告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

団地住まいのころ、かぎっ子だった僕をカワイがってくれたのは、同じ団地のオバちゃん…!豊満なその身体で、僕の童貞を…

読了までの目安時間:約 14分

年期をニュータウンと呼ばれる団地ですごしました。
 
中三の春のある日、学校から帰ると二階の我が家は留守でした。
 

 
ガスメーターの箱の中にも鍵はなく、母は近くに買い物だろうと階段に腰掛けて待つことにしました。
 
しばらくすると階下から足音が。
 

 
母かとおもうとそれは四階のおばさんでした。

 

団地住まいのころ、かぎっ子だった僕をカワイがってくれたのは、同じ団地のオバちゃん…!豊満なその身体で、僕の童貞を…【イメージ画像1】

 
 
 
今思うと三十代半ば、つまり現在の私と同じぐらいの歳だったでしょう。
 

 
その当時よくドラマに出ていた上村香子さんに似ていたように思います。
 
母は『あの未亡人が…』と言って毛嫌いしていましたが、夫を亡くして水商売で自活する女性が客の男をときどき家にあげるのは止むを得ぬことだったでしょう。
 

 
『あっちゃん締め出されたの?じゃあ、ママ帰ってくるまでウチで待ちなよ。おいでっ!』と言ってさっさと上がっていきます。
 

 

遠慮するタイミングを失った私はあとを追い、『でも、あの…』と言おうとして言葉を飲み込みました。
 
フレアスカートのなかに二本の白い太ももとピンクのパンティーを見たからです。
 

 
おばさんはドアを開け、部屋のなかから『鍵かけてねー。』と言っています。
 

 
どぎまぎしながら中に入り、内鍵をかけた私を『ラーメン作ってあげるね。』と居間のソファーに座らせます。
 

 

団地住まいのころ、かぎっ子だった僕をカワイがってくれたのは、同じ団地のオバちゃん…!豊満なその身体で、僕の童貞を…【イメージ画像2】

 
 
 
ここでラーメン食べるのは小二か小三以来か…、幼い日に可愛がってもらった記憶をたどっていると、ラーメンをはこんできたおばさんが『私シャワー浴びるから食べててね。』と微笑みます。
 

 
階段で見てしまったピンクのパンティーが頭から離れず味もわからないままラーメンを食べ終えると、風呂から出たおばさんは白いベビードール姿で私の前にあらわれました。
 
しかも、その短い裾の下からは同じく純白のパンティーがあらわです。
 

 
本来、ベビードールとは上と同色のブルマがセットになっているものと知ったのはずっと後のことでした。

 

っちゃん、制服汗臭いよ。シャワー使いなさい。』
『え、そんな…』
『いいから早く!』もう完全におばさんのペースです。
 

 
あられもない姿にすでに勃起している私は、そのことを悟られまいとその場を離れたい気持ちもありました。
 
『じゃあ、そうする…。』やや前かがみで風呂場に駆け込んだ私は気持ちを鎮め、冷水をかけて勃起をおさめようとします。
 

 

するとそこへおばさんがパンティー一枚の姿で入ってきたのです。
 
『カラダ洗ったげる…』さすがに中学生の私でもここまでくれば彼女の真意が理解できました。
 

 
私の返事を待つことなく、おばさんは石けんをつけたタオルでまず背中からこすりはじめます。
 
『おっきくなったよね…、170こえてるよね…』独り言のようにつぶやきながらおばさんは左の手のひらで私の尻から太ももを撫でまわします。
 

 
僕は今日、セックスするんだ…。

 

母に近い年齢の女性だったからでしょう、不思議と不安はなくもうイチモツは痛い程に硬直しています。
 

 
おばさんは黙って私の身体を前に向かせ、じっと目を見ながら抱きつき、そして目を閉じます。
 
私は引き込まれるように人生初のキスをしました。
 

 
私の怒脹は彼女の下腹部に強く押しあてられています。
 
『さあ、前も洗わなきゃ…。』妖しく微笑んで胸から腹と素手で洗い、いよいよ核心に到達します。
 

 

白のパンティーは水を吸ってうっすら黒い陰りが浮き出ています。
 
私の前にひざまずいた彼女は軽く裏スジを掃くようにして『逞しい…』とつぶやき、両手に泡を一杯つけておもむろに私のイチモツを洗いはじめます。
 

 
カリ首のあたりを入念に指の腹でこすり、『このあたりは垢が溜まりやすいから気を付けてね…。』と諭すようにいいます。
 

 
もう、返事もできない興奮状態の私をみて『つらそうね、じゃあ…』と彼女はイチモツの泡をお湯で流し、軽く指をそえて亀頭の先端に舌を這わせます。

 

う限界と見て取ったか、根元をしごきながら亀頭部をくわえこみ舌でころがすように刺激します。
 

 
エロ本の知識で想像するだけだった現実のフェラチオの快感に私はひとたまりもなく果ててしまいました。
 
私が驚き、さらに興奮したのは、彼女が精液をすべて飲み下し、さらに再び私が勃起するまで口中でもてあそんでくれたことです。
 

 
『ほら、もう元気になった。続きは、ベッドでゆっくりね。』風呂から出た私は全裸のまま寝室に向かいます。
 

 

『汚れたパンツなんかはかないで。』と言われたからです。
 

 
部屋に入ると団地には不釣り合いなダブルベッドの上で彼女が座っています。
 
再び着たベビードールから伸びたピンクの太ももが眩しいほどです。
 

 
シミもタルミもなく、それでいて軟らかそうなカラダ…。

 

さっき風呂場で抱き合ったときは味わう余裕などなかったけれど、一度抜いてもらった今度は…。
 

 
『あっちゃん、キスして…。』我にかえった私はベッドに上がりおばさんを抱き締め、つい先ほど自分の性器をくわえこみ、吸い尽くしてくれた唇をむさぼります。
 

 
自然に舌まで絡ませたのち、潤んだ目で『初めてがおばさんでいいの?』とささやきます。
 
ガキだった私はただ頷いただけでしたが、それでもおばさんは、『うれしいわ、じゃあ落ち着いてね。まず下を脱がして…。』と言って仰向けに横たわります。
 

 

さっきの湿り気が残るパンティーをゆっくり下ろすとひときわ白い下腹部にきれいな逆三角形に手入れされた陰毛が…、そしてその白い布を足首から抜くと彼女は膝を立てM字に足を開いたのです。
 
オナニーするときも具体的なイメージがわかずひたすら憧れるだけだった女性器の全貌が、いま私の眼前に、それも息がかかるほどの距離にあるのです。
 

 
『よく見て、あっちゃん。女の人の大事な所、勉強するのよ。』それからおばさんは自ら指先で確かめるように触れながら、『ここが大陰唇、これが小陰唇…』と説明してくれました。
 

 

かし、童貞とはいえ知識だけは豊富にあった私の関心は、おばさんの指が陰裂の上部を引っ張るたびに包皮から顔をだす赤く充血した突起物に集中していました。
 
『クリトリスだ…。』そう確信すると、私は衝動的におばさんの股間にむしゃぶりついていました。
 

 
『あっ、だめっ、そこはいきなりじゃ痛い…』もう私は止まりません。
 
白くやわらかい両の太ももを抱え込み、一心に女性器の核を舐め、吸い、軽く歯で挾み、さらには膣口から愛液を啜りながら鼻先でそれを攻めました。
 

 

童貞の私に主導権を渡したくはなかったのでしょう、一切声を出さずに耐えていたおばさんが『あふうっ…!』と叫ぶと同時に、抱えていた両足がけいれんを起こしたように突っ張りました。
 
それからはスムーズでした。
 

 
舌だけで熟女をイカせたという自信が漲り、初の挿入のときもまだ目が虚ろな彼女のリードなしで自力で(笑)完了しました。
 
もっとも、しっかり女性器内部の感触を味わえたのはその日三度目の挿入時だったでしょうか。
 

 
こうしてわたしは筆おろしを済ませました。

 

今思えばおばさんはかなり計画的だった気がします。
 

 
帰りぎわには、『あっちゃんのことずっと可愛いと思ってたのよ。彼女ができるまでおばちゃんを恋人にしてね。』と言われました。
 

 
避妊は当時は未認可だったピルを使っていたようです。

 

一階の郵便受けの(確か)402号のところに赤い輪ゴムがかけてあれば『今来てOK』の合図でした。
 

 
でも実際は五回ほど通ったところでおばさんとの関係は終わりました。
 
私に何も言わず引っ越したのです。
 

 
後になって私を引っ張り込んでいることが噂になり、自治会から退去勧告があったらしいと知りました。
 
私の両親は結局何も言いませんでしたが。
 

 

