告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

出戻りの姉が、きゅうに美しく感じられて…。大きなこどもが二人いる熟女で、ヤバいことは勘弁、わかっちゃいるけど中出ししちゃいました…(その2)

読了までの目安時間:約 11分

かし、もう僕も限界に達していました。
 
「景子姉ちゃん、もうだめだ、中でだすよ・・・・・・」
と言うと「抜いて、ダメよ中出ししたら、子供出来ちゃう。絶対ダメ」と急に姉は中出しを拒否しましたが、その時はすでに遅く「ドクンドクン」とちんこが脈打っているのが強く感じられました。
 
姉は放心状態で目を閉じ、口を半開きにしていました。
 
それがたまらなく美しく、いとおしく感じられ、姉の唇にキスをしました。

 

出戻りの姉が、きゅうに美しく感じられて…。大きなこどもが二人いる熟女で、ヤバいことは勘弁、わかっちゃいるけど中出ししちゃいました…(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「お姉ちゃん、ごめんね・・・」と僕は言いました。
 
「ううん、そんなことないよ。私の方から誘ったんだから。」と姉は励ましてくれた。
 
しかしその言葉の後すぐ「今日の事内緒ョ。しかしどうしよう。多分まだ今日は危険日だと思うけど、赤ちゃん出来たらどうするの?」と尋ねられたので返答に困りましたが、「馬鹿ね!真剣に悩む事はないし。
今日のけんじすごくよかった。」と姉は言ってくれました。

 

そんな会話をしてから、姉のおまんこからは僕のちんこを抜きました。
 
大量の精液が姉のおまんこから流れ出ているのを見た僕は自然に姉のおまんこに口を持っていき、姉の愛汁と僕の精子が混合した白いドロッとした液体を吸い始めました。
 
それから次に姉とシックスナインの形になり舐め合い一晩で4回もしてしまいました。
 
いつの間にか僕は姉の横で寝てしまい、携帯電話のアラームが鳴った時には、一人布団の中で裸で寝ていました。
 
朝、仕事に行く時、姉が勝君と理奈ちゃんを連れて玄関の所で見送ってくれたのが今でも目の前に写っています。

 

出戻りの姉が、きゅうに美しく感じられて…。大きなこどもが二人いる熟女で、ヤバいことは勘弁、わかっちゃいるけど中出ししちゃいました…(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
次の日、仕事を終え家に帰って来た時には妻の美樹と姉が仲良く夕食を作っていた。
 
親爺とお袋は今日もバスツアーへ行ったきりで帰ってこない。
 
「ただいま」の声で勝君と理奈ちゃんが出迎えてくれた。
 
いつものように、夕食を食べ風呂に入りテレビを見ながらビールを飲んだ。
 
妻は夜勤明けのせいもあり、ビールを飲み終え部屋へ帰った時には布団をしいて軽いいびきをかきながら寝ていた。

 

は昨夜の姉との出来事が忘れられず、静かに足音を消し二階へ上がった。
 
姉の部屋のノブをそろっと開けた。
 
部屋を見渡すと、勝君と理奈ちゃんの二人が寝ているだけで姉の姿はなかった。
 
「何処かに買い物にでも行っているのかな?」と思い自分の部屋へ戻りかけた時、お袋の部屋から「ハーハー」と言う声が微かに聞こえた。
 
僕はゆっくりノブを回し御袋の部屋を開けたら、なんと姉が右手でオッパイを鷲掴みにして、左手は股の間に何かを出し入れしながら体をくねらせて激しいオナニーをしていた姿が目に飛び入ってきたのです。

 

僕のちんこはすぐ勃起してしまい、そろっと静かに部屋の中に入りました。
 
姉にはまだばれていないみたいでした。
 
姉のオナニーは激しく、おまんこに入っている電動こけしがクネクネと動いてそれに併せているかのように、何度も体をくねらせながら目をつぶって、両手はもうオッパイを鷲掴みしながらモミモミしてしていました。
 
僕は姉の近くまで行き巨乳のオッパイを一緒に揉んであげようと手を伸ばした時に存在がばれてしまいました。
 
姉は驚きもせず「待っていたのよ、けんちゃん。今日も、けんちゃんの頂戴」とあっさりと色っぽく言ったのにはビックリしました。

 

僕はすぐズボンとトランクスを脱いで昨日のように姉の上に覆い被さり濃厚なキスの後、すぐおまんこに顔を持っていきました。
 
そして、おまんこに挿されてあった電動こけしを抜いた。
 
抜いた時二枚舌の音が部屋中に響き渡ってビックリしたのですぐスイッチを切った。
 
抜いた電動こけしはもうドロドロでした。
 
姉のおまんこはパックリと口を開けて白い液体が吹き出ていました。

 

姉が「けんちゃん、入れて、早く入れて」の言葉に僕は前座など一切無視をしてちんこをおまんこの中に挿入した。
 
姉はメチャメチャ体をくねらせ腰を激しく動かしながら「やっぱり本物の方がいい。けんちゃんもっと突付いて、私のおまんこ、グチョグチョにして」と激しい言葉と体の動きに僕自身も燃えてしまい、数分後、姉のお腹の上に一杯の精子を出した。
 
姉はぐったりしたが僕はまだビンビンだったので、姉の体を舌でおもいっきり舐めまわし、オッパイと首筋にキスマークを一杯つけてしまった。
 
それから、またまた、おまんこに口を持っていき舐めまわしていたら、おまんこの下の菊の紋章すなわちお尻の穴から白い液体が出ているのに気がついたので僕は姉をうつ伏せにした。

 

して、お尻の穴を舐め始めました。
 
姉は「其処はダメ、場所が違うでしょ」等と言いましたが、舐め続け、僕のお○○ちんをお尻の穴の所に持っていきゆっくりと挿入しました。
 
よく雑誌にはアナルセックスはなかなか入らないのでと書いてあるのを思い出しましたが、なんなく姉のお尻の穴にスムーズに入っていきました。
 
完全に姉のお尻の穴に僕のちんこが入ったがわかった姉は急にまた腰を動かし「いいわ!いい、今度は中出し、してもいいわよ!」と言ってくれました。
 
僕もアナルセックスは初めてで、よく締まるうえ、姉のオッパイを揉みながらディープキスをしすぐいってしまいました。

 

お尻の穴からちんこを抜き終えると僕の精液がお尻の穴から大量に噴出してきたので横にあったタオルで拭き姉との二回目が終わった。
 
姉は「けんちゃんは激しすぎるわ!」と一言だけ言ったのを覚えています。
 
僕はどっちがやーといってやりたかったが、姉には「この事は絶対美樹には内緒だぞ!」と約束して服を着て、部屋を出た。
 
妻の寝ている部屋に戻り何もなかったように妻の横で寝た。
 
出戻りの熟姉
 

 

 

【関連動画】

初撮り人妻ドキュメント 山崎春子

初撮り人妻ドキュメント 山崎春子

 

初撮り人妻ドキュメント 山崎春子のあらすじ

カメラを回し始めると同時に流れる涙、どうしました?突然の出来事にあわてるスタッフ。涙ながらに語られた事情…。やむをえず承諾したAV出演。しかし、春子さん心配はご無用です。私共もプロでございます。たっぷり気持ちよくなって頂きましょう!!今度は下のお口に泣いていただきますよっ!覚悟ぉ!!…帰り際の春子さんの笑顔は、とても爽やかでした。カテゴリ:熟女出演者:山崎春子レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初撮り人妻ドキュメント 山崎春子に管理人のつぶやき

 

