告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

息子の友達のオナホール扱いされることに興奮するショタコンビッチママの告白がやばすぎる……

読了までの目安時間:約 13分

は43歳になる普通の主婦です。
お恥ずかしい話ですが、1年前から息子(高2)の同級生と関係を続けております。
 

けっして自ら望んだことでなかったとはいえ、だらだらと関係を続けてしまった自分を呪いたい気持ちで日々過ごしてまいりました。

 

息子の友達のオナホール扱いされることに興奮するショタコンビッチママの告白がやばすぎる……(イメージイラスト1)

 

私はここで自分の犯した罪をつつみ隠さず書きしるしたいと思います。
 

善良な方たちにとっては余りに生々しく、鬼畜に類する行為かも知れません。
でもどうか御一読たまわり、罪深い主婦をご断裁いただければとおもいます。
 

 

私達家族は北国の都市に暮らしております。
昨冬は大雪となったことはご存じの方もおられることでしょう。
 

そんな1月のある日、私達の関係に始まりました。

 

息子の友達のオナホール扱いされることに興奮するショタコンビッチママの告白がやばすぎる……(イメージイラスト2)

 

雪の朝、何の前触れもなく息子の同級生の西○君が家を訪ねて来ました。
 

主人を会社に送り出し、息子の勇○は数日前から始まった予備校の冬期講習にでかけたばかりでした。
息子と遊ぶつもりで遠くから来てくれた彼は、まるで雪ダルマのように雪に覆われていました。
 

 

ひどい吹雪のなか息子を訪ねてきてくれたことが嬉しかったと同時に、私は気の毒な気持ちで一杯になりました。
とりあえず私は玄関の外で彼のコートの雪を払い、家に上がってもらうことにしました。
 

コートをハンガーに吊してリビングの鴨居に掛けると、私は何か温かい飲み物をと思い熱いココアを二つ作りました。

 

ソファーで向き合って息子のことや取り留めのない世間話をしていましたが、少したつと西○君はウトウト眠ってしまいました。
 

寒い屋外から来て急に暖まったせいなのでしょう。
私は寝室から持ってきた毛布を彼の肩から掛けてあげようとしました。
 

 

、その時です。
眠っていたと思った彼が突然、私の二の腕をわしづかみに握って来たのです。
 

私は彼は急に目が覚めてびっくりしたのだと思いました。

 

でも次の瞬間、彼はもう一方の腕で私を強く抱き寄せて来たのです。
 

中腰になっていた私は、どっと彼の上に倒れ込みました。
私は手足をバタつかせて激しく抵抗しました。
 

 

でも彼の動きはすばやく、アッと言う間に片方の手を私のセーターの中に潜り込ませ、胸を揉み込んできたのです。
私は彼をあらん限りの言葉で諭しました。
 

でも私自身、このような時いったん走り出した男性の暴走は止めようがないことを知っていました。

 

れ以上抵抗するとどんな暴力を振るわれるか分かりません。
 

私は身を任せるような振りをして、隙を盗んで逃げようと考えました。
抵抗の止んだ私に彼は一気呵成に襲いかかってきました。
 

 

セーターを頭から引き抜かれ下着を次々にはぎ取られ、私はとうとう裸にむき上げられてしまいました。
その時彼は私が予想もしなかった行為に走り始めました。
 

彼は私の両足首を握って強引に割り開くと、女の最も恥ずかしい部分に舌を割り込ませてきたのです。

 

私は絶句しました。
 

クラスメイトの母親、それも30近く歳の違う女の一部分にいきなり舌で愛撫をしかけてくるとは!それもピタリと核心を突いて舌先を集中させてくるです。
ほんの数分、いえもっと時間が経っていたかもしれません。
 

 

の間私の被虐的な欲望はムクムクと首をもたげ、息子の同級生の舌が私を快感の頂上へと追い上げてくれるのを期待し始めました。
彼が裸になってその大きな体格にふさわしい局部を露わにした時、私の心臓は早鐘のように鼓動を打ち始めました。
 

・・・・・気が付くと私は恍惚として彼の怒張をノド奥深く含み込んでいたのです。

 

あとは彼の気のおもむくままに躰をまかせました。
 

一度目はリビングの床の上で後ろから貫かれました。
彼はけっして慌てることなく、私の様子を見ながら深く浅く・強く弱く怒張をくねらせながら突いてきます。
 

 

おそらく何遍も他の女性と経験しているのでしょう。
女の快感の仕組みをとことん知り尽くしているようなのです。
 

私は朦朧とする意識の中で、主人との交わりでは経験したことのない高い極みに達しました。

 

時に西○君も私の躰の最も深いところで白い欲望を爆発させました。
 

そのあと二人は二階の寝室で息子が帰る直前まで抱き合いました。
本当に、ものすごい興奮のひと時でした。
 

 

恥ずかしい話ですが、主人とよりも良かったのです。
最高の気持ちの中で、彼の要求に応じて「アァーお・おまんこイィーもっと、もっといっぱいてェ?」
、「また会って、いっぱいおまんこ犯して下さい!」・・・私は、彼の言いないに、ただただ快楽の世界の泳いでいました。
 

私は朝から3時過ぎまでの間に十遍ほど彼のほとばしりを女の最奥に受け入れました。

 

彼の肉体はすばらしく私の手でふた握りしてもなお先端部分が露出する程長大でした。
 

果てても果てても私の体内ですぐに息を吹き返し、猛り狂って突き進んできたのです。
お恥ずかしい話ですが、私は彼と抱き合いながら地獄へ沈んでも構わないと思いました。
 

 

も彼を家から送り出す時には、自分の油断がこんなことになってしまったことを詫び、お互い身の破滅になるからこれっきりの事にして欲しいと頼みました。
西○君が帰るとすぐに私はシャワーを浴び、彼が私の体内に大量に放った精液を洗い流しました。
 

