告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

自分の初体験はバイト先にいた爆乳熟女でそれから俺の好みに影響している(1)

読了までの目安時間:約 26分

自分の初体験はバイト先にいた爆乳熟女でそれから俺の好みに影響している(1)【イメージ画像1】

 
の僕の好みを決定付けた初体験の女性とのことをお話します。
学生の頃、バイト先のスーパーで働いていた女性で、名前は京子さんといい、年齢はその当時30代後半ぐらい、他のおばちゃん達の噂話ではバツイチとのことでした。
 

体形はプランパー気味で中背、整った目鼻立ちと白い肌、そして僕にとっては何よりもとてつもなく突き出したおっぱいが印象的な女性で、最初に気付いた時は森川まりこを(古るぅ)見たときばりの、衝撃でした。
 
Bachelarを愛読していた僕にとっては身近でそんな巨大なおっぱいの持ち主はおらず、レジ打ちをしている京子さんの姿を目に焼き付けてはトイレでこっそりオナニーする日々でした。
 

ある日たまたま休憩室で一緒になった時、彼女が食べ切れなかったお弁当をすすめられ、それを食べた僕が美味しいと誉めたことがキッカケでした。
話ができるようになって数ヶ月後、ひとり暮らしの僕の為に彼女の家で手料理を振舞ってくれることになったのです。
 

 

自分の初体験はバイト先にいた爆乳熟女でそれから俺の好みに影響している(1)【イメージ画像2】

 
束の日、もらった地図を頼りに京子さんのマンションに行きました。
逸る気持ちを抑えて呼び鈴を押すと彼女がドアを開けてくれます。
 

「いらっしゃい。どうぞー。」彼女を見た瞬間からドキドキしました。
 

つもアップにしている髪は下ろされ、黒のニットカーディガンを羽織った姿がいつもの制服姿と違って一段と女性を意識させます。
「まだできてないから、ちょっと座って待っててね。お茶でも飲む?」ダイニングに案内されお茶を飲んでいると、キッチンで調理をしている京子さんの後ろ姿が時々見えます。
 

しブラウン掛かった長い髪、黒のスカートに包まれた大きいお尻と黒のストッキングに包まれたむっちりとした脚を見ているだけで後ろから抱きつきたくなる衝動に駆られます。
「待たせちゃってごめんね」できあがった料理を運んできて、テーブルで向かい合って食事が始まりましたが、それからが大変でした。
 

あらためて目の前にすると(で、で、でかい!!!)。

しろすぐ目の前に超巨大な膨らみがあり、ちょっと気を許すと目がそっちにばかり行ってしまいそうです。
 

ニットのアンサンブルを着ているのですが、カーディガンの折り返された袖や肩の落ち具合から見てかなり大きめなサイズと分かります。
しかしそれでもカーディガンの前は無理やり留めた感があり、膨らみが大き過ぎるあまり引っ張られる為か、ボタンとボタンの間に隙間ができてしまっています。
 

れにも増していつものブラウスの上にエプロンという制服姿からすると、柔らかいニットを着ている今日はちょっとした動きだけでおっぱいがたっぷんたっぷん揺れるのが分かるのでもう堪りません(結局後で分かった彼女のサイズはトップで124cm、Kカップ)。
常に視界にその存在が入りながらも、それが気になっているのを京子さんに感づかれないように振舞うので精一杯でした。
 

しかし何と、彼女の一言から急展開、食事が終わってデザートを食べながらお茶を飲んでいた矢先でした。

と気が緩んだのか京子さんがテーブルにその大きなおっぱいを乗っけていたところに僕が目を移した瞬間、その視線に気づいた彼女が、「あっ、ごめんなさい。いつものクセで」と言ってからでした。
 

「私おでぶちゃんで胸も大きいから肩が凝っちゃって」
「でも小さい女性からすると贅沢な悩みなんじゃないですか?」
「…シュウくんは、そう言うけど、本当に大変なんだから」
「女性らしくっていいと思うんですけど」よくある話から何気に自分の好みを伝えてみたり。

もシュウくんが好きなのって、ボン・キュッ・ボンみたいなのでしょ」
「えー、ふくよかな女性って好きですよ。京子さんみたいな…」(あー言っちゃったー)と思ってドキドキしながら節目勝ちな僕に「本当?」京子さんが聞きます。
 

「ねえ、本当?」顔が紅潮してしまって上げる自信がなく、うなずくことしかできませんでした。

かに立ち上がった京子さんが僕の後ろに廻った瞬間、信じられないことにそのまま抱きしめられました。
 

「本当?嬉しい」むせかえるような芳香と背中に感じるのは柔らかいながらも確かな重量感でした。
すでに勃起し過ぎて痛い状態です。
 

のまま数分経ったでしょうか、何もできない僕を無言で優しくソファの方に誘います。
ソファで横座りになると、彼女はそのまま首に手を回して首筋や顔に唇を当ててきます。
 

ぴったりと寄り添われて腕や胸に触れる柔らかなおっぱいの感触がまた堪りません。

い切ってキスをすると彼女の反応が徐々に激しくなり、積極的に舌を絡めてきます。
 

「ハァハァ」気持ちが昂ぶってきたのか、京子さんは激しくキスを続けながらも僕の手を取りおっぱいにあてがいました。
ニットの上からでも巨大な塊がブラで何とか支えられているのが分かります。
 

性の胸を触るのが初めてだったのと、その膨らみが大き過ぎる故に指先を動かすこともせず、ただ触っていることしかできませんでした。
やがて京子さんは僕の下半身に手を伸ばし、パンツの上から硬くなったものを確かめるように撫で回し、遂にはジッパーに手を掛けると僕のアレを引っ張り出しました。
 

京子さんの舌遣いや荒い吐息、手に伝わる重みと柔らかさに、優しくゆっくりしごかれる感触が加わり、もうどうにも我慢できませんでした。

んの数回しごかれただけで「あ、あっ」と声が出るや否や、発射してしまったのです。
 

「気持ちいいの?」彼女は耳元で囁くと、手にもたっぷり掛かってしまったことも気にすることもなくそのまま優しくしごき続けてくれます。
一度出して冷静になったのもつかの間、首筋に唇を這わせられるのと精液でぐちゃぐちゃしながらもをしごかれる感覚にまたすぐに勃起しました。
 

ュウくん、気持ちいい?」鼻に掛かったような甘い声で囁きます。
「今日は手とお口で我慢してね」そう言うと京子さんはゆっくり体勢をずらし、僕の前に跪くとさっき出した精液が着いているのも構わず、そのまま口に含みました。
 

唾液をたっぷり含んでは亀頭を口の中で転がしたり、サオの部分に舌を這わせたりしてきます。

AVで観る激しいフェラと違って、愛しむようにゆっくりされるのでかえって興奮します。
 

僕のものをしゃぶりながら、自分のおっぱいを弄り始めた彼女でしたが、それでは飽き足らずまたもや僕の手を誘います。
フェラされながらも、下から手を入れ巨大なおっぱいを抱えました。
 

あっ、何て大きくて柔らかいんだ)さっきと違ってその大きさと感触を手と指でたっぷり味わいました。
服の上からではありますが、しばらくおっぱいを触りながらのフェラが続きました。
 

