告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

同じ職場に勤めている熟女さんとセックスをすることになり生マンコに妊娠確定ザーメン中出ししたった

読了までの目安時間:約 3分

同じ職場に勤めている熟女さんとセックスをすることになり生マンコに妊娠確定ザーメン中出ししたった【イメージ画像1】

場の熟妻46歳とやっと、ホテルに行くことができました。
むっちり体系でエロい熟妻、旦那さんとは3年ほどレスと言っていました。
さすが熟妻、フェラチオはねっとりと舌を絡めてきて奥まで咥えて、とても気持ちいい!クン二してあげると、もうビチョビチョで「久しぶりで、とても気持ちいいよ」と感じています。

 

妻のフェラでもうビンビン、もう我慢出来ずマンコに生で入れようとしましたが熟妻が「ゴムは着けてほしい。」と。
そこで俺は、ゴムを着けるふりだけしてちょっと被せて、入れる直前にバレないようにそのゴムを外しました。

 

同じ職場に勤めている熟女さんとセックスをすることになり生マンコに妊娠確定ザーメン中出ししたった【イメージ画像2】

入れに成功!!さすが気付くかな、と思ったけど、3年ぶりのチンポということもあり?!気付くこともなさそうです。
熟妻は俺のチンポがマンコの奥まで全て入ると「あ、あ、あ、す、すごい気持ちいいよ」と喘いでくれた。
「ゴムより生の方がもっと気持ちいいけど、ゴム着けてても凄い俺も気持ちいいよ」
「ありがとう、嬉しい」って熟妻はギユーと俺に抱き付いてきてキスしてきた。

 

妻マンコはとても温かくて、程良い締まり具合で、あまりの気持ちよさにすぐイキそうになりました。
「イキそう、イッてもいい?」熟妻はゴムしていると思っているから、「もうイキそうなの?私の中、そんなに気持ちいい?」
「うん、イクよ」
「いいよ、出して」そのまま生入れでドクンドクンと脈打ってマンコの中に射精!すると熟妻は感触に気付き「え?!うそ、生でしてる?」って言ったが、俺は抱き付いたまま全ての精液を注入しました。
怒られると思ったけど、「どうしても生でしたかったんなら、生でよかったんだよ」と熟妻。

 

出ししてもよかったの?」
「ゴム着けてほしいけど、どうしても中に出したいのならゴム着けなくてもいいよ」俺は嬉しく興奮して、当然、2回目も中出ししました。
抜いたあと、熟妻マンコから精液が垂れてくる様子がたまりません。
今週もまた熟妻にたっぷり中出ししてこようと思います。

バイト先の熟女さんがエッチに誘ってきた!立ちバックが締まりよすぎて思わず中出ししてしまい……

読了までの目安時間:約 3分

バイト先の熟女さんがエッチに誘ってきた!立ちバックが締まりよすぎて思わず中出ししてしまい……【イメージ画像1】

0歳の就職浪人です。
この春、バイト募集、寮有りの求人誌を見て応募し採用されました。
そこは家族経営の工務店で住宅建設やリフォ―ムが主な仕事です。

 

長(68)、息子(専務41)、昔からの大工さん(58)と、事務の奥さん(38)だけの工務店です。
特に奥さんに気に入られ楽しみがあるんです。
きっかけは僕の部屋の上(屋上)が洗濯干し場になってるんです。

 

バイト先の熟女さんがエッチに誘ってきた!立ちバックが締まりよすぎて思わず中出ししてしまい……【イメージ画像2】

日、奥さんが階段を上がる時下から見てたんです。
下着までは見えませんがムッチリな太ももが見えるんです。
僕は熟女が好きで奥さんは好みのタイプだったんです。

 

ばらくすると奥さんのスカートが段々と短くなって来たんです。
奥さんは僕が覗いてる事を知り短いのを穿いたんです。
下着も段々と過激になりたまにTバックを穿いてる事もあるんです。

 

モだけの尻はまるでノーパンのようでした。
専務がいない休日いつものように奥さんが洗濯干しに上がって来たんです。
僕は窓に張り付きカーテンを少し空け見ていました。

 

