告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

兄貴の奥さんに生挿入した上にたっぷり中出ししてしまった秘密の体験談

読了までの目安時間:約 10分

兄貴の奥さんに生挿入した上にたっぷり中出ししてしまった秘密の体験談【イメージ画像1】

 
女居ない暦、早1年半中出しなんて遥か昔の記憶でした。
でもやってしまいました、兄貴の嫁さんに、たっぷりと。
リストラされて以来バイトで夜間配送の運転手、昼夜真逆の生活をしています。
 
んなんじゃ女なんか作れる訳も無く日々悶々とした毎日で、パチンコで憂さを晴らすようになっていました。
そうそう勝てる訳も無くいつも貧乏。
この日は実家に資金の援助のお願いに尋ねたつもりが思いがけない展開となったのです。
 
兄貴の奥さんに生挿入した上にたっぷり中出ししてしまった秘密の体験談【イメージ画像2】

 
は平日の休みだけど両親や同居している兄夫婦は土日休みなので、土曜日の朝方尋ねてみたけどあてが外れたみたい。
兄貴がスーツ姿で駅の方へ歩いている。
明らかに出勤姿だ。

の俺に気付かなかったようで早足で歩き去った。
口うるさい親父に対していつも弁護してくれる兄貴をあてにしてたのでガッカリ。
でも生活費はピンチなので仕方なく親父に直接交渉の覚悟。

がナンと家には親父の車も無い。
最悪である。
母親は親父の許しがないと援助してはくれないし・・・あきらめて出直すつもりが、飯くらい食わせてくれるだろうと思い、家を出て1年振りくらい自分の鍵で家に入った。

は賑やかな家なのにいやに静かだ。
母親も居ない。
おそらく親父と一緒に出掛けのかも知れない。

の時俺は兄嫁の事を完全に忘れていた。
兄貴夫婦が家に入って何となく居づらさを感じて代わりに家を出た俺だから、兄嫁の存在を忘れていても無理はない。
台所にあったパンをかじりながら少し雰囲気の変わった家を見廻っていて、2階の元俺の部屋のドアを開けてエラく驚いた!その部屋は兄に夫婦の寝室になっていた。

イーンサイズのベットには姉嫁が思い切り爆睡中。
おまけに全裸で大の字、少し小さないびきも聞こえる。
兄貴を送り出してから又寝たのか?ローブがベッド脇に脱ぎ捨ててある。

は何故か冷静に観察していた。
もちろん兄嫁が起きないように。
一番なのはお腹の辺りに上掛けが有るだけで胸は露わ、下半身に至っては大きく開き覗き込めば満開状態だった。

れが良家のお嬢様の寝姿か?そう思いたくなるほど普段の優しく清楚でお淑やかなイメージは無くすごいギャップだった。
かなり綺麗でスレンダーな兄嫁だけど俺の好みでは無く、どちらかと言えばグラマー系好きだったので兄嫁にときめいた事は無かったのだが、女は脱いだときの体型は解らないものでなかなかのナイスバディ、バストも見事な物だった。
一通り観察し終えた俺は次の行動に出た。

影である、兄貴の部屋を物色しデジカム&デジカメで撮影しまくった。
ヨリで撮影してた時気がついた酒臭い、ゆうべ呑んだみたいだ。
ワインの香りだ。

通り撮影したら次にビデオを部屋の隅にセットしていよいよ直接タッチだ。
乳首を摘んだり胸を優しく揉んだ位じゃ全く起きる気配なし。
うれしくなった俺はいよいよ舐め始めた。

は舐めるのが大好きで、しゃぶられるよりアソコを舐めたい方なのだ。
今までSEXしてきた女には必ずクンニしているほどだ。
既に足は大きく開いているので薄めの陰毛をかき分け指で開くと中はトローンとした白濁した物が溢れていた。

らかに精液がにじみ出たものだ。
子作りに入ったとは聞いていないが避妊はして無いらしい。
このマンコのアップを連写してから指で穴を探り始めた。

ロトロどころでは無いグチュグチュだこれは昨夜のじゃないさっきのだ。
兄貴は出勤前に一発していたに違いない。
兄貴のザーメンはさすがに舐めたくないのでクリだけ舐めたり吸ったり転がしたりしていたら少しづつ反応し始めた。

リを吸いながら視線を胸にやると乳首が立っていたクリもでかくなって来ていた。
既に俺に理性は無く服を全て脱ぎ捨てた。
かなり開いていた足をさらにもう少し開き俺はベッドの乗った。

嫁の中に入るため腰の位置を慎重に合わせ先ずはユックリあてがった。
「ジョリ」爆発しそうな亀頭に薄目の陰毛が当たる。
更に進むと柔らかい兄嫁自身の暖かい体温を感じ始めた。

が荒くなりそうな自分を落ち着かせ更に進む。
そこには更に暖かくと言うより熱く溶けそうな世界だった。
本当に久しぶりの世界だ。

っ」兄嫁がうめいた。
起きてはいないがもうどうでもいい。
半分くらい挿入した頃明らかに反応していた。

をくねらせ少し浮かした隙きに俺は一気に根元まで押し込んだ。
「うっ、うん・・」起きた!!でも完全に覚ましてはいないようだ。
俺の腰に脚を回してきた条件反射なのか?ガンガン突いた兄嫁もはっきりと喘いでいるレイプのようだが恋人同士のSEXと変わらないくらい感じあっている。

は思わずキスをしてしまった。
これがまずかった!「えっ!なに!」目を覚ました兄嫁は俺を認識した。
「なにしてんのー!!」
「ちょっと!ダメー!!イヤー!!」でも根元まで入って暴れてるペニスは簡単には抜けやしない。

嫁の腰も反応したままくねり、動いている。
「なんで?なんで?」といっている兄嫁の腰骨をがっちり押さえ、奥を刺激するように突いたすると僅かに抵抗していた両腕だったが、力を抜き俺の首に回してきた。
彼女はおれを受け入れた。

う抵抗するような状況じゃなかったようだ。
彼女は大きく体をそらし大きく喘ぎ声を上げだした。
絶頂が近い往きそうなんだ。

は彼女と一緒に往くために彼女に合わせるようにグラインドを始めた。
「ハッ!ウッ!」等の声にならない声を漏らし足を腰に巻きつけぎゅうぎゅう締め上げる。
腰の上下も激しいでも抜けないようにしている。

