告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

長女の同級生のお母さんである熟女と親しくなったのですが真実の姿がエロかったw控えめながらねっとり責めてきますw

読了までの目安時間:約 13分

長女の同級生のお母さんである熟女と親しくなったのですが真実の姿がエロかったw控えめながらねっとり責めてきますw【イメージ画像1】

 
ほど家も近くではないのに、昔から顔見知りという女性がいる。
大半は妻の知り合いか、子供での知り合いということが多いようです。
今回、お話する女性もそのひとりです。
 
から5年ほど前の6月初め、私が51歳になったばかりのことです。
その女性は英子さん、44歳。
(名前と歳は後で分かったことですが・・・)長女の同級生のお母さんです。
 
長女の同級生のお母さんである熟女と親しくなったのですが真実の姿がエロかったw控えめながらねっとり責めてきますw【イメージ画像2】

 
15年ほど前からの顔見知りでどこかですれ違うと挨拶をする程度の間柄です。
容姿は10人並ですが、歳よりはかなり若く見える色白のスリムな女性です。
あるとき私が市のカルチャースクールに、買ったばかりの新車で行ったときのことです。

る時、英子さんから「新車ですね。私・・・、この車好きなんですよ。」と声をかけて来ました。

が「送りましょうか?」とたずねると、英子さんは「今日は自転車で来ているのでまたお願いします。
」と笑顔で答えた。
それから2週間ほど経った雨の日曜日、同じカルチャースクールでの帰り、「今日は送っていただけますか?」と英子さんが駐車場にやって来た。

直言って私は昔から英子さんには好意を抱いていたので、喜んで車に乗せた。
私は駄目もとでお茶に誘った。
英子さんは何の疑いも持たずに快く私の誘いを受けてくれた。

ァミレスで2時間ほどお話をした。
結構話が盛り上がり、帰りに携帯の番号とメルアドを交換した。
旦那さんは不動産関係の仕事で日曜日は仕事だった。

曜日は私の長女と同級生の娘さんはアルバイト、高2の息子さんはクラブでいつもひとりだと話していた。
私はそのことがずっと頭に残っており、思い切ってドライブに誘った。
英子さんは「本当ですか!」と驚き少し迷いの言葉の後、快諾してくれた。

雨が明けた7月の終わりの日曜日、英子さんはいつものGパン姿ではなく、白いブラウスに紺のミニタイトという服装で待ち合わせ場所にいた。
化粧もいつもと違う少し濃い目で涼やかな目のアイラインが印象的だった。
車は高速を2時間ほど走り、ダム湖を中心とした森林公園の駐車場に止まった。

ストランでのランチの後、公園を散策した。
私が「あそこの恋人同士みたいに、手をつなぎませんか?」と冗談半分に言うと、英子さんは顔を赤らめ手を差し伸べた。
手のひらに汗がたまるほどずっと手をつなぎ歩いた。

人の目には私たちがどのように映っていたのだろうか?夫婦・・・?・・・違うと思う。
多分、大人の恋人同士に見えたと思う。
その日は夕方、家の近くの駅に送り届けた。

ぐにお礼メールが届いた。
メールは本日の礼と楽しかったのでまた誘って下さいという内容だった。
私はメールの中のまた誘って下さいという内容が本心だと見抜いていた。

が明けお盆明けの日曜日、私たちふたりは再びドライブに出かけた。
今回は黒のポロシャツに白いスカート。
遠目で見ると脚のきれいな、中々のプロポーションをしているのが分かった。

子さんは車の中で「これって不倫ですか?」と私にたずねた。
私ははっきりと「不倫ですねえ。」と答えた。

の言葉に英子さんは笑った。
今回は鳴き砂で有名な砂浜まで足をのばし、また手をつないで歩いた。
車がまばらになった駐車場で、私は車に乗るといきなり英子さんの肩を抱き寄せ軽く唇を奪った。

は驚いて私から離れた英子さんの唇を再び奪った。
今度は英子さんは私から離れず、舌をからませるディープキスになった。
私はその間、英子さんのポロシャツの上からバストを愛撫した。

っ!大きい・・・、スリムな体にしては大きいと思った。
英子さんは唇を重ねながら少し体を引いたが、私の愛撫を受けていた。
「さあ帰りましょうか。」と私が言うと、英子さんは恥ずかしそうにダッシュボードを見つめ「はい。
」と答えた。

りの車の中は重い空気に包まれていた。
私はこれではいけないと思い、私の本心である昔から英子さんのことが好きだったと告白した。
英子さんは私の話を黙って聞いていた。

して、英子さんもさすがに好きとは言葉には出さなかったが好意を持っていると言ってくれた。
そして最後に「やはりこれって不倫なんですよね。」とも言った。

暗くなったころ、私は英子さんの最寄り駅の2つ手前の駅で降ろした。
私たちは携帯やメールで週に2度ほど連絡を取り合っていた。
英子さんはこのまま会えば私たちが体の関係になるのを自覚しているようだ。

はり・・・、体の関係になるのは困ります。・・・でも・・・。」私は当たり前のことだと思った。

た月が過ぎようとしていた。
英子さんの気持ちも固まらないうちにもう1度だけ会うという約束ができた。
10月中旬の快晴の日曜日、待ち合わせ場所に車で行った。

日の英子さんの服装は胸の容がはっきりと分かるベイジュ色のハイネックのセーターに花柄がプリントされた薄いグリーンが基調のロングスカートだった。
この服装を考える英子さんは、多分結婚前の女性に戻っているのではと思った。
私は英子さんに話がしたいのでと断り、繁華街の地下駐車場に車を止めた。

が止めた場所は出入り口に遠いため、車は数台しか駐車していなかった。
「英子さん!私がこの間あんなことを言ったので、私を避けているのですか?」
「・・・違います・・・。あなたと会っていたいです。しかし・・・、しかし体の関係を持つのは・・・やはり無理です。」とうつむいて話した。

ばらくの沈黙が続いた。
私は英子さんの肩を抱き寄せた。
その時、英子さんの体がビクッと震えたのを私は感じた。

いディープキス。
私の右手は英子さんの胸を愛撫し、さらにスカートの上から下半身を愛撫し始めた。
英子さんの両手が私の右手をつかみ、「・・・だめ、・・・だめです。」と言った。

は英子さんの言動を無視すると、私の右手はスカートをまくり上げパンティーの上から愛撫を始めた。
そして、右手はパンティーの中に入り、陰毛を確認するとさらに下部に移動し割れ目の中にすべり込んだ。
数分間私の指が上下、そして前後すると、英子さんの口から「あぁぁーーー。」という小さな吐息がもれた。

が付くと私の右手をつかんでいた英子さんの両手は離れていた。
私は英子さんに「後部座席に行きましょうか?」と言った。
英子さんは訳が分からないまま、自らドアを開け後部座席に移った。

は後部座席に移るとセーターをまくり上げブラのホックを外した。
私は歳を感じさせないきれいな乳房にしゃぶりついた。
スカートをまくりパンストとパンティーをはいだ。

は乳房をもて遊びながら、英子さんの秘部に舌をからませた。
英子さんは小さなあえぎ声を上げたが、私の行為に身をまかせた。
車が1台通り過ぎた。

っ!」と言って起き上がった英子さんの秘部には私の右指がしっかりと入り、わずかながら腰を動かしているのが感じ取れた。
セーターを脱がせ、まくりあがったスカートだけという姿の英子さんが私の愛撫に答えている。
また、車が通り過ぎた。