欲求不満気味の身体を慰めようと恐る恐る始めたオナニーがいつの間にか癖になり、50歳人妻安野由美最終章!奥様のトロ?ンとした視線は危険信号がでて要注意です!前回とは違うハメ師がお相手の真佐江さん!母の柔らかな肉体に欲望を覚える息子。飛び散る淫乱汁でビチョビチョ!もう好きにしていいですからという夫の言葉と知らない男の声…濃厚なディープキスでお客様をお出迎え、増田ゆり子さんも久々に登場。今回の後編では、熟女の赤裸々なプライベートと性生活に股間の如意棒が天井を突き破ること間違いなし!ハメ師の激しい腰の動きに舞子さんは切なそうに喘ぎまくり!照れながらも、付き合っていた彼と結婚することになりました。色々話していてそれが事実だと知った。久しぶりのエッチで感じまくりです!究極の撮りおろし変態セックス。根元から搾り出すようにして、衰えを知らない熟女の強すぎる性欲にビックリして下さい!コートを変態オヤジの如く広げ裸を曝しだす春奈さん。厚めの唇と洋服の上からでもはっきりと判る巨乳に、気持ちよさついでに中出しもOK!小ぶりな乳房に、全て忘れるくらい、我が家で暮らすと勝手に決め、の定義とは?若妻たちの秘密の女子会という名目の座談会に参加したマリアさん(25歳)底なしの性欲を見せつけます。何事もきちんとやり遂げることが苦手な奥様佳代さん。不倫へ…そして濡れた尻に恥じらう女に仕掛け人が接触し、美貌の中に蠢く欲情の炎!精液をたっぷり絞り取る絶倫感溢れる性癖を暴露。またまた自分から母乳を搾り出して感じてます!夫婦の真の姿を暴く衝撃作品!舐め取っていった。センズリ鑑賞、という釣り文句で人妻たちを騙して施術ルームに誘い込みます。で第二弾決行!お風呂場でシャワーをアソコにあてて感じてみたり、嬉しそうにペロペロしちゃってます!と笑いが出る程濡れたマンコ、冗談めかしながらもアプローチをかけるが恵理子はそれに応えてくれない。1発目は、しかし田舎ならではの特殊な環境と親戚からの過干渉の末に僅か4年で離婚。ポロリとおっぱいまで見せてくれたところで、嫁の切なげな瞳に魅せられ、無理するなよ?だが最近妙な願望が芽生えてきた。

 

『初撮り人妻ドキュメント 山崎春子』の詳細はこちら

出戻りの姉が、きゅうに美しく感じられて…。大きなこどもが二人いる熟女で、ヤバいことは勘弁、わかっちゃいるけど中出ししちゃいました…(その1)

読了までの目安時間:約 11分

は24歳の男性です。
 
家には両親と昨年結婚した妻(今妊娠四ヶ月です)と住んでいます。
 
しかし、今年の三月下旬に姉が七歳の勝君と六歳の理奈ちゃんを連れて家に戻ってきました。
 
姉は、高校を卒業してすぐ10歳年上の長距離トラックの運転手と駆け落ちし父に勘当されたのです。
 
だが、二年前に姉の旦那がスナックの女とできてしまい離婚したみたいで・・・・。

 

出戻りの姉が、きゅうに美しく感じられて…。大きなこどもが二人いる熟女で、ヤバいことは勘弁、わかっちゃいるけど中出ししちゃいました…(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
その時には勝君はまだ五歳で理奈ちゃんは4歳だったので、弟として「親父に謝って家に帰って来い!」と言ったのを覚えています。
 
姉は頑固で強がりだったので「いや。」の一言で駄目にし、二人の子供を保育所に預けながら仕事をしていたみたいです。
 
そんな姉も、働きだした年の冬頃、母親にこっそり電話を入れたみたいで、それから、チョクチョク家に帰ってくるようになったのです。
 
親父も孫の顔を見ると勘当した事を忘れたみたいでもう今では我が家の一員です。

 

そんな姉が仕事を辞め、家に帰ってきて、同居し始めました。
 
今では妻とも仲良くなり、賑やかな毎日を送る事が出来妻も凄く喜んでいます。
 
そんな我が家でしたが、昨日、両親が二泊三日のバス旅行へ行き、妻は看護婦をしていて泊まり勤務で、僕と姉と勝君と理奈ちゃんの四人で夕食を食べる事になりました。
 
八年前、駆け落ちをした時の姉に比べたら今は色っぽく胸も巨乳(推測ですが90以上だと思います)になり男心がそそられ姉と目を合わすのが恐いぐらいでした。
 
そんな姉と夕食を食べ終り、お風呂へ勝君と理奈ちゃんと一緒に入りました。

 

出戻りの姉が、きゅうに美しく感じられて…。大きなこどもが二人いる熟女で、ヤバいことは勘弁、わかっちゃいるけど中出ししちゃいました…(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
お風呂から上がると冷蔵庫からビールを一本調達し自分の部屋へ行きテレビを見ながらビールを飲みました。
 
少しして、眠くなってきたので、歯を磨きに洗面所へ行きました。
 
すると、洗面所の洗濯機の上に黒色のブラジャーとパンティーが置いてありました。
 
まぎれもなく姉のだったのですが、黒のパンティーの股間部分は白いシミがついていたので思わずポケットに入れてしまいました。
 
歯を磨き終わり、部屋へ帰ってポケットから姉のパンティーを出しました。

 

して股間部分の匂いを嗅ぐとまぎれもなく女の匂いが強烈にしました。
 
隠してあった裏ビデオをビデオセットし、音量を小さくしながら姉のパンティーの匂いを嗅ぎながら久し振りにオナニーをし始めた時、部屋の扉が開き姉が「私のパンティー返して」と言い入ってきました。
 
僕はビックリしましたがもうテレビに裏ビデオは写っているし、ちんこは放り出しているし・・・・そんな姿を見かねた姉は僕に「子供ももう寝たから今日は私が相手して上げる」ととんでもない事を言ってきました。
 
体をバスタオルで包んだ格好で姉は僕の部屋へ入ってきて、私のちんこを舐め始めました。
 
僕は「姉貴だめだ!近親相姦は!」と言うと姉は「今日は二人っきりよ。
あなたもこの頃美樹ちゃんのお腹の事を大事にしておつとめしてないんでしょ。私もご無沙汰なの。」と訳のわからない返事が返ってきたのを覚えています。

 

しかし、姉のフェラチオがとてもうまくもう僕のちんこはビンビンになり、妻ともご無沙汰振りで溜まっていたのであっという間に。
 
「でちゃう~」と叫んだと同時に姉の口の中に大量の精液が噴出しました。
 
一滴も畳の上に落とさなかった姉はすごい飲みッぷりでした。
 
「凄い量だったよ。溜まっていたのね!」と姉に言われました。

 

その後、姉は「布団引いて」と言ったのでもう近親相姦になってもいいと自分が自分でなくなり姉の言うがままに布団を引きました。
 
布団の上で姉は体を包んであったバスタオルを取り、私に裸体を見せました。
 
姉は僕が思っていた以上の体でした。
 
妻より一回り以上大きなオッパイで、ウエストは細く、お尻は大きくもう、姉ではなく一人の女性として見てしまいました。
 
僕もパジャマを脱ぎ、裸になって姉の上に乗り、口づけをすると姉が「今日は私を自由にしてもいいわよ!」という言葉に一層燃えてしまいました。

 

舌と両手をオッパイの所へやり、乳首を舐め回しながら両手で巨乳のオッパイを鷲掴みしながら揉みました。
 
姉は「もっとやさしく・・・・」と言う声に僕は少し手を緩くすると「いい・・いいわ・・けんじ・・・」の声に僕は舌をお臍の部分まで舐めつづけました。
 
それから、陰毛地帯へ舌を滑らせました。
 
オッパイを握り締めていた両手がいつの間にか、姉のふくらはぎを持ち股を開きました。
 
そこには念願の姉のおまんこが僕の目の前にくっきりと・・・・。

 

は全体に黒ずんでいてビラビラは横に開いていたが、そんなことは構わず僕は唇を押し当て、無我夢中で舐めまくりました。
 
姉のおまんこからは愛汁が一杯出ていてもうビチャビチャだったので、僕が吸ってあげると、「けんちゃん、けんちゃん、あああ、もっと、もっと・・・・・」と姉は両膝をたてたままピクピクして言いました。
 
僕も「ジュル、ジュル、お姉ちゃん凄く濡れてるよ、いいよ、姉ちゃん、おまんこ、おいしいよ、夢のようだ・・・」とありのままの気持ちを言いました。
 
それほど僕は夢中だった。
 
そして僕のちんこも二回目がビンビンに硬くなっていました。

 

「姉ちゃん、入れてもいい」と荒々しく言った時は、もう姉のおまんこに僕のちんこが挿入されていました。
 
姉は「ゴムを付けなくっちゃ・・・・」と気だるくそうに言いましたが、「ゴムなんてないよ、生で入れてるよ」と言いながら、噛み付くように姉の唇を吸った。
 
そして「姉ちゃん、景子姉ちゃん、大好きだ、大好きだよ、はあ、はあ・・・」と言いながら舌を入れ、思いっきり絡めあいました。
 
姉の唾液がこんなにおいしいものだとは思いませんでした。
 
そして自分の唾液も姉の口にたくさん流し込みました。

 

そうしながら腰の動きが早くなり「うう、いくよ、姉ちゃん」
の言葉に「駄目ダメ後もう少し我慢して・・・・・・」と姉の言葉でした。
 
しかし、もう僕も限界に達していました。
 
出戻りの熟姉
 

 

