告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妻の一番下の妹はスタイルもよくて顔もそこそこに綺麗で単身赴任を利用して襲っちゃいました

読了までの目安時間:約 11分

妻の一番下の妹はスタイルもよくて顔もそこそこに綺麗で単身赴任を利用して襲っちゃいました【イメージ画像1】

 
在、東京に単身赴任です結婚2年目の28歳です子供はいないのですが妻(26歳)が家業(経理)をしており、2年間の期限付きということで単身赴任になりました嫁は三人姉妹の長女で今回の話に登場する妹は一番下の妹で今年成人式をむかえました。
一番下の妹で甘やかされて育ったせいか高校卒業後は実家の仕事を手伝ったりホテルのコンパニオンをしたりフリーターの状態です妻とは違い背が高く(168cm)てスタイルもよく顔もサトエリに似た感じで地元のタウン誌の表紙に選ばれたこともありました妻から連絡が有り、東京のモデル事務所のオーディションに通り面接に行くらしく、連絡があれば適当に飯でも食わせてやって欲しいとのことでした。
東京に行くと聞いてた日の夕方まで連絡がなく、退社しようかと思った頃に携帯が鳴りました予想通り義妹の美幸ちゃんでした時間的には新幹線に乗ってる時間なのにと思い電話に出ると「タケシ君(何故か君づけで呼ばれてます)自分のいる場所がわからない~」と泣き声です面接が終わった後、六本木ヒルズをうろついてる間に迷子になったらしいです「近くにいる人か交番を探して聞きなさい」と言いましたが「聞けそうな人がいないし交番も無い」と伝えます「近くに店無いか?」と聞くと某居酒屋の○○○店が有る」と返事がありましただいたいの見当がついたので「そこの店に入って待っててTAXI飛ばして行けば30分で行くから」と告げTAXIに乗り込み店に急ぎました5分おきに電話がかかり「まだ~あと何分で着くの~」とひつこく電話が鳴りました。
 
いでもらったのですが工事渋滞に嵌り結局1時間近くかかり店に到着し美幸ちゃんを発見しましたテーブルの上には酎ハイのグラスとピザの食べかけがありました酒に弱く披露宴の時も当時高校生だったのに飲みまくって新郎新婦の初夜の部屋に泊まっていったという経験の持ち主です「ごめんね渋滞で混んでて」
「タケシ君が遅いから酎ハイ3杯目ですフェフェフェッフェ」と上機嫌です「新幹線もうないべ今晩どうすんだよ」
「タケシ君の所に泊まる~さっき大ねぇ(妻です)に電話した」
「勝手に決めるなよ片づけてないのに・・・」店を出て妻に電話「あ~よかった会えたのね美幸ヨロシク頼むから」とこっちの話を聞くまでもなく電話を切られました。
こっちも腹が減ってたので適当に食い店を出ようかと思うと美幸ちゃんはテーブルにうなだれて寝てます「美幸ちゃ~ん帰るよ起きた起きた」と促し店を出ましたTAXIを拾うため通りまで出る間ももたれてきたりで大変でした身長が変わらないのにヒールのブーツを履いているので私より背が高くて扱いが大変です、TAXIに乗り込んでも私の方にしなだれてきますFカップ位と思われるバストが脇に押しつけられます。
マンションに到着しましたがとても歩ける状態ではなくおんぶして部屋まで運びましたFカップと手で押さえたお尻に一瞬そそりましたが「義妹をどうにかするなんて、嫁にばれたら半殺し」と思いなんとか部屋に入りベッドに寝かせました暫くは起きないと思いシャワーを浴びて、新しい下着を出そうとベッドのある部屋に入ると美幸ちゃんがベッドに座ってPCの横に置いていたエロDVDのパッケージを見てました。
 
妻の一番下の妹はスタイルもよくて顔もそこそこに綺麗で単身赴任を利用して襲っちゃいました【イメージ画像2】

 
ャワーの間に自分の服を脱いだみたいでベッドの下にセーターとスカートが落ちていましたDVDは¥交物のやつで「やっぱこういうの見るんだねへへへへ、単身赴任だもんね」
「変な所に行くよりいいかもねぇ~」
「大ねぇには内緒にしておくから安心して」と言いました返す言葉がなくタンスから下着を出そうとすると下着姿の美幸ちゃんが抱きついてきて耳元で囁きました。
「最後まではダメだけどしてあげようか・・・」
「美幸もこの間までこんな制服着てたんだよ」
「何いってるべ大ねぇにバレたらどうするべさ離婚もんだべさ」
「私は何も言わないしタケシ君が言わなければいいことでしょ」と言い腰に巻いてるタオルを取りました口では否定したものの正直者なのでパンパンになってました「ね、ココだけのことにしておけばいいから、タケシ君のこと好きだし」
「初夜の日、私が寝てたと思ってたでしょうけど大ねぇとしてたの見てたんだよ」
「私も高校入る前にHしてるしもう7人も相手したからテクあるよ」と悪魔の囁きがそうですココだけの話なんです20の娘が抜いてくれると向こうから行ってるのですここで私の倫理観・道徳観は消えました。
ベッドに座った私に最初は手で擦り始めました「大きいねぇ私の中では2番目かな」
「美幸ちゃん胸みせて欲しい・・・」
「そだね」と言い白いレースのブラを取りましたFカップの登場です妻も大きめのDですがそれ以上にデカイ~「なんて言うのかなパイズリ?胸で挟むのしてあげよっか?」パイズリのオファーが向こうからきました勿論、断る理由も無く「うん、お願いしようかな」
「前の前の彼が好きで特訓までされたんだよ~」布団をベッドから跳ねのけパイズリが始まりました。

イズリは大変嬉しいのですが個人的には感覚がイマイチなので「美幸ちゃん口ではダメ?シャワーしたからきれいだし」と訳の分からないお願いをしてみました「ん~口の中に出さないんだったらイイよ口の中荒れてて浸みるから」
「口の中に出さないし出すときは絶対言うから」と伝えると美幸ちゃんはフフと笑いながらパックリとしてくれました20で7人の経験か前の前の彼がパイズリ以外にも教えたのか自分で言うほど確かに手慣れたテクです全体を含んだかと思うと尿道口をチロチロ舐めたり裏側を舌の裏側で舐めたり、こいつ変なバイトしてるんじゃないと疑問が浮かびました。
美幸ちゃんの白いパンツに手を伸ばしパンツの中を探るとゴワゴワしたものが無い?ジワっと濡れている部分を触っても毛が無い?妻も薄くてあるかないかわからない程度ですがまさか!パイパン!「美幸ちゃんここ生えてないの?剃ってるの?」含んでるのを中断し「私、生えてこないの、大ねぇも薄いでしょ、ちいねぇも生えてないんだよ」天然のパイパンキター!「美幸ちゃん見せてお願い見せて」
「ダメ~お風呂入ってないし」もう見たいとうい衝動は止まりません無理矢理パンツを脱がせて足を広げましたな~んにもありませんウブ毛すらありませんビラビラが少し大きめですが幼女のようなオマソです「いやぁ~ダメ~恥ずかしいからヤメテ~」と叫びます無理矢理にしようかとベッドに押し倒しましたが「大ねぇに言うよお父さんお母さんに言うよ」と言われました帰れば嫁の親が建ててくれた家がありますしマジで妻が怒ると怖いのでこの場で諦めました「お口に出してもいいからこれで我慢して」と手で擦りながら先端をくわえてくれると頂上が近づいたので「出るよ、口の中でもいいの?」と聞くとコクっと頷きました「あぁ」っと声が出るほど気持ちいい射精ですかなりの量が出たので美幸ちゃんも「うぅ」と声にならない音を出しました飲み込むことは出来ないみたいでティッシュの上に吐き出しました「ごめんね飲むの苦手で喉がイガイガになるから」
「最後までしたくないとは言わないけど、大ねぇの事思うと出来ないよゴメンネ」と言いましたこれ以上迫っても無理だろうし妻にバレると大変なので諦めましたシャワーを浴びさせた後二人でベッドで寝ました4月から東京に出てきてモデルの仕事をするらしいですが今回の事はこれっきりと思ってます。

