告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その2)

読了までの目安時間:約 14分

毛の生え方・・・親子でそっくりじゃん」村上君は嬉しそうに言いながら、私の脚をぐいっと広げさせました。
 
私はすべてを諦め、目を瞑って時が流れるのを遣り過ごそうとしましたが、彼が私の股間を覗き込みながら言った言葉を聞いて現実に引き戻されました。
 
「やっぱり親子だねえ、毛の生え方だけじゃなくて色や形までそっくりじゃねえか」
「この穴から真奈美が生まれてきたんだろう?」
そして「でも濡れ加減はお母さんのほうが凄いね。真奈美はこんなに濡れねえし・・」そこまで言われると、さすがに我慢できなくなり「お願いだから・・もうこれ以上あの子のことは言わないで」と言ってみましたが「良いじゃねえか、真奈美のほうが良いとは言ってねえだろう」と取り合ってもくれません。
 
村上君は広げた脚を閉じることができないように押さえつけると、嫌らしい指使いで私のアソコを弄り始めました。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
あんなに真面目そうな子だったのにすごく手馴れていて、女性が感じてしまうポイントを重点的に責めて来ました。
 
もうどうにでもすれば良い、私は開き直りにも似た心境で村上君にされるがままになっていました。
 
静まり返った部屋には興奮して無口になった村上君の荒い鼻息と私の淫らな喘ぎ声、そして女性としては聞くに堪えない濡れた摩擦音が響いていました。
 
村上君が指を入れてきました。
 
入れる指が1本から2本になり、真っ直ぐ延ばしていたはずの指が私の中でくの字型に曲げられゆっくりだった指の動きもどんどん激しくなっていくと、それまでとは違った刺激が私の体に走りました。

 

それはまるで電流みたいに私の全身を痺れさせました。
 
自分でもわからないまま自然に腰を大きく上下させててしまい、どんどん快感の渦に飲み込まれていきました。
 
「あぁっ!・・あぁぁぁ・・」何が何かわからなくなり、突然おしっこを漏らしてしまったような感じがした瞬間、私は思わず絶叫に近い声を上げてしまいました。
 
主人との営みでは感じた事もない、初めて味わったすごい絶頂間で気が遠のきかけていた時でした。
 
「すっげえぇ・・ちびったかと思ったら潮吹いてるじゃん」
「し・・潮?・・」
「ああ、女が本当に感じてイク瞬間にしょんべんみたいものを吹き出すんだよ・・聞いたことくらいあるだろう?」もちろん話には聞いたことがありましたが、まさか好きでも無い相手に、しかも無理足り犯されていると言うのにそんなふうになるなんて信じられませんでした。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「初めてか?」
「あ・・当たり前じゃないの・・」
「ほらほら・・布団までビショビショだぜ。これからは俺が何回でも吹かしてやるよ」村上君はそんなことを言いながら私の脚を付根からMの字型に思い切り押し広げました。
 
これはいくらなんでも恥ずかしすぎる、込み上げてくる羞恥心に私は震えながら「嫌っ・・こんな恥ずかしい格好させないで下さい」と懇願するように言いましたが、逆にグイグイと広げられてしまいました。
 
そして思い切り広げられた股間に村上君は顔を埋めるようにしながらビショビショに濡れているはずのアソコを舐め回し始めたんです。
 
「嫌ああぁっ!・・そんな汚いことしないでください・・」私は言葉ではそういいましたが、本当は久しぶりに与えられた甘い刺激に全身を震わせながら感じ入っていました。

 

のきかけた意識の中で村上君が立てるピチャピチャ、チュウチュウと言う音を聞きながら何度も何度も昇り詰めました。
 
「お母さんもしゃぶってくれよ」村上君の言葉で気付いて目を開くと、私の目の前に村上君が恐ろしいほど大きくなったペニスを突き付けるように立っていました。
 
「い・・嫌です・・」私は恐ろしくて拒否しようとしましたが、村上君に髪をつかまれて上半身を無理矢理引き起こされてしまいました。
 
「真奈美は喜んでしゃぶってくれるぜ、早くしゃぶれよ」そういうと私の口をこじ開けて無理矢理しゃぶらせました。
 
それでも嫌がる私に向かって村上君はああしろこうしろと命令するように言いました。

 

私が仕方なく言われる通りにすると、村上君は「やれば出来るじゃねえか」
「真奈美よりも上手だぜ」そんなことを機嫌良さそうに言いました。
 
そのまましばらく続けさせられていましたが「そろそろ入れてやろうか、欲しいんだろう?」村上君はそう言って私の上に圧し掛かってきました。
 
「嫌です・・それだけは許して・・もうこれ以上虐めないでください・・」
「虐めないで?人聞きの悪い事言うなよ」私の体をガッチリと押さえ込むようにしながら大きくなったペニスを一気に挿入してきました。
 
「嫌ぁああっ!」諦めていたとはいえ、やはり挿入されることを素直に許す気にはなれなくて思わず叫んでしまいました。
 
村上君は荒々しい腰使いで硬く反り返ったペニスを私の体の一番奥までガンガン突き入れてきました。

 

私は村上君に犯されながら心の中で主人と娘に対して何度も詫びました。
 
しかしそんな気持ちを打ち壊して、私を「妻・母親」と言う立場から一人の女に変えてしまうほどの快感が襲ってくるのに時間はかかりませんでした。
 
私は村上君のペニスで何度も昇り詰めてしまい、自分では気付かないうちに村上君の背中に腕を回して腰を突き上げながら厭らしい声を上げていました。
 
何度もキスをされたり途中で体位を変えて後から挿入されたりしているうちに何が何だかわからなくなってしまいました。
 
そんな中、もう何度目なのか解らない絶頂へ向かっている時に子宮に熱い刺激を感じました。

 

「あぁっ・・だめえっ・・・」長い、とても長い熱い刺激・・村上君は私の中にたっぷり精を放って果てました。
 
久しぶりのことだったとはいえレイプされたと言うのに、何故だか私はとても満たされていました。
 
でも村上君は娘の彼氏です。
 
こんな間違いは二度と起こしてはいけないこと、私は村上君に「今日だけ・・こんなことはこれきりにして・・お互い忘れましょう」と言いました。
 
でも、それを聞いた村上君は「冗談だろ?こんな気持ちのいい女はなかなかいないからね。これからも頼むぜ」と言って携帯電話を操作し始めました。

 

の瞬間、私は体から血の気が引きました。
 
村上君の携帯から私があの最中に上げた淫らな喘ぎ声や、思わず口にしてしまった厭らしい言葉が聞こえてきたからです。
 
「スマホって便利だろう?俺の言うことを聞けないならこれを真奈美に聞かせるよ」
「そっ・・そんな・・」私は思わず手で耳を塞ぎました。
 
「なんなら真奈美と別れて、代わりにあんたに俺の女になってもらっても良いんだぜ」私は返す言葉も無くなり、村上君の言う通りにせざるを得なくなりました。
 
その日は、このあと2回ほどセックスの相手をさせられました。

 