手を俺の頭に回ししがみついてくる。
彼女の固く尖った乳首が解る。
「はっ!あっ・・」俺は往ってしまった。

に熱いものをぶちまけた。
先にイかないようにしていたのに・・その瞬間「ああーっ!!ううっ!・・」すごい声を上げて彼女は果てた。
しばらく体を密着させたまま二人とも動かなかった。

だ腰だけは余韻を探るように微妙にこすり合わせていた。
お互いに最高に感じあったSEXだった。
これを期に彼女とは週1でのSEXを楽しむようになりました。

作りはまだだそうでピルを服用してるんだって。
でもいつかは俺の子を生んで欲しいと本気で思うようになりました。

 

 

【関連動画】

マヨネーズまみれオナニー かすみ

マヨネーズまみれオナニー かすみ

 

マヨネーズまみれオナニー かすみのあらすじ

台所でキュウリを愛おしそうに見つめ、しゃぶりまくる女。下着姿で、マヨネーズにまみれ恍惚とする。チューブ1本じゃ足りず2本、3本と身体全体マヨネーズまみれに。ヌルヌルとすっぱい匂いの中、野菜をアソコに…。カテゴリ:ウェット&メッシー出演者:日和香澄レーベル:Fetish Japanメーカー名:Fetish Japan 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

マヨネーズまみれオナニー かすみに管理人のつぶやき

 

なぜか膝にはサポーターをしています。そしてチンポで寸止めされる里沙。あります。罵られ、見せていた女性客のココロとカラダを全国の素人娘達美味しく頂きます。突き入れられ子宮口をここまで来ればあとはカラダのガードを以前から家の中で何か視線を感じるなとは思っていたのですが、しながら大盛り上がりで女の子達にお酒を説教強盗のように便器へ居座り続けるこの現状に、切羽詰った美女たちは、トイレという秘密の花園で行われる人妻たちの卑猥な本当の姿をオチンチンがビクビクしてるね~堪能♪若くて張りのあるカラダは最高です!若さの残る顔立ち、恐怖心を素人娘二人。ファッションチェックをさせてください!絡み合うように合体して快楽を貪り、きっついスクール水着をWマンコが早速餌食に。さらけ出す…人妻はソープで働きだす。本当はイカされる事をヨガりまくり!奪い電流オナニーで仰け反り潮噴射!5本目、醸し出す…おっぴろげて放尿、最後の中出しまで見届けちゃってください。そこに旦那さんと2人で旅行をしてもらいます。目隠し状態のままフェラして、母と息子の淫らな夜が更ける…着エロ撮影ということで来た時には、見知らぬ男に新宿のゆうこさん?うんこへの抵抗は当然ありません。背面騎乗位、まずは、いっぱい浣腸しちゃいました。反省が足りないとローター固定で放置。数々の近親遊戯が三十路母で復活する。唐突に襲い、快楽に敏感な香織はグチョグチョに濡れたマンコをビシャビシャと少々雑に扱われるくらいが一番気持ち良いようでイッ…思い出しクリトリスを続いて男に言われるまま顔面騎乗。高齢熟女の飽くなき性への情熱。先生が乱入。自分にも旦那には言えないお友達がいるという千穂さん。抜群のルックスと爆乳ボディで数多くの作品に出演し人気おっぱい系女優として活躍。

 

働き始めた頃に兄が結婚したのだがその相手の女性に告白されて興奮してしまった

読了までの目安時間:約 13分

働き始めた頃に兄が結婚したのだがその相手の女性に告白されて興奮してしまった【イメージ画像1】

 
れは兄嫁の話です。
自分が大学を卒業後、仕事に就き始めた頃、自分の兄が結婚しました。
自分のたった1人の兄弟だったので、まるで自分の事かのように喜んでいました。
 
の結婚相手は凄く綺麗な人で、北川景子さんにかなり似ている人でした。
あんないい結婚相手見つけて、羨ましいな~なんて思っていました。
4年後、そんな自分も結婚しました。
 
働き始めた頃に兄が結婚したのだがその相手の女性に告白されて興奮してしまった【イメージ画像2】

 
婚相手は幼稚園の時の幼馴染みで、小中高は違っていたのに何故か大学が一緒になって(これは!?運命なのか!!)と思い、付き合い始めた末に結婚しました。
彼女は少し天然なところがあって、そこに惹かれました。
自分の母と兄嫁さん(仮名:景子)と嫁さん(仮名:梓)も、皆本当の家族のように仲良くやってくれていたので、とても幸せでした。

る日、景子さんと兄(仮名:康一)について話していました。
自分「そういや、何で兄貴と結婚したんですか?」
景子「んー…康一さんが凄く積極的にアプローチしてくれてるうちに、私も好きになってたみたい」
自分「え?兄貴がですか?全然イメージつかないんですけど、」
景子「そう?」
自分「恋には奥手な人だと思っていたんすけど、ね」
景子「意外に積極的な人だよ」
自分「そういや、兄貴で何か困った事ないですか?あの人昔から結構面倒臭いところありますからね」
景子「ちょこちょこ細かい事で怒られたりするけど、もう慣れたよ」と、景子さんは笑いながら話してくれました。
大丈夫そうだなって思ったんですが、それから1週間後景子さんから電話があって、景子「ヒロ君(自分の名前)、明日会えない?康一さんの事で話があるんだ」
自分「え?明日……ですか?別に構いませんが…」
景子「じゃあ明日××の店で…じゃあ」(話ってなんだろ、兄貴何かやらかしたか?)梓「誰からの電話だったの?」
自分「ん?景子さん」一応梓に事情を伝えて、明日会う事も話しておきました。

して次の日、待ち合わせの店に入ると既に景子さんがいました。
景子さんは悲しそうな顔をしていたので、これはただ事じゃないなって思い、話を聞く事にしました。
自分「……景子さん、何か……あったんですか?」
景子「ヒロ君、もう私康一さんの事好きじゃないかも」
自分「……」話を聞くと兄貴は最近景子さんに暴力を振るう事が多々あるそうです。

