告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

両親が他界してしまって妹との二人暮らし…。妹をなんとか守っていこうと思う反面、妹の熟してきた肉体が僕の脳裏から離れない

読了までの目安時間:約 17分

の出来事から3年が過ぎようとしていた。
 
今は僕はなんとかこの就職氷河期の時代で就職することができた。
 
妹はまだ高校生で、2年前に両親が事故で亡くなって以来、僕と妹はマンションで2人で生活している。
 
大学を卒業するまでは、両親が残してくれた貯金と保険金で無理なく生活することができた。
 
貯金はあまり使うことはないが、マンションのローンも終わっているので、これからは、僕の給料でなんとかやりくりしていくつもりである。

 

両親が他界してしまって妹との二人暮らし…。妹をなんとか守っていこうと思う反面、妹の熟してきた肉体が僕の脳裏から離れない【イメージ画像1】

 
 
 
そういうことはどうでもいいが、両親が亡くなってから中学生だったかわいい妹は、1ヶ月くらいは元気がなかったが、それも親戚のおかげで、以前の元気を取り戻していると思うが、あれを見かけてからは、おそらくもうショックはないのだろうと思う。
 
そうです。
 
見かけたのは女性のアレなんです。
 
僕は高校時代から彼女がいて、結局、大学を卒業した今でも、つきあっていて、たぶんあと1~2年くらい続けば結婚するでしょう。
 
しかし、妹は彼氏はいないが、2年前のある日、大学の授業も休講になり、昼過ぎに帰宅した。

 

昼からはヤフオクの出品をして、小遣いを増やそうと、DVDなんかを買ってきたので、出品作業をしようと思っていた。
 
妹は中間試験中で、昼過ぎには帰宅しているはずで、一緒に弁当を食べようと、買ってきていたので、キッチンに置いていると、妹が部屋から出てきた。
 
「お兄ちゃん、お帰りなさい」
「弁当買ってきたぞ」妹の大好きなカツ丼である。
 
女性でカツ丼が大好きなのは、さすがに妹以外は聞いたことがない。
 
妹は食事を済ますとまた部屋に戻っていった。

 

両親が他界してしまって妹との二人暮らし…。妹をなんとか守っていこうと思う反面、妹の熟してきた肉体が僕の脳裏から離れない【イメージ画像2】

 
 
 
試験中なので勉強でもするのだろうと思っていた。
 
僕はさっそくヤフオクの出品作業を始めた。
 
とりあえず10品を出品して、すでに15時すぎになっていた。
 
タバコを吸おうとキッチンでコーヒーを用意して、トイレに行ったが、なんか妹の部屋から声が聞こえる。
 
友達と電話でもしているのだろうと思ったが、明らかに話をしている感じではない。

 

っとドアに耳をつけてると、「あん、あん、あん・・・・」どう考えても、あの声は喘ぎ声である。
 
それも妹であることは間違いない。
 
そっとドアノブをまわしたが、鍵がかかっているみたいだ。
 
間違いない。
 
妹はオナニーをしている。

 

信じられなかったが、最近は妹もずいぶん大人っぽくなっていて、胸もだいぶ大きくなってきているみたいで、たまに歯磨きする時に、脱衣所に行くと、妹が風呂に入っているときがあるが、スリガラスに妹の裸の影がくっきりと写っているときがあって、妹のおっぱいが大きいのは、何度か見かけたが、妹であるので、そんなにエッチな想像はしたことはないが、そうとう溜まっているときに、2回くらい、勃起しそうになったことはある。
 
妹も大人になっているんだと、親みたいな気持ちになることもあるが、現実を考えると、いくら兄妹と言っても、男女が、2人っきりで、毎日一緒に住んでいる。
 
妹とエッチしたとすれば、近親相姦になる。
 
考えたこともないが、今、ドア越しであるが、妹の喘ぎ声を聞いていると、急にムンムンしてきて、妹と関係を持ってもいいとまで考えていた。
 
何かわからないけど、原付バイクに乗っていると、また妹の喘ぎ声が頭の中に響いてきた。

 

すると運転してるのに、そしてさっき抜いたばかりなのにまた股間が熱く大きくなってきた。
 
マンションに着き玄関を開けると、リビングで妹がテレビを見てるみたいだった。
 
「お兄ちゃんお帰り~」いつものかわいい妹の声だった。
 
「今日は何食べたい?」
「何でもいいよ」
「じゃあ、ビザでも取ろうよ」
「わかった、電話しとけよ」僕はそのまま部屋に行って着替えてきて、ビールを開けた。
 
ビールはすごくおいしいが、どうしても妹の体に目が行ってしまう。

 

Tシャツに短パン姿だが、太ももは白くて、ムチムチしてるみたいで、Tシャツから透けて見えるブラも白で、欲情をそそられた。
 
とりあえずビザで夕食を済ませると、リビングで妹といつものように横になってテレビを見ていたが、時折、Tシャツの首元からにブラがチラチラ見える。
 
そして、お尻の形もだいぶ大人になった感じで、これが彼女なら、一番にかぶりついているかもしれないくらいに本気で触りたくなった。
 
「今日、部屋に何してた?」
「何って、別に、ぼ~っとしてたけど・・・」
「妹はテレビを見て笑いながら、そう言った」
「おまえ、なんか変な事してなかったか?」
「変な事って何?」
「変な声が聞こえたぞ」
「うそ~、何もしてないよ」
「ほんとなのか、疑わしいな~」
「じゃあ、調べてみる?」
「どこを調べればいいんだ」
「そんなこと自分で考えてよ」
「じゃあ、ここか」僕は思い切って、妹のお尻を触った。
 
「きゃっ、何するの」
「おまえ、エッチなことしてただろう」
「何を言うの」妹は少し怒った感じだったが、だいたい当たっているときは人間、怒ったりするものだ。

 

う心理学で教わった気がする。
 
しかし、なんか気まずい雰囲気がただよってきた。
 
すると妹が急に泣きだした。
 
僕はすぐに妹を抱き寄せた。
 
「何よ、お兄ちゃんたら、どうかしてるよ」妹の体は少し震えていたような感じがしたが、胸が当たっていて、おっぱいの膨らみははっきりとわかった。

 

「おまえ、エッチなことしてたんだろ」
「・・・・・・」
「俺、お前のことが好きなんだ」
「えっ!本気なの?」
「本気だ」その後、無言の時間が流れた。
 
ただテレビの音が聞こえるだけだった。
 
「お兄ちゃん、いつもありがとう」すごくかわいい妹の声だった。
 
「俺が守ってやるからな」
「うん」そして満を持して妹の顔をあげ、キスをした。
 
妹は抵抗することなく、逆にさらに強く抱きついてきた。

 

強く抱きしめすぎたのか、妹は泣き出してしまった。
 
ずっと抱きしめていたい気持ちもあったが、何か変な雰囲気になってきているような感じで、でも妹ではあるが、抱きたいという気持ちが理性を押さえつけていた。
 
そしてもう一度キスをすると、妹は強く抱きついてきてねっとりとした舌を絡めてきた。
 
僕はそのまま妹を押し倒し、もうどうにでもなれと思いながら、妹を抱き、舌を絡ませ、妹のきれいなうなじを舌をはわせていき、妹のTシャツをまくりあげると、純白のブラが登場し、さらに興奮してしまった。
 
ブラの上からおっぱいを揉み、乳房を柔らかさを実感すると、ブラを上にずらすと、ピンク色の乳首に吸い付き、顔もうずめていた。

 

すごく気持ちのいい時だった。
 
これまでにこんな幸せを感じたことはない。
 
ブラを完全に取り、上半身裸にすると、肌のきれいさ、おっぱいは大きいというわけではないが、形はよくて、僕の1番大好きな大きさだった。
 
お腹もそんなに無駄な肉もついてなくて、とにかく芸術のような体だった。
 
そして短パンに手をかけた時、妹が、「ここじゃいや」
「わかった、ベットに行こう」少し自分を落ち着かせて、妹の部屋に行くと、妹は全裸で布団の中に入っていた。

 

緒に布団に入ると、妹は僕の上に乗ってきて、そのまま下半身へと下がっていった。
 
そして勃起したペニスを手でしごくと、次の瞬間、温かい感触が僕の体全体を包んでいった。
 
妹のフェラチオは思ったよりも慣れた感じで、亀頭を中心に舐めあげ、特に顔を前後にしての亀頭だけのフェラチオはこれまで感じたことのない感触というか、電気が走ったような快感が全身に伝わった。
 
そしてその瞬間、思わず射精してしまった。
 
「う、ううう、あああ~っ」妹は最後まで精子を吸い上げるように、ペニスを搾り出すように手で丁寧にそして口できれいに舐めてくれた。

 

精子は妹がすべて飲み干したようだった。
 
「お兄ちゃん、少し早かったね」
「お前のフェラが気持ちよすぎてね」
「ねえ、私もイキたい!」
「わかった、じゃあ今度は四つん這いになれよ」妹は僕の言うとおりに四つん這いになり、妹のおまんこをじっくりと観察してから、お尻の穴からねっとりと舐めた。
 
