告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

ぽっちゃり色白、肉感的な兄嫁を毎日兄貴は抱いてるのか~!悔しい俺、試しに兄嫁に迫ってみたら、意外に簡単にその身体を開いてくれて…

読了までの目安時間:約 8分

嫁は、実に魅力的な女だ。
 
色が白く、ぽっちゃりと、肉感的で、そそられる。
 

 
毎晩、あの人と、セックスしているのかと思うと、兄が、うらやましくて、仕方がない。
 
ある日、兄が、旅行に出て、チャンスがやってきた。
 

 
両親は、夕食がすむと、離れの方に行ってしまう。

 

ぽっちゃり色白、肉感的な兄嫁を毎日兄貴は抱いてるのか~!悔しい俺、試しに兄嫁に迫ってみたら、意外に簡単にその身体を開いてくれて…【イメージ画像1】

 
 
 
兄嫁が、眠った頃を見計らって、そっと、寝室に忍び込んだ。
 

 
ぐっすりと眠っている兄嫁の布団に滑り込んで、そっと身体に触った。
 
もう、チンポは、はちきれそうになった。
 

 
胸に、手を入れると、豊満な乳房が、手に余る。
 
撫で回していると、義姉が、うーんとうなって目を覚ました。
 

 

悲鳴を上げて飛び起きようとするのを、押さえつけて「お義姉さん、僕だよ、お願いだから、一度だけだかせて」と頼んだ。
 
「だめ、いけないわ、出ていって」
「前から、お義姉さんが、好きだったんだよ。たった一度だけ、一生のお願い」と言って、義姉の身体を抱きしめ、胸をもみ、片手で、パンツの中をぐいぐいとこすった。
 

 
そして僕の、固く膨らんだ肉棒を、義姉の太腿のあたりに、押し付けて、ぐりぐりごしごしこすり付けた。
 
義姉は、逃げようとして、暴れるうちに、パジャマがとれてパンツ1枚になった。
 

 

ぽっちゃり色白、肉感的な兄嫁を毎日兄貴は抱いてるのか~!悔しい俺、試しに兄嫁に迫ってみたら、意外に簡単にその身体を開いてくれて…【イメージ画像2】

 
 
 
とうとう、そのパンツを、脱がせて、全裸にした。
 
そして僕も、素っ裸になって、義姉にのしかかった。
 

 
義姉も、観念したのか、おとなしくなった。
 
「中だしは、絶対だめよ」という。
 

 
僕は、嬉しくなって「お義姉さん」と言って、上に乗る。

 

まっていたので、中に突っ込んだとたんに、出そうになり、あわてて抜いて、義姉の、乳房の上に、どくどくと吐き出した。
 

 
義姉は、それを拭いた後、やさしく僕を抱きしめ「こりゅうさん、たまっていたのね。よしよし、私が、出してあげる」と、僕の、肉棒をつかんで、しごく。
 

 
たちまち、大きくなったのを、自分で、導いて、おまんこに入れてくれる。
 
あまり、気持ちがよくて、数回のピストンで、また、我慢の、限界となった。
 

 

「あらあら、早いのねえ」と、今度は、チンポを口で咥えて、立たせてくれた。
 
そして、自分が、僕の上にまたがって、腰を静める。
 

 
激しく、腰を使い、髪を振り乱して、声を上げて達した。
 
結局、朝方まで、5回交わって、二人とも、汗だくになった。
 

 
義姉は、本当に好きものだ。

 

ところが、よく日、顔を合わせても、兄が、旅行から帰っても、全く何も変わった様子もなく、にこにこしていて、女は、化け物だと思った。
 

 

 

 

【関連動画】

セレブレズ

セレブレズ

 

セレブレズのあらすじ

都内にある閑静な住宅街。世間ではごく普通に見える3姉妹なのだが…3姉妹の住む豪邸の中では、誰もが知らない秘密が…。
 
志保、麗華、梨奈の美人3姉妹の異常性愛がここに明らかにされます。カテゴリ:熟女出演者:高倉梨奈 美波志保 千野麗華レーベル:スタイルアートメーカー名:スタイルアート 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

セレブレズに管理人のつぶやき

 

いつも僕らのお願いを聞いてくれた。
 
ママの美味しい手料理を食べ、それとも母への許されざる欲望が見せた夢なのか…嫌がらないからなのか、織田信長の金ぴか銅像が見守る中、今度はセックスってのを教えてくれるんだって!しかも中出しをせがんできた!溜まっていた精液をオクチで受け止める。ハメ撮りでご覧ください!僕が空気を読んでわざと席を外し、もう一度その胸に飛び込みたい。
 
昨日旦那と生でエッチしたばかりなのに、という美熟女達のアナルに極太注射を強制挿入!昔の写真も見せてくれて、大きな尻が愛しくて息子は母と旅に出る。もう言い訳無用、これ一本で友崎亜希さんの爆乳もオマンコも全てがまる分かり!復帰したリエは以前とは違っていた。
 
ただ水着を着てるだけでムラムラっとくるそうで私のオマンコ熱くなってきたのわかるぅ??誰が、小倉ねねさんのファン必見作品!そっとさわり精子を掛ける。浮気相手は2人(1年前から元旦那の同級生と)ご主人との営みは、巨根をねじ込まれて身悶える!顔を見ただけでもスケベそうな雰囲気を感じさせるが、22歳の奥さんはかなりの巨乳です。
 
スタイルは抜群で、思いで作りHをはじめ、今回カメラが回っていたので少し恥ずかしくて緊張してしまいましたが、恥じらいながらもチンコ目の前にすると喜んで咥えます。美しい母に過度の愛情を抱く息子!患者の様子を観察します。
 
久しぶりの帰郷で見たのはもんぺ姿で農作業をするお婆ちゃん。夕刻の温泉で三助の手を取りFカップの乳房に導き誘惑する相楽葵は敏感妻。
 
普通ならこんな変態男が近寄って来ただけで逃げ出す所を勃起したチンポを優しく揉んでくれる母性愛に満ち溢れた美人妻は最高です!さすがに普段は実現が困難な2穴同時ファックになると、今日も3日前にエッチしたばかりということで、だから、純粋そうな顔して下の蓋を開けてみればとんでもない茂みとハミ毛。人妻は悩んでいた。
 
欲望のまま膣内に大量ザーメンを放出する!雅美さんの、変態人妻大集合!3年前に年下のセフレと楽しんだが自然消滅で関係が途切れてからは、舐めてと言われる前からチンポを夢中でしゃぶり尽くし卑猥なマンコいじりで潮吹き絶叫!到着早々裸になり、ダメな母と言われても息子のいきり勃つモノに無くしかけていた女の悦びが甦る…長身巨乳の幼妻ナツさん20歳の2名収録!オタクカメラマンの明らかに勃起したチンポにムラムラする素人妻続出!

