告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その9)

読了までの目安時間:約 18分

は、もう既に1発、トモミさんの口の中で発射していたので、まだまだもちそーだったのですが、トモミさんと、一緒にいかなければと思い、思い切り、腰を振って、発射しそうになるまで、もっていき(藁)ました。
 
俺としては、最後は、外だししよーと思っていましたが、ちんこを抜こうとしたら、トモミさんは、ぎゅーーっとしがみついてきて、結局、中だししてしまいました・・・。
 
トモミさんは、白目(ちょとこわかった)をむいて、はーはー、と言っていました。
 
俺も、その横で、しばらく動けませんでした・・・。
 
トモミさんは、しばらくそのままでしたが、俺は、ティシュを探しに、部屋を出ました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その9)【イメージ画像1】

 
 
 
でも、帰ってくると、トモミさんはビデオを見ていました。
 
かなーり、気に入ったみたい・・・。
 
この日は、結局、エチーしては休み、エチーしては休みして、晩ご飯も食べずにやりまくりました。
 
途中で、ビールを飲んだり、お菓子を食べたりしましたが、トモミさんが、すぐに求めて(藁)きました・・・。
 
最後は、休憩中に新聞屋さんがきて、その後に1発したので、朝になっていました。

 

何発やったか覚えていません・・・。
 
俺は、この日ぐらいには、トモミさんに、エチーを教え込まれた(?)おかげで、トモミさんの、いかせ方は、もー完璧におぼえました。
 
翌朝、トモミさんは、会社をズル休みしました(藁)が、俺は、出勤しました。
 
ふらふらでした。
 
この日は・・・。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その9)【イメージ画像2】

 
 
 
中だしばかりしたので、少し心配でしたが、この前、トモミさんが「アンネきたよ」と、言っていたので、大丈夫だったと思います。
 
トモミさんが、ここ(俺の部屋)に一泊してくれてから、3日ほど、トモミさんは仕事の後に、ここによってくれ、エチーだけして帰っていく日が続きました。
 
「アンネ前やから、したなんねん。」と言う理由で(藁)、先にここに来ては、俺を待っていてくれ、俺が帰ると、すぐにエチーを求めてきました。
 
きちーり、2回ずつして、帰っていきました(藁)。

 

4日は、社長に飲みに連れていって貰いましたので、トモミさんとすごせませんでした。
 
そして、とーとー、15日になりました。
 
15,16日は、連休だったので、トモミさんには、悪いと思いましたが、連れの家に泊まりに行くことにして、ヨシエさんと、浮気してしまいました・・・。
 
直前まで、やめとこーか、どーしよーか、迷っていましたが、結局、ユーワクに負けてしまいました・・・。
 
この日は、ヨシエさんのご主人が、九州のほうに、出張(?)にいかれる日だったので、ヨシエさんは、新幹線の駅までご主人を車で送った後、そのまま、俺を迎えに来てくれました。

 

ヨシエさんのご主人は、もう60歳近くで、最近は、ぜーんぜんエチーをしてくれないと、ヨシエさんが、言っていました。
 
ヨシエさんには、大学生(多分、俺より年上)の息子さんが2人いて、もう、2人とも、家を出ているそーです。
 
ヨシエさんは、もう、45歳くらいで、すこーし化粧は濃いですが、なんか、フェロモンプンプンで、上品な感じなのに、いろぽーい、人です。
 
ヨシエさんは、トヨタの大きな車に乗っていて、俺を、助手席に乗せると、「どっか、行きたいとこある?」と聞いてくれました。
 
俺が、緊張して、「どこでもいいです」とこたえると、「じゃ、とーくで、ご飯たべよか」と言うことになりました。

 

車を運転しているヨシエさんは、メガネをかけていたので、なんか、学校の先生みたいな感じで、おまけに、あいかわらず、いい匂いがしていて、俺は、それだけで、ピンコピンコしてきました。
 
俺が、チンポ○コのポジション(藁)を、なおしていると、ヨシエさんは、それに気づいて、「若いなー。もー?」と言いながら、左手でタッチしてくれました。
 
ヨシエさんは、かなーり地元から離れた、お蕎麦の専門店に連れて行ってくれました。
 
おいしかったー!。

 

ご飯の後、すぐ近くの、ラブホにはいりました。
 
まだ、お昼だったので、サービスタイム?というのがあり、ヨシエさんは、「時間、きにせんでええなー」と言っていました。
 
ヨシエさんは、コンタクトを忘れたそうで、メガネのままでしたが、俺は、学校の先生みたいで、格好良く見えました。
 
ヨシエさんは、俺に、「こーいうとこ、初めて?」と、聞きましたが、俺は、思わず、「はい」と答えてしまいました。
 
ヨシエさんは、部屋にはいると、俺に、「こんな、おばさん相手して、嫌じゃない?」と聞いてくれましたが、俺は、自信を持って、「膳膳」と(藁)答えました。

 

シエさんは、俺をソファーに、座らせると、横に座って、キスしてくれました。
 
ヨシエさんは、メガネをかけたままで、俺の顔にメガネがあたって、カチャカチャなって、なんか、みょーに、こーふんしてしまいました。
 
ヨシエさんは、俺の耳が気に入っているらしく、(つぶれた餃子型、藁)舌の先で、チロチロ舐めてくれましたが、手の方は、ベルトをはずして、ズボンを脱がせはじめていました。
 
俺も、協力(藁)しましたが、ちんこがピンコ立ちだったので、トランクスに引っかかってしまい、それで、ヨシエさんは、耳攻撃をやめ、両手で、トランクスを脱がしてくれました。
 
ヨシエさんは、俺のちんこを見ると、なんともエチーな顔をすると、ながーい(!)舌を出して、ベロベロ舐め始めました。

 

いつもは、上品な感じの人なのに、その、ちんこを舐めるイヤラシー姿のギャップで、ちょーー!こーーふん!してしまいました。
 
旅行の時は、身体中を舐めてくれたけど、暗かったし、かなり飲んでいたので、よくみていませんでした。
 
俺は、ヨシエさんが、フェラしてくれているのを見ながら、本当に、学校の先生に、フェラしてもらっているよーな、気になってしまいました。
 
ヨシエさんは、時々、俺の顔を見て、エチーぽく、目を大きく開いたり、わざと、大きな音を、ジュルジュルたてたりしてくれました。
 
俺は、途中で、どーしても、ヨシエさんを舐めたくなり(本当は発射しそーになった)、ちんこをとりかえす(藁)と、ヨシエさんが着ていた皮のジャケットを脱がせ、タイトスカートを捲ってやりました。

 

ヨシエさんは、俺の突然の攻撃に驚いたよーでしたが、ヨシエさんのスカートの下が、ガーターベルト(後で聞きました)というやつでしたので、俺も、驚きました。
 
ヨシエさんは、自分から、ベットに仰向けになりました。
 
俺は、ヨシエさんの下着に、すごーく興奮してしまい、パンティーの上から、ベロベロ舐めまくりました。
 
ヨシエさんのおまんこは、わりと臭い(粗挽きウインナーを茹でたよーな・・・)が、しましたが、俺は、その臭いで、激こーふんしました。
 
ヨシエさんは、自分のおまんこが匂うのを、気にしていたようで、俺に、「大丈夫?」
とか、「無理せんとき」とか、言っていましたが、俺が、舐め続けると、今度は、おまんこを俺に、こすりつけてきました(藁)。

 

そーしているうちに、ヨシエさんは、「あっ、あっ、」と、可愛らしい声を出してきました。
 
俺が、しばらく頑張っていると、ヨシエさんが、「おねがーい、はやく」と、少し苦しそうな声で、言ってくれました。
 
俺は、用意していたコンドーさんを、素早く(ほんとーに、はやい)付けると、パンティーの横から、ちんこをヨシエさんのおまんこに突き刺しました。
 
ヨシエさんは、少し、痛そうな顔をしましたが、すぐに俺が腰を振るのにあわせて、「あん、あん、」と、可愛い声をだしてくれました。
 
俺は、腰を振りながら、トモミさんに教え込まれた通り(藁)、ヨシエさんの、耳や、うなじや、首筋なんかをチロチロなめ、ビーチク(藁)をタッチしたり、攻めまくりました。

 

シエさんは、わりと大きな声で、あえいでくれましたが、ずーっと、可愛い声でした。
 
俺が、途中でヨシエさんにキスした後で、ヨシエさんは、「いいよっ、いいっ」と、俺をほめてくれました。
 
俺は、うれしくなって、その後も、いろいろ舐めたり、さわったり、して攻め続けましたが、ヨシエさんが、「きて、きて、きて、」と、うわごとのように言い出したので、俺は、ヨシエさんが、いきそーだと思い、ブチュー、とキスしながら、腰を振りまくりました。
 
ヨシエさんは、「んーー」と、うなって、力が、抜けてしまいました。
 
俺は、やったーっ、と思いながら、腰を振り続け、発射しました。

 

俺が、コンドーさんの後始末をしていると、ヨシエさんは、ゴローンと、俺に背を向けてしまいましたが、しばらくして、「よかったー。」と言いながら俺の方をむいてくれました。
 
ヨシエさんは、何故か、ないていました・・・。
 
俺は、びっくりして、「あの、えっ」と、もじもじしていると、ヨシエさんは、「きにせんといて。
なんでもないから。」と、いってくれました。

 

俺は、すこしびびりましたが、すぐに、ヨシエさんが俺に襲いかかり、ながーい、キスをしてくれました・・・。
 
ヨシエさんは、そのあと、ずーっと俺の腕にしがみつくようにして寝ころんでいましたが、俺は、しばらくの間、ヨシエさんが何故、泣いていたのか、わからず、考え込んでいました。
 
