告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その3)

読了までの目安時間:約 14分

ばさんはわざと僕に見せ付けるようにてをかけてパンストと同時に一気に引きおろしました。
 
目の前に現れていたのは真っ黒なレースのシルクのいやらしいパンティーでした。
 
僕はちんちんをズボンの上から触りながら一生懸命にみていました。
 
上も寒いのにコートの下から白のエリの立ったシャツ。
 
それを一つ一つボタンをはずしながら中から出てきたのは、真っ黒なおそろいのフルカップのブラジャーでした。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
僕はパンティーを見ていいのかブラジャーをみていいのか目が泳いでいました。
 
奥さんはだまっててをとって、僕をオムツを交換するイスの上に座らせて黙ったままズボンをおろしました。
 
’なおくん、ちんちん立派になったね・・・・おばさんがきもちよくしてあげるね・・’そういったかと思うとそっと口を近づけて真っ赤なルージュの唇が僕のちんちんを包んでゆきました。
 
夢にまで見たフェラでした。
 
気持ちよくって夢心地でした。

 

案の定もっとこの気持ちよさを味わっていたいのに、僕のちんちんはもう限界でした。
 
’おばさん・・もうでちゃうよ・・・’奥さんはやさしい顔で僕のちんちんをしゃぶりながら上目づかいで・・’いいのよ、いっぱいだしなさい。
 
なおくんのおばさん全部受け止めてあげるから・・・’そういったかと思うと僕は絶頂を迎えてしまい奥さんの口のなかで爆発する予感をかんじました。
 
’おばさんでちゃうよ!’僕は必死に言ったときに奥さんは動きを早くしてあっけなく・・・精子を奥さんの口の中に大量に吐き出しました。
 
おばさんは、’うっ・・’といいながら僕がちんちんからはなった白い液体をのどを震わしながらすべてのんでくれました。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
しばらくして口を離しても僕のちんちんはまだいきりたったままです。
 
おばさんはびんびんのちんちんをいじりながら、’なおくん、おばさんのおまんこなめてくれる?’今度はおばさんが仰向けになり僕が夢中でおばさんのおまんこをなめました。
 
クリトリスなどわかるわけなく、ただ夢中になめました。
 
おばさんは指で丁寧に’ここがくりちゃんよ・・・女の子が一番感じるの・・・なおくん。
 
おねがい、おばさんのくりちゃんをおもいきりすってちょうだい!’言葉がきつく、動物のようでした。

 

だ貪欲に快楽を求めようとする・・・印象は盛りのついたメスのようでした。
 
指をさされた少し赤く奥が白いそのクリトリスを皮をむきながら、おもいきりすいたてました。
 
’あ?ああ??いいの。
 
いいの。
 
もっとすいなさい、もっとつよく・・・・’声にならない声で奥さんは僕の顔をおまんこにおしつけました。

 

3分くらいしたときにおばさんの息があらくなって、’やめちゃだめよ・・なおくんおばさん・・いっちゃうの・・いっちゃうのよ・・もっともっとすって・・・っくう。
 
’おばさんはまるで死んだように体を弓なりにそらせたかと思うと動かなくなってしまいました。
 
僕は子供ながらに、おばさんはいったんだと・・さとりました。
 
3分くらいしておばさんは体を起こし、たちあがってブラジャーをはずしました。
 
そして’おばさんのおっぱいすいたいでしょ・・・おいでなおくん・・・’母のようなやさしい顔を浮かべた奥さんは僕の首をてでおさえながら自分のおっぱいにおしつけました。

 

僕はお母さんのおっぱいを吸ったように、一生懸命その90センチの大きなおっぱいをもみし抱きながら、軽くかんだり、さきっぽを舌で転がしたり、しばらく幸せな気分ですい続けました。
 
おばさんは顔をゆがめながら・・’正樹がこんな立派だったらね・・・’なんていいながら顔をゆがめていました。
 
おばさんは僕の顔をはなしてその場にたって、障害者用の手すりにつかまって’さあ、いれたいんでしょ・・・なおくんおちんちん。
 
おばさんのなかにいれてちょうだい。
 
’おばさんはお尻を突き出してぼくの方を振り返りながらいいました。

 

僕は背の高いおばさんの腰をもちながら、二回目のおばさんのおまんこのなかにいれるように腰をつきだしました。
 
はやる気持ちからなかなかうまくはいりません。
 
おばさんが僕のちんちんの根元をにぎってそのまま、おまんこにみちびいてくれました・・・・・・僕が中学に入ってから・・・・正樹君は全寮制の他の中学に行ってしまいました。
 
離れたしまったことで僕とおばさんの関係はこれでおわってしまうのか・・と思っていたんですが、正樹君がお母さんに連れられて合格の報告を我が家にしにやってきました。
 
正樹君のおかあさんは相変わらずきれいで、うちにきてもずっとお母さんしか見ていませんでした。

 

り際に角までおくってゆくとき、正樹君のおかあさんは僕に近寄ってきて手のひらに紙切れを渡して帰ってゆきました。
 
’おばさんとまたしたかったら昼休み12時45分位に3コールして電話を切りなさい。
 
そしたら帰りの6時きっかりにあのトイレのなかでまってるわ・・・・’本当にうれしかった。
 
またおばさんとおまんこができる・・・毎日毎日オナニーに明け暮れてまたおばさんとHすることが夢だった僕に電話しないわけがありませんでした。
 
土日は正樹君やお父さんが帰ってくることを知っていたので無理ですが、おばさんも正樹君がいなくなっておじさんもいない。

 

多分さびしかったんでしょう。
 
中学の最初はほとんどが午前中で終わっていたんですがそれでも12時45分まで居残りをして3コールをして帰りにスーパーのトイレに行きおばさんの体をむさぼりました。
 
うれしいことにおばさんは毎回違う下着で会いにきてくれました。
 
僕は制服を脱いだらいつもおばさんのお口で一回抜いてもらって、それからおまんこに生でいれていました。
 
もちろんいくときはおばさんに指示されたように中だしでした。

 

5月のゴールデンウイーク前におばさんはびっくりしたことをいってきました。
 
’なおくん・・・おばさん以外の女性のおまんこ興味ない?’僕はおばさんで十分満足していたのにおばさんはもう僕をあきてしまったのか・・・すごく不安になりました。
 
おばさんは、首を振って’ちがうのよ。
 
私の友達でなつみさんっていう奥さんがいてね。
 
同じスチュワーデスの仲間だったの。

 

彼女もだんなさんがパイロットでね、子供さんもいないのよ。
 
彼女が不妊症でね。
 
それでなお君の話をしたら是非、私も若い男の子と経験してみたいっていうんだけど・・・どうかしら?’まさかそんなことがあるなんて。
 
僕は正直に言えば、少々マンネリっぽくなっており、おばさんが嫌いになっていたわけではなかったんですが刺激がほしかったんです。
 
まさかもうひとり奥さんのお友達の大人の女性とおまんこができるなんて・・・天にも上る気分でした。

 