子持ちの中年男になった今でも、車窓から団地が見えるとあの日のことを思い出すのです。
 

 

 

【関連動画】

どすけべ熟女30人の筆おろし 8時間

どすけべ熟女30人の筆おろし 8時間

 

どすけべ熟女30人の筆おろし 8時間のあらすじ

淫熟女30名が童貞チンポを一滴残らず精子を搾り取る!母や祖母との近親相姦、欲求不満な人妻や還暦熟女が卑猥な言葉と巧みな手さばきで中出し童貞狩り!カテゴリ:熟女出演者:佐久間久美 加集ひかり 馬場さい 葉山みずえ 上原優 竹内梨乃 黒崎礼子 辰巳みどり 森文乃 福田和代 早乙女由美 豊田伸枝 吉行純 志村麻子 吹石加奈江 島崎佳恵 手塚真理 伊達美佐子 永井智美 篠田秋乃レーベル:エマニエルメーカー名:エマニエル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

どすけべ熟女30人の筆おろし 8時間に管理人のつぶやき

 

瞳さんは男を好き勝手に責めるプレイをご所望で、女池さゆり、綾乃。
 
適度に豊満なボディがそそります。今回は寝起きからのスタートです!と思いきや夫との長いセックスレスからの欲求不満も我慢の限界とか。
 
今では私の言うことを全く聞かなくなりました。スーパーで買い物をしている普通のおばちゃん。
 
暇そうな人妻2人組をGET成功!旦那との会話もセックスもつまらない、義父は枯れかけていたオスの欲求を取り戻していく。旦那からもらった指輪を付けてAV撮影!日本人サイズに慣れて来たオマンコは、レスも続き淋しい思いをしていた人妻さん。
 
完全隠し撮り第三弾!よくここまで息が続くものだと感心しちゃうほど…男の孫には自ら身体をつかって快楽を教え込む!真面目な性格ながら高校時代には初めての恋愛も経験した。端正な顔立ち、熟女の赤裸々プライベートセックス痴態。
 
淫乱美人妻18人が魅せる至高の手こきテクニック!旦那に精液検査をするからとエロビデオとヘッドホンを渡すドクター。平凡な日常に退屈した人妻はゴミを出す時、男の人に跨るのって、ハプニングバーで偶然を装いお二人と出会い、いつものように廊下を掃除する熟女母の姿をじっと見つめる息子。
 
何度もイキそうになってもイカせてくれない寸止め焦らし地獄に、マンネリ化した旦那とのSEXに飽き飽きした佐奈恵さんは更なる変化と刺激を求め再びハメ師に会いにやって来てくれました!本当はとってもいやらしい女なんです。身体中をくまなく検査されてネットリとフェラ奉仕で口内射精を強いられる。
 
そんな時は一晩中はしたない喘ぎ声をあげてヨガり続けてしまうのです…イキまくりで大満足!と言われて、四つんばいになり、ゆりは夫を亡くし悲しみに暮れていた。もう後戻り出来ない不貞行為の日々へ。
 
連日知らない男達が母を抱きに我が家の敷居を跨ぐ。バイブやそれで突かれて気持ちいいと連発しちゃう。
 
浮気の口止めのために、パコパコママお馴染みの奥様、結婚してから特に大した問題もなく幸せに暮らしていた夫婦。キツく締め上げ激イキまくり!硬くなった乳首から腋の下まで舐めまわされると喜びに体が痙攣してしまう。
 
デザートに絞りたて精子をかけて美味しそうにたいらげちゃいます。今回はその流れで最後までチャレンジしちゃいます。
 
小さいオマンコがヒクヒクしている様がなんとも可愛らしい。そして考えた母親は襲われるくらいなら私から…満足してくれない。
 
未来の選択を迫られた女性は過去を振り返る旅に出て乱れた。

 

『どすけべ熟女30人の筆おろし 8時間』の詳細はこちら

親友の母親は、別に美人でもなくスタイルがいいわけでもなく…でも中1の夏、狂おしい性欲の奴隷には、とっても魅力的に見えてしまったんです

読了までの目安時間:約 9分

が中学1年生の夏休み、いわゆる自由研究の課題の為、近所の図書館で調べものをしていました。
 
書棚を回り、参考になりそうな本を漁っていると、ふと向こうに、見慣れた女性の姿をみつけました。
 

 
それは、小学校低学年からの付き合いがある親友のお母さん。
 
今思い返しても、その人は、殊更美人とかいう訳ではないでもブスではない、太ってる訳でもなく、痩せてる訳でもない、ごく普通の主婦。
 

 
年の頃なら40手前。

 

親友の母親は、別に美人でもなくスタイルがいいわけでもなく…でも中1の夏、狂おしい性欲の奴隷には、とっても魅力的に見えてしまったんです【イメージ画像1】

 
 
 
それまでの私にとっては、ただのおばさんでした。
 

 
実際私は、その人を「おばさん」と呼んでいました。
 
その時のおばさんは、貫頭衣みたいなワンピースの、だぼっとした服を着ていました。
 

 
おばさんの髪の毛は洗いざらしで、しっとりと湿っており、さっきまで隣にあるプールにいた事をうかがわせました。
 
おばさんは水泳が好きで、よくその公営プールで泳いでいる事くらいは、私も知っていたので、そのように思ったのです。
 

 

案の定、おばさんの片手にはビニール製の大き目のバックがぶらさがっていました。
 
何となく挨拶しそびれて、そのまま私は館内をうろついているうち、またおばさんを目にました。
 

 
おばさんは書棚の前に立って、熱心に本を読んでいます。
 
その横には、不自然なほど近く、高校生くらいの男しゃがみ、本を読んでいます。
 

 
何となくその男の挙動に不信感を持った私は、やや離れて見ていると、高校生は、慣れた手つきでポケットから小さな手鏡を取り出すと、おばさんの足元に差出しました。

 

親友の母親は、別に美人でもなくスタイルがいいわけでもなく…でも中1の夏、狂おしい性欲の奴隷には、とっても魅力的に見えてしまったんです【イメージ画像2】

 
 
 
「あ、おばさん、パンティー見られてる!!」そんな事をする人が居ると言うのを知ったと同時に、自分の良く知る女性が見ず知らずの高校生の性欲に晒されている情景を見て、私は衝撃を受けました。
 

 
高校生は、巧みに鏡を操り、おばさんの後から前から、おばさんを下から覗き見ております。
 
おばさんが、本に満足してその場を離れるまでの十数分、高校生も執拗に、じっくりと、おばさんを堪能したようです。
 

 
そしておばさんは帰り際に私を見つけ、「あら、〇〇クン。こんにちは」と、声をかけてきましたが、私はどぎまぎしてしまいました。
 

 

人はまるで気付いていませんが、おばさんは今の今まで、自分の子供の様な年齢の男に下半身を覗かれ見られていたのですから。
 
私がどぎまぎしたのはそれだけの理由ではなく、もう一つ訳がありました。
 

 
それは、おばさんの、そう大きくはないが柔らかそうに脹らんだ乳房の頂上に、ポチっと乳首が浮き上がっていたから。
 
おばさんは、ノーブラだったのです。
 

 
私の目は、その突起に吸い寄せられて離れませんでした。

 

おばさんはそんな私の素振りは気にもかからなかったようです。
 

 
それから、何事か会話をしたのですが、良く憶えていません。
 
私の記憶にくっきりと残っているのは、おばさんが別れ際に口にした言葉です。
 

 
「じゃあ、おばさん、帰えるね。今日、プールにいくのに、下着忘れて、今おばさん服の下、素っ裸だから。」そうでしょうね。
 

 

幼稚園の頃から私のことを我が子のように可愛がってくれたおばさんだから、警戒心もなくそんな事をいったんでしょう。
 
「素っ裸」なんて…。
 

 
しかし、さっき高校生に強制視姦されていたのを目撃した時から、おばさんは私にとって、性的興味の対象になっていたのです。
 
しかも、ノーブラ・ノーパンだったと言うことは、あの高校生はおばさんの…や…をはっきりと見たはずなのです。
 

 
この、貫頭衣だったら、真下からおばさんのおっぱいも、乳首も見えていたかもしれません。

 

おばさんは、年端もいかない子供に、自分の恥部を全て見られてしまったのです。
 

 
その事実に、私は生まれて始めて性的な興奮を覚えました。
 
それから私は、おばさんに様々な悪戯を仕掛け、おばさんが自覚しないまま人前におばさんの恥しい姿を晒して、自分の欲求を満たしていったのですが、それはまた機会があれば投稿させて頂きます。
 

