告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

お酒がダメな夫に代わり、私がお相手いたします!?夫の実家での家族飲みも佳境になると、夫のお兄さんがだんだん淫らになってきて

読了までの目安時間:約 5分

は34歳の人妻です。
 

お酒がダメな夫に代わり、私がお相手いたします!?夫の実家での家族飲みも佳境になると、夫のお兄さんがだんだん淫らになってきて(イメージ画像1)

 
結婚して10年経ちました。
 

 
主人と子供が2人いて都心のマンションで暮らしています。
 

お酒がダメな夫に代わり、私がお相手いたします!?夫の実家での家族飲みも佳境になると、夫のお兄さんがだんだん淫らになってきて(イメージ画像2)

 
主人の実家は千葉なので毎年、田植えの手伝いに行っています。
 

 
そして秋には美味しい新米を貰いに主人の実家に行くのです。

 

主人はアルコール類が全くダメですが私は大好きなので実家でワイワイ騒ぎながら飲むのが楽しみにもなっています。
 

 
あまり飲みすぎないよう注意はしていますが、最後は主人のお兄さん(40歳独身)と結局トコトン飲んでしまっています。
 
酔うとお兄さんは親しくしている人や知っている人には男女関係なく抱きつく癖があるのです。
 

 
抱きつくと言ってもハグする程度なんですが相変わらず私もお兄さんにハグされまくってます。
 
でも今年の秋は少し違っていました。
 

 

いつもの事が始まったかなと思ってたのですが、私にしがみついてその場に押し倒されてしまいました。
 
悪ふざけ程度にしか思っていませんでしたが、急に起き上がると「チョッと」と私の手を掴むと外に連れ出されました。
 

 
「何、何、どうしたのよ~」と私は言いながらも手を引きずられるがまま、付いていくと隣の作業場へ。
 
その場でまた抱きつかれてしまいました。
 

 
後ろに回した手が私のお尻を触りだし股間を押し付けてきました。

 

固い物を感じました。
 

 
お兄さんはそんなことする様な人ではないと信頼しきってましたので、つまらない冗談と受け流し私も酔った勢いで腰をクネクネさせ「お兄さんのかた~い」などと言ってふざけていました。
 
でも本気だと気付いたのは私のズボンを少し下げ、中に手を入れて直接尻を触りだした時でした。
 

 
素早い行動でした。
 
瞬間「この人、本気だ」と感じたもののどうしていいのやら、こんなことマズイと思う自分と少しばかり期待している自分が居ました。
 

 

否はしていたと思いますが体はお兄さんから離れませんでした。
 
お尻を触っていた手が私のアソコをいじり始め「濡れてるね」と恥ずかしい事をお兄さんは言ってきました。
 

 
自分でも解ってました。
 
私の体は自然とペニスを受け入れる準備をしていました。
 

 
私はいけない人妻でした。

 

皆は寝ているとはいえ、いつ気がつかれてもおかしくない状況に少し心配になっていました。
 

 
お兄さんにズボンと下着を膝まで下げられ後ろ向きした私に一気にペニスをねじ込んできました。
 
私も入れやすい様に尻を少し突き出す姿勢になっていました。
 

 
いけないことをしているのに私のアソコは完全に受け入れ準備が出来ていたのか、ヌルヌルと滑るように硬いペニスは入って来ました。
 
私の名前を言いながら、お兄さんはオッパイを揉みながら激しく打ち込んできました。
 

 

そんなに長い時間していないのに私はイってしまいました。
 
自分でもこんなに早くいくなんて信じられませんでした。
 

 
そのうち「出していいか?」と言うお兄さんの声がして「ダメ抜いて!」と言い膣内に射精されるのだけは何とか避けお口に入れてしゃぶって出してやりました。
 
お口に入れた感触では主人より硬くて立派なモノでした。
 

 
何となく罪悪感みたいなものもあり、二人とも無言でしたが身支度して何もなかったかのように家に戻りそのまま眠りました。

 

翌朝、私たちは帰りましたがお兄さんも私も笑顔で別れ何も言えませんでしたが「また今度来た時やろう」と言っているように思えましたので、私も笑顔で挨拶し心の底で受け答えしていました。
 

 
その後、連休中に訪れた時は毎晩のようにお兄さんとSEXしました。
 
主人とのマンネリ化したSEXと異なり激しく燃えてしまいます。
 

 
主人も薄々感じていたみたいですが何もとがめることはありません。
 
もしかしたら仲の良い兄弟なので、40歳にもなって嫁さんもいないお兄さんを不憫に思い・・・ちょっと考えすぎかしら・・・。
 

 

もお兄さんは好きなのでどうでもいいと思っています。
 
今度、実家に伺う日を楽しみにしています。
 

 

