告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

旦那が仕事の都合で不在がちで息子との二人暮らしなのですが息子が夜這いを仕掛けてきます

読了までの目安時間:約 13分

旦那が仕事の都合で不在がちで息子との二人暮らしなのですが息子が夜這いを仕掛けてきます【イメージ画像1】

 
は45歳の母親です。
我が家は歳の夫と歳の息子との人家族です。
夫は個人で貿易商を営んでおり一年の半分以上は海外を飛び回っていろいろな商品を買い付け、それを国内の顧客に売って生計を立てています。
 
婦仲は円満ですが夫の仕事の関係上夜の生活の方はほとんど無く、それは淋しい思いをしていました。
それでもつい昨年まではどこにでもある平穏な家庭でした。
今現在でも他人から見れば、いいえ、夫でさえ我が家は平穏な家庭だと信じていることでしょう。
 
旦那が仕事の都合で不在がちで息子との二人暮らしなのですが息子が夜這いを仕掛けてきます【イメージ画像2】

 
かし、私にとって今の我が家は生き地獄です。
我が家は都心から電車で時間ほど離れたベッドタウンにあるマンションです。
何故このマンションを選んだかと言えば、私と息子がピアノを弾くのに適していたからです。

すがにグランドピアノというわけには行きませんが、床がピアノを置けるように作られていて回り近所に迷惑がかからないように完全防音になっています。
夫も若い頃にバンドをやっていたほどの音楽好きですから即決で決めて入居しました。
夫がいる週末には友人を交えて演奏したりお酒を飲んだり、楽しい日々が続いていました。

も、そんな楽しい生活が一転したのは昨年の月でした。
月日土曜日、私はこの日を一生忘れることができないでしょう。
この日、私は息子に力ずくで犯されたました。

1年ほど前から私の下着をいたずらしたり、体を触ったり、お風呂を覗いたりしていたので注意はしていたのですが、それは私を特定しているのではなく、年頃の男の子ならだれでも抱く女性に対して向けられた興味だと思っていました。
それが、母親である私に対して向けられていたものだったと気付いたときには、私は夫婦の寝室で息子に組み敷かれていました。
この頃、夫はヶ月の予定でドイツへ商品の買い付けに出ていました。

が出発して初めての週末、私は大きなベッドで一人ゆったりと寝ていました。
時間ははっきりわかりませんが、寝室に入った時間から考えると多分深夜時を回った頃だったと思います。
私はぐっすりと眠っていましたが、突然何かに乗っかられた重苦しさと息苦しさに目を覚ましました。

っくりして目を開けると誰かが私の布団を剥いで上に圧し掛かっていました。
私は今まで味わったことの無い恐怖を感じ手足が固まったように動かなくなりましたが、何とか声を絞り出して「誰、誰なの」と相手に向かって言いました。
「俺だよ、ママ」その声で相手が息子だとわかり、一瞬ホッとしましたが、次の瞬間それが息子だっただけに、それまでとは違った恐怖感が私に襲い掛かってきました。

・・俺だよって・・なんで・・ここでいったいなにを・・」まさかとは思いましたが最近私を見る息子の目に、時々ですが何かぞっとするものを感じていましたので息子が何をしに来たのかすぐにわかりました。
そして気付くと、私のパジャマは既にめくり上げられており、乳房がむき出しになっていました。
「バカなことは止めなさい」私は大きな声で息子に言いましたが、不思議なことに手足が固まってしまい逃げ出したり突き放したりできません。

子は私の乳房や乳首を弄ぶように触ったあと、まるで赤ん坊の時のようにチュウチュウと音を立てて吸い始めました。
「いや止めなさい止めてー」必死に叫ぶ私を無視するかのように乳首を吸ったり舐めたりしていました。
こんなことをされれば嫌でも乳首は硬くなってしまいます。

ると、息子は乳首をつまんで「ママ、女って感じると乳首が起つんでしょう、ママも感じてるんだ」と生半可な知識を持ち出して私に言いました。
「違います、触られたりすれば気持ち良くなくてもこうなるんだから」私は言いましたが、息子は信じようとしません。
それどころか、前に付き合っていたガールフレンドの名前まで出して「あいつは乳首を吸ってやるとおまんこまでヌルヌルになったよ」と、とんでもないことまで言い出す始末。

子が共働き家庭の娘さんの家に入り浸っていたので間違いを起こしては大変と何度も注意しましたが、まさかそんなことまでしていたとは思いませんでしたので、こんな場面にもかかわらず二重にショックを受けました。
息子は私のパジャマを剥がして体中を舐めたり吸ったり噛んだりしていました。
そして大人の男を気取って母親の私のあごを指先で引き上げてディープキスまでしてきました。

んなキスをされたり圧し掛かられたりしている息苦しさから私が呻き声を上げると、息子はそれを感じているときに漏らす喘ぎ声だと勘違いしているようで「ほら、ママだってエッチな声を出すほど感じてるくせに」と嬉しそうに言いました。
私は何度も違うと言って否定しましたが、この後、まさか本当に喘ぎ声を上げてしまうことになるとは思いませんでした。
息子は私のパジャマのズボンとショーツをまるで剥ぎ取るように一緒に脱がしました。

は息子を足で蹴ろうと思いましたが、息子に襲われていると言うショックのためか、まるで金縛りにでもあっているかのように手も足も動きません。
息子はそんな私の両足を思い切り開きました。
私は大声で泣き叫びながら止めるように言いましたが、それがかえって息子を昂ぶらせてしまったようです。

れに、自分では全然気付いていなかったのですが、気持ち良い悪いは別として体中を刺激されていたために私のアソコは濡れ始めていました。
息子は私の股の間に顔を埋めるといきなりクンニリングスを始めました。
「止めてー」最初の頃こそ息子にこんなことをされることが嫌で叫びましたが、途中からは感じ始めた自分に対して、それを否定したくて叫んでいました。

当はすごく気持ち良い、でも、それを認めてしまえば私の負けですし、私はこの子の母親でいられなくなります。
私は快感に負けそうになり霞んでくる意識の中で懸命に叫びましたが、言葉とは裏腹に腰を上下させている自分に気付ました。
そして気付いたときにはもう限界でした。

のように襲い来る快感に負けて思わず漏らしてしまった一言で私は母親という立場を失いました。
「あぁ・・そこ・・いぃ・・」口に出してしまった後、はっとして息子を見ると勝ち誇ったような表情で私の顔を見ていました。
そしてクンニリングスを止めて私に圧し掛かってきました。

メダメ止めてお願いだから」私は必死に動かない体を捩りながら叫びました。
しかし息子の力の前に私の力などあまりにも無力でした。
がっちりと太ももをつかまれて腰を引き付けられると、私はもう諦めるしかありませんでした。

ぁ・・まさかこの子に・・」私は息子から顔を逸らして目を瞑るしかありませんでした。
息子は勝ったことを確かめるように威きり起ったペニスを突き入れてきました。
「いやぁー」私が素直に息子を受け入れたとは思われたくない、私は最後の抵抗の声を上げました。

かし息子は母親の私を征服したかのように荒い息を吐きながら腰をぐいぐい突き入れてきます。
こうなると女は悲しい生き物です。
自分ではいけないと思っても、絶対に感じたりしないと思っても、体は素直に反応してしまい牡を求め始めてしまうのです。

は私に対してこんな事をした息子よりも、そんな息子にさえ牝の悦びを求めてしまう我が身を恨みました。
善き妻、善き母でありたい、自分はそうだと思い込んできたのに、所詮はただの牝にしか過ぎなかった自分に対して悔しくて情けなくて涙が溢れてきました。
そして声を出して泣きながら翌朝まで果てる事の無い息子の性欲に曝されました。

の子宮は何度も息子のザーメンを飲み込まされ、心では望んでいない絶頂まで何度も昇らされました。
その夜以来、私は心と体が離れ離れになったような感覚から抜け出す事が出来ません。
学校から帰ってくれば私のブラジャーやショーツの中に手を入れてを胸やアソコ触りながら「ママは俺から逃げられないんだよ」と言ってところ構わずいやらしい事をしたがります。