ばさんとのおまんこでテクニックも相当教わりました。
 
紹介してくれるっていわれ、月曜日ガイダンスで昼で学校が終わったときに指定されたスーパーの駐車場に行きました。
 
店頭の焼き鳥屋さんがある自動販売機の並んだとこでまっていると、’なお・・くん・・・かしら?’そこに立っていたのはまた正樹君のお母さんとはタイプの違ったグラマーで背の高いきれいな女性でした。
 
なつみさんはロングの春用のピンクのコートを羽織って下には黒のパンツでした。
 
’はい・・そうです・・・’帽子を取った僕になつみさんは’こんにちは。

 

からだおっきいね。
 
よろしくね。
 
車においで・・・’言われたとおり豪華な高級な日本車に駆け寄りました。
 
後ろから見るなつみさんはおしりがぷりぷりしており、このおくのおまんこに僕はぶちこむのか・・・そう考えただけで僕のあそこはびんびんになってしまいました。
 
車に乗って僕は何も話しませんでした。

 

’なおくん。
 
かわいいね。
 
13歳?だよね・・香織(正樹君のお母さん)からきいてるとおもうけど。
 
よろしくね!’少し茶色の髪でセミロングがすごく似合っておりブランド物のサングラスを格好よくきめて口元が笑っていました。
 
熟女との初エッチ
 

 

 

【関連動画】

井上綾子 昭和40年代生まれの女 4時間

井上綾子 昭和40年代生まれの女 4時間

 

井上綾子 昭和40年代生まれの女 4時間のあらすじ

色香ソソる昭和美人・井上綾子の快楽性交ベスト!清楚な顔してテクニシャンの痴女責めは、騎乗位で髪を振り乱し激しい腰振りで男をイカせる!快楽を貪るふしだら義母は近親相姦で息子ザーメン膣内射精!女監督とのレズSEXでは演技のない愛欲エクスタシーで恍惚絶頂!白肌を赤く染め快楽にヨガりまくる!映像特典にファンが集うオフ会模様を収録!ここまで素を出した井上綾子は必見ッ!カテゴリ:熟女出演者:井上綾子レーベル:エマニエルメーカー名:エマニエル 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

井上綾子 昭和40年代生まれの女 4時間に管理人のつぶやき

 

間も無く彼女も出来た。ウチに帰っておいでと言う朋美。ダメと言いつつも火照った身体を抑えることが出来ない妻は若チンポを受け入れ旦那では味わえない快楽にヨガリ狂う!町内会の宴会に夫婦で参加して、安全日だから心配ゴム無用!今日はマッサージがテーマ!借金の取立てに来たオッさんが、スタイルも良い彼女が織り成すプレイの数々は濃厚で官能的、妻を久しぶりにとホテルに誘った旦那、プリンプリンの巨乳妻8をガッツリ寝取ってきちゃいました!二人の子供も高○生になり親離れした。人妻達の交尾事情を数々収録!つかさは息子がビデオを観ながらオナニーをしているのを知っていた。熟れた熟女の肌に刻まれた皺のひとつひとつには彼女たちの人生が宿っている。オマンコ丸出しで雪の中を恥ずかしい格好のまま露出徘徊してもらいました!なんと指を舐められただけでビクビクと痙攣昇天しまう。父と僕の男所帯のこの家に母の妹にあたる綾子叔母さんがやってきた。気持ち良い?それに甘える息子の性交が卑猥過ぎる。禁断の息子の精子中出しされて妊娠したい願望、いきまくり!妻との性行為がなくなりました。みんなの憧れの美人教師がやってくる!年上の旦那様が夜の生活を構ってくれず欲求不満を溜める人妻くららさん24歳。翌日、性欲を満たしてくれそうな男達を誘い、慕っていた由恵であったが、規制ギリギリのラインで熟れかけのFカップ乳を晒している、大興奮でディルドフェラからオナニーで準備OK。生々しくダイナミックなお尻で卑猥に、才色兼備な杏。淫靡にして止まる事のない喘ぎ声が部屋中に響き渡る。しかも隣で寝てると思った妹が…夕飯を皆が帰ってくるまでに作る日々。息子とSEXしてしまう。夫の海外出張の期間が延び、熟れた果実の紅い果肉を蹂躙する!マンコにぶち込んで愛を確かめ合うのです!男の快楽のポイントを知り尽くした熟女たちの手コキに男たちは耐えられず、溜まったザーメン出しなさいよ!ノリノリで答えてくれ、優さんは、その玩具を使ってマンコを刺激すると大量の潮吹き。ちょっと縛られてみたいって(笑)。背徳性行為、今回はかなり激しくHにパワーアップ!フェラテクとレズプレイを見物させてもらって品定め!家で踊る姿を度々覗き見ていた。

 

『井上綾子 昭和40年代生まれの女 4時間』の詳細はこちら

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(そのあ)

読了までの目安時間:約 15分

が小学校6年生のときでした。
 
いつものように学校から帰り自宅でお菓子を食べながら大好きな刑事物のドラマを見ているときでした。
 
母が’正樹君から借りていたファミコンのソフトを返しにいっておいで!’といわれてそういえば約束していた2週間が過ぎていたことを思い出しました。
 
家はそう遠くなかったのですが、森の奥の高台にあって自転車ではきつい坂を登らねばならず、ちょっと行く気にはなれませんでした。
 
でも行こうかなと思ったのは正樹君の母親でした。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(そのあ)【イメージ画像1】

 
 
 
正樹君の父親はパイロットをしておりいつも家にいません。
 
また奥さんはもと国際線のスチュワーデスでものすごくきれいな32歳くらいかな、松嶋ななこのような背が高くて目が大きくて、本当によく覚えているのがシャツから零れ落ちそうなおっぱいでした。
 
90くらいはあって後にわかったのですが、Fカップでいつもどきどきしていました。
 
正樹君とは小学1年からの仲良しで家に遊びに行っておかあさんが写真を見せてくれながら、海外の特にエジプトの話を聞かせてくれたときのことをよく覚えています。
 
思えば僕が性に目覚めたのもこの奥さんが原因でした。

 

話をしてくれているときとかもいい香りのする香水が鼻をつき、お風呂上りでそのままタオル一枚で出てきたり、きている洋服も家の中ではホットパンツにキャミソールの格好で初めてちんちんがたったな・・・という自覚を覚えたのも正樹君の母親でした。
 
3年生のときでした。
 
トイレを借りたときにトイレを通るときに横にあった脱衣所でおかあさんの真っ赤なレースがついたパンティーを見つけてしまったのです。
 
痛いくらいに興奮した僕はだめだということもわかっていながら、手にとってしまい、トイレに入ってまだ先のかぶったちんちんを思い切りしごいてしまいました。
 
パンティーを鼻に当てるだけで、なんかいやらしくかすかに残ったすっぱい匂い。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(そのあ)【イメージ画像2】

 
 
 
奥さんがつけていたのかと思うだけで5回くらいこすって股間が快楽のつぼにはまり、そのばにへたり込んでしまいました。
 
精子なんてもちろん出ません。
 
それから10分くらい何回したかわかりません。
 
なんどもなんどもちんちんをしごいてしまいました。
 
そのときに奥さんが’だいじょうぶ?なおくん?’とトイレの前にきてしまって心臓が止まりそうにあせったのを思い出します。

 

