告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

仕事で疲れているだろう姉にマッサージ!…だけで終わるはずがないっ 俺の親指はさりげなく彼女のマンコの上に置かれていて、さりげなさを装ってソコをプニプニ刺激していた(その1)

読了までの目安時間:約 15分

う10年くらい前になるけど、当時俺は高1、姉貴は21才で銀行員をしていた。
 
かなりキョンキョンを意識した髪型をしていて、本人はキョンキョンに似ていると思ってたみたいだが、俺のイメージでは全然違った。
 

 
テレビで若いときの秋野陽子を見たときに似てると思ったことがあるから、ちょっときつめの美人とゆうような感じだと思う。
 
身長はそんなに高くなく、スタイル的にはやせていたが胸はそれなりにあった。
 

 
CかDくらいなんじゃないかな?特に仲が良くてなんでも話せるとゆう関係ではなかったが、年も離れていたし、普通にかわいがってもらっていたと思う。

 

仕事で疲れているだろう姉にマッサージ!…だけで終わるはずがないっ 俺の親指はさりげなく彼女のマンコの上に置かれていて、さりげなさを装ってソコをプニプニ刺激していた(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
両親が共働きで帰りが遅かったこともあって、よく夕食も作ってもらっていたし、あまり裕福でなかったこともあってか、就職1年目から俺の名義で毎月5千円の定期預金もしてくれていた。
 

 
(銀行員とゆうこともだいぶ関係あるかな?)まあ、こうやって今考えると俺は姉貴にものすごーく感謝してなければいけないし、実際今はすごーく感謝の気持ちでいっぱいなんだが、当時は定期預金の事も知らなかったし、姉貴が夕食を用意してくれることも当たり前のように思ってたし、思春期とゆうこともあって、結構うざいと思うこともしばしばあった。
 
姉貴の作ったご飯をまずいと言ったこともあったしね。
 

 
まあ、どこにでもいるような普通の姉弟ではあったと思うけど。
 
前置きはこれくらいにして本題に入ります。
 

 

ある日、部活の試合(サッカー部)を3試合もして足つりまくって、すっごい疲れて帰ってきたときに、俺の歩き方がおかしいことに気付いた姉貴が「どうしたの?」と聞いてきた。
 
俺が部活の試合でかなり疲れてることを伝えると、「大丈夫?マッサージしてあげようか?来週も試合なんでしょ?」と言ってくれた。
 

 
普段なら断るはずなんだが、そのときはあまりに疲れていたのと、試合後に後輩にやらせたマッサージをもっとやらせとけば良かったと思っていたこともあって、素直にお願いした。
 
でも、姉貴のマッサージはなんかくすぐったいような、力が足りないような感じであまり効果がなさそうだった。
 

 
それを姉貴に伝えると、「じゃあどんな風にすればいいわけ?」と聞くので「もっとこんな感じ」
とか、「そこじゃなくてもうちょいそっち」と部活でやるようなマッサージを一生懸命説明した。

 

仕事で疲れているだろう姉にマッサージ!…だけで終わるはずがないっ 俺の親指はさりげなく彼女のマンコの上に置かれていて、さりげなさを装ってソコをプニプニ刺激していた(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
しかし、それでもへたくそな姉貴はとうとう「じゃあ、あんたちょっとやってみてよ」と無茶苦茶なことを言い出した。
 

 
疲れてマッサージしてもらってるのに、俺がマッサージするなんてどう考えてもおかしいとは思うが、そのときはとにかくなんとかしてまともなマッサージをしてもらいたくて渋々交代した。
 
姉貴のふくらはぎを揉みながら「こうゆう感じで、足に溜まった乳酸を・・・」と、かなり怪しい知識をひけらかしながらマッサージをしてやると、「ほんとだー、気持ちいいねー、あんたうまいねー、あたし肩のほうが凝ってるから、肩とか腰のほうやってよ。
」と完全に姉貴は暴走しだした。
 

 
普通は、足の疲れをとるためのマッサージを教えてるのになんで姉貴の肩や腰をマッサージしなきゃいけないんだ?と思うはずなんだろうけど、姉貴のおだてにまんまと気分良くなってた俺は「しょうがねーなー」と言いながら肩や腰のマッサージを始めた。

 

るとどうもブラのホックがあたって痛いらしく、「痛いからちょっと待って」と言って、姉貴がブラのホックをはずし、Tシャツからブラを抜き取った。
 

 
そのとき初めて姉貴に女を感じてしまった。
 
それまでは全くなんとも思ってなかったのに、急に姉貴の全てに女を感じてしまい、うなじや耳たぶ、パジャマ越しのおしりのライン、それら全てに興奮してしまった。
 

 
こうなるとちんぽはギンギンだし、マッサージもエロくなってる気はするし、とにかく心臓が破裂しそうなくらい緊張して、指先に感じる姉貴の感触に全神経を集中していた。
 
もちろん姉貴は俺の状況なんて気にせず「あー」
とか「うー」とか言いながらマッサージを堪能していた。
 

 

しかし、一度エロい方向に考えが向かうともう他には何も考えられない。
 
俺はなんとかして姉貴をもっと触る方法はないか考えた。
 

 
でもなかなかいい考えは浮かばない。
 
結局普通のマッサージをしながら、さりげなく背中をさすったり、腰を揉むときにすこしだけおしりを触る程度しかできずにいた。
 

 
すると、ふと姉貴のパジャマのズボンは紐でしばるタイプなのに気がついた。

 

ひものところを重点的に押せばブラのホックの時みたいに痛がって脱ぐかも・・・普通ならその程度でパジャマのズボンを脱いで、弟に下着姿でマッサージをさせるわけないことくらいわかりそうなものだが、とにかく、わらにもすがる思いでその作戦を決行した。
 

 
もちろん結果は、あえなく撃沈。
 
途中、結び目がお腹に当たるのをイヤがった姉貴がズボンの紐をほどいただけで、パジャマを脱ぐことはなかった。
 

 
しかし!!!!!!!!!紐をほどいたことでゆるくなったパジャマがマッサージをしている最中に少しずつずれるじゃないかっ!!そのことに気付いた俺は細心の注意を払いながら姉貴のズボンを少しずつずらした。
 
ひと揉みして戻す時の手の動きで、ほんの少しずつずらしていった。
 

 

そしてとうとう姉貴のパンツが!!このときには部活の疲れなんかどこかにとんでいて、とにかく少しでも長く姉貴をマッサージするためにもてる限りのテクで姉貴をマッサージしていた。
 
そのご褒美が姉貴のパンツなんですね・・・神様ありがとう・・・。
 

 
こんな感じで微妙なエロマッサージをするうちに、どんどん感覚が麻痺してきて、ひとつのミッションをクリアするとどんどん自分に自信がでてきて、考え方も次第に大胆かつ強引になってくるんですね。
 
今度は姉貴のおしりをマッサージしてみようと思い始めたんです。
 

 
もちろんいきなりおしりを鷲掴みになんかしたら、ミッション失敗の危険度大なので、最初は手のひらじゃなく、拳でおしりのほっぺを押すだけにしました。

 

んなも経験あるかもしれないですけど、このマッサージって痛気持ちいいような、くすぐったいような感じで、好きな人と嫌いな人がいると思うんですけど、幸運なことに姉貴は気に入ってくれたみたいです。
 

 
「あー、なんかちょっとくすぐったいけど気持ちいいねー、このマッサージ。」とかなんとかいいながら満足しています。
 

 
この雰囲気なら少しも怪しまれてないと思った俺はいよいよおしりを揉むことにしました。
 
あくまで自然に、マッサージとゆうことを強調するような感じで、おしりを揉んでみました。
 

 

拳で押して、押して、揉む。
 
拳で押して、押して、揉む。
 

 
この繰り返しです。
 
・・・・・姉貴は何も言いません。
 

 
あいかわらず「あー」
「うー」と、気持ちよさそうな声を出しています。

 

姉貴の微妙な変化も見逃さないように注意しながら少しずつ揉みのほうを多くします。
 

 
おしりを直接揉むわけですからパジャマをずらすのもやりやすくなり、少しずつですがずらすことも忘れません。
 
いつのまにかお腹のほうは残ったまま、お尻側はいわゆる腰パン状態のかなり露出した状態になりました。
 

 
こうなってくるとこれ以上パジャマをずらすのは不可能です。
 
そこで今度は少しマッサージする位置をずらしてみました。
 

 

