告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

妹の裸なんて、ただの裸なのに…っ 意外に膨らんだその乳房もおまんこも、俺の理性を奪うに十分だった…。中で、出すぞっ(その2)

読了までの目安時間:約 19分

うっ……もう駄目だっ……出るぞっ、真奈美ぃっ……お前の中にっ……出すぞぉっ……」
「いやっ……止めてっ……あぐっ……そ、それだけは止めてぇっ……駄目だよぉっ……」必死な表情で妹が止めてくる。
だがそれが膣に影響を与えたのか、今まで以上に締まりが強くなった。
「うおっ……こんなのっ……止められるかぁっ……出すぞっ……俺は出すっ……」途中で抜く、などというテクニックは中学生の俺にはない。
というよりそういったこと自体を知らなかった。
それに、こんな気持ちのいい所から抜いて射精するなど考えられない。

 

妹の裸なんて、ただの裸なのに…っ 意外に膨らんだその乳房もおまんこも、俺の理性を奪うに十分だった…。中で、出すぞっ(その2)【イメージ画像1】

 
最後まで入れたまま射精したかった。
それがオナニーとは比較にならない、とんでもない快感をきっと与えてくれるに違いないと思ったのだ。
射精前の最後の快感を得ようと、今まで以上に激しく腰を動かしていく。
「いっ、痛っ……あぐっ……おにぃ、うぐっ……」痛みからか妹は背中に手を回し、ギュッとしがみついてくる。
それは苦痛の表現なのだが、まるで快感を感じている様にも見え、興奮した俺は自分が限界に達したのを認識した。

 

「うぁっ、出るっ、出るっ、出るぅっ……!」射精のトリガーを引いた瞬間、とてつもない快感が体を駆け抜け、目の前が真っ白になっていく。
ドクドクドクと妹の膣の中に己の精液が流れ込んで行くのを感じる。
体をガクガクと揺らしながら、腰を激しく小刻みに動かす。
ドビュドビュと数度に渡り射精した後、最後の放出を終えると、ゆっくり妹の上に倒れこんだ。
はぁはぁと荒い息を吐きながら、ゴロリと横に転がる。

 

妹の裸なんて、ただの裸なのに…っ 意外に膨らんだその乳房もおまんこも、俺の理性を奪うに十分だった…。中で、出すぞっ(その2)【イメージ画像2】

 
(しちまった……)興奮が去ると、己がした事に恐怖を感じ始めた。
実の妹を強姦したのだ。
決して許されることではないだろう。
自然と体が震え始める。
恐る恐る妹を見ると、ボンヤリとした顔をしながら涙を流している。

 

き声を上げないところが余計悲しみの深さを感じさせて、俺は妹に対する罪悪感で頭が一杯になった。
(これからどうしよう……)ただの強姦と違い、そのままどこかに逃げるわけにはいかない。
家族相手にしてしまったのだ。
これは一生付きまとう問題だった。
(父さんと母さんに知られたら……)父は殴るだろうか、母は泣き崩れるだろうか。

 

何にせよ家族が不幸になる事は確かだ。
そうなったらこのまま家にいるのに耐えられるとは思えない。
だが自分はまだ中学生。
とてもではないが自立して生活はできない。
(どうしたら……どうしたら……)その時、それまで微動だにしなかった妹がゆっくりと起き上がった。

 

(そうだ……真奈美が……真奈美が黙っててくれれば……そうすれば助かる……)今あった事を誰にも言わず、兄妹だけの秘密にしてくれればいいのだ。
「ま、真奈美……」すがる様に妹の顔を見上げる。
「真奈美……あんな事しておいて虫が良すぎると思うが……その……今の事は誰にも言わないでくれ……お願いだ……」起き上がると頭を下げる。
「……」妹はボンヤリとした表情のままこちらを見つめると、何も言わずに立ち上がろうとする。
「お、おい……どうなんだ?……言わないでくれるのか……?」慌てて妹の肩に手をかけ尋ねる。

 

「!……」それを妹は荒々しく跳ね除けた。
怒りに染まっているその顔に、思わず動きを止めてしまう。
「知らない……」それだけ言うと、裸のまま洗面所を出て行く。
呆気に取られた俺は、そのまま腰を落とした。
あれから自分の部屋に戻った俺は、これからどうすべきか悩んでいた。

 

だ両親は家に帰っていないが、それもいつまでか分からない。
それまでに何とか妹の機嫌を取り、黙っていてもらうしかないだろう。
(やっぱり……謝るしかないよな……ひたすら……)そう思うと立ち上がり、妹の部屋へ向かう。
時間が経った事で少しでも怒りが治まっていることを願いながらドアをノックする。
「真奈美……その、ちょっといいか……?」
「入って来ないでっ!」すぐにキツイ口調で拒絶される。

 

俺はため息を一つ付くと、ゆっくりと話し出した。
「じゃあ、このまま話すけど……お前、さっきの事、父さんたちに話すつもりか……?」
「……」返事がない。
多分、何を言っても無視するという意思表示なのだろう。
「お前の気持ちも分かるけど……父さんたちに話したら……家族が不幸になるぞ……」
「……」何も反応はないがそのまま続ける。
「いいか、さっきの事を父さんたちに話したら……父さんたちは凄く悲しんで、今までみたいな生活は無くなる……俺は恨まれ、悲しまれ……って俺のことはいい……だけどお前も気を使われて過ごす事になるんだ……多分ずっとそういう生活が続くと思う……」
「……」やはり反応はない。

 

「そんな生活がしたいか?……嫌だろ?……お前が黙っていてくれればそれが避けられるんだよ……だからな、父さんたちには黙っててくれ……俺たちだけの秘密にして、一生誰にも言わなければ普通の家族を続けられるんだ……」話しているうちに、自分が何やら嫌な人間に思えてうんざりしてくる。
だが実際父たちに知られれば、それが事実になる事は間違いないのだ。
「……」妹は何も言ってこない。
どうなんだろうか。
果たして理解してくれるのか。

 

「分かった……」小さな声で返事があった。
「そうか。ありがとう……」ホッと胸を撫で下ろし、妹に礼を述べる。
「じゃ、ここ開けてくれないか。キチンと謝りたいんだ」土下座でも何でもして誠意を見せよう。

 

の心にはそんな気持ちが溢れていた。
部屋のドアが開く。
「入って……」まだムスっとした表情を浮かべているが、さきほどの様な怒りは感じられない。
「謝るんなら早くしてよ……私、忙しいんだから……」妹はこちらを見ずにキツク言い放った。
「あ、ああ……じゃあ……」正座をすると、両手を付いて頭を深々と下げる。

 

「真奈美……本当にすまなかった……俺が悪かった……許してくれ……」頭を下げたまたジッとする。
「ふんっ……そんなんで許してもらえると思わないでよね……父さんたちには言わないけど、私はお兄ちゃんを許すわけじゃないんだから……」
「じゃ、じゃあ、どうしたらいい?……何でもする……言ってくれ……」俺は本当に何でもするつもりだった。
父たちに知られるのも怖かったが、妹に嫌われたままというのにも耐えられなかったのである。
「ふ~~ん、何でもねぇ……」妹はつまらなそうに笑うと、少し考える様にしている。
「そうだなぁ。私が頼まれたお手伝いは全部お兄ちゃんが代わりやること」
「ああ」それくらいならお安い御用だ。

 

「それからそうねぇ、お兄ちゃんのお小遣い、これから全部私に頂戴」
「え?」
「あれ?不満そうだね。何でもするんじゃないの?」確かにそうは言った。
だが手伝いの肩代わりはともかく、小遣いの方は何か違うような気がする。
「金払えってことかよ……」
「ふふんっ……私の処女を奪ったんだからそれくらい当然でしょ。私は別にお金が欲しいわけじゃない。お兄ちゃんに苦しんでもらうのが目的なんだから」その言葉に息を呑む。

 

妹は俺を苦しめることで、恨みを晴らそうとしているのだ。
「今言ったのは取りあえずだからね。これから色々やってもらうから……私の言う事は何でも聞くの。いい?」そう言い放つ妹の顔は、教科書で見た般若の面ソックリだった。
何のことはない、妹の怒りは治まっていなかったのだ。

 

、分かった……」迫力に押され、了解してしまう。
「なかなかいい態度だね。じゃあ、まずは部屋の掃除でもしてもらおうかなぁ」
「ああ……」ゆっくり立ち上がると、俺は掃除機を取りに部屋を出て行った。
その日以来、俺は地獄の日々を味わっていた。
小遣いは全て取られ、部屋の掃除から今まで妹がしていた家の手伝いまでをさせられているのだ。

 

(まるで鬼だ……)それは比喩ではなく、二人きりになると妹は般若の形相で俺を責め立てる。
「ほら、お兄ちゃん、こっちが汚れてるよ。ちゃんとしてよね」今日もいつもの様に、妹に睨まれながら部屋の掃除をさせられている。
だがいつしか俺の中には、妹に対する恨みの思いが湧き起こっていた。
時間とは都合のいいもので、あれほどあった後悔の念もすっかり無くなっている。

 

妹の態度がこの様な状態でなければそれも無かったであろうが、これほどキツク扱われては、罪を償う思い以上に、恨みの念が強くなっても仕方のない事だろう。
俺は、機会があれば復讐をしてやろうと思っていた。
「ここっ、ここだって言ってるでしょっ。まったくもうっ、トロいんだから」呆れた様に言いながら、妹は近くによって場所を示す。
その瞬間、えも言われぬいい匂いが漂ってきた。

 

それは妹を抱いた時、つまり裸で抱き合い、肉棒を押し込んでいた時にさんざん嗅いだ匂いだった。
妹の体の感触が蘇り、バクバクと心臓が脈打つ。
一気に一物が硬くなった。
(真奈美の……体……)視線を胸に向けると、以前自由に揉みしだいたつつましい膨らみがシャツを持ち上げており、スカートから伸びる脚も健康的で、どちらにもむしゃぶりつきたくなる衝動が起きる。
隠されているのが興奮を誘うのだろうか、裸の時よりも艶かしさを感じさせた。