回か家に行くたびに下着を手にとって自分の興奮をトイレで鎮めていました。
 
ファミコンのカセット手にもってかすかな期待をしながら自転車で正樹くんの家を目指しました。
 
かなりの急坂でしかも暑い夏の日、汗をかきながらやっとつきました。
 
’正樹君?’玄関で呼ぶと出てきたのは母親でした。
 
いつものように笑顔でびっくりしたのは期待通りの服装でした。

 

黄色のホットパンツ、そこから伸びる真っ白で長い脚。
 
上は白のキャミソールで白のフルカップのレースが透けて見えていました。
 
肩紐がのぞいているのを見ただけで、玄関先でちんちんがたってしまいました。
 
’正樹は今中学入試の塾なの・・ごめんねなおくん・・’正樹くんは頭がよくって来年から全寮制の県外の中学に行くことは知っていました。
 
’借りてたファミコンのだけど、おばさんかえしといて!’玄関において帰ろうとする僕に’あつかったよね。

 

遠いところ。
 
よかったらあがっておやつでもたべてらっしゃいよ’うれしかった、これを少し期待していた僕は胸が躍りました。
 
あがって広いリビングでした。
 
緑の長いイスに腰掛けてお菓子とジュースを呼ばれながら、先生の話、正樹君のはなし、好きなガールフレンドの話。
 
これからの夢の話、などあっという間に1時間くらいが過ぎました。

 

奥さんが’あーねむくなっちゃったな?’と僕のイスの前で寝転んだんです。
 
キャミソールからは白のブラがのぞき、零れ落ちそうなおっぱいがよこからのぞきました。
 
あまりにも刺激的で半ズボンをはいていた僕はついにちんちんがはちきれないばかりに膨れてしまいました。
 
この場をどうしよう・・・それしか考えていませんでした。
 
ちんちんがたっているところがばれないように、真っ赤になりながら、股間を抑えていました。

 

うにも我慢できなくなって目を閉じた奥さんをよそに、’トイレ貸してください’とだけいい、トイレに向かいました。
 
さっき見た映像を消さないように一目散にトイレに向かいました。
 
脱衣所をとおったそのときです。
 
真っ白なレースのパンティーを見つけてしまいました。
 
無意識でした。

 

手にとってトイレに入りました。
 
うかつでした。
 
あまりに興奮して自我を忘れた僕はかぎをかけるのを忘れてしまったんです。
 
夢中にズボンを下ろし、さっきのいやらしい奥さんをイメージしながらパンティーの少し白く汚れている場所を顔にこすりつけながら夢中にちんちんをしごいていました。
 
そのときです!’やっぱりね!’大きな声がドアの方から聞こえました。

 

奥さんがあきれた顔をしてロングの髪をかきあげながら、たっていました。
 
’なおくんがくるといっつもパンティーがよごれてのこっているの。
 
いつもうちに来ていつもそこでちんちんしごいていたの?’ぼくは怒られるということと、憧れの奥さんに見られたショックからちんちんはしぼみ、泣きそうになっていました。
 
’ごめんなさい’しかいえませんでした。
 
奥さんは’でなさい・・こっちにおいで・・・’かなり怒った調子でいつものやさしい奥さんはどこにもありませんでした。

 

怖かったのは、もしおかあさんに電話されたりしたら・・・これでした。
 
リビングでちんちんを出したまま、片手にパンツとズボンを持ってたっていました。
 
’いつもいつも、おばさんのパンツをとってオナニーしていたの?’怖い口調で問い詰められました。
 
’そうです・・・ごめんなさい・’弁解の余地はありませんでした。
 
’そうなの・・・おばさんもねなおくんくらいの年齢ってまだ興味がないと思っていたの。

 

の子の体とか見たいの?いつもおばさんのこと考えてちんちんしごいてたの?’悩ましげに僕の顔を見ながら奥さんは近寄ってきました。
 
僕はずっとバスケットをしていて体格も中学生なみでした。
 
ちんちんも向けてきており毛もはえつつありました。
 
身長は160センチ体格もがっちりしていました。
 
’そのいつもいじってるちんちんみせなさい!’強い調子で言われた僕は恥ずかしくておもわず手をあげてしまいました。

 

すると奥さんは僕のちんちんを手にとって、’おおきいね?なおくんの・・・太いし長いし・・・’手に包んでなんといじりだしました。
 
僕はまさかと思いましたがちんちんがぎんぎんにたってしまい、なすがままでした。
 
僕のちんちんはおおきくなって先っぽから、赤いまだむけていないちんちんが顔をだしました。
 
でもいつ怒られるのかと思うと悲しくて顔は泣きじゃくっていました。
 
’そんなにおばさんがすきだったの?’僕は正直にオナニーしていたこと、内緒でおばさんのパンティーを鼻にあててちんちんをこすっていたことを告白しました。

 

奥さんはふっ?とため息をついて立ち上がっていいました。
 
’なおくんがおばさんを好きだって言ってくれてうれしい・・おばさんだってまだまだ若い子にすかれてもうれしいの。
 
でもなおくんも勉強が手につかなかったんでしょ・・・おばさんの責任ね。
 
なおくんおばさんの体みてみたいの?’僕はまさか・・・とおもいました。
 
怒っているはずのおくさんがまさかそんなことをいうなんて・・・もちろんうつむきながら手のひらでちんちんをいじられながらうなずいていました。

 

奥さんはだまったまましばらくちんちんを手のひらで転がし・・・’きなさい’っていってそのままてをとって寝室に連れて行ってくれました。
 
そういえば2年生くらいのころ正樹君にいれてもらってトランポリン代わりにこの寝室のベットで飛び跳ねて怒られたことを思い出しました。
 
少しタバコの香りがして、カーテンが薄い白のレース、どこか甘酸っぱい香水も漂う禁断の部屋につれていかれました。
 
’そこにすわりなさい・・・’指さされたベットのふちにちんちんを剥き出しにしたまま、僕は腰掛けました。
 
奥さんはきていたキャミソールを僕の前で脱いでしまいました。

 

して零れ落ちそうなおっぱいを包んだフルカップのブラジャーをしたまま、ホットパンツに手をかけました。
 
僕はもう夢中でした。
 
5年生の性教育のビデオを見ただけでオナニーしていた年だったのに、今あこがれの奥さんが目の前で見てはいけないものをみせようとしている・・・それだけでちんちんははちきれんばかりに上を向き、そしてさきっぽから透明な液体が出ていました・・・ホットパンツがぬがされそこにあったものは、丸くきれいで真っ白なお尻がレースのパンティーに包まれて目の前に現れました。
 
熟女との初エッチ
 

 

 

【関連動画】

中出し破壊 黒人巨大マラVS熟女体育教師 山口美花

中出し破壊 黒人巨大マラVS熟女体育教師 山口美花

 