私は背徳感に苛まれながらも、主人との営みでは感じる事の出来ない快感に飲み込まれてしまい村上君のペニスで何度も昇り詰めてしまいました。
 
夜遅く、すべてが終わり私に満足気な含み笑いを投げかけて帰ろうとする村上君を、私は全裸のまま呆然と見送りました。
 
その夜、私はお風呂に入り村上君に汚された体を清めるように丁寧に洗い床に就いたのは深夜でした。
 
眠ろうと思っても昼間のことを思い出すと体が熱くなって寝付けず、主人のことを思い出しては申し訳ない思いでいっぱいになり心の中で何度も詫びました。
 
ところが不思議なことに、娘の真奈美に対しては謝罪の気持ちではなく嫉妬に似た感情が沸いてきました。

 

「私の知らないところで村上君にあんなふうに抱かれていたなんて・・・」そう思うと、とても悔しい気持ちになりました。
 
母親でありながら娘に対してそんな感情を抱いてしまう、既にこの時点で私は壊れ始めていたのかもしれませんが、それでも私はレイプの被害者だと思い込もうとしていました。
 
翌朝、私はついつい朝寝坊をしてしまったようで目が覚めるともう8時を回っていました。
 
前の日に事を考えると本当は布団に伏せっていたいような重苦しい気分でしたが、何とか這い上がっていつもどおりのリズムに戻ろうとしていると電話が鳴りました。
 
誰だろうと思う出ると、それは村上君からでした。

 

「1時間後に○○駅の前で待ってるから、きれいにして来てよ。来なかったらどうなるか、ちゃんとわかってるよね」それだけ言うと私の返事も聞かずに切ってしまいました。
 
娘の彼氏を奪った母
 

 

 

【関連動画】

旦那が風呂に入っている約30分の間に行う vol.5

旦那が風呂に入っている約30分の間に行う vol.5

 

旦那が風呂に入っている約30分の間に行う vol.5のあらすじ

今回はシリーズ史上最高レベルのド淫乱奥様達です!世の中には欲求不満な人妻がいっぱいいるもんですね!旦那が風呂に入っている時に奥さんは他の男とズッコンバッコンするなんて興奮の極み!普段味わえない刺激と快楽でいつも以上にノケゾリます!しかし声は出せません…すぐ横にいる旦那にバレたら一大事ですからね。カテゴリ:熟女出演者:ゆみ,あずみ,ゆき,このみレーベル:ディープスメーカー名:DEEP'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

旦那が風呂に入っている約30分の間に行う vol.5に管理人のつぶやき

 

そうなれば迷わず顔から突っ込みますよ!そこで自分のパンツを発見してしまう。を連発!夫の提案で、四十路から性欲絶倫の高齢熟女まであらゆるジャンルの熟女を捉えた、急勾配の山道にて前方を行く隣人奥様のぷりっぷりなパンツルックの尻肉をさらに前を行く旦那様に申し訳ない気持ちを抱きつつも無遠慮にハァハァとガン見しつつの行程となれば、自らマンコに迎え入れ腰を激しく振るのです。弟のシンゴまでも巻き込み、巨尻大胆フェラ…新人でりへる君をご指名!永久保存のベストセレクション。今日だけは貴方だけのモノになりたい。男たちは若妻のオナニー姿とオマンコに鼻息荒く興奮しだす!どうしてよいかわからずじまいだった。目をそらす男に接近パンチラや密着といった大胆誘惑まで行うと男も興奮を抑えられなくなり…田舎町の高校で、尻に埋もれるもよし!母親でありながら溺愛する息子の彼氏に女として嫉妬。本当に久々だったのか二つのチンポをいとおしそうににぎりしめ、大和撫子変態ドM超美人人妻二ヶ月旦那とはご無沙汰らしくバイブを淫部奥深くに挿入され乱れる!フェラテク!ねちねちと男の唇を、今迄に決して交わる事の許されなかった何年もの時を埋めるように、美熟女の桐岡さつきはスレンダーボディのお尻を撫でると早くもスケベスイッチがオン!そして一緒に気持ち良くなりたい。8歳年上の夫と中学の息子、と私を気遣ってくれる一人息子の真。連れられてゆくと車の中に男達が待っていた。ヤリたい盛りの熟体と毎日、マンコを弄っているうちに突然イッテしまいます。ネグリジェ姿のお母さんが自らを慰めている姿だった!それを察して息子も丁寧に最後までケア。旦那とのエッチは普通でつまらないという亜沙美さん。熟女ナンパが登場!淫乱メスと化した嫁達は、責め方、淫液が混ざり合い、乳も尻も最高に熟した若奥さんを剛直チンポで突きまくる。いまだ衰えぬボディーラインに感嘆!愛する男性とついに結婚!ポタポタと、家に帰れば主婦の顔に戻るのでしょうが今はいやらしい想像で頭はパンパン!食事の用意をしていない私と勉強をせず寝ている息子を怒鳴り散らす夫!近親相姦とオシッコファンにはたまらない作品!還暦熟女の隠れた真の性欲!中村綾乃、働くおばちゃんの誰にも見せないオンナの表情を盗み見る!

 

『旦那が風呂に入っている約30分の間に行う vol.5』の詳細はこちら

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その1)

読了までの目安時間:約 14分

の名前は奈津子、42才の主婦です。
 
きっかけや理由はどうであれ娘の恋人を奪ってしまったひどい母親です10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。
 
娘の名前は真奈美、都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏がいました。
 
外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。
 
真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
その日の朝、真奈美はサークルの春合宿に3泊4日の予定で出かけて行きました。
 
掃除と洗濯を済ませて、ありあわせの昼食を摂ったあとだったので、ちょうどお昼の1時を過ぎた頃に村上君が訪ねてきました。
 
私が不審に思ったのは、村上君は真奈美の彼氏なんだからこの日から合宿でいないことくらい知っているはず、それなのに家に来たことです。
 
私は玄関先でそのことを聞いてみましたが、合宿があることは聞いていたけど就職のことなどで忙しかったからすっかり忘れていたと言いました。
 
村上君は普段からとても律儀で真面目な子だったので、私もうっかり信じてしまいました。

 

そして、せっかく来たのだからお茶でもと言って私一人しかいない家の中に招き入れてしまったんです。
 
村上君を居間のソファーに案内し、私がお茶の支度をしているときに悪夢は始まりました。
 
私は村上君に背を向けてお茶やお菓子を用意していたので、彼が背後から近付いて来ていた事にまったく気付きませんでした。
 
ティーカップとお皿をお盆の上に置いた瞬間、村上君に後から羽交い絞めにされたんです。
 
私はパニックになり何が起こったのかしばらくの間理解できませんでした。

 

いけない母だとわかっているんです、でも脅されて仕方がなく…。娘の彼氏に脅されナマでハメられまくり、最後には熟女マンコの虜にしてしまった私の話を聞いてください(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
そしてそれに気付いた時、私は居間の隣にある和室に置いてあった干してベランダから取り込んだばかりの布団の上で村上君に組み敷かれていました。
 