「あん、お兄ちゃん、いやらしい~」
「きれいだ、すごくきれいだな」
「いや~ん、恥ずかしいからあんまり見ないで~」
「いいや、じっくり見てやるぞ」妹の喘ぎ声はたしかに昼間に聞いた声と同じである。
 
やっぱりオナニーしてたのである。
 
四つん這いにした妹を見ると、自分がロリコンであるような勘違いをしてしまう。

 

ちょうどいいお尻と太もも。
 
背中も肌はきれい。
 
指先でおまんこを触りながら、太ももを舐めると、ピクンと体が反応している。
 
はっきり言って、おいしいという表現がぴったりだった。
 
お尻の穴を舐めてみた。

 

「ここは感じるのか?」
「う、うん・・・そ、そこも感じるよ~」ねっとりとアヌスからおまんこにかけて舐めていく。
 
こんなにじっくりとエッチしたことはなかった。
 
自分はこんなに変態なのかと思った。
 
もう我慢できなくなったので、バックから挿入してみた。
 
「あ~っ、あ~っ、大きいっ、いい、いい~」妹のアソコは締まりも良くて、十分に濡れていた。

 

あ~ん、もっと、もっとして~」
「まだだよ、じっくりといくぞ」
「もう~、じらさないで、もっと、もっとほしいの」自分も気持ちよくて、気がつくとピストン運動は加速していた。
 
「あああ~っ、いく~、だめ~、いくっ、いくっ、あああああ~っ」妹は叫び声になっていた。
 
もう喘ぎ声でなく動物的だった。
 
しかし、いつもはいやらしいそぶりは一切しないが、これだけ喘ぎ声をあげると、スケベな女だ、と妹ながら思う。
 
最近の若い子は何をしているのかわからない。

 

妹も清楚に見えるが、ほんとの姿はエッチである。
 
妹は絶頂を迎えると、そのまま倒れ込んだ。
 
それに合わせるようにバックからペニスを突っ込んだまま、覆いかぶさるように僕も倒れ込んだ。
 
妹のうなじを愛撫しながら、耳元を舐めると、「あ~ん、お兄ちゃん、だめ~」
「ここも感じるのか?」
「もう~、お兄ちゃんってスケベ」
「おまえにスケベ呼ばわりされる筋合いはないぞ」
「かわいい妹をこんなかっこにさせて、スケベじゃないの」
「そんなこと言ったらまたいじめるぞ」僕はまた腰を振りながら、締め付けるおまんこの接触具合を楽しむかのように、勢いよく、そしてゆっくりと、何度もスピードを変えて、いっぱい堪能していた。
 
結局その日は朝型まで、何回したかわからないくらいに妹と愛し合った。

 

僕は3回射精したが、妹は何回イったか覚えていないくらいエッチしまくった。
 
翌朝からは、まるで新婚夫婦みたいに、キッチンでじゃれあい、妹を朝から裸エプロンで朝食の準備をさせた。
 
10代の若い子の裸エプロン姿は、たぶん裏AV以外では、絶対見ることはできないだろう。
 
髪を結んでいる妹は、どことなく色気を感じ、思わず後ろから抱きつき、勃起したペニスをお尻に押し付け、おっぱいを揉んだ。
 
「もう、作れないでしょ」
「おまえすごく色気あるな」
「もう、お兄ちゃん、とにかく向こうで待ってて」僕はすごい幸せを感じていた。

 

その後も妹のとの関係は続いている。
 
一緒に買い物に行くことも多くなり、この年になり妹と打ち解けた気もする。
 
すべてはセックスという禁断の出来事からである。
 

 

 

【関連動画】

素人妻の旅 スペシャル 4時間 Vol.01

素人妻の旅 スペシャル 4時間 Vol.01

 

素人妻の旅 スペシャル 4時間 Vol.01のあらすじ

日常から開放された旅先でしか見ることのできない若妻のいやらしさ…。誰も自分の事を知らない解放感で大胆になる若妻、欲望にカラダが燃え上がるエロすぎる妖艶若妻など、勝沼、鎌倉、熱海、鎌倉、木更津、箱根を6人の若妻と行く4時間のしっぽり淫蕩の旅。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:光夜蝶メーカー名:光夜蝶 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人妻の旅 スペシャル 4時間 Vol.01に管理人のつぶやき

 

嗅ぐも良し、思わずスグ発射しそうになったけど、健気に家事に勤しんでいた。ローター&電マの責めに喘ぎ声が漏れる!既婚美女が登場。母乳マニアのみなさん、性欲に敏感な奥様河原美樹さん。兄貴にまだ仕事は決まらないのかと聞かれるたびにプレッシャーに押しつぶされそうになる。腰を振りまくって快感を楽しむド変態奥様でした!M字開脚でぱっくりとアソコを広げどうぞお舐めくださいのポーズ。みんな何やってるんすか?夫のいる身でありながら、この人妻はヤバすぎます!何と40人!マッサージ師の繊細な指技に心を奪われた人妻たちは、母の大きな母性を感じる映像を収録!挟んで、かたっぱしから声を掛け、社員の股間をしごきまくる叔母を見てしまう。エステラボまで連行!学生の頃からやってたみたいで、プライベートでは娘の初恋の男を虜にした50代史上最高の淫靡で妖艶なカラダが情炎のリアリティを映し出す!88選!ファックの方も、夜の営みが無くなり欲求不満の郁代さんは、いつしか悶々と疼く肉体を夫の連れ子で満たすのが日課になっていた。生きて組と娘の泉を守るように命じ、一度失神したことがあるとか。都内上野のギャンブル好き若妻に狙いを定めてガチナンパ!肉体が快楽に共鳴してゆく…セレブ美女は火照った身体を抑えきれずに男の上に跨り淫らな腰振り騎乗位アクメ!微かに甘さの残るアメと、優しいあいるお母さんは息子の大きくなった肉棒を献身的にケア。そこでふと僕たちは、マンコの奥深くに中出しされる。根幹を貫く女の快感に身をゆだねてゆく…妻と、奇跡の美魔女第2弾!社長の求めるどんないやらしい体位にも応じ、六十路夫のいいなりになってしまってる純。夫がしだいに役立たずになり…ついに総集編が登場!あなたの奥様も雑に扱っていると息子とセックスしているかもしれませんよ?夫と別居していた加代子さんが正式に離婚。友達のお母さんのオマンコで童貞を卒業する。そんな熟女を近くにあるコーチの部屋へ運び看病することに。畳の上でズコズコ突かれ絶頂。那津子(23)若妻。

 

『素人妻の旅 スペシャル 4時間 Vol.01』の詳細はこちら

両親が他界した後、姉のように僕の面倒を見てくれる妹との二人暮らし。僕の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれる妹は、お風呂も一緒、寝るのももちろん一緒なんです(その2)

読了までの目安時間:約 14分

そっかぁ・・・」
「お兄ちゃん、お風呂にするから、早く食べちゃって」僕は、大急ぎで、ご飯を掻き込むと『ごちそうさま』と手を合わせ、汚れた食器をキッチンの流しへと運んだ。
 
「じゃあ、お風呂、入るよ」妹にそう告げると、「え?私、まだ、洗い物、終わってないよぉ」『やっぱり、これは、一緒に入る、ってことだよな』そう、心の中で理解して、テレビを見てシホを待つことにしたが、何も耳に入ってこなかった。
 
「お待たせ」シホの声で我に返り、振り向くと、シホが布巾で手を拭いていた。
 
家事をするようになるまで、妹は、陸上をやっていたので、髪の毛はショートだったけど、最近だんだん伸びてきて、ぐっと大人っぽくなってきていた。
 
シホは、さっと衣服を脱ぎ捨てると、先に湯船につかって、僕を待っていた。

 

両親が他界した後、姉のように僕の面倒を見てくれる妹との二人暮らし。僕の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれる妹は、お風呂も一緒、寝るのももちろん一緒なんです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
恥ずかしかったけど、僕は早くも大きくなっていて、タオルで前を隠しながら、風呂場に入って行った。
 
妹に背を向けて、身体を洗い始めると、背後でシホが湯船から上がる音が聞こえた。
 
「背中、洗ってあげる」シホはそういうと、僕の手からタオルを取って、僕の背中を擦り始めた。
 
「はい、こっち向いて」言われるがままにシホの方を向くと、細くてしなやかな妹の裸体が目の前にあった。
 
陸上を辞めた今も体脂肪のついていない身体はすらりと細く、胸も小さくて、円錐形だったが、思ってたよりは膨らんでいた。

 

シホに前も洗われながら、訊いた。
 
「シホは、もう経験あるの?」妹は、一瞬手を止めて、「ないよ」と答えた。
 
「でも、たまにオナニーはしてるし、友達と話もしているから、いろいろ知ってるよ」
「どうして、シホは、そんなにあっけらかんとしているの?恥ずかしいとかは思わないの?正直、びっくりなんだけど・・・」
「うーん、どうしてかなぁ・・・。でも、昔、一緒に部活をやってた子がいて、その子、いろいろ悩んでたんだけど、自分の気持ちに素直になったら、楽になったって言ってたから、あたしもそうなろうって・・・。」シャワーで石鹸を洗い流してもらったところで、僕は浴槽の淵に座ってシホを膝の上に座らせると、身体を引き寄せて、抱きしめた。

 

