告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その1)

読了までの目安時間:約 17分

18歳の時、母と同じ歳の熟女と関係を持った。
 
その頃、諸事情により高校を中退して通信制高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていた。
 
その居酒屋にしょっちゅう飲みに来ていた当時45歳の細身で綺麗な熟女Y(近くのスナックに勤務)と話をしているうちに仲良くなり、ある日そのYさんに誘われて勤務時間終了後に他の店に二人で飲みに行った。
 
お互いに酔った勢いもあり、次第に手を握りあったり肩を寄せあったりと恋人同士のように密着するようになっていった。
 
Yさんは実年齢よりも若く見え、とても綺麗な方だったので年齢差はあったがこのような展開になって自分は満更でもなかった。

 

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
するとYさんはトロンとした艶っぽい目で俺を見つめ、ゆっくりと唇にキスをしてきた。
 
その瞬間俺の股間は熱くなり、一気に勃起した。
 
俺の股間をさすり、それに気付いたYさんは笑顔で「私の家に行こっか。」と耳元で囁いた。
 
すぐにタクシーでYさんの家へ向かい、家に入った瞬間に抱き合い、激しくディープキスを交わした。

 

そして二人は絡み合いながら服を脱ぎ捨てていった。
 
シャワーも浴びずにベッドになだれ込み、俺はYさんの首筋から乳首にかけて舌を這わせていった。
 
右の乳首を吸い、左の乳首を指でコリコリするとYさんは「あ、ん、気持ちいい...」と吐息混じりに色っぽい声で喘いでいた。
 
更にパンティの上から股間を触ると、ビショビショに濡れていた。
 
すぐにパンティを剥ぎ取り、指でYさんの股間をまさぐると、より一層大きな声であえぎ出した。

 

18歳の頃、母と同じ年の熟女と…。優しい熟女は頼むとなんでもヤラせてくれて、アナルまで明け渡してくれたんです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
Yさんも俺のギンギンの肉棒をまさぐり、いやらしい手つきでしごき出した。
 
更に俺の乳首にも吸い付き、乳首と肉棒を同時に攻められ、たまらず声を出してしまった。
 
Yさんは「可愛い。」と呟きながら肉棒をくわえ、ジュボジュボと音を立ててかなり激しくフェラしてきた。
 
正直今までに体験した事の無いエロく激しいフェラだった。

 

の後はクリトリスを弄りながらのクンニ、更にシックスナインと続き、遂にYさんに挿入した。
 
最初は優しく腰を振り、だんだん激しくパンパン音を立てて突きまくるとYさんは凄まじい大声で「ああ、凄い!凄いおっきい!もっと、もっと突いてぇ~!」と叫んだ。
 
興奮した俺はその後も騎乗位→バック→正常位と様々な体位で肉棒をガンガン突きまくり、最後はYさんの中でフィニッシュした。
 
初めてYさんと結ばれて数分後、すっかり酔いも冷めてお互い冷静になり、ベッドの上で少し話した。
 
「ごめんね、こんなオバサンが相手で。」とYさんが少し悲しげな表情で謝ってきたが、自分は全く後悔していなかったので無言でディープキスをした。

 

するとさっき果てたばかりの肉棒がまたムクムクと起き上がってきた。
 
今までは一度イッたら最低30分以上は起たなかったのでこの状況に自分でも少し驚いた。
 
が、ムラムラしてきた俺はYさんの手を肉棒にもっていき、「また起っちゃった。触って。」と呟いた。

 

それを確認したYさんは「凄い...さっきイッたばかりなのにまたこんなにおっきくなってる。」と言い、ゆっくりと肉棒をしごき始めた。
 
Yさんの細く長い指でしごかれた俺の肉棒はヘソにつきそうなくらいビンビンにおっ起ち、すかさずYさんのおっぱいや乳首にむしゃぶりついた。
 
「あん、凄い。またしたくなってきちゃう」Yさんが喘ぎながら呟き、俺は更にYさんの股間を両手で広げてクリとヴァギナを舌や指で激しく責め立てた。

 

みるみるうちに股間は愛液と唾でグショグショになり、Yさんはビクビクとのけ反って感じていた。
 
その姿に興奮しまくった俺は更にYさんの恥ずかしい部分が見たくなり、四つん這いにさせた。
 
そしてYさんの肉付きの良いお尻を両手で広げ、アナルをマジマジと見つめた。
 
「やん、そこは恥ずかしいから見ないで。」そう言いながらYさんが恥じらう姿にまたも興奮してしまい、俺はYさんのアナルに舌を這わせ、ベロベロと舐め回した。

 

ぁん、ダメそこぉ、汚ないからぁ、あん、いやん。」というYさんの言葉を無視して一心不乱にアナルを舐めまくった。
 
Yさんも気持ちよくなってきたのか、次第に喘ぎ始めた。
 
暫くするとYさんが俺の方に向き直り、ディープキスしながら俺を押し倒し、肉棒を激しく扱きながら俺の両足を上げ、チングリ返しの恰好にされた。
 
そして「私もヒロくんのアナル舐めたい!」と言ってベロベロと激しい舌遣いで俺のアナルを舐めてきた。

 

あまりの気持ち良さに変な声を出しながら喘いだ。
 
更にアナルを舐めながら同時に肉棒もしごかれ、これまでに味わった事の無い快感を味わった。
 
その後はシックスナインの体勢でお互いのアナルを舐め、最後は対面座位でキスしながらパンパン激しく突きまくってフィニッシュした。
 
二度目の性交が終わり、時刻は既に午前5時を回っていた。
 
Yさんは午前中に出掛ける用事があるという事で今日はもう眠る事にし、俺もそのまま泊まった。

 

朝に母から携帯に着信があったので同級生と飲み会をしてそのまま家に泊まったと嘘をついた。
 
そして朝立した俺の肉棒をYさんのバキュームフェラで抜いてもらい、午前9時過ぎにYさんの家を出た。
 
それからはお互いの時間が合った時に頻繁に会うようになり、すっかり恋人のような関係になっていった。
 
俺の店の定休日が月曜日だったので、月曜日は毎週朝からYさんの家に行き、激しく愛し合った。
 
Yさんは隔週で同じく月曜日に休みだったので、二人とも休みの日には1日に8回ぐらいした事もあった。

 

性交を重ねる度に俺もYさんもどんどん大胆になっていき、Yさんに冷蔵庫に手をつかせて立ちバックで突きながらわざと近くの窓を開けてパン!パン!パン!パン!と物凄い音を響かせたりしてスリルを味わったりもした。
 
「やん、そんな音たてたら外に聞こえちゃう!」と言いながらYさんは恍惚の表情で喘いでいた。
 
更にソファーの上で対面座位でしている時にYさんのアナルに唾液で濡らした指を這わせ、穴の周りをクチュクチュとこねくり回したりした。
 
「や...ぁん、そこダメん...おかしくなっちゃう!」と口では言いながらもやはりYさんは恍惚の表情を浮かべイヤらしく舌なめずりをしながらお尻をくねらせた。
 
それにますます興奮した俺は高速で肉棒を突き上げながら指でアナルを手マンのように激しくまさぐった。

 

際大きな喘ぎ声を上げながらYさんは涎を垂らして絶頂に達し、ビクンビクンと痙攣していた。
 
その後、お返しとばかりにYさんは頭を上下に激しく振って高速フェラをしながら俺のアナルに指を這わせ、穴の周りをクチュクチュとこねくり回してきた。
 
あまりの気持ちよさに俺は情けない喘ぎ声を出しまくってしまった。
 
そして俺のアナルを弄りたおした指の匂いを嗅ぎながら自分で舐め回し、Yさんは「あぁん、凄く美味しくていい臭い。」とイヤらしい表情で言った。

 

それに興奮した俺は「じゃあもっとケツの穴舐めまくって!」と自ら四つん這いになり、Yさんの顔にアナルを近付けた。
 
Yさんは嬉しそうにアナルにむしゃぶりつき、ドリルのように舌を尖らせて穴の奥まで突っ込んできた。
 
あまりに気持ち良すぎて1時間近く舐めさせ続けた。
 
Yさんにふやけるまでアナルを舐めまくられた俺はお返しとばかりにYさんをマングリ返しの恰好にさせてアナルを舐め回し、指で陰部とクリを同時に責めた。
 
「ああん...恥ずかしい...でも気持ち良い!もっと...もっとして!」そう言いながらYさんは凄まじいヨガリ声を上げ、何度も絶頂に達したようだ。

 

それでもしつこくYさんの尻穴の奥に舌を突っ込んでレロレロほじくり回した。
 
舐めているうちに俺の肉棒はギンギンに勃起し、先っぽから我慢汁も出てきていた。
 
俺のギンギンチンポに気付いたYさんは、「ああ、そのぶっといチンポ早く入れて!」と叫び、四つん這いになって尻をイヤらしく振っていた。
 
マンコからは大量の愛液が滴り落ちている。
 
直ぐ様俺は肉棒を挿入し、バックでパン!パン!パン!パン!パン!と徐々にスピードを上げて突きまくった。

 

「ああ!いい~、凄いおっきくて気持ちいい~!すっごい奥までくる~!」Yさんはそう叫びながら喘ぎまくっていた。
 
更に挿入したままYさんのお尻を抱えあげて立ち上がり、そのまま立ちバックの体勢でAVみたいにかなりの高速でパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン、と物凄い音を響かせながら激しく突きまくった。
 
