告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

【母子相姦】息子と爛れた関係な熟母の背徳な性交の禁断体験

読了までの目安時間:約 7分

私も一年前から息子と関係を持っている母親の一人です。
私は49歳。
 

子は20歳で、56歳の主人と3人の生活です。
私はすでにオバさんと呼ばれる年令ですし、顔もスタイルも良くはありません。
 

でも息子は、昼も夜もみさかい無く私を求めて、私の体に夢中になってくれます。
夫とは年に数回しかセックスをしないのに、息子とは、去年からほとんど毎日のようにセックスをしています。
 

私も自分が産んだ息子とセックスをすることは、やはり後ろめたい罪の意識を感じましたが、渇ききっていた女に再び潤いを与えられ、何度と無く深い絶頂に導かれているうちに、いつしか罪の意識も薄らいで、いつでも息子のいいなりに体を開いてしまうようになりました。
きっかっけは、昨年の夏。
 

ちょうどその日は夫が出張していて息子と二人きりの夜でした。
私は食事を終えてお風呂に入っていました。
 

夫とのセックスが遠ざかり、そのために私が更年期障害になって病院に罹ったとき、症状の改善にと、女医さんに勧められて、時々、自分でオナニーをするようになっていました。
そのときも、私は片足をバスタブのふちに置き、シャワーをあそこにあてながら、自分で敏感な部分を翻弄していました。
 

右手を前後に動かし、中指だけの挿入が人差し指、薬指と三本になり、Gスポットの奥から手前、再び奥へと強く挿入していると、私はもう息絶え絶えで「あっ、あっ」と声を漏らしていました。
そうしながら小指は会陰部を押し、親指はクリトリスを刺激していると、グーッと快感が涌きあがるのです。
 

目を閉じて体の芯から沸き起こる快楽に没頭していると、絶頂は突然来ました。
太腿に力が入り、挿入した右手を挟みつけ、膣が驚くほどの強さで収縮し、私はお風呂場の壁に思いっきり顔を押し付けて「あーッ」と出そうな声を押し殺しました。
 

右手は締め付けられたまま、三本の指を動かし続けていると、すぐに二度目の絶頂が来て、またしても私は壁に顔を押し付けました。
そして、三度目、四度目、五度目の絶頂が通り過ぎ、私はやっと息を継げるようになり、壁から顔を離したとき、なんだか背中にひんやりとした風を感じたのです。
 

後ろを振り向いて見ると、息子がお風呂場のドアを少しだけ開けて私のオナニーの様子を覗いていたのです。
私は心臓が止まりそうになりました。
 

何か言わなくちゃいけないと思いながら、言葉がでませんでした。
すると息子が、突然パンツを脱ぎ捨てて、ペニスを怒張させ、お風呂場に入ってきました。
 

「な・・・何よ・・・」 私は咄嗟にあとずさりしました。
息子はいきなり私の身体に抱きつきました。
 

「か・母さん・・・俺も・我慢できないよ・・・」 息子は私をぎゅっと力を入れて抱きしめました。
私より20センチも大きい息子の背中はガッシリしていて、なんだか自分の子供じゃなく、どこかの男性に抱きつかれているような感じでした。
 

私のお腹の部分には、勃起したペニスが押し当てられ、熱く脈打ち、息子が欲情していることがはっきりと判りました。
私のあそこがまたジーンと疼いてきて、乳首が固くなってきました。
 

息子は私を抱きしめたまま、ペニスを私のお腹にグリグリと擦りつけるようにして動かすと、うめき声を出して、私のおへその辺りに射精しました。
私のお腹でペニスが痙攣し、熱い精液が私のおへその辺りから流れ落ちていくのがわかりました。
 

「ダメよ・・・母さんに・・・こんなことしちゃ・・・」 そう言うと、息子は黙ったままでした。
私もそれ以上話すことがなくて、黙ってしまいました。
 

裸で突っ立ったまま、変な雰囲気に包まれて、何か言おうとした時でした。
息子がまた私に抱きついて乳房に顔を埋めてきました。
 

なんだか力が抜けて、止めもしないで、されるままになっていると、息子は私の背中を押すようにして裸のまま和室に連れて行き、そこへ私を寝かせると足を開かせて、あそこに口を押し付けてきました。
私は、ぼおっと頭の中が溶けたように、もう何が何だか判らなくなっていて、息子の舌があそこを這い、クリトリスに触れるたびに私はガマンできずに声を出しました。
 

両脚を大きく広げられ、息子のペニスが入ってきた時、初めて、近親相姦という言う言葉が頭に浮んできて、急に恐ろしくなりました。
「いやっ!だめ!」 私がそう言うのと、息子のペニスが私を貫いたのが同時でした。
 