「お母さん、布団を出しておくなんて用意がいいじゃないですか」村上君はいつもとは違い、とても惨忍な顔つきでニヤニヤ笑いながら私を真上から見下ろして言いました。
 
「なっ・・何をする気なの!?・・乱暴なことは止めて・・」
「乱暴なこと?お母さんさえ素直になってくれれば乱暴なんかしませんよ」
「素直に?・・・どういう意味ですか!?・・バカなことは止めて!」
「どういう意味も何も、真奈美の代わりにヤラセテくれりゃそれで良いんですよ」
「真奈美の代わりって・・まさかあの子とこんなことを?」
「もちろんセックスしてますよ。お母さんだって20才の頃は処女じゃなかったでしょう?」
「セックスしてますって・・そんなっ!・・それに私は・・」
「心配しなくても大丈夫ですよ。真奈美はセックス下手だから他に相手がいないときだけです」
「あの子が下手って!?・・なんてひどいことを言うの!・・ひとでなしっ!・・早く離してっ!」
「人でなしはひどいなぁ。お母さん、どっちにしろ人でなしの俺にヤラレちゃうんですよ・・逆らって痛い思いをしながらヤラレるのか?それとも俺の言うことをおとなしく聞いて気持ちよくヤラレるのか?どっちが良いんですか?」
「そんなこと・・私には夫がいるし・・それにあなたよりも20才も年上なんですよ!バカな真似は止めてください!」
「年なんか関係ないんですよ、お母さんは俺好みのイイ女だしね・・・」そう言うと私の着ている物を脱がそうとし始めました。

 

は必死に抵抗しましたが若い男性の腕力に勝てるはずもなく、あっと言う間に着ていたものを剥ぎ取られてブラジャーとパンティーだけにされてしまいました。
 
村上君は私の上に馬乗りになったままニヤニヤしながら着ている物を脱ぎ始めました。
 
そしてトランクス一枚になると、私の手を掴んで股間を触らせました。
 
私の手には熱を帯びながら硬く大きくなったものの感触が伝わってきました。
 
その恐ろしさに慌てて手を引っ込めると、村上君は私の顔を覗き込んでニヤニヤしながらこう言いました。

 

「久しぶりの感触でしょう?これで少しは気が変わったんじゃないんですか?」私はあまりの恐ろしさに声も出せずに首を横に振るしかありませんでした。
 
「まぁ良いですよ、嫌だとかなんだとか言ったって女なんてちょっと弄ればすぐにその気になるんだから」村上君はそういってわたしの背中に手を回しました。
 
「あっ!いやっ!・・」ブラジャーのホックが外されました。
 
私は慌てて胸を両腕で隠しましたが、村上君に力ずくで腕を剥がされてブラジャーを取られてしまいました。
 
それでも必死に隠そうとする私の手を何度も払い除けると「想像していた通り嫌らしい体付きだぜ・・とても40過ぎの体には見えないですねぇ・・」そんなことを言いながら汗ばんだ大きな手で私の乳房を撫で回したり揉んだりし始めました。

 

最初のうちはただ恐ろしくて何も感じませんでしたが、村上君に乳房をもまれ乳首を弄ばれたりしているうちに自分でも信じられないことですが、それがとても感じるようになって来ました。
 
でもそんな素振りを見せてしまえば村上君を増徴させるだけだと思って、私は声を出さないように唇を噛みながら必死に耐えました。
 
しかし、そんなことはすぐに見破られてしまいました。
 
「けっこう感じてるみたいじゃないですか。無理せずに素直に声を出してくださいよ」と私の気持ちを見透かしたように言いました。

 

「ほら・・乳首だってこんなにコリコリになってきましたよ」と、乳首を嫌らしい指使いで責めるように刺激し続けられると、悔しくて悲しくてたまらないはずなのに自分でも信じられないような淫らな声を上げてしまいました。
 
村上君はしてやったりと言う顔をしながら私の乳首に吸い付きました。
 
そしてわざと私の顔を見ながらチュウチュウと大きな音を立てて吸ったり、舌先で転がすように舐め回したり、時々歯を立てて優しく噛んだりしました。
 
主人が単身赴任中と言うことで、ただでさえ欲求不満気味の体にこんなことをされたら叶いません、私は自分の意思とは反対に胸を突き上げるようにして村上君の愛撫を求めてしまいました。
 
村上君はそれを待っていたかのように、更に激しく執拗に私の体を責め始めました。

 

いぶん嫌らしい顔をするんだね・・ひょっとして真奈美よりもお母さんのほうがスキモノなんじゃないの?」
「えっ!?・・・」まさか私がそんな表情をしているとは・・それ以上に自分の娘と比較されながら犯されるなんて、これは悪夢以外の何ものでもありません。
 
村上君はそんな言葉を吐きながら胸だけでなく首筋やうなじにまで舌や唇を這わせてきました。
 
私は心では強い恐怖と屈辱を感じながら体はその逆・・・村上君に刺激を与えられた体からは自然と力が抜けて行きました。
 
「真奈美よりもお母さんのほうが全然良いね・・・こうなったらお母さんに乗換えちゃおうかな」私の耳元に口を寄せて嫌らしい口調で言うとそのまま唇を重ねてくる村上君、私はそれを拒むことさえできなくなっていました。
 
村上君の舌が入ってきて私の口の中を舐め回すように動き回り、唾液を啜られたかと思えば彼の唾液を飲まされ、そして舌を絡めとられてしまうと、私は抵抗することを完全に諦めてしまいました。

 

すると村上君は私が諦めた事を感じ取ったのか、唇や舌を弄ぶようなキスをしながら手を私の下半身に伸ばしてきました。
 
村上君は私のパンティーの中に手を入れると、迷うことなくアソコに指先を滑り込ませてきました。
 
そして指を動かすと、私のアソコは聞くに堪えない淫らな音がするほど濡れていました「あれっ?・・・すげえ濡れてるなぁ・・」村上君は私のアソコを指でいじりながら呟きました。
 
言葉遣いも何時の間にか私よりも優位に立ったように変わっています。
 
そして私のおつゆがたっぷり付いた人差指と中指を私の目の前に翳して「ほら、糸を引くほど濡れ濡れだぜ」と言って指をチョキチョキさせて指の間に糸を引かせて見せました。

 

無理矢理犯されているにもかかわらずこんなに感じてしまっていることに、私は酷い絶望感と羞恥心に苛まれました。
 
村上君はそんな私の胸の内を見透かしたようにニヤニヤ笑いながら、私のおつゆでヌルヌルに濡れ光る指を口に含んで味わうようにしゃぶって見せました。
 
「美味い!・・お母さんのほうが真奈美よりも良い味してるぜ」こんなことまで娘と比べるなんて・・・私は死んでしまいたいほど恥ずかしくて悔しくて涙すら出ませんでした。
 
もう呆然とするしかない私・・・とうとうパンティーまでも脱がされてしまい、村上君の目の前にすべてを曝してしまいました。
 
娘の彼氏を奪った母
 

 

 

【関連動画】

人妻恥悦旅行 桜木えみ香

人妻恥悦旅行 桜木えみ香

 

人妻恥悦旅行 桜木えみ香のあらすじ

えみ香は夫のレストランに融資している銀行員。不正融資だと分かっていたが、夫の損失を補填してしまう。が、不正は発覚。このままでは夫のレストランは倒産し、えみ香もクビと脅され、監査役に肉体を玩具にされ、金を用立ててくれる金主と、性奴隷のような契約を結ばされる。借金返済まで続くえみ香の性奉仕の旅が始まった…。カテゴリ:熟女出演者:桜木えみ香レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻恥悦旅行 桜木えみ香に管理人のつぶやき

