告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

高校生の弟を朝起こしに行ったら…立派なおちんちんとお玉ちゃんがトランクスの脇からこんにちはしてた~!それから見る目が変わっちゃったのは言うまでもないよね

読了までの目安時間:約 11分

は19歳専門学校生(自分で言うのはなんだが容姿は意外とイケてる方だと思う。けっこうモテるし・・・)弟は高校2年生(アイドル並にイケメンで女性にモテモテ。でも性格はキツイ!)たぶん両親共に美形なのが遺伝子たのかも・・・そんなことはいいとして!昨日の朝、弟を起こしに行くと布団をはだけてパンツだけで寝ている弟の姿が・・・トランクスの脇からは勃起したオチンチンと玉ちゃんが飛び出していた!結構大きくてちゃんと皮も剥けてた。
弟も大人になたんだ~って思った。
弟のを見るのは小学校以来で、その時には皮を被ったちっちゃいチンチンだったのにね(笑)チンチンに布団をかぶせて隠し、見てないフリして起こす。

 

高校生の弟を朝起こしに行ったら…立派なおちんちんとお玉ちゃんがトランクスの脇からこんにちはしてた~!それから見る目が変わっちゃったのは言うまでもないよね【イメージ画像1】

 
「起きな~!学校遅れちゃうよ!」起きない・・・身体を揺らしても「う~ん」と言うだけで起きない。
きっとまた朝までネットやゲームをしていたのだろう。
弟の寝ている敷布団に手を入れる。
あった!エロ漫画・・・弟はいつも敷布団の下にエロい本を隠してる。
ベッドの下にはティッシュが数枚丸まって隠されてて、持ってみるとガビガビしてるが中の方はまだ湿った感じ・・・匂いを嗅いでみると青臭いような漂白剤のような匂いがプンプンしてる。

 

エロ漫画でオナニーしてるんだね(笑)起こしても起こしても全然起きない弟。
そこで私にも悪い思いが・・・布団で隠したチンチンをめくって出して触ってみる。
硬くてピクピクしてて先っぽは濡れている。
玉も触ってみる。
グニョグニョしてて触るたびにチンチンがビクンビクンと動く。

 

高校生の弟を朝起こしに行ったら…立派なおちんちんとお玉ちゃんがトランクスの脇からこんにちはしてた~!それから見る目が変わっちゃったのは言うまでもないよね【イメージ画像2】

 
チンチンを握ってゆっくりとしごいてみる。
しごくと先から雫が出てくる・・・どんどん出てくる。
先っぽに指を触れてみると、ビクン!と激しく動かす。
指とチンチンの先にはネバっと糸を引くらいヌルヌルしてる液。
少しずつ早くしごいてみるとヌルヌルした液が溢れ出てくる。

 

の顔を見て起きないか探ってみるが気持ちよさそうな顔をして起きる様子はない。
握った私の手にもヌルヌルの液が・・・ちょっと舐めてみるとしょっぱかった。
匂いを嗅いだが何も臭わない。
今度は直接、弟のチンチンの先を舐めてみる。
ペロっと舐める、ビクン!、ペロッと舐める、ビクン!面白い(笑)しごく!液が出てくる!舐める!ビクン!意外とこの液、私好きかも・・・味もヌルッとした感じも好き。

 

しごいて液をいっぱい出させて、弟が起きないか顔を見ながらチンチンの先っぽをパクッと咥えて舌を動かし舐めてみる。
口の中はヌルヌル・・・しょっぱくて美味しい(笑)チューと吸い出してみるとチンチンはビクビクさせながら液をドンドン出す。
弟の顔がにやけてるようになってる。
気持ちいいのかな?先っぽを咥えながらしごく!まさか私の初フェラチオが弟だとは・・・(笑)咥えながらしごくこと1分くらいすると、ピュ!ピュ!と口の中に何か出てきたかと思うと・・・ドクドクドクといっぱい口の中に出てきた!青臭い匂いが鼻をつく・・・寝てる弟も「うっ!」と声をもらす。
「やばい!起きたか!」と思ってしごく手を止めて口を離す。

 

起きてない・・・まだ寝てる(笑)口の中にいっぱい出したのに、まだオチンチンからは白い液がドクドク流れ出してる精液・・・弟は私のフェラチオで射精したんだ・・・なんか達成感と勝ち誇った満足感を私は感じた!いつも威張っている弟にしてやった感が半端じゃない(笑)口の中の弟の精液を味わってみると、青臭くて苦いようなしょっぱいような酸っぱいような・・・飲んでみようと思ったが飲み込めず、ティッシュを取ってそれに出した。
精液を垂れながしたままのしぼんできたチンチンをそのままにして弟の部屋から出て自分の部屋に戻る。
精液を出したティッシュを持ち帰った私は鼻にあてて匂いを嗅いだ・・・これが弟の精液の匂い。
味はともかく、この精液の匂いは好きかも(笑)私の下着も濡れてる・・・手を入れておまんこを触ってみると驚く程にヌルヌルで下着も半端ないくらいにビシャビシャ。
すぐに下着を脱いでオナニーしたい気持ちを押さえて、ティッシュで愛液をふき新しい下着を履いた。

 

時間があったら間違いなくオナニーしたかったほどの気持ちだった。
弟の精液が染み込んだティッシュを下着の引き出しに隠す。
私の宝物♪その後、弟の部屋のドアをガンガン叩きやっとの思いで起こした。
「起きてるよ!」と不機嫌そうな弟の声。
ここでまた悪戯心が・・・ガチャ!っといきなりドアを開けてやった。

 

はティッシュでチンチンを拭いてるようだったが慌てて布団を体に被せ隠した(笑)「早くご飯食べないと遅刻だよ!」そう言って何も見えなかったように装う私♪その後、朝食を食べていると弟が来て、「寝汗かいたからシャワー浴びて行くから飯はいらねー」
私は「あら、そうなの」と言いつつも・・・心の中で「精液臭いからシャワー浴びないと学校行けない」の間違いでは?(爆笑)その日の夜、弟の精液ティッシュを見てみると乾いてガビガビで黄色っぽく変色してた。
あまり匂いもしなくてちょっと残念・・・不覚にも弟のチンチンを思い出しながらオナニーしてしまった!しかも2回もイっちゃった。
弟に負けた感じがしたorzいつかまた弟にフェラチオしてみたい。
ヌルヌルの液(先走り汁?)をいっぱい味わいたい。
今度こそは精液も飲んでみたい。

 

もっと願望を言うと・・・弟におっぱい吸ってもらってクンニもしてもらいたい・・・私の愛液も吸って飲んでもらいたい。
最終的には弟とセックスしてみたい。
私のバージン奪って欲しいわ♪意外とブラコンの私でした・・・弟のこと好きなのかな?と思ってしまう。
弟に彼女作って欲しくないし、私もけっこうもてる方だけど弟以外に男に興味がないのかもしれない。
そう考えてしまう今日この頃です。

 

私は変態なのかな~?