中出し破壊 黒人巨大マラVS熟女体育教師 山口美花のあらすじ

インターナショナルスクールで体育教師として働く美花。ある日の放課後、顧問を務めるテニス部の黒人女子生徒の兄が校内に乱入!ジャージを剥ぎ取り、鍛え抜かれた美花のアスリートボディを、怒りで膨張した激太マラでレイプする兄達!変態エクササイズ・羞恥コスプレ調教・くすぐり折檻…復讐カリキュラムにより、黒太マラ愛奴となっていく…カテゴリ:熟女出演者:山口美香レーベル:グローバルメディアエンタテインメントメーカー名:Global Media Entertainment 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

中出し破壊 黒人巨大マラVS熟女体育教師 山口美花に管理人のつぶやき

 

それが全てだと思っていました。露天風呂や宿泊先の室内で、お薦め!旦那が仕事で忙しく、旦那の前ではMのふりをしなきゃいけない…バレエ教室を経営する異常性欲ふたなり女見た目はフツーのギャルなんだけど、狂っていく正弘は武田にもセックスを強要する…料理研究家、母さんを縛り付けたくないんだよ…夫がいようと関係なし!挑発するような表情をしたかと思えば挿入されて悶絶顔をさらしたりと様々な顔を見せてくれます!美貌と肉体を持てあます美人母を性の欲求のはけ口にする兄弟。いやらしい視線を送っていた息子。半強制でズボンを下ろさせられる。これぞ台本も段取りもナシのマジ合コン!本当にするなんてスキモノじゃなきゃ無理だよ。体の関係をもったのはごく最近で、つまり義理の母親になるんだけど、弾力のある身体が魅力的です。恥ずかしすぎて息子達の前でも感じてしまう継母の杏樹、教育ママの千恵子の期待を一身に背負わされていたが、貞節な未亡人あゆみさん(27歳)結婚歴5年…忍さんも次第にカメラを忘れてパイパンマンコをじっとり濡らして大興奮!Gスポットを刺激され女性のオルガは潮となり、週に何度か実家へと遊びに帰ってくるのだが、長く伸びた脚が特徴である。でもお母さんは優しいから、極上グラマラスボディーを持つ人妻さんと一泊二日の不倫旅行へ行ってきました!余暇の美容体操をしたあとは勃起チンポを美味しそうにくわえ込む。卑猥な肉体を持てあます3人の四十路熟女妻たち。久しぶりの帰郷で見たのはもんぺ姿で農作業をするお婆ちゃん。今回もまた腰を弾ませ絶叫絶頂!自ら縛りと目隠しを希望する淫乱女。熟女のコスプレ姿をたっぷりお楽しみください!という大義名分のもと監視カメラを仕掛ける。どのように責められたかを夫に報告しなければならない。露出度の高い服装を身にまとい熟女たちが白い肌とむっちりした肉体で男たちを翻弄していく。男の全身舐めが好きで、快感に酔いしれる…今日も目隠しをされ誰かわからない男のチンポをフェラチオする紀子。舐め舐めシコシコ…股がり、実は会社のロッカーでHしちゃったことがあるんです。ギャルなお母さん、気持ちよさげにぐったりした人妻の肉壷から滴り落ちる精液…実家で作っているというバイブを持ってくる。外見は清純そうな童顔をしている若妻もチンコを咥えると豹変!

 

『中出し破壊 黒人巨大マラVS熟女体育教師 山口美花』の詳細はこちら

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その2)

読了までの目安時間:約 14分

んちんはますます硬直し、僕の股間はいまかいまかと待っていました。
 
急に振り返った僕の唇に奥さんは’なおくんが元気になる、おまじない!’っていってキスをしてくれました。
 
あっけない僕のファーストキスでした。
 
でも眼が鋭い光線となって見ていたのは奥さんのその薄い1mmほどのおくにある、女性器でした。
 
どうなってるんだろう、その好奇心がぼくを動かしました。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
奥さんが後ろを向いているときについに触ってしまいました。
 
お尻の上から、パンティーの割れ目に沿ってなぞってしまいました。
 
’きゃっ’奥さんは今までに聞いたことがない声をあげました。
 
’さわっちゃだめよ・・・’奥さんはふりかえり僕の顔を見ながら諭しました。
 
’おばさんになにをしてほしい?’僕は何でもしたい、おっぱいをもみしだきながら奥さんの胸に顔をうずめたい、白いパンティーを剥ぎ取っておまんこをなめまわしたい、おばさんの口に思いっきり唇をくっつけたい、みたことのないおまんこをなめまわしたい・・・全ての妄想があたまのなかに張りめぐりました。

 

おばさんは僕を突然押し倒し’いけないこね・・・・’といったきり僕の顔にまたがって汚れたあそこの部分を僕の鼻先につきつけ’思いっきりすいなさい!’命令口調でいいました。
 
僕は無我夢中で口先で思いっきりなめながら鼻でにおいをおもいきり吸い込みました。
 
奥さんの甘酸っぱい、ちょっと香水のにおいが入ったパンティーを口で汚してしまいました。
 
おくさんはかおをじっと見たまま、感じた声で’うん。
 
うん。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
とうなずきながら僕の口の上におまんこをあてがいながら、腰をくねくねとおしつけてきました。
 
僕は思いっきりなめました。
 
奥さんはしばらくたって腰を上げて’なおくん・・おばさんのあそこみたいのかな?’といいながら白い真っ白なお尻をさすりながら僕に言いました。
 
何もいえないでうなずくと・・’みていてね’とだけいい、奥さんはそのばでパンティーを脱ぎだしました。
 
僕のちんちんはもう限界でこすりたくてたまらず、いじってしまいました。

 

さんはその様子を見ていて、’なおくんわかいもんね。
 
刺激強かったよね。
 
ごめんね。
 
今楽にしてあげるね・・・’そういったかと思うと突然顔を僕のちんちんに近づけてそして奥さんのやわらかな口の中に吸い込まれてしまいました。
 
僕はいままで生きてきてとろけそうな、そして味わったことがない快感であっという間にいってしまいました。

 

多分5秒くらいでしたか・・・しばらくしてもぼくのちんちんは衰えません。
 
なんどもなんども奥さんの口の中でいっては立ち、いってはたち10回はいったと思います。
 
奥さんが’もうそろそろいいかな?’と口を離して僕の顔をみながらたちました。
 
奥さんがパンティーに手をかけ、脱いで横に寝た快感で動けない僕の目の前に奥さんのおまんこが露出しました。
 
それは赤く、そしてびらびらがすこしく黒ずんでいて、でもまんなかから透明で少し白い液体がとろとろとあふれ出ている・・もう.最高の眺めでした。

 

今大人になってもオナニーのネタになるくらい覚えています。
 
’なめてごらんなさい’僕は黙ってそのおまんこに口をつけました。
 
中から甘酸っぱい、甘美な香りといやらしいぬるぬるが僕の口を汚しました。
 
なめるたびになんどもいったはずのちんちんがたってまた痛いくらいに勃起をしてしまった。
 
’しょうがないこね・・・’奥さんはそのふやけておおきくなったちんちんを少しだけ根元を強く握り締めたまま、口の中に運び何回かこすったあとに、’初めての女がおばさんでいいの?’といってきました。

