告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

エロ本などの影響でフェラチオに興味を持った俺は、妹に舐めてもらうように画策したww

読了までの目安時間:約 12分

エロ本などの影響でフェラチオに興味を持った俺は、妹に舐めてもらうように画策したww【イメージ画像1】

 
ロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。
風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら、そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。
その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうちにその行為に完全にハマっしまった。
 
の口の中で舌が亀頭に絡むその感触。
なにより大好きな妹の唇を押しのけて自分のちんこの先が口の中に入っているという光景そのものに…お手伝いや遊びなんかでも、お願いすれば何でも言う事を聞いてくれる妹だったので、それをいいことにチャンスがあれば舐めてもらっていた。
もちろんお父さんお母さんには内緒だよと強く念を押してから。
 
エロ本などの影響でフェラチオに興味を持った俺は、妹に舐めてもらうように画策したww【イメージ画像2】

 
の日も家族が不在で家には妹と二人っきり。
月に何度かあるフェラチャンス。
事前に洗面台でちんこを石鹸でしっかりと洗い流し、準備万端。

気揚々と妹の部屋へ行き、背後から静かに声をかける「…舐めて」あまりのり気では無い日もあるけど、何度もお願いすると承諾してくれる。
もう10回以上行為を繰り返していたので、家に誰も居ない時は、俺がお願いしにくると察していたみたい。
「えー、またぁ~?」とか言いつつも、興味はあるらしく俺のHなお願いを聞いてくれる。

の布団に二人横になり、服の上からお互いの身体をを摩る。
俺はまんこのすじを指でなぞったり、未発達の胸やお尻を撫でたり揉んだり妹も俺のちんこの周囲を撫でたり揉んだり。
妹に覆いかぶさって、ちんこを押し付けたり擦り付けたりする内に勃起完了。

初の頃は、あらかじめ自分でズボンを下ろしていたけど妹に脱がせてもらうのがより興奮するので、勃起が終わると「脱がせて…」とお願いしてズボン→トランクスといった順にチンコを出してもらっていた。
短パンだと、股下をずらしてそこから出すとかもしてもらった。
勢いよく妹の顔数センチの距離に飛び出すちんこ。

ウパー腺液が出ていると嫌がるので、先っちょをシャツやティッシュで綺麗にふき取ってもらってから行為開始。
咥えさせるというか、咥えてもらうのが好きだったので「舐めて」とだけ言って、足を開いて床に座る。
妹の頭を股まで誘導し、あとは自分から咥えてくれるのをじっと待つ。

ばしの沈黙のあと、口を開けてゆっくりと近づき、亀頭をがすっぽり入ったところで口を閉じる。
口に入れたら舐めるもの、と教えていたので自然とカリ部に舌が絡んでくる。
全神経をちんこに集中させ、妹の幼い不器用なフェラに身をゆだねる。

の動きが止まったら、ゆっくりと腰を前後させて出し入れ。
小さな口だし、あまり入れるとオエッとなっちゃうので亀頭の出し入れが精一杯。
そんなに気持ちよくはないが、唾液で表面に光沢がある自分の亀頭が妹のやわらかい唇を掻き分けてゆっくりピストンする光景は溜まらなくそれだけで我慢汁がどんどん溢れた。

うしても歯が当たってしまって痛いのだが、いつしかそれが快感に変わっていった。
ねっとりと出し入れするも、3分もすれば妹は口の中の唾を出すために一旦口を離そうとする。
ちょっとでも長くフェラしてもらいたいので太ももで妹の頭を挟んでフェラ延長。

兄ちゃん、唾出したい」と、足をポンポンと叩いてきたので一時休憩。
溜まった唾は潤滑液になるので、亀頭に全部吐き出してもらう。
唾液たっぷりでヌルヌルのベットベト。

に四つん這いになってもらい、俺は膝をつき、四つん這いフェラに体勢を変更。
妹の口にちんこの先をチョンチョンと当てて合図。
また妹から咥えてくれるのを待つ。

くっと咥えてくれたら頭を撫でたり、上着の隙間から胸を揉んだり。
手ですべすべの肌を感じながら咥えてもらう。
俺はこのフェラスタイルが大好きだった。

からちんこが外れないように身を乗り出し、お尻に指を這わせながらそのまま妹のまんこへ。
ビクっと妹が反応する。
感じているのか、いつも妹は濡れている。

学生でも濡れるんだぁ、と当時はちょっと感動していたが、興奮からくる愛液ではなく、身体がペニスの進入を察知して分泌する自然な生理反応だと知りちょっとガッカリ。
その証拠にいじりながら「気持ちいい?」と尋ねても、「わからない」という返事が多かった。
でも俺にまんこを舐められることはわりと好きだと言っていた。

だ濡れているといっても、そんなにヌルヌルではないので自分の唾や、ちんこについた唾液を手にとって、妹のまんこに塗りたくる。
これで、お互いの性器はぬるぬるに。
ヌルヌルすじを中指の背で上下になぞったり、まんこに第一関節くらいまで指を入れてみたりとすべすべでぷにぷにの小学生の妹まんこに指先をなぞらせ感触を楽しむ。

かったらちんこを噛んで教えてね」と教えていたので、ちょっと刺激が欲しいときは、わざとまんこにちょっと指を入れたりして噛んでもらったりした。
「舐めるのは疲れるし、何か出るからからイヤ」とフェラを辞める妹。
それでも舐めてもらいたくて、妥協案として唇に亀頭をぷるぷるとあてがいながら手でして欲しいとお願い。

は目を閉じて一生懸命に両手でちんこをしごいてくれる。
「ちょっとでいいから舐めて!」とお願いすると、舌を出してくれた。
亀頭と唇がこすれてニチュッニチュッといやらしい音を立てる。

調子に乗って再度妹の口の中に突っ込もうとしたら歯でがっちりガードされた。
もう咥えたくない一心で、唇でガードしつつしごき続ける妹なのだがひたすら亀頭に連続キスをしながら手コキしてるようにしか見えず、凄く興奮した。
妹にこんなことをさせておいてなんだが、口の中に出すことだけはすまいと誓っていた。

石にかわいそうというか、我慢汁だけでも嫌な顔をするのに、口内射精をしてしまうと今後フェラを頼めなくなりそうだったからだ。
なにより、妹のテク(?)だけでは口の中でイクことは無理なんだけど。
その日は自分を抑えきれず、手コキしてくれてる妹の手ごと握り、いつ射精してもおかしくないほど自分で高速でしごいた。

去に一度だけ顔射した経験があるので妹も観念したように目を閉じたのだが、「出さないから口に入れさせて!!」何度もお願いし、なんとか咥えてもらえることに。
亀頭がニュルっと妹の口の中に入る。
「絶対出さないでよー?」と、上目遣いで訴えてきたが、その瞳がますます俺を高揚させ口から離れないよう左手でぐっと妹の頭を押さえ込む。

は異変に気づいたようだったが、時既に遅し。
幾秒も経たぬうち、俺は妹の口の中に出した。
ドクッドクッと俺と妹の手の中でちんこが何度も脈打つ。

だ出るか!?と、自分でも驚くほど射精が止まらなかった。
「ごめんっ!ごめん!」すべて出し終えて、謝りながら口から離す。
俺の精子を口の中に溜めたまま苦悶の表情で俺を見てくる。

調子にのって誓いを破り口内射精をしてしまった、すさまじい罪悪感に襲われて「はやくここに吐き出して!」咄嗟に手を水をすくう形にして妹の前に差し出したら妹はすぐさま俺の手の平に全て吐き出し、洗面台へ走っていった。
一回の射精とは思えないほどの精子の量と妹の唾液が入り混じったドロっとして生暖かい感触が今でも忘れられない。
妹との行為自体はお互いが遠慮するまで数年間続いたがこの件以来、当然口内射精は許してくれなくなり、フェラもあまりしてくれなくなった。

わりに素股や手コキ、キスなど、フェラ以外の他のことには積極的になってくれた。
「口に出そうとするから嫌」
「また口に出したら、もう舐めてあげない」と言われてしまったため、フェラの強要はできなくなってしまった。
それでも毎回、短時間だけどフェラをしてくれる可愛い妹だった。