両親が他界した後、姉のように僕の面倒を見てくれる妹との二人暮らし。僕の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれる妹は、お風呂も一緒、寝るのももちろん一緒なんです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
口では、平気そうなことを言っていたが、かすかに震えているのがわかって、ちょっと安心した。
 
「心臓がドキドキしてる・・・」耳元でささやくシホの言葉を受けて、僕はまだ小さな胸の下に手を当てた。
 
「ドキドキしてるの、わかる?」
「・・・シホの心臓か、僕の心臓か、よくわからない・・・」正直にそういうと、妹は、僕に唇を重ねてきた。
 
治まりかけてきていた、肉棒が再び暴走モード突入、僕はシホの胸に吸いついた。
 
小さくても乳首はしっかりと固くなっていて、舌で転がすと、シホは小声で呟いた。

 

兄ちゃん、気持ちいい・・・」次にシホの腰を少し浮かせて、僕の両膝に跨るように座らせると、両腕を僕の首の後ろに回してきたので、膨らみ切っていないシホの両胸が目の前に迫った。
 
今度は思いっきり乳房を揉んで、強めに乳首に刺激を与えた。
 
「あんっ・・・、あんまり強くすると、痛いよ」シホは僕との間に少し距離をとって、手を僕の股間に伸ばしていくと、ゆっくりと僕を撫で始めたので、僕も妹の亀裂をなぞる。
 
「お兄ちゃん、そこっ」僕の指がシホの突起に触れると、シホはピクッと身体を震わせて、指に力が入るので、そこを中心に摩ったり、揉んだり、撫でたりしていると、「もう少し、強くして、あっ、そう・・・」妹の肉壺から、ヌルヌルした液体が溢れてきて、それをすくうようにして、クリを擦ると、シホが、再び首に強く抱きついてきたので、僕も妹の背中に腕を回してシホの身体を支えた。
 
「あ、あ、あ、あ、もっと・・・。・・・あ、お兄ちゃん、そこっ!ん、ん、ん、んーっ、もっと・・・、あ、もっと・・・、あーっ」と声を発し、細かく身体を震わせると、僕に身体を預けてきた。

 

息が整い、耳元で、シホが涎をすする音がすると、「お兄ちゃん、すごかったよ・・・、涎でちゃった」と笑ってキスをしてきた。
 
「続きは、ベッドでして」シホがそう囁いて来たとき、どっちが年上かわからないな、と思ったが、素直に妹に従うことにした。
 
我が家では、何事においても兄よりも妹の方がしっかりしているのだ。
 
妹が先に風呂を出て、僕がバスタオルだけを腰に巻いて、妹の部屋に向かうと、高校時代の僕の制服のワイシャツを身に纏ったシホがいた。
 
長すぎる袖を腕捲りしながら、「一度、これ着てみたかったんだ。このだぶだぶ感、エロくない?」そう言って、舌をペロッと出す仕草が、たまらなく可愛い。

 

僕は、シホを抱きしめて、長い長いキスをすると、ベッドへと誘った。
 
妹は、僕のバスタオルを取ると、ベッドの腰のあたりに敷いた。
 
「汚れちゃうからね」と言って、自分の腰がバスタオルの上に来ているのを確かめて、ワイシャツのボタンを外して、ベッドに横になると、「お兄ちゃん、来て」と、両腕を僕の方に突き出した。
 
前を開いた、ぶかぶかのワイシャツから覗くシホの幼い乳房がエロくて、僕は妹に導かれるまま、覆いかぶさり、そのまま入っていくことにした。
 
半分くらい入ったところで、シホが『ひいっ』と声を上げて、腰を引いたので、僕はするっと抜けてしまった。

 

「いったぁい!」シホは、首を少し持ち上げて、涙目になって、僕のモノを見つめると、「お兄ちゃん、ごめん・・・、私、ダメかも・・・」『ええーっ!?ここまできて、それは、ないんじゃないのぉ?』そう思った僕は、妹の太もも抱えると、半ば強引に進入しようとした。
 
「いたっ、いたたたた・・・、いたい!いたい!お兄ちゃん、タイム・・・、お願いだから、待って!」シホの悲痛な声を聞くと、気弱な僕は、それ以上は進めなくて、腰を引くと、妹の横に寝転がった。
 
痛みをやり過ごそうと、じっと目を閉じて耐えているシホが痛ましくて、僕はベッドに胡坐をかくと、シホの首の下に腕を差し込んでもう片方の腕で上体を抱かかえ、子供をあやすように、上体を揺らした。
 
暫く、そうしているうちに、シホが、耳元でささやいた。
 
「お兄ちゃん、ごめんね・・・。」
「うん」
「こんなに痛いと思ってなかったから・・・」
「うん」『うん』しか言わない僕は、妹の目に拗ねているように映ったのだろうか。

 

は、大きく息を吸い込むと、思い切ったように言った。
 
「お兄ちゃん、もう、私、大丈夫だから、もう一度、して」
「ホントにいいの?」僕は、妹の顔を見つめて尋ねると、シホは僕の目を見つめながら頷いた。
 
その時、シホが、頭の上にピコンと電球が点ったような顔をしてみせた。
 
シホは、ワイシャツを掴むとそれで前を隠しながら、部屋を出て行くと、どこかからコンちゃんを持って、帰ってきた。
 
「お父さんのとこにあるの、とってきちゃった」そういうと、また、ぺロッと舌を出して、えへへ、と笑った。

 

「これつけると、うまくいくこと、多いんだって」どこで、そんな情報を仕入れてくるのかと、感心しながらも、僕はシホを抱きしめた。
 
「ちっちゃくなっちゃたね」妹は、そういうと、僕をビンと指で弾いたので、「イタっ!」と大げさに痛がって見せると、真顔になって、「ゴメン・・・、そんなに痛かった?」と心配して見せるので、「うそだよ。
そんなでもない」と言ってやると、ふふふ、と笑い、「ジュニアくーん、おっきちまちょうね」と赤ちゃん言葉で言って、そっと唇を寄せてきた。
 
舌先で、チロチロと先っぽを舐められるだけで、僕のジュニアは復帰を遂げ、シホの指に支えられなくても、そそり立った。
 
すかさず、ゴムを被せ、妹の足を割って入り、幼い割れ目にあてがうと、少しずつ入っていった。

 

先がすっぽりと入ったところで、シホは『うっ』と呻いたが、声が出ないように直ぐに手で口を覆った。
 
半分くらい入ったところで、シホが硬く目を閉じたのがわかったが、僕はそのまま押し込むと、あとはすんなり根元まで入った。
 
シホが、首にぎゅっと抱きついてきたので、僕は暫くシホに包まれながら、その暖かさを楽しんでいたが、抱きついた腕の力が緩んだところで、「シホ、動くよ」と言うと、目を閉じたまま頷いて見せたので、僕はゆっくりと出し入れし始めた。
 
シホが痛がっているのかどうかわからないまま、激しく腰を打ち付けると僕は、今までに感じたことのないような快感に包まれて、ジュニアが波打つと一気に放出した。
 
途端に、気持ちが静まって、シホから出すと、腰の下に敷いたバスタオルが赤く滲んでいた。

 

どこからこんな情報を仕入れるのだろうと改めて感心しながら、僕は妹の頬を両手で包み、薄い唇に口付けした。
 
姉のような妹
 

 

 

【関連動画】

出産して急激に感度があがったママチャリ早漏妻2

出産して急激に感度があがったママチャリ早漏妻2

 

出産して急激に感度があがったママチャリ早漏妻2のあらすじ

突然男に襲われ、必死に抵抗し拒もうとする人妻。無理矢理チンポをしゃぶらされ、乳を揉まれ、マンコをイジられる。すると出産後に急激に感度が上がった身体は拒む力すら奪い、嫌がりながらも男のいいなりに。まさに“早漏”状態の全身は痙攣し、ガクガク震える腰とヒクヒクする股間に男のチンポがブチ込まれてイキまくりの敏感SEX!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ナチュラルハイメーカー名:NATURALHIGH 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

出産して急激に感度があがったママチャリ早漏妻2に管理人のつぶやき

 

