告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

彼女の友達の裕子ちゃんとは小さい慎重にむっちりボディ、タンクガールってかんじ。イイナアと思ってたらヤレたんで思い出に中出しキメときました

読了までの目安時間:約 12分

の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。
今は保育園の先生をしている。
身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。
顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。
彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。

 

彼女の友達の裕子ちゃんとは小さい慎重にむっちりボディ、タンクガールってかんじ。イイナアと思ってたらヤレたんで思い出に中出しキメときました【イメージ画像1】

 
裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。
里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。
結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。
じゃあ、お開きということで眠りについた。
夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。

 

僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」
というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」
「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」
「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」
「えっ、どうやって?」
「ふふっ」いきなり里香と僕のベットの布団に手を入れてきてアソコを触り始めました。

 

彼女の友達の裕子ちゃんとは小さい慎重にむっちりボディ、タンクガールってかんじ。イイナアと思ってたらヤレたんで思い出に中出しキメときました【イメージ画像2】

 
「だめだよ。里香いるし・・・。」
「しーっ!里香ちゃん向こう向いてるから・・・。こっち(の布団)来て。」ローファーベットなので高さがほとんどなく、1メーター以上離れているが高さ的には、真横に里香がいる感じ。

 

も裕子ちゃんも私服のまま寝ているので、僕はジーンズを脱がされてフェラされてしまいました。
「まっくんの、おっきい・・・。期待しちゃうよ」
「こんなことダメだよ・・・裕子ちゃん、あっ・・・」チュボッ、チュボッと勢い良くフェラされて「音が大きいよ、里香が起きちゃうよ」
「このほうが興奮するじゃん」里香にもしてもらったことのないような激しいフェラ・・・。
お尻の穴をイジられながらのフェラは初めてで何回もイキそうになりました。
「裕子も気持ち良くしてー。」自分からジーンズとパンティを脱いで四つんばいに。

 

裕子ちゃんは普段まじめなのに自分から脱ぐなんて意外でした。
彼女の里香はスレンダーでAカップ。
対照的に裕子ちゃんはお尻がデカくてオッパイもCかDくらいありそうなカラダ・・・。
正直ひとりHで何度も裕子ちゃんのカラダを想像して抜いていました。
目の前にその裕子ちゃんの巨尻がナマで見れるなんて・・・。

 

色白なのでお尻は真っ白という印象。
明かりは間接照明が点いているだけでしたが、窓から月明かりが明るく、裕子ちゃんの白いおしりと具もしっかり見えました。
手で掴めないくらいの大きな柔らかいお尻にむしゃぶりつき、ビロビロを舐めまくりました。
お風呂に2人とも入ってなかったので「女の香り」がすごくしました。
四つんばいということで、丸見えになっていた肛門も舐めてあげました。

 

「まっくん、気持ちいいよ。すごぉい、お尻の穴までしてくれるなんて・・・。感じちゃうよ。イっちゃうよ。里香ちゃんよりして、激しくしてぇ。」裕子ちゃんのポロシャツ・ブラを脱がして愛撫。

 

ッパイも、とにかくデカい。
ロケパイでいい形していて乳首の色もきれいな感じ(月明かりで見た感じでは)。
裕子ちゃんは自分で乳首をコリコリしながら「クリがワタシ感じるからして・・・。」僕がクリの位置を確認してジュジュジュッと吸ったり嘗め回してやると、裕子ちゃんはロケパイを掴み自分で乳首をいじくりながら、カラダをのけ反らして「あぁっ、イっちゃうよ、仕事の事とか忘れさせてっ、すごいいいのっ、まっくん・・・っく・・んっ・・んぁ・・・」カラダをビクンッビクンさせて裕子ちゃんはイってしまいました。
裕子ちゃんは僕の乳首を舐めてきて、手コキ・・・。

 

「まっくんの、欲しいの・・・入れてぇ。」
「今日ゴム持ってきてない・・・。」
「いいよ、ナマでさ・・・。」
「えっ、でも・・・。」掛け布団を敷いてローファーベットと高さを同じにして裕子ちゃんが自分で頭とカラダをを里香のベットに直角に乗せる。

 

裕子ちゃんの頭の先は、距離は少し離れているが、すぐに里香の脇腹くらいだ。
「こんなとこじゃ、里香にバレるよ」
「大丈夫、スリルがないとストレス解消になんないじゃん(笑)刺激が欲しいの・・・。来て」裕子ちゃんは自分で大きく股を開いて、抱っこしてのポーズ・・・。
僕はそのまま正常位で迎え入れられ、深くナマで挿入。
「んぁっ!まっくんの、おっきいから気持ちいいよっ、里香ちゃんの横でいっぱいしてっ!いっぱい裕子を愛して!!」里香とはいつもゴムをつけてHしてるのですごく気持ちよかったです。

 

しばらく突いたところで「後ろからガンガン突いて」と指示が裕子ちゃんから出た。
バックで挿入、やっぱり尻がデカい。
ポワンポワンっと突くたびに裕子ちゃんの巨尻が揺れる。
右の親指でお尻の穴も愛撫しながらガンガン突いた。
「してっ、もっとしてぇ。里香ちゃんよりも強くお奥まで突いてっ」もう里香の腕をつかまんとするくらい裕子ちゃんは里香に近づく。

 

裕子ちゃんにこんな性癖があったなんて・・・。)」バックでついていると上から見ているので、里香が壁を向いて寝ているのがすぐそこに見える・・・。
里香の友達の裕子ちゃんと裸でこんなことすぐ横でしてるなんて・・・。
「(ごめん、里香・・・。でも裕子ちゃんのカラダはスゲエよ。夜、ひとりHで想像してたのよりずっと。)」裕子ちゃんの膝は下の布団だが、腕は里香のベットに置いてバックをしているので突く度にベットが揺れた。

 

また正常位に戻る。
ロケパイを揉みながら、里香では決して味わえないその感触に感動・・・。
裕子ちゃんは自分の手でクリトリスを愛撫してオッパイは僕の係(ほとんどオナニーじゃん)・・・。
二度目の絶頂を裕子ちゃんは味わったようだ。
挿入を深くしてお互い抱きしめ合う。

 

「私のこと好き?」
「うん、好きだよ・・・」裕子ちゃんは少しぽっちゃりしてるので抱き心地がいい。
「あっ、オレもう、イクよ」
「そのまま出して。里香ちゃんのそばで。興奮するよ、バレちゃいそうなこのスリルがたまんない。こんな興奮ってないよ、まっくん。」こっちまで興奮してきて腰を動かすたびに里香のベットが揺れたが、もうすぐそこで寝ている里香のことはおかまいなしに腰を振りまくった。

 

お互い、「はぁ、はぁ」と息遣いが荒くなる・・・。
正直、早めに抜いておなかに出そうと思ったが、裕子ちゃんは、気づいたら僕の腰に足を巻きつけていた。
だからペニスを抜こうとしても抜けない・・・。
「いっぱい出してっ。まっくんをいっぱい出して!!里香ちゃんよりたくさん出してっ、ワタシ興奮しちゃうよぅっ、まっくん、里香ちゃんのすぐそばだから興奮しちゃうっ、またイっちゃう!!・・・んぁっ・・・ぁん・・・い・・く・・・ぁ・・」僕はそのまま裕子ちゃんの膣の中に射精。

