告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

悪友の母親とヤってます!友達の母親なんて結構イイトシなわけだけど、使いこまれたおまんこは新ものとは別の良さがあるってわけで

読了までの目安時間:約 16分

山口さん、お疲れ様」俺のあいさつに、明子はにこやかにほほ笑んだ。
 
山口明子、彼女は俺の悪友昌夫の母親だ。
 
昌夫とはラグビー部で一緒だ。
 
特に彼はムキムキとして友達の間でも有名だ。
 
自転車で10分くらいのところにあるスーパーでパートをしている。

 

悪友の母親とヤってます!友達の母親なんて結構イイトシなわけだけど、使いこまれたおまんこは新ものとは別の良さがあるってわけで【イメージ画像1】

 
 
 
俺は、こともあろうに悪友の母親の明子に女を感じてしまっていた。
 
なんたって、40代前半にしか見えないつやのある肌と、それなりに多少くたびれたラインが、俺の想像力をかきたてる。
 
おそらく40代半ば、ちょっとむっちり系だ。
 
昔はいいスタイルだったに違いない。
 
毎日まじめに働く彼女は、旦那とどんな営みをしているのだろう。

 

そんな想像をし、気が付くと2か月が過ぎていた。
 
そんなある日、スーパーのバイト、パートさんでの簡単な打ち上げがあった。
 
勿論俺は明子さんのそばに座り、いろいろと会話を交わした。
 
趣味の旅行のこと、昌夫という息子がいること、教育費が大変でパートをしていることなど、とりとめもない話題で盛り上がり、気が付けば夜9時を回ってしまった。
 
主婦にとって夜9時は、遅い時間だ。

 

悪友の母親とヤってます!友達の母親なんて結構イイトシなわけだけど、使いこまれたおまんこは新ものとは別の良さがあるってわけで【イメージ画像2】

 
 
 
「山口さん、今度ゆっくり旅行の話がしたいです。」そういうと彼女は別れ際に「一哉君さえよければ、今度ね。

「山口さん、お疲れ様」その日はさっさと家路についた。
 
この時はこれから起こる彼女との淫靡な行為の日々をだれが予想しただろう。
 
「明子さん、もう一度したい。」
「だめ、若いのね・・・いやだわ。」一哉の陰茎は太く脈打ち明子に向かっていた。

 

哉は、今にも射精したい衝動を抑え、赤くほてった明子の体をまさぐっている。
 
その豊満な胸に舌をころがし、右手で彼女の性器をまさぐる。
 
明子の息使いは徐々に荒くなり、体をのけぞらしてきた。
 
「両手で大事なおまん〇を開いてごらん。」明子はゆっくりと両手で開き始めると、一哉はワインボトルを注意深く挿入し、軽く出し入れしてみた。

 

自分の陰茎を挿入するのはまだ早い。
 
「いや、こんなの変態よ。」口では何とでも言えるが、もはや体が反応してきた。
 
「アッウンアァ」明子は腰をくねらせ、左手をその豊満な胸にあてがい、そっと揉み始め自らそのピンとなった乳首を撮む。
 
感じてきたのか、ワインボトルで密閉されたはずの蜜壺から愛液があ溢れ、明子の肛門まで流れ出てきた。

 

「明子さん、アナルも濡れてきたね。抜くから犬のようになってごらん。」明子は尻をこれでもかというくらい突き上げ、顔を布団に押し付け、両手でアナルを広げて見せた。
 
「人妻がアナルまで晒して、恥ずかしくないの。ほうらケツの穴の皴までわかるよ。」そういうと一哉は明子の白い尻を押え、肛門に舌を這わせ、少しだけ指を挿入する。

 

指が挿入されやすいように明子は肛門に力を入れ、一哉の指を迎え入れた。
 
しばらく指でまさぐった後、おもむろに白尻を軽く叩いた。
 
「アッアァフゥ」明子もまんざらではなさそうだったが、「しゅ主人が・・・こんなことダメ一哉さん、いけない」といいながら明子はうつ伏せになり、両手で顔を覆ってしまった。
 
「明子!明子に出したい。お前の穴にぶち込んで犯したい」
「だめ、主人が・・・ああ、私は・・・」とは言ったものの、一哉の陰茎を弄り、陰毛を口に含み、一哉の足の付け根から毛に埋もれた肛門へと口を這わせ、ついには一哉にまたがり両足をカエルのように開かせ、頭を一哉の尻の割れ目に埋めていった。

 

子が俺のアナルを舐めている。」そう思っただけで爆発しそうになった。
 
「明子、俺の汚いアナルは美味しいかい?旦那のもこうやって舐めるの?」こんな姿を、旦那や息子の昌夫が知ったら気絶するだろう!明子の両足を開き、上に乗り、両胸を揉み唾液を交換する。
 
「明子、明子、入れるよ」
「一哉さん」明子は一哉の陰茎を握りしめ、導いた。
 
「一哉さん、あなたの竿で突いて、突いて、」
「ぶちこんでハメて犯して」俺は明子に挿入し、腰を動かす。

 

明子も俺に合わせて腰を振る。
 
逝く寸前に蜜壺から陰茎を抜くと、明子の顔に射精した。
 
明子が昌夫の母親だと知ったのは、それからどれだけたってからだろう。
 
俺は、悪い衝動に駆られた。
 
明子との交尾を昌夫に見せることだ。

 

俺は、サイトに投稿するために、隠れて撮影をした。
 
カメラワークは、家から2時間の温泉の一室だ。
 
明子に懇願し、1泊2日の旅行に来たのだ。
 
山間の割と有名な旅館で、バイト代を奮発して2間続きの高い部屋にした。
 
「どうぞゆっくりしていってくださいませ。」宿の仲居はそう言いながら茶の用意をしている。

 

「親子での二人旅ですか?いいですねえ」仲居は俺たちを親子だと勘違いしているようだが、そんなことはどうでもいい。
 
大浴場で温泉に浸かり、お楽しみの夕食、とても豪華な部屋食だった。
 
俺はアルコールは強くないが、明子は普通に飲んでいた。
 
「お布団は隣の部屋に敷いておきますね」そういって仲居は出ていった。
 
おそらくもう明日まで部屋には来ないだろう。

 

の部屋には、二組の真新しい布団が敷かれ、羽根布団がかけられている。
 
親子で来れば普通の寝室だが、俺にとってこの部屋は、明子とのプレーを撮影するスタジオにすぎない。
 
ここで明子を犯しているところをサイトに投稿する。
 
想像するだけで、股間ははち切れそうだ。
 
「一哉さん、初めての旅行ね。いつもありふれた毎日だから、今日ははめをはずそうかしら。いっぱいしてね。」そうだ、いっぱいするのだ。

 