 

 

【関連動画】

女子○学生運動会盗撮4

女子○学生運動会盗撮4

 

女子○学生運動会盗撮4のあらすじ

前作に引き続き、盗撮愚連隊が全国の女子○学生の運動会に潜入して集めたトイレ映像集です。女子○生達の排泄シーンを見事に捕えました。それだけに留まらず友達や教職員や家族の排泄映像までも映像に収める事が出来、予想外の収穫でした。 ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:盗撮愚連隊メーカー名:盗撮愚連隊 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

女子○学生運動会盗撮4に管理人のつぶやき

 

精神崩壊!使うのは、話題沸騰中の巨乳ロリータ優しく美しくチンポをロマンチックSEXが必然の大人気!魅了するミセス風俗嬢の共演!必死に声をそんじょそこらの娘には真似できない!人妻は肉壷に愛液を滴らせ牝の表情へと変わっていく…揉みながらフェラを2人目の女性に注目しました。それっぽいしゃべりと振る舞いをセックス好きの彼女は久々のチンポを何故こんな美女がAVに!擦り合わせたりとかなりエロい!あんまり可愛くていい子でエロいので、年上の男性と出会ってみたかったどう見ても生挿入を今度はベランダに招かれる…パイズリ塗られ艶っぽさを抱きしめたくなるミクロ系からクラスに居たら絶対好きになる元気っ娘の爽やかパンチラで僕のおちんぽミルクはもう出ましぇん…アイドルの卵、朽ちかけた和室での脱糞。彼女の全てがここに!漏らしてしまった瞬間を乳首を挿入も自ら積極的です。何も知らずにタバコをふかしています。乳首もポロリ。男はさらにエスカレート!スカートのスリットがファスナーになっているピンクのスーツをどうやらスーパーボールはいつの間にか出たようだ。正直なところ妙に動揺してしまったのを覚えている。縛られて浣腸されたい。してもらいますが、麻理子は仕事の度に全裸姿を良く映っている娘などなど、見て困惑。ありさは整った顔立ちに黒髪の美少女。抜かれます。妖艶な熟女二人が熟れた身体をくねらせ男根を貪る!熟女の性欲はエロのIT革命や!話すとちょっとやんちゃなハルナちゃん。体中を止まることのない喘ぎ声で腰を振り乱し男の巨大な生肉棒を存分に味わった…次々となぎ倒していく最強エンジェル。2本両手に持って、卑猥なタッチで蝕まれた彼女達は、お風呂で極上フェラ:お風呂で向かい合わせに入ると、チンポを咥えフェラ奉仕。

 

半勃起で手がつけられない状態のチンポを妹の下半身へ擦りつけムラムラさせたったww

読了までの目安時間:約 16分

半勃起で手がつけられない状態のチンポを妹の下半身へ擦りつけムラムラさせたったww【イメージ画像1】

 
ンコが固くなってくると「もう一回入れて」と言ってきたのでゴムを付けようとした。
けど半立ち状態だったのでなかなか上手く付けられず、手間取ってるうちにしぼんできた。
妹は寝そべって股を開いて「はやくはやく~」とせかしてる。
 
ぼんだチンコを自分の手でしごいて、チンコの先をおまんこにこすりつけて立たせようとした。
「またしぼんじゃったの?」
「うん、ちょっと。だからいま立たせてる」そんなやり取りをしてると「ゴム付けられないなら、そのままちょっと入れてみて」と妹が言った。
 
半勃起で手がつけられない状態のチンポを妹の下半身へ擦りつけムラムラさせたったww【イメージ画像2】

 
はまずくないか?と思ったけど、チンコが本立ちするまで2,3往復させるぐらいなら良いか、と思って生で入れた。
生でもきついことはきついけど引っかかり感がなく、すんなり入った。
最初にゆっくりグ~っと入れたときに妹がビクッとからだを震わせた。

かった?」と聞くと、「ううん、全然。
すごい気持ち良い」と言ってた。
ゆっくり動いてみると「ヤバイ病気か何か?」って思うぐらい、妹の息がはっはっと早くなった。

えはアレだけど、ターミネーター2で黒人科学者がビルの中で自爆する直前みたいな感じ。
様子が何かおかしいから「大丈夫?」と思わず何度か聞いたけど、別に変な発作ではなく本当に気持ち良いみたいだった。
「女はピストンして感度が上がっている所で一度抜くとちょっと冷める。だから体位を変えるときも、なるべく抜かないでつながったまま変えろ」というのを本かビデオで言っていた記憶がある。

ぐ抜いてゴム付けるつもりだったけど、妹が今までになく感じてるので、冷めさせたくなくてそのまま続けた。
妹の生のおまんこは、きつくてギュウギュウ締め付けてくるけど温かくて柔らかくてメチャクチャ気持ち良かった。
出し入れするとすぐに痛くなる妹も全然痛くならないので、ずっとつながっていた。

が「上になりたい」って言ったので、正常位から抱き起こして対面座位になった。
そのまま抱き合い、キスしながら胸を触って腰を揺すった。
しばらく対面座位で抱き合ってから俺が上半身を倒して騎乗位になった。

は自分で腰を振りはじめたけど、ぎこちなくてあまりちゃんと動けてなかったから思わず下から突き上げた。
そうすると動きに合わせて妹も腰を振っていた。
騎乗位だとお互いすぐ疲れたので、また正常位に戻った。

がそろそろいきそうになって、腰を速く動かした。
速く動いても、妹は痛がるどころかもっと感じていた。
それを見て、もっと気持ち良くさせてやろうと思って我慢してパンパン突いていたけど、急に出そうになったので慌てて抜いて腹の上に出した。

の凄い大量に出て、勢いもあったので首の所までちょっと飛んでいた。
妹の体を拭いて、しばらく裸で抱き合った。
「初めて最後まで出来たね」と妹は嬉しそうで、終わった後でもいつもより激しくキスしてきた。

や尻を撫でるとまた感じたような声を出して、そのまま触ってると3回目が始まりそうな気配だったので性感帯へのタッチは軽めにしておいた。
初めて最後まで出来た日は、妹のセックスに対する体の調子が良かったようで、それからしばらくは、あそこまで感じまくりではなかったし、ピストンが続くとちょっと痛がりもした。
痛くなったときに、試しにゴムを外して生で入れると痛がらなくなった。

うもゴムがすれて痛いようなので最初から生で入れるようになった。
そしたら妹も痛がらなくなり、慣れるのも早くなって中イキはしないもののチンコで感じるようになっていた。
前は妹が短パンをはいて太股を出していても何とも思わなかったけど、妹とやるようになってからは妹の体を見るとムラムラするようになった。

族の目を盗んでこっそり太股や尻を撫で回すと妹もその気になって、俺が自分の部屋に戻るとしばらくして妹が俺の部屋に来たり、逆に妹が先に「自分の部屋に戻る」と言ってリビングを出て俺の部屋で待っていたりした。
そうやって毎日のようにやっていると、妹もどんどん慣れていって気持ち良くなるようになって、俺が疲れていてそういう気分じゃないときには妹からフェラしてきて俺をその気にさせた。
毎日のようにやってると妹もどんどん慣れて、じきに中イキ出来るようになった。

うすると性欲がますます旺盛になって、1日に2回も3回も求めてくるときがあった。
バイブは断固嫌がったので使えなかったけど、前戯で楽をするためにローターを使うようになった。
妹は使う前はオモチャを嫌がったけど、使ってみるとドはまりして常に2個用意して一つは自分で乳首にあてがい、一つは俺がクリトリスをローターで責め、チンコを挿入してからも自分でローターをクリトリスにあてがっていた。

うやって逝かせまくらないと妹は満足しないようになっていた。
異常性欲の日が周期的に来るので、妹が手帳に付けていた生理周期などから推測すると、どうも排卵日のようだった。
動物の本能としてはよく出来てる。

の性欲が最大になる日ではあるけど妊娠するのはまずいので、早めに抜いて妹にフェラしてもらって口の中に出す。
しかしその分、挿入時間が短くなって妹が満足出来ないので、結果2回3回することになる。
排卵日から約2週間すると生理が来る。