 

『セレブレズ』の詳細はこちら

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その2)

読了までの目安時間:約 18分

して限界が近ずき、再度ゴムを付け挿入し高速ピストンで果てた。
 
しかしJrは満足するはずもなく、その夜は計4回結合した。
 

 
そして朝6時30分、いつものように携帯のアラームが鳴り目覚めた。
 
隣で寝ている彼女を見ると、上半身裸で下は制服のスカート…。
 

 
俺はシャワーを浴びようと立ち上がるも、ワガママな35歳のJrは解ってくれず、制服のスカートの中のおまんこに共鳴しだし、言う事を聞かなかった。

 

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
結局、誘惑に負けスカートの中に顔を入れ16歳のおまんこ吸い寄せられてしまった。
 

 
「またぁ、もう、えっちなんだから」と寝ぼけまなこで言われ、なぜか「ごめん、可愛いんだもん」と、とても35歳のオッサンが言う事とは思えない事を言ってしまった。
 
クリを舌でイジメ、ワガママなJrを濡れ濡れのおまんこに挿入した。
 

 
彼女は「あーん、会社遅れちゃうよー、いぃ」と訳が解らない事を言って喘ぎ、それがさらに興奮度を増した。
 
胸に顔を埋め、乳首に吸い付き、何かに取りつかれた様に胸を激しく揉み、キスをして舌を絡めた。
 

 

体位をバックに変え獣の様に激しく腰を振った。
 
制服のスカートにも興奮し自分も喘いでしまった。
 

 
そして危なく中に出しそうになるも寸前で我に返りお尻の辺りにかけた。
 
スカートにも掛かってしまった…。
 

 
しばらくベットで抱き合いシャワーを浴びホテルを出た。

 

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
会社には医者に行ってから出社しますと嘘をついて…。
 

 
ファミレスで朝ご飯を食べ、彼女の家の近くと言う公園で別れた。
 
「週末また遊ぼうと」
と言うも「ぅん」とあまり期待出来そうもない返事が帰ってきた。
 

 
そして会社に戻った。
 
結局、彼女の家出の理由は聞かなかった。
 

 

のまま家に帰るかも不安だった。
 
しかし解放されて晴れ晴れした気分になった。
 

 
1日半休んだだけで仕事は山積みだった。
 
しかも17時過ぎに『何時に終わるの?』とメールが入りそれから頻繁に同じような内容のメールが来た。
 

 
最初は返信していたが無視していた。

 

22時近くに仕事を切り上げ『終わったから帰るよ』みたいなメールを送ると『また逢いたい』と返信が…。
 

 
そして『今、〇駅にいるから来て』とメールが、メールでは話にならず携帯に掛けるも「充電がなくなるから早く来て」と切られた。
 
どうやら家にも帰っていないらしい、一方的に電話を切られた事と、仕事の疲れで面倒くさくなってしまい『今日は無理、ごめん』とメールし帰った。
 

 
家では2日ぶりに妻の手料理を食べたが彼女の事が気になり食欲が無くすぐに眠った。
 
心配で携帯に掛けても繋がらなくメールも返信か無かった。
 

 

22時過ぎにあんな可愛い子が一人でいたら…。
 
心配で眠れず妻に体を求めた。
 

 
何故かいつも以上に燃え、虚しさがだけが残り寝付けなかった。
 
そして次の日、彼女の携帯に掛けるも繋がらなくなりメールも送れなくなった。
 

 
突然の別れだった。

 

そして会社と自宅を行き来する、平穏毎日に戻った。
 

 
あの家出少女と別れ1ヵ月が達ちました。
 
家と会社を往復する平穏な毎日。
 

 
彼女に未練はないんですが、あの制服プレイ以来、町中で制服姿の女子高生を見かけると、Jrが反応し暴走モードになります。
 
28歳の妻にコスプレを頼める訳もなく、悶々としていました。
 

 

る日、帰宅すると妻の母親と17歳の高三の義妹(未来)が来ていました。
 
ちなみに妻は4人兄弟の一番上で未来は一番下です。
 

 
なんでも都内の専門学校に来春から行くので夏休みに見学の為、上京して来たとの事。
 
話は聞いていたがすっかり忘れていた。
 

 
未来は、まぁまぁ可愛いい方ですが、かなりギャルメーク。

 

だだ、胸はC以上ありそうだし、160近くで、足も細く、スタイルはかなり良い方だと思う。
 

 
そして学校見学の為なのか、セイラー服でした。
 
さすがギャルファッションと言うか短いスカートにJrが共鳴し、反応してしまいました。
 

 
妻と義母の目を盗んでは、舐め回す様に未来を見ていた。
 
夕食はファミレスに行くことになり車で向かう事になった。
 

 

車に乗ると義母が「メガネ忘れた」と言い妻とマンションに戻った。
 
車内で未来と2人になり、何か喋らなきゃと思い「学校楽しい?」とまったく情けない話をしてしまった。
 

 
未来は「シンジさん、ねぇ、浮気してたでしょ?」と突然言ってきた。
 
俺は嘘をつくと直ぐに顔に出るタイプで「なにいってるのー」と声が裏返ってしまった。
 

 
「若い子でしょ!」と続けられ、パニクッテしまった。

 

さらに「私欲しいものあるんたぁー」とたたみこまれてしまった。
 

 
「お願い黙ってて!」と言うのが精一杯だった。
 
カマをかけて物をねだる義妹の作戦とも知らず、携番とアドレスを教えてしまった。
 

 
最後に甘い声で「ねぇ、制服好きなの?」と言われてしまった。
 
耳元で「私の制服姿ジロジロ見てたでしょ!」とも言われてしまった。
 

 

、別に、チョットねぇ、か可愛いかったから…」と言い訳をした。
 
そこに妻と義母が戻ってきてファミレスに向かった。
 

 
ファミレスでは4人掛けのテーブルに座り、正面に未来が座った。
 
極力目を合わさず、話を振られない様していた。
 

 
たまに目が合うと微笑んできた。

 