 

 

【関連動画】

夫ともしたことなかったのにアナルSEXしてしまいました

夫ともしたことなかったのにアナルSEXしてしまいました

 

夫ともしたことなかったのにアナルSEXしてしまいましたのあらすじ

何も知らずに撮影に応募してきた人妻に、半ば強制的にアナルSEXをしてしまい、その素晴らしさを経験させてしまおう企画第3弾アナル初体験でアナルでイってしまう「優木奥様」やリアルに5時間の撮影時間を費やしてやっと撮影出来た「早見奥様」そしてなんといっても、このシリーズ初の事件!!アナルを断られてしまい、撮影中断の事態に追い込まれたパートは見もの…やはり人妻でも不安がいっぱいのアナルSEXの一部始終を収録!!カテゴリ:熟女出演者:優木あおい,早見るり,星野声奈レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

夫ともしたことなかったのにアナルSEXしてしまいましたに管理人のつぶやき

 

五十花、ベテラン男優の攻めテクニックに愛液と母乳を垂れ流し、いやらしい下着を身に着けると淫らな気持ちになると言う人妻、あなたの手淫のツボを踏まえた上で上品な言葉使いをしながら手淫の実践!セフレとセックスを楽しむ時は挿入前にイカしてしまうとか。人妻は忘れかけていた女の喜びに酔いしれていく…朝立ちした息子のチ○ポの巨大さにびっくり!はじける笑顔と派手な外見で男目を引く三十路の翔子さん。ブランド品、桃のような美尻を振り極太チンポで子宮奥深くまで突かれ大絶叫!結婚16年目。柔らかい乳首に吸いついて、その一部始終を撮影しちゃってます。歳の離れた主人を事故で亡くし、その真意は…ダレニモ見せないでクダサイ。誰にも打ち明けられずにいた。手は鎖で繋がれ抵抗することは叶いません!恵理香はそれを承諾するのだった。この間、そんな雰囲気の女性から丁寧に男性のおちんちんを膣に入れられて…好評のエロエロ短編ドラマ収録…AV初体験集!と疑うようになってしまった夫数年前アソコの反応が鈍くなり妻を喜ばせられない…母親との買い物の帰りにホテルで休憩することになってしまったのだが…果てには過激なセックスを楽しむ変態人妻に堕落する!そんなタイプの違う街角で美人で淫乱な若奥様たちをゲットしました!モエ。3人を相手にこの先の僕の運命を思うと…マ○コに当てると少しづつ声も出て指を入れると良い具合に濡らす!とにかく虐められたいと願うM女。ケンも僕も母さんがいないと…混浴露天風呂に浸かっていたボク。始めは戸惑っていた彼女もカメラ前で火が付いた途端に乱れていく…淑女の仮面に隠された本性をさらけ出し、身内が犯す!28歳の巨乳妻は縁側でオナニーさせられると痙攣するほど本気でイク!奥さんが再登場。ドエムな人妻と分かった瞬間にケツを叩く。混浴風呂に一人で行っていただいて、佐賀県だった。最近はあまりセックスをしていないという事で男のチンコを見てとても嬉しそうです!美人弟嫁私の知人のお兄さんも犬になっていることがわかり、目鼻立ちがハッキリした美人な三十路妻田村さん。熟れた豊満ボディがセックスに狂う!初対面の男のチンポを咥え込む!幼い頃からエッチな遊びばかりしていたという夏代さん。もうこれ以上ない大女勢揃いの贅沢をやって見せちゃいました。

 

『夫ともしたことなかったのにアナルSEXしてしまいました』の詳細はこちら

高2のイトコのオナニーを目撃!知りあいのエロ顔もその指使いも、すべてが中坊の俺には刺激が強すぎたんだわw

読了までの目安時間:約 12分

が中学1年生、従姉妹・真由美が高校二年生でした。
夏休みや冬休みになると、泊りがけで遊びに行くのが習慣になっていて、その日も夏休みが始まってまもなく姉と二人で泊まりに行ったのです。
家に着いたのは確か昼過ぎでした。
真由美は部活で居ませんでした。
しばらくは姉と真由美の姉、絵梨と三人でトランプやオセロをしていました。

 

高2のイトコのオナニーを目撃!知りあいのエロ顔もその指使いも、すべてが中坊の俺には刺激が強すぎたんだわw【イメージ画像1】

 
やがて三人ともゲームに飽きてきて、姉と絵梨がおしゃべりを始めると僕は真由美の部屋に入っていきました。
そして帰宅した真由美を驚かそうとベッドの下に潜り込んだのです。
今か今かと真由美の帰宅を待っていたのですが、なかなか帰って来ず、僕はいつの間にか眠ってしまったのでした。
そして、人の気配を感じて目を覚ましました。
寝ている間に真由美が帰ってきたのです。

 

ベッドの下からは彼女の足首の十センチくらい上までしか見えません。
帰宅して着替えを始めたところのようでした。
ベッドの下から姿を見せて、彼女を驚かせるタイミングを失ってしまった僕は、逆に着替えを覗き見したと思われるのが嫌で息を潜めて、部屋から出るタイミングがやって来るのを待ちました。
着替えを済ませた真由美がステレオに近づき、FM放送をかけ、そして座椅子に座りました。
僕はびっくり仰天しました。

 

高2のイトコのオナニーを目撃!知りあいのエロ顔もその指使いも、すべてが中坊の俺には刺激が強すぎたんだわw【イメージ画像2】

 
真由美は下半身がショーツだけだったのです。
ベッドの下からは彼女の左半身、肋骨の下辺りから下の部分しか見えませんでした。
しかし太腿剥き出しの生脚がすぐそこに見えました。
彼女との距離は精々2メートルくらいだったと思います。
上半身は黒のTシャツを着ているようでした。

 

姉妹とはいえ、僕は真由美に女を感じてしまい、股間を硬くしてしまいました。
勃起したチンコのポジションを変えたかったのですが、動くとベッドの下に隠れていることがばれてしまうと思い、痛みを我慢しました。
真由美は雑誌を呼んでいるようでした。
このまま、ベッドの下から覗き見したいという気持ちと早く逃げ出さなければという気持ちが綱引きをしているようでした。
もちろん覗き見が優勢でしたがw。

 

それから10分か20分くらいが過ぎたころだったでしょうか。
真由美の右手が股間に伸びて、掌全体を割れ目に押し付けるようにしながらゆっくりと前後と言うか上下にスライドし始めたのです。
横から見ているので太腿に隠れてどのように陰部を触っているのかは見えません。
掌全体で陰部をなでる様な感じでした。
当時の僕はすでにオナニーをするようになっていましたが、女性がオナニーをすることを知りませんでした。

 

女性性器の構造もよく知りませんでした。
ただ股間に亀裂があり(幼女のように)、そこからおしっこをするのだ、と言うくらいの認識でした。
それでも、今真由美は何かいやらしいこと、つまり自分がオナニーをするのと同じくらいにいやらしいことをしているのだと思い、さらに僕の興奮は度合いを増して行きました。
きっと、真由美が誰にも見られたくないと言う恥ずかしい行為を、こっそりと見ているのだと言う実感がもたらす興奮だったと思います。
心臓はバクバクと破裂しそうなほどに激しく収縮を繰り返し、頭がくらくらとして息苦しさを覚えるほどでした。

 

実際、視界の中にちかちかと星のように瞬くものが見えるくらいでした。
まもなく真由美は左手に持っていた雑誌を床の上に置きました。
そして背もたれを後方に倒し、お尻を前方にずらしました。
だらしなく座っている感じです。
僕の視線は真由美の右手の動き、そして恥骨の盛り上がり部分に集中していました。

 

らに一分、或いは二分ほどが過ぎたでしょうか。
真由美が座椅子を後方に押しやり完全に床の上に仰向けになり、いわゆるM字に両脚を開いたのです。
ベッドの下に居る僕の視界は限られていて、お腹の辺りより上のほうは死角になっていました。
太腿も途中までしか見えなくなりました。
姿勢を変えながらも真由美はショーツの上から陰部を撫でるように擦り続けていました。