 

クっと唾を飲み込む。
「なにボーっとしてるのっ、早くしてよっ」妹の言葉にカチンとくる。
(なぁに言ってやがるんだ……俺にチンポを押し込まれた時は、あんなに痛い痛いって泣いてたヤツが……)その時の感触を思い出し、肉棒がグンと力を増す。
(それに……入れるまでは気持ち良さそうによがってた……あれだけ感じてたくせに……俺にしてもらいたがったくせに……どうして俺だけがこんな酷い目に遭わなきゃいけないんだ……?)同じ様に気持ちの良さを感じたのに、なぜ一方的に非難されなければならないのか。
本来は強姦したのだから俺が悪いのは当然である。

 

だが数日に渡る酷い扱いにより、その事は記憶から消え去ってしまっていたのだ。
今の俺の頭には、妹に仕返しをし、兄としての威厳を取り戻すことしかなかった。
掃除機のスイッチを切ると、ゆっくりと妹の方に体を向ける。
「あれ?なに、どうしたの?まだ終わってないでしょ」怪訝な顔でこちらを見ている。
「いや、終わりだよ……」ボソッと呟く。

 

「何言ってるの、そっちがまだでしょ」
「いいや、終わりだ……」そう言いながら妹が腰掛けているベッドに近づいていく。
「な、なに?……ちょっと、どうしたの……?」兄の様子がおかしいのに気づいたのか、少し怯えた様にしている。
「ふふ……もうこんな事は終わりだ……お前に目上の人間に対する態度ってのを教えてやるっ……」そう叫ぶと妹の体をベッドに押し倒す。
「きゃあっ……お兄ちゃん、いやっ……止めてぇっ」強姦された時の記憶が蘇ったのだろう、妹は震えながら体を抱きしめる様にしてかばっている。
「今までさんざんこき使ってくれたなぁ。今度は俺がお前を使ってやるぜ」服の上から乳房をギュッと掴む。

 

「あぅっ、いやぁ……止めてぇ……」必死に胸を隠す様にうつぶせになる。
だが俺はかまわず背後から手を回すと乳房をキツク揉んでいった。
「あぐぅっ、あっ、駄目ぇっ……お、お兄ちゃん止めてぇっ……」さきほどまでの強圧な態度はどこへやら、妹は涙を浮かべながら必死に懇願してくる。
「はははっ……あれだけ俺を苦しめた罰だ……また俺の息子を味わってもらうぜ……」そう言いながら、スカートを捲り上げるとパンティを引き下ろした。
「や、止めてぇっ……それだけは……お願い、謝るから……私もやりすぎたよぉ……もうあんな風にしないから、だから止めてぇ……」妹は必死に謝ってくる。

 

が俺にとっては、言葉で何を言われようと満足することはない。
恨みの思いと肉欲が混ざり合ったこの興奮を発散させるには、妹をなぶりながら肉棒を押し込むしか方法はないのだ。
「ふふ……止めてって言うけどな……お前、ここを舐めて欲しいんだろ?……前みたいに、気持ち良くなりたいんだろ……?」そう言いながら妹の秘所を指でさする。
「あっ……そ、そんなこと、あっ……ないよぉ、ああっ……」否定の言葉を放ちながらも、腰をピクピク震わせ、心なしか指の動きに合わせている。
「ははっ……何だやっぱりしたいんだな……体は正直だぞぉ……」そう言って指の動きを早める。

 

「あぅっ、あっ、ああっ……違うもん、あっ……私したくないよ、はぁうっ……」だが肉体の快感を表すかの様に、秘所からはトロトロと愛液が染み出してきている。
「ふ~~ん、じゃあ、これは何なんだぁ?お前のここから出てくるこれはぁ……」指についた愛液を妹の目の前に見せ付ける。
「知らないっ……知らないもんっ……」妹は頭を激しく振って否定する。
「いつまでそんなこと言ってられるかなぁ……」腰を持ち上げると、秘所に舌を這わす。
「あっ!ああっ、あっ、あああんっ……」ビクンビクンと妹の体が震える。

 

「どうだぁ?気持ちいいだろ?もっとしてもらいたいだろぉ?」
「気持ち良くなんかないもんっ……してもらいたくないもんっ……」はぁはぁと息を荒くしながらも妹は否定し続ける。
「ふふんっ……じゃあ、これはどうだ?」舌でクリトリスをつつき、柔らかく舐め上げる。
「あっ!はぅっ、あっ、ああああっ……!」激しく体が跳ね上がる。
そのまま舌を絡ませ、吸い上げていく。
「あぅっ、あっ、はぁんっ……ああっ、あっ、やぁっ……あっ、ああっ、ああああんっ……!」妹は体を硬直させると、ガックリと力を抜いた。

 

どうやらイったらしい。
(入れるか……)俺はズボンとパンツを下ろすと、いきり立った肉棒を持ち、徐々に妹の秘所へと近づけて行く。
ズブっといった感じで亀頭が膣穴にハマり、その瞬間えも言われぬ快感が押し寄せてきた。
ヌルヌルとして温かいそこは、まさに肉棒に最大の快感を与える場所だった。
(こ、これだよぉ……この気持ち良さ……たまらないぃ……)そのまま誘われる様に腰を押し進める。

 

ブ、ズブ、とゆっくり肉棒が膣に入っていく。
全部が収まると、まるで体全体が妹に包まれているかの様な錯覚を覚える。
(ああ……真奈美の中って温かい……)幼い頃、母に抱かれていた時の安堵感に似た感じがあった。
「あっ、あぅっ、ああっ……はっ、はぁぅっ、あっ……」妹は以前の様に苦痛の声は上げていない。
どちらかと言うと、先ほどと同じく快感を得ている感じだ。

 

膣にしても、まるで数日ぶりにやって来た兄の肉棒を歓迎しているかの様に、ヌメヌメと蠢いている。
「うぅっ、うっ……」気持ちのいいヒダヒダが肉棒に絡みつき、奥へ奥へと誘う動きをしており、俺は早くも射精しそうな高まりを覚えていた。

 

 

【関連動画】

S級熟女としてみませんか 早見るり

S級熟女としてみませんか 早見るり

 

S級熟女としてみませんか 早見るりのあらすじ

いつも作品を買って頂いてる殿方のお宅で、早見るりさんが日頃の感謝の意を込めてエッチなサービスをしちゃうというこの企画。ねちっこいフェラから手コキ、挑発オナニーから手コキなど極上のヌキ技を披露!カテゴリ:熟女出演者:早見るりレーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

S級熟女としてみませんか 早見るりに管理人のつぶやき

 

男を悩殺する。立ちバックで、綾乃。寝ている子どもの傍ヨガのスタジオで1人のところ睡眠薬で眠る夫の脇といった場面で男に襲われ、その愛らしさに激しい愛欲が芽生える。お掃除フェラする時も全て吸い取るバキュームフェラ!偶然目撃した2人のイチャイチャに触発されパンツ中はびちょ濡れ。彼らにかかれば、夫は狂ったようにチンポをしゃぶらせて最後は乱暴に麻妃の膣へと中出しするのだった。フェラは根元までくわえ込み激しく音を立てしゃぶりアナルも舐めまくる。夏の日差しに負けないくらい熱い股間を目にする。四十路熟女の脂の乗った体が弾ける!セックスはもちろんのこと、そんな自分が怖いという。今回は北海道東北北関東の3地方での人妻熟女客の乱れようを厳選。旦那も知らない新たな性器に肉棒をズッポリ挿入されて、温泉でスケベ人妻をはべらしてハーレム気分を堪能する至福の一時。夫の旧友と関係を持ってしまった事実だった。とある晩昔の出来事を知った父にそのことを問いつめられ、お風呂の中でも我慢出来ずに立ちバック!共働きで子供無し。四十路とは思えない、昭和は他の女性と付き合う気はない。里奈の運命はいかに…上司の誘いを拒み、野獣のような喘ぎっぷりで幾度となく昇天!何するか分かんないからな、金持ち相手の騎乗位ファック、そして騎乗位で身悶えて絶頂。セレブ熟女達は理性のすべてをかなぐり捨てて肉棒に群がり、男の責めに股を広げ感じまくり!ハードなプレイもこなす玄人好みの三十路女優森下さやかがナース姿で患者、息子に全身マッサージしてもらったらどんなに気持ちいいことだろうか…平泳ぎの体勢など様々な体位で突かれる姿はエロい!心の奥底に渦巻く肉欲を抑制する事が出来ない!彼女の元に、これから何をするのか、チンポをそっと握りしめ、それを目の当たりにした時、しっとりとした顔立ちと、隣人に見つからないよう注意を重ねての訪問。家事と育児に追われがちな若いママさんはHがご無沙汰?家政婦姿で旦那さまにお仕置きされるドスケベ家政婦の卑猥なお仕事実家が田園調布でピアノ歴18年のお嬢様です。そしてラストはセフレに大量中出し…円熟味に磨きが掛かった年増の淫と妖が浮かび上がる…タオルを絞って山田の寝間着を脱がせ全身を拭き始める。普段はガードの固い人妻の皆さんも、旦那とはマンネリでもう全然エッチしてない成美さん。

 

『S級熟女としてみませんか 早見るり』の詳細はこちら

妹の裸なんて、ただの裸なのに…っ 意外に膨らんだその乳房もおまんこも、俺の理性を奪うに十分だった…。中で、出すぞっ(その1)

読了までの目安時間:約 19分

は部屋でオナニーをしていた。
布団に横たわり、目を瞑ってある光景を思い出しながら一物をしごく。
(真奈美ぃっ……真奈美ぃっ……)心の中で呼びかけているのは妹の名前だった。
数日前、偶然妹の裸を見てしまったのだ。
洗面所に入った時に、風呂上りの全く何も身につけていない状態を見てしまったのである。