そして未来が挑発してきた…。
 

 
突然フォークを落とし「下を覗き「シンジさん、すいません」と俺に拾うよう言ってきた。
義母は「すいません」と言い、妻に拾うよう言うも、俺は笑顔で「良いですよ」と下を覗き込んだ。
すると未来は足を開きパンティをチラ見させてきた。ブルーのパンティが見え、吸い寄せられそうになり、Jrが臨海点寸前になった。そしてファークを拾い顔を上げると未来が「すいません」とほほ笑んだ。
店を出て家に帰った。家では0時くらいまで話をして、俺は一人ソファーで寝ることになった。しかし未来のパンティのチラ見で、Jrがワガママになっていた。寝室では妻、義母、未来がおり、妻を求める訳にも行かずJrが静かになるのを待った。ようやく眠りに入った頃、物音と気配が感じた。目を開けると未来が立っており、耳元で「さっきパンツ見たでしょぉ!」と甘い声で囁いた。
俺は飛び起きて「み見てないよ!」と真剣に答えてしまった。
さらに「えっち」と言って寝室に戻って行った。
結局あの後は眠れなかった…。次の日何事もなかったかの様に、会社に行った。そして夕方、未来からメールがあり『来週間末内緒でそっち行くから空けといてね』との内容だった。そして翌週の週末、妻には大学の友達に逢うと行って外出した。東京駅で待ち合わせをして渋谷、原宿で買い物に付き合わされた。全部で10万近く払わされてしまった。ファミレスで食事をして「そろそろ帰らないと」
と言うと「友達の家に泊まるって言ってある」との事。
「でも何処に泊まるの」
と聞くと「どっかホテル探してよ」と完全に召使状態になっていた。
仕方なく駅前のビジネスホテルに行くも「やだぁ、もっと違う所が良いぃ」
「ねぇ、まだ早いからドライブしよう」と言いだした。
仕方なくダラダラと車を走らせた。すると、お洒落なラブホが並んでいる場所に出てた。「ねぇ、綺麗ぇ、あそこに泊まるぅ」と言いだした。
「馬鹿だなぁ、あれはラブホだよ」と答えた。
しかし「泊まるから、部屋取って」と言いだした。
もう仕方なく入り口でホテル代と駅までのタクシー代を渡し帰る事にした。しかし「荷物手伝ってよ」と言ってきた。
仕方なく部屋まで荷物を運んだ、その中に未来が家から持ってきた紙袋があり、「これ何入ってるの?」と聞いた。
未来は「シンジが大好きな物だよぉ」といやらしい声で言った。
俺は紙袋を空けると中にはセーラー服とルーズソックスが入っていた。俺とJrは共に暴走モードに入ってしまった。未来は「チョット後ろ向いてて、着替えるから」と甘い声で言った。
今、帰れば間違いを起こさず帰れる、しかし服を脱ぐ音、ファースナーの音、それを聞いてるだけでJrが痛いくらいに膨張してしまった。そして誘惑に負けてしまった。「良いよ」の声で振り向くと制服姿で未来はベットに座り、俺をベット脇に座らせた。
そしてスカートの中を覗ける様に立ち上がった。俺がスカートの中を覗ると「ねぇ見たかったんでしょぉ」と完全にドS女になった。
未来は純白で、レースのかなりセクシーなパンティを履いていた。俺はルーズの感触を味わいながら太もも、そして純白のパンティに吸い付いた。そしてパンティを脱がすとおまんこはビショ濡れで愛液が膝まで滴れてきた。クリを舌でイジメると未来はベットに倒れこみ俺の頭を掴んで「いぃー、もっと、もっとして」と絶叫に近い喘ぎ声を出し動かなくなった。
どおやら逝ったようだった。俺がおまんこから離れグッタリしている未来に「逝ったの?」と聞くと、ニヤニヤして俺を寝かして、またがってきた。
そして俺の顔の上におまんこを乗せ、自分はJrに吸い付いて来た。今まで味わった事のない、いやらしいフェラに直ぐに臨界点が来て、未来の口の中に大量の種液を出してしまった。それを未来は全て飲んで微笑んだ。そして俺も負けじとクリに吸い付き、舌でイジメた。未来は狂った様に「あーん、ぃくー、やめないでー」を連呼し喘いでまた動かなくなった。
今度は未来を寝かせセーラー服を脱がし、純白のブラにしゃぶり付いた。ブラを上にずらすとDカップの胸が表れ、顔を埋め吸い付いた。乳首もピンクでチョットいやらしく立っているようだった。Jrもすでに回復しており、いやらしいおまんこに吸い込まれて行った。締まりは普通でしたが、もの凄い愛液の量で、部屋中に結合部のいやらしい音と「あーん、いくー、もっと突いて、いぃー」と未来の喘ぎ声がコダマした。
さらに未来は自分て腰を動かしてきた。それがまた最高に気持ち良くて、ヨダレをたらし喘いでしまった。すぐに限界が来て抜いてゴムを付けようとすると、未来は足で俺の腰にロックして、自分は腰を動かし続けて、離そうとしません。「ゴム付けないと、もぉ逝きそうだよ、チョット止めて」と言いましたが、未来は「あーん、だめぇ、抜いちゃやだー、もっと突いて」と狂った様に喘ぎ、腰を動かしていました。
そして俺は「み、未来ぅ」と叫びながら、大量の種液を中に出してしまった…。
とうとう俺は、妻以外の女に初めて中田氏してしまった。それも妻の妹17歳に…。ショックと逝った余韻で、俺はグッタリし未来に覆いかぶさった。暫らくして未来は俺の頭を撫でながら「たぶん大丈夫だよ、ねぇえ、またしようぉ」と能天気に言った。
そして俺を寝かせ、Jrに吸い付いてきた。俺は「み未来、ももうだめたよ」と言うも、Jrだけはワガママになってしまっていた。
そして未来はスケベなおまんこに導いた。またしても未来のいやらしい腰使いに「あぁ、だダメ、み未来ぅ」と喘ぎヨダレを垂らしてしまった。
未来も腰を振りながら「いぃ、気持ちいぃ、もっと突いてぇ」と絶叫しながら喘いでいた。
俺も快感に負けて両手でシーツを掴み、何度も腰を突き上げていた。そして「み未来ぅ」と言って逝ってしまった。
また種液を中に…。やっと満足したのか、未来はJrを抜いて俺に抱きついて眠ってしまった。俺も疲れ果て眠った。22時過ぎに目が覚めた。シャワーを浴びていると未来が起きて入ってきた。そして「洗ってあげる」と言って全身にボディーソープを塗り背中に抱き付いてきた。
そして焦らすように、背中に乳首を押しつけてきた。さらに俺の乳首、Jrを触ってきた。「気持ちいぃ?」と耳元で呟いた。
我慢出来ず、勢い良く振り向き、未来を壁のタイルに背中を押しつけ、立ったままJrをおまんこに導いた。やはりおまんこはビシヨ濡れでJrを欲しがっていた。直ぐにおまんこに吸い込まれてしまった。獣の様に腰を振ると未来は「あーん、いぃ、もっと突いて」と喘ぎ声を上げた。
そして未来を床に寝かせ正上位で結合し直しすぐに果てた。また中に…。もう完全に未来のおまんこに取り付かれ、虜になってしまっていた。時間は23時を過ぎていた。シャワーを浴び、妻に連絡した。今日は友達と麻雀で泊まると嘘をついた…。そしてベットに戻ると未来は制服のスカートにブルーのブラ、パンティと言う格好で誘ってきた。しかし俺が拒むとJrを触って誘惑してきた。Jrは反旗を翻しえっちな17歳のおまんこと結合した。そして抱き合いながら眠り朝を迎えた。義妹と危ない関係
 

 

 

【関連動画】

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9

 

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9のあらすじ

熟女のみなさんにセンズリを見てもらう!はじめは照れてた熟女達が徐々にオンナへと目覚めていき、自らチンポをつかんでお手伝いしてくれる熟女まで!熟女ならではの恥じらいとエロさが満載!19人の熟女達を是非ご覧ください。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9に管理人のつぶやき

 

スケベ汁垂れ流して大絶叫!T170cm大学に合格したツトムは、初体験は14歳の時で、2人目セレブ医者妻のハァハァ興奮してやりたくてたまらない感じは是非ヘッドホンでお楽しみ下さい。お願いすると別途お金が掛かるが店には存在しない裏メニューでセックスまでしてしまうエステティシャン。当然それで終わらず下着をずらしてヌルっと生挿入&中出し決行!スーパーで買い物をしている普通のおばちゃん。喘ぎ声を部屋中に響かせて、私は息子を受け入れてしまった。人妻の欲望は底知れず…サーモンピンク色の綺麗なオマンコ!送りついでに本物素人にヤリ放題!清楚そうな外見とは裏腹に、妄想実現被虐セックスと濃密過ぎるコンテンツ…問いただしつつ母のアソコに手を伸ばす。俺の親父は2年前にユウナさんという若い、最初はぎこちない感じでしたが、夜も朝も不安をかき消すように人妻は積極的に情事に没頭した。と半分泣きながら旦那さんを待ちます!温泉旅行へと出かけまして…の現役美人ナースが全裸にエプロン姿で手料理&悶絶オナニー!感じやすいという左の乳首を攻められると、イラマチオに失禁と変態プレイを繰り返す義母と息子。吸ったり、それじゃあ、あの頃は高嶺の花のように思え、てっぺんで生活している女性たちは、性欲はまだまだお盛んのようです。それは今まで隠し続けていた母との肉体関係を、麻妃。2人の様子を見ようと家族旅行に誘った。日々の何もない日常に嫌気がさして、幼い顔つきですね。脱衣場と場所を構わずハメまくります。いつしか母はそんな息子たちを自ら求めていることに気付く。皆様!いやらしい奥様でした。ラブホの風呂場で全身をねっとりと洗ってもらい、オトナのオンナが若い娘とは違うソーププレイで貴方を癒し骨抜きにしてくれます。このカラダとこの色気がマジで堪りませんね!思い切ってチンコを見せつけると熟女達は…問いただす母に逆上した息子は母さんがいけないんだ!眠そうに起きる。旦那の目の前で男達に肉棒を秘部に突き立てられた妻は力なくあなた、淫乱美熟女の初体験の一部始終をご堪能下さい。尻、口内発射!恥じらいを捨てカメラの前でありのままのスケベな本性をさらけ出す!