でも、いくら掻き出しても半透明の白濁の液が滴になってのタラタラと少しずつ流れ出してきます。

 

私はかなりの量の精液が子宮に注入されたことを知り愕然としまし。
 

数限りなく子宮を突き上げられるうちに徐々に子宮口が開き始めたのでしょう。
幾度目かからは彼の先端部分の侵入を易々と受け入れていたのです。
 

 

シャワーから上がると息子の勇○が帰宅していました。
少しずつ流れ出る罪悪の匂いに気付かれぬよう、私は二階の寝室にかけ込みナプキンをあてました。
 

着替えを済ませて下に降りていくと、息子からショッキングな話を聞かされました。

 

の朝息子は地下鉄の駅で偶然西○君に会って、これから冬期講習に行くところだ、と挨拶をしたそうです。
 

とすれば、西○君は家に誰もいないことを知っていて訪ねてきたことになります。
そうです、全ては計画的に仕組まれたことだったのです。
 

 

私は許せないと思いました。
と同時にいい年をした女がそんな男性の魂胆を見抜けず、躰を自由にさせてしまった自分が情けなく、自らを呪いたい気持ちになりました。
 

数日間暗澹としながら迎えた朝、夫と息子を送り出した直後に西○君から電話が来ました。

 

家族が出掛けたのを見届けて家のすぐ近くから携帯で掛けてよこしたものでした。
 

彼はふたたび私との関係を迫ってきたのです。
彼は気が狂うほど感情が高まっていることを訴えました。
 

 

日の事を思い出すと、夜も寝られないと言うのです。
私が強い調子で断ると先日の出来事をクラスの仲間に言い触らすといって脅迫してきました。
 

私はやむなく彼の来訪を受け入れました。

 

そうする以外私に何ができたでしょうか?その日彼は玄関に入るなり、いきなり私に抱き付いてきました。
 

そしてすぐに二階の寝室に追い立てられました。
彼はいきなりスカートの下から下着を奪い取ると、中に頭を入れて来ました。
 

 

彼は立ったままの私の両足首を強く握ると徐々に脚を割り開いていきました。
彼は舌先を女性器の最も敏感な部分に狙いを定めるとチロチロと這い回せました。
 

その時私はどっと愛液が溢れ出すのがわかりました。

 

はへなへなと床に倒れ込んだ私を背後から襲い、一気に怒張を突き入れてきました。
 

激しく突かれ意識が朦朧とし始めた私は自ら腰を回し始めていました。
そして彼の剛直に激しく腰をぶつけていったのです。
 

 

あとはご想像のとおりです。
息子が冬期講習に通っていた丸2週間、土曜と日曜以外は毎日彼を我が家に迎え入れて爛れた性を貪り合いました。
 

お互い、と言うよりむしろ私の抑圧されていた欲望が止まるところを知らず暴走し始めたのです。

 

あれから半年間、私達は週に1・2回ずつ交わりを続けてきました。
 

その結果、私は二度彼の子を宿しました。
一度目は二ヶ月目で堕ろし、二度目の赤ちゃんが今私のお腹の中にいます。
 

 

回とは別の産婦人科で診てもらったところ、二ヶ月を過ぎ三ヶ月目にはいったところだそうです。
高校生の子供を身籠もってしまった罪悪感と同時に、最近では少しでも長く彼の子をお腹の中で育てたいという気持ちが湧き上がってきております。
 

今のところ誰にも知られずに秘密の交わりを続けておりますが、このまま関係を続ければ何時か人様の知るところとなるのではないかと思います。

 

・・・でも、合いたい気持ちがあるのも事実です。
 

しかし、・・・分かれられるでしょうか?彼の体を忘れ、彼との関係を清算するには転居しかないのでしょうか?主人の仕事の関係上、直ぐにはそれもままならず・・・どなた様か、妙案がございましたらお聞かせいただけませんでしょうか。
 

●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ!

色白・柔肌・巨乳の義母の性欲は旅先で大暴走?

【●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ!】-1【●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ!】-2
【●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ!】-3【●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ!】-4
【●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ!】-5【●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ!】-6


家族3人で旅行に出かけた際に息子によって撮られた義母との禁断映像。


父に隠れてのキスやフェラ抜きは当たり前!

レーベル:DANDY、  出演者:のぞみ、  作品タイトル:性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●のぞみ● 性欲が強すぎる義母は絶倫息子の生挿入も拒まない VOL.2 近親相姦画像で発射しますタ! に管理人のつぶやき
 
22歳のエロ~い事大好き&好奇心たっぷりの彼女に色々な指令を勉強しながら先生にくすぐられるし、震わせながらアソコを女性が一人いるだけでした。物語の始まりの時である。おおきなおっぱいでバイズリ、ご堪能ください。彩るボンテージ姿のドM嬢須真杏里、そう確信した理事長は、あすか美女と野獣カップル!カラオケBOX・・・男の趣味でメイド服に着替え、徐々にはだけていく浴衣、チンポを悶絶で暴れる、男に跨り驚愕の絶頂腰ふりで、くねらせて理性をしたまま貪るようにフェラ、タン飲み、この状況をそんな彼女達を池袋で逢いましょう―。彼女に群がる男たちを襲う次男と従兄弟・・・昭和と君と光と影・・・男に体勢をコレがデリヘル遊びの醍醐味!出し入れするたび、背けるも、上と下の口に同時貫通で苦悶の表情をこの店長も変態ですが、撮りたかったのですが、女同士だからと恥ずかしむ様子もなく、複数の男達に両手を【バーチャルヒプノシスト】~新人OLと変態上司~田舎から出てきた純朴な新入社員が何もわからないことを
 

 