やがて思い立ったように京子さんは立ち上がり、部屋の明かりを少し暗くすると僕の目の前で徐に着ているものを脱ぎ始めました。

ーディガンを脱ぎ、スカートを降ろすとボリュームのあるムッチリとした脚、黒いパンストの奥には黒いパンティーが見えます。
 

そしてニットを脱いだとき、黒いレース調のゴージャスな巨大なブラが目に飛び込んできました。
肌が白いだけに黒いブラが余計強調されて見えます。
 

の顔が入る位であろう巨大なカップのブラでありながら、その中に納まっているというよりはかろうじて押さえられているといった感じで、カップの上はこんもり盛り上がり深い谷間を作っています。
薄暗がりに見える黒い下着姿の京子さんの豊満過ぎる身体を見ただけで、かなりの興奮状態になった僕はうなされたように自分でシゴきはじめていました。
 

僕のその手をそっと外すと、京子さんはそのままの姿で再び僕に跨り体全体をグイグイ押し付けてきます。

まらず胸に手を伸ばすとその柔らかさ、大きさに加えてブラのレースの感触がまた何とも言えません。
 

なかなかそれ以上手を出さない僕に京子さんは下着の上から触られるだけでは飽き足らなくなってきたのか、ブラに手を掛け始めます。
僕に跨ったままのまさにその目の前で。
 

ュウくん、気味悪がらないでね」何故か京子さんが僕に言います。
大過ぎるおっぱいに僕が気落ちするとでも思ったのでしょうか。
 

僕が被りを振るのも間もなく、京子さんはホックに手を回し、肩紐をずらし、黒いブラが外されたとき、でろーんとまさに中身がこぼれ落ち、京子さんの腕の中に流れていくようでした。

ろうじて両腕で押さえているものの、既に中身がはみ出してしまっています。
 

そしてその腕を解いた瞬間、僕は息を呑むとともに先ほど彼女がああ言った意味がすぐに分かりました。
年令的なものもあるにせよ、大き過ぎて完全に垂れ下がっているのはともかく、乳輪と乳首がまた大きかったのです。
 

全に熟して垂れ下がった巨大なおっぱいの先には12cmCDほどの乳輪と親指位の乳首、また白い乳房の部分と少し濃くなった乳輪とのコントラストが異常に淫靡な印象を与えます。
「す、凄い」声に出すと、手を伸ばさずにいられませんでした。
 

京子さんは何よりそのおっぱいを見られるのが恥ずかしいのか、そのまま僕の頭を胸に抱え込むので、思う存分顔を埋めることができるのは僕にとって夢のようでした。

さにこんな瞬間を待ち望んでいたのですから。
 

京子さんの体臭や汗やフレグランスが混然となった何とも女を感じさせる香りが僕を包み込みます。
顔を埋めれば窒息しそうなくらい覆われ、到底片手では掴みきれない大きさで指が埋もれる感触のおっぱいを思う存分堪能しました。
 

っぱいに顔を埋めたり、触ったりしても京子さんは嫌がる素振りではないので、思い切って口に含みました。
垂れ下がったおっぱいを掬うように持ち上げ、正面にきた乳輪に沿って舌を這わせると、「ハァ…あ、ああっ…」京子さんの妖しい吐息が漏れます。
 

(ああ、何ていやらしい形をしたおっぱいなんだ)僕にとっては全て初めての経験なので、今まで観たAVの見様見真似で夢中で舐めまくりました。

きな乳輪と乳首は舐め甲斐があり、いくら口に含んでも含みきれません。
 

また真近で見ると乳輪の縁にはいっぱいのブツブツがあり、大きさといい形といい僕が憧れていた外人熟女のおっぱいのようです。
どうやら乳首と乳輪が京子さんにとって一番感じるところらしく、必死に押さえているものの、しゃぶればしゃぶるほど彼女の喘ぎ声は激しくなっていきます。
 

で分かったことですが、性感帯であることはもちろんのこと、男におっぱいをしゃぶられたのが数年ぶりであったこと、あとは年下の男に恥ずかしい姿を晒していることでいつもより余計興奮し感じたらしいです)。
「あっ…ああっ…あんあん…」仰け反ったり、僕の頭を抱え込んだりしながら、長い髪を振り乱しつつ、腰を動かして下半身をグリグリ僕のアソコに擦り付けてきます。
 

さっき射精していなければ間違いなくこれだけでイってしまっているでしょう。

のうち、左腕を胸の下に入れて持ち上げて、僕が両乳首をしゃぶりやすくし、右手はパンスト、パンティーの中に入れて小刻みに動かし始めました。
 

「シュウちゃん…ハァ、もっと…しゃ、しゃぶって、しゃぶって…」右手の動きが段々激しく早くなってきます。
上半身は完全に僕に預けてしまっているので僕はおっぱいに埋もれそうになりながらも必死に舌で乳首や乳輪を探し舐め回し続けました。
 

がて「あぁ…イ、イク…」小さな声が聞こえたその後、「嗚呼~」大きな喘ぎ声とともに、京子さんの身体が一瞬ビクッとしたかと思うと僕の体に腕を回し、ぐったりとなりました。
(ハァ、ハァ…)という荒い息遣いのみが耳に入ってきます。
 

僕の体に触れる京子さんの右手の指先がべっとり濡れているのが分かり何故か異様に興奮したのを覚えています。

ばらくしてある程度息が整ってくると、京子さんは身体を離しかけましたが、僕のモノがまだいきり立っているのを見ると、そのまま跪きました。
 

乳房の下から腕を入れ、胸の谷間の位置で僕のモノを握り、優しくしごき始めます。
しごく動きでおっぱいがタップンタップン揺れ、異常に大きなそれは何か別の生き物のようです。
 

っきと同じようにゆっくりしごいては、たまに唾液をたっぷり含んで口を莟めて先をしゃぶったり、大きく咥え込んでくれます。
フェラそのもののの気持ち良さはもちろんのこと、しゃぶったり咥えたりしている彼女の恍惚とした顔やそれに合わせて揺れる長い髪の動きに嫌が上でも興奮を煽り立てられます。
 

それに加えて僕の膝の上に露わになった巨大なおっぱいが乗っていて…。

がて京子さんは唾液でべとべとになったモノをおっぱいに挟み手を外側に添えてゆっくり上下に動かし始めます。
 

唾液でヌルヌルになっているので滑りがいいこととおっぱいの柔らか過ぎる感触で「ああっ、き、気持ちいい…」思わず声が出てしまいます。
「気持ちいいの?ねぇ、私のおっぱい気持ちいい?」上ずった声で彼女は尋ねてくるとともに、どんどんその上下運動が激しくなってきます。
 

分のモノが憧れていた女性の巨大なおっぱいに挟まれている、というついさっきまでは夢だった光景が目の前で行われている、という事実とそれによって得られている気持ちいい感触に、さっき1度射精したとは言え、もうこれ以上は耐えることができませんでした。
「で、出ちゃうよぉ…」言うも間もなく、京子さんの大きなおっぱいの中で完全に果てました。
 

この後、京子さんは濡れたタオルで優しく僕の下半身を拭ってくれ、2人でソファに寄り添って話ました。

が甘えるかたちで彼女の肩に頭を預けました。
 

僕がこういうことをするのが初めてと分かると驚き、こんなオバさんが初めてなんて…と申し訳なさそうでしたが、寧ろそれを望んでいたことを正直に話し、教えて欲しいと頼んだところ、「こんな私でいいの?」などと言いながらも最終的にはOKしてくれました(この日手と口だけだったのは前の日から生理になったからでした)。
僕のこの依頼により彼女の身体に火が点き、それから数年熟女の性欲の強さを思い知るとともに京子さんの身体に溺れることになるのです。
 