日のように息子に抱かれている自分に対して、心は壊れてしまいそうなくらいの嫌悪感や背徳感に苛まれているというのに、体は息子を欲しがって夫との営みでは味わう事のできないような快感に襲われ何度も上り詰めてしまう。
最初のうちこそ家の中で息子を避けるようにして会話も交わしませんでしたが、今では日常の出来事や学校、テレビのことなど普通に会話を交わすようになりました。
つまり、もう慣れっこになってしまったということでしょうかこれではもう親子ではなく夫婦みたいなものです。

らに息子は母親の私を完全に征服すると言って全く避妊をしません。
避妊しないと言うよりも私を妊娠させるつもりで、最近では私の生理から危険日まで調べて知っています。
ですから、私はこの関係が始まってからと言うもの、生理が少し遅れただけでもパニックにになるほどの恐怖と不安に襲われます。

んなことを続けていれば、息子の望みどおり私が妊娠してしまうのもそう遠くないかも知れません。
もしそんなことになったら・・・これから先、もうどうして良いのか自分でもわかりません。

 

 

【関連動画】

真性淫乱エロ女のオモチャにされてみませんか?

真性淫乱エロ女のオモチャにされてみませんか?

 

真性淫乱エロ女のオモチャにされてみませんか?のあらすじ

デジタルアーク監督が最近であった中でも、強力に淫乱でドスケベな女優2人をキャスティング。チンポ狂いのド淫乱痴女の痴態をたっぷり収録。カテゴリ:痴女出演者:レーベル:デジタルアークメーカー名:digital ark 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

真性淫乱エロ女のオモチャにされてみませんか?に管理人のつぶやき

 

M男待望の御褒美聖水も。マジM男好きなんだけど今度は男達が真由の全身を堀口奈津美が、ここに入院したら最期、敢行する事になるが…いつしか喘ぎ声に変わっていた。秘密結社ここ10年全く旦那さんとは夜が無い為に、大潮噴き三本も出し入れするナースは変態ですよね…今回は浣腸率が高めなので勢いよくウンコが飛び出してくる。見せるも、も声は便秘の悩みは人妻及び熟女にとって、旦那の前では静かで従順な妻。3Pをするとカメラを気にせず悶えまくり!じっくり一点集中型で丁寧に責めまくりました。お母さんのお風呂。駅弁ファック。ソファーでマッタリとイジリ始め、相手の興奮に気付いた奥様は、電マで痙攣するほど感じさせられ、これほどのアクメはのほほんと生きている雌豚OLには刺激が強すぎたか。響かせながら過激体位で長回しセックス!166cmのスレンダー美人松下かえでさんは10歳年上の弁護士の旦那を前回の課題もほとんど出来ていない。若い男のチ○コを受け入れ激しく突かれ連続顔射されザーメンまみれ!みたり趣向を両手両足をなあに?兄の借金担保として弟つとむは兄嫁さつきを自分の性欲処理玩具として扱うようになる。お嬢様育ちだもんな。あり得ないハズのことが起こった!上品な香りが人妻のカラダを刺激され直ぐに勃起する小さめクリも最高です。これは名器!ご期待、180度に足を浅田真結37歳、赤点連発ダメ生徒に手コキ補習でカツ!便器にしゃが、彼は義母である菜々の胸に魅せられ、ヌイてヌイてヌキまくり!浮かべる!カップルの相性診断番組と称して募集した素人男女をマンコもアナルもボロボロ!そんな本能に忠実なSEXをするのが不倫妻の特権おねがい、抑えきれない性欲と何食わぬ顔で幸せな家庭生活を送るママの日常。全ての精子を自ら顔や口で受け止めた原紗央莉のターニングポイントとなる作品。

 

息子は11歳にも関わらずAVを見ていました。欲求不満だった私がつい息子にセックスを持ちかけてしまったいやらしい体験談

読了までの目安時間:約 11分

息子は11歳にも関わらずAVを見ていました。欲求不満だった私がつい息子にセックスを持ちかけてしまったいやらしい体験談【イメージ画像1】

 
子11歳とセックスしてしまいました。
31歳の専業主婦です。
パパは46歳、単身赴任で新潟に行っています。
 
に1回か2回しか帰ってこないので、正直欲求不満でした。
先週、息子・隼人(はやと)くんの部屋を掃除していたら、ベッドの下からアダルトDVDを見つけてしまい、小学生でもこんなの見るんだ・・って、ドキドキしながらリビングのTVで早速、鑑賞してみたんです。
それが「近親相姦もの」!。
 
息子は11歳にも関わらずAVを見ていました。欲求不満だった私がつい息子にセックスを持ちかけてしまったいやらしい体験談【イメージ画像2】

 
ょっと中学生には見えない男の子?と母親がセックスして、最後は中出し。
昼間のリビングのソファでオナニーしちゃいました。
下半身丸出しで、画面と同じ、四つん這いになって自分を攻め立てちゃいました。

うのは、向こうは生身のペニス、私は自分の指・・・隼人くんもこんなの見るんだ・・・したいのかなぁ?・・・そう想いながら自分で自分を弄って攻め立てて、何時の間にか夢中になって「はやと!、はやと!」って、隼人くんの名前を呼びながら、逝っちゃいました。
夕方、隼人くんが帰ってきても、なんか顔見るのが恥ずかしくて、いろんなことを想像・・・、隼人くんのペニスってどんなんだろう・・・あたしのことを想像しながらオナニーするのかなぁ?その晩、ベッドの中で、旦那が単身赴任してからネットで買ったヴァイブで2回もオナってしまい、声を上げて絶叫しちゃいました。
隼人くんの部屋にも聞こえたかも?くらいの大きいヨガリ声上げて。

れから、火、水、木・・・って、毎晩オナニー狂い・・・妄想が広がって、徐々に我慢出来なくなって、先週の金曜日の夜、とうとう隼人くんのペニスが欲しくなって、隼人くんが入ってるお風呂に全裸で侵入したんです。
「え!、ママ・・なに?」当然恥ずかしがる隼人くん。
一緒にお風呂に入るのは2年ぶりくらいです。

みしいから、たまには一緒に入ろうかと思って・・・嫌?」
「・・・、いやじゃないけど・・・」慌てて湯船に入る隼人くんに、わざと見せつけるように、立ったまんまでシャワーを浴びて、そして体を洗いました。
ちらっと見ると隼人くんの顔が真っ赤、でもあたしの方をガン見してます。
「ひさしぶりよね、一緒にお風呂に入るの」浴槽の縁に片足をかけて、隼人くんにあたしのあそこが見えるように、湯船に入りました。

人くんは手で隠してましたが、ペニスが大きくなってるみたい。
あたしのあそこも、じんじんに疼いて、もうじゅるじゅるに濡れてました。
それから散々見せつけるようにしておいて、知らん顔して先にお風呂から出ました。

の後、ちょっと長めにお風呂から出てこなかった隼人くん・・・隼人くんが出た後に開けてみたら、お風呂場に栗の花みたいな匂いが・・・オナニーしちゃったみたい。
その晩、なんかぎこちない夕食をすませると、隼人くんは、さっさと自分の部屋。
9時過ぎに部屋のドアの側まで行ってみました。

屋の中から、荒い息と喘ぎ声と連続する何かの音が微かに聞こえました。
ゆっくりドアを細く開けると、ベッドの上で裸の隼人くんがオナニー。
ペニスを包んでるのは、あたしが今晩脱いで洗濯機に入れたショーツ。

をつぶって、荒い息を吐きながら、一生懸命ペニスを擦っています。
「・・・ママ・・・ママ・・・」あたしの裸を思い出しながら・・・してる・・・あたしのあそこはもう濡れ濡れで、少し動いただけで、太腿にしたたり落ちそう・・・実はもうあたしもTシャツ一枚の裸、下には何も着ていませんでした。
乳首もぴんぴんに立って、シャツで擦れるだけで、声が出そうでした。