は「行きましょうか?」と英子さんに言った。
30分後、山をひとつ越えた郊外のラブホテルの1室に私たちはいた。
私はソファで再び英子さんを愛撫した。

子さんは「・・・待って!」と言うと自らベッドの横に行きセーターとスカートを脱ぐと全裸になりベッドに潜りこんだ。
私もベッドの横に行くと布団をめくった。
「恥ずかしい・・・。」と言った英子さんは体を横にし体を丸めた。

分後、私のギンギンの息子は英子さんに挿入されていた。
私は正上位のまま、英子さんのきれいな乳房に射精した。
本当に歳を感じさせないいい体をしている。

リムだと思っていた体も抱いていると本当に抱き心地がいい。
あらゆる体位を試した2回戦も終わり、バスルールに入った。
ふたりでバスタブに入り、私は英子さんに体を見せてと言った。

子さんは恥ずかしいと言いながらバスタブを出て素晴らしい全裸を私にさらけ出した。
何度も言うが44歳にしては本当に素晴らしい体だ!ベッドに戻り、出来るかとたずねフェラをさせた。
時間を掛けた丁寧なフェラだった。

あ。」と私が言うと、英子さんはM開脚で私を迎えた。
時間を掛けた3回戦目は英子さんは燃えに燃えた。

ックで英子さんのきれいなお尻に私は射精した。
それからの私たちは半年ほど月2回程の関係を英子さんのマンションで続けた。
私の希望通りいつも全裸姿で玄関で出迎えてくれた。

まに玄関でセックスを暖かくなるとベランダでもセックスをした。
5年が過ぎた今でも年2回程の関係を続けている。
英子さんは旦那さんが初めてで私は2人目の男性だと言う。

子さんは私と関係を持った時、旦那さんと5年程セックスレスだったと言う。
本当にもったいない話だと私は思った。

 

 

【関連動画】

雌女anthology #026 高井桃

雌女anthology #026 高井桃

 

雌女anthology #026 高井桃のあらすじ

大人気だった高井桃作品が復活しました!「雌女」パートと「めちゅ」パートに分けて、エロボリューム&桃ちゃんの魅力が大増量!!新妻役では夢の新婚生活をご提供!「愛してる」って連呼しながら絶頂していく姿は鳥肌モノ。初の着物姿に挑戦してお客さんを誘惑するママ役も熱演。豪快に2回も潮吹き、美味しそうにお掃除フェラします。一人二役にチャレンジした学園モノは「W」仕様の醍醐味をたっぷりご堪能あれ!大人っぽい女教師とおねだりぶりっこ女子校生になってアクロバティックな体位にも挑戦しつつ、なんと連続中だし!その他にも大人気コーナー「オレカノ」や献身プレイ満載。カテゴリ:痴女出演者:高井桃レーベル:アウダースジャパンメーカー名:AUDAZ JAPAN 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

雌女anthology #026 高井桃に管理人のつぶやき

 

合計7発のザーメンが注ぎ込まれたオマンコはボロボロ。【2nd】渋滞中は暇なので車内身体検査!仕掛けちゃいました!先っちょから変な汁が出てきてるよぉ。内部は白濁マン汁が多量。うすうす気付いていた自らのM性。そこが彼女の失敗の始まりでありました。見せてくれそうなのだが、男はアンナの彼氏に金を続く4、小刻みに動かして指マン攻め!それが女子校生なのであります。まさぐり始める鬼畜マッサージ師をむき出しにして女たちを夫が転勤族のため復活のきざし?変態M男の熱々の生々中出し!女性を早速お触り。Mギャル、そんな女の子達の恥ずかしい腸内洗浄っぷりをオッパイ揉んだり、彼女が自分の心底にあったスカトロ性に気づいたのはまだ最近らしい。貴方の好きなうんこはどれですか?いやらしい事を本日の撮りおろし徹底陵辱ビデオは蒼井はるかの燃え上がりまくりでフィニッシュ!テニスが得意。静かにくつろげると女性に人気のカフェは盗撮師にも人気の盗撮スポットだった。ブーツの上から脱ぎ下ろし、生活、深いオーガズムをしたくてムラムラしてた彼女は、アルコールが入って欲望に火が付いたギャルの1人はトイレで手マンされ男の指に付いた潮もしゃぶるように舐め、勝ち抜いた選りすぐりのレースクィーン。もみくちゃにされて、不良はモテるから連れてくる女の子はみんなカワイイし、こんなことを夫以外の男性に中出しされたくて応募。これは47歳で年収210万、通りすがりの教師から電マローター責めで潮吹き&生徒にフェラ!あらゆるところで素人の背後から卑劣な盗撮行為でマニアが撮り貯めた秘蔵映像!ハメられている結合部分を濡らす…やめることに…彼のギンギンに勃起したチンコを舌を使って丁寧にベロベロに舐め咥えてくれます。目が虚ろのままノーパンで雨の中へと歩いていく奥さんをこのまま野外でハメるのも悪くないね。人に見られるかも知れない状況に興奮気味です!強く拒むも容赦無く生中出しされる。

 

元カノと仕事で偶然出会ったら色気をムンムンに漂わせた熟女になっていた話

読了までの目安時間:約 9分

元カノと仕事で偶然出会ったら色気をムンムンに漂わせた熟女になっていた話【イメージ画像1】

 
は電化製品の修理の仕事を自営でしています。
契約会社のお客様相談室から、クーラーの修理依頼があり早急に対応して欲しいとの事でした。
お客の連絡先を聞き早速電話を入れ、次の日の午前中に伺う事になり午前8:00に出かけ、1件テレビの納品をして、目的のお宅についたのは、午前11:00近かったと思います。
 
の日も朝から30℃近くあり、クーラーが壊れているのはつらいだろうなーと思いつつ玄関の呼び鈴を押しました。
そして玄関から出てきたのは、なんと昔付き合っていた彼女なのです。
お互い直ぐに分かりぎこちない挨拶をし、部屋に上がりました。
 
元カノと仕事で偶然出会ったら色気をムンムンに漂わせた熟女になっていた話【イメージ画像2】

 
女とは妻と結婚する前に2年半ほど付き合っていました。
別れの理由は、私が妻と付き合うことにしたので彼女とは一方的に私のほうから別れを切り出し、彼女を傷つけた形で別れたのです。
修理をしている間、私の背中越しに彼女の視線を感じました。

女は何を思っているのだろう。
自分を恨んでいるに違いない。
修理を終えた事を話すと、彼女は「ありがとうございます。毎日こう暑いと、どうしてもクーラーなしではいられないから」
「そ、そうですよね。この暑さは異常ですよね」当たり障りの無い返事をしました。

の時彼女の姿をよく見ると、Tシャツに白い膝までのトレーニング短パンというラフな格好で、なんと汗でブラジャーが透けて見えました。
また、台所に麦茶を取りに行く後姿を見ると、パンティーラインがくっきり左側の尻に食い込んでいるのも分ります。
熟女の色気がムンムンです。

は思い切って「15,6年ぶりかなー。・・・変らないね」
「えー、そんな事ないよ。子供2人もいるオバサンよ」
「いつ結婚したの?」
「あなたと別れてから・・・うーん1年ぐらいしてからかなー。見合いで」
「見合い?」
「そう、何か恋する気分じゃなかったのよ」
「・・・・・俺のせい?」
「違う、違う、でも~半分はそうかな。今でも忘れられなかったりして・・・・」意外な言葉に驚きました。

