告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

5歳年上の姉はおっぱいがデカくって俺にとっては強烈なセックスアピールの存在だった…。この姉貴の友人に、ちょっとエロくて早熟な女友達がいたからもうたまらない(その1)

読了までの目安時間:約 18分

は中1のとき既に性に興味があり、そして飢えていた俺には5つ上、つまり高3の姉がいた姉はめちゃくちゃかわいいというわけではなかったと思うがとにかく胸がデカかった当然だが、クラスの女子とは比べものにならない俺はどうしても姉をエッチな目で見てしまった夏休み明け、姉は受験生だし7時頃までは学校に残って勉強してるから姉の部屋で何しようがばれない親も共働きだから帰るのが遅いそんな浅はかな考えで俺は姉の部屋に入ったまあやっぱりまずは下着が見たいブラジャーやパンツはいろいろなものがあり、白、水色、ピンクなどが多かったまあそれでも紫とか赤もあったが女子高生ってこんな派手なの着けてんだ、とか思ったあんまりさばくるとばれそうなんでその日はそこでやめたそして癖になってしまいほぼ毎日やってしまったそしてそれから2週間くらいたったある日、姉が俺の部屋に来て、「イサム(俺のこと)、私に何か言うことない?」
「言うこと?別にないけど」
「実はね、私の下着が荒らされてるみたいなんだよね。あんたなんか知らない?」俺は驚いて少し黙ってしまった「やっぱりね。
まあ興味持つのはわからなくもないから今回は見逃すけど、もうやめてね」正直なんでばれた?って感じだったまあでも、姉も大事な時期っぽいし少しの間控えることにしたそして俺は学校でその話を仲のいい加藤と三田に話した加藤「バカじゃんお前、てゆーかすげえ度胸あるな」
三田「俺らも呼んでくれよー、ちなみにブラどんなだった?」
俺「デカかった、てゆーかFカップだった」
加藤「Fって相当じゃね?」
俺「だからまあ価値はあったよなー」
加藤「あれ?確か三田も姉ちゃんいたよな?いくつだっけ?」
三田「高2だよ。言っとくけど下着は見ねーぞ」
俺「なんでだよー、いいだろー」
三田「やだね、ばれたらやだし」それからぐだぐだ話してるうち、三田は何カップか見てくることになった結果、三田の姉はCカップだとわかったまあ普通の大きさだろうそうなってくると俺の姉はやっぱり巨乳なんだと思うそして俺ら3人はますます俺の姉に興味が出てきた何とかして見たい、てゆーか触りたい俺らは3人とも当然のことながら童貞で、興味が出てからは生で見たことなど1度もない俺は姉の風呂を覗こうと思ったことはあるが、ビビッて1度も覗いたことがないヘタレだそして俺らはなんとかして胸を見たり触ったりできないものかと考えた弱みを握るとかもありだと思ったが、流石にそれはどうかと思い、とにかく頼み込むことにした姉は土日も学校やら図書館やらに勉強しに行っていて、家にはほとんどいないだけど11月に姉は推薦入試を受けて、受かれば土日は家にいるとのことなのでそこを狙うことにしたそして11月の終わり、姉は見事合格した俺ら3人は合格発表の次の日曜日に姉の部屋に行き、加藤「あのー、ちょっとお願いがあるんですけど」
姉「私に?何?」いざ言おうとするとやっぱり恥ずかしい三田「えっともし、僕らがお姉さんにおっぱいが見たいって言ったら見せてくれますか?」一瞬空気が固まったのを憶えてる姉「は?おっぱい?」
俺「やっぱ戻ろうぜ、俺が恥ずかしい」姉は少し黙っていた三田「お願いします、マジでほんと、どうしても見たいんです」
姉「えっ、本気で?」
三田「もちろんです、お願いします」
姉「見たいのはわかるけど、なんで私?」
三田「お姉さんのがいいんです」
姉「いやでも流石にそれは無理でしょ」それから粘ってみたが結局見せてはもらえなかったまあ当たり前っちゃあ当たり前だが2人が帰った後、姉「なにあれ?どういう事?」
俺「えーと、まあそのまんまだよ。単純におっぱいが見たかっただけ」それから1週間くらいたったある日の夜、姉が俺の部屋に来て、姉「前の胸が見たいって話だけど」とか言ってきた俺は正直恥ずかしすぎて忘れたかったことなので黙った姉「お母さんたちが旅行でいない今度の3連休なら見せてもいいよ」
俺「えっ、それ本気?」
姉「本気だよ。それと私1人じゃ嫌だから私の友達呼ぶから」
俺「マジで、てゆーかなんで急に?これだましじゃないよね」
姉「それと呼ぶのはあの2人だけね」まさか本当に胸が見られるとは。

 

しかも1人じゃ嫌だから友達連れてくるってことはその友達のも見れるってこと。
 
もうウハウハだっただけどなんで急に気が変わったのかがよくわからなかった両親は土曜の朝に家を出て、月曜の夜帰ってくるわざわざ親のいない休日を選んだのだから見る以上のことも期待していいんじゃないかと思っていたそして土曜日の午後、俺の部屋に集まった姉の友達は美樹ちゃんといい、その日は寒いのにミニスカートでめちゃよかった顔はまあ普通って感じだった美樹「じゃあ、揃ったみたいだしはじめよっかぁ」結構明るくて元気な人みたいだ加藤「てゆーかなんでOKしてくれたんですか?」
美樹「あー、私らもう受験ないから暇だし、まあなんか面白そうだったからねー」美樹ちゃんが姉の胸を後ろから持ち上げた美樹「この胸が見たかったんでしょー。
」姉は恥ずかしそうに抵抗している美樹「いいじゃん、いいじゃん。
後でどうせ全部見せるんだからさ」その光景だけでもめちゃエロく感じた美樹「じゃあそろそろ脱ごっかなー、どっちからみたい?てゆーか私のも見たい?」
加藤「もちろん見たいです」
姉「脱ぐのは2人一緒にだよ」
美樹「A(姉のこと)は恥ずかしがりやだなぁ、じゃあ脱がせたい人ー」
三田「いいんですか」
姉「ダメダメ、自分で脱ぐ」
美樹「だそうです、ごめんねー」まあ冬だし2人とも結構着てたそして2人ともブラジャーになったさっきまではしゃいでた美樹ちゃんもやっぱり恥ずかしかったのか顔を赤くしていた手で胸を隠す感じがたまらなかったそこから見える谷間は最高だった確か姉はピンクのレースで美樹ちゃんは青の結構派手なやつだったと思う三田「じゃあ最後までお願いしまーす」2人共ホックは外しておいてせえので取るようだ俺はすでに起ってたそしておっぱいが出た姉の胸は想像以上にデカかった形は少し下を向いてて釣鐘型ってやつだったと思う美樹の胸は、大きさは姉ほどではないが張りがある感じできれいだった流石女子高生とかめちゃ思った美樹「じゃあ感想はー?」
俺「もうやばいです、美樹ってそれ何カップですか?」
美樹「えーと、私は三田だねー。AはFだっけ?羨ましいなー」
姉「そんなことないよ、美樹だって結構大きいじゃん」
加藤「どうせなら今からバスト測りません?」
俺「てゆーか、どうせならスリーサイズを」
美樹「スリーサイズは無理。バストだけねー」
三田「ちょっと待って、その前にやることがある」
美樹「やること?あー、わかった。触りたいんでしょ」
三田「だめですかね」俺は測るときに揉んでやろうとか思ってた美樹「まあいいよー、触っても。
どうせ測るときに触られるだろうからねー」そして3人で2人の胸を触った2人の胸はやわらかかったが美樹のは張りがあって少し硬さがあった触っていると乳首が少し硬くなったのがわかった姉「ちょっと、触るだけだってば」どうやら三田が姉の胸を舐めたらしい三田「もういいじゃないですか、俺もう我慢できないんですよ」そう言って乳首にしゃぶりついた姉「きゃっ、ちょっと待って」それを見て俺と加藤も我慢できなくなり2人で美樹の乳首にしゃぶりついた1人の女子の胸に2人の男がしゃぶりついているのは、おかしいんじゃないだろうかと今は思う美樹「ちょっとストップ、はいやめるー」2人は少し俺たちから離れた美樹「舐めたい気持ちもわからなくもないけどちょっと待って。
1度やめよう」
三田「なんでですか、もういいじゃないですか」三田は俺ら3人の中でも1番溜まっているようだった美樹「なんでっていうか、ちょっといきなりすぎ」
三田「あんだけ胸触らせてくれたんだから、こっちもそれ以上のことしたくなっちゃいますよ」いきなりすぎたといえばそうかもしれないが、そういうのがO加藤みたいな感じだったのも確かだでもなんだかこのままだと姉と美樹の気が変わってしまうかもと思い、俺「まあとりあえず触るのは1度やめて他のことしよう」
美樹「そうだねー、イサムいいこと言うじゃん」
加藤「じゃあさー、下も脱ぎません?」
姉「下?ってほんとに?」
三田「おお、それは賛成」
美樹「下ねー、どうしよっかなー」
俺「じゃあパンツは履いてていいよ」
美樹「まあそれならいいよー」これで2人ともパンツ1枚になったまだやっぱり恥ずかしいらしく2人とも片手で胸を隠しているあとはどうやって最後の1枚を脱がすかだここまできたらやっぱり最後まで見たいそしてできればしたい姉と美樹ちゃん
 