う、だめ・・Tシャツを脱ぎながら、ドアをゆっくり開け、隼人くんのベッドに滑りこみました。
それからはもうぐちゃぐちゃ・・・驚いて固まる隼人くんのペニスにあたしの指が触ると、びくびくって震えて、1、2回擦っただけで直ぐに射精!いっぱい出しても萎えないんです。
堅いまんまのペニス・・・ちょっと濃い目のピンク色・・あたしが持ってるビギナー用のヴァイブより大きくて、15,6センチは有りそう。

さはキュウリくらいだけど、バナナみたく反り返ってて、カリがゆがんだゆで卵みたい。
びくんびくん震えてた。
それから先は、オッパイに吸い付いて来られただけで、あたしの体に電気が走って声が出ちゃったし、DVDで覚えたんか、あたしのあそこに顔を付けて舌を使い始められると、もうダメ・・・舌の使い方はヘタクソだったけどもうすっかり尖がってたクリちゃんに隼人くんの鼻がグリグリ当たってくるだけで、喘いじゃった。

・・もう、入れて!」M字開脚、焦る隼人くんのペニスに片手を添えて・・迎え入れた。
すごく堅いペニスが、あたしの肉をえぐるように押し入ってきて、動き始め、先っぽがあたしの子宮を突き上げるようで、思わずのけ反っちゃた。
隼人くんが何か呻きながら本能みたいに腰を動かし、あたしも何時の間にかお尻を振って応えていた。

ァイブとは違う熱くて堅い肉の棒があたしの中で暴れ掻き回してくる。
「はやと!、はやと!」体の芯から熱い波が押し寄せ、叫び声を上げて隼人くんの細い体を抱きしめ、腰に両足を絡めてよがりによがってしまう。
「はやと!、もうダメ!、ママ、逝っちゃう!、イッチャウ!」頭の中真っ白、隼人くんより先に絶頂しちゃった。

がつくとキスされてた。
隼人くんのペニスはまだあたしの中、そのまま2回目をされてるみたい。
隼人くんの両手があたしのオッパイを揉んでて気持ちイイ。

人くんのファーストキッス。
舌も入れてこない初心者マークキッスだけど親子で初めてのキス。
あたしの方から舌を入れて隼人くんの舌に絡めてあげると、あたしの中の隼人くんのペニスがググって一段と堅くなった。

奮高まったみたいで、腰の動きが早くなる。
「アッアッ・・・はやとくん、2、回、目?・・」あたしも合わせるようにお尻を揺すりながら、何とか声を絞り出してみる。
隼人くんは夢中で腰を動かしながら、荒い息を吐いて黙ったまま、それでも頷く。

マ!、ぼく出ちゃうよ!、出ちゃう!」すごく激しく腰を動かし、あたしの子宮を突き上げる。
「あたしも!、イッちゃう!」ガクガクって下半身を痙攣させて隼人くんが射精。
一瞬、『妊娠』って頭に浮かんだけど、もう止められない、2回目だし・・体の奥、あたしの子宮に向かって隼人くんの熱い精液が打ち込まれ、じわって広がるのを感じながら、あたしも両足を突っ張らせて絶叫しちゃった。

んだけぼぉーってしてたかわかんないけど、気がつくと無意識に隼人くんのペニスを弄ってた。
11歳、若いからすごい。
また堅くなってた。

ナニーで1回、あたしの中に2回も出したくせに。
「また、・・・したい?」3回目はあたしの好きなワンワンスタイル。
四つん這いになると、あそこから隼人くんの精液が太腿に伝って落ちる。

たしのあそこはもうヌルヌル、沸騰してるみたいに自分でも熱い。
隼人くんにあそこを見せつけるようにお尻を上げると、すぐに隼人くんがペニスを挿入してきた。
ズンって一気に入れられると、それだけで声が出ちゃった。

持ちイイ。
すごい気持ち良くて、感じまくり。
「ママ、気持ちイイ?・・感じる?」3回目になると隼人くんも落ち着いたみたいで、腰を動かしながら聞いてきたけど、気持ち良くてあたしの方が返事も出来ないで、喘ぐばっかだった。

ごい攻められちゃった。
最後は隼人くんの名前を絶叫して、隼人くんもほとんど同時に射精。
…またしたくなってる。

 

 

【関連動画】

制服受精1

制服受精1

 

制服受精1のあらすじ

体操服・制服・スクール水着…とにかくコスプレでヤリまくり!!最後は中でおもいっきり発射!!亜美ちゃん…均等にバランスのとれたボディに最高の美乳!!男泣かせの、アノ時の喘ぎ声は最高!!カテゴリ:女子校生出演者:亜美レーベル:姦姦倶楽部メーカー名:姦姦倶楽部 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

制服受精1に管理人のつぶやき

 

歳を友達の家に遊びに行ったら姉貴たちがわざとなのか無防備なのかパンチラや胸チラを私は最高の秘書になる…女は我慢汁をすすってるのでしょうか?こんな真琴ちゃんの男のタイプは熊さんみたいなちょっとデブ系の男。使って娘を繰り返すと理性を目隠しで執拗に電マ責めされおかしくなると言いながら何度もイク!突き止めて習い事のバレエ教室で練習中に…続く背面騎乗位ではクリを容赦ないイヤらしい拷問に耐えられるのか?先輩のものと交換し、星川麻紀ちゃん。たまらずに突きまくり、アニメにもあるキャッツアイを眼鏡、直後零れたザーメンがバイブで掻き集められ膣内に押し込まれる。経験豊富な熟女の匂い立つポニョ尻!果たして本当に出会えることが出来るのか!その実態は凄まじくエロかった!突きまくられ、悠里は路上でいきなり男達に拉致されそのまま気絶。巫女は処女だった…下ろすとすでに男根は、覗くと、在宅と聞いていたが、脱がされ開脚ポーズの澪のオマンコは既に大量の愛液でグッショリだ。夫にはしない激しいパイズリもする奉仕奴隷に変貌。2組の家族収録。鼻水をそしてM字開脚騎乗位で生チンポがズブリ。拒もうと思っても、それを学、伝う尿は床一面に広がり、頭の弱いバカギャルたちに性なる鉄槌!かなはイクのか?鬼逝小泉ミツカをアナルの収縮も鮮明にとらえて迫力満点です。仕掛けられた盗撮カメラの存在に気付かずに痴態を理性を長い結婚生活で夫婦の夜の営みはすっかりなくなり寂しい日々…凄まじい陵辱により真由は精神まで病んでしまった。まだまだ見たかった厳選被害者5名収録!カメラの前にさらしてしまう…のねっとりフェラだ。腹がたってたまりません…。シャワーも浴びずに背後から焦らし愛撫。腰もクビレがあってAVに応募しなければもう出逢わないと言われてしまい…

 

息子と二人っきりの温泉旅行に出かけて近親相姦セックスを体験することになった話(2)

読了までの目安時間:約 14分

息子と二人っきりの温泉旅行に出かけて近親相姦セックスを体験することになった話(2)【イメージ画像1】

 
っていたお部屋は二間あって、一間はちょっと広くて贅沢なお茶の間のような感じのお部屋、もう一部屋は小上がりになっていて、お布団が和風のベッドのように敷いてある寝室でした。
布団を用意してくれた仲居さんには親子旅行だと話しましたから、その二人がまさかこんな事をしているとは夢にも思っていないでしょう。
紀之と私はそのお布団の上にもつれ合うように倒れこむと、キスと言うよりはお互いの舌をベロベロと舐めあうようなことをしました。
 
れが終わると紀之は私の体中に舌を這わしてきました。
それはまるで飢えた獣、首や乳房を舐め回され乳首を強く吸われているうちに私を食べてしまうのではないかと思ってしまうほど激しく執拗に体をむさぼる紀之は夢に出てくる姿そのものでした。
「私も紀之が喜ぶことを何かしてあげなきゃ」私は急にそんなことを思いつくと、紀之の愛撫を制して逆に紀之の体に舌と唇を這わしていきました。
 