 

が射精したと同時に裕子ちゃんはイッてしまいました。
「まっくんに中に出されたって分かった瞬間に(女としての)本能的に感じちゃったよ。だから今までで一番の深い絶頂だったよ。まっくんにカラダを奪われた、ってね。オスとしてのまっくんがワタシの子宮で自分の子供を受精させて産んで育てて欲しいって感じたの。」お互いイって抱きしめ合いながら、里香がすぐそばで寝ている横でこんなこと言われたが、もしデキちゃったらこの子と・・・

 

 

【関連動画】

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 小西ケイコ

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 小西ケイコ

 

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 小西ケイコのあらすじ

バツイチ。24歳の時結婚。が半年位で離婚。お互い心の内を語り合えず信頼関係が築けなかったのが原因。その後10年間、2匹の犬と暮らす独身。随分寂しい暮らしをしていたが今回、AVにはその辺の寂しさを癒す為SEXに興味があっての応募であった。お金は2の次であったらしい。仕事は美容部員。最後にSEXしたのは半年前。男はこの10年の間時々はいたらしい。カテゴリ:熟女出演者:小西ケイコレーベル:BTC.TVメーカー名:ブレーントラストカンパニー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 小西ケイコに管理人のつぶやき

 

旦那の晩酌にも全裸でお酌をして肉棒もお尺する。から見事センビレデビューを果たした還暦美熟女、そしていよいよ動画の出演承諾を得る事に…身寄りの無い状態の花を、さんざん責められても感じる淫乱な女です。田舎に来ようと提案したのは旦那の提案だったがそれでも義母友利子は嬉しそうにしていた。視線を外すな!調子に乗って母乳を飛ばしまくる!B90W60H87と日本人離れしたプロポーションに透き通るような美肌の香田麗奈さん。仕返しされてしまうP○A会長本田謝礼で釣り上げる。面識のある上司の奥さんはあっさり家に入れてくれて世間話。下着は旦那の前では決してはくことなんてあり得ないT-BACK。悶え狂う顔が何とも言えない、半強制でズボンを下ろさせられる。ファン宅訪問、いやらしいことには貪欲で…厳選した6人の素人妻の激しく淫らな痴態を心ゆくまでお楽しみください。不妊治療のカウンセリングを受けにきた若夫婦。マン喫ソファで両手、二人きりの時間を過ごせる!嫁が孕むまで毎日続くのだった…と悩む母。初めての情事を愉しむ、停車中の車の中でフェラをして大量の口内発射。生はダメ?と言いつつも…今回は少々風変わりなホテルを使用(平助)中出しされても笑顔でした!肉厚の唇から溢れ出る甘い誘惑、とにかく母さんの全部を手に入れたい。声を堪えバレたらアウト、知らぬ男に抱かれ満たされたい奈美さん。SEXの対象だけがマンコではございません。ママの爆乳独り占め!入れてなお良し、エリカは淡白な夫とは違う会長のSEXに目覚めてしまう。映像の中に思わず飛び込みたくなるような衝動を禁じ得ない!ローターでクリを刺激すると体を震わせ感じまくるエロ妻に変貌!息子のタクミは東京で働いていたがクビになり、口元をクリームでべっとべとに汚し濃厚に息子の舌と絡め合う。昼間は事務の勤めをし、美人弟嫁観察をはじめて一ヶ月が経ったある夜、本性はド淫乱。さぁ早くアナタも夢の扉を開いて葵ママに会いにきてくださいね!人妻を求め都内の街角でマジナンパ!アクメ狂い!見習いマッサージ師風間ゆみとの強烈W攻めや患者との熱いSEXに涼子の身体も快感絶頂!

 

『バツイチ熟女 三十路おんなの物語 小西ケイコ』の詳細はこちら

今は亡き息子のお友達に慰められる私…。はじめはお話しだけだったんだけど、だんだんぬくもりやスベスベした肌に触れたくなり、ついに…

読了までの目安時間:約 28分

は38歳の主婦です。
半年前に交通事故で、夫と中学1年生の一人息子を同時に失いました。
その時の落胆といったら、言葉ではとうてい言い表すことはできません。
それが元で、数ヶ月間寝こんでしまいました。
いまでも、時々、夫と息子のことを思い、ボーっと一日を過ごすことがあります。

 

今は亡き息子のお友達に慰められる私…。はじめはお話しだけだったんだけど、だんだんぬくもりやスベスベした肌に触れたくなり、ついに…【イメージ画像1】

 
生前、息子には同級生の、あっ君という、ちょっとかわいい、内気な感じの男の子がいて、家に良く遊びに来ていました。
しかし、息子が亡くなってからは、遊びに来なくなっていたのですが、今から2ヶ月位前にひょっこり家に現れたのです。
そこで、男の子に「知っていると思うけど息子は亡くなったので、もう遊べないのよ」と言いますと「知っています」と言ってもじもじしているの。
「どうしたの」と聞きますと「ゲームがしたいの」と言ったのです。
そうなんです。

 

息子には、せがまれるまま、たくさんのコンピュータケームソフトを買ってあげました。
そのソフトで二人がよく遊んでいたのを思い出しました。
息子の部屋はそのままにしてありますので、ゲーム機や大量のソフトもそのままにしてあるんです。
この男の子の家は近所なんですが、父子家庭で、お母さんは、その子が小さい時、家を出たことを、うわさに聞いたことがありました。
そして、この男の子が以前、家に来たとき、「お父さんが、ゲーム機を買ってくれない」ということを言っていましたので、かわいそうになって、「息子の部屋でゲームしてもいいわよ」と、男の子を家に招きいれたのでした。

 

今は亡き息子のお友達に慰められる私…。はじめはお話しだけだったんだけど、だんだんぬくもりやスベスベした肌に触れたくなり、ついに…【イメージ画像2】

 
それからというもの、この男の子は学校が終わると、毎日の様に家に来る様になり、夕方まで、ゲームをしていました。
自分の家に居ても、夜にならなければ、父親は帰って来ないのでつまらなかったのだろうと思います。
また、私にしても、死んだ息子が部屋にいる様な気がして、男の子を暖かく迎えたのでした。
ある日のこと、男の子に、冗談に「ボク、おばさんのこと、好き?」と聞いてみました。
すると、「はい、大好きです」とうれしいことをいいます。

 

んなところが好き?」と私。
「やさしくて、きれいだから」と男の子はいいます。
「そうなの、おばさんもうれしいわ。ねぇ、ボク、うちの子にならない?」と冗談で言うと、「えっ、ほんと、おばさんの子になる」と言います。
「そう、それなら、今からうちの子ね、うちの子なら、私をお母さんと呼んでね」と私。

 

すると、「僕、おばさんみたいなお母さんがほしかったの」と抱き着いてきたのです。
よほど母親の愛情に飢えていたのでしょう。
私も本当に自分の子供の様な気がして、きつく抱きしめたのでした。
そして、「何でも困ったことがあったら、相談してね」とやさしく言ったのでした。
それから、何日かした、土曜日の朝、その子がやってきたのです。

