告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

息子との近親相姦を妄想する母の淫らなオナニー体験

読了までの目安時間:約 4分

15歳の息子の雅浩が、私の下着でオナニーをしているのを知ったのは恥ずかしい話ですが今年に入ってからでした。
勤めている私は、毎朝、起き抜けに家族の洗濯物を洗濯機に入れ朝食を作ります。
その日も、何気なく洗濯物を入れようとし、私のパンティーを触った時に違和感を感じ見るとベッタリと息子の精が張り付いていました。
その時、私は怒りも嫌悪感も感じませんでした。
息子もそういう歳になったんだと変におかしかったのです。
ただ少し気になり娘の下着を見ると何もいたずらされていないのです。
娘の美保は今年二十歳になります。
母親の私が言うのも変ですが美人でスタイルも良く高校の文化祭でミス○○高校に選ばれたほどなのです。
そんな娘の下着ではなく私の下着でオナニーしている息子が可愛く思え、娘の美保に優越感を感じてしまったのです。
それからは、洗濯する時は常に娘の下着と私のをチェックしましたが、汚されているのは私のでした。
私は、何度か下着を洗濯カゴに入れず息子を試したのですが美保の下着がいたずらされたことはありませんでした。
私はますます息子が可愛く娘に対する優越感を深めていったのです。
その夜、12時頃、雅浩が2階の部屋から降りてくるのを私はドキドキしながら待ちました。
雅浩は脱衣所に入ると私のブラジャーを持ちほお擦りを始めました。
時々、小さな声で「ママ・・・」と何か呟きながら私のブラジャーに吸い付いているのです。
脱衣所はリビングを挟んで寝室と向かいあっています、私は、ドアを完全に閉めず待っていたのです。
ドアを小さく開け覗いていると、雅浩は舐めるのです。
ブラジャーの内側、私の乳房を覆っている側をベロベロと美味しそうに舐めているのです。
私は自分の乳房を息子に舐められているような気がして両手で乳房を揉みしだいていました。
息子は、私のパンティーをひろげると匂いを嗅ぎ舐め始め、妙な動きを仕出したのです。
明らかにオナニーを始めたのですが、テーブルや椅子が邪魔して見えないのです。
やがて、雅浩は自分の部屋に帰っていきました。
私は脱衣所に行き私のパンティーを見ました。
そこには雅浩の“おとこ”が溢れていました。
私はそれを私のパンティーを舐めしゃぶりながら自分で自分自身を激しく慰めていました。
何年ぶりかのオナニーでした。
その日から、私の中で妄想が始まりました。
それは、息子の雅浩に抱かれる夢です。
夢の中で、私は雅浩に無理矢理ちんぽをしゃぶらされ精を飲まされ、抵抗する私を縛り上げおまんこを犯し何度も何度も突き入れ私の子宮に精を浴びせるのです。
萎えることの無い息子の責めに、ついに、「いいっ、もう来てーー、おまんこ解けちゃうーー、だめ、だめーーっ」と、よがり声を上げているのです。
また、私が台所で家事をしていると後ろから優しく抱きしめ私の唇をむさぼりながら服を脱がしバックから私を犯し歓喜の声をあげさせるのです。
妄想はますます膨らみ、裸で犬のように首輪をされ、ちんぽを咥えさせられ雅浩の動きに合わせて部屋中を這うのです。
雅浩が後ろに下がれば前に、右に動けば左にちんぽを咥えて這い回るのです。
時々いたずらして早い動きでちんぽを離そうとするのです。
私は離すまいと必死に咥えていますが離れてしまいます。
すると、靴べらで私の尻を容赦なく叩くのです。
私は、痛みに耐えながら雅浩のちんぽにむしゃぶりつくのです。
ちんぽを咥えている間は叩かれないのです。
そんな事を何度か繰り返し雅浩が私の口の中に精を放つ時、私も一緒にいってしまうのです。
そうやって、毎日、息子との相姦を夢想しています。

