる」って言いました。
もう私は教えてあげる気まんまん。
少しいけないこととは思いながらも「これも性教育よ」って自分に言い聞かせました。
そして早々とお風呂を出ると裸のまま私たちはベッドに入りました。
私は息子に、さっきしたみたいに母さんの体を好きにしてって言うとまた私の乳房を揉み始めました。
私は34歳。
胸はEカップありますがまだそんなに垂れていません。
そして今度は乳房を吸ってきました。
無我夢中で乳房を吸う息子。
その間私は息子のちんちんを触ってましたが、みるみる硬く大きくなりました。
さすがに私は迷いましたが、息子の前で足を開きました。
そして射精のしかたを手と、さきほどの口でしか知らない息子は「母さんまた僕の出させて」と言いました。
私はあそこを広げて「いいわよ」って言うと「何してるの」って言いました。
息子に「出したいんでしょう?」って聞くと「うん」と、まだわかってないみたいでした。
私は「ここに入れるのよ」って言うと「早くちんちん入れなさい」って言いました。
息子はちんちんを私のリードによって何とか私におさめました。
一つになった感触は大人とまったくかわりません。
すると今度は教えてないのに、息子は腰を動かしてきました。
これって男の本能なのでしょうか?あとで考えたらビデオで予習済みだったみたいです。
一度射精したあとなので筆おろしにしては長持ちしました。
10分近くだったと思います。
息子とセックスしたあと私は息子の体の変化に気がつきました。
息子のちんちんが激しいセックスで皮が完璧に剥けていたんです。
私は「息子にもう大人ね」って言って息子に口づけしました。
息子とセックスしたあと私は正直小学生相手にイっちゃいました。
終わったあと息子が「母さん凄くいい声だしたから興奮しちゃった」と。
そう、もう私たちは羞恥心も戸惑いもありませんでした。
その後二回戦を始めました。
今度は一皮剥けた大人の息子です。
それ以来、週に3回ぐらいしてます。
息子は毎日でもしたいみたいですが、主人がいるので我慢しなさいって言い聞かせてます。