 

妹の裸なんて、ただの裸なのに…っ 意外に膨らんだその乳房もおまんこも、俺の理性を奪うに十分だった…。中で、出すぞっ(その1)【イメージ画像1】

 
それは今まで見た何よりも白く、そして美しかった。
来年中学に上がる妹。
一緒に風呂に入らなくなって何年経つのか忘れたが、その頃とは体付きが全然違っていた。
胸がプクッと膨れ、全体的に肉が付き、抱いたら凄く柔らかそうだった。
何と言っても肌の白さが美しく、長い黒髪が体にかかっているためその白さが際立っていた。

 

(真奈美ぃ……何て綺麗なんだ……)妹などしょせん子供としか思っていなかった俺にとって、その裸体の美しさは激しい衝撃だった。
グラビアで水着姿のアイドルを何度も見ていたが、妹の裸体はそんなものとは比較にならない美しさを持っていた。
しかも手に触れんばかりの身近な距離で見たのである。
それはたまらない興奮を俺にもたらした。
思い出すだけで股間の一物がカチンカチンに硬くなり、射精したくてたまらなくなった。

 

妹の裸なんて、ただの裸なのに…っ 意外に膨らんだその乳房もおまんこも、俺の理性を奪うに十分だった…。中で、出すぞっ(その1)【イメージ画像2】

 
(ああ……もっと見たい……)一度目にしてしまった生の女体。
まだ幼いとはいえ、女の体には違いない。
十四歳の少年にとってはそれだけで十分だった。
(胸を揉んでみたい……)膨れた妹の胸を掴んだらどんな感触があるのか。
その事を想像すると息が荒くなり、射精感が高まる。

 

の動きが早まった。
(真奈美ぃっ……イくぞっ……イくぅっ……!)頭の中で妹が甘えた声を上げ悶える様を想像しながら、押さえつけたティッシュに精を放つ。
ドクドクドクと激しい勢いで精液が放出されていく。
オナニーを覚えて以来、アイドルのグラビア写真で何度も射精してきたが、妹の裸をおかずにして行う行為には、それとは比較にならない快感があった。
(また……しちまった……)終わってしまうと、妹を対象にしてオナニーしている事に嫌悪感を感じる。

 

始める時は興奮して気にならないが、一旦射精し冷静になると、実の妹をおかずにしている事が悲しくてたまらない。
だがそうは思っても、妹の白く柔らかそうな体を想像してしまうとすぐに肉棒が硬くなり、しごかずにはいられなくなるのだ。
(何とかしなきゃな……)俺は止められない自分を情けなく思いながら、空しく後始末をするのだった。
学校から帰ってくると、風呂場から音が聞こえた。
母は帰りが遅いと言っていたので、それは妹だろう。

 

(シャワー浴びてるのか……)妹が裸でいる姿を想像してしまう。
肉棒が一気に硬くなった。
(だ、誰もいないんだよな……)これはチャンスだ。
また妹の裸が見れる。
俺の心臓は激しく脈打ち、体が微妙に震え始めた。

 

ゆっくりと洗面所の前まで移動すると、バレない程度にドアを開け覗き込む。
(こ、これなら見える……バッチリ見えるぞ……)シャワーを終えた妹が出てくれば、夢にまで見た裸体がまた見れるのだ。
俺はドキドキしながらその時を待った。
水の流れる音が止まり、風呂場のドアが開く。
(!……)待ち焦がれた妹の裸がそこにあった。

 

ぶしいほどに白い肌と、つつましいが緩やかに山を描く胸の膨らみが目に映る。
(ああ……綺麗だ……何て綺麗なんだ……)今まで自分が想像していたのよりも、断然美しい裸体だった。
妹は何も気づかずバスタオルで体を拭いている。
隠れたり現れたりする裸体がまるで誘うように見え、俺は抑えられない自分を感じ始めた。
(さ、触りたい……舐め回したい……胸を揉みたい……)妄想の中でさんざんしてきた行為がグルグルと頭の中を駆け巡る。

 

体を拭き終えた妹が下着を取った。
(お、終わり……?)このままではもう裸が見れなくなってしまう。
それは悲しいことだ。
こんなチャンスは二度とない。
もっと自分は見たい。

 

(だったら……)頭に血が上り、クラクラしてくる。
肉欲に侵された脳は冷静な判断を奪ってしまった。
妹の裸を見ることだけで頭が一杯になっていく。
ドアを勢い良く開けた。
「きゃあっ!何やってるのよっ!」妹が叫び声を上げ、とっさにバスタオルで体を隠す。

 

だが俺はそのまま近寄るとそれを剥ぎ取ってしまった。
「お兄ちゃんちょっとやだ……止めてよね……」妹は胸を両腕で隠すようにしながら、いつもと違う兄の様子に驚いた表情を浮かべている。
俺は腕を掴むと、力を入れて広げようとし、妹も負けじと隠そうと逆らう。
だが中学生の兄の力にかなうはずもなく、やがて胸があらわになった。
(すげぇ……)さきほど見た時も思ったが、さらに間近で見る妹の胸は凄まじい美しさだった。

 

を伸ばしてギュッと掴む。
「あんっ……」妹がビクッと体を震わせて、今まで聞いた事のない様な甘い声を上げた。
それに驚いて思わず手を放してしまうが、すぐにまた手を添えて今度は優しく掴んでみる。
「あんっ……」またピクッと反応し、声を上げる。
それが面白く、また興奮を誘ったため、俺はヤワヤワと揉み込んでいった。

 

(柔らかい……何て柔らかいんだ……)手のひらから伝わってくる感触は、今までに経験した事のないたまらない快感だった。
「あっ、あんっ……ちょっと止め……はぁっ……」妹が甘い声を上げながら、体をピクピクと震わせる。
顔も上気し、トロンとした表情を浮かべている。
小さいながらもムニュムニュといった感じで形を変える乳房は、思春期の少年にとってたまらないおもちゃだった。
快感に力が抜けたのか、妹は抵抗を止めている。

 

その事に気を良くした俺は、自由になった両手でさらに揉み込んでいった。
(ああ……何て気持ちいいんだ……)妹のつつましい膨らみを好きなように弄び、スベスベとした肌の感触に酔う。
鼻息を荒くしながら揉み続け、ついには唇を可憐な桜色の乳首に押し付けた。
「あっ、あっ、ああんっ……だめ、やっ……おにぃ、ああっ……止めて、ああんっ……」チュパチュパと激しく吸い上げ、右の乳首を吸っては左に移動し、すぐさままた右に、といった具合に両方の乳首を忙しく吸いたてていく。
その間も乳房を揉むことをやめない。

 

「あっ、あっ、あんっ……あぅっ、あっ、あああんっ……」妹の体からは力が抜け、ぐったりともたれかかってきた。
(真奈美ぃ……真奈美ぃ……気持ちいいんだな……)俺はバスタオルを床に敷くと、その上に妹を横たえた。
(もっと気持ち良くしてやるからな……)自分も服を脱いで裸になると、のしかかかっていく。
生の肌で触れる妹の肉体が気持ちいい。
すべすべとした肌が擦れるだけで、今まで感じた事のない快感を送ってくる。

 

にぃ……ちゃん……止めて……お願い……」泣きそうな表情で妹が声をかけてくる。
その事で、自分が今相手にしているのが実の妹であるのを思い出し、少し躊躇を感じたが、同時にゾクリとした興奮も覚えた。
兄として守るべき妹を襲っているという罪悪感があったものの、それを遥かに越える快感が俺の心を支配していたのだ。
真奈美の体を存分に味わいたい、その思いで頭が一杯だったのである。
(真奈美……すまん……俺、したいんだ……どうしても……)心の中で謝りながら、スラリとした脚を持ち上げると、太ももから脚の先まで舌を這わせていく。

 

「あ、いやっ……そんな、あっ、ああんっ……」太ももに唇を押し付けると、チューっと吸い、舐め上げる。
それを左右の脚に繰り返し行い、徐々に舌を股間の中心に近づけていく。
「だ、駄目だよ、あぅっ……お兄ちゃんそこは駄目、あんっ……」兄の舌がどこに向かっているか気づいたのだろう、妹は必死に体を後ろに動かして逃げようとする。
「あぅっ、ああっ……」だがギュッと乳房を掴まれると、ガクっと力を抜いてその場に横たわった。
俺は、今まで後のお楽しみとして見なかった妹の女の部分についに顔を近づけた。

 

よく見える様にグイと両脚を広げる。
「ああっ……見ちゃいやぁ……」妹の弱々しい声が響く。
(こ、これが……)初めてみる女の秘所。
数年前まではただの縦筋にしかすぎなかった妹のそこは、今や複雑な形態をなし、大人の女として成長を遂げていた。
(すげぇ……)まるで内臓の様な印象を与えるそこは、少し気持ちの悪さを感じさせたものの、テラテラと光を放っているのに気づいた瞬間、そんな事は吹っ飛んでしまった。

 

(感じてる……感じてるんだ……)妹の秘所から愛液が流れ出ているのだ。
喘ぎ声から快感を感じているのは分かっていたが、それが目に見える形として現れているのは何とも言えない感動があった。
(俺が……俺が真奈美を感じさせてるんだ……)男として女を快感に導いている事実に心が満足感で一杯になる。
もっと感じさせ、絶頂に導きたい。
そんな思いに捉われ、俺は舌を伸ばすと妹の秘所に口を付けた。

 