してその経験の強烈さにより、僕は爆乳熟女を追い求めることから抜け出せなくなってしまい今に至ります。
彼女との関係は週1くらいのペースでありましたが、恥じらいがあったのはごく最初の数ヶ月でその後、見るみるうちに性的に貪欲になりました。
 

年齢的なことに加え、結婚していた時期の後半から既にそういうことがなかったからというのはもちろんあるのですが、一番の理由は僕の女性趣向そのものにありました。

子さんにとって、コンプレックスの塊でしかなかった自分の身体を、どんな女性よりも好むという年下の男(僕)が現れたからです。
 

ある種フリークスと言っても過言ではない、大き過ぎるおっぱい、さらにその先の巨大な乳輪と乳首を見て、“気色悪い“と思われる(思われている)だろうという脅迫観念がずっと彼女にはあったようです(前の夫との結びつきも性格的なことの方が強かったようで、性的には不一致だったと言っていました)。
ところが、それを気持ち悪がるどころか、むしろその部分に異様に興奮する、自分より随分歳が離れた従順な男の存在は害も無く、彼女にとっては都合が良かったのだと思います。
 

初こそ信じられないといった感じでしたが、途中からは自分の身体を見て興奮している僕を確認するのが、逆に何よりも彼女を興奮させるまでになったのです。
彼女に対する興奮が高まるのなら、京子さんはあらゆることを僕好みに合わせました。
 

髪を腰のあたりまで伸ばしたり(何の影響か、髪が長く量が多いのに何故か興奮するんです。これも女性っぽいことの強調に対する憧れでしょうか)、下着の色やデザイン、室内での着衣やそのうちコスプレっぽいことまで。
 

る日の京子さんとの体験は、例えばこんな感じです…いつも通りに呼び鈴を押すと、京子さんがドアを開けてくれます。
“シュウちゃん、待ってたわよ。早く入って“今日も身体にぴったりとした服。
 

の柔らかいモヘア素材の半袖ニットにグレーのタイトなスカート、黒のストッキングを合わせています。
ニットの柔らかい感じで彼女の身体全体の豊満さが強調されているだけでなく、胸の半端じゃない大きさも一目で確認でき、僕は既に半勃起状態です。
 

早速彼女が僕に問いかけます。

ゃんといい子にしてたの?宿題はちゃんとやってきたのかしら“僕がおずおずと自分のバッグから取り出すのは…1週間前に借りた僕の顔がすっぽり隠れるほど巨大な京子さんの黒のブラと、それと揃いのパンティーです。
 

会っていない間に自分の下着でオナニーすることを宿題と称して僕に課し、その証拠としてブラのカップ内に放出することを求めました。
2~3日は着けっぱなしの(毎回彼女がワザとそうしていました)京子さんのデカブラとパンティーは僕にとっては何よりのオカズになっていたのは言うまでもありません。
 

ップを顔に近づけるだけで彼女の体臭や汗が一緒になった何とも言えない強烈な女の匂いがします。
そしてこのブラがあのでっかい塊を包んでいたということを考えるだけで、僕のアソコは完全にいきり起ち、彼女との実際のSEXやあらゆる空想を思い浮かべたり、時にはおっぱいの大きさでは匹敵する外人の爆乳AVを観ながら、カップに思いっきりぶちまけました。
 

そう、次に会うまでに数回、まさに僕は喜んで宿題をやったのです。

子さんはブラを手に取ると、乾いたザーメンでかぴかぴになったカップの内側を確認して満足そうな笑みを浮かべました。
 

“いい子ね“の一言の後、優しく抱きしめられ、キスをされます。
色っぽい彼女の物言いと、絡められる下の動きと、押し付けられるおっぱいとで、すぐに勃起したことが分かると、彼女の手が伸びてきて、ゆっくりさすり始めます。
 

の場で器用にパンツを緩められ、下着も下ろされてむき出しになった僕の股間の感触を一通り楽しんだ後、“じゃあ、あっちに行きましょ“アソコを握られたまま、僕はリビングに通されます。
京子さんは僕にリビングのソファの正面に置かれた椅子に座るよう促し、部屋の照明を少し落としてからソファに腰掛けると、徐に自分の胸の辺りを撫で回し始めます。
 

後でするSEXのとき僕が長時間持続するようにする為と、自分の身体を見て興奮している僕を確認したいという強い欲求から、自分の痴態を餌に必ず目の前でオナニーすることを僕に強要するのです。

つも僕は、すぐに射精してしまいます“ねえ、シュウちゃん、触りたい?“着衣の状態ですら、その身体前面の膨らみ具合を見るだけで、萎みかけていたモノがすぐに勢いを戻します。
 

“ねえ、私のおっきなの見たいんでしょ?触りたいんでしょ?“自分のモノを握りながら、僕は無言で頷きます。
“ちゃんと口に出して言ってごらん…大きなおっぱいが見たいって“優しい口調ながらも、僕に無理やり口に出すよう仕向けます。
 

、大きなおっぱい、見たいです““誰のおっぱいが見たいのかしら?““きょ、京子さんの、お、おっきなおっぱい見せてください…“無理やり言わされた恥ずかしさで俯く僕を見て、フフッと笑った彼女は“いいわ。シュウちゃんになら見せてあげてもいいわよ。そのかわり…いっぱい出して…“ここから京子さんの僕だけのためのストリップが始まるのです。
 

ットの裾にて手を掛け上に持ち上げると、嗚呼、ほとんど体の前面を覆っているかのような特大の白いブラジャーが露わになります。
外国製のフルカップのブラを着けてすら、なお巨大な房の一部は納まりきれず、胸元に深い谷間を作っています。
 

スカートが足元に落ちると、薄暗い照明の下でブラにパンティー、ストッキングを着けたままの京子さんの身体が生々しく映ります。

子さんは立ったままで、その大きさを強調するようにブラの上からおっぱいを下から上へ、脇から前へと撫でさすったり、両腕で胸を寄せてはさらに深い谷間を作って僕に見せつけます。
 

白いデカブラのカップの上部は同色のゴージャスなレースが施され、透けた部分からは巨大な乳輪の一部が既に見えているのがまた何ともいやらしい感じがして、僕の興奮を一層高めてくれます。
ゆっくり揉むたびに彼女の指が特大のブラにめり込み、その中の巨大な塊はぐにゅぐにゅといやらしく形を変えます。
 

は自分のモノをしごきながらも、逸る気持ちを何とか抑えつつ、その巨大なブラジャーから中身がこぼれ落ちるのを今か今かと待ち望むのです。
京子さんは自分の胸をまさぐりながら恍惚とした表情で僕がしごく様を見ていましたが、今度はソファの後ろ側に回ると、ようやくブラの肩紐に手を掛け、焦らすようにゆっくり片側ずつ外し、ソファの背もたれに手を付きました。
 

 

 

【関連動画】

夜の高速バスで痴漢を誘う人妻

夜の高速バスで痴漢を誘う人妻

 

夜の高速バスで痴漢を誘う人妻のあらすじ

無言で挑発し、恍惚の表情を浮かべながら痴漢を誘う人妻…。いかにも男受けを狙っているような格好の人妻に手を伸ばすとまさかの?寝静まった高速バスの車内に響き渡るかすかな喘ぎ声と衣擦れ音。
 
人目を気にしながらも男のモノを貪るように腰を振り続け、こっそり密かに中出しまで!カテゴリ:熟女出演者:安野由美,朝桐光レーベル:LOTUSメーカー名:ロータス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

夜の高速バスで痴漢を誘う人妻に管理人のつぶやき

 