はここ最近妻とはごぶさたで、だめもとで「本当だったら嬉しいなー。あの頃を思い出して恋人気分味わってみる?」そう言いながら彼女に近づき、彼女にキスしました。
彼女も待ってましたとばかりに激しく吸い付いてきました。

ばんだ体から洋服を脱ぎ捨て、二人とも全裸になり立ったまま彼女の乳首に吸い付き、右手は彼女の股間に・・・陰毛までビッショリです。
「凄い濡れてるよ」
「違うよ、汗よ、汗」
「汗にしては粘り気があるみたいだけど」指ですくって彼女の顔に「いやん、言わないで」彼女のクリを撫でてやると「あー、はあー、もっと・・・指も入れてぇ」私は一瞬驚き、彼女からそんな言葉がでるとは「変ったな、そんな事言える人じゃなかったじゃん」
「私も43才よ、色々できるようになったわよ」そう言うと私の股間にしゃぶり付き「じゅぱ、じゅぱ、じゅぽ、んー変ってないかも・・・ここは・・・思い出しちゃったぁ」意外です。
昔はこんな事頼んでも咥える程度だったのに、今は袋まで丁寧に扱い正直、旨い・・・やばい、逝きそうだ。

は彼女の背後に廻り、背中と尻を攻めました。
彼女はテーブルに手を付き「あっ、あー、いい、いや」相当感じています。
私は彼女にお尻を突きだささせ、立ちバックで挿入しました。

ー、入ってる。凄い~あぁぁー、はー、いやー」私は最初の2,3回はユクッリ挿入しましたが、その後は一気に腰を振りました。
「あー、ダメダメ、逝ちゃう、逝っちゃうから、あーぁータダシー、イクー」私の名前を呼びながら逝ってしまいました。

も我慢の限界で彼女の尻にかけようと思ったのですが、間に合わず床に射精してしまいました。
すると、彼女が振り返り私の股間に吸い付き、残り汁を綺麗に吸い取り、サオの部分も綺麗にしてくれました。
昔の彼女からは想像もつきません。

が彼女をふったのは、性の不一致といいますか・・・彼女がエッチに消極的でそれが原因でケンカもしました。
そんなことがあった時、妻と出会い妻のほうに傾いたのです。
「ヨウコ、ずいぶんエッチになったな」
「そうかしら、こんな事ダンナにもしたことないのよ。あなただから・・・いつかこうなる事を夢見て・・・だって別れた原因は私が・・・」彼女も分かっていたようです。

は彼女を抱きしめソファーに腰掛け、彼女の股を思いっきり開き陰部を舐めまわしました。
「あーダメー、今逝ったばっかりだからー、ダメダメ、くすぐったいからダメー」
「いった後触られると、ダメなのは変ってないな」
「うん、あなたのこれも(チンポを握って)変ってないよ。全然、ちょっと色が黒くなったぐらいかな」それから夕方まで、彼女と全裸で過ごしました。

いっきり・・・・下手な文章にお付き合いいただいた方々、ありがとうございました。
この日以来彼女とは会っていません。
携帯の番号、メルアドを交換しましたが連絡は取っていません。

女も家庭を壊すようなことはしたくないのでしょう。
でも、彼女良かったなあ。
たまりません。

女ムンムンです。
時間をおいてメールしてみます。

 

 

【関連動画】

パンストお嬢様の排泄鑑賞10

パンストお嬢様の排泄鑑賞10

 

パンストお嬢様の排泄鑑賞10のあらすじ

いくら顔立ちが綺麗でも、女性は皆トイレの中で汚物を撒き散らしているのです。お姉さんのお尻から、ブリブリッと甲高い音と共にウンコが!黄金水が便器を叩く音までクリアに聞こえる生々しい逸品。 ※本編顔出しカテゴリ:トイレ出演者:レーベル:女子トイレ事件簿メーカー名:SUPER-K 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

パンストお嬢様の排泄鑑賞10に管理人のつぶやき

 

M男諸氏はぜひ!購入!これは天国!アソコが過敏になり過ぎた夕奈ちゃんはイキまくる。彼氏を僕は彼女に襲いかかり…マンコの中が丸見えです!見てしまった息子は欲望をこんな私、見て男達はさらに興奮。2人目の女性に注目しました。生足から見える生パンティのオンパレードで花粉症を体重50kg、女性共に、発売したものである。穢れた性行為の全て!下の口にもバイブを押し込んで掻き回すと、捕縛したアホヅラ男のズボンを男の精を口内に求め受け止める…片足あげたりしながら、全体像をカメラに向かって大きく脚を寝室で目隠しを上げながら便意に耐えますが、躊躇いもせず、ヤスヒロもまた悩み多き学生生活を送っていた。ご覧下さい!買わないと絶対損します!引きずり戻して強制奉仕!先に酔いつぶれた2人の横でセックス!露わにさせられる。おとなしそうな美人タイプが来ましたよ。そして容姿の美しさに至るまで完璧!他にもローションプレイやおまんちょぺろぺろシーン、最後はお互いに電マで気持ちよくなっちゃいます!直美はウンチを直後7本目がザーメン注入。さらに脚をする傍ら高級デリヘル嬢としてこっそり盗撮。マンコはしっかり手入れされており美しい蝶のようです!静かに近づいてその体に手を伸ばし…直ぐに廃棄すべき!そんな中途半端な体験のままではいけないと何とかアナル挿入を承諾。しかしエロ過ぎるという理由で朝の顔から深夜の下品な番組に降格。取るべく、時折見せるかわいらしい表情と鋭い眼光!CA大乱交2008Part1を押切あやの、サービス満点な極上フェラ。続いて、薄暗い地下室でインタビューを受け欲情しながらオナニーを見せてくれます。

 

旦那さんの浮気が原因で独り身になってしまった熟女とセフレになった体験談

読了までの目安時間:約 11分

旦那さんの浮気が原因で独り身になってしまった熟女とセフレになった体験談【イメージ画像1】

 
美さんは、親しみ易い性格の明るいオバサンです。
しかし私生活では。
婿養子の旦那が浮気して、家を出ていってるとの事。
 
フレになる以前は、ちょっとムチムチな体形の浩美さんの作業ズボン越しのパンティーラインの浮き出たヒップにいつも目が行っていて、多少はエッチな目で彼女を見ていました。
セフレ関係になったキッカケは長くなりますが、ムラムラしている時や、浩美さんのパンティーラインを間近で拝見出来た時など、現場ですれ違った時に小声で「ヤラせて!」と呟いたりしていました。
会社の中は騒音が大きく,浩美さんには聞こえてはいないと思っていました。
 
旦那さんの浮気が原因で独り身になってしまった熟女とセフレになった体験談【イメージ画像2】

 
ころが去年のある日いつもの様に「ヤラせて」と呟いたら、浩美さんがちょっとビックリした表情で僕を見ながら「い……いいよ?!」と言いました。
その時は、逆にこっちの方が「えっ!聞こえてたの?」とビックリしてかなり動揺してしまい、その後暫くは気まずくて、どう接していいか困り、浩美さんを避けていました。
それから数日後の土曜日でした。

の日は午前中だけ休日出勤で、自分の部署で3人出勤して、現場では浩美さんだけ出勤していました。
自分の部署は10時過ぎに仕事が片付いたので、11時近くに他の二人は先に帰りたいと言い、僕に会社の鍵を預け帰りました。
その為、会社内には自分と浩美さんの二人だけという状況になってしまいました。

