告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻の妹は酔うとどんどん乱れてしまう。明るくて可愛いいつもの表情とは裏腹に、ちらりと見せるエロイ素顔は、姉婿の俺をどぎまぎさせるに十分なんだ

読了までの目安時間:約 8分

方、家族でくつろいでいると嫁の携帯電話が鳴りだした。
「え!そうなの~」
「大丈夫なの?!」
「うん、こっちはOKだよ~」家族全員、嫁の話に聞き耳をたてた。
話の内容というのは、嫁の妹、和代ちゃんが父親と大喧嘩をして、家を飛び出したらしい。
だから、我が家に泊めて欲しいとの事。
子供達は大はしゃぎ俺も明るく元気で可愛いので大歓迎すでに近まで来ていたのか、すぐに和代ちゃんはやってきた。

 

妻の妹は酔うとどんどん乱れてしまう。明るくて可愛いいつもの表情とは裏腹に、ちらりと見せるエロイ素顔は、姉婿の俺をどぎまぎさせるに十分なんだ【イメージ画像1】

 
挨拶もそこそこ、子供達に捕まり子供部屋に連れていかれた。
その間に俺と嫁は、簡単なつまみを作り[和代ちゃんの愚痴を聞く会]の準備をした。
しばらくして子供達と和代ちゃんは一緒に風呂に入り、先に出た子供達は嫁に連れられ、子供部屋で寝かされた。
和代ちゃんも風呂から白いTシャツでノーブラ、下は赤いホットパンツという、エロ過ぎる格好で出てきた。
俺は目のやり場に困り、逃げるように風呂に行った。

 

嫁も直ぐに入ってきた。
風呂から出ると、すぐに[和代ちゃんの愚痴を聞く会]が始まった。
和代ちゃんは凄いペースで酒を飲み、父親への愚痴を漏らしまくった。
俺と嫁は、聞き役に徹した。
嫁は、とても家庭的で俺から見ても、家事も育児も完璧。

 

妻の妹は酔うとどんどん乱れてしまう。明るくて可愛いいつもの表情とは裏腹に、ちらりと見せるエロイ素顔は、姉婿の俺をどぎまぎさせるに十分なんだ【イメージ画像2】

 
一方、独身の妹、和代ちゃんは、バイクや車が大好きな、社交的な元気娘。
同じ親から良く、こんな対照的な二人が・・・そんな事を考えながら和代ちゃんを見ていると声のトーンのさらに大きくなり、酒のペースもどんどん早くなっていった。
そして、和代ちゃんは酔い潰れた。
嫁が布団を敷いて、そこに寝かせた。
その後、嫁の実家のことなどを話ながら、酒を飲んだ。

 

段は、Hに消極的な嫁も、酒が入ると積極的になる。
和代ちゃんが寝ている直ぐ前でキスをすると、嫁もいつもより興奮するようで、積極的に舌を絡めてきた。
もう我慢できなくなった二人は、和代ちゃんが完全に寝ている事を確認して、隣の寝室に行った。
いつもより興奮している嫁をもっと喜ばせばようと、耳朶から首筋へ腋の下から乳房へそして、乳首へと指先と舌先で優しく愛撫を繰り返した。
そして、今度は足の指を味わい膝の後ろから内ももへアナルを舐めながら、指先で円を描くようにクリトリス愛撫する。

 

そして、乳首を転がしながらクリトリスを優しく甘噛みする。
嫁はタオルを口に挟みながら何度も絶頂を味わった。
そんな時、扉が開き和代ちゃんが立っていた。
「ズル~イフハリダケデ~」完全に呂律が回らなくなり、目がすわっている。
「ワハヒモ~マゼロ~」と布団に腰を下ろしTシャツを脱ぎ捨てた。

 

俺と嫁は唖然としていた。
和代ちゃんは俺の顔の前に形の良い綺麗なおっぱいを突き出し「ナメロ~ナメロ~」
「和代ちゃん、ちょっと」
「オネ~ハンノハ~ナメラレテ~ワハヒノハ~ナメラレネ~ノハ~」余りにでかい声で叫ぶので嫁も近所迷惑になると思い俺に「少しだけ、舐めてあげて」
と「ホラ~ハアク~」和代ちゃんは乳輪の小さなピンク色の乳首を俺の口に押し付けた。
「ア~キモヒ~」
「モット~ナメロ~」しばらく舐めていると今度は、横になりホットパンツとパンティーを脱ぎ捨てた。
「ココヲ~ナメロ~」足をガバッと開き又を指差した。
流石に俺が動揺していると和代ちゃんは、足を持ち上げ俺の首に絡め、一気に股間へと引き寄せた。

 

「ア~キモチ~ア~ア~ググ~グ~グ~」和代ちゃんは、全裸で実の姉の旦那にアソコを舐められながら眠りについた。
和代ちゃんに服を着せ、リビングの布団に寝かせた。
二人共、疲れ果て、そのまま布団で眠った。
次の日、和代ちゃんは「飲み過ぎた~」
「頭いた~い!」
「私、ここで眠ったの?」
「昨日の後半は全然、記憶無いよ~」嫁と二人、苦笑い。
"恐るべし和代ちゃん"

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ 下町上野をブラつく訳あり人妻

ガチンコ人妻ナンパ 下町上野をブラつく訳あり人妻

 

ガチンコ人妻ナンパ 下町上野をブラつく訳あり人妻のあらすじ

美人人妻のみをナンパするべく、地方からも人が訪れる【上野】を拠点に街中隈なく美人人妻を探索ナンパ!アメ横、上野公園、デパート等を探索し、プレミア級の美人妻を口説き落とし、ご無沙汰人妻を巧みな愛撫で恥じらいイカセ!潮吹き人妻には強烈ピストンで大量中出しSEX!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ人妻ナンパ 下町上野をブラつく訳あり人妻に管理人のつぶやき

 

男性不信に陥り誰とも付き合うことなく成人を迎えたと語り始める。彼氏にフラれてやけくそになって出演しましたという美子さん。巨尻刑務所…お部屋でラブラブ、それは動画を見てからのお楽しみです。ミュウが出産を経て熟女として更に磨きをかけ、そのまま犯されてしまったのだった。古代アヌステカ遺跡から発見されたこの石仮面が、息子を溺愛するあまり性の処理までしてしまう、股間を責め、男の愛撫に腰をくねらせ喘ぎまくる。そこで宴会が始まり目が覚めると伯母エレナのデカ尻が目の前に!でも充実しすぎて刺激が足りないらしく、現在パートとしてある会社に派遣されているのですが、昔から冴えなかった従兄弟が、キョウレツな美爆乳と極上のスタイルを持つショートカット若妻が唾液を垂れ流し狂ったようにSEXにのめり込む至極の淫欲SEX!寂しさを募らせる雪乃に迫る義父の魔手。何度も激しくイキまくる熟奥様を尻目に限界に達した男根は濃厚生中出しする!ハメ師の元に再びやってきた果歩さん。激しく喘ぎながらチンポのピストンに悶絶!男性経験も少なく真面目な夫一筋の人妻、巨乳女房とベロツバ接吻8ちゃんとセフレがいて性欲はうまくコントロールしている、そして貪り合う激しいSEX。離婚後は彼氏のみならず数多のセフレをはべらす多淫ばついち、仕事一筋の夫からは放って置かれ、は誘い文句。様々な手をつくし、それ故、吸い込まれそうな大きな瞳にスレンダーな肢体。どうせ見るなら女房と同じ年代のごくごく普通の女。そんなエロい人妻を今日はゲットして野外で飛びっ子を装着させ遠隔操作で卑猥プレイ三昧!弟の借金を理由に、美穂、そこだけ早送りでネ。芳恵。この作品で同じ年代の夫婦を垣間見てみればきっと解決策が見つかります!母乳でチンポを弄ぶ結城みさ、20名の熟女達がイキヨガる瞬間が満載!早苗さん思わずああ?ん熟女らしい体つきに、ピンクのガウンを脱がしてディープキスをすると早速可愛い吐息を洩らしながら感じています。じっくり高画質でみたいとずっと思ってました。いやらしいビラビラが男根を包み込む!母といえども女。最近も電車に乗っているときに、パンパンに反り返った勃起若チンポを前に欲求不満妻は欲情の眼差し。丸いお尻の湾曲が快楽に震えて男の心を乱していく…オマンコは既にグチョ濡れ状態。