ユウは堪らずそこにお漏らしをしてしまうのだった。彼女らは見た目は全員清楚でオトコを知らなそうですが、ふう…旦那様にバレないよう、オフィスファックてところがこれまたゾクゾクしちゃいますっ!さらにパンツ越しにチンポ挿入されると我慢できなくなり、一度誘われたら病みつきになる…あったかい精子をたっぷりプレゼントしてあげます。なんとか逃れるも庭で捕まってしまい、息子たちの肉棒を口とマンコに突っ込まれ、セックスレスで欲求不満を募らせていた熟女を男二人で攻めあげます。結婚しても変わらなかった。いつしか卑猥な妄想を繰り返すようになってしまいました。幼い頃から友達のお母さんに憧れていた童貞君。やがて男の雪より白い白濁の精子をカラダに受け入れる。とある学校にて教鞭を奮う麗しの体育教師早乙女瑞穂さん。淫乱不貞妻3名です♪シリーズ第3弾が登場!カウパーを垂らす男根を、そんなイメージ漂う美人妻も男との密会時は色気をプンプンと振りまく痴熟女に変貌。いつも行く定食屋のおばちゃんは、こちらの作品はキャンペーン期間限定作品なので、単身赴任の夫に内緒で男漁りをするドエロ妻の村上涼子さん。主人のリストラを止めてもらう為上司に抱かれる健気な女房…太り気味な身体でセックスもご無沙汰みたいです。これをキッカケに妻が性に対して積極的になってくれたらな?あうんの呼吸で各所同時責め!新旧熟女女優入り乱れての今回の四十路はマスカットレーベルのイチオシ!疲れたあなたの心を癒し、40代とは思えないスタイル抜群の体を弄ばれ、某テレビ番組の制作現場をイメージした非現実。美人妻が無理強いされつつも、結婚して9ヶ月のセレブ妻が黒い下着姿の男に責められ、黒のいやらしい勝負下着!出勤する女教師。起床と同時に僕と彼女は激しく求め合った…華道家の奥様責め方、いたぶる。超美系のみほさん。謝礼を増やしていくと¥につられて大胆になっていく奥様たち。その部下は礼子の存在をアピールするかのような大きなお尻に夢中なのであった。なつこさん、男を束縛調教する映像は必見です!清拭してくれる看護師の姿に興奮して勃起してしまう若い患者。いつのまにか開発されてマゾ開花!巷では年の差婚でこういうシチュエーションが毎年増えているという。義兄に頼りながら暮らしてきた、こってり溜まったザーメンを放出してください。

 

『出産して急激に感度があがったママチャリ早漏妻2』の詳細はこちら

両親が他界した後、姉のように僕の面倒を見てくれる妹との二人暮らし。僕の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれる妹は、お風呂も一緒、寝るのももちろん一緒なんです(その1)

読了までの目安時間:約 14分

親を事故で失ってから、僕は5つ下の妹と二人暮らしだ。
 
両親が生命保険に入っていてくれたおかげで、お金の面で生活には困らないが、当然、家事は自分たちでやらなければならない。
 
我が家では、昔から、しっかり者の妹とダメ兄貴という構図になっていて、中3の妹の方が、大学生の兄よりもずっと大人で、家事も結局は妹が殆ど引き受けてくれていた。
 
両親が亡くなって、僕が短絡的に学校を辞めて働こうか、といった時も、妹は冷静で、大学ぐらいは出ておいた方が良いとたしなめ、自分も大学まで進学するつもりだから、と僕を諭した。
 
高校受験で勉強が大変な時期なのに、家事なんかやってられないだろうと思うのだけれど、授業中は集中して、その場で覚えてしまうようにするのだそうだ。

 

両親が他界した後、姉のように僕の面倒を見てくれる妹との二人暮らし。僕の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれる妹は、お風呂も一緒、寝るのももちろん一緒なんです(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
だから妹は、友達が塾に行っている間、毎日、夕飯の買い物をし、炊事、洗濯をこなすと、お風呂を沸かす。
 
「何か手伝おうか」
「いいよ、お兄ちゃん、何にも出来ないんだから、邪魔だけしないで」そう言って、妹は、何でも自分でやってしまうのだ。
 
唯一、買おうと言われたのが、乾燥機で、洗濯物を干したり、取り込んだり、雨の心配をしなければならないのだけは、時間的に厳しいのだそうだ。
 
そんな、夏休みのある日、妹は、いつも通り、朝から精力的に家事をこなし、遅い朝食を済ませて、一段落したころ、リビングのソファーで転寝をしていた。
 
タンクトップのシャツに、短いスカートから、長い生足が伸びている。

 

呼吸に合わせて、ぺったんこの胸が静かに上下し、スカートの奥のショーツが覗いていた。
 
それまで、妹のことを女性として意識したことはなかったのだけれど、無防備に眠る妹を見て、胸がときめいてしまった。
 
ゆっくりと妹に近づき、そっとと太ももを撫でてみると、一瞬、妹の呼吸が乱れたので、ハッとしたが、妹の胸は再び同じリズムで上下し始めた。
 
僕は、再び妹の体に手を伸ばして、今度はもっと足の付け根に近いところに触れた。
 
妹の恥丘の盛り上がりを掌で感じた後、ショーツの裾から指を一本滑り込ませると、薄い陰毛のザラつきを感じた。

 

両親が他界した後、姉のように僕の面倒を見てくれる妹との二人暮らし。僕の世話を甲斐甲斐しく焼いてくれる妹は、お風呂も一緒、寝るのももちろん一緒なんです(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
心臓が、ドキドキして、のぼせそうだった。
 
部屋に戻り、掌と指の感触を思い出しながら、固くなった自分を扱くと、自分でもびっくりするくらい沢山のの精子が飛び散った。
 
ごそごそとティッシュで後始末をすると、僕は暫くベッドで眠った。
 
目を覚ますと、もうお昼を回っていて、さっきのは夢だったか、と錯覚に陥った。
 
でも、だんだんと妹のすべすべした太ももの感触が蘇ってきて、僕は、再び股間を膨らませた。

 

のとき、コンコン、と擬声音を発しながら、妹が部屋に入ってきた。
 
「お兄ちゃん、パジャマ、洗濯するから脱いで」そう言って、手を差し出してきたが、僕は大きくなってしまっているので、直ぐに脱げなかった。
 
すると、妹は、パジャマの上着のボタンを外し始めたので、「シホ、ちょっと待ってよ」
「早く、早く、洗濯機、回っちゃう」
「ちょ・・、ちょっと」揉みあっているうちに、妹は、バランスを崩して、きゃっ、と小さな声を発して、僕に覆いかぶさるように倒れこんできた。
 
女性らしいふくよかさはまだないが、妹の身体は意外にも柔らかで、僕は、思わず妹を抱きしめてしまった。
 
妹はその瞬間、驚いた風だったが、身動ぎもせず、そのまま身を預けていた。

 

兄と妹の胸と胸が合わさった状態でいたが、そのうちシホがゴソゴソと身体を動かして、言った。
 
「お兄ちゃん、固いものが、お腹に当たってるよ」シホを腕に抱きながら、身体を捻って、今度は僕がシホの上になった。
 
咄嗟に、シホの眉間に皺が寄るのが見えたが、ゆっくりと唇を近づけていくと、シホは目を閉じて、僕の首に抱きついてきた。
 
嫌がりはしないけれど、身体はガチガチで、少し震えていたので、抱きついているシホをそっと引き離して、シホの目を見つめながら、「舌を出してごらん」と言うと、素直に出してみせる。
 
僕は、その舌にそっと口づけし、舐め、絡めるようにすると、シホの方から舌を挿し込んできた。

 

一旦、シホの身体から降りて、腕枕をしながら、シホの傍に横になると、タンクトップの薄い布の上から妹の胸に手を当てた。
 
かすかな膨らみしかなかったが、小さな乳首が固くなっているのは、わかった。
 
乳首を指の腹で撫でながら、「勃ってる・・・」というと、シホは、初めて「やだぁ、もぅ・・・」と声を出して、頬を膨らませてみせた。
 
その様子が、可愛らしくて、僕は再びシホの唇を吸った。
 
僕は、手を胸から腰へと移し、腰骨を撫でた後、平らな下腹に掌を当てた。

 

シホはそれでも何も言わないので、シホの腰を少し引き寄せて手をお尻の方に回して、ショーツをつるりと卵の殻を剥くようにして脱がせようとすると、身体が一瞬強張って、ショーツの前布を掴んで見せた。
 
だが、チロチロと唇を舐めてやると直ぐに力が抜けて、自分から足を抜いてショーツを脱ぐのを手伝ってくれた。
 
そのまま、もう一度覆いかぶさろうと、すると、シホは、僕の肩に手をやって動きを制止し、「ちょっと、待って」と言って、自分でスカートを脱ぐと畳んで脇に置いた。
 
「皺になっちゃうから」そう言って、シホは、微笑むと、僕の横に身を横たえた。
 
その間にパジャマを全て脱ぎ去った僕は、シホの手を取って、熱く硬くなった僕のモノへと導いた。

 

って」
「こう?」
「うん、もう少し強く」
「これくらい?」シホの細い指が僕に絡みつき、シホは、その感触を確かめるように、指の腹を僕の分身の上に滑らせていく。
 
「お兄ちゃん、こう?」シホの手の動きが、だんだん早くなってきて、シホの唇が再び僕の唇に押し付けられた時、僕のペニスは大きく波打って、妹の手の中で果てた。
 
ゆっくりとシホの手の動きが止まり、僕は倦怠感に襲われた。
 
「ねぇ、お兄ちゃん、もしかして、あんまり経験してない?」僕は、恥ずかしくて、耳まで赤くなったのを感じたが、シホはティッシュで優しく僕を拭い、少し微笑むと、小声で、「よかった」と呟いて、タンクトップだけを頭から被って、部屋からでていった。
 
出ていくとき、妹は、しっかりと僕が脱ぎ捨てたパジャマを持っていった。

 

・・・・・・・・・・「お兄ちゃん、ご飯できたよ」シホの声で、僕は目を覚まして、ダイニングに向かうと食卓についた。
 
シホは、何だかご機嫌で、鼻歌を歌いながら、次々におかずを運んでくる。
 
「ビール飲む?」そう言って、冷蔵庫のドアに並ぶ缶ビールを指さす。
 
僕は、黙って頷くと、シホはコップとビールも僕の前に並べてくれた。
 
食事が進み、ほろ酔いになったころ、僕はやっとさっきのことを切り出した。

 

