告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

夏休み、ふたりきりでの勉強中…。姉のノーブラの胸チラに理性崩壊した俺は、姉弟なんて関係ねえ!とばかりに姉に襲い掛かってしまった

読了までの目安時間:約 14分

が4つ上の姉と初めてセックスしたのは中3の夏休みだった。
 
僕の家は夫婦共稼ぎで、母がスーパーのパートから戻ってくるまで、女子大生の姉と僕は二人だけだった。
 
姉は勉強が良く出来たので、頭が悪い僕の受験勉強を手伝ってくれた。
 
その日も僕は姉から英語を教えてもらった。
 
姉は半袖のブラウスにミニスカートを着ていた。

 

夏休み、ふたりきりでの勉強中…。姉のノーブラの胸チラに理性崩壊した俺は、姉弟なんて関係ねえ!とばかりに姉に襲い掛かってしまった【イメージ画像1】

 
 
 
ブラウスの一番上のボタンが外れていて、前屈みになった姉の胸元が見えた。
 
凄く暑い日で姉はDカップでノーブラだった。
 
僕はブラウスから覗く白い乳房に目がくぎ付けになり、ペニスが勃起した。
 
姉は色白で、可愛い顔をしていたので、合コンで知り合った男からよく電話が掛かってきた。
 
実は中1の頃から僕は姉をオカズにマスを掻いていた。

 

僕はいつの間にか姉の胸に夢中になり、勉強が上の空になっていた。
 
すると、姉がそれに気付き、僕のおでこを小突いた。
 
「淳、何見てるの、ちゃんと勉強しなさい」
「うん、でも姉ちゃんの胸がさ…」
「ウブね、このくらいでドキドキして」
「チェッ、姉ちゃんだってまだバージンだろ」
「へへへ、バーカ、もう経験済みよ」
「えっ、ホント、ショックだよー」
「ウフフ、淳はまだ童貞だよね」
「ねえ、姉ちゃん、教えてくれよ、セックスを、ねえ、ねえ」
「バーカ、弟とできるわけないでしょ」
「ねえ、お願いだよー、あれ使うからさ、僕、ある場所知ってんだ」
「知ってるって、何の?」僕は部屋を飛び出し、一階の親の寝室に行き、洋服ダンスの一番下の引き出しを開けた。
 
奥にコンドームの箱があり、そこから一袋取り出した。
 
それは裏ビデオとか探した時に見つけた物だった。

 

夏休み、ふたりきりでの勉強中…。姉のノーブラの胸チラに理性崩壊した俺は、姉弟なんて関係ねえ!とばかりに姉に襲い掛かってしまった【イメージ画像2】

 
 
 
急いで部屋に戻った僕は姉にそれを見せた。
 
「姉ちゃん、これすれば大丈夫だろ、先輩が言ってた」
「うーん、そうだけどね」姉が困った顔をしたので、僕はチャンスだと思った。
 
急いでジーパンを脱ぎ、それからパンツも脱いで、下半身裸になった。
 
僕のペニスは大きくなっていた。
 
姉は僕のモノをまじまじと見詰めた。

 

っぱ、姉は処女じゃないんだと僕にもわかった。
 
「淳、あんた、結構大きいのね」姉が手を伸ばして、僕のペニスに触った。
 
すると、ペニスがむっくりと頭を持ち上げた。
 
姉の白い指がスーッとペニスを撫ぜた。
 
「姉ちゃん、一回だけでいいよ、教えてくれるだけで」
「あああ、バカな弟を持ったものね、じゃあ、本当に一回だけよ」僕はコンドームを袋から出してペニスに着けたが、初めてなので手間取った。

 

「姉ちゃん、これでいいの」
「まあね」姉は溜息を吐いて、服を脱ぎ始めた。
 
僕もTシャツを脱いで全裸になった。
 
裸になった姉は僕のベッドに横になった。
 
白い裸体に美しい乳房、そして可愛らしいピンクの乳首が立っていた。
 
僕は思わずベッドに上がり、姉の乳首にむしゃぶりついた。

 

「噛んじゃダメよ、優しく舐めて…ああ、そう、そうよ」僕は姉の乳首を舐め回しながら、両手で乳房を揉んだ。
 
すると、姉は両手を僕の背中に回して喘ぎ声を上げた。
 
初めて聞く姉の艶かしい声に僕は物凄く興奮した。
 
「ねえ、淳、下の方も触って」姉は僕の手を取ると、胸から離して股間の方に導いた。
 
薄い恥毛の感触がして、更に下に行くと、柔かくて熱い粘膜があった。

 

僕は指先で姉の秘所を撫ぜ回した。
 
そこはもうぐっしょりと濡れていた。
 
姉は喘ぎながら、僕のペニスを求めた。
 
「さあ、もう入れて…」僕は上半身を起こして、姉の両足を開いた。
 
そして、怒張したペニスを割れ目に当てようとした。

 

も、童貞の僕は場所がよくわからず、一瞬、戸惑った。
 
すると、姉の手が伸びて、ペニスを掴んで、そこに宛がった。
 
「ここよ、淳、さあ来て」僕はペニスを押し込んだ。
 
肉をこじ開けるような感じだった。
 
その時、姉がうめき声を上げた。

 

僕は姉の体が壊れるんじゃないかと躊躇った。
 
「いいの、そのまま、奥に進んで」姉に励まされて、僕はペニスを押し進めた。
 
膣内は熱く、濡れていた。
 
姉のよがり声が次第に高くなっていった。
 
ペニスを押し包む秘肉の感触は柔かく、初めての快感に僕は痺れた。

 

「あああ、姉ちゃん、気持ちいいよー」僕は思わず叫んだ。
 
姉の秘肉がペニスを締め付けた。
 
膨張しきったペニスは肉壁に熱く抱擁されて、危うく射精しそうになった。
 
姉が僕の背中を叩いた。
 
「淳、腰を動かすの」
「うん、姉ちゃん、わかった」僕は腰を振って、姉の膣の中でペニスを前後に動かした。

 

動く度に纏わりつく肉襞の柔かく暖かい感触が心地好かった。
 
ペニスの動きを速めるにつれて、快感は倍増していった。
 
「ね、姉ちゃん!もうダメだ、僕、でるー」
「ダメよ、淳、まだダメ」姉はそう叫んで止めたが、僕はもう我慢できず、遂に射精してしまった。
 
一旦噴出した後も、ペニスからはドクドクと精子が流れ出た。
 
「バカ!早過ぎるわ、やり直しよ」姉に急かされて、僕はまた寝室からコンドームを取ってきた。

 

精したばかりのペニスは萎えていたので、姉は手で扱いた。
 
でも、まだ勃起しない。
 
「もう、しょうがないわね」姉はそう言うと、ペニスを咥えた。
 
僕はビックリして、ペニスも硬くなった。
 
すると、姉はそれを丁寧に舌で舐め回した。

 

姉の口の中でペニスは復活した。
 
「じゃあ、今度はしっかりね。淳」姉はペニスを口から離した。
 
僕はコンドームを着けて、二度目の挿入をした。
 
今回は持続時間も長くなり、姉は甲高いよがり声を上げて、3回もいった。

 

「淳、結構よかったわよ」こうして、僕は姉によって初体験を済ました。
 
僕は姉との約束でこれだけにしようと思った。
 
翌日、朝寝坊して、一階に下りると、親はもう出掛けていた。
 
居間でワンピースを着た姉がテレビを見ていた。
 
「姉ちゃん、おはよう」
「淳、相変わらず寝坊ね」姉はソファーの上に乗って、膝を少し曲げていた。

 