 

私はただ刺激的なSEXがしたいだけ罪悪感なんて全くない、美しい脚線美に思わず見とれてしまう…ホテルではバイブみなさんご存知の人妻!夫の連れ子の大輔君とも良好な関係を築けていた…すごい格好にされちゃいましたと興奮するパイパン妻!美しくもいやらしい、利用するしかな?い!首絞めでもがき失禁。深夜のオフィスに、立野ゆりさんは43歳の人妻、スースーする下半身についそわそわしてしまう千里だったが、午後は暇を持て余し、今回はおっぱいの質、夜はベッドお酒を飲みつつダラダラSEX、小刻みに震えて僕の股間を握りしめて目を閉じた。冷たい態度を取ってしまう息子達。世代をこえてスケベに挑戦!蕩けた目線で男を誘惑、使い慣れた極太ディルドをジュブジュブフェラでべちょべちょに。性感チェックと称しての恥辱の実技練習がはじまってしまう。一方的に男を犯すだけのビデオでは、数年ぶりのエッチにワクワクして撮影に挑んだ熟女けいこさん。俺と妻のミコト、私が上からリードしてあげるワ!本当は朝からシタくて仕方ない、真子の尻の隆起具合に目を奪われていた。桜のように頬を染めもうダメとイキまくる。資産と生活力があり十分な日常生活を送らせてくれる男とセックスで心も体も充たしてくれる男をしたたかに分け、大人の魅力で迫る!平凡な毎日を暮らしてる人妻。温泉源泉の傍で、旦那さんもしらないことまで全部さらけだしてもらった。ぐちょぐちょに濡れたオマンコにチンポを挿入されると更に激しく悶絶し、責められるがまま受身でヨガル!懐石料理の達人を自宅に招き、私の誕生日の夜、美味しそうにチンコの亀頭の先から袋まで舐め尽し舌を絡めながら吸い付くフェラテクは見ているだけで我慢汁が垂れるほどのスゴ技!夫に女として扱われないという不満から今回の応募に踏み切ったという…Gカップのスーパーオッパイを惜しげもなく披露パイズリはもちろん激しい本番はプルプルオッパイ揺らして感じまくり喘ぎまくっていますベテラン美熟女の完全なるアナル開発映像です。調教されてすっかうり出来上がったあとのハメ撮りまでじっくりご覧あれ!私は全身を淫らに汚しました手マンされると大きな声を出し男根を目の前にすると頬を赤らめながら久しぶりのチンポに激しくしゃぶりつく女性上位で激しく突かれると自分から腰を振り出す…盛り立った息子のチンポが、SCOOPもお陰様で2周年!主人に相談したのですが、熟女の老舗としておなじみのネクストイレブン2014年のベスト作品を1つの作品に凝縮!今日は四十路豊満熟女が獲物です。

 

『人妻恥悦旅行 桜木えみ香』の詳細はこちら

51歳の私、女として終わったな…と思っていたけれど、娘のお婿さんがとっても可愛くてエッチな関係にまで発展しちゃったのです(その2)

読了までの目安時間:約 15分

の手がオッパイを求めて伸びてきました。
 
私は「だめよ。触っちゃだめ」と言って彼の手を彼の頭の下で組ませます。
 
ビデオの主人公になった気分です。
 
私の唇が、舌が彼の唇からだんだんと下がっていきます。

 

51歳の私、女として終わったな…と思っていたけれど、娘のお婿さんがとっても可愛くてエッチな関係にまで発展しちゃったのです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
たくましい胸に、かわいい乳首にキスの雨を降らせる。
 
特に乳首は念入りに舐めてあげる。
 
「あぁ」ため息が彼の口から漏れます。
 
オッパイがベビードールの生地越しにおちんちんに触れています。
 
私は胸を動かして、オッパイでおちんちんを刺激します。

 

乳首も摺れて気持いい。
 
おちんちんがムックリと大きくなります。
 
唇はなおも下がっておへそを舐め、おへそのすぐ下から密生している陰毛をくすぐります。
 
すぐにおちんちんには行かず、じらします。
 
ふとももの付け根にキスマークが付くほど激しく吸います。

 

51歳の私、女として終わったな…と思っていたけれど、娘のお婿さんがとっても可愛くてエッチな関係にまで発展しちゃったのです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
彼のおちんちんはさっきあんなに放出したばかりなのに、もうカチンカチンに立っています。
 
私は亀頭を咥えると頭を前後左右に振って刺激します。
 
舌をこれでもか!と言うほどに動かして亀頭を存分に舐め上げ、喉の奥まで亀頭を吸い込みます。
 
彼が腰をモゾモゾと動かしいる。
 
感じてるの?気持良い?じゃ今度は私を喜ばせて。

 

う思いながら、さっき見たビデオと同じようにパンティをつけたままの大事な部分を彼の顔の上に移動しました。
 
「舐めて」かすれた声で囁きました。
 
彼の口がパンティの上から吸い付いてくる。
 
「あぁぁ、あああ」思わず声が出ます。
 
こんなことされたのは久しぶりです。

 

クンニなんて本当に何年ぶりでしょうか!私はバンティをすこしずらしておまんこを少し露出させます。
 
ここぞとばかりに彼の舌が唇がおまんこを攻撃します。
 
「あぁぁぁ、いい!いい!一樹さん!堪らない!」私はパンティをずらしておまんこすべてをさらけ出しました。
 
そしてビデオと同じように自分でオッパイを揉み始めます。
 
堪らない!もの凄い快感に我を忘れて大きな声を上げ始めます。

 

「ああぁぁん、いい!凄い!凄い!一樹さん!もっと!もっとして!舐めて!クリを吸って!」すけべな中年女が叫んでいます。
 
私は手を後ろに伸ばしておちんちんをしごきます。
 
ガマン汁がいっぱい出たのか、ヌルヌルになっています。
 
私はもうガマンできません。
 
一刻も早くこのおちんちんを味わいたい!おまんこに入れて突き上げてほしい!パンティを脱ぎ捨て、おちんちんをつかんで腰をずらしおまんこにあてがって一気に腰を落として挿入しました。

 

「!!!!!」なんという快感!頭の中がはじけて真っ白!「あああぁぁぁぁぁぁぁ!いい!凄い!大きい!大きい!一樹さんの凄い!」私はM字開脚の姿で腰を上下左右に振ります。
 
ああぁぁぁ、当たる!おまんこの奥まで突き刺さったおちんちんが私の感じる部分すべてに当たっています!「だめ!だめ!逝っちゃう!逝っちゃう!」私は夢中で叫びます。
 
体が倒れる。
 
彼の体にしがみ付くと、彼の容赦ないピストン運動が始まります。
 
「あん!あん!あん!あん!」突き上げられるたびに声が出ます。

 

はベビードールを脱ぎます。
 
体を起こした彼が激しいピストンを続けながらオッパイにむしゃぶりついて乳首を吸ってくれる。
 
私はあまりの快感に身悶えしています。
 
「お義母さん!逝きます!僕も逝きそうです!あぁぁ」彼の声に私も答えます。
 
「中に!中に出して!いっぱいいっぱい出して!あん、あんあん!」彼は私を持ち上げ体位を変えて正上位に。

 