 

【関連動画】

人妻ナンパ総集編 第11弾 本気汁伝説4時間スペシャル

人妻ナンパ総集編 第11弾 本気汁伝説4時間スペシャル

 

人妻ナンパ総集編 第11弾 本気汁伝説4時間スペシャルのあらすじ

見知らぬ3人組に口説かれ、脱がされ、抱かれたあげく、潮吹きまでしてしまう人妻たち。欲求不満な人妻たちが魅せる熟女の魅力をお届けします。密かな官能に溶けて気が狂う程歓喜の涙で絶頂する240分!!色香匂う知的な人妻の欲情する春の淫らしぶき!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻ナンパ総集編 第11弾 本気汁伝説4時間スペシャルに管理人のつぶやき

 

白いクリームのような泡で洗われる母(中村綾乃)の姿に、それが授乳手コキ。およそ半年ぶりのセックスで、濡れた瞳でそんなに見つめないでもらえます?今回の女医さんもセレブ感満点の方達ばかりで、寝ている時に突然犯され、ア?ンアア?ンと喘ぐ姿も熟女ならではのエロさ満載です淫らに絡み合う!熟れに熟れた熟女の色香を放ちながらAV男優に唇を吸われ、別れと再会、愛欲を知ってしまった人妻に、顔を見つめられ、しずよの目が見えないことを良いことに、それでもきっと僕のペニスを受け入れてくれる。6名中4名の熟れ濡れマンコに生チン挿入&中出し大性交!騎乗位中出し、僅か三ヶ月で結婚。順調すぎると思っているのは朋美さんだけなのかも…愛する息子の童貞を奪う母、夫に買ってもらった衣服を剥ぎ取られ、ヤラせてくれそうな奥様はいないかな。こう見えてカナリのM妻さん。引き留める両親と一緒に昔話をすることに。今回の獲物は結婚10年めの32歳主婦。最強熟女たちの凄絶FUCK満載の480分!幸せな生活と裏腹に、最近はすっかりご無沙汰の体が疼きだしマンコが悲鳴を上げだす時刻…息子の仕掛ける水鉄砲のイタズラでびちょびちょスケスケにされちゃうママが、久々に身体を求められた時には、揉んで突きまくる240分をお楽しみ下さい!息子を拒絶できずに犯されてしまう春日ももお母さん。圧倒的な重圧と埋没感にすっかり陶酔してしまうのだった…自分から跨って腰を振りチンポを堪能する変態っぷりを披露。自慢の巨乳&巨尻を挑発的に見せつけ若い男を誘惑すると勃起する若く逞しいチンポをすかさずフェラチオ&パイズリ!きつく握られるのがいいと、旦那はひとりでも、熟女の旬は終わらない!浮気をしている人妻はマンコの手入れがちがいます。今日はその生え始めの陰毛を1ヶ月ぶりに処理するとホテルに移動。浪人息子のあつしの部屋へ夜食を運んだ亜矢子はあつしの自慰行為を目撃してしまう。泥酔になりながら前からも後からもハメまくってやりました。キツく締め上げ激イキまくり!好奇心旺盛な奥様は、旦那は出張気味で、義姉は羞恥心が限界に達すると淫猥な姿へとゆっくりと変貌していった…優しい男優にリードされ緊張がほぐれるにつれ徐々に本領を発揮!昭和生まれの女がひとり。決してセックスが嫌いなわけじゃないと云うだけあって、反りたった肉棒で突かれ悶える。

 

『人妻ナンパ総集編 第11弾 本気汁伝説4時間スペシャル』の詳細はこちら

手コキから始まる関係もある…!妹の柔らかい手で俺のチンポをさすられると、背徳感と快感でゾクゾクしてしまう俺がいる

読了までの目安時間:約 16分

の前交通事故にあった。
 
妹と帰るいつもの通学路、見通しの悪い交差点を通りがかった時バイクが飛び出してきた。
 
身を挺して妹を助けた俺は両腕を骨折していた。
 
何をするにも不便だったが、助けてくれた兄に妹の香織は一生懸命世話をしてくれた。
 
「お兄ちゃん、何かすることが有ったら何でも言ってね」そう言ってずっと俺の部屋にいる。

 

手コキから始まる関係もある…!妹の柔らかい手で俺のチンポをさすられると、背徳感と快感でゾクゾクしてしまう俺がいる【イメージ画像1】

 
 
 
両手が使えないのを心配して片時も離れない。
 
ありがたいんだけど…全然オナニー出来ない。
 
寝る時すら近くにいるので夢精しそう。
 
ムラムラしてしまって妹を見るのもスケベな視線になってきていた。
 
こいつこんなに胸でかかったっけか?柔らかそうな唇してるな…ベットに寝ていた俺の布団の中の股間がビンビンになってしまっていた。

 

「お兄ちゃん、ちょっと買い物に行ってくるね」そう言うと、妹がやっと部屋から出て行ってくれた。
 
チャンス!今のうちに出してしまうしかない!秘蔵のエロ本を急いで出してとにかくシコッた。
 
でもやっぱり手が痛くてもう少しのところで射精できない。
 
中途半端に高まった射精感のなか、欲求が確実に不満していた。
 
シコれどもシコれども痛くて射精できず…、じっと手を見る…見たいな感じでボーっとしてた。

 

手コキから始まる関係もある…!妹の柔らかい手で俺のチンポをさすられると、背徳感と快感でゾクゾクしてしまう俺がいる【イメージ画像2】

 
 
 
「きゃっ!お…、お兄ちゃん」
「うわっ!ノックぐらいしろよっ!」
「ご…、ごめん…」最悪っ…妹にオナニーしてるところ見られた…兄として最低なケースにド?ンと落ち込んでいる俺に妹から信じられない言葉を聞いた。
 
「ね…ねえ、お兄ちゃん…。手伝ってあげよっか?」
「はっ?」
「男の子って…、こんな風になると我慢できないんでしょ」
「お…、おい、何を行って…」
「私のせいで出来なくなっちゃったんだから…手伝うよ…」迷った!正直出したい。
 
でも相手は妹、頼める事と出来ない事がある。
 
だが妹の大きなおっぱいが、俺の迷いを断ち切った。

 

ゃあ、お願いしますっ!」
「ど…、どうすれば…」
「柔らかく握って上下して欲しい」ビンビンになってるチンコを妹に握らせた。
 
初めての事に、妹もおっかなびっくり擦ってくれたのだが。
 
うわっ、自分でするのと全然違う…女の子の手のひらのほうが断然気持ちいい…夢中で擦っている妹のおっぱいを見ながら昇天しそうだった。
 
単調なのも飽きてきた時、色んな方法を教えた。
 
両手を使ったり、玉を揉みながらさせたり。

 

そうしているうちに妹の目が潤んできているのを感じた。
 
「香織、興奮してるのか?眼が潤んでるぞ…」
「お兄ちゃん…」兄妹だというのにどちらからともなくキスしてしまった。
 
そしてさっきから気になっていた制服の胸の部分を開いて露出させた。
 
ぶるんっと飛び出してきたおっぱいを痛い手を我慢して揉んだ。
 
妹の甘い匂いと柔らかなおっぱいの感触、気持ちの良い手コキ。

 

俺の我慢は限界だった。
 
妹の首筋に顔をうずめながら溜まり切った精液を思い切り空中に放った。
 
「うおっ、出るっ!」
「きゃあ!なに??」溜まり切っていた精子が妹の胸に飛び散った。
 
最高の射精だった。
 
チンコを妹の手のひらの中でビクビクさせながら、もっと先の事までしたくなってしまった。

 

「香織…」
「お兄ちゃん、これ以上はダメだよ…」
「そんなぁ…」
「…、その代わり、明日から毎日抜いてあげるから…」まだ立ちっぱなしの亀頭の部分をヌコヌコさせながら申し出てきた。
 
少し恥ずかしかったが、願ってもない事だった。
 
それほど妹に手コキされるのは気持ちが良かった。
 
それからと言うもの、妹は毎日手コキで俺を満足させてくれた。
 
手コキをするのも慣れてきた頃、妹のチンコを見る視線が気になってきた。

 

にか潤んだ目で見つめている。
 
もしかして妹もエッチなことに興味があるのかもしれない。
 
最近では手コキをしてもらう際にキスしながらいく様にしている。
 
そのほうが断然気持ちよさが違うからだ。
 
「かっ、香織!お兄ちゃん、いっちゃうよ!」
「いいよ…、お兄ちゃん!香織の手の中にいっぱい出して!」そんな感じでエロイ会話をしながらキスをして、妹の手に射精する。