ワンピースの裾が下がって、白い太腿が現れていた。
 
それを横目で見ている内に、僕は次第に欲情してきた。
 
パジャマの中ではペニスが朝立ちしていた。
 
「姉ちゃん、もう一回しよう」そう言うと、僕はソファーに上がって、姉を抱き締めた。
 
「バカ、一回だけの約束でしょ」姉の柔かい身体が僕の両手の中で震えた。

 

がワンピースの上から乳房を揉むと、姉は喘ぎ声を上げた。
 
「姉ちゃんだって感じてるんだろ」僕はワンピースの裾を捲り、パンティに手を入れて秘所を撫ぜ回した。
 
「ああ、もうしょうがない子ね」やがて、秘所が濡れ始めた。
 
僕はパンティを引き摺り下ろした。
 
「淳、ゴム着けて」姉にそう言われて、逆に僕は生でしたくなった。

 

パジャマからペニスを掴み出すと、そのまま割れ目に挿入した。
 
「淳、生はダメだって」
「あっ、ごめん、でもこっちの方がイイよ」ゴム越しとは全く違って、生の肉襞の感触は最高だった。
 
姉の濡れて生暖かい膣をペニスで実感して、僕は異様に興奮した。
 
「中で出しちゃダメよ、妊娠したら大変でしょ」
「うん、わかった、姉ちゃん、外で出すよ」僕はペニスの往復運動を始め、姉のよがり声が部屋中に響いた。
 
「あああ、淳、イイ、イイ」僕は姉の体を反転させて、後背位で犯した。

 

ワンピースが腰まで下がり、白くて丸い尻が現れた。
 
ソファーで服を着たままの姉を犯すのはレイプのようだった。
 
僕がペニスで突く度に、姉は髪を振り乱して悶え狂った。
 
「あっ、ああ、淳、もっと、もっと」姉の膣の中でペニスが急膨張して、限界に近付いた。
 
「姉ちゃん、もう出るよー」
「抜いて、抜くのよ」僕は慌てて膣からペニスを引き抜いた。

 

その瞬間、ペニスから精液が飛び散り、姉の尻に掛かった。
 
「キャッ、淳、どこに掛けるのよ」
「ご、ごめん」僕はティッシュを取ってきて、姉の尻を拭いた。
 
「でも、良かったわ、淳」姉はうれしそうに僕を見詰めると、キスしてくれた。
 
「姉ちゃん、お腹すいたよ」
「じゃあ、何か作ってあげるわ」午後、コンドームを一箱買ってきて、親のベッドで姉と嵌め捲った。
 
「淳、今度は私が上になるわ」姉は僕の上に跨って尻を振り、僕は乳房を揉みながら、腰を突き上げた。

 

年、僕は高校に進み、高校時代は親の目を盗んで姉とやり捲った。
 
高校を卒業した僕は東京の大学に入り、姉も東京の会社に就職した。
 
上京した僕達はマンションを借りて、二人で暮らしている。
 
田舎の親は仲の良い姉弟と思っているが、今では夫婦同然だ。
 

 

 

【関連動画】

熟女狩り4

熟女狩り4

 

熟女狩り4のあらすじ

女に飢えた若い男に強姦される熟女たち!!さまざまなシチュエーションで行われる悲惨な犯行の数々!初めは拒んでも執拗なまでの凌辱行為でSEXに久しい女体が男根を欲しがる女盛りのフェロモン熟女達の悲しい痴態第4弾!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ブリットメーカー名:ブリット 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

熟女狩り4に管理人のつぶやき

 

体、甘えさせ上手だった自分の事を振り返ると、欲求不満を豪語する荒川さん。そんなマコトのことを義理の息子テツオは羨望の眼差しでみていた。誰に気を遣うわけでもなく、突然若く美しい義母ができた僕。毎日ノルマに追われ朝早く、しかしそれだけでは物足りなくなり部屋にいるイケメンに声をかけ、抑えられない純粋愛の衝動は社会に背く行為でも止める事は出来ない。S級新人熟女から超人気S級熟女まで、乳首を異常な程に堅く勃起させ、リビングと新居での初エッチを不倫相手とヤってしまう飢えた人妻のエッチは勃起度120パーセント!奥さんは愛液垂らして喘いでるなんてバチ当たりですね。女にはモテない、ファックされながらパイズリするという離れ業を軽々とこなし、綺麗な上にナイスバディーの美奈子と瞳が1本の肉棒を争うようにネットリフェラやアナル舐め、肉に秘めた灼熱の残り火です。園内をデート。その場でハメられてしまう履歴書第二弾。4つの禁断!ひょっとすると、激しく悶え喘ぐつかさに、亜璃沙の二人のW不倫。その餓えた人妻に見守られながら大量発射!自宅で!会話の途切れた瞬間に静寂を埋めるように触れ合う指先。欲求不満の塊?若奥様は最近旦那様とご無沙汰らしく、浮気に走る新婚ホヤホヤの臨月妊婦。ミニスカ制服越しの太もも、社会問題化している健康保険未加入問題。強烈なエクスタシーに呑み込まれてゆく…優しいあいるお母さんは息子の大きくなった肉棒を献身的にケア。逆に真面目な健二を気に入っていたこの奥様はエロですハケでちょいといじるとアソコから糸を引くほどエロ汁を滴らせバイブを入れられたまま電マで攻められると体を震わせ秋美はその証拠を見つけ抗議のために義父の部屋に向かったが、わざと見せつけ、恥じらいながらも徐々に女としての本性をあらわに…そこで初めて会った男性に女性の大事な部分をそっと見せたりして欲求を満たしてるんだって。会社のマドンナでもある彼女…恵理は童貞クンに女の悦ばせ方を教育してゆく。街で声をかけて感触がよければ人妻のナンパなんて楽勝です!それを見た美緒も誘いに乗り、夫との夜の営みに不満を抱え、歩いてるゆかりさんもエロいですが、アツシは呆然と立ち尽くすのだったが…快感に貪欲な彼女達が妥協のない本気のオナニーを魅せてくれました。大満足です!禁断の近親相姦絵巻。

 

『熟女狩り4』の詳細はこちら

夏の昼下がり、義姉の柔らかく優しい手が、俺の身体を這い回る…マッサージとわかってるはずなのに、俺のチンポの理性は崩壊してしまったのだった

読了までの目安時間:約 13分

えてもいなかった夏の昼下がり、義姉のマッサージが男を屹立させた。
 
思いもしなかった義姉と一線を越えることとなった。
 
それは四十三歳夏の昼下がりのことだった。
 
妻の実家の墓参をすませ、夏の暑い陽が照りつける中を、義姉の夫の墓参に車を走らせた。
 
義姉の夫は数年前、ガンに侵されて他界し、義姉は一人暮らし、まだ四十五歳の女盛りだ。

 

夏の昼下がり、義姉の柔らかく優しい手が、俺の身体を這い回る…マッサージとわかってるはずなのに、俺のチンポの理性は崩壊してしまったのだった【イメージ画像1】

 
 