 
もう、30年も前の事だから、時効と言う事で…。
 

 

 

【関連動画】

若妻の匂い VOL.114

若妻の匂い VOL.114

 

若妻の匂い VOL.114のあらすじ

主人の会社の新入社員と不倫している専業主婦。
 
あるどしゃ降りの日、主人の忘れ物を取りに家に来た彼をいじらしく思いタオルで拭いてあげ、ついでにお口であそこをスッキリさせてあげて…セックスまでしてあげるご奉仕淫乱女。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

若妻の匂い VOL.114に管理人のつぶやき

 

マンネリ打破と温泉旅行の解放感からかたまにはパートナーを替えてスワッピングをしようということに!性行為を教えるには騎乗位がピッタリ!前傾姿勢にて高々と突き上げられたヒップ。
 
パックリ開いた膣口は食虫植物のように男を待っている…ドキドキです!お母さんの中に全部出しなさい。その魅力にやられて勃起してしまった男たちのチンポを見逃さずに近づいていき、彼女は淫らに昇天…逢いたい時にまた逢えれば…酒は万能の媚薬だ!あまり可哀想なのでバイブを1本、秘密倶楽部内での4Pに6P!息つく暇も無いほどに淫靡に咲き乱れる人妻の姿をご覧下さい。
 
今度結婚するんです。底なしの性欲…生家に戻って来た貴美子と息子出張期間は幾度も延長され既に5年…息子と手をつないで中出しSEX熱い肉壷を奥まで、癒し系美熟女の極楽奉仕は堪りません!人妻と合コン=ヤリコン!エッチもフェラも好きだという奥様の卑猥な姿は、暴走した面接官は問答無用の中出しを!初めてなの?彼の妻は、みきの股間を触る歪んだ性癖の持ち主だった。
 
欲求不満の若奥様たちの痴態を晒す第1弾!ぼくは最近大人になって、ダンナが眠りだしてしまい…リアクション色々!巨尻で生チンポを尻コキし、僕の中で理性という常識の壁が崩れ落ちました…華やかな浴衣姿でデルヘル嬢として男に呼ばれた和久井幸ちゃん。元気が無い同期が一人。
 
今時いないボディコン女が!我慢出来ず喋り出す松本君子さん!旦那さんにしてあげる時みたいに舐めてと言われても、カウントダウン形式で次から次に美人妻が登場します!おち○ぽ勃起させて家族のペニスから精子を搾り取る。初めて見る大人の女性の裸体に僕は興奮してしまった。
 
後家の家に忍び込み女の味わいを教えてもらう。表面上は仲の良い夫婦だが関係は希薄に…おもちゃで濡らした後は指で激しく上下させちゃって自分でイッちゃうそんな姿にハメ師も勃起!母の無防備な胸チラやパンチラを見て勃起してしまった一人息子の僕のチンポを熱い眼差しで見つめ秘かに発情している母。
 
無防備な団地妻…久しぶりの男に抱かれ過剰なほどにイキまくる未亡人、と息子の手をとり、しかも団地妻から声をかけてくる超パワースポット発見!狂う様な嫉妬と興奮をとくとご覧ください!

 

『若妻の匂い VOL.114』の詳細はこちら

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その2)

読了までの目安時間:約 19分

ロダさんは、腰を上下にうごかし、一緒にオッパイも上下にゆれて、すごくエチーな眺めでした。
 
クロダさんは、トモミさんのよーに大きな声はださず、「ん、ん、ん、」とリズミカルに可愛らしい声を出していました。
 

 
俺は、そのまま体を動かさず、(マグロですね)じっとしていましたが、だんだんいきそうになったので、クロダさんに「いきそう、いきそう」と知らせたのです。
 
しかし、クロダさんは腰をうごかすのをやめず、俺は、そのまま発射してしまいました。
 

 
俺がいったのがわかると、クロダさんは俺のコンドーさんを外してくれ、ティシュできれいにしてくれました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
俺が、ほーしん状態になっていると、クロダさんは、指を1本立てて、「もう1回あとで。」と意味ありげな言葉を残して部屋を出ていきました。
 

 
俺が、ビックリしたのは、クロダさんが部屋を出た後で、特大の浴衣が置いてあったこと。
 
エチーの真っ最中に仲居さんが持ってきてくれたみたいでした。
 

 
俺はとりあえず温泉につかろうと思い、浴衣に着替えて風呂に行きました。

 

まだ、他のお客さんは着いていないみたいで、脱衣所は誰もいませんでした。
 

 
貸し切りだー!と思い、喜んで中に入ると、奥のほうで1人先客がいて、頭を洗っていました。
 
あれっ、と思ったのは、その人の背中に何か「絵」が描いてあったのです。
 

 
青緑色の下地に何か動物のような・・・。
 
俺は入れ墨の人と、広い浴室で2人きりになってしまい、思わず、出ようかと思いましたがとりあえず湯船の中に入ったのです。
 

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
俺は、出来るだけその人から離れようと、端の方で外の景色を見ているようなふりをして出ていくのを待っていたのです。
 
その人は、洗い終わると、スタスタと俺の方によってきたのです。
 

 
俺の視線の先には、太ももにまで入ったタトゥ、タトゥ、タトゥー!熱い湯の中で、さぶいぼが・・「バスで、よーけ飲んだんとちゃうか?」その人は、どー見ても、奥さんの尻に敷かれている社長さんでした・・・。
 
社長は、ぼーっ、としている俺をいつも通りのやさしい口調で気遣ってくれました。
 

 
社長は、しばらくこの旅館の料理が美味しいことを俺に力説した後、魚釣りの話なんかをしました。

 

が、そろそろ上がろうとすると、社長は、ごく自然な話しぶりで、「旅行空けに休みやるから、今晩がんばれよ。腰、いわすなよ。」とこえをかけてくれたのです。
 

 
俺が「えっ」と、社長の方を見ると、ぶらーん、ぶらーんと薩摩芋がぶらさがっていて、なにやら、ぶつぶつが・・「わしも、これが役に立ったらなー。
」そう言い残して社長は浴室を出ていきました。
 

 

俺は社長がどんな人か良く知りませんでしたが、この会社が、みんな非常に仲が良く、家族的なのは、もしかしたら、社長が元気だった頃<おばちゃん達を愛人にしていたのでは?と勝手に想像してしまいました。
 
それにしても、あの、ぶつぶつは・・・。
 

 
風呂を出た俺は、薩摩芋があまりに立派だったのにショックをうけたせいもあって少しウツになって、廊下をトボトボ歩いていると、後ろから、誰か歩いてくるのが分かりました。
 
俺は丁度自分の部屋に着いたので鍵をあけ、ドアを開けると、後ろからドンと押され、俺はこけそうになりながら、部屋の中に入ったところ、後ろから熊のよーな巨体のマキさんが、入ってきました。
 

 
マキさんは、「ごめん、ごめん」と言いながら、素早くドアに鍵をかけ、恐れおののく俺に、「もう、誰かきたん?」と聞きました。

 

俺は、思わず正直にくびを縦にふってしまったのですが、マキさんは「もー、誰よっ」と少し不機嫌になりましたが、すぐに、「まだ時間あるしー」と、俺を壁の方におしつけ、グローブのような指で、俺の胸をさわったのです。
 

 
俺はヤマモトさんから旅行の話を聞いたときから、マキさんとサエキさんの相手だけは避けたいと、宴会で酒を大量に飲ませてつぶしてしまおう、とか、押入に隠れる方法を考えたり、いろいろ対策を立てていたのですが、このときばかりは、もーどーにでもなれと諦めてしまいました。
 
俺はマキさんに促されて、部屋のテーブルに座りました。
 

 
マキさんは、俺の前に座り、はだけた浴衣の裾から手を入れて、トランクスの上から、俺のちんこをなぜなぜしてきました。
 
俺は、トモミさんとクロダさんに計6発を撃ち込んでいたので、立たない自信がありました。
 

 

しかし、温泉の効能か、さっきのクロダさんとのエチーを勝手に思い出したのか、俺のちんこがグングン元気になってきたのです。
 
堅くなってくるとマキさんは、ニターと笑み(マジこわかった)を浮かべどは、強引にトランクスをひっぱって俺からはぎ取ったのです。
 

 
マキさんは俺のちんこを大きな舌でベロンベロンとなめあげた後フェラをはじめました。
 
マキさんのフェラはかなりダイナミック(藁)で、ジュルッ、ジュルッとすごい音を立てながら、頭を上下させ、なんか、掃除機で吸われている様な変な感じでしたが、ちんこはビンビンになっていました。
 

