告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

近所のきれいめのオバサンの下着を盗んでズリネタにしてザーメンまみれにするエロガキの告白

読了までの目安時間:約 7分

分が中3の時のエロバナ自分の家の隣に母子家庭の親子が引っ越してきました。
お母さんはまだ若く25歳(和代さん)、子供は3歳。
自分の親は近所でも面倒見が良く、この隣の親子とも直ぐに打ち解けて家族付き合いをしていました。

 

近所のきれいめのオバサンの下着を盗んでズリネタにしてザーメンまみれにするエロガキの告白(イメージイラスト1)

 

自分には当時4歳の歳の離れた弟がいて隣の子とはいつも仲良く遊んでいましたたまに母親が仕事で家を空ける時などは、在宅で仕事をしていたお隣に弟を預かってもらう事も珍しくはありませんでした。
自分が学校から帰って弟を迎えに行っても弟は帰ろうとせず、結局夜になって母が迎えに来るまで自分もその家にいて、和代さんに宿題などを教えてもらったりしていました。
和代さんはかなりの大学を卒業していたらしく勉強の教え方は下手な学習塾より解りやすく和代さんのおかげで成績も少し上がったりしました。

 

和代さんの家に弟と上がりこんで過ごす事が普通になり、まるで親戚のような感覚でこの親子と接してきましたが、自分には和代さんに対する異性の興味が日に日に強くなっていったのです。
自分は当時とても大人しく学校でも全く目立たない存在で女子ともあまり会話が出来ないタイプでした。
10歳も歳の離れた和代さんが今一番身近な異性だったので、興味が高まって行くのは当たり前の事だったと思います。

 

近所のきれいめのオバサンの下着を盗んでズリネタにしてザーメンまみれにするエロガキの告白(イメージイラスト2)

 

の季節は和代さんも薄着になり、身体つきもハッキリ解る様な姿を見るだけで興奮を覚えていました。
ある時和代さんはノースリーブの大きめなシャツを着て、自分の隣で勉強を教えてくれていました。
視線を少しだずらせば脇の隙間から和代さんのブラジャーが丸見えで、もう勉強どころではありません。

 

ブラなど母親のしか見たことがなっかたので、とても興奮したのを覚えています。
そんな素振りを気付かれたらもうこの家に入る事が出来なくなるのではと思い、平常心に勤めていたのですが、ある日堪えられなくなったのです。
和代さんの家でトイレを借りた時、隣の洗面所に洗濯前の和代さんの下着があったのです。

 

とっさにその白くて小さい物をポケットに押し込んでしまいました。
その日の晩は和代さんの下着と想像で遊んでいました。
バレてはないかと思い次に和代さんの家に行くのが怖かったのですが、和代さんは気づいていない様子。

 

分はこんな事が癖になってしまいました。
と言っても盗むのではなく取る時は前の物を返すと言うやり方で、いつも新鮮で新しい和代さんの温もりを手にしていました。
そんな事が1ヶ月ほど経ちました。

 

自分も慣れてしまい自慰行為も毎日しなければならなくなっていて、その日は和代さんの家のトイレでシゴイていたんです。
でも狭いトイレの中ではイクことが出来ず、和代さんのパンティーをちんちんに巻きつけるようにして和代さんの家庭教師の席に戻ったのですが、和代さんの様子が変っていました。
さっきまで羽織っていた薄いシャツを脱いでいて、胸の大きく空いたTシャツ姿になんとノーブラ、はっきりと乳首の場所が解るようなシャツで思わず目が止まってしまいました。

 

思わず部屋の入り口で止まってしまった自分に「早く入りなよ」そう言ったのです。
それから和代さんの態度は変りました。
勉強は教えてくれるのですがピッタリくっついて胸を腕に押し当てたり胸元を見えやすくしたり、明らかにアピールしているようでした。

 

分は今までの事は全てバレていた事を理解しました。
でも和代さんの行動が理解出来なかったのです。
緊張してもちろん勉強どころではなく、それは和代さんも同じだったと思います。

 

和代さんも興奮していたらしく、息が乱れている感じでした。
自分の腕にあたっている和代さんの胸の真ん中の膨らみがとても硬く尖っているのが解りました。
和代さんが意を決した様に自分の股間に手を置いた瞬間に、僕は和代さんに抱きついてしまいました。