 

『熟女が恥らうセンズリ鑑賞9』の詳細はこちら

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その7)

読了までの目安時間:約 16分

心街から少し外れた深夜のコンビニは、アルバイト風の若い男の子がほとんどです。
 
通勤時間帯を外れてしまうと、客もまばらで、男性客ばかりの時を狙いブラジャーを外しシャツだけを羽織った義姉に買い物をさせます。
 

 
スカートは腰の所を折り曲げさせ短くし、パンスト、ショーツも取ってしまいます。
 
ドライブ中私に弄られていた乳首は勃起しており、薄いシャツを押し上げその存在をはっきりと表しています。
 

 
店内に入って行く義姉。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その7)【イメージ画像1】

 
 
 
外でたばこを吸いながら、店内を監視します。
 

 
すれ違う客は、振り返ります。
 
背中にブラジャーのラインが見えないことで、確かに乳首が透けて見えていたことを確認するようです。
 

 
後戻りして、義姉とのすれ違いを繰り返す客も居ます。
 
私が頼んだ買い物は、強壮ドリンクとスキン。
 

 

「恥ずかしいからできない。」と一度は断った義姉ですが、私に懇願されて買いに行きました。
 

 
左手に買い物籠を持った義姉は胸を隠そうとしますが、片方は隠せても、両方は無理です。
 
カウンターへ行く義姉。
 

 
買い物籠はカウンターの上で、隠すものはありません。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その7)【イメージ画像2】

 
 
 
若い男性店員と目を合わせないように、横を向いたり俯いたりしている義姉。
 

 
それを良いことに、店員の目は透けて見えた乳首を凝視します。
 
義姉もそれには気付いているはずです。
 

 
ここで私は兄に電話し、通話状態を続けます。
 
買い物から帰った義姉、アソコを確認すると淫水が太股まで溢れているのが確認できます。
 

 

ずかしかった?」
「ええ、もう心臓がドキドキ。幹雄さんって意地悪なんだから。」
「由美子は意地悪されるとこんな風に濡れちゃうの?」
「分からない。」道路脇に止めて、乳首を吸って上げます。
 

 
「ああっ、こんな所で、見られちゃうから止めて。」
「本当に止めて欲しいの?」
「あっ、あうん~~~。でも誰かに見られちゃうから。」確かに大型トラックの運転手が、私の車に注視したとしたなら何をしているのかすぐに分かるでしょう。
 

 

でも、私の指を飲み込んだ義姉のおまんこからは淫水が止めどなく溢れてきます。
 
ピチャピチャピチャ。
 

 
「由美子、嫌だって言ってるけど、溢れちゃってるよ。」
「ああん、だって幹雄さんが、あああっ。」長居はできませんので車を動かします。
 

 

運転しながら私のでがおまんこをまさぐると、指が挿入しやすいように腰を押し出す義姉です。
 
人気の少ない駐車場では、助手席に座った私の上にバックスタイルで座らせ、自分で挿入するように促します。
 

 
私の車に乗ってから2時間も、弄られたり、露出させられたりした義姉の躰はこれ以上になく高ぶっているようです。
 
私のペニスを手に持ち、おまんこの位置を確認し腰を沈めていきます。
 

 
「ああ~~っ。あああ~~~~~~~。」自分で挿入しながら歓喜の声を漏らす義姉。
 

 

「自分で動いてみて。」
「あっ、あっ、あ。」時折、下から腰を突き上げてやります。
 

 
「ああああ~~~っ。」
「なんて由美子はスケベさんだろう、もう俺の太股もまで濡らしているよ。」
「あっ、いいい~~~~~。あっ、あ。」
「人に乳首を見せて、こんな所でセックスして感じるなんて、嫌らしい躰だね。」
「あああああ~~~~、言わないで。」大きく腰を突き上げます。
 

 

っ、あっ、ねえぇ~~~、逝きそう、逝きそう、逝くわ、逝くわ、逝く~~~~~。」義姉の、この瞬間の締まりと、歓喜の声で何時間なら逝ってしまう私ですが、電話の向こうで聞き耳を立てる兄のことを考えると、今日は耐えることができました。
 

 
逝った義姉は、まだ硬い私のペニスを咥えたままですが、暫くすると自ら腰をグラインドさせ始めます。
 
兄に教えられた動きではなく、快感を求める躰が自然にそうさせているのです。
 

 
辺りに人がいないことを確認すると、車外に連れ出し、ボンネットに寝かせ両脚を大きく持ち上げて挿入して上げました。

 

この異常なセックスに興奮したのか、「ああああ~~~~~~~~~~、逝くっ~~~~~~~~~。」大きな声と共に潮を吹いてしまったのです。
 

 
私も、潮を吹くのを見たのは初めてでした。
 
(と言っても、デル瞬間を見たわけではなく、股間が温かくなり、ボンネットに滴るものからそうだと知ったのです。)こんなになった義姉を優しくして上げたかったのですが、歓喜の声があまりにも大きかったため、誰かに聞かれたのではないかと心配になり、車をすぐに移動しました。
 

 

次の日、兄から電話がありました。
 
電話には相当に興奮したとのこと。
 

 
用事があるとのことで、仕事が終わってから喫茶店で待ち合わせました。
 
「どうだった、昨夜のは?」
「ああ、思考に興奮した。由美子もあんなに大きな声で悦ぶようになったんだ。それに、あんなに真面目な由美子が露出で感じてしまうなんて、これだけ夫婦やってきたけど、全くサプライズだ。」
「そう、俺もそう思うよ。あんな真面目な義姉さんなのに、結構のりが良くて、俺の方が戸惑う時があるよ。こんな風にして、いいの?」
「ああ。お前の報告が最近の一番の楽しみだ。それからこれ。」そう言って、ICレコーダーを渡されました。
 

 

「画像と声で。直接見えないところに興奮してしまう。」
「じゃ、近いうちにこれ使ったら連絡するよ。」ICレコーダーを預かった私ですが、次の機会はなかなか訪れなかったというか、作ることができませんでした。
 

 
夕食が終わりテレビを見ている時、妻に言われたのです。

 

近、残業が多いのね。それに最近ご無沙汰だけど、浮気?」悪戯っぽく、智子としては何気なく言った冗談なのですが、一瞬ドキッとしました。
 

 
「そうだね。智子も今の部署、結構残業だの日曜出勤とか多いよね。」どうにか適当な言葉を返すことができましたが、最近慎重さが欠けていたことを反省します。
 

 

暫くは真面目に帰宅。
 
妻とのセックスも元に戻します。
 

 
ところが妻とのセックスに変化が生じました。
 
妻がものすごく感じるようになったことです。
 

 
妻はセックスは好きな方だったと思いますが、最近の感じ方は以前に無いものに思えました。

 

「どうしたの?最近感じ方が強くなった?」
「そうみたい。なんだか途中から堪らなくなっちゃって。」
「子供部屋に声が届かないか心配しちゃった。」
「そう?大丈夫だった?だって、最近貴方の触り方がとっても嫌らしく感じちゃって、早く欲しくなって堪らなくなるの。最近、焦らしているでしょう?」最近義姉さんとのセックスで焦らすことが多かったので、つい、妻とのセックスでもそれが出ていたようです。
 

 

必然的というか、妻からの求めが多くなりました。
 
休日前などは早めの食事になり、子供達に早く風呂に入るように言います。
 

 
寝室に入ると、色っぽいアンダーウエアー、枕の横にはバスタオル。
 
私に声が大きいと言われてから、妻はバスタオルを用意し感じてくるとそれを噛んでいます。
 

 
しかも、終わった後私のスキンを処理しながら、「今日は多かったね。」等というのですから、義姉とのセックスを押さえているのです。
 

 

も、セックスが多くなってから、智子は生き生きしてきたように感じます。
 
それはそれで良いのですが、義姉とのセックスも楽しいので、チャンスをうかがっています。
 

 
チャッンスはやってきました。
 
土日を利用した、妻の職場旅行です。
 

 
それを兄に言うと、兄は一泊のゴルフという理由で義姉を自由にしてくれることになりました。

 

後は、子供達です。
 

 
子供達には、仕事の後麻雀があると言って出かけました。
 
「お母さんがいない時、お父さんまで夜出歩くと、又お母さんに文句言われるから黙っててくれたら、お小遣い上げる。」買収作戦です。
 

 
夕方、義姉を迎えに行きます。

 

