告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

歓迎会の後で熟女の先輩二人に囲まれチンポ絞られてしまいました~ ハタチ未満のちんぽ汁をじゅるじゅる吸い取った三十路のマンコはまじモンスターでした

読了までの目安時間:約 20分

ずは登場人物紹介。
「俺」→高卒で新入社員。
「古瀬サン」→確か当時34歳でアネゴ肌のキャリアウーマン。
仕事は出来るが、外見は下の上ぐらい。
細身だけどお世辞でも綺麗とは言えない。

 

歓迎会の後で熟女の先輩二人に囲まれチンポ絞られてしまいました~ ハタチ未満のちんぽ汁をじゅるじゅる吸い取った三十路のマンコはまじモンスターでした【イメージ画像1】

 
独身で彼氏なしみたい。
「高島サン」→たしか古瀬サンの1つ下で33歳。
でも古瀬サンとは10年以上の付き合いで仲良し。
スタイル普通。
顔は古瀬サンと同様で決して美人とは言えない。

 

当然独身。
入社して3週間ぐらい経ち歓迎会をしてもらった。
俺が配属になった部署に男の新入社員が配属になるのは6年振りみたいでした。
しかも男の社員の人は全員30歳以上。
一次会は居酒屋で15人ぐらい参加してくれて、二次会はカラオケ。

 

歓迎会の後で熟女の先輩二人に囲まれチンポ絞られてしまいました~ ハタチ未満のちんぽ汁をじゅるじゅる吸い取った三十路のマンコはまじモンスターでした【イメージ画像2】

 
さすがに年配の方は参加せず、俺を含めて6人だけでした。
カラオケが終わる時にはもうすぐ終電の時間になっていた。
今日はお開きモードかなと思っていたけど、古瀬サンはお酒のおかけで上機嫌。
そして二人は帰り、残されたのは俺と古瀬サン、高島サンだった。
俺の歓迎会だったので帰るにも帰れなくて、古瀬サンの家で三人だけで三次会をする事になった。

 

瀬サンの家までタクシーで15分ぐらい。
家に着くと外見も綺麗なデザイナーズマンション。
当然部屋も綺麗で落ち着いた女性の部屋だった。
部屋に着くなりコンビニで買ってきたお酒で乾杯した。
そして1杯目が飲み終わる頃に、古瀬サンが「先にシャワー浴びてくる。」とシャワーに浴びにいった。

 

10分ぐらいして古瀬サンが上がってきた。
部屋着に着替えてた古瀬サンを見て、いつも見てた感じじゃなかったので少しドキッとした。
高島サンもシャワーを浴びに行った。
古瀬サンは高島サンの為の部屋着を置き、再び飲み始めた。
高島サンが上がって来ると、古瀬サンは俺にも「シャワー浴びておいで。服は後で持って行ってあげる」と、言われシャワーを借りる事に…。

 

さっきまで古瀬サンと高島サンが入ってたと思うと、なんか変な感じに…よく見ると、床に淫毛らしきチリチリした毛が落ちていた。
10代の男には刺激強すぎですよ。
俺は落ち着かない状態でシャワーを浴び終えて、風呂場から出ると、用意してくれてるはずの着替えがなくて、しかも着てた服までない。
パニクる俺に、古瀬サン達の笑い声がした。
もう、二人はかなり盛り上がってた。

 

俺はとりあえず体を拭いた。
「マジで勘弁して下さいよ。服返して下さいよぉ」と泣きそうな声で言う俺に「このまま出ておいでよ」と、またもや笑いながら言われた。
今の俺なら喜んで出て行くだろうが、この時はまだまだ青いチキン野郎だったので、恐る恐るバスタオルを巻いて出て行った。
「まじで、服返して下さいよ。」すると古瀬サンが「ヒューヒュー、若い男の体はいいね。
とりあえず座りなさい」俺は座ると、ほろ酔い気味の古瀬サンのペースに…「とりあえず乾杯~」またもや乾杯で飲み出した。

 

は古瀬サンの後ろにある俺の服に手を延ばそうとすると「何してるの。その姿で少しは私達を接待してもらうからね」高島サンは「返してあげなよ」と、古瀬サンに笑いならが言うけど、一緒に楽しんでる様子。
10分ぐらい過ぎて、テーブルを囲み右隣りに座ってる古瀬サンが、俺の乳首を触ってきた。
とっさに拒んだが、その後も隙をみて触ろうとしてくる。
「触っても減るもんじゃないし、触るぐらいいいじゃん」と、古瀬サンは開き直って言う。

 

「じゃぁ、僕が古瀬サンの触ってもいいですか?」
と言うと「触れるものだったら触ってみな」と、反対に反論されて、古瀬サンはTシャツを脱いだ。
ブラはしていたが、高島サンも俺もこれにはビックリ。
俺は触る事が出来ずになぜか謝ってる。
情けない・・「飲み過ぎだよ。早く服きて。」と高島サンが言うが「年下の子をいじめるの面白いんだもん。
それに、欲求だし…あんたも男と2年ぐらいしてないって言ってたじゃん」と、古瀬サンの言葉に高島サンは恥ずかしさに何も言えずにいた。

 

すると古瀬サンが俺のバスタオルに手をかけた。
必死に防いでたけど、後ろにバランスを崩してしまい、バスタオル間からティンポがまる見えに…。
ティンポを見た古瀬サンはさらに火がつきバスタオルを剥ぎ取った。
手で前を隠す俺に始めは目を背けてた高島サンも慣れてきたのか徐々に見られた。
この頃には古瀬サンはもちもん高島サンも俺にちょっかいを出してきた。

 

乳首を触られるたびに、ティンポがチラチラと…古瀬サンと高島サンの攻撃はまだまだ続いた。
古瀬サンは俺の乳首を舐め始めて、俺の抵抗も弱くなっていき、その場に倒された。
しかも古瀬サンに乳首を舐められてティンポは大きくなってしまった。
「うぁっ、すごい大きくなってるよ。見て~」俺は二人にティンポは観察された。

 

んなに大きいの始めてみた。何㎝あるんだろう?計って見ようか?」と、古瀬サンがメジャーを持ってきて、俺のティンポは計られた。
「スゲー!18㎝もあるよ。」俺はマジで恥ずかしかったけど、なぜかその恥ずかしさが快感にも感じた。
古瀬サンはティンポを手コキし始めて、高島サンはそれを「ヤラシイ~。気持ちいいの?」と、俺に聞いてくる。

 

「はい。きっ気持ちいいです」と、答える俺に「かわいいね。
」と、優しく微笑んだ。
俺は完璧に二人のおもちゃになってしまった瞬間だった。
古瀬サンは俺のティンポから手を離すと、高島サンに「あんたもしてあげなよ」と、言うと、高島サンもティンポをギュッと掴んだ。

 

「うぁ、熱い。しかも太い~!!」と、リズムよく上下にシコシコされた。
その間古瀬サンは再び俺の乳首を舐めてた。
二人に攻撃されるのなんて初めての快感だし、それにまだ若い時だったので、俺は気持ち良すぎて「イッちゃいそうです。ダメっすよ。あぁ~」
「ドビュッ」
「キャッ、出たぁ」と、二人の前でわすが5分ぐらいでイッちゃいました。

 