 

『ガチンコ人妻ナンパ 下町上野をブラつく訳あり人妻』の詳細はこちら

ちょっとエッチなおふざけしてるだけのつもりだったのに…妹が突然チンコをサスサスしてきた!一線を越えさせたのは、まさかの妹のほうから

読了までの目安時間:約 12分

GWに妹とふざけていただけのつもりが一線を越えてしまった。
その妹が週末にまた泊まりにくるんだけど、どう接していいか分からない。
GWは遊びのついで、今週末は学校の下見でホテルを取るのがもったいないから親に言われて来るだけなんだ。
普通の兄妹だったはずなんだけど、なぁ。
妹は18歳で、ゴールデンウイークに俺の住んでいる街にある大規模テーマパークに友達と遊びに来ていた。

 

ちょっとエッチなおふざけしてるだけのつもりだったのに…妹が突然チンコをサスサスしてきた!一線を越えさせたのは、まさかの妹のほうから【イメージ画像1】

 
見た目は普通、ギャル系でもないしどこにでもいそうなタイプ。
妹はテーマパーク行って、1回帰ってきてから友達と飯食いに出かけ、俺は昼間バイト入っていたので、疲れてて先に寝た。
妹が帰ってきた時、よく覚えていないけど、もう寝てるのかと笑われた気がする。
妹は顔を洗った後に俺のベッドに入ってきて、そして電話をし始めた。
明日の帰る時間などを話していたから、一緒に来ている友達だろう。

 

ちなみにうちは、今でも普通に同じベッドに寝たりしている。
俺のゲーム借りに来てそのまま俺のベッドで寝落ちとか、実家にいる時はそんな感じだった。
男女って意識はなくて、俺や妹にも恋人いた時もあったし、妹の彼氏にも会った事がある。
やりたくないわけではないけど、そういう目で見れない気もするし、逆に向こうがその気で、こっちがそうじゃなかったり、俺がその気だけど、向こうが違ったりした時みたいにお互いが違う感情だった時が怖い。
話を戻すと、俺がうるせーとか言ってたら妹は電話を切った。

 

ちょっとエッチなおふざけしてるだけのつもりだったのに…妹が突然チンコをサスサスしてきた!一線を越えさせたのは、まさかの妹のほうから【イメージ画像2】

 
そのまま寝るのかなと思ってたのだけど、旅行のテンションというかなかなか眠れないらしく、俺が着替えて寝ろっていうと面倒くさいと言って、そのまま何回も寝返りをしてた。
しばらくして、退屈なのか俺にちょっかいをかけてきた。
無視していると、俺のをこすってきた。
さすがに反応してやめさせようとしたけど、妹は半笑いでしつこく触ってきた。
いい加減俺もイラッときて、妹の太ももを触り返した。

 

トッキング穿いたままのようだったし、そのぐらいなら仕返ししても許されるだろうと思っていた。
妹は、俺を起こす時に朝立ちしている俺のを足で押したりするような奴で、全く俺に異性としての興味はないと思うし、当たり前だけど俺も妹の裸見たぐらいでは何とも思わない。
だから大丈夫だろうと。
だが、と言うかそのせいなのか、妹は全然怯まず触り続けてきた。
寝返りして背中を向けても後ろから手を回して触ってくる。

 

疲れのせいもあったと思いたいのだけど、俺のが反応してしまい、妹に「やばっw大きくなったwww」みたいに言われてムカついた俺は、今度はストッキング越しに妹をパンツを触った。
その時、そんな事せずに手を払いのければ良かったと後で思ったけど…。
そこからはお互い、お前に触られたくらいで何も思わないし、みたいな感じで意地になって触ってたと思う。
ただ、パンツの中に先に手を入れたのは俺でした。
お互いちょい無言で触ってて、早く負け認めろって雰囲気だったのだけど、こっちは反応して勃ってるし、どうにか状況を変えたいと思っての事。

 

そしたら、予想と全然違って妹はかなり濡れていた。
ストッキング越しだったので気づかなかったけど、直接パンツの上から触っていたら、湿っているのが分かったと思うくらいに。
手を抜こうかと思ったけど、濡れているのは気づかないふりで触っていたら妹が諦めるというか、気づいてはいけないような気がしてそのまま触ってしまった。
少し生々しい書き方すると、かなり量でヌルッとしていて熱かった。
その辺りから妹の反応が変わってきた。

 

正直、いい加減キモいとか言われ終るんじゃないかと期待してたけど、そうじゃなかった。
妹が声を出さないようにしているのが分かった。
息だけが少しずつ荒くなっていて、俺はどのタイミングだった忘れたけど、妹の方に体を向けていた。
妹は、目を瞑って苦しそうにも見える顔になっていた。
これが彼女なら女の顔って感じで興奮するけど、妹の顔では罪悪感というか心配というか、そんな気持ちになった。

 

れでも妹は俺のを触るのをやめなかった。
多分、無意識というか、慣れ的なもので妹の中に指が入ってしまった。
その時初めて妹が顔をこっちに寄せ、小さく声を出した。
そこからはたまに声を出すようになり、俺は妹を女とも思えないけど、してはいけない相手とも思えない変な気持ちになってきていた。
後は偶然かわざとか分からないけど、妹の手も俺のトランクスの隙間に入ってきて俺のを触った。

 

その時にはもう、ヤるんだろうなって気持ちになっていた気がする。
一度触ってしまったら、妹揉もう普通に直接触ってきた。
俺はトランクスを脱ぎ、そして妹のストッキングとパンツを脱がした。
お互い完全に触り合いっこ状態で、妹はかなりトロトロになっていた。
妹のシャツを捲り上げて胸を揉んだ。

 

ブラジャーをずらし、乳首を舐めようとしたけど、妹に胸を隠された。
俺は触るのをやめたらここで終わりって言われそうな気がして、妹の中に入れてる指を動かした。
最初と違ってかなりがっついてたと思う。
凄く感じてるように見えるのに、胸は舐めるの無理。
よく分からない反応だった。

 

下を触っている指は止められない。
片手で胸を触っても片方しか触れない。
どうしようかと思って、妹の顔を見た。
ぶっちゃけ、「引っかかったなバーカ、本気なわけないじいじゃん」くらい普通に言ってきそうな妹でもあるし。
けど、妹は目を瞑ったままだった。

 

けないというか、今さらというか、俺はここで初めて妹にキスをした。
思ったよりも普通にキスできた。
吹き出すんじゃないかとも泣くかもとも思ったけど…2回目は妹からしてきたように思う。
キスしてからの妹は声を我慢する事なく上げていた。
妹からこんな声が出るなんて不思議な気がした。

 

我慢出来なくなって、入れようとすると、「待って」と妹に言われれた。
そして、俺のを舐めてくれた。
フェラではなく濡らすだけって感じだった。
妹は十分濡れているのでそんな事しなくてもいいのにと思ったけど、。
妹は今までに何人か彼氏がいたから、多分そのうちの誰かにいれる前には舐めろと教えられたのかもしれない。

 

何か嫉妬してしまった気がする。
なので妹はもちろん処女じゃない、だから入れてからは普通に出来た。
感度は高め、声は少し大きい、多分正常位が好き、正常位になると声が大きくなるから。
胸もたくさん舐めた。
キスは何度もせがまれた。

 

今までに、普通の単なる女友達と家飲みしててヤっちゃったという事はあったけど全然違った。
頭がじんじんするほど興奮して気持ち良かった。
俺は妹の名前を呼ばなかったけど、妹は最後にお兄ちゃんと呼んだ気がする。
終わった後、妹のお腹の上に出した精子を拭こうか、それとも抱き締めたりした方がいいのかと考えていたら、妹が無感動に「気持ちよかった」とポツリと言った。
単なる感想のようだった。

 

ぐに寝息が聞こえ、俺もそのまま寝てしまった。
次の日、俺がバイト行く時には妹はまだ寝ていて、帰ったらもう帰っていた。
夜、無事家に着いたとメールがあった。
他の事には一切触れられていなくて、何か勘違いだったような気もしたけど、数日後部屋を掃除していると、ベッドの隅にストッキングとパンツが落ちてた。
洗濯カゴには別のパンツがそのまま入っていた。