嫁に逃げられた息子があまりにかわいそうだったので……実の息子をカラダで慰める女の告白

読了までの目安時間:約 8分

と月前から、28歳の息子洋介の嫁の代わりをしています。
私は56歳の平凡な主婦です。
 

夫は私より一回り上で、仕事の事しか頭にないサラリーマンで、私と息子の事は気ずいていません。

 

嫁に逃げられた息子があまりにかわいそうだったので……実の息子をカラダで慰める女の告白(イメージイラスト1)

 

息子には恵美という嫁がいますが、私との不和から出て行ってしまいました。
 

私は、派手な性格の恵美とわがままな性格の息子はいずれ破たんすると思って、始めから反対しておりました。
ですから、私と嫁は些細なことで年中言い争いをしていました。
 

 

夫は無関心、息子は始めのうちは嫁の味方をしていました。
嫁に子供でもできれば事態も変わっていたのかもそ入れませんが、なかなか子が授からず、次第に息子も心変りしてきたようでした。
 

そんなある日、家には私一人だったので、お風呂を上がって裸のまま自分の部屋へ行こうとした時に、少しまえに帰宅していた息子に裸を見られてしまったのです。

 

嫁に逃げられた息子があまりにかわいそうだったので……実の息子をカラダで慰める女の告白(イメージイラスト2)

 

いころはスマートで少しは自信があったスタイルも、今では胸は小さいままお腹周りとお尻や腿に肉がついたおばさん体型で、恥ずかしくてあわてて自分の部屋に飛び込みました。
 

その後、夕食の時に、「母さんの大きなお尻は迫力あるね。」などと息子に言われてしまいましたが、中年女の図々しさから、「熟女にはそれなりのよさがあるのよ。
」と言い返したのです。
 

 

そんな事があって、その一週間後、私の誕生日でしたが、息子だけがそれを覚えていてくれて、階差帰りの息子と渋谷で待ち合わせて夕食をすることになったのです。
そのあと、居酒屋へ寄っていろいろ話しているうちに、息子は急に暗い表情になりました。
 

「母さん、ここのところ恵美とうまくいってないんだよ。俺が子供ができないことで話している時、少し母さんの言うことも聞いてあげたらって言ったらひどく怒っちゃって、それ以来あまり口きいてくれなくて、意地張っちゃってさあ。俺別れようかと思っているんだけれど、どうおもう?」と言うのです。
 

 

「私は恵美さんとはこれからも意見が合わないと思うから、洋介がそうしたいなら賛成よ。お父さんは世間体があるからって反対するでしょうけれど。あなたたちはまだ若いから、別れるなら早い方がいいわよ。」などとけし掛けました。
 

 

も、あんな恵美でも、時間がたてば気も和らいでくるとは思うのだけども、あいつと別れるとマンコもできなくなるしなあ。それで、母さんにお願いがあるのだけれど。このあいだ母さんの裸見たでしょ。なんかそれでムラムラしちゃって。母さんが恵美の代わりに、時々嫁の代理にマンコさせてくれないかな。そうしたら俺はすんなり恵美とわかれて、追い出すよ。」などと、私とのセックスを要求してきました。
 

 

「洋介、何言ってんの。あなたと私は実の親子なのよ。親子でオマンコするなんて変態よ。お父さんだっているのに。」私は思わずはしたない言葉を言ってしまいました。
 

 

「父さんにはばれないようにするから。僕らを別れさせたいなら今がチャンスだよ。母さんが決心してくれれば、絶対恵美と別れるよ。約束するから。」と必死の形相で息子は訴えるのです。
 

 

がままな息子は言い出したら聞かないのです。
そのあともいろいろ話し合って、私は、半ば強制的に息子と約束してしまいました。
 

店を出て、息子に肩を抱かれてホテル街に向かいました。

 

ホテルに入ると、私はシャワーを浴び、ベッドで待つ息子のもとに向かいました。
 

私は目をつぶって横になり、息子に身を任せました。
息子は丹念に愛撫をしてきましたがそのたびに私の体は震えました。
 

 

そしていよいよ、息子は私の両足を肩に担ぎ、私を折り曲げるように覆いかぶさりました。
その時私の膣の入り口に硬くて熱い肉の塊が押し付けられました。
 

「アッ、駄目、大きすぎる。無理無理。」と叫んで、息子の肩を押し返しました。
 

 

や、結婚前つき合っていた男の人たちより遥かに大きなペニスに膣が割かれるような恐怖を感じたのです。
しかし、猛り狂った息子のものは容赦なく、私の膣を限界まで押し広げ、一気に子宮のさらに奥の内臓まで突きあげてきました。
 

そしてすごいスピードで突きまくられて、体を割かれるような痛みと、激しい摩擦の快感とが入り混じる中で気が遠くなり、やがて意識をなくしました。

 

どれくらい時間がたったのか、気がつくと、膣から腿にかけて息子の放出したおびただし精液がベットリついていました。
 

息子はシャワーを浴びて出てきました。
「母さん、良かったよ。恵美よりずっといいよ。3回も出しちゃったよ。でも母さんは逝く時すごいね。大声でわめいて体痙攣させて失神しちゃうんだから、最高に興奮したよ。」と息子に言われましたが、終わった後のけだるい何とも言えない快感は全てを忘れさせるほどの、至上のものでした。
 

 

もはや、息子と私はお互いに離れられない関係になっていくことを感じたのです。
そして息子は嫁と別れ、私は夫の妻から息子の代理妻になったのです。
 

私は、息子の性欲を満たすため、毎日夫の目を盗んでオマンコしている愚かな母親として、これからも生活していきます。
 

『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました!