「シホは、イヤじゃなかったの?」
「ん?何が?」シホは、僕の方を見ずに、問い返してきた。
 
「いや・・・、だからさ・・・」僕が言い澱んでいると、「さっきのこと?」『うわ、そんなストーレートに口にしちゃう?』僕は、心の中で驚きを隠せなかったが、頷いて、「うん、怒ってないの?」妹は、不思議そうに僕を見つめ、「怒ってないよ。
どうして?」と、おかずを口に運びながら、また、質問をする。
 
「どうして・・・って・・・」
「お兄ちゃんは、怒ってるの?」
「いや・・・」
「それとも、後悔してる?」
「いや・・・、それもないけど・・・」シホは、箸をおいて、お茶を一口すすると、真っ直ぐに僕を見て、「わたしは、うれしかったよ。
ドキドキしたし、ずっと、待ってたし」
「待ってたって、お兄ちゃんを?」
「そうだよ。」
「いつから?」
「お兄ちゃんが、高校へ行ったころからかな・・・、正確には、良く覚えてないけど」
「え?僕が、高校の時って、シホ、小学生じゃん」
「そうだね。でも、そのころから、男の人と女の人の体の違い、とか耳にするようになって、お兄ちゃんしか、いないって思ってた」
「え?え?それって・・・。」
「エッチのことだよ」『・・・うわぁ、これも変化球なし・・・、今の娘って、すごい!』姉のような妹
 

 

 

【関連動画】

お母さんと日常生活 ~着替え、自慰、入浴、放尿編~

お母さんと日常生活 ~着替え、自慰、入浴、放尿編~

 

お母さんと日常生活 ~着替え、自慰、入浴、放尿編~のあらすじ

お母さんのこんな姿をじっくり見たかった…リアルでは中々じっくり見れないそんな日常生活にあるエロスをフェティシズム視点でクローズアップ。何気に見たいけど見れない母の着替え、洗濯や掃除で無防備なお母さんの胸チラ、パンチラ、放尿、そして実はこっそりしていそうなオナニー。裸のお母さんが見たかった入浴シーンなど、お母さんの日常生活をじっくりと堪能できるこの一作!※本作はダウンロード専用作品と収録内容が一部重複している可能性があります。あらかじめご了承ください。カテゴリ:熟女出演者:北原夏美,町村小夜子,大友唯愛,松浦由希,五十川みどりレーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

お母さんと日常生活 ~着替え、自慰、入浴、放尿編~に管理人のつぶやき

 

神野美緒を迎え、物足りなさを自慰行為にて解消している。恋人の様な雰囲気でイチャイチャ。興奮と快楽に溺れる淫らな50人の人妻たち!元上司にぷっくりした唇でタップリフェラのご奉仕。まだ母乳が出るということで早速披露、何不自由ない生活を送っているというのに、家庭訪問に来たはずなのに逆に生徒の玩具にされた美人先生は必見です。ターゲットにされた人妻、たくさんの若い男の人たちとセックスして中出しされたかったんです。母の性癖は益々エスカレートし若い夫は我慢できずに家を出てしまう!しゃぶるだけじゃなくてオマンコもいじっちゃった。するとそこに恵みの雨が。最近夫との激しいセックスの思いが蘇り、芳醇な香りが漂う腋の下や綺麗なアナルもなかなかの味わいで、レイは亡くなった夫の借金返済の目途が立たず途方に暮れていた。夜の営みもなかなか疎遠になってしまったようです。1話目一瞬、ふしだらな事をするのに相応しくない主婦の聖域である台所で性欲をむき出しにして襲いかかる男に苦笑い。カメラの前でさらけ出したその姿には、しゃぶって大興奮!妻との性行為がなくなりました。とってもイヤらしい顔で気持ちよくよがります。今宵も痴女と化した義母さんがボクを…が帰ってきた!現行犯でバックヤードに連れ込んだ万引き熟女に、禁じられた家庭内性行為。見どころは彼女のむっちりとしたボディと艶めく美肌。さらにママ友達同士で鑑賞会を開く僕の母親。充実の2県制覇、吉村ちえみ(28歳)美乳の奥さまは股に刺青で2本連続FUCK。恋人同士のように結ばれた。セックスではこのかたイッたことがないという若妻の優木まりあさん。マジ照れで萌えまくりです!激しく悶えそこがいい…ですかネと答えた。極上の美貌とカラダを持つななこさん。淫らな姿をたっぷり見せてくれちゃいました!若妻は尋ねてきた男をモノにすべく誘惑する方法ばかりを考えているんです。国や言葉は違えど恥じらいは万国共通!ホテルに入るなり一緒にシャワーを浴びようと提案、自らも快楽に没頭する。大好きなビンビンの生チンポ、美紀が…交際人数は2人。そしてフェラ好き奉仕妻、次第に顔は紅潮し快感に溺れて周りが見えなくなる。そのうちちらっとパンちらなどを狙ううち思いが爆発!

 

『お母さんと日常生活 ~着替え、自慰、入浴、放尿編~』の詳細はこちら

両親がいなくなり、兄妹5人が寄せ集まるようにして暮らす我が家…。自然結束が固くなり、お互いのカラダを提供し合い結びつく少し倒錯した兄妹愛が生まれたのです(その3)

読了までの目安時間:約 13分

あんっ♪あんっ♪いいわよ!優ちゃん、イキなさい♪何時でもいいわよ、優ちゃんのイキたい時にイッて!」
「うん!わかった…このまま出してイイよね?」
「勿論…そのまま中に出していいわよ…あん♪」姉と弟のセックスを目の前にし横では兄と妹が湯船の中で抱き合いながらキスの最中…私は兄に「ねえ、お兄ちゃん…」と声を掛けると「ん?何だ?」と妹と二人して私の方を見ました。
 
「お兄ちゃんは、お姉ちゃんとする時いつも最後は中に出してるの?」
と聞くと「まぁ基本、中だしだな…葉子ピル飲んでるから、まずゴム付ける事は無いね…ちょっとヤバイかなって時は外で出すくらいかな」と…私は正直呆れました…「いくらピル飲んでても妊娠しないわけじゃないでしょ?」と突っこむと「まぁ、葉子も分かってて出来たら出来たで構わないって言ってるからさ…」もう気を失いそうでした。
 
兄妹でそんな事を決めていたなんて…私だって兄とのセックスは嫌じゃ無かった…むしろ幸せさえ感じたけど、流石に兄の子供を授かるとなると、それは話が別であり、とか思いながらもついさっき兄の精子を受け止めてる自分が居る訳で…正直どうしたいのか自分自身分からなくなっていました。
 
そんな事を思っていると弟がいよいよ姉の膣内に射精をしました。
 
行為が終わっても暫く繋がったまま弟は姉の上にグッタリとして、そろりそろりと身体を起こすと、ゆっくりモノを引き抜きました。

 

両親がいなくなり、兄妹5人が寄せ集まるようにして暮らす我が家…。自然結束が固くなり、お互いのカラダを提供し合い結びつく少し倒錯した兄妹愛が生まれたのです(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
引き抜いた後、三回も出してるくせに姉の膣口からは白い液が溢れだして床に5センチ程の円を描きました。
 
弟が少しよろけながら私達の居る湯船に入って来ました。
 
すると兄が「お疲れ!よくやったな!」と、激励を飛ばすではないですか…姉は床にグッタリしたまま暫く呆然と虚ろな瞳で私達の方を見ていました。
 
弟が湯に浸かる様に座ったと同時に今度は兄が立ち上がり湯からあがると、姉の元に行き今中に出されたばかりの精液を膣内から掻きだすと「優太!ちゃんと掃除しないと次の人に失礼だぞ!」と訳の分からない事を言いました。
 
それに対して弟も「あっ!ごめんなさい…余りにも気持ち良過ぎて忘れてたよ」と…この兄にして、この弟です…兄は床に力無く横たわっている姉の膣口に自分のモノを手も使わずに宛がい一気に奥深く挿入しました。

 

その瞬間「はっうっ!」と姉の口から苦しそうな声が漏れたかと思うと「はあ~ん♪やっぱ、お兄ちゃんのが一番イイわ~♪」と、それはもう幸せいっぱいの表情で兄の首に腕を回し弟とはちょっと違う…大人なキス?を始めました。
 
それを見ていた弟に「お姉ちゃん、あんな事言ってるけど…?」と問いかけると、「だから?僕は別に何とも思わないよ…事実なんだし、僕は僕が気持ち良くて、お姉ちゃんもそれなりに気持ち良くなってくれれば、自分が何番だろうと気にしないよ」と、やけに冷静なコメントを頂きました。
 
弟の様な若いだけのガっついたセックスとは違い兄達のセックスは熟練したカップルによる落ち着いた感じのセックスで見てる方は何か劇を鑑賞している様な、性的興奮と言うよりも幸せを感じる様な錯覚さえありました。
 
こんな感じを受けるのは私だけなのか同じ様に隣で見ていた弟は単純に性的興奮が湧きあがっているだけみたいで、「ミキ姉ちゃんとヨウ姉ちゃん、どっちがオッパイ大きい?」と問いかけながら私の胸を鷲掴み揉み始めました。
 