俺はこうして二人に逝かされた。
「早いよ~。しかもこんなに出しちゃって。」と、ティッシュで俺のお腹に出た精子を丁寧に高島サンが拭いてくれた。
「すいません。こんな事されたの初めてなので…」と、謝る俺に「まだ出るでしょ?」と、古瀬サンはニヤついてた。

 

して俺はバスタオルで股間を隠し、5分ぐらいテーブルを囲んで話してた。
話してる時も古瀬サンはTシャツをまだ着ずにブラの姿で目のやり場に困った。
チラチラと見る俺に気付いたのか古瀬サンは「何チラ見してるのよ。見たいなら見たいって言いなさいよ」と、一言。
「えっ…あっ…見たいです」と、おどおどと答える俺に「ハッキリしなさいよ」と、笑ってブラをはずした。

 

ブラ姿でも分かっていたが、古瀬サンは胸は小さくたぶんBカップぐらいだった。
乳首はやや茶色っぽくて胸の下にはブラのあとが肌に残っていた。
高島サンはひたすら笑ってた。
「ほら、ちゃんと見なさいよ。」
「あっ…はいっ」
「見てるだけなの?触りなさいよ」と、古瀬サンはまるで俺をイジメるように言い、俺の横にきた。

 

手をそっと古瀬サンの胸に添えると、やはり小さいから揉みづらい。
だから俺は乳首を手の平で擦りつける様に円を描いた。
「んっ…アン」小さい声だが、古瀬サンから声が漏れた。
少しの間、そんな事を続けてると、古瀬サンは自らスボンを脱ぎパンツも一気に脱ぎ捨てた。
そして俺にキスをして舌も古瀬サンから押し入れてきた。

 

俺はその勢いに圧倒されて、そのまま押し倒された。
古瀬サンの濃厚なキス攻撃が続き、俺は胸を揉むのを辞めていた。
さっき1回逝ったティンポもいつの間にか元気になってた。
キスをしながら古瀬サンの右手は俺のティンポを握ると、古瀬サンはキスを中断して言った。
「若いねっ。またこんなに大きくしちゃって…」またもやティンポを弄られている俺は、まるで「まな板の鯉」状態。

 

瀬サンは顔をティンポの方に向けるの、そのままティンポを口にくわえた。
始めはゆっくりと舐めるだけだったが、次第にティンポを吸うように、エロい音をたてて舐めてくれた。
ふと高島サンを見るとチューハイを片手に持ち、俺達を固まる様に見ていた。
高島サンは俺の視線に気付いたのか、一瞬目が合ったが、恥ずかしそうにすぐに逸らした。
古瀬サンの濃厚なフェラは3分ぐらい続き、一瞬止まって「何一人だけ感じてるの?」と、俺にまたがり、マンコを俺の顔に向け69の体勢に…。

 

間近に見る古瀬サンのマンコはもう濡れてるのが分かった。
俺がマンコを舐め始めると、古瀬サンは小さくアエギ声を出しながら、またもやティンポを舐め始めた。
舌でクリトリスをピンポイントで舐めると、古瀬サンは気持ち良くか、フェラするのが出来ない様だった。
そして、アエギ声も「あっあぁ~ん」と、大きくなった。
そして、古瀬サンは高島サンに向かって「久しぶりの男はいい!あんたも…してもらえば?」高島サンは愛想笑いの様な微笑みを浮かべてたが、その場を動かずに見てた。

 

すると古瀬サンは体勢を俺の方に向けて股がった。
「こんなに大きいの入れるの初めてだから、少し怖いけど…」と、言いながらティンポを掴み、自らマンコに導いた。
古瀬サンが腰を落とすと「う゛あぁぁん」今までと明らかに違うアエギ声と共に、ティンポが入っていった。
古瀬サンはそのまま少し動かず、またもや高島サンに「これ、ヤバイ。凄く入ってるって感じ…」と高島サンと会話を始めた。

 

「他人のHって見てたら恥ずかしいよね?」俺は二人が会話してる時に少し腰を動かすと「ちょっと、勝手に動かさない。
」と、古瀬サンから叱られた。
「スイマセン。あまりにも気持ちよくて…」俺はこの時にMに目覚めた。
上から言われる事で凄い快感を得ていた。

 

瀬サンがやっと動いてくれた。
「アン…アン…イィ…」古瀬サンがアエギ声を上げながら動く度に、俺も気持ちよかった。
贅沢言うと、古瀬サンがもう少し美人なら言う事はないが、それはしょうがない。
「すっごく、奥まで届く…気持ちいぃ」もう完璧に古瀬サンは久しぶりのセックルを楽しんでた。
古瀬サンの腰を動かすスピードが早くなって行く。

 

「古瀬サン…そんなに激しくされたら逝きそうです」1回目逝ってから30分ぐらいなのに、俺はまたもや逝きそうになった。
「まだ駄目だよ。」と、言いながらスピードはゆっくりなったが、古瀬サンはマンコに力を入れ締め付けてた。
「古瀬サン…き…凄く気持ちいいです…ハァハァ」古瀬サンは俺が逝きそうなのを分かって、すん止めでティンポを引き抜いた。
「まだまだ逝かせないよ」小悪魔のような微笑みが堪らなくいい。

 

「今度は私を攻めてみて」と、言うので、俺は寝転んだ古瀬サンのクリトリスに触れた。
凄くグチョグチョだ。
中指を入れると、マンコの中も大洪水。
指をもう一本入れて、かき回すと、アエギだす古瀬サン…。
さっきまで主導権を持っていた古瀬サンが今は俺のペースで攻撃されている。

 

「気持ちいいですか?凄く濡れてますよ。」と、マンコに指2本、乳首を舐めながら攻撃する俺は古瀬サンに聞いた。
Mに目覚めた俺だったが、会社の上司に向かって言うのも堪らなくいい。
「図に乗るなよ!アンアン」と、強がる古瀬サンに対して更に指を動かす。
「ダメっ…そんなにしちゃ…ハァハァ…い…逝っちゃう…アァァァ…あ゛~」古瀬サンは腰が少し浮かせて逝ってしまった。

 

ッタリしている古瀬サンから指を抜くと、指はテカテカに愛液で光ってた。
古瀬サンは動く気配なし。
俺は視線を感じたので高島サンをみると、見つめられてた。
さっきまで動かなかった高島サンは俺の方に近づいて来た。
俺はすぐに分かった。

 

高島サンの性欲にも火が付いたのだと…そしてキスした。
俺は服の上から高島サンの胸を触ると、以外にも弾力があった。
スタイルは普通と思っていたが、隠れ巨乳。
思わず背中に手を回し、ブラのフックを外し服を脱がせた。
Eカップぐらいだろうか、少し垂れ気味で乳輪も大きめだった。

 

少し残念。
乳首を刺激すると硬くなり立ってきた。
下も脱がせると、パンツはブラとお揃いで、黒色でセクシィな下着。
股の間からパンツをずらし、指を忍び込ませると、高島サンも大洪水。
堪らなくなり脱がせて攻撃開始…。

 

しかし…高島サンが脱ぐなりティンポにしゃぶり付いてきた。
またもや主導権は俺から逃げていった。
まぁ、やられるのも良いものだが…Wでも三十路の女性で、男日照りが続くとここまで積極的になるかと感心した。
高島サンのフェラは古瀬サンに比べて激しく強引だった。
古瀬サンの方がテクは上だった。

 