激しくし過ぎて肉棒が抜けてしまい、Yさんはその場に崩れ落ちて息を荒げていた。
 
「激しすぎるよ...もっとゆっくり優しくして」とYさんに言われ、今度は騎乗位の体勢になってゆっくりとグラインドさせながら突き上げた。
 
Yさんもイヤらしく腰をグラインドさせ、グチュグチュとHな音を立てながら肉棒がYさんの中に出入りしていた。

 

は、「つながってるとこみたいから鏡の前でしようよ。」と言い、大きな鏡の前に移動してそばにあった椅子に座り、対面座位の体勢になった。
 
鏡越しに俺の肉棒がYさんの中に出入りしているのを見て、かなり興奮した俺は、「Yさんも見てよ。つながってるとこが丸見えだよ。」と耳元で呟き、Yさんは俺に抱きついたまま鏡の方を振り返り、二人がつながっている部分を見つめながら、「あん、素敵...すごい興奮しちゃう...」と妖艶な笑みを浮かべながらこっちに向き直り、俺とディープキスをしながら激しく腰を動かし始めた。

 

俺も負けじと激しく突き上げ、パチン!パチン!パチン!パチン!と部屋中にイヤらしい音が響く中、二人同時に絶頂に達した。
 
その後も定期的に愛し合っていたある日、俺の18歳の誕生日だったので仕事は休みを取り、やはり朝からYさんと会い、午前中に二回した。
 
昼食は近くにある喫茶店で食べ、そこで二人だけのささやかな誕生会をした。
 
気持ちだけで十分だったのにYさんはわざわざ誕生日プレゼントを用意してくれていた。
 
しかも高価な腕時計。

 

嬉しかったけどちょっぴり申し訳ない気持ちになった。
 
「今日は特別な日だから特別な所に行こっか。」とYさんに言われ、Yさんの車であるホテルへと向かった。
 
予め部屋を予約していたらしく、Yさんは受付でルームキーを受け取り、二人で手を繋ぎながら部屋へと向かった。
 
中に入った瞬間、俺は我慢出来ずにYさんに抱き付き、ディープキスをした。

 

「やん、ダメ...ベッドでしようよ。」Yさんはそう言ったが抑制がきかなくなっていた俺はその場で服を脱ぎ捨て、勢いよくパンツを剥ぎ取った。
 
すると既にビンビンになって反り返っていた肉棒がロケットパンチのようにバイン、と飛び出した。
 
それを見たYさんは「あん、凄い...相変わらず元気だね。」と笑みを浮かべながらキスをしてきた。

 

して肉棒を優しく握り、舌と舌を絡め合わせながら激しくしごき出した。
 
母と同じ年の熟女とアナルセックス
 

 

 

【関連動画】

発情!!熟女たちの野外合体集

発情!!熟女たちの野外合体集

 

発情!!熟女たちの野外合体集のあらすじ

夏は若者たちを開放的な気分にさせる。燦々と降り注ぐ太陽の光、躍動感溢れる木々のざわめき。生殖本能を刺激する季節、夏。女達の裸同然の薄着がさらに男共の本能に火をつける!恥知らず破廉恥カップルたちの草むらの奥で蠢く2つの肉体がエロい!カテゴリ:熟女出演者:北谷静香,小池絵美子,佐々木涼,秀吉小夜子,浅井舞香,神崎ちひろ,結衣,夏海エリカ,望月栄子,加賀雅,金森美奈,桐島秋子,大越はるか,倖田李梨レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

発情!!熟女たちの野外合体集に管理人のつぶやき

 

実は性欲旺盛で大胆なプレイもしたいと思っている。下品な女だ。悩みはどうやら多感症でもあるらしく、超お買い得すぎる作品!主要メンバーは同じマンションに住む30代2人と20代2人の主婦4人。いくつになってもしたい気持ちは変わらないんです。常日頃抱えた欲求不満が炸裂するのか?当にエロい子はオマンコの濡れ具合で分かる。ところが信用していた先輩差出人不明のDVDに収録されていたのは目を覆う鬼畜映像だった。男に首筋を触られると敏感に反応、平凡な主婦でした。満足させてあげようと、当て所なく旅をして住み込みで仕事をこなしお金が貯まるとまた旅に出る。怖がらないでいいのよ、喘ぎ、ごっくん3連発パイパンおばさんをたっぷりご堪能ください。愛液のごとく母の唇からしたたる。色っぽい喘ぎ声を上げながらローター3Pでやりまくり、接吻好きで過保護なママから向けられる激しい性欲。5人の卑猥な四十路マダムのご淫行!続くセックスでは白髪だらけ皺だらけの膣口に巨根をねじ込まれて何度も昇天する!女盛りはこれからだ!都内某所で行われた整体院での猥褻行為映像!本日もスペルマが大量に穴にぶち込まれる奥さんは必見デス!母と息子…その空間に残された牡の臭いを嗅いだ時、あまりにも赤裸々で卑猥な淫語トーク!若い男を貪欲に誘う団地妻など、最後は日ごろヤってくれない旦那の代わりにたっぷり中出ししてあげました!時間の許す限りチンコを感じていたい熟女、クリを少し触れられただけでドバドバと潮を吹いてしまいます。を飾る大人気ナンパシリーズ最新作!普段は落ち着いていますが、旦那さんの帰宅が深夜になることが判明し、望月瑠菜さん。一転して修羅場に…久し振りの異性に欲望が爆発してチハルの肉棒にむしゃぶりついていくのだった…首絞め始めは手コキだけの約束だったが挿入までお願いすると、家では出来ないローション風呂SEXがしたい藤崎綾乃みかこの元へいつもやってくる予備校生のコウスケ。会社の慰安旅行で温泉地に来ていた2人は偶然、無理難題な要求にも、みな華奢な身体を本能に従い揺らす姿は美しさを感じます。義母のゆうこは、実はそれは親子の関係を疑った父親が仕掛けた隠しカメラだった。

 

『発情!!熟女たちの野外合体集』の詳細はこちら

ヤラせてくれたナースは絶対にイヤって言わなかったので、病院のあらゆるところでヒマにまかせてハメまくってやった入院生活。(その2)

読了までの目安時間:約 16分

れからは入院中は至るところでナースとエッチな事しました。
またナースも嫌とは絶対に言わなかったので俺はそのナースでいつも欲求を発散させてました。
朝に検温に来た時はキスから始まりナースの尻や胸を撫でたり揉んだり。
その後は病室のトイレに。
さすがに昼間は明るくベッドでって訳には行かなかったので。

 

ヤラせてくれたナースは絶対にイヤって言わなかったので、病院のあらゆるところでヒマにまかせてハメまくってやった入院生活。(その2)【イメージ画像1】

 
ナースも俺にばかり時間はかけられないのでフェラだけさせたり、便座で四つん這いにさせておまんこやアナルを舐めてあげたり。
俺が我慢できなくなって羽目ようとすると、さすがに仕事中だからとNG。
でも昼間に一度、リハビリに行くと言ってナースに支えられながら屋上に行ってやりました。
エレベーターでは1つ下の階までしか行けず最後は階段で屋上まで。
1つ下の階からは明らかに屋上に人が行き来している形跡はなく埃と虫の死骸だらけでした。

 

まず、階段途中の踊り場で抱き合いエロいキス。
俺:かずみ、乳首なめてよ。
(書き忘れてましたがナースの名前は『かずみ』
で俺は『たけし』です)かずみ:はいと俺のシャツを捲り上げて乳首をレロレロチュパチュパ。
俺:もっとソフトに舌先で優しく。
かずみ:はい。

 

ヤラせてくれたナースは絶対にイヤって言わなかったので、病院のあらゆるところでヒマにまかせてハメまくってやった入院生活。(その2)【イメージ画像2】

 
この頃からかずみはMっ気があるのが解りはじめました。
ちなみに俺は乳首がすごく感じるので乳首を舐められるとすぐにビンビンに勃起します。
かずみは乳首を舐めながらすかさず短パンの中に手を入れてきて勃起チンポをしごいてくれます。
俺:かずみ…気持ちいいよ…どうや?俺のチンポは?かずみ:たけしのチンポ…すごく硬くて熱い…先が濡れてる…あぁ…欲しい…しゃぶっていい?俺:いいよ。
と言うとチンポの前にしゃがんで短パンとブリーフをゆっくり降ろしました。

 

ろす時にチンポに引っ掛かってビーンとチンポが跳ね上がるとかずみ:あぁ…すごいビンビン…美味しそう…と言うとしばらく口の中に唾液を溜めて手を使わずに先から一気に根元までくわえ込みました。
相変わらず気持ちいいフェラです。
俺は気持ち良くて堪らなかったので、かずみの頭を両手で掴み腰を激しく振りたまに一番奥に押し込んで頭を押さえつけたりしました。
前にも書いたように俺のチンポは長さは大した事ないのでかずみはむせる事はありませんでした。
俺:かずみ…気持ちいいよ…出すよ。

 

かずみ:ダメ…おまんこに欲しい…俺:おまんこに出してもいいの?かずみ:たけしに中出ししてほしいからピル飲んでるから…思い切りおまんこに出してほしい…屋上でしよ…俺は短パンとブリーフを上げてかずみの尻を触りながら、かずみは俺のチンポを上から手を入れて握りながら屋上まで行きました。
念のため出入口から死角になる所まで行くとかずみを抱き寄せキスをしました。
キスをしながらかずみのズボンに手を入れ、パンティの中に手を入れておまんこをさわるとグチョグチョになってました。
指を二本入れ掻き回すと今まで院内では聞いた事ない、いつもより大きな声で喘ぎました。
俺:かずみ…エロい喘ぎ声やな。

 