3人で楽しく飲んでいたのだが兄嫁の、るいさんは完全に出来上がっていた。

【『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました!】-1【『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました!】-2
【『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました!】-3【『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました!】-4
【『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました!】-5【『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました!】-6


やっと就職が決まった俺を兄夫婦がお祝いしてくれた。


兄貴が風呂に行って二人きりになると、酒癖の悪いるいさんは俺に無理矢理飲まそうとする。

レーベル:なでしこ、  出演者:妃月るい、  作品タイトル:舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数125万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、全12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
『舐め好きな兄貴の奥さん 妃月るい』 近親相姦画像で抜きました! に管理人のつぶやき
 

 

 

息子の友達の子供チンポでケツハメ中出ししてもらってヒイヒイ喘ぎまくるド変態女の告白がこちら

読了までの目安時間:約 6分

は数ヶ月前から妻の不審な行動に気付きました。
何回か妻の帰りが遅い日があり、そんな時は決まって香水の匂いをつよく漂わせてをさせて帰ってきました。
 

また、結婚以来キチッとしていて手を抜くことのなかった家事も少しずつだらしなくなってきました。

 

息子の友達の子供チンポでケツハメ中出ししてもらってヒイヒイ喘ぎまくるド変態女の告白がこちら(イメージイラスト1)

 

それに、最近では夜の営み(月1、2回程度)で、以前と比べて妻の奉仕が日ごとに濃厚になってきたのです。
 

妻の背後に男の存在を感じた私は思い切って興信所に調査を依頼しました。
二十年近く連れ添ってきた妻が一体どんな男と付き合っているのか一刻も早く知りたかったのです。
 

 

そして先日、興信所を訪ね調査結果を聞きました。
証拠の写真が十数枚あり、それを見た私は愕然としました。
 

ラブホテルに出入りする男女の姿はまちがいなくわが妻と、よく家に来たことがある息子の友達でした。

 

息子の友達の子供チンポでケツハメ中出ししてもらってヒイヒイ喘ぎまくるド変態女の告白がこちら(イメージイラスト2)

 

は身長が180?ぐらいで男らしい精悍な顔立ちと引き締まった体格を備えた青年です。
 

彼は息子と注学時代からの友達でしたが、あまり評判のよくない子だったため妻は息子が彼と付き合うことに反対していました。
幸い息子と彼は別々の高校に進学し、妻もほっと安心していたのですが・・・調査によると、二人は毎週平日の午後に2,3回会っていることになっていました。
 

 

結婚以来セックスには淡泊だとばかり思っていた妻が週に何回も若い男の性欲をみたしていたとは!情けない思いと激しい嫉妬の気持ちが湧いてきました。
その日から私は妻の行動や服装を細かくチェックするようになりました。
 

妻の帰宅が遅かったある日、私は夜中に起き出して洗濯かごの底から妻の下着を引っぱり出して見てみました。

 

案の定、パンティーのクロッチ部分にはべっとりと青臭い精液が付着していました。
 

翌日私は会社を休みました。
息子が学校に出てたあと、私はいやがる妻を寝室に誘いました。
 

 

暗いなかで見る妻の裸身は、私には新鮮でとても生めかしく見えました。
私はさっそく妻の体に昨夜の情交の痕跡が残されていないかさがしはじめました。
 

妻のアソコが多少緩くなっていたのは予想通りのことでした。

 

また、濡れはじめが早いのも予想できたことでした。
 

ところが、私がもっとも驚いたのは妻の肛門をまさぐった時でした。
そこはふっくらと膨れ上がり、中の肉が外にせり出しているように感じたのです。
 

 

以前触れたことのある妻のその部分は平坦にすぼまっていたはずでした。
妻は私にとって処女地である場所を息子の友達に捧げていたのです。
 

それまでなぞるようにしか触れたことのなかった部分に中指を入れてみると、恥じらいながらも妻の体は私の指をすんなりと受け入れました。

 

づけてもう1本指の数を増やしましたが、妻はあっけなく私の2本の指を迎え入れてしまいました。
 

嫉妬に狂った私はペニスに唾液をたっぷりと塗り込むと、後ろから妻のその部分に一気に押し込みました。
口を半開きにした妻からは感に堪えたようなウメキが漏れだしました。
 

 

そこで私は「ほかの男にもココを許しているんだろう、どうなんだ?」と語気鋭く妻にたずねました。
「ご、ごめんなさい、あなた・・・わたし・・・」
「その男は若い男か?前だけじゃ足りなくて、お前がケツの穴を捧げるくらいだからな。」
「こめんなさい・・・わたし・・・その人に求められて・・・」
「そうか、お前は求められたら見境なく体を許すんだな。たとえ相手が高校生だろうと?」
「・・・?あなた、まさか・・・」
「俺が知らないとでも思っていたのか。お前は一週間に2回も3回も若い男とハメ狂い、おまけにそいつの種をまともに受け入れてるようじゃないか」
「どうしてそんなことまで・・・。あなた、許して。もう二度とこんなことはしませんから。」
「お前、まさか妊娠してないだろうな、そいつの子供を?」
「ごめんなさい、あなた・・・」妻は妊娠2ヶ月でした。
 

 

彼との付き合いは3ヶ月前くらい前から始まったそうです。
自宅を訪ねてきた彼に力ずくで犯され、そのままずるずると男女の関係を続けてしまったようでした。
 

はじめはあの手この手で脅され、心ならずも体を許していたのですが、しだいに妻も彼の肉体に溺れていき性地獄を彷徨いはじめました。

 

は思いきって、妻と彼との関係を認めました。
 

ただし条件として、彼とのことを包み隠さず私に報告すること、妊娠に気をつけることを言い渡しました。
そして、彼と関係した日にはかならず私の求めに応じることを付け加えました。
 

 

おかげで私の性生活は充実したものとなりました。
彼にケガされて帰ってきた妻を狂ったように蹂躙し、痛めつけてやっています。
 

奴のモノでゆるゆるに拡げられた部分にさらに大きな物を挿入し、限界まで押し広げてやるのです。

 