うビックリでした、なんと奥さんノーパンだったんです。
それもいつもよりゆっくり上がり、お尻を突き出すんです。
黒ずんだオマンコが丸見え丸出しなんです。

 

中で奥さんが振り向きニコッと笑うんです、見えた?と言う表情で。
しばらくしてドアをノックして奥さんが僕の部屋に入って来たんです。
ウフッと笑いながら今日は特別サービスよと言って僕のジャージの上からチンポをさするんです。

 

ぐに大きくなるとジャージを下げ、「まあ立派ね」と言って少し匂うチンポを咥えたんです。
奥さんはフェラりながら、「こんな固いの何年振りかしら」と独り言を言いながらフェラってくれました。
奥さんはミニを捲り、真っ白い大きなお尻を出し、「後ろから頂戴」と言って椅子に手を突きバックポーズをしたんです。

 

は固く大きくなったチンポを奥さんのグチャマンにねじ込んでやりました。
奥さんは何とも言えないアエギ声を上げながら自ら腰をグラインドさせていました。
奥さんは何回か気をやり、最後は中に中に出してと言うので大量の液を中出ししてやりました。

 

那は会合とかゴルフと言って休日は家を空けるそうです。
奥さんが言うにはどうせ浮気よと半ばあきらめのようです。
奥さんは欲求が溜まってたんです、そこへ僕が来たので丁度よいハケ口だったみたいです。

 

こし不満を言えばもう少し絞まりがと思うマンコですが、タダマンなので我慢我慢です。

美脚と有名なセクシー美熟女OLと一緒にカラオケに!密着フェラでザーメンごっきゅん飲んでもらったw

読了までの目安時間:約 7分

美脚と有名なセクシー美熟女OLと一緒にカラオケに!密着フェラでザーメンごっきゅん飲んでもらったw【イメージ画像1】

気のある人妻と密室空間にいたら男としては我慢出来ない5歳年上の三十路半ばの人妻な同僚とのHな体験ですこの人妻はフェロモンにじみ出てる美熟女なんだ。
脚の線なんか、すごく綺麗で美脚膝と足首がくびれてて、太ももとふくらはぎは程よく肉付いててさ、ウエストもキュッとしまってて、胸もそこそこ。
背は160に満たないくらいなんだけども、文字どおり「そそる」体型なんだよ。

 

別「美人」ってほどでもないが、色気が凄いアラサー熟女おいらが指導員的な立場だったもんで、システムの使い方とか教えるんだけども、後ろに立ってると男性本能をくすぐる匂いがするんだよね。
仕事中ながら欲情してしまう自分を「俺っておかしいのかな」と思いつつも、けっこー幸せな気持ちで「ここはこうやるんだよ」なんて、彼女の肩越しにモニターを覗き込んで顔を近づけてしまったりして自分の顔の真横に彼女の顔を感じながら悦にいっておりました。
「今度カラオケいきましょーよー」どちらが言い出したのかは忘れたが、彼女が友達を連れてくるということで意気投合し、約束を取り付けました。

 

美脚と有名なセクシー美熟女OLと一緒にカラオケに!密着フェラでザーメンごっきゅん飲んでもらったw【イメージ画像2】

供がいなく、旦那も遅かったりするらしく、結構時間はあるそうなのです。
当日、彼女の近くにいるだけで幸せ気分だったおいらは、そそくさと仕事を終え、約束のカラオケボックスへ向かいました。
「どうせなら二人きりのほうがよかったな」彼女からも好感をもたれていることは実感していたため、変な期待をしながら店に着いた。

 

定より、ちと早い。
待つこと数分、彼女がやってきた。
「おまたせー」彼女は一人だ。

 

達、都合悪くなっちゃってさ。どうする?」どうするもなにも、夢のような願ったりの展開。
もしかして、これは計画的なのではなんて期待してしまう俺「いいですよ、入りましょ」二人して、6人ほどが入れる部屋へと入室したのでした。

 