【近親相姦】息子のペニスを貪る母親の淫らなフェラチオ性交

読了までの目安時間:約 7分

私は、40歳、息子の雅也は17歳になります。
主人と家族3人とても仲の良い家庭です。
ところが、今から4ヶ月ほど前に、雅也が交通事故にあい、手と足を骨折してしまいました。
1ヶ月程の入院が必要でした。
雅也は、足を石膏で固められており、動くのに不自由でしたが、体はなんともないので、意外と元気でした。
私は、着替え等を持っていってやったりして、1日に1回は、病院に顔を出していました。
入院して、2週間程たった頃、いつものように雅也の体を拭いていてあげると、ペニスが勃起していることに気がつきました。
雅也は、恥ずかしそうにうつむいてジッとしていました。
私は、どうしていいか迷いましたが、何も知らない振りをして、体を拭き続けました。
家へ帰ってからも、そのことが頭から離れず、オナニーをしてしまいました。
その次の日は、そんなこともあってか、病院には行きませんでした。
自分の息子が、自分の性の対象になっているのに、妙な感じを受けていました。
しかしそれが逆に、私の好奇心(?)に火をつけたのか、雅也の勃起したペニスを直に見てみたいという欲求に駆られたのです。
その次の日は、またいつものように病院に行き雅也の世話をしました。
雅也の体を拭いている時も妙にドキドキしてしまい、その雰囲気が、雅也にも分かったのか、2人の間に妙な空気が流れました。
私は、雅也のあそこに目が行ってしまいました。
そこは、案の定、大きくなっており、パジャマを持ち上げていました。
私は、どうしてもペニスを見たくなり、雅也に、「どうしたの?これ?」と耳打ちしていました。
病室は大部屋で、他に3人の患者がいます。
体を拭くときは、カーテンをするので、他からは見えませんが、声は、多少なりとも聞えてしまいます。
私の声は、少し震えていたと思います。
雅也は、小さな声で、「え!・・・溜まっているんだよ・・・。」とだけ言いました。
私は、パジャマの上からそっと撫でてみました。
雅也は、ビクンとして、驚いたようでしたが、何も言わず、じっとしていました。
そこは、パジャマの上からもわかるくらい熱くなっていました。
私は、もう我慢ができず、雅也のパジャマとパンツを下げました。
そこには、はちきれんばかりに勃起したペニスがありました。
17歳にしては、立派で、主人のモノよりも一回り大きいのです。
私は、それを握り、手を上下に動かしていました。
しばらくして、雅也の体がビクンとしたかと思うと、先端からもの凄い勢いで白い液体が飛び出しました。
私は、ビックリして、声を上げそうになりました。
その液体は、ドクドクと大量に出てきました。
私は、あまり男性経験が多くないため、その光景は私にとっては衝撃的でした。
私は、それを綺麗に拭き取り、そそくさと家に帰りました。
動揺していたんだと思います。
白い液体が吹き出た後は、あまり覚えていません。
その日の夜は、自分から主人にSEXを求めてしまいました。
主人に抱かれていながらも、雅也のペニスを思い出してしまい、「あの大きなモノを舐めてみたい」「アソコに入れてみたら、どんな感じなんだろう」「あの大量の精液を飲んでみたい」気付いたら、主人の少ししか出ない薄い精液を口に出されていました。
それからは何もなく、雅也は1ヶ月程で退院してきました。
しかし、足のギブスがまだ取れないため、学校へは行かず家で療養をしていました。
ある日の昼下がり、雅也と2人で昼食を取っていると、雅也が思いつめたように私にこう言って来たのです。
「お母さん。入院しているときはありがとう。すごく気持ちよかった」「でも、あれ以来、お母さんのことを思いながら、オナニーするようになっちゃった」「俺・・・我慢できないんだ、もう一回して・・・」私は、驚きました。
しかし、ここで雅也の要求を受け入れたら、引き返すことはできなくなる様な気がしてました。
私は、迷った挙句、「もう一回だけよ。これ以上お母さんを困らせないでね」そう、雅也に言いながらも、自分に言い聞かせていたのかもしれません。
テーブルに腰掛けている雅也の前に行き、ズボンとパンツを下げました。
そこには、以前見たモノと同じモノが、ありました。
私は、それを握ると口に含んで、舐め回しました。
雅也は、また手だけだと思っていたのか、少しビックリした様子でしたが、なにも言わず、目を閉じて気持ちよさそうにしていました。
私は、夢中でその勃起したペニスを舐め回しました。
まるで、メス犬のように・・・。
私の中の何かが、弾けたようでした。
鼻を鳴らしながら、息子のペニスを貪る母の姿がそこにあったように思います。
部屋の中には、ジュボジュボと、音だけが響いていました。
どれぐらい経ったか覚えてませんが、雅也が、急に椅子から立ち上がると、「お母さん、出る」と言って、白い液体を吐き出しました。
勃起したペニスが、ビクビクする度に、私の顔に生臭い精液を飛ばしたのです。
それは、主人の精液とは違い大量でものすごく青臭く、ドロドロしていました。
私は、それを綺麗に舐め上げ、今までに味わったことのない快感に浸っていました。
雅也のペニスは、精液を吐き出した後も、小さくならず、ビクビクと脈を打っていました。
私は、歯止めがきかなくなっていました。
私も、立ち上がるとスカートを捲くりあげ、パンティを下げると、テーブルに手を付き、雅也の方にお尻を向け、「雅也、お母さんも我慢できない。お母さんの中に入れて・・・。」私のアソコは、もう十分に潤んでいました。
雅也は、ぎこちなくその勃起したペニスを乱暴にねじり込んできました。
夢にまで見た、雅也のペニスを受けいれ、雅也が、激しく腰を前後に動かす度に、私のアソコの恥ずかしい汁が、股を伝って滴り落ちていました。
雅也は、「うっ」と言い、精液を私の中に吐き出して、ペニスを抜きました。
私は、腰が抜けたように床にしゃがみ込むと、アソコから大量の精液が出てくるのがわかりました。
それ以来、私は雅也を受け入れるようになってしまいました。
本当は、いけない事とわかっているのに、あの罪悪感と快感には、勝てません。