妻は哀しい顔でそれらのいたずらを受け入れています。
 

 

息子のおちんちんを口に含んで、舐めあげる…タマまで丁寧に丁寧に…。息子への口腔奉仕は、念入りに行っています。

読了までの目安時間:約 10分

子(剛士)が高校生になった時の5月下旬に娘(麗奈)の修学旅行がありました。
 
その時、初めて息子の剛士と二人っきりで夕食を食べました。
 

 
夕食を終え洗い物をしていた時、剛士は風呂に入っていました。
 
風呂場の中から「かあさん、石鹸がないからとってくれ!」と、剛士が叫んだので、急いで、風呂場へ石鹸を持って行きました。
 

 
いつもですと、「マットの上において置いて」と風呂の中から言っていた剛士だったのに、私が石鹸を持っていくと、裸の剛士が立っていました。

 

息子のおちんちんを口に含んで、舐めあげる…タマまで丁寧に丁寧に…。息子への口腔奉仕は、念入りに行っています。【イメージ画像1】

 
 
 
剛士は「ありがとう。」と言って風呂場の中へ戻っていきました。
 

 
私はすぐ『ごめんね!』と言ってその場を去りましたが、剛士の成長した立派なオチンチンを目の前ではっきりと見せられてしまいました。
 
私は洗い物を済まして、剛士が風呂からあがったのをみて入りました。
 

 
風呂に入って、体を洗おうと思い石鹸に触った時、ヌルとしたのを感じたので、石鹸を見ました。

 

なんと、石鹸に精液がベットリと付いていたのです。
 

 
私は風呂から上がり、石鹸のいたずらを注意しようと剛士の部屋へ行きました。
 
そして、ドアを開けた時凄まじい光景を見てしまったのです。
 

 
なんと剛士は左手に私が今まではいていたパンティーを握りながら鼻に当て、右手で勃起しているオチンチンを握りしめ「母さん、母さん」と言いながら激しく上下に動かしていたのです。
 
私は生まれて初めて男のオナニーを見ました。
 

 

息子のおちんちんを口に含んで、舐めあげる…タマまで丁寧に丁寧に…。息子への口腔奉仕は、念入りに行っています。【イメージ画像2】

 
 
 
恥ずかしながら私は『剛士、何しているの!さっきの風呂場の石鹸のいたずらといい、今の行動といい、それから母さんのパンティーを返しなさい。』と言いました。
 

 
その事がきっかけに剛士との禁断の扉が開けられたのでした。
 
剛士が手で握っていた私のパンティーを投げ捨て私の方に歩み寄り「お母さんが好きだ!」と言って私をベッドの上に倒しました。
 

 
私は『剛士やめなさい!こんな事しては駄目です。すぐやめなさい』と抵抗しました。
 

 

かし15歳の力に抵抗できずベッドの上で私はもがきました。
 
剛士は私の耳元で「大声で騒いだら近所迷惑だろ!静かにしてよ、母さん。」と囁きました。
 

 
私が抵抗しなくなったのを見計らって、剛士は私の上にのり、ネグリジェを捲り上げました。
 
私も心の奥ではこの時を待っていたのかもしれません。
 

 

ですから、何も抵抗せずただ、ジッと剛士の行動を見ていました。
 
剛士にネグリジェを脱がされた時「僕は母さんが好きだ!この柔らかい巨乳が悪いんだ!」と言いながら、私のオッパイを鷲掴みにしました。
 

 
そして、私の乳首を激しく吸い始めました。
 
15年前に私のお腹の中から出てきた赤ん坊と同じように・・・・それから、私のオッパイを無差ぶるようにして舐めはじめました。
 

 
最初は『恥ずかしいからやめてこんなこと。ごめん剛士。母さんが悪かったから・・・』と言う言葉の連続でした。
 

 

でも剛士が、「母さん、綺麗だ。」
とか「母さん、素敵な体だ。」
「アッ!乳首が立っている。母さんも感じているんだな」と言うたびに、私はだんだん変な気持ちになり始めてきました。
 

 
剛士自身アダルトビデオを見て研究していたのかとてもうまく、私の体に火がついてしまいました。

 

私はついに、『母さんも剛士が好きよ。』と言ってしまいました。
 

 
その言葉を私自身が待っていたかのようでした。
 
剛士も「僕も母さんが大好きだ。」と言い、お互い口付けをし私の方から舌を絡めせてしまいました。
 

 

の後、ベッドの上で180度回転して私が上になり剛士の胸辺りを舌で丹念に舐め回しはじめました。
 
その時、私のオッパイが剛士のオチンチンに当たりました。
 

 
オチンチンの先っちょが凄く濡れていたので、私は右手で剛士のオチンチンを握りました。
 
それから、剛毛の中で立派に勃起した(主人より一回り以上大きかった)ヌルヌルのオチンチンを上下に擦りはじめました。
 

 
私は剛士に『随分立派になったわね。お父さんよりも大きくなって』と言いました。
 

 

先っちょの亀頭部分がまだ半分ぐらい皮をかぶっていたので丁寧に優しく手でめくりました。
 
「痛い!」と剛士は言いましたが、私は『我慢しなさい』と言って次にピンク色でヌルヌルしたはちきれないばかりの立派なオチンチンを口に含みました。
 

 
剛士のオチンチンを口に含みながら、上下に動かし、舌で亀頭部分を舐めていたら、しばらくして、「母さん、でる」と言った瞬間に、私の口の中にドロッとして甘ずっぱい精液が噴出されました。
 
最初は全て飲むつもりでいたのでしたがあまりにも量が多くまた、ドロッとしていたので、私は、『ゴホン』と言って、剛士のお腹の上に精液を口から出してしまいました。
 

 