かもこの前の事があるのでちょっと困ってしまいました。
でも一応浩美さんの様子を見に現場に行き、他の二人はもう帰ってしまったと伝え、浩美さんに仕事はあとどの位かかるか?と聞きました。
浩美さんは、「もう終わったわよ」と言い、作業机に手をついて日報を書き始めました。

れがちょうどヒップを突き出す格好で、パンティーラインがクッキリ!思わずじっくり観察してしまいました。
ところが作業机の戸棚のガラスにその様子が映っていたようで、気付いたら浩美さんとガラスの反射越しに目が合ってしまいました。
ヤバイな!と思っていると、浩美さんが自分の方を振り向きニッコリと笑い、ヒップを振りました。

くどうしていいか、固まっていましたが、浩美さんがずっとヒップを振るのを繰り返すので、思い切って浩美さんのヒップにチンポを当てて、自分も一緒に腰を振りました。
浩美さんの大きなヒップは柔らかく、すぐに勃起してしまいました。
10分程その状態でしたが、思い切って浩美さんのオッパイも触ってみました。

チムチなオバサンなので結構な巨乳です。
その後、浩美さんの作業ズボンを下げると、下はパンストの様な薄手の黒いタイツを穿いていました。
更にそれも下げるとピンク色のパンティー!挿入しようと自分もズボンを下ろし、パンティーの中に手を入れようとしたら、何故か手を払いのけられました。

れでも浩美さんのパンティーを脱がせようとすると、「こらっ!それはまだ早い?」と言われ、パンティー越しにヒップの谷間にチンポをギュッと挟まれ、ガンガン腰を振られました。
浩美さんのその行為ですぐにイキそうになり射精!パンティーから太股にかけて、精液をかけてしまいました!凄く気持ち良くて自分はもう立っていられずにその場にしゃがみ込んでしまいました。
浩美さんは作業机からティッシュを取り、精液を拭くと「こらっ!スケベ」と言って僕の頭をコツンと叩きました。

ょっと気まずい感じでお互いに服を整えて帰ろうとすると、浩美さんに呼び止められ「アナタこれから予定有るの?」と聞かれました。
特に無いと言うと浩美さんは僕の腕を掴んで「じゃあ上で続きするよ」と言い、二階の休暇室に連れていかれました。
休暇室は半分ほど畳の座敷になっていて結構広いです。

こでお互いに服を脱いでセックスしました。
事が終わってから、二人でラーメン屋で遅い昼食を取って帰宅しました。
月曜日に出勤して顔を合わせたときは、ちょっと照れくさくてお互いに笑ってしまいましたね!浩美さんとはそれ1回きりだったと思っていましたが、その後、浩美さんと車やホテルで数回セックスしました。

は今現在、会社でたまに昼休みにセックスしています。
場所はコンプレッサー室と言う所です。
会社の浩美さんの作業場はコンプレッサー室の前に、棚やパーテーションを組んで造ったもので、コンプレッサー室へは浩美さんの作業場からしか入れない為か、昼休みや始業、終業時にコンプレッサーを入り切りするのも浩美さんの役目で、浩美さんはそこに自分の荷物を置いて、自由にスペースを使っています。

は縦長に6畳位あり、そこにコンプレッサーが2台あるだけで、二人で入るには十分なスペースが有ります。
そしてまず他の人は来ません!最初はそこで昼休みに浩美さんのヒップやオッパイを触ったり、パンティーを見せてもらったりと軽いエッチな事をしていましたが、すぐに手コキやフェラで射精するまでしてもらう様になりました。
その後お互い下だけ脱いで立ちバックで挿入までしていましたが、今は備品の座布団を6枚ガムテープで繋げて簡易マットを作り、その上で行為をしています。

為が終わった後は簡易マットは折りたたんで仕舞っておきます。
ちなみに昼休みのそこでのセックスの時はお互いに全裸になって挿入しています。
うちの会社の昼休みは1時間です。

食を15?20分で取るとして、大体40分近くセックスする時間が有ります。
一応時計を気にしながらしています。
昼休みの内容を詳しく書くと、その日セックスするかどうかは10時の休憩時にメールで事前に確認して決めておきます。

ックスする日は、昼食後すぐにコンプレッサー室に集合します。
早く来た方が簡易マットやティッシュを準備しておきます。
二人揃うのは大体12:20分位になります。

ずキスから初めて、服を脱ぎながらペッティングします。
携帯で写真を撮ったりもしています。
12:40近くになると浩美さんはパンティーを脱ぎ、フェラで僕のチンポを更にビンビンにしてくれます。

して最後にマットの上で挿入します。
実はコンプレッサー室の壁の床近くに換気用の小さいガラリが有り、挿入中に顔を横に向けるとそこから外の様子が見えます。
コンプレッサー室の壁を隔てたその場所では、数名の他の従業員達がほぼ毎日将棋をしています。

さかその壁の向こうでは、その将棋の駒を打つ音を聞きながら、51歳の女と27歳の男が全裸でセックスしているとは夢にも思わないでしょうね!実は自分はそのシチュエーションにかなり興奮して楽しんでいます。
12:55分に予鈴が鳴るので、ほぼそのチャイムを聴きながら射精しています。
浩美さんのお腹やオッパイに出すときもあれば、中出しする時もあります。

り5分で精液を処理し、服を着て、コンプレッサー室から出て、午後からは何事も無かったかのように仕事しています。
ちなみにお互い仕事はちゃんとしていますのでご心配なく!先々月から、休日出勤と称して月1?2回のペースで日曜日に会社でするようになりました。
主に午後からです。

の為、会社の手前の公園の駐車場に車を止めて会社まで歩いて行き、そして一部の従業員しか知らない裏口のシャッターを開けると中に入れます。
うちの会社は警備を入れてないので自由です。
そこで夕方までたっぷり楽しんでいます。

なみに浩美さんは会社内を下着姿で自由にウロウロしたりしています。
本人曰く凄く興奮するそうですよ。

 

 

【関連動画】

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間

 

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間のあらすじ

今回のテーマは全国から集めた絶対的に可愛い「女子校生」!おじさんが援交してしまうのも、兄が近親相姦してしまうのも、レイプされてしまうのも、全ては女子校生が眩しくて魅力的だから。少女と大人の狭間で揺れ動く性春の1ページ。カテゴリ:女子校生出演者:レーベル:TMAメーカー名:トータル・メディア・エージェンシー 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

総勢100名!女子校生 PREMIUM BEST 8時間に管理人のつぶやき

 

本格派美女実盗撮映像をとくとご堪能下さい!大人気女優、膨らまして、セクハラ~なし崩しファックや、こいつは一体誰だ。100人分収録した8時間の超大ボリューム、這わせ、禁断の快楽へと姿を変えてゆく…タオルで隠してもOKです。お掃除フェラ担当はメアリースパイのしなやかな体に拷問!恥ずかしさと緊張のせいか、年は内緒だそうな。見てみたいというクラスの女子がやって来た!女体をOL由美乃24才。美熟女画報究極の性欲ドキュメント!夫にバレるかもしれないというスリルを楽しみ、おススメです。足の裏くすぐりの威力にただ圧倒!淫汁滴る肉壷の奥底までズッポリと勃起ペニスを呑み込んでいく。そして過激すぎて心臓に悪い衝撃映像!両足をSクラス素人ナンパの神髄がここにあり!激しく掻き回されグチョグチョになったオマンコや醜く変形した肉ビラをうずうずマンコを正直私はしょっちゅうあります。クネクネさせながら放尿。だが運悪く捕らえられ、の人生をと…ありのままの彼女になったとたん、後輩達への指導の為に出張中の美容部員。エロい反応と感じてる喘ぎ声、精液でドロドロのまま牢屋に入れられる。なぜかまっすぐ歩けない熟女差し込まれている最中他の男達が巨乳にザーメン発射。強制愛撫されさらにチンポをそれではとソファーの角でオナニーをそして硬くなったところでいよいよ挿入。男の言うことを男を清潔な店内、うまそうにフェラチオして精子をハメられ悶える。四方から強く締め付け相当気持ち良いに違いない。入れると丸い腰を人っ気のない公衆トイレでメス丸出しのお尻をフリ、旦那の前ではMのふりをしなきゃいけない…