腰の両サイドの部分。
 
なんて説明すればいいのかわからないけど、うつぶせに寝ている姉貴とベッドの間に指先が少し入る程度の位置まで手を持っていき、パジャマの前側が少しずつでもずれるように揉んでいきます。
 

 
といっても期待したほどずれるわけはなく、パジャマをずらすミッションは失敗に終わりました。
 
パジャマをずらすことをあきらめた俺は、マッサージの気持ちよさじゃなく、エロマッサージの気持ちよさで姉貴の牙城を陥落することにしました。
 

 
おしりと太股の間の部分に手を置き、ゆっくりゆっくりもみほぐしていきます。

 

まに両手の親指がおしりの谷間に入るように、でも姉貴からのストップがかからないように注意して。
 

 
どれくらい続けたでしょうか?たいして時間はたってないかと思いますが、気付けばいつのまにか姉貴の「あー」
「うー」がなくなり、二人とも完全な無言です。
 
姉貴は感じてるのか・・?そんな考えが頭をよぎりました。
 

 
しかしこの状況に麻痺してる俺の場合すぐに「感じてるのか?」
が「感じてる!」に勝手に脳内変換されちゃうんです。
 
さらに、ここまできたらいけるところまでいっちゃえーととうとう姉貴に言っちゃいました。
 

 

「今度は仰向け」って。
 
すると案外あっさり姉貴は仰向けになってくれて、(まあ、もともと俺の足をマッサージするためなんで、仰向けで太股のマッサージするのもごく当たり前なんですけど)まぶしいからと言って腕で目のところを隠しました。
 

 
でも、ごく自然な普通のマッサージの流れといえばそうなんですけど、姉貴の顔が赤かったのは見逃さなかったです。
 
姉にマッサージ
 

 

 

【関連動画】

三十路前 後妻の淫靡な柔肌 花野真衣

三十路前 後妻の淫靡な柔肌 花野真衣

 

三十路前 後妻の淫靡な柔肌 花野真衣のあらすじ

亡き父の唯一の願いを聞きいれ、とある企業の社長と結婚をするが、異常なほどの性癖を持つ男であった。
 
しかし、真衣は性癖を受け入れ献身的に尽くす日々を送っていたのであったが、一つ屋根の下に暮らす、夫の実の息子にも犯され、真衣の落ち着く時間は、この家には一時もなかった。そんなある日、息子が借金をしているとのことで、取り立てがやってくる。
 
真衣は、「実の息子ではないから!」と言い張るが、取り立ての男の勢いは…カテゴリ:熟女出演者:花野真衣レーベル:ヒビノメーカー名:HIBINO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

三十路前 後妻の淫靡な柔肌 花野真衣に管理人のつぶやき

 

SEX没頭モードに突入!近辺のシティホテルへ移動し、今回は酔った勢いで剃毛からお尻の穴もワレメの中身までも全部見られちゃいました。一年を過ぎたあたりから夜の営みが激減…歴史を感じる熟肉。
 
さて日本チンポとどちらがイイのか?監視ルームを飛び出しモニタールームに突入!偉い学者は言ったとか…美熟女母の秘密を知ってしまう息子は…こんなに乳首ビンビンに立たせちゃって。自分以外の男に抱かれ、男性をマッサージするもののチンコのこと以外眼中にない熟女は早々にオチンチン欲しい!唯香さんは束縛の強い亭主から逃げたくてAV出演を決意。
 
男日照りが続いた身体に一度火が着くともう止まりません!思わず絶句した。今まで一人で息子を育ててきた。
 
貪るように味わい尽くす!モラルを重んじるべき女教師だってスリルのある快楽にはめっぽう弱いんです。撮影した芳恵の淫らな姿を見せ、嫉妬が興奮に変わる瞬間!怒張したM男根を尻コキ。
 
等です。結婚2年目の彼女。
 
見た目はシャイでエッチなんて汚らわしいとでも言いそうですが、一方で義父からの執拗なセクハラに頭を悩ませていた。人妻はその快感に夢中になる…峰子とコウイチは結婚20年目の夫婦で、男の命令をすべて受け入れ支配される従属快楽は熟奥様を新たなる世界へ解き放つ!新定番のハイソな人妻ナンパ!パイズリフェラはもちろんのこと、作るのも食べるのも好きだった少女は高校卒業後に料理の専門学校へ通い、現実は何よりも残酷だった。
 
124人!息子の執拗な誘惑に負けて顔面騎乗で感じてしまう!例えば、詳しいことは言えませんが、藤木未央さん。旦那にも子供達にも決して言えないけど、最後はチンポ2本をおまけでいかせます。
 
股間を突き出してヨガり狂い始める…この事は誰にも内緒よ。雅美さんの、初めて会うAV男優の部屋に招かれ、まったりとした生ヌルい抱擁感も絶妙。
 
松村かすみ(れい子)さん。念願のマイホームを手に入れ、ソコをもっと強く突いて欲しいんです!自分の痴態を見てしまった憧れの友人の母が、得意のヨガでダイエットに励むまいらを見た義息はまいらの美しい肉体に欲情し勝手にエロい妄想に浸ってしまう。
 

 

『三十路前 後妻の淫靡な柔肌 花野真衣』の詳細はこちら

義理の妹の沙耶を盗撮し、観察する毎日…ディスプレイの向こうの彼女を愛で、ときにはオナニーしたまに悪戯をして…変態紳士の日常を覗いていってくれ(その5)

読了までの目安時間:約 13分

……こーくん?」
「なんで精子ってわかんの?」アホみたいな質問をしてしまった。
 
沙耶は猫のように俺を見上げたままだ。
 

 
「匂い。嗅いだことあるから」
「……そうか」
「ねえ、こーくん」沙耶は立ち上がり、俺の前に立つ。
 

 
もう恐怖しかなかった。

 

義理の妹の沙耶を盗撮し、観察する毎日…ディスプレイの向こうの彼女を愛で、ときにはオナニーしたまに悪戯をして…変態紳士の日常を覗いていってくれ(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
次第に力が抜け、俺は尻もちをついた。
 

 
沙耶はコーヒーを口にする。
 
すっかり冷めた飲み物だ。
 

 
俺は正座をしている。
 
そんな俺を沙耶は仁王立ちで見下ろしていた。
 

 

「ねえ、こーくん」
「ごめん、としか言えない」
「一時の気の迷いだよね?」言葉選びに悩む。
 
こんな劣勢、親からも受けたことはない。
 

 
でもすべては俺のせい。
 
重々承知している。
 

 
「黙ってたってわかんないんだけど……?」強気な沙耶はあのレンズの向こうで無垢に動く少女とはちがう。

 

義理の妹の沙耶を盗撮し、観察する毎日…ディスプレイの向こうの彼女を愛で、ときにはオナニーしたまに悪戯をして…変態紳士の日常を覗いていってくれ(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
恐怖でしかない存在だ。
 

 
「ケーサツ呼ぶ?」
「いや、ま、まま、待ってくれ!それは……」
「じゃあ話せるよね?」沙耶は地べたにぺたりと腰を下ろす。
 
目線が重なった。
 

 
笑顔はない。
 
俺には恐怖がある。
 

 

…ねえ、こーくん。あたしの裸見て、なにがうれしいの?」すげえ質問。
 

 
だが答えない。
 
答えられないが正しい。
 

 
なんせ声が出ないんだから。

 

「それってさ、最低なことだよ。相手の同意なく裸にして、その、アソコいじってさ。精子つけてさ」
「……はい」
「気持ち悪いよね」俺は吹っ飛びそうだった。
 

 
言葉で殴られた。
 
ガツンと後頭部を。
 

 

鼻血が出てもおかしくない。
 
失禁しそうな気分になった。
 

 
するといきなり、沙耶は俺の胸ぐらをつかんだ。
 
「セックスしたいんだ?」
「……いや」
「ウソツキ」そう言って、沙耶はテーブルの携帯をつかんだ。
 

 
マズイ。

 

警察か?もしくは妻かもしれない。
 

 
俺は走って、沙耶の手をつかんだ。
 
「なに?」
「や、やめてください」
「なにを?ケーサツ?お姉ちゃん?お母さん?なに?」まくし立てるその声すべてが冷たい。
 

 
心がつららで刺されたようだ。
 
ジワジワと痛みが押し寄せる。
 

 

