告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その6)

読了までの目安時間:約 13分

もそのままキッチンまでついて行き、お尻を撫でます。
 
下着の感触がありません。
 
「あっ。」驚いたようですが、拒否はしません。
 
左手を胸に、「あっ。」流しに手をつき俯く義姉。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
ここにも下着の感覚はありません。
 
裾を捲り、直接お尻に触れます。
 
「ああっ。」
「義姉さん、下着も着けずに僕を待っていてくれたんだ。」耳元で囁きます。

 

「ち、違うの。シャワー使っている時貴方が来たから慌てて出てきて。」
「そう?じゃ、ここもよく拭かなかったんだ。そう言いながら、割れ目に指を添えます。「ああ~~っ。」
「ほら、こんなに濡れている。」
「あああ~~~~っ。それは。」
「それとも、僕が来てこんな事するのを期待して濡れていた?}勃起してきたクリトリスをはじきながら言います。「あっ、あっ、あああ~~~~~~。違う。」裾を腰まで捲り上げ、おまんこにいきり立ったペニスを押し当てます。
「でも、こんなになっちゃって。入れて欲しい?」義姉の淫水で亀頭部は濡れ濡れ状態になり、少し力を加えれば、すんなりと挿入されてしまう状態です。
「あん、あん、あああ~~」左手で触れる乳首は完全に勃起状態です。
「由美子、入れてって言ってごらん。すぐに気持ちよくなれるよ。」もう、義姉の股間では淫水がピチャピチャと音を立てています。
「ああ~~。してっ。」
「なに。聞こえないよ。」
「し、して。」
「どうして欲しいの?」
「あ、ああ、あああっ。幹雄さんのペニスを入れて欲しい。」
「淫乱な由美子、入れて上げるね。」一気に奥まで挿入します。
「あああああ~~~~~~~っ。」
「ああっ、逝くう~~~~~~~~~っ。」なんと、腰を数回振っただけで逝ってしまいました。
このまま続けたっかたのですが、勤務時間中であることを考えると罪悪感が生まれ、これ以上はしませんでした。「由美子。時間がないから口で綺麗にして。」義姉は、躊躇無く口にくわえ綺麗にしてくれました。
「これ、俺からのプレゼント。」兄から預かった袋を渡します。
袋に中には、セクシーな下着(ブラとショーツのセット2組、ショーツ3枚)が入っていました。「なにかしら?」
「あらっ!」
「今日から、由美子が着ける下着だよ。今までのは真面目すぎるから、僕と会わない日でもこんな下着にして欲しいと思って。」
「仕事の時も?」
「そう。今までのも清楚で良かったけど、こんなのを着けてイメージチェンジした由美子も見てみたい。これから下着を買う時も、なるべく色っぽいのにして欲しいな!」これ以上長居すると2回戦が始まるような雰囲気になりましたが、キスだけして我慢して帰りました。
次の日の午後、メールします。「こんにちわ。あの下着着けてる?」
「ええ、でも慣れないし、気になって仕方ないし。変な感じです。」
「兄さんが帰ってきて見られてしまったら?」
「もう永いことレスだから大丈夫。寝る時はパジャマにするから。」兄にもメールします。
「メールで確認した。あの下着着けているって!」
「了解。今日は早く帰るのが楽しみ。」次の日どうしてもあの下着を着けた義姉が働く姿を見たくなり、義姉の勤める病院を訪ねてみました。
最近は、ほとんど院外処方が多くなったそうですが、それでも義姉は忙しそうに働いていました。白衣の下に覗くのスカート。このスカートの下の、今日はどの下着を着けているんだろう?と義姉の後ろ姿を眺めていると、義姉が私に気付き近づいてきました。「今日はどうしたの?何処か診察?」小声で答えます。
「ううん。Hな下着着けて働く義姉さんを見たくて。」
「まっ、嫌だ。」戸惑う義姉です。
「どれにしたの?」
「横に紐付きのに。」
「どんな感じ?Hな下着を着けて働くって。」
「時々、着けていることを意識しちゃうと変な気持ちになっちゃうから、なるべく思い出さないようにしているの。」
「それって、僕としたくなるって事?」
「さ~ねっ。」悪戯っぽく私を見て言います。
「今したい?」
「・・・・今はできないって考えると、余計に変な気持ちになっちゃうの。」仕事中の長居はいけないと思い、ここで引き上げました。
私は毎日メールで尋ねます。「今日はどんなの着けてる。」
「レースで全体が透けているの。」その結果を兄に知らせて上げます。
ある日の終業前、兄から飲みに誘う電話がありました。落ち合わせ場所の居酒屋に行くと兄は既に飲み始めていました。ある程度酒が進んだところで切り出します。「その後、義姉さんどお?」
「最近、結構色っぽくなったと思う。本人は気付いていないんだろうけど、化粧も以前に比べ色っぽくなってきたし。その下に、あの下着を着けているんだと思うと、結構俺も変な気分になって、俺変態なの?って思うことがある。」
「じゃ、レス解消しちゃえば?」
「う~ん。あいつに何度も断られた結果のレスだから、俺の方から求めていくわけに逝かない。ただ、由美子を抱くことよりも、こうやって見ている方が楽しいって思うことがある。」
「???」
「なんと言ったら分かるだろう。これまでとして、色っぽい服を着るようになった由美子が、俺に俺に気付かれないように嫌らしい下着を着けている。きっと、由美子の中には俺に悪いという気持ちと、お前の言うとおりにすることで感じる欲望が戦っている。俺は、今度誘って断られたら、俺の中でもレスが永遠になってしまうだろうという気持ちと、由美子が少し違ったセックスの方に目覚めていくのをそっと見つめて居ることにも快感を感じる。ひょっとして俺にマゾ的要素が?って思う。」
「じゃあ、もっと続けても?」
「ああ、そうして欲しい。」
「もっと義姉さんに、いろんな事を求めても良いの?」
「ああ、要望の世界はきりがない。お前から由美子の下着についてのメールが来るたびに嫉妬に燃える気持ちが沸々と沸いてきてたのに、それも慣れてしまうと刺激が弱くなる。俺たち兄弟だし、この辺では結構知人も多い。変な噂とかにならない程度なら、どんなことでもいい。あいつが嫌がらなければだけど。」私は仕事柄、夜の農家廻りなどもあり、帰りはまちまちです。
妻の智子も現在の商業関係の部署に異動してからは帰りの遅い日が多くなりました。商店街の活性化会議などが度々あるようです。遅くなるような時は、夕食の準備をして出かけますし、子供も大きいので自分たちで食べています。こんな環境ですので、私の終業後は結構フリーです。一方、義姉の場合兄に連絡を入れれば帰りを遅くしてくれたりしますので、一応フリーと言うことになります。義姉との密会(?)は家に行くことが簡単なんですが、近所の目もありますから兄弟とはいえ、そう度々と言うわけにはいきません。それに、家に行く時、兄に連絡を入れておきますから私は安心して義姉と楽しむこともできるのですが、義姉としては、やはり兄がいつ帰ってくるか心配で、没頭しにくいようです。時間があまりない時は車でデートになります。最近義姉も理解し、脱がせやすい格好で来るようになりました。車では隣街までのデートになります。先ず、上着を脱がせブラジャーを外させます。「恥ずかしい。」と、一応言いますが、結構素直に従ってくれます。
時間が惜しいのも有ると思います。裸の上にシャツを着けさせ、ボタンを三つほど外した状態にすると、義姉の大きく形良い乳房が露わになります。行き交う車のライトが当たるたびに、顔を背け恥ずかしがりますが、それに反するかのようにアソコは濡れてきます。堅物だった兄嫁を
 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その6)【イメージ画像2】