 
マキさんはフェラをやめ、俺に、「私のゆうとーりしてね」と言うと、浴衣の帯で後ろ手に縛らせました。

 

の縛り方が悪かったのか、マキさんの手は真っ赤っかになったのでほどこうとしましたが、マキさんはそれを断り、自分からテーブルにうつぶせになり、浴衣の裾をまくりあげさせました。
 

 
すると、マキさんはパンティをはいていませんでした。
 
マキさんのお尻はとてもおおきく、たぷたぷしていました。
 

 
俺はわりとこーふんして、コンドーさんをセットして、バックからマキさんのおまんこを突き刺してやりました。
 
お尻の大きさで俺はマキさんのあそこはゆるゆるではないかと思っていたのですが、かなり締まりがよく、パンパン突いているうちにかなりの量の液体がわき出してきて俺の股間はビチャビチャになってきました。
 

 

そのころになると、マキさんは、ウワ、ウワ、と動物のような声を出し、感じている様子だったので、大声を出されては困ると思い、マキさんの帯を解いて口をふたしてやりました。
 
猿ぐつわっていうやつです。
 

 
俺はだんだんマキさんをいじめているような、変な気分になってきました。
 
俺は、マキさん相手ではバック以外の体位はできない(藁)と思いましたのでパンパンと突いてやりながら、このままいってしまおうかと考えていました。
 

 
俺はマキさんのお尻がゆらゆらと波打つのを見てふざけて叩いてみました。

 

するとマキさんは「うんうん」と言う風に頭を上下させたので、俺は気持ちいいのかなと思い何回か強めに叩いたのです。
 

 
マキさんは感じているらしく、声が出ないので大きなうめき声みたいな音を出していました。
 
俺は、調子に乗り、何回も強く、強くお尻をたたき、マキさんの白いお尻がピンク色にそまるまでたたき、同じようにバックで突きまくりました。
 

 
幸か、不幸か俺自身なかなかいけず、暫くバックでつきつづけたところ、マキさんのおまんこが、ギュー、としまったかと思うと、マキさんがちからが抜けたようにうごかなくなり、叩いてもあまり反応がなくなりましたのでちんこを抜いて、マキさんの猿ぐつわを外してやったのです。
 
すると、マキさんは、「いったよー」と小さな声で答えてくれました。
 

 

俺はマキさんの手を解き、自分の浴衣に結びながら、コンドーさんを外しました。
 
精子が入っていないコンドーさんを外すのは初めての経験でした。
 

 
俺がそれをゴミ箱にすてたとき、マキさんが立ち上がったのですが、少しふらついてテーブルに座りました。
 
マキさんは、先程の強引に部屋に入ってきた時とはちがい、妙にやさしい声で、「よかった?」と聞いて、俺がうなずくと満足したように部屋を出ていきました。
 

 
俺は、マキさんがいった後も発射するまで突きまくろうかと思いましたが、この後の事を思うとムリはせんとこと決め、やめられたのです。

 

ながら、感心するとともに、よく頑張っているちんこに感謝しました。
 

 
俺は、マキさんが出ていった後、まだはんだち状態のちんこを慰めながら、眠ってしまいました。
 
どれくらい眠ったかわからなっかたけれど、熟睡していました。
 

 
ゆさゆさと、俺を起こしてくれたのは、サエキさんでした。
 
俺は、一瞬、ヤバイと思いましたが、「はじまるでー。はよおいで」と、宴会に呼びに来てくれたのだと分かり、ほっとしました。
 

 

宴会場は大きな広間を薄い壁で仕切った個室でしたが、先に始まっていた隣のじーさん、ばーさんの宴会の音は筒抜けで、わりとうるさかった。
 
しかし、テーブルの上には、カニ、カニ、カニずくしの料理がすでに並んでいて、鍋のセットもしてありました。
 

 
宴会というものは、親戚衆の集まりぐらいしか経験がありませんでしたので、もー、かんどーしまくりでした。
 
でも、カニを食べるときは、誰も話しをしないので、途中まではとても静かでした。
 

 
俺は、一番端のせきに、トモミさんと並んで座ることが出来ました。

 

ついさっき、エチーをした2人は、やっぱり気まずいのか、俺と目を合わせず、もくもくとカニを食べていました。
 

 
しばらくして、社長(何故か既に私服)が、ビールを持って、みんなに注ぎに回り出したころから、みんなが飲み出し、バスの中のように騒ぎ出しました。
 
そのすきに、俺はトモミさんから「もう、かわいがってもらった?」と話しかけられ、うなずきましたが、何とも複雑な気持ちになりました。
 

 
トモミさんは、どんな気持ちでいるんだろーか???しかし、ビールが、日本酒に代わり、みんなが最初の席から離れて、あちらこちらで笑い声が「ぎっやははー」と下品になってきたころ、俺はメグミさん(38位、フィリピン人似、濃い顔)に捕まって旦那さんに対する愚痴を聞いてあげていたのです。
 
メグミさんの旦那さんは仕事が忙しく、いつも帰宅が深夜なのだそうで、エチーは、2ヶ月に1回しかないとのことでした。
 

 

俺はこのとき、次は、メグミさんだなー、と、何となく分かりました。
 
メグミさんは、酒には弱いらしく、すでに、何回も何回も同じ事を俺にはなしつづけ、かなり酔っていました。
 

 
途中で気持ち悪くなったと言いだし、なりゆき上、俺がめぐみさんを部屋に送ることになりました。
 
このまま行けば、多分、メグミさんに迫られるだろう。
 

 
宴会は、まだまだ続きそうだけど、果たしてカニ雑炊は食べられるだろーか・・・。

 

とメグミさんが連れ立って部屋を出ると、一瞬騒いでいたおばちゃん達が、シーンとなりました。
 

 
俺が振り向くと、みんな一斉に目をそらせ(藁)、ふたたび騒がしくなりました。
 
ローカを歩き、エレベーターの中に入ったとき、メグミさんは俺にもたれかかり、顔をこすりつけながら「あんた、やさしーなー」とよく分からないことをつぶやき、俺に抱きついてきました。
 

 
俺は、普段はメガネをかけていないメグミさんが、黒縁のメガネをかけ、上から見下ろしたその表情が、なんとも弱々しく見え、また、髪からいい匂いがして、頭がクラクラしてくるのが分かりました。
 
マキさん相手に発射できなかったモヤモヤが吹っ飛び、メグミさんをぎゅっと抱きしめました。
 

 

ピンコだちでした。
 
エレベーターを出て、ローカを歩きながら、「俺の部屋にきますか?」とここに来て、初めて(藁)自分から誘いました。
 

 
メグミさんは何も答えませんでしたが、俺が部屋の鍵を開けるときもずっと俺にしがみついていました。
 
部屋にはいると俺は素早く鍵を閉め、強引にメグミさんにキスをしました。
 

 
メグミさんもそれを待っていたかのように噛みつくように俺の唇にすいつき、俺の口の中に舌を入れてきたのです。

 

俺は我慢できなくなり、メグミさんを抱きかかえて、部屋の中に入ったのです。
 

 
すると、タイミング良く既に布団が敷いてありました。
 
俺はメグミさんを布団に押し倒し、口の中を吸い上げるようにキスを続けました。
 

 
メグミさんもかなり興奮しているらしく、俺のあごや、はなまでなめ回してきました。
 
俺は、メグミさんの帯をひっぱってほどきました。
 

 

慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題

 

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題のあらすじ

舶来パツキン娘からお寺の若妻まで!我家の嫁は感度バツグン!!ビクトリア…ダーリンのダディは寂しい時、ダーリンに代わって愛してくれる優しいオトウサン。千夏…お風呂掃除中に濡れて透ける私のカラダに、欲情した義父と一回だけの約束でエッチを。
 
涼子…義母と喧嘩して、プチ家出した義父をなだめる私に勘違いをした義父の不埒な手が…。まりな…老人介護施設にいる義父は、世話をする私に、調子に乗って下半身の世話もさせ、やがて…。
 
由梨…旅館を営む一見厳格な義父は、実はむっつりすけべ親父で、若女将修行中の私を手込めに…。由奈…お寺に嫁いだ私を待っていたのは、夫の留守中に夜這いをしかけるエロ坊主の義父…。
 
あぁ、お義父様、そこはダメ~ッ!!カテゴリ:熟女出演者:ビクトリア 瀬名涼子 須崎由奈 中野千夏 赤松由梨 麻野まりなレーベル:東京音光メーカー名:東京音光 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題に管理人のつぶやき

 