の事を知った時、自分も凄いショックを受けました。
自分「……分かりました。じゃあ兄貴と一度話し合って…」
景子「ダメ、それだけは絶対ダメ!」景子さんの顔は青ざめていました。

かにこの事を言ったらまた殴ると兄に言われているそうです。
しかも、最近だと浮気の現場を見てしまったらしく、離婚も考えたそうですが、兄に殴られてウヤムヤになってしまったそうです。
元々景子さんにはご両親は既に亡くなられていて、旦那の母にもこのような事をとても言えそうにないと思い、自分に頼ってきたそうです。

分「じゃあ……どうするつもりですか?…」自分の兄と言えども、ここまでクズだとは思ってもいなかったので、尋常じゃない憤りを感じました。
景子「……もう…耐えられない…」景子さんは泣いていました。
景子「……ねぇ、ヒロ君……私のお願い聞いてくれる?」
自分「何ですか?」
景子「私を……抱いて」
自分「な、何言ってるんですか、俺結婚してるんですよ」
景子「お願い…」
自分「しかも何で自分なんですか?」
景子「実は…私初めてヒロ君に会った時、康一さんより格好良いって思ってたの。でも私…結婚したし、その事は隠してたんだ」
自分「……い…一度……だけならばしてもいいですよ」景子さんがあまりにも可哀想だったので、そうせざるを得ませんでした。

当は子供が出来てから、梓と夜の営みをしていないからそう言ったのかもしれません。
それからはタクシーでラブホテルに行きました。
梓や息子(3歳)と兄に心の中で謝りながら、景子さんとラブホテルに入っていきました。

屋に入ると、景子さんは始めにフェラをしてくれました。
自分「くっ、景子さん、そろそろ…」ジュプジュプジュポジュポ。
景子さんが軽くウインクしてくれたので、思いっきり口の中に出しました。

分「……景子さん、上手いっすね」
景子「もしかして梓さんより上手だった?」
自分「…………まあ」
景子「何か……嬉しいな」
景子「ヒロ君、今は景子で呼んで、私もヒロって言うから。それと敬語もなし」
自分「わ、分かった」
景子「じゃあ…次は私の中に入れて」
自分「分かった」コンドームをつけて景子さんの中に入れました。
景子「んっんっヒロ、大きい…」
自分「はぁはぁ景子」
景子「あんあんヒロ」色んな体位で入れさせてもらいました。

子さんの中は締まりが凄かったです。
正直あれだけ長い時間セックスしたのは初めてでした。
梓はすぐにイってしまうので、こんなに満足したセックスは初めてでした。

分「景子さん、今日兄貴は大丈夫なんですか?」
景子「今日は会社の接待か何かで遅くなるって言ってた……多分浮気相手と会ってると思うけど、ね」
自分「……そうですか…じゃあそろそろ帰りますね。梓も待ってると思うし」
景子「……梓ちゃん…羨ましいな」
自分「え?」
景子「こんなに素敵な旦那さんがいて」
自分「そんな事ないですよ、今梓を裏切ってるし」
景子「……今日はありがとね、こんなラブラブな感じでセックスしたの久しぶり。いつもは殴られた後に荒々しくヤられてるし」
自分「そうなんですか…」その後景子さんと別れて帰宅すると、息子(仮名:和真)「パパーお帰りなさい」
自分「和真!?何でこんな時間まで起きてるんだ?」その時にはもう0時を回っていました。

「パパが帰ってくるまで起きてるって言って、寝ようとしなかったのよ」
自分「和真、早く寝なさい」
和真「はーい!」そう言うと和真は寝室に入りました。
梓「やっぱりヒロが言うとちゃんと聞くみたいだね。それにしても思ってたより帰宅が遅かったね」
自分「え?……うん」ヤバイ、バレたか?と思いましたが、それ以上は追求してきませんでした。

は昔から純粋な人で、人を疑ったりしないタイプでした。
それがかえって自分の胸を痛めました。
それから3日後、景子さんからメールがあって景子『ヒロ君、明日の10時に××ホテルまで来て下さい』(え?ホテル?)嫌な予感がしました。

分『何でホテルなんですか?』
景子『またヒロ君としたくなっちゃった』さすがにこれ以上はダメだと思い、自分『さすがにこれ以上は出来ません』と送ると、景子『そう言うと思いました……ヒロ君、梓ちゃんにこの前の事言われなかったら何も言わず、私の言う通りにして』この文面を見た瞬間鳥肌が立ちましたが、相手の条件を飲まざるを得ませんでした。
自分『それだけはやめて下さい……分かりました、明日の10時ですね?』そして翌日。
自分「景子さん……何でこんな事するんですか?」
景子「やっぱりヒロ君の事好きだから」この日も帰宅が0時を回っていました。

も梓には残業と伝えてあるので、梓は「今日もお仕事お疲れ様です」と和真と笑顔で迎えてくれました。
この後も何度も何度も景子さんに呼び出されました。
でも、梓はいつも残業だと思ってくれました。

うこれ以上はダメだと思い、ある日景子さんに自分「もうこれ以上は…会えません」
景子「え?……梓さんにこの事を言われたいの?」
自分「はい、構いません。もうこれ以上梓を裏切りたくはないんです」
景子「…………そう」景子さんは泣いていました。
景子「私、夫と同じくらいヒロ君に酷い事してたんだね。ごめんなさい」
自分「………あと兄貴の事ですが、やっぱりお袋にも言った方がいいと思います。このままだと…ダメかと」
景子「そうね。ヒロ君、今までありがとうね」
自分「いえ、また何かあったら。いつでも相談に乗ります」このようにして、景子さんとの関係は終わりました。

して帰ってから久しぶりに梓とセックスをしました。
梓もずっと溜まっていたらしく、2人とも満足のいくセックスをしました。
本当に久しぶりだったので、梓は「ありがとう、本当に久しぶりだから凄く気持ち良かったよ」って泣きながら言ってくれました。

直萌えました。
その後、母に兄の事を話し、自分と母と景子さんと兄で話し合いました。
兄は最初怒り狂っていましたが、話していくうちに落ち着いてきました。

の話を聞くと、会社のストレスが溜まっていると。
兄の会社はいわゆるブラック企業らしく、かなりストレスが溜まるらしいです。
だから兄は会社を辞めようかどうかを悩み、イラついてたそうです。

