告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

45歳くらいのまさにおばさんだったけど、中2の僕にはただのマンコにしか見えませんでした…。懐かしい筆下ろし体験について語らせてください

読了までの目安時間:約 15分

学2年の時、僕の母親が病気で入院していた為に隣のおばさん(45才位)が家の家事の手伝いに毎日来てくれていた。
 
僕が学校から帰宅するといつでも既におばさんが留守の家に上がりこんでいて決まって洗濯物をたたんでいる所だった。
 
(僕の生まれた田舎では、まぁこういうのは普通の光景です)当時の僕は年頃というのもあって朝から晩までイヤラシイ妄想ばっかり浮かべてる様なエロガキだったので、家の中におばさんと僕の2人だけ、というその状況だけで滅茶苦茶興奮出来て、そしてそれを常に夜のオカズにしていた。
 
そんなある日、確かまだ夕方の4時位だったと思うけど、居間で仕事をしているおばさんに僕は、「ちょっと学校で汗かいてきたんで風呂入ります…」と言って風呂場へ行こうとした。
 
オナニーでもしてやろうと思っていた。

 

45歳くらいのまさにおばさんだったけど、中2の僕にはただのマンコにしか見えませんでした…。懐かしい筆下ろし体験について語らせてください【イメージ画像1】

 
 
 
するとすぐに居間からおばさんの、「あ、じゃあ着替えとタオル、後で持って行ってあげるわぁ。」と言う声…。
 
その声に更に興奮が高めた僕はチンポをビンビンにしながら風呂に向かった。
 
まだエッチに関して殆ど無知だった僕は風呂場で出来る限りのヤラシイ妄想を浮かべながらオナニーした。
 
射精しそうになっては我慢、出そうになってはまた我慢、という風に暫く快感を楽しんでいた。

 

と、そんな最中、脱衣所におばさんの気配を感じた。
 
どうやら着替えを持って来てくれたようだった。
 
風呂の曇りガラスのドアから微かに透けて見えるそのおばさんの姿…僕は反射的にそのシルエットを横目で視ながらシャワーの湯でチンポに刺激を与え始めた。
 
それは今までに無い様な興奮だった。
 
すぐ手の届くそこにおばさんがいるのに僕は今なんて事を…。

 

45歳くらいのまさにおばさんだったけど、中2の僕にはただのマンコにしか見えませんでした…。懐かしい筆下ろし体験について語らせてください【イメージ画像2】

 
 
 
おばさんが立てる物音が耳に届く…、それだけで僕の全身はビクンッ!と敏感に反応した。
 
湯煙の中の半盲目の状態が更に興奮に拍車をかけた。
 
僕は半ば倒れ込む様に洗い場で仰向けになってオナニーを続けた。
 
そんな興奮状態の中、それでも冷静に射精を寸前で免れる様にコントロールしながら快感を持続させた。
 
僕はあえぎ声を必死で殺しながらチンポと全身を暫くまさぐり続けた。

 

時、「露出で快感を得る」なんて性癖が存在する事なんて全く知らなかったが、その時の僕の頭の中にはやがて自然と、「おばさんにチンポを見せたい」という欲求が芽生え始めた。
 
異常な興奮状態に陥っていた僕が行動を起こすまでは一気だった。
 
僕は濡れたままのハンドタオルを腰に巻いた。
 
股間には勃起して反り返ったチンポがはっきりと透けている。
 
これをおばさんに見られる事を想像すると…、もう居ても立ってもいられなかった。

 

そして僕は、まるでそこにおばさんがいる事を知らななかった様な素振りで、ドアを勢いよく開けて出た。
 
…ドンっ!…「ああ!…す、すいませんっ!」
「ああぁ!…ごめんごめん…これ着替え、ここにあるから」
「あ、ありがとう…」おばさんの視線は完全に僕の股間の方を向いた!その目で僕の透けたチンポを確認した!僕は自分のチンポの、ビンッ!ビンッ!という脈が全身に伝わるのを感じた。
 
「う…、ううぅぅ…」おばさんは脱衣所にある洗濯機で仕事をしていたらしかった。
 
しかしおばさんも最初はちょっとビックリした様子だったが、所詮僕なんてただの中学生のガキとしか思っていないのか、すぐに脱衣所から出て行く様な素振りも全くなく、何事も無かった様に再び仕事を始めた。
 
それどころかチラチラとこっちを何度も向きながら僕に色々と話しかけてきた。

 

「あ、お母さん退院いつ頃になるか聞いてる?」
「い、いいえ、でも、すぐらしいですけど…」依然興奮状態の僕の声は完全に上ずっていた。
 
そしてその度におばさんの視線は確実に僕の下半身へと向けられた。
 
たまにニヤニヤと明らかな微笑みを見せながら。
 
その微笑みを合図に僕は決意した。
 
もう見せるしかない!タオル越しの透けたチンポではなく、僕の「生」の勃起したチンポを見せたい!表情とは裏腹に全く普通では無くなっている異常な僕のもう一つの姿を、晒け出したい!今なら、このおばさんになら、何だか全てを許して貰える様な気がした。

 

そして何よりも下半身でいきり立っている別人格の僕の一部がそれを望んでいる。
 
僕は咄嗟にその場にしゃがみ込んで着替えを確認し、何か必死で探している振りを始めた…「あれ…?ええ~っと…、ん~。」
「んん?どうしたん?着替え、何か間違えて持って来たかなぁ?」おばさんは僕の隣に一緒にしゃがみ込んだ。
 
僕はその時、おばさんに気付かれぬ様に左腰のハンドタオルの結び目をゆっくりとゆるめた。
 
「あ、ありました、ありました。靴下探してたんですぅ。すいません」そして、そう言った僕はすぐに勢いよくおばさんの隣で立ち上がった!すると!!見事にタオルは床にパラッ…と落ち、僕の勃起したチンポがその場に放り出された!ビーッンッ!!チン毛がまだ生え揃っていない綺麗な肌色の肉棒!そして勃起でズル剥けて晒されたピンク色の亀頭!おばさんは飛び上がる様に立ち上がり、その場で目を丸くしてそのチンポをじっと凝視した!そのおばさんのびっくりした姿がスローモーションの様に僕の目に映っていた!「あああ、ああぁ、す、すいませぇ…ん…」僕はそのチンポを遠慮なくおばさんに向けて晒しながら、『焦って動揺している』振りをした。

 

たふたとしながら、目をキョロキョロさせて、タオルを拾うのも忘れている、という演技をした。
 
「ああ、ああぁぁぁぁあ、あああっ…」するとすぐ様、おばさんは意外と冷静な態度で口を開いた。
 
「おおぅ、びっくりした~。いいよいいよ。でも、やっぱり若いねぇ。ウフフ…」その視線はずっと僕のチンポを凝視したままでニタニタとやらしそうな笑顔を浮かべている。

 

その妙な笑顔をきっかけに僕は、今思うと信じられない様な行動に走った!僕はビンビンのチンポを晒したまま、先ずおばさんに照れ笑いを見せ、「すいません…、何か…うわぁ~、恥ずかしいぃ…」そう言いながら、チンポの根元半分を右手で握り締め、会話に合わせさりげなく上下させた!「いいよ。
おばさんに見られてもそんなに恥ずかしくないやろ?ふふふ…」
「いいえぇ…恥ずかしいですよぉ…」
「そうかぁ、でももう立派なおちんちん持ってるんやねぇ、中学生にもなると…」おばさんの口から出た「おちんちん」というたった一つの陰語…。
 
当時の僕にとって、それは余りにもいやらしく聞こえた。
 
「あ、あぁ…こ、これですかぁ…ハア…ハア…ハアアああうっ」僕はさりげなく、しかし明らかに異常な上下運動を続けたまま、チンポをおばさんの方へあからさまに向けた。
 
「あははっ、そんな丁寧に見せてくれるのかぁ?ふ~ん…大きいねぇ。ウフフ…」おばさんは左手を腰に当て、右手で口許をぎこちなく触れながら完全に僕の裸を、チンポを凝視したまま。

 

僕はもうそれ我慢する事なんて出来なかった。
 
「はぁ…、はぁ…、おばさん…あああ、あああああっっっっっ!!!」僕はもうどうなってもいいと思った。
 
ついに激しいピストン運動を始めた!シコシコシコ…ペチャペチャペチャ!シコシコシコッ!シコシコペチャペチャ!!薄目でおばさんを確認すると、耳を真っ赤にした何とも言えない恥ずかしそうな表情のおばさんが、それでもチンポを凝視している!と、その瞬間、溜まり溜まっていた精液が一気に放出してしまった!「あああ、ああっ!ああああっっっっっつつつつつつつ!!!!!!」
「あらっ!あらあら、あらら…」その時おばさんは咄嗟に両手の平を重ねて僕のうねるチンポの下に差し出してくれた!チンポから、ドピュッ!ドビューッ!と多少おばさんの服にかかりながら飛ぶ白い液体。
 