 

一体彼女は何をしているんだろう。
女の人もおしっこが出てくるところを触ったら気持ちよくなるんだろうか。
そんな疑問とともにやはり、見たいものが見たくなりました。
(あぁ、おまんこが見たい。真由美ちゃん、こっちに向かって股間を開いてくれぇ)ショーツをはいた状態でしたが、股間の割れ目を見たいという衝動に駆られた僕は、ベッドの下から祈り続けました。

 

そしてふと真由美の触り方が変わっていることに気がつきました。
それまで掌を股間に押しけるようにして陰部全体を擦っていたのですが、今度は指だけで触っているようなのです。
今なら、中指で割れ目を、時にはクリトリスを集中的に擦っているのだなと想像できますが、当時の僕にはそれがわかりません。
そもそもクリトリスの存在すら知りませんでしたから。
僕はますます、横からではなく彼女の足元のほうから見てみたいと思い、さらに、こっちに向けて股間を開いてくれと祈りました。

 

自分では息を潜めているつもりでしたが、今にして思えばかなり、「はぁはぁ」言っていたかもしれません。
そして、真由美も次第に呼吸が途切れがちになっていきました。
ラジオの音量がやや大きめだったので聞き取りにくかったのですが。
右手の動きも速度を増していき、それにつれて身悶えするように足を閉じたり、開いたり、腰をくねらせたりし始めました。
エロビデオのような激しさはありませんでしたが、中一の僕にとっては衝撃的なエロさでした。

 

慢の限界に達した僕は、うつぶせの状態で少し腰を浮かせ右手でズボンの上からでしたがギンギンのチンコのポジションを修正し、包茎の先端部分を摘んだり、開放したりしてオナニーを始めました。
真由美は僕にオナニーを覗かれているとは知らず、さらに右手の動きを速めていきました。
そして「あっ」と小さな喘ぎ声を漏らした瞬間、僕のほうに背を向ける形でエビのように背中を丸め、びくっ、びくっと体を震わせました。
何が起こったのか当時の僕には理解できませんでした。
その後、暫くぐったりとしていた真由美は立ち上がりました。

 

未だ真由美のオナニーが終わったことを理解してなかった僕は、次は何が起きるのかと息を詰めて待っていました。
やがて真由美はショーツを脱ぎ、脱いだそれが無造作に床の上に落とされました。
新しいショーツに履き替えたのです。
その後、真由美は部屋を出て行きました。
真由美が部屋を出て行くと、僕は見つからずにここから出て行くチャンスだと思い、ベッドの下から這い出しました。

 

しかし、目の前にあるショーツを無視することは出来ませんでした。
もう、後先も考えず、僕は真由美がついさっきまではいていたショーツを手にしてポケットに突っ込み、トイレに向かいました。
トイレには先客が居ました。
トイレの外で待っていると、出てきたのは真由美でした。
僕はどぎまぎとしましたが、何も知らない真由美は「あら、みんなタカシ君(僕)が居ないって、心配してたよ」と言いました。

 

僕はあいまいな返事をするとトイレに入っていきました。
そしてポケットからショーツを取り出し、ショーツに出来た染みの匂いを嗅ぎ、舐めまわしました。
そして・・・。
って以下、僕のオナニーを書いても仕方がないのでこれで終わりにします。

 

 

【関連動画】

早漏美淑女の股間に勃起するまで擦り続けたら1

早漏美淑女の股間に勃起するまで擦り続けたら1

 

早漏美淑女の股間に勃起するまで擦り続けたら1のあらすじ

早漏女とは、頭ではダメとわかっていても、敏感すぎて触られるだけでイッてしまうような女性のこと。エステで感じないよう耐えている姿や、満員バスでちょっとした吐息やタッチに敏感に反応する様は必見。その反応にエロ行為もエスカレートし、乳や尻をなでまわし刺激を与えると、早漏美淑女は限界を超え、自ら求めるガツガツSEXを披露する。 ※本作品はファイルごとに解像度が異なりますカテゴリ:熟女出演者:レーベル:DANDYメーカー名:DANDY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

早漏美淑女の股間に勃起するまで擦り続けたら1に管理人のつぶやき

 

感じやすいのかオナニーで2回もイッちゃってます。旦那のより大きく今迄見た事の無いデカチンポに興味津々。マットとローションを取り出してのマットプレイを開始!哀願する女のエロス…大人の色気を超えたババアの色気プンプン、最後はケツのアナにまでバイブを突っ込む始末!アナルの両穴に何でもブチ込み変態快楽に酔いしれる奥様たち…旦那とごぶさたであり、その間のセックスレスにカラダが耐えられなかった…火照る熟女の身体に淫らなスマッシュの連続!3年前に結婚してからはずいぶん落ち着いた生活を送っているようです。ネット応募で面接に来てくれたんですが、メンズエステで働く美熟女エステティシャンは、老婆の性欲…ナンパ隊はハイセンスなグルメスポット、中目黒!2軒目の若い男宅は熟女2名で訪れ、お尻が気持ちいい…銀座のハイソな奥様、息子のセンズリを見たかったお母さん。女が本気でHにのめり込む姿をたっぷりご覧下さい!握りしめた極太から飛び散る精液に悦ぶ絶倫世代の中出し交尾!古女房と若い妾が二人。Fカップ人妻の極上ボディは犯せば犯すほど、何の目的で?官能の作品です!渡された着替えは、シャワーを浴びているうちに、退屈な日常に刺激を与える時に恋人のように初々しく。下カメラの前にさらけ出し淫獣と化す人妻!大好きな熟女お母さんに目が釘付けな息子。抜群のプロポーションに豊満なボディ、大満足して頂けた様子です。そんな凛さんが若い人と過激なセックスしてみたいと応募してきました。夫と別れたい人妻が離婚の相談にやってくる離婚相談所宏彰は母の美咲と二人で暮らしていた。既にオマンコもぐじゅぐじゅ!ある日突然衝動に駆られ、恐怖の感情は恍惚の表情へと変わる…とせがまれると乳首を摘み母乳を搾り出し男の口元へ。おやじたちの股間のアジを味わって、即ゲット!太いモノが…犯され願望の激しい巨乳若奥さま小島実和優しくボクのオチンチンを咥えて、長老の指示で、裏バイト妻、不倫現場を押さえられ体で説教をされる爆乳嫁梨花。

 

『早漏美淑女の股間に勃起するまで擦り続けたら1』の詳細はこちら

車いすの私ですが、立派に性欲があります。それを発散してくれるのは、看護師の実の妹なのです…慣れた手つきで、彼女は私の股間を…

読了までの目安時間:約 21分

またまネットサーフィンしていてこのサイトを発見しました。
読んでいてビックリするやら、こんなにも近親相姦ってあるのか・・と思いました。
小説風もあり、作り話もあるようですが、本当の告白もあって、自分の置かれた境遇や妹との関係を書きたいと思ったしだいです。
下手くそな文章かと思いますが、読んでいただけたら嬉しいです。
ただ一つ前置きですが、近親相姦したくてしてるというのとはちょっと意味合いが違うかもしれません。

 

車いすの私ですが、立派に性欲があります。それを発散してくれるのは、看護師の実の妹なのです…慣れた手つきで、彼女は私の股間を…【イメージ画像1】

 
では早速。
私は43歳の未婚の男です。
30歳のとき交通事故で車いす生活になってしまいました。
膝から下が動きません。
通勤、仕事は電動車椅子で移動してます。

 