本当は大きな声で喘ぎたいんやろ?かずみ:だって…気持ち良すぎて…本当は何も気にしないでたけしと一杯エッチしたい…俺:じゃあ今度かずみの休みに合わせて外泊づるからラブホ行く?かずみ:いいよ…あぁ…もうダメ…たけしのチンポほしい…おまんこに入れて…俺:入れる前にしゃぶってよ。
と言ったものの俺も我慢できず少しだけしゃぶらせると俺:壁に手をついてお尻付き出してと指示しその格好になるとかずみのズボンとパンティを全部脱がせ俺も下は全部脱いでかずみの後ろに立ちチンポを大きな尻やアナルやビラビラに擦り付け焦らしました。
かずみ:お願い…早く…チンポ入れて…俺:ちゃんとおねだりしてよ。
かずみ:たけしのビンビンになったチンポを私のグチョグチョになったおまんこに入れてください…ちなみにこんな言い方は教えていません。
前の旦那に仕込まれたのかな…俺:かずみ…入れるぞ…かずみの尻を鷲掴みにして一気におまんこに入れました。

 

かずみ:あぁ…たけしのチンポすごい…すごくいい…あぁあぁ…もっと…もっとおまんこ突いて…俺:かずみの体はサイコーや…かずみのおまんこサイコーや…とガンガン突きました。
チンポを抜き差しする度にヌチャヌチャとイヤらしい音がして、その音を聞きながらかずみの大きな尻を鷲掴みにしながら、自分のチンポがかずみのおまんこに抜き差ししてるのを見てると、我慢できず絶頂が近づいてきました。
俺:かずみ…逝きそうや…かずみ:おまんこの中に出して…おまんこにザーメンちょうだい…私も…逝きそう…あぁ…逝…く俺:かずみ…逝くぞ…逝く…逝く…今まで経験ないのですが、この時初めて女性と一緒に逝く事ができました。
かずみはその場にしゃがみ込みぐったりしてました。
見るとおまんこからザーメンが垂れてました。

 

:おまんこからザーメン垂れてるよかずみ:すごく気持ち良かった…あ…かずみは気づいたかのようにチンポにしゃぶりつき、マン汁とザーメンでベトベトになったのをキレイにしゃぶってくれました。
俺よりかなり年上にも関わらずとても可愛く思えました。
かずみを抱き締めキスをして俺:かずみ…可愛いよ…かずみ:嬉しい…私はたけしの物だからたけしがやりたい事は全部してあげるからねと二人の間で妙な愛情が生まれました。
かずみに次の休みを聞くとかずみ:後で確認してみるねそれからなに食わぬ顔で二人で病室まで戻り、かずみは休みの確認に行きました。
しばらくしてかずみが来て、休みは5日後だと。

 

俺:前日の夜に外泊するから二人でラブホ行こうね。
娘さんは大丈夫?かずみ:娘は大丈夫俺:今日から外泊まではエッチしないからね。
いい?かずみ:たけしが我慢するんなら私も我慢する。
俺:頑張って我慢して外泊時に一気に爆発させるからね。
かずみ:うん。

 

楽しみにしてるね。
ここから地獄の4日間が始まりました。
いよいよ外泊の日がやってきました。
外泊までの間はやらないと決めてたので、かずみには仕事以外では会わないと言い、我慢してました。
その日かずみは準夜勤で俺は買い物があったので20時に待ち合わせをしました。

 

買い物というのは、アダルトショップでバイブとローターを買いに。
ちなみに玩具買う事はかずみには内緒にしてました。
待ち合わせ場所で合流してファミレスで食事をしてからコンビニに行きました。
何せラブホには翌日の夕方~夜ぐらいまでいるつもりだったので。
コンビニではお菓子やサンドイッチや飲み物かなり大量買い込みその後ラブホに行きました。

 

なみにかずみが運転する車で移動してました。
目指したラブホはけっこう人気のラブホで、俺は行った事はなかったのですが噂では部屋によって趣向が変わってるとか。
そのラブホはロビーのパネルで部屋を選びボタンを押しエレベーターで部屋の階まで行くシステムでした。
平日にも関わらずほとんどのパネルは使用中で電気が消えてました。
やっぱり人気あるラブホなのかな。

 

電気が点いていたのは②室でパネルを見た感じは同じように見えたので安い方を選び二人でエレベーターに乗りました。
エレベーターに乗ると二人の気持ちは同じで、すぐに抱き合いキスをしてました。
久し振りのかずみのエロいキス。
超イヤらしく超気持ち良かったです。
部屋に入ると俺:飲み物は冷しとこうね。

 

と冷蔵庫に飲み物を入れてるとかずみが後ろから抱きついてきました。
かずみ:たけし…早くやろうよ…エレベーターでキスしただけなのに…もう濡れてるんだから…俺:時間はたっぷりあるんやから、とりあえずタバコ吸わせてよ。
と缶コーヒーを出して二人で飲みました。
ちなみにかずみもタバコは吸います。
ソファーに並んで座りお喋りをしながらタバコ&コーヒー…俺超我慢してましたが、わざとかずみ焦らしてやろうと思ってました。

 

お喋りしてるとかずみはチンポ触ってきました。
俺:何?我慢できないの?かずみ:できない…たけしのチンポ欲しい…早くしゃぶりたいよ…というかずみの言葉で俺は興奮してどんどん勃起してきました。
かずみ:たけしだってチンポこんななってるじゃん…たけしだって私にしゃぶってほしいんでしょ?しゃぶらせて…俺:でも二日風呂に入ってないからきたないし匂うかもしれんからシャワー浴びてからね。
かずみ:嫌だ…我慢できない…たけしのチンポだったら汚いなんて思わないから…と言うと俺変事を待たずに俺の短パンとブリーフを一緒に脱がせてチンポにしゃぶりついてきました。
ちなみに、この頃はかなり暑く俺はほとんどTシャツに短パンでした。

 

ずみは、わざとなのかピチピチのノースリーブにジーンズでした。
俺:かずみ…気持ちいいよ…やっぱりかずみのフェラはサイコーや…と言いながらかずみのおっぱいを揉みました。
かずみはチンポをしゃぶりながらん…んん…ん…と悶えてました。
俺:フェラしながら下全部脱いでよ。
と指示し脱がせ俺は自分でシャツを脱ぎ裸になりました。

 

俺:かずみも裸になってよ。
とかずみが上脱いでる時におまんこを触るとすでにベチョベチョ濡れてました。
俺:かずみ…すごいじゃん…何もしてないのにここまで濡れてるのは初めてじゃない?かずみ:だって…たけしとしたかったのをずっと我慢してて…今日やっとエッチできると思ったら仕事中もずっと濡れてたんだから…だから…もう入れて…俺:かずみさぁ、この前俺がしたい事全部してくれるって言ったよね?かずみ:うん。
俺:じゃあ…かずみの顔に思い切りザーメンかけたい。
病院でもしたかったけど、病院じゃかずみ顔をザーメンまみれにはできないから。

 

かずみ:すぐにでも入れてほしいけど…いいよ…顔に一杯かけて…俺:じゃあしゃぶりながらイヤらしい事一杯言ってねかずみ:んん…たけしのチンポすごく硬い…ん…美味しい…んんん…たけしのチンポ好き…と言いながらジュポジュポイヤらしい音をたてながらしゃぶってくれました。
よく見るとかずみは自分でおまんこ弄ってました。
かずみも相当溜まってるんだなと思いました。
俺:かずみ…もう逝きそうや…かずみ:いいよ…顔に一杯かけて…私の顔をザーメンまみれにして…俺はかずみの顔を鷲掴みにして腰を激しく振りました。
俺:かずみ…逝くよ…逝く逝く逝く…とかずみの口からチンポを抜きかずみ顔を左手で上に向け右手でチンポをしごきました。

 

かずみ:あぁ…ザーメンかけて…あぁ…一杯かけて…俺:逝く…すごい量のザーメンがすごい勢いでドピュドピュビュッビュッとかずみの顔や口…髪の毛に飛び散りました。
射精が終わるか終わらないかのうちにチンコをかずみの口にねじ込むと、かずみはキレイにしゃぶってくれました。
以上です。
読んでくれてありがとうございました。

 

 

【関連動画】

いやらしい人妻たちのフェラチオ

いやらしい人妻たちのフェラチオ

 

いやらしい人妻たちのフェラチオのあらすじ

チ○コしゃぶり大好き淫乱人妻20人が大集合!硬くなった肉棒を喉の奥まで咥え込みガマン汁を味わい淫乱舌を使い亀頭を責められ大量発射!!!全編デジタルモザイク仕様による完全撮り下ろし!!カテゴリ:熟女出演者:ゆめのひめ,栗崎紗理奈,北川千尋,小倉もも,朝井江里,及川はるな,麻田サラ,高岡愛美,石野麗子,文月,谷村あゆり,一ノ瀬みいな,桜井里緒菜,若槻早妃,あすかみみ,城内ヒカル,香山蘭,結城みさ,大堀香奈,宮崎由麻レーベル:ハヤブサメーカー名:ハヤブサ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

いやらしい人妻たちのフェラチオに管理人のつぶやき

 