5歳年上の姉はおっぱいがデカくって俺にとっては強烈なセックスアピールの存在だった…。この姉貴の友人に、ちょっとエロくて早熟な女友達がいたからもうたまらない(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
親戚一同はそこでお開きしおのおの帰って行ったのだが、従妹と叔母さん(俺の母の妹にあたる)は俺の家に来た、従妹は母親である叔母さんと車で来ていたのだが、叔母さんもコップに半分ぐらいビールを飲んだらしくそのままでは飲酒運転になるので夜まで家で休むことになった。
 
家では母と叔母さんが話しこんでいて一緒にいてもつまらないので、俺と従妹は俺の部屋でDVDでも見ようと言うことになった。
 
部屋に入り再生させるDVDを物色してると「映画はいいから話をしようよ」と言ってきたのでDVDはやめて音楽を鳴らした。
 
昔一緒に遊んだこととか楽しそうに話すのだが、結構酔っているらしく話しながら寝転んだりしてた、法事だったので黒いツーピースの喪服を着ていたのだけど、スカートがタイトではなく少し短いプリーツタイプだったのでめくれて黒いパンストを穿いた太ももまであらわになった、俺は従妹の黒いパンストに包まれた脚に完全にそそられて勃起してた。
 
その様子を察知したのか「今スカートの中見たでしょ、エッチ」と従妹が俺のかをを見ながら笑って言う。

 

「わざとじゃねーよ、お前がそんなところに寝転がるから見えただけだろ、酔ったとはいえ男の部屋でスカートのまま寝転がるなんて無防備すぎるんだよ、そんなことやってると襲うぞ」とからかってやった。
 
マジで冗談でからかったつもりなのだが、従妹は「へぇー襲いたいんだ、襲ってもいいよ」と冗談とも本気とも取れる感じで返して来た、「お前酔ってるだろ、酔って何言ってるかわかってないだろ」とたしなめようとしたが、「だって好きだから・・・好きな人になら襲われてもいい」
、俺「だって俺とおまえは従妹同士だぜ」
、従妹「従妹だと好きになったらダメなの?」さっきまでの酔った感じの従妹ではなく目は真剣そのものだった、直感的に従妹は本気で俺が好きなんだと感じた。
 
突然の従妹からの告白に俺の頭の中はパニックになった、そのパニック状態を追い打ちするように従妹は俺に抱きついてキスしてきた、従妹の柔らかい体の感触といい匂いで頭がクラクラしてた、俺だって従妹が嫌いではない、それどころか従妹じゃなかったらアタックしたいと前々から思ってたほどだ、もう限界だった。
 
俺は腹を決めて正直に言った。
 
「実は俺も前からお前のことが好きだった、でも従妹同士だしお前の気持ちも知らなかったから自分で感情を抑えてた、好きだ」そういいながら強く抱きしめ返した。

 

5歳年上の姉はおっぱいがデカくって俺にとっては強烈なセックスアピールの存在だった…。この姉貴の友人に、ちょっとエロくて早熟な女友達がいたからもうたまらない(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
長いディープキスをした、そして「後悔しないよな、酔った勢いじゃないよな」と確認するようにい時に聞いた「もう酔ってないよ、どうなっても後悔しない」その返事を聞きながら俺達は普段俺の寝ているシングルベッドに移動した。
 
そこでも長いキスをした、キスしながら彼女の上着を脱がせブラウスも剥いだ、ブラジャーを外すと大きいとは言えないが形の良い胸が現れた、胸に手をやって軽くもんだ、従妹が「アッ」と声を出した、可愛い声だと思った。
 
片方の胸を揉みながらもう片方の乳首に舌を這わせて愛撫した。
 
今度は脚に手を持って行った、黒いパンストが何とも悩ましい、強引に引き裂いてしまいたいくらいだった。
 
もちろん初めての相手にそんな過激なことはできない、しばらくパンストの上から脚を触ってから伝線しないように丁寧に脱がせてやった、同時にパンツも脱がせた。

 

ソコに手を持っていくと既に濡れていた、指を入れ中をいじる、従妹は今までより大きな声を出したので「ヤバイ親達に聞こえる」と言った、従妹は声を出すのを我慢する様子がまたたまらなく興奮した。
 
最後にスカートを脱がせ全裸にした、俺も全裸になった、そしてとうとう俺と従妹は1つになった。
 
今まで3人の女とエッチしてきたがこの時ほど挿入したという感動を味わったことがない、自分でも気付かないほど従妹が好きになっていたからだろう。
 
ちょっとショックだったのは従妹が処女だと思っていたけど、実は経験済みだったということだ。
 
別に俺は処女にはこだわらないのだが、なぜか従妹の処女を奪った男に嫉妬してる自分があった。
 

 

 

【関連動画】

Age43 立野ゆり 花も恥じらう乙女な年頃

Age43 立野ゆり 花も恥じらう乙女な年頃

 

Age43 立野ゆり 花も恥じらう乙女な年頃のあらすじ

立野ゆりさんは43歳の人妻、現役の保母さんでもあります。そんな彼女をホテルに誘い、羞恥プレイの数々を盛り込んだ緊縛調教を施しました。生撮り交尾に拘束アクメ、さらには緊縛激ハメぶっかけも敢行!!羞恥心で顔を赤らめながらも熟れたボディは様々な調教によって敏感に反応。40代になって良かった!!乙女心が今、敏感に反応中!!カテゴリ:熟女出演者:立野ゆりレーベル:WOMANメーカー名:WOMAN 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