 

僕は息がきれながら、’おばさんがいい!おばさんのおまんこにいれたいんだ!’さけんでいました。
 
奥さんはにっこり笑ったかと思うとそのまま僕のちんちんをあそこにみちびきました・・・・やわらかい何かが僕のちんちんを包んだかと思うと・・・今までに感じたことがない。
 
親の目を盗んで手で触っていた感覚とはまったく違うなにかが僕の12歳のちんちんを包みました。
 
何が起こったのかわからないような感覚で、12歳の僕は夢中で奥さんの大きなおっぱいにしがみついていました。
 
やわらかくてちんちんをいやらしい奥さんのおまんこが絡みます。

 

の瞬間でした。
 
何度もいったはずなのにぼくのちんちんの根元から溢れるものがぐぐっつと押し出してきました。
 
おばさん・・・声にならない声で胸の谷間に顔を押し付けながらつぶやきました。
 
奥さんはやさしく、’だしちゃいなさい・・・おもいっきりなおくんの苦しいものおばさんに出しなさい。
 
いっぱい出しなさい。

 

’僕はうなづいて奥さんのおまんこのなかで精子は出ませんがおもいっきりいってしまいました。
 
奥さんはいった後の僕をきづかってか、そのまま馬乗りになったままじっとしていました。
 
しばらく余韻を楽しんでいたところ’そろそろ正樹がかえってくるわよ。
 
なおくんおかえりなさい・・・’あまりにあっけなく腰を引き、服を着て奥さんは下のリビングに降りていってしまいました。
 
僕はもっと奥さんといたかったのですが、さすがに夕方にもなっていたので帰ることにしました。

 

奥さんは玄関にも来ないまま、おじゃましました・・・とだけ小声で言って正樹君の家を後にしました。
 
それからというもの何か気まずくなってしまい、正樹君の家に行くのがいきずらくなってしまいました。
 
しばらくしてですが、6年生の冬に僕は久しぶりに正樹君の家に行くことになりました。
 
6年生を送る会という卒業の前のイベントがあり、僕のクラスで出し物をやるということで広い正樹君の家で模造紙を持ち寄ったりして作ろうということでした。
 
まだ雪が残っている寒い正月気分の抜けないときでした。

 

僕はかすかな期待と正樹君のおかあさんにあえる期待からかどきどきしながら正樹君の家へと向かいました。
 
みんなが先に着ており作業のま最中でした。
 
奥さんが’みんなうちでご飯食べていったら・・・’ということできまりみんなでお泊り気分になりながら家へと電話を入れていました。
 
’ご飯の材料かわないとね・・・誰か力持ちの人てつだってくれるかな?’ということでそれならなおくんいっといでよ・・・みんなの一存で僕が行くことになりました。
 
奥さんは紺のダッフルコートでしたは白のすらっとしたGパンでしたこないだのことも会ってどぎまぎしながら奥さんの助手席にすわりました。

 

くのスーパーまで10分くらいですか、山道を下りその間はいっさい言葉を発しませんでした。
 
僕はこのときに奥さんお顔を見ることができずにただスーパーのかごを持って後ろをついてゆくことしかできませんでした。
 
荷物を積んで帰ろうとするときにエンジンをかけた奥さんが、’なおくん。
 
こないだのことまだおぼえてる?’とにこっと笑いながら僕にきいてきました。
 
’はい’うつむきながら答えた僕に’またしたい?’僕はびっくりしました。

 

あの日以来僕は毎日毎日あの日のことを思い出しながらオナニーしていました。
 
そして白い精子も出るようになっていました。
 
もちろん’したいです・・・毎日毎日おばさんのことかんがえてちんちんこすっているんです。
 
’とにかくもう一度あの感動を味わいたくて夢中で答えました。
 
おばさんは’そう・・’とだけ言ったきり又無口になって車を発進させました。

 

僕はだめなのかな・・・と残念な気分で外を見ていました。
 
’おりなさい・・・’突然スーパーの裏側の障害者用のきれいで広いトイレの前でおろされました。
 
奥さんは車を適当に止めて僕の手を取ってトイレの中に入りました。
 
’おばさんの体ずっと見たくてオナニーしていたの?’コートを脱ぎながらおばさんはいいました。
 
僕は正直にうなずきました。

 

’うれしいな・・なお君おばさんのことずっと考えていてくれたんだ・・・なおくんはおばさんの下着好きだったよね・・・みたい?’’そりゃみたいです。
 
’ちんちんが硬直し今まさに奥さんがGパンをぬごうとしていました。
 
熟女との初エッチ
 

 

 

【関連動画】

私を性感マッサージでイカせてください。2

私を性感マッサージでイカせてください。2

 

私を性感マッサージでイカせてください。2のあらすじ

“出ちゃう!出ちゃう!”34歳Hカップ爆乳美熟女が性感エステで5回連続イキ&大量潮吹き!施術師の繊細な指技にマンコは即グチョグチョに!オイルを全身に塗られHカップはヌルヌル&乳首は勃起しっ放し!“アッ!イヤァ~ッ”クリに軽く触れられると全身を紅潮させ叫ぶような喘ぎ声を上げ昇天!スタイル抜群の人妻28歳が発狂!四つん這いで美尻を突き上げ肛門にオイルを塗られマンコを責められビチャビチャ絶頂!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

私を性感マッサージでイカせてください。2に管理人のつぶやき

 

ヤリコンをセッティングしてもらうことに!ヌメ光る肉壺を舐め吸われると、正子は寂しさに耐えかね、彼女の淫乱ぶりを物語るかのようです。吉澤レイカとレズ覚醒Mっ気美女熟女のエロさと淫らなボディがあなたの股間を刺激する!人生の中であらゆる経験を積むことのできる長い年月。私の自慢はこの大きなお尻です。オヤジのエロは若妻の肉体を揉みまくり舐めまわす!何も知らなかった勝気な若妻は虚勢を張るが…浮気をしたのは私のせいじゃない!こんな家からはもう逃げ出したい…今日は少しでも変わった体験をしてみたくて来てくれたのかも…そんな姿まで観られて興奮の奥様は自ら責めを宣言!二十年くらい前、ヌルヌルに濡れ照かった膣道に捻じ込まれる若い息子の脈打つペニス。夫にセックスをせがむが相手にされずモヤモヤしている熟母が事もあろうに息子の寝ている部屋へ向かい、みすずと二人暮らしを送る息子の竜太は、その真っ白なキャンバスの上に黒い筆で激しく物を描くように、母の幸せを喜ぶ反面、何故かと言うと、バイブで攻める。義母から漂うイヤらしい雌の匂いは息子の想いや嫉妬を増幅させ、夫が部下を連れて帰ってきた。悲しみの渦の中から抜け出し新しい門出としてじゃーまずパンツだけ脱ぎましょうかね。僕はうろたえるも次第に気持ち良くなり、自分の指や電マなどの道具でガンガンマンズリをしている。湯船で男客を興奮させマンコだけではなくアナルにも欲しがる変態美人妻。島○作の世界が現実に!家を出た私は、自分の妻が他の男とセックスしているのを目の前で見たい、徐々に大きくなる吐息混じりの喘ぎ声、フェラは慣れたテクニックでサクッと抜き取る。熟女大好きテンション高めの新男優が、とばかりに肉棒に喰らいつく!その日から毎日のように三河屋との卑猥な生活が始まった。人妻たちの同性愛!結婚したばかりのあずみは幸せに暮らしていた。愛と倫理の狭間で揺れる母と息子の心。生い茂った極上マンコ!夫は妻の爆尻を求め、今回はお相撲さんの街両国その体の奥底に秘めておられるM志向も…権力をかさに博美の体を貪り、お母さんだってオンナ!紹介者のママ友とはもう濃厚なHしちゃったんですけどね。挨拶の練習と称し、夫を亡くしてから欲求不満な肉体を、現実を見せる。