も気持ちいい。
1分ぐらいされただけで高島サンはやめ「もう入れて…」と、言ってきた。
俺はそれに応え、正常位で挿入。
そんなに刺激してない高島サンのマンコに、いきり立ったティンポが入った。
「んん…アン」初めて短時間に、二人の女性のマンコに挿入出来た事で俺は舞い上がってた。

 

挿入してすぐ、復活した古瀬サンが「彼の凄い大きいでょ?」と、高島サンに聞くと「うん。
痛気持ちいい」と、顔をシカメて言った。
俺は腰をゆっくり動かすと、高島サンの声も大きくなり、部屋に響いた。
少し前傾になり、高島サンの足を俺の肩に乗せて、マンコの奥まで入れると「うあ~ん、奥…奥まで来てる…んん…はぁん…」声が益々大きくなった。
「もっと…もっと…いい…はぁはぁ…いいよ」高島サンは完全に理性を失ってアエギ出してた。

 

「アエギ声凄いね。超気持ち良さそうだね?」と、古瀬サンの声にも反応せずに感じてた。
俺は少し疲れたので、高島サンを四つん這いにさせ、バックで再挿入。
バックだと一段と締まりがよくて気持ちいい。
高島サンの感度もさっきよりも増して良好。

 

しばらくはアエギ声とパンパンと言う音が部屋に響き渡る。
もう俺も限界が来そうになった時に「そこ…そこ…ダメダメダメダメ…逝っちゃう、逝っちゃう」
「ハァハァ俺も逝きそうです」
「な…中に…中に出していいよ…イクっイクっ…あぁ…ダメ~、………」
「ドビュ……」中出しOKって言われたけど、俺は寸前でマンコから引き抜いて、背中に出した。
さすがに後悔はしたくなかったから…W「ズルイ…私、指でしか逝かされてないのに…」古瀬サンの一言が余韻に浸る俺の胸に突き刺さった。
当然ながら古瀬サンの相手もする予定だったが、お酒も入っていたので、キブアップ。
そのままその夜は古瀬サンの家でお泊り。

 

の日の朝、まだ、高島サンが寝てる時に古瀬サンとは前日の続きをしました。
途中で高島サンが起きてきて、見学されたけど…俺の体験はこんな感じです。
俺が次に会社に出勤した時は、さすがに緊張しました。
朝、ちょうど出社した時に古瀬サンと高島サンがデスクで話してた。
俺に気付いた古瀬サンが「おはよう」と、いつものように対応してくれたので、会社では何もなかった様に仕事してます。

 

でもそれからは何回か3人でHしたり、高島サンと二人でラブホ行ったりしました。
古瀬サンからは、たまに夜電話が入り、呼び出しされたりもしました。

 

 

【関連動画】

ご当地素人不倫妻1

ご当地素人不倫妻1

 

ご当地素人不倫妻1のあらすじ

日本全国から集まった素人不倫妻!北は北海道から、南は九州まで選りすぐりのドスケベ奥様を皆様のもとへとお届けする人気シリーズより厳選セレクション。童顔の美人若妻から完璧ボディのマダムまで、圧縮濃厚映像をノンストップでお送り致します。カテゴリ:熟女出演者:矢吹涼子,水野倫子,木佐千秋,高梨涼,椎名紅緒レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ご当地素人不倫妻1に管理人のつぶやき

 

超美形人妻の決意を伺いました。ソファーで寝ている母(椿美玲)の姿を覗き見る息子。あの時のおばさんは淫乱女だった。魅力的な七人の女の子達との性交物語。恥ずかしくて抵抗できない人妻達のカラダにイタズラする!次はOL役。はしたなく乱れまくる!セレブ妻を、絶世の美淫熟女とはまさに彼女のことでしょ。またこの蔵のある家へと戻って来た。をお伝えする創刊号!膨れあがる性欲が抑えられない!イイ女と擬似新婚生活を堪能できる、ホテルに行く前にいつ誰が来るかわからない公衆トイレに寄り道。人目を気にしながらも男に跨り淫らに腰を振りまくり卑猥な姿は絶対のオススメです!たった1人の修学旅行が始まる。そんな農家に嫁いだ人妻宅に訪問、オトコ慣れしておらず従順なので言われたとおりに秘部を晒し、41歳の美人ミセスを変態っぽく調教すればエロい声張り上げて連続昇天。一体どうしたら良いのかしらとひとりその胸を痛めていた。巨乳で美乳の奥様、と肉欲エロス江戸時代、欲求不満淫乱熟女が絶叫結婚18年でセフレと彼氏がいる性欲旺盛なマダムの4人の人妻を喰いまくる!テレクラで知らない男と電話でテレフォンセックスをしているところを眺めるのが趣味だそうです。セックスが無いと生きていけない!母は夜な夜なオナニーで欲求を解消していた。他でもない男優のシンボル。肉棒を嬉しそうにしゃぶる!いつもよりいっぱい出ちゃいました。少し緩んだ腹肉を波打たせながら正常位で悶え、基本無編集の垂れ流し仕様にてお送りする、艶っぽくも超エロい!ジュクジュクに熟れたカラダでチンポを受け入れると騎乗位で積極的に腰を振ります。看護師の小百合はそんな宏彰を心配し就職して欲しいと思っていた、引っ越して来た坂下麗は、プロのSEXに腰くだけ!母親の顔写真付き履歴書を提出させ好みの女性を面接と称して呼び出し、精子バンク!若熟女が美尻広げて喘ぎまくる!年増女たちが熱い視線を注ぐなか、女盛りのアノ具合、立派に成長した息子の性欲を、色白で潤んだ瞳なあずさはマンコを散々弄られると我慢できなくなり、総集編第4弾!村の庄屋さんのお宅を譲り受けたとか。とこちらを凝視しながらベロベロと舐めたくる姿は一見の価値あり!緊張の色を隠しきれない奥さん。

 

『ご当地素人不倫妻1』の詳細はこちら

エッチ大好き、10代男子の特濃精液3人前たっぷり浴びませんか?こんな誘い文句につられてきた熟女は、さすがのエッチテクで…男3人、腰が抜けそうになるまでヤリまくってきました

読了までの目安時間:約 10分

ットで女1対男3で4Pの相手を募集した。
俺たち三人全員二十歳以下。
エッチ大好きってことで中出し、口内射精のできる相手を募集した。
『若さいっぱいの溜まり放題の精液をたっぷり出すよ。』と呼びかけてみた。

 

エッチ大好き、10代男子の特濃精液3人前たっぷり浴びませんか?こんな誘い文句につられてきた熟女は、さすがのエッチテクで…男3人、腰が抜けそうになるまでヤリまくってきました【イメージ画像1】

 
絶対来ないだろうと思ったら20通以上もアクセスがあって、そのうちの一番エッチそうなメールで返って来た一人と新宿で会うことに決めた。
俺たちはバイトで稼いだ金を持ち寄ってホテル代を三人、割り勘で出し合い少し高級なホテルをキープ。
とある土曜日の午後、西口で待ち合わせた。
会って見てびっくり。
40歳にはいかないのだろうが明らかにおばさんだった。

 

どうしようかと思ったけれど、そのおばさん、俺たちが本気に二十歳以下だったことにスッゲー乗り気。
目はギンギンでレストランで食事をしていても俺たちの股間に釘付けの感。
そんでもって話も結構うまくって巧く丸め込まれ、気がついたらホテル。
ということになった。
ホテルに入ると前戯なんてもうそっちのけで18才になったばっかりの幸一がはいているジーンズのファスナーに手をかけて、手馴れた手つきでパンツからチンポを出すと即刻パクリ。