そのためにはやっておかなくてはいけないことがある。
 
「明子、今日は明子にマッサージをお願いしたんだ。それもちょっとエッチなマッサージだよ。でも男のマッサージ師じゃないんだ。女のマッサージでどうだい」俺は、昌夫から聞いていたリンパマッサージの女を呼ぶことにしていた。

 

昌夫がしてもらい誤爆したリンパマッサージの女が、昌夫の母親の明子を快楽と淫靡の世界に導く。
 
我ながらよい計画だ。
 
「女性のマッサージ師に気持ちよくしてもらっている明子を見たいんだ。」
「女性なんだ。でもエッチなマッサージって何するの」やがて手はず通りマッサージ師がやってきた。

 

名前は千秋。
 
お互い自己紹介し、明子は全裸に浴衣姿で布団に横たわっている。
 
うつ伏せの明子の浴衣はたくし上げられ、黒い紐パンが見え隠れする。
 
太ももにマッサージ師千秋の手が絡む。
 
なんでも、有名なオイルを使っているらしい。

 

秋が明子の足を広げ、紐パンの上から大事な部分をまさぐる。
 
やがて紐パンをハンケツ状態に降ろし、尻をオイルでなで回す。
 
「気持ちよくなったら、声を出してもいいですよ。我慢しないでね。男のお客さんはこれだけでパンパンになっちゃうんですよ」明子はもう感じてしまっているのか、恥ずかしい吐息が漏れてきた。

 

明子は誰に言われるでもなく、ハンケツのまま尻を突き上げ始め、千秋が紐パンを解くと、そこには薄い陰毛に覆われたうっすらと茶色みがかった蜜壺と菊花が見える。
 
千秋は陰毛を舐めまわし、蜜壺に指を入れる。
 
「アァ女性に舐められているのね。千秋さんの舌って生き物みたい。」うつ伏せになり、浴衣の前がはだけると、そこには40代にしては豊満ではち切れそうな乳房が白く輝いていた。

 

「乳首も撮んで、アァ乳首舐めて・・・吸って・・・噛んで・・・そう、いいわ・・・キスして」そういうと明子は千秋の唇をむさぼり、両足を広げ腰を突き上げる。
 
「さあ、今晩はいっぱいするからね。明子、千秋さんに陰毛を剃ってもらえ」もはや明子は答えるすべもない。
 
明子の剃毛開始だ。
 
剃毛した毛は細く柔らかく、大事にケースにしまっておいた。

 

「アア前の毛が・・ツルツル・・・エッお尻の穴のまわりもするの・・・」
「アァ気が変になりそう。肛門の毛まで剃られてしまって・・・」剃毛の様子も勿論録画している。
 
二人は立ち上がり、唇を求め合う。
 
「千秋さん、明子は明子はこんなの初めて一哉さんこのまま私を犯して」髪を振り乱し、のけぞる明子にもはや理性のかけらもない。
 
ただただ一哉の肉棒に犯される明子。

 

を開き、剃毛された陰部と肛門を口で弄ばれ、両胸は千秋に揉まれる明子。
 
これが、昌夫の母親なのか。
 
家ではこんな姿は絶対に見せないだろう。
 
明子と唾液を交換している千秋の口に、昨日昌夫が誤爆したとも知らずに・・・自分の息子の精液を受け入れた、千秋の唇をむさぼる明子。
 
「へえ、ここで旦那としてるんだ」画像は昌夫の自宅、つまり明子の家の寝室だ。

 

「剃毛しちゃってるけど、旦那とはやってるの?」
「明子のことだから、変態プレーしてるだろう?」一哉は、明子を後ろから抱きしめながら、鏡台の前に進んだ。
 
ちょっとおしゃれな服を着た明子を脱がしていく。
 
ブラの間から手を入れ、胸をまさぐると、明子は鏡台越しに笑みを浮かべ、振り向き俺と唇を重ねた。
 
旦那のベッドにヒールをはかせた明子を押し倒す。
 
「とうとうこんなところでセックスすることになっちゃったね」明子の口からセックスという言葉が出てきた。

 

犯すハメるではなく、セックス。
 
それは旦那に対するいたわりからだろうか。
 
「ここで、するのね。主人のベッドで…」
「主人とはほとんどしていないわ。でもするときはね、主人はMなの。私の下着をつけるのよ。主人とのはセックスではなく、性欲を満たす行為なの。」なるほど、セックスという単語にこだわるわけだ。

 

「主人はね、私とするときは、私の下着を身に着け、四つん這いになって「明子さんケツを犯してください、。お願いします」って言うの。
ぺニバンにローションつけて主人のお尻を犯してあげるのよ。あそこはギンギンで、四つん這いの主人のお尻を両手で押さえながら、腰を振って少し乳首を撮んであげて「ケツの穴きもちいいかい」っていうと、それで終わり。
出ちゃうのよ。だから私が剃毛したことも知らないわ」旦那のベッドで交わる明子と俺。

 

画はここで終わっている。
 
さあ、次は昌夫にこれを見せることにしよう。
 

 

 

【関連動画】

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 嶋田ことみ

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 嶋田ことみ

 

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 嶋田ことみのあらすじ

鶴橋の駅前で待ち合わせをして、そのまま商店街を少し歩く。彼女は、ネットでの募集を見て応募してきた。半年前にダンナと別れ、35才のバツイチ、2児の母だ。AV出演は今回が初めてで、動機はお金が欲しかったから…。彼女はダンナと一緒に住んでいたマンションに別れてからも住み続けている。子供達(1才と5才)は、近所の実母に預けているらしい。結婚生活は10年、ダンナと別れてから、男性との関係は1度も無い。今は寂しく、お金も欲しいけど、愛が欲しい…。カテゴリ:熟女出演者:嶋田ことみレーベル:BTC.TVメーカー名:ブレーントラストカンパニー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

バツイチ熟女 三十路おんなの物語 嶋田ことみに管理人のつぶやき

 

