告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

五十路のオバサンの蒸れたパンストおまんこに勃起チンポ生挿入で浮気体験

読了までの目安時間:約 3分

年上の五十路のオバサン3人と合コンをした。
2次会のカラオケでは自然とカップルが出来上がりチークを踊った。
俺の相手は55歳の旦那が単身赴任のオバサンで俺のことを気に入って体を厭らしく摺り寄せてきた。
俺は腰に廻した手を皆から見られないようお尻へと移動させオバサンのお尻を弄った。
オバサンは黙って体を俺に密着させベッタリと抱きつき頬を摺り寄せた。
勃起したペニスをオバサンに押し付け耳元で「立ってきた。」と言うとオバサンは俺のモノを触り「ホント、元気になってる。」と嬉しそうにした。
2次会が終わり「送っていくよ。」とタクシーに乗ると「少し飲みすぎたみたい。」とオバサンは俺にもたれ掛かり手を太ももに這わせてきた。
俺もオバサンの太ももに手を這わせ少しずつスカートの中に入れた。
パンストの上からオバサンの割れ目に指を這わすとオバサンは「ダメよ。」という感じで首を横に振ったが、俺がパンストを下ろそうとすると自らパンストと下着を膝上まで下ろし股を広げた。
クリを触り、既に愛液で潤いを帯びた割れ目の中に指を入れ、ゆっくりと出し入れすると感じるのか俺の太ももを掴んだ指先に力を入れた。
指の出し入れを早めるとオバサンは首を2度、3度横に振り体を震わせ、体中から力が抜けた。
オバサンはパンストと下着を元に戻すと俺のズボンのファスナーを下ろし勃起したペニスを掴みだすと俺の股間に倒れこみフェラを始めた。
俺はイキそうになりオバサンを静止させるとオバサンはハンカチを出しペニスを包み込んで手で擦りイカせてくれた。
オバサンの家に着き風呂に一緒に入るとオバサンは再度フェラをしてくれ勃起すると「入れて。」と言って風呂の壁に手を付きお尻を突き出した。
バックから挿入しオバサンのボリュームたっぷりな胸を揉みオバサンに言われ中出しした。
ベッドでは乳首を舐めながら手でオマンコを触るとオバサンはイキ、クンニでもイッた。
最後はオバサンが俺に跨り腰を振り3回もイカされた。
オバサンは5年ぐらいしてなかったらしく大満足していた。
その日はオバサンの家に泊まり朝食を食べてからリビングのソファーでオバサンの股を開きクンニでイカせてから中出しした。
帰り際に別のオバサンから昨夜のお礼とご飯のお誘いのメールがきた。
水曜日にオバサンと飯の約束をしたのでまた結果を報告します。

グラマーな熟女のおばちゃんのフェラチオにぐちょ濡れおまんこで生ハメ体験

読了までの目安時間:約 4分

俺36歳独身。
先日会社帰りに駐車場に行くとき、46歳のグラマーなパートのおばちゃん『寛子』と出会い、「家まで送ろうか」というと、ニコニコして助手席に乗って来ました。
家は正反対ではあるが俺は家に帰ってもしょうがないので、いい時間潰しになると思い、気軽に乗せてやりました。
しばらく走っていると、「どこかドライブに連れて行って」というので行きました。
寛子はしばらく走っていると、寄り添って来てきましたので、俺は肩に手を廻しました。
そうすると、彼女は俺の手を自分のバストに持っていきました。
寛子の胸はEカップで揉み心地は最高です。
しばらく胸を揉み、次にスカートの中に手を入れて行きますと少しずつ股を広げていきます。
股まで指が届きゆっくり触っていると、もうマン汁が出ています。
パンティの上から擦っているとだんだんべちょべちょになってきました。
パンティの横から指を滑らせてオ○コに指をあてると寛子は自分で腰を動かし、自分の気持ちのいい場所に持っていこうとしています。
クリに当てて腰を振っています。
もうオ○コは大洪水です。
俺は近くの駐車場に車を入れ寛子に、「ここでいいか?」と聞くと、「何処でもいいから早く入れて」と言います。
寛子はもう顔を硬直してわけがわからない状態になっていました。
指を1本から2本にするとオ○コの穴に持って行きスルスルと中に収めました。
オ○コの中ももう上気して熱くなっています。
俺は2本の指でオ○コの中をかき回してやりました。
だんだん発情して腰を激しく動かしています。
寛子は腰を振りながら俺のズボンのジッパーを下ろし、俺のチンポと玉を引き出しチンポは口にくわえ、片方の手は玉を手のひらで撫で回します。
寛子はもう周りのことは何もわからないくらい興奮しています。
チンポはジュポ、ジュポと音をさせて出し入れをし、舌で裏筋を擦ります。
さすが熟女のテクニックです。
俺は寛子のオ○コに指を入れているのもすっかり忘れていましたが、寛子はいやらしく卑猥に腰を動かしています。
俺はついに寛子のテクニックに負けてしまい、1週間ぐらい抜いていない濃いぃ黄色みの帯びた精子を寛子の口の奥で出しました。
それを寛子はおいしそうに喉を鳴らして飲んでいます。
寛子は俺の顔を見てニコニコしていました。
まだピクピクしている俺のチンポをお掃除してくれています。
今度は寛子のオ○コをM字開脚させアナルからクリまで舐めあげてやります。
何度も何度も繰り返してやるとオ○コはぐちょぐちょになりいつでも準備OKでしたが、俺は突っ込んでやらず舐め続けました。
寛子はもう入れてと叫んで腰をいやらしく振ります。
体勢を入れ替え正面座位の格好で始めました。
寛子は腰を上下に振り、俺は寛子の尻を持ちぐるぐる廻してやりますと、「だめ、だめ、だめ、逝く、逝く、逝く!」といって、俺に倒れこんで逝きました。
しばらくそのまま突っ込んだままいました。
寛子は失神状態になっているので俺が後始末をしてやりました。
寛子のオ○コはまだパクパクしています。
15分ほどしてから気が戻ったようで、彼女は恥ずかしそうな顔をして下を向いて、「又、逢ってくれますか?」といい俺の肩にもたれかかってきました。
素晴らしい女であるのになぜ浮気をするのか俺にはわかりませんが、「又、逢おう」と約束をして熱いキスを交わしました。