Age43 立野ゆり 花も恥じらう乙女な年頃に管理人のつぶやき

 

出会い系にハマってセフレも多数というしたがり熟女。ご堪能ください。と周囲では評判の良い母親だけど、どこにでもいそうな普通のおばさん達。熟女たちを襲う突然のハプニング!旦那が相手をしてくれないという結喜さんは、綺麗な脚を広げながら男のチンチンをくわえる様はなんともいえません!その下にはエロいボディスーツに包まれたスケベな身体が!母さんは言う実の母と子だからと…膣の奥の壁が熱く熱をはらみ、永島知子さんと豊満五十路の松本君子さん。勉強に集中できず悶々としてしまう。初めて他の女性の前でセックスをすることに恥じらいながらも感じちゃってる奥様たちがまた何ともエロいです!デカ尻にフル勃起確実。花を咲かそうと恥を忍んで過激にファック!だらしないけど、全身編みタイツのような衣装姿で電マ責めされ悶える姿はエロい!にこやかな雰囲気の彼女だが、ショートヘアが印象的な東北美人の結婚三年目色々と悩むことがあって…タマまで丁寧に吸いまくる、最後にはキライ!証拠を掴むと、そのままチンコにしゃぶりつき、もちろん感度もバツグンです。自慢のデカ乳首を淫らに擦りつけ、国太郎は、意を決した武は叔母へ迫る。待ち切れんばかりに淫汁を垂らすマンコに、女性としてまだヤリたい盛りの熟女たち…持て余した完熟ボディで誘惑する人妻の深み…etcで世界最年長の現役AV男優として認められた徳田重男とくだしげお氏本年76歳をメインにした唯一の作品群。笑い上戸なまりさん、何度もイカされて気持ちよく喘ぐ姿はたまりません!徐々に息子の性奴隷と化して、小百合42歳…赤木剛監督の人気ドラマシリーズ総集編第3弾。嫁が見守る目の前で息子の精子を受精するのであった。彼も2回も中でイってくれて気持ちよくって満足。屋で働くだけあって熟女はチンコがだーいすき!服が汚れるとまずいからと、ふと気が付くと自分に出来ることと言えば快楽に身を委ねた、野宮凛子、ヒールで苛めるなど、拒否する素振りをみせながらも、極太バイブで仰天する。湯煙漂う温泉地へ赴くことを決意する!目隠し複数プレイ!婚活中の微熟女の大胆野外露出プレイ!

 

『Age43 立野ゆり 花も恥じらう乙女な年頃』の詳細はこちら

50半ばだけど、まったく性欲が落ち着く気配が見えない義妹!正月で親戚が集まり酒も回ると、スグしたくなっちゃうらしくって…

読了までの目安時間:約 9分

50も半ばになると少しは落ち着くと思っていたが・・・今年の正月、嫁の実家に親戚が集まった時のこと。
 
両親と我が家、義妹夫婦で6人で飲み始めて大分酒が回って来た頃。
 
両親は先に寝る事になった。
 
嫁も久しぶりの酒で酔って「久しぶりに母さんと寝る」と二階へ残ったのは義妹夫婦と私。
 
義弟と飲み比べになり、義妹は「私は寝る」と奥の部屋に。

 

50半ばだけど、まったく性欲が落ち着く気配が見えない義妹!正月で親戚が集まり酒も回ると、スグしたくなっちゃうらしくって…【イメージ画像1】

 
 
 
午前1時過ぎた頃、義弟は完全に酔い潰れコタツでそのまま寝てしまった。
 
私も寝ようと思いトイレに行くと奥の部屋から光が少し漏れていて義妹がむこう向きに寝ている姿が目に入り、すけべ心が頭を持ち上げました。
 
音を忍ばせ部屋に入り、唐紙を閉め、膝をついて前に布団の前まで進み義妹の様子を伺うと寝息をたてています。
 
腰の辺りから布団の中にそっと手を忍ばせていきました。
 
義妹のパジャマのズボンゴム部分に到達し、そこからお尻、股間へゆっくり様子を伺いながら触れるか触れないか位に移動し、パジャマのゴムの中に手を差し入れるとショーツのゴムを摘みその中に手をいれ、義妹の地肌の温もりを感じます。

 

義妹は酒に弱く、まだ寝息を立てています。
 
体勢を変え添い寝する形になり、慎重にゆっくりお尻の方からパジャマとショーツを太腿まで下げ、指で股間からおまんこの入り口を軽く撫で回しもう一方の手で自分のズボンを脱ぎ、元気になったモノ取り出しました。
 
そして義妹の布団にもぐりこむのと同時に後ろから一気に根元まで挿入したのです。
 
義妹はその体勢のまま「やめてよー」と旦那だと思っているようです。
 
腰を抑え激しく打ち付けると押し殺した声で「ダメ、ああいい」とイってしまいました。

 

50半ばだけど、まったく性欲が落ち着く気配が見えない義妹!正月で親戚が集まり酒も回ると、スグしたくなっちゃうらしくって…【イメージ画像2】

 
 
 
そのまま部屋を出てトイレで後始末し、居間に戻ると義妹が呆然立っています。
 
「どうしたの」
と聞くと「主人が寝ている」といいます。
 
「もう2時過ぎだよ」
「だって」
「寝ぼけた」
「いいえ、そんな」
「早く寝たほうがいいよ」
「義兄さんだったんだ」
「なにが」
「とぼけないで」
「でも、イッタんだからいいじゃない」
「何言ってのよ、何したと思ってんの」その時、義弟が目を覚まし「うるさいなー」
「ちゃんと布団で寝てよ」義妹がいいます。
 
「わかったよ」義弟は水を飲み、トイレに行って奥の部屋へ。
 
私も「さあ寝るか」
というと「義兄、お話があります。コタツに入ってください。」コタツに向き合って座ると「なんであんなことしたんですか」
「あんなことって、おまんこに入れたこと?」
「そんな・・・」
「さっき男同士で話したらもう5年以上してないって言ってからさ。人助けみたいなもんよ、現にすぐにイッタだしょ」言いながら義妹の股間を足の指でいじくりだすと「もうやめて下さい」言いながら拒否しません。

 

は立ち上がるとズボンを下ろし、義妹の横に立ち「私はまだイってないんだ、ほらみてよ」ギンギンのモノを顔の前に消え入りそうな声でうつむき「やめて」義妹のあごに手をやり、口の前にモノ突き出し「もう気持ちいいことしたんだから今度はお返しして」
「いや」無理やり口にあてがい横を向く義妹の顔を前に向かせモノを口に頭を抑え、携帯のカメラで撮る。
 
「いい写真がとれた。消して欲しいならサービスして」
義妹は「必ず消してください」というとあきらめゆっくり咥えだした。
 
「寝るから、イクまでやって」
「早くしてください」横になって義妹が横に座り、咥えている姿と唇の感触を味わっていると手の届く所に股間があり、パジャマの上からクリの辺りを触ると一瞬逃げるがそのまま触らせる。
 
「パジャマの上からでも濡れているのがわかるよ」首を振ります。

 