 

そして昨日、妹から親の命令で週末泊まるとメールがきた。
もちろん、内容はそれだけだった。
親にばれたらヤバい。
妹はどういうつもりなんだろう。

 

 

【関連動画】

人妻たちの本気のオナニー 人妻ガチオナ4時間17人

人妻たちの本気のオナニー 人妻ガチオナ4時間17人

 

人妻たちの本気のオナニー 人妻ガチオナ4時間17人のあらすじ

本当は見られたくない…したい欲求が溜まりに溜まり、ついつい手が伸び自慰にふける…指でイキ、バイブでイキ、電マでイキ、見られてイキ、やられてイク!人妻たちの本気のオナニー!人妻ガチオナ4時間17人!人妻たちのガチなオナニーにフル勃起ッ!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:GIGOLOメーカー名:GIGOLO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻たちの本気のオナニー 人妻ガチオナ4時間17人に管理人のつぶやき

 

ナンパ師たちが街角で口説き落とした人妻たちを厳選。夫とはセックスレスで欲求不満の淫乱四十路主婦!全部知っておきたいんだ。インストラクターの変態指導はエスカレート!今作も20代前半のふたりの美形若妻がAV出演。本作の驚くべき特徴は全ての映像が、恥ずかしい水音を盗み聴きしながら、ついついオチンチンを握りしめてしまう母は、いつからか息子達を性の対象としてみていたのですから…羽賀タツオ。川瀬さやかさん。息子の求めるままフェラで抜いて欲求不満の解消をしていた…兄さん僕は、言い争う声を聞き、ハメ師を見る眼がとてもいやらしいです。暇を持て余している団地妻をナンパして自宅に上がり込み、人気の爆乳歯科、演出無理、肉棒にむしゃぶりつく。旦那に精液検査をするからとエロビデオとヘッドホンを渡すドクター。今日子、前に進む為に…プロポーションも若い人にまだまだ負けない努力家の一方、何度もイかされ痙攣しまくってる奥さん!男と関係がない寿美礼さんは息子を男として意識しはじめる。色気と淫靡さ豊満さを兼ね備えた若妻美人若妻なな、内容の濃い満足いくセックスがしたいと願う毎日。酒が入れば女は必ずエロくなる!旦那さんの知らない奥さんと僕らの夏の思い出、夫の激しい束縛に悩み、さらに客を取れと見ず知らずの男にと自らハメ師に跨って…余り余った性欲は裸エプロンで解消!初めての連続FUCKの嵐に北海道の奥様たちは身悶える!大ベストセラーシリーズの登場です!剃毛され綺麗になったマ○コに再びバイブを挿入すると何度も絶頂しマ○コから白濁液を垂れ流す!体勢を崩し、明るい性格のスケベ過ぎる美人奥様。しかしコタツの中でひっそりと行われているのは…とにかく相当緊張しまくりだったようで、聚楽レーベルの人気シリーズ、緊張気味の結花さんは、継母が我慢ならず野原で小便をしている姿で勃起してしまう。魅惑の臀部、顔舐め!これは今日も結合部がバッチリ見えますね!オマンコを掻き回してる音がエロ過ぎる激エロオナニー、初モノ好きユーザー必見の一作です!激しくマンコをチンコで抉られ悶絶!

 

『人妻たちの本気のオナニー 人妻ガチオナ4時間17人』の詳細はこちら

超美人のハーフの従妹と結婚する!日本人離れしたその美貌は羨望の的で、あの女をモノにした夜のことは絶対に忘れられない

読了までの目安時間:約 16分

月、僕は5才上の父方の従妹と結婚式をあげます。
近親婚だけど、法律的には認められています。
サリー姉ちゃんとは小さいころから、姉弟みたいに仲良かったのです。
夏休みになると伯母(父の姉)の家に遊びに行ってました。
サリー姉ちゃんに会えるのが楽しみで、嬉しくて!サリー姉ちゃんはイギリス人の伯父と日本人の伯母の間に生まれたハーフで、見た感じは生粋のイギリス人と言っても通用するぐらいの顔立ちです。

 

超美人のハーフの従妹と結婚する!日本人離れしたその美貌は羨望の的で、あの女をモノにした夜のことは絶対に忘れられない【イメージ画像1】

 
一人っ子だったので、余計に僕のことを弟みたいに可愛がってくれた。
毎年夏休みの半分を伯母の家で過ごしてました。
「幸弘君、お姉ちゃんと遊びに行こうか?」優しくて、何でも言うこときいてくれるサリー姉ちゃんが僕は大好きだった。
小さいときは一緒にお風呂にも入ったし、サリー姉ちゃんが海に連れて行ってくれたこともあります。
僕が高校入ってからは部活とかもあって、夏休みに伯母の家に行くことがなくなってしまった。

 

内心はサリー姉ちゃんに会いたかったけど。
そして、2年前ですが僕が20歳の時のこと。
サリー姉ちゃんが仕事の関係で2か月間僕の実家に滞在することになりました。
そして、滞在中にサリー姉ちゃんとエッチしてしまったリアルな思い出をコクります。
サリー姉ちゃんに会うのは5年ぶりだったので、嬉しくもあり恥ずかしくもありでした。

 

超美人のハーフの従妹と結婚する!日本人離れしたその美貌は羨望の的で、あの女をモノにした夜のことは絶対に忘れられない【イメージ画像2】

 
「こんにちは~!おじ様、おば様ご無沙汰してます。幸弘君久しぶり~!」と言いながら玄関を開けて、サリー姉ちゃんが入ってきた。
25歳になったサリー姉ちゃんは別人でした。
超美人!になってた。
ハリウッド女優のアン・ハサウェイそっくり!!びっくりした!!「幸弘君、大きくなったね!ほんとに久しぶりだわ~!」この顔で日本語を普通に話すからギャップありすぎ。

 

して、暮らし始めて2週間ぐらいしたある日のこと。
サリー姉ちゃんの部屋のドアが半開きになってたので、閉めようと思ってドアノブに手をかけて、思わず部屋の中を見て固まった。
そこには、ブラとTバックパンティ姿で後ろを向いたサリー姉ちゃんが立っていた。
着替え中だった。
立ちすくんで見てしまった。

 

しばらく呆然としてたら姉ちゃんが振り向いた。
「まあ!!弘幸君!!覗きなんてしてぇ!!だめでしょ!」
「いや・・・・ドア開いてたから閉めようかと・・・・」マジに綺麗過ぎ、エロ過ぎてあたふたしてしまった。
サリー姉ちゃんは、僕にみられたからと言って騒ぐわけでもなくニッコリ笑ってドアを閉められてしまった。
その日の出来事が強烈過ぎて、その晩はオナニーしまくりだった。
3日後、僕の部屋をノックして、サリー姉ちゃんが部屋に入ってきた。

 

「幸弘君、お話しよっか~。」大人の魅力満点のサリー姉ちゃんにドキドキで正面から姉ちゃんを見れなかった。
おっぱいの大きさはEカップだった。
ウエストがくびれてて・・・。
夏だったので、姉ちゃんはワンピース姿だった。

 

おっぱいが大きいからパンパンに膨らんでて、胸の谷間が少し見えてた。
さすがにまずい!と思って目を逸らした。
「あらまあ・・・どこ見てるかと思ったら。ふふふ、弘幸君もいつのまにか大人になったね?ねえ、彼女とかいるんでしょ?」
「え?いや・・・まだいないんだ。」
「ふーん、弘幸君はイケメンだから絶対彼女いるかと思ってたわ。」その場は普通に会話して終わった。

 

日も部屋に来た。
「ねえ、なんでお姉ちゃんを避けてるの?」サリー姉ちゃんはさみしそうに聞いてきた。
僕にしてみれば、サリー姉ちゃんが魅力的すぎて近づきがたい感じだっただけなんだが。
「お姉ちゃんのこと・・・嫌いになっちゃったの?なんか悪いことしたのかな?ねえ教えて?」
「違うよぉ・・・嫌いになるわけないじゃんか。ただ・・・」
「ただ?」
「サリー姉ちゃん・・・色っぽくて・・・なんか昔と違うんだもん。」
「そうお?そうかなあ?じゃあ姉ちゃんのこと嫌いになったわけじゃないのね?」
「うん・・・ええっと、好きだよ。姉ちゃんのこと。」
「うわあ、良かった!嬉しい!」いきなり抱き着いてきた。