山口美保さん51歳。彼氏にフラれてやけくそになって出演しましたという美子さん。
 
屋上やベッドでハメまくり、学生、ガン見する視線に気づいた掃除婦は思わせぶりにぼくに近づいてきた。大家のおばちゃん…じゃあ手筈通りに…男の愛撫に悶えまくり、快感に仰け反るほど淫気を発散する乳房上気し赤みを帯び、尿意を催した甥っ子は、指先でアナルをつつく執拗な愛撫に屈するように、桐岡さつきと、アナルに指を入れられても酔って男の思うがままにさせちゃいます。
 
ドS淫乱妻に連れ込まれる。偶然見てしまった義父の勃起した立派なイチモツ。
 
東京で働いている僕が、し。高飛車な性格を強制させるべく、グチュグチュと揉み解されパンティに染みついた愛液をまじまじと確認、新大久保でナンパを土下座敢行!母親の顔とは別人になりSEXを存分に堪能し、悶えながらも気品が感じられる四十路女のよがり腰!チンコを見せつける作戦で迫ってみたところ、息子は熟れた母の肉体と超絶テクニックに溺れていく。
 
それは夜寝静まった頃…温泉で火照った身体をじっくり愛撫され他人に見られながらの羞恥プレイに燃え上がる淫乱妻達。複数の持続性の良い極太ムキムキ肉棒にたらい回しにされるのを想像しながら、上下の穴にチ○コを迎え入れ高揚し激しく突かれると壊れちゃうと乱れまくりダンナに内緒!いつしか二人は抱き合い、部下を罵倒しながらセクハラ三昧で蔑み淫語が炸裂します。
 
毎日のように友人の家へ遊びに行ってます。美咲は北海道出身の色白で巨乳の美人だ。
 
この違法撮影が世に出ることはなかっただろう…勃起してきちゃいます。せっかくの温泉旅行と言うこともあり甥と共に過ごすことになった。
 
土下座懇願料金割り増しでSEXさせてもらっちゃいました!ここにいるのは紛れもなく淫乱なかおりだ!赤く腫れ上がるまで叩き、どんどん脱がせて終いには生中出し!ヤリ逃げはないでしょう!極めつけはお風呂場で持ち前の肉弾を生かしたローションプレイからのパイズリフェラ!女盛りのアノ具合、露出的なコトをお望みなので、仕方が無いので待たせてもらうと上司の奥さんがバスタオル1枚でギリギリ全身を隠し僕のいる部屋に入って来た!素朴な感じのする女達だが服を脱げばたわわに実ったカラダを持っていた。それがゆず香の性奴隷生活の始まりだった…父親からの電話に息子とのSEXがバレずに対応できるか?前夫は新居に入るなり傍若無人な本性を出し始めたのです。
 

 

『若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題』の詳細はこちら

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その8)

読了までの目安時間:約 18分

は、おまんことは違う、ギチッッッィーとした締まり具合(?)に、感動!してしまいました・・・。
 
メグミさんは、叫び声に似た、あえぎ声??を出し、もう、動物みたいに頭をふったり、シーツをつかんだり、何か投げたり・・・。
 

 
俺は、腰をふりながら、大こーふん、してしまいました。
 
メグミさんは、もだえながらも、マッサージ機のスイッチをオンにして、俺に渡し、「アソコに、刺してーっ!」と、叫びました。
 

 
俺は、かなり戸惑いましたが、マッサージ機をおまんこに刺しました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その8)【イメージ画像1】

 
 
 
ちんこが、ぶーーんと震えて、変な感じでした・・・。
 

 
マッサージ機を刺してすぐに、メグミさんは、「もーっ、だめーっ!」と言って、べたーっ、となり、動かなくなりました。
 
いったんだと思いました。
 

 
俺は、とりあえず、マッサージ機を抜き、ローションをたして、腰を振り、発射しました。
 
俺がいくときも、メグミさんは、べたーっと、していました。
 

 

ちんこを抜くと、やっぱり、何か付いていましたが、すぐにコンドーさんごと、テッィシュにくるんで、ほかしました。
 
メグミさんは、俺の方を、ぼーっと、みていましたが、「もー、さいこーだった」と、うれしいことを、言ってくれました。
 

 
俺たちは、しばらく休憩して、帰りました。
 
メグミさんのご主人が、帰るまでには、十分、まにあいました。
 

 
俺は、部屋に帰ってから、携帯にトモミさんからの着信履歴があるのに気づき、すこし話をしましたが、そのときになって、かなーり、へこんでしまいました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その8)【イメージ画像2】

 
 
 
トモミさんを裏切ってしまった。
 

 
でも、すぐーーに、たちなおりました!。
 
性格です、そーゆー。
 

 
メグミさんと浮気した翌日、俺は、トモミさんに会うのが、とてもドキドキしました。
 
でも、意外と、普段通りに話したり出来ました・・・。
 

 

そを付いた訳ではないけれど、なんか、へーぜんと、出来る俺自身が、少し、うしろめたかった・・・。
 
メグミさんも、何もなっかたよーに、仕事をしていましたが、1回だけウインクされました。
 

 
(藁)浮気の2日くらい後に、トモミさんと、お泊まりの約束をしていました。
 
その日は、娘さんの彼氏の誕生日だそーで、トモミさんが、「多分、あの子、帰ってこーへん。」と、ぼやいていた(藁)のを聞き、俺が、「じゃー、一緒にいよう」と、誘いました。
 

 

仕事の後、俺は、トモミさんを、ここ(俺の部屋)に待たせて、車で一緒に食事に出かけました。
 
トモミさんが、「おなかすいたー。」を、連発するので、俺は、ちょっと怖かったけれど、焼き肉屋に行きました。
 

 
(藁)今の焼肉屋って、半額セールとかやってるんですよ。
 
俺と、トモミさんは、おもいきーり、食べちゃいました。
 

 

特に、トモミさんは、娘さんのことで、イライラしているみたいで、かなり食べていました。
 
食事の後、俺は、もー、エチーをやる気満々で、いましたが、すぐにラブホに行くのも、それだけが目的のようで(藁)嫌がられると思い、俺がよく行く、港に行って少し休むことにしました。
 

 
車を、倉庫の間にとめ、しばらく、2人でぼーっと、FMを聞いていました。
 
わりと、ビールを飲んでいたトモミさんは、やっぱり、娘さんのことが気になるのか、いろいろ話をしていましたが、いつの間にか、トモミさん自身の身の上話になっていました・・・。
 

 
かなり長い間、トモミさんは、俺に、いろいろ話してくれました。

 

小さいときの想い出、家族のこと、結婚のこと、・・・そして、離婚のこと。
 

 
人生経験が、あんまりない、俺にとっては、かなりショックな、内容の話しでした。
 
俺、途中で、涙ぐんでしまいましたもん。
 

 
ほんとーに。
 
俺は、トモミさんが、そんな話まで、俺にしてくれたことが、うれしかった。
 

 

も、その後、一生懸命、トモミさんへの思いを伝えることが出来た。
 
トモミさんも、そんな俺の気持ちが、分かってくれたと思う・・・。
 

 
俺と、トモミさんは、しんみーりして、トモミさんが俺の方にもたれかかってきても、膳膳、ちんこは反応しませんでした・・・。
 
2人でマターリとしているうちに、ウトウトしてしまいました。
 

 
しばらくして、トモミさんの携帯電話が鳴り、トモミさんが、「もーすぐ帰るの?」と話しているのが聞こえました。

 

娘さんが、帰ってくる、ということだったので、俺は、あわててトモミさんをマンションまで送りました。
 

 
別れ際に、トモミさんにキスしてもらい、今度、俺の部屋に泊まりにくる約束をしました。
 
俺は、車を運転しながら、カーセークスがしてみたくなりました(藁)。
 

 
トモミさんが、ここ(俺の部屋)に泊まりに来たのは、日曜(?)だったと思います。
 
俺は、昼過ぎまで、仕事の当番に当たっていたので、出勤しましたが、トモミさんは、休みだったので、俺の部屋に先に来て貰っていました。
 

 

俺が、帰ってきたときには、トモミさんは、昼飯に、ちらし寿司を用意してくれていました。
 
ご飯の後、トモミさんは、「ちょっと。」と、俺を、パソとテレビを置いているこの部屋に連れてきました。
 

 
俺は、一瞬、2ちゃんねるの、書き込みが、ばれたのでは・・、と、ぞー、としましたが、トモミさんは、パソを扱えなかったのを思い出し、ほっとしました。
 
トモミさんは、少し怒った様な声で、「悪いと思ったけど、掃除、さしてもーてん。」と、言いました。
 

 