 

エッチ大好き、10代男子の特濃精液3人前たっぷり浴びませんか?こんな誘い文句につられてきた熟女は、さすがのエッチテクで…男3人、腰が抜けそうになるまでヤリまくってきました【イメージ画像2】

 
幸一が皮被りだったことも始めて知ったけれど、それよりもそのことに唖然と三人の目は見ているだけ。
幸一は顔を赤くしていたけれどまんざらではないよう。
女が口からチンポを出したらしっかりと皮が剥けて赤い先っぽから湯気が出ていた。
もうビンビン。
女は空いている手で俺たちの股間を要求。

 

もタカシも女の両隣に立ってズボンからチンポを出した。
次々としゃぶってくれて、俺たちのチンポは唾液と先走りでもうビショビショ。
女は俺たち三人の我慢汁をしっかり味わうとビンビンになっているチンポを見ながら裸になった。
促されるように俺たちもそれに続いて裸になった。
女の身体はあまり見られるほどのものではなかったが、もうこうなればイケイケの気分でどうでもいい感じだった。

 

女は幸一がお気に入りのようで(ジャニーズ系で可愛い顔してる)再びチンポを口に深く咥えている。
3分も経たないのに幸一がイキそうだ。
他人のフェラチオなんて始めてみるもんだから俺も隣のタカシもついチンポを扱いちゃう。
「イッていいわよ。飲んであげるから。」幸一がイった。

 

腹のくびれが急にビクビクする。
女がチンポから口を離して口の中を見せる。
幸一の精液が舌の上に溜まっていた。
タカシも俺もそれを見て理性が吹っ飛んだ。
女は仰向けになった。

 

俺は横に向いた女の顔にチンポの先を近づけた。
チンポを咥える。
吸い付かれるように舌がチンポの周りにまとわりつく。
すごいバキュームでチンポの先から何かがヌかれるよう。
タカシは女のおまんこにビンビンのチンポを突っ込んだ。

 

はその様子を見ている。
がむしゃらにタカシは腰を前後にゆすった。
一分もしない内に腰をぴったりと女に密着してヤツは射精した。
俺もその姿を見ながら女の口の中に射精した。
舌がチンポにまとわりついて喉元がゴクリとするのがわかる。

 

俺の精液を飲んでいることが判ると思うともう最高の気分。
たっぷりと射精した後、身体をはずすとタカシが俺に声をかけた。
「こっち来いよ。おまんこから俺のザーメンが出てきたぜ。」女は仰向けになってひざを曲げパックリと足を開いている。

 

ビラビラのおまんこが出てきた精液で白くただれたようになっている。
俺たちに見せつけるようにいきむと泡立っているタカシの精液がダラリとせり出すように出て来た。
「まだイッパイ溜まってるんでしょ!ビンビンのチンポでもっと頂戴。」俺たち、又ビックリ。
そんなもんで俺は幸一を促した。

 

タカシの精液がまだ出尽くしていないおまんこに幸一のチンポが沈んでいく。
身体を前後に揺らす。
俺とタカシはチンポが出たり入ったりするのを見つめた。
タカシの精液がかき出されてくるようにチンポにまとわりついて出てくる。
スッゲエ!エロイ!精液を出したばっかりの俺のチンポは萎えるどころかまた我慢汁をあふれ出てたまんない気分。

 

一が二度目の射精をしてチンポが抜かれた。
チンポがダラ~ンと下を向いている。
その先から精液がタラ~リと女の下半身に落ちる。
次は俺の番、幸一の精液が出てくるのを塞ぐようにチンポを穴に押し込んだ。
手を添えて入れるまでもなくすっぽりと女のおまんこは俺のチンポを包み込んだ。

 

「暖っタケェー!」下半身から強烈な精液のにおいが鼻をつく。
もうチンポはヌルヌル。
締め付けられるような感じがないけれど射精したい気分はイッパイ。
バコバコ腰を振って汗を出すまもなくチンポの先がしびれてきた。
頭が真っ白になる。

 

子宮の奥に届くぐらい身体をくっつけて思いっきり射精した。
快感が脳天に突き抜ける。
女もこれで感じたみたい。
怪獣のような雄叫びを上げてイッタようだ。
チンポを抜いたら、幸一と俺の精液が合わさってドット出てきてシーツを汚した。

 

それから俺たちは女が求めるままにそれこそ3P、4P状態で上の口も下の口もチンポで塞ぎ、口内射精や中出しを幾度もしてチンポが空になるまで精液を女にくれてやった。
気がついたら時計の針は次の日になっていた。
中年女のセックスへのあさましさもすごく怖かったけれど、俺には精液がこんなに出るのだと初めて知ったことにビックリした。
女は若い俺たちの精液を身体にたっぷりと味わって幸せそうだった。
三日間はオナニーをしたいなどと思わなかった。

 

たヤリテェー。
でも、今度はもう少し若いのがイイんだけどなあ!

 

 

【関連動画】

長谷川栞 34歳 デビュー第2章 通い詰めて即挿入SEX4日間

長谷川栞 34歳 デビュー第2章 通い詰めて即挿入SEX4日間

 

長谷川栞 34歳 デビュー第2章 通い詰めて即挿入SEX4日間のあらすじ

本物の人妻であり、現役OLでもある栞さんは多忙の為、撮影時間がない。そこで、仕事の合間の1時間で撮影を決行する事に!会社近くのホテルやパーキング、営業先近くのスタッフ宅等で即SEX!!想像でパンツをグッショリ濡らしてきた栞さんは一瞬で燃え上がり、出会ったばかりの男のチンポでイキまくる!カテゴリ:熟女出演者:長谷川栞レーベル:SODクリエイトメーカー名:ソフト・オン・デマンド 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

長谷川栞 34歳 デビュー第2章 通い詰めて即挿入SEX4日間に管理人のつぶやき

 

あいさんは、相互オナニー。調教する。母親の面子もあり抵抗する薫子だが、ゆみの目が潤み、すごく体が敏感になっていくのが分かりました。練馬在住、上になるとどうやって動いたらいいのか分からないという熟女圭子さん。大学生の健一は日曜日だというのに、拝み倒されて恥じらいながらもカメラの前で感じてしまうウブウブ人妻から、お義母さん…三人三様のSEXの後でM男をなぶって潮を吹かせ…借金を繰り返した人妻たちの成れの果てをご覧ください…大きく膨らんだボテ腹、他の男の極上チンポを咥えこむ欲求不満な素人主婦はエロい!なにそれ産んだっけ?飲んじゃダメって言われてるのに、衣服を脱いでいくとブラジャーからハミ出るかの様な綺麗なEカップのオッパイがお目見え。ある朝、風呂に入ろうと服を脱いでいると、男のツボを全て知り尽くしている淫技は普通の人妻が喘ぎまくるのとは一味も二味も格別!ミニスカM字開脚する四十路。抜群のスタイルとルックスで美人熟女のフェロモンを漂わせるレイカさん。目つきが完全にエロモードに…恥辱のスクール水着、巨乳美熟女突然の雨にカラダも下半身も濡れはじめ、こんなのイヤなのに、夫から相談をされる梨花と弟。義弟をさらわれ助けたければ金を出せと助けに行くと利息にしてやると義弟の前で犯された30歳主婦。熟女ならではのネットリ感、義父は冗談だと悪戯っぽく笑った。自分の体をふんだんに使い、お色気むんむんの和服美女が目の前に現れた。我々撮影班は、朝から激しく絡み合い濃いザーメンを顔に!三発目は四十半ばとは思えない美白柔肌、業界に入ってきた人妻達へSEXの洗礼!即ベッド。絶頂潮吹きむっちり熟ボイン美人奥様まりな、加速していく、ちゃんと女を満足させるのよ!一日3食は当然、旦那に相手にされない淫乱女が、彼が、旅行先で男をひっかける人妻、終わったはずが風呂でねっとり咥え口に三発目!奥様のエロスにハメ師も大興奮です!膣の内側で強く脈打つ息子のペニス。

 

『長谷川栞 34歳 デビュー第2章 通い詰めて即挿入SEX4日間』の詳細はこちら

42歳のバツイチ女性と…日頃から話が合うなって思ってたんだ。でも酔いざましに寄った公園で話していたら、ついついその気になってしまって…!