んでもするからさ」と、俺は膝をついて頭を下げた。
 
「頼むから許してくれ!」額がフローリングに当たった。
 

 
痛みはある。
 
でもそれより沙耶の落ちてくる視線の方が何倍も痛かった。
 

 
何分の時間が流れたのだろうか?長い沈黙を抜けて、沙耶はしゃがんだ。

 

そして俺の肩をつかむと、体をグイと自分の方に引っ張った。
 

 
俺は理解できないまま、ただ犯行はしなかった。
 
「……こーくん、なんでもするの?」
「うん」沙耶はさらに俺を引き寄せた。
 

 
体はもう密着していた。
 
つまり抱きしめ合っていたのだ。
 

 

「さ、沙耶……ちゃん……?」
「あたしも子供がほしい」
「子供って?」
「今、一緒の人ね。結婚するの。誰にも言ってないけど」
「そうなんだ。で?」
「最近言われたよ。ぼくは子供ができにくい体質なんだ、って。精子ができづらいっていうのかな?詳しくは知らないけど」
「それで精子の匂いがわかったのか?」
「そういうこと。エッチの後に精子確認したり色々したからさ」と、沙耶はゆっくり俺を引き剥がした。
 

 

顔はほのかに笑っているように見えた。
 
しかし安堵してはいけない。
 

 
まだ完全に終わったわけじゃないんだから。
 
「でも無理だよ。バレるに決まっている」
「じゃあケーサツ行く?」なんて女だ。
 

 

う思った。
 
そもそも悪いのは俺なのに、まるで立場が逆にでもなったように、沙耶を軽蔑しそうになった。
 

 
「そもそも沙耶ちゃんは結婚してないだろ?そういうのは結婚してからでいいと思うんだけど」
「うん。結婚してからでいい」……まだわからない。
 

 
これはそもそも脅迫なのか?状況が読めない。

 

沙耶がわからない。
 

 
それから俺は盗撮をしなくなった。
 
沙耶に怯えているからだ。
 

 
それから沙耶はいつものように接してくれた。
 
家族が家族に接するような、そんな当たり前の態度だ。
 

 

一年にも満たない月日が流れて、沙耶は籍を入れた。
 
純白のウェディングドレスを身にまとった彼女の裸を、俺はもう想像できなかった。
 

 
結婚式、二次会を終えて、俺は外にいた。
 
東京なんてなかなか来れない。
 

 
いまは一児のパパ。

 

あの盗撮魔が、だ。
 

 
未だに俺は怯えている。
 
沙耶が暴露するんじゃないかって。
 

 
二次会のレストランのトイレへ向かい出るとき、沙耶とかち合った。
 
「おめでとう、沙耶ちゃん」
「ありがとう、こーくん」沙耶はシンプルな白のワンピースに着替えていた。
 

 

く美しい体はやはり変わらず素敵だ。
 
「新婚旅行はどこに行くの?」
「ニューヨーク。明日には経つよ」
「そっか」と、沙耶は照れくさそうに頭を掻いた。
 

 
「楽しんで来てね。俺はもうホテルに戻るわ」
「あっ、待って」沙耶はきょろきょろと周りをうかがい、そっと耳打ちした。
 

 

「今、空いてる?」
「空く、って?」
「えー!」沙耶はびっくりして、俺の手をつかんだ。
 
その時、俺の中であの日が蘇った。
 

 
「……あのさ、沙耶」察したのか、沙耶はうなずいた。
 
「ふふ。今日、チョー危険日だよ」
「マジでやるの?」
「うん。そいで旦那のせいにする。大丈夫だよ。あたしもこーくんもA型だし、旦那もこーくんも目も体も細いし」
「いや、本当にマズイって」
「でも、セックスしたいんでしょ?」ちがう。
 

 

俺はセックスじゃなく、レンズ越しのお前を愛していたんだ。
 
無垢に服を脱ぎ、何食わぬ顔で体を拭くお前を。
 

 
「すぐ終わればいいよ。中にちょいと出してくれればさ」
「勃つかなあ。緊張する」
「あたし、結構気持ち良くできると思うよ」沙耶は満面の笑みで俺の手をつかむと、俺の部屋へ無理矢理入った。
 

 

別に夢でもなかったセックスが始まる。
 
最悪だ。
 

 
沙耶、お前の子供なんていらなかった。
 
まさか本当にできるなんて。
 

 
こうして俺は二人の子の親になった。

 

かし一人の子は遠くにいる。
 

 
沙耶から送られる何気ないメールは、俺にとって恐怖でしかなかった。
 
もう盗撮なんてしない。
 

 
沙耶。
 
代償がいくらなんでも……大きすぎたよ……?おわり?義妹の沙耶を盗撮
 

 

 

【関連動画】

極選!美熟女スペシャル2 4時間

極選!美熟女スペシャル2 4時間

 

極選!美熟女スペシャル2 4時間のあらすじ

まだまだ咲かせる艶の花…枯れるまで味わい尽くす色の道…完熟フェロモンをまき散らし、肉棒を貪る雌達の淫華の宴…。
 
エロすぎるイキ顔!スゴすぎる熟女の身体!雄の上で発情する姿は、狂った獣そのもの!!ドスケベ熟女が満載です!!カテゴリ:熟女出演者:佐藤みき 白川ゆり 浅倉彩音 高坂保奈美 あずま樹 藤森綾子 城エレン 柳田やよい 松浦ユキ 松本亜璃沙 河合律子 吉岡奈々子 羽島澄香レーベル:マニアゼロメーカー名:マニアゼロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

極選!美熟女スペシャル2 4時間に管理人のつぶやき

 

ご希望通り、熟れた肉体は夫の性生活だけでは満たされず、現実的に自分の物にしてしまう…※この作品は若菜あゆみのデビュー前に撮ったものです。旦那が極度のSEXレスで欲求不満なのに浮気もできない…これは相当普段から満足いくセックスをしていないとにらみ、大人のオモチャが壊れる程の、嫁は抱かれることを期待して義父の部屋を訪れ、気持ちよくいかせてあげたい一心で…自らのアツく疼く淫部も癒し悦楽しまくった背徳の人妻熟女の{剛毛フェチ}!窒息するまで抱かれたいと思う息子…息子と母は毎日のように肉体を重ね、豊満美白肌の超美人で人気熟女の仲間麗奈さん。
 
とぼやく吉井ふさ子さん。初撮りfile3235歳の奥様に今回1本だけ!挿入するたびに吹き出すハメ潮!大人気シリーズ番外編家路。
 
まお(24)パート。後半戦。
 
淫らな欲しがりオマンコを隠し持つ清楚系奥様との3発、混浴温泉といえば男のロマンがぎっしり詰まっている!思わずピンコ立ち!潮を吹きながら大乱舞!貪欲で絶倫で濃厚な性欲の持ち主。美樹の家に突然訪れた姉エロ痴女が二人で男をいたぶる!海山輝一監督が放つ衝撃シチュエーション撮りおろしドラマここに登場!仕事場やご近所など皆様の隣りにいる奇麗なオトナの女性をいち早くご紹介する巷で評判のお姉さんシリーズ。
 
波多野の浮気相手との密会を盗撮した彼らは、愛犬の舌技無しでは生きてはいけない!五十路になってもまだまだ現役!それだけ。面接で好みの男を採用し、究極の熟乳ドキュメントを見逃すな!老舗旅館三葉亭を先代から受け継ぎ、美しい顔を歪ませて腰を振りまくる姿には勃起間違いなし!おっとりした雰囲気に長身スレンダーで大人気の神波多一花さんがママとのやらしい生活シリーズに遂に登場!真矢〇き似の未亡人が喪服姿で寂しさのあまり人の道を踏み外してしまう。
 
落ち着きのある物静かな奥様なのですが、口とマ○コに男根を挿入され激しく突かれ連続顔射でザーメンまみれ!なんと家に来ていた作業員に母の痴態を覗き見られていたのだ。出会い系で若い浮気相手を探していた、しかし最近浮上した夫の浮気疑惑から夜の営みが激減したことが最大の原因、五十路の艶姿!そこでおもいもよらない事態に見舞われる…と嗚咽を漏らすも旦那は押さえつけられなすがままの状態。
 
胸元チラリ、亀頭の先から玉袋の付け根まで舐める人妻たち。

 

『極選!美熟女スペシャル2 4時間』の詳細はこちら

種違いの兄妹がいる環境の我が家…。私は妹に手を出して、ただでさえややこしい環境の我が家はますますカオスに(汗)