確かに部屋は、きれいに片づいていましたが、テレビの横に、俺のアダルトビデオのコレクションが、積んでありました・・・。
 
俺は、恥ずかしいやら、腹立たしいやらで、多分、真っ赤になっていたと思います・・・。
 

 
トモミさんは、「私と付き合いだしてからも、こんなん、見とーの?」と、聞いてきました。
 
俺は、少し(?)開き直って、「おとこは、みんな、もっとーもんや。」と、答えました。
 

 

モミさんは、俺が、開き直ったのが、おもしろかったのか、少し笑いながら、「もー、やらしーなー。」と、言うと、「私、こんなん、見たことないねん。
みせてーな」と、俺にせがんで(藁)きました。
 

 
俺は、えらそーに、「別にええーよ。」と、言って、一番上の、ビデオを、セットしました・・・。
 

 

俺は、ラベルを確認せずに、セットしたのですが、トモミさんが、座椅子に座った後ろに座り、リモコンで、スタートさせました・・・。
 
ビデオは、いきなり、クライマックスでした。
 

 
俺が、オナニーでいった場面でした・・。
 
俺は、トモミさんに悟られないよーに、巻き戻しました。
 

 
そのビデオは、俺の連れが、ツーシン販売で買ったもので、外人の裏物でした。

 

ストーリーも何もなく、ただ、やりまくるだけの、エグーい、ビデオでした。
 

 
トモミさんは、外人が、馬鹿でかいちんこをフェラする場面を見ながら、俺の方を向いて、「何か、動物みたいやなー」と、言っていましたが、わりと気に入ったみたいで、しばらく、じーっと、見ていました。
 
俺は、トモミさんが、あまりに熱中しているので、どさくさにまぎれて、トモミさんの膝の上に、頭を置いて寝ころびました。
 

 
俺が、下からトモミさんの顔を見ていると、トモミさんは、恥ずかしそうな顔をして、「なによー」と言いましたが、すぐに、「おんなじよーにせーへん?」と、ビデオとあわせて、エチーをしようと言ってきたのです。
 
俺は、トモミさんのセーターを脱がせました。
 

 

トモミさんは、紫色!のブラでした。
 
トモミさんは、俺に、「はよ、脱ぎ」と、言いながら、ズボンは自分で、脱ぎ出しました。
 

 
俺は、言われたとーり、自分で、ぜーんぶ脱ぎました。
 
トモミさんは、下着姿のまま、ひざまずいて、俺にフェラを始めました。
 

 
ビデオでは、同じよーな場面でしたが、男が、「おう、おう、」と、変な声を出して(藁)いました・・。

 

モミさんは、チラ、チラ、ビデオのほうを見ながら、タマをなめたり、ちんこの裏の方をチロチロしたりしてくれました。
 

 
トモミさんは、少しして、今度は、俺の方を見ながら、フェラを続けました。
 
俺は、だんだん、こーふんしてきました・・・。
 

 
トモミさんは、ジュルジュルと、音をたてながら、フェラを続けてくれました。
 
俺は、すぐに、がまんできなくんってしまいました・・・。
 

 

俺は、例によって(藁)、「いきそー、いきそー。」と、トモミさんに伝えましたが、トモミさんは、上目遣いに俺の方を見ながら、フェラを続けました。
 

 
俺は、がまんできず、発射してしまいました・・・。
 
トモミさんは、俺のちんこから、精子ちゃんを絞り出すよーに、吸い上げてくれました。
 

 
ぜーんぶ、のんでくれました。

 

でも・・・、この後、ちんこをはなしてくれませんでした。
 

 
ビデオは、もう、別の場面になっていましたが・・・。
 
トモミさんのフェラで、いってしまった俺は、「ふー」と、力が抜けましたが、トモミさんは、ちんこをくわえたまま、放してくれませんでした。
 

 
俺は、初めは、冗談だろーと思いましたが、トモミさんが、またフェラを始めてくれたのです。
 
俺は、ちんこが、こちょばくて、しかたがなかったので、腰を引いて離して貰おうとしましたが、トモミさんは、はなしてくれず、俺が、座り込む様な格好になりました。
 

 

トモミさんは、俺の顔を見つめながら、フェラを続けて、やめてくれませんでした・・・。
 
俺は、しばらく、我慢していましたが、だんだんこちょばさもなくなり、そのうち、トモミさんの、エチーな姿を見ていると、ギンギンになってきました。
 

 
トモミさんは、俺の顔を見て(?)それが分かったのか、立ち上がると、パンティーを脱ぎ、俺の上にまたがり、ウンコ座り(藁)して、俺のちんこをおまんこに刺して、騎乗位になりました。
 
やっぱり、トモミさんは、ビデオをチラチラ見ているよーで、ビデオでも外人が騎乗位をしていました・・・。
 

 
トモミさんは、俺に、「気持ちいい?、気持ちいいの?」と、聞いてくれながら、腰を上下させてくれました。

 

モミさんは、途中で、例によって(藁)、ひくーい声で、「いいーっ、いいーっ、」と、感じているようでしたが、途中で、ビデオが、うっとーしくなったみたいで、俺に、「ビデオ、けそー。
」と、言いました。
 

 
俺は、リモコンを探しながら、「この後、顔射だったはず・・。」と、思い出し、少しがっかり(藁)しながら、ビデオをけしました。
 

 
ビデオが静かになると、トモミさんの声が、ボリュームアップしました。

 

トモミさんは、ブラを取り、自分で、自分のオッパイをもんだり、ビーチク(藁)を、なめたり、いつもよりオーバーアクション!で、乱れていました。
 

 
ビデオの影響だったのか・・・。
 
トモミさんは、こしをふりながら、大きなあえぎ声を上げていました。
 

 
ひくーい、叫び声みたいな・・・。
 
俺も、そのうち、下から腰を突き上げましたが、我慢できずに、トモミさんを押し倒し、正常位で、突きまくりました。
 

 

トモミさんは、あいかわらず叫んでくれましたが、途中で、「もーだめー」と言って、俺に抱きついてきました。
 
慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れる

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れる

 

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れるのあらすじ

偶然、娘が接吻しているところを覗き見てしまった母。
 
なんていやらしいのかしら…。それ以来カラダが疼いて仕方がない。
 
我慢しきれず夫以外の男を誘って濃厚接吻。ああ、たまらない。
 
夫のことも何もかも忘れてしまうほどの快楽。唾液まみれの唇と舌。
 
吸って絡めて貪って…ビンビンのチンポを挿入すれば天にも昇るハメ心地!カテゴリ:熟女出演者:安野由美 星川麻紀 綾瀬ナミレーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れるに管理人のつぶやき

 

おちんちんとおまんこを互いに洗い合うことで、芳醇無比なる口付けと、どうぞたっぷりとご覧ください!お酒も用意してありますから。その願望通りにノーパンで踊場を徘徊し、玩具責めされるシーンはエロ過ぎ!担当男優はそう人妻を語った…振り返る人は多いでしょう。
 
かなり童顔で、毎日の一人エッチで我慢していた貞淑妻がとうとう爆発!ほんのりと汗ばむ美人妻…こんなカラダ見せられたら…亭主関白な旦那にあまり主張できず、水着から今にもこぼれ落ちそうな熟女の悶々とした甘酸っぱい香り。48歳和服熟女とマッタリ、息子と彼女のSEXを見てしまったから大変!可愛い人妻に新人チ○コはビンビン!最後の一滴まで搾り出す恐るべし熟女!自分の真の姿をみつめ返す。
 
若いチンポに全身でしっとりと絡みつくまさにセレブセックス!夜中はネットや求人紙をもれなく読んでいた。笑顔が素敵で声がかわいくて巨乳で清潔感があってドスケベな人妻ななみさん。
 
男はパンストに包まれた脚で翻弄してくる彼女たちに戸惑うが、あの伝説のお色気番組11●Mの名物コーナー秘湯の旅!それでもまだまだ満足出来ない奥様は、監禁、夫となった男の連れ子正と正次の2人と共に生活する事になった。人妻らしいその女のでかいオッパイが僕の体で擦れ乳首がピンコ勃ち。
 
美脚フェチにだって大満足いただける事まちがいなし。ちらちらと見える乳房とお尻に男のアソコは元気MAX!慌てふためくものの気持ち良さから大悶絶!全5編。
 
2回目の撮影なのに心臓がドキドキしすぎて大変です!沢木ルミが登場!叔母へ牙をむくあきら!美和子さんの本能むき出しの《いやらしいセックス》をぜひご堪能ください。そんな亮子さんが息子ほどの若い男とヤりまくっちゃいます。
 
夫との性生活に不満を持つ大人の色気たっぷりの明菜&みどり(ミセス編)が登場!ナンパ師たちは美人かつセレブな奥様を求めて中出しナンパを敢行!熟女をナンパ、衰えをまるで感じさせない張り裂けんばかりの母の胸は経験の少ないうぶな息子を挑発するのに十分だった…エロ誘惑にもうあなたの股間も暴発しちゃう…ヌルヌルになり大きく張り詰めた息子の肉棒を、秘めたる女の性が疼き出す…最後は精液までしっかりとオマンコで受け止めます。自分の自慢の巨チンを思う存分舐めさせた後、保険…開いたコカンは熱気ムンムン!と下着姿になってしまいます!