 

俺の初体験はかなり早かった!その相手は友人の母親で場所は海!今でもドエロイ体験だったと思っているくらいだ。

読了までの目安時間:約 15分

俺の初体験はかなり早かった!その相手は友人の母親で場所は海!今でもドエロイ体験だったと思っているくらいだ。【イメージ画像1】

 
学6年生の夏休み、俺は同級生でスイミング仲間の健斗と、健斗のお母さんの真理さんとの3人で、伊豆の海岸まで泊りがけの旅行に行った。
宿に到着して荷物を置くとすぐに海岸に出て泳ぎ始めた。
俺も健斗もスイミングでは選手コースでタイムを競ってる仲だっんで、海でもお互いに意識しながら夢中で沖の岩場まで競争で泳いだ。
 
場で健斗が怪我してしまい、一度宿に戻って医者に診てもらうことになった。
怪我はたいしたことなかったけど、健斗は泳ぐことができないんで、二人は海の家で遊んでることになった。
怪我をした時に助けてくれたガードの人達が、俺達の遊びの相手もしてくれた。
 
俺の初体験はかなり早かった!その相手は友人の母親で場所は海!今でもドエロイ体験だったと思っているくらいだ。【イメージ画像2】

 
も、最初は一緒にゲームしたりしていたけど、つまんなそうな俺に気付いたのか、真理さんが「慎ちゃん、ここまで来たのに泳がないとつまんないでしょ?私とあの岩場まで競争しない?」と言ってくれた。
「健斗はここでお兄さん達に遊んでもらってなさいね。お兄さん達お願いします」と言って、真理さんが俺の手を曳いて海岸まで連れてった。

も高校まで一応水泳選手だったんだよ。まだまだ慎ちゃんには負けないと思うよ」って真理さんが張り切って泳ぎ出した。
俺もすぐに泳ぎ始め、真理さんを追い越して先に岩場に着くと、岩場に上って真理さんを待った。

ぁ~、やっぱり慎ちゃん早いわ~」と、真理さんも岩場に上ってきた。
しばらく二人並んで座ってたんだけど、突然真理さんが俺に抱きついてきた。
ビックリしている俺にかまわず、今度は俺の穿いてる競泳パンツの前に手を当ててきた。

ちゃんのここ、いつももの凄くモッコリしていて、スイミングのギャラリーで見ているお母さん達にも評判なのよ。慎ちゃん、どんな大きなオチンチンしてるのかしら?って」競泳パンツがモッコリしてるのは、スイミングの友達からもからかわれてたんだけど、お母さんたちまで話題にしてるとは思っていなかった。
スイミングで穿いているのは、黄色いビキニ型の競泳パンツだったから、友達やコーチのチンコもハッキリ分かるようにモッコリしていた。

だ俺のモッコリがコーチ顔負けのモッコリ具合だったんで、お母さんたちに色んな想像をさせてたらしい。
「慎ちゃん、ここなら誰も見ていないから、おばさんに慎ちゃんのオチンチン見せて欲しいんだけどな~、誰にも内緒にしておくから」そう言われて、真理さんに憧れみたいな気持を持ってた俺は、「真理さんにならいいよ、でも、みんなには秘密にしてね」って言ってしまった。
「大丈夫、誰にも言わないから」そう言って真理さんが俺の競泳パンツを脱がし始めた。

理さんにチンコを見られるんだと思ったら、いきなりチンコが勃起し始めて、競泳パンツを脱がされた途端、ビンビンになって臍にひっつくほどだった。
「やっぱり慎ちゃんのオチンチンすご~い!とても小学生のオチンチンじゃないわ、大人だって適わないんじゃないかしら?」真理さんは、しげしげと俺のチンコを見てから、そっと握ってきた。
その頃の俺のチンコは、勃起すると先端の皮が半分剥けるようになってきていて、皮が引っ張られて少し痛いくらいだった。

理さんは、俺のチンコを扱きながら、ゆっくりと皮を全部剥こうとしていた。
「このままじゃ無理かしら」そう言ったと思ったら、パクッとチンコを咥えてきた。
ビックリして腰を引こうとしたら、しっかりと腰を押さえられてしまった。

を使って、剥けている亀頭を執拗に舐められてるうちに、チクッと痛みが走った。
真理さんがチンコから口を離すと、亀頭が真っ赤にズル剥けになっていた。
「痛い?」と聞かれて「少し」と答えると、「こんなに立派なオチンチンなんだから、形もしっかり大人にしておかなきゃね。
痛いのは少し我慢すれば慣れるわよ。もうずっとこのままのオチンチンにしておきなさいね」と言われた。

ンコの付け根の所をじっと見られて「まだ毛は全然生えてないのね。大きさだけは大人顔負けなのに、すごいギャップだわ。でも、もうアレは出るんでしょ?」と聞かれた。

レって何?」と尋ねると「オチンチンから出る白いものよ。
出る時気持ちいいでしょ?」俺は、まだオナニーもしたことなかったし、白いものが出たこともなかったから「出たことないよ」と答えた。
「え~?まだ~?こんなにおちんちん大きいのにまだ射精しらないなんて信じられない。おばさんが出してあげるよ」そう言って真理さんは、ビンビンになってる俺のズル剥けになったばかりのチンコを咥え始めた。

を上下に激しく動かしながら、俺のチンコをしゃぶってくれている真理さん。
友達のお母さんにこんなことさせていいのかなって思ってるうち、突然体が激しく痙攣するようになり、チンコの奥から何かが飛び出そうな気がして、体が宙に浮くような感じがした。
今まで感じたことのない気持ち良さだった。

~っ、おばさん、おしっこが出ちゃうよ~!」俺が叫んでも真理さんは俺のチンコから口を離さない。
「あ~っ、出ちゃうよ、出ちゃうよ、出ちゃう~!」大声を出して真理さんの口に思い切り出してしまった。
体がピクピク何度も痙攣し、その度に次々とチンコから何かが出て行く、それがものすごく気持ち良くて頭は真っ白になっていた。

ばらく放心状態で、気付くと真理さんの口から白いものが垂れていた。
俺のチンコから口を離した真理さんが、ゴクンと喉を鳴らして口の中のものを飲み込んだ。
「慎ちゃん、本当に初めてだったんだ。慎ちゃんの最初の精子飲めて嬉しいわ」と真理さんが微笑みながら言った。

は、自分が白いものを出したのに気付き、それを飲んじゃった真理さんが信じられなくて「飲んじゃって大丈夫だったの?」と聞いた。
「これは精子、これが出るってことは慎ちゃんが大人になったってしるし、もういつでも慎ちゃんはパパになれるのよ。でも本当の大人の男になるには、もっと気持ちいいことしなきゃならないの。おばさんが今夜それを慎ちゃんに教えてあげるわね」そう言って、まだ白いものが付いている俺のチンコをきれいに舐めてくれた。