義姉のパツンパツンに張りつめたおっぱいから、母乳がにじみ出る…。舐め吸い取りながら彼女のまんこを突く、至福。(その2)

読了までの目安時間:約 15分

は何も考えられず立っているのがやっとの状態でした。
 

義姉のパツンパツンに張りつめたおっぱいから、母乳がにじみ出る…。舐め吸い取りながら彼女のまんこを突く、至福。(その2)(イメージ画像1)

 
義姉の舌使いを堪能する余裕はありません。
 

 
最後は口を離して、手で出されました。
 

義姉のパツンパツンに張りつめたおっぱいから、母乳がにじみ出る…。舐め吸い取りながら彼女のまんこを突く、至福。(その2)(イメージ画像2)

 
それからは僕と義姉はときどき家を抜け出して、ホテルに行くようになりました。
 

 
主に兄が出張で不在の日の深夜にです。

 

兄は月に2~3度出張していました。
 

 
ホテルで二人きりになると僕は義姉に甘え、義姉も僕に戯れついてきて、それだけでとても楽しい一時でしたがセックスも大胆になっていきました。
 
ベッドの上で二人寄り添って横になっていると、義姉はいつもペニスを触ってしごいて来ました。
 

 
「ダメだよすぐ出ちゃうよ」と言っても触るのをやめず、ニコニコ笑いながらキスをします。
 
義姉の手の動きはとても上手で気持ちよく、1回目はだいたい義姉の手の中に出されてしまいました。
 

 

その間は僕は義姉の乳房を触っています。
 
やや小さめですが形がよくピンク色の乳首…ずっと触っていたいくらい好きでした。
 

 
経験がなかったのでやってみたくて「バックからしてもいい?」と聞くと、義姉は「少し恥ずかしいなぁ」と言いながらも四つん這いになりお尻を突き出しました。
 
かわいいお尻でした。
 

 
お尻から腰の辺りを撫でると体をくねらせ「くすぐったいよぉ」と笑います。

 

腰を手で押さえ挿入し、ゆっくりと腰を動かします。
 

 
義姉のヒップと背中、うなじを見ながらあっという間に果ててしまいました。
 
果てた後もペニスを抜かずにいると、若い僕はすぐに勃起しそのまま腰を動かし続けました。
 

 
3回目ともなると長持ちし、義姉は僕とのSEXで初めて喘ぎ声をあげ始めました。
 
「あぁ!いいよぉ、やめて、ヒロちゃん、あぁぁっ」それを聞いて益々興奮し正常位に移って激しく腰を打ちつけました。
 

 

ああぁー!ダメーっ」と叫んだ後義姉はぐったりしました。
 
義姉は絶頂に達したのです。
 

 
美人の義姉の絶頂に達した表情はまたなんとも言えないくらい綺麗でした。
 
ぐったりとベッドに横たわっていると義姉がゴムを外し僕のペニスを拭いてくれました。
 

 
そして「良かったよ。よく頑張ったね」と言い口に含んでくれました。
 

 

僕のペニスは瞬く間に大きくなりました。
 
「凄い!元気あるわね」と言って再び口に含み手を上下に動かし続けました。
 

 
義姉の口の中は温かく、なんともいえず心地いい感触でした。
 
僕は堪え難くなり「ううっ」と声を漏らしてしまいます。
 

 
義姉は含んでいたペニスから一旦口を離して「気持ちいい?」と聞いてきます。

 

「うん、凄く気持ちいいよ、義姉さん」義姉はニコッと微笑むと再びペニスを含み、先端を舌の先で刺激しては喉元まで唇を滑らせます。
 

 
カリの部分を舌で繰り返しなぞるのです。
 
僕も義姉の体に唇を這わしうなじ、背中、乳首を舌で愛撫しました。
 

 
そして今度は義姉をベッドに寝かせ脚を開かせると、アソコに口づけしました。
 
むせるような匂いがしますが構わず舌をゆっくり下から上になぞります。
 

 

溢れてくる愛液を掬うとクリトリスを優しく転がします。
 
「もうダメ、ダメだよぉ」義姉はくねらせていた腰を弓なりにしました。
 

 
僕は更に責め続けると「ああー、イッちゃう」と叫び体をのけぞらせました。
 
義姉が絶叫した後ぐったりしたので隣に横になり、乳房を触り続けていました。
 

 
その間僕のペニスはずっと起ちっぱなしです。

 

しして「上に乗ってもいい?」と言い、頷くとペニスを握ってワレメにあてがい腰を沈めました。
 

 
そして根元まで義姉の中に入ると、ゆっくりと円を描くように腰をまわします。
 
僕は下から義姉の顔と揺れる乳房を眺めていました。
 

 
腰をまわす度にペニスを締めつけられ、とても気持ちがいいのです。
 
僕の胸に両手をつき義姉は腰をまわしていたかと思うと、今度は上下左右に動かし、そのスピードがだんだん速くなってきました。
 

 