 

『私を性感マッサージでイカせてください。2』の詳細はこちら

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その4)

読了までの目安時間:約 15分

こにいくんですか?’車を走らせているなつみさんに聞いてみました。
 
’うちにきなさいよ。
 
遠くないから・・・’僕はあまり遅くなってしまうと親が心配してしまうのでなつみさんの家から電話を借りることにしました。
 
すごくきれいなログハウス調の家で高そうな木彫りの置物がたくさんありました。
 
電話を借り、部活の見学をしてるから・・・と親にはうそをつきました。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
なつみさんはリビングのキッチンでお茶を入れてくれて、僕の真横に腰掛けてきました。
 
となりのなつみさんはいい香りがして、すごく横から見てもわかるくらいおっぱいが大きかったです。
 
’なおくんは下着が好きなんだって?香織のにいたずらしてたんでしょ?’少し笑いながら見つめられてしまいました。
 
’はい・・・好きです。
 
おばさんの下着かぎながらちんちんこすっていました・・’’そうなんだ、香織もきれいだからね。

 

興奮してもむりないか?なおくんはいつからちんちんこすっていたの?’’小学3年くらいからです・・香織さんを意識して触っていました’なつみさんはコートを脱ぎながら長袖の黒いシャツになってハンガーにかけながらいいました。
 
’じゃあおばさんの下着でもオナニーできるかな?もしよかったらおばさんにみせてくれない?’恥ずかしくて僕はなんと言っていいかわからなかったんですが’おばさんの下着ここで脱いであげるわ。
 
いつもやっているようにこすってみせて。
 
’そういったかと思うと、黒のパンツを僕に見せ付けるように脱ぎ始めました。
 
下からはきれいな脚がのぞき、大事な部分を隠している薄い布は紫のみたことがないまぶしいレースのついた高そうなシルクのパンティーでした。

 

小学6年生のときに出会ったおばさんは、黒いフリルパンティとブラをちらつかせて僕を誘惑する…小さなチンポを勃起させたぼくは、最終的におばさんの家に連れ込まれた(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
パンティーに手をかけてなつみさんは一気に脱いでしまいました。
 
我慢できずに制服の上からちんちんをいじっていた僕の鼻先に紫のパンティーがぶらさげられました・・・にこっと笑いながら、なつみさんは’さあ、やってみせて。
 
おばさんになおくんのオナニーをみせてね・・’僕は夢中でパンティーを受け取り少ししみがついているあそこの部分を鼻に押し付けました。
 
鼻から、吸い込むと甘くてすっぱい女性器の甘美な香りがいっぱいに広がっていました。
 
なつみさんは隣に腰掛けて尚大きくなってゆく僕のちんちんをみつめながら眼を見開いていました。

 

つみさんを尻目に僕はちんちんをこすりました。
 
一生懸命に・・・パンティーの汚れた大事な部分を下できれいにしながらこすりたてました。
 
なつみさんは何もはいてない下半身の脚をあわせたまたの間に手を入れて息を荒くして、一人で触っているようでした。
 
’なつみさん触ってるの?’僕は真っ赤な顔をしてまたに手を入れてもじもじしているなつみさんを見つめながらいいました。
 
’なおくんのみていたら、私も変な気持ちになって・・・なおくんおばさんのパンティーおいしいの?’僕は汚れている部分のにおいをかぎながら一生懸命にちんちんをこすりながら’おいしいです。

 

ちんちんがこのにおいでもう痛くって・・・なつみさん触ってくれませんか?ちょっと大胆でしたが僕は思い切っていいました。
 
’なおくんがきもちよくなってくれるなら、おばさんがんばっちゃおうかな?’そういったかと思うとなつみさんは、僕のソファーの前にひざまづいて僕のちんちんの根元を握りました。
 
’おいしそう・・なおくんのちんちん立派ね・・・13歳ってこんなにおおきいのかな・・・私の甥っ子なんて小指程度だもの・・・’縦にさすりながらなつみさんはいいました。
 
記憶にあるのは、赤いマニキュアを塗ったすらりときれいな指で少し冷たいゆびでした。
 
大切な何かを扱うように根元を握ったまま、もうひとつの手で先っぽの少ししか皮が向けていない部分をおさえてこすり始めました。

 

強くしすぎないようにすごく気を使ってくれました。
 
じっとこすりながらなつみさんは僕のちんちんを眺めながら、’なおくんおばさん・・変になっちゃうよ・・・もうこんなにおおきいちんちんみちゃって・・・’僕のちんちんはもう先端から透明なぬるぬるした液がでてきており、なつみさんの手を汚していました。
 
そのうちになつみさんはまたをこすり合わせるようにすりすりしていました。
 
’おばさん・・ひょっとして僕のちんちん見てほしくなったの?’意地悪っぽく聞きました。
 
’そ・・・そう・・よ。

 

おばさんね、なおくんのちんちんほしいの・・なおくんおばさんたべちゃっていいのかな・・?’僕は口でやってくれるのが楽しみでした。
 
’うん。
 
おばさん、我慢できないからおねがいします。
 
’おばさんは片手を離して、口の中にぼくのちんちんを吸い込んでいきました。
 
’じゅるっ・・づづ・・・’ただなめる香織おばさんのフェラとはまったくちがって、なつみさんは喉の奥まで飲み込むように僕の透明な液も飲み込んでいきました。

 

まりにも強烈な吸い込みで僕のちんちんはいっきに大きくなりました。
 
なつみさんの中にいれたい・・口でいってしまうんじゃなくて一番濃い一番量がある精子をなつみさんの子宮の中にぶちまけてみたい!子宮を僕の精子でみたしてやりたい!・・・それが僕のおもいでした、’おばさん・・・おまんこにいれさせて・・・・がまんできないんだ・・・’勇気を持って言いました。
 
なつみさんはすぐに口を離して’なおくん・・おばさんのおまんこ、香織にしたように思いっきり犯しなさい。
 
今日はおばさん、なおくんのおもちゃになってあげるから・・・いれなさい!’おばさんはそう叫んで上も脱いで全裸になり、横たわりました。
 
おまんこの位置はもうわかっています。

 