息子のペニスは夫のものより太くて長くて、すごい快感で私の子宮を突き上げてきました。
息子は一気に激しく腰を動かし、やがて数分もすると、 「母さんっ・・・」 と声を出し、腰に力を入れて突き上げると、私の中に射精してきました。
 

その時は、私も近親相姦の意識はどこかへ消え去り、深い絶頂を迎えて息子の背中にしがみついて声を上げていました。
終わって、しばらく全裸のまま息子と横たわり、ぼんやりと天井をながめていると、もう後戻りできない罪を犯してしまったという、後悔の気持ちが湧いて来て、涙がこぼれてきました。
 

さん、ごめん・・・」 とつぶやいた息子がいとしく思えました。
息子とはその日から始まりました。
 

次の日から、夫の居ない昼間にセックスをするようにしていましたが、次第に息子は主人が家に居るときでも、私に合図を送り、体を求めてくるようになりました。
そんなときは夫がお風呂に入っているときの10分か15分くらいの間にセックスをするのです。
 

夫が急に出てくる時もあるので、リビングの陰に隠れるようにして、2人とも上は服を着て、下半身だけ露出して息子が後ろから挿入するかたちでセックスをします。
夫とはいつも正常位だけだったので、後から挿入されるのは息子が最初でした。
 

夫に気づかれないように、と思うと、余計に興奮して、手の甲を噛んで声を押し殺してセックスをしています。
もう今となっては、罪を承知で、このままずっと息子との関係を続けられるまで続けていきたいと思っています。
 

【近親相姦】息子のいやらしい視線に感じる母の秘密の性体験

読了までの目安時間:約 2分

私は39歳の主婦です。
私には高校2年の息子がいて、息子のいやらしい視線を感じるうちに自分でもドキドキするようになりました。
 

人とは何年も前からレス状態なのも手伝って、完全に息子を男性として意識するようになっていました。
息子に対して母親がこんな感情を持つことは普通じゃない…と悩んでもいました。
 

もついに今日…息子と関係を持ってしまいました。
シャワーを浴びている時、覗かれているのに気付いて、心臓が口から出そうになるくらいでしたが、意を決して、「コソコソ覗かないで入って来なさい!」って言っちゃった…。
 

子にとって初めての女性経験が母親というのもかわいそうな気がしますが、私は嬉しかったです。
筋肉質の引き締まったカラダ、主人とは比べものにならない大きく固いおちんちん。
 

して、何度出しても挑んでくるパワー。
若いって素晴らしいです。
 

れに初めて自分からフェラしたいと思ってしまいました。
口の中に出された精液を当たり前のように飲んでいました…。
 

子にSEXのテクニックなんて全く期待していませんでしたが、何も言わないのに意外と上手に乳首を吸ってくれましたし、アソコに手を導くとソコソコ気持ち良かったです。
エッチな動画で勉強したらしいんですが、ちょっと教えただけで思わず声が出るほど感じさせてくれましたから、これからが楽しみです。
 

日は私にとって人生のターニングポイントになりました。

【近親相姦】綺麗な母・息子に乱暴される母親の禁断の告白

読了までの目安時間:約 3分

今日は息子とお風呂に入りました。
私が入っていたら、突然息子が入ってきました。
 

々あることなので、びっくりもしませんがやはり息子の姿を見ると体も脳も固まってしまいます。
たいして広くない湯船に二人で入り、息子は私の大事な部分に指を突っ込んできます。
 

し痛いけれど我慢します。
今日は、なぜかおっぱいも触ってきました。
 

首を吸う行為もしてきました。
そうしたら息子が赤ちゃんだった時のことを思い出しました。
 

しくすぐったくて、何か一瞬穏やかな気持ちになりました。
今日はそれ以上のことは何も無く終わりました。
 

日は主人が夜勤です。
朝までちゃんと眠れるでしょうか?息子がいつ来るかと思うと怖くて、眠くなりせん。
 

かし、今日は息子が小さかったときの写真を引っ張り出してさっきから見ているのですが、あの穏やかな楽しい日々が懐かしくてしょうがありません。
いつから息子が怖くなったのでしょうか?今度息子とセックスするときに抱きしめてやろうかな。
 