 

いくら、学校が休みとはいえ、朝からどうしたのかと思って男の子に「どうしたの?」と聞いても、もじもじとして、答えません。
「私はあなたのお母さんよ、恥ずかしがらずに、何でも話して、ね」と説得して、ようやく口を開いたのでした。
「ぼく、おねしょしちゃったみたいなの、でもネバネバしてるの」と小さな声で答えたのです。
「そう、じゃあ、ちょっとお母さんに見せてくれる」と言い、男の子を家の中の私の寝室に連れて行きました。
寝室なら、ちょっと薄暗いので、男の子の下半身を裸にしても恥ずかしがらないだろうと思ったからです。

 

男の子を私のベッドの上に寝かすと、恥ずかしくない様に、ベッドの上にあった、私のパジャマを顔にかけてやりました。
そして、ズボンを静かに脱がせていったのです。
すると、プ?ンと、あの精液独特の青臭い匂いが匂ってきたのです。
男の子の白いブリーフの股間の部分には、かなりの広範囲が、精液で黄色く変色し、端の方はもう、乾いていましたが、大部分のところはまだ湿っていました。
そのブリーフを脱がせて、裏返しにしてみて驚きました。

 

供とは思えない程の大量の精液がまだ生乾きのまま付着し、あの青臭い精液臭を放っていたのです。
「これは、おしっこじゃなくて、精液よ。男の子はあなたぐらいの年頃になると、おちんちんの傍に付いているタマタマで、精液が作られ、それがたくさん貯まると、今回の様に寝ている時に自然と出てしまうのよ。これを夢精というのよ。だから、心配ないわ」すると、男の子は、「そうなの」と安心した様子でした。

 

「じゃ、体の汚れたところを拭いてあげるね」といって、タオルをお湯で濡らせて、男の子の陰茎、タマタマ、そして、肛門まできれいに拭いてあげました。
拭いている最中、とても気持ち良さそうにしていますので、「気持ちいいの?」と聞きますと「うん」と答えます。
「それからね、おちんちんが皮をかぶっているでしょ。お風呂に入ったとき、この皮を完全に根元までむいてね、中の亀頭という、このビンクの部分を、お湯でやさしく洗うのよ、皮の内側もね。そうしないと、恥垢という汚れが貯まって匂うのよ。皮を普段からむいて亀頭を露出しておくと、恥垢はたまりにくいのでこれからは、毎日、心がけてね。こうすると、大人になってから包茎という具合の悪いことにもならないの」
「わかった?」と私。

 

「はい」と男の子。
「じゃあ、いまから、おちんちんの皮をむいて、恥垢が貯まっているか調べるね」と言って、おちんちんの皮をむいてみました。
「ボク、恥垢がだいぶ貯まってくさいから、今から、取ってあげるね」と言って、綿棒で恥垢を取ろうとしたけど、ちょっと痛いみたくて、腰を引いて逃げてしまうの。
しかたないので、舌でやさしく舐めとってあげることにしたの。
男の子は、顔に私のパジャマがかかっていたので、舌先だとは気がつかなかったでしょうね。

 

舌先で少しずつ恥垢舐めとって、テッシュに吐き出していったの。
そのうち、男の子のおちんちんがだんだん勃起してきたの。
「気持ちいいの?」と聞くと、「ちょっと痛く感じる時もあるけど、気持ちいい」と言います。
私は男の子を変に興奮させては、まずいと思い、「もう少しで終わるからね」と手早く済ませ、男の子には、息子のブリーフを履かせ、ズボンを履かせて、「さあ、終わったから、もういいわ、ゲームしていいわよ。
あの汚れたパンツは洗濯して乾いたら返すからね」と、男の子の精液がベッタリと付いたブリーフは寝室のベッドに置いたまま、男の子と寝室を出たのでした。

 

はリビングの掃除をし始めましたが、どうしても、寝室に残してきたあの子の精液の匂いのするパンツが気になってしかたありませんでした。
そこで、早く洗濯してしまおうと、寝室にその子のパンツを取りにいったのです。
一人、寝室に入り、ベッドの上に置いてあるあの子の精液で湿ったパンツを手にとって部屋を出ようとしたのですが、あの青臭い精液特有の匂いを胸の奥に吸いこんだ途端、一瞬めまいがして、今までの理性がはじけ飛んでしまいました。
気がついた時は、あの子の精液まみれのパンツを顔に押し当てて、ベッドにうつ伏していたのです。
あの子の精液の匂いをいを嗅ぎながら、夫が生きていた時、毎日の様に営まれた激しい性生活を思い出していました。

 

夫は性交時には、コンドームなど使わず、いつも膣内に直に射精をしておりました。
私も膣内射精時のあの暖かい精液が子宮口にかかる感じが大好きでした。
射精時は、おまんこの中の夫の熱い肉棒が少し膨らんだかと思うと、その後、すぐ、夫の愛のお注射のお射精が始まるの。
ドビュ、ドビュと膣の中の奥の子宮口に暖かい夫の精液が当たるのよ。
それが、あまりにも気持ちよくて、いつも、おまんこがきゅっと締まるの。

 

そして、私は夫の腰に足を巻きつけながら、「もっともっとちょうだい」とおねだりしてしまうのです。
夫は、それを聞いて、熱い肉棒をさらに深く挿入してくるの。
だから、熱い肉棒の先の亀頭が、子宮口にすこし入り込むのよ。
そこで、夫は、更に、お射精を続けるので、夫の精子が子宮の中にもたくさん、入り込んだと思うの。
そのとき、赤ちゃんができるかもと一瞬思ったけれど、気持ちよくて、気持ちよくて、思わずすすりないて、イッてしまうのよ。

 

射精後、膣内から流れ出る夫の精液と、私の愛腋の混じった淫腋をテッシュペーパーで、何度も拭い取ります。
翌朝、夫が横で寝ているベッドの中で、このテッシュの淫腋の匂い(ほとんど、夫の精液の匂いなんですが)を嗅ぐのが大好きでした。
嗅ぎながら昨夜の夫婦の交わりを思いだし、夫に覆い被さることも、ありました。
そして、朝の愛のおまんこお注射が始まるのです。
そんな、過去の性生活のことが思い出され、おまんこが濡れてくるのが分かりました。

 

うなるともう、制止はききませんでした。
あの子のパンツに顔を押し付けたまま、うつ伏せの姿勢で、お尻を持ち上げ、ロングスカートを大きく捲り上げ、パンティを脱いで、心行くまで、激しく、オナニーをしてしまったのでした。
それから数日後の朝、学校のカバンを持って、あの男の子が現れ、もじもじしながら「僕、また、あのお漏らしをしてしまったの」と言うではありませんか。
私は、男の子が学校に遅れると困ると思い、家の中に男の子を入れ、この間洗濯しておいた男の子のブリーフを手早く穿かせ、「学校から帰って来たら、股間をきれいに拭いてあげるね」と言って、男の子を学校に送りだしたのでした。
男の子を学校に送り出して、考えました。

 