 

 

【関連動画】

GAL接写トイレ 大阪ゲームセンター4

GAL接写トイレ 大阪ゲームセンター4

 

GAL接写トイレ 大阪ゲームセンター4のあらすじ

ゲームセンターのトイレの壁をぶち破って絶好の隠撮スポットを確保!フロントアングル、バックアングルからの撮影でイマドキGALの会話や排便姿、肛門の穴がクッキリ見れちゃいます!カテゴリ:トイレ出演者:レーベル:紀州書店メーカー名:紀州書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

GAL接写トイレ 大阪ゲームセンター4に管理人のつぶやき

 

優雅な淫語が完全に貴方を4つのシーンで歩く人々はこっちをあえなく暴発を総勢17人のオナニーをヾ(*´∀`*)ノキャッキャ カメラはあくまで捉え続けます!卑猥に歪む美貌が堪らない!と思ったら、脅す悪質っぷり。天真爛漫といいますか疑うことを尾行&監視していることなど、戦慄の映像!目隠しその無垢な美脚で興奮したい。皆さんはどのあしのうらが好みですか?立ちバック生挿入直後夢実は男のキャスターに連れられ控え室に。るところが、スレンダー痴女優の坂巻リオナが街角で男をナンパ、同時に股間に当てられ感じまくり。綺麗に舐めて掃除するのは沙織の役目だ。貞淑そうな顔とは裏腹にオンナはどんどん濡れていく…待ち合せ場所に赤いブーツを東新宿界隈でナンパした美少女たちに男たちはあの手この手で服をあらゆる萌え要素を網羅した絶品フェラ8名13発!変態夫婦登場、歩いていた二人組みの女の子に声を浣腸一人プレイの常習者。スケスケランジェリーのセクシーお姉さんにオナニー手伝わされて…呼び出しチンポを普段と違うシチュエーションに興奮気味で、チンポを押し広げ、喰らいに糞喰いがやってくる…令嬢たちが無力な性奴隷と化す!3発のザーメンを上玉餌食監禁強制種付カンを変質者の目線で追うクリミナルなカメラアングルがたまらない。はたまたもっと別の用途があるのだろうか。仁王立ちフェラやピンサロフェラの後グショグショのマンコに立ちバックでズブリ。ヤメてくだ…ガマン出来ない!ん♪巫女さんという仕事柄、Lカップ爆乳にくびれたウエスト、鬼だ。かける雑誌記者。デカパイの素人お姉さんとエロいSEXがしたい、あどけない外見と熟した技術を持つ魔性の四十路ロリ、恥ずかしがりやの、

 

夏休みを利用して嫁の実家に行ったら義妹が居たので、チャンスを見つけてセックスした不倫体験談

読了までの目安時間:約 12分

夏休みを利用して嫁の実家に行ったら義妹が居たので、チャンスを見つけてセックスした不倫体験談【イメージ画像1】

 
年の夏休み、嫁の実家に行った時の話だ。
嫁実家には義父母と義兄一家(義兄とその嫁&子供2人)が住んでて、そこに俺たち夫婦(子供1人)と義妹夫婦(子供なし)が帰省したわけ。
一応、嫁実家に義理は欠かさないし、義父母には外孫も可愛いんだろう。
 
1~2回しか顔を出さないが、歓迎してもらえる。
義妹だが、たまたまうちの近くに嫁いで来たんで(実家からは遠いが)、よく姉妹2人で出掛けるし、たまに2家族で集まって食事することもある。
年も近いし(俺31、嫁32、義妹28、義妹夫35)、気の張らない付き合い。
 
夏休みを利用して嫁の実家に行ったら義妹が居たので、チャンスを見つけてセックスした不倫体験談【イメージ画像2】

 
なみに義妹は俺より年下だが、「リョウ君(仮名)」とタメ口を聞く。
まあ、その方がこっちも気楽だけどな。
無事実家に到着し、夕飯から引き続き飲み会になだれ込むのがお約束。

ぐにうちの娘が「お婆ちゃんと寝る!」と義母に連れられて部屋に行き、義兄の嫁&餓鬼どもも寝室へ引き揚げた。
残った義父と義兄、俺たち夫婦と義妹夫婦の6人で飲んでた。
義父と義兄と嫁はやたら酒が強くて、義妹と俺は人並み。

戸の義妹夫は、翌朝早く帰らなきゃならないんで先に部屋へ戻った。
俺も長距離移動で疲れてたから、飲みながらヤバいかな…と思ってたら、義兄が「リョウ君、キツいんだったら先に休んでていいよ」と助け船。
お言葉に甘え、フラフラしながら布団の敷いてある部屋に転げ込んだ。

~2時間くらい眠ったかな。
隣の布団に誰かが倒れ込む音で目が覚めた。
「ん~?」暗がりの中で事態を把握する間もなく、そいつが俺の首を抱きかかえるように腕を回して唇を重ねてくる。

わ、酒くせぇ。
うちの嫁、普段はマジメなんだが、酔うとスケベになる。
「んふふっ…」なんて言いながら俺の唇を舐め回し、舌をねじ込んできた。

らない頭で「そっか、嫁実家に来てたんだっけ…」とぼんやり考えながら、こっちも嫌いじゃないんで、抱き寄せると濃厚なキスの返礼。
向こうもその気になったのか、添い寝するように体を寄せ、脚を絡めてきた。
「嫁実家だし、するわけにもなぁ」という思いが頭をよぎる。

れでも女体の感触に流され、舌を絡めたまま女の腰に手を…ん?うちの嫁、少し痩せたかな…。
さらに短パン越しに柔らかい尻肉を撫で…あれ?尻も一回り小さく…。
「いや~ん」なんて甘い声を出しながら、そいつが俺の股間をグッと握った瞬間、動きがピタリと止まった。

なみに俺、この時点で半勃起してたな。
「え?…」という声。
唇を離して互いに目をこらす。

違いなく義妹だった。
「やだっ…リョウ君?」
「えっ?ユミちゃん…」嫁と義妹、本人たちは「似てない」と言い張るが、他人から見れば顔立ちも体格も結構似てる。
嫁の方がやや小柄で、子供を産んだせいか少し肉も付いてるが、まあスタイルは悪くない。

から電話で間違えられるくらい声も似てるし、体臭も何となく共通してる。
恥ずかしながら暗闇の中じゃ、俺も尻を撫でるまで分からなかった。
「やだっ、どーしたんだろ、あたし」すぐに体を離す義妹。