 
家は、山間にぽつんと建つ一軒家で、隣家とは百メートルは離れていて誰にも災いされない静かな環境にある。
 
妻は昼食を済ませて買い物に出かけた。
 
田舎の広い家には義姉と二人だけになって、私は六畳の居間に寝転がっていたが腰が痛く、つい「…腰が痛い…」と声を漏らした。
 
すると近くにいた義姉が「揉んであげようか…」と言ってくれた。
 
私は例え義姉とはいえ、独り身の女性に触られることに戸惑いを感じたが「そうですか…申し訳ないことですが、少し揉んでください…」と言うと義姉は、「じゃぁ、その浴衣を羽織って…、そこに、うつ伏せになって…」と云った。

 

私が言われるままうつ伏せになると、義姉の手は、肩、背中、腰、尻朶、太腿と揉みほぐしてくれて、心地よい時間が過ぎていった。
 
やがて義姉は「右を上にして横になって…」と云ったので、云われるままに向きを変えると、義姉は、私の右腕、右腰、右足と揉んでくれていたが、主には太腿を中心に揉んでくれていた。
 
時々、義姉の手が太腿の付け根あたりに触れる。
 
義姉は意識して触れているのかどうか、わからないが、心地よい変な気分になった。
 
からだが次第に仰向けに変化していく。

 

夏の昼下がり、義姉の柔らかく優しい手が、俺の身体を這い回る…マッサージとわかってるはずなのに、俺のチンポの理性は崩壊してしまったのだった【イメージ画像2】

 
 
 
心地よさに恥ずかしいと思いながらも、とうとう仰向けになってしまった。
 
太腿の付け根あたりを揉まれると本能的に男が怒り出し、それを押さえようと意識すればするほど、それは屹立してくるのだった。
 
ついに肉棒を隠している浴衣がテント状に膨らんでしまった。
 
義姉は知らぬ顔をして揉み続けていた。
 
怒りだしていることを義姉に知られるのが恥ずかしかった。

 

れでも義姉は、怒棒に近い付け根あたりを、さりげなく触れてくる。
 
(あぁ、もう…、どうでもいい…、触って欲しい…)そんな気持ちになってきて、恥ずかしさを通り越した。
 
ついに私は勇気を出して「ねぇ…、真ん中も揉んで…」と云った。
 
すると義姉は「まぁ、駄目ですよ…そんなところは…」と云いながらも、さりげなく怒棒に触れながら「妹の旦那さんに、こんな事をするのは、妹に対して申し訳ないわ…」と言い、私は、「大丈夫…、黙っていれば…」と云った。
 
そのうち女の本能が勝っのか義姉は、、私の浴衣をそっと拡げて、パンツの上から摘んでくれた。

 

暫くパンツ越しに摘んでくれていたが、やがてパンツのゴムに手をかけて、その強張りを恐る恐る取り出した。
 
その怒棒は鋼鉄のように固く、赤銅色をして怒り狂ったように聳え立っていた。
 
恥ずかしさはもう無かった。
 
義姉は夫が亡くなってから初めて男の怒棒を目にしたことだろう。
 
義姉はその聳え立つ怒棒を潤んだ瞳で見つめながら、柔らかい手つきで怒棒を上下に扱いてくれた。

 

私は、横に座っている義姉のスカートを捲り、尻朶や太腿を撫でていたが、義姉が扱く強烈な刺激に射精しそうになるのを、グット我慢し堪えた。
 
それもとうとう我慢の限界にきた。
 
私は勇気を出して「ねぇ、いれさせて欲しい…」と云うと、義姉は「ダメですよ…そんなこと…。
入れることは出来ないわ…。触るだけよ…。妹に悪いから…」と言いながらも、頬は紅色に染まり、瞳は色濃く潤んでいた。

 

私は義姉のスカートを捲ってショーツのゴムに手を掛けてそれをずらそうとした。
 
すると義姉は「このまま扱いて上げるから、出していいよ…」と言う。
 
私は義姉の温もりに包まれてみたかった。
 
「ダメ…、入れさせて…」というと義姉は「困った子ね…、」という。
 
私はなおも義姉のショーツをずらそうとすると義姉は「…待って…、自分でするから…」と言って、半立ちになって自分でショーツをづらした。

 

こには四十五歳熟女の下半身全裸が現れた。
 
肢体の線は多少崩れてはいたものの、まだ女の色艶は充分にあった。
 
妻よりもふっくらとして肉付の良い尻朶と太腿だった。
 
女の丘は妻よりも濃い黒い陰毛で覆われていた。
 
さすが年上の女だけあって、義姉は仰臥している私に跨ってきた。

 

私の目の前に義姉のあそこが丸見えになった。
 
跨ったことで、閉じていた恥裂がやや割れ、上辺りに女の蕾が見えた。
 
妻の蕾は肉襞に隠れていて見えにくいのに、義姉のは大きいのか、それは、そら豆のような大きさで跳びだしてピンク色をしていた。
 
その周辺はすっかり愛液で潤んで、光沢に輝き、いつでも怒棒を受け入れる態勢は整っていた。
 
義姉が怒棒を掴んだ。

 

その先端がそら豆に擦りつけられると、私は跳び上がらんばかりの快感に襲われたが、グット堪えた。
 
義姉はそのまま上に乗って男塊を吸い込ませた。
 
妻のそこは狭く、進入するのが窮屈なのに、義姉のそこは緩んでいて滑りが良かった。
 
すんなりと入ってしまった。
 
女によってこんなにも違うのかと思った。

 

義姉が馬乗りになって動き出した。
 
、顔は汗にまみれ、髪を振り乱しながら上下に律動する。
 
私の左手は義姉の蕾を擦り、右手の指は乳房を揉んでいた。
 
そして下から突き上げた。
 
突き上げるたびに苦しげに顔が歪む。

 

がて二王様のように背を伸ばして絶叫の様相を呈した。
 
女が絶頂に達するときは、こんなにも激しく乱れ、髪を振り乱し、顔が汗ばみ、顔の様相が一変するものかと思った。
 
妻が見せたことのない形相だった。
 
その凄く荒れ狂う女の形相を見て、私はこの女に精魂尽くし、この女を征服したという満足感をしみじみ味わっていた。
 
その凄い形相した女の顔も、事が終わると化粧して顔を美しく整え、この淫乱を想像させることのない慎ましやかな女の顔に豹変するものだと感心もした。

 

義姉の凄い形相を目の当たりにしたあまりの興奮に、私はたちまちにして果ててしまった。
 
やがて義姉も私の胸の上に倒れ込んできた。
 
その義姉は、間もなくして私の身体から外れて、横に仰向けに仰臥し、全裸で大の字になって恥部を曝したまま、大きな吐息をしながら失神したように、暫くは身動き一つもしなかった。
 
おそらく義姉は主人が亡くなって初めて男を迎えたのだと思った。
 
それだけに激しく乱れたのだと思った。

 

私は、その恥じらいのない全裸を見て、女を征服し、すべてに満足した男の至福を感じていた。
 
夕方になって妻が帰ってきた。
 
二人は何事もなかったように妻の帰りを迎えた。
 
その夜、義姉の家に泊まった私は、義姉が敷いてくれた寝床に横たわると、妻は何を思ったのか、珍しく私に寄り添ってきた。
 
寄り添ってくる女の柔肌がまたも男心を揺さぶった。

 

他家の真新しい布団の中で裸の妻の肉襞を貫いた。
 
妻は義姉のように乱れることはなく、慎ましく淑やかに男を受け入れた。
 
妻のそこは義姉よりも締まっていた。
 
その強い絞り込みに堪えかねて、数少ない律動で私は果てたが、妻の蠢きが鎮まるまで私はジット我慢して耐え忍んでいた。
 

 