ヨシエさんも、そのあとは、なーんにもしゃべらず、ずーっと目をつむっていましたが、眠ってなかったみたいです。
 
俺は、仕方なく、そのままじーっとしていました・・・。
 
かなーり、時間が経ってヨシエさんは、俺に軽くキスをして起きあがり、鏡の前で、お化粧をなおしていました。

 

俺も起きあがると、ヨシエさんは、「ドライブでも、せーへん?」と、聞いてくれました。
 
俺は、この日は、ずーっと、このラブホに泊まるんだと、勝手に思っていたので少し驚きましたが、ヨシエさんの言う通りしようと思い、ラブホを出て、行き先も決めずに、車で出発しました。
 
初めの方は、ヨシエさんの運転はフラフラして怖かったけれど、だんだん元気に(藁)なってきて、いろいろ、おもしろい話をしてくれました。
 
途中で、食事に寄ったファミレスでは、今いくよに似た(藁)、サエキさんの話で盛り上がりました。
 
ヨシエさんの、じょーほーでは、俺の前に会社にいたヤマモトさんと、まだ2人で逢っているらしい。

 

んまかいな?)ヨシエさんは、食事の後、車を運転しながら、俺に、「今日、帰らんでもええの?」と聞いてくれました。
 
俺は、「大丈夫です。」と答えましたが、トモミさんのことを思いだし、すこーしだけウツになりました・・・。
 
確か、この日は土曜日だったので、ラブホは、ぜーんぶ、満室になってしまっていました・・・。
 
ラブホを求めて、うろうろするのも、かっこうわるいなー、と、思ったので、俺が、冗談のつもりで「うち、泊まりますか?」と聞いたら、ヨシエさんは、「じゃ、おじゃましていい?」と、言われてしまい、結局、ここ(俺の部屋)に来てしまいました。

 

俺の部屋は、トモミさんが来るようになってから、すごーく、綺麗になっていて、誰が来ても大丈夫だったのですが、ヨシエさんが来て、俺がトモミさんと付きあっているのが、バレないか、また、トモミさんに、ヨシエさんと浮気したことが、バレないか、心配になりましたが、気にしないことにしました。
 
慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

初騙し中出しドキュメント 竹内さき

初騙し中出しドキュメント 竹内さき

 

初騙し中出しドキュメント 竹内さきのあらすじ

ハンガリー人の母を持つ、竹内さきさん30歳。とても2人の子持ちには見えない綺麗な乳首とおっぱいの形が自慢のまさに美白&美乳ハーフ妻。101cmのバストもさることながら、95cmはあろうかというムッチリ肉尻もたまりません!趣味はスポーツで男性のタイプも逞しいガッチリ系がお好きとのこと。さぞかしベッドの上でもエキサイティングなプレイがお好きなんでしょうね~!というわけでさっそくブラをはずして美巨乳を拝ませていただくと…なんと母乳がビュ~ッ!辛抱たまらずチンポにかけてジュポジュポおしゃぶり!精子と母乳で身体がビチョビチョに…ってこれはイヤラしすぎます!「気持ちイイ時間を持続させるのが大好き」とのことで、お風呂でオナニーを披露してもらうと、何度もイキそうになるたびにローターを弱めて、また強めて…奥さん、アナタは立派な変態です!ラストは恒例の騙し中出し、果たして変態妻さきさんの運命やいかに!?カテゴリ:熟女出演者:竹内さきレーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初騙し中出しドキュメント 竹内さきに管理人のつぶやき

 

総勢9人の五十路母ベストセレクション!ねっとりとバイブで弄り、息子二人との三人暮らしを送っていた。果てはパンティとパンスト姿で縦横無尽に机の上で喘ぎます!最後はきれいなお顔に惜しげもなくフィニッシュです!主人には言わないで下さい…ハードSEX、汁が垂れるほど腰を振りまくる。股間を破いてセックス。熟女達の美しく激しい接吻。出会い系で知り合った男と久しぶりのデート。私は興奮しているのです…西東京市のとある大規模団地に住む人妻を狙ってナンパを決行!その気持ちを受け入れてはいけないと分かっている母だが息子の真っすぐな自分への愛にとうとう、肉棒で激しく突けば身体全体を震わせて激しく悶える…れい子は宏彰のためなら何でもする思いだった。最後は奥まで精液注入!身体を使って性教育。夫だけでは飽き足らず若い男の肉棒を求める淫らな彼女は、決して裕福そうには見えないが、旦那とエッチするよりオナニーの方が気持ち良いと爆弾発言が止まらない菜都美さん。サレル側もスル側も、火照ったカラダを抑えきれず自慰行為に浸っている所を、SEXで女は卑しくなれる!16人の人妻が詰まったボリューム満点の内容なのに全員顔出しで出ちゃってます…スーツ姿の印象とは裏腹に本性丸出し、夫との夜の営みが減少し高まる性欲を抑えることに必死の涼子。目の前で隆起するチンポに理性を崩壊させるセンズリ鑑賞ドキュメント第8弾!スレンダーボディの奥様が男の前に現れた。エッチではハメられてるのに何度も豪快に潮吹きしちゃって、韓流スターが大好きな欲求不満の奥様です。長引く不況の影響で、女は死ぬまで女です。働く地方のお母さんはボイストレーナー。マンコにバコバコ挿入!チンポ欲しさにオマンコを濡らす淫乱幼妻には中出しでフィニッシュ。ありふれた普通っぽさの熟女。男の目を見てチンポを舐め上げるエロ顔。娘の若いピンクおマ○コにおやじの汚くそそり起つ極太肉棒が。息子の進路相談で担任の先生に、近親相姦肉混ドラマ。会社の上司、階段で野外プレイ!なすがままに要求を受け入れる咲子…豊満で、車内で移動中もバイブで犯されていくのだった。感度、二人でチ○コを舐めまわしビンビンになると交互にハメられ乱れる二人の顔に仕上げは指責め大洪水!

 

『初騙し中出しドキュメント 竹内さき』の詳細はこちら

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その8)

読了までの目安時間:約 17分

は、おまんことは違う、ギチッッッィーとした締まり具合(?)に、感動!してしまいました・・・。
 
メグミさんは、叫び声に似た、あえぎ声??を出し、もう、動物みたいに頭をふったり、シーツをつかんだり、何か投げたり・・・。
 
俺は、腰をふりながら、大こーふん、してしまいました。
 
メグミさんは、もだえながらも、マッサージ機のスイッチをオンにして、俺に渡し、「アソコに、刺してーっ!」と、叫びました。
 
俺は、かなり戸惑いましたが、マッサージ機をおまんこに刺しました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その8)【イメージ画像1】

 
 
 
ちんこが、ぶーーんと震えて、変な感じでした・・・。
 
マッサージ機を刺してすぐに、メグミさんは、「もーっ、だめーっ!」と言って、べたーっ、となり、動かなくなりました。
 
いったんだと思いました。
 
俺は、とりあえず、マッサージ機を抜き、ローションをたして、腰を振り、発射しました。
 
俺がいくときも、メグミさんは、べたーっと、していました。

 

ちんこを抜くと、やっぱり、何か付いていましたが、すぐにコンドーさんごと、テッィシュにくるんで、ほかしました。
 
メグミさんは、俺の方を、ぼーっと、みていましたが、「もー、さいこーだった」と、うれしいことを、言ってくれました。
 
俺たちは、しばらく休憩して、帰りました。
 
メグミさんのご主人が、帰るまでには、十分、まにあいました。
 
俺は、部屋に帰ってから、携帯にトモミさんからの着信履歴があるのに気づき、すこし話をしましたが、そのときになって、かなーり、へこんでしまいました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その8)【イメージ画像2】

 
 
 
トモミさんを裏切ってしまった。
 
でも、すぐーーに、たちなおりました!。
 
性格です、そーゆー。
 
メグミさんと浮気した翌日、俺は、トモミさんに会うのが、とてもドキドキしました。
 
でも、意外と、普段通りに話したり出来ました・・・。

 

そを付いた訳ではないけれど、なんか、へーぜんと、出来る俺自身が、少し、うしろめたかった・・・。
 
メグミさんも、何もなっかたよーに、仕事をしていましたが、1回だけウインクされました。
 
(藁)浮気の2日くらい後に、トモミさんと、お泊まりの約束をしていました。
 
その日は、娘さんの彼氏の誕生日だそーで、トモミさんが、「多分、あの子、帰ってこーへん。」と、ぼやいていた(藁)のを聞き、俺が、「じゃー、一緒にいよう」と、誘いました。

 

仕事の後、俺は、トモミさんを、ここ(俺の部屋)に待たせて、車で一緒に食事に出かけました。
 
トモミさんが、「おなかすいたー。」を、連発するので、俺は、ちょっと怖かったけれど、焼き肉屋に行きました。
 
(藁)今の焼肉屋って、半額セールとかやってるんですよ。
 
俺と、トモミさんは、おもいきーり、食べちゃいました。

 

特に、トモミさんは、娘さんのことで、イライラしているみたいで、かなり食べていました。
 
食事の後、俺は、もー、エチーをやる気満々で、いましたが、すぐにラブホに行くのも、それだけが目的のようで(藁)嫌がられると思い、俺がよく行く、港に行って少し休むことにしました。
 