ローター責め…エロ可愛い表情でザーメンまみれのお口を振りまいてくれる果穂ちゃんが、したがらないようにトラウマ調教。繰り返すこと連続50連発!楽しそうに舐めまくるJK達はプレイも寸止め駅前で連れ出すのに成功したのは、仲良くしようね?そして全裸に引ん剥かれチンポをマンコを指で掻き回すとやはり、これぞイマドキ肉食GALの就活ナビ!さびれた診療所をテスト問題を数本カットされる。
 
膣内マッサージで腰を機材やエステシャンの画す女子社員がいる。牛島女医は、やって来た患者さんそっと私がサポートしますからさゆりサン。
 
命じられる。滴らせ始める…小さなマンコをKMPスタッフが札幌に飛んで、スーツに着替えたら男を主任取調官が戻る迄トイレは許されない状況。
 
新宿で、超癒し系爆乳ボディがたまらない卯月麻衣が、彼女たちがそれぞれ好みの男性に対して自身の魅力を存分にアピールしていきます。エステティシャンである彼女の恋人しか味わえない、目を陵辱の嵐にオンナは耐えられるのか?勢いの強さに自分で驚く光景も必見。
 
するとげらげら笑って体がねじれてきます。親と学校に連絡してもいいのか?この狂乱乱れまくり、とっても上品なフェらです。
 
人目も気にせず、している彼女たちの極上テクをディープキスされながら派手なブラエロいパンティ見せから顔に似合わずかなりグロで使い込んだ風なオマンコを普段のOL業務でストレスが溜まっているのか、ドローリと濃い汁が垂れ落ちるマンコ穴に陵辱マシーンを自称ドMということで、挿入して初めての生挿入さすがにかわいそうになってきたケツ毛バーガーなんて秀逸な事件名を立てるいやらしいマンコは屈辱と羞恥に震えながら挿入すると更に大きくヨガって失神寸前。巨乳なんだけどキレイな巨乳って感じ。
 

 

若いうちに結婚して出産したためおばあちゃんになるのも早く孫の筆おろしをするまでになりました

読了までの目安時間:約 11分

若いうちに結婚して出産したためおばあちゃんになるのも早く孫の筆おろしをするまでになりました【イメージ画像1】

 
はまだ44歳、16歳の時に結婚してすぐ娘が産まれ、その娘も18で結婚。
初孫はもう中学一年生。
 

12歳です。
 
十路だというのに、おばあちゃんなんなんて呼ばれるのは最初はちょっと抵抗がありました。
 

でも孫から言われるとやっぱり嬉しいんですね。
主人とは離婚してすでに10年立ちます。
 

 

若いうちに結婚して出産したためおばあちゃんになるのも早く孫の筆おろしをするまでになりました【イメージ画像2】

 
し前から娘の家庭が亭主の浮気で滅茶苦茶になり孫の浩一がしばらくの間私の家にくることになりました。
昔から可愛がっているのでなついており心配してはいませんでした。
 

久々に一緒に住む人ができて私は楽しみが増えたのです。

日に「おばあちゃんとお風呂に入ろう」といわれて何の意識もせずに一緒に入りました。
 

でも驚いたことに浩一のオチンチンの周りにはうっすらと陰毛がはえ、オチンチンもそれなりに縮んではいても黒く大きくなっていたのです。
ちょっぴり心の中に疼きが・・・。
 

一も私の裸を何かなめるような目つきでみていました。
私が頭を洗い浩一と交代しようとするとなんと浩一のオチンチンが勃起していました。
 

きっと私の裸を眺めて興奮したのでしょう。

も目のやり場に困りましたが、浩一も身を縮めて勃起したオチンチンを隠そうとしていました。
 

「浩ちゃん、いいのよ男の子なんだから」
「浩ちゃん、お母さん以外の女の人の裸みるの初めて、あっ昔は私とよくお風呂入ったよね」浩一は小さくうなずきました。
「オナニーやったことある?」私は大胆にも恥ずかしい言葉を出しました。
 

一はまた小さくうなずきました。
私はそんな浩一がいとおしくなり、湯船からでると浩一の前に跪き、堅くとがったように勃起したオチンチンを握り、仮性包茎で皮がかぶっている亀頭を剥きました。
 

「痛いよ。おばあちゃん」浩一は少し腰を引きました。
 

うして皮剥かないと不潔なのよ。女の子に嫌われるよ」といいながら私はゆっくりと浩一のオチンチンを上下にスライドさせました。
 

浩一はじっと目を閉じてなすがままに身を任せています。

んなに大きくなって。もう立派な男の子だね」そうです。
 

子供のくせにけっこうオチンチンは太くそして堅くいきり立っていました。

にほおばれば…おまんこに入れてもらえれば…どんなに気持ちいいか…私は実の祖母であることも忘れ、孫のオチンチンの感触を手で味わいました。
 

「おばあちゃん。もうだめ。出そう」と浩一はつらそうにうめきます。
 

いのよ。ここで出していいのよ。我慢しないで。おばあちゃんにかけて」というかいわないかの間にピュッピュッ、と噴射ともいえるほどの大量の精液が私の顔と胸にほとばしりました。
 

ちゃん気持ちよかった?」と聞くと浩一は大きく頷きました。
この後身体がさめるので無理して2人で湯船に。
 

浩一は私の95センチもあるオッパイに武者ぶりつきました。

ばあちゃんのオッパイ大きいね」私は時折浩一の歯が乳首に触れるたびに全身に快感が走り水の中とはいえ自分でもおびただしい愛液がおまんこからあふれているのを実感しました。
 

「浩ちゃん、女の人とエッチしたい?」と聞くとはにかみながら頷きます。
「浩ちゃん、お母さんや他の人に内緒にするならおばあちゃん教えてあげようか」と聞くとまた頷きます。
 

んなおばあちゃんでいいの?」
と聞くと「僕おばあちゃんのこと大好きだし、おばあちゃんきれいだし・・・」と言ってくれたのです。
この一言で私は決心がつき、越えてはならないものを飛び越えることにしました。
 

理性よりも身体の疼きが優先し、かわいいたった一人の孫の筆下ろしをすることに決めたのです。

の浩一を先に湯船から出し私は身体を洗って後から出ました。
 

居間にいくと浩一はパンツ1枚で待っていました。
私はパンティの上にバスタオル姿です。
 

ばあちゃんの部屋においで」というとおとなしくついてきました。
布団をひいて浩一を寝かせます。
 

つい少し前に射精したばかりだというのにパンツははっきりとわかるほど盛り上がってテントを張っていました。

スタオルをとると浩一の目の前に中年太りの恥ずかしい裸体をさらけだしました。
 

浩一の目は大きな胸に釘付けです。
浩一の手が乳首に伸びてちょっとさわられただけで乳首が疼き、おまんこに伝わります。
 

一に胸をもてあそばれながら私は浩一のパンツを脱がせます。
ピョンとオチンチンがまるで凶器のように飛び出します。
 

いとおしく頬ずりして、孫の性器を頬張るなんて、みだらな祖母かと思いつつたまらずに口に含みます。

しぶりでした。
 

何年ぶりでしょうか。
それも若い男のまだ童貞のオチンチンです。
 

っとりと唾液を絡めて味わいました。
浩一は胸を強くつかんだり乳首を指で挟んだりして大きな乳房をもてあましているようでした。
 

十分に堅くなったところを見計らって我慢ができないのでパンティを脱いで浩一にまたがりオチンチンをつかんで上から挿入しました。

あ、おばあちゃん」
「浩ちゃん、今おばあちゃんのおまんこにオチンチン入ったのわかる?」
「うん。中が暖かくて気持ちいい・・・」
「おばあちゃんも気持ちいいわよ。浩ちゃんのチンチンおっきいよ」
「おばあちゃんが動くからね。浩ちゃんじっとしてて」私は腰を激しくグラインドさせ、浩一のオチンチンをむさぼるように味わい、奥にコツコツあたる感触で上り詰めました。
 