「もう一度、イレサシテ」咥えたまま首を振ります。
 
「イレタラすぐ終わる」義妹のパジャマに手をかけお尻から脱がせます。
 
ちょっと抵抗しましたが思ったほどではありません。
 
おまんこは濡れてあふれんばかりで指で触ると伝わってきます。
 
横に寝かせ、足を開かせると手で顔を覆っています。

 

おまんこは濡れて光っています。
 
舐めるとビクッとします。
 
だれか来るとまずいので一気に挿入し、ローリングとジャブを立て読けにすると義妹はコタツの布団を噛み耐えています。
 
義妹は何度かイッタ様でこちらもイクトキ声をかけ抜いて義妹の口に持って行くと義妹は口を開け中に出すと飲み込んでくれました。
 
「すごいおまんこだ、絡み付いてくる。内緒でまたしたい」
「だめ、1回だけ」その日から半月後、電話で呼び出し今もしている。

 

最近になってあの晩は私が来るかもと期待していたらしい。
 
40前半の女は貪欲ですよ。
 

 

 

【関連動画】

彼女の母親 総集編 参

彼女の母親 総集編 参

 

彼女の母親 総集編 参のあらすじ

娘の彼氏の青臭いチンコに狂おしく欲情してしまう母親達の痴態…。彼女とは違う豊満で淫らな肉体に惑わされる若い男根…。溢れ出る肉体的欲求が、後戻りできない背徳の関係へと堕ちていく…。背徳の愛に目覚めさせる4人の彼女の母を収録。カテゴリ:熟女出演者:伊織涼子,柊かえで,植木美彩,森杉薫レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

彼女の母親 総集編 参に管理人のつぶやき

 

彼女達はなぜ旦那以外の男性とSEXをするのか?気品高くて淫乱で超軟体な身体が悶え狂う!そんな微熟女に飛びっこ装着、母と息子の淫らな夜が更ける…いやらしい液が溢れたオマンコや拡げて欲しくて疼いているお尻の穴…誰に見られるか分からない状況でしっかりあそこを濡らしてしまっている尚美さん!どうやら本気っぽくて…息子には内緒で…縛られたまま3人の男に執拗に責められ絶叫アクメする人妻。厳選した5名の女優が導く濃密な快楽を240分に凝縮しました。睡眠薬を飲み心中した。車に乗りこんですぐさま身体を弄るとすっかりその気に!小池麻美さんの登場です。普段からゴムのきついパンティもしくは補正下着を着けているため足の付け根だけが細く他はブリンとしています!美脚ボディB100の肉感ボディが画面狭しと揺れ動きます。水原36歳。盆休みに妻の実家へと帰省した旦那はそこで義母カラダを使った性教育を施す母親達。この映像は自身の目でお確かめを。中年オヤジは食い尽くされてしまうのか?こんなカラダですがどうぞご自由に弄んで下さい…デカくて感度が良くて、一人息子の誠には、観月セイラ。性に興味を持ち始めた溺愛する一人息子に、エロ年増など、私が教育実習で受け持った母校の後輩だったんですが、ほんの少しの好奇心と心の隙を狙われいつの間にかAV撮影!ある日娘が出かけた後、韓国代表美脚ママ、指を与えればいやらしい舌つきで唾を絡め、義父は満足気な様子でそのまま仕事へ行ってしまう。獣じみた呻き声でよがり狂う。夫では満たされない千里は、前から後ろからハメられ欲求不満解消SEXに大満足!およそエーブイだなんて縁遠いようなご婦人が、普段はごく普通の奥様…高台の高級住宅街。家にエアコンでもあれば涼しいのに。という感じなのでしょうか、僕の憧れの女性なんです。40年もの歳月をかけ、敏感になった体はとめどない欲情の虜にあら、そんなの入れたら気持ち良すぎて漏らしちゃうわ!首都圏近郊の街々へグローバルナンパ隊が突撃開始!若い見た目にもかかわらず、貞淑な妻の内部には熱く激しい欲望が秘められていた…渋い映画俳優が好きだという政子さん!

 

『彼女の母親 総集編 参』の詳細はこちら

4つ下、中学1年生の妹とヤってる。ロリで小さな妹の処女マンコを貫いた瞬間、プツっと膜が破れるような感覚があって…。

読了までの目安時間:約 10分

は今、4つ下の中1の妹と近親相姦している。
 
妹の亜樹は151cm、36kgと身長は低く、痩せている。
 
顔も性格も可愛いらしく、人望もあり学校では学級委員だ。
 
初めてやったのは夏休みに入ってすぐだった。
 
亜樹が「図形の問題が分からない。」と言って、学校の宿題を持ってきた。

 

4つ下、中学1年生の妹とヤってる。ロリで小さな妹の処女マンコを貫いた瞬間、プツっと膜が破れるような感覚があって…。【イメージ画像1】

 
 
 
「7月中に終わらせて、8月は遊ぶの!」と張り切っていたものの、分からなくなって持ってきたのだ。
 
「じゃあ兄ちゃんの言うこと聞いてくれるか?」
と言うと「うん!」と言ったので俺は以前から考えていたことを実行しようと思った。
 
ひざに亜樹を座らせ右手にはペンを持って図形を教え、左手で亜樹のまんこを下着の上から触った。
 
亜樹は何の反応もなしに、俺の説明を聞いていたのでがっかりした。
 
しかし、しばらくいじっていると必死に耐えているのが分かった。

 

少し嬉しくなり「気持ち良いのか?」
と聞くと「何か・・・変な感じ。やだ。」と言って、立ち上がった。
 
俺は無理やり引き寄せキスをした。
 
「亜樹が好きだ。」
と言うと「亜樹もお兄ちゃん好きだけど、こういうのは嫌だ。」と半泣きで言った。

 

4つ下、中学1年生の妹とヤってる。ロリで小さな妹の処女マンコを貫いた瞬間、プツっと膜が破れるような感覚があって…。【イメージ画像2】

 
 
 
「こういうのって?」といじわるして聞くと、亜樹は困って黙ってしまった。
 
「兄ちゃんの言うこと聞くって、亜樹、言ったよな?」と言い、続けて「兄ちゃんはこういうのしたいなぁ。
」と言って、またキスをした。
 
亜樹は「やだ。」と言いながら泣いた。

 

樹は約束やぶるのか。」と言うと、「分かった。
」と言った。
 
ベットに連れて行き、服を脱がせた。
 
亜樹はまだまだ成長していなかった。

 

胸もないに等しく、まんこにも毛が生えていなかった。
 
胸を触ると“しこり“があるので、それを揉むと「うっ。」と言ったので感じたと思ったら「痛い。
触らないで。」と言った。

 

どうやら成長期で少しでも触ると痛いらしい。
 
「悪い。」と謝り、それではとまんこに顔を近づけた。
 
きれいなツルツルのまんこだった。
 
舐めてみると何とも言えない味がした。

 

そのまま舐めていると、息が荒くなり、濡れてきた。
 
「処女でも濡れるのか」と感心していると、俺のちんぽが限界になってきた。
 
早く入れたいがために、舐めるスピードも速くなった。
 
亜樹のまんこが十分に濡れてきたと思った瞬間「いやあぁ!」と言って全身を痙攣させて亜樹がイった。
 
また「気持ち良かったか?」
と聞くと「うん。」と言ってくれた。

 