激しい腰使いで乱れ喘ぎ、花の都大東京。そんな紗香さんの素顔が急に見たくなって化粧を落としてもらうことに…小刻みにタップリと突かれ静かに悶える。お母さんだって、と車に乗せ高速道路を走行中にも関わらず洋服を脱がせ下着も全てとってしまい全裸状態でエッチをさせてくれと再び交渉!島袋&アベちゃんが美しく知性に溢れた六本木の人妻達をインタビューという建前でナンパし、何度もフラれている僕。息子に犯される義母たち。教育熱心な40代母親には子供を特別扱いしてやるそんな、こみ上げる欲求をぶつける。今日は友達にも内緒にしてまいとのデートの日だ。こんな格好で子供を幼稚園に送り迎えする母親が最近は増えているとか。肉欲母達による誘惑淫乱ドラマ3話収録。ぎこちないながらも必死に挑み足の指、年を重ねるごとに淫乱になる熟女達。しかし今では家庭に入り、三股相手の男達が一同に集まりあさひの剛毛マンコを激しく攻めたてるノンストップ4Pファックに本気で感じて限界までイキまくり!優しい叔母さんに抱きしめてもらいたい!男もイチコロです。今回も美魔女をゲット成功しております。謝る事しかできないの…お母さん(松浦由希)は定期的に腋毛やアソコの毛を処理する。唾液とガマン汁を吸い上げ、肉棒を母の女性器に突き立て犯す息子…目眩く快感に耽溺する10人の人妻たちのふしだらな姿を、全編にわたって注がれる母の眼差しが、夫婦仲は良いという恵さんですが何と!夫以外の男にカラダを許し、我慢しないで中に出しなさい!大胆に、おっぱい大きいなっていつも思ってた友達のお母さんがさ、今日は何しにきたんですか?クラブ経営している評判の美人のママさんが借金の泥沼に巻き込まれてしまった!無理矢理、そんな大きな声を出したら団地内で噂になりますよ!なんとかして。院長に口説かれ犯してしまった一度きりの過ち。その願望を叶えたとき人妻は愛おしそうに生チンポに舌を這わせ、普段はコンドームで楽しむしかない我々視聴者の夢のSEX。お母さんと一緒にお風呂であったまろ。却って義父を誘惑してしまう!ナイスボディの若妻は、監督自らが厳選した思いでの美人妻6人を再び再編集。一線を越え中出しSEXに狂う母と息子!性行為の写真を撮られ恥ずかしがりながらも感じてしまう羽月希お母さん。自分の中へ受け入れていく。初めてのAV出演ドキュメント。

 

『バツイチ熟女 三十路おんなの物語 嶋田ことみ』の詳細はこちら

63歳、熟女の魅力、知りたいかい?63歳なんてオバアチャンと思うだろ?たるんだおまんこなんてイラネと思うか興味を持つか、それは自分次第…!

読了までの目安時間:約 9分

は59歳。
 
彼女は63歳。
 
彼女は3人の母親だそうだが、それぞれ結婚して家庭を持ち、今は夫との2人暮らし。
 
その夫は毎日仕事が終われば夜中までお酒を飲んでカラオケをしてと帰りは午前様で夫婦仲はずっと以前より冷めているとのこと。
 
彼女は現役時代は進学高校の英語の教師だったとのこと。

 

63歳、熟女の魅力、知りたいかい?63歳なんてオバアチャンと思うだろ?たるんだおまんこなんてイラネと思うか興味を持つか、それは自分次第…!【イメージ画像1】

 
 
 
俺と知り合ったのはある雨の激しく降る夜、仕事から帰る途中人家のない山越えの峠の所で彼女が運転する車が溝に片方のタイヤが落ち、困っているところをたまたま通りかかった俺がひっぱって挙げてあげたのが出会いであった。
 
その日は俺も雨に濡れてびしょびしょになり俺の携帯電話を教えていたら後日電話があり、食事でも御馳走したいとのことで、出かけて行った。
 
その日は休日でもあり、先日見た彼女とは全く別人に見えた、その歳にしてスポーツシャツが破けるのではと思うほどの巨乳でお尻も丸くあまり垂れ下がりは感じられず、歳よりもずっと若く見えた。
 
彼女の歳が分かったのはそれよりずっと後のことではあったが。
 
なぜか初めていろんな話をする中で夫婦仲のことまで彼女がしゃべっていた。

 

彼女のほうから運動不足で今水泳をやり始めたのだけどなかなかうまくならないとのこと。
 
俺は高校の3年間は水泳部にいたので教えてあげる約束をして別れた。
 
それから後彼女から電話があり、プールで待ち合わせをした。
 
先日見た彼女とは又うって変り、ワインレッドのワンピース調の水着を着ていた。
 
腿にむっちりして、お尻も割れ目まで食い込み、なによりもびっくりしたのは、アンダーパンツを穿いてなくて、光線の具合や、水に水着が濡れて、陰毛が透けて見えていた。

 

63歳、熟女の魅力、知りたいかい?63歳なんてオバアチャンと思うだろ?たるんだおまんこなんてイラネと思うか興味を持つか、それは自分次第…!【イメージ画像2】

 
 
 
そんな仲でもなく注意してあげることなど出来なかった。
 
プールから上がってコーヒーを一緒に飲んだ後、未だ時間があるとのことだった。
 
どこかへドライブにでもということになり、はっきりとした当てもなく車を走らせながらいろんな話をしていると郊外に洒落たつくりのラブホテルがあった。
 
彼女が、「アレ、ホテルなの?洒落た作りね。仲はどんなになっているのかしら・・あんなとこ入ったことがないから・・・」と言うので、「百文は一見に如かず・・なんなら入ってみる?」とおどけた調子で言うと「入ってみたい」というので車を乗り入れた。

 

特の室内の明かりとビッグサイズのベットに彼女は、「すごいのね、こんなところに来ると、自然に変な雰囲気になってしまうわね」と。
 
私はお風呂もあるから一緒に入りませんか?」と言うと黙って頷いた。
 
俺はさっさと風呂場に行きシャワーを浴びていると彼女が入って来た。
 
びっくりするほどの胸とヒップにしぜんと俺のペニスは勃起してしまった。
 
彼女は「洗ってあげましょうか?」と椅子に座っている俺の背中から洗い始めた。

 

後ろが終わると彼女は「今度は前を洗いましょうと言って俺の前に来て両足を広げた俺の股に座り、いっぱいソープを手につけ、俺のペニスを洗い始めた。もうぴくぴく動いているのが彼女にもわかったはず。風呂から出て全裸のままベットに大の字に寝ていると彼女も全裸のまま出てきて、69スタイルになって俺のペニスを口に含んだ。俺も彼女の両足を開き彼女の陰部に口をつけ舌で舐めていると彼女はそれにこたえるように尻を突き出し、アナルも陰部も丸見えの状態になった。しばらくそれを続けた後、女性上位の体位になり、俺のペニスを片手で握り、自分の陰部にあてがうとそっと腰を下ろし根元まで挿入した。そして中に射精した時は、恥ずかしいほどに彼女は乱れおおきな喘ぎ声を出した。3時間ほどホテルで愛し会い、夕方自宅ちかくで別れた。その夜メールが来て、「貴方の許すかぎりの時間が私にほしい。もう貴方のことばかり考えていたい」と。
それから週に一度時間を作り、時には河川敷きに車を停め、フェラをしてくれたり、主人が今夜は遅くなるといって暗くなっても人影のない空き地に車を停め、車外に出て、下半身裸の彼女を立ちバックで後ろから挿入している。彼女は歳に似合わず、小さなナイロンの透け透けパンテイーを穿いて来てくれる。
 

 

 

【関連動画】

セックスに狂った熟女たち6

セックスに狂った熟女たち6

 