 

Tシャツをめくり乳首を吸って揉んでいました。
弟と和代さんの子は別の部屋で昼寝中だったので、周りを気にする事はありませんでした。
2人はあっという間に全裸パンツの中にあった和代さんの下着を見つけられて赤面。

 

んなので満足できないでしょ」と言って固くなった自分のモノを口に含んでくれました。
これにはたまらずに思わず声を上げてしまいました。
なにせ本などでしか見た事が無いことをされているのですから。

 

ものの数分で和代さんの口の中は自分の精液に溢れてしまいました。
ゆっくり少しずつ眉間にしわを寄せながらそれを飲み込んで行く和代さんを注視していました。
わずかに唇の隙間から漏れ出す半透明の白い液体をのどへ運んでいき、飲み終えた後唇についた精液を舌で舐める様子はエロ本そのもの。

 

イッたばかりの僕のモノは早くも次の射精準備が出来ていました。
初めての行為で訳の解らない自分を、和代さんは優しくリードしてくれました。
挿入しても大して腰を振る事も出来ないのに直ぐに発射、我慢するつもりでも持たずに中出し。

 

代さんは全くイク事が出来なかったと思います。
でも自分はその後も和代さんの中に2回出させてもらいました。
和代さんのアソコは3回の射精でドロドロでした。

 

もうさすがに立たなくなった自分のモノをやさしく拭いてくれた和代さんにキスをしました。
これが自分のファーストキスでした。
後で聞いたのですが和代さんも自分を意識してくれていて下着を取ったのも始めから気づいていて、自分とこうなる事はその時から考えていたのに、しばらくは自分が下着だけで満足していた為に誘うきっかけを探していて、その日トイレでオナニーしていることに気づいて堪らず誘ったと言っていました。

 

それからと言うもの自分と和代さんは男と女の関係になって行きました。
自分は中3にしてオナニーをしなくなり、代わりに和代さんに中出しをほぼ毎日するようになりました。
そしてそれは、和代さんが再婚して引越して行くまでの約3年間この関係は続いたのでした。

 

分にとって今でも特別な女性で今では隣の県に住んでいる和代さんと約月一で関係を結んでいます。
和代さんがどんなに歳をとってもこの関係は続けて行こうと約束しています
 

四十路独身のクールビューティなOLさんに危険日中出し種付けセックスを要求された俺→ガチで妊娠させるw

読了までの目安時間:約 7分

にも言えないけど、会社の元先輩に子種を提供した話です。
どうしても40歳前に子供が欲しい、けど結婚したいって人もいないし・・・が口癖の、キャリヤウーマンでかなり仕事が出来る、いわゆるやり手の先輩でした。
結構、気が強いところがあって会社では何遍も怒鳴られました。

 

四十路独身のクールビューティなOLさんに危険日中出し種付けセックスを要求された俺→ガチで妊娠させるw(イメージイラスト1)

 

その先輩と飲みに行った時に「子供欲しいなぁ~、でも結婚する相手いないし」と言うので「種提供しますよ?」と冗談で言ったら「それいいかもね」と、その時は冗談かと思ったのですが、数週間後にまた飲みに誘われて普通に飲んでると「飲み直そっか?」と言われ、なんと先輩の部屋に。
「あのさぁ・・・子供欲しいんだぁ。絶対に迷惑かけないから・・・ね?」と真顔でお願いされてしまい、「ごめんなさい」
と断ると「だよね・・・冗談だから、冗談!」と言うものの、しばらく飲んでるといきなり号泣!「子供欲しい!お願い!」と押し倒され、あまりに可哀想だったので目を瞑っていると、カチャカチャとベルトを外し、ズボンとパンツを下げ、先輩がフェラを始めました。

 

あまり上手くはなかったのですが、必死さというか頑張ってるという感じは伝わってきました。
そして十分に大きくなると、今度は先輩がスカートとストッキング、下着を脱いで下半身だけ裸になると無理矢理アソコに押し込もうとします。
しかし濡れてないので入りませんし、しかも私のモノも痛い。

 

四十路独身のクールビューティなOLさんに危険日中出し種付けセックスを要求された俺→ガチで妊娠させるw(イメージイラスト2)

 