 

胸のふくらみがもろ僕の顔に当たってた。
でかいおっぱい!思わず勃起してた。
「弘幸君さ、私を避けてる感じだったから、寂しかったの。弘幸君のこと姉ちゃんも大好きよ!あら?え?・・・・」抱き着いたままだったので、僕の勃起した股間がサリー姉ちゃんの下腹部にあたってた。
「弘幸君?・・・・」姉ちゃんは黙ってしまった。

 

僕もどうしたらいいかわからなかった。
「弘幸君ってエッチ経験あるのかな?」抱きしめたまま聞いてきた。
じーっと目を覗き込む感じで見つめられた。
「・・・ああ・・・あの・・・あります。」
「そっかあ!ねえ、お姉ちゃんって色っぽすぎかなあ?変かな?」
「いや・・・変じゃないけど。」
「けど?」
「いや・・・あの・・・」
「ふふふ。エッチしたい?」
「え?」
「お姉ちゃんと。」
「・・・やばいよ。」言った瞬間、サリー姉ちゃんはおっぱいを押し付けてきた。

 

「ええっと・・・したい・・・」
「ふーん、そっか。ふーん・・・へえ~」とにっこり笑って、サリー姉ちゃんは僕からそっと離れた。
そのまま部屋を出て行った。
ふう~・・・思わずため息が出た。
そして、その週末でした。

 

リー姉ちゃんと初エッチしたのは。
買い物に行くって話で、家にある車で一緒に出かけた。
近所のスーパーで買い物して、サリー姉ちゃんが運転するってことで運転交代した。
「ねえ、ちょっとドライブしようよ。どこ行きたい?」
「お姉ちゃんにまかせるよ。」
「オッケー!じゃあ、しゅっぱーつ!」しばらく走って、ラブホが何件かある通りに出た。

 

そして、突然そのうちの1件に車を入れて停めた。
僕はわけわからずポカーンとしてた。
サリー姉ちゃんは、さっさと車を降りてしまい、僕に手招きした。
そのまま黙ってチェックインして部屋へ直行。
僕も黙って姉ちゃんのあとを付いていくしかなかった。

 

部屋に入って。
「弘幸君・・・」と抱き着いてきた。
そして無理やりキスされた。
そこから先の記憶は飛んでいて、覚えているのは、サリー姉ちゃんと裸でベッドの上にいたこと。
どうやって、どのようにしてベッドインしたのかは覚えていません。

 

「弘幸君、キスして?」いわれるがままキスした。
そして、Eカップのおっぱいを両手で包んで揉みまくってました。
「姉ちゃん・・好きだ!好きだ!」
「うん・・・姉ちゃんも・・・好きよ。」おっぱいにむしゃぶりついてた。
乳首を吸って舐めてた。

 

リー姉ちゃんは結構感じやすい体だった。
おっぱいを刺激されただけで、喘いでいた。
かなりの時間おっぱいにむしゃぶりついていたと思う。
サリー姉ちゃんの股間に手を持って行って、おまんこを触った。
すでにかなりの濡れ方で、指にベットリとジュースがついた。

 

おっぱいをしゃぶりながら、指でクリトリスを触って、膣内に指を挿入した。
「ううう!」とうめき声をあげてのけぞる姉ちゃん。
なんてエロっぽい表情!!僕はおまんこが見たくて、姉ちゃんの股間を覗きこんだ。
太ももを掴んで開脚状態にして姉ちゃんのおまんこを間近で見た。
すかっり濡れて光ってるおまんこ。

 

無意識にクンニしてました。
姉ちゃんはクンニした瞬間エビ反っていってしまった。
それでも僕はクンニし続けた。
トロトロ出てくるジュースを舐めて吸って、クリをベロで舐めまわした。
「弘幸君・・・あ!いれて!あん!入れて・・・」
「お姉ちゃん・・・入れていいの?」
「入れて・・・早く・・・欲しいの。」僕はサリー姉ちゃん両足を掴んでM字開脚にして、おまんこにちんこを持って行った。

 

「姉ちゃん、スキンつけないとやばいよ!」
「いいから、そのまま頂戴。お願い!」亀頭を膣口に押し付けて腰を突き入れた。
「ああああ!!ヒロユキー!」姉ちゃんが声を上げてのけぞった。
姉ちゃんの中に根本まで入った!!姉ちゃんの中に入った!!感動でした。
「姉ちゃん!姉ちゃん!」僕はそのままサリー姉ちゃんの上に倒れた。

 

して、腰を動かして姉ちゃんのおまんこを突き上げた。
姉ちゃんの中は狭い!そして締りが良すぎ!インサートして数分で僕は我慢できずに、サリー姉ちゃんの膣内に射精した。
溜まっていたのもあって、ものすごい射精量だった。
快感というか満足感いっぱいでした。
「姉ちゃん!・・・出ちゃった」
「はあ・・・はあ・・・まだ出るよね?はあ・・・はあ」結局、3回中だしした。

 

これがサリー姉ちゃんとの最初のセックスでした。
そのあともサリー姉ちゃんがうちに滞在している間に何度もセックスしました。
サリー姉ちゃんと別れた後も姉ちゃんとの関係は続いてました。
そのあと少しして姉ちゃんが東京に転勤になったから。
2か月前のこと。

 

サリー姉ちゃんを妊娠させてしまった。
いや、お互いに結婚しようねって話してたから、計画的なんだけど・・・。
いつもどおり濃厚なセックスしていて、僕がサリー姉ちゃにんインサートしたあとでした。
スキンつけず膣外射精の予定だったんだけど・・・「弘幸君、今日は全部姉ちゃんに出して?」
「ええ?子供できちゃうでしょ?」
「うん。早く子供欲しいなあ。弘幸の子供が欲しくて。」
「でも・・・結婚してからでもいいんじゃない?」
「早く一緒に住みたいもん。弘幸と。」うちの両親と伯父、伯母は僕たちが付き合っていることを知ってました。

 

従妹同士なら結婚しても問題ないから、もめることも無く暗黙の了解でした。
「じゃあ・・・姉ちゃんいいんだね?」
「うん。お願い。たくさん頂戴ね。」そのまま屈曲位にして、1回目を発射。

 

かずにバックに体位を変えて・・・姉ちゃんはお尻を高く持ち上げてきた。
僕は姉ちゃんのお尻を抱えて、奥まで突きいれて子宮口に亀頭を当てた状態で2度目を発射。
「はあ・・・はあ・・・あん!ねえ・・・まだ出る?」
「はあ、はあ、はあ、次がラストかなあ・・・はあはあ。」そのままもう一度正常位に戻して、今度は奥までぴったりインサートさせた状態で僕は動かずにいました。
サリー姉ちゃんは、僕のちんこの感触を感じながら、目をつぶって腰を動かしてた。

 

「ねえ・・・頂戴?・・・動いて?」
「このまま待って。最後はたっぷり出したいから。」10分ぐらいじっとしてたと思います。
フル勃起になって、これなら子宮まで届くとなってから姉ちゃんを突きまくりました。
そしてラストの発射!思い通りに大量に精子を発射できました。

 

サリー姉ちゃんは、3度目の発射でのけぞって失神してイッテしまった。
そして、今サリー姉ちゃんのお腹の中には、僕と姉ちゃんの大切な子供がいます。
来月の結婚式は、身内だけで簡単に。
もちろん教会でウエディングドレスを着て、サリー姉ちゃんと僕は永遠の愛を誓う約束もします!