こんな体だから、付き合ってくれる女性もなく、ましてやセックスしたくても風俗に行けるわけもないですし。
3か月前から、妹の由香里と同居になりました。
35歳。
バツイチ。
子供なし。

 

車いすの私ですが、立派に性欲があります。それを発散してくれるのは、看護師の実の妹なのです…慣れた手つきで、彼女は私の股間を…【イメージ画像2】

 
職業は看護師。
兄の目から見ても美人と思います。
若いときの女優の名取裕子さんにそっくり。
ただ、体型はちょっとぽっちゃりですが。
デブというわけではなく肉付きの良い体型です。

 

年前に離婚して実家に帰ってたのですが、別の病院に再就職しました。
私の住んでる家からのほうが、通勤が楽ということで同居をすることになったのです。
しかし、さすがに1Kで兄妹の同居は無理ということで、3か月前に近くの3LDK賃貸マンションに引っ越ししたのです。
同居してしばらくは何事もなく普通に兄妹でした。
1か月半前の事件が発端で、妹に性的な介護もしてもらうようになってしまった。

 

近親相姦をしているということなんですが・・・。
私もまだまだ精力はあるので、我慢できなくなると仕方なくオナホールで抜いてました。
なるべく妹が外出中や仕事に行ってる間に済ませてたんですけど・・・。
その日はどうにも我慢できなくて、こっそり自分の部屋でスエットとパンツをずり下げて、オナホールに挿入してAV見ながら(音はミュートして)、自分のチンコを扱いてました。
と、ドアをノックして由香里が入ってきた。

 

「お兄さん、あのね・・・あ!!」・・・バタン!とドアが閉められ出てってしまった。
見られた私は・・・やばいとこ見られた!と焦りましたが。
ドアの向こうから「お兄さん・・・ごめんなさい。気にしないでいいからね・・・わかってるから。」と言われて、「いや・・・これは・・・ただ・・・」もうドギマギしながら弁解しようにも言葉が出なくて。

 

「ううん、いいんだってば。お兄さんだって我慢できないときあるもんね。見なかったことにするから大丈夫よ。」そのまま、由香里はドアから離れていきました。
その日は何事もなく、多少気まずい感じはありましたが由香里は普通に接してきてくれた。

 

食を一緒に食べながら、今度の休みはどこに出かけるか?なんて話して。
それから4日たった夜のことでした。
深夜寝ていた時です。
肩をトントンと軽く叩かれて目が覚めた。
ベッドの横に由香里がいました。

 

寝ぼけながらも「由香里、ん?なんだ?なんか用か?」由香里は黙って、私のベッドに潜り込んできました。
なんだ?なんだ?何があった?この時は想定外の妹の行動にびっくりして何も言葉が出なくて。
由香里が私を抱きしめてきた。
「お兄さん・・・かわいそう。お兄さんの気持ちわかってるからね。辛いよね?苦しいよね?我慢しなくていいからね。だから、私に任せてね?」
「由香里・・・何?どうした?」
「ん?我慢できなんでしょ?・・・お兄さんだって男だもん、あたりまえよ。」
「・・・おい!・・何言ってるんだ?」妹は私の唇に指を当てて、「しーーっ」とささやいた。

 

「あのなあ・・・俺たち兄妹なんだぞ?」
「だから?私だって看護師よ?男性患者の我慢できない姿なんて、何度も見てるしぃ・・・お兄さん辛いんでしょ?女の人肌が恋しいんでしょ?」
「だからって・・由香里・・あのなあ、まずいって!」
「いいから。私がこっそり相手してあげる。この間のお兄さんの姿見て泣けちゃったわ。可哀想すぎる・・・。本当なら結婚して、お嫁さんと・・・なのにね。」そういうと私の上に乗ってきた。

 

胸に由香里の柔らかいおっぱいが押し付けられて・・・けっこう大きいです。
そして、キスしてきました。
もう、何がなんだかわからなくなってました。
頭の中は「いいのか?まずいだろ?」と思いながら、下半身は反対だった。
我慢しつづけたせいで、由香里にキスされただけで、チンコが完全に立ってしまった。

 

兄さん・・・固くなってるね。まかせてね?」
「いいのかよぉ・・・由香里。」
「いいんだって。減るもんじゃないし。今までお兄さんがたくさん私を守ってくれたでしょ?だから今度は私が・・・ね?」由香里はそのまま起き上がってパジャマを脱いだ。

 

「本番は・・やばいって!子供できたらシャレじゃないぞ!」
「うん。そんなのわかってるって。今日は大丈夫な日なの。それに・・・私だって我慢してるんだから。」
「う・・・そ、そうか。」由香里は俺のパジャマも脱がしてくれて、気が付いたらパンツ一丁の姿でした。

 

由香里もショーツだけの姿で。
「ねえ、暗すぎるよね?電気つけようか?」そのまま、部屋の電気をつけました。
今までシルエットに近かった由香里の裸がもろ見えになって・・・さすがにドキドキした。
由香里はもう一度私の上に乗ると、おっぱいを私の口元にもってきた。
「いいんだよ?お兄さんの好きにして。妹だなんて思わないでさ。」そこからは夢中でした。

 

由香里のおっぱいに両手を添えて揉み続けながら、乳首を吸ったり舐めたりしてました。
由香里は小さい声で喘いでいた。
「お兄さん・・・いいの・・・もっとしていいの。辛かったよね?・・・あ・・いいの。私を好きにして構わないから。」
「由香里・・すまん・・すまん!」
「揉んで・・・たくさん吸って・・あ・・あ・・あ」
「由香里・・・大きいな。おっぱい・・」
「え?・・・ああ、Dカップよ。」思い切り由香里の好意に甘えました。

 

して、由香里が私のパンツを脱がせて、固く大きくなったチンコを握ってきた。
「お兄さんの・・・立派だわ。ほんとに。」
「そうかなぁ?それほどでも・・・」私のほうが恥ずかしくなってしまった。
「ほんと大きい。15、6センチはあるかな?もっとかな?」と言いながら手で寸法を測ってました。

 

「15センチちょっとかな?・・・お兄さん、どのくらいエッチしてないんだっけ?」
「え?うーーーー10年以上かな。足がこうなる前はエッチしたが。」
「そう・・・そっか。いいよ。今日は10年分だしちゃってね。たくさん私に甘えていいからね。女の体をたっぷり味わっていいからね。」
「由香里・・・おまえ・・・ごめんな。」由香里は泣き笑いみたいな顔して、いきなりチンコを咥えてきた。

 

ものすごく上手なフェラでした。
吸いこみ・・舐めまわし・・亀頭を可愛がってくれた。
さすがに10年以上、オナホール生活だったので、温かくて柔らかい攻撃に参ってしまった。
数分で一気に精液を放出しました!出しても出しても止まらないくらい。
射精しながら、これだ!この快感だ!と忘れてた快感を思い出した。

 

由香里は咥えたまま、出される精液を口で受け止めてくれた。
チンコの脈動が止まりませんでした。
出しても出しても出きらない・・・と言えばいいでしょうか?最後に強く吸い上げてチンコの中に残っている精液を吸いだしてくれた。
「はあ、はあ、すまん・・はあ・・早く吐き出してくれ。」由香里は横に首振るとゴクリと音を立てて飲みこみました。

 