っ!」と思わず口にすると「ゴメンね」と言って先輩は自分でクリをシコシコ弄っています。
物凄い勢いで擦ってると「はぁ・・・はぁ・・・」と吐息が漏れてきます。
そして合体。

 

ちょっとフニャってましたが、先輩が手でガイドして上手く1つになれました。
そのまま先輩が上下にグラインドすると、少しずつ濡れが良くなってきてヌルヌルに。
先輩は何も言わず目を閉じて上下運動しています。

 

先輩が「・・・ねぇ・・・イッて」私は先輩に「・・・本当に・・・いいんですか?」と確認すると先輩は微笑みながらウン、と頷きました。
そして何も言わずにそのまま先輩の体内に射精しました。
先輩は嬉しそうにウフフと微笑むと、そのまま私の胸の上に倒れこんできて「子供・・・出来るといいなぁ」と呟きました。

 

れから1週間くらいして先輩から電話がかかってきました。
「ダメだったみたい・・・ゴメンネ」先輩は涙声でした。
私は「自分でよければ・・・もう1回」
と言うと「ありがとう」と言って電話が切れました。

 

そしてそれから数週間後のある日の朝、先輩に「今日、空いてる?」
「・・・はい」
先輩は「今日、排卵日みたいなの・・・お願いしていい?」私はOKしました。
そして同じように先輩が上になって、私はマグロ状態で射精しました。
ですが、その月もダメでした。

 

私は先輩に「よかったら、温泉に行きませんか?」と誘ってみました。
先輩は驚いたようでしたが、すぐOKしてくれました。
そして基礎体温表から来月の排卵日を予想して2泊3日で予定を入れました。

 

輩は旅行、私は当日にいきなり悔みを入れて出かけました。
寂れた温泉街でしたが、そんなのは関係ありませんでした。
部屋に案内され、担当の女の人が戻るとすかさず先輩が「・・・じゃ、しようか?」
「・・・とりあえず温泉、入ってからでも?」と私。

 

「・・・それもそうね~」と2人で爆笑してしまいました。
貸し切りの家族風呂があったので、ここでいいわ、と先輩が入りました。
2人きりで温泉に浸かりながら色々な話をしました。

 

先輩が10年前に不倫していた事。
そして今子供が出来ないのは、その罰だと思ってる事。
私はその重さに黙って聞くしかありませんでした。

 

呂から上がり、食事も済むと部屋には布団が敷かれていて「まだ、排卵してないみたい。だから、今晩は1回でいいわよ・・・でもしたいなら何回でも?」とニコニコしています。
私は先輩に優しくキスをしました。

 

長く長くキスをしました。
そして先輩の全身を愛撫しました。
思えば、先輩とセックスらしいセックスをするのは今日が初めてです。

 

丹念に愛撫していると、「そろそろお願い・・・」と言われて正常位で1つになりました。
「もっと奥まで・・・そう」先輩も大分気持ち良くなっているようで、あっ、あっ、と喘ぎ声が漏れています。
そして先輩は小さい声で「・・・イク」と言うとヒクヒクと。

 

愛らしくイッてしまいました。
そして私もすぐに先輩の体内でイキました。
翌日の朝、先輩が嬉しそうにトイレから戻ってくると「今日、排卵日みたいなの!」子供のように目がキラキラしていました。

 

そしてその日は午前中に1回、午後から1回夜になって8時に1回、最後は12時に1回とどこへも出かけずに1日に4回も先輩と一緒になりました。
もちろん全て中に射精しました。
「何だか、今回は出来そうな気がするの」と最後の1回が終わった後、先輩が呟いていました。

 

そして翌朝、帰り支度も済んで布団も畳んで帰ろうとした時に「ねぇ・・・あと1回だけ・・・してみない?」2人でトイレに入ると先輩に手早くフェラされ、バックで突きまくり、種付けだけのセックスを完了しました。
その甲斐あってか、その数週間後に「出来たみたい・・・産婦人科に行ってくるね」と先輩が電話をくれました。
そしてそれは事実だったようで、「妊娠してた」と連絡してくれました。

 

は何故か嬉しい気持ちで一杯になり、先輩とお祝いをしました。
先輩はそれから3ヶ月で会社を辞めて実家に戻りました。
私は毎月、何かの足しになればと3万ほど送っています。