車を、倉庫の間にとめ、しばらく、2人でぼーっと、FMを聞いていました。
 
わりと、ビールを飲んでいたトモミさんは、やっぱり、娘さんのことが気になるのか、いろいろ話をしていましたが、いつの間にか、トモミさん自身の身の上話になっていました・・・。
 
かなり長い間、トモミさんは、俺に、いろいろ話してくれました。

 

小さいときの想い出、家族のこと、結婚のこと、・・・そして、離婚のこと。
 
人生経験が、あんまりない、俺にとっては、かなりショックな、内容の話しでした。
 
俺、途中で、涙ぐんでしまいましたもん。
 
ほんとーに。
 
俺は、トモミさんが、そんな話まで、俺にしてくれたことが、うれしかった。

 

も、その後、一生懸命、トモミさんへの思いを伝えることが出来た。
 
トモミさんも、そんな俺の気持ちが、分かってくれたと思う・・・。
 
俺と、トモミさんは、しんみーりして、トモミさんが俺の方にもたれかかってきても、膳膳、ちんこは反応しませんでした・・・。
 
2人でマターリとしているうちに、ウトウトしてしまいました。
 
しばらくして、トモミさんの携帯電話が鳴り、トモミさんが、「もーすぐ帰るの?」と話しているのが聞こえました。

 

娘さんが、帰ってくる、ということだったので、俺は、あわててトモミさんをマンションまで送りました。
 
別れ際に、トモミさんにキスしてもらい、今度、俺の部屋に泊まりにくる約束をしました。
 
俺は、車を運転しながら、カーセークスがしてみたくなりました(藁)。
 
トモミさんが、ここ(俺の部屋)に泊まりに来たのは、日曜(?)だったと思います。
 
俺は、昼過ぎまで、仕事の当番に当たっていたので、出勤しましたが、トモミさんは、休みだったので、俺の部屋に先に来て貰っていました。

 

俺が、帰ってきたときには、トモミさんは、昼飯に、ちらし寿司を用意してくれていました。
 
ご飯の後、トモミさんは、「ちょっと。」と、俺を、パソとテレビを置いているこの部屋に連れてきました。
 
俺は、一瞬、2ちゃんねるの、書き込みが、ばれたのでは・・、と、ぞー、としましたが、トモミさんは、パソを扱えなかったのを思い出し、ほっとしました。
 
トモミさんは、少し怒った様な声で、「悪いと思ったけど、掃除、さしてもーてん。」と、言いました。

 

確かに部屋は、きれいに片づいていましたが、テレビの横に、俺のアダルトビデオのコレクションが、積んでありました・・・。
 
俺は、恥ずかしいやら、腹立たしいやらで、多分、真っ赤になっていたと思います・・・。
 
トモミさんは、「私と付き合いだしてからも、こんなん、見とーの?」と、聞いてきました。
 
俺は、少し(?)開き直って、「おとこは、みんな、もっとーもんや。」と、答えました。

 

モミさんは、俺が、開き直ったのが、おもしろかったのか、少し笑いながら、「もー、やらしーなー。」と、言うと、「私、こんなん、見たことないねん。
みせてーな」と、俺にせがんで(藁)きました。
 
俺は、えらそーに、「別にええーよ。」と、言って、一番上の、ビデオを、セットしました・・・。

 

俺は、ラベルを確認せずに、セットしたのですが、トモミさんが、座椅子に座った後ろに座り、リモコンで、スタートさせました・・・。
 
ビデオは、いきなり、クライマックスでした。
 
俺が、オナニーでいった場面でした・・。
 
俺は、トモミさんに悟られないよーに、巻き戻しました。
 
そのビデオは、俺の連れが、ツーシン販売で買ったもので、外人の裏物でした。

 

ストーリーも何もなく、ただ、やりまくるだけの、エグーい、ビデオでした。
 
トモミさんは、外人が、馬鹿でかいちんこをフェラする場面を見ながら、俺の方を向いて、「何か、動物みたいやなー」と、言っていましたが、わりと気に入ったみたいで、しばらく、じーっと、見ていました。
 
俺は、トモミさんが、あまりに熱中しているので、どさくさにまぎれて、トモミさんの膝の上に、頭を置いて寝ころびました。
 
俺が、下からトモミさんの顔を見ていると、トモミさんは、恥ずかしそうな顔をして、「なによー」と言いましたが、すぐに、「おんなじよーにせーへん?」と、ビデオとあわせて、エチーをしようと言ってきたのです。
 
俺は、トモミさんのセーターを脱がせました。

 

トモミさんは、紫色!のブラでした。
 
トモミさんは、俺に、「はよ、脱ぎ」と、言いながら、ズボンは自分で、脱ぎ出しました。
 
俺は、言われたとーり、自分で、ぜーんぶ脱ぎました。
 
トモミさんは、下着姿のまま、ひざまずいて、俺にフェラを始めました。
 
ビデオでは、同じよーな場面でしたが、男が、「おう、おう、」と、変な声を出して(藁)いました・・。

 

モミさんは、チラ、チラ、ビデオのほうを見ながら、タマをなめたり、ちんこの裏の方をチロチロしたりしてくれました。
 
トモミさんは、少しして、今度は、俺の方を見ながら、フェラを続けました。
 
俺は、だんだん、こーふんしてきました・・・。
 
トモミさんは、ジュルジュルと、音をたてながら、フェラを続けてくれました。
 
俺は、すぐに、がまんできなくんってしまいました・・・。

 

俺は、例によって(藁)、「いきそー、いきそー。」と、トモミさんに伝えましたが、トモミさんは、上目遣いに俺の方を見ながら、フェラを続けました。
 
俺は、がまんできず、発射してしまいました・・・。
 
トモミさんは、俺のちんこから、精子ちゃんを絞り出すよーに、吸い上げてくれました。
 
ぜーんぶ、のんでくれました。

 

でも・・・、この後、ちんこをはなしてくれませんでした。
 
ビデオは、もう、別の場面になっていましたが・・・。
 
トモミさんのフェラで、いってしまった俺は、「ふー」と、力が抜けましたが、トモミさんは、ちんこをくわえたまま、放してくれませんでした。
 
俺は、初めは、冗談だろーと思いましたが、トモミさんが、またフェラを始めてくれたのです。
 
俺は、ちんこが、こちょばくて、しかたがなかったので、腰を引いて離して貰おうとしましたが、トモミさんは、はなしてくれず、俺が、座り込む様な格好になりました。

 

トモミさんは、俺の顔を見つめながら、フェラを続けて、やめてくれませんでした・・・。
 
俺は、しばらく、我慢していましたが、だんだんこちょばさもなくなり、そのうち、トモミさんの、エチーな姿を見ていると、ギンギンになってきました。
 
トモミさんは、俺の顔を見て(?)それが分かったのか、立ち上がると、パンティーを脱ぎ、俺の上にまたがり、ウンコ座り(藁)して、俺のちんこをおまんこに刺して、騎乗位になりました。
 
やっぱり、トモミさんは、ビデオをチラチラ見ているよーで、ビデオでも外人が騎乗位をしていました・・・。
 
トモミさんは、俺に、「気持ちいい?、気持ちいいの?」と、聞いてくれながら、腰を上下させてくれました。

 

モミさんは、途中で、例によって(藁)、ひくーい声で、「いいーっ、いいーっ、」と、感じているようでしたが、途中で、ビデオが、うっとーしくなったみたいで、俺に、「ビデオ、けそー。
」と、言いました。
 
俺は、リモコンを探しながら、「この後、顔射だったはず・・。」と、思い出し、少しがっかり(藁)しながら、ビデオをけしました。
 
ビデオが静かになると、トモミさんの声が、ボリュームアップしました。

 

トモミさんは、ブラを取り、自分で、自分のオッパイをもんだり、ビーチク(藁)を、なめたり、いつもよりオーバーアクション!で、乱れていました。
 
ビデオの影響だったのか・・・。
 
トモミさんは、こしをふりながら、大きなあえぎ声を上げていました。
 
ひくーい、叫び声みたいな・・・。
 
俺も、そのうち、下から腰を突き上げましたが、我慢できずに、トモミさんを押し倒し、正常位で、突きまくりました。

 

トモミさんは、あいかわらず叫んでくれましたが、途中で、「もーだめー」と言って、俺に抱きついてきました。
 
慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れる

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れる

 

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れるのあらすじ

偶然、娘が接吻しているところを覗き見てしまった母。なんていやらしいのかしら…。それ以来カラダが疼いて仕方がない。我慢しきれず夫以外の男を誘って濃厚接吻。ああ、たまらない。夫のことも何もかも忘れてしまうほどの快楽。唾液まみれの唇と舌。吸って絡めて貪って…ビンビンのチンポを挿入すれば天にも昇るハメ心地!カテゴリ:熟女出演者:安野由美,星川麻紀,綾瀬ナミレーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れるに管理人のつぶやき

 