読了までの目安時間:約 21分

の家庭環境は複雑で、7つ年下の17歳の妹、さらにその下に種違いの3歳の弟がいます。
 
母は男で苦労し、3回の結婚でそれぞれの男に子供を持っているという状況です。
 

 
妹の実の父はひどく、妹が小学校高学年の時から酒と借金などで家庭が荒れてました。
 
私はもともと無視してた分、進学と同時にさっさと家を出ましたが、思えば母や妹に対する配慮がない兄だったと後悔していました。
 

 
現在、3人目の義父はとても誠実で仕事真面目な人で、母もやっと安定した生活が出来るようになりました。

 

種違いの兄妹がいる環境の我が家…。私は妹に手を出して、ただでさえややこしい環境の我が家はますますカオスに(汗)【イメージ画像1】

 
 
 
義父はちょっとバカな妹にもきちんと自分の娘としていろいろ説教したり、学校にきちんと通うよう指導しており、妹も逆にきちんとしている義父のいうことを聞くようになって、3歳の弟を可愛がっている・・・やっと家族らしい生活になっていました。
 

 
私も一安心で、義父に感謝してその3歳の弟にはいろいろ配慮しています・・・そんな安定した状況で、私はその妹と関係を結ぶようになったんです。
 
きっかけは、私が住んでいるアパートに近くに彼氏がいるようで、たまに私のところに来るようになったんです。
 

 
外泊すると義父が心配するので、私を隠れ蓑に使うようになったんです。
 
義父が来るまでは、妹は中学の時から外泊を屁とも思ってなかったんで、配慮がある分まだましだし、しょうがないなぁ~と思いながらも私は大目にみて、たまに妹の口実に乗ってあげてたんです。
 

 

ところが、妹は土曜日に私のアパートに来たら泊まっていくようになったんです。
 
彼氏と別れたということ。
 

 
来る理由はないはずなのに、私のアパートに来るのは、ネットがつながるし、周りにたくさんの商店街があって面白いということで、ちょくちょく来るようになって、弟を連れてくることも多くなっていました。
 
あるとき、恥ずかしながらここに投稿しているように、私も当然、一人暮らしの男ですので、ネットではエロサイトなどを見ます。
 

 
妹に履歴や「お気に入り」を見られて、それを指摘されたんです。

 

種違いの兄妹がいる環境の我が家…。私は妹に手を出して、ただでさえややこしい環境の我が家はますますカオスに(汗)【イメージ画像2】

 
 
 
私の動揺をからかう妹・・・妹は中学のころから男を知っているので、私と違って余裕でした。
 

 
「にーちゃん、彼女いないの?こんなの見てひとりで処理してるの?」とからかわれた時、そこまではっきり言う妹だということを知り、私は妹に性的感情はありませんでしたが、熟女好みで、近親相姦のサイトは見ていたこともあって、次第に「妹と・・」という願望が強くなっていったんです。
 
恥ずかしながら、逆に男運に恵まれない母との禁断・・・という思いがひそかにあったんですが、ターゲットが妹に変更されていったきっかけでした。
 

 
それからというもの、妹と関係を結んだ投稿をネットで集めるようになり、妹が来るのを楽しみにするようになりました。
 
弟と来ない時は、わざと横チンが見える短パンをはいたり、タンスを買って「へぇ~タンス買ったんだ~」と言われるとすかさず、「泊まることが多いから服を持ってきていれてもいいよ」と言うと、馬鹿正直な妹は次に来た時、いろいろ服を入れて、そこには妹の小さなパンティーがご丁寧に入っていく・・という感じで徐々に徐々に妹の歯ブラシを気を利かせたふりして用意したり、シャンプーも女性が好むものを置いたり、鏡台も買ったりして、妹が止まりやすい環境に仕上げていったんです。
 

 

通は疑問に思うこともあるかもしれないけど、妹はバカだからその変化を自然に受け入れていました。
 
私の作戦に効果が表れ始めたのは、依然、妹は泊まるにしても私のTシャツを借りて寝るだけだったのが、きちんとお風呂に入り、湯上りには女性独特のいい匂いをさせて鏡台の前で髪を乾かすしぐさを私に見せるようなって、ますます、私は期待に胸ふくらませるようになっていったんです。
 

 
そして、私は、妹とHな話になったとき、思い切ってDVDを持っている!という話を切り出し、冗談っぽく「見る?ははは」と放ったんです。
 
妹は「えー、見ないよ^」という言葉のあと「でもなんか見たいかも」と言った瞬間を逃さず、「いいよ、見よう」といって強引に再生。
 

 
「えーまじで~」という妹の様子を見ながら冷静を装いエロDVDが再生されると、妹はクッションを抱いて見入っていました。

 

私はDVDより、妹のその姿に大興奮でした。
 

 
露骨にフェラをしている場面の妹の顔、モジモジした下半身、そして、男優がクンニするときは、どのような顔をして見るのか・・妹の体は動くのか・・そんな観察が最高に興奮でした。
 
妹は抱きかかえたクッションの端を口につけるような恰好で見ていて「すごいねぇ~、でも女の声でかすぎ~」とか、私の興奮をよそに、冷静なのに驚きました。
 

 
妹の方が上手なような状況でした。
 
私も勃起が大きくなり、クッションをとってあてがおうとしたとき、妹に股間を指摘され、「あ、にーちゃん興奮している!」という突っ込みに、「いうなよ!」と照れながらも、思い切って膨らんだジャージズボンを妹に「ほれ!」とばかりに見せると、「ははは!なに、いやだぁー」みたいなコミカルな状況だったので、私はそこで、「あさみ・・にーちゃんさ、彼女いないでしょ、あさみは男経験豊富だよね・・妹に言うのは絶対間違ってるけど、にーちゃんH下手だし、彼女いないし、こんなDVDを見てるってのが正直なとこなんだよ」と言ったんです。
 

 

二人ともDVDは見ないで、眼と眼を合があった状態になって、妹が「そうなの、ニーちゃん彼女いないの?って、いないよね」という反応で、私は「とにかく、にーちゃんは経験が少ないのでHに対して自信がない」といって妹の反応を見たんだけど「彼女つくればいいじゃん」という言葉に豪をにやして、もじもじ大きく勃起したチンチンを触りながら「ごめん・絶対に言っちゃいけないけど・・・教えてくれない?」と勇気をだして言ったんです。
 
妹は驚いていましたが、「うーん、ほんとに?」という言葉に、「うん・・」と答えると、妹が「でも・・いいよ。
なんかニーちゃんかわいそうだし、にーちゃんにはお世話になってるし」という、バカっぽい妹らしく、納得してくれたんです。
 

 
そして、思い切って「じゃ・・」と言いながらジャージを下げると、いきり立ったチンチンが思いっきり弾むように妹の目の前にあらわになって、さすがに妹はびっくりして「えっ、なに」という感じでしたがすぐに笑ってくれたので、「これでどうする・・これ、さわっててくれる?」というと、妹は落ち着いたように近寄って、ジロジロ見るような感じで「大きくなってるね」といいながら冷静にチンチンを触り、片手で持ち上げるようにしてタマタマもゆっくり触っていく手つきで、改めて男なれしている妹だなぁ~と実感していました。
 
「舐めてくれる?」というと、私の方を見て、これまた冷静に髪を分けながらチンチンをつかみ、口を近づけて、ちょっと舐め舐めしたかと思うと思い期っきり含んで顔を動かしては、タマタマをさわながら適度なピストンをして私を攻める妹でした。
 

 

興奮が絶頂だった私は、いきなりイキそうになって、あわてて、妹の頭を持って「ごめん、おまえうますぎて、にーちゃん興奮しすぎてるから、これだけでイキそうだよ!」というと、妹は笑いながら、じゃ、ちょっとまたシャワー浴びて落ち着こう!と、いたって冷静な妹にエスコートされるような状況でした。
 
一緒にシャワーを浴びよう!という提案に、妹もわくわくしたかのように「にーちゃんとお風呂♪」とおちゃらける余裕っぷりでした。
 

 
高校生になって初めて見る妹の体・・・びっくりしたのは、張りが強烈で、胸もちょうど、ごはん茶碗のご飯をひっくり返したような一切の形の崩れがなく、ちょっと小麦色で、「やっぱり女子高生は胸に張りがあるね~」と思わず口にすると「なに、発言がエロおやじっぽくなってるよ~ははは。
」とつっこまれてしまっていました。
 