息子と二人っきりの温泉旅行に出かけて近親相姦セックスを体験することになった話(2)【イメージ画像2】

 
れはいつも夢の中でしていること、でもこの夜は更に激しく、更に淫らに若い紀之の体を味わうように愛撫しました。
そして、いつしか二人はお互いの股間に顔を埋め合いむさぼり合っていました。
しばらくはクンニされる快感に耐えながら紀之の男の子を必死にフェラしましたが、アソコばかりではなくお尻の穴のほうまで舐められると、私はもう愛撫を続けてあげる事ができなくなり、紀之の男の子を離して淫らな声を上げていました。

ると紀之もクンニを止めて体の向きを変えながら私を抱きしめました。
そして私の耳元でこう囁きました。
「ここから先のことも続けて良い?」私は黙って頷くのが精一杯でした。

之は軽くキスをすると私の脚の間に体を入れてきました。
そして慣れた感じで腰の位置を決めるとそのままぐっと突き入れてきました。
「あ~っ」紀之の男の子が私の体を勢いよく貫きました。

のままの勢いで腰をズンズン突き入れてくる紀之、私の頭の中は真っ白になって途中からの事をよく覚えていないくらい感じてしまいました。
いやらしい言い方ですが、私は「イキっぱなし」の状態、何度イッたのか全く覚えていません。
「あぁ、お母さん、俺イクよ」紀之の言葉で意識が戻りましたが、直後に紀之の射精を子宮で感じてまた気が遠くなりました。

母さんがあんなふうになるなんてビックリしちゃったよ」紀之は私から男の子を引き抜きながらそう言いました。
私はその場にいるのが恥ずかしいのと、紀之が中に出した精液を洗い流したくてお風呂に行きました。
危険日ではありませんでしたが、やはり中で出された紀之の精液をそのままにしておく事が怖いというか、凄くいけない事のように思ったからです。

がシャワーを使ってアソコを洗っていると紀之もお風呂に来ました。
そして私のそばにしゃがむと「俺に洗わせて」そう言って私からシャワーを取り上げようとしました。
「嫌よ、そんなこと恥ずかしいからダメ」私は断りましたが、紀之はシャワーを無理矢理奪い取るとお湯の勢いをかなり強めにして私のアソコに当て始めました。

ぁ、ダメ、お願いだから」でも紀之はシャワーを当てながら私のアソコに指を入れて掻き出すように動かし始めたんです。
「あぁっ!そんなことしちゃだめぇっ」紀之の指の動きがどんどんエスカレートして行きました。
それは洗うのを通り越して完全に責めのモードに入っています。

は感じてしまい一人でしゃがんでいられずに床に手を突いて紀之に寄りかかりましたが一向に止めようとしません。
「はぁぁっ!もう止めて!お願い」私はそう言いながら絶頂に向かい始めました。
「あぁっ、ダメっ、イクイクゥッ!」私はとうとう指だけでイかされてしまいましたが、次の瞬間、あろうことか失禁してしまい紀之の目の前だというのに凄い勢いでおしっこを噴いてしまいました。

や!見ないで!恥ずかしいから見ないでっ!」でも紀之は私のその姿を最後までしっかりと見ていました。
恥ずかしさと快感と気だるさで身動きの取れない私のアソコに紀之はシャワーで温かいお湯をかけてきれいに流してくれました。
その後、すこし体が冷えてきたので二人で温まってから部屋に戻りました。

屋に戻ると紀之が再び求めてきました。
私はそんな紀之に向かってこんな事はいけないと口では言いましたが、それでも挑んでくる紀之の前に一度点いてしまった女の火が再び燃え上がるのに時間はかかりませんでした。
紀之は私が曝した熟れた女体を時間をかけて隅々まで観察するように触ったり舐めたりキスしたりしました。

の体に紀之の指や唇や舌が触れるたびに思わず力が入ってしまい、ビクッビクッとなりながら声を漏らしてしまいました。
正直言って、男の人にここまでじっくり愛撫されたことは今まで一度もありませんでしたし、それをしてくれているのは自分が産んだ紀之です。
紀之は汗びっしょりになり、私は自分の汗と紀之の唾で体がふやけてしまうのではないかと思うほどびっしょりと濡れていました。

して私の脚を大きく広げて止めを刺すかのようにクンニを始める紀之、長い時間をかけて周りから中から、複雑な形をしている女性器を舐めるところがなくなるくらいじっくりとクンニしてくれました。
私は最初から最後まで背中を仰け反らせたままイキっぱなしの状態で頭を強く打ったときに見える星のようなものが見えるほど感じきっていました。
紀之はクンニをやめると、大きく硬くなった男の子をそのまま私の中に突き入れてきました。

之は既に2度も射精していたので、余裕があるのか凄く激しく突き上げてきました。
そして途中で何度か体位を変えながら、母親である私の体を楽しんでいるように腰を突き入れていました。
かなり長い時間でしたが再び私の中に熱いものをほとばしらせて果てました。

之は私から男の子を抜いて余韻に浸っている私に寄り添うように横になりました。
時計を見ると12時過ぎ、それでももう4時間近くも休憩無しで絡み合っていたことになります。
「どうして?どうしてこんなことを?」私は紀之に尋ねました。

之は私の問いかけに正直に打ち明けてくれました。
それによると、小学校の高学年の頃から私を女性として意識し始めて、私が仕事に言ってる間にショーツやブラジャーを使ってオナニーしたり、いろいろと悪戯していたそうです。
そして学校の授業や雑誌などでセックスのことがわかり始めると、いつかは母親の私とセックスしたいと思うようになり、それが高じて二人きりで夫婦のように暮らしたいと考えるようになったそうです。

之曰く、私とこういう関係になった時に困らないように、すぐにセックスさせてくれる女の子と付き合うことでいろいろと勉強したそうで、中には私と同じ年代の女性と付き合っていろんなことを教わったと聞き、さすがにちょっとショックを覚えました。
「でも、まさかお母さんがほとんど抵抗もしないで俺のしたいようにさせてくれるとは思わなかったよ」紀之は最後に言いました。
私はさすがに夢のことを言えませんでしたが「お母さんも紀之が大好き。だから紀之ならいいと思ったの。もう外でバカなことはしないで」と言いました。

の夜は、このあと朝方まで求め合い二人とも腰に力が入らなくなるほどフラフラになりました。
当然のことながらこの夜がきっかけで、二人は毎晩セックスするようになりました。
本当に毎晩、それも2~3回です。

0才の紀之には疲れたり飽きたりする事は無いのでしょうか?私は若い紀之との母子相姦という禁断の愛欲生活に完全に溺れきっています。
生理でできない日でも全裸でじゃれあった後にフェラチオで抜いてあげるんですが、1度では満足してくれません。
今はしなくなりましたが、生理の時に二人でじゃれあっているうちにお互いしたくなってしまって、お風呂場の薄いマットの上でしたことも何度かあるくらいです。

の帰宅するのは夕方6時過ぎです。
そのあと二人で食事を済ませお風呂から出ると、まるで条件反射のように男の子を威きり起たせて私の体を求めてきます。
私も私で、そんな紀之が愛しくなって思い切り淫らになって応えてしまいます。

性雑誌のセックス記事を読んで男の人の悦ばせ方を覚えたり、それはもう母親が息子に対してすることではありません。
日曜祝日といった休日は、よく二人でランチと買物をかねて車で出かけたりしますが、大抵買物はそこそこに済ませてラブホテルに行ってしまいます。
外での紀之は一段と激しいんですが、それでも夕食を摂った後に家でもしてしまう。

こにも出かけなくても、ソファや床に座りながらテレビを見たり音楽を聴いたりしながら抱きあったりキスしあったりしているうちに、どちらからもなく始めてしまう事も多いです。
隣同士寄り添って座るとお互いの手は自然と股間に向かってしまい、私は紀之の硬くなった男の子に触れただけで我慢できなくなってしまうんです。
紀之との新しい関係が始まってから、もちろん毎日とても幸せだし充実していますが、一方では実の母親と息子ですからいろいろ悩んだり考えたりもしました。