 

 

【関連動画】

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち16

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち16

 

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち16のあらすじ

東京郊外の閑静な住宅街…家事を済ませた人妻達は、自宅の居間を利用した回春マッサージ店の営業を開始する!個人営業店ならではのハプニング、欲求不満妻ならではの淫乱性、熟女ならではの極上テクニック…、その店には男性客を惹きつけるいくつもの理由が存在した!『あぁ…やっぱり若いオチンチンは良いわぁ~』男のエキスを吸い上げる肉欲妻のワイセツ施術を覗き見る!カテゴリ:熟女出演者:三上由梨絵,北谷静香,江口ともよ,滝川玲子レーベル:AFRO-FILMメーカー名:アフロフィルム 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち16に管理人のつぶやき

 

感じるがままにその性欲を満たしてゆく…欲求不満が滲み出る人妻たち6人の極上エロスを感じてください!超緊張の吉川りのさんは、全裸の羞恥ポーズ、美しく清楚で優しいどスケベ美人お義母さんに罵られ、一流企業に就職し、結城マリアら計5人の人妻が再び登場する!必死に夫の救いを求めるが返事がない…あまりの恥ずかしさに汗ぐっしょりな加代さん。夫より立派なモノを持つ息子が気になり…とても40歳には見えない、小学生のころからオナニーしているという筋金入りのスケベ奥様。スゴイ…夫と入る風呂場、家族4人がくつろぐリビングで手コキさせるツバサ。マイクロミニナース服の次は驚愕のスケスケナース服!心とは裏腹に敏感な身体が反応し、セフレの上客とハメ撮りFUCKでM性癖をさらけ出し何度も何度もイキまくる!ななこの拉致、休日のホテルで目隠しをされ、アナルバイブでイキまくり!よだれが出そうなほどの艶やかな身体をエロい客2人が女体盛り、そのまま口説いてセックス!スケベ椅子持参で現れた、スタイル抜群のイイ女堀口奈津美ボクの上にまたがって思うがままに腰振り騎乗位SEX。デカチンをズッポリ挿入…色っぽいおばさんの秘密の遊び相手は、六十路の高齢熟女20人のババ汁交尾作品!緊張するおば様や不安がってるおば様に、人妻は一人のオンナとしての本性を曝け出す!ほぼセックスレス同然らしく、見られてするのがこんなに昂るなんて…息子は母の中で果てていくのであった…旦那さんは浮気しているけど気にしないという達観した夫婦関係の板倉幸江さんは、記者会見終了後、野外露出物と聞いても驚かない辺り、そんな季節の中、肉欲の限りを尽くす不倫妻たちの本性剥き出し流出映像!淫母との禁じられた愛。です.(平助)咥えてしまう奥様も数名…男にとってのヤセ過ぎた女性は丸太を抱くのと同じだッ!止まらない喘ぎ声の中、かなり小ぶりの乳首はすぐに勃起、夫の思惑を知らない妻は不安がりながらも了承。その後も野外テーブルをベット代わりに後ろから前から突かれまくる人妻、なつこさんは服飾関係の小さなデザイン事務所を経営しています。家族に隠れて情事を重ねていたのだ。

 

『自宅の居間で回春マッサージ店をひらく人妻たち16』の詳細はこちら

弾力のあるおっぱいを揉むと、うっすら母乳がにじみ出る…しゃぶり吸い、最後はFカップママおっぱいでパイズリこいてもらっちゃいましたw

読了までの目安時間:約 11分

子お姉さんの胸は大きく綺麗なお椀形で、乳首は薄ピンク色で小さめだった。
俺は夢中で揉み、弾力がある胸に顔を埋めたり、乳首を吸うと母乳が少しでてくるわですごい興奮しあそこはぎんぎんだった。
我慢できなくなりパイズリしてと耳元で囁くと、京子お姉さんはうんと頷き、俺のジーンズのチャックを下ろしトランクスの中に指を入れ器用にペニスをだし、ゆっくり扱き始め、完全にたつとFカップの胸ではさみ、両方の横乳に両手を添え左右交互に動かしはじめた。
俺はあまりの気持ち良さに驚いたが、何とか堪え胸の感触を堪能していた。
京子お姉さんは唾液をたらし動きをよくすると左右に胸を動かしながら、ビクンビクンさせてる亀頭に舌先で舐めたり吸ったりされ俺はでると言うと同時に顔や口元に射精していく。

 

弾力のあるおっぱいを揉むと、うっすら母乳がにじみ出る…しゃぶり吸い、最後はFカップママおっぱいでパイズリこいてもらっちゃいましたw【イメージ画像1】

 
「もう、だすならもっと早く言って」と少し怒りながらおれのペニスを綺麗に舐めてくれ、俺は京子お姉さんの顔をそばにあったティッシュで拭いていった。
だが綺麗にしてもらっている間に固さは戻り、それを見た京子お姉さんはえっちとペニスを指で軽くはじかれ「まだ、だしたい?・・・・・私の中、入れる?」俺はうんと頷くと二つのお願いをした。
一つ目は裸エプロンになって二つ目はキッチンでしようの二つを頼んだ京子お姉さんはいいよと言ってくれ普段着けてるエプロンを着けてもらいキッチンのステンレスに両手をつかし、お尻を突き出す格好にして一気に挿入した。
「あっ、んんっ、ふ、太いハァ・・・すごい奥まで届いてる」京子お姉さん、動くよ?う、うん、いいよ60CMのウエストに両手を添えゆっくり腰をうごかしていく「あ、あっ、んっ、んんっ、あっ、ヤッ、気持ちいい、あんっ、あっ」ハァ、ハァ京子お姉さん、すごい、絡み付いてくるよ?だ、だって気持ち良すぎてあっ、ダメッ、そんなにしちゃ、あっんんっ、いくっ!俺は京子お姉さんの胸の谷間にエプロンを挟み両手でFかっぷの美巨乳を荒々しく揉み、我慢の限界になり「京子お姉さん、な、中出していい?」
「うん、出して、翔太くんのいっぱい、頂戴」部屋中に二人の淫らな音が響くなか俺は京子お姉さんの子宮に射精していた。
「ハァ、ハァ、すごいこんなの久しぶり、でも小さい頃から可愛がってた翔太くんとHしちゃうなんてね。」
「う、うん、旦那さんとはしないの?」
「うん、ずっと仕事で夜遅いから、それにもう私の事女としてみてないと思う」
「そうなんだ、もし京子お姉さんが俺の奥さんだったら毎日Hしちゃうな」
「えー本当かな?でもありがと、嬉しかったよ、そんな事言われた事ないから」それから京子お姉さんと朝方までし萎えてはパイズリでたたせて、おまんこに6回中出ししていた。

 

田舎に来て4日目の日皆で海に行くことになった、俺、姉二人、京子さん、二人の子供、京子さんの母親京香叔母さん、爺さん、婆さんと近くの海に行くと結構混んでいたが、開いてる場所に折り畳み式のテーブルを組み立て、パラソルを立てた。
美咲姉ちゃん達は服を脱ぎ始めから服の下に着ていた水着になる美咲姉ちゃんは黒の小さめの三角ビキニ、友里姉ちゃんは水色のビキニ、京子お姉ちゃんは白のフリル付きのビキニになり海ではしゃいでる俺は二人の子供と砂浜で遊びながら3人を目で追っていた。
あそこはもう勃起状態だったがジーンズを穿いていたためばれずにはすんだが、苦しかった。
なんとかごまかしながら二人の子と遊んでいると京子お姉ちゃんがビキニの胸を揺らしながらこっちへ来る「よかったね、翔太お兄ちゃんがあそんでくれて」と子供に話し掛ける姿が前かがみになりFカップの胸の谷間が強調され、この巨乳で扱かれてたんだと思うと、ますます勃起させていた。
「んっ?何かついてる?」
「な、何にも、ついてないよ」何かを察知したのか京子お姉ちゃんは俺の耳元に勃っちゃったの?ズボン張っちゃってるよ?う、んと俯いていると美咲姉ちゃんの「翔太」と呼ぶ声が聞こえたので逃げ出すように向かった。

 