息子の濃厚な精液を口内射精で受け止める母親の秘密体験

読了までの目安時間:約 5分

息子(剛士)が高校生になった時の5月下旬に娘(麗奈)の修学旅行がありました。
その時、初めて息子の剛士と二人っきりで夕食を食べました。
夕食を終え洗い物をしていた時、剛士は風呂に入っていました。
風呂場の中から「かあさん、石鹸がないからとってくれ!」と、剛士が叫んだので、急いで、風呂場へ石鹸を持って行きました。
いつもですと「マットの上において置いて」と風呂の中から言っていた剛士だったのに、私が石鹸を持っていくと、裸の剛士が立っていました。
剛士は「ありがとう。」と言って風呂場の中へ戻っていきました。
私はすぐ『ごめんね!』と言ってその場を去りましたが、剛士の成長した立派なオチンチンを目の前ではっきりと見せられてしまいました。
私は洗い物を済まして、剛士が風呂からあがったのをみて入りました。
風呂に入って、体を洗おうと思い石鹸に触った時、ヌルとしたのを感じたので、石鹸を見ました。
なんと、石鹸に精液がベットリと付いていたのです。
私は風呂から上がり、石鹸のいたずらを注意しようと剛士の部屋へ行きました。
そして、ドアを開けた時凄まじい光景を見てしまったのです。
なんと剛士は左手に私が今まではいていたパンティーを握りながら鼻に当て、右手で勃起しているオチンチンを握りしめ「母さん、母さん」と言いながら激しく上下に動かしていたのです。
私は生まれて初めて男のオナニーを見ました。
恥ずかしながら私は『剛士、何しているの!さっきの風呂場の石鹸のいたずらといい、今の行動といい、それから母さんのパンティーを返しなさい。』と言いました。
その事がきっかけに剛士との禁断の扉が開けられたのでした。
剛士が手で握っていた私のパンティーを投げ捨て私の方に歩み寄り「お母さんが好きだ!」と言って私をベッドの上に倒しました。
私は『剛士やめなさい!こんな事しては駄目です。すぐやめなさい』と抵抗しました。
しかし15歳の力に抵抗できずベッドの上で私はもがきました。
剛士は私の耳元で「大声で騒いだら近所迷惑だろ!静かにしてよ、母さん。」と囁きました。
私が抵抗しなくなったのを見計らって、剛士は私の上にのり、ネグリジェを捲り上げました。
私も心の奥ではこの時を待っていたのかもしれません。
ですから、何も抵抗せずただ、ジッと剛士の行動を見ていました。
剛士にネグリジェを脱がされた時「僕は母さんが好きだ!この柔らかい巨乳が悪いんだ!」と言いながら、私のオッパイを鷲掴みにしました。
そして、私の乳首を激しく吸い始めました。
15年前に私のお腹の中から出てきた赤ん坊と同じように・・・・それから、私のオッパイをむさぶるようにして舐めはじめました。
最初は『恥ずかしいからやめてこんなこと。ごめん剛士。母さんが悪かったから・・・』と言う言葉の連続でした。
でも剛士が「母さん、綺麗だ。」とか「母さん、素敵な体だ。」「アッ!乳首が立っている。母さんも感じているんだな」と言うたびに、私はだんだん変な気持ちになり始めてきました。
剛士自身アダルトビデオを見て研究していたのか、とてもうまく、私の体に火がついてしまいました。
私はついに『母さんも剛士が好きよ。』と言ってしまいました。
その言葉を私自身が待っていたかのようでした。
剛士も「僕も母さんが大好きだ。」と言い、お互い口付けをし私の方から舌を絡めせてしまいました。
その後、ベッドの上で180度回転して私が上になり剛士の胸辺りを舌で丹念に舐め回しはじめました。
その時、私のオッパイが剛士のオチンチンに当たりました。
オチンチンの先っちょが凄く濡れていたので、私は右手で剛士のオチンチンを握りました。
それから、剛毛の中で立派に勃起した(主人より一回り以上大きかった)ヌルヌルのオチンチンを上下に擦りはじめました。
私は剛士に『随分立派になったわね。お父さんよりも大きくなって』と言いました。
先っちょの亀頭部分がまだ半分ぐらい皮をかぶっていたので丁寧に優しく手でめくりました。
「痛い!」と剛士は言いましたが、私は『我慢しなさい』と言って次にピンク色でヌルヌルしたはちきれないばかりの立派なオチンチンを口に含みました。
剛士のオチンチンを口に含みながら、上下に動かし、舌で亀頭部分を舐めていたら、しばらくして「母さん、でる」と言った瞬間に、私の口の中にドロッとして甘ずっぱい精液が噴出されました。
最初は全て飲むつもりでいたのでしたがあまりにも量が多くまた、ドロッとしていたので、私は『ゴホン』と言って、剛士のお腹の上に精液を口から出してしまいました。