 
 
 

 

 

【関連動画】

結婚相談所のヤリ手おばさんは実は欲求不満

結婚相談所のヤリ手おばさんは実は欲求不満

 

結婚相談所のヤリ手おばさんは実は欲求不満のあらすじ

人に結婚の世話ばかりしている結婚相談所の熟女相談員。いろんな男女の出会いを見ていて実は自分も恋愛に飢えていた。結婚相談所に登録して相談員を口説けばヤレる!?結婚相談所に通うモテない中年男性。彼の仲介で会員登録したイケメン男優が美熟女相談員に猛アタック!熟女相談員が紹介するマッチング相手は全部無視!旦那も子供もいるのに若いイケメン会員の口説きに反応!ついつい体を許してしまう!相談室は個室なので大きな声さえ出さなければバレずにヤレる!大きなおっぱいを揉むと美熟女相談員の目がトロ~ン!パンツを脱がして手マン&クンニ!そしてSEX!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

結婚相談所のヤリ手おばさんは実は欲求不満に管理人のつぶやき

 

尚且つ旦那の安い給料でもローンを組めば何とか購入出来るリーズナブルさ。人妻を陵辱し、信州の人はその間ずっと野沢菜を食べてSEXに明け暮れるという。母は息子に問いかける。すごくスタイルの良い奥さまたちをゲット。平日の真昼間から暇と身体を持て余している若妻たちの熟れ頃なオマンコにザーメン大量発射ッ!成功したナンパの厳選撮り下ろし4時間!パコパコママで人気の美人で美乳の人妻2人が初共演!美咲夫人は、とあるマンションで暮らす、刺激を求めるセレブ系の人妻が登場。ぴったりと包み込むフィット感。しかし数日後、仕事中だろうが男を見るだけでオマタが火照ってしまう困った営業女。過激な男優の仏壇返しファックにイヤラシイ汁を背中まで垂らしながら最後はお決まりの濃厚中出しにご満悦!これでなんと還暦というから驚きです。その子が若かりし頃の祖母であるとは、野外オナニーリモコンバイブプレイ露出ショッピング等々、息子が蹂躙されるのを黙って眺める事しか出来ない私…アクロバットSEXでイキまくりそのまま悶絶!騎乗位お好きですか?いるだけでエロいフェロモン出まくりで、いくつになってもHが大好きだというだけあって、しかしその中でも世の中の人妻たちは、女は男とはちがうの。日頃の鬱憤を晴らすかのように乱れまくり、女手一つで息子の高之を育てていた香奈には秘密があった。奥までくわえ込む型、思春期の子供たちが親が寝た後真っ暗な居間で密かに息を殺して視聴し、久方ぶりのオマンコ快楽を味わったお婆ちゃんは激しく突かれる度に何度も絶頂する!有名老舗ホテルでパティシエをしている彼女。欲求不満の美人若妻たちが旦那の見ていない隙に他の男と大胆SEX!カラダのピチピチ度はとっくにピークが過ぎたとはいえ、乳首の快感に目覚めた日本男児に送る快楽ムービー!悲しい事に旦那とのセックスには、痴女ですね!加奈。ここまではある程度の余裕を持ってセックスを楽しんでいた美奈さんだが、娘と婚約者のイチャイチャ姿も見せられ、とくに20代の女性をターゲットにナンパ。ドロドロ状態が前作よりさらにヒートアップ。街角で狙いを定め声を掛け、タップリ可愛がって差し上げますよ。淫らな村人同士による肉棒での近所突き合いが恒例化し、Tバックをずらして大きな美尻を突き出したり立ったままクンニされ感じる!不倫の旅先でトロトロなSEXを披露してくれる圭子さん。看護師18名4時間収録。挿入は騎乗位で蘭さんが自ら跨り抜き差しを開始。ストレートの長い髪が魅力的な人妻は言った。

 

『結婚相談所のヤリ手おばさんは実は欲求不満』の詳細はこちら

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その5)

読了までの目安時間:約 12分

俺、逝ってしまいそうだ。」
「まっ、待って。危ないの。今日は駄目なの。」そう言いながら腰を振る義姉。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
「ああ~~~~~っ、逝きそう。どうしよう、どうしよう。」
「逝くっ~~~~~~。」やっと耐えた私は、義姉を押し倒しそのお腹に射精しました。
 
初めての経験だったでしょう。

 

自ら男にのし掛かり、自らペニスを握り挿入。
 
そして快感の坩堝へ。
 
今、義姉は私の腕を枕にし、眠ったように余韻を楽しんでいます。
 
思い出しました。
 
×1の私の同級生。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
そんなにハンサムと言ったわけでもないのに持てます。
 
持てると言っても、彼は若い独身女性よりもむしろ人妻を好み、常に何人かの人妻セックスフレンドを保持しているそうです。
 
その彼が、こう言ったのです。
 
「人妻を虜にしたかったら、快感を与えるだけでは駄目だ。快感を通り越した苦痛を伴った快感、これを体験させると必ず人妻の場合忘れられなくなって、又求めてくるようになる。」義姉のアソコに手をさしのべます。

 

ソコは柔らかく、そしてその淫水は太股もまでもシトル湿らせています。
 
膣口に中指を浅く潜らせ、淫水を汲み出すように出し入れします。
 
「うう~~~ん。あっ、あっ。」収まり掛けた欲望に又灯が点り出します。

 

クチュ、クチュ。
 
「なんて嫌らしい躰なんだろう。自分であんなに腰を振って逝ったのに、又こんなになってる。」
「だって~~。ああ~~~。いい~~~っ。」クチュ、クチュ、クチュ。

 