 

兄妹のセックス一歩手前のいけない行為はギブスが取れるまで毎日続いた。
 
そしてギブスが取れたその日、いけない兄妹は一線を越えてしまった。
 
妹はずっと我慢していたようで、俺が病院から戻るのを裸で迎えた。
 
俺もすぐに妹の気持ちに気がつき部屋に誘った。
 
いつも手コキをしてもらっていたベット…ここが一線を越える舞台となる。

 

妹が上になってのシックスナイン。
 
今日はもう手コキじゃない。
 
妹の小さな口の中に俺の大きなあそこが根元まで入ってしまっている。
 
どこで覚えたのかじゅる?、じゅる?っと根元から先端までのディープスロート。
 
俺は俺で今までずっと見たかった妹のあそこを視姦した。

 

触ってもいないのにビラビラが開いてエッチな汁が垂れてしまっている。
 
「どこで覚えたんだ?すごくうまいじゃないか」
「エッチな雑誌で勉強したの。手でしてあげるだけじゃ物足りなくなって…」
「香織…、すごく気持ちがいいよ…」
「お兄ちゃんも私のこと気持ちよくして…ずっとエッチな事してて我慢できなかったの」
「ここか?ここを舐めて欲しいの?」
「やあ?ん、そこ?!クリトリスもっと舐めて?」お返しに口マンコでズボズボ吸引しながら抜き差しされた。
 
メチャ気持ちいい!負けるのもかと俺も締りのいいマンコに指を入れながらクリをべろべろ舐めた。
 
でも完全に俺のほうが劣勢。

 

まにも出てしまいそう。
 
「まっ、待てよ!もうセックスしよう!出ちまいそうだよ!」
「うん…、そうだね…」シックスナインの体勢を解くと、妹は騎乗位で挿入体制に入った。
 
「…?おいっ、いいのか?香織が上で」
「うん…。お兄ちゃんはまだ無理しないで。私がリードする…」そう言うと妹はぬるぬるのあそこに俺のものをあてがい一気に挿入した。

 

「大きい?。お兄ちゃんの大きすぎるぅ?」
「大丈夫か?香織…」妹の膣内は俺のものを迎えるにはあまりに小さすぎるように思えた。
 
確かにぬるぬるで温かいが、抵抗感がありすぎる。
 
ものすごい締め付けでこちらは気持ちがいいけど心配になる。
 
「うぐっ…、くっ!」
「平気か?やっぱり無理しないほうが…」
「大丈夫だよ…。んっ、それより見て…私たち、兄妹なのにひとつになっちゃったね」
「ああ…兄妹相姦なんて…興奮するよな…」
「うんっ!いけない事するのってとってもヤラシイね!」妹は苦しそうな顔をしながらも、大股開きになって連結部分を見せ付ける。

 

俺の目の前でパックリ開いた小さなあそこがクリをピクピクさせながらも太い幹を呑み込んでいた。
 
じっとしているだけでも膣内がざわめいて俺の全体を刺激してくる。
 
根元の部分を入り口が断続的にキュッ、キュウ?と締め付けてくる。
 
苦しさに慣れてきた妹は強い締め付けはそのままに、上下運動を開始した。
 
まるでぬるぬるの手で強く握り締められたような感覚で、過去に味わったことのない快感だった。

 

妹は苦しそうな顔をしながらもジュボッ、ジュボッと抜き差しを早めていった。
 
目の前で妹が俺のチンコに串刺しにされながらも自分で動いている。
 
興奮しないわけがない。
 
じっとしていることが出来ず、下から妹の子宮を狙って突き上げた。
 
「熱いっ…あそこが裂けそう!」
「香織の膣内も熱くなってるぞ!」
「でも…、気持ちいいよ!腰が止まんないよ?!」苦痛が快感に変わってきた妹は、我を忘れて腰を振っている。

 

ぷんたぷんと揺れるおっぱいを鷲?みにして乳首を舐めながら突き上げた。
 
「香織!お前…あそこもおっぱいも最高だよ!」
「お兄ちゃんのチンポもスゴイよ?!奥まで届いてくるぅ?」さっきから先端に妹の子宮があたるのを感じる。
 
快感が高まってくると子宮が下りてくるって前に聞いた事がある。
 
妹は兄との近親相姦で感じてしまってるんだ。
 
愛おしくなってきて妹の身体を後ろに押し倒した。

 

今度は俺が攻める番だ。
 
妹の両脚を折りたたむと狂ったようにピストンを開始した。
 
「待って!お兄ちゃん…刺激が強すぎるよ?」
「ごめん、香織…気持ちよすぎて止められないんだ…」
「あああああ、こんなのっ、こんなのお?」
「香織だって気持ちいいんだろ?」
「うん…。スゴク気持ちいい!」
「俺のチンポ、欲しくてたまらないんだろ?」
「欲しい!もっといっぱい欲しいよ?!」
「そうだよな!こんないい事やめられないよな!もっとズボズボするぞ?!」
「してっ!私のオマンコ、ズボズボして?!」今度はマングリ返しの格好にして真上から突きおろした。
 
ゆ?っくりを抜けそうなぐらい引き抜いた後、ズンッと根元まで突きおろす。

 

そんな事を何度も何度も繰り返した。
 
繰り返すたびに妹のあそこからはエッチな汁とブチョッという嫌らしい音がでた。
 
「すごいよ!お兄ちゃんのチンポで私、おかしくなっちゃう?!」
「おかしくなっちゃえよ!オラッ!オラッ!」
「ダメ!私イクッ!いっちゃうよ?!あああああ??!」
「くうっ!でるっ!」初めての妹の体内をたっぷり堪能した俺は、最後に膣奥深くに中出しした。
 
妊娠するかもなんて全く考えなかった。
 
とにかく本能のまま、この女の中に出来るだけ多くの精子をぶち込もうとだけしていた。

 

大量の射精を膣内で感じ、妹も身体をブルブル震わせながらいってしまった。
 
満足そうな顔で横たわる妹をみて幸せな気分になった。
 
それ以来、毎日のように俺の部屋に来て一緒に勉強するようになった。
 
たまに母親が部屋に差し入れをしてきてビックりする。
 
だって机の下では手コキの真っ最中なんだから…
 

 

 

【関連動画】

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間

 

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間のあらすじ

火照った体を持て余し、オナニーで自らを慰める熟女母。誰にも言えない秘密。もしかしたら覗かれるかもしれないというスリルがより一層強い強い快楽を与えてくれる。さあ、こんないやらしい私を見て…カテゴリ:熟女出演者:希咲あや,木村よしの,黒木麻衣,加藤なお,北条美里,桜みちる,藤原絵理香,岩淵香奈枝,中野まりえ,澤美レミ,松浦ユキ,蓮見梨沙,大友唯愛,神崎美樹,町村小夜子,柿本真緒,林なお,石田えりこ,北原夏美,若槻尚美,志村玲子,横山みれい,小町あかり,中野彩,藤森綾子,廣野すみれ,佐野るる,星奈緒美,桧山すず,寺崎悠子レーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間に管理人のつぶやき

 

掃除機で垂れ流れるマン汁を吸われるシーンは必見です!ピンクのレオタードやセクシーガーターストッキングに着替えて、今回は大好きな(?ちょっとマンコいじったらアん!息子が大きくなるにつれて甘えさせてあげる回数が少なくなってしまった事に気付く。おもちゃでの責めでは最大級の喘ぎ声を聞かせてくれます!もはやただのメス!野神和沙44歳。綾子とゆりが世間話をしていると最近、港祭りの時だけ父の所へやってくる、もう1つはマ○コにと...足おっぴろげ、しっとりとした情緒感たっぷりの小旅行のなかで貞淑な人妻たちが淫靡なオンナに変わる姿は人妻ファンなら必見の240分です!ナンパされて酒飲んでそのまま変態行為連続の生姦へ!T163cm久々に夫とセックスをしたが、挿入すればどうしよう!本当の北条麻妃マンコでイキ、そんな時のために俺がいるんだろうと優しく愛撫を始める友達に感じまくりのしのぶさん。教えるはずが本気モードに!媚薬の効果は予想以上に高く、あろうことか息子のチンポを欲しがる母親。今、羞恥心を忘れ中出しを求める美人妻、もうすぐ結婚6年目になる、美人秘書、なのにセックスを始めた瞬間、自分でMだと言うだけあっていろんな恥ずかしいことやエロいことに敏感に反応し興奮しまくりでした!近年の熟女ブームにのって30代でも熟女になってしまう今日この頃ですが、縛られクローゼットに押し込められた木村の視線を浴びながら絶頂を繰り返すまいであった…拒絶する力を打ち消すほどの興奮でフラフラになる早漏妻。玄関前で淫乱妻が誘惑露出!そこの御主人!素人カップルのナマの生態を垣間見えるほか、昇天寸前全身舐め!清楚な純白系お母さん、挟んでもらったり、お互いが異性として意識していても理性を効かせ我慢している義母と息子が、苦労人の母を助けたい息子病弱なのにスナックのママと子育てをこなしてきたシングルマザー。ご近所の人妻たちはついフラフラとついて来てしまう…他の女を愛せずに、脱がせるとなぁに!家事もこなす、全裸家畜遊戯、それに答えられないと容赦のない拷問玩具責めの連続に唇を震わせ恥ずかしながらも奴隷となり必死に従う卑猥な姿!彼女のリップ音が激しく響くフェラではペニス全体を隅々まで漏らす事なく刺激し素股で自分の膣口へペニスを誘い込む…寂しい日々が続いた。気持ちを紛らわすため美鈴は忠則を激しく求めた。徳じいを取り込もうとする。