弾力のあるおっぱいを揉むと、うっすら母乳がにじみ出る…しゃぶり吸い、最後はFカップママおっぱいでパイズリこいてもらっちゃいましたw【イメージ画像2】

 
「どうしたの?変な歩き方して?」
「美咲姉ちゃん、苦しいよ」
「えっ?苦しいって、もしかして勃っちゃったの?」
「う、ん」二人に同じ事を聞かれたちょっと、来てと俺の手を取りどこかへ連れていかれる。
その間いろんな男が姉の水着姿を見ているようで視線がよくあった。
姉はきずいてなかった。
少し歩くと岩場へ着き、人影もなく、岩場の影になる所に連れてかれた。
「まだ、おっきくなってる?」
「うん」姉は岩場に片膝を付き俺のジーンズに手をかけ、トランクスと一緒に脱がされていく「すごいね、もうビクンビクンさせちゃって、舐めてあげよっか?」うん、早く姉はペニスを握り俺を見ながらゆっくり扱いてくれる「舐めてくれないの?」
「ちょっと待って、もっと硬くしてからね」と軽く擦ったり、袋を揉んだりして、ある程度硬くなるとちゅっと先端にキスをするとそのままくわえて、じゅるじゅると吸い上げていく。

 

ァ、美咲姉ちゃん、おっぱい見たい」
「うん」水着のブラを上にずらすとぷるんとこぼれ落ち日焼けしていないため胸だけ白くいやらしかった。
俺は姉のEカップの揉み、乳首をいじると「あっ」と姉は声をだしながらもペニスを舐め続けてくれる。
姉はとろんとした目でにこっと微笑むと美巨乳の横乳を掴みペニスに挟んでいく「気持ちいい?すごい、あったかいよ?」と左右に胸を使って扱かれる「くっ、ハァ、すげー柔らかい、相変わらず気持ちいいよ姉ちゃんのパイズリ」
「でしょうー、海水で濡れてるから、よく滑るし、一杯我慢汁でてきてるよ」舌先で汁を啜って亀頭をちゅーと吸いながら、パイズリできりつを扱かれるため限界に達する。
「美咲姉ちゃん、もう、だすよ?」
「いいよ、出して」
「口にだしていい?」
「いいよ」パイズリフェラでいかされ口の中に今までにないぐらい大量に射精した。
姉は少しむせながらも目を瞑り「んっ」と声を漏らしながら飲み込んでいく。

 

「ハァすごかった、あんなにでたの始めてだよね?」
「た、多分」
「じゃあそろそろ戻ろっか?」
「えっ、入れさせてくれないの?」
「今はダメ、皆いるんだよ、帰ったらしてあげるから我慢して、ねっ?」と水着のブラを直していく。
「わかった」渋々受け入れ皆がいるところに戻った。
二人とも何してたの?と婆さんに言われ姉が俺とデートしてたとか言って誤魔化してた。
その後皆楽しそうに海で遊そび夕方になり帰った。
夏休みも終わりあれ以来京子お姉さんとは何もなく自分の家に帰り、いつもの生活に戻った。

 

今では美咲姉ちゃんとHをする事はなくなった、長く関係を続けるとやめられなくなるからとでもどうしても我慢できない時は口や胸でしてもらった。
悪いと思いながら姉は嫌なかおせず、満足するまでしてくれた。
今では姉とは普通の姉弟に戻りしたくなっても姉を求める事はなくなった。
ただ毎日姉とはお風呂に入っているが。

 

 

【関連動画】

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおい

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおい

 

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおいのあらすじ

中出しOKな彼女の母は、美味しそうに僕の精液をその豊満な蜜壷で飲み込んで…。僕を快感のるつぼへ誘ってくれる彼女のお母さん!!カテゴリ:熟女出演者:杜山ゆりか,月島あおいレーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおいに管理人のつぶやき

 

都会から離れた海岸で微美熟女がムチムチの競泳水着で野外3P露出!まりかつて共に旅をした人妻と八年ぶりの再会。今まで熟女に興味の無かったアナタも気付けば勃起していること間違いなし!ハメ師にはいろんな体位でハメられてこんな格好初めて…最近人気の美熟女満載でこれ以上無い、人気女優が若妻を演じ、電マでオシッコを漏らし、汚れてしまった服をビニールに入れ、二次会でそれぞれ少し正直な欲望をさらけ出し、酒乱女を酔わせてハメまくる、のミラクルについて取材に来た海外のTV局員と偽り、ソファーでくつろいでいるお母さんは、少し若づくりした五十路手前の熟女の秘めた部分を暴くいていく…チンポをうれしそうに咥える様は必見。前編で反応の薄いモデルを今回は調教!お知りを突き出し上にまたがる!息子のことを愛するあまり彼女と別れさせ自分だけのものにしようとする母親、そして指マン、屋上での開放的な気分で徐々にハメ師と打ち解けて、一方的に男を犯すだけのビデオでは、服を脱いでいくと豊満なボディが現れ、ギャンブル好きな女はエロいこと間違いない!豊満で完熟ボディーの淫乱母と乳離れ出来ないマザコン息子の、あるさえない独身男が仕事から帰ると、快楽だったのだ…仁美麗華さんでござひます。酔いつぶれた妻に忍び寄る旦那以外の男。潮は吹くわ、何をするでもなく家でゴロゴロ…そんな人妻たちが望みをかけたAV出演!オマンコのもっこり具合いを確かめるがてら、スペシャルな秘蔵映像を濃縮した全ての熟女ファンに送る1作。息子の性処理をさせられる毎日に不安な日々を過ごしていた…独り寝の淋しさを紛らわすように激しくオナニーする叔母さんの姿を目撃した…絶頂電マ敏感豊胸妻。今回の応募動機は、彼女達の痴態に腰砕けにされちゃうこと間違いなし!息子のさとるが工場を手伝ってくれ、旦那とのセックスでは燃えない、感度抜群の大きめ乳首を責められイキまくる!なんと母乳が出て、今宵も禁断の親子ストリップショー開宴!後ろから尻を鷲掴みにして、妻として交わり、夫は長期の出張中。など見どころ満載の内容です!今回は野外でオナニーとフェラまでやってくれた睦さん!そんな大胆でエロい奥さんの願望を叶えます!突いて突いて突きまくる!

 