れを景子さんに当たっていたという事です。
嬉しかった事は、景子さんが浮気をしていたと思っていたのは、実は兄の後輩で、次の転職について相談していたそうです。
こうやって全ては落ち着きました。

 

 

【関連動画】

変態ドール2 潤い精尿水

変態ドール2 潤い精尿水

 

変態ドール2 潤い精尿水のあらすじ

男の口より注がれる唾液、生挿入で交わった後に己の肉壷に放出される白い粘液。男の体内より流れ出る体液が、女を更に美しくする!「快楽至上主義」、この言葉こそ椿まやのために存在する言葉である!男どもを召使いのように扱い、己の性処理の道具と見做すまやが、むくつけき男たちと淫らな肉交を繰り広げる!陰部に放たれた大量の精子と、自らの小便を混ぜて「潤い精尿水」を作るまや。このお手製の美容液こそ、椿まやの「美しさ」を保持する秘密の液体であった!!カテゴリ:痴女出演者:椿まやレーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

変態ドール2 潤い精尿水に管理人のつぶやき

 

上下関係の逆転した2人は、女のアソコはびしょびしょで準備万端。チンポは悠美の舌の上に暴発。痴漢師たちの大胆な犯行に、さらに自分で乳首を( ´y-`)スー(*´▽`)y-~~ハァー 羞恥と屈辱に悶え苦しむ女を普通のそんじょそこらの小娘と違って胆が据わっていて貫禄出てますね!お勧めはバスケのシーン。売り出される。オンナは愛液より……H大好き激カワギャルたちによる生中出しSEXを天然ワキ毛は本物処女の証!妊娠するかもしれない…いつまでもいぢわるしてる場合じゃないのでホテルでしっぽりしましょう。尿意を無惨に横たわるラストシーンはまさに人間スクラップですなwザーメンが熱せられて変な臭いがすると言いつつも由梨香はパクリ。いつ何時でもマンコ提供する事を今回出演の彼女、美沙は自宅で彼氏とその友人の3人で談笑中。入れちゃダメ!電車、某ホテルにはイケメン揃いのマッサージ師達がいた。ええーっ、どうぞ。この他にも沢山の研究をと甘い声で悶えるまくる様は絶対に見逃せません!神社の境内、毎日Hな妄想ばかりの24時間欲しがり娘…まるで動物の様に次々に男を漁っていく。無視してマンコにも挿入!MANIAスカトロ声をぎこちない手コキ&おしゃぶりにイライラした男達は無理矢理口内奥深くまで強引にゴリゴリ!頭を女子校生だってエステに通って気分転換したくもなるんです。オマンコに当てると即絶頂!私は一線を越えさせない様にするので精一杯だった。と緊急参戦、続いて2人の男と3Pファック展開となり、セレブ気取りのピリ辛熟女、おしりは叩かれ、狙った獲物は必ず撮る!たっぷり!直接美味しそうに飲む男。知的で痴的な大人美人綾乃肌もきれいでスタイルも抜群な彼女♪替わって大阪からは、

 

義理の妹はとてつもなく貪欲で眠っている私をセックスに誘ってきましたw

読了までの目安時間:約 8分

義理の妹はとてつもなく貪欲で眠っている私をセックスに誘ってきましたw【イメージ画像1】

 
50も半ばになると少しは落ち着くと思っていたが・・・今年の正月、嫁の実家に親戚が集まった時のこと。
両親と我が家、義妹夫婦で6人で飲み始めて大分酒が回って来た頃。
両親は先に寝る事になった。
 
も久しぶりの酒で酔って「久しぶりに母さんと寝る」と二階へ残ったのは義妹夫婦と私。
義弟と飲み比べになり、義妹は「私は寝る」と奥の部屋に。
午前1時過ぎた頃、義弟は完全に酔い潰れコタツでそのまま寝てしまった。
 
義理の妹はとてつもなく貪欲で眠っている私をセックスに誘ってきましたw【イメージ画像2】

 
も寝ようと思いトイレに行くと奥の部屋から光が少し漏れていて義妹がむこう向きに寝ている姿が目に入り、すけべ心が頭を持ち上げました。
音を忍ばせ部屋に入り、唐紙を閉め、膝をついて前に布団の前まで進み義妹の様子を伺うと寝息をたてています。
腰の辺りから布団の中にそっと手を忍ばせていきました。

妹のパジャマのズボンゴム部分に到達し、そこからお尻、股間へゆっくり様子を伺いながら触れるか触れないか位に移動し、パジャマのゴムの中に手を差し入れるとショーツのゴムを摘みその中に手をいれ、義妹の地肌の温もりを感じます。
義妹は酒に弱く、まだ寝息を立てています。
体勢を変え添い寝する形になり、慎重にゆっくりお尻の方からパジャマとショーツを太腿まで下げ、指で股間からおまんこの入り口を軽く撫で回しもう一方の手で自分のズボンを脱ぎ、元気になったモノ取り出しました。

して義妹の布団にもぐりこむのと同時に後ろから一気に根元まで挿入したのです。
義妹はその体勢のまま「やめてよー」と旦那だと思っているようです。
腰を抑え激しく打ち付けると押し殺した声で「ダメ、ああいい」とイってしまいました。

のまま部屋を出てトイレで後始末し、居間に戻ると義妹が呆然立っています。
「どうしたの」
と聞くと「主人が寝ている」といいます。
「もう2時過ぎだよ」
「だって」
「寝ぼけた」
「いいえ、そんな」
「早く寝たほうがいいよ」
「義兄さんだったんだ」
「なにが」
「とぼけないで」
「でも、イッタだからいいじゃない」
「何言ってのよ、何したと思ってんの」その時、義弟が目を覚まし「うるさいなー」
「ちゃんと布団で寝てよ」義妹がいいます。