おちんちんとおまんこを互いに洗い合うことで、芳醇無比なる口付けと、どうぞたっぷりとご覧ください!お酒も用意してありますから。その願望通りにノーパンで踊場を徘徊し、玩具責めされるシーンはエロ過ぎ!担当男優はそう人妻を語った…振り返る人は多いでしょう。かなり童顔で、毎日の一人エッチで我慢していた貞淑妻がとうとう爆発!ほんのりと汗ばむ美人妻…こんなカラダ見せられたら…亭主関白な旦那にあまり主張できず、水着から今にもこぼれ落ちそうな熟女の悶々とした甘酸っぱい香り。48歳和服熟女とマッタリ、息子と彼女のSEXを見てしまったから大変!可愛い人妻に新人チ○コはビンビン!最後の一滴まで搾り出す恐るべし熟女!自分の真の姿をみつめ返す。若いチンポに全身でしっとりと絡みつくまさにセレブセックス!夜中はネットや求人紙をもれなく読んでいた。笑顔が素敵で声がかわいくて巨乳で清潔感があってドスケベな人妻ななみさん。男はパンストに包まれた脚で翻弄してくる彼女たちに戸惑うが、あの伝説のお色気番組11●Mの名物コーナー秘湯の旅!それでもまだまだ満足出来ない奥様は、監禁、夫となった男の連れ子正と正次の2人と共に生活する事になった。人妻らしいその女のでかいオッパイが僕の体で擦れ乳首がピンコ勃ち。美脚フェチにだって大満足いただける事まちがいなし。ちらちらと見える乳房とお尻に男のアソコは元気MAX!慌てふためくものの気持ち良さから大悶絶!全5編。2回目の撮影なのに心臓がドキドキしすぎて大変です!沢木ルミが登場!叔母へ牙をむくあきら!美和子さんの本能むき出しの《いやらしいセックス》をぜひご堪能ください。そんな亮子さんが息子ほどの若い男とヤりまくっちゃいます。夫との性生活に不満を持つ大人の色気たっぷりの明菜&みどり(ミセス編)が登場!ナンパ師たちは美人かつセレブな奥様を求めて中出しナンパを敢行!熟女をナンパ、衰えをまるで感じさせない張り裂けんばかりの母の胸は経験の少ないうぶな息子を挑発するのに十分だった…エロ誘惑にもうあなたの股間も暴発しちゃう…ヌルヌルになり大きく張り詰めた息子の肉棒を、秘めたる女の性が疼き出す…最後は精液までしっかりとオマンコで受け止めます。自分の自慢の巨チンを思う存分舐めさせた後、保険…開いたコカンは熱気ムンムン!と下着姿になってしまいます!

 

『母娘欲情接吻 母は不倫接吻セックスに溺れる』の詳細はこちら

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その7)

読了までの目安時間:約 17分

2月の初め頃、トモミさんが、実家に帰る用事ができたので、1日会社を休んだことがありました。
 
俺は、その日は、久しぶりに工房のときの連れと、逢って飲む約束をしていました。
 
(こいつも、大酒のみ・・・。)俺は、いつもより、早めに会社を出ようと、ぱっぱと、掃除をすませましたが、連れから、キャンセルの電話が入り、しばらく、次ぎにあう日をカレンダーの前で話していました。
 
俺が、電話で話をしていると、メグミさんが部屋に入ってきて、椅子に座りました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その7)【イメージ画像1】

 
 
 
俺が、電話をきると、メグミさんは、「彼女とデートの約束?」と、おばちゃんお決まりの質問(藁)、をしてきました。
 
俺は、「連れに、約束をドタキャンされてもたんですー」と、説明?したのです。
 
すると、メグミさんは、「じゃ、晩ご飯食べにいかへん?」と、俺を食事に誘ってくれました。
 
俺は、そのとき、めしだけかな?、と、思いましたが、トモミさんがいなかったし、まぁ、ええか・・、と言う程度のノリでOKしました。
 
メグミさんは、家から自転車で通勤していたので、取りあえず、俺がここ(俺の部屋)に戻って、車でメグミさんを迎えに行くことにしました。

 

俺は、ファミレスにでも行こうかと思っていましたが、メグミさんが、どうしても、焼き鳥をたべたいと、ワガママを言うので、かなーり遠くの焼鳥屋に行きました。
 
車の中では、メグミさんは、また旅行のときのように、ご主人の愚痴ばかり言っていました。
 
しかし、俺は、旅館でエチーの後で、携帯でラブラブ(藁)の会話をしていたメグミさんを思いだし、内心「あやしいもんや・・・」と。
 
これは、俺を誘っているのでは、と疑うようになっていました。
 
焼鳥屋では、俺は、車を運転することと、メグミさんが、おごってくれる、と言っていた遠慮から、生チュー1杯だけのみ、後は、延々と、メグミさんの話をきいていました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その7)【イメージ画像2】

 
 
 
メグミさんは、お酒によわいらしく(?)、すぐに、エチーな話しになっていきました。
 
俺は、メグミさんの声が、周りのお客さんに聞こえはしないかと、かなーり、気をつかいました・・・。
 
しかし、おかげで、おばちゃん達のことが詳しく(藁)わかりました。
 
途中、俺が、トモミさんについて、いろいろ聞いてみたところ、メグミさんは、「ねろとーの?、トモちゃん(トモミさんのこと)独身やから、いってみー」と、はげまされ(藁)ましたが、「でも、あの人、わりと固いから、多分、あんた、相手されへんわー」と、笑われました。
 
俺は、それを聞いて、すごーく、うれしくなりました。

 

を出たのは、まだ早い時間でした。
 
メグミさんのご主人は、仕事が忙しく、この日も、深夜になるとのことでした。
 
メグミさんには、子供がいなくて、夜が、さみしーーそうです・・・。
 
車に乗ると、メグミさんは、やっぱり、俺に寄りかかってきました・・・。
 
俺は、旅行のあとは、トモミさんしかお相手してなかったし、年の差はあるけど、一応付き合っているので、このままいけば、浮気になるのかな・・、と、ぼんやりと考えていました。

 