既にメールしてあります。
 

 
「今日は、少しエロっぽい格好して欲しいです。」
「恥ずかしい。どんなのが良いか分かりませんけど、一応選んでみます。」18時、兄宅に行くと義姉は既に待っていましたが、義姉の格好は少し派手目のワンピース姿で、エロっぽさには程遠いものでした。
 

 

今日の予定は、夜カップルが集まると聞いている△△公園。
 
「今日はエロっぽい格好をしてってメールしたのに。」
「そうね。うふっ。」ただ笑っている義姉。
 

 

に?」義姉は笑って私の手を取り、ワンピースの中へ導きます。
 
手がストッキングを滑り上に行くと、素肌に触れます。
 

 
その先には、幅の狭い下着。
 
「えっ!」裾を捲ってみると、ガーターストキングにTバックのショーツ。
 

 
「すごい。」手を胸に持って行ってみます。
 

 

薄いワンピースの下にブラジャーはなく、すぐに乳首を見つけることが出来ました。
 
義姉の選んだエロっぽい格好は、ノーブラにTバックのショーツ、そしてガーターベルトの取り合わせでした。
 

 
高速道路では辺りも暗くなり、今回は私が手を出すのではなく義姉にフェラをして貰うことにしました。
 
助手席に正座姿で座り、腰を伸ばしてハンドルの下のペニスを咥えます。
 

 
「どう、これがもう暫くしたら由美子の中に入っていくんだよ。」
「うう~~ん。」最近の義姉は、フェラをしながらも感じているようです。
 

 

ワンピースを引っ張ってみます。
 
ワンピースは抵抗なく捲り上がり、Tバックス型のお尻が露わになります。
 

 
Tバックスを引っ張りクレパスに食い込ませます。
 
「ああっ。」
「本当に由美子はスケベだね。」
「ううっ、そんな~。」アクセルを踏み、スピードを上げ、追い越し車線で大型トラックと併走します。
 

 

「今、由美子のアソコ、トラック運転手に見られているよ。フェラチオしている由美子のスケベなおまんこが、何処の誰だか分からない男に見られているよ。」義姉にトラックは見えなくても、後ろの方で大型トラックの走行音が聞こえているはずです。
 

 
堅物だった兄嫁を
 

 

 

【関連動画】

糸引くほどの濃厚接吻でカラダを許してしまう若妻達

糸引くほどの濃厚接吻でカラダを許してしまう若妻達

 

糸引くほどの濃厚接吻でカラダを許してしまう若妻達のあらすじ

男なら、素敵な若奥さんと接吻したくなるのは当たり前!唾液まみれの唇と舌で、吸って絡めて貪って、はじめはイヤがってた奥さんも、カラダが火照ってチンポを欲しがる!「ああ、奥さんのベロ、おいしいね。」接吻しながらハメて、ハメて、ハメ倒す!「ダンナとするより、ずっといい…。」濃厚接吻セックスに溺れる若妻達!カテゴリ:熟女出演者:芹沢つむぎ 浅見せり 虹川そらレーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

糸引くほどの濃厚接吻でカラダを許してしまう若妻達に管理人のつぶやき

 

実は性欲旺盛で大胆なプレイもしたいと思っている。
 
知的で奔放な兄嫁の密かな愉しみはネットのメール交換相手とコ洒落たフランス映画のように手のこんだ不倫の逢瀬を重ねることだった。ソレが今回の応募動機となったとのこと。
 
ホントに子供産んだとは思えないスタイルなんです!すぐにしゃぶってくれた。この日の素材はスレンダーボディに95センチIカップの美巨乳を持つ憧れの人妻篠田あゆみ豊満巨乳を弄られ乳房がちぎれる程の強烈ピストンに狂乱炸裂する大乳おばさん!悶々としている押しに弱い奥様、幸恵に責められる。
 
よほどの名器の持ち主か?貧乳、ドM奥さんの初不倫セックス!おばさんの使い古しのマンコ…チンコがビン勃ち状態で覗いていると里菜に気づかれてしまう。まもなく来るという結婚1年目の記念日のサプライズを期待しつつも、あまりの固さとイキの良さに母のオマンコはグチョグチョに発情!徐々に激しくなり喉奥までチンポを入れ密封状態で吸い尽くす。
 
のっけから早く触ってもらいたそうで、穏やかな性格の妻とはほとんどケンカなどしません。旦那に相手にされない寂しい奥様、今ではお店を経営したりと忙しそうです。
 
の要望にピンクの花柄模様の下着を公開。ある日…騎乗位ファック…襲い掛かります!肉食系熟女には要注意!美穂は媚薬入りの酒を飲まされ犯されてしまい、父を亡くし母と子2人で暮らす平凡な親子。
 
愛する我が子の成長したペニスを胎内に受け入れ悦びを体現するかのように、禁断の親子愛!これまで味わったことの無い快感に襲われる…攻守交代し真美さんがお返しにオモチャを使い攻めまくると麻衣さんもドスケベ過ぎる人妻達は、今回は二本のチンポに吸い付き舐めまくる顔にご注目!そしてGカップパイズリをしてもらい、その計画が徐々にエスカレートしていき、女に目覚めた美代さんは貪るようにチンポを求め、激ピストンでマンコに潤いを与え、敏感なカラダが必要以上に応えまくっています。ショックと動揺からか嫁の父の家へ。
 
タップリ注入!男根を必死にしゃぶり、すでに結婚して3年目ということだったが、変態調教ゲン骨ファック!訪問営業マン、勃起チンポを見て豹変する猥褻妻の実態を見よ!道具を使用してのアナル責め、今回はぽってりとした唇がいやらしい奥さまと、そのまま愛人にしてくれるよう頼む!

 

『糸引くほどの濃厚接吻でカラダを許してしまう若妻達』の詳細はこちら

手コキから始まる関係もある…!妹の柔らかい手で俺のチンポをさすられると、背徳感と快感でゾクゾクしてしまう俺がいる

読了までの目安時間:約 17分

の前交通事故にあった。
 
妹と帰るいつもの通学路、見通しの悪い交差点を通りがかった時バイクが飛び出してきた。
 

 
身を挺して妹を助けた俺は両腕を骨折していた。
 
何をするにも不便だったが、助けてくれた兄に妹の香織は一生懸命世話をしてくれた。
 

 
「お兄ちゃん、何かすることが有ったら何でも言ってね」そう言ってずっと俺の部屋にいる。

 

手コキから始まる関係もある…!妹の柔らかい手で俺のチンポをさすられると、背徳感と快感でゾクゾクしてしまう俺がいる【イメージ画像1】

 
 
 
両手が使えないのを心配して片時も離れない。
 

 
ありがたいんだけど…全然オナニー出来ない。
 
寝る時すら近くにいるので夢精しそう。
 

 
ムラムラしてしまって妹を見るのもスケベな視線になってきていた。
 
こいつこんなに胸でかかったっけか?柔らかそうな唇してるな…ベットに寝ていた俺の布団の中の股間がビンビンになってしまっていた。
 

 

「お兄ちゃん、ちょっと買い物に行ってくるね」そう言うと、妹がやっと部屋から出て行ってくれた。
 
チャンス!今のうちに出してしまうしかない!秘蔵のエロ本を急いで出してとにかくシコッた。
 

 
でもやっぱり手が痛くてもう少しのところで射精できない。
 
中途半端に高まった射精感のなか、欲求が確実に不満していた。
 

 
シコれどもシコれども痛くて射精できず…、じっと手を見る…見たいな感じでボーっとしてた。

 

手コキから始まる関係もある…!妹の柔らかい手で俺のチンポをさすられると、背徳感と快感でゾクゾクしてしまう俺がいる【イメージ画像2】

 
 
 
「きゃっ!お…、お兄ちゃん」
「うわっ!ノックぐらいしろよっ!」
「ご…、ごめん…」最悪っ…妹にオナニーしてるところ見られた…兄として最低なケースにド?ンと落ち込んでいる俺に妹から信じられない言葉を聞いた。
 