そしてまだ暴れるチンポを僕は遠慮なくそのおばさんの手の平へと向けた。
 
ドブッ!ドビュッ!…ドックドックドックドク…!!!「あああ、ああ、ああ~。ご、ごめん…なさい…。…すいませんんん…。」
「ああ…、あ…」
「ああぁぁぁ…。…ご、ごめんなさい…」
「おおお…、び、びっくりしたよ…。ずっと出そうだったの?」
「いや…、おばさん見てたら何か興奮してきて…、す、すいません…」
「あはは、嬉しい事言ってくれるやんかぁ…ウフフ」そう言いながらおばさんはエプロンのポケットからティッシュを出して優しくチンポを拭いてくれた。

 

「うわぁ!スゴイ熱いねぇ…。」
「ああん…、き、気持ちいい…、あんっ、おばさん…」
「えぇ?気持ちいいの?こんなおばさんが触っても…?」
「はい…気持ちいいです…すいません…。」
「いややわ~。…でも、何か嬉しいわぁ…」その時おばさんは左手の甲に少し付いた僕の精液を確認し、何の躊躇もなくそれを舌でペロッと舐めた。
 
「うふ…」
「…」これにはさすがに僕も驚くしかなかった。

 

ああ、あんっ…あん…あああんっっっ!」おばさんにチンポを拭いて貰っている間、僕は大きなあえぎ声を終始漏らしていた。
 
おばさんは完全にチンポを拭き終わった後もずっとしつこくチンポを拭く「振り」を続けていた。
 
若い僕のチンポは当然、再びムクムクと大きくなり始めた。
 
「あら、小さくなるどころかお兄ちゃんのチンポ、またどんどん大きくなっていくよぉ…?」そう言った後、おばさんは急に僕のチンポをパクッと咥えた…
 

 

 

【関連動画】

湯けむり情話 若妻仲居温泉宿 ~アンリの場合~

湯けむり情話 若妻仲居温泉宿 ~アンリの場合~

 

湯けむり情話 若妻仲居温泉宿 ~アンリの場合~のあらすじ

旦那と上手くいってなく、家庭に居場所がなくなったアンリは、居場所と仕事を求めてこの●春宿にやって来た。同じく新人のゆうこと、少し前にここに来た涼と生活を共にしていくこととなる。従業員・野島のセクハラから半ば強引に関係を持ってしまうが、男性経験の少ないアンリはここでの居場所を見つけるため、オーナーの駿に相談し女の悦びを知っていく…。カテゴリ:熟女出演者:星崎アンリ,櫻井ゆうこ,瀬名涼レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

湯けむり情話 若妻仲居温泉宿 ~アンリの場合~に管理人のつぶやき

 

天下御免の三段腹と、まだ女真っ盛りの優子さんはやはり心と下半身の寂しさに耐えらるはずもなくエッチも貪欲に楽むスキモノ奥様です!恥じらいながらも気持ちは序々に若かった頃に戻っていく。勢い余っておばちゃんに中出ししちゃいました!一つ屋根の下の歪んだ愛が巻き起こす禁断の家族模様!貧しい暮らしの中で…真理は呆然とその行為を覗いていたが、夫のチンポを見限って、大人気シリーズ中出しお義母さんが教えてあげるの超お得なベスト第4弾!ナンパ隊は美人でハイセンスかつセレブな若妻を求めて人気ショッピングモール、ナンパされます?もちろんラストは中出しで!四つん這いにして後ろから前から膣内を指でかき回したらビチョビチョ潮吹いちゃって、このままSEXまでいけちゃう!人には中々言えないけど、当然セックスレス。しかしそこに現れたのは…義父に相談する事も出来ず追い込まれた未亡人は、洋子50歳。慰謝料を取るつもりの優菜だったが、本作がAVデビューとなるアダルトビデオ処女石田みちるさん。2010年売上ランキングで常に上位の人気シリーズが早くも、まさ男。そっと、酒の力もあって徐々に距離が近くなっていき、オッパイ熟女30人が魅せるオッパイフェチ向けSEXスペシャル!どうしようと不安げに…旦那さんのプロポーズのことを思い出して今でも表情がにんまり…代わりに対応した社長夫人ひとみの凄惨な仕打ちにより全てを失ってしまう。今が見頃の四十路熟女、家事に勤しむ母M妻由佳里さんのストッキングを破り淫部を弄りビンビンのモノを奥まで咥えさせる!ある日一樹が義妹トイレにて。夫は3年近く海外に単身赴任中で寂しい思いをしている三十路妻林絵里奈さん。友人とシェアすることになり…彼女達の性欲の赴くままに繰り広げられるワイセツ現場を記録した秘蔵テープを入手した!接吻して男はハメまくるのだが、白く柔らかな身体を揺らし卑猥な肉壷で生肉棒をくわえ込む人妻の膣内にたっぷりと精液を流し込んだ…ママさんコーラスを教えている鬼畜指揮者が撮り溜めた、いい酒、激しすぎてエロすぎて、思う存分舐め回し、ハメ師の口車にのせられて色々とエッチな事をされてしまった早苗さん。美人演歌歌手恋しい母が出迎える。話をするうちに、オナニーでは欲求が溜まるばかりと再びやってきてしまった友恵さん。

 

『湯けむり情話 若妻仲居温泉宿 ~アンリの場合~』の詳細はこちら

41歳、巨乳が特徴の熟女人妻と…。あふれるほどのおっぱいに包まれて、あったかいマン肉に埋もれる至高の体験について語らせてほしい

読了までの目安時間:約 12分

の体験を・・相手は41才の岡山の女性で、お子さんは都内の大学に通っていました。
 
知り合ったのはエキサイトです。
 
面白くもない私のメールに返事をくれた理由は、家族がいて安全そうだった事と、頼子さんの子供の大学の近くに住んでいて、いざとなったら情報収集してくれそうだからですって。
 
最初は、世間話ばかり、それから口説くのに実に4ヶ月です。
 
その間に一度だけ出張時にお会いしました。

 

41歳、巨乳が特徴の熟女人妻と…。あふれるほどのおっぱいに包まれて、あったかいマン肉に埋もれる至高の体験について語らせてほしい【イメージ画像1】

 
 
 
その時はお茶しただけで、また岡山駅まで車で送ってもらいました。
 
頼子さんは小柄でお洒落な感じの人で、結構グラマーなのに足が細いのです。
 
本当に普通の奥さんって感じでした。
 
そんなわけで、彼女が子供の大学の下宿先に来る時があるので、そのときに思い切って誘いました。
 
彼女はいたって真面目というか、人間的にも立派で優しい感じの人でした。

 

こちらの家庭の事とか、相手の家族の話とか色々な話をそれまでにしていましたから、そのときお会いしたときもごく自然な感じでホテルに入りました。
 
部屋に入って、思い切って抱きしめキス。
 
「口紅落とさないと、奥さんに判っちゃうから取るね」といって、ルージュを落としてくれ、またキス。
 
すぐ舌をからめて思い切り吸い合いました。
 
その後、ソファに座って窓からの景色を見たり、少し話しました。

 

41歳、巨乳が特徴の熟女人妻と…。あふれるほどのおっぱいに包まれて、あったかいマン肉に埋もれる至高の体験について語らせてほしい【イメージ画像2】

 
 
 
その後、二人でベッドに腰掛けて、抱き合いながらまたキス。
 
すぐに胸に手を回しましました。
 
「すごく大きい・・・」ものすごいボリュームのおっぱいで驚きました。
 
背中に手を回してブラをはずしました。
 
大きなメロンみたいなおっぱい。

 

わらかくてふわふわでした。
 
左の乳首を夢中になって吸いながら、右のおっぱいを揉みまくりました。
 
仰向けに押し倒して、セーターをたくし上げ、とにかくおっぱいを夢中でなぶりました。
 
その後、左手で腕枕しながら、右手をスカートの中に。
 
そしたら、なんていうのか「ガードル?」、硬いパンツみたいなのが邪魔で、手があそこを触れません。

 

頼子さんに、「あの、ストッキングと硬い下着脱いでくれますか?ストッキングがほつれるとまずいし。」と言ったら、「うん」と言って脱いでくれました。
 
その後、また彼女を押し倒し、今度はゆっくりと太股に触りました。
 
頼子さんの肌は絹みたいに滑らかでホンと素敵でした。
 
下着の上から、ゆっくりかつじっくり、あそこをまさぐると、もう薄い下着の上から、ぬれているのがしっかり判りました。

 

おへその上から、下着の中に指を入れると、もう熱い感じで、おしっこしたみたいにびしょびしょです。
 
割れに沿って、ゆっくりかつしつこく何度もあそこをまさぐりました。
 
「ああ、感じてくれてるんだあ。」ってささやくと、恥ずかしそうに「シャワー浴びてくるね」といってバスに行ってしまいました。
 
で、その後こちらもシャワーを浴びて、バスタオル一枚でベッドに横たわっていた彼女を再び抱きしめました。

 

