告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

本当に人として親として最低な父親との肉体関係のすべてをここに晒します

読了までの目安時間:約 9分

にも言えない・・・恥ずかしくて相談もできません。こんな事を母親に知られたら両親は離婚してしまうかも!!私は父が好きだけど、ハッキリ言って離婚した方が良いと思います。

 

が可哀想なんです。実は私・・・中学三年ぐらいから父に夜這いされてます。

 

当は私がいけないのかもしれません。私がお風呂から出てテレビを見ながら濡れた髪の毛を乾かしていたら、近くに座ってた父が「お前、可愛くなったな」と言ってくれました。

 

つもは「バカ」「女の子らしくしろ」「結婚出来ない」とばかり言ってました。私は父に「今日は変だね♪」と言いました。

 

がニコニコしながら部屋から出て行ったので、もう寝るのかな?と思い、私は部屋で大胆にもお風呂あがりで濡れたTシャツを脱ぎ捨て、首にバスタオルを巻き、ブラジャー姿でテレビを見ていたら・・・知らない間に寝てしまったみたいなんです。この時は冬~春になる季節の変わり目で、我が家ではコタツが出てました。

 

はコタツの中に潜り込み顔だけを出して寝てました。その時です!!父が部屋に入って来ました。

 

は部屋のドアと父の足音で目が覚め「うわ!まずい・・・」と、コタツで寝たふりをしてましたが、父が「テレビを付けたまま寝るなよ。寝るなら布団で寝ろ!!」と私を起こそうとしてました。

 

が私の横に座りコタツに入ってきて、上半身裸のお腹部分に父の手が触れてしまいました。父の手が私の上半身を確かめてました。

 

すぐったいのですが、私は抵抗しないで我慢してたら、私の胸に手を乗せ撫できて、父の手が止まったと思ったら父が私の体を少し引き上げ、膝枕してくれ・・・私の背中と頭を撫でてました。父の手が私のブラジャーを外してしまい、ブラジャーの締め付けがなくなりました。

 

に何されるのか?私は恥ずかしくて・・・泣きそうでした。父は私の頭を撫でながら、どんどんと男性のアソコまで引き寄せ、私の頭に硬い物が当たり・・・。

 

モイ!!お母さん助けて~」・・・と、私は言いたかったのですが、怖くて声が出なかったです。私は父のされるがまま身を任せて堪えてました。

 

は無言のまま、「ふぅ~ふぅ~」と呼吸が乱れて、私の頭を撫で、背中を触り、お腹をなで、私の胸を直接揉み始め、乳首を摘んだり、左右のおっぱいをワシ掴みで揉まれ、私のパンティーの中に手を入れてられ・・・。私はアソコを指でクチャクチャ弄られ、訳のわからない状態で声を押し殺しながら・・・。

 

ぁはぁ・・・うっ!あう!はぁう・・・!」私は感じてました。私は父に胸とアソコを同時にいじられ、体とアゴをガクガクさせてました。

 

は男性経験ないしエッチなんてした事なかったからとても怖くて・・・。初エッチが父親なんて嫌でした。

 

校でエッチな話はした事あるけど何か違う。私は父を見ないように必死に目を閉じて我慢してました。

 

は突然腰を少し上げたと思ったら、ズボンから大きくなったおちんちんを出しました。私の手を掴み自分のおちんちんを握らせ上下に動かしてました。

 

は無言で「はぁはぁはぁ・・・」と興奮して、私の胸やアソコをいじり回し、激しく私の頭を撫でました。握らされた父のおちんちんが私の顔にペタペタ当たります。

 

が一言「気持ちいいか?目を開けて見てみろ」と言ったので少し目を開けました。目の前に大きく血管の浮き出た父のおちんちんがありました。

 

当におちんちんは松茸みたいで、ヒクヒク動いていて・・・。私は恥ずかしくて目をそらしたと思います。

 