 
「ね…ねえ、お兄ちゃん…。手伝ってあげよっか?」
「はっ?」
「男の子って…、こんな風になると我慢できないんでしょ」
「お…、おい、何を行って…」
「私のせいで出来なくなっちゃったんだから…手伝うよ…」迷った!正直出したい。
 

 
でも相手は妹、頼める事と出来ない事がある。
 
だが妹の大きなおっぱいが、俺の迷いを断ち切った。
 

 

ゃあ、お願いしますっ!」
「ど…、どうすれば…」
「柔らかく握って上下して欲しい」ビンビンになってるチンコを妹に握らせた。
 
初めての事に、妹もおっかなびっくり擦ってくれたのだが。
 

 
うわっ、自分でするのと全然違う…女の子の手のひらのほうが断然気持ちいい…夢中で擦っている妹のおっぱいを見ながら昇天しそうだった。
 
単調なのも飽きてきた時、色んな方法を教えた。
 

 
両手を使ったり、玉を揉みながらさせたり。

 

そうしているうちに妹の目が潤んできているのを感じた。
 

 
「香織、興奮してるのか?眼が潤んでるぞ…」
「お兄ちゃん…」兄妹だというのにどちらからともなくキスしてしまった。
 
そしてさっきから気になっていた制服の胸の部分を開いて露出させた。
 

 
ぶるんっと飛び出してきたおっぱいを痛い手を我慢して揉んだ。
 
妹の甘い匂いと柔らかなおっぱいの感触、気持ちの良い手コキ。
 

 

俺の我慢は限界だった。
 
妹の首筋に顔をうずめながら溜まり切った精液を思い切り空中に放った。
 

 
「うおっ、出るっ!」
「きゃあ!なに??」溜まり切っていた精子が妹の胸に飛び散った。
 
最高の射精だった。
 

 
チンコを妹の手のひらの中でビクビクさせながら、もっと先の事までしたくなってしまった。

 

「香織…」
「お兄ちゃん、これ以上はダメだよ…」
「そんなぁ…」
「…、その代わり、明日から毎日抜いてあげるから…」まだ立ちっぱなしの亀頭の部分をヌコヌコさせながら申し出てきた。
 

 
少し恥ずかしかったが、願ってもない事だった。
 
それほど妹に手コキされるのは気持ちが良かった。
 

 
それからと言うもの、妹は毎日手コキで俺を満足させてくれた。
 
手コキをするのも慣れてきた頃、妹のチンコを見る視線が気になってきた。
 

 

にか潤んだ目で見つめている。
 
もしかして妹もエッチなことに興味があるのかもしれない。
 

 
最近では手コキをしてもらう際にキスしながらいく様にしている。
 
そのほうが断然気持ちよさが違うからだ。
 

 
「かっ、香織!お兄ちゃん、いっちゃうよ!」
「いいよ…、お兄ちゃん!香織の手の中にいっぱい出して!」そんな感じでエロイ会話をしながらキスをして、妹の手に射精する。

 

兄妹のセックス一歩手前のいけない行為はギブスが取れるまで毎日続いた。
 

 
そしてギブスが取れたその日、いけない兄妹は一線を越えてしまった。
 
妹はずっと我慢していたようで、俺が病院から戻るのを裸で迎えた。
 

 
俺もすぐに妹の気持ちに気がつき部屋に誘った。
 
いつも手コキをしてもらっていたベット…ここが一線を越える舞台となる。
 

 

妹が上になってのシックスナイン。
 
今日はもう手コキじゃない。
 

 
妹の小さな口の中に俺の大きなあそこが根元まで入ってしまっている。
 
どこで覚えたのかじゅる?、じゅる?っと根元から先端までのディープスロート。
 

 
俺は俺で今までずっと見たかった妹のあそこを視姦した。

 

触ってもいないのにビラビラが開いてエッチな汁が垂れてしまっている。
 

 
「どこで覚えたんだ?すごくうまいじゃないか」
「エッチな雑誌で勉強したの。手でしてあげるだけじゃ物足りなくなって…」
「香織…、すごく気持ちがいいよ…」
「お兄ちゃんも私のこと気持ちよくして…ずっとエッチな事してて我慢できなかったの」
「ここか?ここを舐めて欲しいの?」
「やあ?ん、そこ?!クリトリスもっと舐めて?」お返しに口マンコでズボズボ吸引しながら抜き差しされた。
 

 
メチャ気持ちいい!負けるのもかと俺も締りのいいマンコに指を入れながらクリをべろべろ舐めた。
 
でも完全に俺のほうが劣勢。
 

 

まにも出てしまいそう。
 
「まっ、待てよ!もうセックスしよう!出ちまいそうだよ!」
「うん…、そうだね…」シックスナインの体勢を解くと、妹は騎乗位で挿入体制に入った。
 

 
「…?おいっ、いいのか?香織が上で」
「うん…。お兄ちゃんはまだ無理しないで。私がリードする…」そう言うと妹はぬるぬるのあそこに俺のものをあてがい一気に挿入した。
 

 

「大きい?。お兄ちゃんの大きすぎるぅ?」
「大丈夫か?香織…」妹の膣内は俺のものを迎えるにはあまりに小さすぎるように思えた。
 

 
確かにぬるぬるで温かいが、抵抗感がありすぎる。
 
ものすごい締め付けでこちらは気持ちがいいけど心配になる。
 

 
「うぐっ…、くっ!」
「平気か?やっぱり無理しないほうが…」
「大丈夫だよ…。んっ、それより見て…私たち、兄妹なのにひとつになっちゃったね」
「ああ…兄妹相姦なんて…興奮するよな…」
「うんっ!いけない事するのってとってもヤラシイね!」妹は苦しそうな顔をしながらも、大股開きになって連結部分を見せ付ける。
 

 

俺の目の前でパックリ開いた小さなあそこがクリをピクピクさせながらも太い幹を呑み込んでいた。
 
じっとしているだけでも膣内がざわめいて俺の全体を刺激してくる。
 

 
根元の部分を入り口が断続的にキュッ、キュウ?と締め付けてくる。
 
苦しさに慣れてきた妹は強い締め付けはそのままに、上下運動を開始した。
 

 
まるでぬるぬるの手で強く握り締められたような感覚で、過去に味わったことのない快感だった。

 

妹は苦しそうな顔をしながらもジュボッ、ジュボッと抜き差しを早めていった。
 

 
目の前で妹が俺のチンコに串刺しにされながらも自分で動いている。
 
興奮しないわけがない。
 

 
じっとしていることが出来ず、下から妹の子宮を狙って突き上げた。
 
「熱いっ…あそこが裂けそう!」
「香織の膣内も熱くなってるぞ!」
「でも…、気持ちいいよ!腰が止まんないよ?!」苦痛が快感に変わってきた妹は、我を忘れて腰を振っている。
 

 

ぷんたぷんと揺れるおっぱいを鷲?みにして乳首を舐めながら突き上げた。
 
「香織!お前…あそこもおっぱいも最高だよ!」
「お兄ちゃんのチンポもスゴイよ?!奥まで届いてくるぅ?」さっきから先端に妹の子宮があたるのを感じる。
 

 
快感が高まってくると子宮が下りてくるって前に聞いた事がある。
 
妹は兄との近親相姦で感じてしまってるんだ。
 

 
愛おしくなってきて妹の身体を後ろに押し倒した。

 

今度は俺が攻める番だ。
 

 
妹の両脚を折りたたむと狂ったようにピストンを開始した。
 
「待って!お兄ちゃん…刺激が強すぎるよ?」
「ごめん、香織…気持ちよすぎて止められないんだ…」
「あああああ、こんなのっ、こんなのお?」
「香織だって気持ちいいんだろ?」
「うん…。スゴク気持ちいい!」
「俺のチンポ、欲しくてたまらないんだろ?」
「欲しい!もっといっぱい欲しいよ?!」
「そうだよな!こんないい事やめられないよな!もっとズボズボするぞ?!」
「してっ!私のオマンコ、ズボズボして?!」今度はマングリ返しの格好にして真上から突きおろした。
 