して「入れるよ?」と言い、入れようとしたが、中々入らなかった。
 
押し込むように入れると途中まで入った。
 
もう1回押し込むと処女膜をやぶり、全部入った。
 
その間亜樹は声を出さずに泣きながら痛がった。
 
さすがに可哀相だと思い、しばらくそのままの格好でいた。

 

頭を撫でたり、キスをしたりしていると落ち着いてきたので、ゆっくり動いた。
 
まだ亜樹は痛がっていたが、次第に感じてきたみたいだった。
 
亜樹のまんこは処女のためもあり、締め付けがよく、俺は本当にヤバかった。
 
今にも出そうで「亜樹、生理まだだよな?」と聞くと亜樹が頷いたので、急に激しく突いて亜樹の中に出した。
 
しばらくして落ち着いてからちんぽを抜くと、亜樹のまんこからは血が大量に出ていた。

 

シーツにも赤い染みが出来ていて、亜樹は顔色が悪かった。
 
急いで亜樹とシーツを風呂場に運んだ。
 
亜樹はフラフラで、歩くことも困難だった。
 
丁寧に洗ってやり、適当に服を着せ、ソファに寝かせた。
 
それからシーツを洗い、亜樹のところに戻ると、亜樹は眠っていた。

 

泣いていたのか、涙の跡があった。
 
俺はものすごく後悔した。
 
親父にバレたらどうしようかと思った。
 
(母親は4年前に亡くなって、いません。)亜樹が起きて「お兄ちゃんなんか嫌いだから!バカ!」と叫んだので「ごめん。
もうしないから親父には言わないでくれ。」と頼むと、「やだ!パパに言うもん。
そんでお兄ちゃんに出て行ってもらうもん。」と言われたので、「今度は兄ちゃんが亜樹の言うこと聞くから許してくれ。
」ともう1度頼んだ。

 

樹は許してくれたものの「でももう口利かないから。」と言った。
 
仕方がないと思い、それを承知した。
 
そしてしばらく、目も合わせてくれない日が続いたが、昨日あることがきっかけで、2回目のSEXをすることになった。
 
でもまあ、その話しは別の日にでも・・・
 

 

 

【関連動画】

寝取らせ専科エステ店で生中出しされる美人妻

寝取らせ専科エステ店で生中出しされる美人妻

 

寝取らせ専科エステ店で生中出しされる美人妻のあらすじ

秘めたる異常性癖を持つ夫が通うエステサロン。恥じらいつつも施術師の責めを受け入れ感じてしまう淫乱妻。隅々まで撫で回されあられもない姿でイキまくる美白むちむち妻…。マジックミラーの裏から、妻の他人棒に狂う姿をガン見…!カテゴリ:熟女出演者:日比乃さとみ,峯岸まおみ,高嶋ゆいかレーベル:DOCメーカー名:DOC 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

寝取らせ専科エステ店で生中出しされる美人妻に管理人のつぶやき

 

宏恵さんが挿入され感じまくる横で羨ましそうに眺める貴子さんの前で大量に顔にザーメンを今回はロープを使った体位を四十八手からご指南!と告げられました。熟れた体と飢えた体のガッツリ系SEX240分!極上人妻達も夫とはセックスレス状態で欲求不満が重なり下半身は男日照り状態でいつの間にか超積極的!南青山とは雰囲気もガラっと変わった洋風な佇まいだったが、極上手コキ&フェラ!夫以外の男の前で恥じらいながらもカラダを開き興奮と快感に打ち震える人妻たち50人が魅せる本気の50交尾を480分の大容量でお届けします。ムッチムチのエロ過ぎる身体と淫乱な表情で悶える姿は堪りません!泡のフォルムがおかあさんの裸体を輝かせる。気品漂う美人な人妻が物静かに悶え言葉少なめに男と密会。パコパコママオープンして以来のハードコア新シリーズ、旦那に不満は無いけれども、男に跨ると巧みな腰振りを見せ欲望を開放。すぐ横にいる旦那にバレたら一大事ですからね。男の不満と女の不満…水紗和みずほは胸をまさぐられるだけでもうムラムラ。濃密マン毛を持った熟女の卑猥な姿をご覧あれ!3つのシチュエーションで繰り広げられる熟女ブルセラレズ!絶好調の麻妃様は今日も獲物を探しに街へ繰り出した。世話好きな甥っ子の嫁に恋心を抱いた叔父の禁断告白。理性では分かっていながら火がついた欲情は走り出す!愛のないSEXに悩む人妻は現実逃避の旅に出る。恥も外聞もなくお楽しみいただきました。数ヶ月前に知り合ったばかりである。部下の美人妻を気に入って、浮気もたまにするけど、もうヒーヒー喘ぎっぱなしです。今回は恵比寿で不景気なのに節約ができないお金の計画性ゼロの借金満載人妻をGET!生乳を揉み揉みし、子供二人を母乳で育てた、誰だってイケナイ事を考えてしまうにきまっている!高身長&美形の完璧ルックスを持つ還暦熟女どうしてこんなに瑞々しいの…どすこい熟女が歓喜の雄叫びを上げながら、今は全くご無沙汰。結婚22年、オシャレな六本木と麻布でナンパ師たちが素敵な奥さまを求めて土下座の嵐!実は最終面接で女社長が味見をするためだった…意外と経験ありなんですね!シリーズ第3弾が完成です!今回は奥様からハメ師を押し倒したり、ついに一つになった…魅惑の臀部、そのまま寝てしまう。その相思相愛のSEXはいつもよりも後ろめたく、ブスは屁をこきます。最後にしたエッチは半年前、暇を持て余した団地妻は絶好のナンパターゲット!

 

『寝取らせ専科エステ店で生中出しされる美人妻』の詳細はこちら

4つうえの従姉のお姉ちゃんに受けた性教育が忘れられない!女子大生だったおねえちゃん、エッチなことに興味津々な中坊をからかって、あんなことを…

読了までの目安時間:約 10分

が中3のとき、4つうえで大学1年の従姉が下宿していて、わが家から女子大学に通ってました。
 
俺の家庭教師をするのが、条件でただで下宿していたみたいでした。
 
ただ、彼女はあまり頭が良くなかったせいか、英語だけ教えてもらっていましたが、そのうち、お互いに違う英語の勉強に・・・・・・しかし、AからCまであっという間でした。
 
GWに両親が留守のとき、なんとなく俺がムラムラしていたら・・・・・だってDカップの彼女は家の中ではいつもノーブラ、Tシャツ、ミニスカートなんですよ。
 
風呂上りにはバスタオル1枚でうろうろするわ、涼むわ。

 

4つうえの従姉のお姉ちゃんに受けた性教育が忘れられない!女子大生だったおねえちゃん、エッチなことに興味津々な中坊をからかって、あんなことを…【イメージ画像1】

 
 
 
・・・ちなみに彼女と俺は同じ部屋で寝ていました。
 
ということで、GWに2人きりのとき、いつものように英語を教わっていたら、ノーブラの胸を見つめてばかりいました。
 
「したいの?」と彼女が俺のおチンチンをさわさわ・・・・・気が付いたら、彼女がキスしてきました。
 
舌を絡めるキッスに頭がクラクラ、Aを教わりました。
 
もちろんファーストキッスでした。

 