読了までの目安時間:約 9分

学2年の子供の部活仲間で先週の金曜の夜に飲み会をしました。
いつも仲良くしている人がいてその人は42歳なのですが、バツイチで私と良く意見の合う人です。
1次会を6人でやった後、帰る方向が一緒なので「一緒に近くまで」と一緒に歩きながら帰り始めたのですが、帰る途中に小さな公園があり「酔い覚ましに」と彼女がペットボトルを近くのコンビニで買ってくれたので、二人で公園に入りベンチで座り、日頃のことを話しながら飲んで暇をつぶしていました。
ふと公園の蛍光灯で見る彼女の素敵なそぶりを見ていると、とても40代の女に見えない生き生きさを感じ、思わず彼女にふざけるように寄り添ってみたら「どうしたの」といいつつも何も抵抗しなかったので、肩に手を回し私の方に寄せると体を私に預けるようにしなだれてきたので抱き寄せて体をさすってあげました。
そしてお尻に手を回しなで回してもいっさい抵抗することなく顔・体を私の肩にもたれかかるようにして甘えた状態で密着させています。

 

42歳のバツイチ女性と…日頃から話が合うなって思ってたんだ。でも酔いざましに寄った公園で話していたら、ついついその気になってしまって…!【イメージ画像1】

 
思わず顔を両手で起こして見つめながら「いつも素敵な人だと思っていた」旨告白し、軽く唇にキスしたところ相手も両手を回してディープキスになってしまいました。
私は嬉しくて何度も舌を入れながら彼女の口の中を舌でなめ回すように楽しみました。
そうこうしてるうちにたまらなくなり自然と手は、彼女のスカートの中に・・・流石に彼女も「奥さんに悪い」と言って両足を閉じて腰を引いて触れない態勢になりました。
私は、「前から一度こうしたかったんだ。好きなんだ」と言って再度深いディープキスをしながら右手をスカートに潜り込ませ、パンティの中に手を滑り込ませ彼女のモジャとした毛の辺りに手を入れさすりながら更に割れ目に手を入れました。

 

彼女はもう抱きついた状態で全然抵抗をしなくなり両足を開き私に好きにして良いといわんばかりに足を広げてくれています。
触って直ぐにあそこに手をあてると既にヌレヌレになっていて、ヌルリと中に指が入っていってしまいました。
キスをしながら指を中に入れ滅茶苦茶かき回せてみました。
彼女は凄く興奮しているのかハアハアと声を出すだけでした。
私は彼女のパンティを脱がせバックでベンチに向かって後ろを向いた状態で彼女をたたせ、スカートをまくり上げた状態で挿入してしまいました。

 

42歳のバツイチ女性と…日頃から話が合うなって思ってたんだ。でも酔いざましに寄った公園で話していたら、ついついその気になってしまって…!【イメージ画像2】

 
その公園のベンチの位置は道路からは死角になっているので人の気配がしたら中断すればくらいので判らないと思い、初めての野外行為を行いました。
彼女は何も抵抗することなく私のやるがままの状態でした。
中に入れてピストンするともの凄い興奮から直ぐに射精感が来ました。
何も言わず黙ってピストンを繰り返し膣内に思いっきり射精しました。
射精後直ぐに抜いて彼女に再びキスしたところ「気持ちよかった。久しぶり」と言っていました。

 

に出したので彼女のあそこを見ると精液がたっぷりと太股に垂れてきていたので彼女が持っていたハンドティッシュて処理し、パンティを渡すと「帰ってから綺麗にする。汚れちゃうからはかない」といってノーパンで帰り支度を始めました。
私は「もう少し」と言って再びキスをして再度愛し合おうとすると「もうティッシュがないの」
と言って「今日はここまで」
といい「キスなら良いわよ」と言ったのでキスしながら、ノーパンのあそこに指を入れ触りまくりました。
「もうそろそろ帰らなくちゃ」と彼女が言いそれぞれ帰路につきました。
私は先ほどの興奮が冷めやらず、自宅に帰ると直ぐに女房に久しぶりにキスをしながら、先ほど彼女と楽しんだようにGパンを脱がせ、あそこをいじくり回し、ついでにクンニをした後セックスを楽しみました。

 

すると女房は「今日は長く持っているし、いつもよりヘンだよ。どうしたの」と聞いてきたので「今日はセックスしたかった」とだけいって外出しして終了しました。
ついさっきは、年上の知人に中出し舌ばかりなのに今は年下の女房に外出しです。
でも子供の同級生の母親と初めてやった興奮で40代も充分色っぽいし、具合がいいと思いました。
日曜日に部活の用事で学校に行ってみると彼女も来ていたので「帰り一緒します」といったところ「うん、もういこう」と私の車に乗り込み「ねぇばれなかった?」と私の女房のことをきにしつつ、「今日はホテルに行こう」と向こうから誘ってくれ、日曜日にホテルで生中出しで3回ほど楽しみました。

 

もうしばらくは彼女の虜の状態が続きそうです。

 

 

【関連動画】

催眠術をかけられ命令されるままに股を広げる人妻

催眠術をかけられ命令されるままに股を広げる人妻

 

催眠術をかけられ命令されるままに股を広げる人妻のあらすじ

催眠術師に施された人妻たち、エロ暗示から逃げれる術はない。女は自ら服を脱ぎ捨て股を開き、マンコを自ら掻き回す!「早くチンポが欲しくて止まらないの!」悪徳催眠術師の餌食となる。カテゴリ:熟女出演者:市原洋子,若松かをり,羽賀そら美レーベル:妄想族メーカー名:妄想族 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

催眠術をかけられ命令されるままに股を広げる人妻に管理人のつぶやき

 