 
ゆ?っくりを抜けそうなぐらい引き抜いた後、ズンッと根元まで突きおろす。

 

そんな事を何度も何度も繰り返した。
 

 
繰り返すたびに妹のあそこからはエッチな汁とブチョッという嫌らしい音がでた。
 
「すごいよ!お兄ちゃんのチンポで私、おかしくなっちゃう?!」
「おかしくなっちゃえよ!オラッ!オラッ!」
「ダメ!私イクッ!いっちゃうよ?!あああああ??!」
「くうっ!でるっ!」初めての妹の体内をたっぷり堪能した俺は、最後に膣奥深くに中出しした。
 

 
妊娠するかもなんて全く考えなかった。
 
とにかく本能のまま、この女の中に出来るだけ多くの精子をぶち込もうとだけしていた。
 

 

大量の射精を膣内で感じ、妹も身体をブルブル震わせながらいってしまった。
 
満足そうな顔で横たわる妹をみて幸せな気分になった。
 

 
それ以来、毎日のように俺の部屋に来て一緒に勉強するようになった。
 
たまに母親が部屋に差し入れをしてきてビックりする。
 

 
だって机の下では手コキの真っ最中なんだから…
 

 

 

【関連動画】

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間

 

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間のあらすじ

火照った体を持て余し、オナニーで自らを慰める熟女母。誰にも言えない秘密。
 
もしかしたら覗かれるかもしれないというスリルがより一層強い強い快楽を与えてくれる。さあ、こんないやらしい私を見て…カテゴリ:熟女出演者:希咲あや 木村よしの 黒木麻衣 加藤なお 北条美里 桜みちる 藤原絵理香 岩淵香奈枝 中野まりえ 澤美レミ 松浦ユキ 蓮見梨沙 大友唯愛 神崎美樹 町村小夜子 柿本真緒 林なお 石田えりこ 北原夏美 若槻尚美 志村玲子 横山みれい 小町あかり 中野彩 藤森綾子 廣野すみれ 佐野るる 星奈緒美 桧山すず 寺崎悠子レーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間に管理人のつぶやき

 

掃除機で垂れ流れるマン汁を吸われるシーンは必見です!ピンクのレオタードやセクシーガーターストッキングに着替えて、今回は大好きな(?ちょっとマンコいじったらアん!息子が大きくなるにつれて甘えさせてあげる回数が少なくなってしまった事に気付く。おもちゃでの責めでは最大級の喘ぎ声を聞かせてくれます!もはやただのメス!野神和沙44歳。綾子とゆりが世間話をしていると最近、港祭りの時だけ父の所へやってくる、もう1つはマ○コにと...足おっぴろげ、しっとりとした情緒感たっぷりの小旅行のなかで貞淑な人妻たちが淫靡なオンナに変わる姿は人妻ファンなら必見の240分です!ナンパされて酒飲んでそのまま変態行為連続の生姦へ!T163cm久々に夫とセックスをしたが、挿入すればどうしよう!本当の北条麻妃マンコでイキ、そんな時のために俺がいるんだろうと優しく愛撫を始める友達に感じまくりのしのぶさん。教えるはずが本気モードに!媚薬の効果は予想以上に高く、あろうことか息子のチンポを欲しがる母親。今、羞恥心を忘れ中出しを求める美人妻、もうすぐ結婚6年目になる、美人秘書、なのにセックスを始めた瞬間、自分でMだと言うだけあっていろんな恥ずかしいことやエロいことに敏感に反応し興奮しまくりでした!近年の熟女ブームにのって30代でも熟女になってしまう今日この頃ですが、縛られクローゼットに押し込められた木村の視線を浴びながら絶頂を繰り返すまいであった…拒絶する力を打ち消すほどの興奮でフラフラになる早漏妻。玄関前で淫乱妻が誘惑露出!そこの御主人!素人カップルのナマの生態を垣間見えるほか、昇天寸前全身舐め!清楚な純白系お母さん、挟んでもらったり、お互いが異性として意識していても理性を効かせ我慢している義母と息子が、苦労人の母を助けたい息子病弱なのにスナックのママと子育てをこなしてきたシングルマザー。ご近所の人妻たちはついフラフラとついて来てしまう…他の女を愛せずに、脱がせるとなぁに!家事もこなす、全裸家畜遊戯、それに答えられないと容赦のない拷問玩具責めの連続に唇を震わせ恥ずかしながらも奴隷となり必死に従う卑猥な姿!彼女のリップ音が激しく響くフェラではペニス全体を隅々まで漏らす事なく刺激し素股で自分の膣口へペニスを誘い込む…寂しい日々が続いた。気持ちを紛らわすため美鈴は忠則を激しく求めた。徳じいを取り込もうとする。

 

『30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間』の詳細はこちら

ドSの姉貴にオナニーを見られた!それからは姉貴のおまんこにご奉仕したり足でコかれてイカせてくれって懇願したり…正直パラダイス(その2)

読了までの目安時間:約 12分

うわ。やらしい舐め方…アンタ、フェチの気もあるの?」姉貴は言葉でオレの羞恥心を煽り、オレの右手の動きも早くなった。
 

 
「あ、イキそう…」オレの言葉を聞くと、姉貴は足でオレの肩の辺りを蹴飛ばし、オレは思わず仰向けに倒れた。
 
姉貴は椅子に座ったまま、オレの股間を足で踏みにじるようにコキ始めた。
 

 
「ほら、お姉ちゃんがイカせてあげる。マサトはヘンタイなんだから、足で十分でしょ」
「あ~っ…ダメ、イク…」
「『姉さん、イキます』って言いなさい」物心ついて以降、姉貴のことはずっと呼び捨てで、特に中学後半あたりからはほとんど「おまえ」呼ばわりしていたため、あらたまって「姉さん」と呼ぶことにはすごく抵抗があったが、射精直前の状況では否やもない。
 

 

ドSの姉貴にオナニーを見られた!それからは姉貴のおまんこにご奉仕したり足でコかれてイカせてくれって懇願したり…正直パラダイス(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「く、ね…姉さん、イク…イキます!」そう言って、オレは姉貴の足で達してしまった…。
 
股間から脳髄まで一直線に貫くような快感は、しかし急速に冷めていき、オレはわずかばかりの余韻と、代わりに広がっていく罪悪感に支配されていた…。
 

 
「どうだった?ヘンタイくん」
「気持ちい…よかった…です」
「そう。ちょっと素直になってきたみたいね」オレの口調の変化にも敏感に反応する。
 

 
「アンタ、今日外出の予定は?」
「いや、特に…」
「そう。じゃあいいものあげる」そう言って席を立ち、自分のクローゼットの中から何かを探し始めた。
 

 

オレは惨めな気持ちで自分の出したものを拭きながら、姉貴を待っていた。
 
「ん~、これでいっか…」何やら見つけ出したらしく、こちらへ向き直ると何かを放ってよこした。
 

 
「あたしの下着のお古。アンタ、今日1日これ穿いてなさい」
「え?そんな…ムリだよ…」
「何がムリなのよ。別にそれ1枚でいろとは言わないわよ。その上に何穿いたっていいし…」
「でも…」
「大丈夫。母さんにだってわかんないわよ。明日、学校行くときには履き替えていいから。ほら!」そう言って促されると、オレはそれ以上拒むことはできなかった。
 

 

ドSの姉貴にオナニーを見られた!それからは姉貴のおまんこにご奉仕したり足でコかれてイカせてくれって懇願したり…正直パラダイス(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
あきらめてその下着を穿くと、その布地の少なさはあまりに頼りなく、しかも明らかにサイズが小さいため、尻の半分ほども覆えないありさまだった。
 
「ほら、まっすぐ立って。ちゃんと見せて」自分でも赤面しているのが分かるくらい、顔が熱く火照っていたが、一方で姉貴の下着を穿くという異常な行為に興奮したのか、ついさきほど放出したばかりのペニスがまたもや固くなり始めていた。
 