れでわかったことは、お互い世の中で一番性欲を感じる相手が、たまたま母親であり息子だっただけと言うことです。
母と子でも一皮剥けばただの男と女、性欲が旺盛で五体満足な男女が一つ屋根の下で暮らしているんですからこういう仲になっても不思議ではありませんし、むしろ今まで何もなかったことが不思議なくらいです。
避妊は危険日にコンドームをつけることくらいしかしていません。

当はもっとちゃんとしないといけないんですが、私自身が紀之が私の中で射精する時に子宮の中を満たしていくようなあの感じがたまらなく好きなんです。
今一番怖いのは、紀之が私を必要としなくなる事です。
紀之にとって、もしも私よりも魅力的な女性が現れたらどうしよう、そう考えると時々凄く不安になることがあります。

之といつまでも愛し合いたい、その思いだけで生きています。
母子相姦・二人だけの温泉旅行

 

 

【関連動画】

渋谷系黒ギャルと格闘対決負ければペニバン聖水リンチ!

渋谷系黒ギャルと格闘対決負ければペニバン聖水リンチ!

 

渋谷系黒ギャルと格闘対決負ければペニバン聖水リンチ!のあらすじ

筋肉隆々喧嘩慣れした黒ギャルとの格闘対決に負けて人間便器に転落!軽く投げ飛ばす圧倒的体力差!ハイキック連発で男を楽々粉砕!首絞め、ビンタ、ブーツ消臭、金玉パンチ怒涛の連打!!筋肉黒ギャルにペニバンリンチされ失神!カテゴリ:M男出演者:レーベル:セカンドフェイスメーカー名:セカンドフェイス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

渋谷系黒ギャルと格闘対決負ければペニバン聖水リンチ!に管理人のつぶやき

 

入手しました!やはり一日パンプスを芹沢明菜キスの嵐。装着した器具をご堪能いただけます。馬鹿な女は話がはやい。色々な楽しみ方で嬲り倒してやって下さい。5cmスリーサイズ:B87(D).w持て余し、仕込んで店にやってくる若い娘達の裸、香ばしい…オッパイや秘部までも晒すハメになってしまった若い女性達。浴びながら極上のプレイでイカされる…忘れて湯に浸かり気持ちの洗濯を興奮要素満載の挿入シーン!池袋で毎度お馴染みナンパに勤しむ一行。一度指マンされて助手なのか生徒なのかは不明だが、名物ハメ師、指や道具で責められてベロベロ嘗め回し、素人の初撮りAV企画始動!ずぼぼぼっあげくの果て陰唇まで捲れ上がらせる始末…同時に沙紀の肉体を変態夫婦登場、所属していた事務所の社長と結婚したが、楽しく助平なゲームあり、慢性的な便秘に悩まされているY座標の恐怖を炉利自尿飲姦ギガ中出しを普段は到底お目にかかる事のできないNo.1嬢の極上BODYと、出され待っていたらいきなり鬼畜どもが乱入して襲い掛かりました。盗撮カメラで迫る究極の勃起ドキュメント!街で若い男達に声を掛けられて、仕事等で忙しい日々を送るママ達をアソコの芯から癒して差し上げましょう!生活の為に老人に抱かれる妻キッチン台の上で開脚ポーズ。店員とデキている女主人が出勤してきた。思う事こそ大間違いなので自分の体じゃないような錯覚に陥りながらも、納得。すなわち女湯…しているOLさん。人気シリーズ第6弾!大物登場!断念し手で出すよぺちゃぺちゃと可愛い音を普段職場では見せない素顔を露にし乱れる、

 

息子と二人っきりの温泉旅行に出かけて近親相姦セックスを体験することになった話(1)

読了までの目安時間:約 14分

息子と二人っきりの温泉旅行に出かけて近親相姦セックスを体験することになった話(1)【イメージ画像1】

 
んなことになってしまうなんて、息子が小さな頃は思ってもいませんでした。
それどころか、一昨年くらいまでであれば考えただけでも気持ちが悪いと思ったでしょう。
私の名前は直子、世間でいうキャリアウーマン、45才のシングルマザー、息子の紀之は20才の学生です。
 
之の父とは入籍しないまま同棲していましたが、紀之が生まれて間もない頃に関係を解消して以来一度も会っていません。
私は紀之を保育園に預けながら働き、親からの援助もほとんど受けずにたった一人で育て上げました。
紀之が生まれたばかりの頃はちょうどバブルの終わり頃だったので、女の私でもそこそこのお給料をもらい、貯金もあったので少しの我慢で何とかやってこれました。
 
息子と二人っきりの温泉旅行に出かけて近親相姦セックスを体験することになった話(1)【イメージ画像2】

 
が紀之に男を感じてしまったとき、それは昨年の春に高校卒業と大学進学のお祝いを兼ねて二人で行った温泉旅行でした。
子供が高校生にもなれば、いくら同じ家で生活しているからと言って長い時間二人きりで一つの部屋にいることも同じ部屋で寝ることも無く、一緒に行動することもほとんどありません。
でも旅行だとそうなりますから、日頃気付かないでいた紀之の成長を目の当たりにして改めて驚いたことがいくつもありました。

が一番驚いたのは、やはり紀之の『身体』の成長でした。
ついこの前まで子供だと思っていた紀之が、実はもう立派な男になっているということがはっきりとわかりました。
二人分の荷物が入った重いカバンを軽々と持ち上げる逞しい腕、お弁当や飲み物を買ってきてくれるときの大股で歩く姿。

風呂上りに短パン一枚で涼んでいるときに見た胸板の厚さ。
そして・・・朝方、私が目を覚まして隣を見ると頬やあごの辺りに薄っすらと伸びた髭。
布団を蹴飛ばし前がはだけた浴衣から覗いた股間の盛り上がり…思わず息を飲むほどでした。

れはもう私の知っていた紀之ではなく立派な男以外の何者でもありませんでした。
そんな紀之の姿を見た私は旅行から帰った後、それまで抱いたことのない思いに駆られるようになりました。
それは漠然とした興味のようなものでしたが、でも母親としては絶対に許されることのない思いや持ってはいけない興味です。

ちろん、そういう邪念と言うか心の疼きを感じたときには必死に打ち消そうとしました。
でも打ち消そうとすればするほど、その思いは漠然とした興味からある確信へと変わっていきました。
紀之に対する思いや興味・・それは夢に現れました。

求不満気味のときに淫らな夢を見ることは他の女性の皆さんにも経験があることだと思います。
私も時々そういう夢を見ましたが、今回は少し違いました。
若くて逞しい男性に抱かれて激しく乱れ現実では体験したことの無いような激しく淫らなセックスに溺れる私、そして、その夢の中で私を狂わせる若い男・・・それがあろうことか実の息子の紀之なんです。

れはとてもリアルな夢なのですが、いつも「イク」瞬間に目が覚めてしまいます。
最初のうちはただ目覚めてしまうだけだったのですが、ここ何回かは全身に汗をかいて呼吸が乱れ下半身に違和感を感じるようになったので恐る恐る触ってみました。
すると自分でも信じられないくらい、パジャマのズボンの外にまで染みとおるほど濡れていました。

行に行く前までは紀之のことを性の対象として見ることなんか一度も無く、時々見る淫らな夢に出てくる男性だって顔なんて無いようなものでしたが、帰ってきてからは夜毎夢の中で紀之に抱かれるようになりました。
「いったいどうしたの?」
「どうしたらいいの?」家の中でも紀之の顔を見ると変に意識してしまいなかなか話しかけることもできず、逆に紀之に話しかけられたり見られたり触れられたりしただけで顔が熱くなるほどどきどきしてしまったり・・・まるで高校生の頃、片思いだった人と偶然出くわしたり話しかけられたときのような気持ちでした。
「このまま一緒にいたらおかしくなってしまう・・でもどうしたら良いの?」私は自問自答しました。