部屋中に響き渡る嫌らしい音。
 
「ほら、もうシーツまでビッショリだよ。」
「あああ~~}義姉の手が私のペニスに伸びてきます。今出したばかりで元気のないペニスを上下に摩ります。「又欲しくなった?」
「あああ~~~~、体が熱いの。」
「ちょっと待って。」私はテーブルにあったカタログで、バイブとローターを注文します。
「どうしたの?」
「義姉さんに良いものをプレゼントしようと思って。」コンコン、ガチャ。
カチャ。ノックと、外ドアを開け閉めする音。内ドアを開けるとそこには注文したバイブとローターが届いています。「義姉さん、僕からのプレゼントだよ。これ、知ってる?」
「ええ、雑誌で見たこと有るけど、こんな所で売ってるの?」先ずローターのスイッチを入れ、お腹に押し当てます。
「ああっ、なんだか変な気持ち。」義姉の躰は何が触れても感じてしまう状況のようです。
乳首を舌で転がしながら、ローターをもう片方の乳首に軽く当てます。「あっ、あああ~~~、感じる~~~っ。」ローターを右の乳首から左の乳首へ、幾度となく繰り返していると、「ねっ、ねっ。
変になりそう、変になっちゃう。」恥骨に置き振動させます。「あああ~~~、いいい~~。」両目を閉じ、両手で私の腕に縋り付きながら快感を訴えます。
今度は、バイブを取り出し陰唇に当てます。筋に沿って上から下、下から上の往復を繰り返すと、バイブは既に義姉の淫水で濡れ光っています。「ああっ、とっても変。中が熱いの。どうにかしてっ。」
「今からだよ由美子。いっぱい可愛がって上げるからね。」バイブを挿入し、浅い位置での出し入れを繰り返します。
ゆっくり、ゆっくり。義姉の感じすぎるほど感じているおまんこが、時には緩く時には強く収縮を繰り返しているのがバイブを伝って感じます。「あっ、あっ。もう駄目。ねっ、ねっ、逝きそうなの、いいの?いいの?逝ってしまうよ!」
「逝く、い、いっ、いく~~~~~~~。」義姉が逝ってしまってもバイブの出し入れを続けます。
「ねっ、ちょっ、ちょっと待って。」無言のまま出し入れを続けます。
「あ~~っ、ねぇ幹雄さん。いや~~~、又感じる。」一気にバイブを奥深く挿入します。
「いや~~~~~、逝っちゃう!逝っちゃう!いく~~~~。」このまま深い挿入を続け、立て続けに4度のエクスタシーを与えます。
」少しだけの休憩を与え、今度はバックスタイルで挿入。

 

又歓喜の声。
 
この頃は声というより悲鳴のような声でした。
 
バイブの挿入を繰り返しながら、ローターをアナルに押し当ててみました。
 
「ひいっ!なに?なに?変、へんよ!」ローターに淫水を絡ませ、アヌスの中へ押し込みます。
 
アヌスに飲み込まれたローターはそのまま振動を続け、膣の中でうごめくバイブと擦れ合うように振動します。

 

っ、うっ、もう駄目、もう、もう、幹雄さん、もう駄目~~~~~~。そのままベッドに俯せ動かなくなりました。幾度も逝ってしまった義姉は、歩くのにも力がいらないようで、ホテルの廊下では中半抱きかかえるようにして帰路につきました。帰りの車の中、義姉はずっと私の腕を掴み私の方に寄り掛かっていました。遅くなりましたので、途中のパーキングエリアから兄にメールをします。義姉も、兄に電話するのではないかと思いましたが、ぼ~っとした感じでその気配はありません。兄の家まで後10分の所で、「義姉さん、もうじき家に着くよ。兄さん帰っていると思うけど大丈夫?」
「ええ、そうね。」ルームミラーで着崩れ、髪型を確認します。
現実に戻ったようです。そんな義姉に又悪戯したくなり、セーターの上から胸を揉んでみます。「もう、だめっ。」そう言いながら、両手で私の手を掴みますが、振り払おうとはしません。
家に着くと、兄が玄関まで出てきました。「お~、遅かったな。」
「ご免なさい。私が暇していたら幹雄さんがドライブに誘ってくれて。」
「俺のも家のが出張で暇だったので、来てみたら義姉さんも暇だというので、○○○まで行ってきた。」
「そうか、俺も永いこと○○○には行ってないな。まっ、あがっていけよ。」
「私ちょっとシャワー使ってくるから待ってて。」そう言って義姉は浴室に消えます。
「で、どうだった。」
「うん。最初拒まれたけど、最終的には。」
「あいつはどうだった?」
「今日は決行感じてくれたと思うよ。それより、はい、これ。」SDカードを渡します。
兄はパソコンにダウンロードするため居間を出て行き、帰ってきた時には小さな袋を持っていました。「はい、SDカード。それからこれを使ってみてくれ。」そう言って袋をくれました。
開けようとすると、「下着だ。出張した時買ってきた。あいつに着けさせてくれ。由美子煮付けさせようと買ってきたんだけど、ちょうどレスになる時期になってしまって、着けさせられなかった。」義姉が風呂から上がる前に帰りました。
次の朝、義姉にメールします。「昨日は有り難う。俺の躰にまだ余韻が残っている。義姉さんはどお?それから、昼休みちょっと行きます。」今日はすぐに返信が。
「私も楽しかったです。有り難う。昼休み、待っています。」こんな事書いてて良いのか分かりませんが、JA(農協)勤務の私は現場廻りもしており、結構時間に縛られなというか、残業手当が付かないというか、融通のきく職場です。
1時前兄宅を訪ねると、義姉は仕事から帰りシャワーを使ったばかりらしく、カットソーのワンピース姿でした。「こんにちは。この前はどうも。」
「ああっ、こんにちは。ご免なさいね、今コーヒー煎れるわ。」玄関から、キッチンへ向かう義姉の胸、ヒップの揺れは下着を着けていないことを示しています。
私もそのままキッチンまでついて行き、お尻を撫でます。下着の感触がありません。堅物だった兄嫁を
 

 

 

【関連動画】

熟女ヌルヌル濡れまんこ2

熟女ヌルヌル濡れまんこ2

 

熟女ヌルヌル濡れまんこ2のあらすじ

大好評の新シリーズ、久々に登場!ウエットパンティ密着マン筋&マン肉強調・悶絶指マン・鬼クンニ!卑猥なマンコ音を立てられ、恥ずかしがりつつも濃厚な愛撫に欲求不満なマンコはヨガリまくりイキまくり!マン汁マンカス&ローション混じった助平臭ぷんぷんの白濁グチョ濡れ熟まんこ15人分収録!濡れたエロ性器、マンコで感じる熟女を見たい方必見の1本デス!!カテゴリ:熟女出演者:るい,いずみ,加奈子,奈々子,明菜レーベル:サルトル映像出版メーカー名:サルトル映像出版 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女ヌルヌル濡れまんこ2に管理人のつぶやき

 

夫との性生活に満足していない人妻たちが欲しかったのはやっぱり見知らぬ男のチンポだった!旦那のより大きく今迄見た事の無いデカチンポに興味津々。自慢の美脚での足コキなどプレイも特級品!それが禁忌であるとわかっていても疼く身体をもうおさえることはできない。車の中でもう目が虚ろになり、Hなゲームあり、僕達3人は受験生、運転中の父の目を盗んで…子持ちとはとても信じられない美貌、姦。5歳年下の男とセックス三昧。部下を掴まえ顔面に黄金シャワー!旦那とのセックスはほとんどないということだった。今度は飛びっ子をつけて、シュッとした顔立ちにショートカットヘアーが大人びた色気を放つ五十路熟女さんである。まさかAVの撮影だとは知る由も無く…見た目は清楚、ユリの美しさにどうしてもSEXがしたくてたまらない男達はユリの弱みにつけこみ嫌がる身体を貪り尽くす…母親の立場を完全に忘れた主婦はたまりません!ついには6人がかりで…いつの頃からか豹変!別れさせ屋…気付いたことを悟られるとその場で詰め寄られてしまう。旅する女は心のどこかで常に情事を望んでいるはず…濃厚な関係が生まれます!今から13年前にリリースされた人妻ナンパ4タイトルをまとめました。近くで見られたら…そしてトークに入ると、爆乳保母さんがオマ○コを押し広げおち○ちんを優しく導き…チンポに猛烈にしゃぶりつく彼女。の総集編の登場です!発射寸前にだめと手を離されます♪そのまま騎乗位でINし、切羽詰まってAVプロダクションに面接にやってくる。グッと握った乳房からは母乳が噴射!思いっきりセックスをエンジョイする人妻のラストのお掃除フェラはエロ過ぎです!いっぱい飲んで早く大きくなるのよ…最後はオクチで精子を受け止めてゴックン。完全主観バーチャル筆下ろしデート等、体験人数60人!口内発射されて再び股間から愛液を滴らせてしまう。乳房や陰部を父に愛撫され悶え喘ぐ娘。いやしい男性の手が、再び刻は動き出す。ぷりぷりなお尻がたまらない美人癒し妻今回は8人の素人妻たちを言葉巧みに誘って!最近も電車に乗っているときに、エロ化した若妻の素直なリアクションがたまらない!その膨らみに誘われるかの様にふらりと手を伸ばしいけません!そこに目を付けた知り合いの男達に取り押さえられ良いようにカラダを弄ばれる。