か変わるかもしれないし、そんな気がするのです。
・・・昨夜、息子が2階から降りて来て、冷蔵庫の麦茶をぐいぐい飲むと、私のそばに来ました。
 

子はあごで私に横になるように促しました。
私は又人形のように心をなくし、言われるままに横になりました。
 

子は私のパジャマのボタンを一つずつ上から外していきます。
全部外すとパッとパジャマをはだけあらわになったおっぱいをわしづかみにしました。
 

して顔を胸に近づけ乳首を口に含みました。
そして吸い始めたのです。
 

はいつもならされるががままですが、昨日は計画通り気をしっかり持って息子を抱きしめました。
すると息子はびっくりして、おっぱいを吸うのをやめました。
 

して言いました。
「もっと抱きしめてくれよ」その言葉に私は抱きしめる力をもっと強めました。
 

してはっとしました。
私は息子を抱きしめることをいつからしていないだろう?ひょっとすると息子は親に抱きしめられた記憶が無いのでわないか。
 

日はセックスすることなく朝まで私の布団で一緒に寝ましたが、今日の息子は少し穏やかな顔をしているように思われました。
これなら話し合うことも出来るかもしれません。
 

【近親相姦】母を陵辱する息子のザーメン膣内射精で中出しされたレイプ体験

読了までの目安時間:約 6分

40歳の母親です。
高校生の息子に犯されるように関係が始まりました。
 

来ずっと犯され続けてます。
高1の息子に犯されたのは主人が夜留守の時、計画的だったと思います。
 

風呂に入り一息入れてビールを一杯飲んでいい気分。
息子の部屋に様子を見に行ったのは、期末試験が近いためしっかり勉強してるかの確認のため、ネグリジェ姿だったのが反省でした。
 

ーヒー持って行ってあげて調子はどう?とたずねました。
ぶっきらぼうにする息子。
 

強はしていない様子でした。
ああ、自慰行為だったのか、これも反省です。
 

イミング悪かった。
普段寝るときはネグリジェで下着はショーツのみで、乳首が薄っすらと見えてたかも。
 

子の視線を感じました。
嫌な予感・・突然立った息子に押さえ込まれガムテープで後手に両手首をがっしり縛られました。
 

タバタと足をさせるだけで動けない。
声を上げようとしてもためらわれた。
 

んなのご近所に知られたらと冷静な自分もいました。
小声でやめなさいと言っても聞く耳は持たず目が血走った状態で、ああやられるって観念したとこはありました。
 

れでも抵抗はしました。
ネグリジェを下からまくられ下半身があらわになった時は恥しかった。
 

もそれもむしり取られるように脱がされ息子の前にヴァギナをさらす。
足を閉じようにも体を入れられどうしようもありません。
 

で縛られた手が痛かった。
「やめなさい、やめなさい・・・」念仏のようにただ唱えるだけ、胸までネグリジェはたくし上げられ揉まれ吸われる。
 

を閉じて耐えるだけ。
息子の手がヴァギナに伸びて来た時はまた抵抗したと思います。
 

れだけは・・と言う思いが強かったから。
でも無駄な抵抗、荒々しくまさぐられ、クリトリスを摘まれ否応なしに反応する自分。
 

が中に入ってくる。
悔しいけど濡れていたと思います。
 

っさり奥まで指が入れられかき回される。
気持ち良くないはずなのに・・・その頃にはもうぐったりと体を動かそうとも思いません。
 

ーやられちゃうのか・・この子に・・』頭の中で漠然とそれを想像する。
涙が溢れてきたと思います。
 

して入ってきました。
自分が生んだ子供に犯される。
 

が狂いそうな状況です。
でも冷静に見ている自分もいるのです。
 

ぶんコンドームはしていない、まだ生理があって妊娠の可能性はあるからつぶやくように懇願しました。
「お願い、中で出さないで」と。
 

も残念ながら経験の無い?浅い息子はすぐに吐き出しました。
私の中ではっきりと感じる射精の感触、また涙が溢れてくる。
 

れだけでは終わらなかった。
次があるのです。
 

ぐに硬くなったのが入ってきて突かれる。
手と腰が痛かったからお願いしました。
 

をほどいてちょうだい。痛いから、もう抵抗しないから」一旦動くのをやめガムテープをはがす。
 

ったいどれだけ巻き付けてたのだろう。
長い時間がかかった。
 

うやく自由になってからどうしよう、今更抵抗してもとあきらめました。
ただ投げ出すように横になる。
 

た息子が体をいじりまわす。
後ろを向かされ入れられる。
 

し開いた足の間に体を入れ、また息子のペニスが私の中に入ってきた。
もうどうでもいい、そんな気分だった。
 

どなくしてまた射精を感じる。
もう私の中は息子の精液でいっぱいだと思います。
 

ういいでしょう?」その答えは返ってこない。
また押さえ込まれまた正面から入れられる。
 

晩中やるつもり?そう思えるくらい何度も犯され続けた。
開放されたときはもう立ち上がる気力も無かったので息子にお願いした。
 

風呂場に連れて行ってくれる?」精を放出し尽くした息子は申し訳なさそうな顔をしてた。
抱きかかえるようにしてお風呂場へ。
 

ャワーをフロアに座ったまま浴び続け、泣いた。
動けるようになってからヴァギナを洗う。
 

ャワーを全開にして指を入れてかき出すように、無駄なことだとは分かってるけど・・・。
バスタオルを巻いた姿でベッドルームへ向い、倒れるように横になったけど寝れそうになかったです。
 