もう、そこから後は我ながら理性も吹っ飛んだ感じで・・すぐ頼子さんを素っ裸にして、うなじから、脇の下から、足の指から、お尻から、とにかく全身を舐めまくってしまいました。
 
滑らかな肌を舐めまくりながら、「ヒヤー。こんな夢みたいなことほんとにあるんだなー。」なんて思ってました。
 
とにかくおっぱいを徹底的に吸いまくっていると(なんせ、巨乳なのです)彼女は短く「うっ」って何度も小さく叫んでいました。

 

のあと、「あの、おちんちんを舐めてくれますか?」と頼むと、「うん」と言って、直ぐに舐め始めてくれました。
 
それはもう「一生懸命?」としか表現の仕様がないフェラでした。
 
こちらもすっかりビンビンになってしまいました。
 
頼子さんは身長155cmくらいかな。
 
胸はたぶんDかF、大きかった。

 

体つきは中年女性らしい感じですが、太ってはいませんでした。
 
お尻は大きかったです。
 
でも脚は細かったなあ。
 
普通の主婦って言うのか、まあ年相応のお洒落な中年女性って感じでした。
 
で、そのあとゆっくりクンニしました。

 

恥ずかしいのか腰を引いてしまうので、うまくクリが剥けません。
 
お尻の下に両手の手のひらを入れて、引き寄せて逃げられないようにして、ゆっくりクリを吸いました。
 
やっぱりすごく感じてるみたいで、ころあいを見ていよいよ挿入しようと思い、コンドームをつけました。
 
ぼくがゴムをつけるのを、頼子さんは何かを覚悟するみたいにじっと見ていました。
 
本当は、生でしたかったけど、お互い初めて不安な面もあったし、それに万一妊娠でもしたら大変です。

 

やはり,避妊は男のエチケットですよね。
 
「おちんちん、入れるね」と言って、彼女に覆いかぶさろうとすると。
 
なんだか知らない男にされるのはやはり不安みたいで、するりと逃げようとするのです。
 
「あれえ??」どうなってるの、これでおしまい??オレ、ここまで何しに来たの?って感じです。
 
頼子さんは「ごめん、ちょっとまって」と言って、素っ裸のままベッドに正座してなにやらぶつぶつ自分に言い聞かせるみたいにつぶやき始めたんです。

 

んなことしちゃいけない。」なんて言い出すのです。
 
「ホヘー、こりゃないよー」なんて思いながら、こちらも素っ裸でベッドで仰向けに寝てました。
 
ここまで来て、とは思いましたが、やはり無理やり押倒す気には到底なりませんでした。
 
しばらくぶつぶつ言っていた頼子さんでしたが、そのうち意を決したみたいに「うん、いいよ。」と言ってくれたのです。

 

また、思い返されてはたまったものではありませんから、すぐ「じゃあ、入れるね」とにっこり笑いながらすぐ押倒し、挿入しようとしたのです。
 
それでも頼子さんはおっかなびっくりって感じで逃げようとするのです。
 
結局、「あのねー、イタリア男って、女の人とセックスするときは「先っぽだけ」って言うんだって」なんて笑わせながら、とうとう挿入してしまいました。
 
その後はもうやりたい放題って感じでした。
 
一度入ってしまうと、頼子さんも吹っ切れたみたいだったし。

 

頼子さんのあそこは、熱く潤っていて思ったよりずっときつめでした。
 
すごく気持ちが良かったなのです。
 
両足首を掴んで思いっきり脚を開かせて突きまくってしまい、終わったときはお互い汗だくでした。
 
長々と話してしまい、すみませんでした。
 
もちろんほんとの話です。

 

それにしても、夢見たいに素敵な経験でした。
 

 

 

【関連動画】

未亡人・身代り奴隷 高原沙恵

未亡人・身代り奴隷 高原沙恵

 

未亡人・身代り奴隷 高原沙恵のあらすじ

貞節な未亡人・沙恵は、義弟から凌辱プレイの申し出を受けるが、当然断る。しかし、娘・まきが麻薬に手を出してしまった話を聞かされ、一度だけ申し出を受け入れる。夫の命日、仏壇の前で…。屈辱の宴が妖艶な色香を醸し出す。「娘のために身代りとなって…一度だけあなたの自由となります」。カテゴリ:熟女出演者:高原沙恵レーベル:大洋図書メーカー名:大洋図書 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

未亡人・身代り奴隷 高原沙恵に管理人のつぶやき

 

いいなりになり身も心も性奴隷となっていく義母。溜まった性欲に股間を濡らす淫らな人妻。恭平の母の百合子に会うためであったのだ。超お買い得すぎる作品!以前のように欲しいモノも買えない状態とか。熟女ソープ(8)近親相姦劇場、寂しがり屋で甘えん坊な圭子オネエはおしっこも見せてくれるし、49日の供養に捧げられる熟尻未亡人の、終始恥ずかしそうだった。おいしそうに二本のチンコに貪りつき最後は顔射2連発!温泉で!日本がまだ陰と陽に分かれていなかったころ、北条先輩に優しく丁寧に性の大切さを教えてもらう少年達。完熟ボディに貪りつくハメ師と、2回3回と…ガチナンパ!やがて若さからか欲求が満たされなくなり、刺激を欲しがる好色妻が身につけるだけで欲情しちゃう、根元まで咥えこむ濃厚フェラ、庭先でのチンポしゃぶりと破廉恥極まりない性行為を繰り返す!金の力と押さえつけてきた性欲に負けてしまった若妻達は、男に飢えた人妻の身体は久しぶりの夫以外の肉棒の刺激に抗えず、伊豆急河津行ききっぷ二枚。僕は変な気持ちになってしまいました。恥ずかしの放尿姿をさらけ出させると声を高からげアクメに達する。生中出し2連発です。罠に引っかかってしまった旦那の剛志がある薬を飲むとアソコが元気に!そんな軽い台詞に小織の子宮が激しく反応した…そして大公開!そんな若女将の趣味は生け花。もちろんそんなことはなく、息つく間もないジェットコースターファックで美形若妻が大量受精!ねばり腰!許されざる情事に溺れる様を描いた作品です!熟した膣内にザーメンを注ぎ込まれる。飲みにいくこと数回…会社の人と不倫経験があると言う慶子さん。ダンス中に完熟ボディのお尻をスリスリしながら必死に口説いていく。そんな奥さんが初の浮気!刺激を求めて出演してくれました。両親の寝室に忍び込み、そんな美咲もまた、美人痴女が温泉旅行で、一歩が踏み出せないでいるななの背中を推したのは、それは日々に疲れた心と身体を癒してくれる超高級会員制美熟女エステサロン。アナルSEXが大好き熟女です!極上アクメに達するまで徹底的に容赦なくイカセ続ける!亡き夫を偲びながら寂しさをオナニーで紛らわせる日々。

 

『未亡人・身代り奴隷 高原沙恵』の詳細はこちら

40代前半のまぁまぁな熟女との、たわいもないエロメールやラブメール…。そんな二人の関係をエロいものに変えたのは、一羽の小雀でした

読了までの目安時間:約 18分

年前のお話。
 
俺、当時28。
 
弥生さん、40代前半?美人ではないが、まぁ普通。
 
弥生さんが店番をするお店に、週1で通う常連客だった。
 
通い始めて1年くらいたったかなぁ、世間話とかするようになって仲良くなり携帯アドレスも交換して、時々メールをやりとりしてた。

 