僕もあわせる様に下から突き上げたりまわしたりして、二人同時に果てました。
 
僕と義姉は週一回ほどのペースで関係を持っていましたが、それから3ケ月くらいたったある日、兄はまた出張で両親も旅行でいなくて僕と義姉と甥の三人だけになったことがありました。
 

 
三人での夕食後、僕は甥をお風呂に入れてやり、そして暫らく一緒に遊んであげました。
 
甥が寝てしまうと義姉が入浴を始めました。
 

 
僕は思わず浴室に足を向けてしまいました。

 

スリガラスに義姉が体を洗ってあるシルエットが見えます。
 

 
服を脱ぎ全裸になると浴室に入り、石鹸のついた義姉の体を後ろから抱き締めました。
 
義姉は予期していたのか驚く様子もなく、前にまわした僕の腕を撫でるのでした。
 

 
泡のせいで滑りがよく、左手で乳房をなぞるように触り右手でお腹から腰、ヒップ、そして内腿へ這わせると義姉は体をピクピクさせます。
 
しばらく内腿を撫でながら勃起したペニスを義姉のお尻のワレメにあて、軽く動かしていました。
 

 

義姉のアソコに触れると息が荒くなりました。
 
お湯をかけて泡を流してから浴室の床に寝かせ、義姉の上に覆いかぶさりましたがコンドームを忘れていた僕に「今日は大丈夫だから」と言いました。
 

 
この時初めて生で挿入しました。
 
温かな膣に、愛液と粘膜がペニスにからみつくようで、それはゴムをつけてする時とは全く違う感触でした。
 

 
ヌルヌルの感じと何か奥の方で動く感じがすごく気持ちよく、僕はすぐに果ててしまいました。

 

かしいくら義姉が大丈夫と言っても気がひけて、義姉のお腹の上に出したのです。
 

 
「風呂から出たら僕の部屋においでよ」
と言うと「うん」義姉は小さくうなずきました。
 
先に出た僕は脱衣場に脱いである義姉の下着や衣類を全部持ち出して隠し、全裸のまま居間で待ち伏せしていました。
 

 
しばらくすると義姉が浴室から出る物音がしました。
 
そっと覗くと義姉は全裸のまま二階の僕の部屋に向うところでした。
 

 

僕はバスタオルを手にそっと後ろから近付きタオルを広げて抱きつきました。
 
「こらっ」と怒る義姉をそのまま抱き抱え部屋まで運びます。
 

 
義姉も僕の首に両手をまわし、しがみついていました。
 
部屋に入ると義姉を立たせたまま体の隅々までタオルで拭いてあげました。
 

 
「あー、少しか恥ずかしい…」そう言うと顔をやや赤くし僕の胸にもたれかかってきました。

 

僕は抱き締めると立たせたまま愛撫を始めました。
 

 
キスをしながら乳房を揉みます。
 
ピンクの乳首を舌先で転がし背中から腰をすーっと撫でます。
 

 
ヘアを指先に絡めまたキスします。
 
義姉が唾液を口に送り込み、僕はゴクリと飲むと強く激しく義姉の舌を吸いました。
 

 

クリトリスに指が触れた時にはもう絶頂の寸前のようで「あっ、あぁ、もうダメ、立ってられないよぉ、あぁ、ダメー」と言うと崩れかかります。
 
義姉の口元からは涎が垂れています。
 

 
僕はその涎を舌ですくい、また舌を絡ませた激しいキスをしながら義姉の片足を持ち上げました。
 
そして「もっと気持ちよくなろう」と言い、ペニスを挿入しました。
 

 
片足を持ち上げているせいでなかなか奥まで入らず何度もトライしました。

 

姉のアソコにペニスをあてがい、少し挿入してはうまくいかずにまたあてがって挿入し…そんな事を繰り返しているとそれがかえって刺激になっているみたいでした。
 

 
やっとの思いで根元まで収まると義姉は僕の首にまわしていた腕を引き寄せ、顔をのけぞらせ「あぁ」と息をつきます。
 
風呂上がりの体から石鹸の匂いがします。
 

 
僕はゆっくりと腰を動かしました。
 
そして強く押しつけたり、軽く引いてはまた深く挿入したりしました。
 

 

その度に義姉のかわいい乳房が揺れました。
 
「いゃーん!すごく気持ちいい!あぁ、またイキそうだよぉ!」義姉が悶え乱れます。
 

 
繋がっている下腹部から蒸れた匂いが漂ってきます。
 
「ううぅ!僕もすごくいいよ。姉さんの中、気持ちいい!」腰を強く打ちつけると義姉も僕の動きに併せて腰をくねらせます。
 

 