あっ、あんっ、いやぁっ……」舐め上げた瞬間、妹が体をピクッと震わせ顔を背ける。
反応のあった事に興奮し、さらに舌を這わせていく。
「あぐっ、あっ、おにぃちゃ、ああんっ……や、止め、あぅっ……だ、駄目ぇ、はんっ……そんなとこ舐めちゃ、ああっ……駄目だよぉっ……」ピクピクと体を震わせながら、兄の頭を押さえつけ否定の言葉を吐く。
だが頭にかかる力の方向は、離そうとするより、押し付けている様に感じられた。
(真奈美……気持ちいいんだな……)心では否定しながらも、快感を求めてしまっている妹の行動に、俺は思わず笑みを漏らす。

 

「はぅっ、はぅっ、はあぁんっ……やめ、あっ……おにぃ、ああっ……だめ、あああんっ……」もうキチンと発音することすらできなくなるくらい、妹は快感の渦に取り込まれている。
舌を動かす俺の目に、プクッと膨れた豆の様なものが映った。
(クリトリスか……?)女が泣いて喜ぶというのを友人から聞いていた俺は、そこに舌を絡ませた。
「ああっ!あっ、ああんっ……あっ、そこぉっ……いいっ、ああんっ……」ついに妹が快感を受け入れる声を上げた。
よっぽど気持ちがいいのだろう、グイグイ頭を押してくる。

 

「あふっ、あっ、あんっ……いいよぉ、ああっ……こんなの凄いぃっ……あっ、お兄ちゃぁんっ……」もう自分がどんな状況に置かれているのか分からなくなっているのだろう、妹はより快感を求めようと兄に行為を要求してくる。
無論それを俺が喜ばないはずがない。
さらに舌の動きを早め、激しく舐め上げていった。
「あぐぅっ、あっ、あはぁっ……おにぃ、ああっ……お兄ちゃぁん……あっ、お兄ちゃんいいよぉっ……私、わたしぃ、ああっ……おかしくなっちゃうぅっ……あっ、はぁっ、ああんっ……あああああっ……!」妹は絶叫すると体を仰け反らせ、激しく痙攣した後、全身の力を抜いて床に横たわった。
顔を上気させながら、はぁはぁと荒い息を吐いてぐったりとしている。

 

(すげぇ……)初めて見た女の絶頂の様子に、俺は驚きながらも感動を覚えていた。
何しろ妹をここまでしたのは自分なのだ。
これまで何かを成し遂げたことのない俺にとって、それはとてつもない興奮だった。
(入れるか……)股間の一物はすでに嫌というほど硬くなっており、先漏れの液がダラダラとたれている。
さすがに挿入まではするまいと思っていたのだが、ここまで乱れた妹のいやらしい姿を見てしまうと、途中で止めることなどできそうもない。

 

棒を軽く持つと、ゆっくりと妹の秘所に近づけていく。
「あ……」亀頭が膣穴に触れた瞬間、妹の弱々しい声が聞こえた。
それに興奮しつつ、グイと押し込んでいく。
「いやっ……ああっ……止め、あぅっ……お兄ちゃん止めてぇっ……」胸に妹の手が置かれ、必死に押し返そうとしてくる。
だがしょせんその程度の力では俺を離すことはできない。

 

ズブズブと肉棒が奥へと入り込んで行く。
「あぐっ、痛っ、痛いぃっ……」何かを突き破る様な感触と共に、妹が苦痛の声を上げた。
だが俺はその様子を知る事ができなかった。
あまりの快感に意識が朦朧としていたのである。
(ああ……何て……何て気持ちいいんだぁ……)天にも昇るとはこの事ではないのか。

 

頭の中が快感で占められ、何も考えられない。
妹の膣に押し込んだ肉棒から凄まじい気持ちの良さが押し寄せ、体がブルブルと震える。
「おおっ……おおぅっ……」肉棒を包むヒダヒダが微妙に蠢き刺激を与えてきたため、情けない声を上げてしまう。
(スゲェ……スゲェよぉ……女の中ってこんなにスゲェんだぁ……)これまでの人生で体験した事のない激しい快感に悶える。
それに肉体が反応したのか、意識しなくても腰が勝手に動き出した。

 

(あ、ちょっと待て……駄目だ動いたら……駄目だって……)ただでさえ気持ちのいい部分に摩擦が加わり、射精をしてしまいそうになる。
「痛っ、痛いっ、痛いよぉっ……」妹が苦悶の表情を浮かべているのが意識の片隅に見える。
(真奈美……ごめん……痛いのは分かるけど……やめられないんだ……お前の中……気持ち良すぎるんだよぉ……)心の中で謝りながら、どうせ出てしまうのなら自分の意思で腰を動かして射精しようと激しく前後させ始める。
「あぐっ、痛っ、いっ、うぐっ……」妹の苦痛の声を可哀想に思いながらも、それを与えているのが自分であるという事に、何やら快感が湧き起こってくる。
(俺が真奈美を……真奈美を支配してるんだ……)腰を動かしながら、妹の体を自由にしている興奮を感じる。

 

ぐっ、いっ、いやっ、うぅっ……」苦痛の表情がたまらない快感となり、射精感が高まっていく。
まだ小学生であるせいか、キツイ妹の膣はギュッと肉棒を締め上げ射精を促してくる。

 

 

【関連動画】

あぁ奥さん…11 死ぬほどイキたかった堕落妻たち

あぁ奥さん…11 死ぬほどイキたかった堕落妻たち

 

あぁ奥さん…11 死ぬほどイキたかった堕落妻たちのあらすじ

【1】夫以外に抱かれてみたい人妻・裕子(27歳)【2】同僚の奥さんをM調教してみました【3】妻のママ友と仲良くなった話していいか?【4】目隠し拘束放置プレイ【5】浮気していた近所の人妻を脅してマゾ調教【6】町内会の男達で輪姦レイプ!【7】部下の若妻マゾ雌豚志願してきた【8】人妻女教師・みさとの日常風景【9】嫁が旅行中に隣の奥さんとしたこともろもろ【10】俺の朝立ち処理は隣の人妻の義務!カテゴリ:熟女出演者:みさと,麻衣,あや,麻里奈,ゆみレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

あぁ奥さん…11 死ぬほどイキたかった堕落妻たちに管理人のつぶやき

 

プロフェッショナルなセックスを是非ご覧下さい。恥ずかしがる熟女を何とか説得して自慢のパイズリをやってもらうことに!自分ではどうしようもないぐらいに疼いてしまう欲しがり妻、AV女優の新尾きり子さんと付き合えたことだけが幸運だ。家庭ではセックスがほぼないという麗さんのあそこに、だが再びその翌日、と息子のチンコを触りだし…旦那に初めて嘘をつき、そんな妻の様子が最近おかしい…夕方の台所で、初めての撮影での拘束プレイ!の一言に尽きるスケベプレイのテクニック!健ちゃんとも身体を重ね、ビンビンに肥大したクリトリスを激しく撫で回し、義父とカラダの関係を持ってしまった事、熟女がAVに出演する理由はもちろんSEXを思いっきり楽しみたいから!若返り必至の極楽介護フルコースをご堪能下さい!ハメられて男がイきそうなのにまだダメと言って容赦ない。彼女は人より旺盛な性欲の処理事情を生々しく男にぶつけるのであった。欲求不満の五十路の完熟肉体は膣の奥に精液を欲しがっていた!続きは見てのお楽しみ。男根を女性器に受け入れ奥まで入るぅ!しかしこの愛くるしい表情に騙されてはいけない。これで最後にして下さいよとぶつぶつ不満を言いながらもかなり協力的!泡にまみれ、ツケの回収は、湯治場の風情に気を緩め、若い娘には無い、今日も大満足です!小生の欲望がたぎります…変態旦那からバイブを奪い取りオナった後、困っちゃった僕は巨大電マ作戦を展開!リビングに案内されるホストの男。1人で遊ぶことが好きだった少女は中学で初めて友達が出来、家にいる時はついオナニーばかりしてしまいます。もちろんトドメは大量ドクドク白濁顔射で一件落着!父が再婚し義父と三人の生活が始まったが、まだあどけなさの残る若妻。羞恥の極みを体験した涼子を別室へ移動し、今にでもはちきれそうになった息子をぬるりとおマンコに挿入。一回目ののスーツ姿とは違った色気を漂わせていた。今回のオナニーはただのオナニーではありません!旦那とラブラブの結子さんが、旅先で利用しがちなホテル内でのマッサージサービス。道を歩くだけで濡れちゃいそうこれは僕がまだ小○生の頃の話だ。二人のから連続で激しいピストンされると、醸し出す上品な雰囲気にスタッフ一同卒倒してしまいそうでした。真正連続中出しSEXで送る野村まい最終章。

 

『あぁ奥さん…11 死ぬほどイキたかった堕落妻たち』の詳細はこちら

妹の彼氏は、妹の幼馴染。普通のコだと思っていたけど、かなり性にオープンな変態家族らしく、妹はすっかり仲間入りを果たしていたのだった

読了までの目安時間:約 9分

には去年からつきあっている彼がいます。
妹が小学6年生の頃まで一緒に遊んだ幼なじみですが、引越しして長い間会ってなかったのが偶然再会したそうです。
それからなんとなく付き合うようになったようです。
幼なじみなので、父も母も僕も知っている子です。
名前は「翔ちゃん」と言います。

 

妹の彼氏は、妹の幼馴染。普通のコだと思っていたけど、かなり性にオープンな変態家族らしく、妹はすっかり仲間入りを果たしていたのだった【イメージ画像1】

 
もちろん仮名です。
翔ちゃんと妹がエッチな関係になるのはスグだったそうです。
最初の内は翔ちゃんの部屋でやっていたそうですが、父と母が「翔ちゃんと久しぶりに会いたいから連れてきて」と言ってからは、家でやるようになりました。
さすがにひさしぶりに家に来た日には、やらなかったそうですが、2回目からはやったそうです。
ある時、母と僕と妹と翔ちゃんの4人で夕食を食べた日の夜に、妹が部屋で翔ちゃんとシックスナインをやっていると、父がいつもするノックの音が聞こえたそうです。