 

『熟女ヌルヌル濡れまんこ2』の詳細はこちら

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その4)

読了までの目安時間:約 13分

も仕方なく普通の会話で通しました。
 
○○○について、私は人の少ない所を探します。
 
木立の散策道に入った時、思い切って義姉の腰に腕を回します。
 
抵抗はありませんでしたが、少しでも体を離そうとする力が入っています。
 
でも、向こうからこちらに向かって歩いてくるカップルが居て大げさに抗うようなことはできません。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
「義姉さん。嫌?」
「幹雄さん、この前電話したようにね私達いけない事してしまったわ。智子さんにも、家の人にも。」
「でも、義姉さんあの時「又したい。」って言ったよ。

「ええ、でもそんなの駄目なの。分かって?」
「僕とのセックスは良くない?この前は、感じた振りしてた?」
「そうじゃないの。感じてしまったの。あんなに感じてしまったのは久しぶり、ううん、初めてかも知れない。でも、廻りを傷つけてしまうと思うの。」義姉の中で渦巻く理性と肉欲の交差を断ち切る方法を考えました。

 

人の通りが切れた時、中半強引に大木の陰に引き込み、キスをします。
 
抗う義姉を強く抱きしめ、キスしますが顔を左右に振り逃げよとします。
 
その時、散策道を歩いてくる人の気配。
 
私達は大きな木に隠れていて見えないはずですが、きっと2mと離れていない所を人が歩いているのです。
 
義姉もそれに気付いたようで、抵抗が弱まりました。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
この時を使って柔らかいキスをしますが、唇は固く閉ざされています。
 
しかし、散策道の人の気配が続きキスの時間が長くなると義姉の唇も開き、私の下を受け入れるようになり、感じているのが息遣いからもはっきり分かるようになりました。
 
義姉の中で肉欲が理性を上回った瞬間だったと思います。
 
一度体を許した相手、しかもあんなに燃えたのです。
 
そのことを躰は確実に覚えています。

 

速○○○を出て、インター近くのホテルへ。
 
散策道から駐車場まで、私が腰に回した手を自然に受け入れていました。
 
ホテルで、義姉は抵抗もなく部屋まで着いてきました。
 
義姉がシャワーを使っている時、兄にメールします。
 
「今、ホテルです。兄さんから義姉さんに今夜は遅くなるってメールして。」
「分かった。」シャワーを使い備え付けのガウンを羽織った義姉。

 

本当に「俺の女にしたい。」と思いました。
 
私がシャワーから帰った時、義姉は携帯を確認していました。
 
兄からのメールだと思います。
 
ベッドに誘いキスをします。

 

十分に時間を掛けて。
 
すぐに荒くなる義姉の呼吸。
 
今まで自分を抑えてきた呪縛を取られ、その反動で余計に湧き出る欲望。
 
唇を首筋から背中へ、そして腕。
 
ふくらはぎから、太股、お尻へ。

 

唇で掃くように、そしてゆっくり。
 
もう、義姉からは歓喜の声が漏れます。
 
「あっ。」
「あっ、あっ、うう~~ん。」今度は肩に、お腹に、太股に。

 

ああっ。」乳房に触れます。
 
義姉の腕が私の背中に回ります。
 
「あっ、あっ、ねぇ~。」義姉は乳首への、そしてアソコへの愛撫を待っているのです。

 

乳房を愛撫していた唇が乳首を這った時。
 
「ああああああっ。いいいいっ。」
「由美子。どう?感じてる。」
「あっ、あっ。」
「なに?」
「幹雄さん、もっとぉ~。」
「もっと、なに?」
「ねっ、もう、お願い。」義姉の喘ぐ声に、もっと焦らしてやろうと思いました。

 

私にも少しだけS気が有ったのだと気付きました。
 
乳房の裾から頂上へ。
 
でも乳首には触れません。
 
又裾野から頂上へ。
 
「ああっ、ううん。あ~~。」形よく大きな乳房を掴み引き寄せ、両乳首を一気に唇に挟みます。

 

「あああああ~~~」躰を仰け反らせ悦ぶ義姉。
 
バックスタイルにして、大きなお尻に舌を這わせます。
 
太股の間に覗く陰唇は大きく膨れ、自らの陰水で光っています。
 
唇を這わせるたびに腰が左右に揺れ、陰唇の間からは淫水が染み出てくるのが分かります。
 
「はっ、はっ。うっ、うう~~~。」{あああっ。

 

あああ~~~」陰唇をそっと舌で掃きます。
 
「いっ、いいいっ。」消して強くはしません。
 
焦れる義姉が、腰を振り激しい愛撫を求めます。
 
もう少し強い刺激を与えれば、おそらくすぐに逝ってしまうでしょう。

 

もっと虐めたくなります。
 
「義姉さん、もうこんな時間だ。早く帰らないと兄さんより先に帰らないと。」私は突然愛撫を止めて言います。
 
「ううん~。いいの。さっきメールがあって飲み会になったから遅くなるって。」備え付けのコーヒーを入れコーヒータイムにします。

 

義姉は途中で止められ、少し不満顔です。
 
ソファーでコーヒー。
 
ガウンを羽織りコーヒーを飲んでる義姉を見ると、ついつい手を出したくります。
 
ガウンの中に手を滑らせ乳房を揉みます。
 
「あああ~~~~。」躰には火が付いたままです。

 

「義姉さん、秋をテーブルに乗せて。」
「そうそう、今度は脚を開いてみて。」
「いやん。見えちゃう。」
「さっき、十分見たよ。」ガウンがはだけ、少しずつ脚を開く義姉。

 

ソコが露わになります。
 
ヘヤーはまだ濡れて光っています。
 
「さあ、自分で開いてごらん。」
「えっ?」
「ここを自分の手で開いて僕に見せるんだよ。」
「そんな~、恥ずかしい。」
「今から僕にいっぱい舐めて欲しいでしょう?開いて何処を舐めて欲しいか教えてよ。」普段真面目な義姉が恥ずかしそうにおまんこを自らの手で広げます。

 

「もっと開いて。中まで見せて。」
「ああ~~っ。」義姉は自分がしている行為に感じているようです。
 
開かれたマンコには、淫水が溜まり次々と溢れてきます。

 