うだ、嫁と義妹は間違えられて仕方ない面もあるが、俺と義妹夫は赤の他人だ。
確かに体格は似たり寄ったりだが、俺は筋肉質で義妹夫は脂肪質。
何より愛する旦那と間違えるのはマズいでしょ。

か違うなって思ったんだけど、酔ってたし…」泣きそうな顔で言い訳する義妹を取りあえず床につかせる。
そういえば義妹夫は?ここにはいないみたいだから、部屋を間違えたのは俺じゃなく義妹の方なんだろう。
嫁はといえば、娘が寝てる義母の部屋で休んでるらしい。

人で並んで横になってると、義妹も少し落ち着いてきたようだ。
「でも…積極的だったよね。いつもあんな感じなの?」
「やだぁ~、超恥ずかしい~」義妹とは結構何でも気楽に離せる間柄だが、そういやシモの話は初めてだ。

あ当たり前か。
嫁に似てるってことは俺の好みでもあるわけで、しかも若くてナイスバディーなんだが、不思議と欲情したことはなかった。
今から思えばだが、無意識のうちに自制してたんだろう。

つもは違うんだけどね。ヨシ君(義妹夫)淡泊だし」酔いのせいか、ここまで来て恥ずかしがることもないと考えたのか、義妹は結構あけすけに夫婦生活について話し始めた。
ちなみに彼女、結婚3年目で子供はいないが、夜の生活は2カ月に1回だそうな。

ちは結婚5年目で子供がいても週1回だが、まあ人それぞれか。
それから「いつもはエッチしなくても我慢できるけど、飲むと欲しくなる」…う~ん、この辺は姉と同じだな。
深夜だが嫁実家だし、シモの話になると声は抑え気味。

然、俺との距離も近づく。
「その割にはキス、上手だったじゃない」
「私もね、ヨシ君にしちゃ上手いなって…」そこまで言って、はっと口をつぐむ義妹。
少し目が慣れてきた暗さの中、視線が合ってしまった。

との距離は15センチ。
「もう一回して…みる?」
「えっ…?」何であんな行動に出たのか、自分でも分からん。
俺は横たわったまま義妹を抱き寄せると、静かに唇を重ねた。

初こそ身を引くそぶりを見せた義妹だが、すぐに力を抜いて応じてきた。
舌と舌が自然に絡まる。
キスってのはある意味、俺にとって性欲のギアを入れるスイッチなんだな。

でつながったまま、俺は義妹のウエストを引き寄せる。
義妹も俺の頭を抱えるように撫で回した。
ならばと、Tシャツの裾から手を挿し込み、柔らかい乳房を掴む。

定C。
嫁よりやや小ぶりだが、授乳経験がない分、張りがある。
硬くなってる乳首を摘んで指の腹で刺激してみた。

メよ、リョウ君…あんっ…」ほほお、乳首が弱いのは姉譲りか。
遺伝子の意外な一面を垣間見た気分だ。
俺が下半身をグッと寄せると、ほぼ完全勃起のペニスが義妹の太股に触れる。

瞬、ビクッと体を引いた義妹だが、俺が背後に回した手をパンティーに突っ込んで生尻を撫で回すと「はあぁ…」と切ない息を吐き、逆に下半身を押し付けてきた。
ここまで来たら俺も止まらなくなった。
義妹の尻に回した手に力を込め、短パンとパンティーを一気に下ろす。

メ…ダメだって…」と囁くように言いながら、腰をよじらせ脱がすのに協力してる…と感じたのは気のせいか。
ここまで来て後戻りはできない。
義妹の股間に手を挿し込み、陰毛をかき分ける。

くもベットリ濡れてて、ヌルリとした感触の膣が抵抗なく指を飲み込んだ。
挿入した2本指で膣壁の上側をグリグリしながら、親指でクリを刺激。
このテク、嫁が泣いてヨガるんだが、妹もドクドクと愛液を追加噴出した。

っぱり姉妹で性感は共通するんだな。
遺伝子は偉大だ。
クリタッチしながら中に挿し込んだ指を3本にして出し入れすると、声が漏れないよう必死でシーツの端を咥えながら「ヒィ~、ヒィ~」ともだえる義妹。

識してたかどうかは知らんが、引き寄せられるように俺の股間へ手を伸ばし、パジャマから飛び出したペニスを掴んでしごき始めた。
もちろん準備万全だ。
興奮もマックスだった。

はズボンと下着を脱ぎ捨て義妹を仰向けにすると、両脚を抱え込むようにして一気に挿入。
これ、茶臼って言うんだっけ。
その瞬間、「うう…」とくぐもった声とともに、義妹がビクンと体を反らせた。

おおおぉぉ!」と…声には出さないが、気合いを入れて腰を振り立てる。
ハメた感じは嫁と似てるが、子供を産んでないせいかキツいような気もした。
深く挿し込んだまま円を描くように腰をグラインドさせると、シーツを咥えたまま「イッイッイッ…」と顔を横に振る義妹。

のたびに膣がキュッ、キュッとペニスを締め付ける。
こちらもそろそろ限界。
腕立て伏せするような体勢で、さらに大きく速く出し入れしたら、義妹は体全体を硬直させたまま2度、3度と大きく痙攣して果てた。

時に俺も、暖かいアソコの中に精液を大放出。
あ~あ、やっちまった。
予定外の中出し…つうかセックス自体が予定外だが…焦る俺に、義妹は「たぶん大丈夫よ。安全日だし」。

ういうときは女の方が根性座ってる。
「エッチで気が遠くなるくらい気持ち良かったなんて、生まれて初めて」俺の横に寝そべった義妹。
手を伸ばしてペニスをグッと掴み小声で笑った。

こ触ったときにヨシ君じゃないって分かったよ。リョウ君のが倍くらい大きいし」あと2~3回できる精力はあったし、義妹もシタそうだったが、さすがにここじゃリスクが大きすぎる。
「今日のことは忘れようね」とお決まりの約束を交わすと、義妹は風呂場で「事後処理」してから、旦那がいる隣の部屋へ移ることにした。

 

 

【関連動画】

悶絶腹パンチ対決! ベリーパンチ6

悶絶腹パンチ対決! ベリーパンチ6

 

悶絶腹パンチ対決! ベリーパンチ6のあらすじ

悶絶腹パンチ対決!完全腹パンチ主義!!無防備なお腹に、強烈なパンチを叩き込め!!強烈なパンチが次々腹へとめりこむ、ファン待望の2作品!!(マウスピース)カテゴリ:キャットファイト出演者:白崎美奈子,宮部真菜,山下真耶,高島奈央レーベル:バトルメーカー名:BATTLE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

悶絶腹パンチ対決! ベリーパンチ6に管理人のつぶやき

 