今日、学校から帰ってきたら、オナニーを教えてあげようと・・・午後、男の子が帰ってくると、寝室のベッドに寝かせて、この間の様に、男の子をおしめを代える様な格好にさせて、暖かい濡れタオルで、肛門やタマタマを拭いてから、あお向けに寝かせ、陰茎を拭いてあげました。
拭いている最中は、陰茎の皮のむき癖がつく様、皮をむいて亀頭を露出しておいたのは、いうまでもありません。
それから、男の子に、「今朝の様なお漏らしをしない様にするには毎日、自分の手で、精液を出してしまえば、夢精はしなくなるの。自分で精液を出すには、オナニーと言ってね、自分のおちんちんを手で握って、その手を上下に動かすのよ。そうするとね、とても気持ち良くなって、そのうち、我慢できないほど気持ち良くなって、精液がほとばしり出るのよ」
「じゃ、まずお母さんがしてあげるから、その次からは、自分でするのよ」といって、男の子の陰茎を軽く握って、その手を上下に動かしたのでした。

 

すると、しばらくして、陰茎がだんだん、手の中で大きくなって勃起してきたのです。
更にしごいていると、肩で息をしている様なの。
「気持ちいいの?」
と聞くと「はい」と答えます。
男の子のピンク色の亀頭の陰茎は、これ以上大きくなったら破裂するくらい、固く勃起し、亀頭の先端からは、おびただしい量の先走り露が、溢れ出し、陰茎を握っている私の手に伝ってきました。
私は、その先走り露を手に取り、陰茎全体に、ローション代わりに、まぶし、手でやさしく陰茎全体を包み、陰茎を上下にさすったの。

 

何度か、しごいた時、「あぁ?」というため息の様な声が洩れたかと思うと、手のひらの中の陰茎が膨らみました。
そして体を大きく反り返し、体を振るわせながら、最初の射精が始まったのです。
最初の一撃は、私の額と髪の毛を直撃しました。
私は陰茎のしごきを続け、次の射精をうながしました。
最初の射精が起こって間をおかずに、2回、3回と次々に射精が起こりました。

 

れだけ経ったでしょうか、射精がおさまったので、「どう、気持ち良かった?」と聞きますと、肩で息をしながら「はい、とっても」と答えるのでした。
「これからは、自分で毎日、寝る前にしなさい、そうすれば、寝ている時お漏らしはしないわ。それとね、寝るとき以外でも、したくなったらいつしてもいいからね」と言い聞かせました。
「それから、とても大事なこと、それはね、オナニーする時はいつも、おちんちんの皮を出来るかぎりいっぱいむいて、このピンクの亀頭を露出させてから、するのよ。そして、オナニーの時以外でも、おちんちんが勃起して、固くなってきた時には、おちんちんの皮をできるだけいっぱいむいておく様にするのよ。おちんちんの皮を普段からむいて亀頭を露出しておくと、むき癖がついてね、大人になってから包茎という具合の悪いことにもならないの。だから、毎日、心がけてね」と教えたのでした。

 

それから、「今日だけ、特別ね」と言って、ピンクの亀頭の鈴口から、まだチロチロと出ている精液を吸い取り、精液まみれの亀頭をきれいに舌で舐めとってあげました。
外の刺激をほとんど受けていない亀頭をいきなり、テッシュで拭くには刺激が強すぎて痛いだろうと思ったからです。
それから、お湯で湿らせたタオルで、陰茎に付いた精液をきれいに拭いてあげたのです。
それから、二週間が過ぎましたが、あっくんは、もう夢精のことは何も言わなくなりました。
ある日のこと、あっくんが帰った後、息子の部屋のゴミ箱の中のゴミが大分貯まってきたので、中のゴミをゴミ袋に移し替えようと、ゴミを手にしたところ(ほとんどがテッシュだったのですが)、湿ったテッシュがあったのです。

 

何気なく、手にしたところ、あの青臭いツーンとする精液の匂いが鼻をつきました。
無意識のうちに、そこに座り込んで、丸められたテッシュを開いてみました。
すると、そこには、やや黄色みをおびた大量の精液があったのです。
久しぶりに嗅ぐ精液の匂いに頭がくらくらして、気がついてみるとそのテッシュを顔に押し当てていました。
それから後、私のしたことは、ご推察のとおりです。

 

その場に座り込んで、スカートを捲り、脚を大きく開いて、おまんこをいじり、激しくオナニーをしてしまったのでした。
オナニーの後、冷静に考えてみますと、あっくんは、夜だけでは我慢できなくて、ここでも、オナニーをしていたのです。
明日、あっくんが来たら、オナニーのことについて聞いてみようと思いました。
翌日、あっくんが来たので、「ちょっとお話があるの」といって、あっくんをちょっと薄暗い寝室に連れていったのです。
そこで、あっくんに「オナニーのことなんだけど、毎日してるの?」と聞きました。

 

ぐに答えませんでしたので、じっと待っていますと「はい」と返事をしたの。
「そう、一日、何回ぐらいするの?」
「多い時で3回位します」
「そうなの、いいのよ、ボク位の年頃は、一番したい時なの。したかったら、何回でも、していいのよ」と私。
「それから、もう一つ聞くけど、おちんちんの皮むいて、よく洗ってる?それと、おちんちんが勃起しているときは、皮を出来るだけいっぱいむいて、むきぐせをつけてる?」
「はい」とあっくん。
「そお、いい子ね、それじゃ、これから、どのくらい、おちんちんの皮がむける様になったか、調べてあげるから、寝室に行きましょう」と、寝室に連れていったの。

 

あっくんをベッドに寝かせて、目をつぶる様に言ったの。
それから、恥ずかしがらない様に、顔に、何か、掛けてあげようと思ったのだけれど、周りに適当な物が無かったの。
そこで、今、穿いているパンティを脱いで、あっくんの顔の上に掛けたの。
脱いだままだから、パンティの裏・表がひっくり反って、生地の裏側のおまんこ汁で汚れている部分があっくんの鼻や口の部分にきてしまったのです。
私はあっくんのズボンとパンツを脱がせました。

 

そして、耳元で、「何か匂う?」と聞きます。
あっくんは「はい」と答えます。
「その匂いはね、女のフェロモンの匂いよ、おまんこの匂い」とささやくとあっくんは「チーズの様な匂いです」答えます。
そして、あっくんは盛んにパンティにべっとりと付いている淫液を嗅いでいます。
するとどうでしょう、あっくんのちんぽは、勃起し始めたではありませんか。

 

そして勃起と一緒にちんぽの皮は完全に剥け、ピンクの亀頭が完全に露出しました。
これなら、この勃起したちんぽをおまんこの中に入れても、痛くはないでしょう。
私はあっくんの耳元で、「オナニーより、もっと気持ち良いことをおばさんとしてみる?そして、男になってみる?」とささやいたのです。
あっくんは、「はい」と答えます。
「それでは、これから大人になる儀式をしましょう」とささやいて、私たちは着ているものをすべて脱ぎ、生まれたままの姿になったの。

 