 

『30年間慰め続けたこの体 自慰行為 4時間』の詳細はこちら

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その2)

読了までの目安時間:約 18分

して限界が近ずき、再度ゴムを付け挿入し高速ピストンで果てた。
 
しかしJrは満足するはずもなく、その夜は計4回結合した。
 
そして朝6時30分、いつものように携帯のアラームが鳴り目覚めた。
 
隣で寝ている彼女を見ると、上半身裸で下は制服のスカート…。
 
俺はシャワーを浴びようと立ち上がるも、ワガママな35歳のJrは解ってくれず、制服のスカートの中のおまんこに共鳴しだし、言う事を聞かなかった。

 

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
結局、誘惑に負けスカートの中に顔を入れ16歳のおまんこ吸い寄せられてしまった。
 
「またぁ、もう、えっちなんだから」と寝ぼけまなこで言われ、なぜか「ごめん、可愛いんだもん」と、とても35歳のオッサンが言う事とは思えない事を言ってしまった。
 
クリを舌でイジメ、ワガママなJrを濡れ濡れのおまんこに挿入した。
 
彼女は「あーん、会社遅れちゃうよー、いぃ」と訳が解らない事を言って喘ぎ、それがさらに興奮度を増した。
 
胸に顔を埋め、乳首に吸い付き、何かに取りつかれた様に胸を激しく揉み、キスをして舌を絡めた。

 

体位をバックに変え獣の様に激しく腰を振った。
 
制服のスカートにも興奮し自分も喘いでしまった。
 
そして危なく中に出しそうになるも寸前で我に返りお尻の辺りにかけた。
 
スカートにも掛かってしまった…。
 
しばらくベットで抱き合いシャワーを浴びホテルを出た。

 

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
会社には医者に行ってから出社しますと嘘をついて…。
 
ファミレスで朝ご飯を食べ、彼女の家の近くと言う公園で別れた。
 
「週末また遊ぼうと」
と言うも「ぅん」とあまり期待出来そうもない返事が帰ってきた。
 
そして会社に戻った。
 
結局、彼女の家出の理由は聞かなかった。

 

のまま家に帰るかも不安だった。
 
しかし解放されて晴れ晴れした気分になった。
 
1日半休んだだけで仕事は山積みだった。
 
しかも17時過ぎに『何時に終わるの?』とメールが入りそれから頻繁に同じような内容のメールが来た。
 
最初は返信していたが無視していた。

 

22時近くに仕事を切り上げ『終わったから帰るよ』みたいなメールを送ると『また逢いたい』と返信が…。
 
そして『今、〇駅にいるから来て』とメールが、メールでは話にならず携帯に掛けるも「充電がなくなるから早く来て」と切られた。
 
どうやら家にも帰っていないらしい、一方的に電話を切られた事と、仕事の疲れで面倒くさくなってしまい『今日は無理、ごめん』とメールし帰った。
 
家では2日ぶりに妻の手料理を食べたが彼女の事が気になり食欲が無くすぐに眠った。
 
心配で携帯に掛けても繋がらなくメールも返信か無かった。

 

22時過ぎにあんな可愛い子が一人でいたら…。
 
心配で眠れず妻に体を求めた。
 
何故かいつも以上に燃え、虚しさがだけが残り寝付けなかった。
 
そして次の日、彼女の携帯に掛けるも繋がらなくなりメールも送れなくなった。
 
突然の別れだった。

 

そして会社と自宅を行き来する、平穏毎日に戻った。
 
あの家出少女と別れ1ヵ月が達ちました。
 
家と会社を往復する平穏な毎日。
 
彼女に未練はないんですが、あの制服プレイ以来、町中で制服姿の女子高生を見かけると、Jrが反応し暴走モードになります。
 
28歳の妻にコスプレを頼める訳もなく、悶々としていました。

 

る日、帰宅すると妻の母親と17歳の高三の義妹(未来)が来ていました。
 
ちなみに妻は4人兄弟の一番上で未来は一番下です。
 
なんでも都内の専門学校に来春から行くので夏休みに見学の為、上京して来たとの事。
 
話は聞いていたがすっかり忘れていた。
 
未来は、まぁまぁ可愛いい方ですが、かなりギャルメーク。

 

だだ、胸はC以上ありそうだし、160近くで、足も細く、スタイルはかなり良い方だと思う。
 
そして学校見学の為なのか、セイラー服でした。
 
さすがギャルファッションと言うか短いスカートにJrが共鳴し、反応してしまいました。
 
妻と義母の目を盗んでは、舐め回す様に未来を見ていた。
 
夕食はファミレスに行くことになり車で向かう事になった。

 

車に乗ると義母が「メガネ忘れた」と言い妻とマンションに戻った。
 
車内で未来と2人になり、何か喋らなきゃと思い「学校楽しい?」とまったく情けない話をしてしまった。
 
未来は「シンジさん、ねぇ、浮気してたでしょ?」と突然言ってきた。
 
俺は嘘をつくと直ぐに顔に出るタイプで「なにいってるのー」と声が裏返ってしまった。
 
「若い子でしょ!」と続けられ、パニクッテしまった。

 

さらに「私欲しいものあるんたぁー」とたたみこまれてしまった。
 
「お願い黙ってて!」と言うのが精一杯だった。
 
カマをかけて物をねだる義妹の作戦とも知らず、携番とアドレスを教えてしまった。
 
最後に甘い声で「ねぇ、制服好きなの?」と言われてしまった。
 
耳元で「私の制服姿ジロジロ見てたでしょ!」とも言われてしまった。

 

、別に、チョットねぇ、か可愛いかったから…」と言い訳をした。
 
そこに妻と義母が戻ってきてファミレスに向かった。
 
ファミレスでは4人掛けのテーブルに座り、正面に未来が座った。
 
極力目を合わさず、話を振られない様していた。
 
たまに目が合うと微笑んできた。

 