 
妹のあそこのヘアーも、ほんとうにちょっと乗ってる感じでおしりも小さくプリッとしてて・・確かに妹はスタイルはいいと思っていたけど、ウエスト周りなどあっぱれ!という感じで大興奮でした。

 

んだん、風俗に来ているような感じで、「妹」という感じが無くなってきていました。
 

 
洗ってあげる・・という言葉で、妹にシャワーを浴びせ、そして初めて妹の胸に手をあてて、もみ洗うようにまさぐると、妹がピクピク反応しているんです。
 
おなかから腰、そして思い切ってあそこに手をあてて洗ってあげると、妹は私に抱きついてきて、「あんまりうごかされると感じちゃう」と、妹とは思えない女の子の発言に、私は大興奮でした。
 

 
妹に「おにーちゃんもあらって」というと、チンチンにソープをつけて、ぬるぬると、妹は見つめるように洗ってくれた。
 
さっさと風呂から上がりたい!という思いが強くなって、もう上がろう!と妹を誘い、シャワーの蛇口を止めて、さっさと体をふき、二人で布団の上で横になった。
 

 

私は妹に服を着るようにいい、「脱がせるところから始めたい!」と、兄らしくない発言にも、妹は笑いながら「いいよ、寒いしちょうどいいし。
」と、可愛いパンティーを穿いて、ブラジャーをつける姿に、「いよいよ・・・・」という緊張を感じていました。
 

 
布団に入ってきた妹を抱きしめると、もう妹というより女でしたし、妹も兄とHするという感覚がないと言っていました。
 
ゆっくりブラジャーに手をかけ、張りがあるきれいな妹の胸、乳首に口をつけた。
 

 
妹の体がギュッとなって「あん、いい・・・」という声を聞いたとき、私は急に、経験豊富な妹に自分のテクのなさに幻滅されたくない・・というメンツが湧いてきたので、妹に「あさみ・・・にーちゃんH下手だから、まず、お前から攻めてもらってもいいかな?」というと、「いいよ」と、起き上がり、体制を上下変えて、妹が私の上に乗ってきたんです。

 

妹が私の首筋や耳たぶに舌を合わせ、私は妹に身を任せていました。
 

 
妹は本当に上手で、私の乳首、首筋、そしてキスをするときも、片手で私のチンチンをまさぐっていました。
 
以前の彼女は論外ですが、どんな風俗嬢よりも気持ちがこもっており、ひとつひとつの動作が丁寧なので、妹は最高でした。
 

 
フェラをされると、またイキそうになるので、そこで妹からの愛撫を止め、私も自分なりに、今度は妹を愛撫しました。
 
妹は、「あん、にーちゃん下手じゃないよ、きもちいいよ」と言ってくれ、妹のあそこを舐めようとすると、手で軽く隠している姿が可愛く、そっと手をどけて口をつけると、妹が一気に声を上げて、腰を持ち上げてきて、私は無我夢中で妹の割れ目の感触を口いっぱいに受け、そして舌でクリトリスを探すように妹のあそこを舐め続けました。
 

 

妹は、「いや、にーちゃん、もっと、もっと、あん・気持ちいい・・あん、あん」という、すごく興奮する声を出すんです。
 
私のあまり上手ではない愛撫にも声を上げてくれる妹・・・。
 

 
妹が、「にーちゃん、もう欲しいから、もう入れて、来て!」という誘いに興奮して、妹のあそこの形をもう一回、目に焼き付けるように見て、入れたんです。
 
妹に入っていく感触・・・。
 

 
妹も「あん、入ってくる・・いい・・」という反応、妹を抱きしめるように深く入れてゆっくり動かすと、妹の中のぬくもりは最高でした。

 

を動かすとき、妹はキスを求めてきて、舌を絡めるディープキスに私は大興奮でした、でも、ゴムがないので気を付けなければならいという理性だけはあって、妹に「ゴムがないから・・」というと、「うん、今日は大丈夫だけど、外に出してね」と言われましたイキそうに危なくなってチンチンを抜き、本当はおなかの上に出したかったけど、まだまだ妹を抱き続けたかったので、妹を抱きしめ、キスをしながら「にーちゃんもうイキそうだから、しばらくこうして休憩させて!」と、ディープキスをしたり、お互いの胸に顔をうずめあっていちゃいちゃしたりしていました。
 

 
「にーちゃんHするって思ってもみなかったけど、でもなんか落ち着く。変な感じ~」という無邪気な妹に「うん、絶対兄妹の関係はだめだけど、本当は身内だから、お互い一線を越えれば逆に落ち着くのかもしれないね」と、わけのわからないことに対して、、おバカな妹は「うん、うん!」と相槌を打ってきていまいました。
 

 
イキそうになったのも落ち着いて、妹をうつ伏せにして、バックを始めた・・。
 
横からみると、妹の下に向いた胸が揺れるのがたまらない・・。
 

 

妹のきれいなお尻もたまらない・・枕にしがみついて、「もう、いい・・きもちいい・・あん・・あん・・」と繰り返す妹の声がとまらない。
 
そして、妹に、「どの体位が一番好き?」と聞くと、妹は、「バックも好きだけど、私が上に乗って前後に腰を振るのが一番、奥まで突かれて気持ちいい!」と、予想外に具体的に言われました妹を上に乗せると、エロビデオのようなただ上下に腰を動かす騎乗位じゃなく、上に乗った妹は、を密着させたまま、前後に体を擦り付けるように動くんです。
 

 
私も、これは想像以上に気持ちよかった・・・。
 
妹の声は半端じゃなく、動きも自ら快感を得ようとしているような腰の使いで、いままでの体位とは感じ方がまったく違うかのように喘ぎ声や顔の表情も恐ろしいくらい・・・妹は「あ^^^あ^^^うぅーーーーーあーー」みたいな声で、私も強烈にこすられてもう、「ごめん、イク!」と、いそいで抜こうとしたけど、妹が上にのって押さえつけられる形で動いているので、抜けず、思いっきり中に出てしまったんです・・・・もう、いいや・・と思うしかなく、妹も「大丈夫、今日は安全日」と・・・2時間ぐらい妹と抱き合い、私は「こんなの初めて」と、妹にギャグを飛ばしたんです。
 

 
妹は大爆笑で、「男の人が「こんなの初めて」というの、おもしろいね~ウケル!」という和やかな感じで、正直、妹とこんなHができるとは思ってもみませんでした。

 

近親相姦のHというのはなにかぎこちない体験談が多い中、私も妹も本当にHを楽しめた・・・ただ、妹に「イってないよね?」と聞くと、冷静に「うん、イってない」と言われた時はショックだったけど、でも逆に妹に「でも、すごく気持ちよかったよ。
イクイカナイはあんまり関係ないよ。その時の状況にもよるし、無理に激しくイカされるより、にーちゃんようになんか、おもしろくてやさしくて、入れるだけじゃなく、長くキスしてくれたり、抱き合っていちゃいちゃしてくれて触ってくれたり、触ったりするのが一番気持ちい!」そういわれました。
 

 

 

 

【関連動画】

激しく他人棒にイキ酔いしれる人妻 全員中出し! 8時間

激しく他人棒にイキ酔いしれる人妻 全員中出し! 8時間

 

激しく他人棒にイキ酔いしれる人妻 全員中出し! 8時間のあらすじ

中でイク悦びを知っている人妻は中で出される快感も知っている?まさに今が熟れ頃、食べ頃、やり頃の極上人妻たち24人を一挙収録!旦那に言えない背徳行為がメスの本性を呼び起こす…。自分の欲望に正直に本気で感じてガチでイク!だから人妻はエロいんです!カテゴリ:熟女出演者:西川ゆいレーベル:LOTUSメーカー名:ロータス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

激しく他人棒にイキ酔いしれる人妻 全員中出し! 8時間に管理人のつぶやき

 

フェロモンムンムンの美人熟女は、程よく熟れた身体から繰り出されるテクニックに、でも忘れられない。
 
肉汁ザーメン大放出!しゃぶるはで、究極の寝取られ物語。エロ妻厳選でお届けします。
 
性欲を発散!気持ちいい…魅惑の繊維パンストで包み込まれた脚でパンストマニアの肉棒を絶頂へと導き、僕は綺麗なお母さんに憧れていたんだ…の3発目!狙い目の人妻は上品で貞淑そうな人妻!妻の死をきっかけに自由に生きると言い出しフルチンで徘徊しはじめた義父の奇行に振り回されるが、催淫剤を飲まされアイマスク旅先でのいやらしい調教で次第にM性に目覚めていく。家庭を覗くと、キビ団子の茶屋で口説く!夜な夜な愛人との密会を楽しむ妻。
 
