告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

出会い系の熟年奥様との不倫情事は生挿入セックスで秘密の性交

読了までの目安時間:約 2分

出会い系で積極的にアプローチしてきた52歳の人妻。
メールではかなりきわどい内容で、会えば墜ちると睨んでは居た。
無難にお茶だけのスタートかなと思ってたら、クルマ同士で落ち合って「お任せ」とのメール。
スタイルはいいらしい。
初めからエロすぎるメールもどうかなぁと思い、スケベな内容のことはほとんど書いてない。
ただ彼女が欲求不満気味だし、たまに社交ダンスもするということで、そこそこ発展家だとばかり思い込んでた。
孫が居てもおかしくはない熟年。
ホームセンターの駐車場で会った第一印象は確かにスタイルがいい。
これは、やるしかない。
焦る心を抑えて、和食の店であれこれ話をした。
でもそこではエロトークは封印。
終わってからのドライブで徐々にそういう感じにもっていった。
いつものパターンで、ほどなくラブホテルに。
もう覚悟はしたみたいだった。
そのまま脱がせて、もちろんナマでぶち込んできつく締まるマンコを堪能。
だけどクンニやフェラを嫌う?それなりに濡れてるのに。
どうやら、いいエッチはしてこなかったらしい。
正面から見ると、実に美人で『若い頃はさぞかし魅力あったろうなぁ』と実感できる。
しかし、正直ずっとつきあってくのは無理っぽいかなぁと思った。
別れたあとに「セックスは好きじゃない」とのメールがきた。
こういった感じで、手間暇を掛けずに熟年世代の奥様を、たまにいただけることがある。
いかんせん、視覚的には限度を越えているが・・・おばさんたちも『一度ならいいか』と決め込んでくるみたい。
まぁ、俺はやれればいいから、いいんだけど。

出会い系で生挿入でヤらせてくれた熟女に大量ザーメン中出し射精の性交

読了までの目安時間:約 5分

先日、出会い系で知り合った48歳の熟女と会った。
最初のセックスから一週間後だった。
初めて抱いた後、私はメールで中出しを懇願していた。
熟女をその気にさせるため、歯の浮くような言葉を並べ立てて。
熟女は私の熱意?に落ちた。
生理が近いことが落ちた理由だと思うが、私の熱意にほだされたからかもしれない。
「好きな女を生で感じたい。」これが最後の落とし文句。
「これほど情熱的に口説かれてはしかたがないわ。生理も近いしいいわよ。」私は、「お互いいやらしく、激しく愛し合おうね。禁欲して溜めに溜め、いっぱい出すからね。」「うわーっ、いやらしい」とメールで返事が返ってきた。
会ったのは前と同じお互いの中間の場所。
ラブホは同じところを選んだ。
部屋も同じところが空いていた。
彼女はミニのタイトスカートを穿いていた。
ストッキングは私好みの黒。
私の目は彼女の下半身に釘付けになってしまった。
変な表現だが目が“まんこ目”になっていたと思う。
抱きしめてキスした。
彼女も積極的に舌を使ってきた。
そのままベッドに押し倒すと、「待って、慌てないで。時間はたっぷりあるのよ。シャワーを浴びさせて。」「じゃあ、一緒に。」と私。
「いやっ、一人で入る。待ってて。」彼女はシャワーから出てきて私は少しビックリした。
服を着ていたからである。
「どうしたの?服なんか着て。」「貴方、私の服を脱がせてしたいのでしょ。今日会った時から感じてたわ。うふふ。」熟女はお見通しだった。
ベッドに座り入念にキス。
そしてベッドに押し倒してスカートの中に手を入れる。
ざらついた黒ストの感触がたまらない。
そこはすでに濡れていた。
「濡れているよ。」「ああ、待ちきれなかったのよ。」ミニのタイトはそのままに黒ストとパンティを一緒に剥ぎ取った。
それだけで女の匂いが鼻を突き、しびれた。
私はぱっくり割れた女の生命をじっと見た。
「はずかしい、なんとかして。」「なんとかって、なに?」と私はじらした。
「舐めるとか、いれるとか、よ。」私はわざとまんこの周りに舌をつかった。
「うっ、やっ、ああっ」と熟女は感じていた。
「あれから旦那としたか?」「してない、はあっ」「ほんとかな?」「ホントよ、早く」私は熟女の亀裂を舌先で“れーっ”となぞった。
「ああっー、だめー、ああ、ああ」とのけぞった熟女に私は容赦なく舌を使う。
邪魔になったタイトスカートを脱がせ、上も脱がせブラも剥ぎ取り、乳房を愛撫する。
入念な愛撫を指、舌を駆使してした。
熟女はもうしきりに欲しがった。
「いくのか?」「そんなに舌を使われちゃ、だめになりそう。きてぇ!」「まだまだ!」実は私のペニスもはちきれんばかりだった。
「貴方の、びんびんよ。入れて、お願い」ズン!いきなり私は位置を定め突いた。
熟女のどん底に一気にぶち入れたのである。
「うっ、ああああああっ」それだけで熟女は、「いく!」と叫び、あとは、「いく、いく、いく」と泣き声になっていた。
「貴方、今日はどうしたのよ。情熱的で、激しくて。とってもいいわ。」私はかまわず出没運動を続けた。
「あう」「貴方、いってぇ!」私はまだ射精感になかったが、「中に出して私の女にする。いいね。」「いいわ、貴方の女になる。私は貴方の女。出してぇ、いっぱい出して!」狂ったように叫ぶ熟女。
私はラストスパートに入った。
「よし、いくぞ!」ズンズンズンー!スパートし、「いくよ。出すよ。受け止めろよ。」「いいよ、出してぇ、来てぇ!」「ううっ!私の女になれ!」私は背中がしびれ、熟女のまんこの中で最後の一突きで溜めに溜めた精液を吐き出したどびゅ、どびゅ、どびゅ、どびゅ、どびゅ、どびゅ、ととめどなく続く射精。
「貴方っ、愛してるわ、またいく」と熟女。
終わって、私の胸で甘える熟女に、「俺の女になる。ほんとに。」「私を抱く貴方に愛を感じたわ。貴方の女になるわ。」その後少し休み、時間を延長して私はまた熟女に挑んだ。
熟女は三恵子といった。
私のペニスをまんこにくわえ込んだまま、「三恵子、どうだ。いいか。」「いい・・・だめ・・・はうっ」と完全に伸びきっていた。
私も最後の一滴を出すべくスパート。
「三恵子出すよ。」熟女三恵子は伸びきって返事がなかった。
私はそのまま三恵子の中に吐精した。
服を着て帰り際に名残惜しそうにキス、キス、キス。
股間に手をやり撫でてやった。
「ああ、また抱かれたい。」三恵子は完全に私の虜になっていた。