は「見てろ!お前はまだ見た事ないだろ?これは何て名前だ?」と質問してきたので、私は「おちんちん」と答えました。父「そうだ!チンポだよ」私「知ってるけど・・・」父「お母さんには内緒にしろな。お前がこんな格好で寝てるからいけない」私「何で?」と言いました。

 

は血管の浮き出たおちんちんの先端を私の目の前に見せてきました。父「チンポの割れ目から液体が出てるの見えるか?」私「出てるよ」父「男はここの穴から精子が出るから見てろ」と言われ、私はキモイ松茸のシゴきを見せられました。

 

は「口を開けて舌で舐めてみろ」と言ってきました。私も変だったのだと思います。

 

きく膨らんだ亀さんの頭と浮き出た血管部分、亀の裏側をペロペロ舐めてました。父「気持ちいいぞ・・・もっと舐めてくれ」父は私の唇にキモイ松茸を押し当て舐めろ舐めろと指示してました。

 

の周りは唾でベトベトで少し口を開けた瞬間に父の大きくなった亀頭が私の口に入ってしまい膨らんだ亀頭をお口いっぱいにくわえました。父「気持ちいい。そうだ!いいぞ!くわえろ、舐めろ俺の顔を見ろ、強く吸い込め!!」父は気持ち良さそうでした。

 

はどうにでもなれ!!と言う気持ちで、口に入りきらないぐらい膨らんだ亀頭をお口いっぱいに頬張りおちんちんを吸い続けていたら・・・。ビクン、ビクンお口の中で亀頭が膨らみました。

 

めての口内発射です。生暖かい精子が私の口内に広がりドロドロと唇の隙間から溢れてました。

 

の唇から父の精子が溢れてました。私はどうしたら良いのかわからないので、おちんちんをくわえながら父の顔を見ました。

 

は気持ち良かったみたいで私の頭を撫でてました。父「うっ・・・」まだ私の口内でピクピクしてました。

 

「ごめんな・・・精子が出てしまえば悪い事はしない」と、少し反省してる様子でした。父「口の中の精子は飲んじゃえ」と指示された私は、嫌だと首を振ったのですが、精子を飲まされました。

 

トベトして臭いし、少し苦味がありましたが飲めました♪初めての(ごっくん)が父の精子だとは・・・母には言えません。その日から父は私に対して優しくしてくれるのですが、ムラムラすると私が呼び出されます。

 

宅のトイレ、お風呂場、コタツの中、布団の中、車の中などで父のおちんちんをしゃぶらされてます。私は早く父から解放されたいので、凄い勢いで父のおちんちんをしゃぶり発射させてバイバイしてます。

 

近は私に目隠しさせて父のおちんちんをしゃぶらされてますが・・・おちんちんの大きさ、本数、精子を出す回数が多いのでは?と思う事があります。目隠しの隙間から見えた物は、父のキモイ松茸じゃなく父の友達のおちんちんでした(汗)私はびっくりしました。

 

はこっそり友人を招いて、私が目隠しをしてる間に父と入れ替ってました。私のおしゃぶり姿や淫らな姿を父はビデオカメラで撮影してました。

 

には包茎おちんちんの友人が混じっていて、包茎の皮を指で拡げたり、皮を剥くなどして私に舐めさせてたり、私に舌を出して舐めるように指示して包茎おちんちんの先端の皮を拡げて私の舌を突っ込ませ、レロレロさせてました。勿論発射される精子は私の口に出され他人の精子を沢山飲まされていた事になります。

 

はビデオに録画して自分で楽しんでいたみたい。本当に最低です。

 

は父の玩具、性欲処理の道具にしかないのかも・・・。撮影されたビデオを見せられた事ありますが、私の周りで数人がおちんぽ出してました。

 

ぬけな私は、大きく開けた口に精子を発射されてました。父が私に「精子をもっと飲ませて下さい。私の口を精子で汚して下さい」と言わせてた理由がわかりました。

 