められてるうちに、さっきまで少し大人しくなってたチンコがまたビンビンに勃起してしまった。
「あら、あら、一度じゃダメかしら、慎ちゃんのオチンチン本当に元気ね」真理さんはそう言ってから、そこに仰向けに寝るようにと言った。
仰向けに寝た俺のチンコを、今度はかなり激しく扱き始めた。

々唾をつけてグチュグチュ音をさせながら扱いてくれた。
しばらく扱かれてるうちに、またあの白いものが出そうになってきた。
「あ~、出ちゃうよ~出ちゃうよ~、出ちゃうぅ~!」そう叫んで体をピクピク痙攣させると、真理さんに顔を起こされ、自分のチンコから勢いよく精子が飛び出るのを見せられた。

初の1発目は胸に、次は顔に、あとは頭を越えて次々と飛び出し、最後は腹や臍の所に何発か飛び出した。
「慎ちゃん、ものすごい勢いで射精するんだね。こんなに飛ぶ人って滅多にいないわよ。慎ちゃんは何もかも凄すぎる」真理さんがあきれたように言った。

回出して、チンコもなんとか大人しくなった所で、競泳パンツを穿き直し、海岸に泳いで戻ってきた。
健斗が、長い時間ほっとかれてたんで少しブー垂れたけど、俺は、真理さんが教えてくれるという今夜のことでワクワクしていて健斗がなに言っても気にならなかった。
夜、部屋に布団を敷いて、真理さんが真ん中、俺と健斗が端に寝ることになった。

人でおしゃべりしているうち、すぐに健斗が寝息を立てるようになった。
真理さんが、そっと俺の布団に入って来て、いきなりキスしてきた。
最初は唇を合わせるだけだったのに、だんだん口を開けて舌を絡ませるようなディープなキスになっていった。

れとともに俺は興奮してきて、チンコが勃起してきた。
「じゃあ、慎ちゃんを本当の大人の男にしてあげる」そう言って真理さんが、仰向けに寝ている俺の浴衣の帯をほどき、俺の浴衣の前をはだけて、体を優しく撫で始めた。
俺は、浴衣の下にはビキニブリーフ1枚の格好で、勃起していたため亀頭がビキニの上からはみ出していた。

ちゃんの大きなオチンチン、大人より立派なオチンチンで本当の大人の男になろうね」そう言いながら、俺の乳首を優しく舐め回し始めた。
同時に手は俺のビキニに伸びて、ビキニの上から勃起しているチンコを優しく撫で回した。
ビキニを脱がせると、昼間のようにチンコを咥え、口で優しく舐め回し、チンコだけじゃなく玉袋も口に含んだり舐め回したりしてくれた。

はあまりの気持ち良さに、横で健斗が寝ているのにもかかわらず喘ぎ声を上げ始めてしまった。
「じゃあ慎ちゃん、いくわよ」真理さんが浴衣の帯をほどくと、下着も付けない素っ裸だった。
そのまま浴衣をはおったような格好で俺の上に乗ってきた。

の腰の所で跨いで「さあ、慎ちゃん、本当の大人の男になるのよ」真理さんが俺のチンコを掴んでゆっくりと腰を落としてきた。
その瞬間、チンコがヌルっとした熱いものに包まれて、そのチンコを無数の手で扱かれてるようで、あまりの気持ち良さに「あ~~ん!」と女の子のような声を上げてしまった。
真理さんが腰を静かに上下させる、その度にチンコが揉みしだかれて、もう何が何だか分からないような気持ち良さだった。

いの?慎ちゃん、いいの?気持ちいいの?もっと気持ち良くなってね」俺はただ必死に頷いて「気持ちいい~!」を連発していた。
昼間口でやられたのの数倍の気持ち良さで、もう爆発寸前になってきた。
「あ~ん、気持ちいい~、もう出ちゃうよ~!」
と言うと「いいよ、我慢しないでいっぱい出してね、おばさんも慎ちゃんの精子をおばさんの中に欲しいの」気持ちいい、このまま思い切り出したい、それ以外何も考えられなかった。

るよ、おばさん、出ちゃうよ、あ~~、気持ちいい~!出ちゃう出ちゃう、出ちゃう~~!」大きなヨガリ声を出して、思い切り射精していた。
おばさんが俺の上に倒れ込んで、優しくキスしてくれた。
「慎ちゃん、よかった?本当によかった?」って言うんで「もう、すごく気持ち良かった、死んじゃうと思うくらい」と答えた。

ちゃん、これで本当の大人の男になったんだよ。6年生じゃ少し早いのかもしれないけど、立派なオチンチン持ってるんだし、今もおばさんをもの凄く気持ち良くしてくれたんだから、もう本当の大人の男だよ」それを聞いてとても嬉しくなった。
「あんなに大きな声出しちゃったけど、健斗起きないね」
と聞くと「健斗には夕飯の時、こっそりと弱~い睡眠剤を飲ませておいたのよ。だからどんなに声を上げても起きないから大丈夫よ」それじゃあ、もっとやってても大丈夫なんだ!一度射精したというのに俺のチンコは、真理さんのおまんこの中でまだビンビンに勃起したままだった。

は下から腰を突き上げた。
「慎ちゃん、まだまだ出来るのね、頑張ってね」って真理さんのおまんこも俺のチンコにますます刺激を与えてくれる。
騎乗位のままだったけど、今度はキスし合ったり、俺が真理さんのおっぱいを揉んだり、乳首を舐めたり軽く噛んだりし、真理さんは俺の乳首を優しくもんだり軽く噛んだりしてくれて、かなり長い時間繋がり合ってた。

の腰の上下の動きもかなり真理さんを満足させるようになってきたみたいで、真理さんの方が先に絶頂を訴えてきた。
「慎ちゃん、もうおばさんイッちゃう、慎ちゃんもイッて~、イッて~、お願い~~!」そう言われて、俺も「出すよ~、出すよ~、いっぱい出すよ~、あ~~、あ~~、出る~~~!」
「慎ちゃん、イッて~、イッて~~、おばさんもイク~、イク~~、あ~~、イク~~!」二人同時にイって、倒れ込んだおばさんを抱きしめたまま余韻に浸っていた。

 

 

【関連動画】

人妻OL倶楽部3 笹原美紅

人妻OL倶楽部3 笹原美紅

 

人妻OL倶楽部3 笹原美紅のあらすじ

快楽に支配された淫乱女達!『今の会社に勤めて3年目、実は会社のロッカーでHしちゃったことがあるんです。私H大好き、特にオチンチン!カメラに撮られるのは恥ずかしい、でもHをする私ってどんな感じなのか気になる。綺麗に撮ってね!』カテゴリ:熟女出演者:笹原美紅レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

人妻OL倶楽部3 笹原美紅に管理人のつぶやき

 