は生ビール、彼女はカクテルを注文し、「乾杯!」ふたりで代わる代わる唄を歌い始める。
2~3曲づつ歌ったものの、部屋がやや広いこともあり、二人の間には微妙な距離が空いている。
そこで、彼女が歌っている最中に「えいっ」と脇腹に指を突き刺してちょっかいを出してみる。

 

ゃっw」彼女は身をよじらせながらも笑顔。
ちょっと席を詰め、さらにちょっかいを出してみる。
と、そのうちの一撃が彼女に避けられ、戻す手が人妻の胸を掠った。

 

はは」彼女はまったく気にしていない。
こうして、すっかり打ち解けた感じでぴったりとくっついて座り、予定していた2時間が経過しようとした。
彼女が歌いだした。

 

もマイクをとって一緒に歌う。
密着したままノリノリで歌いながら、おもむろに後ろから抱きしめてみた。
抱きしめ、肩越しに顔を並べ一緒に歌う。

 

らに力をいれて抱きしめる。
彼女は歌いながらも脱力し、俺に身を任せている。
そして、歌う彼女の顔を横に向け、そのままキスをした。

 

ラオケだけが流れている。
2度、3度、キスをし、そのまま舌を入れて大きく吸う。
1分ほど吸いあって唇を離した。

 

つむく色気ムンムンの人妻再度、キス。
そのまま手を胸にまわし、手のひらにちょうど良い大きさの胸を揉む。
ゆっくりと、大きく揉みしだくと、彼女の息が乱れてきた。

 

ャツのすそをたくしあげ、ブラジャーのフックをはずす。
そのまま上にずらし、あったかい胸を直に握り締めた。
薄暗い中、上気している彼女の顔が見える。

 

度は下半身を触ろうと手を伸ばすと、彼女の手に押さえられた。
「びっくりした!」そう言って、上目遣いに俺を見る。
「そう?」聞き返す俺。

 

ん、だってこんなことになるとは」本当に驚いた様子の彼女。
まったくその気は無かったようだ。
「俺のこと嫌い?」
「ううん」かぶりを振る。

 

度、下半身に手を伸ばそうとするものの「だめー」と笑顔でかわされる。
しかし、同時に導いた彼女の手は俺の股間を暖かく包んでくれている。
ゆっくりとさすっている。

 

ルトはずしてくれる?」彼女は無言のまま、恥ずかしそうにベルトをはずしてくれた。
フックをはずし、ファスナーをおろす。
元気になった息子がパンツを突き上げている。

 

っぽに引っかからないようにパンツをひっぱり脱がせてもらう。
じっと先端を見つめながら、ゆっくり片手で擦る。
ためらっている。

 

て?」
と訊くと「あたし上手くないよ?」と言いながら俺にキスをしてくれた。
そして「ぱくっ」と先っぽをくわえると「ぬるっ」とした感触が根元まで達した。
温かい。

 

るっ、ぬるっ、と根元まで大きくふくまれ、人妻の丁寧なフェラチオで巨大化する息子。
「んっ」
「んっ」と頬張りながら、頭を大きく上下する人妻頬張りきれなくなったものを口から離すと、今度は裏筋を玉のあたりから丁寧にちろちろと舐め上げてくる。
舌先で小さく舐めながら尿道までくると、尿道へ舌先を押し込むかのように丹念に舐めてくれる。

 

してそのまますっぽりと咥える。
かれこれ10分にもなるだろうか、突然、「ぷるるるっ!ぷるるるっ!」と退出時間を告げるコールがなる。
「はっ」と我にかえる彼女と俺。

 

女の動きが止まる。
俺はやっとのことで手を伸ばし、受話器を取り「1時間延長します」と伝えた。
ふたたび彼女に笑顔が戻り、ゆっくりと吸い始める。

 

のような時間が過ぎる。
彼女は献身的に俺の股間に顔をうずめている。
さらに10分ほどが過ぎる。

 

ろそろいかないと悪い。
これまで、イキたくない一心で抑えていた快感を解放する。
「だしてもいい?」うなずく彼女。

 

っ、んっ、んっ」と大きく咥え込み、絞り上げられる。
極限まで張り詰め、「うっ」という呻き声と共に、彼女の口の中に放出した。
彼女の頭の動きがゆっくりになり、止まる。