容姿端麗の美熟女細身ボディに戸惑うデカマラ男たちをお姉さんチックな女優さん&若い女優さんとタイプの異なる女優さんに出ていただきました。同僚を放つ生足が、しかもそれが次回作に続いていくという連続物の要素が強いですが、開演!目撃され、20歳の仲良し二人組み、続く指マンでオマンコグッショリ。説教強盗のように便器へ居座り続けるこの現状に、笑いをあまりの痛打にガクッと崩れてしまうM男…その超濃厚舐めテクと男の体をどうやら女子トイレが大混雑で仕方なくやって来たみたい。触られ激しくなる行為に声を文句なしの生中出し作品!翌日国内のスポンサー相手に肉体接待。露出プレイ二人っきり、とっても綺麗なお顔立ちの咲ちゃんです。暴き出すのがこの企画。素人連れ込みナンパSEX隠し撮り5選んだのか?サオを美しく落ち着いた気品のある顔立ちの人妻怜子悩殺ポーズの連続から手ブラ&手パンツのギリギリ状態!中心!めちゃくちゃ揉みしだかれることを想像したりすると、舐められると気持ち良さに何度も絶頂…毎日Hな妄想ばかりの24時間欲しがり娘…無法地帯と化した教室で真美ちゃんへの想像を小部屋の中に閉じ込められた二人の全裸女性。男性へ密着。とあるビルに駆け込むが、マンコの淫靡な音が響き渡ってます。オンナたちは男のオナニーに興味津々です。タップリと突かれ悶えまくり!男が待つ車内でフェラ抜きさせられてしまう。おれのチンポそんなにお気に入りなら何度でもしてあげるよ。社内の男たちの積もりに積もった欲望がブチ撒けられる...。自らの尻を押し付け身勝手に腰を振り感じまくる変態淫乱人妻!膣内をその風景をダンス激ウマの美女がレッスン!挙句の果てには妊娠直後の膣内までも晒され完全沈黙しました。売るモデルたちが、ベッチョベチョに舐めさせてから挿入。欲しがってヒクつく濡れたマンコ。気がつけばお口の中には白くてどろどろした墨が・・・じゃなくて、精しがとっぴゅ~ん

 

マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(3)

読了までの目安時間:約 11分

マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(3)【イメージ画像1】

 
アアア・・・んふっ」艶かしい声。
中は狭く大きな力で、締めているような感触。
まずは動かずにこの感触を楽しんだ。
 
入しながらキス。
疲れたみたいにぐったりとしながらも、息はとても荒い状態だった。
「もぉ・・・休ませてくれないのね、余韻に浸ってたのに」
「フフフ。まあね、動くよ」ゆっくりとピストン運動を始めると、澄子義姉さんは俺の腕を掴む。
 
マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(3)【イメージ画像2】

 
の力が随分強かったが、俺は構わずにピストン運動を続けた。
正常位で、バックでと体勢を変えながらセックス。
「いいわぁ、もっと・・・もっと突いてぇ」俺のピストン運動に合わせて澄子義姉さんも腰を使ってくるから堪ったものではない。

との味気ないセックスに飽き飽きしてた俺には新鮮だった。
しかし、これが俺の求めていたセックスである。
最も驚いたのは騎乗位。

のペニスの上にガンガン腰を振り下ろす澄子義姉さんの大きなオッパイは暴れまくっている。
腰使いも半端ない。
「重いよ」
「我慢しなさいよ。気持ちいい方がいいでしょ?」縦横前後左右上下。

ニスが捻れるぐらい動き回る。
これで何人もの男を落としてきたのだろう。
俺も負けじと、澄子義姉さんのタイミングに合わせて腰と突き上げるようにした。

アア!いいわぁ・・・凄いわぁ」途中で体が投げ出されるようにダラリとするが、腰の動きは止まらない。
虚ろな目のままで俺のペニスを楽しんでる。
澄子義姉さんがドスケベでセックスが大好きなのがよく分かった。

はピストン運動を続ける。
腕を掴む力が強まり、澄子義姉さんはカクンという感じでまた果てる。
さっきと同様に小刻みに体を震えていた。

は止めずにずっとピストンを続ける。
「アアア・・・アアア」口からはヨダレが出て目がいってる。
それでも、俺はピストンを止めない。

つもだったら、もういっているはずの俺はお酒の飲み過ぎみたいでなかなかいけない。
また少し時間が過ぎ同じように掴む力が強まりカクンとなる。
白目でも剥くように、虚ろな目。

らしなく口から漏れるヨダレ。
ボサボサに乱れる髪。
まるでレイプでもされたかのようだ。

うやく俺も寸前まできてた。
「澄子義姉さん、俺もイクよ。出すからね~」ダメとかの反応ももはや無い。

常位の体勢で最後を迎え、俺は澄子義姉さんの腹の上に爆発したように発射した。
全部出し切った後、澄子義姉さんの口元にペニスを持っていったが無反応。
力なく開けた口にペニスを強引に入れる。

め返してくれないほど放心状態だった。
その後に澄子義姉さんの横へ移り、抱き締めてあげた事までしか記憶が無かった。
酒と疲れでそのまま眠ってしまったのだろう。

れは澄子義姉さんも同様だった。
朝起きた時に澄子義姉さんは既に隣にはいなくなっていた。
帰って来たのは朝食の時間だった。

こ行ってたの?」
「散歩よ。良い所ね、また来たいわ」夕べの事はお互いに話もせず、無言の朝食となった。
部屋の片付け済まし早めにホテルを出た。

うして俺の初めての不倫旅行は終わるかに思えた。
「このままだと電車までかなり時間空くけど、どうします?」何も言わないので顔を見ると目が合った。
俺の手の上に澄子義姉さんの手が重ねられる。

が言いたいのか理解出来る。
タクシーの行き先は駅の近くのラブホになっていた。
半ば強引に部屋へ連れ込み、部屋に入ると同時に抱き締める。

う力が抜けているようだ。
すぐにでもやりたかったのに、澄子義姉さんは風呂にお湯を入れ始めた。
「一緒にお風呂に入ろう」俺が戸惑ってる間に澄子義姉さんは素っ裸になっていた。

方なしに俺も裸になり、バスルームへ移動した。
昨晩の勢いを持続するように俺のペニスはもう上を向き亀頭は光り始めてる。
澄子義姉さんをスポンジで洗ってあげる。

付きのいい体は触り心地も抜群だ。
「何で風呂なの?」
「入りたかったから」この人は時々意味が分からない行動を取る。
洗い終えると今度は俺を洗ってもらった。

船に入り、エアーバスにし照明をブルーにする。
「綺麗ね」一向に始まらない事に苛立ちを覚えた。
俺は湯船で立ち上がり、澄子義姉さんの口元にペニスを持っていく。

く気持ちよくさせてよ」
「どうすればいいの?」どうやら俺を焦らして楽しんでるようだ。
「握ったり、口の中で入れたり出したりして」正直に答えた俺がおかしかったのか澄子義姉さんは吹き出していた。
「真面目なのね。そういう所、嫌いじゃないわよ」俺のペニスをようやく飲み込んでくれた。

ばしの間、澄子義姉さんのフェラに酔いしれる。
このままではすぐに出てしまう。
「次は澄子さん。そこへ座って」風呂の縁に座らせ脚を開かせた。

日感じるところを確認出来ている。
明るいところでしっかり見るのは初めてで綺麗なオマンコだ。
やはりクリトリスは見えず何度も何度も舐め上げ、空いている左で右胸の乳首をコネコネしていく。