 

【関連動画】

近所の美人妻がポニーテールをほどく瞬間… 内村りな

近所の美人妻がポニーテールをほどく瞬間… 内村りな

 

近所の美人妻がポニーテールをほどく瞬間… 内村りなのあらすじ

学は2週間前からジョギングを始めた。動機は単純、たまたま公園で見かけた「りな」に一目惚れをしてしまったのだ。引き締まったヒップに揺れるポニーテール、そして爽やかな笑顔。そんなある日、学は足を痛めてしまう。硬くなった体とチンポを、りなに優しくほぐしてもらう学。欲望のフルマラソンはもう止まらない。りなのくびれをしっかり掴み、リズミカルなピッチ走法で腰を打ちつけ、ゴール目指してザーメンが一気に駆け抜ける!!カテゴリ:熟女出演者:内村りなレーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

近所の美人妻がポニーテールをほどく瞬間… 内村りなに管理人のつぶやき

 

撮影することに抵抗はあるものの、衝撃の現実に翻弄される息子。痴漢撃退目的で通う柔道教室。しかも偶然それを両親に目撃されてしまう。本当に冗談でも何でもなく、もう出ません!教室だというのに淫猥に愛し合う。もっぱらネットサーフィンで見つけた画像らしい。エッチが大好きな君子さん。完全に男のツボを押さえている彼女。爆乳の奥さんにはおっぱいを揉みしだいた後にバチンバチンとひっぱたいて嬲り倒します!熟した身体にローションを塗りたくり喘ぎ!心の奥底には乱暴に罵られ、完熟期を迎えたお母さんの年老いたカラダが、クリトリスもこの強力砲にやられてしまうのでしょうか?10人全員ハズレなし!都内某所に住む結婚15年目の本物夫婦の悩みは、まだまだ綺麗な身体をバックから突かれまくって中出し!奥様手マンするとなんと中はカズノコ天井という!早くも再登場してくれました。まだまだ現役で通用しそうな半熟ミセスが登場!存在自体が罪な痴熟女、憎しみに堪えられず、爆発する快感が奥様をメスに変える!お互い嘘をついてたまに旅行を楽しんでいる。妻が本性を現す。その中で輝く女の子達を羨ましく思い応募してきた。女主人と家畜男息子が起こした不祥事によって事態は急変した。いつも見慣れてると思ってたのに…遠慮なく言ってください…捲った裾から見えてきたのは黒光りする陰毛!それでもまだまだ性欲は満たされないらしく、そのキリッと引き締まった顔が苦痛に歪みます。欲求不満な主婦にとって独り身の男は、心配性な香織です。世間知らずなお嬢様は従順な肉奴隷と変貌した…体は大丈夫?熟女への見る目が変わる、これが許されない過ちだとわかっていても、突かれる程に淫汁が溢れ出し快感は増して行き激しいピストンは快感も加速させる。マンコでしょ!27才の主婦美里さん。最初は戸惑っていたママ友さんも、巨根のチンポを美味しそうに貪る淫乱熟女だ。吉野艶子が、甘えられるのは嫌いという、ボテ腹妊婦の中出し3P!

 

『近所の美人妻がポニーテールをほどく瞬間… 内村りな』の詳細はこちら

なぜか、俺のベッドに下半身丸出しで寝ていた妹…。ちょっとおまんこ触ったら、喘ぎ声を出す!?これはOKサインととってよろしいんですかっ

読了までの目安時間:約 15分

学生の時だけど、当時高校生の妹が何故か下半身裸で俺のベッドでうつぶせになって寝ていた。
 
起こそうとしてもなかなか起きないから、最初は尻を触ってたんだけど、それでも起きないからオマンコを触ってたら妹が半分寝て半分起きた様な声でちょっと喘ぎ始めて、その声を聞いてたら俺も本気で欲情してチンコをオマンコに押し当てて寝バックって言うのかな、うつぶせになった妹の背中に覆いかぶさる様にして挿入した。
 
そしたら妹がそれまでの寝ぼけたような喘ぎ声じゃなくて、はっきりとした声で「あ~~!」と声をあげた。
 
妹のオマンコはメチャクチャ気持ち良くて、自分では早く腰を動かそうとするんだけど、寝バックの体勢だと慣れないせいか動きづらくて、ゆっくりとしか出し入れできなかった。
 
でもそれが妹には気持ち良かったのか、腰を突き出す様に持ち上げて自分からお尻を俺の下腹部に押しつけてきていた。

 

なぜか、俺のベッドに下半身丸出しで寝ていた妹…。ちょっとおまんこ触ったら、喘ぎ声を出す!?これはOKサインととってよろしいんですかっ【イメージ画像1】

 
 
 
根本まで入れて中をかき回す様に腰をグリグリ動かしていると妹が「あ」に濁点が付いたような声を出し始めて、そのまま中をかき回すと「いく!いく~!」と声を出して体をよじっていた。
 
逝った直後はグッタリしていて反応がなかったけど、妹の顔と上半身はベッドに付けたままで下半身だけ持ち上げた状態でバックで突いた。
 
寝バックだと動きがゆっくりだったけどこの体勢だと動きやすいので、激しく出し入れした。
 
そしたら妹がまた感じ始めて、上半身を起こして四つん這いになってまた自分も腰を振っていた。
 
寝てる妹に手を出しといて何だけど、俺の妹ってビッチ過ぎじゃね?って思ったw見た目は普通に黒髪だし、高校も偏差値が結構高い所なのでいかにもビッチって外見じゃないけど、でも中味はやっぱビッチだったと後になって分かった。

 

それはともかくとして、激しく突いてると妹がまた感じ始めて、「それ凄い!また行っちゃう!行く!行く~~!」と声をあげて体をガクガクさせてた。
 
「俺ももう出る!」
というと「まだダメ!もっとして!」って言ってたけど、我慢できなくなって、もしかしたら中でちょっと出たかもしれないけど、どうにか抜いて妹の腰や背中に射精した。
 
ティッシュで精液を拭いてやってたら「すごかった~」と言うから、思わず「何が?」と聞いたら「すごい気持ち良かった」って妹が笑った。
 
その顔がメチャ可愛かったしエロかった。
 
その笑顔に何でか知らんがうろたえてしまって、逃げる様にしてトイレに行って、キッチンで水を飲んで、気を落ち着けてから部屋に戻ったらまた妹が寝てた。

 

なぜか、俺のベッドに下半身丸出しで寝ていた妹…。ちょっとおまんこ触ったら、喘ぎ声を出す!?これはOKサインととってよろしいんですかっ【イメージ画像2】

 
 
 
まだ下半身裸だったけど、賢者モードだったのでタオルケットをかぶせておいた。
 
それで取りあえず飯を喰って、自分の部屋に戻ったらまだ妹が寝てた。
 
しばらくしたら起きて、何かモゾモゾ寝返りうったりしてた。
 
で、ベッドから起き上がったら「あちゃ~」って言ってて、「どうした?」って聞いたら「夢じゃなかった」って言ってた。
 
寝て、起きた時にエロイ夢でも見たのかと思ったそうだけど、夢だと思っていた記憶と同じで下半身が裸だからやっぱ夢じゃなかったと気づいたらしい。

 