ラブホで不倫好きな熟女のスーツ姿の人妻と昼間に密会セックスで秘密情事

読了までの目安時間:約 3分

先週、出会い系サイトで知り合った人妻とセックスしてきました。
相手は44歳の人妻。
写メの印象は44歳にしてはまぁ綺麗。
向こうからメールがきた。
最初は下ネタとかなかったけど、何かのキッカケで軽い下ネタの会話へ。
若い人が好きで、前の彼氏は22歳だったとか、結構不倫してるみたい。
俺が冗談で「ホテル行きますか?」って言ったら向こうが喜んだので行くことになりました。
正直、44歳を相手に立つのかが不安だった。
メールで巨乳との情報をいただいたので、それに期待。
さらに二週間ほど溜めて行く。
前にしてた不倫だかで旦那にバレそうになり、旦那が不信感をいだくようになったから、外出は中々できないみたい。
しかし平日に仕事のフリして会えることに。
俺も滅多にない平日休みをいただいた。
新宿のホテルに行く事になっていて、無事に合流。
確かに巨乳。
以降巨乳と呼ぶ事にする。
巨乳は仕事に行くフリをして家を出たわけだから、それなりにちゃんとした格好をしているという事で、合わせて俺もちゃんとスーツを着て行った。
新宿を歩いていると営業の上司と部下のような感じになっていた…。
無事にホテルへ着いてしばらくして、俺がベッドに来いと誘う。
早速乳を揉んでみると柔らかいしかなりデカイ。
しばらく堪能してから別々にシャワーへ。
お互いバスローブでベッドへ行き、軽くキスをしながらまた乳をいじったり舐めたりする。
巨乳好きなんだよね。
俺は愛撫してる時はチンコは立たない。
下も触ろうとすると、毛が濃いよ…。
クリトリスを探し触って少しして違和感に気づいた!これクリトリスじゃない!ただのビラビラ!ビラビラを開いてなんとかクリトリス発見!しばらくクリトリスをいじるとだんだん巨乳の声が出始める。
しばらくするとイきそうだからストップとの事。
こんな若造の指でもイケるんだな、と思いながら何度かいじってはストップの繰り返し。
よし、俺のを舐めてもらおうか!舐められるのは好きだぜ!不倫大好きの44歳のテクに期待だ!!お、普通だ。
むしろ、21歳の元カノの方がいいぞ。
まぁそんなもんか。
ビンビンに立ったら大っきいとのお褒めの言葉をいただいた。
嬉しい。
いったん、やめてもらって俺も舐めてあげた。
手と舌でやったらイッたみたい。
初めての人でイクのなんか滅多にないよ、との事。
自信がつくぜ。
だが、調子に乗らないようにしよう。
もっかい舐めてもらいゴムをつけようとしたら、萎えた。
緊張というやつだ。
生でいいと言うから不安ながらも生で挿入、一分くらいすると良い感じに立ってきたのでゴムを装着して再度挿入!バックもやった。
しばらく腰を振るが、挿入でイかせるのは無理だと思い俺だけイった。
44歳とでもちゃんとやれるもんなんだなと思ったね。
その後、昼飯食ってホテル戻ってもう一回戦。
向こうは継続希望との事なので、俺に彼女ができるまでの間は相手をしようかと思ってます。