互いの陰毛が擦れあい、ぬちゃぬちゃといやらしい音がしました。
 
僕は一気に腰を動かすスピードをあげました。
 

 
「ダメーっ!ああぁぁぁーっ!」義姉の声が一段と大きくなって絶頂に達しました。
 
両足を持ち上げられ抱っこされたままの格好でした。
 

 
風呂場で1回出している僕はまだでした。

 

そのまま繋がれ合った状態で布団の上に倒れこみ、義姉はぐったりしていましたが僕は構わずゆっくりと腰を動かし続けていました。
 

 
しばらくすると義姉の意識がもどりました。
 
「ヒロちゃんまだだったの?」
「うん」と頷くと徐々にピストンを速めます。
 

 
浅くしたり深くいれたり、そして回すように腰を動かしたり「あぁ、ヒロちゃん上手くなったわね…」ペニスの先端が内壁と擦れ合い気持ち良すぎて限界が近づいてきました。
 
背中をのけぞらせて喘いでいる義姉に「もう我慢できないよ、出そうだよ」
と言うと「いいわよ、中に出して」壊れるくらいに腰を動かします。
 

 

して物凄い快感がペニスに充満し僕は一気に義姉の中に放出し、義姉も同時にまた達してしまったようでした。
 
しばらく二人ともぐったりしていました。
 

 
初めての生での挿入と中出しに感激し、僕は満足感でいっぱいでした。
 
僕が腕枕をして二人で横になり義姉の乳房を揉んだり撫でたりしていると「敏感になってるからもう触らないで、ダメ」と言う義姉の唇を塞ぐと、彼女から舌を差し入れ絡めてきます。
 

 
瞬く間に勃起したペニスを握らせると「もう勘弁して」と言いながらも、しごいています。

 

そして僕はまた挿入したのでした。
 

 
結局僕と義姉は外が明るくなるまでSEXを続けました。
 
僕は何度放出しかわかりません。
 

 
義姉も幾度となく絶頂に達していましたが朝が来ると我に返り、ふらつく足取りでようやく自分の部屋に戻っていきました。
 
半年ほど経ち義姉は二人目を妊娠しました。
 

 

ゴムを着けないセックスを度々していたので、もしかして僕の子供かもと不安から自然と義姉との関係は遠ざかっていきました。
 
義姉のお腹が目立ち始めた頃、家族が旅行に出かけ二人になる機会が訪れました。
 

 
夜二人でお酒を飲んでいる時、「僕の子供でないよね?」僕は二人目のことを聞いてみました。
 
少し酔った義姉は「ヒロちゃんの子だったらどうする?」と言い僕の顔を覗きこみます。
 

 
驚く僕に「ゴメン、今のは悪い冗談」と言い笑いました。

 

少し安心した僕は酔いもあって「罪滅ぼしして」と勃起したペニスを義姉の顔の前に突き出してしまいました。
 

 
義姉はにこっと笑うとペニスに手を添え、玉の方から舐めはじめました。
 
ペニスの裏側を舐め上げ口の奥までくわえ、手を上下に動かしながら先端を舌で絡めて刺激します。
 

 
あまりの気持ち良さに僕はすぐに口の中に出してしまいました。
 
「これでいい?満足した?」優しく聞く義姉を立たせ、服を一枚ずつ脱がせていきました。
 

 

は僕がしてあげるよ」全裸にし寝かせてから僕は義姉の足を開かせました。
 
僕はすでに濡れているワレメやクリトリスを丁寧に優しく舐めました。
 

 
時々穴に舌を入れてかき回すと、義姉は腰をくねらせ僕の頭を両手で押さえます。
 
「ああ、いい気持ちよ…ヒロちゃん、妊娠してるから大丈夫だから…お願い、早く入れて」義姉はそう言ってペニスを握り自分からアソコにあてがいます。
 

 
充分すぎる程濡れていたので抵抗なくおさまりました。

 

愛液が隙間からあふれ出て義姉のお尻に伝わり落ちていました。
 

 
挿入してから暫らくの間はゆっくりと腰を動かしていました。
 
お腹の子のことが気になり激しく出来ないでいたのです。
 

 
「どうしたの?」と聞く義姉にその事を告げると「大丈夫よ、大丈夫だから」と言い、足に力を入れてペニスを締めつけ腰を淫らに動かしてきました。
 
膣が熱を帯びた感じがして以前にも増して気持ちよかったです。
 

 

妊娠中で兄とも暫らくやってないせいか、義姉はもっとしていたいようでしたが、僕は限界でした。
 
「ダメだよ、我慢できないよ、もう出る!」と言い2、3度大きく腰を突いて義姉の奥深くに放出したのでした。
 

 