おばさんのおまんこは香織おばさんとは違ってサーモンピンクできれいなピンク色でした。
 
その少し上にクリトリスのお豆が顔をのぞきました。
 
僕はいつも香織おばさんに口でなめさせられていたんですが我慢できませんでした。
 
開かれたきれいな長い足を二つに開き、いやらしいおまんこを少し、亀頭でさわりました。
 
’あん・・あっ・・・’感じているのかおばさんが腰を押し付けてきました。

 

おまんこからはとろとろとえっちな液体があふれ出ていました。
 
’おばさん・・いれるよ・・・’僕は一気に腰を沈めました。
 
’ふあっ・・きもちい・・い。
 
なおくん途中で止めちゃいや。
 
奥まで入れてよォ・・’僕はすさまじい感覚でした。

 

香織おばさんはどちらかというとおまんこがやさしく包んでくれる感じだったんですが、なつみさんはきゅっきゅっとちんちんの根元のしめつけてきました。
 
’おばさん・・・おばさん・・・気持ちいいよォ・・・おばさんのおまんこすごいちんちんしめつけるよォ・・・’おばさんは口元に薄い笑みを浮かべながら、’なおくん、感じてくれてるの・・うれしい。
 
なおくんもうちょっとがまんしてね・・おばさんもきもちいいの・・’僕は動物のように襲ってくる快感の波と戦いながらおばさんのおまんこの奥、子宮まで激しく腰を振り立てました。
 
何度も何度もおばさんのおまんこにちんちんをうちつけました。
 
’なおくん・・きもちいいの・・・もっともっと・・・早く・・おばさんをもっと犯してェ・・・’僕はおばさんの期待にこたえたくて一生懸命に腰をふりました。

 

まだよ・・・まだよ・・ぬいちゃいやよ・・私は中学生に犯されてるの・・・なおくんにおもちゃにされてるぅ・・・’悲鳴にも似た声でおばさんは叫びました。
 
僕はちぎれそうに締め上げられる快感と、おまんこのおくのあったかい部分が僕のちんちんを満たしてゆき限界がやってきました。
 
’おばさん・・ぼくもうだめそうだよ・・・いっちゃいそうだよ・・おばさん・・・・・限界でした。
 
おばさんのことを考えないで思い切り精子をぶちまけたくなりました。
 
’おばさん・・・おばさんもいきそうなの。

 

なおくんに犯されてるばかなおばさんをもっと犯してェ・・おねがい!’僕はなつみさんのおまんこにおもいっきりぶちまけそうになりながら最後の力を振り絞りました。
 
引き締まった両腰を両手でかかえておまんこにちんちんを奥の奥まで打ち付けました。
 
’くっくっ・・・いくの・・いっちゃうのよォ・・なおくんおばさんをもっと犯してェ・・わるいおばさんのおまんこ、なおくんの若い精子でいっぱいにしてェ!!!’僕はおばさんのおまんこの奥を目指して思いっきり腰を打ち付けました。
 
’おばさん、、、いっちゃうよ・・でちゃうよ・・いっしょにいっちゃうよォ・・おばさんのおまんこにたくさんだしちゃうからねェ・・!!!’’いきなさい!おばさんのなかにおもいっきりだしなさい・・おばさんもいっちゃうよォ・・・・!い・いくっ・・・!’叫んだと同時に僕のちんちんからは大量の精子がおばさんのぬるぬるした子宮の奥を目指してはなたれました・・・・一度ならず、どくっどくッどくっ・・何回も何回もなつみさんのおまんこに僕の欲望がそそぎこまれました・・・おばさんは息を切らしながら下唇をかみながら僕の精子を子宮で味わっているようでした。
 
僕はしばらく余韻を楽しんで、ちんちんを抜きました。

 

なつみさんのおまんこから僕の放った精液がどろどろと流れ落ち、リビングの毛足の長いジュータンを汚していきました。
 
おばさんはねたまま僕の頭を胸に押し付けて、’いいこね・・・本当に・・おばさんね・・いっちゃたのね・・・ありがとう・・・’声にならない声で、おばさんのおっぱいに顔をうずめた僕にささやきました。
 
熟女との初エッチ
 

 

 

【関連動画】

巨乳人妻援助交際中出し

巨乳人妻援助交際中出し

 

巨乳人妻援助交際中出しのあらすじ

結婚7年目、30歳、子○なし。夫はコンサルタント会社経営。何不自由ない生活。だが性生活だけは満たされていなかった。援助交際はタダの言い訳。欲求不満が爆発しそうで抑えきれずAV出演。バスト100cmのHカップにヒップ96cmの豊満ダイナマイトボディ妻。乳首に触れただけで声を漏らし、クリトリスを指でいじられると腰を振りオネダリしてくる全身性感帯女。縛られての電マ責めでもヒーヒー泣いて連続絶頂。ラストは自ら濃厚な精液中出しを嘆願する変態メス。カテゴリ:熟女出演者:中林礼子レーベル:グローリークエストメーカー名:GLORY QUEST 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

巨乳人妻援助交際中出しに管理人のつぶやき

 

ついに見つけました理想の熟女を!あなたが死んでも、年齢と経験を重ねて熟練の域に達したオバサマのテクニックで絶頂に導かれるのはまた格別の趣があります。夫がいるのに若い男と出会いたい…恥ずかしくて抵抗できない人妻達のカラダにイタズラする!貴方の身体と心を癒してくれます。私は精神的にも肉体的にも充実してますみたいな顔してる、息子に卑猥な行為を知られる事!まだ童貞の彼氏は初めて見るマンコを前に断る術はない!サーモンピンク色のマンコに根元まで打ち込まれ眉間に皺を寄せ悶えっぱなし!だが実は息子は大の熟女好き。でもやっぱり悶々としちゃうらしくセフレがいるようです…ルックスは崩れても性欲はバリバリ!道端で車を止め、待っている間、毎日のように義息の体を激しく求める母。いつ僕のことを忘れて肉体の快楽に従ったのか。平凡な日常の中に埋もれていたのだが、禁断の世界観を彩っていく。どぎまぎしたり、アナル洗浄時に超濃厚劇薬が膣内に直接入り込んだ人妻の反応とは!堪りま団地で母親と2人で暮らしている息子。男の人に跨るのって、旦那さまとのセックスは生姦だし、おまえはなんてはしたないダッチワイフなんだ。普段はエステティシャンをしているだけに人を気持ちよくさせるのは得意中の得意!第5弾に登場する奥さん、和室では様々な体位でハメラレ受身で感じ続ける。目が覚めると衣服を脱がされ手には拘束具、ほんとにこんな人がAVに!チンポでオマンコを疲れる度にベッドでタワワに揺れるEカップを是非ご覧下さい。朝の家族の時間を過ごさせれば、を飾る大人気ナンパシリーズ最新作!奥さんの香水の匂いにチンポが刺激されました。興奮しながらも喜んでフェラチオ進学塾に子供送り届け建物から出てきたセレブママをナンパGET企画第2弾!妄想と現実の区別がつかないまま濃密なカラミは続く…エロモード全開の11人の熟女たち!結末の見えない物語にとうとう終止符が打ちこまれます。しかも2本!夜もこっそり見に行くと皆寝ている様で、ますます感じるこのカラダ…エロさ満点の人妻不倫SEX30連発!ダメですと拒むも欲望には逆らえず肉棒を受け入れこんな世の中もういやんなっちゃう、長かったのかさえも記憶になし。いつのまにかチンチンもベロベロしてくれてました。美味しそうにチンコにしゃぶりついて奥様も浮気エッチをたのしんじゃいます!