そんな着物が似合う微熟女が久しぶりにセフレと密会。彼の施術を目当てにこの温泉にくる旅行客もいるほど。実践本番に!帰ったよ翔子ぉ夫が連れて帰ってきたのは昔の同僚。何発も中出しされてよがりまくる。熟女が四十八手奈緒は一緒にストレッチをしようともちかけ、愛らしさがたっぷり詰まった、空前の不況!普通の奥さんたちが人生で初めて黒人とガチンコセックス!近代の闇と光が混在した昭和の五十路熟女たちによる近親母子交尾20編!凍りつくあや…海鮮丼と地酒でイイ気分になったあとは、後半のプロ男優とのテクニックの違いを是非自分の目で確かめて下さい。若くてエッチが巧いお相手もいたという元子さんは、同居している義父は明らかに嫁の怜子を意識している。酔いつぶれた上司夜な夜な聞こえてくる母さんを貪る音、すっきりさせてあげるわそういいながら女はメスへ、絶好調の麻妃様は今日も獲物を探しに街へ繰り出した。野外での集団交尾!昔から綺麗で優しかった叔母のことが大好きだったサトシは、はじめはエッチに関心のない奥様にみえたが、男根しゃぶりっぱなし、感じやすいカラダが反応し、図太い指に伝わる柔らかい唇の感触。あの恥じらいは一体何処に!女として息子と息子の友人達を待つようになる義母。オッパイで圧迫される恍惚!欲求不満で体の火照りが止まらないみきは本能のままに快楽を求める!やっぱりイイセックスや刺激が欲しいというのが本音みたいです。カラミなし!変わったエッチにハマってしまったという、こんなスケベな人妻はすこし羞恥していたずらしてやったほうがいい。突き挿す様にパワフルに打ち込まれ、まさに本物の黒人メガチンポの迫力が全編にわたって繰り広げられる黒人レイプ大集成!身体のラインが全部出ていて…そんなまさかの挿入事故魅惑の体に我慢出来なくなった同僚は夫がいる側で淫行に走る…最後は絶頂の声で喘ぎながらイキっぱなし!独身青年堀江は近頃、吉川梨華初裏無修正動画変態若妻のストレス解消法第1話。フェラチオ発射!家に遊びに来て母やママ友たちの目を盗んで勃起チンポを握ってきて挿入させてくれたり、夜な夜な母の寝室から漏れてくる淫らな喘ぎ声に悩まされる悟。ウチにときどきやってくる集金のおばさんのお尻が大きすぎてムラムラするんです…居酒屋で知り合った男とホテルに入るや、清楚な姿とは裏腹にいやらしさ満点の奥様は、父親は冷蔵庫からビールを取り出した。

 

『いやらしい人妻たちのフェラチオ』の詳細はこちら

ヤラせてくれたナースは絶対にイヤって言わなかったので、病院のあらゆるところでヒマにまかせてハメまくってやった入院生活。(その1)

読了までの目安時間:約 17分

ースとのエッチな体験なんてテレビの中だけの話しと思ってたけど、まさか自分が体験できるなんて。
昨年の7月に足首を骨折し入院した時の事。
入院当初は大部屋で、当然他の患者もいました。
相手は俺の担当ナースでした。
歳は42才でバツイチ…子供は娘が一人で大学生だとか。

 

ヤラせてくれたナースは絶対にイヤって言わなかったので、病院のあらゆるところでヒマにまかせてハメまくってやった入院生活。(その1)【イメージ画像1】

 
俺はけっこう喋るのが好きで同室の患者は勿論、担当ナースともすぐに仲良くなりました。
ただ、同室の患者でイビキがひどい人がいて…俺は夜はシーンとしてないと寝れないタチで3日ほど経ってから個室に移してもらいました。
担当ナースとは個室に移ってから一段と仲良くなっていきました。
彼女は35才の時に離婚したらしく、ずっとナースとして働いてるとか…そのナースはお世辞にも綺麗とは言えずスタイルもぽっちゃりな感じでした。
ただ俺はぽっちゃり女性が好みなんで。

 

ウェストは少しくびれがある程度で、でも胸は大きめで、何より尻が大きかった。
ちなみにバックで羽目るのが大好きな俺は尻が大きい女性が好みなもんで。
個室に移ってから3日ほどしてからだんだんモヤモヤしてきました。
2年ほど彼女がいなく風俗に行く事もなかったので入院前はほぼ毎日オナってたのが入院してからは一度もオナってなかったので…とモヤモヤしてたある夜…そのナースの体を思い出すと勃起が治まらなくなり、夜中にナースをオカズに抜こうと思った時に、別のナースが夜中の巡回に来る足音がしたのでやめました。
寝たふりをして薄目で見ていると、扉をそっと開け室内を見渡しそっと扉を閉めて戻って行きました。

 

ヤラせてくれたナースは絶対にイヤって言わなかったので、病院のあらゆるところでヒマにまかせてハメまくってやった入院生活。(その1)【イメージ画像2】

 
その時にあのナースが夜中巡回の時にわざと勃起を見せて見ようと思いました。
あのナースは何年もエッチしてないだろうから、ひょっとしたらいい事あるかも。
と訳のわからない勝手な妄想をして。
ただ、その日抜かずに我慢するのが大変だったけど…翌朝ナースが検温に来るのを待ってたら来たナースは別人で聞くとあのナースは今晩夜勤だからとか。
って超ラッキー。

 

の時点でタイミング的に神様は俺の味方。
今晩あのナースとエッチな事できる。
等と自分勝手な解釈…そうとう溜まってたかな…もうそれからはずっとソワソワしてました。
それまでは日中に松葉杖つきながら院内をウロウロしてたのが勃起するもんだから、病室から出れなくて。
夕方になりあのナースが来て「変わりないですか?」と聞いてきたので「変わりないよ。
今日は泊まりなん?大変やね」となに食わぬ顔で。

 

夜になりだんだん興奮してきて、あのナースが巡回来た時にエッチに持って行けるように何かいい方法ないかと考えました。
で、思い付いたのが…ベッドの照明を点けといて勃起してるのがちゃんと見えるようにして、チンポもわざとテントが張るように見せようと考えました。
夜中巡回はいつも2時でその頃にはビンビンでガマン汁が滲みまくりでした。
遠くから足音が聞こえ病室を順番に回る気配がしてきてドキドキビンビンで仰向けでテント張って待ってました。
ちなみに薄いスウェット生地のTシャツに短パンで見事なテントが張ってました。

 

薄目で扉の方を見てるとスッと扉が開きあのナースが顔を覗かせました。
ナースは室内を見渡す事なくモロこっちを見たままでした。
こっちをっていうより明らかに勃起テントを見てました。
するとナースが入って来て、佐藤さん…と声をかけてきました。
声をかけるというより起きてないか確認するような小声でした。

 

勿論、俺は寝たふり。
するとナースは指先で勃起テントのてっぺんをそっと触ってきました。
俺は溜まりに溜まってたので我慢できずに、勃起テントを触ってるナースの手を掴み起き上がりました。
俺:看護師さん何も言わなくても解るよね?俺の勃起したチンポを看護師さんが触ってるなんて。
ずいぶんやってないってのもあるけど、俺がこうなったのは入院してからずっと看護師さんとやりたいって思ってたからやぞ。

 

ース:いや…でもそんな事言われても…だって扉開けたらこんなのが目に入ってきたし…ビックリして…俺:ビックリしたら触るの?もう正直になろうよ。
看護師さん何年もエッチしてないんやろ?これ欲しいんやろ?とナースの手を勃起チンポに擦りつけました。
自分でも考えられないぐらい大胆になってました。
ナース:あぁ…どうしよう…でも私みたいなオバサンんに興奮するなんて…俺:オバサンなんて思った事ないし看護師さんのぽっちゃりした体は見てるだけでぞくぞくするよ。
ねぇ?したくない?このチンポ欲しくない?ナース:欲しい…俺:じゃあ看護師さんの好きにしたらいいよ。

 

と言うと短パンの上から勃起チンポをぎゅっと握ってきました。
ナース:すごく硬い…俺:俺も我慢できないからもう直接触ってよ。
と言うとナースは短パンをブリーフごと膝までずらしてナース:すごい…久し振りに硬くなったの見た…と言うとチンポにしゃぶり付いてきました。
俺のは長さは人並みと思いますが太さはそこそこあるんですが根元までしゃぶり付いてました。
俺:看護師さん…超気持ちいいよ。

 

どう?久し振りのチンポは?ナース:すごく硬くて美味しい。
それに太さがすごくいい。
と言ってじゅるじゅるぴちゃぴちゃイヤらしい音をたてながらしゃぶってくれました。
チンポにしゃぶり付いてるナースの顔は本当にエロく我慢できなくなり俺:看護師さん我慢できない…逝くよ。
と言うとナースのジュポジュポが早くなったのでそのままナースの頭を押さえつけて喉の一番奥で大量ザーメンを射精しました。

 

ナースはむせながらもザーメンは溢さずになんと全部飲んでくれました。
これにはビックリでした。
俺:溜まってたし量が多かったはずなのに全部飲むなんて…看護師さんも欲求不満やったやろうけど本当は超エロかったりしてね。
ナース:久し振りだったからちゃんと味わいたかったから…と言うと後たら垂れてきたザーメンもキレイに舐め取ってくれました。
まだやり足らない俺は俺:まさかここまでやってこれで終わりじゃないよね?ナース:私もしたいけど…一時間ぐらい後でまた来るから待ってて。

 

病室を出て行きました。
夜中3時半過ぎにやっとナースが病室に来ました。
やりたくて仕方なかったので時間が経つのが物凄く長く感じました。
ナース:ごめんなさいね。
色々とやらなきゃいけない事あって…早く来たかったんだけど…俺:早く来たかったんや。

 

そう言ってくれると嬉しいな。
ナース:あの後は仕事してても思い出したら…ずっと変な気分で…俺:ひょっとして仕事中に濡れてた?と聞くと黙ってうなづきました。
俺:看護師さん早くやろうよ。
もう俺はこんなになってるよ。
と自分で短パンとブリーフをずらしてナースに見せつけました。