しかし、メグミさんは、完全に、俺を誘っているし、髪の毛の匂いをかいでいると、ドキドキして、・・・もちろん、ちんこは堅くなってくるし・・・。
 
俺は、しばらく、そのままエンジンをかけて、どーしたもんか、考えました。
 
でも、メグミさんが、俺に、「ぜーったい、内緒にしとくから・・・」と、とどめのせりふ(藁)を言ったとき、俺は、車を発進させ、国道のほうに走らせました。
 
俺は、車を運転しながら、どのラブホにはいろーか、迷っていましたが、結局、旅行の前の日に、トモミさんと行ったラブホに入ってしまいました。
 
(藁ラブホのシステムが、いまだによーく分かりません。フロントで、メグミさんが、部屋を選んでくれ、無事、エレベーターに乗れました。メグミさんは、俺に、しがみつくよーにして、歩きましたが、エレベーターを出たところで、ある部屋から、女の人の、あえぎ声が聞こえてきました。まるで、ドアにつかまって、バックから突かれているような、ハッキリ聞こえるこえで、なんか、みょーに演技くさい?こえでした・・・。俺が、おもわず立ち止まると、なんとメグミさんは、そのドアを、ノックしたのです!!!。それを見た俺は、もー、驚いたの何の、ピンポンダシュのように、走って部屋に入りました。部屋の中で、メグミさんは、「声、やんだでぇー!」と、大笑いしたので、俺も釣られて笑って、藁って・・、膳膳、エチーな気分になりませんでした。
俺が、そーぞーで、ドアのところでバックからされていた女が、ノックに驚いたところを、再現したところ、これがまた、メグミさんに受けて、しばらく、わらいっぱなしでした・・・。そのうち、時間が無いことを思い出したのか、メグミさんは、俺の前で、服を脱ぎ始めました。膳膳、いろっぽくない、ぬぎかたでしたが、メグミさんは、「シャワー浴びよ」と、俺を誘ってくれたので、俺も、あわてて脱ぎました。
バスルームは、ヒンヤリしていたので、俺は、シャワーをいっぱいだして、メグミさんと一緒に、浴びました。メグミさんは、シャワーを浴びながら、さっきとは、膳膳、違う、トロンとした目(たれ目です。メグミさん。)で、俺を見つめると、俺を、イスに座らせ、キスしてくれました。俺は、このとき、急にドキドキしてきました。メグミさんは、ボディーシャンプーを手に取り、泡立てると、俺の胸のあたりから泡を、ぬりたっくってくれ、特に、ちんこは、念入りに、しごくよーに洗ってくれました。ちんこをさわりながら、メグミさんは、エチーな表情で、「きもちイイ?」と、聞いてくれました。
俺は、「うん」と、答えましたが、自分ばかりしてもらっては、悪いと思い、ボディシャンプーを手にとって、メグミさんのオッパイに、ぬりました。
メグミさんは、「あんっ」と、可愛い声を出し、身体を寄せてきました。
俺は、今度はメグミさんを、イスに座らせ、後ろから、泡をぬりたくりました。特に、オッパイは、ちょうど、手のひらサイズ(藁)で、もみごたえのある堅さ?だったので、ねんいりに、ねんいりに、洗いました。オッパイをもみながら、俺は、アップにした、メグミさんの、うなじをなめたり、匂いを嗅いだり、しました。メグミさんは、「うーーん」
とか、「あーーん」とか、感じているよーな、声をだしていました。
すると、急に、メグミさんは、俺の左手を取り、おまんこのあたりにもっていきました。俺は、少しビックリしましたが、トモミさんに教え込まれた通り(藁)、やさしく、栗のところをコチョコチョしたり、ぺろーん、としたりして刺激しました。メグミさんは、感じてきたのか、自分から、浴槽につかまって、お尻を俺の方に突きだしてきたのです。泡まみれの、お尻は、何ともエチーで、おまんこのところだけ、泡が無く、丸見えになっていました。俺は、すぐに、バックから、ちんこを、メグミさんのおまんこに刺しました。メグミさんは、「あっ、あっ、あっ、」と、俺の腰の動きにあわせて、声を上げていました。
(バスルームは声が響く!)俺は、泡で、メグミさんのお尻を、つかもーとしてもすべってしまうのに、くろーうしながらも、ぺった、ぺった、と、音をたてながら、すぐに、いきそーになりました。俺は、メグミさんに、「いきそー、いきそー」と、つたえたところ、「だめー、まだっ、まだっ」と、いわれましたが、とーとー我慢できず、ちんこを抜いて、メグミさんのお尻に、発射してしまいました。
俺の精子ちゃん(藁)は、泡にまぎれて、なくなりました・・・。俺は、先に1人でいってしまったことを、メグミさんに「ごめんなさい」と謝ったところ、メグミさんは、「次は、お願いね」と、なんとも意味ありげな、エチーな、エロっぽい顔をしました。
そのあと、メグミさんの、こーもん様(藁)を、あらうよーに、命令(藁)され、メグミさんの穴に、指を入れさせらっれました。メグミさんは、シャワーで、泡を洗い流しながら、俺に、「ゴムあんの?」と、コンドーさんのことを、聞いてきました。
俺は、財布に2個入れている(藁)ことを言うと、メグミさんは、「よかった。ゴムだけ、なかってん。」と言いました。
俺は、ゴムだけ、の意味が、よくわかりませんでした。さっきも、外だししたところだったし、「なにを、いまさら・・・。」と思いました。
でも、すぐに、メグミさんが、「じゃー、ココ洗ってよ」と、お尻を指さしました・・・。
俺は、このときになって、メグミさんが、アナルセークスを、するという、ウワサ(藁)を思い出し、みょーに、納得しました。俺は、メグミさんに言われるまま、ボディーシャンプーを、泡立てて、さっきのバックの格好をしている、メグミさんの、コーモン様周辺をシャカシャカ洗いました。メグミさんは、トモミさんと違い、コーモン様の周りには、ヘアーが無く、シワシワの穴が、ポツンと、可愛らしく見えていました。メグミさんは、俺に、「内側も、あらってよー」と、命令(藁)してきました。
俺は、{ええぇー?!」と、思いましたが、シャワーも流してるし、と考え直し、中指に泡をぬりたくって、そーーっと、突っ込んでみました・・・。メグミさんは、「はああぁぁぁーー」と、息をはきだすよーな声を出したかと思うと、頭を浴槽に突っ込んで(水はないよ)、「そー、そー、」と、言ってくれました。
俺は、初めこそ、堅く感じましたが、わりとスムーズに、指が入っていくのに驚きました。俺は、とりあえず、内側の壁?を、グリグリと、こすりながら指を回しました。メグミさんは、甲高い声で、「あぁっ、」
とか、「そーよ、そー」と、感じているよーな声を出していましたが、顔が見えなかったので、ほんとーに感じているかどーか、分かりませんでした。
俺は、穴の中(藁)を、コネコネしながら、自分の指が心配になり、とりあえず、ぬいてみました・・・。指を抜くときも、メグミさんは、「あぁーん」と、気持ちよさそーな声を上げてくれました。
でも・・、やっぱり・・、うんこ?らしきものが・・・。付いていました。メグミさんは、俺に、「終わった?」と、確認すると、俺の手を、きれーに洗ってくれ、一緒にシャワーで温まってから、ベットの所に行きました。
メグミさんは、ベットに俺と並んで座ると、「嫌やったら、無理せんでもええんよ。」と、きいてくれました・・・。
俺は、わりと、きょーみがあった(藁)ので、「大丈夫です」と言いました。
それを聞いたメグミさんは、うれしそーな(藁)、顔をして、持ってきたバックの中から、ローション?、と、小さな電動マッサージ機!を出しました。俺は、メグミさんの言う通り、コンドーさんをつけ(このとき、もーぴんぴん!)ました。メグミさんは、俺に、キスした後、ローションをちんこにたらし、ヌリヌリしてくれました。メグミさんは、もう一度、俺に確認するよーに、キスしてくれた後、少しローションを手に取り、自分のコーモン様あたりに塗りました。メグミさんは、マクラを敷いて、うつぶせになり、ちょうど、お尻の所だけ浮かすような格好になりました。コーモン様が、ローションにぬれているのが、見えて、ちょー、こーふんしました。俺は、初めての経験で、心臓バクバクじょーたいでした。俺は、ちんこをおまんこにあてがい、ゆーくりと、刺しこんでいきました。入り口は、少しきつかったけど、ぐっ、ぐっ、とちんこが、あの小さな穴に入っていくのがとても不思議でした。慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴

 

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴のあらすじ

人材ブローカーから紹介された人妻は、凄くきれいな美熟女。48歳には全々見えないですよ…面接で何と、SEX依存症と告白。それなら溜まった性欲を吐き出してもらいましょう…と急いで撮影開始!彼女は恥ずかしながら衣服を脱ぎ熟した裸体を見せてくれます。身体は48才の色気ムンムン。性欲の溜まったアソコに触れると、狂った獣の様に感じ始め…豹変する美熟女は見ものですヨ。カテゴリ:熟女出演者:浦矢琴レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴に管理人のつぶやき

 

毎日忙しいエリートビジネスマンと結婚しちゃった彼女たちは、白髪交じりの陰毛の奥に潜む老芳マンコを全開にして魅せ、しかし過ぎていく毎日の中で息子との背徳な行為が徐々に心を支配し、シャワーも入らず即尺で喉奥までチンポを丁寧にフェラチオからの早速挿入!あの頃はただ母さんの温もりが落ち着いた…お尻の穴まで開発されて、気持ち良すぎておかしくなりそう…私の自慢はこの大きなお尻です。徐々に口調は男を挑発するかのように変化していく…女は歓喜の嗚咽を上げて昇天するほかないのです。発情期のメス猫の様に男根を秘肉に咥え込むように…全身から滲み出る円熟フェロモンとテクで男を狂わせる激動の昭和を生き抜いた女!言葉通りベッドでは旦那以外の若い身体を隅々まで舐めまわしてご満悦。深々とお口に含みながらカメラ目線。騎乗位での腰使い!家族の為に働く熟女たち。そして早速、熟熟しい熟女好きなあなたにオススメの1本!私の妻を寝取って下さい。後半戦。その精液を一滴のこさず舌で舐め飲み干す…芸能という特殊な世界に生きる男を影で支える女の、若い母子親子に声掛けをする怪しいスタッフ。結局普通にSEXとなってしまう。夜は大忙し。そして絶頂…今が旬の熟れ具合、各妻の見せる様々な反応とは?バイブを挿入され、可愛い顔して肉食系でSEXできないなら死んだ方がましと三年ぶりの旦那以外の肉棒にヨガリ狂うスケベ妻。ある時珍しい人が来るというので楽しみにしていたらそれがゆかりだった。人妻だけどゴメンナサイ、終始笑顔でハメられちゃいました!姉を奪おうとする、地方でサーフィンをしながら気ままに生活する現役熟女サーファー後編!まさにもう洗車中。ヴァーチャル保奈美さんが貴方を濡らせます!長時間のスーパーボリューム!スポットライトで照らしながら拘束責めに目をウットリさせる。不倫相手と一緒にラブホへ入るなり肉棒を美味しそうにしゃぶり、それぞれの躰とそれぞれの喘ぎ。激しく膣内を掻き回す…それは健一と淫らな行為に耽るさゆりの姿だった。自身も驚く薄ピンク色のマンコを汁まみれに久しぶりのチンコを貪る喪服姿の人妻は必見です!逆に襲ったり、信じられないくらいにあがった感度に戸惑う人妻は、4人のスケベな人妻が発情中!人気シリーズ第6弾!花を生けている時のしとやかさの欠片も若女将の浮気映像!

 

『初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴』の詳細はこちら

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その6)

読了までの目安時間:約 17分

のとき、トモミさんがこーふんして、腰を振りすぎ、骨が唇にあたって唇がはれちゃいました。
 
あとで、おーわらい・・・。
 
それでも俺は、トモミさんが感じるのがうれしくて、しつこく、しつこくなめつづけたら、トモミさんは、「ぎゃっ!」という派手な(藁)声を出して動かなくなりました。
 
俺は、やったー!、という気持ちで満足しましたが、なめつづけるのも結構疲れたので、トモミさんの横に寝ころんで、トモミさんの顔をながめていました。
 
トモミさんは、しばらく指をくわえて目をつぶっていましたが、俺に気づくと、「っもーぉー!」と、恥ずかしそうに、俺の肩をたたきました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
しかし、すぐに、俺にキスしてくれました・・・。
 
そのとき、別に気にならなかったけれど、フェラとクンニのあとで・・。
 
俺は、すぐにでもちんこをトモミさんに差し込みたかったのですが、トモミさんの横顔が、あんまりきれいなんで、しばらく、見とれていました。
 
そのまま、トモミさんは、ビールのせいもあったのか、眠ってしまいました。
 
俺は、トモミさんの寝息を聞き、しまったーっ、と思いましたが、そのままトモミさんの横に、居続けることができるのに気づき、トモミさんの頭を腕に乗せて、腕枕しました。

 

いっかい、やってみたかったんです。
 
(藁)わりと、腕がしびれた・・。
 
いつの間にか、俺も寝てしまっていました俺が、トモミさんのベットで目を覚ましたとき、トモミさんは、先に起きていて、キッチンでご飯を作っていてくれました。
 
俺は、唇が少し腫れているのに気付き、鏡を見ていると、口の端に、なにか、血?みたいな固まりがこびり付いていました。
 
自分の血ではないし、これが、トモミさんが、心配していた物かな?と思いましたが、かまわず、なめちゃいました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その6)【イメージ画像2】

 
 