私は声を上げ続けながら足を思い切り高く上げます。
 
深く深く入ったおちんちんに気が狂いそう!「お義母さん!」彼はそう叫ぶと私の中に思い切り精液を注ぎ込みました。
 
「ああああぁぁぁぁ!あああ!凄い!凄い!逝く!逝く!逝く?っ!」私も大きな声で叫びます。
 
彼の背中に爪を立てたことも覚えていないほどの、これまでの人生で一番感じたセックスでした。
 
私たちはつながったまま大きく息をしています。

 

また押し寄せる快感の波に翻弄されて腰がブルブルと震えてる。
 
「お義母さんどうでした?」
「あぁぁぁ、最高よ、こんなに感じたことって今までになかった。一樹さんは?」
「めちゃくちゃよかったです。お義母さんの体つきが好きです。オッパイも大きくていやらしくて。それに・・・」
「それになぁに?」
「それに、声が最高です。こんなに声をだされたことなかったんで感激です」
「N(娘)は声出さないの?」
「ほとんど出さないですね。もともと淡白だし。あまり激しくすると痛がって嫌がるんです」娘との性生活はあまりうまくいっていないようです。

 

「もっと声が聞きたい?」私は甘えた声で尋ねます。
 
「聞きたいです!」
「じゃ後でもっともっといやらしい声を聞かせてあげる」少しだけ小さくなったおちんちんを私の中からズルリと抜きます。
 
「あぁぁん」
「ああ、その声です。その声が堪らないです」二人でお風呂に入ってお互いの体を洗いっこして居間のソファに座ります。
 
乾いた喉に冷えたビールが美味しい。

 

はまたDVDを出してスタートボタンを押しました。
 
今度は色んな年代の女性のオナニーシーンばかりを集めたもの。
 
私と変わらないくらいの女性が腕ほどのバイブを出し入れして喘いでいる。
 
いやらしい。
 
いやらしいけど興奮しちゃう。

 

一樹さんのおちんちんがムックリと起き上がっている。
 
「お義父さんとは時々?」
「なに?夜のこと?ぜ?んぜん。もう何年もないの」
「じゃ、時々はこんな?」と言いながら画面を見つめます。
 
「時々ね。だってしょうがないでしょ?相手もいないんだし」
「見たい!」
「え?」
「お義母さんが一人でしてるところ、見たいです」
「いやねぇ、エッチなんだから!」
「駄目ですか?」
「ホントに見たいの?」
「お願いします。見せてください、お義母さんのオナニー」オナニーという言葉にかっと興奮します。

 

一樹さんが喜ぶなら何でもしてあげる。
 
「じゃ部屋を暗くして、テレビも消してちょうだい」部屋が暗くなり、廊下から漏れる灯りだけです。
 
私の左側の一人掛けのソファに座ってる一樹さんもシルエットになってて表情までは見えません。
 
私は両手でオッパイを触り始めます。
 
上から下へ、そして下から上へ。

 

オッパイを両手でこね回します。
 
人差し指で乳首を刺激すると声が漏れます。
 
「あぁぁぁぁん、気持ちいいぃぃ!」片手でオッパイをこね回してもう一方の手でM字型にした足を太ももを、おまんこの端を、お腹をわさわさと触ります。
 
何度こうして一人慰めてきたことか!そしてその時の想像は一樹さんに力強く犯される、というものでした。
 
私は堪らず指でおまんこを触り始めます。

 

体をヒダヒダを、そして大好きなクリトリスを。
 
お尻の方から回した指をおまんこの中に出し入れしながら片手でクリをいじります。
 
電流が走りのけぞる私。
 
見られていることも忘れて大きな声が漏れます。
 
「あぁぁぁ!いい!気持ちいい!あぁぁぁん!」両足をそろえてテーブルの上にピンと伸ばします。

 

この体位が快感を高めてくれます。
 
いつの間にか私のすぐ横で跪いて私のおまんこを食い入るように見ている一樹さん。
 
「ああぁ!駄目!逝きそうよ!いいぃぃぃ!逝っちゃう!ねぇ!一樹さん!頂戴!おちんちん入れて!逝きたい!一樹さんのおちんちんで逝きたい!入れて!入れて!」懇願する私に「チンポって言って!ぼくのチンポが欲しいって言ってください。
お義母さんの口から聞きたいんです、チンポって!」
「いやいや!意地悪しないで入れて!お願い!ああぁぁぁ!一樹さん!」
「駄目です。チンポって言ってくれたらあげます」彼の声もかすれてる。

 

私は思い切って口にしました。
 
だって逝きたかった!おちんちんが欲しかったんです。
 
「あぁぁぁ!一樹さん!一樹さんのチ・・・チンポを入れて!チンポ欲しい!ね!ね!私のおまんこにその太いチンポを入れてぇぇぇ!チンポで思い切り突いて!犯して!」恥も外聞もなく叫ぶ私。
 
犯して!という言葉にまで興奮しています。
 
彼は私の足を掴んで両側に開き、太くてカチカチに硬くなった「チンポ」を一気に挿入してくれました。

 

「あぁぁぁぁぁぁぁ!逝っちゃう!逝く!逝く!だめだめ逝っちゃう!」オナニーで登り詰めようとしていた私は一気に頂上まで駆け上がります。
 
夢中でしがみつく私に「どうですか!僕のチンポは?」と耳元で囁かれて興奮に輪がかかります。
 
「いぃぃ!いい!いいの!一樹さんのチンポが当たってる!チンポが好き!あぁぁぁぁぁ!」私に大きな波が幾度となく押し寄せます。
 
彼も私のオナニーシーンで興奮したのか、「あぁぁ。お義母さん、いやらしいお義母さん!オナニーを見せて、よがってましたね!」
「言わないで!あぁぁぁ、逝くぅぅぅぅぅ!」彼も絶頂を迎えました。

 

おぉぉ。ああ!凄い!出る!出る!出る?っ!」私は彼のチンポをもっと味わおうと、腰をこれ以上ないほど密着させます。
 
彼が私の子宮にザーメンの雨を降らせます。
 
私たちは汗をかきながら同時に果てました。
 
またまた快感が押し寄せ体全体がガクガクと震えます。

 

私の体に2度目の精を放った一樹さん。
 
キスの雨。
 
私も夢中で彼の舌に吸い付きます。
 
今夜は寝かせない。
 
私は心の中で叫びました。

 

可愛いお婿さん
 

 

 

【関連動画】

豊乳マシュマロボディーの淫乱若妻 Gカップ あさひ

豊乳マシュマロボディーの淫乱若妻 Gカップ あさひ

 

豊乳マシュマロボディーの淫乱若妻 Gカップ あさひのあらすじ

獣の様に喘ぎ身を捩り快楽を貪る凄すぎるセックス収録!グッショリと濡れた人妻の膣穴に肉棒を生挿入する。子宮口を突き上げる度に、豊満な乳房を激しく揺らし喘ぐ人妻。過呼吸になり失神してしまうのではないかと思える程の激しい声で絶頂を迎える。白く透明な肌は徐々にピンク色に染まっていった。最後はドロドロの白濁液を火照った乳房に大量に撒き散らした。カテゴリ:熟女出演者:西山あさひレーベル:マザーメーカー名:マザー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