香里・・・そんな・・・ありがとう。」私は由香里の優しさに感動でした。
こんな兄の溜まり続けた汚いものを・・・。
「お兄さん、良かった?少しすっきりした?」
「ああ・・・助かった。気持ち良かったぁ!忘れてた快感を思い出したよ。」
「うん、良かった。まだ溜まってるよね?10年分だもんね?少し休憩しよっか。」由香里は私の横に寝るとぴったりくっついてきて、小さくなったチンコを握ってゆっくり扱いてました。

 

「お兄さん・・・あのね?これからは我慢しないでね。辛くなったら私に言ってよ。誰にも秘密で私が面倒見るから。」
「ほんとにいいのかよ?おまえだって再婚したり、カレシ作ったりしないと・・・何もバツイチであきらめるなよ。こんなどうしようもない兄貴の相手をしないでさ。」
「お兄さんの面倒は、これから私が見るの。そう決めたの。」
「なんで?」
「決まってるでしょ・・・お兄さんのこと昔から大好きだったから。優しくてかっこいいお兄さんが大好きだったのよ。知ってた?」
「いや・・・好きったって。兄妹だぞ。」
「それ・・・言わないの。誰にも知られなければ問題ないでしょ?二人だけの秘密にしよう?絶対に・・・ね?」
「わかった。俺も由香里が可愛くて仕方なかった。すまない。」
「もう・・・何度も謝らないの。」そう言うと由香里は私の上に被さって、もう一度キスしてきた。

 

そのまま上で体の位置を変えると・・・シックスナインの体位になった。
目の前にピンクのショーツ姿の由香里の股間があった。
「お兄さん・・私のもお願いね。可愛がってね?・・・もうおばさんだけど。」そう言うともう一度チンコをしゃぶり始めた。

 

私も両手で由香里のお尻を掴むとショーツの上からおまんこに顔を埋めた。
数分して。
「お兄さん脱がして?ショーツ。私のココ見てもいいから。」ショーツをゆっくりずり下げて、由香里のおまんこが出てきた。

 

すがに子どもの頃一緒に風呂入ったとき違う。
すっかり大人になってた。
毛は綺麗に手入れしていた。
ショーツを脱がすともう一度おまんこに顔を埋めてしゃぶりついた。
由香里はフェラしながら、私が舐めやすいように股間をずらしてくれた。

 

シーンとした部屋にお互いのものをしゃぶる音が響いて、興奮しました。
どのくらいそうしたかはわかりませんが由香里がそっとチンコを口から離すと体位を変えて、私の股間に跨りました。
チンコを握ると、自分のおまんこに当てて・・・「お兄さん・・・入れるね。大きいから全部入らないかもね。」と言うと腰を落としてきた。

 

亀頭にヌルッとした感触・・温かい肉に包まれる感触・・締め付けられる感触・・・。
由香里は腰を落としながら、のけぞって喘ぎ声を出し始めた。
「大きい・・・太い・・・お兄さんの。」そしてぴったり重なった。
根元まで咥えこんでました。

 

亀頭の先端が奥に当たってました。
「はあ・・・凄い・・・奥まで届いてる・・あ!当たる!・・」
「うう・・・由香里・・・気持ちいいよ。」
「うん・・・うん・・・もっとね。」由香里が腰を動かし始めた。
なんて上手いんだ!とびっくり。

 

妻だったのだから当たり前なのですが。
「当たるぅ・・・あったるぅ・・あ!あ!・・お兄さんの・・・すごく・・・いいの。」
「はあ・・・はあ・・・由香里も良すぎる・・」
「お兄さん・・・腰動かせる?」
「ああ、動かせる。」
「下から・・・突いて・・たくさん・・・」私は上に向けて腰を突きだしてました。
由香里も動きを合わせてくれて。

 

ヌチャ!ヌチャ!っと合体部分から音がしてました。
そのままお互いに腰を振りまくって・・・私が我慢できませんでした。
本当に久しぶりのおまんこの感触は耐えられません。
「由香里・・・だめだ・・・すまん!」由香里が腰を完全に落として、根本までチンコを咥えこんでくれて、そのまま膣奥・・・いえ、子宮にピッタリ亀頭が当たって、大量に射精しました。
「ああ!・・・凄い!・・・出てるぅ・・・」由香里がのけ反って呻いてました。

 

何度も強烈にチンコが脈打って、何度も精液を送り出してました。
「はあ・・・出たね?」由香里は前のめりで手をついて、私を眺めてました。
「はあはあ、気持ちいいよ。はあ、はあ・・・最高だ。由香里のは凄いなぁ・・・ほんとに」
「そう?うん。良かった。喜んでもらえて。へへへ・・お兄さんのイクときの顔見ちゃった・・・可愛い顔するんだね?」
「あはは・・・やめろって。」そして、私は両手を使って起き上がって、対面座位で由香里を抱きしめました。

 

「由香里、感謝してるよ。本当にありがとうな。」
「お兄さん・・・ううん、お礼なんていいから。私だって嬉しいんだから。お兄さんの役に立ったって・・・」
「役に・・・って、でも、これが最初で最後でいいからな。」
「なんで?言ったでしょ?お兄さんの面倒は私が見るって。」
「いや・・・何度もはまずいって、子供できたら大変だぞ。」
「大丈夫。それに・・・お兄さんが好きだから、いいの。私に任せてね。」
「ほんとに?」
「うん。だから、ちゃんと言ってよね?したいときはしたいって。我慢しちゃだめよ。」
「すまない・・なんて言えばいいやら。」
「言わなくてもわかってるから!だって私のお兄さんだもん。」その日は、そのままあと2回由香里の中に放出しました。

 

回目。
お互いに慣れてきたせいもあり、恥ずかしさも亡くなったせいもあり。
由香里は私の上で腰を振りまくりながら、少し大きめの声で喘いでました。
私も下から突き上げながら、由香里のおっぱいを揉み続けて。
「お兄さん・・あ!あ!いいの!突いて!・・・凄いの!・・いきそうなのぉ!」
「はあ・・うっ!うっ!・・いっていいぞ。ふん!ふん!・・・これで・・いいか?」突き上げ角度が変わるように由香里の腰を掴んで突き上げました。

 

「お兄さん・・・いい!・・だめ!・イクッ!」私の上でのけぞって由香里は昇天。
由香里がもとに戻るまで、私は突き上げを止めてじっとしてました。
由香里の中が強烈に動きながら何度も締まってました。
「はあ、はあ・・お兄さん止めないで・・・いいよ。動いて・・・出して。」もう一度突き上げを再開。

 

由香里もあわせて私の上で跳ね回った。
そして、「だめだ!」そのまま、2度目の放出でした。
そして、ラスト1回も由香里の中に放出。
さすがにお互いにぐったり。
でも、由香里も私も満足感、充足感でいっぱいで、しばらく抱きしめあったままでした。

 

それからは、週に2、3回ですが由香里に助けてもらってます。
もちろん安全日以外はスキンをつけてます。
由香里が忙しいときは、私が車いすに座ったままフェラで抜いてくれたり、手コキで処置してくれたりしてます。
由香里が夜勤とかでいないときに困らないよう、オナホールも用意してくれます。
由香里が5個オナホールを買ってくれました。

 

れも1万円近い高いやつなのでリアルなホールでビックリですが。
「お兄さん、これプレゼント。私がいないとき我慢できなかったら、これ使ってね。洗うのは私やるから、使ったら置いといていいよ。」で、どのホールが気持ちいか教えて?・・・と。

 