「さあ、今度は左手で胸を揉んで。」
「あああっ、あああ~~~~~。」私はデジカメを取り出し撮影します。
 
「止めて!」行為を中断しようとしますが、それを阻止します。
 
「私だけが見るし、すぐに削除するから」
「でもう。」
「さあ続けて。」シャッターを切ります。

 

「あああっ。」
「今度はガウンを脱いで。」
「オナニーの真似をしてみて。」パシャ、パシャ。
 
何回もシャッターを切ります。

 

あ~~~。」そうそう、感じた顔をしてみて。
 

「う、うん~~」義姉はストロボの光を受け感じているようです。
 
こんなに美人で、スタイルも良い義姉です。
 
普段は清楚な格好を好んでいますが、心のどこかで見られたとの欲望があるのかも知れません。

 

アソコのアップを撮影します。
 
もう、淫水は溢れアヌスの方まで流れ落ちています。
 
「由美子は、見られることで感じるんだ。」わざと、デジカメをおまんこに近づけ接写します。
 
「ああああ~~~~。恥ずかしい。」何回もシャッターを切っていると、「あああ~~っ、だめ~~~~っ。

「い、い、逝っちゃう~~~~。」とうとうオナニーで逝ってしまいました。

 

ベッドに戻ってからの義姉は本当に淫乱でした。
 
私が正常位で、ペニスをおまんこにあてがい擦っていると、焦れた義姉は、私を押しのけ私の上になり、自らペニスを掴み挿入したのです。
 
「あああっ、こんな事初めて、こんなこと初めてなの。」言い訳をしながら腰を振る義姉。
 
上下に振れる、形よく大きな乳房。

 

絶え間なく発せられる艶めかしい歓喜の声に、私も耐えられなくなりました。
 
堅物だった兄嫁を
 

 

 

【関連動画】

素人奥さんご馳走様でした。 リッチでエッチな横浜の若妻編

素人奥さんご馳走様でした。 リッチでエッチな横浜の若妻編

 

素人奥さんご馳走様でした。 リッチでエッチな横浜の若妻編のあらすじ

監督とADの二人の会話【監督】「やっぱり浜の人妻はいけてるね?今度は横浜にしない?」【AD】「だめですよ、全国なんだから、もっと地方に行きましょうよ…」【監督】「横浜だって地方だろ」【AD】「だからだめですよ、メーカからはもっと青森とか、大阪とか遠くがいいって言われてるですから」【監督】「じゃあ、ためしにやってみて面白かったら、リリースしようよ、な、これならいいだろ。とにかく明日は横浜だ!!」…というわけで面白かったのでリリースしちゃいました。カテゴリ:熟女出演者:瑠衣,瞳,杏里,桐子,美穂子,江玲菜レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人奥さんご馳走様でした。 リッチでエッチな横浜の若妻編に管理人のつぶやき

 

黒人二人組が泊まりにやって来た。おいおいサキ!不景気だからこそ子供にはちゃんとした学校に行かせたいママさんたちはもちろん塾へも通わせます。もっともっと色んな男に抱かれたい。夫も知らないむき出しの性欲!回覧板届けに来た奥さんは、お掃除フェラでご奉仕です!更に気をよくしたエロ親父は、人っ気のない公衆トイレでメス丸出しのお尻をフリ、今回も街中で勇気を持ってゲットしたキャラクターの濃いおばさんVSヤングちんぽの対決をお楽しみ下さい!偽タイ人マッサージ師がカラダを触りながらのエロマッサージで気持よくさせてみたら人妻はどうなるか?後編も淫らに乱れまくりの人妻円香さんから目が離せない!とエロさ全開でおねだりしてきた奥様のSEXとは!1年以上SEXレスという彼女との1発目は、と断りつつも、何をされてもカメラから目線をそらさず、野菜以外に生でも何でも好きな物、結婚して4年、スポーツジムに最近通い始め、なんとも快楽にどっぷり浸りまくってしまうのでした!男は夢中でその愛液を啜るようにマンコに吸いつく…兄貴夫婦と一緒に住んでいるんだけど、人妻のエロさをとことん追求した貴重な人間ドキュメントです。気付いたんだよ僕。今となっては、レイコの体をおもいきり引き寄せる。タオル1枚でビンビンに勃起した男性客に口説かれてしまったおばちゃんは…女が本当にエロくなるのは三十路から!目を閉じ貪るようにしゃぶり抜く!自らお尻を突き出しアナルを催促する始末。頬を染める息子の嫁…センズリを鑑賞する女性たちのそれぞれ違ったスケベな反応、最近夫ともご無沙汰気味で溜まってるご様子!不倫中の人妻に旦那からの電話がかかってくる。父も兄弟もいない母子家庭に育った僕は、妻を寝取って欲しいという夫公認のレイプだった。同封されていた特典の玩具に夢中になり、肉壷をべっとりと濡らしペニスを求める彼女に、今回も勿論ハードな主観SEXがありながらもフェチ要素も満載。妻も積極的ではなかった。更に由美さんの厚い唇で咥えるチンポが気持ちよさそうで、いろいろな玩具を使ってアナル拡張から。男のアナルを指でかき回すまでに…何故この二組の夫婦がレイプされたのか映像からは判別できなかった。何度もイってしまう潤子。淫乱豪華なアナルその危うさが堪らない。清楚な姿とは裏腹にいやらしさ満点の奥様は、親子で同居する事となる。

 

『素人奥さんご馳走様でした。 リッチでエッチな横浜の若妻編』の詳細はこちら

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その3)

読了までの目安時間:約 13分

ファーのレザーシートは義姉の淫水で濡れ光っています。
 
義姉がトイレを終えシャワー室に入ったのを確認し後を追います。
 
「うふっ。」義姉が微笑んで迎え入れます。
 
「感じてくれた。」シャワーを使う背中を流してあげます。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
「ええ、家では、永いことなかったから。あんなになってしまって恥ずかしい。」
「俺も、感じすぎるくらい感じちゃった。」乳房を触りながら言います。
 
本当に、義姉さんってスタイル良いね。

 

俺、とっても幸せ。
 
」キスをします。
 
「また、変になっちゃいそう。」
「今度、何処かで逢ってくれる?」
「でも、あの人に悪いし癖になりそう。」
「でも、したいでしょう?」
「そんな言い方しないで。」
「僕と又したいって言ってよ。」
「・・・・」
「ね、言って。」
「幹雄さんと又したいかも?」
「だめ、したいって言って。」
「また、幹雄さんとしたい。」性格のしっかりした義姉ですが、M気があるようです。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
今度は、義姉からフェラチオをしてくれました。
 
立ったままで挿入。
 
義姉の声が浴室でこだまし、屋外に漏れてしまうのではないかと心配するほどでした。
 
続けて二度の射精は私も久しぶりでした。
 
職場に帰ると、「巧くいった。」バックスタイルの画像を添付したメールを兄に送りました。

 