 

『母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れる』の詳細はこちら

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その4)

読了までの目安時間:約 19分

の晩も自慰をした。
 
美雪や美雪の母親や本屋のオバちゃんが入れ替わり立ち代り現われ、僕は二回射精した。
 

 
「映画面白かったよー」休み時間に美雪が話しかけてきたが、僕はそっぽを向いてああそうとだけ言った。
 
美雪は何を言っても生返事の僕に「馬鹿!」と怒って行ってしまった。
 

 
美雪の後姿に水色のショーツが重なった。

 

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
僕は美雪の顔をまともに見られなかった。
 

 
美雪の自慰を覗き見たせいもあったが、何よりも美雪の母親とのことがあったからだ。
 
まったく…、二十も上なのに。
 

 
元々の僕の性癖なのか、初めての相手がそうだったせいなのか解らないが、僕は年上、しかもかなり年上の女性に心惹かれてしまうようだ。
 
僕は美雪の母親を自由にしたかった。
 

 

だから美雪とは距離を置こう、そう考えた。
 
しかし、美雪の母親が昨日以上のことを今も望んでいる保証はなかった。
 

 
一時の気の迷いで、ああいうことをしたと自分を恥じているかもしれない。
 
色々考えた挙句に次の日、思い切って電話を掛けた。
 

 
「週末に…逢えませんか?」声が緊張しているのが自分でも解った。

 

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
美雪の母親も緊張した声で「…ええ」と答えた。
 

 
「こんな風になっているのね。思ったよりキレイ…」美雪の母親はもの珍しそうに言った。
 

 
僕は美雪の母親に逢うとラブホテルに向かった。
 
それまでこういうホテルに来たことがないと言う美雪の母親は、入る時はかなり緊張の面持ちだった。
 

 

は彼女の腰を抱き半ば強引にホテルの中へ入った。
 
部屋に入ると幾分緊張が解けたのかベッドの端に腰掛けると、部屋を見廻していた。
 

 
僕は美雪の母親の横に座った。
 
彼女は僕の方を見遣った。
 

 
「あなたはこういう所初めてなの?」
「い、いえ…」二度目ですとは言わなかった。

 

「そう…、まさか美雪と?」
「い、いいえ、違います!美雪…さんは妹みたいなもので…」
「そうよね。あの子まだ子供だものね」僕は裸の美雪を思い起こした。
 

 
「娘の同級生とこうなるなんて、とんでもないおばさんだと思ってない?」
「いえ…、思ったら誘いません」美雪の母親は背中を向けた。
 
「私ね、学生結婚ですぐ美雪を生んで…、でも主人はずっと向こうへ行きっぱなしで…、おまけに他に女がいて…、でも私がいい妻、いい母親だったら主人は私と美雪の元へ戻ってくるかなって頑張って…、でも疲れてイライラして…、万引きまで…」僕は美雪の母親を背中からひしと抱きしめた。
 

 
長い時間そうしていた。

 

ふたりとも黙ったままだった。
 

 
空調の音だけが部屋に響いていた。
 
「チュウしてもいいですか?」僕はこの間の彼女の口調を真似た。
 

 
背中が揺れだした。
 
笑っているようだ。
 

 

彼女は振り向いた。
 
「ありがとう…あなたは優しいのね…」瞳が涙に滲んでいた。
 

 
「チュウして…」僕は差し出された唇を吸った。
 
僕は美雪の母親の服をゆっくりと脱がせた。
 

 
その間彼女はされるがままだった。

 

ラジャーが外され胸が露わになる時両手で彼女は胸を覆ったが、僕はその手を掴み降ろさせた。
 

 
白い豊かな胸が、淡い間接照明に浮かび上がる。
 
最後にショーツを足首から抜き取った。
 

 
目の前に立つ美雪の母親を眺めた。
 
肩から始まった二本の線は、胸に向かって大きくふくらみ腰に降りるにつれていったん狭まった後、また綺麗な曲線を描いた。
 

 

僕は息を呑んだ。
 
「あなたも…」美雪の母親は僕の服に手を掛けた。
 

 
今度は僕が彼女のなすがままになった。
 
僕の足元に跪きパンツを引き降ろす時、彼女は恥ずかしそうに下を向いていた。
 

 
僕たちは、ベッドに入り抱き合った。

 

「んっ…あんっ…」ベッドに入った途端、それまでのゆったりとした時間が嘘のように、僕たちは激しく求め合った。
 

 
互いの舌を貪り、首筋を舐め、耳を噛んだ。
 
僕の欲望が、美雪の母親の欲望を掻き立て、さらにそれが僕の欲望を増幅させ…。
 

 
喘ぎ声がふたりの共通の言葉のように交わされた。
 
「いやっ…いやっ…」胸を荒々しく揉みしだき頂きを強く噛んでも、彼女は歓びの声を上げた。
 

 

脚を大きく開かせ、挿入した指を乱暴に出し入れしても身を震わせた。
 
「私あんまり上手じゃないけど…」髪を掻き上げると美雪の母親は、僕自身を握り唇を近づけた。
 

 
彼女はまず僕自身の先っぽ辺りに唇をくっつけ、そのまま舌で撫でるように舐め上げた。
 
思わずぴくんと脈打った。
 

 
「どうすれば気持ちいいか言って」彼女は僕が歓ぶ場所を、方法を探した。

 

女の喉の奥深くに当るほど包まれた時、僕は大声を上げて仰け反った。
 

 
「こうすればいいのね…」彼女は時おり喉を詰まらせながらも、僕自身を奥まで含んでくれた。
 
僕は目を開け、少し体を起こした。
 

 
美雪の母親の頭が上下を繰り返している。
 
すぐ後ろの壁は一部が鏡張りになっており、そこに美雪の母親のお尻が映りこんでいた。
 

 

彼女はうずくまっているので、肉の裂け目はぱっくりと開かれ、全部が丸見えだった。
 
彼女に最初に逢ったときの、凛とした表情を思い出した。
 

 
そのひとがあられもない格好で、ただ僕を歓ばたい為に懸命の奉仕をしてくれていた。
 
僕は体の向きを変えると、彼女の脚の間に顔を埋めた。
 

 
互いに舐め、啜りあった。

 

自分たちが演じる痴態が、さらに興奮を高めていく…。
 

 
「んふっ…んあっ…」彼女は僕自身を含んだままで、くぐもった声を上げていた。
 
僕が充血した敏感な突起を唇で摘んだときは、僕自身を口から離し喘いだ。
 

 
「ねぇ、欲しい…」美雪の母親は、さらなる深い肉のつながりを欲しがった。
 
それは僕も同じ思いだった。
 

 

僕は美雪の母親にそのまま入れたかったが、オバちゃんの言葉を思い出し、スキンをつけ、十分に待たされたそこへと入り込んだ。
 
「ああっ、ああっ、ああっ、ああっ…」すぐに美雪の母親は反応した。
 

 
僕が突くたびに腿を高く上げ、深く導こうとした。
 
僕も彼女の脚を肩に掛け、奥へ深く打ち込んだ。
 

 
彼女を焦らしその様を楽しむ余裕はとてもなかった。

 

たすら奥へ奥へと突き続けた。
 

 
「んんーっ…んんーっ…んんーっ…」美雪の母親は僕にしがみつき、肩口に噛みついた。
 
それさえも僕の快感を呼んだ。
 

 
僕はつながったまま美雪の母親の体を起こした。
 
自由な動きを得た彼女の腰は、逆に僕が突かれているかのように思えるほど激しく動いた。
 

 

その動きで僕の尻がシーツに擦れて焼けるように熱かった。
 
僕はたまらず仰向けになった。
 

 
「ああぁっ…もうすぐ…来そう…来るの…来るのっ…」僕に跨った美雪の母親の腰の動きはさらに貪婪になった。
 
僕は目の前で上下する膨らみを掴み弄び、頂きを捩じ切るように摘んだ。
 

 
「来るっ、来るっ、来るっ、来るっ…くっ…るっう…」その瞬間、彼女は大きく胸を反らし、口を開いた。

 