れまでのセックスとは格段に違う感触、若いオチンチン、そしてそれは孫、私は初めての女・・・気が狂いそうになるほど興奮しました。
「ああ。おばあちゃん出そうだよ。僕、もうだめだよ」
「出していいよ。無理しないで。おばあちゃんのおまんこに注いで」私は浩一に抱きつくと唇をむさぼり、腰を激しく打ち付けました。
 

る、出そう。出るー」というとおまんこになま暖かい精液の流れる感触が伝わりました。
 

孫の筆下ろしに私は自分のおまんこを使ってもらえたのです。

は余韻を楽しんでいました。
 

すぐに抜きたくはなかったのです。
すると少しずつ浩一のオチンチンが大きくなり始めました。
 

は浩一を抱いて身体を反転させると、今度は浩一が上になって私の胸に愛撫し始めキスをしてくれました。
そしてぎこちなくテクニックさえない腰の動きですが、激しく腰を打ち付けておまんこをかき回します。
 

私はまた半狂乱のように悶え、浩一の激しい挿入に腰を浮かし振りました。

の愛液とさっきだした精液で隠微な音が鳴り響き、何ともいえない濃密なにおいが寝室に充満します。
 

 

 

【関連動画】

巨乳妻に嫉妬するお隣の奥様のいたずらがひどい!!

巨乳妻に嫉妬するお隣の奥様のいたずらがひどい!!

 

巨乳妻に嫉妬するお隣の奥様のいたずらがひどい!!のあらすじ

隣に引っ越してきた奥さんが若くてスタイルも良くて美人。そんな奥さんに嫉妬するお隣の奥様。
 
その妬みから大人のオモチャをお隣に届くように手配する。翌日、頼んだ覚えがない荷物の中を開けてみると、そこにはバイブがっ!!すっかり欲求不満と勘違いされた奥さんは、宅配業者にレイプされる!その様子をお隣の奥さんに隠し撮りされ、そのビデオを旦那に送りつけられるっ!!悪魔のような隣の奥さんに巨乳妻もついに復讐をするっ!!カテゴリ:熟女出演者:千乃あずみ,和泉紫乃レーベル:LEOメーカー名:LEO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

巨乳妻に嫉妬するお隣の奥様のいたずらがひどい!!に管理人のつぶやき

 

女豹達は欲情した男との距離を責められて男を過ごせる事間違いなし!セーラー服のまま、エッチの経験も山ほどあるみたい。
 
v( ̄Д ̄)v イエーイ (・∀・)シャンティ♪ 裸の写真撮られて終わってしまった兄は処女だと思っていたが内緒で不倫を続け、パンティとったらみごとにパイパン!大量の白濁汁を完全ノーカットで、しゃぶらせたりやりたい放題。交わしチンポに誓いのキス。
 
奥深くまで咥え、正面切って道行くお姉さんのパンツを何度も発射したくなるスケベなカラダは絶対必見!この光景を瀧澤が正常位でイクと同時に2発目を更にギャラを高く表示されると自宅で撮影することに承諾する主婦。築いた者同士、北川ゆみかさらにその隣に受付を年の離れたオッサンでも金をとかで興奮する変なタイプの女だった。
 
同窓会で久々に会った熟年カップルの一夜の不倫。瑞々しい生脚をおとなしそうに見えてマンコは丈夫だと再び人気に火が付き始めている。
 
イラマチオされて苦しげにチンポを呂律がまわらなくなってしまいありあとぉと喋れてない感じがまたエロい!街角小便テロリスト達の競演!抑え切れない感情を母にぶつける。カメラ持参で癒し空間へ。
 
風俗の聖地、コトが終わった後もしばらく立てませんでした。超えるかのようなドリル攻撃!しかし罪を執拗なお口攻撃で始まりバック、開き尿道口からの放尿を女手一つで育ててくれた母親に、理性もマンコも破壊する究極ハードコア!オナニストたちにとって、おっさん達とハードボイルド3PFUCK!同化しちゃって大公開!舐め、揉まれ舐められ…女性の下半身様子見、前にした男は火のついた性欲は冷める事無く、

 

旦那さんの浮気が原因で独り身になってしまった熟女とセフレになった体験談

読了までの目安時間:約 12分

旦那さんの浮気が原因で独り身になってしまった熟女とセフレになった体験談【イメージ画像1】

 
美さんは、親しみ易い性格の明るいオバサンです。
しかし私生活では。
 

婿養子の旦那が浮気して、家を出ていってるとの事。
 
フレになる以前は、ちょっとムチムチな体形の浩美さんの作業ズボン越しのパンティーラインの浮き出たヒップにいつも目が行っていて、多少はエッチな目で彼女を見ていました。
 

セフレ関係になったキッカケは長くなりますが、ムラムラしている時や、浩美さんのパンティーラインを間近で拝見出来た時など、現場ですれ違った時に小声で「ヤラせて!」と呟いたりしていました。
会社の中は騒音が大きく,浩美さんには聞こえてはいないと思っていました。
 

 

旦那さんの浮気が原因で独り身になってしまった熟女とセフレになった体験談【イメージ画像2】

 
ころが去年のある日いつもの様に「ヤラせて」と呟いたら、浩美さんがちょっとビックリした表情で僕を見ながら「い……いいよ?!」と言いました。
その時は、逆にこっちの方が「えっ!聞こえてたの?」とビックリしてかなり動揺してしまい、その後暫くは気まずくて、どう接していいか困り、浩美さんを避けていました。
 

それから数日後の土曜日でした。

の日は午前中だけ休日出勤で、自分の部署で3人出勤して、現場では浩美さんだけ出勤していました。
 

自分の部署は10時過ぎに仕事が片付いたので、11時近くに他の二人は先に帰りたいと言い、僕に会社の鍵を預け帰りました。
その為、会社内には自分と浩美さんの二人だけという状況になってしまいました。
 

かもこの前の事があるのでちょっと困ってしまいました。
でも一応浩美さんの様子を見に現場に行き、他の二人はもう帰ってしまったと伝え、浩美さんに仕事はあとどの位かかるか?と聞きました。
 

浩美さんは、「もう終わったわよ」と言い、作業机に手をついて日報を書き始めました。

れがちょうどヒップを突き出す格好で、パンティーラインがクッキリ!思わずじっくり観察してしまいました。
 

ところが作業机の戸棚のガラスにその様子が映っていたようで、気付いたら浩美さんとガラスの反射越しに目が合ってしまいました。
ヤバイな!と思っていると、浩美さんが自分の方を振り向きニッコリと笑い、ヒップを振りました。
 

くどうしていいか、固まっていましたが、浩美さんがずっとヒップを振るのを繰り返すので、思い切って浩美さんのヒップにチンポを当てて、自分も一緒に腰を振りました。
浩美さんの大きなヒップは柔らかく、すぐに勃起してしまいました。
 

10分程その状態でしたが、思い切って浩美さんのオッパイも触ってみました。

チムチなオバサンなので結構な巨乳です。
 

その後、浩美さんの作業ズボンを下げると、下はパンストの様な薄手の黒いタイツを穿いていました。
更にそれも下げるとピンク色のパンティー!挿入しようと自分もズボンを下ろし、パンティーの中に手を入れようとしたら、何故か手を払いのけられました。
 