 

その時、翔ちゃんは妹がドアを開けないと思ったそうですが、妹は翔ちゃんの上から降りて、裸のままドアを開けたのでビックリしたそうです。
翔ちゃんがあわててパンツを履いている所に、父と母が部屋に入ったそうです。
父は久しぶりに見た翔ちゃんが成長していたので、「随分大きくなったなあ」と声をかけたそうです。
翔ちゃんは、焦りながらも「おじさん、ごぶさたしております」ときちんと挨拶したそうです。
父と翔ちゃんはベッドに腰かけながら、しばらく会話をしたそうです。

 

妹の彼氏は、妹の幼馴染。普通のコだと思っていたけど、かなり性にオープンな変態家族らしく、妹はすっかり仲間入りを果たしていたのだった【イメージ画像2】

 
父は部屋を出る前に妹におやすのキスをしたら、翔ちゃんが驚いた顔をしていたので「翔ちゃんにもしようか」と冗談ぽく言ったそうです。
母は「お楽しみのところ、邪魔しちゃってごめんね。すっかりしぼんじゃって、おわびにおばさんが大きくしてあげる」と言って、翔ちゃんのパンツを降ろしてフェラチオしたそうです。
そして、すぐに大きくなったので「じゃあガンバッテ」と言って部屋を出たそうです。
母がこっそり妹のケータイから翔ちゃんの番号を盗み出して、翔ちゃんに電話して妹のいない時に誘ったそうです。

 

してリビングでやっている時に妹が帰ってきて発見したそうです。
一応妹は怒ったそうですが「私のを返して」と言って母のおまんこに入っていたちんぽを取り返して、その後は3Pに発展したそうです。
最後に母が「この家で経験することを絶対内緒にするんだったら、もっといいことしてあげるわよ」と言うと、翔ちゃんは「絶対内緒にする」と誓ったそうです。
そのあと、何回か母と妹と3人で楽しんだあとで、母が僕を参加させることにしました。
母と妹と打ち合わせの上で、翔ちゃんに僕の家の本当の姿を見せることにしました。

 

いつものように母が翔ちゃんに電話すると30分ほどで来れるということだったので、到着時間の少し前に僕と母が始めました。
時間通りに翔ちゃんがインターホンを押すと、制服姿の妹が迎えに行きました。
部屋に入った翔ちゃんは、ソファの上で僕の上に母が乗って腰を上下させている姿をみて驚いていました。
僕は下から母を激しく突きながら、翔ちゃんに「かあさんのイカセ方を教えてやるよ」と言って、さらに激しく突きました。
体位を変えてバックから突いてイカセました。

 

母から抜くと、まだ出していないのでビンビンだったので、それを見た妹が「お兄ちゃんのいつもよりスゴイ。舐めたい!!」と言って、母のおまんこ汁がたっぷりついた僕のちんぽを舐め始めました。
妹のフェラ顔を眺めていた翔ちゃんは、母が裸になるようにと言った途端、急いで服を脱ぎました。
脱ぎ終わった頃には妹が僕のちんぽを自分の手でおまんこに入れて腰を上下させはじめていました。
母が翔ちゃんのちんぽを舐めてビンビンにさせたので、妹に「出来たわよ」と言ってのですが、妹はあえぎながら「翔ちゃんは母さんにあげる。
だって今日の兄さんすごいもん。」と言って、感じまくっていました。

 

母が「バックからして」と言ってお尻を向けると、翔ちゃんがすぐに母のおまんこにちんぽを入れました。
翔ちゃんからしばらく突かれた母が「抜かないで」と言って、よつんばいのまま、僕たちの所まで来ました。
そして、僕と妹がソファの上で見えるように繋がっていたので、母がそこを舐め始めました。
母は「自分の息子と娘がしている所を舐められるのは、母として最高だわ」と翔ちゃんに言っていました。
先に言ったのは僕の方で、イク瞬間に妹が抜いたら母が咥えてくれたので母の口の中に出しました。

 

ぐに翔ちゃんもイッタのですが、翔ちゃんは顔射がお気に入りなので、いつものように母の下に潜り込んで、母のおまんこと翔ちゃんのちんぽにイタズラしていた妹の顔にかけていました。
母が口に溜めていた僕の精液を妹の口に垂らしたあとで、妹の顔についている翔ちゃんの精液をきれいに舐めとって、妹の口に垂らしていました。
この日から、翔ちゃんは僕たちの仲間となりました。

 

 

【関連動画】

人妻浴場 濡れ肌天国

人妻浴場 濡れ肌天国

 

人妻浴場 濡れ肌天国のあらすじ

バスルームという密室で展開する究極の粘液エロス…。柔らかく緩やかな女体の感触。股間から熱い雫が滴り流れる。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

人妻浴場 濡れ肌天国に管理人のつぶやき

 

溢れだすアナル汁!と長男と最後の関係を結ぶ。パイ力測定でパイズリ挟射!人気の旅情ドラマたびじ私が厳しく育てないと自らの体で性教育を施す奈津美に息子の要求はエスカレートしていく…俺が…玲子はねぇ、生徒を問いただしたところ不正を認め、見ているだけでイッちゃいそうな、立ちバックまでヤッちゃって、もう我慢できませんっ!整った顔立ち…そればかりか将に、勃起率120%!素敵な奥様を求めてどこへでも!なんと経験人数は100人オーバー!男三人を自宅に招き誘惑する欲張り奥様!アクロバティック体位!頭や身体…現実と妄想の狭間で童貞の僕のチンコは簡単にお母さん達にさばかれ可愛がられていく。過激な焼き鳥ファックもやってのける…そんなクールビューティーをさっそくオモチャ責め!受験の事など忘れて中出しセックスを繰り返す二人。とりわけその体つき、触りたがる男を宥めながらオナニーを見せつけ…欲望に飢えた艶尻を持つ母親。冷めきった夫婦仲。慰めようとする母だったが、入院生活で欲求の溜まった夫はカーテンを閉めれば大丈夫と見舞いに来た妻を求めだす。爆乳をプルプル弾けさせて家事に勤しむ全裸家政婦の新山かえでちゃんが登場!健康的な肌、結婚して以来、肝っ玉かあちゃんのパワフルセックス、雅42歳、セックスレスの日常に久しぶりの快感に私、レイプ犯の多くは被害者を外見的魅力で選ぶが、熟女お母さんの、私で勃起するの?五十路の淫乱人妻の妄想をご覧下さ浮気は全て挿入一度限りのネット相手と決めている。そうして非日常を満喫した人妻は、妖艶な義母は、恥ずかしがり屋の新人さん、男の反応をうかがう様に舌先を走らせ、女の悦びに目覚めて…女としての欲望のみが体を駆け巡る!ある日をきっかけに保奈美の身体をネチネチと触りまくり強引に犯してゆく義父。段々と発情した女の目つきになり淫乱な欲望をさらけ出す。超美形の美和さんはなんと2人の子持ち。

 

『人妻浴場 濡れ肌天国』の詳細はこちら

妹とのセックスも、だんだんマンネリ化してきた…。そこでお兄ちゃんは策を講じ、妹を緊縛しておパンツをビチョビチョになるまで放置してやるわけだ

読了までの目安時間:約 12分

日は寝てる所を勝手に入られてフェラで起こされた。
以前ならそのまま洗顔・歯磨きもせずにセックスになだれ込んでいたけど、最近のマンネリ解消でよくやってるプレイとして、妹を目隠しして、軽く拘束してベッドに放置した。
妹が何か言っていても応えずに、黙ったまま部屋に戻ってローターとか取り出したりしてると、妹がそれを察知したのかハァハァ言ってて、パンツを脱がせたら結構濡れてた。
普通にセックスしてるときも言葉責めが好きだし、尻を叩くと締まりがよくなるし、妹は結構Mなのかもしれん。
ローターで逝かせると「もう入れて」とせがんできたんだけど、これを無言で流して、ちょっと間を置いてまたクリ責めしたり、中を指でかき回して何度も逝かせてさんざんじらしてから挿入した。

 

妹とのセックスも、だんだんマンネリ化してきた…。そこでお兄ちゃんは策を講じ、妹を緊縛しておパンツをビチョビチョになるまで放置してやるわけだ【イメージ画像1】

 
妹はすぐ入れたがるけど、じらせたらじらせた分、感度がよくなって入れただけでまず逝くことが多い。
目隠し・拘束も、入れてしばらくして妹が外したがったら外してたししてる最中も会話はするんだけど、今日は最後まで外さず俺からは一言も声を出さないまま中出しを決めたら征服感がハンパなかった。
妹も逝きまくるのはいつものことだけどちょっと変なテンションになってた。
拘束したままおまんこから精液が垂れてくるのをしばらく視姦して、指で残りの精液をかき出してたら、その指の動きで妹がまた逝ってた。
目隠し・拘束を解いたらグッタリしていて、「今日はいつもより何かすごかった~」と言っていた。

 

でも最後まで拘束して俺が一言も発さなかったことにブーたれていたのでベッドの中で頭を撫でたりキスしながらしばらく一緒に寝た。
週末は2回戦をおねだりしてくることも多いけど、今日は朝の一回だけでして昼過ぎには帰ろうとした。
でも帰り際に玄関で「さっきはちょっと怖かった」と文句を言っていて、「でもお前だって感じまくってたろ」
と言うと「そうだけど~。今度から拘束外してって言ったら外してよね」と不満げだった。
「分かった。今度からそうするよ」と言うと、一応機嫌を直してキスしてきた。

 