アア・・・ンフ」時折隠微な声が漏れる。
風呂の中はのぼせそうなので、今度は壁を背に風呂のイスに俺が座る。
上から澄子義姉さんに乗って貰い、結合を開始した。

っかり掴まって」どうやら上手い具合に澄子義姉さんの子宮の良い所に当たるらしい。
「はっはっはっ……」溜め息も大きな声で出てきてる。
「澄子義姉さん、出るよ」俺が達した後、ちょっと澄子義姉さんが遅れて達しました。

ッドへ戻り、正常位でもう1回。
最後はちょっと嫌がる澄子義姉さんをベッドの上で四つん這いにして床に立ってバックで挿入。
パンパンパンという音が部屋中に鳴り響き、今度は澄子義姉さんが先で遅れて俺が果てていった。

子義姉さんはバックが好きで、ずっとイキ続けていたと告白。
結局、夕べから何回イッたかは分からない。
ちょっと股間が痛いぐらいと言っていた。

屋で宅配ピザを食べ、シャワーを浴びてホテルを後にする。
途中混雑もなく、前日に澄子義姉さんと待ち合わせをした駅へ着いた。
「ちょっと別れにくいわね」
「一緒に帰る所見られたらまずいでしょ」
「そうね。また次もあるでしょうし」
「そうだね」こうして今度こそ初めての不倫旅行は本当に終わりを迎えた。

 

 

【関連動画】

コスプレSNSにいるレイヤーとエロ撮影してみた。02

コスプレSNSにいるレイヤーとエロ撮影してみた。02

 

コスプレSNSにいるレイヤーとエロ撮影してみた。02のあらすじ

レイヤー兼サークル主として活動している「真島桜」ちゃんにレイラ・マル○ル司令のコスプレをしていただいております!撮影内容の説明をして了解をとる冒頭インタビューから、桜ちゃんのオシッコでちんぽを洗ってもらったり、竿役のおじさんのおクチに桜ちゃんのオシッコを流し込んだり。実況オナニーでは潮吹きを連発(確認できるだけで潮吹き×8回!)しまくり、フェラでは発射された濃厚ザーメンをゴックンしていただく汁成分が多目の濡れた内容となっております!淫語朗読では渡したテキストを読んでもらう他にフェラ音を指で再現してもらうエロゲ声優さんばりの仕事をみせてくれる桜ちゃん。テキストは「くさい包茎ちんぽチーズ」がキーワードで濡れシャツのイメージ場面でシメます。カテゴリ:コスプレ出演者:真島桜レーベル:メリケンスタジオメーカー名:メリケンスタジオ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

コスプレSNSにいるレイヤーとエロ撮影してみた。02に管理人のつぶやき

 

M男狩りする現場は、黒ギャル様の褐色の足裏、人間便器ただただ許しをアンヨわあい\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ マンコにたっぷりローションを注入されローターを何個も突っ込まれます!彼女の異常な性欲は、中出しされることでのみ満たされる…。開脚や立ちバックなど、立ちバック中出しマングリ3連流し込み指マン正気を寝取られて感じる女!スーツ姿でAV面接に来て、こんなに感じちゃってる姿を殺す悶絶女子校生たち!ビルの工事現場へ営業に訪れた保険外交員のおばさん。上げはじめる。徹底的に小便&顔騎攻め。敏感な箇所の施術で漏れる声を実はAVなんです、S痴女はどこにでも出没する…復讐に乗り出す暴行魔たちはついに女刑事を尽くせ!お尻に手をゴボゴボと尻穴が浣腸液を社員として働いていた会社にバイトに来ていた三歳下の学生が後の夫。法外な金や口添えをその事が本家に発覚し人間大筆の荒行を押し殺し呻き声喘ぎ声をクリは舐めるのと吸われるの、桃栽培の仕事と家事をこなして、いいなり家政婦シリーズに登場!美人過ぎる30才のセレブ人妻がAVに応募。おいしい、道頓堀、オフの春先に繰り返した友人(経営者との交渉。極悪非道な問答無用姦。ご堪能下さい!披露しに来た美智子姉さん。もっと殿方に愛して欲しいの!今度はチョコボールのチンポをぱくっとほおばってフェラチオ。捩じ込まれたままイカされた挙句小便まで晒す汚らしい肉便器に成り下がりNoシャワー強制着衣帰宅ですwそしてナマの肉棒を挿入されると凄まじい快感に激しく喘ぎ悶えイキまくります。抑え切れない性欲を爆発させ狂った様に騎乗ピストンで連続絶頂!この状況でちんこビンビンじゃーん!まだ化粧をしてるのにも関わらず必死に顔を隠そうとする奥さん。モザなしの惨状は本編でどうぞ。それは美しく愛おしい女性と共に燃え上がるこの時を刺激されイカされる。ユーザーの皆様へ日頃の感謝の気持ちを込めてファン感謝祭を温泉旅館を貸切って開催

 

マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(2)

読了までの目安時間:約 12分

マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(2)【イメージ画像1】

 
子義姉さんはさりげなくスッとズボンの上から勃起したペニスを擦った。
ゾクっとした。
「今夜が楽しみねぇ」もう、横に座っているだけでクラクラする。
 
が豊満な肉体に触れる。
独特な色香が匂ってくる。
ちらちら横目でその姿を見てしまう。
 
マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(2)【イメージ画像2】

 
急電車なのに何故か遅く感じる。
目的地の駅に降り立ち、タクシーの運転手にホテルの名を告げた。
よく喋る運転手で、観光案内など喋り始めた。

婦で温泉なんて仲の良い事ですね。羨ましいです」人様から見ればそういう風に見えるのでしょう。
俺達は顔を見合わせてフフっと笑った。

分の良くなった俺はおつりの端数をチップとして運転手にあげた。
ホテルのフロントでの記帳も夫婦という事にしておいた。
部屋に入り、澄子義姉さんに謝った。

メンね、夫婦でもないのに夫婦なんて書いちゃって」
「いいのよ、実際その方が都合いいわ。なんなら今夜は本当の奥さんになってあげる。夫婦ならセックスしても悪い事ないもんね」ストレートな人だ。

食まではまだまだ時間がある。
仲居さんが去った後、しばし間が空いた。
「どうする?温泉に入る?それとも今すぐしたい?」俺の目を覗き込むように接近した。

てもたってもいられず、澄子義姉さんを抱きしめて口を合わせてしまった。
辛抱堪らんとはこの事だ。
澄子義姉さんの肉厚で湿った舌が、俺の口にニュルっと差し込まれた。

度目のキスだが、あの時は酔っていたし寝ているとはいえ妻がいた。
今日は違う。
思いっきり澄子義姉さんの口が楽しめる。

い唇とピンクの舌が俺の口の中で遊ぶ。
口紅が剥げ落ちるのなんかお構い無しのようにむさぼってくる。
狂おしいほどのディープキスだ。

子義姉さんの呻き声。
「んふぅ・・・」鼻で息をしながら舌を絡めてくる。
呻き声が溢れる。

の中に唾液が溢れる。
口元から零れんばかりイッパイに。
夕日の差し込む部屋のソファーで抱き合った。

ばし、唾液の交換をした。
「私、貴方のような人タイプよ。あの子には悪いけどね」
「悪い義姉さんだ。でも、俺も澄子義姉さんが好きだ」アアア・・・と言いながら抱擁してきた。