 

そして2ヶ月に1回ですが、先輩と会って子供の成長を見るのが楽しみになっています。
1度、先輩に結婚しようと申し込んだのですが「貴方だったらもっといい子と結婚出来るわよ」と断られてしまいました。
「でも・・・ありがと」と。
 

上司とオフィスの会議室で立ちバックハメしてアヘキするド変態ビッチ熟女OLのセックス遍歴がやばいw

読了までの目安時間:約 5分

司と不倫しているんですが忙しくてなかなかHできません何回か会議室でもHしたこともあるくらいエロい関係だったのにメールは来るものの、エッチする時間もないみたいだからさみしくて毎日うずいていました。
先日、会社で飲み会があって、そのときは絶対エッチできると思ってたら、上司は他の上司の人の誘いを断れなくて、また連絡するといって、別の店に行ってしまいましたつまんないなと思っていたら、社員の裕太がもう1軒と誘ってくれました。
5人くらいで飲み直しているとそのうちの女性を含む2人が帰ってしまいました。

 

上司とオフィスの会議室で立ちバックハメしてアヘキするド変態ビッチ熟女OLのセックス遍歴がやばいw(イメージイラスト1)

 

私は上司から連絡が来るかもしれないので、残りました。
裕太ともう一人の男性は、私より2つほどしか違わず、社内でもかっこいい方で、楽しく飲んでいました。
だんだん酔っぱらってきて、エッチな話題で盛り上がっていたんです。

 

すると、そのうちの一人が眠いので帰ると言って、去っていきました。
ちょっとやばいなと思いながら、裕太と話の続きをしていました。
すると、「部長のすごいデカいんですよ」という話をされたとき、私は思わず、「そう、すごい太いの、最高」と言ってしまったのです。

 

上司とオフィスの会議室で立ちバックハメしてアヘキするド変態ビッチ熟女OLのセックス遍歴がやばいw(イメージイラスト2)

 

太はフッと笑って・・・。
「やっぱり、千穂さんデキてたんだ」私と上司の関係を知ってるようでした。
そこに、上司から『今日はムリ』とメールが入りました。

 

私は「裕太、黙っててもらうかわりに、エッチする?」と言ってしまいました。
いつも上司と行くホテルとはちがって、すごいチープなラブホに入りました。
酔ってるもの手伝って、裕太は私に飛びついてきました。

 

「千穂さん、俺すごい溜まってるんだ」そう言って少し立ったチンポを顔の前に出してきます。
私は膝をついて貪るようにしゃぶりつき、サオをペロペロ舐めました。
「部長にしてるみたいに激しく咥えろ」さっきの優しい裕太とは思えないほど、凛々しい声。

 

ったより骨太の体格に、たくましいチンポ、濃いチン毛。
赤くなってきたチンポを、いつも上司にするように、ジュッボッジュッボッジュッボッしはじめました。
カリが張った裕太のチンポは、とってもおいしい。

 

激しく顔を前後左右に動かしました。
すると、すごいあえぎ声が聞こえ出して・・・。
「すごいいい、千穂、もう出そう」私は口からチンポを離し、四つん這いになってお尻を突き出します。

 

「だめ、入れて、濡れ濡れのおまんこにぶちまけて」と言いました。
裕太は「千穂エッチすぎる」と笑いながらすぐ入れてきました。
おまんこの中で若いチンポが暴れ、ヒダにカリがからみつき、タマが当たる音とびちゃびちゃというスケベな音が響きます。

 

ンあンあンあンあン、と叫ぶような私の声と興奮した裕太の荒い鼻息。
ほどなく一緒にイキました。
前戯もなく、いきなり全開だったので、2人でお風呂に入ってゆっくり触り合いました。

 

湯舟で裕太にさわられるがままに触られて、私はおまんこを指2本いれられてまたイッてしまいました。
お風呂からあがって、「今度は俺をイカせて」と言われたので、裕太をベッドに立たせて股を大きく開かせました。
そして、下から股を攻めました。

 

タマを口に含んで、うがいをするようにクチュクチュして、サオは付け根から先っぽまでを激しく擦り、お尻の穴の付近も指でグリグリとなぞりました。
裕太は「立ってられない」と壁に寄りかかり、大きな声であーあーと言いながら、チンポをパンパンにしていきます。
そこで、69になって、私のおまんこを舐めてもらいました。