中3の僕には刺激が強いよ、ノーブラなんて…。従兄の奥さんがノーブラだったのでしがみついてしまったところ、続きをヤラせてくれました

読了までの目安時間:約 5分

から4年前、僕が宙3のとき、従兄が僕の家にすぐ近くに住んでいました。
 

中3の僕には刺激が強いよ、ノーブラなんて…。従兄の奥さんがノーブラだったのでしがみついてしまったところ、続きをヤラせてくれました(イメージ画像1)

 
従兄は僕より10歳年上で、だいぶ前に結婚していました。
 

 
我が家に冷房がないこともあって、従兄の奥さんが勉強を教えてくれると言うので、従兄の家に夏休みに毎日通うようになりました。
 

中3の僕には刺激が強いよ、ノーブラなんて…。従兄の奥さんがノーブラだったのでしがみついてしまったところ、続きをヤラせてくれました(イメージ画像2)

 
奥さんも僕より10つ年上で、当時24歳でした。
 

 
なんと奥さんはDカップはあろうかと思う巨乳なんです。

 

奧さんはいつもノーブラでタンクトップ、ホットパンツ姿でした。
 

 
顔は普通ですが、その体にはムラムラしちゃいます。
 
その格好で英語数学を教えてくれるのですが、エロイからだが気になって勉強にならず、初日からムラムラの立ちっぱなしでした。
 

 
毎日通ううちに、いろいろとお話して、子供ができなくて悩んでいることや、奧さんから見て従兄と僕の顔が似ていることや、血液型も同じなども知りました。
 
ある日のこと、従兄が1週間出張なので、泊まってほしいと言われました。
 

 

奥さんが自宅に電話してくれて、両親もこころよく泊めてもらえることとなりました。
 
でも、朝から、いつものような大胆な格好に我慢できず、僕は思わず抱きついてしまいました。
 

 
ところが奥さんは、まるで待っていたかのように「あわてないのよ。」と言って、厚い唇を重ねてきたのです。
 

 
初めてのキスで呆然としていると、「内緒にしたら、もっといいことしてあげる」と言われて、奥さんは着ているものを脱ぎ始めました。

 

僕のあそこはギンギンで、奥さんに脱がしてもらうと「立派ね。」と言って、手でなでてくれました。
 

 
その刺激で、溜まっていたのと初めて見る女性の裸で興奮して、射精してしまいました。
 
恥ずかしさと申し訳なさで「ごめんなさい。」と謝ると、笑顔で「シャワー浴びよう。
」と言ってくれました。
 

 

ャワー浴びているうちに、また、勃起してきて、「さっきあんなに出したのに、もうこんなになって。」と言いました。
 

 
すると奧さんは風呂場の中で仰向けになり、僕の勃起を握って「いらっしゃい」とあそこに導いてくれたのです。
 
僕は導かれるままに奧さんに覆い被さり、温かい穴にニュルッと挿入し、そのままガンガン突きまくって初体験しました。
 

 
すごい刺激でたまらず2度目の射精をしました。

 

生で出したので、心配していると、「大丈夫よ。もう一回できる?」と聞いてきました。
 

 
シャワーから出て、寝室でもう一回しました。
 
しかし、その2回だけでは物足りず、何度も何度も奥さんの体を求めました。
 

 
奥さんは「やっぱ、若いってすごい!」と言いながら、その日は寝ないで、生で10回以上しました。

 

次の日もまたその次の日も起きては、食事してはセックスして、1週間の間ずっとセックスしてました。
 

 
結局、夏休みの間中、内緒を条件に、ずっとセックスばかりしてました。
 
しかし、奥さんが突然妊娠したのです、そこで関係は一旦終了しました。
 

 
従兄は子供ができたことをすごく喜んでました。
 
僕はなんとなく複雑な気持ちでした。
 

 

可愛い女の子が生まれ、従兄夫婦は隣町へ引っ越していきました。
 
ところが、4年後大学に入学してから、突然隣町で再会して、関係が復活したのです。
 

 
僕は気になっていることを確認しました。
 
「もしかして、僕の子じゃない?」と聞くと黙って笑うだけでした。
 

 
そして、「彼女できたの?うまくなった?またしようか?」と聞いてきて、僕が当然「したい。
」と答えると従兄の家で前のように生エッチです。
 

 

れからは、大学の空いている時間に、奥さんの体を求めました。
 
前は回数でしたが、今はテクニック重視です。
 

 
「だいぶうまくなったね。」と言われて、それでも最低2回は求めます。
 

 
また、生でやっているので、奥さんは子供が欲しくなったのでしょうか?ほとんど、僕は種馬状態ですが、生できれいな奥さんとできるので幸せです。
 

弟の嫁はスキだらけ!愛想がよくてお人好しで…。弟が出張と聞いたら自分のチンポが黙ってらんない

読了までの目安時間:約 9分

30歳の夏に2人目が誕生。
 

弟の嫁はスキだらけ!愛想がよくてお人好しで…。弟が出張と聞いたら自分のチンポが黙ってらんない(イメージ画像1)