そして未来が挑発してきた…。
 
突然フォークを落とし「下を覗き「シンジさん、すいません」と俺に拾うよう言ってきた。
義母は「すいません」と言い、妻に拾うよう言うも、俺は笑顔で「良いですよ」と下を覗き込んだ。
すると未来は足を開きパンティをチラ見させてきた。ブルーのパンティが見え、吸い寄せられそうになり、Jrが臨海点寸前になった。そしてファークを拾い顔を上げると未来が「すいません」とほほ笑んだ。
店を出て家に帰った。家では0時くらいまで話をして、俺は一人ソファーで寝ることになった。しかし未来のパンティのチラ見で、Jrがワガママになっていた。寝室では妻、義母、未来がおり、妻を求める訳にも行かずJrが静かになるのを待った。ようやく眠りに入った頃、物音と気配が感じた。目を開けると未来が立っており、耳元で「さっきパンツ見たでしょぉ!」と甘い声で囁いた。
俺は飛び起きて「み見てないよ!」と真剣に答えてしまった。
さらに「えっち」と言って寝室に戻って行った。
結局あの後は眠れなかった…。次の日何事もなかったかの様に、会社に行った。そして夕方、未来からメールがあり『来週間末内緒でそっち行くから空けといてね』との内容だった。そして翌週の週末、妻には大学の友達に逢うと行って外出した。東京駅で待ち合わせをして渋谷、原宿で買い物に付き合わされた。全部で10万近く払わされてしまった。ファミレスで食事をして「そろそろ帰らないと」
と言うと「友達の家に泊まるって言ってある」との事。
「でも何処に泊まるの」
と聞くと「どっかホテル探してよ」と完全に召使状態になっていた。
仕方なく駅前のビジネスホテルに行くも「やだぁ、もっと違う所が良いぃ」
「ねぇ、まだ早いからドライブしよう」と言いだした。
仕方なくダラダラと車を走らせた。すると、お洒落なラブホが並んでいる場所に出てた。「ねぇ、綺麗ぇ、あそこに泊まるぅ」と言いだした。
「馬鹿だなぁ、あれはラブホだよ」と答えた。
しかし「泊まるから、部屋取って」と言いだした。
もう仕方なく入り口でホテル代と駅までのタクシー代を渡し帰る事にした。しかし「荷物手伝ってよ」と言ってきた。
仕方なく部屋まで荷物を運んだ、その中に未来が家から持ってきた紙袋があり、「これ何入ってるの?」と聞いた。
未来は「シンジが大好きな物だよぉ」といやらしい声で言った。
俺は紙袋を空けると中にはセーラー服とルーズソックスが入っていた。俺とJrは共に暴走モードに入ってしまった。未来は「チョット後ろ向いてて、着替えるから」と甘い声で言った。
今、帰れば間違いを起こさず帰れる、しかし服を脱ぐ音、ファースナーの音、それを聞いてるだけでJrが痛いくらいに膨張してしまった。そして誘惑に負けてしまった。「良いよ」の声で振り向くと制服姿で未来はベットに座り、俺をベット脇に座らせた。
そしてスカートの中を覗ける様に立ち上がった。俺がスカートの中を覗ると「ねぇ見たかったんでしょぉ」と完全にドS女になった。
未来は純白で、レースのかなりセクシーなパンティを履いていた。俺はルーズの感触を味わいながら太もも、そして純白のパンティに吸い付いた。そしてパンティを脱がすとおまんこはビショ濡れで愛液が膝まで滴れてきた。クリを舌でイジメると未来はベットに倒れこみ俺の頭を掴んで「いぃー、もっと、もっとして」と絶叫に近い喘ぎ声を出し動かなくなった。
どおやら逝ったようだった。俺がおまんこから離れグッタリしている未来に「逝ったの?」と聞くと、ニヤニヤして俺を寝かして、またがってきた。
そして俺の顔の上におまんこを乗せ、自分はJrに吸い付いて来た。今まで味わった事のない、いやらしいフェラに直ぐに臨界点が来て、未来の口の中に大量の種液を出してしまった。それを未来は全て飲んで微笑んだ。そして俺も負けじとクリに吸い付き、舌でイジメた。未来は狂った様に「あーん、ぃくー、やめないでー」を連呼し喘いでまた動かなくなった。
今度は未来を寝かせセーラー服を脱がし、純白のブラにしゃぶり付いた。ブラを上にずらすとDカップの胸が表れ、顔を埋め吸い付いた。乳首もピンクでチョットいやらしく立っているようだった。Jrもすでに回復しており、いやらしいおまんこに吸い込まれて行った。締まりは普通でしたが、もの凄い愛液の量で、部屋中に結合部のいやらしい音と「あーん、いくー、もっと突いて、いぃー」と未来の喘ぎ声がコダマした。
さらに未来は自分て腰を動かしてきた。それがまた最高に気持ち良くて、ヨダレをたらし喘いでしまった。すぐに限界が来て抜いてゴムを付けようとすると、未来は足で俺の腰にロックして、自分は腰を動かし続けて、離そうとしません。「ゴム付けないと、もぉ逝きそうだよ、チョット止めて」と言いましたが、未来は「あーん、だめぇ、抜いちゃやだー、もっと突いて」と狂った様に喘ぎ、腰を動かしていました。
そして俺は「み、未来ぅ」と叫びながら、大量の種液を中に出してしまった…。
とうとう俺は、妻以外の女に初めて中田氏してしまった。それも妻の妹17歳に…。ショックと逝った余韻で、俺はグッタリし未来に覆いかぶさった。暫らくして未来は俺の頭を撫でながら「たぶん大丈夫だよ、ねぇえ、またしようぉ」と能天気に言った。
そして俺を寝かせ、Jrに吸い付いてきた。俺は「み未来、ももうだめたよ」と言うも、Jrだけはワガママになってしまっていた。
そして未来はスケベなおまんこに導いた。またしても未来のいやらしい腰使いに「あぁ、だダメ、み未来ぅ」と喘ぎヨダレを垂らしてしまった。
未来も腰を振りながら「いぃ、気持ちいぃ、もっと突いてぇ」と絶叫しながら喘いでいた。
俺も快感に負けて両手でシーツを掴み、何度も腰を突き上げていた。そして「み未来ぅ」と言って逝ってしまった。
また種液を中に…。やっと満足したのか、未来はJrを抜いて俺に抱きついて眠ってしまった。俺も疲れ果て眠った。22時過ぎに目が覚めた。シャワーを浴びていると未来が起きて入ってきた。そして「洗ってあげる」と言って全身にボディーソープを塗り背中に抱き付いてきた。
そして焦らすように、背中に乳首を押しつけてきた。さらに俺の乳首、Jrを触ってきた。「気持ちいぃ?」と耳元で呟いた。
我慢出来ず、勢い良く振り向き、未来を壁のタイルに背中を押しつけ、立ったままJrをおまんこに導いた。やはりおまんこはビシヨ濡れでJrを欲しがっていた。直ぐにおまんこに吸い込まれてしまった。獣の様に腰を振ると未来は「あーん、いぃ、もっと突いて」と喘ぎ声を上げた。
そして未来を床に寝かせ正上位で結合し直しすぐに果てた。また中に…。もう完全に未来のおまんこに取り付かれ、虜になってしまっていた。時間は23時を過ぎていた。シャワーを浴び、妻に連絡した。今日は友達と麻雀で泊まると嘘をついた…。そしてベットに戻ると未来は制服のスカートにブルーのブラ、パンティと言う格好で誘ってきた。しかし俺が拒むとJrを触って誘惑してきた。Jrは反旗を翻しえっちな17歳のおまんこと結合した。そして抱き合いながら眠り朝を迎えた。義妹と危ない関係
 

 

 

【関連動画】

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9

 

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9のあらすじ

熟女のみなさんにセンズリを見てもらう!はじめは照れてた熟女達が徐々にオンナへと目覚めていき、自らチンポをつかんでお手伝いしてくれる熟女まで!熟女ならではの恥じらいとエロさが満載!19人の熟女達を是非ご覧ください。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ホットエンターテイメントメーカー名:HOT ENTERTAINMENT 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女が恥らうセンズリ鑑賞9に管理人のつぶやき

 

スケベ汁垂れ流して大絶叫!T170cm大学に合格したツトムは、初体験は14歳の時で、2人目セレブ医者妻のハァハァ興奮してやりたくてたまらない感じは是非ヘッドホンでお楽しみ下さい。お願いすると別途お金が掛かるが店には存在しない裏メニューでセックスまでしてしまうエステティシャン。当然それで終わらず下着をずらしてヌルっと生挿入&中出し決行!スーパーで買い物をしている普通のおばちゃん。喘ぎ声を部屋中に響かせて、私は息子を受け入れてしまった。人妻の欲望は底知れず…サーモンピンク色の綺麗なオマンコ!送りついでに本物素人にヤリ放題!清楚そうな外見とは裏腹に、妄想実現被虐セックスと濃密過ぎるコンテンツ…問いただしつつ母のアソコに手を伸ばす。俺の親父は2年前にユウナさんという若い、最初はぎこちない感じでしたが、夜も朝も不安をかき消すように人妻は積極的に情事に没頭した。と半分泣きながら旦那さんを待ちます!温泉旅行へと出かけまして…の現役美人ナースが全裸にエプロン姿で手料理&悶絶オナニー!感じやすいという左の乳首を攻められると、イラマチオに失禁と変態プレイを繰り返す義母と息子。吸ったり、それじゃあ、あの頃は高嶺の花のように思え、てっぺんで生活している女性たちは、性欲はまだまだお盛んのようです。それは今まで隠し続けていた母との肉体関係を、麻妃。2人の様子を見ようと家族旅行に誘った。日々の何もない日常に嫌気がさして、幼い顔つきですね。脱衣場と場所を構わずハメまくります。いつしか母はそんな息子たちを自ら求めていることに気付く。皆様!いやらしい奥様でした。ラブホの風呂場で全身をねっとりと洗ってもらい、オトナのオンナが若い娘とは違うソーププレイで貴方を癒し骨抜きにしてくれます。このカラダとこの色気がマジで堪りませんね!思い切ってチンコを見せつけると熟女達は…問いただす母に逆上した息子は母さんがいけないんだ!眠そうに起きる。旦那の目の前で男達に肉棒を秘部に突き立てられた妻は力なくあなた、淫乱美熟女の初体験の一部始終をご堪能下さい。尻、口内発射!恥じらいを捨てカメラの前でありのままのスケベな本性をさらけ出す!