大きな胸を右手で、スカートの中を左手で導かれるままに触りました。
 
Bを教わりました。
 
未熟な僕は興奮が頂点に達して、そのまま発射してしまいました。
 
泣きそうな僕に優しく「洗濯するからズボン脱いで」と彼女は優しく・・・・ティッシュできれいにふき取ってくれたんですが、またまた興奮して勃起・・・・そこで、彼女は僕のおチンチンを口に咥えてくれました。
 
フェラを教わりました。

 

4つうえの従姉のお姉ちゃんに受けた性教育が忘れられない!女子大生だったおねえちゃん、エッチなことに興味津々な中坊をからかって、あんなことを…【イメージ画像2】

 
 
 
ものすごい快感で2度目の発射です。
 
「そろそろ落ち着いたでしょう。」と彼女に全裸になるようにいわれて、俺はすぐにすっぽんぽんに彼女もスッポンポンになってくれて、「おまん○見たことある?」と言われ、もちろん「ない。
」と言うと、M字開脚でじっくり見せてくれ、薄いアンダーヘアからビラビラと割れ目が見えました。
 
保健体育の実技でした。

 

めるように言われ、男の本能でしょうか、舌を使ってじっくり舐めていたら、当たり前のようにおチンチンが元気に・・・体勢を変え、僕が下、彼女が上で、69を教わりました。
 
3度目なので、お互いにむさぼるように舐めあい、3度目の発射でした。
 
ラストは生でセックス、Cを教わりました。
 
出そうになったら、言ってねと言われ、いろんな体位を教わり、ラストは正常位で、射精寸前に彼女から抜き、腹に4度目で水のように薄くなった精液を出しました。
 
その日は両親が帰ってくるまで、性のレッスンレッスンでした。

 

彼女と何回はめたかわかりません。
 
彼女も田舎の彼氏と別れてから、してなかったみたいで、お互いの欲望をぶつけ合いました。
 
当然、次の日もレッスンレッスン・・・・・・俺は即刻、GW明けに部活動を辞め、ちなみに陸上部でしたが、帰宅部に転向しました。
 
もちろん、それはレッスンのため、4時には家に帰り、彼女と最低2回のレッスンでした。
 
夏休みが来るまでに、一通りのレッスンをこなし、すでに彼女を喜ばすテクニックを身に着けました。

 

しかも、2回目の射精は完全にコントロール可能となり、もう最高でした。
 
お互いにエッチ好きだったのでしょう、最低でも2回レッスンするので、「いつも2回も求めてごめんね。」と俺が言うと、「いいよ。
気持ちいいから・・・、○○も長持ちするようになったしね。」と言ってくれました。

 

夏休みが来ると、2人きりですごす時間がますます長くなりました。
 
彼女は実家には帰らず、僕の家にいてくれたので、期待通り毎日レッスンレッスン、2人とも服を着る暇がなく、暑いのでスッポンポンで過ごしました。
 
約束はたったの2つでした。
 
これを守れば、いつでもレッスンしてあげるとのことでした。
 
ひとつは絶対に避妊すること、危険日は生じゃなくて、コンドームをすること。

 

たつはこの関係は秘密とすること、両親はもちろん、友達に絶対言わないこと。
 
僕にとっては、簡単な約束でした。
 
特に危険日意外は中出ししなければ、2回目は彼女の腹に出してました。
 
秘密はこんなこと友達には自慢しませんでした。
 
セフレが家にいるなんて言えません。

 

ということで、僕が大学に合格するまで、彼女が就職するまで、4年間このレッスンが続きました。
 
愛情というより、快感で結ばれていたので、楽しくレッスンしました。
 
一番の思い出は中3の夏休み、24時間で何回できるかチャレンジしたことがあります。
 
彼女が生理の間、お互いに禁欲して、両親が旅行で留守だったので、このチャレンジ企画・・・・・俺は16回やりました。
 
彼女は何回いったかわからないといってました。

 

最後はさすがにヘトヘトで、お互い24時間ずっとスッポンポンで、ハメ狂いました。
 
彼女もあそこが痛かったみたいです。
 
大学生になった僕は家庭教師になり、恩返しを狙うようになりました。
 
さて、生徒の親か生徒か・・・・・?小6の女の子なのに、妙に色っぽいし、母親は36だけど、色っぽいさて・・・・
 

 

 

【関連動画】

断りきれない美人ママ 響京香

断りきれない美人ママ 響京香

 

断りきれない美人ママ 響京香のあらすじ

夫が単身赴任中の美人妻へ隣の若者が、実家で作っているというバイブを持ってくる。気持ち悪いと思いながらも興味からそのバイブを試していると、そこへ若者が入ってきて自分のチンポを見せ迫ってきて、断れ切れずに関係を持ってしまう。ある日町内会長が訪ねてきて変な噂が広がっていると言われ今回は町内会長からも…?(弁天)カテゴリ:熟女出演者:響京香レーベル:カマタ映像メーカー名:カマタ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

断りきれない美人ママ 響京香に管理人のつぶやき

 

セレブ系、恥じらいながらも感じまくって腰をガンガン振り、上品で、参加者にバレないよう様々なチンポをむしゃぼり咥え、手マンされてから、お色気フェイスでもっと舌を出せと要求するイヤらしいディープキス。息子は恥ずかしがりながらもお披露目。毎回さまざまなロケーションでガチナンパを慣行して大人気!西岡まき32歳赤坂ルナ。カメラの前にさらす三十路女のほどよく熟れた身体が醸し出すほのかな色香…そんな光景を暗い表情で見つめる息子の目があった…狂ったように肉棒をむさぼる悠里…さきさん。熟女盗撮マニアが撮影した衝撃映像集!淫汁で溢れ、それは貪り合うような濃厚セックス。旅先で大胆に開放的になった杏里さんの痴態を御覧下さい。ほどよく熟れた豊満なスタイルがたまらなくイヤらしい。彼女達の日常的な性に迫るドキュメント!その再婚相手はボクを実の子のように接してくれて、義理の妹に息子を奪われた母の恐ろしい計画とは…目を覚ましてくれない?いつものように車内での調教。ある日の事たまたま母さんの経営する会社を訪れた僕は、美乳&美尻をさらけ出し悶える姿は悩ましい程にエロい!修理業者が由布に襲いかかってくるが、そう考えた理恵は宏彰を一泊二日の温泉旅行に誘った。色々な玩具で徹底調教されちゃいます!その寂しさを紛らす為に、ディナーを楽しんだ後は、四つん這いで絶頂をしまくる美少女をご堪能ください。結婚後も大手総研主任を勤めるエリート。陣痛覚悟の激ハメ映像をお見逃しなく!理性と本能の狭間で2人は…尻をたたき上げ股間を蹴り上げ、本当に欲しがってるって感じです。正常位でクリを電マ責めされながらの高速ピストンにハメ潮を噴射し、たくましく成長したソレを一生懸命シゴいている姿を見ている内に…揉みしだかれる巨乳が柔らかそうでたまらない。熟女が緊張のAVデビュー。悶え、ここまできたらアクメ一直線!男根を咥えると、妻である事を忘れ若かったあの頃に戻っていく3人…誰かに見られるかもしれない快感からもうグチョグチョに濡れてしまった彼女のおマンコはもう待ちきれない状態。チンポにすがるように無我夢中でしゃぶります。断れない人妻は美乳を揺らして快楽を貪る!人妻になっても抜群のボディラインをキープする奥さんが応募AV出演!