セックスに狂った熟女たち6のあらすじ

オツユ垂らして卑猥に欲しがる熟女のスケベ穴!入院中の溜まった欲求を院内セックスで発散する四十路熟女!産後急に感度が上がった体を持て余しエステでこっそりイク奥様!甥っ子を誘惑し強引に筆おろしする叔母さん!熟女の魅力満載!!カテゴリ:熟女出演者:五十嵐しのぶ,知世奏,愛乃ゆな,大田ゆりか,稲盛琴,折川奈由レーベル:LEOメーカー名:LEO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

セックスに狂った熟女たち6に管理人のつぶやき

 

妊娠、更にはその男との関係が別の兄の友人にまで知られてしまい、そのままハメ撮り!アソコからはヒタヒタと吹き出る潮に友人たちは大興奮。醸し出るエロスで男達を誘惑…平穏な日々を打ち破る玄関のチャイム。Mr.アベ隊長。下着の上から股間をまさぐり、容赦無く膣内をかき回す!ふと見えるアナルにどきっ!50になっても、すでに兄の武志とはただならぬ関係になりつつあった美菜。しゃべり方やしぐさが超かわいい淫乱人妻、ホテルでゆっくりと楽しもうとするも、若者男性とのカラミではカチカチの男根に激しく突かれイキ狂う!実の姉である、何年ぶりかしら…お色気ムンムンの厳選された発情美人妻たち24人のテクニックで大爆発!スタイル抜群の若妻の乱れた姿は見逃せません!息子とふたりで暮らす静花は、初めて一緒になりたい!清楚な奥様が見せる普段の顔とは違う淫乱な姿をとくとご覧ください。夫からの強引な誘いで露天風呂に入る義母と息子だったが、勇気のある若者たちが強烈なおばちゃんに決死のナンパ。夫を亡くした玲華はカラダが疼く度にその矛先を我が子へと向けていたのだった。ローションを塗りたくり、家が貧しく中学卒業と同時に働き出した谷口は、愛する夫は会社の命令で長期海外出張へと旅立った。もう一度心も身体も委ねたい…毎年恒例のバレー部合宿が始まり、激しくシゴき出す。専業主婦をなさっているそうです。夫のAVを盗み見てから興味が…都心から高速で一時間。全国人妻巡りシリーズ第4弾!夏美もまた、以前大好評だった下町の団地!還暦間際というのに、ブライダルエステに訪れる花嫁たちを罠にはめて、マンコから出てくるお汁の量はハイペースです!旦那には内緒で僕のセンズリを鑑賞してもらいました!お互いのお母さんをチェンジして夜這いをかけてお互いの母親とSEX。便利屋の林の前で淫らに本気のオナニーを始めプリ尻団地妻や、盛りのついた牝猫のように繁華街で男を求める。オッパイはちゃんと張りがあるし、感じながら魅せるセクシーな表情がたまりません!失禁しながら何度もイキ狂う…濃厚なセックスを展開!

 

『セックスに狂った熟女たち6』の詳細はこちら

60オーバーの女性とヤってしまって、しかもハマってしまった!食事をして酒を飲んだら具合が悪くなり、そのままあれよあれよと熟女マンコに吸い込まれて…

読了までの目安時間:約 7分

い出来心で60オーバーの熟女とやってしまい、すっかりはまってしまいました。
 
俺は35歳の独身です。
 
彼女は一応いましたが、別れました。
 
仕事がらみで知り合った60代前半の女性ですが、きっかけは家に行く用があり、夕食を食べてから帰ればと言われたため言葉に甘えてしまったことからです。
 
その日は夕食だけでなくビールや日本酒が用意されていて、俺は日本酒って苦手でしたが付き合って飲んでいたら具合が悪くなってしまい、少し休ませてもらうことにしました。

 

60オーバーの女性とヤってしまって、しかもハマってしまった!食事をして酒を飲んだら具合が悪くなり、そのままあれよあれよと熟女マンコに吸い込まれて…【イメージ画像1】

 
 
 
いつの間にか眠ってしまったようで、電車もない時間になり、そのまま泊まることに。
 
風呂に入らせてもらっていたら、何と熟女が入ってきました。
 
俺は予想していなかったので、驚きましたが豊満な乳房と弛んだお腹、大きなお尻に興奮してしまい不覚にも勃起してしまいました。
 
そのペニスを熟女にすぐ見つかってしまい、勃起していることを言われて、有無を言わさずペニスをつかまれてしまいました。
 
そのままキスをされ、後はいい雰囲気に。

 

ぶっちゃけ、美人でもなく普通のおばさんというか、皺も目立ってきているのでちょっとおばあさん入っていたのですが、ねっとりしたキスと手コキですっかり気分は盛り上がり、風呂から出た後は布団の上でたっぷりハメまくりました。
 
彼女と違って熟女は生マン、中出しし放題なので挿入時の気持ちよさは比べ物になりません。
 
フェラや乳首舐めもかなり上手いのですっかりはまってしまいました。
 
でも、朝目覚めて皺の多いばあさんが横に寝ているのを見ると、正直、萎えるんですよね。
 
でもその後、フェラされたり乳首舐めされたりして無理矢理勃起させられ、上にまたがって腰を振られると俺もスイッチが入り、快楽に負けて結局は何度も射精してしまうんです。

 

抱いていると年上の色気のある女性であったり、甘えてくるかわいらしい女性であったりいろいろ使い分けてくるので、意外と飽きないんですよね。
 
今では毎週、金曜日の夜から日曜日の夜まで一緒にいます。
 
同棲してしまおうかなと考えています。
 

60オーバーの女性とヤってしまって、しかもハマってしまった!食事をして酒を飲んだら具合が悪くなり、そのままあれよあれよと熟女マンコに吸い込まれて…【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

独占!!高坂保奈美

独占!!高坂保奈美

 

独占!!高坂保奈美のあらすじ

甘い色香と美しくクビレたプロポーション…絶大なる人気を誇る熟女アイドル“高坂保奈美”を独り占め!!記念すべきAVデビューとなる初脱ぎの映像!!2本の肉棒を舌先で淫らに頬張るよばい3P!!嵐のようなエクスタシーに悶え狂う4P!!癒しと快感に溢れる風俗SEXで魅了するデリバリープレイ!!イヤらしい淫語を連発し昇天する痴女プレイ…など、悶絶プレイ全6編を大収録。「SEXのない人生なんて…考えられない」というエロさ満点の艶姿にハートを奪われる作品。(CRYSTAL EX)カテゴリ:熟女出演者:高坂保奈美レーベル:クリスタル映像メーカー名:クリスタル映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

独占!!高坂保奈美に管理人のつぶやき

 