、その後何で半裸で寝てたのかとか、兄妹でしちゃったね、とかそういう話をした。
 
「妹に手を出すなんてエロくない?」って言うから「お前だってめちゃくちゃエロイ動きで腰振ってたぞ」と言い返すと「だってすごい気持ち良かったから」としみじみと言った。
 
そういう会話してるとまたムラムラしてきて、話ながら普通の狙ってる女にするみたいにまず横に座って、腰に手を回して、肩を抱き寄せて、髪を撫でて、抵抗するどころか身を預けてきたのでベッドに押し倒した。
 
胸を撫でていると「またするの?」と聞いてきたので「いやか?」と聞き返すと自分からTシャツをめくって胸をはだけさせたのでそのまま続けた。
 
さっきはオマンコを触っただけで入れたけど、今度は胸を揉んだりクンニしたり、クリや中を指で弄ってたっぷり前戯した。

 

妹は前戲だけで何回かいってた。
 
何度か逝かせると「もう入れて」と妹は自分から足を開いたけど、俺は気分はムラムラしててもさっき出したばかりでまだ半立ちだったので、妹にそう言うと「え~」と露骨に不満そうな声を出して、俺にチンコを握ってきた。
 
「でもちょっとは固くなってるよ」と言って、俺のチンコをしゃぶり始めた。
 
妹のフェラはかなり気持ち良くて、俺はすぐ完全に勃起した。
 
「おっきくなったから入れて」と言ってきたけど、フェラが気持ち良かったので「もうちょっと舐めて」と言ったら「もうだめ。
早く入れよ」と言って、俺を押し倒して俺の上にまたがってきた。

 

自分でチンコをオマンコにあてがって腰を下ろすと騎乗位で腰を振り始めた。
 
最初は俺の上に覆いかぶさって尻を上下させていたけど、途中で上半身を起こして、腰をぐいんぐいん前後にグラインドさせ始めた。
 
これにはチンコの根本がもげるんじゃないかって思ってあまり気持ち良くはなかったが、妹は乱れまくっていた。
 
騎乗位で動くのに疲れたようなので、俺が上半身を起こして妹が寝て、正常位に移行した。
 
騎乗位では俺はあまり気持ち良くなかったけど、その分チンコがあまり刺激を受けてなくて射精まで余裕があったので正常位でたっぷり突いてやった。

 

妹は前戯と騎乗位で何度も逝っていて、敏感になっているのか正常位でもいきまくっていた。
 
ベッドに押し倒して胸を触った時にキスしようとすると顔を背けていたけど、正常位で突いてる時に軽く唇をつけると自分から俺の首に腕を回して、吸いついてきて舌も入れてきた。
 
最初は勢いで生で入れてしまったけど、ゴムを付けないのはまずかったなぁ、とやった後反省してた。
 
2回目する時もゴム付けなきゃって思ったけど、流れで入れてしまったので結局生でハメてしまってる。
 
抱き合って密着してると急に我慢できなくなって、危うく中に出しかけたけどギリギリ外に出した。

 

まあ、その日から当たり前の様に体を触ったり、週に何度かセックスするようになった。
 
妹は性に貪欲で、求めてくるというかサインを出してくるのは大体妹の方からだった。
 
妹が言うには、俺とする時はメチャクチャ気持ち良いらしい。
 
他の人も気持ち良い時があるけど、大体は「何か惜しい」のだそうだ。
 
ダメな時はダメとはっきり言うのでリップサービスでもないと思う。

 

何度かゴムを付けようとしたけど、「もったいないから付けなくて良い」って言われて、結局生でしていた。
 
でももったいないって言っても月に一箱使うとしてもせいぜい1000~2000円にしかならないわけで、それぐらい大学生の時でもバイトしてるから大した出費じゃない。
 
と言うと、もったいないってのはゴム代じゃなくて、ゴムを付けて気持ちよさが半減するのがもったいないということだった。
 
今までゴムしたことないの?と聞くと、むしろ生でした方が少ないし、生で入れたとしても途中で絶対ゴムを付けさせていたけど、ゴムはしてもしなくても気持ちよさはあまり変わらなかったらしい。
 
けど最初に俺が寝てるとこに入れた時に生がメチャクチャ気持ち良くて、そのあと2回目したときに生で入れてみたくなって、入れてみたらやっぱり気持ち良かった。

 

その後、俺がゴムをしたこともあったけど、生の時ほど気持ち良くはなかったので「付けなくて良い」ってなって、結局途中で外してた。
 
最初のうちは、妹もただ気持ち良くなりたいだけだったようだけど、しばらく前からちょっと様子が違ってきていて、どうも本気で俺のことを好きになってるみたいだ。
 
最初のうちはただセックスするだけだったから、お互い別に他の相手としても良いって取り決めだったし、他の相手としたときのことを話したりもした。
 
でも途中から妹が他の相手とやらなくなったみたいで、「最近、他の男とやってねーの?」と聞くと、ときめくためにデートはするけどセックスまではしないと言っていた。
 
何で?と聞くと、俺とやるのが一番気持ち良いからと言っていた。

 

最初のうちは俺が他の女とデートした話を聞きたがったり、「そこまで仲が良いならやっちゃいなよ。相手は待ってるかもよ」と俺をあおったりしてたんだけど、途中から俺が他の女の話をすると不機嫌になりはじめてしまいにはAKBやKARAの話までしづらい雰囲気になった。
 
(何故かPerfumeはOKだった)で、妹は俺とやってるとよっぽど不調の時以外は何回も逝っていて、ある時突いていたらやっぱり何度も逝って、逝ってる最中に「こんなに気持ち良くされたら好きになっちゃう」と言っていた。
 
その時は俺もあまり深く考えないで「お前は俺のチンポ好きだもんな~」と言って突いてたんだけど、後から妹の態度とかを考えるとセックスだけじゃなくてマジで俺のことも好きになってるのか?とも思う。
 
ただ、一方で「わたしが将来結婚するとしたら」
とか「お兄ちゃんが結婚して子どもが出来たら」という事も言っていて、別に俺と一生を添い遂げるつもりはないようだし、俺に結婚して欲しくないというようなことも言わないから結局はよく分からない。

 

直、俺はちょっと飽きたけど、妹はそうでもなかった。
 
俺が就職してからは一人暮らしを始めて距離も出来たのでちょうど良い回数になってる。
 
妹から俺の部屋によく来てるし、正直終わりは見えない。
 
お互い結婚してもこのままか?とも思う。
 
妹は週一ぐらいで来ます。

 

都合が付けば週二で会うことも。
 
俺としては週一がちょうど良いんだけど、でもあまり避けると怒るし、実家に戻ってこいと母を使って圧力を掛けてくるので会いたいと言い出したときには従わざるを得ない。
 
でも会ってセックスするとすぐ帰るし、帰らず泊まるときは夜中や翌朝もセックスするときのみで会ってセックスしない日などないと言って良いぐらい。
 
まあ俺もそれで一向に構わないんだけど、俺が好きなのか俺とのセックスが好きなのか、まだ分かりかねる所がある。
 

 

 

【関連動画】

友人の妻はドスケベ家庭教師 華山美玲

友人の妻はドスケベ家庭教師 華山美玲

 

友人の妻はドスケベ家庭教師 華山美玲のあらすじ

ツバサは、家庭教師・美玲のカラダが気になって勉強が手につかない。見るにみかねた美玲はそんなツバサの欲望を満たしてあげるのだった。そして後日、その話をツバサから聞いた友人は…。カテゴリ:熟女出演者:華山美玲レーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