 

も、もう裕太がビンビンだったので、正常位でハメました。
ものすごいスピードで、「千穂千穂気持ちいい気持ちいい」と奥まで届かせてくれます。
最後は顔にいっぱい濃い液をかけてくれました。

 

「部長といつもこんなことしてるの」そう言われたので、少しどんなプレイをするのか話しました。
すると、それで興奮した裕太はまた立ってきたので、私が上に跨がって、腰をグリグリを思い切り動かしました。
また発射したあと、今度は抜かずにゆっくり2人でキスしまくりました。

 

「こんなに千穂がエッチとは知らなかったよ」
「彼女には内緒でまたしよ」と約束したので、上司と会えないときは裕太と会ったりしています。
たまに上司や主人とのエッチをビデオで撮って裕太と見たりしています。
会社ではなに食わぬ顔で、裕太と上司が話しています。

 

人とも私の大切なチンポ。
また別の社員ともしたいなと思っています。
 

亡くなった旦那さんの写真の前で未亡人さんと激セックスしたったw旦那さん天国からどうぞ見守っててくださいw

読了までの目安時間:約 5分

友が亡くなったの去年会社の出張で、海外赴任していた時に心臓発作で突然逝去してしまった残された四十路の友人の奥さんと子供8歳は急に駆けつけることが出来ず、無言の帰宅俺は毎月の命日に親友の仏壇に手を合わせ親子の様子を見に行っていた1周忌が過ぎた頃、未亡人になった奥さんが、「1周忌のとき、主人の会社の人がたくさん来てくださったのよ。そのとき耳にしたんだけれど、主人ね現地の未亡人のお宅のベッドで心臓の発作が来たみたいなの。救急車が来たとき、主人はもうすでに亡くなっていて、裸だったそうなの。未亡人の人が発作が起こってすぐに救急車を呼んでくれたら助かったみたいだけれど、世間体を気にして呼んだのが1時間も経った頃だったらしいわ。自業自得よね」と言った。

 

亡くなった旦那さんの写真の前で未亡人さんと激セックスしたったw旦那さん天国からどうぞ見守っててくださいw(イメージイラスト1)

 

俺は急に奥さんが愛おしくなり、体を引き寄せて抱きしめた。
奥さんが抵抗するかなと思ったが、「子供が2階で寝ているの。優しく抱いて」そう言って俺に体を預けてきた。

 

親友の奥さんを抱く、親友が生きているときはそんなこと思ってもしなかったが、やはり人妻、未亡人はいいものだ。
スリムな体、白い肌、こんな美熟女な奥さんをほったらかして逝ってしまったお前(親友)は馬鹿な奴だ。
俺はそう思いながら奥さんを裸にしていった。

 

亡くなった旦那さんの写真の前で未亡人さんと激セックスしたったw旦那さん天国からどうぞ見守っててくださいw(イメージイラスト2)

 

さんにキスをし、奥さんの首筋、胸元をむしゃぶりながら、裸になった。
すると奥さんは体を反転させ俺のものを咥えてくれた。
最後に親友と体を重ね合ったのはいつだろうか。

 

それを思い出すように、奥さんは俺のものを離さなかった。
「奥さん、そんなに吸ったらいってしまうよ」俺がそういうと奥さんは顔を赤らめ離してくれた。
俺はゆっくり未亡人の奥さんの体を確かめるように、奥さんのマンコに俺のペニスを挿入奥さんは両足を俺の腰に巻きつけしがみ付いてきた。

 

「いい、あぁ~」奥さんは大きな声を出し、俺は2階で寝ている子供に気遣い奥さんの口を手で押さえた。
ゆっくり腰を動かし、ペニスを出し入れしていく。
そして奥さんが俺のペニスを締め付ける感覚を楽しんだ。

 

がいくまでにそんなに時間がかからなかった。
「奥さん、いきそうだ」俺はさすがに中出しはまずいと思いそう言ったが、未亡人の奥さんは俺の顔を見つめうなずいた。
俺はうれしくなり奥さんにキスをしながら、ギュッと抱きしめ腰の動きを早めた。

 