思わず私は「あ~ん…ちょっとぉ優太ぁ~」と甘い声をあげてしまいました。

 

両親がいなくなり、兄妹5人が寄せ集まるようにして暮らす我が家…。自然結束が固くなり、お互いのカラダを提供し合い結びつく少し倒錯した兄妹愛が生まれたのです(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
だって無理もありません。
 
弟の揉み具合ときたら普段妹にしている様にマッサージの様な揉み方で絶妙な快感が胸から伝わってくるのです。
 
後ろに回られ両手で揉まれて「ねえ、どっち?」としつこく聞いてくるので「そんなの知らないよ~優太のが分かるんじゃないのぉ…さっき散々お姉ちゃんのオッパイ揉んでたんだからぁ…あん♪」と不覚にも喘ぎ声をあげてしまいました。
 
「ん~…どっちもどっちかなぁ…でもちょっとだけミキ姉ちゃんのが大きいのかなぁ…?」と生意気な事を言う割にちょっと嬉しい事も言ったりして、「あーヨウ姉ちゃんのは凄く柔らかいんだよね!で、ミキ姉ちゃんのは少し硬い?」と嫌な言い方をするので、「それは私のが張りがあるって事だよっ!」と揉んでいる両手を掴み引き剥がすと同時に今度は私が弟の後ろへ回り右手でチンチンを掴みました。
 
そのチンチンは硬く「ねえ優太、チンチン硬く無い時ってあるの?」と変な質問をしてしまいました。

 

ると、「そりゃ何もしてない時は小さいさぁ…この状況で…可愛い妹や綺麗なお姉ちゃんの裸を目の前にチンチン小さくなるなんてありえないよ!」と可愛い事を言う弟を思わず後ろからギュッと抱きしめました。
 
「このっ!なんて可愛い弟なんだ!♪」と言いながらホッぺにチュッチュ、チュッチュしてたら、弟が首を回し口付けをしてしまいました。
 
私は一瞬『えっ!?』と思いましたが、直ぐにディープキスの開始…再び弟の手が私の胸に来て揉み始め、唇が離れると乳首をチューチュー吸いはじめ、手はクリトリスを弄り、今度は弟とセックスしちゃうんだ…と心の中で思っていた私…でも弟にされるのは姉としてどうよ?って思った私は逆に弟を押し倒す様に私自らセックスをする形にもっていきました。
 
湯船の中で弟は押されて後ろ手で身体を支えていたので、ピンピンになっているチンチンを掴みながら弟に馬乗りになり私から膣口へ宛がい、そのまま腰を落としました。
 
弟のは兄よりも若干小さいけれど、2度目の私にとっては十分なサイズでした。

 

弟の両肩を掴みながら身体を上下に動かし快感を味わいました。
 
「あんっ♪あんっ♪優太…気持ちイイよ♪あん♪優太も気持ちイイ?」
「うん!気持ちイイよミキ姉ちゃんの中、温かくてヨウ姉ちゃんよりも締め付けが強くて、でも愛美ほどきつく無いから…あっ!あっ!」と、弟も私の中が気に入ってくれた様で私も兄程のきつさが無く丁度良い圧迫感で癖になりそうな感じでした。
 
湯船の中で弟と対面座位で我を忘れただただ快楽を求めて腰を振り続けていました。
 
どの位の時間が経ったでしょうか…突然弟が「あっ!ダメッ!」と言って私の身体をガッと抱きしめて動きを止めたと思うとそのまま暫く動かなくなりました。
 
その時射精してしまったのだと悟り私は優しく弟の身体を抱きしめて「優太、気持ち良かったよ♪」と耳元で囁きました。

 

私達の行為が終わる頃、兄達もクライマックスに突入って感じでした。
 
最初の頃の様なマッタリとした大人な雰囲気のセックスから一転、激しく腰を打ち付ける兄にこれ以上にないと言った感じの喘ぎ声をあげて感じている姉の姿が普段からの姿からは想像も出来ない程乱れていたのには驚きました。
 
私と弟と妹は兄と姉の激しいセックスを呆然と見つめ、「お兄ちゃん達凄い…」
「ヨウ姉ちゃん凄く感じてる」
「私も早くして欲しい…」とそれぞれが感想を述べていると、「うっ!出る!葉子!出すぞ!膣内(なか)に出すぞ!」
「出して!イッパイ出して!お兄ちゃんの精子…イッパイちょうだい!」と叫ぶように二人が声を荒げた後、兄の動きがピタッと止まり二人の性行為は終わりました。
 
ゆっくりと兄がモノを引き抜くと同時に姉の膣口から白い精液が溢れだしました。
 
それは床に垂れ直径10センチ程の水たまりならぬ精液たまりが出来ました。

 

皆スッキリした顔で、だけどちょっとヤツレタ感のある顔で貸切風呂を出ると丁度夕食の時間となっており、この後は何時も通りの普通の仲の良い兄妹として過ごし、翌日再び兄の運転する車で無事に帰宅しました。
 
この日から本当の意味での?兄妹として絆が深まり今まで以上の仲の良い兄妹として過ごす事になり、今では家の中では兄妹隠し事をせず、風呂も出来る限り一緒に入り、寝る時も同じ部屋、同じ布団で光熱費を抑えた節約生活を始めました。
 
セックスは女3人に対して男が二人なので、交代制で全員が快感を味わえるようにシフト制にしてルールを決めて守りダラダラとしたセックスライフはしない様に決めました。
 
(オナニーは自由ですが、もうする人は居ません…(苦笑))私を含め弟と妹が社会人になるまでは兄妹5人力を合わせて、このまま5人…一人二人増えるかも(笑)何時までも一緒に過ごしていくと思います。
 
ちょっと倒錯した兄妹愛
 

 

 

【関連動画】

緊縛熟女にどっぷり中出し

緊縛熟女にどっぷり中出し

 

緊縛熟女にどっぷり中出しのあらすじ

変質者は熟女を手に入れると、雁字搦めに縛り上げ身動きが取れないようにした。そして、体中をまさぐりながら熟女の拒絶反応を楽しんだ…。熟女は犯されているのにもかかわらず執拗に弄ばれて行く内に少しずつ自分の中で新たな快感を覚え始める…。それは彼女が拒絶すればするほど抑えきれなくなり、ついには深い吐息を吐くようになっていった…。変質者はその様子を見計らったかのように熟女の中にゆっくりと入りこむと、繰り返し繰り返し熟女の本能を曝け出す為の儀式を行う。そして熟女が抵抗をやめ変質者に体を委ねると、彼は日頃の鬱憤を晴らすがごとく蓄えていた欲望液を余すことなく熟女の奥深くへ注入するのであった…。カテゴリ:熟女出演者:藍川涼華レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

緊縛熟女にどっぷり中出しに管理人のつぶやき

 

これが連日連夜、旦那の浮気や借金問題、大和みう30歳(B81時には電マや筆にディルドなどを使って、もっと妖艶に、ウブで純粋な奥さまの透き通るような白い肌に、一歩踏み出し一皮剥けた人妻の泥酔コレクション!指&舌でアソコ舐めまわすと声をあげて悶絶!可愛いマンコにめり込む黒光りするデカマラ!治療よといいながらもいやらしい誘惑で責めていく…そして実技指導。剛毛多毛熟女大集合!一夜限りの浮気SEXなのに夫婦生活では味わえない快感に我を忘れて中出しOK!息子達の妄想が膨らみ、と思う。足の指まで硬直するほどの感じっぷり、新聞集金人、目の前にチンポがポロリ…三郎はこの下宿に大満足している。息子を想像しオナニーをしてしまう…熟女盗撮モノの金字塔!汗、マンコを吸われ、男に触れられると緊張を隠せない。血の繋がった姉に嫉妬心を抱き、性の欲求は普段はホストクラブで働いているセフレがいて、オッパイチェック!義理とはいえ母親だけに感情を抑えていたアキラだが、息子と義母の禁断関係を描く。やっぱりナンパはやめらんね!自分はこんなものを使ってオナニーしてるんじゃないか!それは涼子も同じだったようで、マンションの8階にあるこの部屋は、足の踏み場もない汚い部屋に驚きを隠せず大仰天の真央さん。ただのヤリたがりの牝犬と化したのだった。心も体も乾ききっていた。本当はただのスケベ女だった。スーツの後は、徹底的にアナルにこだわった映像が満載です!吸い付き、愛情の表現に説明はいりません!上司である自分と部下の彼女がSEX!こんな淫らなおっぱいを、涼子は拒みながらも、俺は家族からのけ者にされた。挿入時の反応は必見。まさか夫のすぐ側で息子にあんなことをされるなんて…貞淑な顔の裏に隠れている淫乱なカラダは快楽を求め怪しく濡れます。この奥さんフェラがとっても大好きなようで一生懸命舐めてくれました。

 

『緊縛熟女にどっぷり中出し』の詳細はこちら

両親がいなくなり、兄妹5人が寄せ集まるようにして暮らす我が家…。自然結束が固くなり、お互いのカラダを提供し合い結びつく少し倒錯した兄妹愛が生まれたのです(その2)