【近親相姦】Mっ気な義母と義息の淫らな関係

読了までの目安時間:約 3分

高校生の息子としてしまった。
2週間前。
バスルームで。
息子といっても彼は義理。
夫の連れ子です。
もともと私の体に興味があったらしく、いつもスケベ丸出しの露骨な目つきで私のことを見ていた。
私のほうもまんざらでもない気持ちで、つい彼の好奇心をあおるような服装をしてしまう。
ノースリーブのワンピースの胸元を大きく開けていたり、短すぎるくらいのミニスカートをはいて彼の前をうろついてみたり。
だからバスルームで言い寄られたとき、ほとんど抵抗することができなかった。
夫の出張が続いて満たされない日々を送っている36才の体は、自分でも恐ろしいくらい彼の欲望をすんなりと受け入れてしまったんです。
タブーであることは十分にわかっているけれど、どうしても自分にストップをかけられません。
彼の舌が私の耳の先を舐めるたびに舞い上がってくる快感。
たまらなくなって場所も考えずにひざまずいて、私、彼の大きくなったペニスを口いっぱいに頬張ってしまう。
キッチンで、玄関で。
先日も花火大会に一緒に出かけたのだけれど、彼ったら浴衣の下には何もつけるな、なんて命令をしてきた。
恥ずかしいけれど、それを受け入れてしまう私。
人混みの中で浴衣の隙間から指を入れられて、声を出したくても出せないまま私は狂いそうになった。
「母さんはMっ気があるんだよ」まるでいたずらっ子の目をして彼が笑う。
そうなのかしら。
でもそういえば、ベッドとかでするよりも変わったところのほうが燃えているような気もします。
じつはさっきまで息子にいたぶられていました。
リビングのソファの上でパンティだけ抜き取った格好で。
私は四つん這いになり、彼の指が私の中でこねくり回されるのをしびれるような快感の中で味わっていた。
「母さん、もっと腰を振って」「駄目、恥ずかしい……」「言うこと訊かないとお尻をぶつよ」「ああん、いやぁ」口では否定しているのに、お尻を叩かれることを待ち望んでいる私。
そのうちに指だけでイってしまい、私はソファに崩れ落ちた。
「帰ってきてからもっとしてあげるね」そう言って息子は遊びに行ってしまいました。
中途半端にもてあそばれて、どこか物足りなさを感じています。
イったくせに。
声を高く上げて叫んだくせに。
私って、やっぱりMなのかしら。