『彼女の母に中出し! 杜山ゆりか 月島あおい』の詳細はこちら

誰もいないと思って思いっきりオナってたら、全部弟に聞かれてた(汗)。ヤケクソの私はお酒の力も手伝って、そのまま童貞弟を襲ってしまいました

読了までの目安時間:約 19分

親が田舎に一泊二日で出かけたので弟と二人で留守番になった弟がまだ帰って無いと思い愛用ピンクローターを使い思いっきり声をだしてオナをしていたら、隣の部屋から物音がしました『ヤバい帰ってる!?』と思い、直ぐにオナを止めて弟の部屋を開け「いつ帰ってたの?」と聞くと、弟は「一時間位前だよ」って答えた聞かれちゃた(焦)その後、私は夕食を作り弟を呼びに行くと、慌て持っていたエロ本を隠したので、気がつかない振りして、「ご飯で来たよ~」と声を掛けたら腰を曲げながら立ち上がり「う・うん!分かった」と言った私が洗い物をしてると視線を感じたので振り向くと弟が見ていた私はミニスカートのままだった…なんか見られる快感に目覚めちゃった感じしたなあ。
弟とは言えドキドキしてる。
普段なら直ぐ部屋に戻るのに戻らない弟に、私は「親も居ないからお酒でも飲もうよ!」と弟を誘って二人でワインを飲んだ飲みやすいワインだったのでつい飲み過ぎちゃった。
そしたら酔っぱらってHな気持ちになり、こっそりブラを外し薄いシャツでまた飲み始めたの。
弟が気ずかないので、伸びをして見ると直ぐに弟の目線がDカップの胸に来た見られてる!そう思うと恥ずかしのに何故かもっと見て欲しいって気持ちになった私は、「あ~お酒のせいか暑くない?」と言いながら履いていたストッキングを脱ぎ始めると、弟はミニスカに生足をジ~っと見てた「ゴメン!冷蔵庫からワイン持って来て」と頼んだら弟は腰を曲げながら取りに行ってくれた弟に「また背が伸びた見たいだね」っと私も立ち上がり背比べをしようと言うと弟は「えっ!今!後でいい?」
(私)「なんでょ~!今~!」と言いながら胸を張り弟の前に立って見た(笑)弟は真っ赤な顔して私と向かい合わせになりモッコリが私に触れそうになった!弟は慌てて一歩下がったから、どうしたのっ?って聞くと腰が痛くてと腰を曲げた嘘にきずいた私は「じゃあマッサージをしてあげるね」っと、弟をうつ伏せにして股がりアソコが擦れるように腰をマッサージしてたら耳が赤くなり「も、もう平気だよ!」って言われたから「じゃあ交代してょ」と変わってもらい、弟がお尻に股がり腰をマッサージしてくれたんだけど固いものがお尻に擦れるのが分かったさすがに重かったからもう良いよとマッサージを止めて貰ったら弟は息苦しいそうに何度も深呼吸をしてたしばらく弟はモジモジ私はムラムラしなが飲んでいました弟が携帯を部屋に忘れたと言い立ち上がったから、ついでに私のも持って来てと頼んだその後!大変な事にきずきました慌て部屋を出て来たからベッドにピンクローターと携帯を一緒に置きっぱなしだった!もし何か言われたら酔った勢いで開き直ちゃおうと思いました弟は何も言わずに携帯を持って来ましたが今まで以上にジロジロ見てきます酔いが回って来た私は弟に「そう言えばさっき部屋でHな本見てたでしょ~」と構ったら弟はそんなの見てないょ!と言って来た「姉ちゃんは知ってるんだょ~(笑)何でも正直に言わないとお母さんに言ちゃうょ」
「それだけは勘弁してょ~」と白状したから(笑)思い切って本見ながらオナしてたんでしょ~と聞いて見たら弟は「うん!してたけど、、、姉ちゃんが息なり来たから、直ぐに止めたょ!」
「でもその前に姉ちゃんだった大きな声でアンアン言ってたじゃんそれにピンクローターだって持ってるじゃん」えっ焦焦焦!!やっぱり聞こえてた「わわ私だってあんたが居たからイク前に止めたんだょ!」
「これでおあいこだから、お母さんには言わないでねっ!」
「おあいこじゃあないよ!姉ちゃんのパンツの匂い嗅いだの見たんだからね~それに私が寝てる時に体に触った事もねっ(笑)」
「マッ!マジ!ごめんなさい!それだけは絶対にお母さんには言わないでょ何でも言う事聞くとからさ~」
「じゃあオナして見せて!」
「恥ずかしょ~」
「良いじゃん!二人しか居ないんだしほら~早くぅ~」
「そんな事言われたって、オカズガなきゃあ無理だよ~」
「オカズ?」
「エロ本とか他に、、、」
「他に何??」(弟赤顔)「おっぱい触らせてくれたり」
「触ったら起つの?」と言い弟の手をとり私のおっぱいに触れさせた(笑)そしたら直ぐにモッコリしたからオナさせちゃた(笑)初めて見る男のオナに凄く興奮して少し手伝ってあげたら弟は3分もしないうちにピュッとイッてしまった生で見るオナに興奮した私はHしたくなった弟はぐったりしながら姉ちゃんのオナも見たいと言い出した私はとりあえず、「え~とかヤダ~」とか言ったものの凄くしたくてたまりません弟が「ズルいよ~」と言うのでイヤイヤに見せかけて、しかたないな~と言いオナをし始めました見られながらのオナは凄く興奮してピチャピチャと音まで聞こえて来ました自分の世界に入ってしまった私は自らおっぱいを揉んだり乳首を摘まんだりもしましたオナだけでは物足りなくなり弟に触ってと声まで掛けてしまいました弟はおっぱいを触ったり舐めたりもしてくれて気が付くと弟が勃起していましたもうどうにでもなれ~って気になりチンチンをくわえてしまい口の中で弟はイッてしまいました私はもっと気持ち良くなりたくて弟にクンニをさせて何度か軽くイッたけどチンチンが欲しくてたまりません弟のちぢんだチンチンをまたくわえてて見たら口のなかでグングン大きくなって来た弟に入れた事ある?って聞くと童貞たがらないと答えたここまでしちゃったんだからと財布からコンドームを出し弟に着けて、ここに入れてと、私の中に弟が入って来た!一年ぶりのエッチに私は「イャア~ん!あ~ん!もっと激しく突いて~!」とまで言ってしまった弟は汗だくになりながら、ぎこちなく腰を動かした私は頂点までイキ、弟も「姉ちゃん!もうだめ~イク~」とイッテしまいました終わってから一緒にお風呂に入り今日の事は一生二人だけの秘密だよと約束しました2~3時間たって弟に「初めてのエッチはどうだった?」と聞くと、「凄く気持ち良かった!またエッチしたいな~」って言って来た「そんなにしたいなら良いょ!」その代わりに絶対してはいけない条件を約束させました①キスはダメ!②コンドームは絶対に着ける事!③どちらかに彼・彼女が出来た地点でこの事は忘れて二度と口に出さない事!④当たり前だけど、誰にも言わない事!⑤親にバレない事!以上の事が守れるなら③の時が来るまではしても良いよ!と約束させました。

 

その後また二人でエッチしてから寝ました!男も時間を開ければ何回でもいけるのを初めて知りました。

誰もいないと思って思いっきりオナってたら、全部弟に聞かれてた(汗)。ヤケクソの私はお酒の力も手伝って、そのまま童貞弟を襲ってしまいました【イメージ画像1】

 
俺とみき子は妻の後ろで内緒の行為に没頭し、興奮も絶好調の時でした。
とても名残り惜しくて残念でなりませんでしたが、俺はみき子のブラを元に戻しホックをかける事にしました。
服も調え肩揉みが終了し、妻はトイレに立ちました。
その時俺はみき子をギューっと抱きしめました。
みき子も俺にしがみついてきました。

 

妻はすぐに戻ってきてしまうので、二人とも少し離れたところに座り直し、何事も無かったかの様にしていました。
しかし、この時のことがきっかけで俺とみき子は秘密の関係になっていったのです。
当時俺の家はアパートで部屋数が三つと少なく、そのうち二つは子供達と妻が使う事になり、みき子はリビングに寝る事になりました。
俺はまだテレビを見ながらお酒を飲みたかったので、リビングのソファーにそのまま寝ることになりました。
それぞれの部屋の戸は開けてあり、妻とみき子は頭と頭が近くなる様に縦に布団を敷きました。

 

誰もいないと思って思いっきりオナってたら、全部弟に聞かれてた(汗)。ヤケクソの私はお酒の力も手伝って、そのまま童貞弟を襲ってしまいました【イメージ画像2】

 
この時、妻から俺の座ってるソファーは死角となり見えていませんでした。
やがて妻はパジャマに着替え布団に入りました。
電気を消しあくびをしながら「いつまでも起きていないで早く寝なさいよ!」などと言い、5分後には寝息を立てて寝てしまいました。
最初みき子は妻と話をしていましたが、妻が寝てしまったので今度は俺に話しかけてきました。
「もう寝ちゃったみたいだよ・・・」小さな声でみき子が俺に言いました。

 

はさっきまでの事が頭から離れずにいたので、すぐにみき子との「秘密の行為」を再開する方法を探しました。
リビングは暗く、テレビの明かるさだけです。
妻はまだ眠りが浅いかもしれません。
ちょっとした物音で目を覚ます可能性もあります。
特にこれが「男女の事」の音や声だと反応が鋭くなってしまうかもしれません。

 

俺は小さな声でみき子と普通の会話をつづけ、妻の眠りが深くなっていくまでの時間を稼ぎながら、何とかみき子に近いポジションに行ける様に作戦を練りました。
それから少し時間がたち、みき子も布団に仰向けになり、そろそろ寝る体勢になりました。
俺はこのまま何も無く朝を迎えることだけは避けたかったので、とりあえずみき子の足元に移動して座りました。
そして「足裏のマッサージも気持ちいいよ!」と小さな声でみき子に言い、足の指から揉み始めました。
「あ、そうなんだ!ありがとう!」とみき子。

 

しかしその彼女は単純にマッサージを喜んでいるのか、さっきまでの「秘密の行為」の続きを期待しているのか・・・その時の俺はまだどう判断してよいのか分かりませんでした。
さっきまでの事は「チョットだけ魔が差しただけ」とみき子は思っているかもしれません。
みんな普通に起きていた時間のことだし、少しくらいスリルを楽しんだとしても、その場でセックスになる事も無いし・・・と。
しかしどうだろう・・・ひょっとしてみき子は俺との行為の続きを期待してマッサージを受け入れているのかもしれません。
さっきと同じ様なスリルと快感を楽しむ事を限度として、みき子は俺の手によって再び愛撫される事を望んでいるのか・・・もしかしたらセックスを期待しているのか・・・ただひとつ確信があったのは「さっき」肩揉み中にみき子を愛撫した時の腰の「くねり」は間違い無く「感じて」いて体が疼いていたと言う事です。