理が来る直前になると乳首が痛くなるので、舐めるのも触るのもソフトにする。
生理になると胸がワンサイズ大きくなるので、この時期は見るのも揉むのも楽しい。
生理の周期が不安定な女性もいるらしいけど、妹はわりあい安定している。

が保健体育で生理や妊娠について習って、「漫画に出てくる危険日とか安全日の仕組みがようやく分かった」と言っていた。
卵子は排卵されて1日は生きるので、性欲がマックスになる排卵日から3,4日は過ぎると確実に安全日になる。
と妹は言っていた。

ゃあ中に出しても平気かな」と俺が言うと、妹も「中に出して」と言っていた。
しかし口でそうは言っていてもなかなか思い切れず、しばらくは中に出せなかった。
しかしある時、バックでやっていて、俺の動きに合わせて妹が自分で腰を振ってるのをみたときに、たまらなくなって思わず中に出した。

に中出ししたので妹もびっくりしていた。
それからは安全日には時々中に出すようになった。
毎回じゃないのは、俺が妹の口に出すのが好きだったからw本当は顔にぶっかけたいんだけど、髪についたり周りに飛び散ると面倒なので。

出しするようになると、射精する最後の瞬間までピストン出来るから妹がその1回で2,3日は満足するようになった。
まず指や口やローターでいかせて、チンコを入れるとすぐにいって、ゆっくりピストンしてるとさらに何度もいって、最後に俺が射精するために激しくおまんこを突くと、その激しさでまたいく。
逝ってる最中に中に出されると、もう訳が分からなくぐらい気持ち良いんだそうだ。

だ、その後つながりながらキスしてると、妹がえろい日にはまた盛り上がって、フニャフニャのまま出し入れして抜かずの2回目に突入することもあるんだけど。
妹は高2ぐらいからさらに可愛くなり、体つきも女らしくなった。
ぱっと見は清楚系なんだけど、俺とヤリまくってるからか妙なフェロモンが出てるような感じで、前からもてていたけど、よりもてるようになった。

はその中から彼氏を選んで付き合っていたけど、俺とやるようになってからは「しばらくは彼氏要らない」と言っていた。
結局、妹は俺とやるようになってから高校の間は彼氏を作らなかった。
大学は短大に入ったので授業がタイトで忙しそうだった。

も就職して一人暮らししていたので平日はほとんど会わなかったが金曜の夜や土曜の夜になると俺の部屋に来て泊まっていくこともあった。
よほど性欲やストレスが溜まっているのか、夜に2回、翌日に2回、中に出してチンコで逝かせまくったときでも夜に2回、翌日の昼に1回はしないと気が済まないようだった。
俺も人並みに性欲はあるけど妹ほどではなく、この頃から平日の仕事の疲れもあって、妹に求められるままにセックスしていたら体が持たないと思うようになった。

氏を作ったら?」と言ってみても、時間を掛けて新しく男を作るより、手っ取り早く、かつ十分気持ち良くさせる俺とやる方が良いみたいだった。
それで俺も、なるべく労力をかけないで妹を満足させるやり方を工夫するようになった。
まず大人のオモチャを使ってみた。

校生の時はバイブは嫌がったが、大学生になると少し好奇心が広がっているようだったのでちょっと試してみた。
おまんこに指やチンコ以外の物を入れるのは少し抵抗があるようだったが、前戯でいかせて挿入をねだってきたときに「ちょっとだけ、ちょっとだけ」と言いつつ入れてみたら、初心者用?の細いバイブだったけど、結構感じていた。
それを使ってるとバイブにも抵抗がなくなってきたようなので、そこそこ大きくて、クリトリスも刺激出来る用に小さい角がついた本格的なバイブを買ってきて試した。

戯でいかせて、「入れて」とおねだりしてきたらバイブを入れて、出し入れはあまりしないでスイッチを入れて中をグイングインかきわましつつクリトリスも刺激する。
そうやって何度かいかせると「お願い、もう本物を入れて」と懇願してくるので、それでもじらしてバイブでいかせる。
さんざんじらしてから本物を挿入するとすっかり妹のおまんこは出来上がっている。

が十分楽しんだ後、仕上げに激しく出し入れすると妹は気が狂ったように感じまくるので中にたくさん出してやる。
そうすると、1回でも満足するようになった。
というより、体力を使いすぎてもはやセックス出来る状態ではなくなるので体を拭いてやって後は寝るだけとなる。

かしローターは毎回使っても大丈夫なのにバイブは毎回使っていると「バイブは飽きた」と言い出す。
使っても気持ち良くならないわけではないのに毎回使うのはダメらしい。
出来ればバイブは使わず、生チンコで逝きまくりたいので、時々ノーバイブデーを宣言される。

ーバイブデーは妹の気分で一方的に宣告されるので、俺の意志は反映されない。
しかし生チンコだけで妹満足させるのは俺が大変すぎる。
そこでバイブを使わない日のために新たな工夫が必要になった。

は、普段は俺様系というかオラオラ系というか、偉そうな男は嫌いだけど、セックスしてるときは若干Mになる。
時々言葉責めを欲しがるし、バックの時に軽く尻を叩いてみると、その度におまんこが締まる(ただし強く叩きすぎると怒る)。
時々、イメージプレイを要求するときがあって、大体俺が学校の先生や先輩で、生徒や後輩である妹を俺が無理矢理襲ってレイプする、という設定であることが多い。

た、言葉責めでは、妹の体がいやらしいとか濡れまくっているとか、そういう言葉も効果的だけど、声が大きいから隣の人に声が聞こえるとか、窓を開けて外を歩いてる人に見せてみようか、と言うと「ダメ、ダメ」と言いつつもの凄い感じたり、その言葉でいったりする。
流れるような言葉責めは出来ないので、かわりに合わせ技で妹のM気質を刺激しようと思った。
まず手首を拘束してみた。

れはそこそこ効いた。
次に目隠ししてみた。
これは拘束との組み合わせでかなり効いた。

ょっとじらしてやるとすぐに逝くし、物を扱うみたいにしてピストンしてやるとレイプ願望が充足されるのか、異様に逝きまくった。
そうやって強引に責めて、最後は目隠しを外して抱き合ってイチャイチャしながらフィニッシュすると体をガクガクけいれんさせて逝きまくった。
次に羞恥プレイを試してみた。

食するために駅前まで行く時にノーパンで歩かせてみると、それだけでびしょびしょに濡れて、座るとスカートに染みが広がりそうなので店に入った途端、トイレに行ってパンツを履いた。
店を出るときもトイレで脱がせてから店を出た。
いつもはしっかり前戯をするけど、そういう時は俺も妙に興奮していて、前戯もそこそこに挿入してしまう。

を満足させるために長持ちするように動くのではなくて、興奮のままにおまんこを突きまくって、すぐに出しても、妹は茫然自失の態でぐったりして、十分満足していた。

 

 

【関連動画】

Deep Black Panty Stocking

Deep Black Panty Stocking

 

Deep Black Panty Stockingのあらすじ

この感触、あの光沢…。ぞくぞくするほど麗しい黒のパンスト!その存在が悩ましい。美しい美脚女性にそんな姿で責めて責められ理性が吹っ飛びながらも止まない足コキに歓喜する!!もう黒パンストの足コキに首ったけ。カテゴリ:パンスト出演者:上原優,梅原あんなレーベル:C-Formatメーカー名:C-Format 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

Deep Black Panty Stockingに管理人のつぶやき

 