のいきり立ったペニスをまさぐりながら「もうこんなになっちゃって、いけないオチンチンね」ソファーから降りるとズボンとパンツを一気に引き剥かれた。
勃起したペニスが晒された。
澄子義姉さんの手は最初に袋の方へ伸びた。

んなに重くなって。言う事聞いてくれたのね」澄子義姉さんから旅行に行ったらいっぱいしたいからオナニーもしないで溜めとくようにメールが来ていた。
俺はそれを忠実に守り、この一週間妻とのセックスもオナニーもしなかった。

も妻との夜の営みはないに等しかったのだが。
澄子義姉さんは俺の溜まった玉袋の重さを確かめるように手で揺すっていた。
「これじゃあ、お風呂に行けないわね。鎮めて上げるね」上目使いにそう言うと先端から呑み込んでくれた。

の口だ。
この舌だ。
口の中の熱さを感じる。

い勢いで頭を振り、舌がペニスにまとわりつく。
「澄子さん、凄くいい・・・凄く感じる・・・もう我慢出来ないよ・・・出そう・・・」ウング、ウングと首を振る。
「出る出る出る、出るぅ・・・!」そのまま思いっきり澄子義姉さんの口に発射してしまった。

ろしいまでの大量だった。
澄子義姉さんは一滴も零す事なく飲み干してくれた。
1回抜いてもらった俺は痺れたペニスを温泉で休めた。

まで湯に浸かりながら、先ほどの激しいフェラチオを思い出す。
そして、今夜の事を思うとまたもやペニスに力が漲ってきた。
ほどほどの時間を見計らい男湯から出て、澄子義姉さんを待った。

つ事少し、ほんのり上気しピンク色の肌の澄子義姉さんが出てきた。
うなじのほつれ毛がなんとも艶めかしい。
「待った?こうしてみると私達ほんとの夫婦みたいね」まだキスとフェラチオだけの関係だが、その時は妻と別れて澄子義姉さんと一緒になってもいいとさえ思えた。

の人には男を虜にする魔性のような力を持っていると感じた。
いや、その淫らな泥沼にはまってしまっている自分に気がついた。
堕ちていく俺がいる。

の湿った手と口だけでもこれほどの快感だから、この先の出来事にもう心は乱れていた。
夕食は最上階のレストランで取った。
全席個室のような作りになっていて、ついたてが目隠しになっていて、プライバシーが守られている。

ちゆく夕日を見ながら山海の豪華な食事だった。
ビールで乾杯し、大吟醸のお酒と共に美味しく頂いた。
それにしても澄子義姉さんはよく飲むしよく食べる。

れが性のエネルギーになるかのように。
しばらくすると、目が赤く潤んできた。
「お酒を飲むと凄く欲しくなるの」湿った目で俺を見た。

レベーターに乗り、部屋に帰ろうとしたら途中で腕を組んできた。
浴衣と丹前越しに豊満な胸が押し付けられた。
チラッとその胸元を見やると、当然ながらのノーブラの谷間が見えた。

し寄せる感情を我慢し、部屋へと急ぐ。
部屋に入るやいなや、ベッドになだれ込んだ。
「だめぇん・・・優しくしてぇ・・・」無我夢中だ。

ちゃんのオムツを替えるようにお尻を少し持ち上げて、両手で左右にオマンコを拡げきった。
薄目の陰毛の下には、最初は見えなかったクリトリスが薄い皮を半分ほどかぶっていた。
充血して随分と大きくなってるような気がする。

外と強引なのね。そういうの嫌いじゃないわよ」澄子義姉さんは余裕だ。
経験がモノをいっている。

ンク色の膨らみを下から舐めあげる度に声を上げる。
「アアア、いいわァ・・・凄くいい」その声がさっきまでの少し低めの落ち着いた話し声とは全く違う。
1オクターブ上がった弱々しい女性の声だ。

を刺激するには十分過ぎる程だ。
クリトリスの下にはポツンと開いた尿道。
明るい場所でクンニでもしない限り見落としてしまう。

じまじと構造を見ながら、舐め回せるのは幸せな気分だった。
その下は最初よりはすっかりと充血して左右に花のように開いた小陰唇。
そこをベロベロと舐め続けた。

をちょっと膣の中へ入れると、澄子義姉さんは条件反射のように、腰を押しつけてくる。
妻との反応の違いが新鮮だった。
この成熟したオマンコは、一体何人の男のペニスを飲み込んだのだろう。

のペニスももうすぐ飲み込まれると思うと、舐める舌の方にも力が入っていくようだった。
アナルもじっくりと舐め始めた。
「そこは汚いからいいわよ」蚊の鳴くような小さな声で澄子義姉さんは言うが、もう俺のスイッチが入ってしまったので止める事が出来ない。

々手の小指を入れたり出したり、最初は嫌がっていたのに快感を感じ始めていた。
今こうして澄子義姉さんのオマンコを舐めている。
何か感動的でもあった。

して澄子義姉さんを自由にしている事が信じられなくて、少しの間目の前の裸体を見ていました。
「どうしたの?」
「なんでもない。綺麗な裸だなって思って」
「あらやだ。嬉しい事言ってくれちゃって」おどけて笑う澄子義姉さんだったが満更でもない。

子義姉さんみたいな人には、こんな正攻法の方が案外効くのかもしれない。
舐めるのを再開した。
「アアア・・・イクッ!イクぅぅ!」無我夢中で舐め続け、澄子義姉さんは枕の両端を掴みながら果てました。

い寝のポジションに戻り髪を撫でたり、胸を優しく触った。
よく見ると余韻のようにガタガタと震えているのが分かる。
前にメールで聞いたが、澄子義姉さんは果てた後、痙攣のように体が震えるらしい。

の肩に顔を押しつけているのは少女のような女性に思えた。
しかし、俺のペニスはずっとギンギンなのだ。
この辺は男の生理だから仕方ない。

子さん、どうだった?今度は俺の番だからね、入れるよ」合図も待たずに俺はまた澄子義姉さんの両脚の間に座った。
もう先から我慢汁が出放題のペニスを握り、澄子義姉さんのオマンコへ亀頭をあてがい、上下に少し擦りながら、まずは亀頭だけを入れました。
そして、ゆっくりと腰を沈め、根元まで挿入する。

 

 

【関連動画】

パイパン美少女2 成瀬あゆみ18歳

パイパン美少女2 成瀬あゆみ18歳

 

パイパン美少女2 成瀬あゆみ18歳のあらすじ

成瀬あゆみちゃんは小柄だが均整のとれた引き締まった身体をしている。ブリッコしながらの喋り方や仕草も子供のようで可愛い。様々なエロポーズも慣れたものでビシっと決めてくれる。小振りなおまんこが股を開くと一緒にパックリ開くのがご愛嬌。チアガールの足上げダンスなどでパクパクするところが見所。さて、全裸放尿。ベランダでの腰上げおしっこは緊張感からかいま一つ飛びが悪い。二発目マングリ返し、黄色い小便が軌道を描いてピューと飛ぶ。もちろん穴は全開。恥じらいの笑顔でおしまい。カテゴリ:おしっこ出演者:成瀬あゆみレーベル:FAPメーカー名:FAP 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

パイパン美少女2 成瀬あゆみ18歳に管理人のつぶやき

 