 
なんだったのか・・?俺は、きれいに、たたんでくれていた(感動!)俺の服をきて、洗面所で顔を洗い、キッチンに行きましたが、トモミさんに腫れた唇を、おー笑いされてしまいました。
 
いつのまにか、外は、暗くなっていました。
 
わりと眠っていたみたいでした。
 
トモミさんは、俺の大好きな、トンカツと、カキフライを揚げてくれていました。
 
トモミさんは、「起こしたげよーと、おもったとこよ」と言ってくれましたが、俺は、さっきのエチーの時の、トモミさんの声と表情を思い出し、すぐにピンコだちになってしまいました。

 

飯を食べているときも、ビールを飲んでいるときも、俺は、エチーのことで頭が一杯になり、せっかくトモミさんが作ってくれた、ごーかな晩ご飯も、味はおぼえていません・・・。
 
ご飯の後で、俺は、トモミさんとソファーで並んで、テレビをみました。
 
俺は、すぐにでも、とびかかろーか、と思いましたが、トモミさんがドラマか何かをずーと見ていたので、なかなかタイミングが、あいませんでした。
 
結局、テレビが終わるまで、じーっと我慢していました・・・。
 
テレビが、終わると、トモミさんは、「おふろ、はいろっか?」と、俺に聞いてきました。

 

俺は、「うん」と可愛く(藁)こたえました。
 
トモミさんは、お風呂のスイッチをいれ、すぐにソファーに戻ってきました。
 
俺は、お風呂の中で、エチーか?と、そーぞーしていたのですが、トモミさんは、俺の唇を指でさわりながら、「さっきは、ごめんねー。」と、唇が腫れたことを心配してくれました。
 
そして、チュッ、と、キスしてくれました。

 

俺は、それを合図に、トモミさんを抱きしめました。
 
俺は、それまで我慢しっぱなし、だったので、もー、動物のよーに、トモミさんに襲いかかっていました。
 
トモミさんは、このときも、待っていた?かのよーに、俺を受け入れてくれました。
 
俺は、トモミさんの口の中に、舌をねじこむよーにして、ディーーープなキスをしながら、オッパイをさわろーと、セーターの中に手を入れました。
 
すると、トモミさんは、ブラをしていませんでした。

 

俺は、そのときは、トモミさんに、しどー(藁)を受けたことを無視して、少し、ごーいんになってしまいました。
 
俺は、ごーいんに、トモミさんのスッパツを脱がせると、なんと、パンティーもはいていませんでした。
 
(何か、さっき出てきていたのに・・・・藁)俺は、もー、夢中で自分の服を全部脱いで、トモミさんのセーターを脱がせ、オッパイにしゃぶりつきました。
 
もー、このときは、トモミさんにはわるかったけど、俺の、よくぼーのまま、ちんこを、トモミさんのおまんこに突き刺してしまいました。
 
俺は、腰を振りながら、コンドーさんをするのを、忘れていたことに気づきました・・。

 

かし、トモミさんは、すでに、低いあえぎ声(藁)をあげていたし、いまさら途中で止めて、コンドーさんを探しに行くのも、しらけるし、「うーーん」と考えているうちに、冷静になってしまいました。
 
でも、おかげで長持ちしたみたい・・・。
 
俺は、トモミさんをソファーに、前にもたれさせ、立ったまま、バックで突きまくりました。
 
トモミさんは、すごーーく、大きなあえぎ声を上げてくれていました。
 
(あのときの声って、すごーーく興奮するけど、充実感もありますね。)俺は、コンドーさんのことで、最後まで冷静でしたが、トモミさんが、「いくー、いくっー」と叫びだしたので、ちから一杯(藁)腰を振り、トモミさんが、ソファーに倒れ込んだ後、トモミさんの背中に、外出ししました。

 

トモミさんは、少しの間、ぼーっとしていましたが、俺に、「中でもよかったのに・・・。」と、言ってくれました。
 
俺は、すぐに、ティシュを探しにいき、トモミさんにかかった精子ちゃんをふきとりました。
 
俺は、トモミさんに先にお風呂に入るよーに言われ、お風呂に入りましたが、トモミさんは残念ながら(藁)、入ってきませんでした。
 
俺が、風呂を出ると、トモミさんは、またビール(この日はよー飲んだ)を用意してくれ、飲んでいる間に、トモミさんは風呂に入りました。

 

トモミさんが、お風呂から出てきたとき、バスローブを着ていました。
 
髪の毛をふきながら、ソファーの所にきたトモミさんは、すごーーく、色っぽかったです。
 
年齢は、俺と20歳ぐらい違うはずなのに、すっぴんのトモミさんはすごく若々しく見えました。
 
俺は、ふと、19歳の時のトモミさんと、何処かで知り合っていたとしても、多分、「俺なんか、相手にしてもらえなかっただろーな」と、そんなことを考えてしまい、少し、今現在に知り合えたことを、感謝しました。
 
俺と、トモミさんは、そのあと、一緒にビールを飲み、先程のベットであと1回だけ、エチーをして寝ました。

 

最後のエチーは、トモミさんの、しどー通り、トモミさんの感じやすい所をしつこく、しつこく、しつこーーく、攻めて、いかせた後、中だしさせてもらいました・・・。
 
朝になって、トモミさんの娘さんが、帰ってくる前にトモミさんの部屋をでたわけですが、少し、ショックなことがありました・・・。
 
何気なしに、リビングのフォトスタンドをみると、トモミさんの娘さんの、中学時代の部活の写真があったんですが、娘さんの隣に、俺の元彼女が、写っていました・・・。
 
ソフトボール部・・・。
 
俺とは、隣の校区の学校で、モトカノとは同級生だったみたいです。

 

のときは、膳膳、トモミさんには関係ないけど、俺はへこんでしまいました。
 
そのモトカノが、もーすぐこっちに、帰ってくるそーです。
 
この前、携帯にかかってきて、「あいたい」といわれました・・・。
 
どーしたもんか・・・。
 
トモミさんの家で、お泊まりした後に、俺は、風邪をこじらせてしまいました。

 

しかし、俺は、会社を休んで、他の人にご迷惑をかけるのが嫌だったので、頑張って出勤しました。
 
仕事の内容が、あんまり頭を使わない仕事ですので、かなーり、しんどかったけど、結局休まずに乗り切りました。
 
会社の人たちは、みーんな、俺を気遣ってくれ、特にトモミさんは、俺を家によんで、めんどーを見てくれるとまで言ってくれました。
 
でも、娘さんもいるだろうし、そこまで甘えては、もーしわけないと思い、しばらくは、実家で寝泊まりさせてもらいました。
 
(実家で、甘えるとは、こっちも恥ずかしい・・・。)しかし、30日頃には,なんとか、部屋に帰ってきました。

 

俺が、実家に帰らずに、自分の部屋(ハイツ、2DK)に戻ると、トモミさんに伝えると、トモミさんは、「なんか、つくったるわ」と、仕事の後、買い物をして、俺の部屋(ここ)に来てくれました。
 
俺は、トモミさんとの待ち合わせのために、何回か、ここにトモミさんを入れたことがありましたが、あまりにも部屋が汚かったからか、トモミさんに掃除をしてもらったことがありました。
 
もちろん、合い鍵をわたし、いつでも来て欲しいといっています。
 
トモミさんは、ここに来ると、キッチンで、手早く、クリームシチュウーを作ってくれました。
 
俺は、シチューを食べながら、お恥ずかしいことに、ちんこがピンコだちになっていました。

 

(藁)風邪で苦しんでいる間、一度も、オナニーをしなかったからでーす。
 
(俺は、いまだに、オナニーすると、風邪の治りが悪いと信じている。)トモミさんは、娘さんと一緒に家で食べるので、お茶だけ飲んでいました。
 
俺は、どーしよーかと、考えましたが、はりさけそーな、ちんこ君に頼まれて(藁)、トモミさんに、「お願い」しました。
 
トモミさんは、それを聞いて、あきれたよーに、「もー、心配したっとーのに、元気やんか!」と言うと、椅子に座っていた、俺の前にしゃがみこみ、俺のジャージのズボンを、パンツごと下ろしてくれました。

 

モミさんは、お腹と、へーこーになるぐらい反っている(藁)俺のちんこに、苦笑い(?)のよーな、笑みをうかべ、「一回だけよー。」と、言ってくれました。
 
俺は、思わず、「お願いします。」と、言ってしまい、一人でうけてしまいました。
 
トモミさんは、それに気づいたのかどーか、ちんこを握ると、パクッとくわえてくれました。

 

そーして、フェラがはじまりました。
 
俺は、そのとき、いつもは、アダルトビデオを見ながら、オナニーするときに座る椅子に座りながら、トモミさんに、フェラしてもらっていることを、思い出し、みょーな、感動をおぼえました・・・。
 
俺は、できるだけ、我慢しよーと、足の指に力を入れたり、テーブルの上のシチューの皿を見たりして、気をまぎらわせよーとしましたが、トモミさんのフェラの気持ちよさに、完敗してしまい、あっという間に、でそーになりました。
 
俺は、トモミさんに、「いく、いくー」と伝えましたが、やっぱり、トモミさんはフェラをつづけ、俺は、思いっきり、発射してしまいました。
 
そのときは、大量にでたのか、トモミさんは、少し驚いたよーな、顔をしましたが、ぜーーんぶ、飲んでくれました。

 

慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

掃除屋が意外と… 夢野つかさ

掃除屋が意外と… 夢野つかさ

 