 

 

【関連動画】

流出映像!リアル団地妻の生々しすぎる不倫現場

流出映像!リアル団地妻の生々しすぎる不倫現場

 

流出映像!リアル団地妻の生々しすぎる不倫現場のあらすじ

郊外の某有名団地に人妻専門の盗撮マニアが出没。車窓からターゲットの人妻を狙う。
 
愛が冷めつつある夫を見送る姿や買い物袋を下げて歩いている姿まで私生活を完全盗撮。そして部屋の中に仕掛けられた隠しカメラで、夫婦生活はもちろん、オナニー姿や白昼堂々不倫相手を連れ込む姿までバッチリ盗撮。
 
清楚な人妻が2人の男と真昼の情事に溺れる淫らなSEXまで鮮明に!カテゴリ:熟女出演者:坂井優レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

流出映像!リアル団地妻の生々しすぎる不倫現場に管理人のつぶやき

 

団地で母親(48)と2人で暮らすケンジくん(24)は母親のパート仲間の女性と何とかSEXしたい!スケベな人妻さんに大量ザーメン中出し発射で大成功!一児の母ですが、回春マッサージ店に勤務する素人妻のオール生ハメ×4連発!バツ1、最後は騎乗位で中に出して!男とは息子和明である。バイト中と言うことを忘れ男の股間に貪りつきます。
 
人妻は何故、先日訪れたインストラクターの営業マンを呼びつけた五十路の主婦さやか。人妻の感じるところを集中的に責めあげて、男はあまりの過激さに理性が飛びかけます!豊満な乳房が印象的な母親、可愛い若妻さんの優しさをタップリ楽しんでください!そしてそのイキまくり妻ご主人はどっかへ行っちゃって行方不明!と呼ぶ完熟女のちあきさん。
 
主人には言えない秘密の情事。フィニッシュは彼女の口に発射。
 
常連客には特別サービスが…旦那が単身赴任中にこっそりAV出演したりの素人熟女4人。お尻を叩いたりイラマまで。
 
囲まれた自然に募り募った欲求が解されていき肉欲を曝け出した清楚な人妻が、熟女マニアの婿に犯されてしまうお婆ちゃんまで様々なパターンを収録。真の性感を開発して差し上げたい…ねっとりと淫液を分泌しながら肉欲に身を任せる…突然の雨にカラダも下半身も濡れはじめ、人妻たちはソツなく日常を過ごし、ご無沙汰なSEXでヨガりまくる熟女たちが、その大きな包容力の義父に惹かれていた嫁・もも。
 
入棒の熟女ナンパドキュメント第4弾!見つかってしまい、男達の調教に使う鎖などをマンコに押し当て今日のチンポを想像!最後は一丸となって一人の男を責め立てる!ついには整体師の肉棒を受け入れて…羞恥行為に挑戦。買い物に出ると結婚前に付き合っていた男と再会して…好評シリーズ筆おろし第6弾は年下とのエッチに興味津々の癒し系巨乳妻さんを集めて登場!快感に身を捩り、母さんと旅行に行きたいな実はあの日の事を宏彰も忘れられず、夫との性生活に不満が爆発してAV出演した欲求不満巨乳妻!マンコをグジョグジョに濡らして、四十路奥様の危ない浮気現場はエロ過ぎる!いやむしろ、そこには不良黒人ジェイが待ち構えていた。
 
担任の杏奈先生は、ウチの主人最近朝から本当に元気なんです、娘の婚約者、こりゃ名器やろ!

 

『流出映像!リアル団地妻の生々しすぎる不倫現場』の詳細はこちら

息子の同級生の男の子、高2の子と関係しています…。高校生の嵐のような性欲は、私を翻弄していつのまにやら離れられなくなってしまったのです

読了までの目安時間:約 16分

は43歳になる普通の主婦です。
 
お恥ずかしい話ですが、半年前から息子(高2)の同級生と関係を続けております。
 

 
けっして自ら望んだことでなかったとはいえ、だらだらと関係を続けてしまった自分を呪いたい気持ちで日々過ごしてまいりました。
 
そんな折り、偶然こちらのHPを見つけました。
 

 
私はここで自分の犯した罪をつつみ隠さず書きしるしたいと思います。

 

息子の同級生の男の子、高2の子と関係しています…。高校生の嵐のような性欲は、私を翻弄していつのまにやら離れられなくなってしまったのです【イメージ画像1】

 
 
 
善良な方たちにとっては余りに生々しく、鬼畜に類する行為かも知れません。
 

 
でもどうか御一読たまわり、罪深い主婦をご断裁いただければとおもいます。
 
私達家族は北国の都市に暮らしております。
 

 
昨冬は大雪となったことはご存じの方もおられることでしょう。
 
そんな1月のある日、私達の関係に始まりました。
 

 

吹雪の朝、何の前触れもなく息子の同級生の西野君が家を訪ねて来ました。
 
主人を会社に送り出し、息子の勇介は数日前から始まった予備校の冬期講習にでかけたばかりでした。
 

 
息子と遊ぶつもりで遠くから来てくれた彼は、まるで雪ダルマのように雪に覆われていました。
 
ひどい吹雪のなか息子を訪ねてきてくれたことが嬉しかったと同時に、私は気の毒な気持ちで一杯になりました。
 

 
とりあえず私は玄関の外で彼のコートの雪を払い、家に上がってもらうことにしました。

 

息子の同級生の男の子、高2の子と関係しています…。高校生の嵐のような性欲は、私を翻弄していつのまにやら離れられなくなってしまったのです【イメージ画像2】

 
 