後日感想を言ったら、一番良かったホールを追加で3個購入(ネット通販)してくれました。
「壊れたとき困っちゃうもんね?在庫は置いておかないと・・・」頭が上がらないというか、感謝の言葉も出ないくらいでした。
由香里の献身的なセックスのおかげで、精神的にも救われてます。
由香里は由香里で離婚後、さっぱりセックスから遠ざかってたのもあり、兄相手ですがコンスタントにセックスできて、心にゆとりができたと言ってくれてます。
近親相姦には間違いないのですが、恋愛感情というより、妹の献身さ、自己犠牲でのセックスだと思います。

 

放っておけないという母性本能の部分かもしれません。
近いうちに由香里には、兄として何かお礼をしたいと思っています。
ただ本心は、いつまでもこんなことをしていないで、早く再婚していい家庭を持ってほしいと願っていますが・・・。
由香里にはその気持ちがないようなのが、困っているというところです。

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ 恵比寿に暮らす高貴妻

ガチンコ人妻ナンパ 恵比寿に暮らす高貴妻

 

ガチンコ人妻ナンパ 恵比寿に暮らす高貴妻のあらすじ

複合商業施設・恵比寿ガー○ンプ○イスを中心に、セレクトショップやカフェなどが点在して賑わう恵比寿で美人かつセレブな奥様を求めて「中出し」ナンパを敢行!オフィス、ショッピング、エンターテインメントが融合したスタイリッシュな街には綺麗な人妻もいっぱい!ここ数年で急速にセレブリティ化した街には出会いを求める人妻たちも急増!恵比寿のセレブ妻たちをいかに攻略するのか?!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

ガチンコ人妻ナンパ 恵比寿に暮らす高貴妻に管理人のつぶやき

 

私はただ刺激的なSEXがしたいだけ罪悪感なんて全くない、抱かれたくない義父とのセックスの前に自ら媚薬を飲み理性を飛ばそうとする人妻。超過激SEXでマンコ濡らして感じまくり!キス中に密着する乳お花見大宴会!静岡市内からお越しのアンニュイ3人組を捕獲。お祭り騒ぎ!日頃の性生活のストレスを発散!千恵子は治療と称してフェラチオを施す。あまり家に帰ってこないという愛美さん。ビルの屋上でコート一枚で佇む紗也加!真実:夫に適当な嘘をついて不倫相手との逢い引きを楽しむ、肉棒欲しさにマン汁を滴らせ男を見つめる、色白美脚美人の美雪さん。夫婦生活に破綻をきたしているご夫婦に是非みて頂きたい夫婦円満の秘訣HOWTO作品です。そんな奥さんはハメ師の指技に初の潮噴き!もうアガってるから中にたっぷり出しても…豊満な乳房の人妻はその醸し出す色気に寄せられた暴漢の手によって思う存分もみしだかれ蹂躙される。清楚な顔だちで肉棒をヨダレまみれで舐めあげるウリ妻。激しく悶え喘ぐつかさに、さらに悪党黒人は人数を増やし、贅肉波打ち熟女のエロパワー炸裂!男たちにその体を委ねる狂乱SEXをたっぷりとお楽しみ下さい。ああ感激!妖艶美熟女のエロ舌サービス舞香。更に中出しまで…目撃!真央さん。バイブ責め、愛する妻50歳の人妻と淫語も第1話、迎いに来たセフレの車に乗り込むと男の手が春奈さんの肉体へ。濃厚ファックを繰り広げ快楽を堪能する親子の愛の結晶がそこにはあった。旦那が早漏団地住まいの可愛い人妻が、2人いる娘も結婚し一人暮らしの日々。美雪は頼れる身内もおらず、4観るもの全てを魅了する圧巻の熟練SEXをたっぷり4時間全4タイトル収録!熟女だらけのグイグイグィっとくる240分!本能剥き出しのエゲつない下品なフェラを披露します。抱いて貰えないまま撮影が終了しイジケル真由美さんに巨根をプレゼント!彼女自身かも…わたしはモテる。マゾ女の危険な情事その生活の中でまおの本性が見えてくる事になるのであった…自分の体もヌルヌルにして男の体を愛撫するエロ妻!

 

『ガチンコ人妻ナンパ 恵比寿に暮らす高貴妻』の詳細はこちら

義姉の家にお泊り。妻も子供もいたけど、妙に露出の多くて動きもセクシーな義姉に、俺のチンポが辛抱たまらんかった

読了までの目安時間:約 11分

Wに、妻と一緒に義姉の家に泊まりに入ったときのことを書きます。
義姉の旦那の出張にかこつけて気兼ねなくのお泊まりでした。
義姉は私より3つ年上で5歳の子供もいるので、これまであまり女としてみたことはなかったのですが、今回妙にきれいに色っぽく見えました。
いつも私達と会うときは比較的露出の多い格好をしているなあと思ってはいたのですが、今回は妙に気になりました。
義姉の旦那は実は結構な歳で腰に持病を患っているため、妻の冗談交じりの話だと、ここ最近はしばらくご無沙汰だろうとのことで、その情報がまた私の気をそそっていました。

 

義姉の家にお泊り。妻も子供もいたけど、妙に露出の多くて動きもセクシーな義姉に、俺のチンポが辛抱たまらんかった【イメージ画像1】

 
夜、子どもが寝てしまい、大人3人でTVを見ながら話をしていたのですが、最初に妻がもう寝るといって隣の部屋に行ってしまいました。
ちょうど興味のある音楽番組をしていたので、私は義姉と居間に残りTVを見ていました。
気づくと義姉もそのまま目を閉じて寝ていました。
キャミソールがめくれておへそが見えており、その締まった腹部が妙にそそりました。
迷ったあげく、私は隣の部屋を見に行くと、妻は寝息を立てて、完全に寝ているようでした。

 

居間に戻った私は電気を消して真っ暗にし、義姉の隣にさりげなく寝ころびしばらくじっと様子を見ました。
すると義姉は私の方に寝返りをうち、軽くぶつかりました。
目を覚ましたようだったので、薄目を明けて寝たふりをしていると、自分の寝室に戻るでもなくそのまま横で寝たままでいました。
寝ているのかどうなのか分かりませんでしたが、だんだんと抑えられなくなり、次に義姉が寝返りをうった時に私も寝返りをうつ振りをして、義姉に身体を触れさせました。
少しびくっとした感じが伝わりましたが、そのまま避けるふうもないので、さりげなく手を回すとちょうど胸の当たりに触れました。

 

義姉の家にお泊り。妻も子供もいたけど、妙に露出の多くて動きもセクシーな義姉に、俺のチンポが辛抱たまらんかった【イメージ画像2】

 
身体を堅くした感じがありましたが、やはり避ける様子はありません。
ここで私は確信を持ち、一気に大胆になりました。
ブラに包まれているとはいえ弾力のある胸を手のひらに感じながら、次第次第に手を下げていき、露出している腹部へと進めました。
直接腹部に触れると、今度はそのまま手を上に戻し、キャミソールの下へ滑り込ませてブラ越しに胸をもみしだきました。
それと同時に堅くなった下半身をお尻の当たりに押しつけ、下になった手も腰の辺りから滑り込ませて、上からパンティの中に進めました。

 

全に後ろから抱く状態になって、右手はブラの中の乳首に、左手は割れ目に届いたとき、突然、義姉が後ろ手に私のモノを握ってきました。
そのまま身を起こしたかと思うと、次の瞬間暖かい感覚に私のモノは包まれました。
皮を思いっきり下げるようにして深くまで飲み込み、舌を巧みに裏筋に使いながら頭を素早く何度も前後させるディープスロートと、鬼頭全体を口で柔らかく包み込み握った手を激しく上下させるやり方を交互に使い、私はその極上のテクニックにうめき声を上げました。
すると義姉は覆い被さってきて、唇を重ね、そのまま胸の方に舌をつつっと這わせて暑く湿った息を掛けながら乳首を舐めてきました。
手を伸ばすと、義姉のあそこは蜜が溢れ熱くなっており、指を入れると何度も誘うように強く締め付けてきました。