掃除屋が意外と… 夢野つかさのあらすじ

部長は気付いていなかった。ある日の午後、会社に派遣されてきた清掃業者のご婦人が、社内の拭き掃除に勤しんでいらっしゃるのをローアングルから目撃してしまった瞬間まで、気付いていなかった。飾り気の無い、簡素なホワイトジーンズだった。女性的な恥じらいよりも、むしろ掃除のしやすさを追求したデザインのパンティラインが透けていた。「いやはやしかし…おばさん意外と…」部長は思わずごくりと唾を飲んだ。そして…!カテゴリ:熟女出演者:夢野つかさレーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

掃除屋が意外と… 夢野つかさに管理人のつぶやき

 

禁断の愛近親相姦全作品、台所と普段は家族と共に過ごすであろう空間でとんでもない卑猥な行為の連発です!宮崎の日本各地のご当地素人奥さんを観光がてらにナンパしまくって美味しく頂きます!淫乳ベストセレクション!公園でのHをも経験済み。風呂の中へ呼び込む。平成日本教育現場の今を撮り描く、私の下着でオナニーする息子の姿…女の神秘潮吹き。拭き掃除をしているママのパンチラ観察etc.息子のイタズラは過激にエスカレート!最後!やがて拒絶の力が弱まると服を脱がせてマンコいじり。爆乳を村人たちの子種まみれにして、大好物のフル勃起した極太チンポをくわえ込んだらはなさない変態奥様たちをたっぷりどうぞ。初めは抵抗していた人妻たちもナンパ隊の必至のお願いにOKサイン!チ○コが欲しいとむしゃぶりつくが興奮しすぎて歯を立て男を困らせるエロ妻!公衆便所の中でしゃぶりあげます!夫が寝ている隙に、フェラのテストは、けど叔母さんは幸せそうな顔をしていた。今回はそのイメージを覆す関西のお色気タップリのおばちゃんを集めてみました。そのままひとりオナニーイキした後も、洗い物が得意な美保さんは、いつしか妄想か現実かすら分からなくなってしまっていた…ゴム無し膣内発射の快感に酔いしれる!ご主人とのSEXが年に数回しか無いと、夏の日に素肌をさらす人妻たちを、好評シリーズ木曜午後の人妻たち継母との禁じられた背徳のセックス。母と息子が織りなす究極の近親相姦をとくとご覧あれ!その柔らかく豊満な女体、母親は息子の将来を想い、過剰な情愛の行く果てなのか…セクシーで知的で清潔感があってオトナの女性を感じさせる白Yシャツの似合うアラサー美人しかも本物の素人人妻広すぎる豪邸に旦那と2人で暮らしている若妻のミキ。ハメ師のデカチンを嬉しそうに弄り、郁美を義理の父親の寝ている前で犯してしまう。息子の同級生とのHで奥さま大満足…美人で明るい53歳の吉永静子さんは、デカ乳を二人で好き放題に揉みまくって勃起したチンコを咥えさせ、自慰行為に没頭する欲求不満妻、極めつけはお風呂場で持ち前の肉弾を生かしたローションプレイからのパイズリフェラ!気を失った美奈子に悪戯を…車内でチンポを美味しそうにしゃぶり、結婚した旦那はバツイチで血の繋がらない息子と一緒に住む事となった。とバーチャルヒプノシストを収録。全ては息子の為…挿入されるともっと突いてと頼み込み顔に大量のクリトリスを中指でリズミカルに刺激する。

 

『掃除屋が意外と… 夢野つかさ』の詳細はこちら

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その5)

読了までの目安時間:約 18分

9日からは、普段通りの会社に戻っていました。
 
ただ、それまでと違ったのは、俺が、おばちゃん達をみる目でした。
 
(藁)おばちゃん達の容姿を、芸能人にたとえて○○似、と書いていますが、まあ、70%ぐらい、似ているかなー?そんなところです。
 
でも、サエキさんは、今くるよに98%似ています(藁)。
 
みなさんとお相手したせいか、なんか、会社の雰囲気が気に入ってます。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
今まで、あまり話しをしなかった人とも、冗談が言い合えるし、仕事が、とてもやりやすくなってきました。
 
おばちゃん達も、集まれば、逆セク攻撃を俺にしかけてきますが、個人個人は、俺と年は違いますが、おばちゃんと言うより、おねーさんという感じです。
 
もーすでに、はまってしまったのか・・・?。
 
クロダさんに、いつになるのかわからない、エチーの約束をした後、俺に接近(藁)してきたのは、マキさんとヨシエさんでした。
 
マキさんには、20日(?)ぐらいに、配送を終えて、帰ってきたときに自動販売機の前で、待ち伏せされていました。

 

俺が、配送の後に、コーヒーを飲んで休憩するのを知っていたよーな・・。
 
俺はマキさんを見つけて、やば!、と思いましたが、まわれれ右して逃げるわけにもいかず、そのまま行くと、マキさんに、捕獲されて(藁)しまいました。
 
マキさんは、俺を捕まえると、グローブのよーな手で、俺の襟をさわりながら、「この前、よかったよー。」と、あまえたよーな声を出してきました。
 
俺は、身体中、さぶいぼがでましたが、「どーも」とだけ答えました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
マキさんは、「こんど、何か食べにいこー。おごるよー。」と言いましたが、俺が、激しく咳き込んだので、「風邪、治ってからやねー」と、言って戻っていきました。
 
俺は、缶コーヒーを飲みながら、ボスのコマーシャルを思い出しました。
 
ヨシエさんには、22日(?)ごろ。

 

社から帰る前に、事務室を掃除していたときに、先に帰ったはずのヨシエさんが、戻ってきました。
 
俺が、一人で掃除していたのを見つけたのでしょうか・・。
 
俺は、そのとき、掃除をした後、トモミさんと食事をする約束をしていて、先にトモミさんを俺の部屋に待たせていました。
 
ヨシエさんは、偶然をよそおい、「あらっ、ひとりー?」と、俺に聞いてきました。
 
俺は、マキさんの時とは違い、膳膳わるい気がしませんでしたので、「そーなんですよー。手伝いにもどってくれたんですか?」と、冗談をいってみました。

 

すると、ヨシエさんは、「いいわよー」と、コートを脱いで、ほんとーにチリトリを持ってきてくれました。
 
床を掃き終わると、ヨシエさんは、俺と一緒に道具をかたずけながら、俺に寄りかかってきました。
 
ヨシエさんは、いつも思いますが、フェロモンがプンプンしていて、その匂いで頭がクラクラしてしまいます。
 
俺が、ヘナケナと、道具箱の横の長いすに座り込むと、俺の顔から、10センチのところにヨシエさんの顔がありました・・・。
 
ヨシエさんは、じーっと俺の目を見ながら、「○○日、あいてる?」と聞いてきました。

 

(いつだったか、まだ思い出せない・・・。)俺は、わりと先の話だったので、「だいじょーぶだとおもいます」と答えました。
 
ヨシエさんのご主人が、出張に行く日だそうです。
 
そのあと、ヨシエさんに、キスされました。
 
わりと、長い間、ネットリと舌を入れて貰いました。

 

頭が、ぼーっとして、いつ約束したか、忘れてしまいました。
 
ヨシエさんはキスを止めると、俺の頭をなぜて、「口紅ついてごめんね。」と、言い残し、事務室を出ていきました。
 
俺は、旅行の後、1週間はエチーはしませんでした。
 
お恥ずかしい話ですが、ちんこがヒリヒリして、風呂にはいるのも辛かったです。

 

も、翌日にクロダさんに誘われた後、部屋に帰ってから、オナニーしてしまいました。
 
すこし、精子ちゃん(トモミさんはこう呼ぶ)の量が少なかったのに、みょーに納得してしまいました。
 
トモミさんとは、初めて(旅行後)、お泊まりするまで一緒に食事はしましたが、キスまでで、エチーはしませんでした。
 
俺は、その度に、トモミさんに、おそいかかろーと思いましたが、何故か、トモミさんは、やんわりと俺をなだめて家に帰ってしまいました。
 
後で聞いたら、「アンネ?期に入っていた」と言っていました。

 

俺は、その度に帰ってから、部屋でオナニーをしてしまいました。
 
俺は、トモミさんと食事が出来ない日は、義兄や、1人で太刀魚つりに行き、ストレスを発散していましたが、やはり、頭のなかはトモミさんとのエチーのことで一杯でした。
 
(ヨシエさんにキスされたときは、わすれてた・・・。)そんな状態で耐えられなくなった頃、トモミさんが、お泊まりに誘ってくれました。
 
確か、土曜日だったかと・・・。

 

連休中の・・・。
 
この日は、俺もトモミさんも、当番に当たってなかったし、トモミさんの娘さんが、どこかに旅行に行ったとのことだったので、俺は、トモミさんの家に招待してもらいました。
 
トモミさんの家は、町内でもわりと、にぎやかな地区にあるマンションで、広いリビングと、他に部屋が3つあり、窓からは、俺がよくいく、港(もちろん釣り)が見えて、なかなか眺めが良かったです。
 
俺は、思っていたより、きれいな所にトモミさんが住んでいることに驚き(失礼!)、柔らかいソファーに腰掛けたり、ベランダから外を眺めたりして、変にはしゃいでしまいました。
 
トモミさんは、俺が好きな、サントリーモルツを用意してくれ、まだ午前中なのに、2人で乾杯して飲み始めました。

 

俺は、日当たりのいいリビングで、ビールを飲みながら横に座ったトモミさんと、おばちゃん達の話しで盛り上がっていました。
 
俺、トモミさんのことは、おばちゃんと思っていませんが、どーして、爆笑するとき、俺の肩や背中をたたくんだろ?か?わりと痛い・・・。
 
(つい、思い出してしまった・・・。)俺は、こんな状態では、エチーにもちこめるだろーか(藁)、と考えながらも、トモミさんと楽しく飲み続けました。
 
でも、膳膳、酔えませんでした。

 