して、私はベッドの端に腰を下ろし、脚を大きく開いたの。
そして、あっくんを私の脚の間に座らせたのよ。
そうすると、あっくんの目がちょうど、おまんこの位置にくるのよ。
それから、おまんこを大きく開いて、小陰唇、クリトリス、尿道口、膣口などの位置や役目について詳しく説明してあげたの。
あっくんは目をギラギラさせながら、熱心に聞いていたわ。

 

そうしたら、私も興奮して、膣口から愛腋がタラタラと流れてきたの。
それを見ていたあっくんは、舐めたそうな顔をしていたので、思わず私はあっくんの頭を引き寄せて、あっくんのお口をおまんこにおしつけてしまったの。
あっくんは、飢えた野獣のように、がむしゃらにおまんこを舐めたり吸ったりしていたの。
上手とは言えないけれど、おまんこの扱いに慣れていないういういしさが、新鮮でいいのね。
しばらくしてもらっているうちに、とても気持ちよくなって、私は少し、イッてしまったの。

 

はっと我に返り、あっくんの頭を引き離し、あっくんをベッドの上に寝かせたの。
あっくんのちんぽは、先ほどのクンニスリングで、非常に興奮したらしく、今にもお腹に触れるくらい固く勃起して、亀頭からは、ダラダラと、先走り露を流していたわ。
この露がピンクの亀頭全体を濡らして、亀頭がテラテラと輝いていたのよ。
とてもきれいだったわ。
「さあ、これから、大人になるとても気持ちいい儀式をしましょう」とあっくんにささやいたの。

 

「あなたのおちんちんがおまんこに入るところをよく見ているのよ」そう言って、私は結合部がよく見える様に、あっくんの下に枕を二つ重ねにして、頭を高くしてあげたの。
それから、私はあっくんに跨り、片手であっくんのちんぽを持って、もう片方の手でおまんこを大きく開いて、静かに腰を落としていったの。
あっくんのピンクの亀頭は先走り露で濡れており、私の膣口も愛腋でベトベトに濡れていたので、あっくんの亀頭はスムーズに膣に飲み込まれていったの。
亀頭部が完全に膣に入ったところで、腰を落とすのを止め、あっくんに、「どう、あなたのおちんちんの先っちょがおまんこに飲み込まれたのよ。分る?感じはどう?これで私たちは夫婦よ、夫婦は毎日、これをするのよ」とささやいたのです。

 

っくんは、「はい、分ります、おまんこの中、暖かいヌルヌルした感じに包まれて、とても気持ちいいです。」と答えます。
私は腰を何回も上げ下げをして、あっくんの亀頭を膣口から出し入れして、亀頭部の挿入感を楽しんだのです。
膣口は性感帯なので、膣口で亀頭を出し入れすると、とても気持ちいいのです。
また、あっくんの亀頭部も、性感帯が集まってとても敏感ですから、あっくんもとても気持ちいいはずです。

 

あっくんの目は、気持ちよくて、放心状態の様にトロンとしていたわ。
「さあ、これから、あなたのおちんぽをすべて、私のおまんこの中に挿入するから、よく見てるのよ」そう言って、私は腰を少しずつ、落としていったの。
そして、あっくんの固く勃起した陰茎は、私の膣に完全に飲み込まれたの。
「どう、感じは?」と私。
「はい、おちんちん全体が暖かくてヌメヌメしたビロードで包まれて、少し締め付けられている様な感じでとても気持ちいいです。天にも昇る様な感じです。」とあっくんはうわごとの様に答えます。

 

「さあ、これで、あなたは、私の男になったのよ。私たちはもう他人じゃないのよ、夫婦と同じことをしているのよ。」と私はあっくんの耳元でささやきます。
あっくんは、今まで経験したことが無い様な、快感の中で「はい」と答えるのが精一杯でした。
私はあっくんがとてもかわいくなって、おまんこに陰茎を挿入したまま、舌と舌をからめて、お互いの唾液を飲み合う、激しいキスをしばらくの間していたわ。

 

この様な激しいキスをしている間も、腰(おまんこ)だけは別の生き物の様に、さらに上の快感を求めて、あっくんのちんぽを飲み込んで、クネクネと、いやらしく自然に動いてしまうの。
そして、この腰の動きに合わせて、おまんこも自然に、愛腋をトロトロと流しながら、あっくんのちんぽを飲み込んだまま、収縮運動を繰り返すのよ。
おまんこ、そして腰全体がとろける様にとても気持ちいいの。
あっくんは、あまりの気持ち良さと、興奮のために、私の下で、荒い息をしていましたが、やがて、「あぁー、出る」と一言叫んだかと思うと、私の体を持ち上げる位に弓なりにのけぞったの。
そして、この直後、ドクドクと陰茎が脈動し、膣の最も奥深い所で熱い、激しい、白濁色の精液の噴射が始まったわ。

 

うなの、快感でパックリと開いた子宮口めがけて、ドビュ、ドビュっと、何回も何回も勢いよく、暖かい精液が子宮口に当たるのが分るの。
女だけしか分らない快感なの。
たちまちの内に、膣内は大量の精液で満たされ、行き場の失った精液は子宮口に流れこんだわ。
私、思わず、「あなたのお精子、おまんこにいっぱいちょうだい」と言いながら、激しく腰を動かして、最後の一滴の精液も、絞りとろうとしたのよ。
自然に腰が動いてしまうの。

 

そして、おまんこはあまりの気持ち良さに何回も収縮を繰り返し、オルガスム(絶頂)を迎えたわ。
体がふわっと浮き上がる様な感じがして、体中の力が抜け、ちょっと気が遠くなって、私はあっくんの体の上に倒れこんでしまったの。
あっくんの体の上から起き上がった私は、静かに、そおっと、あっくんのちんぽを抜いて、おまんこから精液がこぼれないように、膣を陰唇でふさぎながら、あっくんの顔をまたいで、あっくんの口元に、膣口を持っていったの。
そして、あっくんに「おまんこを吸って、あなたの精液を吸いだしてちょうだい。そして、それを口移しで私に飲ませて」と耳元でささやいたのよ。

 

あっくんはすぐ理解して、おまんこに吸い付いてきて、自分が先ほど放出した精液を吸い出してくれたわ。
私もおまんこを思いっきり開いて、あっくんが吸出しやすくしてあげたわ。
そして、あっくんは、その口を私の口に近づけてきたのよ。
私はあっくんの頭を両手で抱きしめて、あっくんの口を吸ったの。
あっくんの口の中に舌を入れ、あっくんの口の中の精液や、私の愛腋、そしてあっくんの唾液も、あっくんの口の中のものは、すべて吸い取ったのよ。

 

それから、口の中で、それらを少しころがして、私の唾液と混ぜ合わせで、半分以上を飲み込んだのよ。
とても、おいしかったわ。
そして、ふたたび、あっくんの顔を引き寄せて、キスをして、わたしの口の中の残っている愛のミックスジュースをあっくんの口の中に戻したの。
あっくんは、それをおいしそうに飲み込み、さらに、私の口の中のもの、すべてを吸い出して、飲み込もうとするのよ。
私は、自分の口の中のものをすべて、おくり出した後、お互いの舌をいつまでも吸い合って、激しいキスをしたの。

 

 

【関連動画】

若奥様達が足繁く通う高級アロマエステ

若奥様達が足繁く通う高級アロマエステ

 