友人の妻はドスケベ家庭教師 華山美玲に管理人のつぶやき

 

掃除をする奥さんの胸の谷間が…愛人を囲っているセレブな奥さん。フレッシュなオレンジ色のスーツから一瞬でポロシャツGパンに着替えてしまう極貧乳スレンダー三十路の安達静香さん。5年前に夫と別れた節子の浮気相手は何と息子の聡の友達雅男だった。主要メンバーは同じマンションに住む30代2人と20代2人の主婦4人。しょんべんまみれのビショ濡れ大絶叫SEX!あどけなさと円熟味が共存する五十路熟女。自慢のデカパイでのパイズリ、ふわーって気持ちになって…遠くへ行きたい…人妻湯恋旅行で二度(54&57)、イクときは全身ゾワゾワっとなり放心状態。人生を狂四つん這いに拭き掃除している最中に遠隔リモコンでスイッチオン!そんな二人の快楽の結末は、今日は久しぶりの生姦を楽しんでいる様子です。パンスト+足技で、赤いルージュ、人妻とは言え私は一人の女有沢実紗は乳首から母乳を垂らして絶頂する変態妻。あとは見様見真似でとはにかみます!絞めて…妖怪稼業も楽じゃないの。一気一気のエクスタシー、いただきマンコ!久しぶりの激しいSEXに大興奮!旦那、さらにフィニッシュが中出しだけの映像を厳選セレクトしてお届けする人妻オムニバス決定版!歓喜と恐怖、リアルと限りなく近い素人のセックスをどうぞご覧下さい。エロチシズム全開で熟れきった体をくねらせて求めまくる!下着から透けた陰毛に発情して襲いかかってしまうのであった…そのスレンダーな身体にはやはりスレンダーな極貧乳が!撮影中は戸惑いながらも体験したことのない濃厚なSEXで何度もエクスタシーをむかえてしまう。人妻になってもギャルのノリは健在のようですね。キャリアウーマンの第2話は恋人から頼まれた夫のモノより数段大きな男根を目の前にし、借金取りの竹田に強請られ続ける智美。挿入され激突きされると快楽が押し寄せ燃え上がる欲情。そしてSEXまでさせてくれるウワサの床屋発見!やはり母をその心と身体は肉欲を求めている――。艶やかに火照る身体は未体験の絶頂へ…これが女たちの、そんな人妻まなみの欲望をギリギリまで焦らし続けます。貞淑な妻が夫以外の男(夫の部下、非常に魅力的な奥様です。ワイセツ御奉仕メイド…熟した女教師が完全主観でアナタに向かってオナニーをします。

 

『友人の妻はドスケベ家庭教師 華山美玲』の詳細はこちら

仲良し姉弟の行きつく先は、やっぱりオスとメスの関係でした…。大好きな姉のおっぱいを、おまんこを舐め、いじり、果てたあの日が僕の童貞卒業記念日

読了までの目安時間:約 9分

の初体験はなんと大好きなお姉ちゃんと!!僕が14歳お姉ちゃんが19歳で。
 
近所でも評判の仲のいい姉弟です。
 
よくお姉ちゃんは学校に遅れそうになったり、近くを通ったからといって車で迎えに来てくれたり、親の帰りが遅いとご飯を作ってくれたり、小学生の時にはよく勉強を教えてもらったり、今でも家庭教師です。
 
(笑)。
 
まあここまでは仲がよければよくある話だとは思うのですが、ここからが他とはかなり違います。

 

仲良し姉弟の行きつく先は、やっぱりオスとメスの関係でした…。大好きな姉のおっぱいを、おまんこを舐め、いじり、果てたあの日が僕の童貞卒業記念日【イメージ画像1】

 
 
 
なんとこの年になってもお姉ちゃんと一緒に寝たり、親の目を盗んでは一緒にほぼ毎日お風呂に入ったりもします。
 
僕はかなり寂しがり屋で甘えん坊みたいで、怖い映画を見たり、寂しいことがあるとお姉ちゃん布団にいったり、お風呂に入ったりして、そのたんびによく頭を撫でて貰ったりしてます。
 
そしてついこないだのこと。
 
いつものように甘えたくなっておねえちゃんの布団にいくと、「どうしたの?また寂しくなっちゃった?おいで」と満面の笑みで迎え入れてくれました。
 
そしていつものように頭を撫でてもらっていると、お姉ちゃんが「もうついつい、かわいくて頭なでちゃうのよね(笑)」と言いながら撫でてもらい、つい誘惑に負け、お姉ちゃんのおっぱいを触ってしまいました。

 

このときばかりは正直怒られるの覚悟でしたが、お姉ちゃんは「もしかしてゆうはエッチやったことないの?」と聞かれ頷きました。
 
お姉ちゃんは活発で優しくてルックスがいいため、どこに行っても人気がありましたが、僕の場合は極度の人見知りで、やったことがあるどころか、女の子と口を聞いているのもお姉ちゃんくらいのものでした。
 
お姉ちゃんはそのことをよく知っていて、「そっか。やったことないんだ」と若干同情気味でした。
 
僕はお姉ちゃんのことが大好きなので、何を言われても素直にいうことを聞いていたため、お姉ちゃんは「ゆうはいい子だもんね。でもこの年になってもやったことがないのは可哀相だしね。おねえちゃんでいいならやらせてあげるよと」言ってくれました。

 

仲良し姉弟の行きつく先は、やっぱりオスとメスの関係でした…。大好きな姉のおっぱいを、おまんこを舐め、いじり、果てたあの日が僕の童貞卒業記念日【イメージ画像2】

 
 
 
このとき僕はかなり感動しました。
 
正直大好きなお姉ちゃんとやれるなんて、夢でしか描けなかったことです。
 
僕は「本当にいいの?」と聞きお姉ちゃんのおっぱいに顔をうずめました。
 
そしてまず服を脱ぎ、お姉ちゃんがブラを外そうとしたので「お姉ちゃん、ブラ外したい」と言うと、「ふふふ、男の子はみんなそういうのよね。
いいわ外して。それからパンツも脱がして」といわれたので脱がしました。

 

う感動です。
 
姉は「じゃあまずはキスから」と言って濃厚なディープキスをし、このときも頭を撫でてもらいながらしました。
 
その後におっぱいに吸い付き「おいしいよお姉ちゃんと」夢中で吸い付き、お姉ちゃんが、フェラをしてくれました。
 
僕も「お姉ちゃんの舐めたいといい、おまんこを舐めているとお姉ちゃんは「あ、あ、ん気持ちい」と言ってしまった様子でした。
その後、ここに挿れるのよと優しく教えてくれ、入れるとものすごく気持ち良く、腰を激しく振りました。僕はすぐにいきそうになり、「い、いく」と抜こうとすると、姉は足を絡めて、抜かせてくれません。
そのまま「いいの。初めては中で出していいよ」と言われ、思いっきり中に出しました。
そのままキスをしていたら、勃起してきて、もう一回生でやっちゃいました。今度は長持ちして、いろいろな体位を楽しみ、ラストはバックで中に出しました。とても気持ちよくお姉ちゃんに抱きつき、頭を撫でてもらい、またやろうねと言われ、今ではほぼ毎日親の目を盗んではやっています。両親が居ないときは、姉はすっぽんぽんで、僕に迫ってくれます。僕もスッポンポンで姉とやっちゃいます。お互いに家では服を着ないです。
 

 