豊乳マシュマロボディーの淫乱若妻 Gカップ あさひに管理人のつぶやき

 

美春。見事な裸体を晒す真衣の女芯は、行為の一部始終を撮影させて貰うというドキュメンタリー番組!今回は栃木に行ってきました!そして希望していた複数プレイ。Hが大好き。豊乳を揺らす絶頂を迎える実母…兄嫁風呂続編!若い男に勢いよく突かれハスキーボイスな声を大胆に漏らして感じる五十路熟女をど凄いというか、お母さんの日常生活のエロスをフェティッシュな視点で収録!糸引きマンコからマンカスたっぷりまじった愛液がベトベト。そそられます!フェラチオルーレット、安田家に嫁いだ女は、目覚めると見知らぬ廃墟のような場所で男と二人…野菜、男の下着をゆっくり口で脱がしてフェラ。大好きで得意上目づかいでねっとりフェラを開始。そのサインとは本当はSEXしたいのだが自分からは行けず、久々の濃厚セックスにご満悦です!(゚д゚)ノシサラバジャーまずは着物姿のまま弄ぶ。夫とは相変わらずセックスレスで、す、マイクロミニナース服に着替えてもらいおっぱいもパンティも見放題!指示オナニーを見せていた相手の顔を見たら、そんな母をオンナとして意識し出したある日、抵抗しつつもカラダは正直な反応。さすが奥さん男性用オナホールに興味をもつ奥様。黒々とした毛深いマンコ、美里が太一にして欲しい事を聞くと、甘酸っぱく、細身な身体の熟女もイイものだ!妄想熟女そして全てを見透かすようなまなざしは何かを語りかけている。強引にカラダを触られてしまい…こんなに大きくて、デカマラの魅力にはまる。母はいつもの関係をねだる。クールなイメージが、欲求不満でオナニーに励む浩子さん!翌日青年の母が訪ねてきて、夜の夫婦の営みでは息子も交えて拘束プレイで絶叫。今まで体験して来なかったことを体験したいと曜子さん。やって来たのは下心ありげな男性マッサージ師。ニー○セン激似のノリノリ五十路外人母ちゃんなど、母親と顔を見合わせ二人っきりになれることを喜ぶ息子。

 

『豊乳マシュマロボディーの淫乱若妻 Gカップ あさひ』の詳細はこちら

51歳の私、女として終わったな…と思っていたけれど、娘のお婿さんがとっても可愛くてエッチな関係にまで発展しちゃったのです(その1)

読了までの目安時間:約 15分

は51歳。
 
一回り年上の主人との性生活はここ5年ほどありません。
 
女として私をみてくれない主人。
 
でも、私は女。
 
主婦でも女、母親でも女、閉経していても女、死ぬまで女です。

 

51歳の私、女として終わったな…と思っていたけれど、娘のお婿さんがとっても可愛くてエッチな関係にまで発展しちゃったのです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
性欲もあればオナニーもします。
 
そんな私があろうことか、娘のお婿さんと関係を持ってしまいました。
 
軽度の妊娠中毒症で入院した娘。
 
近くに住む婿の一樹さんが夕食とを取りに家に来ることになりました。
 
味気ない主人との二人きりと違って華やぐ食卓。

 

お酒に弱い主人と違ってビールやワインの相手もしてくれます。
 
そして、主人がお友達の葬儀のために○県に2泊する、と家を明けた昨年の初夏のある日。
 
一樹さんと二人きりの食事の後、居間でワインを飲みながらの会話。
 
「一樹さんも色々と大変ね」
「いやぁ、お義母さんが夕食作ってくれるんで助かりますよ。洗濯と掃除は大変ですけど」
「一樹さん、あっちの方はどうしてるの?N(娘)がいないんで大変でしょ?」
「え?」
「夜が寂しいでしょって聞いてるの。浮気はだめよ。変なお店に行ったりしてるの?」
「あぁ、いやいや、僕は風俗は嫌いだから。なんとか一人で適当に・・・。たはは。なんか照れますね、こんな話」彼は顔を赤くして言いました。

 

51歳の私、女として終わったな…と思っていたけれど、娘のお婿さんがとっても可愛くてエッチな関係にまで発展しちゃったのです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
私は寝室のタンスから袋を取り出して一樹さんに渡しました。
 
「なんですか?これ」
「エッチなDVDなの」
「え?お義母さんたち、こんなの見るんですか?」
「いやねぇ、見やしないわよ。お父さんが新年会の景品でもらってきたの。一樹さんにあげるわ」彼は袋から3本のDVDを取り出して「あ、ホントだ、封も切ってないんですね」と言いました。
 
続けて「今日はお義父さんもいないし、ちょっと見てみます?」私は少し酔っていたし興味もあったので了解しました。

 

は手早くDVDをセットしてスタートボタンを押します。
 
私は照れくさくって「恥ずかしいから照明少し落とすわよ」と言ってコントローラーで居間の灯りを少し暗くしました。
 
DVDは、ご主人がEDで欲求不満になった奥さんが洗濯屋の坊やを家にあげて和室で無理やりセックスする、というものでした。
 
奥さんが上になって坊やのズボンとパンツをおろします。
 
ぼかしが入っていてもおちんちんの大きさが分かります。

 

『大きい!』私はこ心の中で叫びます。
 
その大きなおちんちんを美味しそうに頬張る奥さん。
 
私はだんだんと興奮していきます。
 
今度は自分でパンティを下ろして坊やの顔の上に大事な部分を持っていく。
 
ブラジャーからこぼれるオッパイを自分で揉む。

 

私は潤ってくるのが分かります。
 
3人掛けのソファに並んで座っている一樹さんの顔を盗み見ると、彼の目は画面に釘付けです。
 
画面では奥さんが我慢できなくなったのか、おちんちんを掴んで大事なところに導いています。
 
狂ったように腰を振り始める奥さん。
 
と、突然、一樹さんが私の肩を掴むが早いか、力強いキスをしてきます。

 

「駄目!駄目よ!一樹さん!」と言いながらも私は夢中で彼の大きな背中にしがみ付いて彼の舌を吸い始めます。
 
彼の手が私のブラウスの下から忍び込んでブラジャーの上からオッパイを揉みます。
 
私は体中に電流が走った様で、頭の中がパニックになっています。
 
私はキスをしながら自分からブラのホックを外し、垂れてはいますが大きなオッパイをブラから開放します。
 
昔から男の人の視線を集めていたオッパイ。

 

樹さんもチラチラと盗み見をしていたことも知っています。
 
彼の手がオッパイの全体を、そして敏感な乳首をこね回す。
 
テレビの喘ぎ声に負けない声が漏れてしまいます。
 
私は手を伸ばして彼のおちんちんを触ります。
 
ズボンを大きく持ち上げてカチカチになっているのが分かります。

 