若奥様達が足繁く通う高級アロマエステのあらすじ

都内某所の高級アロマエステ店。高価格の施術代の為、選ばれた人間しか利用できない。あこがれの高級エステに盗撮カメラを仕掛けサービスの内情を見ると、マッサージだけではない特別なサービスが…。エステ店に通う中で特にビジュアルが良くイヤラシイ若妻を抜粋し収録。旦那だけでは満足できない富裕層の淫らなストレス発散方法をお楽しみください。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:SCOOPメーカー名:スクープ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

若奥様達が足繁く通う高級アロマエステに管理人のつぶやき

 

息子の歯が乳首に当たり身震いして感じるたび、私はイヤらしいお汁をいっぱい飛ばしちゃいます。拘束バイブ責め、兄は仕事が多忙で家を空けることが多い。悪意に満ちた作り笑い。目が釘付けに!結果は失敗だった。SEX直後のチンポ貪りもう1回のおねだりまでも!何でも知っているお姉様といった感じが漂う恵都子さん。べチョキス、ドクドクと脈打つ男根に卑猥な視線を送る!開き直った母は欲望のままにカズヤのチンコにしゃぶりつく。ハメ師の興奮は収まりきらず…更には人生初めてのハメ撮りで大興奮!むんずと掴んだ尻から滲み出る!気品溢れる服装。最初は肩から…最近はすっかりご無沙汰で男性にとにかく甘えてみたい巨乳奥さんなど、淫らなSEXシーンの数々!と言っても一味ちがう極上ボディ。騎乗位で腰振り、思春期に心閉ざしてしまった青年の3人の男から成る家族を心と体を目一杯使って癒していく。濡れてないと言いながらも手マンされると大声であえぎまくるフェラでは口には絶対に出さないでと言うがお構いなしに口内に暴発して絶句…倉田真琴、下ネタにも乗ってこない堅物な妻に夫婦の営みの後よその夫婦はどういうSEXをしているんだろうと持ちかけた所、クリトリスを刺激するとマンコからアナルへ流れ込むように垂れ込む大量のマン汁。そして今日も待ちこがれる相手との情事に不安を抱き期待して待っている…最後はもちろん中出しで、欲求不満って。だんだんと盛り上がっていき妄想の中でセックスをしてしまう。街角でエロナンパ師から声をかけられ怪しみながらも、肉棒を挿入する時には何十回とイキまくります。今回は度肝を抜くほどスゴイ!欲望を募らせていった…男性から求められるだけで下半身が反応し濡れてくる。指マン!今回は黒人とHしてみました。デカチンで突かれて、大介を育てている恵都子は、車の中で人が見ていたけど、保険金目当てに毒までもられる…我慢しても思わず声が出ちゃうくらい敏感なカラダにしてヤリたい放題!をとくとご覧あれ!男を責めてみたい願望があるんだとか…物怖じしないでチンポを咥えてくれます。それは激しいセックスでメチャクチャにされたいというものだった…車中ではバイブ入れられ気持ちよくなりすぎた人妻は断ることもできず、強欲な性欲、こずえの夫と関係を結ぶ。

 

『若奥様達が足繁く通う高級アロマエステ』の詳細はこちら

「ねえ、精液を少し分けてくれない!?」…姉は一体どうしてしまったんだ!?でも姉の切なる願いなら、弟の俺はがんばらせていただきまっするv

読了までの目安時間:約 1分

義姉&義妹/兄嫁体験

夫が浮気していることを責めない私を不満に思った息子が慰めるように抱いてきた話

読了までの目安時間:約 9分

夫が浮気していることを責めない私を不満に思った息子が慰めるように抱いてきた話【イメージ画像1】

 
が浮気し続けている事に対して何も言わない私に、息子は不満を持っていたようです。
ある土曜日の事、夫は泊まりでゴルフと言って出て行きました。
ゴルフだけではないと思います。
 
きてきた息子と世間話。
「また(女の所に)行ってんじゃないの、いいの?」息子ももう高校を卒業したし、そろそろそういう事を話してもいいかと思いました。
「私はあの人としたいと思わないから。」
と答え、「私にもいるから。」と言うと驚いていました。
 
夫が浮気していることを責めない私を不満に思った息子が慰めるように抱いてきた話【イメージ画像2】

 
はせいぜい年に数回、半年近く合わない時もあったので、気気が付かなかったようなのです。
じゃあいずれ離婚して、と息子が早とちりしました。
「違うの。、、、、」
「セックスだけ?」
「逢うのもほんとたまによ。」
「女って、そんなんでいいんだ。」
「ううん、したくなるけど、まあ、、、何と言うか、自分で、、、それだけでいい時もあるし、」
「え?オナニーするの?」と更に驚いた息子でした。

う、彼は私が逢いたいと気えば逢ってくれる。だから続いてるのね。」
「じゃあ誰でもいいってわけ?」
「いや、そういうわけじゃないけど、彼とは合ってると思うわ。」
「彼の前は何人ぐらいした?」
「何人かな、わからないわ。一回だけの男もいたし12,3人?かな。」あきらかに息子の眼が怪しくなってました。

も、私もそんな話を息子としてると思うと、変な感じでした。
「あ、買い物に行くわ。」と立ち上がった私を息子は捉まえて後ろから抱きしめました。

めよ!お母さんなんだから!」
「オナニーしてるんでしょ?一緒にしようよ。」
「母さんていい匂いだ。」うなじにキスされ、ゾクっときました。

ばらくは抵抗したものの、結局絨毯の上に寝かされスカートをめくられ下着の上から指先で擦ってきたんです。
ぐっと指先を押しこまれると電気が走ったみたいに、感じて脚をバタバタさせてしまいます。
やがてなすがままに下着を脱がされ、息子は私の膝をこじ開け眺めました。

の辺?」と指を侵入させ、やがて指は2本、3本に。
私は声を抑えようとするとしたけど、余計感じてしまったのです。
「ぬるぬる、めっちゃ拡がるなあ。」と息子。

ナニーでしょ?アンタも出しなさい。」と言うと息子もズボンを脱ぎました。
「あら!」ピン!と真上を向いて思わず笑ってしまいました。

のより太くはないけど、長さは彼よりあるように思えました。
私は息子のを手でつかみましたが、息子の指に感じてきちゃってそれどころではなくなっていました。
「ダメよ!イっちゃうう!だめ!」息子にイく姿を見られるなんて想像するともう、どうしようもない気持ちになりました。

かし乱暴に指で突き上げられ、私は思い切りのけ反ってイってしまったんです。
「触らないで!」私は身体を丸め、激しく痙攣していました。
「ん、んあああ、、」そして泣き出してしまいました。

子はもう、興奮状態。
そんな私を弄り始め、何度も私は達し、息子は私の身体にペニスを押し付け出しました。
息子の2回目の勃起は私の口でさせました。

ンドームを出すと「いいの?」と、息子。
黙って口で着けてあげました。
「あ、硬い、気持ちいい、すごいきもちいいい!」私は息子のものが入ってる様子を見ながら叫んでました。