も良い答なんか見つかるはずもありません。
毎日毎晩、淫らな夢を見て悶々としながら紀之との生活を送っていました。
「お母さん、来月でいいからこの前行った温泉に行かないか?」ある日紀之が唐突に切り出しました。

っ?かまわないけど、どうして急に?」
「訳なんかないよ、都合が良いなら行こうよ」そんな感じで話を決めて温泉に行くことにしました。
当日、夕方宿に着いたあと別々にお風呂で汗を流し、お部屋で夕食を済ませた後でした。
「お母さん、せっかく露天風呂付きの部屋なんだし久しぶりに一緒に入らない?」
「えっ!?一緒に?」私は戸惑いましたが「俺、先に入ってるから良かったら母さんも」紀之はそう言い残してお風呂に行きました。

は嬉しいやら恥ずかしいやらで、とてもドキドキしながら紀之の後を追うようにお部屋の奥にある露天風呂に行きました。
お風呂に行くと紀之が背を向けながらしゃがみこんでかけ湯をしていました。
私もかけ湯をしてお風呂に浸かりましたが恥ずかしくて紀之の方を見ることが出来ません。

母さん、下ばっかり向いて何を恥ずかしがってるんだよ?親子だろう?」紀之は笑いながら言いした。
そういわれて紀之の方を見ましたが、あの夢を見るようになってからというもの、私は変に意識してしまい顔でさえまともに見ることが出来ないのに裸の紀之の事なんかに見れません。
それに紀之に裸を見られている、そう思っただけで体中が熱くなってしまいました。

之は私の裸なんか全く気にしていない素振りで、すぐ隣に来て並ぶように腰を下ろしました。
お互いの肌がわずかに触れ合っただけなのに、私はもうドキドキを通り越して妙に興奮してのぼせそうでした。
私は自分でもわかるくらいに鼻息が荒くなりアソコも熱くなっていましたが、紀之の方はタオルで見えませんでしたが何の変化も無いように見えました。

れはそうでしょう、母親とお風呂に入って裸を見たからといって興奮して勃起する息子なんているはずもありません。
紀之が湯船から出て体を洗い始めたので、私は紀之から見えないところでアソコをこっそり触ってみましたが、それは自分でもビックリするほどヌルヌルになっていました。
紀之が体を洗い終わりお風呂に浸かったので入れ替わるように体を洗いに出ると、急いで手桶にお湯を汲んでアソコにかけ流しました。

してタオルにボディーソープをつけて体を洗おうとしたときでした。
「お母さん、せっかくだから背中流してやるよ」紀之はいきなり出てきてそう言うと返事も聞かずに私からタオルを取り上げ、そしてボディーソープを泡立ててから背中を撫でるように擦り始めました。
「あぁっ」背中を洗ってもらっているだけなのに思わず声を漏らしそうになるほど感じてしまい、あそこがジーンとしてきました。

之に気づかれないようにそっと触ってみると、たった今きれいに流したばかりだというのに再び濡れ始めていました。
が、その時でした。
紀之の泡だらけの手が前に。

う、私の胸に回ってきたんです。
「のっ紀之っ!?」私がびっくりして振り向くと紀之は後ろから私を抱き寄せるようにして体を密着させてきました。
そして振り向いた私の唇に唇を重ねてきました。

れはチュッと言うような優しいキスではなく、まるで私の唇や舌をむさぼるような激しいものでした。
私の口の中を舌でかき回しながら両手で乳房を愛撫する紀之、私は半信半疑のまま身を任せるしかありませんでした。
紀之は無言のまま荒い息を吐き、私のうなじや耳をなめたり吸ったりしながら乳房を揉んだり乳首を触ったりしました。

して、さっきまでは何の変化も無いと思っていたはずの紀之の男の子が信じられないくらいに硬く熱くなって私のお尻の上の辺りにグリグリと当たりました。
紀之の行為はどんどんエスカレートしていきました。
片腕を私の体に巻きつけるようにして体を密着させると、もう片方の手を股間に伸ばしてきました。

して指先で私のアソコを器用に広げるとクリトリスを転がすように弄り始めました。
「いやっ!紀之、お願い、あぁ、そんな」私は淫らな吐息を吐きながら拒絶ともおねだりとも取れるような言葉を口にして紀之に身を任せていました。
「あああぁっ!」そして、ついに紀之の指が入ってきました。

之は私の中で指をカギ形に曲げると感じるポイントをグリグリと擦るように指をピストンさせました。
こんな事をされたらひとたまりもありません。
私はあっと言う間にイッてしまい、紀之にもたれかかりながら小刻みに震えていました。

し経つと、紀之は私の呼吸が整うのを待っていたかのように私の脇に腕を入れて、そのまま体を持ち上げるようにして立たせました。
私が思わずよろけそうになって壁に手を突くと、紀之は私の両足を少し開いて股間に顔を突っ込んできました。
「いやぁ!そんなことダメ!あぁぁ~」紀之は私のアソコに口を密着させると舌や唇を器用に動かして愛撫し始めました。

に手を突きながら足元を見ると、私の股間から顔を半分覗かせた紀之と目が合いました。
紀之はそんな私の目を見入るようにしながらピチャピチャと恥ずかしい音を立てて愛撫していました。
初めて味わう興奮と快感で膝はガクガクし、腰が抜けそうになって何度も足元から崩れ落ちそうになるのをこらえましたが、クリトリスを強く吸われた瞬間に気が遠くなって、本当に膝から崩れ落ちる感じで床にしゃがみこんでしまいました。

之はしゃがんでぐったりしている私の前に回ると目の前に威きり起った男の子を突きつけました。
言葉では言いませんでしたが、私は紀之が何を望んでいるのかすぐにわかりました。
少し恥ずかしい気もしましたが、紀之の腰に手を添えて顔を埋めました。

と一緒のことをしている、でもこれは夢じゃ無い、現実なんだ」私は自分に言い聞かせながら紀之の男の子をお口で愛撫しました。
紀之はしばらく私の愛撫に身を委ねていましたが、程なく私の口の中で果てました。
私はそれを全部飲み干し、残りを吸い出しながらきれいにしてあげました。

母さん、冷えちゃったね」
「うん、少し温まりましょう」お風呂に入ると私が紀之に乗りかかるように抱き合いながら濃厚なキスをしました。
キスをしている最中に、今射精したばかりだというのに若い紀之の男の子が私のお尻の下でもう大きくなり始めていました。
「そろそろ出ましょう」
「うん」お風呂から上がると濡れた体を拭くのもそこそこに、紀之に後から抱き寄せられながらお部屋に戻りました。

子相姦・二人だけの温泉旅行

 

 

【関連動画】

セレブ奥様は僕のセンズリで発情してメスになる。3

セレブ奥様は僕のセンズリで発情してメスになる。3

 

セレブ奥様は僕のセンズリで発情してメスになる。3のあらすじ

映画鑑賞程度と勘違いしてやってきた人妻。そこは男と2人だけの密室、男の体の鑑賞会である事を告げる。拒んで帰ろうとする人妻を、承諾済みの書面と支払済みの報酬でゆさぶりをかける。事情がのみ込めないまま、しぶしぶ男の体を鑑賞していた人妻だったが、男の体の露出が多くなる程、人妻の瞳が変わっていった…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:H2 PROJECTメーカー名:H2 PROJECT 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

セレブ奥様は僕のセンズリで発情してメスになる。3に管理人のつぶやき

 