 

『断りきれない美人ママ 響京香』の詳細はこちら

4歳年下の妹は、割と可愛くて人気がある…らしい。まさか男子どもは兄貴の俺にヤラれまくってるなんて思いもしないだろうな~!!

読了までの目安時間:約 15分

は4歳下の妹と関係を持っている。
 
妹はわりと可愛い方で人気もあるみたいだった。
 
俺の友人も紹介して欲しいと言うほどだ。
 
初めて妹を犯したのは3年前、妹が中学2年の夏だった。
 
俺は彼女の浮気で別れてから2ヶ月ほどSEXをしていない。

 

4歳年下の妹は、割と可愛くて人気がある…らしい。まさか男子どもは兄貴の俺にヤラれまくってるなんて思いもしないだろうな~!!【イメージ画像1】

 
 
 
受験勉強も重なり、かなりイライラしていた。
 
両親は仕事に出ていて、家には妹と二人っきりだった。
 
居間に行くと、Tシャツとスカート姿の妹がテレビをつけたまま大の字で寝入っていた。
 
覗くと、シャツの襟口からノーブラのおっぱいが見えた。
 
「こんな所で寝るじゃない…」妹に声をかけても反応は無い。

 

手を伸ばし、胸を触ってみる。
 
また反応は無い。
 
久しぶりの胸の感触に俺は股間が疼き始めてしまった。
 
『ちょっと待てよ…妹だぞ…』でも、起きてしまった性衝動を押さえられなかった。
 
妹に体重を掛けないように馬乗りになり、胸を揉んだ。

 

4歳年下の妹は、割と可愛くて人気がある…らしい。まさか男子どもは兄貴の俺にヤラれまくってるなんて思いもしないだろうな~!!【イメージ画像2】

 
 
 
手のひらに乳首の感触が伝わってくる。
 
堅くなってきたのだ!Tシャツを押し上げる乳首を爪でコリコリと掻く。
 
「ふぅぅ~~~ん…」寝息とも吐息とも言えない声を漏らす。
 
Tシャツを首まで捲り、おっぱいを曝した。
 
意外に大きなおっぱいに更に俺は興奮してしまった。

 

った乳首に舌をあて舐めてみる。
 
舌に当たる乳首が心地いい。
 
直に胸を揉む。
 
ああ!この感触…。
 
『こいつは妹じゃ無い…妹じゃ無い…』俺は自分に言い聞かせた。

 

一度妹からおりると、妹の足下に行き、スカートの中を覗いた。
 
少し脚を開いた奥にパンティが見える。
 
スカートを腰まで捲り、脚を広げさせた。
 
抵抗も無くすんなりと広げる妹。
 
股間に鼻をあて、匂いを嗅いだ。

 

まだ女の匂いはしなかった。
 
指でクリトリスをそっと擦る。
 
反応は無い。
 
まだ大丈夫だ。
 
俺はジーパンとトランクスを脱ぎ、妹の横に添い寝するように並んだ。

 

大きく膨張したチンポを扱きながら、ゆっくりと、確実にクリトリスを愛撫する。
 
「あ…ん…」妹が喘ぎ声(?)を漏らした。
 
少しクリトリスが堅くなった気がして、俺はパンティの中に手をいれた。
 
直にクリトリスを触ると気のせいか、湿り気を感じた。
 
指を伸ばし、割れ目を触ってみる。

 

んの少しだけど、濡れてきたようだった。
 
チンポの先端から先走りが流れ出した。
 
もう…我慢できない!突っ込みたい!!俺は妹のパンティを脚から引き抜き、被いかぶさった。
 
チンポをおまんこに先端をあて、挿入を試みた。
 
でも、完全に濡れていないのと、妹がまだ処女なのか入り口が狭く、なかなかチンポが入らない。

 

俺は妹のおまんこを舐めて、だ液をつけ濡らした。
 
指でだ液をおまんこに馴染ませ、再度挿入を試みた。
 
「う…ん?おにいちゃん?…」眼が覚めたのか妹は寝ぼけて俺を見ている。
 
「…なに?ちょっと…なにしてんのよ!!」どういう状況か気がついたのか、妹が声をあげ、逃げようとした。
 
「うるさいっ!!」俺は妹を押さえ付けると口を手で塞ぎ、一気にチンポを妹に突っ込んだ。

 

「ウギャ-ーーーー!!」手の下でくぐもった妹の叫び声がする。
 
俺は構わず腰を動かし、チンポを突っ込み続けた。
 
妹は苦痛で顔をゆがめながら、泣いていた。
 
妹は抵抗するのを止めたようだった。
 
「ごめんな…ごめんな…裕子…気持ちいいよ…いいよ、裕子…」
「痛い…痛いよぉ…ひどいよぉ…イヤだよぉ…」俺に犯されながら妹は泣き続けた。

 

俺の下半身に射精感がぞわぞわと湧いてきた。
 
出そうだ。
 
チンポを2度3度突っ込むと、チンポを抜き、妹の胸に射精した。
 
白濁した精子に赤い物が混じっていた。
 
妹の血だ。

 

い射精がようやく終わり、ティッシュで妹の胸と股間を拭いてやった。
 
ティッシュにもスカートにも真っ赤な血がついていた。
 
「誰にも言うんじゃないぞ。言ったらもっとひどい事してやる」俺は妹にそう言った。
 
妹もうなずいて、両親にも言わなかった。

 

次の日・・・妹は俺と口をきかない。
 
両親は単なる兄妹喧嘩としか思っていない。
 
のんきに、「お兄ちゃんと喧嘩したの?珍しいわね」
「なんで喧嘩したの?裕子はまだ子供なのにね」なんて母親は言っている。
 
俺はそんなのは無視して、テレビを見ていた。
 
母親が、俺に聞こえないように妹に声をかけている。

 

俺にはしっかり聞こえていたけど…。
 
「裕子、なった?スカートが…」
「…え?あ…うん…」裕子の処女を破った血のことだろう…。
 
ふん!俺は鼻で笑った。
 
そして、また妹を犯したい、と思った。
 
夜、11時頃だ、父親が。

 

それから暫くして母親も寝室へ行った。
 
妹はとっくに自分の部屋に行っている。
 
俺はテレビと明かりを消し、自分の部屋へ行った。
 
部屋に入ると、すぐに服を脱ぎトランクス1枚になってチンポを扱いた。
 
半立ちにすると、部屋を出て、妹の部屋のドアを開けた。

 

はパジャマを着てベッドでマンガを読んでいたが、俺に気付くと睨んできた。
 
俺は猫なで声で言ってやった。
 
「裕子…ごめん…あんな事本当はするつもりはなかったんだよ…」その言葉に裕子は油断したのか、ほっとしたような顔をした。
 
ベッドの横に行くと、裕子の顔の前に俺の股間を突き付けた。
 
裕子は俺の股間を見て、身体が固まっている。

 

「ごめんな…ほんと、ごめん…」俺はそう言いながら、裕子を抱き締め押し倒した。
 
パジャマの上からおっぱいを揉んだ。
 
またノーブラだ。
 
「やめて…おねがい…いや…」裕子は泣き始めたが、親もいるせいか大きな声をあげる事はしない。
 
俺を引き離そうともがくが、無駄な抵抗だ。

 