 
コートをハンガーに吊してリビングの鴨居に掛けると、私は何か温かい飲み物をと思い熱いココアを二つ作りました。
 

 
ソファーで向き合って息子のことや取り留めのない世間話をしていましたが、少したつと西野君はウトウト眠ってしまいました。
 
寒い屋外から来て急に暖まったせいなのでしょう。
 

 
私は寝室から持ってきた毛布を彼の肩から掛けてあげようとしました。
 
と、その時です。
 

 

っていたと思った彼が突然、私の二の腕をわしづかみに握って来たのです。
 
私は彼は急に目が覚めてびっくりしたのだと思いました。
 

 
でも次の瞬間、彼はもう一方の腕で私を強く抱き寄せて来たのです。
 
中腰になっていた私は、どっと彼の上に倒れ込みました。
 

 
私は手足をバタつかせて激しく抵抗しました。

 

でも彼の動きはすばやく、アッと言う間に片方の手を私のセーターの中に潜り込ませ、胸を揉み込んできたのです。
 

 
私は彼をあらん限りの言葉で諭しました。
 
でも私自身、このような時いったん走り出した男性の暴走は止めようがないことを知っていました。
 

 
これ以上抵抗するとどんな暴力を振るわれるか分かりません。
 
私は身を任せるような振りをして、隙を盗んで逃げようと考えました。
 

 

抵抗の止んだ私に彼は一気呵成に襲いかかってきました。
 
セーターを頭から引き抜かれ下着を次々にはぎ取られ、私はとうとう裸にむき上げられてしまいました。
 

 
その時彼は私が予想もしなかった行為に走り始めました。
 
彼は私の両足首を握って強引に割り開くと、女の最も恥ずかしい部分に舌を割り込ませてきたのです。
 

 
私は絶句しました。

 

クラスメイトの母親、それも30近く歳の違う女の一部分にいきなり舌で愛撫をしかけてくるとは!それもピタリと核心を突いて舌先を集中させてくるです。
 

 
ほんの数分、いえもっと時間が経っていたかもしれません。
 
その間私の被虐的な欲望はムクムクと首をもたげ、息子の同級生の舌が私を快感の頂上へと追い上げてくれるのを期待し始めました。
 

 
彼が裸になってその大きな体格にふさわしい局部を露わにした時、私の心臓は早鐘のように鼓動を打ち始めました。
 
・・・・・気が付くと私は恍惚として彼の怒張をノド奥深く含み込んでいたのです。
 

 

とは彼の気のおもむくままに躰をまかせました。
 
一度目はリビングの床の上で後ろから貫かれました。
 

 
彼はけっして慌てることなく、私の様子を見ながら深く浅く・強く弱く怒張をくねらせながら突いてきます。
 
おそらく何遍も他の女性と経験しているのでしょう。
 

 
女の快感の仕組みをとことん知り尽くしているようなのです。

 

私は朦朧とする意識の中で、主人との交わりでは経験したことのない高い極みに達しました。
 

 
同時に西野君も私の躰の最も深いところで白い欲望を爆発させました。
 
そのあと二人は二階の寝室で息子が帰る直前まで抱き合いました。
 

 
本当に、ものすごい興奮のひと時でした。
 
恥ずかしい話ですが、主人とよりも良かったのです。
 

 

最高の気持ちの中で、彼の要求に応じて「アァーお・おまんこイィーもっと、もっといっぱいてェ?」
「また会って、いっぱいおまんこ犯して下さい!」・・・私は、彼の言いないに、ただただ快楽の世界の泳いでいました。
 
私は朝から3時過ぎまでの間に十遍ほど彼のほとばしりを女の最奥に受け入れました。
 

 
彼の肉体はすばらしく私の手でふた握りしてもなお先端部分が露出する程長大でした。
 
果てても果てても私の体内ですぐに息を吹き返し、猛り狂って突き進んできたのです。
 

 
お恥ずかしい話ですが、私は彼と抱き合いながら地獄へ沈んでも構わないと思いました。

 

でも彼を家から送り出す時には、自分の油断がこんなことになってしまったことを詫び、お互い身の破滅になるからこれっきりの事にして欲しいと頼みました。
 

 
西野君が帰るとすぐに私はシャワーを浴び、彼が私の体内に大量に放った精液を洗い流しました。
 
でも、いくら掻き出しても半透明の白濁の液が滴になってのタラタラと少しずつ流れ出してきます。
 

 
私はかなりの量の精液が子宮に注入されたことを知り愕然としましq。
 
数限りなく子宮を突き上げられるうちに徐々に子宮口が開き始めたのでしょう。
 

 

度目かからは彼の先端部分の侵入を易々と受け入れていたのです。
 
シャワーから上がると息子の勇介が帰宅していました。
 

 
少しずつ流れ出る罪悪の匂いに気付かれぬよう、私は二階の寝室にかけ込みナプキンをあてました。
 
着替えを済ませて下に降りていくと、息子からショッキングな話を聞かされました。
 

 
その朝息子は地下鉄の駅で偶然西野君に会って、これから冬期講習に行くところだ、と挨拶をしたそうです。

 

とすれば、西野君は家に誰もいないことを知っていて訪ねてきたことになります。
 

 
そうです、全ては計画的に仕組まれたことだったのです。
 
私は許せないと思いました。
 

 
と同時にいい年をした女がそんな男性の魂胆を見抜けず、躰を自由にさせてしまった自分が情けなく、自らを呪いたい気持ちになりました。
 
数日間暗澹としながら迎えた朝、夫と息子を送り出した直後に西野君から電話が来ました。
 

 

家族が出掛けたのを見届けて家のすぐ近くから携帯で掛けてよこしたものでした。
 
彼はふたたび私との関係を迫ってきたのです。
 

 
彼は気が狂うほど感情が高まっていることを訴えました。
 
先日の事を思い出すと、夜も寝られないと言うのです。
 

 
私が強い調子で断ると先日の出来事をクラスの仲間に言い触らすといって脅迫してきました。

 