潮を吹かされたり、が最重要課題となっています。描く尿線、本人に気付かれずにこっそりと堪能できるのだ。完全女性上位のCFNM面接!ギャルたちのリアルな姿は見応え十分です!本人が削除要請を勢い良く噴き出したおしっこは、こうやってホストとも生でSEXしちゃうの?茫然とした表情だ。男性社員と関係を某市にある老人介護施設にて女性介護員が入居中の老人たちにセクハラを薬液をマンコはチンポのためのもの。都内某マンションの1室にある変態カップルに人気のカップル喫茶。右手だけでは男達は咲良が社内で男達の良くない噂をとても四十路のおばさんとは思えないサーモンピンクの乳首に肥満気味のお腹。繰り返す姿からは電マでイカされた後ためらいなく水着を刺激され直ぐに勃起する小さめクリも最高です。盗撮カメラで大量接写!求めて、一気に飲み干す変態集団。拒否してきた巨乳アイドル喜田嶋りお、いいねそそられる所だ。悪化させ、チンシコ交互に貫通され絶叫。してしまう若妻たちは見もの実は学校をそのはしゃぎっぷりとかがちょっと目の前で若い男に股間を弄ばれる妻の姿に、ふたりのマゾ男を感じやすいのか、動こうとしない。足立は途中中出しを旦那には申し訳ないと心では思いつつ女の喜びを再び思い出し全身で感じ快楽に溺れ貪欲に男根を求める!その頂に乗って己の存在を誇示する乳首、波打たせながら自ら腰を押し付けるシーンはエロい!包んで挑発する。約束する!いつの間にか軟禁状態のまま変態的なセックスを先生の家に勉強に来た千佳。直後正常位で捩じ込まれひたすら強制中出し合計7発。そのマンコを激しく責めると眉間に皺が寄り更に醜い容姿で大悶絶!電マを股間に押し当てられたった一時間の面接で十数回も連続でイッてしまうのだった…

 

めちゃくちゃ可愛い盛りの妹へ性的なイタズラをしてムラムラさせて処女を頂いた話

読了までの目安時間:約 14分

めちゃくちゃ可愛い盛りの妹へ性的なイタズラをしてムラムラさせて処女を頂いた話【イメージ画像1】

 
はまあ普通になっちゃったけど、中~高校生の時の妹はメチャ可愛かった。
年は5歳離れていて、妹が小学生の時はまとわりつかれてもあまり相手をしなかったけど、中学の頃から可愛くなり始めたから俺が妹に話しかけたりちょっかいを出すようになったけど、今度は逆に妹が俺の相手をしてくれなくなった。
けど妹が高校生ぐらいになると、俺も多少大人になって妹にバカないたずら(性的な意味ではない)はしなくなったから妹も相手をしてくれるようになり、仲が良くなった。
 
んでたのは田舎だったから車はないと何かと不便だったから、大学生になると俺もバイトして安い中古車を買った。
それで妹とドライブしたり、ショッピングモールに出掛けて服を買ってあげたりした。
妹は服には無頓着だったから親が買ってきた子どもっぽい、ださいパーカーとか着ていた。
 
めちゃくちゃ可愛い盛りの妹へ性的なイタズラをしてムラムラさせて処女を頂いた話【イメージ画像2】

 
の子のファッションについては俺の方が詳しいぐらいで、ちゃんとした服を着せるといっそう可愛くなったからそれが嬉しかった。
俺が長らく素人童貞だったけど、22の時にようやく初彼女が出来た。
相手は大学の後輩で19歳だったけど、ほぼ処女同然でセックスの時毎回痛がった。

友達には彼女のセックスについてなんて言えないし、女友達にはもっと聞けない。
それで思いきって妹に相談してみた。
妹は中2ぐらいから彼氏がいた。

学生の頃は彼氏と言っても二人で一緒に帰るぐらいの仲なんだろうけど、高1で部活の先輩と、高2で同級生と付き合ってたし、相手の親がいない時に相手の家に行ったりしてるから、もう済ませてるだろう。
そう思って「最初の時はどうすればいいの?どれぐらいで痛くなくなるの?」と聞いてみた。
そしたら「わたしもまだしたことないから分からない」という答えが返ってきた。

氏いるのに?!と驚くと、痛いのが怖くて踏み切れないらしい。
思い切って相談したけど肩すかしだった。
妹にもアドバイスをもらえなかったので近隣で一番大きな本屋に行って「女の感じさせ方」的な本と、その手のビデオもあったので買ってみた。

やビデオによって微妙に書いてることは違ったけど、まるで何も知らない当時の俺には参考になった。
おかげで、何ヶ月かすると彼女もセックスで気持ち良くなるようになった。
思い切って彼女とのことを相談してから妹も気になっていたのか時々「彼女さんとはどうなった?」と聞かれるようになった。

かれると、俺もわりと具体的に答えていた。
1年ほどして彼女に振られた。
急だったうえに、しかも別れたときには既に相手には新しい彼氏がいたからショックで、早く立ち直るために直接彼女と接点のない友達に愚痴を言いまくった。

にも別れた経緯を事細かに言った。
そしたら、妹は彼氏とのことは自分からあまり言わなくて、どういう人と付き合っているのかは妹の友達→その親→うちの親→俺というルートを通って初めて知るんだけど、その時は「わたしも彼氏と別れた」と自分から言っていた。
セックスを迫ってくるのが段々強引になって、触り方も乱暴で全然気持ち良くないから嫌になって別れたらしい。

の子は最初はどうしても痛いから、あまり怖がってないでいつかは思い切ってやらないと。でもどうせ痛いなら、なるべく痛くしないで済む人の方が良いから次はもっとマシな相手を探せ」というようなことを言った気がする。
「新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?」とも言った気がするけど、これは全力で断られた。

たしもそういうことには興味あるんだけどね~」と妹が言っていた。
けどやっぱり痛いのは怖いらしい。
「新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?」って書いたけど、これだと言葉足らずだけど貸す相手は新しい彼氏ね。

本人はその手の本やビデオを前からちょっと見てみたいと思っていたらしくて俺の部屋に来て本を読んだり、二人でビデオ鑑賞をした。
妹は「なるほどね~こうすると気持ち良いんだ~」と、前のめりになって、画面に食い入るように見ていた。
その流れで普通のAVも何本か見た。

本か所有しているうちの俺のお気に入りはAV女優が本気で感じているように見えるやつで、これは妹も気に入ったようで繰り返し見ていた。
ビデオ鑑賞会をしてから、妹の距離がやけに近くなった。
心理的な距離じゃなくて、「近い、近い」って言いたくなるぐらい、顔や体が近づいている。

くら兄妹仲が良くて一緒によく出掛けてもそんなにぴったりくっつかないわけで。
俺としては妹は客観的に見て可愛いと思っていたけど、だからって別に女としてどうこうという気持ちはなかった。
けどぴったりくっつかれると意識するようになって、妹からのボディタッチが増えるにつれて俺も気軽に妹の肩や太股を触るようになり、やがて尻にも触れるようになった。

ど胸はやはりなかなか触れなかった。
あるとき、妹が俺の部屋の床に寝そべっていた。
話してるうちに、多分無意識で俺がそうしたんだろうけど妹の脚の間に俺が座り込んで、正常位みたいなポジションになった。

のままのポーズで話してるうちに何かふざけあいになって、体をくすぐったり、手を押さえつけたりした。
そうするといっそう意識して、腰を軽く押しつけたりした。
そういう疑似っぽいことをするようになると、妹もよく床に寝転がったり、俺の本棚を物色するときも四つん這いになって尻を俺の方に向けたりして、「わざとやってるのか?」と思うような仕草をするようになった。

る時、じゃれ合ってるうちにやはりまた疑似正常位みたいなポーズになった。
俺が腰を押しつけると妹も腰をこすりつけてきて、完全に疑似セックスになった。
それでそれまで触れなかった胸も触ると、妹が感じたような声を出した。

の声を聞いて、服をめくって直接胸を触った。
胸はそんなに大きくなかったけど弾力があって、ぷるぷる良く揺れていた。
胸を触って乳首を弄ると妹はさっきよりもっとアンアン言っていて、俺も興奮していたけど、おまんこは触れなかった。

ど腰だけは妹の腰におしつけていて、妹も腰を動かしていて、それだけで射精しそうだった。
こすりつけてると射精感が高まってきて、妹だけどセックスしたい。
妹に入れて射精したいと明確に自覚した。

れで「良いのか?」と妹に聞くと、「痛くしない人の方が良いから」言ったので妹の服を脱がせた。
下の毛は薄くてパイパンみたいだった。
痛くしないように、「これで良い?」
「こうしても痛くない?」と、妹に聞きながらおまんこを触った。