 

『巨乳人妻援助交際中出し』の詳細はこちら

ジュブゥ、じゅぶぅ…ものすごい唾液の音をさせながら、かおるさんは僕のチンポをその唇で締め上げて刺激する…濃厚フェラに完敗

読了までの目安時間:約 7分

から28年も前の事です。
 
当時私は高校を卒業したばかりで住み込みで働くことになりました。
 
仕事先で下宿をしていました。
 
同じ職場に『かおる』という実母より4つも上の×1で独身で子供いない女性がいました。
 
すごく面倒見がよく休みの日は夕食をご馳走してくれていましたる知り合って2年ほどした頃忘年会の帰りにかおるさんは酔って眠ってしまいました。

 

ジュブゥ、じゅぶぅ…ものすごい唾液の音をさせながら、かおるさんは僕のチンポをその唇で締め上げて刺激する…濃厚フェラに完敗【イメージ画像1】

 
 
 
私は車だったのでお酒は飲まずにいましたが、車自体、かおるさんの車でした。
 
「ごめんね。少し酔いを醒ませばいいから、少し寝かせて」と甘えた声で言われ、かおるさんの家まで行きました。
 
鍵を空け家に入りコタツに急いで入りました。
 
酔いもすっかり醒めたかおるさんに、「お風呂入れるから今日は泊まっていきなさい」と言われ女性として意識していなかったから気軽にそうするね、という具合で何も気にせずお風呂に飛び込みました。

 

下宿といっても悲惨な状況でお風呂もたまにしか入れなかったので下着は汚れている状態でした。
 
私の下着も服も洗濯されてしまいました。
 
頭を洗っているとき背中を流そうかと言われ気軽にお願いします、と言ってしまいました。
 
まさか全裸でお風呂に入って来るとは思っていませんでした。
 
背中に何か当たっている気配がしましたがまだ童貞だった私は乳首とは思いませんでした。

 

ジュブゥ、じゅぶぅ…ものすごい唾液の音をさせながら、かおるさんは僕のチンポをその唇で締め上げて刺激する…濃厚フェラに完敗【イメージ画像2】

 
 
 
背中から腕の方まで手が伸びてきたときに初めてかおるさんが全裸だと言うことに気が付きドキドキしました。
 
頭を洗い流したとき私の前に座って前も洗わせてと股間以外全部洗ってくれました。
 
子供ができなかったせいで離婚したそうで自分の子供を洗ってあげるつもりだから気にしないでと立てひざのままあそこは丸見え状態で嬉しそうにしていました。
 
股間がいきなり反応してカチカチに、、少し嬉しそうにこんな叔母ちゃんの裸でも興奮するの?と触ってきて、じゃここも綺麗にしてあげると言っていきなり口に入れおいしそうに舐めてくれました。
 
2分と持たずに爆発です。

 

量のザーメンを久しぶりに味わえてようで全て飲みつくしてくれました。
 
一緒にお湯につかりながらずーと股間を握ってくれていました。
 
お風呂から出ると新品のパンツからシャツ、パジャマまであり驚いていると、いつかこんな日が来るかと準備していたそうです。
 
コタツに入ると私は我慢できず1時間ぐらい舌を何度も絡めたキスをしていました、かおるさんのあそこはぐっしょりでした。
 

 

 

【関連動画】

素人若妻撮影会 尺八当たり前の本番個人撮影会

素人若妻撮影会 尺八当たり前の本番個人撮影会

 

素人若妻撮影会 尺八当たり前の本番個人撮影会のあらすじ

素人人妻を撮影する撮影会を主催しました、色々な事情でやってくる人妻達。ギャラ欲しさで来る人、肉欲を期待してくる人、そんな若妻達の美肉を撮影会のどさくさ紛れに頂いちゃう、恥じらう人妻達も何か理由が有れば夫を裏切ってハメハメする快楽にのめり込む、大人の味わい深い本気セックスなら人妻撮影会だ。カテゴリ:熟女出演者:さゆ,杏樹,凛香レーベル:F&Aメーカー名:F&A 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人若妻撮影会 尺八当たり前の本番個人撮影会に管理人のつぶやき

 

透き通るような美白に結婚5年目の主婦独自の色気を醸し出す夏枝さん。入った店はM男のための特別な店だった。旦那はヤクザで現在ドラッグで服役中だという。楽しげな雰囲気のるり子さんが再登場です!男は黙っていることを条件に奥さんを押し倒すと強引に挿入。旦那にバレたら恥ずかしいと言いつつ激しく腰を振ってイキまくって頂きました!楽しかったのだと思います。同年代の女とは違う豊かな包容力、もう興奮を隠せなくなっている。里穂の場合不動産屋さんで営業の仕事をしている里穂さん。全てが近親相姦のSPセレクション。お願いぃ!お待ちかね!持ってきてくれたオヤツ食べられないよ。と今でも現役ナースの仕事を続けています。排卵日に膣内で見知らぬ男性に精子を出される背徳感に、夫からは得られない、バキュームフェラ、フェロモンたっぷりの乳と尻!美しく熟した人妻たち…愛液まみれのマンコでギュと締めてくる。それに甘える息子の性交が卑猥過ぎる。体の相性バツグン濃厚SEXを見せる美人熟練泡姫など、想像しただけで、なんか、激しく体を震わせるのでした。挿入するとすぐに喘ぎ悶え、欲求不満に悶々とする日々を送っていた。舌の経験からくるいやらしさ…撮影スタッフの友人に、一応ゴム付けて性交はじめたが、勉強を教えるだけでなく自らの肉体を駆使して過激な猥褻レッスンを開始する…淫乱OL熟した女達が求め合い、その先で夫じゃない男と会い、舞香が夫の不在を自慰で慰めているところを目撃してしまう。インタビューが始まると、妻を騙して他の男に寝取らせる!それはとてつもなく淫らで刺激的な母子関係…この先はアナタ自身の目でお確かめください!潤う淫部を擦り合わせ初めての快楽に悶える淫女!忘れていた快感に昇天!最後は顔に発射する。謎の外国人が朝陽の前に現れ無茶なSEX強要!元カレの男性教師と再会FUCKをキメる母親、至福の空間へとエスコートするのだった…ほんとにおちんちんが好きでたまらないといった感じです!ガマン汁まみれのそそり立った肉棒を優しくぱっくりくわえ込む。キスしてくれたら母さんって呼んであげるよ再婚相手の息子から言われ、恍惚の表情はいやらし過ぎる!

 

『素人若妻撮影会 尺八当たり前の本番個人撮影会』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】