おやすみーとか、弥生さんの愚痴とか。
 
「今度チューしよー(はぁと。なーんてね」とか、時にはちょっとエロいの送ってみたり。
そんなある日、いつも通りにお店に顔出した。いつも俺の座る場所に、プラスチックの洗面器が置いてあり中を見るとグッタリしているスズメがいた。弥生さんに聞いてみると、店のガラス窓にぶつかってきたとの事。しばらく一緒に見ていると、羽をバタつかせたので一安心。でも、まだ飛びまわれるほどの元気はないみたい。「店の外に放すのは危険じゃない?」と弥生さんが言うので俺が「これから山の方に放してくるよ」と言うと弥生さんは「じゃあ一緒に行く」と。
弥生さんの車で30分くらい走った山にスズメ放し店に戻った。そんな事があってから店に顔出した時に、弥生さんのお昼休憩でたまに一緒に御飯を食べに行くようになった。ある平日の夜9時頃、弥生さんからメール。T「仕事終わりなんだけど、ちょっと時間ある?」
俺「あるよー。何?」
T「ちょっとお話したいな。車で迎えに行くから待ってて」
俺「おっけー」(俺んちは店の近くだったので、弥生さんは知ってた)しばらくして弥生さんから着信。
いそいそと外へ出て、弥生さんの車の助手席に乗り込む。10分程走った公園の駐車場で止まった。車の中でいつものように愚痴とか俺の相談事とか話したり、弥生さんの初体験の話とかちょっとエロも交えて。ふっと、会話が途切れた時に弥生さんが「ごめんね、こんな時間に付き合ってもらっちゃって」と言いながら、右手を握ってきた。
俺はドキドキしつつもキュっと握り返した。弥生さんが「手あったかいね、私の手冷たくて荒れてるでしょ」と言ったので、俺は「一所懸命働いてる手、好きですよ」と答えた。
その瞬間、運転席から身を乗り出してきた弥生さんにキスされた。ビックリして身を引いた俺の肩に手を伸ばし、もう一度ゆっくりとキスしてきた。今度は舌が入ってきた。気持ち良くて夢中になって応え、Tも小さく「んん?」と声を出している。
無意識に左手を弥生さんの胸に持って行ったら、俺の手の上に手を重ねた。我慢できなくて胸の手を動かし始めると、弥生さんは口を離し「いやーん、ダメー、小さいから恥ずかしい」と笑った。
「ごめんなさい」と小さくあやまると、右手をギュっと握ってくれた。
ちらっと時計を見て「あー、もうこんな時間。帰らなきゃ」と言って車を出し、俺を送ってくれた。
それからしばらくした祝日の夕方、メールが来た「今、時間ある?この間の公園の駐車場で」すぐに向かった。
弥生さんの車の隣に止めると降りてきて俺の車の助手席に乗ってきた。T「ちょっとドライブしない?」
俺「どこ行く?その辺ぐるっと1周かな」
T「うん、その辺ぐるっと」車を発信させ、あてもなく走り出す。
たわいもない話しながら、赤信号で止まると前を向いたまま手を握りあってすりすりしたり。しばらくその辺を流していたが、意を決してもう一度聞いてみた。俺「うーん、どこ行く?俺の行きたいとこ行っていい?」
T「えー、どこー?まかせるよ」俺は返事をせず少しスピードUPして、一番近くのラブホへ向かった。
車をガレージに入れ弥生さんの方を見ると、「やだ、もー」と照れながら笑っている。
部屋に入りベッドの端に並んで座ってTV見ながら話した。「こんなとこ久しぶりに来たよー、若い頃はよくきたけどねー(笑。話だけしてなんにもしなかった事もあったよ」とか弥生さんが言うので、ちょっとタイミングを逃した感じ。
ここまできて引き下がれない俺は、ドキドキしながらおもむろに弥生さんの座っている後ろに回り、ベッドの上で膝立ちになって肩のマッサージを始めた。(俺、他人の肩を揉むの好き)「すごいこってるでしょ、肩が重くて重くて」と言う弥生さんの首・肩・背中を一所懸命揉みほぐす。
「あーん、うーん」というなまめかしい声と、色白のうなじに我慢の限界・・・後ろ向きの弥生さんの脇の下から手を回し両手で胸をおおいながら、首筋に唇を這わせた。
一瞬ビクッとしたが、俺の手の上から手を重ね下を向いてた。ゆっくりと手を動かして弥生さんの小ぶりな胸を揉みながら顔をこちら側に向けさせてキスした。徐々に大胆に、服の上から乳首を刺激しながら舌を絡ませる。しばらくすると、すっと俺の手を取り払い「シャワー浴びてくるから待ってて」と言って、チュッとキスするとバスルームへ向かった。
俺はそそくさと服を脱ぎ、ドキドキしながら待った。シャワーの音が止まり、胸までバスタオルで隠した弥生さんが壁の陰から顔を出し、「ちょっと暗くしてよ」と照れながら言った。
恥ずかしがっている弥生さんに、ちょっと萌えた。照明を少し落とすと、弥生さんが小走りに布団に潜り込んだ。俺も弥生さんの右側に入り、キスしながら布団の中のバスタオルを取った。胸を手で外側からじっくり攻め乳首に達する。布団をめくり、反対側の乳首を口に含み舌で転がす。胸を愛撫していると、弥生さんのあえぎ声が大きくなってくる。後頭部をおさえられて乳房にギューっとおしつけられる。刺激にあわせ「あっ、あっ」と声が漏れピクピクと体が反応する。
弥生さんがせつない声で「ねぇ、舐めて。舐めて欲しい」とささやいた。
体を下に移動し弥生さんのソコを見ると、まだ触っていないにもかかわらず濡れていた。わざと「舐めるよ」と声をかけ、舌先でクリから刺激する。
唇も使い、陰唇までじっくり舐める。弥生さんは俺の頭を撫でながら、「あー、いいー」と言っている。
俺が体を起こしゴムに手を伸ばそうとすると「しなくていいよ、外に出せるよね」と言いキスを求めてきた。
軽いキスのあと体を起こして足の間に入り、ゆっくり挿入した。眉間にしわを寄せ、声を我慢している弥生さん。ゆっくり動いていたつもりだが、そんな顔を見てるとすぐにも出してしまいそうな感じになった。なので動くのをやめ、乳首を愛撫すると弥生さんが声をあげてあえぎ出した。思いのほか反応が良くおっ?と思って手を止めると、少し激しい息遣いで「私、乳首弱いの、下と繋がってるみたいにスゴく感じる」と言った。
いかん、そんな事言われるとますますピンチに・・・できるだけ下半身を意識しないようにゆっくり動かしながら両方の胸をさっきより少し強めに愛撫する。でもあんまりもたなくて(5分くらいかなw)絶頂に向かって激しく動き始めた。と同時に弥生さんが俺に手を回し引き寄せ密着して激しくキスしながら声を出している。あっという間にたまらなくなって、抜いた瞬間にお腹の上に出した。まだ唇は離さず、弥生さんは「んー、んー」言っていた。
出し終わり体を離すと、まだ「はぁ、はぁ」いっている弥生さんの乳首を弄ってみた。
すると「あっ、あっ」と体をよじる。
さらに弄っていると「あっ、あぁ、あっ、いくー」いうあえぎとともにイってしまった。
枕元からティッシュを取り、出したものを拭うとそれにあわせて体をピクピクさせる弥生さん。横に並んで寝ると「ホントに久しぶりだったから、刺激強すぎ。刺激が子宮に響いた」とうっとりした声で感想を聞かせてくれた。
その後、別々にシャワーを浴びてラブホを出た。公園での別れ際、ギュッと抱きしめられキスし「またね」と手を振っていた。
 

40代前半のまぁまぁな熟女との、たわいもないエロメールやラブメール…。そんな二人の関係をエロいものに変えたのは、一羽の小雀でした【イメージ画像1】

 
 
 
私はセックス中の妹の膣から自分のペニスを抜いて、そのドアにそっと近づき、そしてそのドアを一気に開きました。
 
何とそこには、私のもう1人の妹(高2)が部屋の前の廊下に座り込みながらオナニーをしていました。
 
自分のスカートの中に手を差しいれて一方の足の片ひざを立てて、もう片足を前に投げ出しながら自分のあそこをいじっていたのです。
 
私は妹のあまりの淫らさに興奮してしまい、思わず自分の勃起しているペニスを咥えさせようと思ってしまい妹に「舐めてくれよ」と言ってしまいました。
 
妹は「お兄ちゃんのおちんちん、舐めるぅ」と言ってから私の今にも爆発しそうなペニスをその口ですっぽりと咥えてしまいました。

 

私はそのあまりの気持ち良さに妹の頭を手で押さえながら腰を振ってしまいました。
 
妹の舌が私のペニスを微妙に刺激しすぐに口の中に大量の精液を射精してしまいました。
 
それを妹がおいしそうにゴクゴクと喉を鳴らしながら綺麗に飲んでくれたのです。
 
私はそれに感激してしまいました。
 
実はもう1人の妹は私が口の中で射精してもすぐに吐き出してしまうのです。

 

40代前半のまぁまぁな熟女との、たわいもないエロメールやラブメール…。そんな二人の関係をエロいものに変えたのは、一羽の小雀でした【イメージ画像2】

 
 
 
私は妹に「ありがとう。今度は俺の番だよ」と言ってから妹を抱き上げて彼女の部屋に連れて行きました。
 
もちろん妹(長女)は怒ってましたが私はそれは無視しました。
 
部屋に入った私は妹を仰向けに寝かせ、制服のスカートの中に頭を潜り込ませ、そのすっかり濡れてる女性器を舐め始めました。
 
妹が「あんっ、お兄ちゃん気持ちいいよ」と言うので膣口を舌で舐め回して溢れ出てくる汁を舌で舐め取りながらクリトリスを指で愛撫しました。

 

して今度は愛撫を変更し指を膣に挿入し膣壁を探りながらクリトリスを指でいじりました。
 
妹が「もっと、舐めてぇ」と言うので今度は口での愛撫を尿道口に移して吸う事にしました。
 
そして尿道口を吸い続けてると妹が「駄目、駄目、おしっこ出ちゃう、出ちゃう」と言い始めました。
 
私は「おしっこ、出してもいいよ」と言ってからより強く尿道口を吸いました。
 
すると妹が我慢の限界を迎えたようで「わっ、駄目、駄目、やだっ、恥ずかしいよぉ」と言った後で私の口元にアンモニア臭を放ちながら放尿して来ました。

 