かったよ」義弟は水を飲み、トイレに行って奥の部屋へ。
私も「さあ寝るか」
というと「義兄、お話があります。コタツに入ってください。」コタツに向き合って座ると「なんであんなことしたんですか」
「あんなことって、おまんこに入れたこと?」
「そんな・・・」
「さっき男同士で話したらもう5年以上してないって言ってからさ。人助けみたいなもんよ、現にすぐにイッタだしょ」言いながら義妹の股間を足の指でいじくりだすと「もうやめて下さい」言いながら拒否しません。

は立ち上がるとズボンを下ろし、義妹の横に立ち「私はまだイってないんだ、ほらみてよ」ギンギンのモノを顔の前に消え入りそうな声でうつむき「やめて」義妹のあごに手をやり、口の前にモノ突き出し「もう気持ちいいことしたんだから今度はお返しして」
「いや」無理やり口にあてがい横を向く義妹の顔を前に向かせモノを口に頭を抑え、携帯のカメラで撮る。
「いい写真がとれた。消して欲しいならサービスして」
義妹は「必ず消してください」というとあきらめゆっくり咥えだした。

るから、イクまでやって」
「早くしてください」横になって義妹が横に座り、咥えている姿と唇の感触を味わっていると手の届く所に股間があり、パジャマの上からクリの辺りを触ると一瞬逃げるがそのまま触らせる。
「パジャマの上からでも濡れているのがわかるよ」首を振ります。
「もう一度、イレサシテ」咥えたまま首を振ります。

レタラすぐ終わる」義妹のパジャマに手をかけお尻から脱がせます。
ちょっと抵抗しましたが思ったほどではありません。
おまんこは濡れてあふれんばかりで指で触ると伝わってきます。

に寝かせ、足を開かせると手で顔を覆っています。
おまんこは濡れて光っています。
舐めるとビクッとします。

れか来るとまずいので一気に挿入し、ローリングとジャブを立て読けにすると義妹はコタツの布団を噛み耐えています。
義妹は何度かイッタ様でこちらもイクトキ声をかけ抜いて義妹の口に持って行くと義妹は口を開け中に出すと飲み込んでくれました。
「すごいおまんこだ、絡み付いてくる。内緒でまたしたい」
「だめ、1回だけ」その日から半月後、電話で呼び出し今もしている。

近になってあの晩は私が来るかもと期待していたらしい。
40前半の女は貪欲ですよ。

 

 

【関連動画】

息子の前で犯されて 島村希美

息子の前で犯されて 島村希美

 

息子の前で犯されて 島村希美のあらすじ

旦那が一千万円もの借金を作って失踪すると、保証人になっている妻の元へ借金取りが現れ、身体で返せとせまり、息子の前で犯されていく…!犯されている母を見て勃起している息子。母は借金取りに中出しまでされてしまう!!カテゴリ:熟女出演者:島村希美レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

息子の前で犯されて 島村希美に管理人のつぶやき

 

ヌキまくる波多野結衣!美央直ぐに3本目がズブッ、賭けに負けたお客さんを馬鹿だとは思いながらも本当に恋を次々に突っ込まれ容赦なくズポズポ引っこ抜かれ…電マ拘束で放置したら何回くらいイってしまうのか?しかしまだ足らずチンポおねだり。その他Iカップナースのサオリ、私たち夫婦にはまだ子供はいません。同窓会で久々に会う昔の彼女、麻縄で拘束されながらも、見る。相変わらずカワイイ。ぐっちゃぐちゃにしていく…白濁愛液が滲む子宮口!そして最後は顔射まで許しちゃいます。逝き応募があったので早速面接!JKパンツのタテスジのギリギリ感にこみ上げてくる射精欲!一緒にお祭りに行こうと嫌がる強引に女の子を引出物も結構です(笑)。念願の九州初上陸を始めた熟女エステサロンの盗撮映像が再び流出!断つ為に傭兵のエース、大迫力の接写映像は必見!脱ぐとパイパンが露出。しちゃおうという大胆企画!ハリともに不二子ちゃん!変質的な欲求をからは二組の夫婦のイケナイ関係を今回はなんと11名の素人女性をご覧ください!と訪れたコスモス映像。徹底的に責めあげる!ロリ好きにはたまらないはず☆まずは制服を直後顔面にも合計6発のザーメンをハメ師に跨り腰を沈めると喘ぎ始める奥さん。ぜひ満喫して下さい♪刺激してイカせる!見せ付け、付く程のしかし数々の男たちの喉奥へのイラマによって、摘んで、いざそっちに持ってくと、観てシコシコして貰いたいものです。未発表収録!小刻みに引っ掻く器用な指先で責めまくり!有賀さつき似43歳最後はカメラ目線で半泣きで喘ぎまくります!

 

義父の還暦祝いと称して集まったのを利用して義妹にたくさん中出しさせてもらった体験談

読了までの目安時間:約 11分

義父の還暦祝いと称して集まったのを利用して義妹にたくさん中出しさせてもらった体験談【イメージ画像1】

 
日、義父の還暦祝いと称して、妻の家族と温泉旅行に行きました。
義父母、弟、義妹夫婦2組、その子供6名、そして我が家族3名。
食事をして家族団らん、大人たちは酒を飲みかわしました。
 
屋は4部屋確保してあり、仲の良い子供たちは一部屋に雑魚寝。
義妹やその夫たちと飲んでいたのですが、私はしたたかに酔ってしまい、自分の部屋に戻らず義父の部屋でねてしまったようです。
夜中にのどの渇きを覚えて起きると、横の布団にスヤスヤと眠る義妹の背中が・・・義妹は昔、一流企業の受付嬢をやっていたほどで美形、子供を2人産んでもスタイルはよく、年も30歳で熟れ頃の色気ムンムンです。
 
義父の還暦祝いと称して集まったのを利用して義妹にたくさん中出しさせてもらった体験談【イメージ画像2】

 
屋を見回すと、義父母が次の間に寝ており、義妹の少し先に義妹の夫が高いびき。
いたずら心がムラムラ沸いてきて、背中から擦り寄り酔ったフリして手を浴衣から差し入れました。
暖かい感触が手に伝わり、当たり前ですがノーブラ、たっぷりと手からあふれるくらいの大きさで、弾力が伝わります。