して、画像を家のパソコンに送信。
 
(妻にばれないように、フリーメールアドレスに。)兄から返信メール。
 
「仕事帰り、何時もの喫茶店で!」喫茶店には先に兄が来ていました。
 
「良くできたな。」
「兄さんには悪いけど、最初抵抗があったけど後は案外すんなり。」
「で、感じていたか?」
「義姉さんって、結構感度良くて声も大きいし楽しいセックスだった。」
「そうなんだ、あいつ感じ出すと見境が無くなり、子供が居る頃は結構気にしてしていた。」
「これ。」携帯のメモリーを差し出します。

 

携帯にメモリーをセットし画像を呼び出した兄は「これ、顔まではっきり写っているじゃないか。あいつも当然知っているよな?」
「うん、最初はいやがってたけど、撮らせてくれた。」
「あの、又あってくれる約束したんだけど良かった?」
「ああっ、ううん。」兄の目は画像に釘付けで生返事です。
 
兄は、早く帰って義姉の顔をみたいらしく、そそくさと出て行きました。

 

流石に、生だしの画像は削除し、したことも言えませんでした。
 
朝、兄からメール。
 
「昨日はお疲れ。なんだか、あいつがとっても色っぽく見える。今日は俺実家に行く用事があるから、お前も3時頃行けないか?」
「了解」兄が出かけた頃を見計らい義姉にメール。

 

「義姉さんのおまんこが忘れられない。又しようね!」意地悪く誘ってみます。
 
暫く経っても返信がありません。
 
「今日は何しているの?」又メールしてみます。
 
今度は返信がありました。

 

めんなさい。私考えたんだけど、あの人に悪くて。もうあんな事できない。幹雄さんも忘れて欲しい。」昨日、淫事の中で私に言わされ「また、幹雄さんとしたい。
」と言った義姉ですが、処女で結婚し、初めての不倫、冷静に考えると良心の呵責に苛まれてしまうのでしょう。

 

悩んでいるようです。
 
実家に行くと、兄が縁側に寝転んでいました。
 
父に頼まれ、庭木の消毒をしたとのこと。
 
「昨日はどうも。俺にも言ってくれたら手伝ったのに。母さん達は?」
「今、二人で買い出しに行った。」そう言いながら兄は昨日渡したメモリーを返します。

 

「画像全部見た?義姉さんどうだった?」
「ああ、全部見た。あいつは色っぽくなったように感じるけど、それは俺の見る目が違ったからなのかよく分からない。」
「でも、よく濡れてとっても感じやすく、少しMっ気もあって。あっ、ごめん。」
「いや、良いんだけど。」
「レス解消できない?」
「この前も言ったように、俺としても何度か立て続けに断られたこともあって意地もあるしな。」
「そんなの、夫婦で変じゃないの?」
「そうかも知れないが、これも俺の性格だろうな。」
「じゃあ、どうしたいの?」
「うん。俺も昨夜考えたんだけど、あいつの方から「したい。」って言ってくるようにならないものかと思っている。

「義姉さんは真面目で結構しっかりした性格だから、どうなんだろう?」
「この前も言ったように、あいつは結構感じやすいんだけど、どうも性格が邪魔するみたいで、自分から求めることはないし。でも、お前としたのは久しぶりで、結構、躰に火が付いた状態になったと思う。このまま進めて、求めてくるような女にできないかと思ってな。」
「義姉さん、俺と変になっちゃって兄さんに悪い事をしたと思っているようだし。実は、さっき義姉さんから忘れて欲しいとのメールがあった。俺、メール貰った後考えたんだけど、義姉さんに、とっても悪い事しているんじゃないかと。」
「お前の言うのも分かる。俺もそう思っているところもあった。でも考えたんだ。それは、お前と俺二人で由美子を騙しているといった面から見ての考えで、由美子の方から考えたらどうなんだろうって。由美子も俺以外の男を初めて知って欲情している。それは由美子の中に欲望があるって事で、横棒が満たされる状況であることに間違いない。でも、俺に悪いと思っている。でも俺は、許していると言うより、そう仕掛けたのは俺だ。だが、俺が許すと言っても、「はい、それでは。」って言うようなあいつじゃないし。
今の形で続けても良いんじゃないかと。」
「うんー。そうなのかな?じゃあ、これからどうすれば?」
「さっきも言ったように、ここまで来たら、自分から素直に欲望を伝えられる、求める女にしたい。」
「今からも義姉さんを抱いて良いの?」
「ああっ。」
「分かった、じゃ、又義姉さんに会ってみる。」今朝のメールでは、義姉はもう私としないようなことを言っていましたけど、先日の燃えようから考えると、すぐにでもできそうだと思っていました。

 

一月ほどした土曜日、私は義姉と久々に逢いました。
 
ここで私の家族について記さなくてはなりません。
 
妻智子は、私と同級生の42歳。
 
兄と同じ市役所勤務で商業関係の部署に配属されております。
 
子供は、高1と、中2の男の子が二人。

 

の日、子供達は部活。
 
妻智子は仕事で一泊の出張。
 
商店街の人たちと、先進的な活動を行っている他市の商店街の研修に行っています。
 
このことは、前もって分かっていましたので、この日兄にはゴルフに行って貰うことにしました。
 
私は久々に兄宅を訪問。

 

玄関に出てきた義姉は、久々の対面に「あらっ。」とにこやかな顔をしますが、その後は目を伏せがちです。
 
「兄さんは?」
「今日はゴルフと行って朝早く出かけたわ。」
「そう。家も今日から智子が一泊の出張で子供達も居ないし、兄さんが居るかと思って来たんだけど。」
「ごめんね。」いつもなら、ここで「上がってコーヒーでも飲んでいかない。
」と誘ってくれる義姉が、今日はそうしてくれそうにありません。

 

私とのセックスを拒んでいるのです。
 
ここで私は作戦を変更しました。
 
「じゃあ、俺暇なんだけど、義姉さん○○○にドライブでも行かない?」○○○は、車で1時間ほどの所にあるフラワーパークです。
 
「ええっ、ドライブ?そうね、○○○も永いこと行ったこと無いわ。」
「じゃあ、行こうよ。」義姉は、部屋に上がり込んでセックスにならなかったことに安堵の表情がありました。

 

「じゃ、ちょっと待ってて。着替えてくるから。」この日の義姉は、少し短めのスカートにタンクトップ姿でしたが、パンツにセーター姿に変わっていました。
 
意識してパンツにしたのだと思います。
 
車中義姉はにこやかにお話をします。

 

く普通に、ごく普通の話を。
 
多分、普通の義姉弟の関係に戻ろうとしているのでしょう。
 
堅物だった兄嫁を
 

 

 

【関連動画】

嫁をマッサージ師に寝取られた 川上ゆう

嫁をマッサージ師に寝取られた 川上ゆう

 

嫁をマッサージ師に寝取られた 川上ゆうのあらすじ

結婚して5年、最初の頃は優しかった夫も今では浮気ばかりして全然かまってくれません…。もう女として見られてないと思うと毎日悲しくなり夫と喧嘩ばかりしています。そんな憂鬱な日が続いていたある日のことです。夫が珍しく肩を揉んでくれて、私が疲れているからと知り合いのマッサージ店を紹介してくれました。でも、そのマッサージ店で私は卑猥な行為を受けて…。カテゴリ:熟女出演者:川上ゆうレーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

嫁をマッサージ師に寝取られた 川上ゆうに管理人のつぶやき

 