チャっとドアが開き息子が入ってきたので咄嗟に身構えてしまった。
けど息子の口からは謝罪の言葉と大粒の涙。
 

んな事をされた後でも息子がかわいいのは変らない。
息子を信じたい気持ちもあった。
 

の後悔の始まりでもある。
つい抱き寄せてしまう。
 

ャワーを浴び全裸状態の私。
そのまま押し倒されるように夫婦のベッドの上でまた行為が始まる。
 

子に受け入れたと勘違いさせてしまった。
もう拒めない、息子を両腕で抱きしめ受け入れてしまっている。
 

ったばかりの膣はもう濡れて息子を受け入れている。
私はその日の数え切れない回数の息子とのSEXの最後の射精を受け入れた。
 

息子を溺愛する母の近親相姦体験

読了までの目安時間:約 5分

47歳の主婦です。
不妊治療など色々手を尽くしても妊娠しなくて、医者からはもう無理かもしれないと言われたときに出来た息子も14歳になりました。
 

っと出来た子だったということもあり、甘やかして育て何をしても叱ることをしませんでした。
息子が小学校低学年の頃までは一緒の布団で寝ていて、息子はわたしの太ももの間に手を入れてきたり、オッパイを触ったりしていました。
 

子が大きくなってきて、息子も自分の部屋で寝るようになったんですけど、三ヶ月くらい前にわたしが寝ている横にそっと入ってきたんです。
わたしも久しぶりに息子と寝るのも悪くないと思い、そのままにしていたのですが、息子がわたしのオッパイを触り始めたので、「こら~甘えん坊なんだから」と言いそのままオッパイを触らせていました。
 

たしが拒否しないことがわかると、パジャマの上着をずらしてオッパイを舐め始めると同時にわたしの太ももの間に手を入れ、下着の上から恐る恐るですけどアソコを触り始めました。
わたしは息子の行為がいじらしくなって息子の頭をなでていたら、わたしの手を取って股間にあてがったんです。
 

こには、勃起した息子のオチンチンがあり、息子はわたしの手をオチンチンにあてがいながら上下に擦り始めました。
わたしは息子に「どうしたの?」と聞きましたが、息子は無言でわたしのオッパイを吸い続け、オチンチンにあてた手も動かし続けていました。
 

たしは息子の耳元で、「溜まっちゃったのね」と言い、息子のオチンチンを握り、今度はわたしの意志で上下に擦りました。
息子もわたしのアソコを筋に沿って触りながら、わたしの手の動きに段々と息が荒くなり、身体を硬くしたかと思ったらわたしの手の中に大量の精液を出したんです。
 

たしが息子に「気持ちよかった?」と聞いたら、息子はわたしのオッパイに顔を埋めたままうなずき、「もっとしたい」と言ったんです。
わたしは「オチンチンを綺麗にするから、ちょっと待ってね」と言い、顔を息子のオチンチンの所に持って行き、息子のオチンチンを咥え、息子の精液を舌で綺麗に舐めとりました。
 

たしが息子のオチンチンを舐めていると、「お母さんのマンコが見たい」と言われ、わたしは下着を脱いで息子に見えるようにアソコを顔の上に持っていきました。
「すごい、お母さんのマンコが見えるよ。少し濡れてるみたいだよ」と言いいながら触り始めました。
 

うなんです、息子に触られたり、息子のオチンチンをいじってる間にわたしも少しずつ濡れてきていたんです。
息子はわたしのアソコをいじっていたかと思うと、急に舐め始めました。
 

たしは「あーん、そんなことするとお母さん気持ちよくなってきちゃう」と甘えるような声を出してしまい、それに気をよくした息子はわたしのアソコに顔を埋めるようにしてさらに舐め続けました。
わたしのアソコを舐めながら、また身体を硬くし、口の中に射精したんです。
 

子は射精しても、アソコを舐め続け、ついに「お母さんのマンコに入れたい」と言い出しました。
わたしもその時には、息子のオチンチンが欲しくてたまらなくなっていましたので、息子のオチンチンを迎え入れてしまったんです。
 

子は腰を激しく動かしながら「お母さんのオマンコ気持ちいい」と何度も言いながら、「もう出そうだよ」と言いました。
わたしもすごく興奮して、「出していいのよ、お母さんも逝っちゃいそうなの、お母さんの中にいっぱいちょうだい」といい、膣の深いところで息子の精子を受け入れてしまったんです。
 

子はわたしの中で果てて、そのまま眠りについてしまい、わたしも息子を抱きしめながら裸のまま眠ってしまいました。
それ以来、息子と同じ布団で寝るようになり、毎日のように息子を迎え入れています。
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】