露天風呂で巨乳熟女のトロトロおまんこにザーメン中出し射精の秘密SEX体験

読了までの目安時間:約 3分

数年前、大学1回生の9月、バイトで溜めた金で友人と温泉巡りをしていました。
巨大露天風呂が有名な山陰の某老舗旅館に泊まりました。
平日の早朝という事もあり、1人で入浴していたら40代前半くらいの熟女が入って来ました。
「あら、お兄ちゃん1人なら隠す必要もないわね」と笑いながら巻いていたタオルを外して湯舟の中へ。
真っ白な肌、巨大なバスト、下腹部の三角形の茂みが露わに。
乳輪は大きかったが、乳首は意外にもピンク。
俺はいきなりの展開に慌て湯船から出ました。
熟女とは言え、胸やお尻は垂れる事なくツヤツヤとしていて、体を洗ってる最中は悶々としていました。
そして背中を洗おうとした時に、「洗ってあげようか?」とさっきの熟女がいきなり背中をゴシゴシしてきました。
「えっ!?あの…」「次は前向いて」前を向けば俺のチ○ポのMAX状態がバレる…。
遠慮がちに前を向いたら、「あれ~?こんなおばちゃん相手でもこんなになってくれるんだ」と言いながら、肩を洗ってる時には目の前にDカップぐらいの胸がユサユサ。
乳房にうっすらと浮かび上がる血管が余計にイヤラシさを強調。
そして、椅子に腰掛けた彼女はM字開脚状態。
茂みの中に赤くぱっくりと割れた、肉唇が…。
思い切って乳房を触ってみると、「だめぇ…主人が来ちゃうから…」この言葉に俺は、旦那が来るまでにヤルしかない!と熟女の手を股間に持っていくと、熟女は黙って上下に動かし出した。
これが最高に上手い!「入れたいんだけど…」と彼女を後ろ向きに立たせた。
「やっぱり主人が来るから…」と露天風呂に逃げる腰を捕まえ、グイッと引き寄せ、挿入!中はトロトロで意外にも締め付けがハンパない。
夢中で、熟女の巨大バストを鷲掴みにして、ピストン運動を始める。
ぴしゃぴしゃと湯が波打つ。
「ああん、いいわぁ~」という喘ぎ声。
「でも、今日は危ない日だから外に出してね」俺の興奮もマックス、さぁこれからというところで、「おーい、○○子」と旦那登場の声!抜こうとしたが、その瞬間熟女の膣が今までになく強く締め付ける。
ドクン、ドクンと2回ほど熟女の深奥に射精してしまった。
何とか抜いて、俺は露天風呂の岩陰に隠れる。
熟女は露天風呂に首まで浸かって股間を洗い、やってきた旦那と一緒に出て行った。
旦那の姿は見えなかったが、俺の存在にも何が起こったかも気付かなかった雰囲気。
熟女とは旅館の中でもう会う事はなかった。