「ああ、奥さんいくよ」
「きてきて、、、中に頂戴~」奥さんのマンコが俺のペニスを締め付け、そのとき俺は奥さんの中の精液を出した。
俺は何度も、何度も奥さんのマンコに精液を送り出した。
そのたびに奥さんのマンコは俺の精液を搾り出すように締め付けてくる。

 

抱き合ったまま、お互いの痙攣が治まると、俺はゆっくりペニスを引き出した。
すると、奥さんのマンコから白い俺の精液が大量に出てきた。
その後、二人でシャワーを浴び、今度は布団を敷いて時間をかけて抱き合ったのは言うまでもない。

 

んな話が1年前、以後、月命日のたびに未亡人の奥さんを抱いている。
ほとんどが子供が寝る頃に行き、寝てから抱いている。
そのときにはもう仏壇が置いてある部屋に一組の布団と2つの枕が準備してあり、奥さんが俺を待て居ることをあらわしている。

 

時には、子供が祖母の家に行っている日は、仏壇に手をあわせた後二人でラブホテルに行くこともある。
そんなときは奥さんも思い切って声を出せ、何度も何度もアクメに達することができるそんなときも奥さんが忘れないのが、親友の位牌だった。
親友が出張先で浮気をしていた恨みだろうか。

 

そして、先日親友の3回忌が行われた日、子供が祖母の家に行って二人だけになった。
奥さんは夕方から手料理を作ってくれ、お酒まで用意してくれた。
俺がリビングでくつろいでいると、「先にお食事にします、それともお風呂にします今日は泊まって行ってくださいね」そう言いながらリビングのふすまを開けると、隣の客間にすでに布団が敷いてあった。

 

してその布団を見渡すように、1段高いところに親友の位牌があった。
 

バツ1彼女無しの俺がお見合いに臨んだ結果→仲人のおばさんとセックスフレンドになりましたw

読了までの目安時間:約 7分

時のオレはバツ1で彼女なし!教師の友人は、同僚先生の姪っ子との見合い話を持ってきました。
断る理由もないので承諾して会場の居酒屋へ友人と向かい、個室へ通されると既に相手方は着席していました。
見合い相手とおぼしき女性は思いっきり恥ずかしそうです。

 

バツ1彼女無しの俺がお見合いに臨んだ結果→仲人のおばさんとセックスフレンドになりましたw(イメージイラスト1)

 

一緒に紹介した方と、あと2名の女性がいました。
何でも、心配でついてきたそうです。
母方の叔母さんと遠縁の叔母さん。

 

友人の同僚の方は父方の叔母さんだそうです。
なんとも面白い見合いが始まりました。
見合い相手を"わたくしさん"とします。

 

バツ1彼女無しの俺がお見合いに臨んだ結果→仲人のおばさんとセックスフレンドになりましたw(イメージイラスト2)

 

たくしさんは終始恥ずかしそうで、会話もままならず全て叔母さん達が交互に答えます。
オレへの質問も叔母さん達からです。
わたくしさんとまともに会話したのは家族構成ぐらい!三十路にもなって、挨拶もまともにできない勘違いしているお嬢様系若熟女にオレはNGで早く帰りたかったのですが、叔母さん達が異常に面白く、飲み会は大盛り上がり!2次会ではっきりさせねばと、自分はバツ1であることをカミングアウトしました。

 

絶句して、ドン引きしている叔母さん達。
友人も「あ、言うの忘れた!」別に今さらバツ1たってとも思ったが、「あたし、ダメ!」とわたくしさんは蚊の鳴くような声でお断りされた!"ラッキー"と胸の中でガッツポーズ!チャンチャン見合い終了!そこからが凄かった!みんな安心したのか、聖職者とは思えないエロ話とグロい話。
わたくしさんは眠そうにしている。

 

2次会でオレは遠縁の叔母さんと意気投合して仲良くなった。
国語の先生をしている、かおる先生。
ずっとオレの横に座っていました。

 

おる先生の太ももがオレの太ももに触れてきます。
「あ、スミマセン!」離します。
でも、また触れてきます。

 

それを数回繰り返しました。
"もしや・・・"とオレは、触れているかおる先生の太ももに手を乗せました。
かおる先生の手が重なってきて、そのままテーブルの下でラブラブ手つなぎ!間もなくして、わたくしさんは限界で母方の叔母さんと帰りました。