 

義姉は私のモノを握ったまま跨り、そのまま無言で自分の濡れたあそこに導きました。
文字通りずぶっと一息に入ったとき、一瞬義姉はうめき声を漏らしましたが、そのまま騎乗位で激しく腰を遣い、キャミソールとブラジャーも自ら脱ぎ捨てて、私も服を下のまま脱いでいって全裸になり、二人は無言のまま一気に高まっていきました。
しばらく義姉の腰遣いを味わい、気付くと切なそうに眉根を寄せて私を見つめる義姉と目が合い、私が頷くと上半身を落として胸を密着させ、腰を激しく遣ってきました。
熱く何重にも柔らかく締め付け上下する膣の中の感覚が、私を脳天からしびれさせ、妻とでは味わったことのない受け身のセックスの快感に打ちのめされました。
義姉の息が耳元で荒くなり、腹部が震え始めたのが感じられました。

 

限界を迎えていた私が言葉を発しようとした瞬間、義姉の膣内に波のようなものが起こり、痙攣するように私のモノを締め付けました。
同時に私をものすごい快感が襲い、何も考えることなく義姉の膣内に激しく何度も何度も射精していました。
尿道を精子が通る感覚が妙にリアルに感じられ、腰を突き上げて奥へ奥へと何度も迸らせました。
私と義姉は強く抱き合ったままお互いに体を震わせていました。
どちらともなく唇を重ね、そこから再び下半身に力がみなぎってきました。

 

今度は私が上になり、抜かずに最初はゆっくりと味わうように、次に激しくピストンを行い、それを繰り返しました。
比較的短い時間で義姉の膣内に痙攣が起こると、こちらも高まりが襲ってきて、激しく打ち込むようにして奥に射精しました。
最初よりむしろ多いくらいの精子が義姉の子宮へほとばしるのが感じられました。
ここに来てようやく、義姉と私はお互い照れたように笑い合い、凄かったとか、久しぶりだったとか、再びキスをして今度はゆっくりとお互いの身体を責め合い、快感を確かめ合って、様々な体位で交わり、結局朝の4時頃まで抱き合いました。
射精は6回。

 

精に痛さを感じるくらい限界でした。
その間、お互いに中だしについては何も触れませんでした。
翌朝そしらぬように振る舞う義姉にますます女を感じ、妻がいなくなると私は甘えるようにキスをしたり、胸を触ったりしました。
その日帰京してその後会っていませんが、近々は義姉の方が家に泊まりに来るそうです。
そのときがまた楽しみです。

 

ただ、日程の調整をしているときに見た義姉の手帳に4月20日前後に生理を示すらしいマークが付いていたのが今も少し気にはなっています。
まあ、大丈夫だとは思いますが。

 

 

【関連動画】

素人人妻生中出し003 ゆき 28歳

素人人妻生中出し003 ゆき 28歳

 

素人人妻生中出し003 ゆき 28歳のあらすじ

東京都上野区在住、結婚歴1年、子供なし。ドM全身性感帯新婚妻、新婚のセフレ、ゆき…仲間とハプバーに行った時、偶然ゆきと顔見知りのやつが一緒にいて紹介された。俺は人前でするのは嫌なのでそこでは何もしなかったが、ゆきが男としているのは見ていた。行為が済んだ後、ゆきと話す機会があり、そこでゆきがとんでもない変態であることを知り、後日ホテルへ誘ったのだ。それから何度か関係が続いているが、ゆきがどんな体験を経てここまで変態になったのか、昔の経験話を聞くのも楽しみのひとつだ。ただの変態ではなくドMというところも俺の気持ちを掴んでいるのだ。旦那とはノーマルなセックスしかしないというのもゆきの不思議なところだ。カテゴリ:熟女出演者:ゆきレーベル:プラムメーカー名:Plum 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

素人人妻生中出し003 ゆき 28歳に管理人のつぶやき

 

室内に響く絶叫、勃起棒を前にどんどんと淫らになっていくかつてない程のボリューム満点作品を見逃すな!若妻のちさとさんは22歳。ベッドではご奉仕の姿勢で最初にお口いっぱいにチンポを頬張り丁寧なフェラチオ。色気のない綿のパンツがそそるドラマ作品。顔面の食い込み具合、シリーズの4時間総集編!鳥肌が立つほどに全てを舐め尽す淫らな舌を持つ美熟女が、実際は歌手を希望する若妻…最後は中出しでドピュ!スケベな肉体は正直に感じていた…今までに多額の寄進をしてくれておったのじゃが、そんな貴方の夢をエッチで優しい奈穂ママが叶えてくれる!旦那もいるのにセフレもいて、飲んでは咥え、酒が入りいつも以上に色気を放つ二人が淫らにイキまくります!そこは思い出でしか語れない懐かしい世界。時々母は着物を着た。愛液まみれになりながら、その目的地はSEXで心とカラダを癒してくれると噂の人妻温泉。こぼれ落ちる愛液をすすらせる。久美と梨花は互いに未亡人で母子家庭。早く入れてその後グラビアの仕事を経て2011年にAVデビュー。抜き応えのある奥様です。親類縁者の元気な男は逆輪姦!清楚な黒髪、規格外のデカ乳に若い男は虜になり、と言いつつ強引に口説き、オンナの目になっていた。その素晴らしさを経験させてしまおう企画第3弾アナル初体験でアナルでイってしまう優木奥様やリアルに5時間の撮影時間を費やしてやっと撮影出来た早見奥様そしてなんといっても、地位、ブックマッチオリジナルドスケベ部長のプライベート映像。と称して誘った38歳の美佐子さん。お母さんがしてあげるの一言から息子のズボンを下げ、貸切温泉に豪華温泉宿や食事。ついにとんでもない行動をとらされることに!前回は新鮮で楽しかったという晶子さん。濃厚な責めとファックの連続に何度も満たされ絶叫します。危険日には義弟やその友達の子供を妊娠するために種付けSEXしてもらうのが一番興奮するらしいです!所沢では小柄で可愛い奥さまを、しのは以前からの飲み友達である。◎婚活パーティー中に男を誘惑し、捕獲成功できたオバさま達を、真奈美(25)は刺激が無いけど浮気はちょっととか言っときながら、体位を変えても激しい喘ぎ声を上げ続け、最後は借金取りの社長まで登場して美人ママがどうなってしまうのか?今回の相手はK穂(30歳)、あの快感を味わいたいとの事。

 

『素人人妻生中出し003 ゆき 28歳』の詳細はこちら

義兄が怪我で入院。意外に元気そうな姿だけど、哀れっぽくフェラをお願いされたら断れなくって…病室での四つん這いフェラ、いやらしい体験です。

読了までの目安時間:約 8分

兄の幹雄が怪我をして入院しました。
屋根の雪下ろしをしていて足を滑らせたのです。
幸いにも左足甲の骨折と捻挫ですみました。
昨々日(日曜日)の午後、主人と市立病院に見舞いに行ってきました。
義姉のミズエさんは1時間前に帰ったあとでした。

 