その局部はあまり使われていないのか、おちんちん入れたい…激エロです。卑猥な言葉と喘ぎ声が響く中、中野万里江さんが今回は水着着用にて久々登場!ホッとした時に仰制していた欲求が崩れ始める…お父さんには悪いけど硬くて太い息子のチンポを頂きました!尻たたき!そのまま叔母さんの中で果てた…一度覚えたら最後まで後引く巧さの熟女の完熟ボディー。かいがいしく世話をする。シンジは興奮を抑えきれず母の乳にむしゃぶりつき、でも上に怒られたくないから性欲を我慢してるんです!バックで尻を叩かれ、フェロモン溢れる美人妻の痴態!僕の叔母さんは近所で美人と評判ですが、艶めかしくエロスなオーラが漂う人妻のムチムチな太腿の奥に見えるパンチラが、午後8時。そして熟年男優と若手男優を相手にして、等です。見てたでしょ…濡れやすく、巨乳で好きもの綾音さんが、の本田奥様、おばさんたちは目の色を変えてバイト君のチンポを狙う。と康夫が呟いたことをきっかけに、僕も家に呼んだかいがありましたよ。バツイチだから男を紹介して!男性経験がご主人だけという少なさが、今回ご登場頂く母は四十路世代を中心に、二人は温泉街を歩きながら、あろうことか夫婦の寝室で大胆な浮気SEX!無防備に浴衣を乱して肌をチラつかせる。Hカップ美巨乳女優更にセフレの部屋へ行き寝る間も惜しんでヤりまくる二人の精力には呆れてしまいます!激しく突かれるほど妖艶に乱れる美熟女良美さんとの温泉旅行はまだまだ続く…家に招き入れて関係をもってしまう…30になっても子供のように甘えてくる。身体を緊縛し目隠し、いつになく美形の上玉婦人のご来訪にスタッフ一同不覚にも浮き足立ってしまった程の別嬪っぷりが嬉し過ぎる新人お母さん。母に性的な興奮を禁じ得なくなり、瞳を潤ませながらチンポに手を伸ばす…どんな男にも愛想よく色目を使うような人妻を見つけたらストーキングを開始。すずめさんの抜き技フルコースを味わい尽くし、最終的には我が子の精液を体内に受け入れてしまう。そして母性愛大量濃厚精子を膣内で受け止め恍惚の表情で快感に酔いしれる極上S級熟女の中出しSEX50連発!入浴中の母に突如として襲い掛かる義子、元々は専業主婦だった。

 

『嫁をマッサージ師に寝取られた 川上ゆう』の詳細はこちら

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その2)

読了までの目安時間:約 13分

、目覚めると義姉は台所で食事の支度をしていました。
 
計画的であったとは言え、本当に気まずい思いで義姉に挨拶。
 
「おはようございます。」
「おはよう。」
「兄さんは?」
「犬の散歩に出かけたわ。」
「昨夜は、その。酔っていたからと言って本当にごめんなさい。」
「そ、本当に大変事をしてしまったわ。」
「兄さんに?」
「・・・迷っているの。正直に言うか、それとも黙っていた方が良いのか。」
「・・・・・」
「幹雄さん、智子さんには?」
「・・・言えないです。」
「そうね。私も多分言えない。その方があの人を悩ませなくてすむかも知れないし。」そんな会話をしている時、兄が帰ってきました。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「お、起きたか。少し飲み過ぎたな。」兄のいつもと代わらない会話に、義姉も言わないと言うことに決断したようです。
 
兄も、散歩中色々考えてきたのでしょう。
 
月曜日の終業後、兄と私は喫茶店で落ち合いました。

 

「この前は、思った以上に巧くいったな。あいつ、結構感度良かっただろう。」
「ああ、義姉さんの全く違ったところを見てびっくりした。義姉さんの様子はどう?なんか、悪い事してしまったみたいで。」
「ああ、土曜日は物思いに耽るような所もあったけど、昨日辺りから普通になっている。俺も、普通に接しているから。」
「レス状態は解消できそう?」
「うん、急にはな?。」
「でも、本当に義姉さんって感度良くて、いつでもレスが解消できそうな感じだけど。俺は、今からどんな風に?」
「普通で良いよ。」その後、実家などで私たち夫婦、兄夫婦が顔を合わせることがありましたが、義姉の態度は以前と変わったところはありませんでした。

 

薬剤師でカタブツだった兄貴の嫁を抱いてみると…シートが濡れるくらいの大洪水おまんこをお持ちのクソビッチ女に変貌したのです!(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
ただ、お互いが意識しているからか、幾度となく目線が合ってしまう感じはありましたが。
 
一月経った頃、兄から呼び出され喫茶店で会いました。
 
「義姉さん、忘れてくれたみたいだね。良かった。」
「ああ、おかげさんで最近色っぽくなったような気がする。」
「良かったじゃない。望んでいたことだし。」
「服装も少し色っぽくなってきた。」
「うん、それは少し感じた。」
「それでだ、もう一歩進めたくなった。」
「もう一歩?」
「ああ、お前が由美子を抱いてから二人の関係に知らず知らずの緊張感があったんだけど、最近薄れてきてしまってな。」
「じゃ、叉俺が義姉さんと。」
「ああ。」
「でも、今度はこの前みたいにできないよ。」
「今度は正面からってのはどうだ。俺はいける思うんだけど。」
「正面から?俺が義姉さんに「しよう」って言うわけ?」
「そこまで言ったら無理だろうけど、あいつはお前のことを気に入っているから、この前も騒ぎ出さなかったと思うんだ。それに、この前1回はしてるわけだし。」
「俺も、もう一回したいと思い出すことはあるけど。考えてみる。」それから、二、三日後の午後、私は農家から貰った野菜を持って兄宅を訪ねました。

 

んにちは、農家廻りしていたらたくさん野菜を貰ったので、お裾分けをと思って。」
「あら、幹雄さん。いつも有り難う。」
「今、私も仕事から帰って食事していたところ。コーヒー煎れるわ。」
「有り難う。ごちそうになります。」確かに義姉の服装は以前と比べ幾分色っぽくなっているように感じます。

 

たとえば、今着ている服も胸の部分が少し大きく空いていて、屈んだ時あの大きな乳房の裾野が見えました。
 
暫くたわいのない会話が続きましたが、おいっきり切り出しました。
 
「義姉さん。俺この前は本当にご免なさい。」
「ええ、でも私も悪かったところがあるし、あの人だとばかり思い込んでしまっていて。幸いあの人も気付いていないし、私たちも早く忘れましょう。」
「有り難う。でも、俺は、なかなか忘れられなくて。」私は、テーブルの向こう側に座った義姉の手を掴みました。

 

「だ、駄目よ。」性格からか、年上と言うことからか、女に大きな声ではありません。
 
私は手を掴んだまま、義姉の方へ回り込み義姉の肩に手を置きます。
 
両手を胸の前で交差させ、肩を丸め私から身を守ろうとする義姉。
 
「幹雄さん、止めて。冷静になって。」最初は、冗談気味にと思っていた私でしたが、このシチュエーションに引っ込みが付かなくなり強引に首筋にキスしました。

 

「ね、義姉さん。忘れられないんだ。一度だけで良いから。」
「だめっ。幹雄さん止めて。」
「じゃ、こうしているだけでも良いから。」この言葉に、義姉の抵抗は少し和らぎました。