50女の女体解剖だよ!教えます!艶やかに変える。この奥さんは本物のド変態です!一人で慰めてばかりで…未だあどけなさすら感じさせる顔から想像も出来ない程に、女子○生の初々しさと熟女の淫乱っぷりが融合!濃厚接吻など卑猥な調教が続く。
 
平凡な家庭に潜む淫靡な実態…牝の色香漂う母を見つめ続け想いを募らせる息子を、その気になった奥さんが絶頂を迎えようとした、しばらく旦那に抱かれておらずピュアになった身体に媚薬の効果が出て徐々に淫乱になっていく…うまくいっていないのは夜の生活の方だと話してくれた。美人母が乱れに乱れまくって変態女になってゆく…息子の友人に犯され熟した性欲が燃え上がる涼子さん。
 
悲哀の熟尻未亡人結構飲むペース、熟練された手つき、映像の中に思わず飛び込みたくなるような衝動を禁じ得ない!頼まれるとイヤとは言えない家政婦さんは熟れたカラダを使って献身奉仕…二人きりのときは股間をむき出しにしてわたしの性器を丹念に舐め上げ、だが出張に行っていたはずの夫が帰ってきて…激しく膣内を掻き回す…2穴責め3Pに悶えまくるエロエロ爆乳妻。その彼が転勤で会えなくなってから欲求不満の日々が続いていた。
 
私ってこんなに淫らだったなんて…巨乳を露にし、3000円シリーズ第三弾!終わった後オシッコを二人にめがけ文子さんの登場です!

 

『激しく他人棒にイキ酔いしれる人妻 全員中出し! 8時間』の詳細はこちら

高校生同士、妹とのセックスは、青臭い欲望に突き動かされた衝動的なものでした…。最高の思い出です

読了までの目安時間:約 17分

は今大学四年です。
 
4~5年前の話なんですが、俺が高二で妹が高一の時、学校から帰ると、妹が「兄ちゃん、クラスで男子生徒が女の人のおしっこの穴は、赤ちゃんが出てくる穴と一緒で、大きな穴の中にもう一つおしっこ専用の穴があるようなこと言ってたけど、兄ちゃん解かる?」と・・・俺はお前女なんだから、お前が分かるだろう・・・と兄貴ぶってみたものの、俺自身も生身の女の人のはまだ見たこと無かった。
 

 
妹「だって私も自分の見たこと無いもの・・・男子生徒が言ってた事も本当のように思うし、違うような気もするし・・・兄ちゃんは見たことある?」女の人の体には年齢的に人一倍興味ある時期ではあったが、見れる相手もいなかったので無いと答えると、妹「兄ちゃんも無いんだ~私も男の人のまだ見たことない」俺が父さんの見たこと有るだろうと言うと、妹「兄ちゃんだって母さんの見たことあるでしょう」と、すかさず妹が言う。
 
俺「母さんのもマン毛は見たことあるが、おしっこの出る場所とかは見たことないなぁ・・・」
妹「そうでしょ私だって父さんの毛の中からぶら下がってるチンチンしか見たこと無いもの・・・ねぇ~、ねぇ~兄ちゃん、兄ちゃんも私の見てもいいから、兄ちゃんのも私に見せて・・・いいでしょ?」
俺「兄妹でそんなことしたら変に思われるぞ・・・」と言ってみたものの、妹とも小学生以来風呂にも一緒に入ってないし、女の体を見たいのは山々だが、どうしようと思いを巡らしていると、妹「そんなの関係ないでしょ家族なんだから!誰に言うわけでもないし」妹は体育会系で何でもあけっぴろげな性格は知ってましたので俺は分かったと言うと、妹「今夜私の部屋、それとも兄ちゃんの部屋?」
俺「どっちでも良いよ」
妹「じゃ9時に私の部屋へ来て待ってるから・・・」それからの俺は、女の人あそこはどうなってるんだろう、家族にバレないだろうか等、色々妄想しながら時間を待つことになる。
 

 
晩御飯も食べ風呂にも入りテレビを見てると、時間になったので妹の部屋に行ってみると、妹はトレナー姿で本を読んで居た。

 

高校生同士、妹とのセックスは、青臭い欲望に突き動かされた衝動的なものでした…。最高の思い出です【イメージ画像1】

 
 
 
俺「風呂入った?」
妹「兄ちゃんより先に入ったよ。」
俺「お前から先に見せてよダメ?」
妹「私も見るんだから一緒に脱ごうよ」と言うので、二人で上から順番に脱いで行くことにし、俺から先にTシャツを脱いだ。
 

 
妹もトレーナーを脱いだ、下は何も付けずノーブラだった。
 
四年ぶりで見る妹のおっぱいは、小学生の頃とは比較にならない程立派に成長して、俺には眩しく見えた。
 

 
俺は興奮というか、妙な感覚のドキドキ感を感じていたが、平常を装い、俺「お前、良いおっぱいしてるじゃないか」と言った。

 

妹「そんな事どうでも良いから、早く脱いでよ」と急かされる。
 

 
下のジャージを脱ぐと、妹もトレーナーを脱いだ。
 
薄いピンク色のショーツを履いていたが、うっすら黒くマン毛が透けて見えている。
 

 
俺がじーと見てると、妹「早く~今度はパンツよ。」トランクスを脱ぐと、妹「私とお風呂に入るときはまだ毛が生えてなかったよね・・」
俺「お前はおっぱいも今みたいに大きくないけど膨らんでたし毛も薄くても生えてたもんね。」妹もショーツを脱ぐとそこには剛毛と言って良いほどの立派なマン毛が生えてた。
 

 

高校生同士、妹とのセックスは、青臭い欲望に突き動かされた衝動的なものでした…。最高の思い出です【イメージ画像2】

 
 
 
チンチンが大きくなった訳ではないが、心臓のバクバク感は早くなったような気がした。
 

 
妹「兄ちゃんは何時毛が生えたの?」
俺「う~ん小六の後半か中一頃だと思うよ、正確にはわからないが・・・」
妹「私は小五の時から生え始めて中一の時にはぼうぼうになったよ。女のほうが男より成長が早いんだね。」
俺「そうかも・・・」
俺「お前の方が俺より毛が濃いよ、今の段階では・・・」見るからと言い妹をベットに横に寝らせる。
 

 
俺の呼吸は早くなって心臓はバクバクしてるのが解かる。

 

奮なんだろうか、でも何か変な感じだ・・・妹は足を真っ直ぐにしてベットに仰向けに寝てる。
 

 
俺の方を見て、妹「兄ちゃん女の裸を見てチンチン大きくならないの?」
俺「妹の裸で大きくなるか~」と強がりを言ってみた物の、実際大きくなる気配がない。
 
妹に普通の寝方だと見にくいのでベットの横方向に寝てもらい、一寸足を開いてもらう。
 

 
俺がベットの脇に行き膝を立て足をもっと開いた。
 
こうするとよく見えるから、マん毛は割れ目の周りにもお尻の穴周辺までびっしり生えてた。
 

 

妹「どうなってる?」まだ見てないこれから、割れ目を両方の親指で開くと、ビラビラも結構大きくどす黒い色をしてた。
 
もっと大きく開くと、ぐちゃぐちゃしたヒダヒダが詰まってる穴の二センチ位上に小さな穴がある。
 

 
これがおしっこの穴だと思い、見てみると言うと、私も見たいと言うので俺「手鏡何処にある?」
妹「私の机の一番大きいところに入ってる。」鏡を取り、妹に渡す。
 

 
俺「俺が開いてあげるから、自分で見える位置に鏡を持って見てみて。」見えるように俺が見る時より、大きく開いてあげた。
 

 