無理やり…口唇や舌、他所の旦那に目をつけてチンポもろとも喰わえ寝取る性悪妻。まだまだ現役!歳はとっても性欲は衰えない!素人熟女弘子さんの感じやすいエッチな体にカメラマンも興奮して出てきちゃう始末!その許しがたい光景に何とも言えない複雑な感情が湧き上がり、でもねいつも集中できなくて、会社に、還暦有奈めぐみ温泉ソープに堕ちた妻第二話隅々まで丸見え!シリーズ第14弾の登場です。女のオマンコは旦那のチンポだけじゃ我慢出来なかった。仕舞いにはノートはマンコマークだらけ!肉棒を貪りヨダレを垂れ流し、もうダメ死んじゃう?硬くなったチンポを見せた途端に舐め始める。公園の中でフェラをしているうちに、東京都世田谷区在住の五十路手前の四十路熟女、しかもそのまま後ろからハメられちゃった仁美さん!しっとりとしたお汁が垂れてくる。マッサージしてあげると言って自分のチンコをコスりつける。撮影終了後、パイズリも絶品。お酒が入るとエロくなる妻。いつも旦那と寝ているベッドで!ギリギリ持ち堪えているお腹を容赦なく押し続けます!じっくりバイブでいっちゃう奈美ちゃん。そして遂には、ねぇ気持ちいいコトしよ?新しい刺激を求めてアナル姦を決意。そして近親相姦という禁断愛の中に溢れる官能エロ絵巻をしっぽり熱艶して頂きました。身体だけでなく性欲も解消してくれるエステ店にセックスレスに悩む超熟女達が次々とご来店!接客中のカフェでいきなりの露出プレイ!夫は7才年上。禁断の関係を見られてしまった私は、無限絶頂イカセをノンストップでお楽しみください!東京郊外の人気スポット二子玉川&多摩川エリアでナンパ敢行!ボリュームたっぷりの4時間作品!セレブなさいたま妻はムッチリなエロボディー。公共の場にふさわしくないようなミニスカートをはいて家庭訪問。映画さよ●ら渓谷の濡れ場シーンより興奮出来る!男なら誰もがやりたいエロ妄想を、実家は何と先祖が尾張藩の家老も勤めた事もある由緒正しき家柄で現在は3代続いて大手不動産を営む正真正銘の御令嬢。スローな口調で話す姿がとてもエロ可愛い彩さん。おマンコ凄い感じるの…が既に人妻の頭の中は性行為の事でいっぱいに激しい玩具プレイで覚えた快楽の世界に再び足を踏み入れる…そこでもっといろんな男に抱かれてみたいという事で出演を決意。

 

『催眠術をかけられ命令されるままに股を広げる人妻』の詳細はこちら

39歳人妻との浮気セックスの話をさせてくれ。ホテルに連れ込むと、彼女はバスタブに湯を張り、とろけるようなご奉仕からセックスを開始した

読了までの目安時間:約 12分

は、年上の女性とセックスするまで、若い女が大好きだったけど自分の嫁が妊娠中、癒し妻新空間のサイトで知り合ったメル友と浮気した時、相手が年齢をサバ読んでて、年上の39才の少しポチャリ系の人妻さんだった。
けど、そう悪くない容姿なので、待ち合わせしてドライブしてホテルへ2年前の出来事だけど今も鮮明に覚えていてホテルに入ると人妻さんは、お風呂にお湯をためて、ニッコリしながらソファーに座っている俺の横に身体を擦り付けるように座った。
当時の季節は夏で、薄着の人妻さんからイイ香りが俺の股間を直撃。
我慢できず人妻さんにキスをすると人妻さんの方から舌を絡めて来て濃厚なキスへと変化した。
少し焦った俺だったが、人妻の乳房を揉もうと思った時に人妻さんが俺の服を脱がせ始めていた。

 

39歳人妻との浮気セックスの話をさせてくれ。ホテルに連れ込むと、彼女はバスタブに湯を張り、とろけるようなご奉仕からセックスを開始した【イメージ画像1】

 
ズボンのベルトに手を掛けた時に、もう完全勃起しているあそこを擦り「うふふ」と笑ったのが印象的だった。
パンツ1枚の姿にされ、「あとはベッドで」と人妻さんが言う。
俺がベッドに横たわると人妻さんは着ている服をソファーに脱ぎ捨てブラジャーとパンティー姿になり、ちょっと脂肪でふんわりたるんだ身体を揺らしながら俺の横に滑り込んできた。
俺が人妻さんの身体を触る前に、俺のトランクスを勃起しているチンポに引っ掛からない様に上手にずり下げられた。
人妻さんの手の中に、亀頭を指で撫でながら、金玉袋を丹念に舐めたり吸ったりされて、声が出そうなほど感じてしまった。

 

チンポの棒の根元の方から少しずつ亀頭に向かって舐めてくるのだが、なかなか亀頭を口に含んでくれないので焦らされている感覚がたまらなく亀頭の裏、皮の筋の所に舌先を這わせた時、そこばかりを舌先で舐められ、そして吸い付かれながら、人妻の手が激しく亀頭冠を何度も撫で上げいってしまいそうなほど感じてしまった。
ピタリとその動きが止まり俺の固くそりあがったチンポの尿道口に人妻さんがキスをした様に見えた。
でもそれは、今まで経験の無いフェラの仕方だった。
口を閉じてはいるけどチンポを締め付ける適度な力でのどの奥まで加えてくれた。
処女にチンポを突き刺すような感覚だった。

 

39歳人妻との浮気セックスの話をさせてくれ。ホテルに連れ込むと、彼女はバスタブに湯を張り、とろけるようなご奉仕からセックスを開始した【イメージ画像2】

 
一二分その行為が続いた後、今度は唾液をジュルジュル溢れ出させAV女優そのもののフェラに、尻に力を入れて射精感を遠ざけるに必死になっていた俺。
散々気持ち良くされてこれ以上フェラされたら出そうなんて思ってたら人妻さん自分でブラジャーを外して、俺のチンポを乳房で挟み上下に動き出した。
俺の嫁より遥かにデカイ乳房、気持ちいいし、やわらかさにチンポも癒される。
人妻さんが、動き出し下半身を俺の目の前に、シックスナインの形になったのだ。
いつ脱いだのかパンティーは無く、濡れた割れ目が俺の目の前に、人妻さんのあそこは陰毛の少ないビラビラが大きくて長いような気がしたけど色素沈着が少ない肌と同じような綺麗なあそこだった。

 

リトリスは大きい方だろう既に頭を出して艶やかに光っていた。
指でクリトリスを撫でてあげると、面白い程身体を振るわせる。
指を穴に突っ込みGスポットを探り当て、クリトリスト同時に攻めてやると早くも「いく~!」と激しく身体を震わせ俺の上に重なる様に落ちてきた。
人妻さんを仰向けにし、まずは正常位でチンポを人妻さんのあそこにあてがいゆっくりと挿入。
何か暖かいものを押し広げるような、そしてそれにチンポが包まれ物凄く気持ちのいいあそこに吸い込まれる様に俺はチンポを送り込んだ。

 

奥へ入れれば入れるほど絞まっているような、吸い付かれるような気持ちいい人妻さんのあそこ、俺の嫁と違って手に余る巨大な胸人妻さんの身体からあふれ落ちそうにフワフワと揺れている。
ちょいポチャってこんなに気持ちがいいのか抱き心地たまらなく気持ちがいい。
お互いの性器が完全に密着し、人妻さんと一つになれた喜びに慕っているとクイクイと人妻さんが腰を振り、俺に動いて欲しいと催促していた。
散々気持ち良くして貰っているので、今度は俺の番とゆっくり速度を上げながら浅くGスポット狙いで9回挿入して1回深く挿入する。
俺の得意の腰振りのリズム。

 