母の陰毛を剃毛する息子と母子相姦性交

読了までの目安時間:約 3分

主人が他界したのが、息子が20歳の時。
半年後息子と結ばれてた時、息子がアソコに吸い付いて「母さん美味しい」と言いました。
ヘアーはあまり濃い方ではなく、卵管結索した傷が見えてました。
息子が私の奥にいっぱいに挿入され、息子にしがみつき、声をだしてしまったのです。
「母さん、可愛いよ」と言われ、息子がキスをしてきた時、私も積極的になって舌を絡めて吸い合い、頭の中はもうセックスのことしかありませんでした。
どの位の時間抱き合っていたのか、今でも覚えていません。
無我夢中になって息子を求めてしまったのです。
ほとんど一晩中だったのではないかと思います。
母親ではなく、一人の女になって抱かれていたのです。
その日から数日後、確か日曜日の朝、息子とベッドの中で、裸のままでいた時、「母さんのヘアー剃ってもいいわよ」「いいの?・・本当に剃らせてくれるの」「ない方がいいんでしょう・・恥ずかしいけど、剃って」息子がすぐに剃りたいと言いまして、息子と裸のまま浴室に入り、息子が私を立たせ、両脚を開き、アソコに石鹸を泡立てて、息子の髭剃り用の剃刀で、丁寧にゆっくりと剃っていました。
2回に分けて丁寧に、ヘアーが剃り落とされ、終わってシャワーを流すと、アソコは子供みたいになってツルツルになってました。
息子が両脚の間に入り、舌でゆっくりと舐め上げた時、「あーっ・・あーん」つい声をだしてしまい、「母さん、美味しいオマンコだね」息子に吸い付かれて、息子の頭をアソコに押し当てる様にして押さえていたのです。
この連休にシェバーを買いに行きまして、息子ではなく、私用にで、息子が選んでくれたのが、フィッリプのシェバーでした。
家に帰ると、すぐに息子にショーツを脱がされ、両脚を開くと、シェバーを当て、「母さん綺麗に剃れるよ」肌あたりも柔らかく、綺麗になり、毎日お風呂上りに息子に剃ってもらい、終わるとアソコに吸い付き丁寧に舐めてくれます。
息子が悦び、毎日吸い付かれ、「美味しい、いい香りになった」「母さん綺麗だよ」と言ってくれます。
息子と愛し合う様になって、私も体が若くなったみたいで、お化粧もすごく決まります。
これってやっぱり息子に恋をしているせいでしょうか。

【近親相姦】母親とダブルベットで初体験は膣内射精の禁断セックス体験

読了までの目安時間:約 3分

中学一年になる息子と二人暮らしです。
主人は2年前、事故で他界しました。
広島県にある主人の墓に連休を利用して墓参りをすることになり、夕方、駅前のホテルに入りました。
朝早くから準備やら何やらで疲れて、食事と風呂に入り寝ることになりましたが、その日はツインの部屋の空きがなく、仕方ないのでダブルの部屋を取っていたので息子と二人で寝ました。
何時間くらい寝ていたでしょうか。
夢うつつの中でなんだか私の下半身がモゾモゾとした感触に亡くなった主人との行為のように夢の中で感じ、私も横で寝ている息子に抱きつき、ペニスを握っていました。
その頃にはもう目が覚めかけ、ハッとしました。
息子は足の指で私のあそこを触っていました。
私も勃起した息子のペニスをパンツの間から出し、握っていたのです。
息子は中学一年にしては体も大きく、顔も主人に似てイケメンです。
完全に目が覚めたとき、あっ息子やと躊躇しましたが、セックスが好きな私の体に火がついて、濡れた下半身をどうすることも出来ず、がむしゃらにショーツを脱ぎ、息子の上に乗っていました。
息子はわけがわからない様子で少しビックリしていましたが、私もわけがわからず、息子のペニスを持って入れました。
そのとき息子が、痛ぁーと声を発しましたが、その原因が何かはすぐにわかりました。
先の方しか剥けてないペニスがそのときに全部剥けたのでしょう。
久しぶりの男の感触に頭が白くなり、必死に腰を振っていました。
初めての経験の息子はすぐに射精し、熱い精子が奥に飛び込んできました。
それでも私は腰を振り続け、喘いでおりましたが、やがてペニスが柔らかくなり、抜けてしまいました。
燃え尽きていない私の体は悶えながら息子にしがみつき、ドロドロになったあそこを刺激し、絶頂を味わいました。
少し冷静さが戻り、息子に何を言おうかと考えましたが何もいえません。
息子の首に手を回し、じっとしていたら息子が、お母さん又大きくなった、又して、といいました。
私は何も考えずに、うん、、と言って息子のペニスを口で愛撫し、上に乗りそっと入れました。
今度はゆっくりと腰を振り上下運動をしましたが、一分くらいで又、射精が始まりました。
二回目は量が少ないように思えました。
その後私は、こうなったらもう何にも考えないでおこう・・・と思いました。
二人とも疲れて何も話さず寝ました。