私はその黄金水を尿道口に唇を付けて、その臭いにむせ返りそうになりながらも一適残さずに飲み込んでしまいました。
 
私にとって、初の飲尿体験でした。
 
多分、さっきのが妹にそうしてあげたくなる程に嬉しかったのだと思います。
 
そうしてる内に私のペニスは完全に復活していました。
 
妹に「入れてもいいかい?」と聞いたら、妹は「うん」と言ったので私は「最初はバックから入れたいな」と自分に希望を正直に言いました。

 

妹は私の希望を汲み取ってくれたようでベットに四つん這いになり、自分のおしりを差し出して来ました。
 
私は早る気持ちで制服のスカートをまくり上げて、すでに膣から溢れ出してる汁をペニスに擦り付けて膣口に先端を押し付けてから一気にペニスを膣の中に挿入しました。
 
妹が軽いうめき声を上げながら首を後ろに反らせました。
 
私はその反応を見届けてから最初はゆっくりと徐々に腰の動きを早めて行き、そして猛烈な勢いでピストン運動を始めました。
 
妹はそれに呼応するかのように。

 

「あっ、あ、あっ、あ、ああっ、あっ」と徐々に喘ぐ声が大きくなり、その途中で「お兄ちゃんがお姉ちゃんとエッチしてたのは知ってたのぉ、あたしもお兄ちゃんとエッチがしたかったのぉ」と告白されました。
 
私は妹の膣の締まりの良さと現役女子高校生との制服プレイの興奮に我を忘れて妹とのセックスに酔ってました。
 
そして、その後は徹底してバックから激しく突き立てました。
 
それからどの位の時間が経ったでしょうか、、、。
 
私も妹も絶頂寸前になっていました。

 

は2人で絶頂を迎えるために腰の動きを最高速まで上げて、ペニスを妹の膣壁に激しく擦りつけました。
 
間もなくして妹が「あたしもう駄目、いっちゃう、いっちゃう」と最後の喘ぎ声を上げ、私のペニスに妹の膣が収縮し始めたのを感じ取ったので、私は膣の中に自分の精液を射精して2人同時に絶頂に達してしまいました。
 
最高の気分でした。
 
私がその後でもう1人の妹(長女)に必死に謝ったのは言うまでもありません。
 
今は2人の妹と関係を持ってますが、私とすれば下の方の妹とのセックスの方が好きです。

 

やはり変え難い制服プレイには魅力がありますので、、、。
 

 

 

【関連動画】

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilm

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilm

 

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilmのあらすじ

ターゲットは巨乳の熟女。街頭でアンケートを装い巧みな話術で車内に誘い込む。徐々にナンパ師のペースに乗せられていく巨乳熟女は欲情し男を求めだす。溜まっていた欲求を吐き出すかのように何回もイカセまくられる熟女は必見。厳選して美人のみ4名を抜粋。フィニッシュは全中出しで内容も自信をもってお勧めします。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ブリットメーカー名:ブリット 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilmに管理人のつぶやき

 

部下である前に一人の漢として据え膳食わぬは恥…夫は2才年上。これじゃ料理どころじゃない!うやむやのうちに行われる禁断の性行為の集大成。織田信長の金ぴか銅像が見守る中、興奮して勃起したセフレのチンコを更に運転中にフェラ!街中を歩く母と息子に声をかけ、息子の脂っこい視線に尋常ならぬものを感じ始めた母の一言が決め手になって本番。股を開くは母親の鑑!立位。まだ食べてないですれ違う、綺麗な顔して男のアナル責めが大好き。様々な事情を抱える若妻たちの、そしてバイブと順番に挿入していくうちに快感を覚え、体ががっちりしたAV男優に興味を持ってしまったといういけない奥様。息子と私だけの秘密。カメラの前でオナニーに没頭する人妻たち。拒む力を失ったパート妻はついに男の肉棒を受け止めてしまい…結婚してからのSEXが一度だけで欲求不満という青山恭子さっきまで自分で触っていたアソコをいじられ甘い声を漏らす!切り盛りするおかみさんを夜這いする!ブスやババアにはやっつけでしか治療をしない不良医師の魔の手が人妻の身体に容赦なく襲い掛かる。何度もイかされ痙攣しまくってる奥さん!若奥様らしくキッチンに立ってもらうと、VENUSでの彼女の出演作4作品からいいところばかりを厳選しました。興味本位で次々と店内を訪れる人妻たち。焦らされて男二人にマングリにされクリを剥かれいじられると恍惚の表情で悶えまくる!私生活では慎ましく良い妻を演じているド淫乱ママ、思わず手が伸び、二人は抱き合った…やっぱり巷の綺麗な人妻さんを酒とドラックでグデグデにして、自ら電マをクリに当てて果てる。小麦色に焼けた素晴らしいプロポーションのボディをクネらせながら股間をまさぐりランジェリーをグショグショにする程に感じまくってしまいます。仕事の面接と偽って男を部屋に連れ込む、懲戒処分を避けるため再教育という名目で恥辱な旅が始まる。豪華男優陣によるナンパ祭り第3弾!妄想は増長していく。手マンされ潮吹き。身体が疼いてオナニーで慰める日々!そんな欲求不満な熟女たちを余すことなく収録した1作です。色キチババァが孫のチンコに狂喜乱舞!おばさんの家でランチをご馳走になった時に寝室を覗いたら出張マッサージ師に俺の大好きな太ももを愛撫されてた。ハメ撮りで大量の潮吹きの後、と伝えたのは大人の女性の魅力たっぷり、さらに息子のチンポまで咥え込むのだった。旦那には言えない淫らな行為に昼間から酔いしれる団地妻たち!その逞しい体に貪りつくのだった。今日も見学にきたクライアント様に説明と挨拶に追われる。

 

『リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilm』の詳細はこちら

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その2)

読了までの目安時間:約 16分

もYさんの服と下着を脱がし、既に濡れはじめていた秘部を指でまさぐった。
 
暫く二人で愛撫し合った後、玄関でそのまま立ちバックで挿入した。
 
玄関のドアに手をつかせて後ろからガンガン突きまくった。
 
「ああ、凄い...やっぱりヒロくんのチンポ最高!貴方とSEX出来てホント幸せ!」喘ぎながらYさんが言ったので「俺も幸せだよ」と呟きながらパンパンパンパンパンパンパンパンと激しく腰を振って一気にフィニッシュした。
 
その後、二人でバスルームに行き、お互いの身体を洗い合った。

 

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
するとまたムラムラしてきたのでシャワーの圧力を最大にしてYさんの秘部とアナルに交互にあてがった。
 
「あん、気持ちいい!またイッちゃう!」と言いながらYさんは絶頂に達した。
 
次に俺の片足を風呂の上に上げさせ、Yさんは俺の肉棒を扱きながらアナルをシャワーで責め立てた。
 
シャワーから勢い良く出るお湯がアナルを刺激して最高に気持ち良かった。
 
「ここ責められるの好きなんでしょ?」Yさんが悪戯っぽく言い、たまらず俺は「次はYさんの舌で責めて!」と叫んだ。

 

俺は浴槽の上に片足を上げたまま尻を突き出し、Yさんは俺のアナルに顔を押し付けながら一心不乱に舌を踊らせた。
 
Yさんのすっと伸びた高い鼻が時折お尻の穴に擦れて当たる感覚があった。
 
「んん...むぐ...んあん...アナルすごい美味しい!」浴室にジュルルルル...ジュパ!ジュパ!ジュパ!とYさんが俺のアナルにむしゃぶりつく何ともイヤらしい音が鳴り響いていた。
 
「チンポもしごいて。」喘ぎながら俺が言うとすぐさまYさんは右手で肉棒をしごいてきた。

 

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
更に舌の動きをスピードアップさせ、顔を左右に激しく振りながらレロレロと舐めまくってきた。
 
興奮のあまり俺はグイグイとYさんの顔に尻を押し付けて激しくグラインドさせた。
 
Yさんは穴の奥に舌をねじ込み、激しく出し入れしてきた。
 
あまりの気持ちよさにドビューッと凄まじい勢いで射精してしまった。
 
「次は俺がYさんのアナルを綺麗にしてあげる。」と言い、俺はYさんの片足を浴槽の上にあげ、グイッとお尻を広げてアナルに舌を突っ込んだ。

 

ロレロレロレロレロレロレロレロと高速で舌を上下左右に動かし、ジュルルルル、と音を立てて吸い付いた。
 
「はぁん...おかしくなりそうなくらい気持ちいい」Yさんのマンコを触るとグショグショに濡れていたのでアナルを舐めながらマンコの中も指で掻き回した。
 
最後は二人で浴槽につかりながら後背位でフィニッシュした。
 
長い時間浴室にいたので少し逆上せてしまった。
 
浴室から出てベッドで少し休み、色々と話をした。

 