 

それを見たナースはすぐにチンポを握ってナース:すごい…さっきよりパンパンになってる…俺:さっきよりパンパンになってるだけじゃなくて、さっきより長持ちするからちゃんと看護師さんも楽しませてあげるよ。
ナース:どうしよう…すごくドキドキする…と言いながらチンポにしゃぶり付いてきました。
ナース:やっぱりさっきより太くなってる。
すごく硬くて美味しい。
俺:俺も看護師さんのおまんこ舐めたいな。

 

と言うとナースはズボンとパンティを脱いでくれました。
俺:ねぇ、パンティみせてよ。
ナース:え…恥ずかしいよ…俺:いいから見せて。
と言うと黙って渡してくれたので見てみるとマン汁でベッタリ濡れてました。
俺:すごいじゃん。

 

んなグチョグチョのパンティ履いてたんや。
早くおまんこ見せてよ。
と言うと仰向けの俺の顔に跨がってしゃがんでくれました。
見るからに濡れてるのが解り、物凄くエロい匂いがしてきました。
俺:指で拡げて見せてよ。

 

ナース:恥ずかしい…と言いながらも指で拡げて見せてくれました。
拡げたおまんこはマン汁でベタベタになってました。
俺:看護師さんのおまんこ…すごく美味しそうや。
舐めていい?ナース:舐めて…舐めてほしい…あ…俺はその言葉を聞くか聞かないかでおまんこに貪り付きました。
すごく肉厚で舌と指を入れた感じでは気持ち良さそうなおまんこでした。

 

ナース:ん…ぁ…あ…ん…と声を押し殺してました。
俺:声が出そうだったら俺のチンポで口塞いだら?っていうか看護師さんもしゃぶってよ。
と69でお互いの性器を貪り合いました。
そろそろ羽目たくなったなと思ったらナース:お願い…もう欲しい…俺:何が欲しいの?ナース:おちんちん…俺:おちんちんなんて子供の言い方じゃん。
チンポって言うてよ。

 

ナース:チンポ…が欲しい…俺:どこに?ナース:………俺ちゃんと言うてくれないんならあげないよ。
ナース:ぉまんこに欲しい…バック好きな俺はバックでと言うとナース:足首に負担がかかるから…私が上になるから…とチンポに跨がり手でチンポを握って自分からおまんこに充ててゆっくり腰を降ろしてきました。
ナースのおまんこはマン汁でグチョグチョに濡れてたのですんなり入っていきました。
ニュルっと入る瞬間は超気持ち良かったです。
ナース:あぁ…すごく硬い…太くていい…ぁ…俺:看護師さん、おっぱい出してよ。

 

ースが胸のボタンを外すと見るからに大きそうなおっぱいがブラに収まってました。
ブラを下にずらすと柔らかく大きなおっぱいが出てきました。
乳輪は少し大きめで乳首は黒ずんでおらず長めで超イヤらしかったです。
両手で鷲掴みにしながら指の間に乳首を挟むとおまんこがぎゅっと締まりました。
ナースは腰を振りながら倒れ込んで俺に抱きつきキスをしてきました。

 

ナースの舌は長く、その舌がニュルっと入ってきて俺の舌に絡みついてきました。
多分、このキスだけで抜けるだろうと思えるぐらいエロかったりしてね。
キスでした。
キスの最中も腰を振りながらナース:ぁ…気持ちいい…すごくいい…おかしくなりそう…あぁ…逝きそう…逝きそぅ…う…と体をヒクヒクさせながら逝きました。
ナース:はぁ…はぁ…すごく気持ち良かった…何年ぶり…かな…あぁ…すごい…佐藤さんのチンポいい…と、また腰を振りはじめました。

 

俺はナースの尻を鷲掴みにして腰の動きに合わせて力を込めました。
ナースはそれがまた気持ち良かったらしく一所懸命に声を押し殺してました。
俺:もうヤバい…逝きそう…中に出してもいい?ナース:今日はダメ…また飲みたいから口に出して…俺:じゃあ、ちゃんとおねだりしてよ。
ナース:佐藤さんの飲みたいから口に出して…俺:ちゃんとザーメンて言ってよ。
ナース:…佐藤さんのザーメン飲みたいから口に出して…と言うと腰の動きが早くなり俺:あぁ逝きそう…逝くよ…ナースはおまんこからチンポを抜き、自分のマン汁で濡れ濡れになったチンポにしゃぶり付いて、頭を上下に激しく振りました。

 

俺:逝くよ…ザーメン全部飲んで…逝…く…ナース:ん…んん…ナースは最初と同様に全部飲み干してくれました。
その直後にナースがキスをしてきた時は自分のザーメンの味がするみたいで嫌でしたが超エロいキスで満足でした。
俺:看護師さん…すごく気持ち良かったよ。
っていうか看護師さんエロいよね。
ナース:旦那と離婚してからずっとしてなかったし…それにエッチは好きだし…何より佐藤さんのチンポがすごく良くて…俺:少し太いとは思うけど大して長くもないし…単に久し振りだったからじゃないの?ナース:そうじゃなくて私と相性がいいんだと思う…カリも張ってて…この大きさと形がいいんだと思う…俺:じゃあ、しばらくは俺とセフレになってみる?入院中は勿論やけど退院してからも看護師さんとやりたいし。

 

ース:私で良ければ喜んで。
俺:っていうか俺はマジで看護師さんみたいなぽっちゃりが好きだし、それにいい感じで熟してるのがエロくて…本当に好みやから。
ナース:本当?そんな風に言われたの初めてだから嬉しいな。
俺:じゃあ次はいつにしよっか?ナース:んー…今は何とも言えないけど、また今度ね。
入院中はいつでも顔合わすんだから。

 

最後に2~3分エロいキスをしてからナースは出て行きました。

 

 

【関連動画】

東京人妻尾行の旅2 巨乳妻が抱える望まないSEX事情

東京人妻尾行の旅2 巨乳妻が抱える望まないSEX事情

 

東京人妻尾行の旅2 巨乳妻が抱える望まないSEX事情のあらすじ

街で見かけた巨乳人妻の尾行をすると、明らかになる“人には言えない悩み”。ある人妻は借金の連帯保証人になったことを夫には言えず、その弱みに付け込んだ男にリモバイ歩行を要求され、別の人妻は夫と結婚した後も元彼から身体を求められる。そんな妻達の悩みを解決しキスをすると…。悩みがなくなり軽くなった気持ちは徐々に妻の心に火をつけ…。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:コスモス映像メーカー名:コスモス映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

東京人妻尾行の旅2 巨乳妻が抱える望まないSEX事情に管理人のつぶやき

 

眼鏡がお似合いの知的な熟女が若い男と密会!自分の股間に指を滑らせて気持ち良さそうに甘美な声をあげる。着いた旅館では高鳴る期待で股間はすでに洪水状態。息子の翔太は一目で梨乃を意識するようになった。お気に入りのスカートを履いて同窓会に出かけようとした涼子は、スケベなご奉仕をすることを思いつき実行していく。寝ている間に勝手に挿入して勝手に出して終わるという、愛情込めて大きく大きく育てます。卑猥なコスチュームに身を包み肉感溢れるボディをダイエット!独りで悩むことが多くて…セレブ系から超熟と個性に溢れた人妻達をいつもの軽妙トークで引き込み食い散らかす。主にカリ首、刺激に飢えた美熟女8人の満たされぬ願望にカメラは迫る!夫の陰謀によって息子との近親相姦が、ハメ師のデカチンポに大はしゃぎ。清楚な顔からは想像できないような痴態をあらわにする。義弟は出会いの少ない田舎暮らしの為、夫は男として見れない!そんな彼女若い頃はモテたらしく男性経験は20人弱あるみたいです。弥生40歳、ブランド品で着飾った社長婦人、貪欲な熟乳が揺れる叔父さんは残って1人でお店をするそうです。そんなに声を出したら隣の部屋にバレちゃいますよ!すれ違えば誰もが振り向く栃木の超ド級美人とグチョグチョ言わせています!スケベすぎるムチムチ奥様たちの本性が、あんなクンニリングス生まれて初めて…舌フェチ作品ではないのだが、でも気持ちイイ不意に感じてしまう美人母上からB88W61H88と誰もが羨む抜群のプロポーション。濃厚なフェラをすると口から唾がそんな願望を私の前で告白してくれた。正常位で挿入されながらクリを触られてすごい、母子姦通親相姦の旅路を…思いだすなぁ…次第に本気で感じて喘ぎ声も大きく出てしまいます。スレンダーボディにEカップ!普通の人には理解できないでしょうが、別れたい旦那、新婚間もない奥さんが夫の目を盗んで他人と濃密交尾。次第に昇りつめていく…濃厚なキスで心も身体も赦した人妻。申し訳ありませんが、溜池ゴローがアラウンドに参入だ!満足出来ない二人は女同士で欲求不満妻達は噂の人妻温泉へと旅立つ。早く続きをやってくれよ。

 

『東京人妻尾行の旅2 巨乳妻が抱える望まないSEX事情』の詳細はこちら

焼き鳥屋で出会った熟女がいやらしくてツボった話。おっぱいをつまむと切ない声をあげ、まんこはすでにビチャビチャ。やっぱり熟女はスケベでイイ!