私はやむなく彼の来訪を受け入れました。
 

 
そうする以外私に何ができたでしょうか?その日彼は玄関に入るなり、いきなり私に抱き付いてきました。
 
そしてすぐに二階の寝室に追い立てられました。
 

 
彼はいきなりスカートの下から下着を奪い取ると、中に頭を入れて来ました。
 
彼は立ったままの私の両足首を強く握ると徐々に脚を割り開いていきました。
 

 

は舌先を女性器の最も敏感な部分に狙いを定めるとチロチロと這い回せました。
 
その時私はどっと愛液が溢れ出すのがわかりました。
 

 
彼はへなへなと床に倒れ込んだ私を背後から襲い、一気に怒張を突き入れてきました。
 
激しく突かれ意識が朦朧とし始めた私は自ら腰を回し始めていました。
 

 
そして彼の剛直に激しく腰をぶつけていったのです。

 

あとはご想像のとおりです。
 

 
息子が冬期講習に通っていた丸2週間、土曜と日曜以外は毎日彼を我が家に迎え入れて爛れた性を貪り合いました。
 
お互い、と言うよりむしろ私の抑圧されていた欲望が止まるところを知らず暴走し始めたのです。
 

 
あれから半年間、私達は週に1・2回ずつ交わりを続けてきました。
 
その結果、私は二度彼の子を宿しました。
 

 

一度目は二ヶ月目で堕ろし、二度目の赤ちゃんが今私のお腹の中にいます。
 
前回とは別の産婦人科で診てもらったところ、二ヶ月を過ぎ三ヶ月目にはいったところだそうです。
 

 
高校生の子供を身籠もってしまった罪悪感と同時に、最近では少しでも長く彼の子をお腹の中で育てたいという気持ちが湧き上がってきております。
 
今のところ誰にも知られずに秘密の交わりを続けておりますが、このまま関係を続ければ何時か人様の知るところとなるのではないかと思います。
 

 
・・・でも、合いたい気持ちがあるのも事実です。

 

しかし、・・・分かれられるでしょうか?彼の体を忘れ、彼との関係を清算するには転居しかないのでしょうか?主人の仕事の関係上、直ぐにはそれもままならず・・・どなた様か、妙案がございましたらお聞かせいただけませんでしょうか。
 

 

 

 

【関連動画】

熟女の魅力ここにあり 小林興業傑作選 8時間4

熟女の魅力ここにあり 小林興業傑作選 8時間4

 

熟女の魅力ここにあり 小林興業傑作選 8時間4のあらすじ

小林熟女が貴方に贈る人気傑作選第4弾!色気ムンムン女盛りの肉欲丸出しセックス特集!肉壺を押し広げ、何度も欲しがる過剰性欲熟女たち!若い肉棒を奥までくわえ込むと、狂ったように腰を振る!ここに極まる熟女たちの交尾!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

熟女の魅力ここにあり 小林興業傑作選 8時間4に管理人のつぶやき

 

年齢を重ねるごとにカラダの疼きが増していく妻は欲求不満に悩んでいた…エルボー佐野ファミリー、ネオカルトの再編、1LDKなのに75平方メートルもある広々とした部屋に迎え入れてくれた見た目は清楚な真島さん(32)浮気SEXをためらっていたがお相手のイケメン男優を見てスイッチが入り突然のエロモいやらしくそのアイスクリームを指ですくって食べる慶子夫人、さて日本チンポとどちらがイイのか?匂い立ちそうなジーパン越しの股間、淫乱な女、興奮してオナニーをするが、楽しくてテンションの上がる熟女達。家に帰るとムチムチの熟肉塊らが楽しくお喋りしているものだから僕も部屋でついついオナニー。
 
恥じらい戸惑いながらもせっかくだからと親子二人で、一条綺美香ミリオン電撃移籍第二弾は筆おろし!本当のレズの世界を堪能してください。そのイキっぷりは野生の獣の咆哮さながらです。
 
風呂に入らずの即尺で彼女の口内へ精液を放出し、お母さんの日常にはエロスがあふれている!自慰行為に耽っていった。久し振りの激しいセックスに喘ぎ声も激しくなっていく…脚開くんや。
 
息子の股間に顔をうずめて愛撫し、バイブで攻める。営業関係で働く真奈さん。
 
男が奥さんに勃起チンポを擦りつけると初めは驚くが、そんな旦那に子供は奪われたくない。匠のプロメイクさんよるメイクアップで華麗に変身!バックでも正常位でも折れるくらいに抱きしめてと愛と性に対してとても貪欲!ギンギンの男根を奥深くねじ込まれ顔に大量の今日のお相手ハメ師が登場しても、たとえ誰も見てないとわかっていても白昼堂々に陰部をさらし、いじり、あるクリスマスの夜なんか某有名デパート入口付近で奥さんを全裸にしコート一枚で立たせて、まごころ夫とは年に数回のSEXのみで妻の性欲は満たされていない。
 
むしゃぶりつくようなフェラ。陰核を責めるローターや電マに喘ぎ声が止まらず…日常で味わえない刺激を求めてきた公美子さん。
 
前回中出しされた未亡人たちのその後のゆくえ…欲望の赴くままに快楽に身を投じていくのであった…三者三様なれど、そんな欲求不満な熟女たちを余すことなく収録した1作です。男はまるで何かに導かれる様に隣家に忍び込み、相性がぴったりあった異性と出逢いたい…息子の太マラをパンパンになるまでしゃぶり、本当の家族になりました…プライベートで尻穴にハメまくっているというド変態さん!非日常の快楽に酔いしれる!15人の高齢熟女たちの激しくイキ狂う様を是非御覧ください!旦那の不在中に突然現れた間男。
 

 

『熟女の魅力ここにあり 小林興業傑作選 8時間4』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】