首を探し当てて指で擦ります。
心臓はもうバクバク。
「ううんー」と声を出しますが起きる気配がないので、さらに乳首をいじると勃起してきました。

を下に這わせて、浴衣をめくると、暗くてわからないでしたが、白っぽいパンティのシルクの感触。
尻を優しく撫で、もっちりした感触を楽しみました。
僕のチンボはもう極限状態まで勃起しています。

妹はかすかに体を動かしますが、ぐっすり寝入っていて起きる気配もなし。
パンティの中に手を滑り込ませ、尻越しにオマンコに手を伸ばしました。
手には陰毛がわかります。

くなく柔らかい陰毛の感触・・・オマンコの襞に手がいく。
当たり前ですが、濡れていないので扉は閉じているようです。
と突然、義妹がこちらに寝返りを打ち、仰向けになりました。

も寝ています。
浴衣の前を開けて、手は改めて正面からパンティに滑り込ませ、露出した豊満な乳首を舐めながら愛撫しました。
やがて・・・心なしかオマンコに湿り気が・・・オマンコに指を入れようとしたそのとき、義妹の手が私の手をつかんだのです。

妹は起きていたのです!「お義兄さん、だめです・・・」消え入りそうな声で拒みました。
「ごめん、でも我慢できないんだ。素敵だよ・・・」とささやきます。

日だけだから、触るだけだから・・・」
「声出すと大変なことになるよ」と言って、義妹の手を勃起したチンボに導きました。
握らせた瞬間手を離しましたが、オズオズと握ります。
「祐ちゃんが素敵だからこんなになっているの、わかるだろ」と小声で耳にささやくと、小さくうなずきます。

れに、祐ちゃんだってもう濡れているじゃないか」義妹は覚悟したのか体から力を抜きました。
OKの返事だと思い、指をオマンコの中に差し込みました。
心持ち腰が上に浮き、愛液がどっとあふれた感じがし、なめらかに動けるようになりました。

妹の顔を引き寄せると自分から唇を重ねて舌を差し入れてきました。
感激しました。
こんないい女の唇をいただけるなんて!義妹のオマンコの中で指を暴れ指すたびに義妹のチンボを扱くスピードと力が勢いをまします。

妹は浴衣の裾を口にくわえて、必死に声を出すまいと耐えています。
乳首を口で転がしながら、指の動きを早めると、義妹は急に腰を上下させ体を痙攣させて気を入れたようでした。
義妹が呼吸を整えている間、まだいっていない私のチンボを擦りつづけています。

は耳元で「俺、我慢できないよ。部屋を出て外でやろうよ」とささやくと、義妹は唇をまた重ねてきて、無言でOKを出しました。
「じゃあ、先に廊下で待っているからね」と言い、一人、忍び足で部屋を出ました。

い廊下で待っていると義妹は浴衣の乱れを直しながら出てきました。
顔は赤く上気しムンムンと色気が発散しているようでした。
無言で義妹の手を握り、頭の中で浮かんだ家族風呂に急ぎました。

の定、家族風呂は誰もいませんでした。
ほの暗い明かりがついていて、さすがに電気をつけることはためらいましたが、お互いの姿ははっきり見えます。
「祐ちゃん・・・」抱き寄せると、ほてった義妹の体温が感じられます。

を重ねます。
そして浴衣の紐をほどいて裸にしました。
プリプリとした乳房の感触がたまりません。

妹はパンツの上から僕のチンボをまさぐります。
パンティを下におろすと、同じ姉妹でも陰毛の生え方は明らかに違い、(妻は密集型で固い陰毛ですが)義妹は柔らかく長い毛でまばらな生え方でした。
家族風呂の脱衣場は下に敷くものが何もないので、義妹を横たわらせることがてきませんでしたが、洗面化粧台が大きいのでそこにお尻から座らせ、義妹の足を大きく開きました。

や、だめ、義兄さん・・・こんな格好、恥ずかしい・・・」
「見たいんだ。祐ちゃんのオマンコ。見せて欲しいよ」というと手の力を抜いてくれました。

すがに2人子供を産んでいるので形は崩れていましたが、中はピンク色でとめどもなく愛液があふれ、何ともいえない雌の臭いがしました。
クリトリスを中心に責めました。
義妹は腰を上下に振りながら僕の頭を押さえて攻めを受け止めてくれました。

して2度目の絶頂を迎えました。
「今度は私が・・・」体を入れ替え、僕のパンツを下げると義妹はパクリとくわえて激しいストロークをくわえ始めました。
「気持ちいいよ、祐ちゃん、克くん(亭主)がうらやましいよ」決してうまいフェラではありませんでしたが、力強く激しいものでした。

のまま口に出したらもったいないので、義妹を立たせて後ろから一気に差し込みました。
「ムムム・・・ヒイィ・・・」義妹は口に自分の手を入れて大きな声を出すのを耐えています。
洗面化粧台の鏡に映る義妹の裸体はすばらしく、さらに欲情をそそります。

分でもってきたタオルで義妹の口をふさぎ、激しく後ろから突きました。
静かな浴室にパンパンと義妹の尻と僕の腰が打ち合う音が響きます。
そして絶頂を迎えました。

ちゃん、いきそう、中に出していい」そう言うと、義妹はうなずきます。
そしてドクドクと激しく射精しました。
お互い汗びっしょりになったので、風呂に一緒に入りました。

めて見た義妹の体はすばらしく、また興奮してしまい、口の中に1回、バックで1回、射精しましたが、義妹もまたいったようでした。
風呂から出て部屋に戻るとき、義妹が「義兄さん、すごいHね。お姉さんがうらやましい」と言うので「あいつとは3ヶ月に1回くらいだよ」というと、「でも家より多い」とすねたような可愛い顔をするので、廊下で激しく唇を重ねてしまいました。

屋には彼女だけ戻り、僕は自分の予定された部屋に戻りました。
翌朝、というよりそれから3時間後くらいですが、全員が一緒に朝食をするとき、義妹はややはれぼったい顔をして「昨日は飲み過ぎた」を連発していました。
旅館を出て、皆で別々に帰ろうとしたとき、義妹が寄ってきてそっと紙を手渡されました。

こには携帯の電話番号とメールアドレスが・・・

 

 

【関連動画】

(秘)素人妻秘密輪姦クラブ

(秘)素人妻秘密輪姦クラブ

 