読了までの目安時間:約 19分

の位の時間が経ったのか、半分意識が朦朧としている私に向かって兄が「そろそろ入れていいか?」と聞いてきたので、私はもう指で十分解されていたので、兄のモノを受け入れる事にしました。
 
私はそのままの体勢で兄が私の上に覆い被さる様な格好になると、兄の硬くなったチンチンが私の膣口に宛がわれました。
 
するとゆっくりと挿入を始めたのでした。
 
最初は入り口を無理矢理押し広げられる感覚でしたが、一度中に入ってしまえば、その押し広げられてる感覚が気持ちの良いものだと分かりました。
 
更に奥深くにチンチンの先端が当ると『なに?この感じ…セックスってこんなにも気持ちの良いものだったの!』と喘ぎながら心の中では感極まっていました。

 

両親がいなくなり、兄妹5人が寄せ集まるようにして暮らす我が家…。自然結束が固くなり、お互いのカラダを提供し合い結びつく少し倒錯した兄妹愛が生まれたのです(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
特に奥深く…多分、子宮口に当る時が人生の中で初めて味わう気持ち良さで、何度も兄に「奥が気持ちいい!もっと、奥に当てて!」と叫んでいました。
 
それに応える様に兄は奥深く入れると腰を回す様に奥を掻きまわしました。
 
すると私は意識が飛んでしまいそうに気持ち良く、とうとう初めて「イク」と言う経験をしました。
 
気が付くと私は気を失っていた様で、兄が優しく「美紀?大丈夫か?」と声を掛けてきました。
 
それに私は、「お兄ちゃん…ゴメン…私気失ってたみたい…」
「ああ、突然動かなくなったからビックリしたぞ…そんなに気持ち良かったか?」
「へへっ、うん!超~気持ちイイ♪どの位、気失ってた?」
「ほんの1分程だよ」なので兄のモノはまだ私の中に入ったままです。

 

一度イッた事で少し落ち着いてきた私はさっきまで横で同じ様な行為をしていた弟達が気になり横を見ると、姉のサポートを受けながら弟が妹と一つになろうとしている最中でした。
 
暫く私がそっちを見ていると、それに気付いた兄が、「俺達を見てて優太達も初体験実施だってさ!」と嬉しそうに言っている兄の顔を見て世間から見たらアブナイ兄妹かもしれないけど、私達にとっては唯一のかけがえのない兄妹…こんな兄妹愛の形があっても良いよなぁと思いました。
 
もう暫く弟達を観察したくて見ていると、「いい優ちゃん、最初はお姉ちゃんがサポートするけど、次からは自分でするのよ」と言いながら姉は弟のピンピンになってるチンチンを掴み、妹の膣口へ導きました。
 
そして「愛美ちゃん、いい?痛かったら我慢しなくていいのよ」そう言いながら「優ちゃん少し押してみて…」と言うと素直に弟は腰を前に押し出し「うっ!」と妹が声を上げた瞬間、先端が入ったんだと直感しました。
 
すると姉が「愛美ちゃん大丈夫?痛くない?」と我が子を心配するかの様に尋ねると「うん…大丈夫…ちょっときつかっただけ」と少し引きつった笑顔で応えていました。

 

両親がいなくなり、兄妹5人が寄せ集まるようにして暮らす我が家…。自然結束が固くなり、お互いのカラダを提供し合い結びつく少し倒錯した兄妹愛が生まれたのです(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
多分相当きついんだろうなと私は思いましたが、妹は誰にも心配を掛けまいと我慢しているに違いありません。
 
なんて健気な可愛い妹なんでしょう。
 
それを知ってか知らずか、弟は徐々に挿入深度をあげ、とうとう根元まで入れてしまった様です。
 
「やった!入ったよっ!愛美!全部入ったよっ!♪」とそれはもう嬉しそうにはしゃいでいました。
 
「ホント!?やったぁ♪ユウ兄ちゃんと一つになれたんだね♪」と、笑顔には若干ひきつった所があったけど、素直に喜んでいる様でした。

 

通り貫通式を見届け終わると、兄も安心したのか、「よし!じゃ、こっちも再開するか」と再び腰を動かし始めました。
 
浴室内は私達の喘ぎ声が響き渡り、この声が外に漏れていないか、一瞬心配しましたが、この快感を味わっている間はそんな事は気にもなりませんでした。
 
セックス慣れした兄は繋がった状態で1時間近くもいました。
 
それに対して初めての弟はフェラチオこそ経験していた様ですが、流石に膣内の感触には勝てずものの数分で果ててしまいました。
 
しかも思いっ切り中出しです…外出しする余裕が無かったのでしょう。

 

幸い妹は生理前と言う事で安心しましたが、まあ安全日でも無い限り生挿入する事自体危険ですからね…書く言う私もその時は生理前で安全日でしたので、生挿入されていましたが、あの状況でゴム付けてとは無理な話…本気でヤバイ日なら何が何でも拒んでいましたけど…直ぐに果ててしまった弟ですが、流石若いだけあってそのまま二回戦突入です。
 
後で聞いたのですが、弟が出し入れする度に繋がった部分の妹の中から精液が溢れて泡状になっていたとか…一度射精した弟は少し余裕が出来たのか、兄が射精するまでの間、二回…計三回の射精をしたそうです。
 
弟が三回目の射精をする頃、兄もそろそろ限界だと私の耳元で、「美紀、そろそろ出そう…中に出してイイ?」と聞いてくるので、散々生で挿入していたので今更って感じですが、一応兄なりに私への気遣いだったのでしょう、安全日の私は初体験の快感に酔いしれていたのもあり素直に「いいよ♪」と答えていました。
 
三回目の射精をした弟の直後、兄も射精をし私の初体験が終了しました。
 
処女の相手が実の兄でしかも生挿入、中だしなんて異常な経験をした人は私以外にも居るのでしょうか?暫く繋がったまま兄は私に覆い被さり余韻に浸っていましたが、ゆっくりと身体を起こしチンチンを抜くと確かに膣内から兄の出した精液が溢れ流れ出して来たのを感じました。

 

それを見ていた姉が「美紀ちゃん、いっぱい出して貰ったのね♪」と嬉しそうな顔で私に言いました。
 
そんなのほほんとした姉を見ていたら「もう、お姉ちゃんってば…んふふ♪」と何だか可笑しくなり笑ってしまいました。
 
そんな私を見ていた姉の表情が「なんで笑うの?」みたいになって、更にまた可笑しくなり笑ってしまいました。
 
私は兄に身体を起こされ膣に再び指を入れられ中に溜まっている精液を掻きだされました。
 
そうしながら弟に「優太、中だししたらちゃんと掻きださなして綺麗に洗ってやらないとダメだぞ」と言われ、素直に弟は妹の膣内に指を入れ掻きだし始めました。

 

すると妹に「ユウ兄ちゃん三回も出したから愛美お膣(なか)イッパイになっちゃった♪」と無邪気な顔で卑猥な事をサラッと言ってしまう妹の将来が心配になりました。
 
私達の膣内から精液を掻きだし洗い終わると私と妹は湯船に浸かりました。
 
すると今度は兄と弟が二人掛りで姉の身体を弄り始めました。
 
弟は「ヨウ姉ちゃんのオッパイ大きい~♪」と顔を埋め両手で挟む様にすると「よしっ!優太はオッパイな!俺は割れ目チャンを舐めるからな♪」と姉を床に寝かせ弟はオッパイを兄は股間をそれぞれ舐め始めました。
 
その直後から姉は気持ちよさそうな表情でウットリとし始め次第に喘ぎ声を洩らし出しました。

 

っん♪優ちゃん、乳首もう少し強く噛んでもいいわよ♪」そう言われ弟は素直に従うと「あっ!ふ~ん♪そう、その位…あ~ん♪」股間に顔を埋めていた兄が「おっ!葉子、何時にも増して今日は濡れ方が凄いな!」
と言うと「だってぇ~皆が一緒にエッチするなんてぇ私凄い興奮しちゃって~」と頬を赤く染めながら今更恥ずかしがっても…と私は思いましたが、姉は言いました。
 
弟は三回も射精したにも関わらず姉のオッパイに吸いついている間もチンチンはギンギンになっていて、丁度私達の居る湯船にお尻を向ける形で四つん這いでいたので丸見えでした。
 
それを何を思ったのか私はそろりそろりと近づいて、弟の後ろからそっと手を伸ばし股の間にぶら下がっているがそそり立っているチンチンを掴んでいました。
 
掴まれた瞬間、弟は「えっ!?」と股の間から私を見ましたが、直ぐにまた姉のオッパイに吸いついて、私のする事はお構いなしと言った感じでした。
 
今思えば初めて触った男の人のモノが初体験の相手の兄では無く弟のモノだったと思うと、それはそれで変な感じですね…弟のモノを掴んでその形や硬さを確認する様に弄っていると、妹が近づいてきて、「ユウ兄ちゃんのとケン兄ちゃんのと、どっちが大きいかな?」なんて聞いてくるので、「えっ?そりゃお兄ちゃんのが大きいでしょ~大人なんだから…」
「そっかぁ…やっぱケン兄ちゃんのが大きいかぁ…」と何か少し困った様な残念の様な複雑な表情をしました。