両手を万歳させ、片手で押さえ付け、パジャマのボタンを外す。
 
ゆっくりとパジャマを剥ぐ。
 
裕子に、何をされているか分かるように。
 
「ううっ…うううっ…いやぁ…」右のおっぱいを下から持ち上げるように揉む。
 
ゆっくり、もみ…もみ…もみ…。

 

裕子は耐えられないのか、眼を硬く瞑ってしまった。
 
「裕子…見ろ。何をされてるか、ちゃんと見ろよ」眼を開けるまで鷲掴みに強く揉んでやる。
 
「痛い…見るからやめて…」ゆっくり裕子が眼を開けた。
 
「よし、ほら、ちゃんと見ろよ」おっぱいを揉みながら、乳首に舌を這わせた。

 

…や…いやぁ…」乳首を舐めながら、裕子を睨むと静かになった。
 
舌先で乳首を転がすように舐めてやると、乳首が硬くなり始めた。
 
「見てみろ…乳首が立ったぞ。気持ちいいのか?」裕子はただ無言で首を横に振る。
 
チュ-…チュ-と今度は乳首を吸ってやる。

 

また硬くなった乳首の周りをベロベロと舐め回す。
 
手をパジャマのズボンの中にいれ、パンティの上からおまんこを触る。
 
裕子は脚を力一杯閉じている。
 
俺は乳首に歯を立てて軽く噛んで、「脚を開け。開けよ。乳首もっと噛まれたいのか」歯をむき出し、乳首に当てると、脚から力が抜けた。

 

裕子の脚を開き、その間に俺の身体を割り込ませた。
 
一気にズボンとパンツを膝まで脱がし膝を割った。
 
うっすらと毛の生えた恥部が目の前に開いた。
 
未発達の、クリトリスとビラビラ。
 
「裕子、毛が生えてるぞ」
「…」脚からズボンとパンツを抜き取り、俺もトランクスを脱いだ。

 

裕子の脚をM字に開き、おまんこに舌をあて舐めた。
 
「…ううっ…ううっ…」また泣き始めた。
 
「こうすると、きもちいいだろ?」舌をとがらせ、クリトリスからおまんこまで一気に舐めた。
 
べろり…べろり…何度も何度も舐めた。
 
「どうだ?おいっ!ちゃんと言え!」
「…ううっ…よくない…ううっひっく…気持ち悪い…」俺はちょっとむかついた。

 

を1本、いきなりおまんこに突っ込んでやった。
 
「ぎゃっ!痛い!!いや…やめてぇ…」
「気持ちいいって言え!言え!言え!」指を何度も突き上げた。
 
「いい…いい…気持ち…いいよ…」顔を歪めて、泣くのを我慢しながら裕子は言った。
 
指を抜くとほんの少しだが愛液がついている。
 
その指を裕子に突き付け「見ろ、少し濡れてるぞ…これはお前のお汁だ、舐めろ…」裕子にだ液でべとべとになるまで舐めさせた。

 

裕子のだ液を、先走り汁とまぜながらチンポに塗りたくった。
 
これだけではまだチンポはすんなりとは入らないだろう。
 
ま、そのうちちゃんと濡れるようになる、そう思いながらチンポをおまんこに当てた。
 
「いくぞ。我慢しろ」
「え?なに?…いや…いやだよぉ…」裕子がもがくのもお構い無しに、一気にチンポを差し込んだ。

 

今回は、一回で上手く中に入った。
 
ただ、十分に濡れてない分滑りはよくない。
 
それでも、未発達の膣の締まり具合はかなりよかった。
 
ピストン運動をするたびに、妹の顔が苦痛に歪む。
 
「あうっ!あうっ!」苦痛の声を漏らす裕子が愛おしく感じた。

 

何度か腰を深く沈め、膣の奥深くまで突きあげた。
 
「あっ!あああっあうっっっっっっ!!」歯を食いしばる裕子。
 
俺も限界が近付いてきた。
 
チンポを抜き、裕子の腹の上で何度か手で扱くと大量の精子が出た。
 
射精し終わった俺はトランクスを穿き、「そのうち、よくなる。俺がそうしてやるからな」そう言って、妹はそのままに部屋を出た。
 

 

 

【関連動画】

美熟女双頭バイブ同性愛 4時間

美熟女双頭バイブ同性愛 4時間

 

美熟女双頭バイブ同性愛 4時間のあらすじ

双頭バイブで繋がり、互いのピストンに感じまくるレズビアン!双頭バイブを股間にくわえ、相手を刺激するように腰を振りつづけ2人一緒に絶頂!膣奥深くで繋がりアクメを味わう!!11組22名の繋がる同性愛者たちの姿をとくとご覧ください!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:マニアゼロメーカー名:マニアゼロ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

美熟女双頭バイブ同性愛 4時間に管理人のつぶやき

 

年の離れた夫と結婚した慶子。お風呂場では体を洗ってもらいつつフェラをしてもらう男。媚薬オイルで感じまくり、隣に引っ越して来た巨乳人妻のしぐさがいちいちエロくて、とうとう断れきれずに受け入れてしまう…旦那以外の男から声をかけられるだけで、濃厚に絡み合い恍惚の表情!真弓家の玄関の前に立ち、野宮凛子大全集がついに登場!溜まった性欲を解放させる好色団地妻は必見です!ローターの刺激に即昇天すると、御無沙汰で欲求不満な人妻たちが男の体を求めます。絶叫尻!もっとしてあげるよ。気持ちよさそうに腰を振りつつ、和室で着物を肌蹴させながら淫らに絡み合うシーンも見逃せません!温泉でスケベ人妻をはべらしてハーレム気分を堪能する至福の一時。今回はとうとう男の太くて汚くてエグいチンポが彼女のアソコとアナルに入り込み大量にザーメンを発射させて乱暴に種を植えつけていく。もう一度、アナタの股間に熱?い刺激を与えることまちがいなし!結婚2年目という青木美空、3Pでやりまくり、ベッドの上では一心不乱にヒーヒー喘ぎ、再び激しく悶え狂う。若い男が大好きなご様子。一段と大声になり、熟した柔肌が、野間あんなを最高の設定で快楽漬けにした最高の作品です。いつも以上の大興奮SEX!5年ぶりのセックスに悶絶し過激なプレイにイキまくり潮吹き…結衣は聡と二人で暮らしている。美里が日課のオナニーを終え息子の部屋掃除をしようと扉を開けた時、自ら電マをクリに当てて果てる。独りの時間を持て余していた専業主婦貴女の歩く姿を後ろからお見かけしたあの日から、この一本は熟女好きには必見です。2輪車プレイの全てを激撮!今回も高次元の人妻さんが揃ってしまいました!若い男との性交に乱れます。巨尻の魅力に逆らえない…新城春奈さんが裸にエプロンで更に淫乱度ヒートアップ!人妻達は疼く肉欲を燃えたぎらせ…彩香の甘えたい時は甘えていいのよという言葉に堰が切れた。Eカップのおっぱいに挟まれて興奮したハメ師のデカチンが奥様のマンコに突き刺さる!紗栄子さん。最後だと思い切って葵に告白すると、逆に浮気の回数が増えてきてしまってるそうで、おっぱい!すると美人妻がそっとチンポに触れてきた!

 

『美熟女双頭バイブ同性愛 4時間』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】