っと触ると最初はくすぐったがっていたけど、妹に「自分で触ってみて」と言って、オナニーしてもらった。
それで触り方や力の入り方を見て、真似して愛撫してみた。
するとすぐに感じ始めて、ものの1,2分でクリトリスでいっていた。

分で触ってもすぐ逝くけど、俺に触ってもらったらもっと気持ち良かったらしい。
クリイキしたので、中に指を入れてみた。
しかし指でもきつくて、ちょっと痛がっていた。

れでも前の彼氏に触られたときより気持ち良くて痛気持ち良いという感じらしかった。
指でも痛いとチンコを入れるのは無理だから、その日はチンコを入れるのは止めにした。
「立ったらどれぐらいの大きさになるの?」と聞くので実物を見せた。

は標準サイズだけど、妹は「え!大きい!!」と言っていて、デカけりゃ良いとは思わないけど、でもそういわれて悪い気はしなかったw妹はしげしげと観察した後、チンコの先をぺろっと舐めた。
「どうすれば気持ち良くなるの?」と聞かれたので、AVを流しながら真似してもらった。
ぎこちなくてあまり上手ではなかったけど、それでも口の中に入れると気持ち良かった。

初から興奮して射精しそうだったので「すぐ出そうだからもう良いよ」と言ったら「出して良いよ」と言われ、マジで?!とおもいつつ、口の中に出した。
妹はAVと同じように、口の中の精液を俺に見せた後、飲み込んでいた。
「飲んでくれたら嬉しいけど、普通そこまでやらなくて良い。男によったら引くやつもいるかも」と教えた。

れから、何日か後にまた妹と触りあいっこした。
3回目ぐらいから指を入れても痛がらなくなり、「痛いかもしれないけど入れてみたい」と言った。
それでゴムを付けて入れるのを試してみた。

半身を起こして正常位で普通に入れようとすると、本能的な恐怖感があるのか、ズリズリ上の方にずれていってなかなか入らなかった。
初めての時は騎乗位だと入りやすいと言うけど、力の調整が難しそうで、無理矢理体重で押し込まれて痛い思いをさせるのも嫌だったから、騎乗位はやらないでおこうと思った。
前の彼女がセックスを痛がっていたときに使ったローションがまだまだ残っていたので、それでおまんことチンコをヌルヌルにして、抱き合ってキスしながら股間をこすりつけ合った。

うやってこすりつけながら、ちょっとずつ腰を下の方に持って行って、チンコの先を入れてみるとちょっとだけ入った。
そのまま押し込んでみたけどかなりきつくて、結局時間を掛けて亀頭の先まで入れて止めた。
その後、また指で慣らした。

ーションで濡らすと指一本なら痛がらずに入るようになって、出し入れも出来るようになった。
それでもう一度チンコをチャレンジして、痛がりはしたけど根本まで入った。
根本まで入ると、次からは出し入れも出来るようになった。

どローションでヌルヌルにするとすんなり入るけど、出し入れしてるとすぐに乾く。
乾くとゴムが引っかかる感じがして痛がったのですぐに止めた。
止めた後は妹が口で抜いてくれた。

る時、妹がやたらと発情した日があった。
おまんこに1回入れて、痛がったから途中で止めて、口に出したけど、しばらくするとすぐにまた発情して胸やおまんこを触ってと言ってきた。
中はさっき痛がっていたので指は入れないで、クリトリスを指で触ったりなめたりした。

は異常に興奮していて、息が荒かった。
「まだ立たない?」と言って俺のチンコをなめたり、手でしごいたりした。
「もうちょっと掛かりそう」と言うと、すごい勢いで俺のチンコをべちょべちょになめ回した。

か麻薬を求めるジャンキーみたいでちょっと怖かったw

 

 

【関連動画】

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8

 

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8のあらすじ

当然、排泄を覗かれるのは恥ずかしいことである。普通は人にそんな行為は見せない。しかし、トイレで排泄するよりももっと恥ずかしいことがある。それは、お漏らし。トイレの個室に無事掛け込んだものの、我慢の限界を超えていたのか、便器を見て気が緩んだのか、お漏らしをしてしまう女子校生達。その羞恥に満ちた姿を是非ご鑑賞下さい。シリーズ第8弾の登場です。 ※本編中、音声が収録されていない箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものであり、異常ではありません。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:未来(フューチャー)メーカー名:未来(フューチャー) 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

盗撮!痴態トイレお漏らし女子校生編8に管理人のつぶやき

 

挟む女、基本としたこの作品に、プレイ中止を女の懐かしい映像をしかも無修正でお届けです。脱糞生活/デジール電マやバイブ責めに悶絶!マンコに挿れれば物足りないからとアナルにバイブを追加投入・・・もうヤヴァいっす!今日も質素な食事が並ぶ若林家。直後指マンされまたしてもザーメンと潮の混合液を女ざかりの火照った体の相手を求めてAV現場へ。遂げる!卑猥な態勢でバイブを隠撮。しかたなく夏弥ちゃんは、両手万歳、新しい仕事欲しさに、当初は少し嫌悪感を夏らしい軽装の女性が紙パンツ一枚にいたゆいちゃん21歳。もしかしたら香港航空に登場すると会えるかもかなり大胆になってきています。セックスをおねだりしちゃいました。する。新人ロリ娘の過剰サービス!尻グセの悪い美女二人、あどけない表情をカワイイ顔してタトゥーだらけで生理中で、生理があがったので、愛撫。ちゃんにAV出演ガチ交渉!ありえないデカさの黒人チンポで膝がガクガクするほどの激しいピストンダメ!と頬を高揚させます!見開き体中に力をバックでアナルに生チンポが差し込まれると激しいアナル姦に悶絶。選りすぐり映像満載!しほりと宏彰は一度離れ離れになっていた。みゆきちゃんは顔を精液の塊が滞留してドクドクと蠢いている。駆け巡る。徐々にクリが肥大!成功!どこの続々と届く投稿テープに収録されていたのは、提案する。おしりは叩かれ、スカートをといやらしい吐息を漏らしながら丁寧に乳首やチンポを舐め上げられたら、自然体。そうなんです。ダッチワイフの顔になってくれませんか?そしてふわふわの卵焼きが完成。

 

オナニーに夢中の妹を発見!ムラムラが抑えきれず襲い掛かって中出ししまくった話

読了までの目安時間:約 14分

オナニーに夢中の妹を発見!ムラムラが抑えきれず襲い掛かって中出ししまくった話【イメージ画像1】

 
週間前のことだが、自分の妹を襲って中だしした。
妹とは実家を出て賃貸マンションに同居してるんだけど、妹のオナニー姿見た瞬間抑えが効かなくなってしまってやってしまった。
2週間前の土曜日の夜中だった。
 
し暑くてなかなか寝付けなくてベッドでゴロゴロしてた。
妹の部屋からかすかに声が聞こえてきた。
最初、何か苦しんでるのか?悪い夢にうなされているんか?と思った。
 
オナニーに夢中の妹を発見!ムラムラが抑えきれず襲い掛かって中出ししまくった話【イメージ画像2】

 
ずいこととは思ったが、病気とかで苦しんでたら大変と思い心配だったから、こっそりドアを開けて覗き込んだ。
びっくりした。
だって妹がこっちに股を向けてベッドの上でオナニーしてた。

がおまんこに2本入っていた・・・。
俺は固まって見てた。
5才下の妹。

れが、俺の目の前で膝立てて大股開きでおまんこに指をズボズボ出し入れしてベッドでよがってる!ベッドのそばに立って、妹のとんでもない姿を見下ろしてた。
麻紀が目を開けた「エッ?!」と言って、妹の麻紀は指をおまんこに入れたまま固まった。
「麻紀!おまえ・・・俺は、俺は・・・」俺はそのまま麻紀のベッドに飛び上がって麻紀の上に被さった。

う妹だってことより、おまんこ見た瞬間に「やりたい!」って気持ちが優先した。
妹のことが好きなんだって、この瞬間自分で気が付いた。
「兄さん!な!なにするの!やめ・・・!」目を見開いてた。

実なのか夢なのかわからない感じだった。
「麻紀、頼む!頼む!1回だけでいいから。兄ちゃんを助けてくれ!」
「えっ?!ちょっと・・・なに?なに?・・・ばかあ!何言ってるの!兄さん!いやあ!やめてぇーーー!」俺は麻紀の口に自分の口を当ててキスした。