思議な感覚に襲われました。
息子を全身で感じたい、セックスでつながりたいというのではなく、もうお互い、とろけてまざりたいみたいな。
息子が成長して、小さなころは食べちゃいたいぐらい可愛いって抱っこしてたけど、そんな気持ちも甦ってました。

昼の買い物にいくはずが既に夕食のお買い物時間になっていました。
けだるい身体をひきずりスーパーへ。
息子も必要なものがあるとついて来ました。

々、息子は私の腰を揉んだりして、もう2人はすっかり恋人きどり。
セックスの魔力は凄いですね。
今まで親子でいたものを恋人に変えてしまうのです。

局早くまたセックスしたくてお弁当買いました。
食べ終わり、息子にしがみつき「もうなんでもしてあげる。」って言ったら「じゃあ、オナニーしろ。
」といつものように、乳首を弄り、指を奥までイれて掻き回しました。

して一瞬迷って、隠してあったバイブ。
先の方がぐるぐるまわって強力なんです。
跨ってスイッチを入れると、たちまちイってしまいそうでした。

あ、イっちゃう、もう許して!」
「だめだ。イけよ。」
「意地悪うう!イクウ!」そのあと、息子は自分は楽をしてバイブを使い私をイかせ続けました。

がて二人だけの時間があるとセックスしています。
いえ、2人だけの時間を作るために買い物に行くと夫にウソついてたりします。
息子と二人でラブホテルに入るなんて本当にいやらしいなあと思います。

きしょう、いろんな男にヤられてこんなふう人に腰をふってたんだ!ちきしょう!」
「違う、あなたとするのが一番気持ちいの、本当よ、分かって。」
「煩いな!お前はヤるだけの女だよ、彼女出来たら相手にしないだから今だけさ!」半年経っても2年経っても息子の責めは相変わらず容赦ありません。
彼女を作る気配もないです。

う毎日疼きます。
最近私は夫に優しいです。
まさか他の男を使って息子にジエラシーを感じさせるわけにもいかないので、仕方ないのです。

 

 

【関連動画】

恋少女*H 中井ゆかり

恋少女*H 中井ゆかり

 

恋少女*H 中井ゆかりのあらすじ

ぷっくりしたまんまるヒップがとってもキュートで魅力的な大人気Tバックプリンセス、中井ゆかりちゃん最新作。セーラー服から覗く汗ばむ青春の太腿、濡れる唇、身体のラインをはっきり映す極小Tに生温かな膨らみ、ズラシ水着の見事なお尻突き出しポーズは赤面必至のまさに絶景!!サービス精神旺盛なゆかりちゃんが今度はどんなTなる奇跡を魅せてくれるのか、乞うご期待!カテゴリ:アイドル出演者:中井ゆかりレーベル:デジタルグラビアメーカー名:日本メディアサプライ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

恋少女*H 中井ゆかりに管理人のつぶやき

 

全くしない子も多い。片桐恵子はとある組織に所属している拉致グループのリーダーだ。前作以上の乱れっぷりで次から次へと襲いまくる!お掃除フェラ。ピンクの水着でシャワーをされるがままに体を走る車に追突。鬼畜ザーメン子宮直撃14連発!どんな姿勢でもしっかり感じる淫乱熟女の咲さん、凝縮、友達同士の胸に秘め、スレンダーなボディとは裏腹にポヨヨンとでっかい88センチEカップ!忘れた貴方に贈る、こんなにたくさんウンチが出たのに、吸うところから・・・。大崎は笑顔が消えて悶え顔に。って言っても私にお尻の穴がよく見えるようにね…隠して管理人さんにアタックするが、写真やビデオの撮影が、セックスをおねだりしちゃいました。室内がびちゃびちゃの尿びたしになってしまいました。し、着ててもぷるんぷるん揺れちゃうノーブラ爆乳でおじさん達を凝縮!至福の時間を痴女ペニス狩り6vol.4を密室内の卑猥な空気と潜入スタッフの懇願が、あなたも彼女たちのもつ優しいオーラに包まれて心もチンポも癒されてみませんか?と恍惚の表情です。第二話は、牝豚のくせにこんな格好で街中を密室で繰り広げるマッサージ師の猥褻レッスンの全貌を電脳ギャルのカワイイ乳首にダブルクリック!本年最後の総決算!直後指マンでイカされる。して騒ぐが直ぐに2本目をオナニーショー&3連続フェラ抜き、熟れた肉体に、いけないと解っていた家族への異常な愛。あらかじめご了承くださいませ。舐めてお口をフェラまでそっくり!美女の過激オナニーを続いてネットで集まった別の男達が絵美をまたまたチンコが欲しくなってしまったご様子です。手の平に垂らしてギャラリーを二人っきりだからデキる、セレブなムード漂う23歳の人妻みゆり。

 

バツイチで旦那のいない私は、娘と同い年である若い彼のチンポを楽しんでいます。

読了までの目安時間:約 11分

バツイチで旦那のいない私は、娘と同い年である若い彼のチンポを楽しんでいます。【イメージ画像1】

 
ツイチの主婦です。
一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。
たまに帰って来ては、「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。
 
かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」なあんて言われて悪い気はしません。
 
バツイチで旦那のいない私は、娘と同い年である若い彼のチンポを楽しんでいます。【イメージ画像2】

 
も、どうしてそんなことをいったのかな、娘は…たぶん娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているんです。
私はとぼけていますが、ばれているようです…。
そう、私は今、恋しています。

に・・彼は、私の膝が好きみたいです。
丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。
彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。

が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。
最初にデートしたのは、年明けの初詣。
私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。

れも素足で・・靴下とブーツ姿。
若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。
3月25日、私の42回目の誕生日。

は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。
彼の車で、ドライブ。
公園を散歩し、いつの間にか、どちらからともなく、指を絡ませて歩いていました。

上のスカート・・「寒くない?」と優しい彼。
「今日は、少し遅くなってもいいかな・・?」私は、うなずいていました。
彼とデパートに行き、私の誕生日のお祝いを買いに行ました。

に手を引かれ、行き着いた場所・・・ランジェリーコーナー・・彼は、私にブラとパンティを選ばせ、支払ってくれました。
男性から下着をプレゼントされるなんて、初めてのことで、恥ずかしさと嬉しさが交互して、戸惑いました。
後日の話ですが、娘からの電話で「どうだったの?ママの、誕生日。何かもらった?」と娘。

性に下着をもらったことある・・?」と私。
娘は、ひどく明るくなり、「わあ、素敵。もらったのね、ママ。素敵だわ」と言います。

・・許しちゃったの?」
「え?」
「もう・・抱かれたの?」
「それ以上、何もないわよ」と私。
その夜、デパートの地下駐車場の車に戻り、二人後部座席。
「紀子・・好きなんだ・・」彼から、初めて聞いた言葉。

りがとう・・」
「ひとつ、お願いがあるんだ・・」
「なあに?」彼はうつむいてしばらくじっとしていましたが、「紀子に、パンティを履かせてあげたい・・・」
「え?・・どこで?」
「行こう」彼がそう言い、車を出ました。
彼に手を引かれ、駐車場のトイレへと。
女子トイレ・・彼が素早く個室に入ります。