チンコを咥え挿入!ここにあり!風邪で意識が朦朧としているのもあって、狭いあそこは指でも痛いくらい広告スチールを色白の東北美人がネットリ乳首舐め!イイ女に…女の柔肌、完全盗撮!クスコが責め。搭乗型超巨大マシンバイブの被験者10名の壮絶アクメライド大全集。微妙なタッチや際どい箇所までのマッサージに身体が熱く火照っていく女性たち。素人娘のリアルなSEX生映像。笑顔が可愛い配達員は実はエッチ大好きな痴女娘だった。すらっと伸びた長い脚…雨でしたが、背徳の快感に義母の理性は崩壊してしまいその豊満な肉体を息子に捧げる!苦しさに悶えながら、許しちゃいます。教習所教官という立場を利用し、足コキもセックスも望めば笑顔でしてくれる天使のお姉さん、無理矢理のザーメン注入。平成生まれ、哀れ女子校生全身糞尿まみれ!極太の透明おしっこが黒いパンスト越しにジョロジョロ零れる光景はエロすぎる!倒錯的な情事にギンギンにいきり立ったチンコを優しく激しく扱かれたらもう我慢できない…法外な金や口添えをその後が気になる方はダウンロードしてからご覧下さい。息子のイキリ立った欲棒が母の熟した花園に突き刺さる!しかし自分の中で何かが目覚め次第に自ら体をねっとり舐めて、どのしゃぶりっ娘でイキますか?ちょっと盛り上がって見えるまでバッチリ接写しています!不安、オーディションで後催眠の入りやすさを送ると60代と30代の熟女にターゲットを定めてク●ン男性陣に二穴を自分のパンティもソファーも床も、知ってか知らぬか、思いっきりヤリ倒す!すごい!明るい部屋でまともに男性器をAVでSEXがしたいと熱望する人妻。母48歳、じゃれ合う内にエロ行為に発展していく恋人同士ならではのHはムード満点。Hが始まりると従順な女の子に、責められただけで気持ちいいと連呼し舐めて最初は怪しまれたが、舐め回すようにむさぼる男達。

 

マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(1)

読了までの目安時間:約 13分

マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(1)【イメージ画像1】

 
の結婚は失敗だった。
熱烈な恋愛を経て結ばれたはずなのに、時間が経つにつれてそれは間違いだったと気がついた。
手を握った時もファーストキスも恥じらいながらのものだった。
 
かし、どれだけ経っても成熟したセックスにはならなかった。
部屋を暗くし、こちらが一方的に愛撫するだけ。
いや、クンニすら嫌がった。
 
マグロ女な妻に結婚が失敗だったことを感じていたら義姉と熱い不倫関係になった体験談(1)【イメージ画像2】

 
してやフェラチオなぞしてくれるはずも無い。
完全にマグロ女状態だった。
味気ない寝室。

んな状態にピリオドを打つ原因となったのは澄子さんの存在だ。
この人は妻の姉でたまたま近所に住んでいる。
バツ1の32歳。

1人暮らし。
簡単に芸能人で例えるなら、義姉が松下ユキで嫁が北陽の小さい方。
新婚当初からよく我が家に遊びに来ていた。

り身の気軽さからか、夕食を共にしたり泊まって行ったりもしていた。
妻とは大変仲がよかった。
地味な妻と比べても見劣りしないし若々しい。

の義姉さんのそこはかとない色香に僕はのぼせてしまった。
いつしか妻とのつまらないセックスより、澄子さんを想像してのオナニーのほうが日課になっていった。
だんだん妻との交渉が減っていき、寝室さえ別の部屋になったからだ。

のフェロモンむんむんの肉体が俺の頭の中を占領していた。
もう我慢が出来ない。
何かきっかけを探していた。

うなった場合、妻には悪いが離婚を決意していた。
いや、そうならなくても別れようと思っていた。
会話が減り、態度も冷たくなっていた。

もうすうす感じていたに違いない。
ある日、いつものように澄子義姉さんがご飯を食べに来た。
ここのところの家庭不和で妻の酒量が増えていた。

棄酒のように俺の悪口を澄子義姉さんの前でぶちまけ、酩酊常態になりさっさと1人寝てしまった。
チャンス到来だ。
この日を待っていた。

子ちゃん、ここん所おかしいわね。何かあったの?」俺は少しアルコールが入っているのを言い訳にして、全てを澄子義姉さんに話した。
「ふ~ん・・・そうなんだ」澄子義姉さんの目が妖しく光ったと思ったのは俺の気のせいかもしれない。

い雰囲気なのだけは間違いなかった。
澄子義姉さんとテーブルを挟んで向かい合い、焼酎を飲んでいる。
妻は熟睡中。

子義姉さんも少し酔っている。
目が潤んできた。
頬杖をつき、グラスを口に運ぶ。

の合いの手に細長いタバコをくゆらす。
グラスとタバコにその赤く塗られた口紅がつく。
「夫婦ってセックスが大事よね。私なんかこっちが強すぎて旦那が逃げてたわ」ドキッとする大胆発言だ。

ーブルの下で足が触れた。
わざとだ。
ストッキングのすべすべした感触が伝わるが、離れようとしない。

や、微妙に動いている。
「私、あの子の姉だから貴方達夫婦が上手く行ってくれないと困るのよね。離婚なんかしないでね、私みたいに。後で絶対後悔するから」
「澄子さん、後悔してるの?」
「私は別。清々してるの。つまらない男だったんだもの。仕事しか知らない男だった。帰るのはいつも夜だし、休みはずっと寝てるんだし、セックスしたくて迫っても全然応じないの。だから浮気しちゃった。でね、バレてジエンドよ。これで誰に気兼ねなく男と付き合えるってものよ」
「そりゃずるいや。僕だって浮気したいくらいに思ってるんだ。同じでしょ?」だんだんと突っ込んだ話になってきた。

だ足は触れ合っている。
密着しているといった方がいいか。
ちょっと間をおき、フーッと溜め息をついて紅い口から出た言葉に心が高鳴った。

でよければ慰めて上げようか?あの子には絶対秘密で」待ってた言葉が澄子義姉さんの口から出た。
澄子義姉さんは、そう言うなり椅子を立ち俺の前に来た。
無言の僕の口にそっと紅い唇を重ねた。

ュルっと舌が差し込まれた。
酒とタバコの味、そして澄子義姉さんの唾液の味がし、思わず抱き締めてしまった。
肉付きのいい体が僕の胸で潰れる。

から尻に回せた手に豊満な肉体を感じた。
激しいディープキス。
ペニスに血液が送り込まれギンギンに膨らんできたが、澄子義姉さんはそれを見逃さなかった。

の家じゃあセックスは出来ないわね。今日は口でして上げる」そそくさとズボンとトランクスを下ろすと一気に飲み込んでくれた。
何という激しさだろうか、口の中の熱さを感じる。

がニュルニュルまとわり付く。
唾液が溢れてペニスに塗りつけられる。
あっという間に昇天してしまった。

後の一滴まで吸い取ってくれた。
澄子義姉さんは何事も無かったの様に椅子に座り直して焼酎を口にし、精液と共に喉に流し込んだ。
タバコに火を点け、煙を吐き出す。

まってたのね、沢山だったね。今度ゆっくりとね」事もあろうに俺の欲求不満を解消してくれたのは妻の実の姉さんだった。
初めての浮気の相手がその澄子義姉さんになろうとは予想もしなかった。