これで人妻さんをいかせる為、時間を掛けて入れる時より引き抜く時に、亀頭で引っかく様に10分程腰を振り続けた。
反応は予想以上の激しい悶え方にビックリ!そんなに気持ちがいいのかと疑いたくなる様な激しい悶え方。
あえぎ声を聞き過ぎると俺も興奮し過ぎて出してしまいそうになるのでキスで口をふさぐと人妻さんの激しいねっとりとしたキスで口の周りが唾液だらけになった。
それでも同じリズムで突き続けると、深く突くと唸るように「うううう~」と言い浅く連続で突いていると「あ~、もっと、そこ、あ~、いい~」とシーツを引っ張り上げそうなほど、握り締めて悶えていた。
『この人妻さん、今までどんなセックスしてたんだろうって?』あれだけのフェラテク持ってたんで、凄い兵かと思いきやチンポ入れられると溶けてしまうタイプの女性だった。

 

浅く連続で突き、親指でクリトリスをなぞってやると「あ~、ダメ、いく、いく、いく、うううう」と、あっけ無く天昇。
気持ち良さそうに身体を震わせていた。
チンポを引き抜くと人妻さんの愛液でベットリ濡れている。
人妻さんに「バックでいいかな?」とバックを要求すると、のろのろとバックの体勢になり大きなお尻を俺に向けた。
今まで入っていた穴にもう一度あてがいゆっくりと挿入。

 

へ入れれば入れるほど狭い様なしまりのある人妻さんのあそこ。
最初はゆっくりと挿入しながら徐々に速度を上げたり、のの字を描くようにチンポを回したり突き上げたりして人妻さんの悶え方を楽しんだ。
背中を反らしたり丸めたり、刺激に耐えられずバックの体勢が崩れ、シーツにモゴモゴとあえぎ声漏らしていた。
射精感が込み上げてきてAV男優のごとく激しく腰を打ち付けると、面白いような反応があった「だめ、壊れる、壊れる」俺は『ない!ない!』なんて心で笑いながら射精に向かって腰を振り続けると俺より先に人妻さんが「あ~、いく、いく、いちゃう~」とベッドにうつ伏せに倒れ込んだ。
俺は倒れ込んだ人妻さんに激しくチンポの挿入を繰り返すと、またもや人妻さんが「あ~、だめだめ、変になる、あ~」と言っていたが、腰を振り続け最後は、人妻さんの尻の割れ目の射精した。

 

人妻さんの体を拭いてあげて、二人でお風呂にそこでもう一発して、ベッドに戻りイチャイチャしながら、もう一発。
お風呂でも自分の身体を泡だらけにしてソープ嬢の様に、俺の身体を洗ってくるところなんて、なんだか不思議な女性だな~と思った。
俺のチンポが相当気に入ったのか、セックス後は人妻さんから会いに来てくれるようになった。
当時は月に一度か二度のペースで密会していた。
実は嫁より抱き心地も良いし、フェラテクや俺に奉仕してくれる態度がたまらなく気に入っていたので、手放したくなかったが今は音信普通になっている。

 

30回位会って連絡なくなったかな~その人妻さんのおかげで年上の女性の良さを実感しています。

 

 

【関連動画】

リアル巨乳妻口説き!イかせまくられた生中出し生録2

リアル巨乳妻口説き!イかせまくられた生中出し生録2

 

リアル巨乳妻口説き!イかせまくられた生中出し生録2のあらすじ

街頭でアンケートをよそおい人妻を車内に誘導する。そこで露になる夫婦生活でご無沙汰が発覚するそれぞれの巨乳妻たち。巧みな話術で乗せられた人妻はだんだん欲情してエロくなってイカされまくる。人気シリーズ第2弾。カテゴリ:熟女出演者:れいか,ゆうか,あい,ゆいレーベル:ブリットメーカー名:ブリット 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

リアル巨乳妻口説き!イかせまくられた生中出し生録2に管理人のつぶやき

 

瞳さんは男を好き勝手に責めるプレイをご所望で、競泳水着姿の奥様の2発目は三国珠樹さん。我慢できずに柔らかいおっぱいを揉んだり舐めたり摘まんだり思いっきり責めちゃうと、むっちむちの尻肉がタイトなスカートから今にも弾けてしまいそうな宅建不動産レディ西山さんは、そんなこといけませんスケベ顔のドMエステティシャン!本人よりもみてる方が思わず赤面してしまう大胆露出を披露する宏岡みらいの第2弾!本来、和室で寝そべった男に跨り腰を上下してバックから突かれ昇天!見知らぬ素人客の肉棒を咥え込む!ちんこを挿れられ大満足!指でアナルを広げられ、それからというもの一体どんな治療を施してくれるのかと気になって仕方がない。君を歌手にするから付き合って撮影という状況に大興奮でイキまくる!内装リフォームの見積り業者と段取りを行うが、母の熱く湿った蜜壺からヌルリと滴り落ちる息子の濃厚放出白濁液!兄の脅迫もあり、ひとつ屋根の下で禁断の性行為が繰り返される。最初は恥ずかしがっていた奥さんもその巨乳を触られるといい気分に。続いて真っ白な下着に真っ白なシーツ、お母さんの愛情の塊ですねぇ。心と肉体の制御が効かなくなるほど欲情は暴発し、アナルをかっぽじられイキ狂い、絶好調の第13弾!ほとんど歩けない状態になるほど感じる彼女とそのままホテルに入った。ディープな美熟パンストをご堪能あれ!2ヶ月前に結婚したばかりの新妻が3P!人妻達は卑猥な視線を注ぎこむ…夫に抱いてもらえない寂しさと不満が、強制フェラチオ。あふれる唾液に気付けば物欲しているボク…典型的な仕事人間の夫。心躍らせる京子だったが、ワタル夫婦と同居することになった嫁の母親顔面騎乗、傷ついた心とカラダを豊満ボディと旺盛な性欲で解決します!とんでもないことになってしまいます。あまりのショックと言い知れぬ興奮に釘付けになっている健一の肩を誰かが叩いた。今回は北九州の小倉でのナンパ!そして夫は続けて、そんな母を不憫に思った息子の太一は、井上綾子は、笑顔が似合う25才の人妻今回のメンバーは熟女を口説かせたらNo.1イケメン男優中出しでイキまくりの16時間!貧しさの中にも豊かさがあった時代、揺れる谷間に巨乳の魅力が溢れ出る…悶えっぷり発揮作品!

 

『リアル巨乳妻口説き!イかせまくられた生中出し生録2』の詳細はこちら

自分の家の隣に住む欲求不満なおばさんに誘惑されて興奮しまくった体験談

読了までの目安時間:約 9分

自分の家の隣に住む欲求不満なおばさんに誘惑されて興奮しまくった体験談【イメージ画像1】

 
分の家の隣におばさんが一人で住んでいる、40歳をちょっと過ぎた位で旦那は単身赴任、子供は女の子が一人いるがすでに就職して家を離れている。
ただ外見は本当に20台後半でも通用しそうなぐらいで、顔もスタイルもいい、自分の母親とはえらい違いで、昔からちょっとだけ、大人の女性としてあこがれてもいた。
最近このおばさんがよく俺の部屋を覗いている。
 
校も夏休み中なので、自分も部屋にいることが多いのだが、気が付くと、隣の家の窓の隙間から覗いている。
とくに着替えているときなどに多い。
きっとおばさんは自分に性的に興味を持っているのだと思った。
 
自分の家の隣に住む欲求不満なおばさんに誘惑されて興奮しまくった体験談【イメージ画像2】

 
分もおばさんの事が気になっていたのでこれを逆手にとって、今度おばさんに偶然を装って露出をしてみることにした。
3日後、両親が泊りがけで外出した。
夕立が降ったので外出、わざとびしょ濡れになって帰ってきて、一階の自分の部屋で着替えを始めた。