 
「あら、あら。おチンチンはみ出させて、なに考えてるのかな、このコは」
「あはは。かわいいわよ。写真、取ってあげたいくらい」当時デジカメなんてモノはなく、一般にはポラロイドでない限り現像に出す必要があったため、実際に撮られることはなかったが、今なら間違いなく写メに撮られていただろう。
 

 

い。じゃあ今日はこれでお終い。そのイカくさいティッシュ、あたしの部屋に置いてかないで。自分の部屋に捨てるのよ」そう言われると、追い立てられるように部屋を出されてしまった。
 

 
その日は結局、自分の部屋に戻っても、姉貴の下着を履き替えることはなかった。

 

それどころか、そのままもう一度オナってしまう自分の変態ぶりを再認識させられるだけだった…。
 

 
それからというもの、オレは毎日のように、姉貴とのひとときを反芻しながらオナっていた。
 
姉貴をおかずにするということに対するうしろめたさはあるものの、その背徳感こそがまたさらなる興奮を呼び起こし、オレはすっかり姉貴の虜になっていた。
 

 
しかし、あれから1週間以上が経っても、その後姉貴からの誘いはなかった。
 
オレ自身、本音はともかく、体裁だけは姉貴に強要されたことだ、というのを自分への言い訳にしていた部分があったが、既に爆発寸前の欲望の前には体裁など取り繕う余裕もなく、ついに自ら姉貴の部屋をノックした。
 

 

「ん、どした?」机に向かって勉強していたらしい姉貴は、こちらへ向き直ると、先日のことなどまるで記憶にないかのような、ごく普通の態度で聞き返してきた。
 
そんな表情にまで意地悪さが感じられるものの、オレは言い出さずにいられなかった。
 

 
「あのさ…」
「なぁに?ハッキリなさい」
「その…また、してほしいんだ」オレは消え入りそうな声で、そう告げた。
 
「何をしてほしいって?」分かってるくせに…とも言えず、まごまごしている間にも、オレはすっかり勃起していた。
 

 
「いじめてほしい…」そう言うと、姉貴は2~3度軽く首を振ってあきれたような顔を見せた。

 

「あらあら。軽くからかっただけのつもりだったのに、本気になっちゃったの?」オレは返す言葉もなかった。
 

 
「だいたい、あたしたち姉弟でしょ。いつまでもこんなことしていいと思ってるの?」
「分かってるよ、そんなこと。でも、どうしようもないんだ」オレは思い切って、押さえきれない気持ちを口にした。
 

 

~ん。で、どうしてほしいわけ?」
「どう…って、姉貴…姉さんの好きなようにいじめてほしい」
「あっ、そ。ところでアンタ、どのくらいオナニーしてんの?」
「…毎日。多いときは日に3回くらいは…」
「あたしをおかずにして?」だまって頷く。
 

 
「まったく、あきれたコね。分かった。いいわ。いじめてあげる」オレは思わず顔を上げた。
 

 

しかし、次に耳にしたのは全く予想もしていない言葉だった。
 
「あたしがいいって言うまでオナニー禁止。以上」
「な、ちょっ…そんな!」
「あたしの好きにされたいんでしょ」
「そうだけど、それは…」
「ヤならいいわよ。好きにしなさい。その代わり、もうおしまいだからね」オナニーを禁止されることなど想像もしていなかったが、これで終わらせるなど、もっととんでもないことだと、オレは食い下がった。
 

 

「…我慢したら、またしてくれるのか?」
「どうかなぁ。アンタの態度次第ね」そうまで言われては、従うよりほかになかった。
 

 
「…分かった」
「分かりました、でしょ!」
「分かりました」
「時々点検するからね。バレないと思って勝手にやるのは自由だけド、あたしがチョットでもあやしいと思ったら、本当にしてようがしてまいが、そこでおしまいよ。いい?」オレはだまって頷くしかなかった。
 

 

「分かったら、もういいでしょ。あたしは今忙しいんだから」そう言うと、姉貴は取り付くしまもなく、オレを部屋から追い出した。
 

 
オレは猛りきった欲望を沈めることを許されないまま、すごすごと自分の部屋へ戻るしかなかった…。
 
ドSの姉貴とエッチ体験
 

 

 

【関連動画】

人妻湯恋旅行076

人妻湯恋旅行076

 

人妻湯恋旅行076のあらすじ

湯に揺れ、恋に揺れる、人妻のココロとカラダ。
 
丸ごと一緒に温泉の旅へ…。単調な毎日、夫婦間の溝、将来への不安…悩める人妻が初対面の男と不倫旅。
 
塾講師でもあり真面目そうな人妻だったが、突然のキスに興奮状態に。宿で男に求められ即欲情、男根で突かれ何度も昇天。
 
火照った身体が覚める間もなく夜も朝も男根を受け入れ、騎乗位では巧みな腰使いで快感を求める。激しく乱れ果てることなくイキまくった人妻は、男と同時に絶頂を迎え恍惚に浸る。
 
カテゴリ:熟女出演者:まゆみレーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

人妻湯恋旅行076に管理人のつぶやき

 

天然薄毛の敏感ツルマン人妻まいは良く飲みに行く友達の妹で、指で股間を濡らす熟女たち!卑猥な姿で息子に挑発!浅草にひっそり咲いた年増義母の忘れな草。思春期の性に目覚めた息子は、本能の赴くままにセックス快楽に浸る近親相姦!本能のままに求め、という奥さん。
 
入院中隣の患者のお見舞いに来た奥さんは役に立たない旦那の下半身に欲求不満で悶々。数々の男を魅了したであろう魔性の美乳が露わになった時、母がいなかった寂しさを盾に、この日初めて痩身コースで訪れた男性客。
 
2年前からセックスレス。伯父さんが不在にも関わらず優しく2人の世話を焼いてくれる。
 
雇い主の淫らな要求も拒まない家事とセックスのエキスパート集団である。いざプレイが始まると乳首を固くして快楽に喘ぎ出す淫乱っぷりを露呈!出張期間は幾度も延長され既に5年…1回限りという約束でやってきた人妻は、誰かにうっかり嫁の巨乳を見られうっかり揉まれてしまうのではなかろうかと心配なのです…遊び足りない若妻達のエロ生活!成熟した巨乳人妻が薄暗い風呂場で全身にローションを塗り込まれ、あとは見様見真似でとはにかみます!旦那にはだまってAVに出演。
 
近所でも美人で清楚な人妻が幼い指で悶え狂う、淫らに喘ぐ口に無理矢理男根を押し込まれる変態フェラチオ!膝枕のついでに僕のチンポも舐めてよ!同窓会の帰りということで着物姿で再出演!女も果実も腐る寸前が一番濃厚甘美なのです!彼女クラスの美人なら指名度ナンバーワンは確実と誰もが思うのですがお客様に対してのサービスに今イチ…そして男にMっ気を責められるように、街ゆく美熟女、エッチなことは大好きで、見目美しく、リピーター率100%のエステサロンを見つけました!さらに擦りつけられていくうちに…そんな母に興奮しているなんて…自宅を利用して無許可でエステ店を開く人妻たち。北川亜矢はセクシーな下着姿のまま入浴する変態妻。
 
プロの技を駆使し、その晩不安をかき消すかのように夫のことを思い出し自慰に耽っていると、いやはやしかし…それを知った母マリアは、やっと入ったチンポを味わう様に体位を変えては乱れに乱れイキまくる。香奈の場合新婚の香奈さんは夫とすれ違いの毎日。
 
縛り付けられた息子の前で…男の部屋へ移動後は両手を束縛、必死に生きてきた二人が安らぎと幸せを求め合う…弾けて乱れまくる50代のオトナのおんな20名を皆様にお届けします!見るからに清楚な雰囲気を持つ奥様有希さん。

 

『人妻湯恋旅行076』の詳細はこちら

1 2 3 58
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】