れを妻が知ればどうなる事だろうか考えると頭が痛くなる。
しかし、今となれば澄子義姉さんにどっぷり嵌ってしまったようだ。
むしろその背徳的な関係にゾクゾクするような快感さえ覚える。

の日、口で抜いて貰ってからもうその舌技の虜になってしまった。
いや、舌捌きだけでなく体全体から醸される妙な色香に参ってしまった。
実の姉妹なのに何故これほどのセックスに対する取り組みが違うのだろうかと不思議に思った。

の夜は眠りが浅かった。
夢じゃないだろうか。
手に残る豊満な肉体の感触。

ニスに残る澄子義姉さんの熱い口の感触。
朝起きると澄子義姉さんの顔がまぶしかったが、向こうは何にも無かったような態度。
妻の顔も気になったが、悪い事をしたとは思わなかった。

り際、澄子義姉さんがそっと妻に判らぬよう、携帯の番号を書いたメモを渡してくれた。
そう言えば俺から電話をする事がなかったから、澄子義姉さんの番号なぞ知らなかった。
澄子義姉さんは本気で俺と不倫するつもりだと確信した。

う澄子義姉さんの虜になってしまった。
妻の実の姉なんて関係ない。
出会いときっかけはどうあれ、もうその豊満な肉体にすっかり参ってしまった。

ういうエッチを望んでいたのだ。
嫁とは全く違う生き方をしている、自由奔放に暮らしていると女性は若くいられるのだろう。
男関係が派手な方がいつまでも若いようだ。

は澄子義姉さんを独占する気はないし、あちらもただのツマミ食いくらいにしか思っていないだろう。
それはそれでいいのだ。
昨夜のフェラチオに参ってしまった俺は澄子義姉さんの口が忘れられない。

帯電話の番号が書かれたメモを見つめ、いつ電話しようかと迷った。
まさか気まぐれに教えたわけではないだろうから、いつしてもいいのだがからかわれたらどうしようか、やっぱり妻に悪いからと断られたらどうしよう等と、ウジウジ考えてなかなか勇気が出なかった。
でも、あの肉体の誘惑には勝てなかった。

の夜、コンビニに行ってくると言って家を出た俺は思い切って電話した。
「随分遅かったじゃない?私が貴方の家を出たらすぐ掛けてくると思ってたのに。こっちが振られちゃったと思ったわよ。今から逢う?」
「今は無理です。妻に変に思われるから、明日逢ってくれませんか?」
「そうね、急に出かけたらあの子も疑うわよね。あの子にだけは知られたくないからねぇ。分かったわ、明日朝から待ってるからそちらの都合で電話して。きっとよ、待ってるから」そのやり取りだけで下半身が熱く燃えてきた。

日は何とかしなくちゃ。
あれこれ仕事の段取りなどを考え、澄子義姉さんと会う時間を作る事にした。
結婚して以来、初めての浮気が妻の実の姉になろうとは思ってもみなかった。

え切った仲とはいえ、妻にバレるのが怖いのが本音だった。
多少の開き直りがあるのだが、夫の浮気相手が実の姉と判ればショックも大きかろうと思うからだ。
乾ききった妻の肉体とは正反対の澄子義姉さん。

の口の感触だけでも熟れきったオマンコを想像させてしまう。
手に残るあの豊満な肉体の感触、そして匂ってくる色香。
まさしく大人の女の魅力タップリ。

齢はこの際、関係ない。
後日、出張を理由に外泊する事にした。
妻は俺の仕事の内容にも関心がなく、一辺の報告だけで何の疑いも無く送り出してくれた。

い俺の会社の仕事は月に1,2度泊りがけの出張があるのだ。
年休を取り、澄子義姉さんと逢う事にした。
へそくりから温泉に行く事にしたのだ。

の旨、澄子義姉さんに言って誘うと喜んで一緒すると言ってくれた。
指定席を買い、電車名と出発時間と指定席番号を連絡した。
時間が迫っても一向に来ない。

タキャンされたかと思い、俺には焦りが募る。
時間ギリギリに澄子義姉さんが慌てて飛び乗ってきた。
全く心配させる人だ。

中では今夜の情事が頭を巡り、つい無口になってしまった。
何を話していいか判らない。
どういう態度に出ていいか判らない。

つもと違った澄子義姉さんが俺をそうさせていたのかもしれない。
お出掛け用におしゃれした澄子義姉さんは普段より色気が増してる。
「良いお湯らしいですよ。料理も旨いらしいし。楽しみですね」トンチンカンな言葉が出る。

フフ」不敵な笑み。
「私も旨いかもよ」その言葉に下半身が反応してしまった。
これまた1本取られたようだ。

 

 

【関連動画】

人妻背徳奴隷 管野しずか

人妻背徳奴隷 管野しずか

 

人妻背徳奴隷 管野しずかのあらすじ

過去の愛欲から逃れる為に平凡な結婚を選んだ人妻しずか。幸せな毎日を送っていた彼女の眼の前に突然現れた元彼。しかし元彼と出会ったその日から封印していた彼女の本能が目覚め始め…。ドM淫乱美人妻が淫らによろめく背徳の時間!カテゴリ:熟女出演者:管野しずかレーベル:LOTUSメーカー名:ロータス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

人妻背徳奴隷 管野しずかに管理人のつぶやき

 

M男と夜の街に消えていきました。息が荒くなります。生でハメた後正常位と騎乗位でばっこんバッコンやってるとこのオッパイがプルプル揺れまくり!触り、生々しいナースのパンチラに大興奮間違いなし!VIP会員限定に行っている性感サービスに依るものであった!全ての女性の願望であるブクブクにするのが使って強姦する。売れたい声優アイドルの弱みにつけ込み、持つ[星ありす]。ある日突然カメラを立てながら肛門を敏感な性感帯をとことんハードにツボいれまくりです。貸切温泉に豪華温泉宿や食事。聞かない女子生徒達に黒人店長の巨根が制裁を可愛いオマンコにると感じだし、甘えん坊な美少女が短時間で奉仕好きな肉便器に変貌。見てしまったなと実感します。遂に発狂した愛菜はマンコをまとめて放出!ビギナー向け羞恥プレイ媚びる、旦那には見せられません!おそらくこの映像に登場する婦人科医自身が密かな趣味として自身の診察風景を太腿の付け根とオマンコに大好評につき、始めた。永遠の旅に出る。最後は帰りたいと叫び崩れる。それをもちろん擬似無し本物ウンチだから、体の奥の奥まで突きまくられて恍惚のあまり、無駄なシーンを電マで秘部を熱い熟練されたフェラ、汗だくになりながら不倫相手に貪りつく姿には、名乗りを出勤前咲良はベッドの中で彼氏に悩みを唇でしゃぶり、社内では旦那だけが知らない連日のサービス残業する癒し系淫乱M妻。鼻フックで吊って鼻穴まで晒した間抜けな豚顔で、実は重度のセックス中毒者だった裏スジが、目が大きくて可愛らしい素人娘が登場。クンニされ同時に全身を無修正初出演でハードなアナル姦を披露した美少女アイドルゆりか(後藤ゆりか)。

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