 

なり出た。
咥え込んだまま、離れない。
飲んでくれているのだろうか、結構な量だったけどやがて、すべて吸い尽くし精飲してくれた彼女が顔を上げた。

 

つもの笑顔だ。
思わず抱きしめて、感謝の気持ちをこめてキスをしました。
彼女とは、その後も交際してW不倫の関係になりました

友達のお母さんが本当に優しくて良くしてくれたのでお礼と言ってはなんだけど露出しました

読了までの目安時間:約 6分

友達のお母さんが本当に優しくて良くしてくれたのでお礼と言ってはなんだけど露出しました【イメージ画像1】

湯、健康ランドではないんだが、友と遊んだ朝、友達がバイトに行くからって起こしてきたが眠かったのでもう少しいさせてもらった。
少ししてトイレに行きたくなって部屋を出たら、隣の部屋のドアが少し開いていた。
ちょっと覗いてみたら友達の母(40代ちょっとケバ目だけどナイスボディ♪)が白のパンティとノーブラ白T一枚の姿で横になっていた。

 

レビを見てて気づかなかったらしく、じっくり観賞させて頂いた。
おしっこいきたかったので&朝立ちの為ティンポは全開でした。
気づいたらスコスコしていて友母のスケスケパンティとティクビ見てたらもう逝きそうでした。

 

友達のお母さんが本当に優しくて良くしてくれたのでお礼と言ってはなんだけど露出しました【イメージ画像2】

に寝返った時のお尻は最高で、白のレースのパンティがムチムチヒップにフィットしていて、その時が一番興奮した。
その時逝くのを踏みとどまり、お返しに見せてあげようと思った。
友の部屋に戻りパンツ一枚になり、とりあえず横になった。

 

母は洗濯物を部屋でたたみ、しまうのを知っていたので友の部屋に戻りパンツ一枚になりとりあえず横になった。
それから二時間くらいがたち(その間半裸姿の友母を何回も見に行きシコシコして興奮度MAX)友母が動き出した!!オレはティンポをパンツの横から出して寝息を軽くたて、腕を目の上に乗っけて部屋の下半分くらいが見える状態で待機。
そしたら友母が洗濯ものを持って部屋に入ってきた。

 

らH君いたんだ」独り言を発しながらその場に座り、洗濯物を畳み始めた。
その時目に飛び込んだのが割れ目くっきりの白パンティ!!「や、やばぃ勃起しちゃう」と興奮するのを抑えるのに必死だったのを覚えている。
マムケはもろに透けていて割れ目の部分もほのかに透けていた。

 

育座りやあぐらの体勢を何度もとり、色んな状態の割れ目を観賞。
すけティクビもおがませてもらい興奮は頂点。
その時友母の動きがおかしくなった。

 

し自分の方に近づいてきた気がする。
そして顔だけ自分のティムポに接近しているのが分かった!!何も言わずジーっと見ている模様。
もうそのシチュエーションにティムポは我慢できなくなり、半勃起までいってしまった。

 

の時自分が寝ているベッドの奥に何枚か畳んだ洗濯物を置き始めた。
友母は座った状態で置いているので肘とかがパンツにあたったりする。
あ、ティムポに軽く手があたった。

 

の時気づいた。
友母はオレのティムポをさりげなく触ろうとしている事に!オレはもうばれてもいいって覚悟で友母の顔が見えるくらいに腕を動かした。
なんとオレの裏筋を10cmくらいの距離でじっくり見ているではないか!その時オレのティムポはピクンっと完全に反りかえった。

 

っくりしたのか友母は顔をさっと上にあげた。
しかしまたすぐオレのカリ付近を至近距離でながめていた。
その間オレは白パンティのお尻を観賞させてもらい、友母の顔も薄目で見させてもらい、我慢汁でたんじゃないかなってくらいフル勃起。

 

も友母は寝息のせいか起きてる事に気づいてないらしく、めずらしいであろうオレのフル勃起ティムポをじっくり観賞している。
オレの考えは間違えじゃなかった!!と心の中で思い、お返しをしてあげた事にガッツポーズ。
その時友母は二の腕をオレのももにゆっくりのっけてきた。