【近親相姦】夫の連れ子に見られた義母のオナニー姿で秘密のSEX体験

読了までの目安時間:約 4分

35歳の時に中学生の息子のいる主人と再婚しました。
それから3年して主人が長期出張でいない時が多くなりました。
いつもの習慣で私も寂しい時に、自分の指でオナ二ーをする様になっていました。
寝る前にワインを飲んだ時など凄くしたくなるようです。
今夜もまた風呂上り、下着を脱いであそこを触って、乳首を刺激していた時、部屋のドアが少し明いているのに気がつきました。
でもあまり気にしないで、というより興奮していたのでやめられず、濡れてきたあそこを刺激していました。
「お母さん」と小さな声で、パジャマ姿の息子の真が部屋に入ってきていました。
気が付いたときには、「だめよ、真ちゃん、出て行って」そう叫んで、下半身をすぐに隠しました。
でも見られていた事の恥ずかしさで、強くも言えず、息子が泣きそうな顔でベッドに来た時思わず抱きしめていました。
息子と唇を合わせてあげ、もう一度抱き締めました。
息子を私の前に立たせると、パジャマのズボンとトランクスを一緒に降ろすと、オチンチンが起ってます。
若い高校生の生オチンチンです。
握って上げました。
とっても熱い。
びくびくして堅くなってます。
上着も脱がせると素っ裸にして、私も脱いで裸になり、息子を抱き寄せました。
勃起したオチンチンがおへそに当たっています。
真をベッドに寝かせると、オチンチンを握ってから、舌で竿を舐め挙げて、口に入れてしゃぶって挙げたら、「お母さん出ちゃう」若いので、早いの。
でも私、咥えたまま真の目を見ながらうなずいていました。
すると、竿がぐっと太くなり、どくどくって口の中がいっぱいになりました。
でも若いって凄い。
一回出しても小さくならないんです。
一度テイッシュできれいに拭いてあげるんですけど、堅いままです。
嬉しくなって、握ったまま真と唇を合わせて、舌を絡めていました。
二度目はコンドームをつけて、私が上に乗って入れてあげました。
久しぶりに固いオチンチンがオマンコに入ってきたので、私もすぐに逝ってしまったみたいです。
でも一つ気が付いたのは、真が結構うまいんです。
下からおっぱいを揉んで乳首を刺激して、腰をゆっくり突き上げて来ました。
私もたまらなくなって、真と舌を絡めながら逝ってしまったみたい。
真に逝かされたようです。
次の朝からは、服を着る暇もありません。
朝ベッドの中でおっぱいを揉まれ、指でオマンコを刺激されています。
真は私にいつもオチンチンを握っているように頼むのです。
頼まれなくても握っちゃいます。
逆さになって69で、オマンコもいっぱい舐められて、朝からもうびしょ濡れです。
真は裸のまま、台所に私を連れて行きました。
もちろんあれ握ったままです。
台所のテーブルに手を着いて、お尻を突き出してって言うんです。
恥ずかしいのに、でも言う通リに足を開いてお尻を突き出すと、後ろから固いオチンチンを入れてくるの。
後ろからおっぱいを揉んで、堅くなった乳首をいじられます。
真はすぐに入れないで、オチンチンお先で、びしょびしょの入り口擦ってるの。
早く入れてって、お尻を突き出して催促しちゃいました。
やっと後ろから突かれて、オマンコがびちゅびちゅいやらしい音を立てています。
私が一度逝ってしまったのを知ると、今度は居間に連れていかれ、真が座った所に前向きに、足を開いて座らされ?がりました。
対面座位なんで、どこでお覚えたんでしょうか。
二人でしっかりつながったまま抱き合うんです。
これから毎日がどうなるのでしょうか。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】