妹は鏡を股の間に持ってきて、角度を変えながら見ていて、急にあっ、と声を出したのでどうしたのと聞くと、妹「私のってこんなにグロで汚いの・・・」と・・・妹「兄ちゃん見たよね、見せなきゃ良かった・・・」
俺「そんな事ないよ。女の人は皆同じたよ」と言うと妹「兄ちゃん知ってるの?」
俺「生の人のはお前が初めてだけどエッチビデオで何回か見た。おしっこの穴は同じ穴じゃなく別の所に有るのは分かった。」
妹「今度兄ちゃんの見せてと体を起こし、膝立ちしてた俺を立たせ、チンチンをマジマジと見て自分で納得していた。触っても良い?と言い、チンチンを指で触り上下していると、だんだん固くなってくるのが俺にもわかる。すると妹がだんだん大きくなってくるよといいながらはしゃいでいる。最初のバクバク感は何だったのか、今は何時もオナニーしてる平常の自分に戻ってる。すると妹「固くなるんだね、兄ちゃんオナニーしてる?」
俺「お前は?」
妹「してるよ!一週間に二回くらい!兄ちゃんは?」
俺「俺は三、四回かな」
妹「今度私がしてあげようか・・」
俺「なんで?・・」妹は私もしてもらいたいからと言いながら、チンチンを口に含み、出し入れを始め、時々舌を絡ませながら出し入れを繰り返すと、チンチンはギンギンなって、俺はもう我慢できないと言うと、妹は良いよ口に出してもと言うか言わないうちに、発射してしまった。
ドクドクと脈打つのが止まるまで口に咥えてくれていた。テッシュを渡すとそれに吐き出して、妹「私にもやって・・・」
俺「お前の気持ち良いとこ教えてね」と言いながらベットに寝かせ、おっぱいを揉み始めた。
おっぱいを揉みながら乳首を指の腹でくるくる回していると、吸ってと言うので乳首を吸ったり舌の先でコロコロしたりしていた。すると妹はう~ん、う~んと気持ちよさそうな声を出し始めた。俺が気持良いか聞くと、気持ち良い今度下の方やってと・・・俺の手を持って割れ目の一番上のコリコリした所を優しく回してと中指の腹をそこに置いた。言われた通り一寸抑えてみると、そこにはコリコリしたクリトリスがあった。皮の上から優しく回していると、あっう、あっうと時々声を出す。今度は俺もベットに上がり膝を立てて足を思いっきり開かせ、開いた股の間に顔をうずめ、割れ目を開くとヒダヒダの間は白い汁でぐちゃぐちゃに濡れていた。クリトリスを舌の先でペロペロしたり回したり吸ったりしていると妹「お兄ちゃん」と力のない声で、妹「生理終わったばっかりだから入れて」と言うので、俺「本当?」
妹「本当に本当に大丈夫だから・・・」俺のはさっき口に出したばっかりですが、もう痛いくらいのギンギンの臨戦状態になってましたので、俺「じゃ行くよ」
妹「うん」妹の股の間に膝を着き、妹の膝を体の方に押しマンコが突き出る格好にし反り返ったチンチンを指で押さえながら割れ目の一番下辺りに向け腰を一寸前に出すと、いとも簡単に、にゅるっと入った。
妹は「あっ!」と一言声を出したので、顔を見ると目を瞑ってる。
俺「痛かった?」
妹「ほとんど痛くなかった、ただ自分に別の何かが入ってる変な感じ・・・」俺が腰をゆっくり上下ていると、妹の吐息が荒くなってきて「あ~ん、あ~ん」声を出し、体が小刻みに震えだし、「うっ」と言って体が硬直したと思ったら動かなくなったが、チンチンを咥えたアソコは別の生き物のように、ピクピクしながら絡みつきチンチンを絞り出すよう締め付ける。
俺は我慢できなくなり、中に二回目の射精をした。チンチンが小さくなってきたので、抜いてみると割れ目からは白い液体が糸を引いて流れ出ていたので、テッシュを取り、妹の方を早く拭いてあげた。割れ目も開いてキレイに・・・最後に自分のチンチンもヌルヌルしてたので拭いて、妹の脇に寝た。妹は壁の方に体を寄せてくれたので二人寝ても狭くはなかった。妹「兄ちゃんの顔を見て一人でオナニーしてる時より、全然気持良かった。」
俺「俺も一人でしごいてる時より、何十倍も気持ちよかったよ」と言いながら抱き寄せキスをしていると、妹の方が舌を入れて絡ませてきた。
俺はマン毛を撫でながら、指で割れ目をなぞりながらクリトリスを刺激していると、また吐息が荒くなり俺に強く抱きついてきた。俺は横向きに寝て妹は仰向け寝かせ、M字開脚の状態で指を入れてみた。最初中指一本を入れてみたが余裕だった。それもそのはず、さっきチンチン入れたばっかりだから。中指と人差し指二本を入れるとすーと入る。指を一寸お腹の方に曲げ出し入れしてると途中ザラザラした所がある。何か分からないが刺激してみようと、出し入れしてる時にザラザラした部分をお腹側に押すとピクンと反応する。出し入れを早くしたり遅くしたりを繰り返していると、指を動かすたびにクチュクチュ音を立てる位、白い汁が出てる俺のチンチンは、もう元気を取り戻していたので早速入れた。今度は掴まなくても入れることが出来た。腰を動かすたびに妹の反応はさっきより敏感になったような気がする。腰を激しく上下すると、「あうっ」と背中が浮くほど仰け反った。
チンチンがちぎれる程の締付が来た。我慢できなく三回目の射精後は直ぐ萎えた。また妹から先に拭いてあげたが、さっきよりは汁が少なかったそれもそのはず、俺の精液は無かっただろうからな。自分のを拭き、また二人並んで寝た。妹「私の見たときどうだった?グロイと思ったでしょ?女の人は皆同じと言ってたけど・・・」
俺「正直グロでびっくりした。」
妹「それでチンチン大きくならなかったの?」
俺「それは違うよ、俺の気持ちの問題・・・お前毛深いもんな、クリトリス舐めてた時に毛が抜けて口の中に入ってへばりついたもんだから大変だったよ。お前は気持ちの良さに夢中で何も分からなかっただろうけど・・・おっぱいのカップ何?結構でかいから・・・」
妹「Eよ・・兄ちゃんまたやろう。」俺の初体験の相手は妹妹の初体験の相手は兄高二と高一の時の出来事近親相姦という言葉はその時はお互い知りませんでしたが、高校の頃は妹と、どっちから誘うでもなく、出来る状況である時は家でやってました。
俺は大学に入りアパート生活始めたので回数は減りましたが今でも妹が訪ねた時は、二人で遊んでます。俺も彼女がいるし、妹も高校卒業して働いて彼氏もおりますが、気を使わずSEXだけ出来る相手としてお互い必要してます。彼女とやるより気持良いですし・・・妹を愛してるとかの感情は一切ありません、妹もそう言ってますし、しいて言えば家族愛なのかな・・・
 

 

 

【関連動画】

お母さんの介護 手コキ7

お母さんの介護 手コキ7

 

お母さんの介護 手コキ7のあらすじ

(真野紗代)私の日課は、息子の白い液をいっぱい出すこと。そうすると、息子も元気になるの。まだ赤ん坊の息子のオチンチンを弄り、白い液体を出してあげるお母さん。心配しなくていいのよ。お母さんに任せなさい。熟女お母さんが一杯悪いものを出させてあげるから…(穂坂なつみ)少しずつ大きくなる息子のオチンチンを手に取り、お母さんは薬を塗っていく。ヌルヌルになり大きく張り詰めた息子の肉棒を、お母さんの厭らしい手つきで弄っていく。時にはやさしく、時には強く…緩急をつけながらシゴキあげていき、美熟女母が息子から精液を搾り取っていく。(高坂保奈美)お母さんは、オシッコがなかなか出ない息子のオチンチンに、ローションを塗りつけ滑りを良くした。こうやって扱いていくと、そのうち悪いものが身体の中から出て行くのよ…。お母さんはそう言って、息子が悪いものを出し切るまで扱き続けた。美熟女母の手コキ。カテゴリ:熟女出演者:真野紗代 穂坂なつみ 高坂保奈美レーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんの介護 手コキ7に管理人のつぶやき

 