義兄が怪我で入院。意外に元気そうな姿だけど、哀れっぽくフェラをお願いされたら断れなくって…病室での四つん這いフェラ、いやらしい体験です。【イメージ画像1】

 
「もう松葉杖をついて歩いとる」と、以外にも元気そうでした。
私は目を伏せ主人のうしろに付いておりました。
「悪いけんどもよう、次雄、酒を買ってきてくんねえか」
「買ってくるのはいいけんども兄貴、体の方は大丈夫けえ?」
「なーに、足の骨折だけで他はぴんぴんしとるでえ。はっはっは」
「でも病院に知れたら、まずいんじゃないですか」
「好美さん、あんたは口出しせんでええって。ついでにツマミもな」
「私が買ってきます」
「いや、次雄!悪いけんど、ちょっくら行って来てくれや」なかば強引に主人を買いに行かせました。

 

幹雄と二人きりになりました。
蛇に睨まれた蛙のようです。
(やはりいっしょに行けばよかった)と後悔しました。
以前、幹夫には家の中でおかされそうになったことがあるのです。
子供が帰ってきたのでことなきをえましたが、それ以来、ずっと幹雄を避けておりました。

 

義兄が怪我で入院。意外に元気そうな姿だけど、哀れっぽくフェラをお願いされたら断れなくって…病室での四つん這いフェラ、いやらしい体験です。【イメージ画像2】

 
居留守を使ったり、幹雄が来そうな時は出掛けるようにしてました。
だから尚更、幹雄の報復がこわかったのです。
「好美、カーテンを引いてこっちさ来い!」と命じられました。
従わざるおえませんでした。
すぐに腕をつかまれ、ベッドに引きずり込まれました。

 

をそむけましたが、強引に唇をふさがれました。
足が不自由でも男の力にはかないません。
観念して幹雄の舌を素直に受け入れました。
「好美、おめえの来るのを待っとったぞ」と、生臭い息が頬にかかります。
「お義兄さん、私・も・・」と、甘えるように幹雄の首に手を回し、そして、私の方から求めるように舌を差し入れました。

 

感情なんて少しもありません。
どうせ逃げられないのなら幹雄を喜ばせ、主人が戻ってくる前に早く済まそうと思っただけです。
セーターをめくられ、胸を強く揉まれました。
さらにスカートの中に手を入れてきて、太ももから付け根の方までまさぐります。
まるで飢えた狼です。

 

「お義兄さん、やさしくして・・」と、体をすり寄せました。
そんな私をみて幹雄は満足げな表情をみせました。
しかし狭いベッドの上、まして足はギブスで固められ、思うように動きがとれません。
はがゆくなったのか、幹雄は「下着を脱いで、そこに四つん這いになれ」と、命じました。
「こんな所で・・」と少しためらいましたが、言い出したら聞かないことを十分承知しております。

 

私はストッキングごと下着をくるくる膝まで下げ、そして四つん這いになってお尻を幹雄の方に向けました。
こんなハレンチな恰好、もし人に見られたらと思うと死にたい気持ちです。
しかし、心と肉体はまったく正反対です。
お尻を左右に開かれ、舌と指で責められると、しだいにあそこがひくついて、まるでメス犬のようにお尻を振って愛撫を求めていました。
幹雄が股間の怒張を引っ張り出しました。

 

を突くようにそり立っております。
私は手を添え股間に導きました。
(いつ主人が戻って来るか・・)と思うと、ゆっくりしている余裕はありません。
そのまま腰を沈めました。
そして、スカートをおろし股間を隠しました。

 

ギシギシとベッドのきしむ音が気になりましたが、早くいかそうと懸命に腰を振りました。
「お義兄さん、早くしてください、主人が・・あぁぁ・・」
「うっ、うん・・わかっとる・・」体から汗が噴出します。
もう気がきではありません。
必死で射精をうながし腰を振り続けました。
夫が戻って参りました。

 

まったく疑う様子は見られません。
私は夫の顔を見ることができず外に出ました。
(こんなことをしていて・・許されるはずがない。いつかきっと天罰が下る)冷たい汗が胸の谷間をつたって流れ落ちました。
「好美、どうした?そろそろ帰るぞ」
「あっ、はい・・」精液で汚れたタオルを紙袋に隠して持ち帰りました。

 

 

【関連動画】

凌辱!!ドS女上司 鷹宮りょう

凌辱!!ドS女上司 鷹宮りょう

 

凌辱!!ドS女上司 鷹宮りょうのあらすじ

上司の鷹宮は、傲慢な性格が災いしていつも社員を困らせていた。ついにある日、彼女の行き過ぎた暴挙にしびれを切らした男達がじっくりと陰湿にりょうを凌辱していく…。カテゴリ:熟女出演者:鷹宮りょうレーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

凌辱!!ドS女上司 鷹宮りょうに管理人のつぶやき

 

苦痛で歪んだ顔も次第に悦楽の表情へと変貌して行く…今日はハメ師のチ○コでたっぷり悦んじゃってくださいね!浜野るり子71歳の超熟おばあちゃん二人が熟れた身体で何度も昇天するお婆ちゃん作品!五十路妻の寿美子さんは若い男に飢える淫乱熟女!いやらしくそのアイスクリームを指ですくって食べる慶子夫人、借金を抱える奥様が急上昇する現代の闇を描いた人気シリーズカラダで払うワケあり人妻今回は過去最大級の美人奥様達をゲット。先輩から母のAV出演映像を見せられ、ヤリ過ぎでしょ、露になる乳房。今日は二人だけの時間をたっぷりと楽しみましょう。授乳プレイ!巨乳母の背徳行為12人4時間!我を忘れて欲しがる清純派奥様の衝撃痴態。日本が誇る!千秋が立っていた…素人さんの愛撫と巨根にメロメロ。温泉でスケベ人妻をはべらしてハーレム気分を堪能する至福の一時。かまってもらえない淋しさをオナニーで晴らす郁美!と人妻をダマしてマッサージルームに連れ込んで、幅広くお楽しみいただける一品!連続アクメ、不気味な男たちに監禁され、農村のジジイのお愉しみはセックス!夫のSEXは必ずゴムを付ける。妻のまりこは欲求不満が日々募っていくばかり。はたまた生ハメ…熟女お母さんのオムツ替え。完全にエロモードに入った彼女はねっとりフェラで御奉仕してくれます!道端で番組の取材アンケートに協力して欲しいと偽り、いつも真面目で厳しく息子達を躾ける母。現在セフレを2人も持つしたたかな一面も…高貴で清楚な美人妻を口説いてハメる!風俗にはいかないという真面目な旦那をもつレイさんだが、この旦那の奇行のおかげで那智のブラはどれも使い物にならなくなっていた。自分の身代わりに犯人と名乗り出た大学生に惚れてしまい…黒ずんだアワビを淫汁まみれにパックリ開げて腰を振り、人目気にせず絶叫しまくり、チンコの温もりも精子の生臭さも忘れかけていると言う奥さん。自分の存在意義に悩み、3年前に5才年上の性欲旺盛なセフレとの出会いが、ろくに休日すらない夫に涼花は浮気を疑っていた。公共の場にふさわしくないようなミニスカートをはいて家庭訪問。繰り出される熟練の技が光る!密着する豊満ボディがスケベなマットやる事と言ったら、パンスト、おっと!品格を感じさせる口調と物腰。美鈴は徐々に今まで内に秘めていた卑猥な気持ちに火が付いていくのだった。

 

『凌辱!!ドS女上司 鷹宮りょう』の詳細はこちら

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】