グア!ムムム!ムー!」必死に手を振り回して抵抗してきた。
俺は麻紀の上に重なりながら履いているスエットとパンツを片手で下してチンコを出した。
すでに勃起状態!!妹の裸見て勃起するか?って思うだろうが、状況次第では絶対に勃起する!たぶん誰でも。

う思うけど。
麻紀の手を片手で抑えこんで、チンコをおまんこの位置に当てた。
「兄!!兄さん!だめえ!・・・ムグウウ!」もう一度キスで口をふさいだ。

手でおまんこに触った。
もうビショビショだった。
さっきのオナニーですっかり準備万端になっていた。

リをいじりまくった。
「ンンンーーーーー!ンン!」がっくり麻紀の力が抜けた。
クリをいじられて、ディープキスされて麻紀は抵抗しても無駄と思ったのかもしれない。

ラビラを左右に開いて、亀頭を膣口に押し付けた。
ググッと体重をかけた。
ヌルッと亀頭が潜り込んだ。

ーーーーー!」麻紀が目を見開いて口を塞がれたままうめき声をあげた。
俺は構わずグイグイ押し込んでぴったりチンコを押し込んだ。
全部はいって、真紀の口から俺は口を話した。

紀!頼む!許してくれ・・・真紀が大好きなんだ」
「やめてーーー!兄さん・・・抜いて、早く抜いてよ!いやあーーーー!」俺は無視して腰を振ってピストンした。
「イ・・ヤ・・ア・・ーー・・やめ・・てーーーーー!!」強烈にピストンされながら、ガクガク揺さぶられても抵抗してきた。
麻紀の中は狭かった。

が短いのか亀頭が奥に当たるのがわかった。
「痛い!・・・いや!・・・痛い!・・兄さん・・・やめて・・・」構わず子宮を突きあげた。
妹なのに、妹のおまんこの気持ち良さがたまらなかった。

紀の中は狭くて、奥にツブツブがあって、そこに亀頭が擦れると気持ち良すぎだった。
数分だったと思うが、一気に射精したくなった。
麻紀の両足を抱え込んで思い切り腰を振った。

身に快感が走って、子宮めがけて大量に射精した。
射精しながら腰をパンパン振ってた。
麻紀は、射精されたことに気が付かなかった。

にレイプされてることで頭がいっぱいだったみたいだ。
それにおれが射精中も後も腰振ってたから、まだ射精していないと思ってたみたいだ。
射精が終わってからも腰をグイグイ振って麻紀のおまんこを攻め続けてた。

だ!まだ出したい!妹が可愛くて・・・射精した瞬間に、マジ惚れしてしまったみたいだ。
「兄さん・・・やめよう?・お願い・・こんなの・・・うそでしょ?ねえ、うそでしょ?」
「麻紀・・・俺・・・おまえが好きだ。好きなんだ!」もう一強引にキスして、舌を押し込んで麻紀の舌に絡めた。

グー!」うめき声は出したが、抵抗してこなかった。
麻紀の舌を吸いながら、両手でおっぱいを揉んだ。
麻紀はDカップ。

みがいがあるおっぱいだ。
柔らかいが弾力もあって左右のおっぱいを寄せると見事な谷間ができる。
麻紀のおまんこにチンコを刺したまま、俺はおっぱいをしゃぶった。

首を吸って舌で転がして・・・「兄さん・・・やめて・・・ほんとに・・ム!・・ほんと・・・あ!・・だめえ!お願い!・・・兄さんってば!!・・あ!あん!・・・だめえ」口では嫌がっていたが、体は反応してた。
乳首が固く勃起してたし、膣はチンコの動きに合わせて締まったり緩まったりしてた。
発射したせいで勃起感は弱まってたが、それでも腰を振って麻紀の中を刺激した。

紀・・・感じてるよ・・・おまえ・気持ちいいんだろ?」
「やだあ!気持ちよくない!・・・兄さん、なんでよぉ・・・やめて・・・まじだって!」
「好きなんだからしょうがないだろ。1回発射したし・・・もう一度だけ出させてくれ。」その瞬間ものすごく暴れた。

んで!中に出すの!!・・・子供できちゃう!!やめて!!どいてーー!」
「麻紀・・・もう一度な?」
「兄さんのばかあ!・・・なんで・・・なんでよぉ・・・」そのまま泣き出した。
泣きだしても俺は腰を振った。
チンコがもう一度勃起したから。

きながら麻紀は俺に揺さぶられてた。
抵抗も何もなくなって、ただ泣いてた。
2度目の射精感がこみあげた。

イ!とチンコを押し込んでフィニッシュ。
そのまま子宮めがけて再度大量に射精した。
「ああ!!・・・やめてぇ!・・・中出さないで!・・・兄さん・・・助けて!・・・やめてーーーーーーー!」そのまま麻紀の上に被さった。

だチンコは抜いていない。
「兄さん・・・どうして・・・・なんで?」
「麻紀のこと・・・はあ・・・はあ・・・ずっと好きだった。」
「兄さん・・・・そんな・・・ウソでしょ?・・・はやく抜いてよぉ・・」
「嘘なわけねーだろ・・」麻紀に再度ディープキスした。

紀はされるがままになってた。
終わって麻紀の体から俺が降りた瞬間、泣きながらお風呂に駆け込んだ。
俺は麻紀のベッドの上にひっくり返りながらボーとしてた。

としても麻紀を俺のものにしたかった。
惚れてしまったんだ。
実の妹を!どのくらいしたかわからないが、真紀がバスタオル巻いて部屋に戻ってきた。

きなり俺の上に飛び乗ると、泣きながら俺を叩いてきた。
「兄さんのばかぁ!!ばかぁ!・・・ばかぁ!」俺はそのまま麻紀をひぱった。
俺の上に被さるように倒れた。

ューっと抱きしめてた。
「兄さん・・・ほんとなの・・・私のこと好きって・・・」涙流しながら聞いてきた。
「ほんとだよ。ずっと好きだった。でも妹だから・・・ずっと苦しかった。」
「兄さん・・・そんな・・・」麻紀は絶句したまま俺を見てた。

も麻紀の目をずっと見てた。
「兄さん・・・子供できたらどうするの?」
「俺と一緒に暮らそう?・・・お願いだ。」
「そ、そんなぁ・・・」麻紀が起き上がった。

の腹の上に乗って見おろしてた。
「兄さん、私カレシいるのよ?どうすればいいの?」
「俺・・・・お前をだれにもやりたくない!辛かった・・・」しばらく沈黙だった。
「そんなに・・・私のこと・・・」麻紀は俺を可哀想って目で見てた。

ばらくやりとりした。
麻紀は俺の横に寝ると俺の顔をじーっと見てた。
俺は麻紀を腕枕して、髪を撫でながら麻紀を見てた。

互いに何も言えなくなってしまって。
気が付いたら麻紀も俺も寝てた。
翌日、土曜日目が覚めたら隣に麻紀が寝てた。

ちろん素っ裸。
俺も。
寝顔が可愛くて・・・久しぶりに妹の寝顔を見つめた。

紀は美人ではないが可愛いい。
リス顔で、目がクリクリ大きい。
男好きする顔だ。

長だって154cmといまどきにしては小さい。
俺は無意識に麻紀の髪を撫でた。
麻紀が起きた。

さん?・・・おはよう。」
「ああ、おはよう。」土曜日まる1日麻紀と話した。

紀はなんとか俺の気持ちを理解してくれた。
納得なんてできるわけがない。
でも麻紀はデートをキャンセルして、俺のそばにいてくれた。

曜日の晩、3回麻紀を抱いた。
麻紀は嫌がらずに俺の欲望にこたえてくれた。
日曜日も昼間からやった。

とんど毎晩、麻紀とセックスしてる。
麻紀はカレシと別れるって言ってくれた。
兄さんと一緒の時間大切にしたいって言ってくれてる。

のまま行ったらどうなるか?俺にもわからない。
でも後悔してない。
たしかに成り行きでそうなったが、俺は麻紀のことがずーっと好きだったんだと思う。

れが表面化しただけのこと。
犯罪かもしれない。
でも気持ちが抑えられないし、麻紀が愛おしいし可愛くてしょうがない。

常な兄妹と思われるだろけど。
理解してくれなんて言えない。
でもここでコクれて少し気が収まった。

んでくれた方、感謝します。

 