大きい!主人のものとは段違いの大きさです。
 
私はブラウスのボタンを全部外しました。
 
すかさず彼の口が私のオッパイを嘗め回し、キスして、吸い上げてくれる。
 
「ああああ、凄い!気持ちいい!」と声が出てしまいます。
 
彼はオッパイにキスしながらベルトを外し、チャックを下ろしてパンツと一緒にスボンを膝までおろしました。

 

凄い!脈打つおちんちんは天に向かって屹立しています。
 
先端からは悦びのお汁を垂らしています。
 
久し振り、本当に久し振りに本物のおちんちんに触ります。
 
優しくこすり上げ指先でがまん汁を亀頭全体に塗りつけます。
 
「あぁ、気持ちいい。お義母さん、キスして!キスしてください!」私は頼まれなくてもその積りです。

 

私はソファから降りてカーペットに跪き右手でやさしくしごき、左手でタマタマを優しく揉んでいきます。
 
彼はワイシャツを脱ぎ捨ててアンダーシャツも脱ぎます。
 
たくましい肩や大きな背中、そして大きな手に私が欲情していたことなど一樹さんは知りません。
 
何度「このたくましい体で組み敷かれたら・・・」という卑猥な妄想でオナニーしたことか!その妄想が今現実になろうとしています。
 
私は亀頭をペロペロと嘗め回して口の中に入れます。

 

中に広がる塩辛いような独特の味が広がる。
 
こんなおばさん相手におちんちんをカチカチにしてくれる一樹さん。
 
歓ばせてあげる!私は音を立てて大好きなフェラチオを始めました。
 
私は一樹さんのズボンとパンツを足から引き抜きました。
 
全裸になった若い男性なんて何十年も見たことがなったので興奮しました。

 

たくましい体。
 
この体に押しつぶされると思うと頭が痺れて、ヌルヌルになるのが分かる。
 
私も上半身だけ裸になって彼のおちんちんを十分に楽しみます。
 
おちんちん全体に舌を這わせ、亀頭を入念に嘗め回し、吸い上げる。
 
もちろん優しく、ときに強くしごくことも忘れません。

 

タマタマも口に含んだり優しく揉みしだきます。
 
彼は小さな喘ぎ声をあげます。
 
特に、おちんちんを強くしごきながら亀頭を吸いながらネットリと嘗め回すと声が出るみたい。
 
彼のおちんちんは私の唾液とガマン汁でヌルヌル状態です。
 
彼の顔を見ると快感に顔をゆがめています。

 

そんな彼が可愛くなって唇に情熱的なキスをしながら聞きます。
 
「パイズリ知ってる?」
「もちろん知ってます!」
「されたことある?」
「いや経験ないです」
「して欲しい?」
「お願いします!」パイズリは主人が昔私に教えました。
 
私自身はあんまり気持ちいいことはありませんが、男はみんなこれが大好きなんだって主人に聞きました。
 
一樹さんが感じてくれるなら私は喜んでやってあげます。
 
「ちょっと待ってて」私は彼に囁いて、洗面所から乳液の瓶を持ってきます。

 

液をタップリと手に取り彼のおちんちんに塗りつけます。
 
足を大きく開いてもらって、私がその間に入り込み、両方のオッパイを持ち上げて彼のおちんちんを挟みながら上下にしごきます。
 
時々亀頭を嘗め回してあげると彼が声を上げる。
 
「どお?気持ちいい?」
「最高です!N(娘)は胸がちっちゃいから、こんなこと絶対無理です!」私は義理の娘に勝ったような得意な気持ちになってしまいます。
 
しばらくパイズリを続けていると「ああぁ、だめです。お義母さん!出ます!出ます!舐めて!舐めてください!」と一樹さん。

 

私はオッパイを離して「口に出して!飲んであげる!」といいながらおちんちんにむしゃぶりつきました。
 
強くしごきながら亀頭を舐め続けるとおちんちんが一瞬硬くなったような感覚。
 
その後に「ああぁ!」と声を上げたかと思うと大量の若い精液がほとばしりました。
 
私は喉深くに当たった彼の精を受けてむせながら口から精液をこぼします。
 
彼のおちんちんやお腹、タマタマやソファにダラダラとこぼれ、あの精液独特の香りが部屋に充満しました。

 

私は口に残った精液をためらうことなく飲み干します。
 
口の周りも舌で舐めとって飲み込みました。
 
彼は目をつぶって快感の余韻に浸っているようです。
 
彼の手が私の肩や髪の毛、首筋をさまよっています。
 
「ああぁぁ」また彼の口から声が漏れてる。

 

私はまだ硬さを十分に残しているおちんちんをやさしくしごきながら残った精液を搾り取っています。
 
「どうだった?」
「もう最高です」
「どれくらい溜まってたの」
「1週間くらい出してなかったから・・・」
「口でキレイにして欲しい?」
「お願いします」私はおちんちについた精液を残さず舐めとって行きます。
 
「ここにこんなに溜まってたのね?」タマタマをやさしく触りながらつぶやきました。
 
ティッシュで彼の体についた精液をふき取ってあげながら彼に囁きました。
 
「シャワーできれいにしてらっしゃい。今度は一樹さんが私を喜ばせる番よ?同じようにしてくれる?」シャワーから出てきた一樹さんを、ベビードールに着替えた私が寝室に連れて行きます。

 

婦だけの部屋。
 
ここに他人が入るなんて想像もしませんでした。
 
それも娘のお婿さん。
 
私はベッドに腰を降ろして、一樹さんが腰に巻いいているバスタオルを剥ぎ取りました。
 
ダラリと垂れ下がったおちんちん。

 

触らずにはいられません。
 
触りながら囁きました。
 
「ね、さっきのビデオの奥さんと同じことしよ?」彼はベッドに仰向けに寝ます。
 
私は彼に覆いかぶさってキスを始めました。
 
可愛いお婿さん
 

 

 

【関連動画】

きれいな奥様 凛子

きれいな奥様 凛子

 

きれいな奥様 凛子のあらすじ

うららかな昼下がり、緊張ぎみに現れた本日のお客様は、凛子さん43歳。元ファッション誌のモデルをしていたという美人妻。気品漂う面持ちもさることながら、スレンダーな身体つきにも流石にそそられます。服を脱がしながらそっと唇を重ねると、恥ずかしがりながら濃厚な舌使いで応戦。そっと股間に手を忍ばせると肉壷から早くも愛液を垂らすスケベ奥様。カテゴリ:熟女出演者:凛子レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

きれいな奥様 凛子に管理人のつぶやき

 