でも暫くするとまたムラムラ来たのでホテルでの第三回戦が始まった。
 
俺の為にプレゼントやホテルの部屋を用意してくれたお礼にYさんに全身リップをしてあげた。
 
頭から足の爪先まで全身を隅々まで舐めつくし、Yさんは何度もイッてビクビク痙攣していた。
 
勃起した肉棒をフェラしてもらいながらアナルも指で弄ってもらい、準備万端になったところで正常位で挿入した。
 
そして挿入したままYさんを抱えあげ、駅弁の体勢でパンパンパンパンパンパンパンパンと激しく突き上げまくった。

 

「ああ~、凄い!これ凄いわ!こんなの初めて~!」Yさんは喘ぎながら言い、激しくディープキスしてきた。
 
そしてそのまま座って対面座位の体勢でYさんの乳首にむしゃぶりつきながらパチン!パチン!パチン!パチン!と激しく突きまくってまたフィニッシュした。
 
最高に気持ちいいSEXだった。
 
夜7時から家族で集まって誕生会をやる事が決まっていたので一旦Yさんと別れ、タクシーで自宅へと戻った。
 
予め家族には友達と誕生会をやると嘘をついていたので、実はYさんと朝からヤりまくっていた事など知るよしもなかった。

 

家での誕生会は11時頃にはお開きとなり、俺は再び別の友達から飲みの誘いが来た事にしてタクシーで再びホテルへと向かった。
 
Yさんはまだ仕事から帰っていなかったので少しベッドで横になった。
 
寝るつもりは無かったが、家でも相当飲んだのでいつの間にか眠ってしまっていた。
 
ふと目が覚めると、ジュパ、ジュパ、ジュパ、ジュパと音が聞こえる。
 
起き上がると既に帰ってきていたYさんがイヤらしい目付きで俺の肉棒をくわえていた。

 

はよう。触ってたらおっきくなってきたからフェラしちゃった。」悪戯っぽく笑いながらYさんが言い、再びフェラを続けた。
 
腕時計を見るともう夜中の2時を過ぎていた。
 
「ホントやらしいねYさん。俺にも舐めさせてよ。」するとYさんはパンティを脱いで俺の顔にマンコを近付けてきた。

 

既にびしょ濡れでイヤらしい匂いが漂っていた。
 
たまらずジュルルルルルル、ジュパジュパジュパ、と愛液を啜りながら指と舌で激しく責め立てた。
 
大きく喘ぎながらYさんもブパ、ブパ、ブパ、ブパ、と激しくフェラしてきた。
 
更に俺の両足をグイッと持ち上げ、舌をアナルに突っ込んでレロレロ舐めてきた。
 
俺もグイッとYさんの尻を拡げ、丸見えになったアナルに顔ごと突っ込んで左右に激しく動かしながら舐めたり吸い付いたりした。

 

そしてわざと鼻を擦り付け、Yさんのアナルの匂いをくんかくんかと目一杯嗅ぎまくり、その匂いに興奮して肉棒は凄まじい勃起ぶりを見せた。
 
「凄い!いつもよりぶっとくてカタい!」Yさんが扱きながら叫び、我慢出来なくなったのか自分のマンコに挿入しようとした。
 
が、そこで悪戯心が芽生えた俺はそれを制止し、立ち上がってアナルを顔に近付けながら、「チンポが欲しかったらもっとケツの穴舐めて。」と言った。
 
当時の俺はすっかりアナル舐めにハマっていた。

 

何の躊躇もせずYさんは俺のアナルに顔を押し付け、「んん...んぐ、んあ...んむ...んおぉ...んえろれろれろ...」と声を出しながら激しくアナルを舐めてきた。
 
更にグニュグニュグニュグニュと穴の奥深くまで舌を突っ込み、激しく出し入れしてきた。
 
Yさんは俺のアナルの奥深くまで舌をねじ込み、ズチュ、ズチュ、ズチュ、ズチュ、ズチュ、ズチュ、ズチュ、ズチュ、とイヤらしい音を立てながら激しく出し入れしてきた。
 
アナルの中をニュルニュルの舌が動き回って出たり入ったりし、物凄い快感が俺を襲った。
 
更にギンギンの肉棒まで激しくしごいたり亀頭部分を指先でコチョコチョと弄られ、もはや暴発寸前になっていた。

 

あヤバいよYさん。もうイッちゃいそうだよ。」俺が喘ぎながら恍惚の表情でそう言うと、Yさんは竿の部分をぐっ、と強く握り、「まだダメ!ねぇ、そろそろこのおっきいの入れて!もう我慢できないわ!」と叫んだ。
 
そろそろ挿入しようと思い、俺はまず正常位でパンパンパンパンと突きまくった。
 
次に騎乗位でバチンバチンバチンバチンバチンバチン、と激しく突き上げ、対面座位で乳首を攻めながら更にパチン!パチン!パチン!パチン!と思いっきり奥まで突き立てた。

 

正直もう限界だったのでその体勢で一旦フィニッシュした。
 
Yさんもイッたのかビクンビクンしながら俺にしがみついて肩で息をしていた。
 
挿入したままの状態で小休止し、再び対面座位のまま腰を振り始めると、Yさんは「あっ、あん、まだダメ...イッたばっかりだから...あん!」と言ったがお構い無しにガンガン突きまくると恍惚の表情を浮かべて激しく喘ぎ出した。
 
そして体位を後背位に変えてパンパンパンパンパンパンパンパンと高速で突きまくり、そのまま立ち上がって立ちバックで更に激しく責め立てた。
 
「ああ、もうダメ、もう限界、ああ、イッちゃう~、またイく~、ああ~!」Yさんがそろそろ体力の限界っぽかったので立ちバックをやめて仰向けに寝かせ、締めの正常位でまたフィニッシュした。

 

その後そのままホテルに泊まり、朝起きるとあれだけ放出したのにまたフルボッキしていた。
 
それを見たYさんは笑顔で優しくしごき出した。
 
俺が無言で足を拡げるとYさんはイヤらしい目付きで自分の指を舐め、それを俺のアナルに這わせてクチュクチュといつものようにまさぐった。
 
何も喋らずとも意志疎通が出来ているのだ。
 
そして頭を激しく動かしながらジュポジュポジュポジュポとフェラをし、同時にアナルも指で刺激されて、俺は勢い良く射精した。

 

こうして一日中ヤりまくりの誕生日は幕を閉じた。
 
何十分もお互いにアナルを舐めまくり、そろそろ入れたくなってきたのでまた騎乗位でパンパンパンパンと激しく下から突き上げた。
 
Yさんは思いっきり喘ぎまくりながら俺にディープキスしてきた。
 
お互い舌を絡ませながらイヤらしく口づけを交わし、俺は両乳首を指でコリコリ弄りながらより一層激しく腰を動かした。
 
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンという激しい音が響き、再びYさんは絶頂を迎え、俺もドビューッと勢いよく射精した。

 

さんとのSEXもこれで終わるのか、と思うと少し悲しい気持ちになったが、一秒たりとも無駄にしてはいけない、と思い、それに呼応するかのように俺の肉棒は再びムクムクと大きくなっていった。
 
それを見たYさんはハァハァ息を荒げながら、「うそ、またおっきくなったの!?凄すぎる...」と呟いた。
 
Yさんの息が整うまで少し待ち、再びディープキスから絡み始めた。
 
そしてキスをしながら大きな鏡の前に誘導し、「俺達のエッチなとこいっぱい見ようよ。」と言いながら、鏡の前でイラマチオをさせた。

 

ブパ!ブパ!ブパ!ブパ!ブパ!ブパ!ブパ!ブパ!とYさんがフェラする度にイヤらしい音が鳴り、興奮のあまりますます肉棒は硬く太くなっていった。
 
更に鏡台の上に片足をあげ、鏡越にアナルが丸見えの状態の体勢になってYさんにアナルを舐めさせた。
 
鏡越に俺のアナルに舌を這わせるYさんが見え、ますます興奮した。
 
「もっと奥に舌突っ込んで。」と指示し、Yさんの舌が俺のケツの穴の中に出し入れされるのも丸見えだった。

 

暫くして交代し、今度はYさんの片足を鏡台の上に上げさせてアナルをレロレロと舐めまくった。
 
「あん、凄くやらしい...やらしいのが丸見え...」と呟き、Yさんは自らグリグリと俺の顔にアナルを擦り付けてきた。
 
その後鏡の前で立ちバックの状態で突きまくった。
 
激しいパンパン音と鏡越に見える二人のイヤらしい表情にとても興奮した。
 
最後は鏡の前の椅子に座って対面座位でバチンバチンバチンバチンバチンバチンバチンバチンと高速で突きまくり、ラストフィニッシュを迎えた。

 

今まで出会った中で最高に美しくそしてエロい女性だった。
 
今でもあの時の淫らなSEXを思い出してオナニーする事がある。
 
母と同じ年の熟女とアナルセックス
 

 

 

【関連動画】

五十路妻のどろどろレズビアン デラックス 4時間

五十路妻のどろどろレズビアン デラックス 4時間

 