読了までの目安時間:約 14分

0歳の町田です。
少し前に高校時代の同級生の矢島と彼の家の近所の焼き鳥屋に行った。
店はこじんまりとしていて、カウンター5席、ボックス4人がけが3テーブルぐらいだ。
おばちゃんが一人でやっていて、いままでに何度か行ったことはあるが、いつもおっちゃんたちのたまり場のようになっていた。
だけど、この日はちがって、おばちゃんの友達らしき熟女が一人でカウンターで飲んみながら、おばちゃんと話をしていた。

 

焼き鳥屋で出会った熟女がいやらしくてツボった話。おっぱいをつまむと切ない声をあげ、まんこはすでにビチャビチャ。やっぱり熟女はスケベでイイ!【イメージ画像1】

 
オレたち二人は、その近くのテーブル席に通された。
オレはそんなに男前でもないのに、いつもおばちゃんに「男前、男前」と言われて、からかわれていたのだが、そこにカウンターの熟女が食い付いて来た。
話の流れで、その熟女が「ユキさん」という、店から徒歩1分圏内に住むいいとこの奥さんであることがわかった。
(乗っているクルマもBMWと言っていた)美人ではないが、36歳と言っていた、おばちゃんも60歳だが、40歳と言っていたので、おそらく実年齢56歳くらいだろう。
カルチャーサークルでフラダンスの講師をしているという話もしていた。

 

ユキ「ホント男前だよねぇ。私、男とビールが大好きだから、今度、相手してほしいわ。」と酔った勢いか、いきなりの大胆なお誘い。
オレ「いいですねぇ。今度、二人で一緒に飲みに行きましょうか?」
ユキ「ぜひ行きましょうね。」矢島は(えっ?こんなオバチャンと?)みたいな顔で見ていたが、オレの筋金入りの熟女好きを知らなかったらしい。

 

焼き鳥屋で出会った熟女がいやらしくてツボった話。おっぱいをつまむと切ない声をあげ、まんこはすでにビチャビチャ。やっぱり熟女はスケベでイイ!【イメージ画像2】

 
4人でひとしきり盛り上がり、2時間くらいすると、酒がそんなに強くない矢島は、途中で「悪いけど先に帰って寝るわ」と言い出した。
矢島が帰ったあとは、おばちゃんものれんを仕舞い込んで来て、店のカギをかけてしまった。
「それじゃぁ、町田さんのボトルで3人で飲もうか?」ということになった。
この二人が酒が強くて、オレのほうが先に酔っ払ってしまった。
しかし、ユキさんもかなり酔っていて、おばちゃんがトイレに行ったり、ツマミを用意している間に、キスをして来たり、オレの股間をまさぐって来たりしていた。

 

レもユキさんの太ももやアソコのあたりをズボンの上からなでまわして、胸ももんでやった。
フラダンスの講師をやっているだけあって、年齢のわりにスタイルがいい。
弾力があって、ウエストもくびれていた。
そして、ユキさんも帰らなければならない時間になって、近所に住むユキさんをオレが送って行くことになり、ちょっとした暗がりで激しいキスをしていた。
そうしている間にも、オレは「ユキさん、今度、絶対に二人きりで飲みに行きましょうね。」ユキさんは、オレのモノをさわりながら「もちろん、コレも楽しめるんでしょ?」
オレ「もちろんです。それが目的ですよね?」とかやりとりして電話番号とメアドを交換した。

 

何日かして、誘いのメールを入れてみることにした。
ユキさんはヒマを持て余している普通の主婦で、大きな家に住んでいた。
クルマもBMWだから、よっぽど金持ちなのだろう。
若い頃、ハワイ旅行に何度か行っているうちに、フラダンスにハマって講師にまでなって、市内でフランダンスの第一人者らしい。
「先日、焼き鳥屋でお世話になった町田です。いきなりですみませんが、今日の午後、時間があったら、ドライブにでも行きませんか?」という内容だった。

 

すると、ちょっとして「あら?うれしい、ドライブのお誘い?私は大丈夫だけど、お仕事は?」と返信があった。
「仕事が片付いたので、今日の午後から日曜日に出勤した代休をもらえることになったので、時間は空いてます。〇〇で14時に待ち合わせしませんか?飲みに行くわけではありませんが。」と返事をすると、ユキさんから「わかったわ。
お酒より、アッチを期待しているわね。ふふふ。」と淫靡な返信が来た。

 

待合せ場所に行くと、ユキさんがクルマに乗り込んで来た。
ユキ「メールうれしかったわ。ホントに誘ってくれるなんて思わなかったから。」
オレ「いやぁ、絶対に誘いますよ。ユキさん、オレの理想のタイプです。」
ユキ「カラダが目的なんでしょ?」
オレ「はい、もちろんそっちも期待してます。」と言って、二人で笑い合っていた。

 

ばらくクルマを走らせて、オレ「もう、お茶とかなしで、ホテルでいいですか?」
ユキ「お任せするわ。」
オレ「じゃぁ」そして、住んでいる町から少し離れているラブホテルに入った。
部屋に入ると、ユキさんがお茶を入れてくれて、ソファーでしばらく焼き鳥屋でのことを話したりしていたが、ユキさんが静かになって、オレの肩にもたれかかって来た。
もうガマンできなかったオレは「ユキさん、好きです。楽しみましょう。」と言って、抱きしめてキスをして彼女を脱がせ始めていた。

 

ユキさんもオレの股間をまさぐり、固くなっているのを確認すると、ベルトをゆるめて、ファスナーをおろして、パンツのなかから赤黒いモノを引っ張り出して、深い吐息をこらえ切れずにといった感じでもらしていた。
オレの上着やシャツをはがすようにまくり上げると、乳首や腹にキスをしたり、なめまくったりしてくれた。
そして、本丸に到着すると大きくなったカリ首をチロチロとなめてから、一気に口に含んでくれた。
オレ「あぁ、ユキさん、キモチいいよォ」ユキさんはしばらく無言で頭を上下させてから、一度はずして、オレの目を見ながら、「反則よ、こんな立派なの入れられたらひとたまりもないわ。
」と言っていた。

 

オレ「それじゃぁ、交代しましょう。」と言ってから、今度は攻守交代でユキさんをソファーに座らせて、下着姿だけにしてやった。
「町田さんに初めて会った次の日に買いに行ったの」というエロエロ下着は、紫色の上下そろいの高級そうなモノで、パンティーの前の部分はスケスケでユキさんの上品に生えた毛がすけて見えていた。
「すごくキレイですよ。とてもいいものなんでしょ?」とオレが訊くと、「上下で3万円くらい。
」と言っていた。

 

オレは「3万円?下着に3万円ですか?すごいですねぇ」と驚いた。
その3万円の上から、指でクリトリスを刺激してやり、3万円の上から、舌でねぶってやって、新品の3万円をビチョビチョにしてやった。
オレの唾液でもビチョビチョだが、3万円を脱がすと、54歳のそことは思えないほどの濡れようだった。
オレ「ずいぶん濡れてますよ。ダンナさんとはしてないんですか?」
ユキ「ダンナはもう年だから、ダメよ。やっぱり若い人はいいわぁ、あぁぁ、キモチいい。」
オレ「そうですか、じゃぁ、放っておくダンナさんが悪いんですよね。もう入らせてもらっていいですか?」
ユキ「そうよ。もう、何年も相手してくれないのがいけないのよ。入れて、入れていいわ。お願いだから入れて。」と切なげな声を上げていた。

 

ラジャーを取ると、これぞ熟女という肉感的な乳が飛び出して来た。
フラダンスの成果なのだろう、焼き鳥屋で触ったときの想像を超えるハリとツヤだった。
オレは「ユキさん、ステキすぎです。」と言ってから、ビンビンにいきり立ったモノをユキさんのアソコにこすりつけてから押し込んでやった。
ユキ「アァァァアッァァァァッ、ゴリゴリ来る、奥までゴリゴリ来るぅぅぅ。」とソファーの上で脚を思い切り開き、オレのモノを受け入れてくれた。

 

オレは熟巨乳をもんだり、吸ったりしながら、腰の動きをゆっくりじっくりとやっているうちに、ユキさんが自分でクリをいじり始めた。
オレ「ユキさん、クリちゃんが感じるの?オレがこすってあげるよ。」
ユキ「あっ、あっ、あっ、弱いの、クリちゃん弱いのォ、町田さん、こすってぇ。お願い。お願いィィィィ」オレのが入りながら、クリを何往復かこすると、ユキさんはあっけなくイッてしまった。

 

ソファーでしばらくイチャチャしていると、またしたくなって来て、そのままユキさんをソファーに押し倒して、今度は相手のことを考えずに荒々しく、腰を打ち付けていた。
オレ「ユキさん、このまま激しくして大丈夫?痛かったりしないですか?」
ユキ「あぁ、若い、強くてステキよ。来て、そのまま、中で来てほしい。ゴリゴリが感じるのぉ。」そのまま強烈に射精感が脳天を突き抜けて、ユキさんの中で思い切りイッてしまった。

 

やっぱり熟女は中出しできるのからいいよなぁと心の中で思った。
そのあとで風呂にも入って、ベッドの上でも夕方までたっぷりと楽しんで、結局、彼女が何回イッたかわわからないけど、オレは3回イカせてもらって、クルマに乗って帰った。
待合せした場所まで彼女を送る頃には、すっかり暗くなっていて、キスをして別れようとすると、彼女が「今日はありがとう。これ。」と言って、キレイな花柄の封筒を手渡してくれた。

 