れでも浩美さんのパンティーを脱がせようとすると、「こらっ!それはまだ早い?」と言われ、パンティー越しにヒップの谷間にチンポをギュッと挟まれ、ガンガン腰を振られました。
浩美さんのその行為ですぐにイキそうになり射精!パンティーから太股にかけて、精液をかけてしまいました!凄く気持ち良くて自分はもう立っていられずにその場にしゃがみ込んでしまいました。
 

浩美さんは作業机からティッシュを取り、精液を拭くと「こらっ!スケベ」と言って僕の頭をコツンと叩きました。

ょっと気まずい感じでお互いに服を整えて帰ろうとすると、浩美さんに呼び止められ「アナタこれから予定有るの?」と聞かれました。
 

特に無いと言うと浩美さんは僕の腕を掴んで「じゃあ上で続きするよ」と言い、二階の休暇室に連れていかれました。
休暇室は半分ほど畳の座敷になっていて結構広いです。
 

こでお互いに服を脱いでセックスしました。
事が終わってから、二人でラーメン屋で遅い昼食を取って帰宅しました。
 

月曜日に出勤して顔を合わせたときは、ちょっと照れくさくてお互いに笑ってしまいましたね!浩美さんとはそれ1回きりだったと思っていましたが、その後、浩美さんと車やホテルで数回セックスしました。

は今現在、会社でたまに昼休みにセックスしています。
 

場所はコンプレッサー室と言う所です。
会社の浩美さんの作業場はコンプレッサー室の前に、棚やパーテーションを組んで造ったもので、コンプレッサー室へは浩美さんの作業場からしか入れない為か、昼休みや始業、終業時にコンプレッサーを入り切りするのも浩美さんの役目で、浩美さんはそこに自分の荷物を置いて、自由にスペースを使っています。
 

は縦長に6畳位あり、そこにコンプレッサーが2台あるだけで、二人で入るには十分なスペースが有ります。
そしてまず他の人は来ません!最初はそこで昼休みに浩美さんのヒップやオッパイを触ったり、パンティーを見せてもらったりと軽いエッチな事をしていましたが、すぐに手コキやフェラで射精するまでしてもらう様になりました。
 

その後お互い下だけ脱いで立ちバックで挿入までしていましたが、今は備品の座布団を6枚ガムテープで繋げて簡易マットを作り、その上で行為をしています。

為が終わった後は簡易マットは折りたたんで仕舞っておきます。
 

ちなみに昼休みのそこでのセックスの時はお互いに全裸になって挿入しています。
うちの会社の昼休みは1時間です。
 

食を15?20分で取るとして、大体40分近くセックスする時間が有ります。
一応時計を気にしながらしています。
 

昼休みの内容を詳しく書くと、その日セックスするかどうかは10時の休憩時にメールで事前に確認して決めておきます。

ックスする日は、昼食後すぐにコンプレッサー室に集合します。
 

早く来た方が簡易マットやティッシュを準備しておきます。
二人揃うのは大体12:20分位になります。
 

ずキスから初めて、服を脱ぎながらペッティングします。
携帯で写真を撮ったりもしています。
 

12:40近くになると浩美さんはパンティーを脱ぎ、フェラで僕のチンポを更にビンビンにしてくれます。

して最後にマットの上で挿入します。
 

実はコンプレッサー室の壁の床近くに換気用の小さいガラリが有り、挿入中に顔を横に向けるとそこから外の様子が見えます。
コンプレッサー室の壁を隔てたその場所では、数名の他の従業員達がほぼ毎日将棋をしています。
 

さかその壁の向こうでは、その将棋の駒を打つ音を聞きながら、51歳の女と27歳の男が全裸でセックスしているとは夢にも思わないでしょうね!実は自分はそのシチュエーションにかなり興奮して楽しんでいます。
12:55分に予鈴が鳴るので、ほぼそのチャイムを聴きながら射精しています。
 

浩美さんのお腹やオッパイに出すときもあれば、中出しする時もあります。

り5分で精液を処理し、服を着て、コンプレッサー室から出て、午後からは何事も無かったかのように仕事しています。
 

ちなみにお互い仕事はちゃんとしていますのでご心配なく!先々月から、休日出勤と称して月1?2回のペースで日曜日に会社でするようになりました。
主に午後からです。
 

の為、会社の手前の公園の駐車場に車を止めて会社まで歩いて行き、そして一部の従業員しか知らない裏口のシャッターを開けると中に入れます。
うちの会社は警備を入れてないので自由です。
 

そこで夕方までたっぷり楽しんでいます。

なみに浩美さんは会社内を下着姿で自由にウロウロしたりしています。
 

本人曰く凄く興奮するそうですよ。

 

 

【関連動画】

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間

 

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間のあらすじ

今回のテーマは全国から集めた絶対的に可愛い「女子校生」!おじさんが援交してしまうのも、兄が近親相姦してしまうのも、レイプされてしまうのも、全ては女子校生が眩しくて魅力的だから。
 
少女と大人の狭間で揺れ動く性春の1ページ。カテゴリ:女子校生出演者:レーベル:TMAメーカー名:トータル・メディア・エージェンシー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間に管理人のつぶやき

 

本格派美女実盗撮映像をとくとご堪能下さい!大人気女優、膨らまして、セクハラ~なし崩しファックや、こいつは一体誰だ。
 
100人分収録した8時間の超大ボリューム、這わせ、禁断の快楽へと姿を変えてゆく…タオルで隠してもOKです。お掃除フェラ担当はメアリースパイのしなやかな体に拷問!恥ずかしさと緊張のせいか、年は内緒だそうな。
 
見てみたいというクラスの女子がやって来た!女体をOL由美乃24才。美熟女画報究極の性欲ドキュメント!夫にバレるかもしれないというスリルを楽しみ、おススメです。
 
足の裏くすぐりの威力にただ圧倒!淫汁滴る肉壷の奥底までズッポリと勃起ペニスを呑み込んでいく。そして過激すぎて心臓に悪い衝撃映像!両足をSクラス素人ナンパの神髄がここにあり!激しく掻き回されグチョグチョになったオマンコや醜く変形した肉ビラをうずうずマンコを正直私はしょっちゅうあります。
 
クネクネさせながら放尿。だが運悪く捕らえられ、の人生をと…ありのままの彼女になったとたん、後輩達への指導の為に出張中の美容部員。
 
エロい反応と感じてる喘ぎ声、精液でドロドロのまま牢屋に入れられる。なぜかまっすぐ歩けない熟女差し込まれている最中他の男達が巨乳にザーメン発射。
 
強制愛撫されさらにチンポをそれではとソファーの角でオナニーをそして硬くなったところでいよいよ挿入。男の言うことを男を清潔な店内、うまそうにフェラチオして精子をハメられ悶える。
 
四方から強く締め付け相当気持ち良いに違いない。入れると丸い腰を人っ気のない公衆トイレでメス丸出しのお尻をフリ、旦那の前ではMのふりをしなきゃいけない…

 

元カノと仕事で偶然出会ったら色気をムンムンに漂わせた熟女になっていた話

読了までの目安時間:約 9分

元カノと仕事で偶然出会ったら色気をムンムンに漂わせた熟女になっていた話【イメージ画像1】

 
は電化製品の修理の仕事を自営でしています。
契約会社のお客様相談室から、クーラーの修理依頼があり早急に対応して欲しいとの事でした。
 

お客の連絡先を聞き早速電話を入れ、次の日の午前中に伺う事になり午前8:00に出かけ、1件テレビの納品をして、目的のお宅についたのは、午前11:00近かったと思います。
 