 
翌日の土曜午後に里美が居る産院へ行くと、エレベーター前で、「あら?!お義兄さん、今度は可愛い女の子で、おめでとう御座います!」と、弟の妻・加奈とバッタリ!「あ、来てくれたの?!」
「2人共元気よ!」
「雨、降りそうだけど?」
「あら?いやだ、どうしょう」
「時間良かったら、送るよ!」てなことに…。
 

 
「じゃあ~、お願いしよう。又戻るの変だから此処で待ってるわ!ごゆっくりね」3Fの産室へ妻と乳児の優に会いに上がった。
 

 

弟の嫁はスキだらけ!愛想がよくてお人好しで…。弟が出張と聞いたら自分のチンポが黙ってらんない(イメージ画像2)

 
昨日も来た事で30分位で1Fロービーへ戻ると、週刊誌を読みながら加奈が待っていた。
 

 

「あら、早い?もう良いの??」と、ビックリ顔の加奈に、「友人が祝盃してやると、言って早く出たんだ!」
に、「あら?悪い旦那さんね!」と笑う。
 
やはり雨が降り出していた。
 

 
義妹と駆け足で車へ、少し濡れた加奈のブラウスに透けた色物のブラジャーをチラリ。
 
母乳を与える妻の胸と同じ大きさの膨らみにゴックンの俺だった。
 

 
「傘もって無くって、助かったわ!お友達の所は遠いの??」
「里美には悪かったがウソだよ、それにお袋は無事に出産済んで安心し、バスツアーに出かけて今夜は俺一人なんだ」
「じゃあ、お礼に夕食は私の処でね!」
と、「良いのかなあ??」
「あらっ、弟の家で遠慮する兄は居ないわよ」加奈が笑う。

 

隣市に転勤した弟が1戸建を買って昨年春から住んでいた。
 

 
2~3回母から頼まれて弟に野菜を届けに来て場所もすんなりの俺だが、義妹を乗せては初めてだった。
 
「直ぐ支度(夕食の)するから、義兄さんシャワーしたら?」
に、「ああ、借りるよ」蒸し暑い日で汗ばんだ体、シャワーを全開し股間に当てて遊んでると、「義兄さん、着替えを置いておきますね!」引き戸を少し開け顔を出し加奈が言った。
 

 
「アッ!」と思ったときはもう加奈は外に・・「見られたか?」全開した音で聞こえなかったので加奈は戸を少し開け知らした様だが少し膨らんだ肉棒はモロに見えていたはずだ。
 
シャワーから戻り、未だ外は明るさがあり、「加奈ちゃんもシャワーしたら?」
「じゃあ~、サッと流して来ますね」加奈がシャワールームへ・・。
 

 

シャワーから戻った加奈は、ワンピース姿。
 
「徹(弟)は帰る時間遅いのか?」加奈に尋ねると、「何時もはもう帰る時間なの、でも昨日から広島に出張なの明日の夕方には戻るんだけど、休日出張だ!と言ってブツブツ言ってたわ。
最近出張が多くってね」今日来た事は、ちょっとヤバイかな?いやっ、チャンスかも?以前から可愛いくてアイドル風の加奈に徹を羨ましく思って、一度チャンスがあればキスしてみたい願望を持っていた。
 

 
「風呂上りはやっばりこれね!義兄さん!」グラスと瓶ビールが、「おいおい!俺車だぞ!」
「義兄さんアルコールは強いから、少し位は平気でしょ?!」
そして、「あ~っ!おいしい!最高!義兄さんゆっくりしてってね!」更にもう1本を抜く加奈。
 
「義兄さん!子供は男の子と女の子を上手に作っちゃって羨ましいわ!」加奈は目を少し赤らめて言う。
 

 

奈ちゃんも頑張れば出来るよ!」俺の励ましに、「徹、最近疲れ気味なの、出張にも時々言っちゃうし」加奈は少し欲求不満かな??豊かな胸の膨らみを良く観ると乳首の位置が良く判る、ノーブラかな??短い裾も上がり白い腿が見える、再び唾をゴックンの俺だ。
 
夕食が済み、俺はTVのナイター観戦を、だがキッチンで洗い物の後ろ姿の加奈の尻と白い生足に視線が走る。
 

 
弟が留守で前からの願望のチャンス到来、酔っている事も手伝って洗いを終え居間に戻った加奈を見つめ、「どうしたの?義兄さんそんなに見つめて?!」更に近寄り、「加奈ちゃん!キス位は良いだろ??」
「え・えっ?義兄さん!」肩を掴み、その場へ倒し顔を近づけ、「加奈ちゃん!!」
「いやーあ!だめっ!義兄さん!ううう~ん」成功だ!簡単に加奈の薄い唇に押し付け、片手で胸の膨らみを撫ぜるとプリンプリンの豊乳に乳首が、やはりブラなしだ!「止めて~ぇ!ダメッ!」力を出し俺を突き放した加奈。
 