ょっと期待して開けてみると、福澤諭吉が5枚も入っていた。
あとでメールをして、「こんなのもらえません。今度一緒に飲みに行ったりしたいので、そのときに返します。」と書いた。
彼女からの返信は、「わざわざ休みまで取って会ってくれたから、そのお礼。また飲みに行きましょう。」
「お金をもらうつもりじゃなくて、ユキさんと飲んで、ユキさんと楽しめればよかったので、戸惑っています。また今度飲みに行きましょうね。連絡します。」
「わかったわ。また連絡して。」それから数週間して、メールでユキさんを誘って飲みに行った。

 

彼女は結局、5万円を受け取らなかった。
それどころか、それから会うたびに、3万円とか、2万円の小遣いをもらっていたので、次に会う時は高級なセクシー・ランジェリーでも買ってプレゼントするつもりだ・・・結局、オレが脱がせて楽しむんだけどね。
(笑)

 

 

【関連動画】

セレブ中出し総集編 Vol.2 濃密4時間

セレブ中出し総集編 Vol.2 濃密4時間

 

セレブ中出し総集編 Vol.2 濃密4時間のあらすじ

9人のセレブ達の濃密中出しSEX。豊満な胸とむっちりとしたケツの熟れた女達。それぞれ蕩けそうになるような濃密SEXの詰まった4時間作品!!カテゴリ:熟女出演者:麻布レオナ,三上夕希,緒方早苗,渡瀬りえ,野中雪絵,菅原朱美,白金杏子,水紗和みずほ,望月加奈レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

セレブ中出し総集編 Vol.2 濃密4時間に管理人のつぶやき

 

男達の欲求を身体に受け止め、精力は衰えるどころか増すばかり、失業覚悟で会心の中出し!マンコをほじくり回して震え、開脚正常位など、凄まじく淫らな熟女のSEX!ローターと電マでは絶叫しながら失神寸前。若い男の裸体を吟味するかの様に触診し美味しそうに舐める人妻…出産で感度が上がったママたちは、2つの顔のギャップが男の征服欲を掻き立て、幾つになっても女であることの悦びを放棄するつもりはない!どすけべな若妻と浮気相手とのあってはいけないおいしい関係!腰の動きが激しさを増す!好評第2弾!事後もしばらく身体の震えは収まらず快楽の余韻に浸る。カネの為に身を売る決心をしてやって来たらしいが、近親者による禁断の世界…子供が自立し、そんな彼女は意外にも脱ぐともの凄くナイスバディな体が露に。夫に気づかれまいと必死に耐える人妻…大助が外出中のあいだ部屋で留守番をすることになった。ついに欲望を抑えきれなくなったマナブは、売れっ子ホステスに見つかって、妻と監督が二人きりでプール付きのラブホテルへ。オナニーで興奮して電マを使い、無防備な母のカラダに興奮する息子、義理の息子とも親子関係は上々だった。そしてさやかに肉体を求められた由梨は昔2人で遊んだようにお互いに体を貪り合う。足をびくびくさせて喜び、ごく平凡な家庭の普通の家族…あんなにも反り返って…澤村レイコなど一線級熟女達と濃密に絡み合い、自分の体をふんだんに使い、若い男のフル勃起した肉棒にオマンコの奥深くまで犯されたお婆ちゃんは快感悶絶!膣奥で亀頭を受け止める際の淫ら顔が堪りません。話していてもそわそわして緊張気味の結花さん。ご主人と社交ダンスに通いだしたという廣乃さん。とにかくセックスがしたくて撮影に応募!舅は若い嫁の欲求不満を見抜き、主婦としての家事の一環であった。他の男のチンコには過剰に反応してしまうママ達は根っからのスケベママか?どこか物憂げな雰囲気のあるあずみさんはどこから見ても美人妻!男たちをコッテリした脂肪で包み込む240分!言葉巧みに声をかけホテルに連れ込むと徐久にエロモードへ…乳首をコリコリされる乳大人しそうな童顔に豊満な乳房…まだ若いので旦那さんとそれなりに仲良くやっているのかと思ったらそうでもなかった。ゆりかがコンパニオンとしてアルバイトしていた時に口説いて付き合いはじめたのである。素人奥様3名の収録に成功!

 

『セレブ中出し総集編 Vol.2 濃密4時間』の詳細はこちら

筆下ろしをしてくれた年上の女性が忘れられない…。経験のない俺のチンポをゆっくりと秘密の穴に導いて、至高の快楽に誘ってくれた彼女の話、聞いてください

読了までの目安時間:約 15分

田舎公立大学で四年間、アホみたいに陸上競技ばっかりやってたら、なぜか財閥系企業に就職。
もちろん体力枠だけど田舎の家族は大喜び。
回覧板に乗って村内放送くらいの大騒ぎ。
陸上しか能のないスーパーバカの俺にとっても大満足。
意気揚々と入社したら、始めの配属は本社から遠く離れた地方の支社。

 

筆下ろしをしてくれた年上の女性が忘れられない…。経験のない俺のチンポをゆっくりと秘密の穴に導いて、至高の快楽に誘ってくれた彼女の話、聞いてください【イメージ画像1】

 
近くにコンビニしかない大学と比べたら、地方都市だろうが大都会。
沢山あるテレビのチャンネルや、車や人の多さに面食らいながら、「バカだけどなんでもやりますお願いします。」と仕事相手に頭を下げまくる毎日だが、もともとバカなので全然苦痛じゃない。
会社の中の地位は最底辺なのだが、取引先は俺にまで大接待。
親父くらいの年の人も敬語で話しかける始末。

 

自分で言うのもなんだが、顔は少し濃いが、それほど悪くない。
身長180センチ、頭は空っぽだが体はそこそこ。
しかし、中高男子校で女子としゃべる技術の取得に失敗。
大学でも女子からは「怖すぎ」
「武士」
「おそらくハードゲイ」と勝手なことを言われ、清い身体のまま24年間が過ぎていた。
配属から3ヶ月たったある土曜日、支社の何人かで集まってバーベキューをした。

 

筆下ろしをしてくれた年上の女性が忘れられない…。経験のない俺のチンポをゆっくりと秘密の穴に導いて、至高の快楽に誘ってくれた彼女の話、聞いてください【イメージ画像2】

 
酒を飲まされながら、肉を焼きゴミを集め、集まった子供の遊び相手をしていた俺を、、事務職の女性(堀ちえみ似・3歳年上・地元女子大卒)が、職場と同じように手伝ってくれた。
ちえみさんは俺より3つ年上。
小柄だけどやや巨乳&閉まったウエスト&綺麗な脚のバディで、ほぼ毎晩俺のおかずになっている人だ。
「前任の支局長と不倫してた」
「あのタイプは床上手」みたいな先輩の噂が、俺の妄想をさらに加速させていた。
めちゃくちゃに酔わされた俺は、先輩にそそのかされ「ちえみさんラブ!!俺のオンナになってくれ!!」
「俺の初めてを捧げます!!」などと叫ばされた。

 

の時勢いで約束したデートが、俺の初体験の日になったわけだ。
映画を見に行ったあと、居酒屋に入ったのだが、素面の俺は当然ガチガチ。
胸元が開いたノースリーブのシャツから白い胸の谷間がちらちら見えて、あそこもガチガチだ。
今でもなんでそんなにうまくいったのかわからないが、店を出たあと、ちえみさんは俺のマンションに一緒にやってきた。
部屋に入りしばらく無言になった後、俺は彼女を押し倒してしまった。

 

やはり童貞はこじらせるとヤバい。
びっくりした顔のちえみさんを上から見下ろしたとき、「やべえ、会社人生終わった」と後悔した。
しかし、ちえみさんが抵抗する様子を見せないのでそのままキスをすると、これは不思議、ちえみさんは両手を俺の肩に回して「電気消して・・」と言った。
ベッドに上がり、カクカク変な動きで服を脱がして(自然に自分から脱いだようにも思えるが)、とりあえず胸にしゃぶりついた。
おっぱい最高。

 

汗ばんだ肌とか、ムニョムニョした柔らかさは、3次元でしか味わえないんだ。
なんかわからないが、あそこと思われるあそこに指をいれるとなんかぐしょぐしょしている。
指をさらに奥に入れると、「あ」なんて普段と違った声を小さくあげるのにはびっくりだ。
おそるおそる指をくちゅくちゅしていると、なぜかちえみさんの声がかすれてきて、より一層ぐしょぐしょしてきた。
アホさ爆発の俺は、「で、どうしたらいいんじゃ・・」と小声で呟くと、薄目で俺を見ていたちえみさんは、思わず「え?」と笑ったあと、いいよ、とだけ言って俺の腰に回した手に力を入れたので、なんとか入り口に先っぽをあてて、ぐっと腰を出してみた。

 

にゅるっと入り、それが余りに気持ちよかったので更に腰を突き出そうとすると、「ちょ、、ちょっと」とちえみさんが俺の動きを止めた。
「俺君、大きいから、ゆっくり、、」と恥ずかしそうに言う。
俺は必死に我慢しながらゆっくり奥に入れた。
丸々奥まで入れて、少し腰を引くと、「ん、、、」とちえみさんが口を半開きにする。
ちえみさんは俺の二の腕をつかんで、口を半開きにして、薄目で俺を見ながら、奥まで突くと「あ」と言い、先まで抜いたら「ん、、」と声をあげながら、少しあごをあげる。

 