 

見送った時、かおる先生にメモを渡されました。
メアドと番号です。
トイレに行って、メールを送りました。

 

夜は友人に内緒で、ビジネスホテルを予約しています。ルームナンバーは◯◯◯◯です!』と。
"了解"と"ハート"が返ってきました。

 

実は今夜デリヘルを呼ぶつもりで、もうオレのチンポは大きくなっていました。
ガマンできず、ご挨拶をして飲み屋を後にしました。
かおる先生に、『先、ホテル入ります!』とメールしました。

 

再び、"了解"とハート!ホテルは暖房が効きすぎて、異様な暑さと乾燥です。
衣服を脱ぎ捨て、バスタブにお湯を張りました。
素っ裸にガウンを着て、缶ビールを飲んでいるとノックされました。

 

"たっ!"ドアを開けると、かおる先生が立っていました。
「来ちゃった!」かおる先生を部屋に招き入れると、「暑い暑い!」と手を団扇みたいにパタパタしています。
「あたしも!」とビールを手に取り、タブを開けます。

 

「ねぇいいの?こんなおばさんで」
「オレ、ずっとかおる先生見てたんですよ!最初から!」
「お見合いでしょ?いけないんだ!」
「ゴメンなさい!姪っ子さんには申し訳ないんですけど、オレもゴメンなさいというか、タイプじゃない・・・」と声が小さくなる。
かおる先生は当然といった表情をすると、ビールをグィッと飲むと言った。
「今頃、なつこ先生(友人の同僚先生)もイイ事してるんだよ!」
「えっ!?まさか友達とですか!?」
「違うよ、父兄のセフレがいるの」
「へぇ~」感心の溜め息しか出なかった。

 

「あたしはタカオさん好きだよ!タイプ!」かおる先生は高◯生の頃、お世話になったエロ本のモデルの女優に似ていた。
彼女がポルノ映画で女教師の役をやったときは太陽が黄色になるくらい、抜きまくった!かおる先生の顔が近づいてきて、キスした。
長く濃厚なキス!ガウンからチンポが飛び出てきてかおる先生の太ももに乗っかった。

 

を絡ませながら「なぁにぃ~これ?」とかおる先生の右手がチンポを摩る。
「はっ・・・・・・あぁぁ・・・」2人は声にならない声で喘いだ。
いささか乱暴に服を脱がせ、オッパイにしゃぶりついた。

 

歳のわりに形の良い、Dカップとピンクで先のとんがった乳首が欲情をそそり、唾を垂らし、テカテカにして舐め回した。
「や、やさしくぅぅ、やさしく、噛んで!」甘噛みからちょっと強く乳首を噛んだ。
「ヒャウゥゥ~~い、いった~いィィヒィィ~でも、キモチイイのォォ~~」全身を舐め、かおる先生のあそこに顔を埋める。

 

「ハアッ・ハアッ・ッッッイックゥ~」
「早いですよ!もう、逝っちゃったんですか?」
「タカオさん、す、スゴイよぉ~、凄すぎィ~」
「こんなもんじゃないですよ!今夜は寝かせませんから!」ギンギンのチンポをゆっくりと挿入した。
かおる先生は、この世のものとは思えない声で喘ぎまくり何度も逝った。
時折キスを交わすと、お互いの舌が塩をかけられたなめくじのように口の中であばれまくり、唾液と精液と訳のわからない液で全身がグシャグシャです。

 

カオ、タカオ、もう・・・・もう・・・ダ・め・ッまた、また、逝く逝く逝くッッ逝っちゃっうよォォォ~おまんこォォ~こわれるゥ~~裂けちゃうよォォォ」お見合いのはずが、激しいSEX修羅場にwそして、夜が明けた!「失礼します。
お部屋を片付けに失礼しましたああ!!!」出窓で立ちバックしていた。
誰か来た気配はあったが、分からなかった。

 

このホテルでかおる先生の教え子が働いてるとか言ってたけどもう気にならなくなり、ケモノになった2人はギリギリまで愛し合った!それから、数回SEXした。
その後、オレは転職を機に町を離れました。
かおる先生とはそれっきりです。

 

すごい展開のようですが、よくある話のようでもあります
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】