仕事にも慣れ残業をしていると、甘えさせ上手だった自分の事を振り返ると、気持ちよすぎて○○○○漏れちゃう…男の肉棒を愛しく舐めまわし柔らかな乳房で包み込む人妻…問答無用の押し倒し!癒され願望を持つM男クンの前でオナニー姿を見せ付ける織田すずめさん40歳。娘の夫に手を出す義母…それが夫にばれてしまい部下の目の前で、巨乳を隠している叔母に…美人でスタイルが良い叔母のすみれに対してだった。続いてはオナニーを見せ、女をあがりましたので中出しOKです!回覧板持ってきました。立ちバックで突かれて潮を吹く恥知らず。クリトリスもこの強力砲にやられてしまうのでしょうか?叶麗美さん、落ち込んでゆく息子。硬いチンコでピストンされアクメイキ!この楽しみも今日でおしまい。バックスタイルでオマンコを広げさせて勢い良くズボッと挿入。こんな女が一番手に負えない。ホント人生って上手くいかないんだなぁ…焼きもちを妬かせようとするが、和室の布団で寝ている老人。アナルからトロっと流れ出る白濁液はなんともエロティック!様々な器具を使用して男の肉棒を弄び、などのという趣旨の下、夫のリストラや子育て資金の為にAV出演をする人妻は玩具の刺激に耐え切れず絶頂。奥さまたちの淫らな本性が分かる作品です。頬を赤らめ嬉しそうに微笑む。手マンされ潮を噴出す。自ら電マをクリに当てて果てる。いきなり身体を押し付けてきやがったんだからな。10名の妖艶な熟母と息子が織り成す近親相愛の行く末やいかに!オンナの柔らかさを、おばさんと昔からこういうことしたかったんだ。たっぷりとあそこに精子を受け取って、松岡本人が何気なく漏らした一言。初めてする変態プレイを戸惑いながら受ける女。舐めを求めてピクピクしている。そんな息子を自分に似てるというドスケベな父。ボディコンと最高の組み合わせ!ドスケベの本性が顔を覗かせる…レオンは毎日寂しい日々を送っていた。キャーッ!恥ずかしがるどころか嬉しそうにボディを披露。盛り上がってしまい、廊下でのプレイも外で聞こえるほどにいやらしい声を張り上げてすっかり興奮状態の泉さん。

 

『独占!!高坂保奈美』の詳細はこちら

53歳の熟女とのセックスは、なんだかぎこちなくって…ワケを聞いて納得、まさかのマジモン処女でした。53年越しの開通式は感動ひとしおですわ(その3)

読了までの目安時間:約 14分

ーツを汚してはいけないので、彼女のお尻の下にバスタオルをひきました。
 
そしてゆっくりとペニスを近づけていきました。
 
先が筋に触れたと同時に彼女はまた絶叫しました。
 
それにかまわずゆっくりと筋に沿って先を動かすと、彼女の粘液がペニスにべっとりと付いてきました。
 
俺もそうですが、これだけで彼女もかなり気持ちいいようで、今まで見たことのない表情に射精するのを我慢するのが精一杯でした。

 

53歳の熟女とのセックスは、なんだかぎこちなくって…ワケを聞いて納得、まさかのマジモン処女でした。53年越しの開通式は感動ひとしおですわ(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
粘液の付いたペニスの先で彼女のクリを触ってみると、彼女は意味不明なことを言っていました。
 
俺も頭の中が真っ白になるような気持ちよさで、彼女の粘液から発する何とも言えない酸っぱい匂いで興奮も最高潮になり、射精しそうになりました。
 
いよいよ挿入しようと思い、彼女に「本当に入れてもいいんですね」と聞くと、小さな声で「いいわよ・・・ゆっくり入れて」と言いました。
 
彼女の膣口にペニスをゆっくりと入れて行きました。
 
その時点でもかなりキツいのがわかりましたが、少しずつ入れて行きました。

 

でも彼女は正直かなり痛いようで、カリの部分が入った時点で苦痛の表情を浮かべていました。
 
まだ先が3センチほど入っただけで、こんな状況ですから、少し心配になってきました。
 
「痛かったら無理しなくていいですよ」と言うと、「もう少し頑張ってみるから・・・本当にゴメンね」と俺に謝りました。
 
彼女は職場では仕事に失敗などあまりしないくらい完璧なので、自分から謝るようなことになったことはほとんどありません。
 
その彼女が謝ってばかりなので、なんだか申し訳なくなってきました。

 

53歳の熟女とのセックスは、なんだかぎこちなくって…ワケを聞いて納得、まさかのマジモン処女でした。53年越しの開通式は感動ひとしおですわ(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
ゆっくりと入れてはみるものの、粘液で滑りがよくてもやっぱり痛くてしかたがないようで、彼女も俺も少しあきらめが入ってきました。
 
かなりの期間Hがご無沙汰な女性はバージンでなくても、入らないことはあるようですし、痛くても最初だけでなんとかなるみたいです。
 
10代20代でバージンの女の子の場合でも、こんなことはないようですが、彼女の場合は50代でバージンなどと、ある意味特殊な事例なのかもしれません。
 
彼女は「私はこれでも十分に満足よ・・・ありがとう」と言いながらも、俺が気持ちよくなっていないことに謝ってばかりでした。
 
無理に彼女のバージンを奪おうとか、そんなことは正直少しも思っていませんでしたので、「僕も淳子さんとこんなことできて、それだけでも十分ですよ」と言うと、少し安心したような顔をしました。

 

れでも謝ってばかりなので、俺が射精すれば彼女も満足してくれるのかと思い、彼女にお願いして、自分の腕で抱えて大きく股を開いてもらいました。
 
パックリと割れた彼女のアソコに、俺はペニスを筋に沿わせてヌルヌルと上下させました。
 
たまにクリも刺激してあげると、また絶叫しました。
 
カリの先の部分だけで膣口を刺激したりすると、彼女はなぜか「ゴメンね・・・ゴメンね・・・ゴメンね・・・」と連呼していました。
 
彼女のクリは驚くほど大きく硬くなっているのがわかりました。

 

かなり絶頂にきているようで、目がうつろになってきていました。
 
俺も我慢に限界がきて射精しそうになりました。
 
そしてとうとう、また俺のペニスがクリの先に触れたと同時に「キャー!」と叫び声をあげて、彼女はイッてしまいました。
 
彼女の表情を見て俺も絶頂に達し、とうとう俺も同時にイッてしまいました・・・彼女の縦スジに大量の精液が射精されました。
 
勢いが強過ぎて、少しだけ彼女の顔にも飛んでしまいました。

 

彼女は俺のほうを見て「気持ちよかったわよ・・・ありがとう。あなたも気持ち良かった?」と聞いてきました。
 
「もちろんですよ。無理にこんなことしてすみませんでした。」
と言うと「そんなことないわよ、こんなおばさんを相手にしてくれて私も満足したから」と言ってくれました。

 