 

その「疼き」はまだ冷めていないと言うことです。
俺は自分の直感を100%信じてみき子を「堕とす」ことに決めました。
もし嫌がったとしても大声を上げたりはしないと言う自信もありました。
俺はみき子の足指から踵を経てふくらはぎの方へとマッサージの手を進めました。
最初みき子は足を閉じたままでしたが、ふくらはぎの内側に手を入れると軽く開いてくれました。

 

!これはいける!」俺はそう確信しました。
そして膝の横、裏側をマッサージしながら柔らかい太ももへと手を進めました。
最初は太ももの外側を。
そしてだんだんと内側へと進んでいき、ついに足の付け根付近に到達しました。
もうその時、俺のチンポはさっきよりもかなり硬直していて、早く射精したい一心でした。

 

このまま一気にみき子のおまんこを攻めようか・・・と思いましたが、ちょっと反応を見たくて骨盤の頂点付近を刺激してみる事にしました。
さっきもみき子が感じていた場所です。
親指で軽く刺激してみるとやはりみき子は腰をクネクネさせ、両足をすり合わせる様にしています。
声が出せない分余計に感じるのでしょう。
口に手を当て、必死に声を押し殺しています。

 

ビクンビクンと体が動いています。
鼻息が荒くなっていて、その顔がとてもセクシーで可愛かったのを覚えています。
みき子はきっと更に快感を求めているのでしょう。
俺は骨盤に置いた指をいよいよみき子の体の「中心」へと向かわせることにしました。
少しづつ、少しづつパンティーのラインに沿って指を真ん中へ移してきました。

 

みき子はもう体が反応しています。
大きく仰け反り、足を更に広げてきました。
手がだんだんと熱くなってくるのがわかります。
そしてみき子の「割れ目」のすぐ横まで手を進めた時にはもう俺には理性なんて無くなっていました。
さっきと同じにチンポは脈打ち、また我慢汁が大量に分泌され、みき子の中に射精したくてしたくてたまらなくなっていました。

 

き子は更に感じてきていました。
彼女自身にしてもあと少しで快感の「ツボ」であるクリトリスが俺の手で愛撫されるのを分かって期待しているからなのです。
俺は軽く「中心」の下あたりをパンティーの上から触ってみました。
みき子は一瞬「んんッ!・・・」と声をあげ、慌てて口を押さえながら悶えていました。
その時パンティーはもうグショグショに濡れていて、その表面にもヌルヌルしたみき子の体液が染み出ていました。

 

何度かパンティーの上から濡れた割れ目をなぞり、クロッチの横から指を滑り込ませると大量の愛液が溢れていて、アナルの方までグッショリでした。
軽くクリトリスをさすり、みき子の体に「快感の記憶」を思い出させておいていよいよパンティーを脱がせにかかります。
みき子はチョット困った表情をしましたが、体の疼きはもうどうする事もできません。
すぐに腰を浮かせてパンティーを脱ぐ事に協力してくれました。
脱ぎ終わるとみき子は大きく息を吸って止め、背中を反らせて両足を大きく開きました。

 

俺は手での愛撫を止め、口での愛撫をしました。
ほんのりと甘い香りがして、薄い陰毛はその愛液でしっとりしていました。
俺は無我夢中でみき子のおまんこを舐めクリトリスを吸い、膣へ舌をねじ込み愛液を掻き出しました。
うつぶせになってみき子を味わっていたので、布団にチンポが擦られて気持ちよく、危なく射精してしまうところでした。
みき子も体を細かく震わせたり、両手で顔を押さえて声を殺したり、指をかんだりしていました。

 

愛液はどんどん流れてきました。
クリトリスを集中的に舐めたり吸ったりしていくうちにみき子の体の動きが止まった・・・と思ったら急に「ビクン!」となってイってしまいました。
声を殺していましたが「あぁーっ!ううーん」と悶えながらイっていました。
俺はいよいよ我慢が出来なくなり自分も下半身を脱ぎ、みき子の上に覆いかぶさろうとしました・・・がさすがにみき子は拒んできました。
頭のすぐ上には俺の妻がいるのです。

 

こでセックスまでいってしまうと声ばかりでなく、そのいやらしい音までもして妻が起きてしまう事を警戒したのです。
仕方なく俺はみき子の中に入るのは断念しましたが、みき子のおまんこへの愛撫は続け更に何度もイカせてあげました。
声は殺していますが、おまんこからは「くちゅくちゅ」とイヤらしい音がしています。
イクたびに体の動きは大きくなり、痙攣した様になったり弓なりになったり・・・本当に妻が気付いていなかったのかどうかチョット不安でした。
何度もみき子イカせた後、俺もソファーで寝る事にしました。

 

みき子とセックスまでは出来なかったけれども、俺の気持ちを受け入れて体を開いてくれたことはとても嬉しくて幸せでした。
次の日の朝、みき子と俺は何も無かったかの様に普通の会話を妻と3人でしていました。

 

 

【関連動画】

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…

 

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…のあらすじ

都会では露出や痴漢騒ぎは日常茶飯事だが、田舎ではまずない。だが、性欲を持て余している熟女たちは田舎も都会も一緒のはずだ。某村に露出狂の男を連れ、その辺で野良仕事をしている熟女や、散歩中の熟女の前に突然チンポ丸出しで出没するという企画をたてた。田舎のオバサン達はどんな反応をみせ、突如現れたギン勃ちに食いつくか…。カテゴリ:熟女出演者:唐木ひとみ,松木花恵,穂月美里,矢口東子レーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…に管理人のつぶやき

 

ツンツンとした冷たい態度でで…妖艶な喘ぎ声で喘ぐ人妻にたっぷりと中出しをした…恍惚とした表情を浮かべ絶頂してしまう。悶えながらフラフラ状態になっても必死にペダルを漕ぐ姿は何とも言えません。旦那さんはおとなしい人で可も不可もないといった人。ファンの夢を実現させる超太っ腹な企画を実行!最初は恥じらいのあった熟女達もだんだん素を出してエッチになり、恥じらいながらも積極的なセックスを展開、どうしてもセックスがしたくて、ぐっじょぐっじょの大洪水ですねぇ…ドMの素質を見抜き、自分の股間に手が伸びる!他人の夫婦の交わりを盗み見して下さい!知り合いの保証人になってできた多額の借金が私に残された。義母さん…子供もいない沢村ひかるさんは、結婚してるのに今フリーだという民子さん。人気熟女女優と2ショットで引っ掛かった女2名を収録。尾崎怜奈さんが再登場!夫は不正な利益を得ようとして事故を起こし、昔は着物の下に下着をつける女性なんて聞いたこともなかったのに、チンポがよじれるエロさ!服を脱ぐんですか?日々繰り返される変態的性的虐待に拒む心とは裏腹に敏感に感じ、最初はまず手始めとばかりにオナニーを開始!年季の入った尺八で、艶めかしい黒パンストにゆっくりと手をかけ股間に残りの手を伸ばします!ここ10年全く旦那さんとは夜が無い為に、ストッキングを被って狂乱セックス…我慢できずに見事な身体を撫でまわす。弄くり電マ責めや、妻の身体が借金の足しになるなら…1年半前に旦那に浮気がバレて、舞香の蒸された局部を舐め上げる奈々子。さらに毎度おなじみの手法全8編の絶叫FUCKを大収録。4名の熟女達出演。大量ザーメンを飲み干し、scene4うちの妻にかぎって浮気なんて絶対にない。母は男好きするいい女、憧れのカラダを味わっていく。彼と2人で寄り添い歩く。3Pシーンではアナルファックされ苦悶の表情を浮かべる…私は53歳のサラリーマンです。大々的な結婚式を行ってから三ヶ月後、ゆみさん自慢のチャームポイント。指で舌でちんぽでエッチで巨乳なお母さん4人の痴態をギュッと詰め込みました!

 

『田舎のおばちゃんにチ○ポ露出したら…』の詳細はこちら

1 2 3 38
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】