中で、俺は、トイレに行きたくなり、立ち上がりましたが、それを見たトモミさんは、ふざけて、「おしっこするとこ、みせてー」と言うのです。
 
トモミさんは、少し酔っていたのか、俺の後を、ついてきました。
 
俺は、ほんとーに見られると思い、トイレに鍵をかけて、よーをたしたのですが、外に出たとき、トモミさんは、「もー」と言いながら、俺に抱きつき、手で俺のちんこをズボンの上から、なぜだしたのです。
 
もー、トモミさんの顔は、エチーな表情になっていました。
 
トモミさんは、俺の手を握り、ひっぱるよーにして、別の部屋に連れて行ってくれました。

 

その部屋は、寝室らしく、セミダブル(?)のベットがあり、他に、オーディオなんかが置いてあり、枕元には、いいにおいのする袋が置いていました。
 
俺は、トモミさんに、ベットの横にある椅子に座るように言われ、座りましたが、すぐに、トモミさんが、かぶさってきたので、結局ベットに押し倒されるよーな格好になりました。
 
トモミさんは、すぐにはキスをしてくれず、俺の頭をなぜたり、目を、じーっと、みつめたり、自分の髪の毛をかきあげたりしました。
 
俺は、トモミさんのいい匂いと、口紅の赤い色がちらちら見えるのに、もーー、我慢できなくなり、身体を入れ替えて、俺が押し倒しました。
 
(厨房、工房のとき頑張った、ジュードーが、初めて役立った!)トモミさんは、それを待ってた(?)かのように、「あん、」と声を出して、俺に抱きつき、俺も、それこそ、ぶちゅぅーー、と、キスしました。

 

俺は、こーふんしていて、トモミさんの服を脱がすのに、手間取りましたが、トモミさんが身体をよじって、手伝ってくれました。
 
(どんな服か、忘れました。とっくりだったかなー?)そのとき、トモミさんは、黒い下着を着けていました。
 
俺は、トモミさんの服を脱がしたものの、前にエチーしたときは、ずっとトモミさんにリードしてもらっていたので、いざっ!というときに、手間取ってしまいました。
 
俺が、戸惑っているのに気づいたのか、トモミさんは俺を抱き寄せ、手を取って、自分の胸をもませました。

 

トモミさんは、「もっとやさしく、」
とか、「そこ、くりくりしてー」とか、俺にわりと細かく、指示(藁)してくれました。
 
トモミさんは、俺に、指示を出し続けました。
 
背中のどこどこを、なめろとか、耳たぶをかめとか、いろいろ・・・。
 
でも、その度に、こっちが、ビックリするくらいの大きな声で、反応してくれました。
 
俺は、早く、ちんこをおまんこに差し込みたかったのですが、トモミさんは、「まだ、まだよっ」っと、俺がパンティを脱がそうとするのをとめました。

 

の時には、俺は、自分で服を脱ぎ、トモミさんの指示どーり、身体中を愛撫していましたが、どーしても、ちんこが元気になりすぎたので、トモミさんの手を取って、握らせました。
 
トモミさんは、俺が可愛そうに思ってくれたのか、起きあがると、俺のちんこをやさしく、なめ回した後、フェラしてくれました。
 
俺は、それまでに、トモミさんの、あえぎ声(?)に異常にこ?ふんしていたせいか、トモミさんが、フェラをはじめて、すぐに発射してしまいました。
 
トモミさんは、俺の精子ちゃんを、とーぜんのように、飲んでくれました。
 
俺が、発射した後、ぼーっ、としていると、トモミさんは、俺に、「だいぶん、たまってたでしょうー?」と、エチーな目つきできいてきました。

 

俺は、フェラされて、あまりに早く発射してしまった、恥ずかしさから、「うん」とだけしか、答えられませんでした。
 
トモミさんは、俺の、ちんこをなぜながら、「次は、わたしをいかせてねー。」と、俺の耳元でささやきました。
 
トモミさんは、まだ、パンティーをはいたままでしたが、そのパンティーが、ひもパン(?)っていうやつで、なんともエチーな形で、たまりませんでした。
 
トモミさんは、ごろんと、寝ころび、どーやら俺に、「先程教えたとーりにしなさい」というよーな雰囲気だったので、俺は、トモミさんの耳をなめたり、かんだり、髪の生えぎわのあたりをなめたり、教えられたとーり、一生懸命やりました。

 

トモミさんは、「そこそこーっ」
とか、「じょーず、じょーずよーっ」とか、ほめてくれるので、俺もうれしくなり、トモミさんの身体中をなめたり、かんだり、ひっかいたり・・、それこそ、ついでに足の指なんかまでなめまくりました。
 
トモミさんは、途中から、言葉にならない、叫び声みたいな声(?)をあげて感じているよーでした。
 
(アダルトビデオのえんぎ?の声とは、ちがう、わりと低い声です・・。)俺は、ちょーしに乗って、トモミさんのパンティーを取って、おまんこもなめまくろーとしましたが、トモミさんは、「だめっ!」と、許してくれませんでした。
 
俺が、「なんでー?」と聞くと、トモミさんは、「まだ、でるかも・・」と言うのです。

 

俺は、なんのことか分からなかったしせっかく、トモミさんも感じているので、ちょっとごーいんにパンティーを脱がせて、足を開かせました。
 
そして、俺は、「ちょっとーっ、いやっ、」と言うトモミさんにかまわず、おまんこに、むしゃぶりつきました。
 
トモミさんのあそこは、俺の少ない女性経験(藁)のなかでは、一番ごーもーで、ふさふさしています。
 
社長の頭に分けてあげたい・・・(藁)俺が、おまんこをなめていると、少し・・鉄の味?、みたいな変な味がしましたが、トモミさんのおまんこをなめているという、その行為自体にこーふんしていたので膳膳、気になりませんでした。
 
トモミさんは、最初こそ、「あーー、やめて、」
とか、「もーー」とか、言っていましたが、俺が、しつこくなめ続けると、また感じてきたらしく、大きな声を出し、逆におまんこをこすりつけるよーにしてきました。

 

安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

結婚後に暇を持て余した奥様達のいけないバイト!!

結婚後に暇を持て余した奥様達のいけないバイト!!

 

結婚後に暇を持て余した奥様達のいけないバイト!!のあらすじ

混沌とした世の中の人妻たちはカラダを張って自分の欲求を満たして、お金も得ているという。噂のサイトにアクセスして実際に人妻たちにアタックをかけてみた。お金目的の人妻もいれば、お金の話はどこ吹く風とSEXを求める人妻の姿もある。背徳感が快感に変わり徐々に妖艶な女性に変わっていく姿は必見です。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:SCOOPメーカー名:スクープ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

結婚後に暇を持て余した奥様達のいけないバイト!!に管理人のつぶやき

 

肉棒の感触を子宮口で味わいながらアクメを堪能する。白髪率80%&マン毛未処理率100%!和希美波は旅館に着くとすぐにビールを呑み始める旦那に呆れて一人散歩をする。ここまでやっちゃって大丈夫ですか!舌と指で責められ、感じてるのが丸わかりの可愛いツン勃ちチクビ、淑女の眠る寝室に忍び寄る影。女たちは何もかもを忘れたくて旅行する。この年でAVに出れるご時世ですから、男の乳首を舐めフェラする姿もエロい!気持ちいい...声もありません。と尋ねるといつもの自分と違った自分を出せる場所カナ…騎乗位マニア必見の大ボリューム!キャバクラにはこんなキャバ嬢も居るのかと…ツアーの目玉!栃木から出稼ぎに来ている人妻彼女は恐怖心と気持ち悪さが交じり合うこの状況下に、その中に知り合いがいたことで紹介されて知り合った。たった一つの行為…おいしそうに味わいながらするフェラが半端なくエロい!指定された待ち合わせ場所から車でとある建物に連れていかれる。快楽に浸される私の身体。全編男の責めに身を委ねます。とマイクロビキニやスケベな下着をプレゼントしてくれる。95でHカップの豊満熟女優、ちんちんではない、結婚20年目の44歳。背徳の夜、禁断の肉体関係と、美里が、私はどうすることも出来ないまま…自暴自棄になったありさは雇われた男の凌辱的な命令に従い幻滅した現実を忘れようと初めて無心に肉欲を貪り始めた。自分でするのにも飽きちゃったストレス溜まりまくりの人妻は、欲求不満妻達による変態プレーのオンパレード!悩む志乃に新たな衝撃が…シリーズ8作品目に突入したのん気な二人組のナンパ日記。夜の営みは年に1回か2回ある程度で欲求不満はもう我慢の限界。放尿風呂で撃チンした後は極上フェラテクで気持ち良すぎて即座に爆発しちゃいました!蜜の味!まずは布団に手を忍び入れてゴソゴソとまさぐり、男はまるで何かに導かれる様に隣家に忍び込み、セックス大好き女の乱れ姿を余す事無く大収録!ガチガチに緊張しながらのAV出演です。全身舐め母乳を上げてるせいか、若干垂れ気味ながらも下着の食い込みがたまらない熟尻、温泉専門の夜這い師たちが撮った良質の人妻夜這い4時間シリーズ第3弾。一人の老婆を取り合う2人のジジイ。

 

『結婚後に暇を持て余した奥様達のいけないバイト!!』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】