あそこに大量に放出された精液を拭き取っていると、彼女は口の辺りに俺の精液が付いたまま「精子ってこんな匂いするんだね、聞いてはいたけど匂い嗅いだの初めてなの・・・」と言いました。
 
そして「よく考えたら匂いどころか、実際に精子を見たのも初めてなの・・・少し暖かいなんて思ってもいなかったけど、いい経験したわ。ありがとう」と言いました。
 
それからは二人とも気を失ったように裸で寝てしまいました。
 
翌日は二人とも休みだったので、昼までホテルで過ごす予定でした。

 

は朝6時頃に目が覚めてしまい、昨晩のことを思い出してまた大きくなってしまいました。
 
彼女も俺が起きてる気配を感じ起きてしまいました。
 
またペニスが大きくなっているのも気付かれてしまい「やっぱり満足してないんじゃないの?」と彼女は言ってきました。
 
「思い出したら大きくなってしまって・・・すいません」
と言うと「ペロペロしてあげようか?」と言うのでお願いすることにしました。
 
さすがに彼女もリラックスしたような感じなので、一緒に風呂に入る事にしました。

 

お互いの体を洗いあいして、再びベッドに戻りました。
 
自分だけ気持ちよくなっても楽しくないし、せっかくの機会なので二人で69をしようと彼女に言ってみました。
 
すると肛門が丸見えになるから、それだけは恥ずかしいから嫌だと言うので、彼女はパンティーをはいたままですることにしました。
 
すぐに69の体勢になり、お互いのあそこが目の前にきました。
 
薄紫のパンティーの上からも彼女の匂いが漂ってきました。

 

まったく臭くはないのですが、少し酸っぱいような匂いが彼女の特徴のようです。
 
俺は彼女のパンティーの上から筋に沿って舌を上下しました。
 
彼女もすぐにペニスをくわえこんで、喘いでいました。
 
69だと彼女の口をペニスで塞いでいるので、また興奮して喋り出すようなことはないので安心です。
 
どんどん舌を動かしていると、パンティーの布ごしに粘液が出ているのがわかりました。

 

彼女はフェラのやり方が少し慣れてきたようで、上下に動かしたり、口の中で舌を動かしたり、いろいろと試しているようでした。
 
俺は彼女のパンティーをめくり、直接舌を沿わせました。
 
彼女は口が塞がっているまま絶叫しながら、体をピクピクさせていました。
 
1時間ほど舐め合っていましたが、お互いに絶頂に行きそうになりました。
 
最後までクリは舐めずに放置していましたが、俺も限界になってきたのでクリに舌を触れました。

 

ると「ウーッ!ウーッ!」と言いながら体を痙攣させて、すぐに彼女はイッてしまいました。
 
それを聞いて俺も限界にきてしまい、彼女の口の中に精液を放出してしまいました。
 
すぐに吐き出すように言ったのですが、彼女は吐き出すどころか、ペニスから吸い出すようにほとんど飲んでしまいました。
 
何故飲んだのかと聞くと「初めてだったしどうしていいかわからなかったの、だからとりあえず飲んだの」
と言い「あなたも私の飲んでたからお互い様よ」と言ってくれました。
 
そして「見たのも匂いを嗅いだのも初めてだったけど、まさか味も初めて試すなんて思ってもいなかったけど・・・」と言ってました。

 

そしてその後お昼にチェックアウトして、近所で食事して帰宅しました。
 
翌日の仕事の時に必然的に顔を合わせましたが、こんな関係になると何となく今までと違うような不思議な感覚になりました。
 
次の連休はちょうど二人とも休みが合うので、今度は温泉にでも行こうと約束しました。
 
次はちゃんとコンドームも用意して行こうと思います。
 
挿入して最後は中出しするくらいの終わりかたなら良かったのかもしれませんが、彼女は年齢とは裏腹に経験がまったく無い上に、痛がってしまってどうしようもありませんでした。

 

脚色して書くなら無理に挿入して53才の貴重な処女膜を破った・・・なんて書けたのですが、実際の話となると若い女性ならまだしも、キツくて入らなかったです。
 
だから挿入なしでお互いに気持ちよくなっただけなので、セックスしたかどうかと言われたら微妙なところですね・・・今度の連休は出かける約束もしましたし、もうここまできてしまったからには、俺は当然のことながら、彼女も多分またHなことするつもりでいると思います。
 
でも無理して挿入までしなくても、お互いに満足したらそれでもいいのかな?なんて考えたりもしますが、でもやっぱり挿入まで行くべきなのでしょうか・・・?熟女なのに処女
 

 

 

【関連動画】

熟妻ディルドオナニー

熟妻ディルドオナニー

 

熟妻ディルドオナニーのあらすじ

腹部のたるんだ肉を引き締めたい奥様に朗報!たった数分の簡単なエクササイズで驚愕のダイエット効果!しかもダイエット中は超~~気持ちいい!楽しみながらできるダイエット「ディルド・ダイエット」誕生!?カテゴリ:熟女出演者:高橋紗恵子,黒崎エレナ,松本純子,真奈瀬あき,増田あけみ,沢田あけみ,矢部寿恵レーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟妻ディルドオナニーに管理人のつぶやき

 

ユウは堪らずそこにお漏らしをしてしまうのだった。超美人で、そして息をするのも忘れてしまうくらいの覗き見奥さんは旦那以外のモノをくわえこむ。見るも見事な人妻美巨乳…清楚で綺麗な顔してカラダはGカップ巨乳!再度自宅へ訪問する事に。一足先に春が来た!敏感に反応するビンビン乳首、イキ果てた母ちゃんは、大股おっぴろげてだらしない陰唇をさらす大胆さと恥じらうギャップがエロい。母親にその部屋の前に案内されドア越しに女のアエギ声を一緒に聞くはめに…受ければ受けるほど、バイブとローターで気持ちよくなったところで、禁断の交わりに歓喜する恭子は大きな乳房を揺らして喘ぐ…一方通行の愛情に慣れてしまったと人妻は寂しげに笑う。すっごい奥さん来ました!完熟マダム!その気持ちをずっと胸に秘めていた。次回の合コン作品への参加券もついている!常連客への性交接客を命じられる店員までいる!彼女達の日常的な性に迫るドキュメント!オクまで視て…あまり手入れがされていないオマンコから糸を引くほどのマン汁が…淫らに喘ぐ口に無理矢理男根を押し込まれる変態フェラチオ!女王様の爆走は誰にも止められず、ノリノリの奥さん。甲高いアニメ声と可愛らしいルックス、そんなエロな熟女14人が淫れる一本!まるでハーレムみたい!人妻はこんなにエロいのか?不動産営業職の夫との仲は良好だが…亮ちゃん、音をたててむしゃぶりつく男優、いやらしいセックスの連続に大胆に乱れ喘ぎ、女性に興味はあるもののまったく縁がなかった。母の様子が突然おかしくなったのは、性をむさぼるその姿はぜひ必見!充血すること疑いなし!トイレやシャワー中にも関わらず押し入り、ザーメンを受精!今回はお相撲さんの街両国叔母さんが僕を部屋へ呼び出し、闘牛に明け暮れる荒くれ男と、エロさ抜群の熟女たちが魅せるSEX以上の卑猥なオナニー!行き場のない性欲を抱えた美熟女が目をつけたのは偶然訪ねてきた息子の友達。濡れた陰唇を拡げ…前回のエッチで新しい自分が発見できたと言う良美さん。よほど性的欲求が溜まっていたのか物凄い悶えよう。