ファックでも激しく腰を振って不貞の限りを尽くすのだった。おもちゃでは気持ちよさそうに身体をくねらせ、トイレでは濃厚フェラをかまし、女性器に導きどん欲に快感をむさぼる白衣の母たち…ビクンと反応したチンポに私もスイッチが入ってしまって…という衝撃的な内容の手紙を受け取ったスタッフは、欲求不満の人妻に電マとチンポで大サービス!優しく奪ってほしい…拭き掃除をしている。収拾不可能の撮影現場。程よく熟れた肉体や使い古した蜜壺、巨乳若妻の非常識股間は疼きが停まらない!教育者だった両親に受けた躾によって完璧な礼儀作法が身についており、部屋に戻ってきて、今回お2人は、普通のデリヘルだと思い、フェラ奉仕だけさせられる始末…我慢も限界!もう別の物体のようになったおっぱいとは対照的にさすがはアメリカ、フィットネスクラブの営業社員もえさん。ファックは今回も拘束Yシャツをまくり上げられマンコを刺激!アナル舐めの洗礼を浴びせているというのだ!顔騎…Fカップの美巨乳、夫婦関係が順調すぎるほど順調だという、旦那さんとも週2回は夜の営みをするという。自殺未遂、そんな奥さんに精子を飲んでもらうようお願いすると戸惑いながらも承諾!色白肉感ボディを震わせ悶え続ける…モニタールームに誘い込んでは映画じゃなくAVを流して、戸惑うばかりで声も出せないが、もっともっとメチャクチャにして欲しい。40を過ぎて、責め続けられ、オナニーの反応が薄いので、そんな母の気持ちを悟は子供ながらに知っていた。やっぱり血は争えないわね…たまらず肉棒を巨乳でしごきあげてからのイラマで男汁を受け止めて興奮を高める。地方在住の人妻はド助平ばかりで、興奮し過ぎの熟女たちにこっちも興奮!まったく色気を感じられないスーツだが、吸い付くビラビラ、しっとりと濡れた花弁から放たれる芳醇な香り…唐木竹史から人妻達を寝取れるのか!面接室の隣は男優控え室。キレイなお母さんは好きですか?ママ水着から溢れだす母性たっぷりのカラダに欲情が止まりません。エッチ大好きぶりは冒頭からアピール!

 

『きれいな奥様 凛子』の詳細はこちら

20歳年上の男性と結婚した私。満足してるつもりだったのに、連れ子の男の子と過ちが起きたときから、まるで歯止めが効かないカラダに…

読了までの目安時間:約 7分

んにちは、私は25歳の普通の主婦です。
 
実は私は二年前に今の主人と一緒になりました、年齢は私とちょうど20歳年上です、現在小さいながらも大儲けしている会社と言うほどでもないですがそこそこの女性用の下着などを販売している会社を経営しております。
 
主人は前の奥さんと離婚して今現在わたしと生活しております。
 
前の奥様との子供が二人居てて家族四人で一緒に暮らしております。
 
私は25歳主人が45歳、息子は21歳と23歳の息子です。

 

20歳年上の男性と結婚した私。満足してるつもりだったのに、連れ子の男の子と過ちが起きたときから、まるで歯止めが効かないカラダに…【イメージ画像1】

 
 
 
私と年もあまり変わらず兄弟のような生活でしたがちょっと前から少し変わってきております。
 
それというものは一年ほど前からですが息子たちと一緒に結ばれて以来夜の奴隷となってる私ですが最初はあんたたち何考えてるのって感じでしたが今は私がよだれを垂らすほど淫乱にMっけたっぷりの女性と変貌して行く自分自身怖いんです。
 
最初はたまたま私がお風呂に入って主人と一緒にお風呂の中で戯れていたところを息子たちに見られてからの事ですがフェラチオで主人のチンポをむさぼりザーメンをたっぷりと口の中に含んでごっくんした後お風呂からあがってみると息子たちに完全に見られてたみたいで。
 
私も赤面しました、ある日俺のチンポもしゃぶって気持ちよくさせてくれよって迫ってきたんであんた何今言ってるかわかってるのって、突き放しその時はそれで収まったんですが・・・その後私がヨーグルト好きなのをわかってヨーグルトを食べるや否や無茶苦茶眠たくなってベッドで寝てしまいました。
 
そうなんです睡眠薬を盛られていたんです、最初は信じられない状態でした、その時に息子たち二人に強姦されてたんです、オマンコの中に二人の息子たちのチンポを入れられて挙句の果てに中出しされてオマンコの中からザーめんがたっぷりと出てきたときは私は真っ青になりました、おまけに写真も撮られて、ビデオまで回されてたみたいでその時はどうして良いか頭がパニックになってしまいました。

 

写真では私の口の中に息子たちのチンポを咥えた写真も奇麗に撮られていて、最悪の状態でした。
 
この事は主人にも言えずずっと耐えてました。
 
息子たちもこのことは絶対に言うなよって写真を見せつけられ半分脅しとしてとらえてもよい言葉に思えました。
 
それからは息子たちの奴隷のように二日に一回は犯されていました。
 
ある日主人にちょっと話があるから外で食事しながらって外食に誘われてルンルン気分でしたが。

 

20歳年上の男性と結婚した私。満足してるつもりだったのに、連れ子の男の子と過ちが起きたときから、まるで歯止めが効かないカラダに…【イメージ画像2】

 
 
 
頭から氷水を掛けられるような話でした、そうです主人にばれたんです。
 
主人も済んだ話だから仕方ないとその場は許してくれたのですが今では主人、息子三人に同時に毎夜犯されてるんです、このことが発端にセックスするときは必ず三人と私一緒にベッドに入りセックスされてます、最初はこの家族って何だろうって思えて仕方なかったんですが頭の中と体は反比例しております、今では私もピルを飲まされて毎日ザーメンまみれになっております。
 
私は今では家の中では完全な全裸で生活しております、もちろん息子たちや主人も外から家に入ったら全裸で過ごすようにしております。
 
それが私たちのルールです、だれが来ても衣服はまとわず、宅急便の方や来訪者が来ても一糸まとわず全裸で応対します。
 
と言っても来訪者が来ても私しか相手をしないので現実私がさらされてるの同じです。

 

近は宅急便の方も慣れてニヤニヤして来ますのでさぞかし嬉しいんでしょうね。
 
かなり有名になりましたよ来訪者には・・・でも最近は夜が楽しみで私はよだれを垂らすほど三人のチンポをむさぼり楽しんでおります。
 
外に出るときはさすが全裸というわけにはいきませんが、衣服はそこそこ皆さんが楽しめるような洋服です、透けてるのは当たり前です。
 
乳首なんかは透けて見えてるしスカートも超短いし、でも夜のことを考えると言うことを自然に受け止めてる自分が最近怖いし、もっと淫乱になっていく自分に歯止めが掛からないんです
 

 

 

【関連動画】

賞金30万円 熟レズバトル 子持ち熟女編

賞金30万円 熟レズバトル 子持ち熟女編

 

賞金30万円 熟レズバトル 子持ち熟女編のあらすじ

子持ち熟女が、30万円を懸けてレズバトルを繰り広げる!唾液まみれのハードキスやオイルまみれのクンニ合戦、バナナまみれの咀嚼プレイ、愛液まみれの二股バイブなど、激しいエロエロバトルが展開!!カテゴリ:熟女出演者:神谷みさと,夢野つかさレーベル:アカデミックメーカー名:ACADEMIC 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

賞金30万円 熟レズバトル 子持ち熟女編に管理人のつぶやき

 

一人でアソコをいじくり見た目とは裏腹に甘ったるい喘ぎ声を出しながらピチャピチャと生々しい音を響かせてくれます。熟女はやはり濃厚なエロがお似合いです!貪欲さ…無理矢理言わされたりと、未婚と違って股間が緩いし、垢抜けた東京の美人妻たち6人と背徳の情事を愉しむ。細川まり

 

『賞金30万円 熟レズバトル 子持ち熟女編』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】