【近親相姦】エッチなお母さんとセックス関係な息子の禁断体験

読了までの目安時間:約 4分

私の一日は中学3年の息子への奉仕で始まります。
出勤した夫を見送り、朝食の後片付けをしていると、彼がトランクス1枚の格好でキッチンに入ってくる。
まるで夫がいなくなるのを見計らっていたかのように、毎朝彼は同じ時間に起きてくるんです。
アソコを大きく膨らませて。
「おはよ、母さん」そう言って彼は、洗い物をしている私のお尻にその大きくなったものを押し付けてきます。
私は濡れた手を拭いて彼の前に跪き、トランクスを脱がせてあげます。
眼の前にはピクピクとふるえる彼のおちんちん。
それを見ただけてからだが熱くなって濡れてしまう私。
「早く・・・」そう促されて私は唇を近づけます。
まずはさきっぽに軽くキス。
それから舌を使って全体をゆっくりと舐めまわし、彼の息が荒くなってきた頃を見計らって咥えます。
「お、お母さん・・・!」今までに何度も何度もしてあげていることなのに、その瞬間、いつも彼は歓びの声をあげてくれる。
それが嬉しくて私はありったけのテクニックを使って、彼の歓びを増す努力をしてしまいます。
「とりあえず1回出すよ」そう言うなりお口の中に熱いものが。
はじめの頃はティッシュに出していましたが、そのうちに彼が「飲んでよ」と言うので恐る恐る試してみました。
もちろん今までそんな経験はありませんでした。
息子のだからできるんです。
味はべつに美味しくもないけど、それで彼が満足するのなら、私にとってはどうでもいいことなんです。
それから彼の部屋へ。
途中の階段でキスをされたりおっぱいをいじられたりして、部屋に入る頃は私の服装はおもいきり乱れています。
カーテンの閉め切った部屋は薄暗く、ちょっと蒸し暑いのですが、私たちは全然気になりません。
体がお互いを求め合っているから、まわりの様子がどこかへ吹き飛んじゃうんです。
「ねぇ・・・突いて・・・おもいっきり・・・」ベッドの上で四つん這いになった私の口から、そんなハシタナイ言葉が漏れます。
でも彼は私をじらします。
再び大きくなったおちんちんを私の入り口にあてがったまま、なかなか入れてくれません。
彼は私が乱れるのを楽しんでいるのです。
さきっぽでクリトリスを刺激されるたびに、熱いおちんちんで擦られるたびに、私はどんどん淫乱になっていく。
「お願い・・・お母さん、もう我慢できないの・・・だから、はやくぅ」お尻をふってせがんでしまいます。
それを待っていたかのように、やっと彼のおちんちんが入ってきます。
彼は私を征服した歓びを、私は彼に征服された歓びを味わう瞬間。
「ああん、すごい・・・」ひと突きごとに私の口から漏れる言葉は、夫との夜の営みでは考えられないものばかり。
ビデオにでも録画して、それを客観的に見たら、きっと恥ずかしくて顔を赤らめてしまうのだろうなと思います。
最後はお顔に彼の熱いものを浴びます。
私は全身の力が抜けてぐったりしたままなんだけれど、彼は夏期講習に行かなければならないので、すぐにシャワーを浴びます。
「講習が終わったら、もっと凄いことをしてあげるからね」彼の言葉にうなずいてしまう私。
夫が出張から戻って以来、彼と過ごす時間は短くなってしまった。
しかも夏期講習が始まってしまったので、私たちに許された時間は朝だけなんです。
もっともっと彼に愛されたいけれど、今は無理。
でも、彼のその言葉を信じて私は待っている。
どんなことをされてもいい。
どんなことをされても彼の歓ぶことなら耐えられる。
今はそれを待ち望んでいる私です。

【母子相姦】息子の勃起した巨根で膣内射精に感じる母親の秘密性交体験

読了までの目安時間:約 3分

私は43才、18才の障害者の息子と二人で暮らしています。
身体の不自由な息子が、人間の悲しい本能でしょうか、ペニスを勃起させるようになったのです。
私が風呂に入れて洗ってあげるのですが、下半身を洗うとき、むくむくと大きくなります。
それがまた普通の人よりも大きくて、15センチもあるのです。
私は結婚前に二人と、結婚してからは夫だけで、三人しか男性を知りませんが、その三人よりも立派です。
離婚して4年もセックスをしていない私は、息子の勃起したペニスを見てつい股間が濡れてしまいます。
ある日、そのびんびんになったペニスを洗ってやった後、握ったままそっと手を動かしてしごいてみました。
すると、まもなく、息子はうめき声を発して、精液を吐き出しました。
私は、びっくりして我に帰りましたが、息子は、生まれてはじめての体験で、とても驚いたようでした。
と同時に、生まれてはじめての快感だったのでしょう。
それから、毎日、それを催促するようになりました。
手が不自由なために自分ではできないのです。
健常者と違って、過保護に育てたので、聞き分けがありません。
毎日、手でしごいて出してやるようになりました。
私も、しごきながら、片手で自分のおまんこを触ってオナニーをするようになりました。
そして、ある日、たまらなくなって、息子のペニスを口にくわえてしまいました。
フェラチオをしたのです。
すると息子は、うおーっと吠えながら、大量の精液を私の口の中にほとばしらせました。
翌日から、それが日課になりました。
息子は障害者なのですが、精力だけは絶倫で、毎日、毎日、催促して、一日もかかさずフェラチオを強要し、いつも大量の精液を吐き出します。
私も、毎日、血管を浮き上がらせて脈打つペニスをしゃぶっているだけでは我慢できなくなりました。
とうとう、ある日、裸になって、息子の上にまたがり、その巨根を私のオマンコにあてがい、ぐっと腰を沈めました。
ついに、禁断の母子相姦をしてしまいました。
息子は驚愕のまなざしでした。
私が夢中で腰を振っていると、息子は大きくうめいて、私の子宮の中に、どくどくどくどくと、熱い精液をほとばしりました。
それを感じて私もオーガズムにたっしました。
それから、毎日のように息子とセックスをしています。
一生秘密にしていようと思ったのですが、皆さんのを見て、私も思い切って告白しました。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】