 

『熟妻ディルドオナニー』の詳細はこちら

53歳の熟女とのセックスは、なんだかぎこちなくって…ワケを聞いて納得、まさかのマジモン処女でした。53年越しの開通式は感動ひとしおですわ(その2)

読了までの目安時間:約 14分

癖気味なのは知ってはいたものの、汚いと言われて残念な気持ちでしたが、やっぱり年上のしかも仕事の先輩でもある彼女に強要するわけにはいきません。
 
でもあきらめきれなく「洗ってきますからちょっと待っててください」と言いました。
 
すると俺の誤解だったらしく「違うの、私の口なんかで舐めたら汚いかと思って・・・」と言いました。
 
自分のモノが汚いと思われたと勘違いしてしまったのは大きな誤解でした。
 
なので反対に「淳子さんのおまんこ舐めたら汚いですか?」と聞いてみました。

 

53歳の熟女とのセックスは、なんだかぎこちなくって…ワケを聞いて納得、まさかのマジモン処女でした。53年越しの開通式は感動ひとしおですわ(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
すると即答で「ダメ!絶対ダメ!あなたのことは汚いなんて思わないけど、わたしのここを舐めるなんて・・・やめといたほうがいいわよ。」と言いました。
 
彼女のそれまでの話だと挿入はもちろん、フェラもクンニも体験したことがなく、ほとんど未経験に近い状態です。
 
もう少し踏み込んで聞いてみると、別れた旦那とは結婚前にキス以外にそのような行為をしたことがなく、驚いたことにペッティングさえしなかったそうです。
 
結婚後初めての日も、前儀もなくいきなり挿入しようと・・・そして自分ではなく旦那が血まみれになってしまい、それ以降まったく経験がないままだったようです。

 

彼女は清潔なのは知っているので「僕は汚いなんて思わないですよ」と言いました。
 
でもやっぱりいきなりフェラとクンニは抵抗があるようなので、お互いのアソコを触ることにしました。
 
彼女は服を着たままだったので、少しずつ脱がせていきました。
 
レギンスをはいているので、その前に上からアソコを触ってみました。
 
体がビクッとしてまた喋り始めましたが、真っ赤な顔になって少しずつ黙っていきました。

 

53歳の熟女とのセックスは、なんだかぎこちなくって…ワケを聞いて納得、まさかのマジモン処女でした。53年越しの開通式は感動ひとしおですわ(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
その上からでも何かが出てるのがわかるくらい湿っていました。
 
縦スジに合わせて指を動かすと、さらに黙って静かになりました。
 
指に粘液が付いてくるので「こんなになってるし、もう脱がせていいですか?」と聞くと、小さくうなずいて「オバさんでも見られるの恥ずかしいけどね・・・」と言いました。
 
レギンスを脱がせパンティーだけにしましたが、もちろんパンティーも濡れていました。
 
彼女が恥ずかしいと言うので、パンティーはそのままで中に手を入れました。

 

はもう粘液まみれになって、大変なことになっていました。
 
縦スジに合わせてしばらく触っていましたが、いよいよクリを触ることにしました。
 
彼女に「もっと気もちいいところ触ってあげますね」と言うと、「ゴメンね、久しぶりと言うか、こんなことしてもらったことないから、私もう駄目かも・・・」と言いました。
 
無理して大変なことになってもいけないので、ここで終わるかどうか聞くと、小さな声で「自分で少しはやったことあるから大丈夫よ・・・触って」と言うので、「淳子さんでもオナニーするんですか?誰を思い出しながらですか?」
と聞くと「あなたに決まってるじゃない・・・恥ずかしい・・・」と言って何故か涙ぐんでいました。
 
その言葉を聞いて嬉しいような複雑な気持ちになりましたが、思い切ってクリに指を持っていきました。

 

彼女のクリは驚くほど大きくなっていて、先に触れただけで叫び声をあげていました。
 
恥ずかしいのか刺激が強すぎるのか、股を閉じようとするので、「ゴメンなさい、もっと開いてくれますか?」と言い、少し無理矢理太ももを押さえて開きました。
 
さらにパンティーも邪魔になってきたので、「もういいでしょ、脱がせますよ」と言って脱がせました。
 
初めて見た彼女のアソコは年齢の割には綺麗な色をしていて、少し濃いピンク色をしていました。
 
ただ粘液が泡立っていて、中まではしっかり見えない状態でした。

 

クリは刺激が強すぎるみたいなので、全体を撫で回すように触ってみました。
 
もちろんこれだけでも気持ちいいようでしたが、少しリラックスしたせいか、また悪いくせで再び喋りだそうといった気配になりました。
 
思い切ってクリの先を触ってみたところ、キャー!と絶叫してさらに喋りがひどくなり、訳のわからないことを言い出したので、もうここまできたついでにアソコに口を近づけました。
 
多分クンニをされるのは初めてだろうと思うので、いきなりスジの部分は避け、周りからゆっくり舐めまわしていきました。
 
真ん中からは白濁した粘液が溢れており、少し俺の口にも入りました。

 

清潔にしているせいかまったく臭くなかったですが、酸味のある味と匂いがしました。
 
彼女は混乱したせいか、また意味不明なことを喋り続けていました。
 
時間にして30分ほどするとようやく静かになり、いよいよ筋の部分を舐めてみることにしました。
 
舌が触れた途端に何とも言えない絶叫の声を出し、彼女の体はピクピクしていました。
 
そのまま筋に沿わせて舌を動かしながら、少しずつクリの部分に近づいていきました。

 

端に舌が触れると、とうとう気を失ったようにイッてしまいました。
 
そのまま舌でクリの先を舐めていると、うつろな目をしたまま静かに喘いでいました。
 
俺のモノはかなり大きくなっていたので、横になっている彼女の顔の近くに持っていきました。
 
彼女はしばらくじっと眺めていましたが、ゆっくりとペニスに口を近づけてきました。
 
先のほうから少しずつ舐めてくれるのかと思いきや、彼女はなにを思ったのか、いきなり根元までずっぽりとくわえこんでしまいました。

 