はテレビの画面内で精子だらけの口内をパクパク披露して、泡だらけの精子をごっくん、ごっくん飲んでました・・・。私が便器にアゴを乗せて口を開けてる場面もありましたが、おちんぽを口に含んだまま放尿され口から噴水の様に尿が飛び出してました。

 

当に最低な父との体験です。

不倫相手の義父が私に誕生日プレゼントとして贈ってくれたものは、本当に素晴らしいものでした・・・

読了までの目安時間:約 6分

が池袋で働いているとき、今の主人が店に来て知り合い、私がヘルスで働いていたことを絶対に言わないことを条件に結婚し、主人の田舎に嫁いできました。主人の実家はド田舎で、老人が圧倒的に多く、若い人たちは就職で都会に行きます。

 

がて子供ができて(残念ながら私は2回失敗していますので最初の子ではありません。主人は知りません。)子育てと地元にも慣れた頃、主人の浮気が発覚しました。

 

気の理由が、私にあり、『最近色気や若さが無くなり、子供ばかりに気を使っている』というもので、到底理解できませんでした。しかし、私は東京の家族はバラバラで帰るところもなく、悩んでいましたら、義父が「40歳にもなろうとしている息子のことで申し訳ない。あの世の家内も泣いている。孫のこともあるし、良かったらここで暮らしてくれ。応援はなんでもする。頼む」と両手を着いてお願いされましたので、そのまま暮らしていました。

 

れから主人は、私を避けるようになり、毎晩仲間(ここは嫁が来ないので暇な男ばかり)と酒ばかり飲んで、土日は早朝から魚釣りばかりするようになりました。私達の生活を見兼ねた義父がドライブに誘うようになりました。

 

名なお寺や、遊園地、動物園、温泉、博覧会・・・色んな所に連れて行ってくれました。子供も大変喜んでいましたが、私も誘われるが楽しみでした。

 

ライブから帰って家で義父と二人でビールを飲むのが日課になりました。義父は物知りで、町でも幾つもの肩書きを持っていて、土地をガソリンスタンドや農協・漁協、ファミレスなどに貸したり収入は計算できないほどです。

 

は主人よりも高く、気品があり59歳には見えません。やがて私は、義父を一人の男性としてみるようになっていました。

 

ライブをしているときは、恋人か夫婦のような会話になっていました。ある晩、いつものようにビールを二人で飲んでいるとき、義父が「あなたは来月の誕生日で幾つになるのかな?」と聞いてきました。

 

人と一緒ですから35歳になります。どうしてですか?」と聞き返しますと、「誕生日のプレゼントは何が欲しいのかな?」と言われましたので、「気になさらないでください」と答えました。

 

うその頃の私は、義父の夢を見るようになっていました。義父の声、仕草、見つめられたときの緊張・・・。

 

達の生活費は、主人の浮気発覚後、ほぼ毎月義父からいただいていました。ある暑苦しい夜、ビールを飲んでいるとき義父は私を見つめながら飲んでいました。

 

も義父を見つめながら無言で飲んでいました。声をかけられたときの用意はできていましたが、やはりその夜も一人で自分の部屋に帰っていきました。

 

ばらくして、私は義父に勇気を持って「お義父さん、私の誕生日のプレゼントは、二人っきりで遠い町でおいしいものを食べてみたいです」と言いましたところ、「そんなものでいいのかい?」との返事でした。いよいよ私の誕生日が来ました。

 

供は主人が当てにならないと言うことで義父の使用人さんの所に預かっていただき、主人には義父出張のスタッフが足りなくなり緊急応援で同行する旨伝えましたが、酔っ払って反応なし。ドライブの時は、ドキドキしていました。

 

して、県境に来た頃、思い切って私のほうから義父の手をそっと触りました。義父は、強く握り返してきましたので、それが彼の答えで安心しました。

 