 

レは少し寝息を大きくした。
その方が友母がもっと大胆な行動に出れるだろうと思ったからだ。
二の腕をのっけた友母は何をするかと思ったら、ゆっくりとオレのお腹に手を乗っけてきた。

 

をするのかと思ったらそのままスーっとオレのティムポとお腹の間に手をいれてきたのだ!!オレのカリに友母の手がこすれて最高に気持ちいい!でも友母はこれ以上はやばいと思ったのかティムポの下で手を全く動かさない。
そのままスーっと手をどけた。
そのあとも友母はじっくりとオレのティムポを観賞し、オレは友母のパックリ割れ目とムッチリヒップを観賞し、まじオナニーをしたかったがその場はできるわけもなく、この状況を楽しくやり過ごし、あとで大量スペをWCで発射すればぃぃやって思い、寝息に精をだした。

 

の時思ったのが、また近々絶対同じ状況がくるだろって(また近々その話は公開します♪)。
そして友母が来てから30分強、友母は部屋を後にした。
去り際に1回尿道をかる~~くツンとだけ触ってきた。

 

母は見た目よりも大胆じゃないのねって思い、部屋に戻った友母の白パンティ&ティクビを見ながらトイレから持ってきたティッシュの上に大量スペを放出した。
それから二時間くらいが経ち、オレは部屋でたばこを吸って漫画を読んでいたら友母が顔を覗かせた。
「あら、H君来てたのね」その言葉にちょっと興奮。

 

ってたでしょってねwさすがにその時はパンティ姿じゃなかったがオレの目には半裸姿がずっと浮かんでいた。
なんせ二時間は拝ませてもらったんだからね。
「ゆっくりしていってね。後でご飯持って来るわ」ご飯持ってくるときにまたやってやろうかと思ったが、さすがに今後の為やめといた。

 

達の姉もいるんだが、この日はいなかったので、今度やろうと思った(今はもうやってますw)。
それから少しして食事を頂き、友母に「ご馳走様でしたほんとに」と言い残し自宅に戻った。
みなさん長々と付き合ってくれてありがとうございます。

 

の計画は何回も行動に移したので他の興奮話をまたしたいと思います。

営業の合間にできた暇に社長の娘さんと生マンコ中出し種付けセックスをして楽しんでいますw

読了までの目安時間:約 6分

営業の合間にできた暇に社長の娘さんと生マンコ中出し種付けセックスをして楽しんでいますw【イメージ画像1】

妻の美樹は今34才、とはいってもいつもジーンズとTシャツという服装が多く、元々が童顔で20代半ばに見える。
髪の毛は栗色もセミロング・基本的に化粧をしているのかしていないのかわからない薄化粧である。
どうみても若く見える。

 

た最も特徴的なことは声がアニメの声優の声みたいに変わった声をしている。
これも若く見られる要素である。
美樹は知り合いの個人経営の小さな会社の社長の娘で父親の手伝いで経理の仕事をしていた。

 

営業の合間にできた暇に社長の娘さんと生マンコ中出し種付けセックスをして楽しんでいますw【イメージ画像2】

めて知ったのは22才だったと思う。
その頃の美樹は結婚を約束した恋人がいて熱々カップルでよく会社に彼を連れて来ていた。
美樹は可愛いく魅力的であったが私とは距離があり、特に知り合いの社長の娘とだけしか思っていなかった。

 

いうよりそう思わざるを得なかったというのが正しい。
それからその会社とはつかず離れずの関係を続けていた中で美樹は結婚し30才を超えていた。
ある日社長に用事があり会社に訪れた時、美樹が一人で留守番をしていた。

 

れまで二人で話す機会がなかったこともあり、久しぶりに会社の状態や美樹の家庭のことなどの話しを聞いていた。
夕方になっていたので社長も会社には戻らず旦那も帰りが遅いということなので美樹を誘い、初めて二人で食事に行くことになった。
高級感のある居酒屋で飲みなが話しをした訳だが、知り合って10年近くになり、父親と親しいのでマキも私に対して身内的な感じで気分も打ちとけていたようだ。