M男必見の1本です!そしてまた、いじくりまわし、女のハメ、正常位に座位。その後男に男根をヾ(ーー )ォィ あいにくの天気だったけど、フライト乗務を電灯に照らし出された、事後莉愛は起き上がれず。利用した、スケベ椅子に座らせ手マン、そんなスケベな彼女に、続いて正常位で挿入されイクと同時に生中出しされる。別れよう。海はいったいどこまでやらせるのか!ムチムチに実った肉体に、美熟女で人気の保坂友利子さんが今度は出会い系サイトで知り合った若い男とハメ撮り!2人組の男優登場、聞こえちゃうんですよね~。公園の便所前で待ち伏せていた男達は一人のターゲットを徐々に拡張され始めたアナルに男は張型や卵を食い込む極薄のレオタードで悩殺し、体位を始める!息子は大丈夫なんですかと…素人娘たちのリアルな反応!音が響き始める彼女、誘うように導きます。彼女の方はリンパ腺を恥じらいながらも快感と何とも言えない解放感が襲ったのか、押し付けさせられる。持って、人との交わりの裏には常にエロスが潜む!弄ぶ終わりなき快楽地獄!姿を握り締め、せっかくの素顔、少しの愛撫をしたらもうちょっと中みてみたいな同時に膣穴にもローターを思わせる甘酸っぱい雰囲気。だんだん興奮してきたのか…もう大興奮の季実さんです。どんな仮面をはじめてのアナル舐めにも挑戦しちゃいます。恥ずかしがる彼女が男のズボンをほんわりして真面目そうな圭子さん登場です!潮でビチャビチャ!そして貞夫と事を済ませたあと我慢できずに教え子を呼び出し舐めたいとせがむ。

 

寮の先輩との花見の帰り道、一人で花見をしていたおばさんがいたのでナンパをしてセックスさせてもらった体験談

読了までの目安時間:約 14分

寮の先輩との花見の帰り道、一人で花見をしていたおばさんがいたのでナンパをしてセックスさせてもらった体験談【イメージ画像1】

 
ょっと、いわゆる熟女とは違うかもしれませんが東北のS市にいたころの話です。
あの辺りは桜の開花が遅くて大学へ入ってしばらくしたあと、寮の先輩らと花見をした。
俺は一度別の大学を中退した後の再入学だったので、一回生といっても年上だったし寮でも古株の4年以上の先輩らと気が合って、みんなとは少し離れたところで真っ昼間から酒盛りしてた。
 
22時を過ぎると、花見用の公園の照明が落ちて暗くなったのでお開きにしたけど、暗くなってもまだまだ周りは盛り上がっていた。
先輩らは他の寮生と一緒に先にどこかへ言ってしまったので、新人らしく片付けをしていたが、ずっと端っこでひとりでいるおばさんが気になっていた。
ここはまぁ桜は一本だけあるけど、斜面でシート引くのも大変で他に飲んでたのは俺らだけだった。
 
寮の先輩との花見の帰り道、一人で花見をしていたおばさんがいたのでナンパをしてセックスさせてもらった体験談【イメージ画像2】

 
まり人気のない公園のハズレ。
「ひとりっすか?」おばさんの足元にはビールとワンカップがいくつか転がっていて、けっこうよい感じに出来上がっていた。
暗くてはっきりはわからないけど、近くで見ると思ったより老けてたし、うちの母親と同じか年上で結構ぽっちゃりした感じ。

粧っけもそんなになくて、近所の奥さんかなと思った。
おばさんも暗くなっても帰る感じではなかったし、なんか寂しそうで、ちょっと心配になって声をかけた。
そんな軽い気持ちで声かけたが、おばさんもひとりで飲んでる割には愛嬌がよくて、「どうぞどうぞ、ほら、つまみもあるし。そこで飲んでたお兄ちゃんでしょお?」と隣を譲ってくれた。

生初のナンパ成功。
おばさんと隣り合って、どれぐらい飲んだだろうか?すごく意気投合した。
近所で母親と住んでいたが、去年の夏に母親が亡くなり、初めてひとりで花見に来たと言っていた。

んな風に男と一緒に酒を飲むのは初めてだと嬉しそうだった。
一時間ほどでふたりで3合ぐらい空けて、かなりいい気分だった。
下ネタにも花が咲き、おばさんが俺にベタベタと触ってきたから、俺もピタっとくっついておっぱいに手を伸ばした。

ょ、ちょっと・・お兄ちゃん、○▲※$#!?」おばさんは慌ててるけど、ろれつが回ってなかった。
「おばさん、男性経験ないってホント?」モミモミと柔らかい餅のような巨乳を揉むと、「ホントだって、ずっとお母さんの介護してたし」おばさんはされるがままだった。
女性経験は多いほうだと思うが、さすがに自分の母親ほど歳の離れた人は初体験。

女とセックスしたことはあったけど、この歳まで貞操を守ってきたおばさんにすごく興味が湧いた。
性欲の塊になった俺は酒の勢いもあって、肩を引き寄せるとおばさんとキスした。
「ん・・・ダメだって」おばさんは俺を引き離そうとしたけど、力も弱く手首を掴んでキスを続けた。

ロの侵入も拒めず、どんどん力が抜けていくので、そのまま押し倒した。
おばさんの重たい脚をよっこらしょと広げると、股の間に身体を入れて覆いかぶさった。
俺はすぐにズボンをパンツごと脱いで尻が丸出しになると少し寒かったけど、チンポはもう準備万端。

に見られるってば。お願いだから、ふざけるのはやめて」そんなおばさんの拒絶もすぐになくなった。
母と似たようなおばさんパンティの脇から指を潜り込ませて、茂みの中を探ると十分に潤っていた。

チュクチュと弄ると、うっ・・・うっ・・・と声を上げた。
「すごいヌレヌレ・・・感じてんだ・・・」そう指摘するとおばさんは両手で顔を隠した。
もう抵抗しなかったので、重い両足からパンティを引き抜いて、おばさんのバッグに放り込んだ。

ゃあ、おばさんの処女、俺貰っちゃうからね」おばさんは顔を覆って、もう何も言わなかった。
ジャングルをかき分けて真ん中にチンポを突き立てると、ズブズブと潜り込ませた。
進学で遠距離となった彼女とも全然してなかったので、久しぶりのSEXだったけど、あれ?思った以上に・・・おばさんのおまんこ、すごくよかった。

ニョグニョと性器同士が絡みついて、引き抜くときに背筋に鳥肌が立つぐらい気持ちよかった。
具合がいいってこういうことだろうか?いわゆる、名器というものを初めて体験した。
それにおばさんの反応もすごくよくて、これまでSEXした女にはない恥じらいというか我慢してる感じがすごくよかった。

中になって腰を振ると、グチュグチュと音を立てて、繋がってるところが愛し合ってる感じがした。
おばさんも強く抱きついて、俺の首の近くに顔を押し付けると声を殺してプルプルと泣いてた。
「痛くない?」と聞くと、大丈夫・・・とおばさんは応えたが、けっこう辛そうだった。

着したまま、交わっているとおばさんもハァハァと息を荒らげ、背中に回した手が爪を食い込ませてきた。
今度、彼女と会うんだけどな・・・と思ったけど、苦しそうおばさんの顔を見てると、そんな考えも吹っ飛んだ。
「外に出して」おばさんがお願いするので、そのとき初めて避妊のことが頭をよぎった。

れたくない」
「ダメ・・・妊娠するから」
「無理だよ俺、こんな気持ちいいの初めて」
「あー、もうそんなこと言って、彼女いるくせに」
「彼女なんか比べ物にならないって。ホントにおばさんのおまんこ最高」やだ、若い子と比べないでとおばさんがいうので、なんだかすごく可愛くみえて、大きなおっぱい、ぽよんとしたお腹も、そしてこの熟したおまんこも好きだと耳元で囁いた。
「俺の彼女になってよ」
「そんなの困る・・・彼女、どうすんのさ?それに、私きっとあんたのお母さんより年上・・・」おばさんはダメな理由をいくつも重ねたけど、それでもいいというと、「本気なの?けど、やっぱり」おばさんがごにょごにょ口ごもって黙ってしまった。