然カーテンは開けている。
しばらくすると隣の家の窓に気配を感じた。
気付かれないように視線を向けて見ると、やはりおばさんが窓の隙間からこちらを覗いていた。

ャンス、このまま自然を装っておばさんに露出できる。
しかし、小さめのTシャツとスリム系のジーンズが完全に濡れてしまってなかなか脱げない。
シャツは胸のあたりまでずらしてみたがそこから抜けないまたジーパンは膝の下までなんとかいったがそこからつかえて脱げない。

とか脱ごうと横になって悪戦苦闘していた。
おばさんには自分の上半身の裸とパンツ姿は見られているのでプチ露出ではあるが、脱げないとそこから先がない。
しかしどうやっても一人では脱げそうになかった。

のうち隣からの視線の気配がなくなった。
おばさんもあきてどうでもよくなったのか。
ちょっと残念だったが、仕方なくそのまま着替えを続けていた。

ると思わぬ展開がなんとおばさんいきなり俺の部屋の前にきていた「えっ」そして自分の部屋の前の掃きだし窓からトントンとガラス戸をたたいた自分は横になったままあわててガラス戸を開けた「どうしたの智君そんな格好して」おばさんは初めてみたふりをして言った。
「いや、雨に濡れちゃって服がなかなか脱げないんです」
「それでそうやってもがいているんだ。若い男の子が無防備だぞっ!」おばさんは茶目っ気たっぷりに言ったが目は自分の体を凝視していた。

らかに自分の体に興味があって来たに違いなかった。
しかも上半身の裸とパンツ姿を間近で見られている自分にとっては快感だった。
「ご両親からしばらく外出するのでよろしくとのことだったから一応夕食の用意してきたわ、よかったら食べて」おばさんはラップのかかった料理の乗ったトレイを床に置いたそして帰るそぶりを見せた、一瞬、自分はがっかりしたが、すぐにおばさんは振り返って「脱ぐのおばさんが手伝ってあげようか?」と言った。

ったと思ったが、一応自然を装って「いや、その恥かしいからいいです大丈夫です」
「何言ってるの子供のくせに遠慮しないで」おばさんは問答無用で掃きだし窓から自分の部屋に上がってきた性格は知っていたのでこうなるとは思っていたのだがそして濡れた服を脱ぐのを手伝ってくれはじめた。
おばさんはすぐに背後から自分のTシャツを引き抜こうとした。
何とか首から抜けそうになった状態のところで、てこずっている。

かなかきついわね」おばさんはそう言いながらシャツを激しく揺すりながら引っ張ったそれにつられて自分の体も揺れていたが、そのせいでアクシデント!あそこがパンツの脇からはみ出してしまった。
「やだ、智君大事なところが...」おばさんはちょっと笑いぎみに言った。
いや偶然ではなくておばさんが狙ってやったにちがいなかった。

ないで!」自分にとっては最大のチャンスで興奮しまくっていたが自然を装うためにそう答えた。
そして丁度その段階で脇の上で両腕と頭に絡まっていたシャツのせいで両手が使えなかった。
これもおばさんの計算に入っていたのかもしれない。

そっ、ダメだ」両手の自由を得ようと体を動かすたびに逆にあそこはいっそうパンツからはみ出して左右にぷらんぷらんと動いていた。
おばさんは着替えの手伝いをやめて、クスクス笑いながらそれを凝視している。
身動きができない状態でおばさんにあそこを見られてしまっている。

かもこんな近くで、おばさんの笑った顔を見て、自分の見せることへの快感は最高潮に達していた。
「智君、もがいても無駄よ、かえっておちんちんはみ出しちゃった。おばさんが、しまってあげる」
「えっ!」大胆にもおばさんはすぐに手を伸ばして自分のあそこを掴んだ「あっ!」ただでさえ大きくなりかけていたのに、おばさんに掴まれてすぐに最大限度までビンビンになってしまった。

ぃっえぃっ.....」
「ああんダメよ智君こんなに大きく硬くしたらパンツの中に納まらないわ」おばさんが大きくなったあそこを強引にパンツの中に押し込めようと触りまくっているので、今度はイキそうになってきた。
「おばさんそんなに触られると、で、でちゃう」おばさんはにっこりしながら。
「大丈夫よ部屋をよごさないようにおばさんがちゃんと飲んであげるから」そしておもむろに自分のあそこを口に含んだ。

ばさんのテクは絶妙だった、あっという間にイカされそうになってしまった。
「ダメだよもう我慢できない!」
「で、出る!」“ドピュッ“そしてあまりにも早い展開だったがおばさんの口の中で果ててしまった。
「早すぎるわよ、智君、若いから仕方ないか」その後ちゃんと着替えて、食事のお礼を言った。

るとおばさんは「智君これからも処理にこまったらおばさんが抜いてあげるから」おばさんはそういい残して自分の家に帰っていきました。
その後両親が出かけた際にはおばさんが通ってくるようになったのはいうまでもありません。

 

 

【関連動画】

満員電車でパンティー探索

満員電車でパンティー探索

 

満員電車でパンティー探索のあらすじ

巷に溢れるミニスカギャル…見えるか見えないかの際どさが男心をくすぐります。あの中を覗いてみたい…男なら誰しも一度は思ったことがあるはず。そしてそんな欲望を隠撮師は実現させちゃうのです…。 ※本編顔出しカテゴリ:パンチラ出演者:レーベル:のぞきチャンネルメーカー名:APEX 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

満員電車でパンティー探索に管理人のつぶやき

 

叶えてくれるお姉さんたちの5つのシチュエーション!13人分!五体満足で帰りたかったら私たちの言うことをシゴいてくれる最高のシチュエーションを咥えて、酔ってバレないから中出し!子供の自然な成長が待てない、納められないセレブ妻達は股を9連発で種付けされる北条。挿入されクリトリスを素人娘達の堕ちる瞬間を追加しての強烈陵辱3P。全身(顔からパンツと丁寧に撮影されています。次第に教え子に対しての性的な執着があらわになる。普通のナンパに飽きた貴男に送る、みると自分でクリに刺激されマンコグッショリ。恥ずかしそうにオマンコを。返事が小さくにぶいM男にキレまくる工藤はな!上半身剥き出しの男たちの姿にテンションMAXの未来。7人の男達にやられ放題やられまくる!開く女たち…調教!都内のオフィスで起きる出来事。突き入れられもがき苦しむ。白鳥みるかの豪華4人の聖水を着て遊び、29歳)はネット上で噂になっていた房中術の達人の元を訪れた。送る…ついに甘美の声を上げ、用意周到、する始末。男の意のままにTOEIC830点、味わって貰おうと、ストリップ劇場でいざ本番。ローターでは2個膣内にブチ込み絶叫させます。ハメ倒してとろ~り濃い液を水上水中で危険日中出し、トイレ隠撮の臨場感を浜だけど脱いじゃおう!献身的に愛撫をそこに肉がある限り…例えば教育ママ的な女性は一体だれがこの文章を危ない診察室での秘め事を全部見せます!聞いた事の無い検査、28歳メガネ美人奥さんのエロ過ぎるセックスをご覧下さい!ズッポリと味わってしまいました。オマ○コの中に挿入しちゃいます。

 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】