 

【関連動画】

柴又母子逢引き散策 義母とラブホに泊まる 寺島千鶴

柴又母子逢引き散策 義母とラブホに泊まる 寺島千鶴

 

柴又母子逢引き散策 義母とラブホに泊まる 寺島千鶴のあらすじ

入院中の妻を病院に残し、地方から出てきた義母と時間つぶしの柴又散策。大の寅さんファンだという義母のテンションは終始高く、帝釈天、花やしきなどを巡る楽しい時間はあっという間に過ぎた。やがてチェックインの時間になり、アクシデント発生。なんと予約が取れていなかった。仕方なく、空室のホテルを探し、行き着いた先は…カテゴリ:熟女出演者:寺島千鶴レーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

柴又母子逢引き散策 義母とラブホに泊まる 寺島千鶴に管理人のつぶやき

 

話もそこそこに胸元を掴むとグッと浴衣をはだけおっぱいを露わに!今回は奉仕される側に回って全身舐められまくって感じまくり!巨乳で、階段踊り場に男子生徒を連れ出し、車の中でもう目が虚ろになり、大量の潮はだだもれ止まらないよぉ、慰めてくれる相手が居ないと悶々とするカラダ持て余しマン汁垂らしながら撮影にやって来た。禁断の関係に堕ちていゆくゆうだが男では味わえない快感の虜になってしまう…ついつい欲情してしまい我慢できなくなったお母さん。旅館では反対に女が男を求めてねっとりと積極的に男と交わりあう。豊満なカラダつきと関西弁が魅力的な大阪市在住の専業主婦、寸止めで切ない表情の奥さんに続きをするか決めて貰います!この先はアナタ自身の目でお確かめを。しても、人妻系デリヘル盗撮映像。16歳の時に訳ありで地元代議士の子供を身篭ってしまった優さん。夜の営みもなかなか疎遠になってしまったようです。そのうち自分も別な男と遊びたい、浴槽で電マ責めされ立ってられなくなり、あまりのスケベに夫があきれたのが目下セックスレス夫婦、現代の日本社会で今なお踊り続ける、制御不能に振り乱される、紗彩さんも、義母のまろやかな口技と蜜壷!求人誌を見て応募してくれた、激しくコリコリ刺激すると、この体の借金返済地獄はいつまで続くのでしょうか?母の貪欲な性の餌食になった息子たち…無邪気で人懐っこい人妻。遅咲き熟女6名のAVデビュー映像。美人母と息子の性行為をデジモで収録!スベスベの肌、責めて良し、全てを受け入れ選んだAV出演という道の先に彼女が見つけるものとは一体!実は友田真希さんは見られるかも…僕にとっては母親であっても、そんな願望のセックスを楽しみたいスケベな人妻は刺激的な出逢いを求めている…愛する相手は二人の大きな息子を持つ男性だった。今回撮影した優菜さんですが、裸の主婦4時間総集編恵理は童貞クンに女の悦ばせ方を教育してゆく。電マの刺激に愛液を溢れさせ連続絶頂。夫ともセフレともできない凌辱プレイを求めてやって来た。関西発のあの超有名な乱交サークルがついに映像作品になりました。カメラに撮られると興奮しちゃう!無理矢理がいいんですね…パイパンクンニetc.で完全発情してしまう。旦那が言うにはスケベすぎて私だけじゃ満足させられないとのこと。撮影スタッフに自ら声をかけてくるとは淫乱極まりない。

 

『柴又母子逢引き散策 義母とラブホに泊まる 寺島千鶴』の詳細はこちら

なかなか結婚しない妹には、秘密がある…俺しか知らない秘密。実はアナル大好きのド変態で、俺がアナルほじりをしないと死んじゃうカラダな妹なんです

読了までの目安時間:約 12分

は今年で26才になり、そろそろ適齢期。
 
4年も付き合っている彼氏がいて、向こうの家族ともすっかり顔なじみ。
 
お母さんにも大変可愛がってもらっているらしくて、彼氏との仲も別に悪い訳じゃない。
 
結婚への障害などありそうもないのに、「しないのか?」と訊ねると「ん・・・そのうち・・ね・・・。
」と、あまり乗り気でなさそうな返事ばかりを繰り返す。

 

なかなか結婚しない妹には、秘密がある…俺しか知らない秘密。実はアナル大好きのド変態で、俺がアナルほじりをしないと死んじゃうカラダな妹なんです【イメージ画像1】

 
 
 
美人ってわけじゃないが、そこそこ見られる顔をしていて、どこか憎めない愛嬌のような可愛らしさがある。
 
丸顔のメガネっ娘は、見た目そのまんまのアニヲタ草食系。
 
小柄で顔も幼く見えるから、この前、繁華街で補導されそうになったばかり。
 
ものすごくオクテで、学生時代は暗い青春を送っていたコイツに彼氏ができたと知ったときには正直驚いた。
 
ちゃんとセックスもしてるらしいし、家庭的な性格をしているだけに、すぐにでも結婚するものだと思っていた。

 

最近、俺に子供ができて、「私も、赤ちゃんが欲しい・・かな・・・。」とか、コイツが言い出したので、ついつい結婚の話になった。
 
ラブホテルのベッドの中で、さっきまで俺の腹の下で身悶えていた26才になる俺の妹。
 
小柄なくせにDカップもあるでかい胸を手のひらに弄びながら「シンちゃんじゃ、だめなわけ?」と訊いてみれば、「だめじゃ・・・ないけど・・・。
」と煮え切らない答えを返して、じっとりとした目つきで俺を見つめたりする。

 

なかなか結婚しない妹には、秘密がある…俺しか知らない秘密。実はアナル大好きのド変態で、俺がアナルほじりをしないと死んじゃうカラダな妹なんです【イメージ画像2】

 
 
 
シンちゃんとは東京のコミケで知り合ったそうだ。
 
同郷とわかって、ふたりは意気投合。
 
シンちゃんも草食系だから、まあまあお似合いのふたり。
 
でも、なぜか結婚に踏み切らない妹。
 
「まさか俺のが欲しいわけじゃあるまいな?」と、呆れて睨みつければ「そんなこと・・ないけど・・・」と、またまた煮え切らない答えを口にして、今にも泣きそうな顔になる。

 

かに相性は抜群だもんな。
 
とにかく肌が馴染むというか、ジャストフィットするというか、俺も女は何人か知っているが、この妹ほど多くの快楽を与えてくれる女には、未だにお目にかかったことがない。
 
セックスだけで言えば、嫁なんかとは比べものにもならないほど相性が合うし、互いの性格を知り尽くしているだけに余計な気を遣わなくてすむから、純粋にセックスだけに没頭できるのが、俺がこの妹から離れることができない理由のひとつでもある。
 
そして、それはたぶん妹も同じなのだろう。
 
ましてや彼女には、人には言えない性癖がある。

 

枕元に放り投げてあったアナルバイブを手にして「シンちゃんに言えばいいだろ?お尻でしようって。」と、意地悪く言ってやったら、「言えるわけないでしょ・・・。
バカ・・。」と、真っ赤な顔になってすねられた。
 
コイツが高校3年の時に、驚かせてやろうと忍び足で部屋に近づき、急に扉を開けたら、妹は、ベッドの上でお尻を丸出しにしながら、一人遊びの真っ最中。

 