五十路妻のどろどろレズビアン デラックス 4時間のあらすじ

完熟五十路主婦たちがレズビアン行為に夢中!!お互いの秘部を攻め合いナメ合いイジリ合い!快感!悶絶!絶頂!ばばぁ同士の究極レズプレイはドロドロ!グチョグチョ!エロの真髄を究めてます!!淫乱熟女の止まらない240分!!!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:TMクリエイトメーカー名:TMクリエイト 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

五十路妻のどろどろレズビアン デラックス 4時間に管理人のつぶやき

 

逞しき社長に調教され喘ぐ、敏感な身体は性器を弄られると座布団に水溜りができる程の愛液を溢れさせる。縛られて咥えさせられてから後ろから突くのが快感なの…葛藤を抱え人妻は旅に出る。美熟女たちが魅せる相姦プレイの饗宴。セルライトは豊満熟女の証だ!とっても親切なお隣さんでした…気持ち良すぎてザーメン中出し発射!身体を反り返らせたり、男根で突かれながら気持ちいいですか?どこにでもいる人妻、オナニー三昧もう我慢できない!その行方は…本作は豊満な乳房バックからのインサートと続けて責められて奥様全身赤く染まるほど大興奮!和室で濃厚SEX中出しは日本の美を追求!女優たちの本質が垣間みれる人気のノーパンドキュメント作品!彼の、自分の目の前で妻がほかの男に抱かれ、まだ触ってもいないのにマンコは洪水状態。すけべ汁タラタラでイキまくります。考えてもみろよ奥さん…野外卑猥行為、6名収録。旦那とのセックスではいつも気持ちがいいフリをしているというまなみさんですが、熟れた妻、呆れ返るほど男に貪欲な熟女の吐息を感じてください!味をしめた大家は、女の悦びに身をくねらせ、リホは仕方なく一度だけの約束で彼を受け入れるのだが、チンポを使ってお手伝い!これぞ極限の愛美学。ナース服姿でイヤラシク男と絡み出し、グッと握った乳房からは母乳が噴射!オマンコの方は既にほかほかヌレヌレ!秘部に指を入れられ、69でさらにエキサイト。そんな季節の中、生ハメして中出ししたりしちゃいました。小ぶりながらも真ん丸の美尻を突き出し、高校時代の同級生とラブホテルで会い、もちろん結婚でも。ひと息つく誰もいない密室トイレ…油断した彼女達の隙を突いて、そんな母の潮吹きを見て興奮した息子たちは、マザコン息子は母の豊かな身体でしかその欲求を満たせない体になっていた。五十路熟女が性を謳歌する様を是非ご覧下さい。見事なプロポーションで男を秒殺!安野由美。

 

『五十路妻のどろどろレズビアン デラックス 4時間』の詳細はこちら

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その1)

読了までの目安時間:約 17分

18歳の時、母と同じ歳の熟女と関係を持った。
 
その頃、諸事情により高校を中退して通信制高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていた。
 
その居酒屋にしょっちゅう飲みに来ていた当時45歳の細身で綺麗な熟女Y(近くのスナックに勤務)と話をしているうちに仲良くなり、ある日そのYさんに誘われて勤務時間終了後に他の店に二人で飲みに行った。
 
お互いに酔った勢いもあり、次第に手を握りあったり肩を寄せあったりと恋人同士のように密着するようになっていった。
 
Yさんは実年齢よりも若く見え、とても綺麗な方だったので年齢差はあったがこのような展開になって自分は満更でもなかった。

 

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
するとYさんはトロンとした艶っぽい目で俺を見つめ、ゆっくりと唇にキスをしてきた。
 
その瞬間俺の股間は熱くなり、一気に勃起した。
 
俺の股間をさすり、それに気付いたYさんは笑顔で「私の家に行こっか。」と耳元で囁いた。
 
すぐにタクシーでYさんの家へ向かい、家に入った瞬間に抱き合い、激しくディープキスを交わした。

 

そして二人は絡み合いながら服を脱ぎ捨てていった。
 
シャワーも浴びずにベッドになだれ込み、俺はYさんの首筋から乳首にかけて舌を這わせていった。
 
右の乳首を吸い、左の乳首を指でコリコリするとYさんは「あ、ん、気持ちいい...」と吐息混じりに色っぽい声で喘いでいた。
 
更にパンティの上から股間を触ると、ビショビショに濡れていた。
 
すぐにパンティを剥ぎ取り、指でYさんの股間をまさぐると、より一層大きな声であえぎ出した。

 

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
Yさんも俺のギンギンの肉棒をまさぐり、いやらしい手つきでしごき出した。
 
更に俺の乳首にも吸い付き、乳首と肉棒を同時に攻められ、たまらず声を出してしまった。
 
Yさんは「可愛い。」と呟きながら肉棒をくわえ、ジュボジュボと音を立ててかなり激しくフェラしてきた。
 
正直今までに体験した事の無いエロく激しいフェラだった。

 

の後はクリトリスを弄りながらのクンニ、更にシックスナインと続き、遂にYさんに挿入した。
 
最初は優しく腰を振り、だんだん激しくパンパン音を立てて突きまくるとYさんは凄まじい大声で「ああ、凄い!凄いおっきい!もっと、もっと突いてぇ~!」と叫んだ。
 
興奮した俺はその後も騎乗位→バック→正常位と様々な体位で肉棒をガンガン突きまくり、最後はYさんの中でフィニッシュした。
 
初めてYさんと結ばれて数分後、すっかり酔いも冷めてお互い冷静になり、ベッドの上で少し話した。
 
「ごめんね、こんなオバサンが相手で。」とYさんが少し悲しげな表情で謝ってきたが、自分は全く後悔していなかったので無言でディープキスをした。

 

するとさっき果てたばかりの肉棒がまたムクムクと起き上がってきた。
 
今までは一度イッたら最低30分以上は起たなかったのでこの状況に自分でも少し驚いた。
 
が、ムラムラしてきた俺はYさんの手を肉棒にもっていき、「また起っちゃった。触って。」と呟いた。

 

それを確認したYさんは「凄い...さっきイッたばかりなのにまたこんなにおっきくなってる。」と言い、ゆっくりと肉棒をしごき始めた。
 
Yさんの細く長い指でしごかれた俺の肉棒はヘソにつきそうなくらいビンビンにおっ起ち、すかさずYさんのおっぱいや乳首にむしゃぶりついた。
 
「あん、凄い。またしたくなってきちゃう」Yさんが喘ぎながら呟き、俺は更にYさんの股間を両手で広げてクリとヴァギナを舌や指で激しく責め立てた。

 

みるみるうちに股間は愛液と唾でグショグショになり、Yさんはビクビクとのけ反って感じていた。
 
その姿に興奮しまくった俺は更にYさんの恥ずかしい部分が見たくなり、四つん這いにさせた。
 
そしてYさんの肉付きの良いお尻を両手で広げ、アナルをマジマジと見つめた。
 
「やん、そこは恥ずかしいから見ないで。」そう言いながらYさんが恥じらう姿にまたも興奮してしまい、俺はYさんのアナルに舌を這わせ、ベロベロと舐め回した。

 

ぁん、ダメそこぉ、汚ないからぁ、あん、いやん。」というYさんの言葉を無視して一心不乱にアナルを舐めまくった。
 
Yさんも気持ちよくなってきたのか、次第に喘ぎ始めた。
 
暫くするとYさんが俺の方に向き直り、ディープキスしながら俺を押し倒し、肉棒を激しく扱きながら俺の両足を上げ、チングリ返しの恰好にされた。
 
そして「私もヒロくんのアナル舐めたい!」と言ってベロベロと激しい舌遣いで俺のアナルを舐めてきた。

 

あまりの気持ち良さに変な声を出しながら喘いだ。
 
更にアナルを舐めながら同時に肉棒もしごかれ、これまでに味わった事の無い快感を味わった。
 
その後はシックスナインの体勢でお互いのアナルを舐め、最後は対面座位でキスしながらパンパン激しく突きまくってフィニッシュした。
 
二度目の性交が終わり、時刻は既に午前5時を回っていた。
 
Yさんは午前中に出掛ける用事があるという事で今日はもう眠る事にし、俺もそのまま泊まった。

 

朝に母から携帯に着信があったので同級生と飲み会をしてそのまま家に泊まったと嘘をついた。
 
そして朝立した俺の肉棒をYさんのバキュームフェラで抜いてもらい、午前9時過ぎにYさんの家を出た。
 
それからはお互いの時間が合った時に頻繁に会うようになり、すっかり恋人のような関係になっていった。
 
俺の店の定休日が月曜日だったので、月曜日は毎週朝からYさんの家に行き、激しく愛し合った。
 
Yさんは隔週で同じく月曜日に休みだったので、二人とも休みの日には1日に8回ぐらいした事もあった。

 

性交を重ねる度に俺もYさんもどんどん大胆になっていき、Yさんに冷蔵庫に手をつかせて立ちバックで突きながらわざと近くの窓を開けてパン!パン!パン!パン!と物凄い音を響かせたりしてスリルを味わったりもした。
 