の都市では最高級のホテルのレストランで、フルコースと言うものを生まれて初めて頂きました。あっという間に食事が終わり、「もう終わりかな・・・。このまま帰るのかな・・・」と思っていましたら、彼が「今日は、このホテルの最上階に部屋を取っているが、君が帰りたいというのなら、すぐキャンセルして帰るが、どうする?」と紳士の意地悪質問!私は返事の代わりに彼の左腕に絡みつきました。

 

レベータで最上階へ、宝石のようなパノラマ。うっとりと夜景を見ていると彼が、「こんなものしか買えなかったけど、君の誕生日のプレゼントだよ」私が以前から欲しがっていたバッグ。

 

して封筒。「お義父さん、これなんですか?」「銀行の通帳と印鑑とカードだよ。君がこの部屋にきた時、私には大きな責任がある。だから、その証だよ」その通帳の数字を見て私は、彼を抱きしめ、自分からキスをしていきました。

 

の夜、私は店で鍛えたテクニックで彼を独占しました。久しぶりに大きな男性から抱かれて興奮しました。

 

日、日曜日の帰りの車では、運転中の彼の物を咥え続けました。家に帰っても、私達は愛を育んでいます。

 

人が泊まりの魚釣りの時は、私達の最高の日です。彼は、湯上りの私を待っています。

 

供を寝かせて彼の部屋に行きます。私が「お尻を舐めて」と言いますと、いつまでも舐めてくれます。

 

近、彼とセックスしているとき彼の子供欲しくなるときがあります。幸いにも、彼と主人の血液型が同じなので主人の子として育て、チャンスを見て彼に「本当は、あなたの子供よ」と告げようと思っています。

 

当は、彼と堂々と結婚して幸せな生活を送りたいな・・・。

彼を不倫をしている私は、義父の手を眺めているだけでムラムラとしてきます・・・

読了までの目安時間:約 7分

は25才で結婚2年目の主婦です。義父は現在、定年を二年後に控え一人暮らしをされています。

 

の義父から連絡があり、出張の帰りに一泊されることになりました。その日、義父に買い物に誘われました。

 

子さん、ちょっと買い物があるんだけど、付き合ってくれないかなあ。一人じゃ不案内で一緒だと心強いから」「いいですよ。着替えてきますね」私は寝室に行き、軽くメイクをしてスーツに着替えました。

 

エストが細く絞ってあり、スカートはミニで、膝上十センチ近くあります。「義父さん、お待たせしました」私はデートを楽しむかのように微笑みました。

 

父と並んで歩くとき、甘えるように腕にまとわりつきました。「義父さん、なんかこうして歩くと恋人同士に見えないかしら」見上げるように義父を見ると照れているようでした。

 

事のときはお酒を飲んだせいで、つい主人の愚痴をこぼしていました。義父は黙って頷いて、優しい微笑を返してくれました。

 

のお詫びだと言って、帰りに欲しかったワンピースとバッグを買ってもらいました。「義父さん、お礼がしたいのですが。何か私にして欲しいことありませんか」義父は何も言ってくれないので、私は義父の頬にキスをしました。

 

して、義父の腕を掴んで体を密着させて歩きました。帰りの電車はかなり混雑していて、私たちは密着して身動きもろくに出来ませんでした。

 

車が動き出すと間もなくして、お尻に手が触れてきました。電車の揺れで、偶然かと思いましたがそうではありませんでした。

 

の手は私のお尻を触り始めました。痴漢の手はスカートの上から軽く撫でている感じだったのに、少しずつスカートをたくし上げていって中に手を潜り込ませてストッキングの上からお尻を触り始めたのです。

 

尻の谷間をなぞり、その指は谷間に沿って前の方を弄りました。痴漢の手はさらに中指をグイと伸ばして、指を動かします。

 

はたまらず手を押さえました。痴漢の手は義父のものでした。

 

父の方を見ると窓の外の景色を見るようにして知らぬフリをしています。私たちが居た位置は車両の角でしたから、義父の手の動きは他の乗客には見えなかったけど、少しでも私がおかしい動きをしたら他のお客さんに気づかれてしまいます。