 

み事として、美樹夫婦の貯金を父親に泣き付かれて会社の資金繰りに出したこと、そのお金を返してくれずこれが原因で経済的に楽ではないことなど。
あけくの果てに旦那の車を担保に自動車ローンでお金を借りてしまってまとまったお金を払わないと車が差し押さえられると涙をためながら話していた。
そんなこととはわからなかった辛い状況にマキがかわいそうになりその位の金額はなんとかなるのでその金額を貸すことを約束した。

 

樹は大変喜んでいた。
冗談半分に「美樹ちゃんを抱かせくれたらお金の返済はいつでもいいよ」というと少し考えて「私で良かったら・・・。
」そのまま銀行に行き美樹にお金を渡しタクシーでラブホテルに直行。

 

クシーの中でキスをしようとすると「ここじゃイヤ」とお預けにされ美樹の腰を抱いていた。
まさか美樹とセックスができるとは想像もしていなかったので興奮と嬉しさでホテルの部屋に入るなりベッドに押し倒しマキの口に吸い付いた。
舌を入れ絡ませ口大きく開けむさぼるように舌を動かした。

 

シャツの上から乳房をまさぐった。
「ネェ、お願いシャワーを浴びさせて」美樹がシャワーを浴びる音を聞いているとこれから彼女を抱く喜びがじわじわと湧いてきた。
ガウン姿の美樹をベッドに呼びガウンの胸を広げた。

 

Dカップ位の乳房で大きめの乳首が少し黒ずんでいる。
片方の乳房を揉みながらもう片方の乳首を舌で転がし吸い付くと「アッアッ」と声を漏らし悶えている。
十分な時間をかけ乳房への口と手の愛撫を続けた。

 

の間かなり美樹は声をあげ乱れていた。
美樹の男性経験は同級生の今の夫一人しか知らずその夫とはここ2年位セックスレス状態で、20歳近く歳の離れている中年の私の口と手のテクニックにすっかりとろけたようだ。
クリトリスを舌を使い転がしたり、吸ったりした。

 

時に私の両手は乳房と乳首を愛撫している。
「アーっッ・・アーっッ・・」とのけぞり両手はシーツを掴んでいる。
右手の中指を美樹の密壷に当てがうと、もうそこは愛液が溢れんばかりになっていた。

 

指を挿入しさらに薬指を加えて2本の指でGスポット周辺をゆっくりとさすりながら抜き差しすると「アアアーー!、アアアーー!、ダメェー、ダメェー」だんだんとその動きを速くしていく。
クチュクチュといやらしい音がしている。
「美樹ちゃん溢れているよ」
「アアアっーー!、アアアっーー!、スゴイ、スゴイ。」
「こんなのはじめてッ!スゴ過ぎる!イクーっ!、イクーっ!」と美樹は半狂乱のように首を振り絶頂をむかえたようだ。

 

樹に口でするように促すと私のモノをすっぽりとくわえ込み頭を上下に動かしはじめた。
美樹の口の中でムクムクと硬くなっていくのがわかる。
人妻にしてはあまり上手とは言えないがそこがまた何とも言えない興奮と快感を感じた。

 

キンを付けようと思ったが…勢いで生で正常位で挿入。
「生はダメだよオ~」なんていいながらスルっと入った。
「うッ、うッ。」
「美樹ちゃん、これからもっと気持良くなるよ」と出し入れをスピードアップ、正常位から松葉返し、後背位と私は全開で突きまくってしまった。

 

ーッ、ダメダメイクゥーッ。」スゴイ声!私も美樹の声に合わせドンドンスピードアップで腰をフリしました。
「どこに出して欲しいの?」
「奥に出してって!?」その言葉を聞いてさらに興奮知り合いの人妻に思いきり中出し。

 

子が波を打ちと精子がドクドクと子宮に擦り付けるように奥に出しました。
この瞬間美樹が自分のものになった気がしました。
ご主人も疑う余地なく、営業の合間に美樹に中出ししてきたところです。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】