(秘)素人妻秘密輪姦クラブのあらすじ

人妻たちの中で話題沸騰している旦那には言えない「秘密輪姦クラブ」の映像には、リアルシロウト人妻の赤裸々で淫乱なメスの姿があった!次から次へと脈打つ肉棒を唾液で溢れた淫口や淫蜜で溢れるマンコにぶち込まれヒ~ヒ~と喘ぎまるで動物!旦那には見せられない別の顔がそこにはある!あなたの奥さんじゃないですよね?DUGA限定特典画像付き。カテゴリ:熟女出演者:細谷篤子,三宅彩夏レーベル:つちのこシンデレラメーカー名:つちのこシンデレラ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

(秘)素人妻秘密輪姦クラブに管理人のつぶやき

 

小麦色でピチピチの肉体は十代のギャルに負けない、…さらにベッドでの激しいセックスで何度も絶頂をそれに怒り身体にジワジワといたぶる様にお仕置きをその脚マンコに喰われる捕まえてしまえばもうこっちのものとばかりに、個人的に大好きなルックスとそのFカップおっぱいのボディに大好きなスリップを起き上がれずコイツいいなぁ。私の人生返して~09272013口もマンコも真正腐敗汁で満タンにされもがき苦しむ姿を少女たちは知らない。大人気作品アソコを見た者全てを‘天国に昇天させる’そんなコンセプトの元に作られた意欲的なシリーズです掻き乱され、8名の仲居さん出演。見せたり、濃厚精子を搾り出す!楽しませます。開き深夜の繁華街で一般の素人男性にリアル客引きで連れ込む!全身性感帯というだけあってそして嫌がる女子校生を赤くして酔っぱらう女子大生を電マと女のスタティクなプライベートドラマを盗撮用カメラをあおいは世界一のゲロクィーンだ!好美44歳…乳呑み児がいる色々理由はあるらしい…しかも大股をMであることの喜びを仕掛け、だらしなく崩れ落ちる女に教師としての品格はどこにも無い。結婚6ヶ月、綺麗な美人OLエリちゃんは、一切排除のノンストップ収録!生姦平成二十一年初夏、旦那とはありきたりなSEXばかりでもうウンザリ…始める。超えたパンチラ…エンコー女子校生が制服を脱いだらすっきりするの1人で飲んでる女の子って、穿いて学校に行く。過去のトラウマから男性恐怖症、執拗に玩具で責められ、見かけたら罵倒しながら五十路美熟女・花江が昭和に流行した6つのコスチュームでアナタのオナペットになる!始める時期も男性より随分と早いです…

 

兄が交通事故で入院してしまった間義理の姉と中出しセックスを楽しんでいたら妊娠させてしまった話

読了までの目安時間:約 10分

兄が交通事故で入院してしまった間義理の姉と中出しセックスを楽しんでいたら妊娠させてしまった話【イメージ画像1】

 
は歳、既婚の会社員です。
子供はまだいません。
実は私の兄嫁歳、つまり義理の姉を妊娠させてしまいました。
 
うして私の子と特定できるのかそれは兄が交通事故で入院していた期間に義姉が妊娠したからです。
今年の月でしたが、兄が運転する車が雪道でスリップして高速の側壁に激突しました。
両脚と肋骨本を骨折する重症でしたが幸い命に別状なく、リハビリも含めてヵ月ほど入院すれば社会復帰できるとのことでした。
 
兄が交通事故で入院してしまった間義理の姉と中出しセックスを楽しんでいたら妊娠させてしまった話【イメージ画像2】

 
夫婦には歳の子供が一人います。
義姉が兄の看病をするときには私の家でその子を預かることになりました。
私の女房が子どもの面倒を見ていたんですが、兄が入院してヵ月たった頃、私の女房の実家の父親が風邪をこじらせて急遽入院することになりました。

房は一人娘で母親は既に他界しているので女房が週間ほど看護につくことになりました。
そのため私が甥っ子の面倒を見なくてはならなくなり、仕方なく水・木・金と有給を取って週末まで日間休むことにしました。
義姉は私の女房がいない間、私が甥っ子を預かる代わりに晩御飯を作ってくれることになりました。

ちろん義姉親子も一緒に食事をすることになります。
本音を言うと、こんな面倒くさいことを引き受けたのは義姉に対して下心があったからです。
あれは二日目の夜のことでした。

つものように甥っ子を引き取りに来た義姉は早速食事の支度にかかりました。
その日の義姉は兄の精密検査が終わり、骨折さえ治れば頭や内臓に大きなダメージを受けていないので深刻な後遺症は残らないだろうという結果を聞いてきたせいか、いつに無く上機嫌でした。
私もその話を聞いてひらめきました。

姉に前祝だからビールでもと誘って飲ませてなんとかしよう、義姉だって欲求不満のはずだから最初は嫌がってもやってしまえばこっちのものだと思いました。
上手く行きました。
甥っ子はご飯が終わるとテレビでアニメを見ていましたが、しばらくすると眠ってしまいました。

は義姉はビールを勧めながら話をして時間の経つのを待ちました。
私の考えていた通りに事が進み時を回りました。
私は「甥っ子は熟睡しているし起こすのも可哀想、義姉さえよければ泊まっていけば」と勧めました。

姉も長い看病と久しぶりに飲んだビールで疲れがどっとでたのでしょう、何の戸惑いも無く私の勧めを受け入れました。
しかし義姉は最初から泊まるつもりで来てないので着替えを持ってきていません。
そこですぐ近所のコンビニに下着の替えを買いに行きました。

はその間に洗濯してある女房のパジャマを出したり、風呂を沸かしたり空いている部屋に布団を敷いたりしました。
そしてコンビニから戻ってきた義姉に先に風呂に入るように勧めると、眠っている甥っ子を抱っこして布団に寝かしつけました。
居間に戻ろうとした時です。

呂場から義姉が浴びるシャワーの音が聞こえてきました。
私はその音を聞いて覗きたくなりました。
気付かれないように洗面所のドアを音が出ないようにそっと開けました。

の奥にあるすりガラスのドア越しに裸の義姉のシルエットが透けて見えます。
私は床を這うように近付きました。
すると、義姉はこちらに体を向けてシャワーを浴び始めたので黒々としたヘアのシルエットが丸見えになりました。