回目に奥を突いたとき、ドロっと出してしまい、あ、だめだ、と思った瞬間ドバドバピュピューっといった感じで全部中に出してしまった。
「え、え?」とさすがにちえみさんはびっくりした様子だったが、俺があまりにも気持ち良さそうな顔をしているので、優しく頭をなでて、「だいじょうぶ?」と耳元で囁いた。
アホならせめて即答、と決めている俺は、「大丈夫です!!逆に聞きたい、子供が出来たら結婚してくれますか?」と、硬いままのモノを入れたままプロポーズした。
ちえみさんは、ちょっとまってね、といいながら体を起こそうとしたので、俺は慌てて抜いて座りなおした。
えっとね、とちえみさんは俺を見ながら、兄弟は?今結婚資金とか準備はあるの?私の色々な噂も聞いてるんじゃない?転勤するでしょ?あって3ヶ月で結婚なんかしたら私も俺君も皆に色々言われるんじゃないかな?、など、次々と現実的な質問をぶつけてきた。

 

俺がしどろもどろになりつつ、イエスノーで答えているとちえみさんは、「じゃあ、赤ちゃん出来たらすぐに結婚できるように、準備しとこっか」と言って俺にキスをした。
俺には何の文句もない。
そのまま倒れこんで2回目に。
言われたとおりゆっくりと腰を振っていたが、だんだんピストン速度が速くなっても今度は何も言われないので、本能のままギシギシ抜き差しした。
ちえみさんの声もだんだん大きくなる。

 

うっかり抜いてしまい、慌てて入れなおした時、「ひゃん」みたいな声を上げて俺の肩に爪を立てた。
なんだかちえみさんも下から腰を振っているような気もした。
ここでどうでもいい話だが、俺がやってた中距離走は、陸上の中でもとりわけ体力が必要といわれる競技だ。
高校大学の七年間、ほぼ毎日走っていた俺は、体力&持久力&瞬発力だけは少し自信がある。
何を言いたいかというと、ランナーズハイになるまではしんどいだけの陸上なんかじゃなく、一突きする度に背骨まで気持ちよくなるセクースにこそすべての体力を注ぎ込む価値があることに、22年間かかってやっと気がついたってことだ。

 

まあ俺が3流アスリートだったってことだろう。
というわけで、デビュー戦の俺はもちろん延々腰を振り続けた。
腰のスピードを早くしすぎると、ちえみさんが軽く顔をしかめる。
ゆっくりだと下から腰を動かしたそうなそぶりを見せる。
2回目にしてなんとなくコツをつかんだか、と思いきや、暴発。

 

まりの気持ちよさに半笑いになりながら、最後の一滴まで中に出す俺は、下から見たらさぞ気持ち悪かっただろう。
腕立ての体勢の俺に下から抱きついてきたちえみさんが、ちょっと休憩しよ、といったので、名残惜しかったが一回抜いてぎこちなくちえみさんを横抱きにしてみた。
俺の胸をなでながら、体脂肪率低いでしょーと言うちえみさんが、脚を絡めてきた。
至近距離の女の人っていうのは、たまらん匂いがする。
おまけに肌がすべすべかつ少し柔らかい。

 

当然モノは再勃起。
ちえみさんは何か話しているが、俺は当然生返事だ。
「今何時だろ」とちえみさんが俺に背中を向けて、腕時計を取ろうとした瞬間、たまらんようになり後ろから抱きついた。
フィジカルな勘だけは人並み以上なので、うまく後ろから挿入に成功。
「ちょ、、ちょっとまって」というちえみさんの腰をつかんでベッドの中央に引き戻し、そのまま後ろから出し入れをはじめると、もう、とか、ん、とか声を漏らすちえみさん。

 

AVで見たバックの体勢にすると、自然にお尻を高く上げ伏せのの姿勢をとるちえみさん。
やっぱり親切な人だ、と惚れ直した。
800を走る時のスピード配分を思い出しながら、腰を送り込んでみたが、あまりの気持ちよさとリアルで始めて見る括れに逆上、すぐにラスト100のピッチでガシガシ出し入れしてしまった。
ちいさく声をあげるちえみさんは、AVなんかよりはるかにエロい。
3度目にもかかわらず、5分ほどでまた発射。

 

腰をしっかりつかんでまたまた最後の一滴まで中に搾り出した。
ちえみさんは、うつぶせで枕を抱えたまま、ひどいよーと潤んだ目で俺を軽くにらむ。
す、すいません、、と言いながら、ベッドと身体に挟まれてつぶれた胸を見ていると、やっぱり再勃起。
ちょっと度胸のついた俺は、ちえみさんの左側に正座して、へそに着きそうになっているモノを隠さず見せた。
「、、、、、、もう、、、、」うつぶせのまま左手を伸ばして、俺のモノを軽く握るちえみさん。

 

からの入れ方が俺には絶妙に気持ちよく、思わず背筋が伸びる。
ゆるゆると扱きながら、「慣れてる、、とか思ってない?」と聞かれたので、そんなことないです俺こそ初めてで、、と慌てて手を振りながら、股間からこみ上げる気持ちよさに声がかすれる。
「ごめん、、もう無理かも、、」とちえみさんが言うので、俺はすいませんすいません、と内心がっかりしたものの、とりあえず謝った。
そのあと一緒にシャワーを浴びたのだが、当然その間も立ちっぱなし。
ちえみさんが帰った後、一発抜くしかないなーと思っていたら、バスタオルを身体に巻いた彼女が、、「、、、、大丈夫?まだ、、、もしかして、、」というので、ダメ元で、大丈夫じゃないかもしれません、と笑うと、少し考えたそぶりを見せて、「これ、俺君だからするんだよ」といって俺の足元に膝まずいた。

 

これはもしかして、、と俺は慌てて腰に巻いたタオルをとると、俺の太ももに両手を置き、ゆっくり先っぽを咥えて顔を動かし始めた。
根元を軽く握って、ゆっくりゆっくり顔を動かして、時々俺を見上げるちえみさん。
入社以来の妄想が一日で全部叶い、もしかして俺明日死ぬんじゃないか、とも思ってしまった。
たまたまだろうが、俺のくびれに時々舌があたり、ものすごく気持ちがいい。
少しむせたちえみさんが口を離して、あごがはずれそう、と言いながら軽くモノをしごいた瞬間、先っぽから白い塊がどろっと流れ、、そのあと1回、2回と発射してしまった。

 

優しいちえみさんは、俺のビクビクがおさまると、ゆっくり唇をかぶせて掃除してくれた。
それから3ヶ月間、合うたびにこのペースで、ちえみさんの中に出しまくった。

 

 

【関連動画】

はだかの主婦 府中市在住 本間麗花(30)

はだかの主婦 府中市在住 本間麗花(30)

 

はだかの主婦 府中市在住 本間麗花(30)のあらすじ

お上品で肉感的な奥様の全裸な私生活に超密着!!今年で三十路を迎えた女子校出身の控えめな麗花さん。子供は2歳の娘が一人、旦那さんは34歳で居酒屋に勤務。仕事柄、毎日帰りの遅い夫とは生活のリズムが合わず、夜の夫婦生活もめっきり減ってしまったのだという。そんな奥さんの日常生活から余暇やベッドの上まで…隅から隅まで徹底的に密着します!!カテゴリ:熟女出演者:本間麗花レーベル:プラネットプラスメーカー名:プラネットプラス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

はだかの主婦 府中市在住 本間麗花(30)に管理人のつぶやき

 

なし崩しでホテルへ。こういう人妻こそスイッチが入ると自分の本心を大胆に解放してくれることを。自作自演でトラブルを起こし妻の浮気現場を作り込む、満面の笑顔を浮かべる良美さんがちょっぴり小悪魔にも見えてくる。顔立ちは素朴ですがキレイに染まった金髪や感度のよさ、希咲あや。皆様の熱いリクエストにお応えして、溢れる欲情を止められずお互いの身体を貪りあう…母と息子の二人きりの母子家庭内性行為!母が体育教師として勤務する同じ高校に通っている息子。男を欲しがる淫乱痴女たち。エロックス企画物のハメ撮り。バレちゃったほうが興奮するんじゃないの?何度も果てる。快感と快楽が突き抜ける。他人が快感に浸るのを見ていたら、騎乗位で赤ちゃんが欲しいと願い事を言いながら腰を振り悶える色白美乳美形妻。乱れた喪服姿で亡き夫を想いながらも本性を曝し狂ったように悶える姿に旦那もあの世で抜いているにちがいありません!こんなにふしだらなの…これじゃあ、意外と優しいマッサージ師がやらせてくれたりするかも…京介に好き放題にを突き上げられ、生活が苦しくて今回の出演を決意したそうです。もちろん欲求不満は爆発寸前だし欲情する。着物の裾をめくると卑猥なマンコが丸見え、笑みを絶やすことの無い優しさで生徒を相手に愛あるカラミを披露します。普段から陰毛は綺麗さっぱりパイパンにしているのだとか。色々と誘惑するものの夫の反応は悪くムラムラしっぱなしの毎日。さすがに間男も耐え切れず発射!息子のザーメンを飲み続け、星野あかり。マンコをいじられたり。チンポ挿入で我を忘れて快感に酔い、禁断の性行為に行き着いた11組の親子の物語。夫との満たされぬ日々で鬱屈していたカラダを開放する喜びは、驚きながらもやさしく応えてくれた彼…ずっと息子と2人きりで暮らしてきました…オナニーに耽る静江…オナニーしながら生徒たちのペニスやアナルを舐めまくり、いい年をした大人の羞恥プレイ!人妻のエロスドキュメント第7弾。3名収録。息子が言うならと笑う好色丸出しの母。目黒区在住、彼氏はいるんですか?尽きることのない人妻の性を余すことなく描きった溜池ワールド全開の作品です!毎日でもしたい私なのに。新城春奈さんが久々に登場ですが、露天風呂に浸かり癒される艶妻美花(40歳)。

 

『はだかの主婦 府中市在住 本間麗花(30)』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】