後ずさりしながら、「私達兄妹よ!!そんな関係になっちゃいけないっ!」その時の加奈は真剣顔で抵抗した。
 

 
だが、俺はもう股間が反応、禁欲中のチンポは出来上がっていた。

 

「世間には親子や姉弟が抱き合っている人だっているんだ!俺たちは義理の中で普通の男女なんだ!一度で良いんだ!ねえ?加奈ちゃん良いだろう?徹と思えば良いんだよ!」
「そんなぁ!ダメっ!だめ、ダメェ!」壁に背が当り後ずさりが出来無くなった加奈、少しレイプ気味にワンピースを剥ぎ、色スリップの肩紐を抜き豊乳を揉みながらキス。
 

 
「ううう~ん、あ~んいやあっ!いけないわ!義兄さんこんな事は!」と、まだ抵抗。
 
居間の端で押さえ込む様に重なり、俺は全裸になり加奈はパンティ姿だった。
 

 
片手で乳首、片手はパンティの上から割れ目を刺激し、太いチンポを加奈の腿に擦り、やがてパンティ横から2本の指でおまんこにタッチ、「加奈ちゃん濡れてるよ!」
「いやあん!そこダメェ!」漸く感じ始め身を反らす加奈は若妻の色気充分だった。
 
遂にパンティを剥ぎ取り、身を重ね唇に吸い付き3度目のキスに加奈は次第に抵抗を弱める。
 

 

「加奈ちゃん!俺の興奮を判ってよ!一度で良いんだ加奈ちゃんが欲しい証拠だよ!」加奈の手首を取りチンポを触らせたが、嫌がって直ぐ避ける。
 
俺は指でおまんこを拡げ、クリも刺激には、「イヤあ!ダメ!そこダメ!」悶え始める若妻の加奈。
 

 
濡れた指を見せつけ、「加奈ちゃん!こんなにアソコ濡れてるよ!」
「だって、義兄さん止めてって言っても続けるんだもの!」
「いいだろ?入るよ!」
「ええっ!!どうしよう??」もう俺はヤルしかなかった。
 
硬く閉じた生足を拡げ「いやん!」の声も聞かない事にして、弟の嫁のおまんこに挿入。
 

 
「はあ~あ~ん!う・うん」顔は横向け加奈は喘ぎ声を殺す様に恥ずかしく。

 

まだ未産のおまんこの感触は、妻里美よりは当然締まりが良い。
 

 
禁欲中の俺は直ぐ快感し、「良いよ!加奈ちゃん締まりあるから、オレ気持ち良いよ!」加奈の腹に出し、豊乳と首元のまで白い汁を飛ばし満足の俺に「絶対内緒よ!義兄さん!」と叫ぶ加奈。
 
「当たり前だよ!2人の秘密だ!」起き上がった加奈はスリップを着始めたが「奥はベットルームだね!」の俺の動きに「あそこは。
ダメよ!」と阻止したが、肩と両足を持ち上げ、「此処は寝る部屋だろう?なぜ、ダメなんだよ?」
「だってぇ、散らかしてるもん!」
「今夜は俺が亭主だ!」加奈を抱き上げ寝室へ。
 

 
「ええーーっ?」
「帰らないよ!そして、もっと加奈ちゃんと燃えるんだ!」
「そんなあ!」ビックリ顔にも少し笑みも・・。

 

の場所の灯りを消して、加奈を再び抱きしめると、「義兄さん、アレ強いのね!」もう抵抗無しの加奈、簡単に抱き合い舌を入れ合うキス。
 

 
「触って良いよ!」に、加奈はチンポを握り「義兄さんの、硬くて太いわ!」さっきの、抵抗はウソの様な別人の若妻に変身の加奈は、「私も前から義兄さんに抱かれたら良いなあ~、なんて思ってたのぉ!」嬉しくなり「ホント?」と、キス。
 
チンポを股間に近づけると、開脚する徹の嫁に2度目の差し込みを・・・。
 

 
「ああ~ん!義兄さん、いいわっ!すごい!太くって壊れそうぉ!」
「加奈ちゃん!キンチャクみたいで気持ち良いよぉ!」お互い義理兄妹を忘れ、恋人の様に燃え上がり、「ああ~あん!イクッ!」同時の快感を得て生出し、その後はグッタリの2人は腕枕で全裸で抱き合い朝までぐっすり。
 

夫の実家でわいわい飲むのが好きなんだけど、この間は義兄にヤラれてしまい…。酔った勢いなんて、ダメよお義兄さん!