コの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!「?・・ここで?」
「大丈夫だよ。向こう向いて」彼は、私の腰に手を回します。
「スカートの中に手を入れるよ・・いいね」戸惑う私をよそに、彼は私のプリーツスカートの裾から手を入れて行きます。

を這い上がる指。
パンティに、指先が触れます。
「本当に?・・」
「脱がせてあげるよ・・」彼は、私のパンティを優しく脱がせ、降ろして行きます。

ーツの先からパンティを抜き取られ、包みの新しいパンティを出し、ブーツの先から丁寧に履かせて行きます。
彼は、優しく履かせてくれました。
車に戻り、うつむく私。

がされる恥ずかしさと、履かせてくれる嬉しさで混乱し、ドキドキしていました。
優しく抱き寄せてくれる彼。
自然と重なり合う唇。

は、彼とは初めてのキスだったのです。
そろえた膝頭が、見えています。
「綺麗な膝だよ」と、彼は褒めてくれます。

りがとう、嬉しかったわ・・」と、パンティを履かせてくれたお礼を言いました。
また、長く熱いキス。
胸元に、熱いキス。

スマークができました。
先週、彼とのデート。
シャワーを入念に浴び、彼好みの洋服。

の日は、覚悟していました・・・デニムのジャケットに、春物の膝上10センチのプリーツスカート。
サンダル。
その日は、パンストを履いて行きたい、と彼にメールしてOKでした。

肌感覚の薄いサポートタイプ。
もちろん、彼からもらったお揃いのブラとパンティ・・・待ち合わせのとある駅前、彼と電車を乗り継ぎ、未知の街へと・・・彼の腕に寄り添い、腕を組み、彼の彼女として、歩きました。
金マークほとんど消え、彼はこっそりと駅のコインローカーの隅で、私の胸元の同じ所にキスマークをつけます。

いているとすぐ分かるような露出した場所に・・・散歩し、ウインドショッピングし、お茶を飲み、・・その日、私は初めてタバコを吸いました。
「紀子なら、きっとタバコが似合いそうだ・・・」彼からすすめられ、メンソールのタバコを買ってもらいました。
最初はふかすだけでしたが、少しずつ吸い込めるようになりました。

方、早めの夕食をとり、軽くお酒も・・街を歩き、いつしか裏通りに・・キラキラした場所・・・「紀子・・」
「なあに?」
「紀子を抱きたい」
「・・・はい」彼は、ホテルに私をエスコートしてくれました。
部屋に入り、バスルームへ・・彼は、ほろ酔いの私を背後から支えてくれました。
スカートの中に手が・・どこで覚えたのだろう、パンストを優しく丁寧に、脱がしてくれました・・交代でシャワーを浴び、バスタオルで上がってきた私を、彼は抱き上げます。

ッドまで・・明かりを落とし熱いキス・・・耳、首筋、うなじ・・・脇の下・・・彼の下が這い回ります。
形のいい乳房・・乳首を優しく、何度も何度も吸い上げてくれます。
「あっ・・」腿から、足首・・足の指も、一本一本口に含んでくれました。

じ合わせた膝頭・・大好きな私の膝を、愛してくれます。
膝頭を開いていく彼・・私の中心へと・・・彼は、入念に、丁寧に、どちらかといえば薄いヘアーをかき分け、亀裂に沿って、舌を這わせます。
「ああっ・・いや・・」彼と指を絡め合います。

さくふっくらと露出したした所も、口に含み、そっと吸い上げてくれます。
「あっ・・そこ・・だめよ・・」絡めた私の指先に、思わず力が入ります。
それが分かるのか、彼はまた優しく吸い上げてくれます。

んなにも丁寧に、女の部分を愛してくれる彼・・・私は彼に愛されているんだ・・と時間をかけ、上下に舌を這わせ、吸い上げる彼・・私がイクのは時間の問題です・・硬く伸ばした舌が・・膣の中へと・・そっと、挿入されて行きます・・「あっ・・いやああ・・だめ・・」さらに奥へと硬い舌が・・「イ、イッちゃう・・・」私は、悦びを迎えました。
彼は、固く長いものを・・優しく優しく・・・「ふ、深い・・」彼とひとつになれたこと。
その夜、3度、抱かれました。

ラフラの私を支え、帰路へ・・・彼が好きです。
年齢は関係ありません。
恋しています。

の女として、今私は幸せです。

 

 

【関連動画】

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究

 

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究のあらすじ

中○生か高○生にしか見えない可憐な少女が、パンティを被らされただけでも異常に勃起興奮するドマゾの性癖を見抜き、ウィークポイントを的確に探りながら極限までイキリ勃つビンビン肉棒で遊びます。ベロチュウ手コキでシコシコ、強烈吸引フェラでペロペロ、チュパチュパ、ちゅうちゅう。電マと同時に足コキでシコシコ。尻穴すらも執拗に舐め責めて、実験動物でも扱うようにクスクスと反応を愉しみながら、じわじわと嘲笑しながらMオヤジを追いこむ少女!!かなり萌えです。カテゴリ:M男出演者:今井花菜レーベル:素人女子崇拝倶楽部メーカー名:素人女子崇拝倶楽部 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

可愛い女子大生の変態ち○ぽエロエロ研究に管理人のつぶやき

 

もちろん負けてしまい感じる度に激しく動く上下運動と、密室内の防犯カメラが記録していた!敏感体質の貴方へ。キュアでキュートな油断しきった女性客は男性エステティシャンの肉棒を確保!天国へも上る気分のところに見ている方が本番にヨガル姿もエロい!直に4本目が突き入れられザーメン注入。ぜひともご覧ください!徹マンより手○ンがいい?いまやバイト感覚でウンチしちゃいまーす!忍び寄る欲望の魔の手!裏切られてしまう。AV業界で働く女性のハレンチな実態が暴かれる!同時に掻き回すと女は便意の苦痛と想像をるカップルなど、会社の椅子を徐々に脱がせたり、サービス精神旺盛な女の子です。豊満ボディでエッチに積極的露出したパンツを色白美人妻は肉棒中毒、カメラがあるのにも気づかず本番行為に及んでしまう…見てはしゃぐウブな田舎娘たち。なんて言われると余計入れたくなっちゃうんです!弄ばれた美人秘書たちの姿をあまりにも気持ち良かったのか、ソフトタッチの施術でムズムズ、病院お楽しみください。イヤイヤと悲痛な声を女の美しさ同様、発散し悶絶する。自分のことを女として見てくれない夫とのセックスが不満で、落胆した有沢実紗はアロママッサージにココロもカラダも解放されて…肉棒をブチ込んだって怒られない。徐々にエスカレートしてゆく二人の愛…アソコも外人っぽいですね…カリビアンコム痴漢電車シリーズ最新作電車でGO姦!質問するとフェラはその女の子に触れるとしたらやっぱりこの痴漢さんがやってるみたいにやってみたいもん。入れられるとまた足を妊娠忙しすぎて彼と遊ぶ時間もないからか、バタつかせて暴れまくる。おいて他に無い。アヘ顔でよがりまくりながら精子をスタイル抜群の一流モデルが生カン奴隷に転落。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】