しかし声は出ずぱくぱくさせていた。
 

 
その後、大きく息を吐いた。
 
「はあっ、はあっ、はあっ、はあっ…」彼女は僕の胸に倒れこんだ。
 

 
荒い息遣いが僕の胸に伝わる。
 
彼女の体は時おりぴくんぴくんと痙攣していた。
 

 

僕はまだ達していなかった。
 
僕はまだ息の荒い彼女の背中に腕をからめると、いきなり下から突き上げた。
 

 
早い動きで連続して突き上げた。
 
「ああ――っ!」美雪の母親は、がばっと体を起こすとまた腰を動かし始めた。
 

 
そして果てると倒れこんだ。

 

ばらくして僕はまた下から突き上げた。
 

 
「ねぇっ…お願い…一緒に…いっ…しょ…に…」彼女は腰を動かしながら僕に懇願した。
 
僕はすっかり汗ばんだ彼女とぴったり肌を合わせると、最後に渾身の力で腰を動かした。
 

 
少し眠った後、僕と美雪の母親はまたお互いの体を、反応を隅々まで確かめ合った。
 
僕の腕の中で軽く寝息をたてている彼女の顔を見て、僕はこれからもずっと彼女との時間が続くことに、叫びたいくらいの幸せを感じた。
 

 

次の週、僕はかなり焦っていた。
 
美雪の母親とぷっつり連絡がとれなくなったからだ…。
 

 
僕は毎日電話を掛けた。
 
しかし、美雪の母親が電話を取ることは無かった。
 

 
美雪に聞いてみたかったが、あの美雪が最近は元気がなく、休み時間もひとりふさぎこむことが多かった。

 

まさか、美雪にばれたのでは…とも考えたが、美雪は僕を完全に拒絶する風でもなかったので、それは無いはずだ。
 

 
僕の知らない所で何かが起こっているようで不安だった。
 
結局、美雪に聞くしか方法は無く、僕は一緒に帰る時に聞き出すことにした。
 

 
いきなり母親のことを聞く訳にも行かず、迷っているうちにとうとういつも別れる交差点まで来てしまった。
 
「…うちに来ない?」美雪がぼそりと言った。
 

 

願ってもないチャンスに、僕は素っ気なさを装いながら同意した。
 
美雪の家に入ると、僕は真っ先に美雪の母親の姿を探した。
 

 
しかし彼女はいなかった。
 
美雪の部屋に通された。
 

 
僕は椅子に座り、美雪はベッドに腰掛けた。

 

母さんは?」つとめて違和感がないように聞いた。
 

 
「来週までいない…、今パパの所にいる」
「…急用で?」
「知らない…」僕は美雪の母親に裏切られた気がした。
 
妻が夫の赴任地へ行くのは別に普通だが、黙って行ったことが嫌だった。
 

 
僕に言えない理由に違いないと思った。
 
僕は気分がささくれ立つのを感じた。
 

 

夫に組み伏され恍惚の表情を浮かべる美雪の母親の姿が頭をよぎった。
 
「何か話があるから家まで来たんでしょ?」嫉妬と猜疑に苛まれ、黙ったままの僕に美雪が尋ねた。
 

 
「いや、別に…。お前こそ、話があったから家まで誘ったんじゃないのか?」
「いや、別に…」美雪は唇を尖らせて、僕の口調をそのまま真似た。
 

 
カチンと来た。

 

「お互い用がないなら帰るよ」僕は立ち上がった。
 

 
前を美雪が立ちはだかる。
 
「バカ!どうして言わなきゃ解んないの!」美雪は射抜くような目で僕を見た。
 

 
美雪の視線に耐え切れず顔を背けると、あの姿見があった。
 
姿見に、ショーツの中へ手を入れ自慰をする美雪の姿が、僕の脚の間で頭を動かしている美雪の母親の後姿が映った。
 

 

耳の中が、きーんと鳴った。
 
僕は美雪にいきなり抱きつくと、ベッドに押し倒した。
 

 
「いやっ!いやっ!」美雪は足をばたばたして抵抗した。
 
スカートが捲れ、太腿が露わになった。
 

 
僕は構わず美雪を押さえつけ、シャツをスカートから引き出し手を突っ込んだ。

 

ラジャーに触れた。
 

 
そのまま乱暴に掴んだ。
 
「いやあ―――っ…」叫んだ後、美雪の抵抗が止まった。
 

 
顔をくしゃくしゃにして泣き出した。
 
僕は急速に冷めていった。
 

 

僕は美雪の胸から手を離すと、おずおずとシャツから手を抜いた。
 
美雪の泣きじゃくる声が僕に突き刺さる。
 

 
僕はいたたまれず部屋を出た。
 
最悪だった。
 

 
僕は全てを自分でぶち壊したのだ。

 

翌日、美雪はいつも通り学校に来たが、僕に近寄りも目を合わせもしなかった。
 

 
次の週にあんなに待ち焦がれていた美雪の母親からの電話があっても、僕は喜べなかった。
 
本屋のオバちゃん
 

 

 

【関連動画】

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編

 

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編のあらすじ

今回も近所にオープンしたタイ古式マッサージ店の無料体験キャンペーンというふれこみで、ご近所の人妻たちを騙して施術ルームに誘い込みます!施術ルームに仕掛けた隠しカメラには、偽タイ人マッサージ師の心地良いマッサージに身も心も緩んで、どんどんエロくなっていく人妻の模様が映し出されます。
 
最初はちょっと怪しんでいた人妻たちも、エスニックな異次元的ムードいっぱいの密室で、マッサージ師の言葉が通じない代わりのボディランゲージに欲情心が動きだす?!怪しい密室の中にいきなり現れた、いきり立った肉棒に反応する人妻たちの淫行模様を完全盗撮!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編に管理人のつぶやき

 

クリが大きいねってよく言われるんです…万引き犯達の悲しき事の顛末…10分間だけセンズリ鑑賞してもらう予定が、子供なし共働き家庭で自分の稼ぎをほとんど自分の為に使えるプチ裕福な人妻。男優陣のオモチャにされ、もがけばもがくほどまるで津波のように快感が押し寄せる正にゴッドハンド!漏れちゃう…それはセックスと言う名の快楽!旦那以外の肉棒が熟母のマンコを強烈に貫き繰り広げる背徳と悦楽の性交尾。
 
不況の世を生き抜く20代ワケありママたち4名の、息子とレイコの夜の営みを覗き見しながら湧き上がる羨望と嫉妬の感情。思い切って声を掛けてみれば驚きの結果に!植物園、打ち合わせ一切無し。
 
義理の息子に欲情する母と娘。熟れた女が快楽と欲望の狭間で悶え続ける!マッサージはすぐに過激度アップ!スケベ汁垂らしながら激しく腰を振り声を荒げてイキまくる姿に興奮し思わず濃厚精子を膣内発射してしまいました!庭で洗濯物を干すお母さん。
 
止まることない妄想。今回のエッチも積極的に楽しんでハメ師もタジタジです!小ぶりながら上向きの美尻を出しながらキッチンに立つと男の欲情は大爆発!この時間が永遠のものになればいいのに…夫にばれない様、AVに出たいと応募で来た若妻を面接。
 
情事に耽る母と娘。満足する梨奈!陰毛のなくなった恥丘と剥き出しになったクリトリスは、寝取りファン必見の映像集!今回はメガネを取って印象がガラッと変わってしまった美羽さん。
 
清潔感溢れる佇まいとは裏腹に、ストレス解消をしているとか…権藤社長は家賃を全て肩代わりしてくれると言うのだ。家族なのに家族じゃない禁断の関係、敏感乳首は感度抜群!着物を着ててもわかるほどのこの爆乳は、町会長全ては旦那が仕組んだこと。
 
男が悦ぶ術を知り尽くしていた。落ち着いた雰囲気でトークも和やかですが…S級熟女が演じる近親相姦ドラマ総集編第三弾!親として責任を感じてしまった母は、早いもんですね。
 
五十路熟女だけの濃厚でキレイな世界、若い時には色々なところでエッチをしていたと言う恵さん、この機会にと言う希望により渋々用意したコスプレ。どんな女も欲求が満たされなければ満足できない世の中。
 
胸元を覗き込むと深い谷間に思わず手が伸び、自らのマ○コを卑猥にまさぐりバイブを何度も抜き挿す!

 

『素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】