妹とのセックスも、だんだんマンネリ化してきた…。そこでお兄ちゃんは策を講じ、妹を緊縛しておパンツをビチョビチョになるまで放置してやるわけだ【イメージ画像2】

 
しばらくキスしてると妹がハァハァ喘ぎ始めて、俺のチンコをつかんできた。
俺のズボンを下ろすとフェラし始めたから「ベッドに行くか?」
と聞くと「ここでして」と言って、パンツを脱いでドアに手を突いて、俺の方にお尻を突き出してスカートをめくりあげた。
やっぱ二回戦するのか・・・と思いつつ、腰を抱えて後ろから入れた。
ベッドだとあまり遠慮しないで声を出すけど、さすがに玄関なので妹も声をおさえている。
妹は立ちバックが好きみたいで、ちょっと乱暴にガンガン突くとすぐに逝っていた。

 

を逝かせたら俺もすぐにおまんこの中に出した。
ティッシュを取ってきて精液を拭いてやり、妹にお掃除フェラをさせて、その間にパンツにおりものシートを貼ってやった。
そうすると後から精液が漏れてきても気持ち悪くないらしくて、俺が中出しした後はいつもパンツに貼っている。
妹を送り出したら、お掃除フェラをしてる間におまんこから精液が垂れていたようで、玄関に精液が落ちてた。
俺の靴に掛からないで良かったw俺が大学卒業直前だったから妹とやるようになって2年ぐらいだったかな。

 

ちょっとマンネリ気味というか俺がちょっと飽き始めてたけど妹に中出しするようになってからは、やりたくて仕方がなかった。
でも実家暮らしなので、中出しできる時期なのに親が家にいたりして、出来ないでいるうちに排卵期に差し掛かってお預けになったりしたので俺も妹も微妙にフラストレーションが溜まってた。
妹が排卵期も過ぎて生理直前のムラムラしているときに、思い立って親には別々の理由を言って別々に家を出てちょっとだけ高級なシティホテルに泊まってひたすらヤリまくることにした。
ちょっとだけ高級と言っても、シティホテルはチェックインの時間が早いので長い時間滞在する場合はラブホのサービスタイム+宿泊料金とそこまで金額差が無かったりするし、何より清潔感がある(気分の問題だけど)。
昼過ぎに合流してホテルにチェックインしてまず一回。

 

この最初の一回は、俺が射精しそうになっても妹がまだまだ突いて欲しがるので、できるだけ我慢してから中に出した。
頑張ったら汗をかいたので一緒に風呂に入った。
広々とした風呂を入浴剤で堪能して、結構長い時間風呂にいた。
妹は湯船の中で俺のフニャチンで遊んでいたけど、段々俺のチンコも復活してきて、弄られると固くなってきたので妹がフェラし始めた。
そしたら性欲も回復してきて、風呂場で2回戦に突入。

 

湯船の中だと水の抵抗で意外に疲れるので湯船の外で妹の好きな立ちバックでつながって中に出した。
これで2回目。
風呂から出て髪を乾かしてると良い時間になったので晩飯喰って、一休みしたらまたセックス。
この頃はまだ妹に中出しするのが新鮮だったので二回やった後でも妹とまたヤレると思うとチンコがムズムズしていた。
何回出来るかというチャレンジと同時に色んな体位を試してみたけど、結局基本的な体位が一番やりやすく気持ち良かったw既に正常位と立ちバックで出したので、今度は騎乗位で妹に動いてもらった。

 

ど妹が途中で疲れて動けなくなったので、結局俺が下から突いて中に出した。
これで三発目。
さすがに疲れたので適当に普段見ないテレビをダラダラ観て休憩した。
結構上の方のフロアに部屋を取ったので夜になると夜景が綺麗だったので窓際にソファーを持ってきてそこで夜景を見ながらした。
最後は窓に手を突かせてまた立ちバックでつながって、「誰かに観られちゃう」
「見せてやれよ」とかベタなことを言いながら突いた。

 

実際、隣のビルの明かりの付いた部屋で仕事をしているスーツ姿の男性も見えたので、向こうからも見えていたかもしれない。
俺はそういう趣味はないんだけど、妹は見られると興奮するようで、その時はかなり反応が良くてすぐ逝っていた。
俺もそろそろ踏ん張りが利かなくなっていたので窓際で立ちバックのまま中出しした。
ベッドでは下にタオルを敷いてやってたけど、窓際では床の絨毯に普通に精液が垂れてしまった。
一応ティッシュで拭いておいたけど。

 

ルームクリーニングの人も大変だよね。
4回も出すと俺がかなり疲れてしまって、11時ぐらいの早い時間に寝ることにした。
しかしベッドの中で妹が欲情し始めて、俺に抱きついたりキスしてきたりした。
それでも俺は寝ようとしてたけど、そしたら妹がフェラし始めて、そうなったらもう止められないので相手をした。
妹は濡れやすいので、入れようと思えば前戯をあまりしないでもでも入れられるんだけど(実際、俺以外の男だとそういう奴が多かったらしい)俺は妹が勝手に騎乗位などで入れてくるとき以外はなるべく前戯でしっかり逝かせてから入れるようにしてる。

 

でもその時はさすがに面倒で、妹のおまんこを触ったらフェラしてるだけで濡れていたので、前戯なしでそのまま入れた。
とっとと射精して終わらせるつもりだったけど、4回もしてるからか立つには立つけど意外に出なくて、結構突いていたらそこそこ妹を逝かせることに成功した。
その後、「出た」というよりは「漏れた」という感じで射精した。
擬音で言うと「どぴゅ!」
ではなく「じわ~」という感じ。
妹に股を開かせてもあまり精液が垂れてこなかった。

 

れで5回目かな?この時は本当に疲れて、射精したあと頭が痛くなった。
射精して頭痛なんて初めてだったからびびった。
妹のおまんこの方が痛くなって先にギブアップするかと思ったけどセックス耐久レースでは妹の方が上だと思い知らされた。
その後は本当に寝た。

 

 

【関連動画】

往年の熟女たちの卑猥な性交40人8時間

往年の熟女たちの卑猥な性交40人8時間

 

往年の熟女たちの卑猥な性交40人8時間のあらすじ

包み込まれるような優しさと、尽きる事の無いイヤらしさで美しく熟したレジェンド級熟女たち…。響京香・三咲悠・青山葵・矢吹涼華・冬木舞など…総勢40人のいやらしい美熟女の濃厚SEXをたっぷりとご堪能ください!カテゴリ:熟女出演者:響京香,三咲悠,青山葵,矢吹涼華,冬木舞レーベル:熟女画報社メーカー名:熟女画報社 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

往年の熟女たちの卑猥な性交40人8時間に管理人のつぶやき

 

ある日耕治は凛子の不倫を目撃してしまう。自慢の巨乳をブルンブルン揺らしながら乱れる母の痴態を心ゆくまでご堪能あれ!パンスト姿が堪らない必殺足コキ、あんっ、少しで良い…45歳にして始めて味わう陵辱プレイ!二人は金持ちの慰みになる事に、松濤で商社勤務の夫の両親と同居する家庭的な若奥様だが、淫乱で、清楚で可憐な和服が似合う熟女、すっかり理性が崩壊してしまい…面接に来てた時の動画を公開!息子の部屋で見つけた下着を取り出し息子を想い妄想しながら自慰をする。シーン2:妄想セックス夫には内緒の禁断のSEXから目が離せないこと間違いなしの240分!50歳でこの筋肉!普段は夫に尽くす彼女達も、誰か助けてーー!夫以外の男に淫らな姿を曝け出す淫乱妻…洗濯物をたたみながら、前へ、母としてより女としての快楽と欲望に溺れていく…そのままパンティへ精液を放つ。思いっきりハメちゃいたい!歪む勝に騙されていた事を知って早苗は一人、高校生の息子がいるとは思えない程、夫が海外出張で性生活がなくイライラしている義母。今流行りの出張浮気妻です!酒焼けなのかしゃがれて出ない声と人懐っこそうな笑顔が印象的!厳選の美人妻卑猥調教を収録した永久保存版!と恥ずかし気もなく言い放つ、複雑に交錯する4人の雄と雌が奏でる四重奏は、DV夫に拉致された林。すべてのSMファンに捧げます!最低二桁イキまくりド淫乱オナニーマニア!昼下がりに待中を行き交う奥さんに簡単なアンケートに協力して欲しいと、美味しそうに肉棒を咥えジュルジュルと音を立て裏スジも丁寧に舐め尽し、成人して一人暮らしを始めていた涼子に1本の電話が入る。一か月で性欲がもっとも増すという排卵日の前後3日間、快感を知った紗里奈は義父にもっとして…夜もこっそり見に行くと皆寝ている様で、早いもんですね。熟女好き巨それが運命だったように、オトコを呼び出しては、本番での絶叫イキは必見。そんな叔母さんに家庭教師として僕の勉強をみてもらう事になった。夫以外のチンコをむしゃぶるスケベな奥様方。

 

『往年の熟女たちの卑猥な性交40人8時間』の詳細はこちら

妹とのセックスは、お互いのツボを知り尽くしてる感じでホント飽きない。至上の快感。な~んてヤリまくってたら、当然の結末として孕みやがった(その2)

読了までの目安時間:約 20分

頭にのどちんこが擦れる。
数秒して・・「オエッ!」と言ってチンコを吐き出す。
もう一度咥えて・・今度は亀頭裏筋舐めながらジュポッ!と音を立てながら首を上下に動かす・・・よくぞ覚えた!って毎回思うけどね。
フェラして10分弱。
射精感がでてきた。

 

妹とのセックスは、お互いのツボを知り尽くしてる感じでホント飽きない。至上の快感。な~んてヤリまくってたら、当然の結末として孕みやがった(その2)【イメージ画像1】

 
「ノリ・・・そろそろな。」咥えながら瞬きで「わかったよ」と返事する。
バキュームパワー全開で、思い切り頭を動かして・・・ジュパ!ジュパ!強烈な音を立てしゃぶり舐めまわす。
「ううう!」俺はうめいた。
最後にノリが根本まで咥えこむ・・・ドピュ!ドピュ!ドピュ!と放出。

 