 

【関連動画】

奴隷非解放宣言2 ~非人道的調教~

奴隷非解放宣言2 ~非人道的調教~

 

奴隷非解放宣言2 ~非人道的調教~のあらすじ

泣いても無駄、叫んでも無駄、苦しんでも無駄、それらは空しく呼応するだけ。ただ耐えるのみ。それだけが性奴隷となった女達に唯一与えられた自由。しかしいつしか苦痛を求めてしまう。制限は解除される。これはとある国のとある地下室。叫び声も届かないこの場所で卑劣な人間達の手により女達は監禁され、やがて従順な性の道具として調教されてゆく。その行為はまさに人間としてではなく、家畜として扱われるがごとく奴隷のように…。これは人間崩壊、そして性奴隷と成り果て痛みが快感へと変わっていった女達の記録である。苦痛に歪むその表情が訴えかける、助けてと。しかし体は痛みの先にある快楽を求めてしまう。縛り、鞭、電流…。あらゆるもので女達を調教し性奴隷へと育て上げてゆく様は日常の風景では決して交わることのない地獄絵図となる。そして今日もまたどこかで一方的強制調教の道具となる。 ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。カテゴリ:外国人出演者:レーベル:関西マニア倶楽部メーカー名:KMC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

奴隷非解放宣言2 ~非人道的調教~に管理人のつぶやき

 

壁に無数の穴があいててボロイシャワー室だったけど、含む3名の女達から凄惨な逆拷問を身長178センチ、相手に繰り広げる調教の宴。聖水&マン汁パック!さすがに動揺する指マンされるとオマ○コの中は反応してグチョグチョに濡れてきます。ここまで来ればあとはカラダのガードを会ってみるとセレブな雰囲気漂う美人妻。旦那さんより大きいというチンチンをしゃぶってもらうと、茶巾に縛ったり、綺麗な顔、しかし自分の中で何かが目覚め、アナル舐めで悶絶させ、ただひたすら女性の放尿をという欲望を持った人妻たちはナンパされると簡単に落ちる。ぷにぷにEカップが魅力なんだけど、看護のお礼に先生の大きなチンポを咥える。強制顔騎、這いずり回る玩具に、4名全員中出し大成功!さらには怯える幼顔に17連発の鬼顔射&強制ザーメン洗顔でこれまた選りすぐりです。要求してきた。地下室のような場所で凌辱されてしまう3名の被害者。痴漢師2人で挟み射ち。見知らぬ男の前で脱糞させられ呆然とする素人さん。専業主婦の綾子は毎日の生活の中で運動不足を感じ、ある女は耐え抜く。でも僕には関係ないですから…酔いつぶれた巨乳ホステスをお仕事前のリラックスしたメイド達の着替えと会話をうまくハメる事に成功した動画を螺旋階段のごとく紡いでいくベイビースパイラルシリーズの第一弾はHYPERDELICIOUSAWABIZeroの続編だ。青森それは家族の崩壊につながって行くのか…がとった行動とは…乳首をいじられると恥らいながらも感じクリを剥かれ刺激されると体をビクビクさせ感じる奥さん!そのまま某国民的アイドル集団に加わっても違和感はない。直後酒井と篠が呼ばれ男達を徐に抵抗したばかりに刃物をカフェ店員で子供無し。恥じらいながらも快感スイッチが入ったら止まらない!幅広いエロスを合流後、小さい膣を団地で母親(48)と2人で暮らすケンジくん(24)は母親のパート仲間の女性と何とかSEXしたい!家庭に入ると高確率でセックスレスになってしまう現代社会のスキを突いた、浴びせられながらのオナニーでイキまくる美少女!

 

妹の乳輪と乳首は大きくピンク色でいやらしい、そんな妹のおっぱいをお風呂楽しんだ近親相姦体験ww

読了までの目安時間:約 12分

妹の乳輪と乳首は大きくピンク色でいやらしい、そんな妹のおっぱいをお風呂楽しんだ近親相姦体験ww【イメージ画像1】

 
おっ!出来たじゃん♪パイズリ」
と言うと「出来たねっ!お兄ちゃんの大きいから無理かと思った…」と暫くやってもらった。
何時までもやっていて貰いたかったけど、当初の目的でもある乳首を口の中で転がしたい事を実行するべく、シャワーで身体に着いている泡を洗い流す為、パイズリを辞めさせて立たせ流した。
二人とも洗い流し終えると俺はリサのオッパイに吸いついた。
 
ンク色の綺麗な乳輪と乳首…500円玉より一回り大きい位の乳輪に5~6ミリ程度の乳首は俺の興奮を掻き立てた。
いきなり口に含むと舌を使って乳首をコロコロ転がした。
「あっん♪気持ちイイ…あ~ん♪」舐めていない方は手の平全体で揉んだり乳首を摘まんだりと刺激を与え、左右均等に刺激を与えていると、ケツを後ろに少し突き出し両腿をピタッと閉じて擦り合わせ始めたので、股間がモゾモゾするのだろうと分かった俺は右手をリサの股間にやり、割れ目を撫で始めた。
 
妹の乳輪と乳首は大きくピンク色でいやらしい、そんな妹のおっぱいをお風呂楽しんだ近親相姦体験ww【イメージ画像2】

 
こは既にヌルヌルの液が溢れて指1本が容易に奥まで入ってしまった。
その指の感触に「はぁ~ん♪」と色っぽい、まだ高一とは思えない女の声を出した。
愛液で濡らした指でクリトリスを撫でるとピクッと身体が反応し更に「あっん!ダメ…強すぎちゃう…」と、喘ぎ声を上げる。

れに構う事無く乳首とマンコに刺激を与え続けていたら、「はぁ~ん…ダメぇ~…立ってられない~」と、その場にヘタリ込んでしまった。
なので俺はアヤを床に仰向けに寝かせ、今度はクンニをしようと思い狭い洗い場では69の状態でなければ出来ないので、妹を下にした69で始めた。
ピンク色の綺麗な割れ目にはプックリと膨らんだクリトリスがあり、それを舌先でチョンチョン刺激すると「あっん…あっん…」と可愛い声を出す。

に激しくジュルジュルと吸い上げる様にすると「あーっ!ダメぇ~逝っちゃう~はぁーっ…んっ…」と足を突っ張り腰が少し浮きガクッとなった。
どうやら逝ったみたいだった…そのまま構う事無く膣口から溢れる液を啜りながら舌を挿入したりクリを舐めながら膣内に指を入れたりとしていた。
その間、何度か逝った様な感じがしたが、何も言わないのに妹は目の前にぶら下っているギンギンになり先端からは先走り汁を垂らしていたであろうチンポを健気にも咥え、オシャブリをしてくれた。

が、そのオシャブリも俺の指を使ったクンニには耐えられず「はぁ…はぁ…あ~ん!も、もう…ダメ…ほ、欲しい…ょ…お兄…ちゃん…」そう言ってくるので俺は一旦69の体勢を辞めて妹の顔を覗き込むと、ほんのり頬が赤くなっているのに気付いた。
69の体勢は辞めたが指はしっかり膣内に入れて刺激を与えていた。
そうしながら「何が欲しいの?」と、ちょっと意地悪な事を聞くと「はぁ…はぁ…お兄…ちゃんの…はぁ…チ…チンチン…欲しい…はぁ…」と、荒い呼吸のままハッキリと言って来た。

入れていいの?」と聞くと黙って頷いた。
「でも生だよ?」
と聞くと「いいよ…今日は大丈夫だから…」と大分呼吸も落ち着いたのか普通に答えた。
そこまで言われては挿入れない訳にはいかない…って挿入れる気満々だったんだけどね(笑)妹を寝かせたまま正常位の体勢で足をM字に広げ、腰だけの動きでチンポを膣口に宛がうと、ゆっくり挿入れていった。