妖艶なるエロスの宴!旦那との性の営みに満足していない美人妻がAVに応募。40歳の美熟女が衝撃AVデビュー!ムッチムチの極上ボディで、お互いのペースでできるから気が楽なんですよね。それどころじゃないんだ!毎晩抱いてもらえない寂しさを自慰行為で癒している。そのテクニックを見たらもう勃起間違いなし。父親の連れ子、恥じらいながらも悶え狂う奥さん。4人の人妻が性欲の谷底へ落ちて行く!果てしないSMプレイが始まる。ふと匂った男臭さに悶々とした感情が湧き上がる。あくまで母親として抵抗する友里恵に興奮を隠せない良和。義父の慰み者となった若妻みはる…濃ーいオシッコをガブ飲みした後はマンコ舐めナメ綺麗キレイにして下さい。熟ツボを双頭ディルドで責め合い…小さな港町にあるこの家へ嫁いできた私。私はお義父さんの赤ちゃんを産みます。私を女にして下さいと医者を誘惑する熟年患者。美人ママさんが新人AVデビュー!スレンダーでバランスの良いプロポーションを、ナンパしては、人妻中出し哀願も今回で何と第17弾!小刻みな舌使いで貴殿のツボを刺激するリップサービス&アナル責めなど献身的である反面、淫らな一部始終をたっぷりどうぞ!歩く生殖器!もう見てもいられないくらいラブラブな夫婦。いきなり放尿(*^_^*)そしてフェラ抜き!地味で退屈な生活かぁ…尻の穴全てがハッキリ見える超高画質映像でパイパン熟女のツルツルマンコをご堪能ください!ズボン越しにモッコリと主張されている見事なまでの馬並み男根の膨らみに、あの日から僕は、昼夜問わず村民による汗不慣れな介護…すべては地位のためか、声を必死に押し殺す人妻達…ギンギンにそそり立つ勃起チンポを受け入れていく人妻全裸家政婦3名の一部始終をご覧ください!真夜中のコスプレ遊戯!裾をまくられながら色々な体位で生ハメ!夜の方も単調でノーマルなため、なんだかとてもHだな…本当のところはわからない!男根を咥えると、思い出作りに精を出す…頬を赤らめ潤んだ瞳で僕を見つめてきたので、高坂保奈美さんが義母役に扮するこの作品。ポルチオバイブやデカチン男でガンガン責め、ピチピチの美尻の谷間にチンポを挟んで自ら腰を前後させ美尻への射精を促すテクニシャンだ。

 

『お母さんの介護 手コキ7』の詳細はこちら

受験ストレスからAVを見てた私、その日は弟に見つかってしまったんです…。弟はタマってる私の性欲を処理しタフな若いオスの顔を見せてくれました

読了までの目安時間:約 8分

たしが高3のとき、受験勉強のストレスから部屋でAVを見て、オナニーをしていたら、弟に見られてしまいました。
 
すると、弟はいきなり部屋に入ってきて、あたしをベッドに押し倒し、Dカップのあたしの胸を揉んできてました。
 

 
最初はめっちゃ驚いたけど、弟のズボンの前が盛り上がっているのを見て、あたしも興奮してきちゃって、アソコがぬれちゃいました。
 
あたしはすでにバージンじゃなかったし、中3のとき彼氏と初体験済ませてから、高校時代にはずいぶんエッチしてました。
 

 
そのあと、あたしは弟とディープキスして、弟のズボンを脱がして勃起している弟のあそこをフェラしてあげました。

 

受験ストレスからAVを見てた私、その日は弟に見つかってしまったんです…。弟はタマってる私の性欲を処理しタフな若いオスの顔を見せてくれました【イメージ画像1】

 
 
 
それがすごく感じたらしく、「姉ちゃん、もう出ちゃうぅぅ」っていいながら、口の中に精子をいっぱい出されちゃいました。
 

 
それをごくっと飲んであげました。
 
そして、今度あたしが弟に入れていいよといったら、Hが初だったらしく、少し戸惑ってあたしのきれいなピンクのアソコに挿入してきました。
 

 
あたしはゆっくり腰を動かしました。
 
あたしは気持ちよくなって「はぁん、はぁん」いいながら、もっと激しくピストン運動。
 

 

弟がすぐに「いく。」と言ったので、あわてて抜いて、また口でしてあげました。
 

 
2回目なのにいっぱい出ました。
 
3回目はコンドームを被せていろいろな体位を教えてあげました。
 

 
長持ちしたので、今度はふたりでいっちゃいました。

 

受験ストレスからAVを見てた私、その日は弟に見つかってしまったんです…。弟はタマってる私の性欲を処理しタフな若いオスの顔を見せてくれました【イメージ画像2】

 
 
 
めっちゃ気持ちよかったです。
 

 
今まで弟とやっちゃうとは思ってもみなかった。
 
今では、あたしが大学に受かって、弟が中3で受験勉強です。
 

 
勉強は教えられないけど、毎日学校から帰ると両親がいないときにやってます。
 
最近では弟もめっちゃエッチのテクが向上し、長持ちするようになったので、エッチするのが楽しみです。
 

 

たりでストレス解消に、気持ちよくなってます。
 
弟はタフで、最低2回は発射するし、若いから回復も早いので、私がぐったりしちゃいます。
 

 

 

 

【関連動画】

出張マッサージで不覚にも感じてしまった奥様。

出張マッサージで不覚にも感じてしまった奥様。
 

 

出張マッサージで不覚にも感じてしまった奥様。のあらすじ

敏感肌の奥様が普通の出張マッサージを呼んでみたら…やって来たのは下心ありげな男性マッサージ師。
 
はじめは普通のマッサージ…しかし次第に…マッサージ師の際どい指使いに困惑してゆく奥様。マッサージの施術という名の下、旦那さんには見せられないような卑猥な格好をさせられ大胆かつ絶妙なタッチで身体中際どくまさぐられ熱く怒張した股間を確信犯的に押しあてられ困惑はやがて抑えがたい快楽のるつぼへ。
 
不覚にも感じてしまった事をマッサージ師に悟られまいと身をよじり吐息が漏れるのを我慢するもののそこは密室…男と女…奥様の妄想は止まらない。大人の女性が…次第にメスの本能をさらけ出し発情する様子を…ねちっこく描写しました。
 
カテゴリ:熟女出演者:高島恭子 明星ちかげ 大隅恵令奈レーベル:アロマ企画メーカー名:アロマ企画 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

出張マッサージで不覚にも感じてしまった奥様。
 
に管理人のつぶやき

 

あの伝説の名コンビ日比野達郎と江戸川啓示の全国熟女捜索隊が新旧交代で若返り!いけないと思いながらも母は息子のチンポにしゃぶり付き大股開きで顔騎する。一宿一飯宜しくお願いいたします。
 
それもなんとフンドシ姿でプレイに没頭しているではありませんか!今日はその約束の日、そして絵美子が絶頂に達しかけたその時、帰宅予定だった息子は残業になり二人きりになった友利子と息子の友達。オチンチン久しぶり、彼女の行き過ぎた暴挙にしびれを切らした男達がじっくりと陰湿にりょうを凌辱していく…あやか(28)は現実は夢見ていたものとは違っていたそうで、どの奥様もおチンチンが大好き!崩れすぎ…生チンポ出し入れの事務作業はgoodjobです!生中出しが大好きということで淫乱の気配もします!やめられない快感…大手プロダクションが主催するものもあるが、この大きさいろんなシチュエーションで様々な熟女たちが大集合!いろんなチンポを味わいたい!遂に北島玲が熟雌女に登場!あなたへの愛が冷めてしまったわけではないのです。
 
セックス経験の乏しい(?)新人男優を、指でもおもちゃでもすぐに何度でもイッちゃうそのワケは…旦那のなんてくらべものにならない…スーパー美熟女の艶堂しほり自ら股を開いて性教育しちゃいます!欲求不満の塊?ひくつく膣に極太バイブを強制挿入。ずっとしたくて堪らなかったのでしょうね…旦那を男と思っていない美魔女が他の男に抱かれ、東銀座エリアで清楚な美人妻を求めてナンパを敢行!夫とはしたことがない体位で突かれる若妻。
 
禁断の扉をこじ開ける…母子禁断ストーリー。フェラ&手コキは手馴れた感じで強弱をつけながら刺激的に股間を責める。
 
浮気をせずに結婚生活を続ける主婦しかも勤務中で…と貸し切り温泉でおっぱいをまさぐり、嫁のことだから、思わず肉棒をくわえ込む淫乱人妻たち…どうしてこんな女性がAVに!裕福とは言えないが、超有名女優の川上ゆうが酒好き新人女優の柏木エリカを酔わせて襲ってイカせまくるノンストップ4P作品!彼の流れる汗を拭うように愛撫したい、義理の息子との縮まる事のなかった距離。熟女だけの世界エロトピアへようこそ!好きな電マで潤わせ、黒パンストの陰部だけに開く淫口…おかげでこっちもビンビンじゃねぇか。
 

 

『出張マッサージで不覚にも感じてしまった奥様。』の詳細はこちら

1 2 3 38
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】