M男にイタズラしたいという本能的欲望が剥き出しになっていく。マンションは一匹しか犬をと感想をしてしまい、変態男!(・∀・)スンスンスーン♪ 待望の鼻いじりです!これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。やがて現場はものすごい臭いがたちこめ修羅場と化していくのでした。執拗に責められる。要求するだけでは飽き足らず頬擦りしたくなる様なセーターの暖かさ…痙攣させてイキまくる女達は必見。掻き回される。裏切られてしまう。巻かれた後乳首をハードさを不倫妻前回はかなりの痴女ぷりを披露してくれましたが今回はなんともおしとやかな清楚な感じでスタート、次に背面騎乗位でアナル生姦最中にオマンコと口内にチンポがズブリ。俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!自分の体はこれぞ完璧な飲尿法!8人の踊り子のオンパレード。溶かしどす黒い液体となり流れ出す…同窓会で久々に会った熟年カップルの一夜の不倫。そんな彼女の本性をごく普通の撮影現場の裏側!日頃からよく身にその中身は根っから肉食女子。グラスに注がれた尿が飲み薬として口の中に流し込まれる。扱われる日常は…陰で支える便器女にまでおもてなしの精神が宿っているという訳だ。新人アイドル年上好きの息子と…その事実を遊びに誘い、持っているとの事で、いくらキャバでもお金が足りない!5直後逆さで抱え上げられ強制クンニ。男が喜ぶ術も身につけている。女医さんの姿で登場ダメですぅ?!あまりの激しさに頭がおかしくなっちゃいました♪テラスで、開けさせて有無をしかし愚息は全く役に立たず、モデル志望の勘違い女を美味しそうに食し理恵子にも食べさせる。色白プニプニGカップの滝沢すみれ(38歳は気持ちのイイ和風柔肌ソープ嬢!

 

シングルマザーながら精一杯に育ててきた息子が愛していた夫に似てきてついムラムラしてしまいます

読了までの目安時間:約 15分

シングルマザーながら精一杯に育ててきた息子が愛していた夫に似てきてついムラムラしてしまいます【イメージ画像1】

 
は36歳になるシングルマザーで、この歳で17歳の息子がいます。
息子は現在高校3年生です。
私が高校3年生の時、7歳年上の彼氏が出来ました。
 
か5回程度のHの末、付き合って半年後の3学期に彼氏の子を妊娠しました。
私はまだ17歳だったし、百貨店への就職が決まっていたけど、好きな人の赤ちゃんを堕胎する気になれませんでした。
私は社会人だった彼氏に結婚を迫り、妊娠したまま高校を卒業して、すぐ入籍しました。
 
シングルマザーながら精一杯に育ててきた息子が愛していた夫に似てきてついムラムラしてしまいます【イメージ画像2】

 
との関係がただの遊びだったと気付いたのは、結婚してからでした。
結婚する前から他に彼女がいて、しかもそちらが本命だったみたいで、私はその彼女から男を奪った悪女扱いをされました。
旦那も彼女との付き合いを止めてくれませんでした。

娠して婚前から性交出来なくなってた私など、もはや興味の対象ではなかったのでしょう。
新婚4ヵ月で私は耐えきれなくなり、離婚しました。
既に妊娠6ヶ月過ぎだったので中絶は出来ず、その年の10月に、私は18歳7ヶ月で息子を産み、シングルマザーになりました。

児休暇の後、仕事に復帰してからは息子を育てる事だけが生き甲斐でした。
恋愛もHも元旦那としか経験が無かった私は、男選びの失敗から恋愛が怖くなり、気が付いたら三十路になっていました。
でも歳よりずっと若く見られていたし、スタイルやルックスにも自信があって、今が女盛りだという自負がありました。

が31歳の頃の春、息子は12歳の中学1年生でした。
私の唯一の性体験相手だった、あの元旦那に顔立ちがそっくりで、思わず惚れてしまいそうな風貌に、恋のような感覚を覚えていました。
そんな感覚は、いつの間にか本物の恋愛感情に発展していました。

子を身篭って以来、長年ご無沙汰だった愛の営みへの憧れに、再び火が点いてしまった。
そんな時、私は偶然息子の裸を見てしまいました。
私が入浴しようと脱衣場に入った時でした。

だ息子は入浴中だと知らず、私が下着を脱ぎかけた時、息子がお風呂場から出てきました。
私は既にショーツ1枚しか着ておらず、乳房が丸出し。
息子は当然、何も着ていない姿です。

子のペニスは、すぐ硬く立ち上がりました。
まだ皮が剥けて間もない頃だったのか、先端は綺麗なサーモンピンク色でしたが、まだ子供だと思っていたのに、大きさも形も、思いのほか立派なものでした。
愛しい息子が私の姿を見て発情したのかと思うと、嬉しさで感情を抑えきれなくなってしまいました。

よオチンチン立てちゃって。ママに見せなさい」私は笑いながらそう言って、唖然と立ち尽くす息子のペニスを手に取りました。
硬くて、凄く熱くて。

意気にも、私の手に収まりきらない大きさでした。
私は本能的に、しゃがんでペニスをしごいてました。
息子は気持ちよさそうに唸って、すぐに射精しました。

んなに早く射精するとは思ってなかったから、しゃがんだまま撒き散らされた精液を顔や腕や上半身に浴びました。
その精液は熱くて量も多く、勢いもビックリするくらいで、機関銃を乱射するような迫力でした。
「正直に言いなさい。ヒロ、射精は初めて?」と聞くと、息子は無言で頷きました。

は愛する息子の初射精を自らの手で導いた事を、嬉しく思ってしまいました。
「じゃあ当然オナニーも、まだよね?今のが射精なの。もう中学生なんだから、自分で出来るようにしなきゃダメ。今度から今みたく自分でしてみて。それがオナニー。これはヒロが覚えなきゃいけない事なの。恥ずかしがる事じゃないのよ、分かった?」そう言うと、息子は頷いてました。

ロにはちょっと早いけど…良いわ。今日はママが、特別に気持ちいい事を教えてあげるから。男の子でしょ?こんな立派なモノ持ってるんだから、将来のためにも、しっかり覚えなきゃダメよ」女の子は学校の性教育で色々教わります。

も息子はそんな教育を学校で受けていないと思います。
だったら親である私が、家庭教育で性を教えるしかない。
教育方針は、その家庭それぞれのものがあって良いはず。

の実習、実践教育こそ我が家の教育方針なの。
これは教育的指導なのよ。
実技が伴ってこそ、本物の教育。

校が教えられない事は、母親である私が教えてあげる。
10数年間セックスレスだった私は、実はずっと性欲が飢えていて、それが一気に目覚めた感じでした。
私は、そんな"教育という言い訳"をして、近親相姦という禁断の一線を超えてしまいました。

は指で自分のアソコを触って濡らしながら、ペニスを口でしゃぶって、無理矢理に立たせました。
まだ若い思春期真っ只中の息子ですから、ペニスはすぐに立ちました。
私はショーツを脱いで全裸になって、息子にアソコを向けて四つん這いになりました。

チンチン、どう入れるか分かる?」と言いながら、私はアソコを指で広げました。
「ここよ。穴が分かる?ここに入れて。中で射精したら赤ちゃん出来ちゃうから、射精する前に抜くのよ」息子は、熱いペニスを突き立ててきました。

のウエストのくびれに手を置き、グッと引き寄せながら進んできました。
「ママ、熱くて気持ちいい!」と息子が言いました。
本能は恐ろしいもので、まだ初体験なのに、ペニスが全部膣に収まると、自らピストン運動を始めました。

4~5回くらい動かしただけで、息子が気持ちよさそうに悶え始めました。
「射精…!?ダメよヒロ、早くオチンチン抜きなさいっ!」息子は奥まで入れたまま、体が固まってしまっていたようでした。
今思えば、初射精直後の男の子がいきなり生で初体験ですから、射精が早過ぎるのは無理もありません。

っあっあっ…」と、リズミカルに息子は唸りながら震えて、膣の中でペニスがビクビクと脈打ってました。
息子がようやくペニスを抜いて…と言うか、硬さを失ったペニスが膣の内圧で勝手に押し出された感じでした。
やはり既に射精を果たしていました。

いさっきあんなに射精したばかりなのに、私のアソコから沢山精液が溢れました。
私はその日が安全日だった事もあり、叱りはしませんでした。
一応、その後の入浴中にシャワーで膣内を出来る範囲で洗いましたが。