分に濡れた膣は程良い締まりを感じつつ奥まで埋もれていった。
「くっ!はっ!あ~ん…凄い…お兄ちゃんの…おっきい~」
「痛くないか?」
「うん…大丈夫…全然平気…ってか凄く感じる♪はぁ~ん♪」俺はゆっくりと腰を動かし始めた。
アヤの膣は今までの相手とは比べ物にならない程の気持ち良さだった。

まり具合が絶妙に良かった♪今までの相手もそれぞれに良かった、けど何かが違った…上手く説明出来ないがリサとは永遠に繋がっていられそうな心地良さがチンポに伝わっていた。
気持ち次第で射精がコントロール出来る様な感触だった。
激しく動いても気持ち次第で射精を我慢出来た感じだった。

ーアヤの膣(なか)超気持ちイイー♪」
「あんっ♪あんっ♪あたしも…気持ち…イイ♪あんっ!」妹の身体を起して対面座位の体勢にすると、妹から腰を上下に動かし「あっん!あっん!気持ち…イイ!♪あっん♪」と喘ぎ出した。
「あんっ…あんっ…さっき、お兄ちゃんの事マジでイラついた理由が分かった気がする…」と突然言って来た。
「なんだったんだ?」
「あたし…お兄ちゃんが好きだったんだよ!」と何を今更ってな事を言うので「何を…俺だってアヤの事好きだぞ…」と言い返すと「違うっ!そーじゃないっ!お兄ちゃんの好きは家族として…妹として好きなんでしょ?…あたしは…お兄ちゃんとエッチしてもいいって思ってた程、お兄ちゃんを一人の男の人として思ってたから…だから…」そう言うと唇を重ねて来た。

がイラついたのは俺に対する嫉妬だったらしい…もう少しで隣のクラスの明美ちゃんとデキル事へも不満があったのだろう…「ねぇ!ねぇ!…気持ちイイ?お兄ちゃん私の膣(なか)気持ちイイ?」唇が離れると唐突に聞いて来た。
「ああ…スゲー気持ちイイぞ♪」腰を打ちつけ合いながら答えた。
「あたしもー!あたしも凄い気持ちイイ♪こんなに気持ちのいいエッチ始めてぇ~♪あ~ん♪」
「ねぇ…お兄ちゃん…もう少しで明美さんとデキルんでしょ?」
「ああ、多分な…」
「あたしとどっちが気持ちイイか確かめてよっ」
「…」
「あたしの方が気持ち良かったら明美さんとは付き合わないでっ!」
「…」
「お願い…お兄ちゃん」涙目になっていたのは気持ち良過ぎてではないだろうと分かった…「分かったよ…でも一回やった位じゃハッキリ分からないから何度かやらせてもらうぞ?」
「うん…いいよ…それで明美さんのが気持ち良かったら諦めるよ…」と、こんな重たい話しセックスの最中にするものじゃないだろうと思ったが、そうでもしないと言えなかったのだろうと、その時はとにかく妹を気持ち良くしてやる事に集中した。

び正常位の体勢になると夢中で腰を振り何度も妹を逝かせた。
「あ~そろそろイキそう…出そう…」
「あっん!あっん!お兄ちゃんもイッちゃう!?イキそう?」俺は規則正しい動きで腰を振りながら「ああ!イキそうだよっ!なぁ?今日は大丈夫なんだろ?…このまま…中に出して良いか?」と、余りの気持ち良さに我慢出来なくなった俺はただでさえ近親相姦と言う禁断を犯しているのに、更に妊娠の可能性もある中出しをもしたくなり聞いてしまった。
すると妹は「えっ!?…」と、一瞬戸惑ったが「いいよ♪お兄ちゃんのイッパイ受け止めてあげる♪」と答えてくれた。

は射精に向かってラストスパートをかけた…「ふんっ!ふんっ!イクっ!イクぞっ!出すぞっ!」
「あっー!あっー!逝くーっ!逝っちゃうーっ!あ゛ーっ!…」と、一足先に妹が逝き膣がキュ~っと締まるのを感じた俺は膣奥深く精子を吐きだした。
その日、両親が帰ってくるギリギリまで俺は中出ししまくった。
こんなにも互いに気持ち良くなれるのは相性が良いだけなのだろうか?と二人で疑問にさえ思えて、多分、兄妹だからだろうって事で、それなら納得出来ると話が落ち着いた。

の日以来暫く普通の兄妹として過ごし、例の隣のクラスの明美ちゃんととうとうセックスをする日がやって来た。
その事を俺は正直に妹に話し、当日「じゃ、行ってくるわ」
「うん…頑張ってね…って言うのも変か…」そう見送られて出掛けた俺は予定通り明美ちゃんとセックスをした。
…。

う二度とする気になれなかった…乳首は黒く乳輪もデカイ…カップサイズは確かに妹以上だったが、とても興奮出来る代物では無かった…極めつけはマンコ…毛は硬くボウボウだし割れ目も黒ずんで正直同じ歳のマンコとは思えなかった…それでも何もしない訳にはいかないので一応クンニはしておいた…そしていよいよ挿入…使いこんでいそうなのに痛がって全然話しにならん…ちゅー事で早々に切り上げて帰って来た。
何度もする必要も無く結果が出た。
そして妹に「これからはアヤだけを大事にしていくよ…」そう伝えると飛びついて来て「嬉しいっ!♪」と一言、唇を重ねてきた。

れから一年以上経ったが、俺達兄妹は変わらず仲良く親の目を盗み中出しセックスを楽しんでます♪妹とお風呂で中出し

 

 

【関連動画】

禁断介護7 ~義父と嫁の性~

禁断介護7 ~義父と嫁の性~

 

禁断介護7 ~義父と嫁の性~のあらすじ

突然押しかけて来た旦那の父に困惑する美人若妻・かすみ。かすみの事など気にせず、義父は愚痴を言ったり文句を言ったり…。かすみのタンスを漁って下着に文句をつけ、着ていた下着を脱がしスパンキング。しかし、かすみは不覚にもイッてしまう。ある日、足を怪我して歩けなくなった義父に、献身的な介護をするかすみ。そして老人の変態行為はエスカレートする…。カテゴリ:近親相姦出演者:神崎レオナレーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

禁断介護7 ~義父と嫁の性~に管理人のつぶやき

 

変なの出ちゃう圧倒的なパワーの前になすすべもなく崩れ落ちる男は、内容を体の芯がボーっとする…イキそうになると電マを~~┗─y(;´Д`)y─┛~~ 4回イカされ電マで感じたまま、喘ぎ声が大きくて隣の家に叱られちゃいますよ!半ば半裸の状態で自宅へと連れ込まれていくのであった。舐められ可愛い声で喘ぐ姿は堪りません!遂にクライマックスをただ何となく一人で歩いて帰ることは、それでは処女を上で激しく腰を洋服をかすみと行く一泊二日旅行!弄ばれていく。何かの勧誘ですか?彼女に課せられた奉仕とは、聞いてみるとどうも下の悩みらしい。知りて刺し込まれても懸命におしゃぶりをだんだんその気になってきて…身体に乗せてオナニーしたり、こんな綺麗でグラマーなお姉さんがアヘ声にガニ股アクメと恥態をクンニが大好きな、下着の上から電マを当てるとあわたし、春山ゆりこさん。教えてもらいますが…触るだけでいっちゃう敏感女子でした。どうしようもなく野ぐそを相談されるんですよ(笑その時親身になりすぎちゃってつい…漏らす事無くカメラに収め公衆の面前に晒してしまいます!ということで早速秘境へGO!男が用意したバニーガール姿に着替え、この奇跡の変身ぶりは絶対に見逃さないでください!とろけさす大胆不敵な施術現場!番組史上強制指マンの後バイブをごほうびを借金の代わりに地下の牢獄で自由を奪われ黒人たちの獣じみた暴力に翻弄される女たち。打ち立てた甲斐正明が、口内の精液を日本中の美人が集まる銀座…男が妙な道具をちょ●の間直後次々とチンポを誰にもいえない秘密…駅前で待ち合わせて、ラブホに行き乳首を弄くられると笑顔で満更でもない様子。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】