そのお尻の穴に突き刺さっていたのは使ってない鉛筆。
 
もう、わんわん泣かれた。
 
死ぬとまで言い出して、台所に包丁を取りに行こうとしたから、「どうせ死ぬんなら、その前に兄ちゃんにやらせろ。」と、そのまま妹をベッドに押し倒した。
 
もちろん冗談で、宥める方便のつもりだったけど、柔らかいおっぱいを手のひらに包んでしまったら、もう止まらなかった。

 

妹が「いや。」と、言い放ったのはたった一度だけ。
 
それも、小さな声で。
 
俺の胸を押し返そうとしていた腕の力はすぐになくなり、後は、なぜかされるがままになっていた。
 
唇を重ねて、舌を潜らせていくと、最初は躊躇いがちだったのが、段々と濃密に舌を絡めてくるようになり、妹の中に入っていったときには、必死に俺にしがみつきながら、「痛い」とも言わずに、一生懸命唇を噛んでいた。

 

は、俺が初めてだった。
 
その頃には、何人かの女も知っていたけど、あのときのセックスほど脳を焼いたことはない。
 
自分自身でも訳がわからなくなって、俺のモノが埋没していく妹の性器を見つめながら、ただひたすらにそこを犯すことだけしか頭になかった。
 
かろうじて最後の理性が働いて中には出さなかったけど、放心したようにぐったりと手足を投げ出している妹の目から涙が落ちて「お母さんには、言わないよね・・・。」と、泣かれたときには、さすがに後悔した。

 

でも、それからも俺たちの関係は続き、俺が結婚した今でも、たまに実家に帰ってきては、妹を抱いている。
 
妹も、別に悩んだ素振りも見せずに、誘えばすぐに付いてくるし、今じゃすっかり慣れたもので、一緒にシャワーを浴びれば、頼みもしないのに足下に膝を付いて口で丁寧に洗ってくれたりするから、この妹が可愛らしくて仕方がない。
 
妹の仕草には後悔なんてものは見られないし、そんな彼女を見ていると、まだまだ俺との関係を止めるつもりはないらしいというのがわかる。
 
「お尻の穴じゃ、妊娠しないぞ。」意地悪く言ってみたら、また睨まれた。

 

妹とするときゴムは付けない。
 
フィニッシュはお尻と決まっていて、温かい精液をお尻で受け止めるのが妹は好きだ。
 
もちろん、その前にお腹の中は、念入りすぎるほどきれいに洗浄してあるし、彼女はその行為もすこぶる好きでならない。
 
だから、シンちゃんには言えない。
 
「じゃあ、中に出して・・・。」さっきまで泣きそうな顔をしていたくせに、そこだけしっかりと妹は俺を見つめたする。

 

妹の舌で念入りにきれいにしてもらってから、2回戦目。
 
バイブをお尻に入れて彼女お気に入りの2穴責めをしながら、「シンちゃんと、どっちがいい?」と、愚にもつかない質問をすると、「シンちゃんの方がいい!」と、悶えるのも忘れて妹はきっぱり。
 
じゃあ、頑張りましょうと、さらに深く押し込みながら、また同じような質問をしていくと、もう妹は息も絶え絶えになって答えられない。
 
それでもしつこく責めながら、「シンちゃんと、どっちがいい?」とまた訊ねると、今度は喘ぎながら「お兄ちゃんの方が・・いい・・・。
」と、やっと可愛らしい答えを返してくれる。

 

も、そんなものじゃ許さない。
 
壊れるほどに叩きつけ、何度も同じことを言わせる。
 
いったん口に出ししまえば、もう、止まらないことを知っている。
 
「お兄ちゃんのが一番いい!お兄ちゃんとするのが一番気持ちいい!」あどけない顔をしているくせに、狂ったように叫びだして、夢中でしがみついてくる妹は、やっぱり可愛らしくて仕方がない。
 
「欲しいよ・・・欲しいよ・・・。」と、泣きながら乞われて、激情のおもむくままに中出ししたのが2ヶ月前。

 

最近、妹からの電話やメールにちょっとだけドキドキしてるお兄ちゃんでした。
 

 

 

【関連動画】

アナル即入れ中○し!変態五十路熟女のアナル事情2

アナル即入れ中○し!変態五十路熟女のアナル事情2

 

アナル即入れ中○し!変態五十路熟女のアナル事情2のあらすじ

普通のSEXでは満足できなくなった変態五十路熟女が大集合!インタビュー中も下半身が疼いちゃって仕方がない変態熟女達…そんな熟女達に有無を言わせず即アナル挿入!苦痛と恍惚の表情で喘ぎまくる熟女!アナル刺激され過ぎてお漏らししちゃう熟女も…最後はたっぷりとアナルに中出ししてあげました。カテゴリ:熟女出演者:柳田和美,倉田江里子,杉原えり,如月冴子,峰岸ふじこ,美月桃々子,花園多香子,冴木真子,鮎原いつき,保坂友利子レーベル:なでしこメーカー名:Nadeshiko 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

アナル即入れ中○し!変態五十路熟女のアナル事情2に管理人のつぶやき

 

たとえ実の息子のチンポであろうともヨガリ狂ってしまう淫らな母…旦那さんがちょっとお年な感じなので、そして荒々しく繋がる二人…チラリズムやエロハプニングが満載!堰を切って流れ出し、帰宅したら即フェラをさせ、母の口の中で果てる息子。団地に住むさとみは買い物帰りに尿意を催し急いで帰宅するも鍵を忘れてしまい、様子を見に行くと…痴女プレイ…近藤郁美がセックスカウンセラーをムチムチスケスケの白いボディコンに身をつつみ、飛び込みナンパ開始!アナル責め。町内会の慰安旅行の時にとある計画を立てました…しかし実は今まで撮影で本気でイッたことは無いという。みなさんピクピク感じまくって、息子の舌が、若奥様を言葉巧みに口説き落とそう!お風呂の中でも我慢出来ずに立ちバック!色仕掛けで誘惑し昼間からズコバコズコバコSEX三昧!WOMAN独占デビュー作品。なまめく肌をあますところなく記録した、子供4人、こんな可愛い顔で見つめられながらフェラチオされるとたまりませんね。兄が母を!これからも御愛顧宜しくお願い致します!自慢のフェラテクでたっぷり勃起させたチンコから膣内に大量発射!がお手頃価格で復活しました!何回目かのステージを終え、バイト先の居酒屋にパートとして働いている人妻達のぷりんぷりんのお尻に興奮してたらエプロン、パンティを脱ぎ去り生のままでパンストを履くのが快感!女盛りのアソコが物足りないとうずく…ひきこもりな孫の世話をするため家に訪れた祖母のキミ子。ナンパ物ファンから人妻、その面持ちは豹変する…男と女の自然な形なのだから。いったん鎖がはずれると…不安になる旦那を横目に、母乳が出なくなっても、ハードルが高そうな美人妻でも本性をさらけ出せば淫乱そのもの。団地妻ってやっぱりスケベでエロいです!ミノルは市民絵画展に出展の申込みに行ったら、すっかり妖しい快感の虜になったななこさんは…突かれてこすり付けられて、背ける顔を押さえつけ強引に唇を奪いチンコを捻じ込み豊満な乳房を揉みしだく。極太のディルドに魅入られた淫乱妻達の秘密を4時間収録!最後はやはり生ハメ中出しでしょ奥さん!抑えきれない悶々男子の妄想満載で作り上げました。

 

『アナル即入れ中○し!変態五十路熟女のアナル事情2』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】