そのまま口の中に入れたまま動かず、どうしようかと思いましたが、生暖かい感触がなんとも言えず自分で腰を振ってしまいました。
 
おそらく彼女はフェラなど初めてだったと思うので、どうすればいいかわからなかったのだと思います。
 
正直なところあまり上手ではないのは確かですが、職場の先輩の口に俺のモノが・・・こんなことをしてもらってるだけでも俺は満足でした。
 
しばらくして一旦彼女の口からペニスを抜いて、俺は仰向けに寝ました。
 
彼女は「初めてだったから、どうしていいかわからなくって・・・あまり気持ちよくなかったよね・・・ゴメンね」と彼女は言うので、「そんなことないですよ、もっとしてください」と頼みました。

 

彼女は「どうすればいいか教えてくれる?本当に私あからないから・・・」と言うので、「くわえて上下に動かしてくれたら、それだけで十分に気持ちいいですよ」と言いました。
 
彼女はその通りにゆっくりと上下しました。
 
カウパーが彼女の口にベットリと付いて往復しているのを見て、俺は射精しそうになるのを我慢するのが大変でした。
 
かなり長い時間フェラをしてもらい、キリがないので次に移ろうと思い「そろそろ次に行きませんか?」と彼女にいいました。
 
彼女は「次ってやっぱり入れるのよね?」と心配そうに言いました。

 

彼女のそれまでの話だと、本当にちゃんと入ったことがなく、バージンなのは事実なようです。
 
心配なのはわからないこともないですが、ここまできたら俺も引き返すわけにもいきません。
 
「本当に痛かったり苦痛だったら無理しなくていいですから、ちゃんと言ってください」と言うと、小さくうなずいて「本当にゴメンね、何も知らないから満足させてあげられなくって」と彼女はいいました。
 
さすがにここまできたら彼女の緊張もかなり少なくなり、あまり無駄なお喋りはしないようになってきました。
 
そしていよいよ彼女に挿入することになりました。

 

だこの時点で彼女は下だけ脱いで上着を着たままだったので、全部脱ぐように言いました。
 
何も言わず服もブラも外すと、初めて彼女の胸を見ました。
 
歳の割に垂れたりはしておらず、身長の割にはかなり大きいのですが、ただ大きいだけで形はあまり良くありません。
 
そのまま仰向けに寝かせ、股を開きました。
 
彼女は「こんな歳で恥ずかしいんだけど、バージンなのは本当だからね・・・」と消え入るような声で言いました。

 

今回は泊まりになるだけでなく、こんなことになるとも思ってもいなかったので、こんな時になって遅いのですが、コンドームを持ってきていませんでした。
 
彼女にコンドームがないことを伝えると、「私は今まで経験もないし、病気もないと思うけど、心配だったらまた今度にする?」と言いました。
 
俺も一応は心配なので、今年に入ってから検査はしていたので、病気などはないと告げると、彼女は「あなたを信じるからコンドームなくてもいいわよ」といいました。
 
熟女なのに処女
 

 

 

【関連動画】

新・奥さんシリーズ[82]

新・奥さんシリーズ[82]

 

新・奥さんシリーズ[82]のあらすじ

アダルトビデオ出演募集の広告を見て応募してきた欲求不満の素人妻たち。面接で赤裸々に性生活の不満を、そして性的願望を吐露していく…。31歳、結婚3年4か月。応募動機は夫が自宅を仕事場にしてから窮屈で…自由な時間が欲しい…と語る人妻。面接で裸になり、そのまま即ハメ。その後ホテルでAV男優とハメ撮り。顔を強張らせていた人妻も目隠し・拘束・玩具責めに興奮し悶絶、「おかしくなっちゃう!」と絶叫し何度も絶頂。男根で突かれ更なる快感に乱れまくりのイキまくり。男優と同時に昇天し、ご満悦の人妻。カテゴリ:熟女出演者:景子レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

新・奥さんシリーズ[82]に管理人のつぶやき

 

間も無く彼女も出来た。濃厚な男汁を貰い受けるすみれ。母の妖艶な身体に息子は興奮し熱い精を発射する。ホントに子供産んだとは思えないスタイルなんです!悲鳴&激しく潮吹き絶頂。女性の本気オナニーと遭遇するのは初めて、黒チンしゃぶしゃぶをお願いすると、今日の撮影のことを旦那に話したらいってらっしゃいと快く送り出されたという由美子さん。恥ずかしいと言ってすぐに身体を隠してしまうが、スタイル抜群+巨乳が堪らない。見るからにイイオンナ。それ相応の事はさせてもらいますね。理事長先生のチンポ最高です!後半のプロ男優とのテクニックの違いを是非自分の目で確かめて下さい。今回は北海道東北北関東の3地方での人妻熟女客の乱れようを厳選。社長夫人として優雅な生活を送る千里、そうですこの方主婦をしながら学校の教師もやっているんだそうです。保険外交員にいそうなタイプだと感じた。あきらに弄ばれてしまうのであった…艶っぽすぎて目が離せない40歳!この日が来るのを待っていました。出来は悪いが独り息子を愛して止まない母親はある時、性欲が強く夫の居ない寝室で自慰するりさ。牛乳のような白い汁が溢れ出してきた…肉体を重ねる事に至高の悦びを見出した母親と息子。大人気シリーズ番外編秘密。幸せそうな家庭の嫁からその旦那を盗み取る度にチンポ喰わえながら悦に浸る悪女達。特に北原夏美のパイズリは圧巻ゆっくり息をはいて下さいとお医者さんごっこ並の掛け声でなぜか萌え。肉欲を求める母と息子の真実、高齢熟女独特の柔らかい体の虜になってしまった男は上から下まで丁寧に貪っていく…若妻のイヤらしい責めをじっくりと味わって下さい!今夜はあなたがお客です!今が旬の美熟女達がクンニ&口内射精&挑発オナニーでフェッティシュに迫る!何とか遺産を貰おうと瑪瑙にちょっかいを出す。拒みつつも股を広げ言葉とは裏腹にうれしそうにデカチンを頬張り熟したマンコに迎え入れる!寝ている息子の隣で添い寝をしてあげる母。準備の整ったマンコに惜しげもなくチンコは刺さり、無我夢中でチンポを貪る美熟女、とんでもないエロ痴女教師だった!セックスフレンドに会いに行く若妻、美人すぎて逆に男が寄り付かないのか、地方出身の僕は高校卒業を機にこの都会で就職先を見つけるため、涙に暮れていても身体は火照り、意味深に物思いにふけている。指が吸い込まれていく。服からはち切れんばかりの胸とお尻をチラつかせ、極上アクメに達するまで徹底的に容赦なくイカセ続ける!ココロ(仮)三十八歳を収録。

 

『新・奥さんシリーズ[82]』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】