 

父は何をやっても私が声を出さないだろうと思ったに違いありません。義父は私の履いているパンストをずらしていきます。

 

してパンティを食い込ませるように中央に寄せ、隙間からあそこに直接触れてきます。とうとう義父は、直接あそこを指で刺激してくるようになり、私は必死に耐えていました。

 

の乗客に見つかったらどうしようという気持ちがさらに高まり、不安と緊張でいっぱいでした。義父の指が当たった瞬間、仰け反るような反応をしてしまったのです。

 

の様子に気づいて真向かいにいる男性が声を掛けてきました。「どうかなさったのですか?」明らかに痴漢でもされましたかと聞いているようで、私は困惑しました。

 

、いいえ、なんでもありません。どうもすいません」私は頭を下げました。

 

んだか周りの人に私の恥かしいところを見られているようでドキドキしてきて、背中にどっと汗が流れていくのがわかります。それ以上、されないようにギュッと脚を閉じましたが、あそこを指で犯され始めると閉じた脚が緩みがちになって、体が反応し始めていました。

 

あっ、いけない、そんなことやめて)胸の中でそう叫び、義父の指触りに耐えていました。義父は私のあそこが濡れ始めたのを確認すると、体を密着させてきます。

 

のお尻の辺りに義父の硬いものが当たっています。義父は執拗にワレメを指で擦ってきます。

 

は息を詰めるようにして指の動きに神経を集中させていました。私はいつの間にか足に力が入らないくらい感じ始めていました。

 

ソコがヌルヌルになってる)(いやぁ。恥ずかしい)(指が入ってきたらどうしよう)私が心配したように指がヌプリと私のアソコの中に入ってきました。

 

はクニクニと私のアソコの中を掻き回してきたのです。(あん。我慢できなくなっちゃう。やめて)私は胸をドキドキさせながら義父のされるがままに耐えていると、駅に到着するというアナウンスが聞こえてきました。

 

子さん、私はここで降りるよ。帰りは少し遅くなるから」義父は次の駅で降りてしまいました。

 

はやっとのことで家に辿り着きました。歩いていても頭の中がボウッとして、濡れた下着があそこに擦れて妖しい気分になっていました。

 

う心身ともにクタクタで、ガックリとソファに崩れてしまいました。私は義父の帰りを待ちながら、妄想していました。

 

前、インターネットで偶然にSMプレイを紹介するホームページを見たことがありました。そのサイトはプレイのリアルな書込みや投稿写真があって、私は夢中になって読んでいました。

 

ずかしいポーズで言葉責めされたり、手首を縛られたり、目隠しをされた状態でセックスしたり、私の知らない過激なプレイが紹介されていました。私は女性が調教されていく体験談に興味がありました。

 

の書き込みを読みながら自分自身がそうされているシーンを想像していました。義父に恥ずかしいことをされて、主人には恥ずかしくて絶対言えない性癖を義父が満足させてくれそうに思ったのです。

 

父にタオルで手首を縛ってもらい、体の自由を奪われてセックスしたり私にいやらしいバイブを使ったりしているシーンを想像していました。義父が戻ってきたのは夜遅くでした。

 

日は主人は残業で遅くなり、義父と二人きりです。私はなるべく普通に装いましたが、義父の指を見ているとおかしくなっちゃたんです。

 

父にお風呂に入ってもらいました。私は浴室のドア越しに声をかけました。

 

父さん、背中を流しましょうか」はしたないと思ったけど、背中を流しているうちにどうにかなるだろうと思ったのです。しかし、私から誘いをかけても、義父は何もしてきませんでした。

 

人が帰宅して、三人でお酒を飲んでいる時は義父の傍らに寄り添うようにしていました。やはり、義父の手を見ていると・・・。

 

の手で私の敏感なところを触られたんだわ)触られて感じていたことを思い出していました。その夜は遅くまで眠れませんでした。

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】