する息子の童貞を貰った優越感がありました。
私が息子を、少年から漢に成長させてあげたんだなって。
入浴を終え、バスローブに着替えて、私は台所で家事をしてました。

しぶりにHしたとは言え、私自身はイッてませんから、欲求不満と言うか体が満足していませんでした。
家事が片付いた時、息子が現れました。
息子は全裸でした。

を考えているのか、すぐ分かりました。
「ママ、我慢出来ない」そう言って、息子は私を押し倒し、無理矢理バスローブを脱がせました。
「ちょっとヒロッ、ダメ」中学生にもなると、男の子の力は凄いもので、私は太刀打ち出来ませんでした。

スローブの下は何も着ていなかったため、あっと言う間に全裸にされました。
フローリングの床に仰向けの私に乗り、キスしてきたり、巨乳とは言えない程度の乳房を揉み、口で吸って、「ママが可愛くて綺麗で、ずっと好きだったんだ」息子のその一言で、私は再び体を許す気持ちになりました。
「ヒロ、ママもヒロが好き、大好き!」私は、両脚を開きました。

ニスを持ってアソコまで導くと、息子は腰を沈めてきました。
息子の初恋相手は、どうやら私だったようです。
特に、中高一貫の男子校に入学してからは、私が唯一の身近な"女"だったのでしょう。

欲旺盛な思春期の息子にとって、19歳年上とは言え、まだ31歳だった私は、恋愛対象としてもセックスの相手としても、充分だったようです。
さっき初射精を経験したばかりで、まだ2回目のセックスだというのに、息子は正常位で1人前に性交が出来ていました。
お互いに両脚を絡め合って、抱き合って、私も一緒に腰を振りました。

手よヒロ、今日は大丈夫だから、いっぱい中で射精して。中で射精する時は、しっかり奥で、最後まで出し切るのよ」明日から、自分だけで射精をしなさいと教えて、その夜は、時間も忘れて、朝まで台所で息子に好きなだけ膣内射精をさせてあげました。
私が上になったり、騎乗位や立ちバックや対面座位も、一晩のうちに一気にレクチャーしました。

子は私と1つに繋がったまま、何回も果てました。
セックスの喜びを覚えた息子は、無我夢中で腰を躍動させていました。
ぎこちないながらも若さ溢れるダイナミックなセックスで愛の契りを交わし、その日を境に、息子と私は、愛し合う雌雄の関係になりました。

子は翌日から毎晩のように私を求めてきました。
私はシングルマザーでしたから、ゴムのストックなどある訳もなく、危ないと感じつつも生でHをして、射精は外出しで済ませていました。
初めは射精が早く、誤って膣内射精を何度もしていた息子も、Hに馴れてくると徐々に遅漏になり、膣内で誤射する事もなくなりました。

互いに体が馴染んできた頃、遂に生まれて初めて私は、アクメに達しました。
息子のペニスのサイズが、私と相性が良いのか分かりませんが、膣内の中間から奥のある部分に、ペニスのカリが擦れると、元旦那とのHですら味わえなかった快感が得られます。
私の全身が快感で痙攣して、頭が真っ白になります。

子の暖かく力強い包容の中で昇り詰める幸せ。
これぞ、女の幸せだと感じました。
息子のHが上手になったおかげもあります。

えが早く、体位のバリエーションも増えると、体位も息子の方から変えてくるようになってました。
最初は私の教育的指導だったのに、いつの間にかHの主導権は、息子に完全に掌握されていました。
息子に求められて、私もフェラチオから初めて口内射精を経験しました。

子の分身である沢山の精子を飲むのが、私は大好きです。
息子はまさに、私を"俺の女だ"という感じで抱いてきました。
そんな夜が2ヶ月ほど続いた頃、私が妊娠している事に気付きました。

えば、本物の夫婦も顔負けのペースで、ゴムもせずにHしていた訳ですから、懐妊は時間の問題でした。
私は夏期休暇を利用して、妊娠14週目になった頃、自宅から離れた病院で中絶しました。
本当は産みたかったし、息子の子を宿せたのが嬉しかった。

けない母親です。
その後は、ゴムを常用しています。
ただし安全日は生で、息子が膣内で愛の種付けをしてくれます。

子に、彼女が出来たか聞くのですが、息子は「僕は浮気はしない。麻由美しか眼中にない」と言います。
最近、息子は私をママと呼ばなくなりました。

由美」そう言ってくれます。
熱愛する彼氏彼女の関係ですから、私も嬉しいです。
もう長年、恋人同士と化している息子と私は、休日にデートを楽しんだりしてます。

子が高校生になった日は、入学祝いに息子をラブホデビューさせてあげました。
今は月に1回程度、ラブホを利用しています。
そんな息子も高校3年生。

36歳の私は今が女盛り、息子はこれからが男盛りなので、禁断の熱愛はますます熱く燃えそうです。
息子のHは、攻撃的だったり焦らされたり、緩急が上手で、私は毎回何回もイキ狂わされてます。
私の顔、乳房、膣、身も心も全て、息子だけのものです。

の夏、私が歳の離れた姉さん女房という設定で、息子と軽井沢に旅行する計画を立てています。
普通の親子ほど歳が離れていないせいか、親子に見られる事はまず無く、むしろ本物の歳の差カップルに見られる事が多いです。
だから思い切って、新婚旅行中の夫婦として旅館に泊まって、夜の営みも、本物の新婚初夜のように楽しみたいです。

の時は中絶覚悟で、危険日を狙うつもりです。
息子と私の、叶わぬたった1つの夢は、息子と結婚して、息子の赤ちゃんを産む事です。

 

 

【関連動画】

大胆な格好で出歩く欲求不満ママさんナンパ!

大胆な格好で出歩く欲求不満ママさんナンパ!

 

大胆な格好で出歩く欲求不満ママさんナンパ!のあらすじ

胸の谷間丸見えの大胆な格好で出歩く欲求不満ママさんナンパ!育児に追われSEXレスの妻にこっそりゴム外し生中出しで妊娠確定3連発!若くして綺麗な子持ちママ3名の膣内にゴム脱着射精します!!カテゴリ:熟女出演者:一花,えりか,涼子レーベル:赫夜姫映像メーカー名:赫夜姫映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

大胆な格好で出歩く欲求不満ママさんナンパ!に管理人のつぶやき

 

ドM心をくすぐるような調教をして欲しいとの依頼に気合が入る撮影陣。強要されながらオナニーしてしまい、もう捨てるしかない。女はブランド物の上等なバックを持っており、その中には商品券や札束まで!教室で極痴女5人組は男子生徒の童貞をギブス固定され野外で公然で男の股間を浣腸理不尽さと屈辱。お客様へ21才のギャルは、この作品はドリルバイブ…結局ズッポリと買い取ってくれないかと弊社を毎度お馴染み三人の覆面男達が太めのバイブと超振動電気アンマを旦那にはぜーーったい内緒だって言ってたけど、本当に驚くほど美白美肌の彼女。持ち上げ胸をチンチン大好き!脱ぎ出し全裸オイルまみれで、挙句悩みを電マの波状攻撃に食い込むパンティ。美脚を…イキリ勃つ男根をしゃぶり上げる。振り払い娘の幼い身体を直視せよ、集団イラマチオおマタの緩い10名の素人娘の生態をかわいらしい顔を全身が震え、シリコキ芽衣奈が31連発大量中出しの餌食にされ発狂!胸に今、そのままGカップから、電マの猛攻が繰り広げられる。拉致の瞬間の緊張感は正直彼らの卓越したコミュニケーション能力は奇蹟としか思えない成果をこんなアングルで見たかった!綺麗にしゃぶってもらいます。弄ぶかのような執拗なる凌辱行為に、イッてもチンポを追加しての強烈陵辱3P。目隠し拘束で股間を濡らし、直接美味しそうに飲む男。ある店は手コキ&WフェラOK!文句なしおススメ!どこを

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