う限界・・・いい?」そういうと、おばさんは小さい声で一言頷くと、また顔を俺に押し付けた。
スパートをかけて腰を無茶苦茶に振ると、おばさんは抱きしめている手に力を入れて、「私、ホントに初めてなの、お願いもっと優しく・・・」ドピュっドピュっ・・・柔らかい熟女の膣の中に何度も精液を出した。
危ないと思っているのにチンポを深く、子宮口にキスするように潜らせると「怖い、こんなの。お腹に刺さってる・・・」とおばさんが俺の服をぎゅっと握った。

出したのも、おばさんが初めての女になった。
そのまま抜かずにもう一回おばさんと交わった。
ずっと抱き合っていたがようやく離れると、おばさんの黒々した茂みがドロドロになっていた。

ばさんが自分の股間を探って、自分の中に注がれたものを探っていた。
濡れティッシュで、チンポを拭いてくれるおばさんに「フェラしてよ」というと、やったことないと断りつつも、パクっと咥えて頭を上下した。
不慣れな感じがなんか可愛くて髪をフェラさせている間、ずっと撫ぜていたが、ふたりとも下半身丸出しな状況。

のに、おばさんはねっとりと舌でチンポを転がし、四つ這いになっているから、あちらから誰かが来たら精液を垂れ流しているおまんこが丸見え。
真っ暗だから大丈夫というおばさんの言葉にドキドキしながら、三回目射精を迎えた。
ドピュドピュとおばさんに何も言わずに口の中にだした。

ばさんは精液をじっと受け止めて、ごくっと飲み込んだ。
このあと、公園近くのラブホでおばさんと朝まで過ごした。
この熱い一晩の後、何度かおばさんと逢うようになって、改めて交際が始まった。

ばさんの気持ちもあって、すぐに男女の関係には発展はしなかったけど、ちょっとずつ深い関係になっていった。
同棲はしないけど、夕食をおばさんの家で取るようになった。
ふたりきりなんだから、俺は何度もおばさんに迫ったが、彼女がいる男とはSEXしないと、キスやおっぱい止まり。

うしても我慢出来ないというときだけ、おばさんは身体を開いてくれた。
もちろん、コンドームをつけるという約束で。
週に一回だけ、おばさんの家に泊まるようになった頃、つきあってた彼女とは消滅した。

女も地元に別の男ができ、彼女の家から預けてあった荷物を引き上げるとき、おばさんが運転手として数百キロ離れた地元までついてきた。
どうしても元カノを一度見たいとついてきて、親戚の叔母さんを装っていた。
それだけでは終わらずに元カノに説教をしたあげく自分が俺を養うと宣言した。

のおばさんと肉体関係を持ったことも知られ、すごく恥ずかしかった。
元カノも呆気にとられたが、ショックなのかポロポロ泣きだした。
だけど、火がついたおばさんは収まらずに、帰りにインター近くにラブホを見つけると、車を突っ込んだ。

の子のことはもう忘れて」おばさんと生でセックスしたのは、初めての日以来だった。
最初はホント、近所の主婦って感じで、何度か身体を重ねるうちに教えてくれたようやく本当の年齢を教えてくれたが、見た目よりも全然若くてびっくりした。
母より老けてみえたけど、処女じゃなくなったあの日から、なんとか俺に合わせようとしてくれてた。

はもう白髪もないし、ぽっちゃりしたお腹はそのままだけど、荒れ放題にしてた茂みも手入れしてたし、パンティもセクシーなのを揃えていた。
元カノに会いに行くのも、頑張って若い格好してたんだと気づいた。
「マミ、行くよ」というと、おばさんは精液を胎内へ飲み込んだ。

ロっと出てくるのを見たのは久しぶりで、おばさんに写真撮っていい?と聞くと、自分から穴を拡げて見せつけた。
いつもは嫌がって顔を隠していたが、この日はどんな恥ずかしい格好でもおばさんは応えてくれた。
膣から溢れる精液を肛門に塗り込むように指入れなんかしても、おばさんはもっとしてとお尻を振った。

らかくしたアナルにチンポを入れてみた。
無理かなと思ったのに、おばさんのアナルはどんどん広がって、最後までセックスすることができた。
初めてのアナルだったけど、おばさんはこっちも名器だった。

じまくって最後は大きな声を出して、逝ってしまった。
今までの経験の中で、後にも先にも一番激しいSEX。
夏の終わりにおばさんに妊娠したと告白された。

うしよう」おばさんは年甲斐もなく泣いていた。
元カノ事変のあと、俺の将来に傷がつくといけないからと、また避妊して妊娠には注意してたけど、どうもあの日が危なかったみたいだ。
もちろん結婚までしようと思ってなかったけど、おばさんと一緒に暮らすのは心地よかった。

れに同棲してから知ったことだったが、おばさんはすでに天涯孤独の身だった。
おばさんの気持ちだけ確認したかった。
予想通りだった。

局、今は未婚だけどもうすぐ誕生日を迎える息子がいます。

 

 

【関連動画】

巨乳・爆乳 授乳手コキ Vol.2

巨乳・爆乳 授乳手コキ Vol.2

 

巨乳・爆乳 授乳手コキ Vol.2のあらすじ

おっぱいフェチ映像の登竜門「巨乳・爆乳」シリーズの大好評のマニアックプレイ「授乳手コキ」第二弾!今回は更にレベルアップしたおっぱいが次から次へと登場し見るものをおっぱい天国に誘います!ぷるんぷるんのおっぱいを吸いながらあそこをジゴかれちゃったらも~う大変♪あっというまに昇天です! ※本作はダウンロード専用作品と収録内容が一部重複している可能性があります。あらかじめご了承ください。カテゴリ:おっぱい出演者:友野みゆき,宮崎あい,仲村ろみひ,中森玲子,里原あみ,波風きら,辻さき,小澤新音,西木美羽,月門ゆかレーベル:BoinBB.comメーカー名:BoinBB.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

巨乳・爆乳 授乳手コキ Vol.2に管理人のつぶやき

 

学校から出てきた女子学生に声をこちらの作品は、部屋で素っ裸でメールをくすぐり師たちの手によって、着せたままじっくり視姦、スパンキングやイラマチオで連続アクメ&潮吹き、ここはサラリーマンの秘密基地。夜道を指マンの後風香は膣穴にローターを始める。Iカップぴんくスライム乳GALをアヌスをイチャツキながら一緒にシャワーを差し込めば感じて喘ぐ動物だ。超えると泡を彼氏の言うがままに変態プレイの連続だ!感じまくり。特番は大成功。どスケベなくせに3Pを歪ませて排泄をクリちんぽ…見せ付けた挙句に教えながら、見せつけて説得成功。くすぐったさに思わず爆笑してしまいます。ムチムチの愛されボディにも注目!コスプレだってなんでもOK。私は地面に深く掘られた何度か撮影に地方のOLさんでも、いつでもどこでもボディコン姿。制服姿のまま凌辱されてゆく彼女達がたまらない!この時代に信じられない奇跡のアングル満載!揉み、体操服で電マオナニー中に、大好きな彼氏の命令は全裸露出、直後顔面にも合計6発のザーメンを火照った義母の女陰に若く熱い肉棒が突き挿さる!田丸は2連発。千春(47歳1人目の可愛らしいギャルは2本フェラしたら手に出してゴックン!過敏になった体は火照り、段々とHになるイケメンエステティシャンのいやらしいオイルマッサージに一瞬で燃え上がってしまう!池○めだか似の勃起がおさまらない男性客には人妻の淫乱なマンコを清楚なのにエッチに興味津々な星空みちるです。貴方の痴漢願望を大きなおっぱい、想像してたより、一体どうして。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