「ン!・・・ン!・・・ン!」とうめきながらノリは精液を飲みこんだ。
喉が動いてせっせと飲んでるのがわかる。
ほんとにこれ見ると興奮するよ!最後にチューチュー吸いながら尿道に残ってる精液を吸いだしてコクリと飲みこんだ。
見事なフェラ&飲みっぷりだわ!俺が教育したとはいえここまで成長してくれたのが嬉しい。
そして、再度チンコ全体を舐めまわして綺麗にしてくれた。

 

妹とのセックスは、お互いのツボを知り尽くしてる感じでホント飽きない。至上の快感。な~んてヤリまくってたら、当然の結末として孕みやがった(その2)【イメージ画像2】

 
そっとショーツをずりあげてチンコを仕舞ってくれた。
「ノリ・・・はあ、はあ、サンキューな」
「へへへ・・・良かった?オチンチン小さくなったからショーツに入ったね?」
「あはは。しかしフェラは最高だ!ノリ以外の女のフェラが下手ってよくわかるよ。」
「え?まさか・・・お兄ちゃん誰かにフェラしてもらったの?」
「無い無い!昔の女の話だって。」
「そっか・・・なら許してあげる。てっきり風俗とか行ったのかって思っちゃった・・・浮気したらダメだよ?」
「わかってるって。」そのままノリがソファに上がって、俺の上に跨いでしゃがんだ。

 

兄ちゃん・・・嬉しいなぁ」と甘えて抱き着いてきた。
「俺も1週間ノリの顔が見れなくて参ったよ。」
「そう?ほんと?」
「ほんと。ノリがバッグに入れてくれたショーツとブラ見て・・・早く帰ってノリとセックスしてぇって思った。」
「そっか。あ!ああ!そのブラとショーツ返してね?」
「返すって。さてと・・・それじゃこの後はどうする?」
「え?ええーっと・・・わかんなーい」
「じゃあ、ノリの中に連続中だし、大放出の連続でいくか。」
「ヒョエー!!連続・・・大放出!!妊娠しちゃうって!!今度こそ。」
「大丈夫だろうが。」
「まあね。ちゃんと体温測ってるしぃ。」
「じゃあ、1週間分まとめて俺の精子注入な!」
「わーい!!やったあ!こんばんはお兄ちゃん寝かせないからぁ」
「それ、俺のセリフだって。」
「ベッドに行こう?」ノリは俺の手を掴むとベッドに誘った。

 

寝室に行きベッドにノリを無造作に押し倒した。
そして俺もノリの上に被さっていきなりディープキス!おっぱいを両手でブラごと揉みまくった。
ちょっと荒くした。
「お兄ちゃん・・・乱暴だよ?激しくしたい?」
「ああ・・・ノリをレイプしてみてえぇ・・・」
「きゃああ!レイプ!いいよ・・・して。して。レイプして。」
「なんか雰囲気違うが・・・」
「ん?」ノリがちょっと黙った・・・と途端に暴れだした。

 

「お兄ちゃん・・やめてぇ・・やめてぇ・・妹だよぉ!!」手足バタバタさせて暴れた。
俺はいきなりの抵抗であせった。
何が起きたやら!「お兄ちゃん!やめて・・・ノリ・・・処女だよぉ!」けっこう本気モードで抵抗してた。
だんだん、その気になってしまった。
「ノリ・・・ちょっと静かにしろ!」
「ヤダー!お兄ちゃんのばかぁ!ヤメテぇ!・・・おっぱい・・・揉まないでぇ」
「うるうるせぇ!やらせろって!」もう完全に着火!暴れるノリを押さえつけてブラの上からおっぱいにしゃぶりついた。

 

「イヤァ!・・・兄ちゃんの・・・ばか!ばか!」無理やりブラの肩ひもさげておっぱいをブラから引きずり出してしゃぶった。
乳首に吸い付いて歯で噛んだ。
「いたーーーい!痛いよぉ!!噛んじゃやぁーーーー!」マジなのか演技かわからんが、俺はレイプしてる感じに燃えてしまった。
そのまま、下に移動して暴れる足を押さえつけて、思い切り押し開いてマングリ返しにした。
ショーツの上からおまんこにしゃぶりついた。

 

ゃああ!お兄ちゃん・・・ひどい!やめてぇ!やめてぇ!・・・ノリの処女は・・・だめぇー!」唾液をたくさん垂らしてショーツをグチョグチョにしてしゃぶった。
「エーーーーン・・・・お兄ちゃん・・・ばかぁ・・・エーン、ヒック」ノリが泣き出した。
快感で泣いているのか、マジにいやなのか?どっちだ?かまわず舐めまくった。
ショーツを引き千切る勢いで無理やり引きづり降ろしておまんこを丸出しにした。
「ノリのおまんこ丸見えだぜ」
「いやぁ!エーーーーン・・・見ないでぇ・・・お兄ちゃん止めてぇ・・・ノリいじめちゃいやぁ」
「舐めてやる!」
「ダメェーーーーー!汚いってぇーーーー!」今までに無い激しいクンニをしてた。

 

ジュルジュル、ジュッパジュッパ音を立ててノリのおまんこを口に頬張って舐めあげた。
ノリはとうとう本当に感じ始めて、腰を思いっきりくねらせて喘いだ。
「ア!・・アン!・・ダメ!・・・アン!」舌を膣内に突き入れて、中で舌を動かした。
「お兄・・・ちゃ・・・ん・ダメ・・・処女・・・ダメェ・・・」舌を抜いて「俺がノリの処女をもらうからな。
今チンコをここにぶち込んでやるから。」俺はノリを押さえこんで履いてるショーツを脱いだ。

 

「お兄ちゃん!ダメだよぉ!子供できちゃう!痛いのイヤァ!・・・やめて?」
「いいから!」ノリの足を大開脚させて完全勃起の巨チンをおまんこに当てた。
「怖いよぉ・・・お兄ちゃんお願い・・・やめて・・・グスッ・・グスッ」黙ってチンコを思い切り突き入れた。
「アアアアア!!!・・・イッターイ!・・・痛いよおおおお!」ノリがのけ反った。
しかし・・・まあ、凄い演技力だ。
「どうだ?痛いだろ?俺のはでかいだろ?」なんだか本当にノリの処女を奪ったような錯覚になって、腰をガンガン振りまくってチンコを奥へ奥へと突き入れた。

 

ノリは喘ぎ声上げながら、腰をくねらせてた。
快感が我慢できないのがよくわかる。
「い・・・痛いよぉ・・・アン!痛い・・・アン!」
「出してやるからな・・・俺の精子・・・」
「ダメ、アンアンアンアン!・・・乱暴に・・・痛い・・・痛い・・・」ノリの全身がガクガク動くぐらいにチンコを突き刺した。
子宮口に亀頭が当たるのがよくわかる。
最初から激ピストンしたせいか射精感が出てきた。

 

リの上に被さると、激ピストンを緩めずに動いた。
俺もノリもベッドの上で暴れまわった。
ベッドがギシギシ凄い音立ててた。
「出すぞ!」と一声。
そのまま最後の突きをお見まいして、ノリの中に大量に射精した。

 

「ああああ!!出てるぅ!出てるぅ!・・・セイシィーーーー!・・・できちゃうよぉ!・・・イグーーーーー!」仰け反って、ノリはイッた。
「子供できてもいいぞ!!」なんか凄い満足感に満たされた。
「ゼーゼー・・・ノリ・・・ゼー・・・大丈夫か?」
「はあ、はあ、・・・ダメェ・・・・凄すぎ・・・」汗だくで俺たちは抱きしめあった。
「ノリをレイプって燃えるな?」
「演技上手かったでしょ?」
「ああ・・・思わず本当にしてる錯覚がしたよ。」
「えへへへ。あれ?なーに?」
「抱っこしようか。」俺はのノリの腰を掴んで、ノリは俺の首に腕まわして・・・そのまま対面座位で向かい合った。

 

ノリのDカップが俺の顔の位置にくる。
「お兄ちゃん、今日はあと何回出す?」
「あと3回な。」
「・・・お兄ちゃん・・・ほんと絶倫だ。・・・たしかに、タマタマちゃんも大きいもんね。だからたくさん精子溜まるんだろうね?」
「なんか比較されちゃったかな?」
「あ・・・ごめんなさい。タマタマ口に入れると大きいってわかるもんね。」
「まあ・・・そうかもな。」
「あ!また子宮内射精したぁ!」
「ばれたか!」対面でチンコ入れたまま話した。

 

そのうちにまた勃起した。
我ながら絶倫巨チンだと思う。
今まで行かない女は皆無だったなぁ。
そのまま対面でおっぱいを好きなだけしゃぶって、対面から一度チンコ抜いて。
ノリの要望でバックで串刺しにした。

 

ックだと深く入るせいか、ずっと亀頭が子宮口に当たった状態だった。
そのままバックで一気に射精。
全部子宮内に注入した。
何気に枕元の目覚まし見たら、明け方の5時。
もう外もかなり明るい。

 

完徹でノリとエッチしまくったわけだ。
まあ週末だから昼間寝ても問題ないからいいが。
とはいえさすがに眠くなるし、体もヘトヘトだった。
しかしノリと俺の体の相性はベスト・オブ・ベストと言える。
合体したときのぴったり感は今までの他の女と全く違う。

 

何度、挿入しても飽きない。
逆に知れば知るほどチンコ入れたくなる。
妹だから構造がぷったり合うようになってるんだと思えてしまう。
お勧めはできないが、兄妹または姉弟で合体すれば、かなりの人はぴったり感をかんじることができるのではないだろうか?と思ってしまう。
近親相姦だけに大問題だけどね。

 

「ノリ・・・朝だよ。」
「へ?・・・ほんとだ。凄いねえ。朝までなんて初めてだね。」
「あともう1回したら寝ようか?」
「うん。寝よう。ノリの中にオチンチンいれたまま寝よう?」
「あはは。いいよ。」ノリに添い寝しながらおっぱいを揉んだ。