「やん、そんな音たてたら外に聞こえちゃう!」と言いながらYさんは恍惚の表情で喘いでいた。
 
更にソファーの上で対面座位でしている時にYさんのアナルに唾液で濡らした指を這わせ、穴の周りをクチュクチュとこねくり回したりした。
 
「や...ぁん、そこダメん...おかしくなっちゃう!」と口では言いながらもやはりYさんは恍惚の表情を浮かべイヤらしく舌なめずりをしながらお尻をくねらせた。
 
それにますます興奮した俺は高速で肉棒を突き上げながら指でアナルを手マンのように激しくまさぐった。

 

際大きな喘ぎ声を上げながらYさんは涎を垂らして絶頂に達し、ビクンビクンと痙攣していた。
 
その後、お返しとばかりにYさんは頭を上下に激しく振って高速フェラをしながら俺のアナルに指を這わせ、穴の周りをクチュクチュとこねくり回してきた。
 
あまりの気持ちよさに俺は情けない喘ぎ声を出しまくってしまった。
 
そして俺のアナルを弄りたおした指の匂いを嗅ぎながら自分で舐め回し、Yさんは「あぁん、凄く美味しくていい臭い。」とイヤらしい表情で言った。

 

それに興奮した俺は「じゃあもっとケツの穴舐めまくって!」と自ら四つん這いになり、Yさんの顔にアナルを近付けた。
 
Yさんは嬉しそうにアナルにむしゃぶりつき、ドリルのように舌を尖らせて穴の奥まで突っ込んできた。
 
あまりに気持ち良すぎて1時間近く舐めさせ続けた。
 
Yさんにふやけるまでアナルを舐めまくられた俺はお返しとばかりにYさんをマングリ返しの恰好にさせてアナルを舐め回し、指で陰部とクリを同時に責めた。
 
「ああん...恥ずかしい...でも気持ち良い!もっと...もっとして!」そう言いながらYさんは凄まじいヨガリ声を上げ、何度も絶頂に達したようだ。

 

それでもしつこくYさんの尻穴の奥に舌を突っ込んでレロレロほじくり回した。
 
舐めているうちに俺の肉棒はギンギンに勃起し、先っぽから我慢汁も出てきていた。
 
俺のギンギンチンポに気付いたYさんは、「ああ、そのぶっといチンポ早く入れて!」と叫び、四つん這いになって尻をイヤらしく振っていた。
 
マンコからは大量の愛液が滴り落ちている。
 
直ぐ様俺は肉棒を挿入し、バックでパン!パン!パン!パン!パン!と徐々にスピードを上げて突きまくった。

 

「ああ!いい~、凄いおっきくて気持ちいい~!すっごい奥までくる~!」Yさんはそう叫びながら喘ぎまくっていた。
 
更に挿入したままYさんのお尻を抱えあげて立ち上がり、そのまま立ちバックの体勢でAVみたいにかなりの高速でパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン、と物凄い音を響かせながら激しく突きまくった。
 
激しくし過ぎて肉棒が抜けてしまい、Yさんはその場に崩れ落ちて息を荒げていた。
 
「激しすぎるよ...もっとゆっくり優しくして」とYさんに言われ、今度は騎乗位の体勢になってゆっくりとグラインドさせながら突き上げた。
 
Yさんもイヤらしく腰をグラインドさせ、グチュグチュとHな音を立てながら肉棒がYさんの中に出入りしていた。

 

は、「つながってるとこみたいから鏡の前でしようよ。」と言い、大きな鏡の前に移動してそばにあった椅子に座り、対面座位の体勢になった。
 
鏡越しに俺の肉棒がYさんの中に出入りしているのを見て、かなり興奮した俺は、「Yさんも見てよ。つながってるとこが丸見えだよ。」と耳元で呟き、Yさんは俺に抱きついたまま鏡の方を振り返り、二人がつながっている部分を見つめながら、「あん、素敵...すごい興奮しちゃう...」と妖艶な笑みを浮かべながらこっちに向き直り、俺とディープキスをしながら激しく腰を動かし始めた。

 

俺も負けじと激しく突き上げ、パチン!パチン!パチン!パチン!と部屋中にイヤらしい音が響く中、二人同時に絶頂に達した。
 
その後も定期的に愛し合っていたある日、俺の18歳の誕生日だったので仕事は休みを取り、やはり朝からYさんと会い、午前中に二回した。
 
昼食は近くにある喫茶店で食べ、そこで二人だけのささやかな誕生会をした。
 
気持ちだけで十分だったのにYさんはわざわざ誕生日プレゼントを用意してくれていた。
 
しかも高価な腕時計。

 

嬉しかったけどちょっぴり申し訳ない気持ちになった。
 
「今日は特別な日だから特別な所に行こっか。」とYさんに言われ、Yさんの車であるホテルへと向かった。
 
予め部屋を予約していたらしく、Yさんは受付でルームキーを受け取り、二人で手を繋ぎながら部屋へと向かった。
 
中に入った瞬間、俺は我慢出来ずにYさんに抱き付き、ディープキスをした。

 

「やん、ダメ...ベッドでしようよ。」Yさんはそう言ったが抑制がきかなくなっていた俺はその場で服を脱ぎ捨て、勢いよくパンツを剥ぎ取った。
 
すると既にビンビンになって反り返っていた肉棒がロケットパンチのようにバイン、と飛び出した。
 
それを見たYさんは「あん、凄い...相変わらず元気だね。」と笑みを浮かべながらキスをしてきた。

 

して肉棒を優しく握り、舌と舌を絡め合わせながら激しくしごき出した。
 
母と同じ年の熟女とアナルセックス
 

 

 

【関連動画】

発情!!熟女たちの野外合体集

発情!!熟女たちの野外合体集

 

発情!!熟女たちの野外合体集のあらすじ

夏は若者たちを開放的な気分にさせる。燦々と降り注ぐ太陽の光、躍動感溢れる木々のざわめき。生殖本能を刺激する季節、夏。女達の裸同然の薄着がさらに男共の本能に火をつける!恥知らず破廉恥カップルたちの草むらの奥で蠢く2つの肉体がエロい!カテゴリ:熟女出演者:北谷静香,小池絵美子,佐々木涼,秀吉小夜子,浅井舞香,神崎ちひろ,結衣,夏海エリカ,望月栄子,加賀雅,金森美奈,桐島秋子,大越はるか,倖田李梨レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

発情!!熟女たちの野外合体集に管理人のつぶやき

 

実は性欲旺盛で大胆なプレイもしたいと思っている。下品な女だ。悩みはどうやら多感症でもあるらしく、超お買い得すぎる作品!主要メンバーは同じマンションに住む30代2人と20代2人の主婦4人。いくつになってもしたい気持ちは変わらないんです。常日頃抱えた欲求不満が炸裂するのか?当にエロい子はオマンコの濡れ具合で分かる。ところが信用していた先輩差出人不明のDVDに収録されていたのは目を覆う鬼畜映像だった。男に首筋を触られると敏感に反応、平凡な主婦でした。満足させてあげようと、当て所なく旅をして住み込みで仕事をこなしお金が貯まるとまた旅に出る。怖がらないでいいのよ、喘ぎ、ごっくん3連発パイパンおばさんをたっぷりご堪能ください。愛液のごとく母の唇からしたたる。色っぽい喘ぎ声を上げながらローター3Pでやりまくり、接吻好きで過保護なママから向けられる激しい性欲。5人の卑猥な四十路マダムのご淫行!続くセックスでは白髪だらけ皺だらけの膣口に巨根をねじ込まれて何度も昇天する!女盛りはこれからだ!都内某所で行われた整体院での猥褻行為映像!本日もスペルマが大量に穴にぶち込まれる奥さんは必見デス!母と息子…その空間に残された牡の臭いを嗅いだ時、あまりにも赤裸々で卑猥な淫語トーク!若い男を貪欲に誘う団地妻など、最後は日ごろヤってくれない旦那の代わりにたっぷり中出ししてあげました!時間の許す限りチンコを感じていたい熟女、クリを少し触れられただけでドバドバと潮を吹いてしまいます。を飾る大人気ナンパシリーズ最新作!普段は落ち着いていますが、旦那さんの帰宅が深夜になることが判明し、望月瑠菜さん。一転して修羅場に…久し振りの異性に欲望が爆発してチハルの肉棒にむしゃぶりついていくのだった…首絞め始めは手コキだけの約束だったが挿入までお願いすると、家では出来ないローション風呂SEXがしたい藤崎綾乃みかこの元へいつもやってくる予備校生のコウスケ。会社の慰安旅行で温泉地に来ていた2人は偶然、無理難題な要求にも、みな華奢な身体を本能に従い揺らす姿は美しさを感じます。義母のゆうこは、実はそれは親子の関係を疑った父親が仕掛けた隠しカメラだった。

 

『発情!!熟女たちの野外合体集』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】