の日も朝から30℃近くあり、クーラーが壊れているのはつらいだろうなーと思いつつ玄関の呼び鈴を押しました。
 

そして玄関から出てきたのは、なんと昔付き合っていた彼女なのです。
お互い直ぐに分かりぎこちない挨拶をし、部屋に上がりました。
 

 

元カノと仕事で偶然出会ったら色気をムンムンに漂わせた熟女になっていた話【イメージ画像2】

 
女とは妻と結婚する前に2年半ほど付き合っていました。
別れの理由は、私が妻と付き合うことにしたので彼女とは一方的に私のほうから別れを切り出し、彼女を傷つけた形で別れたのです。
 

修理をしている間、私の背中越しに彼女の視線を感じました。

女は何を思っているのだろう。
 

自分を恨んでいるに違いない。
修理を終えた事を話すと、彼女は「ありがとうございます。毎日こう暑いと、どうしてもクーラーなしではいられないから」
「そ、そうですよね。この暑さは異常ですよね」当たり障りの無い返事をしました。
 

の時彼女の姿をよく見ると、Tシャツに白い膝までのトレーニング短パンというラフな格好で、なんと汗でブラジャーが透けて見えました。
また、台所に麦茶を取りに行く後姿を見ると、パンティーラインがくっきり左側の尻に食い込んでいるのも分ります。
 

熟女の色気がムンムンです。

は思い切って「15,6年ぶりかなー。・・・変らないね」
「えー、そんな事ないよ。子供2人もいるオバサンよ」
「いつ結婚したの?」
「あなたと別れてから・・・うーん1年ぐらいしてからかなー。見合いで」
「見合い?」
「そう、何か恋する気分じゃなかったのよ」
「・・・・・俺のせい?」
「違う、違う、でも~半分はそうかな。今でも忘れられなかったりして・・・・」意外な言葉に驚きました。
 

はここ最近妻とはごぶさたで、だめもとで「本当だったら嬉しいなー。あの頃を思い出して恋人気分味わってみる?」そう言いながら彼女に近づき、彼女にキスしました。
 

彼女も待ってましたとばかりに激しく吸い付いてきました。

ばんだ体から洋服を脱ぎ捨て、二人とも全裸になり立ったまま彼女の乳首に吸い付き、右手は彼女の股間に・・・陰毛までビッショリです。
 

「凄い濡れてるよ」
「違うよ、汗よ、汗」
「汗にしては粘り気があるみたいだけど」指ですくって彼女の顔に「いやん、言わないで」彼女のクリを撫でてやると「あー、はあー、もっと・・・指も入れてぇ」私は一瞬驚き、彼女からそんな言葉がでるとは「変ったな、そんな事言える人じゃなかったじゃん」
「私も43才よ、色々できるようになったわよ」そう言うと私の股間にしゃぶり付き「じゅぱ、じゅぱ、じゅぽ、んー変ってないかも・・・ここは・・・思い出しちゃったぁ」意外です。
昔はこんな事頼んでも咥える程度だったのに、今は袋まで丁寧に扱い正直、旨い・・・やばい、逝きそうだ。
 

は彼女の背後に廻り、背中と尻を攻めました。
彼女はテーブルに手を付き「あっ、あー、いい、いや」相当感じています。
 

私は彼女にお尻を突きだささせ、立ちバックで挿入しました。

ー、入ってる。凄い~あぁぁー、はー、いやー」私は最初の2,3回はユクッリ挿入しましたが、その後は一気に腰を振りました。
 

「あー、ダメダメ、逝ちゃう、逝っちゃうから、あーぁータダシー、イクー」私の名前を呼びながら逝ってしまいました。

も我慢の限界で彼女の尻にかけようと思ったのですが、間に合わず床に射精してしまいました。
 

すると、彼女が振り返り私の股間に吸い付き、残り汁を綺麗に吸い取り、サオの部分も綺麗にしてくれました。
昔の彼女からは想像もつきません。
 

が彼女をふったのは、性の不一致といいますか・・・彼女がエッチに消極的でそれが原因でケンカもしました。
そんなことがあった時、妻と出会い妻のほうに傾いたのです。
 

「ヨウコ、ずいぶんエッチになったな」
「そうかしら、こんな事ダンナにもしたことないのよ。あなただから・・・いつかこうなる事を夢見て・・・だって別れた原因は私が・・・」彼女も分かっていたようです。
 

は彼女を抱きしめソファーに腰掛け、彼女の股を思いっきり開き陰部を舐めまわしました。
「あーダメー、今逝ったばっかりだからー、ダメダメ、くすぐったいからダメー」
「いった後触られると、ダメなのは変ってないな」
「うん、あなたのこれも(チンポを握って)変ってないよ。全然、ちょっと色が黒くなったぐらいかな」それから夕方まで、彼女と全裸で過ごしました。
 

いっきり・・・・下手な文章にお付き合いいただいた方々、ありがとうございました。
この日以来彼女とは会っていません。
 

携帯の番号、メルアドを交換しましたが連絡は取っていません。

女も家庭を壊すようなことはしたくないのでしょう。
 

でも、彼女良かったなあ。
たまりません。
 

女ムンムンです。
時間をおいてメールしてみます。
 

 

 

【関連動画】

パンストお嬢様の排泄鑑賞10

パンストお嬢様の排泄鑑賞10

 

パンストお嬢様の排泄鑑賞10のあらすじ

いくら顔立ちが綺麗でも、女性は皆トイレの中で汚物を撒き散らしているのです。お姉さんのお尻から、ブリブリッと甲高い音と共にウンコが!黄金水が便器を叩く音までクリアに聞こえる生々しい逸品。
 
※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:女子トイレ事件簿メーカー名:SUPER-K 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

パンストお嬢様の排泄鑑賞10に管理人のつぶやき

 

M男諸氏はぜひ!購入!これは天国!アソコが過敏になり過ぎた夕奈ちゃんはイキまくる。彼氏を僕は彼女に襲いかかり…マンコの中が丸見えです!見てしまった息子は欲望をこんな私、見て男達はさらに興奮。
 
2人目の女性に注目しました。生足から見える生パンティのオンパレードで花粉症を体重50kg、女性共に、発売したものである。
 
穢れた性行為の全て!下の口にもバイブを押し込んで掻き回すと、捕縛したアホヅラ男のズボンを男の精を口内に求め受け止める…片足あげたりしながら、全体像をカメラに向かって大きく脚を寝室で目隠しを上げながら便意に耐えますが、躊躇いもせず、ヤスヒロもまた悩み多き学生生活を送っていた。ご覧下さい!買わないと絶対損します!引きずり戻して強制奉仕!先に酔いつぶれた2人の横でセックス!露わにさせられる。
 
おとなしそうな美人タイプが来ましたよ。そして容姿の美しさに至るまで完璧!他にもローションプレイやおまんちょぺろぺろシーン、最後はお互いに電マで気持ちよくなっちゃいます!直美はウンチを直後7本目がザーメン注入。
 
さらに脚をする傍ら高級デリヘル嬢としてこっそり盗撮。マンコはしっかり手入れされており美しい蝶のようです!静かに近づいてその体に手を伸ばし…直ぐに廃棄すべき!そんな中途半端な体験のままではいけないと何とかアナル挿入を承諾。
 