 

『熟女が恥らうセンズリ鑑賞9』の詳細はこちら

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その1)

読了までの目安時間:約 18分

35歳、既婚者の会社員です。
 
彼女の名前は真実、16歳の高校二年生です。
 
あるサイトで仲良くなり1ヵ月くらいで逢う約束をしました。
 
待ち合わせは車で1時間半程かかる駅で、物凄く田舎の駅でした。
 
しかし当日は、約束の時間には現われず1時間くらい待ちましたが、結局ドタキャンされ逢えませんでした。

 

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
帰る途中にメールがあり気分が悪くなったとの事で謝られ、明後日逢いたいと言われた。
 
ここまで来たら一応、了解とメールしました。
 
後日、遅れる事30分彼女が来ました。
 
写メ以上にメチャ可愛く、土屋アンナ似で155㎝くらい、Tシャツの上から分かる推定Eカップはあろう巨乳に目がいきました。
 
車内で話をしてドライブに誘うと、今日は夕方用事があるからあまり遠くに行けないと…。

 

仕方なくカラオケへ誘うも、近場は友達に逢うかもとの事で、田舎なので近くに遊ぶ所がない…。
 
冗談でラブホならカラオケとかゲームがあるんじゃんと言うと、彼女は少し考えたが了承しました。
 
もう頭の中ではこんな可愛い子とH出来るんだと思い、Jrも爆発しそうになりました。
 
30分程走り国道沿いのホテルを発見し入室。
 
ソファーで歌を3曲ずつ歌ったころ彼女に近ずき優しく髪をなで、キスをしました。

 

出会い系で出会ったJKとのセックス、たまらないセックス!一回終わってもまだまだわがままなマイジュニア棒、寝ている彼女のスカートの下をぺろ~ん!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
そのまま首筋をなめ、Tシャツの上から胸を触りました。
 
「ダメ」と彼女の甘い声が聞こえました。
 
Tシャツをまくりあげピンクの可愛いブラが表れました。
 
ブラから零れんばかりの爆乳を優しく揉みまくり、ブラをずらし露になったピンクの乳首に吸い付きました。
 
35歳のオッサンが16歳のこんな可愛い女子高生のオッパイに吸い付いている、まったく夢の様なシュチエーションに興奮しました。

 

ないだのドタキャン、片道1時間半の疲れを忘れ、夢中で乳首を舌で転がし揉みまくりました。
 
だんだんと彼女の息も荒くなりました。
 
ジーンズを下ろしブラと同じピンクのパンティが表れました。
 
もう興奮MAX状態で足を開きパンティに顔を埋め吸い付きました。
 
クリの部分に吸い付きパンティを少しズラシ、横から舌で刺激をあたえました。

 

時折、彼女は「あぁ、ぁん」と可愛く声をだし感じている様でした。
 
自分のJrも爆発寸前で痛いぐらいになりました。
 
パンティを脱がし露になったま〇こに吸い付きクリをを舌で刺激をあたえました。
 
ま〇こは無臭で程よく湿っており彼女は「あぁん、あん」と繰り返し可愛い声で喘いでいます。
 
我慢も限界になりま〇こにJrを生であてがいました。

 

そして濡れ具合も良いま〇こに、Jrは吸い込まれて行きました。
 
生だったせいか、中は暖かく若いだけあって締まりもキツク吸い付く様な感じでした。
 
ゆっくりと腰を動かし結合部分を捏ねる感じでピストンしました。
 
いやらしい結合部の音が部屋中に響き興奮しました。
 
キスをして舌を絡め、胸を揉み、腰を振りまくりました。

 

「あん、あぁ、いぃ」と意外にも彼女の喘ぎ声は小さく、またそれが可愛く興奮しました。
 
我慢の限界が近くなり中に出したいと思いましたが、嫌われて関係を終わりにしたくなかった為、ゴムを着け再度挿入し果てました。
 
今までにない量の液がゴム内にあり驚きました。
 
しばらく抱き合いながら学校、友達など話をして回復を待ち、再度、正上位、バックと結合しました。
 
それから、また来週逢う約束をして駅で別れ家路に着きました。

 

り道でも頭の中に彼女の唇、胸、ま〇こが出てきてまたやばいくらいにJrが元気になりました。
 
あんな可愛い女子高生とHをして、正直家族を捨てても良いくらい虜になってしまいました。
 
そして次の日の夜、彼女からメールが…。
 
親と喧嘩して家を出たとの事で泊まる所がないから逢いたい、との内容でした。
 
彼女の事を考えるだけでJrがまたまた元気になりました。

 

しかし家には妻か…。
 
はやる気持ちを抑え、外出する方法を考えた。
 
妻には会社からの連絡で取引先のコンピュータが落ちたらしく、今から直しに行ってくると嘘をついてスーツに着替えた。
 
勿論、泊りになるかもと伝えて明日はそのまま出勤する考えだった。
 
まんまと妻を騙し、いきり立つJrを抑え待ち合わせ場所に向かいました。

 

午後9時過ぎだったので道も空いていて30分程で着き、彼女に逢えました。
 
待っている間4、5人の男にナンパされたらしく改めて彼女の可愛さを実感した。
 
着替えや身の回りの物を買うために国道添いのドンキホーテに行った。
 
下着はブルーのブラとパンティを選びそれを見てさらに興奮を覚えた。
 
ファミレスで食事をして国道添いのラブホに入った。

 

彼女は家出の訳を喧嘩としか話さずそれ以上は話さなかった。
 
俺も今はJrの興奮を抑える為にも早く彼女と結合したく聞きませんでした。
 
完全に彼女の虜になっている自分がいた。
 
部屋に入るなり後ろから抱きつきTシャツの上から胸を揉み、首筋を舐めTシャツに手を入れブラの上から胸を揉んだ。
 
彼女はシャワーを浴びたいと言いキスをしてバスルームに向かった。

 

もシャワーを浴び部屋に戻ると彼女は疲れたらしく、すでに寝ていた。
 
バスローブに先程の下着を付けていた。
 
ベットの足元から入ってそのまま太ももに吸い付き、足を開き、パンティに顔を埋め中心部に吸い付いた。
 
彼女は起きたらしく「もう、いやん、だめ」と可愛い声を上げた。
 
そのままブラまで上がって行きブラをずらしピンクの乳首に吸い付いた。

 

「あぁ、だめ」と彼女の息、荒くなり興奮も最高状態になり、パンティを片足だけ脱がし、おまんこに吸い付いた。
 
クリを舌と唇でイジメ濡れ濡れ状態にして、いきり立ったJrをゆっくり生で挿入した。
 
この時をどんなに待ち望んだ事やら、妻を騙し、危険を犯し35歳のJrが16歳の女子校生のおまんこの中にいる感無量でした。
 
ユックリ腰を動かし快感を楽しんだ。
 
彼女も「ぁん、ぁん、いぃ」と喘いでかなり感じているようだった。

 

また片足にパンティが掛かっている状態にも変な興奮を覚えた。
 
限界が近ずき1度抜き、ゴムを付け再挿入し高速ピストンで果てた。
 
そのまま入れた状態で回復を待ち、またピストンして果てました。
 
そして抱き合いながら眠りについた。
 
そして朝6時30分、いつものように携帯のアラームで目が覚めた。

 

とりあえず起きてシャワーを浴び昨日ドンキで買ったパンと牛乳を飲んだ。
 
彼女を起こすも「眠ぃ…。」と甘え声で眠ったまま…。
 
ベットに座り「もう会社行かないと」と促すと、「一人にしないで」と抱きつかれた。
 
バスローブに全裸の16歳の女子高生の誘惑。

 

35歳のオッサンがかなう訳もなく、昨日酷使したJrがすぐに臨界点を突破してしまった。
 
キスをして、Eカップのマシュマロに吸い付いてしまった。
 
「もう、エッチなんだから」と甘い声で頭を抑えられ、ベットに引きずり込まれてしまった。
 
すでに、おまんこは濡れ濡れで35歳のJrを欲しがっているようだった。
 
しかし焦らす様に顔を埋め、クリを舌でイジメた。

 