ラブホで出会い系の熟女は白Tバックの勝負下着で浮気セックスに淫らに喘ぐ

読了までの目安時間:約 5分

出会い系で知り合った熟女(43)と本日面接、無事Hできました。
ミニメ満杯→直アドゲット、1ヶ月のやり取りを経ての面接でした。
旦那は単身赴任、娘は進学上京中、結構淋しかった模様。
待ち合わせ場所へ行くと、決して太ってはいない、ムッチリした女性が。
写メよりいい感じの熟女が恥ずかしそうに立ってました。
よそ行きです。
割とミニめ。
車に乗せて、ファミレスで食事、カラオケへ移動。
ピッタリ寄り添って歌っていると熟女からいい匂いが。
ファミレスでバイアグラをドーピングしたので、瞬時にビンビンです。
おっきした股間を隠さず、むしろ目につくようにしていると、熟女も気がついたご様子でチラ見を始めました。
チラッチラッ。
「これ、ごめんなさい。生理現象です。」と自己申告。
熟女無言。
空気を読み、一か八か勝負、熟女の手をビンビンの股間へ引っ張る。
離さない。
大成功。
すばやく首や耳を甘噛み。
一気にキスへ。
ディープしながら、俺はおっぱいをモミモミ。
熟女はチンチンをモミモミ。
さらに勝負、目を見つめながら「あなたが欲しい」・・・うなずく熟女。
勝った。
カラオケからホテルへ移動。
無言の熟女。
ホテルの駐車場でエンジンを切ったと同時に抱き寄せてキス。
部屋へ入ったと同時に抱き寄せてキス。
熟女フラフラ。
目の焦点が合ってない。
口半開き。
舌出しっぱ。
手を引きビンビンの股間に当てる。
自分から上下にさする熟女。
完全勝利。
服を脱ぐと白いシルクのTバック。
脱いでる最中に大きなお尻に顔を埋めてみる。
グリグリするとそのままベッドへ。
四つん這いにし、お尻を広げ、舐めまくる。
途中何度かパンパンと軽く叩きながら、指挿入、かき混ぜる。
トロトロ。
膝立ちしフェラしてもらう。
飲み込まれるようなフェラ。
そのまま69。
また指でかき混ぜる。
チンチンをきつく握り締めイキまくる熟女。
背後から抱きしめ、おっぱいとクリを刺激しながら「欲しいですか?」と詰問。
恥ずかしそうにしていたが、何度目かの詰問で熟女自ら「欲しい」と言わす。
「欲しい、欲しいの」満足。
ビンビンなチンチンを熟女のトロトロになった股間へ一気に挿入。
空気が漏れるいやらしい音。
挿入後、膣奥まで入れて、あえて動かず。
熟女はこれでもかと抱きつく。
そのままチンチンをピクピク動かす。
熟女から動き出すのをジッと待つ。
熟女は堪えきれず自分から腰を動かす。
切な気にヒクヒク動かす。
勝った。
ゆっくりと、長さを味あわせるようにストローク。
ズルーッズルーッ。
その最中に熟女痙攣。
おかまいなしでスローにストローク。
また痙攣。
熟女をバンザイさせ、脇を舐める。
乳首を噛む。
ディープ。
痙攣。
小休止。
バイアグラドーピングのおかげでイカない。
衰え知らず。
お風呂の準備が出来たところで対面座位。
ディープ。
腰を揺らしながら世間話。
「女として終わったかと思っていた」らしい。
「淋しかった」とアンアン言いながら告白。
腰揺らしっ放し。
そのまま駅弁。
バスルームへ。
つながったまま入浴。
「こんなの初めて、凄い」と言わせた。
満足。
お風呂では、ソープランドでいう潜望鏡などで遊ぶ。
熟女は大はしゃぎ。
ボディーソープを使いローションプレーをしたり。
パイズリしたり。
立ちバックでイカす。
鏡に映る姿に興奮したご様子。
俺はまだイカない。
お風呂から上がり、まずM字騎乗位をお願いする。
恥ずかしそうにしていたので、あえて自分でクリをいじらせる。
「ひとりHするみたいに」と言うと「そんなことしない」と。
けどクリも乳首もいじりながらM字騎乗位でエビ反り。
「ひとりHしてるじゃん」と言うと今度は「たまに」と返事が変わった。
全然イカない俺。
熟女は自分の汁でヌレヌレになったチンチンをフェラ。
「凄い」と言いながら激しくフェラ。
さらにヌレヌレ。
すまん。
実力じゃないんだ、と心で詫びる。
その後、熟女の希望でバックなど。
バックでは一緒にイク。
正常位でしながらまた詰問。
「気持ちいい」「イク」「ダメ」「いっぱい」「凄い」が出る。
良い。
やっぱ素直にスケベが一番。
合計2回。
熟女はイキまくり。
「また会って」とお願いされ即答せず、「連絡する」とジラした。
もちろん会うつもり。
けどジラす。
久しぶりに楽しめた。
帰宅後、腰痛。
がんばり過ぎた。