部長の熟女奥さんと肉体関係で中出しセックス三昧の浮気情事

読了までの目安時間:約 3分

私は35歳の会社員です。
会社の上司の部長の奥さん(和美・48歳)とセックス三昧です。
顔のシワ・垂れた胸・尻は熟女なのでしょうがないが熟女好きの私にはストライク!私と和美さんの関係は私の離婚問題を部長に相談している時でした。
前からいいな~と思っていた私は部長の泊まり出張の日を見計らい部長宅に行きました。
「あれ?主人は出張だけど・・・?」「あれ、そうですか?間違えたかな?」「そう言えばその後どーなった?大丈夫?とりあえず上がって」といい親身に心配して話を聞いてくれました。
私は思いきって、「和美さんみたいな人が奥さんだったらな~!やっぱり年上がいいな~」と言うと和美さんは、「私なんかおばさんだよ!若い子の方が良いわよ」って笑いながらいった。
それで会話か終わったら全てが台無しになると思い、私は下ネタで攻撃してみた。
部長とはもうセックスしていないのか?不倫願望はあるのか?和美さんは少し恥ずかしそうに3年位前からセックスはないと教えてくれた。
不倫願望はないがまだ女でいたいというような感じだった。
私は和美さんの腕をとり強引にキスをした。
和美さんは「やめて!貴方は主人の部下でしょ!帰って!」と抵抗しましたが強引に抱きつき「一人の男です。やりたい!」と言うと抵抗をやめました。
和美さんは「私は50歳手前よ!おばさんとやりたいの?」と聞いてきました。
私は、前から少し気になっていて、今日ここにきたのも計画的だったことを話すと、和美さんは今日は帰ってくれと言う。
携帯の番号とアドレスを交換しその日は帰りました。
勢いとはいえ上司の妻を・・・色々考えて家に帰り風呂に入り出るとなんと和美さんからメールが!『さっきはごめんなさい。急だったので・・・だけど女として見てくれて嬉しかった』との事。
それから暫くして和美さんと肉体関係になりました。
絶対に部長にはバレない様に行動するように約束されました。
今では部長の家に行った時なんか部長の目を盗みキスしたりする始末!電話で呼べば夕食の準備もせずに私のマンションへ尻を振って飛んできて、玄関でチンポ出して待っているとシャブリついてきます!週2回はセックスし中出しやゴックンさせてます。
最近ではセーラー服を着せて車に乗り隣街に行き運転中にフェラさせたりしています!この前なんか48歳の女がセーラー服着ているのを畑仕事をしていたおっちゃんが不思議そうに見てました。

隣の事務のおばちゃんの即尺フェラに立ちバックでおまんこ生ハメセックス体験

読了までの目安時間:約 2分

土曜で月締めも間近にせまり休日出勤していた。
たいがい俺1人なので休みの方が電話もないし、仕事もはかどるのでたいがい休みの日に事務仕事を済ませている。
1時間ほど仕事して息抜きにエッチサイトをイヤホンしながら見て、ズボンの上からさすっていると、いきなり肩を叩かれた。
ビックリしてイヤホンをとって振り返ると隣の事務所の40代後半の事務のおばさんだった。
ヤバいとこ見られた~っと思いながらバツ悪そうにすると、「パソコン見てくれない?止まっちゃったの。」っと完全にこっちが何をしてたのかわかってるはずなのにっと思いながら、「はい。見ますよ。」と隣の事務所に行って再起動させてパソコンを直してあげていると、「若いから仕方ないけどビックリしたわ~」っとズボンの上からペニスをさすってきた。
ちょっと腰を引くと、「おばちゃんじゃだめかな~?」っと聞いてきたので、「そんな事ないです。」って言うとズボンのベルトを外しチャックを下げペニスを出してしごき始めた。
そして口に含みフェラチオを始めてくれて、「ダメです。出ます。」と言うと、「私に頂戴。」っと立ち上がりスカートを上げストッキングとパンツを下ろして机に手を突いてお尻を向けたので、俺はペニスをあてがいゆっくり入れてピストンした。
おばちゃんは必死で声を上げないように頑張ってるが敢え無く中で発射した。
その時だけ「あっ!」っと声をもらした。
しばらくして抜かずの2回目に突入しておばちゃんをいかせて今度は口に発射してあげた。
気持ち良かったです。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】