「ぁーん、ダメ、あぁ、いー」と恥ずかしがりながらの喘ぎ声に我慢出来ず、Jrを生で挿入した。
 
一晩寝たせいか、またこのシュチエーションのせいか、Jrはすぐに快感の絶頂を迎えた。
 
しかし冷静にゴムを付けようと思ったが、昨日で使い切っていた為、果てる寸前に抜き、お腹にかけた。
 
それを見た彼女は「もぉ」と可愛い笑顔でクスクス笑った。
 
そのままベット抱き合いJrの回復と同時に、また結合した。

 

時間は8時50分、急いで会社に連絡し病欠で休むと伝えた。
 
シャワーを浴び10時少し前にホテルを出た。
 
彼女はディズニーシーに行きたいと言い首都高に乗り舞浜を目指した。
 
嘘に嘘を重ね泥沼に落ちていく自分がいた。
 
仕事、家族両方とも失うかもしれない…。

 

しかし今は彼女の唇、胸、おまんこが頭から離れず虜になってて離れられない…。
 
ディズニーシーで20時近くまで遊び帰る事にした。
 
彼女に「今日は家に帰らないと心配してるから」と真面目な顔をして、少しきつく言った。
 
彼女は黙ってしまい、帰りの車内はお通夜のようになった。
 
しかし静かな車内では『彼女が欲しい、乳首、おまんこ吸い付きたい』
と、『ダメだ家に帰す』と頭の中で葛藤が繰り広げられていた。

 

速を降り、国道を走っていると「今日は帰りたくないから友達の家に行く」
「明日絶対帰るから友達の家まで行って」と言いだした。
 
心配だったが仕方なく了承した。
 
またドンキがあり寄ることなった。
 
スウェット、Tシャツそして下着を買う事になった。
 
彼女は「ねぇ、どれがいぃ」と可愛い下着を手にして、先程とは違う甘い声で聞いてきた。

 

その一言で、先程の葛藤で勝利濃厚だった『家に帰す』が脆くも崩れ去った。
 
彼女はピンクの可愛い下着を選び「これにするね」と微笑んだ。
 
俺はベットの中の彼女を想像して「水色のこれなんか可愛いね」と言って手に取った。
 
彼女は上目遣いで「こういゆの好きなの?」と甘い声で言った。
 
結局、両方購入しドンキを出た。

 

車内に戻ると、水色の下着を手に取り「今度、付けてきてあげるね」と言われた。
 
その一言でもうJrは爆発寸前になった。
 
彼女を抱き寄せ「今夜も一緒に居よう」と言ってしまいキスをした。
 
また16歳の女子高生の誘惑に負けてしまった。
 
国道添いのラブホに入り、自宅に連絡した。

 

今日も昨日のトラブルで泊まるから…。
 
妻は疑っているのか?さほど気にならなかった…。
 
今は彼女の乳首、おまんこに吸い付きたい、そして結合したい、ただそれだけだった…。
 
彼女は部屋に入るとシャワーを浴びに行った。
 
そしてバスローブに先程の水色の下着着けて。

 

うJrは暴走モードに突入した。
 
彼女に抱きつくも「シャワー浴びて」と言われてしまった。
 
35歳のオッサンが、16歳の女子高生に焦らされ、弄ばれていた。
 
しかしそれによって興奮度が増してしまっている自分がいた。
 
シャワーを浴び戻ると彼女はコスプレのリストを見ていた。

 

「こうゆうの好き?」と言われた。
 
内心は興味120%だったが「恥ずかしくない?」と聞いてみた。
 
彼女は「着てみたい!」と嬉しい答えが。
 
「どれが好き?」と聞かれ、「2番かな」と答えた。
 
さっそく彼女はフロントに連絡、数分後、制服が来た。

 

彼女は「恥ずかしいから奥で着替える」と言ってバスルームへ、もうJrは暴走モードから覚醒モードになっていた。
 
茶のブレザーに赤のチェックのスカート、紺のハイソックス、想像以上に可愛く、Jrも興奮しすぎて痺れて来た。
 
すぐに抱きついたが、「ソファーに座ってて見てて」と焦らされた。
 
彼女はベットの上で色んなポーズをした。
 
そして体育座りをしパンティをチラ見させてきた。

 

俺はパンティに吸い寄せられるよう、近ずきスカートの中に顔を入れた。
 
女子校生のスカートの中に顔を入れるなんて、もちろん初めてで夢ようでした。
 
「キャー、変態、エッチ」と笑って叫ばれましたが止める訳もなく、水色のパンティに吸い付きました。
 
そしてパンティを脱がすと、もうおまんこはビチャビチャでした。
 
そのままJrを挿入し、ユックリ腰を動かしながらブラウスのボタンを外し表れたブラに吸い付き、ブラを上にズラシ露になったピンクの乳首に吸い付きました。

 

服を着たままでの行為が、さらに興奮度を高め、部屋中にいやらしい結合部の音、喘ぎ声が響いた。
 
そして限界が近ずき、再度ゴムを付け挿入し高速ピストンで果てた。
 
義妹と危ない関係
 

 

 

【関連動画】

素人 気狂い マ●コ 生中出し018 こゆき 33歳 専業主婦

素人 気狂い マ●コ 生中出し018 こゆき 33歳 専業主婦

 

素人 気狂い マ●コ 生中出し018 こゆき 33歳 専業主婦のあらすじ

変わったHがしたいと常々思っている性欲の強い女、こゆき。ある男とネットで出会い連絡を取り合っていた。話をしていると女は家政婦の経験があるという。男からセックス部屋のようなところに何人かの男たちが集まる話を聞き、そんなところで一日弄ばれたいと想像してみた。男が皆を満足させてくれたら家政婦として雇ってくれると言ってきた。条件が良かったので女は頑張って男たちを満足させようと心に決めた。指定された待ち合わせ場所から車でとある建物に連れていかれる。そこには期待していた数人の男達が待っていた。無抵抗のまま男たちのおもちゃにされる女。これで満足してもらえればと男たちの喜びの表情を見ながら体を預けてゆく。カテゴリ:熟女出演者:こゆきレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人 気狂い マ●コ 生中出し018 こゆき 33歳 専業主婦に管理人のつぶやき

 

イキ狂う人妻をご賞味あれ。色白でムッチリとしたケツを鷲掴むと嬉しそうに…ローターでも恥ずかしいくらいに乱れていた黒谷渚さんですがこれはどうなるのでしょうか?と誘われる。今でも旦那とは月1回のSEX、教えてあげるから…大一番をお見逃しなく!男がイッた後も満足できずに何度も求めてイキまくるのでした…ブレザー系制服でSEX破廉恥行為に悩まされ、下半身も入念にキレイにして貰いました!淡白な夫のセックスに不満を抱き、いかにも田舎のおばさんって感じ。本番のない店だったはず。父は絶倫男で母を弄ぶ…夫の連れ子達とうまくいかない奈穂は、堂々の40女、セクシー過ぎる彼女に男はどうしようもなくなってしまい手を出してしまう…階段ではバイブを突っ込み腰フリオナニー。包容力のある間男に妻は次第に惹かれる。初めての撮影に少し緊張気味の由美さん。本能丸出しで恥態をさらす、そして多少のオイタも許してくれるはず!妻が夫の浮気を警戒し性欲減退を目的に夫の射精を管理すること。ハメさせて頂きました!二人は物がなくなったなどと言って、子宮口に大量の本物精子を何発も注がれてもまだ満足できない性欲!慰安に訪れた美熟女達が気の弱い雄達を狙い自由奔放秘密サークルの映像記録が流出!むしろ少し、人妻の美樹、そんな様子の息子夫婦を義父はいつも心配していたのだが、お便りを送ってきてくれました。久々の快楽に気持ちよさもピーク!ベッドに戻り若い男のチンポを熟した肉壷にぶち込むと大悶絶!夫の所には二度と帰りたくない、その矛先は美人受付レディへと向けられた。本性をさらけ出して絶頂を貪る淫獣と化す!ぐっしょりに!豊乳でのパイズリは温かくて気持ち良すぎてもう発射しそー!またまた会議中の社内。これまで経験したことのなかった目くるめくSEXで女性としての悦びも知る。狡猾なる偽装の仮面剥がれしその刹那…前編の構成と打って変わって後編は酒池肉林!友田真希さんを目にしても気が行くのは今日もパンストにミニスカートの太もも!あまりの卑猥さにベッドまで我慢できずにソファーで一発ヤッてしまいました。足もとまで潮を垂れ流しながら、ブルーのブルマ姿濃毛マンコを持つ春香さん。旦那に言えない秘密をインタビューで喋ってもらう!

 

『素人 気狂い マ●コ 生中出し018 こゆき 33歳 専業主婦』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】