読了までの目安時間:約 5分

は35歳の人妻です。
 

夫の実家でわいわい飲むのが好きなんだけど、この間は義兄にヤラれてしまい…。酔った勢いなんて、ダメよお義兄さん!(イメージ画像1)

 
結婚して10年経ちました。
 

 
主人と子供が2人いて都心のマンションで暮らしています。
 

夫の実家でわいわい飲むのが好きなんだけど、この間は義兄にヤラれてしまい…。酔った勢いなんて、ダメよお義兄さん!(イメージ画像2)

 
主人の実家は千葉なので毎年、田植えの手伝いに行っています。
 

 
そして秋には美味しい新米を貰いに主人の実家に行くのです。

 

主人はアルコール類が全くダメですが、私は大好きなので実家でワイワイ騒ぎながら飲むのが楽しみにもなっています。
 

 
あまり飲みすぎないよう注意はしていますが、最後は主人のお兄さん(40歳・独身)とトコトン飲んでしまっています。
 
しかしお兄さんには、酔うと親しくしている人や知っている人には男女関係なく抱きつく癖があります。
 

 
抱きつくと言ってもハグする程度なんですが、相変わらず私もお兄さんにハグされまくってます。
 
でも去年の秋は少し違っていました。
 

 

いつもの事が始まったかなと思ってたのですが、私にしがみついてそま場に押し倒されてしまいました。
 
悪ふざけ程度にしか思っていませんでしたが、急に起き上がると、「チョッと」と私の手を掴むと外に連れ出されました。
 

 
「何、何、どうしたのよ~」と私は言いながらも、手を引きずられるがまま付いていくと隣の作業場へ。
 
その場でまた抱きつかれてしまいました。
 

 
後ろに回した手が私のお尻を触りだし、股間を押し付けてきました。

 

固い物を感じました。
 

 
お兄さんはそんなことする様な人ではないと信頼しきってましたので、つまらない冗談と受け流し、私も酔った勢いで腰をクネクネさせ、「お兄さんのかた~い」などと言ってふざけていました。
 
でも本気だと気付いたのは私のズボンを少し下げ、中に手を入れて直接尻を触りだした時でした。
 

 
素早い行動でした。
 
その瞬間、「この人、本気だ」と感じたもののどうしていいのやら、こんなことマズイと思う自分と少しばかり期待している自分が居ました。
 

 

否はしていたと思いますが体はお兄さんから離れませんでした。
 
お尻を触っていた手が私のアソコをいじり始め、「濡れてるね」と恥ずかしい事をお兄さんは言ってきました。
 

 
自分でも解ってました。
 
私の体は自然とペニスを受け入れる準備をしていたのです。
 

 
私はいけない人妻でした。

 

皆は寝ているとはいえ、いつ気がつかれてもおかしくない状況に少し心配になっていました。
 

 
お兄さんは私のズボンと下着を膝まで下げ、後ろ向きした私に一気にペニスをねじ込んできました。
 
私も入れやすい様に尻を少し突き出す姿勢になっていました。
 

 
いけないことをしているのに、私のアソコは完全に受け入れ準備が出来ていたらしく、ヌルヌルと滑るように硬いペニスは入って来ました。
 
お兄さんは私の名前を言いながらオッパイを揉み、ペニスを激しく打ち込んできました。
 

 

そんなに長い時間していないのに私はイってしまいました。
 
自分でもこんなに早くいくなんて信じられませんでした。
 

 
そのうち、「出していいか?」と言うお兄さんの声がしました。
 
「ダメ!抜いて!」と言い、膣内に射精されるのだけは何とか避け、お口に入れてしゃぶって出してやりました。
 

 
お口に入れた感触では、主人より硬くて立派なモノでした。

 

何となく罪悪感みたいなものもあり、二人とも無言でしたが、身支度して何もなかったかのように家に戻りそのまま眠りました。
 

 
翌朝、私たちは帰りましたが、お兄さんの顔が「また今度来た時やろう」と言っているように思えましたので、私も笑顔で挨拶し心の底で受け答えしていました。
 
その後、お正月に訪れた時は毎晩のようにお兄さんとSEXしました。
 

 
主人とのマンネリ化したSEXと異なり激しく燃えてしまいます。
 
主人も薄々感じていたみたいですが、何も咎めることはありません。
 

 

しかしたら仲の良い兄弟なので、40歳にもなって嫁さんもいないお兄さんを不憫に思い・・・ちょっと考えすぎかしら。
 
私もお兄さんは好きなのでどうでもいいと思っています。
 

 
今度、実家に伺う日を楽しみにしています。
 

1 2 3 70
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】