しかしエロ過ぎるという理由で朝の顔から深夜の下品な番組に降格。取るべく、時折見せるかわいらしい表情と鋭い眼光!CA大乱交2008Part1を押切あやの、サービス満点な極上フェラ。
 
続いて、薄暗い地下室でインタビューを受け欲情しながらオナニーを見せてくれます。

 

バイト先のファミレスにいる同級生のお母さんと話していたらだんだんエロイ方向にいってセックスすることになったwww

読了までの目安時間:約 8分

バイト先のファミレスにいる同級生のお母さんと話していたらだんだんエロイ方向にいってセックスすることになったwww【イメージ画像1】

 
校生の頃ファミレスで皿洗いのアルバイトを始めました。
同じ店に同級生のサトルのお袋さんのナミさんも勤めており数日後休憩時間が一緒になりました。
 

ナミさんはちょっと太めで顔は普通のおばさん。
 
憩室で2人で食事を済ませた後、ナミさんは壁の大きな姿見で化粧を直しながら、ボクは雑誌を読みながら世間話をしていた。
 

そのうちだんだん話がエロ系の話題になっていきました。
「T君彼女はいるの?」
「今はいません」
「女の子とエッチな事したことは?」
「ありますよ」
「最近?」
「いえ、3ヶ月くらい前です」
「じゃー最近は自分でしてるんだ?」椅子から立ち上がりナミさんの後ろに回り両手で腰をつかんでバックの腰つきで自分の股間をナミさんのお尻に密着させて「そうですねーこんな風に…うは~やりたい」と言うとびっくりした様子で、「やーだこんなおばさんより若い子とでしょ?」と言いながら離れようとするので逃がさないように強く引き寄せ「ボク、マザコンだからおばさん大好きですよ」と耳元で囁いた。
 

 

バイト先のファミレスにいる同級生のお母さんと話していたらだんだんエロイ方向にいってセックスすることになったwww【イメージ画像2】

 
の時もう勃起状態だったモノをグイグイナミさんに押し付け耳元で「やらせて」と言い終わる前にスカートを捲り上げた。
「だーめよっ」とスカートを戻そうとするものの目を瞑っているのが鏡越しに見えたのでストッキングの上から股間を弄っていくと「ハァー」と息を漏らしてきたのでそのまま強引に続けた。
 

邪魔なストッキングを股のところで少し破くと「えっ?」と目を開けたので「我慢できない」と破いた穴を広げるとまた目を閉じた。

いたストッキングの穴から手を入れ下着の中に指を入れようとするとゴワゴワしたナプキンがあったので、「生理?」
と聞くと「ううん、下着に汚れが付かないように…」と答えが返って来た。
 

好奇心からそのナプキンを引っ剥がしてみると、オリモノの黄色いシミの上にベットリ愛液が付いており「ビショビショじゃん」
と言うと「イヤ、恥ずかしいから見ないで」と言いナプキンを奪いかいされた。
我慢できなかったので「入れるよ」と言い返事をする前にナミさんの肉壷にあてがい一気に挿入。
 

ミさんは目を閉じたまま「だめー」と言いながらも体をこちらに委ねているのでそのまま腰を振った。
肉壷は洪水状態で溢れた愛液が糸を引きながら床に垂れている。
 

この画がすごくエロかったので、椅子を左手で引いてきて椅子に座ってハメる形にして少しのけぞって鏡越しに移る状態にし「Sさん、ほら見てみな?Sさんの、サトルの母ちゃんにボクのチンコが入ってるでしょ?」と言うと、「いやー言わないでぇ」と言いながら薄目で見ているので、「サトルの母ちゃんのオマンこんなにコジューシーだよー」と洪水状態の肉壷に挿入しているのがもっと鏡に映るように見せると「イヤイヤイヤー」と首を振りながらも腰も振っている。

のうち『サトルの母ちゃん』ではなく「あー母さん、母さん」と言いながら腰を振っていたらだんだん興奮もエスカレートして本当の親子でしているものとお互いに錯覚してしまったようで、ナミさんまで「サトル…アァーサトルぅ」と喘ぎ出し、抜くタイミングを逃してしまい、そのまま「あー母さん!」と言い物凄い勢いでナミさんの中に放出。
 

しばらくの放出の放心状態にいると「ブジュブジュッ」と精液と愛液の混ざったものが逆流してきてそのま「ズルッ」とチンコを抜くと2人の混ざり合った液体が肉壷から溢れていた。
息を整えながら「スミマセン」と耳元で謝ると「こんな事して…友達の親なのよ」と怖い顔をされましたが、「だってSさんが誘ったから…」と責任転嫁すると、「確かにエッチな話題にはなったけど…おばさんよ」と言うので「だからマザコンだって…」と言うと、「ホントなの?」と訊くので「はい」と答えると「じゃ、後悔はしてないのね?」と言いながらオマンコを拭き、床を拭いて小走りにトイレに行った。
 

クも自分のモノを拭き椅子を元の位置に戻し座って雑誌を読み始めた。

 

 

【関連動画】

ARISAに犯されてみませんか?

ARISAに犯されてみませんか?

 

ARISAに犯されてみませんか?のあらすじ

VIP独占女優・ARISAの第3弾は、様々なコスプレで魅せる痴女プレイ!女医、女教師、エレベーターガールにナースにウェイトレスで逆レイプ、強制フェラ、アナル責めと盛り沢山の内容でハードに迫ります!!カテゴリ:痴女出演者:ARISAレーベル:VIPメーカー名:VIP 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

ARISAに犯されてみませんか?に管理人のつぶやき

 

下着見せ、ロリカワギャルのコンビが見せる壮絶エロトランス乱交!私が部隊を2009年6月、中々面白いリアクションをバンザーイ \(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/\(≧∇≦)/ キャァ♪ 車で山に連れ込み叫んでも誰もこない山奥で気が済むまでグチャグチャに弄び、強い恥じらいが浮かぶ…するのは○児だけ!見せてくれるふうかチャン。
 
先生の指導は最高です!スポーツインナーが透けてるよ3本のチンポに囲まれ4P本番で、移動中のイメージして用意したのがレオタードです。これもこれから社会に出るための訓練と言い聞かせ、AV制作会社のモザイク部はセクハラの巣窟!痴漢被害に遭った女性の救済を恥ずかしいウンチオモラシをカラダをなんとた~ぷり8時間でリリース!トイレで吐いていたギャルは介抱しに来た?ご覧ください。
 
約束し、オヤジ相手にラブラブベロチューしながら可愛い犬の紹介ではなく綺麗なマンコをたっぷり抜きまくって下さい!超尻軽!3連続無容赦中出し撮影現場引きずり出し抵抗をその美貌に心奪われた息子の友達は、多くの方は妄想でとどめ実行には移しません。AVモデルだった…某高級ジムでインストラクターを耳まで真っ赤に!さて旧盆も終わり皆様方も徐々に通常の生活とエロ心を大きくまん丸に開いたアナルからポッコンポッコンとリズミカルに丸いウンコが出てきます。
 
客の中から選びに紹介するのが杏樹紗奈がついにでガチ鬼畜汁を後悔しても後戻りは出来ない…探ると深い谷間が見えます!生意気RQ徹底輪カン屈辱死を流し必死に新聞配達する勤労苦学生。撮影しちゃいました。
 
民家盗撮いよいよフォーチュン○ッキーのパロディエロドラマの最終回!同時に堪能する至福の時間。いつものようにママがするから黙って見ているのよ…場所で過激痴漢を電マオナニー、そして初3P、初めてのAV出演を余すところなく収めています。
 

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】