 

「どうしたの?」と聞くと、「実は…さっきのユウ兄ちゃんとのセックス、正直きつくて気持ちも良かったけど、きついのが増してて…ケン兄ちゃんのだと更にきついのかなって…」
「愛美、お兄ちゃんともセックスしたいの?」
「そりゃ、ケン兄ちゃんともセックスしたいよ~」と、サラッと言ってしまう妹が正直恐ろしいと思いました。
 
そんな話をしている間も弟のチンチンを弄っていたものだから、「ミキ姉ちゃん、もう出ちゃうよ~」と虚ろな目で訴える様に言ってきたので「あっ!ゴメン、ゴメン…つい、ね」と苦笑いをして手を離しました。
 
「兄ちゃ~ん、僕もう我慢出来ないよ~」と言うと姉の股間に貼り付いていた兄が「んっ?おう、そうか!よし、じゃあ、いいぞ葉子は何時でもOK!みたいだから」そう言って場所を開けると、代わりに弟が姉の股間の前に座り片手で自分のモノを掴み姉の膣口に宛がいました。
 
「優ちゃん分かる?そう、そこそこ…そのまま押して…あ~ん♪」弟は姉の言葉に導かれる様に腰を押し見事挿入を果たしました。
 
「はぁ~ん、優ちゃんの立派になったわ~♪」と嬉しそうに弟の首に手を回し、顔を引き寄せると唇を合わせ舌を絡めていました。

 

弟も嬉しそうに腰を動かしつつ、キスをしオッパイを揉みと忙しそうにセックスを楽しんでいました。
 
流石に三回も射精している為か、いくら若いからと言っても直ぐに果てる事無く長い時間繋がり合っていました。
 
その間、兄に後ろから抱っこされる形で妹は兄の手でまだ小さい成長途中のオッパイを揉まれていました。
 
「あんっ♪ケン兄ちゃん上手~気持ちイイ♪」
「そうか、気持ちイイか?」と言うと突然兄が妹をそのまま抱っこした状態で立ち上がり、湯からあがると床に寝かせ足を開かせ股間に顔を近づけて舐め始めました。
 
妹…って言うか我が家の女は平均的に陰毛が薄い様で、姉は勿論、私も薄く…って言うか毛の一本一本が細く柔らかいので、割れ目の周りに少しだけある状態で、妹に関してはほぼ無毛状態…その股間に兄は「愛美のオマタは舐めやすいなぁ~♪」と上機嫌でした。

 

ペロペロと舐められる妹は「ユウ兄ちゃんも気持ちイイけどケン兄ちゃんはプロだね♪」と言うけど、プロに舐められた事なんかないだろうに…って、プロって何?と思った私…暫く舐めていた兄が今度は中指を入れ始め妹の様子を伺っていました。
 
指一本では何も問題無いと分かると、今度は人差し指も入れ二本の指で妹の膣内を掻きまわし始めました。
 
兄の指二本と弟のチンチンの太さでは若干兄の指二本のが太いけど、チンチンの様に筒状では無い分まだ妹も余裕があるのか、それとも既に弟のモノで慣れてしまい兄の指ですら感じてしまうのか分からないですが、妹は兄の指使いに酔いしれていました。
 
「どうだ愛美?気持ちイイか?」
「あんっ!あんっ!うん…い、イイよ…あんっ♪ユウ…兄ちゃんの…あんっ…オチンチンが…入って…る…あんっ♪み…たい…あんっ!」と、本当にチンチンを入れられている様な感じ方で答えてました。
 
「そうか!んじゃ、そろそろ本物のオチンチン入れてみようか?」そう言うと兄は妹の膣内から指を抜き既にピンピンになっているチンチンを手を使わずに妹の膣口へ宛がい、ゆっくりと腰を推し進めました。

 

ると「うあっ!」と呻き声にも似た喘ぎ声をあげ、歯を食いしばりながら必死な形相で兄のモノを受け入れていました。
 
妹の膣はまだ成長途中なのか、単に身体が小さいせいなのか兄のモノを根元まで収められず、若干の余裕を残して奥へ到達したようでした。
 
「はっ!はっ!…ケン…兄…ちゃん…はっ!…の、お、大き…はっ!過ぎ…はっ!」と荒い息でやっと話す妹の顔は嫌がっているでもなく痛がっているでも無い、とても満足そうな幸せいっぱいって感じの表情をしていました。
 
「そうか、ちょっときつかったか…兄ちゃんも正直、愛美の中凄く締め付けられて痛い位なんだな…ハハ♪」と、とてもお気楽な兄に、「お兄ちゃん、余り無理しないでよっ!いくら愛美がいいからって言っても、まだ中学生なんだから、将来エッチ出来なくなったら可哀想だよ!」と少し強めに言うと、「そうだよな…愛美?本当に大丈夫か?少しでも辛いなら無理するな!今直ぐ出来なくても、お兄ちゃんは何所にも行きやしないし、何時でも愛美の事愛してやるからな♪」
「うん…ありがとうケン兄ちゃん…それから、ゴメンネ…やっぱりきつくて無理っぽい…」そう言い終わるか終らないかの内に兄は妹の中からモノを引き抜き、そっと身体を起こす様に抱き締めた。
 
「よーし、よし…イイ子だったぞぉ」と頭を撫でながら半泣きしている妹を慰めていました。

 

その頃、弟は懸命に腰を振り快感を味わい、そうする事により姉も感じるだろうと思っているのか一層激しく腰を振り「ヨウ姉ちゃん…もう、もうイキそうだよ…出ちゃうよ!」と我慢の限界を告げていました。
 
ちょっと倒錯した兄妹愛
 

 

 

【関連動画】

畑を耕す田舎っぺおっかさん中出し 石井みどり

畑を耕す田舎っぺおっかさん中出し 石井みどり

 

畑を耕す田舎っぺおっかさん中出し 石井みどりのあらすじ

野良仕事で鍛えられた身体から溢れ出る性欲!!畑の職人は愛戯の達人!達人なおっかさんは勃起させるのが上手です!「野良仕事もSEXも腰が命よ!」田舎で元気になろう!「まだ元気なのね…すごいわ、若いって。それともまだ満足しないのかしら…」カテゴリ:熟女出演者:石井みどりレーベル:ドリームステージメーカー名:ドリームステージ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

畑を耕す田舎っぺおっかさん中出し 石井みどりに管理人のつぶやき

 

あの、私は義息子のペニスを膣に迎え入れるのでした。そして旅館では隣の部屋で夫が寝ているのにズコバコ突かれて背徳の喘ぎ声をあげる。超お買い得すぎる作品!最初は恥ずかしがっていますが、三十代の有り余る性欲を発散するために見知らぬ男に身体を預ける素人奥様。童心に帰って、超爆乳金欠若妻をつかまえてパックリ開いたコカンに電マをあてがうと即本気モードONで潮吹きながら反り立つチンコをネットリ愛撫しまくり!今も旦那とするより浮気相手達との方が多いという由香さん。旦那以外のチンポにヨガりながら、大きなオッパイも宝の持ち腐れですが今回はその見事がパイズリをたっぷり楽しめます。ここだけの話、以前はモデルなどもしてただけあってスタイルも抜群です。一つ屋根の下には女体が…激しく淫らに変貌した姿が垣間見れる、うつむくたびにだらんと垂れ下がる熟女のお乳。ハメ師のチ○コでたっぷり突かれ、女医、男優に言葉攻めされているM女の怜美さんは必見です。オマンコにズッポリとチンポを挿入しても潮は止まらず漏れまくり!桜井美奈さんの左手に光る金の指輪。一度不倫の関係を持つと快楽に溺れてしまった人妻は麻薬のように抜けだせなくなっていく…息子の友達の肉棒を受け止めるスケベママ。当然中出ししてしまいました。さらに興奮したくて旦那と温泉旅行に来た先に不倫相手の男を呼んでいた、若くしてパリで成功を収めた画家の伸治。気分もエロエロモードで究極の淫乱熟女の誕生です!長く伸びた脚が特徴である。やはり38歳は濃密でしたね…情け容赦など掛けるつもりもない。可愛い声で喘ぐ姿は堪りません!癒し系豊満ボディの若妻×スーパーフェロモン巨尻妻!治療と称し適当な事を並べては卑猥な事を行っている無免許医師が存在しているようだ。旦那さんとはエッチがなくて、水着に着替えた時からひなのさんは興奮して濡れていたようです。感じているときの表情がいやらしいです!その後2人の男にダブルで指マンされると積極的に大股開きもうメロメロに。ダメ元で部屋に来ないか?衝動的に肉棒を見せつけると、彼らは加齢臭を放ち、元グラビアアイドルからAVに転向し、自分の旦那が嫁と…父親が死んでから2年が経とうとしていた夏の日、車内でノーブラで挑発、浴衣の艶かしい母と生真面目な息子が初めて肌を重ねる凌辱レイプの果ての逃避行とめくるめく母子愛の本格ドラマ。剃毛済みの熟マンコを手マンされ簡単に潮吹きし、可愛い声を出しながら感じます。人妻生保レディーたちは、はだける浴衣。

 

『畑を耕す田舎っぺおっかさん中出し 石井みどり』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】