下宿の大家のむっちり熟女の奥さんのフェラチオで交わる秘密の肉体関係

読了までの目安時間:約 4分

学生で下宿していた時の話。
大家さんの奥さんは年の頃45歳くらいかな?結構綺麗な人で、体も肉感的というかムチムチのお色気熟女系。
いつも朝はアパートの前で水撒きとか掃き掃除をしていて、学校行くときは毎朝挨拶って感じでした。
すごくいい大家さんで、ご主人はいつも仕事で学生の僕達より早く出勤していたせいかほとんど会ったことはなかったけど、奥さんはすごく親切な方で、貧乏学生の僕はよく晩御飯なんかも頂いてました。
そんな感じだったので、とにかく何はなくともまず家賃、という感じで、滞納や遅れたりしないように真面目に払っていました。
彼女もいた僕はたまに部屋に連れ込んでたりして、大家さんもそれは知っている感じで、彼女と一緒に帰ってきたときなんかも優しく「お帰んなさい」なんて声を掛けてくれたりしてました。
しかし彼女は同じ女だから何かを感じ取ったのか「あの人、○○(僕の名前)のこと気に入ってるでしょ?」なんて言ってたりしてました。
そのときは別になんともなかったし、「みんなに親切な大家さんだよ。しかもおばさんだぜ?」と言って彼女をなだめるというかこだわらないように言ってました。
そんな感じで3回生の頃、体調を崩してしまって一時実家に帰っている頃がありました。
なんだかんだで2回ほど家賃が払えなくて親に出してもらっていたんですが3回目には親にもいえなくて、大家さんに少し待って頂けるように頼みに行ったことがありました。
「そこじゃ何だから中でお茶でも・・」なんて招き入れて頂いて、リビングに通されました。
気まずいというか、いつもの優しい感じが少しとげがあるような感じで、「気まずいな~」みたいに思っていたのを覚えています。
テーブルに座って体調崩してることとかの事情を話し、何とかお許しを得たと思っていた矢先、突然大家さんが隣に座り直してきました。
「どの辺が具合悪いの?大丈夫?」なんていいながら体を触ってくるんです。
「いや、もうだいぶ良いんで、ご心配頂いてありがとうございます。すみません。」なんていいながら、遠慮がちに体を引くようにしていたんですが、「動かないで!」と強めに言われ、動けなくなってしまいました。
奥さんは椅子から床に滑り下り、正座をするような感じで、僕の足の間に滑り込んできました。
ただただびっくりな僕は何も言えず、何も出来ずされるがままにズボンを脱がされフェラチオを・・・。
ねっとりと絡みつくいやらしいそのフェラチオに抵抗する気も失せて、心臓はバクバク。
ヤベぇ~、いけないと思う心とは裏腹に今までにないくらいビンビンになってしまいました。
一回口に出して、なお収まらない僕のモノを愛しそうに舐め上げる姿は、神々しさすら感じました。
奥さんの服を脱がし、ソファに寝かせてパンティを脱がす・・・。
ムチムチに詰まった奥さんの柔らかい肉が露わになるにつれて、興奮が高まってくる。
むしゃぶりつくように濡れ濡れの部分を舐めて、ビチャビチャすごい音を立てながらの手マン。
ソファや床に滴り落ちる奥さんの溢れるいやらしい匂いのする汁。
今思い出してもまだ勃起してしまいます。
結局いいように乗せられて最後までやってしまった僕は、奥さんの虜になってしまいました。
それからというもの、旦那さんが家に戻ってきているのに、僕に晩御飯を持ってきたついでにフェラチオとか、旦那さんが出張なのをいいことに、大家さんの家に泊めてもらって散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたり、それはそれはめくるめく愛欲の日々でした。
それからは家賃もタダ、やりたいときにはいつでもやれる熟女、という生活でかなりスリリングだが、おいしい生活をしていました。
今は会社にも就職して会いに行く気ももうないのですが、たまにアパートの前や近所に行くと奥さんの姿を探してしまう自分がいます。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】