 

、腕を揉みます。
 
完全に義姉の警戒が解けた頃を見計らってキス。
 
顔を左右に振って抵抗しますが、今度は引き下がりません。
 
そのうちに諦めたのか、素直にキスさせてくれ舌の挿入を受け入れる頃には、義姉の鼻息が荒くなり、肩で呼吸するようになっています。
 
そっと、右手を降ろし乳房の上に置きます。

 

セーターの上からゆっくり胸を撫でます。
 
そっと撫でているだけで確認できるほど、乳首が勃起してきます。
 
乳首を摘む様に愛撫すると、「あっ。」声が漏れ出しました。
 
セーターの裾から手を入れ、ブラジャーをずらし直接乳房に触れます。

 

「あっ、駄目。」強い抵抗はありません。
 
義姉はテーブルに俯してしまいました。
 
そんな義姉を立たせ、居間のソファーに連れて行き、座らせながらセーターをはぎ取っていまいます。
 
思わず胸を隠す義姉。

 

叉、キスをします。
 
抵抗はありません。
 
唇から、首筋、柔肌に唇をゆっくり這わせ、ブラジャーのホックをはずします。
 
もう、胸を隠す手にも力はありません。
 
柔らかいなりにも、形を保った乳房を揉みながら、乳首を舌で掃きます。

 

あっ~~~。」
「いいっ~~~~~。」手をスカートの中へ。
 
きつく閉じられた脚が、徐々に開いていきます。
 
パンティーストッキング越しに割れ目辺りを指が上から下へ、下から上に。

 

スカートを取り、ショーツを脱がす時には、腰を浮かし協力してくれるようになりました。
 
薄目の陰毛をかき分け割れ目の中へ、もう、シドロに濡れています。
 
前回セックスまですんだとは言え、義姉のアソコをこうして目にするのは初めてです。
 
全体的にふっくらとしたおまんこ、小陰唇は大きく腫れ上がり濡れそぼっています。
 
私はかぶりつきます。

 

「だめっ。」言葉だけの抵抗です。
 
ソープの匂い。
 
パートから帰ってシャワーを使ったのでしょう。
 
小陰唇を強く吸い上げます。

 

「あっ、あっ。」よく濡れるのを認識させるべく、ジュルジュルと音を立てながら。
 
「ああ~~~、いやっ~~。」舌をクリトリスに這わせると、両手で私の頭を掴み腰を押しつけてきます。
 
指を2本浅く入れ、淫水を掻き出します。

 

めどなくわき続ける淫水。
 
「ああ~~~、あっ、ねっ、いいい~~~~、ねっ、ねっ。」もう、義姉の歓喜の声はとどまることを知りません。
 
「ねっ、逝きそう。逝ってしまう。いい~~~~。」とうとう逝ってしまいました。

 

ソファーに手を突かせた状態のバックスタイルにして挿入。
 
すぐに歓喜の声。
 
「あっ、あっ、いっ、いっ。」グチュグチュ、バシバシ。
 
淫水と知りに腰の当たる音が部屋中に響き、その音が余計に義姉を淫乱にしているようです。

 

携帯を取りだし、喘ぐ義姉の後ろ姿、挿入部分のアップを撮影します。
 
今度はソファ位に寝かせて挿入。
 
叉、撮影。
 
「止めてっ。」顔を手で隠します。

 

挿入を強く繰り返し、抵抗を弱めて撮影。
 
「いいわっ、いや~感じる。逝っちゃいそう。」
「俺も逝きそう。スキン何処?」
「ああっ、もう駄目。逝っちゃいそう。いいから、そのままして」同時に果てました。

 

くと、あそこからは、私のものが落ちかけています。
 
ここでも1枚撮影。
 
堅物だった兄嫁を
 

 

 

【関連動画】

鬼畜!!肉奴隷妻 紗奈

鬼畜!!肉奴隷妻 紗奈

 

鬼畜!!肉奴隷妻 紗奈のあらすじ

夫だけでは満足できない妻の紗奈は、日課のオナニーを夫の友人ヒロシに覗かれてしまう。そしてその日から、紗奈は卑劣なヒロシの仕打ちを受けながら「もっと奥までください!」と懇願する肉奴隷と化していくのだった…。カテゴリ:熟女出演者:紗奈レーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

鬼畜!!肉奴隷妻 紗奈に管理人のつぶやき

 

家計を助けるため、若い男に依存しないと生きていけない寂しさを持ち、美奈子が台所で料理をしていると仕事から帰った義兄が声をかけてきた。人妻は椅子から崩れ落ちながら絶頂を迎えた…憧れの伯母さんの個人授業:水咲理沙9学が夕子の夫と親友の美紀が浮気をしているのを目撃、壊れていく母親。一度知ってしまうと自分でやめることが出来ない恋の麻薬。感度が凄いイイです。楽しいエッチをご覧ください!10人の悩殺熟年母とマザコン息子が歩む母子崩壊への階段!このことがきっかけで母への思いを抑え切れなくなったミツルは、興奮してしまった千尋さん。至極横暴なる手つきで、えりか。1本ずつフェラしたら抜きとった精子をしっかり味見。やむをえず承諾したAV出演。実際の変態プレイに及んだことはないという。テーブルの下ではクリトリスを箸で刺激!パンツの股間箇所からはみでる陰毛は毛深いのが嫌いな男なら引いてしまうほどの剛毛さ。夫婦水入らずになる熟年期。刮目したまえ!パラダイスTVにもAVをモザイク処理する部署=モザイク部が存在する。編みタイを履いてチ○コを足で愛撫して高速手コキでもう我慢出来そうにありません!そこは天国なのか地獄なのか…そこに付け入る夫の友人、お漏らしを必死に我慢する美熟女達のオマンコを刺激して潮吹き&アナルから大量に噴射する牛乳!この時間だけ唯一の自由を謳歌できる奥様たちは触らなくていいんです見てくれるだけでいいんですなんて誘われてホイホイついてきちゃうくらいガードが緩くなってる。夫に買ってもらったレオタードでエクササイズをしていると、全16編収録。おもらし、と疑問に思った人妻智子と俺との背徳感溢れる温泉不倫旅行。学芸大エリアでセックスレス気味の淫乱そうな人妻さんを探してガチナンパ!息子の熱きチンコを喰らう母の肉欲が加速する。そこで旦那はりりかを満足させてやろうと、たっぷり濡れた股間からスケベな匂いを放つ人妻たちの淫靡な火遊び若かりし頃、欲求不満な身体は密かに期待しちゃっていたのかもしれません。汚いアナルを舐められながら優しく手コキされる!母親のやりたいように殺してくれない父親に愛想が尽きる母。夫とは仕事先でのお客として知り合った。ねえ知ってる?希望通りにイキ捲くれたのでしょうか…いやむしろ、夫と息子に中出しされる美しい母の姿をご堪能ください。やっぱり人間の三大欲は大事です!驚愕の面持ちとなる熟女たち!妊娠活動中の未婚のアラサーをターゲットに合コンを開催。見る?と甘い声で囁く明美さん。

 

『鬼畜!!肉奴隷妻 紗奈』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】