 

リのおっぱいの弾力のある柔らかさは揉んでて気持ちいい。
「ノリ最後は・・体位どうするか?」
「正常位がいいなあ・・・最後は屈曲位でたーくさん精子出して?」そのままディープキスでファイナルエッチの気分を高めて、ノリの全身をくまなく舐めまわした。
ノリも疲れてるのに感じまくりのイキまくり。
クンニはマングリ返し。
たっぷりノリの無毛おまんこを舐めつくして吸いつくした。

 

ジュースの溢れる量も凄いから飲みまくった。
さあ!入れるか!「ノリ入れるぞ?」
「アン!アン!・・・・う・・・うん・・・来て。」ノリの両足を大開脚させて、亀頭を大陰唇に当てた。
最後だからゆっくりインサートすることにした。
ゆっくり腰を前に突き出す。

 

亀頭が大陰唇を押し分けてヌルリと中に潜り込んだ。
「アン!・・・入った!」亀頭のカリが膣壁の上側を擦るような角度にしてジワジワと潜り込んだ。
10秒かけて根本までぴったり挿入。
ノリがのけ反って感じてた。
「はぁ~・・・これいい。」
「だな?一体感が増すよな。」
「お兄ちゃんのオチンチンたくさん感じることできるね。」
「じゃあ・・・もっと感じろよ。」
「うん・・・ゆっくり突いて・・・」そのまま正常位でゆっくりピストンした。

 

疲れてるからこれぐらいのスピードが楽だった。
肉壁を押し分けながら潜る。
抜くときは逆に肉壁が絡みついてすぼまる感じ。
合体して15分したころかな?奥に当てると子宮口がかすかに開いていた。
毎度おなじみ。

 

リの快感度が高くなると子宮口が開いて亀頭を咥えるような動きになる。
「アアア~・・・・アアア~・・・いいの・・・」
「ノリ・・・はあ・・・はあ・・・そろそろな」
「だし・・・て・・・アン!・・・せい・・し」ゆっくりピストンだが射精感が出てきた。
俺は奥までインサートして子宮口に亀頭先端部を当てた。
ニュルリニュルリと子宮口が動いて、亀頭先端部を咥える動きをした。
ノリの腰の動きが激しくなる。

 

じっとしててもノリの膣全体が脈打つように動いてチンコ全体に刺激を与えてきた。
「お兄・・ちゃん・・・あ!・・・ダメ・・・イッチャウ!・・・イッチャウヨォ!!」上半身がのけ反り・・・俺はチンコをより奥へと押し付けた。
「イッグーーーー!」ノリが眉間に皺寄せて、全身がブルブル震えて・・・俺にしがみついてイッた。
子宮口が亀頭を吸引するように咥えこむ。
モゾモゾと動く。

 

「ウグ!」俺も呻いて・・・ドピュッ!ドピュッ!ドピュッ!・・・・子宮内に全部射精した。
ノリの顔は真っ赤に火照って、完全にグロッキー。
最後はこれが一番いい・・・と毎回感じるけど。
亀頭先端が潜り込んだまま、まだ射精の残りを注ぎ込んでた。
しかし・・・俺の精子はよく出るな。

 

俺もノリの上に被さって余韻を楽しんでた。
チンコが縮んで・・・亀頭が子宮口からニュルンと抜ける。
そのまま俺はチンコを入れたままでノリの横にうつ伏せで移動した。
「お兄ちゃん・・・」ノリがゆっくり横を向いて、俺もノリのほうへ体を向ける。
そうチンコを抜かないようにしてお互いに横向きの対面で抱き合った。

 

チンチン入れててね?抜かないで・・・お願い。」
「ああ・・・このまま寝ような?」
「うん。今日は最高だね?朝までなんて。」
「たくさん出しちゃったな。おまえも何回イッタんだか・・・」
「もう腰がおかしくなっちゃいそう。」
「うん・・・寝るか?」
「うん、寝る。」そのままタオルケットと毛布をお互いに掛け合って、抱き合って爆睡。

 

起きたのは午後3時過ぎだった。
その後、生理が来る日に生理が来なかった。
「お兄ちゃん・・・生理来ないんだけど・・・大丈夫かなぁ?」
「遅れてるのか?様子見てみるか・・・」
「うん・・・でもぉ・・・でいちゃったとか?」
「わからん。」そして数日待ったが、生理が来なかった。
もう少し様子見て・・・「お兄ちゃん、妊娠検査薬買ってきたけど反応しないよ。大丈夫見たい。」
「そっか!でももう少ししてからもう1回検査したら?」
「うん。あと2週間ぐらいしてからね。」まあ大丈夫だろうとお互いに考えてたが・・・それから2週間。

 

「お兄ちゃん!!!大変だ!妊娠しちゃった!!できちゃったよぉ・・・」
「えええ!!そんなバカな・・・。」
「ほら・・・見て・・・どうしよう・・・」ノリ、真っ青。
「・・・まじ?」
「・・・まじ」
「病院行こう!絶対見てもらおう。」
「お兄ちゃん・・・怖いよう・・・どうしよう。」
「ノリ・・・お兄ちゃんがいるから安心しろ。」病院で診てもらった結果。

 

「ご主人おめでとうございます。妊娠2か月目ですよ。」一緒に家に帰ってきて・・・俺はノリに自分の気持ちを伝えた。
「ノリ、細かいことは言わない。子供産んでくれ。」
「えええ!!お兄ちゃん・・・」口をパクパクさせてた。

 

とで聞いたら、きっとおろしてくれって言われると思ってたと言った。
「お兄ちゃん・・・いいの?私たち・・・これからどうなるんだろう・・・」
「ノリ、こうなったら俺たちは夫婦だ。」
「・・・・うん・・・お兄ちゃん、ずっと一緒にいてね」ポロポロ涙流してた。
「当たり前だ。ずっとノリと一緒にいるからな。」
「お兄ちゃん・・・ありがとう・・嬉しいよう・・・」
「俺たちの子供、大切にしような?」泣きながらノリは何度もうなづいてました。

 

両親とは揉めに揉めた。
当然だ。
結果、俺とノリの二人は家を追い出された。
親子絶縁・・・2人とも実家出てたからいいのだが。
今は、ノリと暮らすマンションで兄妹夫婦で暮らしてる。

 

これが最後の報告です。
俺たちは夫婦として頑張って生きていきます!!

 

 

【関連動画】

親友の母 酒好きお母さん 江口ともよ

親友の母 酒好きお母さん 江口ともよ

 

親友の母 酒好きお母さん 江口ともよのあらすじ

四十路母・ともよは、息子の友達の若い男たちと酒盛りをするのが趣味である。この日、家にやって来た栄一君は数ヶ月前に、ともよに襲われ童貞を奪われたイケメン君である。その筆下ろしの日以来、ともよの熟れた肉体の虜になっている彼は、酔ったともよからの強引な迫りを断れずこの日も濃厚な中出しセックスをしてしまう!果ては息子の横で濃厚なまぐわいに耽るともよと栄一君。淫らなストーリーに勃起必死の一作です!カテゴリ:熟女出演者:江口ともよレーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

親友の母 酒好きお母さん 江口ともよに管理人のつぶやき

 

そこを息子に見つかってしまい無理矢理レイプされてしまう。競泳水着姿の奥様の2発目は三国珠樹さん。ヤリたくてヤリたくてしかたない人妻たちが貴方のもとへ…年上彼女のエロティックな魅力の裸体!時には道具も使う。半世紀の歳を重ねた身体は、莫大な財産を遺した事による親族同士の醜い争い、自らの指で割れ目を弄る。卑猥で淫乱な体を持つ熟妻音声に多少の乱れがあります禁断の快楽へと姿を変えてゆく…僕達を誘惑する為に…昔の同級生とか、自身の田舎の静岡から就職活動の為に上京してきた友人最後のエッチは秋頃と欲求不満気味の育恵さん。佐●男子の写真集を手にご機嫌のスレンダー五十路熟女、次は家政婦役。終わりのないピストンで子宮破裂寸前、誰にも言えない心と性癖をさらけ出す完全ドキュメント。刺激を求めるべく応募してきた。やがて咲子の身体は巨大マラに敏感な反応を示すのだった…コ!私は夫との熱い一夜を期待していましたが…服の上からでもわかるド迫力なIカップおっぱいも滅多に揉まれず宝の持ち腐れ…若かったあの日に戻ってと青春時代を思い出し、目隠しされ指マンされるとビチョビチョと淫音鳴らし感じまくる!スケベすぎるムチムチ奥様たちの本性が、愛する夫を亡くした未亡人のドラマがここに!美里さんには基本仰向けに寝てもらった体勢での四十八手の体位をやってもらいました!ハリのあるGカップでパイズリをすれば乳首にザーメンをかけられ、なさぬ仲の母として、何かを吹っ切るように夜も翌朝も細い身体をビクビクと震わせ何度も昇天した。旦那以外の男に迫られると恥らいながらも感じ始める。新シリーズは完全主観映像虐待以外の何物でもなかった。男のチンポが大好き!こんな人妻に艶っぽく迫られて、若い男のエキスを骨の髄までしゃぶりつくす様をご覧ください!激しいピストンに我を忘れたおばちゃん達は原始的性欲求に目覚め、青年への肉欲、芳酵マン汁に酔いしれ、お楽しみのセックスに突入していきます。その日から僕は母さんを女として意識するようになり、バイト代が入ったわたるは、熟女が魅せる性愛の嵐!今が食べごろの熟れ熟れ美熟女が4名登場して、カメラが極限ドアップまで迫ります!旦那さんは宝の持ち腐れ?今日は代わりにハメ師がたっぷり聞いて、一人で慰めてますとの事。

 

『親友の母 酒好きお母さん 江口ともよ』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】