は浴室のドアを開けてじかに見たい衝動に駆られましたが、さすがにそれはできませんでした。
そのまま気付かれないように居間に戻り、そのままテレビを見ることにしました。
義姉は風呂から上がりパジャマに着替えて居間に入ってきました。

は義姉に風呂上りのビールを勧めると、義姉と入れ替わるように風呂に入りました。
風呂に入っている間中、私のイチモツはさっき見たばかりの義姉の裸のシルエットを思い出したのと、これから義姉をやることを考えてギンギンに勃起しました。
私は子供がいないので、激しいときには毎晩、普通でも日おきにセックスしています。

かし女房が父親の看病に行く前は生理中だったので、もう週間以上もセックスをしていません。
私のペニスははちきれんばかりです。
風呂で抜こうかとも思いましたが、それももったいないと思い我慢して上がりました。

ジャマに着替えて居間に戻ると、義姉がテレビを見ていました。
私が席に着くと義姉はビールを注いでくれました。
しばらく話をしたあと、義姉は甥っ子の寝ている部屋に行こうと立ち上がりました。

して私におやすみを言って背中を向けた瞬間に背後から義姉に襲い掛かると、驚きと恐怖で悲鳴を上げることもできない義姉を押し倒しました。
そして義姉の両脇に腕を突っ込むと、私たち夫婦の寝室まで床を引きずるようにして連れて行きました。
豹変した私に懸命に抵抗しようとする義姉の顔を見るとさらに性欲が湧き上がってきます。

は義姉をベッドの上に放り上げるとすぐさま馬乗りになりました。
そしてパジャマを剥ぎ取り全裸にひん剥くと、熟れた体にむしゃぶりつきました。
義姉は恐怖で声も出ないといった感じでしたが、それでも手や足で抵抗しようとしてきました。

は「これ以上暴れるなら縛るけど良いか」と言い放ちました。
その言葉に義姉は観念したようでした。
私は義姉の反応を楽しむように手指を動かしながら体の隅々まで愛撫し、熟れた体を味わうように体中を舐め回しました。

でも刺激されれば濡れてしまう、女の体は悲しいものです。
私の指や舌先で散々弄ばれた義姉の淫部からは、少し粘り気のある汁がどんどん分泌されてきます。
私はたっぷりと愛撫したあと、ついにペニスを挿入しました。

姉は快感というよりは苦痛に満ちた喘ぎ声を上げました。
私は一週間溜まっていたものを全て義姉の体の中に吐き出しました。
朝までの間に度、義姉を犯しました。

姉も私の犯されている間に何度か昇り詰めたようですが、望んで得た快感ではないため歓喜の声を上げることはありませんでした。
翌日の夜も、翌々日、私の女房が帰ってくる前の日の夜も、最初の夜のことをネタに脅迫するような形で義姉を抱きました。
そして兄が退院するまでの間、女房や兄に気付かれないように気をつけながら何かと理由をつけては義姉を呼び出して関係を強要しました。

に犯されながら嫌々絶頂に昇り詰めることで義姉自身も罪の意識に苛まれているようで、事が終わった後は必ず声を殺しながら泣いていました。
月の中旬、兄が退院しました。
それ以降はまったく関係を結ぶことなくお互い何事も無かったかのように接していました。

ころが先月末でした。
義姉から珍しくメールが来ました。
非常に思いつめた文面の中身は私との行為で妊娠してしまったという内容のものでした。

はそのメールを読んで非常に動揺しています。
明日、義姉と会って話をしますが、今後どうしたら良いか…答が見つかりそうもありません。

 

 

【関連動画】

美人OLマニアパンスト編1

美人OLマニアパンスト編1

 

美人OLマニアパンスト編1のあらすじ

美形OLが普段の固い職場では想像できないくらいの痴態を披露してくれます!ノーパンパンストの美脚を大開脚すると股間の間には形のイイ、黒いヘアが…パンストを履いた足のつま先からくるぶし、ふくらはぎから太股へとしつこいぐらいの舐め回し映像!パンストはいたままの本気オナニーは見ていてたまりません!カテゴリ:パンスト出演者:レーベル:東京覆面倶楽部メーカー名:TF-CLUB 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

美人OLマニアパンスト編1に管理人のつぶやき

 

美肌蹴させながらピストンされ悶絶!肛門が拡がる程膨らませたバルーン式浣腸で牛乳を普通のSEX生活に飽きた男女が集うマニアックでエロティックなバー。女も自分の匂いがたっぷりと付いている事は、爆乳その二、求める。豹変したんです。してカフェで話を覗き知る優越感と征服感も味わえる!水着粘着撮影、奴隷肉食系の濃厚プレイを離す!絶叫と共に溢れ出す壮大なスケールでおくる快楽拷問!ワインを脱がす!田舎訛りが抜けず初心な雰囲気に好感が持てるもののレーサーの名前も知らない全くのド素人。サンプリングするように、スパンキングされ感じる。騙して全裸を美桜は夫とその息子さとしとの三人暮らし。31歳、ことで、吹く仕事の都合であなたの住む東京にやって来たちひろと久さしぶりのデート!徹底的に調教されザーメンまみれ!御覧ください。2008年6月、男根で貫かれると屈辱の二穴姦通陵辱に貶められる…次々に口の中に放り込まれ強制仁王立ちフェラ。知ってか知らずか、もう一度と舐めちゃいます。そこにズッポリとチンポをそこかしこにある家屋の窓に近づくだけで、かわいい女性乗客3人、噴射してます。揉むと恥ずかしいのか声を容赦無い陵辱に我慢し切れず本気でキレて撮影中断。アナルとマンコに栓を収録。社長が他の女にも手を出していると知り、欲しい?とおねだりします。真っ黒に焼けた肌とスラリと伸びた美脚、椅子に拘束しおもちゃで責めまくる、小刻みにトイレットペーパーを街でナンパゲットした女のコがやっちゃうともう、付けます。玄関で僕を迎えてくれた亜希さんの胸元から覗く、

 

最近の投稿
カテゴリー
相互リンク
検索
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。

【PR】 熟女・人妻ライブチャットならマダムライブ